1990 平成元年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集
(注:出版物で御確認下さい)

<<101 消化器>>

1. [原著] The Concepts, Procedures and Problems Related in Endoscopic Laser Therapy of Early Gastric Cancer. 比企能樹,嶋尾仁,山尾哲彦,小林伸行,蔵並勝,菊池史郎,渥美純夫,三重野寛喜,高橋俊毅,榊原譲(外): Surg. Endosc., 3: 1〜6, 1989.

2. [原著] Arterial Infusion of Combination Therapy Using Dibutyryl Adenosine 3',5'-monophosphate and Mitomycin C for Hepatocellualr Carcinoma Occluding Main Portal Vein: Case studies. 石井公道,苅部ひとみ,柴田久雄,岡部治弥(内),奥平雅彦(病理),Masaharu Tsuchiya(慶大): Angiology, 40(12): 1072〜1078, 1989.

3. [原著] Roles of Microfilaments in Exocytosis: A New Hypothesis. 瀬川彰久,山科正平(解): Cell Structure and Function, 14(5): 531〜544, 1989.

4. [原著] Mouse Strain Variations in the Magnitude of Induction of Liver DT-Diaphorase and Hereditary Transmission of the Trait. 堀江滋夫,渡辺刀美乃(生化),曽根由美子,高山久美子(生化系),池田穂高(生化),瀧澤直定(生理): Comp. Biochem. Physiol., 93B(2): 493〜498, 1989.

5. [原著] Rat Strain Variations in Liver Cytosolic DT-Diaphorase Activity and Possible Significance of the Trait in Carcinogenesis by Azo Dyes. 堀江滋夫,池田穂高(生化),玉井伸明(内),太田顕成(放): Comp. Biochem. Physiol., 93B(4): 673〜677, 1989.

6. [原著] 腎不全の胃粘膜ヘキソサミンに及ぼす影響−幼牛血液抽出剤の予防効果を含めて−. 亀山仁一(山形大),他4名,石原和彦(化),西山憲子(生化系),堀田恭子(生化): Cyto-Protection and Biology, 7: 133〜138, 1989.

7. [原著] 超音波内視鏡による胃癌深達度診断に関する臨床病理学的研究−陥凹型胃癌を中心に−. 木田光広,西元寺克礼,岡部治弥(内): Gastroenterological Endoscopy, 31(5): 1141〜1155, 1989.

8. [原著] 急性胃粘膜病変の臨床的・内視鏡的検討−特に前庭部急性対称性潰瘍について−. 西元寺克礼,一原亮,陶山紳一朗,岡部治弥(内),為近義夫(山口大): Gastroenterological Endoscopy, 31(7): 1783〜1793, 1989.

9. [原著] 直腸カルチノイド12例の臨床病理学的検討−特に内視鏡的ポリペクトミーの有用性について−. 小林清典,勝又伴栄,菊地芳春,三富弘之,鈴木裕,山本佳正,五十嵐正広,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),瀬川謙一,中英男(病理): Gastroenterological Endoscopy, 32(1): 67〜73, 1990.

10. [原著] 培養細胞株の紹介(消化器)KE-24. 山下和也(東病院病理),中英男(病理): Human Cell, 2(3): 340, 1989.

11. [原著] 培養細胞株の紹介(消化器)KE-43. 渡辺一江(東病院病理),中英男(病理): Human Cell, 2(4): 463, 1989.

12. [原著] Genotypes of Alcohol Dehydrogenase and Aldehyde Dehydrogenase Loci in Japanese Alcohol Flushers and Nonflushers. 渋谷明隆(内),Michio Yasunami,Akira Yoshida (City of Hope): Human Genetics, 82: 14〜16, 1989.

13. [原著] Development of Cellular Polarity and Tight Junctions in Parotid Acinar Cells of Postnatal Rat. 玉木英明(解),吉尾知(耳),山科正平(解): J. Electron Microsc., 38(5):340〜351, 1989.

14. [原著] Intracellular Accumulation of Basement Membrane Components during Morphogenesis of Rat Submandibular Gland. 門谷裕一,山科正平(解): J. Histochem. Cytochem., 37(9): 1387〜1392, 1989.

15. [原著] The Growth Promoting Effect of Transforming Growth Factor-α in Human Breast Cancer Cell Lines. 蔵並勝(外),Yamaguchi, K., Asanuma, F., Suzuki, M., Abe, K.: Jpn. J. Clin. Oncol., 19(4): 360〜366, 1989.

16. [原著] Microcirculatory Responses to Estradiol Benzoate in "Irreversible" Stage of Macronodular Liver Cirrhosis in the Rat. 石井公道,苅部ひとみ,藤田芳邦,柴田久雄(内),宮沢七郎(電顕センター),奥平雅彦(病理),Yasuo Fujishiro(東電病院),Masaharu Tsuchiya(慶大): Microcirculation Annual 1989: 123〜124, 1989.

17. [原著] Pathogenesis of Water-Immersion Stress-Induced Gastric Ulcers in Rats with Renal Failure. 鈴木祐子,亀山仁一(山形大),他2名,西山憲子(生化系),石原和彦(化),堀田恭子(生化): Scand. J. Gastroenterol., 24(Suppl. 162): 127〜130, 1989.

18. [原著] Effect of the Proton Pump Inhibitor, NC-1300, on Gastric Mucus Secretion in Rats. 小原進,大川博之(生化),石原和彦(化),堀田恭子,小室裕一(生化),岡部治弥(内): Scand. J. Gastroenterol., 24(Suppl. 162): 186〜189, 1989.

19. [原著] 新ピリドンカルボン酸系合成抗菌剤T-3262 (Tosufloxacin tosilate)の胆汁中移行及び胆嚢炎に対する有用性. 菅田文夫,大栗茂芳(昭和大),高邑裕太郎,富永静男(横浜市大),岩村健一郎,山田拓司(東海大),柴田久雄,山田伸夫(内),岡部和彦,加藤行雄(聖 マリアンナ医科大): The Japanese Journal of Antibiotics, 42(9): 1873〜1881, 1989.

20. [原著] H2受容体拮抗薬治療消化性潰瘍の難治、再発要因の検討. 西元寺克礼,岡部治弥(内): Therapeutic Research, 10(2): 156〜164, 1989.

21. [原著] 酸分泌刺激剤の胃粘液糖蛋白質に及ぼす影響(第2報). 小室裕一,大川博之,小原進(生化),石原和彦(化),堀田恭子(生化),岡部治弥(内): Therapeutic Research, 10(5): 1967〜1971, 1989.

22. [原著] 酸と胃粘液糖蛋白質変動. 堀田恭子,小原進(生化),石原和彦(化),筧正雄,桑田肇,大川博之(内),小室裕一,森下薫(生化),岡部治弥(内): Therapeutic Research, 10(8): 3208〜3215, 1989.

23. [原著] X線撮影の立場から−ポリープおよび大腸癌診断における注腸造影の役割−. 五十嵐正広,勝又伴栄,山本佳正,小林清典,岡部治弥(内),大谷剛正,高橋俊毅(外),井筒睦,草野正一(放),瀬川謙一,中英男(病理): Therapeutic Research, 10(Suppl. 1): 36〜42, 1989.

24. [原著] 消化器癌患者末梢血顆粒球に認められるATPase活性の変動. 谷口猛,岡田豊次,大野隆,前川公男,西元寺克礼(内): 癌と化学療法, 16(10): 3491〜3493, 1989.

25. [原著] 早期胃癌に対するレーザー+OK-432局注併用療法. 嶋尾仁,比企能樹,小林伸行,山尾哲彦,上野聡一郎,東博,加藤康行,三重野寛喜,榊原譲(外),岡慎一郎,中英男(病理): 消化器内視鏡, 1(2): 191〜196, 1989.

26. [原著] 大腸癌の超音波像に関する基礎的研究. 大谷剛正,綿貫文夫,工藤康生,吉田宗紀,三重野寛喜,渥美純夫,大宮東生,高橋俊毅,榊原譲,比企能樹(外): 消化器内視鏡, 1(4): 723〜730, 1989.

27. [原著] 小胃癌の臨床病理学的検討. 山田至人,横山靖,西元寺克礼,安達献,田辺聡,坂口哲章,木田光広,小泉和三郎,岡部治弥(内),三重野寛喜,比企能樹(外),中英男(病理): 消化器内視鏡の進歩, 34: 155〜159, 1989.

28. [原著] 多発胃癌91例の検討. 伊藤均,小泉和三郎,佐野秀弥,芦原毅,安達献,田辺聡,陶山紳一朗,坂口哲章,山田至人,木田光広,横山靖,西元寺克礼,岡部治弥(内),三重野寛喜, 榊原譲,比企能樹(外),中英男(病理): 消化器内視鏡の進歩, 34: 160〜164, 1989.

29. [原著] 大腸Villous tumorの臨床病理学的検討. 小林清典,五十嵐正広,菊地芳春,鈴木裕,山本佳正,勝又伴栄,岡部治弥(内),工藤康生(外),瀬川謙一,中英男(病理),高橋俊毅(外): 消化器内視鏡の進歩, 34: 180〜183, 1989.

30. [原著] 超音波内視鏡による慢性膵炎の検討. 坂口哲章,木田光広,山田至人,野登誠,芦原毅,小泉和三郎,横山靖,副島慎一,三橋利温,安海義曜,西元寺克礼,岡部治弥(内): 消化器内視鏡の進歩, 34: 197〜201, 1989.

31. [原著] 超音波内視鏡による胃潰瘍の検討−特に胃潰瘍のEUS時相と治癒判定について−. 木田光広,西元寺克礼,山田至人,坂口哲章,芦原毅,野登誠,小泉和三郎,横山靖,副島慎一,安海義曜,岡部治弥(内),三重野寛喜,比企能樹(外),中 英男(病理): 消化器内視鏡の進歩, 34: 45〜50, 1989.

32. [原著] 出血性潰瘍の長期経過の検討−特に再出血について−. 佐野秀弥,横山靖,田辺聡,伊藤均,芦原毅,山田至人,坂口哲章,木田光広,真玉寿美生,西元寺克礼,岡部治弥(内),嶋尾仁,三重野寛喜,比企能樹 (外): 消化器内視鏡の進歩, 35: 120〜124, 1989.

33. [原著] 胆嚢腺筋腫症の診断における超音波内視鏡の有用性. 坂口哲章,木田光広,山田至人,野登誠,芦原毅,横山靖,副島慎一,山田伸夫,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼(内),吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生, 比企能樹(外),石井英昭,本告匡,中英男(病理): 消化器内視鏡の進歩, 35: 196〜200, 1989.

34. [原著] ICG併用造影下の硬化剤血管内注入法の検討. 田辺聡,国分茂博,柴田久雄,西元寺克礼(内),比企能樹(外): 消化器内視鏡の進歩, 35: 72〜76, 1989.

35. [原著] 病理生検標本における脂肪肝の計測学的検討. 市瀬紀代美,伊藤由美子,渡辺淑子(東病院病理),市川つわ(病院病理): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 22(1): 44〜47, 1987.

36. [原著] 各種染色法を用いた胃黄色腫の病理組織学的検討. 横沢正志,山下和也,渡辺一江,篠田宏(東病院病理),中英男(病理): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 23(3): 164〜167, 1988.

37. [原著] 大腸メラノ−シスにおける色素保有細胞の病理学的検討. 山下和也,篠田宏,横沢正志,渡辺一江,滝川裕美,古村いさみ(東病院病理),中英男(病理): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 23(4): 210〜215, 1988.

38. [原著] 胆嚢コレステロ−シスの病理組織学的検討. 渡辺一江,横沢正志,山下和也,篠田宏(東病院病理),中英男(病理): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 24(1): 13〜16, 1989.

39. [原著] 早期胃癌の内視鏡レーザー照射+OK432局注併用療法. 嶋尾仁,比企能樹,小林伸行,山尾哲彦,上野聡一郎,東博,加藤康行,三重野寛喜,榊原譲(外): 日本レーザー医学会誌, 10(3): 151〜154, 1989.

40. [原著] Orthotopic Liver Transplantation with Use of Mizoribine, Cyclosporine and FK506 in Dogs. 佐藤光史,横田和彦,瀧島常雅,中山義介,刑部恒男,内田久則,阿曽弘一(外),大部誠,奥平雅彦(病理): 日本外科系連合学会誌, 20: 56〜59, 1989.

41. [原著] 早期胃癌におけるレーザーの応用−Endoscopic Surgeryについて−. 比企能樹,嶋尾仁,小林伸行(外): 日本外科系連合学会誌, 21: 176〜178, 1989.

42. [原著] 十二指腸潰瘍緊急手術例の臨床的検討. 塚本秀人,桜本信一,渥美純夫,蔵並勝,三重野寛喜,高橋俊毅,榊原譲,比企能樹,阿曽弘一(外): 日本消化器外科学会雑誌, 22(8): 2004〜2008, 1989.

43. [原著] 粘膜下層浸潤大腸癌および固有筋層浸潤大腸癌の臨床病理学的研究−とくに術前術中超音波診断との関連において−. 大谷剛正(外): 日本消化器外科学会雑誌, 22(9): 2283〜2291, 1989.

44. [原著] ラット胃粘液糖タンパク質及び胃粘膜抵抗性に対する酸分泌刺激の影響. 小室裕一,小原進(生化),石原和彦(化),岡部治弥(内),堀田恭子(生化): 日本消化器病学会雑誌, 87(3): 11〜17, 1990.

45. [原著] 腸型ベーチェット病に対する栄養療法の臨床的研究. 小林清典,五十嵐正広,菊地芳春,鈴木裕,山本佳正,勝又伴栄,岡部治弥(内): 日本大腸肛門病学会雑誌, 42(7): 1265〜1271, 1989.

46. [原著] 消化管運動の新しい解析方法−マウス摘出腸管運動におよぼすScoporamine-N-butylbromideおよびMetoclopramideの 効果. 加藤康行,上野聡一郎,東博(外),瀧澤直定,大貫信(生理),比企能樹(外): 北里医学, 19(4): 440〜444, 1989.

47. [原著] 無肝期にBio-pumpによるバイパス手技を用いたイヌ同所性同腫肝移植−手術手技の確立と新免疫抑制剤FK506の免疫抑制効果について−. 横田和彦,瀧島常雅,佐藤光史,中山義介,刑部恒男,今井潔,内田久則,阿曽弘一(外),大部誠,奥平雅彦(病理),真崎義彦(実動系): 北里医学, 19(5): 501〜509, 1989.

48. [原著] 胆嚢結石に対する体外式衝撃波による破砕術の基礎的臨床的研究. 門脇憲(外): 北里医学, 19(5): 518〜527, 1989.

49. [原著] ラット耳下腺腺房細胞の発生に関する電子顕微鏡的研究. 吉尾知(耳鼻),玉木英明,山科正平(解): 北里医学, 19(6): 594〜603, 1989.

50. [原著] 新しい経口腸管洗浄剤による大腸内視鏡検査法の検討−少量投与法との比較も含めて−. 三富弘之(内),大井田正人(大井田病院),勝又伴栄,西元寺克礼,岡部治弥(内): 北里医学, l9(3): 317〜320, 1989.

51. [原著] 本院における大腸ポリープ症例の検討. 三富弘之(内),大井田正人(大井田病院): 北里医学, l9(4): 421〜425, 1989.

52. [原著] 劇症肝不全,溶血性貧血で発症し救命し得た Wilson 病の1例. 大田剛穂,真銅太郎,小島邦彦(児): 北里医学,20(1): 26〜30, 1990.

53. [原著] 実験潰瘍に対する酸分泌抑制剤と防御因子増殖剤併用投与の効果−CimetidineとCetraxateによる検討−. 市川尊文(内),石原和彦(化学),小室裕一(生化),小島洋二(内),小原進,堀田恭子(生化): 薬理と治療, 18(3): 1065〜1070, 1990.

54. [短報] Microcirculatory Injury of Rat Gastric Mucosa by Ethanol and Its Prevention of Endogenous PGE2. 鹿取信,西山和男,小田隆治,上野晃憲(薬理): Microcirculation Annual 1989, p.105〜106, 1989.

55. [短報] 体質性黄疸肝におけるリガンディンの血液組織学的検討. 安部井誠人、松崎靖司,田中直見,大菅俊明(筑波大),杉本元信(東邦大),柴田久雄(内): 肝臓, : 1040, 1989.

56. [短報] 90年代の病理への期待. 比企能樹(外): 病理と臨床, 8(2): 181, 1990.

57. [研究報告] パネルディスカッション「肝予備能」はじめに. 柴田久雄(内): 東部肝臓フォーラム '89第2回記録集, 1990.

58. [研究報告(厚生省)] 門脈血行動態検討委員会報告. 奥平雅彦(病理),青木春夫(保健衛生大),荒川正博(久留米大),内田俊和(日大),大部誠(病理),木谷健一(東京都),桑原紀之(順大),中沼安二 (金大),二川俊二(順大),森安史典(京大): 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班昭和63年度研究報告書, p.16〜18, 1989.

59. [研究報告(厚生省)] 特発性門脈圧亢進症における類洞壁細胞の動態−とくに肝硬変症との比較を中心として. 奥平雅彦,大部誠(病理): 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班昭和63年度研究報告書, p.53〜56, 1989.

60. [研究報告(厚生省)] 肝静脈相互間吻合の病理学的検討. 奥平雅彦,大部誠,渡辺清治(病理): 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班昭和63年度研究報告書, p.57〜59, 1989.

61. [症例報告] 著明な低蛋白血症を呈した糞線虫症の1例. 三富弘之(内),川村誠,大井田正人,松野剛,竹束正二郎,大井田二郎(大井田病院),小泉和三郎,五十嵐正広,勝又伴栄,岡部治弥(内): Gastroenterological Endoscopy, 31(11): 3021〜3031, 1989.

62. [症例報告] 急性胃粘膜病変に対する粘膜保護剤およびH2ブロッカーの効果の比較. 西元寺克礼(内): Medical Tribune, 1989.

63. [症例報告] 石灰化胆嚢癌の1例. 伊藤義也,八十川要平,小波倉史子,塚本秀人,箕浦宏彦,秋山憲義,高橋俊毅(外),浅尾武士(国立相模原病院): 医療, 43(11): 1186〜1189, 1989.

64. [症例報告] 安息香酸エストラジオールが奏効した無症候性原発性胆汁性肝硬変の1例. 松木茂樹,石井公道,白崎敬二,杉本政直,新井重紀,苅部ひとみ,国分茂博,山田伸夫,柴田久雄,岡部治弥(内),大部誠,奥平雅彦(病理): 肝臓, 29(12): 1638〜1642, 1988.

65. [症例報告] テガフール・ウラシル配合剤(UFT)の術前投与が著効したBorrmann 2型進行胃癌の1手術例. 上杉秀永,安海義曜,西元寺克礼,岡部治弥(内),三重野寛喜(外),本告匡(病理): 癌の臨床, 35(8): 963〜969, 1989.

66. [症例報告] 大腸内視鏡検査直後に発症した虚血性大腸炎の1例. 五十嵐正広,勝又伴栄,三橋利温,西山和男,三富弘之,小林清典,山本佳正,西元寺克礼(内),瀬川謙一,中英男(病理),比企能樹(外): 消化器内視鏡, 1(5): 731〜735, 1989.

67. [症例報告] 食道悪性黒色腫. 三重野寛喜,比企能樹(外),横山靖,小泉和三郎(内): 消化器内視鏡, 2(1): 94〜95, 1990.

68. [症例報告] 広範な骨髄転移をきたした食道小細胞癌の1例. 田辺聡,今村清子,田辺由美,増田英明,依田敏,佐島敬清,男全正三,中村宣生,佐野仁勇,永岡貞男(内): 消化器内視鏡の進歩, 34: 232〜235, 1989.

69. [症例報告] 粘膜下腫瘍状の形態を示しRLHとして経過観察された胃悪性リンパ腫の1例. 岡田卓子,塩谷陽介,池田典次,今村清子,依田敏,増田英明,菊地芳春,佐島敬清,男全正三,木田光広(内): 消化器内視鏡の進歩, 35: 256〜259, 1989.

70. [症例報告] 拡大腹腔鏡により肝表面の毛細血管拡張を証明したRendu-Osler-Weber病の1例. 三枝信,松木茂樹,村上匡人,山田至人,杉本政直,山田伸夫,柴田久雄,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡の進歩, 35: 370〜372, 1989.

71. [症例報告] 肝区域に限局した続発性胆汁性肝硬変像を呈した肝門部胆管癌の1例. 渋谷明隆,杉本政直,坂口哲章,松本偉男,村上匡人,国分茂博,石井公道,柴田久雄(内): 胆道, 4(1): 62〜67, 1990.

72. [症例報告] 胃Glomus腫瘍の1例. 堀江和伸,横田和彦,今井潔,阿曽弘一(外),桑尾定仁(病理): 日本消化器外科学会雑誌, 22(12): 2833〜2836, 1989.

73. [症例報告] 横行結腸に壁内瘻を形成し,病理組織学的に確認し得たCrohn病の1例. 瀬川謙一,中英男,奥平雅彦(病理),勝又伴栄,山本佳正,五十嵐正広,岡部治弥(内),工藤康生(外): 日本消化器病学会雑誌, 87(2): 243〜247, 1990.

74. [症例報告] 原発巣が良く管理され肺転移のなかった肝細胞癌の脳転移の1例. 結城伸泰(下都賀総合病院),真玉寿美生,藤井保治,雨宮賢一,木田芳樹,菅知也,野登誠(内),鈴木高祐,五月女茂(下都賀総合病院): 臨床と研究, 66(4): 1207〜1212, 1989.

75. [症例報告] 胃前庭部前壁のUc型早期胃癌. 小泉和三郎,西元寺克礼(内): 臨床医, 15(11): 1902〜1904, 1989.

76. [臨床治験] 胆石溶解療法の長期予後. 国分茂博(内): Medical Tribune, '89(11.2): 50〜51, 1989.

77. [臨床治験] Sucralfateによる胃潰瘍の再発とその因子の研究; 病医院・診療所による多施設統一プロトコール試験. 岡部治弥,西元寺克礼(内),小川暢也(愛媛大),川上澄(弘前大),井上修一(秋田大),早川滉(日赤長崎原爆病院): Therapeutic Research, 10(4): 1593〜1606, 1989.

78. [臨床治験] フィンガー・ピース法によるICG試験の多施設における検討. 浪久利彦,粟津邦男,南部勝司(順天堂大),柴田久雄(内),水本龍二(三重大),辻井正(奈良医科大),高田昭(金沢医科大),糸島達也(岡大),川崎 寛中(鳥取大),益沢學(国立大阪病院),谷川久一(久留米大),松嶋喬(北大),平野正憲(東京警察病院),松崎松平(東海大): 肝胆膵, 20(2): 347〜351, 1990.

79. [臨床治験] 口側切除線決定のための胃生検と内視鏡クリッピング法. 三重野寛喜,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外),小泉和三郎,横山靖,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 2(2): 135〜143, 1990.

80. [臨床治験] 胃潰瘍に対するRioprostilの第2相臨床試験−二重盲検法による用法用量の検討−. 三好秋馬(静岡県立総合病院),岡部治弥,西元寺克礼(内),谷内昭(札幌医科大),後藤由夫(東北大),正宗研(秋田大),松尾裕,岩崎有良(日大), 森治樹(東女医大),福富久之(筑波大),男全正三(横浜市立市民病院),三輪剛,原澤茂(東海大),中澤三郎(名古屋大),中島敏夫(市立豊中病院), 鎌田武信(阪大),岸清一郎(徳島大),八尾恒良(福岡大),早川滉(日赤長崎原爆病院),小川暢也(愛媛大): 内科宝函, 36(4): 77〜91, 1989.

81. [臨床治験] 十二指腸潰瘍に対するRioprostilの第2相臨床試験−二重盲検法による用量の検討−. 三好秋馬(静岡県立総合病院),岡部治弥,西元寺克礼(内),谷内昭(札幌医科大),後藤由夫(東北大),正宗研(秋田大),松尾裕,岩崎有良(日大), 森治樹(東女医大),福富久之(筑波大),男全正三(横浜市立市民病院),三輪剛,原澤茂(東海大),中澤三郎(名古屋大),中島敏夫(市立豊中病院), 鎌田武信(阪大),岸清一郎(徳島大),八尾恒良(福岡大),早川滉(日赤長崎原爆病院),小川暢也(愛媛大): 内科宝函, 36(5): 161〜176, 1989.

82. [臨床治験] 胃炎に対するRioprostilの第2相臨床試験−二重盲検法による用量の検討. 三好秋馬(静岡県立総合病院),岡部治弥,西元寺克礼(内),谷内昭(札幌医科大),後藤由夫(東北大),正宗研(秋田大),松尾裕,岩崎有良(日大), 森治樹(東女医大),福富久之(筑波大),男全正三(横浜市立市民病院),三輪剛,原澤茂(東海大),中澤三郎(名古屋大),中島敏夫(市立豊中病院), 鎌田武信(阪大),岸清一郎(徳島大),八尾恒良(福岡大),早川滉(日赤長崎原爆病院),小川暢也(愛媛大): 内科宝函, 36(7): 255〜270, 1989.

83. [総説] 内視鏡による胃癌の深達度と治療. 比企能樹(外): Clinician, 90(387): 66〜72, 1990.

84. [総説] 再発防止面からみた胃潰瘍の治療. 西元寺克礼(内): Kyo, (84): 9〜13, 1989.

85. [総説] 症候から診断へ「吐血」. 西元寺克礼(内): Medic, 24(9): 21〜24, 1989.

86. [総説] 消化性潰瘍. 安海義曜,西元寺克礼(内): Medicament News, (1282): 19〜23, 1990.

87. [総説] 上部消化管出血. 横山靖,西元寺克礼(内): Medicina, 26(7): 1216〜1217, 1989.

88. [総説] 長期維持療法で胃・十二指腸潰瘍の再発予防は可能か? 安海義曜,西元寺克礼(内): Medicina, 27(2): 208〜211, 1990.

89. [総説] 早期胃癌は非手術的に治療可能か? 比企能樹,嶋尾仁(外): Medicina, 27(2): 222〜224, 1989.

90. [総説] 消化性潰瘍の再発対策. 西元寺克礼(内): Modern Medicine, 88(8): 33〜37, 1989.

91. [総説] H2-blockerはオールマイティか. 真玉寿美生,西元寺克礼(内): Modern Physician, 10(3): 311〜314, 1990.

92. [総説] 胃を考える−消化性潰瘍. 西元寺克礼(内): スズケンPHC, (5): 37〜46, 1989.

93. [総説] 急性胃粘膜病変(AGML)の成因−外科の立場から−. 塚本秀人,比企能樹,三重野寛喜(外),陶山紳一朗,一原亮,西元寺克礼(内): 胃と腸, 24(6): 645〜651, 1989.

94. [総説] 虫垂炎が疑われた虫垂癌、この症例の治療方針. 工藤康生,比企能樹(外): 外科, 51(8): 772〜775, 1989.

95. [総説] 肝細胞変性・壊死の病理. 奥平雅彦,金子聡,佐藤正樹(病理): 肝胆膵, 19(2): 173〜177, 1989.

96. [総説] 薬物性肝障害の病理. 大部誠,奥平雅彦(病理): 肝胆膵, 19(4): 767〜774, 1989.

97. [総説] 急性胃粘膜病変(AGML)とは−外科の立場から−. 塚本秀人,比企能樹(外): 最新医学, 44(10): 2017〜2021, 1989.

98. [総説] 急性胃粘膜病変(AGML)とその周辺−粘液とAGML. 堀田恭子(生化),石原和彦(化): 最新医学, 44(10): 2152〜2156, 1989.

99. [総説] 内痔核手術の検討. 朝長哲弥,大島行彦,清水正夫,後藤紀夫,渡辺龍彦,吉田勝明,池永誠,中村秀夫(上尾中央総合病院): 埼玉県医学会雑誌, 24(3): 713〜715, 1989.

100. [総説] 大腸癌肝転移例の検討. 池永誠(外),大島行彦,清水正夫,後藤紀夫,渡辺龍彦,吉田勝明,朝長哲弥,中村秀夫(上尾中央総合病院): 埼玉県医学会雑誌, 24(3): 717〜720, 1989.

101. [総説] 消化性潰瘍のNatural History. 安海義曜,西元寺克礼(内): 治療, 71(10): 2065〜2070, 1989.

102. [総説] 胃粘膜防御における粘液・重炭酸の意義. 堀田恭子(生化): 治療学, 23(3): 264〜268, 1989.

103. [総説] 特集: 老人診療−診断基準−[老年者における診断基準]消化性潰瘍. 三橋利温,西元寺克礼,岡部治弥(内): 実験治療, (617): 176〜178, 1989.

104. [総説] 胆道病変の超音波診断. 国分茂博,杉本政直,坂口哲章,柴田久雄(内): 消化器科, 11(6): 698〜706, 1989.

105. [総説] 大量吐血に対する非手術的療法とその限界. 塚本秀人,比企能樹(外): 消化器外科, 13(2): 163〜168, 1990.

106. [総説] 上部消化管出血に対する緊急内視鏡止血. 木田光広,西元寺克礼,田辺聡,佐野秀弥,国分茂博,横山靖,岡部治弥(内): 消化器内視鏡, 1(3): 278〜284, 1989.

107. [総説] 消化管出血に対する内視鏡的レーザー止血法−歴史的変遷からみた再評価−. 比企能樹,嶋尾仁,小林伸行(外): 消化器内視鏡, 1(3): 293〜299, 1989.

108. [総説] 大腸ポリペクトミーの評価と治癒判定. 勝又伴栄,五十嵐正広,三富弘之,小林清典,山本佳正,西元寺克礼(内),高橋俊毅,比企能樹(外),瀬川謙一,中英男(病理): 消化器内視鏡, 1(7): 937〜946, 1989.

109. [総説] 癌の内視鏡的治療の評価. 比企能樹,嶋尾仁(外): 消化器内視鏡, 1(7): 987〜991, 1989.

110. [総説] 胃潰瘍の超音波内視鏡診断. 木田光広,西元寺克礼,山田至人,坂口哲章,野登誠,横山靖,岡部治弥(内),三重野寛喜,比企能樹(外),中英男(病理): 消化性潰瘍−臨床と基礎, 8(2): 132〜141, 1989.

111. [総説] 検査計画法−臨床検査の公式集−X.消化管疾患; 9. 胃・十二指腸潰瘍. 安海義曜,西元寺克礼(内): 総合臨床, 38(増刊): 1312〜1316, 1989.

112. [総説] 消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍). 横山靖,西元寺克礼(内): 日本医師会雑誌, 103(3): 351〜355, 1990.

113. [総説] 胆石ESWLの副作用・合併症. 門脇憲,桜本信一(外),一原亮(内),上野一也,平田信人,比企能樹(外): 日本臨床, 47(12): 2758〜2761, 1989.

114. [総説] 5'-ヌクレオチダーゼ. 柴田久雄(内): 日本臨床, 47(増刊): 313, 1989.

115. [総説] 胃における内因性エイコサノイドの作用と抗炎症薬,抗潰瘍薬. 鹿取信,西山和男(薬理),鈴木裕(内),上野晃憲(薬理): 病態生理, 8(8): 657〜665, 1989.

116. [総説] 肝癌類似病変の病理学的側面. 奥平雅彦,大部誠,金子聡,高井智子,本橋郁子,木田芳樹(病理): 腹部画像診断, 10(1): 7〜14, 1990.

117. [総説] 下部消化管動静脈奇形−臨床分類に関する考察と本邦報告例の集計. 草野正一,井筒睦,遠藤高(放): 腹部救急診療の進歩, 10(1): 134〜139, 1990.

118. [総説] 急性腹症の診断と手術適応. 比企能樹,嶋尾仁(外): 毎日ライフ, 90(3): 26〜29, 1990.

119. [総説] 人工膵臓とその利用. 横田和彦,佐藤光史(外),藤田芳邦(内): 薬局, 40(3): 965〜969, 1989.

120. [総説] 吐下血の病因. 真玉寿美生,西元寺克礼,岡部治弥(内): 臨床と研究, 66(12): 3706〜3711, 1990.

121. [総説] 体外衝撃波療法. 柴田久雄,一原亮(内): 臨床と研究, 66(8): 110, 1989.

122. [総説] (特集)胆石と胆石症:診断法、精密検査. 吉田宗紀,比企能樹,渥美純夫,大宮東生(外): 臨床と研究, 66(8): 2404〜2411, 1989.

123. [総説] 抗潰瘍薬. 西元寺克礼(内): 臨床と研究, 67(1): 61〜64, 1990.

124. [総説] 胃癌の内視鏡治療. 比企能樹,小林伸行,嶋尾仁(外): 臨床医, 15(11): 1854〜1858, 1989.

125. [総説] 胃潰瘍の再発要因. 三橋利温,横山靖,西元寺克礼(内): 臨床科学, 26(1): 43〜49, 1990.

126. [総説] 粘膜防御機構の新しい展望−粘液の立場から−. 小室裕一(生化),石原和彦(化),岡部治弥(内): 臨床科学, 26(1): 61〜65, 1990.

127. [総説] 食道内挿管法. 嶋尾仁,比企能樹(外): 臨床外科, 44(11): 1573〜1575, 1989.

128. [総説] 食道拡張法. 嶋尾仁,比企能樹(外): 臨床外科, 44(9): 1141〜1143, 1989.

129. [総説] 胃癌・出血性潰瘍. 比企能樹,嶋尾仁,小林伸行,榊原譲(外),田辺聡,横山靖(内): 臨床外科, 45(2): 177〜186, 1990.

130. [総説] 薬物性肝障害の病理. 大部誠,奥平雅彦(病理): 臨床消化器内科, 4(11): 1783〜1791, 1989.

131. [総説] 胃手術後の病変とその対策, Z.吻合部潰瘍;(4)治療方針−薬物療法と手術適応をめぐって. 三橋利温,西元寺克礼(内),塚本秀人(外): 臨床消化器内科, 5(1): 81〜86, 1990.

132. [総説] 退院後の生活指導;消化性潰瘍. 横山靖,岡部治弥(内): 臨床成人病, 19(9): 146〜148, 1989.

133. [講座] 転倒による打撲症でNSAID服用後の急性胃炎. 西元寺克礼(内): Clinician, 36: 20〜21, 1989.

134. [講座] 胃腸透視と鎮痙剤. 西元寺克礼(内): ドクターサロン, 34(3): 195〜198, 1990.

135. [講座] 読影講座−これをどうよむか? 西巻博,菅信一(放),堀池重治(救命),田所克己,池田俊昭,小林茂樹,谷田理一郎,松林隆(放): 画像診断, 9(6): 731〜737, 1989.

136. [講座] 口腔内炎症−はじめに−. 設楽哲也(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 82(11): 1511, 1989.

137. [講座] 口腔内炎症; 感染症 2.ウィルス感染による口内炎(単純疱疹,水痘,ヘルパンギ−ナ,麻疹,手足口病)−診断と治療−. 高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 82(11): 1514〜1517, 1989.

138. [講座] 慢性便秘、麻痺性イレウス. 五十嵐正広,勝又伴栄,岡部治弥(内): 消化器科, 11(1): 90〜98, 1989.

139. [講座] 肝胆膵のCT診断−CT読影に必要な基礎知識−1990. 草野正一(放): 消化器外科, 13(1): 83〜93, 1990.

140. [講座] 肝胆膵のCT診断−肝臓(1)肝細胞癌. 草野正一,井筒睦,谷田理一郎(放),中英男(病理),比企能樹(外): 消化器外科, 13(2): 201〜210, 1990.

141. [講座] 肝胆膵のCT診断−肝臓(2)転移性肝癌. 草野正一,井筒睦,遠藤高(放),中英男(病理),比企能樹(外): 消化器外科, 13(3): 363〜370, 1990.

142. [講座] 上部消化管内視鏡挿入法;ちょっとの気配りで数段上手になる法. 横山靖(内),比企能樹(外): 消化器内視鏡, 1(3): 381〜386, 1989.

143. [講座] 膵外傷における緊急ERP. 国分茂博,横山靖(内),前川和彦(救命): 消化器内視鏡, 1(4): 553〜561, 1989.

144. [講座] 胃潰瘍の病期診断と予後. 横山靖,西元寺克礼,佐野秀弥,田辺聡(内): 消化器内視鏡, 1(9): 1191〜1197, 1989.

145. [講座] 用語解説. 比企能樹(外): 消化器内視鏡, 2(1): 89〜91, 1990.

146. [講座] び慢性肝疾患のCT. 遠藤高,草野正一(放): 腹部画像診断, 9(10): 833〜840, 1989.

147. [講座] 臓器移植はどのように進歩したか(肝臓、膵臓移植). 佐藤光史(外): 平成元年度神奈川県大学公開講義要綱, p.30〜36, 1989.

148. [講座] Scope-慢性胃炎. 西元寺克礼(内): 臨床のあゆみ, 28: 16〜17, 1989.

149. [座談会] 消化性潰瘍における再発防止の薬物療法. 松尾裕(日大),西元寺克礼(内),平塚秀雄(平塚胃腸病院): Clinic Magazine, (7): 81〜94, 1989.

150. [座談会] 消化性潰瘍−再発−. 西元寺克礼(内),三輪剛(東海大),西村好雄(厚木中央医院),田中宣男(総合高津中央病院): Medical Partner, 1(2): 2〜10, 1989.

151. [座談会] 胃・十二指腸出血をめぐる諸問題−方法論を中心に−. 西元寺克礼(内),佐藤彰(東北大),仲紘嗣(札幌西区病院),佐々部正孝(東京医科歯科大),原田一道(旭川医科大),永井祐吾(和歌山医科大),有山 襄(順天堂大),並木正義(旭川医科大),小越和栄(県立がんセンター新潟病院): 胃と腸, 24(4): 396〜411, 1989.

152. [座談会] 急性胃粘膜病変(AGML). 西元寺克礼(内),佐藤彰(東北大),柳井秀雄(山口大),浅田修二(大阪医科大),郡大裕(福井医科大),松下文雄(鹿児島県野田町立病院),並木正義 (旭川医科大): 胃と腸, 24(6): 674〜686, 1989.

153. [座談会] 消化器疾患の薬物療法とその限界. 岡部治弥(内),出月康夫(東大),多賀須幸男(関東逓信病院),三輪剛(東海大): 日本医師会雑誌, 103(3): 315〜328, 1990.

154. [学術書] (編集) 胃粘液分泌の分析・測定の意義; 編集 森賀本幸(京大),堀田恭子(北里大)編, 日本医学館, 東京, 89.09.27発行.

155. [学術書] (執筆) 産業内科全書,神経・筋系/消化器・代謝系; 中毒性肝障害の病理,2: 553〜562, 奥平雅彦,大部誠(病理). 編集 祖父江逸郎(名大),鈴木継美(東大),村田由之(産業医大),池田正之(京大),兼高達貳(東京逓信),藤沢洌(慈大)編, 医歯薬出版, 東京, 89.05.25発行.

156. [学術書] (執筆) Gastrointestinal Function, Regulation and Disturbance, Vol.7; Relation between Gastric Acid Secretion and Gastric Mucous Glycoproteins, 堀田恭子,小原進(生化),石原和彦(化),筧正雄,大川博之,桑田肇(内),小室裕一,森下薫(生化),岡部治弥(内). 編集 Nagao, F.(慈恵医大),Matsuo, Y.(日大),Kasuya, Y.(星薬大),Tsuchiya, M.(慶大)編, Excerpta Medica, 東京, 89.00.00発行.

157. [学術書] (執筆) 胃粘液分泌の分析・測定の意義; 水浸拘束ストレス潰瘍におけるラット胃粘膜粘液糖蛋白質測定の意義, p.17〜22, 大久保剛,渡辺洋三,榊原宣(順大),石原和彦(化),堀田恭子(生化). 編集 森賀本幸(京大),堀田恭子(北里大)編, 日本医学館, 東京, 89.09.27発行.

158. [学術書] (執筆) 胃粘液分泌の分析・測定の意義; 胃粘液含量測定法としてのヘキソサミン定量−ヒト胃粘膜標本による基礎的検討およびHPLCを用いた高感度定量法の開発, p.11〜16, 石原和彦(化),森下薫,小原進,大川博之,堀田恭子(生化),安海義曜,岡部治弥(内),秋山憲義(外). 編集 森賀本幸(京大),堀田恭子(北里大)編, 日本医学館, 東京, 89.09.27発行.

159. [学術書] (執筆) 胆石症; 生活指導、薬物療法、食事療法, p.78, 柴田久雄,国分茂博(内). 編集 大藤正雄(千葉大)編, 南江堂, 東京, 90.01.00 発行.

160. [学術書] (執筆) 体外衝撃波:胆石破砕療法; 衝撃波発生装置とメカニズム, p.42〜46, 柴田久雄(内). 編集 大藤正雄,土屋幸浩(千葉大)編, 医学図書出版, 東京, 89.00.00 発行.

161. [学術書] (執筆) 消化器疾患最新の治療; 胃潰瘍−治癒期の治療, p.117〜120, 西元寺克礼,岡部治弥(内). 編集 岡博(東京警察病院),他編, 南江堂, 東京, 89.05.15 発行.

162. [学術書] (執筆) 消化器内視鏡技師試験問題解説; 大腸, p.398〜407, 勝又伴栄(内). 編集 崎田隆夫(昭和病院),他編, 医学図書出版, 東京, 89.11.18 発行.

163. [学術書] (執筆) 胃粘液分泌の分析・測定の意義; 消化性潰瘍における胃液中粘液糖蛋白質測定の意義, p.3〜9, 安海義曜,西元寺克礼,岡部治弥(内),石原和彦(化学),堀田恭子(生化). 編集 森賀本幸(京大),堀田恭子(北里大)編, 日本医学館, 東京, 89.09.27 発行.

164. [学術書] (執筆) 今日の肝臓病学 '89; アルコール性肝障害の発生と進展に及ぼす諸因子(発症に及ぼす個人差の問題について), p.44〜45; 女性アルコール性肝障害の実情 p.56〜57, 苅部ひとみ(内). 編集 藤沢洌(慈恵医大)編, 日本医学館, 東京, 89.10.14 発行.

165. [学術書] (執筆) 腹腔鏡Peritoneoscopy No.10「脂肪肝と腹腔鏡検査」; 脂肪肝における肝表面被膜下血管構築−実験的脂肪肝との対比検討−, p.45〜47; 苅部ひとみ(内),厚田幸一郎(薬剤部),山田伸夫,柴田久雄(内),奥平雅彦(病理). 編集 岩村健一郎(東海大)編, 日本医学館, 東京, 89.11.18 発行.

166. [学術書] (執筆) 図説内科診断治療講座7; 消化性潰瘍; 自然史と長期予後, p.232〜239; 西元寺克礼(内). 編集 三輪剛(東海大)編, メジカルビュー社, 東京, 89.01.20 発行.

167. [学術書] (執筆) ブックガイド: 内科医のための消化器病学 150冊; The Crohn's Disease and Ulcerative Colitis Fact Book, 第2版, p.119, 勝又伴栄,岡部治弥(内). 編集 三好秋馬(広島大)編, Excerpta Medica, 東京, 89.08.00 発行.

168. [学術書] (執筆) 栄養治療学; 胃腸疾患、消化吸収障害, 第1刷, p.104〜119, 勝又伴栄,岡部治弥(内),水嶋京子,城井美子(栄養科). 編集 八木國夫(名古屋大),五島雄一郎(東海大)編, 講談社サイエンティフィック, 東京, 89.11.20 発行.

169. [学術書] (執筆) 臨床検査MOOK, No.31, アイソザイム; コリンエステラーゼ(ChE), p.88, 柴田久雄(内). 編集 山部学(東大)他,編, 金原出版, 東京, 88.12.20 発行.

170. [学術書] (執筆) Selenium in Biology and Medicine; Ebselen, a Seleno-Organic Compound, Inhibits Leukocyte Aggregation and Reduced the Plasma Leukotriene B4 Level in Humans and Rats, 柴田久雄(内). 編集 A. Wendel (Fovulfot fur Biologie, Universitat Konstanz)編, Springer, Berlin, 89.00.00 発行.

171. [学術書] (執筆) 最新消化器外科シリーズ 2. 胃癌(1); 治療方針−非観血的治療, p.99〜106, 嶋尾仁,比企能樹(外). 編集 阿部令彦(慶大),出月康夫(東大),小沢和恵(京大),榊原宣(順天大)編, 金原出版, 東京, 89.09.25発行.

172. [学術書] (執筆) 膵頭十二指腸切除術; 膵周囲炎を伴って切除に難渋した乳頭部癌の1例, p.308〜310; 今永式との出会い, p.460〜463, 大宮東生(外). 編集 宮崎逸夫(金沢大),高田忠敬(帝京大)編, 医学図書出版, 東京, 89.10.31発行.

173. [教科書] (執筆) 診療内科学; 胆道疾患, p.154〜161, 柴田久雄(内). 編集 阿部裕(阪大)編, 金原出版, 東京, 89.01.00 発行.

174. [教科書] (執筆) 最新医学知識の整理:医学・医療総論 Y.検査; 内視鏡検査, p.192〜209, 比企能樹,嶋尾仁(外). 編集 橋本信也(慈恵医大),丸山雄二(聖マリアンナ医科大)編, 医歯薬出版, 東京, 89.05.10発行.

175. [教科書] (執筆) 最新医学知識の整理:医学・医療総論,消化管,腹壁,腹膜疾患; 食道噴門弛緩症,Mallory-Weiss症候群, W.43〜45, 比企能樹,嶋尾仁(外). 編集 丸山雄二(聖マリアンナ医科大)編, 医歯薬出版, 東京, 89.10.10発行.

176. [その他の著書] (執筆) 経腸栄養実施マニュアル; 佐藤光史,金城正佳,今井潔(外),前川和彦(救命),大場正巳(看護学部). 編集 大場正巳(北里大)編, 北里大学病院, 89.09.00発行.

177. [その他の著書(概説書)] (執筆) 消化器病セミナ−36,肝硬変症: 病態と対策; 肝硬変症−病理学的概念, p.1〜12, 奥平雅彦(病理). 編集 原田尚(独協医大)編, へるす出版, 東京, 89.09.00発行.

178. [その他の著書(概説書)] (執筆) 東部肝臓フォ−ラム・1989年第2回記録集; 肝予備能−形態と機能の解離, p.118〜129, 奥平雅彦(病理). 編集 原田尚(独協医大)編, 医事出版社, 東京, 90.03.15発行.

179. [その他の著書(概説書)] (執筆) Annual Review 消化器 1990; 消化器内視鏡治療, p.63〜66, 嶋尾仁,比企能樹(外). 編集 岡博(東大),三輪剛(東海大),出月康夫(東大),大藤正雄(千葉大),戸田剛太郎(東大)編, 中外医学社, 東京, 90.01.10発行.

180. [学術賞] ウイルス肝炎研究財団,研究奨励賞「アルコール性肝疾患の素因に関する分子遺伝学的研究」. 渋谷明隆(内).

181. [学会] (宿題報告) 胃・十二指腸出血の臨床. 比企能樹(外): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.05), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 1870, 1989.

182. [学会] (特別講演) 胃病変の超音波内視鏡診断. 西元寺克礼(内): 第48回日本消化器内視鏡学会九州地方会 (89.11.17), 佐賀.

183. [学会] (特別講演) 食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法−最近の肝・胆道系疾患の知見を含めて−. 国分茂博(内): 石川県臨床内科医会学術講演会 (90.03.22), 小松.

184. [学会] (教育講演) 消化性潰瘍薬物療法の現状. 西元寺克礼(内): 第206回日本消化器病学会関東地方会 (89.09.16), 所沢.

185. [学会] (教育講演) Preoperative Staging of T by Endoscopy and Endoscopic Ultrasonography. 嶋尾仁,比企能樹(外): Staging and Treatment of Gastric Cancer: Postgraduate Course on Digestive Oncology (89.09.22), Verona, Italy.

186. [学会] (教育講演) Endoscopic Treatment of Gastric Cancer. 嶋尾仁,比企能樹(外): Staging and Treatment of Gastric Cancer: Postgraduate Course on Digestive Oncology (89.09.23), Verona, Italy.

187. [学会] (シンポジウム) 胆石溶解療法の長期予後−胆石症の治療と長期予後−. 国分茂博,柴田久雄(内): 第75回日本消化器病学会総会 (89.03.28), 横浜, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 427, 1989.

188. [学会] (シンポジウム) Investigation of the Safety of Famoxidine. 西元寺克礼(内): 21st Congress of European Association for Gastroenterology (89.05.04).

189. [学会] (シンポジウム) 胃炎はどう捉えられているか. 西元寺克礼(内): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.12), 名古屋.

190. [学会] (シンポジウム) 超音波内視鏡による胃癌深達度診断. 木田光広,西元寺克礼(内): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.13), 名古屋, Gastroenterol. Endosc., 31(10): 2797〜2799, 1989.

191. [学会] (シンポジウム) ICG併用造影下の硬化剤血管内注入注入法の検討. 田辺聡,国分茂博,柴田久雄,西元寺克礼(内),比企能樹(外): 第48回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.06.03), 前橋.

192. [学会] (シンポジウム) 超音波による胆嚢検診の現状と経過観察の検討. 白崎敬二,国分茂博(内): 第38回日本消化器集団検診学会関東甲信越地方会 (89.09.17), 甲府.

193. [学会] (シンポジウム) 消化性潰瘍の長期予後について. 三橋利温,芦原毅(内): 第22回神奈川県消化器病医学会総会 (89.11.04), 横浜.

194. [学会] (シンポジウム) 上部消化管大量出血例の臨床的検討. 田辺聡,木田光広,国分茂博(内),前川和彦,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.06), 東京, 救急医学, p.701, 1989.

195. [学会] (シンポジウム) 超音波内視鏡による膵胆道腫瘍診断. 坂口哲章,山田至人(内): 第49回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.12.08), 東京, 予報集, p.11, 1989.

196. [学会] (シンポジウム) 肝癌のinterventional radiology−循環の特性と制御−:肝硬変合併肝細胞癌の血管構築像と治療. 石井公道,柴田久雄(内): 第9回日本画像医学会 (90.02.24), 東京, 日本画像医学会雑誌, 8(5): 370, 1990.

197. [学会] (シンポジウム) H2受容体拮抗剤維持療法下胃潰瘍の再発因子−内視鏡像による検討−. 西元寺克礼(内): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.30), 東京, 抄録集, p.97, l990.

198. [学会] (シンポジウム) 胃深達度診断の進歩. 比企能樹(外): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.12), 名古屋.

199. [学会] (シンポジウム) 胃癌の内視鏡治療の現況と将来. 嶋尾仁,比企能樹(外): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.12), 名古屋.

200. [学会] (シンポジウム) 早期胃癌におけるレーザーの応用−Endoscopic Surgeryについて −. 比企能樹,嶋尾仁,小林伸行(外): 日本外科系連合学会第14回学術集会 (89.06.21), 大阪.

201. [学会] (シンポジウム) 内視鏡治療の立場から−高齢者における早期胃癌治療の問題点−. 伊藤克昭(愛知県がんセンター),比企能樹(外): 第27回日本癌治療学会総会 (89.10.25), 名古屋.

202. [学会] (シンポジウム) 胃癌の内視鏡的レーザー治療症例の検討. 小林伸行,嶋尾仁(外): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.23), 東京, 抄録集, p.116, 1989.

203. [学会] (シンポジウム) 胃癌の内視鏡的治療の評価. 小黒八七郎(国立がんセンター),比企能樹(外): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.23), 東京, 抄録集, p.16, 1989.

204. [学会] (パネル) 出血性潰瘍の短期および長期予後の検討. 田辺聡,西元寺克礼(内): 第75回日本消化器病学会総会 (89.03.28), 横浜.

205. [学会] (パネル) 小児の血中ペプシノ−ゲン値の検討. 真銅太郎,大田剛穂,小島邦彦(児),石井勝己(放): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.20), 新潟, 日本小児科学会雑誌, 93(3): 564, l989.

206. [学会] (パネル) Usefulness of the Endoscopic Examination for Diagnosis of the Rare upper Gastrointestinal Tumor in Children. 真銅太郎,細田のぞみ,大田剛穂,小島邦彦(児): 19th International Congress of Pediatrics (89.07.26), Paris,

207. [学会] (パネル) 肝硬変症に対する経口および非経口分枝鎖アミノ酸投与の長期予後に対する効果. 松木茂樹(内): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.20), 長野, 肝臓, 30(Suppl. 2): 27, 1989.

208. [学会] (パネル) EdmondsonU型肝細胞癌の再検討(2)蛍光顕微測光装置を用いて. 高井智子(病理),古谷房枝(病院病理部),奥平雅彦(病理): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.21), 長野, 肝臓, 30(Suppl.2): 112, 1989.

209. [学会] (パネル) 消化器癌患者末梢血顆粒球のcathepsin D活性. 谷口猛,前川公男,大野隆,橘田輝雄,幾世橋篤,西元寺克礼(内): 第27回日本癌治療学会総会 (89.10.25ー27), 名古屋.

210. [学会] (パネル) 早期胃癌の診断限界に挑む−Pharmacoendoscopyによる早期胃癌の診断−. 小泉和三郎,西元寺克礼(内): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.24), 東京, 予報集, p.135, 1989.

211. [学会] (ワークショップ) 潰瘍性大腸炎の治療−内科・外科の接点. 勝又伴栄,小林清典,三富弘之,山本佳正,五十嵐正広(内),高橋俊毅(外): 第44回日本大腸肛門病学会総会 (89.11.17), 東京, 大腸肛門誌, 42(5): 751, 1989.

212. [学会] (ワークショップ) 胃疾患に対する超音波内視鏡の実際. 木田光広,西元寺克礼(内): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.22), 東京.

213. [学会] (ワークショップ) Total colonoscopyの手技−緊急検査と通常検査−. 山本佳正,勝又伴栄(内): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.22), 東京, 予報集, p.144, 1989.

214. [学会] (一般講演) 胆石症にて摘出された胆嚢内胆汁の異型細胞の検討. 田所悦子(病院病理),中英男(病理): 第6回日本臨床細胞学会神奈川県支部地方会学術講演会 (87.08.29), 伊勢原, 抄録集, p.24, 1987.

215. [学会] (一般講演) A Study on the Healing Process of Gastric Ulcer Using Endoscopic Ultrasonography (EUS). 木田光広,西元寺克礼,副島慎一,横山靖,岡部治弥(内): Y European Congress of Digestive Endoscopy (88.09.08), Rome, Endoscopy, 20(Suppl.): 91, 1988.

216. [学会] (一般講演) 肝硬変症の臨床的検討. 松木茂樹,白崎敬二,杉本政直,新井重紀,山田伸夫,石井公道,柴田久雄,岡部治弥(内): 第30回日本消化器病学会大会 (88.10.21), 鹿児島.

217. [学会] (一般講演) 肝内胆管腺種(Intrahepatic Bile Duct Adenoma)の病理組織学的研究. 金子聡,大部誠,岩渕啓一,奥平雅彦(病理): 第78回日本病理学会総会 (89.03.30), 京都, 日本病理学会会誌, 78(総会号): 278, 1989.

218. [学会] (一般講演) 下部消化管動静脈奇形(AVM)の診断と治療. 草野正一,金井昌訓,西山正吾,小林成司,金井塚文明,本橋修,松本玲子,井筒睦(放): 第48回日本医学放射線学会 (89.04.05), 神戸, 日本医学放射線学会誌・第48回抄録集,49(臨増): s72, l989.

219. [学会] (一般講演) 消化器系臓器におけるEpithelial Membrane Antigen陽性細胞の分布特性について. 横沢正志,篠田宏,山下和也,渡辺一江,滝川裕美,古村いさみ(東病院病理),中英男(病理): 第38回日本臨床衛生検査学会 (89.04.30), 福島, 衛生検査, 38(3): 352, 1989.

220. [学会] (一般講演) 膵癌に対する超音波内視鏡の検討. 坂口哲章,木田光広,山田至人,芦原毅,小泉和三郎,横山靖,副島慎一,三橋利温,西元寺克礼,岡部治弥(内),吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生,比企能樹 (外),本告匡,中英男(病理): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.11), 名古屋, 予稿集, p.252, 1989.

221. [学会] (一般講演) 出血性胃、十二指腸潰瘍の長期予後の検討(特に再出血例について). 佐野秀弥,横山靖,田辺聡,芦原毅,山田至人,木田光広,西元寺克礼,岡部治弥(内),嶋尾仁,三重野寛喜,比企能樹(外): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.12), 名古屋.

222. [学会] (一般講演) 消化性潰瘍の長期予後について(アンケート例の臨床的検討). 芦原毅,木田光広,横山靖,安海義曜,三橋利温,西元寺克礼,岡部治弥(内): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.12), 名古屋, 予稿集, p.269, 1989.

223. [学会] (一般講演) 吐下血を呈したSchonlein-Henoch紫斑病の1例. 三枝信,石井圭太,上杉秀永,前川公男,木田光広,横山靖,勝又伴栄,岡部治弥(内),中英男(病理): 第382回日本内科学会関東地方会 (89.05.13), 東京.

224. [学会] (一般講演) 内視鏡で観察した直腸カルチノイドの検討. 小林清典,五十嵐正広,菊地芳春,鈴木裕,山本佳正,勝又伴栄,岡部治弥(内),工藤康生(外),瀬川謙一,中英男(病理): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.13), 名古屋, 予稿集, p.207, 1989.

225. [学会] (一般講演) H2ブロッカー治療下胃潰瘍の難治・再発要因に関する検討. 西元寺克礼,三橋利温,芦原毅,横山靖,小泉和三郎,安海義曜,岡部治弥(内): 第37回日本消化器内視鏡学会総会 (89.05.13), 名古屋, 予稿集, p.214, 1989.

226. [学会] (一般講演) 123I-iodoamphetamineを用いた経直腸門脈シンチグラフィーによる門脈血行動態の検討−特に食道静脈瘤破綻との関連性について. 白崎敬二,石井公道,国分茂博,村上匡人,杉本政直,松木茂樹,新井重紀,苅部ひとみ,山田伸夫,柴田久雄(内),村田晃一郎,石井勝己(放): 第25回日本肝臓学会総会 (89.06.01), 金沢.

227. [学会] (一般講演) アルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素のGenotypeとアルコール性肝疾患の遺伝的素因について. 渋谷明隆(内),吉田昭(City of Hope),柴田久雄(内): 第25回日本肝臓学会総会 (89.06.01), 金沢, 肝臓, 30(Suppl. 1): 118, 1989.

228. [学会] (一般講演) 静脈瘤血液ガス分析による食道静脈瘤の高酸素分圧の成因に関する検討. 国分茂博,白崎敬二,山田伸夫,石井公道,柴田久雄(内),前川和彦(救命): 第25回日本肝臓学会総会 (89.06.01), 金沢, 肝臓, 30(Suppl. 1): 96, 1989.

229. [学会] (一般講演) 出血性胃、十二指腸潰瘍の長期予後の検討. 佐野秀弥,横山靖,田辺聡,芦原毅,伊藤均,陶山紳一朗,山田至人,坂口哲章,木田光広,西元寺克礼,岡部治弥(内),塚本秀人,嶋尾仁,三重野寛喜,比 企能樹(外): 第48回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.06.02), 前橋.

230. [学会] (一般講演) 肝硬変の治療による形態学的変化−可逆性過程が認められた6例の検討. 石井公道,山田伸夫,白崎敬二,杉本政直,新井重紀,苅部ひとみ,柴田久雄(内),奥平雅彦(病理): 第25回日本肝臓学会総会 (89.06.02), 金沢, 肝臓, 30(Suppl. 1): 181, 1989.

231. [学会] (一般講演) 特発性門脈圧亢進症における類洞壁細胞の動態−肝硬変症との比較を中心として−. 大部誠,二上玲子,金子聡,高井智子,佐藤正樹,渡辺清治,岩渕啓一,奥平雅彦(病理): 第25回肝臓学会 (89.06.02), 金沢, 肝臓, 30(Suppl.): 172, 1989.

232. [学会] (一般講演) 拡大腹腔鏡検査により肝表面の毛細血管の拡張を証明し得たRendu-Osler-Weber病の1例. 三枝信,松木茂樹,村上匡人,山田至人,杉本政直,山田伸夫,柴田久雄,西元寺克礼(内): 第48回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.06.03), 前橋.

233. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による胆嚢腺筋腫症の検討. 坂口哲章,木田光広,山田至人,野登誠,芦原毅,横山靖,副島慎一,山田伸夫,西元寺克礼,柴田久雄,岡部治弥(内),吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生,比 企能樹(外),中英男(病理): 第48回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.06.03), 前橋, 消化器内視鏡の進歩, 34: 197〜201, 1989.

234. [学会] (一般講演) 胆道閉鎖症術後の食道静脈瘤に対する内視鏡検査とアイソトープ検査の意義. 鎌形正一郎,他(都立清瀬小児病院),石井勝己(放): 第26回日本小児外科学会総会 (89.06.07〜09), 千葉, 日本小児外科学会誌,25(3): 499, l989.

235. [学会] (一般講演) 標準曲線法を用いた因子分析による胆道閉鎖症術後の胆汁流出状況の評価. 石田治雄,他(都立清瀬小児病院),石井勝己(放): 第26回日本小児外科学会総会 (89.06.07〜09), 千葉, 日本小児外科学会誌,25(3): 539, l989.

236. [学会] (一般講演) ラット胃PGE2産生に対するシメチジンの作用. 西山和男,川村道子(薬理),鈴木裕(内),上野晃憲,鹿取信(薬理): 第80回日本薬理学会関東部会 (89.06.10), 千葉, 予稿集, p.75, 1989.

237. [学会] (一般講演) Differential Diagnosis between Gastric Cancerous Invasion and Fibrosis of Co-existing Ulcer Using Endoscopic Ultrasonography. 木田光広,西元寺克礼,山田至人,坂口哲章,岡部治弥(内): 75th Holland Digestive Disease Week (89.06.22), Amsterdam.

238. [学会] (一般講演) A Study of Endoscopic Ultrasonography in the Diagnosis of Cancer the Pancreas. 坂口哲章,木田光広,山田至人,西元寺克礼,岡部治弥(内): 75th Holland Digestive Disease Week (89.06.23), Amsterdam, 予稿集, p.132, 1989.

239. [学会] (一般講演) 胆道鏡で診断し得た胆管内浸潤をともなう肝細胞癌の1例. 田中博志,三枝信,伊藤均,村上匡人,杉本政直,坂口哲章,木田光広,国分茂博,真玉寿美生,石井公道,柴田久雄,西元寺克礼(内): 第205回日本消化器学会関東地方会 (89.07.08), 東京, 予稿集, p.16, 1989.

240. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による膵癌の検討. 坂口哲章,木田光広,山田至人,芦原毅,小泉和三郎,横山靖,副島慎一,三橋利温,西元寺克礼,岡部治弥(内),吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生,比企能樹 (外),本告匡,中英男(病理): 第20回日本膵臓学会 (89.07.18), 東京, 膵臓, 4(2): 300, 1989.

241. [学会] (一般講演) エタノ−ル胃粘膜障害機序とそれに対する内因性プロスタグランジンの作用. 西山和男,上野晃憲,川村道子,鹿取信(薬理): 第10回日本炎症学会 (89.07.20-21), 東京, 予稿集, p.176, 1989.

242. [学会] (一般講演) 胆嚢収縮日内変動−特に肝硬変症における胆嚢収縮動態について. 坂口哲章,木田光広,山田至人,国分茂博,山田伸夫,柴田久雄(内): 第25回日本胆道学会総会 (89.08.24), 宮崎, 胆道, 3(3): 327, 1989.

243. [学会] (一般講演) 急速凍結デイ−プエツチング法による唾液腺細胞の細胞骨格の観察. 瀬川彰久,山科正平(解): 第31回歯科基礎医学会 (89.09.01), 徳島, 歯科基礎医学会雑誌, 31(補): 39, l989.

244. [学会] (一般講演) 著明な低カルシウム血症を来した急性膵炎の1例. 中井久雄,国分茂博,坂口哲章,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼(内): 第44回神奈川県内科医学会集談会 (89.09.10), 藤沢.

245. [学会] (一般講演) 胃奇形腫の1乳児例. 真銅太郎,大田剛穂,小島邦彦(児): 第16回日本小児栄養消化器病学会 (89.09.30), 東京, 予稿集, p.98, 1989.

246. [学会] (一般講演) 出血性潰瘍、特に大量出血例の検討. 田辺聡,木田光広,横山靖,西元寺克礼(内): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.05), 旭川.

247. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による肝外胆管癌の検討−下部胆管癌と膵頭部癌の鑑別を中心に−. 山田至人,木田光広,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,横山靖,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼(内),比企能樹(外),中英男(病理): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.05), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 2076, 1989.

248. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による慢性膵炎の検討. 坂口哲章,木田光広,山田至人,芦原毅,野登誠,小泉和三郎,横山靖,副島慎一,三橋利温,真玉寿美生,西元寺克礼(内): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.05), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 2090, 1989.

249. [学会] (一般講演) 便潜血反応の臨床的問題点. 八木一夫,桜井慶造,塙勇至(臨検),舩渡忠男,内山幸信,大谷英樹(臨病理),安海義曜,西元寺克礼(内): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 59, 1989.

250. [学会] (一般講演) ラット胃PG産生に対するシメチジンの作用. 西山和男,川村道子(薬理),鈴木裕(内),上野晃憲,鹿取信(薬理): 第31回日本消化器病学会 (89.10.05ー07), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86: 337, 1989.

251. [学会] (一般講演) CCl4及びD-galactosamine肝障害に対するdibutyryl cyclic AMP (DBcAMP)の抑制効果. 松木茂樹(内),竹内敦子(東病院研究系),杉本政直,山田伸夫,石井公道,柴田久雄(内): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川.

252. [学会] (一般講演) 消化性潰瘍の長期予後について. 芦原毅,三橋利温,横山靖,小泉和三郎,安海義曜,真玉寿美生,西元寺克礼,岡部治弥(内): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川.

253. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による胃癌の間質反応の検討−SS癌とS癌の鑑別を含めて−.木田光広,山田至人,坂口哲章,芦原毅,野登誠,小泉和三郎,横山靖,三橋利 温,西元寺克礼(内),三重野寛喜,比企能樹(外),中英男(病理): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川.

254. [学会] (一般講演) 閉塞性黄疸におけるPTCDの検討. 今泉弘,木田光広,坂口哲章,山田至人,国分茂博,真玉寿美生,西元寺克礼(内),吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生(外),中英男(病理): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川.

255. [学会] (一般講演) NSAID投与による胃粘液量の変動−Indomethacin投与後の胃粘膜各部ヘキソサミン量の検討. 石原和彦(化),西山憲子,浦田津貴子(生化系),小室裕一,小原進,堀田恭子(生化): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(増): 1994, 1989.

256. [学会] (一般講演) Mild Irritant(0.35N塩酸)経口投与後のラット胃粘液糖蛋白質の変動. 織畑道宏(順大),他3名,石原和彦(化),堀田恭子(生化): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(増): 1995, 1989.

257. [学会] (一般講演) 潰瘍性大腸炎と妊娠に関する検討. 小林清典,勝又伴栄,三富弘之,鈴木裕,山本佳正,五十嵐正広,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),島田信宏(産婦): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 2124, 1989.

258. [学会] (一般講演) 肝疾患における尿中ネオプテリンの動態. 杉本政直,村上匡人,白崎敬二,松木茂樹,新井重紀,苅部ひとみ,国分茂博,石井公道,柴田久雄(内): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 2137, 1989.

259. [学会] (一般講演) Pirenzepine (Pz)の抗潰瘍作用に対する胃粘液糖蛋白質の関与−Rat Aspirin潰瘍の場合−. 小島洋二(内),小室裕一(生化),石原和彦(化学),小原進(生化),西元寺克礼,岡部治弥(内),堀田恭子(生化): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 235, 1989.

260. [学会] (一般講演) 酸分泌刺激に伴う胃粘膜抵抗性の検討(第2報). 小室裕一,大川博之,小原進(生化),石原和彦(化),西元寺克礼,岡部治弥(内),堀田恭子(生化): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(増): 2030, 1989.

261. [学会] (一般講演) 壁内瘻を形成したCrohn病3症例の検討. 瀬川謙一,中英男,菅知也,石井英昭,本告匡,奥平雅彦(病理),小林清典,三富弘之,山本佳正,五十嵐正広,勝又伴栄(内),工藤康生,大谷剛正 (外): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌,86(臨増): 2126, 1989.

262. [学会] (一般講演) 膵疾患における免疫化学的測定法の応用について. 桜井慶造,安藤久美子,八木一夫,塙勇至(臨検),舩渡忠男,内山幸信,大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.06), 京都, 臨床病理, 37(補): 332, 1989.

263. [学会] (一般講演) 小腸虚血実験モデルの作製とそれらの問題点. 中英男,瀬川謙一,本告匡,奥平雅彦(病理): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.07), 旭川.

264. [学会] (一般講演) 食道環状静脈瘤の存在とその意義. 国分茂博,田辺聡,横山靖,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼,大井田正人(内): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.07), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 2070, 1989.

265. [学会] (一般講演) 胃潰瘍の併用療法におけるH2受容体拮抗剤早期減量法および維持療法の検討. 安海義曜,横山靖,三橋利温,西元寺克礼(内): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.07), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 2161, 1989.

266. [学会] (一般講演) 保存的治療で軽快したイレウス症例の臨床的検討. 三富弘之,勝又伴栄,小林清典,西山和男,鈴木裕,山本佳正,西元寺克礼(内),綿貫文夫,工藤康生,大谷剛正(外): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.07), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 404, 1989.

267. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による胃壁の厚さに関する検討. 山田至人,岡部治弥,木田光広,坂口哲章,野登誠,横山靖,西元寺克礼(内): 第55回日本超音波医学会 (89.10.18), 福岡, 日本超音波医学会講演論文集, 16(2): 153〜154, 1989.

268. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による慢性膵炎の検討. 坂口哲章,木田光広,山田至人,野登誠,小泉和三郎,横山靖,副島慎一,真玉寿美生,西元寺克礼(内): 第55回日本超音波医学会 (89.10.18), 福岡, 日本超音波医学会講演論文集, 16(2): 481〜482, 1989.

269. [学会] (一般講演) 標準曲線を用いたFactor Analysis によるTc-99m PMTの解析と胆道閉鎖症の経過観察. 石田治雄(都立清瀬小児病院),他,石井勝己,堀池重治(放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.19〜21), 大津, 核医学, 26(8): 1055, 1989.

270. [学会] (一般講演) 日常肝生検組織検索におけるHBeAg陽性症例の免疫組織学的な検討. 中英男,瀬川謙一,石井英昭,本告匡,奥平雅彦(病理): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.20), 長野.

271. [学会] (一般講演) 大腸癌肝転移に対する経カテーテル動脈塞栓術施行例の検討. 遠藤高,草野正一,井筒睦,松本玲子,金井塚文明,小林成司,谷田理一郎(放): 日本肝臓学会東部会 (89.10.20), 長野, 肝臓, 30(Suppl. 2): 51, 1989.

272. [学会] (一般講演) 慢性肝疾患におけるHbFの意義. 杉本政直,村上匡人,白崎敬二,松木茂樹,新井重紀,渋谷明隆,苅部ひとみ,国分茂博,石井公道,柴田久雄(内): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.20), 長野, 肝臓, 30(Suppl. 2): 61, 1989.

273. [学会] (一般講演) DBcAMP, MMC動注療法が奏効した門脈腫瘍塞栓合併肝細胞癌の1例. 白寄あかね,松木茂樹,村上匡人,杉本政直,新井重紀,渋谷明隆,国分茂博,石井公道,柴田久雄(内),草野正一(放): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.21), 長野, 肝臓, 30(Suppl. 2): 123, 1989.

274. [学会] (一般講演) 自己免疫性肝炎の組織学的検討. 大部誠,金子聡,高井智子,渡辺清治,奥平雅彦(病理): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.21), 長野, 肝臓, 30(Suppl.2): 100, 1989.

275. [学会] (一般講演) 結節型肝細胞癌における肝内リンパ管構築改変像の検討(1). 渡辺清治,三枝信,木田芳樹,二上玲子,高井智子,金子聡,佐藤正樹,岩渕啓一,奥平雅彦(病理): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.21), 長野, 肝臓, 30(Suppl.2): 112, 1989.

276. [学会] (一般講演) 術前に診断し得た回盲部悪性リンパ腫による腸重積の3症例. 上杉秀永,山本佳正,石垣徳江,三枝信,小林清典,三富弘之,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),工藤康生,大谷剛正,比企能樹(外),瀬川謙一, 中英男(病理): 第22回神奈川県消化器病医学会総会 (89.11.04), 横浜.

277. [学会] (一般講演) H2ブロッカー治療下における胃潰瘍の難治化要因の検討. 西元寺克礼,芦原毅,横山靖,三橋利温,安海義曜(内): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.22), 東京.

278. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による胃壁の厚さに関する検討. 山田至人,木田光広,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,横山靖,西元寺克礼,岡部治弥(内),三重野寛喜,比企能樹(外),本告匡,中英男(病理): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.23), 東京, 予報集, p.207, 1989.

279. [学会] (一般講演) 拡大腹腔鏡による肝表面所見の検討. 白崎敬二,村上匡人,杉本政直,松木茂樹,新井重紀,渋谷明隆,国分茂博,石井公道,柴田久雄(内): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.24), 東京.

280. [学会] (一般講演) 北里大学病院における早期胃癌の実態−症状、発見経路を中心として−. 安達献,小泉和三郎,芦原毅,田辺聡,坂口哲章,木田光広,横山靖,安海義曜,三橋利温,真玉寿美生,西元寺克礼(内): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.24), 東京, 予報集, p.190, 1989.

281. [学会] (一般講演) 大腸扁平腫瘍の臨床病理学的検討. 小林清典,勝又伴栄,三富弘之,鈴木裕,山本佳正,五十嵐正広,西元寺克礼(内),工藤康生,大谷剛正(外),瀬川謙一,中英男(病理): 第38回日本消化器内視鏡学会総会 (89.11.24), 東京, 予報集, p.241, 1989.

282. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による上部消化管粘膜下腫瘍の検討. 山田至人,木田光広,坂口哲章,芦原毅,野登誠,小泉和三郎,横山靖,西元寺克礼(内),三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外),中英男(病理): 第38回日本消化器内視鏡学会総会、第1回消化器腫瘍の超音波内視鏡診断に関する研究会 (89.11.24), 東京, 予報集, p.377, 1989.

283. [学会] (一般講演) Angiographic Spectrum of Intrahepatic Bile Duct Stones. 草野正一,井筒睦,松本玲子,金井塚文明,遠藤高(放),中英男(病理): 75th Scientific Meeting of Radiological Society of North America (89.11.26), Chicago, Radiology, 173(Suppl.): 520, 1989.

284. [学会] (一般講演) 食道静脈瘤硬化療法が起因となったと思われる脳膿瘍の1例. 横山悦子,田辺聡,木田光広,北井則夫(内),遠藤昌孝,前川和彦,大和田隆(救命),国分茂博,西元寺克礼,畑隆志,田崎義昭(内): 第207回日本消化器病学会関東地方会 (89.12.02), 横浜.

285. [学会] (一般講演) 右眼内炎を併発し、失明に至った肝膿瘍の1例. 斉藤俊司,国分茂博,菊地新,村上匡人,田中博志,松本偉男,杉本政直,渋谷明隆,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼(内): 第207回日本消化器病学会関東地方会 (89.12.02), 横浜.

286. [学会] (一般講演) 上部消化管迷入膵の臨床及び内視鏡的検討−Doubling timeの測定を含めて−. 上杉秀永,木田光広,芦原毅,山田至人,坂口哲章,小泉和三郎,横山靖,真玉寿美生,西元寺克礼(内),三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外),本告匡,中 英男(病理): 第49回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.12.08), 東京.

287. [学会] (一般講演) Lipiodol併用硬化療法中に一過性の意識消失を認めた肝癌合併食道静脈瘤の1例. 能勢香,国分茂博,宮崎愛子,田辺聡,村上匡人,児玉晃昌,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼(内): 第49回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.12.08), 東京.

288. [学会] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に合併した早期直腸癌の1例. 荒川丈夫,小林清典,勝又伴栄,三富弘之,坂口哲章,鈴木裕,木田光広,山本佳正,五十嵐正広,真玉寿美生,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),瀬川謙 一,中英男(病理): 第49回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.12.08), 東京.

289. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による大腸癌診断の検討. 小林清典,勝又伴栄,三富弘之,坂口哲章,山田至人,鈴木裕,木田光広,山本佳正,五十嵐正広,真玉寿美生,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),瀬川謙 一,中英男(病理): 第49回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (89.12.09), 東京.

290. [学会] (一般講演) 咽喉頭異常感を主訴としたPlummer-Vinson症候群の1例. 松岡明裕,樋口彰宏,古川浩三(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第70回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (89.12.16), 横浜.

291. [学会] (一般講演) 消化性潰瘍穿孔症例の保存的治療. 今井恒,田中朋子,小野寺誠悟,田辺聡,木田光広,杉本勝彦,前川和彦(救命): 第28回日本救急医学会関東地方会 (90.02.17), 東京.

292. [学会] (一般講演) 急激な経過で死亡した重症アルコール性肝硬変の1例. 林弘美,渋谷明隆,村上匡人,杉本政直,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼,松本偉男(内): 第208回日本消化器病学会関東地方会 (90.02.17), 東京, 予稿集, p.54, 1990.

293. [学会] (一般講演) ソマトスタチンによる治療を試みたゾリンジャー・エリソン症候群の1例. 田中博志,真玉寿美生,村上匡人,佐野秀弥,伊藤均,坂口哲章,柴田久雄,西元寺克礼(内): 第208回日本消化器病学会関東地方会 (90.02.17), 東京, 予報集, p.15, 1990.

294. [学会] (一般講演) 著明な胃内突出を呈した胃癌の1例. 山縣さゆり,坂口哲章,小泉和三郎,真玉寿美生,西元寺克礼,柴田久雄(内),横田真二,藤野淡人(泌),金子聡,亀谷徹(病理): 第9回日本画像医学会 (90.02.26), 東京, 日本画像医学会雑誌, 8(5): 428, 1990.

295. [学会] (一般講演) Vasoconstrictive Effect of LTC4 on the Gastric Collecting Venules in Ethanol-Induced Gastric Mucosal Lesion. 鹿取信,西山和男,上野晃憲(薬理): The 3rd Taisho International Symposium on Gastroenterology (90.03.15-16), 東京, 予稿集,p.23, 1990.

296. [学会] (一般講演) エタノ−ルによるラット胃粘膜障害におけるロイコトリエンC4の関与. 西山和男,上野晃憲,鹿取信(薬理): 第63回日本薬理学会総会 (90.03.25-28), 東京, Jpn. J. Pharmacol., 52(suppl.): 137, 1990.

297. [学会] (一般講演) 胃粘液ゲル回収および粘液量測定法の検討. 小室裕一(生化),石原和彦(化),小原進(生化),市川尊文,小島洋二,西元寺克礼,岡部治弥(内),堀田恭子(生化): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.29), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(増): 656, 1990.

298. [学会] (一般講演) 塩酸のAdaptive Cytoprotectionにおける胃粘液糖蛋白質の変動について. 織畑道宏(順大),他4名,石原和彦(化),堀田恭子(生化): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.29), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(増): 658, 1990.

299. [学会] (一般講演) 超音波内視鏡による胃壁の厚さに関する検討. 山田至人,木田光広,坂口哲章,野登誠,芦原毅,横山靖,西元寺克礼,岡部治弥(内),三重野寛喜,比企能樹(外),中英男(病理): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.30), 東京, 抄録集, p.625, 1990.

300. [学会] (一般講演) NSAID投与による胃粘液量の変動−Na Salicylate投与後の胃各部ヘキソサミン量の検討. 石原和彦(化),西山憲子,浦田津貴子(生化系),小室裕一,小原進(生化),市川尊文,小島洋二(内),堀田恭子(生化): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.30), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(増): 576, 1990.

301. [学会] (一般講演) 北里大学病院における早期胃癌診断の実態−X線と内視鏡の対比を中心に−. 安達献,小泉和三郎,伊藤均,佐野秀弥,大栗健彦,芦原毅,田辺聡,山田至人,坂口哲章,木田光広,横山靖,安海義曜,三橋利温,真玉寿美生,西元寺克礼 (内): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.30), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(臨増): 206, l990.

302. [学会] (一般講演) 劇症肝炎に対する血漿交換の開始時期の検討. 村上匡人,渋谷明隆,白崎敬二,杉本政直,松木茂樹,新井重紀,国分茂博,石井公道,柴田久雄,西元寺克礼,田辺聡,木田光広(内): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.30), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(臨増): 229, l990.

303. [学会] (一般講演) ラット胃粘液糖蛋白質生合成活性に及ぼすヒスタミンの影響. 市川尊文(内),石原和彦(化学),小室裕一(生化),小島洋二(内),小原進(生化),西元寺克礼,岡部治弥(内),堀田恭子(生化): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.30), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(臨増): 575, l990.

304. [学会] (一般講演) Pirenzepine (Pz)の抗潰瘍作用に対する胃粘液糖蛋白質の関与(第2報)−Rat Ethanol潰瘍の場合−. 小島洋二(内),石原和彦(化学),小室裕一(生化),市川尊文(内),小原進(生化),西元寺克礼,岡部治弥(内),堀田恭子(生化): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.30), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(臨増): 577, l990.

305. [学会] (一般講演) 肝臓部分切除術後における肝再生過程の検討−肝部分切除術後24時間までの初期変化−. 二上玲子,奥平雅彦(病理),北川知行(癌研): 第79回日本病理学会総会 (90.03.30), 福岡, 日本病理学会会誌, 79(1): 235, 1990.

306. [学会] (一般講演) 肝細胞癌の格子線維構築の特性について. 金子聡,渡辺清治,佐藤正樹,高井智子,岩渕啓一,奥平雅彦(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.30), 福岡, 日本病理学会会誌, 79(1): 238, 1990.

307. [学会] (一般講演) 腸管に発生した動静脈奇形5症例の病理学的検討. 中英男,瀬川謙一,石井英昭(病理),菅知也(内),本告匡,奥平雅彦(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.31), 福岡.

308. [学会] (一般講演) 血清及びα-L-Fucosidaseに関する検討. 杉本政直,新井重紀,松本偉男,金山二郎,渋谷明隆,国分茂博,柴田久雄(内): 第76回日本消化器病学会総会 (90.03.31), 東京, 日本消化器病学会雑誌, 87(臨増): 611, l990.

309. [学会] (一般講演) 類天疱瘡に胃癌を合併した1例. 森瀬昌樹(外),窪地淳,有森正樹(国立東京第2病院): 日本消化器病学会地方会 (89.01.00), 東京.

310. [学会] (一般講演) 大腸癌肝転移例の検討. 池永誠(外),大島行彦,清水正夫,後藤紀夫,渡辺龍彦,吉田勝明(上尾中央総合病院),朝長哲弥,中村秀夫(外): 埼玉県外科医会 (89.02.19), 埼玉.

311. [学会] (一般講演) 細胞分裂過程の耳下腺腺房細胞におけるゴルジ装置の動態. 玉木英明,山科正平(解): 第94回日本解剖学会総会 (89.04.03), 宮崎, 解剖学雑誌, 64(4): 427, l989.

312. [学会] (一般講演) 生きた細胞の開口分泌を見る−ラット唾液腺での観察−. 瀬川彰久,山科正平(解): 第94回日本解剖学会総会 (89.04.03), 宮崎, 解剖学雑誌, 64(4): 433, l989.

313. [学会] (一般講演) 浮遊コラ−ゲンゲル内培養法による唾液腺腺管構造形成モデルシステムの開発. 門谷裕一,山科正平(解): 第94回日本解剖学会総会 (89.04.03), 宮崎, 解剖学雑誌, 64(4): 434, l989.

314. [学会] (一般講演) 分裂期の腺細胞における細胞の極性. 玉木英明,山科正平(解): 第45回日本電子顕微鏡学会学術講演会 (89.06.02), 大阪, J. Electron Microsc., 38(4): 279, l989.

315. [学会] (一般講演) モノクロ−ナル抗体法を用いた肝臓由来上皮細胞株の組織内由来の同定. 門谷裕一,山科正平(解),江口吾朗(基生研): 第22回日本発生生物学会 (89.06.23), 札幌, Development Growth and Differntiation, 31(4): 415, l989.

316. [学会] (一般講演) 無肝期にBio-pumpによるバイパス手技を用いた同所性同種肝移植術. 横田和彦,瀧島常雅,佐藤光史,中山義介,刑部恒男,阿曽弘一,内田久則(外): 第34回日本消化器外科学会総会 (89.07.13), 久留米, 日本消化器外科学会雑誌, 22(6): 1314, 1989.

317. [学会] (一般講演) Ciclosporine、新免疫抑制剤FK506単独投与ならびに多剤併用投与によるイヌ膵十二指腸移植. 今井潔,佐藤光史,中山義介,瀧島常雅,刑部恒男,横田和彦,阿曽弘一,内田久則(外): 第34回日本消化器外科学会総会 (89.07.13), 久留米, 日本消化器外科学会雑誌, 22(6): 1448, 1989.

318. [学会] (一般講演) 出血性急性胃潰瘍に対する楔状切除術および縫合止血術の検討. 塚本秀人,三重野寛喜,桜本信一,上野聡一郎,小林伸行,加藤康行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第34回日本消化器外科学会総会 (89.07.13), 久留米, 日本消化器外科学会雑誌, 22(6): 1660, 1989.

319. [学会] (一般講演) 潰瘍性大腸炎の術式の検討−IRA及びIAAを中心として−. 大谷剛正,高橋俊毅,国場幸均,井原厚,綿貫文夫,石川淳,古波倉史子,工藤康生,吉田宗紀,渥美純夫,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外): 第34回日本消化器外科学会総会 (89.07.13), 久留米, 日本消化器外科学会雑誌, 22(6): 1989.

320. [学会] (一般講演) 大腸穿孔例の検討. 池永誠(外),大島行彦,清水正夫,後藤紀夫(上尾中央総合病院),渡辺龍彦,吉田勝明,宮内邦浩,朝長哲弥,中村秀夫(外): 第34回日本消化器外科学会総会 (89.07.13), 久留米, 日本消化器外科学会雑誌, 22(6): 1989.

321. [学会] (一般講演) 直腸癌他臓器浸潤例の検討. 工藤康生,大谷剛正,綿貫文夫,石川淳,堀江和伸,田中淳司,古波倉史子,高橋俊毅,榊原譲,比企能樹(外): 第34回日本消化器外科学会総会 (89.07.13), 久留米, 日本消化器外科学会雑誌, 22(6): 243, 1989.

322. [学会] (一般講演) 同腹兄弟犬間での膵十二指腸移植の研究. 中山義介,今井潔,瀧島常雅,刑部恒男,横田和彦,佐藤光史(外),内田久則(東大): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京, 移植, 24(臨増): 171, 1989.

323. [学会] (一般講演) 犬肝移植手術無肝期中の乳酸・ピルビン酸・胆汁酸の推移に関する検討. 瀧島常雅,横田和彦,佐藤光史,中山義介,刑部恒男(外),真崎義彦(実動系),内田久則,阿曽弘一(外): 第25回日本移植学会総会 (89.09.12), 東京, 移植, 24(臨増): 241, 1989.

324. [学会] (一般講演) Ciclosporine、新免疫抑制剤FK506単独投与ならびに多剤併用投与によるイヌ膵十二指腸移植. 今井潔,佐藤光史,中山義介,瀧島常雅,刑部恒男,横田和彦(外),内田久則(東大): 第25回日本移植学会総会 (89.09.12), 東京, 移植, 24(臨増): 270, 1989.

325. [学会] (一般講演) Ciclosporine、FK506投与によるイヌ膵十二指腸同種移植(主に移植膵の組織像を中心に). 佐藤光史,今井潔,中山義介,瀧島常雅,刑部恒男,横田和彦(外),内田久則(東大): 第25回日本移植学会総会 (89.09.12), 東京, 移植, 24(臨増): 271, 1989.

326. [学会] (一般講演) 出血性高位胃潰瘍手術例の検討. 塚本秀人,三重野寛喜,桜本信一,上野聡一郎,小林伸行,加藤康行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第31回日本消化器病学会大会 (89.10.06), 旭川, 日本消化器病学会雑誌, 86(臨増): 2157, 1989.

327. [学会] (一般講演) 早期胃癌の内視鏡的レーザー照射+OK-432局注併用療法. 嶋尾仁,比企能樹,小林伸行,山尾哲彦,上野聡一郎,加藤康行,三重野寛喜,榊原譲(外): 第10回日本レーザー医学会大会 (89.10.13), 旭川, 抄録集, p.49, 1989.

328. [学会] (一般講演) 消化管運動記述の為の簡便な測定法を用いたMetoclopramide及びCisaprideの薬物効果. 加藤康行,上野聡一郎,比企能樹(外): 第26回日本臨床生理学会総会 (89.10.13), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(臨増): 164〜165, 1989.

329. [学会] (一般講演) 長期血液透析患者の腹部手術. 横田和彦,刑部恒男,中山義介,佐藤光史,刑部東治,石田和夫,塚本秀人,比企能樹(外),内田久則(東大): 第51回日本臨床外科医学会総会 (89.10.31), 神戸, 日本臨床外科医学会誌, 1989.

330. [学会] (一般講演) Pancreaticoduodenal Allotransplantation with Use of FK506, Ciclosporine and Triple Regimen Immunosuppression. 今井潔,佐藤光史,瀧島常雅,中山義介,刑部恒男,横田和彦,内田久則,比企能樹(外): W Congress of the European Society for Organ Transplantation (89.11.1〜4), Barcelona, Spain, Abstract, p.256, 1989.

331. [学会] (一般講演) Gastrointestinal Complications Following Renal Transplantation. 横田和彦,Ootsubo, O.,中山義介,佐藤光史,刑部恒男,瀧島常雅,内田久則(外),大久保充人(内),遠藤忠雄(泌),渡部浩二(臓移): 1st Congress of the Asian Transplantation Society (89.11.22), バリ, インドネシア, 抄録集, p.207, 1989.

332. [学会] (一般講演) 腸重積で発症したS状結腸癌症例の検討. 渡辺一,大谷剛正,佐藤幸一,横山京子,原英,国場幸均,佐々木範明,桜本信一,井原厚,池永誠,綿貫文夫,工藤康生,榊原譲,比企能樹(外): 第207回日本消化器病学会関東地方会 (89.12.02), 横浜.

333. [学会] (一般講演) 胆道狭窄に対する内瘻化チューブによって肝動脈・胆管瘻を来した閉塞性黄疸の1例. 佐藤幸一,吉田宗紀,辻亮作,木川三四郎,雨宮明文,松井健,渥美純夫,大宮東生,比企能樹(外): 第207回日本消化器病学会関東地方会 (89.12.02), 横浜, 予稿集, p.40, 1989.

334. [学会] (一般講演) 十二指腸消化性潰瘍穿孔の保存的治療経験. 宮内邦浩,大島行彦,清水正夫,後藤紀夫,渡辺龍彦,松井健,池永誠,吉田勝明(外): 埼玉県医学会総会 (90.01.21), 浦和.

335. [学会] (一般講演) 慢性特発性偽性腸閉塞症の1例と本邦成人症例の検討. 宮内邦浩,大島行彦,清水正夫,後藤紀夫,渡辺龍彦,松井健,朝長哲弥(外): 第208回日本消化器病学会関東地方支部例会 (90.02.17), 東京.

336. [学会] (一般講演) 有機溶剤による胃潰瘍の1手術例. 雨宮明文,嶋尾仁,片田夏也,西山保比古,上野聡一郎,加藤康行,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外),中英男(病理): 第208回日本消化器病学会関東地方支部例会 (90.02.17), 東京, 予稿集, p.5, 1990.

337. [学会] (一般講演) 大腸穿孔症例の検討. 井原厚,大谷剛正,綿貫文夫,小林伸行,工藤康生,鈴木正道,国場幸均,渡辺一,佐藤幸一,原英,横山京子,吉田宗紀,嶋尾仁,加藤康行,渥美純夫,三重 野寛喜,高橋俊毅,榊原譲,比企能樹(外): 第35回日本消化器外科学会総会 (90.02.23), 伊勢.

338. [学会] (一般講演) Ciclosporine, FKならびに多剤を用いたイヌ膵十二指腸移植. 今井潔,佐藤光史,中山義介,瀧島常雅,刑部恒男,比企能樹,横田和彦(外),内田久則(東大): 第35回日本消化器外科学会総会 (90.02.23), 伊勢, 日本消化器外科学会雑誌, 23(2): 301, 1990.

339. [学会] (一般講演) Ciclosporine, FK506ならびに多剤を用いたイヌ膵十二指腸移植における移植膵の病理組織学的検討. 佐藤光史,今井潔,中山義介,西山保比古,瀧島常雅,刑部恒男,比企能樹,横田和彦(外),内田久則(東大): 第35回日本消化器外科学会総会 (90.02.23), 伊勢, 日本消化器外科学会雑誌, 23(2): 302, 1990.

340. [学会] (一般講演) 食道癌切除後早期死亡例の検討. 小林伸行,門脇憲,上野聡一郎,加藤康行,嶋尾仁,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外): 第35回日本消化器外科学会総会 (90.02.23), 伊勢, 日本消化器外科学会雑誌, 23(2): 447, 1990.

341. [学会] (一般講演) 胃癌の十二指腸浸潤に対する内視鏡的球部反転法の有用性について. 桜本信一,三重野寛喜,上野聡一郎,小林伸行,塚本秀人,加藤康行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外),小泉和三郎,横山靖(内),門脇憲(外): 第35回日本消化器外科学会総会 (90.02.24), 伊勢, 日本消化器外科学会雑誌, 23(2): 413, 1990.

342. [学会] (一般講演) 悪性閉塞性黄疸に対する経皮経肝胆道ドレナージ術の検討. 吉田宗紀,渥美純夫,鈴木正道,横田等,大宮東生,榊原譲,比企能樹(外): 第35回日本消化器外科学会総会 (90.02.24), 伊勢, 日本消化器外科学会雑誌, 23(2): 569, 1990.

343. [学会] (一般講演) 進行癌患者に対する在宅静脈栄養の有用性と適応に関する検討. 上野聡一郎,大谷剛正,東博,端山丈次,伊藤義也,鈴木正道,佐藤茂,佐々木範明,加藤康行,嶋尾仁,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外): 第35回日本消化器外科学会総会 (90.02.24), 伊勢, 日本消化器外科学会雑誌, 23(2): 585, 1990.

344. [学会] (一般講演) Endoscopic Treatment of Early Gastric Cancer. 比企能樹,小林伸行,嶋尾仁(外): 2nd World Congress of Endoscopic Surgery (90.03.16), アトランタ.

345. [研究会] (特別講演) 門脈圧亢進症の病理. 奥平雅彦(病理): 第4回近畿肝臓病研究会, 京都, 第4回近畿肝臓病研究会論文集, p.7〜11, 1989.

346. [研究会] (特別講演) Indocyanine greenについて. 柴田久雄(内): 肝代謝研究会 (88.10.00), 鹿児島.

347. [研究会] (特別講演) 腹部救急疾患とERCP−特に膵外傷における緊急ERPを中心として. 国分茂博(内): 第13回日本腹部救急診療研究会 (89.09.09), 金沢.

348. [研究会] (特別講演) 胃癌に対するレーザー治療の適応と限界. 比企能樹(外): 第9回東京地区国立病院外科研究会 (89.07.15), 東京.

349. [研究会] (特別講演) レーザーによる癌の外科的治療. 比企能樹(外): 第17回神奈川県央三四会総会 (89.09.02), 厚木.

350. [研究会] (特別講演) Endoscopic Surgeryの現況−早期胃癌の内視鏡について. 比企能樹(外): 第4回富山腫瘍免疫研究会 (89.11.30), 富山.

351. [研究会] (教育講演) 上部消化管出血に対する経動脈的塞栓術−塞栓物質の検討:エチルー2ーシアノアクリレート(ECA; アロンアルファA)の有用性. 真玉寿美生(内): 第13回日本腹部救急診療研究会 (89.09.09), 金沢.

352. [研究会] (教育講演) 上皮付着に対する細胞生物学的アプロ−チ. 瀬川彰久(解): 第20回御茶の水歯学研修会 (89.04.09), 東京.

353. [研究会] (教育講演) 開業医に必要な消化器疾患の知識−果して胃癌は手術しないで治せるか. 比企能樹(外): 第224回大和臨床医談話会研修会 (89.11.15), 大和.

354. [研究会] (シンポジウム) Endoscopic Surgery:最近の進歩−早期胃癌の内視鏡的治療−. 横山靖(内),嶋尾仁(外): 第34回神奈川県消化器病研究会 (89.06.10), 小田原.

355. [研究会] (シンポジウム) IVRの合併症−予防と対策−消化管出血. 井筒睦(放): 第1回関東Interventional Radiology研究会 (89.08.05), 東京, 日本血管造影Interventional Radiology研究会雑誌, 4(2): 158, 1989.

356. [研究会] (シンポジウム) ICG静脈瘤内注入時の内視鏡所見の検討−造影所見との対比から−. 国分茂博,前川公男,田辺聡,横山靖,真玉寿美生,柴田久雄,西元寺克礼(内),比企能樹(外): 第9回食道静脈瘤硬化療法研究会 (90.01.13), 東京.

357. [研究会] (シンポジウム) メッケル憩室12例の検討. 大田剛穂,真銅太郎,小島邦彦(児),石田和夫(外),杉本勝彦,堀池重治,前川和彦,大和田隆(救命): 第14回日本腹部救急診療研究会 (90.03.09), 東京.

358. [研究会] (シンポジウム) 消化器癌の内視鏡的治療;レーザー治療. 比企能樹(外),成澤林太郎(新潟大): 第50回新潟消化器病研究会 (89.07.29), 新潟.

359. [研究会] (パネル) EdmondsonU型肝細胞癌の再検討(1). 高井智子(病理),古谷房枝(病院病理部),奥平雅彦(病理): 第25回肝癌研究会 (89.05.31), 金沢.

360. [研究会] (パネル) H2受容体拮抗剤投与下における易治性及び難治性潰瘍の胃分泌の検討. 安海義曜,西元寺克礼(内): 第22回胃分泌研究会 (90.03.29), 東京.

361. [研究会] (一般講演) 副腎移転をともなったエタノール局注長期(3年以上)生存中の肝細胞癌の1例. 国分茂博,杉本政直,渋谷明隆,山田伸夫,石井公道,柴田久雄(内): 第26回雅叙園カンファレンス (89.05.18), 東京.

362. [研究会] (一般講演) 異時方向の食道静脈瘤がそれぞれ遠肝性、求肝性の血流方向を示したIPHの1例. 国分茂博,伊藤均,田辺聡,横山靖,真玉寿美生,西元寺克礼,柴田久雄(内): 第8回食道静脈瘤硬化療法研究会 (89.07.01), 旭川.

363. [研究会] (一般講演) 胃奇形腫の1乳児例. 真銅太郎,小島邦彦,大田剛穂(児),西元寺克礼(内),石田和夫,比企能樹(外): 第16回日本小児内視鏡研究会 (89.07.01), 京都, 予稿集, p.22, 1989.

364. [研究会] (一般講演) 酸分泌刺激剤の胃粘液糖蛋白質に及ぼす影響(第3報). 小室裕一,大川博之,小原進(生化),石原和彦(化),堀田恭子(生化),西元寺克礼,岡部治弥(内): 第9回ヒスタミンレセプタ−研究会 (89.07.28), 京都, 抄録集, p.11〜12, 1989.

365. [研究会] (一般講演) 胃粘液含量からみたラットエタノ−ル潰瘍に対するSucralfateの効果−胃粘膜ヘキソサミン測定法を用いた検討. 石原和彦(化),小室裕一(生化),小島洋二(内),小原進,堀田恭子(生化): 第40回ペプシン研究会 (89.08.05), 東京, 抄録集, p.9, 1989.

366. [研究会] (一般講演) Metallic stentで治療したBudd-Chiari症候群の1例. 草野正一(放),古井滋(防衛医大): 第1回関東Interventional Radiology研究会 (89.08.05), 東京, 日本血管造影Interventional Radiology研究会雑誌, 4(2): 127, 1989.

367. [研究会] (一般講演) 消化管出血のIVR. 草野正一(放): 第1回関東Interventional Radiology研究会 (89.08.05), 東京, 日本血管造影Interventional Radiology研究会雑誌, 4(2): 136, 1989.

368. [研究会] (一般講演) エタノ−ルによる胃粘膜微小循環障害と内因性ロイコトリエンC4,プロスタグランジンE2の役割. 鹿取信(薬理): 生理学研究所研究会 (89.08.24), 岡崎.

369. [研究会] (一般講演) 肝硬変に合併する黄疸に対するDOAの試み. 村上匡人,杉本政直,松木茂樹,渋谷明隆,国分茂博,柴田久雄(内): 第6回神奈川肝炎セミナー (89.09.02), 横浜.

370. [研究会] (一般講演) 肺原発の転移性小腸腫瘍による腸重積の1例. 酒井辰彦,田辺聡,木田光広(内),前川和彦,堀池重治(救命),金子聡(病理): 第13回日本腹部救急診療研究会 (89.09.08), 金沢.

371. [研究会] (一般講演) 閉塞性黄疸を来たした膵内胆管損傷の1例. 石垣徳江,国分茂博,坂口哲章,真玉寿美生,三枝信,中井久雄,柴田久雄,西元寺克礼(内),前川和彦(救命): 第13回日本腹部救急診療研究会 (89.09.08), 金沢.

372. [研究会] (一般講演) 下部消化管動静脈奇形. 遠藤高,草野正一,井筒睦,松本玲子,金井塚文明,小林成司,金井昌訓(放): 第13回日本腹部救急診療研究会 (89.09.08), 金沢, 第13回日本腹部救急診療研究会抄録集, p.97, 1989.

373. [研究会] (一般講演) 劇症肝炎:重症肝炎の腹腔鏡像と長期予後. 村上匡人,白崎敬二,松木茂樹,新井重紀,渋谷明隆,国分茂博,柴田久雄(内): 第26回腹腔鏡懇話会 (89.09.28), 東京.

374. [研究会] (一般講演) 食道静脈瘤血液ガス分析の臨床的意義. 国分茂博,田辺聡,石井公道,柴田久雄(内),比企能樹(外),奥平雅彦(病理): 第22回日本門脈圧亢進症研究会 (89.09.30), 東京.

375. [研究会] (一般講演) ICGを用いた食道静脈瘤における血行動態の検討. 国分茂博,田辺聡,白崎敬二,杉本政直,松木茂樹,柴田久雄(内): ICG研究会 (89.10.04), 旭川.

376. [研究会] (一般講演) 特発性門脈圧亢進症における類洞壁挌子線維の変化について−肝硬変症との比較を中心として−. 大部誠,奥平雅彦(病理): 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班合同分科会 (89.10.11), 長野.

377. [研究会] (一般講演) 経口腸管洗浄液による大腸内視鏡前処置法(2000 ml法)の検討. 小林清典,勝又伴栄,三富弘之,鈴木裕,山本佳正,五十嵐正広,西元寺克礼(内),小川幸雄,島田慈彦(薬剤): 第7回大腸検査法研究総会 (89.10.21), 大宮.

378. [研究会] (一般講演) 新しい腫瘍マーカーspan-1aの臨床的検討. 伊藤均,真玉寿美生,勝又伴栄,陶山紳一朗,柴田久雄,西元寺克礼(内),石井勝己(放): 第37回神奈川県消化器病研究会 (89.11.04), 横浜.

379. [研究会] (一般講演) ラットEthanol潰瘍に対するCimetidine, Cetraxate併用投与効果(胃粘液含量変化による検討). 市川尊文(内),石原和彦(化学),小室裕一,小島洋二(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第17回実験潰瘍研究会 (89.12.01), 東京, 抄録集, p.54, 1989.

380. [研究会] (一般講演) 超音波内視鏡による胃癌の深達度診断、Stage 診断. 木田光広,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,横山靖,真玉寿美生,西元寺克礼(内): 第54回胃癌研究会 (90.01.00), 横浜.

381. [研究会] (一般講演) 胆嚢結石に対する体外衝撃波破砕療法(ESWL)の臨床的検討−破砕後の経過からみた適応−. 一原亮,上野一也(内),門脇憲(外),井原厚,田中淳司,柴田久雄,西元寺克礼(内),比企能樹,平田信人(外): 第20回消化器体外衝撃波療法研究会 (90.01.13), 東京, プログラム, p.3, 1990.

382. [研究会] (一般講演) 通常型静脈瘤以外の消化管静脈瘤の検討. 真玉寿美生,国分茂博,山縣さゆり,木田芳樹,柴田久雄,西元寺克礼,田辺聡(内): 第9回食道静脈瘤硬化療法研究会 (90.01.13), 東京, 抄録集, p.11, 1990.

383. [研究会] (一般講演) 拡大腹腔鏡による肝表面所見の検討. 白崎敬二,村上匡人,杉本政直,松木茂樹,新井重紀,渋谷明隆,国分茂博,石井公道,柴田久雄(内): 第27回腹腔鏡懇話会 (90.02.01), 東京.

384. [研究会] (一般講演) 特発性門脈圧亢進症における類洞壁線維構築の検討−肝硬変症との比較を中心として−(第2報). 大部誠,奥平雅彦(病理): 厚生省特定疾患門脈血行異常症調査研究班平成元年度総会 (90.02.07), 東京.

385. [研究会] (一般講演) Aspirin構造関連物質投与によるラット胃粘液量の変動−ヘキソサミン含量測定による検討. 石原和彦(化),西山憲子(生化系),小室裕一,小原進,堀田恭子(生化),市川尊文,小島洋二(内): 第41回ペプシン研究会 (90.02.17), 京都, 抄録集, p.1, 1990.

386. [研究会] (一般講演) 0.35N塩酸経口投与後の胃粘膜の変化について. 田中雅彦,織畑道宏(順大),他3名,石原和彦(化),堀田恭子(生化): 第8回 Cytoprotecion 研究会 (90.02.17), 京都, 抄録集, p.18, 1990.

387. [研究会] (一般講演) 急性膵炎のPrimam/Care; 輸液療法と腎機能. 今井恒,浅利靖,小野寺誠悟,田中朋子,若林靖久,杉本勝彦,刑部恒男,前川和彦(救命): 第28回日本腹部救急診療研究会 (90.03.08), 大阪.

388. [研究会] (一般講演) 内視鏡的膵管ドレナージ及びESTが奏効した膵嚢胞合併慢性膵炎の1例. 今泉弘,宮崎愛子,国分茂博,真玉寿美生,能勢香,坂口哲章,柴田久雄,西元寺克礼(内),今井恒,前川和彦(救命): 第14回日本腹部救急診療研究会 (90.03.09), 東京.

389. [研究会] (一般講演) くも膜下出血における高アミラーゼ血症の検討. 小野寺誠悟(救命),木田光広,田辺聡(内),北井則夫,田中千彦,遠藤昌孝,北原孝雄,相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 第14回日本腹部診療研究会 (90.03.09), 東京.

390. [研究会] (一般講演) 自律神経の胃粘膜に及ぼす影響−特に胃内pH,胃粘膜ヘキソサミンについて. 鈴木祐子,亀山仁一(山形大),他2名,石原和彦(化),西山憲子(生化系),堀田恭子(生化): 第22回胃分泌研究会 (90.03.29), 東京, 胃分泌研究会誌, 22: 81〜84, 1990.

391. [研究会] (一般講演) 胆道出血を来した閉塞性黄疸の1例. 雨宮明文,吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生,比企能樹(外): 第30回胆道の集い (89.06.30), 東京.

392. [研究会] (一般講演) 大腸他臓器重複癌の検討. 国場幸均,大谷剛正,井原厚,綿貫文夫,石川淳,古波倉史子,工藤康生,吉田宗紀,渥美純夫,三重野寛喜,高橋俊毅,榊原譲,比企能樹(外): 第31回大腸癌研究会 (89.07.00), 大阪.

393. [研究会] (一般講演) 直腸癌術後局所再発症例の検討. 井原厚,大谷剛正,国場幸均,綿貫文夫,小林伸行,阿曽和哲,上野聡一郎,工藤康生,嶋尾仁,高橋俊毅,榊原譲,比企能樹(外): 第31回大腸癌研究会 (89.07.00), 大阪.

394. [研究会] (一般講演) 閉塞性黄疸に対する経皮経肝胆道ドレナージ術の検討. 吉田宗紀,鈴木正道,横田等,金田悟郎,阿曽和哲,渥美純夫,大宮東生,比企能樹(外): 第11回神奈川肝談話会 (89.07.22), 横浜.

395. [研究会] (一般講演) 末期癌患者に対する在宅静脈栄養の有用性に関する検討. 上野聡一郎,大谷剛正,東博,端山丈次,伊藤義也,鈴木正道,佐藤茂,加藤康行,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外),角田順子,山崎由紀子(看護部): 第4回在宅静脈栄養研究会 (89.09.02), 大阪.

