1996年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)



<<01 解剖学>>

1. [原著] Importance of nidogen binding to laminin γ1 for branching epithelial morphogenesis of the submandibular gland. 門谷裕一(解),Salmivirta, K.,Talts, J.F.,Kadoya, K.(ウプサラ大),Mayer, U.,Timpl, R.(マックスプランク研),Ekblom, P.(ウプサラ大): Development, 124(3): 683〜691, 1997.

2. [原著] The significance of lamellated structure of Glgi apparatus in parotid acinar cells. 山科正平,玉木英明(解): Eur. J. Morphol., 34(3): 229〜232, 1996.

3. [原著] Dynamics of salivary secretion studied by confocal laser and scanning electron microscopy. 瀬川彰久(解),Alessandro Riva(カリアリ大): Eur. J. Morphol., 34: 215〜219, 1996.

4. [原著] Localization of human placental glucose transporter 1 during pregnancy: An immunohistochemical study. Tadokoro, C.,Yoshimoto, Y.,Sakata, M.,Kurachi, H.(阪大),安達栄治郎(解),Maeda, T.,Miyake, A.(阪大): Histol. Histopathol., 11: 673〜681, 1996.

5. [原著] Radio-ulnar weight index−is it a useful criterion for sex identification of human skeleton? 桜木晃彦(解): Int. J. Osteoarchaeol., 6: 309〜315, 1996.

6. [原著] Wortmannin and Li+ specifically inhibit clathrin-independent endocytic internalization of bulk fluid. Sato, S.B.,Taguchi, T.(京大),山科正平(解),Tayama, S.(京大): J. Biochem., 119(5): 887〜897, 1996.

7. [原著] Gelation of the lens capsule type W collagen solution at a neutral pH. 中里浩一,村岡正敏,安達栄治郎(解),林利彦: J. Biochem., 120(5): 889〜894, 1996.

8. [原著] Immunoelectron microscopic localization of vimentin in sustentacular cells of the carotid body and the adrenal medulla of guinea pigs. 亀田芙子(解): J. Histochem. Cytochem., 44(12): 1439〜1449, 1996.

9. [原著] Differential distribution of S-100 protein and vimentin in the hypophyseal pars tuberalis of the guinea pig. 亀田芙子(解): J. Histochem. Cytochem., 44(5): 501〜510, 1996.

10. [原著] Ultrastructural immunogold localization of vimentin and S-100 protein in guinea pig pars tuberalis. X. 安達栄治郎(解),水野一乗(阪大): 10th International Congress on Histochemistry & Cytochemistry (96.08.18〜23), 京都, Proceedings, p.33〜34, 1996.

21. [学会(国際)] (シンポジウム等) Relationship between structure and function of the Golgi apparatus in the parotid acinar cell of the rat: A high resolution immuno-electron microscopic study. 玉木英明,山科正平(解): 10th International Congress on Histochemistry & Cytochemistry (96.08.19), 京都.

22. [学会(国際)] (一般講演) Neuropeptides in the dynamics of salivary secretion: A light and electron microscopic study. Marina Del Fiacco(カリアリ大),瀬川彰久(解),Marina Quartin,Marina S. Lantini(カリアリ大): 6th International Meeting of the Italian Group for the Study of Neuromorphology (96.06.21), Turin, Italy, Abstracts, p.24, 1996.

23. [学会(国際)] (一般講演) Specific function as culture cell substrates of fibrillar multimeric fibronectin formed with dithiothreitol. 林利彦,Sakai, K.,Hirose, S.,Fukai, F.,Fujisaki, H.,服部俊治,安達栄治郎(解): 3rd Panpacific Connective Tissue Societies Symposium (96.11.30〜12.05), ハワイ, Abstracts, p.44, 1996.

24. [学会(国際)] (一般講演) Laminin-1 G-domain peptide, RKRLQVQLSIRT, inhibits submandibular gland morphogenesis in vitro. 門谷裕一(解),Nomizu, M.(NIDR, NIH),山科正平(解),Yamada, Y.(NIDR, NIH): 3rd Panpacific Connective Tissue Societies Symposium (96.12.02), ハワイ, Abstracts, p.55, 1996.

25. [学会(国際)] (ポスター講演) Role of peptides from the laminin-1 G-domain for submandibular gland morphogenesis. 門谷裕一,山科正平(解),Nomizu, M.,Yamada, Y.(NIDR, NIH): ゴードン会議 (96.06.09), ニューハンプシャー, Abstracts, p.15, 1996.

26. [学会(国際)] (ポスター講演) Formation and structure of lens capsule type W collagen gel under physiological pH and NaCl concentration. 中里浩一,村岡正敏,安達栄治郎(解),林利彦: 6th International Conference on the Molecular Biology and Pathology of Matrix (96.06.16〜19), フィラデルフィア, Matrix Biology, 15: 156, 1996.

27. [学会(国際)] (ポスター講演) Specific function of the multimeric fibronectin formed in vitro as revealed by interaction with HT-1050 cells. Sakai, K.,Fujisaki, H.,安達栄治郎(解),服部俊治,林利彦: 6th International Conference on the Molecular Biology and Pathology of Matrix (96.06.16〜19), フィラデルフィア, Matrix Biology, 15: 157, 1996.

28. [学会(国際)] (ポスター講演) Aggregates of collagen W prepared from normal tissues are composed of 16 nm-sided polygons. 安達栄治郎(解),村岡正敏,Iwata, M.,Sasaki, T.,Takeda, Y.,Hazeki, N.,Nakazato, K.,Hopkinson, I.,林利彦: 6th International Conference on the Molecular Biology and Pathology of Matrix (96.06.16〜19), フィラデルフィア, Matrix Biology, 15: 159, 1996.

29. [学会(国際)] (ポスター講演) Dispersed distribution of α2β1 integrin on the entire surface of elongated human fibroblasts cultured in three-dimensional collagen gel: Lack of focal adhesion. Yamato, M.,Yamamoto, K.,安達栄治郎(解),高橋誠一郎,林利彦: 6th International Conference on the Molecular Biology and Pathology of Matrix (96.06.16〜19), フィラデルフィア, Matrix Biology, 15: 159, 1996.

30. [学会(国際)] (ポスター講演) Reconstitution of banding fibrils from the subtypes of type X collagen with the chain composition of α1(V)2α2(V) and α1(V)α2(V)α3(V). 水野一乗,安達栄治郎(解),林利彦: 3rd Panpacific Connective Tissue Societies Symposium (96.11.30〜12.05), ハワイ, Abstracts, p.82, 1996.

31. [学会(国際)] (ポスター講演) Detection of EGF-receptor protein in fetal mouse submandibular glands. Kashimata, M.(明海大),門谷裕一(解),Minami, S.(明海大),山科正平(解),Gresik, E.W.(ニューヨーク市立大): 第36回アメリカ細胞生物学会大会 (96.12.07〜11), サンフランシスコ, Mol. Biol. Cell, 7: 491a, 1996.

32. [学会(全国)] (シンポジウム等) ヒト唾液腺分泌の細胞生物学. 瀬川彰久(解): 第38回歯科基礎医学会 (96.10.12), 神奈川, 歯科基礎医学会雑誌, 38(補): 63, 1996.

33. [学会(全国)] 堰j ヘパリンとの親和性から見た細胞外マトリックスの特徴; W.ヘパリンとの親和性の異なるX型コラーゲン分子種の会合体構造. 水野一乗,安達栄治郎(解),林利彦: 第28回日本結合組織学会 (96.06.06〜07), 金沢, Connective Tissue, 28(2): 111, 1996.

43. [学会(全国)] (一般講演) 上腕骨内側縁・外側縁の形態的性差. 桜木晃彦(解): 第50回日本人類学会・日本民族学会連合大会 (96.10.19), 佐賀.

44. [学会(全国)] (一般講演) MRIによる生体顔面頬骨部の形態(1). 池田敏子(解),中村元信(形外): 第50回日本人類学会・日本民族学会連合大会 (96.10.19), 佐賀, 予稿集, p.115, 1996.

45. [学会(全国)] (一般講演) MRIによる生体頬骨部の張出し度とモアレ縞の関係. 池田敏子(解),中村元信(形外): 第102回日本解剖学会全国学術集会 (97.03.27), 愛知, 予稿集, p.111, 1997.

46. [学会(全国)] (ポスター講演) 日本人大腿骨における上顆幅上に投影した骨頭頂点の位置. 平本嘉助(解): 第101回日本解剖学会総会 (96.04.02), 福岡, 解剖学雑誌, 71(4): 376, 1996.

47. [学会(全国)] (ポスター講演) 培養顎下腺に発達する自律神経系ネットワーク. 門谷裕一,山科正平(解): 第101回日本解剖学会総会 (96.04.02〜04), 福岡, 解剖学雑誌, 71(4): 497, 1996.

48. [学会(全国)] (ポスター講演) 上皮基底膜構造の再検討(Reevaluation of the epithelial basement membrane). 門谷裕一(解),勝又修(形態系),山科正平(解): 第52回日本電子顕微鏡学会学術講演会 (96.05.23), 東京, J. Electron Microsc., 45(4): 352, 1996.

49. [学会(全国)] (ポスター講演) 甲状腺C細胞に特異的な遺伝子の単離と機能解析. 三浦正明,亀田芙子(解): 第102回日本解剖学会 (97.03.28), 愛知, 予稿集, p.188, 1997.

50. [学会(地方)] (シンポジウム等) からだの軸・細胞の軸. 瀬川彰久(解): 第6回日本解剖学会関東地方会懇話会 (96.06.22), 東京, 解剖学雑誌, 71: 513, 1996.

51. [学会(地方)] (シンポジウム等) 走査型プローブ顕微鏡による細胞構造解析の現状. 山科正平(解): 第21回日本電子顕微鏡学会関東支部講演会 (97.03.15), 東京, 予稿集, p.46〜47, 1997.

52. [研究会(国際)] (ワークショップ) Cytoskeletal regulation of exocytosis-endocytosis coupling in human and rat salivary glands. 瀬川彰久,山科正平(解),Alessandro Riva(カリアリ大): 2nd Workshop for International Collaborative Research Project "Concerted Mechanisms of Transporters for Salivary Secretion" (96.10.31), 岡崎, Abstracts, p.25〜27, 1996.

53. [研究会(国際)] (ワークショップ) Apical vesicles hearing inositol 1,4,5-triphosphate receptor type 2 regulates Ca signaling in duct cells of rat submandibular gland. 瀬川彰久(解),日野美紀(東大),安達栄治郎,山科正平(解),宮脇敦史,御子柴克彦(東大): 2nd Workshop for International Collaborative Research Project "Concerted Mechanisms of Transporters for Salivary Secretion" (96.11.01), 岡崎, Abstracts, 0.59〜61, 1996.

54. [研究会(全国)] (シンポジウム等) Basement membrane; An historical perspective. 安達栄治郎,門谷裕一(解): 第44回マトリックス研究会 (97.03.27〜28), 宇部, 予稿集, p.88〜89, 1997.

55. [研究会(全国)] (シンポジウム等) W型コラーゲンのプロセッシング. 今村保忠,高橋誠一郎,佐々木巽,林利彦,安達栄治郎,佐渡義一(解): 第44回マトリックス研究会 (97.03.27〜28), 宇部, 予稿集, p.90〜91, 1997.

56. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 牛レンズカプセル由来W型コラーゲンの構造と生物学的機能. 中里浩一,安達栄治郎,広瀬吉弘,村岡正敏,林利彦(解): 第44回マトリックス研究会 (97.03.27〜28), 宇部, 予稿集, p.92〜93, 1997.

57. [研究会(全国)] (一般講演) Chitosanを用いたナノゴールド銀増感免疫電顕法の改良−MW迅速試料処理装置を用いた処理時間短縮の試み−. 勝又修(形態系),安達栄治郎,山科正平(解): 第19回生理学技術研究会 (97.02.13), 愛知, 抄録集, p.18, 1997.

58. [研究会(全国)] (一般講演) アルカリ可溶性T型コラーゲンの線維形成. 服部俊治,鈴木康夫,安達栄治郎(解),蛯原哲也,森下知香織,入江伸吉: 第44回マトリックス研究会 (97.03.27〜28), 宇部, 予稿集, p.28〜29, 1997.

59. [研究会(全国)] (一般講演) X型コラーゲン線維の径の制限はアミノ末端領域ではなく主3本鎖らせん構造領域に起因するという仮説. 水野一乗,安達栄治郎(解),林利彦: 第44回マトリックス研究会 (97.03.27〜28), 宇部, 予稿集, p.30〜31, 1997.

60. [研究会(全国)] (一般講演) 皮膚モデルにおけるラミニン5の基底板形成促進. 常長誠,安達栄治郎(解),天野聡,Burgeson, R.E.,西山敏夫: 第44回マトリックス研究会 (97.03.27〜28), 宇部, 予稿集, p.45〜46, 1997.

61. [研究会(地方)] (一般講演) 刺激伝導系の発生: 正常心と奇形心での検討. 青山直善,村松準,和泉徹(内),山科正平(解): 第33回神奈川循環器講演会 (96.07.13), 横浜.

62. [特許・意匠登録] (File No. MGP-044-1)Laminin 5 and the formation of basement membrane structure. Burgeson, R.S.,常長誠,天野聡,西山敏夫,安達栄治郎(解),塩谷信幸(形外).

63. [学会主催(国内学会)] 第52回日本電子顕微鏡学術講演会および総会(実行委員長) 山科正平(解).


<<02 生理学>>

64. [原著] Coexistence of nitric oxide synthase and neuropeptides in the mouse vomeronasal organ: An indirect double immunostaining combined with multiple dye filter. 松田秀樹,日下部辰三,Nagahara, T.(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): Acta Histochem. Cytochem., 29(Suppl.): 1043〜1044, 1996.

65. [原著] Coexistence of neuropeptides in the bullfrog lingual papillae: An application of double immunolabelling in combination with a multiple dye filter. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),松田秀樹,竹中敏文(横浜市大): Acta Histochem. Cytochem., 29(Suppl.): 990〜991, 1996.

66. [原著] Coexistence of neuro-peptides in the amphibian carotid labyrinth: An application of double immunolabelling in combination with a multiple dye filter. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): Adv. Exp. Med. Biol., 410: 325〜328, 1997.

67. [原著] Quantitative analysis of asymmetry of the mitotic apparatus during polar body formation in starfish oocyte. 佐藤節子(東工大),佐藤亮平(生理),浜口幸久(東工大): Bioimages, 4: 79〜83, 1996.

68. [原著] Distribution of substance P and calcitonin gene related peptide immunoreactive nerve fibers in the trachea of chronically hypoxic rats. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),Powell, F.L.,Ellisman, M.H.(UCSD),沢田元,竹中敏文(横浜市大): Brain Res. Bull., 39(6): 335〜339, 1996.

69. [原著] Coexistence of nitric oxide synthase and neuropeptides in the mouse vomeronasal organ demonstrated by a combination of double immunofluorescence labeling and a multiple dye filter. 松田秀樹,日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文,沢田元,Tsukuda, M.(横浜市大): Brain Res., 712: 35〜39, 1996.

70. [原著] Precise coexistence of regulatory peptides in the nerve fibers of the amphibian carotid labyrinth demonstrated by a combinaiton of double immuno-fluorescence labelling and a multiple dye filter. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),尾野道男(横浜市大),庄井のり子,栗原克由(法医),沢田元,竹中敏文(横浜市大): Brain Res., 735: 307〜310, 1996.

71. [原著] Ontogeny of the peptidergic fibers in the male mouse submandibular gland. 日下部辰三,松田秀樹(横浜市大),川上倫(生理),Tsukuda, M.,竹中敏文,沢田元(横浜市大): Dev. Brain Res., 95: 125〜130, 1996.

72. [原著] Ontogeny of regulatory neuropeptides in the bullfrog taste organ. 日下部辰三,松田秀樹(横浜市大),川上倫(生理),庄井のり子,栗原克由(法医),竹中敏文,沢田元(横浜市大): Dev. Brain Res., 96: 285〜289, 1996.

73. [原著] Distribution of peptidergic nerve fibers in bullfrog lingual papillae demonstrated by a combination of double immunofluorescence labelling and a multiple dye filter. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),尾野道男,沢田元,竹中敏文(横浜市大): Histochem. J., 28: 289〜297, 1996.

74. [原著] Photic stimulation of intracellular cAMP-dependent protein kinase in Paramecium. 島本昌和(精),長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大),三浦貞則(医療衛生),佐藤登志郎(生理): Interdisciplinary Information Sciences, 2(2): 169〜173, 1996.

75. [原著] Signal transduction mechanism responsible for changes in axoplasmic transport caused by neurotransmitters. 竹中敏文(横浜市大),川上倫(生理): Neurochem. Res., 21(5): 553〜556, 1996.

76. [原著] インターネットを利用した行動の簡易遠隔観察に関する試み. 山崎捨夫(岐阜大),佐藤亮平,片倉隆(生理),大井修三(岐阜大),池谷尚剛(名大): 岐阜大学医療技術短期大学部紀要, 3: 47〜57, 1997.

77. [原著] 腎集合管のK輸送とKチャネル. 河原克雅(生理): 自律神経, 33(3): 213〜215, 1996.

78. [準原著] Department of calcium and magnesium physiology. 河原克雅(生理): 腎と透析, 41(1): 13, 1996.

79. [総説] 光学顕微鏡による軸索輸送の測定法. 堀英明(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): 日本生理学雑誌, 85: 283〜300, 1996.

80. [総説] 体液のK+調節と腎尿細管のK+チャネル. 河原克雅(生理): 北里医学, 27(1): 1〜8, 1997.

81. [学会(国際)] (シンポジウム等) Coexistence of neuropeptides in the amphibian carotid labyrinth. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): 8th International Symposium of Arterial Chemoreception (96.03.00), Santiago.

82. [学会(国際)] (シンポジウム等) Expression of uKATP-1 (Kir6-1) in neonatal rat kidney proximal tubule. 安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),河原克雅(生理),稲垣暢也,清野進(千葉大): Channels, Transport, and Regulation of Metabolic State (97.02.03〜04), 岡崎, Programm, p.1, 1997.

83. [学会(国際)] (一般講演) Localization of the inward rectifier subunit uKATP-1 (Kir6-1) in adult rat kidney. 安西尚彦,河原克雅(生理),小林直人,坂井建雄(順天堂大),小松康宏(千葉県立こども病院),稲垣暢也,清野進(千葉大): アメリカ腎臓学会 (96.11.00), ニューオリンズ, J. Am. Soc. Nephrol., 7(9): 1275, 1996.

84. [学会(国際)] (ポスター講演) Coexistence of neuropeptides in the bullfrog lingual papillae: An application of double immunolabelling in combination with a multiple dye filter. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),松田秀樹,竹中敏文(横浜市大): 10th International Congress of Histochem. Cytochem. (96.08.18〜23), 京都.

85. [学会(国際)] (ポスター講演) Coexistence of nitric oxide synthase and neuropeptides in the mouse vomeronasal organ: An indirect double immunostaining combined with a multiple dye filter. 松田秀樹,日下部辰三,Nagahara, T.(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): 10th International Congress of Histochem. Cytochem. (96.08.18〜23), 京都.

86. [学会(国際)] (ポスター講演) Structural and functional development of early-stage proximal tubule (PT) in neonatal rat kidney. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小久保麻子,矢島義忠,小林豊(内),河原克雅(生理),坂井建雄(順大): 29th American Society of Nephrology (96.11.02〜04), New Orleans, J. Am. Soc. Nephrol., 7(9): 1599, 1996.

87. [学会(全国)] (シンポジウム等) 「生体の時間秩序」−単純から複雑への時間の矢. 長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大): 第34回日本生物物理学会 (96.11.08), 筑波, 生物物理, 36(Suppl.): 75, 1996.

88. [学会(全国)] (シンポジウム等) 内向き整流性K+チャネルサブユニット・Kir6-1の腎臓内局在及びDOCA投与による影響. 安西尚彦,河原克雅(生理),泉田いぶき,小久保麻子(内): 第74回日本生理学会 (97.03.28), 浜松, 予稿集, p.300, 1997.

89. [学会(全国)] (一般講演) 神経伝達物質による軸索輸送の調節機構. 川上倫(生理),堀英明,橋本容子,日下部辰三,竹中敏文(横浜市大): 第73回日本生理学会大会 (96.04.03〜05), 福井.

90. [学会(全国)] (一般講演) Development of renal potassium excretion during early neonates in rats. 安西尚彦,河原克雅(生理): 第73回日本生理学会 (96.04.04), 福井, Jpn. J. Physiol., 46(Suppl.): 198, 1996.

91. [学会(全国)] (一般講演) 生物時計の細胞機構; 相互作用依存的セカンドメッセンジャーの動態. 長谷川建治(生理),石崎茂生(理学部),島本昌和(精),塚原保夫(東北大): 第19回日本神経科学学会 (96.07.00), 神戸, Neurosci. Res., 20: 233, 1996.

92. [学会(全国)] (一般講演) 生物時計におけるPKAの役割は? 長谷川建治(生理),島本昌和(精),石崎茂生(理学部),中岡保夫(阪大),塚原保夫(東北大): 第7回比較生理生化学学会 (96.07.00), 大阪, 予稿集, p.37, 1996.

93. [学会(全国)] (一般講演) 2-Dimensional FFT filtering techniques on biological images of electron microscopy. 佐藤亮平(生理),山田俊男(富士写真フィルム),関谷加智子(薬学部),二重作豊(医療衛生): 日本バイオイメージング学会 (96.10.00), 東京.

94. [学会(全国)] (一般講演) PKAの概日変化機構. 長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大),石崎茂生(理学部),島本昌和(精): 第2回日本時間生物学学会 (96.10.09〜11), 名古屋.

95. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト顎下腺における各種ペプチド免疫陽性線維の分布. 日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文,沢田元(横浜市大): 第101回日本解剖学会総会 (96.04.02〜04), 福岡.

96. [学会(全国)] (ポスター講演) 軸索輸送に影響をおよぼす神経伝達物質の局所投与と受容体. 堀英明(横浜市大),川上倫(生理),橋本容子,加濃正人,幸敏志,竹中敏文(横浜市大): 第73回日本生理学会大会 (96.04.03〜05), 福井.

97. [学会(全国)] (ポスター講演) A note on the sternohyoid muscle activity associated with pitch lowering duirng utterances−second report. 島田純一(生理): 第73回日本生理学会大会 (96.04.03), 福井, Jpn. J. Physiol., 46(Suppl.): 176, 1996.

98. [学会(全国)] (ポスター講演) Intracellular signal transduction of ATP-evoked calcium release from the intracellular stores in A6 cells. 森正弘,細見英信,西崎知之,岡田安弘(神戸大),河原克雅(生理): 第73回日本生理学会 (96.04.03), 福井, Jpn. J. Physiol., 46(Suppl.): 9, 1996.

99. [学会(全国)] (ポスター講演) Chloride transport in guinea pig nasal epithelium: effects of acetylcholine substance P, and histamine. 鈴木一雅,今野昭義(千葉大),河原克雅(生理),林文明,福田康一郎(千葉大): 第73回日本生理学会 (96.04.05), 福井, Jpn. J. Physiol., 46(Suppl.): 32, 1996.

100. [学会(全国)] (ポスター講演) Significance of L-type Ca2+ channel and Ca2+-ATPase for oscillation of cytosolic Ca2+ in GH3 cells. 鈴木信之(生理),高村光一,吉岡亨(早大): 第19回日本神経科学学会 (96.07.17), 神戸, Neurosci. Res., (Suppl.20): 28, 1996.

101. [学会(全国)] (ポスター講演) 時間情報を伝搬する細胞内情報伝達系のクロストーク. 長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大),島本昌和(精),石崎茂生(理学部): 第34回日本生物物理学会 (96.11.08), 筑波, 生物物理, 36(Suppl.): 191, 1996.

102. [学会(全国)] (ポスター講演) 両生類舌乳頭におけるペプチド性神経線維の分布. 川上倫(生理),尾野道男,日下部辰三,竹中敏文,沢田元(横浜市大): 第102回日本解剖学会全国学術集会 (97.03.26〜28), 愛知.

103. [学会(全国)] (ポスター講演) 両生類味覚器におけるペプチド性神経線維の個体発生. 日下部辰三,松田秀樹(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文,沢田元(横浜市大): 第102回日本解剖学会全国学術集会 (97.03.26〜28), 愛知.

104. [学会(全国)] (ポスター講演) マウス顎下腺におけるペプチド性神経線維の個体発生. 松田秀樹,日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文,沢田元(横浜市大): 第102回日本解剖学会全国学術集会 (97.03.26〜28), 愛知.

105. [学会(全国)] (ポスター講演) 海馬培養神経細胞に対するジブチリルcAMPの効果. 橋本容子,堀英明(横浜市大),川上倫(生理),幸敏志,竹中敏文(横浜市大): 第74回日本生理学会大会 (97.03.26〜28), 愛知.

106. [学会(全国)] (ポスター講演) 脂肪酸は軸索輸送を増大させる. 堀英明,陶陽,橋本容子,加濃正人,日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): 第74回日本生理学会大会 (97.03.26〜28), 愛知.

107. [学会(全国)] (ポスター講演) 新生児ラット腎におけるUrea Transporter (rUT2)の発現の検討. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小久保麻子(内),河原克雅(生理): 第74回日本生理学会 (97.03.26), 浜松, 予稿集, p.93, 1997.

108. [学会(全国)] (ポスター講演) 新生児ラット腎におけるNa共役型糖輸送担体(SGLT2)の遺伝子発現の検討. 小久保麻子(内),安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),河原克雅(生理): 第74回日本生理学会 (97.03.26), 浜松, 予稿集, p.93, 1997.

109. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳下垂体細胞(GH3)におけるCa2+濃度オッシレーションの形成機構. 鈴木信之(生理),高村光一,広野守俊,吉岡亨(早大): 第74回日本生理学会大会 (97.03.28), 浜松, 予稿集, p.311, 1997.

110. [学会(全国)] (ポスター講演) 小脳プルキンエ細胞における1S,3R-ACPDによる内向き電流の発生メカニズム. 広野守俊(早大),小西史郎(三菱化学生命),鈴木信之(生理),吉岡亨(早大): 第74回日本生理学会大会 (97.03.28), 浜松, 予稿集, p.314, 1997.

111. [学会(全国)] (ポスター講演) モルモット大腸粘膜のCl-輸送. 河原克雅,安西尚彦(生理),小久保麻子,泉田いぶき(内),若新英史,増田英理子(医学部): 第74回日本生理学会大会 (97.03.28), 浜松, 予稿集, p.333, 1997.

112. [研究会(全国)] (ポスター講演) エントロピー蓄積遅延機構と自己組織化による生体の時間秩序発現機構. 長谷川建治(生理): 平成8年度基礎生物学研究所研究会 (97.01.00), 岡崎.


<<03 生化学>>

113. [原著] Peripheral α-linked N-acetylglucosamine on the carbohydrate moiety of mucin derived from mammalian gastric gland mucous cells; epitope recognized by a newly characterized monoclonal antibody. 石原和彦(化),栗原誠(関東化学),五艘行信(生化),浦田津貴子(生化系),太田浩良,勝山努(信大),堀田恭子(生化): Biochem. J., 318: 409〜416, 1996.

114. [原著] A novel fucosyltetrahexosilceramide in plerocercoids of the parasite Spirometra erinacei. 川上泰,中村和生,小嶋久子(生化),鈴木実,稲垣冬彦,鈴木明身(東京都臨床研),生田淳子,内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井洋一(生化): Eur. J. Biochem., 239: 905〜911, 1996.

116. [原著] Establishment of monoclonal antibodies against carbohydrate moietie of gastric mucins distributed in the different sites and layers of rat gastric mucosa. 石原和彦(化),栗原誠(関東化学),五艘行信(生化),太田浩良,勝山努(信大),堀田恭子(生化): Glycoconj. J., 13: 857〜864, 1996.

117. [原著] Abundance of Galβ1,3GalNAc in O-linked oligosaccharide on hinge region of polymerized IgA1 and heat-aggregated IgA1 from normal human serum. 岩瀬仁勇(生化),田中淳志(旭化成),比企能之(看護学部),小久保透(内),傘郁子(生化),小林豊(内),堀田恭子(生化): J. Biochem., 120(1): 92〜97, 1996.

118. [原著] Estimation of the number of O-linked oligosaccharides per heavy chain of human serum IgA1 by matrix-assisted laser desorption ionization time-of-flight mass spectrometry (MALDI-TOFMS) analysis of the hinge glycopeptide. 岩瀬仁勇(生化),田中淳志(旭化成),比企能之(看護学部),小久保透(内),傘郁子(生化),小林豊(内),堀田恭子(生化): J. Biochem., 120(2): 393〜397, 1996.

119. [原著] Trophic effect of cholera toxin B subunit in cultured cerebellar granule neurons: Modulation of intracellular calcium by GM1 ganglioside. Wu, G.,Lu, Z.-H.(New Jersey Med. Sch.),中村和生(生化),Spray, D.C.(Albert Einstein Col.),Ledeen, R.W.(New Jersey Med. Sch.): J. Neurosci. Res., 44(2): 243〜254, 1996.

120. [原著] 精製カエル胃ムチンと抗ラット胃ムチンモノクローナル抗体との反応性. 内藤正規(医学部),石原和彦(化),岩本和久(医学部),栗原誠(関東化学),堀田恭子(生化): 北里医学, 26(3): 172〜178, 1996.

121. [原著] Studies on the spectral shifts and binding affinity when added 4-ene- and 5-ene-steroids interact with adult pig testicular P-450 in androgen biosynthesis. 桑田正広(生化),小西康子(理学部),曽根由美子(生化系): 北里医学, 26(5): 256〜261, 1996.

122. [原著] Protective effect of chronic administration of 3(2)-tert-butyl-4-hydroxyanisole against spontaneous mammary tumors in C3H mice. 堀江滋夫,渡辺刀美乃(生化),曽根由美子(生化学系): 北里医学, 26(6): 350〜357, 1996.

123. [原著] エタノール惹起性ラット胃粘膜傷害に対する部分精製したブタ胃ムチン標品前投与の効果. 酒井辰彦(内),石原和彦(化学),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 薬理と治療, 24(12): 2549〜2554, 1996.

124. [準原著] 低用量塩酸アスピリンを用いたラット表層性胃炎モデル作成の試み. 酒井辰彦,西元寺克礼(内),石原和彦(化学),堀田恭子(生化): Progress in Medicine, 16(10): 2616〜2618, 1996.

125. [準原著] ラット塩酸アスピリン傷害の回復期における胃粘液の変動. 酒井辰彦,西元寺克礼(内),石原和彦(化学),堀田恭子(生化): 実験潰瘍, 23(2): 133〜135, 1996.

126. [準原著] 潰瘍性大腸炎病態モデル作成の試み. 小原進(生化),五十嵐正広,渡辺朋恵(内),三富弘之(病理),市川尊文,堀田恭子(生化): 実験潰瘍, 23(2): 211〜214, 1996.

127. [研究報告(厚生省)] 伝達性海綿状脳症の発症機序と炎症性サイトカインおよびNOSとの関連性. 玉井洋一(生化),笹原武志(微),小嶋久子,中村和生(生化),滝龍雄,田口文章(医療衛生学部),大谷義夫,三浦貞則(精): 厚生省特定疾患「遅発性ウイルス感染」調査研究班平成8年度研究報告書, 1996.

128. [総説] ウシ海綿状脳症とクロイツフェルト・ヤコブ病−感染経路をめぐる問題点−. 玉井洋一(生化): BMSA会誌, 8(1): 1〜4, 1996.

129. [総説] プリオン病. 玉井洋一(生化): Clin. Neurosci., 15(3): 332〜333, 1997.

130. [総説] 粘液代謝−生化学的側面−. 市川尊文(生化),石原和彦(化),堀田恭子(生化): G.I. Research, 4(4): 337〜343, 1996.

131. [総説] 胃粘液分泌とプロスタグランジン. 石原和彦(化),酒井辰彦(内),堀田恭子(生化): G.I. Research, 4(5): 502〜510, 1996.

132. [総説] ムチンの生化学. 五艘行信,堀田恭子(生化): The Lung Perspectives, 4(4): 421〜425, 1996.

133. [総説] H.pyloriと胃粘液. 堀田恭子,五艘行信(生化): 医学のあゆみ, 179(1): 45〜49, 1996.

134. [総説] 糖鎖抗原と胃粘膜防御. 堀田恭子(生化),石原和彦(化),五艘行信(生化): 実験潰瘍, 15(2): 126〜133, 1996.

135. [講座] 胃の機能検査法−臨床的意義を含めて; 3(2)粘液. 石原和彦(化),市川尊文,堀田恭子(生化): G.I. Research, 5(1): 245〜248, 1997.

136. [講座] 胎仔性アルコール症候群−妊娠ラットを用いた発現機序の解明−. 玉井洋一(生化): 日本医事新報, (3776): 1996.

137. [学術書] (分担執筆) 漢方製剤の知識; 半夏瀉心湯A基礎, 14: 5〜8, 五艘行信(生化). 編集 日本病院薬剤師会, 薬事新報社, 東京,97.01.10発行.

138. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) メディカル用語ライブラリー 消化器病[胃・腸・食道]; 疾患動物モデル(3)腸, p.72〜73, 小原進(生化). 編集 菅野健太郎(東大),日比紀文(慶大),星野芳雄(虎の門病院), 羊土社, 東京,96.04.25発行.

139. [学会(国際)] (ポスター講演) Cytoprotective mechanisms of vitamin U against ethanol-induced gastric mucosal injury. 渡辺朋恵(内),小原進,市川尊文(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Meeting of the AGA at Digestive Disease Week (95.05.14〜17), San Diego, Gastroenterology, 108(4): 254, 1995.

140. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of histamine on mucin metabolism in rat gastric mucosa. 市川尊文(生化),石原和彦(化),小室裕一,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 6th Taisho International Symposium on Gastroenterology (96.04.24), 下田, Abstracts, p.37, 1996.

141. [学会(国際)] (ポスター講演) Increasing effect of cellular mucin by methionine analogue and the sulfhydryl compounds are involved in the gastric cytoprotection against ethanol. 渡辺朋恵(内),小原進,市川尊文(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Annual Meeting of American Gastroenterological Association (96.05.19), San Francisco, USA, Gastroenterology, 110(4): 293, 1996.

142. [学会(国際)] (ポスター講演) Ulcerative colitis-like mucosal disorder in rat with anti-colonic mucin antibodies (2nd report). 小原進(生化),五十嵐正広,渡辺朋恵(内),市川尊文,堀田恭子(生化): 97th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association (96.05.19), San Francisco, Gastroenterology, 110(4): 983, 1996.

143. [学会(国際)] (ポスター講演) Nitric oxide as a mediator of the gastrin-induced stimulation of mucin biosynthesis in rat gastric oxyntic mucosa. 市川尊文(生化),石原和彦(化),野末果林(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): DDW and the 97th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association (96.05.19), San Francisco, Gastroenterology, 110: 140, 1996.

144. [学会(国際)] (ポスター講演) Comparative study on viscous fingers formation of HCl through gastric and duodenal mucins. 渡辺朋恵(内),小原進(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 10th Asian-Pacific Congress of Gastroenterology (96.09.19〜23), 横浜, プログラム要旨集, p.269, 1996.

145. [学会(国際)] (ポスター講演) Abundance of Galβ1,3GalNAc on hinge region of polymerized IgA1 and heat aggregated IgA1 from normal human serum. 岩瀬仁勇(生化),田中淳志(旭化成),比企能之(看護学部),小久保透(内),傘郁子(生化),小林豊(内),堀田恭子(生化): 第7回国際IgA腎症シンポジウム (96.10.01), シンガポール, 要旨集, p.42, 1996.

146. [学会(国際)] (ポスター講演) Prostaglandin enhances the recovery of mucin content in the surface layer of rat gastric mucosa at the restitutional state after NSAID (HCl-aspirin) induced mucosal damage. 酒井辰彦(内),石原和彦(化学),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 5th United European Gastroenterology Week (96.11.03), Paris, Gut, 39(Suppl.3): 150, 1996.

147. [学会(国際)] (ポスター講演) Circulating antibodies against the colonic mucin in ulcerative colitis. Takaishi, H.(慶大),小原進,堀田恭子(生化),Watanabe, M.,Tsuchiya, M.(慶大): 9th International Congress of Mucosal Immunology (97.01.27.〜31), シドニー, Immunol. Cell Biol., 75(Suppl.1): 1997.

148. [学会(国際)] (ポスター講演) Histochemical analysis of specificity of newly raised monoclonal antibodies against gastric mucins. 太田浩良,中山淳,勝山努(信大),栗原誠(関東化学),石原和彦(化),堀田恭子(生化),Graham, D.Y.,Genta(Baylor大): United States and Canadian Academy of Pathology (USCAP) Annual Meeting 1997 (97.03.00), Orland.

149. [学会(全国)] (シンポジウム等) ラット胃ムチン糖鎖と反応するモノクローナル抗体の開発と性状. 石原和彦(化),栗原誠(関東化学),五艘行信(生化),浦田津貴子(生化系),太田浩良,勝山努(信大),堀田恭子(生化): 第18回糖質シンポジウム (96.08.20), 東京, 要旨集, p.45〜46, 1996.

150. [学会(全国)] (一般講演) 広節裂頭条虫Diphyllobothrium latumのスフィンゴ糖脂質. 川上泰,柳沢亮,内田明彦,村田義彦(麻布大),中村和生,小嶋久子,玉井洋一(生化): 第65回日本寄生虫学会 (96.04.01), 福岡, Jpn. J. Parasitol., 45: 66, 1996.

151. [学会(全国)] (一般講演) ガストリンの胃ムチン生合成に対する作用機構の解明−Nitric Oxide (NO)の関与についての検討−. 市川尊文(生化),石原和彦(化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.18), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 93(臨増): 248, 1996.

152. [学会(全国)] (一般講演) ラット大腸ムチン免疫により産生される自己抗体の性質. 小原進(生化),五十嵐正広,渡辺朋恵(内),三富弘之(病理),市川尊文,堀田恭子(生化): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.19), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 93(臨増): 228, 1996.

153. [学会(全国)] (一般講演) 日本海裂頭条虫のスフィンゴ糖脂質. 川上泰,柳沢亮,内田明彦,村田義彦(麻布大),中村和生,小嶋久子,玉井洋一(生化): 日本脂質生化学研究集会 (96.06.20), 岐阜, 脂質生化学研究, 38: 149〜152, 1996.

154. [学会(全国)] (一般講演) 電子レンジを用いた糖脂質の迅速なメタノリシス及びアセトリシス. 中村和生(生化),曽根由美子(生化系),小嶋久子,玉井洋一(生化): 日本脂質生化学研究集会 (96.06.20), 岐阜, 脂質生化学研究, 38: 231〜234, 1996.

155. [学会(全国)] (一般講演) 低用量塩酸アスピリンを使用したラット胃粘膜傷害モデルにおける胃表層ムチン含量の経時的変動−各種胃粘膜保護剤の後投与の影響−. 酒井辰彦(内),石原和彦(化学),市川尊文(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第24回日本実験潰瘍学会 (96.12.06), 大阪, 抄録集, p.61, 1996.

156. [学会(全国)] (ポスター講演) 不死化マウス胃被蓋上皮細胞株(GSM06)におけるムチン産生および分泌の解析. 中野史郎(内),五艘行信(生化),杉山則文,堀内正(第一製薬),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第37回日本消化器病学会大会 (95.11.09〜11), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 92(増): 1617, 1995.

157. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット大腸ムチン免疫により産生される自己抗体の性質. 小原進(生化),五十嵐正広,渡辺朋恵(内),三富弘之(病理),市川尊文,堀田恭子(生化): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.19), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 93(臨増): 228, 1996.

158. [学会(全国)] (ポスター講演) 家兎胃粘液細胞におけるムチン分泌動態の面よりみたSH化合物およびSH基関連物質のサイトプロテクティブ効果の作用機構の検討. 渡辺朋恵(内),小原進,市川尊文(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.19), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 93: 228, 1996.

159. [学会(全国)] (ポスター講演) 日本海裂頭条虫から得られたスフィンゴ糖脂質の糖鎖構造. 柳沢亮,川上泰(麻布大),中村和生,小嶋久子(生化),鈴木実,鈴木明身(東京都臨床研),内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井洋一(生化): 第69回日本生化学会,第19回日本分子生物学会合同年会 (96.08.26), 札幌, 生化学, 68(7): 602, 1996.

160. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺魚脳のガングリオシド. 玉井洋一,安日章,中村和生,小嶋久子(生化),内田明彦(麻布大),Ferro, E.,加藤宏保,高岡純博(アスンシオン大),小淵靖(日本野生生物研究セン): 第69回日本生化学会,第19回日本分子生物学会合同年会 (96.08.26), 札幌, 生化学, 68(7): 603, 1996.

161. [学会(全国)] (ポスター講演) Adult pig testicular P-450の分子種の分離と17α-hydroxylase, 17,20-lyaseの両活性. 桑田正広(生化),曽根由美子(生化系): 第69回日本生化学会 (96.08.26), 札幌, 生化学, 68(7): 654, 1996.

162. [学会(全国)] (ポスター講演) Androgen生合成経路における4-ene-SteroidsとP-450との基質差スペクトル. 曽根由美子(生化系),小西康子(理学部),桑田正広(生化): 第69回日本生化学会 (96.08.26), 札幌, 生化学, 68(7): 654, 1996.

163. [学会(全国)] (ポスター講演) Endo-GalNAc-ase-S (Streptomyces sp. OH-11242由来)により糖タンパク質から遊離したシアリルオリゴ糖の構造解析. 傘郁子,岩瀬仁勇,堀田恭子(生化): 第69回日本生化学会大会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 718, 1996.

164. [学会(全国)] (ポスター講演) Streptomyces sp. OH-11242株が産生するα-L-フコシダーゼの精製と性質. 五艘行信,菅原節子,堀田恭子(生化): 第69回日本生化学会大会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 719, 1996.

165. [学会(全国)] (ポスター講演) イムノブロッティングによる消化管ムチンの検出. 小原進,市川尊文(生化),渡辺朋恵,中野史郎(内),堀田恭子(生化): 第69回日本生化学会大会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 722, 1996.

166. [学会(全国)] (ポスター講演) 抗ラット胃ムチンモノクローナル抗体のラット小腸ムチンに対する反応性および腸管寄生虫N.braziliensis感染に伴う変化. 石原和彦(化),栗原誠(関東化学),浦田津貴子(生化系),堀内美和(衛生学部),中村健A(寄),名和行文(宮崎医大),堀田恭子(生化): 第69回日本生化学会大会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 730, 1996.

167. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト大腸ムチンと反応するモノクローナル抗体の作製. 栗原誠(関東化学),石原和彦(化),浦田津貴子(生化系),田中宏美,渡辺正人(関東化学),小原進,堀田恭子(生化),三富弘之,岡安勲(病理): 第69回日本生化学会大会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 730, 1996.

168. [学会(全国)] (ポスター講演) 宿主の胆汁酸組成からみたマンソン裂頭条虫の宿主特異性. 小嶋久子,中村和生(生化),久保はるみ,大西正三(島津製作所),田村直子,川上泰(麻布大),石原和彦(化学),内田明彦,村田義彦(麻布大): 第69回日本生化学会,第19回日本分子生物学会合同年会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 743, 1996.

169. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト血清IgAlの分子間相互作用とヒンジ部位ムチン型糖鎖の関与. 岩瀬仁勇,傘郁子,堀田恭子(生化),比企能之(看護学部),小久保透,小林豊(内),田中淳志(旭化成): 第69回日本生化学会大会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68: 77, 1996.

170. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃・十二指腸ムチンのViscous finger形成能の比較検討. 渡辺朋恵(内),小原進(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第69回日本生化学会・第69回日本分子生物学会合同年会 (96.08.28), 札幌, 生化学, 68(7): 78, 1996.

171. [学会(全国)] (ポスター講演) ウシガエル脳2',3'-環状ヌクレオチド3'-フォスフォジエステラーゼのcDNAクローニングとアミノ酸配列. 吉田弘美,栗原正,佐久間充弘,遠山陽子(創価大),小嶋久子,玉井洋一(生化): 第69回日本生化学会,第19回日本分子生物学会合同年会 (96.08.29), 札幌, 生化学, 68(7): 1241, 1996.

172. [学会(全国)] (ポスター講演) 低用量ラット塩酸アスピリン傷害の治癒に対するプロスタグランジン誘導体後投与の影響−胃粘膜各部位のムチン含量測定による検討−. 酒井辰彦(内),石原和彦(化学),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第38回日本消化器病学会大会 (96.09.22), 横浜, 日本消化器病学会雑誌, 93(臨増): 181, 1996.

173. [学会(全国)] (ポスター講演) ミエリンタンパクの分子進化. 栗原正,吉田弘美,佐久間充弘(創価大),小嶋久子,玉井洋一(生化): 第39回日本神経化学会大会 (96.10.04), 横浜, 神経化学, 35(3): 414〜415, 1996.

174. [学会(全国)] (ポスター講演) ニワトリおよびウシガエル2',3'-環状ヌクレオチド3'-フォスフォジエステラーゼのcDNAクローニング. 吉田弘美,栗原正,佐久間充弘,遠山陽子(創価大),小嶋久子,玉井洋一(生化): 第39回日本神経化学会大会 (96.10.04), 横浜, 神経化学, 35(3): 416〜417, 1996.

175. [学会(全国)] (ポスター講演) O-結合型糖鎖-タンパク質結合領域に作用するエンド-α-N-アセチルガラクトサミニダーゼの基質特異性. 傘郁子,岩瀬仁勇,堀田恭子(生化),Bhavanandan, V.P.(ペンシルバニア州立大): 日本薬学会第117年会 (97.03.26), 東京, 講演要旨集3, p.82, 1997.

176. [研究会(全国)] (一般講演) 胃粘液代謝に及ぼすヒスタミンの影響に関する実験的検討. 市川尊文(生化),石原和彦(化),小原進(生化),小室裕一,渡辺朋恵,中野史郎,酒井辰彦,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第48回ペプシン研究会 (97.02.21), 京都, 抄録集, p.12, 1997.

177. [研究会(全国)] (ポスター講演) ヒスタミン投与によるラット胃ムチン糖鎖の変化. 小原進(生化),渡辺朋恵(内),市川尊文(生化),石原和彦(化),堀田恭子(生化): 第16回ヒスタミンレセプター研究会 (96.07.26), 京都, 抄録集, p.17, 1996.

178. [特許・意匠登録] United States Patent #5,576,182 (Nov. 19, 1996); Anti-mucus glocoprotein monoclonal antibody, 栗原誠(関東化学),石原和彦(化),堀田恭子(生化),田中宏美,島内四郎(関東化学).


<<04 分子生物学>>

179. [原著] Cationic chlorophyl derivatives with SOD mimicking activity suppress the proliferation of human ovarian cancer cells. 小林友記(分生),Namiki, M.(東農大),中村国衛(分生): Cancer Biother. Radiopharm., 11(3): 197〜202, 1996.

180. [原著] Regulation of the Maillard reaction by organic germanium compounds; Molecular mechanism on the prevention and reversible solubilization of advanced glycation endproducts (AGE). 中村国衛(分生),Osawa, T.,Kawakishi, S.(名大),Kakimoto, N.(ゲル研): Main Group Metal Chemistry, 19(5): 301〜306, 1996.

181. [原著] 歯科充填材料の人体に及ぼす影響; 量子共鳴解析装置(Quantum Resonance Spectrometer, QRS)による解析. 中村国衛(分生),岡村興一(岡村歯科): サトルエネルギー学会誌, 1(2): 19〜22, 1996.

182. [原著] The dawn of quantum medicine. 中村国衛(分生): サトルエネルギー学会誌, 1(2): 23〜28, 1996.

183. [原著] Superoxide Dismutase (SOD)様活性を有する陽性荷電クロロフィル誘導体によるがん細胞の増殖抑制活性について. 中村国衛(分生): ポルフィリン, 5(2,3): 251〜256, 1996.

184. [研究報告(その他公的な報告)] 脳下垂体ホルモン遺伝子の発現調節機構. 小野雅夫(分生): 水産バイテク技術基盤整備事業報告書・水産庁, p.34〜44, 1996.

185. [総説] 身体と水. 中村国衛(分生): 食品と開発, 30(11): 43〜45, 1996.

186. [総説] 研究現場での転写膜応用の問題点と将来的課題. 高垣洋太郎(分生): 膜, 21(6): 362〜367, 1996.

187. [学術書] (分担執筆) ホルモンの分子生物学2: 成長ホルモン・プロラクチンファミリー; 成長ホルモン・プロラクチン・ソマトラクチン, 2: 1〜26, 小野雅夫(分生). 編集 針谷敏夫(明大),川内浩司(北里大), 学会出版センター,東京,96.11.25発行.

188. [学会(国際)] (ポスター講演) Gene analysis of serine protease component of the Ra-reactive factor. 高山吉永(分生),高田史男,松浦信夫(児),川上正也(分生): 第16回国際補体ワークショップ (96.06.18), ボストン, Molecular Immunology, 33(Suppl.1): 85, 1996.

189. [学会(全国)] (教育講演) 逆遺伝学と現代免疫学. 高垣洋太郎(分生): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07), 横浜, 日本救急医学会雑誌, 7(9): 428, 1996.

190. [学会(全国)] (シンポジウム等) プロラクチン/成長ホルモン遺伝子の発現調節機構. 小野雅夫(分生): 第121回日本獣医学会 (96.04.02), 東京.

191. [学会(全国)] (シンポジウム等) 研究現場での転写膜応用の問題点と将来的課題. 高垣洋太郎(分生): 日本膜学会第18年会 (96.05.17), 東京.

192. [学会(全国)] (一般講演) Superoxide dismutase (SOD)様活性を有する陽性荷重クロロフィル誘導体によるがん細胞の増殖抑制活性について. 中村国衛(分生): 第3回ポルフィリンシンポジウム (96.10.18〜19), 山形.

193. [学会(全国)] (一般講演) ブタT細胞レセプター(TcR)遺伝子-X; β鎖のC遺伝子とJ遺伝子. 岩崎祐太(分生),三田有香(三菱化学),初瀬洋美(生化系),太田幸子(三菱化学),山田俊治,清水実嗣(農水省),高垣洋太郎(分生): 第26回日本免疫学会学術集会 (96.11.27), 横浜, 記録集, p.234, 1996.

194. [学会(全国)] (ポスター講演) Ra-Reactive Factor (RaRF)のセリンプロテアーゼ; 成分の遺伝子構造. 高山吉永(分生),高田史男(児),川上正也(分生): 第69回日本生化学会大会, 第19回日本分子生物学会年会合同年会 (96.08.26), 札幌.

195. [学会(全国)] (ポスター講演) 過酸化水素による銅, 亜鉛-SODの失活とその分子機構. 中島洋一(分生),野元けい子(生化系),中村国衛(分生): 第69回日本生化学会大会 (96.08.26〜30), 札幌.

196. [学会(全国)] (ポスター講演) Etsファミリー転写因子群のT細胞発生段階における発現調節と生体内分布. 松岡邦枝(東京都臨床医学研),鈴木京子(三菱化生研),高垣洋太郎(分生): 第69回日本生化学会大会, 第19回日本分子生物学会年会合同年会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 1996.

197. [学会(全国)] (ポスター講演) 2量化マンガンポルフィリン錯体のSOD・カタラーゼ活性の評価. 川上浩良,大瀬俊之,長岡昭二(都立大),中村国衛(分生): 第69回日本生化学会大会 (96.08.28), 札幌.

198. [学会(全国)] (ポスター講演) 銅, 亜鉛-SODの過酸化水素による断片化について. 中島洋一(分生),野元けい子(生化系),中村国衛(分生): 第69回日本生化学会大会 (96.08.28), 札幌, 生化学, 68(7): 1015, 1996.

199. [学会(全国)] (ポスター講演) クロマチン構造を中心とした成長ホルモン遺伝子の細胞型特異的な発現機構: ラット成長ホルモン遺伝子の上流・下流の遺伝子. 風張幸司(児),佐野栄治(分生),野元けい子(生化系),中里さとみ,小野雅夫(分生): 第69回日本生化学会第19回日本分子生物学会合同年会 (96.08.28), 札幌, 要旨集, p.441, 1996.

200. [学会(全国)] (ポスター講演) ブタT細胞レセプター遺伝子W-J遺伝子の比較動物学的解析. 高垣洋太郎(分生),川村宏樹(三菱化学),松岡邦枝(都臨床医研),岩崎祐太,初瀬洋美(生化系),山田俊治,清水実嗣(農水省): 第69回日本生化学会大会, 第19回日本分子生物学会年会合同年会 (96.08.29), 札幌, 生化学, 68(7): 1996.

201. [学会(全国)] (ポスター講演) 活性酸素種による担癌ラットNK細胞活性の低下とSOD様活性を持つクレスチンによるNK細胞活性の回復. 中村国衛(分生): 第55回日本がん学会総会 (96.10.10〜12), 横浜.

202. [学会(全国)] (ポスター講演) 殺菌因子RaRFのレクチン・プロテアーゼ複合体の分子進化. 高山吉永(分生),野渡正彦(児),川上正也(分生): 第70回日本細菌学会総会 (97.03.31), 宇都宮, 日本細菌学雑誌, 51(1): 311, 1997.

203. [学会(地方)] (特別講演) 細胞性免疫応答−T細胞レセプターと抗原認識について−. 高垣洋太郎(分生): 第53回日本臨床病理学会関東甲信越支部例会 (96.06.08), 東京, プログラム, p.22, 1996.

204. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 分子生物学の新しい潮流; 逆遺伝学. 高垣洋太郎(分生): 日本皮膚科学会生涯教育委員会 (96.08.25), 東京, 抄録集, p.7, 1996.

205. [研究会(全国)] (一般講演) ブタT細胞レセプターの解析; δ鎖cDNAが物語るrδT細胞の抗原認識. 高垣洋太郎(分生),揚永広(マサチューセッツ総合病院),三村宏樹(三菱化学),山田俊治,清水実嗣(農水省): Kyoto T Cell Conference第6回集会 (96.10.08), 京都, 抄録集, W-3: 32, 1996.

206. [研究会(全国)] (一般講演) rδT細胞レセプター; その歴史と今後の課題. 高垣洋太郎(分生): 第13回遺伝医学研究会 (97.02.28), 東京.


<<05 薬理学>>

207. [原著] Lack of contribution of circulatory kinin elevated by captopril to induce hypotension in normotensive and hypertensive rats. 馬嶋正隆,鹿取信(薬理),荻野三智子,斉藤真希(生物化学系),杉本勝彦(救命),安達敬一(産婦),大野隆(内),砂原憲之,加藤孝一,立道憲之,武 井善文(大日本製薬): Immunopharmacology, 33(3): 291〜293, 1996.

208. [原著] Reduction by a kallikrein inhibitor of the increased nasal airway resistance of allergic patients after antigen challenge. 鹿取信(薬理),西山耕一郎,井口芳明(耳鼻),馬嶋正隆(薬理),八尾和雄(耳鼻): Immunopharmacology, 33(3): 308〜310, 1996.

209. [原著] Increased migration of neutrophils to granulocyte-colony stimulating factor in rat carrageenin-induced pleurisy. 荻野三智子(生物化学系),馬嶋正隆,川村道子,畑中公(薬理),斉藤真希(生物化学系),原田芳照,鹿取信(薬理): Inflamm. Res., 45(3): 335〜346, 1996.

210. [原著] Determination of bradykinin-(1-5) in inflammatory exudate by a new ELISA as a reliable indicator of bradykinin generation. 馬嶋正隆(薬理),西山耕一郎,井口芳明,八尾和雄(耳鼻),荻野三智子(生物化学系),大野隆(内),砂原憲之,加藤孝一,立道憲之,武井善文(大日本 製薬),鹿取信(薬理): Inflamm. Res., 45(4): 416〜423, 1996.

211. [原著] Inhibitory effects of a phosphate diester of a-tocopherol and ascorbic acid (EPC-K1) on myocardial infarction in rats. 栗林義和,鹿取信,馬嶋正隆(薬理),吉田研一(千寿製薬): Int. J. Tissue React., 18(2/3): 73〜79, 1996.

212. [原著] Degradation of bradykinin in human urine by carboxypeptidase Y-like kininase and neutral endopeptidase and their inhibition by ebelactone B and phosphoramidon. 斉藤真希(生物化学系),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),小柴健(泌),青柳高明(昭和薬大): Int. J. Tissue. React., 17(5/6): 51〜60, 1996.

213. [原著] Roles of endogenous substance P in ethanol-induced mucosal damage in the rat stomach. 林弘美,西山和男(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): J. Gastroenterol., 31(4): 314〜322, 1996.

214. [原著] Failure of the oxytocin-induced increase in secretion of urinary kallikrein in young spontaneously hypertensive rats. 馬嶋正隆(薬理),安達敬一(産婦),大野隆(内),荻野三智子,斉藤真希(生物化学系),木付和幸(山口理大),勝又修(形態系),山科正平(解),鹿 取信(薬理): Jpn. J. Pharmacol., 71(1): 11〜19, 1996.

215. [原著] Role of prostaglandin H synthase-2 in prostaglandin E2 formation in rat carrageenin-induced pleurisy. 原田芳照,畑中公,川村道子(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生化系),馬嶋正隆,大野隆,荻野桂子(薬理),山本圭,竹谷裕,山本尚三(徳島大),鹿取 信(薬理): Prostaglandins, 51(1): 19〜33, 1996.

216. [原著] A mechanism of induction of small intestinal lesions caused by intravenous injection of endotoxin in rats. 新藤正輝,杉本勝彦(救命),馬嶋正隆,大野隆(薬理),大和田隆(救命): Surg. Today, 26(8): 610〜617, 1996.

217. [準原著(英文)] Prostaglandin E2 receptor subtypes of the rat gastric mucosal microvessels and prevention of ethanol-induced mucosal injury by intragastric sodium chloride. 大野隆(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): Microcirculation Annual, 12: 131〜132, 1996.

218. [準原著(英文)] Microcirculatory aspects of organ failure in endotoxin shock. 鹿取信(薬理),新藤正輝,杉本勝彦,浅利靖(救命),馬嶋正隆(薬理): Proceedings of the 3rd International Shock Congress, p.249〜253, 1996.

219. [準原著] 高張食塩水胃内腔投与による胃粘膜微小循環の変化−内因性プロスタグランジンE2の役割とEPレセプター−. 大野隆(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),林弘美,西山和男,鈴木裕,西元寺克礼(内): Ulcer Research, 23(1): 43〜48, 1996.

220. [準原著] 炎症学総論: アレルギー疾患における炎症と非ステロイド系抗炎症薬の役割. 鹿取信(薬理): 新薬と臨床, 45(別冊9): 1632〜1637, 1996.

221. [研究報告(文部省)] 新しい抗炎症薬開発を目指した脂肪酸シクロオキシゲナーゼ−2の測定キットの開発. 山本尚三(徳島大),田辺忠(国立循環器病センター),鹿取信,原田芳照(薬理),樋口昭平(大正製薬): 文部省科学研究費補助金基盤研究(A)(1)平成7〜8年度研究成果報告書, 1997.

222. [研究報告(文部省)] シクロオキシゲナーゼ−2の炎症への関与の証明とその選択的阻害薬の開発. 原田芳照,馬嶋正隆,川村道子,畑中公(薬理): 文部省科学研究費補助金基盤研究(C)(2)(一般研究C)平成6〜9年度研究成果報告書, 1997.

223. [研究報告(文部省)] 急性炎症モデルにおける滲出液中のプロスタグランジンの測定とシクロオキシゲナーゼ−2阻害薬の効果. 鹿取信,川村道子,畑中公,原田芳照(薬理): 文部省科学研究費補助金試験研究B「アラキドン酸カスケードと病的動態」研究班平成7年度研究成果報告書, p.5〜13, 1996.

224. [総説] 原著を探る: プロスタグランジンの発見. 原田芳照,川村道子(薬理): Clin. Neurosci., 14(8): 116〜117, 1996.

225. [総説] 炎症巣におけるCOX-2の発現とその特異的阻害薬の効果. 原田芳照,畑中公,川村道子,鹿取信(薬理): シンポジウム炎症と免疫, 5(1): 20〜26, 1996.

226. [総説] COX-2の病態における役割−急性炎症. 原田芳照,畑中公,川村道子(薬理): 治療学, 30(12): 1379〜1383, 1996.

227. [総説] COX-2の病態における役割6; ノックアウトマウスから予想されるCOX-2の役割. 鹿取信(薬理): 治療学, 30(12): 1406〜1409, 1996.

228. [学術書] (分担執筆) 脳と神経科学シリ−ズ, 4; 最新の伝達物質−受容体の分子機構と関連神経疾患, 脳とプロスタグランジン, p.112〜121, 原田芳照(薬理). 編集 高橋徹(東京国際大),設楽信行(東京都立駒込病院),清水輝夫(帝京大), メディカルビュ−社,東京,96.11.15発行.

229. [学会(国際)] (シンポジウム等) Effects of prostaglandin (PG) E2 released by intragastric sodium chloride on the microvessels and their PG receptor subtypes in rat gastric mucosa. 大野隆(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): 6th Taisho International Symposium on Gastroenterology (96.04.23〜24), 下田, プログラム要旨集, p.21, 1996.

230. [学会(国際)] (シンポジウム等) Sodium accumulation by reduced function of renal kallikrein-kinin system as a cause of hypertension. 鹿取信,馬嶋正隆(薬理): Kinin 96 Durban (96.10.20〜25), Durban, 南アフリカ, プログラム要旨集, p.39, 1996.

231. [学会(国際)] (一般講演) Sodium accumulation increased vascular sensitivity to angiotensin II in conscious kininogen-deficient Brown Norway Katholiek rats. 馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 16th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension (96.06.23〜27), Glasgow, UK, J. Hyperterns., 14(Suppl. 1): 138, 1996.

232. [学会(国際)] (一般講演) Lack of contribution of endogenous nitric oxide in basal tone and in acetylcholine-induced arteriolar dilatation in rat gastric mucosal microcirculation. 大野隆(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): 10th Asian-Pacific Congress of Gastroenterology (96.09.19〜23), 横浜, プログラム要旨集, AP261, 1996.

233. [学会(国際)] (ポスター講演) Arteriolar and venular dilatation induced by prostaglandin E2 through EP2 receptors and venular constriction through EP3 receptors in rat gastric mucosal microcirculation. 大野隆(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): DDW (AGA) (96.05.19), San Francisco, USA, Gastroenterology, 111: 1104, 1996.

234. [学会(国際)] (ポスター講演) Preventive action of capsaicin in ethanol-induced mucosal injury in rat stomach is not due to released substance P but to calcitonin gene-related peptide. 林弘美(内),大野隆,馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西山和男,西元寺克礼(内): DDW (AGA) (96.05.19〜22), San Francisco, USA, Gastroenterology, 110: 1078, 1996.

235. [学会(国際)] (ポスター講演) Lack of contribution of endogenous nitric oxide in basal tone and in acetylcholine-induced arteriolar dilation in rat gastric mucosal microcirculation. 大野隆(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): DDW (AGA) (96.05.19〜22), San Francisco, USA, Gastroenterology, 111: 1104, 1996.

236. [学会(国際)] (ポスター講演) The role of kallikrein-kinin system in the patient with shock after blunt trauma. 平田光博,杉本勝彦,大和田隆(救命),馬嶋正隆(薬理): 9th Annual Trauma Anesthesia and Critical Care Symposium (96.06.23〜27), London, UK, Abstract Book, p.140, 1996.

237. [学会(全国)] (シンポジウム等) 腎カリクレインキニン系の高血圧発症抑制作用:キニノゲン欠損ラットによる検討. 馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 日本薬学会第117年会 (97.03.26〜28), 東京, プログラム要旨集 3: p.6, 1997.

238. [学会(全国)] (一般講演) ラット・カラゲニン胸膜炎においてCOX-2 誘導に関与するメディエーター. 畑中公,原田芳照,川村道子(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生化学系),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第17回日本炎症学会 (96.07.11〜12), 東京, 抄録集, p.135, 1996.

239. [学会(全国)] (一般講演) 選択的COX-2阻害薬の炎症巣におけるPG産生抑制. 川村道子,原田芳照,畑中公,荻野桂子(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生化学系),馬嶋正隆,大野隆,鹿取信(薬理): 第17回日本炎症学会 (96.07.11〜12), 東京, 抄録集, p.137, 1996.

240. [学会(全国)] (一般講演) 非ステロイド性抗炎症薬, meloxicamの抗炎症作用とCOX-2阻害作用. 荻野桂子,原田芳照,川村道子,畑中公(薬理),金井浩三,内田修次(ベーリンガー・インゲルハイム),鹿取信(薬理): 第17回日本炎症学会 (96.07.11〜12), 東京, 抄録集, p.175, 1996.

241. [学会(全国)] (一般講演) エタノール胃粘膜障害の発生における血小板凝集の役割. 大野隆(内),羽村素子,馬嶋正隆,鹿取信(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): 第22回日本微小循環学会総会 (97.02.28〜03.01), 東京, プログラム要旨集, p.41, 1997.

242. [学会(全国)] (一般講演) ラットスポンジ移植片に発現するCOX-2の血管新生における役割. 馬嶋正隆,畑中公,川村道子,原田芳照,鹿取信(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 92, 1997.

243. [学会(全国)] (一般講演) ラット・カラゲニン胸膜炎の回復期に発現するCOX-2. 畑中公,原田芳照,川村道子(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生化学系),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 92, 1997.

244. [学会(全国)] (一般講演) 急性炎症モデルにおけるデキサメタゾンのシクロオキシゲナーゼ-2 発現抑制作用と抗炎症作用との関係. 川村道子,畑中公(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生化学系),原田芳照(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 92, 1997.

245. [学会(全国)] (一般講演) 尿中カルボキシペプチダーゼY様キニナーゼ阻害薬エベラクトンB長期投与によるDOCA-食塩高血圧の発症抑制. 伊藤浩嗣,馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 97, 1997.

246. [学会(全国)] (ポスター講演) カプサイシンによるエタノール胃粘膜傷害予防時におけるCGRPの役割. 林弘美(内),馬嶋正隆(薬理),大野隆(内),鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.18), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 93: 242, 1996.

247. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃粘膜微小循環に対するプロスタグランジンE2の作用−EPレセプターサブタイプの解析−. 大野隆(内),鹿取信(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.18〜19), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 93: 242, 1996.

248. [学会(全国)] (ポスター講演) ウサギ虹彩エンドセリン受容体の解析. 野坂千裕(協和発酵),石川均,吉富健志(眼),原田芳照(薬理),加瀬広(協和発酵),石川哲(眼),鹿取信(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 船橋, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl. I): 158, 1997.

249. [学会(全国)] (ポスター講演) 好中球血管外遊走に伴う炎症性滲出液中のフィブリノゲンレベルの増加. 斉藤真希,荻野三智子(生物化学系),鹿取信,馬嶋正隆(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 146, 1997.

250. [学会(全国)] (ポスター講演) 非ペプチド性ブラジキニンB2受容体拮抗薬FR173657によるラットカラゲニン胸膜炎血漿滲出抑制. 川島憲子,熊谷雄治,鹿取信,馬嶋正隆(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 147, 1997.

251. [学会(全国)] (ポスター講演) エタノール胃粘膜障害と血小板凝集. 大野隆(内),馬嶋正隆(薬理),西山和男,林弘美,西元寺克礼(内),鹿取信(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 217, 1997.

252. [学会(全国)] (ポスター講演) 高カリウム静脈内持続投与時の腎カリクレイン-キニン系を介するナトリウム利尿. 鈴木立紀,鹿取信,馬嶋正隆(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.22〜25), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., 73(Suppl.I): 252, 1997.

253. [学会(全国)] (ポスター講演) ニューロキニンAを介するカプトプリルによるブラジキニン気道抵抗増強. 荒川真之(麻),上條吉人(救命),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第70回日本薬理学会年会 (97.03.24), 千葉, Jpn. J. Pharmacol., (Suppl.1): 250, 1997.

254. [学会(地方)] (特別講演) 血漿および組織カリクレイン-キニン系の生体内役割. 鹿取信,馬嶋正隆(薬理): 第89回日本薬理学会近畿部会 (96.06.14), 宝塚, 要旨集, p.23〜24, 1996.

255. [学会(地方)] (一般講演) エンドトキシンによるラット血液凝固系の変動. 山口孝治(外),斉藤真希,荻野三智子(生物化学系),畑中公(薬理),細井英雄(外),杉本勝彦(救命),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第90回日本薬理学会関東部会 (96.06.08), 東京, 日本薬理学雑誌, 108(4): 78, 1996.

256. [研究会(国際)] (特別講演) Inhibition of kinin degradation and hypotension. 馬嶋正隆(薬理): Andover Research Conference '96 (96.09.17), ボストン.

257. [研究会(全国)] (一般講演) ラット性周期における子宮内膜中cyclooxygenaseの発現. 庄田隆,吉原一,天野完(産婦),原田芳照,馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西島正博(産婦): 第4回日本胎盤研究会 (96.11.21〜22), 東京, プログラム要旨集, p.12, 1996.

258. [研究会(全国)] (一般講演) ラット・カラゲニン胸膜炎におけるCOX-2発現細胞と発現メディエーター. 畑中公,川村道子,原田芳照(薬理): 平成8年度文部省科学研究費補助金試験研究B「アラキドン酸カスケードと病的動態」班会議 (97.01.30), 仙台.

259. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 急性炎症における誘導型シクロオキシゲナ−ゼ. 原田芳照,畑中公,川村道子(薬理): 第1回北海道細胞・分子薬理研究会(第4回文部省高度化推進費によるシンポジウム) (97.01.31), 札幌.

260. [研究会(地方)] (一般講演) ラット・カラゲニン胸膜炎においてCOX-2 を発現する細胞種及びCOX-2 誘導に関与するメディエーター. 畑中公,原田芳照,川村道子(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生化学系),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第9回東京プロスタグランディン研究会 (96.05.25), 東京, 研究会抄録, p.6, 1996.


<<06 微生物学>>

261. [原著] Detection of genes regulating β-lactamase production in Enterococcus faecalis and Staphylococcus aureus. 岡本了一(微),大久保豊司(群大),井上松久(微): Antimicrob. Agents Chemother., 40(11): 2550〜2554, 1996.

262. [原著] Alterations in the DNA topoisomerase IV grlA gene responsible for quinolone resistance in S. aureus. 山岸純一(微),Kojima, T.,Oyamada, Y.,Fujimoto, K.,Hattori, H.,Nakamura, S.(大日本製薬創薬研),井上松久(微): Antimicrob. Agents Chemother., 40(5): 1157〜1163, 1996.

263. [原著] In vitro and in vivo antibacterial activities of clarithromycin. 小野武夫,Numata, K.,Nagate, T.(大正製薬),Mitsuhashi, S.(エピソーム研),井上松久(微): Chemotherapy, 42(2): 159〜169, 1996.

264. [原著] Cloning and characterization of the necleoredoxin gene that encodes a novel nuclear protein related to 説] ペニシリン耐性肺炎球菌の耐性機構. 久我明男,井上松久(微): 臨床検査, 40(4): 431〜435, 1996.

275. [学術書] (分担執筆) 繰り返し感染症; 繰り返し感染症とは: 細菌学的な立場から, p.11〜20, 笹原武志,井上松久(微). 編集 守殿貞夫(神戸大), 医薬ジャーナル社, 大阪,96.07.10発行.

276. [学術書] (分担執筆) 医学のあゆみ(炎症性腸疾患の最新動向); Th1, Th2のアンバランスから生じる炎症性腸炎の発症機序−ノックアウスおよびトランスジェニックマウスを用いて−, 178(9): 677〜679, 玉内秀一(微). 編集 稲田豊(大田総合病院),上代淑人(東工大),粕谷豊(星薬科大),鈴木継美(国立鏡研),玉熊正悦(防衛医大),他, 医歯薬出版, 東京,96.08.31発行.

277. [学術書] (分担執筆) Bibliography in Gastroenterology; 胸腺非依存的に分化した腸管上皮内Tリンパ球の解析−TcRトランスジェニックマウスを用いて−, 9(1): 47, 玉内秀一(微),村田貴則(自衛生). 協和企画通信, 東京,95.02.25発行.

278. [学術書] (分担執筆) 平成7年度宇宙開発事業団委託業務−宇宙医学: 人間化学等研究動向に関する調査報告書, 宇宙環境衛生; 宇宙探索任務に伴う乗組員の健康管理と汚染物質に関する総合的研究. 井上松久(微). 三菱総合研, 96.03.00発行.

279. [学術書] (分担執筆) 治療薬ガイド; ポリペプチド系抗菌薬, p.583〜589, 井上松久,久我明男,島内千恵子(微). 編集 和田攻,永田直一,矢崎義雄, 文光堂, 東京, 97.02.18発行.

280. [学術書] (分担執筆) 抗生物質適正使用ハンドブック; 細菌の薬剤耐性, p.373〜376, 井上松久(微). 編集 石橋晃,斎藤篤, 薬業時報社,東京,96.09.00発行.

281. [学術書] (分担執筆) 第30回緑膿菌研究会学術集会講演記録集; 抗菌薬の思わぬ作用, p.16〜21, 井上松久(微). 編集 緑膿菌研究会, 緑膿菌研究会,東京,96.10.00発行.

282. [学術書] (分担執筆) 肺炎球菌感染症ハンドブック; 肺炎球菌の基礎: 1.細菌学, p.7〜14, 井上松久(微). 編集 副島林造, 医薬ジャ−ナル,大阪,96.10.00発行.

283. [学術書] (分担執筆) 緑膿菌の今日的意義; 薬剤耐性機序, p.57〜65, 久我明男,井上松久(微). 編集 斉藤厚(琉球大),山口恵三(東邦大), 医薬ジャーナル社,大阪,96.11.10発行.

284. [学術書] (分担執筆) 呼吸器感染症 Q & A; q,井上松久(微): 第44回日本化学療法学会総会 (96.05.31), 鹿児島, 日本化学療法学会雑誌, 44(Suppl.A): 107, 1996.

295. [学会(全国)] (一般講演) ヒトマクロファージ中のYersinia enterocoliticaに及ぼすfosfomycinの殺菌作用. 笹原武志(微),小松洋子(予防医学系),井上松久(微): 第44回日本化学療法学会総会 (96.06.01), 鹿児島, 日本化学療法学会雑誌, 44(Suppl.A): 145, 1996.

296. [学会(全国)] (一般講演) 小児病棟から分離されたMRSAの分子疫学的検討. 島内千恵子,井出俊光,藤武義人(微),野々山勝人(児),井上松久(微): 第12回日本環境感染学会 (97.02.21), 新潟, 抄録集, p.62, 1997.

297. [学会(全国)] (一般講演) ギンテックの抗菌力. 島内千恵子,柿沼祐子,井上松久(微),本間昌利,川角真六(川角研): 第12回日本環境感染学会 (97.02.22), 新潟, 抄録集, p.87, 1997.

298. [学会(全国)] (一般講演) キノロン系抗菌薬の黄色ブドウ球菌2型トポイソメラ−ゼ阻害作用. 山岸純一(微),吉田博明,藤本孝一,小山田義博,服部宏昭(大日本製薬),井上松久(微): 第70回日本細菌学会総会 (97.03.31), 宇都宮, 日本細菌学雑誌, 52(1): 248, 1997.

299. [学会(全国)] (一般講演) E. cloacaeのplasmid由来の誘導型class A β-lactamaseの誘導機構. 松本佳巳(微),石黒香里(藤沢薬品),井上松久(微): 第70回日本細菌学会総会 (97.03.31), 宇都宮, 日本細菌学雑誌, 52(1): 265, 1997.

300. [学会(全国)] (ポスター講演) 尿路由来E. faecalis, S. marecescens, E. coli, P. aeruginosaに対する抗菌力の比較. 猪狩淳(順天大),井上松久(微),西野武志(京都薬大),他: 第44回日本化学療法学総会 (96.06.01), 鹿児島, 抄録集, p.135, 1996.

301. [学会(全国)] (ポスター講演) 黄色ブドウ球菌のキノロン高度耐性化機構. 山岸純一(微),小山田義博,藤本孝一,服部宏昭(大日本製薬),井上松久(微): 第44回日本化学療法学会総会 (96.06.01), 鹿児島, 抄録集, p.158, 1996.

302. [学会(全国)] (ポスター講演) 経口摂取抗原に対する腸管及び脾臓におけるT細胞反応の比較検討. 玉内秀一(微),佐藤健人(東海大),戸場護,上野川修一(東大),垣生園子(東海大): 第26回日本免疫学会総会・学術集会 (96.11.27), 横浜, 日本免疫学会総会学術集会記録, 26: 280, 1996.

303. [学会(全国)] (ポスター講演) Killer cell protective molecules on killer hybridomas. 久保田孝一(微): 第26回日本免疫学会総会 (96.11.28), 横浜, 日本免疫学会総会学術集会記録, 26: 342, 1996.

304. [学会(全国)] (ポスター講演) Salmonella Typhimurium由来ミニセルの免疫応答誘導能. 笹原武志(微),小松洋子(予防医学系),井上松久(微): 第70回日本細菌学会総会 (97.03.29), 宇都宮, 日本細菌学雑誌, 52(1): 146, 1997.

305. [学会(全国)] (ポスター講演) 黄色ブドウ球菌のファージに対して耐性を示す因子について. 岡本了一(微),大久保豊司(群大),久我明男,井上松久(微): 第70回日本細菌学会総会 (97.03.30), 宇都宮, 日本細菌学雑誌, 52(1): 181, 1997.

306. [学会(地方)] (一般講演) MoMLVで誘発されたマウスリンパ腫におけるc-mycの役割. 久保田孝一,中里和美,井上松久(微): 日本細菌学会関東支部総会 (96.11.14), 東京.

307. [学会(地方)] (一般講演) Enterococcus facium, PRSPおよびMRSAに対するRP59500等各種抗菌薬の検討結果. 井上松久(微),嶋田甚五郎(聖マリ大),斎藤厚(琉球大)上田泰(慈恵大),他VREF Survey研究会: 第43回日本化学療法学会東日本支部総会 (96.11.15), 東京, 抄録集, p.62, 1996.

308. [学会(地方)] (一般講演) 新しいarbekacin修飾酵素AAC(4"')によるamikacin (AMK)の修飾部位の検討. 藤村茂,渡邊彰,高橋洋,庄司聰,菊地暢,貴和敏博(東北大),久道周彦(東北薬大),井上松久(微): 第43回日本化学療法学会東日本支部総会 (96.11.15), 東京, 抄録集, p.79, 1996.

309. [学会(地方)] (一般講演) 病原性大腸菌O-157ベロ毒素産生菌の抗菌薬感受性と毒素産生について. 井上松久,久我明男(微),野々山勝人(北研),岡本了一,笹原武志(微),平田泰良,中崎信彦(臨検): 第43回日本化学療法学会東日本支部総会 (96.11.16), 東京, 講演抄録集, p.101, 1996.

310. [学会(地方)] (一般講演) 細胞内寄生菌のヒトマクロファ−ジ内増殖に及ぼすfosfomycinの影響. 笹原武志(微),小松洋子(予防医学系),井上松久(微): 第43回日本化学療法学会東日本支部総会 (96.11.16), 東京, 講演抄録集, p.53, 1996.

311. [研究会(全国)] (特別講演) 薬剤耐性機構と感受性検査. 井上松久(微): Uノックアウトマウスによる解析−. 井上桂,岡義範,斎藤育雄(東海大),中尾保志(慶大),玉内秀一(微),垣生園子(東海大): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1434, 1996.

322. [研究会(地方)] (特別講演) 耐性菌出現とその背景. 井上松久(微): 第21回秋田県化学療法研究会 (95.07.05), 秋田.

323. [研究会(地方)] (特別講演) 基礎からみた耐性菌出現の背景. 井上松久(微): 第1回静岡外科侵襲研究会 (96.11.08), 静岡.

324. [研究会(地方)] (特別講演) 院内感染対策について; 黄色ブドウ球菌の病原性について. 井上松久(微): 北海道医師会認定生涯教育講座 (96.11.29), 札幌.

325. [研究会(地方)] (特別講演) β-ラクタム薬耐性のあらたな展開. 井上松久(微): 第9回福島臨床微生物研究会 (96.12.07), 福島.

326. [学会主催(その他)] 第41回ブドウ球菌研究会(96.09.05〜06),東京, 井上松久(微).


<<07 免疫学>>

327. [原著] Allogeneic recognition of HLA-DRB1*0406 by T cells with HLA-DRB1*0403: Role of amino acid residue 37 on the β sheet in T cell recognition. 金子剛久(免疫),小幡文弥(医療衛生学部): Immunobiology, 195: 261〜270, 1996.

328. [原著] The role of human leukocyte antigen and tumor necrosis factor β as a prognostic, preventive and therapeutic factor in gastric cancer. Tsuji, K.,Ogoshi, K.,Shimura, T.,Hagihara, M.(東海大),Isono, I.(千葉大),Kimura, K.(東医大),Nagamachi, Y.(群大),柏木登(免疫): Int. J. Oncol., 9: 73〜78, 1996.

329. [原著] T-Cell receptor diversity expressed by CD4+ T cells activated by primary allogeneic HLA-DR stimulation: Estimation of the degree of CDR3 diversity. Onda, K.(東京慈恵医大),柏木登(免疫),小幡文弥(医療衛生学部): Scand. J. Immunol., 43: 519〜524, 1996.

330. [学術書(英文)] (分担執筆) History of Ideas in Surgery; Historical aspects of transplantation surgery and immunology, p.267〜274, 柏木登(免疫). 編集 Kawakita, Y.(北里大),Sakai, S.(順大),Otsuka, Y.(北研), Ishiyaku Euro-American. Inc.,97.03.00発行.

331. [学会(全国)] of colorectal neoplasia in experimental murine ulcerative colitis. 岡安勲(病理),大草敏史,梶浦謙,菅野純,坂本忍(東医歯大): Gut, 39: 87〜92, 1996.

340. [原著] Bcl-2 expression and allelic loss of the p53 gene in gastric carcinomas. 三枝信,高野康雄,越田容子,岡安勲(病理): J. Cancer Res. Clin. Oncol., 122: 427〜432, 1996.

341. [原著] Population changes in immunoglobulin-containing mononuclear cells in dextran sulfate sodium-induced colitis. 床井伸介,大草敏史(東医歯大),岡安勲(病理),中村恭一(東医歯大): J. Gastroenterol., 31: 182〜188, 1996.

342. [原著] Bcl-2 expression is correlated with a low apoptotic index and associated with progesterone receptor immunoreactivity in endometrial carcinomas. 三枝信,越田容子,磯野雅子,岡安勲(病理): J. Pathol., 180: 275〜282, 1996.

343. [原著] 子宮体癌の発生に関わる増殖因子の関与. 渡辺純(病理),秦宏樹(産婦),浜野美恵子(培養セン),蔵本博行(産婦): Oncology and Chemotherapy, 12(3): 232〜236, 1996.

344. [原著] Different expression of Bcl-2 protein in gastric adenomas and carcinomas. 上杉秀永,三枝信,高野康雄,岡安勲(病理): Pathol. Int., 46: 274〜280, 1996.

345. [原著] Apoptosis and proliferative activity of non-Hodgkin's lymphomas: Comparison with expression of bcl-2, p53 and c-myc proteins. 高野康雄,三枝信,池永誠,岡安勲(病理): Pathol. Int., 47: 90〜94, 1997.

346. [原著] 胃のmicroleiomyomaとgastrointestinal stromal tumor−その組織所見, 免疫組織学的所見と増殖能−. 三上哲夫(病理): お茶の水医学雑誌, 44(1): 9〜17, 1996.

347. [原著] カンジダ症の血清診断と判定規準. 久米光(病理),村松秀樹(臨病理): 臨床病理, 44: 505〜511, 1996.

348. [準原著(英文)] Simplified rapid non-radioactive PCR-SSCP method applied to K-ras mutation analysis. 山下和也,館林妙子,篠田宏(病理部),岡安勲(病理): Pathol. Int., 46: 801〜804, 1996.

349. [症例報告] 癌化した潰瘍性大腸炎2症例の臨床病理学的検討. 丸山祥司,杉原国扶,芦川敏久,桜沢健一(九段坂病院),岡安勲(病理),岡部聡(東医歯大),竹村克二(竹村クリニック): 日本大腸肛門病学会雑誌, 49: 1080〜l086, 1996.

350. [総説] 胃癌とEpstein-Barr virus. 高野康雄(病理),加藤洋(癌研): Biomedical Perspectives, 5(1): 4〜8, 1996.

351. [総説] プロラクチン産生腺腫と成長ホルモン産生腺腫の分類検討および後者と糖蛋白ホルモンのサブユニットの意義. 古旗茂,成高平治,高宮至昭,清水克悦,亀谷徹(病理): ホルモンと臨床, 44(増): 106〜110, 1996.

352. [総説] クリプトコックス症をめぐって−病理−. 久米光(病理): 化学療法の領域, 12(9): 45〜50, 1996.

353. [総説] 抗菌性化学療法薬とその周辺−抗真菌薬−. 久米光(病理),望月真弓,村瀬勢津子(薬剤): 化学療法の領域, 12(S1): 173〜182, 1996.

354. [総説] アスペルギルス感染症; 疫学. 久米光(病理),山下えり子(内),阿部美知子(医療衛生学部),小幡進(臨検),望月真弓,村瀬勢津子(薬剤部),村松秀樹(臨病理),山崎敏和(日本 ロシュ研究所): 化学療法の領域, 13(1): 18〜25, 1996.

355. [総説] 肝動脈栓塞・閉塞(付腸管膜動脈栓塞・閉塞). 三枝信(病理): 肝胆膵, 33(5): 621〜626, 1996.

356. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(1)連載にあたって. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(1): 103〜107, 1996.

357. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(6)虚血性心疾患. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(10): 145〜158, 1996.

358. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(7)気管支喘息. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(11): 137〜148, 1996.

359. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(8)消化性潰瘍. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(12): 133〜147, 1996.

360. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(2)肝硬変. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(4): 119〜127, 1996.

361. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(3)糖尿病. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(5): 191〜200, 1996.

362. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(4)慢性関節リウマチ. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(7): 111〜122, 1996.

363. [総説] 疾患別病態生理と病理・臨床検査医学(5)脳血管障害. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 38(9): 101〜114, 1996.

364. [総説] 感染症とその検査法: 内臓真菌症. 久米光(病理),阿部美知子(医療衛生学部): 検査と技術, 24(7): 187〜192, 1996.

365. [総説] 大動脈疾患: 大動脈腫瘍. 岩渕啓一,加賀田豊(病理): 日本臨床, 領域別症候群シリーズ(14): 383〜386, 1996.

366. [学術書] (分担執筆) アポトーシスの分子機構と病態; アポトーシスと疾患, p.64〜69, 高野康雄,三枝信,大部誠,岡安勲(病理). 編集 倉敷成人病センター医科学研究所バイオメディカル研究会, 日本アクセル・シュプリンガー出版,東京,96.06.06発行.

367. [学術書] (分担執筆) Annual Review 呼吸器 1996; 内臓真菌症の血清学的診断, p.162〜168, 久米光(病理). 編集 工藤翔二(日医大),他, 中外医学社,東京,96.04.20発行.

368. [教科書] (分担執筆) 実習微生物学(第2版); 第4編 医真菌学, p.289〜314, 久米光(病理). 編集 檀原宏文,田口文章(北里大), 廣川書店,東京,96.04.25発行.

369. [学会(国際)] (シンポジウム等) The relationship of lymphocytic thyroiditis to thyroid carcinoma development. 岡安勲(病理): 86th US・Canadian Academy of Pathology (97.02.28), オランド, USA.

370. [学会(国際)] (ポスター講演) Ki-1 lymphoma of the bone: Report of two cases. 岩渕啓一,岡安勲(病理): 第21回国際病理アカデミー会議 (96.10.21), ブタベスト, Pathol. Int., 46(S1): 475, 1996.

371. [学会(全国)] (シンポジウム等) 下垂体腺腫におけるinterleukin-6 (IL-6)の発現とその局在について. 成高平治(慶大),亀谷徹,佐藤雄一,岡秀宏(病理),佐藤紅緒,鶴田智子(形態系),古旗茂(慶大): 第69回日本内分泌学会学術総会 (96.10.10), 大阪, 日本内分泌学会雑誌, 72(2): 760, 1996.

372. [学会(全国)] (ワークショップ) PC12細胞の増殖, 分化におけるCDKsの関与. 土橋洋(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.23), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 101, 1996.

373. [学会(全国)] (ワークショップ) PC12細胞の増殖分化におけるCDKsの関与. 土橋洋(病理),豊島久真男,秋山徹(阪大): 第55回日本癌学会総会 (96.10.10), 横浜, 日本癌学会総会記事, p.48, 1996.

374. [学会(全国)] (一般講演) 心・大血管への広範なAspergillus症を呈した急性骨髄性白血病の1剖検例. 山下えり子(内),久米光(病理),高木千鶴(臨検),阿部美知子(医療衛生): 第70回感染症学会総会 (96.04.18), 東京, 感染症学雑誌, 70(Suppl.): 988, 1996.

375. [学会(全国)] (一般講演) 石灰沈着を伴う鼻腔・副鼻腔アスペルギルス症の2例. 木村聖子,稲山嘉明,中谷行雄,北村均,久米光(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.23), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 171, 1996.

376. [学会(全国)] (一般講演) 悪性リンパ腫のBcl-2発現によるアポトーシス制御の可能性. 高野康雄,岩渕啓一,沼田賀子,岡安勲(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.24), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 241, 1996.

377. [学会(全国)] (一般講演) 胃癌におけるBcl-2発現とp53遺伝子異常. 三枝信,橋村美紀,岡安勲(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.25), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 296, 1996.

378. [学会(全国)] (一般講演) カンジダ敗血症を併発した神経性食思不振症の1例. 山下えり子(内),久米光(病理),村瀬勢津子(薬剤): 第40回日本医真菌学会総会 (96.10.24), 千葉, 日本医真菌学会雑誌, 37(Suppl.): 87, 1996.

379. [学会(全国)] (一般講演) Large cell neuroendocrine carcinoma of the lung: Histologic criteria and immunohistochemical analyses of 24 cases. 蒋世旭,佐藤雄一(病理),品田純(胸外),亀谷徹(病理): 第37回日本肺癌学会総会 (96.10.31), 神戸, 肺癌, 36(5): 598, 1996.

380. [学会(全国)] (ポスター講演) Solitary fibrous tumor of the pleuraの組織学的検討. 岩渕啓一,岡安勲(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.23), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 177, 1996.

381. [学会(全国)] (ポスター講演) Bc1-2 protein expression in carcinoid tumors. 蒋世旭,佐藤雄一,亀谷徹(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.23), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 191, 1996.

382. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌におけるc-myc遺伝子産物の発現. 渡辺純,佐藤雄一(病理),蔵本博行(産婦),亀谷徹(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.24), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 215, 1996.

383. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃のmicroleiomyomaとgastrointestinal stromal tumor. 三上哲夫(病理),寺田充彦,中村恭一(東医歯大): 第85回日本病理学会総会 (96.04.25), 東京, 日本病理学会会誌, 85(1): 292, 1996.

384. [学会(全国)] (ポスター講演) 限局性の小腫瘤を形成したgranulomatous mastitisの3例. 岩渕啓一,岡安勲(病理): 第4回日本乳癌学会総会 (96.06.29), 東京, 抄録集, 4(1): 134, 1996.

385. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト健常胃・十二指腸におけるGastrin receptor mRNAの発現及び局在について. 河野博久,佐藤雄一(病理),佐藤紅緒(形態系),成高平治(慶大),渡辺純,亀谷徹(病理): 第69回日本内分泌学会学術総会 (96.10.11), 大阪, 日本内分泌学会雑誌, 72(2): 846, 1996.

386. [学会(地方)] (一般講演) Pulmonary capillary hemangiomatosis. 蒋世旭,石井英昭,亀谷徹(病理): 第116回日本肺癌学会関東部会 (96.06.29), 東京.

387. [研究会(全国)] (特別講演) 内臓真菌感染症の現況. 久米光(病理): 第11回Compromised Hostと感染症フォーラム (96.02.03), 大宮, 第11回Compromised Hostと感染症, p.26〜33, 1996.

388. [研究会(全国)] (シンポジウム等) Silent pituitary adenomaの形態と機能発現. 亀谷徹(病理): 第7回日本間脳下垂体腫瘍研究会 (97.02.14), 名古屋.

389. [研究会(全国)] (一般講演) Epithelioid leiomyomaの1例. 渡辺純(病理): 第5回婦人科病理研究会 (96.12.14), 名古屋, 抄録集, p.7, 1996.

390. [研究会(全国)] (一般講演) 下垂体正常組織および腺腫におけるInterleukin-6 (IL-6)の発現と局在. 成高平治(慶大),亀谷徹,佐藤雄一(病理),佐藤紅緒,鶴田智子(形態系),古旗茂(慶大): 第7回日本間脳下垂体腫瘍研究会 (97.02.14), 名古屋.

391. [学会主催(国際学会)] Endocrin Pathology Society (U.S. and Canadian Academy of Pathology, Orlando, USA(97.03.01); 亀谷徹(病理).

392. [学会主催(国内学会)] 日本内分泌病理研究会(96.07.04); 亀谷徹(病理).


<<09 衛生学・公衆衛生学>>

393. [原著] Adverse effects of colophony. 計良徹,相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人,篠原聡,桑島昭文,原田久,高田勗(衛): Ind. Health, 35(1): 1〜7, 1997.

394. [原著] Problems in the health management of persons with spinal cord injury. 今井香織,門脇武博(医療衛生学部),相沢好治(衛),福富和志(国立衛生院): J. Clin. Epidemiol., 49(5): 505〜510, 1996.

395. [原著] 中年期のストレスとその対応. 苅部ひとみ,篠原聡,相沢好治(衛): ストレス科学, 11(3): 2〜7, 1996.

396. [原著] 石灰石粉末の気管内注入による家兎肺への影響評価. 岡田充史,計良徹,相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人(衛),杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 日本災害医学会会誌, 44(10): 682〜687, 1996.

397. [原著] 男性労働者における飲酒と生活要因および肝機能障害との関連. 篠原聡,苅部ひとみ,相沢好治,新津谷真人,計良徹,谷口志穂,岡田充史(衛),中村賢(医療社会): 日本災害医学会会誌, 44(12): 734〜739, 1996.

398. [原著] 一地域産業保健センターの活動. 新津谷真人,相沢好治,谷口志穂,篠原聡,苅部ひとみ,高田勗(衛),中村賢(医療社会),池田省三(相模原・津久井地域産業保健センター): 日本災害医学会会誌, 44(12): 740〜746, 1996.

399. [原著] 石灰石粉末による細胞障害性の検討. 計良徹,苅部ひとみ,相沢好治,新津谷真人,篠原聡,桑島昭文(衛),真下紀美代(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 日本災害医学会会誌, 44(4): 313〜318, 1996.

400. [原著] 重回帰分析による肺機能検査予測式. 相沢好治(衛),中村雅夫(関東労災),宇垣公晟(岡山労災),影山浩(香川労災),冬木俊春,千代谷慶三(珪肺労災),佐々木英忠(東北大),大久保隆 男(横浜市大): 日本災害医学会会誌, 44(6): 429〜437, 1996.

401. [原著] 一過疎地域における高齢者死因構造の変遷−特に脳血管疾患について−. 近藤えり,松本京子,新開淑子,高野奈都子,鈴木浩一,高橋英尚,一杉正治(公衛),安井正(精): 北里医学, 26(6): 412〜419, 1996.

402. [準原著(英文)] In vivo and in vitro magnetometric evaluation of GaAs toxicity to the lungs. 相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人,篠原聡,計良徹(衛),杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),小谷誠(東京電機大): Aspects on Environmental Toxicilogy: Proceedings of the 33rd International Congress on Forensic and 1st on Environmental Toxocology,

403. [準原著] In vitroおよびin vivo磁界測定による石灰石粉末の障害性評価. 苅部ひとみ,相沢好治,岡田充史,計良徹,谷口志穂,新津谷真人,篠原聡(衛),小谷誠(東京電機大): マグネティックス研究会資料(MAG-96-157): 85〜96, 1996.

404. [準原著] 作業関連疾患予防のための健康管理をめぐって. 相沢好治(衛): 労働安全衛生研修会講演集, p.25〜49, 1997.

405. [研究報告(厚生省)] 廃プラスチック油化プラントにおける作業環境に関する研究. 相沢好治,篠原聡,岡田充史(衛): 平成7年度厚生科学研究費; 健康地球研究計画推進研究事業報告書, p.1〜14, 1996.

406. [研究報告(厚生省)] 災害性腰痛受傷後経過の検討. 相沢好治,計良徹(衛): 平成7年度厚生科学特別研究事業報告書, p.1〜17, 1996.

407. [研究報告(その他公的な報告)] 建設業における一酸化炭素中毒防止に係る調査研究. 高田勗(中央労働災害防止協会),小西淑人(日本作業環境測定協会),重松開三郎(日本呼吸用保護具工業会),磯部満夫(産業用ガス検知警報機工業会), 鶴田寛(産業医学総研),相沢好治(衛),小久保政敏(日本煉炭工業会),田中通洋(ミドリ安全),小坂稔(前田建設),木口健児(鹿島建設),唐沢正 義,北澤潤,井上陽一郎,巻幡由里(労働省): 建設業における一酸化炭素中毒防止に係る調査研究(建設業労働災害防止協会)中間報告書, p.1〜44, 1996.

408. [研究報告(その他公的な報告)] 低濃度ベンゼンばく露に係わるヒトへの健康影響に関する文献調査. 高田勗(中央労働災害防止協会),櫻井治彦(慶大),佐藤章夫(山梨医大),清水英佑(東慈恵医大),相沢好治(衛): 低濃度ベンゼンばく露に係わるヒトへの健康影響に関する文献調査(財)石油産業活性化センター, p.1〜272, 1996.

409. [研究報告(その他公的な報告)] 衣類への溶剤残留からみた開放型および閉鎖型ドライ機の比較. 門脇武博,今井香織,片桐裕史(医療衛生学部),高田勗,相沢好治,苅部ひとみ(衛),中村賢(医療社会): 平成7年度クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書(全国クリーニング環境衛生同業組合連合会), p.16〜20, 1996.

410. [研究報告(その他公的な報告)] 労働衛生管理における老化の総合的評価方法の意義. 相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人,篠原聡,計良徹(衛): 平成7年度委託研究(労働省)報告書, p.1〜127, 1996.

411. [研究報告(その他公的な報告)] 循環器系機能検査成績の加齢変化と疾患に関する研究. 相沢好治,新津谷真人(衛): 平成7年度災害科学に関する委託研究(労働省)報告書, p.1〜50, 1996.

412. [研究報告(その他公的な報告)] 職場における腰痛発生の要因についての研究. 西川英樹(西川整形外科),土屋章(渕野辺総合病院),関口武男(関口整形外科診療所),木内哲也(田名整形外科),小林信男(小林整形外科),相沢好治 (衛),中村賢(医療社会): 平成7年度産業医学に関する調査研究助成調査研究報告書(産業医学振興財団), p.160〜183, 1996.

413. [研究報告(その他公的な報告)] 新素材の製造及び使用作業に係る労働衛生対策に関する調査研究. 高田勗(中央労働災害防止協会),井上尚英(九大),相沢好治(衛),伊澤伯(日本プラスッチク工業),木村敏夫(慶大),城内博(産業医学総合研究 所),山田貞夫(日本ファインセラミックス協会),柳沢善次郎(新金属協会),亀澤典子,北澤潤,井上陽一郎(労働省),工藤光弘,小林隆輔,齋藤秀弥 (中央労働災害防止協会): 平成7年度新素材の製造及び使用作業に係る労働衛生対策に関する調査研究委員会報告書(労働省), p.1〜136, 1996.

414. [研究報告(その他公的な報告)] 大動脈の加齢変化に関する病理組織学的研究. 相沢好治,新津谷真人(衛): 平成8年度災害科学に関する委託研究報告書(労働省), p.1〜24, 1997.

415. [研究報告(その他公的な報告)] ストレスと健康習慣の関係について. 相沢好治(衛): 労働省平成7年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.21〜26, 1996.

416. [総説] 労働衛生基礎講座(T)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 16(37): 51〜54, 1996.

417. [総説] 労働衛生基礎講座 (U)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 16(38): 53〜56, 1996.

418. [総説] 労働衛生基礎講座 (V)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 16(39): 53〜56, 1996.

419. [総説] 労働衛生基礎講座 (W)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 原田久,相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 16(40): 55〜59, 1996.

420. [総説] 労働衛生基礎講座 (X)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. ッ−; (2)必須微量元素: ヨウ素, p.92〜94, 苅部ひとみ(衛). 編集 千葉百子(順天大),鈴木和夫(千葉大), 南山堂, 東京, 96.05.00発行.

432. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 職場のメンタルヘルス・ケア: 産業医と産業保健スタッフのためのガイドブック; 職場のメンタルヘルス, p.1〜10, 相沢好治,苅部ひとみ(衛). 編集 白倉克之(国立療養所久里浜病院),高田勗(中央労働災害防止協会),筒井末春(東邦大), 南山堂, 東京, 97.02.00発行.

433. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 産業医活動マニュアル第2版増補版; 作業関連疾患, p.234〜235, 相沢好治(衛). 編集 高田勗(衛),野見山一生(自治医科大), 医学書院,東京,97.03.00発行.

434. [視聴覚教材・視聴覚出版物] (分担執筆) 労働安全衛生教育ビデオシリーズ; 有機溶剤による災害を防ぐには−作業中の急性中毒等の防止対策−, 苅部ひとみ(衛). PCR, 東京, 96.08.00発行.

435. [学会(国際)] (一般講演) The relationship among smoking, alcohol drinking and liver dysfunction in male workers. 篠原聡,苅部ひとみ,新津谷真人,計良徹(衛),中村賢(医療社会),相沢好治(衛): 14th International Scientific Meeting of the International Epidemiological Association (96.08.28), 名古屋, Abstracs, p.192, 1996.

436. [学会(国際)] (一般講演) Effects of sterilization of medical instruments and materials on the hospital environment. 門脇武博,今井香織,片桐裕史(医療衛生学部),苅部ひとみ,相沢好治,高田勗(衛): 25th International Congress on Occupational Health (96.09.18), ストックホルム, Book of Abstracts, (2): 318, 1996.

437. [学会(国際)] (一般講演) Magnetometric evaluation of cytotoxicity of macrophage: dissociation with LDH release. 相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人,篠原聡,計良徹(衛),小谷誠(東京電機大): 25th International Congress on Occupational Health (96.09.18), ストックホルム, Book of abstracts (U): 327, 1996.

438. [学会(全国)] (シンポジウム等) 作業姿勢と腰痛の労働衛生学的検討. 相沢好治(衛),中村賢(医療社会): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.13), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(2,3): 546, 1996.

439. [学会(全国)] (一般講演) トリクロロエタン曝露後のイヌ血液中濃度の推移と臓器中濃度. 片桐裕史(医療衛生学部),井上葉子(予防医学系),門脇武博(医療衛生学部),相沢好治(衛),高田勗(中央労働災害防止協会): 第66回日本衛生学会総会 (96.05.30), 札幌, 日本衛生学雑誌, 51(1): 156, 1996.

440. [学会(全国)] (一般講演) 細胞磁界測定によるGaAs, InP及びInAsの細胞障害性について. 苅部ひとみ,相沢好治,新津谷真人,篠原聡,計良徹(衛),杉浦由美子,真下紀美代,井上葉子(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 第66回日本衛生学会総会 (96.05.30), 札幌, 日本衛生学雑誌, 51(1): 203, 1996.

441. [学会(全国)] (一般講演) 学生における脂肪肝と健康診断結果および生活要因との関連. 篠原聡,苅部ひとみ,相沢好治,計良徹,新津谷真人,高田 勗(衛),中村賢(医療社会): 第66回日本衛生学会総会 (96.05.30), 札幌, 日本衛生学雑誌, 51(1): 291, 1996.

442. [学会(全国)] (一般講演) 外傷性脊髄損傷者における併発疾病の動向. 今井香織,門脇武博(医療衛生学部),福富和夫(国立公衆衛生院),相沢好治,高田勗(衛): 第66回日本衛生学会総会 (96.05.30), 札幌, 日本衛生学雑誌, 51(1): 504, 1996.

443. [学会(全国)] (一般講演) トリクロロエタン暴露におけるラット諸臓器中濃度の経時的追跡. 片桐裕史(医療衛生学部),井上葉子(予防医学系),門脇武博(医療衛生学部),相沢好治,高田勗(衛): 第69回日本産業衛生学会 (96.06.03), 旭川, 産業衛生学雑誌, 38(臨増): 535, 1996.