396. [研究会] (一般講演) 膵頭十二指腸切除術を行った複雑膵胆管合流異常の1例. 吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生,比企能樹(外): 第2回神奈川膵懇話会 (89.11.28), 横浜.

397. [研究会] (一般講演) 内視鏡新病型(案)による0ーU型症例−症例6−. 小林伸行(外): 第20回食道表在癌症例検討会(食道色素研究会) (89.12.09), 東京.

398. [研究会] (一般講演) 総胆管結石に対するESWLの経験. 門脇憲,井原厚,田中淳司(外),一原亮,上野一也,柴田久雄,西元寺克礼(内),大宮東生,比企能樹,平田信人(外): 第2回消化器外科体外衝撃波療法研究会 (90.01.13), 東京, プログラム, p.4, 1989.

399. [研究会] (一般講演) 咽頭食道摘出術施行患者の栄養状態の検討. 森田佳代子,佐藤早苗,青木弥生(栄養科),佐藤光史,三重野寛喜(外),大場正巳(看護学部),木村利美,伊藤洋行,佐川賢一,加賀谷肇(薬剤部),油 谷和子,松崎タツエ(看護部): 第5回日本静脈経腸栄養研究会 (90.01.26), 東京, 日本静脈経腸栄養研究会誌, 5: 278, 1990.

400. [研究会] (一般講演) 集学的治療にて改善した非切除肝胆管嚢胞腺癌の長期生存例. 吉田宗紀,渥美純夫,大宮東生,比企能樹(外): 第31回胆道の集い (90.01.27), 伊東.

401. [研究会] (一般講演) 脳死ドナーの膵組織の検討. 中山義介,今井潔,刑部恒男,佐藤光史,・田章,横田和彦(外),内田久則(東大): 第16回膵移植談話会 (90.02.08), 金沢, 予稿集, p.23, 1989.

402. [研究会] (一般講演) ciclosporineならびに新免疫抑制剤FK506を用いたイヌ膵十二指腸移植. 佐藤光史,今井潔,中山義介,瀧島常雅,刑部恒男,・田章,横田和彦(外),内田久則(東大): 第16回膵移植談話会 (90.02.08), 金沢, 予稿集, p.25, 1989.

403. [研究会] (一般講演) 直腸pm癌症例の臨床病理学的検討. 大谷剛正,井原厚,岡慎一郎,国場幸均,池永誠,古波倉史子,綿貫文夫,石川淳,工藤康生,高橋俊毅,榊原譲,比企能樹(外): 第32回大腸癌研究会 (90.02.17), 大阪.

404. [研究会] (一般講演) 直腸癌術前術後におけるチーム医療について−特に精神的ケアーについて−. 片渕啓子,角田順子,山崎由紀子,佐分靖子,中村秀代(看護部),綿貫文夫,工藤康生,大谷剛正(外),笠原友幸(精): 第12回神奈川県ストーマ研究会 (90.03.03), 神奈川.

405. [研究会] (一般講演) 消化管運動記述のための簡便な測定法を用いた各種薬剤の薬物効果. 加藤康行,上野聡一郎,桜本信一(外),瀧澤直定,大貫信(生理),比企能樹(外): GIMDクラブ (90.03.03), 横浜.

406. [研究会] (一般講演) 術前にTcO4-シンチグラフィーを行い集積を示し、切除術を施行した出血性小腸平滑筋腫の1例. 森瀬昌樹(外),田辺聡,今井恒,井桁真由美,木田光広(内),刑部恒男(外),前川和彦,堀池重治,大和田隆(救命): 第14回日本腹部救急診療研究会 (90.03.08), 東京.

407. [研究会] (一般講演) 腐食性食道炎術後(バイパス術)に残存食道の破裂を起こしたと思われる1例. 森瀬昌樹,三重野寛喜,嶋尾仁,小林伸行,比企能樹(外): 第2回神奈川食道疾患懇話会 (90.03.15), 神奈川.

408. [研究会] (一般講演) 当科における出血性胃潰瘍手術症例の検討. 塚本秀人,桜本信一,上野聡一郎,小林伸行,嶋尾仁,加藤康行,渥美純夫,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外): 第19回胃外科研究会 (90.03.17), 鹿児島.

409. [研究会] (公開講座) 炎症性腸疾患の内視鏡診断. 勝又伴栄(内): 第14回日本消化器内視鏡学会セミナー (89.07.23), 東京, 予稿集, p.91〜94, 1989.

410. [研究会] (公開講座) 癌治療の最前線(胃癌、大腸癌等について). 比企能樹(外): 神奈川県大学公開講座 (89.11.25), 相模原.


<<102 心・脈管>>

411. [原著] Responsiveness of the Ductus Arteriosus to Prostaglandin E1 Assessed by Combined Cross Sectional and Pulsed Doppler Echocardiography. 平石聡,藤野宜之,斉藤幸一,小口弘毅,門井伸暁,縣陽太郎,堀口泰典(児),穂積元(臨検),八代公夫(児): Br. Heart J.,62: 140〜147, 1989.

412. [原著] The Role of Specific Granules in Ventricles on Atrial Natriuretic Peptide (ANP) Secretion in Acute Heart Failure. 佐藤清貴(内),増田卓(救命),真崎義彦(実動系),安藤研司(北里ラボ),長谷川延広,露崎輝夫(内),丸茂文昭(東京医科歯科大),木川田隆一 (内): Diuretics V: Chemistry, Pharmacology, and Clinical Applications, p.615〜617, 1990.

413. [原著] 老年者における収縮期高血圧および拡張期高血圧の血行動態と心機能. 村松準,杉山岳彦,塚原謙之,安達是昭,小林明芳,長谷川延広,木川田隆一(内): Geriatric Med., 27: 1494〜1498, 1989.

414. [原著] A Computer-Based Model of Parasystolic Activity Modulated by Ventricular Activation in the Open-Chest Dog. 星野一也,池田憲昭(医用情報),田中舘明博(生物物理系),宮原英夫(医用情報): J. Electrocardiol., 22(4): 277〜283, 1989.

415. [原著] No Specific Organ Removes Atrial Natriuretic Peptide from the Human Plasma. 黒沢利郎,平松慎右,加藤陽一,木川田隆一(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): Jpn. Circ. J., 53(7): 779〜785, 1989.

416. [原著] Reentrant Arrhythmias Generated by a Computer-Based Model of the Modulated Parasystole in an Open-Chest Dog. 星野一也,池田憲昭,宮原英夫(医用情報),佐藤登志郎(生理): Jpn. Heart J., 30(6): 885〜894, 1989.

417. [原著] Biphasic Accumulation of Leukocytes in Rat Cardiac Infarct Tissue Caused by Leukotriene B4 and Complement. 鹿取信(薬理),T. Kameyama(三菱化成),佐々木幸二(内),上野晃憲(薬理),高木美和子(生化系),山科正平(解): Jpn. J. Pharmacol., 50: 234〜238, 1989.

418. [原著] Hemodynamic and Neuroendocrine Adaptations of the Preterm Lamb Left Ventricle to Acutely Increased Afterload. Barry G. Baylen (Penn. State Univ.),縣陽太郎(児),James F. Padbury,Machiko Ikegami,Alan Jobe,George C. Emmanouilides (Penn. State Univ.): Pediatr. Res., 26(4): 336〜342, 1989.

419. [原著] 開心術における左室減圧ventingの必要性の検討. 風間繁,西山清敬,今井寛,町井正人,園田和彦,石原昭(胸外): 胸部外科, 42(7): 537〜540, 1989.

420. [原著] 耐血管壁Collapse性を考慮した拍動流ポンプの静脈カニュ−レ入口形状. 橋本成広(生体工),伊藤忠弘,守屋斗人,柳沢秀明,石原昭(胸外),森田真史,馬渕清資(生体工),安久井伸章,笹田直(東工大): 人工臓器, 12(1): 245〜248, 1983.

421. [原著] 血栓の成長を抑える遠心ポンプ流路形状設計. 橋本成広,馬渕清資(生体工),浅利秀男,石原昭(脳外),笹田直,水野勝(東工大): 人工臓器, 17(3): 879〜882, 1988.

422. [原著] 拍動流ポンプに対する金属ベロ−ズの応用. 橋本成広,馬渕清資(生体工),伊藤忠弘,石原昭(胸外),笹田直(生体工): 生体材料, 1(1): 53〜60, 1983.

423. [原著] 種々の先天性心疾患における動脈管の形態と閉鎖過程についての心エコ−図,ドプラ法を用いた研究. 穂積元(臨検),平石聡(児),古木量一郎,鶴野和則(臨検): 日本超音波医学会雑誌, 16(6): 538〜545, 1989.

424. [原著] 脳脊髄液におけるイヌ心房性ナトリウム利尿ホルモンの存在とその由来に関する検討. 増田卓(救命),佐藤清貴(内),安藤研司(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大): 日本内分泌学会雑誌, 65(10): 1159〜1170, 1989.

425. [原著] 可逆的心不全における血中および心房ANP動態. 佐藤清貴,長谷川延広,木川田隆一(内),増田卓(救命),丸茂文昭(東京医科歯科大): 日本内分泌学会雑誌, 65(8): 794〜806, 1989.

426. [原著] 北里式ピストン・ベロ−ズ型人工心臓−その設計とイヌへの適用−. 橋本成広,馬渕清資(生体工),伊藤忠弘,西山清敬,守屋斗人,石原昭(胸外),森田真史,笹田直(生体工): 北里医学, 12(3): 206〜216, 1982.

427. [原著] 静脈血酸素分圧からみた下肢静脈瘤における動静脈吻合の役割とこれに及ぼす硬膜外麻酔の影響に関する臨床的検討. 金城正佳(外): 北里医学, 20(1): 83〜95, 1990.

428. [原著] うっ血性心不全を伴う高血圧症における起立試験と異常な循環力学的反応 小玉敏央,露崎輝夫,尾形長雄,柵木弓,木川田隆一(内): 北里医学, l9(5): 490〜500, 1989.

429. [原著] 本態性高血圧症にhydralazineを用いたさいにおける全身の循環動態と腎循環動態、とくにRBFとの関係. 柵木弓,角康夫,露崎輝夫,木川田隆一(内): 北里医学, l9(6): 551〜556, 1989.

430. [原著] 本態性高血圧症における全身の循環動態と腎循環との関係について. 柵木弓,角康夫,露崎輝夫,小玉敏央,木川田隆一(内): 北里医学, l9(6): 557〜564, 1989.

431. [原著] 右室造影における右心機能とくに右室駆出分画の評価および左右心室の相互関係. 川野龍彦,野呂忠慈,木川田隆一(内): 北里医学, l9(6): 565〜574, 1989.

432. [原著] 家族性高コレステロ−ル血症ホモ接合体小児の心血管病変. 堀口泰典(児),山本章,神谷哲朗(国立循環器病センタ−): 北里医学,19(5): 483〜489, 1989.

433. [原著] 鉄欠乏性貧血における心機能の検討. 高橋みどり,露崎輝夫,木川田隆一(内): 脈管学, 29(11): 1199〜1205, 1989.

434. [原著] 腎動脈直下における腹部大動脈遮断の腎内血流分布、腎機能に及ぼす影響に関する検討. 根本・(外): 脈管学, 29(4): 305〜311, 1989.

435. [原著] ASOに対する血行再建術の適応決定因子. 今井潔,金城正佳,伊藤良仁,根本・,阿曽弘一(外): 脈管学, 29(Suppl.): 25, 1989.

436. [原著] rHUEPOの循環動態改善効果. 丸茂文昭,高元俊彦(東京医科歯科大),佐藤清貴(内): 臨床透析, 5(6): 919〜928, 1989.

437. [原著] Extra Corporeal Circulation Influence on Plasma Atrial Natriuretic Peptide Concentration in Cardiac Surgery Patients. 浅利秀男,近藤順義,石原昭(胸外),他: Chest, 96: 757〜760, 1989.

438. [短報] ドプラ−カテ−テル(DC-101)による冠動脈バイパスグラフト内の血流分析. 半谷静雄,河合靖,近藤順義,西山清敬,石原昭(胸外): 外科治療, 60(5): 604〜605, 1989.

439. [研究報告] 大動脈炎症候群に関する研究報告;頚動脈血行再建術後脳障害の原因に関する実験的検討. 根本・(外): 神奈川県特定疾患治療研究報告書, 1990.

440. [研究報告(文部省)] 心筋損傷における生体防御系の反応−心筋梗塞への多形核白血球の誘導する走化因子の連関. 鹿取信,原田芳照,上野晃憲,川村道子,馬嶋正隆,小田隆治(薬理): 文部省科学研究費重点領域研究(平成元年度)心筋細胞障害の成因と防御に関する基礎的研究(経過報告).

441. [研究報告(代謝異常治療研究基金)] LTB4による多形核白血球血管外遊走と心筋梗塞拡大における役割. 鹿取信(薬理): 代謝異常治療研究基金研究業績集,血栓症の病態と治療に関する共同研究(第3報), 16: 20〜22, 1989.

442. [研究報告(北里大学総合研究)] 心房性Na利尿ホルモン定量性の免疫学的検討. 川上正也(分生): 総合研究報告書・心房性Na利尿ホルモンの基礎的研究とその臨床的応用, p.5〜7, 1990.

443. [症例報告] 著しい肺うっ血を呈した急性肺塞栓症の2例. 木川田隆一,清水完悦,川口竹男,角康夫(内): 循環科学, 9(5): 552〜558, 1989.

444. [症例報告] くも膜下出血に続発した急性肺水腫の1例−−心機能障害の関与について. 佐藤清貴,増田卓,小林明芳,池田泰子,新津谷真人(内),高野誠,斉藤元良(脳外),桑尾定仁(病理),大和田隆(救命),木川田隆一(内): 北里医学, l9(3): 340〜345, 1989.

445. [症例報告] 心不全を併発し, 三尖弁閉鎖不全を合併した心房中隔欠損症−心房中隔欠損の特殊閉鎖法と Polydioxanone 吸収性縫合糸による三尖弁輪形成術を試みた1幼児例−. 高山俊政(胸外),酒井章,手塚光洋,北村昌也,小出昌秋,大沢幹夫(聖隷浜松病院): 臨床胸部外科, 9(3): 301〜304, 1989.

446. [症例報告] 血管輪と肺高血圧を伴う心室中隔欠損症の一期的手術治験例. 高隆誠(胸外),大沢幹夫,瀬尾和宏,川合明彦,小出昌秋(聖隷浜松病院): 臨床胸部外科, 9(4): 392〜395, 1989.

447. [臨床治験] 本態性高血圧に対する新しいα1ブロッカー;塩酸ブナゾシン(デタントールR)の臨床的検討−−とくに1日2回投与の降圧効果および安全性に及ぼす影響 −−. 村松準,上嶋十郎,川畑和人,定秀夫,衣川秀一,黒沢利郎,佐藤清貴,高橋みどり,遠山博,平松慎右,三輪祐一,中神源一,小阪博文,八島良和,若林靖 久,木川田隆一(内): Progress in Medicine, 9(7): 2113〜2126, 1989.

448. [臨床治験] LC80の虚血性心疾患に対する臨床的検討−−多施設におけるオープントライアル−−. 吉利和(日本赤十字社医療センター),飯村攻(札幌医科大),新谷博一(昭和大),蔵本築(東京都老人医療センター),長田洋文(昭和大),山崎昇(浜松 医科大),水野康(藤田学園),戸嶋裕徳(久留米大),若林央(札幌循環器クリニック),横山稔(札幌第一病院),安井昭二(山形大),村田和彦(群馬 大),細田瑳一(自治医科大),関克美(佐野厚生総合病院),早川弘一(日本医科大),八幡浩二(日本医科大付属多摩永山病院),杉本恒明,矢崎義雄(東 大),永野允(慈恵医科大),村山正博(関東逓信病院),小出桂三(国立王子病院),石川眞一郎(国立東京第二病院),小沢興(東京船員保険病院),関顕 (虎の門病院),村松準(北里大・内),築山久一郎(神奈川県立がんセンター),林正博(関東労災病院),外畑巌,小川宏一(名古屋大),渡辺務(愛知医 科大),都築雅人(愛知県済生会病院),内藤嘉之(刈谷総合病院),若松良隆(公立陶生病院),吉田麗己(津島市民病院),鈴木道生(豊橋市民病院),渡 辺佳彦(名駅前診療所保険医療センター),水谷恵次(名城病院),佐々寛己(大垣市民病院),伊地知濱夫(京都府立医科大),渡辺俊光(京都府立与謝の海 病院),落合正和(京都府立洛東病院),関一郎(大阪医科大),林勝(日生病院),濱田偉文(南大阪病院),井上通敏(大阪大),児玉和久(大阪警察病 院),下村克朗(国立循環器病センター),石山太朗(国立泉北病院),福崎恒(神戸大),岡本良三(兵庫県立柏原病院),原岡昭一(岡山大),戸次久敏 (大牟田市立病院),高山一成(北九州中央病院),橋場邦武(長崎大),片山知之(長崎市立市民病院): 薬理と治療, 17(4): 1689〜1711, 1989.

449. [臨床治験] LCー80の狭心症に対する臨床的検討−−多施設におけるオープントライアル−−. 吉利和(日本赤十字社医療センター),飯村攻(札幌医科大),新谷博一(昭和大),蔵本築(東京都医療センター),長田洋文(昭和大),山崎昇(浜松医科 大),水野康(藤田学園),戸嶋裕徳(久留米大),若林央(札幌循環器クリニック),横山稔(札幌第一病院),安井昭二(山形大),村田和彦(群馬大), 細田瑳一(自治医科大),関克美(佐野厚生総合病院),早川弘一(日本医科大),八幡浩二(日本医科大付属多摩永山病院),杉本恒明,矢崎義雄(東大), 永野允(慈恵医科大),村山正博(関東逓信病院),小出桂三(国立王子病院),石川眞一郎(国立東京第二病院),小沢興(東京船員保険病院),関顕(虎の 門病院),村松準(北里大・内),築山久一郎(神奈川県立がんセンター),林正博(関東労災病院),外畑巌,小川宏一(名古屋大),渡辺務(愛知医科 大),都築雅人(愛知県済生会病院),内藤嘉之(刈谷総合病院),若松良隆(公立陶生病院),吉田麗己(津島市民病院),鈴木道生(豊橋市民病院),渡辺 佳彦(名駅前診療所保険医療センター),水谷恵次(名城病院),佐々寛己(大垣市民病院),伊地知濱夫(京都府立医科大),渡辺俊光(京都府立与謝の海病 院),落合正和(京都府立洛東病院),関一郎(大阪医科大),林勝(日生病院),濱田偉文(南大阪病院),井上通敏(大阪大),児玉和久(大阪警察病 院),下村克朗(国立循環器病センター),石山太朗(国立泉北病院),福崎恒(神戸大),岡本良三(兵庫県立柏原病院),原岡昭一(岡山大),戸次久敏 (大牟田市立病院),高山一成(北九州中央病院),橋場邦武(長崎大),片山知之(長崎市立市民病院): 薬理と治療, 17(4): 1713〜1730, 1989.

450. [総説] 心不全の予防、生活指導のありかた. 村松準,下里公昭(内): Medical Practice, 6(6): 959〜963, 1989.

451. [総説] うっ血性心不全における右心不全の意義. 木川田隆一(内): Medical Practice, 6(7): 1164, 1989.

452. [総説] 心疾患の経過中に生ずる異常な精神反応. 木川田隆一(内): Medical Practice, 6(8): 1362, 1989.

453. [総説] 起立性高血圧症. 木川田隆一(内): Medical Practice, 7(1): 131, 1990.

454. [総説] 低血圧症へのアプローチ; 1.低血圧とは−その疫学、成因、病態、診断、治療の現状など. 木川田隆一,平野誠一郎,尾形長雄(内): Medicament News, (1283): 2〜7, 1989.

455. [総説] 心不全治療薬の選択. 村松準(内): Medicina, 26(9): 1442〜1443, 1989.

456. [総説] 循環器薬の使い方. 村松準(内),土師一夫(国立循環器病センター),飯沼宏之(心臓血管研究所),山口徹(三井記念病院): Medicina, 26(9): 1561〜1576, 1989.

457. [総説] 弁膜症; 疾患別フォローのためのチェックリストと患者指導のポイント. 村松準,早瀬智広(内): Modern Physician, 9(5): 596〜600, 1989.

458. [総説] 低血圧. 木川田隆一,野呂忠慈,平野誠一郎(内): Modern Physician, 9(5): 619〜622, 1989.

459. [総説] 高血圧性心疾患. 木川田隆一,露崎輝夫(内): 現代医療, 21(7): 1915〜1920, 1989.

460. [総説] 感染性疣贅. 村松準,長谷川延広,池田泰子,小高広江(内): 現代医療, 21: 1856〜1861, 1989.

461. [総説] 不安定狭心症. 村松準,小林明芳(内): 治療, 71(12): 2501〜2508, 1989.

462. [総説] 本態性高血圧における血行動態と降圧薬の選択. 村松準(内): 治療学, 22(6): 598, 1989.

463. [総説] 心筋炎、心内膜炎、心膜炎. 村松準(内): 綜合臨床, 38(増): 1197〜1201, 1989.

464. [総説] 急性心不全(特集:心臓発作の予防). 村松準(内): 臨床成人病, 20(1): 55〜59, 1990.

465. [講座] 日経メディクイズ(67歳女性、前胸痛・背痛). 村松準(内): Nikkei Medical, (1989.10.25): 1989.

466. [講座] 第一線の小児循環器学、U.診断;心プール・心筋スキャン. 石井勝己(放): 小児科診療, 52(4): 700〜710, 1989.

467. [学術書] (執筆) Blood Flow in the Heart and Large Vessels; Application of Pressure-loss Coefficient, p.105〜118, Aortic Stenosis−Blood Flow in the Aorta Measured with a Multisensor Catheter, p.119〜123, Aortic Regurgitation− Measurement with a Multisensor Catheter, p.133〜138, Pulmonary Regurgitation, p.138〜142, The Multisensor Catheter, p.189〜195, 半谷静雄(胸外). 編集 Motoaki Sugawara(東女医大),Fumihiko Kajiya(川崎医大),Akira Kitabatake(阪大),Hirohide Matsuo(香川医大)編, Springer-Verlag, 90.06.00発行.

468. [学術書] (執筆) Annual Review,循環器 1990; 新生児期の動脈管, 平石聡(児). 編集 杉本恒明,松本昭彦,杉下靖郎,門間和夫,編, 中外医学社,90.01.10.発行.

469. [学術書] (執筆) 麻酔・集中治療とコンピュ−タ; 体液・酸塩基平衡のコンピュ−タモデル,p.1〜16, 池田憲昭(医用情報). 編集 田中亮(麻)編, 克誠堂出版, 東京, 89.07.20発行.

470. [学術書] (執筆) 交感神経抑制薬と高血圧ハンドブック; 血行動態と降圧薬, p.41〜52, 露崎輝夫(内). 編集 国府達郎(愛媛大)編, メディカルビュー社, 大阪, 89.07.31 発行.

471. [学術書] (執筆) Advances in Vascular Pathology 1989 Excepta Medica, International Congress Series 868; Change in Damping Factor of Windkessel System and Cardiovascular Dynamics by Aging in Essential Hypertension, p.913〜917, 村松準,長谷川延広,小林明芳,塚原謙之,平松慎右,黒沢利郎,木川田隆一(内). 編集 Strano, A.,Novo, S.編, Elsevier Science Publisher, B.V., Excerpta Medica, International Congress Series, 89.09.17 発行.

472. [学術書] (執筆) 新主要徴候からみた検査の進め方; 循環器系徴候−低血圧, p.58〜63, 木川田隆一,野呂忠慈,平野誠一郎(内). 編集 松田重三(帝京大)編, 新興医学出版, 東京, 90.01.10 発行.

473. [学術書] (執筆) 循環器科診断治療大系; チアノーゼ, 3巻: p.58〜60, 露崎輝夫(内). 編集 梶原長雄(日大),稲垣義明(千葉大),杉本恒明(東大),藤島正敏(九大)編, 講談社, 東京,89.11.20 発行.

474. [学術書] (執筆) 循環器科診断治療大系; 呼吸困難, 3巻: p.61〜63, 露崎輝夫,小高広江(内). 編集 梶原長雄(日大),稲垣義明(千葉大),杉本恒明(東大),藤島正敏(九大), 講談社, 東京,89.11.20 発行.

475. [学術書] (執筆) 循環器科診断治療大系; 脈拍異常, 3巻: p.68〜69, 意識障害, p.70〜71, 村松準(内). 編集 梶原長雄(日大),稲垣義明(千葉大),杉本恒明(東大),藤島正敏(九大)編, 講談社, 東京,89.11.20 発行.

476. [学術書] (執筆) 循環器科診断治療大系; 本態性低血圧症, 2巻: p.106〜107; 起立性低血圧症,p.108〜109, 著者(所属)¥木川田隆一(内). 編集 梶原長雄(日大),稲垣義明(千葉大),杉本恒明(東大),藤島正敏(九大)編, 講談社, 東京,89.11.20 発行.

477. [学術書] (執筆) 低血圧症の診断と治療; 低血圧症とその問題点, p.12〜37,  木川田隆一(内). メディカルトリビューン社, 東京,90.02.28発行.

478. [学術書] (執筆) 低血圧症の診断と治療; 血行力学的因子からみた低血圧症, p.38〜47,  野呂忠慈(内). メディカルトリビューン社, 東京,90.02.28発行.

479. [学術書] (執筆) Progress in Atrial Peptide Research (ASH Symposium Series Vol. 3); Molecular Forms of Immunoreactive ANP in Human Plasma and Urine, p.223〜225, 安藤研司,Kihira, K.(北里ラボ),加藤陽一(内),増田卓(救命),黒沢利郎(内),丸茂文昭(東京医科歯科大). 編集 Barry M. Brenner編, Raven Press, New York, 89.00.00発行.

480. [学術書] (執筆) Progress in Atrial Peptide Research (ASH Symposium Series Vol. 3); Plasma Atrial Natriuretic Peptide Level and Molecular Forms in Dogs with Acute Heart Failure Induced by Experimenatal Aortic Regurgitation, p.445〜447, 増田卓(救命),佐藤清貴(内),真崎義彦(実動系),Ando, K.(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大). 編集 Barry M. Brenner編, Raven Press, New York, 89.00.00発行.

481. [学術書] (執筆) Progress in Atrial Peptide Research (ASH Symposium Series Vol. 3); Plasma Atrial Natriuretic Peptide Level and Molecular Forms in Dogs with Acute Heart Failure Produced by Experimenatal Mitral Regargitation, p.447〜449, 佐藤清貴(内),増田卓(救命),真崎義彦(実動系),Ando, K.(北里ラボ),長谷川延広,木川田隆一(内),丸茂文昭(東京医科歯科大). 編集 Barry M. Brenner編, Raven Press, New York, 89.00.00発行.

482. [学術書] (執筆) Progress in Atrial Peptide Research (ASH Symposium Series Vol. 3); Change of Molecular Forms of Atrial Natriuretic Peptide in Treated Congestive Heart Failure, p.501〜503,  黒沢利郎,竹田定生,長谷川延広(内),Ando, K.(北里ラボ),木川田隆一(内),丸茂文昭(東京医科歯科大). 編集 Barry M. Brenner編, Raven Press, New York, 89.00.00発行.

483. [学術書] (執筆) 今日の治療「心臓・血管の救急」; 血圧異常, p.115〜132, 木川田隆一,露崎輝夫(内). 編集 栓心一(東女医大), 永井書店, 東京, 88.04.15発行.

484. [学術書] (執筆) 今日の産婦人科治療指針; ノンストレステスト (NST), p.251〜252, 西島正博(産婦). 編集 小野正彦(東大),武田佳彦(東女医大)編, 医学書院, 東京, 89.06.01 発行.

485. [学術書] (執筆) 新外科学大系、第13巻(救急外科); 末梢血管外科領域, 13: 271〜283, 根本・(外). 編集 出月康夫(東大),他編, 中山書店, 東京, 89.12.28発行.

486. [教科書] (執筆) 新臨床外科学; 小児外科、腹壁−鼠径ヘルニア、停留睾丸、脊髄髄膜瘤、Pilonidal Sinus、結合体、思春期前片側性乳腺肥大, p.790〜798, 石田和夫(外). 編集 森岡恭彦(東大),他編, 医学書院, 東京, 90.02.00発行.

487. [その他の著書] (執筆) サクセス・医師国家試験臨床実地問題集; 小林明芳(内). 編集 佐藤登志郎(北里大)編, 日本医事新報社, 東京, 89.11.15 発行.

488. [その他の著書(概説書)] (執筆) 今日の治療指針 1990; 先天性心疾患, p.322〜324, 村松準(内). 編集 稲垣義明(千葉大)他編, 医学書院, 東京, 90.02.15 発行.

489. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 図でみる循環動態; 体位,運動のもたらす循環動態, p.26〜29, 村松準(内). メジカルビュー社, 東京, 90.03.20 発行.

490. [その他の著書(入門書)] (監修) 新初心者のための心電図のよみかた; 村松準,長谷川延広(内). 新興医学出版, 東京, 89.10.20 発行.

491. [その他の著書(入門書)] (執筆) 心電図マニュアル; 心電図波形からの診断, p.42〜80, 村松準,塚原謙之,安達是昭(内). 編集 早川弘一(日医大)編, 照林社, 東京, 89.12.20 発行.

492. [翻訳] (執筆) 循環の生理; p.1〜362, 村松準,茂在省一,加藤陽一,森久恒,高鳥晴行,上嶋十郎,長谷川延広,重広世紀子,黒川信悟,小林明芳,矢端幸夫,川畑和人,吉田煦(内). 監修 村松準(北里大・内), 医学書院,東京, 89.04.01 発行.

493. [学会] (特別講演) 心臓突然死と対策. 村松準(内): 第31回神奈川県医学会総会学術大会 (89.11.23), 横浜.

494. [学会] (教育講演) 心拍数の調節. 西島正博(産婦): 第25回新生児学会 (89.07.02), 東京.

495. [学会] (シンポジウム) 心疾患を考える; 救命救急の立場で. 小林明芳(内): 第5回神奈川放射線学術大会 (89.06.11), 横浜.

496. [学会] (シンポジウム) Fluid Dynamical Mechanism of Anacrotic Notch in Great Arteries. 近藤順義,半谷静雄,石原昭(胸外),他: 2nd International Symposium on Biofluid Mechanics and Biorheology (89.06.27), Munich.

497. [学会] (シンホジウム) Transitional circulation in newborn infant. 平石聡(児): 第25回日本小児循環器学会 (89.07.07), 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5: 39, l989.

498. [学会] (シンポジウム) 重症クモ膜下出血に併発する心循環合併症の急性期管理の重要性. 小林明芳(内),北原孝雄,遠藤昌孝,大和田隆(救命): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.29), 盛岡.

499. [学会] (シンポジウム) DOCAー食塩高血圧ラットの初期血圧増加に対する内因性カリクレインーキニン系の関与. 馬嶋正隆(薬理),花塚光男,溝上進,鹿取信(薬理),大石幸子(薬学部): 第63回日本薬理学会総会 (90.03.25-28), 東京, Jpn. J. Pharmacol., 52(suppl.): 138, 1990.

500. [学会] (パネル) 単心室,左側房室弁閉鎖,動脈管開存,有意な心房間交通を認めない複合心奇形2症例の心血行動態の評価におけるドプラ心エコ−法の意義. 河村誠次,平石聡,堀口泰典,藤野宣之,小口弘毅,井桁真由美,八代公夫(児),中江世明,今井寛,田中克彦,富永誠一(胸外): 第25回日本小児循環器学会総会 (89.07.06), 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5(1): 94, l989.

501. [学会] (パネル) Pulmonary Edema Following Subarachnoid Hemorrhage−Evidence for a Cardiogenic Factor−. 小林明芳,池田泰子,荻原篤,木川田隆一(内),杉本勝彦,北原孝雄,相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 5th World Congress on Intensive and Critical Care Medicine (89.09.07), 京都, WCICCM Abstracts, p.269, 1989.

502. [学会] (パネル) Change of Molecular Form of Atrial Natriuretic Peptide (ANP). 黒沢利郎,長谷川延広,竹田定生,平松慎右,佐藤清貴,村松準,木川田隆一(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): 15th World Congress,International Union of Angiology (89.09.17), ローマ, Abstracts, p.256, 1989.

503. [学会] (パネル) Vasodilator Therapy for Right Ventricular Failure of Acute Myocardial Infarction. 平松慎右,小林明芳,長谷川延広,村松準,木川田隆一(内): 15th World Congress,International Union of Angiology (89.09.17), ローマ, Abstracts, p.287, 1989.

504. [学会] (パネル) 等容性心収縮期における僧帽弁逆流の診断学的特異性について. 塚原謙之,村松準,早瀬智広,杉山岳彦,小林明芳,長谷川延広,木川田隆一(内): 第37回日本心臓病学会 (89.10.30), 京都, 第37回日本心臓病学会予稿集, p.57, 1989.

505. [学会] (パネル) 右室梗塞に関する病理学的研究. 桑尾定仁(病理),佐藤紅緒(形態系),亀谷徹(病理),新津谷真人(内): 第79回日本病理学会総会 (90.03.29), 福岡, 日本病理学会会誌, 79(1): 360, 1990.

506. [学会] (一般講演) 4回の人工弁置換術を行った1症例. 高隆誠,風間繁,西口克彦,園田和彦,島田厚,石原昭,(胸外): 第70回日本胸部外科学会関東甲信越地方会, 東京.

507. [学会] (一般講演) A Study on Flow Control in a Piston-Bellows Type of Artificial Heart Pump. 橋本成広(生体工),笹田直(東工大),馬渕清資(生体工),伊藤忠弘,石原昭(胸外): 27th Annual Meeting of the American Society for Artificial Internal Organs (81.05.06〜08), Anaheim, Abstracts, 10: 5, 1981.

508. [学会] (一般講演) 犬における人工心臓の流量波形と流量制御. 伊藤忠弘(胸外),橋本成広,馬渕清資,森田真史(生体工),今分茂,石原昭(胸外),安久井伸章,笹田直(東工大): 第19回日本人工臓器学会大会 (81.11.18), 金沢, 予稿集, p.159, 1981.

509. [学会] (一般講演) ピストン・ベロ−ズ型人工心臓の流量波形. 橋本成広,馬渕清資(生体工),伊藤忠弘(胸外),森田真史(生体工),今分茂,石原昭(胸外),安久井伸章,笹田直(東工大): 第19回日本人工臓器学会大会 (81.11.18), 金沢, 予稿集, p.160, 1981.

510. [学会] (一般講演) Practical Application of the Welded Metal Bellows to a Pulsatile Pump. 橋本成広,馬渕清資(生体工),伊藤忠弘,石原昭(胸外),笹田直(東工大): 28th Meeting of the American Society for Artificial Internal Organs (82.04.14〜15), Chicago, Abstracts, 11: 4, 1982.

511. [学会] (一般講演) 耐血管壁Collapse性を考慮した拍動流ポンプの静脈カニュ−レ入口形状. 橋本成広(生体工),伊藤忠弘,守屋斗人,柳沢秀明,石原昭(胸外),森田真史,馬渕清資(生体工),安久井伸章,笹田直(東工大): 第20回日本人工臓器学会大会 (82.09.14), 東京, 予稿集, p.100, 1982.

512. [学会] (一般講演) A Newly Designed Cannula Entrance in Pulsatile Pump−With Special Consideration about Venous Wall Collapse. 橋本成広(生体工),伊藤忠弘,石原昭(胸外),安久井伸章,笹田直(東工大): 29th Annual Meeting of the American Society for Artificial Internal Organs (83.04.28〜30), Toronto, Abstracts, 12: 5, 1983.

513. [学会] (一般講演) 右心バイパス時の流量波形の肺への影響. 守屋斗人,伊藤忠弘,石原昭(胸外),橋本成広,馬渕清資,(生体工),笹田直,前田浩義(東工大): 第21回日本人工臓器学会大会 (83.09.14), 札幌, 予稿集, p.26, 1983.

514. [学会] (一般講演) 人工心臓の血栓形成に対するせん断速度の影響. 橋本成広(生体工),守屋斗人,石原昭(胸外),笹田直(東工大): 第36回日本胸部外科学会総会 (83.11.12), 京都, 日本胸部外科学会雑誌, 31(臨増): 1852, 1983.

515. [学会] (一般講演) The Effect of Right Ventricular Bypass on the Intrapulmonary shunt: A Comparison of Pulsetile and Nonpulsatile Flows. 橋本成広(生体工),守屋斗人,石原昭(胸外),馬渕清資(生体工),鈴木博子(医学科),平井法博(内),前田浩義,笹田直(東工大): 4th Congress of the International Society for Artificial Organs (83.11.16), 京都, Artificial Oragans, 7(Abstracts): 7, 1983.

516. [学会] (一般講演) 遠心ポンプにおける溶血. 橋本成広(生体工),浅利秀男,松山徳大,石原昭(胸外),馬渕清資(生体工),鈴木博子(医学科),平井法博(内),武山誠樹,杉浦庸介,笹田直(東工 大): 第22回日本人工臓器学会大会 (84.11.09), 大阪, 予稿集, p.36, 1984.

517. [学会] (一般講演) Plasma Atrial Natriuretic Peptide (ANP) Level and Molecular Forms in Canines with Heart Failure Induced by Experimental Aortic Regurgitation (AR). 増田卓(救命),佐藤清隆(内),真崎義彦(実動系),安藤研司(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大): 3rd American Society of Hypertension (88.00.00), New York, Am. J. Hypertension, 1(3): 131〜132, 1988.

518. [学会] (一般講演) 可逆的大動脈弁逆流における血中ANP動態と存在様式. 増田卓(救命),佐藤清貴(内),真崎義彦(実動系),丸茂文昭(東京医科歯科大),安藤研司(北里ラボ): 第65回日本生理学会大会 (88.04.04), 和歌山.

519. [学会] (一般講演) CARDIOLOGIST; A CAI System for Heart Failure Based on Simulation of Cardiovascular System. 鶴田陽和,竹内昭博,池田憲昭(医用情報),佐藤登志郎(生理): 6th World Congress of Medical Informatics (89.02.11), Singapore.

520. [学会] (一般講演) 慢性腎不全の高血圧合併例と非合併例における透析前後の等尺性負荷による反応性の差異について. 八島良和,塚原謙之,早瀬智広,茂在省一,村松準,木川田隆一(内): 第86回日本内科学会 (89.04.01), 京都, 日本内科学会雑誌, 78(2): 232, 1989.

521. [学会] (一般講演) 各種心疾患と心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)の関係について. 長谷川延広,黒沢利郎,佐藤清貴,杉山岳彦,村松準,木川田隆一(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第86回日本内科学会 (89.04.02), 京都, 日本内科学会雑誌, 78(2): 263, 1989.

522. [学会] (一般講演) The Role of Specific Granules in Ventricles on Atrial Natriuretic Peptide (ANP) Secretion in Acute Heart Failure. 佐藤清貴(内),増田卓(救命),安藤研司(北里ラボ),長谷川延広,露崎輝夫(内),丸茂文昭(東京医科歯科大),木川田隆一(内): 3rd International Conference on Diuretics (89.04.04), Mexico, 予稿集, p.615〜617, 1989.

523. [学会] (一般講演) RI心プールデータの位相解析による外傷性心筋挫傷の検討. 西巻博,池田俊昭,田所克己,堀池重治,中沢圭治,石井勝己,松林隆(放),小林明芳(内): 第48回日本医学放射線学会 (89.04.05), 神戸, 日本医学放射線学会誌・第48回抄録集,49(臨増): 595, l989.

524. [学会] (一般講演) Beta-atrial Natriuretic Polypeptide (Beta-ANP) Like Immunoreactivity in Canine Plasma. 佐藤清貴(内),増田卓(救命),真崎義彦(実動系),安藤研司(北里ラボ),長谷川延広,木川田隆一(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第66回日本生理学会 (89.04.06), 岡山, Jpn. J. Physiol., 39(Suppl.): s218, 1989.

525. [学会] (一般講演) Hemodynamic Alteration by Recombinant Human Erythropoietin Administration in Hemodialyzed Patient with Normal Cardiac Function. 高元俊彦,丸茂文昭(東京医科歯科大),佐藤清貴(内),増田卓(救命): 4th American Society of Hypertension (89.05.10), New York, Am. J. Hypertension, 2(5): 79A, 1989.

526. [学会] (一般講演) Beta-human Atrial Natriuretic Peptide (ANP) in Congestive Heart Failure (CHP). 安藤研司(北里ラボ),佐藤清貴(内),Masayoshi Shichiri,丸茂文昭(東京医科歯科大): 4th American Society of Hypertension (89.05.11), New York, Am. J. Hyopertension, 2(5): 98A, 1989.

527. [学会] (一般講演) The Role of Specific Granules in Ventriculus on Atrial Natriuretic Peptide (ANP) Secretion in Acute Heart Failure. 佐藤清貴(内),増田卓(救命),安藤研司(北里ラボ),長谷川延広(内),丸茂文昭(東京医科歯科大),木川田隆一(内): 4th American Society of Hypertension (89.05.11), New York, Am. J. Hypertension, 2(5): 79A, 1989.

528. [学会] (一般講演) 超音波断層法による種々の先天性心疾患に合併する動脈管の描出法−断面の基準化とその妥当性−. 平石聡,堀口泰典,藤野宣之,縣陽太郎,斉藤幸一,小口弘毅,八代公夫(児): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93(3): 534,l989.

529. [学会] (一般講演) 刺激伝導路の変調に基づく房室ブロックの数学モデル. 池田憲昭,鶴田陽和,宮原英夫,竹内昭博(医用情報),頼住孝二(内),白鷹増男(医用情報),佐藤登志郎(生理): 第28回日本ME学会大会 (89.05.24), 大阪, 医用電子と生体工学,27(特別): 334, 1989.

530. [学会] (一般講演) 可逆的大動脈弁逆流のANP分泌における心室の関与. 佐藤清貴,小高広江,黒沢利郎,長谷川延広,木川田隆一(内),増田卓(救命),安藤研司(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第62回日本内分泌学会 (89.06.01), 東京, 日本内分泌学会学術総会抄録集, 65(4): 254, 1989.

531. [学会] (一般講演) 運動負荷における心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)の血中動態. 小高広江,佐藤清貴,黒沢利郎,阿部宣,竹田定生,黒川信悟,長谷川延広,木川田隆一(内),安藤研司(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第62回日本内分泌学会 (89.06.01), 東京, 日本内分泌学会学術総会抄録集, 65(4): 255, 1989.

532. [学会] (一般講演) 剖検心における心房性ナトリウム利尿ペプチドの局在と変動. 新津谷真人(内),桑尾定仁,亀谷徹(病理),増田卓(救命),谷佐江子(内),安藤研司(北里ラボ): 第62回日本内分泌学会 (89.06.03), 東京, 日本内分泌学会学術総会抄録集, 65(4): 411, 1989.

533. [学会] (一般講演) 心臓弁膜症および拡張型心筋症のTreadmill運動試験に対するST低下の虚血性心疾患との差異. 北角博道,清水完悦,川口竹男,新妻一夫,河野道世,川野龍彦,野呂忠慈,露崎輝夫,木川田隆一(内): 第132回日本循環器学会関東甲信越地方会 (89.06.04), 横浜.

534. [学会] (一般講演) 急性心筋梗塞に合併した左室自由壁破裂の検討. 石川直樹,小林明芳,荻原篤,小高広江,下里公昭,新津谷真人,池田泰子,木川田隆一(内),西山清敬(胸外),桑尾定仁(病理): 第16回日本集中治療医学会総会 (89.06.08), 旭川, ICUとCCU, 13(臨増): 125, 1989.

535. [学会] (一般講演) 急性心筋梗塞に合併した心室中隔穿孔の検討. 荻原篤,小林明芳,石川直樹,下里公昭,小高広江,池田泰子,新津谷真人,木川田隆一(内),西山清敬(胸外),桑尾定仁(病理): 第16回日本集中治療医学会総会 (89.06.08), 旭川, ICUとCCU, 13(臨増): 81, 1989.

536. [学会] (一般講演) Fontan型手術術後の肺動脈逆流(PR)の分析. 河合靖,城間賢二,須磨幸蔵(東女医大),半谷静雄(胸外): 第19回日本心臓血管外科学会学術集会 (89.06.08), 札幌, 抄録集, p.98, 1989.

537. [学会] (一般講演) Vitamin E の心筋保護効果の検討. 風間繁,西山清敬,入沢彰仁,西口克彦,高山政俊,阿部能明,町田正人,近藤順義,高隆誠,石原昭(胸外): 第19回日本心臓血管外科学会学術集会 (89.06.08), 札幌, 日本心臓血管外科学会雑誌, 19(3): 536〜538, 1989.

538. [学会] (一般講演) 大動脈弁置換症例における冠動脈血流分析. 半谷静雄(胸外),他: 第19回日本心臓血管外科学会学術集会 (89.06.08), 札幌, 日本心臓血管外科学会雑誌, 19(4): 765〜767, 1989.

539. [学会] (一般講演) くも膜下出血急性期における心循環動態と神経原性肺水腫の検討. 佐藤清貴,小林明芳,小高広江,池田泰子,長谷川延広,村松準,木川田隆一(内),大和田隆(救命): 第16回日本集中治療医学会総会 (89.06.09), 旭川, ICUとCCU, 13(臨増): 243, 1989.

540. [学会] (一般講演) 重症高血圧におけるカプトプリル末舌下投与による血行力学的変化と臨床的有用性について. 早瀬智広,塚原謙之,小阪博文,八島良和,若林靖久,安達是昭,村松準,木川田隆一(内): 第16回日本集中治療医学会総会 (89.06.09), 旭川, ICUとCCU, 13(臨増): 248, 1989.

541. [学会] (一般講演) ドップラカテ−テルによる冠動脈バイパスグラフト内血流分析−特にSVGとIMAGとの比較検討−. 守屋斗人,阿部稔雄(名古屋大),半谷静雄(胸外),他: 第19回日本心臓血管外科学会学術集会 (89.06.09), 札幌, 抄録集, p.230, 1989.

542. [学会] (一般講演) 二層の偽腔を生じた解離性大動脈瘤の1例. 四宮由美子,石川直樹,池田泰子,川口竹男,長谷川延広,新津谷真人,村松準,木川田隆一(内),桑尾定仁(病理): 第383回日本内科学会関東地方会 (89.06.10), 東京.

543. [学会] (一般講演) 向精神薬の心循環系に及ぼす影響について. 石垣徳江(内),堤邦彦,田中朋子,杉山健也,角田貞治,杉山一,三浦貞則(精),小林明芳,広瀬隆一,藤野宣之,相馬一亥,大和田隆(救命): 第16回日本集中治療医学会総会 (89.06.10), 旭川, ICUとCCU, 13(臨増): 276, 1989.

544. [学会] (一般講演) 心臓弁膜症および拡張型心筋症のTreadmill運動試験に対するST低下の虚血性心疾患との差異. 北角博道,清水完悦,川口竹男,新妻一夫,河野道世,川野龍彦,野呂忠慈,露崎輝夫,木川田隆一(内): 日本循環器学会関東甲信越地方会第132回例会 (89.06.17), 神奈川.

545. [学会] (一般講演) Fontan(右房ー肺動脈直接吻合)術後肺動脈内血流分析. 河合靖,林孝二,城間賢二,須磨幸蔵(東女医大),半谷静雄(胸外): 第25回日本小児循環器学会総会 (89.07.06), 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5(1): 65, 1989.

546. [学会] (一般講演) 生後6カ月以内に初回の経皮的バル−ンによる狭窄の拡大術が施行された大動脈縮窄および大動脈弁狭窄−6症例のフォロ−アップ. 藤野宣之,平石聡,堀口泰典,縣陽太郎,八代公夫(児): 日本小児循環器学会 (89.07.07) 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5(1): 143, 1989.

547. [学会] (一般講演) 主肺動脈における拡張期順流波形の解析. 近藤順義,半谷静雄,石原昭(胸外): 第25回日本小児循環器学会総会 (89.07.07), 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5(1): 137, 1989.

548. [学会] (一般講演) 狭窄のない症例にみられるanacrotic notch様圧変化の成因について. 今井寛,半谷静雄(胸外),他: 第25回日本小児循環器学会総会 (89.07.07), 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5(1): 137, 1989.

549. [学会] (一般講演) 冠血流計測用ドプラカテ−テルの特性とその臨床応用. 半谷静雄(胸外),他: 第25回日本小児循環器学会総会 (89.07.07), 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5(1): 138, 1989.

550. [学会] (一般講演) Standardization of Two-dimensional Echocardiographic Planes for a Imaging of the Ductus Arteriosus Associated with Various Congenital Heart Disease. 平石聡,藤野宣之,堀口泰典,八代公夫(児): 19th International Congress of Pediatrics (89.07.25), Paris.

551. [学会] (一般講演) Doppler Echocardiographic Indices for Evaluation of Pulmonary Hypertension. 林荘太郎,露崎輝夫,小玉敏央,高橋みどり,布川慎一郎,清水完悦,木川田隆一(内): XIth Congress of the European Society of Cardiology (89.09.10〜14), フランス, Eur. Heart J., Suppl., p.20, 1989.

552. [学会] (一般講演) Change in Damping Factor of Windkessel System and Cardiovascular Dynamics by Aging in Essential Hypertension. 村松準,長谷川延広,小林明芳,塚原謙之,平松慎右,黒沢利郎,木川田隆一(内): 15th World Congress,International Union of Angiology (89.09.17), ローマ.

553. [学会] (一般講演) 急性心筋梗塞における123I-MIBGおよび201Tl心筋シンチグラフィーの検討. 川野龍彦,野呂忠慈,清水完悦,平野誠一郎,望月俊直,尾形長雄,河野道世,北角博道,川口竹男,新妻一夫,木川田隆一(内),石井勝己,中沢圭治 (放): 日本循環器学会関東甲信越地方会第133回例会 (89.09.30), 新潟.

554. [学会] (一般講演) 心嚢液の細胞病理学的解析. 横山大,大野英治(病院病理部),蔵本博行(産婦): 第8回日本臨床細胞学会神奈川県支部地方会 (89.09.30), 横浜, 抄録集,p.14, 1989.

555. [学会] (一般講演) 正常血圧および高血圧ラットにおけるANP. 柳茂夫(総合臨床系),清水完悦,野呂忠慈(内): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 東京, 臨床病理, 37(補冊): 109, 1989.

556. [学会] (一般講演) Hemodynamic Analysis of a New Angiotensin Converting Enzyme Inhibitor Delapril Hydrochloride in Essential Hypertension. 露崎輝夫,布川慎一郎,小玉敏央,佐藤清貴,林荘太郎,清水完悦,木川田隆一(内): The Second Saratoga International Conference on Atherosclerosis in Towada (89.10.12), 十和田, Abstracts, p.56, 1989.

557. [学会] (一般講演) 本態性高血圧症の循環動態に及ぼす塩酸Delaprilの影響. 布川慎一郎,露崎輝夫,小高広江,高橋みどり,北角博道,小玉敏央,林荘太郎,清水完悦,木川田隆一(内): 第26回日本臨床生理学会 (89.10.13), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(Suppl.): 156, 1989.

558. [学会] (一般講演) 高血圧における血圧の重症度分類と血行力学的特徴型の関連について. 早瀬智広,塚原謙之,池田泰子,小高広江,佐藤清貴,小林明芳,長谷川延広,村松準,木川田隆一(内): 第26回日本臨床生理学会 (89.10.13), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(Suppl.): 156, 1989.

559. [学会] (一般講演) 肺高血圧症例における肺動脈内2峰性順流波形の分析. 半谷静雄(胸外),他: 第26回日本臨床生理学会総会 (89.10.13), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(臨増): 147, 1989.

560. [学会] (一般講演) 刺激伝導路の変調に基づく房室ブロックの数学モデル. 池田憲昭,宮原英夫,竹内昭博,星野一也(医用情報),土井和美(生物物理系),佐藤登志郎(生理): 第6回日本心電学会学術集会 (89.10.14), 山形.

561. [学会] (一般講演) 不整脈心電図信号発生装置とそれによる診断性能評価. 宮原英夫(医用情報): 第6回日本心電学会学術集会 (89.10.14), 山形, 心電図,9(5): 658, 1989.

562. [学会] (一般講演) 単一房室結節細胞で観察されたWenckebach周期に関する検討. 星野一也(医用情報),Justus Anumonwo,Mario Delmor,Jose Jalife(ニュ−ヨ−ク州立大): 第6回日本心電学会学術集会 (89.10.14), 山形, 心電図,9(5): 674, 1989.

563. [学会] (一般講演) 心筋梗塞後再潅流モデルの開発,ビ−ズ法とバル−ン法の比較について. 諸星康雄(実動),中山茂信,丸山茂善(実動系),奈良佳洋(生物物理系),芦原久代,鰐川浩司(実動系),頼住孝二,宮原英夫,池田憲昭(医用情報), 佐藤登志郎(生理): 日本心電学会 (89.10.14), 山形, 日本心電学会誌, 9(5): 580, l989.

564. [学会] (一般講演) 右室造影による右心機能の評価及び左右心機能の比較検討. 川野龍彦,野呂忠慈,清水完悦,長谷川延広,平野誠一郎,望月俊直,尾形長雄,河野道世,北角博道,川口竹男,新妻一夫,木川田隆一(内),石井勝己,中 沢圭治(放): 第26回日本臨床生理学会 (89.10.14), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(Suppl.): 186〜187, 1989.

565. [学会] (一般講演) 心不全における僧帽弁逆流動態について. 塚原謙之,村松準,早瀬智広,池田泰子,小高広江,佐藤清貴,小林明芳,長谷川延広,木川田隆一(内): 第26回日本臨床生理学会 (89.10.14), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(Suppl.): 197〜198, 1989.

566. [学会] (一般講演) 期外収縮時の冠動脈内血流波形の分析. 贄正基,半谷静雄(胸外),他: 第26回日本臨床生理学会総会 (89.10.14), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(臨増): 182, 1989.

567. [学会] (一般講演) 単冠状動脈内の冠血流分析. 西山清敬,半谷静雄(胸外),他: 第26回日本臨床生理学会総会 (89.10.14), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(臨増): 182, 1989.

568. [学会] (一般講演) Bentall術後症例における冠動脈内血流分析−特にwater hammer圧力波との関連について−. 近藤順義,半谷静雄(胸外),桧山輝男(東取手病院): 第26回日本臨床生理学会総会 (89.10.14), 東京, 日本臨床生理学会雑誌, 19(臨増): 185, 1989.

569. [学会] (一般講演) 後負荷増大に対する僧帽弁逆流動態ついて−等尺性負荷法による検討−. 塚原謙之,村松準,早瀬智広,下里公昭,杉山岳彦,八島良和,小林明芳,長谷川延広,木川田隆一(内): 日本超音波医学会第55回研究発表会 (89.10.17〜19), 福岡.

570. [学会] (一般講演) 81mKrによる右室収縮及び拡張機能の検討. 川野龍彦,野呂忠慈,清水完悦,平野誠一郎,望月俊直,尾形長雄,川野道世,北角博道,川口竹男,新妻一夫,木川田隆一(内),石井勝己,中沢圭治 (放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.19), 大津, 核医学, 26(8): 989, 1989.

571. [学会] (一般講演) 急性心筋梗塞および肥大型心筋症における123I-MIBGおよび201Tlシンチグラフィーの検討. 清水完悦,川野龍彦,野呂忠慈,平野誠一郎,望月俊直,尾形長雄,川野道世,北角博道,川口竹男,新妻一夫,木川田隆一(内),石井勝己,中沢圭治 (放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.21), 大津, 日本核医学会雑誌抄録集, p.1063, 1990.

572. [学会] (一般講演) イヌ心不全におけるβ-ANPについて. 佐藤清貴,小高広江,黒沢利郎,長谷川延広,木川田隆一(内),真崎義彦(実動系),増田卓(救命),安藤研司(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科 大): 第62回日本内分泌学会 (89.10.21), 札幌, 日本内分泌学会雑誌抄録集, 65(9): 905, 1989.

573. [学会] (一般講演) 本態性高血圧症における等尺性負荷による心予備能の評価について−心肥大の有無による検討−. 杉山岳彦,黒沢利郎,塚原謙之,下里公昭,早瀬智広,小林明芳,長谷川延広,村松準,木川田隆一(内): 第37回日本心臓病学会 (89.10.30), 京都, 第37回日本心臓病学会予稿集, p.60, 1989.

574. [学会] (一般講演) 慢性貧血症における等尺性負荷に対する反応. 高橋みどり,黒川信悟,露崎輝夫,木川田隆一(内): 第37回日本心臓病学会 (89.10.31), 京都, 第37回日本心臓病学会予稿集, p.150, 1989.

575. [学会] (一般講演) ACバイパス術後のグラフト内血流分析. 河合靖,井上健治,城間賢二,須磨幸蔵(東女医大),石原昭,近藤順義,西山清敬,半谷静雄(胸外),他: 第51回日本臨床外科医学会総会 (89.10.31), 神戸, 日本臨床外科医学会雑誌, 50(9): 1870, 1989.

576. [学会] (一般講演) 大動脈壁の解離現象に関する病理組織学的検討. 新津谷真人,木川田隆一(内),桑尾定仁(病理),佐藤紅緒(形態系),亀谷徹(病理): 第37回日本心臓病学会 (89.11.01), 京都, 第37回日本心臓病学会予稿集, p.218, 1989.

577. [学会] (一般講演) 緊急に経皮的バルーンカテーテルによる狭窄の拡大術を施行した大動脈縮窄および大動脈弁狭窄の乳児例の検討. 藤野宣之(児),西山清敬(胸外),今井恒,梅原実,杉本勝彦,新藤正輝,相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.08), 東京, 抄録集, s-826, 1989.

578. [学会] (一般講演) 内因性DOA症例の検討. 小林明芳,角康夫,池田泰子,新津谷真人,荻原篤,中神源一,長谷川延広,村松準,木川田隆一(内),相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.09), 救急医学,(臨増): S853, 1989.

579. [学会] (一般講演) 心筋炎を繰り返し急激な経過をとった1例. 角康夫,長谷川延広,新津谷真人,梶田美玲乃,河野道世,村松準,木川田隆一(内),桑尾定仁(病理): 第387回日本内科学会関東地方会 (89.11.11), 東京.

580. [学会] (一般講演) Postrepolarization Refractoriness and Wenckebach Periodicity Occur in Single Atrioventricular Nodal Cells. 星野一也(医用情報),Justus Anumonwo,Mario Delmor,Jose Jalife(ニュ−ヨ−ク州立大): American Heart Association 62nd Scientific Sessions (89.11.13), New Orleans, Circulation, 80(4): U-133, 1989.

581. [学会] (一般講演) 本態性高血圧に対するCaptoprilとβ遮断薬の併用治療−−Propranololとpindololの対比検討. 村松準(内),築山久一郎(県立癌センター),兼本成斌(東海大): 第10回日本臨床薬理学会 (89.11.14), 東京.

582. [学会] (一般講演) 老年者高血圧における血圧の型および重症度による血行動態の変化について. 村松準,塚原謙之,杉山岳彦,早瀬智広,下里公昭,小林明芳,長谷川延広,木川田隆一(内): 第31回日本老年医学会総会 (89.11.14), 名古屋, 日本老年医学会誌, 26: 97, 1989.

583. [学会] (一般講演) 重症高血圧におけるカプトプリル末舌下投与の臨床的有用性について. 八島良和,早瀬智広,村松準,木川田隆一(内): 第10回日本臨床薬理学会 (89.11.14), 東京, 要旨集, p.89, 1989.

584. [学会] (一般講演) 拡張期高血圧1480例における血行動態および心機能について. 塚原謙之,村松準,早瀬智広,小高広江,池田泰子,小林明芳,長谷川延広,木川田隆一(内): 第30回日本脈管学会総会 (89.11.20), 京都, 第30回日本脈管学会総会予稿集, p.967, 1989.

585. [学会] (一般講演) PGE1動注による門脈血流の変化−原発性肝癌と転移性肝癌の比較. 西山正吾,草野正一,金井昌訓,遠藤高,金井塚文明,小林成司,松本玲子,井筒睦(放): 日本脈管学会 (89.11.20), 京都, 脈管学, 29(10): 1989.

586. [学会] (一般講演) 高血圧における加齢によるWindkessel 系のDamping factorの変化と心循環動態の関係、とくに性別特異性について. 村松準,長谷川延広,小林明芳,黒川信悟,塚原謙之,池田泰子,小高広江,早瀬智広,木川田隆一(内): 第30回日本脈管学会総会 (89.11.22), 京都.

587. [学会] (一般講演) うっ血性心不全を合併した高血圧症に対する起立負荷の影響. 角康夫,小玉敏央,露崎輝夫,尾形長雄,柵木弓,布川慎一郎,清水完悦,木川田隆一(内): 日本循環器学会関東甲信越地方会第134回例会 (89.12.02), 東京.

588. [学会] (一般講演) 新生児期に診断した筋性部心室中隔欠損の臨床像. 野渡正彦,平石聡,蒲原孝,小口弘毅,八代公夫(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.l0.28), 大宮.

589. [学会] (一般講演) 右室内の巨大な vegetative mass を併発した新生児心内膜炎の1例. 風張幸司,井桁真由美,大石昌也,野渡正彦,関根徹(児),西田陽(臨病理),蒲原孝,八代公夫,小口弘毅(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.l0.28), 大宮.

590. [学会] (一般講演) 新生児持続性肺高血圧症(PPHN)におけるドプラエコ−法による循環動態の分析. 柿沼由彦,小口弘毅,野渡正彦,蒲原孝,平石聡,八代公夫(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.l0.28), 大宮.

591. [学会] (一般講演) 急性心筋梗塞症における123I-MIBG及び201Tl心筋シンチグラフィーの検討. 西巻博,石井勝己,中沢圭司,田所克己,小林茂樹,西山正吾,依田一重,菊池敬(放),清水完悦,川野龍彦,野呂忠慈(内): 第9回日本画像医学会 (90.02.00), 東京, 日本画像医学雑誌, 8(5): 415, 1990.

592. [学会] (一般講演) 本態性高血圧症における全身の循環動態と腎循環との関連性について. 小高広江,柵木弓,角康夫,布川慎一郎,清水完悦,露崎輝夫,木川田隆一(内): 日本循環器学会関東甲信越地方会第135回例会 (90.02.17), 東京.

593. [学会] (一般講演) IABPが有用であったPTCA中急性冠閉塞の2例. 平松慎右,石川直樹(内),永井順,山本浩巳(沼津市立病院): 第81回日本循環器学会東海地方会 (90.02.17), 名古屋.

594. [学会] (一般講演) ドプラカテ−テルの特性とその臨床応用−CFRによるA-Cバイパス術の評価−. 半谷静雄(胸外),他: 第20回日本心臓血管外科学会総会 (90.02.22), 岡山, 抄録集, p.122, 1990.

595. [学会] (一般講演) Annulo-Aortic-Ectasia症例に対するBentall術前後の左冠動脈内血流分析. 近藤順義,半谷静雄(胸外),桧山輝男(東取手病院),石原昭(胸外): 第20回日本心臓血管外科学会総会 (90.02.24), 岡山, 抄録集, p.295, 1990.

596. [学会] (一般講演) VSDの部位別診断におけるドプラエコ−の役割. 大江雅宏,川井晴美,棟方伸一,古木量一郎(臨検),平石聡(児): 第15回日本超音波医学検査研究会研究発表会 (90.02.25), 東京, 超音波検査技術, l5(1): 35〜36, l990.

597. [学会] (一般講演) VSD(T型)の経過観察中にバルサルバ洞動脈瘤破裂を認めた1男児例のドプラ心エコ−図所見. 棟方伸一,川井晴美,大江雅宏,古木量一郎(臨検),平石聡(児): 第15回日本超音波医学検査研究会研究発表会 (90.02.25), 東京, 超音波検査技術, l5(1): 37〜38, l990.

598. [学会] (一般講演) Effect of Protocol and Disease on the Kinetics of Oxygen during Exercise Testing. Myers, J.,Walsh, D.,Buchanan, N.,McCauley, P.,Kraemer, M.(Long Beach VA Medical Center),清水完悦(内),Froelicher, V.F.(Long Beach VA Medical Center): 39th Annual Scientific Session of American College of Cardiology (90.03.22), New Orleans, USA, JACC, 15(2): 237A, 1990.

599. [学会] (一般講演) 肺高血圧症(PH)にみられる2峰性肺動脈駆出流速波形の成因に関する研究. 半谷静雄(胸外),他: 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.27), 福岡, AbstractsU, p.97, 1990.

600. [学会] (一般講演) 心機能低下例における運動負荷時の心房性Na利尿ペプチド(ANP)と左室駆出率(EF)との関係. 河野道世,野呂忠慈,清水完悦,川野龍彦,望月俊直,平野誠一郎,尾形長雄,北角博道,川口竹男,新妻一夫,西山慶子,,木川田隆一(内),石井勝己,中 沢圭治(放): 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.27), 博多, Jpn. Circ. J., 54(抄): 34, 1990.

601. [学会] (一般講演) 心筋梗塞に伴う機械的合併症の臨床病理学的検討. 小林明芳,荻原篤,石川直樹,池田泰子,新津谷真人,塚原謙之,長谷川延広,村松準,木川田隆一(内): 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.27), 博多, Jpn. Circ. J., 54(抄): 40, 1990.

602. [学会] (一般講演) 広範囲心筋梗塞でのPulsed Doppler法左室拡張動態指標の一見正常化patternをきたす機序について. 川口竹男,清水完悦,北角博道,新妻一夫,河野道世,西山慶子,野呂忠慈,露崎輝夫,木川田隆一(内): 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.28), 博多, Jpn. Circ. J., 54(抄): 159, 1990.

603. [学会] (一般講演) 培養血管平滑筋細胞におけるエンドセリンによるPI代謝回転およびアラキドン酸の遊離に対する作用. 黒川信悟(内): 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.28), 博多, Jpn. Circ. J., 54(抄): 266, 1990.

604. [学会] (一般講演) Ventricular Gradientの経時的変動と心室細動閾値. 星野一也,池田憲昭,宮原英夫(医用情報),頼住孝二(内),佐藤登志郎(生理): 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.28), 福岡, Jpn. Circ. J., 54(増): 123, 1990.

605. [学会] (一般講演) 非閉塞性肥大型心筋症の血漿心房性利尿ペプチドと運動負荷時の心機能との関係. 北角博道,川口竹男,新妻一夫,西山慶子,川野龍彦,河野道世,角康夫,布川慎一郎,尾形長雄,野呂忠慈,露崎輝夫,木川田隆一(内),石井勝己,中沢圭 治(放): 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.29), 博多, Jpn. Circ. J., 54(抄): 239, 1990.

606. [学会] (一般講演) ANP分泌におけるゴルジ装置の変化. 佐藤清貴(内),増田卓(救命),長谷川延広,木川田隆一(内),丸茂文昭(東京医科歯科大),安藤研司(北里ラボ): 第54回日本循環器学会学術集会 (90.03.29), 博多, Jpn. Circ. J., 54(抄): 292, 1990.

607. [学会] (一般講演) Discrete型大動脈弁下狭窄症(Kelly U型)の1成人例. 高山俊政(胸外),大沢幹夫,手塚光洋,北村昌也,小出昌秋(聖隷浜松病院): 第67回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (88.09.10), 東京, 日本胸部外科学会雑誌, 37(12): 2612, 1989.

608. [学会] (一般講演) 肺高血圧と心不全を併発し,三尖弁閉鎖不全症を合併した心房中隔欠損症. 高山俊政(胸外),酒井章,手塚光洋,北村昌也,小出昌秋,大沢幹夫(聖隷浜松病院): 第68回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (88.12.10), 東京, 日本胸部外科学会雑誌, 37(12): 2622, 1989.

609. [学会] (一般講演) 腎動脈上、腹部大動脈遮断による虚血後再潅流の腎に与える影響. 土屋敦,野見山・,竹中智昭,浜崎高裕,田中亮(麻酔): 第4回日本Shock学会総会 (89.04.22), 大阪.

610. [学会] (一般講演) ドプラ心エコ−法による新生児卵円孔部血流の検討. 平石聡,小口弘毅,斉藤幸一,門井伸暁,蒲原孝,堀口泰典,八代公夫(児): 第25回日本新生児学会総会総会 (89.07.04), 東京.

611. [学会] (一般講演) 先天性心疾患を伴う極小未熟児l3例の検討. 野渡正彦,小口弘毅,蒲原孝,八代公夫(児),G.C. Emanuilides (UCLA): 第25回日本新生児学会総会 (89.07.04), 東京.

612. [学会] (一般講演) ドップラ−心エコ−法による肺血流減少型心疾患における短絡術後のシャント血管の描出及び管内血流の評価. 堀口泰典,平石聡,藤野宣之,縣陽太郎,八代公夫(児),中江世明,今井寛,田中克彦(胸外): 第25回日本小児循環器学会総会 (89.07.06), 久留米, 日本小児循環器学会雑誌, 5: 89, l989.

613. [学会] (一般講演) 両側急性指動脈閉塞をきたした原発性血小板血症の1例. 古川裕介,金城正佳,根本・,立石晋,朝長哲弥,島田謙,渡辺健児,西山保比古,森瀬昌樹,雨宮明文,松井健,今井潔(外),山下えり子,藤野由美 (内): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 644, 1989.

614. [学会] (一般講演) アルブミンpreclottingしたDacron人工血管によるbypass術の臨床的検討. 今井潔,金城正佳,伊藤良仁,根本・(外): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 646, 1989.

615. [学会] (一般講演) 術前皮膚消毒の人工血管感染予防効果に関する検討. 根本・,今井潔,金城正佳,伊藤良仁(外): 第51回日本臨床外科医学会総会 (89.11.02), 神戸, 日本臨床外科医学会雑誌, 50(9): 374, 1989.

616. [学会] (一般講演) 血液ガス分析による下肢静脈微小循環の検討. 金城正佳,根本・,今井潔,伊藤良仁(外): 第51回日本臨床外科医学会総会 (89.11.02), 神戸, 日本臨床外科医学会雑誌, 50(9): 375, 1989.

617. [学会] (一般講演) 腹部大動脈瘤破裂例の画像による検討−瘤に及ぼす腰椎骨棘の影響−. 金城正佳,根本・,今井潔,伊藤良仁(外),今井恒,杉本勝彦,島津盛一,前川和彦(救命): 第30回日本脈管学会総会 (89.11.20), 京都, 脈管学, 29(10): 906, 1989.

618. [学会] (一般講演) Myonephropathic-metabolic syndromeに関する検討−とくに虚血筋のreperfusion injuryについて(第3報)−. 根本・,今井潔,金城正佳,伊藤良仁(外): 第30回日本脈管学会総会 (89.11.20), 京都, 脈管学, 29(10): 927, 1989.

619. [学会] (一般講演) 吻合部内膜肥厚に関する臨床的検討. 根本・(外): 第2回血管障害研究会 (89.11.25), 東京.

620. [学会] (一般講演) 動脈硬化性急性下肢動脈閉塞によるmyonephropathic-metabolic syndromeに関する検討. 根本・,今井潔,金城正佳,伊藤良仁(外): 第24回日本成人病学会 (90.01.15), 東京, 日本成人病学会会誌, 16: 75, 1990.

621. [研究会] (教育講演) 老年者高血圧の管理のしかた. 村松準(内): Chronic Disease 研究会 (89.09.09), 東京.

622. [研究会] (シンポジウム) 血管外科と感染. 根本・(外): 第4回神奈川県血管外科研究会 (89.09.22), 横浜.

623. [研究会] (パネル) 経皮吸収型製剤の評価方法; 第二部臨床試験. 村松準(内): 経皮吸収型製剤シンポジウム (89.10.05), 東京.

624. [研究会] (ワ−クショップ) 新生児,乳児の大動脈弁狭窄に対して経皮的バル−ン拡大術を施行した3症例および小児期に施行したl例の検討. 堀口泰典,平石聡,藤野宣之,矢沢健司,三沢仁司,縣陽太郎,八代公夫(児): 第1回Pediatric Interventional Cardiology 研究会 (90.01.13), 吹田.

625. [研究会] (一般講演) 北里式人工心臓の特徴と問題点. 橋本成広,馬渕清資(生体工),伊藤忠弘,今分茂,田中博之,石原昭(胸外),森田真史(生体工),笹田直(東工大): 第7回代用臓器研究総会 (82.02.05), 相模原, 北里医学, 12(2): 180, 1982.

626. [研究会] (一般講演) 人工心臓の流量波形−肺内シャントとの関係について−. 橋本成広(生体工),守屋斗人,伊藤忠弘,石原昭(胸外),馬渕清資(生体工),鈴木博子(医学科),平井法博(内),前田浩義,笹田直(東工大): 第8回代用臓器研究総会 (83.02.04), 相模原, 北里医学, 13(2): 152, 1983.

627. [研究会] (一般講演) 人工心臓における血栓形成と速度勾配. 橋本成広(生体工),守屋斗人,浅利秀男,石原昭(胸外),馬渕清資(生体工),平井法博(内),鈴木博子(医学科),前田浩義,笹田直(東工大): 第9回代用臓器研究総会 (84.02.01), 相模原, 北里医学, 14(2): 120, 1984.

628. [研究会] (一般講演) 人工心臓における血球破壊と速度勾配. 橋本成広,馬渕清資(生体工),浅利秀男,石原昭(胸外),鈴木博子(医学科),杉浦庸介,笹田直(東工大): 第10回代用臓器研究総会 (85.01.28), 相模原, 北里医学, 15(2): 138, 1985.

629. [研究会] (一般講演) 急性心筋梗塞における左心不全と右心不全病態の関連および血管拡張剤療法による変化. 平松慎右,小林明芳,村松準,木川田隆一(内): 第9回臨床心臓病研究会 (88.04.23), 大阪.

630. [研究会] (一般講演) ドプラ心エコ−法による左房内膜様構造物の鑑別. 川井晴美,大江雅宏,穂積元,古木量一郎(臨検),平石聡(児): 日本超音波医学検査研究会 (89.02.26), 名古屋, 超音波検査技術, l4(2): 80〜81, 1989.

631. [研究会] (一般講演) 急激な心拡大と心不全を主訴に発症したサルコイドーシスの1例. 荻原篤,小林明芳,長谷川延広,清水完悦,村松準,木川田隆一(内),古川理孝,船尾忠孝(法医),新津谷真人(内),桑尾定仁(病理): 臨床心臓病研究会 (89.04.10), 大阪.

632. [研究会] (一般講演) 好酸球増多を伴う心筋炎の1例. 小高広江,長谷川延広,村松準,木川田隆一(内): 臨床心臓病研究会 (89.04.10), 大阪.

633. [研究会] (一般講演) 心筋挫傷における心プール位相解析の有用性. 西巻博,石井勝己,中沢圭治,松林隆(放),小林明芳(内): 第593回放射線診療研究会 (89.05.00), 東京, 臨床核医学,22(4): 52, l989.

634. [研究会] (一般講演) 大動脈における酸性ムコ多糖の染色法の検討. 大橋ゆかり,伊藤尚子,近野清美,市川つわ(病院病理),新津谷真人(内),桑尾定仁,奥平雅彦(病理): 第40回病理技術研究会 (89.08.06), 東京, 病理技術,(40): 12〜13,1990.

635. [研究会] (一般講演) ドプラカテ−テルによるsingle coronary artery内の血流分析. 半谷静雄(胸外),他: 第9回小児心機能血行動態談話会 (89.10.14), 東京.

636. [研究会] (一般講演) 心循環モデルに基づく心不全診断治療支援システムCARDIOLOGIST. 鶴田陽和,竹内昭博(医用情報),佐藤登志郎(生理),田中亮(麻): 第7回麻酔・集中治療コンピュ−タ研究会 (89.11.18), 富山, 抄録集, p.16, 1989.

637. [研究会] (一般講演) 超音波ドプラカテ−テルによる各種心疾患の冠動脈内血流分析. 半谷静雄(胸外),他: 第3回超音波冠血流計測研究会 (89.12.02), 大阪.

638. [研究会] (一般講演) 運動負荷時における循環動態、とくに左室駆出率(EF)と心房性Na利尿ペプチド(ANP)との関係. 河野道世,川野龍彦,望月俊直,北角博道,川口竹男,清水完悦,野呂忠慈,木川田隆一(内): 第30回循環器負荷研究会 (90.02.03), 東京.

639. [研究会] (一般講演) 急性血圧上昇の心臓組織心房性利尿ペプチド濃度におよぼす影響:WKY とSHRでの検討. 清水完悦,北角博道,川口竹男,新妻一夫,西山慶子,川野龍彦,河野道世,野呂忠慈,木川田隆一(内),柳茂夫(総合臨床系): 第3回ANP研究会 (90.02.23), 相模原.

640. [研究会] (一般講演) ANP分泌におけるコルジ装置の変化. 佐藤清貴,長谷川延広,小高広江,黒沢利郎,木川田隆一(内),酒井康弘,山科正平(解),増田卓(救命),勝又修(形態系),真崎義彦(実動系),丸茂 文昭(東京医科歯科大),安藤研司(北里ラボ): 第3回ANP研究会 (90.02.23), 相模原.

641. [研究会] (一般講演) 運動負荷時における循環動態、とくに左室駆出率と心房性Na利尿ペプチドとの関係. 河野道世,川野龍彦,北角博道,清水完悦,野呂忠慈,木川田隆一(内),柳茂夫(総合臨床系): 第3回ANP研究会 (90.02.23), 相模原.

642. [研究会] (一般講演) 腹部大動脈緊急手術時の麻酔管理. 野見山・,村上雅子,五十畑仁,浜崎高裕,小沢章子,矢田浩,藤原桂子,浅井寿子(麻): 第12回日本腹部救急診療研究会 (89.03.08〜10), 北海道.

643. [研究会] (一般講演) Paget-Schroetter症候群の2例. 島田謙,今井潔,松井健,古田一徳,金城正佳,根本・(外): 第59回血管外科症例検討会 (89.04.22), 東京, 血管外科,l990.

644. [研究会] (一般講演) 腹部大動脈・下大静脈間に再発した悪性後腹膜腫瘍の1手術例. 今井潔,上野聡一郎,金城正佳,伊藤良仁,石田和夫,根本・(外): 第9回血管外科合同研究会 (89.05.20), 倉敷.

645. [研究会] (一般講演) 感染を伴った左腋窩動脈破裂の1手術例. 森瀬昌樹,今井潔,金城正佳,根本・(外): 第60回血管外科症例検討会 (89.07.01), 千葉.

646. [研究会] (一般講演) 乳癌術後の腋窩動脈破裂の1例. 森瀬昌樹,金城正佳,佐藤幸一,今井潔,根本・(外): 第60回血管外科症例検討会 (89.07.01), 千葉, 血管外科, 9(1): 1990.

647. [研究会] (一般講演) 外傷性四肢血管損傷7例の検討. 金城正佳,根本・,今井潔,伊藤良仁(外),新藤正輝,杉本勝彦,前川和彦(救命): 第3回Limb Salvage研究会 (89.07.07), 旭川, 抄録集, 3: 10, 1989.

648. [研究会] (一般講演) 破裂性腹部大動脈瘤術後に発生した左内腸骨動脈瘤の1手術例. 朝長哲弥,今井潔,竹田潤,西山保比古,松井健,金城正佳,根本・(外),前川和彦(救命): 第61回血管外科症例検討会 (89.09.09), 東京.

649. [研究会] (一般講演) 人工血管・宿主動脈吻合部の長期予後に関する検討. 根本・(外): 第1回血管障害研究会 (89.09.12), 東京.

650. [研究会] (一般講演) ASOに対する抗血小板薬の効果に関する検討. 根本・(外): 第4回神奈川県血管外科研究会 (89.09.22), 横浜.

651. [研究会] (一般講演) 左総腸骨動脈急性閉塞後、5時間で死亡した1例. 杉野三千男,根本・,金城正佳,今井潔(外): 第63回血管外科症例検討会 (90.01.20), 東京, 血管外科, 1990.

652. [研究会] (一般講演) Paget-Schroetter症候群の3例. 島田謙,今井潔,古田一徳,松井健,杉野三千男,金城正佳,大宮東生,根本・,・田章(外): 第736回外科集談会 (90.03.10), 東京, 抄録集, p.24, 1990.


<<103 呼吸器>>

653. [原著] 気道過敏性検査中の頚部呼吸音の変化. 楠原範之,華樹成,石川亮,井戸田照義,佐藤日佐子,倉田成,山本博之,片桐真人,本多純,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内): Therapeutic Research, 10(10): 429〜433, 1989.

654. [原著] Mouth Occlusion Pressure as a Useful Indicator for Wearing from Mechanical Ventilation. 相馬一亥(救命),大塚洋久,冨田友幸(内): Tohoku J. Exp. Med., 156(Suppl.): 181〜187, 1988.

655. [原著] 原発性肺癌切除例における予後の検討. 阿部能明,吉村博邦,平井三郎,品田純,石原昭(胸外),亀谷徹(病理),杼窪豊,矢那瀬信雄(内): 呼吸器外科, 3(4): 396〜401, 1989.

656. [原著] 小児の過敏性肺臓炎. 箕浦克則,中嶋英彦(児): 小児科,30(9): 991〜998,l989.

657. [原著] 右心バイパス時の流量波形の肺への影響. 守屋斗人,伊藤忠弘,石原昭(胸外),橋本成広,馬渕清資(生体工),笹田直,前田浩義(東工大): 人工臓器, 13(1): 100〜103, 1984.

658. [原著] 気道熱傷における気管支鏡所見に関する研究−特に煤所見の有無と胸部X線異常・必要輸液量および予後との関係. 片桐真人(内),黄金井康巳,相馬一亥(救命),冨田友幸(内): 熱傷(日本熱傷学会会誌), 15(1): 8〜14, 1989.

659. [原著] 植込み型人工心臓の研究. 伊藤忠弘,守屋斗人,柳沢秀明,石原昭(胸外),橋本成広,馬渕清資(生体工),笹田直(東工大): 北里医学, 12(増): 108〜109, 1982.

660. [原著] 高頻度陽圧呼吸の低酸素性肺血管収縮に対する影響. 菅谷和江,渡辺敏,高文華(麻): 麻酔, 38(11): 1492〜497, 1989.

661. [原著] 気道熱傷時の肺血管透過性に関する研究. 片桐真人,矢那瀬信雄,冨田友幸(内),宇井謙二,宇津木龍一,相馬一亥,大和田隆(救命),高崎光紀(臨病理): 臨床呼吸生理, 21(2): 133〜138, 1989.

662. [原著] 脂肪塞栓症候群のBALF所見. 高崎光紀(臨病理),新藤正輝,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),片桐真人(内): 臨床呼吸生理, 21(2): 141〜144, 1989.

663. [原著] 気管支肺胞洗浄液におけるα2−Macroglobulin微量測定の基礎的及び臨床的検討. 高崎光紀,坂東由紀,内山幸信,大谷英樹(臨病理),梅原実(児),相馬一亥(救命),石川高一,片桐真人,矢那瀬信雄,冨田友幸(内): 臨床病理, 37(7): 825〜829, 1989.

664. [短報] Vanishing Tumor. 相馬一亥(救命): 日経メディカル, 18(14): 15〜16, 1989.

665. [症例報告] TSS類似の病態を呈した肺炎球菌敗血症の1例. 板垣仁,広瀬隆一,相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会誌, 10(1): 380〜381, 1989.

666. [症例報告] 急性リンパ性白血病に合併した肺ムコール症の1切除例. 近藤順義,品田純,平井三郎,山本記顕,吉村博邦,石原昭(胸外): 日本胸部外科学会雑誌, 37: 734〜737, 1989.

667. [症例報告] 特発性乳糜胸の1例. 高田信和,宮本又吉(内),中原克彦,服部成彦,大木寿隆,横山剛,小沢巌,菊池功次(警友病院): 日本胸部臨床, 49(1): 64〜69, 1990.

668. [症例報告] 著しい高CO2血症、無呼吸を呈した遅発性ジスキネジアの1例. 佐藤日佐子,山本博之,石川亮,楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,阿部直,大塚洋久,冨田友幸(内),堤邦彦,広瀬隆一,相馬一亥,大和田隆(救命): 臨床呼吸生理, 21(1): 23〜32, 1989.

669. [総説] 小児気管支ファイバ−スコピ−の適応と問題点. 梅原実,箕浦克則(児): 小児科,30(6): 611〜620,l989.

670. [総説] 疾患による画像診断の種類と適応: 呼吸器. 梅原実(児): 小児科診療, 53(4): 1039〜1048, 1990.

671. [総説] 吸入療法. 梅原実(児): 小児科診療,52(増): 103〜106,l989.

672. [総説] 新しい生理機能検査(肺機能)−核医学検査を中心として−. 梅原実,箕浦克則,中嶋英彦(児): 小児科診療,53(1): 100〜106,l989.

673. [総説] 呼吸不全. 平石聡(児): 小児内科,21: 352〜356,l989.

674. [総説] 人工呼吸の適応. 野見山・(麻): 臨床看護,l5(7): 970〜974,l989.

675. [講座] 急性呼吸不全の病態生理. 相馬一亥(救命): Modern Physician, 9(3): 297〜299, 1989.

676. [講座] 非細菌性肺炎(1). 奥平雅彦(病理): 呼吸, 9(3): 293〜298, 1990.

677. [講座] ICUにおける検査とモニタリング−胸部の画像診断−. 相馬一亥(救命): 集中治療, 1(3): 295〜302, 1989.

678. [講座] 小児生理学的肺機能検査T. 箕浦克則,梅原実,中嶋英彦(児): 小児科診療,52(12): 2717〜2722,l989.

679. [学術書] (執筆) 睡眠時無呼吸症候群; 小児疾患,p.120〜131, 渡辺登(児). 編集 滝島任(東北大)編, 医薬ジャ−ナル社,大阪,89.11.l0.発行.

680. [教科書] (執筆) 最新医学知識の整理;医学各論 U.呼吸器・胸壁・縦隔疾患; 縦隔疾患, p.149〜156, 片桐真人,冨田友幸(内). 編集 金野公郎(東女医大)編, 医歯薬出版, 東京, 90.01.10発行.

681. [その他の著書] (執筆) 今日の小児治療指針 第8版; 肺分画症,p.382, 渡辺登(児). 編集 塙嘉之(東邦大),三河春樹(京大),重田政信(小泉重田小児科)編, 医学書院,東京,89.09.l5発行.

682. [学会] (シンポジウム) Critical Care, Emergenciesにおける気管支鏡の応用−有毒物質服用に伴う急性期気道病変に関する臨床的検討−. 相馬一亥,広瀬隆一,堤邦彦(救命),小林明芳(内),大和田隆(救命),片桐真人,矢那瀬信雄(内): 第12回日本気管支学会総会 (89.07.08), 東京.

683. [学会] (シンポジウム) 気管支拡張剤吸入時の換気機能と動脈血の変化. 梅原実(児): 第22回日本小児呼吸器疾患学会 (89.11.29), 福岡.

684. [学会] (一般講演) 肺小細胞癌における腫瘍関連糖鎖抗原発現の検討. 笠井潔,亀谷徹(病理),舩渡忠男(臨病理): 第78回日本病理学会総会 (89.03.30), 京都, 日本病理学会会誌, 78: 139, 1989.

685. [学会] (一般講演) 胸腺腫瘍のMRI. 田所克己,谷田理一郎,小林茂樹,西巻博,池田俊昭,村田晃一郎,桜井清子,堀池重治,菅信一,松林隆(放): 第48回日本医学放射線学会 (89.04.05), 神戸, 日本医学放射線学会誌・第48回抄録集,49(臨増): s57, l989.

686. [学会] (一般講演) 肺Radionuclide Angiography のFactor Analysisによる肺疾患患者の肺血流動態の検討. 中沢圭治,石井勝己,西巻博,堀池重治,池田俊昭,田所克己,松林隆(放): 第48回日本医学放射線学会 (89.04.05), 神戸, 日本医学放射線学会誌・第48回抄録集,49(臨増): s65, l989.

687. [学会] (一般講演) 外傷性横隔膜ヘルニアの1治験例. 天野隆臣,近藤順義(胸外),他: 第144回茨城外科医学会 (89.05.00), 水戸.

688. [学会] (一般講演) 小児呼吸器疾患における123I−IMP肺シンチグラムの検討. 梅原実,箕浦克則,佐藤雄二,山徳みゑ,渡辺登,石田尚之,中嶋英彦(児),堀池重治,石井勝己(放): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.20), 新潟, 日本小児科学会雑誌, 93(3): 768, l989.

689. [学会] (一般講演) 小児における睡眠時無呼吸モニタ−装置(アプノモニタ− MAY-715)の使用に関する検討. 箕浦克則,梅原実,佐藤雄二,山徳みゑ,渡辺登,石田尚之,中嶋英彦(児): 第92回日本小児科学会学術集会 (89.05.20), 新潟, 日本小児科学会雑誌, 93(3): 768, l989.

690. [学会] (一般講演) 脂肪塞栓症候群のBALF所見. 高崎光紀(臨病理),片桐真人(内),新藤正輝,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第62回臨床呼吸生理研究会 (89.06.17), 東京.

691. [学会] (一般講演) ロイコトリエンC4による気道洗浄液中の腺性カリクレイン活性の増大機序. 馬嶋正隆,Hong Yong Jin ,鹿取信(薬理): 第10回日本炎症学会 (89.07.20-21), 東京, 予稿集, p.177, 1989.

692. [学会] (一般講演) Effects of Latex and Different Doses of Silica on Behavior of Iron Particles in Rabbit Lungs. 相澤好治,高田勗,橋本起一郎,富永衛,巽洋(衛),小谷誠(東京電機大),K. Chiyotani(珪肺労災病院): 7th International Conference on Biomagnetism (89.08.17), New York.

693. [学会] (一般講演) Accessory Muscle Activity in Patients with Cervical Spinal Cord Injury. 相馬一亥,浅利靖,大高弘稔,大和田隆(救命): The 5th World Congress on Intensive & Critical Care Medicine (89.09.06), 京都.

694. [学会] (一般講演) ロイコトリエンC4静脈内投与による気道内腺性カリクレイン活性遊離の増大. 馬嶋正隆,Hong Yong Jin,鹿取信(薬理): 第39回日本アレルギ−学会総会 (89.09.28ー30), 東京, アレルギ−, 38: 1989.

695. [学会] (一般講演) A Newly Designed Pneumatic-Pulse-Pump-Membrane Oxygenator. 橋本成広(生体工),富永誠一(胸外),Minoru Yoshida,Yasunori Sasaki (NDK): 7th World Congress of the International Society for Artificial Organs (89.10.04), 札幌, Artificial Organs, 13(4): 305, 1989.

696. [学会] (一般講演) Tracheotomies: A 15-Year Experience. 松岡明裕,高橋廣臣,古川浩三,原田宏一,金子功(耳鼻): 第6回世界気管食道科学会 (89.10.17), 東京, 第6回世界気管食道科学会予稿集, p.78.

697. [学会] (一般講演) Radionuclide Angiocardiographyの Factor Analysisによる先天性心疾患患者の肺血流動態の検討. 中沢圭治,石井勝己,西巻博,谷田理一郎,菊池敬,依田一重,松林隆(放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.21), 大津, 核医学, 26(8): 1073, 1989.

698. [学会] (一般講演) 頚髄損傷患者の呼吸管理に関する検討. 相馬一亥,菊野隆明,浅利靖,田中柳水,遠藤昌孝,北原孝雄,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.08), 東京.

699. [学会] (一般講演) T期腺癌再発例の臨床病理学的検討. 品田純,吉村博邦,平井三郎,香川淳,黒山直樹,石原昭(胸外),笠井潔,亀谷徹(病理): 第30回日本肺癌学会総会 (89.11.10), 岡山, 肺癌, 29(5): 461, 1989.

700. [学会] (一般講演) 無血清培地によるhCGα-subunit産生肺癌細胞株の樹立とその性状. 笠井潔,亀谷徹(病理): 第30回日本肺癌学会総会 (89.11.10), 岡山, 肺癌, 29(5): 517, 1989.

701. [学会] (一般講演) 重症筋無力症の画像診断−MRIはCTに代わる診断法か−. 田所克己,谷田理一郎,小林茂樹,西山正吾,西巻博,池田俊昭,菅信一,松林隆(放),平井三郎,吉村博邦(胸外),楠原範之(内): 第30回日本肺癌学会 (89.11.11), 岡山, 肺癌(第30回日本肺癌学会総会号), 29(5): 566, 1989.

702. [学会] (一般講演) 気管支喘息患児に対する運動負荷テストの再評価. 渡辺登,中嶋英彦,梅原実,佐藤雄二,箕浦克則,四倉正博(児): 第26回日本小児アレルギ−学会 (89.11.17), 大阪, 抄録集, P.130, l989.

703. [学会] (一般講演) 小児期気道過敏性検査の評価法についての検討. 箕浦克則,中嶋英彦,渡辺登,梅原実,佐藤雄二,四倉正博,(児): 第26回日本小児アレルギ−学会 (89.11.17), 大阪, 日本小児アレルギ−学会雑誌, 3(2): 67, l989.

704. [学会] (一般講演) 剖検で明らかになった胸膜悪性中皮腫の1例. 田所悦子(東病院病理),本告匡,中英男(病理),大野英治(病院病理): 第28回日本臨床細胞学会秋期大会学術講演会 (89.11.17), 横浜, 日本臨床細胞学会雑誌, 28(5): 695, 1989.

705. [学会] (一般講演) アデノウイルス肺炎後に慢性呼吸器症状を呈した3症例の臨床的検討. 四倉正博,中嶋英彦,渡辺登,山徳みゑ,梅原実,箕浦克則,佐藤雄二(児),堀池重治(放): 第22回日本小児呼吸器疾患学会 (89.11.30), 福岡.

706. [学会] (一般講演) 気道過敏性試験の standardization; 各種気道過敏性評価方法における相互関係. 箕浦克則(児): 第22回日本小児呼吸器疾患学会 (89.12.01), 福岡.

707. [学会] (一般講演) 左肺全摘出術を施行した重症気管支拡張症の1男児例. 関根徹,井桁真由美,山田俊彦,四倉正博,箕浦克則,梅原実,渡辺登,中嶋英彦(児),平井三郎,吉村博邦(胸外): 第22回日本小児呼吸器疾患学会 (89.12.01), 福岡.

708. [学会] (一般講演) 気管支喘息患児の運動耐容能についての検討. 渡辺登,中嶋英彦,梅原実,佐藤雄二,箕浦克則,四倉正博(児): 第22回日本小児呼吸器疾患学会 (89.12.01), 福岡, 抄録集,p.91,1989.

709. [学会] (一般講演) 気管異物の1例. 中村要,金子功,古沢慎一,古川浩三(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第70回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (89.12.16), 横浜.

710. [学会] (一般講演) Paraneoplastic Syndrome, 急性呼吸不全を主徴とした肺癌の1例. 新田健太郎(耳),田中朋子,小野寺誠悟,北井則夫,相馬一亥,大和田隆(救命): 第28回日本救急医学会関東地方会 (90.02.17), 東京.

711. [学会] (一般講演) 前立腺癌を合併,横隔膜を貫通し腹腔内進展を来たした左胸膜悪性中皮腫の1剖検例. 本告匡,中英男,石井英昭,瀬川謙一(病理),植草利公(順天大),奥平雅彦(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.30), 福岡, 日本病理学会会誌, 79(1): 231, 1990.

712. [学会] (一般講演) 気道過敏性検査中の連続性ラ音の検討. 楠原範之,花田伸英,久保田勝,井戸田照義,佐藤日佐子,倉田成,片桐真人,杼窪豊,矢那瀬信雄,阿部直,大塚洋久,冨田友幸(内): 第29回日本胸部疾患学会総会 (89.04.05), 京都, 日本胸部疾患学会雑誌, 27(増): 268, 1989.

713. [学会] (一般講演) 北里大学病院呼吸器内科における肺癌症例に関する検討(開院後13年間の症例について). 矢那瀬信雄,佐藤日佐子,山本博之,寺井繁勝,石川高一,楠原範之,原武史,片桐真人,杼窪豊,阿部直,大塚洋久,冨田友幸(内): 第29回日本胸部疾患学会総会 (89.04.05), 京都, 日本胸部疾患学会雑誌, 27(増): 279, 1989.

714. [学会] (一般講演) 原因不明のびまん性肺疾患における気管支肺胞洗浄液分析の治療に対する臨床的検討. 片桐真人(内),相馬一亥(救命),高崎光紀(臨病理),石川高一,佐藤日佐子,石川亮,山本博之,杼窪豊,矢那瀬信雄,阿部直,大塚洋久,冨田友幸 (内): 第29回日本胸部疾患学会総会 (89.04.06), 京都, 日本胸部疾患学会雑誌, 27(増): 386, 1989.

715. [学会] (一般講演) 111In-標識白血球の肺疾患における診断的意義. 山本博之,楠原範之(内),石井勝己(放),鈴木道弘,近藤えり,石川亮,片桐真人,杼窪豊,矢那瀬信雄,阿部直,大塚洋久,冨田友幸(内): 第29回日本胸部疾患学会総会 (89.04.07), 京都, 日本胸部疾患学会雑誌, 27(増): 481, 1989.

716. [学会] (一般講演) 肺小細胞癌との鑑別が困難であったPseudolymphomaの1例. 佐藤日佐子,井戸田照義,倉田成,石川亮,楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸(内): 第84回日本胸部疾患学会関東地方会 (89.05.13), 東京.

717. [学会] (一般講演) 気道熱傷における気管支肺胞洗浄液所見についての検討. 片桐真人(内),高崎光紀(臨病理),矢那瀬信雄(内),黄金井康巳,相馬一亥,大和田隆(救命): 第15回日本熱傷学会総会 (89.05.20), 弘前, 日本熱傷学会会誌, 15(3): 191, 1989.

718. [学会] (一般講演) 開胸肺生検症例の予後規定因子に関する臨床的検討. 佐藤日佐子,片桐真人,山本博之,石川亮,矢那瀬信雄,冨田友幸(内),品田純,平井三郎,吉村博邦(胸外),相馬一亥,大和田隆(救命): 第16回日本集中治療医学会総会 (89.06.08), 旭川, ICUとCCU, 13(増): 109, 1989.

719. [学会] (一般講演) 原発性鎖骨下静脈血栓症が原因となった肺梗塞の1例. 井戸田照義,楠原範之,石川亮,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸,田崎義昭(内),島田謙,今井潔,根本・(外): 第384回日本内科学会関東地方会 (89.07.08), 東京.

720. [学会] (一般講演) 原因不明のびまん性肺疾患における気管支肺胞洗浄液分析とステロイド治療の有効性に関する臨床的検討. 片桐真人,佐藤日佐子,楠原範之,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸(内),相馬一亥(救命),高崎光紀(臨病理): 第12回日本気管支学会総会 (89.07.08), 東京, 気管支学, 11(増): 109, 1989.

721. [学会] (一般講演) Auscultation over the Neck during Bronchial Provocation Test in Asthmatics. 楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸(内): 14th International Congress on Lung Sounds (89.08.14), Winnipeg, Canada.

722. [学会] (一般講演) 確定診断に苦慮した粟粒結核の2症例. 高田信和,佐藤日佐子,石川亮,片桐真人,楠原範之,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸(内): 第86回日本胸部疾患学会関東地方会 (89.09.09), 東京.

723. [学会] (一般講演) Combined Oat Cell Carcinomaの組織型をとった肺門部早期肺癌の1例. 倉田成,井戸田照義,石川亮,佐藤日佐子,楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸(内),平井三郎,吉村博邦(胸外),笠井潔,亀谷 徹(病理): 第85回日本胸部疾患学会関東地方会 (89.09.09), 東京.

724. [学会] (一般講演) 嘔吐における横隔膜の働き−換気運動との比較−. 佐藤日佐子,華樹成(内),田中真澄(総合臨床系),石川亮,楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸,田崎義昭(内): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 644, 1989.

725. [学会] (一般講演) Diaphragmatic Shortening during Vomiting. 阿部直,華樹成,佐藤日佐子,楠原範之,田中M,冨田友幸(内): International Symposium on Control of Breathing and Dyspnea (89.10.28), 仙台, Abstracts, p.53, 1989.

726. [学会] (一般講演) 胸部X線写真上左右差を認めた夏型過敏性肺炎の1例. 鈴木道弘,佐藤日佐子,倉田成,楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸,田崎義昭(内): 第387回日本内科学会関東地方会 (89.11.11), 東京.

727. [学会] (一般講演) Acute Eosinophilic Pneumoniaの1例. 佐藤日佐子,高田信和,倉田成,石川亮,楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内),相馬一亥(救命): 第88回日本胸部疾患学会関東地方会 (90.02.17), 東京.

728. [学会] (一般講演) Dermadromeが早期発見の契機となった肺癌の1例. 高田信和,倉田成,楠原範之,阿部直,冨田友幸(内),塚原哲哉,岩崎雅(皮),平井三郎,吉村博邦(胸外): 第390回日本内科学会関東地方会 (90.03.10), 甲府.

729. [研究会] (シンポジウム) 小児肺機能検査法の基礎,新生児より思春期までの肺機能の評価;乳児期呼吸パタ−ンの解析. 箕浦克則(児): 日本小児呼吸器疾患学会小児肺機能検査講習会 (89.05.l8), 新潟, 小児肺機能検査講習会テキスト,p.21〜27, l989.

730. [研究会] (一般講演) ARDSの病態解明に関する研究. 相馬一亥(救命): 第5回酸素由来ラジカル研究会 (89.05.17), 相模原.

731. [研究会] (一般講演) 血栓除去術中に Massive Air Leak を呈した右肺動脈単独欠損症の1男児例. 上野信弥,中嶋英彦,渡辺登,梅原実,箕浦克則,島本由紀子,四倉正博(児),浅利秀男(胸外): 第3回日本小児救急医学研究会 (89.06.17), 東京, 小児科臨床, 43(2): 410, l990.

732. [研究会] (一般講演) 急性呼吸困難を呈した Bronchial cast の3例. 四倉正博,梅原実,箕浦克則,渡辺登,中嶋英彦(児),堀池重治(放): 第3回日本小児救急医学研究会 (89.06.17), 東京, 小児科臨床, 43(2): 411, l990.

733. [研究会] (一般講演) 閉塞性呼吸器疾患患児の運動負荷テストにおけるパルスオキシメ−タ−の有用性についての検討. 四倉正博,中嶋英彦,渡辺登,梅原実,箕浦克則(児): 第4回パルスオキシメトリ−研究会 (89.06.24), 東京, パルスオキシメトリ−, 3: 95〜97, l989.

734. [研究会] (一般講演) 小児呼吸器疾患における123I-IMP肺シンチグラムの検討. 梅原実,四倉正博,箕浦克則,渡辺登,中嶋英彦(児),堀池重治,石井勝己(放): 第5回関東地区呼吸器核医学研究会 (89.09.09), 東京.

735. [研究会] (一般講演) 精神科領域患者にみられた重症肺炎に関する検討. 田中朋子,西山直久,平田光博,堤邦彦,相馬一亥,大和田隆(救命): 第26回神奈川県感染症研究会 (89.09.09), 横浜.

736. [研究会] (一般講演) PDAに起因した肺出血におけるHFOの使用経験. 野渡正彦,小口弘毅,角田新平(児): 第3回HFO研究会 (90.02.25), 東京.

737. [研究会] (一般講演) 嘔吐時の犬横隔膜の動き−超音波を用いた筋肉の長さの検討−. 華樹成(内),田中真澄(総合臨床系),佐藤日佐子,楠原範之,阿部直,冨田友幸(内): 第9回神奈川呼吸カンファレンス (89.05.20), 厚木.

738. [研究会] (一般講演) 気道過敏性検査中の頚部呼吸音の変化. 楠原範之,華樹成,石川亮,井戸田照義,佐藤日佐子,倉田成,山本博之,片桐真人,本多純,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内): 第13回肺音(呼吸音)研究会 (89.06.10), 東京, Ther. Res., 10(10): 429〜433, 1989.

739. [研究会] (一般講演) 犬横隔膜の非換気機能−嘔吐時の働き−. 佐藤日佐子(内),田中真澄(総合臨床系),華樹成,楠原範之,阿部直,冨田友幸(内): 日本ME学会専門別研究会第5回「呼吸の臨床ME」研究会 (89.06.16), 東京.

740. [研究会] (一般講演) 気道熱傷時の肺血管透過性に関する研究. 片桐真人,矢那瀬信雄,冨田友幸(内),宇井謙二,宇津木龍一,相馬一亥,大和田隆(救命),高崎光紀(臨病理): 第62回臨床呼吸生理研究会 (89.06.17), 東京.

741. [研究会] (一般講演) 北里大学病院における在宅酸素療法の現状とその問題点. 石川高一,高田信和,倉田成,佐藤日佐子,石川亮,楠原範之,片桐真人,矢那瀬信雄,本多純,阿部直,冨田友幸(内),相馬一亥(救命): 第10回神奈川呼吸カンファレンス (89.11.25), 横浜.

742. [研究会] (一般講演) 呼吸困難、喘鳴を主徴とし副腎皮質ホルモン剤短期治療中に発症したP. Carinii肺炎の1例. 高田信和,楠原範之,阿部直,冨田友幸(内),小林明芳,北原孝雄,相馬一亥(救命): 第27回神奈川県感染症研究会 (90.02.03), 横浜.

743. [研究会] (一般講演) 薬剤誘起性肺炎の気管支肺胞洗浄液に関する臨床的検討. 倉田成,鈴木道弘,花田伸英(内),高崎光紀(臨病理),石川亮,片桐真人,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内),相馬一亥(救命): 第35回FLDシンポジウム (90.03.10), 東京.


<<104 神経(精神科学を含む)>>

744. [原著] Cerebral Blood Flow and Cerebral Hematocrit in Patients with Cerebral Ischemia Measured by Single-photon Emission Computed Tomography. 坂井文彦,五十嵐久佳,鈴木秀一,田崎義昭(内): Acta Neurol. Scand., 127(Suppl.): 9〜13, 1989.

745. [原著] A Newly Designed Flow-Regulating Device in Shunt Therapy of Hydrocephalus. 橋本成広(生体工),川野信之(脳外): Artificial Organs, 13(5): 483〜485, 1989.

746. [原著] Properties of Single Chloride Channels in Primary Neuronal Cultures of Drosophila. Daisuke Yamamoto(三菱化成生命研),鈴木信之(生理): Biochimica et Biophysica Acta, 986: 187〜190, 1989.

747. [原著] Two Components of Calcium Channel Current in Embryonic Chick Skeletal Muscle Cells Developing in Culture. 加濃正明(生理),湧田邦子(生物物理),佐藤亮平(生理): Develop. Brain Res., 47(1): 101〜112, 1989.

748. [原著] Cranial Burr Hole for Revascularization in Moyamoya Disease. 遠藤昌孝,川野信之,宮坂佳男,矢田賢三(脳外): J. Neurosurg., 71: 180〜185, 1989.

749. [原著] Faster Firing Neurons of the Superior Central Raphe and Ongoing Behaviors in Freely Moving Rats. 山崎捨夫(生理): Jpn. J. Physiol. Psychol. Psychophysiol., 7(1): 27〜38, 1989.

750. [原著] The in Vivo Effects of Indomethacin on Reactivity of the Rat Pial Arterioles. 王任直,森井誠二,大高弘稔(脳外): Kitasato Med., 19(4): 426〜435, 1989.

751. [原著] フルラゼパム、トリアゾラム、ゾピクロンの記憶に対する作用. 村崎光邦(精): Medical Tribune, 22: 32, 1989.

752. [原著] Responses of the Pial Arterioles to Hemorrhagic Hypotension in Rat; A Possible Role of Adenosine. 森井誠二,王任直,大高弘稔,矢田賢三(脳外),鹿取信(薬理): Microcircul. Annual.(Proceeding), p.47〜48, 1989.

753. [原著] Sodium valproate の併用がcarbamazepine およびcarbamazepine-10,11-epoxide の遊離型血中濃度におよぼす影響ならびにその臨床的意義. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): TDM 研究, 6(1): 93〜95, 1989.

754. [原著] Radioreceptor Assay of Clonazepam and Diazepam in Blood for Therapeutic Drug Monitoring. 西川隆,西田陽,大谷英樹(臨病理),砂押渉,三浦寿男(児),須藤芳正(北里ラボ),久保博昭(薬学部): Therapeutic Drug Monitoring, 11(4): 483〜486, 1989.

755. [原著] Clear Cell Ependymoma, A Histological Variant with Diagnostic Implications. 川野信之,矢田賢三(脳外),柳下三郎(病理): Virchows Archiv. A Pathol Anat., 415: 467〜472, 1989.

756. [原著] 頭部外傷を伴う多発外傷例における頭蓋内圧モニターの重要性. 遠藤昌孝,高野誠,田中千彦,橋本隆(救命),松森邦昭(国立相模原病院): 医療, 43(10): 1010〜1013, 1989.