444. [学会(全国)] (一般講演) 溶接じん肺検診における肺磁界二次弱磁化の意義について. 八上享司(東京簡易保健),相沢好治(衛),小谷誠(東京電機大),中館俊夫(東女医大),石渡弘一(新キャタピラー三菱): 第69回日本産業衛生学会 (96.06.03), 旭川, 産業衛生学雑誌, 38(臨増): 451, 1996.

445. [学会(全国)] (一般講演) 夜勤を含む交代制勤務の心理的影響について. 古河泰,増田まゆみ,竹田透,田村謙二,河野慶三(富士ゼロックス),今井保次(社会経済生産性本部),相沢好治(衛),荘司栄徳(千葉産業保健推進セン ター): 第69回日本産業衛生学会 (96.06.04), 旭川, 産業衛生学雑誌, 38(臨増): 245, 1996.

446. [学会(全国)] (一般講演) 石灰石粉末による細胞障害性評価. 高野奈都子,近藤えり,高橋英尚,一杉正治(衛),鈴木浩一(関東労災病院): 第61回日本民族衛生学会 (96.11.08), 岡山, 民族衛生, 62(付録): 112〜113, 1996.

454. [学会(全国)] (ポスター講演) 老人健診受診後10年間の健康状態の変化. 高野奈都子,新開淑子,松本京子,阿部聡,安井小代子,近藤えり,高橋英尚,一杉正治(衛),鈴木浩一(関東労災病院): 第66回日本衛生学会 (96.05.30), 札幌, 日本衛生学雑誌, 51(1): 438, 1996.

455. [研究会(全国)] (教育講演) じん肺有所見者に対する健康管理教育. 相沢好治(衛): じん肺有所見者に対する健康管理教育. (97.03.14), 札幌, 指導者用テキスト, p.1〜28, 1997.

456. [研究会(全国)] (一般講演) 中高年労働者の健康管理. 相沢好治(衛): 第24回産業医学講習会(労働衛生コンサルタント講習会) (96.07.26), 東京, 資料, p.156〜168, 1996.

457. [研究会(全国)] (一般講演) 作業関連疾患予防のための健康管理をめぐって. 相沢好治(衛): 労働安全衛生研修会 (96.08.04), 東京, 平成8年度労働安全衛生研修会講演集, p.25〜49, 1997.

458. [研究会(全国)] (一般講演) In vitroおよびin vivo磁界測定による石灰石粉末の障害性評価. 苅部ひとみ,相沢好治,岡田充史,計良徹,谷口志穂,新津谷真人,篠原聡(衛),小谷誠(東京電機大): マグネティックス研究会 (96.10.22), 仙台.

459. [研究会(全国)] (一般講演) ライフスタイルと作業ストレスの関係−JCQによる評価−. 相沢好治(衛): 労働省平成8年度「作業関連疾患の予防に関する研究」第2回班会議 (97.02.26), 東京, 発表抄録集, p.4, 1997.

460. [学術賞(国内賞)] 中央労働災害防止協会−緑十字賞−. 相沢好治(衛).

461. [学会主催(国内学会)] 第69回日本産業衛生学会職業性呼吸器疾患研究会発足(96.06.05), 世話人代表. 相沢好治(衛).


<<10 法医学>>

462. [原著] PEP法による毛髪からのDNA型分析. 中村茂基(法医),沢口聡子,沢口彰子(東女医大): 日本毛髪美容学会誌, 9: 10〜13, 1996.

463. [原著] 急性心筋炎による突然死剖検例の統計的・臨床病理学的検討. 村井達哉(慶大),斉藤一之,高田綾(埼玉医大),村井直子(東京都監察医務院),舟山眞人(札幌医大),黒田直人(埼玉医大),栗原克由(法医),篠塚 達雄(慶大),濱松晶彦,松尾義裕,木村壽子,徳留省悟(東京都監察医務院): 法医学の実際と研究, 39: 291〜299, 1996.

464. [準原著(英文)] Visualization of epigenetic toxicological DNA changes. 沢口聡子(東女医大),中村茂基(法医),王秀玲,沢口彰子(東女医大): Advances in Forensic Haemogenetics, 6: 210〜212, 1996.

465. [準原著(英文)] Evaluation of hereditary distance by restriction landmark genomic scanning (RLGS). 沢口聡子,王秀玲(東女医大),Okazaki, Y.(理化研),中村茂基(法医),大上治(東女医大),Hayashizaki, Y.(理化研),沢口彰子(東女医大): Advances in Forensic Haemogenetics, 6: 393, 1996.

466. [準原著(英文)] Forensic application of STR polymorphic markers. 中村茂基(法医),沢口聡子,沢口彰子(東女医大): Advances in Forensic Haemogenetics, 6: 589〜591, 1996.

467. [準原著(英文)] The case of respiratory brain after intracranium injury. 沢口聡子(東女医大),中村茂基(法医),大上治,沢口彰子(東女医大): Brain Death, p.95〜96, 1996.

468. [準原著] STR多型の親子鑑定への応用. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): DNA多型, 4: 270〜274, 1996.

469. [準原著] 中国北部におけるHUMTH01座位の遺伝子頻度. 沢口聡子,王秀玲,大上治(東女医大),中村茂基(法医),沢口彰子(東女医大): DNA多型, 4: 284〜286, 1996.

470. [学会(国際)] (ポスター講演) RFLP analysis of VNTR loci in Chinese population. 王秀玲,沢口聡子(東女医大),中村茂基(法医),大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): ISFH Hakone Symposium on DNA Polymorphisms (96.08.23), Hakone, Abstracts, p.45, 1996.

471. [学会(国際)] (ポスター講演) STR typing of DNA extracted from a single hair shaft. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): ISFH Hakone Symposium on DNA Polymorphisms (96.08.23), Hakone, Abstracts, p.58, 1996.

472. [学会(国際)] (ポスター講演) Estimation of DNA alteration by restriction landmark genomic scanning (RLGS). 沢口聡子,王秀玲,Kitamura, A.(東女医大),中村茂基(法医),沢口彰子(東女医大): ISFH Hakone Symposium on DNA Polymorphisms (96.08.23), Hakone, Abstracts, p.72, 1996.

473. [学会(国際)] (ポスター講演) Analysis of short tandem repeat systems F13B, vWF, TPOX and CSF1PO in Chinese (Liaoning). 王秀玲,沢口聡子(東女医大),中村茂基(法医),大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): 14th Meeting of the International Association of Forensic Sciences (96.08.28), Tokyo, Abstracts, p.150, 1996.

474. [学会(国際)] (ポスター講演) Isolation and typing of DNA from human hair shafts. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): 14th Meeting of the International Association of Forensic Sciences (96.08.28), Tokyo, Abstracts, p.154, 1996.

475. [学会(国際)] (ポスター講演) Platelet aggregation and adhesiveness in experimental strangulation. 沢口彰子,大上治,沢口聡子,王秀玲,山下ケサ子(東女医大),中村茂基(法医): 14th Meeting of the International Association of Forensic Sciences (96.08.29), Tokyo, Abstracts, p.218, 1996.

476. [学会(全国)] (教育講演) CPAOAと異状死体. 栗原克由(法医): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07), 横浜, 日本救急医学会雑誌, 7(9): 426, 1996.

477. [学会(全国)] (一般講演) 乳幼児急死例における肝の脂肪化. 庄井のり子,古川理孝,杉江秀明,小谷淳一,山香裕美,栗原克由(法医): 第80次日本法医学会総会 (96.04.02), 京都, 日本法医学雑誌, 50(補冊): 65, 1996.

478. [学会(全国)] (一般講演) 血小板凝集能に関する法医学的研究(4)−扼頚時における血小板凝集能の変動−. 大上治,沢口聡子,王秀玲,福島康子(東女医大),中村茂基(法医),沢口彰子(東女医大): 第80次日本法医学会総会 (96.04.02), 京都, 日本法医学雑誌, 50(補冊): 94, 1996.

479. [学会(全国)] (一般講演) DIS80部位のDNAタイピング実習とその評価. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,沢口彰子(東女医大): 第28回日本医学教育学会大会 (96.07.18), 東京, 予稿集, p.41, 1996.

480. [学会(全国)] (一般講演) 分子生物学教育におけるDIS80部位のDNAタイピング実習の導入. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,沢口彰子(東女医大): 第47回日本電気泳動学会総会 (96.09.28), 秋田, 生物物理化学, 40: 275, 1996.

481. [学会(全国)] (一般講演) 親子鑑定における血液型システムの再検討. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,沢口彰子(東女医大): 第19回日本比較臨床血液学会 (96.10.27), 東京, 要旨集, p.16, 1996.

482. [学会(全国)] (一般講演) 毛髪からのDNA型分析. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,沢口彰子(東女医大): 日本DNA多型学会第5回学術集会 (96.12.05), 名古屋, 抄録集, p.25, 1996.

483. [学会(全国)] (ポスター講演) 毛髪からのSTR多型の解析と親子鑑定への応用. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,北村明子,沢口彰子(東女医大): 第80次日本法医学会総会 (96.04.02), 京都, 日本法医学雑誌, 50(補冊): 175, 1996.

484. [学会(全国)] (ポスター講演) 痴呆性老人の交通外傷例について. 沢口聡子,沢口彰子,福島康子(東女医大),中村茂基(法医),大上治,王秀玲,山下ケサ子(東女医大): 第80次日本法医学会総会 (96.04.02), 京都, 日本法医学雑誌, 50(補冊): 223, 1996.

485. [学会(全国)] (ポスター講演) SIDSにおける脳幹部および小脳の組織計量的研究. 古川理孝,庄井のり子,杉江秀明,小谷淳一,小林英樹,栗原克由(法医): 第80次日本法医学会総会 (96.04.03), 京都, 日本法医学雑誌, 50(補冊): 202, 1996.

486. [学会(全国)] (ポスター講演) 交通事故死の1剖検例−大腿部デコルマンへの小腸嵌入について−. 杉江秀明,庄井のり子,古川理孝,小谷淳一,栗原文男,栗原克由(法医): 第80次日本法医学会総会 (96.04.03), 京都, 日本法医学雑誌, 50(補冊): 222, 1996.

487. [学会(全国)] (ポスター講演) 混合精液斑からのSTR多型検出. 王秀玲,沢口聡子(東女医大),中村茂基(法医),大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): 日本DNA多型学会第5回学術集会 (96.12.05), 名古屋, 抄録集, p.72, 1996.

488. [学会(地方)] (一般講演) TOXI-LABを用いた薬毒物スクリーニングの学生実習への導入および評価. 大上治(東女医大),中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,山下ケサ子,福島康子,沢口彰子(東女医大): 第65回日本法医学会関東地方会 (96.10.19), 東京, 要旨集, p.19, 1996.

489. [学会(地方)] (一般講演) チェーンソーによる特異な自殺例. 主侵入機序に関する一考察. 牧純,伊藤洋一(寄): 共同研究報告集, p.169〜170, 1994.

499. [研究報告(文部省)] 動物モデルを用いた糸状虫症の化学療法に関する研究. 青木克己,藤巻康教,三井義則(長崎大),木村英作(愛知医大),牧純(寄): 平成6年度共同研究報告集, p.42〜46, 1994.

500. [研究報告(文部省)] 動物モデルを用いた糸状虫症の化学療法に関する研究. 青木克己,藤巻康教,三井義則(長崎大),木村英作(愛知医大),寺田護(浜松医大),牧純(寄): 平成7年度共同研究報告集, p.25〜30, 1995.

501. [研究報告(その他公的な報告)] グァテマラ国に於ける熱帯病, 特にシャーガス病の予防・治療・対策のための薬用植物利用に関する総合的研究. 牧純(寄): 国際協力事業団研究報告書, p.1〜8, 1996.

502. [教科書] (分担執筆) 医・動物学; 免疫学的診断法, p.253〜265, 伊藤洋一(寄). 編集 金子清俊(愛知医大),辻守康(杏林大), 医学教育出版,東京,96.04.05発行.

503. [学会(国際)] (一般講演) Fundamental studies on the experimental chemotherapy of mice infected with Trichuris muris for the development of successful treatment and control of Trichuris trichiura and trichuriasis. 牧純,伊藤洋一(寄): 第18回Asia Parasite Control国際会議 (96.08.01), 東京.

504. [学会(国際)] (一般講演) Activity of 15 plants used to treat protozoal infections in Guatemala against Trypanosoma cruzi. Caceres, A.,Lopez, B.,Gonzalez, S.(San Carlos Univ.),多田功(九大),牧純(寄): 第13回国際熱帯医学・マラリア会議 (96.11.17), 長崎, Proceedings for 13th Congress for Tropical Medicine and Malaria, p.230, 1996.

505. [学会(国際)] (一般講演) A sero-immunological studies on cysticercosis in Jilin Province of China and in Santa Rosa Province of Guatemala. Ichikawa, H.(金沢医大),Akao, N.(東京医歯大),Kondo, K.(金沢大),伊藤洋一(寄),多田功(九大): 第13回国際熱帯医学・マラリア会議 (96.11.17), 長崎, Proceedings for 13th Congress for Tropical Medicine and Malaria, p.375, 1996.

506. [学会(国際)] (ポスター講演) Global strategy for control of obstinate parasitic diseases, especially Chagas disease with medicinal plant extracts. 牧純,伊藤洋一(寄),Tabaru, Y.(JICA),Tada, I.(九大),Aoki, Y.,Fujimaki, Y.(長崎大),Caceres, A.,Lopez, B.(San Carlos Univ.),Kofi-Tsekpo, W.M.(Kenya Medical Res. Inst.),Zhang, Y.(Norman Bethune Univ.): 第13回国際熱帯医学・マラリア会議 (96.11.17), 長崎, Proceedings for 13th Congress for Tropical Medicine and Malaria, p.355, 1996.

507. [学会(全国)] (一般講演) ネコ条虫幼虫のCa2+依存性蛋白分解酵素活性. 中村健A(寄),渡辺明子(予防医学系),伊藤亮(岐阜大): 第65回日本寄生虫学会大会 (96.04.01), 福岡, 寄生虫誌, 45(補): 116, 1996.

508. [学会(地方)] (一般講演) 中米グァテマラ共和国に於ける薬用植物抽出物のTrypanosoma cruzi及び種々微生物に対する治療効果に関する基礎的研究. 牧純,伊藤洋一(寄),多田功(九大): 第56回日本寄生虫学会東日本大会 (96.10.05), 松本, 講演要旨集, p.28, 1996.

509. [研究会(全国)] (一般講演) 腸管寄生線虫感染における免疫応答; ヒト鞭虫感染症のモデルとしてのネズミ鞭虫. 小山浩一(寄): 第5回北里微生物アカデミー研究会 (97.02.28), 東京.


<<12 実験動物学>>

510. [原著] Pituitary GH and prolactin deficiency and testis enlargement in hypothyroid rats caused by goitrogen methimazole. 木村利美(薬剤部),古舘専一(実動): Exp. Anim., 45(4): 369〜375, 1996.

511. [原著] 125I動物実験における安全取扱. 西槙俊之(RI系),酒井康弘(解),古舘専一(実動): Radioisotopes, 45(10): 626〜630, 1996.

512. [原著] RI投与動物からの125Iの空気中への飛散. 西槙俊之(RI系),古舘専一(実動): Radioisotopes, 45(8): 507〜510, 1996.

513. [準原著] ネコのケージサイズについて. 諸星康雄(実動): 実験動物と環境, 4(2): 136〜141, 1996.

514. [研究報告(その他公的な報告)] 遺伝性侏儒症ラットrdwの病因は甲状腺に存在する. 古舘専一(実動): 成長科学協会研究年報平成7年度, (19): 451〜465, 1996.

515. [学会(国際)] (一般講演) The function of the thyroid gland in the rdw rat with hereditary dwarfism. 古舘専一(実動): 第10回国際内分泌会議 (96.06.12), サンフランシスコ, Abstracts, p.390, 1996.

516. [学会(全国)] (教育講演) 遺伝性侏儒症ラットrdwの病因解析と疾患モデル動物としての有用性. 古舘専一(実動): 第121回日本獣医学会 (96.04.02), 相模原, 講演要旨集, p.240, 1996.

517. [学会(全国)] (一般講演) 家兎の非開胸的冠動脈再潅流法, 閉塞分枝によるECG変化. 諸星康雄(実動),中山茂信,鰐川浩司(実動系),奈良佳洋(生物物理系),池田憲昭,宮原英夫(医療衛生学部): 日本獣医循環器学会 (96.05.12), 東京, 抄録集, p.1, 1996.

518. [学会(全国)] (一般講演) 家兎を用いた非開胸的ビーズ閉塞再潅流法の試み−X. 閉塞時間による検討. 諸星康雄(実動),中山茂信,鰐川浩司(実動系),奈良佳洋(生物物理系),池田憲昭,宮原英夫(医療衛生学部),池田忠生(日大): 第30日本実験動物技術者協会 (96.07.05), 沖縄, 抄録集, p.87, 1996.

519. [学会(全国)] (一般講演) 妊娠期におけるアルコール摂取の着床・分娩・哺育におよぼす影響. 丸山茂善,中三川智恵子,三原晴枝,真崎義彦(実動系),小嶋久子,玉井洋一(生化),古舘専一(実動): 日本実験動物技術者協会第30回総会 (96.07.05), 沖縄, 要旨集, p.60, 1996.

520. [学会(全国)] (ポスター講演) 高プロラクチン血症モデルとしての下垂体移植ラットの下垂体機能解析. 古舘専一(実動): 第43回日本実験動物学会総会 (96.06.05), 新潟, 講演要旨集, p.139, 1996.

521. [学会(全国)] (ポスター講演) 3H標識化合物オートラジオグラフィ迅速化のための新しい増感法の開発. 西槙俊之(RI系),酒井康弘(解),古舘専一(実動): 第122回日本獣医学会 (96.08.29), 帯広, 講演要旨集, p.151, 1996.

522. [学会(全国)] (ポスター講演) 犬のエプーリスの病理学的検索. 佐藤要介,佐藤常男,白井弥(日大),諸星康雄(実動),沢邦彦(沢動物病院),林一彦(日大): 第122回日本獣医学会 (96.08.29), 帯広, 抄録集, p.138, 1996.

523. [学会(全国)] (ポスター講演) 遺伝性侏儒症ラットrdwの甲状腺機能解析. 古舘専一(実動),柴山啓子(児),中沢圭治(放): 第122回日本獣医学会 (96.08.30), 帯広, 抄録集, p.165, 1996.

524. [研究会(全国)] (ポスター講演) 甲状腺粉末添加飼料の給与による遺伝性侏儒症ラットrdwの発育・成長促進. 高橋晃,吉田修,上村美佐子(実動系),古舘専一(実動): 第19回生理学研究会 (97.02.13), 岡崎, 抄録集, p.41, 1997.

525. [研究会(地方)] (特別講演) 遺伝性侏儒症ラットrdwの病因解析と疾患モデル動物としての意義・有用性. 古舘専一(実動): 第48回信州実験動物研究会 (96.07.12), 伊那市, 信州実験動物研究会会報, (32): 2〜3, 1996.


<<13 生物物理化学>>

526. [学会(国際)] (ポスター講演) Correlative morphological and biochemical studies of peroxisomes and mitochondria in the liver and heart of rats fed erucic acid or docosahexaenoic acid rich diets. 小川秀子(相模女大),菊池京子(生物物理化),山辺志都子,鈴木寧子,林裕三(相模女大): 第37回国際脂質生化学会議 (96.09.07), アントワープ, Abstracts, p.104, 1996.

527. [学会(全国)] (ポスター講演) Aspergillus nigerカタラーゼの諸性質. 菊池京子,蓮見英世(生物物理化),上野智恵(衛生学部),山辺志都子(相模女大),横室公三(日医科大): 第69回日本生化学会 (96.08.26), 札幌, 生化学, 68(7): 632, 1996.

528. [学会(全国)] (ポスター講演) スーパーオキシドジスムターゼの過酸化水素による断片化. 蓮見英世(生物物理化),中島洋一(分生),飯尾裕之,上野智恵(衛生学部),菊池京子(生物物理化): 第69回日本生化学会 (96.08.27), 札幌, 生化学, 68(7): 752, 1996.

529. [学会(全国)] (ポスター講演) スーパーオキシドジスムターゼの過酸化水素による化学修飾. 蓮見英世(生物物理化),中島洋一(分生),上野智恵,飯尾裕之(衛生学部),菊池京子(生物物理化): 第34回日本生物物理学会 (96.11.08), 筑波, 生物物理, 36(Suppl.): 82, 1996.


<<1401 ?? >>

530. [原著] Isolation of DNA sequences amplified at chromosome 19q13.1-13.2 including the AKT2 locus in human pancreatic cancer. 三輪亘(内),安田純,村上善則,八島一夫,菅野康吉,関根暉彬,河野彬,江川新一,山口健,林崎良英,関根剛男(国立がんセン): Biochem. Biophys. Res. Commun., 225: 968〜974, 1996.

531. [原著] MYCL genotyeps and loss of heterozygosity in non-small-cell lung cancer. Fong, K.M.(Queensland Univ.),木田芳樹(内),Zimmerman, P.V.(The Prince Charles Hosp.),Smith, P.J.(Queensland Univ.): Br. J. Cancer, 74: 1975〜1978, 1996.

532. [原著] Comparative alterations in p53 expression and apoptosis in the irradiated rat small and large intestine. 新井冨生(Queensland Univ.),木田芳樹(内),Harmon, B.V.,Gobe, G.C.(Queensland Univ.): Br. J. Cancer, 74: 406〜412, 1996.

533. [原著] Apoptosis, cell proliferation and expression of Bcl-2 and Bax in gastric carcinomas: immunohistochemical and clinicopathological study. 越田容子(内),三枝信,岡安勲(病理): Br. J. Cancer, 75(3): 367〜373, 1997.

534. [原著] Loss of heterozygosity frequently affects chromosome 17q in non-small cell lung cancer. Fong, K.M.(Queensland Univ.),木田芳樹(内),Zimmerman, P.V., Ikenaga, M.,Smith, P.J.(Queensland Univ.): Cancer Res., 55(19): 4268〜4272, 1995.

535. [原著] Effects of early insulin treatment on ultrastructural changes of glomeruli in diabetic rats revealed by the quick-freezing and deep-etching method. 守屋達美(内),大野伸一(山梨大),田中啓司A,藤井英,矢島義忠(内): Diabetologia, 39: 632〜640, 1996.

536. [原著] Is ACE gene polymorphism a useful marker for diabetic albuminuria in Japanese NIDDM patients? 中嶋真一,馬場恒春,矢島義忠(内): Diabets Care, 19(12): 1420〜1422, 1996.

537. [原著] EMRLによる分割切除と切除粘膜再構築のための基礎研究および臨床応用. 本橋修(内),大庭堅太郎,佐野秀弥,高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): Gastroenterol. Endosc., 38(12): 2840〜2847, 1996.

538. [原著] Homozygous intragenic deletion in the WT1 gene in a sporadic Wilm's tumor associated with high level of expression of a truncated transcript. Algar, E.M., Kenney, M.T., Smith, L.A., Smith S.I.(Queensland Univ.),木田芳樹(内),Smith, P.J.(Queensland Univ.): Human Mutation, 5(3): 221〜227, 1995.

539. [原著] Expression and localization of lusterin mRNA in the small and large intestine of the irradiated rat: its relationship with apoptosis. 新井冨生(Queensland Univ.),木田芳樹(内),Harmon, B.V.,Gobe, G.C.(Queensland Univ.): Int. Radiat. Biol., 69(5): 547〜553, 1996.

540. [原著] Absence of a mutation of the p21/WAF1 gene in human lung and pancreatic cancers. 清水辰憲,三輪亘(内),中森正一,石川治,小西陽一,関谷剛男(国立がんセン): Jpn. J. Cancer Res., 87: 275〜278, 1996.

541. [原著] The three-dimensional ultrastructure of diabetic glomeruli revealed by quick-freezing and deep-ething method. 田中啓司A,守屋達美(内),大野伸一(山梨大),矢島義忠(内): Med. Electron Microsc., 29(1): 13〜22, 1996.

542. [原著] 大腸sm癌の超音波内視鏡および粘膜下局注法による深達度診断の有用性についての検討. 小林清典,勝又伴栄,高橋裕之,横山薫,堂森興一郎,木田光広,五十嵐正広,西元寺克礼(内),山田伸夫(小田原市立病院): Progress of Digestive Endoscopy, 48: 80〜84, 1996.

543. [原著] 大腸結節集簇型腫瘍の内視鏡診断. 佐田美和,五十嵐正広,小林清典,高橋裕之,勝又伴栄,西元寺克礼(内),高橋幸秀(図南病院): Progress of Digestive Endoscopy, 49: 38〜41, 1996.

544. [原著] 超音波内視鏡による上部消化管粘膜下腫瘍診断の再検討. 渡辺摩也,木田光広,菅野聡,近藤一英,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内): Progress of Digestive Endoscopy, 49: 90〜95, 1996.

545. [原著] 慢性肝疾患における新しい抗体を用いた血清W型コラーゲンの測定. 斉藤俊司,渋谷明隆,西元寺克礼(内),丸尾直子(東ソー),高橋俊雄(森永生科学研): 肝臓, 37(6): 304〜312, 1996.

546. [原著] 胃腺腫内癌の内視鏡的鑑別診断. 山田至人,大井田正人,山縣さゆり,菅野聡,小泉和三郎,西元寺克礼(内),上杉秀永(病理): 消化器内視鏡, 8(8): 1053〜1059, 1996.

547. [原著] 赤外線電子内視鏡による早期胃癌症例の検討−特に癌巣粘膜内の血管構築と血行動態について−. 日比謙一,田辺聡,小泉和三郎(内),三富弘之(病理),西元寺克礼(内): 北里医学, 26(6): 375〜383, 1996.

548. [原著] 腹腔動脈および上腸間膜動脈内Prostaglandin E1投与の肝ならびに全身循環動態に及ぼす影響−雑犬による実験的研究−. 本橋修(内): 脈管学, 36(10): 837〜843, 1996.

549. [原著] 新しい経腸栄養ポンプ(Kangaroo 2100型)の使用経験. 小林清典,勝又伴栄,横山薫,高橋裕之,五十嵐正広,西元寺克礼(内),深堀信子,桃園忍,和知さとみ,青柳明子(看護部): 輸液・栄養ジャーナル, 18(7): 567〜571, 1996.

550. [準原著] 出血性大腸菌(O-157)による大腸炎の内視鏡所見. 五十嵐正広,勝又伴栄,美原静香,高橋裕之,小林清典,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 8(9): 1301〜1305, 1996.

551. [短報・速報] 20MHz超音波内視鏡(XGF-UM20)の使用経験. 渡辺摩也,木田光広,菅野聡,近藤一英,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内): Progress Digestive Endoscopy, 48: 128〜129, 1996.

552. [短報・速報] 糖尿病患者におけるアンジオテンシン変換酵素遺伝子多型と蛋白尿との関係. 中嶋真一,馬場恒春,的場清和,田中啓司A,梅沢慎一,平井法博,神康之,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 医学のあゆみ, 177(7): 519〜520, 1996.

553. [症例報告] 自己免疫性胆管炎診断の隘路. 渋谷明隆,中沢貴秀,土橋健,竹内敦子(内): Progress in Medicine, 16: 2068〜2069, 1996.

554. [症例報告] 橋本病, シェーグレン症候群の経過中, 急性肝障害を呈した1例. 中山薫,中沢貴秀,渋谷明隆(内): Progress in Medicine, 17: 390〜391, 1997.

555. [症例報告] 閉塞性黄疸を呈した十二指腸悪性リンパ腫の1例. 林田浩明,鈴木秀明,高谷育男,松岡幹雄(内): Progress of Digestive Endoscopy, 48: 190〜191, 1996.

556. [症例報告] 貧血を契機に発見された若年性大腸ポリポーシスの1例. 長浜悦子,山田至人,山縣さゆり,根本一彦,高橋厚,小林清典(内),三富弘之(病理): Progress of Digestive Endoscopy, 48: 216〜217, 1996.

557. [症例報告] 胃腎シャント閉塞下内視鏡的硬化療法が有効であった胃静脈瘤の1例. 山岡佐世,国分茂博,松本偉男,浅野朗,西元寺克礼(内),遠藤高,磯部義憲(放): Progress of Digestive Endoscopy, 49: 188〜189, 1996.

558. [症例報告] 腹腔鏡下胆嚢切除術後の胆管損傷を内視鏡的逆行性胆汁ドレナージにて治療した1例. 佐藤康永,木田光広,日高央,菅野聡,渡辺摩也,今泉弘,西元寺克礼(内),仙石紀彦,飯野善一郎,吉田宗紀(外): Progress of Digestive Endoscopy, 49: 232〜233, 1996.

559. [症例報告] 食道胃静脈瘤硬化療法における内視鏡的静脈瘤造影(EVIS)の有用性. 村上匡人,水上祐治,恩地森一(愛媛大),国分茂博(内): 医学と薬学, 36(6): 1248〜1250, 1996.

560. [症例報告] 塩酸トドラジンによる劇症肝炎の1例. 渋谷明隆(内): 診断と治療, 84(増): 325, 1996.

561. [症例報告] インターフェロンアルファ-2a投与後, 肝内に肉芽腫を形成したC型慢性肝炎の1例. 渋谷明隆(内): 診断と治療, 84(増): 810, 1996.

562. [症例報告] インターフェロンアルファ-2bとミアンセリンの併用により悪性症候群様症状を呈した1例. 渋谷明隆(内): 診断と治療, 84(増): 841, 1996.

563. [臨床治験] 彎曲形状を変化させた試作型電子内視鏡の有用性について. 今泉弘,大井田正人,菅野聡,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,勝又伴栄,西元寺克礼(内): Progress of Digestive Endoscopy, 49: 140〜141, 1996.

564. [総説] 消化性潰瘍. 大井田正人,今泉弘,西元寺克礼(内): Medicament News, (1514): 15〜17, 1996.

565. [総説] オメプラール. 大井田正人,西元寺克礼(内): Medicina, 33(12増): 101〜102, 1996.

566. [総説] タケプロン. 大井田正人,西元寺克礼(内): Medicina, 33(12増): 103, 1996.

567. [総説] 消化器疾患治療薬; ラキソベロン, マグコロールP, 新レシカルボン坐剤, ニフレック. 小林清典(内): Medicina, 33(12増): 129〜134, 1996.

568. [総説] 潰瘍性大腸炎の画像診断. 五十嵐正広,小林清典,勝又伴栄(内): Medicina, 33(8): 1480〜1485, 1996.

569. [総説] IBD治療の基本薬; サラゾスルファピリジン−これからも標準薬か−. 小林清典,勝又伴栄,五十嵐正広(内): Medicina, 33(8): 1495〜1499, 1996.

570. [総説] Helicobacter Pylori研究の最前線: 除菌の役割は何か? 5.他疾患との関連(慢性関節リウマチに合併したNSAIDs潰瘍. 安達献,荒木正雄,伊藤かおる,中村陽子,井出哲,渡部幸夫,山田昭夫,安部明郎,西元寺克礼(内): Progress in Medicine, 16(6): 1615〜1618, 1996.

571. [総説] 大腸の結節集簇型腫瘍−診断と治療−. 勝又伴栄(内),下田忠和(国立がんセン): Progress of Digestive Endoscopy, 49: 32〜34, 1996.

572. [総説] Barrett's esophagus and its related carcinomas of esophagus; special reference to the endoscopic and clinicopathological detection in superficial early carcinoma in our clinics. 木田光広(内),坂本隆(富山薬大): Rev. Bras. Med., 53(Suppl.): 9〜11, 1996.

573. [総説] 消化管出血の止血−ヒータープローブ法−. 田辺聡,横山靖,西元寺克礼(内): カレント内科, No.9(消化器内視鏡治療): 30〜36, 1996.

574. [総説] 未分化型胃癌はなぜ少ないか. 西元寺克礼(内): 胃と腸, 31(12): 1435〜1436, 1996.

575. [総説] 胃・十二指腸潰瘍(寛解療法). 三橋利温,西元寺克礼(内): 実地医家のための治療薬, 2(1): 68〜70, 1997.

576. [総説] 各種疾患での抗潰瘍薬の選び方, 使い方の実際; 上部消化管出血. 田辺聡,大井田正人,西元寺克礼(内): 実地医家のための治療薬, 2(1): 86〜89, 1997.

577. [総説] NUDと消化性潰瘍. 田辺聡,大井田正人,西元寺克礼(内): 心身医療, 9(2): 31〜35, 1997.

578. [総説] 超音波内視鏡の進歩. 木田光広,渡辺摩也,菅野聡,近藤一英,小林清典,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内): 新医療, (5月号): 77〜80, 1996.

579. [総説] 切除不能進行胃癌に対する5FU, MMC, CDDP (FMP)療法の検討. 小泉和三郎,近藤一英,田辺聡,山崎いづみ,今泉弘,西元寺克礼(内): 制癌剤の至適投与法研究会記録, p.29〜41, 1996.

580. [総説] 異物摘出. 田辺聡,西元寺克礼(内): 日本医師会雑誌, 116(臨2): 41〜42, 1996.

581. [総説] NIDDMにおける糖尿性腎症. 矢島義忠(内): 日本内科学会雑誌, 85(10): 1650〜1656, 1996.

582. [総説] Helicobacter pyloriとその除菌療法. 小泉和三郎,西元寺克礼(内): 日本薬剤師会雑誌, 47(7): 1153〜1160, 1996.

583. [総説] 超音波内視鏡診断. 木田光広,山田至人,坂口哲章,渡辺摩也,菅野聡,近藤一英,小林清典,野登誠,西元寺克礼(内): 日本臨床, 54(5): 1230〜1235, 1996.

584. [総説] Rendu-Osler-Weber症候群. 田辺聡,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 日本臨床, 領域別症候群シリーズ, No.15: 293〜294, 1996.

585. [総説] 臨床医の処方と注射−Mallory-Weiss症候群. 西元寺克礼(内): 臨床医, 22(増): 324〜325, 1996.

586. [総説] 肝膿瘍: 病理形態学. 越田容子(内),久米光,岡安勲(病理): 臨床消化器内科, 11(13): 1923〜1927, 1996.

587. [総説] 特集: 成人病の新しい検査法と診断・糖尿病性腎症−微量アルブミン, トランスフェリン, W型コラーゲン, 糸球体濾過値. 神康之,矢島義忠(内): 臨床成人病, 27(1): 137〜142, 1997.

588. [講座] 巨大ひだ. 西元寺克礼(内): 胃と腸, 31(3): 345, 1996.

589. [講座] 胃sm癌の細分類をめぐって. 西元寺克礼(内),渡辺英伸(新潟大),大上正裕(慶大),芳野純治(藤田保健衛生大),岩下明徳(福岡大),柳沢昭夫(癌研),浜田勉(社会保険中央総合病院): 胃と腸, 32(1): 70〜84, 1997.

590. [講座] 胃炎・消化性潰瘍の治療. 西元寺克礼(内): 外科治療, 76(3): 311〜318, 1997.

591. [講座] 抗潰瘍薬の現状と将来. 西元寺克礼(内),岩崎有良(日大),榊譲(都立駒込病院): 治療薬, 2(1): 2〜15, 1997.

592. [講座] 難治性潰瘍の内視鏡的特徴. 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 8(11): 1706〜1710, 1996.

593. [学術書] (分担執筆) 日本消化性潰瘍学; 胃生検, p.771〜779, 大井田正人,上杉秀永,西元寺克礼(内). 編集 中沢三郎(藤田保健衛生大),森賀本幸(京大),岡崎幸紀(関東総合病院), 医科学出版,東京,95.03.25発行.

594. [学術書] (分担執筆) 日本消化性潰瘍学; 内視鏡診断−胃潰瘍−, p.671〜687, 大井田正人,西元寺克礼(内). 編集 中沢三郎(藤田保健衛生大),森賀本幸(京大),岡崎幸紀(関東総合病院), 医科学出版社,東京,95.03.25発行.

595. [学術書] (分担執筆) 検査値のみかた; GOT, GPT, m-GOT, p.182〜183, 渋谷明隆(内). 編集 中井利昭(筑波大), 中外医学社,東京,96.03.30発行.

596. [学術書] (分担執筆) 新しい慢性肝炎の分類: その読み方と臨床応用; 新分類とIFN療法後の細織寛解, p.83〜94, 渋谷明隆(内). 編集 小俣政男(東大), 南江堂,東京,96.04.25発行.

597. [学術書] (分担執筆) 食道・胃静脈瘤の病態と治療; 門脈圧亢進症の病態生理, 6.食道静脈瘤内血液の酸素含量, p.56〜58, 国分茂博(内). 編集 青木春夫(藤田保健衛生大),小林迪夫(大分医科大), 医学書院,東京,96.06.15発行.

598. [学術書] (分担執筆) メディカル用語ライブラリー: 消化器病−分子メカニズムから病態・診断・治療まで; AGML, p.107〜108, 西元寺克礼(内). 編集 菅野健太郎(東大),日比紀文(慶応大),星原芳雄, 羊土社,東京,96.09.25発行.

599. [学術書] (分担執筆) メディカル用語ライブラリー: 消化器病; 非特異性多発性小腸潰瘍症, p.133, 五十嵐正広(内). 編集 菅野健太郎(東大),日比紀文(慶応大),星原芳雄, 羊土社,東京,96.09.25発行.

600. [学術書] (分担執筆) 食道・胃静脈瘤; 第V章, 静脈瘤造影法, 1. Endoscopic Varicealography, p.61〜74, 国分茂博(内). 編集 豊永純,幕内博康,小原勝敏, 日本メディカルセンター,東京,96.10.15発行.

601. [学術書] (分担執筆) 薬の正しい使い方; 食道炎, 食道潰瘍, p.174〜175, 西元寺克礼(内). 編集 本間光夫(慶大),上田慶二(多摩老人医療セン),伊賀立二(東大), 日本医師会,東京,96.10.25発行.

602. [学術書] (分担執筆) がん化学療法の副作用対策(改訂版); 腎障害とその対策, p.219〜229, 小泉和三郎(内). 編集 吉田清一, 先端医学,東京,96.11.20発行.

603. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 薬剤による腸炎, p.390〜391, 五十嵐正広(内). 編集 稲垣義明,多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院,東京,97.01.01発行.

604. [学術書] (分担執筆) 消化器疾患最新の治療 '97-'98; 消化性潰瘍の合併症−内科的治療法, p.132〜135, 西元寺克礼(内). 編集 戸田剛太郎(慈恵大),杉町圭蔵(九大),中村孝司(東大), 南江堂,東京,97.03.01発行.

605. [教科書] (分担執筆) 今日の治療と看護; 胃・十二指腸潰瘍(消化性潰瘍), p.300〜305, 大井田正人,西元寺克礼,青柳明子(内). 南江堂,東京,96.12.25発行.

606. [その他の著書] (分担執筆) 栄養と健康のライフサイエンス−糖尿病研究の進歩と実践; 食事療法の実際と問題点, 1: 15〜20, 本宮哲也,北村信一(内). 学文社,東京,96.04.15発行.

607. [その他の著書] (分担執筆) ビジュアル臨床栄養百科; 吸収不良症候群, 5: 46〜49, 勝又伴栄(内). 編集 足立香代子(東京船員保健病院),武田英二(徳島大), 小学館,東京,96.09.20発行.

608. [その他の著書] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 潰瘍性大腸炎, p.458〜463, 勝又伴栄(内). 編集 和田攻(埼玉医科大),朝長文弥(北里大), 文光堂,東京,96.10.04発行.

609. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) Annual Review 消化器, 1997; 消化性潰瘍, p.100〜103, 三橋利温,西元寺克礼(内). 編集 戸田剛太郎(慈恵大),税所宏光(千葉大),寺野彰(獨協医大),幕内雅敏(東大), 中外医学社,東京,97.01.30発行.

610. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 消化性潰瘍治療薬のすべて; 十二指腸潰瘍, p.48〜53, 三橋利温,西元寺克礼(内). 編集 浅香正博(北大),千葉勉(京大), 先端医学社,東京,97.03.01発行.

611. ポスター講演) Fluoroscopic percutaneous ethanol mixtured with lipiodol injection therapy (Lip-PEIT) for large-sized hepatocellular carcinoma. 高田雅博,国分茂博,浅野朗,中沢貴秀,村上匡人,白崎敬二,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 10th Asian-Pacific Congress of Gastroenterology (96.09.21), 横浜.

620. [学会(国際)] (ポスター講演) Measurement of serum type W collagen level in chronic liver disease using new assay systems; Diagnosis and evaluation of interferon therapy. 渋谷明隆,斉藤俊司,西元寺克礼(内): 10th Asian-Pacific Congress of Gastroenterology (96.09.21), 横浜.

621. [学会(国際)] (ポスター講演) Evaluation of endoscopic ultrasonography for the diagnosis of early colorectal cancer invasion. 小林清典,勝又伴栄,横山薫,高橋裕之,木田光広,五十嵐正広,西元寺克礼(内),大谷剛正,比企能樹(外),三富弘之,岡安勲(病理): 5th United European Gastroenterology Week (96.11.03), Paris, Endoscopy, 28(8): 10, 1996.

622. [学会(国際)] (ポスター講演) Endoscopic ultrasonography (EUS) for evaluating early gastric cancer before endoscopic mucosal resection. 木田光広,山田至人,坂口哲章,今泉弘,田辺聡,小泉和三郎,西元寺克礼(内),嶋尾仁(外): 5th United European Gastroenterology Week (96.11.03), Paris, Endoscopy, 28(8): 29, 1996.

623. [学会(国際)] (ポスター講演) New endoscopic evaluation of the healing process of gastric ulcer. 今泉弘,大井田正人,野口聡子,日比謙一,菅野聡,近藤一英,木田芳樹,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,西元寺克礼(内): 5th United European Gastroenterology Week (96.11.05), Paris, Endoscopy, 28(8): 30, 1996.

624. [学会(国際)] (ポスター講演) Enhanced cellular proliferation and P53 accumulation in gastric mucosa chronically infected with Helicobacter pylori. 日比謙一,小泉和三郎,田辺聡,今泉弘,野口聡子,木田光広,大井田正人,三橋利温,西元寺克礼(内),三富弘之,桑尾定仁,岡安勲(病理): 5th United European Gastroenterology Week (96.11.05), Paris, Gut, 39(Suppl.3): 52, 1996.

625. [学会(全国)] (シンポジウム等)
635. [学会(全国)] (ワークショップ) ヒト膵がんにおけるAKT2遺伝子の増幅. 三輪亘(内),安田純,村上善則,菅野康吉,関根暉彬,河野彬,山口健,林崎良英,関谷剛男(国立がんセン): 第55回日本癌学会総会 (96.10.20), 横浜, 総会記事, p.120, 1996.

636. [学会(全国)] (ワークショップ) カテーテル留置法によるBRTOの胃静脈瘤治療効果とその完全性の検討. 国分茂博,西元寺克礼(内): 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.07), 東京.

637. [学会(全国)] (一般講演) 三次元超音波プローブ(3D-USP)による癌の深達度診断. 渡辺摩也,木田光広,柴康彦,菅野聡,近藤一英,今泉弘,小林清典,田辺聡,山田至人,坂口哲章,野登誠,前川公男,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人, 西元寺克礼(内),三重野寛喜,比企能樹(外),上杉秀永,三富弘之,岡安勲(病理): 第51回日本消化器内視鏡学会総会 (96.04.18), 神戸.

638. [学会(全国)] (一般講演) 大腸微小癌(5 mm以下)の内視鏡的臨床病理学的検討. 日高央,五十嵐正広,横山薫,高橋裕之,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 第51回日本消化器内視鏡学会総会 (96.04.18), 神戸.

639. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病性神経障害のNeurometerによる評価と臨床的重症度との関係. 梅沢慎一,金森晃,神康之,中嶋真一,藤井英,田中啓司A,平井法博,的場清和,馬場恒春,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生学部): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 265, 1996.

640. [学会(全国)] (一般講演) 日本人NIDDM患者におけるACE遺伝子多型およびβ3アドレナリン受容体遺伝子多型と頚動脈壁肥厚との関係. 馬場恒春,中嶋真一,斉藤真希,田中啓司A,田中恒任,神康之,梅沢慎一,平井法博,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 314, 1996.

641. [学会(全国)] (一般講演) NIDDMにおける尿アルブミンの排泄と尿細管再吸収−高血糖の影響−. 平井法博,金森晃,神康之,中嶋真一,藤井英,田中啓司A,梅沢慎一,馬場恒春,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.15), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 517, 1996.

642. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病におけるアンジオテンシン変換酵素およびβ3アドレナリン受容体遺伝子多型と腎症の関係. 中嶋真一,馬場恒春(内),斉藤真希(生物化学系),神康之,田中啓司A,藤井英,梅沢慎一,平井法博,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.16), 福岡.

643. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病性足病変患者に対する補装靴の作製−足底圧分布測定システム(F-SCAN)を用いた評価−. 神康之,金森晃,中嶋真一,田中啓司A,梅沢慎一,平井法博,馬場恒春,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生学部): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.1): 369, 1996.

644. [学会(全国)] (一般講演) 急性代謝失調で発症したインスリン非依存型糖尿病(NIDDM)の臨床的特徴. 田中啓司A,金森晃,中嶋真一,神康之,梅沢慎一,平井法博,馬場恒春,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生学部): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.1): 405, 1996.

645. [学会(全国)] (一般講演) NIDDMにおける尿細管アルブミン再吸収に及ぼす高血糖の影響. 平井法博,金森晃,中嶋真一,田中啓司A,梅沢慎一,馬場恒春,的場清和,矢島義忠(内): 第39回日本腎臓学会学術総会 (96.05.31), 倉敷.

646. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病におけるアンジオテンシン変換酵素およびβ3アドレナリン受容体遺伝子多型と腎症の関係. 中嶋真一,馬場恒春,田中啓司A,梅沢慎一,平井法博,金森晃,的場清和,矢島義忠(内): 第39回日本腎臓学会学術総会 (96.06.01), 倉敷.

647. [学会(全国)] (一般講演) 内視鏡的硬化療法後の左胃静脈血行動態−体外式超音波カラードップラー法による検討−. 浅野朗,国分茂博,橋詰清江,高田雅博,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放): 第3回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (96.09.07), 札幌.

648. [学会(全国)] (一般講演) 超音波内視鏡による胆嚢隆起性病変の再検討. 渡辺摩也,木田光広,柴康彦,菅野聡,近藤一英,今泉弘,田辺聡,山田至人,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),吉 田宗紀,比企能樹(外),上杉秀永,三富弘之(病理): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.19), 横浜.

649. [学会(全国)] (一般講演) 上部消化管疾患に対する超音波内視鏡の近未来. 木田光広,西元寺克礼(内): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.19), 横浜.

650. [学会(全国)] (一般講演) EVIP-230を用いたリアルタイム画像処理下での陥凹型早期胃癌浸潤範囲診断の検討. 山縣さゆり,大井田正人,菅野聡,日比謙一,中井久雄,近藤一英,今泉弘,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,西元寺克礼(内): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.19), 横浜, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 38: 1841, 1996.

651. [学会(全国)] (一般講演) EVISにおけるCoronary circulated vein (CCV)の検討−内視鏡的静脈瘤造影; 第8報−. 日高央,国分茂博,浅野朗,高田雅博,西元寺克礼(内): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.20), 横浜.

652. [学会(全国)] (一般講演) 内視鏡的粘膜切除術(EMR)1年3か月後に残存胃腺腫から特異な形態に発育し一部癌化を呈した1例. 安海義曜,高木博之,村上幸太郎(内),高橋邦幸,木川三四郎,舟本慎作,平間元博(札幌東徳洲会病院),三富弘之,桑尾定仁(病理): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.20), 横浜.

653. [学会(全国)] (一般講演) 赤外線電子内視鏡による早期胃癌症例の検討(第3報). 日比謙一,田辺聡,小泉和三郎,近藤一英,山縣さゆり,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),三重野寛喜,比企能樹(外),三富弘 之,岡安勲(病理): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.20), 横浜, Gastroenterol. Endosc., 38(Suppl.2): 1841, 1996.

654. [学会(全国)] (一般講演) 当施設における大腸集検のスクリーニング法の変遷とその検診結果. 依田敏,今村清子,増田英明,四宮由美子,佐島敬清,坂口哲章,西山和男,土橋健(内): 第34回日本消化器集団検診学会秋季大会 (96.10.03), 島根.

655. [学会(全国)] (一般講演) 免疫学的便潜血検査2日法で陽性反応を呈しなかった上行結腸癌の1例. 依田敏,今村清子,増田英明,四宮由美子,佐島敬清,坂口哲章,西山和男,土橋健(内): 第34回日本消化器集団検診学会秋季大会 (96.10.04), 島根.

656. [学会(全国)] (一般講演) ヒト肺小細胞がんにおける第5染色体長腕上のがん抑制遺伝子の異常の解析. 田村研治,三輪亘(内),安田純,村上善則,関谷剛男(国立がんセン): 第55回日本癌学会総会 (96.10.21), 横浜, 総会記事, p.408, 1996.

657. [学会(全国)] (一般講演) 切除不能進行胃癌に対する併用化学療法の抗腫瘍効果と生存期間に関する検討. 山崎いづみ,小泉和三郎,近藤一英,今泉弘,田辺聡,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.01), 東京, 日本癌治療学会誌, (31): 611, 1996.

658. [学会(全国)] (一般講演) 切除不能胃癌及び術後胃癌に対するCDDP 5FUの2剤併用療法の投与順序の比較. 佐藤温,栗原稔,小泉和三郎(内),篠井格,安藤晃一,福山悦男,久保保彦,岩崎良三,長谷川浩一,望月裕治,前川隆一郎,前川公男,早川誠,三好和夫, 石川邦嗣(進行胃癌治療研究同好会): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.01), 東京, 日本癌治療学会誌, (31): 733, 1996.

659. [学会(全国)] (一般講演) 下膵十二指腸動脈・中結腸動脈に動脈瘤を合併した非硬変性門脈圧亢進症の2例. 白須恭子,渋谷明隆,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,国分茂博,西元寺克礼(内),吉田暢元,松永敬二,磯部義憲(放): 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.06), 東京, 講演要旨集, 37: 104, 1996.

660. [学会(全国)] (一般講演) TIPS路閉塞後の十二指腸静脈瘤破裂に対しBRTOが有効であった肝硬変症の1例. 谷川一志,国分茂博,市川順子,山岡佐世,浅野朗,日高央,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放),沓掛伸二,真玉 寿美生: 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.06), 東京, 講演要旨集, 37: 108, 1996.

661. [学会(全国)] (一般講演) 肝嚢胞に対する穿刺ドレナージおよびエタノール注入療法の検討. 高田雅博,国分茂博,浅野朗,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.06), 東京, 講演要旨集, 37: 169, 1996.

662. [学会(全国)] (一般講演) 摘脾後7年でITPを合併したアルコール性肝硬変の1例. 今井勝,野口聡子(内),長田達郎,上水良,片桐次郎,河野誠,志沢喜久(相模原協同病院),前山史朗,打越敏之(聖マリ大): 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.07), 東京.

663. [学会(全国)] (一般講演) 原発性胆汁性肝硬変におけるWestern-blot法による抗M2抗体対応抗原の検索. 川口直美,北沢絵里子,阿部和裕,宮川浩,賀古眞(帝京大),小野塚靖(川崎中央病院),柴田実(都立荏原病院),竹内敦子,渋谷明隆(内),上野幸久 (川崎中央病院): 第43回日本臨床病理学会総会 (96.11.15), 浜松, 臨床病理, 44(Suppl.): 161, 1996.

664. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病性足壊疽の予防と対策(その1)−F-SCANを用いた足底圧分布測定−. 金森晃,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生学部): 第12回日本義肢装具学会学術大会 (96.11.16), 大阪, 日本義肢装具学会誌, 12(Suppl.): 342〜343, 1996.

665. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病性足壊疽の予防と対策(その2)−糖尿病性足病変患者に対する整形外科靴の作製−. 青木主税(医療衛生学部),金森晃,矢島義忠(内),森照男(北信義肢): 第12回日本義肢装具学会学術大会 (96.11.16), 大阪, 日本義肢装具学会誌, 12(Suppl.): 344〜345, 1996.

666. [学会(全国)] (一般講演) デキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎における大腸ムチンの検討. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦(渕野辺総合病院),渡辺朋恵,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第24回日本実験潰瘍学会 (96.12.06〜07), 大阪, 抄録集, p.48, 1996.

667. [学会(全国)] (一般講演) 原発性胆汁性肝硬変(PBC)における甲状腺自己抗体及び甲状腺機能に関する検討. 中村陽子,渡部幸夫,荒木正雄(内),伊藤かおる,井出哲,安達献,安部明郎,浅尾武士(国立相模原病院): 第31回日本成人病学会 (97.01.15), 東京.

668. [学会(全国)] (一般講演) 巨大肝嚢胞に対する穿刺ドレナージ及びエタノール注入療法の検討. 日高央,高田雅博,浅野朗,中沢貴秀,渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.13), 高知.

669. [学会(全国)] (一般講演) 孤立性胃・十二指腸静脈瘤出血例に対するカテ留置法によるバルーン閉鎖下逆行性静脈瘤塞栓術. 梁広,国分茂博,谷川一志,白須恭子,日高央,浅野朗,高田雅博,西元寺克礼(内),磯部義憲,松永敬二(放),西巻博,白崎敬二(救命),山岡佐世,斉 藤俊司(大和市立病院): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.13), 高知.

670. [学会(全国)] (ポスター講演) EMRL (Ligating deviceを使用した内視鏡的胃粘膜切除術)による分割切除と切除粘膜再構築のための基礎研究および臨床応用. 本橋修(内),大庭堅太郎,佐野秀弥,高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): 第51回日本消化器内視鏡学会総会 (96.04.17), 神戸, Gastroenterol. Endosc., 38: 757, 1996.

671. [学会(全国)] (ポスター講演) Helicobacter pylori除菌後における血清ペプシノーゲン値の経時的推移の検討. 田辺聡,小泉和三郎,日比謙一,近藤一英,石井圭太,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),三富弘之,岡安勲(病理): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.18), 神戸.

672. [学会(全国)] (ポスター講演) 消化管・腹膜・腸間膜・後腹膜の非上皮性悪性腫瘍の臨床病理学的検討. 大庭堅太郎,佐野秀弥,本橋修(内),高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.19), 神戸.

673. [学会(全国)] (ポスター講演) 20 mm以下の大腸進行癌の臨床病理学的検討. 堂森興一郎,小林清典,日高央,横山薫,高橋裕之,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之,岡安勲(病理): 第82回日本消化器病学会総会 (96.04.19), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 93: 319, 1996.

674. [学会(全国)] (ポスター講演) いわゆるAMA陰性PBCにおけるIgM型抗PDH抗体の特異性−Western blot法による解析−. 小野塚靖(川崎中央病院),川口直美,宮川浩,阿部和裕,賀古眞(帝京大),柴田実(都立荏原病院),渋谷明隆(内),岡裕爾(日立総合病院),上野幸久 (川崎中央病院): 第32回日本肝臓学会総会 (96.04.20), 神戸, 肝臓, 37(Suppl. 1): 190, 1996.

675. [学会(全国)] (ポスター講演) C型慢性肝炎はどう治るか; 新組織分類からみたIFN著効例の検討. 土橋健,渋谷明隆,浅野朗,斉藤俊司,中沢貴秀,松本偉男,白崎敬二,国分茂博,西元寺克礼(内),竹内敦子(生化系): 第32回日本肝臓学会総会 (96.04.20), 神戸, 肝臓, 37(Suppl.1): 137, 1996.

676. [学会(全国)] (ポスター講演) 膵管内乳頭腫瘍7例の検討. 坂口哲章,増田英明,四宮由美子,斉藤俊司,西山和男,依田敏,今村清子,佐島敬清,鬼頭文彦,福島恒男,佐野仁勇(横浜市立市民病院): 第32回日本肝臓学会総会 (96.04.20), 神戸, 膵臓, 11(2): 194, 1996.

677. [学会(全国)] (ポスター講演) PCBに出現する核膜抗体(gp210抗体)のELISA法による主要エピトープ検出法の開発. 柴田実(昭和大),大矢和彦(医学生物学研),小野塚靖,吉田直哉(川崎中央病院),渋谷明隆(内),小貫誠(昭和大),阿部和裕,宮川浩,賀古眞(帝京 大),宮地清光(慶宮医院),上野幸久(川崎中央病院): 第32回日本肝臓学会総会 (96.04.20), 神戸, 膵臓, 37(Suppl.1): 191, 1996.

678. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃癌の増殖・進展様式とアポトーシス, Bcl-2及びBax発現. 越田容子(内),三枝信,岡安勲(病理): 第85回日本病理学会総会 (96.04.23), 東京, 日本病理学会誌, 85(1): 294, 1996.

679. [学会(全国)] (ポスター講演) 放射線照射ラットの腸管におけるp53の発現とアポトーシスの出現との比較検討. 新井昌生(浜松医大),木田芳樹(内): 第85回日本病理学会総会 (96.04.25), 東京, 予稿集, p.305, 1996.

680. [学会(全国)] (ポスター講演) 自然発症U型糖尿病ラット(tLETF)における皮膚AGF(メイラード反応後期生成物)測定の有用性. 藤田芳邦(内),中村国衛(分生),中嶋真一,田中啓司A,平井法博,金森晃,的場清和,矢島義忠(内): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 568, 1996.

681. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病患者の大災害に対する意識調査と患者教育. 柳沢奈々,富所和枝,佐谷和賀子,長尾由枝,野村照代,岩切芳子(看護部),梅沢慎一,平井法博,金森晃,的場清和,矢島義忠(内): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.16), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.1): 349, 1996.

682. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病外来患者の定期通院の実態および意識に関する調査−総合病院と診療所との比較−. 大和田里香(伊勢原協同病院),金森晃,田中啓司A,的場清和,矢島義忠(内),吉田煦(さがみ循環器クリニック): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.16), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.1): 349, 1996.

683. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病患者における足底圧分布測定−F-SCANを用いた検討−. 金森晃,神康之,中嶋真一,田中啓司A,梅沢慎一,平井法博,馬場恒春,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生学部): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.1): 551, 1996.

684. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病性急性代謝失調で発症したNIDDMの病態および臨床的特徴. 田中啓司A,金森晃,神康之,中嶋真一,梅沢慎一,藤井英,平井法博,馬場恒春,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第69回日本内分泌学会 (96.07.03), 大阪, 日本内分泌学会雑誌, 72(2): 267, 1996.

685. [学会(全国)] (ポスター講演) 自然発症U型糖尿病ラット(OLETF)における皮膚AGE(メイラード反応後期生成物)の有用性. 藤田芳邦(内),中村国衛(分生),中嶋真一,田中啓司A,梅沢慎一,平井法博,金森晃,馬場恒春,的場清和,矢島義忠(内): 第69回日本内分泌学会 (96.07.03〜05), 大阪, 日本内分泌学会雑誌, 72(2): 268, 1996.

686. [学会(全国)] (ポスター講演) Helicobacter pylori感染による胃癌発生機序の解析−胃粘膜細胞動態, 癌関連蛋白発現について−. 日比謙一,小泉和三郎,田辺聡,今泉弘,西元寺克礼(内),三富弘之,桑尾定仁,岡安勲(病理): 第38回日本消化器病学会大会 (96.09.22), 横浜, 日本消化器病学会雑誌, 93(臨増): 205, 1996.

687. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト膵がんにおけるAKT2遺伝子の増幅とその臨床への応用. 三輪亘(内),関谷剛男(国立がんセン): 第38回日本消化器病学会大会 (96.09.23), 横浜.

688. [学会(全国)] (ポスター講演) Helicobacter pylori除菌療法が胃潰瘍治癒過程に与える影響についての検討. 今泉弘,小泉和三郎,田辺聡,日比謙一,菅野聡,近藤一英,中井久雄,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第38回日本消化器病学会大会 (96.09.23), 横浜, 抄録集, p.216, 1996.

689. [学会(全国)] (ポスター講演) 剖検にて診断された原発性肝カルチノイド腫瘍の1症例. 荒木正雄,中村陽子,富田ひかり,伊藤かおる,井出哲,安達献(内),渡部幸夫,阿部明郎,浅尾武士(国立相模原病院): 第51回国立病院療養所総合医学会 (96.10.24), 千葉.

690. [学会(全国)] (ポスター講演) HBsAg陰性でHBV-preC(混在型及び野性株型)が一時期検出された馬鈴薯肝の1例. 中村陽子,渡部幸夫,辻文生,小嶋達也,富田ひかり,荒木正雄(内),伊藤かおる,井出哲,安達献,安部明郎(国立相模原病院): 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.06), 東京.

691. [学会(全国)] (ポスター講演) HCV-RNA検出の臨床的応用. 桜井慶造,八木一夫,塙勇至(臨検),内山幸信(臨病理),渋谷明隆(内): 第43回日本臨床病理学会総会 (96.11.15), 浜松, 臨床病理, 44(補): 192, 1996.

692. [学会(全国)] O之,桑尾定仁(病理),山田至人(いすず病院): 第445回日本内科学会関東地方会 (96.05.11), 東京.

702. [学会(地方)] (一般講演) DDSが消化管病変に有効であった血管性紫斑病の1例. 高木博之,村上幸太郎(内),安海義曜,高橋邦幸,宮野修,安田淳美(札幌東徳洲会病院): 第78回日本消化器病学会北海道支部例会 (96.05.25), 北海道.

703. [学会(地方)] (一般講演) 小腸・回盲部悪性リンパ腫の臨床病理学的検討. 小林久倫,勝又伴栄,横山薫,高橋裕之,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内),桑尾定仁(病理): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.07), 東京.

704. [学会(地方)] (一般講演) 新しい内視鏡送水装置の検討. 山崎いづみ,大井田正人,菅野聡,日比謙一,近藤一英,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.07), 東京.

705. [学会(地方)] (一般講演) Menetrier病の1例. 長田達朗,今井勝,野口聡子(内),上水良,片桐次郎,河野誠,志沢喜久(相模原協同病院),田所衛(聖マリ医大): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.07), 東京, Progress of Digestive Endoscopy, 49: 251, 1996.

706. [学会(地方)] (一般講演) 彎曲形状を変化させた試作型電子内視鏡の臨床的有用性の検討. 今泉弘,大井田正人,菅野聡,日比謙一,近藤一英,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.07), 東京, 予報集, p.74, 1996.

707. [学会(地方)] (一般講演) 再発食道静脈瘤に対する硬化療法時のEVISにて左胃動脈が造影され, 巨大潰瘍を形成した自己免疫性肝炎の1例. 浅野朗,国分茂博,高田雅博,山岡佐世,山崎好喜,松本偉男,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

708. [学会(地方)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢切除術後の胆管損傷を内視鏡的逆行性胆汁ドレナージにて治療した1例. 佐藤康永,木田光広,日高央,菅野聡,渡辺摩也,今泉弘,西元寺克礼(内),仙石紀彦,飯野善一郎,吉田宗紀(外): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

709. [学会(地方)] (一般講演) 胃腎シャント閉塞下内視鏡的硬化療法(SO-EIS)直後のBRTVにてFilling defectを確認し得た胃静脈瘤の1例. 山岡佐世,国分茂博,松本偉男,浅野朗,西元寺克礼(内),遠藤高,磯部義憲(放): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

710. [学会(地方)] (一般講演) 超音波内視鏡(EVS)による上部消化管粘膜下腫瘍(SHT)診断の再検討. 渡辺摩也,木田光広,菅野聡,近藤一英,小林清典,田辺聡,山田至人,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),上杉秀 永,三富弘之,岡安勲(病理): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.08), 東京, Progress of Digestive Endoscopy, 49: 90〜95, 1996.

711. [学会(地方)] (一般講演) リマトスタチンアナログ製剤が著効した難治性膵炎の1症例. 村上幸太郎(内),安海義曜,高橋邦幸,高木博之,安田淳美,宮野修(札幌東徳洲会病院): 第199回日本内科学会北海道地方会 (96.06.15), 北海道.

712. [学会(地方)] (一般講演) 動注化学療法により門脈の再開通を認めた肝癌長期生存の1例. 内山真主美,高田雅博,中沢貴秀,浅野朗,渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内),西巻博,磯部義憲(放): 第447回日本内科学会関東地方会 (96.07.13), 東京.

713. [学会(地方)] (一般講演) 右室壁に接する巨大肝細胞癌の1例. 前村安文(内),須藤哲雄,是洞佳子,丸山博志,松木茂樹,吉井昭夫,橘田輝雄,高橋唯郎(伊勢原協同病院): 第23回関東農村医学会 (96.07.13), 大宮.

714. [学会(地方)] (一般講演) 広範囲の肝静脈血栓を伴った蛋白漏出性胃腸症の1例. 朴勝春(内),佐島敬清,坂口哲章,西山和男,土橋健,小沢尚,勝又康史,中村宣生,今村清子,依田敏,増田英明(横浜市立市民病院): 第240回日本消化器病学会関東支部例会 (96.07.27), 東京.

715. [学会(地方)] (一般講演) 超音波では描出されないPEIT後の残存HCCに対しCT下PEITが有効であった1例. 萬屋基,渋谷明隆,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,国分茂博,西元寺克礼(内): 第240回日本消化器病学会関東支部例会 (96.07.27), 東京.

716. [学会(地方)] (一般講演) 保存的に治療した胃潰瘍穿孔の1症例. 三輪亘,田辺聡,日比謙一,近藤一英,今泉弘,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第241回日本消化器病学会関東支部例会 (96.09.14), 横浜.

717. [学会(地方)] (一般講演) 膵胆管合流異常に合併した胆嚢癌の1例. 高谷育男,保利敦,川端嗣子,林田浩明,林弘美,鈴木秀明,中村三郎,松岡幹雄,片村宏,北川正明,細井英雄(横須賀共済病院): 第241回日本消化器病学会関東支部例会 (96.09.14), 横浜.

718. [学会(地方)] (一般講演) 超音波内視鏡が診断に有効であったLemmel症候群の1例. 高橋邦幸,村上幸太郎(内),安海義曜,高木博之,安田淳美,宮野修(札幌東徳洲会病院): 第79回日本消化器病学会北海道支部例会 (96.10.05), 北海道.

719. [学会(地方)] (一般講演) 新しい神経機能診断装置(Neurometer)を用いた糖尿病性神経障害の評価. 梅沢慎一,金森晃,中嶋真一,橋爪洋美,神康之,藤井英,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第22回北里医学会総会 (96.10.05), 相模原, 北里医学, 26(6): 467, 1996.

720. [学会(地方)] (一般講演) Billroth U法吻合症例に対するEST〜EST用透明シースの使用経験. 高橋邦幸,村上幸太郎(内),安海義曜,高木博之,安田淳美,宮野修(札幌東徳洲会病院): 第73回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会 (96.10.06), 北海道.

721. [学会(地方)] (一般講演) やせ薬による薬剤性肝障害の1例. 酒井太郎,渋谷明隆,中沢貴秀,高田雅博,国分茂博,西元寺克礼(内): 第450回日本内科学会関東地方会 (96.11.10), 東京.

722. [学会(地方)] (一般講演) 糖尿病に気腫性膀胱炎と膀胱癌を合併した1例. 神康之,梅沢慎一,陳尚宏,中嶋真一,橋爪洋美,藤井英,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第450回日本内科学会関東地方会 (96.11.10), 東京.

723. [学会(地方)] (一般講演) 抗生物質関連性大腸炎の経過に伴う内視鏡所見の変化. 三輪亘,五十嵐正広,高橋裕之,横山薫,小林久倫,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京.

724. [学会(地方)] (一般講演) 総胆管結石に対する内視鏡的乳頭バルーン拡張術の検討. 国東幹夫,木田光広,渡辺摩也,菅野聡,三輪亘,木田芳樹,今泉弘,田辺聡,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京.

725. [学会(地方)] (一般講演) 日の丸状紅斑様所見を呈した胃癌の1例. 鹿田伸明,大井田正人,日比謙一,近藤一英,木田芳樹,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,国分茂博,三橋利温,西元寺克礼(内),小林伸行,嶋尾仁(外): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京.

726. [学会(地方)] (一般講演) Solid & Cystic Tumor (SCT)の1切除例. 梁広,木田光広,小野弘二,三輪亘,木田芳樹,今泉弘,山田至人,大井田正人,西元寺克礼(内),平井俊男,稲木英治,吉田宗紀,比企能樹(外),三富弘 之,岡安勲(病理): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京.

727. [学会(地方)] (一般講演) 胃がん検診を契機に発見された早期がんの内視鏡的治療の検討. 今村清子,依田敏,増田英明,四宮由美子,佐島敬清,坂口哲章,西山和男,土橋健(内): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京.

728. [学会(地方)] (一般講演) 透明キャップを用いて切除した十二指腸過形成性ポリープの1例. 林弘美,松岡幹雄,保利敦,川端嗣子,林田浩明,鈴木秀明,高谷育男,中村三郎,赤羽久昌(横須賀共済病院): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京, プログラム, p.22, 1996.

729. [学会(地方)] (一般講演) 4型進行胃癌と鑑別困難であった表層拡大Uc型早期胃癌の1例. 村磯知重,武藤信美,浅野健,斉藤俊司,反町仁一(内),棚橋達一郎,首藤昭彦,高山伸,泉家久直,三木浩栄,鈴木博,鬼島宏(大和市立病院): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京, 講演予稿集, p.15, 1996.

730. [学会(地方)] (一般講演) 腸管出血性大腸菌腸炎(O-157)の2例. 横山薫,五十嵐正広,高橋裕之,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.28), 東京, 予稿集, p.65, 1996.

731. [学会(地方)] (一般講演) 内視鏡的に摘除し得た巨大なinflammatory fibroid polypの1例. 曹一成,小林清典,横山薫,高橋裕之,近藤一英,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),石井英昭,岡安勲(病理): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.29), 東京.

732. [学会(地方)] (一般講演) EMRLによる分割切除と切除粘膜再構築. 本橋修,佐野秀弥(内),高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.29), 東京.

733. [学会(地方)] (一般講演) 胃MALT lymphomaの臨床病理学的検討. 影山裕,佐野秀弥,本橋修(内),高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.29), 東京.

734. [学会(地方)] (一般講演) 診断に苦慮した回盲部腫瘤様病変の1例. 片桐次郎,野口聡子(内),今井勝,長田達郎,上水良,河野誠,志沢喜久,千島由朗,佐藤好伸,野呂昌己(相模原協同病院),田所衛,草刈幸次(聖マリ医 大): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.29), 東京.

735. [学会(地方)] (一般講演) 診断に苦慮した自己免疫性肝炎の1例. 松木茂樹,村上秩(内),須藤哲雄,前村安文,鈴木道弘,丸山博志,田中博志,大野隆,吉井昭夫,橘田輝雄,高橋唯郎(伊勢原協同病院): 第29回神奈川県消化器病医学会総会 (96.11.30), 横浜.

736. [学会(地方)] (一般講演) 胃切除B-U法再建症例にてESTおよび総胆管結石切石術の成功した1例. 遠田和彦,中村三郎,鈴木秀明,林田浩明,川端嗣子,林弘美(内),保利敦,高谷育男,松岡幹雄(横須賀共済病院): 第29回神奈川県消化器病医学会総会 (96.11.30), 横浜.

737. [学会(地方)] (一般講演) リンパ節転移を認めた微小肝癌の1例. 服部英明,土橋健(内),西山和男,坂口哲章,佐島敬清,四宮由美子,依田敏,今村清子,増田英明,中村宣生(横浜市立市民病院): 第29回神奈川県消化器病医学会総会 (96.11.30), 横浜.

738. [学会(地方)] (一般講演) 肝生検で経過観察したG型肝炎の1例. 渡部幸夫,辻文生,小嶋達也,荒木正雄(内),伊藤かおる,中村陽子,井出哲,安達献,安部明郎,浅尾武士(国立相模原病院): 第29回神奈川県消化器病医学会総会 (96.11.30), 横浜.

739. [学会(地方)] (一般講演) 肥大性骨関節症を合併した肺類上皮血管内皮腫の1例. 朴勝春(内),国兼浩嗣,永友章,岡本浩明,渡辺古志郎(横浜市立市民病院): 第117回日本肺癌学会関東部会 (96.12.07), 東京.

740. [学会(地方)] (一般講演) ACTH非依存性両側副腎皮質大結節性過形成によるクッシング症候群の1例. 吉田洋美,金森晃,陳尚宏,神康之,藤井英,梅沢慎一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第451回日本内科学会関東地方会 (96.12.14), 東京.

741. [学会(地方)] (一般講演) 食道胃静脈瘤治療後に供血路のドップラー信号が消失した門脈圧亢進症の3例. u演) 肝副葉の1例. 朴勝春,土橋健,坂口哲章,増田英明,四宮由美子,西山和男,依田敏,今村清子,佐島敬清(内): 第60回腹部エコー研究会 (96.04.28), 東京.

751. [研究会(全国)] (一般講演) 切除不能進行胃癌に対する5FU MMC CDDP (FMP)療法の検討. 小泉和三郎,近藤一英,田辺聡,山崎いづみ,今泉弘,西元寺克礼(内): 第17回制癌剤の至適投与法研究会 (96.06.08), 東京.

752. [研究会(全国)] (一般講演) 高周波超音波プローブによる大腸壁層構造および大腸癌深達度診断について. 小林清典,横山薫,高橋裕之,木田光広,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第7回超音波細径プローブ精度向上に関する研究部会 (96.09.19), 横浜.

753. [研究会(全国)] (一般講演) 20MHz超音波内視鏡(XGF-VH20)による胃癌の深達度診断. 渡辺摩也,木田光広,近藤一英,今泉弘,田辺聡,山田至人,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),嶋尾仁,比企能樹 (外),上杉秀永,三富弘之,岡安勲(病理): 第8回超音波細径プローブ精度向上に関する研究部会 (96.09.21), 横浜.

754. [研究会(全国)] (一般講演) 胃腎シャント閉塞下静脈瘤造影(SO-EVIS)を施行したBRTO適応外胃彎隆部静脈瘤の2例. 橋詰清江,国分茂博,山岡佐世,浅野朗,日高央,高田雅博,西元寺克礼(内): 第4回内視鏡的食道胃静脈瘤造影研究会 (96.09.21), 横浜.

755. [研究会(全国)] (一般講演) 糖尿病患者における歩行解析と足底圧分布測定−壊疽危険因子である胼胝形成機序についての検討−. 金森晃,中嶋真一,神康之,小久保麻子,梅沢慎一,馬場恒春,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生学部): 第10回糖尿病合併症研究会 (96.10.05), 名古屋.

756. [研究会(全国)] (一般講演) 新しい経腸栄養ポンプ(Kangaroo 2100型)の使用経験. 横山薫,勝又伴栄,高橋裕之,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内),比企能樹(外),深堀信子,桃園忍,和知さとみ,青柳明子(看護部): 第19回在宅経腸栄養研究会 (96.11.09), 秋田.

757. [研究会(全国)] (一般講演) 巨大糞塊に内視鏡的除去法が有効だった1例. 横山薫,小林清典,高橋裕之,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第14回大腸検査法研究総会 (96.11.17), 東京, 要旨集, p.50, 1996.

758. [研究会(全国)] 迯u演) Pharmacoendoscopyによる胃病変の観察. 大井田正人(内): 逗葉医師会内科医学会 (96.06.27), 逗子.

769. [研究会(地方)] (教育講演) 消化性潰瘍の治癒判定. 大井田正人(内): 第21回横浜消化器内視鏡医会集団会 (96.07.10), 横浜.

770. [研究会(地方)] (教育講演) 隆起型早期癌の診断と治療, 合併症対策. 五十嵐正広(内): 第893回セミナール (96.10.26), 東京.

771. [研究会(地方)] (教育講演) 過敏性腸疾患の診断と治療. 五十嵐正広(内): 横浜市医師会例会 (96.11.19), 横浜.

772. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 内視鏡治療−最近の問題点と対策−. 五十嵐正広(内): 第18回神奈川大腸疾患研究会 (96.06.27), 横浜.

773. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 超音波プローブによる大腸腫瘍性病変の深達度診断の検討. 西山和男,坂口哲章(内),依田敏,土橋健,四宮由美子,増田英明,今村清子,佐島敬清,鬼頭文彦,福島恒男,佐野仁勇(横浜市立市民病院): 第19回神奈川大腸疾患研究会 (97.02.13), 横浜.

774. [研究会(地方)] (一般講演) 心エコーについて; 左心室内に血栓を認めた1症例. 美原静香(内),麻薙美香,高橋哲夫,根岸耕二(横浜市立市民病院): 神奈川循環器研究会 (96.05.16), 横浜.

775. [研究会(地方)] (一般講演) 発熱と類白血病反応を伴うSOLの出現をみた肝ヘモクロマトーシスの1例. 白須恭子,国分茂博,高田雅博(内): 横浜イメイジングカンファレンス (96.06.14), 横浜.

776. [研究会(地方)] (一般講演) ULTRAFLEX食道ステント挿入によりQOLの改善を認めた食道癌の1例. 川端嗣子,保利敦,林田浩明,林弘美,鈴木秀明,高谷育男,中村三郎,松岡幹雄(内): 第41回神奈川県消化器病研究会 (96.06.15), 川崎.

777. [研究会(地方)] (一般講演) 切除不能胃癌に対するneoadjuvant chemotherapy. 小泉和三郎,近藤一英,田辺聡,山崎いづみ,今泉弘,木田光広,大井田正人,西元寺克礼(内),小林伸行,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第20回神奈川胃癌治療研究会 (96.06.29), 横浜.

778. [研究会(地方)] (一般講演) 糖尿病性急性代謝失調を契機に診断されたNIDDMの臨床的特徴. 田中啓司A,金森晃,神康之,橋爪清美,小久保麻子,中嶋真一,陳尚宏,藤井英,梅沢慎一,馬場恒春,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第13回神奈川糖尿病研究会 (96.07.20), 横浜.

779. [研究会(地方)] (一般講演) NIDDMにおける尿アルブミン排泄と尿細管再吸収機能に高血糖が及ぼす影響. 平井法博(内),神由加理,野々村弥生,田中昭太郎(海老名総合病院),金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第13回神奈川糖尿病研究会 (96.07.20), 横浜.

780. [研究会(地方)] (一般講演) 食道胃静脈瘤硬化療法における内視鏡的静脈瘤造影(EVIS)の有用性. 村上匡人(内),水上祐治,恩地森一(愛媛大),国分茂博(内): 第21回四国肝臓研究会 (96.08.24), 徳島, 医学と薬学, 36(6): 1248〜1250, 1996.

781. [研究会(地方)] (一般講演) 急性胃腸炎からHUS (Hemolytic-Uremic Syndrome)を呈した1成人例. 小野弘二,白崎敬二(内),上條吉人,平田光博,相馬一亥,大和田隆(救命),石川守,岡田純,近藤啓文(内): 第40回神奈川県感染症研究会 (96.09.07), 横浜.

782. [研究会(地方)] (一般講演) 大型肝細胞癌に対する透視下リピオドール混合エタノール局注療法. 高田雅博,国分茂博,浅野朗(内): 第16回若手肝臓勉強会 (96.09.14), 横浜.

783. [研究会(地方)] (一般講演) 甲状腺ホルモン合成障害が原因と思われる成人発症粘液水腫の1例. 梅沢慎一,金森晃,矢島義忠(内): 第10回神奈川内分泌症例検討会 (96.09.21), 横浜.

784. [研究会(地方)] (一般講演) 診断に苦慮した自己免疫性肝炎の1例. 丸山博志,松木茂樹,村上秩(内),須藤哲雄,前村安文,鈴木道弘,田中博志,大野隆,吉井昭夫,橘田輝雄,高橋唯郎(伊勢原協同病院): 平成8年度神奈川県内科集談会 (96.11.16), 横浜.

785. [研究会(地方)] (一般講演) 大腸内視鏡検査在宅前処置法の有効性と安全性. 末永英子,川上理恵,細谷百合子,石丸登美子,中沢光子,木下千万子(看護部),五十嵐正広,勝又伴栄(内): 第14回関東消化器内視鏡技師研究会 (96.11.29), 東京.

786. [研究会(地方)] (一般講演) 糖尿病性足病変患者に対する補装靴作製について. 青木主税(医療衛生学部),金森晃,神康之,橋爪洋美,陳尚宏,小久保麻子,中嶋真一,藤井英,梅沢慎一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),森照男 (北信義肢): 第2回糖尿病フットケア研究会 (96.12.07), 東京.

787. [研究会(地方)] xperimental autoimmune myocarditis with special reference to changes in cardiac hemodynamics. 広野暁,M. Omedul Islam,中沢幹雄,Yutaka Yoshida,小玉誠,柴田昭,和泉徹(内),今井昭一: Circ. Res., 80(1): 11〜20, 1997.

797. [原著] 高脂血症症例における心筋梗塞の性別・年齢別合併頻度−特に, 高血圧および糖尿病の合併を考慮して−. 村松準,青山直善,吉田慎,小林明芳,長谷川延広,清水完悦(内): Coronary, 13: 51〜58, 1996.

798. [原著] 急性アルコール経口摂取の心肺伸展受容体機能および起立耐容能への影響. 清水完悦,望月俊直,滝沢俊樹,倉田典子,露崎輝夫,木川田隆一,和泉徹(内): Heart, 28(Suppl.5): 86〜89, 1996.

799. [原著] Transcriptional regulation of squalene epoxidase by sterols and inhibitors in Hela cells. 中村裕一,榊原順(新潟大),和泉徹(内),柴田昭,小野輝夫(新潟大): J. Biol. Chem., 271(14): 8053〜8056, 1996.

800. [原著] Activity immediately before the onset of non-fatal myocardial infarction and sudden cardiac death. 林千治,豊嶋英明,田辺直仁,佐藤匡,Kunio Miyanishi,Nao Seki,相崎俊哉(内),相沢義房(新潟大),和泉徹(内),柴田昭: Jpn. Circ. J., 60(12): 947〜953, 1996.

801. [原著] Sudden death of adults in Japan. 豊嶋英明(名大),林千治,田辺直仁,Kunio Miyanishi,佐藤匡,相沢義房(新潟大),和泉徹(内): Nagoya J. Med. Sci., 59(3,4): 81〜95, 1996.

802. [原著] 肺高血圧症に対する一酸化窒素(NO)吸入療法の試み. 高橋基,佐藤清貴,高橋かおる,長田和之,福田直人,北野義和,三藤久,田中直彦,小林弘祐,和泉徹(内): Therapeutic Research, 17(10): 3883〜3897, 1996.

803. [原著] Kチャネル開口薬の虚血心筋保護作用に対するミトコンドリア呼吸調節の関与. 佐藤清貴(内),増田卓(救命),長谷川延広,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内): Therapeutic Research, 17(4): 1198〜1203, 1996.

804. [原著] 狭義および広義虚血性心筋症における臨床像の差異について. 大野安美,曽爾早智子,種田宏司,村松準(内): Therapeutic Research, 18: 40〜46, 1997.

805. [原著] 急性心不全に対する強心薬注射剤トボリノンの臨床評価−プラセボを対照とした多施設共同二重盲検比較試験−. 和泉徹(内),柴田昭(立川綜合病院),中島光好(浜松医大): 医学のあゆみ, 180(2): 143〜160, 1997.

806. [原著] Bopindololによる降圧治療時における血清脂質値の変動について. 村松準,長谷川延広,小林明芳(内): 基礎と臨床, 30: 1803〜1812, 1996.

807. [原著] Kチャネル開口薬の虚血心筋保護作用に対するミトコンドリア呼吸調節の関与. 佐藤清貴(内),増田卓(救命),川端信弥,種田宏司,和泉徹(内): 心筋の構造と代謝, 18: 387〜394, 1996.

808. [原著] 突然死に占める虚血性心疾患の割合−新潟県における突然死の死亡小票調査と新規発生調査に基づく推定値−. 豊嶋英明(名大),林千治,田辺直仁,佐藤匡(新潟大),和泉徹(内): 日本循環器管理研究協議会雑誌, 31(2): 93〜99, 1996.

809. [原著] Adrenomedullin動態と脳血管障害. 小松本悟(足利赤十字病院),横山浩之(内),北村和雄(宮崎医大),潮田隆一(足利赤十字病院),江藤胤尚(宮崎医大): 脳卒中, 18(4): 318〜325, 1996.

810. [原著] 慢性心不全患者に対する新しい強心薬トボリノン(OPC-18790)の急性効果ならびにドブタミンの効果に対する影響についての検討. 和泉徹(内),細野浩之(厚生連刈羽郡総合病院),小玉誠(厚生連長岡中央綜合病院),津田隆志(新潟医療生活共同組合木戸病院),塙晴雄,田辺直仁,阿 部晃(新潟大),高橋稔,柴田昭(立川綜合病院): 薬理と治療, 24(11): 2449〜2460, 1996.

811. [短報・速報] 抗血栓療法と止血検査の現状と問題点について. 青崎正彦(国立横浜病院),藤巻道男(東京医大),和泉徹(内),石丸新(東京医大): Vita, 13(3): 3〜14, 1996.

812. [症例報告] Pericardial mesothelioma secreting thrombomodulin. 大倉裕二,加藤公則,塙晴雄,和泉徹(内),Tomoko Kamishima,Yasushi Yamato,Iwao Emura,柴田昭: Am. Heart J., 132: 1309〜1311, 1996.

813. [症例報告] Double-orifice mitral valve in an elderly patient with tetralogy of Fallot. 笹岡大史,大栗治彦,Yoshiyuki Makita,黒川信悟,和泉徹(内): Jpn. Heart J., 37(4): 503〜507, 1996.

814. [症例報告] 偶然に発見できた肺塞栓症の1例. 相崎俊哉(内),村田実,佐藤明弘(水戸済生会総合病院): 茨城循環器研究会雑誌, p.29〜34, 1996.

815. [症例報告] 心膜心筋炎を合併したChurg-Strauss症候群の1例. 町田陽二,川口竹男,佐藤周,勝沼英太,長谷川章雄(小田原市立病院),清水完悦,和泉徹(内): 呼吸と循環, 44(11): 1211〜1215, 1996.

816. [症例報告] 興味ある心エコー図, 201Tl, 123I-BMIPP, 123I-MIBGシンチグラム所見がみられた拡張相肥大型心筋症の1例. 渡辺賢一,宮島静一,草野頼子,田辺直仁(燕労災病院),広川陽一(新潟三之町病院),和泉徹(内),政二文明(新潟桑名病院): 呼吸と循環, 45(1): 91〜95, 1997.

817. [症例報告] Asymptomatic coronary microvascular diseaseと思われる症例. 村松準(内): 臨床成人病, 26: 1135〜1139, 1996.

818. [臨床治験] 本態性高血圧症におけるACE阻害薬(シラザプリル)治療の降圧不十分症例に対するα1遮断薬(ブナゾシン徐放性製剤)の併用効果について. 村松準,清水完悦,長谷川延広,小林明芳(内): 医学と薬学, 27: 625〜634, 1997.

819. [臨床治験] 糖尿病患者におけるトロンボモジュリン測定の有用性について. 横山浩之(内),佐々木毅,小松本悟,奈良昌治(足利赤十字病院): 総合臨床, 45(10): 2443〜2447, 1996.

820. [総説] 心肥大から心拡大へ−心室再構築(リモデリング)を中心に−. 堀知行,和泉徹(内): Cardiac Practice, 8(1): 41〜46, 1997.

821. [総説] 心収縮能の管理と治療. 増田卓(救命),和泉徹(内): Medicina, 33(5): 899〜904, 1996.

822. [総説] チアノーゼ(症状からのチェックガイド). 村松準,笹岡大史(内): Modern Physician, 16: 634〜637, 1996.

823. [総説] 動脈硬化性疾患の新しい話題, 治療方針, 心筋梗塞. 村松準,青山直善,黒沢利郎,小林明芳(内): 医学と薬学, 37: 549〜558, 1997.

824. [総説] 拡張型心筋症の成因−炎症よりみて−. 鈴木啓介,和泉徹(内): 循環器科, 40: 205〜212, 1996.

825. [総説] 自己免疫性心筋炎. 塙晴雄(新潟大),和泉徹(内): 循環器専門医, 5(1): 39〜45, 1997.

826. [総説] 病因・病態からみた心不全治療; 拡張型心筋症. 増田卓(救命),和泉徹(内): 内科, 79(1): 95〜98, 1996.

827. [総説] 糖尿病性心筋症. 相崎俊哉(内): 日本臨床, 領域別症候群シリーズ No.14 循環器症候群−そのほかの循環器疾患を含めて−V,(14): 174〜177, 1996.

828. [総説] 自己免疫性心筋炎の基本病像. 和泉徹(内): 北里医学, 26(5): 251〜255, 1996.

829. [総説] 心筋炎(急性および慢性). 鈴木啓介,和泉徹(内): 臨床医, 23(3): 327〜329, 1997.

830. [講座] 文献Review; 左室肥大における冠循環. 清水完悦(内): Cardiologist, 1(10): 863, 1996.

831. [講座] 文献Review; 慢性心不全患者における運動時の骨格筋代謝. 清水完悦(内): Cardiologist, 1(12): 1037, 1996.

832. [講座] 文献Review; 肥大型心筋症における左室腔拡大について. 清水完悦(内): Cardiologist, 1(4): 365, 1996.

833. [講座] 文献Review; 冠動脈ステント植込み前に冠動脈の早期閉塞と再狭窄が予測できるか? 清水完悦(内): Cardiologist, 1(6): 529, 1996.

834. [講座] 文献Review; 心筋梗塞後のviableな心筋の検出におけるdobutamine負荷心エコー法とdipyridamole負荷心エコー法の比較. 清水完悦(内): Cardiologist, 1(8): 697, 1996.

835. [講座] 発作性心房細動の予防. 村松準(内): Modern Physician, 16: 1056, 1996.

836. [講座] 狭心症と肋間神経痛. 村松準(内): Modern Physician, 16: 1279, 1996.

837. [学術書] (分担執筆) 看護技術: ベッドサイドの臨床検査ガイドブック(2); 中心静脈圧, 42(14): 24〜27, 青山直善(内). 編集 和田攻, メヂカルフレンド社, 東京,96.10.25発行.

838. [学術書] (分担執筆) 日本臨床(別冊)領域別症候群シリーズ: No.14 循環器症候群V; カテコラミン心筋症, p.57〜60, 青山直善(内). 編集 岡田了三, 日本臨床社, 東京,96.11.30発行.

839. [教科書] (分担執筆) 今日の治療指針1997; 心臓腫瘍, p.351〜352, 和泉徹(内). 編集 稲垣義明(元千葉労災病院),多賀須幸男(多賀須消化器科・内科クリニック),尾形悦郎(癌研究会付属病院), 医学書院, 東京, 97.01.15発行.

840. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 徐拍性不整脈, p.333〜339, 村松準(内). 編集 和田攻, 文光堂, 東京,96.10.04発行.

841. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 循環器症候群−その他の循環器疾患を含めて−; アルコール性心筋疾患, V: 15〜21, 和泉徹,堀知行(内),中沢博之,和泉貞次(河渡病院). 日本臨床社, 大阪,96.11.30発行.

842. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 心臓病診療プラクティス; 疫学および病因と病態, 11: 12〜22, 青山直善,和泉徹(内). 編集 吉川純一(大阪市大),笠貫宏(東京女医大),士師一夫(大阪市大),別府慎太郎(阪大),松崎益徳(山口大), 文光堂, 東京, 96.12.23発行.

843. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 心臓病診療プラクティス; 肥大型心筋症と拡張期障害, p.191〜193, 和泉徹(内). 編集 吉川純一(大阪市大),笠貫宏(東京女医大),士師一夫(大阪市大),別府慎太郎(阪大),松崎益徳(山口大), 文光堂, 東京, 96.12.23発行.

844. [その他の著書(啓蒙書)] (共著) Atlas of Acute Myocardial Infarction; p.1〜25, 村松準,長谷川延広,黒沢利郎,福田直人(内). カネボウ薬品, 96.11.00発行.

845. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 強心薬−現状と将来への展望−; PDE阻害薬の心不全治療に対する立場, p.152〜157, 和泉徹(内),広野暁(新潟大). 編集 篠山重威(京大), 南江堂, 東京,96.04.20発行.

846. [翻訳] (共著) 運動負荷試験ハンドブック; 第V部, 試験成績の評価, p.79〜126, 村松準(内),他3名. MEDSI(メディカルサイエンス・インターナショナル), 東京, 97.03.10発行.

847. [視聴覚出版物] (分担執筆) Video Journal of Medicine, Vol. 5, No. 6, VJM; Clinical Case Review, 経皮的人工心肺補助により救命できた劇症型心筋炎の1例, 和泉徹,青山直善,河野健,町田陽二,福田直人,黒沢利郎(内). 97.01.00発行.

848. [学会(国際)] (一般講演) Long-term enalapril therapy on cardiopulmonary baroreceptor and orthostatic tolerance in hypertensive patients. 清水完悦,望月俊直,川口竹男,黒沢利郎,小林明芳,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内): American Heart Association, the 69th Scientific Sessions (96.11.12), New Orleans, Circulation, 94(8): 341, 1996.

849. [学会(国際)] (一般講演) Myocardial damage and sympathetic nervous activities in subarachnoid hemorrhage. 増田卓(救命),佐藤清貴(内),山本紳一郎(救命),松山斉久(臨病理),川端信弥,和泉徹(内): 13th Annual Meeting of ISHR-Japanese Section (96.11.28〜29), 千葉, J. Mol. Cell. Cardiol., 28(11): 316, 1996.

850. [学会(国際)] (一般講演) Do ketone bodies contribute to both myocardial ischemia and reperfusion injury protectively? 佐藤清貴(内),増田卓(救命),川端信弥,和泉徹(内): 13th Annual Meeting of ISHR-Japanese Section(第13回国際心臓研究学会日本部会) (96.11.28〜29), 千葉, J. Mol. Cell. Cardiol., 28(11): 318, 1996.

851. [学会(国際)] (ポスター講演) The difference of the exercise patterns of daily physical activity and the quantity and quality of effectice exercise between Japanese office workers and canvassers. 相崎俊哉,和泉徹(内),佐藤匡,田辺直仁,林千治,豊嶋英明,柴田昭: 第7回国際ホルター心電学会 (96.05.10), 千葉.

852. [学会(国際)] (ポスター講演) Acute effects' of alcohol on cardiopulmonary baroreceptor and orthostatic tolerance in patients with essential hypertension. 清水完悦,望月俊直,滝沢俊樹,倉田典子,川口竹男,佐藤清貴,小林明芳,長谷川延広,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内): 16th Scientific Metting of the International Society of Hypertension (96.06.25), Glasgow, U.K., J.Hypertens., 14(Suppl.1): 107, 1996.

853. [学会(全国)] (シンポジウム等) ケトン体によるミトコンドリア呼吸調節を介した虚血心筋保護の新しい試み. 佐藤清貴(内),増田卓(救命): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07〜09), 横浜, 日本救急医学会雑誌, 7(9): 470, 1996.

854. [学会(全国)] (一般講演) ケトン体による虚血心筋保護作用. 佐藤清貴,横内聡子,笹岡大史,吉田慎,青山直善,長谷川延広,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内),増田卓(救命): 第93回日本内科学会 (96.04.11〜13), 横浜, 日本内科学会雑誌, 85(Suppl.): 225, 1996.

855. [学会(全国)] (一般講演) ラット実験的自己免疫性心筋炎(EAM)における好中球の働き. 大倉裕二,広野暁,猪又孝元,塙晴雄(新潟大),和泉徹(内),安保徹,相沢義房(新潟大): 第19回心筋代謝研究会 (96.09.19), 東京.

856. [学会(全国)] (一般講演) 心循環動態の改善をもたらすコレステロール低下治療の目標レベル. 村松準,小林明芳,長谷川延広,和泉徹(内): 第44回日本心臓病学会学術集会 (96.09.25〜27), 東京.

857. [学会(全国)] (一般講演) 冠動脈左室瘻の心筋虚血に関する検討. 大石環,佐藤周,川口竹男(内): 第44回日本心臓病学会学術集会 (96.09.25〜27), 東京, J. Cardiol., 28(Suppl.1): 91, 1996.

858. [学会(全国)] (一般講演) 急性下後壁梗塞の心電図変化の臨床的特徴(来院時の心電図から責任血管の推定は可能か? 吉田慎(救命),小林明芳,福田直人,黒沢利郎,清水完悦,村松準,和泉徹(内): 第44回日本心臓病学会総会 (96.09.26), 東京.

859. [学会(全国)] (一般講演) 大量飲酒者にみられるアルコール性心筋症−Point of no returnは存在するか? 和泉徹,曾爾早智子,大野安実,鴇田尚樹,原英幸,伊藤浩嗣,横山浩之,河野健,川端信弥,大和田真紀子(内): 第44回日本心臓病学会学術集会 (96.09.26), 東京, J. Cardiol., 28: 167, 1996.

860. [学会(全国)] (一般講演) 後壁梗塞に伴うV1誘導のR波増高(R/S≧1)の臨床的意義. 吉田慎(救命),小林明芳,福田直人,町田陽二,河野健,黒沢利郎,黒川信悟,清水完悦,村松準,和泉徹(内): 第13回日本心電学会総会 (96.10.03), 大分.

861. [学会(全国)] (一般講演) Bopindololによる降圧治療時における血清脂質値の変動について. 村松準,長谷川延広,小林明芳(内): 第17回日本臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京.

862. [学会(全国)] (一般講演) 狭義虚血性心筋症の臨床的特異性について−広義虚血性心筋症との対比−. 曽爾早智子,大野安美,種田宏司,青山直善,小林明芳,佐藤清貴,村松準,和泉徹(内): 第31回日本成人病学会 (97.01.14〜15), 東京.

863. [学会(全国)] (一般講演) 交感神経系活動亢進による血管内皮の反応性と心筋障害について. 山本紳一郎,増田卓(救命),佐藤清貴(内),松山斉久(臨病理),川端信弥,和泉徹(内): 第61回日本循環器学会学術集会 (97.03.31〜04.02), 東京.

864. [学会(全国)] (ポスター講演) 抵抗亢進性高血圧における, いわゆる血管拡張性β遮断薬の血行動態−ACE阻害薬およびCa拮抗薬による動態との対比. 村松準,小林明芳,長谷川延広(内): 第33回日本臨床生理学会総会 (96.10.18〜19), 倉敷.

865. [学会(全国)] (ポスター講演) Torsades de pointesの臨床的検討について. 森口昌彦,小阪博文,森田秀人,高橋かおる,竹沢三代子,村松準(内): 第33回日本臨床生理学会総会 (96.10.18〜19), 倉敷.

866. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺血栓・塞栓症の予後規定因子に関する検討. 下里公昭,小林明芳,長谷川延広,村松準(内): 第33回日本臨床生理学会総会 (96.10.18〜19), 倉敷.

867. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性肺動脈血栓塞栓症のカテーテル治療. 平松慎右,荻原篤,北野義和,天野慎也,益子美穂,村松準(内): 第33回日本臨床生理学会総会 (96.10.18〜19), 倉敷.

868. [学会(全国)] (ポスター講演) DCM様変化を呈し死亡した高血圧性心疾患の検討. 小阪博文,森田秀人,森口昌彦,高橋かおる,竹沢三代子,鎌田一寿,村松準(内): 第33回日本臨床生理学会総会 (96.10.18〜19), 倉敷.

869. [学会(地方)] (一般講演) 再解離を認めたV型解離性大動脈瘤にstent graftが有用であった1例. 横山浩之,伊藤浩嗣,青山直善,和泉徹(内),町井正人(胸外),西巻博(放): 日本循環器学会関東地方会 (96.09.14), 東京.

870. [学会(地方)] (一般講演) ウーロン茶の多量摂取により失神を伴う心室頻脈拍を認めた1例. 原英幸,相崎俊哉,大阪学,和泉徹(内): 第452回日本内科学会関東地方会 (97.02.00), 東京.

871. [学会(地方)] (一般講演) 血栓性血症板減少性紫斑病で心外膜下に梗塞病変の認められた1例. 鎌田一寿,小阪博文,竹沢三代子,武山治久,森口昌彦,高橋かおる,森田秀人,村松準,和泉徹(内),桑尾定仁(病理): 第163回日本循環器学会関東甲信越地方会 (97.02.22), 東京.

872. [学会(地方)] (一般講演) 腎血管性高血圧症におけるPTRA後の動脈圧および心肺圧反射機能の変化. 鴇田尚樹,清水完悦,梶原耕一,吉田徹,相崎俊哉,望月俊直,和泉徹(内): 第163回日本循環器学会関東甲信越地方会 (97.02.22), 東京.

873. [学会(地方)] (一般講演) ウーロン茶の多量摂取により失神を伴う心室頻脈拍を認めた1例. 原英幸,相崎俊哉,大阪学,和泉徹(内): 第163回日本循環器学会関東甲信越地方会 (97.02.22), 東京.

874. [研究会(全国)] (特別講演) 自己免疫性心筋炎. 和泉徹(内): 第9回日本学術会議循環器学研究連絡委員会シンポジウム (96.04.27), 秋田.

875. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 虚血性心筋症. 村松準(内): 第4回臨床心臓病研究会 (96.05.25), 大阪.

876. [研究会(全国)] (ワークショップ) 急性心筋炎における心エコー図と核医学について. 渡辺賢一,宮島静一,草野頼子(燕労災病院),政二文明(桑名病院),和泉徹(内): 第18回心筋生検研究会 (96.11.29), 東京.

877. [研究会(全国)] (一般講演) ゥ己免疫性心筋炎におけるサイトカインおよび誘導型NO合成酵素の発現. 広野暁,大倉裕二,塙晴雄,月俣耕一,小川祐輔,相沢義房(新潟大),和泉徹(内): 厚生省特定疾患特発性心筋症調査研究班平成8年度第2回班会議 (97.02.07), 京都.

887. [研究会(地方)] (特別講演) 労作狭心症の心電図診断. 村松準(内): 茅ヶ崎市歯科医師会講演会 (96.04.24), 茅ヶ崎.

888. [研究会(地方)] (特別講演) 安静狭心症の心電図診断. 村松準(内): 茅ヶ崎市歯科医師会講演会 (96.06.05), 茅ヶ崎.

889. [研究会(地方)] (特別講演) 急性心筋梗塞の心電図診断(1). 村松準(内): 茅ヶ崎市歯科医師会講演会 (96.06.19), 茅ヶ崎.

890. [研究会(地方)] (特別講演) 急性心筋梗塞の心電図診断(2). 村松準(内): 茅ヶ崎市歯科医師会講演会 (96.07.24), 茅ヶ崎.

891. [研究会(地方)] (特別講演) 自己免疫性心筋炎を中心に. 和泉徹(内): 第18回愛知循環器セミナー (96.07.27), 長野.

892. [研究会(地方)] (特別講演) 新潟県における急性心筋梗塞突然死の発症調査. 和泉徹(内): 第14回心疾患リスクファクター研究会 (96.09.03), 横浜.

893. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性心不全の追加療法. 和泉徹(内): 北信CCU研究会 (96.09.05), 長野.

894. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性心不全の追加療法. 和泉徹(内): 第3回長崎ミルリノン研究会 (96.10.28), 長崎.

895. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性心不全の追加療法. 和泉徹(内): 学術講演会 (96.11.28), 大阪.

896. [研究会(地方)] (特別講演) クモ膜下出血と心筋障害. 和泉徹(内): 第8回足柄循環器カンファランス (96.11.30), 静岡.

897. [研究会(地方)] (特別講演) 高血圧をめぐって−血行力学的変化を中心に−. 村松準(内): 第39回佐賀心臓病懇話会 (96.12.06), 佐賀.

898. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性心不全に対するデノパミン(カルグートR)の臨床成績. 村松準(内): 第34回神奈川循環器講演会 (96.12.14), 横浜.

899. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性心不全の追加療法. 和泉徹(内): 学術講演会 (96.12.20), 盛岡.

900. [研究会(地方)] (特別講演) 自己免疫性心筋炎−その概念と基本病像. 和泉徹(内): 山梨医科大学大学院特別講義 (97.02.28), 山梨.

901. [研究会(地方)] (特別講演) 高血圧および心疾患患者に対する医科・歯科の連携. 村松準(内): 神奈川県保険医協会講演会 (97.03.14), 相模原.

902. [研究会(地方)] (教育講演) 心不全治療の基礎. 和泉徹(内): 相模原市医師会 (96.04.18), 相模原.

903. [研究会(地方)] (教育講演) 心筋炎の臨床. 和泉徹(内): 第30回鶴岡地区医師会勉強会 (96.06.21), 鶴岡.

904. [研究会(地方)] (教育講演) 心筋炎臨床. 和泉徹(内): 相模循環器 (96.07.11), 相模原.