757. [原著] 自殺企図誤用による急性ニトラゼパム中毒の臨床−68症例についての検討結果から−. 島田栄子,三浦貞則(精): 最新医学, 44(11): 2349〜2359, 1989.

758. [原著] Diazepam 坐剤の発熱時間歇投与法による熱性けいれんの再発予防期間中にてんかんへ移行した症例の危険因子に関する検討. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): 小児科臨床, 42(11): 2419〜2426, 1989.

759. [原著] うっ病治療におけるMAD阻害薬復活の可能性. 村崎光邦(精): 神経精神薬理, 11: 763〜779, 1989.

760. [原著] 片頭痛の予防的治療に関する研究. 五十嵐久佳,坂井文彦,田崎義昭(内): 神経内科治療, 6(6): 555〜560, 1989.

761. [原著] 難治性うつ病の治療−甲状腺ホルモン療法と電撃療法の検討−. 若田部博文,山城一郎,笠原友幸,石郷岡純,大谷義夫,三浦貞則(精): 神奈川精神薬理, (2): 19〜22, 1988.

762. [原著] ニトラゼパムの急性中毒症状について. 島田栄子,若田部博文,大谷義夫,三浦貞則(精): 神奈川精神薬理, (3): 37〜44, 1989.

763. [原著] 新たに考案した水頭症シャントシステム用アンチ・ヘッド弁. 橋本成広(生体工),川野信之(脳外): 人工臓器, 17(2): 787〜790, 1988.

764. [原著] 非ベンゾジアゼピン系抗不安薬. 村崎光邦(精): 精神科治療学, 5: 25〜43, 1990.

765. [原著] Overstretch症例の治療. 三井公彦,飯田秀夫,橘滋国,矢田賢三(脳外),大和田隆(救命): 脊髄外科, 3: 137〜141, 1989.

766. [原著] 脊髄モニタリングの有用性について. 橘滋国(脳外): 脊髄外科, 3: 15〜19, 1989.

767. [原著] 脊髄空洞症の発生メカニズムに対する考え方. 橘滋国,飯田秀夫(脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 3(2): 113〜118, 1990.

768. [原著] 嚢胞形成性脳室周囲性白質軟化(cystic PVL)の発達予後. 門井伸暁,野村純子,原真人,蒲原孝,砂押渉,中村恒穂,斉藤幸一,小口弘毅,八代公夫(児): 日本小児科学会雑誌, 94(1): 91〜96, 1990.

769. [原著] 部分発作に対する carbamazepine 単剤治療の効果−carbamazepine ならびに carbamazepine-10,11-epoxide 血中濃度モニタリングの意義−. 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 日本小児科学会雑誌,93(6): 1365〜1373, l989.

770. [原著] 脳室周囲性白質軟化(PVL)の磁気共鳴画像所見−第1児が健常で第2児がPVLであった双胎例における比較−. 門井伸暁,蒲原孝,斉藤幸一,平石聡,八代公夫(児),菅信一(放): 日本新生児学会雑誌,25(3): 581〜589, 1989.

771. [原著] 重症高血圧性脳内血腫術後の頭蓋内圧. 中山賢司,宮坂佳男,佐藤健,市川文彦,岡秀宏,山口晶子(脳外),大和田隆(救命),矢田賢三(脳外): 脳と神経, 41(11): 1149〜1154, 1989.

772. [原著] 脳卒中急性期のおける血漿MHPGの変動. 東邦彦,畑隆志,坂井文彦,神田直,田崎義昭(内): 脳卒中, 11(4): 366〜372, 1989.

773. [原著] 延髄外側症候群を呈した解離性椎骨動脈瘤の1例−治療上の問題点について. 入倉克己,宮坂佳男,大高弘稔,矢田賢三(脳外),広瀬隆一(内): 脳卒中, 11: 133〜139, 1989.

774. [原著] 脳動脈瘤根治手術に至らず死亡したクモ膜下出血例の検討. 北原孝雄,斉藤元良,大和田隆(救命),入倉克己,北原行雄,宮坂佳男,矢田賢三(脳外): 脳卒中の外科, 17: 128〜131, 1989.

775. [原著] ラット脳虚血時のモノアミン放出についての研究. 野平修,神田直(内): 北里医学, 19(6): 587〜593, 1989.

776. [原著] 精神分裂病患者におけるYM-09151の臨床薬理学的検討. 石井善輝,村崎光邦(精): 薬理と治療, 17(9): 153〜167, 1989.

777. [原著] 脳血管炎の1成人例−自験例の報告と脳血管炎について−. 斉藤豊和,宮田嘉世子,古和久幸,田崎義昭(内): 臨床神経, 29(4): 456〜463, 1989.

778. [原著] 一過性全健忘発作の2症例−PET所見を中心として−. 荻野裕(内),横井風児,西尾健資,春原経彦,里吉営二郎(国立精神神経センター): 臨床神経, 29(5): 599〜605, 1989.

779. [原著] 成人発症の慢性感覚性ニューロパチーの臨床的検討. 斉藤豊和,宮田嘉世子,細田稔,鳥居順三,古和久幸(内): 臨床神経, 29(7): 859〜865, 1989.

780. [原著] HAM患者における髄液oligoclonal bandsの検討. 斉藤豊和(内),納光弘,宇宿功市郎,松本実,井形昭弘(鹿児島大): 臨床神経, 29(8): 976〜981, 1989.

781. [原著] 眼筋型重症筋無力症として観察されていたmitochondria myopathy (cytochrome C oxidase部分欠損)の2例. 松田行正(内),坂田千種,春原経彦,埜中征哉,里吉営二郎(国立精神神経センター): 臨床神経, 29(9): 1180〜1182, 1989.

782. [原著] 脳幹梗塞の脳波所見−MRI所見との体比−. 畑隆志(内),杉山一(精),吉本紅子(臨検): 臨床脳波, 32(1): 5〜13, 1990.

783. [短報] Effectiveness and Plasma Levels of Sodium Valproate Monotherapy in the Treatment of Epilepsies in Children: A Further Study. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): Jpn. J. Psychiatr. Neurol., 43(3): 517〜518, 1989.

784. [短報] 脊髄髄内腫瘍. 菅信一(放): 日本パラプレジア医学会雑誌, 2(1): 39〜39, 1989.

785. [短報] 秋季臨床大会記事;脊髄脊椎. 菅信一(放): 日本医学放射線学会雑誌, 49(4): 496, 1989.

786. [短報] 痴呆−局所脳循環からのアプローチ. 坂井文彦(内): 老年期痴呆研究会誌, 2: 18〜20, 1989.

787. [研究報告] 頻回の腫瘍内出血をきたした聴神経鞘腫の1例. 倉田彰(脳外),斉藤武志,赤塚誠哉(井田病院),菅信一(放),高木宏(大和市立病院): 神経外科, 29: 328〜332, 1989.

788. [研究報告(文部省)] 肝移植のシステム化と推進に関する研究−被殻出血の内科治療による予後−. 田崎義昭,神田直,北井則夫(内): 昭和62ー63年度科学研究費補助金一般研究(A)研究成果報告書, p.60〜68, 1989.

789. [研究報告(文部省)] ラジオレセプタ−アッセイによるベンゾジアゼピン系抗てんかん薬の有効濃度域の検討. 砂押渉(児): 昭和63年度文部省科学研究費補助金(奨励研究 A)研究成果報告書,1989.

790. [研究報告(厚生省)] 痴呆疾患の予防・治療、方法に関する研究; 向精神病薬や脳循環代謝改善剤等による治療、痴呆に特有な精神症状や問題行動の予防・治療等に関するアンケート調査. 長谷川恒雄(伊豆韮山温泉病院),田崎義昭,金子尚二(内),葛谷文男,遠藤英俊(名古屋大),植村研一,瀧浩志(浜松医大),長谷川和夫,今井幸充(聖 マリアンナ医科大): 研究報告書, p.100〜108, 1989.

791. [研究報告(厚生省)] 神経細胞の萎縮が著明であった痴呆症例. 長谷川一子,松田行正,古和久幸(内),柳下三郎,本告匡(病理): 厚生省シルバーサイエンス研究報告書, p.64〜66, 1989.

792. [研究報告(厚生省)] 脳主幹動脈閉塞症に於ける局所脳血流の長期予後. 坂井文彦(内): 厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, p.215, 1989.

793. [研究報告(厚生省)] Onion bulb構造を有する脱髄性ニューロパチーの発症機序に関する研究−臨床的免疫学的および生検腓腹神経組織像の検討−. 古和久幸,斉藤豊和,伊藤博明,松田行正,渋谷恵美子(内): 厚生省精神神経疾患研究委託費「ニューロパチーの成因及び治療に関する研究, p.133, 1989.

794. [研究報告(厚生省)] CJD妊婦患者の剖検脳からマウスへのTransmission成功例. 玉井洋一,小嶋久子(生化),北島理恵(生化系),川口毅,大谷義夫,三浦貞則(精),佐藤正樹(病理),滝口秀也,田口文章(衛生学部),石原好弘(都 立神経研): 厚生省特定疾患「遅発性ウイルス感染」研究班平成元年度研究報告書, p.133〜137, 1990.

795. [研究報告(厚生省)] 非典型的な病理所見を認めた運動ニューロン病例. 古和久幸,長谷川一子,松田行正(内),柳下三郎(病理): 厚生省特定疾患神経変性疾患調査研究班1988年度研究報告書, p.67, 1989.

796. [研究報告(厚生省)] 老年期痴呆の薬物治療に関する研究. 長谷川恒雄(伊豆韮山温泉病院),田崎義昭,金子尚二(内),赫彰郎,氏家隆(日本医科大),福内靖男(慶応大),荒木五郎(東海大),大友英一(浴風会 病院),葛谷文男,遠藤英俊(名古屋大): 厚生省特定疾患痴呆疾患対策調査研究報告書, 1989.

797. [研究報告(厚生省)] 脱髄性ニューロパチーにおける抗ganglide抗体−ELISAにおける検討−. 斉藤豊和,渋谷美恵子,伊藤博明,古和久幸(内): 厚生省特定疾患免疫性神経疾患調査研究報告書, p.192〜196, 1989.

798. [研究報告(厚生省)] 運動ニューロン病患者血清中のIgMクローン抗体が認識する糖鎖. 斉藤豊和,伊藤博明,渋谷美恵子,古和久幸(内): 厚生省特定疾患免疫性神経疾患調査研究報告書, p.197〜200, 1989.

799. [研究報告(厚生省)] 循環器専門病院における循環器疾患登録票によるパイロットスタディの試行. 神田直,野平修(内): 昭和63年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, p.372〜373, 1989.

800. [研究報告(科学技術庁)] CJD 発症因子の濃縮と培養細胞系での増殖の試み. 玉井洋一,小嶋久子(生化): 平成元年度科学技術庁「プリオン関連疾患(クロイツフェルト・ヤコブ病)発現機構解析技術の開発」研究成果報告書, p.5〜15, 1990.

801. [症例報告] 両側脈絡叢脂肪腫を伴った脳梁脂肪腫の1症例−MRIの有用性について−. 高橋誠,藤本司,浅井潤一郎,福島義治(昭和大),菅信一(放): CT研究, 11(3): 341〜345, 1989.

802. [症例報告] クリッピング直後対側に破裂をきたした両側内頚動脈瘤の1手術例. 入倉克己,高野誠,田中千彦,斉藤元良,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 救急医学, 13: 905〜908, 1989.

803. [症例報告] 大麻精神病の6例. 徳井達司,米元利彰,岩下覚,樋山光教,稲田俊也,三村将,鈴木義徳(桜ケ丘保養院),川口毅(精),川井尚,栗原和彦(桜ケ丘保養院): 精神医学, 31(9): 919〜929, 1989.

804. [症例報告] 脊髄腫瘍との鑑別が困難であった頚髄血管腫の1例. 田中柳水,飯田秀夫,三井公彦,橘滋国,矢田賢三(脳外): 日本パラプレジア医学会雑誌, 2: 174〜175, 1989.

805. [症例報告] 髄内発育を示した頚髄神経線維腫の1例. 岡秀宏,諏訪知也,飯田秀夫,三井公彦,橘滋国,矢田賢三(脳外): 日本パラプレジア医学会雑誌, 2: 180〜181, 1989.

806. [症例報告] 急性硬膜下膿瘍の1治験例. 山田勝,浅利靖,杉本勝彦,大高弘稔,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会誌, 10(1): 236〜238, 1989.

807. [症例報告] 鈍的外傷による椎骨動脈損傷の経験. 飯田秀夫,川野信之,遠藤昌孝,斉藤元良(脳外),広瀬隆一(内),大和田隆(救命),矢田賢三(脳外): 脳神経外科, 17: 1051〜1060, 1989.

808. [症例報告] 興味あるCT所見を呈した急性脳症の1乳児例. 三浦寿男,梅原実(児),大部誠(病理): 北里医学,19(4): 460〜462, 1989.

809. [臨床治験] 長期投与におけるYM-09151の精神分裂病に対する効果及び安全性の検討. 村崎光邦(精): 医学と薬学, 22: 733〜746, 1989.

810. [臨床治験] 新しいベンズアミド系抗精神病薬YM-09151の初期第U相試験. 村崎光邦,山角駿,住吉秋次,石郷岡純(精),他11名: 新薬と臨床, 38: 1385〜1398, 1989.

811. [臨床治験] 新たなIminodibenzyl系化合物(Y-516)の精神分裂病に対する臨床効果. 金野滋,高橋良(杏林大),村崎光邦(精),他10名: 薬理と治療, 17(6): 2657〜2671, 1989.

812. [臨床治験] KB-831(塩酸トラゾドン)の抗うつ効果−多施設共同研究によるオープン試験−. 上島国利,栗原雅直,高橋良,森温理,長谷川和夫,遠藤俊吉(杏林大),村崎光邦(精),樋口輝彦(杏林大): 薬理と治療, 17(Suppl. 5): 1451〜1463, 1989.

813. [臨床治験] 新しい抗うつ薬KB-831(塩酸トラザドン)の高齢者うつ病に対する臨床試験. 石郷岡純,村崎光邦(精),上島国利(杏林大): 薬理と治療, 17(Suppl. 5): 1519〜1527, 1989.

814. [臨床治験] 新しいBenzamide系抗精神病薬YM-09151の精神分裂病に対する第U相試験. 村崎光邦(精),森温理,高橋良,仮屋哲彦,風祭元(杏林大),八木剛平(慶大),上島国利(杏林大): 薬理と治療, 17: 4347〜4365, 1989.

815. [臨床治験] 精神分裂病に対するイミノジベンジール誘導体Y-516のクロカプラミン対照二重盲検比較試験. 加藤伸勝,高橋良(杏林大),八木剛平(慶大),風祭元,森温理(杏林大),村崎光邦(精): 臨床評価, 17: 177〜196, 1989.

816. [臨床治験] 精神分裂病に対する新しいBenzamide系抗精神病薬YM-09151とハロペリドールの二重盲検比較試験. 森温理,風祭元,金野滋,上島国利,仮尾哲彦(杏林大),村崎光邦(精),八木剛平(杏林大): 臨床評価, 17: 349〜377, 1989.

817. [総説] しくみと働き: 動眼神経・滑車神経. 神田直(内): Clinical Neuroscience, 8(2): 18〜21, 1990.

818. [総説] 障害とその診かた: 動眼神経・滑車神経. 神田直(内): Clinical Neuroscience, 8(2): 31〜34, 1990.

819. [総説] 脳梗塞の治療と再発予防. 神田直(内): Medical Digest, 38(3): 7〜12, 1989.

820. [総説] 一過性脳虚血発作. 神田直(内): Medical Practice, 6(増): 23〜26, 1989.

821. [総説] 脳出血. 神田直(内): Modern Physician, 9(5): 561〜563, 1989.

822. [総説] ゾピクロン. 村崎光邦(精): カレントテラピー, 7: 1893〜1895, 1989.

823. [総説] 腰椎椎間板ヘルニア. 菅信一(放): 画像診断, 9(6): 678〜685, 1989.

824. [総説] 塩酸スルトプリド. 村崎光邦(精): 現代医療, 22: 9〜11, 1990.

825. [総説] メイラックス. 村崎光邦(精): 時の新薬, 10: 37〜38, 1989.

826. [総説] バルネチール. 村崎光邦(精): 時の新薬, 10: 41〜42, 1989.

827. [総説] テトランド錠 90 mg. 村崎光邦(精): 時の新薬, 11: 38〜42, 1989.

828. [総説] 高齢者の初期症候、初期治療[診療のコツ]めまい. 古和久幸(内): 実験治療, 616: 6〜7, 1989.

829. [総説] 脳梗塞の再発予防−内科の立場から−. 神田直(内): 循環科学, 9(7): 736〜740, 1989.

830. [総説] 抗てんかん薬単剤治療. 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 小児科診療, 52(11): 2521〜2530, 1989.

831. [総説] 抗てんかん薬の治療的薬物モニタリング. 三浦寿男(児): 小児内科,22(1): 85〜93, 1990.

832. [総説] Guillain-Barre 症候群. 斉藤豊和,荻野裕(内): 神経精神薬理, 12(2): 95〜104, 1990.

833. [総説] 高安病の神経症状. 畑隆志(内): 神経内科, 31(4): 343〜352, 1989.

834. [総説] Cimetidineによる中枢神経障害. 石郷岡純(精): 神経内科治療, 6(4): 337〜339, 1989.

835. [総説] Vincristineによる脳症、自律神経障害. 古和久幸(内): 神経内科治療, 7(1): 3〜6, 1990.

836. [総説] 抗不安薬の作用機序をめぐって. 村崎光邦(精): 神奈川県精神医学会誌, 38: 3〜16, 1989.

837. [総説] ベンゾジアゼピン系薬物による依存と記憶障害. 石郷岡純(精): 精神医学, 32(3): 267〜274, 1990.

838. [総説] 脊椎、脊髄外科におけるステロイド療法. 三井公彦(脳外): 脊椎・脊髄ジャーナル, 1: 417〜419, 1989.

839. [総説] 脊髄髄内腫瘍の手術. 三井公彦,松森邦昭(国立相模原病院),飯田秀夫,橘滋国,矢田賢三(脳外),大和田隆(救命): 脊椎・脊髄ジャーナル, 2(12): 885〜892, 1989.

840. [総説] 脳血管障害の病態診断と部位診断. 畑隆志,田崎義昭(内): 総合臨床, 38(11): 2783〜2794, 1989.

841. [総説] パーキンソン病の確定診断と治療. 古和久幸,長谷川一子,細田稔(内): 総合臨床, 38(5): 947〜948, 1989.

842. [総説] 頭痛の鑑別診断と治療. 坂井文彦(内): 内科, 64(2): 229〜233, 1989.

843. [総説] 急性期頚髄(椎)損傷への対策. 大和田隆(救命): 日本医事新報, (3407): 13〜14, 1989.

844. [総説] 脊髄腫瘍. 菅信一(放): 日獨医報, 34(1): 35〜45, 1989.

845. [総説] 小児における抗てんかん薬物療法の特異性. 三浦寿男(児): 脳と発達,22(2): 154〜159, 1990.

846. [総説] 抗てんかん薬物療法−単剤治療と血中濃度モニタリングの意義−. 三浦寿男(児): 発達薬理・薬物治療研究会雑誌,2(1): 55〜63, 1989.

847. [総説] クロイツフェルト・ヤコブ病の病原体と発症機序. 玉井洋一,小嶋久子(生化): 病態生理, 9(10): 858〜862, 1989.

848. [総説] MRI 有所見症例からみた初診時主訴の分析−脊髄、脊椎疾患について−. 村田晃一郎(放): 北足立郡市医師会会報, (129): 10〜17, 1990.

849. [総説] 鳥の発声−聴覚(U)哥学習の個体発達及び脳の哥制御. 山崎捨夫(生理): 北里医学, 19(1): 6〜11, 1989.

850. [総説] 脳血管障害慢性期の治療. 畑隆志,田崎義昭(内): 臨床と研究, 66(6): 1900〜1906, 1989.

851. [総説] 持効型精神神経用剤. 三浦貞則(精): 臨床と薬物治療, 8(4): 484〜487, 1989.

852. [総説] 脳腫瘍. 菅信一(放): 臨床画像, 5(12): 34〜42, 1989.

853. [総説] 腰痛の画像診断; CT. 菅信一(放): 臨床画像, 5(9): 30〜39, 1989.

854. [総説] 総合病院精神科の現状と問題(T)−大学医学部付属病院の立場から−. 中島節夫,三浦貞則(精): 臨床精神医学, 18(5): 589〜596, 1989.

855. [総説] 心因性多飲. 中島節夫(精): 臨床精神医学, 18(9): 1379〜1384, 1989.

856. [総説] 特集:老年期痴呆の危険因子Alzheimer病の危険因子“頭部外傷”. 宮坂佳男(脳外): 老年期痴呆, 4: 75〜78, 1989.

857. [講座] 脳血管障害慢性期の治療の進め方. 金子尚二,神田直(内): Medicament News, (1286): 1〜4, 1989.

858. [講座] 意識障害−昏睡−. 畑隆志(内): Medicina, 26(7): 1110〜1114, 1989.

859. [講座] 画像診断のための正常解剖図譜;頭蓋脊椎移行部・脊椎・脊髄. 菅信一(放): Modern Physician, 9: 797〜802, 1989.

860. [講座] 熱性けいれんとてんかん. 三浦寿男(児): Petit enfant, 9(12): 145〜147, 1989.

861. [講座] 硝酸薬で頭痛がなぜ起こる. 坂井文彦(内): クリニシアン, 36(385): 49〜52, 1989.

862. [講座] パーキンソン病の新しい治療の試み・長期レボドパ症候群に対して. 長谷川一子(内): 医学のあゆみ, 150(13): 829, 1989.

863. [講座] うつ病. 稲見允昭,三浦貞則(精): 月刊薬事, 32(1): 77〜82, 1990.

864. [講座] 自律訓練法. 中島節夫(精): 治療, 71(4): 941〜946, 1989.

865. [講座] てんかん−単剤治療と薬物血中濃度モニタリングを中心に−. 三浦寿男(児): 小児科臨床,42(4): 707〜717, 1989.

866. [講座] 胸腰椎移行部の脊髄腫瘍と脊髄血管障害. 飯田秀夫(脳外),大和田隆(救命): 脊椎、脊髄, 3: 421〜427, 1990.

867. [講座] 痛みの臨床. 坂井文彦(内): 内科, 64(2): 277〜289, 1989.

868. [講座] 小児の熱性けいれん−その管理と予後を中心に−. 三浦寿男(児): 保険医の臨床,(294): 2〜11, 1989.

869. [講座] 心因性頻拍症. 中島節夫(精): 臨床麻酔, 13(11): 1539〜1541, 1989.

870. [座談会] パーキンソン病の治療. 柳沢信夫(信州大),古和久幸(内): 内科, 63(5): 903〜922, 1989.

871. [学術書] (執筆) Brain Hypoxia; 塩酸フルナリジンによる片頭痛の予防的治療, 3: 3〜8, 五十嵐久佳,坂井文彦,田崎義昭(内). 編集 後藤文男,他編, にゅーろん社, 東京, 89.07.31発行.

872. [学術書] (執筆) 図説:内科診断治療講座 15. パーキンソン症候群と類縁疾患; 薬物性パーキンソン病, p.210〜215, 古和久幸,長谷川一子(内). 編集 萬年徹(東大)編, メジカルビュー社, 東京, 89.11.01発行.

873. [学術書] (執筆) Annual Review 神経 1990; 頭痛の新しい国際分類, p.372〜377, 坂井文彦(内). 編集 後藤文男,他編, 中外医学社, 東京, 90.01.10発行.

874. [学術書] (執筆) 今日の治療指針; 脳蘇生法, p.42〜43, 大和田隆(救命). 監修 日野原重明,阿部正和監修, 医学書院, 東京, 90.02.15発行.

875. [学術書] (執筆) 末梢神経損傷における電気診断学; 運動神経伝導速度分布の測定, p.1〜9, 橘滋国(脳外). エーザイ, 東京, 88.04.10発行.

876. [学術書] (執筆) 肝障害患者への投薬; 催眠鎮静剤・向精神薬, p.55〜64, 石郷岡純(精). ミクス, 東京, 89.04.01発行.

877. [学術書] (執筆) 精神科 Mook, 精神科領域における薬物療法; 神経症, 増刊 1: 303〜314, 石郷岡純(精). 編集 八木剛平(慶応大)編, 金原出版, 東京, 89.12.20発行.

878. [学術書] (執筆) 最新MRI情報; 脳・神経;炎症, p.82〜91, 菅信一(放). 編集 河野敦(東京女子医大),西川潤一(東大),小野由子(東京女子医大),原田潤太(慈恵医大)編, 中外医学社, 東京, 89.08.01 発行.

879. [教科書] (執筆) 臨床病態学; 精神・神経疾患, p.272〜286, 鳥居順三(内). 編集 佐藤良暢(神戸常盤短大),松原高賢(銀杏短大)編, 南江堂, 東京, 89.04.10発行.

880. [教科書] (執筆) 神経病学; 末梢神経障害, p.427〜441, 鳥居順三(内). 編集 田崎義昭(内),吉田充男(自治医科大)編, 医学書院, 東京, 89.11.01発行.

881. [教科書] (執筆) 新主要徴候からみた検査の進め方; 頭痛, p.157〜160, 古和久幸(内). 編集 松田重三,編, 新興医学出版, 東京, 90.01.10発行.

882. [教科書] (執筆) 神経内科 Quick Reference; 脊髄腫瘍, p.568〜584; 脊髄外傷, p.597〜617, 大和田隆(救命). 編集 水野美邦(順天堂大)編, 文光堂, 東京, 89.09.27発行.

883. [教科書] (執筆) 脳神経外科 Quick Reference−合理的な診断と治療−; 脊髄外傷−急性期−, p.546〜556, 矢田賢三(脳外). 編集 山浦晶(千葉大)編, 文光堂, 東京, 89.06.16発行.

884. [教科書] (執筆) 口腔心身医学臨床講座,第U巻:診断・治療編; セネストパチー,精神分裂病,その他, U: 109〜128, 中島節夫(精). 編集 内田安信(東京医科大)編, 書林, 東京, 89.11.10発行.

885. [教科書] (執筆) 精神保健(系統看護学講座、専門基礎 11); 入院生活の精神保健, 11: 167〜195, 佐藤喜一郎(精). 編集 早坂泰次郎(東京国際大),他編, 医学書院, 東京, 90.01.06発行.

886. [その他の著書(概説書)] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集;  百日咳,Werdnig-Hoffmann 病 他, p.154, 240, 320, 387, 393〜394, 三浦寿男(児). 監修 佐藤登志郎(北里大)監修, 日本医事新報社, 東京, 89.11.15 発行.

887. [その他の著書(概説書)] (執筆) 新薬物療法; 片頭痛, p.674〜675; 群発頭痛, p.676〜677, 坂井文彦(内). 編集 上田泰,他編, メジカルビュー社, 東京, 89.12.25発行.

888. [その他の著書(概説書)] (執筆) 今日の治療指針; 頭痛, 31: 190〜191, 坂井文彦(内). 編集 稲垣義明,他編, 医学書院, 東京, 89.02.15発行.

889. [その他の著書(概説書)] (執筆) 運動・食事・休養のリズムとタイミング; 上手な睡眠のとり方, p.25〜40, 村崎光邦(精). 明治生命厚生事業団, 東京, 89.00.00発行.

890. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 優れた発作抑制効果と精神症状改善効果−デグレト−ル症例集−; 多動,学習障害を示した9歳の男子−部分てんかん−, p.14〜15, 三浦寿男(児). 編集 大沼悌一(国立精神・神経センタ−)編, 日本チバガイギ−, 宝塚, 89.06.00発行.

891. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) ‘うつ’がわかる本; 村崎光邦(精). ごま書房, 東京, 90.01.31発行.

892. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) よくわかる透析療法、ハンドブック; ライフサイクル別にみた透析患者の苦悩(第8章:精神医学の立場からみた透析患者), p.230〜263, 佐藤喜一郎(精). 編集 太田和夫(東女医大)編, メディカ出版, 大阪, 89.06.30発行.

893. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 透析患者の精神医学と心理療法; 透析患者のソーシャル・イメージの検討−self-other orientation method による−, p.152〜162, 佐藤喜一郎(精),福山嘉綱(総合医療相談部),桜井建治(橋本クリニック),Robert C. Ziller,大倉豊(フロリダ大). 編集 赤間立枝(虎の門病院)編, 日本メディカルセンター, 東京, 89.07.05発行.

894. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 透析患者の精神医学と心理療法; 家族内の問題の顕在化により導入期うつと退院後にヒステリーを呈した症例, p.213〜218, 佐藤喜一郎(精). 編集 赤間立枝(虎の門病院)編, 日本メディカルセンター, 東京, 89.07.05発行.

895. [その他の著書(入門書)] (執筆) 今日の治療指針 1990年版; 小児の急性脳炎・脳症, p.734〜735, 三浦寿男(児). 編集 稲垣義明(千葉大),多賀須幸男(関東逓信病院),尾形悦郎(東大)編, 医学書院, 東京, 90.02.15 発行.

896. [その他の著書(入門書)] (執筆) 精神科 Mook, No.24, 心身症; 心身症と催眠療法, p.125〜132, 中島節夫(精). 編集 武正建一(杏林大)編, 金原出版, 東京, 89.10.20発行.

897. [学術賞] 第1回日本自律訓練学会JMI記念賞(自律訓練法の研究と普及に貢献した), 中島節夫(精).

898. [学会] (特別講演) 子どもたちの心に迫る−悩める子どもたちの臨床例を通して−. 佐藤喜一郎(精): 第21回学校保健学会総会 (90.02.09), 横浜.

899. [学会] (特別講演) Brain 89報告. 坂井文彦(内): 第1回日本脳循環代謝学会 (89.11.18), 東京.

900. [学会] (教育講演) 腫瘍性病変INセミナー‘胸腰椎移行部病変による神経病変’. 橘滋国(脳外): 第24回日本パラプレジア医学会総会 (89.09.08), 札幌.

901. [学会] (教育講演) 脊髄疾患のモニタリング. 橘滋国(脳外): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.27), 盛岡.

902. [学会] (教育講演) OPLLによるMyelopathyの病態生理. 橘滋国(脳外): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.29), 盛岡.

903. [学会] (教育講演) 後頭葉視中枢および眼球運動(脳幹)に関係したMRI. 菅信一(放): 第12回神経眼科講習会 (89.10.21), 東京, 神経眼科, 6(補): 129, 1989.

904. [学会] (教育講演) Arnold-Chiari 奇形にともなう脊髄空洞症. 橘滋国(脳外): 第10回日本脳神経外科コングレス (90.03.30), 東京.

905. [学会] (シンポジウム) The Effects of Triazolam, Flurazepam and Zopiclone on Human Memory. 村崎光邦,石郷岡純(精): International Joint Meeting on Sleep Research (89.05.00), Honolulu.

906. [学会] (シンポジウム) The Search for the Creutzfeldt-Jakob Disease Agent: Subcellular Distribution of the Transmissible Agent in CJD Mouse Brain, and Re-Examination of PrP Requirement for the CJD Infectivity. 玉井洋一,小嶋久子(生化),北島理恵(生物化学系),田口文章(衛生学部),大谷義夫,三浦貞則(精): Canadian International Neuroscience Symposium (89.06.05), Guelph (Canada), Proceedings, p.18, 1989.

907. [学会] (シンポジウム) 小児におけるてんかん薬物療法の特異性(主題:てんかん診療の最近の進歩). 三浦寿男(児): 第31回日本小児神経学会総会 (89.07.08), 札幌, 脳と発達, 21(総会号): s98, 1989.

908. [学会] (シンポジウム) 精神保健法施行後をめぐって−総合病院の立場から−. 稲見允昭(精): 神奈川県精神医学会 (89.07.15), 横浜.

909. [学会] (シンポジウム) The Newest Psychotropic Molecules under Development in Japan. 村崎光邦(精): 6th Conference of Bio-Clinical Interface (89.09.00), Rouffach, France.

910. [学会] (シンポジウム) 催眠療法とは何か−私の催眠療法−. 中島節夫(精): 第35回日本催眠医学心理学会 (89.09.16), 東京.

911. [学会] (シンポジウム) 運動神経伝導速度の測定−とくにSlow Componentについて. 橘滋国(脳外): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.07), 京都.

912. [学会] (シンポジウム) 脳出血の内科救急医療と予後. 北井則夫,柏谷義宏,菊野隆明,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),神田直,田崎義昭(内): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.06), 東京, 抄録集, s-698, 1989.

913. [学会] (シンポジウム) 単純ヘルペス脳炎の脳波. 杉山一(精),畑隆志(内),種田真砂雄(精): 第19回日本脳波・筋電図学会 (89.11.11), 岡山.

914. [学会] (シンポジウム) 精神科救急について; 大学病院における精神科救急−北里大学の経験から−. 中島節夫,石井善輝,笠原友幸,堤邦彦,稲見允昭,三浦貞則(精): 第2回日本総合病院精神医学会 (89.11.11), 京都.

915. [学会] (シンポジウム) リラクセーション−異なる技法とその効果の特色−自律訓練法におけるリラクセーション. 中島節夫(精): 第2回日本心理医療諸学会連合大会 (89.11.19), 東京.

916. [学会] (シンポジウム) 受動的注意集中−その教示の実際と意義−. 中島節夫(精): 第12回日本自律訓練学会 (89.11.26), 広島.

917. [学会] (シンポジウム) ターミナル・ケアについて−大学病院の立場から;ターミナスケアーの現状と問題点−. 佐藤喜一郎(精): 第22回日本プライマリーケア学会神奈川支部学術集会 (90.03.24), 相模原.

918. [学会] (シンポジウム) 血管性痴呆の脳循環−血管反応性の検討−. 畑隆志(内): 第14回日本脳卒中学会総会 (89.03.03), 東京.

919. [学会] (ワークショップ) 全身管理を要する精神疾患患者の病態とその認識. 田中朋子,堤邦彦,広瀬隆一,菊野隆明,相馬一亥,大和田隆(救命),石垣徳江,永山直道,山城一郎,三浦貞則(精): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.06), 東京.

920. [学会] (一般講演) ニトラゼパムの急性中毒症状について. 島田栄子,若田部博文,大谷義夫,三浦貞則(精): 第26回神奈川県精神薬理懇話会 (89.00.00), 横浜.

921. [学会] (一般講演) An Activation Map of Dendrites in a Cochlear Nucleus of Frog. 大貫信(生理): 第66回日本生理学会 (89.04.05〜07), 岡山, Jpn. J. Physiol., 39(Suppl.): S173, 1989.

922. [学会] (一般講演) Two Distinct Mechanisms are Responsible for single Potassium Channel Block by Internal Tetraethylammonium Ions. Daisuke Yamamoto(三菱化成生命研),鈴木信之(生理): 第66回日本生理学会 (89.04.05〜07), 岡山, Jpn. J. Physiol., 39(Suppl.): S59, 1989.

923. [学会] (一般講演) Allopurinolが著効を示した原因不明の片側性脳炎後てんかんの1例. 安保賢一,縣陽太郎,白井宏幸(児),田川不知夫(茅ヶ崎徳州会総合病院),大矢達男(聖路加国際病院): 第182回日本小児科学会神奈川地方会 (89.04.15), 横浜, 神奈川医学会雑誌, l989.

924. [学会] (一般講演) 脊髄後正中中隔切開法の検討. 三井公彦(脳外),大和田隆(救命): 第60回日本整形外科学会 (89.04.17), 新潟.

925. [学会] (一般講演) Sodium valproate の併用がcarbamazepineおよびcarbamazepine-10,11-epoxideの遊離型血中濃度におよぼす影響ならびにその臨床的意 義. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): 第4回薬物モニタリング全国交流会・第6回日本TDM学会学術集会合同学術集会 (89.05.13), 東京, 講演要旨集,p.23, 1989.

926. [学会] (一般講演) 向精神薬長期服用患者にみられた低Na血症の検討. 石垣徳江,堤邦彦,杉山一,山城一郎,角田貞治,杉山健志,永山直樹,三浦貞則,三井良樹(精),広瀬隆一(救命): 第85回日本精神神経学会 (89.05.18), 金沢, 抄録集, p.143, 1989.

927. [学会] (一般講演) 日常ストレスとうつ病・うつ状態・神経症及び内科・皮膚科外来患者. 林峻一郎,今井明雄(衛生学部),中島節夫(精),福山嘉綱(総合相談部),三浦貞則(精): 第85回日本精神神経学会 (89.05.18), 金沢, 精神神経学雑誌, 91(9): 665, 1989.

928. [学会] (一般講演) 神経性食思不振症に対する行動療法−自験例の検討−. 古知貴恵子,大谷義夫,高橋明比古,三浦貞則(精): 第85回日本精神神経学会 (89.05.19), 金沢.

929. [学会] (一般講演) 大学病院における精神科デイケアの試み. 中島節夫,笠原友幸,三浦貞則(精),鈴木純恵(看護部),白木原葉子(リハビリテーション),小木曽佳子(総合相談部),白木原市次,山本明美(リハビ リテーション),滝沢るみ子(総合相談部): 第85回日本精神神経学会 (89.05.19), 金沢, 精神神経学雑誌, 91(11): 1989.

930. [学会] (一般講演) 欠神発作と複雑部分発作が前後して認められた症例の検討. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸(児): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌, 93(3): 474, 1989.

931. [学会] (一般講演) 徐放性バルプロ酸製剤(KW-6066N)の効果−血中濃度ならびに臨床面からの一考察−. 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93(3): 478, 1989.

932. [学会] (一般講演) 脳質周囲性白質軟化(PVL)における磁気共鳴画像診断の有用性の検討. 野村純子,蒲原孝,中村恒穂,小口弘毅,斉藤幸一,門井伸暁,八代公夫(児): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93(3): 629, 1989.

933. [学会] (一般講演) 神経性食思不振症候群を呈した胚芽腫の1例−既報告例との比較−. 永山直道,礒本明彦,佐藤喜一郎(精): 第85回日本精神医学会 (89.05.20), 金沢.

934. [学会] (一般講演) Arnold-Chiari奇形に合併する脊髄空洞症の成因における髄液動態の関与. 橘滋国,市川文彦,飯田秀夫,三井公彦,矢田賢三(脳外): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

935. [学会] (一般講演) Overstretch症例の手術治療. 三井公彦,飯田秀夫,橘滋国,矢田賢三(脳外): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

936. [学会] (一般講演) 延髄より胸髄にわたる巨大脊髄脂肪腫の1例. 常盤嘉一,岡秀宏,山田勝,諏訪知也,橘滋国(脳外): 第34回日本脳神経学会関東地方会 (89.05.27), 東京.

937. [学会] (一般講演) Possible Involvement of Adenosine in Vasodilatory Response of the Rat Pial Arterioles to Hypotension. 森井誠二,王任直,大高弘稔,矢田賢三(脳外),鹿取信(薬理): The 14th International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism (89.05.28〜06.01), ボローニア,イタリア, Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism, 9(Suppl.): S487, 1989.

938. [学会] (一般講演) The in Vivo Effect of Iloprost, a Stable Prostacyclin Analogue, on the Caliber of the Cerebral Microvessels. 森井誠二,王任直,大高弘稔,矢田賢三(脳外): The 14th International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism (89.05.28〜06.01), ボローニア,イタリア, Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism, 9(Suppl.): S666, 1989.

939. [学会] (一般講演) 医療情報システムと医師のストレス. 中島節夫,堤邦彦,山城一郎,白川教人(精),福山嘉綱(総合相談部),三浦貞則(精),久保田浩也,今井保次(日本生産性本部): 第30回日本心身医学会 (89.06.10), 名古屋.

940. [学会] (一般講演) 頚椎、頚髄損傷に伴う外傷性椎骨動脈瘤の1例. 山田勝,市川文彦,遠藤昌孝(脳外),浅利靖,新藤正輝,北原孝雄,大和田隆(救命): 第27回日本救急医学会関東地方会 (89.06.24), 所沢.

941. [学会] (一般講演) 強力ネオミノファーゲンCによるアナフィラキシーショックの1例. 白川教人(精),田辺聡,相馬一亥,木田光広,藤野宣之,今井恒,西山清敬,北井則夫,大和田隆(救命): 第27回日本救急医学会関東地方会 (89.06.24), 所沢.

942. [学会] (一般講演) 超音波断層法で診断した脳室周囲性白質軟化(PVL)の発達予後. 門井伸暁,野渡正彦,蒲原孝,中村恒穂,斉藤幸一,小口弘毅(児): 第25回日本新生児学会総会 (89.07.03), 東京, 抄録集,p.188, 1989.

943. [学会] (一般講演) 小児の難治性てんかんに対するアロプリノ−ルの使用経験. 愛甲浩志,松岡誠治,森本克,石川美香,真部淳,大矢達男,西村昂三(聖路加国際病院),白井宏幸,縣陽太郎(児): 第31回日本小児神経学会総会 (89.07.06), 札幌, 脳と発達, 21(総会号): s113, 1989.

944. [学会] (一般講演) Carbamazepine ならびに Carbamazepine-10,11-epoxide の遊離型血中濃度に関する検討−血清α1-acid glycoprotein 濃度との関連−. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): 第31回日本小児神経学会総会 (89.07.08), 札幌, 脳と発達, 21(総会号): s129, 1989.

945. [学会] (一般講演) Treatment of West Syndrome with Gamma Globulin: A Multicenter Study. Hashimoto, K.(日本医科大),Ariizumi, M.(独協医大),三浦寿男(児),他: 19th International Congress of Pediatrics (89.07.24), Paris, Abstracts, p.190, 1989.

946. [学会] (一般講演) Effectiveness and Plasma Levels of Valproic Acid with Use of a Slow-Release Preparation. 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 19th International Congress of Pediatrics (89.07.24), Paris, Abstracts, p.309, 1989.

947. [学会] (一般講演) Combination Therapy of Sodium Valproate and Clonazepam in Patients with Intractable Epilepsy. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸(児): 19th International Congress of Pediatrics (89.07.24), Paris, Abstracts, p.457, 1989.

948. [学会] (一般講演) Periventricular Leukomalacia: Magnetic Resonance Evaluation. 門井伸暁,蒲原孝,斉藤幸一,八代公夫(児): 19th International Congress of Pediatrics (89.07.26), Paris, Abstracts, p.220, 1989.

949. [学会] (一般講演) Prevention of Recurrent Febrile Convulsions with Rectal Diazepam and Development of Epilepsy. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): 19th International Congress of Pediatrics (89.07.26), Paris, Abstracts, p.439, 1989.

950. [学会] (一般講演) 脊髄過伸張障害における脊髄内圧の変化. 飯田秀夫,橘滋国,市川文彦,田中柳水,三井公彦,矢田賢三(脳外): 第24回日本パラプレジア医学会総会 (89.09.07), 札幌.

951. [学会] (一般講演) 初診時所見で急性頚髄損傷患者の予後は予測できるか?. 山崎義矩(脳外),大和田隆,北原孝雄,遠藤昌孝(救命),橘滋国,飯田秀夫,矢田賢三(脳外): 第24回日本パラプレジア医学会総会 (89.09.07), 札幌.

952. [学会] (一般講演) 延髄より胸髄にわたる巨大脂肪腫の1例. 常盤嘉一(脳外),高木宏(大和市立病院),山田勝,飯田秀夫,橘滋国,矢田賢三(脳外): 第24回日本パラプレジア医学会総会 (89.09.07), 札幌.

953. [学会] (一般講演) 脊髄後正中隔進入法の実際. 三井公彦,北原行雄,飯田秀夫,橘滋国,矢田賢三(脳外),浅井彰久,松森邦昭(国立相模原病院): 第24回日本パラプレジア医学会総会 (89.09.08), 札幌.

954. [学会] (一般講演) 10年の経過でくも膜下出血にて再発し、脳動脈瘤の新たな発生をみた多発性嚢胞腎の1例. 国井正剛,田中千彦,宮坂佳男(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第35回日本脳神経外科学会関東地方会 (89.09.09), 東京.

955. [学会] (一般講演) 一側性眼球突出で発症した若年性頭蓋外進展髄膜腫の1例. 浅井彰久(国立相模原病院),三井公彦(脳外),松森邦昭,常岡寛(国立相模原病院),久保長生(女子医): 第35回日本脳神経外科学会関東地方会 (89.09.09), 東京.

956. [学会] (一般講演) 注意障害・多動児に合併する神経症、心身症症状の調査報告. 新井卓,伊藤郁子,森田左紀子,鈴木泰代,佐藤千穂子,礒本明彦,佐藤喜一郎(精): 第7回日本小児心身医学会 (89.09.09), 大阪.

957. [学会] (一般講演) 「純粋トランス」と「色づけられたトランス」の生理学的検討−サーモ・グラフィーによる末梢皮膚温を指標として−. 白川教人,中島節夫(精): 第35回日本催眠医学心理学会 (89.09.15), 東京.

958. [学会] (一般講演) The Role of Adenosine in Autoregulation of the Cerebral Blood Flow; Effects of Caffeine on Vasodilatory Response of the Rat Pial Arterioles to Hypotension. 森井誠二,王任直,大高弘稔,矢田賢三(脳外),鹿取信(薬理): The Symposium on Purine Nucleosides and Mucleotides in Cell Signalling (89.09.17〜20), Rockville,米国.

959. [学会] (一般講演) 全身性エリテマトーデスの頭部MR所見. 小林茂樹,菅信一,池田俊昭,田所克己,西巻博,西山正吾,谷田理一郎,横山久朗,松林隆(放): 日本磁気共鳴医学会 (89.09.18), 東京, 日本磁気共鳴医学会雑誌, 9(2): 251, 1989.

960. [学会] (一般講演) 摂食障害を伴う男性のアルコール依存症の5例. 山田耕一,鈴木健二(国立療養所久里浜病院),森田左紀子(精),樋口進,水谷由美子,稲富正治,松坂利之,烏帽子田彰,河野裕明(国立療養所久里浜病 院): 第24回日本アルコール医学会総会 (89.09.23), 東京, アルコール研究と薬物依存, 24: 350, 1989.

961. [学会] (一般講演) 女性アルコール依存症者と子供達(1). 森田左紀子(精),村岡英雄,鈴木健二,河野裕明,新美洋一(国立療養所久里浜病院): 第24回日本アルコール医学会総会 (89.09.23), 東京, アルコール研究と薬物依存, 24: 373, 1989.

962. [学会] (一般講演) 若い女性のアルコール依存症−摂食障害合併群とアルコール依存症単独群の比較−. 水谷由美子,鈴木健二,山田耕二,稲富正治,松坂利之,河野裕明,樋口進(国立療養所久里浜病院),森田左紀子(精): 第24回日本アルコール医学会総会 (89.09.23), 東京, アルコール研究と薬物依存, 24: 375, 1989.

963. [学会] (一般講演) Arnold-Chiari奇形に伴う脊髄空洞症の手術. 橘滋国,高野誠,永井茂樹,諏訪知也,飯田秀夫,矢田賢三(脳外): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.27), 盛岡.

964. [学会] (一般講演) 脳動静脈奇形摘出術中の脳皮質血流量測定. 田中柳水,山崎義矩,永井茂樹,田中千彦,入倉克己,橋本隆,高野尚治,倉田彰,遠藤昌孝,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.27), 盛岡.

965. [学会] (一般講演) 大型AVMに対する摘出術の可能性. 宮坂佳男,岡秀宏,山田勝,田中柳水,北原行雄,倉田彰,大高弘稔,遠藤昌孝,斉藤元良,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.27), 盛岡.

966. [学会] (一般講演) 悪性星膠腫(Grade V,W)における長期生存例の臨床及び病理学的検討. 川野信之,伊藤比呂志,山田勝,市川文彦,矢田賢三(脳外),柳下三郎(病理): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.27), 盛岡.

967. [学会] (一般講演) 慢性硬膜下血腫の発生・増悪は予見できるか. 松森邦昭,三井公彦,北原行雄,浅井彰久,高野誠(脳外): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.27), 盛岡.

968. [学会] (一般講演) 脳潅流圧の変化に対するラット脳軟膜微小血管の反応性. 森井誠二,王任直,大高弘稔,田中千彦,橋本隆,矢田賢三(脳外),佐藤健(総合大田病院): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.27〜29), 盛岡.

969. [学会] (一般講演) 頭蓋底軟骨腫および軟骨肉腫の経験. 市川文彦,山田勝,伊藤比呂志,川野信之,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),菅信一(放): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.29), 盛岡.

970. [学会] (一般講演) 脳膿瘍と脳腫瘍のMRI. 常盤嘉一(脳外),高木宏(大和市立病院),大桃丈知,国井正剛,山崎義矩,山田勝,諏訪知也,橋本隆,市川文彦,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),菅信一 (放): 第48回日本脳神経外科学会総会 (89.09.29), 盛岡.

971. [学会] (一般講演) 小児の部分発作に対するCarbamazepine 単剤治療の長期予後. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸(児): 第23回日本てんかん学会 (89.10.06), 東京, 抄録集, p.69, 1989.

972. [学会] (一般講演) GH3細胞に対する細胞内情報伝達分子の関与. 鈴木信之(生理),高木博,吉岡享(早大),工藤佳久(三菱化成生命研): 第27回日本生物物理学会 (89.10.06〜08), 東京, 生物物理, 29: S296, 1989.

973. [学会] (一般講演) Clonazepamの遊離型血中濃度に関する検討−血清α1-acid glycoprotein濃度との関連. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): 第23回日本てんかん学会 (89.10.07), 東京, 抄録集, p.153, 1989.

974. [学会] (一般講演) Transient Type Calcium Channel in the Regulation of Intracellular Calcium Level of GH3 Cells. 鈴木信之(生理),工藤佳久(三菱化成生命研),高木博,吉岡享(早大),田中舘明博(生物物理系),加濃正明(生理): 7th International Conference on Cyclic Nucleotides, Calcium, and Protein Phosphorylation. (89.10.08〜13), 神戸, Abstract, p. 172, 1989.

975. [学会] (一般講演) Trans-sulcal Approach into the Spinal Cord. 三井公彦,飯田秀夫,橘滋国,矢田賢三(脳外): 第9回国際脳神経外科学会 (89.10.09), ニューデリー.

976. [学会] (一般講演) Changes in Brain Lipid Composition of an Adult Type SSPE. 大谷義夫(精),高山久美子(生化系),玉井洋一,小嶋久子(生化),小口徹,石井善輝,望月保則,菅原道哉,三浦貞則(精): 8th World Congress of Psychiatry (89.10.13), Athens, Greece, Proceedings, p.125, 1989.

977. [学会] (一般講演) The in Vivo Effects of Indomethacin on Reactivity of the Rat Pial Arterioles. 王任直,森井誠二,大高弘稔,矢田賢三(脳外): The lst International Stroke Congress (89.10.15〜19), 京都.

978. [学会] (一般講演) Retrograde Thrombosis of Feeding Arteries after Removal of Arteriovenous Malformations. 宮坂佳男,倉田彰,大高弘稔,遠藤昌孝,斉藤元良,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): The lst International Stroke Congress (89.10.15〜19), 京都.

979. [学会] (一般講演) Logoclonic Seizure Caused by Tumor Confined in the SMA. 北原行雄,田中柳水(脳外),村崎光邦(精): 18th International Epilepsy Congress (89.10.18), New Delhi, India.

980. [学会] (一般講演) Plasma Level to Dose Ratio and Protein Binding of Clonazepam in Epileptic Children. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): 18th International Epilepsy Congress (89.10.19), New Delhi, Abstracts, p.72, 1989.

981. [学会] (一般講演) 123I-IMP脳血流シンチグラフィーグループスタディの検討(偽陽性、偽陰性例について). 中田典生,川上憲司(慈恵医大),他,石井勝己(放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.19〜21), 大津, 核医学, 26(8): 1026, 1989.

982. [学会] (一般講演) 脳出血患者の123I-IMP SPECTとX線CTの比較検討. 石井勝己,西巻博,西山正吾,小林茂樹,中沢圭治,石井鋭尚,依田一重,松林隆(放),鈴木秀一,坂井文彦(内): 第29回日本核医学会総会 (89.10.19〜21), 大津, 核医学, 26(8): 996, 1989.

983. [学会] (一般講演) Influence of Concurrent Administration of Sodium Valproate on the Plasma Concentrations of Carbamazepine and its Epoxide. 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 18th International Epilepsy Congress (89.10.20), New Delhi, Abstracts, p.83, 1989.

984. [学会] (一般講演) 抗精神病薬の短期記憶に及ぼす影響. 石郷岡純,川口毅,高橋明比古,住吉秋次,鈴木牧彦,村崎光邦,三浦貞則(精): 第19回日本神経精神薬理学会 (89.10.25), 福岡.

985. [学会] (一般講演) ENG Study of Abnormal Eye Movement. Two Cases Report of Opsoclonus in Acute Encephalitis. 吉尾知,徳増厚二(耳鼻): W. Symposium fur Neuro-Otologie. (89.10.26), Berlin, W. Symposium fur Neuro-Otologie Abstracts, p.13, 1989.

986. [学会] (一般講演) 癌末期疼痛に対する経皮的コルドトミーの経験. 松森邦昭,三井公彦,北原行雄,浅井彰久(脳外),河村弘康,谷川達也(女子医大): 第44回国立病院療養所総合医学会 (89.10.27), 仙台.

987. [学会] (一般講演) 超音波断層法で異常を指摘されたにもかかわらず痙性マヒを呈した低出生体重児における磁気共鳴画像所見. 門井伸暁,野渡正彦,蒲原孝,中村恒穂,斉藤幸一,小口弘毅(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.27), 大宮, 抄録集, p.59, 1989.

988. [学会] (一般講演) 新生児巣状虚血性脳障害における磁気共鳴画像所見. 門井伸暁,野渡正彦,蒲原孝,中村恒穂,斉藤幸一,小口弘毅,八代公夫(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.27), 大宮, 抄録集, p.93, 1989.

989. [学会] (一般講演) ヨードホルムガーゼによると思われる精神症状を呈した2症例. 笠原友幸,川口毅,若田部博文,石郷岡純,三浦貞則(精): 第27回東京精神医学会 (89.10.28), 東京.

990. [学会] (一般講演) 脳動静脈奇形重症例に対する救急医療. 永井茂樹,国井正剛,高野誠,宮坂佳男,山崎義矩,山田勝,田中千彦,田中柳水,橋本隆,遠藤昌孝,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.06), 東京.

991. [学会] (一般講演) クモ膜下出血急性期治療の検討. 高野誠(脳外),西山直久(救命),平田光博,田中柳水,永井茂樹(脳外),北原孝雄(救命)遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.06), 東京.

992. [学会] (一般講演) 頭部外傷に合併するショックの検討. 遠藤昌孝,永井成樹,田中柳水(脳外),北原孝雄,前川和彦,大和田隆(救命),橋本隆,宮坂佳男(脳外): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.07), 東京.

993. [学会] (一般講演) 脳動静脈奇型重症例に対する救急医療. 永井成樹,白井正則,高野誠,宮坂佳男,山崎義矩,山田勝,田中千彦,田中柳水,橋本隆,遠藤昌孝,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.08), 東京.

994. [学会] (一般講演) クモ膜下出血によるDOA症例の検討. 北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外),平田光博,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.08), 東京.

995. [学会] (一般講演) 脊髄小脳変性症における運動神経伝導速度分布の検討. 富英明,春原経孝(国立精神・神経センター),橘滋国(脳外): 第19回日本脳波・筋電図学会学術大会 (89.11.10), 岡山.

996. [学会] (一般講演) 正中・尺骨神経刺激におけるSSEP波形の比較検討. 所司睦文,佐橋邦彦,吉折久仁子,原田秀樹,塙勇至,鵜飼淳子(臨検),橘滋国(脳外): 第19回日本脳波・筋電図学会学術大会 (89.11.10), 岡山.

997. [学会] (一般講演) 日常ストレスのパターン(1)追試における基本パターン. 今井明雄,佐藤浩信,林峻一郎(衛生学部),福山嘉綱(総合相談部),中島節夫(精): 第5回日本ストレス学会 (89.11.10), 東京.

998. [学会] (一般講演) 心理ストレス対処の効果別、原因別調査. 佐藤浩信,今井明雄,林峻一郎(衛生学部),福山嘉綱(総合相談部),中島節夫(精): 第5回日本ストレス学会 (89.11.10), 東京.

999. [学会] (一般講演) 日常ストレスのパターン(2)通常生活と非通常生活での支配的傾向. 林峻一郎,佐藤浩信,今井明雄(衛生学部),福山嘉綱(総合相談部),中島節夫(精): 第5回日本ストレス学会 (89.11.10), 東京.

1000. [学会] (一般講演) 美容外科に対する精神科コンサルテーション. 石郷岡純,山城一郎,若田部博文,川口毅,礒本明彦,三浦貞則(精): 第2回日本総合病院精神医学会 (89.11.11), 京都.

1001. [学会] (一般講演) ルーチン脳波検査中に認められた臨床発作と発作時脳波について. 吉村久仁子(東病院研究系),鵜飼淳子,佐橋邦彦,所司睦文(臨検),石井善輝,石郷岡純,稲見允昭,村崎光邦(精): 第19回日本脳波・筋電図学会 (89.11.11), 岡山, 抄録集, p.342, 1989.

1002. [学会] (一般講演) 脳循環自動調節能におけるアデノシンの役割;ラット脳軟膜細動脈の低血圧に対する反応性とカフェノンの影響. 森井誠二,王任直,大高弘稔,倉田彰,宮坂佳男,矢田賢三(脳外): 第1回日本脳循環代謝学会 (89.11.16〜17), 東京.

1003. [学会] (一般講演) 生体腎移植の小児・青年期例よりみた家族. 佐藤喜一郎,鈴木泰代(精),福山嘉綱(総合医療相談部),礒本明彦,赤星恵子(精): 第30回日本児童・青年精神医学会 (89.11.17), 浜松, 抄録集, p.11, 1989.

1004. [学会] (一般講演) 依存的ひきこもり状態とうつ状態−生体腎移植小児・青年期例の観察から−. 佐藤喜一郎,鈴木泰代,赤星恵子(精): 第30回日本児童・青年精神医学会 (89.11.18), 浜松市, 抄録集, p.51, 1989.

1005. [学会] (一般講演) 直腸癌の手術後に出現する精神障害について. 笠原友幸,川口毅,若田部博文,石郷岡純,三浦貞則(精),大谷剛正,高橋俊毅,比企能樹(外): 第44回日本大腸肛門病学会 (89.11.18), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌, 42(5): 884, 1989.

1006. [学会] (一般講演) 前頭葉類上皮腫の1例. 岡秀宏,佐藤健,中山賢司(脳外): 第36回日本脳神経外科学会関東地方会 (89.11.25), 東京.

1007. [学会] (一般講演) 肝硬変に合併した脳膿瘍の1例. 高野誠,橋本隆,川野信之(脳外),野村純子,細田のぞみ(児): 第36回日本脳神経外科学会関東地方会 (89.11.25), 東京.

1008. [学会] (一般講演) 四丘体槽くも膜嚢胞の3成人例. 吉田孝友,北原行雄,三井公彦,松森邦昭(国立相模原病院),橋本隆(脳外): 第36回日本脳神経外科学会関東地方会 (89.11.26), 東京.

1009. [学会] (一般講演) Psychiatric Problems of Abusers of Bron, an OTC Cough Cure Solution Containing Methylephedrine, Codein and Caffeine. 石郷岡純,吉田芳子,石井善輝,村崎光邦,三浦貞則(精): 28th ACNP (89.12.11), Hawaii.

1010. [学会] (一般講演) Adversive Seizure Status: Case Reports. 高橋明比古,村崎光邦,稲見允昭,住吉秋次,山角駿(精): 12th International Congress of EEG and Clinical Neurophysiology (90.01.19), Rio de Janeiro.

1011. [学会] (一般講演) The Role of the Substantia Nigra on Amygdaloid Kindling. 村崎光邦,高橋明比古,鈴木牧彦(精),渡辺滋(東病院研究系): 12th International Congress of EEG and Clinical Neurophysiology (90.01.19), Rio de Janeiro, EEG Clin. Neurophysiol., 75: S148, 1990.

1012. [学会] (一般講演) 経蝶形骨洞脳下垂体摘出後のMRI所見. 西巻博,菅信一,横山久朗,小林茂樹,西山正吾,田所克己,松林隆(放): 日本磁気共鳴医学会 (90.02.00), 岐阜, 日本磁気共鳴医学会雑誌, 10(Suppl. 1): 90, 1990.

1013. [学会] (一般講演) 市販液状鎮咳薬の乱用・依存に関する臨床精神医学的研究. 吉田芳子,石郷岡純,村崎光邦(精): 厚生省精神神経疾患研究委託費平成元年度研究報告会 (90.02.01), 東京.

1014. [学会] (一般講演) 精神病様症状にて初診したてんかんの3例. 岩尾光浩(精): 神奈川てんかん (90.02.03), 横浜.

1015. [学会] (一般講演) ビタミンB6大量療法が奏功したEIEEの1例. 佐藤雅彦,三沢仁司,白井宏幸,堀口泰典(児),大矢達男(聖路加国際病院): 第182回日本小児科学会神奈川地方会 (90.02.17), 横浜.

1016. [学会] (一般講演) 多発外傷治療中に経験したWernicke脳症の1例. 武田啓(形外),北原孝雄(救命),木股完仁(形外),宇井謙二,堤邦彦,若林靖久,相馬一亥,宇津木龍一,大和田隆(救命): 第28回日本救急医学会関東地方会 (90.02.17), 東京.

1017. [学会] (一般講演) 外傷4年後に発症した気脳症の1例. 国井正剛,永井茂樹,田中柳水,橋本隆,宮坂佳男(脳外): 第37回日本脳神経外科学会関東地方会 (90.03.03), 東京.

1018. [学会] (一般講演) 脊髄髄内 germ cell tumor の1例. 浅井彰久,吉田孝友(国立相模原病院),北原行雄,三井公彦(脳外),松森邦昭(国立相模原病院): 第37回日本脳神経外科学会関東地方会 (90.03.03), 東京.

1019. [学会] (一般講演) 大学病院デイケアにおける家族会活動. 笠原友幸(精),鈴木純恵(看護部),山本明美(リハビリテーション部),西脇淳(精),小木曽佳子(総合相談部),白木原市次,白木原葉子(リハビリ テーション部),滝沢るみ子(総合相談部),中島節夫,三浦貞則(精): 第10回日本社会精神医学会 (90.03.10), 金沢.

1020. [学会] (一般講演) デイケア通所患者の体力評価−とくに精神分裂病について−. 白木原市次(リハビリテーション部),鈴木純恵(看護部),山本明美(リハビリテーション部),小木曽佳子(総合相談部),西脇淳(精),白木原葉子(リ ハビリテーション部),滝沢るみ子(総合相談部),笠原友幸,中島節夫,三浦貞則(精): 第10回日本社会精神医学会 (90.03.10), 金沢.

1021. [学会] (一般講演) 後頭蓋窩脳血管障害における眼症状(第1報)−脳幹小脳梗塞とSkew deviation−. 東邦彦,鈴木秀一,五十嵐久佳,北井則夫,金子尚二,畑隆志,坂井文彦,神田直,田崎義昭(内): 第85回日本内科学会総会 (89.04.03), 京都.

1022. [学会] (一般講演) Familial Juvenile Neuronal Disease; A New Disease? 長谷川一子,古和久幸(内): 12th ISN Meeting (89.04.27), Algarve.

1023. [学会] (一般講演) 多発性頭蓋内石灰化を伴い診断に苦慮した前下小脳動脈領域梗塞の1例. 糠沢達志,佐山節子,三富哲郎,荻野裕,長谷川一子,斉藤豊和,古和久幸(内): 第382回日本内科学会関東地方会 (89.05.13), 東京.

1024. [学会] (一般講演) 脳血管撮影所見からみた脳幹・小脳梗塞の臨床的検討. 阿久津二夫(内),竹内郁男,星野靖彦,高木誠,高木康行(済生会中央病院),海老原進一郎(済生会向島病院): 第30回日本神経学会総会 (89.05.24), 水戸.

1025. [学会] (一般講演) 上肢優位の深部感覚障害を呈したミエロパチーの臨床的検討. 遠藤一哉,松田行正,長谷川一子,荻野裕,西岡昌紀,斉藤豊和,古和久幸(内),橘滋国(脳外): 第30回日本神経学会総会 (89.05.24), 水戸.

1026. [学会] (一般講演) One-and-a-half症候群の経時的観察 . 丸山博志,東邦彦,鈴木秀一,畑隆志,神田直,田崎義昭(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1027. [学会] (一般講演) トロポニンーT抗体による筋線維のタイプ分け−ヒト病態筋における検討−. 松本信子,鳥居順三,田崎義昭(内),中村健(寄),安井美江(総合臨床系): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1028. [学会] (一般講演) 抗MAG抗体陽性IgM M蛋白血症に伴う脱髄性多発神経炎に対する血漿交換療法の治療効果. 松本環,山下順章(松山日赤),大西晃生(産業医大),斉藤豊和(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1029. [学会] (一般講演) Four Cases of Myelopathy with Disturbed Deep Sensation Dominantly in Upper Limb−Neurophysiological Consideration−. 松田行正,長谷川一子,遠藤一哉,西岡昌紀,古和久幸(内): International Symposium on Advanced Evoked Potentials and Related Techniques in Clinical Neurophysiology (89.05.25), Roma.

1030. [学会] (一般講演) Recurrent Neuropathy の6例−感覚障害からみた検討. 船本ひとみ,斉藤豊和,西岡昌紀,松田行正,細田稔,古和久幸(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1031. [学会] (一般講演) 脳血管障害にみられる体軸のねじれ. 前田真治,頼住孝二,古橋紀久,古和久幸(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1032. [学会] (一般講演) Onion bulb構造を有する脱髄性ニューロパチーの発生機序に関する研究−第1報. 臨床的、臨床免疫学的および生検腓腹神経組織学的検討. 渋谷美恵子,斉藤豊和,鳥居順三,伊藤博明,細田稔,松田行正,古和久幸(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1033. [学会] (一般講演) 運動ニューロン病患者血清中のIgM単クローン抗体が認識する糖鎖抗原. 伊藤博明,渋谷美恵子,斉藤豊和,古和久幸(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1034. [学会] (一般講演) 非典型的な病理所見を認めた運動ニューロン病の3例. 長谷川一子(内),柳下三郎(病理),宮田嘉世子,渋谷美恵子,三富哲郎,糠沢達志,松田行正,斉藤豊和,古和久幸(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.25), 水戸.

1035. [学会] (一般講演) HTCV-1 associated uveitis. 日野英忠,松岡正敬,稲村幹夫,佐伯宏三,青山友三(小田原市立病院),斉藤豊和(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.26), 水戸.

1036. [学会] (一般講演) 下肢遠位に強い片麻痺を呈した視床出血についての検討. 北井則夫,野平修,畑隆志,坂井文彦,神田直,田崎義昭(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.26), 水戸, 抄録集, p.320, 1989.

1037. [学会] (一般講演) 被殻出血超急性期における血腫拡大因子について−血行力学的因子を中心として−. 金子尚二,北井則夫,畑隆志,鈴木秀一,東邦彦,坂井文彦,神田直,田崎義昭(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.26), 水戸, 抄録集, p.321, 1989.

1038. [学会] (一般講演) 視床病変に伴う高次神経機能障害の局所脳血流. 鈴木秀一,坂井文彦,五十嵐久佳,神田直,田崎義昭(内): 第30回日本神経学会総会 (89.05.26), 水戸, 臨床神経学, 29(12): 1582, 1989.

1039. [学会] (一般講演) 脳血管障害後の仮性球麻痺による燕下障害のリハビリテーション. 前田真治,頼住孝二,古橋紀久,古和久幸(内): 第26回日本リハビリテーション医学会総会 (89.06.02), 仙台.

1040. [学会] (一般講演) 大脳皮質に多数のアルツハイマー原線維変化をみる進行性核上性麻痺について. 天野直二,岩淵潔,横井晋(神奈川リハビリ),柳下三郎(病理),井関栄三,長友秀樹,松下正明(横浜市大),長谷川一子,古和久幸(内): 第30回日本神経病理学会総会 (89.06.21), 東京.

1041. [学会] (一般講演) 成人Histiocytosis X例. 長谷川一子,古和久幸,松田行正(内),中英男,柳下三郎(病理): 第30回日本神経病理学会総会 (89.06.21), 東京.

1042. [学会] (一般講演) Disconnection syndromeを来した前大脳動脈梗塞の1例. 佐山節子,長谷川一子,斉藤豊和,古橋紀久(内),重野幸次(伊豆韮山温泉病院): 第109回日本神経学会関東地方会 (89.07.01), 東京.

1043. [学会] (一般講演) 全身こむら返り病様症状を呈し血清亜鉛低値、性腺機能低下を認めた直腸癌の1例. 松岡正敬,日野忠英,上嶋十郎(小田原市立病院),古和久幸(内): 第109回日本神経学会関東地方会 (89.07.01), 東京.

1044. [学会] (一般講演) 前脊髄動脈症候群の1症例. 三富哲郎,荻野裕,長谷川一子,斉藤豊和,小山内幹浩,古和久幸(内),三井公彦(脳外),菅信一(放),桑尾定仁(病理): 第24回日本パラプレジア医学会 (89.09.07), 札幌.

1045. [学会] (一般講演) 脊髄ミオクローヌスの薬物治療についての一考察(自験2例と文献的考察). 遠藤一哉,宮田嘉世子,細田稔,長谷川一子,古和久幸(内),北原行雄(脳外): 第24回日本パラプレジア医学会 (89.09.07), 札幌.

1046. [学会] (一般講演) 舞踏病様不随意運動を呈したWillis動脈輪閉塞症の1例. 青戸和子,長谷川一子,斉藤豊和,古橋紀久,古和久幸(内): 第385回日本内科学会関東地方会 (89.09.09), 東京.

1047. [学会] (一般講演) 脳血管病変を有する症例における降圧限界−脳循環動態面よりの検討. 金子尚二(内),澤田徹,栗山良絋,成富博章(国立循環器病センター),唐沢淳(大阪脳神経外科病院): 第12回日本高血圧学会総会 (89.09.14), 札幌.

1048. [学会] (一般講演) 左前大脳動脈領域の梗塞による「道具の強迫的使用」. 前田真治,佐山節子,荻野裕,古橋紀久(内),小池泰子,石毛美代子(リハビリ),種田真砂雄(精): 第13回日本神経心理学会 (89.09.29), 東京.

1049. [学会] (一般講演) トロポニンーI 抗体を用いた生検筋のタイプ分け−画像解析による検討−. 松本信子,鳥居順三(内),安井美江(総合臨床系),中村健(寄),田中舘明博(生物物理系),小松博義(衛生学部): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 644, 1989.

1050. [学会] (一般講演) ラットにおける脳虚血時のモノアミン放出についての研究. 野平修,神田直,田崎義昭(内): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 645, 1989.

1051. [学会] (一般講演) トロポニンーI 抗体による骨格筋線維のタイプ分け−ATPase染色と異なる態度を示した症例の検討−. 松本信子,鳥居順三(内),安井美江(総合臨床系),中村健(寄),田中舘明博(生物物理系),小松博義(衛生学部): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.06), 京都.

1052. [学会] (一般講演) MRIで診断し得た脳底動脈血栓症の1例. 今井昇,阿久津二夫,金子尚二,神田直,田崎義昭(内): 第110回神経学会関東地方会 (89.10.07), 東京.

1053. [学会] (一般講演) 視神経萎縮、神経性難聴、錐体路徴候、痴呆を呈したHMSN type T男子例. 西岡昌紀,猪俣久岳,長谷川一子,斉藤豊和,古和久幸(内): 第110回神経学会関東地方会 (89.10.07), 東京.

1054. [学会] (一般講演) 脳出血を繰り返した骨形成不全症の1例. 丸山博志,阿久津二夫,畑隆志,神田直,田崎義昭(内): 第386回日本内科学会関東地方会 (89.10.14). 東京.

1055. [学会] (一般講演) Cerebrospinal Fluid Levels of Noradrenaline Metabolite in Acute Cerebral Infarction. 東邦彦,畑隆志,坂井文彦,神田直,田崎義昭(内): The 1st International Stroke Congress (89.10.16), 京都.

1056. [学会] (一般講演) Magnetic Resonance Brain Imaging of Migraine. 五十嵐久佳,坂井文彦,田崎義昭(内),菅信一(放): W International Headache Congress (89.10.16), Sydney, Cephalolgia, 9(Suppl. 10): 189-190, 1989.

1057. [学会] (一般講演) Neurotransmitter Substances in Extrapyramidal Disorder. 長谷川一子,古和久幸(内): International Conference in Alzheimer's Parkinson's Disease (89.11.08), 京都.

1058. [学会] (一般講演) Flicker VECPにおける振幅周波数特性. 吉本紅子(臨検),畑隆志(内),山城一郎,種田真砂雄(精): 第19回日本脳波・筋電図学会 (89.11.10), 岡山.

1059. [学会] (一般講演) 温度変化の知覚神経活動電位 (SNAP) に及ぼす影響. 斉藤江美子,荒幡篤(臨検),鳥居順三(内),橘滋国(脳外),岡島重孝(川崎井田病院): 第19回日本脳波・筋電図学会学術大会 (89.11.10), 岡山.

1060. [学会] (一般講演) 音楽による脳波変化の定量的検討(第2報)−失語症患者での検討−. 海老原進一郎,小川津香子,高木康行,星野晴彦,駒ケ嶺正純(済生会中央病院),畑隆志(内): 第19回日本脳波・筋電図学会学術大会 (89.11.10), 岡山.

1061. [学会] (一般講演) パーキンソン病発症に於ける老化の影響(第2報). 長谷川一子,猪股久岳,正木かつら,古橋紀久,古和久幸(内): 第31回日本老年医学会総会 (89.11.14), 名古屋.

1062. [学会] (一般講演) 高齢発症の慢性進行性多発根ニューロパチーの2剖検例. 糠沢達志,斉藤豊和,荻野裕,正木かつら,細田稔,古橋紀久,古和久幸(内): 第31回日本老年医学会総会 (89.11.14), 名古屋.

1063. [学会] (一般講演) 脳梗塞患者における血圧日内変動についての検討. 猪股久岳,丸山博志,金子尚二,神田直,田崎義昭(内): 第31回日本老年医学会総会 (89.11.14), 名古屋, 抄録集, p.85, 1989.

1064. [学会] (一般講演) ノルアドレナリン代謝産物と加齢との関係. 東邦彦,五十嵐久佳,畑隆志,坂井文彦,神田直,田崎義昭(内): 第31回日本老年医学会総会 (89.11.15), 名古屋.

1065. [学会] (一般講演) 日本病理剖検輯報から見た脳血管疾患死の推移. 野平修,神田直,田崎義昭(内): 第31回日本老年医学会総会 (89.11.16), 名古屋.

1066. [学会] (一般講演) NaHCO3負荷による脳血管反応性の検討. 阿久津二夫,坂井文彦,鈴木秀一,田崎義昭(内): 第1回日本脳循環代謝学会総会 (89.11.16), 東京.

1067. [学会] (一般講演) 脳塞栓症の123I-IMP SPECT. 竹内郁男,板垣仁,星野晴彦,高木誠,駒ケ嶺正純,高木康行,海老原進一郎(済生会中央病院),畑隆志(内): 第1回日本脳循環代謝学会総会 (89.11.17), 東京.

1068. [学会] (一般講演) 脳血流の化学的調節に対するカルモジュリン阻害剤の影響. 東邦彦,畑隆志,丸山博志,北村昭,于永発,坂井文彦,神田直,田崎義昭(内): 第30回日本脈管学会総会 (89.11.22), 京都.

1069. [学会] (一般講演) 著明な高ミオグロビン血症を伴った単純ヘルペス脳炎の1例. 今井昇,阿久津二夫,金子尚二,神田直,田崎義昭(内): 第111回神経学会関東地方会 (89.12.02), 東京.

1070. [学会] (一般講演) 15年間followし得たShy-Drager症候群の1剖検例. 松田行正,長谷川一子,斉藤豊和,古和久幸(内),柳下三郎(病理): 第111回神経学会関東地方会 (89.12.02), 東京.

1071. [学会] (一般講演) Downbeat nystagmusにbaclofenが有効であった1例. 三富哲郎,長谷川一子,斉藤豊和,古和久幸(内): 第112回日本神経学会関東地方会 (90.03.03), 東京.

1072. [研究会] (特別講演) 抗不安薬と記憶障害. 村崎光邦(精): 第26回神奈川県精神薬理懇話会 (89.00.00), 横浜.

1073. [研究会] (特別講演) 最近の発達障害の考え方と障害児教育に望むこと. 佐藤喜一郎(精): 相模原市特殊教育研究会総会 (89.05.16), 相模原.

1074. [研究会] (特別講演) てんかん治療における抗てんかん薬血中濃度測定の臨床的意義. 三浦寿男(児): 第11回茨城てんかん懇話会 (89.05.27), 土浦.

1075. [研究会] (特別講演) 小児の熱性けいれん−その管理と予後を中心に−. 三浦寿男(児): 第271回神奈川県保険医協会月例研究会 (89.09.17), 保険医の臨床, (294): 2〜11, 1989.

1076. [研究会] (特別講演) 最近の向精神薬について. 三浦貞則(精): 金沢精神科医会 (89.11.04), 金沢.

1077. [研究会] (特別講演) トランキライザーの知識とその使い方. 三浦貞則(精): 神奈川県精神病院協会・内科医学会合同講演会 (90.02.10), 横浜.

1078. [研究会] (特別講演) 長期透析患者の精神衛生. 佐藤喜一郎(精): 第17回山梨透析研究会 (90.03.04), 富士吉田, 山梨透析研究会会報, 9: 1990.

1079. [研究会] (教育講演) 最近の登校拒否の考え方と援助について. 佐藤喜一郎(精): 平塚市登校拒否研究会(平塚市教育委員会) (89.08.28), 平塚.

1080. [研究会] (教育講演) 抗てんかん薬のTDM−Clinical Pharmacokineticsの理論と実際−. 三浦寿男(児): 第7回薬物治療モニタリング研究会特別ゼミナ−ル (89.09.03), 東京, 講演集, p.41〜52, 1989.

1081. [研究会] (教育講演) 脳腫瘍. 菅信一(放): 第4回MR臨床講座 (89.09.16), 東京.

1082. [研究会] (教育講演) てんかんの薬物療法. 三浦寿男(児): 第19回小児神経学セミナ−(日本小児神経学会) (89.11.04), 神戸, 講義用テキスト, p.51〜57, 1989.

1083. [研究会] (教育講演) 精神薄弱者の精神障害の予防と対策−精神薄弱者とのコミュニケーションの障害−. 佐藤喜一郎(精): 平成元年度神奈川県精神薄弱者愛護協会研修会 (89.12.06), 横浜.

1084. [研究会] (教育講演) 一般臨床に於ける向精神薬治療の諸問題. 三浦貞則(精): 日本医学協会第147回診療懇話会 (90.01.08), 東京.

1085. [研究会] (教育講演) 障害児の発達と保育について. 佐藤喜一郎(精): 第1回町田市障害児保育連絡協議会 (90.01.17), 町田.

1086. [研究会] (シンポジウム) 大型AVMの手術成績に関連する諸因子と対策. 宮坂佳男,田中柳水,入倉克己,諏訪知也,倉田彰,斉藤元良,遠藤昌孝,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),中山賢二(大田病院): 第18回日本脳卒中の外科研究会 (89.05.22), 東京.

1087. [研究会] (シンポジウム) 頭部外傷における脳循環代謝障害−Diffuse Brain Injuryの脳循環動態;123I-IMP SPECTに対する検討. 遠藤昌孝,田中千彦,高野誠,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第13回日本神経外傷研究会 (90.03.28), 東京.

1088. [研究会] (パネル) Strio-capsulo-thalamic AVMsに対する摘出術の経験. 田中柳水,岡秀宏,山崎義矩,市川文彦,北原行雄,倉田彰,斉藤元良,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第18回日本脳卒中の外科研究会 (89.05.22), 東京.

1089. [研究会] (パネル) 研修の評価とその活用:指導医の評価と育成. 古和久幸(内): 第7回臨床研修研究会 (89.04.22), 東京.

1090. [研究会] (一般講演) Lithium Baby の2例−5歳までの経過観察. 山城一郎,堤邦彦,中島節夫,三浦貞則(精): 第9回リウマチ研究会 (89.04.22), 東京, 予稿集, p.32, 1989.

1091. [研究会] (一般講演) 小児の放置と虐待. 岩尾光浩(精): 北里大学精神神経科研究会 (89.05.15), 相模原.

1092. [研究会] (一般講演) 脳動静脈奇形摘出後の頭蓋内圧測定の意義と頭蓋内圧亢進の原因. 入倉克己(脳外),斉藤武志(井田病院),田中千彦,橋本隆,倉田彰,大高弘稔,遠藤昌孝,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第18回日本脳卒中の外科研究会 (89.05.21), 東京.

1093. [研究会] (一般講演) 血管写上描出不能な脳血管奇形21例の検討−特に、その診断方法、臨床的意義、治療について. 倉田彰,田中柳水,北原行雄,常盤嘉一,市川文彦,高野尚治,斉藤元良,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),大和田隆(救命),菅信一(放): 第18回日本脳卒中の外科研究会 (89.05.21), 東京.

1094. [研究会] (一般講演) 神経症は変わった. 種田真砂雄(精): 北里大学医学部精神科研究会 (89.06.05), 相模原.

1095. [研究会] (一般講演) 脳死判定の実状. 広瀬隆一,北井則夫,大和田隆(救命): 第2回脳死・脳蘇生研究会 (89.06.16), 東京.

1096. [研究会] (一般講演) 強迫症状,不登校を呈した7歳女児の症例. 伊藤郁子(精): 第7回児童精神科臨床研究会 (89.06.23〜24), 名古屋.

1097. [研究会] (一般講演) Anterior Sacral Meningoceleの2症例−特にMRIの診断上の重要性について−. 大高弘稔,市川文彦,諏訪知也,宮坂佳男,橘滋国,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),菅信一(放): 第6回二分脊椎研究会 (89.07.01), 東京.

1098. [研究会] (一般講演) Sodium valproate の併用が carbamazepine および carbamazepine-10,11-epoxide の遊離型血中濃度におよぼす影響ならびにその臨床的意義(補填). 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉(児): 第24回神奈川てんかん懇話会 (89.07.15), 横浜.

1099. [研究会] (一般講演) 頚椎損傷に合併した外傷性椎骨動脈瘤の1例. 山田勝(脳外),北原孝雄(救命),諏訪知也,山崎義矩,矢田賢三(脳外),大和田隆(救命): 第15回日本脊髄外科研究会 (89.07.15), 宮崎.

1100. [研究会] (一般講演) Arnold-Chiari奇形に合併する脊髄空洞症の成因における髄液動態の関与. 橘滋国,市川文彦,飯田秀夫,三井公彦,矢田賢三(脳外): 第4回日本脊髄外科研究会 (89.07.15), 宮崎.

1101. [研究会] (一般講演) 脊髄後正中隔進入法に必要な脊髄微小外科解剖. 三井公彦,飯田秀夫,橘滋国,矢田賢三(脳外): 第4回日本脊髄外科研究会 (89.07.15), 宮崎.

1102. [研究会] (一般講演) 5歳時に強迫症状で発病し、多彩なヒステリー症状などを呈した症例(7歳女児). 伊藤郁子(精): 第12回神奈川児童精神科医懇話会 (89.07.15), 横浜.

1103. [研究会] (一般講演) 海綿静脈洞部髄膜腫に対する摘出術の可能性. 宮坂佳男,岡秀宏,永井茂樹,山崎義矩,山田勝,田中千彦,田中柳水,北原行雄,市川文彦,伊藤比呂志,矢田賢三(脳外): 第1回日本頭蓋底外科研究会 (89.07.24), 東京.

1104. [研究会] (一般講演) I-123-IMP SPECT検査にて指摘し得た低血圧に伴う脳血流異常の1例. 西巻博,石井勝己,田所克己,菅信一,西山正吾,小林茂樹,横山久朗,中沢圭治,菊地敬,依田一重,松林隆(放): 第31回日本核医学会関東甲信越地方会 (89.08.00), 東京, 核医学, 26(11): 1462, 1989.

1105. [研究会] (一般講演) ウロキナーゼ脳槽潅流法の効果と限界. 遠藤昌孝,永井成樹,田中柳水,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),斉藤元良(脳外): 第5回スパズムシンポジウム (89.08.06), 京都.

1106. [研究会] (一般講演) Carbamazepine の体内動態と 10,11-dihydroxycarbamazepine 血中濃度測定(予報). 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,細田のぞみ(児),増井久幸,久松美香,須藤芳正(北里ラボ): 第16回発達薬理・薬物治療研究会 (89.08.19), 旭川, 抄録集, p.2, 1989.

1107. [研究会] (一般講演) 徐放性バルプロ酸製剤 (KW-6066N) の効果−血中濃度ならびに臨床面からの一考察(補填−). 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 第4回神奈川小児神経懇話会 (89.09.02), 横浜, 抄録集, p.7, 1989.

1108. [研究会] (一般講演) 摂食障害の問題点. 種田真砂雄(精): 北里大学医学部精神科研究会 (89.10.02), 相模原.

1109. [研究会] (一般講演) 心身症治療過程における末梢温の変化. 中島節夫,山城一郎,白川教人(精): 厚生省: 精神・神経疾患研究委託費「心身症の診断及び治療予後に関する研究」平成元年度班会議 (89.11.25), 東京.

1110. [研究会] (一般講演) 患者自らがチーム医療体制をつくりあげたターミナルケース. 法由美子,取出涼子,加島明(医療相談室),油谷和子,北山玲子,内山厚子,小沢美和(看護部),山城一郎,佐藤喜一郎(精): 第13回死の臨床研究会 (89.11.25), 東京, 死の臨床, 12(2):34〜35, 1989.

1111. [研究会] (一般講演) Diazepam 坐剤発熱時間歇投与法による熱性けいれんの再発予防効果の集計と同法施行の実際. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ(児): 第12回熱性けいれん懇話会 (89.12.16), 東京.

1112. [研究会] (一般講演) 脳動脈瘤の増大とその機序. 国井正則,田中柳水,宮坂佳男,矢田賢三,遠藤昌孝,永井茂樹(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第3回脳神経 CT 研究会 (90.01.26), 岡山.

1113. [研究会] (一般講演) 頭蓋底軟骨腫および軟骨肉腫7例の経験. 市川文彦,川野信之,山田勝,矢田賢三(脳外),北原孝雄(救命),菅信一(放),伊藤比呂志(脳外): 第13回脳神経CT研究会 (90.01.27), 岡山.

1114. [研究会] (一般講演) ビタミンB6が著効した年齢依存性てんかん性脳症の3例. 細田のぞみ,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,佐藤雅彦(児),大矢達男(聖路加国際病院): 第5回神奈川小児神経懇話会 (90.01.27), 横浜, 抄録集, p.7, 1990.

1115. [研究会] (一般講演) 小児の部分発作に対するCarbamazepine単剤治療の長期予後(補填). 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,細田のぞみ(児): 第25回神奈川てんかん懇話会 (90.02.03), 横浜.

1116. [研究会] (一般講演) 後頭骨環椎脱臼の放射線学的検討. 飯田秀夫,橘滋国,山田勝,田中千彦(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),菅信一(放),伊藤比呂志(脳外): 第19回日本神経放射線研究会 (90.02.22), 東京.

1117. [研究会] (一般講演) 脳膿瘍と脳腫瘍のMRI上の鑑別点−Low Intensity Rimの重要性−. 常盤嘉一,高木宏,大桃丈知,国井正剛,山崎義矩,山田勝,諏訪知也,市川文彦,橋本隆,宮坂佳男,矢田賢三(脳外),菅信一(放): 第19回日本神経放射線研究会 (90.02.22), 東京.

1118. [研究会] (一般講演) 摂食障害とP300. 古知貴恵子,古賀良彦,竹内博人,村崎光邦(精): ERPアーベント (90.03.00), 東京.

1119. [研究会] (一般講演) Sodium Valproate併用時のCarbamazepineならびにCarbamazepine-10,11-epoxideの遊離型血中濃度測定の臨床的意 義. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ(児): 第17回関東小児神経学研究会 (90.03.24), 東京.

1120. [研究会] (一般講演) 神経疾患における経内視鏡的医瘻増設術18例の検討. 荻野裕,長谷川一子,斉藤豊和,細田稔,古和久幸(内): 第7回神経内科治療研究会 (89.06.24), 東京.

1121. [研究会] (一般講演) 神経筋疾患における人工呼吸療法のシステム化. 細田稔,伊藤博明,西岡昌紀,荻野裕,斉藤豊和,古和久幸(内): 第7回神経内科治療研究会 (89.06.24), 東京.

1122. [研究会] (一般講演) Migrainous infarctionの4例. 東邦彦,坂井文彦,五十嵐久佳,田崎義昭(内): 第17回頭痛研究会 (89.10.08), 東京.

1123. [研究会] (一般講演) 6年間に渡り身体障害者として車椅子生活を送った虚偽性障害の1例. 丸山博志,阿久津二夫,東邦彦,畑隆志,神田直,田崎義昭(内),堤邦彦(精): 神奈川県内科集談会 (89.11.25), 横浜.

1124. [研究会] (一般講演) Hereditary Motor and Sensory Neuropathyの臨床像−Dyck, Lambertの臨床型分類の問題点について. 斉藤豊和,遠藤一哉,西岡昌紀,猪股久岳,荻野裕,松田行正,細田稔,伊藤博明,長谷川一子,古和久幸(内): 厚生省精神・神経疾患研究委託費ニューロパチーの成因および治療に関する研究班平成元年度総会 (90.01.13), 東京.

1125. [研究会] (一般講演) 運動ニューロン病患者血清中にみられるGal(β1-3)GalNAcとGal(β1-3)GalNAcを認識する抗体−末梢神経糖蛋白との反応−. 斉藤豊和,伊藤博明,荻野美恵子,荻野裕,古和久幸(内): 厚生省特定疾患、免疫性神経疾患調査研究班平成元年度総会 (90.01.19), 東京.

1126. [研究会] (一般講演) Acute Axonal Form of Guillain-Barre Syndrome. 斉藤豊和,荻野裕,荻野美恵子,伊藤博明,古和久幸(内): 厚生省特定疾患、免疫性神経疾患調査研究班平成元年度総会 (90.01.19), 東京.

1127. [研究会] (一般講演) パーキンソン病発症における加齢の影響. 遠藤一哉,猪股岳,長谷川一子,古橋紀久,古和久幸(内): 平成元年度厚生省シルバーサイエンス研究「老化に伴う特異病態の解明」「高齢者の神経・筋機能とその障害に関する研究」(I-1) (90.02.02). 名古屋,

1128. [研究会] (一般講演) 垂直視運動眼振検査でみる加齢の影響. 佐橋邦彦,阿部勇勝(臨検),長谷川一子,古和久幸(内): 平成元年度厚生省シルバーサイエンス研究「老化に伴う特異病態の解明」「高齢者の神経・筋機能とその障害に関する研究」(I-1) (90.02.02), 名古屋.

1129. [研究会] (一般講演) パーキンソン病における稼動性眼球運動系の解析. 古和久幸,三富哲郎,長谷川一子,斉藤豊和(内): 厚生省特定疾患神経変性疾患調査研究班1989年度班会議 (90.02.23), 東京.

1130. [研究会] (公開講座) 年をとるとボケるか? 種田真砂雄(精): 精神保健公開講座 (89.07.07), 磯子.

1131. [研究会] (公開講座) 小児の精神的問題−注意欠陥障害(学習障害)と摂食障害−. 佐藤喜一郎(精): 神奈川県公開大学講座 (89.10.07), 相模原.

1132. [研究会] (公開講座) 心の病とは? 種田真砂雄(精): 精神保健公開講座 (89.11.20), 磯子.


<<105 内分泌器>>

1133. [原著] カルチトニン産生高分化甲状腺C細胞腫瘍株の特性とホルモン分泌動態. 亀谷徹(病理),門谷久仁子(形態系),井口東郎(国立病院九州がんセンタ−): Human Cell,2(3): 231〜237, 1989.

1134. [原著] Electron Microscopic and Immunoelectron Microscopic Demonstration of Pancreatic Polypeptide Cells in Glucagonoma: Colocalization of Pancreatic Peptide and Glucagon in Single Secretory Granules. Akishi Ooi,Shogo Katsuda,Isao Nakanishi (金沢大),亀谷徹(病理),Ken Yamaguchi(国立がんセンタ−),Hideo Kitamura (福井病院),Yukinori Hayakawa (藤田病院): Ultrastructural Pathology, 13: 15〜22, 1989.

1135. [症例報告] Primary Osteogenic Sarcoma of the Thyroid Gland: A Case Report. 大部誠,亀谷徹,和田知益,奥平雅彦(病理),古沢慎一,古川浩三,高橋広臣(内): Surg. Pathol., 2(1): 67〜72, 1989.

1136. [講座] ドクターズインタビュー:乳癌とホルモン−乳癌の増殖制御−. 蔵本博行(産婦),ロバートB.ディクソン(ジョージタウン大): Medical English, 6(10): 6〜14; 49〜51, 1989.

1137. [学術書] (編集) Endocrine Pathology Update vol. 1. 編集 Juan Lechago(テキサス大),亀谷徹(北里大)編, Field & Wood, Philadelphia,U.S.A., 90.00.00発行.

1138. [学術書] (執筆) 内分泌学の進歩(第7回富士ホルモンカンファランス記録); 内分泌腫瘍と過形成の病理, 7: 80〜91, 亀谷徹(病理). 編集 清水直容編, (株)トプコ出版部, 東京, 89.00.00発行.

1139. [学術書] (執筆) Endocrine Pathology Update ; Spectrum of Neuroendocrine Marker Substance Production in Carcinoid Tumors Revealed by Immunohistochemistry, 1: 151〜169, 亀谷徹(病理). Field & Wood, Philadelphia, U.S.A., 90.00.00発行.

1140. [学会] (シンポジウム) ヒト甲状腺初代培養系による細胞膜情報伝達機構の研究. 阿部好文,金森晃,矢島義忠(内),亀谷徹(病理): 日本組織培養学会第62回大会 (89.06.29), 横浜, 組織培養研究, 8(1): 51, 1989.

1141. [学会] (シンポジウム) カルチトニン産生高分化甲状腺C細胞腫瘍株の特性とホルモン分泌動態. 亀谷徹(病理),門谷久仁子(形態系),井口東郎(国立病院九州がんセンタ−): 第62回日本組織培養学会大会 (89.06.29), 横浜, 組織培養研究, 8(1): 52, 1989.

1142. [学会] (パネル) 甲状腺濾胞癌の細胞学的検討. 横山大,大野英治(病院病理部),刑部東治(外),蔵本博行(産婦): 第28回日本臨床細胞学会秋期大会学術講演会 (89.11.17), 横浜, 日本臨床細胞学会雑誌, 28(5): 680, 1989.

1143. [学会] (一般講演) Transient Type of Ca2+ Current is Responsiple for the Ca2+ Influx Induced by Thyrotropin-Releasing Hormone Stimulation. 鈴木信之(生理),Hiroshi Takagi,Tohru Yoshioka(早大),Yoshihisa Kudo(三菱化成生命研): 第12回神経科学学術集会 (88.12.07〜09), 名古屋, Neurosci. Res., 9(Suppl.): S119, 1989.

1144. [学会] (一般講演) Different Type of Ca2+ Currents are Responsible for the Ca2+ Influx Induced by High K+ and Thyrotropin-Releasing Hormone-Stimulation. 鈴木信之(生理),Tohru Yoshioka,Hiroshi Takagi(早大),Yoshihisa Kudo(三菱化成生命研),加濃正明(生理): 第66回日本生理学会 (89.04.05〜07), 岡山, Jpn. J. Physiol., 39(Suppl.): S64, 1989.

1145. [学会] (一般講演) ヒトの高分化型C細胞腫瘍細胞株(TT-cell)における分泌動態と細胞内の形態. 亀谷徹(病理),門谷久仁子(形態系),井口東郎(九州ガンセンタ−),嶋岡勝太郎(放影研): 第62回日本内分泌学会秋期学術大会 (89.10.21), 札幌, 日本内分泌学会雑誌, 65(9): 33, 1989.

1146. [学会] (一般講演) カルチトニン産生高分化型甲状腺C細胞腫瘍株におけるexocytosis. 門谷久仁子(形態系),亀谷徹(病理),井口東郎(九州ガンセンタ−),嶋岡勝太郎(放影研): 第48回日本癌学会総会 (89.10.23), 名古屋, 日本癌学会総会プログラム, p.49, 1989.

1147. [学会] (一般講演) 原発性上皮小体機能亢進症12例の検討. 刑部東治,横田和彦,岡村律子,渡辺健児,森瀬昌樹,塚本秀人,中山義介,刑部恒男,石田和夫,佐藤光史,比企能樹,小林茂樹(外),内田久則(東大): 第51回日本臨床外科医学会総会 (89.10.31), 神戸, 日本臨床外科医学会誌, 1989.

1148. [研究会] (一般講演) 各種甲状腺疾患におけるThyroxin, Thyrogloblin ras oncogene p21の組織内分布. 刑部東治,比企能樹,内田久則(外),阿部好文(内),亀谷徹(病理): 第22回甲状腺外科検討会 (89.11.12), 東京, 予稿集, p.113. 1989.


<<106 血液・造血器・リンパ>>

1149. [原著] Destruction of Erythrocytes under a Sinusoidally Fluctuating Shear Rate. 橋本成広(生体工),石原昭(胸外),笹田直(東工大): Advences in Biomaterials, 8: 291〜296, 1988.

1150. [原著] Erythrocyte Destruction under Periodically Fluctuating Shear Rate; Comparative Study with Constant Shear Rate. 橋本成広(生体工): Artificial Organs, 13(5): 458〜463, 1989.

1151. [原著] Mutual Interaction of Eicosapentaenoic Acid and Arachidonic Acid and Inhibition of the Formation of Lipoxygenase Products by Indomethacin in Washed Human Platelets. 川村道子,原田芳照,田中邦男,鹿取信(薬理): Asia Pacific Journal of Pharmacology, 4(3): 189〜196, 1989.

1152. [原著] Common Fragile Sites in Chromosomes of Bone Marrow Cells and Peripheral Blood Lymphocytes from Healthy Persons and Leukemia Patients. 古谷隆(内),Ochi, H.,Watanabe, S.(国立癌センター): Cancer Genet. Cytogenet., 43: 131〜138, 1989.

1153. [原著] A Monoclonal Antibody 1A6 to T-cell Recognizes a Common Antigen Expressed on Lymphocytes from Normal and Leukemic Patients, and Inhibits NK Cell activity. Togashi, H.,Ghoneum, M.,Takasugi, M.,笠井潔(病理),et al.: Hemotological Oncology, 7: 233〜242, 1989.

1154. [原著] 血栓形成・血球破壊に対するせん断速度の影響. 橋本成広(生体工): 医用電子と生体工学, 27(Suppl.): 145, 1989.

1155. [原著] 遺伝性球状赤血球症に対する手術例の検討. 塚本秀人,八十川要平,茂木浩子,伊藤義也,古波倉史子,箕浦宏彦,秋山憲義,高橋俊毅(外),松本悦雄,三島健,渡部幸夫,安倍明郎(国立相模原病 院): 医療, 43(11): 1124〜1128, 1989.

1156. [原著] 人工材料表面における血栓形成と速度匂配. 橋本成広(生体工),前田浩義,笹田直(東工大): 生体材料, 2(4): 229〜234, 1984.

1157. [原著] 血栓形成に対するせん断速度の影響;凹凸円錐型試験機を用いた血栓形成度評価. 橋本成広(生体工),山本真(整外),山内健,笹田直(東工大): 日本機械学会講演論文集,890(38): 22〜24, 1989.

1158. [原著] 人舌扁桃の病理組織学的検討. 鎌田利彦,原田宏一,八尾和雄,高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻): 日本扁桃研究会会誌,28: 34〜38, 1989.

1159. [原著] 当院における小児特発性再生不良性貧血の予後因子に関する検討. 山本弘子,島本由紀子,今井純好,遠藤紀雄(児): 北里医学, l9(2): 258〜263, 1989.

1160. [原著] 造血器腫瘍におけるP糖蛋白(多剤耐性遺伝子産物)発現の臨床的意義. 舩渡忠男,坂東由紀,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 37(7): 779〜783, 1989.

1161. [原著] Flow Cytometryによる急性白血病におけるP糖蛋白の分析. 舩渡忠男,坂東由紀,大谷英樹(臨病理),徳弘英生(内): 臨床病理, 37(8): 899〜904, 1989.

1162. [短報] Rapid Increase in the Intracellular Calcium Concentration by Endogenous Thromboxane A2 in Aggregation Induced by Threshold Doses of Thrombin. 鹿取信,A. Huang,原田芳照,川村道子(薬理): Physiology and Pharmacology of Transmembrane Signalling, p.289〜295, 1989.

1163. [研究報告(代謝異常治療研究基金)] 血小板血栓とプロスタノイド. 鹿取信(薬理): 代謝異常治療研究基金研究業績集,血栓症の病態と治療に関する共同研究(第3報), 16: 13〜15, 1989.

1164. [症例報告] 非分泌型多発性腫瘤形成性形質細胞腫の2例. 劉颯,山下えり子,加藤治子,藤野由美,塩谷茂,徳弘英生(内),亀谷徹(病理): 北里医学, l9(5): 532〜536, 1989.

1165. [学会] (パネル) 著明な低蛋白血病と脾臓の多発性結節性病変を伴った組織球症の1剖検例. 三枝信(内),岩渕啓一,奥平雅彦(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.3l), 福岡.

1166. [学会] (一般講演) 人工材料表面における血栓形成と速度勾配. 前田浩義,笹田直(東工大),橋本成広(生体工): 第5回日本バイオマテリアル学会大会 (83.11.20), 大阪, 論文集, p.67〜68, 1983.

1167. [学会] (一般講演) 溶血をもたらす速度勾配の範囲について. 橋本成広(生体工),鈴木博子(医学科),馬渕清資(生体工),武山誠樹,杉浦庸介,笹田直(東工大): 第6回日本バイオマテリアル学会大会 (84.11.22), 東京, 抄録集, p.69〜70, 1984.

1168. [学会] (一般講演) 単一血小板の細胞質内カルシウム濃度のトロンビン刺激時の変化−デイジタル画像顕微鏡による解析−. 馬嶋正隆,黄愛玲,鹿取信(薬理): 第4回日本ショック学会総会 (89.04.22), 大阪, 日本ショック学会雑誌,4(1): 65〜66, 1989.

1169. [学会] (一般講演) 当院の廃棄血液の現況. 粟野文剛(臨検),富永誠一(胸外): 第37回日本輸血学会総会 (89.05.00), 神戸, 日本輸血学会雑誌, 35(2): 252, 1989.

1170. [学会] (一般講演) 当院における慢性リンパ性白血病に関する検討. 山下えり子,藤野由美,塩谷茂,徳弘英生,木川田隆一(内): 第382回日本内科学会関東地方会 (89.05.13), 東京.

1171. [学会] (一般講演) 小児急性リンパ性白血病における頭蓋放射線照射と High-dose MTX 療法の比較検討及び長期フォロ−アップ患児の精神発達に及ぼす影響について. 島本由紀子,今井純好,山本弘子,遠藤紀雄(児): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.20), 新潟, 日本小児科学会雑誌, 93(3): 744, l989.

1172. [学会] (一般講演) 小児白血病患者における亜急性白質脳症及び石灰化毛細血管症と中枢神経白血病との関連について. 今井純好,島本由紀子,山本弘子,遠藤紀雄(児): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.20), 新潟, 日本小児科学会雑誌, 93(3): 744, l989.

1173. [学会] (一般講演) 小児急性リンパ性白血病における脳損傷の評価について. 山本弘子,島本由紀子,今井純好,遠藤紀雄(児): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.20), 新潟, 日本小児科学会雑誌, 93(3): 745, l989.

1174. [学会] (一般講演) 悪性リンパ腫におけるT細胞抗原受容体発現の免疫組織化学的検討. 笠井潔,桑尾定仁,本告匡,岩渕啓一,亀谷徹(病理): 第29回日本網内系学会総会 (89.06.09), 岡山, 日本網内系学会会誌, 29(補): 92, 1989.

1175. [学会] (一般講演) 著明な血小板減少と腎不全を伴ったMulticentric Angiofollicular Lymph Node Hyperplasiaの1例. 岩渕啓一,渡辺清治,笠井潔,桑尾定仁(病理): 第29回日本網内系学会総会 (89.06.10), 岡山, 日本網内系学会会誌, 29(補): 80, 1989.

1176. [学会] (一般講演) Role of Thromboxane A2 in the Rate of Rise in Intracellular Calcium Concentration in Thrombin-Induced Aggregation of Rabbit Platelets. 鹿取信,A. Huang,川村道子 ,原田芳照(薬理): ]Uth Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (89.08.19-25), 東京, Thrombosis and Haemostasis , 62(1): 102, 1989.

1177. [学会] (一般講演) Individuality of Platelets in Elevation of Cytoplasmic Free Calcium Level by Thrombin; An Analysis by Digital Imaging Microscopy. 馬嶋正隆,鹿取信(薬理): ]Uth Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (89.08.19-25), 東京, Thrombosis and Haemostasis , 62(1): 103, 1989.

1178. [学会] (一般講演) Relationship of Phospholipase A2 to Phospholipase C for Intracellular Calcium Mobilization in Aggregation of Rabbit Platelets. 川村道子,A. Huang,鹿取信(薬理): ]Uth Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (89.08.19-25), 東京, Thrombosis and Haemostasis , 62(1): 105, 1989.

1179. [学会] (一般講演) ロイコトリエンB4による白血球血管外遊走とデキサメサゾンによるその抑制機序. 鹿取信,小田隆治(薬理),永井一成(麻): 第39回日本アレルギ−学会総会 (89.09.28ー30), 東京, アレルギ−, 38: 1989.

1180. [学会] (一般講演) AML寛解導入療法中にみられたARDSに対してmethylprednisolone大量療法が奏効した1例. 山下えり子,古谷隆,藤野由美,塩谷茂,徳弘英生(内): 日本臨床血液学会第106回例会 (89.09.30), 横浜.

1181. [学会] (一般講演) 拍動流下における血栓形成−周期的に変動するせん断速度の影響−. 橋本成広(生体工),西口克彦,高隆誠,今井寛,阿部能明,田中克彦,天野隆臣,大内基史,野村友清,森田裕人,贄正基,香川淳,島田厚,品田純,高山俊 政,松山徳大,入沢彰仁,浅利秀男,風間繁,石原昭(胸外),山内健,笹田直(東工大): 第27回日本人工臓器学会大会 (89.09.30), 旭川, 予稿集, p.140, 1989.

1182. [学会] (一般講演) Effect of Sinusoidally Fluctuating Shear Rate on Clot Growth. 橋本成広(生体工),山内健,笹田直(東工大): 7th World Congress of the International Society for Artificial Organs (89.10.04), 札幌, Artificial Organs, 13(4): 305, 1989.

1183. [学会] (一般講演) 当院における特発性血小板減少性紫斑病(慢性型)の治療成績ならびに予後. 徳弘英生,塩谷茂,藤野由美,古谷隆,山下えり子,木川田隆一(内): 第386回日本内科学会関東地方会 (89.10.14), 東京.

1184. [学会] (一般講演) 脳梗塞またはTIA のIn-111-標識血小板シンチグラフィー−頚部集積について−. 西巻博,池田俊昭,田所克己,阪井和子,依田一重,中沢圭治,松林隆(放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.21), 大津, 核医学, 26(8): 1071, 1989.

1185. [学会] (一般講演) 骨髄移植後のrecipientの末梢血リンパ球における染色体fragile sitesの変化. 古谷隆(内),渡辺昌,高山順,大平睦郎(国立がんセン): 第48回日本癌学会総会 (89.10.24), 名古屋, 第48回日本癌学会総会記事, p.114, 1989.

1186. [学会] (一般講演) VP-16によるK562細胞の増殖抑制とアミノ酸細胞内輸送低下との関連. 塩谷茂,山下えり子,古谷隆,藤野由美,徳弘英生,木川田隆一(内): 第31回日本臨床血液学会総会 (89.11.09), 名古屋, 臨床血液, 30(9): 1620, 1989.

1187. [学会] (一般講演) 新しく樹立した顆粒球系細胞株とその性状. 加藤治子,本村茂樹,大久保隆男(横浜市大),山下えり子,塩谷茂,徳弘英生(内),舩渡忠男(臨病理): 第31回日本臨床血液学会総会 (89.11.10), 名古屋, 臨床血液, 30(9): 1653, 1989.