905. [研究会(地方)] (教育講演) 心筋は気絶もするし、冬眠もする. 和泉徹(内): 神奈川有壬会 (96.07.13), 神奈川.

906. [研究会(地方)] (教育講演) 心筋は気絶し, 冬眠もする. 和泉徹(内): 竹田綜合病院 (96.08.09), 会津若松.

907. [研究会(地方)] (教育講演) アルコールと心臓. 和泉徹(内): 河渡断酒会月例研修大会 (96.10.20), 新潟.

908. [研究会(地方)] (教育講演) 慢性心不全の追加療法. 和泉徹(内): 鎌倉市医師会生涯研修医学講座 (96.11.15), 鎌倉.

909. [研究会(地方)] (一般講演) 肺高血圧症に対する一酸化窒素(NO)吸入療法の試み. 高橋基,佐藤清貴,高橋かおる,長田和之,北野義和,小林弘祐,三藤久,田中直彦,村松準,和泉徹(内): 第5回神奈川心不全研究会 (96.06.01), 横浜.


<<1403 ?? >>

910. [原著] Oxygen saturation and pH changes in cremaster microvessels of the rat. 小林弘祐(内),滝沢直定(生理): Am. J. Physiol., 270(4 pt.2): 1453〜1461, 1996.

911. [原著] Yolk sac tumor of the liver combined with hepatocellular carcinoma. Morinaga, S,Nyshiya, S.(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内): Arch. Pathol. Lab. Med., 120: 687〜690, 1996.

912. [原著] 運動ニューロン病における傍脊柱針筋電図の検討. 及能克宏,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内),橘滋国(脳外): Brain and Nerve, 48(7): 637〜642, 1996.

913. [原著] Prevalence of migraine in Japan; a nation wide survey. 坂井文彦,五十嵐久佳(内): Cephalalgia, 17: 15〜22, 1997.

914. [原著] Soluble forms of P-selectin (sP-selectin) and intercellular adhesion molecule-3 (sICAM-3) in synovial fluid. 穂坂茂(内),Shah, M.R.,Pope, R.M.,Koch, A.E.: Clin. Immunol. Immunopathol., 75(3): 276〜282, 1996.

915. [原著] パーキンソン病患者における衝動性眼球運動障害(速度変化のパターン解析方法を用いて). 三富哲郎,長谷川一子,古和久幸(内): Equiribrium Res., 55(5): 450〜457, 1996.

916. [原著] Combined effects of NO inhalation and intravenous PGF2α on pulmonary circulation and gas exchange in an ovine ARDS model. 小林弘祐,田中直彦(内),M. Winkler,W.M. Zapal(ハーバード大): Intensive Care Med., 22(7): 656〜663, 1996.

917. [原著] Differential respiratory activation of individual abdominal muscles in humans. 阿部直,楠原範之,吉村尚高,冨田友幸(内),P.A. Easton(カルガリー大): J. Appl. Physiol., 80(4): 1379〜1389, 1996.

918. [原著] Association of anti-GM2 antibodies in Guillain-Barre syndrome with acute cytomegalovirus infection. 入江幸子,斉藤豊和(内),中村和生(生化),金沢直美(生化系),荻野美恵子,糠沢達志,伊藤博明(内),玉井洋一(生化),古和久幸(内): J. Neuroimmunol., 68: 19〜26, 1996.

919. [原著] Aging and superoxide dismutase activity in cerebrospinal fluid. 岡部多加志(静岡赤十字),浜口勝彦(埼玉医大),稲福徹也(内),原元彦(静岡赤十字): J. Neurol. Sci., 141: 100〜104, 1996.

920. [原著] Risk factors of pneumocystis carinii pneumonia in patients with polymyositis-dermatomyositis or systemic lupus erythematosus. 角家明文,岡田純,飯国弥生,近藤啓文(内): J. Rheumatol., 23(7): 1186〜1188, 1996.

921. [原著] SPECT imaging of cerebral leukocytes after ischemic stroke in man. 坂井文彦,藤沼邦彦,北井則夫,飯塚高浩,神田直(内): Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 6(Suppl. 1): 174〜176, 1996.

922. [原著] Recombinant human erythropoietin therapy for anemia in rheumatoid arthritis. 柏崎禎夫,Mizushima, Y.,Nobunaga, M.,近藤啓文(内),Hirashima, K.: Jpn. J. Rheumatol., 6(4): 333〜344, 1996.

923. [原著] The expression of basic fibroblast growth factor and angiogenin in arthritis. 穂坂茂(内),Shah, M.R.,Barquin, N.,Haines, G.K.,Koch, A.E.: Pathobiology, 63(5): 249〜256, 1995.

924. [原著] Erythropoietin and base excess levels in patients with chronic pulmonary diseases. 小林弘祐,佐藤哲也,高田信和,冨田友幸(内): Respir. Physiol., 107(1): 37〜45, 1997.

925. [原著] 慢性関節リウマチに対するオーラノフィンとメトトレキサートによる併用療法の検討−多施設共同研究. 柏崎禎夫,秋月正史,市川陽一,内田詔爾,近藤啓文(内),鳥飼勝隆,林徹,原まさ子,松岡康夫: リウマチ, 36(3): 528〜543, 1996.

926. [原著] 慢性炎症性脱髄性ニューロパチーの症状不変期における免疫グロブリンの治療効果. 冨保和宏,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内): 神経治療学, 13(3): 281〜287, 1996.

927. [原著] 脱髄性末梢神経障害の治療の進歩. 斉藤豊和(内): 神経治療学, 13(6): 513〜518, 1996.

928. [原著] 抗GM2モノクローナル抗体が認識するサイトメガロウイルスおよび末梢神経の糖蛋白について. 入江幸子,斉藤豊和(内),中村和生(生化),金沢直美(生化系),伊藤博明(内),玉井洋一(生化),古和久幸(内): 神経免疫, 5(1): 190〜191, 1997.

929. [原著] Change in cerebral blood circulation with inhalation of artificial CO2-gas and serial artificial CO2-bathing in CVA patients. 前田真治,正木かつら,頼住孝二,糠沢達志,松岡正敬(内),横山巌(医療衛生学部): 日本温泉気候物理療法医学雑誌, 60: 75〜82, 1997.

930. [原著] NO吸入療法の基礎的検討. 小林弘祐,高橋裕子,三藤久,佐藤哲也,田中直彦(内),広瀬稔,相馬一亥(救命),冨田友幸(内): 日本胸部疾患学会雑誌, 33: 193〜198, 1995.

931. [原著] 炎症性筋炎における血中Hepatocyte growth factor (HGF)測定の意義. 角家明文,岡田純,近藤啓文(内): 日本臨床免疫学会会誌, 19(5): 488〜497, 1996.

932. [原著] 3次元Time of Flight MRアンギオによるWillis動脈輪の検討−variationと加齢による変化−. 星野晴彦,高木誠(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),足立智英,瀬川浩(東京都済生会中央病院): 脳卒中, 18(1): 19〜24, 1996.

933. [原著] Monocrotalineが猫局所脳血流量および炭酸ガス反応性に及ぼす影響について. 稲福徹也(内): 脳卒中, 18(2): 77〜84, 1996.

934. [原著] Modulation of neutrophil apoptosis in rheumatoid arthritis. 関山菜穂,赤星透,近藤啓文(内): 北里医学, 26(5): 275〜281, 1996.

935. [原著] 緩徐進行性失語症とその症候−本邦報告例による文献的考察−. 正木かつら(内),前田真治(医療衛生学部),古橋紀久(看護学部),古和久幸(内): 北里医学, 26(6): 397〜411, 1996.

936. [原著] 画像解析を用いた病態筋における筋線維タイプ分けの検討. 松本信子(内),田中舘明博(医療衛生学部),中村健A(寄),安井美江(形態系),鳥居順三(内): 北里医学, 26(6): 420〜428, 1996.

937. [原著] 頭部MRI画像学的変化(第1報)−正常加齢に伴う変化−. 遠藤一哉,長谷川一子(内),古橋紀久(看護学部),古和久幸(内): 北里医学, 27(1): 19〜25, 1997.

938. [原著] 脳血管障害患者に対する音楽刺激における脳波トポグラフィーの検討. 青戸和子,長谷川一子,梁正淵(内),古橋紀久(看護学部),古和久幸(内): 北里医学, 27(1): 37〜44, 1997.

939. [原著] 小児期発症の慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーの長期治療における臨床的検討. 青戸和子,斉藤豊和,及能克宏(内),本多虔夫(横浜市立市民病院),古和久幸(内): 北里医学, 27(1): 45〜51, 1997.

940. [原著] Parkinson病の知的機能障害−Wechsler Adult Intelligence Scaleによる検討−. 梁正淵,長谷川一子,古橋紀久,古和久幸,遠藤一哉(内): 北里医学, 27(1): 52〜59, 1997.

941. [原著] 脳内に多発性病変を呈したlymphomatoid granulomatosisの1例. 足立智英,高木誠,高橋あけみ(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),森永正二郎(東京都済生会中央病院): 臨床神経, 36: 757〜763, 1996.

942. [原著] 感覚神経活動電位(SNAP)の観察; 遠近位2点刺激でのSNAP振幅変化の病変による相違について. 斉藤江美子(臨検),鳥居順三(内),橘滋国(脳外),長谷川一子(内),岡島重孝(川崎市立井田病院),河島江美(臨検): 臨床脳波, 139(1): 31〜35, 1997.

943. [準原著(英文)] Clinicopathological study in motor neuron disease: Bunina bodies, hypothesis. 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): ICS, (1104): 48〜53, 1996.

944. [準原著(英文)] Dose promoting aging process exist in suffering from motor neuron disease? 梁正淵,長谷川一子,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): ICS, (1104): 87〜92, 1996.

945. [準原著] 呼吸器疾患とNO: 呼気NOとNO吸入療法. 小林弘祐,高橋裕子,高橋愛典,三藤久,冨田友幸(内): 血管と内皮, 7(増刊): 82〜90, 1997.

946. [準原著] 第16回日本臨床薬理学会ワークショップ-2 抗リウマチ薬の開発とその臨床評価; 抗リウマチ薬の臨床評価(1)−臨床的側面より. 近藤啓文(内): 臨床医薬, 12: 1513〜1520, 1996.

947. [研究報告(文部省)] 重症肺高血圧症および成人呼吸窮迫症候群への一酸化窒素吸入効果−臨床的および基礎的共同研究−. 小林弘祐(内): 平成8年度科学研究費補助金実績報告書.

948. [研究報告(文部省)] U型慢性呼吸不全−夜間睡眠中のBiPAPによる治療の試み. 阿部直(内): 平成8年度科学研究費補助金実績報告書.

949. [研究報告(厚生省)] 慢性進行性感覚性ニューロパチーの臨床像の検討. 斉藤豊和,岡宮聡,辻俊一,荻野美恵子,古和久幸(内): 厚生省精神・神経疾患研究委託費 難治性ポリニューロパチーの成因と治療に関する研究班報告書, p.33〜34, 1997.

950. [研究報告(厚生省)] 実験的アレルギー性神経炎の同種免疫グロブリンによる治療効果の検討. 糠沢達志,冨保和宏,入江幸子,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内),金沢直美(生化系): 厚生省精神・神経疾患研究委託費,難治性ポリニューロパチーの成因と治療に関する研究班,平成8年度研究報告書, 1997.

951. [研究報告(厚生省)] 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー進行例の呼吸機能および心機能の評価. 鈴木光一,村上慶郎,岸林潤,青戸和子,西岡昌紀(内): 厚生省精神・神経疾患研究委託費筋ジストロフィーの臨床・疫学及び遺伝相談に関する研究,平成7年度研究報告書, 1996.

952. [研究報告(厚生省)] パソコンの利用状況について. 青戸和子,池田庸子,稲永光幸,大松重宏,菅野理恵(内): 厚生省精神・神経疾患研究委託費筋ジストロフィー患者のQOLの向上に関する総合的研究(筋ジス研究第4班)平成8年度研究班会議報告書, 1996.

953. [研究報告(厚生省)] 看護相談室開設へむけて; 外来通院患者の面接調査. 青戸和子,田中修二,内田光栄,志村ひとみ,成瀬八千代,出口あき子,大上守: 厚生省精神・神経疾患研究委託費筋ジストロフィー患者のQOLの向上に関する総合的研究(筋ジス研究第4班)平成8年度研究班会議報告書, 1996.

954. [研究報告(厚生省)] 筋強直性ジストロフィーに対する電気刺激が筋力に及ぼす影響について(第2報). 青戸和子,秋山稔,竹田信一郎,立石勝巳,鷺池一幸,村上慶郎: 厚生省精神・神経疾患研究委託費筋ジストロフィー患者のQOLの向上に関する総合的研究(筋ジス研究第4班)平成8年度研究班会議報告書, 1996.

955. [研究報告(厚生省)] 筋強直性ジストロフィーに合併した糖尿病患者の血糖値について. 青戸和子,楠田純子,矢崎栄作,林礼子,大上守,鈴木光一,村上慶郎: 厚生省精神・神経疾患研究委託費筋ジストロフィー患者のQOLの向上に関する総合的研究(筋ジス研究第4班)平成8年度研究班会議報告書, 1996.

956. [研究報告(厚生省)] 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーにおける脳血管障害危険因子に関する検討. 鈴木光一,岸林潤,青戸和子,西岡昌紀,村上慶郎: 厚生省精神・神経疾患研究委託費筋ジストロフィー患者のQOLの向上に関する総合的研究(筋ジス研究第4班)平成8年度研究班会議報告書, 1996.

957. [研究報告(厚生省)] HIV-1エンベロープ蛋白gp120の脊髄後根神経節細胞表面への結合. 荻野美恵子,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内),Latov, N.: 厚生省精神神経疾患研究委託費平成7年度研究報告集, p.248, 1996.

958. [研究報告(厚生省)] ALSにおけるNF-Hリン酸化部位に対する抗体の検討. 荻野裕,斉藤豊和,荻野美恵子,古和久幸(内),Latov, N.: 厚生省特定疾患・免疫性神経疾患調査研究班平成7年度研究報告書, p.233〜235, 1996.

959. [研究報告(厚生省)] 脊髄小脳変性症の滑動性眼球運動に関する研究. 長谷川一子,加藤知也,古和久幸(内): 厚生省特定疾患運動失調症調査研究班1996年度班会議報告書, 1997.

960. [研究報告(厚生省)] 脊髄小脳変性症における薬剤(経口TRH,threonine)の有用性について−歩行分析を用いて−. 辻俊一,長谷川一子,三富哲郎,古和久幸(内): 厚生省特定疾患運動失調症調査研究班平成7年度研究報告書, 1996.

961. [研究報告(厚生省)] 強皮症の内臓血管病変: 肺高血圧症と腎クリーゼ. 近藤啓文,田中住明,高橋道雄,遠藤平仁(内): 厚生省特定疾患強皮症調査研究班平成7年度研究報告書, p.156〜160, 1996.

962. [研究報告(厚生省)] 筋萎縮性側索硬化症患者の心理−担癌者との比較−. 梁正淵,長谷川一子,古沢英明(内),福山嘉綱(臨床心理士): 厚生省特定疾患神経変性疾患調査研究班平成8年度班会議報告書, 1997.

963. [研究報告(厚生省)] 奇異な歩行を呈するレボドパ無反応パーキンソンニスムの3例. 長谷川一子,梁正淵,楠淳一,古沢英明(内): 厚生省特定疾患神経変性疾患調査研究班平成8年度班会議報告書, 1997.

964. [研究報告(厚生省)] IgM抗MAG/SGPG抗体の関与する慢性進行性多発ニューロパチーの臨床的検討. 入江幸子,岡宮聡,辻俊一,糠沢達志,荻野美恵子,荻野裕,斉藤豊和,古和久幸,金沢直美(内): 厚生省特定疾患調査研究班,免疫性神経疾患調査研究班報告書, 1997.

965. [研究報告(厚生省)] IgM抗MAG/SGPG抗体の関与する慢性進行性ニューロパチーの臨床的検討. 斉藤豊和,入江幸子,岡宮聡,辻俊一,糠沢達志,冨保和宏,荻野美恵子,荻野裕,伊藤博明,古和久幸(内),金沢直美(生化系): 厚生省特定疾患免疫性神経疾患調査研究班報告書, 1997.

966. [研究報告(厚生省)] 慢性肺血管病変に対するNO吸入療法に関する基礎的臨床的研究. 小林弘祐(内): 循環器病委託研究研究報告.

967. [研究報告(厚生省)] 慢性関節リウマチ患者の治療におけるQOL評価の意義. 近藤啓文,田中住明,岡田純(内),柏崎禎夫: 平成8年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業研究報告書, p.136〜138, 1997.

968. [症例報告] Chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy (CIDP) with ophthalmoplegia: A case with asymmetric limb weakness and high titers of anti-GM1 antibody. Ozaki, I.,Baba, M.,Kurihara, A.,斉藤豊和(内): Eur. J. Neurol., 3(3): 457〜461, 1996.

969. [症例報告] A case of systemic lupus erythematosus complicated by progressive multifocal leukoencephalopathy: Case report and review of the literature. 赤星透,石川守,高橋道雄,関山菜穂,長谷川一子,渡辺清治,石原好弘,近藤啓文(内): Jpn. J. Rheumatol., 7(1): 55〜60, 1997.

970. [症例報告] 上下肢で著しい運動障害の解離を示す運動優位型の慢性緩徐進行性ニューロパチーの男子例. 横山照夫,辻俊一,冨保和宏,糠沢達志,斉藤豊和,古和久幸(内): 運動障害, 6(1): 59〜64, 1996.

971. [症例報告] 肩甲・上腕への進行性運動障害が顕著であったrimmed vacuole型distal myopathyの1例. 楠淳一,斉藤豊和,糠沢達志,古和久幸(内): 運動障害, 6(2): 117〜123, 1996.

972. [症例報告] −多施設共同による臨床試験−. 粕川禮司,東威,橋本博史,吉野一,斉藤輝信,村沢章,狩野庄吾,柏崎禎夫,水島裕,近藤啓文(内),他6名: 炎症, 17: 57〜80, 1997.

985. [総説] 老化が病因に関与する疾患; Parkinson病. 長谷川一子,古和久幸(内): Clin. Neurosci., 14(5): 52〜55, 1996.

986. [総説] Opsoclonus-polymyoclonus syndrome. 長谷川一子,古和久幸(内): Clin. Neurosci., 15(2): 100〜101, 1997.

987. [総説] 脳循環の測定に用いられるテクノロジーとその進歩; SPECT. 北井則夫,坂井文彦(内): Clinical Neuroscience, 14(7): 769〜771, 1996.

988. [総説] 各科からみた痛みとその治療; 神経内科. 海野佳子,坂井文彦(内): Clinical Neuroscience, 14(9): 1054〜1057, 1996.

989. [総説] RAの関節破壊のメカニズムとその対策. 赤星透(内): Medical Practice, 13: 703〜705, 1996.

990. [総説] RA治療薬の選択のポイントと使い方. 近藤啓文(内): Medical Practice, 13: 747〜751, 1996.

991. [総説] 呼吸筋疲労の評価と対策. 土橋ゆかり,阿部直(内): Medical Practice, 14(2): 245〜247, 1997.

992. [総説] 神経・筋疾患治療薬. 坂井文彦(内): Medicina, 33(12): 205〜207, 1996.

993. [総説] 神経内科(何でも健康相談). 坂井文彦(内): きょうの健康, (98): 167, 1996.

994. [総説] NO吸入療法. 小林弘祐(内): アレルギー科, 2(4): 380〜388, 1996.

995. [総説] 多発神経炎のトピックス. 萬年徹(三井記念病院),斉藤豊和(内),井上聖啓(慈恵医大),結城伸泰(東医歯大): カレントテラピー, 14(8): 125〜137, 1996.

996. [総説] Churg-Strauss症候群. 岡田純(内): リウマチ科, 17(1): 73〜78, 1997.

997. [総説] NSAIDsの長期使用の問題点. 近藤啓文,石川守(内): 医薬ジャーナル, 32: 54〜58, 1996.

998. [総説] 呼吸筋疲労の診断法. 土橋ゆかり,阿部直(内): 呼吸, 16(2): 179〜185, 1997.

999. [総説] 関節リウマチの関節外病変:関節リウマチの中枢末梢神経病変. 岡田純(内): 治療, 78(別冊12): 133〜137, 1996.

1000. [総説] 非ステロイド抗炎症薬の知っておくべき薬物相互作用. 近藤啓文,角家明文(内): 治療薬, 1: 56〜59, 1996.

1001. [総説] 神経内科疾患における開瞼困難について. 斉藤豊和(内): 神経眼科, 13(4): 392〜393, 1996.

1002. [総説] 片頭痛の画像所見. 坂井文彦(内): 神経内科, 45: 102〜106, 1996.

1003. [総説] レイノー病とレイノー症候群. 近藤啓文,高橋道雄(内): 診断と治療, 84: 1409〜1413, 1996.

1004. [総説] 膠原病−難治性病態治療のガイドライン:強皮症腎クリーゼ(scleroderma renal crisis). 近藤啓文,遠藤平仁(内): 診断と治療, 85: 212〜216, 1997.

1005. [総説] 一側下肢に限局する慢性進行性筋萎縮症. 斉藤豊和,荻野裕,荻野美恵子(内): 脊椎脊髄ジャーナル, 9(11): 839〜845, 1996.

1006. [総説] 高血圧性脳症. 神田直(内): 総合臨床, 45: 1294〜1301, 1996.

1007. [総説] 間質性肺炎の鑑別と治療. 久保田勝,片桐真人,冨田友幸(内): 総合臨床, 46(1): 191〜192, 1997.

1008. [総説] 自己抗体; キーワード400. 斉藤豊和(内): 内科, 66(6): 1324〜1325, 1996.

1009. [総説] 慢性関節リウマチの治療の実際,Methotrexate. 近藤啓文(内): 内科, 78: 286〜288, 1996.

1010. [総説] 三叉神経障害. 岡田純(内): 日本内科学会雑誌, 85: 1244〜1247, 1996.

1011. [総説] 自己免疫疾患とサイトカイン. 赤星透(内): 日本内科学会雑誌, 85: 936〜941, 1996.

1012. [総説] 膠原病, 血管炎における腹膜炎. 岡田純,近藤啓文(内): 日本臨床, 別冊: 32〜34, 1996.

1013. [総説] ループス腹膜炎. 近藤啓文,岡田純(内): 日本臨床, 別冊: 82〜84, 1996.

1014. [総説] 抗リン脂質抗体症候群−発症機序と多彩な臨床症状−. 岡田純(内): 北里医学, 26: 79〜86, 1996.

1015. [総説] 頭痛の発生機序と分類. 坂井文彦(内): 臨床医, 22(12): 2558〜2564, 1996.

1016. [総説] 癌性疼痛への対策. 土橋ゆかり,阿部直(内): 臨床医, 22(8): 76〜78, 1996.

1017. [総説] [特集]呼吸不全の対策と管理; TOPICS 1: 呼吸不全におけるNO吸入療法. 三藤久,小林弘祐(内): 臨床医, 23(2): 67〜69, 1997.

1018. [総説] 脳卒中の非特異的神経症状. 神田直(内): 臨床医, 23: 110〜112, 1997.

1019. [総説] 今日の治療食指針U強皮症. 近藤啓文(内): 臨床栄養, 90(4): 358〜360, 1997.

1020. [総説] たばことせき・たん・息切れ. 高田信和,阿部直(内): 臨床成人病, 26(8): 1010〜1013, 1996.

1021. [総説] MCP-1レセプターの発現調節機構. 赤星透(内): 臨床免疫, 28: 1461〜1466, 1996.

1022. [講座] V. 診断の進歩; 4.気管支肺胞洗浄法による呼吸器疾患の診断と病態解析. 中田光(東大),田中直彦(内): Annual Review, p.162〜168, 1997.

1023. [講座] RA治療のQ and A. 近藤啓文(内): RA & セラピー, 2(2): 52〜53, 1996.

1024. [講座] RA臨床のQ & A. 岡田純(内): RA & セラピー, 2(3): 66〜67, 1996.

1025. [講座] WHO/ILARより提唱された抗リウマチ薬の新しい分類. 近藤啓文(内): カレントテラピー, 14(6): 162〜164, 1996.

1026. [講座] エイズについて思うこと. 近藤啓文(内): 看護, 48(11): 134〜135, 1996.

1027. [講座] 混合性結合組織病. 横張龍一,岡井隆広,近藤啓文(内),西間木友衛,松村行雄: 日内会誌, 85: 1269〜1283, 1996.

1028. [講座] 全身性強皮症の最近の治療. 近藤啓文(内),片山一朗,西岡清: 皮膚病治療, 18: 733〜747, 1996.

1029. [学術書] (分担執筆) 最新内科学大系第66巻; 高血圧性脳症, p.175〜180, 神田直(内). 編集 金沢一郎(東大),他, 中山書店, 東京,96.05.31発行.

1030. [学術書] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 慢性期脳血管障害の治療, p.62〜67, 神田直(内). 編集 和田攻,朝長文弥, 文光堂, 東京,96.10.04発行.

1031. [学術書] (分担執筆) 図説神経症候診断マニュアル; 失神, p.50〜55, 神田直(内). 編集 平井俊策(都立神経病院),東儀英夫(岩手医大), 医学書院, 東京,96.10.00発行.

1032. [学術書] (分担執筆) 頭痛の基礎と臨床; 脳血管障害に伴う頭痛, p.192〜199, 神田直(内). 編集 黒岩義之, 医薬ジャーナル社, 東京,96.12.10発行.

1033. [学術書] (分担執筆) 臨床と薬物治療; 無症候性頚動脈狭窄, 16: 32〜35, 稲福徹也(内). 編集 高木誠(東京都済生会中央病院), ミクス, 東京, 97.01.01発行.

1034. [学術書] (分担執筆) 治療, 増刊号: 標準臨床検査ガイド'97; 症状・徴候から検査をイメージする−痙攣, 79: 256〜259, 稲福徹也(内),高木誠(東京都済生会中央病院). 南山堂, 97.01.25発行.

1035. [学術書] (分担執筆) 最新内科学大系〈内科総論3〉主要症候−症候から診断へ−; 痛み(頭痛), 3: 58〜63, 古和久幸(内). 編集 井村裕夫(京大),尾形悦郎(癌研),高久史麿(自医大),垂井清一郎(大手前病院), 迴ヌ腎, p.70〜73, 近藤啓文,遠藤平仁(内). 編集 宮坂信之, 医歯薬出版, 東京, 96.00.00発行.

1045. [学術書] (分担執筆) プライム臨床検査・診断指針; 全身性強皮症,多発性筋炎・皮膚筋炎, p.739〜743, 近藤啓文(内). 編集 大久保昭行,他, 南江堂, 東京, 96.00.00発行.

1046. [学術書] (分担執筆) プライム臨床検査・診断指針; 角化症,硬化症, p.254〜256, 近藤啓文(内). 編集 大久保昭行,他, 南江堂, 東京, 96.00.00発行.

1047. [学術書] (分担執筆) プライム臨床検査・診断指針; Raynaud病, p.393〜394, 近藤啓文(内). 編集 大久保昭行,他, 南江堂, 東京, 96.00.00発行.

1048. [学術書] (分担執筆) 間質性肺炎の病態と治療−厚生省特定疾患調査研究班の成果と最近の動向; 全身性強皮症の肺病変, p.201〜213, 近藤啓文(内). 診療新社, 大阪, 96.12.00発行.

1049. [学術書] (分担執筆) プライム臨床検査・診断指針; オーバーラップ症候群と混合性結合組織病, p.746〜747, 岡田純(内). 編集 大久保昭行,他, 南江堂, 東京, 96.00.00発行.

1050. [学術書] (分担執筆) プライム臨床検査・診断指針; 抗リン脂質抗体症候群, p.747〜748, 岡田純(内). 編集 大久保昭行,他, 南江堂, 東京, 96.00.00発行.

1051. [学術書] (分担執筆) 治療薬ガイド'97; 非ステロイド抗炎症剤, p.809〜814, 近藤啓文(内). 編集 和田攻,他, 文光堂,東京,97.00.00発行.

1052. [教科書] (分担執筆) 図説病態内科講座: 症状・症候−2; 頭痛, 19: 174〜179, 五十嵐久佳,坂井文彦(内). 編集 猿田享男(慶大),金澤一郎(東大), 監修 高久史麿(国立国際医療センター), メジカルビュー社, 東京,96.06.10発行.

1053. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 第20章 気道病変, p.306〜332, 杼窪豊(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1054. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 第21章 間質性肺疾患, p.333〜337, 高田信和,冨田友幸(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1055. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 第25章 過換気症候群, p.375〜378, 横場正典,阿部直(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1056. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 第26章 睡眠呼吸障害, p.378〜381, 阿部直(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(内), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1057. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 第27章 胸郭異常と呼吸筋障害, p.382〜387, 土橋ゆかり,阿部直(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1058. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 第28章 肺腫瘍, p.388〜429, 三藤久(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1059. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 縦隔疾患, p.430〜436, 福田紀子,片桐真人(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1060. [教科書] (分担執筆) レジデントのための呼吸器病学; 第31章 その他の肺疾患, p.450〜463, 片桐真人(内). 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大), 監修 阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1061. [教科書] (分担執筆) 薬剤師のための服薬ガイド; 各論2.呼吸器疾患「慢性気管支炎・肺気腫」, p.294〜299, 矢那瀬信雄(内). 編集 和田攻(埼玉医大),朝長文弥(北里大),奥村勝彦(神戸大),北沢武文(慶大),小林輝明(聖マリ医大),宮崎克巳(北大),望月真弓(北里大), 文光堂, 東京, 96.10.04発行.

1062. [教科書] (分担執筆) 今日の治療指針−1997年版; p.610〜611, 阿部直(内). 編集 稲垣義明,多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京, 97.01.01発行.

1063. [教科書] (編集) レジデントのための呼吸器病学; 編集 金沢実(慶大),市瀬裕一(東京医大),近藤哲理(東海大),阿部直(北里大), 医学書院MYW, 東京, 96.04.10発行.

1064. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療と看護; 頭痛(頭重), p.120〜122, 坂井文彦(内). 南江堂, 96.00.00発行.

1065. [その他の著書] (分担執筆) 頭痛−東洋医学と西洋医学の接点; 日本の頭痛の疫学と臨床, p.19〜29, 坂井文彦(内). 九段舎, 96.00.00発行.

1066. [その他の著書] (分担執筆) 最新内科学大系(脳の高次機能障害); 頭痛, 65: 152〜156, 坂井文彦(内). 編集 井村裕夫(京大),他, 中山書店, 96.00.00発行.

1067. [その他の著書] (分担執筆) Annual Review神経; 片頭痛の治療, p.271〜275, 坂井文彦(内). 編集 後藤文男(慶大), 中外医学社, 東京, 97.00.00発行.

1068. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針; 片側顔面けいれん, p.235〜236, 坂井文彦(内). 医学書院, 97.00.00発行.

1069. [その他の著書] (分担執筆) 内科治療ガイド '96; ウェジナー肉芽腫症, p.1207〜1209, 近藤啓文,遠藤平仁(内). 編集 和田攻,他, 文光堂, 東京, 96.00.00発行.

1070. [その他の著書] (分担執筆) Selected Articles 1997; 全身性エリテマトーデスの診断と治療, p.717〜723, 岡田純(内). 96.06.00発行.

1071. [その他の著書] (分担執筆) 抗生物質適性使用ハンドブック; 分担箇所多数, 岡田純(内). 編集 黒山政一,他, 薬業時報社, 97.03.15発行.

1072. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 今日の治療指針1997年版; 好酸球性筋膜炎, p.605, 赤星透(内). 編集 稲垣義明,多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京, 97.01.15発行.

1073. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 私の処方; 強皮症, p.618〜621, 近藤啓文(内). 編集 高橋隆一, 日本医事新報社, 東京, 96.00.00発行.

1074. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 私の処方; レイノー病, p.644〜645, 近藤啓文(内). 編集 高橋隆一, 日本医事新報社, 東京, 96.00.00発行.

1075. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 今日の治療指針1997年版; 多発性筋炎(皮膚筋炎), p.592〜593, 岡田純(内). 編集 稲垣義明,多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京, 97.01.15発行.

1076. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 免疫・アレルギー・膠原病−略語辞典−; 分担箇所多数, 赤星透(内). 国際医書出版, 東京, 97.01.10発行.

1077. [学会(国際)] (シンポジウム等) A recent approach to cerebrovascular diseases; SPECT imaging of cerebral leukocyte. 坂井文彦(内): 16th Polish Neurological uillain-Barre Syndrome (96.10.10〜11), Miami, USA.

1086. [学会(国際)] (一般講演) Basal ganglionic disorder and iron. 梁正淵,加藤知也,長谷川一子,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): 12th International Symposium on Parkinson's Disease (97.03.23〜26), London.

1087. [学会(国際)] (一般講演) Pathology of Parkinson's disease. 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): 12th International Symposium on Parkinson's Disease (97.03.23〜26), London.

1088. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of prolactin on T helper type 1 and type 2 in patients with Sjogren's syndrome. 岡田純,荻野弓希子,角家明文,近藤啓文(内): 8th APLAR Congress of Rheumatology (96.04.21〜26), Melbourne.

1089. [学会(国際)] (ポスター講演) Clinical analysis of pulmonary hypertension in connetive tissue diseases and significance of Von Willebrand factor. 田中住明,岡田純,近藤啓文(内): 8th APLAR Congress of Rheumatology (96.04.21〜26), Melbourne.

1090. [学会(国際)] (ポスター講演) A follow-up study of patients with mixed connective tissue disease (MCTD). 近藤啓文,高橋道雄(内),東條毅: 8th APLAR Congress of Rheumatology (96.04.21〜26), Melbourne.

1091. [学会(国際)] (ポスター講演) Visceral vascular lesions in systemic sclerosis, pulmonary hyopertension and renal crisis. 近藤啓文,田中住明,高橋道雄,遠藤平仁(内): 8th APLAR Congress of Rheumatology (96.04.21〜26), Melbourne.

1092. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of FK506 on autoimmune disease of Brown Norway rat induced mercuric chloride. 高橋道雄(内),中村信也(児),遠藤平仁,近藤啓文(内): 8th APLAR Congress of Rheumatology (96.04.21〜26), Melbourne.

1093. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of hypoxia and hypercapnia on individual abdominal muscles in humans. Easton, P.A.(カルガリー大),山田拓実,冨田友幸,阿部直(内): 1996 International Conference of American Lung Association and American Thoracic Society (96.05.12〜15), New Orleans, USA, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 153(Suppl.): 120, 1996.

1094. [学会(国際)] (ポスター講演) The effects of inhaled nitric oxide on hypoxia after methacholin challenge. 高橋愛典,小林弘祐,田中直彦,本多研也,冨田友幸(内): 1996 International Conference American Thoracic Society (96.05.14), New Orleans, USA, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 153(4): 620, 1996.

1095. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of β-adrenergics on respiratory muscle shortening and EMG activity in awake canines. 楠原範之(内),B.C. Rothwell,P.A. Easton(Univ. of Calgary): 1996 International Conference American Thoracic Society (96.05.15), New Orleans, USA.

1096. [学会(国際)] (ポスター講演) Synchronization of respiratory to cardiac rhythm. 小林弘祐,小倉建夫(内),Hirata, T.,Tomita, Y.(慶大),滝沢直定(生理),冨田友幸(内): 1996 International Conference American Thoracic Society (96.05.15), New Orleans, USA, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 153(4): 775, 1996.

1097. [学会(国際)] (ポスター講演) Exhaled nitric oxide concentration after emergency treatment of acute asthma. 三藤久,小林弘祐,田中直彦,高橋裕子,本多研也,冨田友幸(内): 1996 International Conference American Thoracic Society (96.05.15), New Orleans, USA, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 153(4): 799, 1996.

1098. [学会(国際)] (ポスター講演) Endogenous nitric oxide in the lungs at hypoxia. 田中直彦,小林弘祐,佐藤哲也,高橋裕子,冨田友幸(内): 1996 International Conference American Thoracic Society (96.05.15), New Orleans, USA, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 153(4): 815, 1996.

1099. [学会(国際)] (ポスター講演) Nitrosyl-hemoglobin formation during nitric oxide inhalation at hypoxia. 高橋裕子,小林弘祐(内),滝沢直定(生理),西田早苗(生物物理系),佐藤哲也,田中直彦,冨田友幸(内): 1996 International Conference American Thoracic Society (96.05.15), New Orleans, USA, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 153(4): 818, 1996.

1100. [学会(国際)] (ポスター講演) Changes in the local cerebral perfusion by SPECT before and after carotid endarterectomy. 稲福徹也(内),星野晴彦,高木誠,四家敏秀(東京都済生会中央病院),Nara, S.,畑隆志,Hayakawa, I.: 3rd World Stroke Congress and 5th European Stroke Conference (96.09.01〜05), Munich, Germany.

1101. [学会(国際)] (ポスター講演) DNA analysis of the family of spinocerebellar degeneration associated with rheumatoid arthritis and Sjogren syndrome. 土橋かおり(内),岡部多加志(静岡赤十字病院),野平修(内),紺野慈子,原元彦,塚原信也(静岡赤十字病院),濱口勝彦(埼玉医大): 9th Asia Oceania Congress of Neurology (96.09.05), ソウル.

1102. [学会(国際)] (ポスター講演) Natural history of cluster headache. 五十嵐久佳,坂井文彦(内): 10th Migraine Trust International Symposium (96.09.12), London.

1103. [学会(国際)] (ポスター講演) Evaluation of anticoagulant therapy for thrombosis of antiphospholipid syndrome (APS) in Japanese. 岡田純,角家明文,井上幹紀親,近藤啓文(内): New Orleans 7th International Symposium on Antiphospholipid Antibodies (96.10.09〜13), New Orleans, USA, Lupus, 5(5): 517, 1996.

1104. [学会(国際)] (ポスター講演) Autoantibodies to Ca2+ dependent phospholipid binding proteins in antiphospholipid syndrome (APS). 井上幹紀親,岡田純,近藤啓文(内): New Orleans 7th International Symposium on Antiphospholipid Antibodies (96.10.09〜13), New Orleans, USA, Lupus, 5(5): 517, 1996.

1105. [学会(国際)] (ポスター講演) Allelic variation of T cell receptor Vb sene among Japanese patients with systemic lupus erythematosus. 上田寛之,箱田雅之,原まさ子,鎌谷直之,柏崎禎夫,近藤啓文(内): 60th National Scientific Meeting American College of Rheumatology (96.10.18〜22), Orlands.

1106. [学会(国際)] (ポスター講演) Therapeutic effects of anti-interleukin 8 monoclonal antibody on antigen-induced arthritis in rabbit. 赤星透(内),西村明人(整外),高橋道雄,穂坂茂(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): American College of Rheumatology 60th National Scientific Meeting (96.10.18〜22), Orlando, Florida, Arthritis Rheum., 39(9 Suppl.): 247, 1996.

1107. [学会(全国)] (特別講演) 起立・歩行障害の病態と診断治療. 古和久幸(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.16), 大宮.

1108. [学会(全国)] (シンポジウム等) Pallido-nigro-luysial atrophy. 長谷川一子(内): 第37回日本神経病理学会総会学術研究会 (96.05.24), 倉敷.

1109. [学会(全国)] (シンポジウム等) 緊張型頭痛とorofacial pain合併患者の治療効果の検討. 井川雅子(清水市立病院),今井昇(内): 第26回日本慢性疼痛学会 (97.02.07), 東京.

1110. [学会(全国)] (シンポジウム等) SPECTによる脳血流測定を中心に(CT, MR時代の核医学). 坂井文彦(内): 第16回日本画像医学会総会 (97.03.11), 東京.

1111. [学会(全国)] (シンポジウム等) 医療における薬剤部の責任と展望−医療における薬剤部への期待〜在宅医療を中心に−. 斉藤豊和(内): 日本薬学会第117年会 (97.03.27), 東京, 要旨集, p.230, 1997.

1112. [学会(全国)] (ワークショップ) PM/DMの末梢血helper T cell type 1(Th)機能に関する検討. 角家明文,岡田純,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1113. [学会(全国)] (ワークショップ) MCTD病態の臨床経過. 近藤啓文,高橋道雄,東條毅(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1114. [学会(全国)] (ワークショップ) 抗リン脂質抗体症候群の中枢神経障害に関する検討. 岡田純,角家明文,野村正世,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1115. [学会(全国)] (ワークショップ) 強皮症における好中球細胞質抗体の意義. 近藤啓文,高橋道雄,田中住明,遠藤平仁(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1116. [学会(全国)] (ワークショップ) 早期RAとRS3PE症候群(McCarty). 近藤啓文,岡田純(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1117. [学会(全国)] (ワークショップ) 多発性筋炎/皮膚筋炎の発症および病態形成におけるHLAの意義. 古谷武文,箱田雅之,樋上謙士,上田寛之,西成田真,近藤啓文(内),柏崎禎夫: 第24回日本臨床免疫学会 (96.09.25〜27), 東京.

1118. [学会(全国)] (一般講演) サルコイドーシスにおけるBALF-Adenosine deaminase (ADA)活性の検討. 久保田勝,片桐真人,岡本弘之(内),近藤えり(衛生),泉靖弘,矢那瀬信雄(内),相馬一亥(救命),冨田友幸(内): 第36回日本胸部疾患学会総会 (96.04.03〜05), 宇都宮, 日本胸部疾患学会雑誌, 34(増刊): 143, 1996.

1119. [学会(全国)] (一般講演) メサコリン吸入による気道収縮時の呼気中一酸化窒素(NO)濃度変化. 高橋裕子,小林弘祐,田中直彦,高橋愛典,小倉建夫,鈴木道弘,本多研也,冨田友幸(内): 第36回日本胸部疾患学会総会 (96.04.04), 宇都宮, 日本胸部疾患学会雑誌, 34(増刊): 322, 1996.

1120. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息発作治療前後における呼気中の一酸化窒素(NO)濃度の比較検討. 三藤久,小林弘祐,田中直彦,本多研也,高橋裕子,杼窪豊,冨田友幸(内): 第36回日本胸部疾患学会総会 (96.04.04), 宇都宮, 日本胸部疾患学会雑誌, 34(増刊): 322, 1996.

1121. [学会(全国)] (一般講演) 在宅酸素療法中の肺結核後遺症患者における日中PaO2の目標値−睡眠時低酸素血症からの検討−. 高田信和,佐藤哲也,鈴木光子,土橋ゆかり,花田伸英,宮本又吉,阿部直,冨田友幸(内): 第36回日本胸部疾患学会総会 (96.04.05), 宇都宮, 日本胸部疾患学会雑誌, 34(増刊): 161, 1996.

1122. [学会(全国)] (一般講演) 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)に対する口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)の効果. 福田紀子,阿部直,片桐真人,土橋ゆかり,今崎貴生,横場正典,冨田友幸(内),望月高行,岡本牧人(耳鼻): 第36回日本胸部疾患学会総会 (96.04.05), 宇都宮, 日本胸部疾患学会雑誌, 34(増刊): 285, 1996.

1123. [学会(全国)] (一般講演) 気道過敏性亢進時における動脈血酸素飽和度への吸入一酸化窒素の効果. 高橋愛典,小林弘祐,田中直彦,高橋裕子,本多研也,山本博之,本間和夫,冨田友幸(内): 第36回日本胸部疾患学会総会 (96.04.05), 宇都宮, 日本胸部疾患学会雑誌, 34(増刊): 351, 1996.

1124. [学会(全国)] (一般講演) 脳塞栓症急性期における血中palmitoleic acid (C16:1)の動態について. 海野佳子,畑隆志,今井昇,坂井文彦(内),佐藤聖子,大堀祐司(三菱化学),山本順寛(東大): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18), 東京.

1125. [学会(全国)] (一般講演) 椎骨動脈閉塞症の臨床的検討. 瀬川浩,高木誠,星野晴彦(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),足立智英,四家敏秀(東京都済生会中央病院): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18), 東京.

1126. [学会(全国)] (一般講演) 後下小脳動脈内側枝領域小脳梗塞の臨床的検討. 四家敏秀,高木誠,星野晴彦(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),足立智英,瀬川浩(東京都済生会中央病院): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18), 東京.

1127. [学会(全国)] (一般講演) 視床出血による異味症. 正木かつら,前田真治(内),古橋紀久(看護学部),古和久幸(内): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18〜19), 東京.

1128. [学会(全国)] (一般講演) 膠原病患者のカリニ肺炎予防に対するST合剤投与の意義(第2報). 角家明文,飯国弥生,岡田純,近藤啓文,東山亜紀子,池田由美子(内): 第70回日本感染症学会総会 (96.04.18〜19), 東京.

1129. [学会(全国)] (一般講演) 脳卒中患者における入院時血圧と予後. 土橋かおり,神田直,滝山容子,海野佳子,藤沼邦彦,福田倫也,北井則夫,畑隆志,坂井文彦(内): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18), 東京, 脳卒中, 18: 1996.

1130. [学会(全国)] (一般講演) MRAによる脳底動脈病変の臨床的検討. 稲福徹也(内),高木誠,星野晴彦,足立智英,瀬川浩,四家敏秀(東京都済生会中央病院): 第21回日本脳卒中学会 (96.04.19), 東京.

1131. [学会(全国)] (一般講演) パーキンソン病患者の転倒における中枢神経系諸因子の検討. 阿久津二夫,飯ケ谷美峰(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.15), 大宮.

1132. [学会(全国)] (一般講演) 筋萎縮性側索硬化症54例の臨床像(第1報); 高齢発症例における臨床的検討−. 松岡正敬,斉藤豊和,古和久幸(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.15), 大宮.

1133. [学会(全国)] (一般講演) トルカポン(COMT阻害薬)の臨床症状とレボドパ代謝に及ぼす効果. 山本光利,横地正之,久野貞子,服部優子,塚本友子,楢林博太郎,水野美邦,東儀英夫(トルカボン研究会),古和久幸(内),柳沢信夫,金沢一郎: 第37回日本神経学会総会 (96.05.15), 大宮.

1134. [学会(全国)] (一般講演) 脊髄小脳変性症における薬剤の有効性について−歩行分析を中心として−. 辻俊一,長谷川一子,古和久幸(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.15), 大宮.

1135. [学会(全国)] (一般講演) HIV-1エンベロープ蛋白gp120の中枢及び末梢神経細胞表面への結合. 荻野美恵子,荻野裕,斉藤豊和,古和久幸(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.15), 大宮.

1136. [学会(全国)] (一般講演) サイトメガロウイルス感染後Guillain-Barre症候群に出現した抗GM2抗体について. 入江幸子,斉藤豊和,伊藤博明,古和久幸(内),金沢直美(生化系): 第37回日本神経学会総会 (96.05.16), 大宮.

1137. [学会(全国)] (一般講演) Epstein-Barr virus感染に伴って出現する抗神経抗体の認識する蛋白. 伊藤博明,糠沢達志,斉藤豊和,古和久幸(内),金沢直美(生化学系): 第37回日本神経学会総会 (96.05.16), 大宮.

1138. [学会(全国)] (一般講演) 抗Borrelia Flagellinモノクローナル抗体H9724のヒトHSP60に対するエピトープの検討. 糠沢達志,荻野裕,斉藤豊和,古和久幸(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.16), 大宮.

1139. [学会(全国)] (一般講演) 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者血清中におけるNFHリン酸化部位に対する抗体の検討. 荻野裕,斉藤豊和,荻野美恵子,古和久幸(内),Norman Latov(コロンビア大): 第37回日本神経学会総会 (96.05.16), 大宮.

1140. [学会(全国)] (一般講演) パーキンソンニスムと鉄−病理学的検討; 第2報−. 梁正淵,長谷川一子,古橋紀久,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): 第37回日本神経学会総会 (96.05.16), 大宮.

1141. [学会(全国)] (一般講演) 筋緊張性ジストロフィの骨格筋CT所見. 加藤知也,梁正淵,長谷川一子,古和久幸(内),村上慶郎(国療箱根病院): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1142. [学会(全国)] (一般講演) 睡眠解析プログラム“GOOD NIGHT”を用いた睡眠解析. 所司睦文,溝井令一,青戸和子,長谷川一子,古和久幸(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1143. [学会(全国)] (一般講演) パーキンソン病の黒質病変に関する神経病理学的検討. 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1144. [学会(全国)] (一般講演) 実験的チアミン欠乏脳症の責任病巣のDNA断片化の観察. 冨保和宏,伊藤博明,金沢直美(生物化学系),斉藤豊和,古和久幸(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1145. [学会(全国)] (一般講演) 脳血管障害患者における人工炭酸泉浴連浴による脳循環の変化. 前田真治,正木かつら,頼住孝二,糠沢達志,松岡正敬(内),横山巌(医療衛生学部): 第61回温泉気候物理医学会総会 (96.05.18), 盛岡.

1146. [学会(全国)] (一般講演) 原発性胆汁性肝硬変(PBC)とバセドー病を合併したシェーグレン症候群(SjS)の1例. 田中住明,ラナ美代子,石川守,高橋道雄,赤星透,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1147. [学会(全国)] (一般講演) 抗MPO抗体陽性で急速進行性腎炎を呈した血管炎症候群の2症例. 前田貞則,上村明子,是洞圭子,高橋道雄,遠藤平仁,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1148. [学会(全国)] (一般講演) HCV陽性例のリウマチ関連症状および自己抗体に関する研究. 石川守,岡田純,角家明文,是洞圭子,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1149. [学会(全国)] (一般講演) 家兎抗原誘発関節炎におけるIL-8の意義. 赤星透(内),西村明人(整外),高橋道雄,関山菜穂(内),高岸憲二(整外),近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1150. [学会(全国)] (一般講演) Sjogren症候群のTh1/Th2 T細胞に対するprolactinの影響に関する検討. 岡田純,角家明文,上村明子,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1151. [学会(全国)] (一般講演) 尿酸結晶による好中球アポトーシスの制御. 関山菜穂,赤星透,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1152. [学会(全国)] (一般講演) 塩化水銀投与血管炎ラットモデルに対するFK506の効果. 高橋道雄,遠藤平仁,近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1153. [学会(全国)] (一般講演) 患者と医師は何をもって病気が良くなったと判断しているのか−慢性関節リウマチ(RA)活動性の評価指標を用いた分析. 岡部裕,秋月正史,近藤啓文(内),川合眞一,鈴木康夫,竹内勤,松岡康夫,川口鎮司,柏崎禎夫,他23名: 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

1154. [学会(全国)] (一般講演) プリオン蛋白遺伝子コドン200に変異(Glu→Lys)をもつCreutzfeldt-Jacob病−山梨県と静岡県の富士川流域に多発する家族性 CJDの再検討−. 岩淵潔(神奈川総合リハ),赤井淳一郎(杏林大);長谷川一子(内),河内葉子,小阪憲司(横浜市大),柳下三郎(神奈川総合リハ): 第37回日本神経病理学会総会学術研究会 (96.05.24), 倉敷.

1155. [学会(全国)] (一般講演) 基底核疾患と鉄. 梁正淵,長谷川一子,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): 第37回日本神経病理学会総会学術研究会 (96.05.24), 倉敷.

1156. [学会(全国)] (一般講演) 多系統萎縮症にみられるグリア内嗜銀性封入体の消長について. 井上雅之,柳下三郎(神奈川総合リハ),梁正淵,長谷川一子(内),天野直二,松下正明(東大): 第37回日本神経病理学会総会学術研究会 (96.05.24), 倉敷.

1157. [学会(全国)] (一般講演) 精神発達遅滞, 痙性対麻痺を主症状と, 脳梁の菲薄化, 白質病変を認めた姉弟例. 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),岩淵潔,柳下三郎(神奈川総合リハ): 第37回日本神経病理学会総会学術研究会 (96.05.25), 倉敷.

1158. [学会(全国)] (一般講演) 慢性進行性痴呆を主徴とした神経ベーチェット病の病理学的検討. 青戸和子,梁正淵,長谷川一子,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): 第37回日本神経病理学会総会学術研究会 (96.05.25), 倉敷.

1159. [学会(全国)] (一般講演) 脳内腫瘤形成を伴ったIntravascular malignant Lymphomatosis. 加藤知也,青戸和子,梁正淵,長谷川一子,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川総合リハ): 第37回日本神経病理学会総会学術研究会 (96.05.25), 倉敷.

1160. [学会(全国)] (一般講演) 携帯性を重視した介護量軽減のための座位安定補装具の開発−その素材についての研究−. 前田真治,田代千恵美(医療衛生学部),正木かつら,糠沢達志(内),大渕修一(医療衛生学部),頼住孝二,古橋紀久(内),横山巌(医療衛生学部): 第33回日本リハビリテーション学会総会 (96.05.30〜06.01), 横浜.

1161. [学会(全国)] (一般講演) 脳卒中急性期における血圧と予後との関係. 神田直,土橋かおり,北井則夫,畑隆志,坂井文彦(内): 第33回日本リハビリテーション医学会学術集会 (96.05.30), 横浜, リハビリテーション医学, 34, 1996.

1162. [学会(全国)] (一般講演) 80歳以上高齢者脳血管障害についての臨床的検討. 神田直,北井則夫,畑隆志,坂井文彦(内): 第38回日本老年医学会 (96.05.30), 横浜, 日本老年医学会誌, 33, 1996.

1163. [学会(全国)] (一般講演) ディケア・ナイトケア患者の評価におけるQLSの導入について. 土沢健一,三浦貞則,鈴木明子,神田直,浅井憲義,吉見契子,後藤安恵,三戸香代,宮原英夫,中島節夫,中野智仁,白木原葉子,山本明美,長谷川優美子, 鈴木純恵,白木原市次,植松美帆,岩本操,坪内友美,西村紀子,鹿内佐和子: 第30回日本作業療法学会 (96.06.05〜07), 東京.

1164. [学会(全国)] (一般講演) 副腎皮質ステロイド薬で増悪し, アザチオプリン・臭化ジスチグミンの併用療法が有効であったLambert-Eaton筋無力症候群の1例. 岸林潤,鈴木光一,青戸和子,西岡昌紀(内),間中信也: 第14回日本神経治療学会総会 (96.06.19〜20), 横浜.

1165. [学会(全国)] (一般講演) 抗痙攣剤のコンプライアンス低下によりミオキミアを惹起した真性てんかんの成人女性例. 辻俊一,斉藤豊和,梁正淵,古和久幸,鳥居順三(内): 第14回日本神経治療学会総会 (96.06.19〜20), 横浜.

1166. [学会(全国)] (一般講演) 緩徐進行性失語症の1剖検例. 前田真治,三戸香代,清水忍(医療衛生),正木かつら(内): 第20回神経心理学会総会 (96.09.12〜13), 札幌.

1167. [学会(全国)] (一般講演) 観念失行を主症状とした緩徐進行性失行症の1例. 三戸香代,前田真治(医療衛生),安田菜穂(リハ部),正木かつら(内): 第20回神経心理学会総会 (96.09.12〜13), 札幌.

1168. [学会(全国)] (一般講演) 抗リン脂質抗体症候群における抗凝固療法の有効性に関する検討. 岡田純,角家明文,近藤啓文(内): 第24回日本臨床免疫学会 (96.09.25〜27), 東京.

1169. [学会(全国)] (一般講演) polyneuropathyを呈した抗リン脂質抗体症候群(APS)2症例の検討. 田中住明,石川守,岡田純,近藤啓文(内): 第24回日本臨床免疫学会 (96.09.25〜27), 東京.

1170. [学会(全国)] (一般講演) T細胞抗原受容体Vβ遺伝子多形の日本人SLE患者における検討. 上田寛之,箱田雅之,樋上謙士,日野生子,古谷武文,鎌谷直之,原まさ子,近藤啓文(内),柏崎禎夫: 第24回日本臨床免疫学会 (96.09.25〜27), 東京.

1171. [学会(全国)] (一般講演) Charcot-Marie-Tooth病type lAにおける瞬目反射,顔面神経伝導の検討. 伊藤博明,辻俊一,斉藤豊和,古和久幸(内),原田秀樹(臨検): 第26回日本脳波・筋電図学会学術大会 (96.10.31), 新潟.

1172. [学会(全国)] (一般講演) Fisher症候群及びその類縁疾患における血清抗GQ1b抗体測定の意義について. 入江幸子,糠沢達志,斉藤豊和,金沢直美,古和久幸(内): 第34回日本神経眼科学会総会 (96.11.08), 東京.

1173. [学会(全国)] (一般講演) 悪性症候群の合併を認めた多発性筋炎の1例. 高橋道雄,稲村陽子,ラナ美代子,上村明子,石川守,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第11回日本臨床リウマチ学会 (96.11.21〜22), 大阪.

1174. [学会(全国)] (一般講演) 全身性エリテマトーデスにおけるT細胞抗原受容体Vb遺伝子多型の検討. 上田寛之,箱田雅之,原まさ子,鎌谷直之,近藤啓文(内),柏崎禎夫: 第25回日本免疫学会 (96.11.26〜28), 横浜.

1175. [学会(全国)] (一般講演) 在宅人工呼吸療法のシステム化における新しい試み. 瓜生伸一(MEセンター),斉藤豊和(内): 第1回日本在宅ケア学会 (97.01.18), 東京.

1176. [学会(全国)] (一般講演) 後頭葉梗塞の臨床−特に片麻痺の合併について−. 日比洋子,阿久津二夫(内),中島麓,大矢裕之,田中美千裕(小田原市立病院): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.06), 福岡.

1177. [学会(全国)] (一般講演) 脳梗塞の再発−同一施設再入院例についての検討−. 福田倫也,神田直,滝山容子,北井則夫,坂井文彦(内): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.06), 福岡.

1178. [学会(全国)] (一般講演) 視床損傷および皮質下損傷にみられる高次味覚障害(第2報). 正木かつら,前田真治,古橋紀久,古和久幸(内): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.06〜07), 福岡.

1179. [学会(全国)] (ポスター講演) 111In白血球シンチグラムによる脳梗塞急性期の検討. 藤沼邦彦,北井則夫,福田倫也,滝山容子,海野佳子,土橋かおり,畑隆志,坂井文彦,神田直(内): 第93回日本内科学会総会 (96.04.11), 横浜.

1180. [学会(全国)] (ポスター講演) 延髄外側症候群における嚥下障害の検討. 飯ケ谷美峰,阿久津二夫(内): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18), 東京.

1181. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳血流トレーサーTc-99m-ECDの臨床的検討−局所集積増加の意義−. 北井則夫,坂井文彦,藤沼邦彦,滝山容子,神田直(内): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18), 東京, 予稿集, p.143, 1996.

1182. [学会(全国)] (ポスター講演) 群発頭痛の予後調査. 五十嵐久佳,坂井文彦,福田倫也,海野佳子(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.15), 大宮.

1183. [学会(全国)] (ポスター講演) 左右大脳半球別にみた脳梗塞の長期予後. 北井則夫,神田直,藤沼邦彦,畑隆志,坂井文彦(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.15), 大宮, 予稿集, p.71, 1996.

1184. [学会(全国)] (ポスター講演) 多発性筋炎及び皮膚筋炎における生検筋の免疫組織化学的検討. 松本信子(内),中村健A(寄),安井美江(形態系),鳥居順三(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.16), 大宮.

1185. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性頭痛のための頭痛日記の有用性. 土橋かおり,坂井文彦,五十嵐久佳,滝山容子,北井則夫(内): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1186. [学会(全国)] (ポスター講演) 後下小脳動脈領域小脳梗塞の臨床的検討. 足立智英,高木誠,星野晴彦(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),瀬川浩,四家敏秀(東京都済生会中央病院): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1187. [学会(全国)] (ポスター講演) 小脳の小梗塞(長径2 cm未満)の臨床的検討. 星野晴彦,高木誠(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),足立智英,瀬川浩,四家敏秀(東京都済生会中央病院): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1188. [学会(全国)] (ポスター講演) 年代別による高齢者の脳内出血の病型・入院時血圧・予後の検討. 今井昇,原敦子,宮田嘉世子(内),寺山靖夫,石原直毅(清水市立病院): 第37回日本神経学会総会 (96.05.17), 大宮.

1189. [学会(全国)] (ポスター講演) 延髄梗塞のMRI所見による分類と臨床像との関連について. 滝山容子(内),菅信一,池田俊昭(放),坂井文彦(内),松林隆(放): 第24回日本磁気共鳴医学会大会 (96.09.13), 神奈川.

1190. [学会(全国)] (ポスター講演) CDDP脳症と考えられた皮質盲の1例−その電気生理学的検討ならびに脳SPECT所見とその対比について−. 飯ケ谷美峰,飯塚高浩(内),種田真砂雄(精),吉本紅子(臨検): 日本脳波筋電図学会 (96.10.31), 新潟.

1191. [学会(全国)] (ポスター講演) 顔面神経麻痺の後遺症による異常連合運部(Synkinesis)の検討. 斉藤江美子,河島江美(臨検),長谷川一子,鳥居順三(内),橘滋国(脳外),岡島重孝(川崎市立井田病院): 第26回日本脳波・筋電図学会学術大会 (96.10.31), 新潟.

1192. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳血管障害における123I-Iomazenilイメージング. 北井則夫,坂井文彦,藤沼邦彦,五十嵐久佳(内),石井勝己(放): 第8回日本脳循環代謝学会総会 (96.11.21), 大阪, 脳循環代謝, 8(1): 132, 1996.

1193. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳梗塞急性期における血清N-acetyl-β-glucosaminidase (NAG)活性の経時的検討. 今井昇(内),野崎博之,寺山靖夫,石原直毅(清水市立病院): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.06), 福岡.

1194. [学会(全国)] (ポスター講演) 頚動脈内膜摘除術(CEA)前後におけるSPECTによる脳血流分布の変化. 稲福徹也(内),星野晴彦,高木誠,土谷治久,四家敏秀,高木康行(東京都済生会中央病院),畑隆志(内): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.06), 福岡.

1195. [学会(全国)] (ポスター講演) 頚動脈病変における心筋虚血の合併頻度とその予測因子. 高木誠,四家敏秀,星野晴彦(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),土谷治久,高木康行(東京都済生会中央病院): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.07), 福岡.

1196. [学会(全国)] (ポスター講演) 橋にみられる無症候性の両側性高信号域の臨床的意義−Asymptomatic Pontine Hyperintensity−. 海野佳子,北井則夫,坂井文彦,神田直(内),菅信一(放): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.07), 福岡.

1197. [学会(全国)] (ポスター講演) 外側膝状体障害による視放線部ワーラー変性の意義−MRIとSPECTによる検討−. 飯塚高浩,坂井文彦,海野佳子,飯ケ谷美峰,北井則夫,神田直(内): 第22回日本脳卒中学会総会 (97.03.07), 福岡, 予稿集, p.285, 1997.

1198. [学会(全国)] (公開講座) 高安血管炎(TA)における抗heat shock protein (HSp)抗体の意義. 岡田純,近藤啓文(内): 第46回日本アレルギー学会総会 (96.10.30〜11.01), 宇都宮.

1199. [学会(全国)] (公開講座) ランチョンセミナー: 関節炎とNSAID. 近藤啓文(内): 第11回日本臨床リウマチ学会 (96.11.21〜22), 大阪.

1200. [学会(地方)] (教育講演) 在宅酸素療法の実際. 矢那瀬信雄(内): 相模原市内科医会学術講演会 (96.09.26), 相模原.

1201. [学会(地方)] (教育講演) 在宅酸素療法の実際. 矢那瀬信雄(内): 座間・綾瀬医師会, 海老名市医師会学術講演会 (97.03.21), 海老名.

1202. [学会(地方)] (一般講演) 血漿交換療法にて劇的な回復をみた完全弛緩性四肢麻痺を呈したCIDPの男子例. 大竹浩之,辻俊一,糠沢達志,入江幸子,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内): 第449回日本内科学会関東地方会 (96.00.00), 東京.

1203. [学会(地方)] (一般講演) 重症筋無力症,強皮症,慢性関節リウマチの重複例に合併した腎症を認めた1例. ラナ美代子,日比洋子,石川守,田中住明,岡田純,斉藤豊和,小林豊,近藤啓文(内): 第445回日本内科学会関東地方会 (96.05.11), 東京.

1204. [学会(地方)] (一般講演) 片頭痛発作後に, 脳循環自動調節能障害がみられた1例. 土橋かおり,坂井文彦,海野佳子,滝山容子(内): 第137回日本神経学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

1205. [学会(地方)] (一般講演) 難聴で発症した前下小脳動脈領域梗塞の1例. 四家敏秀,星野晴彦,高木誠(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),高木康行(東京都済生会中央病院): 第137回日本神経学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

1206. [学会(地方)] (一般講演) 一側の上転障害と対側の下転障害を呈した視床〜中脳梗塞の1例. 阿久津二夫,日比洋子,飯ケ谷美峰(内): 第137回日本神経学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

1207. [学会(地方)] (一般講演) 長時間の正坐が誘因となった急性肺血栓塞栓症の1例. 福田紀子,片桐真人,今崎貴生,土橋ゆかり,三藤久,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内): 第446回日本内科学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

1208. [学会(地方)] (一般講演) 排尿障害で発症した両側延髄外側梗塞の1例. 原敦子,神田直,土橋かおり,滝山容子,北井則夫,坂井文彦(内): 第447回日本内科学会関東地方会 (96.07.13), 東京.

1209. [学会(地方)] (一般講演) プロテインC欠乏による横静脈洞血栓症の1例. 豊田千純子(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),高木誠,星野晴彦,足立智英,四家敏秀(東京都済生会中央病院): 第447回日本内科学会関東地方会 (96.07.13), 東京.

1210. [学会(地方)] (一般講演) 血漿交換とγ-Globlin大量療法が著効を示した高齢発症のGuillaine-Barre症候群の1例. 今井昇,宮田嘉世子(内),寺山靖夫,石原直毅(清水市立病院): 第85回日本神経学会東海北陸地方会 (96.07.13), 浜松.

1211. [学会(地方)] (一般講演) 皮質盲,幻視,作話,痙攣などの精神神経症候を呈したシスプラチン脳症の1例. 飯ケ谷美峰,飯塚高浩,海野佳子,北井則夫,坂井文彦(内): 第138回日本神経学会関東地方会 (96.09.07), 東京.

1212. [学会(地方)] (一般講演) 感覚優位型多発ニューロパチーの長期経過中に閉塞性動脈硬化症により両下肢切断に至った症例. 丸野知子,古沢英明,斉藤豊和,古和久幸,鳥居順三(内): 第138回日本神経学会関東地方会 (96.09.07), 東京.

1213. [学会(地方)] (一般講演) Connexin 32の点変異を認めた運動感覚性ニューロパチーの1例. 糠沢達志,金子仁,斉藤豊和,古和久幸,鳥居順三(内): 第138回日本神経学会関東地方会 (96.09.07), 東京.

1214. [学会(地方)] (一般講演) ウエステルマン肺吸虫症の1例. 吉村尚高,柳沢亮二,杼窪豊(内): 第121回日本胸部疾患学会関東地方会 (96.09.14), 東京.

1215. [学会(地方)] (一般講演) 左心室内に腫瘤形成し, 下肢動脈塞栓症を併発した肺癌の1例. 秋山志織,今崎貴生,土橋ゆかり,三藤久,高田信和,片桐真人,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内): 第121回日本胸部疾患学会関東地方会 (96.09.14), 東京.

1216. [学会(地方)] (一般講演) 延髄外側出血性梗塞のMRIの経時的変化. 今井昇,宮田嘉世子(内),寺山靖夫,石原直毅(清水市立病院): 第86回日本神経学会東海北陸地方会 (96.10.12), 名古屋.

1217. [学会(地方)] (一般講演) HBsAg陰性でHBV-PreC(混在型及び野生株型)が一時期検出された馬鈴薯肝の1例. 中村陽子,渡部幸夫,辻文生,小嶋達也(国立相模原病院),富田ひかり(内),荒木正雄,伊藤かおる,井出哲,安達献(内),安部明郎(国立相模原病 院): 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.06), 東京.

1218. [学会(地方)] (一般講演) 多発性脳梗塞と鑑別が困難であった頭蓋内原発悪性リンパ腫の1例. 五野由佳里,福田倫也,北井則夫,土橋かおり,海野佳子,滝山容子,藤沼邦彦,坂井文彦,神田直(内): 第450回日本内科学会関東地方会 (96.11.10), 東京.

1219. [学会(地方)] (一般講演) 脳血栓症によると思われた出血性梗塞の1例. 岩田道圭(清水市立病院),今井昇(内),野崎博之(清水市立病院),宮田嘉世子(内),寺山靖夫,石原直毅(清水市立病院): 第70回日本内科学会東海地方会 (96.11.16), 岐阜.

1220. [学会(地方)] (一般講演) Polyneuropathyを呈したACTH欠損症の1例. 滝山容子,畑隆志,福田倫也,飯塚高浩,坂井文彦(内): 第139回日本神経学会関東地方会 (96.11.30), 東京.

1221. [学会(地方)] (一般講演) MRI上白質病変の変化を認めた重症麻疹脳炎の1例. 日比洋子,阿久津二夫,山田伸夫(内): 第139回日本神経学会関東地方会 (96.11.30), 東京.

1222. [学会(地方)] (一般講演) 片側の単独外転神経麻痺を呈した橋出血の1例. 星野晴彦,高木誠(東京都済生会中央病院),稲福徹也(内),土谷治久,高木康行(東京都済生会中央病院): 第139回日本神経学会関東地方会 (96.11.30), 東京.

1223. [学会(地方)] (一般講演) パーキンソニズムを伴ったisolated neck extensor myopathyの高齢男子例. 岡宮聡,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸,鳥居順三(内): 第139回日本神経学会関東地方会 (96.11.30), 東京.

1224. [学会(地方)] (一般講演) 気管支鏡下肺生検にて診断した肺放線菌症の1例. 増淵隆之,本間和夫,山本博之(内),田所衛(聖マリ大): 日本気管支学会関東支部会 (96.11.30), 東京.

1225. [学会(地方)] (一般講演) 内科的治療に抵抗し、急速に関節機能低下を来したRAの1例. 石川守,田中住明,高橋道雄,岡田純,近藤啓文(内),塚本達郎,高岸憲二(整外): 第7回日本リウマチ学会関東地方会 (96.12.14), 宇都宮.

1226. [学会(地方)] (一般講演) 自己免疫性肝硬変による肝肺症候群の1例. 高橋愛典,高田信和,土橋ゆかり,三藤久,渋谷明隆,片桐真人,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内): 第452回日本内科学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

1227. [学会(地方)] (一般講演) 当院における延髄外側梗塞の検討. 北村匡(清水市立病院),今井昇(内),野崎博之(清水市立病院),宮田嘉世子(内),石原直毅(清水市立病院): 第171回日本内科学会東海地方会 (97.02.15), 名古屋.

1228. [学会(地方)] (一般講演) 振戦を主訴とする遅発性肥厚性ニューロパチーの1例. 五野由佳理,福田倫也,飯塚高浩,北井則夫,坂井文彦(内): 第140回日本神経学会関東地方会 (97.03.08), 東京.

1229. [学会(地方)] (一般講演) Pseudoathetosis を呈したSjogren 症候群に伴う失調性感覚性多発ニューロパチー例. 岡宮聡,古沢英明,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内): 第140回日本神経学会関東地方会 (97.03.08), 東京.

1230. [学会(地方)] (一般講演) 血栓症合併の強皮症に出現した腎クリーゼの1例. 上村明子,石川守,田中住明,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第453回日本内科学会関東地方会 (97.03.08), 東京.

1231. [学会(地方)] (一般講演) ウイルソン病の臨床経過と画像所見. 今井昇(内),野崎博之(清水市立病院),宮田嘉世子(内),石原直毅(清水市立病院): 第87回日本神経学会東海北陸地方会 (97.03.15), 名古屋.

1232. [研究会(全国)] (特別講演) 呼吸器疾患とNO: 呼気NOとNO吸入療法. 小林弘祐(内): NOフォーラム (96.05.18), 東京.

1233. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 「新頭痛分類はこれでよいか−治療上の功罪−」片頭痛. 五十嵐久佳(内): 第24回頭痛研究会 (96.11.16), 東京.

1234. [研究会(全国)] (シンポジウム等) GTP cyclohydrolase I の遺伝子変異の解析. 古沢英明(内),館延忠,瀬川昌也,辻省次: 第1回GTP Cyclohydrolase I 研究会 (97.00.00), 東京.

1235. [研究会(全国)] (一般講演) 一酸化窒素吸入時のNOの代謝およびHbの酸素運搬能の検討. 高橋裕子,小林弘祐,佐藤哲也,田中直彦,三藤久,冨田友幸(内),滝沢直定(生理),西田早苗(生物物理系): 第8回肺循環研究会 (96.06.29), 東京.

1236. [研究会(全国)] (一般講演) 長期にわたる慢性緩徐進行性痴呆を呈した脳血管炎の1例. 斉藤豊和(内): 第2回神奈川神経放射線研究会 (96.07.06), 神奈川.

1237. [研究会(全国)] (一般講演) 睡眠時無呼吸症候群に対する外科的治療(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術の効果と扁桃肥大の関係). 福田紀子,阿部直,片桐真人,土橋ゆかり,横場正典,冨田友幸(内),望月高行,岡本牧人(耳鼻): 第17回睡眠呼吸障害研究会 (96.07.13), 東京.

1238. [研究会(全国)] (一般講演) ・(96.09.07), 横浜.

1248. [研究会(地方)] (一般講演) 肩甲・上腕への進行性運動障害が顕著であったrimmed vacuole 型distal myopathyの1例. 楠淳一,斉藤豊和,糠沢達志,古和久幸(内): 第12回運動障害研究会 (96.09.13), 東京.

1249. [研究会(地方)] (一般講演) 〈臨床薬剤師の育成〉医師サイドから. 古和久幸(内): 日米医学医療交流(臨床薬学)セミナー (96.09.24), 東京.

1250. [研究(地方)] (一般講演) 出血性ミトコンドリアアンギオパチーを認めたMELASの1剖検例. 飯塚高浩(内): 第24回神奈川Neuroscience Conference (96.10.03), 横浜.

1251. [研究会(地方)] (一般講演) 延髄外側梗塞におけるMRI所見と臨床像. 滝山容子,神田直(内): 第23回関東地区脳血管障害懇話会 (96.10.29), 東京.

1252. [研究会(地方)] (一般講演) 口腔内圧の発生と頚部吸気補助筋および腹横筋との関係. 横場正典,阿部直,山田拓実,土橋ゆかり,片桐真人,冨田友幸(内): 第5回呼吸コンディショニング研究会 (97.01.18), 東京.

1253. [研究会(地方)] (一般講演) HBs抗原陰性, HBc抗体陰性, HBV-DNA陽性の馬鈴薯肝の1症例. 小嶋達也,中村陽子,延谷英三郎(国立相模原病院),富田ひかり(内),山城一郎,鹿間伸明,伊藤かおる,清水弘仁,石井圭太,井出哲,渡部幸夫,斉藤研 二,安部明郎,浅尾武士(国立相模原病院): 第5回北里肝・胆道疾患検討会 (97.01.24), 神奈川.

1254. [研究会(地方)] (一般講演) 10年以上にわたり神経症状の停止した非遺伝性遠位型脊髄性筋萎縮症の25歳女性例. 丸野知子,辻俊一,糠沢達志,斉藤豊和,古和久幸(内): 第13回運動障害研究会 (97.01.25), 東京.

1255. [研究会(地方)] (一般講演) 漿膜炎で入院中に発症した強皮症腎クリーゼの1例. 上村明子,石川守,田中住明,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第35回神奈川リウマチ医会 (97.02.08), 横浜.

1256. [研究会(地方)] (一般講演) クリプトコッカス髄膜炎とノカルジア肺炎を呈したSLEの1例. ラナ美代子,石川守,田中住明,穂坂茂,赤星透,飯国弥生,岡田純,近藤啓文(内): 第41回神奈川県感染症研究会 (97.02.15), 横浜.

1257. [研究会(地方)] (一般講演) 眼底出血による進行性の視力低下を呈したmotor neuropathy with conduction blockの女性例. 横山照夫,糠沢達志,荻野裕,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内): 第31回神経筋カンファレンス (97.03.29), 東京, 要旨集, p.230, 1997.

1258. [研究会(地方)] (公開講座) 抗リウマチ・抗炎症薬の臨床評価の変遷と問題点. 近藤啓文(内): 第12回炎症フォーラム (96.11.15), 箱根.


<<1404 ?? >>

1259. [原著] Effect of L-arginine on myoglobin-induced acute renal failure in the rabbit. 若林靖久,木川田隆一(内): Am. J. Physiol., 270(5): 784〜789, 1996.

1260. [原著] Measurement of intact rat osteocalcin in osteoblast (ROS12/2.8) cells and in ovariectomized rats with sandwich enzyme immunoassay. Ohta, T.,Azuma, Y.,Kiyoki, M.,Eguchi, H.,Arita, M.,Hosoda, K.(帝人生物学研究所),塚本雄介(内),Nakamura, T.(産医大): Calcif. Tissue Int., 59: 283〜290, 1996.

1261. [原著] Association of asialo-galactosyl β1-3N-acetylgalactosamine on the hinge with a conformational instability of jacalin-reactive immunoglobulin A1 in immunoglobulin A nephropathy. 比企能之(看護学部),岩瀬仁勇(生化),小久保透,堀井昭(内),A. Tanaka,J. Nishikido,堀田恭子(生化),小林豊(内): J. Am. Soc. Nephrol., 7: 955〜960, 1996.

1262. [原著] More on hyperparathyroidism and the vitamin D receptor. 塚本雄介(内),瓶子昌幸(住友金属),長場泰,小林直之(内),野村幸範(森下記念病院),高橋裕一郎(泌),田沢裕光(住友金属): Nature Medicine, 2(11): 1162, 1996.

1263. [原著] Prognostic prediction of long-term clinical courses in individual IgA nephropathy patients. 小林豊,小久保透,堀井昭(内),比企能之(看護学部),舘野純生(内): Nephrology, 3: 35〜40, 1997.

1264. [原著] Lipoprotein derangement during steroid treatment in minimal-change nephrotic syndrome. 塚本雄介,小久保透,堀井昭,守屋利佳,小林豊(内): Nephron, 73: 606〜612, 1996.

1265. [原著] A novel quantitative‘stretch PCR assay’, that detects a dramatic increase in telomerase activity during progression of myeloid leukemias. Tatematsu, K.,Nakayama, J.,Ishikawa, F.(東工大),檀原幹生,塩谷茂(内),Omine, M.(昭和大): Oncogene, 13: 2265〜2274, 1996.

1266. [研究報告] 代謝性骨疾患に関する研究. 秋澤忠男(昭和大),深川雅史(東大),塚本雄介(内),栗原怜(春日部秀和病院),衣笠えり子(昭和大): 厚生省厚生科学研究費補助金「長期慢性疾患総合研究事業(慢性腎不全)」班腎不全の病態と治療に関する研究平成7年度報告書, p.29〜35, 1996.

1267. [研究報告(厚生省)] 多発性嚢胞腎の遺伝家系調査および患者教育の現状. 塚本雄介(内),真下節夫(泌),溝口満子(東海大),武和子(看護協会): 厚生省特定疾患「進行性腎障害調査研究」班平成7年度研究業績, 119〜121, 1996.

1268. [研究報告(厚生省)] IgA腎症のステロイド療法−中等度蛋白尿症例に対する長期的効果. 小林豊,小久保透,堀井昭(内),比企能之(看護学部),舘野純生(内): 厚生省特定疾患進行性腎障害調査研究班平成7年度研究業績, p.12〜14, 1996.

1269. [症例報告] 柴苓湯服用中肝障害をきたしたネフローゼ症候群の1例. 小林豊(内): 診断と治療, 84: 875, 1996.

1270. [症例報告] 巣状の管外性増殖性糸球体病変を伴った急性尿細管間質性腎炎の1例. 橋爪健次郎,梶原耕一,佐野隆,巽洋,花岡正人,長場泰,小久保透(内),比企能之(看護学部),鎌田貢寿,舘野純生,小林豊,重松秀一(内): 腎炎症例研究, 13: 64〜73, 1997.

1271. [症例報告] G群溶血連鎖球菌による髄膜炎の1例. 佐野隆,福田倫也(内),青木則明,増田卓,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 17(2): 482〜483, 1996.

1272. [症例報告] 腹膜透析から血液透析に移行後に発症した硬化性腹膜炎の1例. 堀井昭,村上匡人,緒方優美,渡辺摩也,中井久雄,高品尚哉,工藤清士,坂本誠,斉藤直美,森谷淳子(日野市立総合病院): 日本透析会誌, 30(1): 75〜79, 1997.

1273. [症例報告] 右胸壁部に巨大腫瘤を呈しCHOP療法が無効であったMalignant lymphomaの1例. 塩谷茂,檀原幹生(内),高野康雄(病理): 北里医学, 26(3): 193〜195, 1996.

1274. [症例報告] 慢性腎不全に合併したH鎖病の1例. 舘野純生,泉田いぶき(内),岩渕啓一(病理),大谷慎一(臨病理): 北里医学, 26(6): 457〜459, 1996.

1275. [臨床治験] 血液疾患に伴う感染症に対するcefpirome sulfate (CPR)の臨床評価. 浦部晶夫(関東逓信病院),武藤良知(虎の門病院),溝口秀昭(東女医大),戸川敦(国立国際医療センター),木下忠俊(帝京大),森治樹(東女医大), 堀越昶(日大),堀越昇(癌研),東原正明,平井久丸(東大),野中泰延(東京警察病院),押味和夫(順大),鈴木憲史(日赤医療センター),宮崎滋(東 京逓信病院),倉石安庸(慈恵医大),外山圭助(東京医大),鶴岡延熹(昭和大),青木功(杏林大),菊池正夫(立川病院),岩田純一(関東労災病院), 若林芳久,千葉省三(横浜労災病院),小峰光博(昭和大),塩谷茂(内),米倉修司(東海大),梅田正法(東邦大),唐沢正光(群馬大),宮脇修一(済生 会前橋病院),藤田彰(公立昭和病院),千葉直彦(山梨県立中央病院),高久史麿(国立国際医療センター): 化学療法の領域, 12(7): 1325〜1335, 1996.

1276. [総説] 腎性骨異栄養症とビタミンD. 塚本雄介(内): Clinical Calcium, 6(10): 78〜81, 1996.

1277. [総説] 骨粗鬆症におけるビタミンDの役割−続発性骨粗鬆症, 慢性腎不全−. 塚本雄介(内): Clinical Calcium, 6(3): 33〜36, 1996.

1278. [総説] 骨代謝障害. 塚本雄介(内): Modern Physician, 16(3): 329〜332, 1996

1279. [総説] NK細胞型顆粒リンパ球増多症とアポトーシス. 金子多香子(内): 医学のあゆみ, 180(13): 886〜890, 1997.

1280. [総説] ピンドロール・カプトプリルにより可逆性低レニン低アルドステロン症を呈した1症例. 若林靖久(内): 診断と治療, 84(Suppl.): 280, 1996.

1281. [総説] 慢性腎不全の対策−最近の進歩; 骨病変対策はいつから始めるか. 塚本雄介(内): 腎と透析, 41(4): 495〜499, 1996.

1282. [総説] ステロイドパルス療法の適応と標準方式. 小林豊,橋爪健次郎,佐野隆,高瀬敦(内): 総合臨床, 45: 2333〜2342, 1996.

1283. [総説] 腎性骨異栄養症. 塚本雄介(内): 日本医事新報, (3796): 17〜22, 1997.

1284. [総説] 「高カルシウム血症, 低カルシウム血症」臨床医の処方と注射. 塚本雄介(内): 臨床医, 22(増): 1544〜1545, 1996.

1285. [学術書] (分担執筆) 私の処方; 成人の慢性腎炎, p.310〜313, 小林豊(内). 編集 和田攻(東大),朝長文弥(薬剤部), 文光堂, 東京,96.00.00発行.

1286. [学術書] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 慢性腎炎, p.572〜577, 小林豊(内). 編集 高橋隆一, 医事新報社, 東京,96.10.04発行.

1287. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針1997; 慢性腎炎症候群, p.448〜449, 小林豊(内). 医学書院, 東京,97.00.00発行.

1288. [学術書] (分担執筆) 今日の治療と看護; IgA腎症, p.465〜467, 小林豊(内),比企能之(看護学部). 南江堂, 東京,96.00.00発行.

1289. [学術書] (分担執筆) 腎疾患治療薬マニュアル; IgA腎症−成人, p.136〜138, 小林豊(内). 編集 小椋陽介, 監修 水島裕監修, 東京医学社, 東京,96.00.00発行.

1290. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 血液疾患, 貧血, p.612〜616, 塩谷茂(内). 編集 和田攻(東大),朝長文弥(薬剤部), 文光堂, 東京,96.10.04発行.

1291. [学会(国際)] (シンポジウム等) Steroid therapy in progressive IgA nephropathy. 小林豊,小久保透,堀井昭(内),比企能之(看護学部),舘野純生(内): International Congress of IgA Nephropathy (96.00.00), 東京.

1292. [学会(国際)] (シンポジウム等) Prognostic predection of long-term clinical courses in IgA nephropathy in Japan. 小林豊,小久保透,堀井昭(内),比企能之(看護学部),舘野純生(内): 7th International Congress of IgA Nephropathy (96.10.01), シンガポール.

1293. [学会(国際)] (一般講演) Intact assay for serum osteocalcin can predicts bone formation rate better than either conventional OC or intact PTH assay. 塚本雄介,野村幸範,斉藤美千代(内): 7th International Congress of Bone Morphometry (96.00.00), Alghero, Bone, 19: 164S, 1996.

1294. [学会(国際)] (ポスター講演) Increased reactivity of IgA1 against Galβ1-3GalNacβ biotinylated polymeric-probes in IgA nephropathy. 比企能之(看護学部),小久保透(内),岩瀬仁勇(生化),Tanaka A.,堀田恭子(生化),小林豊(内): 7th International Congress of IgA Nephropathy (96.10.01), シンガポール.

1295. [学会(国際)] (ポスター講演) Long-term prognosis o heavily proteinuric IgA nephropathy: A 10-year follow-up study of effect of steroid therapy. 小林豊(内),比企能之(看護学部),小久保透,堀井昭,舘野純生(内): 29th American Society of Nephrology (96.11.02〜04), New Orleans.

1296. [学会(国際)] (ポスター講演) Recombinant human erythropoietin ameliorate power spectum density in hear rate variability of hemodialyzed patients. 小林直之,鎌田貢寿(内),熊野和雄(泌),黒川信悟,吉田煦,小林豊,大久保充人(内): 29th American Society of Nephrology (96.11.02〜04), New Orleans.

1297. [学会(国際)] (ポスター講演) Increased reactivity of IgA1 against Galβ1-3GalNacβ biotinylated polymeric probes in IgA nephropathy. 比企能之(看護学部),小久保透(内),岩瀬仁勇,Tanaka, A.,堀田恭子(生化),小林豊(内): 29th American Society of Nephrology (96.11.02〜04), New Orleans.

1298. [学会(国際)] (ポスター講演) TOFMAS analysis of O-glycans on IgA1 hinge in IgA nephropathy. 比企能之(看護学部),Tanaka A.,小久保透(内),岩瀬仁勇,Nishikido J.,堀田恭子(生化),小林豊(内): 29th American Society of Nephrology (96.11.02〜04), New Orleans.

1299. [学会(国際)] (ポスター講演) Increased reactivity of polyclonal anti-synthetic IgAl hinge peptide antibody against serum IgAl in IgA nephropathy. 小久保透(内),比企能之(看護学部),岩瀬仁勇(生化),堀井昭(内),A. Tanaka,J. Nishikido,堀田恭子(生化),小林豊(内): 29th American Society of Nephrology (96.11.02〜04), New Orleans, J. Am. Soc. Nephrol., 7: 1707, 1996.

1300. [学会(国際)] (ポスター講演) IgA1-IgA1 inferaction mediated by the IgA1 hinge glycopeptide in IgA nephropathy. 小久保透(内),比企能之(看護学部),岩瀬仁勇(生化),堀井昭(内),A. Tanaka,J. Nishikido,堀田恭子(生化),小林豊(内): 29th American Society of Nephrology (96.11.04), New Orleans, J. Am. Soc. Nephrol., 7: 1707, 1996.

1301. [学会(全国)] (シンポジウム等) IgA腎症−成人領域で治療. 小林豊(内): 第18回腎臓セミナー (96.00.00), 東京.

1302. [学会(全国)] (シンポジウム等) 糸球体と免疫−治療への挑戦: 実験腎炎に対するミゾリビンの効果. 小林豊(内): 第39回日本腎臓学会総会−サテライトシンポジウム (96.05.30), 倉敷.

1303. [学会(全国)] (シンポジウム等) Management of Renal Bone Diseases in Pre-dialysis Patients(パネル) Uremic bone disease: Recent advances. 塚本雄介(内): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

1304. [学会(全国)] (ワークショップ) 正常末梢血液細胞および白血病細胞におけるテロメレースの定量的検討. 立松謙一郎,中山潤一,池田正視,小林瑛児,石川冬木(東工大),檀原幹生,塩谷茂(内),小峰光博(昭和大): 第55回日本癌学会総会 (96.10.12), 横浜, 総会記事, p.86, 1996.

1305. [学会(全国)] (一般講演) IgA腎症におけるIgAlヒンジ部糖ペプチドの検討. 小久保透(内),比企能之(看護学部),岩瀬仁勇(生化),田中淳志,堀井昭(内),堀田恭子(生化),小林豊(内): 第39回日本腎臓学会総会 (96.05.30), 倉敷.

1306. [学会(全国)] (一般講演) 透析導入時における骨生検による至適PTH濃度の検討. 森下哲夫,塚本雄介,小林豊(内): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

1307. [学会(全国)] (一般講演) 血液透析(HD)患者におけるAGEsマーカーと自律神経反射機能について. 小林直之,柴田行夫,吉田煦(さがみ循環器クリニック),鎌田貢寿(内),熊野和雄,南部正人(腎センター),竹内康雄(内),小林豊(内),中村国衛 (分生),大久保充人(佐野厚生総合病院),小林弘行(浅井ゲルマニウム研): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

1308. [学会(全国)] (一般講演) 透析患者におけるビタミンD受容体遺伝子多型にもとづく骨代謝マーカーの検討. 長場泰,塚本雄介,小林豊(内),瓶子昌幸(住友金属): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

1309. [学会(全国)] (一般講演) 透析療法初期におけるPTH分泌抑制による相違の検討. 泉田いぶき,長場泰,塚本雄介,小林豊(内): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

1310. [学会(全国)] (一般講演) 重症二次性副甲状腺機能亢進症の骨組織に対する22-oxa-calcitriolの効果. 塚本雄介(内),高橋裕一郎(泌): 第14回日本骨代謝学会 (96.07.19〜20), 大阪.

1311. [学会(全国)] (一般講演) 上矢状静脈洞血栓症をきたしたネフローゼ症候群の1例. 泉田いぶき,橋爪健次郎,佐野隆,長場泰,舘野純生,小林豊(内): 第26回日本腎臓学会東部学術大会 (96.11.15〜16), 横浜.

1312. [学会(全国)] T二,石川冬木(東工大),塩谷茂(内),小峰光博(昭和大): 第55回日本癌学会総会 (96.10.11), 横浜, 総会記事, p.378, 1996.

1322. [学会(地方)] (シンポジウム等) 活性型ビタミンD剤−最近の知見−. 塚本雄介(内): 第50回北海道透析療法学会サテライトシンポジウム (96.11.09), 札幌.

1323. [学会(地方)] (一般講演) der(7;12)(p10;q10)を伴ったAtypical CMLと考えられる1例. 檀原幹生,秋山暢,金子多香子,塩谷茂(内): 第127回臨床血液学会例会 (96.09.14), 浜松, 臨床血液, 37: 1343, 1996.

1324. [学会(地方)] (一般講演) IgGがmembranousにIgAがmesangial patternに局在したループス腎炎の2例. 小久保透(内),比企能之,舘野純生,小林豊(内),重松秀一(信州大): 第26回日本腎臓学会東部学術大会 (96.11.15〜16), 横浜.

1325. [学会(地方)] (一般講演) 単クローン性IgGが9110 mg/dlと異常高値を呈したlymphoplasmacytic lymphomaの1例. 金子多香子,檀原幹生,秋山暢,塩谷茂(内): 第128回日本臨床血液学会例会 (97.02.22), 東京.

1326. [研究会(国際)] (一般講演) Evidence for involvement of IgAl hinge glycopeptide in the IgAl-IgAl interaction in IgA nephropathy. 小久保透(内),比企能之(看護学部),岩瀬仁勇(生化),堀井昭(内),A. Tanaka,J. Nishikido,堀田恭子(生化),小林豊(内): 7th International Symposium on IgA Nephropathy (96.10.01), シンガポール.

1327. [研究会(全国)] (一般講演) IgA腎症におけるヒンジ部糖ペプチドを介したIgAl自己凝集についての検討. 小久保透(内),比企能之(看護学部),岩瀬仁勇,堀田恭子(生化),小林豊(内): IgA腎症研究会 (97.01.25), 東京.

1328. [研究会(地方)] (特別講演) IgA腎症の診療と治療. 小林豊(内): 第4回富山慢性腎疾患研究会 (97.02.27), 富山.

1329. [研究会(地方)] (ワークショップ) ビタミンD治療のエンドポイントは; intact PTHおよびintact-osteocalcin測定による骨形成率の予測. 塚本雄介(内): 第8回腎とビタミンD研究会 (97.03.01), 東京.

1330. [研究会(地方)] (一般講演) 剖検例における内臓真菌症の臨床的解析. 山下えり子,檀原幹生,藤野由美,塩谷茂(内),久米光(病理): 第31回神奈川血液研究会 (95.02.18), 横浜, 神奈川血液研究会誌, 16: 24〜25, 1996.

1331. [研究会(地方)] (一般講演) 巣状の管外性増殖性糸球体病変を伴った急性尿細管間質性腎炎の1例. 橋爪健次郎,梶原耕一,佐野隆,巽洋,花岡正人,長場泰,小久保透(内),比企能之(看護学部),鎌田貢寿,舘野純生,小林豊(内),重松秀一(信州 大): 第26回神奈川腎炎研究会 (96.09.00), 横浜.


<<15 外科学>>

1332. [原著] The hypertensive lower esophageal sphincter. 片田夏也(外),Hinder, R.A.,Hinder, P.R.,Lund, R.J.,Perdikis, G.,Stalzer, R.A.,McGinn, T.R.(Creighton Univ.): Am. J. Surg., 172(5): 439〜443, 1996.

1333. [原著] Constriction of mouse hepatic venules and sinusoids by endothelins through ETB receptor subtype. 伊藤義也(外),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),柿田章(外): Int. J. Microcirc., 16: 250〜258, 1996.

1334. [原著] Follow-up problems of laser irradiation as a local treatment for gastric cancer. 嶋尾仁,比企能樹,榊原譲,三重野寛喜,小林伸行,高橋厚,柿田章(外): Min. Invas. Ther. & Allied Technol., 5: 183〜185, 1996.

1335. [原著] 初期酸素化冷却灌流の家兎肝保存にもたらす効果. 伊藤義也,柿田章,高橋毅,今井潔,中山義介,佐藤光史(外): Organ Biology, 3(3): 53〜59, 1996.

1336. [原著] Matrix metalloproteinases and tissue inhibitor of metalloproteinases in colorectal cancer invasion, metastasis, and prognosis. Guillem, J.G.,Murray, M.P.,Zeng, Z-S.,蔵並勝(外),Swallow, C.J.,Mansillo-Soto, J.(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): Seminars in Colon & Rectal Surgery, 7(1): 31〜39, 1996.

1337. [原著] Study of renal retransplantation. 佐藤光史,伊藤義也,今井潔,中山義介,柿田章(外),熊野和雄,遠藤忠雄(泌),竹内康雄,鎌田貢寿,大久保充人(内),渡部浩二(免疫): Transplant. Proc., 28(3): 1649〜1650, 1996.

1338. [原著] 当院における腎移植後肝機能障害の検討. 伊藤義也,佐藤光史,松沢克典,柿田章(外),熊野和雄,遠藤忠雄(泌),竹内康雄,鎌田貢寿(内): 移植, 31(4): 320〜326, 1996.

1339. [原著] 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術の成績とその追加治療について. 嶋尾仁,比企能樹,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,高野容幸,小林伸行,三重野寛喜,榊原譲,柿田章(外): 消化器外科, 19(5): 591〜601, 1996.

1340. [原著] 胃癌治療におけるレーザーの位置づけ. 比企能樹(外): 第16回日本レーザー医学会大会論文集, p.23〜31, 1995.

1341. [原著] 脳死低血圧状態における初期酸素化肝灌流の摘出肝保存に及ぼす効果. 伊藤義也,柿田章,高橋毅,今井潔,佐藤光史(外): 低温医学, 22(4): 358〜364, 1996.

1342. [原著] 膵癌の腹部疼痛に対する外科的除痛法: 胸腔鏡下内臓神経切離術. 高橋毅,泉家久直,古田一徳,飯野善一郎,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 日本外科系連合学会雑誌, 21(5): 887〜892, 1996.

1343. [原著] 腹腔鏡下胃癌手術の可能性と限界. 嶋尾仁,比企能樹,桜本信一,荒井義孝,森瀬昌樹,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,柿田章(外),田辺聡(内): 日本内視鏡外科学会誌, 2(1): 16〜20, 1997.

1344. [原著] 膵分化型腺管腺癌から得られた細胞株PA1の線維芽細胞培養上清及び間質細胞外マトリックスへの走化性遊走能の研究. 梶田咲美乃(外): 北里医学, 26(4): 220〜231, 1996.

1345. [原著] 再発例からみたS状結腸捻転症の治療法に関する検討. 塚本秀人,川上敬人,菊池史郎,滝島常雅,大谷剛正,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 北里医学, 26(6): 436〜440, 1996.

1346. [準原著(英文)] Hormonokinetics and histopathological evaluation of rabbit brain death model. 今井潔,佐藤光史,伊藤義也,中山義介,高橋毅,柿田章(外): Transplant. Proc., 28(3): 1273〜1274, 1996.

1347. [準原著(英文)] Effects of oxygenation during initial perfusion of the liver on the hepatic energy metabolism and morphology following a simple hypothermic storage in brain-dead rabbits. 伊藤義也,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): Transplant. Proc., 29: 359〜361, 1997.

1348. [準原著] 近赤外分光法による間歇性跛行の評価−歩行距離と回復時間の関係, 及び下肢挙上負荷による評価−. 佐藤一喜,金城正佳,西山直久,柿田章(外): 血管無侵襲診断法研究会誌, 16: 65〜66, 1996.

1349. [準原著] 悪性疾患出血. 塚本秀人,菊池史郎,嶋尾仁,比企能樹(外),田辺聡,近藤一英,三橋利温(内): 消化器内視鏡, 8(9): 1257〜1261, 1996.

1350. [準原著] Is laser therapy effective for the treatment of early gastric cancer in patients with a relative indication for endoscopic therapy? 嶋尾仁,三重野寛喜,高野容幸,森瀬昌樹,小林伸行,榊原譲,比企能樹(外): 第16回日本レーザー医学会大会論文集, p.43〜52, 1996.

1351. [準原著] Endoscopic stenting for palliative therapy of esophagogastric malignant stenosis. 嶋尾仁,比企能樹,榊原譲,三重野寛喜,小林伸行,森瀬昌樹,高野容幸,柿田章(外): 日本気管食道科学会会報, 47(2): 160〜165, 1996.

1352. [短報・速報] Intraoperative endoscopic sphincterotomy during laparoscopic cholecystectomy. 中島博史,大久保尚,増子佳弘,大沢昌平,小笠原和宏,上林正昭,秦温信,奥哲男(釧路労災病院),高橋毅(外): Endoscopy, 28(2): 264, 1996.

1353. [研究報告(厚生省)] 肝膵同時切除の病態と切除限界に関する基礎的・臨床的研究−特に手術侵襲の指標および肝不全治療の問題点についての臨床的検討−. 柿田章,吉田宗紀,高橋毅,泉家久直,古田一徳,木村徹,河野圭一,北村雅也,飯野善一郎,大宮東生(外): 厚生省がん研究助成金「胆道がん,膵頭部がんの拡大切除における根治性と安全性向上に関する研究」平成7年度研究報告書, p.122〜130, 1996.

1354. [研究報告(厚生省)] がんに対する内視鏡的治療法の評価とその適応拡大に関する研究. 白尾国昭(国立がんセンター),加藤治文(東京医大),吉田操(都立駒込病院),藤盛孝博(神戸大),多田正弘(山口大),嶋尾仁(外),池田昌弘(国立 大阪病院),斉藤忠範(国立札幌病院),細川鎮史(国立病院四国がんセンター): 厚生省がん研究助成金による研究報告集平成7年度, p.428〜434, 1996.

1355. [研究報告(厚生省)] 肝内結石症の神経における形態学的研究. 柿田章,田所文彦,吉田宗紀,高橋毅,飯野善一郎,古田一徳,泉家久直(外): 平成7年度厚生省特定疾患肝内結石症調査研究班報告書, p.54〜60, 1996.

1356. [症例報告] 大腸癌術後10年目に認められた転移性十二指腸癌の1例. 池永誠,西八嗣,立石晋,榎本拓茂,荒井義孝(外),高野康雄(病理),比企能樹,柿田章(外): 日本臨床外科医学会雑誌, 57(7): 1635〜1640, 1996.

1357. [臨床治験] がん治療に寄与する磁気共鳴画像. 朝倉英男,古波倉史子,国場幸均(外): Innervision, 11(3): 71〜76, 1996.

1358. [臨床治験] Intragastric Surgeryにおける腸管内空気遮断法の工夫. 金田悟良,木村徹,国場幸均,雨宮明文,古波倉史子,高橋俊毅(外): 消化器内視鏡の進歩, (48): 51〜54, 1996.

1359. [臨床治験] メシル酸セピモスタット(FUT-187)の胃切除後逆流性食道炎に対する後期臨床第U相試験成績−二重盲検法による臨床至適用量の検討−. 阿部令彦,吉野肇一(慶大),内野純一(北大),松野正紀(東北大),木村幸三郎(東京医大),鈴木博孝(東京女医大),青木照明(東京慈医大),比企能 樹(外),三富利夫,幕内博康(東海大),高木弘(名大),森武貞(阪大),掛川暉夫(久留米大),杉田稔(東海大): 薬理と治療, 24(4): 821〜835, 1996.

1360. [総説] 消化器外科における深在性真菌症. 塚本秀人,柿田章(外): Medicament News, (1536): 2〜4, 1997.

1361. [総説] 食道狭窄. 嶋尾仁,森瀬昌樹,比企能樹(外): Medicina, 34(3): 434〜436, 1997.

1362. [総説] Laser焼灼術. 嶋尾仁,比企能樹(外): Modern Physician, 16(11): 1377〜1380, 1996.

1363. [総説] A simpler and more reliable technique of pancreatojejunal anastomosis. 柿田章,高橋毅,吉田宗紀,古田一徳(外): Surg. Today, 26: 532〜535, 1996.

1364. [総説] 治療内視鏡の問題点−心構えと倫理−. 比企能樹(外): カレント内科, 9: 4〜13, 1996.

1365. [総説] 内視鏡下手術の経済学. 比企能樹(外): 医学のあゆみ, 179(9): 548〜552, 1996.

1366. [総説] 医療経済と外科. 比企能樹(外): 外科診療, 38(12): 1397〜1404, 1996.

1367. [総説] 医療材料, 用具と保険請求. 比企能樹(外): 外科診療, 38(5): 571〜576, 1996.

1368. [総説] 内視鏡検査と所見の読み方. 高野容幸,嶋尾仁,比企能樹(外): 外科診療, 38(増刊): 99〜104, 1996.

1369. [総説] PEGの開発, 適応, 栄養注入. 嶋尾仁(外): 在宅医療, 3(2): 87〜90, 1996.

1370. [総説] 膵腸吻合における新しい工夫−柿田式膵空腸密着縫合法の手技−. 柿田章,吉田宗紀,高橋毅(外): 手術, 50(11): 1867〜1873, 1996.

1371. [総説] 腹部内臓性疼痛に対する胸腔鏡下内臓神経切離術. 高橋毅,柿田章,吉田宗紀,島田謙,北村雅也,比企能樹(外): 手術, 50(13): 2141〜2147, 1996.

1372. [総説] 肝硬変. 柿田章,高橋毅(外): 消化器外科, 19(6): 966〜969, 1996.

1373. [総説] 執筆) 外科病棟医のための術前・術後管理; 急性胃拡張, p.179, 塚本秀人,比企能樹(外). 編集 小澤和恵(滋賀医大),杉町圭蔵(九大),松野正紀(東北大), 金原出版, 東京,96.07.30発行.