1188. [学会] (一般講演) ウサギ血小板凝集におけるPhospholipase C 活性化に対するThromboxane A2 の役割. 川村道子,鹿取信(薬理): 第12回日本血栓止血学会 (89.12.01ー02), 大阪, 血液と脈管, 20(5): 387, 1989.

1189. [学会] (一般講演) 肺生検で確定診断したATLの1症例. 中尾修一,山下えり子,古谷隆,藤野由美,塩谷茂,徳弘英生(内): 日本臨床血液学会第107回例会 (89.12.02), 東京.

1190. [学会] (一般講演) ウサギ血小板凝集時における細胞内カルシウム動員のホスホリパ−ゼA2による調節. 川村道子,黄愛玲,原田芳照,鹿取信(薬理): 第63回日本薬理学会総会 (90.03.25-28), 東京, Jpn. J. Pharmacol., 52(suppl.): 300, 1990.

1191. [学会] (一般講演) K562細胞のアミノ酸細胞内輸送に対するcycloheximideの抑制作用. 塩谷茂,山下えり子,徳弘英生(内): 第52回日本血液学会総会 (90.03.29), 東京, 日本血液学会雑誌, 53(2): 245, 1990.

1192. [学会] (一般講演) トロンビン刺激時の単一血小板細胞質内カルシウム濃度の増大−デジタル画像顕微鏡による解析. 馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第52回日本血液学会総会 (90.03.29-31), 東京, 日本血液学会雑誌, 53(2): 423, 1990.

1193. [学会] (一般講演) HTL-V1抗体価が高値を示し多発結節性陰影が認められたT細胞性リンパ腫の1例. 花田伸英,山下えり子,片桐真人,塩谷茂,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内),平井三郎,吉村博邦(胸外),笠井潔(病理): 第87回日本胸部疾患学会関東地方会 (89.11.18), 栃木.

1194. [研究会] (一般講演) 血栓形成に対する速度勾配の影響. 前田浩義,笹田直(東工大),橋本成広(生体工): 日本機械学会関東学生会第22回学生員卒業研究発表講演会 (83.03.10), 浦和, 講演前刷集, p.91〜92, 1983.

1195. [研究会] (一般講演) 自験ITP(慢性型)の予後の検討. 徳弘英生,塩谷茂,藤野由美,古谷隆,山下えり子,四宮由美子,佐藤純子(内): 神奈川血液研究会第21回例会 (90.02.03), 横浜.


<<107 腎臓・尿路>>

1196. [原著] Comparative Analysis of DST Alone and DST with Intermittent Coverage by Cyclophosphamide. 葛西勲,熊野和雄,岩村正嗣,吉田一成,真下節夫,遠藤忠雄,酒井糾,小柴健(泌),飯高喜久雄(児),内田久則(外),渡部浩二(臓移): Trans. Proc., 21(1): 1837〜1838, l989.

1197. [原著] The Role for Reactive Oxygen Species in Cyclosporin A Induced Nephrotoxicity in Rats. 熊野和雄,吉田一成,岩村正嗣,遠藤忠雄,酒井糾(泌),中村国衛(分生),桑尾定仁(病理): Trans. Proc., 21(1): 941〜942, l989.

1198. [原著] 腎不全モデルに対する経口吸着剤AST-120の影響に関する検討. 酒井糾,熊野和雄(泌),吉田義幸(済生会横浜南部病院): 小児腎不全研究会誌,9: 149〜155, 1989.

1199. [原著] 経口吸着剤AST-120の腎不全モデルにおける効果−腎糸球体組織及びglomerular hypertrophyに対する影響−. 吉田義幸(済生会横浜南部病院),酒井糾(泌),桑尾定仁(病理): 小児腎不全研究会誌,9: 156〜158, 1989.

1200. [原著] キュプラアンモニウムレーヨン膜構造の違いによるβ2-microglobulin除去特性の比較検討. 熊野和雄(泌),南部正人,小山誠,草刈修一(腎セン),吉田一成,酒井糾(泌): 人工臓器,18(3): 1133〜1136, 1989.

1201. [原著] 腎不全モデルにおける経口吸着剤AST-120の病態と腎組織像に及ぼす影響について. 酒井糾,熊野和雄(泌),吉田義幸(済世会横浜南部病院): 腎不全,1(1): 135〜140, 1989.

1202. [原著] 慢性維持透析患者の血清酸化能. 熊野和雄(泌),南部正人,小山誠,草刈修一(腎セン),酒井糾(泌),中村国衛(分生)竹内正気(望星藤沢クリニック): 腎不全,1(1): 57〜62, 1989.

1203. [原著] 総合会津中央病院泌尿器科における1986年−1987年の2年間の入院患者と手術の統計的検討. 青輝昭,入江啓,岩村正嗣,泉博一,久保星一,小柴健(泌): 西日泌尿, 51(3): 1029〜1033, l989.

1204. [原著] 小児腎疾患における運動処方のための各種運動負荷試験の検討. 古瀬昭夫(国立療養所西別府病院),酒井糾(泌): 日本小児科学会雑誌,93(4): 884〜889, 1989.

1205. [原著] 腎不全モデルに対する経口吸着剤AST-120の影響に関する研究−メサンジウム機能、糸球体肥大に関する検討−. 吉田義幸(済世会横浜南部病院),酒井糾(泌): 日本小児腎臓病学会雑誌,2(2): 39, 1989.

1206. [原著] ラット腎不全モデルに対する経口吸着剤AST-120の影響に関する検討. 酒井糾,熊野和雄(泌),吉田義幸(済生会横浜南部病院): 日本小児腎臓病学会雑誌,2(2): 40, 1989.

1207. [原著] 腎不全ラットにおける経口吸着剤AST-120の効果−腎不全進展阻止に関する考察−. 酒井糾,熊野和雄,高良聡子(泌),桑尾定仁(病理): 日本腎臓学会誌,XXXI(4): 39〜45, 1989.

1208. [原著] MTT-assayを用いたヒト膀胱癌細胞株の制癌剤感受性試験. 沢村正之,小田島邦男(泌),長倉和彦,中村宏(防衛大): 日本泌尿器科学会雑誌, 80(8): 1195〜1202, l989.

1209. [原著] 50歳以上の男子における前立腺症の検討−第2回端野町前立腺検診の結果の検討. 塚本泰司,熊本悦明,高木良男,山口康宏,吉岡琢(札幌医大),横山英二(泌),林謙治(北見赤十字病院),古屋聖児,小椋啓(古屋病院): 泌尿紀要, 35: 1701〜1708, l989.

1210. [原著] Kidney Transplant Nephrotic Syndrome with Minimal Histologic Change in Focal Segmental Glomerulosclerosis: Clinical Recurrence? Jon-De Lee,酒井糾(泌),飯高喜久雄(児),熊野和雄,岩村正嗣(泌),河西紀昭,北條みどり(児),桑尾定仁(病理): 北里医学,19(6): 619〜623, 1989.

1211. [原著] Characterization of a Polyreactive Monoclonal Antibody to ds DNA, Fx1A, and Heparan Sulfate Generated from BALB/c Mice Immunized with Rat Renal Homogenates. Chen, X-M.(内),Aozuka, S.(国立医療センター),鎌田貢寿(内),Okamura, K.(順天堂大),小林豊(内): Clin. Immunol. Immunopathol., 51: 326〜337, 1989.

1212. [原著] Tubulointerstitial Nephritis Induced by Monoclonal Antiproximal Tubular Basement Membrane Antibodies in Mice. Chen, X-M.(内),Tanaka, T.(順天堂大),小林豊(内),Shigematsu, H.(信州大),Okamura, K.(順天堂大): Clin. Immunol. Immunopathol., 54: 40〜52, 1990.

1213. [原著] Abnormal Lipid Profiles at Various Stages of Uraemia. 塚本雄介,若林靖久,大久保充人(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): Nephrol. Dial. Transplant., 4(Suppl.): 142〜145, 1989.

1214. [原著] Moderately Proteinuric IgA Nephropathy: Prognostic Prediction of Individual Clinical Courses and Steroid Therapy in Progressive Cases. 小林豊,比企能之,藤井一史,黒川昭,舘野純生(内): Nephron, 53: 250〜256, 1989.

1215. [原著] The Role of HLA-DR4 in the Long-term Prognosis of IgA Nephropathy. 比企能之,小林豊,大久保充人(内),柏木登(移免): Nephron, 54: 264〜265, 1990.

1216. [原著] New Zealand F1 マウス腎症に対する15-deoxyspergualin の治療効果と作用機序. 大久保充人,井上慶一,梅谷直樹,鎌田貢寿(内): 今日の移植, 2(6): 451〜455, 1989.

1217. [原著] 腎移植後のサイトメガロウイルス感染症. 阪聡,梅谷直樹,鎌田貢寿,大久保充人(内),高宮春男(臨検): 今日の移植, 2: 310〜315, 1989.

1218. [原著] 小児CAPD患者の成長と合併症. 飯高喜久雄,伊藤民恵,北條みどり(児),熊野和雄,酒井糾(泌): 小児腎不全研究会誌,9: 38〜41, 1989.

1219. [原著] 経口的1,25(OH)2D3パルス療法長期施行例の検討. 塚本雄介,野村幸範(内),富樫和美(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大): 腎と骨代謝, 3(1): 35〜40, 1990.

1220. [原著] 長期透析例におけるアミロイド骨関節症. 中沢了一,小川愛一郎,三浦靖彦(国立佐倉病院),舘野純生(内),土田弘基,浜口欣一,鈴木洋一,保坂瑛一(国立佐倉病院),安藤研,服部義博,吉田豊 彦(京葉泌尿器クリニック): 腎と骨代謝, 3(1): 91〜100, 1990.

1221. [原著] 長期透析患者の高度二次性副甲状腺機能亢進症に対する経口的1,25(OH)2D3パルス療法. 野村幸範,塚本雄介,吉田煦,永岡隆,木川田隆一(内),富樫和美(北里ラボ),高木裕,高橋裕一郎(相模台病院),丸茂文昭(東京医科歯科大): 腎と透析, 27(5): 955〜960, 1989.

1222. [原著] 123I-orthoiodohippurate (OIH)による腎動態機能検査の臨床的評価−131I-OIHとの比較および有効腎血流量の測定−. 石井勝己,田所克己,西卷博,中沢圭治,松林隆(放),石橋晃(泌),石田治雄(都立清瀬小児病院): 日本医学放射線学会雑誌, 50(1): 68〜75, 1990.

1223. [原著] 小児腎疾患における免疫抑制剤多剤少量併用療法. 河西紀昭,北條みどり,蒲原孝,水野諭(児),酒井糾(泌): 日本小児腎臓病学会雑誌,2(2): 139, 1989.

1224. [原著] 最近5年間に発症した小児SLE13例の発見動機からみた臨床病理学的検討. 北條みどり,河西紀昭,飯高喜久雄(児),酒井糾(泌): 日本小児腎臓病学会雑誌,2(2): 25, 1989.

1225. [原著] 急性間質性腎炎に伴う急性非乏尿性腎不全患児の尿中電解質の変化. 河西紀昭,大石昌也(児): 武蔵野女子大学紀要,25: 143〜146, 1990.

1226. [原著] 腎移植臨床におけるciclosporine, mizoribine, steroid, ALG 4剤合併投与法. 刑部恒男,刑部東治,横田和彦,瀧島常雅,中山義介,佐藤光史(外),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌),鎌田貢寿,大久保充人(内),渡部浩二,柏木 登(臓移),内田久則(東大医科研): 臨床移植免疫研究会誌, 12: 55〜63, 1990.

1227. [短報] 県医師会事業、腎疾患対策の3年間のまとめ. 酒井糾(泌): 神奈川県透析施設連絡協議会報, (4): 11〜12,l989.

1228. [短報] 1988年度実施アンケート「透析施設での災害による緊急事態への対応」の分析結果について. 日台英雄(横浜第一病院),酒井糾(泌),徳田博正(駒岡徳田クリニック): 神奈川県透析施設連絡協議会報, (4): 5〜10,l989.

1229. [研究報告(厚生省)] 小児CAPD患者の社会復帰. 酒井糾(泌),伊藤民恵,飯高喜久雄,北條みどり(児),熊野和雄(泌),河西紀昭(児): 厚生省「心身障害研究」小児腎疾患の進行阻止と長期間管理のシステム化に関する研究昭和63年度研究報告書, p. 211〜214, 1989.

1230. [研究報告(厚生省)] IgA腎炎とその間質病変の評価. 河西紀昭,北條みどり(児),酒井糾(泌): 厚生省心身障害研究,小児腎疾患の進行阻止と長期管理のシステム化に関する研究,昭和63年度研究報告書, p.77〜81, 1989.

1231. [研究報告(厚生省)] 微生物二次代謝産物の免疫抑制作用、特に腎症発症および進展の抑制について−−すでに発症したNew Zealand Black/White F1 (NZB/W F1)マウスSLE腎症に対する15-deoxyspergualinの治療効果ーー. 大久保充人,梅谷直樹,井上慶一,鎌田貢寿(内): 厚生省新薬開発研究班昭和63年度研究報告書, p.117〜124, 1989.

1232. [研究報告(厚生省)] 軽度の蛋白尿を呈するIgA腎症の予後. 小林豊,比企能之,黒川昭,上山三代子,藤井一史(内): 厚生省特定疾患「進行性腎障害」調査研究班昭和63年度研究報告集, p.7〜16, 1989.

1233. [研究報告(厚生省)] 高校生検尿の実態. 酒井糾(泌): 厚生省特定疾患「進行性腎障害調査研究」昭和63年度研究報告書 ,p.102〜104, 1989.

1234. [研究報告(厚生省)] 神奈川県の腎臓病検診システム. 酒井糾(泌): 厚生省特定疾患「進行性腎障害調査研究」昭和63年度研究報告書 ,p.357〜358, 1989.

1235. [研究報告(厚生省)] 厚生省心身障害研究; 小児腎疾患の進行阻止と長期管理のシステムに関する研究「小児CAPD患者の成長と水溶性ビタミンについて」. 飯高喜久雄,北條みどり,伊藤民恵(児),酒井糾(泌): 昭和63年度研究報告, p.200〜201, 1988.

1236. [研究報告(厚生省)] 厚生省心身障害研究; 小児腎疾患の進行阻止と長期管理のシステムに関する研究 「小児CAPD患者の成長と水溶性ビタミンについて」. 飯高喜久雄,北條みどり,伊藤民恵(児),酒井糾(泌): 昭和63年度研究報告, p.200〜201, 1988.

1237. [症例報告] JRA を強く疑わせる患児に合併した巣状糸球体硬化症の1例. 山本弘子,北條みどり,星野陸夫,河西紀昭(児): 関東小児腎臓研究会誌, 5(1): 17〜18, 1989.

1238. [症例報告] ネフロ−ゼ症候群で発症したIgA腎症の1例−IgA Nephropathy with Nephrotic Syndrome or Idiopathic Nephrotic Syndrome with IgA Mesangial Deposits ?−. 北條みどり,内藤剛彦,河西紀昭(児): 関東小児腎臓研究会誌, 5(1): 22〜23, 1989.

1239. [症例報告] 特異な糸球体病変を呈した膜性増殖性糸球体腎炎の1例. 田村浩三,黒川昭,上山三代子,小林豊(内): 腎炎症例研究, 5: 92〜95, 1989.

1240. [症例報告] 高度の糸球体腎炎、尿細管・間質性腎炎を伴った Castleman 病の1例. 比企能之,花田伸英,野村幸範,塚本雄介,黒川昭,鎌田貢寿,舘野純生,小林豊(内),笠井潔(病理): 腎炎症例研究, 6: 120〜124, 1990.

1241. [症例報告] 再燃を繰り返したループス腎炎の1例. 上山三代子,黒川昭,鎌田貢寿,比企能之,小林豊(内): 腎炎症例研究, 6: 16〜22, 1990.

1242. [症例報告] 持続性隆起性紅斑、若年性関節リウマチ様の関節炎に巣状糸球体硬化症を伴った1男児例. 新村文男,北條みどり,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 腎炎症例研究, 6: 115〜119, 1990.

1243. [症例報告] 右大腿骨頭壊死を呈した小児腎不全症例. 河西紀昭,北條みどり,伊藤民恵,レイモンド・フランシア,飯高喜久雄(児),酒井糾(泌): 第10回神奈川Ca・骨代謝研究会報告集, 10: 25〜29, 1989.

1244. [症例報告] 放射線性萎縮膀胱に起因した膀胱自然破裂の1例. 青輝昭,入江啓,滝本雅文,岩村正嗣(泌): 泌尿器外科, 2(4): 409〜412, 1989.

1245. [臨床治験] 小児腎移植後の急性拒絶反応に対するmuromonab CD3の治療効果. 伊藤克己(東女大),酒井糾(泌): 小児科臨床,42(7): 1551〜1560, 1989.

1246. [臨床治験] 小児腎性貧血に対するrecombinant human erythropoietin (EPOCH)の臨床評価−保存期慢性腎不全患者に対する影響について. 伊藤克己(東女大),酒井糾(泌): 小児科臨床,43(3): 85〜96, 1990.

1247. [臨床治験] AN69HFを用いた血液濾過透析での低分子蛋白の除去とその機序. 高木裕(泌),小山誠,南部正人,城井晴美,林久美子,草刈修一(腎セン),吉田一成,熊野和雄,酒井糾(泌): 腎と透析(別冊)ハイパフォーマンスメンブレン'89, 27: 100〜103, 1989.

1248. [臨床治験] 慢性維持透析患者の便秘に対する食物繊維含有ウエハースの使用経験. 熊野和雄,入江啓,酒井糾(泌),秋山恵子,桜井健治(橋本クリニック): 臨床透析,5(8): 111〜114, 1989.

1249. [臨床治験] 腎性貧血患者に対する recombinant human ergthropoietin (EPOCH)の臨床的研究−−二重盲検法による3用量比較試験−−. 平沢由平(信楽園病院),平嶋邦猛(埼玉医科大),荒川正昭(新潟大),小高通夫(千葉大),小椋陽介(虎の門病院),吉川康行(埼玉医科大),佐中孜 (東京女子医大),篠田晤(金沢医科大),森井浩世(大阪市立大),鈴木正司(信楽園病院),千葉栄市(三笠市立三笠総合病院),高橋寿(仙台社会保険病 院),金田浩,前多隆吉(いわき市立総合磐城共立病院),内田信一(済生会前橋病院),山形陽(日立総合病院),浅野泰,武藤重明(自治医科大),奥田健 二(奥田クリニック),板倉行宏(埼玉医科大),嶋田俊恒(千葉社会保険病院),中澤了一(国立佐倉病院),栗原怜(春日部秀和病院),小出輝,窪田実 (順天堂大),黒川清(東大),星野正信(聖橋クリニック),猿田享男,鈴木洋通(慶大),小路良(南大井クリニック),杉野信博,波多野道康,窪田研 二,佐藤孝子(東女子医大),石田尚志,大和田滋(聖マリアンナ医科大),越川昭三,高橋健(昭和大),丸茂文昭(東京医科歯科大),鎌田貢寿(北里大・ 内科),坂本信夫,渡辺有三(名古屋大),山崎親雄(衆済会増子病院),澤西謙次(京大),小野利彦(京都第一赤十字病院),折田義正(阪大),北岡利 雄,岡村克章,横川朋子(関西労災病院),井上隆,日野雅之(蒼龍会井上病院),前川正信,田中寛(大阪市立大),飯田喜俊(大阪府立病院),赤垣洋二 (大野病院),藤田嘉一,井上聖士,坂井瑠実(兵庫医科大),小野山薫(九大),中村定敏(小倉第一病院),藤見惺,保利敬(福岡赤十字病院),小川暢也 (愛媛大): 腎と透析, 27(1): 157〜177, 1989.

1250. [臨床治験] AMSペニールインプラント、インフレータブル型モデル700の臨床試験成績. 白井将文,高波真佐治(東邦大),金子茂男(旭川医科大),藤岡知昭,青木光(岩手医科大),岡本重禮,貫井文彦(聖路加国際病院),藤野淡人(泌),木 原裕二(公立豊岡病院),中野博(マツダ病院),万波誠,大西洋行(市立宇和島病院),上嶺頼啓,平尾博,加藤雅久,日田官,山田陽司(済生会下関総合病 院): 泌尿紀要, 35: 913〜920, 1990.

1251. [臨床治験] 静脈性尿路造影における非イオン性ヨード造影剤Iohexolの有用性の検討−点滴静注による尿路造影(DIP). 町田豊平(慈恵大),小柳知彦(北大),熊本悦明(札幌医科大),折笠精一(東北大),小川秋実(信州大),阿曽佳郎(東大),島崎淳(千葉大),岸本孝 (日大),秋元成太(日本医科大),三木誠(東京医科大),小柴健(泌),大田黒和生(名古屋市立大),吉田修(京大),渡邊決(京都府立医科大),宮川 征男(鳥取大),大森弘之(岡大),藤田幸利(高知医科大),江藤耕作(久留米大),大井好忠(鹿児島大),大石幸彦(慈恵大): 臨床医薬, 5(8): 1703〜1716, 1989.

1252. [総説] 日本における腎移植の現況. 酒井糾(泌),新村文男(児): 医学のあゆみ,150(9): 609〜612, 1989.

1253. [総説] 利尿薬. 酒井糾(泌): 外科,51(5): 481〜486, 1989.

1254. [総説] 特殊ケアを受けている患者の"安全性と安楽性"−CAPD施行患者−. 宮島福江(腎セン): 月刊ナーシング,9(10): 76〜77, 1989.

1255. [総説] 特殊ケアを受けている患者の"安全性と安楽性"−血液透析施行患者−. 宮島福江(腎セン): 月刊ナーシング,9(11): 78〜81, 1989.

1256. [総説] 腎疾患生涯管理のポイント−学童期−. 酒井糾(泌): 公衆衛生,53(5): 301〜304, 1989.

1257. [総説] 慢性腎炎・腎不全患者の生活指導−学校検診より−. 酒井糾(泌),新村文男(児): 治療,72(3): 119〜126, 1990.

1258. [総説] 画像診断「腎臓」. 酒井糾(泌),新村文男(児): 小児科診療,53(4): 1024〜1030, 1990.

1259. [総説] 小児腎不全の治療の進歩と反省. 酒井糾(泌): 小児科診療,53(6): 1368〜1373, 1989.

1260. [総説] 小児の透析と問題点. 酒井糾(泌),飯高喜久雄(児),熊野和雄(泌),新村文男,北條みどり,河西紀昭(児): 腎と透析,27(1): 33〜40, 1989.

1261. [総説] 紫斑病性腎炎−小児−. 酒井糾(泌),新村文男,北條みどり,河西紀昭(児): 腎と透析,27(増): 163〜165, 1989.

1262. [総説] 腹膜炎・イレウス. 熊野和雄(泌): 腎と透析(腎疾患の薬物療法),27: 457, 1989.

1263. [総説] 肺癌. 熊野和雄(泌): 腎と透析(腎疾患の薬物療法),27: 521〜522, 1989.

1264. [総説] 種々の血液浄化療法: 腎移植と透析アミロイドーシス. 熊野和雄,高木裕(泌),南部正人,小山誠,草刈修一(腎セン),酒井糾,遠藤忠雄(泌),向井伸哉,高橋裕一郎(相模台病院),桜井健治(橋本クリニッ ク),横田真二(泌),小倉裕幸(厚木クリニック): 腎と透析(別冊)ハイパフォーマンスメンブレン'89, 27: 39〜43, 1989.

1265. [総説] 尿路系と生殖器疾患. 酒井糾(泌): 日本医師会雑誌(臨増),102(10): 180〜193, 1989.

1266. [総説] 日本における腎移植の現状. 酒井糾(泌): 日本医事新報,(3415): 134〜135, 1989.

1267. [総説] 腎不全病態と成長障害. 酒井糾(泌): 日本小児(栄養消化器病学会雑誌),3(1): 51〜61, 1989.

1268. [総説] 腎移植に伴う社会的諸問題. 酒井糾(泌): 臨床透析,5(11): 83〜87, 1989.

1269. [総説] 心房性Na利尿ホルモン. 塚本雄介(内): Current Review 透析療法・腎移植, p.72〜83, 1989.

1270. [総説] 巣状糸球体硬化症の成因と臨床像. 小林豊,舘野純生,比企能之(内): Medical Practice, 6(10): 1637〜1643, 1989.

1271. [総説] IgA 腎症. 小林豊(内): Medical Practice, 6(臨増): 555〜556, 1989.

1272. [総説] 妊婦の水代謝と腎機能. 横田真二,熊野和雄,酒井糾(泌): ペリネイタルケア, 2月号, 1990.

1273. [総説] 低Na・高Na血症. 塚本雄介(内): 医学と薬学, 22(2): 301〜307, 1989.

1274. [総説] 溶血性尿毒症症候群. 飯高喜久雄(児): 小児科診療, 52(6): 1347〜1352, 1989.

1275. [総説] 腎疾患の薬物療法: 腎移植に使用される薬剤−−乏尿. 大久保充人(内): 腎と透析, 27: 566〜567, 1989.

1276. [総説] (特集)体外衝撃波結石破砕療法ESWL;尿路結石ESWLの合併症. 真下節夫,荒川孝,久保星一(泌): 日本臨床,47(12): 40〜44, 1989.

1277. [総説] (特集)体外衝撃波結石破砕療法ESWL;大結石ESWLとstone streetの管理−腎サンゴ状結石を中心に−. 荒川孝,久保星一,真下節夫(泌): 日本臨床,47(12): 60〜64, 1989.

1278. [総説] 血尿の画像診断;核医学検査の役割. 石橋晃(泌): 臨床画像, 5(8): 62〜76, 1989.

1279. [総説] バナジウム、フッ素などの他元素. 塚本雄介(内): 臨床透析, 5(11): 1743〜1747, 1989.

1280. [総説] 脳死の是認と臓器移植の溢路. 小柴健(泌): 臨床透析,5(3): 335〜336, 1989.

1281. [講座] 尿蛋白. 酒井糾(泌): Medicina, 増刊号,26(10): 1634,l989.

1282. [講座] 尿糖. 酒井糾(泌): Medicina, 増刊号,26(10): 1635,l989.

1283. [講座] 砂糖と塩の摂り過ぎによる害. 酒井糾(泌): 少年写真新聞(小学保健ニュース),(254): 1, 1989.

1284. [講座] 第15回医工懇談会に出席して. 酒井糾(泌): 人工臓器,18(4): 1518, 1989.

1285. [講座] Chance Proteinuria. 酒井糾(泌): 内科, 63(6): 1070, 1989.

1286. [講座] 学校体育における専門医のアドバイス. 長坂裕博(横浜市小児アレルギーセンター),酒井糾(泌): 臨床スポーツ医学,6(4): 413〜417, 1989.

1287. [講座] 排尿障害の治療の実際−薬物療法と手術適応−. 横山英二(泌),西沢理(秋田大),島崎淳(千葉大): Medic, 24(12): 1〜9, 1989.

1288. [講座] 検査の実際とケアのポイント−腎生検−. 石橋晃(泌): 臨床看護, 16(3): 366〜369, 1990.

1289. [講座] インスタントカメラを用いた術中透視モニター像の記録方法. 吉田一成,志村哲,門脇和臣(泌): 臨床泌尿器科, 43(9): 821, 1989.

1290. [座談会] 慢性腎炎と腎不全の診療をめぐって. 堺秀人(東海大),吉沢信行(防衛医大),酒井糾(泌),高橋進(日大): 治療,72(3): 173〜196, 1990.

1291. [学術書] (執筆) 今日の小児治療指針 第8版; 血漿交換法,p.478〜479, 飯高喜久雄(児). 編集 塙嘉之(東邦大),三河春樹(京大),重田政信編, 医学書院, 東京, 89.09.15発行.

1292. [学術書] (執筆) Recent Studies of IgA Nephropathy in Japan; Therapeutic Approach in IgA Nephropathy, p.187〜209, 小林豊,比企能之(内). 編集 Arakawa, M.,Gejyo, F.編, Nishimura/Smith-Gordon, 89.10.00 発行.

1293. [学術書] (執筆) 腎疾患の薬物療法; Z. 腎移植 (3)対症療法・貧血, p.555〜556, 鎌田貢寿(内). 東京医学社, 東京,89.11.30 発行.

1294. [学術書] (執筆) 今日の小児治療指針;   急性糸球体腎炎, 8: 484〜485, 酒井糾(泌). 編集 塙嘉之(東邦大),他, 医学書院, 東京, 89.09.15発行.

1295. [学術書] (執筆) 腎炎・ネフローゼ;   小児に多い腎炎・ネフローゼ, 5: 55〜65, 酒井糾(泌),飯高喜久雄(児). 編集 長沢俊彦(杏林大), 南江堂, 89.12.01発行.

1296. [学術書] (執筆) Annual Review 腎臓 1990;   CAPDと腎移植, p.215〜221, 熊野和雄,小柴健(泌). 編集 越川昭三(昭和大),他, 中外医学社, 90.01.10発行.

1297. [教科書] (執筆) プルミエ医学各論(内科,外科,小児科)成長・発達の障害,出生に伴う障害; 急性腎不全,原発性糸球体疾患,先天性ネフロ−ゼ,腎の先天異常,p.137〜140, 飯高喜久雄(児). 編集 青木継稔(東邦大)編, 医歯薬出版, 東京, 89.11.10発行.

1298. [教科書] (執筆) 各科のための超音波検査−(2)小児科・外科・泌尿器科・産科・婦人科−臨床検査Mook; 水腎症と腎嚢胞症, p.73〜77, 藤野淡人,石橋晃(泌). 編集 渡辺泱(京都府立医大)他編, 金原出版, 東京,89.11.30発行.

1299. [教科書] (執筆) 最新医学知識の整理−泌尿器科各論; 腎不全;腎性高血圧症;腎血管性病変;その他の腎疾患, p.204〜217, 小柴健(泌). 編集 今村一男 編 医歯薬出版, 東京,90.01.30発行.

1300. [教科書] (執筆) 透析(XIX);   血液透析中の事故と対策, p.66〜75, 酒井糾(泌). 編集 小高通夫(千葉大), 医学図書, 89.07.08発行.

1301. [教科書] (執筆) 透析療法ハンドブック;   小児の透析, 改訂第5版, p.376〜388, 酒井糾(泌). 編集 越川昭三(昭和大),他, 共同医書出版社, 90.01.15発行.

1302. [その他の著書] (執筆) TURP−泌尿器科治療ハンドブック; p.296〜300, 小柴健(泌). 編集 渡辺泱 編 南山堂, 東京,89.06.00発行.

1303. [その他の著書(概説書)] (執筆) 新薬物療法 '90年版; 急性間質性腎炎, 小林豊(内). 編集 上田泰,清水喜八郎,春見健一編, メジカル・ビュー社, 東京, 89.12.00 発行.

1304. [その他の著書(概説書)] (執筆) 内科診療 Q & A; 腎生検の適否−悪性高血圧症−, 23: p.26〜29, 舘野純生(内),土田弘基(国立佐倉病院). 六法出版, 名古屋, 89.00.00 発行.

1305. [その他の著書(概説書)] (執筆) 小児メディカルチェックと運動指導の実際;   Y.腎臓のメディカルチェックと運動指導, p.115〜121, 酒井糾(泌),長坂裕博(横浜市小児アレルギーセンター). 編集 大国真彦(日大)編, 文光堂, 89.06.01発行.

1306. [その他の著書(啓蒙書)] (編集) (執筆)こどもの腎臓病ガイド,T;   学校検尿の進め方と管理・治療, p.23〜37, 酒井糾(泌). 編集 北川照男(日大),酒井糾(北里大), 日本公衆衛生協会, 東京,89.08.30発行.

1307. [その他の著書(啓蒙書)] (編集・執筆) こどもの腎臓病ガイド,U;   学校検尿の方法と事後措置, p.68〜91, 酒井糾(泌). 編集 北川照男(日大),酒井糾(北里大), 日本公衆衛生協会,東京,89.08.30発行.

1308. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 健康診断における尿検査−判定から事後管理まで−;   地域における総合的腎疾患・予防管理対策, p.47〜50, 酒井糾(泌). 編集 清水凡生(広島大), 日本小児保健学会, 東京, 89.11.03発行.

1309. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 学校検尿のすべて;   管理と治療, p.91〜120, 酒井糾(泌). 編集 日本学校保健会, 予防医学事業中央会, 90.01.30発行.

1310. [その他の著書(入門書)] (執筆) ナースのための器械器具; 検査, p.54〜59, 泌尿器, p.236〜260, 石橋晃(泌). 編集 桜井健司(慈恵医大)編, メジカルビュー社, 東京,89.06.10発行.

1311. [学会] (シンポジウム) DNA Fingerprints Detect Somatic DNA Changes in Transitional Carcinoma of the Bladder (TCC). 内田豊昭,H. Neuwirth, N.C. Cadavid: AACR (American Association Cancer Research) (89.05.00), San Francisco.

1312. [学会] (シンポジウム) 難治性腎炎・ネフローゼ薬物療法の手がかり; IgA腎症に対する副腎皮質ステロイド療法. 小林豊(内): 第24回日本小児・腎臓病学会 (89.06.00), 名古屋.

1313. [学会] (シンポジウム) 体外衝撃波尿路結石破砕術(ESWL)の経験. 真下節夫(泌): 日本外科系連合学会 (89.06.21), 大阪.

1314. [学会] (シンポジウム) Epidemiology and Treatments of Renal Diseases in Asian Countries; Management of Congenital Hydronephrosis. 飯高喜久雄,石館武夫(児),酒井糾(泌): 第24回日本小児腎臓病学会 2th Asian Symposium of Pediatric Nephrology (ASPN) (89.06.28), 名古屋.

1315. [学会] (シンポジウム) Mizoribineの使用経験. 酒井糾(泌),伊藤民恵,飯高喜久雄(児),熊野和雄(泌),北條みどり,河西紀昭(児): 第24回日本小児腎臓病学会 (89.06.30), 名古屋.

1316. [学会] (シンポジウム) Search for the Unknown Trace Element Abnormalities in Uremia. 塚本雄介(内): 2nd Meeting of the International Society for Trace Element Research in Humans (89.09.28), 東京.

1317. [学会] (シンポジウム) 幼児・学童検尿のための組織づくり. 酒井糾(泌): 第36回日本小児保健学会 (89.11.05), 広島.

1318. [学会] (シンポジウム) Carcinoma of the Prostate Endocrine Therapy. 小柴健,藤野淡人(泌): Pan-Pacific Surgical Association 20th Congress (90.02.13), Hawaii.

1319. [学会] (シンポジウム) Carcinoma of the Bladder: Staging Classification and Patient Evaluation. 小柴健,藤野淡人(泌): Pan-Pacific Surgical Association 20th Congress (90.02.14), Hawaii.

1320. [学会] (シンポジウム) 血行動態に与えるエリスロポエチンの効果. 鎌田貢寿(内): 第8回日本ME学会人工臓器部会 (90.02.17), 大阪.

1321. [学会] (パネル) CAPD and the Pediatric Patient. 酒井糾(泌): Hakone CAPD Expert Meeting (89.09.03), 箱根.

1322. [学会] (パネル) 尿路結石の治療方針. 小柴健(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京, 予稿集, p.69, 1989.

1323. [学会] (パネル) ESWL(衝撃波結石破砕療法)の適応と限界−私はこうしている−. 荒川孝(泌): 第37回神奈川県泌尿器科医会 (89.11.18), 神奈川.

1324. [学会] (パネル) ESWL, New Type. C. Chaussy (FRG),小柴健(泌): 7th World Congress on Endourology and ESWL (89.11.28), 京都.

1325. [学会] (パネル) Treatment of Upper Urinary Tract Caliculi by ESWL with Therasonic Lithotripsy Treatment System. 黒川純,泉博一,小柴健,真下節夫,貫井文彦(泌),岡本重禮,永田幹男,藤本恭士(聖路加国際病院),須山一穂(泌): 7th World Congress on Endourology and ESWL (89.11.28), 京都.

1326. [学会] (ワークショップ) 腎不全への進行と防止;食餌療法を中心として. 塚本雄介(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第18回日本腎臓学会東部部会 (88.05.06〜07), 東京.

1327. [学会] (ワークショップ) 小児および成人発症のIgA腎症の病理. 重松秀一(信州大),小林豊,比企能之(内): 第19回日本腎臓病学会東部部会 (89.06.10), 東京.

1328. [学会] (ワークショップ) 腎不全・透析療法と活性酸素−慢性腎不全患者の血清酸化能(SOA)と血液透析のSOAへの影響について−. 熊野和雄,高木裕,入江啓(泌),南部正人,小山誠,草刈修一(腎セン),酒井糾(泌),中村国衛(分生),野元けい子(生化系): 第34回日本透析療法学会 (89.07.09), 東京.

1329. [学会] (ワークショップ) PTHとCaポンプ. 塚本雄介(内): 第32回日本腎臓学会 (89.11.09), 浜松.

1330. [学会] (ワークショップ) Management of Staghorn Calculi. 小柴健(泌): 7th World Congress on Endourology and ESWL (89.11.30), 京都.

1331. [学会] (一般講演) FUT(nafamostat mesilate)を用いた無ヘパリン化透析の2症例. 野村純子(児): 第172回日本小児科学会神奈川地方会 (88.04.16), 横浜, 日本小児科学会雑誌, 92(8): 149, 1988.

1332. [学会] (一般講演) 腹圧性尿失禁に対するStamy手術の経験. 川上達央,宇都宮拓治,神崎政裕,門脇和臣(泌): 第129回日本泌尿器科学会熊本地方会 (89.00.00), 熊本.

1333. [学会] (一般講演) 原発性糸球体疾患の免疫遺伝学的検討. 小林豊,比企能之,黒川昭,鎌田貢寿,塚本雄介,大久保充人,木川田隆一(内): 第86回日本内科学会 (89.04.02), 京都, 日本内科学会雑誌, 78(2): 287, 1989.

1334. [学会] (一般講演) イヌ単純冷却保存腎の移植生着期間のANPによる延長効果. 真崎義彦(実動系),佐藤清貴,長谷川延広(内),安藤研司(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第66回日本生理学会 (89.04.06), 岡山, Jpn. J. Physiol., 39(Suppl.): s249, 1989.

1335. [学会] (一般講演) 温阻血性及び冷阻血性急性腎不全における活性酸素の関与. 岩村正嗣,熊野和雄,高木裕,吉田一成,真下節夫,遠藤忠雄,酒井糾,小柴健(泌),真崎義彦(実動系): 第77回日本泌尿器科学会総会 (89.04.19), 大阪.

1336. [学会] (一般講演) 抗γ-seminoproteinモノクローナル抗体による前立腺の免疫組織化学的検討(第2報). 藤野淡人,村山雅一,西村清志,呉幹純,横山英二,真下節夫,遠藤忠雄,石橋晃,小柴健(泌),桑尾定仁(病理): 第77回日本泌尿器科学会総会 (89.04.19), 大阪.

1337. [学会] (一般講演) 抗γ-seminoproteinとProstatic specific antigenの相関性について(第1報). 大堀理,藤野淡人,須山一穂,岩村正嗣,葛西勲,横山英二,石橋晃,小柴健(泌),青木芳和,伊藤啓(衛生学部): 第77回日本泌尿器科学会総会 (89.04.20), 大阪.

1338. [学会] (一般講演) 腎盂尿管移行部結石症に関するESWLの治療経験−術後尿管ステント留置を中心に−. 荒川孝,吉沢一彦,久保星一,石田裕則,小柴健,真下節夫(泌): 第77回日本泌尿器科学会総会 (89.04.21), 大阪.

1339. [学会] (一般講演) 膀胱癌細胞に対する新抗生物質Kazusamycin Aの増殖抑制効果. 沢村正之,小田島邦男(泌),長倉和彦,家田和夫,中村宏(防衛医大): 第77回日本泌尿器科学会総会 (89.04.21), 大阪.

1340. [学会] (一般講演) 経尿道的超音波断層法による膀胱腫瘍深達度の診断. 入江啓,中條弘隆,川上達央,小林健一,本田直康,横田真二,内田豊昭,横山英二,石橋晃,小柴健(泌): 第77回日本泌尿器科学会総会 (89.04.21), 大阪.

1341. [学会] (一般講演) Allelic Deletion in Transitional Cell Carcinoma of the Bladder (TCCB). Harry Naurith,Bradiay Frasior,内田豊昭(泌),John White: AUA Eighty Fourth Annual Meeting (89.05.07〜11), ダラス.

1342. [学会] (一般講演) 高カリウム血症と代謝性アシド−シスをきたした3症例の検討. 北條みどり,飯高喜久雄,伊藤民恵,石館武夫,渡辺登,尹煕玉(児),酒井糾(泌): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93(3): 587, 1989.

1343. [学会] (一般講演) メサンギウム増殖性腎炎の臨床経過と治療−成人にキャリ−オ−バ−した症例の検討−. 河西紀昭,北條みどり,飯高喜久雄,レイモンド・フランシア(児),酒井糾(泌): 第92回日本小児科学会学術集会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93(3): 647, 1989.

1344. [学会] (一般講演) 近位尿細管側底細胞膜におけるCa2+/H+ pumpの調節機序. 塚本雄介(内): 第62回日本内分泌学会 (89.06.01), 東京, 日本内分泌学会学術総会抄録集, 65(4): 259, 1989.

1345. [学会] (一般講演) 腎移植における腎保存に及ぼすANPの効果. 安藤研司(北里ラボ),真崎義彦(実動系),佐藤清貴,長谷川延広(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第62回日本内分泌学会 (89.06.02), 東京, 日本内分泌学会学術集会抄録集, 65(4): 353, 1989.

1346. [学会] (一般講演) メサンギウム増殖性変化をともなった巣状糸球体硬化症の1例. 小久保透,若林靖久,比企能之,小林豊(内): 第19回日本腎臓病学会東部部会 (89.06.09), 東京.

1347. [学会] (一般講演) 高年齢発症の急性糸球体腎炎の4例. 黒川昭,上山三代子,田村浩三,間中久美,国井伸洋,佐藤直之,鎌田貢寿,小林豊(内): 第19回日本腎臓病学会東部部会 (89.06.09), 東京.

1348. [学会] (一般講演) 妊娠中期に到りはじめて妊娠に気付くと共に透析導入され、頻回の血液透析(HD)及び血液濾過透析(HDF)の許で挙児し得た多発性嚢胞腎(PCK)によ る慢性腎不全(CRF)の1例. 黒川昭,上山三代子,田村浩三,鎌田貢寿,堀井昭,大久保充人,木川田隆一,吉田煦,島田肇(内): 第19回日本腎臓病学会東部部会 (89.06.09), 東京.

1349. [学会] (一般講演) S状結腸癌を合併した巣状糸球体硬化症(FGS)の1例. 鎌田貢寿,椎名正浩,山田正夫,黒川昭,上山三代子,小林豊(内): 第19回日本腎臓病学会東部部会 (89.06.09), 東京.

1350. [学会] (一般講演) アミロイド腎症に急性糸球体腎炎を併発した1例. 上山三代子,間中久美,黒川昭,鎌田貢寿,小林豊,比企能之(内): 第19回日本腎臓病学会東部部会 (89.06.09), 東京.

1351. [学会] (一般講演) IgA腎症経過中に急性糸球体腎炎を合併した1症例. 比企能之,田村浩三,黒川昭,上山三代子,阪聡,小林豊(内): 第19回日本腎臓病学会東部部会 (89.06.09), 東京.

1352. [学会] (一般講演) 糸球体の半月体形成ならびにC3沈着を認めた間質性腎炎による急性腎不全の1例. 大石昌也,鏑木宏,平石聡,北條みどり,飯高喜久雄,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第19回日本腎臓学会東部部会 (89.06.10), 東京.

1353. [学会] (一般講演) SubclinicalにSjogren症候群の合併を疑わせたLupus腎炎の1小児例. 北條みどり,飯高喜久雄,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第19回日本腎臓学会東部部会 (89.06.10), 東京, 予稿集,p.122, 1989.

1354. [学会] (一般講演) 臨床的に間質障害をきたした紫斑病性腎炎2例の臨床病理学的検討. 井桁真由美,小澤美和,黄金井さつき,関根徹,真銅太郎,梅原実,北條みどり,河西紀昭(児): 第179回日本小児科学会神奈川地方会 (89.06.17), 横浜.

1355. [学会] (一般講演) 膀胱を温存し得た巨大膀胱腫瘍の1例. 横田真二,岩村正嗣,入江啓,増井則昭,本田直康,横山英二,石橋晃,小柴健(泌): 第32回神奈川泌尿器科医会 (89.06.19), 伊勢原.

1356. [学会] (一般講演) 腎不全モデルに対する経口吸着剤AST-120の影響に関する研究. 吉田義幸(済生会横浜市南部病院)、酒井糾(泌): 第24回日本小児腎臓病学会 (89.06.29), 名古屋.

1357. [学会] (一般講演) 最近5年間に発症した小児SLE13例の発見動機からみた臨床病理学的検討. 北條みどり,河西紀昭,飯高喜久雄(児),酒井糾(泌): 第24回日本小児腎臓病学会 (89.06.29), 名古屋, 日本小児腎臓病学会雑誌,2(2): 147, 1989.

1358. [学会] (一般講演) 小児腎疾患における免疫抑製剤多剤少量併用療法. 河西紀昭,北條みどり,蒲原孝,水野諭(児),酒井糾(泌): 第24回日本小児腎臓病学会 (89.07.01), 名古屋, 予稿集, p.235, l989.

1359. [学会] (一般講演) 血液透析患者に対する1,25(OH)2D3パルス療法のPTH分泌抑制効果の機序に関する検討. 塚本雄介,野村幸範(内),富樫和美(北里ラボ),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第7回日本骨代謝学会 (89.07.08〜09), 東京.

1360. [学会] (一般講演) 1α(OH)D3/CaCO3交互投与法による腎性骨異栄養症の治療. 塚本雄介,野村幸範,阪聡,大久保充人(内): 第34回日本透析療法学会 (89.07.10), 東京.

1361. [学会] (一般講演) 透析患者における炭酸カルシウム(CaCO3)投与が原因と思われた透析患者の腎結石症例. 阪聡,吉田煦,野村幸範,永岡隆,塚本雄介,大久保充人,木川田隆一(内): 第34回日本透析療法学会 (89.07.10), 東京.

1362. [学会] (一般講演) エリスロポエチン(EPO)投与により、心・循環器系合併症の著明な改善がえられた維持透析症例. 吉田煦,黒川昭,上山三代子,鎌田貢寿,大久保充人,木川田隆一(内): 第34回日本透析療法学会 (89.07.10), 東京.

1363. [学会] (一般講演) CAPD患者の末梢神経伝達速度について. 高木裕,熊野和雄,酒井糾,高橋裕一郎(泌): 第34回日本透析療法学会 (89.07.10), 東京.

1364. [学会] (一般講演) 腎嚢胞を伴った胸部腎の1例. 志村哲,吉田一成,門脇和臣,小林健一,石橋晃(泌): 第464回日本泌尿器科学会東京地方会 (89.07.13), 東京, 日本泌尿器科学会雑誌, 81(1): 144, 1990.

1365. [学会] (一般講演) Early Detection of Renal Disease by Urinary NAG Index. Igarashi Sumiko,Kaneko Haruji,Yagisawa Katsumi,Nagasaka Yasuhiro,Taguchi Hirokazu,Fujiwara Yoshito(県予防協会,横浜市大),石館武夫(児),酒井糾(泌): 8th Congress of the International Pediatric Nephrology Association (89.08.27), Toronto, 抄録号, 2020, 1989.

1366. [学会] (一般講演) Two Cases of Congenital Nephrotic Syndrome in 2 Days of Life. 飯高喜久男,北條みどり,伊藤民恵(児),酒井糾(泌): 8th Congress of the International Pediatric Nephrology Association (89.08.28), Toronto.

1367. [学会] (一般講演) Oral Adsorbent (AST-120) Reduces Mesangial Trappment of Macromolecules, Glomerular Hypertrophy and Improves Renal Morphology in the Rat Model of Subtotal Nephrectomy. Yoshida, Y.( 済生会横浜市南部病院),酒井糾(泌),桑尾定仁(病理): 第8回国際小児腎臓病学会 (89.08.28), トロント.

1368. [学会] (一般講演) Antiplatelet Agents and Fresh Frozen Plasma in Hemolytic Uremic Syndrome(HUS)-Serum Creatinine Elevation Rate Per Hour as an Indicator. 北條みどり,河西紀昭(児): 8th Congress of the International Pediatric Nephrology Association (89.08.28), Toronto, Pediatric Nephrology, 3(4): c185, 1989.

1369. [学会] (一般講演) Clinico-Histopathological Correlation in 50 Cases of Henoch-Schoenlein Purpura Nephritis. 河西紀昭,北條みどり(児): 8th Congress of the International Pediatric Nephrology Association (89.08.28), Toronto, 予稿集,9-084, 1989.

1370. [学会] (一般講演) Effect of Oral-adsorbent (AST-120) in Uremic Rats: A Break in the Vicious Cycle. 酒井糾(泌),桑尾定仁(病理),Yoshida, Y.( 済生会横浜市南部病院): 第8回国際小児腎臓病学会 (89.08.31), トロント.

1371. [学会] (一般講演) Proteinuria Starts from Deep Nephrons in Experimental Model of Focal Glomerulosclerosis. 石館武夫(児): 8th Congress of the International Pediatric Nephrology Association (89.08.31), Toronto, 抄録号,9045. l989.

1372. [学会] (一般講演) Castleman病により急性腎不全を呈しステロイド療法を施行した1例. 花田伸英,野村幸範,塚本雄介,舘野純生,比企能之,黒川昭,藤野由美,小林豊,木川田隆一(内),笠井潔,奥平雅彦(病理): 第385回日本内科学会関東地方会 (89.09.09), 東京.

1373. [学会] (一般講演) ループスモデルマウスにおける15-deoxyspergualin (DSP)の作用機序に関する検討. 大久保充人,鎌田貢寿(内),真崎義彦(実動系),内山竹彦: 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京.

1374. [学会] (一般講演) 腎移植後死亡例における死亡要因の検討. 田村浩三,若林靖久,塚本雄介,鎌田貢寿,大久保充人,木川田隆一(内),中山義介,刑部恒男,横田和彦,佐藤光史(外),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠 雄,酒井糾(泌): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京, 移植, 24(臨): 187, 1989.

1375. [学会] (一般講演) 腎移植における尿中インターロイキン2濃度の測定意義について. 入江啓,熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄,酒井糾,小柴健(泌),大久保充人(内): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京, 移植, 24: 179, 1989.

1376. [学会] (一般講演) 温阻血腎の単純表面冷却保存に関する研究. 熊野和雄,遠藤忠雄,酒井糾,小柴健(泌): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京, 移植, 24: 223, 1989.

1377. [学会] (一般講演) 腎移植が透析アミロイドーシスに及ぼす影響について. 熊野和雄,入江啓,真下節夫,遠藤忠雄,酒井糾,小柴健(泌),横田和彦(外),大久保充人(内): 第25回日本移植学会総会 (89.09.12), 東京, 移植, 24: 234, 1989.

1378. [学会] (一般講演) High Flux Membraneを用いた血液濾過透析における低分子量蛋白除去能の経時的変化. 小山誠(腎センター),熊野和雄(泌),南部正人,草刈修一(腎センター),酒井糾(泌): 第27回日本人工臓器学会大会 (89.09.29), 旭川.

1379. [学会] (一般講演) Thromboxane-A2-Induced Calcium Mobilization and Phosphoinositide Turnover in Cultured Rat Aorta Vascular Smooth Muscle Cells. 横田真二,熊野和雄,酒井糾(泌),Elwood E. Reynolds (Cleveland Clinic Foundation): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 643, 1989.

1380. [学会] (一般講演) 腎被膜下腎摘出術:拒絶反応を起こした移植腎の摘出. 遠藤忠雄,熊野和雄,入江啓,吉田一成,横田真二,真下節夫,小柴健(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

1381. [学会] (一般講演) 初期診断が困難であった精巣腫瘍の検討. 小田島邦男,沢村正之,浅野友彦,長倉和彦,中村宏(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京, 予稿集, p.222, 1989.

1382. [学会] (一般講演) 小児におけるI-123 Hippuranを用いた腎血流量測定について. 田村郁夫(都立豊島病院),他,石井勝己(放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.21), 大津, 核医学, 26(8): 1087, 1989.

1383. [学会] (一般講演) 術中X線撮影におけるインスタントフィルムの応用. 小田島邦男,沢村正之,中村宏(泌): 第39回日本泌尿器科学会中部総会 (89.11.04〜05), 富山.

1384. [学会] (一般講演) 軽度蛋白尿IgA腎症の臨床経過. 小林豊,比企能之,黒川昭,舘野純生(内): 第32回日本腎臓学会 (89.11.09), 浜松.

1385. [学会] (一般講演) IgA腎症におけるIgA抗ヒトIgA抗体の存在. 比企能之,小林豊(内): 第32回日本腎臓学会 (89.11.09), 浜松.

1386. [学会] (一般講演) 長期CAPD患者における腹膜機能の経時変化. 高木裕,熊野和雄,酒井糾(泌): 第32回日本腎臓学会総会 (89.11.09), 浜松.

1387. [学会] (一般講演) ラット腎不全モデルに対する経口吸着剤AST-120の影響に関する検討. 酒井糾,熊野和雄(泌),新村文男(児),桑尾定仁(病理),吉田義幸(済生会横浜市南部病院): 第32回日本腎臓学会総会 (89.11.09), 浜松.

1388. [学会] (一般講演) アンジオテンシン交換酵素阻害剤(ACE1)の慢性腎不全(CRF)進行阻止への効果. 熊野和雄,入江啓,横田真二,酒井糾(泌): 第32回日本腎臓学会総会 (89.11.09), 浜松, 予稿集, p.173, 1989.

1389. [学会] (一般講演) 小児IgA腎症の臨床病理学的検討. 北條みどり,新村文男,飯高喜久雄,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第32回日本腎臓病学会総会 (89.11.09), 浜松, 予稿集,p.129, 1989.

1390. [学会] (一般講演) 小児腎移植患者におけるNa, K排泄の検討. 新村文男(児),熊野和雄(泌),北條みどり,飯高喜久雄,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第32回日本腎臓病学会総会 (89.11.09), 浜松, 予稿集,p.171, 1989.

1391. [学会] (一般講演) ラット腎不全モデルに対する経口吸着剤AST-120の影響に関する検討. 新村文男(児),熊野和雄,酒井糾(泌),桑尾定仁(病理),吉田義幸(済生会横浜市南部病院),伊勢道仁,菅野三喜男,上原康夫(呉羽化学): 第32回日本腎臓病学会総会 (89.11.09), 浜松, 予稿集,p.173, 1989.

1392. [学会] (一般講演) すでに発症した実験ループス腎症に対する15-deoxyspergualin (DSP)の治療効果(U)組織学的確認. 鎌田貢寿,井上慶一,大久保充人(内),真崎義彦(実動系): 第32回日本腎臓学会 (89.11.10), 浜松.

1393. [学会] (一般講演) SLE腎症による透析症例の臨床的特徴と腎不全発症進展要因の検討. 田村浩三(内): 第32回日本腎臓学会 (89.11.10), 浜松.

1394. [学会] (一般講演) 15-deoxyspergualin (DSP)によるNew Zealandマウス(B/Wマウス)腎症の治療;第2報. 効果の容量依存性に関する検討. 大久保充人,雨宮賢一,鎌田貢寿(内),真崎義彦(実動系): 第32回日本腎臓学会 (89.11.10), 浜松.

1395. [学会] (一般講演) 男性ループス腎炎の臨床病理学的研究. 舘野純生,小林豊,比企能之(内),土田弘基,浜口欣一(国立佐倉病院): 第32回日本腎臓学会 (89.11.10), 浜松.

1396. [学会] (一般講演) 巣状糸球体硬化症に対するステロイド反応性について. 黒川昭,比企能之,鎌田貢寿,舘野純生,小林豊(内): 第32回日本腎臓学会 (89.11.11), 浜松.

1397. [学会] (一般講演) Changes in Serum Albumin in Renal Transplant Recipients. 熊野和雄,入江啓,真下節夫,遠藤忠雄(泌),Era, S.,Sogami, M.(岐阜大): The lst Congress of the Asian Transplantation Scciety (89.11.23), インドネシア・バリ島.

1398. [学会] (一般講演) Kidney Transplantation, Nephrotic Syndrome with Minimal Histologic Change in Focal Segmental Glomerulosclerosis: Clinical Recurrence? 酒井糾,熊野和雄(泌),河西紀昭,飯高喜久雄(児),Lee, J.D.,遠藤忠雄(泌),桑尾定仁(病理): The lst Congress of the Asian Transplantation Scciety (89.11.24), インドネシア・バリ島.

1399. [学会] (一般講演) Extracorporeal Shockwave Lithotripsy of Ureteropelvic Junction Stones. 真下節夫,荒川孝,久保星一,小柴健(泌): 7th World Congress on Endourology and ESWL (89.11.28), 京都.

1400. [学会] (一般講演) 北里大学における腎移植の現況(]X). 渡部浩二,柏木登(移植免疫): 第808回千葉医学会例会,第5回第2外科例会 (89.12.00), 千葉.

1401. [学会] (一般講演) Heterogeneity of Calcium Pump Activity in Proximal and Distal Tubules of Rat Kidney. 塚本雄介,阪聡(内), Saitoh, M.,Sugimura, K.: 22nd Ann. Meet. Am. Soc. Nephrol. (89.12.03〜06), Washington, D.C.

1402. [学会] (一般講演) Arrest in Progression of Advanced Glomerular Disease in New Zealand Mice (B/W Mice) by 15-deoxyspergualin (DSP). 井上慶一,大久保充人,鎌田貢寿,若林靖久(内): 22nd Ann. Meet. Am. Soc. Nephrol. (89.12.03〜06), Washington, D.C., Kidney Int., 37(1): 417, 1990.

1403. [学会] (一般講演) Treatment of Heymann Nephritis (HN) by Bactobolin (BN). 鎌田貢寿,竹内康雄,内田満美子,佐藤直之,黒川昭,小林豊,大久保充人(内): 22nd Ann. Meet. Am. Soc. Nephrol. (89.12.03〜06), Washington, D.C., Kidney Int., 37(1): 418, 1990.

1404. [学会] (一般講演) Oxidative Stress in Maintenance Dialysis Patients. 熊野和雄(泌),中村国衛(分生),草刈修一,南部正人(腎セン),酒井糾(泌): 22nd the American Society of Nephrology (89.12.04), ワシントン.

1405. [学会] (一般講演) Vo2 max測定時における尿中電解質の検討. 新村文男,北條みどり,河西紀昭,門井伸暁,箕浦克則,渡辺登,中嶋英彦(児): 日本体力医学会関東地方会 (89.12.09), 東京.

1406. [学会] (一般講演) 体外衝撃波結石破砕装置(Therasonics)使用による上部尿路結石治療経験. 黒川純,泉博一,小柴健,真下節夫,貫井文彦,岡本重禮(泌): 第27回埼玉県医学会総会 (90.01.21), 埼玉.

1407. [学会] (一般講演) Once-A-Week Self Administered Subcutaneous (sc) Erythropoietin (EPO): The Optimal Route of EPO for CAPD Patients. 横田真二,熊野和雄,入江啓,酒井糾(泌): 10th Annual Conference on: Peritoneal Dialysis (90.02.08), Dallas.

1408. [学会] (一般講演) Oxidative Stress in Patients with CAPD. 熊野和雄,横田真二(泌),中村国衛(分生),入江啓,酒井糾(泌): 10th Annual Conference on: Peritoneal Dialysis (90.02.08), Dallas.

1409. [学会] (一般講演) Once-a-Week Self Administrated Subcutaneous Erythropoietin: The Optimal Route of EPO for CAPD Patients. 横田真二,入江啓,熊野和雄,酒井糾(泌): 10th Annual Conference on : Peritoneal Dialysis (90.02.08〜10), Texas.

1410. [学会] (一般講演) 血漿交換療法とパルス療法により改善がみられた抗糸球体基底膜抗体による急速進行性糸球体腎炎の1例. 雨宮賢一,塚本雄介,比企能之,舘野純生,小林豊,木川田隆一(内): 第389回内科学会関東地方会 (90.02.10), 東京.

1411. [学会] (一般講演) 尿道異物の1例. 須山出穂,内田豊昭,呉幹純,入江啓,古畑誠之,大堀理,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第1回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (90.02.17), 横浜.

1412. [学会] (一般講演) 後腹膜脂肪腫の1例. 原野裕司,庄司清志(泌),松崎章二(自衛隊横須賀病院): 第1回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (90.02.17), 横浜.

1413. [学会] (一般講演) ミューラー管嚢胞の1例−経直腸的超音波断層像(TRUS), CT, MRI各画像の対比検討. 須山出穂,向井伸哉,呉幹純,藤野淡人,石橋晃(泌): 第9回日本画像医学会 (90.02.26), 東京.

1414. [学会] (一般講演) 腎性上皮小体機能亢進症におけるCa負荷試験、術前生化学検査値と摘出上皮小体重量との相互関係. 内田久則,西村洋治,秋山七千男,杉本久之,横田和彦,刑部東治(外),鎌田貢寿,大久保充人(内),丸茂文昭(東京医科歯科大),亀谷徹(病理): 第1回日本内分泌外科学会 (89.00.00), 東京.

1415. [学会] (一般講演) 腎移植臨床におけるciclosporine, mizoribine, steroid, ALG 4剤合併投与法. 刑部恒男,刑部東治,横田和彦,瀧島常雅,中山義介,佐藤光史(外),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌),鎌田貢寿,大久保充人(内),渡部浩二,柏木 登(臓移),内田久則(東大): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京, 移植, 24(臨増): 149, 1989.

1416. [学会] (一般講演) 腎移植患者開腹手術症例の臨床的検討. 横田和彦,中山義介,刑部恒男,佐藤光史,今井潔,瀧島常雅(外),鎌田貢寿,大久保充人(内),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌),渡部浩二(臓 移),内田久則(東大): 第25回日本移植学会総会 (89.09.12), 東京, 移植, 24(臨増): 302, 1989.

1417. [学会] (一般講演) Advantages of Mizoribine over Azathioprine in Combination Therapy with Cyclosporine for Renal Transplantation. Mita, K.,刑部恒男,中山義介,横田和彦,佐藤光史,内田久則(外): W Congress of the European Society for Organ Transplantation (89.11.1〜4), Barcelona, Spain, Abstract, p.198, 1989.

1418. [学会] (一般講演) Preservation of Canine Kidneys with Simple Surface Cooling Using Eurocollins Solution Added with a High Concentration of Urokinase. 真崎義彦(実動系),横田和彦,佐藤光史,刑部恒男,中山義介,瀧島常雅(外),奥平雅彦(病理),宮沢七郎(電顕センター),内田久則(外): 1st Congress of the Asian Transplantation Society (89.11.22), バリ, インドネシア.

1419. [学会] (一般講演) Advantage of Triple Therapy with Mizoribine, Ciclosporine and Prednisolone over Other Types Triple and/or Double Therapy Including Ciclosporine for Renal Transplantation. 内田久則(東大),Nishimura, Y.,Mita, K.,刑部恒男,中山義介,横田和彦,佐藤光史(外),遠藤忠雄(泌),大久保充人(内): 1st Congress of the Asian Transplantation Society (89.11.22), バリ, インドネシア, 抄録集, p.180, 1989.

1420. [研究会] (記念講演) 慢性腎疾患と透析の合併症. 酒井糾(泌): 東腎協第17回総会 (89.04.02), 東京.

1421. [研究会] (特別講演) 慢性腎不全の保存期療法と腎移植. 熊野和雄(泌): 熊谷市医師会講演会 (88.12.21), 熊谷市.

1422. [研究会] (特別講演) 最近の腎不全治療について. 熊野和雄(泌): 松山市医師会講演会 (89.03.20), 松山市.

1423. [研究会] (特別講演) 腎不全医療におけるCAPD治療の果たす役割−ケアシステムについて−. 酒井糾(泌): 秋田県CAPD懇談会 (89.04.0l), 秋田.

1424. [研究会] (特別講演) 長期透析患者の骨合併症について. 熊野和雄(泌): 第1回下関透析医療施設学術講演会 (89.05.13), 下関.

1425. [研究会] (特別講演) 腎疾患 care system −腎不全管理におけるCAPDの位置づけ−. 酒井糾(泌): 第1回下関透析医療施設学術講演会 (89.05.13), 下関.

1426. [研究会] (特別講演) CAPDの現状. 酒井糾(泌): 第12回神奈川県CAPD看護研修会 (89.05.28), 神奈川.

1427. [研究会] (特別講演) 非ネフローゼ型糸球体腎炎のステロイド療法. 小林豊(内): 第2回千葉県腎セミナー (89.06.00), 千葉.

1428. [研究会] (特別講演) CAPD患者の腹膜炎と精神的支援について. 熊野和雄(泌): 第11回群馬県CAPD看護セミナー (89.06.03), 群馬.

1429. [研究会] (特別講演) 腎不全のトータルケアー. 酒井糾(泌): 第3回九州小児ネフロロジー研究会 (89.06.10), 福岡.

1430. [研究会] (特別講演) 腎疾患患児の生理・病理. 酒井糾(泌): 第5回養護学校保健管理講習会 (89.08.03), 横須賀.

1431. [研究会] (特別講演) 「いま医療の世界では」−医療人としての役割を考える−. 酒井糾(泌): モダンユリナリシス講演会 (89.10.22), 秋田市.

1432. [研究会] (特別講演) 医療新時代のニューコンセプトは学校保健に如何なる影響を及ぼしているか. 酒井糾(泌): 第37回北陸三県学校保健研究協議会 (89.10.28), 小松市.

1433. [研究会] (特別講演) 透析患者へのエリスロポエチンの投与と副作用について. 鎌田貢寿(内): 福島腎性貧血研究会 (89.11.18), 福島.

1434. [研究会] (特別講演) CAPD療法. 酒井糾(泌): サテライトセミナー(血液浄化技術セミナ) (89.12.03), 東京.

1435. [研究会] (特別講演) エリスロポエチンの腎不全・透析患者での使用成績と今後の展望. 酒井糾(泌): 第2回岩手エリスロポエチン研究会 (90.02.13), 盛岡.

1436. [研究会] (特別講演) 透析アミロイドーシス. 熊野和雄(泌): 熊本県透析研究会 (90.02.23), 熊本.

1437. [研究会] (特別講演) 医療新時代のCAPD療法のありかた. 酒井糾(泌): 第5回関西・中・四国CAPDナースセミナー (90.02.25), 大阪.

1438. [研究会] (特別講演) 医療新時代のニューコンセプト−医療人しての役割−. 酒井糾(泌): 第14回神奈川県CAPD看護研究会 (90.03.18), 横浜.

1439. [研究会] (特別講演) 小児の腎臓病−管理と治療、最近の話題−. 酒井糾(泌): 小田原市医師会学術講演会 (90.03.29), 小田原.

1440. [研究会] (特別講演) 小児腎不全におけるエリスロポエチン投与の実際. 酒井糾(泌): 京都腎不全治療懇談会 (90.03.31), 京都.

1441. [研究会] (教育講演) 血液透析中の事故と対策. 酒井糾(泌): 第18回透析療法従事職員研修会 (89.07.21), 東京.

1442. [研究会] (教育講演) ROD治療の新しい展開. 塚本雄介(内): 第2回兵庫県ROD懇話会 (89.09.09), 神戸, 腎と骨代謝, 3(1): 146, 1990.

1443. [研究会] (教育講演) 小児期腎疾患の管理と指導. 酒井糾(泌): 第39回全国学校保健研究大会 (89.11.17), 水戸市.

1444. [研究会] (教育講演) 透析アミロイドーシスの臨床. 酒井糾(泌): 第35回埼玉県腎不全懇談会研究発表会 (89.12.01), 大宮.

1445. [研究会] (教育講演) 小児でのCAPD療法の現況と展望. 酒井糾(泌): 在宅医療研究会 (90.02.27), 東京.

1446. [研究会] (教育講演) 子供の腎臓病の管理と治療. 酒井糾(泌): 腎臓疾患講演会 (90.02.28), 小田原.

1447. [研究会] (教育講演) 腎移植−臨床医はどうかかわるのか−. 酒井糾(泌): 神奈川県保健医協会地域医療学習会 (90.03.09), 横浜.

1448. [研究会] (シンポジウム) 経口1,25(OH)2D3パルス療法による高度二次性副甲状腺機能亢進症の治療. 塚本雄介,野村幸範(内),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第8回腎と骨代謝研究会 (89.10.07), 大阪.

1449. [研究会] (シンポジウム) 腹圧性尿失禁の実態調査と膀胱頚部つりあげ術の経験. 横山英二(泌): 神奈川頻尿・尿失禁シンポジウム (89.11.11), 横浜.

1450. [研究会] (パネル) 小児の腎移植. 遠藤忠雄(泌): 第11回小児腎不全研究会 (89.09.21〜22), 新潟.

1451. [研究会] (ワ−クショップ) CAPD長期施行例の問題点;とくに腎性骨異栄養症と成長発育について. 伊藤民恵(児): 第3回小児CAPD勉強会 (89.09.21), 新潟.

1452. [研究会] (一般講演) 学校検尿、継続管理の意義. 酒井糾(泌): 厚生省特定疾患調査研究班「進行性腎障害」平成元年度研究業績発表会発表年月日¥(90.02.09), 東京.

1453. [研究会] (一般講演) IgA腎症にてfollow中にScholein-Henoch紫斑病を合併し、ネフローゼ症候群を呈した1例. 富永毅彦,田畑伊都子,福田悦子,大塚英司,大久保充人(内),玉置憲一: 第43回神奈川県内科医学会集談会 (89.00.00), 葉山.

1454. [研究会] (一般講演) 泌尿器科領域での柴苓湯の使用経験. 石橋晃,三木信男(泌): 第5回臨床東洋医学研究会 (89.05.26), 東京.

1455. [研究会] (一般講演) 移植腎動脈狭窄に対するPTA. 遠藤高,草野正一,井筒睦,松本玲子,金井塚文明,小林成司,谷田理一郎(放): 第1回関東Interventional Radiology研究会 (89.08.05), 東京, 日本血管造影Interventional Radiology研究会雑誌, 4(2): 128, 1989.

1456. [研究会] (一般講演) 高度の糸球体腎炎、尿細管・間質性腎炎を伴ったCastleman病の1例. 比企能之,野村幸範,塚本雄介,黒川昭,鎌田貢寿,舘野純生,小林豊(内): 第12回神奈川腎炎研究会 (89.09.00), 横浜.

1457. [研究会] (一般講演) 腎内動脈閉塞による小児血管性高血圧症の1例−部分的腎動脈塞栓術の有用性. 西巻博,堀池重治,谷田理一郎,小林茂樹,西山正吾,池田俊昭,田所克己(放),上山泰淳,長谷川理,伊藤拓(清瀬小児病院): 第15回日本血管造影 Interventional Radiology 研究会 (89.09.00), 名古屋, 日本血管造影 Interventional Radiology 研究会雑誌, 4(2): 80, 1989.

1458. [研究会] (一般講演) 下顎骨嚢腫の摘出によりエリスロポエチンの効果を認めた小児CAPD症例. 北條みどり(児): 第4回神奈川CAPD研究会 (89.09.09), 横浜, 予稿集, p.102, 1989.

1459. [研究会] (一般講演) 持続性隆起性紅斑,若年性関節リウマチ様の関節炎に巣状糸球体硬化症を伴った1男児例. 新村文男,北條みどり,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第12回神奈川腎炎研究会 (89.09.16), 横浜, 腎炎症例研究, 6: 115〜119, 1990.

1460. [研究会] (一般講演) 短期間に3回の急性腎不全発作を起こした間質性腎炎の1男児例. 新村文男,北條みどり,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第11回小児腎不全研究会 (89.09.21), 新潟.

1461. [研究会] (一般講演) シクロスポリンを投与した小児腎移植患者10例の臨床的検討. 新村文男(児),熊野和雄(泌),北條みどり,飯高喜久雄,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第11回小児腎不全研究会 (89.09.22), 新潟.

1462. [研究会] (一般講演) 幼若及び高週齢ラットにおける腎不全の進行について−腎亜全摘モデルを用いての検討−. 新村文男(児),酒井糾(泌),伊勢道仁,上原康夫(呉羽化学生物医学研究所): 第11回小児腎不全研究会 (89.09.22), 新潟.

1463. [研究会] (一般講演) 腎不全モデルに対する経口吸着剤AST-120投与の影響に関する研究−糸球体血行動態に関する検討−. 吉田義幸( 済生会横浜市南部病院),酒井糾(泌): 第11回小児腎不全研究会 (89.09.22), 新潟.

1464. [研究会] (一般講演) 下顎嚢腫の摘出で貧血の改善をみた1症例−Recombinant Erythropoietin(r-EPO)の反応性の改善−. 北條みどり,新村文男,伊藤民恵,飯高喜久雄,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第11回小児腎不全研究会 (89.09.22), 新潟, 予稿集,p.102, 1989.

1465. [研究会] (一般講演) 妊娠出産により著しく軽快した特発性浮腫の1例. 守屋利佳,野村幸範,塚本雄介,大久保充人(内): 第21回東京臨床体液研究会 (89.10.14), 東京.

1466. [研究会] (一般講演) 腎移植人工血管吻合術における生理的組織接着剤の有用性について. 入江啓,横田真二,熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌): 第4回腎移植血管外科研究会 (89.11.03), 富山.

1467. [研究会] (一般講演) 低体重小児の腎移植の手術手技(ビデオ). 遠藤忠雄(泌): 第4回腎移植血管外科研究会 (89.11.03), 富山.

1468. [研究会] (一般講演) 生体donorの腎摘除術(ビデオ). 遠藤忠雄(泌): 第4回腎移植血管外科研究会 (89.11.03), 富山.

1469. [研究会] (一般講演) 防衛医大泌尿器科で行っている生体腎移植の手術手技について. 沢村正之,清水俊次,川畑幸嗣,高尾雅也,浅野友彦,長倉和彦,家田和夫,村井勝,中村宏(泌): 第4回腎移植血管外科研究会 (89.11.03), 富山.

1470. [研究会] (一般講演) 内シャント部人工血管に偽動脈瘤が多発した1例. 吉田一成,黒川純,門脇和臣,熊野和雄,遠藤忠雄,酒井糾(泌): 第4回腎移植血管外科研究会 (89.11.03), 富山.

1471. [研究会] (一般講演) 腎サンゴ状結石症に対するESWLの治療経験. 荒川孝,石田裕則,久保星一,真下節夫,小柴健(泌): 第3回日本Endourology ESWL研究会 (89.11.27), 京都.

1472. [研究会] (一般講演) AST-120が尿細管に及ぼす影響の検討. 新村文男(児),酒井糾(泌),伊勢道仁,上原康夫(呉羽化学): 尿毒症病態研究会 (89.12.02), 岐阜.

1473. [研究会] (一般講演) CAPD患児における腎性骨異栄養症についての検討. 伊藤民恵,北條みどり,新村文男,石館武夫,飯高喜久雄,河西紀昭(児),堀池重治(放),酒井糾(泌): 小児CAPD研究会 (90.01.13), 横浜, 予稿集,p.10, 1990.

1474. [研究会] (一般講演) 血液透析導入時、胸部X線所見について. 和田源司,明石敏彦,苅部ひとみ,桜井明美,沓掛伸二,土屋章,大久保充人(内): 第822回千葉医学例会、第23回肺癌研究施設例会 (90.01.15), 千葉.

1475. [研究会] (一般講演) 術後早期に腎機能低下,血小板減少,貧血をきたし,OKT3が著効を呈した小児生体腎移植の1例. 新村文男,山田俊彦,関根徹,北條みどり,河西紀昭(児),入江啓,横田真二,熊野和男,真下節夫,遠藤忠雄,酒井糾,小柴健(泌): 第23回腎移植臨床検討会 (90.01.26), 大津, 予稿集,p.69, 1990.

1476. [研究会] (一般講演) 腎移植後にCMV感染症を呈した2例. 守屋利佳,雨宮賢一,洞田映子,田村浩三,鎌田貢寿,大久保充人,木川田隆一(内),刑部恒男,中山義介,佐藤光史(外),入江啓,熊野和雄,真下節夫, 遠藤忠雄,小柴健(泌): 第23回腎移植臨床検討会 (90.01.27), 大津, 予稿集, p.110, 1990.

1477. [研究会] (一般講演) IgA腎症における間質病変の評価. 河西紀昭,北條みどり(児),酒井糾(泌): 厚生省心身障害研究平成元年度「小児腎疾患の進行阻止と長期管理のシステム化に関する研究」 (90.01.31), 東京.

1478. [研究会] (一般講演) CAPD患者におけるリン吸着剤としてのCaCO3の効果および副作用について. 伊藤民恵,飯高喜久雄(児),酒井糾(泌): 厚生省心身障害研究平成元年度「小児腎疾患の進行阻止と長期管理のシステム化に関する研究」 (90.01.31), 東京.

1479. [研究会] (一般講演) 小児CAPD患者の社会復帰. 酒井糾(泌),北條みどり,河西紀昭,新村文男,飯高喜久雄,伊藤民恵(児),熊野和雄(泌): 厚生省心身障害研究平成元年度「小児腎疾患の進行阻止し長期管理のシステムに関する研究」 (90.01.31), 東京.

1480. [研究会] (一般講演) IgA腎症の進行性の見極め−中等度以上の蛋白尿症例について. 小林豊,比企能之,舘野純生,黒川昭(内): 厚生省特定疾患調査研究班「進行性腎障害」平成元年度研究発表会 (90.02.00), 東京.

1481. [研究会] (一般講演) 早期治療(予防対策中心)に関する研究. 酒井糾(泌),河西紀昭(児): 「腎不全医療研究事業」平成元年度研究業績発表会 (90.02.02), 東京.

1482. [研究会] (一般講演) 妊娠前半期に尿蛋白が出現しネフローゼ症候群へと進展した2症例. 鎌田貢寿,小澤顕一,田村浩三,黒川昭,比企能之,舘野純生,小林豊(内): 第13回神奈川腎炎研究会 (90.02.03), 横浜.

1483. [研究会] (一般講演) IgA腎症の発症から移植まで. 新村文男,北條みどり,河西紀昭(児),酒井糾(泌): 第13回神奈川腎炎研究会 (90.02.03), 横浜, 予稿集,p.6, 1990.

1484. [研究会] (一般講演) 再燃を繰り返したループス腎炎の1例. 上山三代子,黒川昭,鎌田貢寿,小林豊,比企能之(内): 第11回神奈川腎炎研究会 (90.03.04), 横浜,

1485. [研究会] (一般講演) 微生物二次代謝産物の免疫抑制作用、特に腎炎発症および進展の抑制について. 大久保充人,鎌田貢寿(内),真崎義彦(実動系): 厚生省自己免疫疾患治療薬の開発研究班第6回総会 (90.03.16), 東京.

1486. [研究会] (一般講演) PAN17DXでの低分子量蛋白の除去能の検討. 小山誠(腎センター),熊野和雄(泌),南部正人,林久美子,城井晴美,清水範子,草刈修一(腎センター),酒井糾(泌): 第5回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会 (90.03.17), 東京.

1487. [研究会] (一般講演) 腎性上皮小体機能亢進症における摘出上皮小体の病理組織学的検討. 杉本久之,秋山暢夫,内田久則,刑部東治,横田和彦,佐藤光史(外),鎌田貢寿,塚本雄介,大久保充人(内): 第37回神奈川腎研究会 (89.00.00), 神奈川.

1488. [研究会] (一般講演) 腎再移植症例の検討. 佐藤光史,横田和彦,瀧島常雅,中山義介,刑部恒男,阿曽弘一(外),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌),鎌田貢寿,大久保充人(内),渡部浩二,柏木 登(臓移),内田久則(東大): 第22回腎移植臨床検討会 (89.02.17), 伊香保, 移植, 24(6): 664, 1989.

1489. [研究会] (一般講演) 腎移臨床におけるciclosporine, mizoribine, steroid, ALG 4剤合併投与法. 刑部恒男,刑部東治,横田和彦,瀧島常雅,中山義介,佐藤光史(外),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌),鎌田貢寿,大久保充人(内),渡部浩二,柏木 登(臓移),内田久則(東大): 第12回臨床移植免疫研究会 (89.06.10), 東京.

1490. [研究会] (一般講演) 脳死患者からの腎摘出の工夫. 中山義介,今井潔,瀧島常雅,刑部恒男,横田和彦,佐藤光史(外),内田久則(東大),・田章(外),熊野和雄,遠藤忠雄(泌),大久保充人(内): 第23回腎移植臨床検討会 (90.01.26), 大津, 腎移植臨床検討会誌, 23: 22, 1990.

1491. [研究会] (一般講演) 屍体腎移植におけるciclosporine, mizoribine, steroid, ALG 4剤合併投与法. 刑部恒男,中山義介,今井潔,横田和彦,佐藤光史,・田章(外),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌),大久保充人(内),渡部浩二,柏木登(臓移),内 田久則(東大): 第23回腎移植臨床検討会 (90.01.26), 大津, 腎移植臨床検討会誌, 23: 58, 1990.

1492. [研究会] (一般講演) 腎再移植症例の検討. 佐藤光史,今井潔,瀧島常雅,中山義介,刑部恒男,・田章(外),熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌),鎌田貢寿,大久保充人(内),渡部浩二,柏木登 (臓移),横田和彦(外),内田久則(東大): 第23回腎移植臨床検討会 (90.01.26), 大津, 腎移植臨床検討会誌, 23: 60, 1990.


<<108 生殖器>>

1493. [原著] T-3262 (tosafloxacin tosilate)の前立腺組織内分布の検討. 池田滋,西村清志,石橋晃(泌): Chemotherapy, 37(9): 1149〜1153, l989.

1494. [原著] γ-Seminoproteinに対するモノクローナル抗体の研究. 藤野淡人,石橋晃,小柴健(泌),星合治,相磯貞和,安田健次郎(慶大),十河孝(コスモ総研): 日本泌尿器科学会雑誌, 81(1): 37〜44, l990.

1495. [原著] Mechanism for the Removal of Residual Cytoplasm from Spermatids during Mouse Spermiogenesis. 酒井康弘,山科正平(解): Anat. Rec., 223(1): 43〜48, 1989.

1496. [原著] Analgesia and Anesthesia during Labor in Japan and Developed Countries. 新井正夫,西島正博,巽英樹(産婦): Asia-Oceania J. Obstet. Gynecol., 15(3): 213〜221, 1989.

1497. [原著] Proliferation and Responsiveness to Estrogen of Human Endometrial Cancer Cells under Serum-free Culture Conditions. Holinka, C.F.(Mount Sinai Univ.),安西弦,秦宏樹(産婦),Kimmel, N.(Mount Sinai Univ),蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(Mount Sinai Univ.): Cancer Research, 49(12): 3297〜3301, 1989.

1498. [原著] Stimulatory Effects of 4-hydroxytamoxifen on Proliferation of Human Endometrial Adenocarcinoma Cells (Ishikawa Line). 安西弦(産婦),Holinka, C.F.(Mount Sinai Univ.),蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(Mount Sinai Univ.): Cancer Research, 49(9): 2362〜2365, 1989.

1499. [原著] Changes in Endoplasmic Reticulum during Spermiogenesis in the Mouse. 中本直,酒井康弘(解): Cell Tissue Res., 257: 279〜284, 1989.

1500. [原著] Quantitative Estimation of an α2 Pregnancy-associated Protein in Normal Pregnancy by Electroimmunoassay. 中居光生(産婦),渥美正典(浜松医科大),曽根由美子(生化学系),新井正夫(産婦): Clin. Chim. Acta, 182: 103〜108, 1989.

1501. [原著] 子宮内膜癌のステロイドホルモン感受性とその作用機序. 秦宏樹,秦和子(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),下田隆夫,蔵本博行(産婦): Human Cell, 2(3): 265〜271, 1989.

1502. [原著] Effects of Serine and Glycine on Proliferation of an Ishikawa Cell Veriant. 渡辺純(産婦),Holinka, C.F.,安西弦,蔵本博行(産婦),Gurpide, E.: J. Steroid Biochem., 34(1-6): 165〜168, 1989.

1503. [原著] 帝王切開術後の管理;北里大学病院の実際. 西島正博,根本荘一,新井正夫(産婦): ペリネイタルケア, 8(6): 513〜519, 1989.

1504. [原著] 子宮頚部異形成の診断と治療. 上坊敏子,脇田邦夫,佐々木紀充,林玲子,森沢孝行,角田新平,蔵本博行,新井正夫(産婦): 癌と化学療法, 16(4): 1592〜1597, 1989.

1505. [原著] 子宮体癌ホルモン療法の作用機序. 蔵本博行,秦宏樹,加藤良樹,秦和子(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),安西弦,渡辺純(産婦),Holinka, C.F., Gurpide, E.: 癌と化学療法, 16(4): 1851〜1857, 1989.

1506. [原著] NST(CSTを含む). 西島正博(産婦): 産科と婦人科, 56(増): 413〜419, 1989.

1507. [原著] 計画分娩による骨盤位成績−特に分娩経過について−. 西島正博,野田芳人,巽英樹,島田信宏(産婦): 産婦人科の実際, 39(2): 273〜279, 1990.

1508. [原著] 諸外国の母子救急体制. 西島正博(産婦): 周産期医学, (臨増): 333〜336, 1989.

1509. [原著] 若年子宮体癌の臨床病理学的検討. 上坊敏子,大河原聡,土屋元一,蔵本博行,新井正夫(産婦): 日本癌治療学会誌, 24(10): 2362〜2368, 1989.

1510. [原著] 子宮内膜症における血中CA19-9測定の臨床的意義. 渡辺純,上坊敏子,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 42(2): 155〜161, 1990.

1511. [原著] 子宮体癌に随伴する内膜増殖症−体癌の発生と予後判定の指標としての意義について−. 蔵本博行,上坊敏子,秦宏樹,大河原聡(産婦): 日本婦人科病理・コルポスコピー学会雑誌, 7(2): 179〜184, 1989.

1512. [原著] 腹壁減圧装置の使用経験とその効果. 喬蔭,冷維春,孫慰,西島正博,新井正夫(産婦): 分娩と麻酔, (65ー66): 18〜22, 1989.

1513. [原著] 正常妊婦の血中副甲状腺ホルモン動態. 富樫和美,石田吏,山崎光弘(北里ラボ),上坊敏子,島田信宏(産婦): 臨床病理, 37(11): 1269〜1273, 1989.

1514. [研究報告(文部省)] 抗ガンマーセミノプロテインモノクローナル抗体による前立腺免疫シンチグラフィー. 藤野淡人,本田直康,村山雅一(泌): 平成元年度科学研究費補助金実績報告書,l989.

1515. [その他の報告] 産婦人科領域におけるレーザー医学及び中国の印象記. 蔵本博行(産婦): 日本レーザー医誌, 9(4): 40〜42, 1989.

1516. [症例報告] 経直腸的超音波断層法が有用であったミューラー管嚢胞の1例. 向井伸哉,大堀理,呉幹純,藤野淡人,石橋晃(泌): JSUM Proceedings, (10): 783〜784, 1989.

1517. [症例報告] 再発子宮頚癌に対してCDDP-Peplomysin併用化学療法が有効であった1例. 角田新平,上坊敏子,蔵本博行,新井正夫(産婦): Oncology & Chemotherapy, 5(3): 288〜292, 1989.

1518. [症例報告] 特発性妊娠黄疸の1症例. 立岡和弘,植野信水,野田芳人,巽英樹,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(1): 73〜77, 1989.

1519. [症例報告] 著明な外陰部浮腫、腎機能障害を伴った重症妊娠中毒症の1例. 岩谷弘明,野田芳人,立岡和弘,庄田隆,植野信水,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦),加藤芳克(加藤マタニティクリニック): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(2): 47〜51, 1990.

1520. [症例報告] 子宮頚癌の心嚢転移の3例の心嚢液細胞所見. 坂本伊豆美,上坊敏子,蔵本博行(産婦),大野英治(臨検): 日本臨床細胞学会雑誌, 28(6): 885〜889, 1989.

1521. [症例報告] 北里大学病院CPC, 第147回: 子宮頚癌に対する根治手術後急激な転帰をたどった1例. 蔵本博行,篠原洋介(産婦),金子聡(病理): 北里医学, 19(2): 281〜283, 1989.

1522. [症例報告] Primary Transitional Cell Carcinoma of the Prostate. A Case Report; Imaging and Histologic Considerations. 藤野淡人,宇都宮拓治,増井則昭,入江啓,泉博一,横山英二,石橋晃,小柴健(泌),大部誠(病理): 北里医学, 19(4): 452〜456, 1989.

1523. [総説] 前立腺シンチグラフィー. 藤野淡人(泌): Medical English, 6(10): 4〜5, 1989.

1524. [総説] 前立腺肥大症の臨床−期待される保存的治療法. 石橋晃(泌): モダンメディシン, 18(8): 47〜50, 1989.

1525. [総説] (特集)病期病態からみた薬剤の選択と投与法−前立腺炎−. 池田滋,小柴健(泌): 医学と薬学, 21(4): 633〜638, 1989.

1526. [総説] 子宮体癌の診断法−細胞診とhysteroscopy−. 上坊敏子,大河原聡,蔵本博行,島田信宏(産婦): 産科と婦人科, 56(4): 972〜977, 1989.

1527. [総説] 子宮体癌検診の実際. 新井正夫,蔵本博行(産婦): 産科と婦人科, 56(4): 978〜984, 1989.

1528. [総説] Hysterofiberscopy. 上坊敏子,蔵本博行(産婦): 産科と婦人科, 56(増): 215〜218, 1989.

1529. [総説] 重症妊娠中毒症における帝王切開麻酔. 新井正夫,巽英樹,谷昭博,西島正博(産婦): 産婦人科の実際, 38(9): 1341〜1348, 1989.

1530. [総説] 救急処置−胎児;骨盤位分娩−. 巽英樹,島田信宏(産婦): 周産期医学, 19(臨増): 162〜166, 1989.

1531. [総説] 婦人科癌診療における in vitro 研究の応用. 蔵本博行,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),秦和子(産婦),飯田智博,林和彦(聖マリアンナ医科大): 組織培養, 16(3): 98〜104, 1990.

1532. [総説] 子宮体部腺癌の細胞診による組織分化度判定. 蔵本博行(産婦),大野英治,今井忠朗(臨検): 日本臨床細胞学会埼玉支部会誌, (6ー7): 4〜7, 1989.

1533. [総説] 婦人科癌発症のNatural history; 子宮体癌. 蔵本博行,上坊敏子,秦宏樹,大河原聡(産婦): 臨床婦人科産科, 44(3): 209〜213, 1990.

1534. [講座] 泌尿器科領域の画像診断−前立腺癌(2). 藤野淡人,石橋晃(泌): 臨床画像, 5(6): 94〜99, 1989.

1535. [講座] 老年者の画像診断−老年者の泌尿器疾患の画像診断. 藤野淡人,小柴健(泌): 老化と疾患, 2(12): 2499〜2505, 1989.

1536. [学術書] (執筆) Diagnostic Ultrasound of the Prostate; Transrectal Ultrasonography in the Diagnosis of Primary Transitional Cell Carcinoma of the Prostate: A Case Report, p.157〜161, 藤野淡人,石橋晃,小柴健(泌). 編集 Martin Resnick (Case Western Univ.)編, Elsevier, New York, 89.10.00発行.

1537. [学術書] (執筆) 産婦人科診療 Q & A; 塩酸リトドリンの使い方, p.106〜107, 西島正博(産婦). 編集 岩田正晴(慈恵医大)他編, 六法出版社, 東京, 89.00.00 発行.

1538. [学術書] (執筆) 産婦人科診療 Q & A; 追録第16号;子宮体癌検診, p.1444〜1445の3, 蔵本博行(産婦). 編集 岩田正晴(慈恵医大)他編, 六法出版社, 東京, 89.00.00 発行.

1539. [学術書] (執筆) がん診療 Q & A; 第12号, 子宮体がんの診断方法, p.952〜955, 蔵本博行(産婦). 編集 飯塚紀文,他編, 六法出版社, 東京, 89.00.00 発行.

1540. [学術書] (執筆) 今日の産婦人科治療指針; レーザー治療機器, p.23〜24, 蔵本博行(産婦). 編集 小野正彦(東大),武田佳彦(東女医大)編, 医学書院, 東京, 89.06.01 発行.

1541. [学術書] (執筆) Drug Therapyコンパクトシリーズ(8)妊婦への投薬; 出産時麻酔の問題点, p.237〜243, 西島正博(産婦). ミクス, 東京, 89.12.15 発行.

1542. [学会] (特別講演) 子宮内膜細胞診の最近の動向. 蔵本博行(産婦): 第7回日本臨床細胞学会福井県支部学術集会 (90.03.17), 福井.

1543. [学会] (教育講演) 子宮体部細胞診をめぐって. 上坊敏子(産婦): 第8回日本臨床細胞学会神奈川県支部地方会 (89.09.30), 横浜.

1544. [学会] (シンポジウム) 子宮内膜細胞診における免疫細胞化学の応用−特にホルモン受容体について−. 大野英治(病院病理部),秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第30回日本臨床細胞学会総会 (89.06.15), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌,28(2): 177, l989.

1545. [学会] (シンポジウム) 子宮体癌に随伴する内膜増殖症−子宮体癌と子宮内膜増殖症の組織学的問題点−. 蔵本博行,上坊敏子,秦宏樹,大河原聡(産婦): 第18回日本婦人科・病理・コルポ学会 (89.07.28), 東京, 抄録集,p.22, 1989.

1546. [学会] (シンポジウム) 子宮体部初期癌の細胞診−子宮頚部・体部腺癌、その初期病変をめぐって−. 蔵本博行(産婦): 第3回日本臨床細胞学会関東連合会学術集会 (89.09.09), 松本, プログラム,p.17, 1989.

1547. [学会] (シンポジウム) 計画麻酔分娩のメリット・デメリット. 西島正博(産婦): 第30回日本母性衛生学会 (89.10.27), 東京, 母性衛生, 30(4): 560, 1989.

1548. [学会] (シンポジウム) 子宮体癌検診の実際と展望;教育シンポジウム「癌検診の実際と展望」. 蔵本博行(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮, プログラム,1989.

1549. [学会] (シンポジウム) 子宮内膜増殖症の判定基準(教育シンポジウム). 大野英治(病院病理部),蔵本博行(産婦): 第28回日本臨床細胞学会秋季大会 (89.11.16), 横浜, 日本臨床細胞誌, 28(5): 606, 1989.

1550. [学会] (シンポジウム) 頚管縫縮術施行例の流早産に関する検討. 野田芳人,巽英樹,植野信水,谷昭博,根本荘一,吉原一,西島正博,島田信宏(産婦): 第266回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (90.02.17), 横浜.

1551. [学会] (パネル) エストロゲン産生を示した卵巣類内膜癌の1例. 山口典利,下田隆夫,上坊敏子,大河原聡,佐藤倫也,蔵本博行(産婦),岩渕啓一(病理): 第28回日本臨床細胞学会秋季大会 (89.11.16), 横浜, 日本臨床細胞誌, 28(5): 636, 1989.

1552. [学会] (パネル) 前立腺腫瘍マ−カ−の発現に関する病理学的研究. 佐藤紅緒(形態系),桑尾定仁,亀谷徹(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.31), 福岡, 日本病理学会会誌, 79(1): 144, 1990.

1553. [学会] (パネル) 前立腺原発小細胞癌の1剖検例. 佐藤正樹(内),金子聡,高井智子,古谷房枝,岩渕啓一,亀谷徹,奥平雅彦(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.3l), 福岡.

1554. [学会] (パネル) 非浸潤性乳管癌と浸潤性乳管癌の細胞学的比較検討. 大野めぐみ,大野英治(病院病理部),竹中晴幸(外),蔵本博行(産婦): 第28回日本臨床細胞学会秋期大会学術講演会 (89.11.17), 横浜, 日本臨床細胞学会雑誌, 28(5): 665, 1989.

1555. [学会] (パネル) 乳腺のアポクリン癌の1症例. 井川育代,大野英治(病院病理部),竹中晴幸(外),蔵本博行(産婦): 第28回日本臨床細胞学会秋期大会学術講演会 (89.11.17), 横浜, 日本臨床細胞学会雑誌, 28(5): 672, 1989.

1556. [学会] (ワークショップ) 子宮内膜細胞診による体癌予後判定−予後からみた細胞診−. 秦宏樹,蔵本博行,上坊敏子,大河原聡,下田隆夫,新井正夫(産婦),大野英治,能勢富佐子,出村裕子(臨検): 第30回日本臨床細胞学会総会 (89.06.16), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌,28(2): 184, l989.

1557. [学会] (ワークショップ) 子宮内膜癌のステロイドホルモン感受性とその作用機序−細胞培養とホルモン研究−. 秦宏樹,秦和子(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),下田隆夫,蔵本博行(産婦): 第62回日本組織培養学会大会 (89.06.29), 横浜, 組織培養研究,8(1): 50, l989.

1558. [学会] (ワークショップ) Effects of Estradiol, Hydroxytamoxifen and Growth Factors on Proliferation of Human Endometrial Adenocarcinoma Cells in Culture. 安西弦(産婦),Holinka, C.F.(マウントサイナイ大),秦宏樹(産婦),Murphy, L.J.(マニトバ大),蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(マウントサイナイ大): 第62回日本組織培養学会大会 (89.06.29), 横浜, 組織培養研究,8(1): 75, l989.

1559. [学会] (一般講演) 子宮体癌における内膜増殖症と各種予後因子の相関. 大河原聡,上坊敏子,蔵本博行,土屋元一,角田新平,中原優人,新井正夫(産婦): 第41回日本産科婦人科学会総会 (89.04.03), 岡山, 日本産科婦人科学会雑誌,41(Suppl.): S-120, l989.

1560. [学会] (一般講演) 免疫細胞化学法による子宮体癌細胞ステロイドホルモン受容体とホルモン応答能の定量的解析. 秦宏樹,蔵本博行(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),戸賀崎義明,塩津英之,鈴木真,新井正夫(産婦): 第41回日本産科婦人科学会総会 (89.04.03), 岡山, 日本産科婦人科学会雑誌,41(Suppl.): S-245, l989.

1561. [学会] (一般講演) 子宮体癌細胞のGlycogen代謝におよぼすステロイドホルモンの影響. 秦和子,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),蔵本博行,新井正夫(産婦): 第41回日本産科婦人科学会総会 (89.04.03), 岡山, 日本産科婦人科学会雑誌,41(Suppl.): S-441, l989.

1562. [学会] (一般講演) ヤグレーザー・バルーン法による子宮腔内治療への試み. 脇田邦夫,泉貴文,佐々木紀充,釼持稔,上坊敏子,蔵本博行,新井正夫(産婦): 第41回日本産科婦人科学会総会 (89.04.04), 岡山, 日本産科婦人科学会雑誌,41(Suppl.): S-324, l989.

1563. [学会] (一般講演) Development of Monoclonal Antibody to Gamma Seminoprotein and its Application for Immunohistochemical Study in Prostatic Tissue. 藤野淡人(泌),桑尾定仁(病理),石橋晃,小柴健(泌): AUA Eighty Fourth Annual Meeting (89.05.07〜11), ダラス.

1564. [学会] (一般講演) The Effect of Transurethral Prostatic Resection on the Serum Gamma Seminoprotein Level. 藤野淡人,青木義和,村山雅一,伊藤均,小柴健(泌): AUA Eighty Fourth Annual Meeting (89.05.07〜11), ダラス.

1565. [学会] (一般講演) ヌードマウス移植ヒト子宮体癌のステロイド反応性. 加藤良樹,蔵本博行(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),秦宏樹,森沢孝行(産婦): 第62回日本内分泌学会総会 (89.06.01), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 65(4): 243, 1989.

1566. [学会] (一般講演) 子宮体癌細胞のグリコーゲン代謝におけるプロゲスチンとEGFの作用. 秦和子,蔵本博行,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),下田隆夫(産婦): 第62回日本内分泌学会総会 (89.06.02), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 65(4): 368, 1989.

1567. [学会] (一般講演) 卵巣類中腎癌における細胞像の細分類と核計測. 土屋元一,上坊敏子,脇田邦夫,林玲子,牛木信之,蔵本博行,新井正夫(産婦): 第30回日本臨床細胞学会総会 (89.06.15), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌,28(2): 159, l989.

1568. [学会] (一般講演) 初期子宮体癌の細胞像−特に筋層非浸潤癌の細胞所見について−. 森沢孝行,蔵本博行,上坊敏子,林玲子,大河原聡,加藤良樹(産婦),大野英治(臨検): 第30回日本臨床細胞学会総会 (89.06.15), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌,28(2): 195, l989.

1569. [学会] (一般講演) 核計測によるmixed Mullerian tumorの検討. 泉貴文,下田隆夫,蔵本博行,林玲子,脇田邦夫(産婦),大野英治,大野めぐみ(臨検): 第30回日本臨床細胞学会総会 (89.06.15), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌,28(2): 199, l989.

1570. [学会] (一般講演) 子宮内膜細胞診偽陰性例の検討. 大河原聡,上坊敏子,蔵本博行,森沢孝行,角田新平,新井正夫(産婦),大野英治,今井忠朗(臨検): 第30回日本臨床細胞学会総会 (89.06.15), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌,28(2): 206, l989.

1571. [学会] (一般講演) 頚部腺癌の診断確定前の細胞像の検討. 角田新平,上坊敏子,蔵本博行,新井正夫(産婦): 第30回日本臨床細胞学会総会 (89.06.16), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌,28(2): 149, l989.

1572. [学会] (一般講演) 計画麻酔分娩による骨盤位管理成績−分娩経過について−. 野田芳人,巽英樹,谷昭博,植野信水,鈴木真,吉原一,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京.

1573. [学会] (一般講演) 卵巣未熟奇形腫の2例. 岩谷弘明,下田隆夫,大河原聡,野田芳人,黒須不二男,山口典利,上坊敏子,蔵本博行,新井正夫(産婦): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,(50): 60, l989.

1574. [学会] (一般講演) 子宮頚癌の治療成績. 蔵本博行,上坊敏子,脇田邦夫,下田隆夫,角田新平,新井正夫(産婦): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,(50): 98, l989.

1575. [学会] (一般講演) 再発子宮頚癌に対する化学療法の検討. 角田新平,上坊敏子,蔵本博行,秦宏樹,下田隆夫,辻井篤,新井正夫(産婦): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,(50): 99〜100, l989.

1576. [学会] (一般講演) 50歳未満の体癌患者の増加傾向とその特徴について. 大河原聡,蔵本博行,上坊敏子,下田隆夫,山口典利,新井正夫(産婦): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,(50): 100〜101, l989.

1577. [学会] (一般講演) 通気検査、子宮卵管造影施行例における腹腔鏡所見の検討. 石川雅一,鈴木真,飯野譲二,中居光生,新井正夫(産婦),川内博人,近藤信隆,三谷仁,高橋正敏(大和市立病院): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,(50): 106, l989.

1578. [学会] (一般講演) Effects of Serine and Glycine on Proliferation of Human Endometrial Adenocarcinoma Cells (Ishikawa) in Serum-free Media. 渡辺純,安西弦(産婦),Holinka, C.F.(マウントサイナイ大),蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(マウントサイナイ大): 第62回日本組織培養学会大会 (89.06.30), 横浜, 組織培養研究,8(1): 101, l989.

1579. [学会] (一般講演) 最近経験した早期発症の重症妊娠中毒症の2例. 岩谷弘明,野田芳人,立岡和弘,庄田隆,植野信水,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第261回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (89.07.08), 小田原.

1580. [学会] (一般講演) 神経保存膀胱前立腺全摘除術の1例−リジスキャンによる術後の評価−. 貫井文彦,岡本重禮,永田幹男(泌),藤本恭士(聖路加国際病院),須山一穂(泌),蛇沢晶(病理): 第464回日本泌尿器科学会東京地方会 (89.07.13), 東京, 日本泌尿器科学会雑誌, 81(1): 146, 1990.

1581. [学会] (一般講演) クロミフェン排卵群と自然排卵群における妊娠早期の母体血中ホルモン値の検討. 石川雅一,黒須不二男,中居光生(産婦),川内博人(大和市立病院),小田切順子(加納岩病院): 第7回日本受精着床学会学術講演会 (89.07.16), 福井.

1582. [学会] (一般講演) 子宮頚部腫瘍に対するレーザー療法とその後の妊娠例. 泉貴文,脇田邦夫,佐々木紀充,蔵本博行,島田信宏(産婦): 第18回日本婦人科・病理・コルポ学会 (89.07.29), 東京, 日本婦人科・病理・コルポ誌, 7(2): 207, 1989.

1583. [学会] (一般講演) 子宮体癌FIGO新・旧分類の比較. 上坊敏子,大河原聡,蔵本博行,秦宏樹,下田隆夫,角田新平,辻井篤(産婦): 第18回日本婦人科・病理・コルポ学会 (89.07.29), 東京, 日本婦人科・病理・コルポ誌, 7(2): 209〜210, 1989.

1584. [学会] (一般講演) 卵管性不妊に対するマイクロサージャリーおよび術後早期second-look laparoscopyによる治療について. 川内博人,三谷仁,近藤信隆,高橋正敏,石川雅一,中居光生(産婦): 第12回産婦人科マイクロサージャリー学会 (89.08.03), 鹿児島.

1585. [学会] (一般講演) 腹腔鏡で確定診断を得たRokitansky-Kuster-Hauser症候群の1例. 石川雅一,中居光生(産婦),川内博人(大和市立病院): 第29回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (89.08.04), 鹿児島.

1586. [学会] (一般講演) ヒステロファイバースコープを用いたレーザー療法の試み. 脇田邦夫,泉貴文,佐々木紀充,釼持稔,上坊敏子,蔵本博行,新井正夫(産婦): 第29回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (89.08.05), 鹿児島, 抄録集,p.41.

1587. [学会] (一般講演) 腹腔鏡施行例における子宮卵管造影所見の検討−水性・油性造影剤の比較. 川内博人,三谷仁,近藤信隆,高橋正敏,石川雅一,中居光生,飯野譲二(産婦): 第34回日本不妊学会学術講演会 (89.09.02), 旭川, 日本不妊学会雑誌, 34(3): 685, 1989.

1588. [学会] (一般講演) アンドロゲン過剰性排卵障害例の臨床的検討. 石川雅一,釼持稔,黒須不二男,中居光生,川内博人,飯野譲二(産婦): 第34回日本不妊学会学術講演会 (89.09.03), 旭川, 日本不妊学会雑誌, 34(3): 603, 1989.

1589. [学会] (一般講演) 卵巣未分化胚細胞腫の1例. 立岡和弘,上坊敏子,泉貴文,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第3回日本臨床細胞学会関東連合会学術集会 (89.09.09), 松本, プログラム,p.7〜8, 1989.

1590. [学会] (一般講演) 原発性膀胱アミロイドーシスの1例. 宋成浩,内田豊昭,中条弘隆,呉幹純,荒木俊行,増井則昭,横山英二,真下節夫,石橋晃,小柴健(泌): 第465回日本泌尿器科学会東京地方会 (89.09.21), 東京.

1591. [学会] (一般講演) Lysis of Adhesions at Second-look Laparoscopy Following Reconstructive Pelvic Surgery. 川内博人,三谷仁,近藤信隆,高橋正敏,石川雅一(大和市立病院),飯野譲二,中居光生(産婦): World Congress of Gynecologic Endoscopy (89.09.22), Washington, D.C.

1592. [学会] (一般講演) 子宮頚部腺異型細胞が認められ診断に苦慮した1例. 河村毬子,青山林作,渡辺マリ,箕輪尚子(川崎がん検診センター),坂本伊豆美(産婦),吉田貞利(川崎がんセンター),森沢孝行(産婦),岡島弘幸(神 奈川がんセンター),蔵本博行(産婦),天神美夫(杏雲堂病院): 第8回日本臨床細胞学会神奈川県支部地方会 (89.09.30), 横浜, 抄録集,p.10, 1989.

1593. [学会] (一般講演) 抗γ-seminoproteinモノクローナル抗体による免疫組織化学的検討(第3報)前立腺癌転移巣、前立腺の非腺癌についての検討. 向井伸哉,藤野淡人,宇都宮拓治,中条弘隆,村山雅一,青輝昭,横山英二,遠藤忠雄,石橋晃(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

1594. [学会] (一般講演) ESWLによる尿管結石の治療、内視鏡手術併用症例の検討. 久保星一,石田裕則,荒川孝,真下節夫,小柴健(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

1595. [学会] (一般講演) 後腹膜原発胎児性癌の1例. 本田直康,古畑誠之,呉幹純,小林健一,真下節夫,石橋晃,小柴健(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

1596. [学会] (一般講演) 尿道形成術後の尿失禁に対して尿道振子部に人工尿道括約筋AMS800を設置して治療しえた1例. 藤野淡人,設楽敏也,須山出穂,宋成浩,大堀理,横山英二,真下節夫,小柴健(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

1597. [学会] (一般講演) 腎癌の長期再発を認めた3例. 須山一穂,岡本重禮,永田幹男,貫井文彦(泌),藤本恭士(聖路加国際病院),蛇沢晶,斉木茂樹(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

1598. [学会] (一般講演) 腎移植後拒絶反応に対するOKT-3の有効性と副作用について. 入江啓,横田真二,熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

1599. [学会] (一般講演) Coexistence of Hyperplasia to Endometrial Carcinoma. 上坊敏子,蔵本博行,大河原聡,秦宏樹,新井正夫(産婦): 2nd Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (89.10.09), Toronto, Abstracts, p.220, 1989.