1386. [学術書] (分担執筆) 薬の正しい使い方; ダンピング症候群, p.184〜185, 塚本秀人,比企能樹(外). 編集 本間光夫(慶大),上田慶二(東京都多摩老人医療センター),伊賀立二(東大), 日本医師会, 東京,96.11.15発行.

1387. [学術書] (分担執筆) がん化学療法の副作用対策: Supportive Therapy for Quality of Life; 在宅化学療法, p.463〜470, 大谷剛正,比企能樹,柿田章(外). 編集 赤沢修吾,有吉寛,石谷邦彦,栗原稔,桜井雅温,佐々木常雄,塚越茂, 先端医学社, 東京,96.11.20発行.

1388. [学術書] (分担執筆) 新外科学大系, 追補1. 消化管の外科; 胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術, p.115〜123, 嶋尾仁,比企能樹(外). 編集 今村正之(京大),小川道雄(熊本大),中尾昭公(名大),中塚貴志(東大),畠山勝義(新潟大),松田暉(阪大),宮野武(順大), 中山書店, 東京,96.12.20発行.

1389. [学術書] (分担執筆) 静脈およびリンパ管疾患と外科; 一次性下肢静脈瘤の治療と再発, p.37〜38, 金城正佳,佐藤一喜,西山直久,柿田章(外). 編集 今脇節朗(香川医大), 日本アクセル・シュプリンガー出版, 東京,97.02.25発行.

1390. [学術書] (分担執筆) 静脈およびリンパ管疾患と外科; 直腸癌に起因すると思われた深部静脈血栓症の1例. 西山直久,金城正佳,佐藤一喜,朝長哲弥,島津盛一,柿田章(外). 編集 今脇節朗(香川医大), 日本アクセル・シュプリンガー出版, 東京,97.02.25発行.

1391. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 別冊日本臨床領域別症候群シリーズNo.11; 骨盤腔平滑筋芽腫, 11: 129〜132, 高橋俊毅(外). 編集 上銘外喜夫, 日本臨床社, 大阪,96.12.15発行.

1392. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 別冊: 日本臨床領域別症候群シリーズ, No.11; 仙骨前腫瘍, 11: 133〜136, 高橋俊毅(外). 編集 上銘外喜夫, 日本臨床社, 大阪,96.12.15発行.

1393. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 別冊, 日本臨床領域別症候群シリーズ, No.11; 仙骨前嚢胞状腫瘍, 11: 140〜142, 古波倉史子,高橋俊毅(外). 編集 上銘外喜夫, 日本臨床社, 大阪,96.12.25発行.

1394. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 医学英和大事典; 柿田章(外). 編集 加藤勝治, 南山堂, 東京,97.02.03発行.

1395. [学会(国際)] (特別講演) Philipp Franz von Siebold in Japan als Wundarzt, Operateur und Mediziner. 比企能樹(外): 第73回ドイツ・バイエルン外科学会 (96.07.20), Wurzburg.

1396. [学会(国際)] (教育講演) Endoscopic treatment of early gastric cancer. 嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第9回ヨーロッパ消化器内視鏡学会 (96.12.05), ストラスブール, フランス.

1397. [学会(国際)] (シンポジウム等) Endoscopic threatment for early gastric cancer; Laparoscopic surgery. 片田夏也,嶋尾仁,桜本信一,比企能樹(外): The Society for Asian Pacific Laser Medicine and Surgery (96.10.00), Seoul.

1398. [学会(国際)] (一般講演) A six year study with antithrombotic therapy for DVT. 西山直久,金城正佳,佐藤一喜,島津盛一,柿田章(外): 2nd Congress of the Asian Vascular Society (96.06.03), 韓国, ソウル.

1399. [学会(国際)] (一般講演) Laparoscopic treatment for CBD stone patient(ビデオ). 金田悟良,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 10th Asian-Pacific Congress of Gastroenterology (96.09.20〜27), 横浜.

1400. [学会(国際)] (一般講演) Endoscopic treatment of early gastric cancer; comparison of EMR with the combination therapy of EMR plus laser therapy. 嶋尾仁,小林伸行,菊池史郎,森瀬昌樹,荒井義孝,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 10th Asian-Pacific Congress of Gastroenterology (96.09.20〜27), 横浜, Abstracts, p.125, 1996.

1401. [学会(国際)] (一般講演) Can fetal xeno-whole organ (heart, lung, kidney, and liver) grafts escape from hyperacute rejection in experimental discordant combination comparing with adult xenografts? 辻公美,木勢佳史,竹部兼太郎,志村龍男,金井伸行,萩原政夫,北村真,平賀聖悟(東海大),佐藤光史,高橋毅,柿田章(外),吉田佳嗣,五条理志,北村 惣一郎(奈良医大),中島伸,加藤治文(東京医大): 5th International Congress of the Middle East Society for Organ Transplantation (96.10.20〜24), Cyprus.

1402. [学会(国際)] (一般講演) Inhibition of apoptosis is an early feature in the dysplasia; carcinoma sequence of Barrett's esophagus. 片田夏也(外),T.C. Smyrk,平林直樹,G. Perdikis,R.J. Lund,C.J. Filipi,R.A. Hirder(クレイトン大): Western Surgical Association, Annual Meeting (96.11.00), Portland, U.S.A.

1403. [学会(国際)] (ポスター講演) Duodeno-esophageal reflux induces apoptosis in rat esophageal mucosa. 片田夏也(外),平林直樹,P.R. Hinder,G. Perdikis,R.J. Lund,D. Bagchi,M. Bagchi,T.E. Adrian,T.C. Smyrk,R.A. Hinder(クレイトン大): Annual Meeting of American Gastroenterological Association (96.05.19〜22), San Francisco, USA, Gastroenterology, 110: 734, 1996.

1404. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of oxygenation during initial perfusion of the liver on the hepatic energy metabolism and morphology following a simple hypothermic storage in brain-dead rabbits. 伊藤義也,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 16th International Transplantation Congress of the Society (96.08.25〜30), Barcelona, Spain.

1405. [学会(国際)] (ポスター講演) An effective biopsy method for submucosal tumor in stomach. 嶋尾仁,比企能樹,三重野寛喜,荒井義孝,森瀬昌樹,小林伸行,榊原譲,菊池史郎,柿田章(外): 15th World Congress of CICD (96.09.14), Seoul, Abstracts, p.175, 1996.

1406. [学会(国際)] (ポスター講演) A role of endoscopic mucosal resection (EMR) and laser irradiation for early gastric cancer. 森瀬昌樹,嶋尾仁,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),横山靖,今泉弘,田辺聡(内): 5th United European Gastroenterology Week (96.11.05), Paris, Endoscopy, 28(Suppl.): 30, 1996.

1407. [学会(国際)] (ポスター講演) Flow cytometric DNA analysis, clinico-pathological study and prognostic factors of MP gastric cancer (multivariate regression analysis by COX's proportional hazards model). 森瀬昌樹,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 5th United European Gastroenterology Week (96.11.05), Paris, Gut, 39(Suppl.): 159, 1996.

1408. [学会(全国)] (会頭(会長)講演) 北里大学病院における手術部運営25年の歴史−未来に向けて−. 柿田章(外): 第18回日本手術医学会総会 (96.09.26), 横浜, 日本手術医学会誌, 17(臨): 25, 1996.

1409. [学会(全国)] (シンポジウム等) 潰瘍性大腸炎の外科的治療法とその手術適応. 大谷剛正,古川祐介,西山保比古,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第96回日本外科学会総会 (96.04.10), 千葉, 日本外科学会雑誌, 97(臨増): 44, 1996.

1410. [学会(全国)] (シンポジウム等) 在宅医療の最前線−患者のQOL向上を目指して. 嶋尾仁(外): DDW-Japan 1996 KOBE (96.04.20), 神戸.

1411. [学会(全国)] (シンポジウム等) 成人鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術の適応と手技. 金田悟良,池田篤,加藤隆,笹本信幸,佐藤牧,川上敬人,木村徹,国場幸均,雨宮明文,古波倉史子,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第21回日本外科系連合学会 (96.06.19〜21), 東京.

1412. [学会(全国)] (シンポジウム等) 膵頭十二指腸切除術における膵腸吻合の新しい工夫−膵空腸密着縫合法の手技と安全性−. 吉田宗紀,柿田章,高橋毅,北村雅也,飯野善一郎,比企能樹(外): 第21回日本外科系連合学会 (96.06.20), 東京, 日本外科系連合学会雑誌, 21(3): 299, 1996.

1413. [学会(全国)] (シンポジウム等) PEGの手技と患者にとってのメリット. 嶋尾仁(外): 第48回日本消化器外科学会総会 (96.07.18), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 29(6): 19, 1996.

1414. [学会(全国)] (シンポジウム等) 後腹膜腫瘍手術において下大静脈・回結腸動脈損傷をきたした1症例. 西山直彦,金城正佳,佐藤一喜,柿田章(外): 第6回血管外科シンポジウム (96.09.21), 岡山.

1415. [学会(全国)] (シンポジウム等) 合併症を起こさないための新しい膵腸吻合の術式−膵貫通縫合による膵空腸密着吻合の有用性−. 吉田宗紀,柿田章,高橋毅,北村雅也,飯野善一郎,島田謙,古田一徳,比企能樹(外): 第49回日本消化器外科学会総会 (96.09.21), 福岡, 日本消化器外科学会雑誌, 30(2): 276, 1997.

1416. [学会(全国)] (シンポジウム等) 在宅癌治療における在宅中心静脈栄養法の経験と問題点. 大谷剛正,古川祐介,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.02), 東京, 日本癌治療学会誌, 31(8): 37, 1996.

1417. [学会(全国)] (シンポジウム等) 早期胃癌の内視鏡治療−遺残癌に対する処置. 嶋尾仁,比企能樹,榊原譲,荒井義孝,森瀬昌樹,小林伸行,菊池史郎,柿田章(外): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.03), 東京, 抄録号, p.33, 1996.

1418. [学会(全国)] (シンポジウム等) 早期胃癌ことに相対的適応例に対するNd-YAG Laserの治療効果. 嶋尾仁,小林伸行,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,桜本信一,塚本秀人,柿田章(外): 第17回日本レーザー医学会大会 (96.11.07), 神戸, 抄録集, p.57, 1996.

1419. [学会(全国)] (シンポジウム等) ストーマ造設患者に対する精神科受診の意義と活用について. 松原康美,中村秀代,和知さとみ,岡田祐子,伊勢田明子,高橋由香,片岡由希子(看護部),西山保比古,大谷剛正(外): 第14回日本ストーマリハビリテーション学会 (97.02.08), 山梨.

1420. [学会(全国)] (シンポジウム等) 横行結腸癌症例の至適切除範囲における臨床病理学的検討. 井原厚,大谷剛正,野沢直史,西山保比古,辻亮作,岡村律子,新井伸康,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第49回日本消化器外科学会総会 (97.02.20), 福岡, 日本消化器外科学会雑誌, 30(2): 100, 1997.

1421. [学会(全国)] (シンポジウム等) 逆流性食道炎, バレット食道, 食道腺癌におけるアポトーシスの役割. 片田夏也,嶋尾仁,比企能樹,柿田章(外),Hinder, R.A.(Creighton Univ.): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.13), 高知, 日本腹部救急医学会雑誌, 17(1), 1997.

1422. [学会(全国)] (シンポジウム等) 腹部大動脈瘤破裂症例の検討. 西山直久,金城正佳,佐藤一喜,金沢秀紀,立石晋,島津盛一,滝島常雅,柿田章(外): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.14), 高知.

1423. [学会(全国)] (ワークショップ) 胃粘膜下腫瘍に対する生検法に関する検討−Percutaneous transgastric submucosal tumor biopsy (PTSB)−. 高野容幸,三重野寛喜,嶋尾仁,森瀬昌樹,小林伸行,榊原譲,比企能樹(外): 第48回日本消化器外科学会総会 (96.07.19), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 29(6): 149, 1996.

1424. [学会(全国)] (ワークショップ) 穿孔性胃・十二指腸潰瘍に対する保存的治療の適応と限界. 塚本秀人,荒井義孝,森瀬昌樹,菊池史郎,滝島常雅,嶋尾仁,石田和夫,三重野寛喜,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),平田光博,杉本勝彦(救 命): 第27回腹部救急医学会総会 (96.09.05), 盛岡, 日本腹部救急医学会雑誌, 16(4): 739, 1996.

1425. [学会(全国)] (ワークショップ) 高齢者における虫垂炎症例の検討. 渡辺健児,塚本秀人,池田篤,桜本信一,柿田章(外): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.13), 高知.

1426. [学会(全国)] (ワークショップ) 肝細胞癌破裂症例に対する初期治療方針. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,北村雅也,比企能樹,柿田章(外),磯部義憲(放): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.13), 高知, 日本腹部救急医学会雑誌, 17(1): 130, 1997.

1427. [学会(全国)] (一般講演) 内視鏡下切開・拡張術により経口摂取可能となった喉頭癌術後食道完全閉塞の1例. 高野容幸,嶋尾仁,森瀬昌樹,小林伸行,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外): 第51回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan 96) (96.04.19), 神戸.

1428. [学会(全国)] (一般講演) 当院における胆管細胞癌の進展形式とその治療成績. 北村雅也,吉田宗紀,木村徹,大沼田治,飯野善一郎,古田一徳,泉家久直,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第32日本肝臓学会総会 (96.04.19), 神戸, 肝臓, 37(Suppl.1): 166, 1996.

1429. [学会(全国)] (一般講演) 家兎脳死モデルにおける初期冷却灌流の酸素化が摘出肝に及ぼす保存効果. 伊藤義也,高橋毅,今井潔,佐藤光史,柿田章(外): 第3回日本臓器保存生物医学会総会 (96.05.23〜24), 東京.

1430. [学会(全国)] (一般講演) Can thoracoscopic splanchnicectomy be a treatment of choice for intractable abdominal pain? 高橋毅,柿田章,吉田宗紀,飯野善一郎,北村雅也,比企能樹(外): 第21回日本外科系連合学会 (96.06.19〜21), 東京, 日本外科系連合学会雑誌, 21(3): 562, 1996, プログラム, p.328, 1996.

1431. [学会(全国)] (一般講演) 乳腺Paget病14例の臨床病理学的検討−乳頭病変限局型と乳房内腫瘤合併型の悪性度の比較検討. 蔵並勝,渡辺健児,竹中晴幸,刑部東治,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第4回日本乳癌学会総会 (96.06.27〜28), 東京, 抄録集, p.25, 1996.

1432. [学会(全国)] (一般講演) 肝除神経後の肝神経再生と肝血行動態の変化. 伊藤義也,高橋毅,飯野善一郎,田所文彦,佐藤光史,柿田章(外): 第48回日本消化器外科学会総会 (96.07.18〜19), 東京,

1433. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆摘術後の胆管, 胆管周囲画像及び胆汁排泄機能変化における検討. 金田悟良,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第48回日本消化器外科学会総会 (96.07.18〜19), 東京.

1434. [学会(全国)] (一般講演) 結腸間膜デスモイドの1例. 西八嗣,板橋浩一,佐藤幸一,立石晋,田所文彦,八十川要平(外): 第48回日本消化器外科学会総会 (96.07.18), 東京.

1435. [学会(全国)] (一般講演) 膵管胆道合流異常症の胆道系癌の発生に対する分子生物学的検討−DNA ploidy patternおよびp53の発現について−. 北村雅也,高橋毅,飯野善一郎,古田一徳,泉家久直,吉田宗紀,比企能樹,柿田章,梶田咲美乃(外): 第48回日本消化器外科学会総会 (96.07.18), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 29(6): 1338, 1996.

1436. [学会(全国)] (一般講演) 直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の有用性について. 大谷剛正,西山保比古,古川祐介,野沢直史,笹本浩,荒井義孝,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第48回日本消化器外科学会総会 (96.07.18), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 29(7): 346, 1996.

1437. [学会(全国)] (一般講演) 人工肛門造設に伴い下腹壁動脈に仮性動脈瘤を形成した1症例. 河野圭一,西山保比古,野沢直史,古川祐介,井原厚,大谷剛正,比企能樹,柿田章(外),堀池重治(放): 第27回腹部救急医学会総会 (96.09.05), 盛岡, 日本腹部救急医学会雑誌, 16: 100, 1996.

1438. [学会(全国)] (一般講演) 巨脾例の脾機能亢進症に対する選択的遠位脾腎静脈吻合術(DSRS)の意義と限界. 目黒順一,田中三津子,高橋昌宏,玉置透,久木田和丘,米川元樹(札幌北楡病院),柳田尚之,岡野正裕(北大),石崎彰(旭川医大),高橋禎人(外),川 村明夫(札幌北楡病院): 第3回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (96.09.07), 札幌.

1439. [学会(全国)] (一般講演) 胃食道静脈瘤直達手術の治療成績. 北村雅也,高橋毅,島田謙,森瀬昌樹,古田一徳,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),国分茂博(内): 第3回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (96.09.07), 札幌, 抄録集, p.59, 1996.

1440. [学会(全国)] (一般講演) 胃内視鏡施行時の腸管内空気遮断法の工夫(ビデオ). 金田悟良,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.19), 横浜.

1441. [学会(全国)] (一般講演) 食道気管支瘻に対するステント治療の成績. 嶋尾仁,小林伸行,高野容幸,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.20), 横浜, Gastroenterol. Endosc., 38(Suppl. 2): 1862, 1996.

1442. [学会(全国)] (一般講演) 内視鏡的胃瘻造設術における減圧効果の検討. 森瀬昌樹,嶋尾仁,高野容幸,高橋厚,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (96.09.20), 横浜, Gastroenterol. Endosc., 38(Suppl.): 1856, 1996.

1443. [学会(全国)] (一般講演) 膵胆道合流異常症における胆嚢・胆管の免疫組織学的検討. 北村雅也,高橋毅,飯野善一郎,古田一徳,泉家久直,吉田宗紀,比企能樹,柿田章,梶田咲美乃(外): 第82回日本消化器病学会大会 (96.09.22), 横浜, プログラム, p.70, 1996.

1444. [学会(全国)] (一般講演) 人工血管狭窄症例に対するdirectional atherectomy (DA)の有用性. 石崎彰,久木田和丘(札幌北楡病院),高橋禎人(外),柳田尚之,岡野正裕,須藤純一,高橋昌宏,田中三津子,目黒順一,玉置透,米川元樹,川村明夫(札 幌北楡病院): 第34回日本人工臓器学会 (96.10.02), 東京.

1445. [学会(全国)] (一般講演) 胃癌穿孔の臨床的検討. 松崎博行(外),清水一起,不動寺紙明,青木重憲,三輪博久(茅ヶ崎徳洲会総合病院): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07), 横浜, 日本救急医学会雑誌, 7(9): 493, 1996.

1446. [学会(全国)] (一般講演) 異種胎児肝移植(ブタ→ビーグル)およびヒト血清潅流の研究. 竹部兼太郎,金井伸行,バトムンフ・ムンフバト,萩原政夫,辻公美,平賀聖悟,北村真,佐野哲夫,角田隆俊,木勢佳史(東海大),志村龍男,長町幸雄(群 馬大),高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第32回日本移植学会総会 (96.10.24〜25), 鹿児島, 移植, 31(総臨): 232, 1996.

1447. [学会(全国)] (一般講演) 異種胎児臓器移植は超急性拒絶反応を回避し得る; 心・肺・腎・肝の比較検討. 萩原政夫,竹部兼太郎,金井伸行,木勢佳史,角田隆俊,北村真,辻公美,平賀聖悟(東海大),高橋毅,佐藤光史,柿田章(外),吉田佳嗣,五条理志,北村 惣一郎(奈良医大),中島伸,三浦豊章,加藤治文(東京医大): 第32回日本移植学会総会 (96.10.24〜25), 鹿児島, 移植, 31(総臨): 263, 1996.

1448. [学会(全国)] (一般講演) 右外鼠径, 大腿ヘルニア合併例に対する腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術. 笹本信幸,金田悟良,児玉利勝,上野琢哉,旗手和彦,福田滋,木村徹,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第51回国立病院療養所総合医学会 (96.10.25), 千葉.

1449. [学会(全国)] (一般講演) 原因不明のS状結腸狭窄の1手術例. 西山保比古,大谷剛正,井原厚,野沢直史,河野圭一,石川博和,金沢秀紀,比企能樹,柿田章(外): 日本大腸肛門病学会総会 (96.10.27), 青森, 日本大腸肛門病学会雑誌, 49: 748, 1996.

1450. [学会(全国)] (一般講演) 脾過誤腫の1例. 八十川要平,西八嗣,田所文彦,立石晋,近藤康史,鈴木哲太郎,遠藤晃彦(外): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28), 京都.

1451. [学会(全国)] (一般講演) 絞扼性イレウスの早期診断における血液生化学的検査の有用性. 伊藤義也,菊池史郎,近藤康史,稲木英治,塚本秀人,石田和夫,佐藤光史,柿田章(外): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28〜30), 京都.

1452. [学会(全国)] (一般講演) 腸管膜様包嚢症の2症例. 雨宮明文,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28〜30), 京都.

1453. [学会(全国)] (一般講演) 肥厚性幽門狭窄症に対する保存療法は有害無益か. 石田和夫,榎本拓茂,阿曽和哲,柿田章(外),大田剛穂,小島邦彦,松浦信夫(児): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28〜30), 京都.

1454. [学会(全国)] (一般講演) 心臓手術後の抗血栓療法と一般外科手術. 松沢克典,堤修(外),小松恒弘(小白川至誠堂病院),松沢信五(至誠堂総合病院),比企能樹,柿田章(外): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28〜30), 京都, 抄録集, p.455, 1996.

1455. [学会(全国)] (一般講演) 気腹, 腹壁挙上併用による腹腔鏡補助下低位前方切除術の経験(ビデオ). 国場幸均,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.29), 京都.

1456. [学会(全国)] (一般講演) 胆嚢癌と鑑別を要した胆嚢黄色肉芽腫(Xanthogranulomatous cholecystitis)の2例. 北村雅也,吉田宗紀,高橋禎人,島田謙,飯野善一郎,古田一徳,高橋毅,比企能樹,柿田章(外),三富弘之,岡安勲(病理): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.29), 京都, 日本臨床外科医学会雑誌, 57(増): 392, 1996.

1457. [学会(全国)] (一般講演) 原発性胃小細胞癌の1例. 茂木浩子,佐藤幸一,今井潔(外),氏家茂樹,田中昇(淵野辺総合病院): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.30), 京都, 日本臨床外科医学会雑誌, 57(増刊): 433, 1996.

1458. [学会(全国)] (一般講演) 虚血肢の歩行時筋酸素動態と筋血流の解析. 佐藤一喜,金城正佳,西山直久,柿田章(外): 第37回日本脈管学会総会 (96.11.15), 京都, 脈管学, 36: 757, 1996.

1459. [学会(全国)] (一般講演) 微細石灰化像で発見されたT0乳癌からみた石灰化像の特徴. 渡辺健児,竹中晴幸,蔵並勝,石田和夫,柿田章(外): 第6回日本乳癌検診学会総会 (96.11.21), 仙台.

1460. [学会(全国)] (一般講演) 微細石灰化像への対応−初診時生検群と経過観察群の比較から. 秋山憲義(外),南雲功,渡辺出,山広昇(国立相模原病院): 第6回日本乳癌検診学会 (96.11.22), 仙台.

1461. [学会(全国)] (一般講演) 乳癌超音波検査の検討. 南雲功,渡辺出(国立相模原病院),秋山憲義,雨宮明文(外): 第6回日本乳癌検診学会 (96.11.22), 仙台.

1462. [学会(全国)] (一般講演) ラット長期肝保存と飢餓誘導性ストレス蛋白質. 高橋禎人(外),玉置透,田中三津子(札幌北楡病院),此枝義記(実験動物中央研),川村明夫(札幌北楡病院): 第3回日本低体温医学会 (96.11.22), 倉敷.

1463. [学会(全国)] (一般講演) 塩酸ドパミン(DOA)の反応からみた除神経肝の病態生理. 伊藤義也,高橋毅,飯野善一郎,佐藤光史,柿田章(外): 第8回日本肝胆膵外科学会 (96.11.28〜29), 大阪.

1464. [学会(全国)] (一般講演) 外科学会総会 (97.02.20), 福岡.

1472. [学会(全国)] (一般講演) 早期胃癌の迷走神経温存手術における術後胆嚢機能評価の検討. 雨宮明文,上野琢哉,旗手和彦,児玉利勝,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外),笹下薫(国立相模原病 院): 第49回日本消化器外科学会総会 (97.02.20), 福岡, 日本消化器外科学会雑誌, 30(2): 267, 1997.

1473. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆摘術後の胆管・胆管周囲画像及び胆汁排泄機能変化における検討. 金田悟良,児玉利勝,旗手和彦,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第49回日本消化器外科学会総会 (97.02.20), 福岡, 日本消化器外科学会雑誌, 30(2): 286, 1997.

1474. [学会(全国)] (一般講演) 胃切除後の患者に対するアカルボースの有用性. 大島行彦,上野聡一郎,原英,日吉利光,小川憲章,近藤賢司,星野弘樹,小沢平太,中村秀夫(外): 第49回日本消化器外科学会総会 (97.02.20〜21), 福岡, 日本消化器外科学会雑誌, 30(2): 433, 1997.

1475. [学会(全国)] (一般講演) 微小凝集塊除去フィルター(Finecell)を用いた白血球除去の新たなる試み−自己免疫治療への応用. 石崎彰(札幌北楡病院),高橋禎人(外),柳田尚之,岡野正裕,高橋昌宏,田中三津子,玉置透,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第9回日本医工学治療学会学術大会 (97.02.22), 広島.

1476. [学会(全国)] (一般講演) 穿孔性胃・十二指腸潰瘍に対する治療法の変遷と今後の治療方針. 塚本秀人,荒井義孝,森瀬昌樹,桜本信一,菊池史郎,滝島常雅,嶋尾仁,石田和夫,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),平田光博,杉本勝彦(救 命): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.13), 高知, 日本腹部救急医学会雑誌, 17(1): 151, 1997.

1477. [学会(全国)] (一般講演) 当院における自殺企図による腹部刺創例の検討. 上野聡一郎,大島行彦,小沢平太,星野弘樹,近藤賢司,原英,小川憲章,日吉利光,中村秀夫(外): 第28回日本腹部救急医学会総会 (97.03.14), 高知, 日本腹部救急医学会雑誌, 17(1): 194, 1997.

1478. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト大腸癌転移モデルにおける特異的Protein Kinase C (PKC) isoformの発現. 蔵並勝,比企能樹,柿田章(外),F.G. Guillem,A.M. Cohen(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): 第96回日本外科学会総会 (96.04.11), 千葉, 日本外科学会雑誌, 97(臨増): 317, 1996.

1479. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性腎不全による血液透析患者の腹部外科手術の術前重症度評価. 佐藤光史,鹿取正道,荒井義孝,伊藤義也,菊池史郎,塚本秀人,三重野寛喜,比企能樹,柿田章(外): 第96回日本外科学会総会 (96.04.12), 千葉, 日本外科学会雑誌, 97(臨増): 396, 1996.

1480. [学会(全国)] (ポスター講演) 肝除神経後における塩酸ドパミンの肝血行動態に与える影響. 伊藤義也,高橋毅,飯野善一郎,佐藤光史,柿田章(外): 第32回日本肝臓学会総会 (96.04.19〜20), 神戸, 肝臓, 37(Suppl.1): 218, 1996.

1481. [学会(全国)] (ポスター講演) 総排泄型鎖肛根治手術3例の検討. 石田和夫,朝長哲弥,榎本拓茂,梶田咲美乃,柿田章(外): 第33回日本小児外科学会総会 (96.06.27), 宝塚, 日本小児外科学会雑誌, 32(3): 527, 1996.

1482. [学会(全国)] (ポスター講演) CAS 200Rによる乳癌細胞核DNA量の生物学的悪性度. 渡辺健児,塚本秀人,蔵並勝,竹中晴幸,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第4回日本乳癌学会総会 (96.06.28), 東京.

1483. [学会(全国)] (ポスター講演) 直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の有用性について. 西山保比古,大谷剛正,古川祐介,野沢直史,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第45回大腸癌研究会 (96.07.05), 東京, プログラム, p.98, 1996.

1484. [学会(全国)] (ポスター講演) 肝除神経の肝機能, 肝エネルギー代謝に及ぼす効果. 伊藤義也,高橋毅,飯野善一郎,佐藤光史,柿田章(外): 第38回日本消化器病学会大会 (96.09.21〜23), 横浜.

1485. [学会(全国)] (ポスター講演) 当院における胃穿孔症例の検討. 上野聡一郎,大島行彦,小沢平太,星野弘樹,近藤賢司,小川憲章,原英(外),日吉利光,中村秀夫(上尾中央総合病院): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.09), 横浜, 日本救急医学会雑誌, 7(9): 622, 1996.

1486. [学会(全国)] (ポスター講演) 家兎脳死モデルにおける初期酸素化冷却灌流による肝保存効果. 伊藤義也,高橋毅,今井潔,阿曽和哲,中山義介,佐藤光史,柿田章(外): 第32回日本移植学会総会 (96.10.24〜25), 鹿児島.

1487. [学会(全国)] (ポスター講演) 乳癌との鑑別が困難であった乳房脂肪壊死の2例. 渡辺健児,蔵並勝,芦沢敏,竹中晴幸,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28), 京都.

1488. [学会(全国)] (ポスター講演) CDDP, VP16投与にて長期生存し得た膵原発小細胞癌の1例. 島田謙,吉田宗紀,北村雅也,片桐寛之,石井健一郎,宇井孝太郎,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28〜30), 京都, 日本臨床外科医学会雑誌, 57(増刊): 553, 1996.

1489. [学会(全国)] (ポスター講演) 腹壁瘢痕ヘルニア患者のブリスター包装錠剤による腸穿孔の1例. 高山伸,三木浩榮(大和市立病院),泉家久直(外),金淵一雄,棚橋達一郎,鈴木博,竹下利夫,大宮東生,中西良(大和市立病院): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28〜30), 京都, 日本臨床外科医学会雑誌, 57: 530, 1996.

1490. [学会(全国)] (ポスター講演) 家族性に発生した特異な顔面色素沈着を伴った両側乳房多発性繊維腺腫. 北條隆,竹下利夫,三木浩榮(大和市立病院),泉家久直(外),首籐昭彦,金淵一雄,棚橋達一郎,鈴木博,大宮東生,中西良(大和市立病院): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.28〜30), 京都, 日本臨床外科医学会雑誌, 57: 558, 1996.

1491. [学会(全国)] (ポスター講演) 出血部位の診断困難な小腸出血の1例. 根本雄治(外),栗原直人,篠原央,米川甫,古川俊治,町村貴郎,立松秀樹(国立大蔵病院): 第58回日本臨床外科医学会総会 (96.10.29), 京都, 日本臨床外科医学会雑誌, 57(増): 531, 1996.

1492. [学会(全国)] (ポスター講演) 下部胆管の完全閉塞をきたした良性胆道狭窄の1例. 立石晋,遠藤晃彦,鈴木哲太郎,近藤康史,田所文彦,西八嗣,八十川要平(外): 第49回日本消化器外科学会総会 (97.02.20), 福岡.

1493. [学会(全国)] (ポスター講演) 悪性度からみた虫垂カルチノイドの術式の検討. 佐藤武郎,伊藤義也,蔵並勝,榎本拓茂,中村考伸,桜本信一,塚本秀人,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第49回日本消化器外科学会総会 (97.02.20〜21), 福岡.

1494. [学会(全国)] (ポスター講演) 腹腔鏡下腸切除術の適応と問題点. 野沢直史,大谷剛正,西山保比古,古川祐介,笹本浩,国場幸均,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): j 胆道拡張症を合併し術前診断に苦慮した胆道癌の1例. 河野圭一,北村雅也,飯野善一郎,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第239回消化器病関東支部例会 (96.05.25), 東京.

1503. [学会(地方)] (一般講演) 再発鼠径ヘルニアに対する鏡視下ヘルニア修復術の検討(ビデオ). 木村徹,金田悟良,児玉利勝,上野琢哉,旗手和彦,福田滋,国場幸均,雨宮明文,古波倉史子,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第62回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.06.08), 東京.

1504. [学会(地方)] (一般講演) 腹壁瘢痕ヘルニア修復材としての凍結乾燥ヒト硬膜の有用性. 松沢克典,堤修(外),小松恒弘(小白川至誠堂病院),松澤信五(至誠堂総合病院),柿田章(外): 第131回東北外科集談会 (96.06.15), 仙台, 抄録集, p.20.

1505. [学会(地方)] (一般講演) Bowen病を疑われた浸潤性会陰部扁平上皮癌の1例. 児玉利勝,国場幸均,旗手和彦,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第761回外科集談会 (96.06.22), 大宮.

1506. [学会(地方)] (一般講演) 内視鏡的粘膜切除術を施行した微小胃カルチノイドの1例. 笹本信幸,雨宮明文,児玉利勝,上野琢哉,旗手和彦,福田滋,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第240回日本消化器病学会関東支部例会 (96.07.27), 東京.

1507. [学会(地方)] (一般講演) ステロイド服用中に増大傾向を認めた肝海綿状血管腫の1切除例. 片桐寛之,北村雅也,島田謙,宇井孝太郎,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第240回日本消化器病学会関東支部例会 (96.07.27), 東京, プログラム, p.10, 1996.

1508. [学会(地方)] (一般講演) 術前診断が困難であった異所性甲状腺癌の1例. 坂本いづみ,古川祐介(外),佐藤直夫,荒木夕宇子,照屋正則,上妻達也: 第762回外科集談会 (96.08.31), 東京.

1509. [学会(地方)] (一般講演) 絞扼性イレウスをきたした右傍十二指腸ヘルニアの1例. 黒山信一,伊藤義也,中村考伸,塚本秀人,佐藤光史,柿田章(外),山崎いづみ,小林明芳(内): 第241回日本消化器病学会関東支部例会 (96.09.14), 横浜.

1510. [学会(地方)] (一般講演) 甲状腺穿刺吸引細胞診の検討−特に濾胞癌の現状と問題点について. 横山大(病院病理部),大野英治,服部学(医療衛生学部),小林明子,豊永真澄,柿沼広邦(病院病理部),岩渕啓一,亀谷徹(病理),刑部東治(外),蔵 本博行(産婦): 第15回日臨細胞学会神奈川県支部会学術集会 (96.09.14), 相模原, 日臨細胞神奈川会誌, 2(1): 20, 1996.

1511. [学会(地方)] (一般講演) 乳腺Neuroendocrine carcinomaの1例. 長谷川健,渡辺健児,柳原正智,伊藤義也,蔵並勝,竹中晴幸,石田和夫,大場正已,柿田章(外),土橋洋,岩渕啓一(病理): 第86回神奈川県臨床外科医学会 (96.09.28), 平塚.

1512. [学会(地方)] (一般講演) 腹腔鏡下ヘルニア根治術の腹膜外法によるアプローチの際, 腹膜破裂を来した2症例. 山口裕一郎,船本慎作,木川三四郎,川上敬人,岸本一郎,羽広健仁,小芝章剛(札幌東徳洲会病院),比企能樹,柿田章(外): 第65回北海道外科学会 (96.09.28), 旭川, 北海道外科雑誌, 41(2): 142, 1996.

1513. [学会(地方)] (一般講演) 早期胃癌に合併した癌化を伴った盲腸過形成性ポリープの1症例. 大泉弘子,中川宗一,依田有生,鈴木岳,斉藤雅雄(札幌北楡病院),高橋禎人(外),石崎彰,柳田尚之,岡野正裕,田中三津子,高橋昌宏,玉置透,久木田 和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第79回日本消化器病学会北海道支部例会 (96.10.05), 札幌.

1514. [学会(地方)] (一般講演) 大腸癌肝転移切除例の検討. 岡野正裕(札幌北楡病院),高橋禎人(外),柳田尚之,石崎彰,高橋昌宏,田中三津子,久木田和丘,玉置透,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第79回日本消化器病学会北海道支部例会 (96.10.05), 札幌.

1515. [学会(地方)] (一般講演) 血中総分枝アミノ酸/チロシンモル比(BTR)は肝胆道系疾患の耐術能評価に有用である. 石崎彰(札幌北楡病院),高橋禎人(外),柳田尚之,岡野正裕,高橋昌宏,田中三津子,目黒順一,久木田和丘,玉置透,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第31回日本肝臓学会東部会 (96.11.07), 東京.

1516. [学会(地方)] (一般講演) 腹壁破裂に結腸閉鎖を合併した1治験例. 鹿取正道,石田和夫,朝長哲弥,星野弘樹,林修,田村幸穂,柿田章(外),小口弘毅(児): 第31回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (96.11.09), 東京.

1517. [学会(地方)] (一般講演) 総胆管拡張症の4例の検討. 鈴木哲太郎,遠藤晃彦,近藤康史,立石晋,田所文彦,西八嗣,八十川要平(外): 第22回日本消化器内視鏡学会埼玉部会 (96.11.09), 大宮.

1518. [学会(地方)] (一般講演) 胃癌再発による吻合部狭窄に食道用ステントが有効であった1例. 雨宮明文,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第63回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (96.11.29), 東京.

1519. [学会(地方)] (一般講演) まち針による気管支異物の1例. 旗手和彦,雨宮明文,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第87回神奈川県臨床外科医学会集談会 (96.11.30), 座間.

1520. [学会(地方)] (一般講演) 術後乳糜腹水を認めた腹部大動脈瘤切迫破裂の1症例. 石井健一郎,西山直久,金城正佳,佐藤一喜,柿田章(外): 第4回日本血管外科学会関東甲信越地方会 (96.11.30), 横浜.

1521. [学会(地方)] (一般講演) 術後, 両下肢麻痺を来した腹部大動脈瘤の1例. 黒山信一,佐藤一喜,金城正佳,西山直久,柿田章(外): 第4回日本血管外科学会関東甲信越地方会 (96.11.30), 横浜.

1522. [学会(地方)] (一般講演) 乳癌に対する一期的乳房再建術. 竹中晴幸,堀江和伸,岡村律子,仙石紀彦(外),桜本千恵子(麻),蓬本智美,遠藤恵(東芝林間病院),大場正已(外): 第17回神奈川県病院学会 (96.12.06), 横浜.

1523. [学会(地方)] (一般講演) 小網原発Neurilemmomaの1例. 柳原正智,島田謙,高橋毅,高橋禎人,北村雅也,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第242回日本消化器病学会関東支部例会 (96.12.07), 幕張, プログラム, p.6, 1996.

1524. [学会(地方)] (一般講演) 妊娠に併発した絞扼性イレウスの1例. 星野弘樹,上野聡一郎,小沢平太,近藤賢司,日吉利光,小川憲章,原英,大島行彦,中村秀夫(外): 第14回埼玉県外科集談会 (96.12.21), 浦和.

1525. [学会(地方)] (一般講演) 臀部巨大粉瘤の1例. 遠藤晃彦,鈴木哲太郎,近藤康史,立石晋,田所文彦,西八嗣,八十川要平(外): 第14回埼玉県外科集談会 (96.12.21), 浦和.

1526. [学会(地方)] (一般講演) 膵嚢胞腺癌転移性肝癌破裂の1例. 武田真智子,島田謙,北村雅也,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第88回神奈川県臨床外科医学会集談会 (97.02.08), 横浜.

1527. [学会(地方)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除後に挙上空腸静脈瘤から出血を来たしIVRが奏効した1例. 板橋浩一,島田謙,北村雅也,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),遠藤高(放): 第243回日本消化器病学会関東支部例会 (97.02.15), 大宮.

1528. [学会(地方)] (一般講演) 当院における腹腔鏡下胆嚢摘出術の集計. 田所文彦,遠藤晃彦,鈴木哲太郎,近藤康史,立石晋,西八嗣,八十川要平(外): 第34回埼玉県医学会総会 (97.02.23), 浦和.

1529. [学会(地方)] (一般講演) 外傷性消化管穿孔の臨床的検討. 近藤賢司,上野聡一郎,小沢平太,星野弘樹,日吉利光,小川憲章,原英,大島行彦,中村秀夫(外): 第34回埼玉県医学会総会 (97.02.23), 浦和.

1530. [学会(地方)] (一般講演) 向精神薬使用患者の周術期管理. 小沢平太,上野聡一郎,星野弘樹,近藤賢司,日吉利光,小川憲章,原英,大島行彦,中村秀夫(外): 第34回埼玉県医学会総会 (97.02.23), 浦和.

1531. [学会(地方)] (一般講演) 超音波検査にて偶然発見された膵脂肪浸潤の1例. 片桐寛之,荒井義孝,北村雅也,高橋毅,吉田宗紀,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第764回外科集談会 (97.03.09), 東京, 抄録集, p.42, 1997.

1532. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 大腸癌術前他臓器検査の重要性. 国場幸均,児玉利勝,旗手和彦,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第46回大腸癌研究会 (97.01.31), 千葉.

1533. [研究会(全国)] (一般講演) 術後肝再発からみた進行胆嚢癌に対する肝切除の意義. 吉田宗紀,柿田章,高橋禎人,北村雅也,飯野善一郎,島田謙,古田一徳,泉家久直,高橋毅(外): 第25日本胆道外科研究会 (96.05.23), 東京, プロシ−ディングス, p.126〜127; 日本消化器外科学会雑誌, 29(12): 2333, 1996.

1534. [研究会(全国)] (一般講演) 術後合併症からみたPD術後再建における柿田式膵空腸密着縫合術の臨床的評価. 吉田宗紀,柿田章,高橋毅,北村雅也,飯野善一郎,島田謙,古田一徳,泉家久直,比企能樹(外): 第24回日本膵切研究会 (96.05.31), 京都, プロシ−ディングス, p.28〜29, 1996.

1535. [研究会(全国)] (一般講演) 全身合併症を伴った重症虚血肢の1症例. 西山直久,金城正佳,佐藤一喜,柿田章(外): 第10回リムサルベージ研究会 (96.06.28), 札幌.

1536. [研究会(全国)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除後の膵管形態の評価に対するMRPの有効性について. 北村雅也,吉田宗紀,高橋禎人,島田謙,飯野善一郎,高橋毅,比企能樹,柿田章(外),磯部義憲(放): 第13回日本胆膵生理機能研究会 (96.07.05), 福岡.

1537. [研究会(全国)] (一般講演) 早期大腸癌に対する鏡視下手術の工夫. 国場幸均,池田篤,笹本信幸,加藤隆,佐藤牧,川上敬人,木村徹,雨宮明文,金田悟良,古波倉史子,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第45回大腸癌研究会 (96.07.05), 東京.

1538. [研究会(全国)] (一般講演) 早期胃癌に対する内視鏡治療(粘膜切除術+Laser治療)の評価に関する検討. 嶋尾仁,比企能樹(外): 平成8年度第1回厚生省がん研究助成金による研究会議 (96.07.12), 東京.

1539. [研究会(全国)] (一般講演) 我々の後腹膜到達法による腹部大動脈瘤手術. 佐藤一喜,金城正佳,西山直久,柿田章(外): 第16回血管外科合同研究会 (96.07.13), 静岡.

1540. [研究会(全国)] (一般講演) 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)における合併症とその対策. 中山義介(外),相原玲子,小沢顕一(小沢病院),比企能樹,柿田章(外): 第1回HEQ研究会 (96.08.31), 横浜, 予稿集, p.12, 1996.

1541. [研究会(全国)] (一般講演) 消化器外科領域でのPEGの有用性. 森瀬昌樹,嶋尾仁,荒井義孝,河野圭一,相原成昭,石川博和,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,桜本信一,塚本秀人,柿田章(外): 第1回HEQ研究会 (96.08.31), 横浜, 予稿集, p.29, 1996.

1542. [研究会(全国)] (一般講演) 中結腸動脈瘤を伴った大動脈閉鎖の1症例. 石井健一郎,金城正佳,佐藤一喜,西山直久,柿田章(外): 第91回血管外科症例検討会 (96.10.05), 東京.

1543. [研究会(全国)] (一般講演) O-Uaの食道癌の検討. 荒井義孝,小林伸行,森瀬昌樹,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第36回食道色素研究会 (96.12.08), 東京, 抄録集, p.17, 1996.

1544. [研究会(全国)] (一般講演) 膵癌に対する2 channel chemotherapyの意義. 北村雅也,柿田章,吉田宗紀,島田謙,飯野善一郎,古田一徳,高橋毅(外): 厚生省がん研究助成「膵がんの病態解明に基づく外科手術の適応と限界に関する研究」班第2回研究発表会 (96.12.11), 東京.

1545. [研究会(全国)] (一般講演) EMR後の遺残に対する追加レーザー照射. 嶋尾仁,比企能樹(外): 平成8年度第2回厚生省がん研究助成金による研究班会議 (96.12.13), 東京.

1546. [研究会(全国)] (一般講演) 大腸sm癌手術後再発例の検討. 西山保比古,大谷剛正,井原厚,野沢直史,古川祐介,国場幸均,比企能樹,柿田章(外),三富弘之,岡安勲(病理): 第46回大腸癌研究会 (97.01.31), 千葉, プログラム, p.174, 1997.

1547. [研究会(全国)] (一般講演) Stent in stentの2症例−切除不能食道癌に対するSony stent挿入術. 荒井義孝,嶋尾仁,森瀬昌樹,小林伸行,菊池史郎,榊原譲,比企能樹(外): 第4回クリニカル・ビデオ・フォーラム (97.02.09), 東京.

1548. [研究会(全国)] (一般講演) 早期胃癌手術術式と術後イレウス発生率の検討−大綱温存か切除か−. 荒井義孝,菊池史郎,森瀬昌樹,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第26回胃外科研究会 (97.03.07), 東京.

1549. [研究会(全国)] (ポスター講演) 大腸癌肝転移症例に対する治療法の検討. 古川祐介,大谷剛正,西山保比古,野沢直史,笹本浩,北村雅也,飯野善一郎,井原厚,比企能樹,柿田章(外): 第32回日本肝癌研究会学術大会 (96.06.27), 大阪, 抄録集, p.16, 1996.

1550. [研究会(全国)] (ポスター講演) 肝細胞癌治癒切除後再発例と無再発5年生存例の臨床病理学的検討. 島田謙,高橋毅,高橋禎人,北村雅也,飯野善一郎,古田一徳,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第32回日本肝癌研究会学術大会 (96.06.27〜28), 大阪, 抄録集, p.78, 1996.

1551. [研究会(全国)] (ポスター講演) StageW進行胃癌長期生存例の検討. 荒井義孝,菊池史郎,森瀬昌樹,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第63回胃癌研究会 (97.01.30〜31), 千葉, 抄録集, p.133, 1997.

1552. [研究会(地方)] (特別講演) 経腸栄養療法の手技(PEG)及び在宅医療への応用. 嶋尾仁(外): 新潟県医師会生涯教育講座 (96.05.10), 新潟.

1553. [研究会(地方)] (特別講演) 早期胃癌の内視鏡治療. 比企能樹(外): 第41回神奈川県消化器病研究会 (96.06.15), 川崎.

1554. [研究会(地方)] (教育講演) PEGの実技. 嶋尾仁(外): 第892回最新医療ゼミナール (96.07.07), 東京.

1555. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 早期胃癌の縮小手術におけるリンパ節郭清. 小林伸行(外): 第4回神奈川手術手技研究会 (96.10.04), 横浜.

1556. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 乳房温存療法について−乳腺腫瘤の切除方法と腋窩郭清の範囲. 福間英祐(帝京大),蔵並勝(外),村山章裕(大船中央病院): 神奈川県乳腺甲状腺外科研究会第13回横浜カンファレンス (97.03.08), 横浜.

1557. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 乳房温存療法について−乳房温存療法について. 福間英祐(帝京大),蔵並勝(外),雨宮厚(大船中央病院): 神奈川県乳腺甲状腺外科研究会第13回横浜カンファレンス (97.03.08), 横浜.

1558. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 乳房温存療法について−患者さんの満足度について. 西川徹(聖マリ大),石川孝(横浜市大),蔵並勝(外): 神奈川県乳腺甲状腺外科研究会第13回横浜カンファレンス (97.03.08), 横浜.

1559. [研究会(地方)] (一般講演) 従来の真皮弁による乳房再建術に工夫を加えた1症例. 竹中晴幸,堀江和伸,岡村律子,仙石紀彦(外): 神奈川乳癌研究会 (96.03.18), 横浜.

1560. [研究会(地方)] (一般講演) 胆嚢癌との鑑別に苦慮した胆嚢黄色肉芽腫の1例. 石井健一郎,北村雅也,高橋禎人,島田謙,飯野善一郎,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第60回腹部エコ−研究会 (96.04.27), 東京, 抄録集, p.18〜19, 1996.

1561. [研究会(地方)] (一般講演) 放射線化学療法にて腫瘍消失(CR)した後5年後に新たに食道癌を認めた1例. 荒井義孝,小林伸行,森瀬昌樹,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第27回神奈川食道疾患研究会 (96.05.16), 横浜.

1562. [研究会(地方)] (一般講演) 脳死モデルにおける初期冷却酸素化灌流の摘出肝に及ぼす効果. 伊藤義也,高橋毅,今井潔,佐藤光史,柿田章(外): 第8回神奈川移植研究会 (96.05.25), 横浜.

1563. [研究会(地方)] (一般講演) ブタ胎児異種臓器移植の研究−肝−. 竹部兼太朗,バトムンフ・ムンフバト,萩原政夫,辻公美(東海大),高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第8回神奈川移植研究会 (96.05.25), 横浜, プログラム, p.1, 1996.

1564. [研究会(地方)] (一般講演) 膀胱との膿瘍形成をみた悪性空腸神経線維腫の1例. 上野琢哉,金田悟良,児玉利勝,旗手和彦,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第41回神奈川県消化器病研究会 (96.06.15), 川崎.

1565. [研究会(地方)] (一般講演) 特異な胆道造影所見を呈した肝腫瘤の1切除例. 宇井孝太郎,吉田宗紀,高橋毅,北村雅也,島田謙(外): 第44回胆道の集い (96.06.21), 東京.

1566. [研究会(地方)] (一般講演) 腹腔鏡補助下回盲部切除術を施行したバウヒン上早期大腸癌の1例. 旗手和彦,金田悟良,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第30回東京地区国立病院外科研究会 (96.06.21), 東京.

1567. [研究会(地方)] (一般講演) Intra-abdominal desmoplastic small cell tumorの1例. 石井健一郎,島田謙,吉田宗紀,片桐寛之,宇井孝太郎,北村雅也,高橋毅,比企能樹,柿田章(外),三富弘之(病理): 第761回外科集談会 (96.06.22), 大宮, 日本臨床外科医学会雑誌, 57(10): 251, 1996.

1568. [研究会(地方)] (一般講演) 当科における過去11年間の胃平滑筋肉腫手術例の検討. 雨宮明文,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第10回神奈川胃癌治療研究会 (96.06.26), 横浜.

1569. [研究会(地方)] (一般講演) 切除不能胃癌の化学療法後に多臓器不全をきたした1例. 福田滋,雨宮明文,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第10回神奈川胃癌治療研究会 (96.06.26), 横浜.

1570. [研究会(地方)] (一般講演) 当院における胃非上皮性悪性腫瘍(悪性リンパ腫を除く)の臨床病理学的検討. 森瀬昌樹,荒井義孝,小林伸行,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第10回神奈川胃癌治療研究会 (96.06.26), 横浜, 予稿集, p.44, 1996.

1571. [研究会(地方)] (一般講演) 胆管内発育を示した肝細胞癌の1切除例. 宇井孝太郎,吉田宗紀,北村雅也,島田謙,飯野善一郎,高橋毅,柿田章(外): 第25回神奈川肝談話会 (96.09.27), 東京.

1572. [研究会(地方)] (一般講演) 原発性十二指腸癌切除2例の検討. 高山伸,竹下利夫,三木浩栄(大和市立病院),泉家久直(外),首籐昭彦,金渕一雄,棚橋達一郎,鈴木博,大宮東生,中西良(大和市立病院): 第86回神奈川県臨床外科医学会 (96.09.28), 平塚.

1573. [研究会(地方)] (一般講演) 上腹壁ヘルニアの1例. 石井健一郎,北村雅也,吉田宗紀,片桐寛之,宇井孝太郎,島田謙,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第762回外科集談会 (96.09.28), 大宮.

1574. [研究会(地方)] (一般講演) 当院での悪性胆道狭窄に対するステンティングの経験. 木村徹,金田悟良,児玉利勝,上野琢哉,旗手和彦,笹本信幸,国場幸均,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第31回東京地区国立病院外科研究会 (96.11.09), 東京.

1575. [研究会(地方)] (一般講演) 直腸原発悪性リンパ腫の1例. 野沢直史,大谷剛正,西山保比古,相原成昭,長谷川健,稲木英治,佐藤武朗,井原厚,比企能樹(外): 神奈川大腸肛門疾患懇話会 (96.11.14), 横浜.

1576. [研究会(地方)] (一般講演) 再発, 切除不能胃癌に対するMTX/5FU交代療法の経験. 雨宮明文(外): 神奈川BCM研究会 (96.11.22), 横浜.

1577. [研究会(地方)] (一般講演) MTX+5FU交代療法の有効症例について. 荒井義孝,嶋尾仁,森瀬昌樹,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹(外): 第1回神奈川BCM研究会 (96.11.22), 横浜.

1578. [研究会(地方)] (一般講演) 肝神経切離後急性期の肝神経と肝循環の変化. 伊藤義也,高橋毅,田所文彦,林京子,飯野善一郎,佐藤光史,柿田章(外): 第2回肝循環懇話会 (96.11.30), 東京.

1579. [研究会(地方)] (一般講演) 十二指腸原発悪性絨毛上皮腫の1例. 中山伸一,島田謙,高橋毅,吉田宗紀,北村雅也,芦沢敏,稲木英治,比企能樹,柿田章(外): 第763回外科集談会 (96.12.07), 千葉.

1580. [研究会(地方)] (一般講演) 横行結腸癌に虫垂粘液嚢腫を合併した1症例. 坂本いづみ,古川祐介(外),佐藤直夫,荒木夕宇子,照屋正則,上妻達也(横浜船員保険病院): 第763回外科集談会 (96.12.07), 千葉.

1581. [研究会(地方)] (一般講演) Billroth T法吻合部再発の狭窄に対する食道用ステント留置の経験. 雨宮明文,旗手和彦,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,木村徹,国場幸均,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第11回神奈川胃癌治療研究会 (96.12.14), 横浜.

1582. [研究会(地方)] (一般講演) 肝左葉切除後に肝外胆管に狭窄を来たし、治療に難渋した1症例. 半田喜美也,吉田宗紀,石川博和,北村雅也,島田謙,高橋毅,柿田章(外): 第7回北里肝・胆・膵疾患検討会 (97.01.22), 東京.

1583. [研究会(地方)] (一般講演) 肝左葉切除後に肝外胆管に狭窄を来たし、治療に難渋している1症例. 小八木紳一,吉田宗紀,半田喜美也,石川博和,北村雅也,島田謙,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第98回肝胆膵疾患研究会 (97.02.13), 横浜.

1584. [研究会(地方)] (一般講演) 消化器癌術後癌性腹膜炎に対する在宅静脈栄養法の経験と問題点. 大谷剛正,荒井義孝,野沢直史,森瀬昌樹,北村雅也,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第20回神奈川癌治療懇話会 (97.02.14), 横浜.

1585. [研究会(地方)] (一般講演) 原因不明の下腿潰瘍を伴ったASOの1例. 佐藤一喜,金城正佳,西山直久,金沢秀紀,二渡信江,柿田章(外): 第93回血管外科症例検討会 (97.02.15), 川崎.

1586. [研究会(地方)] (一般講演) 過去に2回試験開腹された後腹膜腫瘍の1例. 上野琢哉,木村徹,児玉利勝,旗手和彦,笹本信幸,福田滋,国場幸均,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第764回外科集談会 (97.03.08), 東京.

1587. [研究会(地方)] (一般講演) 仙骨前腫瘍の手術症例について. 旗手和彦,木村徹,児玉利勝,上野琢哉,笹本信幸,福田滋,国場幸均,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅(外): 第32回東京地区国立病院外科研究会 (97.03.15), 東京.

1588. [学会主催(国内学会)] 第18回日本手術医学会総会(96.09.26), 横浜, 柿田章(外).

1589. [学会主催(地方会)] 第4回日本血管外科学会関東甲信越地方会(96.11.30), 横浜, 柿田章(外).

1590. [学会主催(その他)] 第20回癌治療懇話会(97.02.14), 横浜,当番世話人, 比企能樹(外).


<<16 胸部外科学>>

1591. [原著] Experience of 701 cardiac pacemaker implantations. 町井正人,西山清敬,倉田篤,風間繁,吉村博邦(胸外): Ann. Thorac. Cardiovasc. Surg., 2: 281〜286, 1996.

1592. [原著] Anterior pulmonary translocation without conduit for the repair of the truncus arteriosus. 中江世明,河田政明,笠原真悟,黒山直樹(胸外),平石聡(児),吉村博邦(胸外): Ann. Thorac. Surg., 61: 990〜992, 1996.

1593. [原著] Correction of truncus arteriosus with autologous artrial flap in neonate and small infants. 中江世明,笠原真悟,黒山直樹,林宗博(胸外),平石聡,縣陽太郎(児),吉村博邦(胸外): Ann. Thorac. Surg., 62: 123〜129, 1996.

1594. [原著] Simplified physiological pacing after cardiac surgery. 町井正人,倉田篤,西山清敬,風間繁,吉村博邦(胸外): Surg. Today, 26: 649〜651, 1996.

1595. [総説] 肺癌の化学療法. 品田純,吉村博邦(胸外): 化学療法の領域, 12: 97〜102, 1996.

1596. [学会(国際)] (一般講演) The use of silicone T-tube insertion for patients with tracheal stenosis. 吉村博邦,品田純(胸外): 9th World Congress for Bronchology (96.04.15), 台湾.

1597. [学会(国際)] (一般講演) Growth of the pulmonary tract constracted by autologous truncal or pulmonary arterial wall instead of conduit. 中江世明,笠原真悟,林宗博,倉田篤,原英則,後藤毅,吉村博邦(胸外): 4th Asian Congress of Cardiovascular Surgery (96.05.11), Seoul, Korea.

1598. [学会(国際)] (一般講演) Tracheal sleeve resection for a patient with benign Schwannoma of the trachea: A case of a 14-year-old boy. 吉村博邦,品田純,森田裕人(胸外): 6th World Congress of the International Society of Cardio-Thoracic Surgeons (ISCTS) and 9th Annual Meeting of the ISCTS-Japan Chapter(国際心臓胸部外科学会) (96.07.23), 広島.

1599. [学会(国際)] (一般講演) Coronary responses to valsalva manuver in man. 半谷静雄,西山清敬,吉村博邦(胸外),塩谷信幸(形外): 18th Annual International Conference of IEEE EMBS (96.10.31), Amsterdam.

1600. [学会(国際)] (一般講演) Relations between age at repair and regression of right ventricular hypertrophy in tetralogy of Fallot. 中江世明,笠原真悟,林宗博,倉田篤,鈴木裕子,吉村博邦(胸外): 5th Asian Congress of Cardiovascular Surgery (97.01.09), Taipei, Taiwan.

1601. [学会(国際)] (ポスター講演) Laboratory evaluation of bedside leukocyte removal filter performance and influence on plasma PH. 小本美奈,工藤波留美,風間あきみ,遠藤成子,八木和世,粟野文剛(臨検),冨永誠一(胸外): 24th Congress of the International Society of Blood Transfusion ISBT'96 (96.04.01), 幕張.

1602. [学会(全国)] (シンポジウム等) 心外導管を用いない肺動脈のanterior translocation法による右室ー肺動脈再建術(新生児総動脈幹症). 中江世明,笠原真悟,林宗博,三好豊,後藤毅(胸外),平石聡,縣陽太郎,武田幸一(児),吉村博邦(胸外): 第32回日本小児循環器学会総会 (96.07.04), 大阪.

1603. [学会(全国)] (シンポジウム等) 大動脈縮窄症,大動脈弓離断症の遠隔成績の検討. 中江世明,笠原真悟,林宗博,倉田篤,鈴木裕子,渡辺俊明,森光晴,吉村博邦(胸外): 第27回日本心臓血管外科学会総会 (97.02.12〜14), 尼崎.

1604. [学会(全国)] (ワークショップ) 胸壁再建: 両側鎖骨, 第1・2肋骨, 胸骨合併切除を施行した浸潤性胸腺腫の1例(ビデオ). 品田純,吉村博邦(胸外): 第13回日本呼吸器外科学会総会 (96.05.09), 仙台.

1605. [学会(全国)] (ワークショップ) 肺末梢病変に対する診断法: 肺末梢小型病変に対する胸腔鏡下肺部分切除. 品田純,吉村博邦(胸外): 第19回日本気管支学会総会 (96.05.23), 東京.

1606. [学会(全国)] (一般講演) 遠隔成績から見た大動脈縮窄症および大動脈弓離断症の外科治療. 中江世明,河田政明,笠原真悟,三好豊,林宗博,吉村博邦(胸外): 第26回日本心臓血管外科学会総会 (96.02.28), 京都.

1607. [学会(全国)] (一般講演) 術前化学療法後に摘出した悪性胚細胞性腫瘍の1例. 吉村博邦,品田純,三好豊,山下吉重,原英則(胸外),檀原幹生(内): 第13回日本呼吸器外科学会総会 (96.05.10), 仙台.

1608. [学会(全国)] (一般講演) 新生児期と乳児期早期に2期的complete unifocalizationを行ったVSD, MAPCA. 中江世明,笠原真悟,林宗博,三好豊,原英則,後藤毅,吉村博邦(胸外): 日本小児外科学会総会 (96.06.27), 宝塚.

1609. [学会(全国)] (一般講演) 冠状動脈バイパス手術における新しい術野の確保法と吻合法(ビデオ). 風間繁(胸外): 第1回日本冠動脈外科学会 (96.07.00), 東京, 抄録集, p.28, 1996.

1610. [学会(全国)] (一般講演) 肺動脈絞扼術後の心筋肥大と流出路形態の変化. 中江世明,笠原真悟,倉田篤,林宗博,後藤毅,原英則(胸外),平石聡,縣陽太郎,武田信裕(児),吉村博邦(胸外): 手術治験例. 森光晴,中江世明,笠原真悟,倉田篤,鈴木裕子,林宗博,金子淳永,渡辺俊明,町井正人,今井寛,吉村博邦(胸外): 第100回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (96.12.07), 東京.

1621. [学会(地方)] (一般講演) 15年後に再発し, Completion pneumonectomyを施行した肺腺癌の1例. 渡辺俊明,品田純,須藤恭一,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第100回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (96.12.07), 東京.

1622. [学会(地方)] (一般講演) 放射線療法後, 脳転移した 20歳, 女性の浸潤型胸腺腫の1例. 宮永茂樹,品田純,須藤恭一,渡辺俊明,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第117回日本肺癌学会関東部会 (96.12.07), 東京.

1623. [学会(地方)] (一般講演) 術後重症肺高血圧症に, NO吸入療法が著効した重症大動脈弁狭窄症の1例. 金子淳永,西山清敬,贄正基,鈴木裕子,林宗博,天野英樹,森光晴,渡辺俊明,風間繁,吉村博邦(胸外): 第101回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (97.02.22), 東京.

1624. [学会(地方)] (一般講演) 術後早期に縦隔再発および肺内転移を認め死亡した症例. 宮永茂樹,品田純,須藤恭一,渡辺俊明,天野英樹,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第101回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (97.02.22), 東京.

1625. [学会(地方)] (一般講演) CTガイド下マーキング法により胸腔鏡下生検にて診断した, 原発性クリプトコッカス症の1例. 森光晴,品田純,宮永茂樹,天野英樹,吉村博邦(胸外): 第80回日本気管支学会関東支部会 (97.03.01), 東京.

1626. [学会(地方)] (一般講演) 扁平上皮癌術後, 8年目に発症した小細胞癌の1例. 天野英樹,品田純,宮永茂樹,渡辺俊明,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第118回日本肺癌学会関東部会 (97.03.08), 千葉.

1627. [研究会(国際)] (一般講演) 気管再建術. 吉村博邦(胸外): フィリッピン総合病院外科卒後研修会 (96.09.11), マニラ.

1628. [研究会(国際)] (一般講演) 気道ステント治療. 吉村博邦(胸外): フィリッピン胸部心臓外科学会招待講演. (96.09.12), マニラ.

1629. [研究会(全国)] (一般講演) CTガイドマーキング法による肺末梢性微小腫瘤の胸腔鏡下切除. 品田純,吉村博邦(胸外): 第6回胸腔鏡手術手技研究会 (96.09.27), 東京.

1630. [研究会(全国)] (一般講演) 右中下葉切除後, 右残存肺に対するCompletion pneumonectomy施行の1例. 吉村博邦,品田純,宮永茂樹,須藤恭一(胸外): 第10回肺癌手術手技研究会 (96.12.13), 福岡.

1631. [研究会(全国)] (一般講演) 遠隔転移を認めた胸腺腫症例の検討. 品田純,宮永茂樹,渡辺俊明,吉村博邦(胸外): 第16回日本胸腺研究会 (97.02.08), 名古屋.

1632. [研究会(地方)] (一般講演) 20MHz Doppler catheterを用いた臨床におけるcoronary flow reserveの評価法について. 半谷静雄(胸外): 第7回ME学会専門別研究会「心血管系のバイオシグナリングと機能抑制に関する研究」 (96.01.26), 東京.

1633. [研究会(地方)] (一般講演) 肺癌の外科的治療. 吉村博邦(胸外): 大和薬剤師会講演会 (96.06.16), 海老名.

1634. [研究会(地方)] (一般講演) 肺癌の外科的治療. 吉村博邦(胸外): 北里大学東病院内科研修会 (96.07.10), 相模原.

1635. [研究会(地方)] (一般講演) 肺癌の外科的治療. 吉村博邦(胸外): 東取手病院院内研修会 (96.09.28), 取手.

1636. [研究会(地方)] (一般講演) 低左心機能を呈した陳旧性心筋梗塞を伴う僧帽弁狭窄症に対する僧帽弁置換術, 冠動脈バイパス術の1例. 贄正基,冨永誠一,西山清敬,倉田篤,笠原真悟,林宗博,鈴木裕子,森光晴,渡辺俊明,風間繁,吉村博邦(胸外): 第5回神奈川心臓血管外科研究会 (96.10.11), 横浜.

1637. [研究会(地方)] (公開講座) 先天性心疾患の外科. 冨永誠一(胸外): 県央西湘心臓血管外科研究会 (96.09.26), 海老名.

1638. [学術賞(国内)] 第22回北里医学会賞 (96.10.08), 相模原, 半谷静雄,吉村博邦(胸外).


<<17 脳神経外科学>>

1639. [原著] A source of haemorrhage in adult patients with moyamoya disease: The significance of tributaries from the choroidal artery. 入倉克己,宮坂佳男,倉田彰,田中柳水,藤井清孝,矢田賢三(脳外),菅信一(放): Acta Neurochir.(Wien), 138: 1282〜1286, 1996.

1640. [原著] Stump pressure as a guide to the safety of permanent occlusion of the internal carotid artery. 倉田彰,宮坂佳男,田中千彦,大桃丈知,矢田賢三(脳外),菅信一(放): Acta Neurochir.(Wien), 138: 549〜554, 1996.

1641. [原著] 悪性脳腫瘍補助療法におけるG-CSFの有用性. 田中聡(脳外),長島正,松野彰,田中秀樹(帝京大),紙谷秀樹,堀智勝(鳥取大): Biotherapy, 10(2): 173〜178, 1996.

1642. [原著] グリオーマに対するTNF療法に関する基礎的検討―特にTNF-p75 Receptor Antagonist療法の可能性について. 田中聡(脳外),石井一彦,松野彰,長島正(帝京大),堀智勝(鳥取大): Biotherapy, 10(3): 301〜303, 1996.

1643. [原著] Prevention of complications during endovascular surgery on the external carotid arteries, with special reference to use of nitropaste and the lidocaine test. 倉田彰,宮坂佳男,田中千彦,常盤嘉一,三枝宏伊,藤井清孝(脳外),菅信一(放): Int. Neuroradiol., 2: 193〜200, 1996.

1644. [原著] Differentiation-inducing effects of vesnarinone on human glioma cells. 田中聡(脳外),西原哲浩,長島正(帝京大),河合一吉,中井哲,足立正一(大塚製薬): J. Clin. Neurosci., 4(1): 57〜62, 1997.

1645. [原著] Effects of nivadipine (a dihydropyridinetype calcium entry blocker) on cerebral blood flow in acute experimental brain ischemia in rats. 田中柳水, 宮坂佳男(脳外),丸山茂善(実動),永井成樹,藤井清孝(脳外): Neurol. Res., 18: 325〜328, 1996.

1646. [原著] Impaired autoregulation in an experimental model of chronic hypoperfusion in rats. 入倉克己,森井誠二,宮坂佳男,山田勝,常盤嘉一,矢田賢三(脳外): Stroke, 27: 1399〜1404, 1996.

1647. [原著] Pituitary choristoma composed of corticotrophs and adrenocortical cells in the sella turcica. 岡秀宏(脳外),亀谷徹(病理),笹野公伸(東北大),相羽元彦(東女医大),Kovacs, K.,Horvath, E.(St. Michael's Hospital),横田行史(児),川野信之,矢田賢三(脳外): Virchows Arch., 427: 613〜617, 1996.

1648. [原著] 救急医療と最近の医療機器―Neurointensive care に必要な機器―. 遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 学会新報, 17(16): 7〜15, 1996.

1649. [原著] 脊椎脊髄疾患と紛らわしい四肢末梢神経疾患. 橘滋国(脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 9(7): 501〜504, 1996.

1650. [原著] 強直性脊椎肥厚症による頸椎前方異常骨棘から嚥下障害を来たした2例. 高野尚治,斉藤元良,宮坂佳男,藤井清孝,高木宏(脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 9: 713〜718, 1996.

1651. [原著] 安全に脳動脈瘤手術を行うための工夫; 術中DSAと血管内手術の併用. 宮坂佳男,倉田彰(脳外),北原孝雄(救命): 臨床成人病, 26: 1277〜1279, 1996.

1652. [原著] 感覚神経活動電位(SNAP)に対する温度変化の影響; 第2報: 絞扼性末梢神経での検討. 斉藤江美子(臨検),橘滋国(脳外),長谷川一子,鳥居順三(内),岡島重孝(川崎市立井田病院),荒幡篤(医療衛生学部): 臨床脳波, 38(7): 472〜476, 1996.

1653. [原著] 腰部脊椎管内腫瘍における馬尾神経活動電位. 森岡隆人,勝田俊郎,西尾俊嗣,藤原繁(九大),藤井清孝(脳外),福井仁士(九大): 臨床脳波, 38: 108〜112, 1996.

1654. [準原著] トルコ鞍近傍の微小外科解剖. 藤井清孝(脳外),井上亨(九州医療センター),福井仁士(九大),Albert, L. Rhoton Jr.(Univ. of Florida): 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖[―基本外科解剖と応用外科解剖―, p.147〜156, 1996.

1655. [準原著] 重症頭部外傷の急性期の管理法の検討. 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),鈴木祥生,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第20回日本神経外傷研究会(抄録集), 20: 40, 1997.

1656. [準原著] 正常者の頸椎,頸髄病変. 飯田秀夫,北原行雄,三枝宏伊(脳外): 日本パラプレジア医学会, 9(1): 74〜75, 1996.

1657. [準原著] C6-7椎間板ヘルニアにおける臨床神経症状の特殊性. 山崎義矩,橘滋国,高野誠,前沢浩,藤井清孝(脳外): 日本パラプレジア医学会雑誌, 9(1): 236〜237, 1996.

1658. [準原著] 足趾感覚異常の鑑別診断. 鈴木祥生,山崎義矩,橘滋国,田中柳水,前沢浩,藤井清孝(脳外): 日本パラプレジア医学会雑誌, 9(1): 244〜245, 1996.

1659. [準原著] 骨傷の明らかでない頸髄損傷; 急性期の治療. 飯田秀夫,橘滋国,藤井清孝(脳外),大和田隆(救命): 日本パラプレジア医学会雑誌, 9(1): 30〜31, 1996.

1660. [準原著] 髄内腫瘍に伴う脊髄空洞の検討. 三井公彦(脳外),見松健太郎,佐藤公司,三浦恭司,出口正男,青木正幸,住田憲司(名大): 日本パラプレジア医学会雑誌, 9: 226〜227, 1996.

1661. [準原著] 重症頭部外傷と凝固線溶異常. 遠藤昌孝,湯沢泉,三島大徳,田中智子(脳外),北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 日本救急医学会雑誌, 7(9): 511, 1996.

1662. [準原著] 急性硬膜下血腫を伴うクモ膜下出血例の臨床的検討. 高野誠,岡秀宏(脳外),北原行雄(救命),遠藤昌孝,前沢浩,清水暁,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),大和田隆(救命): 日本神経救急研究会雑誌, 9: 105〜108, 1996.

1663. [研究報告(厚生省)] ラット小脳扁桃ヘルニアモデルにおける脳室内WGA-HRP注入実験. 橘滋国,山崎義矩,高野誠(脳外),太田顕成(医療衛生): 脊髄空洞及び二分脊椎症に伴う脊髄病態及び治療に関する研究平成7年度研究報告書, p.5〜9, 1996.

1664. [症例報告] Syringomyelia with basilar impression in osteogenesis imperfecta. 田中智子,山崎義矩,三井公彦,諏訪知也,矢田賢三(脳外): Acta Neurochir., 138: 888〜889, 1996.

1665. [症例報告] Extensive embolization for the treatment of skull base meningioma: technical note. 清水暁,倉田彰,前沢浩,田中柳水,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): Advances in Interventional Neuroradiology and Intravascular Neurosurgery, 129〜134, 1996.

1666. [症例報告] 症例検討; 脳腫瘍摘出術 脳腫瘍患者の管理: 脳神経外科医の立場から. 藤井清孝(脳外): LISA, 3: 1200〜1204, 1996.

1667. [症例報告] 血行再建術後のBalloon occlusion testによる血行動態の再評価の意義―症例報告―血行再建のUp to date―血行再建の適応と問題点―. 清水暁,倉田彰,前沢浩,田中柳水,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): The Mt. Fuji Workshop on CVD, 14: 117〜121, 1996.

1668. [症例報告] 破裂側を断定し得ない多発性脳動脈瘤の治療戦略上, 示唆に富む1例. 湯沢泉(脳外),北原孝雄,遠藤昌孝,相馬一亥,大和田隆(救命): 日救急医会関東誌, 17(1): 258〜259, 1996.

1669. [症例報告] 著明なextravasationを認めた非動脈瘤性くも膜下出血の1例. 鷺内隆雄,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日救急医会関東誌, 17(2): 254〜255, 1996.

1670. [症例報告] 頭部銃創の1経験例. 大桃丈知,湯沢泉,中山賢司(脳外): 日本神経救急研究会雑誌, 9: 7〜9, 1996.

1671. [総説] 画像の解析と活用. 遠藤昌孝(脳外): 救急医学, 20(8): 914〜919, 1996.

1672. [総説] 脳血管障害の外科治療−診断,治療における最近の動向−. 藤井清孝(脳外): 北里医学, 26(3): 149〜156, 1996.

1673. [学術書] (分担執筆) 画像データの作成方法; 外科手術のためのNIH Image, p.91〜115, 遠藤昌孝(脳外). 中山書店, 東京, 97.03.26発行.

1674. [学術書] (分担執筆) 最新内科学体系72; 脳脊髄の腫瘍,外傷,奇形,脊椎異常; 神経・筋疾患; 頭部外傷の合併症, 8: 121〜131, 藤井清孝(脳外),詠田眞治(九大). 中山書店, 東京, 96.08.29発行.

1675. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科レビュー4; U. Cerebrovascular Disease/U-5. Other CVDs, 田中柳水,藤井清孝(脳外). 三輪書店, 東京, 96.00.00発行.

1676. [教科書] (分担執筆) 臨床脊椎脊髄医学; 髄内腫瘍, p.346, 三井公彦(脳外). 三輪書店, 東京, 96.05.20発行.

1677. [教科書] (分担執筆) 最新内科学体系72; 脳脊髄の腫瘍,外傷,奇形,脊椎異常, 神経・筋疾患, 松果体腫瘍, 8: 41〜44, 岡秀宏,川野信之(脳外). 中山書店, 東京, 96.08.29発行.

1678. [教科書] (分担執筆) Year Note Selected Articles 1996, 内科外科編; くも膜下出血の原因疾患と臨床, p.767〜778, 宮坂佳男(脳外). 編集 医療情報科学研究所, Medic Media, 東京, 97.03.12発行.

1679. [教科書] (分担執筆) 最新内科学体系72; 脳脊髄の腫瘍,外傷,奇形,脊椎異常; 神経・筋疾患; 神経細胞系および神経細胞/膠細胞混合腫瘍, 8: 45〜50, 川野信之(脳外). 中山書店, 東京, 96.08.29発行.

1680. [教科書] (分担執筆) 最新内科学体系72; 脳脊髄の腫瘍,外傷,奇形,脊椎異常; 神経・筋疾患; 血管芽腫, 8: 51〜54, 川野信之(脳外). 中山書店, 東京, 96.08.29発行.

1681. [教科書] (分担執筆) 最新内科学体系72; 脳脊髄の腫瘍,外傷,奇形,脊椎異常; 神経・筋疾患; 聴神経腫瘍, 8: 37〜40, 諏訪知也,川野信之(脳外). 中山書店, 東京, 96.08.29発行.

1682. [教科書] (分担執筆) 最新脳神経外科; 下位頸椎・頸髄損傷, p.908〜912, 飯田秀夫,橘滋国(脳外). 朝倉書店, 東京, 97.03.26発行.

1683. [学会(国際)] (教育講演) Microsurgical anatomy and surgery of the lateral and third ventricles. 藤井清孝,田中柳水(脳外),詠田眞治(九大),岡秀宏,川野信之(脳外),福井仁士(九大),Rhoton, A.L.Jr.(Univ. of Florida): 2nd International Medical Congress of Dong-A University (96.10.22), 釜山, 韓国.

1684. [学会(国際)] (シンポジウム等) The efficacy of bypass surgery for the patients with hemorrhagic moyamoya disease −A multi-center retrospective questionnaire study−. 藤井清孝(脳外),池崎清信(九大),入倉克己,宮坂佳男(脳外),福井仁士(九大): Internatial Symposium on Moyamoya Disease (96.07.30), 福岡.

1685. [学会(国際)] (一般講演) Vascular structure of cerebral arteriovenous malformations (AVMs). 田中柳水,宮坂佳男,国井正剛,永井成樹,山田勝,入倉克己,倉田彰,藤井清孝(脳外): 1st International Symposium on Cerebral and Spinal Cord AVM (96.06.08), 愛知.

1686. [学会(国際)] (一般講演) Pathophysiology and treatment of intracranial dissecting vertebral aneurysms; Analysis of 26 cases. 山田勝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 1st Symposium of the International Society for Neuroemergencies (96.07.15), バハマ.

1687. [学会(国際)] (一般講演) The effect of encephalo-myo-synangiosis on abnormal collateral vessels in childhood moyamoya disease. 入倉克己,宮坂佳男,倉田彰,田中柳水,永井成樹,国井正剛,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄(救命),菅信一(放),藤井清孝(脳外): International Symposium on Moyamoya Disease (96.07.29), 福岡.

1688. [学会(国際)] (一般講演) Management strategies for thalamic-basal ganglia arteriovenous malformations (AVMs). 宮坂佳男,田中柳水,倉田彰,入倉克己,山田勝,永井成樹,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 5th International Workshop on Cerebrovascular Surgery (97.03.03), 福岡.

1689. [学会(国際)] (一般講演) Long-term follow up study of cerebral arteriovenous malformation by cerebral angiography. 田中柳水,宮坂佳男,国井正剛,永井成樹,入倉克己,倉田彰,藤井清孝(脳外): 5th International Workshop on Cerebrovascular Surgery (97.03.03), 福岡.

1690. [学会(国際)] (一般講演) Dissecting aneurysm and degeneration of the internal elastic lamina of the intracranial vertebral artery; Report of two autopsied cases. 山田勝,清水暁,高木宏,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハビリ): 5th International Workshop on Cerebrovascular Surgery (97.03.04), 福岡.

1691. [学会(国際)] (ポスター講演) Stump pressure as a guide to the safety of permanent occlusion of the internal carotid artery. 倉田彰,宮坂佳男,入倉克己,田中柳水,国井正剛,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 3rd World Stroke Congress and 5th European Stroke Conference (96.09.02), ミュンヘン.

1692. [学会(国際)] (ポスター講演) Vascular structure of cerebral AVMs. 田中柳水,宮坂佳男,永井成樹,入倉克己,倉田彰,藤井清孝(脳外): 3rd World Stroke Congress and 5th European Stroke Conference (96.09.03), ミュンヘン.

1693. [学会(国際)] (ポスター講演) Unruptured intracranial arteriovenous malformations do cause mass effect. 宮坂佳男,倉田彰,田中柳水,入倉克己,山田勝,藤井清孝(脳外),北原孝雄(救命): 3rd World Stroke Congress and 5th European Stroke Conference (96.09.03), ミュンヘン.

1694. [学会(全国)] (シンポジウム等) 巨大脳動脈瘤に対する脳血管内手術. 倉田彰,宮坂佳男,森嶋啓之,入倉克己,藤井清孝(脳外),菅信一(放),北原孝雄(救命): 第2回日本血管内治療学会 (96.07.10), 奈良.

1695. [学会(全国)] (シンポジウム等) 末梢神経. 橘滋国(脳外): 第17回日本脳神経外科コングレス (96.03.15), 京都.

1696. [学会(全国)] (シンポジウム等) 小脳扁桃ヘルニアモデルにおける髄液循環動態―脳室内WGA-HRP注入実験―. 山崎義矩,橘滋国,高野誠,藤井清孝(脳外): 第24回日本小児神経外科学研究会 (96.05.24), 東京.

1697. [学会(全国)] (シンポジウム等) 脳底動脈先端部分近傍の微小外科解剖(ビデオ). 藤井清孝(脳外),坂田修治(飯塚病院),田中柳水(脳外),Albert, L. Rhoton, Jr.(Univ. of Florida): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1698. [学会(全国)] (シンポジウム等) 脳動脈瘤手術入門. 藤井清孝,田中柳水(脳外),Rhoton, A.L.Jr.(Univ. of Florida): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1699. [学会(全国)] (シンポジウム等) Flexion myelopathyの手術成績. 三井公彦,橘滋国,藤井清孝,矢田賢三(脳外): ]外): 第14回日本脳腫瘍病理学会 (96.04.27), 東京, Brain Tumor Res., 13(Suppl.): 64, 1996.

1710. [学会(全国)] (一般講演) How often do pleomorphic xanthoastrocytoma-like fingings exist in low grade astrocytomas? 宇津木聡,川野信之,岡秀宏,諏訪知也,吉田孝友,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハビリ): 第37回日本神経病理学会総会 (96.05.23), 倉敷.

1711. [学会(全国)] (一般講演) 重症頭部外傷と凝固線溶異常. 遠藤昌孝,湯沢泉,三島大徳,田中智子(脳外),北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.08), 横浜.

1712. [学会(全国)] (一般講演) 小児発生の症候性ラトケ裂嚢胞の臨床・放射線学的検討−自験例および文献的考察−. 田中智子,岡秀宏,川野信之,三島大徳,宇津木聡,吉田孝友,小林郁夫,藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.16), 富山.

1713. [学会(全国)] (一般講演) 鞍上部胚腫治療における放射線療法の有用性と限界−長期経過観察例による機能予後の検討−. 田中智子,岡秀宏,川野信之,宇津木聡,鈴木祥生,吉田孝友,小林郁夫,藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.16), 富山.

1714. [学会(全国)] (一般講演) 基底核および視床部AVMに対する治療. 宮坂佳男,田中柳水,入倉克己,山田勝,倉田彰,遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.17), 富山.

1715. [学会(全国)] (一般講演) 脳動静脈奇形(AVM)の長期経過観察例に関する研究. 田中柳水,宮坂佳男,国井正剛,永井成樹,入倉克己,倉田彰,藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.17), 富山.

1716. [学会(全国)] (一般講演) 脳血管内手術におけるヘパリン投与量と全血凝固時間についての検討. 永井成樹,倉田彰,入倉克己,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1717. [学会(全国)] (一般講演) 重症頭部外傷の急性期の管理上の問題点―予後不良例の検討から―. 遠藤昌孝(脳外),北原孝雄(救命),三島大徳,田中智子(脳外),高橋功(救命),宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1718. [学会(全国)] (一般講演) クモ膜下出血で発症した解離性椎骨動脈瘤の26例―転帰不良因子の検討―. 山田勝,清水暁,高木宏,森井誠二,中山賢司,大高弘稔,田中千彦(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1719. [学会(全国)] (一般講演) 未破裂巨大脳動脈瘤の自然経過および瘤増大機序の検討. 大桃丈知,倉田彰,永井成樹,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1720. [学会(全国)] (一般講演) 巨大脳動脈瘤に対する脳血管内手術プラチナコイル(IDC)塞栓術, 及びAneurysmographyの有用性. 倉田彰,宮坂佳男,森嶋啓之,大桃丈知,国井正剛,入倉克己,藤井清孝(脳外),菅信一(放),北原孝雄(救命): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1721. [学会(全国)] (一般講演) 小脳clear cell ependymomaの臨床像および病理像―とくに血管芽腫との類似性について―. 川野信之,宇津木聡,岡秀宏,諏訪知也,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハビリ): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.18), 富山.

1722. [学会(全国)] (一般講演) 頸椎椎間板ヘルニア例におけるヘルニア高位ごとの針筋電図所見の検討. 山崎義矩,橘滋国(脳外),河島江美,荒幡篤,斉藤江美子(臨検),中山賢司,平山寿(脳外): 第31回日本パラプレジア医学会 (96.10.25), 横浜.

1723. [学会(全国)] (一般講演) 非出血性AVMに起因するmass effectの発現機序について. 宮坂佳男,清水暁,田中柳水,永井成樹,山田勝,入倉克己,倉田彰,遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第22回日本脳卒中学会 (97.03.06), 福岡.

1724. [学会(全国)] (一般講演) ラット一過性脳虚血モデルにおける低体温時酸塩基平衡管理による脳保護効果についての検討. 永井成樹,宮坂佳男,入倉克己,倉田彰,田中柳水,山田勝,藤井清孝(脳外): 第22回日本脳卒中学会 (97.03.07), 福岡.

1725. [学会(全国)] (ポスター講演) 小脳に発生したclear cell ependymomaと血管芽腫の鑑別について−臨床および病理学的検討−. 川野信之,岡秀宏,諏訪知也,宇津木聡,吉田孝友,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハビリ): 第14回日本脳腫瘍病理学会 (96.04.26), 東京.

1726. [学会(全国)] (ポスター講演) 特異な胞体内封入体を有しarachnoid trabecular cellが起源と考えられた悪性髄膜腫の1例. 宇津木聡,川野信之,岡秀宏,諏訪知也,藤井清孝(脳外),岩渕啓一(病理),柳下三郎(神奈川リハビリ),Kepes, J.J.(Kansas Univ.): 第14回日本脳腫瘍病理学会 (96.04.27), 東京.

1727. [学会(全国)] (ポスター講演) Neurocutaneous melanosis in a Japanese adult. 岡秀宏(脳外),亀谷徹(病理),石原好弘(東京都神経科学総研),海野佳子(内),畑隆志(東海大),川野信之,宇津木聡,藤井清孝(脳外): 第37回日本神経病理学会総会 (96.05.25), 倉敷.

1728. [学会(全国)] (ポスター講演) 頭蓋内chondromyxoid fibromaの1例. 鈴木祥生,岡秀宏,川野信之,前沢浩,田中柳水,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハビリ): 第37回日本神経病理学会総会 (96.05.25), 倉敷.

1729. [学会(全国)] (ポスター講演) 低体温が脳血流・脳血管反応性に及ぼす影響; 実験的検討. 永井成樹(脳外): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.09), 横浜.

1730. [学会(全国)] (ポスター講演) Vesnarinoneのヌードマウス移植ヒトグリオーマに対する増殖抑制およびアポトーシス誘導作用. 田中聡(脳外),堀智勝(鳥取大),中井哲,足立正一(大塚製薬): 第55回日本癌学会総会 (96.10.12), 横浜.

1731. [学会(全国)] (ポスター講演) 髄膜腫におけるprogesterone receptor, estrogen receptorの発現と組織型および増殖能との関係. 宇津木聡,川野信之,岡秀宏,田中千彦,諏訪知也,藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.16), 富山.

1732. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性硬膜下血腫を伴うクモ膜下出血例の臨床的検討. 高野誠,岡秀宏(脳外),北原孝雄(救命),前沢浩,清水暁,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.16), 富山.

1733. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット小脳扁桃ヘルニアモデルにおける脊髄空洞症の発生機序; 脳室内WGA-HRP注入実験. 山崎義矩,橘滋国,高野誠,中山賢司,平山寿,藤井清孝(脳外): 第55回日本脳神経外科学会総会 (96.10.17), 富山.

1734. [学会(全国)] (ポスター講演) クモ膜下出血後の遅発性脳虚血症状に対するtPA術中少量1回投与の効果. j] (一般講演) 脊髄ヘルニアの1例. 鷺内隆雄,橘滋国,鈴木祥生,入倉克己,藤井清孝(脳外): 第64回日本脳神経外科学会関東地方会 (96.11.30), 東京.

1745. [学会(地方)] (一般講演) Clipping and wrapping後, 短期間に再破裂した内頚動脈前壁動脈瘤の1例. 大高弘稔,小林郁夫,田中聡(脳外): 第65回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.03.08), 東京.

1746. [学会(地方)] (一般講演) 腰椎Vanishing tumor. 谷崎義徳,橘滋国,三島大徳,田中柳水,藤井清孝(脳外): 第65回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.03.08), 東京.

1747. [学会(地方)] (一般講演) C1脊髄前面AVMの1例. 石渡雅男,諏訪知也,三井公彦,松森邦昭(脳外): 第65回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.03.08), 東京.

1748. [研究会(全国)] (教育講演) Basilar bifurcation aneurysm手術. 藤井清孝,田中柳水,中山賢司,高野誠(脳外): 第16回九州脳神経外科夏期セミナーVTRセッション (96.08.19), 熊本.

1749. [研究会(全国)] (教育講演) 微小外科解剖と脳神経外科臨床. 藤井清孝(脳外): 第15回ニセコ(札幌)カンファレンス (96.09.21), 札幌.

1750. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 血管内手術の技術と術中DSAを併用した脳動脈瘤手術. 宮坂佳男,倉田彰,大桃丈知,国井正剛,入倉克己,遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第25回日本脳卒中の外科研究会 (96.04.16), 東京.

1751. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 頭蓋外巨大内頚動脈瘤の1例. 清水暁,倉田彰,国井正剛,入倉克己,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第25回日本脳卒中の外科研究会 (96.04.16), 東京.

1752. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 脳動静脈奇形の血管構築に関する研究. 田中柳水,前沢浩,吉田孝友,国井正剛,永井成樹,入倉克己,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第25回日本脳卒中の外科研究会 (96.04.16), 東京.

1753. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 特発性頚動脈海綿静脈洞瘻に対する経動脈的塞栓術. 倉田彰,岡秀宏,永井成樹,田中柳水,国井正剛,入倉克己,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第25回日本脳卒中の外科研究会 (96.04.17), 東京.

1754. [研究会(全国)] (一般講演) 頭蓋内椎骨動脈解離性動脈瘤と診断した5例の病理学的検討と臨床的考察. 研究会(全国)] (一般講演) 頭蓋底部髄膜腫における術前超選択的塞栓術の有用性と限界. 岡秀宏,倉田彰,川野信之,大桃丈知,吉田孝友,三枝宏伊,国井正剛,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第1回脳腫瘍の外科研究会 (96.09.13), 福井.

1765. [研究会(全国)] (一般講演) 頭頚部腫瘍に対する術前超選択的塞栓術の有用性. 大桃丈知,倉田彰,岡秀宏,森嶋啓之,川野信之,三枝宏伊,国井正剛,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第1回脳腫瘍の外科研究会 (96.09.13), 福井.

1766. [研究会(全国)] (一般講演) 頭蓋底部髄膜腫へのExtensive Embolizationの応用―症例報告―. 清水暁,倉田彰,岡秀宏,大桃丈知,国井正剛,森嶋啓之,川野信之,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第1回脳腫瘍の外科研究会 (96.09.13), 福井.

1767. [研究会(全国)] (一般講演) 新しい脳動脈瘤モデルの作成とコイル及びstent挿入術. 国井正剛,倉田彰,宮坂佳男,大桃丈知,森嶋啓之,入倉克己,藤井清孝(脳外),菅信一(放),北原孝雄(救命): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1768. [研究会(全国)] (一般講演) Liquid coilによる脳動静脈奇形塞栓術後の組織学的検討. 高橋誠,鈴木龍太,三代貴康,藤本司,光谷俊幸,中嶋雅博(昭和大藤が丘病院),倉田彰,藤井清孝(脳外): 第12回日本脳血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1769. [研究会(全国)] (一般講演) 巨大脳動脈瘤に対する血管内手術, その留意すべき点について. 倉田彰,宮坂佳男,大桃丈知,国井正剛,森嶋啓之,入倉克己,藤井清孝(脳外),菅信一(放),北原孝雄(救命): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1770. [研究会(全国)] (一般講演) Vrd ventriculostomyを施行した中脳水道狭窄症の4例. 国井正剛,清水暁,湯沢泉,入倉克己,藤井清孝(脳外): 第3回日本神経内視鏡研究会 (96.11.30), 福岡.

1771. [研究会(全国)] (一般講演) Staged embolizationにより治療した巨大AVFの1例. 田中智子,倉田彰(脳外),菅信一(放),国井正剛,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第26回日本脳卒中の外科研究会 (96.11.30), 福岡.

1772. [研究会(全国)] (一般講演) 神経内視鏡で観察し得たDandy-Walker症候群の2例の後頭蓋所見. 田中智子,国井正剛,倉田彰,藤井清孝(脳外): 第3回日本神経内視鏡研究会 (96.11.30), 福岡.

1773. [研究会(全国)] (一般講演) GH-PRL産生下垂体腺腫と神経節細胞腫との混合腫瘍の1例. 小林郁夫,岡秀宏,川野信之,森嶋啓之(脳外),成高平治,鶴田智子(病理),藤井清孝(脳外),亀谷徹(病理): 第7回日本間脳下垂体腫瘍研究会 (97.02.14), 名古屋.

1774. [研究会(全国)] (一般講演) 重症頭部外傷の急性期の管理法の検討. 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),鈴木祥生,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第20回日本神経外傷研究会 (97.02.21), 東京.

1775. [研究会(全国)] (ポスター講演) Gliomaに対するIFN-βの作用機序,感受性に関する検討. 田中聡,小林郁夫,大高弘稔,岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外),長島正(帝京大),堀智勝(鳥取大): 第5回日本脳腫瘍カンファレンス (96.11.10), 箱根.

1776. [研究会(全国)] (ポスター講演) 頭頚部腫瘍に対する超選択的塞栓術の有用性. 大桃丈知,倉田彰,森嶋啓之,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.28), 名古屋.

1777. [研究会(全国)] (ポスター講演) 頭蓋底部髄膜腫における術前超選択的塞栓術の有用性と限界. 三枝宏伊,岡秀宏,倉田彰,大桃丈知,国井正剛,森嶋啓之,宮坂佳男,川野信之,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.28), 名古屋.

1778. [研究会(全国)] (ポスター講演) くも膜下出血後急性期にプラチナコイル塞栓術を施行した解離性椎骨動脈瘤. 田中智子,倉田彰,宮坂佳男,小沢達也,三島大徳,国井正剛,山田勝,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄(救命),藤井清孝(脳外): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.28), 名古屋.

1779. [研究会(全国)] (ポスター講演) Staged endovascular surgeryにより治療した巨大静脈瘤を伴うAVFの1症例. 田中智子,倉田彰,入倉克己,国井正剛,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.28), 名古屋.

1780. [研究会(全国)] (ポスター講演) 脳血管手術におけるヘパリン投与量と全血凝固時間についての検討. 永井成樹,倉田彰,入倉克己,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1781. [研究会(全国)] (ポスター講演) Small orificeの外傷性CCFに対する治療; nondetachable balloon catheterの応用. 森嶋啓之,倉田彰,宮坂佳男,入倉克己,田中柳水,国井正剛,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1782. [研究会(全国)] (ポスター講演) 内頚動脈閉鎖における安全性の指標,Stump pressure測定とその意義. 森嶋啓之,倉田彰,宮坂佳男,入倉克己,田中柳水,国井正剛,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1783. [研究会(全国)] (ポスター講演) 頭蓋外巨大内頚動脈瘤に対する EC-IC bypass後術中血管内手術の有用性―症例報告―. 清水暁,倉田彰,国井正剛,入倉克己,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1784. [研究会(全国)] (ポスター講演) 新しいdouble lumen balloon catheterの開発. 大桃丈知,倉田彰,国井正剛,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),中山茂信(実動系),磯崎修二(カネカメディックス): 第12回日本脳神経血管内手術研究会 (96.11.29), 名古屋.

1785. [研究会(地方)] (特別講演) 脳血管障害. 藤井清孝(脳外): 第3回東北脳神経外科セミナー (96.06.07), 弘前.

1786. [研究会(地方)] (特別講演) 頭蓋底の微小解剖. 藤井清孝(脳外): 第1回西部埼玉脳神経外科セミナー (96.06.12), 所沢.

1787. [研究会(地方)] (特別講演) 「頸椎症の治療」病態生理を中心に. 橘滋国(脳外): 第18回横浜神経セミナー (97.03.21), 横浜.

1788. [研究会(地方)] (教育講演) 脳血管閉塞性疾患. 藤井清孝(脳外): 第13回脳神経外科専門医教育研修会 (96.06.15), 東京.

1789. [研究会(地方)] (教育講演) 脳血管障害の外科治療と高血圧コントロール. 藤井清孝(脳外): 第1回高血圧治療の最前線 (96.09.20), 厚木.

1790. [研究会(地方)] (教育講演) 脳神経外科微小解剖と手術アプローチ. 藤井清孝(脳外): 和歌山脳神経外科集談会 (96.10.05), 和歌山.

1791. [研究会(地方)] (教育講演) トルコ鞍,Willis動脈輪近傍の外科解剖. 藤井清孝(脳外): 第8回脳神経外科学臨床講座 (96.12.14), 東京.

1792. [研究会(地方)] (一般講演) 側方進入により摘出したC1脊髄前面AVMの1例. 三井公彦,小沢達也,諏訪知也,松森邦昭(脳外): 第11回日本脊髄外科研究会 (96.06.07), 名古屋.

1793. [研究会(地方)] (一般講演) Gradeの判定が困難であった小児小脳astrocytomaの1例. 湯沢泉,近藤宏治,岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外): 第67回東京脳腫瘍研究会 (96.07.13), 神奈川.

1794. [研究会(地方)] (一般講演) 髄内腫瘍摘出における髄内微小解剖; 特に前正中中隔について(VTR). 三井公彦(脳外): 第3回脊椎脊髄神経手術手技研究会 (96.10.05), 東京.

1795. [研究会(地方)] (一般講演) 絞扼性末梢神経障害の診断と治療. 橘滋国(脳外): 第2回神奈川臨床神経セミナー (96.11.29), 横浜.

1796. [研究会(地方)] (一般講演) 脊髄後正中縦割法の経験. 見松健太郎,金村徳相(名大),三井公彦(脳外): 第46回東海脊椎外科研究会 (96.11.30), 名古屋.

1797. [研究会(地方)] (一般講演) piloid astrocyteが多数出現したastrocytic tumorの1例. 三枝宏伊,鈴木祥生,三島大徳,川野信之,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハビリ): 第68回東京脳腫瘍研究会 (96.12.21), 相模原.

1798. [研究会(地方)] (一般講演) 脳有鉤嚢尾虫症の1例. 湯沢泉,森嶋啓之,三枝宏伊,川野信之,藤井清孝(脳外): 第68回東京脳腫瘍研究会 (96.12.22), 相模原.


<<18 小児科学>>

1799. [原著] A majorimprovement in the prognosis of individuals with IDDM in the past 30 years in Japan. Nishimura, B.,Matsushima, M.,田嶼尚子,Agata, T.,Shimizu, H.,LaPorte, R.E.,Diabetes Epidemiology Research International Study Group(北川照男,田嶼尚子,松浦信夫(児),豊田隆,池田義雄,日比逸郎,三木英次,丸山博,川村正彦,一色玄,武田倬,貴田嘉一,河野泰子,三村 悟郎,Matsushima, M.,青野真由美,Aono, M.,Maruyama, M.,Shimizu, K.,Nishimura, R.,Asao, K.: Diabetes Care, 19(7): 758〜760, 1996.

1800. [原著] Molecular IDDM epidemiology: International studies. Dorman, J.S.,McCarthy, B.,松浦信夫(児),McCanlies, E.,Kramer, M.K.,Vergona, R.J.,Stone, R.,Kocova, M.,Trucco, M.,WHO Diamond Molecular Epidemiology Sub-Project Group: Diabetes Res. Clin. Pract., 34(Suppl.): 107〜116, 1996.

1801. [原著] Molecular epidemiology of IDDM in the Western Pacific rim region. 松浦信夫(児),Ko, K.W.,Park, Y.S.,Elliott, R.,WHO DiaMond Molecular Epidemiology Sub-Project Group: Diabetes Res. Clin. Pract., 34(Suppl.): 117〜123, 1996.

1802. [原著] Large-scale study of an A-to-G transition at position 3243 of the mitochondrial gene and IDDM in Japanese patients. 内潟安子,Mizota, S.,Yanagisawa, K.,Nakagawa, Y.,Ikegami, H.,Yamada, H.,Miura, J.,Ogihara, T.,松浦信夫(児),大森安恵: Diabetologia, 39: 245〜246, 1996.

1803. [原著] Age-dependent association of HLA-A24 in Japanese IDDM patients. Mizota, M.,内潟安子,Moriyama, S.,Tokunaga, K.,松浦信夫(児),Miura, J.,Juji, T.,大森安恵: Diabetologia, 39: 371〜372, 1996.

1804. [原著] Socioeconomic and behavioural risk factors for mortality of individuals with IDDM in Japan: population-based case-control study. Matsushima, M.,Shimizu, K.,Maruyama, M.,Nishimura, R.,LaPorte, R.E.,田嶼尚子,for Diabetes Epidemiology Reseach International(DERI) U.S.-Japan Mortality Study Group,北川照男,田嶼尚子,松浦信夫(児),豊田隆,池田義雄,日比逸郎,三木英次,丸山博,川村正彦,一色玄,武田倬,貴田嘉一,河野泰子,三村 悟郎,Matsushima, M.,青野真由美,Aono, M.,Maruyama, M.,Shimizu, K.,Nishimura, R.: Diabetologia, 39: 710〜716, 1996.

1805. [原著] Tachykinins mediate the potentiation of antigen-induced bronchoconstriction by cold air in guinea pigs. Yoshihara, S.,Geppetti, P.,Linden, A.,原真人(児),Chan, B.,Nadel, J.A.: J. Allergy Clin. Immunol., 97: 756〜760, 1996.

1806. [原著] The Japanese National Registry data on pediatric CAPD patients: A ten-year experience, A report of the study group of pediatric PD Conference. Honda, M.,飯高喜久雄(児),Kawaguchi, H.,Hoshii, S.,Akashi, S.,Kohsaka, T.,Tuzuki, K.,Yamaoka, K.,Yoshikawa, N.,Karashima, S.,Itoh, Y.,Hatae, K.: Perit. Dial. Int., 16(3): 269〜275, 1996.

1807. [原著] 小児の部分発作に対するclonazepam単剤治療の効果. : 日本新生児学会誌, 32(1): 141〜147, 1996.

1817. [原著] 小児膜性腎症の検討. 朝長香,飯高喜久雄,中村信也,守屋俊介(児),桑尾定仁(病理): 日本腎臓学会誌, 38(12): 603〜609, 1996.

1818. [原著] 小児末期腎不全の治療−北里大学病院腎センター20年間の治療経験のまとめ−. 飯高喜久雄,中村信也,守屋俊介,朝長香,北條みどり(児),熊野和雄,遠藤忠雄,酒井糾(泌): 日本透析医学会雑誌, 30(1): 35〜40, 1997.

1819. [原著] CAPD患者におけるdextran 70とalbuminを用いたリンパ吸収能の比較. 朝長香,飯高喜久雄,中村信也,守屋俊介,北條みどり(児): 日本透析医学会雑誌, 30(1): 41〜44, 1997.