1600. [学会] (一般講演) Alteration of the Treatment for Early Carcinoma of the Cervix. 蔵本博行,上坊敏子,脇田邦夫,下田隆夫,林玲子,新井正夫(産婦): 2nd Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (89.10.09), Toronto, Abstracts, p.255, 1989.

1601. [学会] (一般講演) 経直腸的超音波断層法が有用であったミューラー管嚢胞の1例. 向井伸哉,大堀理,呉幹純,藤野淡人,石橋晃(泌): 第55回日本超音波医学会 (89.10.19), 福岡.

1602. [学会] (一般講演) 分娩中のvariable deceleration出現要因に関する検討. 植野信水,根本荘一,谷昭博,野田芳人,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第12回産科婦人科ME懇話会 (89.10.20), 大阪.

1603. [学会] (一般講演) 子宮頚部小細胞癌培養株(HCSC-1)における神経内分泌マーカーの分泌調節. 下田隆夫,蔵本博行,加藤良樹,秦宏樹,秦和子(産婦),浜野美恵子(組織培養セン): 第62回日本内分泌学会秋季学術大会 (89.10.20), 札幌, 日本内分泌学会誌, 65(9): 883, 1989.

1604. [学会] (一般講演) EDAP LT-01による尿管結石130例の治療経験. 宇都宮拓治,川上達央,神崎政裕,門脇和臣,真下節夫(泌): 第41回日本泌尿器科学会西日本総会 (89.10.20〜22), 長崎.

1605. [学会] (一般講演) 前立腺癌を含む重複悪性腫瘍患者の生命予後の検討. 沢村正之,浅野友彦,小田島邦男,長倉和彦,家田和夫,村井勝,中村宏(泌): 第41回日本泌尿器科学会西日本総会 (89.10.20〜22), 長崎, 予稿集, p.47, 1989.

1606. [学会] (一般講演) 腎シンチグラムにおける123I-OIHと131I-OIHの臨床的比較. 呉幹純,藤野淡人,石橋晃(泌),石井勝己,中沢圭治,依田一重(放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.21), 大津, 核医学, 26: 1086, 1989.

1607. [学会] (一般講演) Effects of Oral Prostaglandin E2, Laminaria, and their Combination as the Means for Preinduction Priming in Electively Induced Labors. 西島正博,野田芳人,喬蔭, 巽英樹,吉原一,島田信宏(産婦): The 2nd World Symposium: Computers in the Care of the Mother, Fetus and Newborn (89.10.24), 京都, J. Perinat. Med., 17(Suppl.): 112, 1989.

1608. [学会] (一般講演) 子宮体癌細胞のグリコーゲン代謝に対する黄体ホルモン作用の解析. 秦和子,蔵本博行,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),下田隆夫,渡辺純(産婦): 第48回日本癌学会総会 (89.10.24), 名古屋, 第48回日本癌学会総会記事, p.182, 1989.

1609. [学会] (一般講演) 子宮体癌細胞EGF受容体の解析. 秦宏樹,蔵本博行,秦和子(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),下田隆夫,戸賀崎義明(産婦): 第48回日本癌学会総会 (89.10.25), 名古屋, 第48回日本癌学会総会記事, p.190, 1989.

1610. [学会] (一般講演) 内膜増殖症を合併する体癌の増加傾向について. 大河原聡,蔵本博行,上坊敏子,秦宏樹,角田新平,山口典利,新井正夫(産婦): 第27回日本癌治療学会総会 (89.10.25), 名古屋, 日本癌治療学会雑誌, 24(9ー2): 1930, 1989; 25(2): 232, 1990.

1611. [学会] (一般講演) 当科における子宮頚癌の治療成績. 角田新平,蔵本博行,上坊敏子,秦宏樹,下田隆夫,林玲子,根本玲子,新井正夫(産婦): 第27回日本癌治療学会総会 (89.10.27), 名古屋, 日本癌治療学会雑誌, 24(9ー2): 2131, 1989; 25(2): 416, 1990.

1612. [学会] (一般講演) 卵巣癌Second look operationの成績. 辻井篤,上坊敏子,下田隆夫,脇田邦夫,釼持稔,蔵本博行,新井正夫(産婦): 第27回日本癌治療学会総会 (89.10.27), 名古屋, 日本癌治療学会雑誌, 24(9ー2): 2139, 1989; 25(2): 424, 1990.

1613. [学会] (一般講演) 卵巣癌化学療法の効果判定における腫瘍マーカーCA125の意義に関する基礎的検討. 飯田智博(聖マリアンナ医科大),秦宏樹,下田隆夫,蔵本博行,新井正夫(産婦),林和彦,浜田宏(聖マリアンナ医科大): 第27回日本癌治療学会総会 (89.10.27), 名古屋, 日本癌治療学会雑誌, 24(9ー2): 2215, 1989; 25(2): 496, 1990.

1614. [学会] (一般講演) 当科におけるITP合併妊娠・分娩の検討. 庄田隆,野田芳人,植野信水,根本荘一,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮.

1615. [学会] (一般講演) 正常妊婦の母体血と臍帯血のヘパプラスチンテストの関係及びビタミンK2経口投与の影響について. 岩谷弘明,野田芳人,植野信水,谷昭博,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮.

1616. [学会] (一般講演) 卵管癌6例の臨床病理学的検討. 久嶋則行,上坊敏子,前田宗徳,中原優人,蔵本博行(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮, プログラム,No.110, 1989.

1617. [学会] (一般講演) 子宮頚癌心嚢転移例の臨床病理学的検討. 坂本伊豆美,上坊敏子,下田隆夫,大河原聡,角田新平,山口典利,蔵本博行(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮, プログラム,No.27, 1989.

1618. [学会] (一般講演) 卵巣類中腎癌の臨床病理学的検討. 土屋元一,上坊敏子,秦宏樹,辻井篤,岩谷弘明,今井雅夫,牛木信之,蔵本博行(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮, プログラム,No.47, 1989.

1619. [学会] (一般講演) MRIにおける子宮体癌の進行度判定. 山口典利,大河原聡,秦宏樹,下田隆夫,上坊敏子,今井雅夫,蔵本博行(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮, 抄録集,No.30, 1989.

1620. [学会] (一般講演) The Pregnancy after Laser Therapy for the Treatment of Uterine Cervical Neoplasia. 脇田邦夫,泉貴文,蔵本博行,佐々木紀充,島田信宏(産婦): 8th Congress of the International Society for Laser Medicine and Surgery (89.11.05), Taipei, Surgical and Medical Lasers, 2(2-3): 139, 1989.

1621. [学会] (一般講演) Trial of Laser Hysteroscopy. 泉貴文,脇田邦夫,佐々木紀充,蔵本博行(産婦): 8th Congress of the International Society for Laser Medicine and Surgery (89.11.05), Taipei, Surgical and Medical Lasers, 2(2-3): 141, 1989.

1622. [学会] (一般講演) 子宮内膜漿液性腺癌の細胞所見. 立岡和弘,上坊敏子,秦宏樹,釼持稔,林玲子,蔵本博行,加藤良樹(産婦): 第28回日本臨床細胞学会秋季大会 (89.11.16), 横浜, 日本臨床細胞誌, 28(5): 623, 1989.

1623. [学会] (一般講演) 子宮内膜細胞診で推定し得た子宮内膜間質肉腫の1例. 上片平昭二,上坊敏子,篠原洋介,脇田邦夫,辻井篤,今井雅夫,蔵本博行(産婦): 第28回日本臨床細胞学会秋季大会 (89.11.16), 横浜, 日本臨床細胞誌, 28(5): 629, 1989.

1624. [学会] (一般講演) サイトブラシ採取による子宮頚管細胞診. 林玲子,蔵本博行,上坊敏子,泉貴文,角田新平,岩谷弘明,坂本伊豆美(産婦),大野英治,横山大(病院病理部): 第28回日本臨床細胞学会秋季大会 (89.11.16), 横浜, 日本臨床細胞誌, 28(5): 642, 1989.

1625. [学会] (一般講演) 硬膜外麻酔分娩の分娩予後に関する検討. 植野信水,立岡和弘,野田芳人,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第264回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (89.12.16), 横浜.

1626. [学会] (一般講演) 絨毛癌と卵巣類中腎癌が同時重複した1例. 佐藤倫也,上坊敏子,角田新平,秦宏樹,根本玲子,下田隆夫,蔵本博行,田口明(産婦): 第265回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (90.01.20), 横浜.

1627. [学会] (一般講演) 妊娠中期に急性腹症のためterminationを行った1例. 庄田隆,谷昭博,野田芳人,根本玲子,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第266回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (90.02.17), 横浜.

1628. [学会] (一般講演) 卵巣癌治療後の妊娠・出産例. 岩谷弘明,泉貴文,辻井篤,上坊敏子,蔵本博行(産婦): 第267回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (90.03.17), 横浜.

1629. [学会] (一般講演) 精子放出過程における Ectoplasmic specialization の変化. 酒井康弘,山科正平(解): 第94回日本解剖学会総会 (89.04.03), 宮崎, 解剖学雑誌, 64(4): 204, 1989.

1630. [学会] (一般講演) 精子放出及び細胞質遺残の取り込み過程における Ectoplasmic specialization の動態. 酒井康弘,山科正平(解): 第22回日本発生生物学会 (89.06.22), 札幌, 予稿集, p.75, l989.

1631. [学会] (一般講演) 凍結割断法による精上皮細胞核の立体観察. 中本直(解): 第22回日本発生生物学会 (89.06.23), 札幌, Develop. Growth & Differ., 31(4): 416, l989.

1632. [研究会] (特別講演) 切迫早産・前期破水. 西島正博(産婦): 横須賀市産婦人科医会 (89.07.12), 横須賀.

1633. [研究会] (シンポジウム) 化学療法剤の前立腺組織内分布の検討. 池田滋,西村清志,石橋晃(泌): 第1回前立腺炎シンポジウム (89.08.26), 東京.

1634. [研究会] (シンポジウム) 高齢者における子宮体がん検診の問題点;高齢者子宮がん検診の諸問題. 蔵本博行(産婦): 第20回婦人科集団検診シンポジウム (89.11.18), 東京, 記録集,p.10〜11, 1989.

1635. [研究会] (ワークショップ) エストロゲンと子宮体癌;更年期の薬物療法. 蔵本博行(産婦): 更年期医学研究会第4回学術集会 (89.11.26), 東京, 要旨集,p.3〜4, 1989.

1636. [研究会] (一般講演) レーザー治療の現況−アメリカの施設の現況−. 脇田邦夫(産婦): 相模原市産婦人科医会 (89.06.21), 相模原.

1637. [研究会] (一般講演) 前立腺肥大症術後の前立腺癌について. 永田幹男,岡本重禮,貫井文彦(泌),藤本恭士(聖路加国際病院),須山一穂(泌): 第6回神奈川前立腺腫瘍研究会 (89.07.08), 横浜.

1638. [研究会] (一般講演) 早期子宮体癌の細胞診断. 蔵本博行,森沢孝行,上坊敏子(産婦): 厚生省対がん戦略研究事業「がんの二次予防の効果的な実施における基礎的な研究」(天神班)班会議 (89.07.18).

1639. [研究会] (一般講演) 子宮体癌ISHIKAWA株のヌードマウス移植腫瘍におけるホルモン反応性. 加藤良樹,蔵本博行(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),秦宏樹,森沢孝行,下田隆夫(産婦): 第7回ヒト細胞研究会大会 (89.08.29), 東京, Human Cell, 2(3-Suppl.): 32, 1989.

1640. [研究会] (一般講演) 再発卵巣癌に対するPE療法. 山田典利,下田隆夫,角田新平,佐藤倫也,上坊敏子,蔵本博行(産婦): 第2回神奈川産婦人科腫瘍研究会 (89.09.29), 横浜.

1641. [研究会] (一般講演) 術前化学療法施行例のCA125, CA19-9の推移と摘出標本の病理所見に関する検討. 辻井篤,上坊敏子,秦宏樹,角田新平,大河原聡,下田隆夫,蔵本博行(産婦): 日本婦人科悪性腫瘍化学療法研究会第2回学術集会 (89.11.11), 東京, 抄録集,p.40, 1989.

1642. [研究会] (一般講演) 婦人科悪性腫瘍に対するCDDP-THP-CPA療法の副作用に関する検討. 釼持稔,下田隆夫,今井雅夫,上坊敏子,脇田邦夫,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 日本婦人科悪性腫瘍化学療法研究会第2回学術集会 (89.11.11), 東京, 抄録集,p.50, 1989.

1643. [研究会] (一般講演) 再発を繰り返すもPSK投与を行い長期生存している子宮頚癌の1例. 山口典利,下田隆夫,釼持稔,辻井篤,蔵本博行(産婦): 第13回癌治療懇話会 (89.12.02), 横浜.

1644. [研究会] (一般講演) 卵巣腫瘍の診断における腫瘍マーカーCA72-4の有用性について. 佐藤倫也,秦宏樹,下田隆夫,角田新平,林玲子,上坊敏子,蔵本博行(産婦): 第6回産婦人科腫瘍マーカー研究会 (90.02.02), 東京, 抄録集,p.55, 1990.

1645. [研究会] (一般講演) 筋層非浸潤体がんの組織学的背景. 蔵本博行,上坊敏子,大河原聡(産婦): 厚生省対がん戦略研究事業「がんの二次予防の効果的な実施における基礎的な研究」(天神班)班会議 (90.02.13), 東京.

1646. [研究会] (一般講演) Significance of Elective Induction of Labor and its Problem. 西島正博(産婦): 第4回横須賀産婦人科研究会 (90.02.21), 横須賀.

1647. [研究会] (公開講座) 子宮内膜細胞診. 蔵本博行(産婦): 杏林大学保健学部細胞検査士養成講座 (89.04.28), 東京.

1648. [研究会] (公開講座) 子宮頚部腺癌. 蔵本博行(産婦): 癌研究会付属細胞検査士養成所 (89.05.24), 東京.

1649. [研究会] (公開講座) 体癌検診の実際. 蔵本博行(産婦): 神奈川県高座郡産婦人科医会例会 (89.05.30), 厚木.

1650. [研究会] (公開講座) 子宮体癌の診断、疫学、治療について. 蔵本博行(産婦): 江戸川産婦人科医師会主催江東・千葉西ブロック合同卒後研修会 (89.06.14), 東京.

1651. [研究会] (公開講座) 子宮体癌−最近の動向とその診断. 蔵本博行(産婦): 川崎市産婦人科医会例会 (89.07.15), 川崎.

1652. [研究会] (公開講座) 子宮体がんの細胞診について. 蔵本博行(産婦): 日本母性保護医協会静岡県支部子宮癌検診医師研修会 (89.08.12), 静岡.

1653. [研究会] (公開講座) 手術をしない治療法: 子宮頚部の早期癌・前癌病変に対する保存療法. 蔵本博行(産婦): 神奈川県大学公開講座 (89.10.28), 相模原, 同講義要綱, p.41〜43, 1989.

1654. [研究会] (公開講座) 子宮頚部、体部腺癌の細胞診. 蔵本博行(産婦): 平成元年度厚生省がん予防技術職員(医師)研修会 (90.02.07), 東京.

1655. [研究会] (公開講座) 子宮癌検診. 蔵本博行(産婦): 東京都町田市医師会 (90.03.12), 町田.


<<109 筋骨格>>

1656. [原著] 変形性股関節症の自然経過のX線学的研究. 米本光一,糸満盛憲,砂辺完治,関口昌和,西山裕,山本真(整外): Hip Joint, 15: 39〜43, 1989.

1657. [原著] Corrosion Fatigue Properties of surgical Implants in a Living Body. 森田真史(生体工),笹田直(東工大),H. Hayahsi,塚本行男(整外): J. Biomed. Maters Res., 22(6): 529〜540, 1988.

1658. [原著] Chinese Enternal Fixation Treatment for Fractures of the Distal End of the Radius. 二見俊郎,山本真(整外): J. Hand. Surgery, 14(6): 1028〜1032, 1989.

1659. [原著] Problems in the Management of Open Articular Fractures of the Ankle. 糸満盛憲,笹本憲男,小林明正,砂辺完治,前田健二,三輪清志,上田昭吾,山本真(整外): JJTOM, 37(10): 630〜636, 1989.

1660. [原著] In Vivo Corrosion Fatigue Behaviors of Surgical Implants. 森田真史(生体工),H. Hayashi,笹田直(東工大),塚本行男(整外): Proc. 31st. Jpn. Cong. Maters Res., p.195〜199, 1988.

1661. [原著] Evaluation of Wear Toxicity in Biomaterials with Cell Culture Method. 笹田直(東工大),T. Imaizumi ,森田真史,馬渕清資(生体工): Proc. 31st. Jpn. Cong. Maters Res., p.200〜205, 1988.

1662. [原著] Corrosion Fatigue Test for SUS316 Stainless Steel in Quasi-Living Body Fluid. 森田真史,笹田直(生体工),野村勲: Proc. 32nd. Jpn. Cong. Maters. Res., 70〜74, 1989.

1663. [原著] Effects of FK-506 on Collagen Arthritis in Mice. 高岸憲二,山本真,西村明人,山崎巌,金沢,佛渕孝夫,貝原信絋(整外): Transplantation Proceedings, 21(1): 1063〜1065, 1989.

1664. [原著] 外傷後の腫脹・疼痛に対するフルルビプロフェン貼布剤(EP-A)の臨床評価. 青木虎吉,河路渡,菅原幸子,三好邦達,山本真,小川暢也(整外): 炎症,9(3): 255〜262, 1989.

1665. [原著] 手関節部骨靭帯損傷と手根不安定症. 二見俊郎,山本真(整外): 関節外科,8(11): 1579〜1584, 1989.

1666. [原著] Multiple Pinning法を第一選択とした大腿骨頚部内側骨折折鮮例の治療. 関口昌和,河野左宙,須川勲,長野純二,湊泉,小林良宏,笠原俊昭(整外): 関節外科,8(4): 447〜455, 1989.

1667. [原著] 肩疾患に対するMRI. 高岸憲二,前田健二,笹本憲男,米本光一,塚本行男,山本真(整外),池田俊昭(放): 関東整災誌,20(5): 441〜443, 1989.

1668. [原著] 観血的治療を行った鎖骨骨折の臨床成績. 西村明人,笹本憲男,高岸憲二,砂辺完治,横山一彦,山本真(整外): 関東整災誌,20(6): 548〜552, 1989.

1669. [原著] 円筒釘ねじ横止め法を用いたCondylo-cephalic Nailingについて. 三輪清志,笹本憲男,北爪伸仁,前田健二,糸満盛憲,山本真(整外): 骨折,11: 116〜120, 1989.

1670. [原著] 皮下引き寄せ鋼線締結法による膝蓋骨骨折の治療. 糸満盛憲,笹本憲男,山本真,砂辺完治,横山一彦(整外): 骨折,11: 125〜131, 1989.

1671. [原著] 橈骨頚部骨折に対するわれわれの治療方針. 小林明正,糸満盛憲,笹本憲男,高岸憲二,山本真,二見俊郎,塚本行男(整外): 骨折,11: 203〜206, 1989.

1672. [原著] 円筒型髄内釘の開発について. 笹本憲男,山本真,糸満盛憲,小林明正,三輪清志,北爪伸仁,前田健二(整外): 骨折,11: 382〜387, 1989.

1673. [原著] 上腕骨外上顆炎(テニス肘)の外科的治療. 二見俊郎,久保寺大也,塚本行男,山本真(整外): 神奈川関節外科学会誌, 4: 25〜29, 1989.

1674. [原著] Fuji Computed Radiographyを用いた膝関節造影−前十字靭帯損傷の診断−. 二見俊郎,塚本行男,小林明郎,前之園多幸,山本真(整外): 神奈川整災医誌,2(1): 87〜89, 1989.

1675. [原著] 銀行骨を用いた人工関節の再置換. 米本光一,糸満盛憲,山本真(整外): 整形外科(別冊:人工関節の再手術・再置換), (16): 93〜99, 1989.

1676. [原著] 骨折治癒を阻害する力学的刺激. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),山本真(整外),笹田直(東工大): 整形外科バイオメカニクス, 10: 21〜25, 1988.

1677. [原著] 頬杖釘法による大腿骨頚部内側骨折の検討. 小林明正,山本真,糸満盛憲,笹本憲男,南沢育雄,関口昌和(整外): 整形・災害外科,32(7): 873〜876, 1989.

1678. [原著] 手関節部X線診断−手根骨骨形態および手根不安定症を中心として−. 二見俊郎,小林明正,若林伸之,塚本行男(整外): 整形・災害外科,32(8): 977〜981, 1989.

1679. [原著] 骨粗鬆症に対するADFR療法−各種骨塩定量法による検討. 山徳義郎,島尻郁夫,久保寺大也,塚本行男,高岸憲二,有富寛(整外): 第10回神奈川Ca・骨代謝研究会報告集, p.88〜94, 1989.

1680. [原著] 脛骨顆間隆起骨折に対する経皮的骨接合術. 安達公,久保寺大也,前原秀夫,村田潔,二見俊郎,塚本行男,前之園多幸,堀内富雄,山本真(整外): 東京膝関節学会会誌,10: 31〜39, 1989.

1681. [原著] 変形性股関節症に対するキアリ骨盤骨切り術の生体工学からみた検討. 米本光一,西山裕,糸満盛憲,山本真(整外),森田真史(生体工): 東日本臨整会誌,1(1): 354〜357, 1989.

1682. [原著] 尺側手根伸筋腱症候群. 二見俊郎,若林伸之,小林明正,大友正孝,塚本行男(整外): 東日本臨整会誌,1(1): 511〜515, 1989.

1683. [原著] 手根骨嚢腫様陰影のX線学的検討. 小林明正,二見俊郎,大野司,若林伸之,塚本行男,山本真(整外): 東日本臨整会誌,1: 278〜281, 1989.

1684. [原著] An Analysis of Wrist Joint Movement in the Crab-eated Monkey−With Special Emphasis on the Supporting Function and Movement Control Ability of Ligamentous Structure. 二見俊郎,若林伸之,塚本行男(整外): 日関外誌,8(2): 187〜196, 1989.

1685. [原著] 距骨骨折の治療経験. 西山裕,糸満盛憲,笹本憲男,小林明正,安達公,秋葉理,山本真(整外): 日災会誌,37(10): 660〜663, 1989.

1686. [原著] Anatomical and Functional Study of Wrists−Comparative Study of Crab-eating Monkey and Human. 若林伸之,二見俊郎(整外): 日手会誌, 6(1): 131〜139, 1989.

1687. [原著] Abductor Pollicis Longs Tendon Transfar for Augumentation of Index Abdunction. 二見俊郎,若林伸之,米本光一(整外),馬渕清資(生体工): 日手会誌, 6(3): 443〜447, 1989.

1688. [原著] Estensor Carpi Ulnaris Syndrome: A Proposal of a New Clinical Entity. 二見俊郎,若林伸之,大友正孝,塚本行男,山本真(整外): 日手会誌, 6(3): 499〜504, 1989.

1689. [原著] 変形性膝関節症に対するピロキシカム軟膏の多施設臨床試験成績−実地医家による全国試験−. 山本真(整外),他142名: 薬理と治療,17(3): 1021〜1033, 1989.

1690. [原著] 変形性膝関節症に対するE-0710の臨床評価−初期臨床第U相試験−. 山本真,笹本憲男,小林明正,土屋敦,野口太一,王京子,山崎幹雄,上田昭吾,谷義彦(整外): 薬理と治療,17(4): 1643〜1651, 1989.

1691. [原著] E-0710の変形性膝関節症に対する用量検討試験成績−多施設二重盲検法による検討−. 山本真,青木虎吉,河路渡,三浦幸雄,宇田川英一,松本淳,石川清一(整外): 薬理と治療,17(4): 1653〜1671, 1989.

1692. [原著] 変形性膝関節症に対するE-0710の臨床評価−Indomethacinを対照薬とした多施設二重盲検比較試験−. 山本真,河路渡,三浦幸雄,宇田川英一,松本淳,石川清一(整外): 薬理と治療,17(5): 2277〜2301, 1989.

1693. [原著] 腰痛症、頚肩腕症候群および肩関節周囲炎に対するRPY-001の臨床評価−Indomethacinとの二重盲検比較試験−. 山本真,河路渡,今井望,三好邦達,山田勝久,黒木良克,小川暢也(整外): 薬理と治療,17(7): 3347〜3373, 1989.

1694. [原著] 水泳によるスポーツ障害. 高岸憲二,二見俊郎,久保寺大也,山本真(整外): 臨床スポーツ医学, 6: 41〜43, 1989.

1695. [原著] 抗生剤セフゾナムナトリウムを添加したPMMA骨セメントの強度試験. 森田真史(生体工),有富寛(整外): 臨床整形外科, 24(10): 1199〜1205, 1989.

1696. [短報] SUS316ステンレス鋼の疲労挙動に与える溶存酵素の影響. 森田真史(生体工),塚本行男(整外),笹田直(生体工),野村勲: 人工関節研究会誌, 19: 84, 1989.

1697. [研究報告] 整形外科バイオメカニクス研究会に参加して. 森田真史(生体工): バイオメカニズム学会誌, 10(2): 101〜102, 1986.

1698. [研究報告(厚生省)] 腎移植後の大腿骨頭壊死−cyclosporin A使用例の検討−. 山本真,小林明正,糸満盛憲,笹本憲男(整外): 厚生省特定疾患骨壊死研究班昭和63年度研究報告書, p.135〜137, 1989.

1699. [研究報告(厚生省)] 腎移植後の大腿骨頭壊死−cyclosporin A投与群の検討−. 山本真,関口昌和,糸満盛憲,小林明正(整外): 厚生省特定疾患骨壊死研究班昭和63年度研究報告書, p.265〜268, 1989.

1700. [症例報告] 両坐骨結節裂離骨折の1例. 白崎祥晃(形外),三原久範,末吉義伯,菅原誠,渡辺健一,小林昭(国立横浜病院): 臨床スポーツ医学, 6: 73〜75, 1989.

1701. [症例報告] Prosthetic Replacement due to Giant-cell Tumor in the Proximal Humerus: A Case Report. 高岸憲二,篠原弘行(整外): Clin. Orthop., 247: 106〜110, 1989.

1702. [症例報告] 人工股関節再置換術(revision)時ソケット破損のみられた1例について. 山田友久,那須野秀二,有富寛,上田昭吾(整外): 関節の外科, 16: 111〜116, 1989.

1703. [症例報告] ブシラミン投与中に膜性腎症を合併した慢性関節リウマチの1例. 五賀貴男,有富寛,高岸憲二,三輪清志,荒井義孝(整外),小林豊,鎌田貢寿(内): 関東リウマチ, 21: 51〜61, 1989.

1704. [症例報告] 第一中手骨骨頭壊死の1例. 利根川雅俊,二見俊郎,小林明正,北爪伸仁(整外): 関東整災誌, 20(6): 521〜524, 1989.

1705. [症例報告] 有鉤骨骨折に第5指屈筋腱断裂を合併した1例. 武田経洋,中村一仁,二見俊郎(整外): 関東整災誌, 20: 95〜97, 1989.

1706. [症例報告] 顔面骨骨折に対するミニプレートの使用経験. 桜井治彰(形外): 埼玉県医学会雑誌, 24(4): 938〜941, 1989.

1707. [症例報告] 踵骨前方突起骨折の2例. 山田友久,小林明正,北見圭司,糸満盛憲(整外): 神奈川県整形災害外科医学会誌, 2(1): 63〜67, 1989.

1708. [症例報告] Van der Hocve症候群の1例. 花嶋美奈子,久保寺大也,渡辺尚,斉藤照彦,二見俊郎,塚本行男(整外): 神奈川県整形災害外科医学会誌, 2(1): 94〜97, 1989.

1709. [症例報告] 右上腕骨に発生した Periosteal Chondroma の1例. 石原秀一(形外),伊地知正光,井原成男,三島真一(産業医大): 整形外科と災害外科, 37: 1763〜1766, 1989.

1710. [総説] 骨盤骨折の保存療法. 砂辺完治(整外): M.B. Orthop., 12: 11〜15, 1989.

1711. [総説] 人工関節・これからの人工関節. 森田真史(生体工),山本真(整外): Pharma Medica, 7(7): 53〜59, 1989.

1712. [総説] バイオトライボロジ−との出合い;生体に学ぶこれからの機械工学. 森田真史(生体工): トライボロジ, 25(9): 25〜26, 1989.

1713. [総説] 医療におけるバイオトライボロジ. 馬渕清資(生体工): トライボロジ, 3(9): 8〜11, 1989.

1714. [総説] 関節のトライボロジー(生きている傾斜機能システム). 塚本行男(整外): トライボロジー, 25: 12〜16, 1989.

1715. [総説] 骨と疲労. 森田真史(生体工): バイオメカニズム学会誌, 11(3): 83〜88, 1987.

1716. [総説] 五十肩−扶義−(特集)肩の痛みと機能障害. 高岸憲二(整外): 関節外科, 8(10): 1477〜1482, 1989.

1717. [総説] 大腿骨頭辷り症に対する骨端固定術(特集)大腿骨頭辷り症. 糸満盛憲(整外): 関節外科, 8(11): 1637〜1644, 1989.

1718. [総説] 変形性関節症に対する薬物療法. 塚本行男(整外): 骨・関節・靭帯, 2(2): 191〜200, 1989.

1719. [総説] 関節痛: 初期症候のとらえ方と初期治療. 糸満盛憲(整外): 治療, 71: 393〜399, 1989.

1720. [総説] 摩擦・摩耗の立場からみたインプラント材料の生体適合性評価. 森田真史(生体工): 整形外科, 41(2): 222, 1990.

1721. [総説] ロボットによる靭帯損傷の診断(特集/スポ−ツと前十字靭帯損傷). 藤江裕道(生体工): 臨床スポ−ツ医学, 6(12): 1309〜1314, 1989.

1722. [総説] 非ステロイド抗炎症剤選択のポイント (3)変形性関節症. 有富寛(整外): 臨床医, 15: 1594〜1596, 1989.

1723. [総説] (特集)透析患者の手術看護マニュアル−XV整形外科−. 糸満盛憲(整外),伊藤文子(看護部): 臨床透析, 5(8): 227〜247, 1989.

1724. [総説] 特発性大腿骨頭壊死の診療. 糸満盛憲,山本真(整外): 臨床免疫, 21: 713〜725, 1989.

1725. [講座] 同種骨(銀行骨)移植−銀行骨移植の特徴. 糸満盛憲(整外): いずみ, 36(6): 20〜21, 1989.

1726. [講座] 入門講座:X線の読み方 第3章 肩・股. 高岸憲二,山本真(整外): リウマチ科, 1(3): 363〜374, 1989.

1727. [学術書] (執筆) 日本機械学会年鑑; バイオトライボロジ−, 92: 849, 森田真史(生体工). 編集 日本機械学会編, 東京,89.00.00発行.

1728. [学術書] (執筆) Advance in Biomaterials; The Corrosion Fatigue Properties of Surgical Implants in a Living Body, 8: 381〜386, 森田真史(生体工),H. Hayashi,笹田直(東工大),塚本行男(整外). 編集 C. de Putter,G.L. Lange,K. de Groot,A.J.C. Lee編, Elsevier,Amsterdam,88.00.00発行.

1729. [学術書] (執筆) 髄内釘による骨折手術;理論と実際, 山本真,糸満盛憲,笹本憲男(整外). 南江堂, 東京,89.04.10発行.

1730. [学術書] (執筆) 図説内科診断治療講座. 12. リウマチ性疾患; X線所見・骨. 有富寛(整外). 編集 安倍達,他編, メジカルビュー社, 東京,89.06.10発行.

1731. [学術書] (執筆) リウマチ学; 18. 変形性関節症, p.924〜951, 山本真,糸満盛憲(整外). 同文書院,東京, 89.07.00発行.

1732. [学術書] (執筆) Diclofenac (Voltaren) and Cartilage in Osteoarthritis; Prospects for Cartilage Therapy, 山本真(整外). 編集 Moskowitz, R. & Hirohata, K.編, Hogrofe & Huber, Toronto, 89.00.00発行.

1733. [学術書] (執筆) 骨銀行; 糸満盛憲,小林明正(整外). 監修 山本真(北里大学)監修, ヒューマンティワィ, 90.03.24発行.

1734. [教科書] (執筆) 神中整形外科学(改訂第21版); 整形外科的診断法、関節の構造と機能、軟骨の代謝, 山本真(整外). 編集 天児民和編, 南山堂,東京, 89.11.00発行.

1735. [教科書] (執筆) 神中整形外科学(改訂第21版); 骨関節のバイオメカニクス, 塚本行男(整外). 編集 天児民和編, 南山堂,東京, 89.11.00発行.

1736. [教科書] (執筆) 神中整形外科学(改訂第21版); 関節疾患, 有富寛(整外). 編集 天児民和編, 南山堂,東京, 89.11.00発行.

1737. [学術賞] 日本バイオマテリアル学会,第1回バイオマテリアル科学奨励賞「疲労骨折予知に関する力学的研究」. 森田真史(生体工).

1738. [書評] バイオメカニクスよりみた整形外科. 森田真史(生体工): 整形外科, 40(6): 934, 1989.

1739. [学会] (特別講演) Isoelastic Total Hip Replacement: Clinical Experiences and its Biomechanical Characteristics. 糸満盛憲,山本真,Kashiwagi, D.,米本光一(整外),森田真史(生体工): 33rd Annual Meeting of the Korean Orthopedic Association (89.10.19〜21), Seoul, Korea.

1740. [学会] (教育講演) The Experience of Soft-tissue Expander. 内沼栄樹(形外): 第2回イラン形成外科学会 (89.05.17), テヘラン.

1741. [学会] (教育講演) 悪性腫瘍の画像診断(病理学的所見との対比) 5. 骨. 松林隆(放): 第25回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (89.09.29), 名古屋, 第25回日本医学放射線学会秋季臨床大会・名古屋・プログラム・予稿集, p.47, 1989.

1742. [学会] (教育講演) 変形性関節症の進行と治療. 糸満盛憲(整外): 平成元年度大分県整形外科臨床整形外科医会 (89.10.07), 大分.

1743. [学会] (教育講演) 変形性関節症の病態と治療. 山本真(整外): 第1回北九州、筑豊地区整形外科集談会 (90.03.09), 北九州.

1744. [学会] (シンポジウム) 慢性関節リウマチ頚椎病変と手術療法. 有富寛(整外): 第62回日本整形外科学会学術集会 (89.04.14〜16), 浦安, 日本整形外科学会雑誌,63(2): S212, 1989.

1745. [学会] (シンポジウム) 人工関節の手術手段、これからの人工関節. 糸満盛憲(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1746. [学会] (シンポジウム) Implant金属材料の体内腐食による疲労強度劣化. 森田真史(生体工),野村勲,笹田直(東工大): 第11回バイオメカニズムシンポジウム (89.07.13〜15), 土浦, 予稿集, p.185〜194, 1989.

1747. [学会] (シンポジウム) 骨折治療とメカニカルストレス並びに骨粗鬆症と頚部骨折. 森田真史(生体工),山本真(整外),笹田直(東工大): 第7回日本骨代謝学会 (89.07.27〜29), 東京, 日本骨代謝学会誌, 7(3): 63, 1989.

1748. [学会] (シンポジウム) 滑液,軟骨,人工滑液の観点からみた関節の潤滑. 馬渕清資(生体工),塚本行男(整外),笹田直(東工大): 第4回日本整形外科学会基礎学術集会 (89.09.01), 東京, 日本整形外科学会雑誌,63(7): S887, 1989.

1749. [学会] (シンポジウム) 大腿骨顆部、顆上部骨折の治療経験. 南沢育雄,荒木崇一,西村明人,横関淳,小林明正,大野司,糸満盛憲,山本真(整外),新藤正輝(救命): 第37回日本災害医学会学術大会 (89.10.18〜19), 広島, 日災医誌, 38(3): 52, 1990.

1750. [学会] (シンポジウム) Application of Robotics to Palpation of Injury of Knee Ligaments−Devolopment of a New Method of Knee Instability Test. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),塚本行男,山本真(整外),笹田直(東工大): 110th ASME (American Society of Mechanical Engineers) Winter Annual Meeting (89.12.10〜15), San Francisco.

1751. [学会] (パネル) 大腿骨頭辷り症の治療:ねじ固定法. 糸満盛憲(整外),真角昭吾(大分医大),蜂谷将史(横浜南共済病院): 第62回日本整形外科学会学術集会 (89.04.14〜16), 浦安, 日本整形外科学会雑誌,63(2): S33, 1989.

1752. [学会] (パネル) わが国の整形外科認定医制度について−研修施設と研修方法について−. 山本真(整外): 第62回日本整形外科学会学術集会 (89.04.14〜16), 浦安, 日本整形外科学会雑誌,63(2): S443, 1989.

1753. [学会] (パネル) ロボットによる靭帯損傷の診断. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),塚本行男,山本真(整外),笹田直(東工大): 第62回日本整形外科学会学術集会 (89.04.15), 浦安, 日本整形外科学会雑誌,63(2): S412, 1989.

1754. [学会] (パネル) 揺動円弧運動により構成した偽関節の機能と形態. 藤江裕道(生体工),竹内敦子(生化系),馬渕清資(生体工),糸満盛憲,山本真(整外),中山徹(島津製作所),笹田直(東工大): 第4回日本整形外科学会基礎学術集会 (89.08.31〜09.01), 東京, 日本整形外科学会雑誌,63(7): 896, 1989.

1755. [学会] (ワークショップ) X線所見による抗リウマチ剤の臨床的意義. 有富寛(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1756. [学会] (ワークショップ) 慢性関節リウマチにおける骨塩量の変化(第6報)QCTによる検討. 有富寛,山徳義郎,米本光一,南沢育雄(整外),桜井清子,岩波茂,草野正一(放): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1757. [学会] (一般講演) 当科で行った軟骨移植について. 古山登隆,石原秀一,鈴木敏彦,影山広美,塩谷信幸(形外): 日本美容外科学会総会, 神戸.

1758. [学会] (一般講演) インプラント材料の摩耗毒性,擬似生体環境における金属イオンの選択的溶出. 西沢哲朗,笹田直(東工大),森田真史(生体工),井上葉子(予防医学系): 第33期日本潤滑学会 (88.05.12〜13), 東京, 予稿集, p.249〜252, 1988.

1759. [学会] (一般講演) 擬似生体内腐食環境下におけるSUSA316ステンレス鋼の疲労強度の測定. 森田真史(生体工),笹田直(東工大),野村勲: 第32回材料研究連合講演会 (88.12.08〜09), 京都, 予稿集, p.115〜116, 1988.

1760. [学会] (一般講演) 手関節X線診断について. 二見俊郎,若林伸之,小林明正,久保寺大也,塚本行男(整外): 第3回東日本手の外科学会 (89.02.00), 山形.

1761. [学会] (一般講演) 縄文時代人下肢骨の長さの左右差. 平本嘉助(解): 日本解剖学会 (89.04.01), 宮崎, 解剖学雑誌,64(4): 362, l989.

1762. [学会] (一般講演) 当科における肩鎖関節脱臼の治療経験. 高岸憲二,米本光一,塚本行男,山本真(整外): 第62回日本整形外科学会学術集会 (89.04.14〜16), 浦安, 日本整形外科学会雑誌,63(2): S145, 1989.

1763. [学会] (一般講演) 簡易固定装具による老年者・橈骨末端骨折の治療. 二見俊郎,久保寺大也,米本光一,山徳義郎,塚本行男(整外): 第62回日本整形外科学会学術集会 (89.04.14〜16), 浦安, 日本整形外科学会雑誌,63(2): S549, 1989.

1764. [学会] (一般講演) 脛骨顆間隆起骨折の発症メカニズムとその治療成績. 久保寺大也,塚本行男,二見俊郎,山徳義郎,米本光一,近藤泰一,安達公,三輪清志,上田昭吾,山本真(整外): 第62回日本整形外科学会学術集会 (89.04.14〜16), 浦安, 日本整形外科学会雑誌,63(2): S90, 1989.

1765. [学会] (一般講演) 浅側頭動脈領域の皮弁による眼瞼及び鼻翼の再建. 内沼栄樹,桜井治彰,宇井謙二,釼持誠,武田公利,飯田剛,塩谷信幸(形外): 第32回日本形成外科学会総会 (89.04.21), 浦安, 日本形成外科学会会誌, 9(臨増): 201, l989.

1766. [学会] (一般講演) 尺側手根伸筋腱症候群. 二見俊郎,若林伸之,大友正孝,塚本行男,山本真(整外): 第32回日本手の外科学会総会 (89.05.11〜13), 北九州.

1767. [学会] (一般講演) カニクイ猿手関節部の解剖的観察(人との比較において). 若林伸之,二見俊郎,大友正孝,塚本行男,山本真(整外): 第32回日本手の外科学会総会 (89.05.11〜13), 北九州.

1768. [学会] (一般講演) 手指外転機能再建に対する腱移行術. 二見俊郎,若林伸之,小林明正,米本光一,塚本行男(整外): 第32回日本手の外科学会総会 (89.05.11〜13), 北九州.

1769. [学会] (一般講演) 変形性肘関節症に対する橈骨短縮術(ビデオ). 二見俊郎(整外): 第32回日本手の外科学会総会 (89.05.11〜13), 北九州.

1770. [学会] (一般講演) 手の外科領域におけるX線CR撮影法の応用. 米本光一,二見俊郎,久保寺大也,塚本行男,小林明正(整外): 第32回日本手の外科学会総会 (89.05.11〜13), 北九州.

1771. [学会] (一般講演) 変形性関節症マウスにおける免疫反応の関与. 前田健二,高岸憲二,飯塚健児,山崎巌,西村明人,糸満盛憲,塚本行男,山本真(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1772. [学会] (一般講演) マウスのコラーゲン関節炎に及ぼす15-deoxyspergualinの影響. 高岸憲二,前田健二,山崎巌,西村明人,米本光一,山本真,佛渕孝夫,貝原信紘(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1773. [学会] (一般講演) 血清移入によるコラーゲン関節炎に対するcyclosporinの影響−FK506との作用機序の比較について−. 宮原孝明,佛渕孝夫,有田親央,新井望,杉岡洋一,高岸憲二,貝原信紘(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1774. [学会] (一般講演) 人工関節と人工骨頚の潤滑とその応用. 塚本行男,二見俊郎,久保寺大也,米本光一,山徳義郎(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1775. [学会] (一般講演) リウマチ手関節滑膜切除術の手関節安定性に及ぼす影響のX線学的検討. 米本光一,有富寛,高岸憲二,二見俊郎,山本真(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1776. [学会] (一般講演) 新ARA診断基準の検討(第2報). 西山裕,有富寛,堀内富雄,藤田正,山本真(整外): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25〜27), 東京.

1777. [学会] (一般講演) 多発性転移を来した後腹膜原発と考えられるMFHの1剖検例. 伊東周作,堀内訓,南沢育雄,小林明正,大野司(整外),岩渕啓一,渡辺清治(病理): 第518回関東整災月例会 (89.05.27), 東京.

1778. [学会] (一般講演) 仙骨部褥瘡の治療方針. 石原秀一(形外): 第14回外科連合学会 (89.06.21), 大阪.

1779. [学会] (一般講演) 有痛性分裂膝蓋骨に対する手術療法. 久保寺大也,二見俊郎,甲斐秀実,島尻郁夫,前原秀夫,三輪清志,塚本行男(整外): 第18回関東整形災害外科学会 (89.06.24), 東京.

1780. [学会] (一般講演) マウスのコラーゲン関節炎に及ぼす15-deoxyspergualinの影響. 高岸憲二,前田健二,山崎巌,西村明人,米本光一,三輪清志,山本真(整外): 第18回関東整形災害外科学会 (89.06.24), 東京.

1781. [学会] (一般講演) 股関節に発生したsynovial chondromatosisの3例. 山田友久,糸満盛憲,小林明正,大野司,北見圭司,山本真(整外): 第18回関東整形災害外科学会 (89.06.24), 東京.

1782. [学会] (一般講演) 手の外科領域におけるX線computed radiography (CR)の応用. 米本光一,二見俊郎,久保寺大也,塚本行男,小林明正,山徳義郎,山本真(整外): 第18回関東整形災害外科学会 (89.06.24), 東京.

1783. [学会] (一般講演) 長期透析患者に発生した腱断裂の検討. 小林明正,糸満盛憲,山本真,二見俊郎,塚本行男(整外): 第18回関東整形災害外科学会 (89.06.24), 東京.

1784. [学会] (一般講演) 脛骨に発生したinsufficiency fractureの1例. 木村正統,久保寺大也,安達公,花嶋美奈子,二見俊郎,塚本行男(整外): 第18回関東整形災害外科学会 (89.06.24), 東京.

1785. [学会] (一般講演) Development of the Apparatus of the Knee Instability Test by the Use of the Arm-Robot. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),塚本行男,久保寺大也,二見俊郎,山本真(整外),笹田直(東工大): First International Congress of Knee and Orthopaedic Sports Medicine Section of Western Pacific Orthpaedic Association (WPOA) (89.07.04〜06), 横浜, Abstract,p.19, 1989.

1786. [学会] (一般講演) スキーによる下肢の外傷−10年前との比較−. 久保寺大也,塚本行男,二見俊郎,三輪清志,蛯原有男,宮田庸,斉藤昭彦,前原秀夫,安達公,小林明郎,前之園多幸,渡辺尚,高岸憲二,山本真(整外): 第15回日本整形外科スポーツ医学会 (89.07.07), 札幌.

1787. [学会] (一般講演) スポーツによる手指障害. 二見俊郎,久保寺大也,高岸憲二,小林明正,塚本行男(整外): 第15回日本整形外科スポーツ医学会 (89.07.07), 札幌.

1788. [学会] (一般講演) Ulnar inpingement症候群を呈した橈骨末端骨折の治療経験. 仁瓶芳樹,米本光一,二見俊郎,木村正統,久保寺大也,塚本行男(整外): 第76回神奈川整形災害外科医会 (89.07.08), 根岸.

1789. [学会] (一般講演) 寛骨臼骨折の検討. 横関淳,木村正統,渡辺尚,南沢育雄,小林明正,糸満盛憲,山本真(整外): 第76回神奈川整形災害外科医会 (89.07.08), 根岸.

1790. [学会] (一般講演) 大腿骨骨頭骨折の治療経験. 鈴木淳,小林明正,大野司,三輪清志,山崎巌,山本憲一,糸満盛憲(整外): 第76回神奈川整形災害外科医会 (89.07.08), 根岸.

1791. [学会] (一般講演) 肘関節結核にサルコイドーシス様皮疹を伴った1例. 大野司,小林明正,八巻冬彦,有富寛(整外): 第13回神奈川リウマチ医会 (89.07.29), 横浜.

1792. [学会] (一般講演) 変形性関節症マウス(C57BLマウス)およびマウスのコラーゲン関節炎におけるU型コラーゲンに対する免疫反応の関与. 前田健二,高岸憲二,飯塚健児,山崎巌,西村明人,糸満盛憲,塚本行男,山本真(整外): 第4回日本整形外科学会基礎学術集会 (89.08.31〜09.01), 東京, 日整会誌(抄), 63(7): 1140, 1989.

1793. [学会] (一般講演) 正常者および変形性関節症患者における血清中ケラタン硫酸値. 高岸憲二,前田健二,糸満盛憲,山本真(整外),五艘行信,堀田恭子(生化),大谷英樹(臨病理): 第4回日本整形外科学会基礎学術集会 (89.08.31〜09.01), 東京, 日整会誌(抄), 63(7): 952, 1989.

1794. [学会] (一般講演) ロボットを用いた靭帯損傷診断装置の開発. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),塚本行男,久保寺大也,二見俊郎,山本真(整外),笹田直(東工大): 第4回日本整形外科学会基礎学術集会 (89.08.31〜09.01), 東京, 日本整形外科学会雑誌,63(7): 1081, 1989.

1795. [学会] (一般講演) 関節造影による前十字靭帯の診断. 久保寺大也,三輪清志,宮田庸,蛯原有男,北見圭司,久保勉,斉藤昭彦,二見俊郎,塚本行男(整外): 第38回東日本臨床整形外科学会 (89.09.10), 旭川.

1796. [学会] (一般講演) QCT法による脊椎粗鬆症および慢性関節リウマチの骨塩量の変化について. 有富寛,山徳義郎,米本光一,大野司,南沢育雄(整外),桜井清子,岩波茂(放): 第38回東日本臨床整形外科学会 (89.09.10), 旭川.

1797. [学会] (一般講演) 肘部管症候群の治療とその問題点. 二見俊郎,小林明正,米本光一,久保寺大也,三輪清志,塚本行男,山本真(整外): 第38回東日本臨床整形外科学会 (89.09.10), 旭川.

1798. [学会] (一般講演) Charnley-Muller型人工股関節5年以上経過例の検討. 米本光一,糸満盛憲,上田昭吾,塚本行男,山本真(整外): 第38回東日本臨床整形外科学会 (89.09.10), 旭川.

1799. [学会] (一般講演) 腎移植後の大腿骨頭壊死−cyclosporine A投与群の検討. 関口昌和,糸満盛憲,小林明正,横山一彦,山本真(整外),横田和彦(外): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11〜13), 東京.

1800. [学会] (一般講演) 人工関節材料の摩耗における雰囲気の影響. 西沢哲朗,笹田直(東工大),森田真史,馬渕清資(生体工): 第33回材料研究連合講演会 (89.09.13〜14), 東京, 予稿集, p.157〜158, 1989.

1801. [学会] (一般講演) A Controlled Study of Lymphocytophoresis for Refractory Rheumatoid Arthritis. 有富寛,大野司,上田昭吾,北見圭司(整外),宮沢七郎(電顕センター): 16th ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17〜23), リオデジャネイロ.

1802. [学会] (一般講演) Comparative Studies of the Effect of Cyclosporin A and FK506 on Collagen Arthritis in Mice. 高岸憲二,山崎巌,西村明人,米本光一,前田健二,山本真(整外): 16th ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17〜23), リオデジャネイロ.

1803. [学会] (一般講演) Multicentric Evaluation of Tiaprofenic Acid in Osteoarthritic Patients Using of OA Knee Score. 山本真(整外),Aoki, T.,Ono, K.,Sugioka, Y.,Koshino, T.: 16th ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17〜23), リオデジャネイロ.

1804. [学会] (一般講演) Multicentric Evaluation of Periarthritis Scapulohumeralis Using Shoulder Evaluation Sheets. Yamamoto, R.,Mikasa, M.,Ogawa, K.,Morioka, K.,高岸憲二(整外),Tabata, S.: 16th ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17〜23), リオデジャネイロ.

1805. [学会] (一般講演) Isoelastic人工股関節の使用経験. 米本光一,上田昭吾,糸満盛憲,塚本行男,山本真(整外): 第73回中部日本整形災害外科学会 (89.10.12〜13), 高松.

1806. [学会] (一般講演) 膝関節力学試験ロボットの開発. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),北見圭司,塚本行男,山本真(整外),笹田直(東工大),荒井伸治(三菱電気): 第11回日本ME学会秋季大会 (89.10.17〜18), 札幌, 医用電子と生体工学, 27(2): 158, 1989.

1807. [学会] (一般講演) 手指に発生した軟骨肉腫の1例. 松森哲郎,大野司,小林明正,山崎巌,山本憲一,二見俊郎(整外): 第521回関東整形災害医学会月例会 (89.10.25).

1808. [学会] (一般講演) 擬似体液中における人工関節材料の摩耗に伴う金属イオンの溶出. 西沢哲朗,笹田直(東工大),森田真史(生体工),井上葉子(予防医学系): 第34期日本潤滑学会 (89.10.25〜26), 富山, 予稿集, p.507, 1989.

1809. [学会] (一般講演) Cefuzonam Sodium(コスモシン)を添加したPMMA骨セメントの強度. 森田真史,馬渕清資(生体工),笹田直(東工大): 第11回バイオマテリアル学会 (89.10.27〜28), 京都, 予稿集, p.18, 1989.

1810. [学会] (一般講演) 横止めネジを用いた人工股関節骨頭の新しい固定法. 馬渕清資,藤江裕道(生体工),糸満盛憲,山本真(整外),笹田直(東工大): 第11回日本バイオマテリアル学会大会 (89.10.28), 京都, 予稿集, p.47, 1989.

1811. [学会] (一般講演) 片側性特発性下腿外捻の1例. 久保勉,久保寺大也,三輪清志,宮田庸,蛯原有男,松元雅彦,小宮宏一郎,二見俊郎,塚本行男,近藤泰一(整外): 第77回神奈川整形災害外科医会 (89.11.04), 横浜.

1812. [学会] (一般講演) 骨盤および対側下肢多発骨折の1例. 渡辺哲哉,南沢育雄,小林明正,大野司,西村明人,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命): 第77回神奈川整形災害外科医会 (89.11.04), 横浜.

1813. [学会] (一般講演) 上腕骨外上顆炎に対する Boyed 手術−術中所見を中心に−. 二見俊郎,塚本行男,山本真(整外): 第17回日本リウマチ関節外科学会 (89.11.10〜11), 大阪.

1814. [学会] (一般講演) 慢性関節リウマチにおける骨塩量のQCT法による検討. 有富寛,米本光一(整外),桜井清子,岩波茂(放): 第17回日本リウマチ関節外科学会 (89.11.10〜11), 大阪.

1815. [学会] (一般講演) リウマチ関節滑膜切除後の手関節安定性に対する影響のX線学的検討. 米本光一,二見俊郎,塚本行男,有富寛,高岸憲二,山本真(整外): 第17回日本リウマチ関節外科学会 (89.11.10〜11), 大阪.

1816. [学会] (一般講演) Banked Bone Grafting: Clinical Study on Allograft in Corporation. 糸満盛憲,山本真,大野司,横山一彦,上田昭吾(整外): 1st Meeting of Asia-Pacific Assoc. of Surgical Tissue Banking (89.11.16), Bangkok, Thailand.

1817. [学会] (一般講演) Massive Osteoarticular Allograft in Treatment for Malignant or Aggressive Bone Tumors. 大野司,糸満盛憲,山本真(整外): 1st Meeting of Asia-Pacific Assoc. of Surgical Tissue Banking (89.11.16), Bangkok, Thailand.

1818. [学会] (一般講演) Cold Preservation of Rat Limb in Euro-Collin's Solution with CoQ10 Pretreatment. 横山一彦,糸満盛憲,山本真,高岸憲二,上田昭吾(整外): 1st Meeting of Asia-Pacific Assoc. of Surgical Tissue Banking (89.11.16), Bangkok, Thailand.

1819. [学会] (一般講演) 掌蹠膿疱症に伴った病的鎮骨骨折の1例. 橋本和典,高岸憲二,大野司,那須野秀二,山崎巌(整外): 第19回関東整形災害外科学会 (89.11.18), 東京.

1820. [学会] (一般講演) 骨内脂肪腫の3例. 山本憲一,鈴木淳,山崎巌,大野司,小林明正,糸満盛憲,山本真(整外): 第19回関東整形災害外科学会 (89.11.18), 東京.

1821. [学会] (一般講演) 有鉤骨鉤骨折5例の治療経験. 渡辺尚,南沢育雄,荒木崇一,小林明正,二見俊郎,山本真(整外): 第19回日本リウマチ関節外科学会 (89.11.18), 東京.

1822. [学会] (一般講演) ガングリオンによる棘下筋麻痺の1例. 篠原弘行,高岸憲二,南沢育雄,小林明正,西村明人,荒井義孝,山口良成(整外): 第522回関東整形災害外科学会月例会 (89.12.16).

1823. [学会] (一般講演) 下顎骨骨折に対するミニプレートの使用経験. 桜井治彰(形外): 埼玉県医学会 (90.01.21), 浦和.

1824. [学会] (一般講演) 膝関節拘縮を伴ったKashin-Beck病の1例. 蛯原有男,久保寺大也,島尻郁夫,甲斐秀実,久保勉,小宮宏一郎,二見俊郎,塚本行男(整外): 第523回関東整形災害外科学会月例会 (90.01.27), 東京.

1825. [学会] (一般講演) 両側鎖骨遠位端切除術を施行した掌蹠膿疱症性関節症の1例. 牧野耕文,高岸憲二,大野司,南沢育雄,上田昭吾,金井徳彰,糸満盛憲(整外): 第523回関東整形災害外科学会月例会 (90.01.27), 東京.

1826. [学会] (一般講演) 大腿骨遠位部骨軟骨腫の腫瘍基部に骨折を生じた2例. 平田雅裕,大野司,今野淳,橋本和典,糸満盛憲(整外): 第524回関東整形災害外科学会月例会 (90.02.24), 東京.

1827. [学会] (一般講演) 手の高圧注入損傷の1例. 栗原稔,小林明正,横関淳,二見俊郎(整外): 第78回神奈川整形災害外科医会 (90.03.03), 横浜.

1828. [学会] (一般講演) 観血的治療を行った鎖骨偽関節の治療経験. 西村明人,南沢育雄,山口良成,荒木崇一,高岸憲二,糸満盛憲,山本真,笹本憲男(整外): 第78回神奈川整形災害外科医会 (90.03.03), 横浜.

1829. [学会] (公開講座) 生体とトライボロジ. 馬渕清資(生体工): 第67期日本機械学会通常総会講演会・先端技術フオ−ラム (90.03.31), 東京, 資料集, Vol. D, p.221〜223, 1990.

1830. [研究会] (特別講演) 冷凍保存同種骨移植(骨銀行)について. 山本真(整外): 神奈川オステン研究講演会 (90.03.01).

1831. [研究会] (教育講演) 骨折治療に及ぼす力学的因子の作用. 馬渕清資(生体工): 第15回骨折研究会 (89.07.16), 岡山, 予稿集,p.133, 1989.

1832. [研究会] (教育講演) 変形性関節症の病態と治療. 山本真(整外): 熊本リウマチ関節疾患研究会 (89.10.07), 熊本.

1833. [研究会] (教育講演) 髄内釘による骨折治療の工夫. 糸満盛憲(整外): 熊本骨折研究会 (89.10.14), 熊本.

1834. [研究会] (教育講演) 骨疾患と画像診断. 松林隆(放): 平成元年度神奈川県診療放射線技術講習会 (89.10.15), 横浜.

1835. [研究会] (教育講演) RAの外科的療法. 有富寛(整外): 日本リウマチ財団神奈川地区リウマチ教育研修会 (89.11.05), 横浜.

1836. [研究会] (教育講演) 髄内釘の固定力とその対策. 山本真(整外): 第2回名古屋市大整形外科同門会 (89.12.09), 名古屋.

1837. [研究会] (シンポジウム) 力学的刺激による関節の形成. 中山徹(島津製作所),笹田直(東工大),藤江裕道,馬渕清資(生体工),山本真(整外),竹内敦子(生化系): 第9回バイオトライボロジシンポジウム (89.03.11), 東京, 予稿集, p.3, 1989.

1838. [研究会] (一般講演) SUS316ステンレス鋼の疲労挙動に与える溶存酸素の影響. 森田真史(生体工),塚本行男(整外),笹田直(東工大),野村勲: 第19回人工関節研究会 (89.02.03〜04), 東京, 予稿集, p.68, 1989.

1839. [研究会] (一般講演) 人工関節材料の摩耗試験. 馬渕清資,森田真史(生体工),山本真(整外),笹田直,前沢伯彦(東工大): 第9回バイオトライボロジシンポジウム (89.03.11), 東京.

1840. [研究会] (一般講演) 膝のosteochondral fractureの治療経験. 久保寺大也,塚本行男,二見俊郎,甲斐秀実,前原秀夫,渡辺尚,安達公,三輪清志,小林明郎,前之園多幸,山本真(整外): 第15回日本骨折研究会 (89.07.14〜15), 岡山, 骨折, 11: 1989.

1841. [研究会] (一般講演) 円筒釘ねじ横止め法を用いた大腿骨転子部骨折の治療. 南沢育雄,山崎巌,西村明人,三輪清志,小林明正,大野司,糸満盛憲,山本真(整外): 第15回日本骨折研究会 (89.07.14〜15), 岡山, 骨折, 11: 1989.

1842. [研究会] (一般講演) 重度大腿骨開放骨折の1例. 糸満盛憲(整外): 第15回日本骨折研究会 (89.07.14〜15), 岡山, 骨折, 11: 1989.

1843. [研究会] (一般講演) 同側上腕骨、前腕骨骨折(floating elbow)の検討. 小林明正,南沢育雄,横山一彦,糸満盛憲,塚本行男,山本真,笹本憲男(整外): 第15回日本骨折研究会 (89.07.14〜15), 岡山, 骨折, 11: 1989.

1844. [研究会] (一般講演) 肩関節疾患に対する超音波検査法−腱板断裂を中心として−. 高岸憲二,前田健二,山本真(整外),鵜野和則,秋山いわき(相模工大): 第1回日本整形外科超音波研究会 (89.07.29), 大阪.

1845. [研究会] (一般講演) リウマチ手関節滑膜切除術の検討. 米本光一,二見俊郎,塚本行男,有富寛,高岸憲二,山本真(整外): 第18回東日本リウマチの外科研究会 (89.08.05), 秋田.

1846. [研究会] (一般講演) ソケットに問題のあった人工股関節再置換術施行の2例. 上田昭吾,有富寛,関口昌和,山田友久(整外): 第18回東日本リウマチの外科研究会 (89.08.05), 秋田.

1847. [研究会] (一般講演) 膝蓋大腿関節軟骨面の検討と膝蓋骨骨切り術. 久保寺大也(整外): 第4回関節フォーラム (89.08.30), 東京.

1848. [研究会] (一般講演) 膝力学試験ロボットの試作. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),塚本行男,山本真(整外),笹田直(東工大): 第16回整形外科バイオメカニクス研究会 (89.09.02), 東京.

1849. [研究会] (一般講演) 揺動円弧運動により構成した偽関節の摩擦挙動. 藤江裕道,馬渕清資(生体工),糸満盛憲,山本真(整外),笹田直(東工大): 第16回整形外科バイオメカニクス研究会 (89.09.02), 東京.

1850. [研究会] (一般講演) 骨腫瘍に対する同種保存骨移植; osterochondral およびsegmental graftの経験. 大野司,糸満盛憲,山本真,上田昭吾,小林明正,砂辺完治,塚本行男(整外): 第8回骨・関節・軟部組織移植研究会 (89.09.14〜15), 東京.

1851. [研究会] (一般講演) Rat後肢を用いた複合組織の保存に関する実験的研究−単純冷却保存の限界と抗酸化剤の有効性について−. 横山一彦,糸満盛憲,高岸憲二,山本真(整外): 第8回骨・関節・軟部組織移植研究会 (89.09.14〜15), 東京.

1852. [研究会] (一般講演) 結晶誘発性関節炎・CPPD沈着症. 木田芳樹,岩渕啓一(病理): 神奈川病理医会 (89.09.28), 横浜.

1853. [研究会] (一般講演) 変形性膝関節症に対する腓骨部分切除術の試み. 二見俊郎,塚本行男,久保寺大也,三輪清志,北見圭司,安達公,宮田庸,蛯原有男,渡辺尚(整外),馬渕清資,森田真史,藤江裕道(生体工): 第9回神奈川関節外科研究会 (89.09.30), 横浜.

1854. [研究会] (一般講演) Power-liftingにより生じたClay Shoveller's Fractureの1例. 久保寺大也(整外): 第11回東日本スポーツ医学研究会 (89.10.01), 東京.

1855. [研究会] (一般講演) ジョギングによる障害(第1報). 高岸憲二(整外): 第11回東日本スポーツ医学研究会 (89.10.01), 東京.

1856. [研究会] (一般講演) 亜脱臼性股関節症に対する大腿骨外反屈曲骨切り術のX線学的検討. 米本光一,糸満盛憲,上田昭吾,塚本行男,山本真,笹本憲男(整外): 第16回日本股関節研究会 (89.11.23〜24), 福岡.

1857. [研究会] (一般講演) 大腿骨頚壊死に対する支持骨柱移植術の治療経験. 小林明正,山本真,糸満盛憲,南沢育雄,鈴木淳,笹本憲男(整外): 第16回日本股関節研究会 (89.11.23〜24), 福岡.

1858. [研究会] (一般講演) 五十肩におけるMRI所見. 高岸憲二,前田健二,米本光一,花嶋美奈子,西村明人,糸満盛憲,塚本行男,山本真(整外),池田俊昭(放): 第16回日本肩関節研究会 (89.11.23〜24), 福岡.

1859. [研究会] (一般講演) 人工関節の潤滑とその応用. 塚本行男(整外): 相模原市医師会外科整形外科医会 (89.12.02), 相模原.

1860. [研究会] (一般講演) 転移性骨腫瘍が疑われた恥骨疲労骨折の1例. 栗原稔,関口昌和,荒木崇一,山徳義郎,南沢育雄,小林明正,糸満盛憲(整外): 第11回神奈川Ca・骨代謝研究会 (90.01.13), 横浜.

1861. [研究会] (一般講演) 両側膝罹患例に対する全人工膝関節置換術による対応. 塚本行男,久保寺大也,北見圭司,二見俊郎,米本光一,三輪清志(整外): 第20回人工関節研究会 (90.02.02〜03), 京都.

1862. [研究会] (一般講演) Muller型人工股関節5年以上経過例のX線学的検討. 米本光一,糸満盛憲,塚本行男,山本真,笹本憲男(整外): 第20回人工関節研究会 (90.02.02〜03), 京都.

1863. [研究会] (一般講演) 抗生剤Cefuzonam sodium (Cosmosin)を添加したPMMA骨セメントの強度試験. 森田真史(生体工),有富寛(整外): 第20回人工関節研究会 (90.02.02〜03), 京都, 予稿集, p.67, 1990.

1864. [研究会] (一般講演) 人工関節材料の擬似体内液中での摩耗. 西沢哲朗,笹田直(東工大),森田真史,馬渕清資(生体工): 第20回人工関節研究会 (90.02.02〜03), 京都, 予稿集, p.68, 1990.

1865. [研究会] (一般講演) 上腕骨外・内顆炎に対する外科的療法. 二見俊郎,米本光一,塚本行男,小林明正,山本真(整外): 第2回日本肘関節研究会 (90.02.10), 東京.

1866. [研究会] (一般講演) かかえあげストレス撮影によるACL損傷の検討. 北見圭司,久保寺大也,三輪清志,吉野寿郎,二見俊郎,塚本行男(整外): 第11回東京膝関節研究会 (90.02.17), 東京.

1867. [研究会] (一般講演) キーンベック病に対するstrut bone graftの試み. 二見俊郎,小林明正,米本光一,若林伸之,久保寺大也,三輪清志,塚本行男,山本真(整外): 第4回東日本手の外科研究会 (90.02.17), 東京.

1868. [研究会] (一般講演) 仮骨延長法による母指再建の1例. 小林明正,二見俊郎,渡辺森久(整外): 第4回東日本手の外科研究会 (90.02.17), 東京.

1869. [研究会] (一般講演) 膝関節水腫を初発症状とした悪性黒色肉腫の1例. 松森哲郎,大野司,山崎巌,鈴木淳,有富寛(整外): 第15回神奈川リウマチ医会 (90.02.24), 横浜.

1870. [研究会] (一般講演) 人工関節摺動部材の適性評価,特に金属イオン溶出に及ぼすアルブミンの影響について. 森田真史(生体工),井上葉子(予防医学系),馬渕清資(生体工),西沢哲朗,笹田直(東工大): 第10回バイオトライボロジシンポジウム (90.03.03), 東京, 予稿集, p.1, 1990.

1871. [研究会] (一般講演) Vargas変法による肩鎖関節脱臼の治療経験. 荒木崇一,高岸憲二,米本光一,南沢育雄,前田健二,糸満盛憲,塚本行男(整外): 第10回神奈川関節外科研究会 (90.03.31), 横浜.

1872. [研究会] (一般講演) 股関節手術における合併症. 米本光一,中村一仁,糸満盛憲,塚本行男,有富寛,山本真(整外): 第10回神奈川関節外科研究会 (90.03.31), 横浜.

1873. [研究会] (一般講演) 膝蓋骨脱臼に伴うosteochondral fractureの有無. 久保寺大也,蛯原有男,北見圭司,宮田庸,二見俊郎,塚本行男(整外): 第10回神奈川関節外科研究会 (90.03.31), 横浜.

1874. [研究会] (一般講演) 大腿直筋のアミロイドーシスによる股関節障害を来した1透析例. 渡辺森久,糸満盛憲,山本憲一,武田経洋,小林明正(整外),桜井健治: 第10回神奈川関節外科研究会 (90.03.31), 横浜.

1875. [特許] 日本,骨セメント用補助具. 森田真史(生体工),大沢孝明,千秋和久(テルモ).

1876. [学会会頭(会長)] 日本整形外科学会(社団法人):第4回日本整形外科学会基礎学術集会(89.08.31〜09.01). 山本真(整外).


<<110 感覚器と皮膚>>

1877. [原著] Requirement of Serum Factors for Wound Closure of Embryonic Skin in vitro. Kistler, A.,猪原節之介(形外): Ann. Plast. Surg., 23: 479〜487, 1989.

1878. [原著] 人間ドック受診者の年齢別純音聴力. 岡本牧人,設楽哲也,籾山安弘,平山方俊,石井豊太(耳鼻): Audiology Japan.

1879. [原著] Regulation of Mammalian Melanogenesis by Tyrosinase Inhibition. 亀山孝一郎(皮),Jimenez, M.,Muller J.,Ishida, Y.,Heavy, V.J.(NIH): Differentiation, 42(12): 28〜36, 1989.

1880. [原著] Comparative Ultrastructural Study of Rabbit Muller Cells in Vitro and Situ. 若倉雅登(眼), Wallace S. Foulds (Univ. of Glasgow): Eye, 2(12): 664〜669, 1988.

1881. [原著] Senile Erythroderma with Serum Hyper IgE. 浅井俊弥,堀内保宏(皮): Intern. J. Dermatol., 28(4): 255〜258, 1989.

1882. [原著] Bilateral Slowly Progressive Big Blind Spot Syndrome. 若倉雅登,古野久美子(眼): J. Clin. Neuro-Ophtalmol., 9(3): 141〜143, 1989.

1883. [原著] A Monoclonal Antibody, SKH1, Reacts with 40Kd Sweat Gland-associated Antigen. 鈴木裕介,橋本健,加藤一郎,西岡清,衛藤光,西山茂夫(皮),神崎保(名市大): J. Cutan. Pathol., 16: 66〜71, 1989.

1884. [原著] Tumoral Calcinosis in Scleroderma. 片山一朗,東一紀,向井秀樹,西岡清,西山茂夫(皮): J. Dermatol., 16(1): 82〜85, 1989.

1885. [原著] Drug-induced Chronic Pigmented Purpura. 西岡清,片山一朗,増沢幹男,横関博雄,山茂夫(皮): J. Dermatol., 16(3): 220〜222, 1989.

1886. [原著] A Case of Sclerosing Lymphangitis of the Lip. 稲村圭一,鈴木裕介,西岡清,西山茂夫(皮): J. Dermatol., 17(2): 127〜129, 1990.

1887. [原著] Poikiloderma-like Lesion on the Neck in Atopic Dermatitis. 向井秀樹,西岡清,上村仁夫,片山一朗,西山茂夫(皮): J. Dermatol., 17(2): 85〜91, 1990.

1888. [原著] Deposition of the Membrane Attack Complex of Complement in Pemphigus Vulgaris and Pemphigus Foliaceus Skin. 川名誠司,Geoghegan, W.D.,Jordon, R.E.,西山茂夫(皮): J. Invest. Derm., 92: 588〜592, 1989.

1889. [原著] Herpes Simplex Virus 1 Infection Upregulates Stress Protein Expression in Cultured Retinal Neurons. Peter G.E. Kennedy (Univ. of Glasgow), 若倉雅登(眼),Wallace S. Foulds, Geoffrey B. Clements (Univ. of Glasgow): J. Neurol. Neurosurg. Psychiatr., 53: 72〜75, 1990.

1890. [原著] A Case of Phenobarbital-induced Optic Neuropathy. 本間啓三,若倉雅登,石川哲(眼): Neuro-ophthalmology, 9(6): 357〜360, 1989.

1891. [原著] A Quasistatic Study of Pupil and Accommodation After-Effects Following Near Vision. 土屋邦彦,鵜飼一彦,石川哲(眼): Ophtalmic & Physiological Optics, 9(4): 385〜391, 1989.

1892. [原著] 肉芽腫様組織像を呈した丘疹性梅毒疹. 刀祢毅,上村雅子,刀祢真理,斉藤隆三(皮): STD,16: 10〜13, 1989.

1893. [原著] 10ケ月齢から13ケ月齢老化促進マウス水晶体の加齢性変化. 西本浩之,宇賀茂三,宮田幹夫,石川哲(眼): あたらしい眼科, 6(12): 1851〜1853, 1989.

1894. [原著] 後天性に発症したと思われるDuane症候群の1例. 関谷治久,近藤佳夫,向野和雄(眼): あたらしい眼科, 6(6): 885〜888, 1989.

1895. [原著] ブランハメラ・カタラーリス結膜炎−小児および老人における結膜炎の原因として. 坂本則敏(眼): あたらしい眼科, 6(7): 1067〜1069, 1989.

1896. [原著] 北里大学病院眼科における弱視患者の検討. 知野順子,堀範子,伊藤雅子,岸田千穂子,青木繁,鵜飼一彦,石川哲(眼): 眼科臨床医報, 84(2): 243〜247, 1990.

1897. [原著] 難聴を伴った大動脈炎症候群11症例の検討. 稲木勝英,設楽哲也,岡本牧人,徳増厚二,藤野明人,石井豊太,鎌田利彦(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床,82(4): 537, 1989.

1898. [原著] 左房粘液腫による左網膜中心動脈閉塞症の1例. 吉田寛(眼),洲鎌盛一,田辺等(都立神経病院): 神経眼科, 5(3): 319〜325, 1988.

1899. [原著] 眼球振盪の治療(第1報)針治療法. 小沢治夫(眼): 神経眼科, 6(2): 207〜216, 1989.

1900. [原著] 眼窩外傷に合併した内眼筋麻痺の臨床経過. 奥英弘,向野和雄,石川哲,長谷川幸子,岸田千穂子(眼): 神経眼科, 6(4): 422〜429, 1989.

1901. [原著] 皮膚血管炎の臨床的研究(第4編)Anaphylactoid Purpuraの免疫学的背景. 加藤一郎,浅井俊弥,増沢幹男,斉藤隆三,川名誠司(皮),太田美津子(臨検): 西日本皮膚科,51(5): 927〜932, 1989.

1902. [原著] ビフォナゾール(マイコスポール液)による角質増殖型足白癬に対する臨床効果の検討−10%尿素軟膏(ウレパール)併用群との比較検討を加えて−. 田沼弘之,中村健一,岩崎雅,西山茂夫(皮): 西日本皮膚科,51(6): 1207〜1210, 1989.

1903. [原著] SLE, PSS患者血漿中第[因子、βートロンボグロブリンの測定意義. 鈴木裕介,増沢幹男,西山茂夫(皮): 西日本皮膚科,51: 268〜271, 1989.

1904. [原著] 組織培養法を用いた人および動物hair bulb-dermal papilla cellの生物学的特徴の解析. 勝岡憲生,竹崎伸一郎,衛藤光,堀内保宏,稲村圭一(皮): 日本リディアオリリー協会63年度年報,p.71〜73, 1989.

1905. [原著] 正常対光反応の加齢による変化; 新型双眼性赤外線電子瞳孔計(C2515)を用いた検討. 長谷川幸子,石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 93(10): 955〜961, 1989.

1906. [原著] ネコ眼輪筋神経支配の形態学的研究−その運動ニューロン、支配有髄神経および筋線維−. 坂本則敏,向野和雄,宇賀茂三(眼): 日本眼科学会雑誌, 93(10): 969〜977, 1989.

1907. [原著] タバコ喫煙の視覚毒性. 奥英弘,福島一哉,佐古博恒,難波龍人,若倉雅登(眼): 日本眼科学会雑誌, 93(5): 617〜624, 1989.

1908. [原著] 輻輳開散ステップ応答の指数関数近似による解析. 山田徹人,鵜飼一彦,石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 93(8): 859〜864, 1989.

1909. [原著] アトピー性皮膚炎患者のダニ貼布試験、病理組織学的検討. 伊藤篤,向井秀樹,西岡清(皮): 日本皮膚科学会雑誌,100(1): 63〜69, 1990.

1910. [原著] 成人型アトピー性皮膚炎の細菌ワクチン注射による治療(T)−臨床的検討−. 向井秀樹,西岡清,上村仁夫,伊藤篤,野口俊彦,藤本進,西山茂夫,秋山茂(皮): 日本皮膚科学会雑誌,100(3): 425〜432, 1990.

1911. [原著] 成人型アトピー性皮膚炎の細菌ワクチン注射による治療(U)−作用機序−. 向井秀樹,西岡清,野口俊彦,藤本進,西山茂夫,秋山茂(皮): 日本皮膚科学会雑誌,100(3): 433〜439, 1990.

1912. [原著] 尿蛋白陽性を示した全身性強皮症の臨床的検討. 近藤滋夫,刀祢真理,寺本範子,片山一朗,新井春枝,西岡清,西山茂夫(皮),藤井一史,小林豊(内): 日本皮膚科学会雑誌,99(10): 1105〜1110, 1989.

1913. [原著] 悪性黒色腫細胞並びに組織中のγ-glutamyl transferaseの特性について. 米本康蔵,近藤滋夫,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(11): 1139〜1144, 1989.

1914. [原著] 悪性血管内皮細胞腫に対するインターロイキン2局注療法の検討. 増沢幹男,大川司,稲村圭一,東一紀,浅井俊弥,堀内保宏,西岡清,西山茂夫,加藤知忠(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(12): 1459〜1466, 1989.

1915. [原著] 培養ヒト毛乳頭細胞におけるアンドロジェン結合蛋白の局在とdihydrotestosteroneの影響の検討. 勝岡憲生,稲村圭一,西岡清,西山茂夫(皮),小川忠文(鐘紡化粧品研究所): 日本皮膚科学会雑誌,99(5): 529〜536, 1989.

1916. [原著] 全身性紅斑性狠瘍(SLE)における抗カルジオリピン抗体の出現頻度と臨床症状、臨床検査成績との関連性. 音山和宣,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(5): 537〜541, 1989.

1917. [原著] 水疱性類天疱瘡水疱液中のleukotriene (LT)B4および゙LTC4. 川名誠司,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(6): 659〜664, 1989.

1918. [原著] 尋常性天疱瘡皮膚における補体membrane attack complexの形成. 川名誠司,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(7): 833〜836, 1989.

1919. [原著] 皮膚成分を認識するヒト型モノクロナール自己抗体の作製. 衛藤光,塚本宏太郎,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(7): 853〜860, 1989.

1920. [原著] 皮膚真菌症における免疫組織化学的検討. 田沼弘之,岩崎雅,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(9): 1007〜1020, 1989.

1921. [原著] 水銀による全身性接触皮膚炎−−経皮吸収でも再発する! 浅井俊弥,竹崎伸一郎,野口俊彦,片山一朗,西岡清(皮): 皮膚,31(増6): 221〜224, 1989.

1922. [原著] 口唇・口腔粘膜病変. 西山茂夫(皮): 皮膚科の臨床,31(8): 1161〜1166, 1989.

1923. [原著] Subacute Cutaneous Lupus Erythematosus (SCLE). 刀祢毅,寺本範子,斉藤隆三(皮): 皮膚科の臨床,31: 1261〜1265, 1989.

1924. [原著] 急性一過性リンパ浮腫の1例. 刀祢毅,上村雅子,斉藤隆三(皮): 皮膚科の臨床,31: 657〜660, 1989.

1925. [原著] 末梢神経症状を伴ったsystemic lupus erythematosus. 刀祢毅,亀山孝一郎,衛藤光(皮): 皮膚病診療,11: 681〜684, 1989.

1926. [原著] Variation in Degree of Auricular Flare for the Analysis of Protrusion of Ears in a Random Japanese Population. 池田敏子(解): 北里医学, 19(2): 276〜280, 1989.

1927. [原著] Quantity of Phalangeal Hairs in a Random Japanese Population. 池田敏子(解): 北里医学, 19(3): 321〜326, 1989.

1928. [原著] 培養皮膚移植の基礎的研究−W型コラーゲンの表皮細胞コロニー形成への効果について−. 大谷津恭之,古山登隆,猪原節之介(形外): 北里医学, 20(2): 121〜131, 1990.

1929. [原著] 斜視・弱視・眼振のための視能訓練. 小林純子,向野和雄,松原恵子,小沢治夫(眼): 理学療法, 6(5): 327〜334, 1989.

1930. [原著] 指関節強直を伴ったアブミ骨固着症. 金子功,平山方俊,岡本牧人,設楽哲也(耳鼻): 臨床耳科,16(1): 74〜78, 1989.

1931. [原著] 中耳コレステリン肉芽腫症の臨床的検討. 稲木勝英,設楽哲也,岡本牧人,佐野肇(耳鼻): 臨床耳科,16(3): 6〜13, 1989.

1932. [原著] 皮膚血管炎の血管障害と補体. 川名誠司(皮): 臨床皮膚科,43(6): 538〜542, 1989.

1933. [原著] Etretinateの内服が奏効したGenodermatoseとしてのAcanthosis Nigricans. 刀祢毅,上村雅子,斉藤隆三,村仁夫(皮): 臨床皮膚科,43: 39〜42, 1989.

1934. [原著] 皮膚病変の診断手技. 片山一朗,寺本範子,西岡清,西山茂夫(皮): 臨床免疫,21(Suppl.14): 301〜309, 1989.

1935. [短報] A Trichilemmoma Cell Line Congenevate Interleukin-l-alpha. 西岡清,片山一朗,衛藤光(皮), 船渡忠男(臨病理): Dermatologica, 179(Suppl. 1): 135〜136, 1989.

1936. [短報] The 1988 Japanese Neuro-ophthalmology Society Meeting. 若倉雅登(眼): J. Clin. Neuro-Ophthalmol., 9(3): 211〜213, 1989.

1937. [短報] 「帯状疱疹」病態と治療 (5)眼科領域にも多彩な病像. 向野和雄(眼): Modern Medicine, 19(2): 34〜39, 1990.

1938. [短報] 日経メディクイズ(7)眼科. 若倉雅登(眼): Nikkei Medical, (1989.5.10): 29〜30, 1989.

1939. [短報] Oral Florid Papillomatosisの治療; CO2レーザーとEtretinateの併用療法. 伊藤篤(皮): 医学のあゆみ, 150(12): 785, 1989.

1940. [短報] 学会印象記: 第42回日本臨床眼科学会一般講演「神経眼科」セッション128〜138. 向野和雄,青木繁(眼): 眼科, 31(3): 371〜374, 1989.

1941. [短報] 直線加速度負荷の臨床検査応用. 徳増厚二,藤野明人(耳鼻): 第2回宇宙医学シンポジウムMERSS研究会; 直線加速度に対する前庭器の役割,p.82〜90, 1989.

1942. [短報] Vogt-小柳ー原田病. 刀祢毅,上村雅子,寺本範子,刀祢真理,斉藤隆三(皮): 皮膚科の臨床, 31: 1685〜1686, 1989.

1943. [短報] 培養皮膚. 塩谷信幸,古山登隆(形外): 理学療法ジャーナル, 23(7): 491, 1989.

1944. [短報] Bilateral Big Blind Spot Syndromeの1例. 古野久美子,若倉雅登,宮田幹夫(眼),湯田兼次(横浜市大): 臨床眼科, 43(7): 1130〜1131, 1989.

1945. [研究報告] 人生長期毛乳頭細胞の生物学的特徴の解析と人工皮膚の作製. 勝岡憲生,竹崎伸一郎,衛藤光,稲村圭一郎(皮): 昭和63,64年度科学研究費補助会(一般研究C)研究成果報告書, 1989.

1946. [研究報告] Candida albicansによる内因性真菌性眼内炎の治療;アンホテリシンB結膜下注射の有効性. 木村真也,藤井雅朗,向野和雄(眼): 臨床眼科, 43(12): 1825〜1831, 1989.

1947. [研究報告] 脊髄小脳変性症における瞳孔障害に対する検討−副交感神経系について−. 吉田寛(眼): 臨床研究報告書, 昭和62年度, 1987.

1948. [研究報告(厚生省)] 疫学分科会報告. 設楽哲也(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班昭和63年度研究業績報告書,(63): 23〜24, 1989.

1949. [研究報告(厚生省)] 突発性難聴聴力固定時のアンケ−ト調査について. 設楽哲也,古沢慎一,岡本牧人,平山方俊(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班昭和63年度研究業績報告書,(63): 115〜116, 1989.

1950. [研究報告(厚生省)] 外リンパ瘻における保存的治療症例と手術治療症例の検討. 設楽哲也,金子功,岡本牧人,八木一記,徳増厚二,佐野肇,藤野明人,古沢慎一(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班昭和63年度研究業績報告書,(63): 141〜142, 1989.

1951. [研究報告(厚生省)] 反復性平衡障害の聴力分布. 設楽哲也,平山方俊,金子功,岡本牧人(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班昭和63年度研究業績報告書,(63): 165〜167, 1989.

1952. [研究報告(厚生省)] 特発性両側性感音難聴の域値上検査. 設楽哲也,平山方俊,岡本牧人,古沢慎一(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班昭和63年度研究業績報告書,(63): 169〜171, 1989.

1953. [研究報告(厚生省)] 感音難聴の薬物治療の現状, 設楽哲也,岡本牧人,金子功,平山方俊,稲木勝英(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班昭和63年度研究業績報告書,(63): 193〜194, 1989.

1954. [研究報告(厚生省)] 尋常性天疱瘡および落葉状天疱瘡皮膚における補体membrane attack complexの形成. 川名誠司(皮): 厚生省特定疾患希少難治性疾患調査研究班昭和63年度研究報告書, p.153〜158, 1989.

1955. [研究報告(厚生省)] 水疱性類天疱瘡水疱液中のleukotriene (LT)B4 および LTC4. 川名誠司(皮): 厚生省特定疾患希少難治性疾患調査研究班昭和63年度研究報告書, p.215〜220, 1989.

1956. [研究報告(厚生省)] 全身性強皮症における抗カルジオリピン抗体の出現頻度と臨床症状との関連性. 西山茂夫,片山一朗,近藤滋夫,寺本範子,衛藤光,西岡清,新井春枝(皮): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班昭和63年度研究報告書, p.87〜90, 1989.

1957. [研究報告(厚生省)] 尿蛋白陽性を示した全身性強皮症の臨床的検討. 西山茂夫,片山一朗,西岡清,衛藤光,寺本範子,近藤滋夫,新井春枝(皮): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班昭和63年度研究報告書, p.163〜169, 1989.

1958. [症例報告] アトピー性皮膚炎の細菌ワクチン療法−成人型 2症例の治療経験−. 向井秀樹,西岡清,野口俊彦(皮): アレルギーの臨床, 9(11): 740〜742, 1989.

1959. [症例報告] 局所皮弁による造臍術. 大慈弥裕之,中村元信,安富義哲(形外): 形成外科, 32(4): 357〜361, 1989.

1960. [症例報告] Axial Frontal Flap の経験. 大慈弥裕之,中村元信,安富義哲(形外): 形成外科, 32(8): 853〜857, 1989.

1961. [症例報告] 一側性動眼神経不全麻痺を伴った急性多発性根神経症(ギラン・バレー症候群)の1例. 吉田寛(眼),佐藤健一,田辺等(都立神経病院): 神経眼科, 5(4): 450〜459, 1988.

1962. [症例報告] 骨カリエス直上皮膚に生じた類肉腫様結核結節. 鈴木裕介,田沼宏之(皮): 西日本皮膚科, 52: 31〜35, 1990.

1963. [症例報告] ムチン沈着を伴った線状苔癬の成人例. 太田幸則,上村仁夫,松本幸子,河村俊光(皮): 皮膚科の臨床, 31(10): 1430〜1431, 1989.

1964. [症例報告] オキサトミド(セルテクト)による薬疹. 川名誠司(皮): 皮膚科の臨床, 31(10): 1436〜1437, 1989.

1965. [症例報告] SLEと多発性筋炎の Overlap Syndrome. 宮本秀明,斉藤すみ(平塚共済病院),若林靖久(内),中嶋弘(横浜市大): 皮膚科の臨床, 31(4): 485〜489, 1989.

1966. [症例報告] 尋常性乾癬に合併した痛風の1例−−乾癬患者に伴う高尿酸血症と痛風の関係について−−. 種井良二,東一紀,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 皮膚科の臨床, 31(9): 1231〜1236, 1989.

1967. [症例報告] 魚鱗癬様紅皮症を思わせた亜鉛欠乏症. 太田幸則,東一紀,片山一朗,向井秀樹,西岡清,西山茂夫(皮): 皮膚科の臨床, 31(9): 1257〜1260, 1989.

1968. [症例報告] 持続睡眠療法が奏効したMunchhausen症候群の1例. 岩崎雅,塚本宏太郎(皮),堤邦彦,杉山一(精): 皮膚科の臨床, 31(9): 1281〜1285, 1989.

1969. [症例報告] 水銀による全身性接触皮膚炎. 浅井俊弥,野口俊彦,片山一朗(皮): 皮膚病診療, 11(11): 966〜969, 1989.

1970. [症例報告] 皮膚クリプトコックス症. 岩崎雅,田沼弘之(皮),久米光(病理),阿部美知子(臨検),黒川昭,大久保充人(内): 皮膚病診療, 11: 605〜608, 1989.

1971. [症例報告] Mondor病. 鈴木裕介(皮): 皮膚病診療, 11: 875〜878, 1989.

1972. [症例報告] 結節性紅斑様皮疹を呈したSjogren症候群. 太田幸則,片山一朗,西岡清(皮): 皮膚病診療, 12(1): 41〜44, 1990.

1973. [症例報告] 間質性腎炎を伴ったSjogren症候群. 武宮美佳子,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 皮膚病診療, 12(1): 57〜60, 1990.

1974. [症例報告] IgA腎症、高γグロブリン血症性紫斑を伴ったSjogren症候群. 野口俊彦,横関博雄,片山一朗(皮): 皮膚病診療, 12(1): 61〜64, 1990.

1975. [症例報告] Sclerodermatomyositis, toxoplasma抗体高値を伴ったSjogren症候群. 刀祢真理,近藤滋夫,片山一朗(皮): 皮膚病診療, 12(1): 65〜68, 1990.

1976. [症例報告] Sjogren症候群様症状を呈したAIDS. 大川司,音山和宣,衛藤光,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮),鎌田貢寿(内): 皮膚病診療, 12(1): 69〜72, 1990.

1977. [症例報告] スギ花粉症患者にみられた湿疹性変化. 浅井俊弥,横関博雄,片山一朗,西岡清(皮): 皮膚病診療, 12(3): 231〜234, 1990.

1978. [症例報告] 環状紅斑を主訴としたSjogren症候群. 衛藤光,片山一朗,寺本範子,稲村圭一(皮): 皮膚病診療, 12: 33〜36, 1990.

1979. [症例報告] シェーグレン症候群に伴う結節性紅斑様皮疹の1例. 太田幸則,片山一朗,西岡清(皮): 臨床皮膚科, 43(11): 1115〜1118, 1989.

1980. [症例報告] 精神症状、網状母斑、血小板減少を認めた小児男子全身性エリテマトーデスの1例. 音山和宣,片山一朗,上塚真理,近藤滋夫,川名誠司,西岡清,西山茂夫(皮): 臨床皮膚科, 43(5): 445〜448, 1989.

1981. [臨床治験] アトピー性皮膚炎に対する吉草酸酢酸プレドニゾロンローションの使用経験. 向井秀樹,西山茂夫(皮): Prog. Med., 9(4): 1393〜1398, 1989.

1982. [臨床治験] 帯状疱疹に対するイダロン錠(フロクタフェニン)の臨床評価. 米元康蔵,中村建一(皮): 診療と新薬, 26(7): 208〜212, 1989.

1983. [臨床治験] VDT症候群における調節機能障害とオフタ3Lの臨床効果について. 若倉雅登,岸田千穂子,石川哲(眼): 診療と新薬, 26(9): 1645〜1653, 1989.

1984. [臨床治験] 成人型アトピー性皮膚炎に対する抗アレルギー剤の有用性の検討−ステロイド外用剤単独とオキサトミド併用の比較試験−. 向井秀樹(皮),成人型アトピー性皮膚炎研究会: 西日本皮膚科, 51(5): 995〜1002, 1989.

1985. [臨床治験] TV-02軟膏の角化症に対する臨床成績. 片山一朗(皮),TV-02軟膏研究会: 西日本皮膚科, 51(6): 1182〜1189, 1989.

1986. [臨床治験] TV-02軟膏の至適製剤濃度設定試験. 衛藤光,西山茂夫,上村仁夫(皮),TV-01軟膏研究会: 西日本皮膚科, 51: 310〜316, 1989.

1987. [臨床治験] 乾癬患者に対するTV-02軟膏安全性確認試験. 衛藤光,西山茂夫,上村仁夫,片山一朗(皮),TV-02軟膏研究会: 西日本皮膚科, 51: 317〜324, 1989.

1988. [臨床治験] 手・足白癬に対するFK-936の臨床評価−Well-controlled Comparative Studyによる1% Clotrimazole製剤との比較検討−. 西山茂夫,田沼弘之,中村健一,岩崎雅(皮),FK-936共同研究班: 薬理と治療, 17(12): 247〜256, 1989.

1989. [総説] The Clinical Picture and Treatment of Tinnitus. 設楽哲也(耳鼻): Asian Medical Journal, 133(1): 21〜26, 1990.

1990. [総説] Adie症候群. 向野和雄,種本康之(眼): Clinical Neuroscience, 7(7): 730〜732, 1989.

1991. [総説] 脳幹障害の神経眼科的診断. 向野和雄(眼): Equilibrium Research, 47(1): 27〜30, 1988.

1992. [総説] 皮膚疾患の口腔粘膜潰瘍. 衛藤光(皮): JOHNS, 5(7): 38〜43, 1989.

1993. [総説] 接触皮膚炎. 向井秀樹(皮): Medicament News, 1258: 2〜4, 1989.

1994. [総説] 瞳孔異常の診かた. 辻沢宇彦,向野和雄(眼): Modern Physician, 9(9): 1159〜1161, 1989.

1995. [総説] 特集−眼と産業衛生−特にVDT作業. 石川哲(眼): Ophthalmology Update, 4(4): 2〜12, 1989.

1996. [総説] アトピー性皮膚炎の臨床とその実態. 西岡清(皮): アレルギーの臨床, 10(118): 24〜27, 1990.

1997. [総説] 成人型アトピー性皮膚炎の治療に対する経口アレルギー剤の有用性. 向井秀樹(皮): アレルギーの臨床, 9(14): 1048, 1989.

1998. [総説] アミロイドーシス. 向井秀樹(皮): クリニカ, 16(8): 55〜59, 1989.

1999. [総説] 細菌ワクチン療法. 向井秀樹(皮): マルホ皮膚科セミナー, 79: 16〜18, 1989.

2000. [総説] シェーグレン症候群の皮膚症状. 片山一朗,西山茂夫(皮): 医学のあゆみ, 150(11): 709〜712, 1989.

2001. [総説] 眼科の基礎: 卒後研修医のために. Z.神経眼科の基礎. (2)眼筋の構造と機能. 若倉雅登,岡野智文(眼): 眼科, 31(11): 1255〜1263, 1989.

2002. [総説] 特集: 先天性眼球運動異常; Duane症候群. 青木繁,向野和雄(眼): 眼科, 31(5): 523〜530, 1989.

2003. [総説] 眼球運動と発達−その基礎と臨床−. 関谷治久,向野和雄(眼): 眼科Mook, 38: 179〜189, 1989.

2004. [総説] VDT作業と眼疲労. 石川哲,青木繁(眼): 眼科Mook, 39: 94〜104, 1989.

2005. [総説] 外眼筋のフィードバック(Proprioception). 向野和雄,新井田孝裕(眼): 眼科Mook, 41: 229〜241, 1989.

2006. [総説] 蕁麻疹. 西岡清(皮): 現代医療, 21(4): 65〜68, 1989.

2007. [総説] 皮膚病変の成立機序. 西岡清(皮): 最新医学, 45(2): 249〜252, 1990.

2008. [総説] 鼓室形成術の歴史. 設楽哲也(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 MOOK, (14): 1〜8, 1989.

2009. [総説] 鼓膜癒着症に対する鼓室形成術. 設楽哲也(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 MOOK, (14): 85〜89, 1989.

2010. [総説] 口腔内炎症−水疱症(尋常性天疱瘡、類天疱瘡、その他)−. 川名誠司(皮): 耳鼻臨床, 82(11): 1523〜1526, 1989.

2011. [総説] 細菌ワクチン注射による治療. 向井秀樹(皮): 小児内科, 22(5): 27〜30, 1990.

2012. [総説] 眼球運動系に影響する神経薬物. 吉田寛(眼): 神経眼科, 4(4): 385〜398, 1987.

2013. [総説] 内分泌性眼球運動障害; 内分泌性眼筋ミオパチー. 向野和雄(眼): 神経眼科, 6(2): 167〜178, 1989.

2014. [総説] 眼科検査. 吉田寛(眼): 綜合臨床, 35(4): 691〜693, 1986.

2015. [総説] 耳鳴の臨床. 設楽哲也(耳鼻): 日本医師会雑誌, 101(5): 783〜786, 1989.

2016. [総説] 妊娠性痒疹. 西岡清(皮): 日本医事新報, (3420): 25〜28, 1989.

2017. [総説] 細胞のストレス応答と眼. 若倉雅登(眼): 日本眼科学会雑誌, 93(5): 511〜523, 1989.

2018. [総説] 神経眼科からみた斜視−病因と治療法に注目して. 向野和雄(眼): 日本弱視斜視学会報, 26(3): 3〜17, 1989.

2019. [総説] 免疫受容体としての表皮. 横関博雄,片山一朗,西岡清(皮): 皮膚病診療, 11(11): 935〜945, 1989.

2020. [総説] 毛乳頭−毛の発生、成長における役割−. 勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 11(12): 1020〜1025, 1989.

2021. [総説] 今日の話題:視神経炎の治療. 若倉雅登(眼): 臨床眼科, 43(11): 1733〜1737, 1989.

2022. [総説] リウマチ科診療マニュアル・皮膚病変. 衛藤光,西山茂夫(皮): 臨床免疫, 21(Suppl. 14): 200〜209, 1989.

2023. [講座] まばたきの自動調節のしくみはどうなっているのか. 新井田孝裕,向野和雄(眼): Clinical Neuroscience, 7(5): 115, 1989.

2024. [講座] 視力障害、眼筋麻痺をめぐって. 里吉営二郎(国立精神神経センター),向野和雄(眼),田代邦雄(北大),柴崎浩(国立精神神経センター): Clinical Neuroscience, 8(2): 208〜222, 1990.

2025. [講座] 発疹. 西岡清(皮): Mebio, 6(6): 119〜124, 1989.

2026. [講座] 目でみるトレーニング(皮膚筋炎). 向井秀樹(皮),近藤啓文(内),庄司進一(信州大),安藤正幸(熊本大),勝目絋(京都府立医大): Medicina, 26(13): 2610〜2616, 1989.

2027. [講座] 目でみるトレーニング(全身性アミロイドーシス). 向井秀樹(皮),来生哲,鈴木栄一(新潟大),勝目絋(京都府立医大),安藤正幸(熊本大): Medicina, 27(1): 158〜163, 1990.

2028. [講座] 目でみるトレーニング(Peutz-Jeghers Syndrome). 向井秀樹(皮),赤尾信明,近藤力王至(金沢大),庄司進一(信州大),勝目絋(京都府立医大): Medicina, 27(2): 296〜301, 1990.

2029. [講座] 聴力像と年齢別平均値. 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 Mook, (12): 11〜18, 1989.

2030. [講座] マイコプラズマ感染症に伴う皮膚症状. 衛藤光(皮): 日本医師会雑誌, 102: ss65〜68, 1989.

2031. [講座] 複視に対する問診と簡便な診察法. 向野和雄(眼): 日本医事新報, (3413): 130〜131, 1989.

2032. [講座] 視神経炎(症)の診断と治療. 中尾雄三(近畿大),柿栖米次(千葉大),河合一重(慈恵医大),三村治(兵庫医大),若倉雅登(眼): 日本眼科紀要, 40(4): 587〜595, 1989.

2033. [講座] 皮膚のアレルギー、アレルギー性接触皮膚炎とアトピー性皮膚炎の湿疹反応. 西岡清(皮): 皮膚と美容, 21(1): 25〜30, 1989.

2034. [講座] アトピー性皮膚炎の問題点. 西岡清(皮),宮本正光(東京都): 皮膚病診療, 11(3): 257〜265, 1989.

2035. [講座] 成人型アトピー性皮膚炎は細菌ワクチン治療法でかなり改善できる. 向井秀樹(皮): 暮らしと健康, 44(11): 36〜37, 1989.

2036. [学術書] (編集・執筆) VDT医学マニュアル; VDTと眼, p.26〜28; 眼と自律神経, p.40〜41; 近視反応とその中枢, p.54〜55; 除外すべき症例, p.95〜96, 石川哲(眼). 編集 石川哲(北里大・眼)編, 全日本病院出版会, 東京, 89.09.15 発行.

2037. [学術書] (執筆) VDT医学マニュアル; A. 眼の解剖, p.35〜39, 向野和雄(眼). 編集 石川哲(北里大・眼)編, 全日本病院出版会, 東京, 89.09.15 発行.

2038. [学術書] (執筆) VDT医学マニュアル; I. 調節, p.56〜58; P. 屈折:, p.75〜76, 鵜飼一彦(眼). 編集 石川哲(北里大・眼)編, 全日本病院出版会, 東京, 89.09.15 発行.

2039. [学術書] (執筆) VDT医学マニュアル; IーJ. 輻輳−最近の考え方および測定法, p.59〜61; UーC. 眼痛と頭痛の裏にある疾患, p.86〜88, 若倉雅登(眼). 編集 石川哲(北里大・眼)編, 全日本病院出版会, 東京, 89.09.15 発行.

2040. [学術書] (執筆) VDT医学マニュアル; O. 視機能異常と全身症状, p.73〜74; R. VDTと年齢, p.79, 青木繁(眼). 編集 石川哲(北里大・眼)編, 全日本病院出版会, 東京, 89.09.15 発行.

2041. [学術書] (執筆) 網脈絡膜疾患の臨床病理; シンナー中毒・クロロキン網膜症, p.140〜143, 向野和雄(眼). 編集 猪俣孟(九大)他,編, 医学書院, 東京, 89.00.00 発行.

2042. [学術書] (執筆) 現代皮膚科学大系; 表皮移植, p.37〜46, 古山登隆(形外). 中山書店, 89.00.00発行.

2043. [学術書] (執筆) アレルギー性皮膚疾患; 接触アレルギーとT型反応の湿疹反応, 西岡清(皮). 編集 吉田彦太郎(長崎大)編, 協和企画通信, 東京, 89.09.30発行.

2044. [教科書] (執筆) 産業内科学−神経・筋系; 視覚障害, p.356〜359, 向野和雄(眼). 編集 祖父江逸郎,他編, 医歯薬出版, 東京, 89.00.00 発行.

2045. [教科書] (執筆) Aesthetic Breast Surgery; Aesthetic Breast Surgery in Orientals, 大竹尚之,塩谷信幸(形外). 編集 Nicholas Georgiade (Duke Univ.) 編, Williams & Wilkins, Baltimore, 89.00.00 発行.

2046. [教科書] (執筆) 皮膚疾患最新の治療'89ー'90; 水疱症, p.115〜116, 川名誠司(皮). 編集 西山茂夫(北里大),他編, 南江堂, 東京, 89.00.00発行.

2047. [その他の著書(概説書)] (編集) 老年者と耳鼻咽喉科・耳鼻咽喉科頭頚部外科 Mook No.12, 編集 設楽哲也(北里大)編, 金原出版, 89.04.00発行.

2048. [その他の著書(概説書)] (編集) オ−ジオロジ−(2), 臨床耳鼻咽喉科・頭頚部外科全書4B4b,1989, 編集 設楽哲也(北里大)編, 金原出版, 89.10.20発行.

2049. [その他の著書(概説書)] (執筆) 耳鼻咽喉科診療 Questions & Answers 第11号; 頭位,頭位変換眼振の診断的意義,11: 351の2〜351の5, 徳増厚二(耳鼻). 六法出版, 名古屋, 89.04.19発行.

2050. [その他の著書(概説書)] (執筆) A Color Atlas of Dermato-Immunohistocytology; Sweat Gland, p.28〜29; Desmosome, p.40〜41, 衛藤光(皮). 編集 Hiroaki Ueki(川崎医大),Hideo Yaoita(自治医大), Wolfe Medical Publications, Ltd., London, England, 89.00.00発行.

2051. [その他の著書(入門書)] (執筆) ステロイド剤の選び方と使い方; 皮膚科領域でのステロイド療法, 西岡清(皮). 編集 矢野三郎(富山医科薬科大)編, 南江堂, 東京, 90.01.10発行.

2052. [その他の著書(入門書)] (執筆) 皮膚外用剤の選び方と使い方, 西岡清(皮). 南江堂, 東京, 89.03.01発行.

2053. [学会] (特別講演) A Comparison of Eye Strain in VDU Operators and Hard Copy Workers-−An Objective Determination by Means of Near Triad Response. 石川哲(眼): XII Congress of Asia Pacific Academy of Ophthalmology (89.06.01), Seoul.

2054. [学会] (特別講演) 耳鼻咽喉科領域の主訴と愁訴. 設楽哲也(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会鹿児島地方部会 (89.12.17), 鹿児島.

2055. [学会] (教育講演) マラッセチア感染症について. 向井秀樹(皮): 神奈川県皮膚科医会第70回例会 (89.12.02), 横浜.

2056. [学会] (教育講演) ステロイド外用剤単独とセルテクト併用の比較試験成績. 向井秀樹(皮): 神奈川県皮膚科医会第71回例会 (90.02.25), 鎌倉.

2057. [学会] (シンポジウム) 眼球運動障害とその意義: 日常診療における診断手技;見落とされがちな眼球運動所見. 吉田寛(眼): 第93回日本眼科学会 (89.05.13), 京都.

2058. [学会] (シンポジウム) 眼球運動障害とその意義: 水平眼球運動系の神経機構;PPRF症候・MLF症候について. 向野和雄(眼): 第93回日本眼科学会 (89.05.13), 京都.

2059. [学会] (シンポジウム) 齧歯類白内障の混濁発症様式からみた水晶体構築について. 宇賀茂三(眼): 第28回日本白内障学会 (89.06.24), 京都.

2060. [学会] (シンポジウム) 総論:神経眼科からみた斜視−病因と治療法に注目して−. 向野和雄(眼): 第6回日本弱視斜視学会講習会 (89.06.25), 大阪.

2061. [学会] (シンポジウム) 各論:調節・輻輳と斜視. 関谷治久(眼): 第6回日本弱視斜視学会講習会 (89.06.25), 大阪.

2062. [学会] (シンポジウム) 眼球運動異常の臨床;筋無力症、眼窩筋炎、先天異常. 向野和雄(眼): 第27回北日本眼科学会 (89.07.15), 札幌.

2063. [学会] (シンポジウム) 平衡機能障害のリハビリテ−ション. 藤野明人(耳鼻): 第69回神奈川地方部会 (89.09.30), 相模原.

2064. [学会] (シンポジウム) 3.網膜における神経伝達物質,(4)培養細胞を用いた解析. 若倉雅登(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.20), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2065. [学会] (シンポジウム) ニューロンとグリアの相互作用と生理活性物質−−網膜の創傷治癒機構を想定して−−. 若倉雅登(眼): 第7回国際眼研究会議日本部会 (89.12.10), 大阪.

2066. [学会] (パネル) 有機燐剤中毒の異常眼球運動発生に関する実験的研究−GABAニューロンの免疫組織学的研究−. 石川哲,小嶋良宏,関谷治久,早川重夫(眼),端川勉(岩手医大): 第93回日本眼科学会 (89.05.11), 京都.

2067. [学会] (パネル) 多発性硬化症における寒冷刺激の他覚的評価. 辻沢宇彦,岩切美利,青木繁,石川哲(眼): 第93回日本眼科学会 (89.05.11), 京都.

2068. [学会] (パネル) 卵黄様黄斑変性および模様ジストロフィーを両眼に呈した1例. 岡野智文,福田敏雅,宮田幹夫,石川哲(眼): 第55回中部眼科学会 (89.09.09), 徳島.

2069. [学会] (パネル) 先天性緑内障を合併した中心核病 floppy infant の1例. 中山智彦(眼),石川美和子,市瀬洋子(相模野病院),種田芳郎(眼),島貫郁,今井純好(児): 第43回日本臨床眼科学会 (89.10.14), 名古屋.

2070. [学会] (パネル) Pattern VEP検査における電極位置の検討. 渡辺美智子,吉本紅子(臨検),知野順子,若倉雅登(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.22), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2071. [学会] (パネル) 蛍光眼底造影で異常のみられた視交叉部近傍占拠性病変. 中沢正博,若倉雅登,岡野智文,石川哲(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.22), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2072. [学会] (パネル) 最近経験した顔面の白癬について. 太田幸則,田沼弘文(皮): 第33回日本医真菌学会総会 (00.00.00), 沖縄.

2073. [学会] (パネル) 自己免疫性溶血性貧血患者に発症した皮膚クリプトコックス症. 近藤滋夫,太田幸則,岩崎雅,刀祢真理,田沼弘之,西山茂夫(皮),阿部美智子,高木千鶴(臨検): 第33回日本医真菌学会総会 (89.09.22), 沖縄.

2074. [学会] (パネル) Biological Characteristics of Gamma Glutamyl Transferase in Malignant Melanoma. 近藤滋夫,米元康蔵,衛藤光,西山茂夫(皮): 2nd International Conference on Melanoma (89.10.16〜19), Venice, Italy.

2075. [学会] (ワークショップ) Morphological Demonstration of Ocular Muscle Proprioception in the Human Extraocular Muscles. 向野和雄(眼): International Workshop on Proprioception of the Ocular Muscles 1986 (00.00.00), Acta Ehime University Press, 19〜26, 1989.

2076. [学会] (ワークショップ) Influence of Body Temperature Change on Optic Neuritis. 若倉雅登(眼): Association for Eye Research 30th Meeting & Ecofs Meeting (89.10.06), フランス.

2077. [学会] (一般講演) 新しい簡易型イリスコーダー. 石川均,辻沢宇彦,長谷川幸子,石川哲(眼),大和田隆(救命): 第4回眼科ME学会 (89.04.15), 東京.

2078. [学会] (一般講演) 瞳孔の加齢変化に関する研究−瞳孔面積、対光反応の分析結果−. 長谷川幸子,石川哲(眼),袴田直俊(浜松ホトニクス): 第4回眼科ME学会 (89.04.15), 東京.

2079. [学会] (一般講演) 爪下外骨腫について. 古山登隆,宇井謙二,釼持誠,内沼栄樹,塩谷信幸(形外),小林昭(国立横浜病院): 第32回日本形成外科学会 (89.04.21), 浦安.

2080. [学会] (一般講演) 色素標識法からみたマウス眼外傷性白内障の発生機序. 宇賀茂三,万青(中国医科大),西本浩之,石川哲(眼): 第93回日本眼科学会 (89.05.11), 京都.

2081. [学会] (一般講演) 培養ミューラー細胞に対するD,L-2-Aminoadipic acid のCa2+イオンを介した影響について. 若倉雅登(眼),山本昇(看護学部): 第93回日本眼科学会 (89.05.11), 京都.

2082. [学会] (一般講演) 異常眼球運動と眼振の症例検討−Opsoclonusについて−. 吉尾知,八木一記,平山方俊,松岡明裕,藤野明人,五島一吉,徳増厚二(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会総会 (89.05.11), 大阪, 日本耳鼻咽喉科学会会報,92(10): 1730, 1989.

2083. [学会] (一般講演) ネコ垂直運動筋の動眼神経核における中枢局在−double labeling法による研究−. 近藤佳夫,関谷治久,小嶋良宏,石川哲(眼): 第93回日本眼科学会 (89.05.12), 京都.

2084. [学会] (一般講演) ネコ及びサルにおける中脳から毛様体に至る直接線維連絡. 木村真也,新井田孝裕,向野和雄,石川哲(眼): 第93回日本眼科学会 (89.05.12), 京都.

2085. [学会] (一般講演) 角膜上皮表面脱羽性の臨床評価. 清水敬一郎(眼): 中華民国眼科学会第25回学術講演会 (89.05.29), 台南.

2086. [学会] (一般講演) Divergence Palsy--MRI Analysis. 西本浩之,石川哲(眼): XII Congress of Asia Pacific Academy of Ophthalmology (89.06.01), Seoul.

2087. [学会] (一般講演) エアーガン眼外傷の8例. 望月潤一,若倉雅登,陶山秀夫(眼): 第6回関東眼科学会 (89.06.11), 東京.

2088. [学会] (一般講演) 頭部外傷後の一過性方向交代性眼振症例. 長沼英明,徳増厚二,吉尾知,藤野明人,五島一吉(耳鼻): 第68回神奈川地方部会 (89.06.17), 小田原.

2089. [学会] (一般講演) −側迷路破壊後の臨床経過−重心動揺からみて. 星野功,徳増厚二,吉尾知,藤野明人,松岡明裕,八木一記(耳鼻): 第68回神奈川地方部会 (89.06.17), 小田原.

2090. [学会] (一般講演) 老化促進マウス水晶体の特異な加齢性変化. 西本浩之,宇賀茂三,宮田幹夫,石川哲(眼),並木満夫,山下かなへ: 第28回日本白内障学会 (89.06.24), 京都.

2091. [学会] (一般講演) Novel Saccadeの誘発法と弱視への応用. 高橋邦子,望月潤一,山田徹人,小林純子,新井田孝裕,石川哲(眼): 第45回日本弱視斜視学会 (89.06.24), 大阪.

2092. [学会] (一般講演) 胎仔期創傷治癒における組織の創収縮能. 猪原節之介(形外),本林由美子(生化系): 日本発生生物学会第22回大会 (89.06.24), 札幌, 要旨集, p.155, 1989.

2093. [学会] (一般講演) 潜伏眼振の空間周波数特性について. 長谷川幸子,関谷治久,小嶋良宏,小町祐子,石川哲(眼): 第59回九州眼科学会 (89.07.01), 那覇.

2094. [学会] (一般講演) 後天性に発症したと思われるDuane症候群の1例. 関谷治久,近藤佳夫,向野和雄(眼): 第59回九州眼科学会 (89.07.01), 那覇.

2095. [学会] (一般講演) 神経束の障害による両上斜筋麻痺. 岩切美利,吉田寛(眼): 第59回九州眼科学会 (89.07.01), 那覇.

2096. [学会] (一般講演) 塩素系漂白剤中毒によるラット視神経への影響. 福島一哉,奥英弘(眼): 第27回北日本眼科学会 (89.07.14), 札幌.

2097. [学会] (一般講演) ステロイド局注と放射線療法を試みた新生児眼窩内巨大毛細血管腫. 石川均,若倉雅登,石川哲(眼): 第27回北日本眼科学会 (89.07.15), 札幌.

2098. [学会] (一般講演) Primary Culture of Keratinocytes on Substrate Coated with Basement Membrane Components. 古山登隆,猪原節之介,塩谷信幸(形外): The 5th Congress of the Asian Pacific Reconstructive Surgery (89.09.08), Istanbul, Turkey.

2099. [学会] (一般講演) 欠乏性視神経症と髄液中ビタミンB12. 奥英弘,福島一哉,西本浩之,宮田幹夫,石川哲(眼): 第55回中部眼科学会 (89.09.09), 徳島.

2100. [学会] (一般講演) 前庭神経炎の症状を呈したラムゼイハント症候群の一例. 野口浩男,井口芳明,吉尾知,徳増厚二(耳鼻): 第69回神奈川地方部会 (89.09.30), 相模原.

2101. [学会] (一般講演) Direct Effect of DL-2-Amino Adipic Acid Mediated by Cakiumion on Cultured Muler Cells. 若倉雅登(眼),山本昇(看護学部): Association for Eye Research 30th Meeting & Ecofs Meeting (89.10.04), フランス.

2102. [学会] (一般講演) 潜伏眼振のコントラスト感度特性について−−先天眼振との比較. 長谷川幸子,関谷治久,小町祐子,石川哲(眼): 第43回日本臨床眼科学会 (89.10.14), 名古屋.

2103. [学会] (一般講演) 眼筋無力症の全身移行例の分析. 岡野智文,中沢正博,向野和雄,石川哲(眼): 第43回日本臨床眼科学会 (89.10.14), 名古屋.

2104. [学会] (一般講演) 急激な脳循環不全によって出現する異常眼球運動について. 石川均,辻沢宇彦,向野和雄(眼),五十嵐保男(札幌医大),雁谷和年(内): 第43回日本臨床眼科学会 (89.10.14), 名古屋.

2105. [学会] (一般講演) 心因性内斜視診断におけるアモバルビタール点滴静注の応用. 奥英弘(眼),内海隆,菅澤淳,中村桂子,澤ふみ子,野邊由美子,濱村美恵子(大阪医大): 第43回日本臨床眼科学会 (89.10.14), 名古屋.

2106. [学会] (一般講演) 成人の視神経乳頭炎の臨床的特徴. 岡野智文,若倉雅登,中沢正博,石川哲(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.20), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2107. [学会] (一般講演) 特発性視神経炎の自然経過とパルス療法について. 若倉雅登,岡野智文,山田徹人(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.20), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2108. [学会] (一般講演) Tubringen flicker Testを用いた不同視弱視と視神経疾患の視機能評価の試み. 小林純子,若倉雅登,石川哲(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.20), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2109. [学会] (一般講演) サル上眼瞼挙筋の支配亜核について. 関谷治久,小嶋良宏,向野和雄(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.20), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2110. [学会] (一般講演) 糖尿病患者における対光反応について−−特に糖尿病性網膜症のない者−−. 長谷川幸子,林正雄,石川哲(眼): 第42回日本自律神経学会 (89.10.21), 東京.

2111. [学会] (一般講演) 後頭葉白質病変で共通した視覚眼球運動系障害を示した小児の2症例. 西牧明美,藤井雅朗,若倉雅登,石川哲(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.21), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2112. [学会] (一般講演) 一側の動眼神経・外転神経障害を来した脳幹病変の1例. 吉田寛(眼),清水俊夫,林秀明(都立神経病院): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.21), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2113. [学会] (一般講演) 各種疾患における調節の準静的特性記録と動的特性記録. 原直人,陶山秀夫,岸田千穂子,石川哲(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.22), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2114. [学会] (一般講演) 潜伏眼振の緩徐相速度. 松原恵子,堀範子,高橋邦子,原直人,山田徹人,石川哲(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.22), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2115. [学会] (一般講演) 節後性ホルネル症候群の2例. 岩切美利(眼),鶴岡一英(府中病院),吉田寛(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.22), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2116. [学会] (一般講演) 多発性硬化症におけるflicker VECP−−視神経炎との比較−−. 吉本紅子,渡辺美智子(臨検),知野順子,小林純子,若倉雅登(眼): 第27回日本神経眼科学会 (89.10.22), 東京, 神経眼科, 6(増補), 1989.

2117. [学会] (一般講演) 当科における耳小骨奇形の検討(外耳道,鼓膜正常例を中心に). 中山明仁,平山方俊,古沢慎一,岡本牧人,設楽哲也(耳鼻): 第17回日本臨床耳科学会総会 (89.10.27), 東京, 臨床耳科, 16(2): 106, 1989.

2118. [学会] (一般講演) コレステリン肉芽腫と肉芽をともなう慢性中耳炎の比較検討. 佐野肇,稲木勝英,岡本牧人,設楽哲也(耳鼻): 第17回日本臨床耳科学会総会 (89.10.27), 東京, 臨床耳科, 16(2): 35, 1989.

2119. [学会] (一般講演) 合併病型を持たない中耳コレステリン肉芽腫症の聴力像からの検討. 稲木勝英,設楽哲也,岡本牧人,佐野肇(耳鼻): 第17回日本臨床耳科学会総会 (89.10.27), 東京, 臨床耳科, 16(2): 36, 1989.

2120. [学会] (一般講演) 先天性表皮水疱症2例の臨床的検討. 村松秀樹,井桁真由美,風張幸司,河村誠次,関根徹,野渡正彦,蒲原孝,小口弘毅,八代公夫(児),太田幸規,河野邦子,衛藤光(皮),山本弘子,佐藤雄 二(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.28), 大宮.

2121. [学会] (一般講演) 原因不明の感音性難聴と老人性難聴. 岡本牧人,設楽哲也,古沢慎一,平山方俊(耳鼻): 日本オ−ジオロジ−学会 (89.11.15), 愛知,

2122. [学会] (一般講演) 日本人骨導閾値の等価フォ−スレベル−ISO7566への批判. 竹内義夫(耳鼻),米田敏(生物物理系): 日本オ−ジオロジ−学会 (89.11.15), 愛知.

2123. [学会] (一般講演) 特発性両側性感音難聴(特難)の域値上検査(第2報). 平山方俊,古沢慎一,岡本牧人,設楽哲也(耳鼻): 日本オ−ジオロジ−学会 (89.11.15), 愛知.

2124. [学会] (一般講演) 方向交代性上向性頭位眼振症例の検討. 長沼英明,吉尾知,藤野明人,徳増厚二(耳鼻): 日本平衡神経科学会 (89.11.23), 奈良.

2125. [学会] (一般講演) 反復するめまい症例の長期観察例について. 平山方俊,吉尾知,藤野明人,徳増厚二,五島一吉,八木一記(耳鼻): 日本平衡神経科学会 (89.11.23), 奈良.

2126. [学会] (一般講演) 正弦波直線加速度刺激による耳石器機能検査法,BPPN症例の検討. 藤野明人,星野功,新田健太郎,西山耕一郎,松岡明裕,平山方俊,長沼英明,吉尾知,徳増厚二(耳鼻): 日本平衡神経科学会 (89.11.23), 奈良.

2127. [学会] (一般講演) リハビリテ−ションにより症状軽快をみたストレプトマイシン中毒によるめまいの1例. 松岡明裕,徳増厚二,藤野明人,吉尾知,星野功(耳鼻): 日本平衡神経科学会 (89.11.24), 奈良.

2128. [学会] (一般講演) Ocular Myoclonus症例の神経耳科学的検討. 吉尾知,松岡明裕,新田健太郎,星野功,平山方俊,中山明仁,藤野明人,五島一吉,徳増厚二(耳鼻): 日本平衡神経科学会 (89.11.25), 奈良.

2129. [学会] (一般講演) 坐位重心動揺による平衡障害の解析. 内山靖(北里研究所),阿部勇勝(臨検),徳増厚二(耳鼻): 日本平衡神経科学会 (89.11.25), 奈良.

2130. [学会] (一般講演) A New Type of Corneal Endothelial Dystrophy. 清水敬一郎,林正雄,石川哲(眼): 第30回中華民国眼科学会 (89.11.25), 台北.

2131. [学会] (一般講演) 近見反応痙攣の2症例. 伊藤幸江,石川均,西本浩之,向野和雄,石川哲(眼),佐藤喜一郎(精): 第30回日本視能矯正学会 (89.11.26), 東京.

2132. [学会] (一般講演) 有機燐剤中毒の異常眼球運動発生に関する実験的研究−−GABAニューロンの免疫組織学的研究−−. 小嶋良宏,石川哲,関谷治久,早川重夫(眼),端川勉(岩手医大): 第7回国際眼研究会議日本部会 (89.12.09), 大阪.

2133. [学会] (一般講演) 急性感音難聴を初発症状とした矢状静脈洞血栓症の1例. 斉藤大,平山方俊,中山明仁,長沼英明,吉尾知,岡本牧人,藤野明人,徳増厚二(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第70回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (89.12.16), 横浜.

2134. [学会] (一般講演) 耳の奇形をともなう側頚瘻の1例. 永井浩巳,新田健太郎,岡本牧人,設楽哲也(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第70回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (89.12.16), 横浜.

2135. [学会] (一般講演) Degloving injury における術式の選択. 石原秀一,金井康巳,安富義哲,伊藤正嗣(形外): 日本手の外科学会 (89.95.00), 北九州.

2136. [学会] (一般講演) 角膜脂肪沈着症の成因とその防止対策. 清水敬一郎,向野和雄,阿曽香子(眼): 第14回角膜カンファレンス (90.02.01), 浦安.

2137. [学会] (一般講演) 当科における腋臭症手術後の患者に対するアンケート調査について. 柴田裕達(朝日大学),高橋元(形外): 第15回日本形成外科学会東海地方会 (90.02.24), 名古屋, 抄録集, p.4, 1990.

2138. [学会] (一般講演) Cholinergic Involvement of Behcet's Disease−Regression of Ocular Attack by Systemic Use of Atropine Nitrate. 下川辺和人,福田敏雅(眼): XXVI International Congress of Ophthalmology (90.03.23), シンガポール.

2139. [学会] (一般講演) 児童音声の基本周波数. 胡連生(耳鼻): 日本喉頭科学会 (90.03.24), 東京.

2140. [学会] (一般講演) Angioimmuinoblastic Lymphadenopathy (AILD)様T細胞リンパ腫の1例. 岩崎雅,衛藤光,竹崎伸一郎,西岡清(皮),藤野由美,黒川昭(内): 第263回日本皮膚科学会福岡地方会 (89.03.00), 福岡.

2141. [学会] (一般講演) アトピー性皮膚炎の細菌ワクチン療法. 向井秀樹,野口俊彦,横関博雄,勝岡憲生(皮),細田のぞみ,輿水隆(児): 第656回日本皮膚科学会東京地方会 (89.04.15), 藤沢.

2142. [学会] (一般講演) Growth Hormone Neurosecretory Dysfunction (GHND) による小人症にみられた黒色表皮腫. 羽金重喜,横関博雄,勝岡憲生(皮),細田のぞみ,輿水隆(児): 第656回日本皮膚科学会東京地方会 (89.04.15), 藤沢.

2143. [学会] (一般講演) 白癬菌性毛瘡の1例. 刀祢真理,関根敦子,上村仁夫(皮),阿部美知子(臨検): 第656回日本皮膚科学会東京地方会 (89.04.15), 藤沢.

2144. [学会] (一般講演) 慢性関節リウマチの母親より生まれた新生児エリテマトーデス. 衛藤光,片山一朗(皮),小口弘毅(児): 第656回日本皮膚科学会東京地方会 (89.04.15), 藤沢.

2145. [学会] (一般講演) 培養皮膚の基礎的研究; 初代培養における表皮細胞の伸展増殖. 古山登隆,猪原節之介,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第32回日本形成外科学会学術集会 (89.04.20), 浦安.

2146. [学会] (一般講演) 胎仔期創傷治癒 2. in vitro モデルでみられる組織の反応性の胎齢的変動. 猪原節之介,長尾恵理子,宇津木龍一,塩谷信幸(形外),本林由美子(生化系): 第32回日本形成外科学会学術集会 (89.04.20), 浦安, 抄録集, p.208, 1989.

2147. [学会] (一般講演) Trichilerumoma Cell Line can Synthesize Interleukin 1 alpha. 西岡清(皮),船渡忠男(臨病理),衛藤光,片山一朗(皮),Sato, Y.: Tricontinental Meeting of ESDR, JSID and SID (89.04.29), Washington, D.C., USA.

2148. [学会] (一般講演) Phenotypic Heterogeneity of JB/MS Murine Melanoma Cells, and Purification and Characterization of a Melangenil Inhibitor. 亀山孝一郎(皮),Law, L.W.,Tanaka, S.,Heaving, V.J. (NIH): American Association for Cancer Research and Japanese Cancer Association Joint Meeting (89.05.00), Hawaii, USA, J. Cell Physiol., 137: 35〜44, 1988.

2149. [学会] (一般講演) 妊娠性痒疹とその類症(34例の集計). 河野邦子,米元康蔵,衛藤光,西岡清,西山茂夫(皮): 第88回日本皮膚科学会学術大会 (89.05.11), 金沢.

2150. [学会] (一般講演) 組織学的に表皮変化を伴う原因不明の色素沈着症−とくに pigmentatio macularis multiplex idiopathica について−. 米元康蔵,河野邦子,西山茂夫(皮): 第88回日本皮膚科学会学術大会 (89.05.11), 金沢, 日本皮膚科学会雑誌, 99(13), 1989.

2151. [学会] (一般講演) UVBにより誘発された天疱瘡、類天疱瘡病変における補体の役割. 川名誠司,西山茂夫(皮): 第88回日本皮膚科学会学術大会 (89.05.11), 金沢, 日本皮膚科学会雑誌, 99(13): 298A, 1989.

2152. [学会] (一般講演) 胸腺腫を合併した扁平苔癬の2例. 武宮美佳子,沈国雄,岩崎雅,刀祢毅,向井秀樹,金丸哲山(皮),森田裕人,平井三郎(胸外): 第88回日本皮膚科学会学術大会 (89.05.12), 金沢.

2153. [学会] (一般講演) Mycoplasmaによる浸出性紅斑. 横関博雄,浅井俊弥,衛藤光(皮),大石昌也,鏑木宏,平石聡(児): 日本小児皮膚科学会 (89.06.11), 東京.

2154. [学会] (一般講演) 家系内に発症したウルシ皮膚炎の4例. 横関博雄,衛藤光,片山一朗(皮): 日本皮膚科学会第657回東京地方会 (89.06.17), 川崎.

2155. [学会] (一般講演) Munchhausen症候群の1例. 野口俊彦,横関博雄,衛藤光,片山一朗(皮),山城一郎(精): 日本皮膚科学会第657回東京地方会 (89.06.17), 川崎.

2156. [学会] (一般講演) 陰部疼痛症の1例. 音山和宣,高野晃,片山一朗,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第657回東京地方会 (89.06.17), 川崎.

2157. [学会] (一般講演) 陰茎結核疹の1例. 太田幸則,高野晃,横関博雄,片山一朗,衛藤光,西岡清(皮),稲野信夫(座間市): 日本皮膚科学会第657回東京地方会 (89.06.17), 川崎.

2158. [学会] (一般講演) Lipodystrophic Centrifugaris Abdominalis Zenfantilis. 勝岡憲生,西岡清,西山茂夫(皮): 5th International Congress of Pediatric Dermatology (89.07.11〜15), Milan.

2159. [学会] (一般講演) A Case of Congenital Syphilis. 川名誠司,高野晃,西山茂夫(皮): 5th International Congress of Pediatric Dermatology (89.07.13), Milan.

2160. [学会] (一般講演) 悪性黒色腫細胞のメラニン色素産生能とMSH receptorの相関関係について. 亀山孝一郎(皮),Hearing, V.J. (NIH): 日本皮膚科学会第658回東京地方会 (89.07.15), 東京.

2161. [学会] (一般講演) 表皮におけるEpidermal Growth Factor Receptor (EGF-R)の局在. 近藤滋夫,米元康蔵(皮): 日本皮膚科学会第658回東京地方会 (89.07.15), 東京.

2162. [学会] (一般講演) 各種培養上皮系腫瘍細胞のHLA-DR抗原の発現に対するgamma-interferonとビタミンD3の効果. 刀祢毅,勝岡憲生,衛藤光(皮): 日本皮膚科学会第658回東京地方会 (89.07.15), 東京.

2163. [学会] (一般講演) ホルマリン固定標本に対して反応性を有する抗ケラチンモノクローナル抗体作製の試み. 加藤一郎(皮),橋本健(ウエインステート大学): 日本皮膚科学会第658回東京地方会 (89.07.15), 東京.

2164. [学会] (一般講演) シェーグレン症候群とMCTD合併例にみられた特異な皮膚症状. 浅井俊弥,片山一朗(皮): 第53回日本皮膚科学会東日本学術大会 (89.09.10), 筑波.

2165. [学会] (一般講演) 小児のT細胞系皮膚リンホーマ. 岩崎雅,浅井俊弥,勝岡憲生,竹崎伸一郎(皮),島本由紀子,八代公夫(児),船渡忠男(臨病理): 第53回日本皮膚科学会東日本学術大会 (89.09.10), 筑波.

2166. [学会] (一般講演) 熱傷瘢痕部に発生したVerrucas carcinomaの1例. 浅谷雅文,岩崎雅,太田幸則,浅井俊弥,片山一朗,西岡清(皮),舩渡忠男(臨病理): 日本皮膚科学会第659回東京地方会 (89.10.21), 横浜.

2167. [学会] (一般講演) HPV抗原陽性を示した足底表皮嚢腫の2例. 山田耕次(関東労災病院),向井秀樹,富澤尊儀,米元康蔵(皮): 日本皮膚科学会第659回東京地方会 (89.10.21), 横浜.

2168. [学会] (一般講演) Sweet病と考えられた1例. 塚原哲哉,岩崎雅,片山一朗,西岡清(皮): 日本皮膚科学会第659回東京地方会 (89.10.21), 横浜.

2169. [学会] (一般講演) 粘膜苔癬の1例−血清amylase値が治療経過に相関したSjogren症候群併発例−. 種井良二,太田幸則,岩崎雅,片山一朗,向井秀樹(皮): 日本皮膚科学会第659回東京地方会 (89.10.21), 横浜.

2170. [学会] (一般講演) 晩発性皮膚ポルフィリン症の2例. 音山和宣,片山一朗,川名誠司,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会中部支部総会学術大会 (89.10.21〜22), 大阪.

2171. [学会] (一般講演) Suppression of Gamma-interferon Induced HLA-DR Antigen Expression on Keratinocyte Cell Lines by 1.25(OH)2 Vitamin D3. 刀祢毅,勝岡憲生,衛藤光,西岡清,西山茂夫(皮): 2nd Clinically Oriented Research Symposium (89.11.10), 京都.

2172. [学会] (一般講演) Interferon Modulate the Expression of Hormone Receptors on the Surface of Murine Melanoma Cells. 亀山孝一郎(皮),Heaviy, V.J. (NIH): 2nd Clinically Oriented Research Symposium (89.11.10), 京都, J. Clin. Invest., 83: 213〜221, 1989.

2173. [学会] (一般講演) アトピー性皮膚炎と脱毛. 野口俊彦,勝岡憲生,音山和宣,西岡清,西山茂夫(皮): 第14回日本研究皮膚科学会総会 (89.11.11), 京都.

2174. [学会] (一般講演) 増殖性天疱瘡の1例. 川名誠司,上村仁夫(皮): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜.

2175. [学会] (一般講演) 尋常性天疱瘡より紅斑性天疱瘡へ移行の見られた1例. 高橋昇司,音山和宣,岩崎雅,片山一朗,川名誠司(皮): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜.

2176. [学会] (一般講演) 超音波療法が奏効したpostthrombotic syndrome. 浅谷雅文,岩崎雅,鈴木裕介,片山一朗,西岡清(皮): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜.

2177. [学会] (一般講演) 膣癌の1例. 浅井寿子,太田幸則,岩崎雅,種井良二,片山一朗(皮): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜.

2178. [学会] (一般講演) 左耳前部にみられたmixed tumorの1例. 山田耕次,向井秀樹,富澤尊儀,鈴木裕介(皮): 日本皮膚科学会第660回東京研究地方会 (89.11.18), 横浜.

2179. [学会] (一般講演) 歯肉腫脹より診断された急性骨髄単球性白血病の1例. 矢口厚,音山和宣,岩崎雅,浅井俊弥,片山一朗,西山茂夫(皮),塩谷茂,山下えり子(内): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜.

2180. [学会] (一般講演) 色素性痒疹−北里大過去10年間の統計的観察−. 藤田裕介,勝岡憲生,岩崎雅,片山一朗(皮): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜.

2181. [学会] (一般講演) リベド病変の追跡調査. 鈴木裕介,音山和宣,浅井俊弥,加藤一郎,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜.

2182. [学会] (一般講演) The Effects of Differentiation on the Tumorgenic and Metastatic Phenotype of Murine Melanoma Cells. 亀山孝一郎(皮),Hearing, V.J. (NIH): 日本皮膚科学会第660回東京地方会 (89.11.18), 横浜, Differentiation, 42(12): 28〜30, 1989.

2183. [学会] (一般講演) 正常人の垂直視運動性眼振について. 阿部勇勝,佐橋邦彦,鵜飼淳子(臨検),三富哲郎,長谷川一子(内),藤野明人,徳増厚二(耳): 第48回日本平衡神経科学会総会 (89.11.23), 奈良.

2184. [学会] (一般講演) 衝動性眼球運動解析への新しい試み. 三富哲郎,長谷川一子,古和久幸(内),徳増厚二(耳),阿部勇勝(臨検): 第48回日本平衡神経科学会総会 (89.11.23), 奈良.

2185. [学会] (一般講演) 色素性痒疹−北里大学過去10年間の統計的観察−. 藤田裕介,岩崎雅,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第271回福岡地方会 (89.11.23), 福岡.

2186. [学会] (一般講演) Opsoclonus様眼球運動、短期交代性眼振を呈した1例. 糠沢達志,青戸和子,長谷川一子,古和久幸(内),阿部勇勝(臨検),藤野明人,徳増厚二(耳): 第48回日本平衡神経科学会総会 (89.11.25), 奈良.

2187. [学会] (一般講演) Interleukin 1 alpha and 6 Expression in Psoriatic Skin. 太田幸則,西岡清(皮),船渡忠男(臨病理),西山茂夫(皮): The 6th Japan-Korea Joint Meeting of Dermatology (89.11.5〜6), 東京.

2188. [学会] (一般講演) A Case of Livedo with Ulceration Associated with Multiple Cereberal Infarctions and Elevated Anti-cardiolipin Antibody. 音山和宣,片山一朗,鈴木裕介,西岡清,西山茂夫(皮): The 6th Japan-Korea Joint Meeting of Dermatology (89.11.5〜6), 東京.

2189. [学会] (一般講演) 成人型アトピー性皮膚炎における細菌の役割. 野口俊彦(皮): 神奈川県皮膚科医会第70回例会 (89.12.02), 横浜.

2190. [学会] (一般講演) 乾癬表皮におけるIL-1および6メッセンジャーRNA発現の検討. 太田幸則,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第661回東京地方会 (89.12.16), 東京.

2191. [学会] (一般講演) 皮膚細小血管炎の臨床組織学的検討. 浅井俊弥,加藤一郎,川名誠司,鈴木裕介(皮): 日本皮膚科学会第661回東京地方会 (89.12.16), 東京.

2192. [学会] (一般講演) 肉芽腫性炎症におけるNK細胞の役割. 橋本明彦(皮),Epstein, W.L.(カリフォルニア大): 日本皮膚科学会第661回東京地方会 (89.12.16), 東京.

2193. [学会] (一般講演) 悪性黒色腫の姉妹例. 藤田裕介,岩崎雅,片山一朗,米元康蔵(皮),松森哲朗,大野司(整外),石川淳(外): 日本皮膚科学会第662回東京地方会 (90.01.20), 横浜.

2194. [学会] (一般講演) Tribenoside (Hemocuron R)による薬疹の2例. 野口俊彦,塚原哲哉,浅井俊弥,片山一朗(皮): 日本皮膚科学会第662回東京地方会 (90.01.20), 横浜.

2195. [学会] (一般講演) 骨髄性プロトポルフィリン症. 坪井広美,米元康蔵,浅井俊弥(皮),川崎いづみ(眼): 日本皮膚科学会第662回東京地方会 (90.01.20), 横浜.

2196. [学会] (一般講演) 尋常性狼瘡. 浅井俊弥,米元康蔵,勝岡憲生,村井正元(皮): 日本皮膚科学会第662回東京地方会 (90.01.20), 横浜.

2197. [学会] (一般講演) 皮下腫瘤を初発とし原発巣が肺と考えられた転移癌の2例. 矢口厚,近藤滋夫,岩崎雅,片山一朗(皮),下川雅文(東芝林間病院): 日本皮膚科学会第662回東京地方会 (90.01.20), 横浜.

2198. [学会] (一般講演) Cowden病 (multiple hamartoma syndrome). 高野晃,刀祢毅,米元康蔵(皮),木川三四郎(外): 日本皮膚科学会第662回東京地方会 (90.01.20), 横浜.

2199. [学会] (一般講演) TENの1例. 亀山孝一郎(皮),尾立朱美,木下正子(河北病院): 日本皮膚科学会第662回東京地方会 (90.01.20), 横浜.

2200. [学会] (一般講演) 皮膚細小血管炎の臨床的検討−特に成人例の特徴について−. 浅井俊弥,横関博雄,鈴木裕介,加藤一郎,川名誠司,増沢幹男(皮): 第13回皮膚脈管懇話会 (90.01.25), 倉敷.

2201. [学会] (一般講演) リベド病変における臨床、組織像、脳内血管病変、抗カルジオリピン抗体の関連性について. 鈴木裕介,音山和宣,片山一朗,西山茂夫(皮): 第13回皮膚脈管懇話会 (90.01.25), 倉敷.

2202. [学会] (一般講演) 慢性関節リウマチ患者に認められた皮膚潰瘍の検討. 種井良二,浅井俊弥,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 第13回皮膚脈管懇話会 (90.01.25), 倉敷.

2203. [学会] (一般講演) 手掌紅斑、livedoを認め、抗リン脂質抗体陽性の男子膠原病の2例. 音山和宣,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 第37回日本皮膚科学会静岡地方会 (90.02.04), 浜松.

2204. [学会] (一般講演) 刺青者にみられた日光疹. 浅井俊弥,片山一朗,西岡清(皮): 第37回日本皮膚科学会静岡地方会 (90.02.04), 浜松.

2205. [学会] (一般講演) クロモシコーシスの1例−−イトラコナゾール使用例−−. 浅井寿子,岩崎雅,田沼弘之,西山茂夫(皮),高木千鶴,阿部美知子(臨検): 第27回神奈川医真菌懇話会 (90.02.10), 横浜.

2206. [学会] (一般講演) Staphylococcal Botryomycosisの1例. 坪井広美,岩崎雅,田沼弘之,片山一朗,西山茂夫(皮),久米光,奥平雅彦(病理): 第27回神奈川医真菌懇話会 (90.02.10), 横浜.

2207. [学会] (一般講演) Cat-scratch Disease. 坪井広美,衛藤光,西岡清(皮),高宮春男(臨検): 日本皮膚科学会第663回合同臨床東京地方会 (90.02.17), 東京.

2208. [学会] (一般講演) 非定型紅斑により肺癌を発見した1例. 浅谷雅文,塚原哲哉,種井良二,加藤一郎(皮): 日本皮膚科学会第272回福岡地方会 (90.03.11), 福岡.

2209. [学会] (一般講演) バージャー病、強皮症、SLEのレイノー症状に対する硝酸イソソルビドテープ剤の治療効果について. 高橋昇司,音山和宣,近藤滋夫,加藤一郎(皮): 日本皮膚科学会第272回福岡地方会 (90.03.11), 福岡.

2210. [学会] (一般講演) 乳幼児アトピー性皮膚炎の追跡調査. 野口俊彦,向井秀樹,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第664回東京地方会 (90.03.17), 東京.

2211. [学会] (一般講演) 真皮微小血管内皮細胞(DMEC)のcAMPによる細胞増殖効果の検討. 増沢幹男,大川司,浅井俊弥,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第664回東京地方会 (90.03.17), 東京.

2212. [学会] (一般講演) 抗アミロイドモノクローナル抗体の作製、及びその組織化学的検討. 加藤一郎,衛藤光,橋本明彦,向井秀樹(皮): 日本皮膚科学会第664回東京地方会 (90.03.17), 東京.

2213. [学会] (一般講演) Pathogenesis of Blackfoot Disease--Effects of Trivalent Arsenic on Cultured Human Umbilical Vein Endothelial Cells---. 陳国重,浅井俊弥,刀祢毅,鈴木裕介,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第664回東京地方会 (90.03.17), 東京.

2214. [研究会] (特別講演) 眼位とくに「垂直眼球運動」の異常を中心に. 石川哲(眼): 第640回東京都眼科集談会 (89.04.28), 東京.

2215. [研究会] (特別講演) 瞳孔・調節、最近の話題. 石川哲(眼): 第74回山口県眼科医会秋季総会山口県眼科集談会 (89.11.05), 小郡.

2216. [研究会] (特別講演) VDTと眼、とくに近見反応との関係. 石川哲(眼): 三重県眼科医会講習会 (90.01.15), 三重.

2217. [研究会] (特別講演) テクノストレス眼症. 石川哲(眼): 千葉県眼科医会学術講演会 (90.01.21), 千葉.

2218. [研究会] (特別講演) テクノストレス眼症. 石川哲(眼): 埼玉県眼科医会教育講演 (90.01.28), 大宮.

2219. [研究会] (特別講演) よくみられる子どもの眼疾患. 向野和雄(眼): 第76回臨床小児医学懇話会 (90.02.25).

2220. [研究会] (特別講演) コンピューター時代の学童の目の健康. 石川哲(眼): 東京都眼科医会学校保健学術講演会 (90.03.08), 東京.

2221. [研究会] (特別講演) 視神経疾患と乳頭所見. 若倉雅登(眼): 防衛医大眼科学術集会 (90.03.14), 埼玉.

2222. [研究会] (特別講演) VDT作業に伴う障害について. 石川哲(眼): 平成元年度神奈川県医師産業医部会研修会 (90.03.29), 横浜.

2223. [研究会] (特別講演) Clinical Ecologyと眼科. 石川哲(眼): 第13回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (90.03.29), 相模原.

2224. [研究会] (特別講演) フェニトインの薬疹. 刀祢毅,浅井俊弥,竹崎伸一郎,西岡清,西山茂夫(皮): 第14回免疫セミナー (90.01.27), 東京.

2225. [研究会] (教育講演) 開業医に必要な眼科学の知識−高齢化社会を迎えて−. 向野和雄(眼): 大和臨床医学談話会第217回研修会 (89.04.12), 大和.

2226. [研究会] (教育講演) 日常経験する眼瞼の機能異常、その基礎と臨床. 向野和雄(眼): 第11回神奈川県眼科臨床談話会 (89.07.23), 川崎.

2227. [研究会] (教育講演) 眼瞼運動の基礎と臨床. 向野和雄(眼): 第1回横浜市大神経セミナー (89.09.22), 横浜.

2228. [研究会] (教育講演) 興味ある眼球運動異常を通して. 向野和雄(眼): 第1回信州大学北里大学交換研究会 (89.10.28), 松本.

2229. [研究会] (教育講演) 突然複視を来す疾患の診断と治療. 石川哲(眼): 第19回眼科教育ゼミナール (89.12.09), 大阪.

2230. [研究会] (教育講演) 調節の新しい検査法. 鵜飼一彦(眼): 第13回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (90.03.29), 相模原.

2231. [研究会] (教育講演) 電子顕微鏡の病理診断へのアプローチ−−皮膚腫瘍について. 衛藤光(皮): 日本電子顕微鏡学会学術部会平成元年度学術集会 (90.03.24), 東京.

2232. [研究会] (シンポジウム) Contact Desmatitis and Aging. 西岡清(皮): International Conference on Skin Aging (89.06.17), 東京.

2233. [研究会] (シンポジウム) Immunologic Role of Dermis. 西岡清(皮): Symposium on Immunodermatology (89.09.12), Seoul.

2234. [研究会] (シンポジウム) 皮膚の炎症のメディエーター. 西岡清(皮): 第2回皮膚薬物生理学研究会 (89.10.07), 東京.

2235. [研究会] (一般講演) 結膜下pseudolymphomaの1例. 樋口裕彦,佐古博恒,早川重夫,青木繁(眼): 神奈川集談会 (86.07.26).

2236. [研究会] (一般講演) 脈絡膜血管腫の画像診断について. 望月潤一,若倉雅登(眼): 第11回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (89.04.06), 横浜.

2237. [研究会] (一般講演) 肥厚性髄膜炎にて視力障害を起こしたと思われた1例. 近藤佳夫,関谷治久(眼),佐藤正幸(浅間総合病院): 第11回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (89.04.06), 横浜.

2238. [研究会] (一般講演) Fisher症候群の調節障害について. 原直人,陶山秀夫,石川哲(眼): 第42回神奈川県眼科集談会 (89.05.28), 横浜.

2239. [研究会] (一般講演) 無菌性髄膜炎、うっ血乳頭を示したサルコイドーシスの1例. 升田豊,若倉雅登(眼): 第42回神奈川県眼科集談会 (89.05.28), 横浜.

2240. [研究会] (一般講演) 持続性の絶対瞳孔強直をきたした1症例. 原直人,若倉雅登,向野和雄(眼): 第16回神経眼科勉強会 (89.06.14), 東京.

2241. [研究会] (一般講演) Myotonic dystrophyの眼底病変. 辻沢宇彦,知野順子,松原恵子(眼): 第43回神奈川県眼科集談会 (89.07.08), 横浜.

2242. [研究会] (一般講演) 自然寛解した巨細胞性動脈炎による視神経症. 市辺義章,若倉雅登,石川哲(眼): 第43回神奈川県眼科集談会 (89.07.08), 横浜.

2243. [研究会] (一般講演) 原因不明の感音難聴の年齢別聴力. 岡本牧人,設楽哲也,古沢慎一,平山方俊(耳鼻): 厚生省特定疾患急性高度難聴調査研究班平成元年度第1会総会 (89.08.12), 東京.

2244. [研究会] (一般講演) 特難の域値上聴力検査(第3報). 平山方俊,設楽哲也,岡本牧人,古沢慎一(耳鼻): 厚生省特定疾患急性高度難聴調査研究班平成元年度第1会総会 (89.08.12), 東京.

2245. [研究会] (一般講演) 眼窩コレステリン肉芽腫の1症例. 中沢正博,若倉雅登,石川哲(眼),岩渕啓一(病理): 第24回眼科臨床病理組織研究会 (89.09.08).

2246. [研究会] (一般講演) X-Yトラッカーを用いた固視微動の測定. 斉藤隆,青木繁,石川哲,西牧明美(眼): 第7回VDT研究会 (89.10.13), 名古屋.

2247. [研究会] (一般講演) VDT作業を中心とする眼精疲労患者の自律神経障害について−−点眼テストによる瞳孔からのアプローチ. 升田豊,小嶋良宏,青木繁,石川哲,岸田千穂子,伊藤幸江(眼): 第7回VDT研究会 (89.10.13), 名古屋.

2248. [研究会] (一般講演) Congenital Eyelid Retraction の2例. 樋口裕彦,向野和雄(眼): 第18回栃木集談会 (89.11.10), 栃木.

2249. [研究会] (一般講演) 自動縫合器(Staple)と創傷治癒. 山田直人,内沼栄樹,石原秀一,松倉知之,塩谷信幸(形外): 創傷治癒研究会 (89.12.02), 久留米.

2250. [研究会] (一般講演) 膀胱癌の眼窩内転移をきたした1例. 市辺義章,陶山秀夫,鳩野長文(眼): 第4回眼窩疾患シンポジウム (89.12.03).

2251. [研究会] (一般講演) 蝶形骨洞粘液嚢腫と前交通動脈瘤を合併した1例. 鳩野長文,陶山秀夫,市辺義章(眼): 第4回眼窩疾患シンポジウム (89.12.03).

2252. [研究会] (一般講演) VDT作業を中心とする眼精疲労患者の自律神経障害について−−点眼テストによる瞳孔からのアプローチ−−. 青木繁,小嶋良宏,石川哲,岸田千穂子,伊藤幸江(眼): 日本産業衛生学会VDT作業研究会第8回研究会 (89.12.06), 東京.

2253. [研究会] (一般講演) Epstein-Barr Virusによると思われるNeuro-retinitisの1例. 柏木広哉,市辺義章,若倉雅登(眼): 第12回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (89.12.21), 相模原.

2254. [研究会] (一般講演) 免疫抑制剤長期投与後に発症したサイトメガロウイルス網膜症の1例. 藤田哲,石川均,若倉雅登(眼): 第12回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (89.12.21), 相模原.

2255. [研究会] (一般講演) 完全脱臼水晶体を硝子体手術により除去した1例. 藤井雅朗,福田敏雅(眼): 第12回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (89.12.21), 相模原.

2256. [研究会] (一般講演) 輻輳眼球運動のエラーシグナル. 山田徹人,鵜飼一彦(眼): 1990年冬期視覚研究会 (90.00.00), Vision, 2(1): 18, 1990.

2257. [研究会] (一般講演) ヒトの外眼筋筋紡錘の形態学的研究−(2)病的状況における筋紡錘の変化. 向野和雄,新井田孝裕,木村真也(眼): 眼筋自己受容器の基礎的および臨床的応用の研究; 総合研究A班会議 (90.01.13), 松山.

2258. [研究会] (一般講演) 矢状静脈洞血栓症の1例. 斉藤大,設楽哲也,岡本牧人,平山方俊,徳増厚二,藤野明人(耳鼻): 厚生省特定疾患急性高度難聴調査研究班平成元年度第2回総会 (90.02.03), 東京.

2259. [研究会] (一般講演) 突発性難聴血液検査所見の検討(第1報). 岡本牧人,設楽哲也,古沢慎一,平山方俊(耳鼻): 厚生省特定疾患急性高度難聴調査研究班平成元年度第2回総会 (90.02.03), 東京.

2260. [研究会] (一般講演) ステロイド持続投与感音難聴の検討. 古沢慎一,設楽哲也,岡本牧人,平山方俊(耳鼻): 厚生省特定疾患急性高度難聴調査研究班平成元年度第2回総会 (90.02.03), 東京.

2261. [研究会] (一般講演) 突発性感音難聴の検討−若年型と成人型について. 平山方俊,設楽哲也,岡本牧人,古沢慎一(耳鼻): 厚生省特定疾患急性高度難聴調査研究班平成元年度第2回総会 (90.02.03), 東京.

2262. [研究会] (一般講演) Oculo-kinetic Perimetry緑内障患者に対する視野検査. 陶山秀夫,若倉雅登(眼): 第7回神奈川県緑内障談話会 (90.02.17).

2263. [研究会] (一般講演) 中心核病floppy infantに合併した先天性緑内障の治療について. 中山智彦,種田芳郎(眼): 第7回神奈川県緑内障談話会 (90.02.17).

2264. [研究会] (一般講演) 虚血性か脱髄性か鑑別に迷った再発性視神経症. 川崎いづみ,升田豊,若倉雅登(眼): 第45回神奈川県眼科集談会 (90.02.18), 横浜.

2265. [研究会] (一般講演) 神経眼科学的に症候を示した小児のMCTD疑い例. 根本徹(眼): 第18回神経眼科勉強会 (90.03.07), 東京.

2266. [研究会] (一般講演) 視神経炎として長期間治療されていた鞍上部髄膜腫. 鳩野長文,新井田孝裕(眼): 第13回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (90.03.29), 相模原.

2267. [研究会] (一般講演) 7年間に6回の視力低下を来した多発性硬化症の1例. 吉永誠子,岡野智文,知野順子,松原恵子,青木繁(眼): 第13回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (90.03.29), 相模原.

2268. [研究会] (一般講演) 浅間総合病院眼科受診にみられた画像診断陽性例. 早川重夫,近藤佳夫(眼),河内雅章(浅間総合病院): 第13回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (90.03.29), 相模原.

2269. [研究会] (一般講演) アトピー性皮膚炎の細菌ワクチン療法. 向井秀樹,野口俊彦,西岡清,西山茂夫(皮): 第1回日本アレルギー学会春季臨床集会 (89.04.14), 東京.

2270. [研究会] (一般講演) 曲折線状魚鱗癬の親子例. 音山和宣,西岡清(皮): 第4回角化症研究会 (89.06.03), 東京.

2271. [研究会] (一般講演) Pleomorphic Lymphomatoid Papulosis (PLP). 岩崎雅,浅井俊弥,竹崎伸一郎(皮),船渡忠男(臨病理): 第8回皮膚のリンフォーマ研究会 (89.07.00), 福岡, 皮膚リンフォーマ, IX, 1990.

2272. [研究会] (一般講演) スギ花粉症患者にみられた湿疹性病変の検討. 浅井俊弥,横関博雄,片山一朗,西岡清(皮): 第19回抗原研究会 (89.07.01), 津市.

2273. [研究会] (一般講演) アレビアチンの薬疹. 刀祢毅,竹崎伸一郎,西岡清,西山茂夫(皮): 第19回抗原研究会 (89.07.01), 津市.

2274. [研究会] (一般講演) MCTDの臨床経過の検討(当科で経験した15例について). 近藤滋夫,太田幸則,刀祢真理,寺本範子,片山一朗,衛藤光,上村仁夫,新井春枝,西岡清,西山茂夫(皮): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班平成元年度セミナー (89.08.26), 郡上八幡,岐阜.

2275. [研究会] (一般講演) 強皮症の治療と経過−当科での経験例(特にステロイド治療に関して)−. 近藤滋夫,太田幸則,刀祢真理,寺本範子,片山一朗,新井春枝,衛藤光,上村仁夫,西岡清,西山茂夫(皮): 第4回膠原病研究会 (90.01.26), 倉敷.

2276. [研究会] (一般講演) 軽症型SLEの皮膚症状についての臨床的検討−subacute LE vs subacute cutaneous LE−. 衛藤光,近藤滋夫,佐々木邦子,刀祢真理,寺本範子,新井春枝,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 第4回膠原病研究会 (90.01.26), 倉敷.

2277. [研究会] (一般講演) 表皮細胞核に免疫グロブリンの沈着を認めたMCTD. 近藤滋夫,片山一朗,衛藤光,西岡清,西山茂夫(皮): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班平成2年度班会議 (90.01.31), 東京.

2278. [研究会] (一般講演) 天疱瘡の増悪因子としての紫外線. 川名誠司,高橋昇司,岩崎雅,片山一朗(皮): 厚生省特定疾患稀少難治性疾患調査研究班平成元年度第2回総会 (90.02.10), 京都.

2279. [研究会] (公開講座) 体平衡の検査. 徳増厚二(耳鼻): 第19回日本平衡神経科学会平衡機能技術講習会 (89.07.27), 川崎.


<<111 その他>>

2280. [症例報告] 老人性難聴の特徴. 岡本牧人(耳鼻): JOHNS, 5(12): 1723〜1727, 1989.

2281. [症例報告] 口腔・舌潰瘍病変の鑑別診断. 高橋廣臣(耳鼻): JOHNS, 5(7): 947〜951, 1989.

2282. [症例報告] 特発性両側性感音難聴. 岡本牧人,平山方俊(耳鼻): JOHNS, 6(1): 75〜78, 1990.

2283. [臨床治験] ヒト口蓋扁桃における病理組織学的研究−特に年齢変化について−. 原田宏一(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 92: 1049〜1064, 1989.

2284. [総説] 類似病変との鑑別の要点. 高橋廣臣(耳鼻): JOHNS, 6(2): 153〜157, 1990.

2285. [総説] 形成外科領域における Prostaglandin E1 の使用経験. 中村元信,安富義哲,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 現代医療, 32: 694〜699, 1990.

2286. [学会] (パネル) 口腔内膜原発adenoid squamous cell carcinomaの1例. 木田芳樹(内),岩渕啓一(病理),宮沢七郎(電顕センター),亀谷徹,奥平雅彦(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.29), 福岡.

2287. [学会] (一般講演) 嚥下における舌骨運動の年齢変化(第3報). 金子功,石井豊太,原田宏一,古川浩三,高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻),新美成二(東大): 日本耳鼻咽喉科学会総会 (89.05.12), 大阪, 日本耳鼻咽喉科学会会報,92(10): 1613, 1989.

2288. [学会] (一般講演) 重篤な経過をたどった頚部感染症について. 井口芳明,中山明仁,長沼英明,古川浩三,高橋廣臣(耳鼻): 第68回神奈川地方部会 (89.06.17), 小田原.

2289. [学会] (一般講演) 深頚部感染症. 井口芳明,中山明仁,古川浩三,高橋廣臣,石井豊太(耳鼻): 口腔・咽頭科学会 (89.09.01), 大阪, 口腔・咽頭科, 2(1): 19, 1989.

2290. [学会] (一般講演) 口腔の粘液嚢胞の臨床的検討. 高橋廣臣,徳増厚二,設楽哲也(耳鼻): 口腔・咽頭科学会 (89.09.01), 大阪, 口腔・咽頭科, 2(1): 32, 1989.

2291. [学会] (一般講演) 副咽頭間隙神経鞘腫の検討. 松岡明裕,高橋廣臣,原田宏一,稲木勝英,平山方俊(耳鼻): 口腔・咽頭科学会 (89.09.01), 大阪, 口腔・咽頭科, 2(1): 48, 1989.

2292. [学会] (一般講演) ヒト舌の病理組織学的研究(粘膜上皮の年齢変化を中心に). 中山明仁,八尾和雄,高橋廣臣,設楽哲也,原田宏一(耳鼻): 口腔・咽頭科学会 (89.09.01), 大阪, 口腔・咽頭科, 2(1): 55, 1989.

2293. [学会] (一般講演) 舌根正中部における腺組織の病理組織学的研究. 鎌田利彦,原田宏一,八尾和雄,高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻): 口腔・咽頭科学会 (89.09.01), 大阪, 口腔・咽頭科, 2(1): 56, 1989.

2294. [学会] (一般講演) Two Cases of Congenital Stapes Fixation with Sympha Langism. 金子功,岡本朗子,設楽哲也(耳鼻): 14th World Congres of Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery (89.09.12), Madrid, 14th World Congres of Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery, Abstracts, p.133.

2295. [学会] (一般講演) 上咽頭奇形腫の一例. 西山耕一郎,平山方俊,中村要,金子功,古沢慎一,岡本牧人(耳鼻): 第69回神奈川地方部会 (89.09.30), 相模原.

2296. [学会] (一般講演) 口腔粘膜病変を呈した薬疹の一症例. 馬越智浩,石井豊太,佐野肇(耳鼻): 第69回神奈川地方部会 (89.09.30), 相模原.

2297. [学会] (一般講演) SEP検査における周波数特性. 中村豊子,吉本紅子(臨検),大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 133, 1989.

2298. [学会] (一般講演) Cinefluorographic Analysis of Dysphagia. 古川浩三,石井豊太,設楽哲也,金子功(耳鼻): 第6回世界気管食道科学会 (89.10.17), 東京, 第6回世界気管食道科学会予稿集, p.70.

2299. [学会] (一般講演) Movement Pattern of the Hyoid Lione in the Swallowing and It's Aging. 金子功,石井豊太,古川浩三,設楽哲也,新美成二(耳鼻): 第6回世界気管食道科学会 (89.10.17), 東京, 第6回世界気管食道科学会予稿集, p.72.

2300. [学会] (一般講演) 小児急性篩骨洞炎の検討. 松岡明裕(横浜赤十字病院),設楽哲也,八尾和雄(耳鼻): 日本鼻科学会 (89.10.20), 箱根.

2301. [学会] (一般講演) ヒト鼻中隔の組織学的研究(第2報). 稲木勝英,八尾和雄,高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻): 日本鼻科学会 (89.10.20), 箱根.

2302. [学会] (一般講演) 大気の環境変化 2.鼻腔通気度−温度による影響(第2報)−. 佐野肇,石井豊太,新田啓次郎,藤野明人,西端慎一(耳鼻): 日本鼻科学会 (89.10.21), 箱根.

2303. [学会] (一般講演) ハント症候群の聴力障害について. 古沢慎一,平山方俊,岡本牧人,設楽哲也(耳鼻): 日本オ−ジオロジ−学会 (89.11.15), 愛知.

2304. [学会] (一般講演) めまいで発病したCreutzfeldt-Jakob病の1例. 徳増厚二,藤野明人,吉尾知(耳鼻),米田敏(生物物理系): 日本平衡神経科学会 (89.11.23), 奈良.

2305. [学会] (一般講演) 喉頭截開による乳幼児の気道狭窄の治療. 青柳聡,柴崎誠,小川克二(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第71回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (90.03.03), 藤沢.

2306. [学会] (一般講演) 耳下腺腫脹から始まって広範な頚部壊死を来した1症例. 鎌田利彦,田代直樹,河合純一郎(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第71回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (90.03.03), 藤沢.

2307. [学会] (一般講演) 両側乳房に同時性に発生した非浸潤性乳管癌の1例. 佐藤一喜,竹中晴幸,江頭清徳,片田夏也,国場幸均,西山保比古,木川三四郎,井原厚,松井健,梶田咲美乃,石田和夫(外),大場正巳(看護学部),比企 能樹(外),岩渕啓一(病理): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 642, 1989.

2308. [研究会] (教育講演) 頚部腫腸と耳鼻咽喉科−日常臨床でよくみる先天性・炎症性嚢胞性疾患について−. 高橋廣臣(耳鼻): 第3回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会 (89.11.19), 名古屋, 第3回日耳鼻専門医講習会誌, 1989.

2309. [研究会] (一般講演) 当院における乳癌肝転移例の検討. 竹中晴幸,石田和夫(外),大場正巳(看護学部),比企能樹(外): 第50回乳癌研究会 (89.07.00), 札幌.

2310. [研究会] (一般講演) 当院における胸骨旁リンパ節転移陽性例の検討. 竹中晴幸,石田和夫(外),大場正巳(看護学部),比企能樹,・田章(外): 第51回乳癌研究会 (90.02.00), 大阪.

2311. [研究会] (一般講演) 当院における病理特殊型乳癌症例の検討. 竹中晴幸,石田和夫(外),大場正巳(看護学部),比企能樹,・田章(外): 神奈川乳腺甲状腺研究会 (90.03.00), 横浜.


<<201 感染症・寄生虫>>

2312. [原著] Studies on Effects of Paromomycin Sulphate, Bithionol, Mebendazole and Flubendazole in the Treatment of Mice Infected with Plerocercoids of Diphyllobothrium erinaei. 牧純, 柳沢十四男(寄): Jpn. J. Trop. Med. Hyg., 17(3): 237〜241, 1989.

2313. [原著] 女子尿道膀胱炎症例に対する7432-Sの用法・用量の検討. 広瀬崇興,大村清隆,吉岡琢,熊本悦明(札幌医科大),横山英二(泌),西村昌宏(北見赤十字病院),本間昭雄,三宅正文(旭川赤十字病院),宮本慎一, 田宮高宏,高塚慶次(砂川市立病院),青木正治,斉藤誠一,南部明民(釧路赤十字病院),門野雅夫,岡山悟(小樽北生病院),加藤修爾,丹田均(三樹会病 院),島村昭吾,田仲紀明,酒井茂(札幌逓信病院),木村文宏,井川欣市(陸上自衛隊札幌地区病院),林謙治,宮尾則臣(倶知安厚生病院),江夏朝松,岩 沢晶彦(王子総合病院): 日本化学療法学会誌, 37(11ーs1): 351〜374, l989.

2314. [原著] Possible Role of Streptococcus pyogenes in Mucocutaneous Lymph Node Syndrome [. Immunological Tolerance to S. pyogenes-associated Antigens Seems Essential to Induction of MCLS. 大沢伸孝(微),山浦昇,池脇信直(看護学部),八代公夫(児),秋山武久(微): Acta Paediatr. Jpn., 31(4): 462〜468, 1989.

2315. [原著] Possible Role of Streptococcus Pyogenes in Mucocutaneous Lymph Node Syndrome \. Quantitation by ELISA of Streptococcal Pyrogenic Exotoxin in the Serum of MCLS Patients. 河合真弓(予防医学系),大沢伸孝(微),山浦昇,池脇信直(看護学部),八代公夫,平石聡(児),Watanabe M.(北研),秋山武久(微): Acta Paediatr. Jpn., 31(5): 529〜536, 1989.

2316. [原著] Comparative Efficacy of Flubendazole and Mebendazole on Encysted Larvae of Trichinella spiralis (USA strain) in the Diaphragm of Mice and Rats. 牧純,柳沢十四男(寄): J. Helminthol., 62(1): 35〜39, 1988.

2317. [原著] Chemotherapeutic Effects of Praziquantel, Niclosamide, Mebendazole and Bithionol on Larvae and Adults of Hymenolepis nana in Mice. 牧純, 柳沢十四男(寄): Jpn. J. Parasitology, 38(4): 236〜239, 1989.

2318. [原著] 感染症に対するリポソ−ム封入抗生剤の治療効果 3) 実験的深在性カンジダ症におけるリポソ−ム封入アムホテリシンBの治療効果の検討. 笹原武志(微): 感染症学雑誌, 63(12): 1301〜1307, 1990.

2319. [原著] 内臓真菌症の発症病理に関する研究−易感染指数の有用性に対する評価(1)−. 望月真弓,村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部),石川千恵子,久米光,奥平雅彦(病理): 真菌と真菌症,30(3): 160〜172, 1989.

2320. [原著] スポロトリコ−シスの発症病理に関する研究. 高瀬孝子,上野賢一(筑波大),久米光(病理): 東京女子医科大学雑誌, 59(8): 891〜897, 1989.

2321. [原著] 粉末注射剤の各種溶解法における微生物汚染の実験的研究. 石射正英,島田慈彦(薬剤部): 病院薬学,15(5): 359〜364, 1989.

2322. [原著] 紫外線照射による流水への殺菌効果とその持続性についての研究. 石射正英(薬剤部),秋山武久(微): 北里医学,19(2): 235〜245, 1989.

2323. [短報] わが国の内臓真菌症の病理学的研究. 奥平雅彦(病理): 病態生理, 8(1): 946〜948, 1989.

2324. [症例報告] 右上下肢不全麻痺を契機に発見された巨大脳膿瘍の1例. 安保賢一,井桁真由美,大石昌也,柿沼由彦,古藤秀洋,新谷尚久,縣陽太郎(児): 相模原市医師会報,302(1): 30〜32, 1990.

2325. [症例報告] 蛍光抗体補体法及び酵素抗体ABC法で診断し得た胃梅毒の2例. 伊藤均,真玉寿美生,藤井保治,松本偉男,菅知也,岡田豊次(内),五月女茂(下都賀総合病院),福島範子(同愛記念病院): 日本消化器内視鏡学会雑誌, 31(10): 2665〜2669, 1989.

2326. [総説] 内臓真菌症の現況と対策−巻頭言. 奥平雅彦(病理): Progress in Medicine, 9(10): 2559〜2560, 1989.

2327. [総説] 内臓真菌症に対する易感染性の評価法−本症の早期診断に資するために−. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): Progress in Medicine, 9(10): 2581〜2588, 1989.

2328. [総説] 内臓真菌症の制禦に関わる諸問題. 久米光(病理): マイコトキシン, 29: 1〜4, 1989.

2329. [総説] 皮膚に寄生する寄生虫症の最近の動向. 伊藤洋一(寄): 医学の歩み,151(2): 91〜94, 1989.

2330. [総説] 最近話題の感染性病原微生物−真菌. 奥平雅彦(病理): 検査と技術, 17(6): 559〜562, 1989.

2331. [総説] 感染症の病理学的検査法. 久米光,畠山恵子(病理): 検査と技術, 17(6): 706〜711, 1989.

2332. [総説] 妊婦および新生児のGBS感染症とその対策. 門井伸暁,仁志田博司(児): 産婦人科の実際,38(8): 1135〜1139, 1989.

2333. [総説] 母子感染の最近の話題− B群溶連菌− 門井伸暁(児),保科清(東京女子医大): 周産期医学,19(11): 1549〜1553, 1989.

2334. [総説] B群溶連菌感染症の現状−第2回全国アンケ−ト調査結果−. 保科清,鈴木葉子,都もと子,海野寿美(東京女子医大),門井伸暁,仁志田博司(児): 小児科臨床,42(6): 1251〜1255, 1989.

2335. [総説] 真菌−病理の立場から. 奥平雅彦,久米光(病理): 胆と膵, 10(7): 1089〜1096, 1989.

2336. [総説] ネパ−ル王国の感染症−感染症基礎調査団の報告より−. 伊藤洋一(寄): 熱帯,22: 83〜88, 1989.

2337. [総説] コッホのPostulatesと川崎病のA群溶連菌感染症説 T) Germ Theoryの変遷. 山浦昇(看護学部),秋山武久(微): 北里医学, 20(1): 1〜5, 1990.

2338. [総説] コッホのPostulatesと川崎病のA群溶連菌感染症説 U)川崎病はA群溶連菌による感染症と考えたい. 山浦昇(看護学部),秋山武久(微): 北里医学, 20(1): 6〜12, 1990.

2339. [総説] 深在性真菌感染症の診断; 血清学的診断法の現状. 久米光,石川千恵子(病理),阿部美知子(臨検): 臨床医, 15(5): 552〜555, 1989.

2340. [講座] 感染防止とその予防@起因微生物および感染経路. 西田陽(臨病理): NICU,3(3): 5〜11, 1990.

2341. [講座] 真菌感染症の診断と治療(最近の視点より). 久米光(病理),清水喜八郎(東京女子医大): Today's Therapy '89, 13(3): 79〜87, 1989.

2342. [学術書] (執筆) Aspergillosis −アスペルギルス症とその周辺; 実験的肺アスペルギルス症, p.38〜45, 久米光(病理). 編集 池本秀雄(順大)編, 協和企画通信, 東京, 89.11.30発行.

2343. [学術書] (執筆) Aspergillosis −アスペルギルス症とその周辺; 内臓アスペルギルス症の諸相, p.78〜82, 奥平雅彦,久米光(病理). 編集 池本秀雄(順大)編, 協和企画通信, 東京, 89.11.30発行.

2344. [学術書] (執筆) 獣医感染病学; 診断,p.47〜53, 菅野康則(麻布大),東原稔(北研),原田良昭(ファイザ−製薬),大沢伸孝(微),原元宣,岸川正剛(麻布大),渡辺忠男(東農大),田口邦史(農水 省). 編集 菅野康則(麻布大)編, 啓明出版, 東京, 89.10.01発行.

2345. [教科書] (執筆) 心療内科学; 臓器別感染症, p.1098〜1116, 柏崎禎夫,飯国弥生(内). 編集 阿部裕,塩川優一編, 金原出版, 東京, 89.01.25発行.

2346. [その他の著書(概説書)] (執筆) マルホ皮膚科セミナ− No. 78; 日本で近年注目される皮膚科領域の寄生虫症, 78: 16〜20, 伊藤洋一(寄). 編集 協和企画, 大阪, 89.04.30.発行.

2347. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 深在性真菌症の診断と治療; 疫学−剖検例より−, p.1〜16, 奥平雅彦(病理). 編集 上田泰(慈恵医大),清水喜八郎(東京女子医大)編, メディカルジャ−ナル社, 東京, 89.11.00発行.

2348. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 深在性真菌症の診断と治療; 診断−診断の手順と血清診断−, p.25〜38, 久米光(病理). 編集 上田泰(慈恵医大),清水喜八郎(東京女子医大)編, メデイカルジャ−ナル社, 東京, 89.11.00発行.

2349. [その他の著書(辞典)] (編集,監修,執筆) 微生物学辞典; 川上正也(分生). 編集 日本微生物学協会編, 監修 川上正也(北里大),他監修, 技報堂出版社, 89.08.23発行.

2350. [その他の著書(辞典)] (執筆) 微生物学辞典; 放線菌症,他20項目, 奥平雅彦(病理). 編集 日本微生物学会編, 技報堂出版, 東京, 89.08.00発行.

2351. [学会] (一般講演) らい菌のマウスのマクロファ−ジにおける動態について. 大沢伸孝,秋山武久(微),松岡正典(国立多摩研): 日本らい学会 (89.04.00), 古川, 日本らい学会雑誌,58(1): 51, 1989.

2352. [学会] (一般講演) 仔牛血清添加及び無添加培養液に於ける Dipetalonema viteae 成虫の維持に関する研究. 牧純,柳沢十四男(寄),Paul P. Weinstein (ノ−トルダム大): 第58回日本寄生虫学会大会 (89.04.03), 東京, 寄生虫学雑誌,38(増): 44,l989.

2353. [学会] (一般講演) マンソン住血吸虫感染マウスに対する???の治療効果及び治療後のELISA抗体価の変動. 杜軍,伊藤洋一(寄),長田房子(予防医学系): 第58回日本寄生虫学会大会 (89.04.04), 東京, 寄生虫学雑誌,38(増): 93,l989.

2354. [学会] (一般講演) マンソン裂頭条虫プレロセルコイドの蛋白分解酵素−活性部位の検索. 中村健(寄),武明子(予防医学系),柳沢十四男(寄): 第58回日本寄生虫学会大会 (89.04.04), 東京, 寄生虫学雑誌,38(補): 86,l989.

2355. [学会] (一般講演) 粉末注射剤の各種溶解法(キット製品を含む)における微生物汚染の実験的研究(第2報)特に注射器の違いについて. 石射正英,島田慈彦,太田久美子,横田愼一,大島美和子,金子修子,小林千洋子(薬剤部): 日本薬学会第109年会 (89.04.05), 名古屋.

2356. [学会] (一般講演) AMPHの大量経口投与後の流血中カンジダ抗原の消長−投与法の設定に資するために−. 石川千恵子,久米光,奥平雅彦(病理): 第63回日本感染症学会総会 (89.04.19), 盛岡, 感染症学雑誌,(臨増): 85, 1989.

2357. [学会] (一般講演) 内臓真菌症の発症病理に関する研究−白血病患者における易感染性判別式−. 望月真弓,村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部),久米光,奥平雅彦(病理): 第63回日本感染症学会総会 (89.04.20), 盛岡, 感染症学雑誌, 63(8): 958〜959,1989.

2358. [学会] (一般講演) 尿由来の緑膿菌に関する検討. 西村清志,須山一穂,横山英二,池田滋,稲葉恵子,石橋晃(泌),平田泰良(臨検): 第37回日本化学療法学会総会 (89.05.19), 東京.

2359. [学会] (一般講演) 激症な経過をとった麻疹合併妊娠の1例. 庄田隆,野田芳人,植野信水,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第260回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (89.05.20), 横浜.

2360. [学会] (一般講演) 重症患者におけるゲンタマイシンの投与法の検討. 中村恭子,近藤留美子(薬剤部),小林明芳(内),朝長文弥(薬剤部),大和田隆(救命): 第16回日本集中治療学会 (89.06.07〜10), 旭川.

2361. [学会] (一般講演) Recent status of group B streptococcus infection in Japan. 保科清,鈴木葉子,Kobayashi, M.,海野寿美(東女医大),門井伸暁(児): 19th International Congress of Pediatrics (89.07.25), Paris, 19th ICP abstract, p.200, 1989.

2362. [学会] (一般講演) Cryptococcus neoformans の血清型別に関する検討. 石川千恵子(臨検),中嶋美紀,久米光,奥平雅彦(病理),阿部美知子(臨検): 第33回日本医真菌学会総会 (89.09.22), 沖縄, 抄録集,p.101, 1989.

2363. [学会] (一般講演) 犬クリプトコックス症における血清中の抗原価の推移. 坂本京子,他(食薬センタ−),久米光(病理): 第33回日本医真菌学会総会 (89.09.22), 沖縄, 抄録集,p.89, 1989.

2364. [学会] (一般講演) 内臓真菌症の発症病理に関する研究−白血病患者における易感染性判別式の評価(第2報)−. 望月真弓,村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部),石川千恵子,久米光,奥平雅彦(病理): 第33回日本医真菌学会総会 (89.09.22〜23), 沖縄, 抄録集, p.75, 1989.

2365. [学会] (一般講演) 悪性腫瘍におけるα2 Macroglobulinの不均一性とその産生に関する検討. 高崎光紀(臨病理),市川恵子,大貫裕子(総合臨床系),内山幸信,大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 74, 1989.

2366. [学会] (一般講演) 川崎病と菌体外毒素:原因に連なるホスファチヂル・イノシト−ル,ホスホリパ−ゼC(PLC),IgMプロテア−ゼ活性抗原他の研究展開について. 大津英二(児),本間好,小林邦彦,藤沢倫彦,光岡知足,星野悦郎: 第62回日本細菌学会関東地方支部総会 (89.10.13), 水上, 日本細菌学会雑誌, 45(2): 600, 1990.

2367. [学会] (一般講演) マンソン裂頭条虫プレロセルコイドの酸性pH領域における自己部分融解現象 中村健(寄),武明子(予防医学系),柳沢十四男(寄): 第59回日本寄生虫学会東日本大会 (89.10.25), 東京, 講演要旨, p.28, 1989.

2368. [学会] (一般講演) パキスタン回教共和国における感染症の現況. 伊藤洋一(寄),曽田研二,市川誠一,木村清次(横浜市大),平野亙(帝京大): 第48回日本公衆衛生学会総会 (89.10.26), 筑波, 日本公衆衛生学会誌, 36(10): 284, l989.

2369. [学会] (一般講演) 腸炎菌感染によって誘導される腹腔浸出細胞の諸性状の解析. 笹原武志,中里和美,玉内秀一(微),池脇信直,山浦昇(看護学部),大沢伸孝,秋山武久(微): 第19回日本免疫学会総会 (89.11.14), 札幌, 日本免疫学会総会学術集会記録,19: 484, 1989.

2370. [学会] (一般講演) Dipetalonema viteae 成虫の長期にわたる試験管内維持に関する研究. 牧純(寄): 第31回日本熱帯医学会総会 (89.11.18), 名古屋, 日本熱帯医学会雑誌, 17(増): 43, l989.

2371. [学会] (一般講演) パキスタン回教共和国の寄生虫症. 伊藤洋一(寄),曽田研二,市川誠一,木村清次(横浜市大),平野亙(帝京大): 第31回日本熱帯医学会総会 (89.11.19), 名古屋, 日本熱帯医学会雑誌, 17(増): 86, l989.

2372. [学会] (一般講演) ソケイヘルニア根治術後に発生した膀胱周囲炎症性肉芽腫の1例. 清水俊次,沢村正之,小田島邦男,中村宏(泌): 第35回防衛衛生学会 (90.02.07〜08), 東京.

2373. [学会] (一般講演) 在宅人工呼吸器療法での呼吸器回路の細菌汚染の検討. 石射正英(薬剤部),三浦康治(臨検),瓜生伸一(MEセンター),高嶋加代子,遠藤信子(看護部),田宮真子(総合相談),木藤京子(看護部),細田 稔,斉藤豊和(内),塙勇至(臨検),内山幸信(臨病理),島田慈彦(薬剤部),渡辺敏(麻): 第5回日本環境感染学会 (90.02.09), 東京.

2374. [学会] (一般講演) 川崎病患者における抗体産生能の異常と本病のA群溶連菌感染症説. 秋山武久,大沢伸孝,久保田孝一(微),山浦昇(看護学部): 第63回日本細菌学会総会 (90.03.27), 徳島, 日本細菌学雑誌,45(1): 167, 1990.

2375. [学会] (一般講演) シクロスポリンAの腸炎菌感染症に及ぼす効果の検討. 中里和美,笹原武志,玉内秀一(微),池脇信直,山浦昇(看護学部),大沢伸孝,秋山武久(微): 第63回日本細菌学会総会 (90.03.28), 徳島, 日本細菌学雑誌,45(1): 318, 1990.

2376. [学会] (一般講演) 実験的サルモネラ症の研究,感受性系と抵抗性系マウスの比較について. 大沢伸孝(微),小山内洋子(予防医学系),笹原武志,秋山武久(微): 第63回日本細菌学会総会 (90.03.28), 徳島, 日本細菌学雑誌,45(1): 319, 1990.

2377. [学会] (一般講演) 重症敗血症患児での Vancomycin の使用経験(血中濃度モニタリングの必要性について). 関根徹,蒲原孝,門井伸暁,小口弘毅,八代公夫(児),西田陽(臨病理),吉山友二(薬学部),高橋加代子(臨検),近藤留美子,望月真弓(薬剤): 第34回未熟児新生児学会 (89.07.04), 大宮.

2378. [学会] (一般講演) 川崎病児より特異的に分離されたα溶血性細菌の主として生化学的性状について. 大津英二(児),佐藤三千子,星野悦郎,滝沢金次郎,藤沢倫彦,光岡知足,今村茂行,生田茂: 第63回日本細菌学会総会 (90.03.29), 徳島, 日本細菌学会雑誌, 45(1): 463, 1990.

2379. [研究会] (特別講演) 組織内寄生真菌の aging について. 奥平雅彦(病理): 第3回千葉真菌感染症研究会 (88.07.16), 千葉, 第3回千葉真菌感染症研究会記録集, p.47〜56, 1989.

2380. [研究会] (特別講演) 深在性真菌症の現状−その診断と治療−. 久米光(病理): 大分医師会 (89.07.26), 大分.

2381. [研究会] (特別講演) 内臓真菌症の組織診断. 奥平雅彦(病理): 第27回神奈川医真菌談話会 (90.02.10), 横浜.

2382. [研究会] (シンポジウム) 妊婦のウイルス感染. 島田信宏(産婦): 第2回実地医家と助産婦のための周産期セミナー (89.07.30), 札幌.

2383. [研究会] (ワ−クショップ) 抗原検出系におけるラテックス凝集反応. 久米光(病理): 第10回関東地方真菌懇話会 (89.06.03), 東京.

2384. [研究会] (一般講演) 右上下肢不全麻痺を契機に発見された巨大脳膿瘍の1例. 安保賢一,井桁真由美,大石昌也,柿沼由彦,古藤秀洋,新谷尚久,縣陽太郎(児): 第129回相模原市小児科医会月例懇話会 (89.00.00), 相模原.

2385. [研究会] (一般講演) 極小未熟児におけるクラミジアトラコマチス抗体の検討. 門井伸暁,斉藤幸一(児),西田陽,坂東由紀(臨病理),高宮春男(臨検): 第7回クラミジア研究会 (89.04.18), 盛岡, 臨床とウイルス, 17(32): 366, l989.

2386. [研究会] (一般講演) ラムゼイハント症候群の聴力像. 古沢慎一,設楽哲也,岡本牧人,平山方俊(耳鼻): 厚生省特定疾患急性高度難聴調査研究班平成元年度第1会総会 (89.08.12), 東京.

2387. [研究会] (一般講演) 尿由来グラム陽性不定桿菌について. 西村清志,池田滋,石橋晃,稲葉恵子(泌),大沢伸孝(微): 神奈川感染症研究会 (89.09.09), 横浜.

2388. [研究会] (一般講演) 川崎病患者で観察される異常な抗体産性能の成因を探る. 秋山武久,大沢伸孝(微),八代公夫(児): 第9回日本川崎病研究会 (89.10.27), 宇都宮.

2389. [研究会] (一般講演) 尿由来のCitrobacter属について. 西村清志,池田滋,稲葉恵子,石橋晃(泌),平田泰良(臨検),大沢伸孝(微): 第27回神奈川県感染症研究会 (90.02.03), 横浜.

2390. [研究会] (一般講演) 白血病患者における易感染性判別式の有用性に関する研究. 舟岡美砂子,望月真弓,加賀谷肇,村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部),徳弘英生,塩谷茂,藤野由美,古谷隆,山下えり子(内),石川千恵子,久米光,奥平雅 彦(病理): 第27回神奈川県感染症研究会 (90.02.10). 横浜.

2391. [研究会] (一般講演) マンソン住血吸虫感染マウスを用いた hybridoma の形成状況. 伊藤洋一(寄),長田房子(予防医学系),柳沢十四男(寄): 日米医学寄生虫部会 (90.02.24), 東京.

2392. [研究会] (一般講演) 試験管内培養によりミクロフィラリア産生能の低下した Dipetalonema viteae 成虫のスナネズミへの移植による回復. 牧純,柳沢十四男(寄),Paul P. Weinstein (ノ−トルダム大): 日米医学寄生虫部会 (90.02.24), 東京.

2393. [研究会] (公開講座) ネパ−ル王国の感染症の現状. 伊藤洋一(寄): 第2回厚生省委託研修会 (89.07.27), 東京.


<<202 新生物>>

2394. [原著] Cessation of Autonomous Proliferation of Mouse lymphoma EL4 by Fusion with a T Cell line. 久保田孝一(微),加藤秀樹(実中研): Int. J. Cancer,45(3): 540〜545, 1990.

2395. [原著] Use of Nude Mice in Experimental Neutron Caputure Therapy With 10B-BPA. Norikazu Tamaoki(東海大),Masato Ueda(神戸大),玉内秀一(微),Kumiko Yamamoto(東海大),Yutaka Mishima(神戸大): Pigment Cell Research, 2: 343〜344, 1989.

2396. [原著] 癌の画像診断における新しい展開; 免疫核医学検査−RI標識モノクローナル抗体 (96.5, ZME-018) による悪性黒色腫のイメージングを中心に−. 石井勝己(放),西山茂夫(皮),小山田日吉丸(癌研),遠藤啓吾(京大): 癌と化学療法, 16(4): 1194〜1203, 1989.

2397. [原著] Castlemanリンパ腫の組織学的検討. 長沼英明(耳鼻),瀬川彰久(解),西山耕一郎,吉尾知,岡本牧人(耳鼻),山科正平(解),高橋廣臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床,82(12): 1757〜1765, 1989.

2398. [原著] 北里大学病院における頭頚部がんの統計的観察 第1報 13年間のがんの実態調査より. 高橋廣臣,岡本牧人,八尾和雄(耳鼻),亀谷徹(病理): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科,61(12): 1107〜1111, 1989.

2399. [原著] 悪性腫瘍に伴うα2 Macroglonbulinの不均一性とその産生に関する研究. 高崎光紀,大谷英樹(臨病理): 生物物理化学, 33(4): 87〜94, 1989.

2400. [原著] 高齢の癌患者に対する治療指針−保存治療の意識−. 高橋廣臣(耳鼻): 頭頚部腫瘍, 15(1): 6〜10, 1988.

2401. [原著] 甲状腺腫瘍の臨床的検討−隣接臓器に浸潤した悪性腫瘍を中心に−. 中山明仁,稲木勝英,原田宏一,古川浩三,八尾和雄,岡本牧人,高橋廣臣(耳鼻): 日気食会報,40(5): 431〜437, 1989.

2402. [症例報告] 原発性前頭洞癌の2症例. 鎌田利彦,高橋廣臣,岡本牧人,八尾和雄,稲木勝英,中山明人(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 82(9): 1259〜1264, 1989.

2403. [総説] 老人の悪性腫瘍;治療の注意と社会復帰. 高橋廣臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 MOOK, 12: 293〜300, 1989.

2404. [総説] 癌性疼痛・手術療法の適応と限界. 高橋廣臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 61(10): 819〜821, 1989.

2405. [総説] 悪性リンパ腫に対する制癌剤の選択. 八尾和雄,岡本牧人,高橋廣臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 62(3): 197〜201, 1990.

2406. [総説] 悪性腫瘍診断の進歩; 核医学検査法. 石井勝己(放): 臨床成人病, 19(11): 1857〜1864, 1989.

2407. [翻訳] (執筆) ガン遺伝子の解明; ウイルスによる発ガン(R. ダルベコ), p.6〜17, 蔵本博行(産婦). 編集 畑中正一(京大)編, 日経サイエンス, 東京, 89.06.23 発行.

2408. [学会] (パネル) 胃原発 Immature teratoma の1乳児例. 原真人,河村誠次,四倉正博,真銅太郎,島本由紀子(児),石田和夫(外),岩渕啓一(病理): 第92回日本小児科学会学術集会 (89.05.20), 新潟.

2409. [学会] (パネル) 急速な増大をみた右肩関節部腫瘍. 新津谷真人(内),岩渕啓一,亀谷徹(病理): 日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 (89.07.22), 福岡, 日整会誌, 53(6): S841, 1989.

2410. [学会] (一般講演) 脊髄Lipomaの1乳児例. 星野睦夫,佐藤雅彦,原真人,四倉正博,島本由紀子(児): 第l78回日本小児科学会神奈川地方会 (89.04.15), 横浜.

2411. [学会] (一般講演) Acid Soluble Glycoproteins in Malignancies. 大谷英樹(臨病理),小出朝男(北里ラボ): 第13回国際臨床病理学会 (89.05.19), フロ−レンス.

2412. [学会] (一般講演) 肝細胞癌およびその類似病変の画像解析的計測的研究. 本橋郁子,高井智子,金子聡,大部誠,奥平雅彦(病理): 第25回肝臓学会 (89.06.01), 金沢, 肝臓, 30(Suppl.): 87, 1989.

2413. [学会] (一般講演) 新しい乳ガン腫瘍マ−カ−:ムチン様糖蛋白の臨床的意義について. 内山幸信,渡辺良彦,高崎光紀,大谷英樹(臨病理),一守佳代子,富樫和美,須藤芳正(ブリストル): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 642, 1989.

2414. [学会] (一般講演) 新しい乳癌腫瘍マ−カ−,ムチン様糖蛋白(CA M26, CA M29) の臨床的有用性について. 内山幸信,渡辺良彦,高崎光紀,大谷英樹(臨病理),本間静夫,益田貞彦(東京逓信病院),渡部儕,黒田博之(江東病院),一守佳代子,富樫和美,須藤芳 正(ブリストル): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 296, 1989.

2415. [学会] (一般講演) 乳癌組織DNAにおける癌遺伝子増幅に関する検討. 矢吹由佳,長谷川昭,田沢裕光,木平孝治(北里ラボ),舩渡忠男,大谷英樹(臨病理),竹中晴幸,石田和夫,大場正巳(外): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 69, 1989.

2416. [学会] (一般講演) 肝細胞癌及びその類似病変の画像解析による組織計測的研究 (2). 本橋郁子,高井智子,金子聡,渡辺清治,大部誠,奥平雅彦(病理): 第24回日本肝臓学会東部会 (89.10.21), 長野, 肝臓 30(Suppl.2): 113, 1989.

2417. [学会] (一般講演) Superoxide Dismutase様活性を呈するクレスチンの分子構造及びSOD様活性をしめすBRMについて. 中村国衛,中島洋一(分生): 第48回日本癌学会総会 (89.10.23), 名古屋 , 予稿集, p.2091, 1989.

2418. [学会] (一般講演) 悪性リンパ腫におけるT細胞抗原受容体発現の検討. 笠井潔(病理),和田知益(臨病理),小野雅夫(分生),亀谷徹(病理): 第48回日本癌学会総会 (89.10.24), 名古屋, 日本癌学会総会記事, p.329, 1989.

2419. [学会] (一般講演) マウスリンパ腫と抗原依存性T細胞株との細胞融合による腫瘍増殖の停止. 久保田孝一(微),加藤秀樹(実中研): 第48回日本癌学会 (89.10.24), 名古屋, 日本癌学会総会記事,48: 112, 1989.

2420. [学会] (一般講演) Glomus Jugulare Tumors in Japan. 徳増厚二,藤野明人(耳鼻): T. Symposium fur Scull Base Surgery (89.10.25), Berlin, T. Symposium fur Scull Base Surgery Abastracts, 1989.

2421. [学会] (一般講演) 悪性腫瘍における副甲状腺ホルモン関連蛋白(PTHrP)遺伝子発現. 和田知益(臨病理),市川恵子(総合臨床系),舩渡忠男,大谷英樹(臨病理),笠井潔(病理): 第48回日本癌学会総会 (89.10.25), 名古屋, 総会記事, p.253, 1989.

2422. [学会] (一般講演) 副腎骨髄脂肪腫の1例. 須山出穂,内田豊昭,本田直康,呉幹純,宋成浩,設楽敏也,古畑誠之,横山英二,遠藤忠雄,石橋晃,小柴健(泌): 第466回日本泌尿器科学会東京地方会 (89.12.07), 東京.

2423. [学会] (一般講演) 胃癌を合併した膀胱癌の1例. 設楽敏也,古畑誠之,呉幹純,入江啓,内田豊昭,石橋晃,小柴健(泌): 第1回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (90.02.17), 横浜.

2424. [学会] (一般講演) 口腔内に発生したVerrcous Carcinomaの2症例. 長沼英明,小野雄一,八尾和雄,岡本牧人,高橋廣臣(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第71回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (90.03.03), 藤沢.

2425. [学会] (一般講演) 稀な舌根部腫瘤−骨組織性の1例−. 永井浩己,金子功,高橋廣臣(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第71回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (90.03.03), 藤沢.

2426. [学会] (一般講演) 喉頭癌の放射線化学療法同時併用の成績. 高橋廣臣,八尾和雄,岡本牧人(耳鼻): 日本喉頭科学会 (90.03.23), 東京.

2427. [学会] (一般講演) 喉頭白色病変の臨床像及び組織学的検討. 金子功,古川浩三,高橋廣臣(耳鼻): 日本喉頭科学会 (90.03.23), 東京.

2428. [学会] (一般講演) 口腔扁平上皮癌細胞に対するモノクロ−ナル抗体の作製 (U)免疫電顕による観察. 根岸明秀(東京医歯大),他,瀬川彰久(解): 第31回歯科基礎医学会 (89.09.01), 徳島, 歯科基礎医学会雑誌,3l(補): 68, l989.

2429. [学会] (一般講演) Von Rocklinghausen 病に合併した舌下部腫瘍の1例. 野村純子,岩崎圭子,村松秀樹,堀口泰典,島本由紀子(児),内沼栄樹(形外): 第181回日本小児科学会神奈川地方会 (89.11.18), 横浜.

2430. [研究会] (一般講演) 脊椎管内脂肪腫の1例. 四倉正博,星野睦夫,原真人,島本由紀子,八代公夫(児),常盤嘉一,橘滋国(脳外),堀池重治(放): 第22回日本小児放射線研究会 (89.05.11), 越谷, 日本小児放射線研究会雑誌, 5(2): 56〜57, 1989.

2431. [研究会] (一般講演) 肝細胞癌の画像解析による細胞計測的研究−特に外科切除例と剖検例における差の検討. 本橋郁子,高井智子,金子聡,大部誠,奥平雅彦(病理): 第25回日本肝癌研究会 (89.05.31), 金沢.

2432. [研究会] (一般講演) Diethylstilbesterol Phosphateに起因すると考えられた黄疸を伴う肝機能障害を呈した前立腺癌stage D2の1例. 向井伸哉,藤野淡人,設楽敏也,呉幹純,中条弘隆,横山英二,遠藤忠雄,石橋晃,小柴健(泌): 第6回神奈川前立腺腫瘍研究会 (89.07.08), 横浜.

2433. [研究会] (一般講演) 基底膜形成を認めたヒト大腸癌由来細胞株の樹立 中英男(病理),山下和也,渡辺一江(東病院病理部): 第7回ヒト細胞研究会 (89.08.29), 東京.

2434. [研究会] (一般講演) ヒト大腸癌由来細胞株の樹立と性状. 山下和也(東病院病理),中英男(病理),渡辺一江(東病院病理): 第7回ヒト細胞研究会大会 (89.08.29), 東京, Human Cell, 2(3): 41, 1989.

2435. [研究会] (一般講演) 胃盤内横紋筋肉腫の1男児例. 原真人,真銅太郎,飯高喜久雄(児),村田晃一郎(放),今井忠朗(病院病理),大部誠(病理): 第23回日本小児放射線研究会 (89.09.27), 名古屋.

2436. [研究会] (一般講演) 腫瘍マ−カ−・PFKテスト・と担がん生体側の糖代謝変調との共通要因・Hydrogenn Ionic Stress (HIS)・について. 中村国衛(分生),野元けい子(生物化学系),中島洋一(分生): 第9回腫瘍マ−カ−研究会 (89.10.22), 名古屋 , 予稿集, p.B24, 1989.

2437. [研究会] (一般講演) 肉眼的血尿を契機に発見された Renal cell carcinoma の1男児例. 村松秀樹,細田のぞみ,島本由紀子(児),石田和夫(外),堀池重治(放),岩渕啓一(病理): 第5回日本小児がん研究会 (89.11.28), 東京, 予稿集, p.70, 1989.


<<203 炎症・アレルギー・免疫・膠原病>>

2438. [原著] Anticardiolipin Antibody in Henoch-Schoenlein Purpura and Related Vascular Disorders. 片山一朗,増沢幹男,西岡清,西山茂夫(皮): Arch. Dermatol. Res., 281: 296〜298, 1989.

2439. [原著] Evidence for the Involvement of a Plasma Kallikrein-Kinin System in the Immediate Hypotension Produced by Endotoxin in Anaesthetized Rats. 鹿取信,馬嶋正隆,R. Odoi-Adome(薬理),N. Sunahara(大日本製薬),内田泰弘(中外製薬): Br. J. Pharmacol., 98: 1383〜1391, 1989.

2440. [原著] Relative Strength of the Mitogenic and Interleukin-2-production-inducing Activities of Staphylococcal Exotoxins Presumed to be Causative Exotoxin of Toxic Shock Syndrome: Toxic Shock Syndrome Toxin-1 and Enterotoxins A, B and C to Murine and Human T Cells. Uchiyama, T.,Kamagata, K.(東京女子医大),Yan, X-J.,Kawachi, A.,Fujikawa, H.,Igarashi, H.,大久保充人(内): Clin. exp. Immunol., 75: 239〜244, 1989.

2441. [原著] Modulation of Plasma Exudation by PGE2 and That of Leukocyte Migration by LTB4 in Inflammatory Models. 鹿取信,原田芳照,上野晃憲,馬嶋正隆,小田隆治,川村道子(薬理): Dermatologica, 179(Suppl.): 60〜63, 1989.

2442. [原著] Activation of Human T Cells by Toxic Shock Syndrome Toxin-1: The Toxin-Binding Structures Expressed on Human Lymphoid Cells Acting as Accessory Cells are HLA Class U Molecules. 内山竹彦,今西健一,斉藤慎二,荒明美奈子,巌小傑,藤川浩,五十嵐英夫(東女医大),加藤秀人,小幡文弥,柏木登(移植免疫),猪子英俊(東海大): Eur. J. Immunol., 19: 1803〜1809, 1989.

2443. [原著] Development of CD4+CD8+ Cells in Athymic Nude Mice. 玉内秀一(微),Norikazu Tamaoki,Sonoko Habu(東海大): Immune-Deficient Animals in Experimental Medicine, 6: 102〜106, 1989.

2444. [原著] Two Distinct Subtypes of the HLA-DRW12 Haplotypes in the Japanese Population Detected by Nucleotide Sequence Analysis and Oligonucleotide Genotyping. 阿部章夫(北研),伊東一郎,大久保みどり(予防医学系),金子剛久,伊藤巧一,加藤秀人,柏木登,小幡文弥(移植免疫): Immunogenetics,30: 422〜426, 1989.

2445. [原著] Neonatal Lupus Erythematosus with a High Anticardiolipin Antibody Titer. 片山一朗,近藤滋夫,川名誠司,西岡清,西山茂夫(皮): J. Am. Acad. Derm., 21(3): 490〜492, 1989.

2446. [原著] Annular Erythema Associated with Primary Sjogren Syndrome: Analysis of T Cell Subsets in Cutaneous Infiltrates. 片山一朗,浅井俊弥,西岡清,西山茂夫(皮): J. Am. Acad. Derm., 21(6): 1218〜1221, 1989.

2447. [原著] Dietary Maline Lipids Suppress Murine Autoimmune Disease. Robinson, D.R.(Massachusetts General Hospital),舘野純生(内),Knoell, C.,Olesiak, W.,Xu, L.,Hirai, A.,Guo, M.,Colvin, R.B.(Massachusetts General Hospital): J. Intern. Med., 225(Suppl.): 211〜216, 1989.

2448. [原著] Lipid Mediators of Inflammatory and Immune Reactions. Robinson, D.R.(Massachusetts General Hospital),館野純生(内),Patel, B.,Hirai, A.(Massachusetts General Hospital): J. Parenter. Enteral. Nutr., 12(Suppl. 6): 37S〜42S, 1988.

2449. [原著] Production and Characterization of A Human Monclonal Antibody Recognizing A New Antigen Expressed on Some Lymphoid Cells. 池脇信直(看護学部),玉内秀一(微),山浦昇(看護学部),高橋廣臣(耳鼻),猪子英俊(東海大): Jpn. J. Cancer Res., 81: 153〜160, 1990.

2450. [原著] Low Responsiveness of Lymphocytes from Normal Individuals against the Stimulation with Pokeweed Mitogen. 舩渡忠男,坂東由紀,大谷英樹(臨病理): Kitasato Arch. Exp. Med., 62(2-3): 133, 1989.

2451. [原著] Dietary Maline Lipids after the Course of Autoimmune Disease. Robinson, D.R.(Massachusetts General Hospital),舘野純生(内),Patel, B.,Hirai, A.(Massachusetts General Hospital): Prog. Clin. Biol. Res., 282: 295〜303, 1988.

2452. [原著] Oligonucleotide-Genotyping as a Method of Detecting the HLA-DR2 (DRW15)-DW2, -DR2 (DRW15)-DW12, -DR4-DW15, and -DR4-D“KT2” Haplotypes in the Japanese Population. 小幡文弥(移植免疫),伊東一郎(予防医学系),金子剛久(移植免疫),大久保みどり(予防医学系),A.L.Ishimoto(移植免疫),阿部章夫 (北研),柏木登(移植免疫): Tissue Antigens,33: 550〜558, 1989.

2453. [原著] Immunosuppressive Mode of Action of Deoxyspergualin in Mice, as Compared with Cyclosporine A and Mizoribine. 大久保充人(内),真崎義彦(実動系),鎌田貢寿,佐藤直之,井上慶一,梅谷直樹(内): Transpl. Proc., 21: 1085〜1087, 1989.

2454. [原著] イヌの組織適合性抗原と腎同種移植に関する研究−Microlymphocytotoxicity Test によるDLA解析−. 今井貴美子,家田和夫,浅野友彦,高尾雅也,小田島邦男,藤岡俊夫,村井勝,中村宏,小林賢,阿藤みや子(防衛医大),渡部浩二(移植免疫),大久保みど り(予防医学系): 移植,24(4): 376〜380, 1989.

2455. [原著] Clq Solid-Phase EIA を用いたCirculating Immune Complex (CIC) の測定に関する臨床的有用性の検討−基礎的検討,ならびに病態における変動. 鉢村和男,芳田貢(臨検),大谷英樹,高崎光紀(臨病理): 基礎と臨床, 23(4): 5629〜5638, 1989.

2456. [原著] 頚部リンパ節結核の臨床統計的検討. 中山明仁,八尾和雄,岡本牧人,高橋廣臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床,82(6): 871, 1989.

2457. [原著] Yeast glucan投与によるラット皮下組織およびリンパ節内肉芽腫形成に関する組織学的ならびに電子顕微鏡的研究. 岩崎雅(皮): 秋田医学,16(2): 415〜439, 1989.

2458. [原著] Sjogren 症候群の皮膚症状とその臨床的検討. 片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会雑誌,99(6): 717〜723, 1989.

2459. [原著] ラテックス凝集法による血清リウマチ因子測定の基礎的検討−COBAS MIRAへの応用−. 桜井慶造,塙勇至(臨検),内山幸信,大谷英樹(臨病理): 日本臨床検査自動化学会会誌, 13(6): 741〜745, 1988.

2460. [原著] 膠原病における抗ビメンチン抗体、抗サイトケラチン抗体とその臨床的意義. 鈴木貴博,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 日本臨床免疫学会会誌, 12: 184〜191, 1989.

2461. [原著] 妊娠・出産の全身性エリテマトーデスに及ぼす影響. 北村磨知子,岡田純,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 日本臨床免疫学会会誌, 12: 302〜310, 1989.

2462. [原著] 混合性結合組織病における肺線維症と抗細胞骨格抗体. 鈴木貴博,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 日本臨床免疫学会会誌, 12: 623〜629, 1989.

2463. [原著] Piroxicamによる固定薬疹:シェーグレン症候群の経過中に生じSubacute cutaneous lupus erythematosus (SCCE) 様の像を呈した症例. 片山一朗,竹崎伸一郎,西岡清,西山茂夫(皮): 皮膚,31(増6): 21〜24, 1989.

2464. [原著] ロイコトリエンのラジオイムノアッセイ妨害物質の簡便な除去法の検討とその生体試料への応用. 上野晃憲(薬理),佐々木幸二(内),鹿取信(薬理): 北里医学, 19(3): 327〜335, 1989.

2465. [原著] 慢性関節リウマチ患者尿中のインターロイキン1(IL-1)並びにIL-1抑制活性. 前田貞則,赤星透,柏崎禎夫(内): 北里医学, 19: 246〜253, 1989.

2466. [原著] 小児気管支喘息患者の末梢血リンパ球におけるFcとレセプタ−の検討−Flow Cytometry, 二重蛍光染色法による解析. 坂東由紀,舩渡忠男,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 37(4): 397〜400, 1989.

2467. [短報] A Site of Action of Dexamethasone on Leukocyte Extravasation in Microcirculation. 鹿取信,小田隆治(薬理),永井一成(麻): Agents and Actions, 29(1/2): 24〜26, 1990.

2468. [短報] A Significant Role of Plasma Kallikrein-Kinin System in Plasma Exudation of Rat Carrageenin-Induced Pleurisy. 鹿取信,馬嶋正隆,原田芳照,上野晃憲(薬理): Kinins, V(Part A): 137〜144, 1989.

2469. [短報] Mechanism of Bradykinin-Induced Nociceptive Response. 鹿取信,S. Yong,馬嶋正隆,上野晃憲(薬理): Kinins, V(Part A): 255〜259, 1989.

2470. [短報] Degradation of Hageman Factor by Chymotrypsin-Like Protease Released from Rat Mast Cells during Degranulation. 馬嶋正隆(薬理),谷義彦(整外),鹿取信(薬理): Kinins, V(Part A): 487〜492, 1989.

2471. [短報] Inhibition Mechanism of Dexamethasone in Leukocyte Extravasation in Hamster Cheek Pouch. 小田隆治,鹿取信(薬理): Microcirculation Annual 1989, p.27〜28, 1989.

2472. [研究報告] 強皮症における足X線所見の臨床的意義. 柏崎禎夫,上田寛之,赤星透(内): 昭和63年度特殊疾病(難病)に関する研究報告書, p.76〜82, 1989.

2473. [研究報告(文部省)] 病態におけるロイコトリエン類の役割と5ーリポキシゲナ−ゼ阻害薬の治療への応用. 鹿取信,原田芳照,内田泰弘,上野晃憲,馬嶋正隆,小田隆治,川村道子,西山和男(薬理): 昭和61〜63年度文部省科学研究費補助金(一般(B))研究報告書, p.1〜31, 1989.

2474. [研究報告(文部省)] 微小循環からみた臓器循環多形核白血球の血管外遊走機序及び粘膜障害. 鹿取信(薬理): 昭和63年度文部省科学研究費特定研究「血管代謝」「血管の細胞生物学的分子生物学的並びに代謝学的研究」, p.307〜309, 1989.

2475. [研究報告(文部省)] NSAIDの作用機序. 鹿取信(薬理): 昭和63年度文部省科学研究費特定研究和文論文集U「血管の細胞生物学的,分子生物学的ならびに代謝学的研究」, p.158〜166, 1989.

2476. [研究報告(文部省)] 炎症モデルにおけるメデイエ−タ−の時間経過と生体顕微鏡による多形核白血球血管外遊走の解析. 鹿取信,原田芳照,上野晃憲,小田隆治,馬嶋正隆,川村道子(薬理): 文部省科学研究費総合(B)昭和63年度研究報告書,細胞,分子レベルの機構を基礎にしたMediatorの炎症モデルにおける総合的解析 −Mediatorの時間経過と相互作用の解析, p.10〜13, 1989.

2477. [研究報告(厚生省)] 強皮症における肺線維症の臨床的研究1: 臨床像と検査成績. 近藤啓文,高品尚哉,鈴木貴博,柏崎禎夫(内): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班昭和63年度研究報告書, p.133〜136, 1989.

2478. [研究報告(厚生省)] 強皮症における肺線維症の臨床的研究2: 肺線維症の推移. 近藤啓文,高品尚哉,鈴木貴博,柏崎禎夫(内): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班昭和63年度研究報告書, p.137〜141, 1989.

2479. [研究報告(厚生省)] MCTDの臨床経過の検討(当科で経験した15例について). 近藤滋夫,太田幸則,刀祢真理,寺本範子,片山一朗,衛藤光,上村仁夫,新井春枝,西岡清,西山茂夫(皮): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班平成元年度研究報告書, 1989.

2480. [症例報告] Boopが先行した慢性関節リウマチの1例. 野村正世,林美津枝,石川章,鈴木厚,矢那瀬信雄,岡田純,柏崎禎夫(内): 関東リウマチ−興味ある症例とその問題点, 第22集, p.183〜190, 1989.

2481. [症例報告] 胸膜炎を合併したSLEの1例. 岡田純(内): 相模原市医師会報, 289: 1〜4, 1989.

2482. [症例報告] スリンダックにより誘発された無菌性髄膜炎の1例. 内田憲,上田寛之,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 日本臨床免疫学会会誌, 12: 178〜183, 1989.

2483. [症例報告] 特発性門脈圧亢進症を合併した全身性エリテマトーデスの1例. 鈴木厚,高品尚哉,岡田純,近藤啓文(内),大部誠(病理),柏崎禎夫(内): 日本臨床免疫学会会誌, 12: 668〜674, 1989.

2484. [臨床治験] 全身性強皮症および類縁疾患に伴う上部消化管症状に対するファモチジン(ガスター)の治療効果の検討. 片山一朗,刀祢真理,寺本範子,新井春枝,衛藤光,西岡清,西山茂夫(皮): Prog. Med., 9: 1380〜1385, 1989.

2485. [総説] 免疫の基礎,HLA抗原の役割. 柏木登(移植免疫): Clinical Neuroscience, 7(2): 133〜137, 1989.

2486. [総説] 新しい治療薬・治療法−Methotrexate. 上田寛之,赤星透,柏崎禎夫(内): Medical Practice, 6: 1109〜1111, 1989.

2487. [総説] 正しい治療薬の使い方の実際−非ステロイド抗炎症剤. 柏崎禎夫(内): Medical Practice, 6: 1123〜1126, 1989.

2488. [総説] アレルギ−性疾患の病態; 炎症反応とアレルギ−. 上野晃憲,鹿取信(薬理): Modern Physician, 9(10): 1321〜1323, 1989.

2489. [総説] 膠原病の肺線維症とその治療. 岡田純,間中久美,柏崎禎夫(内): カレントテラピー, 7: 715〜720, 1989.

2490. [総説] CREST症候群. 近藤啓文(内): リウマチ科, 1: 643〜650, 1989.

2491. [総説] PM/DMにおける臨床検査はどのようなシステムですすめられるか、病像との関係は. 岡田純,柏崎禎夫(内): リウマチ科, 2: 329〜333, 1989.

2492. [総説] 病期・病態からみた薬剤の選択と投与法; 多発性筋炎. 長谷川一子(内),埜中征哉(国立精神神経センター): 医学と薬学, 22(5): 1155〜1159, 1989.

2493. [総説] Chemotactic Factor. 上野晃憲,鹿取信(薬理): 医学のあゆみ, 150(1): 4, 1989.

2494. [総説] 微小循環における血管内皮細胞の役割−血管透過性亢進と多形核白血球血管外遊走−. 鹿取信,小田隆治(薬理),永井一成(麻): 炎症, 9(2): 79〜83, 1989.

2495. [総説] ロイコトリエンの背後にあるもの. 鹿取信(薬理): 現代医療, 21(10): 3004, 1989.

2496. [総説] 血管炎、治療法の進歩−内科の立場から. 柏崎禎夫,岡田純(内): 現代医療, 21: 3287〜3289, 1989.

2497. [総説] テノキシカム. 福井光文,細野孝郎,柏崎禎夫(内): 現代医療, 22: 298〜301, 1989.

2498. [総説] (序論)慢性関節リウマチに早期診断・早期治療はあり得るか. 柏崎禎夫(内): 最新医学, 44: 1773〜1774, 1989.

2499. [総説] リウマチ性多発筋痛. 近藤啓文(内): 最新医学, 44: 1861〜1866, 1989.

2500. [総説] RA治療の進歩と問題点−免疫抑制剤. 赤星透,上田寛之,柏崎禎夫(内): 最新医学, 44: 1918〜1923, 1989.

2501. [総説] 膠原病−進歩と問題点: 主要な臓器病変. 岡田純(内): 最新医学, 45(2): 283〜287, 1990.

2502. [総説] 膠原病−進歩と問題点: 周辺疾患; 抗リン脂質抗体症候群. 岡田純(内): 最新医学, 45(2): 351〜356, 1990.

2503. [総説] 膠原病−進歩と問題点; 序論. 柏崎禎夫(内): 最新医学, 45: 217, 1990.

2504. [総説] ループス腹膜炎. 近藤啓文,西成田真,柏崎禎夫(内): 最新医学, 45: 288〜292, 1990.

2505. [総説] 三叉神経障害. 福井光文,柏崎禎夫(内): 最新医学, 45: 301〜306, 1990.

2506. [総説] 膠原病と悪性腫瘍. 高品尚哉,柏崎禎夫(内): 最新医学, 45: 313〜317, 1990.

2507. [総説] 病型診断の可能性とその臨床的意義−強皮症. 柏崎禎夫,近藤啓文,保科博登,高品尚哉(内): 最新医学, 45: 326〜333, 1990.

2508. [総説] 膠原病領域の動向. 柏崎禎夫,近藤啓文,岡田純(内): 治療, 72: 101〜107, 1989.

2509. [総説] 癌性疼痛−消炎鎮痛剤. 岡田純,柏崎禎夫(内): 耳喉頭頚, 61: 841〜844, 1989.