1820. [準原著(英文)] Long-term prognosis of epilepsies developing after starting intermittent rectal diazepam therapy for prevention of recurrent febrile convulsions: a further study. 白井宏幸,三浦寿男,高梨栄,砂押渉,細田のぞみ,武井研二(児): Brain Dev., 18(6): 477〜478, 1996.

1821. [準原著] 薬物相互作用: その対策と予測−小児の場合−. 三浦寿男(児): TDM研究, 14(1): 5〜6, 1997.

1822. [準原著] Lamotrigineの併用がcarbamazepineの体内動態におよぼす影響ならびにその臨床的意義. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,武井研二(児): TDM研究, 14(1): 69〜70, 1997.

1823. [準原著] 最近経験したWest症候群の短期治療経過に関する1考察. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): 第6回日本臨床精神神経薬理学会シノプシス, p.179〜181, 1996.

1824. [準原著] Lamotrigineの併用がcarbamazepineならびにcarbamazepine-10,11-epoxideの血中濃度におよぼす影響. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,武井研二(児): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 9(1): 84〜86, 1996.

1825. [研究報告(厚生省)] 周産期の甲状腺ホルモン・微量金属が胎児・新生児の脳の分化・発達に及ぼす影響についての研究. 松浦信夫,柴山啓子,風張幸司(児),小野雅夫(分生),古舘専一(実動),原田正平: 厚生省小児医療研究委託費平成7年度研究報告書, p.61〜61, 1996.

1826. [研究報告(厚生省)] スクリーニングの精度管理のあり方に関する研究. 松浦信夫(児),成瀬浩,新美仁男,沢田淳,菊地由生子,下澤和彦,原田正平,稲岡一考,新川隆安: 平成7年度厚生省心身障害研究・新しいスクリーニングシステムのあり方に関する研究平成7年度研究報告書, p.165〜168, 1996.

1827. [研究報告(厚生省)] 地域保健法施行に伴うマススクリーニング実施に対する行政の対応について. 松浦信夫,横田行史,柴山啓子,風張幸司(児): 平成7年度厚生省心身障害研究・新しいスクリーニングシステムのあり方に関する研究平成7年度研究報告書, p.169〜171, 1996.

1828. [研究報告(厚生省)] クレチン症マススクリーニング陽性基準の改定案. 原田正平,安田敏行,松浦信夫(児): 平成7年度厚生省心身障害研究・新しいスクリーニングシステムのあり方に関する研究平成7年度研究報告書, p.194〜196, 1996.

1829. [研究報告(厚生省)] 小児期発症IDDMの疫学−過去の成果と今後の展望−. 松浦信夫(児),原田正平,一色玄,青野繁雄,神谷齊,増田英成: 「厚生省長期慢性疾患総合研究事業」糖尿病調査研究班・予防, 疫学に関する研究平成7年度研究報告書, p.71〜74, 1996.

1830. [研究報告(その他)] 光誘発てんかん(ビデオてんかん)患児におけるゲ−ム機器使用前後の脳波所見の変化について, 同(補填). 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,武井研二(児): 受託研究[光誘発てんかん(ビデオてんかん)患者におけるゲ−ム機器使用前後の脳波所見の変化について]研究報告書, p.1〜31, 1996.

1831. [症例報告] Hepatitis B virus-associated nephropathy: 17 year progression from onset to end-stage renal failure. 朝長香,飯高喜久雄,中村信也,守屋俊介,北條みどり(児),酒井糾(泌): Acta Paediatr. Jpn., 38(2): 156〜159, 1996.

1832. [症例報告] Hereditary nephritis associated with low-tone sensoneural hearing difficulty: A case report. Motoyama, O.,Ohshima, M.,Shigetani, Y.,Ohara, T.,Nagai, Y.,Kawamura,S.(東邦大),飯高喜久雄(児): Jpn. J. Nephrol., 38(5): 233〜237, 1996.

1833. [症例報告] 両側感音性難聴を伴った難治性ネフローゼ症候群の1女児例. 中村信也,朝長香,守屋俊介,北條みどり,飯高喜久雄,河西紀昭(児): 腎炎症例研究, 13: 25〜32, 1997.

1834. [症例報告] 血性羊水吸引により呼吸障害を認めた成熟児の1例; サーファクタントによる気管内洗浄施行例. 佐藤雅彦,小口弘毅,福島崇義,佐伯敏亮,荻野純代,上野信弥,山田俊彦,野渡正彦,蒲原崇,松浦信夫(児): 編集 小坂樹徳,赤沼安夫, 診断と治療社, 東京, 96.05.20発行.

1850. [学術書] (分担執筆) TEXT 小児科学; (16) 内分泌疾患, p.471〜488, 松浦信夫(児). 編集 柳澤正義,阿部敏明,多田裕, 南山堂,東京, 96.08.00発行.

1851. [学術書] (分担執筆) 今日の小児治療指針, 第11版; 腎性貧血, p.387〜388, 飯高喜久雄(児). 編集 矢田純一,柳沢正義,山口規容子, 医学書院,東京, 97.02.01発行.

1852. [学術書] (分担執筆) 小児の超音波検査; 心エコー・ドプラ法による心機能評価, 59: 545〜555, 平石聡(児). 編集 柳沢正義(東大), 診断と治療社,東京, 96.04.01発行.

1853. [学術書] (分担執筆) Year Note, Selected Article 1997; 重症心奇形の診断と治療, p.257〜269, 平石聡(児). 編集 青木裕美,他, 医療情報科学研究所,東京, 96.06.24発行.

1854. [学術書] (分担執筆) ゾニサミドの世界−単剤療法と薬理作用の新知見−; 小児の部分発作に対するゾニサミド単剤1日1回投与法の効果と血中濃度, p.43〜47, 三浦寿男,細田のぞみ(児). ライフサイエンス出版, 東京, 96.08.30発行.

1855. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 向精神薬ハンドブック1996; 小児における主要抗てんかん薬の投与量, 血中半減期, 有効血中濃度, 中毒血中濃度および副作用, p.232〜235, 三浦寿男(児). 編集 大日本製薬(株), 大日本製薬(株), 大阪, 96.10.01発行.

1856. [学会(国際)] (シンポジウム等) A novel antiepileptic drug: Once-daily dose of zonisamide monotherapy in children with cryptogenic localization-related epilepsies. 三浦寿男(児): 第1回アジア・太平洋てんかん学会議 (Inaugural Congress of Asian and Oceanian Epilepsy Organization) (96.09.06), Seoul, Abstract, p.2, 1996.

1857. [学会(国際)] (一般講演) International survey on metabolic control in childhood diabetes. Mortensen, H.B.,Hougaad, P.,Hvidore Study Group on Childhood Diabetes,松浦信夫(児): 22nd Annual Meeting of International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (96.06.02〜07), Pittsburgh, USA.

1858. [学会(国際)] (一般講演) International survey on HbAic and insulin treatment in childhood diabetes. Mortensen, H.B.,Hougaad, P.,Hvidore Study Group on Childhood Diabetes,松浦信夫(児): Europian Association for the Study of Diabetes (EASD) (96.09.01〜05), Vienna, Austria, Diabetologia, 39(Suppl.): 28, 1996.

1859. [学会(国際)] (一般講演) Effect of concurrent administration of clonazepam on the plasma concentrations of zonisamide. 武井研二,三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉(児): 第5回アジア・オセアニア小児神経学会議(5th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology) (96.10.11), Istanbul, Abstracts of 5th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology, p.90, 1996.

1860. [学会(国際)] (一般講演) Psychosocial problems. 松浦信夫(児): Round Table on Better Cares of Children and Asolescents with Diabetes, Joint Meeting of International Symposium on Diabetes and Endocrine Disorders in the Young(ISPEDY) and 4th Asian Symposium of Childhood and Juvenile Diabetes (97.01.26〜29), Chiang Mai, Thailand.

1861. [学会(国際)] (一般講演) Hypothyroidism-screening and follow-up. 松浦信夫(児): Joint Meeting of International Symposium on Diabetes and Endocrine Disorders in the Young(ISPEDY) and 4th Asian Symposium of Childhood and Juvenile Diabetes (97.01.26〜29), Chiang Mai, Thailand.

1862. [学会(国際)] (一般講演) Coronary arterial hemodynamics in children with congenital heart disease. 縣陽太郎,平石聡,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之(児): 第9回アジア小児科学会 (97.03.23), 香港, J. Paediatr. Child Health, 33(Suppl.1): 42, 1997.

1863. [学会(国際)] (ポスター講演) Long-term follow-up of renal transplantation in children. 飯高喜久雄,北條みどり,守屋俊介,中村信也(児),酒井糾,熊野和雄,遠藤忠雄(泌): 2nd International Congress on Pediatric Transplantation (96.08.23), Paris, France, Abstaracts, p.65, 1996.

1864. [学会(国際)] (ポスター講演) Changes in systemic blood flow and its regional blood distribution in symptomatic infants with severe left-to-right shunting congenital heart disease. 縣陽太郎,平石聡,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之(児),中江世明(胸外): 第18回ヨーロッパ心臓病学会 (96.08.25), バルセロナ, Eur. Heart J., 17: 1996.

1865. [学会(国際)] (ポスター講演) Socio-economical and marital status of juvenile onset insulin-dependent diabetes (IDDM) over 18 years of age in Japan. 松浦信夫(児),青野繁雄,佐々木望,貴田嘉一,Childhood Diabetes Committee of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology: 3rd International Diabetes Federation Western Pacific Regional Congress (96.09.25〜29), Hong Kong.

1866. [学会(国際)] (ポスター講演) Clonazepam monotherapy in the control of partial seizures in children. 三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,武井研二(児): 第5回アジア・オセアニア小児神経学会議(5th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology) (96.10.09〜11), Istanbul, Abstracts of 5th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology, p. 202, 1996.

1867. [学会(全国)] (特別講演) 糖尿病; 最近の話題. 松浦信夫(児): 第99回日本小児科学会総会 (96.04.19〜21), 熊本, 日本小児科学会雑誌, 100(2): 25, 1996.

1868. [学会(全国)] (シンポジウム) わが国の小児糖尿病の疫学; IDDM. 松浦信夫(児): 第30回糖尿病学の進歩 (96.02.16〜17), 京都.

1869. [学会(全国)] (シンポジウム等) 薬物相互作用: その対策と予測−小児の場合−. 三浦寿男(児): 第13回日本TDM学会 (96.06.07), 東京, 要旨集, p.32, 1996.

1870. [学会(全国)] (シンポジウム等) 超高速CT 3次元画像再構築を用いた心室中隔欠損の形態評価. 堀口泰典,白井宏幸,平石聡,三沢仁司,縣陽太郎,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕(児),中江世明(胸外): 第32回日本小児循環器学会 (96.07.04), 大阪, 日本小児循環器学会雑誌, 12(2): 186, 1996.

1871. [学会(全国)] (シンポジウム等) てんかん発作消失例では, 抗てんかん薬はいつまで続けるべきか; 抗てんかん薬単剤治療患児の長期経過. 三浦寿男(児): 第38回日本小児神経学会総会 (96.07.17), 東京.

1872. [学会(全国)] (シンポジウム等) 熱性けいれんの新たな展望; 熱性けいれんの薬物療法. 三浦寿男(児): 第38回日本小児神経学会総会 (96.07.20), 東京, 脳と発達, 28(総会号): 105, 1996.

1873. [学会(全国)] (シンポジウム等) ・ 脳と発達, 28(総会号): 257, 1996.

1882. [学会(全国)] (一般講演) 平成7年度の相模原保健所3歳検尿によって発見された腎尿路異常の4例−3歳検尿の役割−. 河西紀昭,中村信也,守屋俊介,朝長香,北條みどり,飯高喜久雄(児): 第31回日本小児腎臓病学会 (96.07.19), 前橋, 予稿集, p.235, 1996.

1883. [学会(全国)] (一般講演) 小児の部分発作に対するclonazepam単剤治療の長期最終予後. 細田のぞみ,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二(児): 第38回日本小児神経学会総会 (96.07.20), 東京, 脳と発達, 28(総会号): 313, 1996.

1884. [学会(全国)] (一般講演) 小児の覚醒時大発作てんかんに対するsodium valproate単剤治療の効果. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 第23回日本小児臨床薬理学会 (96.09.07), 東京, プログラム・抄録集, p.17, 1996.

1885. [学会(全国)] (一般講演) バセドウ病の母親から生まれる一過性低T4血症の病因, 病態についての検討. 松浦信夫,大山宜秀,横田行史,柴山啓子(児),原田正平,市原侃,福士勝,菊地由生子: 第24回日本マス・スクリーニング学会総会 (96.09.13〜14), 徳島, 日本マス・スクリーニング学会誌, 6(2): 73, 1996.

1886. [学会(全国)] (一般講演) 成人に達した小児期発症IDDMの現状; 全国実態調査の解析について糖尿病委員会報告. 松浦信夫(児),青野繁雄,雨宮伸,五十嵐裕,内潟安子,浦上達彦,貴田嘉一,佐々木望,三木裕子,宮本茂樹: 第30回日本小児内分泌学会 (96.10.03〜04), 東京.

1887. [学会(全国)] (一般講演) 多施設共同研究におけるHbA1c測定標準化−その成果と問題点−. 雨宮伸,小林基章,望月美恵,横田一郎,松浦信夫(児): 第30回日本小児内分泌学会 (96.10.03〜04), 東京.

1888. [学会(全国)] (一般講演) クレチン症および新生児一過性甲状腺機能異常症の骨成熟について. 柴山啓子,横田行史,風張幸司,大山宜秀,松浦信夫(児),原田正平(北海道立衛生研),福士勝(札幌市衛生研),石川信義(北見赤十字病院): 第30回日本小児内分泌学会 (96.10.03〜04), 東京.

1889. [学会(全国)] (一般講演) 小児の覚醒時大発作てんかんに対するsodium valproate単剤治療の長期効果. 武井研二,三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉(児): 第30回日本てんかん学会 (96.10.05), 東京, てんかん研究, 15(1): 52, 1997.

1890. [学会(全国)] (一般講演) 小児インスリン治療研究会−その目的と登録患者背景−. 松浦信夫,佐々木望,雨宮伸(児),小児インスリン治療研究会: 第39回日本糖尿病学会総会 (96.10.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 218, 1996.

1891. [学会(全国)] (一般講演) 18歳以上に達した小児期発症インスリン依存性糖尿病患者の社会的適応および生活実態に関する疫学的検討. 青野繁雄,松浦信夫(児),雨宮伸,五十嵐裕,内潟安子,浦上達彦,貴田嘉一,佐々木望,三木裕子,宮本茂樹: 第39回日本糖尿病学会総会 (96.10.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 220, 1996.

1892. [学会(全国)] (一般講演) 多施設間のグリコヘモグロビン測定標準化の検討−その成果と問題点−. 雨宮伸,星野忠夫,佐々木望,松浦信夫(児),小児インスリン治療研究会: 第39回日本糖尿病学会総会 (96.10.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 430, 1996.

1893. [学会(全国)] (一般講演) Partial DiGeorge Syndrome (PSG)の抗原特異的免疫機能の検討. 野間剛,川野豊,敷島康史,山田俊彦,松浦信夫(児),青木国輝,赤城邦彦: 第38回臨床血液学会 (96.11.13〜15), 大宮市, 臨床血液, 38(11): 985, 1996.

1894. [学会(全国)] (一般講演) 遅発性横隔膜ヘルニアの4例. 関根徹,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,四倉正博,原真人,上田康久(児),堀池重治,石井勝己(放),石田和夫(外): 第29回日本小児呼吸器疾患学会 (96.11.15), 宇都宮.

1895. [学会(全国)] (一般講演) 呼吸管理を要した乳児重症百日咳3例の臨床的検討. 四倉正博,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,関根徹,原真人,上田康久(児),堀池重治(放): 第29回日本小児呼吸器疾患学会 (96.11.15), 宇都宮.

1896. [学会(全国)] (一般講演) 最近経験したWest症候群の短期治療経過に関する1考察. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): 第6回日本臨床精神神経薬理学会 (96.11.15), 宜野湾, プログラム, p.88, 1996.

1897. [学会(全国)] (一般講演) SCIDマウスをもちいた特異ヒトIgE産生系に与えるIL12の処理効果. 野間剛,中島忠,青木国輝,川野豊,松浦信夫(児): 第26回日本免疫学会総会 (96.11.26〜28), 横浜.

1898. [学会(全国)] (一般講演) 急性細気管支炎における血清ECP値の推移と臨床的意義の検討. 原真人,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,小川夏子,石館武夫(児): 第33回日本小児アレルギー学会 (96.11.28), 福岡.

1899. [学会(全国)] (一般講演) 重度の栄養障害と発育不良を主訴に入院した乳児アトピー性皮膚炎の1例. 福島崇義,中嶋英彦,梅原実,坂東由紀,関根徹,小川夏子,西迫真(児),村松秀樹(臨病理): 第33回日本小児アレルギー学会 (96.11.28), 福岡, 日本小児アレルギー学会誌, 10: 359, 1996.

1900. [学会(全国)] (一般講演) 乳児病棟におけるMRSA保菌の新たな問題点−頚部皮膚培養の有用性−. 柴山清美,竹内久恵,脇坂浩,田中彰子(看護部),野々山勝人,坂東由紀,砂押渉,五十嵐宗雄(児),村松秀樹,西田陽(臨病理),井上松久(微): 第12回日本環境感染学会総会 (97.02.22), 新潟, プログラム, p.75, 1996.

1901. [学会(全国)] (ポスター講演) 超高速CTによる心血管系の3次元解析の試み(第1報)解剖学的正常例および心室中隔欠損右室流出路狭窄例での検討. 堀口泰典,白井宏幸,島貫郁,堀田英夫,平石聡,三沢仁司,縣陽太郎,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕(児): 第99回日本小児科学会総会 (96.04.19〜21), 熊本, 日本小児科学会雑誌, 100(2): 305, 1996.

1902. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺血流減少型心疾患の肺動脈形態と血流評価における心エコー検査の役割. 平石聡,縣陽太郎,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之(児),河田政明,中江世明(胸外): 第99回日本小児科学会総会 (96.04.19〜21), 熊本, 日本小児科学会雑誌, 100(2): 306, 1996.

1903. [学会(全国)] (ポスター講演) Lamotrigineの併用がcarbamazepineの体内動態におよぼす影響. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,武井研二(児): 第99回日本小児科学会学術集会 (96.04.19), 熊本, 日本小児科学会雑誌, 100(2): 348, 1996.

1904. [学会(全国)] (ポスター講演) Clonazepamの併用がzonisamideの血中濃度におよぼす影響. 武井研二,三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): 第99回日本小児科学会学術集会 (96.04.19), 熊本, 日本小児科学会雑誌, 100(2): 349, 1996.

1905. [学会(全国)] (ポスター講演) SLEの臨床および腎臓の組織学的検討. 朝長香,中村信也,守屋俊介,北條みどり,河西紀昭,飯高喜久雄(児): 第99回日本小児科学会総会 (96.04.19〜21), 熊本, 日本小児科学会雑誌, 100(2): 436, 1996.

1906. [学会(全国)] (ポスター講演) アナフィラクトイド紫斑病ならびに紫斑病性腎炎の病初期における免疫複合体量の測定. 河西紀昭,守屋俊介,中村信也(児): 第39回日本腎臓学会 (96.05.31), 倉敷, 日本腎臓学会誌, 38(Suppl.): 130, 1996.

1907. [学会(全国)] (ポスター講演) 左,右肺動脈近位部狭窄の進展様式−心エコー法による前視方的検討−. 平石聡,縣陽太郎,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之,広田浜夫,河村誠次(児),中江世明,笠原真悟(胸外): 第32回日本小児循環器学会 (96.07.04), 大阪, 日本小児循環器学会雑誌, 12(2): 308, 1996.

1908. [学会(全国)] (ポスター講演) 心筋梗塞を合併した川崎病児に対するPTCR療法. 片山文彦,平石聡,三沢仁司,縣陽太郎,堀口泰典,藤野宣之,河村誠次,武田信裕(児): 第32回日本小児循環器学会 (96.07.05), 大阪, 日本小児循環器学会雑誌, 12(2): 369, 1996.

1909. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児腹膜透析患者における経腹膜的リンパ吸収の測定. 飯高喜久雄,朝長香,中村信也,守屋俊介,北條みどり(児): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.06), 名古屋, 日本透析医学会雑誌, 29(Suppl.1): 954, 1996.

1910. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性腎不全でCAPD療法中に性早熟症を併発した1女児例. 横田行史,風張真由美,風張幸司,柴山啓子,大山宜秀,松浦信夫(児): 第30回日本小児内分泌学会 (96.10.03〜04), 東京.

1911. [学会(全国)] (ポスター講演) 乳児特発性低血糖−Diazoxide投与中止後のインスリン分泌能の検討−. 小池明美,八十島弘一,高橋豊,松浦信夫(児): 第39回日本糖尿病学会総会 (96.10.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 303, 1996.

1912. [学会(全国)] (ポスター講演) 内科へ転科後の小児期発症青年期IDDM患者の臨床的検討. 横田行史,風張真由美,風張幸司,柴山啓子,大山宜秀,松浦信夫(児),金森晃,的場清和,矢島義忠(内): 第39回日本糖尿病学会総会 (96.10.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 600, 1996.

1913. [学会(地方)] (一般講演) 熱源の検索に頭部CTが有用であった副鼻腔炎・乳突洞炎の3例. 堀田英夫,白井宏幸,堀口泰典,島貫郁,三須陽子(児),鈴木隆三,辻光雄,大橋一正,児玉光史(茅ヶ崎徳洲会総合病院): 第221回日本小児科学会神奈川県地方会 (96.06.29), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 24(1): 109, 1997.

1914. [学会(地方)] (一般講演) 最近経験したWest症候群の短期治療経過. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): 第25回日本小児神経学会関東地方会 (96.09.28), 東京, プログラム・抄録集, p.20, 1996.

1915. [学会(地方)] (一般講演) 気道異物を契機に発見された重複大動脈弓の1例. 石川義人,梅原実,四倉正博,関根徹,佐伯敏亮,三須陽子,中嶋英彦,松浦信夫(児): 第225回日本小児科学会神奈川県地方会 (97.03.15), 横浜.

1916. [学会(地方)] (一般講演) 自然寛解したWest症候群の2例. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,安保賢一(児): 第26回日本小児神経学会関東地方会 (97.03.29), 東京, プログラム・抄録集, p.30, 1997.

1917. [研究会(全国)] (教育講演) 新生児・小児への薬物投与の留意点. 三浦寿男(児): 第44回東京薬科大学・東京薬科大学東薬会・日本薬剤師研修センタ−卒後教育講座 (96.05.18), 東京, 教育講座テキスト, p.1〜7, 1996.

1918. [研究会(全国)] (一般講演) Acetaminophen坐剤の併用がdiazepam坐剤の直腸からの吸収におよぼす影響−反復投与時の薬物動態学的解析と至適投与設計−. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 第19回熱性けいれん懇話会 (96.12.14), 東京, Brain Dev., 19(6): 1997.

1919. [研究会(全国)] (一般講演) 大動脈離断複合術後Proximal arch 狭窄の進行を認めバルーン拡大術が有効であった1乳児例. 堀口泰典,白井宏幸,平石聡,三沢仁司,縣陽太郎,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕(児): 第8回JPIC研究会 (97.01.31), 札幌.

1920. [研究会(全国)] (一般講演) Flecanideが奏功した上室性頻拍症, 胎児水腫の1例. 石川義人,平石聡,三沢仁司,武田信裕(児),天野完(産婦): 第3回日本胎児心臓病研究会 (97.02.23), 鹿児島.

1921. [研究会(地方)] (特別講演) 小児の部分発作に対するzonisamide単剤治療の効果と血中濃度. 三浦寿男(児): 神奈川県zonisamide研究会報告会 (96.05.10), 横浜.

1922. [研究会(地方)] (特別講演) 小児における抗てんかん薬の体内動態と血中濃度モニタリングの臨床的意義. 三浦寿男(児): ,守屋俊介,河西紀昭(児): 第27回神奈川腎炎研究会 (97.02.22), 横浜. 予稿集, p.4, 1997.

1933. [研究会(地方)] (一般講演) てんかんの病態イメージング−診断から診療まで−. 三浦寿男(児): 第5回関東脳SPECT研究会 (97.03.01), 東京, 抄録集, p.4, 1998.


<<19 産科学>>

1934. [原著] Fetal circulatory responses during maternal tleeding. 吉原一,源田辰雄,根本荘一,島田信宏,西島正博,浅井仁司,塩津英之,佐藤喜一(産婦): J. Perinat. Med., 24: 479〜487, 1996.

1935. [原著] 反復子宮外妊娠の予防. 西島正博,川内博人,釼持稔,金井督之,黒川弘子(産婦): 産婦の実際, 45(4): 445〜448, 1996.

1936. [原著] 疫学的手法を用いた漢方薬の薬効および経済性の評価−鉄欠乏性貧血に対する当帰芍薬散の効果−. 赤瀬朋秀,望月真弓,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部),田代眞一(昭和薬科大),鶴田陽和(医用情報),西島正博(産婦): 産婦人科漢方研究のあゆみ, 13: 62〜65, 1996.

1937. [原著] 塩酸リトドリン投与時の子宮臍帯循環. 根本荘一,吉原一,島田信宏,西島正博,佐藤喜一(産婦): 周産期学シンポジウム, 14: 127〜134, 1996.

1938. [準原著] 母体搬送例における分娩予後の検討. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 33(1): 41〜44, 1996.

1939. [準原著] 原因不明反復流産患者に対する柴苓湯の有用性の検討. 内野直樹(産婦): 日本東洋医学雑誌, 47(4): 631〜634, 1997.

1940. [研究報告(厚生省)] 母体死亡, ニアミス例の胎児管理. 西島正博,天野完(産婦): 厚生省心身障害研究平成7年度研究報告書, p.60〜61, 1996.

1941. [総説] 乳汁分泌の促進と抑制. 吉原一(産婦): 産婦人科治療, 73: 369〜373, 1996.

1942. [総説] プルーンベリー症候群. 島田信宏(産婦): 周産期医学, 26(6): 748〜749, 1996.

1943. [講座] 分娩記録の書き方. 島田信宏(産婦): 産科と婦人科, 63(増刊): 28〜30, 1996.

1944. [講座] 吸引分娩−適応と要約−. 西島正博,谷昭博(産婦): 産婦の実際, 45(12): 1579〜1582, 1996.

1945. [講座] 羊水過多の産科管理−26例の臨床的検討から−. 田口雅之,前田宗徳,天野完,西島正博(産婦): 産婦人科の実際, 45: 1357〜1361, 1996.

1946. [講座] Preterm 分担執筆) 図説産婦人科VIEW-26; 妊娠週数別にみた前期破水の管理, p.84〜91, 西島正博,天野完,黒須不二男(産婦). 編集 佐藤章(福島県立医大),中野仁雄(九大), メジカルビュー社,東京,96.12.05発行.

1963. [その他の著書] (分担執筆) 図説産婦人科VIEW-26; 分娩時期の決定と分娩方法, p.92〜94, 西島正博,天野完,黒須不二男(産婦). 編集 佐藤章(福島県立医大),中野仁雄(九大), メジカルビュー社,東京,96.12.05発行.

1964. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針1997年版; 胎児仮死, p.730〜731, 西島正博(産婦). 編集 稲垣義明(千葉労災病院),多賀須幸男(多賀須医院),尾形悦郎(癌研), 医学書院,東京,97.01.01発行.

1965. [学会(国際)] (シンポジウム等) Clinical significance of fetal pulse oximetry. 天野完,西島正博(産婦): 第4回日露医学医療交流国際シンポジウム (96.09.03〜08), イルクーツク.

1966. [学会(国際)] (ポスター講演) Induction of cyclooxygenase in rat endometrium during the estrus cycle. 庄田隆,吉原一,天野完,西島正博(産婦),原田芳照,馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第4回日露医学医療交流国際シンポジウム (96.09.05), イルクーツク.

1967. [学会(全国)] (教育講演) 21世紀の助産婦に期待すること. 島田信宏(産婦): 第37回日本母性衛生学会 (96.10.03), 仙台.

1968. [学会(全国)] (シンポジウム等) 胎児採血による胎児診断と治療. 天野完(産婦): 第20回日本臨床遺伝学会 (96.05.23), 横浜.

1969. [学会(全国)] (シンポジウム等) Birth simulation modelによる肺動脈血流量の変化. 吉原一(産婦): 第15回日本周産期学会 (97.01.25), 横浜.

1970. [学会(全国)] (ワークショップ) Fetal pulse oximetryによる胎児well-beingの評価. 天野完(産婦): 第32回日本新生児学会総会 (96.07.08), 高松.

1971. [学会(全国)] (一般講演) 容量負荷に対する山羊胎仔循環系の反応. 塩津英之(仁泉会医学研究所),源田辰雄(北里メディカルセンター),根本荘一(東京逓信病院),浅井仁司,佐藤喜一(仁泉会医学研究所): 第48回日本産科婦人科学会総会 (96.04.08), 横浜.

1972. [学会(全国)] (一般講演) 胎児不整脈は帝切の適応か? 平野聡子,前田宗徳,天野完,西島正博(産婦): 第48回日本産科婦人科学会総会 (96.04.08), 横浜, 日本産科婦人科学会雑誌, 48(Suppl.): 205, 1996.

1973. [学会(全国)] (一般講演) 原因不明反復流産患者に対する柴苓湯の使用経験. 内野直樹(産婦): 第47回日本東洋医学会総会 (96.05.10), 横浜.

1974. [学会(全国)] (一般講演) 容量負荷に対する山羊胎仔循環系の反応に関する研究. 塩津英之(仁泉会医学研究所),吉原一(産婦),源田辰雄(北研メディカルセン),根本荘一(東京逓信病院),島田信宏,西島正博(産婦),浅井仁司,佐 藤喜一(仁泉会医学研究所): 第32回日本新生児学会総会 (96.07.08), 高松.

1975. [学会(全国)] (一般講演) 切迫早産, 前期破水例における羊水中グルコース測定の意義. 田口雅之,谷昭博,与那覇斉,原田由香,岩永久美,菅博胤,天野完,西島正博(産婦): 第32回日本新生児学会総会 (96.07.08), 高松.

1976. [学会(全国)] (ポスター講演) 産褥, 授乳期における骨塩量の推移. 内野直樹,根本玲子,大河原聡,望月愛郎(産婦): 日本社会保険医学会学術総会 (96.10.04), 北九州.

1977. [学会(地方)] (特別講演) 脳性麻痺発生の防止をめざして. 西島正博(産婦): 第16回茨城県母性衛生学会 (96.06.01), 水戸.

1978. [学会(地方)] (特別講演) 分娩促進剤を用いた安全な分娩管理を求めて. 西島正博(産婦): 第70回兵庫県産科婦人科学会 (96.06.02), 神戸.

1979. [学会(地方)] (特別講演) 肩甲難産. 島田信宏(産婦): 第9回静岡県母性衛生学会 (96.06.23), 静岡.

1980. [学会(地方)] (特別講演) 妊娠糖尿病. 島田信宏(産婦): 日本産科婦人科学会福島地方部会周産期医学セミナー (97.03.01), 福島.

1981. [学会(地方)] (教育講演) Fetal pulse oximetryの有用性. 天野完(産婦): 第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (96.10.20), 横浜.

1982. [学会(地方)] (一般講演) 頚管形態のDynamicな変化をとらえた頚管無力症症例. 塩津英之,中村眞,浅井仁司,佐藤喜一(仁泉会医学研究所): 日本産科婦人科学会福島地方部会 (96.04.21), 福島.

1983. [学会(地方)] (一般講演) 32週未満PROMの産科管理の現状. 星野祐子,庄田隆,黒須不二男,谷昭博,天野完,西島正博(産婦): 第91回日産婦関東連合地方部会総会 (96.06.16), 東京.

1984. [学会(地方)] (一般講演) フレカイニドが奏功した上室性不整脈の1例. 原田由香,天野完,庄田隆,西島正博(産婦): 第317回日産婦神奈川地方部会 (96.07.13), 横須賀.

1985. [学会(地方)] (一般講演) フレカイニドが著効した上室性頻拍症の1例. 原田由香,庄田隆,新井正秀,与那覇斉,谷昭博,吉原一,天野完,西島正博(産婦): 第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (96.10.20), 横浜.

1986. [学会(地方)] (一般講演) 出生前診断がついたサイトメガロウイルス感染症の1例. 与那覇斉,庄田隆,天野完,西島正博,近藤雅子(産婦): 第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (96.10.20), 横浜.

1987. [学会(地方)] (一般講演) 反復羊水除去が奏功したTTTSの1例. 田村俊男,田口雅之,庄田隆,天野完,西島正博(産婦): 第319回日産婦神奈川地方部会・第38回神奈川医学会総会産婦人科分科会 (96.11.30), 横浜.

1988. [学会(地方)] (一般講演) 原因不明反復流産患者に対する柴苓湯の使用経験. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(社会保険相模野病院): 第321回日産婦神奈川地方部会 (97.01.11), 横浜.

1989. [学会(地方)] (一般講演) 妊娠中のマラリアの1例. 菅博胤,土居幹,林玲子,巽英樹(国立相模原病院): 第321回日産婦神奈川地方部会 (97.01.11), 横浜.

1990. [学会(地方)] (一般講演) 正常分娩後短期間で発症した絨毛癌の1例. 玉城英子,黒川弘子,佐藤倫也,上坊敏子,田口明,蔵本博行,西島正博,下田隆夫(産婦): 第321回日産婦神奈川地方部会 (97.01.11), 横浜.

1991. [研究会(全国)] (特別講演) これから母親学級などで妊婦に教育してほしいこと. 島田信宏(産婦): 第17回全国日母産科看護学院卒後研修会 (96.10.12), 盛岡.

1992. [研究会(全国)] (一般講演) 分娩後にけいれんで搬送された1例. 与那覇斉,原田由香,新井正秀,天野完,西島正博(産婦): 第92回分娩と麻酔研究会 (96.06.08), 東京.

1993. [研究会(全国)] (一般講演) ITP合併妊娠の管理. 田口雅之,庄田隆,谷昭博,天野完,西島正博(産婦): 第92回分娩と麻酔研究会 (96.06.08), 東京.

1994. [研究(全国)] (一般講演) 産褥, 授乳期における骨量変化に関する検討. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(相模野病院): 第7回婦人科骨粗鬆症研究会 (96.11.15), 東京.

1995. [研究会(地方)] (特別講演) 分娩麻痺の原因と予防. 島田信宏(産婦): 第9回実地医家と助産婦のための周産期セミナー (96.07.14), 札幌.

1996. [研究会(地方)] (教育講演) 妊娠中毒症の原因に関する最近の考え方. 島田信宏(産婦): 第9回実地医家と助産婦のための周産期セミナー (96.07.13), 札幌.

1997. [研究会(地方)] (教育講演) Odd-Looking-infants特異な顔貌を示す新生児. 島田信宏(産婦): 東北周産期セミナー (96.07.27), 仙台.

1998. [研究会(地方)] (教育講演) 胎児仮死と脳性麻痺の防止. 西島正博(産婦): ワイス学術講演会 (96.10.07), 横浜.

1999. [研究会(地方)] (教育講演) 胎児仮死と脳性麻痺. 西島正博(産婦): 相模原市産婦人科医会 (97.01.08), 相模原.

2000. [研究会(地方)] (教育講演) 胎児仮死と脳性麻痺の防止. 西島正博(産婦): ワイス学術講演会 (97.03.17), 立川.

2001. [研究会(地方)] (一般講演) 臍帯穿刺後の胎児徐脈. 新井正秀,天野完,西島正博(産婦): 第7回分娩監視研究会 (96.06.29), 東京.

2002. [研究会(地方)] (一般講演) 医療訴訟の実態と対策. 新井正秀,天野完,西島正博(産婦): 四水会 (96.09.18), 東京.

2003. [研究会(地方)] (一般講演) 染色体異常と心拍数所見. 田口雅之,庄田隆,天野完,西島正博(産婦): 第8回分娩監視研究会 (96.10.26), 東京.

2004. [研究会(地方)] (一般講演) 産褥期, 授乳期における骨密度変化に関する検討. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(社会保険相模野病院): 第2回相模原医師会骨粗鬆症研究会 (97.02.14), 相模原.

2005. [研究会(地方)] (一般講演) 妊娠合併卵巣腫瘍の取り扱い. 新井正秀,岩谷弘明,佐藤倫也,上坊敏子,蔵本博行,西島正博(産婦): 第321回四水会 (97.03.05), 東京.

2006. [学会主催(国内学会)] 第15回日本周産期学会(97.01.24〜25), 横浜; 西島正博(産婦).

2007. [学会主催(地方会)] 第321回日産婦神奈川地方部会(97.01.11), 横浜; 西島正博(産婦).


<<20 婦人科学>>

2008. [原著] Resectoscopy for the treatment of intrauterine disease. 脇田邦夫,蔵本博行,西島正博(産婦): Gynecolog. Endosc., 5: 89〜95, 1996.

2009. [原著] 卵巣漿液性嚢胞腺癌培養細胞株(IM)の樹立ならびにその増殖に及ぼすCisplatinおよび温熱の影響. 飯田智博,吉田典生(聖マリ大),蔵本博行,下田邦夫(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),秦宏樹(産婦),与那嶺京子,林和彦(聖マリ大): Human Cell, 9(4): 345〜351, 1996.

2010. [原著] Endometrial carcinoma with synchronous ovarian malignancy-Differentiation between independent and metastatic carcinomas. 上片平昭二,上坊敏子,蔵本博行(産婦): Int. J. Clin. Oncol., 1(1): 100〜108, 1996.

2011. [原著] Study on the long-term follow-up of endometrial hyperplasia. 上坊敏子,立岡和弘,蔵本博行(産婦): Int. J. Clin. Oncol., 1: 163〜169, 1996.

2012. [原著] 子宮体癌に対する補助化学療法としてのMPAの有効性に関する研究. 佐藤信二,矢嶋聰,野沢志朗,宇田川康博,寺島芳輝,西谷巌,小沢満,工藤隆一,蔵本博行(産婦),岡田弘二: Oncology and Chemotherapy, 12(2): 172〜181, 1996.

2013. [原著] CIN (6)治療の実際 b)Laser. 脇田邦夫,金井督之,蔵本博行,西島正博(産婦): 産科と婦人科, 63(7): 930〜934, 1996.

2014. [原著] 子宮頚癌治療と機能温存手術・その評価−子宮温存: レーザー治療−. 脇田邦夫,金井督之,新井正秀,西島正博,蔵本博行(産婦): 産科と婦人科, 63(9): 1236〜1244, 1996.

2015. [原著] 卵巣明細胞腺癌45例における臨床的検討. 蔵本博行,上坊敏子,岩谷弘明,金井督之(産婦): 産婦人科の実際, 45(11): 1505〜1509, 1996.

2016. [原著] 婦人科腹腔鏡レーザー手術−他の機器との比較検討−. 脇田邦夫,金井督之,新井正秀,蔵本博行,西島正博(産婦): 日本レーザー医学会誌, 17(4): 7〜12, 1996.

2017. [原著] 卵巣悪性胚細胞腫瘍の臨床病理学的検討. 今井愛,上坊敏子,岩谷弘明,立岡和弘,脇田邦夫,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 日本癌治療学会誌, 31(5): 334〜341, 1996.

2018. [原著] 扁平上皮癌を伴う成熟嚢胞性奇形種7例の検討. 関本僚平,上坊敏子,岩谷弘明,蔵本博行,西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 33(1): 67〜71, 1996.

2019. [原著] 閉経後卵巣腫瘍患者における子宮腟部擦過細胞診での細胞成熟度指数(M.I.). 上坊敏子,岩永久美,佐藤倫也,立岡和弘,蔵本博行(産婦): 日本臨床細胞学会雑誌, 35(4): 294〜299, 1996.

2020. [原著] 子宮内膜細胞診に出現する正常子宮内膜腺細胞塊と正常子宮内膜間質細胞塊に関する検討. 今井忠朗,横野秀樹,本告匡,泉貴文,源田辰雄(北研メディカルセン),蔵本博行(産婦): 日本臨床細胞学会雑誌, 35(4): 303〜308, 1996.

2021. [準原著] がん治療に寄与する磁気共鳴画像(Y). 朝倉英男(国立相模原病院),巽英樹,林玲子(産婦): Innervision, 11(5): 97〜101, 1996.

2022. [準原著] がん治療に寄与する磁気共鳴画像(Z). 朝倉英男(国立相模原病院),巽英樹,林玲子(産婦): Innervision, 11(6): 88〜91, 1996.

2023. [短報・速報] クラミジアのスクリーニングでPIDが予防できる. 立岡和弘,蔵本博行(産婦): メディカル朝日, 25(11): 95, 1996.

2024. [短報・速報] 薬物による人工流産. 立岡和弘,蔵本博行(産婦): メディカル朝日, 25(12): 89, 1996.

2025. [短報・速報] ホルモン補充療法: 女医はどうしているか? 新井正秀,蔵本博行(産婦): メディカル朝日, 25(4): 77, 1996.

2026. [短報・速報] 安全かつ効果的な薬物による人工流産. 立岡和弘,蔵本博行(産婦): メディカル朝日, 25(4): 89〜91, 1996.

2027. [短報・速報] 北里大学での細胞検査士教育について. 蔵本博行(産婦): 日臨細胞学会細胞診指導医会会報, (16): 4〜5, 1996.

2028. [症例報告] 抗癌剤(カルボプラチン, エトポシド)投与後の骨髄抑制中に敗血症性ショックをおこした1例. 蔵本博行,佐藤倫也(産婦): 診断と治療, 84(Suppl.): 655, 1996.

2029. [症例報告] 抗癌剤(シスプラチン, エトポシド)投与後に末梢神経障害をきたした1例. 蔵本博行,佐藤倫也(産婦): 診断と治療, 84(Suppl.): 656, 1996.

2030. [症例報告] 98歳婦人に発症した卵巣腫瘍茎捻転の1例. 原田由香,佐藤倫也,後賢,上坊敏子,蔵本博行,西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 48(4): 296〜298, 1996.

2031. [症例報告] 初回治療から16年間の経過で再発を繰り返した卵巣癌の1例. 西迫啓,上坊敏子,佐藤倫也,岩田憲明,蔵本博行,西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 33(2): 156〜159, 1997.

2032. [臨床治験] 子宮頚部境界悪性病変. 上坊敏子,脇田邦夫,蔵本博行(産婦): 臨床婦人科産科, 50(8): 1027〜1029, 1996.

2033. [総説] 上皮性卵巣癌Ia期に対する化学療法. 蔵本博行,岩谷弘明,上坊敏子(産婦): Oncology and Chemotherapy, 12(4): 291〜295, 1996.

2034. [総説] 植物由来抗癌剤. 上坊敏子(産婦): 医薬ジャーナル, 33(1): 174〜179, 1997.

2035. [総説] 子宮内膜癌に対するホルモン療法. 蔵本博行,上坊敏子,加藤良樹,立岡和弘,佐藤倫也(産婦): 癌と化学療法, 23(6): 673〜677, 1996.

2036. [総説] 卵巣癌に対する子宮腔内吸引細胞診. 蔵本博行,上坊敏子,新井正秀,岩谷弘明(産婦),大野英治(医療衛生学部): 産婦人科治療, 73(5): 555〜558, 1996.

2037. [総説] クリニカルカンファランス(1)子宮体癌検診. 蔵本博行(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 48(9): 205〜208, 1996.

2038. [総説] 月経と乳房. 中居光生(産婦): 臨床婦人科産科, 50(7): 918〜920, 1996.

2039. [総説] 子宮体部境界悪性病変. 蔵本博行,立岡和弘,上坊敏子(産婦): 臨床婦人科産科, 50(8): 1002〜1006, 1996.

2040. [講座] 子宮体癌検診−細胞診. 蔵本博行(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 49(3): 55〜58, 1997.

2041. [学術書(英文)] (分担執筆) In Vitro Biology of Sex Steroid Hormone Action; Role of TGFα in the mechanism of hormone dependency of endometrial carcinoma cells (Ishikawa), p.158〜170, 秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),渡辺純(病理),立岡和弘,蔵本博行(産婦). 編集 蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(Mt. Sinai Sch. Med.), Churchill Livingstone,Tokyo,96.09.00発行.

2042. [学術書(英文)] (分担執筆) In Vitro Biology of Sex Steroid Hormone Action; HEC-1 cells for in vitro hormone study−A model to obtain a stable cellular system for in vitro hormone studies, p.63〜84, 蔵本博行(産婦),浜野美恵子(組織培養セン). 編集 蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(Mt. Sinai Sch. Med.), Churchill Livingstone,Tokyo,96.09.00発行.

2043. [学術書(英文)] (分担執筆) In Vitro Biology of Sex Steroid Hormone Action; Regulation of human endometrial cancer cells by steroid hormone and growth factors, p.149〜157, 安西弦(産婦),Holinka, C.F.(Mt. Sinai Sch. Med.),蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(Mt. Sinai Sch. Med.). 編集 蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(Mt. Sinai Sch Med.), Churchill Livingstone,Tokyo,96.09.00発行.

2044. [学術書] (分担執筆) 第16回日本レーザー医学会大会論文集; 腹腔鏡下レーザー手術−他の機器との比較検討−, p.213〜215, 脇田邦夫,金井督之,新井正秀,蔵本博行,西島正博(産婦). 編集 比企能樹(外), 96.05.31発行.

2045. [学術書(英文)] (編集) In Vitro Biology of Sex Steroid Hormone Action; 編集 蔵本博行(産婦),Gurpide, E.(Mt. Sinai Sch. Med.), Churchill Livingstone,Tokyo,96.09.00発行.

2046. [その他の著書] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 更年期障害, p.694〜700, 中居光生(産婦). 編集 朝長文弥(北里大),他, 文光堂,東京,96.10.04発行.

2047. [学会(国際)] (シンポジウム等) The inhibitory effect of progesterone on the expression of MDRI mRNA in endometrial adenocarcinoma cell lines; Syposium on Sex Steroid Hormone Action 2. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),蔵本博行(産婦): 3rd Internet World Congress of Biomedical Science (96.12.09〜20), 日本, CD-ROM, Abstracts.

2048. [学会(国際)] (ポスター講演) Conservative therapy for intrauterine benign disease with a resectoscope. 脇田邦夫,金井督之,与那覇斉,蔵本博行,西島正博(産婦): International Society for Gynecologic Endoscopy (96.04.14), シカゴ, Abstracts, p.56, 1996.

2049. [学会(全国)] (特別講演) 生涯研修プログラム, クリニカルカンファランス, 子宮体癌検診. 蔵本博行(産婦): 第48回日本産科婦人科学会総会 (96.04.06), 横浜, 日本産科婦人科学会雑誌, 48(Suppl.): 80, 1996.

2050. [学会(全国)] (シンポジウム等) 腺系細胞診シリーズ−子宮内膜−子宮内膜細胞診による子宮体癌診断成績の再検討. 上坊敏子(産婦): 第37回日本臨床細胞学会総会 (96.06.01), 盛岡, 日本臨床細胞学会誌, 35(Suppl.): 72, 1996.

2051. [学会(全国)] (シンポジウム等) 子宮頚部腫瘍に対するレーザー療法の治療成績. 泉貴文,古川かつ子,岩永久美,久嶋則行,源田辰雄,脇田邦夫,蔵本博行(産婦): 第17回日本レーザー医学会大会 (96.11.08), 神戸, 抄録集, p.65, 1996.

2052. [学会(全国)] (ワークショップ) 子宮内膜癌の内分泌療法の現状と未来. 蔵本博行,上坊敏子,秦宏樹,立岡和弘,今井愛(産婦): 第21回日本外科系連合学会 (96.06.21), 東京, 日本外科系連合学会誌, 21(3): 466, 1996.

2053. [学会(全国)] (ワークショップ) 卵巣漿液性腺癌における組織学的分化度と予後に関する検討. 上坊敏子(産婦): 第25回日本婦人科病理・コルポ学会 (96.07.19), 札幌, 日本婦人科病理・コルポ誌, 14(1): 42, 1996.

2054. [学会(全国)] (ワークショップ) がんの化学療法; P糖蛋白発現子宮体癌細胞の薬剤耐性機構に対する黄体ホルモンの抑制効果の検討. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),蔵本博行(産婦): 第55回日本癌学会総会 (96.10.11), 横浜, 総会記事, p.194, 1996.

2055. [学会(全国)] (ワークショップ) 卵巣癌のsecond line chemotherapy; 卵巣癌化学療法後に発症した急性白血病の3例. 平野聡子,上坊敏子,秦宏樹,岩谷弘明,佐藤倫也,蔵本博行(産婦): 日本婦人科悪性腫瘍化学療法学会第9回学術集会 (96.11.16), 東京, 予稿集, p.14, 1996.

2056. [学会(全国)] (一般講演) 正常子宮内膜および子宮体癌における基底膜構成蛋白発現とCathepsin D発現状態による生物学的悪性度の検討. 戸賀崎義明,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),辻井篤,立岡和弘,蔵本博行,西島正博(産婦): 第48回日本産科婦人科学会総会 (96.04.09), 横浜, 日本産科婦人科学会雑誌, 48(Suppl.): 251, 1996.

2057. [学会(全国)] (一般講演) P糖蛋白発現子宮体癌細胞におけるプロゲステロンの耐性獲得阻止効果. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),戸賀崎義明,辻井篤,蔵本博行,西島正博(産婦): 第48回日本産科婦人科学会総会 (96.04.09), 横浜, 日本産科婦人科学会雑誌, 48(Suppl.): 256, 1996.

2058. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌におけるリンパ節転移経路に関する検討. 佐藤倫也,蔵本博行,上坊敏子,大河原聡,立岡和弘,秦宏樹,脇田邦夫,西島正博(産婦): 第48回日本産科婦人科学会総会 (96.04.09), 横浜, 日本産科婦人科学会雑誌, 48(Suppl.): 258, 1996.

2059. [学会(全国)] (一般講演) P糖蛋白発現子宮体癌細胞におけるプロゲステロンの耐性獲得阻止効果の検討. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),戸賀崎義明,辻井篤,蔵本博行(産婦): 第69回日本組織培養学会大会 (96.05.17), 広島, 組織培養研究, 15(1): 83, 1996.

2060. [学会(全国)] (一般講演) 卵巣明細胞腺癌における腹腔内細胞診と子宮腔内吸引細胞診所見の検討. 今井愛,上坊敏子,秦宏樹,岩谷弘明,立岡和弘,新井正秀,金井督之,蔵本博行,西島正博(産婦),大野英治(医療衛生学部): 第37回日本臨床細胞学会総会 (96.05.31), 盛岡, 日本臨床細胞学会誌, 35(Suppl.): 130, 1996.

2061. [学会(全国)] (一般講演) 子宮頚部純粋型T期腺癌の細胞学的検討. 岩永久美,角田新平,上坊敏子,佐藤倫也,新井正秀,古川かつ子,脇田邦夫,蔵本博行(産婦),横山大(病院病理部),大野英治(医療衛生学部): 第37回日本臨床細胞学会総会 (96.05.31), 盛岡, 日本臨床細胞学会誌, 35(Suppl.): 91, 1996.

2062. [学会(全国)] (一般講演) 細胞診における濾胞癌の現状と問題について. 横山大(病院病理部),大野英治,服部学(医療衛生学部),小林明子,柿沼広邦(病院病理部),岩渕啓一,大部誠(病理),刑部東治(外),亀谷徹(病 理),蔵本博行(産婦): 第37回日本臨床細胞学会総会 (96.06.01), 盛岡, 日本臨床細胞学会誌, 35(Suppl.): 219, 1996.

2063. [学会(全国)] (一般講演) 自然尿中に出現する大型細胞の検討. 服部学,大野英治(医療衛生学部),横山大,小林明子,豊永真澄,柿沼広邦(病院病理部),大部誠,亀谷徹(病理),内田豊昭(泌),蔵本博行(産婦): 第37回日本臨床細胞学会総会 (96.06.01), 盛岡, 日本臨床細胞学会誌, 35(Suppl.): 221, 1996.

2064. [学会(全国)] (一般講演) 多発する骨盤内転移を認めた子宮頚部上皮内癌の1例. 坂本伊豆美,真木健,小林英郎,上坊敏子,蔵本博行,西島正博(産婦): 第25回日本婦人科病理・コルポ学会 (96.07.18), 札幌, 日本婦人科病理・コルポ誌, 14(1): 45, 1996.

2065. [学会(全国)] (一般講演) 卵巣明細胞腺癌46例の病理学的検討. 岩谷弘明,上坊敏子,佐藤倫也,立岡和弘,金井督之,秦宏樹,脇田邦夫,蔵本博行(産婦): 第25回日本婦人科病理・コルポ学会 (96.07.19), 札幌, 日本婦人科病理・コルポ誌, 14(1): 60, 1996.

2066. [学会(全国)] (一般講演) 男性ホルモンが高値を呈した卵巣腫瘍3例の病理学的検討. 新井正秀,上坊敏子,佐藤倫也,今井愛,原田由香,西迫啓,蔵本博行(産婦),渡辺純,亀谷徹(病理): 第25回日本婦人科病理・コルポ学会 (96.07.19), 札幌, 日本婦人科病理・コルポ誌, 14(1): 60〜61, 1996.

2067. [学会(全国)] (一般講演) 急激な転帰をたどった卵巣腺肉腫の1例. 金井督之,上坊敏子,岩谷弘明,蔵本博行(産婦): 第25回日本婦人科病理・コルポ学会 (96.07.19), 札幌, 日本婦人科病理・コルポ誌, 14(1): 68〜69, 1996.

2068. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜症に対する種々の腹腔鏡手術の検討. 脇田邦夫,金井督之,黒川弘子,関本僚平,蔵本博行,西島正博(産婦): 第36回日本産科婦人科内視鏡学会 (96.08.02), 米子, 抄録集, p.88, 1996.

2069. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌・異型増殖症に対する高単位MPA療法. 今井愛,上坊敏子,立岡和弘,佐藤倫也,関本僚平,秦宏樹,大河原聡,蔵本博行(産婦): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.01), 東京, 日癌治誌, 31(8): 553, 1996.

2070. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌予後因子としてのP糖蛋白発現の意義. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),佐藤倫也,岩谷弘明,脇田邦夫,上坊敏子,蔵本博行(産婦): 第34回日癌治総会 (96.11.01), 東京, 日癌治誌, 31(8): 667, 1996.

2071. [学会(全国)] (一般講演) 子宮筋腫, 正常子宮筋および子宮内膜組織におけるHeparin-Binding Epidermal Growth FactorおよびそのReceptorの発現と局在. 石川雅一,中居光生(産婦),Nowak, R.A.(Harvard Medical School): 第41回日本不妊学会学術講演会 (96.11.07), 徳島, 日本不妊学会雑誌, 41(4): 530, 1996.

2072. [学会(全国)] (一般講演) 老健法による子宮体癌検診の実施状況. 佐藤倫也,上坊敏子,新井正秀,蔵本博行(産婦): 第5回日本婦人科癌検診学会 (96.11.09), 東京, 抄録集, p.23, 1996.

2073. [学会(全国)] (一般講演) エンドサイト法による子宮内膜増殖症の細胞学的検討−増殖期内膜との比較−. 豊永真澄(病院病理部),大野英治,服部学(医療衛生学部),横山大,小林明子,柿沼広邦(病院病理部),岩渕啓一(病理),蔵本博行(産婦),亀谷徹 (病理): 第35回日臨細胞学会秋期大会 (96.11.30), 伊勢, 日臨細胞誌, 35(Suppl.2): 342, 1996.

2074. [学会(全国)] (一般講演) P53, bcl-2, MIB-1を用いた高分化型子宮体部腺癌における悪性度の検討. 柿沼広邦(病院病理部),大野英治,服部学(医療衛生学部),横山大,小林明子,豊永真澄(病院病理部),三枝信(病理),蔵本博行(産婦),亀谷徹(病 理): 第35回日臨細胞学会秋期大会 (96.11.30), 伊勢, 日臨細胞誌, 35(Suppl.2): 344, 1996.

2075. [学会(全国)] (一般講演) カテーテル尿を用いた膀胱移行上皮癌の浸潤能に関する免疫細胞化学的検討. 服部学,大野英治(医療衛生学部),横山大,小林明子,豊永真澄,柿沼広邦(病院病理部),岩渕啓一(病理),内田豊昭(泌),蔵本博行(産婦): 第35回日臨細胞学会秋期大会 (96.11.30), 伊勢, 日臨細胞誌, 35(Suppl.2): 475, 1996.

2076. [学会(全国)] (一般講演) 閉経後卵巣悪性腫瘍の診断. 岩永久美,上坊敏子,脇田邦夫,秦宏樹,立岡和弘,佐藤倫也,岩谷弘明,蔵本博行(産婦): 第1回日本産婦人科腫瘍マーカー・遺伝子診断学会 (97.02.06), 東京, 抄録集, p.47.

2077. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌細胞における黄体ホルモンおよび抗癌剤によるMDRI mRNA発現量の検討. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),佐藤倫也,岩谷弘明,脇田邦夫,上坊敏子,蔵本博行(産婦): 第1回日本産婦人科腫瘍マーカー・遺伝子診断学会 (97.02.06), 東京, 抄録集, p.61.

2078. [学会(全国)] (ポスター講演) 進行卵巣癌に対するCDDP+VP16腹腔内大量投与療法. 古川かつ子,上坊敏子,岩谷弘明,新井正秀,金井督之,与那覇斉,蔵本博行,西島正博(産婦): 第48回日本産科婦人科学会総会 (96.04.09), 横浜, 日本産科婦人科学会雑誌, 48(Suppl.): 430, 1996.

2079. [学会(全国)] (ポスター講演) 男化徴候を来たした卵巣腫瘍の2例. 新井正秀,上坊敏子,佐藤倫也,岩永久美,原田由香,蔵本博行(産婦),横山大(病院病理部),服部学(医療衛生学部),渡辺純,亀谷徹(病理): 第37回日本臨床細胞学会総会 (96.06.01), 盛岡, 日本臨床細胞学会誌, 35(Suppl.): 256, 1996.

2080. [学会(全国)] (ポスター講演) 進行卵巣癌に対する寛解導入療法としてのCDDP+VP16腹腔内投与療法の成績. 古川かつ子,上坊敏子,岩谷弘明,立岡和弘,佐藤倫也,蔵本博行(産婦): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.01), 東京, 日癌治誌, 31(8): 723, 1996.

2081. [学会(全国)] (ポスター講演) 原発性腟癌10例の臨床病理学的検討. 田口雅之,上坊敏子,岩谷弘明,新井正秀,佐藤倫也,脇田邦夫,蔵本博行(産婦): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.03), 東京, 日癌治誌, 31(8): 853, 1996.

2082. [学会(全国)] (ポスター講演) 閉経後の卵巣悪性腫瘍の検討. 岩永久美,上坊敏子,脇田邦夫,秦宏樹,立岡和弘,佐藤倫也,岩谷弘明,蔵本博行(産婦): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.03), 東京, 日癌治誌, 31(8): 886, 1996.

2083. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌症例における内膜細胞診偽陰性例の検討. 西迫啓,上坊敏子,佐藤倫也,立岡和弘,林玲子,与那覇斉,秦宏樹(産婦),大野英治(医療衛生学部),蔵本博行(産婦): 第35回日臨細胞学会秋期大会 (96.11.30), 伊勢, 日臨細胞誌, 35(Suppl.2): 330, 1996.

2084. [学会(全国)] (ポスター講演) 腟原発明細胞腺癌の1例. 田口雅之,上坊敏子,佐藤倫也,岩谷弘明,今井愛,金井督之,高山和久,蔵本博行(産婦),服部学(医療衛生学部): 第35回日臨細胞学会秋期大会 (96.11.30), 伊勢, 日臨細胞誌, 35(Suppl.2): 379, 1996.

2085. [学会(地方)] (特別講演) 子宮体がん. 蔵本博行(産婦): 平成8年度日産婦日母群馬支部集団会 (96.04.27), 太田.

2086. [学会(地方)] (特別講演) 子宮体癌の細胞診断−その自然史からみた対策. 蔵本博行(産婦): 第33回日臨細胞学会東北支部連合会学術集会 (96.07.06), 秋田.

2087. [学会(地方)] (特別講演) 子宮体癌と子宮内膜増殖症. 上坊敏子(産婦): 第12回日臨細胞学会大分支部会 (97.02.23), 大分, 予稿集, p.3, 1997.

2088. [学会(地方)] (教育講演) Overviewとその最先端; 悪性腫瘍の機能保存療法. 蔵本博行(産婦): 第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (96.10.20), 横浜, 日産婦関東連会報, 33(4): 403, 1996.

2089. [学会(地方)] (一般講演) 男性ホルモンが高値を示した卵巣腫瘍の3例. 新井正秀,上坊敏子,佐藤倫也,岩永久美,古川かつ子,蔵本博行,西島正博(産婦),渡辺純(病理): 第91回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (96.06.16), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 33(2): 186, 1996.

2090. [学会(地方)] (一般講演) 無症状で発見されたIntravenous leiomyomatosisの1例. 金井督之,脇田邦夫,佐藤倫也,蔵本博行,西島正博(産婦),西山清敬(胸外),金城正佳(外),西山正吾(放): 第91回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (96.06.16), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 33(2): 213, 1996.

2091. [学会(地方)] (一般講演) 子宮筋腫手術症例の臨床的検討. 原田由香,上坊敏子,脇田邦夫,秦宏樹,佐藤倫也,岩谷弘明,蔵本博行,西島正博(産婦): 第91回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (96.06.16), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 33(2): 214, 1996.

2092. [学会(地方)] (一般講演) 下顎部に発生したエナメル上皮腫(顆粒細胞型)の1例. 柿沼広邦(病院病理部),大野英治,服部学(医療衛生学部),横山大,小林明子,豊永真澄(病院病理部),岩渕啓一,亀谷徹(病理),蔵本博行(産婦): 第15回日臨細胞学会神奈川県支部会学術集会 (96.09.14), 相模原, 日臨細胞神奈川会誌, 2(1): 18, 1996.

2093. [学会(地方)] (一般講演) 消化器症状を伴わないで卵巣を含む全身転移を来たした胃癌の1例. 田村俊男,金井督之,佐藤倫也,上坊敏子,岩谷弘明,脇田邦夫(産婦),大野英治(医療衛生学部),蔵本博行(産婦): 第15回日臨細胞学会神奈川県支部会学術集会 (96.09.14), 相模原, 日臨細胞神奈川会誌, 2(1): 26, 1996.

2094. [学会(地方)] (一般講演) 術後病理標本にて診断された子宮頚部悪性腺腫の1例. 金井督之,佐藤倫也,田村俊男,上坊敏子,立岡和弘,秦宏樹(産婦),横山大(病院病理部),蔵本博行(産婦): 第15回日臨細胞学会神奈川県支部会学術集会 (96.09.14), 相模原, 日臨細胞神奈川会誌, 2(1): 27, 1996.

2095. [学会(地方)] (一般講演) 子宮内膜漿液性腺癌の1例. 上片平昭二,角田新平,今井雅夫,後賢,田口明,上坊敏子(産婦): 第15回日臨細胞学会神奈川県支部会学術集会 (96.09.14), 相模原, 日臨細胞神奈川会誌, 2(1): 28, 1996.

2096. [学会(地方)] (一般講演) 消化器症状を伴わないで発症した胃癌原発転移性卵巣癌の1例. 金井督之,佐藤倫也,上坊敏子,田村俊男,蔵本博行,西島正博(産婦): 第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (96.10.20), 横浜, 日産婦関東連会報, 33(4): 435, 1996.

2097. [学会(地方)] (一般講演) 原発性卵管癌9例の検討. 新井正秀,上坊敏子,岩谷弘明,関本僚平,久嶋則行,蔵本博行,西島正博(産婦): 第92回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (96.10.20), 横浜, 日産婦関東連会報, 33(4): 444, 1996.

2098. [学会(地方)] (一般講演) 癌化学療法時の制吐剤の使用方法に関する検討. 菅博胤,土居幹,林玲子,巽英樹(国立相模原病院): 日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (96.10.20), 横浜, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 33(4): 414, 1996.

2099. [学会(地方)] (一般講演) 3回繰り返した卵巣出血性嚢胞の1例. 荒井忠士,黒須不二男,林明伸,禰寝重隆(横浜総合病院): 第321回日産婦神奈川地方部会 (97.01.11), 横浜.

2100. [学会(地方)] (一般講演) 卵巣皮様嚢腫およびその悪性転化例の比較検討. 関本僚平,上坊敏子,岩谷弘明,佐藤倫也,蔵本博行,西島正博(産婦): 第322回日産婦神奈川地方部会 (97.02.15), 横浜.

2101. [学会(地方)] (ポスター講演) 卵巣悪性腫瘍における腫瘍内容細胞診と腫瘍捺印細胞診の検討. 関本僚平,上坊敏子,岩谷弘明,黒川弘子,原田由香,加藤良樹,蔵本博行(産婦),大野英治(医療衛生学部),横山大(病院病理部): 第35回日臨細胞学会秋期大会 (96.11.30), 伊勢, 日臨細胞誌, 35(Suppl.2): 376, 1996.

2102. [研究会(全国)] (教育講演) 婦人科細胞診−頚部・体部腺癌. 蔵本博行(産婦): 平成8年度厚生省がん予防技術職員研修会 (96.10.16), 東京.

2103. [研究会(全国)] (公開講座) 婦人科子宮内膜細胞診. 蔵本博行(産婦): 癌研究会付属細胞診スクリーナー養成所 (96.05.01), 東京.

2104. [研究会(全国)] (公開講座) 体部腺癌. 蔵本博行(産婦): 第21回日臨細胞学会細胞診断学セミナー (96.08.04), 東京.

2105. [研究会(地方)] (特別講演) 子宮体癌の検診対象. 蔵本博行(産婦): 横浜市産婦人科医会 (96.05.23), 横浜.

2106. [研究会(地方)] (特別講演) 体癌検診の対象. 蔵本博行(産婦): 高座郡産婦人科医会 (96.06.25), 厚木.

2107. [研究会(地方)] (特別講演) 子宮内膜癌の診断と治療. 蔵本博行(産婦): 第2回山陰婦人科腫瘍研究会 (96.09.26), 米子.

2108. [研究会(地方)] (教育講演) 子宮内膜癌の発生とエストロゲン. 蔵本博行(産婦): 北里大学医療衛生学部第9回医療衛生セミナー (96.10.15), 相模原.

2109. [研究会(地方)] (公開講座) 子宮体部良性病変の臨床細胞学, 子宮体部悪性病変の臨床細胞学. 蔵本博行(産婦): 杏林大学保健学部細胞検査士養成過程 (96.05.22), 八王子.

2110. [研究会(地方)] (公開講座) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行(産婦): 第100回日臨細胞学会細胞診スクリーナー養成講習会 (96.07.09), 東京.

2111. [研究会(地方)] (公開講座) 子宮体部. 蔵本博行(産婦): 第101回日臨細胞学会細胞診スクリーナー養成講習会 (96.07.29), 東京.

2112. [学会主催(地方会)] 第15回日本臨床細胞学会神奈川県支部地方部会(96.09.14), 相模原; 上坊敏子(産婦).


<<21 整形外科学>>

2113. [原著] Closed intramedullary osteotomy for rotational deformity after long bone fractures. 糸満盛憲,関口昌和,横山一彦,南沢育雄(整外): Int. Orthop., 20: 346〜349, 1997.

2114. [原著] A cautionary note to treatment of complete acromioclaviclar separation using artificial materials. 高岸憲二,米本光一,塚本行男,糸満盛憲,山本真(整外): Orthopaedics, An Inaternational Edition, 4: 343〜347, 1996.

2115. [原著] Ultrasonography for diagnosis of rotator cuff tear. 高岸憲二,牧野耕文,高平尚伸(整外),池田俊昭(放),鶴野和則(臨検),糸満盛憲(整外): Skeletal Radiol., 25: 221〜224, 1996.

2116. [原著] Rat whole-limb viability after cold immersion using University of Wisconsin and Euro-Collins solutions. 横山一彦,木村正統,糸満盛憲(整外): Transplantation, 62(7): 884〜888, 1996.

2117. [原著] 膝半月板損傷における超音波診断. 池田貴英,北爪伸仁,黒沢一也,青木信一,宮下謙一,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 関節外科, 15(11): 1408〜1415, 1996.

2118. [準原著] 青壮年期末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術の治療成績. 関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘,小宮宏一郎(整外): Hip Joint, 22: 55〜59, 1996.

2119. [準原著] 胸肋鎖骨肥厚症に合併した肩鎖関節炎. 大高文典,高岸憲二,利根川雅俊,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 27(6): 495〜497, 1996.

2120. [準原著] ムチランス型慢性関節リウマチの治療成績と問題点. 小林明正,池田貴英,塚本行男(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 28(1): 68〜71, 1997.

2121. [準原著] 小児大腿骨骨折変形癒合後の矯正について. 甲斐秀実,糸満盛憲,蛯原有男(整外): 関東整災誌, 27(2): 131〜134, 1996.

2122. [準原著] 当科にて経験した棘下筋単独麻痺. 高岸憲二,斉藤昭彦,西村明人,利根川雅俊,花嶋美奈子,高平尚伸,牧野耕文,大高文典,糸満盛憲(整外): 肩関節, 20(2): 345〜348, 1996.

2123. [準原著] 多発骨折の治療法. 上田昭吾(整外),新藤正輝(救命),糸満盛憲,横山一彦,甲斐秀実(整外): 骨折, 18(1): 18〜21, 1996.

2124. [準原著] Gustilo typeV脛骨開放骨折の検討−感染率を中心に−. 甲斐秀実,横山一彦,上田昭吾,糸満盛憲(整外): 骨折, 18(1): 212〜216, 1996.

2125. [準原著] 仮骨延長法による感染性偽関節の治療経験. 関口昌和,糸満盛憲,横山一彦,白須一也,中村聡明,富永俊行(整外): 骨折, 18(2): 331〜336, 1996.

2126. [準原著] 難治性上腕骨外上顆炎に対するBoyd手術の経験. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,遠藤太刀男,大塚敏之,河合光正,土屋譲,塚本行男(整外): 神奈川整形災害外科医会誌, 9(5): 221〜224, 1996.

2127. [準原著] 膝蓋骨の緩み(laxity)の定量的検討. 池田貴英,北爪伸仁,富永俊行,中沢俊之,小島隆史,塚本行男,糸満盛憲(整外),藤江裕道(生体工),村石明彦,笹田直(千葉工大): 東京膝関節学会会誌, 17: 218〜222, 1996.

2128. [準原著] 膝前十字靭帯損傷における超音波動態影像法の利用. 池田貴英,北爪伸仁,黒沢一也,小島隆史,前之園多幸,塚本行男,糸満盛憲(整外): 東京膝関節学会会誌, 17: 42〜46, 1996.

2129. [準原著] 特発性大腿骨頭壊死症に対する支持骨柱移植術. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,品田尚孝,楢原秀之,山本真(整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 9(1): 27〜29, 1997.

2130. [準原著] 骨バンク−安全で良質の骨を供給するために−. 糸満盛憲,南沢育雄,渡辺哲哉,関口昌和(整外): 東日本臨床整形外科学会雑誌, 8(2): 204〜207, 1996.

2131. [準原著] 関節軟骨細胞に及ぼすHolmium YAGレーザーの影響. 高平尚伸,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,花嶋美奈子,糸満盛憲(整外): 東日本臨床整形外科学会雑誌, 8(2): 272〜275, 1996.

2132. [準原著] 股関節手術における貯血式自己血輸血の経験. 小宮宏一郎,関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘,高平尚伸(整外): 東日本臨床整形外科学会雑誌, 8(4): 442〜445, 1996.

2133. [準原著] 変形性膝関節症に対する高分子ヒアルロン酸ナトリウム関節注入療法の臨床効果と関節液分析. 小島隆史,有馬洋仁,池田貴英,北爪伸仁,塚本行男(整外): 東日本臨床整形外科学会雑誌, 8(4): 446〜450, 1996.

2134. [準原著] A clinical and anatomical study on the variations in the first extensor compartment of the wrist. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,浮田豊彦,塚本行男(整外): 日本手の外科学会雑誌, 13(1): 152〜154, 1996.

2135. [準原著] Abduction-opposition wedge osteotomy for trapezio-metacarpal arthrosis of the thumb. 二見俊郎,浮田豊彦,青木晴彦,藤田正,遠藤太刀男(整外): 日本手の外科学会雑誌, 13(2): 226〜229, 1996.

2136. [準原著] Reliability of elbow flexion test in the diagnosis of cubital tunnel syndrome; Prospective study in normal individuals. 池田貴英,二見俊郎,北爪伸仁,小林明正,塚本行男(整外): 日本手の外科学会雑誌, 13(4): 841〜844, 1996.

2137. [準原著] サル肘関節の安定性に関するロボテックスを用いた力学的検討. 青木晴彦,二見俊郎,塚本行男(整外),藤江裕道(生体工): 日本手の外科学会雑誌, 13(6): 1037〜1039, 1996.

2138. [準原著] 手根骨に発生した嚢腫様陰影の検討. 小林明正,二見俊郎,塚本行男(整外): 日本手の外科学会雑誌, 13(6): 1067〜1070, 1996.

2139. [準原著] 円筒面型全人工膝関節の中・長期成績. 塚本行男,小島隆史,国分一正,北爪伸仁,前之園多幸,池田貴英,二見俊郎(整外): 日本人工関節学会誌, 26: 129〜130, 1996.

2140. [準原著] セメントレス人工股関節置換術における臼蓋縁骨移植の経験. 関口昌和,糸満盛憲,大野司,泉敏弘,平田浩子,前田健二(整外): 日本人工関節学会誌, 26: 171〜172, 1996.

2141. [準原著] 同種骨による骨欠損部の修復を併用した人工股関節再置換術における工夫. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,大野司,高岸憲二,前田健二(整外): 日本人工関節学会誌, 26: 37〜38, 1996.

2142. [準原著] 膝前十字靭帯損傷、半月板損傷に対する超音波診断. 池田貴英,北爪伸仁,宮下謙一,青木信一,小島隆史,前之園多幸,二見俊郎,塚本行男,糸満盛憲(整外): 日本整形外科超音波研究会誌, 7(1): 64〜70, 1996.

2143. [研究報告(厚生省)] 正常大腿骨の血管構築パターンと内側骨折例の骨頭内変貌. 糸満盛憲,北爪伸仁(整外): 厚生省特定疾患特発性大腿骨頭壊死調査研究班平成7年度研究報告書, p.93〜102, 1996.

2144. [研究報告(厚生省)] 梵キ憲(整外): M.B. Orthop., 10(1): 75〜80, 1997.

2155. [総説] 長管骨変形癒合骨折に対する髄内矯正骨切り術. 糸満盛憲(整外): M.B. Orthop., 10(1): 81〜89, 1997.

2156. [総説] 脛骨偽関節に対する髄内釘横止め法. 横山一彦,糸満盛憲(整外): M.B. Orthop., 10(3): 39〜48, 1997.

2157. [総説] Sonographic examination of the knee joint; Focusing on cruciatre ligament and meniscal injuries. 池田貴英,北爪伸仁,黒沢一也,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): Medical Review, 57: 21〜32, 1996.

2158. [総説] 膝関節疾患に対する超音波検査の利用. 池田貴英,北爪伸仁,黒沢一也,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): Medical Review, 61: 40〜51, 1996.

2159. [総説] 四肢の骨折・脱臼・捻挫−比較的重症度の高いものを中心に−. 横山一彦,糸満盛憲(整外): カレントテラピー, 15(4): 89〜94, 1997.

2160. [総説] 二次性関節症に対する外反屈曲骨切り術. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘(整外): 関節外科, 15(5): 88〜93, 1996.

2161. [総説] コンパートメント内圧測定. 糸満盛憲(整外): 救急医学, 20(10): 1394〜1400, 1996.

2162. [総説] テニス肘,ゴルフ肘. 浮田豊彦,二見俊郎(整外): 骨・関節・靭帯, 10(2): 143〜148, 1997.

2163. [総説] 腱などによる烏口鎖骨靭帯再建術. 高岸憲二(整外): 骨・関節・靭帯, 9: 1119〜1122, 1996.

2164. [総説] 関節リウマチの肩関節障害. 高岸憲二(整外): 治療, 78: 3613〜3616, 1996.

2165. [総説] Allograftを用いた人工股関節再置換術. 関口昌和,糸満盛憲(整外): 整形・災害外科, 39(10): 1107〜1116, 1996.

2166. [総説] 腰椎椎間板ヘルニア保存療法例におけるMR所見の経時変化と臨床症状の検討. 安達公,蛯原有男,渡辺尚,三輪清志,塚本行男(整外): 整形外科, 47(11): 1424〜1428, 1996.

2167. [総説] 施設内骨銀行運営の実際. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,横山一彦(整外): 低温医学, 22(4): 331〜320, 1996.

2168. [総説] スポーツ医学Q & A. 高岸憲二(整外): 臨床スポーツ医学, 13(10): 1134〜1135, 1996.

2169. [総説] サンドイッチELISA法によるケラタン硫酸の測定. 花嶋美奈子,高岸憲二,糸満盛憲(整外): 臨床検査, 40(7): 850〜851, 1996.

2170. [学術書(英文)] (分担執筆) Orthopaedic Allograft Surgery; Allograft reconstruction of acetabular bone defects combined with reinforcement ring in revision total hip arthoplasty, p.119〜123, 糸満盛憲,関口昌和(整外). Springer-Verlag, ウィーン,96.00.00発行.

2171. [学術書] (分担執筆) 整形外科体操療法実践マニュアル: 第1版; 手指骨折後の運動療法, p.49〜56, 浅井憲義(医療衛生),二見俊郎(整外). 編集 室田景久,矢部裕,森雄二郎, 全日本病院出版会, 東京,96.00.00発行.

2172. [学術書] (分担執筆) 標準整形外科学第6版; 骨折・脱臼・(上肢, 下肢), p.589〜637, 糸満盛憲(整外). 医学書院, 東京,96.04.01発行.

2173. [学術書] (分担執筆) 標準整形外科学第6版; 骨折・脱臼総論, p.560〜588, 糸満盛憲(整外). 医学書院, 東京,96.04.01発行.

2174. [教科書] (分担執筆) 救急処置基本手技アトラス; コンパートメント内圧測定, p.1394〜1400, 糸満盛憲(整外). へるす出版, 東京,96.09.20発行.

2175. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 今日の救急治療指針; ギプス包帯法, p.598, 糸満盛憲(整外). 編集 前川和彦(東大),相川直樹(慶大), 医学書院, 東京,96.10.01発行.

2176. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 今日の救急治療指針; 四肢骨折牽引法, p.599, 糸満盛憲(整外). 編集 前川和彦(東大),相川直樹(慶大), 医学書院, 東京,96.10.01発行.

2177. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 家庭医学大全科; おもな骨折, p.1443〜1447, 糸満盛憲(整外). 法研, 東京,96.07.00発行.

2178. [翻訳] (分担執筆) 整形外科医のための手術解剖学図説, 第2版; 創外固定のアプローチ, p.585〜591, 糸満盛憲(整外). 南江堂, 東京,96.10.20発行.

2179. [学会(国際)] (シンポジウム等) Massive allografts VS Megaprotheses. 糸満盛憲(整外): EATB 5th International Conference on Tissue Banking (96.09.11〜15), ドイツ

2180. [学会(国際)] (シンポジウム等) Clinical application of osteoinductive substances. 糸満盛憲(整外): EATB 5th International Conference on Tissue Banking (96.09.11〜15), ドイツ

2181. [学会(国際)] (一般講演) Effects of IL-1α on degradation of proteoglycan and hyaluronan in rabbit chondrocytes. 高岸憲二,利根川雅俊(整外),五艘行信(生化),大高文典,糸満盛憲(整外): SIROT'96 Amsterdam (96.08.16〜19), オランダ.

2182. [学会(国際)] (一般講演) Arthritis of acromioclavicular joint associated with sternocostoclavicular hyperostosis. 高岸憲二,斉藤昭彦(整外): SIROT'96 Amsterdam (96.08.16〜19), オランダ.

2183. [学会(国際)] (一般講演) Radiation-sterilization of allografts in Japan. 糸満盛憲,渡辺哲哉,関口昌和,泉敏弘,富永俊行,小宮宏一郎(整外),伊藤均(日本原子力研究所): EATB 5th International Conference on Tissue Banking (96.09.11〜15), ドイツ

2184. [学会(国際)] (一般講演) Frozen allografts for acetabular bone defects in revision hip replacement. 糸満盛憲,渡辺哲哉,関口昌和,泉敏弘,富永俊行,小宮宏一郎(整外): EATB 5th International Conference on Tissue Banking (96.09.11〜15), ドイツ

2185. [学会(国際)] (一般講演) Current status of radiation sterilization of Tissue allograft in Japan. 糸満盛憲(整外): IAEA RCA National Co-ordinators Meeting on Radiation Sterilization of Tissue Grafts (96.09.30〜10.04), オーストラリア.

2186. [学会(国際)] (一般講演) Imaging diagnosis of tear of the rotator cuff. 高岸憲二,斉藤昭彦,利根川雅俊,平田浩子,池田貴英,糸満盛憲(整外): Asian Shoulder Association 2nd Academic Congress (96.10.02〜05), オーストラリア.

2187. [学会(国際)] (一般講演) The current state of tissue banking in Japan. 糸満盛憲(整外): 6th Asia Pacific Association of Surgical Tissue Banks (96.10.03〜05), オーストラリア.

2188. [学会(国際)] (一般講演) Allografts reconstruction of acetabular bone defects in revision total hip arthroplasty. 関口昌和,糸満盛憲,前田健二,渡辺哲哉,小宮宏一郎(整外): 6th Asia Pacific Association of Surgical Tissue Banks (96.10.03〜05), オーストラリア.

2189. [学会(国際)] (一般講演) Repair of bone defect with rh-BMP-2; An experimental study in a rabbit ulnar bone defect model. 小宮宏一郎,糸満盛憲,関口昌和,前原秀夫(整外): 6th Asia Pacific Association of Surgical Tissue Banks. (96.10.03〜05), ng (96.09.18〜21), カナダ.

2197. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of anti-interleukin 8 monoclonal antibody on monosodium urate crystals-induced arthritis in rappit. 西村明人(整外), 赤星透,高橋道雄(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): American College of Rheumatology 60th National Scientific Meeting (96.10.18〜22), Orlando, Florida, Arthritis Rheum., 39(9.Suppl.): 83, 1996.

2198. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of thyroid hormone on chondrocyte differentiation in rat femoral organ culture. 脇田隆司,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 43rd Orthopaedic Research Society (97.02.09〜13), サンフランシスコ.

2199. [学会(全国)] (シンポジウム等) 高齢者の橈骨遠位端骨折に対する簡易固定装具療法. 二見俊郎(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(2): 237, 1996.

2200. [学会(全国)] (シンポジウム等) 肩腱板断裂の診断. 高岸憲二(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(3): 513, 1996.

2201. [学会(全国)] (シンポジウム等) 高齢者の大腿骨頚部内側骨折に対する治療−骨接合術の立場より−. 南沢育雄,糸満盛憲(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(3): 758, 1996.

2202. [学会(全国)] (シンポジウム等) 変形性股関節症. 糸満盛憲(整外): 第24回日本リウマチ・関節外科学会 (96.10.11〜12), 名古屋.

2203. [学会(全国)] (シンポジウム等) 末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術−10年以上経過例の成績−. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,富永俊行,品田尚孝,楢原秀之(整外): 第23回日本股関節学会 (96.10.25〜26), 東京.

2204. [学会(全国)] (シンポジウム等) 人工臼再置換術におけるsupport ringの役割. 関口昌和,糸満盛憲,品田尚孝(整外),森田真史(生体工): 第27回日本人工関節学会 (97.01.31〜02.01), 名古屋.

2205. [学会(全国)] (一般講演) 壮年期末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術の成績. 関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘,小宮宏一郎,土屋敦(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(2): 289, 1996.

2206. [学会(全国)] (一般講演) 青壮年期の進行期及び末期股関節症に対する外反骨切り術及びChiari骨盤骨切り術併用手術. 泉敏弘,関口昌和,小宮宏一郎,糸満盛憲(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(2): 290, 1996.

2207. [学会(全国)] (一般講演) 膝蓋骨の緩み(Laxity)の定量化. 池田貴英,北爪伸仁,富永俊行,小島隆史,前之園多幸,二見俊郎,塚本行男,糸満盛憲(整外),藤江裕道(生体工),村石明彦(千葉工大): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(2): 327, 1996.

2208. [学会(全国)] (一般講演) 血管柄付き遊離組織移植を併用した上肢再接着症例の検討−機能成績を中心に−. 横山一彦,Tsu-Min Tsai,糸満盛憲(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(2): 393, 1996.

2209. [学会(全国)] (一般講演) 骨バンク−より安全で良質の骨を供給するために−(ビデオ). 糸満盛憲,関口昌和,渡辺哲哉,大野司,小宮宏一郎(整外),伊藤均(日本原子力研究所),南沢育雄(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(2): 479, 1996.

2210. [学会(全国)] (一般講演) 膝前十字靭帯損傷における超音波動態撮影法の有用性. 池田貴英,北爪伸仁,黒沢一也,宮下謙一,青木信一,小島隆史,二見俊郎,塚本行男,糸満盛憲(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(3): 563, 1996.

2211. [学会(全国)] (一般講演) 人工股関節再置換術における骨欠損部の同種骨による修復−手技的観点から−. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,大野司,高岸憲二,前田健二(整外): 第69回日本整形外科学会学術集会 (96.04.11〜14), 東京, 日本整形外科学会雑誌, 70(3): 649, 1996.

2212. [学会(全国)] (一般講演) 母指CM関節変形性関節症に対する骨切り術. 二見俊郎(整外): 第39回日本手の外科学会学術集会 (96.05.09〜10), 沖縄.

2213. [学会(全国)] (一般講演) 手根骨に発生した嚢腫様陰影の検討. 小林明正,二見俊郎,浮田豊彦,塚本行男(整外): 第39回日本手の外科学会学術集会 (96.05.09〜10), 沖縄.

2214. [学会(全国)] (一般講演) 家兎尿酸結晶誘発性関節炎におけるIL-8の意義. 西村明人(整外),赤星透,高橋道雄,関山菜穂(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

2215. [学会(全国)] (一般講演) 変形性膝関節症患者に対するヒアルロン酸ナトリウム投与時の血清中及び関節液中ケラタン硫酸値. 花嶋美奈子,高岸憲二(整外),五艘行信(生化),西村明人,利根川雅俊,高平尚伸,糸満盛憲(整外): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

2216. [学会(全国)] (一般講演) 兎成長肋軟骨細胞に及ぼすrhBMP-2の影響. 大高文典,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,高平尚伸,糸満盛憲(整外): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

2217. [学会(全国)] (一般講演) 兎成長肋軟骨細胞HA合成に及ぼすIL-1αの影響. 高平尚伸,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,大高文典,糸満盛憲(整外): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

2218. [学会(全国)] (一般講演) 兎成長肋軟骨細胞外基質の破壊に及ぼすIL-1αとヒアルロン酸の影響. 利根川雅俊,高岸憲二(整外),五艘行信(生化),赤星透(内),西村明人,高平尚伸,糸満盛憲(整外): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

2219. [学会(全国)] (一般講演) Cervical spine locking plateの有用性と問題点. 安達公,蛯原有男,渡辺尚,三輪清志,二見俊郎,塚本行男(整外): 第25回日本脊椎外科学会 (96.06.14〜15), 名古屋, 日本脊椎外科学会誌, 7(1): 219, 1996.

2220. [学会(全国)] (一般講演) 同側上腕骨,前腕骨骨折(floating elbow骨折)の治療経験. 横山一彦,小林明正(整外),新藤正輝(救命),上田昭吾,二見俊郎,糸満盛憲(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2221. [学会(全国)] (一般講演) 下肢長管骨骨折における気管支肺胞洗浄液と血中脂肪滴との検討. 田中啓司B,上田昭吾(整外),青木則明,関根徹,新藤正輝,相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2222. [学会(全国)] (一般講演) 肩鎖関節脱臼に対する烏口肩峰靭帯移行法の検討. 安達公,蛯原有男,富永俊行,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2223. [学会(全国)] (一般講演) 大腿骨開放骨折に対する髄内釘横止め法の検討−手術時期による違い−. 横山一彦,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命),小林明正,上田昭吾,甲斐秀実(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2224. [学会(全国)] (一般講演) 大腿骨二重骨折の治療経験. 東計,横山一彦(整外),新藤正輝(救命),小林明正,今野淳,糸満盛憲(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2225. [学会(全国)] (一般講演) 当科において加療した小児脛骨骨幹部開放骨折の検討. 甲斐秀実,横山一彦,糸満盛憲(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2226. [学会(全国)] (一般講演) 母指MP関節周辺の骨および靭帯損傷に対する外科的治療の検討. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,中沢俊之,黒沢一也,塚本行男(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2227. [学会(全国)] (一般講演) 前腕骨開放骨折の検討. 内野正隆,横山一彦(整外),新藤正輝(救命),大野司,上田昭吾,糸満盛憲(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12〜13), 横浜.

2228. [学会(全国)] (一般講演) Floating elbow骨折の臨床経験. 横山一彦,糸満盛憲,小林明正(整外),新藤正輝(救命),二見俊郎,佐藤俊博(整外): 第44回日本災害医学会 (96.10.04〜05), 東京.

2229. [学会(全国)] (一般講演) Gustillo type VA, VB下腿骨開放骨折に対する創外固定後髄内釘症例の検討. 横山一彦,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命),小林明正,田中啓司B,北見圭司(整外),大和田隆(救命): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07〜09), 横浜.

2230. [学会(全国)] (一般講演) 大腿骨二重骨折の機能成績. 東計,横山一彦(整外),新藤正輝(救命),小林明正,今野淳,田中啓司B,北見圭司,糸満盛憲(整外),大和田隆(救命): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07〜09), 横浜.

2231. [学会(全国)] (一般講演) 両側機能障害膝関節に対する全人工膝関節の対応. 小林明正,北爪伸仁,八木英憲,小島隆史,蛯原有男,安達公,二見俊郎,塚本行男(整外): 第24回日本リウマチ・関節外科学会 (96.10.11〜12), 名古屋.

2232. [学会(全国)] (一般講演) 軟骨細胞外基質合成に及ぼすIL-1αの影響. 高平尚伸,高岸憲二,利根川雅俊,大高文典,西村明人,糸満盛憲(整外): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17〜18), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1192, 1996.

2233. [学会(全国)] (一般講演) 兎成長肋軟骨細胞に及ぼすrhBMP-2及び伸張負荷の影響. 大高文典,高岸憲二(整外),森田真史(生体工),西村明人,利根川雅俊,平田浩子,糸満盛憲(整外): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17〜18), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1285, 1996.

2234. [学会(全国)] (一般講演) 正常・病的膝関節液の粘度ならびに組成に関する研究. 小島隆史,塚本行男,八木英憲,池田貴英,北爪伸仁,二見俊郎(整外): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17〜18), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1322, 1996.

2235. [学会(全国)] (一般講演) ラット後肢を用いた複合組織保存の実験的研究−第4報; Euro-Collins液とUW液の比較−. 横山一彦,木村正統,中村光伸,糸満盛憲(整外): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17〜18), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1538, 1996.

2236. [学会(全国)] (一般講演) 肩石灰沈着性腱炎の治療経験. 斉藤昭彦,高岸憲二,糸満盛憲(整外): 第23回日本肩関節学会 (96.10.31〜11.01), 大宮.

2237. [学会(全国)] (一般講演) 膝関節力学機能試験ロボット. 渡辺尚,塚本行男,北爪伸仁(整外),藤江裕道(阪大),馬渕清資(医療衛生),村石明彦(千葉工大): 第23回日本臨床バイオメカニクス学会 (96.11.04〜05), 東京.

2238. [学会(全国)] (一般講演) 膝蓋骨の緩みの定量化−大腿四頭筋弛緩状態における検討−. 池田貴英,北爪伸仁,八木英憲,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外),村石明彦,笹田直(千葉工大),藤江裕道(阪大): 第23回日本臨床バイオメカニクス学会 (96.11.04〜05), 東京.

2239. [学会(全国)] (一般講演) 非接触型三次元運動解析装置を用いた肘関節運動計測(第2報). 藤田正,二見俊郎,青木晴彦,中村一仁,塚本行男(整外),藤江裕道(阪大): 第23回日本臨床バイオメカニクス学会 (96.11.04〜05), 東京.

2240. [学会(全国)] (一般講演) ペルテス病に対する内反骨切り術の治療成績. 小宮宏一郎,糸満盛憲,関口昌和,上田昭吾,横関淳(整外): 第7回日本小児整形外科学会学術集会 (96.11.29〜30), 横浜.

2241. [学会(全国)] (一般講演) 同種骨とWagner Stemを用いた大腿骨側インプラントの再置換術. 糸満盛憲,関口昌和,品田尚孝,泉敏弘,富永俊行,峰原宏昌,前田健二(整外): 第27回日本人工関節学会 (97.01.31〜02.01), 名古屋.

2242. [学会(全国)] (一般講演) 兎軟骨細胞外基質プロテオグリカンおよびヒアルロン酸合成に及ぼすIL-1αの影響とその作用機序. 高平尚伸,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,花嶋美奈子,大高文典,平田浩子,糸満盛憲(整外): 第10回日本軟骨代謝学会 (97.02.28〜03.01), 浜松.

2243. [学会(全国)] (ポスター講演) 肘部管症候群に対するelbow flexion testの有用性−第1報: 健常肘における検討−. 池田貴英,二見俊郎,北爪伸仁,小林明正,塚本行男(整外): 第39回日本手の外科学会学術集会 (96.05.09〜10), 沖縄.

2244. [学会(全国)] (ポスター講演) 第1背側区画の異変について−臨床例と解剖例の比較検討−. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第39回日本手の外科学会学術集会 (96.05.09〜10), 沖縄.

2245. [学会(全国)] (ポスター講演) ロボテックスを用いた肘関節内支持機構に生じる張力の計測. 青木晴彦(整外),藤江裕道(生体工),二見俊郎(整外): 第39回日本手の外科学会学術集会 (96.05.09〜10), 沖縄.

2246. [学会(全国)] (ポスター講演) 肩石灰沈着性腱炎の治療経験−手術症例を中心として−. 斉藤昭彦,高岸憲二,糸満盛憲(整外): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

2247. [学会(全国)] (ポスター講演) 長期間観察しえたMulticentric Reticulohistiocytosisの2例. 小林明正,二見俊郎,小島隆史,塚本行男(整外): 第40回日本リウマチ学会総会 (96.05.23〜25), 福島.

2248. [学会(全国)] (ポスター講演) Recombinant Human BMP-2を用いたウサギ尺骨骨欠損部修復に関する実験的研究. 小宮宏一郎,糸満盛憲,前原秀夫,関口昌和(整外): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17〜18), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1442, 1996.

2249. [学会(全国)] (ポスター講演) 超音波を利用した髄内釘骨折手術支援システムの開発. 牧野耕文,高岸憲二(整外),秋山いわき(湘南工科大),糸満盛憲(整外): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17〜18), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1454, 1996.

2250. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット大腿骨器官培養系における甲状腺ホルモンの軟骨分化に及ぼす影響. 脇田隆司,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第11回日本整形外科学会基礎学術集会 (96.10.17〜18), 鹿児島, 日本整形外科学会雑誌, 70(8): 1619, 1996.

2251. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット大腿骨器官培養系における甲状腺ホルモンの軟骨分化に及ぼす影響. 脇田隆司,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第10回日本軟骨代謝学会 (97.02.28〜03.01), 浜松.

2252. [学会(全国)] (ポスター講演) 培養軟骨細胞に及ぼすrhBMP-2の影響. 大高文典,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,高平尚伸,平田浩子,糸満盛憲(整外): 第10回日本軟骨代謝学会 (97.02.28〜03.01), 浜松.

2253. [学会(地方)] (特別講演) 上肢における絞扼性末梢神経障害. 二見俊郎(整外): 第81回広島臨床整形外科医会 (96.09.28), 広島.

2254. [学会(地方)] (シンポジウム等) 大腿骨頭壊死症に対する支持骨柱移植術(SBG)による治療. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,富永俊行,峰原宏昌,山本真(整外): 第45回東日本臨床整形外科学会 (96.10.10〜11), 青森.

2255. [学会(地方)] (シンポジウム等) ロボティクスを応用した生体膝関節動揺性試験システムの開発. 村石明彦(千葉工大),八木英憲(整外),藤江裕道(阪大),馬渕清資(医療衛生),塚本行男(整外),笹田直(千葉工大): 第17回バイオトライボロジシンポジウム (97.03.08), 京都.

2256. [学会(地方)] (シンポジウム等) 荷重時間に依存した動物関節の摩擦増大−スクイズフィルム時間との関連について−. 岩城興太(千葉工大),馬渕清資(医療衛生),糸満盛憲(整外),笹田直(千葉工大): 第17回バイオトライボロジシンポジウム (97.03.08), 京都.

2257. [学会(地方)] (一般講演) ステロイド性大腿骨頭壊死症に対するBipolar型人工骨頭置換術の成績. 平田浩子,関口昌和,大野司,脇田隆司,糸満盛憲(整外): 第32回関東整形災害外科学会 (96.05.25), 東京.

2258. [学会(地方)] (一般講演) 肩甲骨腫瘍に対し肩甲骨全摘出を施行した2症例. 遠藤太刀男,八木英憲,北爪伸仁,二見俊郎,塚本行男(整外): 第32回関東整形災害外科学会 (96.05.25), 東京.

2259. [学会(地方)] (一般講演) クリプトコッカス性蜂窩織炎の1例. 富永俊行,田中啓司B(整外),福田倫也,西巻博,藤沼邦彦,浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第41回日本救急医学会関東地方会 (96.06.29), 千葉.

2260. [学会(地方)] (一般講演) 観血的整復を要した陳旧性肩関節脱臼の1例. 堤葵実,高岸憲二,大高文典,関口昌和,品田尚孝,峰原宏昌,糸満盛憲(整外): 関東整形外科学会第574回整形外科集談会東京地方会 (96.06.29), 東京.

2261. [学会(地方)] (一般講演) アスペルギルスによる真菌性脊椎炎の1例. 景山元成,安達公,蛯原有男,河内俊二,山屋智康,二見俊郎,塚本行男(整外): 第97回神奈川整形災害外科医会 (96.07.06), 横浜.

2262. [学会(地方)] (一般講演) 踵骨部皮膚欠損に対するlateral calvaneal artery flapの2例. 大谷伸久,横山一彦,関口昌和,品田尚孝,糸満盛憲(整外): 第97回神奈川整形災害外科医会 (96.07.06), 横浜.

2263. [学会(地方)] (一般講演) 難治性上腕骨外上顆炎に対するBoyd手術の経験. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,塚本行男(整外): 第97回神奈川整形災害外科医会 (96.07.06), 横浜.

2264. [学会(地方)] (一般講演) 全人工股関節置換術後, 股関節前方に腫瘤を生じた1例. 八木英憲,塚本行男,遠藤太刀男,池田貴英,小島隆史,北爪伸仁,二見俊郎(整外): 第45回東日本臨床整形外科学会 (96.10.10〜11), 青森.

2265. [学会(地方)] (一般講演) 大腿骨頚部内側骨折例の骨頭内血管構築とその変貌. 北爪伸仁,八木英憲,池田貴英,小島隆史,蛯原有男,二見俊郎,塚本行男(整外): 第45回東日本臨床整形外科学会 (96.10.10〜11), 青森.

2266. [学会(地方)] (一般講演) 超音波検査を利用した膝前十字靭帯再建術後の検討. 池田貴英,北爪伸仁,八木英憲,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 第45回東日本臨床整形外科学会 (96.10.10〜11), 青森.

2267. [学会(地方)] (一般講演) 遠位端橈尺関節不安定症に対するHui法の術後成績. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第2回神奈川手・肘の外科研究会 (96.10.12), 横浜.

2268. [学会(地方)] (一般講演) 手指の屈伸運動により発生したtrigger wristの治療経験. 小林明正,二見俊郎,浮田豊彦,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第2回神奈川手・肘の外科研究会 (96.10.12), 横浜.

2269. [学会(地方)] (一般講演) 治療に難渋している中指DIP変形性関節症の1例. 佐藤俊博,遠藤太刀男,浮田豊彦,小林明正,二見俊郎,塚本行男(整外),荒川真之(麻): 第2回神奈川手・肘の外科研究会 (96.10.12), 横浜.

2270. [学会(地方)] (一般講演) 化膿性関節炎を合併した慢性関節リウマチの1例. 只野功,平田浩子,高岸憲二,宮下謙一,横山一彦,糸満盛憲(整外): 第98回神奈川整形災害外科医会 (96.11.09), 横浜.

2271. [学会(地方)] (一般講演) 膝蓋靭帯新鮮皮下断裂の1手術例. 田辺賀則(整外),蜂谷将史,他13名(横浜南共済病院): 第98回神奈川整形災害外科医会 (96.11.09), 横浜.

2272. [学会(地方)] (一般講演) 同種骨移植を用いた膝関節固定術による患肢再建の経験. 那須野秀二,大野司,横山一彦,泉敏弘,関口昌和,品田尚孝,岩田洋,糸満盛憲(整外): 第33回関東整形災害外科学会 (96.11.30), 東京.

2273. [学会(地方)] (一般講演) 手指に発生したglomus腫瘍の治療経験. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,遠藤太刀男,景山元成,塚本行男(整外): 第33回関東整形災害外科学会 (96.11.30), 東京.

2274. [学会(地方)] (一般講演) Kienbock病に対するSTT固定術の検討. 遠藤太刀男,二見俊郎,小林明正,浮田豊彦,塚本行男(整外): 第33回関東整形災害外科学会 (96.11.30), 東京.

2275. [学会(地方)] (一般講演) 不安定型大腿骨頚部外側骨折の内固定法と治療成績の検討. 八代忍(整外),斉藤英彦,他6名(聖隷浜松病院),遠藤太刀男(整外): 第33回関東整形災害外科学会 (96.11.30), 東京.

2276. [学会(地方)] (一般講演) 人工関節成績不良例の検討. 山屋智康,北爪伸仁,小林明正,安達公,蛯原有男,二見俊郎,塚本行男(整外): 第33回関東整形災害外科学会 (96.11.30), 東京.

2277. [学会(地方)] (一般講演) 多発性化膿性関節炎とその化膿性脊椎炎を合併した慢性関節リウマチの1例. 平田浩子,高岸憲二,東計,横山一彦,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): 関東リウマチ学会 (96.12.20), 東京, 興味ある症例とその問題点, 30: 142〜151, 1996.

2278. [学会(地方)] (一般講演) 治療に難渋したEosinophilic granulomaの1例. 禹雅誉,那須野秀二,大野司,高木淳,楢原秀之,糸満盛憲(整外): 関東整形外科学会月例会第578回整形外科集談会東京地方会 (96.12.21), 東京.

2279. [学会(地方)] (一般講演) 加齢的変化よりみた膝関節液中のヒアルロン酸の検討. 小島隆史,北爪伸仁,池田貴英,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 第18回東京膝関節学会 (97.02.15), 東京.

2280. [学会(地方)] (一般講演) 当院における半月板修復術の検討. 北爪伸仁,八木英憲,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 第18回東京膝関節学会 (97.02.15), 東京.

2281. [学会(地方)] (一般講演) 家兎におけるACL一次修復術の組織学的検討. 八木英憲,北爪伸仁,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 第18回東京膝関節学会 (97.02.15), 東京.

2282. [学会(地方)] (一般講演) Conventional cross-leg flapにてsalvageされた足部高度挫滅の2例. 大山達也,横山一彦,甲斐秀実,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命),宇井謙二(形外): 関東整形外科学会月例会第580回整形外科集談会東京地方会 (97.02.22), 東京.

2283. [学会(地方)] (一般講演) ステロイド性大腿骨顆部骨壊死の治療. 高木淳,内野正隆,泉敏弘,関口昌和,大野司,糸満盛憲(整外): 第99回神奈川整形災害外科医会 (97.03.08), 横浜.

2284. [学会(地方)] (一般講演) Gustilo VB型下腿骨開放性骨折に仮骨延長が有用であった1例. 八木健司,中村聡明,横山一彦,塚本達郎,泉敏弘,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命): 関東整形外科学会月例会第581回整形外科集談会東京地方会 (97.03.22), 東京.

2285. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 大腿骨頭壊死症に対するBipolar型人工骨頭置換術後に生じたOsteolysisの検討. 関口昌和,糸満盛憲,平田浩子,富永俊行,岩田洋,楢原秀之,前田健二(整外): 第5回人工股関節フォーラム (96.07.28〜29), ハワイ.