2510. [総説] 下甲介化学剤手術. 八尾和雄(耳鼻): 耳鼻咽喉科診療 Question & Answers, (12): 619の2〜619の5, 1990.

2511. [総説] セルフトレランスにおける胸腺基質細胞の役割. 玉内秀一(微): 実験医学, 17(12): 1404〜1407, 1989.

2512. [総説] 不飽和脂肪酸と生体の調節機能−炎症や免疫系の制御の可能性も−. 鹿取信(薬理): 食の科学, (138): 47〜57, 1989.

2513. [総説] 薬剤熱. 柏崎禎夫(内): 診療手帳, 105: 16, 1989.

2514. [総説] 遺伝子増幅法と配列特異的オリゴヌクレオチドを用いたHLA遺伝子の多型性の解析. 小幡文弥,柏木登(移植免疫): 蛋白質・核酸・酵素, 34(15): 1989〜2002, 1989.

2515. [総説] ヴィジュアル診断−慢性関節リウマチの早期診断. 岡田純(内): 日経メヂカル, 1: 64〜68, 1989.

2516. [総説] RAテスト・RAHAテストの読み方. 柏崎禎夫(内): 日本医事新報, (3391): 176, 1989.

2517. [総説] 下甲介化学剤手術−トリクロ−ル酢酸の応用−. 八尾和雄,設楽哲也(耳鼻): 日本医事新報, (3394): 15〜18, 1989.

2518. [総説] 学会記−リウマチ学会. 柏崎禎夫(内): 日本医事新報, (3412): 47〜48, 1989.

2519. [総説] 単関節痛と慢性関節リウマチ. 柏崎禎夫(内): 日本医事新報, (3416): 137〜138, 1989.

2520. [総説] 臨床講義−強皮症. 柏崎禎夫,高品尚哉(内): 日本医事新報ジュニア版, 290: 3〜6, 1990.

2521. [総説] レセプタ−としてのMHC分子 柏木登(移植免疫): 日本臨床, 47(増): 694〜704, 1989.

2522. [総説] 慢性関節リウマチにおける薬物療法の最近の動向. 柏崎禎夫,岡田純,赤星透,上田寛之,福井光文(内): 日本臨床免疫学会会誌, 12: 349〜361, 1990.

2523. [総説] Sjogren症候群の問題点. 片山一朗(皮): 皮膚病診療, 12(1): 24〜32, 1990.

2524. [総説] デユアルインヒビタ−. 鹿取信(薬理): 臨床医, 15(9): 1613〜1615, 1989.

2525. [総説] 炎症とサイトカイン. 赤星透,広田和永,柏崎禎夫(内): 臨床医, 15: 1730〜1732, 1989.

2526. [総説] 非ステロイド抗炎症薬の作用機序−最近の理解と問題点−. 柏崎禎夫(内): 臨床医, 15: 6〜10, 1989.

2527. [総説] (座談会)非ステロイド抗炎症薬の使い方. 東條毅(慶大),東威(聖マリ大),柏崎禎夫(内),五十嵐三津男(都立養育院): 臨床医, 15: 93〜107, 1989.

2528. [総説] 抗リウマチ薬. 岡田純,柏崎禎夫(内): 臨床医, 16: 8〜11, 1990.

2529. [総説] 将来,腎移植での生着率100%は可能か−免疫学的立場から−. 柏木登(移植免疫): 臨床透析, 5(4): 475〜480, 1989.

2530. [総説] 全身性強皮症の診療. 柏崎禎夫,野村正世,関山菜穂(内): 臨床免疫, 21(14): 571〜578, 1989.

2531. [総説] IL-1β由来のポリペプチドの作用. 赤星透,前田貞則,柏崎禎夫(内): 臨床免疫, 21: 1619〜1625, 1989.

2532. [総説] TNFと炎症. 赤星透,遠藤平仁,柏崎禎夫(内): 臨床免疫, 21: 620〜632, 1989.

2533. [講座] 目でみるトレーニング. 近藤啓文(内): Medicina, 26: 2256〜2261, 1989.

2534. [講座] 目でみるトレーニング. 近藤啓文(内): Medicina, 26: 2425〜2428, 1989.

2535. [講座] これだけは知っておきたい検査のポイント第4集,免疫血清検査・CRP(C反応性タンパク). 西田陽(臨病理): Medicina,26(増10): 1750〜1752, 1989.

2536. [講座] 免疫グロブリンとその異常症. 大谷英樹(臨病理): 血清反応のあゆみ,10(5): 87〜95, 1989.

2537. [講座] 薬疹における免疫学. 横関博雄,片山一朗,西岡清(皮): 日皮協ジャーナル, 12(1): 13〜18, 1989.

2538. [講座] 水疱症における免疫学. 横関博雄,片山一朗,西岡清(皮): 日皮協ジャーナル, 12(2): 16〜20, 1989.

2539. [講座] 抗Clq抗体. 大谷英樹(臨病理): 日本臨床,601(増): 485〜486, 1990.

2540. [講座] CRP,SAP. 大谷英樹(臨病理): 臨床医,15(増): 1140〜1144, 1989.

2541. [学術書] (執筆) リウマチ学; U.炎症,2.低分子Chemical Mediator,1)プロスタグランジン群の生合成と炎症における役割,p.139〜151, 鹿取信(薬理). 同文書院, 89.07.00発行.

2542. [学術書] (執筆) 今日の処方; 膠原病、その他の全身疾患、リウマチ性多発筋痛症など, p.526〜531, 近藤啓文(内). 編集 南江堂, 東京, 90.00.00発行.

2543. [学術書] (執筆) リウマチ・膠原病の免疫療法−最近の進歩−; 非ステロイド抗炎症剤, p.117〜127, 柏崎禎夫(内). 編集 塩川優一, 編, 医薬ジャーナル社, 東京, 89.06.10発行.

2544. [学術書] (執筆) 慢性関節リウマチ; 患者へのアプローチ, p.5〜12, 柏崎禎夫(内). 編集 水島裕編, 南江堂, 東京, 89.09.15発行.

2545. [学術書] (執筆) 図説:内科診断治療講座 12. リウマチ性疾患; 強皮症, p.150〜155, 近藤啓文(内). 編集 熊原雄一,他編, メジカルビュー社, 東京, 89.00.00発行.

2546. [学術書] (執筆) 免疫、アレルギー、リウマチ病学; 強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎, p.161〜183, 近藤啓文(内). 編集 柏崎禎夫,狩野庄吾編, 医学書院, 東京, 89.00.00発行.

2547. [学術書] (執筆) リウマチ、膠原病の免疫療法−最近の進歩; 全身性強皮症, p.204〜210, 近藤啓文(内). 編集 塩川優一,編, 医学ジャーナル社, 東京, 89.00.00発行.

2548. [学術書] (執筆) リウマチ学; 全身性進行性強皮症, p.651〜657, 近藤啓文(内). 編集 塩川優一,編, 同文書院, 東京, 89.00.00発行.

2549. [学術書] (執筆) プルミエ医学各論、内科、外科、小児科、[.アレルギー性疾患、膠原病、免疫病; 強皮症、皮膚筋炎、多発性筋炎, p.42〜48, 近藤啓文(内). 編集 水島裕,編, 医歯薬出版, 東京, 89.00.00発行.

2550. [学術書] (執筆) Common Disease Series 慢性関節リウマチ; 薬物療法−免疫抑制剤, p.140〜143, 岡田純(内). 編集 水島裕,編, 南江堂, 東京, 89.00.00発行.

2551. [学術書] (執筆) 新外科学体系12; 臓器移植−移植免疫の基礎,p.33〜80, 柏木登(移植免疫). 中山書店, 東京, 89.06.30発行.

2552. [学術書] (執筆) Immunobiology of HLA; DR4 Recognized by PLT Clones,U: 210〜211, 金子剛久(移植免疫),大久保みどり(予防医学系),伊藤巧一,柏木登(移植免疫). 編集 B.Dupont編, Springer Verlag, N.Y., 89.00.00発行.

2553. [教科書] (執筆) 免疫・アレルギー・リウマチ病学; 柏崎禎夫(内),狩野庄吾. 医学書院, 東京, 89.04.01発行.

2554. [教科書] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集; 膠原病, 岡田純(内). 編集 佐藤登志郎,編, 日本医事新報社, 東京, 89.00.00発行.

2555. [その他の著書] (執筆) 図説:内科診断治療講座 12. リウマチ性疾患; 検査からみた診断の進め方−消化管X線所見, p.236〜241; リウマチ・膠原病の活動性のきめ方と治療, p.264〜267, 柏崎禎夫(内). 編集 熊原雄一,他編, メジカルビュー社, 東京, 89.06.10発行.

2556. [その他の著書] (執筆) 図説:内科診断治療講座 12. リウマチ性疾患; レイノー現象, 岡田純(内). 編集 安倍達編, メジカルビュー社, 東京, 89.09.00発行.

2557. [その他の著書] (執筆) 今日の治療指針; 多発性筋炎, p.549〜550, 岡田純(内). 編集 日野原重明,他編, 医学書院, 東京, 90.01.00発行.

2558. [その他の著書] (執筆) 今日の治療指針; 慢性関節リウマチ, p.554〜556; 進行性全身性硬化症(強皮症), p.557〜558, 近藤啓文(内). 編集 日野原重明,他編, 医学書院, 東京, 90.01.00発行.

2559. [その他の著書(概説書)] (執筆) 多剤併用療法の注意点; 慢性関節リウマチ, p.153〜160, 柏崎禎夫(内). 編集 清水直容編, シクス, 東京, 89.09.25発行.

2560. [その他の著書(概説書)] (執筆) 新主要徴候からみた検査の進め方; レイノー現象, 岡田純,柏崎禎夫(内). 編集 松田重三,編, 新興医学出版社, 東京, 90.01.10発行.

2561. [その他の著書(概説書)] (執筆) 慢性関節リウマチと長期療法−より良きQuality of Lifeのために−; 副作用対策−リスク・ベネフィットの立場から−, p.96〜103, 近藤啓文,柏崎禎夫(内). 編集 本間光夫,編, メディカルビュー社, 大阪, 90.02.01発行.

2562. [学会] (特別講演) Purification and Characterization of a Murine Melanoma Derived Inhibitory Factor of Tyrosinase. 亀山孝一郎(皮),Tanaka, S.,Hearing, V.J. (NIH): Tricontinental Meeting of ESDR, JSID and SID (89.04.26), Washington, D.C., USA, J. Investigative Dermatology, 92: 455, 1989.

2563. [学会] (特別講演) 慢性関節リウマチ(RA)患者滑膜細胞のIL-6産生誘導の機序. 遠藤平仁,赤星透,上田寛之,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2564. [学会] (教育講演) キーノートレクチャー: DMARDs, その問題点. 柏崎禎夫(内): 第1回中部リウマチ学会 (89.11.04).

2565. [学会] (シンポジウム) 非抗体性の液性抵抗因子. 川上正也(分生): 第16回日本細菌学会関係支部総会 (89.06.03), 東京, 日本細菌学雑誌,44(5): 739〜740, 1989.

2566. [学会] (シンポジウム) 炎症反応と臨床検査(2)C-反応性蛋白(CRP). 西田陽(臨病理): 第1回日本臨床病理学会関東甲信越支部総会 (89.10.28), 新潟.

2567. [学会] (シンポジウム) ロイコトリエンのひきおこす病態とその制御. 鹿取信,小田隆治,上野晃憲,西山和男(薬理): 第63回日本薬理学会総会 (90.03.25-28), 東京, Jpn. J. Pharmacol., 52(suppl.): 44, 1990.

2568. [学会] (シンポジウム) 早期に解決すべき病変の発症機序と治療:強皮症病変. 近藤啓文(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2569. [学会] (シンポジウム) A Novel Drug Delivery System for the Treatment of Rheumatic Diseases, Lipo-PGE1 for the Treatment of Peripheral Vascular Diseases. 柏崎禎夫(内): XVIIth ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17-23), Rio de Janeiro, Brazil.

2570. [学会] (シンポジウム) Systemic Scleroderma, Clinical Subsets. 柏崎禎夫,近藤啓文,高品尚哉(内): XVIIth ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17-23), Rio de Janeiro, Brazil.

2571. [学会] (パネル) CD4+CD8+ Thymocytes Can Develop into CD4+CD8- and CD4-CD8+ Cells. 玉内秀一,Norikazu Tamaoki,Sonoka Habu(東海大): 7th International Congress of Immunology (89.08.04), Berlin (West), Abstracts, 7: 197, 1989.

2572. [学会] (パネル) BCG-stimulated Lymphocytes Induce Microvascular Endothelial Cell Injury by LAK Activity. 浅井俊弥,増澤幹男,西岡清,西山茂夫(皮): 2nd International Dermatology Symposium (89.10.11), Berlin, West Germany.

2573. [学会] (ワ−クショップ) 多形核白血球血管外遊走の一連の過程の解析. 小田隆治,鹿取信(薬理): 第10回日本炎症学会 (89.07.20-21), 東京, 予稿集, p.156, 1989.

2574. [学会] (ワ−クショップ) 胸腺特異的自己認識クロ−ンの選択的除去に関する研究−Vβ6陽性細胞を指標として−. 玉内秀一,佐藤健人,垣生園子(東海大): 第19回日本免疫学会総会 (89.11.15), 札幌, 日本免疫学会総会学術集会記録, 19: 111, 1989.

2575. [学会] (ワークショップ) (1)ループス腎炎−発症機序と治療−; (5)ループス腎炎の治療の進歩「ミゾリビン療法」. 近藤啓文(内),本間光夫,横張龍一,柏崎禎夫(内),橋本博史,秋月正史: 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2576. [学会] (ワークショップ) (2)免疫調節剤の作用点と投与法「低用量MTXおよびcyclophosphamideの作用機構の検討」. 赤星透,上田寛之,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2577. [学会] (ワークショップ) (2)免疫調節剤の作用点と投与法「免疫調節剤の間歇投与法」. 柏崎禎夫,岡田純(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2578. [学会] (ワークショップ) (5)抗炎症・抗リウマチ薬の治療遺伝学「抗リウマチ薬((ARD)の効果および副作用とHLA抗原との関係」. 岡田純,鈴木貞博(内),奥田みさを(予防医学系),大谷文雄(臓移),柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2579. [学会] (ワークショップ) (11)膠原病研究におけるバイオテクノロジーの応用「炎症性サイトカイン(IL-1, TNF)の作用とそのレセプターの発現調節機序」. 赤星透,遠藤平仁,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2580. [学会] (ワークショップ) (13)抗リウマチ剤の臨床評価−新しい問題点について−, 8)遅効性抗リウマチ薬評価の将来, 依頼発言(1)「評価項目」. 岡田純,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2581. [学会] (ワークショップ) (15)抗リウマチ剤「TNFによる好中球活性酸素産生誘導に及ぼす抗リウマチ薬の影響」. 上田寛之,赤星透,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2582. [学会] (ワークショップ) Profiles of Anti-nuclear Antibodies in Scleroderma Sepctrum Disorders. 近藤啓文,高品尚哉,柏崎禎夫(内): International Workshop on the Molecular and Cell Biology of Autoantibodies and Autoimmunity (89.07.00).

2583. [学会] (ワークショップ) 免疫調節薬「免疫調節薬の間欠投与法」. 岡田純,柏崎禎夫(内): 第10回日本炎症学会 (89.07.20, 21), 東京.

2584. [学会] (ワークショップ) Pathogenesis of Systemic Sclerosis: Effects of Cytokines on the Proliferation of Skin Fibroblast from Scleroderma Patients and Normal Controls. 近藤啓文,高品尚哉,柏崎禎夫(内): XVIIth ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17-23), Rio de Janeiro, Brazil.

2585. [学会] (ワークショップ) Pathogenesis of Systemic Sclerosis: Detection of Autoantibody to l7-kD Centromeric Antigen Using Immunoblotting in the Scleroderma Spectrum. 高品尚哉,近藤啓文,柏崎禎夫(内): XVIIth ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17-23), Rio de Janeiro, Brazil.

2586. [学会] (ワークショップ) Immunosuppressor Therapy of Lupus Nephritis: Clinical Efficacy of a New Immunosuppressive Agent, Mizoribine, on Lupus Nephritis-long Term Trial. 近藤啓文(内),本間光夫,横張龍一,柏崎禎夫(内),橋本博史,秋月正史: XVIIth ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17-23), Riode Janeiro, Bradil.

2587. [学会] (一般講演) 妊娠維持に関与するHLA免疫療法の作用機序. 田中忠夫,周宜興,天野信人,倉島富代,提紀夫,伊藤治英(国立大蔵病院),伊藤巧一,柏木登(移植免疫): 第41回日本産科婦人科学会総会 (89.04.02), 岡山.

2588. [学会] (一般講演) 各種スギ花粉抗原液力価の検討−SBP含量と皮膚反応閾値. 藤野明人(耳鼻),安枝浩,前田裕二,早川哲夫,長谷川真紀,田所憲治,秋山一男,信太隆夫(国立相模原病院): 第1回日本アレルギ−学会春季臨床集会 (89.04.14), 東京, アレルギ−,38(2): 212, 1989.

2589. [学会] (一般講演) COBAS MIRA による血清補体価測定の検討. 紀川久美子,桜井慶造,塙勇至(臨検),舩渡忠男,内山幸信(臨病理): 第38回日本臨床衛生検査学会 (89.04.29), 郡山, 衛生検査,38(3): 471, 1989.

2590. [学会] (一般講演) Effects of PAF on Leukocyte Migration and Microvessels. 鹿取信,馬嶋正隆,小田隆治(薬理),永井一成(麻),高原三智子(生物化学系): Third International Conference on Platelet-Activating Factor and Structurally Related Alkyl Ether Lipid (89.05.08-12), Tokyo.

2591. [学会] (一般講演) Action of Dexamethasone on Leukocyte Extravasation in Microcirculation. 鹿取信,小田隆治(薬理): 11th European Workshop on Inflammation (89.05.18-19), Copenhagen, Denmark, Agents and Actions,29(1/2): 24〜26, 1990.

2592. [学会] (一般講演) 周産期における血清IgE値の測定−低濃度IgE値測定法による検討−. 坂東由紀,西田陽,舩渡忠男,大谷英樹(臨病理),蒲原孝,小口弘毅,門井伸暁(児): 第25回日本新生児学会総会 (89.07.03), 東京, 抄録集, p.125, 1989.

2593. [学会] (一般講演) 血漿によるブラジキニン分解経路の種差. 島千香子(生物化学系),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第10回日本炎症学会 (89.07.20-21), 東京, 予稿集, p.127, 1989.

2594. [学会] (一般講演) 多形核白血球血管外遊走における活性酸素やプロテア−ゼの関与. 小田隆治,原田芳照,鹿取信(薬理): 第10回日本炎症学会 (89.07.20-21), 東京, 予稿集, p.157, 1989.

2595. [学会] (一般講演) ラットカオリン胸膜炎における二相性の血漿キニン遊離の機序. 馬嶋正隆(薬理),堀洋三(シオノギ製薬),高原三智子(生物化学系),川村道子 ,鹿取信(薬理): 第10回日本炎症学会 (89.07.20-21), 東京, 予稿集, p.182, 1989.

2596. [学会] (一般講演) Host-Parasite Relationship in Murine Salmonellosis. 大沢伸孝,秋山武久(微): 7th International Congress of Immunology (89.08.01), Berlin (West).

2597. [学会] (一般講演) Spontaneous, Trasferable, and Degenerative Polyarthritis in Male NZB/KN Mice. 中村国衛(分生),柏崎禎夫(内),上田寛之(衛),高岸憲二,塚本行男(整外),諸星康雄(実動): 7th International Congress of Immunology (89.08.02), Berlin (West).

2598. [学会] (一般講演) DNA解析によって検出された日本人における二つのDRW12サブタイプについて. 伊東一郎,小幡文弥,金子剛久(移植免疫),大久保みどり(予防医学系),阿部章夫(北研),柏木登(移植免疫): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京, 移植, 24(臨増): 182, 1989.

2599. [学会] (一般講演) イヌ腎移植における術前リンパ組織照射Donor骨髄細胞移入及びFK506併用によるDonor特異的免疫抑制の解析. 渡部浩二,弓削京子,柏木登(移植免疫),佐藤光史(外),園田和彦(胸外): 第25回日本移植学会総会 (89.09.11), 東京, 移植, 24(臨増): 322, 1989.

2600. [学会] (一般講演) Clinical Application of Trichloroacetic Acid to Allergic Rhinitis. 八尾和雄,高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻): 14th World Congres of Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery (89.09.14), Madrid, 14th World Congres of Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery, Abstracts, p.218, 1989.

2601. [学会] (一般講演) 移植片としての胎児−胎生維持に関する抗イデイオタイプ抗体の役割. 伊藤巧一,柏木登(移植免疫): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 644, 1989.

2602. [学会] (一般講演) SLE患者におけるCR1と免疫複合体の関連性. 鉢村和男(臨検),大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 170, 1989.

2603. [学会] (一般講演) 下甲介化学剤手術−治療効果の検討−. 井口芳明,新田健太郎,八尾和雄,高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻): 日本鼻科学会 (89.10.20), 箱根.

2604. [学会] (一般講演) アロ混合リンパ球培養反応におけるT細胞サブセットの変動. 加藤秀人(移植免疫),関口克一(慈恵医大),下田勇治(ブリストル),柏木登(移植免疫): 第19回日本免疫学会総会 (89.11.14), 札幌, 第19回日本免疫学会総会学術集会記録, 19: 147, 1989.

2605. [学会] (一般講演) Toxic Shock Syndrome Toxin-1はアクセサリ−細胞のHLAクラスU分子に結合してT細胞を活性化する. 今西健一,内山竹彦,菱明美奈子,斉藤慎二,巌小傑,藤川浩,五十嵐英夫(東女医大),加藤秀人,小幡文弥,柏木登(移植免疫),猪子英俊(東海大): 第19回日本免疫学会総会 (89.11.14), 札幌, 第19回日本免疫学会総会学術集会記録, 19: 324, 1989.

2606. [学会] (一般講演) HLA-DR“JX6": DNA解析で明らかにされた日本人DR“ブランク”型の一つについて. 小幡文弥(移植免疫),阿部章夫(北研),大久保みどり,伊東一郎,奥田みさを(予防医学系),大谷文雄,金子剛久,柏木登(移植免疫): 第19回日本免疫学会総会 (89.11.14), 札幌, 第19回日本免疫学会総会学術集会記録, 19: 440, 1989.

2607. [学会] (一般講演) Fractionated Lymphoid Irradiation (FLI)前処置イヌが獲得する腎移植片免疫不応答性に関わる腎Donorからの骨髄細胞移入の役割. 渡部浩二(移植免疫),弓削京子(予防医学系),柏木登(移植免疫): 第19回日本免疫学会総会 (89.11.14), 札幌, 第19回日本免疫学会総会学術集会記録, 19: 448, 1989.

2608. [学会] (一般講演) 反復流産におけるHLA-DR抗原頻度の解析. 伊藤巧一(移植免疫),田中忠夫,堤紀夫(国立大蔵病院),柏木登(移植免疫): 第19回日本免疫学会総会 (89.11.14), 札幌, 第19回日本免疫学会総会学術集会記録, 19: 500, 1989.

2609. [学会] (一般講演) 反復流産に対する免疫療法の作用機序−抗HLA抗体の重要性について−. 田中忠夫,堤紀夫,倉島富代,伊藤治英(国立大蔵病院),伊藤巧一,柏木登(移植免疫): 第4回日本医学生殖免疫学会 (89.11.30), 名古屋.

2610. [学会] (一般講演) 鼻腔培養による新生児室の清潔度のモニタリングに関する検討. 甲賀寛子,佐藤裕美,入江暁子(看護部),豊田淑子(看護学部),西田陽(臨病理): 第3回神奈川母性衛生学会 (90.02.03), 横浜.

2611. [学会] (一般講演) 67Gaシンチグラフィーで指摘し得た筋サルコイドーシスの1例. 西巻博,石井勝己,中沢圭治,菅信一,田所克己,西山正吾,小林茂樹,依田一重,松林隆(放): 第32回日本核医学会関東甲信越地方会 (90.03.10), 東京.

2612. [学会] (一般講演) Con A 刺激株化T細胞(CEM)表面上のCD57(Leu7)およびCD11b(Mo-1)とその機能. 池脇信直(看護学部),玉内秀一(微),松崎貴子,山浦昇(看護学部),猪子英俊(東海大): 第63回日本細菌学会総会 (90.03.27), 徳島, 日本細菌学雑誌, 45(1): 233, 1990.

2613. [学会] (一般講演) Phenotypic Heterogeneity of JB/MS Murine Melanoma Cells: Purification and Characterization of a Melanogenic Inhibitor. 亀山孝一郎(皮),Law, L.W.,Tanaka, S.,Hearing, V.J. (NIH): Panamerican Society for Pigment Cell Research (89.04.00), Bethesda, USA, Pigment Cell Research, 2: 449, 1989.

2614. [学会] (一般講演) Neutrophil-mediated Detachment of Dermal Microvascular Endothelial Cells. 増沢幹男,浅井俊弥,大川司,西岡清,西山茂夫(皮): Tricontinental Meeting of ESDR, JSID and SID (89.04.26), Washington, D.C., USA.

2615. [学会] (一般講演) Regulation of Epidermal Cell Growth by Mast Cell Derived Mediators in Atopic Dermatitis. 片山一朗,横関博夫,川名誠司,西岡清,西山茂夫(皮): Tricontinental Meeting of ESDR, JSID and SID (89.04.26), Washington, D.C., USA.

2616. [学会] (一般講演) シェーグレン症候群における口唇生検の臨床的意義. 片山一朗,寺本範子,新井春枝,衛藤光,西岡清,西山茂夫(皮): 第88回日本皮膚科学会学術大会 (89.05.11), 金沢.

2617. [学会] (一般講演) 結節性紅斑が前景に立った悪性リンパ腫の1例. 広田和永,鈴木貴博,鈴木厚,近藤啓文,柏崎禎夫,田崎義昭(内): 第382回日本内科学会関東地方会 (89.05.13), 東京.

2618. [学会] (一般講演) 胸部X線上多発する腫瘤状陰影が認められた壊疽性膿皮症を合併した慢性関節リウマチの1例. 鈴木貞博,大野久美,小林邦芳,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2619. [学会] (一般講演) SLEの肺病変に関する臨床的検討. 間中久美,岡田純,関山菜穂,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2620. [学会] (一般講演) PSS, PM-DM, MCTDにおける妊娠とその結果. 林美津枝,近藤啓文,北村磨知子,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2621. [学会] (一般講演) 慢性関節リウマチにおけるmethotrexate (MTX)膝関節腔内注入療法の検討. 上田寛之,福井光文,石川章,赤星透,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2622. [学会] (一般講演) 全身性エリテマトーデス(SLE)の中枢神経障害(CNS)に関する臨床的・免疫学的検討. 石川章,岡田純,野村正世,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2623. [学会] (一般講演) 強皮症における肺線維症の推移. 高品尚哉,広田和永,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2624. [学会] (一般講演) 銅の線維芽細胞に及ぼす影響. 遠藤平仁,赤星透,柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2625. [学会] (一般講演) ステロイドミオパチーのProspective study. 鈴木厚,鈴木貴博,岡田純,柏崎禎夫(内): 第17回日本臨床免疫学会総会 (89.06.07ー09), 広島.

2626. [学会] (一般講演) SLE以外の膠原病における無菌性骨壊死症(AN)の臨床的検討. 穂坂茂,岡田純,鈴木貴博,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 第17回日本臨床免疫学会総会 (89.06.07ー09), 広島.

2627. [学会] (一般講演) 抗セントロメア抗体の免疫プロット法による検出. 高品尚哉,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 第17回日本臨床免疫学会総会 (89.06.07ー09), 広島.

2628. [学会] (一般講演) Myasthenia gravis に対して胸腺の放射線治療後SLE発症した1例. 西成田真,色川正貴,柏崎禎夫(内),他: 第383回日本内科学会関東地方会 (89.06.10),

2629. [学会] (一般講演) 強皮症単球由来サイトカインと線維芽細胞の増殖. 近藤啓文,高品尚哉,柏崎禎夫(内): 第21回日本結合組織学会総会 (89.07.10), 東京.

2630. [学会] (一般講演) 血管内皮細胞のTNF受容体とIL-6産生. 遠藤平仁,赤星透,柏崎禎夫(内): 第10回日本炎症学会 (89.07.20, 21), 東京.

2631. [学会] (一般講演) TNFによる好中球活性化に及ぼす抗リウマチ薬の影響. 上田寛之,赤星透,柏崎禎夫(内): 第10回日本炎症学会 (89.07.20, 21), 東京.

2632. [学会] (一般講演) 骨芽細胞株におけるIL-1レセプターの発現調節. 三上由香,赤星透,柏崎禎夫(内): 第10回日本炎症学会 (89.07.20, 21), 東京.

2633. [学会] (一般講演) RA患者滑膜細胞のIL-6産生調節機序の検討. 水谷庸子,赤星透,柏崎禎夫(内): 第10回日本炎症学会 (89.07.20, 21), 東京.

2634. [学会] (一般講演) Cyclic-AMP Up-regulate the Expression of the Receptors for Both Interleukin l and Tumor Necrosis Factor. 赤星透,上田寛之,遠藤平仁,柏崎禎夫(内): 7th International Congress of Immunology (89.07.30-08.05), Berlin.

2635. [学会] (一般講演) Effects of Interleukin l (IL-1) and Tumor Necrosis Factor (TNF) on Human Vascular Endotherial Cells (EC). 遠藤平仁,赤星透,柏崎禎夫(内): 7th International Congress of Immunology (89.07.30-08.05), Berlin.

2636. [学会] (一般講演) Induction of Interleukin-6/BSF2 Production of Osteoblast like Cell by Interleukin 1 and Tumor Necrosis Factor. 上田寛之,赤星透,柏崎禎夫(内): 7th International Congress of Immunology (89.07.30-08.05), Berlin.

2637. [学会] (一般講演) サイトカインの血管内皮細胞機能に及ぼす影響. 遠藤平仁,赤星透,柏崎禎夫(内): 第11回神奈川県免疫懇話会 (89.09.02).

2638. [学会] (一般講演) 開腹した肝生検で悪性リンパ腫の合併を証明し得たSLEの1例. 大野久美,中井久雄,鈴木貞博,北村磨知子,吉井昭夫,橘田輝雄,高橋唯郎,柏崎禎夫(内): 第385回日本内科学会関東地方会 (89.09.09), 東京.

2639. [学会] (一般講演) ヘルペス脳炎が疑われたCNSループスの1例. 横関博雄,音山和宣,片山一朗,衛藤光,西岡清,西山茂夫,新井春枝(皮): 第53回日本皮膚科学会東日本学術大会 (89.09.10), 筑波.

2640. [学会] (一般講演) Clinical Efficacy of a New Immunosuppressive Agent: HE-69 (Mizoribine), on Lupus Nephritis. 本間光夫,秋月正史,横張龍一,橋本博史,柏崎禎夫,近藤啓文,入交昭一郎: XVIIth ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17-23), Rio de Janeiro, Brazil.

2641. [学会] (一般講演) Studies on a Mechanism of Action and Clinical Usefulness of Lobenzarit Disodium (CCA) in Rheumatoid Arthritis. Ichikawa, Y.,柏崎禎夫(内),Torikai, K.,Katagiri, K.,Takano, T.,Homma, M.: XVIIth ILAR Congress of Rheumatology (89.09.17-23), Rio de Janeiro, Brazil.

2642. [学会] (一般講演) 慢性関節リウマチ患者滑膜細胞のIL-6産生に及ぼすIL-1, TNFならびにγ-INFの作用. 赤星透,遠藤平仁,上田寛之,柏崎禎夫(内): 第385回日本アレルギー学会総会 (89.09.28).

2643. [学会] (一般講演) CNS-SLEにおけるNeurofilament抗体の臨床的意義. 岡田純,石川章,柏崎禎夫(内): 第385回日本アレルギー学会総会 (89.09.28).

2644. [学会] (一般講演) ニューモシスティス・カリニ肺炎を合併した膠原病. 岡田純,広田和永,柏崎禎夫(内): 第17回内科学の展望 (89.10.14ー15).

2645. [学会] (一般講演) Monoclonal 抗 DNP IgE 抗体による湿疹病変の誘導とその制御. 片山一朗,種井良二,横関博雄,西岡清(皮): 第19回日本免疫学会 (89.11.00), 札幌.

2646. [学会] (一般講演) 分化誘導因子によるHL-60細胞のTNFレセプター発現誘導. 赤星透,遠藤平仁,上田寛之,柏崎禎夫(内): 第19回日本免疫学会総会・学術集会 (89.11.14ー16).

2647. [学会] (一般講演) マウス悪性黒色腫由来のチロジナーゼ抑制因子の性質と精製. 亀山孝一郎(皮),田中修司,Hearing, V.J. (NIH): 第5回日本色素細胞学会 (89.12.00), 福岡.

2648. [学会] (一般講演) リンパ節生検でヘマトキシリン体を証明し、著明な血小板増加を伴ったSLEの1例. 穂坂茂,吉田慎,石川章,岡田純,柏崎禎夫,田崎義昭(内): 第388回日本内科学会関東地方会 (89.12.09).

2649. [学会] (一般講演) JRAの経過中にSLEの発症を見た1例. 関山菜穂,石川章,鈴木厚,赤星透,岡田純,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 第15回神奈川リウマチ医会 (90.02.24), 横浜.

2650. [学会] (一般講演) Basedow病、胸部大動脈瘤を合併した掌蹠膿疱性骨関節炎の1例. 西成田真,森川聡,石川俊之,行木引真佐,斉藤義雄,柏崎禎夫(内): 第390回日本内科学会関東地方会 (90.03.10), 山梨.

2651. [学会] (一般講演) Zinc Enhances the Interleukin-1 Activity Produced by Epidermal Cells in Culture. 汪南平,太田幸則,片山一朗,衛藤光,西岡清,西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第664回東京地方会 (90.03.17), 東京.

2652. [学会] (一般講演) 接触過敏症を誘導する抗原特異的ヘルパーT細胞株の樹立とその活性化機構の解析. 横関博雄,片山一朗,西岡清(皮): 日本皮膚科学会第664回東京地方会 (90.03.17), 東京.

2653. [学会] (公開講座) 患者と家族のための公開講演「現在の治療の問題点」. 柏崎禎夫(内): 第33回日本リウマチ学会総会 (89.05.25ー27), 東京.

2654. [研究会] (一般講演) PCR-SSO法によるHLA-DRゲノムタイピング. 小幡文弥,伊東一郎(移植免疫),安部章夫(北研),金子剛久(移植免疫),大久保みどり(予防医学系),柏木登(移植免疫): 第33回組織適合研究会 (89.09.10), 東京.

2655. [研究会] (一般講演) 急性炎症における血管透過性亢進. 鹿取信(薬理): 第2回腎疾患治療薬開発に関する筑波フォ−ラム (90.03.09), 筑波.

2656. [研究会] (一般講演) マウスにおけるIgE mediated skin reactionの検討. 片山一朗,西岡清(皮): 第9回免疫とアレルギーのあゆみ (89.05.20), 大阪.

2657. [研究会] (一般講演) 強皮症における足X線所見の臨床的意義. 柏崎禎夫,上田寛之(内): 平成元年度東京都特殊疾病(難病)研究検討会 (89.06.03), 東京.

2658. [研究会] (一般講演) タバコによる蕁麻疹の1例. 横関博雄,浅井俊弥,片山一朗,西岡清,西山茂夫(皮): 第19回抗原研究会 (89.07.01), 津市.

2659. [研究会] (一般講演) 巨大脾腫を伴うPH合併PSSの1例. 野村正世,石川章,穂坂茂,赤星透,岡田純,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 第30回関東リウマチ研究会 (89.12.09).

2660. [研究会] (一般講演) 膠原病各疾患における無菌性骨壊死症の危険因子の比較検討. 穂坂茂,岡田純,柏崎禎夫(内): 厚生省特定疾患、特発性大腿骨頭壊死症調査研究班平成元年度第2回班会議 (90.01.25ー26).

2661. [研究会] (一般講演) 環状紅斑を呈したシェーグレン症候群の臨床的検討. 片山一朗,寺本範子,新井春枝,西岡清,西山茂夫(皮): 第4回膠原病研究会 (90.01.26), 倉敷.

2662. [研究会] (一般講演) 抗nRNP抗体陽性患者の臨床経過. 近藤啓文,高品尚哉,柏崎禎夫(内): 厚生省特定疾患、混合性結合組織病(MCTD)調査研究班平成元年度第2回総会 (90.01.29).

2663. [研究会] (一般講演) 強皮症における末梢神経障害. 高品尚哉,近藤啓文,柏崎禎夫(内): 厚生省特定疾患、強皮症調査研究班平成元年度第2回班会議 (90.01.31ー02.01).

2664. [研究会] (一般講演) 非腎症SLEに対するCyclophosphamide (CY)療法の効果. 岡田純,石川章,穂坂茂,柏崎禎夫(内): 厚生省特定疾患、自己免疫疾患調査研究班平成元年度第2回総会 (90.02.02ー03), 東京.


<<204 成長・発育・栄養>>

2665. [原著] 非特異性多発性小腸潰瘍症に対する在宅経腸成分栄養療法の実際. 酒井由香,畔柳百合子,竹内美恵子(看護部),竹吉由加志,勝又伴栄(内),小川幸雄,島田慈彦(薬剤部): JJPEN, 11(7): 893〜895, 1989.

2666. [原著] 末期癌患者に対する在宅静脈栄養に関する検討. 上野聡一郎,大谷剛正,東博,端山丈次,鈴木正道,佐々木範明,加藤康行,嶋尾仁,三重野寛喜,榊原譲,大場正巳,比企能樹(外),小川幸雄,島田慈彦 (薬剤部),角田順子(看護部): 北里医学, 19(6): 612〜616, 1989.

2667. [短報] シンポジウムTのまとめ−小児平衡機能の発達と訓練−. 徳増厚二(耳鼻): 小児耳鼻咽喉科,10(1): 8〜9, 1989.

2668. [症例報告] 娩出のタイミングに苦慮した重症妊娠中毒症、ITP合併の妊娠中期IUGRの1例. 巽英樹,戸賀崎義明,野田芳人,根本荘一,田所義晃,吉原一,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(1): 21〜28, 1989.

2669. [その他の著書(概説書)] (執筆) Medical Topics Series 2 臨床栄養'89; 高齢者における栄養療法,p.121〜131, 佐藤登志郎(生理),白鷹増男(医用情報). 編集 上田尚彦(大阪大)編, メデイカルビュ−社, 大阪, 89.11.30発行.

2670. [学会] (一般講演) 電子辞典システム(QRS)を用いた栄養指導システム. 白鷹増男,竹内昭博,池田憲昭,宮原英夫(医用情報),佐藤登志郎(生理),西田在賢(アキラックス): 第28回日本ME学会大会 (89.05.23), 大阪, 医用電子と生体工学,27(特別): 127, 1989.

2671. [学会] (一般講演) パソコンによる食事療法介助システム. 白鷹増男,宮原英夫,竹内昭博,鶴田陽和,池田憲昭(医用情報),佐藤登志郎(生理): 第9回医療情報学連合大会 (90.02.03), 東京, 第9回医療情報学連合大会論文集, p.841〜842, 1990.


<<205 胎児・新生児・先天異常・奇形>>

2672. [原著] 分娩時の異常胎児心拍数図. 西島正博(産婦): 産婦人科の実際, 38(7): 1023〜1029, 1989.

2673. [原著] NSTおよび胎児刺激によるfetal distressの予知. 西島正博,根本荘一(産婦): 産婦人科の実際, 39(1): 13〜17, 1990.

2674. [原著] 早産と母児感染. 島田信宏,巽英樹,野田芳人(産婦): 周産期医学, 19(11): 1587〜1592, 1989.

2675. [原著] SFDの重症度による新生児の適応と管理. 小口弘毅,蒲原孝,高田史男,野渡正彦,仁志田博司(児): 周産期学会雑誌, 7: 136〜147, 1989.

2676. [原著] 早産低出生体重児のRDS発症に関する産科要因と児の予後について. 植野信水,巽英樹,谷昭博,野田芳人,吉原一,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(1): 16〜20, 1989.

2677. [原著] 当院における先天性水痘症の臨床的検討. 立岡和弘,庄田隆,植野信水,野田芳人,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(2): 52〜56, 1990.

2678. [原著] Color Doppler 法および Pulsed Doppler 法による出生早期の成熟児および未熟児の動脈管を介する短絡血流の分析. 小口弘毅,蒲原孝,高田史男,平石聡,八代公夫(児): 日本新生児学会雑誌, 25(2): 323〜329, 1989.

2679. [短報] 未熟児分娩と帝王切開;その今日的定見. 新井正夫,西島正博(産婦): 医学のあゆみ, 149(2): 99, 1989.

2680. [症例報告] 組織学的に悪性と考えられた小児non-functioning pheochromocytomaの1例. 石田和夫,小芝章剛,綿貫文夫,阿曽弘一(外),島本由紀子,細田のぞみ(児),大部誠(病理): 小児外科, 21(11): 1205〜1209, 1989.

2681. [症例報告] 分離手術の経験例:一方が死亡した胸腹結合体および二頭二肢四腕結合体の経験. 中条俊夫,橘都浩平(東大),秋山洋(鹿児島大),石田和夫(外),他: 小児外科, 21(5): 515〜522, 1989.

2682. [症例報告] 先天性頚部瘻孔:新生児例について−側頚嚢胞の2新生児例−. 石田和夫,阿曽弘一,間中誠(外): 小児外科, 21(7): 791〜796, 1989.

2683. [症例報告] 羊水過多・胎児水腫をきたした胎盤血管種の1例. 野田芳人,巽英樹,中原優人,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(1): 51〜54, 1989.

2684. [症例報告] 激症な経過をとった麻疹合併妊娠の1例. 庄田隆,野田芳人,植野信水,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(2): 42〜46, 1990.

2685. [症例報告] MN式血液型不適合によると思われた新生児溶血性疾患の1症例. 野田芳人,巽英樹,植野信水,西島正博,島田信宏(産婦),小口弘毅(児),西田陽(臨病理): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 26(2): 57〜60, 1990.

2686. [臨床治験] 口蓋粘膜弁法の術後言語成績. 鈴木恵子,岡本朗子,原由紀(耳鼻),長谷川和子(諏訪赤十字病院),新美成二(耳鼻),鳥飼勝行,塩谷信幸(形外),上石弘(近大): 日本口蓋裂学会雑誌, 14(1): 123〜131, 1989.

2687. [総説] 新生児内科疾患における ECMO の応用. 小口弘毅(児): 医学のあゆみ, 150(8): 523〜526, 1989.

2688. [総説] わが教室における胎児管理. 新井正夫,吉原一,根本荘一,田所義晃(産婦),前田徹(看護学部): 産婦人科治療, 58(5): 574〜577, 1989.

2689. [総説] Persistent Fetal Circulation (PFC) −原因,診断,治療−. 小口弘毅(児): 小児科, 30(10): 1131〜1145, 1989.

2690. [総説] 循環管理. 小口弘毅(児): 小児看護, 12(10): 1286〜1296, 1989.

2691. [講座] ベビ−のための新・くすり講座−動脈管閉鎖薬−. 小口弘毅(児): NICU, (4): 66〜72, 1990.

2692. [講座] 動脈管開存症の病態生理. 小口弘毅(児): NICU, 2(10): 30〜38, 1989.

2693. [講座] 胎児仮死の診断と治療. 西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 41(7): Nー116〜119, 1989.

2694. [学術書] (執筆) プルミエ産婦人科各論; 新生児仮死,新生児の呼吸器疾患,新生児の心臓・血管疾患,分娩損傷, p.265〜278, 島田信宏,巽英樹(産婦). 編集 秋谷清(東京医大)編, 医歯薬出版, 東京, 89.11.10 発行.

2695. [教科書] (執筆) NICUマニュアル; 超音波断層検査−2.心, p.280〜286, 小口弘毅(児). 編集 新生児医療連絡会編, 金原出版, 東京, 89.05.15発行.

2696. [教科書] (執筆) 新生児の診療と検査; 8. 超音波, b. 心臓, p.357〜366, 小口弘毅(児). 編集 小川雄之亮,多田裕,仁志田博司, 編, 東京医学社, 東京, 89.10.30発行.

2697. [その他の著書(概説書)] (執筆) NICUマニュアル; 主要徴候に対する診断学的アプロ−チと管理−哺乳障害,嘔吐,腹部膨満,p.73〜80, 門井伸暁(児). 編集 新生児医療連絡会編, 金原出版, 東京, 89.05.15発行.

2698. [学会] (教育講演) 赤ちゃんに電話してみよう. 島田信宏(産婦): 第3回神奈川県母性衛生学会 (90.02.03), 横浜.

2699. [学会] (教育講演) 新生児の適応生理−循環の適応−. 小口弘毅(児): 第25回日本新生児学会総会 (89.07.02), 東京.

2700. [学会] (シンポジウム) 周産期における未熟児脳障害の予防−Intrapartumから−. 巽英樹(産婦): 第25回日本新生児学会総会 (89.07.04), 東京, プログラム,p.102〜103, 1989.

2701. [学会] (シンポジウム) “周産期の麻酔”ハイリスク児の対策. 小口弘毅,野渡正彦(児): 関東甲信越麻酔学会 (89.10.07), 東京.

2702. [学会] (パネル) 出生前診断で遭遇したタ−ナ−症候群の1例. 矢部典子,舩渡忠男,和田知益(臨病理),市川恵子(総合臨床系),舩渡朋子,大野道子(臨検),吉原京子,松信晶,前田徹(産婦),大谷英樹(臨病 理): 第35回日本臨床病理学会総会 (88.10.20), 山口.

2703. [学会] (パネル) 脳室周囲性白質軟化(PVL)における磁気共鳴画像診断の有用性の検討. 野村純子(児): 第92回日本小児科学会学術集会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93(3): 245, 1989.

2704. [学会] (パネル) 無頭無心体の2剖検例. 高井智子,大部誠,奥平雅彦(病理): 第79回日本病理学会総会 (90.03.29), 福岡, 日本病理学会会誌, 79(1): 131, 1990.

2705. [学会] (一般講演) HPLCによる尿中葉酸関連プテリジン誘導体分析の検討とその臨床的意義. 内山幸信,渡辺良彦,大谷英樹(臨病理),前田忠伸,桜井慶造,塙勇至(臨検): 第35回日本臨床病理学会総会 (88.10.20), 山口, 臨床病理, 36(補): 96, 1988.

2706. [学会] (一般講演) シバヤギ胎仔における経母獣酸素投与の胎仔血液ガス動態への影響. 吉原一,源田辰雄,植野信水,巽英樹,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 第41回日本産科婦人科学会総会 (89.04.03), 岡山.

2707. [学会] (一般講演) 妊娠各週における胎児付属物の検討及び胎児との関係について. 庄田隆,野田芳人,立岡和弘,植野信水,浅井仁司,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京.

2708. [学会] (一般講演) 当院における水痘症症例の臨床的検討. 立岡和弘,庄田隆,植野信水,野田芳人,根本荘一,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦): 第77回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.06.18), 東京.

2709. [学会] (一般講演) 分娩時の母体への酸素投与が臍帯血の血液ガス動態へ与える影響. 吉原一,庄田隆,岩谷弘明,喬蔭,根本荘一,西島正博,島田信宏(産婦): 第25回日本新生児学会総会 (89.07.04), 東京.

2710. [学会] (一般講演) 後腹膜原発胎児性癌の1例. 呉幹純,古畑誠之,本田直康,藤野淡人,真下節夫,石橋晃,小柴健(泌): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原.

2711. [学会] (一般講演) 胎仔期創傷治癒; 間充織細胞の性質. 本林由美子(生化系),猪原節之介(形外): 日本動物学会第60回大会 (89.10.04), 京都, Zoological Science, 6(6): 1201, 1989.

2712. [学会] (一般講演) The Change of Atrial Natriuretic Peptide during Graded Fetal Hypoxia. 吉原一,植野信水,根本荘一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): The 2nd World Symposium: Computers in the Care of the Mother, Fetus and Newborn (89.10.24), 京都.

2713. [学会] (一般講演) 切迫早産妊婦から出生した児の長期予後について. 谷昭博,植野信水,野田芳人,立岡和弘,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮.

2714. [学会] (一般講演) 口蓋裂チ−ムアプロ−チと言語管理. 鈴木恵子,岡本朗子,原由紀(耳鼻),新美成二(東大),鳥飼勝行(形外): 日本音声言語医学会 (89.11.11), 愛知, 第34回日本音声言語医学会総合学術講演会予稿集, p.126, 1989.

2715. [学会] (一般講演) 頬粘膜筋弁法による口蓋形成術の術後評価および術式の改良について. 中北信昭,前田華郎(神奈川県立こども医療センター),大慈弥裕之,宇津木龍一(形外),前川二郎(横浜市大): 第32回日本形成外科学会総会 (89.04.21), 浦安.

2716. [学会] (一般講演) 軸後性多趾症の術後評価. 宇井謙二,伊藤正嗣,白崎祥晃,柴田裕達,塩谷信幸(形外): 第32回日本形成外科学会総会 (89.04.21), 浦安, 日本形成外科学会会誌, 9(臨増): 268, 1989.

2717. [学会] (一般講演) 生後24時間以内に発症した新生児横隔膜ヘルニア例の検討−死亡例を中心として−. 石田和夫,大宮東生,阿曽弘一(外),小口弘毅,関根徹,蒲原孝(児): 第26回日本小児外科学会総会 (89.06.08), 千葉, 日本小児外科学会誌, 25(3): 473, 1989.

2718. [学会] (一般講演) ラット胚細胞再集合体から毛包を形成させる試み. 渡辺真理子,長尾恵理子,猪原節之介(形外): 日本動物学会第60回大会 (89.10.04), 京都, Zoological Science, 6(6): 1201, 1989.

2719. [学会] (一般講演) サ−ファクタント無効例の臨床像. 小口弘毅,野渡正彦,蒲原孝,中村恒穂,斉藤幸一,門井伸暁,八代公夫(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.27), 大宮.

2720. [学会] (一般講演) 重症敗血症患児での Vancomycin の使用経験(血中濃度モニタリングの必要性について). 関根徹,蒲原孝,門井伸暁,小口弘毅,八代公夫(児),西田陽(臨病理),吉山友二(薬学部),高橋加代子(臨検),近藤留美子,望月真弓(薬剤): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.27), 大宮.

2721. [学会] (一般講演) 超未熟児 SFD の臨床検討. 蒲原孝,小口弘毅,門井伸暁,斉藤幸一,中村恒穂,砂押渉,野渡正彦(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.27), 大宮.

2722. [学会] (一般講演) 嚢腫状胎便性腹膜炎の5例における病態・管理について. 上野信弥,小口弘毅,中村恒穂,門井伸暁,蒲原孝,野渡正彦,安保賢一,柿沼由彦,八代公夫(児),石田和夫(外): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.28), 大宮.

2723. [学会] (一般講演) 巨大な Nasopharyngeal teratoma の1症例. 大石昌也,野渡正彦,中村恒穂,小口弘毅,八代公夫(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.28), 大宮.

2724. [学会] (一般講演) 動脈管内血流波形分析の臨床的意義. 小口弘毅,蒲原孝,斉藤幸一,中村恒穂,平石聡,八代公夫(児): 第34回未熟児新生児学会 (89.10.28), 大宮.

2725. [学会] (一般講演) 脊椎奇形を伴う直腸肛門重複症の1例. 石田和夫,堀隆,古田一徳(外),岩渕啓一(病理): 第24回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (89.11.11), 前橋.

2726. [研究会] (特別講演) 周産期の最近のトピックス. 西島正博(産婦): 福井市産婦人科医会 (89.06.30), 福井.

2727. [研究会] (特別講演) 胎児仮死の管理. 西島正博(産婦): 日本母性保護医協会仙台三ブロック学術講演会 (89.08.25), 仙台.

2728. [研究会] (特別講演) 周産期医学の最近の進歩. 島田信宏(産婦): 第4回秋田県周産期・新生児医療研究会総会 (89.10.14), 秋田.

2729. [研究会] (シンポジウム) NSTの新しい診断・クラス分類. 島田信宏(産婦): 第2回実地医家と助産婦のための周産期セミナー (89.07.29), 札幌.

2730. [研究会] (一般講演) 計画分娩における分娩前超音波検査の意義. 植野信水,根本荘一,喬蔭,野田芳人,谷昭博,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 分娩管理研究会 (89.07.02), 東京.

2731. [研究会] (一般講演) 胎児仮死の管理. 西島正博(産婦): 白求恩医科大学学術交流訪問団講演会 (89.08.14), 長春市.

2732. [研究会] (一般講演) 激症な経過をとった麻疹合併妊娠. 庄田隆,野田芳人,谷昭博,植野信水,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第296回四水会 (89.09.20), 東京.

2733. [研究会] (一般講演) NST, CSTと胎内治療. 西島正博(産婦): 相模原市産婦人科医会 (89.09.20), 相模原, 相模原市医師会報, (299): 14〜15, 1989.

2734. [研究会] (一般講演) 産婦人科における最近のトピックス(主として妊娠中ー分娩時の胎児仮死の管理について). 西島正博(産婦): 高座・海老名産婦人科医会 (89.11.28), 厚木.

2735. [その他(研究会会長)] 第6回日本二分脊椎研究会会長, 1989.7.1, 矢田賢三(脳外).


<<206 内分泌・代謝>>

2736. [原著] Sensitive Assay of Cytochrome P450SCC Activity by High-Performance Lquid Chromatography. 菅野幸子,森島直彦(看護学部),池田穂高,堀江滋夫(生化): Anal. Biochem., 182: 327〜333, 1989.

2737. [原著] Amino Acid Sequence and Relative Biological Activity of Eel Atrial Natriuretic Peptide. 竹井祥郎(生理),高橋明義(分生),渡辺卓司,K. Nakajima,S. Sakakibara(ペプチド研): Biochem. Biophys. Res. Commun., 164(1): 537〜543, 1989.

2738. [原著] Usefulness of Anaerobic Threshold in Estimating Intensity of Exercise for Diabetics. 河路晃一,藤田芳邦,矢島義忠(内),白鷹増男(生理),久保博昭(薬学部): Diabetes Res. Clin. Prac., 6: 303〜309, 1989.

2739. [原著] Relationship between Age-adjusted Heart Rate and Anaerobic Threshold in Estimating Exercise Intensity in Diabetics. 藤田芳邦,河路晃一,金森晃,的場清和,矢島義忠(内),竹内昭博(医情),石井公道(内): Diabetes Res. Clin. Prac., 8: 60〜74, 1990.

2740. [原著] Brain Natriuretic Peptide-Like Immunoreactivity Is Present in Human Plasma. 富樫和美(北里ラボ),平田結喜緒(東京医歯大),安藤研司(北里ラボ),竹井祥郎(生理),川上正也(分生),丸茂文昭(東京医歯大): FEBS Letters, 250(2): 235〜237, 1989.

2741. [原著] 培養によるヒト甲状腺細胞機能の研究−甲状腺癌細胞の情報受容伝達機構の異常−. 阿部好文(内): Human Cell, 2(3): 238〜245, 1989.

2742. [原著] Epidermal Growth Factor (EGF) Receptors in Plasma Membranes of Normal and Diseased Human Thyroid Glands. 金森晃,阿部好文,矢島義忠(内),Y. Manabe,伊藤國彦(伊藤病院): J. Clin. Endocrinol. Metab., 68(5): 899〜903, 1989.

2743. [原著] The Role of ras Oncogene Product p21 in Human Thyroid Tissue. 阿部好文,金森晃,矢島義忠(内): Kitasato Arch. Exp. Med., 62(1): 72〜74, 1989.

2744. [原著] バセドウ病眼症における抗眼筋抗体の特異性とその抗原の検討. 阿部好文,野々村弥生,高田一太郎,金森晃,矢島義忠(内),井上洋一,伊藤國彦(伊藤病院): Modern Physician, 9(11): 1586〜1590, 1989.

2745. [原著] Burst forming unit erythroid (BFU-E) 測定系における細胞増殖刺激効果よりみた“Growth without GH" 症例の身長発育促進の機序−単純性肥満との比較検討−. 大山宜秀,尹煕玉,横田行史,輿水隆(児): ホルモンと臨床,37(6): 471〜475, 1989.

2746. [原著] ヒト甲状腺細胞におけるラスがん遺伝子の発現と遺伝子産物p21の機能に関する研究. 阿部好文,金森晃,矢島義忠(内),伊藤國彦(伊藤病院): ホルモンと臨床(秋季増刊), 37: 121〜128, 1989.

2747. [原著] マススクリ−ニングで発見された先天性甲状腺機能低下症患児における精神神経学的予後全国調査成績. 中島博徳,佐藤浩一,猪股弘明(千葉大),松浦信夫(北大),岡庭信一(大館市立総合病院),五十嵐裕(東北大),横山新吉(山形大),岡部一郎(自治医 大),山口修一(埼玉県立小児医療センタ−),土屋裕(都立清瀬小児病院),村田光範(東京女子医大),大山宜秀(児),森哲夫(国立療養所東松本病 院),石黒和正(富山県立中央病院),佐藤保(金沢大),斉藤久子(名古屋市大),大矢紀昭(滋賀医大),百井亨(京大),吉岡章(奈良医大),小西和孝 (大阪医大),高橋利和(神戸大),郷司克己(兵庫県立こども病院),西美和(広島赤十字・原爆病院),猪方博子(福岡大),野田正紀(産業医大),行実 成徳(久留米大),梶原真人(大分県立病院),西山宗六(熊本大),小野星吾(鹿児島大): 日本小児科学会雑誌,93(9): 2011〜2016, 1989.

2748. [原著] 糖尿病性壊疽再発例の臨床的特徴ならびに再発危険因子. 矢島義忠,金森晃,藤田芳邦,的場清和,河路晃一,守屋達美,坂本洋子,野々村弥生,大和田里香(内): 北里医学, 19(5): 510〜517, 1989.

2749. [原著] 糖尿病における尿中アルブミン排泄; timed overnight urineによる検討. 矢島義忠,守屋達美,河路晃一,的場清和,藤田芳邦,金森晃,阿部好文,高田一太郎,野々村弥生,大和田里香,平井法博(内): 北里医学, 19(6): 575〜582, 1989.

2750. [原著] 各種負荷試験におけるRR間隔の自動計測システムの作成. 竹内昭博,池田憲昭(医用情報),藤田芳邦(内),田中舘明博(生物物理系): 北里医学, 19: 336〜339, 1989.

2751. [原著] インスリノーマ6例の膵B細胞機能ならびに局在診断. 坂本洋子,高田一太郎,木田光広,守屋達美,河路晃一,金森晃,的場清和,阿部好文,藤田芳邦,矢島義忠(内): 北里医学, 20(1): 74〜82, 1990.

2752. [原著] ヒト甲状腺癌の増殖とホルモンによるその制御−癌遺伝子の発現と情報受容伝達機構の異常について−. 阿部好文(内): 臨床成人病, 19(10): 1787〜1788, 1989.

2753. [原著] 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症を惹起する副甲状腺ホルモン関連蛋白(Parathyroid Hormone Related Protein; PTHrP); 新しいホルモン性腫瘍マ−カ−としてのPTHrPの検討. 和田知益,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 38(3): 288〜293, 1990.

2754. [短報] 長期間にわたる骨代謝異常における骨皮質の骨塩量測定の有用性. 桜井清子,松林隆(放),有富寛(整外),岩波茂(放),丸茂文昭(東京医科歯科大),草野正一(放): 日本医学放射線学会雑誌, 50(1): 81〜83, 1990.

2755. [短報] 各種内分泌腫瘍における免疫組織化学的検討−ECG,NEMを中心として−. 佐伯美奈子,市川つわ(病院病理),岩渕啓一,奥平雅彦(病理): 病理技術, (39): 10〜12, 1989.

2756. [研究報告(文部省)] 腫瘍マ−カ−としての副甲状腺ホルモン様蛋白(PTH-LP)の基礎的,臨床的検討. 和田知益(臨病理): 文部省奨励研究(A)研究報告書, 1989.

2757. [症例報告] 3年以上にわたりGH非依存性の良好な身長増加(8.8 cm/年)を示している特発性下垂体機能低下症の6歳男児例. 横田行史,大山宜秀,尹煕玉,輿水隆(児): ホルモンと臨床(内分泌興味ある症例,第13集),(増): 49〜51, 1989.

2758. [症例報告] An Autopsy Case of Erythropoietic Protoporphyria with Liver Cirrhosis. 中英男,瀬川謙一,本告匡,岡慎一郎,奥平雅彦(病理): 北里医学, 19(4): 445〜451, 1989.

2759. [臨床治験] ペプシノゲンRIAキットの臨床応用. 岡博,三木一正(東大),三好秋馬(浜松医療セン),岡部治弥(内),服部信(金沢大),川井啓市(京府医大),中沢三郎(名古屋大),宮崎保(北大), 谷内昭(札幌医大),石森章(東北大),佐々木康人(群大),福富久之(筑波大),松尾裕(日大),石井勝己(放),金子栄蔵(浜松医大),有吉寛(愛知 がんセン),森賀本幸(京大),森武貞(大阪大),森田陸司(川崎医大),岸本真也(広島大),浜本研(愛媛大),杉町圭蔵(九大),大江慶治(産業医 大): 臨床成人病, 19(4): 531〜537, 1989.

2760. [総説] 糖尿病のマネージメント; ファーストチョイスの降圧薬. 矢島義忠,金森晃(内): Chronic Disease, (1): 119〜121, 1990.

2761. [総説] 特集; 経口剤の薬理・用法・服薬・指導、BG剤の適応と用法上の留意点. 藤田芳邦,守屋達美,矢島義忠(内): Practice, 6: 388〜391, 1989.

2762. [総説] 早期腎症(腎症アルブミン尿期)の薬物療法. 矢島義忠,的場清和(内): 治療, 71: 111〜116, 1989.

2763. [総説] 小人症. 輿水隆(児): 小児科診療 1989増刊号「小児の治療指針 '89」, 52: 541〜544, 1989.

2764. [総説] IDDMにおけるインスリン療法−インスリン製剤の種類と選択法−. 横田行史(児): 小児内科, 22(2): 223〜228, 1990.

2765. [総説] 糖尿病; 合併症とその対策. 岡博,赤沼安夫,亀山和子,矢島義忠(内),松岡健平: 内科, 64: 87〜104, 1989.

2766. [総説] インスリン; とくに慢性腎不全状態における膵B細胞機能とインスリン抵抗性の機序について. 矢島義忠,藤田芳邦,守屋達美(内): 臨床透析, 5: 171〜177, 1989.

2767. [学術書] (執筆) 今日の治療指針 1989; 急性・亜急性甲状腺炎, 阿部好文(内). 編集 稲垣義明,他編, 医学書院, 東京, 89.02.15 発行.

2768. [学術書] (執筆) 第23回糖尿病学の進歩、糖尿病の療養指導 1989; 糖尿病患者、特殊管理の問題点;腎症患者の管理, p.113〜119, 矢島義忠,的場清和(内). 編集 日本糖尿病学会編, 診断と治療社, 東京, 89.00.00 発行.

2769. [学術書] (執筆) Endocrinology of Birds−Molecular to Behavioral; Hormonal Regulation of Water and Sodium Intake in Birds, p.171〜183, 竹井祥郎(生理),Hideshi Kobayashi(全薬工業). 編集 Masaru Wada(東京医歯大),Susumu Ishii(早大),C.G. Scanes (Ruters Univ.)編, Japan Scientific Societies Press, 東京, 90.01.00発行.

2770. [その他の著書] (編集) Proceedings of the Japan Society for Comparative Endocrinology, 編集 平野哲也(東大),竹井祥郎(北里大)編, 日本比較内分泌学会, 東京, 89.12.00発行.

2771. [その他の著書] (執筆) 内文泌ケ−ススタディ−48例のPO 研修 第2版; 乳房腫大および性器出血を呈した2歳7か月の女児,p.34〜38, 輿水隆(児). 編集 清水直容(帝京大),飯野史郎(昭和大)編, 医学書院, 東京, 89.05.01発行.

2772. [視聴覚出版物] (執筆) 医学生のための小児科学写真集; 代謝,内分泌疾患,p.31〜40, 大山宜秀(児). 編集 浅井利夫(東京女子医大),赤坂徹(埼玉医大)編, 中外医学社, 東京, 89.04.01発行.

2773. [学会] (特別講演) 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症を惹起する副甲状腺ホルモン関連蛋白(Parathyroid Hormone Related Protein; PTHrP); 新しいホルモン性腫瘍マ−カ−としてのPTHrPの検討. 和田知益(臨病理): 第1回日本臨床病理学会関東甲信越支部総会 (89.10.28), 新潟.

2774. [学会] (シンポジウム) ヒト甲状腺初代培養系による細胞情報受容伝達機構の研究. 阿部好文,金森晃,矢島義忠(内),亀谷徹(病理): 第62回日本組織培養学会大会 (89.06.29), 神奈川.

2775. [学会] (シンポジウム) 非機能性内分泌腫瘍:甲状腺非機能性腺腫の生化学的特性. 阿部好文,金森晃,矢島義忠(内),亀谷徹(病理),尾崎修武,伊藤國彦(伊藤病院): 第62回日本内分泌学会秋季学術総会 (89.10.21), 札幌, 日本内分泌学会雑誌, 65(9): 859, l989.

2776. [学会] (パネル) Intestinal Movement Video-Solarbattery-Computerized. 瀧澤直定(生理),加藤康行(外),大貫信(生理): 31st International Congress of Physiological Sciences (89.07.14), Helsinki, Finland, Proc. Intna. Union of Physiol. Sci. 17, p.502〜503, 1989.

2777. [学会] (ワークショップ) 糖尿病性腎症発症因子としての心房性ナトリウム利尿ペプチドについて. 的場清和,坂本洋子,守屋達美,河路晃一,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第32回日本糖尿病学会総会 (89.04.22), 金沢.

2778. [学会] (一般講演) 骨反応型を呈した偽性副甲状腺機能低下症Type Ibの1例. 阿部好文,坂本洋子,守屋達美,金森晃,河路晃一,的場清和,高田一太郎,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第10回神奈川Ca・骨代謝研究会 (89.01.28), 神奈川.

2779. [学会] (一般講演) ウナギの心房性ナトリウム利尿ホルモン(ANP)様物質. 竹井祥郎(生理),安藤研司(北里ラボ),丸茂文昭(東医歯大): 第66回日本生理学会大会 (89.04.06), 岡山, Jpn. J. Physiol., 39(Suppl.): 689, 1989.

2780. [学会] (一般講演) Anaerobic Threshold (AT)からみた糖尿病患者の呼吸機能. 河路晃一,藤田芳邦,谷本京美,坂本洋子,守屋達美,的場清和,矢島義忠(内),白鷹増男(生理): 第32回日本糖尿病学会総会 (89.04.21), 金沢, 糖尿病, 34(Suppl. 1): 164, l989.

2781. [学会] (一般講演) 糖尿病治療のための至適運動強度の決定法−Anaerobic Thresholdにおける心拍数と年齢別心拍数の比較−. 藤田芳邦,河路晃一,谷本京美,坂本洋子,守屋達美,的場清和,矢島義忠(内),遠藤恭子,白鷹増男(生理): 第32回日本糖尿病学会総会 (89.04.21), 金沢, 糖尿病, 34(Suppl. 1): 164, l989.

2782. [学会] (一般講演) 尿中アルブミン排泄率の変動係数および微量アルブミン尿に影響する因子について. 守屋達美,坂本洋子,河路晃一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第32回日本糖尿病学会総会 (89.04.22), 金沢.

2783. [学会] (一般講演) Biologically and Immunologically Active Atrial Natriuretic Peptide (ANP) in the Eel Heart. 竹井祥郎(生理),安藤研司(北里ラボ): 11th International Symposium on Comparative Endocrinology (89.05.16), Malaga, Spain, Abstracts, p.255, 1989.

2784. [学会] (一般講演) 家族性高コレステロ−ル血症(FH)のスクリ−ニング−第3報,臍帯血,ガスリ−血,総コレステロ−ル高値例の経過及びFH例との比較−. 堀口泰典,平石聡,門井伸暁,斉藤幸一,八代公夫(児),西田陽(臨病理),小出朝男(北里ラボ): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.18), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93: 517, 1989.

2785. [学会] (一般講演) 小児糖尿病における酵素測定法による血中 l,5 Anhydroglucitol (AG) 測定の臨床的有用性について. 大山宜秀,横田行史,尹煕玉,輿水隆(児),薮内正彦(日本化薬): 第92回日本小児科学会総会 (89.05.19), 新潟, 日本小児科学会雑誌,93(3): 579, 1989.

2786. [学会] (一般講演) Effect of anaesthesia on endocrine metabolic response to lower abdominal surgery. 田中亮,村上雅子,野見山・(麻): 第9回世界麻酔学会 (89.05.22〜28), U.S.A..

2787. [学会] (一般講演) 成長ホルモン療法中のタ−ナ−症候群(TS)における免疫学的検討. 横田行史,輿水隆,大山宜秀,柴山啓子,尹煕玉(児): 第62回日本内分泌学会総会 (89.06.01), 東京, 日本内分泌学会雑誌,65(4): 304, 1989.

2788. [学会] (一般講演) バセドウ病甲状腺における抑制性G蛋白の変化とその機序について. 阿部好文,坂本洋子,金森晃,高田一太郎,矢島義忠(内),尾崎修武,伊藤國彦(伊藤病院): 第62回日本内分泌学会学術総会 (89.06.03), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 65(4): 380, l989.

2789. [学会] (一般講演) 幼若ラットの視床下部,膵,消化管におけるGrowth Hormone Releasing Hormone-Like Immunoreactivity (GHRH-LI)の分布とその日齢による変化. 大山宜秀,柴山啓子,輿水隆(児): 第62回日本内分泌学会 (89.06.03), 東京, 日本内分泌学会雑誌,65(4): 433, 1989.

2790. [学会] (一般講演) Comparison of Heart Rate at Anaerobic Threshold (AT) with Age-adjusted Heart Rate for Evaluating Optimal Exercise Intensity in Diabetics. 藤田芳邦,河路晃一,守屋達美,的場清和(内),白鷹増男(生理),矢島義忠(内): American Diabetes Association, 49th Meeting (89.06.03-06), Detoroit, Diabetes Program, 38(Suppl. 2): 156A, 1989.

2791. [学会] (一般講演) ヒト血中Endothelinのラジオイムノアッセイ. 安藤研司,富樫和美(北里ラボ),竹井祥郎(生理),川上正也(分生),江森俊明,七里真義,平田結喜緒,丸茂文昭(東医歯大): 第26回日本臨床代謝学会総会 (89.06.09), 大阪, Proceedings, 26: 122〜123, 1989.

2792. [学会] (一般講演) ラジオイムノアッセイ(RIA)によるBrain Natriuretic Peptide(BNP)の測定. 富樫和美,安藤研司(北里ラボ),竹井祥郎(生理),川上正也(分生),江森俊明,七里真義,平田結喜緒,丸茂文昭(東医歯大): 第26回日本臨床代謝学会総会 (89.06.09), 大阪, Proceedings, 26: 228〜229, 1989.

2793. [学会] (一般講演) 黄色ブドウ球菌敗血症、髄膜炎で死亡した糖尿病の1症例. 河路晃一,谷本京美,守屋達美,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第383回日本内科学会関東地方会 (89.06.10), 東京.

2794. [学会] (一般講演) The Development of Pancreatic and Gastrointestinal Growth Hormone Releasing Hormone-Like Immunoreactivity (GHRH-LI) in Neonatal Rats. 大山宜秀,輿水隆,柴山啓子(児): 第71回アメリカ内分泌学会 (71th Annual Meeting of the Endocrine Society) (89.06.21), Seattle, U.S.A., Abstracts, p.106, 1989.

2795. [学会] (一般講演) ヒト甲状腺培養細胞におけるATP刺激時の細胞内カルシウム濃度の変化. 金森晃,阿部好文,矢島義忠(内): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原.

2796. [学会] (一般講演) ウナギの心房性ナトリウム利尿ホルモンの生物活性. 竹井祥郎(生理),西田早苗(生物物理系),高橋明義(分生): 第15回北里医学会総会 (89.09.30), 相模原, 北里医学, 19(6): 645, 1989.

2797. [学会] (一般講演) ウナギ心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)の一次構造とその比活性. 竹井祥郎(生理),高橋明義(分生),渡辺卓司(ペプチド研): 第60回日本動物学会大会 (89.10.06), 京都, Zoological Science, 6(6): 1186, 1989.

2798. [学会] (一般講演) ラット発情前期の LH, PRL分泌に及ぼすウレタン麻酔の影響について. 古舘専一(実動): 日本内分泌学会 (89.10.20), 札幌, 日本内分泌学会雑誌,65(9): 88l, l989.

2799. [学会] (一般講演) 17,20-desmolase欠損症Partial defect (type 1)と考えられる9歳男児例. 大山宜秀,輿水隆,柴山啓子,尹煕玉,横田行史(児): 第62回日本内分泌学会秋季大会 (89.10.21), 札幌, 日本内分泌学会雑誌, 65(9): 979, 1989.

2800. [学会] (一般講演) Familial Isolated Growth Hormone Deficiency (IGHD) Type 3 without Any Immunodeficiency in Two Male Siblings. 大山宜秀,輿水隆,柴山啓子,尹煕玉,横田行史(児): Third Joint Meeting of the European Society for Pediatric Endocrinology and Lawson Wilkins Pediatric Endocrinology Society (89.10.30), Jerusalem, Hormone Research, 31(Suppl.1): 30, 1989.

2801. [学会] (一般講演) Ontogeny of Growth Hormone Releasing Hormone-Like Immunoreactivity (GHRH-LI) in the Hypothalamus, Pancreas and Gastrointestinal Tract in Rat. 大山宜秀,輿水隆,柴山啓子(児): Third Joint Meeting of the European Society for Pediatric Endocrinology and Lawson Wilkins Pediatric Endocrinology Society (89.11.01), Jerusalem, Hormone Research, 31(Suppl.1): 19, 1989.

2802. [学会] (一般講演) シトクロムP-450SCCによる3-one-4-enステロイドの代謝と反応中間体の分離. 菅野幸子,森島直彦(看護学部),堀江滋夫(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.03), 京都, 生化学, 61(9): 853, 1989.

2803. [学会] (一般講演) 中性乃至酸性の等電点をもつ副腎皮質P-450SCCの分子多様体の調製と性質. 堀江滋夫,渡辺刀美乃(生化),曽根由美子(生化系),菅野幸子(看護学部): 第62回日本生化学会大会 (89.11.03), 京都, 生化学, 61(9): 853, 1989.

2804. [学会] (一般講演) ステロイド産生細胞の酵素組織化学的染色と産生ステロイド量との関係. 池田穂高,堀江滋夫(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.04), 京都, 生化学, 61(9): 1043, 1989.

2805. [学会] (一般講演) IDDM腎症における心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)について. 的場清和,大和田里香,野々村弥生,守屋達美,河路晃一,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第32回日本腎臓学会総会 (89.11.09), 浜松.

2806. [学会] (一般講演) 糖尿病における微量アルブミン尿の経過について. 守屋達美,大和田里香,野々村弥生,河路晃一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第32回日本腎臓学会総会 (89.11.09), 浜松.

2807. [学会] (一般講演) 17,20-desmolase部分欠損症(Zachmann Type 1)と考えられる9歳男児例. 大山宜秀,柴山啓子,尹煕玉,横田行史,輿水隆(児): 第23回日本小児内分泌学会 (89.11.10), 甲府, 抄録集, p.45, 1989.

2808. [学会] (一般講演) 新生児ラットの消化管におけるSomatostatin遺伝子発現について. 柴山啓子,大山宜秀,尹煕玉,輿水隆(児): 第23回日本小児内分泌学会 (89.11.10), 甲府, 予稿集, p.96, 1989.

2809. [学会] (一般講演) ウナギの脳に存在する心房性ナトリウム利尿ペプチド様物質. 竹井祥郎(生理),西田早苗(生物物理系),高橋明義(分生),安藤研司(北里ラボ): 第14回日本比較内分泌学会大会 (89.11.18), 長崎, Proc. Jpn. Soc. Comp. Endocrinol., 4: 16,1989.

2810. [学会] (一般講演) RadioimmunoassayによるBNP様免疫活性の測定. 富樫和美,安藤研司(北里ラボ),竹井祥郎(生理),川上正也(分生),丸茂文昭(東京医歯大): 日本内分泌学会総会 (89.11.21), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 65(9): 903, 1989.

2811. [学会] (一般講演) 尿中Endothelinの存在. 安藤研司(北里ラボ),竹井祥郎(生理),川上正也(分生),平田結喜雄,丸茂文昭(東京医歯大): 日本内分泌学会総会 (89.11.21), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 65(9): 908, 1989.

2812. [学会] (一般講演) ヒト正常および癌甲状腺培養細胞におけるATP刺激時の細胞内カルシウム濃度の変化. 金森晃,阿部好文,矢島義忠(内),尾崎修武,伊藤國彦(伊藤病院): 第32回日本内分泌学会甲状腺分科会 (89.11.25), 群馬, 日本内分泌学会雑誌, 65(9): 1058, 1989.

2813. [学会] (一般講演) ホルモン産生甲状腺腫瘍の生化学的特性. 阿部好文,金森晃,高田一太郎,矢島義忠(内),尾崎修武,伊藤國彦(伊藤病院): 第32回日本内分泌学会甲状腺分科会 (89.11.25), 群馬, 日本内分泌学会雑誌, 65(9): 1079, 1989.

2814. [学会] (一般講演) Werner症候群に合併したNIDDMの1例. 金森晃,平井法博,大和田里香,野々村弥生,河路晃一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第27回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (90.01.27), 東京.

2815. [学会] (一般講演) 初期糖尿病性腎症に対するACE阻害剤の効果. 的場清和,平井法博,大和田里香,野々村弥生,守屋達美,河路晃一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第27回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (90.01.27), 東京.

2816. [学会] (一般講演) 先天性胆道閉鎖症と鑑別困難であった遷延黄疸を伴った先天性原発性副腎皮質機能低下症の1例. 柿沼由彦,横田行史,野渡正彦,小口弘毅,輿水隆(児): 第182回日本小児科学会神奈川県地方会 (90.02.17), 横浜.

2817. [学会] (一般講演) 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症を惹起する副甲状腺ホルモン関連蛋白(PTHrP)の検討(第2報). 市川恵子(総合臨床系),和田知益,西田陽,大谷英樹(臨病理): 第16回臨床化学検査に関する冬期セミナ− (90.03.06), 岩手.

2818. [研究会] (一般講演) 糖尿病における尿中微量アルブミン測定の臨床的意義. 守屋達美,大和田里香,野々村弥生,河路晃一,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第6回神奈川糖尿病研究会 (89.07.08), 横浜.

2819. [研究会] (一般講演) 骨代謝異常の評価. 桜井清子(放): 第151回東京医学物理研究会セミナー (89.09.11), 東京.

2820. [研究会] (一般講演) 皮質骨骨塩定量の重要性. 桜井清子,岩波茂,松林隆,草野正一(放),有富寛(整外),丸茂文昭(東京医科歯科大): 第8回骨と骨代謝研究会 (89.10.07), 大阪.

2821. [研究会] (一般講演) 甲状腺腫瘍の特性に関する免疫組織学的検討. 阿部好文,金森晃,矢島義忠(内),刑部東治(外),亀谷徹(病理),尾崎修武,伊藤國彦(伊藤病院): 第6回甲状腺病態生理研究会 (89.12.02), 東京.

2822. [研究会] (一般講演) 糖尿病性細小血管症に対する妊娠の影響(第4報). 大和田里香,守屋達美,河路晃一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第5回糖尿病と妊娠に関する研究会 (89.12.02), 東京.

2823. [研究会] (一般講演) 頭部外傷後、低血糖を契機に発見された汎下垂体機能低下症の1例. 野々村弥生,平井法博,守屋達美,河路晃一,金森晃,阿部好文,高田一太郎,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第17回内分泌代謝研究会 (89.12.09), 東京.

2824. [研究会] (一般講演) 血中,尿中Endothelin様免疫活性物質について. 安部京子,安藤研司,富樫和美,須藤芳正(北里ラボ),竹井祥郎(生理),川上正也(分生),江森俊明,七里真義,平田結喜緒,丸茂文昭(東医歯大): 第17回内分泌代謝研究会 (89.12.09), 東京, 抄録集, p.55〜57, 1989.

2825. [研究会] (一般講演) ウナギANP及びBNPの構造とその比活性. 竹井祥郎(生理),高橋明義(分生),渡辺卓司(ペプチド研): 第5回ANP研究会 (90.02.16), 大阪.

2826. [研究会] (一般講演) ウナギのナトリウム利尿ホルモンファミリ−. 竹井祥郎(生理),高橋明義(分生): 第3回ANP研究会 (90.02.23), 相模原, 北里医学, 20(2): 184, 1990.

2827. [研究会] (一般講演) Brain Natriuretic Peptide (BNP) のブタ心臓における存在様式. 富樫和美(北里ラボ),竹井祥郎(生理),川上正也(分生): 第3回ANP研究会 (90.02.23), 相模原, 北里医学, 20(2): 185, 1990.


<<207 老化>>

2828. [原著] 老人の嚥下. 古川浩三(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 Mook,12: 145〜150, 1989.

2829. [総説] 老人と副鼻腔炎. 八尾和雄(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 MOOK, 12: 258〜264, 1989.


<<208 外傷・中毒・事故>>

2830. [原著] Injuries from Falls in Patients with Mental Disorders. 若林伸之(整外),新藤正輝,大和田隆(救命): J. Jpn. Surg. Trauma, 3: 290〜294, 1989.

2831. [原著] Subacute Toxicity of (-)15-deoxyspergualin in BALB/c Mice. I. Hematological Study. 大久保充人(内),真崎義彦(実動系),井上慶一(内),原理恵子,平美也子(総合臨床系),鎌田貢寿(内),Zhang, H.(病理): J. Toxicol. Sci., 14: 237〜245, 1989.

2832. [原著] Subacute Toxicity of (-)15-deoxyspergualin in BALB/c Mice. U. Histological Study. Zhang, H.(病理), 井上慶一(内),真崎義彦(実動系),原理恵子(総合臨床系),鎌田貢寿,大久保充人(内): J. Toxicol. Sci., 14: 247〜255, 1989.

2833. [原著] 脾損傷の保存的治療におけるTranscatheter Arterial Embolizationの役割. 堀池重治,前川和彦,浅利靖,今井恒,杉本勝彦,新藤正輝,大和田隆(救命): 日本外傷研究会誌, 3(3): 276〜281, 1989.

2834. [短報] A Study of the Concentration of Mannitol for the Treatment of Raised ICP. 田中昌代,吉山友二(薬学部),近藤留美子,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),大和田隆(救命),高木宏(大和市立病院): Intracranial Pressure, 7(1): 469〜473, 1989.

2835. [症例報告] 強力ネオミノファーゲンCによるアナフィラキシーショックの1例. 白川教人(精),田辺聡,相馬一亥,木田光広,藤野宣之,今井恒,西山清敬,北井則夫,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会誌, 10(2): 246〜248, 1989.

2836. [症例報告] 外傷性小腸穿孔の小児例7例の検討. 藤野宣之,前川和彦,杉本勝彦,堀池重治,今井恒,大和田隆(救命): 腹部救急診療の進歩, 9(5): 801〜804, 1989.

2837. [総説] 骨盤骨折後の腰痛・坐骨神経痛の病態と治療法. 新藤正輝(救命),糸満盛憲(整外): Monthly Book, Orthopaedics, 15: 97〜106, 1989.

2838. [総説] 胸部外傷とその対応. 前川和彦(救命): 救急医学, 13(10): 1511〜1516, 1989.

2839. [総説] 外傷性肝破裂. 前川和彦,杉本勝彦(救命): 手術, 43(6): 763〜771, 1989.

2840. [総説] 多発外傷. 今井恒,前川和彦(救命): 診断と治療, 77(10): 2741〜2745, 1989.

2841. [学術書] (執筆) 現代病理学大系; エチルアルコ−ル, 10(C): 59〜69, 奥平雅彦(病理). 編集 飯島宗一(名大),石川栄世(慈大),影山圭三(慶大),島峰徹郎,森亘(東大)編, 中山書店, 東京, 89.09.30発行.

2842. [学術書] (執筆) 救急医療に必要な画像診断; 医原性合併症−大動脈バルーンパンピング、ペースメーカー電極, 3: p.270〜271, −アンギオ,Intervention中の事故, 3: p.272〜273, 草野正一(放). 編集 杉本侃(阪大)編, メジカルビュー社,東京, 89.05.20 発行.

2843. [教科書] (執筆) 図説、救急医学講座:外傷救急; 肝外傷, 5: 180〜185; 脾外傷, 5: 186〜191, 前川和彦(救命). 編集 杉本(阪大)編, メジカルビュー社, 東京, 89.06.10発行.

2844. [教科書] (執筆) 外科学; 顔面損傷,p.679〜683, 黄金井康巳(形外),前川和彦(救命). 編集 森昌造,玉熊正悦,小澤和恵,杉町圭蔵編, へるす出版, 東京, 89.04.01発行.

2845. [その他の著書(概説書)] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集; 第81回E問題, 既出問題第81回E-1, 関連問題第81回E-1, p.200〜201, 黄金井康巳(形外). 監修 佐藤登志郎(北里大)監修, 日本医事新報社, 東京, 89.11.15発行.

2846. [学会] (パネル) The Recent Advances in Chest Trauma Management. 前川和彦(救命): The 5th World Congress on Intensive & Critical Care Medicine (89.09.07), 京都.

2847. [学会] (パネル) Heart Stroke, 悪性高体温症、悪性症候群における治療法の選択. 広瀬隆一,堤邦彦,相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.07), 東京.

2848. [学会] (ワークショップ) 外傷性肝、脾、膵損傷の診断と治療. 前川和彦(救命): 第34回日本消化器外科学会総会 (89.07.14), 久留米.

2849. [学会] (一般講演) 高度の軟部組織損傷を伴う開放性骨盤骨折の検討. 新藤正輝,前川和彦,今井恒,大和田隆(救命),南沢育雄(整外): 第37回日本災害医学会総会 (89.10.18), 広島, 日災医誌, 38(3): 113, 1990.

2850. [学会] (一般講演) 急性中毒初期治療の問題点と新しい試み. 山田俊彦(救命),若林靖久(内),堤邦彦,田辺聡,広瀬隆一,平田光博(救命),近藤留美子(薬剤部),相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.06), 東京.

2851. [学会] (一般講演) 汎血球減少、Central Pontine Myelinolysis (CPM) の合併が疑われたジクワット中毒の1症例. 青木晴彦(整外),若林靖久,田辺聡,北井則夫,平田光博(内),中村恭子(薬剤部),山城一郎,西山直久,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.06), 東京.

2852. [学会] (一般講演) 四肢鈍的主要血管損傷の検討. 新藤正輝,前川和彦,杉本勝彦,今井恒,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.07), 東京.

2853. [学会] (一般講演) 熱傷による死亡症例の検討. 宇井謙二,宇津木龍一,武田啓,木股完仁(形外),前川和彦(救命),黄金井康巳,塩谷信幸(形外): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.07), 東京, 救急医学,p.806, 1989.

2854. [学会] (一般講演) 頚髄損傷における予後判定因子の検討. 山崎義矩,高野誠(脳外),遠藤昌孝,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第28回日本救急医学会関東地方会 (90.02.17), 東京.

2855. [学会] (一般講演) 多発外傷治療中に経験したWernicke脳症の1例. 武田啓(形外),北原孝雄,木股完仁,宇井謙二,堤邦彦,若林靖久,相馬一亥,宇津木龍一,大和田隆(救命): 第28回日本救急医学会関東地方会 (90.02.17), 東京.

2856. [研究会] (一般講演) 重症頭部外傷を伴う多発外傷の管理上の問題. 北原孝雄,浅利靖,高野隆明,平田光博,大和田隆(救命): 第3回日本外傷研究会 (89.06.01), 札幌.

2857. [研究会] (一般講演) 肝外傷の保存的治療の限界. 今井恒,浅利靖,杉本勝彦,新藤正輝,堀池重治,国分茂博,前川和彦,大和田隆(救命): 第3回日本外傷研究会 (89.06.01), 札幌.

2858. [研究会] (一般講演) 保存的治療を行った外傷性肝内血腫の予後に関する検討. 今井恒,浅利靖,杉本勝彦,新藤正輝,堀池重治,国分茂博,前川和彦,大和田隆(救命): 第3回日本外傷研究会 (89.06.01), 札幌.

2859. [研究会] (一般講演) 多発外傷後の多臓器不全−発症に関する因子の検討−. 杉本勝彦,浅利靖,西山直久,新藤正輝,大和田隆(救命): 第3回日本外傷研究会 (89.06.01), 札幌.

2860. [研究会] (一般講演) 精神疾患を伴った墜落外傷の検討. 若林伸之(整外),新藤正輝,堤邦彦,前川和彦,大和田隆(救命),金井徳彰,大野司(整外): 第3回日本外傷研究会 (89.06.01), 札幌.

2861. [研究会] (一般講演) 脾損傷の保存的治療におけるTAEの役割. 堀池重治,前川和彦,浅利靖,今井恒,杉本勝彦,新藤正輝,大和田隆(救命): 第3回日本外傷研究会 (89.06.01), 札幌, 日本外傷研究会誌, 3(1): 83, 1989.

2862. [研究会] (一般講演) 開放性骨盤骨折の検討. 新藤正輝,前川和彦,杉本勝彦,大和田隆(救命),若林伸之,南沢育雄(整外): 第3回日本外傷研究会 (89.06.02), 札幌.

2863. [研究会] (一般講演) 外傷患者におけるウリナスタチンの投与の意義. 浅利靖,前川和彦,今井恒,杉本勝彦,新藤正輝,大和田隆(救命): 第3回日本外傷研究会 (89.06.02), 札幌.

2864. [研究会] (一般講演) 骨折に合併した膝窩動脈損傷の検討. 新藤正輝,今井恒,前川和彦(救命): 第3回Limb Salvage 研究会 (89.07.07), 旭川.

2865. [研究会] (一般講演) 骨折に合併した下肢主幹動脈損傷の診断、治療上の問題点. 新藤正輝,前川和彦,杉本勝彦,今井恒,大和田隆(救命),大野司,若林伸之(整外): 第15回日本骨折研究会 (89.07.14), 岡山.

2866. [研究会] (一般講演) 三次救急医療施設における急性中毒の検討−情報提供の立場から−. 近藤留美子,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),広瀬隆一,大和田隆(救命),西川隆(臨病理): 第11回日本中毒研究会 (89.07.21), 大阪.

2867. [研究会] (一般講演) 炭酸水素ナトリウム投与により,一時的に症状の軽快をみたが,その後肺水腫により死亡したAspirin中毒の1男児例. 細田のぞみ(児),藤野宣之,若林靖久,今井恒,新藤正輝,杉本勝彦,相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 第11回日本中毒研究会 (89.07.26), 大阪, 抄録集, p.34, 1989.

2868. [研究会] (一般講演) 小児腹部鈍的外傷の画像診断. 小林茂樹,堀池重治,西巻博,西山正吾,谷田理一郎,横山久朗,松林隆(放): 日本小児放射線研究会 (89.09.27), 名古屋, 日本小児放射線研究会抄録集, p.26, 1989.

2869. [研究会] (一般講演) β遮断剤過量服用により一過性の洞房ブロックをみた慢性腎不全、低レニン低アルドステロン症の1例. 関山菜穂(内),西山直久,中神源一,若林靖久,相馬一亥,大和田隆(救命): 第4回日本中毒研究会東日本部会 (90.01.20), 東京.

2870. [研究会] (一般講演) アセタケ属クロトマヤダケ中毒の2症例. 田中朋子,平田光博,堤邦彦(救命),近藤留美子(薬剤部),若林靖久,相馬一亥,大和田隆(救命): 第4回日本中毒研究会東日本部会 (90.01.20), 東京.


<<209 一般症候群>>

2871. [原著] 扁桃周囲膿瘍の臨床的検討. 松岡明裕,設楽哲也,八尾和雄,原田宏一,八木一記,稲木勝英(耳鼻): 日本扁桃研究会会誌,28: 162〜168, 1989.

2872. [症例報告] GVHDの1例. 山本憲一(整外),杉本勝彦,広瀬隆一,相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会誌, 10(1): 286〜287, 1989.

2873. [教科書] (執筆) 外科学; 急性腹症, p.590〜598, 比企能樹,塚本秀人(外). 編集 森昌造(東北大),他編, へるす出版, 東京, 89.04.01発行.

2874. [その他の著書(概説書)] (執筆) 耳鼻咽喉科・頭頚部外科Mook, No.12.老年者と耳鼻咽喉科; 老人の前庭機能,機能検査成績,年齢と正常値,p.56〜64, 徳増厚二(耳鼻). 編集 野村恭也(東大),本庄厳(京大),設楽哲也(北里大)編, 金原出版, 東京, 89.04.01発行.

2875. [その他の著書(概説書)] (執筆) 老年病診療 Questions & Answers 第11号; 動揺病(乗り物酔い),11: 1557の6〜1557の7, 徳増厚二(耳鼻). 編集 永野允,他編, 六法出版, 名古屋, 89.04.00発行.

2876. [学会] (一般講演) Pseudoflutter-Like Oscillation. 徳増厚二,吉尾知(耳鼻): W. Symposium fur Neuro-Otologie. (89.10.27), Berlin.

2877. [研究会] (教育講演) 開業医に必要な耳鼻咽喉科学の知識−高齢化社会を迎えて. 徳増厚二(耳鼻): 第218回大和臨床医学談話会研修会 (89.05.24), 大和, 1989.

2878. [研究会] (シンポジウム) めまい疾患の診断のおとしあな. 徳増厚二(耳鼻): 第33回相武耳ビ科研究会 (89.07.15), 相模原.

2879. [研究会] (一般講演) 産科的DICと外科的DIC. 今井恒,前川和彦(救命): 第4回救命救急医療研究会 (89.10.21), 東京.


<<210 一般治療学及び薬効(麻酔を含む)>>

2880. [原著] Chronopharmacokinetic Study of Valproic Acid in Man; Comparison of Oral and Rectal Administration. 吉山友二(薬学部),中野重行,小川暢也(愛媛大): J. Clin. Pharmacol., 29(11): 1048〜1052, 1989.

2881. [原著] 形状記憶合金の補装具への応用. 前田真治(内): 金属, p.22〜26, 1990.

2882. [原著] 無痛分娩の現状. 西島正博,新井正夫(産婦): 産婦人科治療, 58(6): 637〜641, 1989.

2883. [原著] 前底神経炎−診断の要点と風疹ウィルス感染との関連性について−. 藤野明人,徳増厚二,岡本牧人,竹内義夫,八木一記,五島一吉,屋宜晃,原田宏一,古沢慎一(耳鼻),伊保清子,浅野和江,鵜飼淳子,鈴木淳子,高宮春男 (臨検): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科,61(3): 173〜179, 1989.

2884. [原著] めまい平衡障害のリハビリテ−ション. 徳増厚二(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科,61(4): 257〜264, 1989.

2885. [原著] 大学病院における妊婦検診のルチン検査. 島田信宏(産婦): 周産期医学, 20(1): 25〜29, 1990.

2886. [原著] バルプロ酸ナトリウム坐剤の薬剤学的研究. 中村恭子(薬剤部),吉山友二(薬学部),小林輝明,朝長文弥(薬剤部): 病院薬学,15(3): 175〜180, 1989.

2887. [原著] 重症妊娠中毒症における帝王切開麻酔法の検討. 谷昭博,野田芳人,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏,新井正夫(産婦),竹中智昭,田中亮(麻): 分娩と麻酔, (65ー66): 25〜32, 1989.

2888. [原著] Methotrexate軟膏の安定性およびラットにおける経皮吸収. 石射正英,尾鳥勝也(薬剤部),吉山友二(薬学部),平山武司,朝長文弥(薬剤),西山茂夫(皮): 北里医学,19(6): 604〜611, 1989.

2889. [短報] Phase 1 Study実施上の諸問題. 柴田久雄(内): ファルマシア, 24: 28〜29, 1988.

2890. [研究報告(文部省)] 耳性めまいに対する反復内耳刺激治療効果の基礎的研究. 徳増厚二(耳鼻): 昭和63年度科学研究費補助金(一般研究C)研究報告書,p.1〜24, 1989.

2891. [研究報告(厚生省)] 薬物動態試験ガイドライン(案). 粟津荘司(東京薬科大),三浦寿男(児),他: 薬物動態試験(吸収・分布・代謝・排泄)に関するガイドライン研究班報告書,1989.

2892. [症例報告] U度熱傷創に対するリゾチーム軟膏の臨床効果. 川上重彦,塚田貞夫(金沢医大),難波雄哉,野田好矩(長崎大),荻野洋一,熊谷憲夫(聖マリアンナ医大),塩谷信幸,宇井謙二(形外),井上晋文,森口 隆彦(川崎医大): 日本熱傷学会会誌, 15(2): 109〜117, 1989.

2893. [臨床治験] バクスターインフューザーによる5Fuおよびレペタンの持続投与. 大谷剛正,比企能樹(外),島田慈彦(薬剤部): Jpn. J. Parenter. Enter. Nutr., 11(4): 425〜432, 1989.

2894. [臨床治験] 熱傷創に対するリゾチーム軟膏の臨床効果. 川上重彦,塚田貞夫(金沢医大),難波雄哉,野田好矩(長崎大),荻野洋一,熊谷憲夫(聖マリアンナ医大),塩谷信幸,宇井謙二(形外),森口隆彦(川崎 医大): 最新医学, 44: 1962〜1964, 1989.

2895. [臨床治験] ループス腎炎に対するミゾリビンの臨床評価(1)−プラセボを対照とした多施設単盲検比較試験−. 本間光夫,秋月正夫,横張龍一,橋本博史,柏崎禎夫,近藤啓文(内),入交昭一郎: 臨床医薬, 5: 795〜824, 1989.

2896. [臨床治験] ループス腎炎に対するミゾリビンの臨床評価(2)−単盲検比較試験からの継続投与−. 本間光夫,近藤啓文(内),秋月正夫,横張龍一,橋本博史,柏崎禎夫(内),入交昭一郎: 臨床医薬, 5: 825〜835, 1989.

2897. [臨床治験] Second Interium Report of the Nation-Wide Collaborative Study on the Long-term Effects of Bromocriptine in the Treatment of Parkinsonian Patients. Nakanishi, T.(筑波大),Iwata, M.(東大),Goto, I.(九大),Kanazawa, I.(筑波大),古和久幸(内),Mannen, T.(東大),Mizuno, Y.(順天堂大),Nishitani, H.: 臨床医薬, 5: 825〜835, 1989.

2898. [総説] 臨床工学技士の業務範囲と受け入れ. 渡辺敏(麻): Clinical Engineering, 1(1): 44〜48, 1990.

2899. [総説] 人工呼吸器の集中管理と保守点検. 広瀬稔,楠宣世(MEセンター): Clinical Engineering, 1(1): 57〜61, 1990.

2900. [総説] 人工呼吸療法はどのような状況で必要か. 渡辺敏(麻): Clinical Engineering, 1(2): 94〜98, 1990.

2901. [総説] プロスタグランジン代謝の基礎知識と臨床検査への応用. 鹿取信(薬理): Laboratory and Clinical Practice, 7(2): 29〜40, 1989.

2902. [総説] 向精神薬の有効な使い方とその経済性−とくに抗不安薬について−. 三浦貞則(精): Prog. Med., 10(2): 269〜274, 1990.

2903. [総説] 手術室における災害対策A手術室における設備・機器の安全対策. 渡辺敏(麻): オペナーシング, 4(8): 17〜22, 1989.

2904. [総説] おぼえておこう!ME機器(1). 渡辺敏(麻),飯島光雄,池田光喜,稲毛博,大広和明,佐藤正憲,野村智之,本多隆,小林馨,白井敦史(MEセンター): クリニカルスタディ, 10(11特): 1〜16, 1989.

2905. [総説] おぼえておこう!ME機器(2). 渡辺敏(麻),池田光喜,楠宣世,西川温,野村智之,広瀬稔,瓜生伸一 ,北原啓(MEセンター): クリニカルスタディ, 10(12)特別付録: 1〜16, 1989.

2906. [総説] ME 機器の中央管理. 渡辺敏(麻): 医科器械学, 60(3): 116〜120, 1990.

2907. [総説] 睡眠薬の臨床評価ガイドラインについて. 三浦貞則(精): 医薬品研究, 21(1): 1〜5, 1990.

2908. [総説] もっと知りたいME機器 (3)人工呼吸器 Part l 準備から装着まで. 瓜生伸一,山田谷節子,野口佳代子,渡辺敏(麻): 月刊ナ−シング, 9(8): 894〜899, 1989.

2909. [総説] もっと知りたいME機器C人工呼吸器 Part 2 装着中の管理とケア. 瓜生伸一,山田谷節子,野口佳代子,渡辺敏(麻): 月刊ナ−シング, 9(9): 1032〜1037, 1989.

2910. [総説] 検査ファイル 光電式脈波検査. 棟方伸一(臨検),渡辺敏(麻): 検査と技術, 17(13): 1624〜1625, 1989.

2911. [総説] 在宅人工呼吸療法. 渡辺敏(麻): 現代医療, 22(3): 807〜814, 1990.

2912. [総説] 臨床工学技士−その業務と今後の期待−. 渡辺敏(麻): 神奈川医学会雑誌, 17(1): 14〜19, 1990.

2913. [総説] 妊娠中毒症−純粋型−. 島田信宏(産婦): 腎と透析, 1989年臨時増刊号「腎疾患の薬物療法」: 195〜196, 1989.

2914. [総説] 医療施設における臨床工学部門の重要性. 渡辺敏(麻): 体外循環技術, 15(2): 14〜19, 1989.

2915. [総説] プロスタグランジン−その生体内における位置づけと全体像. 鹿取信(薬理): 日本薬理学雑誌, 94: 159〜171, 1989.

2916. [総説] 催眠鎮静剤、抗てんかん剤. 三浦貞則(精),竹内尚子(薬剤部): 臨床と薬物治療(増刊号), 8(7): 782〜789, 1989.

2917. [講座] めまいのリハビリテ−ション. 徳増厚二(耳鼻): カレントテラピ−, 7(12): 80〜84, 1989.

2918. [講座] 特集;耳鼻咽喉・頭頚部領域の痛み−その機序と臨床−痛みと外来処置. 八尾和雄,設楽哲也(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 61(10): 953〜955, 1989.

2919. [講座] 帝王切開. 島田信宏,吉原一(産婦): 周産期医学, 20(3): 415〜418, 1990.

2920. [座談会] "抗痴呆薬"の現状と将来を探る. 大友英一(浴風園),荒木五郎(東海大),三浦貞則(精),清水信(慈恵医大): Clinical Neuroscience, 7(11): 1226〜1239, 1989.

2921. [学術書] (執筆) 保守管理と安全対策; 麻酔・集中治療とモニタリング, p.473〜483, 渡辺敏(麻). 編集 奥秋晟,池田和之,豊岡秀訓,編, 克誠堂出版, 東京,89.10.11発行.

2922. [学術書] (執筆) 医療用機器の原理と実際; B.測定用ME機器, C.治療用ME機器, 系統看護学講座 専門3, 基礎看護学 3. p.251〜266, 渡辺敏(麻). 医学書院, 東京, 90.01.06発行.

2923. [その他の著書] (執筆) 今日の治療指針; 腎移植患者のケア, 32: 805〜806, 遠藤忠雄(泌). 編集 稲垣義明(千葉大)他編, 監修 日野原重明(聖路加国際病院)他監修, 医学書院, 東京,90.02.15発行.

2924. [その他の著書(概説書)] (執筆) 今日の治療指針; 内科疾患による精神障害, p.261〜262, 三浦貞則(精). 編集 稲垣義明(千葉大),多賀須幸男(関東逓信病院),尾形悦郎(東大)編, 医学書院, 東京, 90.02.15発行.

2925. [視聴覚教材] (編集) TURPのコツとイメージ(video tape), 横山英二,内田豊昭,藤野淡人,小柴健(泌). 編集 横山英二 編, 監修 小柴健監修, 89.09.00発行.

2926. [視聴覚教材] (監修) めまいの運動療法. 監修 藤野明人(耳鼻)監修, Eisai学術ビデオ, 90.03.00発行.

2927. [学会] (特別講演) 医療機器の保守管理について−北里大学病院での実例−. 渡辺敏(麻): 医療機器懇話会(財団法人 医療機器センタ−) (89.09.25), 東京.

2928. [学会] (教育講演) 疼痛治療における最近の話題. 渡辺敏(麻): 第27回北里大学医学部整形外科月例カンファレンス (90.02.19), 相模原.

2929. [学会] (シンポジウム) 業務範囲とその問題点. 渡辺敏(麻): 第28回日本ME学会大会夜の談話会「臨床工学技士の諸問題」. (89.05.23.), 大阪.

2930. [学会] (シンポジウム) 北里大学東病院総合相談部訪問医療システムについて. 斉藤豊和(内),遠藤信子,堀越由紀子,高嶋加代子,山本訓子,田宮真子(看護部),長沢弘,瓜生伸一(MEセンター),福山嘉鋼(精),野口球子(栄養 科),石射正英(薬剤部),加藤昭(医療科),細田稔,前田真治,古和久幸(内): 第12回プライマリ−・ケア学会「在宅ケア」. (89.06.00), プライマリ−・ケア, 12: 405〜410, 1989.

2931. [学会] (シンポジウム) 臨床実習病院の受入体制業務. 渡辺敏(麻): 第4回日本ME学会秋季大会「臨床工学技士の養成をめぐつて」. (89.10.17), 札幌, 医用電子と生体工学, 27(Suppl. 2): 24, 1989.

2932. [学会] (パネル) 在宅呼吸療法の現状と将来. 渡辺敏(麻): 第5回エル・エス・ティ学会大会「生命維持管理装置」. (89.11.25), 東京.

2933. [学会] (一般講演) Study of cardiac arrest associated with spinal anesthesia. 五十畑仁,田中亮(麻): 第9回世界麻酔学会 (88.05.22〜28), Washington D.C., U.S.A.

2934. [学会] (一般講演) Study on mechanical pressure produced by caryngscopy. 田中亮,王天元(麻),橋本成広(生体工): 第9回世界麻酔学会 (88.05.22〜28), Washington D.C., U.S.A.

2935. [学会] (一般講演) 各種抗生剤の蛋白結合率の検討(第1報)−健常人および腎障害患者におけるセファロチンの蛋白結合率−. 本橋茂,黒山政一,橋本彰子,村瀬勢津子,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),熊野和夫(泌): 日本薬学会第109年会 (89.04.05), 名古屋, 講演要旨集11,p.30, 1989.

2936. [学会] (一般講演) バルプロ酸の時間薬物動態学的研究:マウスにおける経口及び直腸内投与時の比較検討. 吉山友二(薬学部),朝長文弥(薬剤部),中野重行,小川暢也(愛媛大): 日本薬学会第109年会 (89.04.05), 名古屋, 講演要旨集11,p.42, 1989.

2937. [学会] (一般講演) 小児慢性腎不全患者の腎移植術の麻酔管理. 村上雅子,野見山・,五味理恵,桜本千恵子,白井正俊,岡田昌平,渡辺敏,田中亮(麻): 第36回日本麻酔学会総会 (89.04.13), 山口, 麻酔, 38(9,Suppl.): S223, 1989.

2938. [学会] (一般講演) 医療ガスの安全−医療ガス安全・管理委員会の設立とその問題点. 渡辺敏(麻): 第36回日本麻酔学会総会、 (89.04.14), 山口, 麻酔, 38(9,Suppl.): S.393, 1989.

2939. [学会] (一般講演) 指定発言−低血圧麻酔は有用か. 渡辺敏(麻): 第36回日本麻酔学会総会 (89.04.15), 山口.

2940. [学会] (一般講演) Pharmacokinetics of Amphotericin B−Analysis of Its Elimination Process−. 村瀬勢津子,望月真弓,黒山政一,青木路恵(薬剤部),吉山友二(薬学部),朝長文弥(薬剤部),久米光(病理): Pan Pacific X (89.05.07〜11), ソウル, Abstract, p.324, 1989.

2941. [学会] (一般講演) アムホテリシンBの体内動態−主に排泄について−. 青木路恵,村瀬勢津子,黒山政一,望月真弓,朝長文弥(薬剤部),吉山友二(薬学部),久米光(病理): 第4回薬物モニタリング全国交流会,第6回日本TDM学術集会 (89.05.12〜13), 東京, TDM研究, 6(1): 33〜37, 1989.