2286. [研究会(全国)] (ワークショップ) Femoral shaft fractue. 糸満盛憲(整外): 8th AO Course '96 Japan (96.10.29〜11.01), 横浜.

2287. [研究会(全国)] (ワークショップ) Malunion and correction. 糸満盛憲(整外): 8th AO Course '96 Japan (96.10.29〜11.01), 横浜.

2288. [研究会(全国)] (ワークショップ) Fracture treatment in Japan. 糸満盛憲(整外): 8th AO Course '96 Japan (96.10.29〜11.01), 横浜.

2289. [研究会(全国)] (一般講演) 膝後十字靭帯に対する超音波検査の応用. 池田貴英,北爪伸仁,八木英憲,小島隆史,前之園多幸,塚本行男,糸満盛憲,甲斐秀実(整外): 第8回日本整形外科超音波研究会 (96.07.21), 札幌.

2290. [研究会(全国)] (一般講演) 多発性骨壊死症例の集積とその病態像の検討−最終案−. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和(整外),廣田良夫(九大),竹下節子(東海大): 厚生省特定疾患骨・関節系疾患調査研究班特発性大腿骨頭壊死症分化会平成8年度第2回分科会会議 (97.02.02), 東京.

2291. [研究会(全国)] (一般講演) 成人上腕骨遠位端骨折の治療経験−AO分類C型について−. 塚本達郎,糸満盛憲,横山一彦,大野司,関口昌和,岩田洋(整外): 第9回日本肘関節研究会 (97.02.15), 大阪.

2292. [研究会(全国)] (一般講演) 短橈側手根伸筋腱起始部の肉眼的観察−学生解剖実習用屍体を用いて−. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,塚本行男(整外): 第9回日本肘関節研究会 (97.02.15), 大阪.

2293. [研究会(全国)] (一般講演) 非接触型三次元変位解析装置を用いた肘関節運動解析(第2報). 藤田正,二見俊郎,青木晴彦,中村一仁,塚本行男(整外): 第9回日本肘関節研究会 (97.02.15), 大阪.

2294. [研究会(全国)] (一般講演) 組織移植の評価に関する研究. 糸満盛憲,渡辺哲哉,富永俊行(整外),森田真史(生体工),伊藤均(日本原子力研究所): 平成8年度厚生省−臓器技術臨床研究開発事業−業績報告会 (97.02.21), 東京.

2295. [研究会(地方)] (特別講演) 開放性骨折の初期治療と早期再建. 横山一彦(整外): 相模原市医師会整形外科医会総会及び学術講演会 (96.06.01), 相模原.

2296. [研究会(地方)] (特別講演) 末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術−特に作用機序に関する考察−. 糸満盛憲(整外): 第341回東北大学整形外科談論会 (96.07.27), 仙台.

2297. [研究会(地方)] (特別講演) 同種骨移植の臨床と骨バンク運営の実際. 糸満盛憲(整外): 第43回高知整形外科集談会 (96.11.23), 高知.

2298. [研究会(地方)] (特別講演) 下肢長管粉砕骨折の治療. 糸満盛憲(整外): 第36回北海道エルム整形外科講演会 (97.03.01), 北海道.

2299. [研究会(地方)] (特別講演) 末期変形性股関節症の関節温存療法−外反屈曲骨切り術とその作用機序−. 糸満盛憲(整外): 第47回慶應義塾大学整形外科公開セミナー (97.03.15), 東京.

2300. [研究会(地方)] (特別講演) 下腿開放骨折の初期治療. 糸満盛憲(整外): 第23回東海整形外科外傷研究会 (97.03.29), 名古屋.

2301. [研究会(地方)] (教育講演) 当院における半月板修復術. 北爪伸仁(整外): 第12回神奈川整形手術手技研究会 (96.06.21), 横浜.

2302. [研究会(地方)] (教育講演) 末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術の効果とその機序. 糸満盛憲(整外): 第1回慈恵整形外科教育研修会 (96.07.06), 東京.

2303. [研究会(地方)] (教育講演) 下腿開放骨折の初期治療. 糸満盛憲(整外): 第2回目で見る整形外科東京コロキュアム (96.10.05), 東京.

2304. [研究会(地方)] (一般講演) 化膿性肘関節炎と化膿性脊椎炎を合併した慢性関節リウマチの1例. 平田浩子,高岸憲二,東計,横山一彦,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): 第37回関東リウマチ研究会 (96.06.22), 東京.

2305. [研究会(地方)] (一般講演) キーンベック病を伴った手根管症候群の1例. 東計,二見俊郎,小林明正,安達公,北爪伸仁,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第23回神奈川関節外科研究会 (96.09.21), 横浜.

2306. [研究会(地方)] (一般講演) 大腿コンパートメント症候群を呈した大腿骨骨折の1例. 内山勝文,田中啓司B,中沢俊之(整外),西巻博(放),北見圭司,糸満盛憲(整外): 第23回神奈川関節外科研究会 (96.09.21), 横浜.

2307. [研究会(地方)] (一般講演) 膝蓋骨亜脱臼を伴う膝蓋大腿関節症に膝蓋骨骨折を合併した1症例. 片桐崇文,泉敏弘,岩田洋,高岸憲二,糸満盛憲(整外): 関東整形外科学会月例会第576回整形外科集談会東京地方会 (96.09.28), 東京.

2308. [研究会(地方)] (一般講演) ビデオカメラで撮らえられたスキーによるACL損傷の1例. 八木英憲,北爪伸仁,池田貴英,小島隆史,河内俊二,二見俊郎,塚本行男(整外): 第23回関東膝を語る会 (96.11.16), 東京.

2309. [研究会(地方)] (一般講演) 外傷を契機に発症した大腿骨外頭骨壊死の1例. 八木英憲,北爪伸仁,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 第23回関東膝を語る会 (96.11.16), 東京.

2310. [研究会(地方)] (一般講演) 特発性手根管症候群における横手根靭帯, 滑膜の検討. 小林明正,二見俊郎,浮田豊彦,遠藤太刀男,山屋智康,塚本行男(整外): 第11回東日本手の外科研究会 (97.02.01), 東京.

2311. [研究会(地方)] (一般講演) Carpometacarpal bossの3例. 関忍,二見俊郎,小林明正,浮田豊彦,塚本行男(整外): 第11回東日本手の外科研究会 (97.02.01), 東京.

2312. [研究会(地方)] (一般講演) 当科における脛骨偽関節, 遷延癒合例に対する髄内釘横止め法の臨床成績. 宮部基,横山一彦,品田尚孝,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第24回神奈川関節外科研究会 (97.02.08), 横浜.

2313. [研究会(地方)] (一般講演) 手指基節骨に発生したperiosteal chondromaの1例. 河合光正,小林明正,山屋智康,大西太,二見俊郎,塚本行男(整外): 第24回神奈川関節外科研究会 (97.02.08), 横浜.

2314. [研究会(地方)] (一般講演) 肩に腫脹と疼痛を訴えた中年男性. 斉藤昭彦(整外): 第5回関東肩を語る会 (97.02.18), 東京.

2315. [学会主催(国際学会)] AO/ASIF Seminar and Workshop '96(96.04.20〜21),東京, 糸満盛憲(整外).

2316. [学会主催(国内学会)] 8th AO/ASF Japan Course '96(96.10.29〜11.01),横浜, 糸満盛憲(整外).

2317. [学会主催(地方会)] 第97回神奈川整形災害外科医会(96.07.06),横浜, 二見俊郎(整外).


<<22 形成外科学>>

2318. [原著] A device that keeps a pierced ear hole intact while treating an infected earlobe. 中村元信,伊藤正嗣,塩谷信幸(形外): Aesthetic Plastic Surgery, 20: 343〜345, 1996.

2319. [原著] Bone morphogenetic protein encapsulated with a biodegradable and biocompatible polymer. 磯部昌継(東医歯大),山崎安晴(形外),Oida, S., Ishihara, K., Amagasa, T., Nakabayashi, N.(東医歯大): J. Biomed. Mater. Res., 32: 433〜438, 1996.

2320. [原著] Pin-in-groove techniqueの改良法による下顎関節突起骨折の整復. 大竹尚之,山崎安晴,島倉康人,松倉知之,辻野一郎,佐藤明男,塩谷信幸(形外): 形成外科, 39(6): 599〜605, 1996.

2321. [原著] 鼻骨骨折におけるレントゲン診断. lture. 武田啓,松橋茂子,中村健B,塩谷信幸,内沼栄樹,猪原節之介(形外): Proceedings of First Tricontinental Meeting of Hair Research Societies, p.191〜193, 1996.

2333. [準原著] Dibutyryl Cyclic AMP含有コラーゲンマトリックスの創傷治癒促進効果; 動物実験評価. 柴田裕達,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): Progress in Medicine, 16(10): 2677〜2679, 1996.

2334. [準原著] ブクラデシン軟膏とポビドンヨード混在による創傷治癒効果; 難治性潰瘍への臨床応用. 山下理絵(形外): Progress in Medicine, 16(10): 412〜414, 1996.

2335. [準原著] 同種複合培養真皮シートによる難治性潰瘍の治療. 山下理絵(形外),黒柳能光(生体工),塩谷信幸(形外): Progress in Medicine, 16(10): 419〜421, 1996.

2336. [準原著] 同種複合培養真皮シートの創傷治癒促進効果の検討; 熱傷モデルを用いた動物実験評価. 田中正英,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): Progress in Medicine, 16(10): 421〜423, 1996.

2337. [準原著] ケロイドおよび肥厚性瘢痕組織の細胞骨格に関する研究. 瀬崎晃一郎,田中正英,武田啓,塩谷信幸(形外): 第3回ケロイド・肥厚性瘢痕研究会記録集, p.20〜29, 1996.

2338. [症例報告] 手指に発生したnodular hidradenomaの1例. 池本繁弘,柴田裕達,佐藤英明,石原秀一(横浜南共済病院),塩谷信幸(形外): 形成外科, 40(3): 313〜317, 1997.

2339. [症例報告] 手足の奇形を合併した趾末節部低形成を伴う先天性爪甲彎曲変形の経験. 柴田裕達(形外),鈴木勝己,南芳樹,酒井昭典,戸羽直樹(産業医科大),塩谷信幸(形外): 整形・災害外科, 40(2): 187〜191, 1997.

2340. [症例報告] A neurovascular island flap transfer from the dorsum of the finger. 内沼栄樹,塩谷信幸,田中正英,辻野一郎,松倉知之(形外): 日本手の外科学会雑誌, 12(5): 836〜841, 1996.

2341. [症例報告] 非中毒性巨大結腸症を伴ったクローン病の1例. 根本充(形外),千葉泰彦,小尾芳郎,高橋利通,浜口洋平,福島恒男(横浜市立市民病院): 日本大腸肛門病学会雑誌, 49(5): 378〜383, 1996.

2342. [症例報告] 妊娠に伴い急速に増大した左乳腺再発葉状腫瘍の1例. 根本充(形外),林嘉繁,小尾芳郎,鬼頭文彦,福島恒男(横浜市立市民病院): 日本臨床外科医学会雑誌, 57(10): 2413〜2417, 1996.

2343. [症例報告] A tuberculoma in an adenolymphoma arising in the parotid gland: A case report. 山田直人,内沼栄樹,南條昭雄,塩谷信幸(形外): 北里医学, 26(2): 99〜101, 1996.

2344. [総説] 頚部嚢胞状リンパ管腫の手術. 辻野一郎,瀬崎晃一郎,田中正英,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 外科治療, 75(3): 348〜351, 1996.

2345. [総説] 特集; 創傷被覆材について (Wound Dressing). 山田直人,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 形成外科, 39: 63〜67, 1996.

2346. [総説] 北里大学病院でのレーザーによるアザ治療の現況. 酒井直彦,大竹尚之(形外): 新医療, 8: 99〜102, 1996.

2347. [講座] 褥瘡の創傷治癒のメカニズム. 中村元信(形外): ナース専科(文化放送ブレーン), 17(2): 90〜93, 1997.

2348. [講座] 創傷治癒のための基本処置. 中村元信(形外): ナース専科(文化放送ブレーン), 17(3): 84〜87, 1997.

2349. [講座] 褥瘡治療のための軟膏と創傷被覆材. 中村元信(形外): ナース専科(文化放送ブレーン), 17(4): 83〜86, 1997.

2350. [教科書] (分担執筆) TEXT 形成外科学; 医用材料, p.193〜200, 美容外科, p.428〜452, 伊藤正嗣(形外). 編集 藤野豊美(慶大),田嶋定夫(大阪医大),波利井清紀(東大), 南山堂, 東京,96.07.15発行.

2351. [学会(国際)] (シンポジウム等) Recent advances in skin substitutes (Lecture). 内沼栄樹(形外): 30th World Congress of the International College of Surgeons (96.11.29), 京都.

2352. [学会(国際)] (シンポジウム等) Palmari's longus tendon graft for oriental nasal tip augmentation. 大竹尚之,松倉知之,塩谷信幸(形外): 5th Congress of Oriental Society of Aesthetic Plastic Surgery (96.12.03), Taipei.

2353. [学会(国際)] (シンポジウム等) Measures for complications of blepharoplasty of our institute. 大竹尚之,山本博,塩谷信幸(形外): 5th Congress of Oriental Society of Aesthetic Plastic Surgery (96.12.03), Taipei.

2354. [学会(国際)] (一般講演) Distinct distribution pattern of Type ]U collagen in hypertrophic scars and keloids. 門谷久仁子,武田啓,宇井謙二,塩谷信幸(形外),Nobuko Akutsu,西山敏夫(資生堂ライフサイエンス研究所),Donald Gerecke,Robert 2361. [学会(国際)] (ポスター講演) Localization of K6-keratin mRNA in healing wounds of newborn rats. 瀬崎晃一郎,木股完仁,猪原節之介,塩谷信幸(形外): 2nd Joing Meeting of the Wound Healing Society and the European Tissue Repair Society (96.05.17), Boston, USA, Program Book, p.105, 1996.

2362. [学会(全国)] (シンポジウム等) 片側唇顎口蓋裂初回唇裂鼻修正後の長期成績. 鳥飼勝行,佐藤明男,山崎安晴,中北信昭,瀬崎晃一郎,塩谷信幸(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17〜19), 大阪, 予稿集, p.119, 1996.

2363. [学会(全国)] (シンポジウム等) いま「褥そう」を考える−老人医療サイド. 中村元信(形外): 第1回日本リハビリテーション工学協会SIG褥そう防止装置総会 (97.03.08), 東京.

2364. [学会(全国)] (ワークショップ) 同種複合培養真皮シートの臨床試験評価. 山下理絵,山田直人,田中正英(形外),黒柳能光(生体工),塩谷信幸(形外): 第22回日本熱傷学会学術集会 (96.05.16〜17), 東京, 熱傷, 22(4): 42, 1996.

2365. [学会(全国)] (一般講演) 頭蓋形成に用いたマイクロミニプレートの頭蓋内埋入について. 村下一晃,中北信昭,山崎安晴,佐藤明男,島倉康人,酒井直彦,塩谷信幸(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17), 大阪.

2366. [学会(全国)] (一般講演) 顎裂部への自家腸骨海綿骨と緻密骨併用移植術とその有用性について. 山崎安晴,中北信昭,船木純三,島倉康人,村下一晃,塩谷信幸,鳥飼勝行,佐藤明男(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17〜19), 大阪.

2367. [学会(全国)] (一般講演) 片側多発性腺リンパ腫の臨床病理学的検討. 島倉康人,内沼栄樹,松倉知之,村下一晃,酒井直彦,石黒匡史,田中早苗,高山敦子,塩谷信幸(形外): 第39回日本形成外科学会総会 (96.04.17〜19), 大阪.

2368. [学会(全国)] (一般講演) 両側口唇裂初回手術における新しい唇裂鼻修正法. 鳥飼勝行,佐藤明男,山崎安晴,瀬崎晃一郎,鈴木雅美,塩谷信幸(形外),村沢章子,清水調,荻野浩希,岡野絵里子(横浜市大): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17), 大阪, 予稿集, p.176, 1996.

2369. [学会(全国)] (一般講演) 粘膜移植粘膜弁法の顎発育. 鳥飼勝行,佐藤明男,中北信昭,瀬崎晃一郎,山崎安晴,鈴木雅美,塩谷信幸(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17), 大阪, 予稿集, p.197, 1996.

2370. [学会(全国)] (一般講演) 眼瞼異物−特異な症例の検討−. 石黒匡史,内沼栄樹,島倉康人,村下一晃,酒井直彦,田中早苗,高山敦子,塩谷信幸(形外): 第39回形成外科学会総会 (96.04.17〜19), 大阪, 予稿集, p.253, 1996.

2371. [学会(全国)] (一般講演) 片側多発腺リンパ腫の臨床病理学的検討. 島倉康人,内沼栄樹,松倉知之,村下一晃,酒井直彦,石黒匡史,田中早苗,高山敦子,塩谷信幸(形外): 第39回形成外科学会総会 (96.04.17〜19), 大阪, 予稿集, p.253, 1996.

2372. [学会(全国)] (一般講演) 下眼瞼縁腫瘍切除術における小工夫. 酒井直彦,大竹尚之,村下一晃,高山敦子,松倉知之,塩谷信幸(形外),柴田裕達,佐藤英明(横浜南共済病院): 第39回形成外科学会総会 (96.04.17〜19), 大阪, 予稿集, p.253, 1996.

2373. [学会(全国)] (一般講演) 新しい血管柄付き複合組織皮弁による眼瞼の再建. 内沼栄樹,辻野一郎,松倉知之,島倉康人,村下一晃,酒井直彦,石黒匡史,田中早苗,高山敦子,宇井謙二,塩谷信幸(形外): 第39回日本形成外科学会総会 (96.04.19), 大阪, 日本形成外科学会会誌, 16: 432, 1996.

2374. [学会(全国)] (一般講演) 同種複合培養真皮シートの創傷治癒促進効果の検討; 熱傷モデルを用いた動物実験評価. 田中正英,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第22回日本熱傷学会学術集会 (96.05.16), 東京, 熱傷, 22(4): 56, 1996.

2375. [学会(全国)] (一般講演) ミシガン大学メディカルセンタースキンバンクのドナー調査と運用状況について. 大谷津恭之(形外),岡田邦彦(佐久総合病院),Taddonio, T.(ミシガン大),根本充,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第22回日本熱傷学会学術集会 (96.05.16〜17), 東京, 熱傷, 22(4): 87〜88, 1996.

2376. [学会(全国)] (一般講演) 仙骨部褥瘡におけるslide-swing plastyの適用. 中村元信(形外): 第39回日本形成外科学会総会 (96.05.18), 大阪.

2377. [学会(全国)] (一般講演) 褥瘡その後の治療. 中村元信(形外): 第39回日本形成外科学会総会 (96.05.18), 大阪.

2378. [学会(全国)] (一般講演) 自殺企図患者に対する形成外科と精神科のリエゾン. 新沢博子(形外),堤邦彦(精),山田直人(形外),上條吉人(救命): 第92回日本精神神経学会総会 (96.05.22), 札幌.

2379. [学会(全国)] (一般講演) 歯槽形状の回復および外科的矯正治療の前処置としての顎裂部自家腸骨移植法の検討. 山崎安晴,鳥飼勝行,中北信昭,船木純三,佐藤明男,鈴木敏彦,塩谷信幸(形外),黒田敬之(東医歯大): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡.

2380. [学会(全国)] (一般講演) 唇顎口蓋裂手術時の咽頭部ガーゼパッキングの1工夫. 佐藤明男,鳥飼勝行,根本充(形外),小原信(神奈川県立こども医療センター),村沢章子(横浜市大),山崎安晴,塩谷信幸(形外): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡, 日本口蓋裂学会雑誌, 21(4): 234〜235, 1996.

2381. [学会(全国)] (一般講演) 口唇形成術後の創部管理の1工夫. 佐藤明男,鳥飼勝行,根本充(形外),小原信(神奈川県立こども医療センター),瀬崎晃一郎,山崎安晴,塩谷信幸(形外): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡, 日本口蓋裂学会雑誌, 21(4): 235, 1996.

2382. [学会(全国)] (一般講演) 顎裂部2次骨移植に有用な初回口唇形成時の顎裂閉鎖法. 鳥飼勝行,佐藤明男,根本充(形外),小原信(神奈川県立こども医療センター),山崎安晴,船木純三,瀬崎晃一郎,鈴木雅美,塩谷信幸(形外),村沢章 子,清水調(横浜市大): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡, 日本口蓋裂学会雑誌, 21(4): 235〜236, 1996.

2383. [学会(全国)] (一般講演) 両側唇顎口蓋裂の中間顎固定におけるマイクロプレートの有用性. 鳥飼勝行,佐藤明男,根本充(形外),小原信(神奈川県立こども医療センター),山崎安晴,船木純三,瀬崎晃一郎,鈴木雅美,塩谷信幸(形外): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡, 日本口蓋裂学会雑誌, 21(4): 236, 1996.

2384. [学会(全国)] (一般講演) 2方向写真による口唇裂術後評価の1考察. 佐藤明男,鳥飼勝行,根本充(形外),小原信(神奈川県立こども医療センター),中北信昭,山崎安晴,瀬崎晃一郎,鈴木雅美,塩谷信幸(形外): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡, 日本口蓋裂学会雑誌, 21(4): 246, 1996.

2385. [学会(全国)] (一般講演) 両側口唇裂初回手術における新しい人中形成術と成績. 鳥飼勝行,佐藤明男,根本充(形外),小原信(神奈川県立こども医療センター),鈴木雅美,山崎安晴,瀬崎晃一郎,塩谷信幸(形外),荻野浩希(横浜市 大): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡, 日本口蓋裂学会雑誌, 21(4): 295, 1996.

2386. [学会(全国)] (一般講演) 粘膜移植粘膜弁法の良好な顎発育. 鳥飼勝行,佐藤明男,根本充(形外),小原信(神奈川県立こども医療センター),山崎安晴,中北信昭,船木純三,瀬崎晃一郎,鈴木雅美,塩谷信幸(形 外): 第20回日本口蓋裂学会総会 (96.06.13), 盛岡, 日本口蓋裂学会雑誌, 21(4): 295〜296, 1996.

2387. [学会(全国)] (一般講演) ring injuryの2例. 新沢博子,柴田裕達,佐藤英明,塩谷信幸(形外): 第44回日本災害医学会 (96.10.04), 東京.

2388. [学会(全国)] (一般講演) 顔面・頚部熱傷受傷2か月後に気道狭窄にて突然死した患者の1剖検例. 大谷津恭之,佐藤英明(形外),岡田邦彦,吉沢幸雄,大西直樹,石亀広樹(佐久総合病院): 第44回日本災害医学会 (96.10.04〜05), 東京.

2389. [学会(全国)] (一般講演) 高齢者における熱傷患者の治療と問題点. 村下一晃,山田直人(形外),相馬一亥,大和田隆(救命),内沼栄樹,宇井謙二(形外): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.08), 横浜.

2390. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学救命救急センターにおける最近10年間の熱傷の検討. 新沢博子,山田直人,村下一晃(形外),相馬一亥,大和田隆(救命),内沼栄樹,宇井謙二,塩谷信幸(形外): 第24回日本救急医学総会 (96.10.08), 横浜.

2391. [学会(全国)] (一般講演) 培養表皮移植でのLaminin 5による生着率の改善. 武田啓(形外),門谷久仁子(創傷治癒センター),塩谷信幸(形外),西山敏夫(資生堂ライフサイエンス研究所),天野聡(MGHハーバード皮膚科学研究 所),常長誠(資生堂ライフサイエンス研究所),ロバート・バーガソン(MGHハーバード皮膚科学研究所): 第5回日本形成外科学会基礎学術集会 (96.10.18), 長崎.

2392. [学会(全国)] (一般講演) V度熱傷創面におけるコラーゲンスポンジの創傷治癒促進効果; 動物実験評価. 田中正英,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第5回日本形成外科学会基礎学術集会 (96.10.18), 長崎.

2393. [学会(全国)] (一般講演) コラーゲンスポンジを基材とした複合培養表皮シートの開発; 動物実験評価. 辻野一郎(形外),黒柳能光(生体工),内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第5回日本形成外科学会基礎学術集会 (96.10.18), 長崎.

2394. [学会(全国)] (一般講演) BMP含有ポリマーカプセルを用いた骨再建に関する実験的研究. 磯部昌継(東医歯大),山崎安晴(形外),森雅弘,天笠光雄(東医歯大): 日本口腔外科学会総会 (96.11.00), 東京.

2395. [学会(全国)] (一般講演) Recklinghauzen病の眼球突出に対する眼窩後壁再建. 鳥飼勝行,佐藤明男,根本充(形外),小原信,伊藤進,山口和郎,関戸謙一(神奈川県立こども医療センター),瀬崎晃一郎,鈴木敏彦,塩谷信幸(形外): 第14回日本頭蓋顎顔面外科学会 (96.11.08), 横浜, 予稿集, p.72, 1996.

2396. [学会(全国)] (一般講演) 顔面血管腫による視性刺激遮断弱視. 佐藤明男,鳥飼勝行,根本充(形外),小原信,伊藤大蔵,田中祐吉(神奈川県立こども医療センター),塩谷信幸(形外): 第14回日本頭蓋顎顔面外科学会 (96.11.08), 横浜, 予稿集, p.89, 1996.

2397. [学会(全国)] (一般講演) 舌正中裂を伴った真性上口唇正中裂の1治験例. 酒井直彦,中北信昭,山崎安晴,山本博,石黒匡史,塩谷信幸(形外): 第14回日本頭蓋顎顔面外科学会 (96.11.09), 横浜, 予稿集, p.109, 1996.

2398. [学会(全国)] (一般講演) 耳垂の左右差について−第7報−. 中村元信(形外),池田敏子(解): 第68回日本美容外科学会学術集会 (97.01.18), 東京.

2399. [学会(全国)] (ポスター講演) 北里大学救命救急センターにおける最近5年間の熱傷の検討. 新沢博子,山田直人,松倉知之,塩谷信幸(形外): 第39回日本形成外科学会総会 (96.04.17〜19), 大阪.

2400. [学会(全国)] (ポスター講演) 眼瞼周囲の類皮嚢腫の粘膜側からの摘出術. 辻野一郎,浅野学,高山敦子,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17〜19), 大阪.

2401. [学会(全国)] (ポスター講演) 口唇裂術後ドレッシングの1工夫. 佐藤明男,鳥飼勝行,塩谷信幸,瀬崎晃一郎,山崎安晴(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17), 大阪, 予稿集, p.317, 1996.

2402. [学会(全国)] (ポスター講演) 口唇裂術後評価の1考察. 佐藤明男,鳥飼勝行,塩谷信幸,中北信昭,瀬崎晃一郎,山崎安晴(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17), 大阪, 予稿集, p.317, 1996.

2403. [学会(全国)] (ポスター講演) 口蓋裂術中の咽頭部ガーゼパッキングの1工夫. 佐藤明男,鳥飼勝行,塩谷信幸,山崎安晴,瀬崎晃一郎(形外): 第39回日本形成外科学会学術集会 (96.04.17), 大阪, 予稿集, p.318, 1996.

2404. [学会(全国)] (ポスター講演) 筋肉弁を利用した開放性骨折を伴う下腿皮膚欠損の修復. 柴田裕達,佐藤英明,新沢博子,水井睦(形外),藤井英世,蜂谷将史(横浜南共済病院): 第45回共済医学会 (96.10.00), 札幌.

2405. [学会(全国)] (ポスター講演) 一次的骨移植による指の外傷性骨欠損−粉砕骨折の再建. 山田直人,村下一晃(形外),相馬一亥,大和田隆(救命),内沼栄樹,宇井謙二,塩谷信幸(形外): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07〜09), 横浜.

2406. [学会(全国)] (ポスター講演) ケロイドと肥厚性瘢痕における]U型コラーゲン発現の検討. 門谷久仁子(創傷治癒センター),武田啓,塩谷信幸(形外),西山敏夫(資生堂ライフサイエンス研究所),天野聡,ロバート・バーガソン(MGHハーバー ド皮膚科学研究所): 第5回日本形成外科学会基礎学術集会 (96.10.17), 長崎.

2407. [学会(全国)] (ポスター講演) 凍結処理前の冷蔵保存時間がFrozen Allograft SkinのViabilityに与える影響. 大谷津恭之,佐藤英明(形外),Taddonio, T.E.,Smith, D.J.(ミシガン大),松尾あおい,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第5回日本形成外科学会基礎学術集会 (96.10.18), 長崎, 予稿集, p.71, 1996.

2408. [学会(地方)] (一般講演) 眼瞼周囲の類皮嚢腫の治療経験. 辻野一郎,浅野学,高山敦子(形外),仁木高志,大竹博司(上尾中央総合病院): 第33回埼玉県医学会総会 (96.01.28), 浦和.

2409. [学会(地方)] (一般講演) 頭蓋内外の動脈瘤を合併したKlippel-Trenauny-Weber症候群の1例. 佐藤英明(佐久総合病院),大谷津恭之,塩谷信幸(形外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会第32回例会 (96.06.29), 松本.

2410. [学会(地方)] (一般講演) Thinningした全層植皮を用いた分層皮膚移植の経験. 佐藤英明,大谷津恭之,塩谷信幸(形外): 第31回日本形成外科学会中部支部学術集会 (96.07.21), 松本, 日本形成外科学会会誌, 16(11): 803, 1996.

2411. [学会(地方)] 尾あおい(形外),岡田邦彦(佐久総合病院): 第10回日本熱傷学会信州地方会 (97.03.23), 松本.

2421. [学会(地方)] (一般講演) タバコの火の不始末が原因で火災を起こし熱傷を負った事例. 松尾あおい,大谷津恭之,佐藤英明(形外),岡田邦彦(佐久総合病院): 第10回日本熱傷学会信州地方会 (97.03.23), 松本.

2422. [研究会(全国)] (一般講演) 旋回培養法による毛包の再構成. 武田啓,松倉知之,水野寿子,中村健B,塩谷信幸(形外): 第4回毛髪科学研究会 (96.11.09), 富山, 抄録集, p.20, 1996.

2423. [研究会(全国)] (一般講演) 褥瘡の創傷治癒の評価について. 中村元信(形外): 創傷治癒研究会 (96.12.07), 福岡.

2424. [研究会(全国)] (一般講演) コラーゲンスポンジを基材とした培養表皮と培養真皮の肉芽組織形成能に関する評価. 辻野一郎(形外),黒柳能光(生体工),内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第26回創傷治癒研究会 (96.12.07), 福岡, 抄録集, p.14, 1996.

2425. [研究会(全国)] (一般講演) コラーゲンスポンジを基材とするDibutyryl Cyclic AMP含有創傷被覆材の開発. 柴田裕達,内沼栄樹,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第26回創傷治癒研究会 (96.12.07), 福岡, 抄録集, p.16, 1996.

2426. [研究会(全国)] (一般講演) 肉芽増殖における血管新生の共焦点レーザー顕微鏡を用いた観察. 松倉知之,武田啓(形外),黒柳能光(生体工),内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第26回創傷治癒研究会 (96.12.07), 福岡, 抄録集, p.18, 1996.

2427. [研究会(地方)] (教育講演) 形成外科の展望−基礎研究と美容外科−. 大竹尚之(形外): 京都形成外科医会 (96.07.18), 京都.

2428. [研究会(地方)] (一般講演) 重瞼術(埋没法)による上眼瞼瘢痕拘縮の修正. 柴田裕達,佐藤英明,水井睦,新沢博子(形外): 第80回横浜南共済病院臨床集談会 (96.04.00), 横浜.

2429. [研究会(地方)] (一般講演) 眼球運動障害を伴った前頭骨陥没骨折の治療経験. 水井睦,佐藤英明,柴田裕達,新沢博子(形外),金井光,吉川麻里,山口朝子(横浜南共済病院): 第80回横浜南共済病院臨床集談会 (96.04.00), 横浜.

2430. [研究会(地方)] (一般講演) 前額部皺取り術後、前額部変形をおこした1例. 鴻池奈津子,大竹尚之,酒井直彦,林和弘(形外): 1996年度第1回神奈川形成外科症例検討会 (96.06.08), 横浜.

2431. [研究会(地方)] (一般講演) 精神発達遅延児にみられた顔面異物の1例. 根本充,佐藤明男,小原信,鳥飼勝行(形外): 1996年度第1回神奈川形成外科症例検討会 (96.06.08), 横浜, 日本形成外科学会会誌, 16(9): 677, 1996.

2432. [研究会(地方)] (一般講演) ring injuryの1例. 新沢博子,柴田裕達,菅野善一郎,蜂谷将史(形外),沖永貴志,竹口英文(横浜南共済病院): 第81回横浜南共済病院臨床集談会 (96.07.31), 横浜.

2433. [研究会(地方)] (一般講演) 検診で発見されなかったT0N3乳癌の1例. 深井孝郎(形外),石山咲,鬼頭久彦,福島恒男(横浜市立市民病院): 第762回外科集談会 (96.08.31), 東京.

2434. [研究会(地方)] (一般講演) 直腸悪性リンパ腫の1例. 一氏俊世(形外),宮本英雄,豊川貴司,片岡祐一,大井智司,伊藤徹,渋谷慈郎,高野容幸,小沼博,横田等,西村博行(外): 第88回信州外科集談会 (96.12.08), 松本.

2435. [研究会(地方)] (一般講演) 10年前に刺入した異物による右足舟状骨骨髄炎の1例. 水井睦(形外),高橋晃,瀬崎壮一,太田裕敏,中村直行,毛利麻里,小林昭: 第24回神奈川関節外科研究会 (97.02.08), 横浜.

2436. [研究会(地方)] (一般講演) 顔面異所性歯牙の1例. 新沢博子,柴田裕達,増田竜児(形外),北村創(横浜南共済病院): 第83回横浜南共済病院臨床集談会 (97.02.13), 横浜.

2437. [研究会(地方)] (公開講座) 最新レーザー治療; あざ, しみ, ほくろはどこまで消えるか. 山下理絵(形外): 第5回湘南鎌倉公開講座 (96.06.00), 鎌倉.

2438. [研究会(地方)] (公開講座) レーザー治療に関して. 山下理絵(形外): 第6回湘南鎌倉公開講座 (96.10.00), 鎌倉.

2439. [研究会(地方)] (公開講座) あざのレーザー治療. 山下理絵(形外): 第7回湘南鎌倉公開講座 (97.02.00), 藤沢.

2440. [特許・意匠登録] H8 257535: イアリング, 中村元信(形外).


<<23 皮膚科学>>

2441. [原著] The membrane attack complex of complement alters the membrane integrity of cultured endothelial cells: A possible pathophysiology for immune complex vasculitis. 川名誠司(皮): Acta Derm. Venereol., 76: 13〜16, 1996.

2442. [原著] Cytokine messenger RNA expression in the labial salivary glands of patients with Sjogrens syndrome. 大山順子,中村誠司,松崎吾朗,篠原正徳,廣木朗子(九大),藤村響男(皮),山田亮,伊東恭悟(久留米大),野本亀久雄(九大): Arthritis Rheum., 39(8): 1376〜1384, 1996.

2443. [原著] Local expression of IFN-γ mRNA in skin lesions of patients with dermatophytosis. 宮田聡子,藤村響男,増沢幹男,勝岡憲生,西山茂夫(皮): J. Dermatol. Sci., 13: 167〜171, 1996.

2444. [原著] Bowen's disease: Statistical study of a 10 year periods. Aniko Kovacs(Semmelweis Hosp.),米元康蔵,勝岡憲生,西山茂夫(皮),Imre Harhai(Semmelweis Hosp.): J. Dermatol., 23(4): 267〜274, 1996.

2445. [原著] Lichen planus and Sjogren-type sicca syndrome in a patient with chronic hepatitis C. 種井良二,太田幸則,勝岡憲生(皮): J. Dermatol., 24(1): 20〜27, 1997.

2446. [原著] 頭部血管肉腫に対する局所rIL-2/LAK療法. 増沢幹男(皮): Skin Cancer, 1(1): 42〜45, 1996.

2447. [原著] 好酸球性膿疱性毛嚢炎の1例と当科22例のまとめ. 新山史朗,坪井広美,橋本明彦,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): 西日本皮膚科, 58(2): 207〜211, 1996.

2448. [原著] 円形脱毛症患者における発毛現象への浸潤リンパ球の関与. 坪井広美,藤村響男,立田美奈子,寺田英司,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 106(13): 1713〜1715, 1996.

2449. [原著] Electrolysis on rat vibrissae: A study on the optimum duration of current flow and histological changes in the follicles. 手塚圭子(コミー),中村元信(形外),勝岡憲生(皮): 北里医学, 27(1): 26〜32, 1997.

2450. [準原著(英文)] Hair growth in the skin grafts from alopecia aveata (AA) grafted onto severe combined immunodeficient (SCID) nude mice. 坪井広美,藤村響男,勝岡憲生(皮): Hair Research for the Next Millenium, p.265〜269, 1996.

2451. [準原著] 薬疹の統計−1994年度と1974年度の比較−. 浅井俊弥,田辺和美,佐藤直哉(皮): 皮膚病診療, 19(1): 74〜75, 1997.

2452. [短報・速報(英文)] The expression of Th1 and Th2 type cytokines in a lesion of allergic contact dermatitis. 古賀哲也(九大),藤村響男(皮),今山修平(福岡大),勝岡憲生(皮),利谷昭治(九大),堀嘉昭(福岡大): Contact Dermatitis, 35: 105〜106, 1996.

2453. [短報・速報] 日本皮膚科学会第59回東京支部学術大会から. 米元康蔵(皮),佐々木哲雄(横浜市大): 皮膚病診療, 18(7): 582〜591, 1996.

2454. [症例報告] A case report of twenty-nail dystrophy. 太田幸則,勝岡憲生(皮): J. Dermatol., 24(1): 60〜62, 1997.

2455. [症例報告] アトピー性皮膚炎の顔面潮紅の漢方治療−清熱剤無効例をどう治すか−. 東一紀(皮): 漢方の臨床, 43(10): 1930〜1940, 1996.

2456. [症例報告] アトピー性皮膚炎の顔面潮紅の5例. 東一紀(皮): 漢方の臨床, 43(12): 2195〜2211, 1996.

2457. [症例報告] 貨幣状湿疹・湿潤型の漢方治療. 東一紀(皮): 漢方の臨床, 43(7): 1550〜1553, 1996.

2458. [症例報告] 帯状疱疹後神経痛に附子を共有する3種の製剤が奏効した1例. 東一紀(皮): 日本東洋医学雑誌, 47(2): 267〜270, 1996.

2459. [症例報告] 臨床的にケラトアカントーマを疑ったproliferating trichilemmal cystの1例. 金子聡,藤岡彰,山本達雄,高須博(皮),神崎俊一(都老人医療セン): 皮膚科の臨床, 39(1): 145〜148, 1997.

2460. [症例報告] クラゲ皮膚炎とサンゴ皮膚炎. 藤岡彰(防衛医大),高須博,太田幸則,大川司,勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 39(1): 169〜172, 1997.

2461. [症例報告] 蝶形紅斑のみられた小児皮膚筋炎. 藤田裕介,宮田聡子,塚原哲哉,浅井俊弥,衛藤光(皮): 皮膚病診療, 18(10): 886〜890, 1996.

2462. [症例報告] 慢性関節リウマチ患者にみられた高γ-グロブリン血症性紫斑. 衛藤光,浅井俊弥(皮): 皮膚病診療, 18(12): 1093〜1096, 1996.

2463. [症例報告] Rheumatoid neutrophilic dermatitis. 沈国雄,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 18(12): 1097〜1100, 1996.

2464. [症例報告] 開口部形質細胞症. 浅井俊弥,矢口厚(皮): 皮膚病診療, 18(4): 311〜314, 1996.

2465. [症例報告] グリブゾールによる慢性色素性紫斑型薬疹. 矢口厚,浅井俊弥,米元康蔵(皮): 皮膚病診療, 19(1): 49〜52, 1997.

2466. [症例報告] 腎性副甲状腺機能亢進症に生じた皮膚壊疽. 饗場伸作,土井希文,藤田裕介,浅井寿子,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 19(2): 163〜166, 1997.

2467. [症例報告] 陰嚢に生じたTrichilemmal Carcinoma. 種井良二,山本達雄(皮): 北里医学, 26(4): 243〜245, 1996.

2468. [症例報告] 脂腺腺腫と基底細胞上皮腫が併発した1例. 斉藤典充(皮),岩崎雅(桜井病院),一迫玲(東北大): 臨床皮膚科, 50(6): 456〜459, 1996.

2469. [症例報告] トラニラスト治療を試みたサルコイドーシスの3例. 新山史朗,岡本潔,石塚敦子,種井良二(皮): 臨床皮膚科, 51(3): 280〜283, 1997.

2470. [臨床治験] フルコナゾール経口投与による角質増殖型足白癬に対する有用性および角質への移行性の検討. 田沼弘之,土井希文,矢口厚,太田幸則,西山茂夫,勝岡憲生(皮): 西日本皮膚科, 58(4): 668〜675, 1996.

2471. [臨床治験] 爪真菌症に対するイトラコナゾール内服療法の臨床的, 薬物動態学的検討. 松本忠彦(東芝病院),田沼弘之,西山茂夫(皮): 西日本皮膚科, 58(5): 887〜895, 1996.

2472. [臨床治験] 角質増殖型足白癬に対する塩酸ブテナフィン(メンタックスR)クリーム単独および尿素軟膏併用による治療の検討. 太田幸則,土井希文,田沼弘之,西山茂夫,勝岡憲生(皮): 西日本皮膚科, 58(6): 1033〜1037, 1996.

2473. [臨床治験] 塩酸エピナスチンの皮膚掻痒症および皮脂欠乏性皮膚炎に対する臨床的検討. 米元康蔵,西山茂夫,勝岡憲生(皮),川野信子(稲田登戸),向井秀樹(横浜労災): 西日本皮膚科, 58: 896〜904, 1996.

2474. [臨床治験] 慢性蕁麻疹に対するフマル酸エメダスチンの臨床効果−物理的刺激により容易に誘発される蕁麻疹を中心に−. 米元康蔵,浅井俊弥,羽金重喜,勝岡憲生,西山茂夫(皮),向井秀樹,加藤一郎,河野経子(横浜労災病院),川野信子,関根敦子(稲田登戸病院),伊藤篤 (衣笠病院),小幡秀一(小幡クリニック),上村仁夫(かみむら皮膚科),塚本宏太郎(塚本医院): 薬理と治療, 24(7): 1635〜1643, 1996.

2475. [総説] 伝染性軟属腫. 矢口厚,勝岡憲生(皮): 小児科診療, 60(4): 601〜604, 1997.

2476. [総説] 脱毛症(1) 円形脱毛症の発症機序について. 勝岡憲生(皮): 西日本皮膚科, 58(4): 635〜639, 1996.

2477. [総説] 脱毛症(2) 全身性疾患と脱毛. 勝岡憲生(皮): 西日本皮膚科, 58(5): 820〜824, 1996.

2478. [総説] 脱毛症(3) 限局性脱毛症. 勝岡憲生(皮): 西日本皮膚科, 58(6): 994〜999, 1996.

2479. [総説] 感染防御免疫. 藤村響男,勝岡憲生(皮): 北里医学, 26(4): 197〜205, 1996.

2480. [総説] 頭部血管肉腫. 増沢幹男,西山茂夫,勝岡憲生(皮): 北里医学, 26(6): 333〜339, 1996.

2481. [総説] 褥瘡. 太田幸則(皮): 臨床栄養, 90(4): 415〜416, 1997.

2482. [講座] MDSと皮膚症状(非特異疹). 勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 38(3): 451〜457, 1996.

2483. [編集者への手紙(英文)] Local expression of migration inhibitory factor and Th1 type cytokine mRNA in sporotrichosis lesions. 藤村響男,浅井寿子,宮田聡子,六車香里,増沢幹男,勝岡憲生(皮): Acta Derm. Venereol., 76: 321〜322, 1996.

2484. [学術書] (分担執筆) 皮膚真菌カラーアトラス; 足白癬, p.76〜77, 矢口厚,田沼弘之(皮). ファーマインターナショナル,96.00.00発行.

2485. [学術書] (分担執筆) 皮膚真菌カラーアトラス; カンジダ症, p.38; p.96〜99, 金子聡,田沼弘之(皮). ファーマインターナショナル,96.00.00発行.

2486. [学術書] (分担執筆) 真菌感染と生体防御; スポロトリコーシス病変部におけるTh1型サイトカインの局所発現とその意義, 3: 133〜139, 藤村響男,森田真一,増沢幹男,勝岡憲生(皮). 編集 西岡清(東医歯大),西川武二(慶大),小川秀興(順大),山口英世(帝京大), 日本アクセル・シュプリンガー, 東京, 97.02.07発行.

2487. [学術書] (分担執筆) 臨床染色体診断法; 皮膚線維芽細胞, p.238〜240, 米元康蔵(皮),前田徹(看護学部). 編集 古庄敏行(杏林大), 金原出版, 東京, 96.10.31発行.

2488. [その他の著書] (分担執筆) 家庭医学大全科; 肉芽腫性口唇炎, 環状肉芽腫, 顔面播種状粟粒性狼瘡, p.1195〜1196, 勝岡憲生(皮). 法研,東京,96.07.00発行.

2489. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 副作用症例データベース; カルシウム拮抗薬による歯肉増殖症, p.295, 米元康蔵,矢口厚(皮). 編集 永井良三(群大), 診断と治療社,東京,96.08.00発行.

2490. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の皮膚治療指針, 第2版; Wegener肉芽腫症, p.269〜270, 増沢幹男(皮). 編集 池田重雄,今村貞夫,大城戸宗男,荒田次郎, 医学書院,東京,96.08.00発行.

2491. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の皮膚治療指針, 第2版; 脈管肉腫, p.399, 増沢幹男(皮). 編集 池田重雄,今村貞夫,大城戸宗男,荒田次郎, 医学書院,東京,96.08.00発行.

2492. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 皮膚外用薬の処方, p.873〜877, 米元康蔵(皮). 編集 和田攻(埼玉医大),朝長文弥(北里大), 文光堂,東京,96.10.04発行.

2493. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の治療指針 1997年度版; シャンバーグ病, p.661〜662, 増沢幹男(皮). 医学書院, 東京, 97.01.00発行.

2494. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 皮膚科レジデント・戦略ガイド; ジャーナルを読もう, 英文雑誌の特徴, p.114〜123, 藤村響男(皮). 編集 宮地良樹(群大), 診断と治療社, 東京, 97.03.15発行.

2495. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 皮膚科レジデント・戦略ガイド; ジャーナルを読もう, p.109, 勝岡憲生(皮). 編集 宮地良樹(群大), 診断と治療社, 東京, 97.03.15発行.

2496. [学会(国際)] (一般講演) Lymphangiosarcoma. 増沢幹男,勝岡憲生,西山茂夫,竹崎伸一郎,Mochizuki, T.(皮): 4th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology (96.10.27〜29), 岡山.

2497. [学会(国際)] (一般講演) Bullous systemic lupus erythematosus with central nervous system involvement. 天野隆文,山口京美,太田幸則,浅井俊弥,米元康蔵,衛藤光,勝岡憲生(皮): 4th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology (96.10.27〜29), 岡山.

2498. [学会(全国)] (教育講演) 円形脱毛症における発毛現象への浸潤リンパ球の関与. 坪井広美,藤村響男,立田美奈子,寺田英司(皮): 第95回日本皮膚科学会総会学術大会 (96.06.14), 札幌, 日本皮膚科学会雑誌, 106(5): 661, 1996.

2499. [学会(全国)] (一般講演) リンパ浮腫をきたした乳房外パジェット症の1例. 富田昌宏,高須博,米元康蔵(皮): 第12回日本皮膚悪性腫瘍学会 (96.00.00), 長野.

2500. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院入院患者に生じた薬疹の統計. 米元康蔵,浅井俊弥,清野みき,成瀬京子(皮): 第26回日本皮膚アレルギー学会 (96.07.13), 名古屋.

2501. [学会(全国)] (一般講演) Paget病由来の腺癌実験モデル. 矢口厚,米元康蔵,饗場伸作,立田美奈子(皮): 第21回日本研究皮膚科学会 (96.07.26〜27), 東京.

2502. [学会(全国)] (一般講演) 抗脈管肉腫モノクローナル抗体8H1bの有用性について. 増沢幹男,餅田尚子,立田美奈子(皮),浜田祐子(生化系),藤村響男,勝岡憲生,寺田英司,村田貴則(皮): 第21回日本研究皮膚科学会学術大会 (96.07.26〜27), 東京.

2503. [学会(全国)] (一般講演) Differentiation between host immune response to candida antigens in localized superficial candidiasis and chronic mucocutaneous candidiasis patients. 藤村響男,森田真一,宮田聡子,増沢幹男,勝岡憲生(皮): 第21回日本研究皮膚科学会学術大会 (96.07.26〜27), 東京, J. Dermatol. Sci., 12(2): 186, 1996.

2504. [学会(全国)] (一般講演) 掌蹠膿疱症患者の金属パッチテスト結果. 田辺和美,浅井俊弥,米元康蔵,成瀬京子,勝岡憲生(皮),衛藤光(国立横浜): 第11回日本乾癬学会 (96.08.30〜31), 弘前.

2505. [学会(全国)] (一般講演) アトピー性皮膚炎(AD)患者における皮表のMalassezia furfur定量化の試み. 斉藤典充,向井秀樹,長瀬彰夫,新井達,平松正浩(皮): 第46回日本アレルギー学会総会 (96.10.30), 宇都宮.

2506. [学会(全国)] (一般講演) マウス血管肉腫に対するIL-12局注効果. 増沢幹男,藤村響男,寺田英司(皮): 第26回日本免疫学会 (96.11.26〜28), 横浜.

2507. [学会(全国)] (一般講演) 乳児の水疱性類天疱瘡. 中村和哉,饗場伸作,天野隆文,太田幸則,浅井俊弥,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第48回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (96.12.01), 沖縄.

2508. [学会(全国)] (一般講演) 水疱性類天疱瘡を考えさせた金属アレルギー. 佐藤直哉,高須博,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第48回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (96.12.01), 沖縄.

2509. [学会(全国)] (一般講演) 潰瘍を伴ったらい腫らい. 藤田裕介,浅谷雅文(皮),新井春枝(大和市立病院),並里まさ子(多摩全生園),和泉眞蔵(国立多摩研): 第48回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (96.12.01), 沖縄, 抄録集, p.110, 1996.

2510. [学会(全国)] (一般講演) 出血性膀胱炎及び血小板減少症を伴ったトラニラストによると思われる紫斑型薬疹の1例. 宮崎千春(皮),岩崎雅(桜井病院),黒沢誠一郎(水沢市): 第296回日本皮膚科学会東北地方会 (96.12.14), 秋田.

2511. [学会(全国)] (一般講演) 進行性顔面片側萎縮症. 宮田聡子,米元康蔵(皮),宇井謙二(形外),根本徹(眼): 日本皮膚科学会第60回東京支部総会 (97.02.08), 東京.

2512. [学会(全国)] (一般講演) 手指背に生じたBowen carcinoma. 田辺和美,饗場伸作,太田幸則,米元康蔵,勝岡憲生(皮),和田知益(淵野辺病院): 日本皮膚科学会第60回東京支部総会 (97.02.08), 東京.

2513. [学会(全国)] (ポスター講演) ALY (alymphoplasia)マウスはaly/alyのみでなくaly/+でもらい菌(M.leprae)がよく増殖する. 輿儀ヤス子,野間口博子,松岡正典(国立多摩研),藤村響男(皮),岡村春樹(兵庫医大): 第43回日本実験動物学会 (96.06.04), 新潟, 講演要旨集, p.182, 1996.

2514. [学会(全国)] (ポスター講演) 光線過敏症型薬疹発症へのT細胞の関与. 宮田聡子,中野敏明,藤村響男,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): 第26回日本免疫学会 (96.11.26〜28), 横浜, 学術集会記録, 26: 200, 1996.

2515. [学会(地方)] (特別講演) 皮膚症状からみた子供の病気. 米元康蔵(皮): 相模原市医師会保育園医部会 (96.06.29), 相模原.

2516. [学会(地方)] (特別講演) 当院への紹介患者報告を中心として. 米元康蔵(皮): 相模原市医師会 (96.09.12), 東京.

2517. [学会(地方)] (一般講演) 外陰部, 腹部に併発した乳房外Paget病. 金子聡,藤岡彰,山本達雄,橋本明彦,神崎俊一(皮): 第719回日本皮膚科学会東京地方会 (96.04.20), 東京.

2518. [学会(地方)] (一般講演) カハマバマゼピンによる薬疹の2例. 前島英樹,高須博,橋本明彦(皮): 第719回日本皮膚科学会東京地方会 (96.04.20), 東京.

2519. [学会(地方)] (一般講演) 指趾端の微小血栓と精神症状を伴ったSLE. 佐藤直哉,高須博,橋本明彦(皮): 第719回日本皮膚科学会東京地方会 (96.04.20), 東京.

2520. [学会(地方)] (一般講演) オキサトミドが誘因の一つと考えた蕁麻疹様紅斑の1例. 三好経子,高須博,勝岡憲生(皮): 第719回日本皮膚科学会東京地方会 (96.04.20), 東京.

2521. [学会(地方)] (一般講演) グリブゾールによる慢性色素性紫斑型薬疹. 矢口厚,浅井俊弥,米元康蔵(皮): 第720回日本皮膚科学会東京地方会 (96.05.18), 東京.

2522. [学会(地方)] (一般講演) 小児CD30陽性リンパ腫. 高須博,坪井広美,米元康蔵(皮): 第720回日本皮膚科学会東京地方会 (96.05.18), 東京.

2523. [学会(地方)] (一般講演) 骨髄線維症に合併し難治性潰瘍を呈した有痛性隆起性紅斑. 三好経子,高須博,宮田聡子,勝岡憲生(皮): 第720回日本皮膚科学会東京地方会 (96.05.18), 東京.

2524. [学会(地方)] (一般講演) A-Cバイパス術後に出現した慢性色素性紫斑. 金子聡,藤岡彰,橋本明彦,神崎俊一,山本達雄(皮): 第720回日本皮膚科学会東京地方会 (96.05.18), 東京.

2525. [学会(地方)] (一般講演) 多臓器障害を伴った薬疹. 高須博,山上美江,米元康蔵(皮): 第720回日本皮膚科学会東京地方会 (96.05.18), 東京.

2526. [学会(地方)] (一般講演) 右前頚部に生じた鬚毛の皮内潜行例. 斉藤典充,向井秀樹(皮),長瀬彰夫,新井達,平松正浩(横浜労災): 第720回日本皮膚科学会東京地方会神奈川地区 (96.05.18), 藤沢.

2527. [学会(地方)] (一般講演) Poikiloderma atrophicans vasculare (PAV)の皮疹を主訴とした斑状類乾癬. 米元康蔵,植松典子,矢口厚,浅井俊弥(皮): 第720回日本皮膚科学会東京地方会神奈川地区 (96.05.18), 藤沢.

2528. [学会(地方)] (一般講演) 水疱様外観を呈した紅斑で発症した皮膚筋炎に胃癌を合併した1例. 田辺和美,塚原哲哉,武村俊之,竹崎伸一郎(皮): 多摩皮膚科医会 (96.06.01), 三鷹.

2529. [学会(地方)] (一般講演) 小児に見られたマンゴー皮膚炎の1例. 宮崎千春,岩崎雅(皮): 第294回日本皮膚科学会東北地方会 (96.06.30), 秋田.

2530. [学会(地方)] (一般講演) 肝機能障害を伴った新生児エリテマトーデス. 浅井寿子,浅井俊弥,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第721回合同臨床地方会 (96.07.20), 東京.

2531. [学会(地方)] (一般講演) Yersimia enterocolitica敗血症に伴った結節性の紅斑. 田辺和美,浅井俊弥,勝岡憲生(皮),赤星透(内): 日本皮膚科学会第722回東京地方会 (96.09.14), 横浜.

2532. [学会(地方)] (一般講演) アンピロキシカムによる光線過敏型薬疹. 中野敏明,宮田聡子,天野隆文,太田幸則,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第722回東京地方会 (96.09.14), 横浜.

2533. [学会(地方)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に合併し中毒性巨大結腸症を併発した壊疽性膿皮症. 天羽康之,饗場伸作,矢口厚,太田幸則,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第722回東京地方会 (96.09.14), 横浜.

2534. [学会(地方)] (一般講演) 巨大腫瘤を形成した皮膚原発B細胞性リンパ腫. 宮崎千春,清野みき,天野隆文,太田幸則,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会東部支部会 (96.09.21), 福島.

2535. [学会(地方)] (一般講演) 外傷誘発性頭部血管肉腫の1例. 中野敏明,増沢幹男(皮),浜田祐子(生化系),大川司,種井良二,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会長崎地方会(第270回例会) (96.10.06), 長崎.

2536. [学会(地方)] (一般講演) Microcystic adnexal carcinomaの1例. 江間聡,饗場伸作,太田幸則,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第723回東京地方会 (96.10.19), 川崎.

2537. [学会(地方)] (一般講演) Linear IgA bullous dermatosisの2例. 脇田加恵,饗場伸作,太田幸則,高須博,市川薫,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第723回東京地方会 (96.10.19), 川崎.

2538. [学会(地方)] (一般講演) DLE様外観を呈し有棘細胞癌を併発した汗孔角化症の1例. 宮崎千春,饗場伸作,天野隆文,勝岡憲生,羽金重喜,武村俊之(皮): 日本皮膚科学会第724回東京地方会 (96.11.16), 伊勢原.

2539. [学会(地方)] (一般講演) 皮下型サルコイドーシスの1例. 新井浩之,宮崎千春,天野隆文,浅井俊弥,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第724回東京地方会 (96.11.16), 伊勢原.

2540. [学会(地方)] (一般講演) 血管肉腫の病勢指標−トロンボモジュリン(TM)−. 増沢幹男,宮田聡子,根本大一(皮),浜田祐子(生化系),藤村響男,勝岡憲生(皮),寺田英司,中野昌彦: 日本皮膚科学会第725回東京研究地方会 (96.12.21), 東京.

2541. [学会(地方)] (一般講演) CyAによって立毛筋付着部から毛球部にかけて誘導されるアポトーシルとその意義. 新山史朗,藤村響男,太田幸則,勝岡憲生,寺田英司(皮): 日本皮膚科学会第725回東京研究地方会 (96.12.21), 東京.

2542. [学会(地方)] (一般講演) アトピー性皮膚炎(AD)患者における皮表のマラセチアの定量化の試み. 斉藤典充,向井秀樹(皮),長瀬彰夫,新井達,平松正浩(横浜労災),竹下朱美(東陶機器): 日本皮膚科学会第725回東京研究地方会 (96.12.21), 東京.

2543. [学会(地方)] (一般講演) 難治性皮下膿瘍を伴った糖尿病性浮腫性硬化症. 天野隆文,佐藤直哉,浅井俊弥,米元康蔵,上村仁夫(皮): 日本皮膚科学会第726回東京地方会 (97.01.18), 横浜.

2544. [学会(地方)] (一般講演) 酒さ様皮疹を伴った皮膚CD30陽性リンパ腫. 天羽康之,金子聡,高須博,太田幸則,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第726回東京地方会 (97.01.18), 横浜.

2545. [学会(地方)] (一般講演) Sister Mary Josef's Noduleの1例. 高須博,矢口厚,坪井広美,羽金重喜(皮): 日本皮膚科学会第726回東京地方会 (97.01.18), 横浜.

2546. [学会(地方)] (一般講演) Wegener肉芽腫の1例. 饗場伸作,新山史朗,金子聡,太田幸則,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会鹿児島地方会 (97.01.19), 鹿児島.

2547. [学会(地方)] (一般講演) 悪性内皮細胞特異的抗体(8H1b)免疫染色によるA1DSカポジ肉腫の悪性度の評価. 中野敏明,増沢幹男,立田美奈子(皮),浜田祐子(生化系),藤村響男,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第727回東京地方会 (97.03.15), 東京.

2548. [学会(地方)] (一般講演) 血管肉腫のIL-12局注療法によって誘導される腫瘍免疫の検討. 増沢幹男,根本大一,原尚道(皮),浜田祐子(生化系),藤村響男,勝岡憲生(皮),玉内秀一(微): 日本皮膚科学会第727回東京地方会 (97.03.15), 東京.

2549. [学会(地方)] (一般講演) アトピー性皮膚炎(AD)患者における皮表のマラセチア検出率と抗体価の検討. 斉藤典充,向井秀樹(皮),長瀬彰夫,新井達,平松正浩(横浜労災),竹下朱美(東陶機器): 日本皮膚科学会第727回東京地方会 (97.03.15), 東京.

2550. [学会(地方)] (公開講座) 注意すべき「赤あざ, 茶あざ, 黒あざ」とは. 米元康蔵(皮): 日本臨床皮膚科学会 (96.11.10), 横浜.

2551. [研究会(全国)] (一般講演) シクロスポリン内服によって誘導される発毛機序の解析. 新山史朗,藤村響男,坪井広美,太田幸則,勝岡憲生(皮),寺田英司(実動): 第4回毛髪科学研究会 (96.11.09), 富山.

2552. [研究会(全国)] (一般講演) 外傷による頭部悪性血管肉腫の1例. 中野敏明,増沢幹男,江間聡,饗場伸作(皮),浜田祐子(生化系),勝岡憲生(皮): 第20回皮膚脈管懇話会 (97.01.30), 東京.

2553. [研究会(全国)] 節夫,内田豊昭,小柴健(泌): Asian Med. J., 39(11): 590〜599, 1996.

2562. [原著] Impalpable prostate cancer: Clinicopathologic features. Rogers, E.,Eastham, J.A.(ベイラー医大),大堀理(泌),Sariyuce, O.(ベイラー医大),相原正弘(泌),Wheeler, T.M.,Scardino, P.T.(ベイラー医大): Br. J. Urol., 77: 429〜432, 1996.

2563. [原著] Suppression of the human carcinoma phenotype by an antioncogene ribozyme. 設楽敏也(泌),Kevin J. Scanlon: Gene Therapy Protocols, p.391〜401, 1996.

2564. [原著] Microsatellite instability in transitional cell carcinoma of the urinary tract and its relationship to clinicopathological variables and smoking. 内田豊昭,王春喜(泌),和田知益(臨病理),岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): Int. J. Cancer, 69: 142〜145, 1996.

2565. [原著] A non-randomized comparative study of visual laser ablation and transurethral resection of the prostate in benign prostate hyperplasia. 内田豊昭,頴川晋,岩村正嗣,大堀理(泌),横山英二(東大和),遠藤忠雄,小柴健(泌): Int. J. Urol., 3: 108〜112, 1996.

2566. [原著] Public awareness of prostate cancer in Japan. 頴川晋(泌): Int. J. Urol., 3: 173〜174, 1996.

2567. [原著] Giant retroperitoneal cyst in an adult male. 頴川晋,佐藤威文,須山一穂,内田豊昭(泌),岩渕啓一(病理),小柴健(泌): Int. J. Urol., 3: 304〜306, 1996.

2568. [原著] Visual laser ablation of the prostate and transurethral resection of the prostate for benign prostatic hyperplasia. 内田豊昭,大堀理,岩村正嗣,頴川晋,青輝昭(泌),横山英二(東大和),真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): Int. J. Urol., 3: 55〜59, 1996.

2569. [原著] Laparoscopically assisted heminephrectomy of a horseshoe kidney. 青輝昭,内田豊昭,頴川晋,岩村正嗣,大堀理,小柴健(泌): J. Urol., 155: 1382〜1383, 1996.

2570. [原著] Distinguishing clinically important from unimportant prostate cancers before treatment: Value of systematic biopsies. 後藤康樹(岩手医大),大堀理(泌),荒川孝(相模台),Kattan, M.,Wheeler, T.M.,Scardino, P.T.(ベイラー医大): J. Urol., 156: 1059〜1063, 1996.

2571. [原著] Risk factors for urinary incontinence after radical prostatectomy. Eastham, J.A.,Goad, J.R.,Rogers, E.(ベイラー医大),大堀理(泌),Kotton, K.W.,Boone, T.B.,Scardino, P.T.(ベイラー医大): J. Urol., 156: 1707〜1713, 1996.

2572. [原著] Results of radical prostatectomy in men with clinically localized prostate cancer. Gerber, G.S.,Thisted, R.A.,Scardino, P.T.,Frohmuller, H.G.W.,Scroeder, F.H.,Paulson, D.F.,Middleton, A.W.,Rukstallis, D.B.,Smith, J.A.,Schellhammer, P.F.(ベイラー医大),大堀理(泌),Chodak, G.W.(ベイラー医大): JAMA, 276(8): 615〜619, 1996.

2573. [原著] Significance of preoperative parameters for predicting tumor volume in nonpalpable prostate cancer. 頴川晋,佐藤威文,須山一穂(泌),桑尾定仁(病理),内田豊昭,小柴健(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 26(5): 356〜361, 1996.

2574. [原著] Preoperative serum prostate-specific antigen, clinical stage and gleason sum as basis for predicting final pathological stage in Japanese patients with prostate cancer. 頴川晋,黄英茂,佐藤威文,大堀理,内田豊昭(泌),桑尾定仁(病理),小柴健(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 26(6): 438〜444, 1996.

2575. [原著] High intansity focused ultrasound using prototype sonablate and new type sonablate-200 for treating benign prostatic hyperplasia. 内田豊昭(泌),横山英二(東大和),柴田雄二,大堀理,岩村正嗣,頴川晋(泌),本田直康(国立横浜),小柴健(泌): Jpn. J. Endourol. ESWL, 9: 198〜201, 1996.

2576. [原著] Analysis of urinary red blood cells of healthy individuals by an automated urinary flow cytometer. 兵藤透,熊野和雄(泌),芳賀誠(衛生),酒井糾(泌),Fukuda, M.,Isami, Y.,Okada, T.(Toa Medical): Nephron, 75: 451〜457, 1997.

2577. [原著] Role of diaphragmatic, visceral and parietal pathways in peritoneal fluid absorption in rat peritoneal dialysis. 熊野和雄,呉幹純,He Ning,酒井糾(泌): Perit. Dial. Int., 16(Suppl.1): 80〜83, 1996.

2578. [原著] Loss of heterozygosity of the BRCA 1 and other loci on chromosome 17q21 in prostate cancer. 内田豊昭,王春喜,佐藤威文,大堀理,岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): Proceedings of the 7th Workshop on Prostate Cancer, p.41〜44, 1996.

2579. [原著] 全自動尿中有形成分分析装置による血尿の出血部位鑑別診断法の開発. 兵藤透(横浜第一病院),熊野和雄(泌),芳賀誠(衛生),酒井糾(泌),日台英雄(横浜第一病院),久保星一,荒川孝(相模台病院),柳井理奈,渋谷尚 子,北條正嗣,荒木千章(メコム): Sysmex Journal, 19(1): 30〜38, 1996.

2580. [原著] Changes in urinary interleukin-2 in kidney transplant recipients. 熊野和雄,入江啓,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): Transplant. Proc., 28(3): 1248〜1249, 1996.

2581. [原著] Long-term efficacy of OKT3 for steroid-resistant acute rejection in renal transplant patients. 熊野和雄,入江啓,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): Transplant. Proc., 28(3): 1354〜1355, 1996.

2582. [原著] Protective effects of MCI-186 on cold kidney preservation/reperfusion injury in the rat. 真崎義彦(実動系),熊野和雄,He Ning,須山出穂,遠藤忠雄(泌): Transplant. Proc., 28(3): 1885〜1886, 1996.

2583. [原著] Deoxyribonucleic acid proidy status as no basis for pathologic stage prediction in clinically resectable prostate cancer. 頴川晋,佐藤威文,岩村正嗣,相原正弘(泌),桑尾定仁(病理),内田豊昭,小柴健(泌): Urology, 47(4): 548〜552, 1996.

2584. [原著] Alteration of the hormonal bioactivity of parathyroid hormone-related protein (PTHrP) as a result of limited proteolysis by prostate-specific antigen. 岩村正嗣(泌),Hellman, J.,Cockett, A.T.K.,Lilja, H.,Gershagen, S.(ロチェスター大): Urology, 48(2): 317〜325, 1996.

2585. [原著] Risk of progression and dying of clinically localized prostate cancer in Japan. 頴川晋,佐藤威文,須山一穂,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): World J. Urol., 14: 363〜369, 1996.

2586. [原著] 北里大学における腎細胞癌の統計的検討, 285例の年代別治療成績. 岩村正嗣,内田豊昭,村本将俊,柴田雄二,頴川晋,遠藤忠雄,小柴健(泌): 腎癌研究会報, 11: 47〜48, 1996.

2587. [原著] 血清前立腺特異抗原を用いた人間ドック前立腺がん検診. 頴川晋,内田豊昭,小柴健(泌),平野誠一郎,広門一孝(ヘルス): 腎泌予防医誌, 14(1): 49〜52, 1996.

2588. [原著] 表在性膀胱腫瘍に対する術直後からの低濃度pirarubicin膀胱内持続注入療法およびBCG, BCG+IL-2膀胱内追加注入療法の再発防止効果. 青輝昭,内田豊昭,村本将俊,伊藤啓一,増井則昭,川上達央,小柴健(泌): 西日本泌尿器科, 58(5): 538〜541, 1996.

2589. [原著] 小青竜湯(TJ-19)が有効であった尿道性器出血の2例. 石橋晃,小倉裕幸(泌): 泌尿器科漢方研究会学術集会講演会会報, 3(14): 21〜24, 1996.

2590. [原著] 輪状石灰化に伴う腎細胞癌の1例. 佐藤威文,大堀理,遠藤忠雄,岩村正嗣,内田豊昭,頴川晋,小柴健(泌),山内禎裕(東北大): 泌尿器科紀要, 42: 299〜302, 1996.

2591. [原著] 13歳女子に認められた腎細胞癌の1例. 佐藤威文,岩村正嗣,大堀理,頴川晋,内田豊昭,小柴健(泌): 泌尿器科紀要, 42: 439〜441, 1996.

2592. [原著] 自然破裂をきたした腎平滑筋肉種の1例. 及能久隆,岩村正嗣,村本将俊,黄英茂,小柴健(泌): 泌尿器科紀要, 42: 583〜586, 1996.

2593. [原著] 先天性陰彎曲症の1例. 大堀理,青輝昭,内田豊昭,佐藤威文,小柴健(泌): 泌尿器科紀要, 42: 755〜757, 1996.

2594. [原著] 前立腺肥大症に対する経尿道的電気蒸散術(TVP: transurethral electrovapolization of the prostete)の臨床成績. 内田豊昭,柴田雄二,塩川英史,大堀理,岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): 泌尿器外科, 9(7): 611〜615, 1996.

2595. [原著] 全自動尿中有形成分分析装置(UF-100)搭載血尿由来鑑別診断基準の妥当性の評価. 兵藤透(横浜第一病院),熊野和雄,酒井糾(泌): 泌尿器外科, 9(9): 767〜770, 1996.

2596. [原著] Absence of a mutation of the ras genes in human prostate cancer. 王春喜,内田豊昭(泌),和田知益(臨病理),古瀬裕子(RI系),六角周,原野裕司,大堀理,岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): 北里医学, 26(3): 160〜165, 1996.

2597. [原著] 腹腔鏡下副腎摘出術4例の経験. 岩村正嗣,内田豊昭,村本将俊,伊藤啓一,頴川晋,青輝昭(泌),横山英二(東大和),小柴健(泌): 北里医学, 26(4): 214〜219, 1996.

2598. [原著] Long-term outcome of continuous 3-day intravesical instillation therapy with bleomycin for prophylaxis of superficial bladder cancer recurrence−A comparative study−. 内田豊昭,頴川晋,岩村正嗣,大堀理,須山出穂,柴田雄二,青輝昭,小柴健(泌): 北里医学, 26(4): 232〜237, 1996.

2599. [原著] DLA-DRB遺伝子のDNAタイピングに用いるSSOプローブの有効性について. 須山出穂(泌),伊東一郎(予防医学系),渡部浩二(免疫),遠藤忠雄(泌): 北里医学, 26(5): 296〜307, 1996.

2600. [原著] 腎盂腫瘍と鑑別が困難であった傍腎盂嚢胞の1例. 及能久隆,大堀理,内田豊昭(泌): 臨床泌尿器科, 50: 164〜165, 1996.

2601. [原著] 経直腸的超音波上で低エコー領域を呈した前立腺末梢域内の肥大結節. 大堀理,須山一穂,内田豊昭(泌): 臨床泌尿器科, 51(3): 249〜250, 1997.

2602. [短報・速報] プロタミンカラムを用いたグアニジノ化合物の新しい分析システム. 松本郷,野原幸男,高橋裕一郎,吉田一成,門脇和臣(泌): 北里医学, 26(2): 102〜103, 1996.

2603. [研究報告] 小児腎疾患に伴う高血圧に対するニフェジピン特効性細粒剤の投与量の検討. 冨沢修一(国立療養所新潟),内山聖(新潟大),倉山英昭(国立療養所千葉東),高橋昌里,栖原優,門脇純一,酒井糾(泌): 小児科診療, 59(2): 303〜310, 1996.

2604. [症例報告] ACE阻害薬投与にて急性腎不全をきたした腎移植の1例. 熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌): 診断と治療, 84(増): 310, 1996.

2605. [症例報告] キシリトール大量投与により高度の代謝性アシドーシスをきたした1例. 熊野和雄,遠藤忠雄(泌): 診断と治療, 84(増): 496, 1996.

2606. [症例報告] 透析患者に対するBezafibrate投与により難治性貧血を呈した1例. 兵藤透,熊野和雄,森隆司,酒井糾(泌): 診断と治療, 84(増): 906, 1996.

2607. [症例報告] 腎サンゴ状結石の破砕治療. 荒川孝(泌): 腎臓, 19(2): 57〜58, 1996.

2608. [症例報告] 甲状腺のみへ孤立性転移した腎細胞癌の1例. 村本将俊,内田豊昭,柴田雄二,及能久隆,石井淳一郎,岩村正嗣,真下節夫,小柴健(泌),大部誠,亀谷徹(病理),杉野公則,伊藤国彦(伊藤病院): 泌尿器科紀要, 42: 123〜125, 1996.

2609. [総説] 漢方: 前立腺肥大症. 石橋晃(泌): Modern Physician, 16(12): 1553, 1996.

2610. [総説] 尿路不定愁訴. 石橋晃(泌): Modern Physician, 17(3): 388, 1997.

2611. [総説] 透析療法とリンのお話. 兵藤透(泌): ふれあい, 100: 2〜5, 1996.

2612. [総説] 前立腺肥大症の治療: VLAP. 内田豊昭(泌): カレントテラピー, 14(11): 109〜114, 1996.

2613. [総説] 消費税を中心とした−私立医科大学を巡る税制問題. 石橋晃(泌): 医学振興, 43: 2〜11, 1996.

2614. [総説] 腎・泌尿器疾患. 石橋晃(泌): 漢方治療マニュアル−保険適応症と漢方製剤−, p.109〜118, 1996.

2615. [総説] 腎疾患と経腸栄養, 経静脈栄養. 熊野和雄(泌): 月刊薬事, 38(10): 2451〜2455, 1996.

2616. [総説] 妊娠中毒症と妊婦の腎機能. 横田真二(相模台病院),熊野和雄,酒井糾(泌): 周産期医学, 25(11): 1479〜1482, 1995.

2617. [総説] 家庭におけるAPD(自動腹膜透析). 横田真二(相模台),熊野和雄,酒井糾(泌): 小児科, 37(1): 1〜8, 1996.

2618. [総説] 紫斑病性腎炎−小児. 酒井糾(泌): 腎と透析, 41(増): 161〜163, 1996.

2619. [総説] シクロフィリン. 熊野和雄(泌): 腎不全, 8(1): 49, 1996.

2620. [総説] 尿失禁の治療1-骨盤底筋訓練. 佐藤威文(泌),福井準之助(聖路加): 排尿障害プラクティ, 4(4): 20〜25, 1996.

2621. [総説] 学校検尿; 小児期に原点をもつ慢性腎疾患の早期診断が可能となる. 酒井糾(泌): 毎日ライフ, 28(3): 90〜95, 1997.

2622. [総説] 硬化性被嚢性腹膜炎. 熊野和雄(泌): 臨床透析, 12(12): 1653〜1660, 1996.

2623. [総説] 経尿道的前立腺切除術: TUR-P. 内田豊昭(泌),横山英二(東大和),小柴健(泌): 臨床泌尿器科, 50(4): 108〜112, 1996.

2624. [総説] 経尿道的治療をめぐるcontroversy. 小柴健,内田豊昭(泌): 臨床泌尿器科, 50(4): 97〜101, 1996.

2625. [総説] 前立腺肥大症, 治療法の選択と実際, 薬物療法, a-ブロッカ. 横山英二(東大和),内田豊昭(泌),川上達央(東大和): 臨床泌尿器科, 50(増刊): 91〜95, 1996.

2626. [講座] CAPDカテーテル留置術後の入浴. 熊野和雄(泌): Current Topics on Peritoneal Dialysis, 14(1): 60〜61, 1996.

2627. [講座] コネクトロジー. 熊野和雄(泌),木村靖夫,中村雄二,本田雅敬,阿部年子,長谷川芳美,佐藤育子: Current Topics on Peritoneal Dialysis, 14(2): 81〜96, 1996.

2628. [講座] 無症候性蛋白尿の管理と腎疾患. 酒井糾(泌): せんさい, (34): 16〜29, 1996.

2629. [講座] CAPD臨床・問題点と進歩. 伊藤克己,熊野和雄(泌),中尾俊之,石崎充: 腎と透析, 40(6): 937〜946, 1996.

2630. [講座] 症状, 症候: 排尿障害, 排尿痛. 真下節夫,小柴健(泌): 図説病態内科講座, 19: 4, 1996.

2631. [講座] CAPDの導入について. 熊野和雄(泌): 全腎協, 157: 18, 1996.

2632. [講座] 子ども, 老人の透析. 酒井糾(泌): 日本医師会雑誌, 115(11): 1840, 1996.

2633. [講座] 漢方の魅力. 石橋晃(泌): 日本医事新報, 3794: 7, 1996.

2634. [編集者への手紙(英文)] A method for differentiation of glomerular and nonglomerular hematuria by an automated urinary flowcytometer. 兵藤透,熊野和雄(泌),芳賀誠(衛生),酒井糾(泌): Nephron, (73): 348, 1996.

2635. [編集者への手紙(英文)] Evaluation of the source and count of urinary erythrocytes in healthy individuals using an automated urinary flowcytometer. 兵藤透,熊野和雄(泌),芳賀誠(衛生),酒井糾(泌),Masakazu Fukuda,Yasushi Isami,Tokuhiro Okada(東亜電子): Nephron, (73): 349, 1996.

2636. [編集者への手紙(英文)] Clinical evaluation of bone metabolism after renal transplantation to support the theory to perform 1,25(OH)2D3 pulse therapy before transplantation. 兵藤透,熊野和雄,遠藤忠雄,森隆司(泌),高木裕(横浜第一),真下節夫,酒井糾,小柴健(泌): Nephron, (73): 723, 1996.

2637. [学術書(英文)] (共著) Color Atlas of Urologic Surgery; Cockett, A.T.K.(ロチェスター大),小柴健(泌). Williams & Wilkins, Baltimore, U.S.A.,96.09.00発行.

2638. [教科書] (分担執筆) 病態解析の手引−検査の読み方とその実践−; 学童健診(検尿を中心にして), p.232〜240, 酒井糾(泌). 編集 佐々木匡秀,影岡武士(高知医大), 医歯薬出版, 東京,96.04.25発行.

2639. [教科書] (分担執筆) 今日の小児治療指針, 第11版; 腎疾患の管理と指導, p.73〜75, 酒井糾(泌). 編集 矢田純一(東医歯大),柳沢正義(東大),山口規容子(母子愛育総合母子保健センター), 医学書院, 東京,97.02.01発行.

2640. [教科書] (分担執筆) 今日の小児治療指針, 第11版; 血液透析, p.386, 酒井糾(泌). 編集 矢田純一(東医歯大),柳沢正義(東大),山口規容子(母子愛育総合母子保健センター), 医学書院, 東京,97.02.01発行.

2641. [その他の著書] (分担執筆) 泌尿器科内視鏡, 前立腺肥大症; 経尿道的前立腺切除術, p.111〜132, 内田豊昭,横山英二,小柴健(泌). 編集 秋元成太,三木誠, 医学書院, 東京,96.11.01発行.

2642. [その他の著書] (分担執筆) Key Word, 1997-1998, 泌尿器系; 経尿道的前立腺切除術, p.44〜45, 内田豊昭,小柴健(泌). 編集 斉藤泰,小柳知彦,穂坂正彦, 先端医学社, 東京,96.10.25発行.

2643. [その他の著書] (分担執筆) Key Word, 1997-1998, 泌尿器系; 前立腺肥大症のレーザー療法, p.130〜131, 内田豊昭,小柴健(泌). 編集 斉藤泰,小柳知彦,穂坂正彦, 先端医学社, 東京,96.10.25発行.

2644. [その他の著書] (分担執筆) 最新決定版 家庭医学大全科, 改訂版; 膀胱がん, p.423〜424, 内田豊昭(泌),他. 社会保険法規研究会, 東京,96.06.01発行.

2645. [その他の著書] (分担執筆) 最新決定版 家庭医学大全科, 改訂版; 膀胱の病気, p.991〜995, 内田豊昭(泌),他. 社会保険法規研究会, 東京,96.06.01発行.

2646. [その他の著書] (分担執筆) 抗生物質適正使用ハンドブック; p.339〜345, 熊野和雄(泌), 薬業時報社, 東京,97.03.15発行.

2647. [その他の著書] (分担執筆) CAPD療法; CAPDの患者教育, p.23〜41, 横田真二(相模台),熊野和雄(泌), 編集 富野康日己, 医薬ジャーナル社, 東京,96.00.00発行.

2648. [その他の著書] (監修) 抗生物質適正使用ハンドブック; 監修 石橋晃(泌), 薬業時報社, 東京,97.03.15発行.

2649. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 透析, 21(透析従事者教本); 血液透析中の事故と対策, p.298〜305, 酒井糾(泌). 編集 日本透析医学会, 医学図書出版, 東京,96.06.28発行.

2650. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 慢性腎不全の薬物療法; 進行を遅らせるために−小児の立場から−, p.273〜282, 酒井糾,下田益弘(泌). 編集 小出桂三(社会保険都南総合病院),高橋進(国立療養所西甲府病院), 東京医学社, 東京,96.11.20発行.

2651. [その他の著書(啓蒙書)] (単著) こどもの腎臓病−予防と管理−; 酒井糾(泌). 編集 神奈川県腎疾患総合医療センター, 北里代行サービス, 相模原,96.10.30発行.

2652. [学会(国際)] T3) prostate cancer (Cap): multi-institutional analysis. 大堀理(泌): 第91回米国泌尿器科学会総会 (96.05.04〜09), オーランド.

2662. [学会(国際)] (一般講演) Urinary erythrocytes: confocal laser microscopy. 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌),日台英雄(横浜第一): Primeras Jornadas Internacionales Sobre Microhematuria Aislada Asintomatica (96.08.22〜23), ブエノスアイレス.

2663. [学会(国際)] (一般講演) New technology: Urinary erythrocytes flowcytometry. 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌),日台英雄(横浜第一): Primeras Jornadas Internacionales Sobre Microhematuria Aislada Asintomatica (96.08.22〜23), ブエノスアイレス.

2664. [学会(国際)] (一般講演) Role of transforming growth factor (TGF-B) and monocyte chemoattractant protein (MCP-1) in FK506 induced nephropathy in rat. 熊野和雄,He Ning,馬萍,遠藤忠雄(泌),Schiller Brigitta(ノースウエスト医大): 第16回国際移植学会 (96.08.25〜30), バルセロナ.

2665. [学会(国際)] (一般講演) Isolation of human peritoneal fibroblast and effect of osmotic agents on its proliferation. 兵藤透,熊野和雄,馬萍,酒井糾(泌),竹沢真吾,日台英雄(横浜第一): 第29回米国腎臓学会 (96.11.02〜06), ニューオーリンズ.

2666. [学会(国際)] (一般講演) Renal cytokine-network in FK506 induced nephrotoxicity in rat. 熊野和雄,馬萍,遠藤忠雄(泌),Brigitte Schiller(ノースウエスタン医大): 第29回米国腎臓学会 (96.11.03〜06), ニューオーリンズ.

2667. [学会(国際)] (一般講演) Pathologic features of prostate cancers detectable with current diagnostic tests. 大堀理(泌),藤岡知昭,後藤康樹(岩手医大),宋成浩(泌),Scardino, P.T.(ベイラー医大): 第30回国際外科学会総会 (96.11.24〜29), 京都.

2668. [学会(国際)] (一般講演) The use of systematic biopsy results to predict pathologic stage in patients with clinically localized prostate cancer. 後藤康樹(岩手医大),大堀理(泌),Wheeler, T.M.,Scardino, P.T.(ベイラー医大): 第30回国際外科学会総会 (96.11.24〜29), 京都.

2669. [学会(国際)] (一般講演) Kinetic analysis of furosine and pentosidine in CAPD patients. 熊野和雄(泌),横田真二(相模台),酒井糾(泌),小林直之,吉田煦(さがみ循環器クリニック),Yoshihara, T.(浅井),Shibata, K.,Izumi, E.,Wang, H.(バクスター): 米国腹膜透析学会 (97.02.16〜18), デンバー.

2670. [学会(国際)] (一般講演) The effect of osmotic agents on hyaluronan synthesis in human peritoneal mesothelial cells and fibroblasts. 熊野和雄,馬萍,兵藤透,酒井糾(泌): 米国腹膜透析学会 (97.02.16〜18), デンバー.

2671. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺肥大症治療方法の選択, そのほかの治療法の効果と問題点; TVP, VLAP, 高温度治療法より. 内田豊昭(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2672. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺癌病期診断における経直腸的超音波断層法の有用性と限界. 頴川晋,黄英茂,佐藤威文,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2673. [学会(全国)] (シンポジウム等) Role of peritoneal fluid absorption in CAPD patients with ultrafiltration failure. 熊野和雄(泌): PD Forum (96.05.17〜18), 湘南.

2674. [学会(全国)] (シンポジウム等) 日本におけるPD処方の現状. 熊野和雄(泌): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2675. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺癌におけるBRCA1遺伝子の解析. 内田豊昭(泌): 第7回前立腺がんワークショップ (96.09.06), 東京.

2676. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺肥大症に対する内視鏡的治療−TURP. 内田豊昭(泌): 第10回日本Endourology・ESWL学会総会 (96.12.13〜14), 東京.

2677. [学会(全国)] (ワークショップ) 長期CAPDのための至適浸透圧物質の追及. 兵藤透,熊野和雄,馬萍(泌): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2678. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺肥大症治療に対するTransurethral Electrovapolization of the Prostate (TEVAP)の経験(ビデオ). 内田豊昭,村本将俊,柴田雄二,塩川英史,岩村正嗣,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2679. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺肥大症に対するRoller Loopを用いた経尿道的前立腺蒸散切除術(ビデオ). 内田豊昭,柴田雄二,塩川英史,岩村正嗣,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2680. [学会(全国)] (一般講演) Stage T2b前立腺癌に対する神経保存逆行性根治的前立腺摘除術−特にdorsal vein complexの無結紮切断手技について−(ビデオ). 頴川晋,佐藤威文,須山出穂,須山一穂,宋成浩,川上達央(泌),泉博一(日立戸塚),横田真二(相模台),横山英二(東大和),内田豊昭,小柴健 (泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2681. [学会(全国)] (一般講演) StageW腎細胞癌におけるmass reductive surgeryの意義. 岩村正嗣,村本将俊,葛西勲,頴川晋,内田豊昭,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2682. [学会(全国)] (一般講演) 腎細胞癌再発因子の検討. 村本将俊,岩村正嗣,嶺井定紀,平井祥司,小林聖ニ,伊藤啓一,内田豊昭,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2683. [学会(全国)] (一般講演) Bladder Neck Support Prosthesis (BNSP)を用いた膀胱癌の保存的療法. 福井準之助,岡本重禮,永田幹男,黒川純(聖路加),大川麻子(泌),貫井文彦(聖路加),小松浩子(聖路加看護大): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2684. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺生検標本を用いたTouch Imprints法によるDNA ploidyの検討. 大堀理,内田豊昭,小柴健(泌),Taylor, S.R.,Wessels, E.C.,Greene, D.R.(Baylor医大),宋成浩(泌),Scardino, P.T.(Baylor医大): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2685. [学会(全国)] (一般講演) 種々の晶質, 膠質浸透圧物質に対するラットおよびヒト腹膜中皮細胞(RMC, HMC)の増殖能について. Ma Ping,熊野和雄,兵藤透,酒井糾(泌): 第39回日本腎臓学会学術総会 (96.05.30〜06.01), 倉敷.

2686. [学会(全国)] (一般講演) ヒト腹膜中皮細胞(HMC)より産生される種々の蛋白および糖濃度によるそれらの産生変化について. 熊野和雄,Ma Ping,兵藤透,酒井糾(泌),阿部明生,田沢裕光(住友金属): 第39回日本腎臓学会学術総会 (96.05.30〜06.01), 倉敷.

2687. [学会(全国)] (一般講演) ヒト腹膜線維芽細胞(HFB)の分離培養および種々の浸透圧物質による増殖能の変化について. 兵藤透,熊野和雄,Ma Ping,岩村正嗣,酒井糾(泌),竹沢真吾,日台英雄(横浜第一病院): 第39回日本腎臓学会学術総会 (96.05.30〜06.01), 倉敷.

2688. [学会(全国)] (一般講演) 脳血管障害後の性生活の実態調査. 大川麻子(泌),福井準之助,岡安裕之,安藤徳彦,伊藤利之,伊藤良介,小泉亜紀,前田真治,横山巌(医療衛生学部),古橋紀久(看護学部): 第33回日本リハビリテーション学会総会 (96.05.30〜06.01), 横浜.

2689. [学会(全国)] (一般講演) 浸透圧物質がヒト腹膜中皮細胞, 線維芽細胞のヒアルロン酸産生に及ぼす影響. 馬萍,熊野和雄,兵藤透,酒井糾(泌): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2690. [学会(全国)] (一般講演) 培養ヒト腹膜中皮細胞(HMC)および線維芽細胞(HFB)より分泌される物質の差異. 熊野和雄,馬萍,兵藤透,酒井糾(泌): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2691. [学会(全国)] (一般講演) 透析液再循環持続血液濾過透析(RCHDF)療法における透析液流量に関する検討. 南部正人,小山誠,野川隆一郎,東賢一,清水範子,草刈修一(腎センター),熊野和雄,酒井糾(泌),上條吉人,若林靖久(救命): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2692. [学会(全国)] (一般講演) 全自動尿中有形成分分析装置を用いた健常人とHD患者の検尿所見. 兵藤透(泌),森隆司,高木裕,日台英雄(横浜第一病院),熊野和雄,酒井糾(泌): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2693. [学会(全国)] (一般講演) 血液透析患者におけるバンコマイシン(VCM)の透析性に関する検討. 小山誠(腎センター),熊野和雄(泌),東賢一,野川隆一郎,清水範子,南部正人,草刈修一(腎センター),酒井糾(泌),本橋茂,黒山政一,島田慈彦 (薬剤部): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2694. [学会(全国)] (一般講演) 透析患者におけるHCV感染状況の検討. 横田真二(相模台病院),桜井健治(橋本クリニック),熊野和雄(泌): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.05〜07), 名古屋.

2695. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺全摘標本の尖部に存在する前立腺癌の病理学的特徴と予後. 大堀理(泌),藤岡知昭(岩手医大),Scardino, P.T.,Lerner, S.P.(ベイラー医大): 第55回日本癌学会総会 (96.10.10〜12), 横浜.

2696. [学会(全国)] (一般講演) 腎細胞癌における副甲状腺ホルモン関連蛋白の免疫組織学的検討. 岩村正嗣,頴川晋,内田豊昭,小柴健(泌): 第55回日本癌学会総会 (96.10.10〜12), 横浜.

2697. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌におけるandrogen receptor遺伝子の異常. 内田豊昭(泌),小俣ニ也(富士厚生),岩村正嗣,頴川晋(泌),和田知益(臨病理),小柴健(泌): 第55回日本癌学会総会 (96.10.10〜12), 横浜.

2698. [学会(全国)] (一般講演) FK506腎障害における腎内サイトカインネットワークについて. 熊野和雄,何寧,馬萍,遠藤忠雄,小柴健(泌),真崎義彦(実動系): 第32回日本移植学会総会 (96.10.24〜25), 鹿児島.

2699. [学会(全国)] (一般講演) 単離潅流腎(IPK)を用いたCa拮抗剤nimodipineの腎保存効果の検討. 真崎義彦(実動系),熊野和雄,須山出穂,遠藤忠雄,小柴健(泌),畑隆志(内): 第32回日本移植学会総会 (96.10.24〜25), 鹿児島.

2700. [学会(全国)] (一般講演) Wedge式ループを用いたNew TURP(ビデオ). 内田豊昭,大川麻子,柴田雄二,丸典夫,大堀理,岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): 第10回日本Endourology・ESWL学会総会 (96.12.13〜14), 東京.

2701. [学会(全国)] (ポスター講演) 細胞外液型および細胞内液型電解質組成腎保存液の比較検討. 熊野和雄,何寧,遠藤忠雄(泌),真崎義彦(実動): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2702. [学会(全国)] (ポスター講演) 腎細胞癌におけるゲノム不安定性と修復遺伝子時の異常. 内田豊昭(泌),和田知益(臨病理),王春喜,佐藤威文,頴川晋,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2703. [学会(全国)] (ポスター講演) 前立腺肥大症治療に対するTUR, VLAP, HIFU, TEVAP療法の臨床成績の比較. 内田豊昭,平井祥司,塩川英史,大堀理,志村哲,岩村正嗣(泌),横山英二(東大和),遠藤忠雄,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2704. [学会(全国)] (ポスター講演) 術前所見による触知不能前立腺癌での腫瘍体積予測能の検討. 頴川晋,黄英茂,佐藤威文,須山一穂,宋成浩,川上達央(泌),泉博一(日立戸塚),横田真二(相模台),横山英二(東大和),内田豊昭,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2705. [学会(全国)] (ポスター講演) 前立腺癌病期診断における経直腸的超音波と直腸診の比較検討Prospective multi-institutional trial. 大堀理,内田豊昭,小柴健(泌),Egger, M.J.,Smith, J.A.(Utah大),Resnick, M.(Casewestern大),Weeler, T.M.,Scardino, P.T.(Baylor医科大): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2706. [学会(全国)] (ポスター講演) 前立腺癌におけるAndrogen Receptor遺伝子の異常. 佐藤威文,内田豊昭,王春喜,頴川晋,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2707. [学会(全国)] (ポスター講演) 前立腺癌におけるBRCA1遺伝子の解析. 王春喜,内田豊昭,嶺井定紀,伊藤啓一,須山出穂,真下節夫,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2708. [学会(全国)] (ポスター講演) 全自動尿中有形成分測定装置UF-100搭載血尿由来鑑別診断基準(北里大式)の妥当性の検証. 兵藤透(泌),日台英雄(横浜第一),酒井糾(泌),久保星一,荒川孝(相模台): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2709. [学会(全国)] (ポスター講演) 北里大学における膀胱腫瘍の臨床統計的検討. 志村哲,内田豊昭(泌),小俣二也(富士厚生),渋谷宗則(横浜第一),大堀理,竹川勝治,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2710. [学会(全国)] (ポスター講演) 表在性膀胱癌における術後短時間Pirarubicin膀胱内注入療法. 宇都宮拓治(泌),長倉和彦,山藤政夫(西窪): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2711. [学会(全国)] (ポスター講演) 無症候性巨大褐色細胞腫の1例. 石井淳一郎,増井則昭,青輝昭,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2712. [学会(全国)] (ポスター講演) 前立腺癌の病理学的病期予測におけるDNA ploidyの評価. 黄英茂,頴川晋(泌),横田真二(相模台),泉博一(日立戸塚),相原正弘,佐々木邦明,塩川英史,嶺井定紀,平井洋司,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2713. [学会(全国)] (ポスター講演) ESWL10年間の経験−長期予後に関する検討を中心に−. 中條弘隆,真下節夫,小柴健(泌),荒川孝,久保星一(相模台): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2714. [学会(全国)] (ポスター講演) ESWL後に萎縮腎を生じた症例の検討. 久保星一(相模台),村本将俊(泌),荒川孝(相模台),真下節夫,小柴健(泌): 第84回日本泌尿器科学会総会 (96.04.03〜06), 岡山.

2715. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性腎不全患者におけるNOの動態−赤血球を用いたNO定量法−. 横田真二,熊野和雄,酒井糾(泌),中村国衛(分生): 第39回日本腎臓学会学術総会 (96.05.30〜06.01), 倉敷.

2716. [学会(全国)] (ポスター講演) 膀胱癌におけるp53遺伝子異常と予後. 内田豊昭,岩村正嗣,頴川晋(泌),小俣二也(富士厚生),小柴健(泌): 第34回日本癌治療学会総会 (96.11.01〜03), 東京.

2717. [学会(全国)] (ポスター講演) 経尿道的エンドパエロトミー, エンドウレテロトミー. 久保星一(相模台),大川麻子(泌),荒川孝(相模台),真下節夫,小柴健(泌): 第10回日本Endourology・ESWL学会総会 (96.12.13〜14), 東京.

2718. [学会(地方)] (特別講演) 前立腺肥大症の治療法の選択・TURP手技を含めて. 小柴健(泌): 北九州市泌尿器科医会 (96.04.11), 北九州.

2719. [学会(地方)] (特別講演) 腎移植の現状と臓器移植法案の問題点. 小柴健(泌): 第258回日本泌尿器科学会福岡地方会 (96.06.29), 福岡.

2720. [学会(地方)] (特別講演) 腎移植の現況と臓器移植法案の問題点. 小柴健(泌): 第9回埼玉県医師会泌尿器科医会 (96.07.11), 浦和.

2721. [学会(地方)] (シンポジウム等) 前立腺肥大症の新しい治療; VLAP, HIFUについて. 内田豊昭(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2722. [学会(地方)] (シンポジウム等) 前立腺癌とその周辺. 頴川晋,嶺井定紀,黄英茂,大堀理,内田豊昭,小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2723. [学会(地方)] (シンポジウム等) 腫瘍マーカーおよびネオアジュバント療法とPSA. 頴川晋(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2724. [学会(地方)] (シンポジウム等) 学校健診による有所見者の対応と管理. 酒井糾(泌): 胞癌における副甲状腺ホルモン関連蛋白の免疫組織学的検討. 岩村正嗣,呉偉成,平井祥司,頴川晋,内田豊昭,石橋晃,村山雅一,小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2734. [学会(地方)] (一般講演) 多嚢胞性萎縮腎に発生した腎oncocytomaの1例. 佐藤威文(泌),永田幹男,貫井文彦,黒川純,岡本重禮,福井準之介(聖路加): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2735. [学会(地方)] (一般講演) 膀胱腫瘍に対する膀胱全摘出術後の尿路再建(Hautmann法, Studer法)についての臨床的検討. 柴田雄二,内田豊昭,丸典夫,岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2736. [学会(地方)] (一般講演) 血清前立腺特異抗原の正常な前立腺癌の病理学的特徴の検討. 大堀理(泌),後藤康樹,大堀勉,藤岡知昭(岩手医大),内田豊昭,小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2737. [学会(地方)] (一般講演) 19歳女子にみられたTCCの1例. 望月英樹,大堀理,松本和将,小林聖二,大川麻子,西村清志,岩村正嗣,真下節夫(泌),渋谷宗則(国立),遠藤忠雄,小柴健(泌): 第51回神奈川県泌尿器科医会 (96.11.30), 相模原.

2738. [学会(地方)] (一般講演) 女子尿道に発生したClear cell adenocarcinomaの1例. 藤田哲夫,頴川晋,勝田真行,石井淳一郎,丸典夫,竹川勝治,設楽俊也,内田豊昭,石橋晃,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第51回神奈川県泌尿器科医会 (96.11.30), 相模原.

2739. [学会(地方)] (一般講演) 先天性陰茎彎曲症の1例. 佐藤威文(泌),貫井文彦,黒川純,永田幹男,岡本重禮,福井準之助(聖路加): 第516回日本泌尿器科学会東京地方会 (97.01.23), 東京.

2740. [学会(地方)] (一般講演) 腎盂内に発生した炎症性偽腫瘍の1症例. 勝田真行,岩村正嗣,石井淳一郎,黄英茂,大川麻子,小林聖二,頴川晋,内田豊昭,小柴健(泌): 第15回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (97.02.13), 横浜.

2741. [学会(地方)] (一般講演) 腎移植後の尿管狭窄に対し, 自己尿管を用い修復した1例. 松本和将,遠藤忠雄,熊野和雄,藤田哲夫,丸典夫,設楽敏也,吉田一成,真下節夫,小柴健(泌): 第15回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (97.02.13), 横浜.

2742. [学会(地方)] (ポスター講演) 根治的前立腺摘徐術後のアジュバント療法としての放射線治療の有効性と限界について. 嶺井定紀,頴川晋(泌),横田真二(相模台),泉博一(日立戸塚),相原正弘,小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2743. [学会(地方)] (ポスター講演) 異所性尿管開口に伴う完全重複腎盂尿管に認めた移行上皮癌の1例. 斉藤毅,大堀理,内田豊昭,遠藤忠雄,石橋晃,小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2744. [学会(地方)] (ポスター講演) 生体腎移植後18年後に慢性拒絶反応と同時に発症した水腎症の1例. 塩川英史,柴田雄二,熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2745. [学会(地方)] (ポスター講演) 北里大学における腎細胞癌の年代別治療成績. 村本将俊,岩村正嗣,柴田雄二,内田豊昭,真下節夫,遠藤忠雄(泌),本田直康(国立横浜),小柴健(泌): 第61回日本泌尿器科学会東部総会 (96.09.20〜21), 東京.

2746. [学会(地方)] (公開講座) 学校検尿の現況. 酒井糾(泌): 第26回日本腎臓学会東部学術大会 (96.11.14), 横浜.

2747. [研究会(国際)] (記念講演) Up-date registry data of dialysis therapy in Japan. 酒井糾(泌): 栄民総医院・腎臓講演会 (96.10.28), 台北市.

2748. [研究会(国際)] (記念講演) Up-date registry data of dialysis therapy in Japan. 酒井糾(泌): 台湾大学医学部内科・腎臓講演会 (96.10.28), 台北市.

2749. [研究会(国際)] (一般講演) The value of transrectal ultrasonography in staging prostate cancer. 佐藤威文,頴川晋,大堀理,小柴健(泌): 第3回前立腺超音波共同研究会 (96.06.15〜16), イスタンブール.

2750. [研究会(国際)] (一般講演) The comparison of transrectal ultrasound and digital rectal examination in staging early prostate cancer. 大堀理,内田豊昭,宋成浩,小柴健(泌),Wheeler, T.M.,Scardino, P.T.(ベイラー医科大): 第3回前立腺超音波共同研究会 (96.06.15〜16), イスタンブール.

2751. [研究会(国際)] (一般講演) Pathologic features of clinical stage T2 nonpalpable prosate cancers detected by transrectal ultrasonography (TRUS). 大堀理,内田豊昭,宋成浩(泌),Wheeler, T.M.,Scardino, P.T.(ベイラー医大): 第3回前立腺超音波共同研究会 (96.06.15〜16), イスタンブール.

2752. [研究会(国際)] (一般講演) Study of diagnostic ultrasound in prostate cancer. 佐藤威文,頴川晋,大堀理,内田豊昭,小柴健(泌): 第3回前立腺超音波共同研究会 (96.06.15〜16), イスタンブール.

2753. [研究会(国際)] (一般講演) Changes in peritoneal permeability due to chemical fibrosis. Horiuchi, T.,Hayashi, K.(東亜大),熊野和雄(泌),Sumida, Y.: 17th Annual CAPD Conference (97.02.16〜18), デンバー.

2754. [研究会(国際)] (一般講演) DNA synthesis of cultured mesothelial cells under high permeable state. Horiuchi, T.,Nanba, J.(東亜大),熊野和雄(泌),Sumida, Y.: 17th Annual CAPD Conference (97.02.16〜18), デンバー.

2755. [研究会(国際)] (一般講演) Different prognoses in 7 patients with sclerosing encapsulating peritonitis (SEP) secondary to CAPD. 横田真二(相模台),熊野和雄,酒井糾(泌): 17th Annual CAPD Conference (97.02.16〜18), デンバー.

2756. [研究会(全国)] (記念講演) CAPDのこれまでと将来. 酒井糾(泌): 第10回小児PD研究会 (96.09.04), 横浜.

2757. [研究会(全国)] (特別講演) 至適透析と栄養. 熊野和雄(泌): 第2回あかね医学研究所腎研究会 (96.12.22), 下関.

2758. [研究会(全国)] (教育講演) 至適透析とAPD療法. 熊野和雄(泌): APDセミナー (96.06.22), 札幌.

2759. [研究会(全国)] (教育講演) 血液透析中の事故と対策. 酒井糾(泌): 平成8年度透析療法従事職員研修会 (96.07.12), 東京.

2760. [研究会(全国)] (教育講演) 病態からみた適正透析療法とは. 熊野和雄(泌): 第41回日本腎不全看護研究会 (96.11.29), 京都.

2761. [研究会(全国)] (教育講演) 腎疾患の医療と学校保健. 酒井糾(泌): 平成8年度国立特殊教育総合研究所・短期研修会 (97.01.28), 久里浜.

2762. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 北里大学における腎細胞癌の統計学的検討−285例の年代別治療成績. 岩村正嗣,内田豊昭,村本将俊,柴田雄二,頴川晋,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第11回腎癌研究会 (96.04.02), 岡山.

2763. [研究会(全国)] (シンポジウム等) PD療法における適正処方: 処方透析と臨床的指導. 熊野和雄(泌): PD Initiatives Meeting (96.06.08), 京都.

2764. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 次世代人工腎と在宅療法CAPDの問題点と限界. 熊野和雄(泌),横田真二(相模台),丸典夫,酒井糾(泌): 第12回ハイパフォーマンスメンブレン/次世代人工腎研究会 (97.03.08), 東京.

2765. [研究会(全国)] (一般講演) 術後に左総腸骨静脈血栓および肺梗塞をきたした生体腎移植の1例. 熊野和雄,黄英茂,佐々木邦明,真下節夫,遠藤忠雄(泌): 第12回腎移植・血管外科研究会 (96.07.25〜26), 下関.

2766. [研究会(全国)] (一般講演) 前立腺レーザー治療の現状と今後. 内田豊昭(泌): 前立腺レーザー治療研究会 (96.09.21), 名古屋.

2767. [研究会(全国)] (一般講演) CAPD患者の血清glycation parameter. 熊野和雄,横田真二,酒井糾(泌),小林直之,吉田煦(さがみ循環器クリニック),大西勉(浅井ゲルマニウム研究所): 第2回腹膜透析研究会 (96.09.28), 東京.

2768. [研究会(全国)] (一般講演) CAPD患者における低カルシウム透析液の使用経験. 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌): 第2回腹膜透析研究会 (96.09.28), 東京.

2769. [研究会(全国)] (一般講演) 硬化性被嚢性腹膜炎(SEP)7症例の予後について. 横田真二,兵藤透,大堀理,熊野和雄,酒井糾(泌): 第2回腹膜透析研究会 (96.09.28), 東京.

2770. [研究会(全国)] (一般講演) 腹膜休息により腹膜機能回復をみた1例. 佐々木邦明,熊野和雄,横田真二,酒井糾(泌): 第2回腹膜透析研究会 (96.09.28), 東京.

2771. [研究会(全国)] (一般講演) 透析導入時ビタミンD3経口パルス療法施行により相対的副甲状腺機能低下症をきたした1例. 兵藤透(泌),高木裕(横浜第一),熊野和雄,酒井糾(泌): 第18回善仁会学術研究会 (96.11.27), 横浜.

2772. [研究会(全国)] (一般講演) 全自動尿中有形成分分析装置UF-100搭載血尿由来の鑑別診断基準(北里大学腎センター式)の妥当性の評価. 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌),森隆司,谷口哲也,高木裕,桑田由希子,島田貢,有井達郎,平良隆保,小野博文,千葉哲男,日台英雄,村上妙子,福本和 子(横浜第一),久保星一,荒川孝(相模台),柳井理奈,渋谷尚子,北条正嗣,荒木千章: 第18回善仁会学術研究会 (96.11.27), 横浜.

2773. [研究会(全国)] (一般講演) 腎移植後, アデノウィルス15型による急性出血性膀胱炎を呈した2症例. 佐藤威文,熊野和雄,塩川英史,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第30回日本腎移植臨床研究会 (97.01.23〜25), 幕張.

2774. [研究会(地方)] (記念講演) 腎臓病のはなし. 酒井糾(泌): 診療録管理教育普及基金研修会 (96.11.29〜30), 葉山.

2775. [研究会(地方)] (特別講演) 学校検尿・20年の成果と課題. 酒井糾(泌): 和田博義教授退職記念講演会 (96.04.27), 神戸.

2776. [研究会(地方)] (特別講演) 腹膜透析の問題点と今後の展望. 熊野和雄(泌): テルモ社研究会 (96.10.09), 甲府.

2777. [研究会(地方)] (特別講演) APD療法における至適透析. 熊野和雄(泌): 兵庫CAPD懇談会 (96.10.12), 神戸.

2778. [研究会(地方)] (特別講演) 小児の体液および腎機能. 酒井糾(泌): 群馬県・小児医療講話会 (96.10.31), 前橋.

2779. [研究会(地方)] (特別講演) 青壮年の健康. 酒井糾(泌): 社団法人神奈川県トラック協会青年部会 (97.03.09), 小田原.

2780. [研究会(地方)] (教育講演) 災害時透析患者支援について. 酒井糾(泌): 第22回埼玉県腎不全懇談会 (96.12.03), 大宮.

2781. [研究会(地方)] (教育講演) 腎疾患の実践的保健指導. 酒井糾(泌): 腎疾患・糖尿病予防のための研修会 (97.02.08), 福岡.

2782. [研究会(地方)] (教育講演) 腎疾患の実践的保健指導. 酒井糾(泌): 腎疾患・糖尿病予防のための研修会 (97.02.22), 大阪.

2783. [研究会(地方)] (教育講演) 腎疾患の実践的保健指導. 酒井糾(泌): 腎疾患・糖尿病予防のための研修会 (97.03.08), 東京.

2784. [研究会(地方)] (教育講演) 腎疾患の実践的保健指導. 酒井糾(泌): 腎疾患・糖尿病予防のための研修会 (97.03.15), 仙台.

2785. [研究会(地方)] (一般講演) 女性の腹圧性尿失禁に対する膀胱頚部支持用具 (BNSP: Bladder neck support prosthesis)の有用性. 横山英二(東大和),福井準之助(聖路加),大川麻子,小柴健(泌): 第2回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (96.05.18), 横浜.

2786. [研究会(地方)] (一般講演) 術前PSA, 臨床病期, 生体組織腫瘍悪性度(Gleason sum)の病理学的病期予測能について. 黄英茂,頴川晋,柴田雄二,丸典夫,塩川英史,佐々木邦明,斉藤毅,内田豊昭,小柴健(泌): 第13回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (96.07.06), 横浜.

2787. [研究会(地方)] (一般講演) 術前所見による触知不能前立腺癌での腫瘍体積予測能の検討. 嶺井定紀,頴川晋,黄英茂,岩村正嗣,斉藤毅,丸典夫,塩川英史,内田豊昭,小柴健(泌): 第13回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (96.07.06), 横浜.

2788. [研究会(地方)] (一般講演) 術前PSA, 臨床病期, 生検組織腫瘍悪性度(Gleason sum)の病理学的病期予測能について. 黄英茂,頴川晋,柴田雄二,丸典夫,塩川英史,佐々木邦明,斉藤毅,内田豊昭,小柴健(泌): 第13回神奈川前立腺腫瘍研究会 (96.07.06), 横浜.

2789. [研究会(地方)] (一般講演) 初回腎生検にて尿細管間質に好酸球の浸潤が認められ2年度の再腎生検でIgA腎症と思われる所見を示した1例. 辻祐一郎,高柳隆章,近岡弘,滝田誠司,飯倉洋治(昭和大),酒井糾(泌): 第56回関東小児腎臓研究会 (96.12.14), 東京.

2790. [学術賞(国際賞)] 1996年度呉階平泌尿器外科医学奨(96.09.00), 中国, 小柴健(泌).

2791. [学会主催(地方会)] 第50回神奈川県泌尿器科医会(96.06.22), 相模原, 小柴健(泌).

2792. [学会主催(地方会)] 第14回日本泌尿器科学会神奈川地方会(96.09.12), 横浜, 小柴健(泌).

2793. [学会主催(地方会)] 第51回神奈川県泌尿器科医会(96.11.30), 相模原, 小柴健(泌).

2794. [学会主催(地方会)] 第15回日本泌尿器科学会神奈川地方会(97.02.13), 横浜, 小柴健(泌).


<<25 眼科学>>

2795. [原著] Comparison of lens biochemistry and structure between BSO treated and glucocorticoid-treated developing chick embryos. Murakami, I.(帝京大),Kosano, H.,Ogiwara-Umeda, I.,Nishigori, H.,宇賀茂三,石川哲(眼): Exp. Eye Res., 63: 673〜681, 1996.

2796. [原著] Smooth pursuit-like eye movements evoked by microstimulation in Macaque nucleus reticularis tegmenti points. 山田徹人,Suzuki, D.A.,Yee, R.D.(眼): J. Neurophysiol., 76: 3313〜3324, 1996.

2797. [原著] Actions of imidazolines on bovine ciliary artery. 石川均(眼),Patil, P.(Ohio Univ.),Miller, D.D.(Tennessee Univ.): J. Ocul. Pharmacol. Ther., 12(3): 313〜322, 1996.

2798. [原著] Possible roles of AMP A/KA receptor in cultured Muller cells. 川崎いづみ,若倉雅登,石川哲(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 40: 158〜166, 1996.

2799. [原著] Irreversible agonist and antagonist properties of isothiocyanatobenzylimidazoline in albino rabbit iris muscles. 石川均(眼),Miller, D.D.(Tennessee Univ.),Patil, P.N.(Ohio Univ.): Naunyn-Schmiedebergs Arch. Pharmacol., 354: 362〜368, 1996.

2800. [原著] Comparison of post-junctional α-adrenoceptors in iris dilator muscle of humans, and albino and pigmented rabbits. 石川均(眼),Miller, D.D.(Tennessee Univ.),Patil, P.N.(Ohio Univ.): Naunyn-Schmiedebergs Arch. Pharmacol., 354: 765〜772, 1996.

2801. [原著] Ocular convergence during and after a threedimensional visually guided task. Hasebe, H.(新潟大),Takada, R.,Takagi, M.,Abe, H.,Bando, T.,Oyamada, H.,鵜飼一彦(眼): Neuro-Ophthalmology, 16(5): 284, 1996.

2802. [原著] Chiasmal optic neuropathy from ethambutol, treated with high-dose vitamin C. 菊池裕美,若倉雅登,向野和雄,難波龍人,森本良子,石川哲(眼): Neuro-ophthalmology, 16(5): 292, 1996.

2803. [原著] Leber's hereditary optic neuropathy triggered by optic neuritis. 若倉雅登,茂木朝子,市辺義章(眼),Okada, K.,Hasebe, H.(広島病院): Neuro-ophthalmology, 16(6): 337〜341, 1996.

2804. [原著] Amount of defocus is not used as an error signal in the control system of accommodation dynamics. 山田徹人,鵜飼一彦(眼): Ophtalmic Physiol. Opt., 17: 55〜60, 1997.

2805. [原著] 甲状腺眼症−その病態と治療; 複視の病態と治療. 向野和雄,冨岡敏也,小川泰典(眼): あたらしい眼科, 13(2): 1835〜1841, 1996.

2806. [原著] 眼窩および口腔底に発生したアミロイドーシスの1症例. 冨岡敏也,吉富健志,小川泰典,三宅彰,石川哲(眼),大部誠(病理): 眼紀, 47: 1295〜1299, 1996.

2807. [原著] 有機リン系殺虫剤散布作業を行っている農業従事者におけるフィールドスタディー. 佐藤美菜子(眼): 自律神経, 33(1): 31〜38, 1996.

2808. [原著] 視神経炎治療多施設トライアル−日本における現状. 若倉雅登,石川哲(眼),視神経炎治療多施設トライアル研究グループ: 第1回国際眼科シンポジウムプロシーディング, p.267〜268, 1997.

2809. [原著] 抗コリンエステラーゼ剤の細胞毒性. 石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 100(10): 771〜772, 1996.

2810. [原著] 瞳孔視野計による他覚的視野計測の試み. 吉富健志,松井孝子,向野和雄,石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 100(10): 825〜831, 1996.

2811. [原著] 円錐角膜と類粒状角膜ジストロフィを合併した1家系. 三井正博(日大),崎元卓,澤充,片見睦夫(眼): 日本眼科学会雑誌, 100(11): 916〜919, 1996.

2812. [原著] 視神経炎とビタミンC. 市辺義章,石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 100(5): 381〜387, 1996.

2813. [原著] 環境汚染物質などによる眼症, 特に有機燐剤の視覚毒性について. 石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 100(6): 417〜432, 1996.

2814. [原著] イソプロピルウノプロストンの屈折・調節系に対する影響. 大塚紀佳,吉富健志,土屋邦彦,鵜飼一彦,大木千佳,石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 100(7): 531〜534, 1996.

2815. [原著] ヘッドマウントディスプレイの数時間連続使用による屈折, 調節, 輻輳機能の変化. 原直人,鵜飼一彦,石川哲(眼),高木峰夫(新潟大),板東武彦,小山田浩(ソニー中央研): 日本眼科学会雑誌, 100(7): 535〜540, 1996.

2816. [原著] 人間ドックにおけるoculokinetic perlmetryの応用. 若倉雅登(眼),景山萬里子(東京警察病院),浜中輝彦(日赤),清水敬一郎(眼),城山ひろ子(日赤),清水徹(東京警察病院),馬場ハルミ,木皿美津 枝(日赤),宮田幹夫(眼): 日本眼科学会雑誌, 100(7): 551〜557, 1996.

2817. [原著] 中心漿液性網脈絡膜症とステロイド剤の関係の検討. 栄鄂,若倉雅登,石川哲(眼): 日本眼科学会雑誌, 101(3): 257〜264, 1997.

2818. [原著] 低周波電磁波のマウス水晶体への影響. 冨岡敏也(眼): 北里医学, 26(6): 429〜435, 1996.

2819. [原著] Fenitrothion投与後のラット活性酸素に与えるドコサヘキサエン酸の影響. 中里宣幸,小川泰典,石川哲,宮田幹夫(眼): 臨床環境医学, 4(2): 82〜84, 1996.

2820. [原著] 網膜静脈閉塞症における原発緑内障の合併頻度. 比嘉利沙子,若倉雅登,石川哲(眼): 臨床眼科, 50(3): 305〜309, 1996.

2821. [原著] 神経疾患と瞳孔異常. 石川哲(眼): 臨床神経学, 36(12): 1352〜1353, 1996.

2822. [研究報告] オハイオ州立大学留学記. 石川均(眼): 神経眼科, 13(2): 223〜224, 1996.

2823. [研究報告] 視野の他覚的検出法に関する研究−瞳孔視野計による視野測定の実際−. 石川哲(眼): 水俣病に関する調査研究報告書, p.41〜47, 日本公衆衛生協会, 1996.

2824. [研究報告] 培養ミュラー細胞におけるadenosine/purinergic受容体. 若倉雅登,劉瑶(眼): 平成7年度厚生省特定疾患網膜脈絡膜萎縮症調査研究班研究報告書, p.61〜62, 1996.

2825. [研究報告] 網膜色素変性症患者における血中アポプロテインE. 宋鄂,若倉雅登(眼): 平成7年度厚生省特定疾患網膜脈絡膜萎縮症調査研究班研究報告書, p.186〜187, 1996.

2826. [研究報告] 若年近視群における調節負荷の残効. 大塚紀佳,土屋邦彦,大木千佳,若倉雅登(眼): 平成7年度研究報告書, p.137〜139, 1996.

2827. [症例報告] 正常眼圧緑内障が疑われた内頚動脈による視神経Vascular Compressionの1例. 川崎いづみ,吉富健志(眼): あたらしい眼科, 14(1): 135〜138, 1997.

2828. [症例報告] ぶどう膜炎を合併した強皮症の1例. 小川泰典,福島一哉,冨岡敏也,中里宣幸(眼): 眼科, 38(5): 639〜643, 1996.

2829. [症例報告] サルコイドーシスにみられた外転神経麻痺. 川崎いづみ(眼): 神経眼科, 13(1): 79〜84, 1996.

2830. [症例報告] 腎炎で副腎皮質ホルモン薬(プレドニゾロン)使用中に中心性漿液性網脈絡膜症をきたした1例. 若倉雅登(眼): 診断と治療, 84(増刊): 436, 1996.

2831. [症例報告] 再発性強膜炎に対して柴苓湯投与中薬物性肝障害をきたした1例. 若倉雅登(眼): 診断と治療, 増刊号, 184: 874, 1996.

2832. [総説] 慢性有機リン中毒. 難波龍人(眼),佐古博恒(群馬ペインクリニック): Clin. Neurosci., 14(8): 1996.

2833. [総説] VDT作業で見られる眼症候. 吉富健志(眼): Medico, 27: 17〜20, 1996.

2834. [総説] 小児で起こる瞳孔異常にはどのようなものがありますか. 向野和雄(眼): あたらしい眼科, 13: 209〜212, 1996.

2835. [総説] 小児における視神経炎にはどのようなものがありますか. 比嘉利沙子,若倉雅登(眼): あたらしい眼科, 臨時増刊号, 13: 199〜201, 1996.

2836. [総説] 化学物質過敏症−医学診断up date 30−. 難波龍人(眼): ナーシング, 16(10): 100〜103, 1996.

2837. [総説] しのびよる環境病−化学物質過敏症−. 宮田幹夫,難波龍人(眼): 化学, 52(2): 43〜45, 1997.

2838. [総説] (特集)眼振−治療法と予後(Management and Prognosis). 向野和雄,藤山由紀子,青木繁(眼): 眼科, 38(2): 141〜154, 1996.

2839. [総説] 眼筋麻痺に対する手術的治療. 向野和雄,青木繁(眼): 眼科手術, 9(4): 481〜487, 1996.

2840. [総説] Faden手術の適応と実際. 古野久美子,若倉雅登(眼): 眼科手術, 9(4): 489〜495, 1996.

2841. [総説] テクノストレスと眼; 総論. 鵜飼一彦(眼): 光アライアンス, 7(3): 38〜41, 1996.

2842. [総説] 暮らしに潜む環境問題−化学物質過敏症−. 石川哲(眼): 公衆衛生, 61(2): 116〜119, 1997.

2843. [総説] 神経眼科診療における最近の進歩; 他覚的視野計の開発. 吉富健志,石川哲(眼): 先端医療, 3(4): 58〜61, 1996.

2844. [総説] ステロイド剤の眼副作用を考える. 若倉雅登(眼): 大塚薬報, 517: 44〜47, 1997.

2845. [総説] ヘッド・マウント・ディスプレイの視覚への影響と実験. 鵜飼一彦(眼): 日経エレクトロニクス, 668: 153〜164, 1996.

2846. [総説] ステロイド薬と副作用・眼科領域; 注意したい中心性網脈絡膜症発症. 若倉雅登(眼): 日経メディカル, 1: 138〜142, 1996.

2847. [総説] ストレス性健康障害をさぐる−テクノストレスをめぐって; テクノストレス眼症. 石川哲(眼): 日本医師会雑誌, 117(6): 867〜884, 1997.

2848. [総説] 緑内障Today X 緑内障手術をめぐるControversy; 血管新生緑内障−ダイオードレーザー毛様体破壊術.  吉富健志(眼): 臨床眼科, 50(11): 169〜172, 1996.

2849. [総説] 緑内障Today U確定診断を得るために; 緑内障と間違えやすい視神経疾患. 吉富健志(眼): 臨床眼科, 50: 81〜84, 1996.

2850. [総説] 緑内障Today V薬物治療の実際; 治療開始のタイミングと私の処方. 吉富健志(眼): 臨床眼科, 50: 96,101,104, 1996.

2851. [講座] 自律神経機能の主な検査法の進歩. 白川慎爾,石川哲(眼): Clin. Neurosci., 15(4): 76〜78, 1997.

2852. [講座] 化学物質過敏症に対する検査. 難波龍人(眼): 検査と技術, 25(2): 160〜163, 1997.

2853. [講座] 眼薬理学入門(2): 眼薬理学総論2, 受容体. 吉富健志(眼): 神経眼科, 13(3): 293〜298, 1996.

2854. [講座] 眼薬理学入門(3): 眼薬理学総論3, Ca2+の役割. 吉富健志(眼): 神経眼科, 13(4): 424〜429, 1996.

2855. [講座] 眼薬理学入門(1); 眼薬理学総論. 吉富健志(眼): 神経眼科, 13: 169〜174, 1996.

2856. [講座] 眼薬理学入門(4): 眼薬理学総論4: 一酸化窒素とエンドセリン. 吉富健志(眼): 神経眼科, 14(1): 9〜15, 1997.

2857. [学術書] (分担執筆) アトラス: 視神経乳頭のみかた・考え方; 乳頭のみかた, (1)大きさ, p.16〜20, 若倉雅登(眼),松本俊,東範行,三木弘彦. 医学書院, 東京, 96.10.15発行.

2858. [学術書] (分担執筆) アトラス: 視神経乳頭のみかた・考え方; 浮腫および突出, 萎縮, p.36〜50, 若倉雅登(眼),松本俊,東範行,三木弘彦. 医学書院, 東京, 96.10.15発行.

2859. [学術書] (分担執筆) 眼科 New Insight 7; 眼内細胞増殖, 石橋達朗,大橋裕一,木下茂,田野保雄,望月学,若倉雅登(眼). 編集 田野保雄,石橋達朗, メジカルビュー社, 東京, 96.00.00発行.

2860. [学術書] (分担執筆) 眼科 New Insight 8; 角膜形状解析 from A to Z, 石橋達朗,大橋裕一,木下茂,田野保雄,望月学,若倉雅登(眼). 編集 大橋裕一,木下茂, メジカルビュー社, 東京, 96.00.00発行.

2861. [学術書] (分担執筆) 眼科 New Insight 9; 眼組織の移植, 石橋達朗,大橋裕一,木下茂,田野保雄,望月学,若倉雅登(眼). 編集 大橋裕一,木下茂, メジカルビュー社, 東京, 96.00.00発行.

2862. [学術書] (分担執筆) 眼科 New Insight 9; 視神経再生能と移植, 軸索輸送とその障害(ストレス蛋白質を含む), p.173〜180, 若倉雅登(眼). 編集 田野保雄,木下茂,若倉雅登(北里大). メジカルビュー社, 東京, 96.10.25発行.

2863. [学術書] (分担執筆) Medical View 眼組織の移植, 眼科 New Insight 9; 眼組織の移植, 眼科領域における移植の歴史と将来への展望−軸索輸送とその障害(ストレス蛋白質を含む), p.2〜4, 田野保雄,木下茂,若倉雅登(眼). 編集 田野保雄,木下茂,若倉雅登(北里大), メジカルビュー社, 東京, 96.10.25発行.

2864. [学術書] (分担執筆) 眼科検査・診断のコツと落とし穴, Part 1; 緑内障に似た視野異常, p.724〜726, 若倉雅登(眼). 法研, 東京, 96.00.00発行.

2876. [学会(国際)] (シンポジウム等) Error signal detection and dynamics of accommodation. 山田徹人,鵜飼一彦,石川哲(眼): 1st Internatinal Symposium on Accomodation/Vergence Mechanisms in the Visual System (96.09.18), Stockholm.

2877. [学会(国際)] (シンポジウム等) Calcium mobilistation through the use of adenosine/purinergic receptor agonists in cultured retinal neurons. 若倉雅登(眼): 12th International Congress of Eye Research (96.09.29〜10.04), 横浜.

2878. [学会(国際)] (シンポジウム等) Functional roles of endothelins and other peptides on the iris sphincter and dilator muscles. 吉富健志,春野功,石川均(眼),原田芳照(薬理),石川哲(眼): 12th Internatinal Congress for Eye Research (96.10.01), 横浜.

2879. [学会(国際)] (シンポジウム等) Possible diversity in the roles of the neurotransmitter receptor in Muller cells. 若倉雅登(眼): 12th International Congress of Eye Research (96.10.03), 横浜.

2880. [学会(国際)] (シンポジウム等) Leber's hereditary optic neuropathy in Japan. 若倉雅登(眼): 日台眼科ジョイントミーティングシンポジウム (96.11.22), 台北.

2881. [学会(国際)] (一般講演) Effect of acupuncture on foveation in congenital nystagmus. Abel, L.A.,Blekher(Indiana Univ.),山田徹人(眼),Tand Yee, R.D.(Indiana Univ.): International Neuro-Ophthalmological Society (96.08.14〜16), Sydney.

2882. [学会(国際)] (一般講演) Orbital metastasis of the urinary bladder. 古野久美子,青木繁,陶山秀夫,Iida, M.(眼): 16th Congress of Asia Pacific Academy of Ophthalmology (97.03.02〜06), Kathmandu, Nepal.

2883. [学会(国際)] (一般講演) Functional selectivity of muscarinic gonists including acecidine on the human ciliary muscles. 石川均(眼),Desantis, L.,Patil, P.N.(Alcon Lab.): Pharmacology '97 (97.03.07〜11), San Diego, California.

2884. [学会(国際)] (ポスター講演) The adenosine/purinergic receptor in cultured Mueller cells. 若倉雅登,栄鄂(眼): ARVO−The Association for Research in Vision and Ophthalmology (96.04.21〜26), Fort Laude.

2885. [学会(国際)] (ポスター講演) Acetylcholine receptors in cultured retinal neurons and Mueller cells. 川崎いづみ,若倉雅登(眼): ARVO (96.04.21〜26), Fort Lauderdale, USA.

2886. [学会(国際)] (ポスター講演) Luminol-enhanced chemiluminescence in retinal neurons following anticholinesterase pesticide administration. 庄司治代,若倉雅登,川崎いづみ,石川哲(眼): ARVO (96.04.21〜26), Ft. Lauderdale, USA.

2887. [学会(国際)] (ポスター講演) Objective visual field measurement using pupil perimetry−Clinical applications−. 吉富健志,松井孝子,向野和雄,石川哲(眼): ARVO (96.04.21〜26), Ft. Lauderdale, USA.

2888. [学会(国際)] (ポスター講演) High correlation between homonymous visual field loss and pupil perimetry in patients with isolated postgeniculate lesions. 吉富健志,松井孝子,向野和雄,石川哲(眼): ARVO (96.04.22), Ft. Lauderdale, USA.

2889. [学会(国際)] (ポスター講演) A male case of Leber's hereditary opic neuropathy associated with the 11778 mitochondrial DNA mutation and multiple sclerosis. 比嘉利沙子,若倉雅登,向野和雄,石川哲(眼): 11th Meeting of the Internatinal Neuro-ophthalmology Society (96.08.14), Sydney.

2890. [学会(国際)] (ポスター講演) Chiasmal optic neuropathy from ethambutol, treated with high-dose vitamin C. 菊池裕美,若倉雅登,向野和雄,難波龍人,森本良子,石川哲(眼): 11th Meeting of the Internatinal Neuro-opthalmology Society (96.08.14〜16), Sydney.

2891. [学会(国際)] (ポスター講演) The effective dosis of the organic germanium compounds (Ge-132) on the cataractous lens. 西本浩之,鳩野長文,冨岡敏也,宮田幹夫,宇賀茂三,石川哲(眼): 12th International Congress of Eye Research (96.09.29〜10.04), 横浜.

2892. [学会(全国)] (特別講演) 形態学的にみた2,3の白内障の発症機序について. 宇賀茂三(眼): 第35回日本白内障学会 (96.04.12〜14), 名古屋.

2893. [学会(全国)] (特別講演) 室内空気からの汚染化学物質による神経毒性の診かたと対策. 石川哲(眼): 日本薬学会第117年会 (97.03.26〜28), 東京.

2894. [学会(全国)] (シンポジウム等) 日本の神経眼科学会の発展と今日. 石川哲(眼): 第100回日本眼科学会総会/第1回国際シンポジウム (96.05.17), 京都.

2895. [学会(全国)] (一般講演) 弱視治療における片眼遮閉のコンプライアンスと治療成績. 庄司倫子,青木繁,藤山由紀子,向野和雄,石川哲,山本はるか,木村真也(眼): 第21回日本小児眼科学会 (96.04.26), 札幌.

2896. [学会(全国)] (一般講演) Fenitrothion投与後のラット血液活性酸素および臓器内セレニウムの変動. 中里宣幸,宮田幹夫,石川哲(眼): 第100回日本眼科学会総会 (96.05.15), 京都.

2897. [学会(全国)] (一般講演) 培養網膜ニューロン,ミュラー細胞におけるアセチルコリン受容体の検討. 川崎いづみ,若倉雅登(眼): 第100回日本眼科学会総会 (96.05.15), 京都.

2898. [学会(全国)] (一般講演) 有機ゲルマニウム点眼液の前房内移行とSAMマウスにおける白内障への有効性. 鳩野長文,冨岡敏也,西本浩之,宮田幹夫,石川哲,宇賀茂三(眼): 第100回日本眼科学会総会 (96.05.16), 京都.

2899. [学会(全国)] (一般講演) 涙小菅に発生した乳頭腫の1例. 柏木広哉,亀谷理香,若倉雅登,石川哲,向野和雄,高野康代(眼): 第66回九州眼科学会 (96.06.02), 宮崎.

2900. [学会(全国)] (一般講演) 原発性マクログロブリン血症に眼動脈瘻を呈した1例. 小川泰典,難波龍人,向野和雄(眼): 第13回関東眼科学会 (96.06.08〜09), 千葉.

2901. [学会(全国)] (一般講演) Orbital Granulocytic Sarcoma (OGS)で判明した急性骨髄性白血病の再燃. 古野久美子,藤田浩之,丸田壱郎,飯田萬一,早渕洋子,青木繁(眼): 第13回関東眼科学会 (96.06.08), 千葉.

2902. [学会(全国)] (一般講演) 正常眼圧緑内障が疑われた慢性有機燐中毒の例. 根崎健吾,吉富健志,柏木広哉,冨岡敏也,石川哲(眼): 第7回日本緑内障学会 (96.09.06), 名古屋.

2903. [学会(全国)] (一般講演) 左MLF症候群を呈した神経梅毒の1例. 菊池裕美,根本徹,山田徹人,難波龍人,向野和雄,石川哲(眼): 第62回日本中部眼科学会 (96.10.17〜19), 大阪.

2904. [学会(全国)] (一般講演) (眼): 第100回日本眼科学会総会 (96.05.17), 京都.

2915. [学会(全国)] (ポスター講演) non-RI-SSCPを用いたレーベル病の変異診断. 豊岡裕子,山辺晴美(臨検),和田知益,大谷英樹(臨病理),若倉雅登(眼): 第34回日本神経眼科学会 (96.11.08〜09), 東京.

2916. [学会(全国)] (ポスター講演) 放射線療法にて視機能が著明に改善した上咽頭adenoid cystic carcinomaの1例. 古野久美子(眼),久保田彰,古川まどか,谷垣裕二,山下浩介(県立がんセン),青木繁(眼): 第34回日本神経眼科学会総会 (96.11.08〜09), 東京.

2917. [学会(全国)] (ポスター講演) ミトコンドリアDNA9804変異を示したレーベル病. 林瑛理,若倉雅登,難波龍人,西本浩之,石川哲(眼),豊岡裕子(臨床検査): 第34回日本神経眼科学会総会 (96.11.08〜09), 東京.

2918. [学会(地方)] (一般講演) 北里大学病院眼科におけるインドシアニングリーン蛍光眼底造影の試用経験. 比嘉利沙子,難波龍人,若倉雅登,石川哲(眼): 神奈川県眼科医会集談会 (97.03.13), 横浜.

2919. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 視神経炎治療多施設トライアルー日本における現況. 若倉雅登,石川哲(眼),他視神経炎治療多施設トライアル研究グループ(旭川医大,東大, 他): 第1回国際眼科シンポジウム/第100回日本眼科学会総会 (96.05.15〜18), 京都.

2920. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 眼瞼運動と眼球運動の相互協調作用. 向野和雄(眼): 第1回国際眼科シンポジウム/第100回日本眼科学会総会 (96.05.15〜18), 京都.

2921. [研究会(全国)] (一般講演) 眼窩内に単独発生した神経腺維腫の2例. 柏木広哉,大塚紀佳,若倉雅登,石川哲,向野和雄(眼),岩渕啓一(病理),古野久美子(眼): 第31回眼科臨床病理組織研究会 (96.10.07), 京都.

2922. [研究会(全国)] (一般講演) 悪性が疑われたマイボーム腺腫. 古野久美子,中村圭靖,清水昭男,飯田萬一,青木繁(眼): 第31回眼科臨床病理組織研究会 (96.10.07), 大阪.

2923. [研究会(全国)] (一般講演) 眼窩内に単独発生した神経線維腫の2例. 柏木広哉,大塚紀佳,若倉雅登,石川哲,向野和雄(眼),岩渕啓一(病理),古野久美子(眼): 第62回日本中部眼科学会 (96.10.17), 京都.

2924. [研究会(全国)] (一般講演) ミトコンドリアDNA11778変異をもつレーベル視神経症と多発性硬化症の合併男性例. 比嘉利沙子,若倉雅登,石川哲(眼): 第50回日本眼科学会専門別研究会「視神経」 (96.10.24), 京都.

2925. [研究会(全国)] (一般講演) 難治性視神経症の機序; 解明と治療方針決定のための基礎データについて. 若倉雅登,石川哲(眼): 厚生省特定疾患網膜脈絡膜−視神経萎縮症調査研究班班会議 (97.01.17), 仙台.

2926. [研究会(全国)] (一般講演) 静置培養下での糖白内障モデルの作製. 福島一哉,宇賀茂三,宮田幹夫(眼): 第23回水晶体研究会 (97.01.17〜18), 葉山.

2927. [研究会(地方)] (特別講演) Leber病; 既知見と謎と. 若倉雅登(眼): 第188回長野県眼科医会集談会 (96.06.16), 松本.

2928. [研究会(地方)] (特別講演) 神経眼科と緑内障. 吉富健志(眼): 第110回埼京眼科学術集会 (96.09.11), 所沢.

2929. [研究会(地方)] (教育講演) 最近の視神経炎,網膜炎(眼底疾患の病理を含んで). 若倉雅登(眼): 神奈川県眼科医会生涯教育講座「眼底コース: 最近の眼底疾患について」. (96.05.28), 厚木.

2930. [研究会(地方)] (教育講演) 緑内障薬物治療の注意点. 吉富健志(眼): 神奈川県眼科医会講演会 (96.06.27), 厚木.

2931. [研究会(地方)] (教育講演) 眼圧検査. 吉富健志(眼): 緑内障アカデミー大阪 (96.08.11), 大阪.

2932. [研究会(地方)] (教育講演) 上下斜視の観血的療法. 青木繁(眼): 第26回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (96.12.08), 相模原.

2933. [研究会(地方)] (教育講演) 薬物と神経眼科. 石川均(眼): 神奈川県眼科医会生涯教育講座 (97.01.18), 横浜.

2934. [研究会(地方)] (教育講演) 転移性眼窩腫傷. 古野久美子(眼): 第27回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (97.02.13), 相模原.

2935. [研究会(地方)] (教育講演) 眼科医が忘れてならない頭蓋内疾患. 若倉雅登(眼): 神奈川県眼科医会生涯教育講座「やさしい神経眼科」 (97.03.15), 横浜.

2936. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 神経眼科的疾患における瞳孔視野計の有用性. 吉富健志(眼): 第3回電子瞳孔計イリスコーダーセミナー(瞳孔分析と脳疾患への応用) (96.08.24), 東京.

2937. [研究会(地方)] (一般講演) 外転神経障害を合併した帯状疱疹ウィルス性ぶどう膜炎. 平田丞,鳩野長文,若倉雅登,石川哲(眼): 第12回真鶴セミナー (96.08.03〜04), 東京.

2938. [研究会(地方)] (一般講演) 視力回復不能であった小児の両側視神経症. 中川里江,比嘉利沙子,根本徹,若倉雅登,石川哲(眼): 第12回真鶴セミナー (96.08.03〜04), 東京.

2939. [研究会(地方)] (一般講演) 多因子性と考えられた両側視神経萎縮の1例. 松本美保,小川泰典,吉富健志,若倉雅登,石川哲(眼): 第27回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (97.02.13), 相模原.

2940. [研究会(地方)] (一般講演) 転帰不良であった有機溶剤による急性視神経障害の1例. 細川理恵,根本徹,若倉雅登,石川哲(眼): 第27回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (97.02.13), 相模原.

2941. [研究会(地方)] (一般講演) 乳頭部新生血管を生じたベーチェット病に網膜周辺光凝固術を施行した1例. 児玉安代,庄司治代,若倉雅登(眼): 第27回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (97.02.13), 相模原.

2942. [研究会(地方)] (一般講演) 原発性軟膜リンパ腫による眼球運動障害を呈した1例. 藤沢邦俊,石川均,山田徹人,石川哲(眼): 第27回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (97.02.13), 相模原.

2943. [研究会(地方)] (ポスター講演) ラット全層角膜移植における非主要組織適合−(non-MHC)抗原の影響. 片見睦夫,皆本敦子(広島大),White, D.J.,Watson, P.G.(Cambridge Univ.),石川哲(眼): 第21回角膜カンファランス; 第13回日本角膜移植会 (97.02.08), 松山.


<<26 耳鼻咽喉科学>>

2944. [原著] Influence on stomach movement and reparation by vestibular organ stimulation. 星野功,徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,長沼英明,新井基洋(耳鼻),米田敏(生物物理系): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 16〜20, 1996.

2945. [原著] Vestibular training for acute unilateral vestibular disturbances; Its efficiency in comparison with antivertigodrug. 藤野明人,徳増厚二,岡本牧人,長沼英明,星野功,新井基洋(耳鼻),米田敏(生物物理系): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 21〜26, 1996.

2946. [原著] Optokinetic after-nystagmus in the human: A comparative study between normals and patients with peripheral vestimular and central disorders. 新井基洋,徳増厚二,岡本牧人,長沼英明,星野功(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 27〜32, 1996.

2947. [原著] Binaural interaction of stapedius reflex. 井口芳明(耳鼻),Yoshitsugu Ogawa(Yokosuka-shimin Hospital),Yoshimi Tada(Yamagata City),Naoshi Kodama(Kooriyama City): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 33〜35, 1996.

2948. [原著] Hearing recovery and its process from the time of onset in sudden deafness. 佐野肇,岡本牧人,設楽哲也,平山方俊(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 36〜38, 1996.

2949. [原著] Idiopathic bilateral sensorineural hearing loss: Its clinical study in cases with rapidly progressed deafiness. 平山方俊,設楽哲也,岡本牧人,佐野肇(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 39〜42, 1996.

2950. [原著] Initial symptoms and retrospective evaluation of prognosis in Meniere's disease. 徳増厚二,藤野明人,長沼英明,星野功,新井基洋(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 43〜49, 1996.

2951. [原著] Effectiveness of fibronectin in myringoplasty in outpatient clinic. 長沼英明,設楽哲也,岡本牧人,徳増厚二,藤野明人,佐野肇,星野功,新井基洋(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 50〜55, 1996.

2952. [原著] Voicing distinction in esophageal speech. 広瀬肇(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 56〜63, 1996.

2953. [原著] Cephalometric analysis in patients with obstructive sleep apnea syndrome. 望月高行,岡本牧人,佐野肇,長沼英明(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 64〜72, 1996.

2954. [原著] One case of pemphigus vulgaris observed in the oral cavity. 石井豊太,古沢慎一,井口芳明,久野健志,西山耕一郎,山本一博,新田光邦,Yasuaki Hayashi(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 73〜78, 1996.

2955. [原著] Combined chemotherapy and radiation therapy in head and neck cancer. 西山耕一郎,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 79〜82, 1996.

2956. [原著] Combined therapy for hypopharyngeal cancer. 岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 83〜87, 1996.

2957. [原著] Basophilic deposits on the cupula: Preliminary findings describing the problems involved in studies regarding the incidence of basophilic deposits on the cupula. 長沼英明(耳鼻),Robert I. Kohut,J.H. Ryu(Wake Forest Univ.),徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功,新井基洋(耳鼻): Acta Otolaryngol., (Suppl. 524): 9〜15, 1996.

2958. [原著] Ultrastracture of the lamina propria of the human vocal fold. Ishii, K.,Zahi, W.G.,Akita, M.,広瀬肇(耳鼻): Acta Otolaryngol., 116: 778〜782, 1996.

2959. [原著] Treatment of maxillary sinus carcinoma; five-year results. 八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人,稲木勝英(耳鼻): Am. J. Rhinol., 10: 313〜317, 1996.

2960. [原著] Laryngeal adjustment in whispering magnetic resonance imaging study. Tsunoda, K.,Ohta, Y.,Soda, Y.,Niimi, S.(東大),広瀬肇(耳鼻): Ann. Otol. Rhinol. Laryngol., 106(1): 41〜43, 1996.

2961. [原著] 特発性両側性感音難聴と加齢. 岡本牧人(耳鼻): Audiology Japan, 39(2): 122〜129, 1996.

2962. [原著] 自動語音聴力検査(CASA)を用いた語音弁別検査の検討. 佐野肇(耳鼻),竹内義夫(医療衛生),岡本牧人(耳鼻),浅野和江(臨検): Audiology Japan, 39(2): 151〜157, 1996.

2963. [原著] 急性高度感音難聴の全国疫学調査(1993年)−第一次調査について−. 柳田則之,中島務(名古屋大),設楽哲也(耳鼻),大野良之,玉腰暁子(名古屋大): Audiology Japan, 39(2): 184〜188, 1996.

2964. [原著] ABCマスキング法における骨導聴力のOdB基準値. 竹内義夫(耳鼻),村山真弓,中西薫(臨検): Audiology Japan, 39(3): 235〜239, 1996.

2965. [原著] Evaluation of activated eosinophil infiltration after trichloroacetic acid treatment for allergic rhinitis. 八尾和雄,西山耕一郎,井口芳明(耳鼻),竹内義夫(医療衛生): EUFOS, 3: 251〜254, 1996.

2966. [原著] 正常者に見られた水平性視運動性後眼振の種類とその名称(試案). 徳増厚二,新井基洋(耳鼻): Equilibrium Res., 55(4): 378〜379, 1996.

2967. [原著] メニエール病の診断基準と検査の手順. 徳増厚二(耳鼻): JOHNS, 12(11): 1604〜1608, 1996.

2968. [原著] めまいのリハビリテーション. 徳増厚二(耳鼻): 耳鼻咽喉科展望, 39(6): 680〜687, 1996.

2969. [原著] MRAによる総頚動脈蛇行症の診断. 馬越智浩,高橋広臣,石井豊太,古沢慎一(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 89(4): 511〜514, 1996.

2970. [原著] 舌のいわゆるfibrous lesionの検討. 小野雄一,稲木勝英,八尾和雄,高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 89(9): 1119〜1125, 1996.

2971. [原著] ホジキン病での各種EBウイルス検出法の検討. 馬越智浩,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 89(9): 1131〜1136, 1996.

2972. [原著] 頭頚部領域に発生したサルコイドーシス−自験例7例の臨床的検討−. 鈴木立俊,高橋広臣,八尾和雄,青柳聡(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 68(13): 1047〜1051, 1996.

2973. [原著] 口蓋垂軟口蓋咽頭形成術施行上の問題点. 望月高行,岡本牧人,佐野肇,長沼英明,設楽哲也(耳鼻),星野真理子,後藤文夫(麻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 68(5): 399〜403, 1996.

2974. [原著] 舌の解剖−加齢変化を中心に−. 中山明仁,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,広島屋孝,伊藤能成(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(2): 99〜104, 1997.

2975. [原著] アレルギー性鼻炎に対する化学剤手術−治療による活性化好酸球数の検討−. 八尾和雄,設楽哲也,高橋広臣,西山耕一郎,井口芳明,山本一博,鈴木立俊(耳鼻): 頭頚部外科, 6(2): 99〜104, 1996.

2976. [原著] 喉頭癌患者死亡例の検討. 中山明仁,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,馬越智浩(耳鼻): 頭頚部腫瘍, 23(1): 156〜159, 1997.

2977. [原著] 外傷性喉頭狭窄の検討−声門・声門上狭窄症例について−. 平山方俊,設楽哲也,岡本牧人,八尾和雄,山本一博,山中盾,広瀬肇,青柳聡(耳鼻): 日本気管食道科学会会報, 47(4): 375〜380, 1996.

2978. [原著] 一部レーザーを用いたラインケ浮腫に対する手術法. 山口宏也,井上斉(専売病院),広瀬肇(耳鼻): 日本気管食道科学会会報, 47(4): 411〜414, 1996.

2979. [原著] Head Rotationでの嚥下訓練が極めて有効であった嚥下困難症例. 河合敏,佃守,池間陽子,榎本浩幸,古川政樹,持松いづみ(横浜市大),広瀬肇(耳鼻): 日本気管食道科学会会報, 48(1): 24〜28, 1996.

2980. [原著] アレルギー性鼻炎下鼻甲介粘膜における神経ペプチドの分布: 部位による相違と下甲介化学剤手術による効果. 山本一博(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(4): 533〜543, 1996.

2981. [原著] 縦断的研究による聴力閾値の加齢変化. 小野雄一(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(4): 558〜566, 1996.

2982. [原著] 遊離腹直筋皮弁で再建した喉頭温存舌癌症例の構音機能. 池間陽子,佃守,持松いづみ,河合敏,榎本浩幸,周莉新,吉田豊一(横浜市大),広瀬肇(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(6): 859〜868, 1996.

2983. [原著] 高齢者の聴力の実態について. 八木昌人,川端五十鈴(埼玉医大),佐藤恒正(東京警察病院),鳥山稔(国立国際医療センター),山下公一(金沢医大),牧嶋和見(産業医大),村井和夫 (岩手医大),原田勇彦(東大),岡本牧人(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(6): 869〜874, 1996.

2984. [原著] 遊離腹直筋皮弁で再建した舌・口腔底癌術後症例の嚥下機能−再建組織の重きの定量的評価−. 榎本浩幸,佃守,持松いづみ,河合敏,池間陽子,吉田豊一(横浜市大),広瀬肇(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99: 1729〜1737, 1996.

2985. [原著] Re-evaluation of uvulopalatopharyngoplasty (UPPP) for obstructive sleep apnea syndrome from the viewpoint of mesopharyngometry. 岡本牧人,望月高行,長沼英明,佐野肇(耳鼻): 北里医学, 26(2): 94〜98, 1996.

2986. [準原著(英文)] Acoustic change in voice after torsillectomy. Saida, H.,広瀬肇(耳鼻): Acta Otolaryngol., 523(Suppl.): 239〜241, 1996.

2987. [準原著(英文)] Full-field optokinetic nystagmus induced in whole body tilt positions. 新井基洋(耳鼻),Dai, M.,Raphan, T.,Cohen, B.: Journal of Vestibular Research, 6(4s): 18, 1996.

2988. [短報・速報] 喉頭截開術による乳幼児の喉頭・気道狭窄の治療. 青柳聡,小川克二,平山方俊,井口芳明,小野雄一(耳鼻): 日本気管食道科学会会報, 47: 44〜49, 1996.

2989. [研究報告(厚生省)] 突発性難聴の受診病日別の初診時聴力とその回復. 設楽哲也,佐野肇,岡本牧人,平山方俊,小野雄一(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.77〜78, 1996.

2990. [研究報告(厚生省)] 急性中耳炎を伴った突発難聴. 岡本牧人,望月高行,設楽哲也,佐野肇,平山方俊(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.101〜104, 1996.

2991. [研究報告(厚生省)] 突発性難聴早期受診者における治療効果. 設楽哲也,佐野肇,平山方俊,小野雄一(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.109〜110, 1996.

2992. [研究報告(厚生省)] 突発性両側性感音難聴の加齢変化. 岡本牧人,設楽哲也,平山方俊,佐野肇,小野雄一(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.137〜138, 1996.

2993. [研究報告(厚生省)] 特発性両側性感音難聴の検討. 設楽哲也,平山方俊,岡本牧人,佐野肇,小野雄一(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.139〜141, 1996.

2994. [研究報告(厚生省)] ベーチェット病と難聴. 岡本牧人,広島屋孝(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.177〜182, 1996.

2995. [研究報告(厚生省)] 軽度低音障害型難聴を認めたTullio現象の1症例. 設楽哲也,鈴木立俊,岡本牧人,徳増厚二,西山耕一郎(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.199〜200, 1996.

2996. [研究報告(厚生省)] プールドコントロールスタディを用いた突発性難聴の疫学的研究. 柳田則之,中島務,川村孝,大野良之,岡本牧人,設楽哲也(耳鼻): 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.211〜213, 1996.

2997. [研究報告(厚生省)] 急性高度難聴の全国疫学調査(1). 柳田則之,設楽哲也(耳鼻),中島務,大野良之,玉腰暁子: 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.215〜218, 1996.

2998. [研究報告(厚生省)] 急性高度難聴の全国疫学調査(2)−第二次調査について−. 柳田則之,設楽哲也(耳鼻),中島務,大野良之,玉腰暁子: 急性高度難聴調査研究班平成7年度研究業績報告書, p.219〜224, 1996.

2999. [研究報告(厚生省)] 75歳以上の高齢者の純音聴力. 柳田則之,中島務,草刈潤,市川銀一郎,鳥山稔,岡本牧人(耳鼻),稲福繁,斎藤春雄: 長寿科学総合研究平成7年度研究報告, 4: 251〜255, 1996.

3000. [研究報告(厚生省)] 高齢者の聴覚障害平成7年度研究報告. 岡本牧人,佐野肇,長沼英明,設楽哲也,小野雄一,平山方俊(耳鼻): 長寿科学総合研究平成7年度研究報告, 4: 262〜268, 1996.

3001. [症例報告] 肺癌の脳転移による眼球運動障害. 徳増厚二(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 89(8): 916〜917, 1996.

3002. [症例報告] 内頚静脈奇形の1症例. 新田光邦,高橋広臣,岡本牧人,中山明仁,馬越智浩,望月高行(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 68(10): 882〜884, 1996.

3003. [症例報告] 悪性腫瘍を疑った扁桃結核の1例. 鐵田晃久,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,西山耕一郎,馬越智浩(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 68(5): 434〜435, 1996.

3004. [症例報告] 超音波透視下に摘出した顔面微小金属片異物の1例. 鐵田晃久,小川克二,井口芳明,小野雄一(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(2): 156〜158, 1997.

3005. [症例報告] 上咽頭側壁にみられた嚢胞の1例. 山中盾,八尾和雄,馬越智浩,望月高行(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(2): 172〜175, 1997.

3006. [症例報告] 特発性縦隔気腫の1例. 越野樹典,広瀬肇,岡本牧人,八尾和雄,平山方俊,青柳聡,山中盾(耳鼻): 日本気管食道科学会会報, 47(3): 333〜339, 1996.

3007. [総説] 口腔の潰瘍性疾患. 高橋広臣(耳鼻): JOHNS, 12(12): 1757〜1760, 1996.

3008. [総説] 岡田和一郎教授と喉頭ポリーペン. 広瀬肇(耳鼻): JOHNS, 12(8): 1138〜1140, 1996.

3009. [総説] 生理音声学の展望. 広瀬肇(耳鼻): 音声学会会報, 211: 63〜70, 1996.

3010. [総説] 発声機能検査の有用性(その2). 山口宏也(東京専売病院),広瀬肇(耳鼻): 喉頭, 8: 92〜96, 1996.

3011. [総説] 口腔内の早期癌とその鑑別診断. 高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(2): 120〜124, 1997.

3012. [総説] 睡眠時無呼吸症候群−耳鼻咽喉科的診断と治療を中心に−. 望月高行,岡本牧人(耳鼻),福田紀子,片桐真人,阿部直(内): 北里医学, 26(2): 87〜93, 1996.

3013. [講座] めまい治療とインフォームド・コンセント. 徳増厚二(耳鼻): JOHNS, 12(8): 1134〜1136, 1996.

3014. [講座] 特集・頭頚部外科手術マニュアル−私の方法−頚部の手術, 頚部嚢胞摘出術, 1)正中頚嚢胞(甲状舌管嚢胞)摘出術, 2)側頚嚢胞(鰓性嚢胞)摘出術. 高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 68(11): 139〜144, 1996.

3015. [講座] , 中山書店, 東京,96.05.31発行.

3025. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の治療指針; いびき, 睡眠時無呼吸症候群, p.838〜839, 岡本牧人(耳鼻). 編集 稲垣義明,多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京,96.01.15発行.

3026. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 抗生物質適正使用ハンドブック; 耳鼻咽喉科領域の感染症, p.319〜321, 鈴木立俊,八尾和雄(耳鼻). 編集 黒山政一(北里大), 薬業時報社, 東京,97.03.15発行.

3027. [学会(国際)] (特別講演) Phonosurgery in Japan. 広瀬肇(耳鼻): 1st East Asia Conference on Phonosurgery (97.03.19), 東京.

3028. [学会(国際)] (一般講演) A morphological study of the human epipharyngeal mucosa. 永井浩巳,高橋広臣,八尾和雄(耳鼻): 3rd Congress of European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (96.06.12), Budapest, Hungary.

3029. [学会(国際)] (一般講演) Evaluation of activated eosinophil infiltration after trichloroacetic acid treatment for allergic rhinitis. 八尾和雄,西山耕一郎,井口芳明,竹内義夫(耳鼻): 3rd Congress of European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (96.06.12), Budapest, Hungary, EUFOS, 3: 221, 1996.

3030. [学会(国際)] (一般講演) A quasi-sound-field system for the test of hearing aid. 竹内義夫,八尾和雄(耳鼻): 23rd International Congress of Audiology (96.06.20), Bari, Italy.

3031. [学会(国際)] (一般講演) Retrospective prognosis of Meniere's disease in long term observation. 徳増厚二,藤野明人,長沼英明,星野功,新井基洋(耳鼻): The Satellite Meeting on Meniere's Disease (96.08.08), Port Donglas, Australia.

3032. [学会(国際)] (一般講演) Relationship between benign paroxysmal positional vertigo and positional vertigo with horizontal positional nystagmus of direction-changing type. 徳増厚二,藤野明人,長沼英明,星野功,新井基洋(耳鼻): 19th Meeting of the Barany Society (96.08.14), Sydney.

3033. [学会(国際)] (一般講演) Horizonta OKAN in peripheral and central vestibular disorders. 徳増厚二,新井基洋(耳鼻),伊保清子,浅野和江,中西薫,村山真弓(臨検): 8th Meeting of Afternystagmus Study Group (96.08.15), Sydney.

3034. [学会(国際)] (一般講演) Care of voice. Yamaguchi H.(東京専売病院),広瀬肇(耳鼻): 21st International Annual Congress of the Collegium Medicorum Theatri (96.08.19), Salsomaggiore.

3035. [学会(国際)] (一般講演) Emotional expression in singing voice. Sakata T.,Ishige M.,Niimi S.(東大),広瀬肇(耳鼻): 21st International Annual Congress of the Collegium Medicorum Theatri (96.08.19), Salsomaggiore.

3036. [学会(国際)] (一般講演) A recent advance of the high speed imaging system. 広瀬肇(耳鼻),Kiritai, S.,新美成二(東大): 21st International Annual Congress of the Collegium Medicorum Theatri (96.08.20), Salsomaggiore.

3037. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of aging in human pure-tone hearing level from the viewpoint of hearing distribution. 岡本牧人,佐野肇,小野雄一,平山方俊,設楽哲也(耳鼻): 23rd International Congress of Audiology (96.06.17), Bari, Italy.

3038. [学会(国際)] (ポスター講演) Prediction of natural course in sudden deafness. 佐野肇,岡本牧人,設楽哲也,平山方俊,小野雄一(耳鼻): 23rd International Congress of Audiology (96.06.19), Bari, Italy.

3039. [学会(国際)] (ポスター講演) Detection of Epstein-Barr virus in nasal T cell lymphoma. 馬越智浩,高橋広臣(耳鼻),亀谷徹(病理),岡本牧人(耳鼻),佐藤雄一(病理),八尾和雄,中山明仁(耳鼻): 4th International Conference on Head and Neck Cancer (96.07.28〜08.01), Toronto, Abstract Book, p.199, 1996.

3040. [学会(国際)] (ポスター講演) Patterns of growth and spread of hypopharyngeal cancer; (3D) Analyses of wholemount serial sections. 中山明仁,岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,馬越智浩,鈴木立俊(耳鼻): 4th International Conference on Head and Neck Cancer (96.07.28〜08.01), Toronto, Abstract Book, p.255, 1996.

3041. [学会(国際)] (ポスター講演) Adenoid cystic carcinoma in the head and neck region. 橋本晋一郎,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 4th International Conference on Head and Neck Cancer (96.07.28〜08.01), Toronto, Abstract Book, p.259, 1996.

3042. [学会(国際)] (ポスター講演) Three-dimentional analysis of the saccular maculae. 長沼英明(耳鼻),R.I. Kohut,J.H. Ryu(The Bowman Gray Sch. Med.),徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功(耳鼻): 19th Meeting of the Barany Society (96.08.14), Sydney.

3043. [学会(国際)] (ポスター講演) Neuro-otological examinations of vertigo-with-aortitis syndrome. 星野功,徳増厚二,藤野明人,長沼英明,新井基洋(耳鼻): 19th Meeting of the Barany Society (96.08.14), Sydney, Journal of Vestibular Research, 6(Suppl. 4): 32, 1996.

3044. [学会(国際)] (ポスター講演) Difference in nature between allergic rhinitis and vasomotor rhinitis by electrophoretic evaluation. 井口芳明,八尾和雄(耳鼻),鹿取信(薬理),越野樹典(耳鼻): AAO-HNSF (96.10.01), ワシントンD.C.

3045. [学会(全国)] (特別講演) 喉頭・声・ことば. 広瀬肇(耳鼻): 第32回日本声楽発声学会総会 (96.05.25), 東京.

3046. [学会(全国)] (シンポジウム等) 神経喉頭科学−最新の展開−. 広瀬肇(耳鼻),吉田義一(久留米大): 第97回日本耳鼻咽喉科学会総会 (96.05.23), 福岡, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(10): 1570, 1996.

3047. [学会(全国)] (シンポジウム等) 鼻アレルギーの手術的治療−化学剤による下鼻甲介手術. 八尾和雄,設楽哲也(耳鼻): 第6回日本頭頚部外科学会 (97.01.25), 神戸, 予稿集, p.45, 1996.

3048. [学会(全国)] (一般講演) 声の衛生. 井上斉,渡嘉敷亮二,山口宏也,渡辺陽子(東京専売病院),広瀬肇,小林範子(耳鼻): 第97回日本耳鼻咽喉科学会総会 (96.05.23), 福岡, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(10): 1550, 1996.

3049. [学会(全国)] (一般講演) 舌の機能的再建とその評価. 持松いづみ,佃守,榎本浩幸,河合敏,池間陽子(横浜市大),広瀬肇(耳鼻): 第97回日本耳鼻咽喉科学会総会 (96.05.23), 福岡, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(10): 1614, 1996.

3050. [学会(全国)] (一般講演) 高齢者の純音聴力について. 岡本牧人,設楽哲也,小野雄一,佐野肇,平山方俊(耳鼻): 第97回日本耳鼻咽喉科学会総会 (96.05.25), 福岡, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 99(10): 1631〜1632, 1996.

3051. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭癌患者死亡例の臨床的検討. 中山明仁,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,馬越智浩(耳鼻): 第20回日本頭頚部腫瘍学会 (96.07.12), 福井, 頭頚部腫瘍, 22(2): 292, 1996.

3052. [学会(全国)] (一般講演) 頭頚部領域の悪性リンパ腫における骨髄生検の有用性について. 馬越智浩,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁(耳鼻): 第20回日本頭頚部腫瘍学会 (96.07.12), 福井, 頭頚部腫瘍, 22(2): 306, 1996.

3053. [学会(全国)] (一般講演) 頭頚部悪性腫瘍における頚動脈出血症例の検討. 加藤幸子,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 第20回日本頭頚部腫瘍学会 (96.07.13), 福井, 頭頚部腫瘍, 22(2): 380, 1996.

3054. [学会(全国)] (一般講演) 両側内頚静脈結紮術症例の検討. 望月高行,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 第20回日本頭頚部腫瘍学会 (96.07.13), 福井, 頭頚部腫瘍, 22(2): 383, 1996.

3055. [学会(全国)] (一般講演) 副咽頭間隙に発生した横紋筋肉腫の1症例. 山中盾,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 第20回日本頭頚部腫瘍学会 (96.07.13), 福井, 頭頚部腫瘍, 22(2): 388, 1996.

3056. [学会(全国)] (一般講演) 鼻腔内に浸潤をきたした脳下垂体腫瘍の1例. 山崎公義,西山耕一郎(耳鼻),藤和彦: 第20回日本頭頚部腫瘍学会 (96.07.13), 福井, 頭頚部腫瘍, 22(2): 393, 1996.

3057. [学会(全国)] (一般講演) 舌・顆粒細胞腫の5症例. 八尾和雄,高橋広臣,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,鈴木立俊,新田光邦(耳鼻): 第9回日本口腔・咽頭科学会 (96.09.14), 沖縄, 口腔・咽頭科, 9(1): 115, 1996.

3058. [学会(全国)] (一般講演) 耳管隆起部に発生したOncocytomaの1症例. 山崎公義,小野雄一,西山耕一郎,藤野明人,高橋広臣(耳鼻): 第9回日本口腔・咽頭科学会 (96.09.14), 沖縄, 口腔・咽頭科, 9(1): 137, 1996.

3059. [学会(全国)] (一般講演) 咽頭アミロイドーシスの1例. 西山耕一郎,小野雄一,山崎公義,高橋広臣(耳鼻): 第9回日本口腔・咽頭科学会 (96.09.14), 沖縄, 口腔・咽頭科, 9(1): 197, 1996.

3060. [学会(全国)] (一般講演) 頭頚部悪性腫瘍患者の栄養管理. `白質成分に関する検討(第3報). 井口芳明,八尾和雄,西山耕一郎,山本一博,鈴木立俊(耳鼻): 第35回日本鼻科学会 (96.10.25), 仙台, 日本鼻科学会会誌, p.100, 1996.

3070. [学会(全国)] (一般講演) 通年性鼻アレルギーに対するオキサトシドの効果−鼻汁中組織カリクレイン血清ZCPについて−. 西山耕一郎,八尾和雄,井口芳明,山本一博,鈴木立俊(耳鼻),馬嶋正隆(薬理): 第35回日本鼻科学会 (96.10.25), 仙台, 日本鼻科学会会誌, p.101, 1996.

3071. [学会(全国)] (一般講演) 鼻副鼻腔の内視鏡下手術における新しい試み. 樋口彰宏,斉藤大,新井基洋,岡本牧人,八尾和雄(耳鼻): 第35回日本鼻科学会 (96.10.25), 仙台, 日本鼻科学会会誌, p.61, 1996.

3072. [学会(全国)] (一般講演) 高速度ディジタル撮影装置による所謂Vocal fryの声帯振動の観測. 岩本容武(東大),山中盾(耳鼻),熊田政信(阪大),今川博,桐谷滋,新美成二(東大): 第41回日本音声言語医学会 (96.11.09), 東京, 予稿集, p.102, 1996.

3073. [学会(全国)] (一般講演) 患者と家族のための食道音声の紹介ビデオ. 岡本朗子,小林範子,小池三奈子,木村由紀,平井沢子,広瀬肇(耳鼻): 第41回日本音声言語医学会 (96.11.09), 東京, 予稿集, p.107, 1996.

3074. [学会(全国)] (一般講演) 外転型痙攣性発声障害に対する音声学的分析. 渡嘉敷亮二,山口宏也,渡辺陽子(東京専売病院),広瀬肇(耳鼻),世木秀明(千葉工大): 第41回日本音声言語医学会 (96.11.09), 東京, 予稿集, p.108, 1996.

3075. [学会(全国)] (一般講演) 失語症患者における同一意味カテゴリーに属する名詞を用いた聴覚的理解訓練の効果. 安田菜穂(耳鼻): 第41回日本音声言語医学会 (96.11.09), 東京, 予稿集, p.20, 1996.

3076. [学会(全国)] (一般講演) 効果的な音声治療のポイント. 渡辺陽子,山口宏也(東京専売病院),井上斉(東京医大),広瀬肇(耳鼻): 第41回日本音声言語医学会 (96.11.10), 東京, 予稿集, p.160, 1996.

3077. [学会(全国)] (一般講演) 心因性構音障害の1例. 福島由美,広瀬肇(耳鼻): 第41回日本音声言語医学会 (96.11.10), 東京, 予稿集, p.161, 1996.

3078. [学会(全国)] (一般講演) 軽・中等度難聴児のコミュニケーション・ストラテジーについて. 木村由紀(耳鼻): 第41回日本音声言語医学会 j] (一般講演) 正常者の水平視運動性眼振(HOKAN)における体位の影響. 新井基洋(耳鼻),Mingjiai Dai,Theodre Raphan,Bernard Cohen: 第55回日本平衡神経科学会 (96.11.21), 京都.

3090. [学会(全国)] (一般講演) メニエール病診断基準について. 徳増厚二,藤野明人,長沼英明,星野功,新井基洋,越野樹典(耳鼻),米田敏(生物物理系),岡本牧人(耳鼻): 第55回日本平衡神経科学会 (96.11.21), 京都, 予稿集, p.117, 1996.

3091. [学会(全国)] (一般講演) 対側型遅発性内リンパ腫の2症例. 越野樹典,徳増厚二,長沼英明,星野功,藤野明人,新井基洋(耳鼻): 第55回日本平衡神経科学会 (96.11.21), 京都, 予稿集, p.134, 1996.

3092. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院めまい外来の25年間のまとめ. 星野功,徳増厚二,藤野明人,長沼英明,新井基洋,越野樹典(耳鼻),米田敏(生物物理系): 第55回日本平衡神経科学会 (96.11.21), 京都, 予稿集, p.135, 1996.

3093. [学会(全国)] (一般講演) 電気声門図(EGG)の声帯超高速度ディジタル撮影法による解析. 山中盾(耳鼻),石毛美代子,岩本容武,今川博,桐谷滋,新美成二(東大): 第9回日本喉頭科学会 (97.03.22), 東京.

3094. [学会(全国)] (一般講演) 声帯嚢胞症例の手術に於ける2ー3の工夫. 山口宏也,渡嘉敷亮二(東京専売病院),広瀬肇(耳鼻): 第9回日本喉頭科学会 (97.03.22), 東京, 予稿集, p.104, 1997.

3095. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭所見と逆流性食道炎の関連について. 渡嘉敷亮二,山口宏也(東京専売病院),井上斉(東京医大),広瀬肇(耳鼻): 第9回日本喉頭科学会 (97.03.22), 東京, 予稿集, p.112, 1997.

3096. [学会(全国)] (一般講演) 混合性喉頭麻痺の検討. 池間陽子,佃守,陰里ゆうみ(横浜市大),柊光一(柊耳鼻咽喉科クリニック),古川政樹,持松いづみ,大石公直(横浜市大),広瀬肇(耳鼻),澤島政行 (横浜船員保険病院): 第9回日本喉頭科学会 (97.03.22), 東京, 予稿集, p.74, 1997.

3097. [学会(全国)] (ポスター講演) 鼻腔リンパ腫におけるEBVの有無の検討. 馬越智浩(耳鼻),佐藤紅緒(形態系),佐藤雄一(病理),高橋広臣(耳鼻),亀谷徹(病理): 第55回日本癌学会総会 (96.10.10), 横浜, Proceedings, p.529, 1996.

3098. [学会(全国)] (ポスター講演) (96.09.07), 川崎.

3110. [学会(地方)] (一般講演) 当科におけるKi-1 positive anaplastic large cell lymphomaの2症例. 鐵田晃久,岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 第97回耳鼻咽喉科神奈川県地方部会 (96.09.07), 川崎.

3111. [学会(地方)] (一般講演) 異常眼球運動を示した多発性硬化症の1例. 広島屋孝,徳増厚二,藤野明人,長沼英明,星野功,新井基洋,新田光邦,越野樹典(耳鼻): 第97回耳鼻咽喉科神奈川県地方部会 (96.09.07), 川崎.

3112. [学会(地方)] (一般講演) 深頚部膿瘍が疑われた上部食道憩室の1例. 永井浩巳,金子功,原田宏一,青柳聡(耳鼻): 第64回日本耳鼻咽喉科学会埼玉県地方部会 (96.12.08), 浦和.

3113. [学会(地方)] (一般講演) 急性音響外傷で受診した聴神経腫瘍の1例. 鈴木立俊,岡本牧人,徳増厚二,長沼英明,佐野肇,平山方俊,中山明仁,星野功,新井基洋,小野雄一(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (96.12.14), 横浜.

3114. [学会(地方)] (一般講演) 長期の経過後に悪性化した上顎洞乳頭腫の1例. 新田光邦,岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (96.12.14), 横浜.

3115. [学会(地方)] (一般講演) サファーズ・イアーの1例. 西山耕一郎,小野雄一,山崎公義(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (96.12.14), 横浜.

3116. [学会(地方)] (一般講演) 当院における耳下腺腫瘍の臨床統計. 中村要,藤野明人,橋本晋一郎(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (96.12.14), 横浜.

3117. [学会(地方)] (一般講演) 顔面神経麻痺と反回神経麻痺をきたしたサルコイドーシスの1症例. 小野雄一,西山耕一郎,山崎公義(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (96.12.14), 横浜.

3118. [学会(地方)] (一般講演) 最近3年間の当科での扁桃摘出術症例の検討. 加藤幸子,小川克二,井口芳明,山本一博(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (96.12.14), 横浜.

3119. [学会(地方)] (一般講演) ウェルニッケ脳症の1症例. 山崎公義,岡本牧人,徳増厚二,長沼英明,星野功,藤野明人,新井基洋(耳鼻): 第99回耳鼻咽喉科・頭頚部外科学術講演会 (97.03.15), 横浜.

3120. [学会(地方)] (一般講演) 下顎骨ameloblastoma症例の検討. 鐵田晃久,岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,中山明人,馬越智浩,山中盾,鈴木立俊,新田光邦,伊藤能成(耳鼻): 第99回耳鼻咽喉科神奈川県地方部会 (97.03.15), 横浜.

3121. [学会(地方)] (一般講演) 鼻腔に逆生した過剰歯を核とした鼻石症例. 中村要,藤野明人,橋本晋一郎(耳鼻),山崎健(藤沢市): 第99回耳鼻咽喉科神奈川県地方部会 (97.03.15), 横浜.

3122. [学会(地方)] (一般講演) 鼻出血により発見された鼻前庭血管平滑筋腫の1例. 山本一博,小川克二,井口芳明,加藤幸子(耳鼻): 第99回耳鼻咽喉科神奈川県地方部会 (97.03.15), 横浜.

3123. [研究会(全国)] (一般講演) Head rotation下の嚥下訓練の有用性と限界について−最近経験した症例から−. 河合敏,佃守,池間陽子,榎本浩幸,古川政樹,持松いづみ(横浜市大),広瀬肇(耳鼻): 第5回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会 (96.04.13), 東京.

3124. [研究会(全国)] (一般講演) 閉塞性睡眠時無呼吸症候群−挿管困難例とセファロメトリーの検討−. 望月高行,岡本牧人(耳鼻),後藤文夫,星野真理子(麻): 第16回睡眠呼吸障害研究会 (96.07.13), 東京.

3125. [研究会(全国)] (一般講演) 加齢による聴力進行の検討. 小野雄一,西山耕一郎,岡本牧人(耳鼻): 第7回耳鼻咽喉科と老化の研究会 (96.07.19), 東京.

3126. [研究会(全国)] (一般講演) 人間ドック受診者の聴力の推移−左右差について−. 小野雄一,岡本牧人,佐野肇,平山方俊,西山耕一郎,伊藤能成(耳鼻): 平成8年度厚生省長寿科学高齢者難聴の病態, 予防, リハビリテーションに関する研究 (96.12.12), 名古屋.

3127. [研究会(全国)] (一般講演) 北里大学病院における聴覚リハビリテーション. 鈴木恵子,岡本朗子,木村由紀,岡本牧人,平山方俊,佐野肇,柴崎敦子(耳鼻): 平成8年度厚生省長寿科学高齢者難聴の病態, 予防, リハビリテーションに関する研究. (96.12.12), 名古屋.

3128. [研究会(地方)] (特別講演) 補聴器外来と聴覚リハビリテーション. 岡本牧人(耳鼻): 第48回相武耳鼻科研究会 (96.09.21), 町田.

3129. [研究会(地方)] (特別講演) 音声障害の臨床. 広瀬肇(耳鼻): 第9回福島県耳鼻咽喉科医会臨床研修会 (96.09.28), 福島.

3130. [研究会(地方)] (特別講演) 睡眠時無呼吸症候群について. 岡本牧人(耳鼻): 横浜北部耳鼻咽喉科研究会 (97.01.23), 横浜.

3131. [研究会(地方)] (特別講演) 我々の教室で行っているアレルギー性鼻炎の治療−スギ花粉症を中心に−. 八尾和雄(耳鼻): 相模原市医師会学術講演会 (97.01.30), 相模原.

3132. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 病診連携の現状と将来. 八尾和雄(耳鼻): 第48回相武耳鼻科研究会 (96.09.21), 町田.

3133. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 声帯癒着症の治療. 平山方俊(耳鼻): 第8回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頚部外科手術手技研究会 (96.12.12), 横浜.

3134. [研究会(地方)] (一般講演) 医療衛生学部リハビリテーション学科−言語聴覚学専攻の紹介−. 佐野肇(耳鼻): 第48回相武耳鼻科研究会 (96.09.21), 町田.

3135. [研究会(地方)] (一般講演) 音声リハビリテーション. 平山方俊(耳鼻): 第48回相武耳鼻科研究会 (96.09.21), 町田.

3136. [学術賞(国内)] 佐藤論文賞(日本音響学会), 広瀬肇(耳鼻).


<<27 精神科学>>

3137. [原著] Letter from Kobe: Demands for night-time emergency psychiatric service following the great Hanshin Awaji earthquake. 吉岡正哉,中野智仁,轟純一,轟慶子,中島節夫(精): Copyright 1966 Medicine and Global Survival (M & GS is published on the World Wide Web at http://www.healthnet.org/MGS.1996.)

3138. [原著] Sleep disturbance of end-stage renal disease. 吉岡正哉(精): Jpn. J. Psychiatry Neurol., 47(4): 847〜851, 1993.

3139. [原著] Ganglioside alterations in the central and peripheral nervous systems of patients with Creutzfeldt-Jakob disease. 大谷義夫(精),玉井洋一(生化),大貫裕子(生物化学系),三浦貞則(医療衛生学部): Neurodegeneration, 5: 154〜169, 1996.

3140. [原著] 自律訓練法による介護疲労軽減効果. 福山嘉綱(総合相談),中島節夫(精),長谷川一子,古和久幸(内): 自律訓練研究, 16(1): 54〜61, 1996.

3141. [原著] アルコール依存症者に対するMMPI-2の試行. 早馬俊(精),小口徹(看護学部),村岡英雄,白川教人,鈴木牧彦,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生学部): 神奈川県精神医学会誌, 46: 91〜96, 1996.

3142. [原著] 精神分裂病患者の運動前後の身体知覚の変化. 幸田るみ子,白木原市次,坪内友美(リハ部),鈴木牧彦,笠原友幸,福山嘉綱,西脇淳(精): 精神医学, 38(10): 1073〜1077, 1996.

3143. [原著] 抗不安薬の臨床用量依存. 村崎光邦(精): 精神神経学雑誌, 98: 612〜621, 1996.

3144. [原著] 北里大学病院及び北里大学東病院外来の初診患者における睡眠習慣と睡眠障害に関する調査研究−特に不眠症の実態について−. 村岡英雄,石郷岡純,鈴木牧彦,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生学部): 北里医学, 26(6): 358〜374, 1996.

3145. [原著] 精神科入院患者の死亡に関する調査. 安井正(精): 北里医学, 26(6): 384〜389, 1996.

3146. [原著] 精神分裂病の死亡に関する研究. 安井正(精): 北里医学, 26(6): 390〜396, 1996.

3147. [原著] 肝移植のコンサルテーション・リエゾン精神医学. 佐藤喜一郎,遠乗秀樹,取出涼子(精): 臨床精神医学, 25(12): 1481〜1487, 1996.

3148. [準原著] 強迫障害−パニック障害を中心に−. 種田真砂雄(精): Modern Medicine, 3(3): 126〜129, 1996.

3149. [短報・速報] 第6回日本臨床精神神経薬理学会印象記. 村崎光邦(精): 精神医学, 39: 336, 1997.

3150. [研究報告(厚生省)] 総括研究報告. 村崎光邦(精): 厚生省精神・神経疾患研究委託: 精神作用物質性精神障害の診断・治療に関する研究平成7年度研究報告書, p.1〜6, 1996.

3151. [研究報告(厚生省)] ベンゾジアゼピン系薬物の臨床用量依存について−その3; MMPI-2による長期使用者の性格特性調査とQOL評価−. 村崎光邦,井沢志名野,鈴木勇一,早馬俊,杉山健志,鈴木牧彦(精),竹内尚子(薬剤部): 厚生省精神・神経疾患研究委託: 精神作用物質性精神障害の診断・治療に関する研究平成7年度研究報告書, 1996.

3152. [研究報告(その他公的な報告)] ストレス評価法等に関する研究. 菊池長徳(東女医大),吾郷晋浩(国立精神神経センター),中島節夫(精),野村忍(東大),杉江征(筑波大): 労働省作業関連疾患対策研究報告書, 1996.

3153. [症例報告] 行動化を繰り返した透析療法中の青年期の患者. 佐藤喜一郎(精): 臨床透析, 12(9): 1263〜1269, 1996.

3154. [臨床治験] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬SME3110 (fluroxamine maleate)のうつ病, うつ状態に対する前期第U相試験. _薬理, 8: 35〜62, 1996.

3169. [総説] 文明から文化へ−透析医療は文化になりうるか−. 佐藤喜一郎(精): 腎と透析, 40(別冊): 11〜14, 1996.

3170. [総説] わが国の治験のあり方の問題点. 村崎光邦(精): 精神医学, 38: 1130〜1131, 1996.

3171. [総説] 精神医学的立場からみた臓器移植. 佐藤喜一郎(精): 総合病院精神医学, 8(2): 154〜161, 1996.

3172. [総説] 透析患者への向精神薬の使い方 (1)抗不安薬・睡眠薬. 遠乗秀樹,佐藤喜一郎(精): 透析ケア, 2(11): 73〜84, 1996.

3173. [総説] 精神医学的立場からみた糖尿病性腎症患者. 佐藤喜一郎,遠乗秀樹(精): 透析ケア, 2(9): 894〜898, 1996.

3174. [総説] セロトニン作動性抗不安薬の作用機序. 村崎光邦(精): 日本病院薬剤師会雑誌, 33(3): 299〜306, 1997.

3175. [総説] 薬物依存をめぐって. 村崎光邦(精): 脳と精神の医学, 7: 135〜136, 1996.

3176. [総説] SSRIの臨床. 村崎光邦(精): 脳と精神の医学, 7: 53〜65, 1996.

3177. [総説] 睡眠薬の正しい理解と使い方. 村崎光邦(精): 不定愁訴, 42: 9〜16, 1997.

3178. [総説] 精神症状の客観的評価−不眠の評価−. 高橋明比古,村崎光邦(精): 臨床精神医学, (増刊): 73〜88, 1996.

3179. [総説] 大学病院精神科における精神科救急医療. 中島節夫,村崎光邦(精): 臨床精神医学, 25(6): 649〜654, 1996.

3180. [総説] メタ認知. 種田真砂雄(精): 臨床精神医学, 26(1): 126〜127, 1997.

3181. [総説] 抗不安薬の相互作用. 村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 26: 179〜190, 1997.

3182. [総説] 透析患者の妊娠・出産と精神心理的問題. 佐藤喜一郎(精): 臨床透析, 12(4): 419〜423, 1996.

3183. [総説] 子どもの死と親の反応−白血病と腎移植の患児の死を通して−. 佐藤喜一郎(精): 臨床透析, 12(9): 1287〜1294, 1996.

3184. [総説] 老年期における気分障害. 村崎光邦(精): 老年精神医学雑誌, 8: 250〜260, 1997.

3185. [講座] 原発性不眠症. 稲見允昭(精): Clin. Neurosci., 14(11): 1259〜1261, 1996.

3186. [講座] おとしよりの不眠を探る. 村崎光邦(精): やさしい手, 53: 19〜23, 1997.

3187. [学術書] (単著) 精神治療薬大系第4巻, 抗不安薬, 睡眠薬; 村崎光邦(精). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 97.02.00発行.

3188. [学術書] (分担執筆) 精神科デイケア; 大学病院におけるデイケア−北里大学東病院におけるデイケア−, 中島節夫(精). 編集 村田信男(都立中部総合精神保健福祉センター),浅井邦彦(浅井病院), 医学書院, 東京, 96.07.01発行.

3189. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系第1巻, 向精神薬の歴史・基礎・臨床. 向精神薬の体内動態, p.169〜236, 石郷岡純(精),竹内尚子(薬剤部). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(精),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 96.07.10発行.

3190. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系第1巻, 向精神薬の歴史・基礎・臨床. 向精神薬の分類, p.25〜36, 石郷岡純(精). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(精),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 96.07.10発行.

3191. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系第2巻, 抗精神病薬, 持効性抗精神病薬, 適用上の諸問題; 老年者と向精神薬, 2: 154〜169, 大谷義夫(精). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛平(慶大), 監修 三浦貞則(北里大), 星和書店, 東京, 96.09.28発行.

3192. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系第2巻, 抗精神病薬, 持効性抗精神病薬, 適用上の諸問題; 一般臨床における向精神薬投与−身体疾患に対する向精神薬投与, 2: 205〜228, 石郷岡純(精). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 96.09.28発行.

3193. [学術書] (分担執筆) 最新内科学大系69, 神経・筋疾患5, 代謝性中毒性疾患; 6. 抗うつ薬と気分安定薬, 7. 抗精神病薬, 8. 抗てんかん薬, 9. 抗不安薬・睡眠薬, p.246〜257, 村崎光邦(精). 中山書店, 東京, 96.10.00発行.

3194. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系第3巻, 抗うつ薬, 抗躁薬, 抗てんかん薬, 抗パ剤, 漢方薬, 他; 抗てんかん薬, p.143〜191, 稲見允昭(精),上島国利,田所千代子(昭和大),田島治(杏林大),浜田秀伯(慶大),神定守(青梅慶友病院),石郷岡純(精),山田和男(慶大). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 96.11.18発行.

3195. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系第3巻, 抗うつ薬, 抗躁薬, 抗てんかん薬, 抗パ剤, 漢方薬, 他; 精神刺激薬, p.251〜267, 石郷岡純(精). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 96.11.18発行.

3196. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系第3巻, 抗うつ薬, 抗躁薬, 抗てんかん薬, 抗パ剤, 漢方薬, 他; 抗酒薬, p.268〜281, 石郷岡純(精). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 96.11.18発行.

3197. [学術書] (編集) 精神治療薬大系第1巻, 向精神薬の歴史・基礎・臨床. 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(精),八木剛平(慶大), 監修 三浦貞則(北里大), 星和書店, 東京, 96.07.10発行.

3198. [学術書] (編集) 精神治療薬大系第2巻, 抗精神病薬, 持効性抗精神病薬, 適用上の諸問題. 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(精),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 96.09.28発行.

3199. [学術書] (編集) 精神治療薬大系第3巻, 抗うつ薬, 抗躁薬, 抗てんかん薬, 抗パ剤, 漢方薬, 他; 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(精),八木剛平(慶大), 監修 三浦貞則(北里大), 星和書店, 東京, 96.11.18発行.

3200. [学術書] (編集) 精神治療薬大系第4巻, 抗不安薬, 睡眠薬; 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(精),八木剛平(慶大), 監修 三浦貞則(北里大), 星和書店, 東京, 97.02.00発行.

3201. [教科書] (共著) 新精神医学; T精神医学総論 1. 症状学, 2. 診断・検査, 稲見允昭,石郷岡純,高橋明比古,若田部博文(精). 日本医事新報社, 東京, 97.02.20発行.

3202. [教科書] (分担執筆) 新精神医学; 治療, p.33〜54, 石郷岡純(精). 日本医事新報社, 東京, 97.02.20発行.

3203. [教科書] (分担執筆) 新精神医学; 身体因性精神障害, p.55〜83, 石郷岡純(精). 日本医事新報社, 東京, 97.02.20発行.

3204. [教科書] (監修) 新精神医学; 監修 稲見允昭(精), 日本医事新報社, 東京, 97.02.20発行.

3205. [その他の著書] (分担執筆) コンサルテーション・リエゾン精神医学(精神科プラクティス,第4巻); 第3章(6)腎移植, p.174〜188, 佐藤喜一郎(精). 編集 黒沢尚(日医大),市橋秀夫(市橋クリニック),皆川邦直(都立精神医学総合研究所), 星和書店, 東京, 96.07.01発行.

3206. [その他の著書] (分担執筆) 薬の正しい使い方; 精神分裂病, p.338〜340, 石郷岡純(精). 編集 日本医師会, 医学書院, 東京, 96.00.00発行.

3207. [その他の著書] (分担執筆) 思春期青年期ケース研究4: 感情障害とリズム障害; 1. 思春期の躁うつ病−発症時からの経時的検討, 4: 11〜33, 佐藤喜一郎(精). 編集 思春期青年期ケース研究編集委員会, 岩崎学術出版社, 東京, 97.00.00発行.

3208. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 解離性障害−精神医学レビュー, No.22; 解離性障害の催眠療法, 中島節夫,安井正(精). 編集 融道男(東医歯大),高橋徹(東京国際大),上島国利(昭和大),関根義夫(東大),太田龍朗(名古屋大), ライフサイエンス, 東京, 97.03.20発行.

3209. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 治療ガイド'97; 抗うつ薬, p.22〜30, 村崎光邦(精). 編集 Medical Practice編集委員会, 文光堂, 東京, 97.02.00発行.

3210. [その他の著書(啓蒙書)] (単著) 超睡眠力. 村崎光邦(精). 三修社, 東京, 96.08.00発行.

3211. [その他の著書(啓蒙書)] (単著) 三日坊主大いに結構. 村崎光邦(精). 大和書房, 東京, 96.10.00発行.

3212. [その他の著書(啓蒙書)] (単著) 睡眠薬をめぐる誤解を解く. 村崎光邦(精). ファルマシア・アップジョン, 東京, 96.00.00発行.

3213. [その他の著書(啓蒙書)] (共著) 精神医学がわかる, AERA Mook 15; 社会精神医学, 中島節夫(精). 朝日新聞社, 東京, 96.06.01発行.

3214. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 抗不安薬の選び方・使い方; 睡眠障害−不眠症, p.263〜271, 村崎光邦(精). 編集 筒井末春, 医薬ジャーナル, 東京, 96.00.00発行.

3215. [その他の著書(啓蒙書)] (監修) 服薬指導 Q & Aシリーズ: 精神科領域. 監修 村崎光邦(精). 医薬ジャーナル, 東京, 96.12.10発行.

3216. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 職場のメンタルヘルス・ケア; 職場のカウンセリングは誰が行うべきか, 中島節夫(精). 編集 白倉克之(国立久里浜病院),高田勗(中央労働災害防止協会),筒井末春(東邦医大), 南山堂, 東京, 97.02.25発行.

3217. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) Key Word; 離脱症状/遺薬症候, p.252〜253, 村崎光邦(精). 編集 松下正明,倉知正佳,樋口輝彦, 先端医学社, 東京, 97.03.00発行.

3218. [翻訳] (共著) 恐れと共に生きる(I.M. Marks著, Living with Fear). 大谷義夫(精),小口徹(看護学部). 青山社, 神奈川, 96.10.22発行.

3219. [学会(国際)] (シンポジウム等) New trends in the developmental situation of antipsychotics in Japan. 村崎光邦(精): 8th World Congress of International Society for Brain Electromagnetic Topography (96.03.07), チューリッヒ.

3220. [学会(国際)] (シンポジウム等) Developmental prospects of antidementia drugs in Japan. 村崎光邦(精): 5th International Conference on Alzheimer's Disease and Related Disorders (96.08.00), 大阪, Neurobiol. Aging, 17(Suppl.): 143, 1996.

3221. [学会(国際)] (一般講演) Psycho-social problems of living liver transplantation. 佐藤喜一郎(精),取手涼子(総合相談): 1st Congress of Asian Society for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Proffessions (96.04.18).

3222. [学会(国際)] (一般講演) Demands for the nocturnal psychiatric emergency service following the great Hanshin-Awaji earthquake. 吉岡正哉,中野智仁,中島節夫(精): 73rd Annual Meeting of Americal Orthopsychiatric Association (96.05.03), Boston, USA.

3223. [学会(国際)] (一般講演) Clinical efficacy and safety of olanzapine in Japanese schizophrenics. 石郷岡純(精),三浦貞則(医療衛生学部),村崎光邦(精),Kudo, Y.: 20th CINP Congress (96.06.24), Melbourne, Eur. Neuropsychopharmacol., 6(Suppl.3): 59, 1996.

3224. [学会(国際)] (一般講演) Long-term use of benzodiazepine hypotics. 杉山健志(精),竹内尚子(薬剤部),小林一広,井沢志名野,松本千穂,石郷岡純,村崎光邦(精): 20th CINP Congress (96.06.24), Melbourne, Eur. Neuropsychopharmacol., 6(Suppl.3): 100, 1996.

3225. [学会(国際)] (ポスター講演) Long-term treatment of a new atypical neuroleptic, SM-9018 on patients with schizophrenia. 村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生学部): 20th CINP Congress (96.06.24), Melbourne, Eur. Neuropsychopharmacol., 6(Suppl.3): 201, 1996.

3226. [学会(国際)] (ポスター講演) First open study with new antidepressant LY248686 (duloxetine) for depression in Japan. 石郷岡純,村崎光邦(精),LY248686 Study Group: 20th CINP Congress (96.06.24), Melbourne, Eur. Neuropsychopharmacol., 6(Suppl.3): 50, 1996.

3227. [学会(国際)] (ポスター講演) Phase I study of JTP-2942, a novel thyrotropin-releasing hormone analogue. 大谷義夫,吉田芳子,永山直道,井沢志名野,村崎光邦(精): 6th World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics (96.08.07), ブエノスアイレス, Acta Physiol. Pharmacol. Ther. Latinoam., p.275, 1996.

3228. [学会(国際)] (ポスター講演) A view of the long-term users of benzodiazepines. 井沢志名野,鈴木牧彦,中島節夫,鈴木勇一,早馬俊,村崎光邦(精): 10th World Congress of Psychiatry (96.08.25), Madrid, Abstracts 2, p.230, 1996.

3229. [学会(全国)] (教育講演) 精神分裂病陰性症状の薬物療法. 村崎光邦(精): 日本生物精神医学会 (96.03.29), 大阪.

3230. [学会(全国)] (教育講演) 抗不安薬の臨床用量依存. 村崎光邦(精): 第92回日本精神神経学会 (96.05.22), 札幌.

3231. [学会(全国)] (教育講演) 睡眠薬. 村崎光邦(精): 第21回日本睡眠学会学術集会 (96.06.13), 札幌.

3232. [学会(全国)] (シンポジウム等) 精神科卒後教育と学会認定医制度の現実検討−北里大学における包括的精神医療システムと卒後教育−. 中島節夫,若田部博文,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生学部): 第92回日本精神神経学会 (96.05.23), 札幌.

3233. [学会(全国)] (シンポジウム等) うつ病における不眠の治療. 石郷岡純(精): 第5回箱根精神薬理シンポジウム (96.09.07), 箱根.

3234. [学会(全国)] (シンポジウム等) 第T相試験からみた抗精神病薬の効果予測. 石郷岡純,村崎光邦(精): 第6回日本臨床精神神経薬理学会学術集会 (96.11.15), 沖縄.

3235. [学会(全国)] (シンポジウム等) 子どもたちは変わったのか. 佐藤喜一郎(精): 第12回日本精神衛生学会総会 (96.12.00), 東京.

3236. [学会(全国)] (シンポジウム等) セロトニン受容体と向精神薬開発の現状. 村崎光邦(精): 第70回日本薬理学会 (97.03.23), 千葉.

3237. [学会(全国)] (一般講演) 災害とこころのケア−救援者のストレスとその後方支援−. 桜井弘乃,堤邦彦,石川敏子(精),山賀邦子(学生相談),土井和美(生物物理系),森田左紀子(精),上條吉人(救命),村崎光邦(精): 第92回日本精神神経学会 (96.05.24), 札幌, 精神神経学雑誌, 98(10): 782〜783, 1996.

3238. [学会(全国)] (一般講演) QLS日本語翻訳版の妥当性と利用可能性について. 土沢健一,宮原英夫,三浦貞則(医療衛生),中島節夫(精): 日本行動計量学会第24回大会 (96.06.09), 千葉.

3239. [学会(全国)] (一般講演) 全国総合病院外来における睡眠障害の実態調査. 大川匡子,白川修一郎,石郷岡純(精),石束嘉和,井上雄一,浦田重次郎,太田龍朗,香坂雅子,杉田義郎,中沢洋一,野沢胤美,菱川泰夫,古田寿一: 第21回日本睡眠学会学術集会 (96.06.13), 札幌.

3240. [学会(全国)] (一般講演) 転換性, 解離性障害に対する催眠の試み. 島本昌和,中島節夫,嘉納明子,沢山透(精): 第42回日本催眠医学心理学会 (96.09.09), 筑波.

3241. [学会(全国)] (一般講演) 異なる周期性放電が混在した症例の臨床的検討. 吉村久仁子(生物物理系),高橋明比古,井沢志名野,笠原友幸,石郷岡純(精),梁正淵,伊藤博明(内),稲見允昭(精): 第26回脳波筋電図学会 (96.10.31), 仙台.

3242. [学会(全国)] (一般講演) 中学生の気分と行動−アンケート調査から−. 遠乗秀樹,岡田秀俊,佐藤喜一郎,矢部美奈子,木内一江,宮地英雄(精): 第37回日本児童青年精神医学会総会 (96.11.01), 山形.

3243. [学会(全国)] (一般講演) 抗うつ薬とベンゾジアゼピン系薬物による不安障害の薬物療法について. 井沢志名野,鈴木牧彦,大谷義夫,石郷岡純,高橋明比古,若田部博文,吉田芳子,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生学部): 第6回日本臨床精神神経薬理学会学術集会 (96.11.15), 沖縄, シノプシス, p.158, 1996.

3244. [学会(全国)] (一般講演) 介護疲労軽減法としての自律訓練法(第2報)−夫婦同時に試みた症例−. 福山嘉綱,五艘香(総合相談),中島節夫(精): 第19回日本自律訓練学会 (96.11.16), 北九州市.

3245. [学会(全国)] (一般講演) デイケア再利用者の転帰・通所期間と再入所までの期間の検討. 岩本操,鹿内佐和子,鈴木純恵,西村紀子,山本明美,植松美帆,白木原市次,坪内友美(リハ部),中野智仁,中島節夫(精),笠原友幸(秦野病院): 第17回日本社会精神医学会 (97.03.14), 東京.

3246. [学会(全国)] (ポスター講演) 生命表解析を用いた睡眠薬の長期処方に関する検討. 小林一広,杉山健志(精),竹内尚子(薬剤部),井沢志名野,田中朋子,内海光朝,石郷岡純,村崎光邦(精): 第21回日本睡眠学会学術集会 (96.06.13), 札幌.

3247. [学会(全国)] (ポスター講演) ベンゾジアゼピン系睡眠薬および抗不安薬長期使用者の疾患特性調査とQOLの評価. 井沢志名野,鈴木牧彦,鈴木勇一,早馬俊,内海光朝,村崎光邦(精): 第21回日本睡眠学会学術集会 (96.06.13), 札幌, 抄録集, p.106, 1996.

3248. [学会(全国)] (ポスター講演) 肝移植のリエゾンコンサルテーション精神医学. 遠乗秀樹,佐藤喜一郎(精): 第9回日本総合病院精神医学会総会 (96.12.05), 東京.

3249. [学会(全国)] (ポスター講演) エイズ患者へのチーム医療の重要性−コンサルテーションリエゾンとして関わった1症例(異性間性的接触によるエイズ)を通して−. 吉岡正哉,矢部美奈子,轟慶子,中野智仁,礒本明彦,種田真砂雄(精),三浦貞則(医療衛生学部): 第9回日本総合病院精神医学会総会 (96.12.06), 東京, 総合病院精神医学, 8(Suppl.): 100, 1996.

3250. [学会(地方)] (特別講演) 抗精神病薬の歴史と展望. 村崎光邦(精): 第59回福井県神経精神科医会 (96.10.18), 福井.

3251. [学会(地方)] (特別講演) 新しい抗不安薬について. 村崎光邦(精): 東京精神神経科診療所医会 (97.02.01), 東京.

3252. [学会(地方)] (シンポジウム等) メンタルヘルスとストレスマネージメント−精神科領域から. 中島節夫(精): 第17回神奈川県心身医学会 (97.02.01), 横浜.

3253. [学会(地方)] (一般講演) 災害とこころのケア−救援者のストレスとその後方支援−. 桜井弘乃,堤邦彦,石川敏子(精),山賀邦子(学生相談),土井和美(生物物理系),村崎光邦(精): 第22回北里医学会総会 (96.10.05), 相模原, 北里医学, 26(6): 466, 1996.

3254. [学会(地方)] (一般講演) 難治性うつ病に対するブロモクリプチンの効果について. 大谷義夫,若田部博文,青山俊之,桜井弘乃,沢山透,嘉納明子(精): 第7回神奈川精神薬理学会 (96.10.17), 横浜.

3255. [学会(地方)] (一般講演) 意識障害で発症し著明な低Na血症を呈した肺小細胞癌の1例. 栗田寛美,石川正博,貞国太志,小林一広,島本昌和,若田部博文,石郷岡純,村崎光邦(精): 第121回神奈川県精神医学会例会 (96.11.09), 横浜, 神奈川県精神医学会誌, (46): 117, 1996.

3256. [研究会(国際)] (シンポジウム等) Ziprasidone, phase 2 study. 村崎光邦(精): 4th Schizophrenia '96 (96.10.07), バンクーバー.

3257. [研究会(全国)] (特別講演) 睡眠薬の上手な使い方. 村崎光邦(精): 第42回不定愁訴研究会 (96.11.21), 東京.

3258. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 睡眠薬とQOL; その後の展開. 井沢志名野(精): 不眠研究会第12回研究発表会 (96.12.07), 東京.

3259. [研究会(全国)] (一般講演) Duloxetine服用者におけるpharmacokineticsとpharmacodynamicsの比較−血小板セロトニン取り込み速度を用いた 検討−. 石郷岡純,笠原友幸,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生学部): 第28回精神神経系薬物治療研究報告会 (96.12.02), 大阪.

3260. [研究会(地方)] (特別講演) 新しい抗精神病薬の開発の動向. 村崎光邦(精): 第303回北九州精神科集談会 (96.04.19). 小倉.

3261. [研究会(地方)] (特別講演) 精神分裂病陰性症状の薬物療法−新規抗精神病薬の開発をめぐって−. 村崎光邦(精): 大阪精神病院協会学術講演会 (96.06.19), 大阪.

3262. [研究会(地方)] (特別講演) リスペリドンの臨床試験成績. 石郷岡純(精): リスパダール発売記念講演会 (96.07.06), 横浜.

3263. [研究会(地方)] (特別講演) 抗精神病薬療法の臨床的意義. 石郷岡純(精): 第7回精神医療セミナー (96.07.27), 札幌.

3264. [研究会(地方)] (特別講演) 精神分裂病の薬物療法について. 石郷岡純(精): 日本医薬品卸勤務薬剤師会教育管理者研修会 (96.09.25), 横浜.

3265. [研究会(地方)] (特別講演) 臨床的観点からみた精神分裂病の薬物療法. 石郷岡純(精): 相模原医師会第2回精神科医会講演会 (96.10.16), 相模原.

3266. [研究会(地方)] (特別講演) 精神分裂病の薬物療法. 石郷岡純(精): 神奈川県病院薬剤師会薬学セミナー (96.10.17), 横浜.

3267. [研究会(地方)] (特別講演) 心身症と抗不安薬. 村崎光邦(精): 神奈川心身症懇話会 (96.11.19), 横浜.

3268. [研究会(地方)] (特別講演) 不安と抑うつの最新治療−セロトニン作動薬の臨床−. 村崎光邦(精): 旭川医師会 (97.02.14), 旭川.

3269. [研究会(地方)] (特別講演) るがん診断. 朝倉英男(国立相模原病院),荒木力(東大),菅信一(放),湯浅祐二(慶大),吉本賢隆(癌研),藤井恭一(国立国際医療セン),本間久登(国立札 幌),仙田宏平(国立名古屋病院),森本耕治(国立大阪病院),篠原功(国立四国がんセン),松浦泰男(国立九州がんセン),新島京(国立京都病院),松 本恒(宮城県立がんセン),村中光(国立九州医療セン): 厚生省がん研究助成金による研究報告集(平成7年度), p.656〜659, 1995.

3282. [症例報告] Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (BRTO); A promising non-surgical therapy for ectopic varices: A case report of successful treatment of duodenal vareices by BRTO. Haruta, I.(東女医大),磯部義憲(放),Ueno, E.,Toda, J.,Mitsunaga, A.,Noguchi, A.,Kimura, S.,T, Shimizu, T.,Yamauchi, K.,Hayashi, N.(東女医大): Am. J. Gastroenterol., 91(12): 2594〜2597, 1996.

3283. [症例報告] 肝静脈閉塞症および下大静脈閉塞症に対して肝静脈, 下大静脈にステント留置を施行し得た1例. 吉田暢元,磯部義憲,松永敬二,北野雅史,遠藤高,西巻博,松林隆(放): IVR, 12(1): 83〜88, 1997.

3284. [症例報告] 塩酸フラボキサートによる意識障害が疑われた1症例; 副作用症例データベース. 遠藤和子(放),相馬一亥(救命): 診断と治療, 84(Suppl.): 747, 1996.

3285. [症例報告] 気管内挿管後に発生した深頚部・縦隔膿瘍の1例. 青木由紀,松林隆,菅信一,池田俊昭,堀池重治(放): 臨床放射線, 41(7): 797〜800, 1996.

3286. [臨床治験] 転移性骨腫瘍に伴う骨疼痛に対する放射性ストロンチウム(89Sr)製剤SMS,2Pの有用性−多施設における第V相臨床試験−. 木村良子,浜本研(愛媛大),古舘正従(北大),福田寛(東北大),宍戸文男(福島県立医大),遠藤啓吾(群馬大),油井信春(千葉県がんセン),日下部 きよ子(東女医大),鈴木謙三(東京都立駒込),川上憲司(慈恵大),石井勝己(放),小泉潔(山梨医大),横山邦彦,久田欣一(金沢大),中川毅(三重 大),笠木寛治,小西淳二(京大),一矢有一,増田康治(九大),中條政敬(鹿大),久保敦司(慶大),鳥塚莞爾(京大): 核医学, 33(12): 1347〜1358, 1996.

3287. [総説] Vascular IVR; 腹部−大動脈瘤. 磯部義憲,西巻博,松永敬二,吉田暢元(放),金城正佳(外): Current Therapy, 14(12): 2167〜2173, 1996.

3288. [総説] 肝疾患の治療−どのような状況でTIPSは最も有用か−. 磯部義憲(放): Medicina, 33(3): 524〜528, 1996.

3289. [総説] 早期癌診断技術の進歩−血管造影法−. 磯部義憲(放): 日本臨床, 54(5): 1273〜1275, 1996.

3290. [講座] 症例で見る造影MRI; 5. 脊髄. 菅信一(放): Innervision, 11(9): 67〜69, 1996.

3291. [講座] 神経放射線; 解剖. 菅信一(放): 画像診断, 16(8): 930〜931, 1996.

3292. [講座] 神経放射線; 脊髄. 菅信一(放): 画像診断, 17(2): 202〜203, 1997.

3293. [講座] 救急領域における腹部CT診断マニュアル; 脾損傷. 堀池重治(放): 救急医学, 20(3): 331〜333, 1996.

3294. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の救急治療指針; 血管造影−IVR−, p.571〜576, 堀池重治(放). 編集 前川和彦(東大),相川直樹(慶大), 医学書院,東京,96.10.01発行.

3295. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 消化器診療プラクティス; 肝・胆・膵疾患の画像診断−実用的知識から最新検査まで, p.56〜65, 上野恵子,山本雅一,高崎健(東女医大),磯部義憲(放). 編集 板井悠二(筑波大), 文光堂,東京,96.04.15発行.