2942. [学会] (一般講演) Chronopharmacokinetic Study of Valproic Acid in Man: Comparison of Oral and Rectal Administration. 吉山友二(薬学部),朝長文弥(薬剤部),中野重行,小川暢也(愛媛大): W World Conference on Clinical Pharmacology & Therapeutics (89.07.25), 西ドイツ, Eur. J. Clin. Pharmacol., 36(Suppl.): A178, 1989.

2943. [学会] (一般講演) アムホテリシンBの大量内服における体内動態. 村瀬勢津子,望月真弓,黒山政一,青木路恵,朝長文弥(薬剤部),吉山友二(薬学部),久米光,奥平雅彦(病理): 第33回日本医真菌学会総会 (89.09.22〜23), 沖縄, 抄録集, p.130, 1989.

2944. [学会] (一般講演) バルプロ酸薬物動態に及ぼす投与のタイミング:経口及び直腸内投与における食事条件の影響. 吉山友二(薬学部),小林輝明,朝長文弥(薬剤部),八代公夫(児): 日本薬剤学会第5年会 (89.09.28), 東京, 講演要旨集, p.138〜139, 1989.

2945. [学会] (一般講演) 高齢者におけるTriazolam連用時の血中濃度に関する研究. 寺田久子(東京武蔵野病院),神庭重信(慶大),西川隆(臨病理): 総合病院精神医学会 (89.10.00).

2946. [学会] (一般講演) TURPのコツとイメージ. 横山英二,内田豊昭,藤野淡人,小柴健(泌): 第54回日本泌尿器科学会東部総会 (89.10.06), 東京.

2947. [学会] (一般講演) ベンゾジアゼピン系薬物のラジオリセプタ−アッセイ:精神科および救急センタ−患者への応用. 西川隆,大谷英樹(臨病理),川口毅(精),近藤留美子(薬剤部): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.06), 京都, 臨床病理, 37(補): 193, 1989.

2948. [学会] (一般講演) 癌終末期疼痛管理における intrapleural block の経験. 入倉弘子,野見山・,竹中智昭,的野博,渡辺敏,田中亮(麻): 第29回日本麻酔学会関東甲信越地方会 (89.10.07), 東京.

2949. [学会] (一般講演) Gentamicin腎毒性に及ぼす投与時刻の影響. 吉山友二(薬学部),小林輝明,朝長文弥(薬剤部),中野重行(愛媛大): 第81回日本薬理学会関東部会 (89.10.14), 東京, 日本薬理学会誌, 94(6): 106, 1989.

2950. [学会] (一般講演) PGE1を用いた重症妊娠中毒症の帝切麻酔管理. 立岡和弘,植野信水,庄田隆,野田芳人,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦),野見山・,田中亮(麻): 第78回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (89.10.29), 大宮.

2951. [学会] (一般講演) Intra-pleural blockによる疼痛管理の研究. 入倉弘子,的野博,野見山・,渡辺敏,田中亮,五十畑仁(麻): 第9回日本臨床麻酔学会総会 (89.11.02) 東京, 日本臨床麻酔学会誌, 9(6): 157, 1989.

2952. [学会] (一般講演) 病院電気設備の安全性をめざして. 渡辺敏(麻),冨田正美,北見佳房(病院): 第18回日本電気設備学会 (89.11.09) 東京, 病院設備, 32(2): 171〜172, 1990.

2953. [学会] (一般講演) 抗生物質併用療法の時間薬理学的研究. 吉山友二(薬学部),小林輝明,朝長文弥(薬剤部),中野重行(愛媛大): 第33回日本薬学会関東支部大会 (89.11.11), 東京, 講演要旨集, p.55, 1989.

2954. [学会] (一般講演) バルプロ酸の時間薬物動態学的研究;マウス及びヒトにおける経口及び直腸内投与の比較検討. 吉山友二(薬学部),朝長文弥(薬剤部),中野重行,大戸茂弘,小川暢也(愛媛大): 第10回日本臨床薬理学会 (89.11.15), 東京, 臨床薬理, 21(1): 69〜70, 1990.

2955. [学会] (一般講演) 看護におけるVAS使用による痛みの評価. 岡崎寿美子,堀良子(看護学部),渡辺敏(麻),小島恭子,古庄冨美子(看護学部): 第11回日本疼痛学会 (89.12.02), 大阪.

2956. [学会] (一般講演) 上顎癌治療における放射線照射の意義. 高橋廣臣(耳鼻),松林隆(放): 日本放射線腫瘍学会 (90.01.14), 東京, 日本放射線腫瘍学会誌Jastro予稿集,1989.

2957. [学会] (一般講演) 急性一側性前庭障害の運動療法. 新井基洋,長沼英明,中山明仁,野口浩男,新田健太郎,星野功,藤野明人,吉尾知,徳増厚二(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第71回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会 (90.03.03), 藤沢.

2958. [学会] (一般講演) 在宅療養のための気管吸引カテ−テル−簡易消毒・保存容器の試作とその応用−. 細田稔(内),瓜生伸一(MEセンター),渡辺敏(麻): 第64回日本医科器械学会大会 (90.05.28), 大阪, 医科器械学, 59(Suppl.): 59〜60, 1990.

2959. [学会] (一般講演) ME機器トラブルマニュアルのパソコン利用. 白井敦史,小林馨,粟野学,瓜生伸一(MEセンター),渡辺敏(麻),稲毛博,池田光喜,広瀬稔,荒井文夫(MEセンター): 第64回日本医科器械学会大会 (90.05.28), 大阪, 医科器械学, 59(Suppl.): 77〜78, 1990.

2960. [学会] (一般講演) 電源設備の安全性. 飯島光雄,西川温,楠宣世,大広和明,稲毛博,広瀬稔,本多隆,池田光喜,野村智之,佐藤正憲,北原啓,横溝克己(MEセンター),渡辺敏(麻): 第64回日本医科器械学会大会 (90.05.28), 大阪, 医科器械学, 59(Suppl.): 81〜82, 1990.

2961. [学会] (一般講演) 臨床工学技士の誕生−臨床の現場での役割と問題点−. 渡辺敏(麻): 第68回北里医学会例会 (90.05.30), 相模原, 北里医学, 21: 1990.

2962. [学会] (一般講演) 循環障害を認めずに代謝性アシド−シスを呈した3症例. 荒川真之,五味理恵,桜本千恵子,浜崎高裕,岡田昌平,野見山・,渡辺敏(麻): 第28回日本麻酔学会関東甲信越地方会 (88.09.09), 東京.

2963. [学会] (一般講演) 術中ATV製剤の使用経験. 菅谷和江,浅井瑞枝,竹中智昭,五十畑仁,村上雅子,野見山・(麻): 第28回日本麻酔学会関東甲信越地方会 (88.09.09), 東京.

2964. [学会] (一般講演) 思春期患者の脊椎麻酔死の検討. 田中亮,浅井瑞枝,Jin, H.Y.,五十畑仁,野見山・(麻): 第7回日本蘇生医学会 (88.09.23〜24), 岡山.

2965. [学会] (一般講演) Circulatory responses to epidural blockade of treated and untreated hypertensive patients. Jin, H.Y.,田中亮(麻): 第14回北里医学会総会 (88.10.01), 相模原.

2966. [学会] (一般講演) 周術期におけるPGE 1の血管拡張療法薬としての意義. 野見山・,田中亮(麻): 第36回日本麻酔学会総会 (89.04.13〜15), 山口.

2967. [学会] (一般講演) 腹部大動脈瘤手術におけるPhentolamine併用硬膜外麻酔法の循環動態に与える効果. 野見山・,村上雅子,五十畑仁,竹中智昭,浜崎高裕,小沢章子,的野博,矢田浩,新井正康,藤原桂子,田中亮(麻): 第36回日本麻酔学会総会 (89.04.13〜15), 山口, 麻酔, 38(9,Suppl.): S271, 1989.

2968. [研究会] (特別講演) トランキライザーの使い方. 三浦貞則(精): 第108回大曲市医師会集談会 (88.10.07), 大曲.

2969. [研究会] (特別講演) 分娩開始時のチェック・ポイント. 島田信宏(産婦): 東北周産期セミナー (89.07.08), 仙台.

2970. [研究会] (特別講演) 尿失禁の手術−Gittes変法による膀胱頚部吊り上げ術. 横山英二(泌): セミナー「尿失禁の手術」 (90.02.17), 京都.

2971. [研究会] (教育講演) ユ−ザサイドから見たメンテナンスサ−ビスのあり方. 瓜生伸一(MEセンター): (株)アトム第11回メンテナンス講習会 (89.08.30), 浦和.

2972. [研究会] (教育講演) TURP. 横山英二(泌): 第5回泌尿器科手術手技関東地区研究会 (89.09.09), 東京.

2973. [研究会] (教育講演) TURPの手術手技について. 横山英二(泌): 中国山西省Endourologyセミナー (89.11.02〜04), 中国・山西省、太原市.

2974. [研究会] (教育講演) 麻酔科領域の安全性をめざして. 渡辺敏(麻): 横浜市立大学医学部麻酔科セミナ−. (89.12.02), 横浜.

2975. [研究会] (シンポジウム) 臨床検査の手順. 高橋廣臣(耳鼻): 第33回相武耳ビ科研究会 (89.07.15), 相模原.

2976. [研究会] (ワ−クショップ) 両側迷路機能高度低下例のリハビリテ−ション. 松岡明裕,藤野明人,徳増厚二(耳鼻): 第2回平衡訓練基準化案作製のためのワ−クショップ (89.08.19), 広島, Equilibrium Res., 49(1): 160〜167, 1990.

2977. [研究会] (一般講演) Foxic megacolonを呈した潰瘍性大腸炎2症例の麻酔経験. 小沢章子,野見山・,浜崎高裕,五味理恵,村上雅子,渡辺敏(麻),高橋俊毅,大谷剛正(外): 第11回日本腹部救急診療研究会 (88.00.00), 仙台.

2978. [研究会] (一般講演) ユ−ザから見たテレメ−タ利用の現状と問題点. 広瀬稔(MEセンター): 臨床ME安全研究会 (89.04.15), 東京.

2979. [研究会] (一般講演) 病院ME部門をどう作るか北里大学病院の場合. 渡辺敏(麻): 日本ME学会専門別研究会 臨床ME安全研究会 (89.05.26), 大阪.

2980. [研究会] (一般講演) PGE1を用いた重症妊娠中毒症の帝切麻酔管理. 立岡和弘,植野信水,庄田隆,岩谷弘明,野田芳人,根本荘一,吉原一,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦): 第78回無痛分娩研究会 (89.06.24), 東京.

2981. [研究会] (一般講演) 空気加圧治療中、空気圧縮機が故障し緊急遮断装置が作動した1例. 本多隆,池田光喜,西川温(MEセンター),渡辺敏(麻),新藤正輝,大和田隆(救命): 日本高気圧環境医学会第1回技術部会研究発表会 (89.11.10), 米子.

2982. [研究会] (一般講演) 血液加温器の異常発熱. 広瀬稔(MEセンター),渡辺敏(麻): 日本ME学会専門別研究会・臨床ME安全研究会 (90.02.17), 東京.

2983. [研究会] (一般講演) Clinical Studies of Synthetic Wound Dressing with Drug Delivery Capacity. 宇井謙二,宇津木龍一(形外),前川和彦(救命),塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第4回マウイ熱傷会議 (90.02.19), ハワイ, Abstract, p.46, 1989.

2984. [研究会] (公開講座) めまい患者の診療と看護のポイント. 徳増厚二(耳鼻): 第14回耳鼻咽喉科セミナ−・耳鼻咽喉科看護のポイント(プランナ−)発表年月日¥(89.09.09), 東京, メデイカ出版:第14回耳鼻咽喉科セミナ−,p.13〜19, 1989.

2985. [研究会] (公開講座) 妊婦診察での新しいチェック・ポイント1989年版. 島田信宏(産婦): 最新周産期医学セミナー「初診から分娩まで」その11 (89.07.22〜23), 東京.


<<211 その他>>

2986. [原著] 複合培養皮膚の作製. 大竹尚之,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 日本形成外科学会会誌, 10(3): 165〜180, 1990.

2987. [短報] 教室だより−北里大学医学部泌尿器科−. 横山英二(泌): 臨床泌尿器科, 43: 914,l989.

2988. [総説] 救命救急の実際、救急検査とその評価−緊急超音波検査−. 大宮東生(外),国分茂博(内),吉田宗紀(外): 診断と治療, 77(10): 2386〜2390, 1989.

2989. [講座] 話題の検査法−人間ドック−. 大谷英樹(臨病理): 総合臨床,38(増): 1652〜1653, 1989.

2990. [学術書] (執筆) 人工臓器の現状; 人工皮膚, 7: 16〜22, 黒柳能光(生体工). 材料技術協会,89.04.00発行.

2991. [学術書] (執筆) 生体・医用エラストマ−; 人工皮膚, p.394〜400, 黒柳能光(生体工). 日本ゴム協会,89.06.05発行.

2992. [学術書] (執筆) 病態生理; 抗菌剤徐放性創傷被覆剤の開発, 8: 589〜594, 黒柳能光(生体工). 永井書店,89.07.01発行.

2993. [学術書] (執筆) 高分子と医療; 人工皮膚, p.320〜349, 黒柳能光(生体工). 三田出版会,89.08.10発行.

2994. [学術書] (執筆) 臨床雑誌・外科; 新しい人工皮膚, 51: 929〜935, 黒柳能光(生体工). 南江堂,89.09.01発行.

2995. [学術書] (執筆) 高分子新素材便覧; 形成用材料, p.318〜322, 黒柳能光(生体工). 編集 高分子学会編, 丸善,89.09.20発行.

2996. [学術書] (執筆) 繊維と工業; 医療用ディスポ−ザブル不織布の動向, 45: 394〜397, 黒柳能光(生体工). 繊維学会,89.09.00発行.

2997. [学術書] (執筆) 89最新技術100選・トリガ−; 細菌の増殖を抑える創傷被覆材, p.96〜97, 黒柳能光(生体工). 日刊工業新聞社,89.00.00発行.

2998. [学術書] (執筆) 外科診療; 新しい創傷被覆材と培養皮膚, 31: 1315〜1326, 黒柳能光(生体工). 診断と治療社,89.09.00発行.

2999. [学術書] (執筆) VDT医学マニュアル; 産婦人科における問題点, p.93〜94, 新井正夫,石川雅一(産婦). 編集 石川哲(北里大)編, 全日本病院出版会, 東京, 89.09.15 発行.

3000. [その他の著書] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集; 根本・(外). 監修 佐藤登志郎(北里大)監修, 日本医事新報社, 東京, 89.11.15発行.

3001. [その他の著書(概説書)] (執筆) 薬剤による副作用と中毒; 聴器症状,p.132〜141, 徳増厚二(耳鼻). 編集 清水直容(帝京大)編, ミクス, 東京, 89.07.25発行.

3002. [その他の著書(問題集)] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集, 渡辺登(児). 日本医事新報社, 東京, 89.11.15発行.

3003. [その他の著書(問題集)] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集, 飯高喜久雄(児). 監修 佐藤登志郎(北里大)監修, 日本医事新報社, 東京, 89.11.15発行.

3004. [翻訳] (執筆) ノ−ベル賞講演, 5)生理学・医学; 呼吸の酸素伝達酵素 (O.H.ワ−ルブルク), 5: 39〜59, 堀江滋夫(生化). 編集 川喜田愛郎(千葉大),渡辺格,塚田裕三(慶応大)編, 講談社, 東京, 85.06.10発行.

3005. [学会] (シンポジウム) コラ−ゲンをマトリックスとした複合培養表皮の作製. 黒柳能光(生体工),大竹尚之,中北信昭,塩谷信幸(形外): 第18回医用高分子シンポジウム (89.06.05), 東京.

3006. [学会] (シンポジウム) Development of Synthetic Dressing with Drug Delivery Capacity. 黒柳能光(生体工): 繊維学会宮崎基金国際シンポジウム (89.06.28), 東京, 予稿集, p.A27〜A34, 1989.

3007. [学会] (シンポジウム) ヘパリン徐放性癒着防止膜に関する研究. 川井忠智,宮田暉男(高研),野一色泰晴(岡山大),黒柳能光(生体工): 第6回生体繊維と生医学材料に関するシンポジウム (89.06.29), 東京, 予稿集, p.A50, 1989.

3008. [学会] (一般講演) 複合培養皮膚の作成: 基礎的検討. 黒柳能光(生体工),大竹尚之,塩谷信幸(形外): 第15回日本熱傷学会 (89.05.19), 弘前, 講演抄録, p.81, 1989.

3009. [学会] (一般講演) Composite Skin Substitute Composed of Cultured Keatinocytes and Fibroblasts Combined with Collagen Matrix. 大竹尚之,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): The 5th Congress of the Asian Pacific Reconstructive Surgery (89.09.08), Istanbul, Turkey.

3010. [学会] (一般講演) 少年サッカ−選手の総合的体力評価(第1報)形態学的評価と有酸素&無酸素性パワ−の評価. 渡辺登,中嶋英彦,四倉正博,箕浦克則,梅原実,新村文男,門井伸暁(児),高岸憲二(整外): 第44回日本体力医学会 (89.09.27), 札幌, 体力科学, 38(6): 582, 1989.

3011. [学会] (一般講演) ヒト線維芽細胞とヒト表皮細胞を組み込んだ複合培養皮膚. 黒柳能光(生体工),大竹尚之,中北信昭,塩谷信幸(形外): 第38回高分子討論会 (89.10.04), 福井.

3012. [学会] (一般講演) 諸種疾患におけるα2 Macroglobulinの減少とその意義のついて. 高嶋利枝子(三井記念病院),大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 73, 1989.

3013. [学会] (一般講演) 複合培養皮膚の作製と評価. 黒柳能光(生体工),大竹尚之,塩谷信幸(形外): 第11回日本バイオマテリアル学会 (89.10.27), 京都.

3014. [研究会] (特別講演) Computed Radiographyの臨床応用. 草野正一(放): 臨床画像診断懇話会 (89.06.07), 前橋, 臨床画像診断懇話会記録集,2: l989.

3015. [研究会] (一般講演) 複合培養皮膚の開発. 大竹尚之,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 日中形成外科交流学術集会 (89.11.21), 長崎.

3016. [研究会] (一般講演) コラーゲンをマトリックスとした複合培養皮膚. 大竹尚之,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第19回創傷治癒研究会 (89.12.02), 久留米.

3017. [研究会] (一般講演) 少年サッカ−選手の総合的体力評価(第1報)有酸素性&無酸素性パワ−の評価. 門井伸暁,渡辺登,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,四倉正博,新村文男(児),高岸憲二(整外): 第10回サッカ−医科学研究会 (90.02.11), 東京, 抄録集, p.44, 1990.


<<301 生物物理学>>

3018. [原著] Reconstitution of Human Fetal Hemoglobin From Isolated α and γ Chains. 小西康子,鈴木春男(生物物理化): Biochemistry International, 19(3): 469〜476, 1989.

3019. [学術書] (執筆) 遺伝; 概日リズム発現の場と分子, 43: 7〜11, 長谷川建治(生理). 裳華房, 東京, 89.12.01発行.

3020. [学会] (シンポジウム) ゾウリムシの行動の概日リズムと重力場. 長谷川建治(生理),田中舘明博(生物物理系): 第3回日本宇宙生物科学会大会 (89.09.23), 東京, 講演要旨集, p.11, 1989.

3021. [学会] (パネル) Circadian Locomotor Activity in an Isolated Cell of Paramecium. 長谷川建治(生理),田中舘明博,石川廣(生物物理系): 5th Gordon Conference (89.07.27). Plymouth, U.S.A.

3022. [学会] (ワ−クショップ) Circadian Locomotor Activity in an Isolated Cell of Paramecium. 長谷川建治(生理),田中舘明博,石川廣(生物物理系): 19th Internat. Conference Soc. Chronobiology (89.07.25).

3023. [学会] (一般講演) 蛙腹部上皮細胞間連絡に対する重炭酸イオンの影響. 片倉隆(生理),西田早苗(生物物理系): 第66回日本生理学会大会 (89.04.06), 岡山, Jpn. J. Physiol., 39(Suppl.): s50,1989.

3024. [学会] (一般講演) アルコール脱水素酵素に対する紫外線照射の影響. 太田顕成,松林隆(放),曽根由美子,高山久美子(生物化学系): 第48回日本医学放射線学会・生物部会大会 (89.04.07), 神戸, 日本医学放射線学会生物部会誌,2(1): 69〜71, l989.

3025. [学会] (一般講演) Emission of Light from Eggs during Early Cleavage. 大貫信(生理),龍崎正士(生物): 日本発生生物学会 (89.06.00), 北海道, Develop. Growth & Differ., 31: 415, 1989.

3026. [学会] (一般講演) 放射線照射に対するラット皮膚反応の放射線感受性について. 太田顕成,松林隆(放),曽根由美子(生物化学系),中山茂信(実動系): 日本放射線影響学会第32回大会 (89.09.30), 北九州, 講演要旨集, p.270, 1989.

3027. [学会] (一般講演) ミオグロビンのFoldingに関する研究. 千葉かおり(東京理大),小西康子(生物物理化),木原裕(自治医大): 日本生物物理学会 (89.10.07), 東京, 生物物理, 29(Suppl.): S198, 1989.

3028. [学会] (一般講演) ゾウリムシの行動異常株の概日リズム. 長谷川建治(生理),田中舘明博(生物物理系): 第27回日本生物物理学会年会 (89.10.07). 東京, 生物物理, 29(9): s254, 1989.

3029. [学会] (一般講演) 胎児ヘモグロビンの最構成速度. 小西康子,鈴木春男(生物物理化): 日本生化学会 (89.11.05), 京都, 生化学, 61(9): 1145, 1989.

3030. [学会] (一般講演) アクチバブル元素分析法によるカルシウム摂取の測定. 太田顕成(放): 日本医学放射線学会第58回物理部会大会 (89.11.12), 伊香保, 日本医学放射線物理部会誌, 9(3): 214, 1989.

3031. [学会] (一般講演) 微小管を破壊したFL細胞におけるトランスフェリンリサイクリングの経路. 堺立也(京大),山科正平(解),大西俊一(京大): 第42回日本細胞生物学会 (89.10.25), 京都, Cell Structure and Function, 14(6): 993, 1989.

3032. [研究会] (シンポジウム) 前庭神経刺激時の胃運動と延髄嘔吐中枢について. 徳増厚二,星野功,藤野明人(耳鼻),米田敏(生物物理系): 文部省科学研究総会 A;めまいと自律神経班研究会 (90.02.11), 大阪.

3033. [研究会] (一般講演) ラット乳癌に対するSFサイクロトロン陽子線の照射とその効果. 太田顕成(放): 平成元年度東京大学原子核研究所サイクロトロン研究会 (89.07.20), 田無.


<<302 生物化学>>

3034. [原著] Types of Oligosaccharide Sulphation, Depending on Mucus Glycoprotein Source, Corpus or Antral, in Rat Stomach. 五艘行信,堀田恭子(生化): Biochem. J., 264(3): 805〜812, 1989.

3035. [原著] Structure and Significance of N-Linked Sugar Unit of Human Serum Amyloid P Component. 浜崎秀明(生物): Biochim. Biophys. Acta, 1037: 435〜438, 1990.

3036. [原著] Calcium-Dependent Polymerization of Human Serum Amyloid P Component is Inhibited by Heparin and Dextran Sulfate. 浜崎秀明(生物): Biochim. Biophys. Acta, 998: 231〜235, 1989.

3037. [原著] Studies on the Molecular Structure of Spinach Ferredoxin T. Comparison of Two Molecular Species of Ferredoxin. D. Ohmori(順大),蓮見英世(生物物理化),F. Yamakura(順大),M. Murakami, K. Fujisawa, Y. Taneoka, T. Ymamura(東京理大): Biochim. Biophys. Acta., 996: 166〜172, 1989.

3038. [原著] Studies on the Molecular Structure of Spinach Ferredoxin U. Effects of Urea and Sodium Chloride. 蓮見英世(生物物理化),D. Ohmori(順大): Biochim. Biophys. Acta., 996: 173〜180, 1989.

3039. [原著] Plasma Profiles of the N-Terminal Peptide of Proopiomelanocortin in the Rainbow Trout with Reference to Stress. 高橋明義(分生),Ogasawara Tsuyoshi(東大),川内浩司(水産学部),Hirano Tetsuya(東大): Gen. Comp. Endocrinol.,77(1): 98〜106, 1990.

3040. [原著] The Pathway of Ghitamine Oxidation in MC-29 Hepatoma Mitochondria. T. Matsuno(予研),鈴木春男(生物物理化),K. Nitta(帝京大),T. Aoki,K. Iriyama(慈恵医大): Jikeikai Med. J., 36: 241〜249, 1989.

3041. [原著] Heat Production During Early Developmental stages of the Frog. 瀧澤直定(生理),龍崎正士(生物),大貫信(生理): Journal of Thermal Biology, 1989.

3042. [原著] Changes in Lipid Composition in the Tail of Rana Catesbeiana Larvae during Metamorphosis. 龍崎正士(生物),大貫信(生理): Zoological Science, 1990.

3043. [短報] Biological Response Modifiers Such as Organo-Germanium Compounds and Krestin (PS-K) Express the Activity as the Ion Radical Scavenger. 中村国衛,中島洋一(分生): Medical, Biochemical and Chemical Aspects of Free Radicals, p.519〜522, 1989.

3044. [総説] 抗体酵素. 鈴木春男(生物物理化): バイオサイエンスとインダストリ−, 47(5): 43〜46, 1989.

3045. [総説] 動物細胞のタンパク質合成の翻訳開始レベルでの調節. 鈴木春男(生物物理化): バイオサイエンスとインダストリ−, 47(8): 11〜18, 1989.

3046. [総説] RaRF−補体成分C1に似た血清レクチン. 川上正也(分生): 生化学, 61(6): 482〜486, 1989.

3047. [総説] アミロイドP成分について. 浜崎秀明(生物): 生化学, 62(1): 45〜49, 1990.

3048. [その他の著書(辞典)] (執筆) 化学大辞典; 堀江滋夫(生化). 編集 大木道則,大沢利昭,田中元治,千原秀昭 編, 東京化学同人, 東京, 89.10.20発行.

3049. [学会] (一般講演) Lipid Composition in the Tadpole Tail of Rana Catesbeiana During Metamorphosis. 龍崎正士(生物): Zoological Society of Japan (88.10.10), Zoological Science,5(6): 1248, 1988.

3050. [学会] (一般講演) Emission of Light from Frog Eggs during Early Cleavage. 龍崎正士(生物),大貫信(生理): The Japanese Society of Developmental Biologists (89.06.22-24), 札幌, Development, Growth & Differentiation,31(4): 415, 1989.

3051. [学会] (一般講演) Characterization of Galactosyl Ceramide and Constituent Glycerophspholipid Fatty Acids during Early Development of the Japanese Pond Frog, Rana Nigromaculata. 龍崎正士(生物): 11th International Congress of the International Society of Developmental Biologists. Satellite Meeting-early Amphibian Development. (89.08.18-20), The Netherlands (Utrecht), 予稿集,p.30, 1989.

3052. [学会] (一般講演) New Type of Endo-Glycosidase, Endo-α-N-Acetylgalactosaminidase S from Streptomyces sp. OH-11242 Culture Medium. 岩瀬仁勇,石井郁子,堀田恭子(生化),田中芳武,大村智(北里研究所): 10th International Symposium on Glycoconjugates (89.09.10), Jerusalem, Israel, Proceedings, p.314, 1989.

3053. [学会] (一般講演) Sulfation of Oligosaccharides on Mucus Glycoproteins in Rat Stomach. 五艘行信,堀田恭子(生化): 10th International Symposium on Glycoconjugates (89.09.11), Jerusalem, Israel, Proceedings, p.244, 1989.

3054. [学会] (一般講演) Mucus Glycoproteins in the Cardiac, Fundic and Pyloric Gland Regions of Pig Stomach. 小原進(生化),石原和彦(化),堀田恭子(生化): 10th International Symposium on Glycoconjugates (89.09.13), Jerusalem, Israel, Proceedings, p.164, 1989.

3055. [学会] (一般講演) 妊娠ラットのアルコ−ル摂取が仔ラットに及ぼす影響−その生化学的研究(U)2',3'-環状ヌクレオチド-3'ホスフォジエステラ−ゼのmRNAについ て. 小嶋久子(生化),北島理恵(生物化学系),栗原正(新潟大),中村和生(生化),高橋康夫(新潟大),玉井洋一(生化): 第32回日本神経化学会大会 (89.09.27), 札幌, 神経化学, 28: 108〜109, 1989.

3056. [学会] (一般講演) Phenol比濁法による羊水中界面活性物質の測定と羊水中リン脂質の相互関係について. 野田芳人,植野信水,谷昭博,巽英樹,西島正博,島田信宏(産婦),石原和彦,堀田恭子(生化): 第25回日本界面学会 (89.10.07), 秋田.

3057. [学会] (一般講演) ラット肝臓と心筋のミトコンドリア呼吸能に及ぼすアルカリ金属およびアルカリ土金属の影響. 渡辺刀美乃(生化),曽根由美子(生化系),堀江滋夫(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.03), 京都, 生化学, 61(9): 856, 1989.

3058. [学会] (一般講演) エイ脳のガングリオシド. 中村和生,玉井洋一(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.03), 京都, 生化学, 61(9): 886, 1989.

3059. [学会] (一般講演) ゲルロ過と薄層クロマトグラフィ−の組合せによるO-グリコシド型糖鎖の分析. 五艘行信,堀田恭子(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.04), 京都, 生化学, 61(9): 1024, 1989.

3060. [学会] (一般講演) PA化反応におけるPA化糖誘導体から2-APの選択的除去. 岩瀬仁勇,石井郁子(生化),浦田津貴子(生化系),堀田恭子(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.04), 京都, 生化学, 61(9): 1024, 1989.

3061. [学会] (一般講演) ムチン由来OH-11242株培地オリゴ糖のPA化誘導体の分析. 浦田津貴子(生化系),岩瀬仁勇,石井郁子,堀田恭子(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.04), 京都, 生化学, 61(9): 1024, 1989.

3062. [学会] (一般講演) ムチンを唯一の炭素源とするOH-11242株培養液中に産生される新 l-エンド型酵素−第2報−. 石井郁子,岩瀬仁勇(生化),浦田津貴子(生化系),堀田恭子(生化),田中芳武,大村智(北里研究所): 第62回日本生化学会大会 (89.11.04), 京都, 生化学, 61(9): 1024, 1989.

3063. [学会] (一般講演) PC12細胞の分化とガラクト−ス転移酵素活性について. 北島理恵(生化系),小嶋久子,玉井洋一(生化): 第62回日本生化学会大会 (89.11.05), 京都, 生化学, 61(9): 1157, 1989.

3064. [学会] (一般講演) Advanced Glycation End Products (AGE)の生成阻害(T) Lens Crystallin を用いたin vitro Cataractモデルの作成と反応の阻害. 中村国衛(分生),野元けい子(生化系): 第62回日本生化学会 (89.11.05), 京都 , 予稿集, 3PD615, 1989.

3065. [学会] (一般講演) Advanced Glycation End Products (AGE)の生成阻害(U)酸可溶性ウシコラ−ゲンからのAGE形成とその阻害. 野元けい子(生化系),中村国衛(分生): 第62回日本生化学会 (89.11.05), 京都 , 予稿集, 3PD616, 1989.

3066. [学会] (一般講演) 翻訳開始因子eIF-2のN-エチルマレイミド反応性SH基について. 鈴木春男(生物物理化),向山恵津子(生化系),亀井隆幸(生物物理化研修生) : 日本農芸化学会1990年度大会 (90.03.31), 福岡, 日本農芸化学会誌, 64(3): 315〜315, 1990.


<<303 遺伝学>>

3067. [学会] (一般講演) 胞状奇胎におけるHLA遺伝子型の検索:in vitro 遺伝子増幅法の応用. 矢部典子(臨病理),小幡文弥,伊東一郎,伊藤巧一(移植免疫),舩渡忠男(臨病理),大野道子(臨検),前田徹(看護学部),大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 70, 1989.


<<304 分子生物学>>

3068. [原著] Production of Salivary Type α-Amylase in Human Lung Cancer. Yusuke Nakamura,Naohiro Tomita,Takahiro Nishida,Mitsuru Emi,Akira Horii,Michio Ogawa,Takesada Mori(大阪大),Goro Kasaki(都立駒込病院),Tetsuro Okabe,Michio Fujisawa,Nakaaki Ohsawa(東大),亀谷徹(病理),Kenichi Matsubara (大阪大): Gene, 77: 107〜112, 1989.

3069. [原著] Structures of Two Genes Coding for Melanin-Concentrating Hormone of Chum Salmon. 高山吉永(分生),和田知益(臨病理),川内浩司(水産学部),小野雅夫(分生): Gene,80: 65〜73, 1989.

3070. [研究報告(水産庁)] 有用魚類視床下部ホルモンのDNAライブラリ−の作成. 小野雅夫(分生): 昭和63年度水産バイテク導入基盤整備事業報告書, p.45〜48, 1989.

3071. [総説] Detection and Elimination of Endogenous Retroviruses and Retrovirus-Like Particles in Continuous Cell Lines. 小野雅夫(分生): Dev. Biol. Stand., 70: 69〜81, 1989.

3072. [学会] (シンポジウム) Prevention of Maillard Reaction and the Reversible Destruction of Advanced Glycation End Products (AGE) by Novel Organic Germanium Compounds and Aminoguanidine. 中村国衛(分生),宇賀茂三,宮田幹夫(眼),Norihiro Kakimoto (Asai Germanium Institute): 4th International Symposium on the Maillard Reaction (89.09.08), Lausanne, Switzerland.

3073. [学会] (シンポジウム) Prevention of Maillard Reaction between Crystallin and Glucose and Induction of Reversible Transparency in Turbid Lens By Organic Germanium Componds. 中村国衛(分生),宇賀茂三,宮田幹夫(眼),Norihiro Kakimoto (Asai Germanium Institute): The Fifth Congress of the US-JAPAN Cooperative Cataract Research (89.11.13), 金沢 予稿集,p.48.

3074. [学会] (一般講演) マウス補体活性化殺菌因子RaRF複合体中の酵素様成分について. 高橋明義,季育華(分生),初瀬洋美(生物化学系),魏憲義(分生),藤田禎三(筑波大),川上正也(分生): 第26回補体シンポジウム (89.07.16〜18), 大阪, 講演集, 26: 97〜98, 1989.

3075. [学会] (一般講演) Functional and Structural Similarities of Ra-Reactive Factor to C1 Component of Complement. 高橋明義,久下周佐,季育華(分生),藤田禎三(筑波大),初瀬洋美(生物化学系),川上正也(分生): ]Vth International Complement Workshop (89.09.12), San Diego, U.S.A., Complement and Inflammation, 6(5): 404, 1989.

3076. [学会] (一般講演) 補体活性化殺菌因子RaRFのRa多糖体認識成分. 住友和弘,土居和弘(分生),初瀬洋美(生物化学系),高橋明義,川上正也(分生): 第62回日本細菌学会関東支部総会 (89.10.13), 水上 , 日本細菌学雑誌, 45(2): 603, 1990.

3077. [学会] (一般講演) マウス殺菌因子RaRFサブコンポ−ネントの分離. 高橋明義,季育華(分生),初瀬洋美(生化系),魏憲義,川上正也(分生),藤田禎三(筑波大): 第62回日本生化学会大会 (89.11.03), 京都 , 生化学, 61(9): 882, 1989.

3078. [学会] (一般講演) マウス補体活性化殺菌タンパク質RaRF複合体中のC4消費活性を有する成分. 高橋明義,季育華(分生),初瀬洋美(生化系),藤田禎三(筑波大),川上正也(分生): 第63回日本細菌学会総会 (90.03.27), 徳島 , 日本細菌学雑誌, 45(1): 159, 1990.

3079. [研究会] (一般講演) 魚類の視床下部ホルモンの遺伝子構造. 小野雅夫(分生): 東大海洋研シンポジウム(魚介類の生物学・水産学とバイオテクノロジ−) (89.11.25), 東京, 予稿集,p.12〜13, 1989.


<<305 病態学>>

3080. [講座] 線量標準測定法のドーズプロッティングシステムへの応用(1). 岩波茂,高原齊,上前峰子,北山久美,中村義則(放),吉谷正夫(東洋メディック): 日本医学放射線学会物理部会誌, 9(2): 51〜59, 1989.


<<306 形態学>>

3081. [総説] 細胞極性形成のメカニズム. 瀬川彰久,山科正平(解): 細胞, 21(10): 371〜376, 1989.

3082. [講座] 凍結準超薄切による免疫組織化学. 勝又修(形態系),山科正平(解): 細胞,21(10): 30〜34, 1989.

3083. [学術書] (執筆) 現代病理学大系; 循環障害−冠状動脈の構造と機能−, 11A, 桑尾定仁,西山保一(病理),畠山一平(生理). 中山書店, 東京, 90.03.00発行.

3084. [翻訳] (執筆) イラスト病理学; 第13章 泌尿・生殖器系,p.631〜727, 桑尾定仁(病理). 文光堂, 東京, 89.04.20発行.

3085. [学会] (一般講演) 輪状甲状筋の組織学的研究−第3報−. 石井豊太,原田宏一,古川浩三,八尾和雄,高橋廣臣,設楽哲也(耳鼻),新美成二(東大): 日本耳鼻咽喉科学会総会 (89.05.13), 大阪, 日本耳鼻咽喉科学会会報,92(10): 1724, 1989.

3086. [学会] (一般講演) 水素分子共鳴状態の電子相関. 高木秀一(物理): 日本物理学会 (89.10.04), 鹿児島, 1989年秋の分科会講演予稿集,第4分冊: 49, 1989.

3087. [学会] (一般講演) Bouin 固定液の走査型電子顕微鏡への応用. 中本直(解): 日本電子顕微鏡学会 (89.06.01), 大阪, J. Electron Microsc., 38(4): 303, l989.

3088. [学会] (一般講演) 生後発生過程におけるラット十二指腸の Globule leucocyte の形態と分布動態. 池田やよい,山科正平(解): 第77回日本解剖学会関東地方会 (89.10.21), 東京, 予稿集, p.33, l989.

3089. [学会] (一般講演) 細胞骨格は極性形成の要因となりうるか(V)デスモソ−ムの極性配置と細胞骨格の関係. 瀬川彰久,山科正平(解): 第42回日本細胞生物学会 (89.10.26), 京都, Cell Structure and Function, 14(6): 908, 1989.

3090. [学会] (一般講演) ヘミデスモソ−ムを特異的に認識するモノクロ−ナル抗体の作製. 根岸明秀(東京医歯大),他,瀬川彰久(解): 第42回日本細胞生物学会 (89.10.26), 京都, Cell Structure and Function, 14(6): 909, 1989.

3091. [研究会] (教育講演) 頭部画像解剖学. 菅信一(放): 神奈川県放射線技師会全国統一講習会 (89.09.17), 横浜.

3092. [研究会] (教育講演) 細胞を読む. 山科正平(解): 第38回電子顕微鏡技術研究会 (89.12.02), 東京.


<<307 社会医学>>

3093. [原著] 臓器摘出における承諾のあり方. 唄孝一(医学原論): Clin. Neurosci., 17(12): 92〜95, 1989.

3094. [原著] In the Matter of John Storar; Soper v. Storar; Eichner v. Dillon, 420 N.E. 2d 64 (N.Y.1981) −治療打ち切りの要請に対しニュ−・ヨ−ク州が事案も法理も結論も異なる二つの判決を組み合わせて発表した事例. 唄孝一(医学原論): アメリカ法,1989(2): 438〜445, 1989.

3095. [原著] In the Matter of Claire C. Conroy, 486A. 2d 1209 (N.J. 1983) −心身の病が重篤で余命も限られている寝たきりのナ−シング. ホ−ム在住患者から鼻腔栄養のためのチュ−ブを取り外しうるか. 唄孝一(医学原論): アメリカ法,1989(2): 445〜452, 1989.

3096. [原著] 家族と医療(1)個の再生産と種の再生産. 唄孝一(医学原論): ケ−ス研究, 222: 33〜52, 1990.

3097. [原著] 「倫理委員会」考・1. 唄孝一(医学原論): 法律時報, 61(5): 139〜144, 1989.

3098. [原著] 「倫理委員会」考・2. 唄孝一(医学原論): 法律時報, 61(6): 154〜159, 1989.

3099. [研究報告] じん肺X線診断の計量化に関する調査研究. 相澤好治(衛),飯沼武(放射線医学総合研究所),加藤久豊(富士写真フィルム),小畑秀文(東京農工大),斉藤宣照(東日本旅客鉄道中央保健管理所), 志田寿夫(珪肺労災病院),高島久(東京都三鷹保健所),高田勗(衛),高野正雄(富士写真フィルム),館正知(中央労働災害防止協会),舘野之男(放射 線医学総合研究所),千葉保之(全日本労働福祉協会),鳥脇純一郎(名古屋大),野辺地篤郎(聖路加国際病院),福久健二郎(放射線医学総合研究所),細 田裕(放射線影響研究所),松本徹(放射線医学総合研究所): じん肺X線診断の計量化に関する調査研究報告書, p.1〜69, 1989.

3100. [研究報告] ドライクリ−ニング後の衣服残留石油系溶剤濃度. 高田勗,相澤好治,橋本起一郎,富永衛,巽洋(衛),門脇武博,今井香織(看護学部),中村賢(医療社会学): クリ−ニングと公衆衛生に関する研究報告書,p.34〜40, 1989.

3101. [研究報告] 健康保持増進活動に関する調査研究. 高田勗(衛),中村賢(医療社会学): 職域における保健事業に関する研究,p.8〜23, 1989.

3102. [研究報告(環境庁)] 微小アスベストの吸入による生体影響調査研究. 輿重治(産業医学総合研究所),野崎亘右(日本バイオアッセイ研究センタ−),高田勗(衛),神山宣彦(産業医学総合研究所),小西淑人(ヘルス),谷太 美雄(柴田科学器械工業): 「微小アスベストの吸入による生体影響調査研究」結果報告書,p.1〜109, 1989.

3103. [研究報告(労働省)] テクノストレスに関する調査研究最終報告書. 大島正光(医療情報システム開発センタ−),相澤好治(衛),内山啓司(富士通),香川順(東京女子医大),神代雅晴(産業医科大),栗原雅直(虎ノ門病 院),小島浩(IBM),小峯弘久(東亜燃料工業),佐々木時雄(関東労災病院),皆川洋二(NTT),山本宗平(労働省産業医学総合研究所): テクノストレスに関する調査研究最終報告書, 1990.

3104. [研究報告(労働省)] 高年齢労働者の慢性疾患対策を配慮した職業モデルの改良調査研究報告書. 山本宗平(産業医学総合研究所),相澤好治(衛),佐藤欣一(日本鋼管),田中茂(新日鉄),中村健一(防衛医大),林喜男(慶大),森川利彦(三菱電 機),八上亨司(昭和大),中館俊夫,原谷隆史(産業医学総合研究所),足立信之,成海宏治,佐藤則英,吉富保恵(改良調査研究部): 高年齢労働者の慢性疾患対策を配慮した職業モデルの改良調査研究報告書,1989.

3105. [研究報告(労働省)] 粉じんばく露作業者の免疫異常に関する臨床研究. 高田勗,相澤好治(衛): 粉じんばく露作業者の免疫異常に関する臨床研究報告書,p.1〜30, 1989.

3106. [研究報告(労働省)] 脊髄損傷者の疾病発生要因の解析−脊髄損傷者の性格と羅患疾病との関係−. 高田勗(衛),門脇武博(看護学部),相澤好治(衛),今井香織(看護学部): 「脊髄損傷者の疾病発生要因の解析」研究報告書,p.1〜24, 1989.

3107. [総説] Health for Today's Youth, Hope for Tomorrow's World−Educate for Health. 坂上正道,河西紀昭(児): World Health Forum, 10(2): 158〜159, 1989.

3108. [総説] 運動負荷と疲労. 相澤好治(衛): からだの科学, 148: 43〜46, 1989.

3109. [総説] ハイテク産業労働者の健康と疾病. 相澤好治,巽洋,高田勗(衛): ヒュ−マンサイエンス, 2(2): 23〜29, 1989.

3110. [総説] 病院(医療現場)における作業環境管理. 高田勗(衛),門脇武博(看護学部): 安全工学, 29(1): 2〜11, 1990.

3111. [総説] 中高年齢労働者の生理機能と労働災害−平衡機能・視覚反応時間の検討. 高田勗,橋本起一郎(衛): 医学のあゆみ, 149(13): 934, 1989.

3112. [総説] 半導体作業者におけるヒ素の生物学的モニタリング−尿,毛髪,血液を用いたモニタリング−. 相澤好治,高田勗(衛): 医学のあゆみ, 151(20): 113, 1989.

3113. [総説] アスベストによる健康影響とその毒性. 相澤好治(衛): 公害と対策, 25(10): 979〜983, 1989.

3114. [総説] 頻回欠勤. 相澤好治,高田勗(衛): 心身医療, 1(8): 1158〜1163, 1989.

3115. [総説] 産業保健を担う人々−新しい健康測定とTHP(ト−タル・ヘルス・プロモ−ションプラン)−. 高田勗(衛),中村賢(医療社会学): 保健の科学, 31(6): 389〜393, 1989.

3116. [総説] 職場での健康診断. 相澤好治,高田勗(衛): 母子保健情報, (19): 86〜91, 1989.

3117. [講座] 巻頭言−医療者側の満足と患者側の満足. 前田真治(内): 総合リハビリテーション, 17(9): 649, 1989.

3118. [学術書] (執筆) これからの健康管理; 本誌の刊行にあたって−健康管理の科学的評価の視点より−, p.2〜4, 高田勗(衛). 編集 全国労働衛生団体連合会編, 全国労働衛生団体連合会, 東京, 89.11.30発行.

3119. [学術書] (執筆) これからの健康管理; 先端産業における健康管理の課題, 相澤好治(衛). 編集 館正知編, 全国労働衛生団体連合会, 東京, 89.11.30発行.

3120. [学術書] (執筆) VDT医学マニュアル; VDT作業に伴う自覚症状と眼に関する訴えが多い理由, p.18〜22, 相澤好治(衛). 編集 石川哲(北里大)編, 全日本病院出版会, 東京, 89.09.15発行.

3121. [学術書] (執筆) 新外科学大系 (12)臓器移植;  臓器移植と法律, p.17〜31, 唄孝一(医学原論). 編集 出月康夫,他, 監修 木本誠二,和田達雄 監修, 中山書店, 東京, 89.06.30発行.

3122. [学術書] (執筆) 脳死を学ぶ,  唄孝一(医学原論). 日本評論社, 東京, 89.06.20発行.

3123. [学術書] (執筆) 臨床医のための法医学; 法医学入門−法医学とは−,p.1〜4, 船尾忠孝(法医). 朝倉書店, 東京, 89.04.20 発行.

3124. [学術書] (執筆) 臨床医のための法医学; 血液型および親子鑑別, p.117〜127,個人識別および物体(痕跡)検査, p.129〜138, 小谷淳一(法医). 朝倉書店, 東京, 89.04.20 発行.

3125. [学術書] (執筆) 医学生のための基礎医学問題詳解, Series 9 法医学(改訂第2版); U. 検屍・検案と法医解剖,p.17〜21,W. 死体現象,p.33〜40, 船尾忠孝(法医). 編集 澤口彰子(東女医大)編, 医学教育出版社, 東京, 90.02.28 発行.

3126. [学術書] (執筆) 医学生のための基礎医学問題詳解, Series 9 法医学(改訂第2版); ]W. 血液型, p.152〜165, ]X. 不適合輸血・新生児溶血性疾患, p.175〜187, ]Y. 親子鑑別, p.189〜203, 小谷淳一(法医). 編集 澤口彰子(東女医大)編, 医学教育出版社, 東京, 90.02.28 発行.

3127. [教科書] (執筆) 最新医学知識の整理−プルミエ公衆衛生各論; 作業環境管理,作業管理および健康管理,p.154〜160, 高田勗(衛),門脇武博(看護学部). 編集 坂本弘(三重大),和田攻(東大)編, 医歯薬出版, 東京, 89.07.20発行.

3128. [その他の著書(概説書)] (編集) 改訂作業環境測定Q&A, 編集 輿重治(労働省産業医学総合研究所),高田勗(北里大・衛),沼野雄志(沼野労働安全衛生コンサルタント),小池慎也(神奈川県予防医学協会),小西淑人 (北里・ヘルス・サイエンス),大関親,露木保(労働省環境改善室),田中辰雄(日本作業環境測定協会)編, 日本作業環境測定協会, 東京, 89.06.25発行.

3129. [その他の著書(概説書)] (編集・執筆) 新版・産業医の職務 Q & A, 編集 高田勗(衛),梅沢勉(日本予防医学協会),輿重治(産業医学総合研究所),田中茂(全国労働衛生団体連合会),他編, 産業医学振興財団, 東京, 89.06.00発行.

3130. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) 徹底分析管理栄養士国家試験問題集; 健康管理,p.245〜256, 相澤好治(衛). 編集 相澤好治(北里大),他編, 医歯薬出版, 東京, 89.04.00発行.

3131. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) アスベストに挑む三管理; アスベスト作業者の健康管理, p.158〜173, 相澤好治(衛). 編集 島正吾編, 中央労働災害防止協会, 東京, 89.04.28発行.

3132. [その他の著書(啓蒙書)] (執筆) せき髄損傷の方の健康管理のしおり,p.1〜45, 高田勗(衛),宮崎一興(神奈川県総合リハセンタ−),泉山中三(東海大),中川一彦(筑波大). 労災年金福祉協会, 東京, 89.10.20発行.

3133. [その他(文献紹介)] マイクロエレクトロニクス産業. 相澤好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 9: 79〜80, 1989.

3134. [その他(論壇)] 中高年の健康とスポ−ツ; 職場は健康の発信基地である. 高田勗(衛): みんなのスポ−ツ, 11(9): 4, 1989.

3135. [学会] (教育講演) 産業医と災害医学. 高田勗(衛): 第37回日本災害医学会学術大会 (89.10.18), 広島, 日本災害医学会誌, (臨増): 39, 1989.

3136. [学会] (シンポジウム) 前臨床・臨床・社会面から見た新薬の問題点−臨床評価の観点から−. 柏崎禎夫(内): 第63回日本薬理学会総会 (90.03.25ー28), 東京.

3137. [学会] (パネル) 環境医学と肺磁界測定. 相澤好治,高田勗(衛),小谷誠(東京電機大): 第4回日本生体磁気学会大会 (89.06.02), 徳島.

3138. [学会] (一般講演) 精神科とのチームアプローチについて. 古山登隆,影山広美,鈴木敏彦,武田啓,塩谷信幸(形外): 第32回日本美容外科学会総会 (89.04.20), 浦安.

3139. [学会] (一般講演) 職域での定期健康診断の結果からみた血圧と血清Ca,Mg,Pの関係. 鈴木浩一,小田憲一,椎名富蔵(関東労災病院),高田勗(衛): 第62回日本産業衛生学会 (89.04.28), 青森, 学会講演要旨集,p.61, 1989.

3140. [学会] (一般講演) 運動ストレスに対する循環器系反応,血中カテコ−ルアミン動態. 橋本起一郎,高田勗,相澤好治,富永衛,巽洋(衛),井上葉子,今野洋実(予防医学系),中村賢(医療社会学): 第62回日本産業衛生学会 (89.04.28), 青森, 学会講演要旨集,p.86, 1989.

3141. [学会] (一般講演) 職場における二つの抑うつ尺度の比較検討. 竹内ひろみ,谷田久美子(ヘルス),高田勗,相澤好治(衛),杉浦由美子,矢島紀美代(予防医学系): 第62回日本産業衛生学会 (89.04.30), 青森, 学会講演要旨集,p.204, 1989.

3142. [学会] (一般講演) トルエン・キシレンばく露者の生物学的モニタリングデ−タの活用について. 小松俊雄,大森義文,鈴木美智代,小西淑人(ヘルス),高田勗(衛): 第62回日本産業衛生学会 (89.04.30), 青森, 学会講演要旨集,p.289, 1989.

3143. [学会] (一般講演) 脊髄損傷者の健康状態に影響する因子の解析. 今井香織,門脇武博(看護学部),高田勗,相澤好治(衛),中村賢(医療社会学),橋本起一郎,富永衛,巽洋(衛): 第59回日本衛生学会総会 (89.05.03), 秋田, 日本衛生学会誌,44(1): 171, 1989.

3144. [学会] (一般講演) 鉛作業者のT細胞サブセット. 相澤好治,高田勗,前田厚志,橋本起一郎,栗原稔,富永衛,巽洋(衛): 第59回日本衛生学会総会 (89.05.03), 秋田, 日本衛生学会誌,44(1): 208, 1989.

3145. [学会] (一般講演) 運動ストレスとT細胞サブセット. 橋本起一郎,高田勗,相澤好治,富永衛,巽洋(衛),中村賢(医療社会学): 第59回日本衛生学会総会 (89.05.03), 秋田, 日本衛生学会誌,44(1): 291, 1989.

3146. [学会] (一般講演) 粉じん作業別健診結果の検討. 富永衛,高田勗,相澤好治,橋本起一郎,巽洋(衛): 第59回日本衛生学会総会 (89.05.04), 秋田, 日本衛生学会誌,44(1): 554, 1989.

3147. [学会] (一般講演) 死後経過時間推定に関する再検討(第[報)−死斑領域にみられる皮膚溢血点の意義について−. 古川理孝,船尾忠孝(法医): 第73次日本法医学会総会 (89.05.12), 岡山, 日法医誌,43(補) : 145, 1989.

3148. [学会] (一般講演) 窒息機構におけるハプトグロビンの役割に関する研究(T). 中田伸子,澤口彰子(東女医大),小谷淳一,船尾忠孝(法医),山下ケサ子,秋山勝則(東女医大): 第73次日本法医学会総会 (89.05.12), 岡山, 日法医誌,43(補): 130, 1989.

3149. [学会] (一般講演) 補体系の法医学的研究−窒息時におけるC3の変動−. 中村茂基,澤口彰子(東女医大),小谷淳一(法医),中山茂信(実動系),船尾忠孝(法医): 第73次日本法医学会総会 (89.05.12), 岡山, 日法医誌,43(補): 166, 1989.

3150. [学会] (一般講演) 脳血流動態からみた窒息死の再検討(W)−実験的急速溺死時について−. 小谷淳一(法医),澤口彰子(東女医大),船尾忠孝(法医),中山茂信(実動系),中田伸子(東女医大): 第73次日本法医学会総会 (89.05.12), 岡山, 日法医誌,43(補): 170, 1989.

3151. [学会] (一般講演) 最近17年間の検案例の統計的観察. 杉江秀明,船尾忠孝,小谷淳一,古川理孝,栗原文男(法医),澤口彰子(東女医大),栗原克由(慶大): 第73次日本法医学会総会 (89.05.12), 岡山, 日法医誌,43(補): 280, 1989.

3152. [学会] (一般講演) 検案・解剖例における中毒死の現況. 澤口彰子,山下ケサ子(東女医大),船尾忠孝,小谷淳一,古川理孝,杉江秀明,栗原文男(法医): 第58回日本法医学会関東地方会 (89.10.07), 東京.

3153. [学会] (一般講演) 法医剖検時における臓器重量の統計的観察(第1報). 杉江秀明,小谷淳一,古川理孝,栗原文男,船尾忠孝(法医),澤口彰子(東女医大): 第58回日本法医学会関東地方会 (89.10.07), 東京.

3154. [学会] (一般講演) 粉じん作業とじん肺健診結果(第2報). 富永衛,高田勗,相澤好治,橋本起一郎,巽洋(衛): 第37回日本災害医学会学術大会 (89.10.18), 広島, 日本災害医学会誌, (臨増): 77, 1989.

3155. [学会] (一般講演) 労働災害医学研究の産業社会学的考察. 中村賢(医療社会学),高田勗,相澤好治,前田厚志,橋本起一郎,富永衛,巽洋(衛),門脇武博,今井香織(看護学部): 第37回日本災害医学会学術大会 (89.10.19), 広島, 日本災害医学会誌, (臨増): 130, 1989.

3156. [学会] (一般講演) 慢性期脊髄損傷者のCMI自覚症状特性. 今井香織,門脇武博(看護学部),福富和夫(国立公衛院),高田勗,相澤好治(衛),中村賢(医療社会学),橋本起一郎,富永衛(衛): 第37回日本災害医学会学術大会 (89.10.19), 広島, 日本災害医学会誌, (臨増): 138, 1989.

3157. [学会] (一般講演) 救命救急センターにおける転院へのソーシャルワーク援助−特に遠隔地へ転院した12症例の考察. 取出淳子,加島明(医療相談室),相馬一亥,前川和彦,大和田隆(救命): 第17回日本救急医学会総会 (89.11.07), 東京.

3158. [学会] (一般講演) 美容外科と変形恐怖症について. 古山登隆,釼持誠,宇井謙二,内沼栄樹,塩谷信幸(形外),山城一郎,石郷岡純(精): 第32回日本形成外科学会総会 (89.04.20), 浦安.

3159. [学会] (一般講演) 地域の「在宅医療検討会」における事例を通しての課題. 小野敏明(相模原社会福祉協議会),斉藤豊和(内): 第12回プライマリーケア学会 (89.06.25), 名古屋.

3160. [学会] (一般講演) 北里大学東病院における在宅ケアーシステム. 斉藤豊和(内),遠藤信子(看護部),堀越由紀子(総合医療相談部),高嶋加代子,山本訓子(看護),細田稔(内): 第12回プライマリーケア学会 (89.06.25), 名古屋.

3161. [研究会] (特別講演) 臨床と医事紛争. 田中亮(麻): 第14回体外循環研究会 (88.12.03), 相模原.

3162. [研究会] (特別講演) Countermeasures of Kitasato University Hospital against Damaging Earth Quakes. 大場正巳(看護学部),大和田隆(救命),矢田一夫(病院事務),石原昭(胸外): Seminario International de Planeamiento (89.08.20), Lima, Peru.

3163. [研究会] (特別講演) Role of the University Hospital in Emergency Medical System. 大和田隆(救命),大場正巳(看護学部),矢田一夫(病院事務),石原昭(胸外): Seminario International de Planeamiento (89.08.20), Lima, Peru.

3164. [研究会] (シンポジウム) 北里大学病院と地域医療について. 大和田隆(救命): 北里大学病院開院記念シンポジウム (89.07.19), 相模原.

3165. [研究会] (パネル) 末期医療の在るべき姿を求めて. 唄孝一(医学原論): (89.10.02), 東京, ジュリスト, (945): 17〜36, 1989.

3166. [研究会] (ワ−クショップ) Biological Monitoring of Arsenic Exposure. 相澤好治,高田勗(衛): United States-Japan Cooperative Seminer on Biological Monitoring発表年月日¥(89.08.25), Hawai.

3167. [研究会] (ワ−クショップ) 半導体工業におけるひ素の生物学的モニタリング. 相澤好治,高田勗,巽洋(衛): 日本衛生学会ワ−クシヨップ・ヒトにおける有害化学物質の生物学的モニタリング (89.11.25), 大阪.

3168. [研究会] (一般講演) 情報提供に関する医師と患者関係について. 唄孝一(医学原論): 厚生省患者サ−ビスの在り方に関する懇談会 (88.04.20), 東京, 患者サ−ビスガイドライン, p.88〜93, 1989.


<<308 医学概論>>

3169. [原著] ・説明と同意・についての報告. 加藤一郎(成城学園),阿部正和(慈恵医大),川上正也(分生),杉本侃(阪大),鈴木永二(三菱化成),曾野綾子(作家),中根千枝(民族学振興会), 中村雄二郎(明治大),永瀬正巳(日本医師会),堀田勝二(弁護士): 日本医師会雑誌,103(4): 515〜528, 1990.


<<309 実験動物学>>

3170. [原著] Prolactin Secretion and Its Response to Stress during the Estrous Cycle of the Rats. 古舘専一(実動),芦原久代(総合臨床系),中野健司(実動): Exp. Anim., 38(4): 313〜318, 1989.

3171. [学会] (一般講演) ウレタン麻酔によるラット発情前期のプロラクチン・サ−ジの抑制. 古舘専一(実動),芦原久代(総合臨床系),中野健司(実動): 第36回日本実験動物学会 (89.05.30), 東京, 講演要旨集,p.113, l989.

3172. [学会] (一般講演) イヌの非開胸下における実験的不整脈作成について. 諸星康雄(実動),中山茂信,丸山茂善(実動系),芦原久代(総合臨床系),奈良佳洋(生物物理系),鰐川浩司(実動系): 第108回日本獣医学会 (89.10.03), 盛岡, 講演要旨集,p.231, l989.

3173. [学会] (一般講演) 偽妊娠ラットのプロラクチン・サ−ジに及ぼすウレタン麻酔の影響. 古舘専一(実動),中野健司(実動): 第108回日本獣医学会 (89.10.03), 盛岡, 講演要旨集,p.66, l989.

3174. [研究会] (ワ−クショップ) 悪性高熱症モデルブタの育成と小型化について. 中野健司(実動): 第13回悪性高熱研究会 (89.12.10), 東京, 抄録集,p.5, l989.

3175. [研究会] (一般講演) 超音波法によるネコの妊娠診断と子宮蓄膿症の1例. 諸星康雄(実動),長谷川美保,平尾めぐみ(実動系),中野健司(実動): 第5回獣医画像診断研究会 (89.00.00), 東京, 要旨集,p.9, l989.

3176. [研究会] (一般講演) 悪性高熱症病態モデルブタの小型化について. 諸星康雄(実動),鰐川浩司,高城守,下河部伸昌(実動系),中野健司(実動),野見山・,渡辺敏,田中亮(麻): 第6回日本疾患モデル動物研究会総会 (89.11.29), 東京, 抄録集,p.55, l989.


<<310 測定法・技術論など>>

3177. [原著] 正弦波直線加速度刺激による耳石機能検査法−迷路機能高度障害例の耳石機能について. 藤野明人,徳増厚二,八木一記,吉尾知,平山方俊,五島一吉(耳鼻),米田敏(生物物理系): Equilibrium Research,48(3): 235〜240, 1989.

3178. [原著] 末梢前庭性めまいに対するリハビリテ−ション法(北里大学神経耳科方式). 藤野明人,徳増厚二,松岡明裕,新田健太郎,八木一記,吉尾知,平山方俊,長沼英明,星野功,五島一吉,(耳鼻): Equilibrium Research,48(4): 325〜331, 1989.

3179. [原著] Quantitative Computed Tomographic Evaluation of Femoral Bone Mineral Content in Renal Osteodystrophy Compared with Radial Photon Absorptiometry. 桜井清子(放),丸茂文昭(東京医科歯科大),岩波茂(放),内田久則(東大医科研),松林隆(放): Investigative Radiology, 24(5): 375〜382, 1989.

3180. [原著] カ−ド型知識ベ−スシステムを使用した電子教科書・QRS・循環生理学・の作成. 竹内昭博(医用情報),佐藤登志郎(生理),池田憲昭,遠藤恭子(医用情報),佐藤亮(アキラックス): 医用情報学, 9(4): 461〜467, 1989.

3181. [原著] 繊維状エアロゾルモニタ−による大気中アスベストの測定. 小西淑人(ヘルス),高田勗(衛): 公害と対策,25(10): 990〜995, 1989.

3182. [原著] 頭頚部腫瘍における血清中扁平上皮癌関連抗原(SCC抗原)について. 長沼英明,稲木勝英,八尾和雄,岡本牧人,高橋廣臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科,61(6): 483〜487, 1989.

3183. [原著] 血清葉酸結合蛋白の分離分析に関する研究. 内山幸信,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 37(5): 533〜536, 1989.

3184. [短報] Measurement of Des-Phe8-Arg9-Bradykinin by Enzyme-Immunoassay−A Useful Parameter of Plasma Kinin Release. 馬嶋正隆,上野晃憲,N. Sunahara(大日本製薬),鹿取信(薬理): Kinins, V(Part A): 331〜335, 1989.

3185. [その他の報告] 日本組織培養学会第62回大会. 蔵本博行(産婦): 組織培養, 15(11): 374〜377, 1989.

3186. [症例報告] 新しい医療用テレメ−タシステム−その概要と今後の問題点−. 渡辺敏(麻),広瀬稔(MEセンター): 医科器械学, 59(6): 296〜301, 1989.

3187. [症例報告] CE世界見聞録、これからのCEのために、日本の病院CE部門A北里大学病院MEセンタ−. 渡辺敏(麻): 月刊新医療, 16(4): 122〜123, 1989.

3188. [臨床治験] 耳鼻咽喉科領域の皮膚の消毒法. 岡本牧人(耳鼻): JOHNS, 5(8): 1165〜1169, 1989.

3189. [臨床治験] ヒト直立時重心動揺の多変量解析(第1報)−重心動揺からみた年齢変化−. 八木一記(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 92(6): 899〜908, 1989.

3190. [臨床治験] ヒト直立時重心動揺の多変量解析(第2報)−重心動揺のパタ−ン認識−. 八木一記(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 92(6): 909〜922, 1989.

3191. [総説] 画像診断−MRI−. 西巻博,堀池重治(救命),菅信一(放),前川和彦(救命): Emergency Nursing, 2(4): 300〜306, 1989.

3192. [総説] トロンボキサンB2と6ーケトープロスタグランジンF1αの安定代謝物. 鹿取信(薬理): 現代医療, 21(11): 3250〜3253, 1989.

3193. [総説] プロスタグランジンはいかに測るべきか. 鹿取信(薬理): 現代医療, 21(11): 3259, 1989.

3194. [総説] 90年代医療機器はこれだ:機器保守管理体制の確立. 渡辺敏(麻): 新医療, 17(2): 28〜29, 1990.

3195. [総説] 大動脈における酸性ムコ多糖類の染色法の検討. 大橋ゆかり,伊藤尚子,近野清美,市川つわ(病院病理),新津谷真人(内),桑尾定仁,奥平雅彦(病理): 病理技術, (40): 12〜13, 1989.

3196. [総説] 新しい医療用テレメ−タシステムについて. 渡辺敏(麻): 麻酔, 38(7): 954〜959, 1989.

3197. [講座] C反応性タンパク(CRP)−毛細管沈降法とラテックス免疫凝集比濁法−. 西田陽,大谷英樹(臨病理): Med. Technol., 17(9): 961〜966, 1989.

3198. [講座] SPECT装置の回転軸ずれおよびイメージサイズ変動に関する日常試験. 久田欣一(金沢大),有水昇(千葉大),石井勝己(放),岡野真治(理研),小山田日吉丸(癌研),川上憲司(慈恵医大),佐々木康人(群大),鈴木豊 (東海大),土器屋卓志(国立東二病院),西川潤一(東大),松平正道(金沢大),松本徹(放医研),向井孝夫(京都技短大),油井信春(千葉県がんセ ン): Radioisotopes, 39(2): 53〜59, 1990.

3199. [学術書] (執筆) 心電図コンピュ−タ診断; ミニコン院内システム,p.64〜78, 宮原英夫(医用情報). 編集 岡島光治(藤田学園)編, 中山書店, 東京, 89.12.20発行.

3200. [学術書] (執筆) 組織細胞化学の技術−細胞膜; 5'-nucleotidase, p. 222〜227, 山科正平(解). 編集 小川和朗(京大),中根一穂(長崎大)編, 朝倉書店, 東京, 89.11.25 発行.

3201. [その他の著書(概説書)] (執筆) 作業環境評価の具体的進め方−測定記録のモデル様式の見方のポイント−, 高田勗(衛),他. 編集 全国労働衛生団体連合会編, 日本作業環境測定協会神奈川支部, 横浜, 89.09.00発行.

3202. [その他の著書(入門書)] (執筆) 新生化学実験講座12,分子免疫学T(免疫細胞,サイトカイン); 第1部 免疫担当細胞の分離,検定法,第1章 リンパ球単離法,12: 9〜24, 玉内秀一(微). 編集 大沢利昭(東大),奥村康(順大),矢田純一(東医歯大),永井克孝(東大)編, 東京化学同人, 東京, 89.11.28発行.

3203. [その他の著書(技術書)] (執筆) 染色法のすべて(月刊Medical Technology別冊); PTAH染色, p.28〜30; シュモ−ル反応・胆汁染色, p.50〜53; ベルリン青染色, p.98〜99, 篠田宏(東病院病理). 医歯薬出版, 東京, 88.07.15発行.

3204. [視聴覚教材] (監修) (執筆)高カロリ−輸液の調整−, 島田慈彦,石射正英,小川幸雄(薬剤部). 監修 島田慈彦(北里)監修, 協和企画, 90.01.00発行.

3205. [学会] (シンポジウム) 免疫組織化学反応におけるマイクロウェ−ブ照射の評価. 山科正平,勝又修,関根れい子(解): 第30回日本組織細胞化学会 (89.10.23), 京都, 抄録集,p.7, 1989.

3206. [学会] (一般講演) 病理生検標本における脂肪肝の計測学的検討. 市瀬紀代美,伊藤由美子,渡辺淑子(東病院病理): 第35回日本臨床衛生検査学会 (86.05.04), 岐阜, 衛生検査, 35(3): 572, 1986.

3207. [学会] (一般講演) リンタングステン酸ヘマトキシリン(PTAH)染色の検討(染色法の確認及びその改良). 篠田宏,横沢正志,山下和也,渡辺一江(東病院病理),中英男(病理): 第36回日本臨床衛生検査学会 (87.05.03), 鹿児島, 衛生検査, 36(3): 477, 1987.

3208. [学会] (一般講演) 病理検査における精度管理について. 篠田宏(東病院病理): 第5回私立医科大学臨床検査技師会学術研修会 (88.02.28), 東京, 抄録集, p.33, 1988.

3209. [学会] (一般講演) 胃黄色腫の各種染色による病理学的検討. 横沢正志,篠田宏,山下和也,渡辺一江(東病院病理),中英男(病理): 第37回神奈川県臨床衛生検査学会 (88.04.17), 平塚, 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 23(2): 44, 1988.

3210. [学会] (一般講演) 大腸メラノ−シスにおける病理組織学的検討. 山下和也,篠田宏,横沢正志,渡辺一江(東病院病理),中英男(病理): 第37回神奈川県臨床衛生検査学会 (88.04.17), 平塚, 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 23(2): 46, 1988.

3211. [学会] (一般講演) 胆嚢コレステロ−シスの病理組織学的検討. 渡辺一江,篠田宏,山下和也,横沢正志(東病院病理),中英男(病理): 第37回神奈川県臨床衛生検査学会 (88.04.17), 平塚, 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 23(2): 45, 1988.

3212. [学会] (一般講演) 直腸カルチノイドに対する免疫組織学的検討. 渡辺淑子,篠田宏,市瀬清美(東病院病理),中英男(病理): 第37回日本臨床衛生検査学会 (88.07.16), 神戸, 衛生検査, 37(5): 666, 1988.

3213. [学会] (一般講演) 性染色体異常を伴った無心体の1例. 矢部典子(臨病理): 日本染色体検査学会 (88.11.00), 東京.

3214. [学会] (一般講演) 経口腸管洗浄液の安定性及び細菌汚染に関する検討. 小川幸雄,太田久美子,島田慈彦(薬剤部),勝又伴栄(内),比企能樹(外): 日本薬学会第109年会 (89.04.05), 名古屋.

3215. [学会] (一般講演) 線量標準測定法のドーズプロッティングシステムへの応用(1). 岩波茂,高原齊,上前峰子,北山久美,中村義則(放),吉谷正夫(東洋メディック): 日本医学放射線学会第57回物理部会大会 (89.04.07), 神戸, 日本医学放射線学会誌,49(7): 952, l989.

3216. [学会] (一般講演) 繊維状エアロゾルモニタ−(FAM-1)によるアスベストの測定について(第2報). 小西淑人(ヘルス),高田勗(衛): 第62回日本産業衛生学会 (89.04.28), 青森, 学会講演要旨集,p.707, 1989.

3217. [学会] (一般講演) 五肢選択式語音明瞭度検査用語表の研究. 竹内義夫(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会総会 (89.05.11), 大阪, 日本耳鼻咽喉科学会会報,92(10): 1545, 1989.

3218. [学会] (一般講演) 診療支援システムとしての電子カルテの試み. 竹内昭博,白鷹増男,鶴田陽和,池田憲昭,宮原英夫(医用情報),佐藤登志郎(生理),島口貞夫(看護学部),西田在賢(アキラックス): 第28回日本ME学会大会 (89.05.23), 大阪, 医用電子と生体工学,27(特別): 120, 1989.

3219. [学会] (一般講演) 因子分析の脳血管障害患者の脳血流観察への応用. 中沢圭治,石井勝己(放): 第28回日本ME学会 (89.05.23), 大阪, 医用電子と生体工学,27(特別): 76, l989.

3220. [学会] (一般講演) HPLC法による尿中プテリジン誘導体の分析とその臨床的意義. 内山幸信,高崎光紀,渡辺良彦,大谷英樹(臨病理): 第41回日本ビタミン学会大会 (89.06.09), 札幌, ビタミン, 63(4): 204, 1989.

3221. [学会] (一般講演) Quantitative CT of Distal Femur and Radial Photon Absorptiometry in the Assessment of Renal Osteodystrophy. 桜井清子(放),丸茂文昭(東京医科歯科大),岩波茂(放),内田久則(東大医科研),松林隆(放): 17th International Congress of Radiology (89.07.06), Paris.

3222. [学会] (一般講演) 運動負荷テストにおけるパルスオキシメ−タ−の有用性について. 渡辺登,中嶋英彦,四倉正博,箕浦克則,梅原実,門井伸暁(児),高岸憲二(整外児): 第86回本体力医学会関東地方会 (89.07.08), 筑波, 体力科学, 38(5): 215, 1989.

3223. [学会] (一般講演) 因子分析の肺血流動態観察への応用. 中沢圭治,石井勝己,松林隆(放): 第8回医用画像工学シンポジウム (89.07.21), 大阪, Medical Imaging Technology, 7(2): 209〜210, 1989.

3224. [学会] (一般講演) Difference of BC Threshold Torce Levels Between Direct and Equivalent Measurements. 竹内義夫(耳鼻): 14th World Congres of Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery (89.09.15), Madrid, 14th World Congres of Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery, Abstracts, p.162.

3225. [学会] (一般講演) 高感度免疫同定法を用いた微量M蛋白の同定−特に多峰性M蛋白血症について. 舩渡忠男,大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 173, 1989.

3226. [学会] (一般講演) 化学発光を用いたDNAプロ−ブアッセイの検討. 田沢裕光(ブリストル),舩渡忠男,大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 318, 1989.

3227. [学会] (一般講演) ウミホタル・ルシフェリン誘導体を用いた化学発光法による好中球ス−パ−オキサイド測定法の検討. 西田陽,舩渡忠男,大谷英樹(臨病理): 第36回日本臨床病理学会総会 (89.10.05), 京都, 臨床病理, 37(補): 335, 1989.

3228. [学会] (一般講演) モノクロ−ナル抗体によるSalnomella Typhimuriumの抗原型別. 松崎貴子,池脇信直,山浦昇(看護学部),大沢伸孝,秋山武久(微),他: 第62回日本細菌学会関東支部総会 (89.10.13), 水上.

3229. [学会] (一般講演) 123I-IMP SPECTの画像評価と読影所見(脳血管障害に対する123I-IMP SPECTの臨床的有効度評価に関する共同研究). 蓑島聡(千葉大),他8施設,石井勝己(放): 第29回日本核医学会総会 (89.10.19〜21), 大津, 核医学, 26(8): 1026, 1989.

3230. [学会] (一般講演) ドーズプロッターの標準測定法化プログラム. 岩波茂,松林隆,高原齊,上前峰子(放),吉谷正夫(東洋メディック): 第2回日本放射線腫瘍学会学術大会 (89.11.07), 神戸, 日本放射線腫瘍学会誌, 1(Suppl. 3): 52, 1989.

3231. [学会] (一般講演) 濃度変換係数を用いた検知管法の有効な活用方法. 薮田十司,大森義文,小西淑人(ヘルス),岩崎禎,小松隆,宮本和敏,高田勗(衛): 日本労働衛生工学会 (89.11.17), 東京, 学会予稿集, p.51〜52, 1989.

3232. [学会] (一般講演) パッシブサンプラ−による作業環境測定の可能性について. 鈴木美智代,小西淑人(ヘルス),榎本保典,笹生稔,宮本和敏,高田勗(衛): 日本労働衛生工学会 (89.11.17), 東京, 学会予稿集, p.53〜54, 1989.

3233. [学会] (一般講演) モノクロ−ナル抗体の臨床検査への応用;免疫組織学的方法への応用. 篠田宏(東病院病理): 第7回私立医科大学臨床検査技師会学術研修会 (89.11.26), 東京, 抄録集, p.10〜11, 1989.

3234. [学会] (一般講演) 電子事典システムの機能拡張−動画像の取扱とその応用. 島口貞夫(看護学部),竹内昭博,池田憲昭,鶴田陽和,宮原英夫(医用情報),石川俊広(電子計算機センタ−),佐藤亮(アキラックス): 第9回医療情報学連合大会 (90.02.02), 東京, 第9回医療情報学連合大会論文集, p.599〜602, 1990.

3235. [学会] (一般講演) 電子カルテシステムの開発. 竹内昭博,池田憲昭,宮原英夫(医用情報),佐藤登志郎(生理),佐藤亮(アキラックス): 第9回医療情報学連合大会 (90.02.03), 東京, 第9回医療情報学連合大会論文集, p.865〜868, 1990.

3236. [学会] (一般講演) 脳血管障害に対する123I-IMPによるSPECTの臨床的有効度評価に関する共同研究−BVC(bias to variance characteristic)解析による診断のばらつきの評価. 松本徹,飯沼武(放医研),他,石井勝己(放): 第32回日本核医学会関東甲信越地方会 (90.03.10), 東京.

3237. [学会] (一般講演) 共焦点レ−ザ−顕微鏡による唾液線細胞の開口分泌過程の観察. 瀬川彰久(解): 第54回口腔病学会学術大会 (89.00.00), 東京.

3238. [学会] (一般講演) 在宅療養のための気管吸引カテーテル簡易消毒保存容器の試作とその応用. 細田稔(内),渡辺敏(麻),瓜生伸一(MEセンター): 第64回日本医科器械学会大会 (89.05.28), 大阪.

3239. [研究会] (一般講演) 治療用電子線により水中に生じる活性酸素の収量. 岩波茂(放): 第5回酸素由来ラジカル研究会 (89.05.17), 相模原.

3240. [研究会] (一般講演) 日本組織培養学会を主催して. 蔵本博行(産婦): 相模原市産科婦人科医会7月度定例学術部会 (89.07.12), 相模原.

3241. [研究会] (一般講演) QCTによる腰椎椎体海綿質の骨塩量. 桜井清子,松林隆(放),有富寛(整外),立平親人(放): 第11回神奈川Ca・骨代謝研究会 (90.01.13), 横浜.

3242. [学会会頭] 日本組織培養学会第62回大会, 蔵本博行(産婦):


<<311 その他>>

3243. [原著] 汎用経腸栄養剤の物性の検討−第2報−. 小川幸雄,島田慈彦(薬剤部),竹内美恵子(看護部),野口球子(栄養部),勝又伴栄(内),比企能樹(外): JJPEN, 11(7): 886〜892, 1989.

3244. [原著] Gastric Mucus Secretion in Portal Hypertension. 亀山仁一(山形大),他,西山憲子(生化系),石原和彦(化),堀田恭子(生化): Journal of Gastroenterology and Hepatology, 4(Suppl. 1): 126〜128, 1989.

3245. [原著] Development and Evaluation of a Radiological Reporting System for Use with a Personal Computer. 村田晃一郎,草野正一,井筒陸,Higushi, N.,村山弘(放): Medical Informatics, 14(1): 71〜83, 1989.

3246. [原著] Functional Difference in Monoamine Transmitters in the Behaviorally Abnormal Mouse Mutant (Wriggle Mouse Sagami). Koichi Ishikawa,Shinji Shibanoki,Taizo Kubo,Miki Kogure,Yoshiko Imamura(日大),大沢伸孝(微),Michio Ohmura(大村実動研),Katsuhiko Mikoshiba(大阪大): Neuroscience Letters, 103: 343〜348, 1989.

3247. [原著] Observation of Quantum Beats in Autoionizing Electron Spectra Created by Slow Na+ -Ne Collisions. A. Danjo(新潟大),小池文博(物理): Phys. Rev. Lett., 62(7): 741〜743, 1989.

3248. [原著] 病院病理部の日常業務におけるコンピユ−タ−導入と活用について. 伊藤由美子,田所悦子,市瀬紀代美,渡辺淑子(東病院病理),中英男(病理): 衛生検査, 37(4): 408〜414, 1988.

3249. [原著] 吸入療法におけるムコソルバン液の安定性. 吉山友二(薬学部),村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部): 呼吸,8(4): 422〜425, 1989.

3250. [原著] 着色ナイロン12球からの染料溶出と二酸化チタンの効果. 本田宏隆,佐竹安紀子(東京理科大),松野昂士(化),小石真純(東京理科大): 材料技術, 7(4): 136〜142, 1989.

3251. [原著] コンピュ−タ−シミュレ−ションによる粉体の表面改質過程の解析. 本田宏隆,鴨下祐也(東京理科大),松野昂士(化),小石真純(東京理科大): 材料技術, 8(2): 54〜60, 1990.

3252. [原著] 抗菌剤徐放性創傷被覆材の評価. 金栄吉,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 日本形成外科学会会誌, 9(8): 676〜686, 1989.

3253. [原著] Biological dressing としての羊膜(胎生)と鶏卵膜(卵生)について. 前田華郎,中北信昭,大慈弥裕之(形外): 日本熱傷学会会誌, 15(4): 234〜239, 1989.

3254. [原著] 静注用免疫グロブリン製剤中の抗HIV抗体・HIV抗原の検討. 黒山政一(薬剤部),高宮春男(臨検),村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部),大谷英樹(臨病理): 病院薬学,15(3): 167〜174, 1989.

3255. [原著] 高速気流中衝撃法における粉体物性の効果. 本田宏隆(東京理科大),松野昂士(化),小石真純(東京理科大): 粉体工学会誌, 26(9): 666〜671, 1989.

3256. [原著] Variational Patterns of Arm Folding in a Random Population of Japanese. 池田敏子(解): 北里医学, 19(5): 477〜482, 1989.

3257. [原著] Mode of Hand Clasping in a Random Japanese Population. 池田敏子(解): 北里医学, 19(6): 546〜550, 1989.

3258. [原著] Pattern of Hand-Clapping and its Relation to Handedness in a Random Population of Japanese. 池田敏子(解): 北里医学, 20(1): 13〜16, 1990.

3259. [短報] 北里研究所メディカルセンター病院−診断情報データベース病歴管理の現状. 村田晃一郎(放): Innervision, 5(4): 56〜57, 1990.

3260. [短報] リザベンドライシロップの配合変化試験(第1報). 青木路恵,野村知子,村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部),吉山友二,田中昌代(薬学部): Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists, 25(9): 1053〜1064, 1989.

3261. [短報] リザベンドライシロップの配合変化試験(第2報). 青木路恵,野村知子,村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部),吉山友二,田中昌代(薬学部): Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists, 25(10): 1213〜1225, 1989.

3262. [研究報告(文部省)] 重点領域研究(1) 胸骨舌骨筋は東京語の音調の実現にどうかかわっているか. 島田純一(生理),廣瀬肇(東大): 日本語音声における韻律的特徴の実態とその教育に関する総合的研究,総括班研究成果中間報告書1989「日本語音声」研究報告, (1): 19〜20, 1989.

3263. [総説] Thrombospondin. 内山幸信(臨病理): Laboratory and Clinical Practice, 6(1): 4〜5, 1988.

3264. [総説] 新しい薬剤師の業務体系;今を業務の転換期と認識し患者の利益のために. 石射正英(薬剤部): ばんぶう, (95): 110〜112, 1989.

3265. [総説] 精神神経科病棟での服薬指導を開始して. 竹内尚子,石射正英,島田慈彦(薬剤部): クリニカルファ−マシ−, 5(18): 10〜24, 1989.

3266. [総説] 北里大学東病院における処方作成支援システム. 相沢政明,中山豊,島田慈彦(薬剤部): 医療とコンピュ−タ, 3(Suppl.1): 73〜81, 1990.

3267. [総説] CT, MRI を対象とした小規模 PACS の開発と評価−放射線診断医からみた PACS の現状. 村田晃一郎,菅信一,谷田理一郎,西山正吾,西卷博,池田俊明,田所克己,桜井清子,中沢圭治,石井勝己,松林隆(放): 映像情報メディカル, 21(13): 617〜621, 1989.

3268. [総説] 投薬・指導記録作成の実際. 木村利美(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 102〜112, 1989.

3269. [総説] 注射薬管理の実際. 厚田幸一郎,石射正英(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 113〜125, 1989.

3270. [総説] 病棟における医薬品情報提供の実際. 望月真弓(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 126〜131, 1989.

3271. [総説] “100 点業務”に関するアンケート調査結果. 小林輝明,黒山政一,厚田幸一郎,町田充(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 132〜139, 1989.

3272. [総説] “100 点業務”によせてー医師, 看護婦, 患者の立場から. 吉村博邦(胸外),的場清和(内),花井恵子(看護部),赤松宗昌: 月刊薬事, 31(8臨増): 140〜143, 1989.

3273. [総説] 最近の医療環境について. 小林輝明(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 14〜17, 1989.

3274. [総説] “100 点業務”の今後の課題と展望. 島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 150〜156, 1989.

3275. [総説] TDM. 村瀬勢津子(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 159〜164, 1989.

3276. [総説] 特殊製剤. 矢後和夫(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 165〜171, 1989.

3277. [総説] 栄養管理. 伊藤洋行(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 172〜179, 1989.

3278. [総説] 外来患者への服薬指導. 佐川賢一(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 180〜187, 1989.

3279. [総説] 患者への集団教育. 風間幸三,石射正英(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 188〜193, 1989.

3280. [総説] いわゆる“100 点業務”とその意義. 小林輝明(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 18〜21, 1989.

3281. [総説] 救命救急センターでの薬剤師の役割. 近藤留美子(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 194〜200, 1989.

3282. [総説] 在宅医療の現況と今後. 小川幸雄(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 201〜206, 1989.

3283. [総説] アメリカ臨床薬剤業務インサイドレポート. 加賀谷肇(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 207〜211, 1989.

3284. [総説] “100 点業務”の導入に当たって. 笹野万理子(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 22〜30, 1989.

3285. [総説] “100 点業務”実践教育について. 小林輝明(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 31〜34, 1989.

3286. [総説] 医薬品情報活動. 黒山政一(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 35〜43, 1989.

3287. [総説] 「新たな病院薬剤業務の展開」の発行に際して. 朝長文弥(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 3〜13, 1989.

3288. [総説] 病棟における医師, 看護婦の業務と流れ. 小林輝明(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 44〜47, 1989.

3289. [総説] カルテ, 検査値の見方. 吉山友二(薬学部),田中昌代(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 48〜61, 1989.

3290. [総説] 服薬指導の基本. 小林輝明(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 65〜67, 1989.

3291. [総説] 薬剤業務とコンピュータ. 溝口國弘(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 68〜76, 1989.

3292. [総説] 患者情報の収集. 石射正英(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 79〜83, 1989.

3293. [総説] 服薬指導の実際(1)−北里大学病院の場合. 佐川賢一,笹野万理子,木村利美,橋本彰子,宮田玲子,岡崎美代子,本橋茂,楜沢由美(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 84〜96, 1989.

3294. [総説] 服薬指導の実際(2)−北里大学東病院の場合. 竹内尚子,石射正英,中山豊,太田久美子,大島美和子,平山武司(薬剤部): 月刊薬事, 31(8臨増): 97〜101, 1989.

3295. [総説] 病院薬局とGCP; 治験審査委員会の現状を中心に. 朝長文弥,黒山政一(薬剤部): 月刊薬事, 32(2): 257〜262, 1990.

3296. [総説] パ−キンソン病患者の服薬調査と服薬指導. 中込啓一,石射正英,島田慈彦(薬剤部),古和久幸(内): 月刊薬事,31(7): 1427〜1431, 1989.

3297. [総説] 病棟活動展開への経緯. 石射正英(薬剤部): 千葉県病薬会報, (87): 8〜14, 1989.

3298. [総説] リン酸カルシウムの生体中における結晶成長. 松野昂士(化),川野信之(脳外),宮沢七郎(電顕センタ−),小石真純(東京理科大),矢田賢三(脳外): 日本結晶成長学会誌, 16(1): 91〜97, 1989.

3299. [総説] 院内における副作用収集体制の確立−北里大学病院副作用検討委員会の設立とその活動状況−. 黒山政一,小林輝明(薬剤部),徳増厚二(耳鼻),佐藤喜一郎(精): 日本病院会雑誌, 36(10): 1657〜1661, 1989.

3300. [総説] 分子の超励起状態;その動的過程と量子欠損理論. 中村宏樹(分子研),高木秀一(物理): 日本物理学会誌, 45(2): 87〜93, 1990.

3301. [総説] 広範囲血液・尿化学検査・免疫学的検査−その数値をどう読むか−(下巻)Y.Tumor Marker, 13.ネオプテリン. 内山幸信(臨病理): 日本臨床,(601): 937〜941, 1990.

3302. [総説] 今後の薬剤業務−(各論)注射薬混合業務の取り組み方−. 島田慈彦(薬剤部): 薬事新報, (1534): 427〜431, 1989.

3303. [総説] 在宅医療と薬剤師. 小川幸雄(薬剤部): 薬事新報, (1580): 5〜6, 1990.

3304. [講座] 医療用医薬品のバ−コ−ド表示の推進について−日本病院薬剤師会渉外委員会の活動報告より−. 朝長文弥,黒山政一(薬剤部),他渉外委員会委員8名: Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists, 26(1): 108〜112, 1990.

3305. [講座] 血清蛋白. 大谷英樹(臨病理): Medicina,26(増10): 1850〜1851, 1989.

3306. [講座] 電気泳動. 大谷英樹(臨病理): Medicina,26(増10): 1852〜1854, 1989.

3307. [講座] チーム医療. 中島節夫(精): 医学のあゆみ, 158(1): 74, 1989.

3308. [講座] 能動的な医薬品情報の提供. 黒山政一,望月真弓,村瀬勢津子,朝長文弥(薬剤部): 医薬ジャ−ナル, 25(10): 2317〜2322, 1989.

3309. [講座] 服薬指導の実際(4) 神経内科病棟. 太田久美子,石射正英,竹内尚子,島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 32(1): 159〜161, 1990.

3310. [講座] 服薬指導の実際(5) 整形外科病棟. 大島美和子,石射正英,中山豊,竹内尚子,島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 32(2): 377〜379, 1990.

3311. [講座] 医薬品情報における電子計算機の応用. 黒山政一,朝長文弥(薬剤部),鶴田陽和(医用情報),福本真理子(薬学部),竹内昭博(医用情報),佐藤登志郎(生理): 月刊薬事, 32(3): 581〜589, 1990.

3312. [講座] 薬の副作用の同定. 朝長文弥,黒山政一(薬剤部): 内科, 64(4): 608〜612, 1989.

3313. [学術書] (執筆) 検査管理総論/臨床検査総論; 採血法,p.85〜104, 内山幸信(臨病理),前田忠伸(臨検). 編集 伊藤機一(東海大),五味邦英(昭和大)編, 講談社, 東京, 89.03.20発行.

3314. [学術書] (執筆) 超微粒子開発応用ハンドブック; 電子顕微鏡による超微粒子の観察,p.186〜195, 松野昂士(化). 編集 小石真純(東京理科大)編, サイエンスフォ−ラム, 東京, 89.04.05発行.

3315. [その他の著書] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集; 草野正一(放). 編集 佐藤登志郎(北里大)編, 日本医事新報社, 東京, 89.11.15 発行.

3316. [その他の著書(辞典)] (執筆) 医学大辞典(第17版); AZAN染色,他約30項目, 奥平雅彦(病理). 南山堂, 東京, 90.02.01発行.

3317. [その他の著書(辞典)] (執筆) 微生物学辞典; 蛋白質,蛋白質合成,酵素等38項目, 鈴木春男(生物物理化). 編集 日本微生物学協会編, 技報堂出版, 東京, 89.08.23発行.

3318. [その他] (執筆) サクセス医師国家試験臨床実地問題集; 富永誠一(胸外). 編集 佐藤登志郎(北里大)編, 日本医事新報社, 東京,89.11.15発行.

3319. [学会] (シンポジウム) Radiology Information and Digital Image Management Systems; Data Base Construction and Clinical Applications. 草野正一(放): 1st Nordic-Japan IMAC Symposium (89.03.29), 東京.

3320. [学会] (パネル) IBD (Inflammatory Bowel Disease)患者におけるプレドニゾロン血中動態の検討. 横田愼一,竹内尚子,舟岡美砂子,石射正英,島田慈彦(薬剤部),山本佳正,勝又伴栄(内),石川淳,高橋俊毅(外): 日本薬学会第109年会 (89.04.05), 名古屋.

3321. [学会] (パネル) 抗菌剤徐放性ポリロイシン創傷被覆材の評価. 金栄吉,古山登隆,佐藤史郎,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第32回日本形成外科学会総会 (89.04.21), 浦安, 日本形成外科学会会誌, 9: 310, 1989.

3322. [学会] (パネル) Intestinal Movement Video-Solor Battery-Microcomputerized. 瀧澤直定(生理),加藤康行(外),大貫信(生理): 31st International Congress of Physiological Sciences (89.07.14), Helsinki, Finland, Proceedings of the International Union of Physiological Sciences, (17): 502〜503, 1989.

3323. [学会] (ワ−クショップ) 免疫組織化学染色についての実態調査・集計結果報告. 篠田宏(東病院病理): 第35回日本臨床衛生検査学会 (86.05.03), 岐阜, 衛生検査, 35(7): 998〜1009, 1989.

3324. [学会] (一般講演) Independent Double Reading System; Application of Digital Image Management Data Base. 草野正一,井筒睦,松本玲子,金井塚文明,小林成司,遠藤高(放): 75th Scientific Meeting of Radiological Society of North America発表年月日¥(89.11.26), Chicago, Radiology, 173(Suppl.): 473, 1989.

3325. [学会] (一般講演) 複数オ−トバイ事故死の剖検例からみたオ−トバイ走行に関する安全性. 澤口彰子(東女医大),船尾忠孝,杉江秀明(法医),山下ケサ子(東女医大): 日本交通科学協議会総会 東京, 交通科学研究資料,第30集: 104〜107, 1989.

3326. [学会] (一般講演) 病院病理部の日常業務におけるコンピュ−タ−導入と活用について. 伊藤由美子,田所悦子,市瀬紀代美,渡辺淑子(病院病理),中英男(病理): 第36回日本臨床衛生検査学会 (87.05.03), 鹿児島, 衛生検査, 36(3): 514, 1987.

3327. [学会] (一般講演) 第二小委員会 「患者への医薬品情報提供時の指針作成」. 朝長文弥(薬剤部),神代昭,荒川正巳,近藤由利子,村田正弘,菅野友子,藤井俊志,南田安紀(病院薬局協議会),小林輝明(薬剤部),堀美智子,工藤義 房,山本信夫(病院薬局協議会): 日本薬学会第109年会 (89.04.04), 名古屋, 講演要旨集11,p.2, 1989.

3328. [学会] (一般講演) 院内における医薬品副作用情報収集体制の確立. 黒山政一,村上郁子,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),徳増厚二(耳鼻),佐藤喜一郎(精): 日本薬学会第109年会 (89.04.04), 名古屋, 日本病院会雑誌, 36(10): 1657〜1661, 1989.

3329. [学会] (一般講演) ICUにおけるAgs系抗生剤の病態別投与方法の検討. 中村恭子,近藤留美子,黒山政一,加賀谷肇,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),大和田隆(救命): 日本薬学会第109年会 (89.04.05), 名古屋, 講演要旨集11,p.31, 1989.

3330. [学会] (一般講演) 精神神経科入院患者の服薬指導の現状と問題点. 平山武司,竹内尚子,島田慈彦(薬剤部),三浦貞則(精): 日本薬学会第109年会 (89.04.06), 名古屋.

3331. [学会] (一般講演) 病院薬剤師職能の新たなる展開と評価. 笹野万理子,加賀谷肇,矢後和夫,佐川賢一,黒山政一,村瀬勢津子,小林輝明,朝長文弥(薬剤部): 日本薬学会第109年会 (89.04.06), 名古屋, 講演要旨集11,p.50, 1989.

3332. [学会] (一般講演) 北里大学病院情報ト−タルシステム(第1報)ト−タルシステムの概要と薬品マスタ−の構築. 小宅正,溝口国弘,風間幸三,佐藤透,松原肇,橋本ひろ美,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),松村正明,清水三太郎(企画室): 日本薬学会第109年会 (89.04.06), 名古屋, 講演要旨集11,p.52, 1989.

3333. [学会] (一般講演) 北里大学病院情報ト−タルシステム(第2報)注射オ−ダを基本にした注射薬供給. 厚田幸一郎,渡辺摂子,加賀谷肇,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),杉崎道夫(企画室): 日本薬学会第109年会 (89.04.06), 名古屋, 講演要旨集11,p.53, 1989.

3334. [学会] (一般講演) 在宅医療における薬剤師の役割(第1報)インスリン自己注射の安全性の検討. 高橋賢成,佐藤透,桜田和男,風間幸三,小宅正,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),立崎三千代,高瀬富枝(看護部),高宮春男(臨検): 日本薬学会第109年会 (89.04.06), 名古屋, 講演要旨集11,p.55, 1989.

3335. [学会] (一般講演) 複合凝固因子測定試薬の評価. 余湖久美子,前田忠伸,梅田久美,塙勇至(臨検),内山幸信(臨病理): 第38回日本臨床衛生検査学会 (89.04.29), 郡山, 衛生検査,38(3): 393, 1989.

3336. [学会] (一般講演) 輸血業務におけるコンピュ−タ−管理システムの使用経験. 浅井好美,土志田真美,遠藤洋,塙勇至(臨検),内山幸信(臨病理),三重野寛喜(外): 第38回日本臨床衛生検査学会 (89.04.29), 郡山, 衛生検査,38(3): 578, 1989.

3337. [学会] (一般講演) A Trial of Drug Information Service by On-line System in Kitasato University Hospital. 望月真弓,黒山政一,村瀬勢津子,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),鶴田陽和(医用情報): Pan Pacific X (89.05.07), ソウル, Abstract, p.323, 1989.

3338. [学会] (一般講演) Patho-Physiology in Cancer Patients as Reflected by the PFK Test. 中村国衛,中島洋一(分生): 6th International Conference on Human Tumor Markers (89.05.23), 東京, Journal of Tumor Marker Oncology,4(2): 138, 1989.

3339. [学会] (一般講演) 北里大学病院医薬品集のコンピュ−タ化. 鶴田陽和,池田憲昭(医用情報),佐藤登志郎(生理),竹内昭博(医用情報),薄井史子,石川俊広(電子計算機センタ−): 第28回日本ME学会大会 (89.05.23), 大阪, 医用電子と生体工学,27(特別): 144, 1989.

3340. [学会] (一般講演) 機能的構音障害児のITPAについて. 岡本朗子,鈴木恵子,原由紀(耳鼻): 日本聴能言語学会 (89.05.28), 静岡, 第15回日本聴能言語学会学術講演会予稿集, p.73, 1989.

3341. [学会] (一般講演) Dry Impact Blending Preparation and Properties of Encapsulated Powder Polymers. 小石真純,本田宏隆(東京理科大),松野昂士(化): 5th International Conference on Pharmaceutical Technology (89.06.01), パリ, Proceedings, 5: 396〜405, 1989.

3342. [学会] (一般講演) 医薬品情報における電子計算機の応用(U). 橋本ひろ美,黒山政一,野村知子,望月真弓,村上郁子,小宅正,村瀬勢津子,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),鶴田陽和(医用情報),松村正明,山川昇一, 清水三太郎(企画室): 第39回日本病院学会 (89.06.15), 長野, 講演集, p.452〜453, 1989.

3343. [学会] (一般講演) 点滴液自動セッティング装置の有用性についての検討. 大島美和子,太田久美子,横田愼一,金子修子,小林千洋子,石射正英,島田慈彦(薬剤部): 第39回日本病院学会 (89.06.15), 長野, 講演集, p.458〜459, 1989.

3344. [学会] (一般講演) 看護婦養成校における医薬品関連教育の実態調査−薬剤師とのチ−ム医療推進の必要性−. 吉山友二(薬学部),小林輝明,朝長文弥(薬剤部): 第39回日本病院学会 (89.06.16), 長野, 講演集, p.612〜613, 1989.

3345. [学会] (一般講演) 喉頭摘出後の食道音声習熟に関連する要因について. 岡本朗子,高橋廣臣(耳鼻): 日本頭頚部腫瘍学会 (89.07.01), 大阪, 第13回日本頭頚部腫瘍学会学術講演会プログラム予稿集, p.174, 1989.

3346. [学会] (一般講演) 鳥を用いた発声−聴覚系の生理心理学的研究(V). 山崎捨夫(生理): 第7回日本生理心理学会大会 (89.07.11), 北海道, プログラム, p.23, 1989.

3347. [学会] (一般講演) 高速気流中衝撃法による粉体の表面改質. 本田宏隆,小石真純(東京理科大),松野昂士(化): 日本化学会北海道支部1989年夏季研究発表会 (89.07.22), 室蘭, 講演要旨集, p.66, 1989.

3348. [学会] (一般講演) 注射剤混合業務における細菌汚染の検討(第2報). 金子修子,太田久美子,横田愼一,大島美和子,小林千洋子,石射正英,島田慈彦(薬剤部): 関東ブロック第19回学術大会 (89.08.27), 山梨.

3349. [学会] (一般講演) Development of Biosynthetic Bilaminar Wound Dressing Capable of Releasing an Antibacterial Drug. 金栄吉,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第5回アジア・太平洋形成外科学会 (89.09.10), イスタンブール, トルコ.

3350. [学会] (一般講演) ジルコニアゾル改質粉体の調製. 本田宏隆(東京理科大),松野昂士(化),小石真純(東京理科大): 第42回コロイドおよび界面化学討論会 (89.10.14), 甲府, 講演要旨集, p.438〜439, 1989.

3351. [学会] (一般講演) 高結晶性リン酸−水素カルシウム二水和物の球晶状成長. 松野昂士(化),小石真純(東京理科大): 第42回コロイドおよび界面化学討論会 (89.10.14), 甲府, 講演要旨集, p.516〜517, 1989.

3352. [学会] (一般講演) 高速気流中衝撃法における粉体の付着機構. 本田宏隆(東京理科大),松野昂士(化),小石真純(東京理科大): 第27回粉体に関する討論会 (89.10.19), 千葉, 講演要旨集, p.185〜188, 1989.

3353. [学会] (一般講演) 高速気流中衝撃法によるカプセル粉体の調製. 本田宏隆(東京理科大),松野昂士(化),小石真純(東京理科大): 1989年度色材協会研究発表会 (89.10.30), 東京, 講演要旨集, p.81〜82, 1989.

3354. [学会] (一般講演) 骨導マイクを用いた食道発声者用拡声装置の試作. 世木秀明,江見恭一(職業訓練大),岡本朗子,原由紀(耳鼻),堀口利之,新美成二(東大): 日本音声言語医学会 (89.11.11), 愛知, 第34回日本音声言語医学会総合学術講演会予稿集, p.129, 1989.

3355. [学会] (一般講演) 鳥を用いた発声−聴覚系の生理心理学的研究(W)インコの人言語の発声音声. 山崎捨夫(生理): 第53回日本心理学会大会 (89.11.30), 筑波, 論文集, p.491, 1989.

3356. [学会] (一般講演) 北里大学病院情報ト−タルシステム(第5報)−処方オ−ダの実際2−. 高橋賢成,小宅正,溝口国弘,風間幸三,佐藤透,尾鳥勝也,小林輝明,朝長文弥(薬剤部),松村正明,香取一勇,清水三太郎(企画室): 第9回医療情報学連合大会 (90.02.01〜03), 東京, 論文集, p.489〜492, 1990.

3357. [学会] (一般講演) 200床中規模病院に構築した放射線検査オーダリングシステムの現状と諸問題. 高松俊道,柳田智,上野勉,洲崎義弘,村岡松生,矢久保純平,村田晃一郎,安東秋則,黒田光明,笹本憲男(北里研究所メディカルセンター病院): 第9回医療情報学連合大会 (90.02.02), 東京, 第9回医療情報学連合大会論文集, p.463〜464, 1990.

3358. [学会] (一般講演) 病院情報システムに組み込んだ放射線検査情報システムの開発. 村田晃一郎,矢久保純平(北里研究所メディカルセンター病院),大部誠(病理),黒田光明,村岡松生(北里研究所メディカルセンター病院): 第9回医療情報学連合大会 (90.02.02), 東京, 第9回医療情報学連合大会論文集, p.467〜468, 1990.

3359. [学会] (一般講演) 北里研究所メディカルセンター病院における病歴データベースの現状. 永久保真,西谷弘光,久保田芳一,村田晃一郎,笹本憲男,大部誠,黒田光明,岡田明美,内山靖(北里研究所メディカルセンター病院): 第9回医療情報学連合大会 (90.02.03), 東京, 第9回医療情報学連合大会論文集, p.637〜640, 1990.

3360. [学会] (一般講演) 精神科服薬指導における薬剤師の役割−北里大学東病院の経験と全国アンケ−ト調査の結果について−. 竹内尚子,飯泉恵美子,伊藤行代,島田慈彦(薬剤部),石郷岡純,大谷義夫,三浦貞則(精): 第18回日本精神病院協会精神医学会 (90.03.22). 仙台.

3361. [学会] (一般講演) 胸骨舌骨筋による発話開始時のピッチ調節. 島田純一(生理),堀口利之,新美成二,廣瀬肇(東大): 第2回日本喉頭科学会 (90.03.23), 東京, 予稿集,p.80, 1990.

3362. [学会] (一般講演) 母音が無声化されるときの輪状甲状筋の活動. 島田純一(生理),堀口利之,新美成二,廣瀬肇(東大): 日本音響学会 (90.03.29), 東京, 論文集T, p.255〜256, 1990.

3363. [学会] (一般講演) 中央手術部医療技術員の日、当直勤務内容について. 鈴木好信,岡本耕一郎,松林光,池田恵子(中央手術部),根本・(外),田中亮(麻): 第11回日本手術部医学会総会 (89.10.27), 山形, 日本手術部医学会誌, 10(臨増): 50, 1989.

3364. [研究会] (教育講演) 最近のMR装置の現況. 菅信一(放): 神奈川県診療放射線技術講習会 (89.09.10), 横浜.

3365. [研究会] (教育講演) 医療における新しい道具、画像診断. 菅信一(放): 神奈川県大学公開講座 (89.10.14), 相模原.

3366. [研究会] (パネル) 微量元素製剤の配合変化. 島田慈彦(薬剤部): 第5回輸液・微量栄養素研究会 (89.07.08), 東京.

3367. [研究会] (一般講演) 北里Total System. 石橋晃(泌): 第3回ヘルスエグゼクティブカンファレンス (89.08.27), バンコク.

3368. [研究会] (一般講演) HPN施行患者に対する訪問医療の必要性. 小川幸雄,島田慈彦(薬剤部),山本訓子,片淵啓子(看護部),大谷剛正,比企能樹(外): 第4回在宅静脈栄養(HPN)研究会 (89.09.02), 大阪.

3369. [研究会] (一般講演) 頚髄MR軸位像の解剖学的検討: スピンエコー法とグラジェントエコー法の比較. 金井塚文明,谷田理一郎,遠藤高,小林成司,松本玲子,井筒睦,草野正一(放): 第18回断層映像研究会 (89.10.22).

3370. [研究会] (一般講演) マイクロコンピュ−タを用いた各種医療情報提供システム. 鶴田陽和,宮原英夫(医用情報),佐藤登志郎(生理),田中亮(麻): 第7回麻酔・集中治療コンピュ−タ研究会 (89.11.18), 富山, 抄録集, p.13, 1989.

3371. [研究会] (一般講演) 抗菌剤徐放性二層構造創傷被覆材の開発. 金栄吉,神沢敏,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 日中形成外科交流学術集会 (89.11.22), 長崎.

3372. [研究会] (一般講演) 抗菌剤徐放性創傷被覆材の作製と評価. 金栄吉,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第19回創傷治癒研究会 (89.12.02), 久留米.

3373. [研究会] (一般講演) Development of Biosynthetic Bilaminar Wound Dressing Capable of Releasing Antibacterial Drug. 金栄吉,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第4回マウイ Burn Conference (90.02.18), ハワイ, Abstract, p.28, 1989.

3374. [研究会] (一般講演) 平衡機能検査結果のデ−タ−ベ−ス化. 新田健太郎,徳増厚二(耳鼻): 耳鼻咽喉科情報処理研究会 (90.03.17), 東京, 耳鼻咽喉科情報処理研記6回, 1990.