3296. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 胸部画像診断−検査法の進歩と注目される胸部疾患−; 小児, p.168〜177, 堀池重治(放). 編集 宗近宏次(昭和大), メジカルビュー社,東京,96.04.01発行.

3297. [学会(国際)] (一般講演) Clinical experience with transfemoral transcatheter endovascular stent-grafts placement in abdominal aortic aneurysm. 西巻博,磯部義憲(放),Nakajima, Y.,Yamaguchi, T.(聖マリ大),Maeda, M.,Kikkawa, K.(奈良県立医大),金城正佳,佐藤光史,西山直久(外),遠藤高,松永敬二(放): 6th International Symposium on Interventional Radiology and New Vascular Imaging (96.04.25), 青森, Cardiovasc. Intervent. Radiol., 19(Suppl.1): 121, 1996.

3298. [学会(国際)] (一般講演) Diagnostic accuracy of 201Tl SPECT/MRI in brain disease and intra-reader variations of diagnostic performance. 松本徹,町田喜久雄,本田憲業,戸川貴史,油井信春,久保敦司,塚谷泰司,小山田日吉丸,石井勝己,西巻博(放),森豊,宇野公一,村田啓,丸野広大: 96.11.27), 福岡, 日本小児アレルギー学会誌, 10: 252, 1996.

3307. [学会(全国)] (シンポジウム等) 放射能利用研究の最近のトピックス. 太田顕成(放): 日本薬学会第117年会シンポジウム (97.03.27), 東京.

3308. [学会(全国)] (一般講演) 腹部大動脈瘤に対する経カテーテル的血管内スラントグラフト留置術の臨床経験. 西巻博,磯部義憲,吉田暢元,北野雅史,松永敬二,遠藤高,松林隆(放),西山直久,佐藤一喜,金城正佳(外): 第55回日本医学放射線学会総会 (96.04.03), 横浜, 日本医学放射線学会雑誌, 56(2): 136, 1996.

3309. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌骨転移の疼痛に対する89Srの使用経験. 堀池重治,石井勝己,中沢圭治,松永敬二,吉田暢元,北野雅史,片桐科子,西山正吾,西巻博,松林隆(放): 第55回日本医学放射線学会総会 (96.04.04), 横浜, 日本医学放射線学会雑誌, 56(2): 132, 1996.

3310. [学会(全国)] (一般講演) 鈍的腎単独損傷における手術治療と動脈塞栓術治療との比較検討. 吉田暢元(放): 第10回日本外傷学会 (96.05.28), 大阪.

3311. [学会(全国)] (一般講演) 核医学的手法による先天性心疾患患者の肺血流動態の評価. 中沢圭治,石井勝己,松林隆(放): 第15回日本医用画像工学会 (96.07.09), 東京, Medical Imaging Technology, 14(4): 407〜408, 1996.

3312. [学会(全国)] (一般講演) 胃静脈瘤に対する緊急BRTOの2例. 遠田譲,津内保彦,上野恵子,山田隆之,酒井文和,鈴木恵子,大川智彦,曽我幸弘,今眞人,石川雅健,鈴木忠(東女医大),磯部義憲(放): 第27回日本腹部救急医学会総会 (96.09.05), 盛岡, 日本腹部救急医学会雑誌, 16(4): 809, 1996.

3313. [学会(全国)] (一般講演) Interventional Radiology (IVR)の手技を用いた内視鏡的治療の困難な静脈瘤に対する治療経験. 木村知,春田邦子,飯村光年,根本行仁,小島真二,野口三四朗,石川賀代,宮園裕子,山内克己,遠田譲,上野恵子,唐沢英偉(東女医大),磯部義憲 (放): 第38回日本消化器病学会大会 (96.09.22), 横浜, 日本消化器病学会雑誌, 93(臨増): 263, 1996.

3314. [学会(全国)] (一般講演) SPECTによる虚血性心疾患患者の局所肺血液量の測定. 中沢圭治,石井勝己,堀池重治,西巻博,片桐科子,吉田暢元,北野雅史,菊池敬,神宮司公ニ,依田一重(放): 第36回日本核医学会総会 (96.09.30), 京都, 核医学, 33(8): 862, 1996.

3315. [学会(全国)] (一般講演) 多発性骨転移を有する悪性腫瘍患者の疼痛治療における89Srの使用経験. 堀池重治,石井勝己,中沢圭治,吉田暢元,北野雅史,片桐科子,西巻博,依田一重,菊池敬,神宮司公二(放): 第36回日本核医学会総会 (96.10.01), 京都, 核医学, 33(8): 889, 1996.

3316. [学会(全国)] (ポスター講演) 核医学による局所脾血液量及び局所α値の測定. 中沢圭治,石井勝己(放): 第33回日本臨床生理学会 (96.10.18), 倉敷, 日本臨床生理学会誌, 26(Suppl.): 83, 1996.

3317. [学会(地方)] (シンポジウム等) 免疫不全症における内臓真菌症. 村松秀樹(臨病理): 第53回日本臨床病理学会関東甲信越支部例会 (96.06.08), 東京, プログラム, p.18, 1996.

3318. [学会(地方)] (一般講演) 鼻・副鼻腔原発の悪性リンパ腫のCT所見. 青木由紀,菅信一,松林隆(放): 第409回日本医学放射線学会関東地方会 (96.06.15), 東京.

3319. [学会(地方)] (一般講演) 5歳以下の小児における脳SPECTの臨床経験. 青木由紀,石井勝己,堀池重治,中沢圭治,池田俊昭,西巻博,片桐科子,北野雅史,遠藤和子,滝川政和,松林隆(放): 第45回日本核医学会関東甲信越地方会 (96.07.13), 東京.

3320. [学会(地方)] (一般講演) 股関節部一過性骨粗鬆症(transient osteoporosis of the hip)の2症例−骨シンチグラフィとMRI所見を中心に−. 片桐科子,池田俊昭,石井勝己,滝川政和,青木由紀,北野雅史,堀池重治,菊池敬,神宮司公二,松林隆(放): 第45回日本核医学会関東甲信越地方会 (96.07.13), 東京, 核医学, 33(11): 1292, 1996.

3321. [学会(地方)] (一般講演) 側頭骨に浸潤を認めた髄膜腫の3例. 青木由紀,菅信一,池田俊昭,松林隆(放): 第410回日本医学放射線学会関東地方会 (96.12.14), 東京.

3322. [学会(地方)] (一般講演) 産褥子癇の1例; 脳血流シンチグラフィとMRA所見を中心に. 片桐科子,西巻博(放),池田俊昭(医療衛生学部),菅信一,滝川政和,北野雅史,西口郁,堀池重治,石井勝己,松林隆(放): 第46回日本核医学会関東甲信越地方会 (97.02.08), 東京.

3323. [研究会(全国)] (特別講演) Diagnostic neuroangiographyからsurgical neuroradiologyへ; 解剖と病態. 菅信一(放): 0.19), 高知, 予稿集, p.36, 1996.

3333. [研究会(全国)] (一般講演) ヒト骨のPIXE分析. 太田顕成,松林隆(放),世良耕一郎(岩手医大),二つ川章二(仁科記念サイクロトロンセン): 第14回PIXEシンポジウム (96.10.26), 京都, 要旨集, p.36, 1996.

3334. [研究会(全国)] (一般講演) Epithelioid angiosarcomaの1例. 滝川政和,池田俊昭,浅野雄二,遠藤和子,松林隆(放),石井英昭(病理): 第8回骨軟部放射線研究会 (97.01.25), 横浜.

3335. [研究会(全国)] (一般講演) Pressure sellaのメカニズムについて; テント上髄膜腫の症例を中心に. 片桐科子,菅信一(放),池田俊昭(医療衛生学部),北野雅史,西口郁,松林隆(放): 第26回日本神経放射線研究会 (97.02.05), 東京.

3336. [研究会(全国)] (ポスター講演) Beam hardening correctionのQCTへの応用. 遠藤和子,池田俊昭(放),桜井清子(医療衛生学部),滝川政和,北野雅史(放),久保田勝巳,長谷川智之,石川光雄(医療衛生学部),棚部晃,坂本龍 朗,今村恵子(聖マリ医大): 第25回断層映像研究会学術大会 (96.10.11〜12), 福岡.

3337. [研究会(全国)] (ポスター講演) 腱板断裂におけるダイナミックMRIの有用性. 北野雅史,池田俊昭,松林隆,滝川政和,遠藤和子,片桐科子(放),楢原秀之,高岸憲二(整外),佐藤亮平(生理): 第25回断層映像研究会学術大会 (96.10.12), 福岡.

3338. [研究会(地方)] (特別講演) 脳腫瘍に対する画像診断からのアプローチ. 菅信一(放): 第68回東京脳腫瘍研究会 (96.12.21), 相模原.

3339. [研究会(地方)] (教育講演) 脾損傷のTAE. 西巻博(放): 第289回東京アンギオ研究会 (96.12.12), 東京.

3340. [研究会(地方)] (一般講演) ectopic varixに対するBRTOの経験. 松永敬二,吉田暢元,西巻博,磯部義憲(放): 第8回関東IVR研究会 (96.07.13), 東京.

3341. [研究会(地方)] (一般講演) 緊急B-RTOにて止血できた胃静脈瘤破裂の1例. 西巻博(放),白崎敬二,斉田康之,相馬一亥,大和田隆(救命),吉田暢元,松永敬二,磯部義憲(放),: 第8回関東IVR研究会 (96.07.13), 東京.

3342. [研究会(地方)] (一般講演) 門脈圧亢進症に合併した極めて稀な下膵十二指腸動脈瘤と中結腸動脈瘤の2例. 吉田暢元,松永敬二,磯部義憲(放): 第8回関東IVR研究会 and oxygen metabolism in hemorrhagic hypotension? 奥富俊之,矢田浩,後藤文夫(麻): 北里医学, 26(4): 206〜213, 1996.

3355. [原著] Red-blood cell saving with acute preoperative hemodilution. 加藤清司,竹浪民江,新井正康,後藤文夫(麻): 北里医学, 26(4): 238〜242, 1996.

3356. [原著] Radical neck dissection increased the incidence of postoperative hypertension. 加藤清司,小川真有美,金井昭文,奥富俊之(麻): 北里医学, 26(5): 262〜265, 1996.

3357. [原著] Pentobarbital modifies hemodynamic effects of α2-adrenergic drugs. 加藤清司,Liu Yufu,Yang Hong Mei,後藤文夫(麻): 北里医学, 26(5): 266〜270, 1996.

3358. [原著] Alteration of midaglizole pressor response with pentobarbital anesthesia. 加藤清司,鈴木弘毅(麻): 北里医学, 26(5): 271〜274, 1996.

3359. [原著] Dibutyryl cyclic AMP does not decrease plasma potassium concentration. 加藤清司(麻): 北里医学, 26(6): 340〜343, 1996.

3360. [原著] α2-adrenergic agonists have no effect on the response to hemorrhagic shock in rats. 加藤清司,後藤文夫(麻): 北里医学, 26(6): 344〜349, 1996.

3361. [原著] 硬膜外麻酔と血管拡張薬を併用した肝切除麻酔管理が循環動態とストレスホルモンに及ぼす影響. 新井正康(麻),野見山延(国立長野病院),小沢章子(国立西埼玉中央病院): 麻酔, 46(2): 158〜165, 1997.

3362. [原著] 腰部硬膜外麻酔時の深部足底温の変化と麻酔域の関係−局所麻酔薬注入ルートの違いによる比較−. 斉藤美和子,奥富俊之,加藤清司(麻): 臨床麻酔, 20(10): 1456〜1460, 1996.

3363. [原著] 腰部硬膜外麻酔時の足底温の左右差と麻酔効果の比較. 斉藤美和子,奥富俊之,後藤文夫(麻): 臨床麻酔, 20(4): 506〜508, 1996.

3364. [症例報告] Treatment of postoperative pain with thoracic epidural morphine in oral malignant tumor patients. 桜本千恵子,金井育代,的場元弘,安里文雄,後藤文夫(麻): Clin. J. Pain, 12: 142〜144, 1996.

3365. [症例報告] Brain oxygenation monitored by near-infrared spectroscopy during recovery from hemorrhagic shock. 新井正康,奥富俊之,竹中智昭,加藤清司,後藤文夫(麻): J. Anesth., 10: 289〜291, 1996.

3366. [症例報告] Anesthetic management for surgical repair of postinfarction ventricular septal defect. 新井正康,加藤清司,後藤文夫(麻): J. Anesth., 10: 296〜299, 1996.

3367. [症例報告] Malignant hyperthermia during epidural anesthesia. 茂手木由香里,白井正俊,新井正康,加藤清司,川奈陽子,後藤文夫(麻): J. Clin. Anesth., 8: 157〜160, 1996.

3368. [症例報告] Coronary artery vasospasm induced by tracheal suction in a patient under thoracic epidural anesthesia. 永井一成,小川真有美,竹中智昭(麻): 北里医学, 26(6): 441〜444, 1996.

3369. [症例報告] 胸部硬膜外麻酔で管理したFontan手術後胆嚢摘出術の麻酔経験. 新井正康,金井昭文,松崎重之,竹中智昭,加藤清司(麻): 麻酔, 46(2): 271〜275, 1997.

3370. [症例報告] 手術中に発生した致命的肺動脈血栓塞栓の1症例. 加藤清司,岡田桂子,桜本千恵子,奥富俊之,竹中智昭,後藤文夫(麻): 麻酔, 46(3): 393〜396, 1997.

3371. [症例報告] 術前の心エコー検査により胸部大動脈瘤が発見された1症例. 桜本千恵子,松尾史朗(麻): 臨床麻酔, 20(5): 743〜744, 1996.

3372. [学術書] (分担執筆) NOの基礎と臨床; V. NOの臨床, 3)NOと麻酔, p.342〜365, 山本達郎(千葉大),足立健彦(京大),奥富俊之(麻),室田誠逸(東医歯大). 編集 室田誠逸(東医歯大), メディカルビュー社, 東京,96.07.15発行.

3373. [教科書] (分担執筆) 臨床麻酔のコツと落とし穴, Part 2; TUR-P手術における高張食塩水の使用法, p.151, 加藤清司(麻). 編集 花岡一雄(東大), 中山書店, 東京,96.07.22発行.

3374. [教科書] (分担執筆) 緩和医療学; モルヒネの投与法と適応外の疼痛, p.46〜59, 的場元弘(麻). 編集 柏木哲夫(阪大),石谷邦彦(東札幌病院), 三輪書店, 東京,97.03.00発行.

3375. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 緩和ケア・癒しの看護, 上巻; いかにして主治医を巻き込むか, p.75〜87, 的場元弘(麻). 編集 日本総合研究所教育事業グループ, 日本総合研究所, 大阪,96.00.00発行.

3376. [学会(国際)] (ポスター講演) Sevoflurane and isoflurane both elevated transaminases in patients with anticonvulsant therapy. 新井正康,加藤清司,後藤文夫(麻): 11th World Congress of Anesthesiologist (96.04.16), Sydney.

3377. [学会(国際)] (ポスター講演) Renal and cardiac effect of eel ventricular natriuretic peptide. 後藤文夫,新井正康(麻): 11th World Congress of Anesthesiologist (96.04.16), Sydney.

3378. [学会(全国)] (一般講演) 胸部硬膜外麻酔で管理したFontan手術後, 胆嚢摘出術の麻酔経験. 金井昭文,新井正康,松崎重之,竹中智昭,加藤清司,後藤文夫(麻): 日本循環制御医学会総会 (96.05.17), 東京.

3379. [学会(全国)] (一般講演) Pulmonary artery slingを合併した先天性気管支狭窄症の術中・術後管理. 近藤誠,北原優香子,深津修,丸山宏,加藤清司(麻): 第2回日本小児麻酔学会総会 (96.10.03), 神戸, 日本小児麻酔学会雑誌, 2: 81, 1996.

3380. [学会(全国)] (一般講演) スノーボードによる頭部外傷. 富樫栄太(麻),井田英雄,山川正紀,渡辺好博(山形大): 日本臨床スポーツ学会 (96.10.28), 奈良.

3381. [学会(全国)] (一般講演) 遅発性, 斑状のくも膜下腔ブロック効果を示した腰部癒着性くも膜炎の1例. 安里文雄,小川真有美,後藤文夫(麻): 第16回日本臨床麻酔学会総会 (96.11.06〜08), 東京.

3382. [学会(全国)] (一般講演) 硬膜外麻酔の片効きと術前合併症並びに麻酔熟練度の相関. 斉藤美和子,松崎重之,竹中智昭,奥富俊之,加藤清司,後藤文夫(麻): 第16回日本臨床麻酔学会総会 (96.11.06〜08), 東京, 日本臨床麻酔学会誌, 16: 225, 1996.

3383. [学会(全国)] (一般講演) 急性妊娠性脂肪肝を合併したエホバの証人患者の帝王切開の麻酔管理. 茂手木由香里,松崎重之,加藤清司,後藤文夫(麻): 第16回日本臨床麻酔学会総会 (96.11.06〜08), 東京, 日本臨床麻酔学会誌, 16: 252, 1996.

3384. [学会(全国)] (一般講演) 体外循環を用いない総肺静脈還流異常の修復術の麻酔経験. 檜垣智彦,竹中智昭,星野真里子,高松久見子,加藤清司(麻): 第1回日本心臓血管麻酔学会 (96.11.16), 東京.

3385. [学会(地方)] (一般講演) PHNに対するケタミン点滴注入の有効例. 金井昭文,安里文雄,加藤清司(麻): 神奈川麻酔専門医会 (97.02.08), 横浜.

3386. [学会(地方)] (一般講演) 麻酔中に発見された転移気管支の3症例. 仲野伸,永井一成,星野真里子,加藤清司(麻): 神奈川麻酔専門医会 (97.02.08), 横浜.

3387. [研究会(全国)] (宿題報告) 高張食塩水の術中輸液. 加藤清司,小川真有美(麻): 第12回体液・代謝管理研究会 (97.01.18), 東京, 抄録集, p.27, 1997.

3388. [研究会(地方)] (教育講演) モルヒネを始めるに当たっての観察のポイント. 的場元弘(麻): 第10回栃木県ターミナルケア研究会 (96.09.25), 宇都宮.


<<30 臨床病理学>>

3389. [原著] Blood-cerebrospinal fluid barrier (BCB)の障害における微量蛋白成分の動態について. 狩野有作(臨病理),市川恵子(生物化学系),神保智(臨病理),志村嘉彦,鉢村和男(臨検),大谷英樹(臨病理): 生物物理化学, 40(4): 199〜205, 1996.

3390. [原著] 癌転移に伴うα2 macroglobulin欠乏症に関する研究. 狩野有作,大谷英樹(臨病理),小柴健(泌): 日本臨床免疫学会会誌, 20(1): 30〜43, 1997.

3391. [原著] RT-nested PCR法と自動シークエンサーを用いたダイレクトシークエンスによるHCVゲノタイピングの検討. 石垣正子,和田知益(臨病理),豊岡裕子,山辺晴美,井上優希,高宮春男(臨検),大貫裕子(生物化学系),渋谷明隆(内): 北里医学, 26(3): 179〜185, 1996.

3392. [原著] 尿中遊離L鎖測定法の基礎的検討 第2報 年齢別基準範囲(正常値)の測定. 大谷慎一,益子貴臣,神保智,大谷英樹(臨病理): 北里医学, 27(1): 33〜36, 1997.

3393. [原著] C反応性蛋白(CRP)低濃度域における血清アミロイドA蛋白(SAA)およびIL-6変動について. 〆谷直人(臨病理),市川恵子(生物化学系),鉢村和男(臨検),田中恒任,大谷慎一,狩野有作,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 44(7): 669〜675, 1996.

3394. [原著] レーベル病におけるミトコンドリアDNA11778異変の非R1-SSCPによる解析. 豊岡裕子(臨検),和田知益(臨病理),山辺晴子,井上優希(臨検),松山斉久(臨病理),大貫裕子(生物化学系),若倉雅登(眼),大谷英樹(臨病 理): 臨床病理, 44(7): 676〜680, 1996.

3395. [総説] 赤血球寿命測定の方法論とその解釈. 内山幸信(臨病理): 日本臨床, 54(9): 2411〜2415, 1996.

3396. [総説] 赤血球寿命測定法. 内山幸信(臨病理): 日本臨床, 55: 145〜148, 1997.

3397. [総説] 補体溶血感受性試験(CLSテスト). 内山幸信(臨病理): 日本臨床, 55: 149〜152, 1997.

3398. [総説] ビタミンB12・葉酸. 内山幸信(臨病理): の臨床病理学的検討. 狩野有作(臨病理),市川恵子(生物化学系),大谷英樹(臨病理): 第43回日本臨床病理学会 (96.08.15), 浜松, 臨床病理, 43(補): 95, 1996.

3410. [学会(全国)] (一般講演) α2 macroglobulinの結合性に関する検討. 狩野有作(臨病理),市川恵子(生物化学系),松山斉久,〆谷直人,村松秀樹,西川隆,内山幸信,大谷英樹(臨病理): 第47回日本電気泳動学会 (96.10.04), 秋田, 生物物理化学, 40(5): 26, 1996.

3411. [学会(全国)] (一般講演) 分子量の異なる3つのγ鎖フラグメントを認めたH鎖病の1例. 大谷慎一(臨病理),大貫裕子,市川恵子(生物化学系),神保智,益子貴臣,田中恒任,内山幸信,大谷英樹(臨病理): 第47回日本電気泳動学会総会 (96.10.05), 秋田, 生物物理化学, 40(5): 255, 1996.

3412. [学会(全国)] (一般講演) 抗真菌剤の感受性測定に関する研究. 阿部美知子,鉢村和男(医療衛生学部),内山幸信(臨病理),小幡進(臨検): 第40回日本医真菌学会 (96.10.24), 千葉, 日本医真菌学会雑誌, 37(補): 94, 1996.

3413. [学会(全国)] (一般講演) 尿路感染症における尿中IL-8の臨床的意義. 八木一夫,桜井慶造,三浦康治,塙勇至(臨検),内山幸信,狩野有作(臨病理): 第43回日本臨床病理学会総会 (96.11.14), 浜松, 臨床病理, 44(補): 78, 1996.

3414. [学会(全国)] (一般講演) 検査情報室における診療, 研究および教育の支援体制に関する検討. 益子貴臣,村松秀樹,松山斉久,田中恒任,大谷慎一,狩野有作,〆谷直人,内山幸信,大谷英樹(臨病理),染谷洋子,阿部有香,芳田ひとみ,古木量一郎 (臨検): 第43回日本臨床病理学会総会 (96.11.15), 浜松, 臨床病理, 44(補): 129, 1996.

3415. [学会(全国)] (一般講演) 高齢患者における血清メラトニンの変動−とくにサーカディアンリズムについて−. 大谷慎一,松山斉久,〆谷直人,大谷英樹(臨病理),井出陽子,高野喜久雄(総泉病院): 第43回日本臨床病理学会総会 (96.11.15), 浜松, 臨床病理, 44(補): 151, 1996.

3416. [学会(全国)] (一般講演) 侵襲性肺アスペルギルス症における抗体検出の臨床的意義. 阿部美知子,鉢村和男(医療衛生学部),内山幸信,大谷英樹(臨病理): 第43回日本臨床病理学会総会 (96.11.15), 浜松, 臨床病理, 44(補): 214, 1996.

3417. [学会(全国)] n 日本電気泳動学会児玉賞, 大谷英樹(臨病理).

3426. [学会主催(地方会)] 第53回日本臨床病理学会関東甲信越支部例会(1996.06.08), 大谷英樹(臨病理).


<<31 救命救急医学>>

3427. [原著] Characteristics of pancreatic injury in children; a comparison with such injury in adults. 滝島常雅(外),杉本勝彦,浅利靖,菊野隆明,平田光博(救命),柿田章(外),大和田隆,前川和彦(救命): J. Pediatr. Surg., 31(7): 896〜900, 1996.

3428. [原著] MRSA感染症に対するバンコマイシンの使用経験. 清水喜八郎(聖マリ医大),折津愈(日赤医療セン),菅野治重(千葉大),北村諭(自治医大),小西敏郎(東大),相馬一亥(救命),西谷肇(帝京大), 野口行雄(埼玉がんセン),長谷川鎮雄(筑波大),長谷川裕美(みさと健和病院),和田光一(国立療養所西新潟中央病院): Jpn. J. Antibiot., 49(8): 782〜799, 1996.

3429. [原著] クモ膜下出血急性期に認められる心電図異常と心筋障害および交感神経系活動との関係. 山本紳一郎,増田卓(救命),松山斉久(臨病理),佐藤清貴(内),盛虹明,北原孝雄,大和田隆(救命): 日本救急医学会雑誌 8: 189〜200, 1997.

3430. [原著] 外傷性胸部大動脈破裂の予後規定因子と対策−呼吸不全例を含めて−. 相馬一亥,町井正人,今井寛(救命): 麻酔, 45: 100〜105, 1996.

3431. [準原著] 骨盤環二重骨折の検討. 新藤正輝,杉本勝彦,堀池重治,平田光博,上田昭吾,甲斐秀実,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 骨折, 18(2): 353〜357, 1996.

3432. [準原著] 髄内釘手術時の肺脂肪塞栓(リーミングvs非リーミング). 新藤正輝,相馬一亥,青木則明,平田光博,上田昭吾,甲斐秀実,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 骨折, 18(2): 626〜628, 1996.

3433. [短報・速報] 第24回日本救急医学会総会−救急医学と基礎医学の接点, 救急医療体制再編成をテーマに−. 大和田隆(救命): Clinic Magazine, (4月号): 32, 1996.

3434. [短報・速報] 21世紀を担う救急隊員へ向かって. 大和田隆(救命): プレ・ホスピタル・ケア, 10(1): 巻頭, 1997.

3435. [短報・速報] 第24回日本救急医学会総会から. 大和田隆(救命): 日本医師会雑誌, 117(1): 90〜91, 1997.

3436. [研究報告(その他公的な報告)] 交通外傷患者におけるPre-Hospital Careの問題点の解析. 浅利靖,平田光博,大和田隆,杉本勝彦,菊野隆明(救命),市来崎潔(国立東京第二病院): 平成7年度交通事故医療臨床的研究助成研究報告書, 1996.

3437. [症例報告] Long-term follow-up of coronary artery dissection due to blunt chest trauma with spontaneous healing in a young woman. 増田卓,秋山久尚,黒沢利郎,大和田隆(救命): Intensive Care Med., 22: 450〜452, 1996.

3438. [症例報告] 内視鏡的クリッピングにより治癒しえた医原性器械的食道穿孔の1例. 片岡祐一(救命),宮本英雄,新井伸康,横田等,内沼博,門脇憲,西村博行(北信総合病院): 救急医学, 20(6): 743〜745, 1996.

3439. [症例報告] 塩酸フラボキサート中毒が疑われた1症例. 遠藤和子(放),秋山久尚,相馬一亥,上條吉人,浅利靖,大和田隆(救命): 中毒研究, 10(1): 91〜92, 1997.

3440. [症例報告] 緊急B-RTOにて止血しえた胃静脈瘤の1例. 斉田康之(整外),青木則明,上條吉人,相馬一亥,大和田隆(救命): 日救急医会関東誌, 17(1): 202〜203, 1996.

3441. [症例報告] 著しい肺出血にて死亡したワイル病の1例. 大西太(整外),青木則明,上條吉人,平田光博,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日救急医会関東誌, 17(2): 160〜161, 1996.

3442. [症例報告] 防水スプレーによる一過性の肺血流障害と右心負荷所見を呈した1例. 青木則明,増田卓,相馬一亥,黒沢利郎,大和田隆(救命): 日本集中治療医学会雑誌, 3(2): 99〜102, 1996.

3443. [総説] アセトアミノフェン. 上條吉人,新藤正輝(救命): 医薬ジャーナル, 32(5): 1217〜1222, 1996.

3444. [総説] 脛骨高原骨折. 上田昭吾,新藤正輝,田中啓司B(救命): 救急医学, 20(7): 815〜819, 1996.

3445. [総説] 多発外傷と脳損傷. 北原孝雄(救命): 救急医学, 20: 677〜683, 1996.

3446. [総説] 気道閉塞を伴う心不全治療の実際. 吉田慎(救命),和泉徹(内): 呼吸と循環, 45(1): 35〜40, 1997.

3447. [総説] 骨折・脱臼・捻挫に伴う疼痛. 田中啓司B,新藤正輝(救命): 整形外科看護, 2(2): 26〜31, 1997.

3448. [講座] 脂肪塞栓症候群. 新藤正輝,相馬一亥(救命): M.B. Orthop., 9(8): 83〜88, 1996.

3449. [講座] 治療限界への挑戦−頚髄損傷−. 高橋功,北原孝雄,遠藤昌孝,大和田隆(救命): 救急医学, 20(13): 1763〜1769, 1996.

3450. [講座] 救急処置中のトラブルと対策−気道異物除去−. 相馬一亥(救命): 救急医学, 20: 398〜399, 1996.

3451. [講座] 心電図を読みこなす; ショック例の心電図診断のポイント. 青木則明,相馬一亥(救命): 救急医学, 20: 541〜544, 1996.

3452. [講座] 喘息発作患者のプレホスピタル・ケアのポイント. 相馬一亥(救命): 救急医療ジャーナル, 5: 8〜11, 1997.

3453. [講座] 白血病による脳出血−こんな症例, こんな画像−. 秋山久尚,相馬一亥(救命): 集中治療, 8: 465, 1996.

3454. [講座] 脳動静脈奇形による皮質下出血−こんな症例, こんな画像. 秋山久尚,相馬一亥(救命): 集中治療, 8: 593, 1996.

3455. [講座] クリプトコッカス髄膜炎; こんな症例, こんな画像. 秋山久尚,相馬一亥(救命): 集中治療, 8: 805, 1996.

3456. [講座] 大学病院におけるネットワーク化. 畑隆志(東海大),吉村博邦(胸外),大和田隆(救命): 病院, 55(6): 543〜546, 1996.

3457. [編集者への手紙] 高K血症に対する救急処置. 相馬一亥(救命): 日本内科学会雑誌, 85: 135, 1996.

3458. [学術書] (分担執筆) 小児頭部外傷; 脊椎・脊髄損傷: 5章-U: 154〜164, 北原孝雄(救命),北原行雄(脳外). 編集 重森稔,片山容一,小林士郎, 医学書院, 東京, 96.12.15発行.

3459. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 97'; 横隔膜破裂, 1: 28, 杉本勝彦(救命). 編集 稲垣義明,多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京, 97.01.15発行.

3460. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 97'; 慢性硬膜下血腫, p.220〜221, 大和田隆(救命). 編集 稲垣義明,多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京, 97.01.15発行.

3461. [学術書] (分担執筆) 主要症候別内科救急と看護; Part 1. 救急外来での対応, 8.けいれん, p.54〜61, 北井則夫(内),大和田隆(救命). 編集 上嶋権兵衛(東邦大), メディカ出版, 大阪,96.11.01発行.

3462. [その他の著書] (分担執筆) 今日の救急治療指針: 第1版; 救急で問題となる慢性疾患−呼吸器疾患−, p.667〜670, 相馬一亥(救命). 編集 前川和彦,相川直樹, 医学書院, 東京, 96.10.01発行.

3463. [その他の著書] (分担執筆) 脳血管障害患者の治療とケア; 脳血管障害の合併症−肺合併症−, p.272〜276, 相馬一亥(救命). 編集 金谷春之, メディカ出版, 大阪, 97.01.30発行.

3464. [その他の著書] (分担執筆) 救急外来看護マニュアル; JJNスペシャル49; 呼吸困難,喀血, 49: 57〜61; 62〜63, 相馬一亥(救命). 編集 西崎統,高須伸克 95.00.00発行.

3465. [その他の著書] (分担執筆) 今日の小児治療指針; 四肢外傷, p.31, 新藤正輝(救命). 編集 矢田純一,柳沢正義,山口規容子, 医学書院, 東京, 97.02.01発行.

3466. [学会(国際)] (シンポジウム等) Evolution of BAL fluids findings in patients with FES. 相馬一亥(救命): 9th Congress of the Western Pacific Association of Critical Care Medicine (97.02.19〜23), Taipei, Taiwan, R.O.C.

3467. [学会(国際)] (シンポジウム等) Utility and safety of bronchoscopy in emergency and critical care medicine 青木則明,相馬一亥,関根徹,大和田隆(救命),Fukui, Tsuguya: 9th Congress of the Western Pacific Association of Critical Care Medicine (97.02.19〜23), Taipei, Taiwan, R.O.C.

3468. [学会(国際)] (一般講演) Sudden cardiopulmonary arrest in subarachnoid hemorrhage. 北原孝雄,遠藤昌孝,大和田隆(救命),山田勝(脳外): 1st Symposium of International Society for Neuroemergencies (96.07.14〜19), Bahamas.

3469. [学会(国際)] (ポスター講演) Relation between myocardial damage and noradrenergic activities in the central and peripheral sympathetic nervous system in patients with subarachnoid hemorrhage. 増田卓,山本紳一郎(救命),松山斉久(臨病理),佐藤清貴(内): American College Cardiology(アメリカ大学心臓学会) (96.04.02), オーランド, USA, J. Am. Coll. Cardiol., 27(2): 103〜104, 1996.

3470. [学会(国際)] (ポスター講演) Early entral feeding with glutamine in patients with artical ill condition. 杉本勝彦,三島大徳,大和田隆(救命): 3rd Asia-Pacific Conference on Emergency and Disaster Medicine (96.10.18), Bali, Indonesia.

3471. [学会(国際)] (ポスター講演) The nutritional assessment in patients with AMI. 杉本勝彦,新藤正輝,大和田隆(救命): 9th Congress of the Western Pacific Association of Critical Care Medicine (97.02.19〜23), Taipei, Taiwan, R.O.C.

3472. [学会(全国)] (会頭(会長)講演) ^集): 95, 1995.

3480. [学会(全国)] (一般講演) Glasgow Outcome Scaleに基づいた効用値測定による未破裂脳動脈瘤の手術適応に関する決断分析学的検討. 青木則明,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.18〜19), 東京.

3481. [学会(全国)] (一般講演) くも膜下出血最重症例の治療方針に関する検討. 北原孝雄,遠藤昌孝,湯沢泉,高野誠,鈴木祥生,前沢浩,大和田隆(救命),宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第21回日本脳卒中学会総会 (96.04.19), 東京.

3482. [学会(全国)] (一般講演) 急性呼吸促迫症候群(ARDS)における気管支肺胞洗浄液中Lactate Dehydrogenase(LDH)測定の意義に関する臨床的検討. 青木則明,相馬一亥,関根徹,田中啓司B,上田昭吾,今井寛,大和田隆(救命),久保田勝,片桐真人,矢那瀬信雄,冨田友幸(内): 第19回日本気管支学会総会 (96.05.22〜24), 東京, 気管支学, 18(3): 269, 1996.

3483. [学会(全国)] (一般講演) 下肢長管骨骨折における気管支肺胞洗浄液と血中脂肪滴との検討. 田中啓司B,上田昭吾,青木則明,関根徹,新藤正輝,相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第22回日本骨折治療学会 (96.07.12), 横浜.

3484. [学会(全国)] (一般講演) 当院における急性有機リン中毒42例の検討. 浅利靖,上條吉人,堤邦彦,相馬一亥(救命),近藤留美子(薬剤部),大和田隆(救命): 第18回日本中毒学会総会 (96.07.12), 高松.

3485. [学会(全国)] (一般講演) シンナー中毒による尿細管性アシドーシスの合併が疑われた2症例の検討. 上條吉人,相馬一亥,浅利靖(救命),近藤留美子(薬剤部): 第18回日本中毒学会総会 (96.07.12), 高松.

3486. [学会(全国)] (一般講演) 当院におけるVB型下腿骨開放骨折の治療. 田中啓司B,北見圭司,新藤正輝,相馬一亥,大和田隆(救命),甲斐秀美,糸満盛憲(整外),上田昭吾(高知医大): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07〜09), 横浜.

3487. [学会(全国)] (一般講演) 鈍的外傷後のショック患者におけるkallikrein-kinin系の変動. 平田光博,杉本勝彦,浅利靖,新藤正輝,相馬一亥,大和田隆(救命),馬嶋正隆(薬理): 第24回日本救急医学会総会 (96.10.07〜09), 横浜, 日本救急医学会雑誌, 7(9): 527, 1996.

3488. [学会(全国)] (一般講演) `ンアルカロイドの血中・尿中濃度を経時的に測定し得たトリカブト中毒の1例. 佐藤牧(外),鈴木啓介,鴇田尚樹,上條吉人,吉田慎,増田卓,浅利靖(救命),近藤留美子(薬剤部),相馬一亥,大和田隆(救命): 第11回日本中毒学会東日本部会 (97.02.01), 札幌.

3497. [学会(地方)] (一般講演) くも膜下出血急性期にコイル塞栓術にて治療し得た解離性椎骨動脈瘤の1例. 田中智子(脳外),北原孝雄,三島大徳,高橋功,遠藤昌孝,相馬一亥,大和田隆(救命),倉田彰,藤井清孝(脳外): 第42回日本救急医学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

3498. [学会(地方)] (一般講演) 小児外傷性心室中隔穿孔2症例の検討. 越野浩江,内藤剛彦,町井正人,今井寛,相馬一亥,大和田隆(救命),笠原慎吾,中江世明,吉村博邦(胸外): 第42回日本救急医学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

3499. [学会(地方)] (一般講演) 再潅流にてシャント効果が増大した肺梗塞の1例. 横山浩之(内),石黒匡史,鈴木啓介,平田光博,吉田慎,今井寛,増田卓,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第42回日本救急医学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

3500. [学会(地方)] (一般講演) TAEが奏効した脾動脈瘤破裂の1例. 増田和貴,西巻博(放),石川博和,平田光博,浅利靖,滝島常雅,杉本勝彦,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

3501. [学会(地方)] (一般講演) 外傷性十二指腸壁内血腫の1例. 石川博和,滝島常雅(外),平田光博,浅利靖(救命),半田喜美也,海津貴史(外),内藤剛彦(児),西巻博(放),杉本勝彦,大和田隆(救命): 第42回日本救急医学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

3502. [学会(地方)] (一般講演) 明らかな呼吸器症状を呈さずに著しい中枢神経症状を呈した脂肪塞栓症候群の1例. 野口高史(整外),田中啓司B,上條吉人,高橋功,北原孝雄,北見圭司,新藤正輝,相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第42回日本救急医学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

3503. [研究会(全国)] (一般講演) V型下腿骨開放骨折の治療法. 田中啓司B,上田昭吾,新藤正輝(救命),甲斐秀実,横山一彦,糸満盛憲(整外): 第2回救急整形外傷セミナー (96.01.26), サイパン.

3504. [研究会(全国)] (一般講演) 脳血管障害直後の交感神経系活動と心筋障害との関係−新しい実験モデルによる検討−. 増田卓,山本紳一郎(救命),佐藤清貴(内),松山斉久(臨病理),川端信弥,和泉徹(内): 第19回心筋代謝研究会 (96.09.19〜20), 東京, 予稿集, p.29, 1996.

3505. [研究会(全国)] (一般講演) 救命救急領域における経皮的心肺補助(Percutaneous Cardio-Pulmonary Support; PCPS)の限界. 今井寛,町井正人(胸外),吉田慎,鈴木啓介,相馬一亥,大和田隆(救命): 第11回日本救命医療研究会 (96.09.20), 倉敷.

3506. [研究会(全国)] (一般講演) 横須賀市における災害救護訓練. 山口孝治,浅利靖,金田正樹(救命),金城正人,原上: 第2回日本集団災害医療研究会 (96.11.12), 札幌.

3507. [研究会(全国)] (一般講演) 集団災害における医療調整について. 金田正樹,山本保博,鵜飼卓,杉本勝彦(救命),二宮宜文,甲斐達朗,山口孝治,浅利靖(救命),山崎達枝,小井土雄一: 第2回日本集団災害医療研究会 (96.11.12), 札幌.

3508. [研究会(全国)] (一般講演) 超急性期頚髄損傷のMRI診断−その有用性について−. 高橋功,北原孝雄(救命),遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),大和田隆(救命): 第20回日本神経外傷研究会 (97.02.21), 東京.

3509. [研究会(地方)] (教育講演) 開業医に必要な救命救急に関する知識(その2); 外来から大学へ送るまでの処置を中心として. 相馬一亥(救命): 第307回大和臨床談話会 (96.10.23), 大和.

3510. [研究会(地方)] (教育講演) 薬物性ショックと関連病態. 相馬一亥(救命): 第17回明薬会卒後教育 (96.10.27), 東京.

3511. [研究会(地方)] (一般講演) 閉鎖孔ヘルニア6例の検討. 片岡祐一(救命),一氏優也,大井啓司,伊藤徹,渋谷慈郎,豊川貴司,高野容幸,小沼博,宮本英雄,横田等,西村博行(北信総合病院): 第87回信州外科集談会 (96.06.09), 駒ヶ根.

3512. [研究会(地方)] (一般講演) ARDSに対するパルス療法. 青木則明,相馬一亥,関根徹,大和田隆(救命): 第3回神奈川ショック研究会 (96.06.21), 横浜.

3513. [研究会(地方)] (一般講演) 野球中に胸部打撲をうけ心肺停止となった1例. 鈴木啓介,内山勝文,吉田慎,今井寛,増田卓,相馬一亥,大和田隆(救命),和泉徹(内): 第14回心疾患リスクファクター研究会 (96.09.03), 横浜.

3514. [研究会(地方)] (一般講演) 肺出血から呼吸不全となり死亡したワイル氏病の1例. 大西太(整外),白崎敬二,平田光博,上條吉人,相馬一亥,大和田隆(救命): 第40回神奈川県感染症研究会 (96.09.07), 横浜.

3515. [研究会(地方)] (一般講演) 有機リン中毒によるtoxic myocarditisの3例. 嘉納明子,増田卓,大野安実,浅利靖(救命),川端信弥,佐藤清貴,上條吉人,鈴木啓介(内),吉田慎,相馬一亥,大和田隆(救命): 第12回神奈川急性循環不全研究会 (97.01.31), 横浜.

3516. [研究会(地方)] (一般講演) ベンジン中毒から難治性膿気胸を合併した肺化膿症の1例. 横山浩之(内),上條吉人,浅利靖,今井寛,相馬一亥,大和田隆(救命): 神奈川感染症研究会 (97.02.15), 横浜.

3517. [学会主催(国内学会)] 第24回日本救急医学会総会会長(96.10.07〜09), 横浜, 大和田隆(救命).


<<32 生体工学>>

3518. [原著] Cytotoxicity tests for antimicrobial agents using cultured substitutes fixed at interface of air and cultured medium. 黒柳能光(生体工),白石晶彦,田中正英,影山広美,大竹尚之,塩谷信幸(形外): J. Biomater. Sci. Polym. Ed., 7: 1005〜1015, 1996.

3519. [総説] 人工皮膚. 黒柳能光(生体工),塩谷信幸(形外): 骨・関節・靭帯, 10: 65〜70, 1997.

3520. [総説] 細胞組み込み型人工皮膚. 黒柳能光(生体工): 熱傷, 23: 9〜27, 1997.

3521. [学会(国際)] (一般講演) Clinical study of allogeneic cultured dermal substitute composed of fibroblasts combined within spongy collagen matrix. 黒柳能光(生体工): 第1回中国・ヨーロッパ合同創傷治癒学会 (96.09.25), 西安, 講演要旨集, p.137, 1996.

3522. [学会(国際)] (一般講演) Clinical study of silver sulfadiazine-impregnated wound dressing composed of polyurethane membrane, laminated with water absorbent non-woven fabric. 黒柳能光(生体工): 第1回中国・ヨーロッパ合同創傷治癒学会 (96.09.25), 西安, 講演要旨集, p.155, 1996.

3523. [学会(全国)] (特別講演) Design of artificial skin: antimicrobial agent-impregnated wound dressing and allogeneic cultured skin substitute. 黒柳能光(生体工): 第20回韓国高分子学会 (96.10.12), 韓国.

3524. [学会(全国)] (シンポジウム等) 抗菌剤含有創傷被覆材の開発. 黒柳能光(生体工): 日本バイオマテリアル学会シンポジウム96 (96.11.15), 東京, 講演抄録集, p.96, 1996.

3525. [学会(全国)] (ワークショップ) 抗菌剤含有創傷被覆材(ミカキュア)の多施設臨床評価. 黒柳能光(生体工),塩谷信幸(形外): 第22回日本熱傷学会総会 (96.05.16), 東京.

3526. [研究会(国際)] (ワークショップ) Allogeneic cultured dermal substitute composed of fibroblasts combined with in spongy collagen matrix; clinical study. 黒柳能光(生体工): Bionic Design Workshop 97 (97.03.18), つくば.

3527. [研究会(国際)] (一般講演) Development of new hydrocolloid-type wound dressing containing silver sulfadiazine; basic evaluations. 黒柳能光(生体工),久保貴文,五十嵐正利,青柳孝信(アルケア): マウイ創傷治癒研究会 (97.02.17), Maui, Hawaii, 要旨集, p.36, 1997.

3528. [研究会(全国)] (一般講演) EGF含有collagen matrixの創収縮抑制効果についての研究. 井上正幸,小野一郎,舘下亨(福島県立医大),黒柳能光(生体工),塩谷信幸(形外): 第26回創傷治癒研究会 (96.12.07), 福岡, 抄録集, p.16, 1996.


<<33 臨床薬理学・薬剤学>>

3529. [原著] Strereoselective syntheses of α-glucuronides using dehydrative glycosylation. Shinkiti Koto,Teruhisa Miura,Motoko Hirooka,Aya Tomaru,Mika Iida,Masanori Kanemitsu,Kazuhiro Takenaka,Shinichi Masuzawa,Saeko Miyaji,Naoko Kuroyanagi,Miki Yagishita,Shonosuke Zen,矢後和夫,朝長文弥(薬剤部): Bull. Chem. Soc. Jpn., 69(11): 3247〜3259, 1996.

3530. [原著] Influence of age on venodilator effect of isoproterenol and amrinone. Harada, K.(自治医大),Ohashi, K.(浜松医大),熊谷雄治(薬理),Ohmori, M.,Fujimura, A.(自治医大): Eur. J. Clin. Pharmacol., 50: 37〜40, 1996.

3531. [原著] Fleeting "monitor-", "conflict-", or "grief-associated" blood pressure disorders. Halberg, F.,Cornelissen, G.,Halpin, C.,Burchell, H.(ミネソタ大),Watanabe, Y.(東女医大),熊谷雄治(薬理),Otsuka, K.(東女医大),Zaslavskaya, R.(モスクワ第60病院): Eur. Rehab., 6: 225〜240, 1996.

3532. [原著] Pharmacokinetics of a new thromboxane A2 receptor antagonist, S-1452, and its effect on platelet aggregation in healthy volunteers. Fujimura, A.(自治医大),Shiga, T.(東女医大),熊谷雄治(薬理),Ohashi, K.,Ebihara, A.(自治医大),Kotegawa, T.(大分医大): J. Clin. Pharmacol., 36: 409〜413, 1996.

3533. [原著] Influence of bathing and hot wether on the pharmacokinetics of a new transdermal clonidine, M-5041T. Fujimura, A.,Sasaki, M.,Harada, K.(自治医大),熊谷雄治(薬理),Ohashi, K.(浜松医大),Ebihara, A.(自治医大): J. Clin. Pharmacol., 36: 892〜896, 1996.

3534. [原著] ミルリーラK注射液22.5 mgの有用性に関する研究. 松原肇,島田慈彦(薬剤部): JJPEN, 18(10): 809〜817, 1996.

3535. [原著] 脂肪配合ダブルバック輸液剤GA-1080の費用分析. 加賀谷肇,島田慈彦(薬剤部): JJPEN, 18(11): 887〜896, 1996.

3536. [原著] Plasma concentrations (total and unbound) and therapeutic effects of disopyramide. 佐川賢一(薬剤部),毛利公則(明治薬科大),赤瀬朋秀,島田慈彦(薬剤部),青山直善,小林明芳,長谷川延広,清水完悦,村松準(内): Jpn. J. TDM., 13(4): 276〜284, 1996.

3537. [原著] 新しい注射用キット製剤(Dual chamber prefilled syringe)の有用性に関する研究−(第1報)利便性−. 黒山政一,平山武司,島田慈彦(薬剤部): 医学と薬学, 37(1): 171〜175, 1997.

3538. [原著] 新しい注射用キット製剤(Dual chamber prefilled syringe)の有用性に関する研究−(第2報)作業効率−. 黒山政一,平山武司,島田慈彦(薬剤部): 医学と薬学, 37(1): 177〜181, 1997.

3539. [原著] 新しい注射用キット製剤(Dual chamber prefilled syringe)の有用性に関する研究−(第3報)無菌性−. 黒山政一,平山武司,島田慈彦(薬剤部): 医学と薬学, 37(1): 183〜186, 1997.

3540. [原著] ジクロフェナクナトリウム徐放性製剤のbioavailabilityに関する研究. 黒山政一,矢後和夫(薬剤部): 医薬品相互作用研究, 20(2): 93〜99, 1997.

3541. [原著] 注射剤調製時の残存量に関する検討. 伊藤直子,平山武司,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): 神奈川県病院学会誌, 16: 65〜67, 1996.

3542. [原著] Evaluation of preservability of isolated rat hepatocytes stored in cold storage solutions. 加賀谷肇(薬剤部),Hanada, K.,Ishibashi, Y.,Arai, T.(明治薬科大),真崎義彦(実動系),島田慈彦(薬剤部),Ogata, H.(明治薬科大): 低温医学, 22(2): 163〜168, 1996.

3543. [原著] An evaluation of preservability of modified UW solutions using the isolated rat hepatocytes. 加賀谷肇(薬剤部),Ishii, F.,Hanada, K.,Ishibashi, Y.,Arai, T.(明治薬科大),佐藤光史,柿田章(外),島田慈彦(薬剤部),Ogata, H.(明治薬科大): 低温医学, 22(4): 346〜350, 1996.

3544. [原著] rhG-CSF注射液(グランR注射液)の配合試験. 矢後和夫,松原肇,尾鳥勝也,佐久間政彦,島田慈彦(薬剤部): 日本病院薬剤師会雑誌, 33(2): 169〜172, 1997.

3545. [原著] rhG-CSF製剤の各種輸液フィルターに対する吸着性. 矢後和夫,松原肇,佐久間政彦,尾鳥勝也,島田慈彦(薬剤部): 病院薬学, 22(4): 359〜363, 1996.

3546. [原著] 疼痛緩和を目的とする院内製剤. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 慢性疼痛, 15(1): 81〜84, 1996.

3547. [原著] 病院薬剤部によるPMSへの新しい試み−ケイツ−N注の副作用発生頻度調査の事例. 竹内尚子(薬剤部),小清水敏昌,中川理恵(順大),阿部美江子(東京厚生年金),高橋利幸(東京医大),坂田正樹(東海大),森真由美(都立老人セン ター),島田慈彦(薬剤部): 臨床薬理, 27(3): 627〜634, 1996.

3548. [準原著(英文)] Fuluminant CHAT, its recognition a chronobiologic path to preventing a myocardial infarction. Cornelissen, G.,Halberg F.(ミネソタ大学),Gubin, D.(チュメン医学アカデミー),Caradente, F.,Halberg, J.(ミネソタ大),Zaslavskaya, R.(モスクワ第60病院),Syuktin, V.(モスクワ医学機構),熊谷雄治(薬理),Watanabe, H.,Otsuka, K.(東女医大): Carpe diem mensuratem: 4 Convegno Nazionale, Societa Italiana di cronobiologia, Proceeding, p.35〜36, 1996.

3549. [準原著(英文)] Blood pressure and heart rate chronome, yardsticks of ontogeny and vascular disease risk. Cornelissen, G., Halberg, F., Johnson, D.(ミネソタ大),Gubin, D., Gubin, G.(チュメン医学アカデミー),Otsuka, K., Watanabe, Y.(東女医大),熊谷雄治(薬理),Syutkin, j] 毒物等誤嚥時の初期治療薬の開発研究. 山下衛(筑波大),安藤義孝(日高病院),黒岩幸雄(昭和大),近藤留美子(薬剤部),新谷茂(日本中毒情報センター),藤井祐一(ツムラ): 平成8年度報告, 1996.

3561. [症例報告] Administration-time dependent change in the effect of a calcium antagnist, efonidipine in a hypertensive patient with a non-dipper pattern of blood pressure. Omori, M.(自治医大),熊谷雄治(薬理),Harada, K.,Sunaga, K.,Fujimura, A.(自治医大): Ther. Res., 16: 273〜275, 1995.

3562. [総説] Clinical relevalence of about-yearly changes in blood pressure and the environment. Halberg, F.,Cornelissen, G.,Haus, E.,Northrup, G.,Portela, A.,Wendt, H.(ミネソタ大),Otsuka, K.(東女医大),熊谷雄治(薬理),Watanabe, Y.(東女医大),Zaslavskaya, R.(モスクワ第60病院): Int. J. Biometeorol., 39: 161〜175, 1996.

3563. [総説] 薬剤供給と管理施行上の問題点. 小川幸雄,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): JJPEN, 19(2): 135〜138, 1997.

3564. [総説] 在宅医療を考える(3)北里大学東病院における取組み; 在宅中心静脈栄養法を中心に. 黒山政一(薬剤部): とうやく, (347): 4〜8, 1996.

3565. [総説] なぜ起こる与薬ミス−薬剤師の視点から−薬を扱う時の心がまえについて. 赤瀬朋秀,加賀谷肇(薬剤部): エキスパートナース, 12(8): 46〜47, 1996.

3566. [総説] 循環器系新薬の服薬指導のポイント. 木村利美,島田慈彦(薬剤部): ハートナーシング, 9(4): 405〜410, 1996.

3567. [総説] 生体リズムとcosinor法. 熊谷雄治(薬理): 医学のあゆみ, 177: 569〜573, 1996.

3568. [総説] 中毒の診断・治療; ベンゾジアゼピン系薬剤. 近藤留美子(薬剤部),相馬一亥(救命): 救急医学, 20(12): 1638〜1639, 1996.

3569. [総説] 中毒情報におけるパソコンの活用方法. 近藤留美子(薬剤部): 救急医学, 20(8): 930〜933, 1996.

3570. [総説] 栄養サポートチームと薬剤師の役割. 黒山政一,小川幸雄,矢後和夫(薬剤部): 月刊薬事, 38(10): 2467〜2470, 1996.

3571. [総説] 錠剤・カプセル剤PTPの誤飲の現状とその対策−10年間の文献調査より−. 蒲生佐知子,黒山政一,矢後和夫(薬剤部): 月刊薬事, 38(11): 2801〜2805, 1996.

3572. [総説] ,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(10): 902〜907, 1996.

3586. [講座] ICU・CCU・手術室で使用される薬剤−鎮痛薬−. 黒山政一,伊藤直子,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(11): 1002〜1005, 1996.

3587. [講座] ICU・CCU・手術室で使用される薬剤−催眠鎮静薬−. 難波昭雄,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(12): 1091〜1095, 1996.

3588. [講座] ICU・CCU・手術室で使用される薬剤−抗菌薬(その1)−. 黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(4): 369〜374, 1996.

3589. [講座] ICU・CCU・手術室で使用される薬剤−抗菌薬(その2)−. 黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(5): 460〜463, 1996.

3590. [講座] 医薬品に関する患者への情報提供(服薬指導)−抗菌薬(その1)−. 黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(6): 551〜554, 1996.

3591. [講座] 医薬品に関する患者への情報提供(服薬指導)−抗菌薬(その2)−. 黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(7): 675〜378, 1996.

3592. [講座] ICU・CCU・手術室で使用される薬剤−筋弛緩薬−. 黒山政一,伊藤直子,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 7(9): 835〜838, 1996.

3593. [講座] 薬と仲良くなろう(第21回)ICU・CCU・手術室で使用される薬剤−副腎皮質ホルモン剤−. 尾鳥勝也,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 8(1): 76〜79, 1997.

3594. [講座] 薬と仲良くなろう−ICU・CCU・手術室で使用される薬剤−血液製剤. 平山武司,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 8(2): 155〜159, 1997.

3595. [講座] 医薬品の剤形, 薬物の体内動態. 黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): Clinical Engineering, 8(3): 252〜254, 1997.

3596. [講座] 薬と仲良くなろう−第16回ネブライザ(吸入)療法に用いられる薬剤−. 本橋茂,黒山政一,島田慈彦(薬剤部): クリニカルエンジニアリング, 7(8): 760〜762, 1996.

3597. [講座] 院内製剤とPL法. 黒山政一,矢後和夫(薬剤部): クリニカルファーマシー, 12(45): 64〜67, 1996.

3598. [講座] 院内特殊製剤の解説(1)総論. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 38(11): 2725〜2730, 1996.

3599. [講座] 院内特殊製剤の解説(2)熱傷治療用軟膏剤および色素沈着治療用軟膏剤について. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 38(12): 2987〜2990, 1996.

3600. [講座] 院内製剤注射剤の調製法と適正使用. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 38(13): 3173〜3179, 1996.

3601. [講座] 院内特殊製剤の解説(3)安息香酸ナトリウム注射液およびCAVH置換液について. 富樫敦子,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 39(1): 175〜178, 1997.

3602. [講座] 院内特殊製剤の解説(4)副腎皮質ホルモン製剤および褥瘡治療薬について. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 月刊薬事, 39(3): 617〜622, 1997.

3603. [講座] 消毒薬の分類と使用法. 松原肇,島田慈彦(薬剤部): 検査と技術, 25(2): 127〜133, 1997.

3604. [講座] 院内製剤の現状−軟膏剤を中心にT−. 松原肇(薬剤部): 製剤と機械, (210): 12〜13, 1996.

3605. [講座] 院内製剤の現状−軟膏剤を中心にU−. 松原肇(薬剤部): 製剤と機械, (211): 8〜9, 1996.

3606. [講座] 院内製剤の現状−軟膏剤を中心にV(完)−. 松原肇(薬剤部): 製剤と機械, (212): 8〜9, 1996.

3607. [講座] 薬品名スタンプ付散剤装置瓶による調剤業務の効率化・適正化. 黒山政一,矢後和夫,大島美和子,青砥広幸,青木美咲,酒井淑子,横井信子,蒲生佐知子(薬剤部): 調剤と情報, 2(7): 865〜869, 1996.

3608. [講座] 栄養療法の基礎と薬剤師の役割(1)栄養療法とは−総論−. 佐川賢一,松原肇,島田慈彦(薬剤部): 日本薬剤師会雑誌, 49(3): 23〜29, 1997.

3609. [学術書] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 糖尿病患者への服薬指導の実際, p.753〜768, 厚田幸一郎(薬剤部). 編集 和田攻(埼玉医大),朝長文弥(北里大), 文光堂,東京,96.10.04発行.

3610. [学術書] (分担執筆) 神経難病必携V; 消毒薬の種類と使用上の留意点, p.14〜23, 黒山政一,平山武司(薬剤部). 北里大学東病院難病治療研究センター,相模原,96.08.00発行.

3611. [学術書] (分担執筆) 抗生物質適正使用ハンドブック; 院内検出菌の実態とその感受性, p.1〜16, 主要抗生物質の概要, p.17〜117, 抗生物質の服薬指導, p.359〜366, 黒山政一,矢後和夫,望月真弓,島田慈彦(薬剤部). 編集 黒山政一(北里大), 薬業時報社,東京,97.03.15発行.

3612. [学術書] (編集) 抗生物質適正使用ハンドブック; 編集 黒山政一(薬剤部), 薬業時報社,東京,97.03.15発行.

3613. [教科書] (分担執筆) 病気と薬剤; 34. 褥瘡・熱傷・凍傷と薬剤, p.706〜723, 松原肇,島田慈彦(薬剤部). 薬事日報社,東京,96.04.20発行.

3614. [教科書] (分担執筆) ラジオたんぱ薬剤師生涯研修講座テキスト; Z. 調剤技術−薬剤の粉砕について−, Z: 209〜218, 佐川賢一(薬剤部). 薬事日報社,東京,96.06.28発行.

3615. [教科書] (分担執筆) ビジュアル臨床栄養百科: 第4巻 経腸・静脈栄養法; 5. 経腸・静脈栄養法と薬物療法, 4: 144〜150, 松原肇,島田慈彦(薬剤部). 小学館,東京,96.09.20発行.

3616. [その他の著書(啓蒙書)] (編集) 実例薬剤管理指導業務, 編集 吉野清高(順天大),大竹貫一(前橋赤十字病院),寺沢孝明(立川病院),加賀谷肇(薬剤部),他,日本病院薬剤師会, 薬業時報社,東京,97.01.15発行.

3617. [その他の著書(入門書)] (共著) 服薬指導Q & Aシリーズ: 精神科領域; 黒山政一,竹内尚子,伊藤直子,杉村牧子,野中美和,小菅有美,箕浦淑子(薬剤部). 医薬ジャーナル,東京,96.12.10発行.

3618. [その他の著書(入門書)] (共著) 精神神経科の薬剤管理指導業務解説とQ & A; 竹内尚子(薬剤部),阿部宏子(恩方病院),西島裕子(日精病院),木戸美代子(藤沢病院),田村玲子(大和病院). 編集 竹内尚子(北里大), ミクス,東京,96.12.14発行.

3619. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 緩和ケア・癒しの看護; 薬剤師から主治医に向けたアプローチ, 上: 95〜100, 加賀谷肇(薬剤部). 編集 日本総合研究所教育事業グループ, 日本総合研究所出版,東京,96.07.19発行.

3620. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド; 徐拍性不整脈患者への服薬指導の実際, p.340〜344, 佐川賢一(薬剤部). 文光堂,東京,96.10.04発行.

3621. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 病診薬局ハンドブック第4版; 病棟業務の意義と実際, p.159〜201, 加賀谷肇(薬剤部). 編集 日本病院薬剤師会, 薬業時報社,東京,96.11.30発行.

3622. [その他の著書(入門書)] (編集) 精神神経科の薬剤管理指導業務解説とQ & A; 編集 竹内尚子(薬剤部), ミクス,東京,96.12.14発行.

3623. [学会(国際)] (一般講演) Carpe diem mensuratem: Fuluminant CHAT, its recognition a chronobiologic path to preventing a myocardial infarction. Cornelissen, G.,Halberg, F.(ミネソタ大),Gubin, D.(チュメン医学アカデミー),Caradente, F.,Halberg, J.(ミネソタ大),Zaslavskaya, R.(モスクワ第60病院),Syuktin, V.(モスクワ医学機構),熊谷雄治(薬理),Watanabe, H.,Otsuka, K.(東女医大): 4 Convegno Nazionale, Societa Italiana di cronobiologia (96.06.01〜02), Cappuccini, Italia, 抄録集, p.35〜36, 1996.

3624. [学会(国際)] (一般講演) Blood pressure and heart rate chronome, yardsticks of ontogeny and vascular disease risk. Cornelissen, G.,Halberg, F.,Johnson, D.(ミネソタ大),Gubin, D.,Gubin, G.(チュメン医学),Otsuka, K.,Watanabe, Y.(東女医大),熊谷雄治(薬理),Syutkin, V.(モスクワ医学機構),Syutkina, E.,Grigoriev, A.E.,Turti, T.,Mitish, M.,Siegelova, J.(ロシア医学校),Fiser, B.,Dusek, J.(マサリク大),Garcia Alonso, L.(ラ・コルナ マテルノ・インファンティル病院): 2nd World Congress of Cellular and Molecular Biology (96.09.03〜07), Ottawa, Canada, 抄録集, p.83〜84, 1996.

3625. [学会(国際)] (一般講演) Self-starting cumulative sums for the individualized assessment of antihypertensive response and optimization by timing. Siegelova, J.(マサリク大学),Cornelissen, G.,Halberg, F.(ミネソタ大),Fiser, B.,Dusek, J.,Al-Kubati, M.(マサリク大),Machat, R.(Lachema a.s. Bruno, Czech),熊谷雄治(薬理),Watanabe, Y.,Otsuka, K.(東女医大): 2nd International Symposium of Chronobiology and Chronomedicine (96.09.28〜10.02), Shenyang, China, 抄録集, p.48, 1996.

3626. [学会(国際)] (ポスター講演) Response of animal model for tardive dyskinesia to central drugs. 竹内尚子,加藤安宏(薬剤部),渡辺滋(生物物理系),石郷岡純,村崎光邦,三浦貞則(精): 20th C.I.N.P. Congress (96.06.25), Melbourne, Eur. Neuropsychopharmacol., 6(Suppl.3): 107, 1996.

3627. [学会(国際)] (ポスター講演) Synthesis, surface activities and antimicrobial properties of alkyl glycoside derivatives. 尾鳥勝也,矢後和夫(薬剤部),河田和雄,清野肇(理学部),梶英輔(薬学部): 18th International Carbohydrate Symposium (96.07.24), イタリア, ミラノ.

3628. [学会(国際)] (ポスター講演) Disopyramide concentrations in human plasma and saliva; Comparison of unbound and saliva concentrations. 佐川賢一,島田慈彦(薬剤部),長谷川延広(大和市立病院),村松準(内),毛利公則(明治薬科大): 8th Japanese-American Conference on Pharmacokinetics and Biopharmaceutics (96.07.28〜30), Seattle, USA, 要旨集, p.35, 1996.

3629. [学会(国際)] (ポスター講演) Pilsicainide concentrations in human serum and saliva; Comparison of unbound and saliva concentrations. 毛利公則(明治薬科大),佐川賢一(薬剤部),長谷川延広(大和市立病院),村松準(内): 8th Japanese-American Conference on Pharmacokinetics and Biopharmaceutics (96.07.28〜30), Seattle, USA, 要旨集, p.36, 1996.

3630. [学会(国際)] (ポスター講演) Determination of the actual Nicotine contents of popular cigarette. 福本真理子(薬学部),近藤留美子(薬剤部),小鴨晃,久保博昭(薬学部),島田慈彦(薬剤部): North American Congress of Clinical Toxycology (96.10.10〜15), Portland, U.S.A.

3631. [学会(全国)] (シンポジウム等) 漢方薬の服薬指導と情報提供. 赤瀬朋秀(薬剤部): 日本薬学会第117年会 (97.03.28), 東京, 講演要旨集4, p.175, 1997.

3632. [学会(全国)] (一般講演) 慢性腎不全患者におけるニューマクロライド系抗生物質の血漿蛋白結合に関する研究. 黒山政一,矢後和夫,本橋茂,島田慈彦(薬剤部),熊野和雄(泌): 第44回日本化学療法学会総会 (96.05.31〜06.01), 鹿児島, 日本化学療法学会雑誌, 44(S-A): 126, 1996.

3633. [学会(全国)] (一般講演) 中毒患者治療における分析の有用性. 近藤留美子(薬剤部),西川隆(臨病理),浅利靖,上條吉人(救命),福本真理子(薬学部),相馬一亥(救命),島田慈彦(薬剤部),大和田隆(救命): 第18回日本中毒学会 (96.07.12〜13), 高松, 中毒研究, 9(4): 447〜484, 1996.

3634. [学会(全国)] (一般講演) 若年者血圧の経年的変化におよぼす身体計測値の影響; 栃木県下502名の若年者血圧12年間の追跡調査からの成績. 海老原昭夫(小山市民病院),熊谷雄治(薬理),河口達二(河口医院),大石正平(科研製薬),大橋京一(浜松医大),藤村昭夫,杉本孝一,原田和博,須 永健一郎,大森正規(自治医大): 第19回日本高血圧学会 (96.10.03〜05), 仙台, 抄録集, p.94, 1996.

3635. [学会(全国)] (一般講演) Roxatidineの体内動態に及ぼす制酸薬およびSucralfateの影響(第2報). 町田充,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部),的場清和(内): 第17回日本臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京.

3636. [学会(全国)] (一般講演) トロンボキサンA2受容体拮抗薬S-1452の薬物動態および薬効におよぼす食事の影響. 藤村昭夫(自治医大),志賀剛(東女医大),熊谷雄治(薬理),大橋京一(浜松医大),小手川勤(大分医大),海老原昭夫(小山市民病院): 第17回臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京, 抄録集, p.111, 1996.

3637. [学会(全国)] (一般講演) 脳血管障害治療薬MCI-186の高齢者における薬物動態. 横田慎一(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),内海光朝,村崎光邦(精),秋元啓,岩本正人,湯浅隆行,岩野政雄(三菱化学): 第17回臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京, 抄録集, p.121, 1996.

3638. [学会(全国)] (一般講演) 第一相臨床試験における携帯型脳波計使用の検討. 笹原絹代,前田尚美,中原いちみ,横田慎一,内海光朝(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),井沢志名野,吉村久仁子,高橋明比古,村崎光邦(精): 第17回臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京, 抄録集, p.165, 1996.

3639. [学会(全国)] (一般講演) 臨床第一相試験における臨床検査値異常変動検出のための試み. 横田慎一(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),内海光朝,村崎光邦(精),水口和己,片野民貴(大塚製薬): 第17回臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京, 抄録集, p.167, 1996.

3640. [学会(全国)] (一般講演) 新規脳代謝改善薬NS-105の高齢者における薬物動態. 熊谷雄治(薬理),横田慎一(臨床薬理),内海光朝,村崎光邦(精): 第17回臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京, 抄録集, p.98, 1996.

3641. [学会(全国)] (一般講演) ワルファリンの服薬説明の現状調査. 佐川賢一,島田慈彦(薬剤部),中川理恵,他12名(順大): 第17回日本臨床薬理学会 (96.11.01〜02), 東京, 要旨集, p.115, 1996.

3642. [学会(全国)] (一般講演) 医薬品添付文書に明記された患者指導情報のデータベース化とインターネットでの提供. 露崎浩子,望月真弓,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部),根岸健一(薬学部),鶴田陽和(医用情報): 第16回医療情報学連合大会 (96.11.28), 幕張, 論文集, p.164〜165, 1996.

3643. [学会(全国)] (一般講演) ワルファリン服用患者の服薬に関する認識度実態調査と今後の患者教育. 大河内貴浩,佐川賢一,佐藤透,厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部),小林幸子,渡辺加代子(看護部): 日本薬学会第117年会 (97.03.26〜28), 東京.

3644. [学会(全国)] (ポスター講演) 薬剤師による経口血糖降下剤服用中患者に対する個人教育の有用性. 厚田幸一郎,町田充,難波昭雄,沼里友紀,山足由香,村上祐美子,島田慈彦(薬剤部),的場清和,金森晃,矢島義忠(内): 日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.16), 久留米, 糖尿病, 39(Suppl.1): 355, 1996.

3645. [学会(全国)] (ポスター講演) 錠剤, カプセル剤PTDの誤嚥の現状とその対応. 蒲生佐知子,黒山政一,野頭栄理子,小山彰子,沢田実花,池田真樹,小林裕子,菅原充広,平山武司,矢後和夫(薬剤部): 第6回クリニカルファーマシーシンポジウム (96.06.27), 長崎, 予稿集, p.168〜169, 1996.

3646. [学会(全国)] (ポスター講演) 抗がん剤投与による悪心・嘔吐の5HT3受容体拮抗剤の使用評価への試み. 町田充,望月真弓,高橋賢成,加賀谷肇,島田慈彦(薬剤部): 第6回クリニカルファーマシーシンポジウム (96.06.28), 長崎.

3647. [学会(全国)] (ポスター講演) Visual basic for Microsoft Excelを活用したTDM支援システム. 木村利美,麓幸市朗,高橋圭子,高橋賢成,望月真弓,加賀谷肇,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部),緒方宏泰(明治薬科大): 第6回クリニカルファーマシーシンポジウム (96.06.28), 長崎, 講演要旨集, p.326, 1996.

3648. [学会(全国)] (ポスター講演) 塩酸クレンブテロールの適正使用の推進; 患者聞き取りによる副作用調査の実施. 坂倉智子,新井万理子,渡辺摂子,中嶋康子,白沢和子,東山亜紀子,橋本彰子,島田慈彦(薬剤部): 第6回クリニカルファーマシーシンポジウム (96.06.28), 長崎, 講演要旨集, p.374〜375, 1996.

3649. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性腎不全患者における塩酸ジルチアゼムの蛋白結合に関する検討. 本橋茂,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部),熊野和雄(泌),黒山政一(薬剤部): 第41回日本透析医学会総会 (96.07.07), 名古屋, 予稿集, p.1003, 1996.

3650. [学会(全国)] (ポスター講演) アルキルグルコース誘導体の合成と抗菌活性. 尾鳥勝也,矢後和夫(薬剤部),河田和雄,清野肇(理学部),梶英輔(薬学部): 第18回糖質シンポジウム (96.08.19), 東京.

3651. [学会(全国)] (ポスター講演) イトラコナゾールが有効であったアスペルギルス性慢性肥厚性硬膜炎の1症例. 高橋圭子,望月真弓,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部),久米光(病理),飯塚高浩(内): 第6回日本病院薬学会年会 (96.09.21), 仙台.

3652. [学会(全国)] (ポスター講演) 医薬品適正使用を目指した情報提供の検討. 野中美和,竹内尚子,桜井幸子,今井伸恵,青砥広幸,矢後和夫(薬剤部): 第6回日本病院薬学会 (96.09.21), 仙台.

3653. [学会(全国)] (ポスター講演) 医薬品情報の収集および提供の効率化に関する検討(1)−製薬企業から情報収集・提供の実態に関するアンケート調査−. 舟岡美砂子,望月真弓,露崎浩子,木村利美,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部): 第6回日本病院薬学会年会 (96.09.21), 仙台, 講演要旨集, p.172〜173, 1996.

3654. [学会(全国)] (ポスター講演) 医薬品情報の収集および提供の効率化に関する検討(2)−ファックスモデムを活用した医薬品情報のデータ管理システム−. 木村利美,望月真弓,露崎浩子,舟岡美砂子,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部): 第6回日本病院薬学会年会 (96.09.21), 仙台, 講演要旨集, p.172〜173, 1996.

3655. [学会(全国)] (ポスター講演) ラットにおけるニフェジピンの体内動態に及ぼすグレープフルーツジュースの効果に関する研究. 植沢芳広,後藤早苗,毛利公則,上杉孝(明治薬科大),佐川賢一(薬剤部): 日本薬学会第117年会 (97.03.26〜28), 東京.

3656. [学会(全国)] (ポスター講演) 服薬相談室での能動的服薬指導の実践と有用性の検討(4)−外来喘息患者への教育指導−. 新井万理子,渡辺摂子,中嶋康子,坂倉智子,白沢和子,東山亜紀子,厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部),片桐真人,冨田友幸(内): 日本薬学会第117年会 (97.03.26〜28), 東京.

3657. [学会(全国)] (ポスター講演) PTP誤飲防止用パンフレットを用いた患者指導. 里道佐知子,黒山政一,尾鳥勝也,川口時彦,矢後和夫(薬剤部): 日本薬学会第117年会 (97.03.27), 神奈川.

3658. [学会(全国)] (ポスター講演) クエン酸第一鉄ナトリウム製剤の品質比較試験. 高橋圭子,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部): 日本薬学会第117年会 (97.03.28), 東京.

3659. [学会(地方)] (一般講演) 精神神経科病棟における退院時服薬指導の有用性に関する検討. 箕浦淑子,黒山政一,小山彰子,平山武司,竹内尚子,矢後和夫(薬剤部): 日本病院薬剤師会関東ブロック第26回学術大会 (96.09.01), 群馬, 講演要旨集, p.68〜69, 1996.

3660. [学会(地方)] (一般講演) 北里大学東病院における消毒薬の使用状況とその考察. 野頭栄里子,辻村由紀子,小川幸雄,黒山政一,矢後和夫,相沢政明,島田慈彦(薬剤部): 日本病院薬剤師会第26回関東ブロック学術大会 (96.09.01), 群馬, 予稿集, p.118〜119, 1996.

3661. [学会(地方)] (一般講演) 錠剤・カプセル剤PTPの誤飲の現状とその対応−パンフレットを用いた患者指導−. 里道佐知子,黒山政一,矢後和夫(薬剤部): 神奈川県薬剤師会第16回学術大会 (96.11.10), 横浜, 予稿集, p.37〜38, 1996.

3662. [学会(地方)] (一般講演) 外来患者における一回量調剤の現状と今後の対応. 横井信子,尾鳥勝也,沢田実花,平山武司,黒山政一,矢後和夫(薬剤部): 神奈川県薬剤師会第16回学術大会 (96.11.10), 横浜, 予稿集, p.39〜40, 1996.

3663. [学会(地方)] (一般講演) 北里大学東病院における残置薬の現状とその対策. 小山彰子,黒山政一,小林裕子,菅原充広,尾鳥勝也,平山武司,矢後和夫(薬剤部),浅井美由紀,田代真一(昭和薬科大): 神奈川県病院薬剤師会第4回学術大会 (96.11.17), 横浜.

3664. [学会(地方)] (一般講演) 入院時における持参薬調査−服薬指導への活用−. 弟子丸紀子,小菅有美,小川幸雄,杉村牧子,玉置明子,塙久美子,青砥広幸,池田真樹,矢後和夫(薬剤部): 神奈川県病院薬剤師会第4回学術大会 (96.11.17), 横浜.

3665. [学会(地方)] (一般講演) 気管内吸引カテーテルの消毒方法の検討. 辻村由紀子,野頭栄里子,小川幸雄,黒山政一,矢後和夫,相沢政明(薬剤部): 神奈川県病院薬剤師会第4回学術大会 (96.11.17), 横浜, 予稿集, p.32〜33, 1996.

3666. [研究会(全国)] (教育講演) 在宅治療の薬剤管理. 小川幸雄(薬剤部): HIT研究会 (96.08.23), 神戸.

3667. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 北里大学病院におけるHPNの現状と問題点. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 第11回在宅静脈栄養(HPN)研究会 (96.09.14), 仙台, 予稿集, p.33, 1996.

3668. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 薬剤供給と管理施行上の問題点−薬剤師の立場から−. 小川幸雄,矢後和夫(薬剤部),勝又伴栄(内),大谷剛正,比企能樹(外): 在宅静脈栄養(HPN)研究会 (96.09.14), 仙台, 予稿集, p.34, 1996.

3669. [研究会(全国)] (一般講演) 胃瘻チューブの汚染原因と防止に関する検討. 小菅有美,横井信子,弟子丸紀子,小川幸雄,黒山政一,矢後和夫(薬剤部),小島慶子,三浦康治(臨検),野口球子(栄養部),佐藤美枝,野沢かな子(薬 剤部),長谷川一子(内),相沢政明,島田慈彦(薬剤部): 第1回HEQ研究会 (96.08.31), 横浜.

3670. [研究会(全国)] (ポスター講演) 高齢者における抗不整脈剤Cibenzolineの血漿中濃度と治療効果の研究. 佐川賢一,高橋賢成,島田慈彦(薬剤部),長谷川延広,村松準,和泉徹(内),毛利公則,上杉孝(明治薬科大): 第6回クリニカルファーマシーシンポジウム (96.06.27〜28), 長崎, 講演要旨集, p.330〜331, 1996.

3671. [研究会(全国)] (ポスター講演) 5HT3受容体拮抗薬の薬剤使用評価(DUE)への試み. 町田充,望月真弓,高橋圭子,佐川賢一,島田慈彦(薬剤部): 第2回日本薬剤疫学研究会 (96.11.29), 東京.

3672. [研究会(地方)] (教育講演) 在宅医療への取り組み−在宅医療と薬剤師−現状と今後の展望. 小川幸雄(薬剤部): 病院薬剤師研修 (96.11.27), 横浜, 予稿集, p.1〜3, 1996.

3673. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 消毒剤の副作用・有害作用および環境への影響. 松原肇(薬剤部): 第11回院内感染を考えるシンポジウム横浜 (96.07.06), 横浜, 予稿集, p.12〜15, 1996.

3674. [研究会(地方)] (一般講演) 当院における調剤過誤対策の現状. 大河内貴浩,沼里友紀,梶山順子,山足由香,坂倉智子,瀬戸貢,佐藤透,佐久間政彦,厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部): 第4回神奈川県病院薬剤師会 (96.11.17), 横浜.


<<34 医療社会学>>

3675. [研究報告] へき地診療所における薬局運営のあり方に関する研究. 奥野正孝,藤村昭夫(自治医大),熊谷雄治(薬理),原田和博,渡辺健時郎,吉野達視,名郷直樹,濱崎圭三,杉田義博(自治医大): 1996.

3676. [研究報告(その他公的な報告)] クリーニング作業屋者の死因構造に関する疫学的研究. 中村賢(医療社会),高田勗(衛),門脇武博(医療衛生学部),相沢好治,原田久,苅部ひとみ,新津谷真人(衛),鈴木牧彦(精): クリーニングと公衆衛生に関する研究平成7年度(全国クリーニング環境衛生同業組合連合会)報告書, p.21〜26, 1996.

3677. [研究報告(その他公的な報告)] 産業保健推進センターにおける作業環境管理活動支援に関する調査研究. 門脇武博(医療衛生学部),中村賢(医療社会),小西淑人(日本作業環境測定協会),藪田十司(衛生学部),片桐裕史(医療衛生学部),今塩屋章(労働福 祉事業団): 産業保健推進センターにおける作業環境管理活動支援に関する調査研究報告書(労働福祉事業団), p.1〜76, 1996.

3678. [研究報告(その他公的な報告)] 「社会保健センター」の役割に関する調査研究結果(単純集計分)について. 中村賢(医療社会),高田勗(衛): 平成7年度政府管掌健康保険事業の効率化に関する調査研究(社)全国社会保険協会連合会; 保健・福祉施設の活用に関する調査報告書, p.6〜33, 1996.

3679. [研究報告(その他公的な報告)] 労働者健康保持増進指導機関の実態に関する研究報告−企業における労働者健康保持増進指導機関等の利用実態と今後の活用のあり方について−. 泉山中三(昭和音大),門脇武博(医療衛生学部),下光輝一(東医科大),鈴木牧彦(精),中村賢(医療社会),黒谷一郎,目黒征治,三觜明,中里経(中 央労働災害防止協会),森良實(働く人の健康づくり協会): 労働者健康保持増進指導機関の実態に関する研究報告書(働く人の健康づくり協会), p.1〜32, 1996.

3680. [研究報告(その他公的な報告)] 職場環境と個人の特性を考慮したストレス測定に関する研究. 中村賢(医療社会): 労働省平成7年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.105〜109, 1996.

3681. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 健康づくり指導者養成テキスト「休養分野」応用編(第1回改訂); 職場における健康と休養, p.1〜18, 中村賢(医療社会). 編集 東京都健康推進財団, 東京都健康推進財団, 東京, 96.00.00発行.

3682. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 職場のメンタルヘルス・ケア: 産業医と産業保健スタッフのためのガイドブック; 職場の健康管理に関する体制づくり, p.319〜334, 中村賢(医療社会). 編集 白倉克之(国立療養所久里浜病院),高田勗(衛),筒井末春(東邦大), 南山堂, 東京, 97.02.00発行.

3683. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 産業医活動マニュアル: 第2版 増補版; 企業内健康保持増進体制, p.377〜381, 中村賢(医療社会). 編集 高田勗(衛),野見山一生(自治医科大), 医学書院,東京,97.03.00発行.

3684. [研究会(全国)] (特別講演) クリーンライフビジョン21について. 中村賢(医療社会): 平成8年度上期首長会議・研修会 (96.06.01), 東京.

3685. [研究会(全国)] (シンポジウム等) トータルヘルスケアマネージメントの機能的構造論と作業環境管理. 中村賢(医療社会): 第17回作業環境測定研究発表会 (96.10.31), 名古屋, 抄録集, p.40〜41, 1996.

3686. [研究会(全国)] (一般講演) 職場におけるストレス評価の実態に関する調査研究. 中村賢(医療社会): 労働省平成8年度「作業関連疾患の予防に関する研究」第2回班会議 (97.02.26), 東京, 抄録集, p.14, 1996.


<<35 医学原論 >>

3687. [準原著] 美容整形/陥没乳頭手術事件. 家永登(医学原論): 医療過誤判例百選[第2版], 別冊ジュリスト, (140): 184〜185, 1996.

3688. [その他の著書] (分担執筆) 判例体系(第2期版)親族法・相続法; 追録, 82〜88号, 家永登(医学原論). 編集 加藤一郎(東大),唄孝一(都立大),石川稔(上智大), 第一法規出版, 東京,96.07.10発行.

3689. [その他の著書] (分担執筆) 判例体系(第2期版)親族法・相続法; 追録, 89〜92号, 家永登(医学原論). 編集 加藤一郎(東大),唄孝一(都立大),石川稔(上智大), 第一法規出版, 東京,96.12.15発行.


<<36 医用情報学>>

3690. [原著] Time-lag effect of dietary fiber and fat intake ratio on Japanese colon cancer mortality. Tsuji, K.(国立健康・栄養研),Harashima, E.,Nakagawa, Y.,Urata, G.(実践女子大),白鷹増男(医用情): Biomed. Environ. Sci., 9: 223〜228, 1996.

3691. [原著] Long-term effect of dietary fiber and fat intake on Japanese colon cancer mortality. Tsuji, K.(国立健康・栄養研),Harashima, E.,Nakagawa, Y.,Urata, G.(実践女子大),白鷹増男(医用情): Biosci. Microflora, 15(2): 77〜84, 1996.

3692. [原著] Windows版電子教科書のハイパーリンク自動作成によるHTML化. 池田憲昭(医療衛生学部),竹内昭博,奈良佳洋,鶴田陽和(医用情): 医用情報学, 17: 11〜18, 1997.

3693. [原著] 混合性結合組織病(MCTD)のクラスター分析. 宮原英夫(医療衛生学部),白鷹増男(医用情): 行動計量学, 23(1): 63〜82, 1996.

3694. [準原著] 献立作成学習を支援するコンピュータソフトの開発. 佐藤真紀子(都立小笠原高),遠藤ミユキ(横浜市立老松中),竹内昭博,白鷹増男(医用情),金子佳代子(横浜国大): 日本家庭科教育学会誌, 39(2): 55〜62, 1996.

3695. [研究報告(文部省)] 大学生のMMPIプロフィール得点とそれによる留年の予測. 宮原英夫,土沢健一(医療衛生学部),白鷹増男(医用情),堤邦彦(精): 平成7年度科学研究費補助金総合研究(A)研究成果報告書, p.67〜74, 1996.

3696. [研究報告(文部省)] 症候で定義されている疾患単位の内部構造−混合性結合組織病(MCTD)のクラスター分析−. 宮原英夫(医療衛生学部),白鷹増男(医用情),土沢健一(医療衛生学部): 平成8年度科学研究費基盤研究(A)「実験データ科学の数理的基礎とその応用」報告書, p.111〜118, 1997.

3697. [研究報告(厚生省)] 慢性関節リウマチ患者の長期経過と内科的治療. 東威,宮城憲一(聖マリ医大),白鷹増男(医用情),宮原英夫(医療衛生学部): 平成7年度厚生省リウマチ調査研究事業研究報告書, p.102〜104, 1996.

3698. [総説] コンピュータ実習室の自動メインテナンス・システムの開発. 鶴田陽和(医用情): 薬理と臨床, 6: 1896〜1898, 1996.

3699. [講座] Windows 95の使いこなしのヒント集. 竹内昭博(医用情): 医療とコンピュータ, 7(6): 51〜56, 1997.

3700. [講座] WWWサーバによる医師向け医薬品情報提供. 鶴田陽和(医用情): 医療とコンピュータ, 8(1): 40〜45, 1997.

3701. [講座] 電子教科書の現在. 竹内昭博(医用情): 新医療, 24(2): 63〜66, 1997.

3702. [学術書] (単著) 新生理学Qシリーズ; p.1〜226, 竹内昭博(医用情). 日本医事新報,東京,96.09.20発行.

3703. [学術書] (共著) Windows版StatView 4.5オフィシャルガイドブック; Windows 95の基礎知識とStatViewのインストール, p.1〜28, Windows版 StatViewの基本操作 p.41〜76, 竹内昭博(医用情),尾崎眞(東京女医大),陶山昭彦(鳥取大),長田理(東大). 南江堂,東京,97.02.15発行.

3704. [その他の著書] (分担執筆) Internet Medical Review (CD-ROM); くすりに関するQ & A, 鶴田陽和(医用情),望月真弓(薬剤部). 編集 村瀬澄夫, チーム医療,東京,96.06.18発行.

3705. [その他の著書] (分担執筆) Wonderful World Women (CD-ROM), vol. 5; くすりに関するQ & A, 鶴田陽和(医用情),望月真弓(薬剤部). ことば工房,東京,96.10.01発行.

3706. [学会(全国)] (一般講演) 房室ブロックのモデル(4)高度房室ブロック症例における下位ペースメーカ位相反応曲線の推定. 池田憲昭(医療衛生学部),高柳寛(獨協医大),竹内昭博(医用情): 第35回ME学会大会 (96.05.17), 大阪, 医用電子と生体工学, 34(特別): 430, 1996.

3707. [学会(全国)] (一般講演) WWWサーバによる医師向けの医薬品情報提供とその問題点. 鶴田陽和(医用情),土井和美(生物物理系),望月真弓,島田慈彦(薬剤部),池田憲昭(医療衛生学部): 第16回医療情報学連合大会 (96.11.29), 千葉, 論文集, p.160〜161, 1996.

3708. [学会(全国)] (一般講演) 輸液電卓システムの開発と応用. 竹内昭博,白鷹増男(医用情),池田憲昭(医療衛生学部),光田伸行(日本ヘキスト・マリオン・ルセル): 第16回医療情報学連合大会 (96.11.29), 千葉, 論文集, p.594〜595, 1996.

3709. [学会(全国)] (一般講演) 人工心肺装置シミュレーションシステムの開発. 東條圭一(MEセン),竹内昭博(医用情),奈良佳洋(生物物理系),池田憲昭(医療衛生学部),稲毛博(MEセン): 第16回医療情報学連合大会 (96.11.29), 千葉, 論文集, p.620〜621, 1996.

3710. [学会(全国)] (ポスター講演) 高度房室ブロック症例における下位ペースメーカ位相反応曲線の推定とその評価. 池田憲昭(医療衛生学部),高柳寛(獨協医大),竹内昭博(医用情),宮原英夫(医療衛生学部),奈良佳洋(生物物理系),諸星康雄(実動),頼住孝二 (医学部): 第13回日本心電学会学術集会 (96.10.03), 別府, 心電図, 16(5): 556, 1996.

3711. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 症候で定義されている疾患単位の内部構造−混合性組織病(MCTD)のクラスター分析−. 宮原英夫(医療衛生学部),白鷹増男(医用情),土沢健一(医療衛生学部): 文部省科学研究費シンポジウム「医学・生物学データの統計モデル; 理論と応用」 (96.12.07), 富山, 報告書, p.111〜118, 1996.


<<38 物理学>>

3712. [原著] 4d photoionization of singly-charged Xe, Ba, and Eu ions. 小泉哲夫,粟谷容子,Gonno, M.,伊藤陽,Kimura, M.,小島隆夫,Kravis, S.,大浦正樹,佐野睦,関岡嗣久,渡部直樹,Yamaoka, H.,小池文博(物理): J. Elec. Spec. and Related Phenomena, 79: 289〜292, 1996.

3713. [原著] Photoionization of 4d-electrons in singly charged Xe ions. 佐野睦,伊藤陽,小泉哲夫,小島隆夫,Kravis, S.D.,大浦正樹,関岡嗣久,渡部直樹,粟谷容子,小池文博(物理): J. Phys. B., 29: 5305〜5313, 1996.

3714. [原著] Stabilized hollow atoms (ions) produced with multiply charged ions passed through microcapillaries. 山崎泰規,二宮史郎,小池文博(物理),益田秀樹,東俊行,小牧研一郎,黒木健郎,関口雅行: J. Phys. Soc. Jpn., 65(5): 1199〜1202, 1996.

3715. [原著] Postcollision interaction effects induced by auger, cascades following Xe L3-shell ionization. 早石達司,村上栄五郎,Lu, Y.,繁政英治,柳下明,小池文博(物理),森岡弓男: Phys. Rev., 54: 4064〜4068, 1996.

3716. [原著] Collisional excitation X-ray lasers: Toward a compact X-ray source. 加藤義章,大道博行,児玉了祐,村井K,小池文博(物理): Prog. Crystal Growth and Charact., 33: 255〜260, 1996.

3717. [準原著] 4d photoionization of Xe+, Xe2+, and Xe3+ ions. 大熊隆次,小泉哲夫,藤野敦,粟谷容子,大浦正樹,北島昌史,小島隆夫,渡部直樹,伊藤陽,小池文博(物理),佐野睦,関岡嗣久: Atomic Collision Research in Japan, (22): 85〜86, 1996.

3718. [準原著] Wavelength measurement on the Ni-like soft X-ray lasing and its comparison to the atomic physics calculation. 大道博行,二宮史郎,Imai, T.,児玉了祐,Murai, K.,小池文博(物理),加藤義章: Inct. Phys. Conf. Ser., No.151(Section 12): 433, 1997.

3719. [研究報告] Ni-like soft X-ray lasing in high-Z ions. 二宮史郎,今井T.,Murai, K.,児玉了祐,Takagi, M.,大道博行,加藤義章,小池文博(物理): Annual Progress Report 1995 of ILE Osaka Univ., p.221〜222, 1996.

3720. [研究報告] Analysis of M-shell X-ray from Au ion by NISEM. 本田孝二,小池文博(物理),三間圀興: Annual Progress Report 1995 of ILE Osaka Univ., p.265〜268, 1996.

3721. [研究報告] Theory of post-collision interaction in many electron escape realized by deep inner-shell photoionization. 小池文博(物理): Atomic Phys. with Hard X-rays from High Brilliance Synchrotron Light Sources (ANL/APS/TM-16), 1996.

3722. [研究報告] 高Z原子のプラズマ中の原子過程. 小池文博(物理): レーザー研シンポジウム '96, 共同研究成果報告書, p.238〜241, 1996.

3723. [学会(国際)] (特別講演) Dissociative recombination of hydrogeneous molecular ion. 高木秀一(物理): International Symposium on Atomic and Molecular Processes in Fusion Plasmas (96.09.17), 名古屋.

3724. [学会(国際)] (ワークショップ) Theory of post-collision interaction upon deep inner-shell photoionization. 小池文博(物理): Workshop on Atomic Physics with Hard X-rays from High Brilliance Synchrotron Light Sources (96.05.20), アルゴンヌ国立研, USA.

3725. [学会(国際)] (一般講演) A potential best stereographic presentation of the plastinated anatomical specimen. Shimaguchi, S.,Taguchi, M.,小池文博(物理),Takai, S.,Tamura, H.,Akahane, M.,Iwamoto, S.,Kanazawa, E.,Satake, T.,Kimura, K.,Yoshida, Y.,Iwahara, M.: 8th International Conference on Plastination (96.07.00), ブリスベーン, オーストラリア.

3726. [学会(国際)] (一般講演) Analysis of X-ray spectra of laser produced high density plasmas. 小池文博(物理): Radiation Properties of Hot Dense Matter (96.11.04), Santa Barbara, USA.

3727. [学会(国際)] (ポスター講演) Wavelength measurement on the Ni-like soft X-ray lasing and its comparison to the atomic physics calculation. 大道博行,二宮史郎,Imai, T.,児玉了祐,Murai, K.,小池文博(物理),加藤義章: 第5回X線レーザー会議 (96.06.10), Lund, Sweden.

3728. [学会(国際)] (ポスター講演) Stabilized hollow atoms (ions) produced with slow multiply charged ions passed through metallic microcapillaries. Ninomiya, S.,Yamazaki, Y.,小池文博(物理),Masuda, T.,Azuma, T.,KomaKi, K.,Kuroki, K.,Sekiguchi, M.: 8th International Conference on the Physics of Highly Charged Ions (96.09.24), 埼玉.

3729. [学会(国際)] (ポスター講演) 4d photoionization of multiply charged Xe q+(q=1-3) ions. Koizumi, T.,Awaya, Y.,Fujino, A.,Itoh, Y.,Kitajima, M.,Kojima, T.M.,Oura, M.,Ohkuma, R.,Sano, M.,Sekioka, T.,Watanabe, N.,小池文博(物理): 8th International Conference on the Physics of Highly Charged Ions (96.09.26), 埼玉.

3730. [学会(全国)] (シンポジウム等) はじめに. 小池文博(物理): 日本物理学会1996年秋の分科会原子分子シンポジウム (96.10.02), 山口, 概要集, 2PYJ1, 1996.

3731. [学会(全国)] (一般講演) 低速多価イオンとミクロポーラスニッケルとの相互作用. 二宮史郎,山崎泰規,小牧研一郎,東俊行,益田秀樹,小池文博(物理),黒木健郎,関口雅行: 日本物理学会1996年秋の分科会 (96.10.01), 山口, 概要集, 1PYJ3, 1996.

3732. [学会(全国)] (一般講演) キセノン1価イオンの4d光電離. 佐野睦,伊藤陽,大浦正樹,大熊隆次,北島昌史,小泉哲夫,小島隆夫,関岡嗣久,藤野敦,渡部直樹,粟谷容子,小池文博(物理): 日本物理学会1996年秋の分科会 (96.10.02), 山口, 概要集, 2aYJ6, 1996.

3733. [学会(全国)] (一般講演) Ni様軟X線レーザー発振波長の精密測定. 大道博行,二宮士郎,今仁武臣,児玉了祐,加藤義章,小池文博(物理): 日本物理学会1996年秋の分科会 (96.10.03), 山口, 概要集, 3PC12, 1996.

3734. [学会(全国)] (一般講演) Ni様軟X線レーザー発振線の波長の精密計算. 小池文博(物理),大道博行,加藤義章: 日本物理学会1996年秋の分科会 (96.10.03), 山口, 概要集, 3PC13, 1996.

3735. [学会(全国)] (一般講演) 解離性再結合における閉じた解離チャンネルの役割. 高木秀一(物理): 日本物理学会 (96.10.03), 山口, 講演概要集, p.55, 1996.

3736. [学会(全国)] (一般講演) ArのK殻イオン化に伴う多段階オージェ崩壊過程におけるPCI効果の計算U. 小池文博(物理): 日本物理学会第52回年会 (97.03.28), 名古屋, 概要集, 28PYK3, 1997.

3737. [学会(全国)] (一般講演) HeH+解離性再結合の機構. 高木秀一(物理): 日本物理学会 (97.03.28), 名古屋, 講演概要集, p.787, 1997.

3738. [学会(全国)] (一般講演) グラントコードによるレーザー生成プラズマ中ArのH様, He様イオンからのX線スペクトルの解析. 河村徹,小池文博(物理),三間圀興: 日本物理学会第52回年会 (97.03.29), 名古屋, 概要集, 29PYG3, 1997.

3739. [学会(全国)] (一般講演) Ne 1s電離の衝突後効果. 早石達司,田中智章,吉井裕,森岡弓男,村上栄五郎,繁政英治,柳下明,小池文博(物理): 日本物理学会第52回年会 (97.03.30), 名古屋, 概要集, 30PYK8, 1997.

3740. [学会(全国)] (一般講演) 低速多価イオンとミクロポーラスニッケルとの相互作用U. 二宮史郎,山崎泰規,小牧研一郎,東俊行,益田秀樹,小池文博(物理),黒木健郎,関口雅行: 日本物理学会第52回年会 (97.03.31), 名古屋, 概要集, 31PYK7, 1997.

3741. [研究会(全国)] (特別講演) 原子の多電子励起状態と内殻励起状態. 小池文博(物理): 京大基研研究会「原子核とマイクロクラスターの類似性と異質性」 (96.08.05), 京都.

3742. [研究会(全国)] (一般講演) 原子のX線吸収と緩和過程の理論. 小池文博(物理): X線分光学理論に関する研究会 (96.12.05), つくば.

3743. [研究会(全国)] (一般講演) 高密度プラズマ中の原子過程の理論. 小池文博(物理): レーザー研共同研究シンポジウム (97.02.20), 大阪.


<<39 化学>>

3744. [原著] Sintering of zirconia coated hydroxyapatite particles. 松野昂士(化),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大): J. Ceram. Soc. Jpn. Int. Ed., 104: 942〜945, 1996.

3745. [原著] ジルコニア被覆水酸アパタイト微粒子の燒結. 松野昂士(化),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大): 日本セラミックス協会学術論文誌, 104(10): 945〜948, 1996.

3746. [準原著(英文)] Packing structure of monolayer coated powder prepared by the dry impact blending process utilizing mechanochemical treatment. 本田宏隆(東理大),本田二葉(PHD Inc.),小石真純(東理大),松野昂士(化): Proceedings of 5th World Congress of Chemical Engineering, X: 607〜612, 1996.

3747. [短報・速報] Microstructure and fracture toughness of sintered body of zirconia coated hydroxyapatite particles. 松野昂士(化),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大): 材料技術, 14(8): 243〜246, 1996.

3748. [短報・速報] Crystal of hydroxyapatite produced by a heterogeneous reaction in a continuous operation. 松野昂士(化),小石真純(東理大): 材料技術, 15(2): 59〜63, 1997.

3749. [研究報告(文部省)] 抗胃ムチン単クローン抗体を利用した胃粘液分泌刺激とその応答に関する基礎的研究. 石原和彦(化): 平成7〜8年度科研費基盤研究(C)(2)研究成果報告書, 1997.

3750. [総説] 生体材料概説. 川島徳道(桐蔭学園横浜大),松野昂士(化学): 材料技術, 14(6): 163〜167, 1996.

3751. [学会(国際)] (ポスター講演) Packing structure of monolayer coated powder prepared by the dry impact blending process utilizing mechanochemical treatment. 本田宏隆(東理大),本田二葉(PHD Inc.),小石真純(東理大),松野昂士(化): 5th World Congress of Chemical Engineering (96.07.16), San Diego.

3752. [学会(全国)] (教育講演) ムチン(粘液糖タンパク質)の合成分泌制御−胃ムチンを対象として−. 石原和彦(化): 第21回角膜カンファランス (97.02.08), 松山, 要旨集, p.6, 1997.

3753. [学会(全国)] (一般講演) バイオセラミックス/ダイヤモンド複合微粒子およびその燒結体の調製と表面特性. 川島徳道,カワンスタント(桐蔭学園横浜大),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大),松野昂士(化学): 第34回粉体に関する討論会 (96.11.01), 高松, 要旨集, p.193〜196, 1996.

3754. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒドロキシアパタイト微結晶集合体/ジルコニア微粒子混合系の高温分解挙動. 松野昂士(化),川島徳道(桐蔭学園横浜大),小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大): 第49回コロイドおよび界面化学討論会 (96.09.21), 八王子, 要旨集, p.308, 1996.

3755. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒドロキシアパタイト/ジルコニア複合微粒子焼結体の表面特性. 川島徳道,船戸聡,カワンスタント(桐蔭学園横浜大),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),松野昂士(化学): 日本化学会第71秋季年会 (96.10.09), 福岡, 要旨集, p.110, 1996.

3756. [研究会(地方)] (特別講演) 生体硬組織用インプラント材料. 松野昂士(化): 技術講演会: 続新素材開発を支える粉体工学の潮流 (96.10.01), 東京, 要旨集, p.43〜57, 1996.


<<41 生物学>>

3757. [原著] Cathepsin D is involved in the clearance of Alzheimer's β-amyloid protein. 浜崎秀明(生物): FEBS Lett., 396(2-3): 139〜142, 1996.

3758. [原著] A β-amyloid peptide variant related with familial Alzheimer's disease and hereditary cerebral hemorrhage with amyloidosis is poorly eliminated by cathepsin D. 浜崎秀明(生物): FEBS Lett., 397(2-3): 313〜315, 1996.

3759. [学術書] (分担執筆) Biophotonics; Photon emission during cleavage of frog eggs; comparative study of cortical photons between nuclear division and cytoplasmic fission, p.157〜166, 龍崎正士(生物),大貫信(生理). 編集 Lev V. Beloussov (Moscow State Univ.),Fritz-Albert Popp (Int. Inst. Biophys.), Bioinform Services, Co., Russia, 95.00.00発行.

3760. [学会(国際)] (シンポジウム等) Kryotypes of Rana sakuraii and Rana tagoi distributed in Nishitama district in Tokyo. 龍崎正士(生物),滝沢直定(生理),Ralph Johnston(Infusaid, Inc.): International Symposium on Amphibian Endocrinology (96.06.20), Colorado, USA, Abstracts, p.46, 1996.

3761. [学会(全国)] (一般講演) Karyotypes of Rana sakuraii and Rana togoi distributed in Nishitama district in Tokyo. 龍崎正士(生物),滝沢直定(生理),Ito, M.(理学部): 日本動物学会 (96.09.18), 札幌, Zool. Sci., 13(Suppl.): 35, 1996.

3762. [学会(全国)] (ポスター講演) カテプシンD様プロテアーゼによるAβペプチドの分解. 浜崎秀明(生物): 第69回日本生化学会 (96.08.28), 札幌, 生化学, 68(7): 1047, 1996.