1997年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)


<<01 解剖学>>

1. [原著] Site of actin fiber depolymerization within rat sertoli cells as detected by localization of β-thymosin. 酒井康弘,山科正平(解): Acta Histochem. Cytochem., 30(4): 345〜350, 1997.

2. [原著] Three-dimensional dynamics of the Golgi apparatus in mitolic parotid acinar cells: Computer aided reconstruction from cytochemically-marked ultrathin serial sections. 玉木英明,山科正平(解): Acta Histochem. Cytochem., 30(5・6): 643〜651, 1997.

3. [原著] Peptidergic innervation in human von Ebner's glands; an immunohistochemical study. 松田秀樹,日下部辰三,Kohno Hidehiro,Nagahara Taro,古川政樹,沢田元(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文,佃守(横浜市大): Acta Otolaryngol., 117(3): 447〜451, 1997.

4. [原著] Exocytosis in human salivary glands visualized by high-resolution scanning electron microscopy. 瀬川彰久(解),Loffredo, F.,Puxeddu, R.(Univ. Cagliari),山科正平(解),Riva, F.T.,Riva, A.(Univ. Cagliari): Cell Tissue Res., 291(2): 325〜336, 1998.

5. [原著] Increased deposition and altered distribution of basement membrane-related collagens in human fibrotic or cirrhotic liver. Yoshida, T.,Matsubara, O.,安達栄治郎(解),Asamatsu, C.,Takeda, Y.,Hayashi, T.: Connect. Tissue, 28: 189〜198, 1997.

6. [原著] Localization and development of chromogranin A and luteinizing hormone immunoreactivities in the secretory-specific cells of the hypophyseal pars tuberalis of the chicken. 亀田芙子,三浦正明,大野佐恵(解): Histochem. Cell Biol., 109(3): 211〜222, 1998.

7. [原著] Neuropeptide-containing nerve fibres in the human parotid gland; a semiquantitative analysis using an antibody against protein gene product 9.5. 松田秀樹,日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),Nagahara Taro,竹中敏文,佃守(横浜市大): Histochem. J., 29(7): 539〜544, 1997.

8. [原著] Distribution of neuropeptide-containing nerve fibers in the salamander taste organs. 川上倫(生理),日下部辰三,松田秀樹(横浜市大),比留間弘美(生理),五野由佳里(横浜市大),栗原克由(法医): Histol. histopathol., 13(1): 115〜119, 1998.

9. [原著] The clemente susinis collection of wax models of the University of Cagliari. Riva, A.,瀬川彰久(解),Lai, I.,Riva, F.T.(Univ. Cagliari): Ital. J. Anat. Embryol., 102(2): 91〜97, 1997.

10. [原著] Isolated collagen W retains the potential to form an 18-nm sided polygonal meshwork of the lamina densa. 安達栄治郎(解),Takeda, T.,Nakazato, K.,Muraoka, M.,Iwata, M.,Sasaki, T.,Imamura, Y.,Hopkinson, I.,Hayashi, T.: J. Electron Microsc., 46(3): 233〜241, 1997.

11. [原著] Substructures of the acinar basement membrane of rat submandibular gland as shown by alcian blue staining and cryo-fixation followed by freeze-substitution. 門谷裕一(解),勝又修(形態系),山科正平(解): J. Electron Microsc., 46(5): 405〜412, 1997.

12. [原著] Expression of epidermal growth factor receptor in fetal mouse submandibular gland detected by a biotinyltyramide-based catalyzed signal amplification method. Gresik, E.W.(ニューヨーク市大),Kashimata, M.(明海大),門谷裕一(解),Mathews, R.(ニューヨーク市大),Minami, N.(明海大),山科正平(解): J. Histochem. Cytochem., 45(12): 1651〜1657, 1997.

13. [準原著] Chitosanを用いたナノゴールド銀増感免疫電顕法の改良−MW迅速試料処理装置を用いた処理時間短縮の試み−. 勝又修,安達栄治郎,山科正平(解): 生理学技術研究会報告, (19): 46〜49, 1997.

14. [研究報告(文部省)] 器官形成過程におけるラシニンアイソフォームの発現とそれらの機能に関する研究. 門谷裕一(解): 文部省科学研究費補助金研究成果報告書, 1998.

15. [研究報告(文部省)] 走査型プローブ顕微鏡による細胞の分子解剖技法の開発. 山科正平(解): 平成7〜9年度文部省科研費研究成果報告書.

16. [研究報告(文部省)] 免疫細胞化学でゴルジ装置を解剖する. 玉木英明(解): 平成8〜9年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書基盤研究(C)(2).

17. [研究報告(文部省)] 消化腺導管系の構造と機能に関する免疫組織化学的研究. 山科正平(解): 平成8〜9年度文部省科研費研究成果報告書.

18. [総説] 消化管と基底膜. 安達栄治郎,勝又修(解): G.I. Research, 5: 162〜172, 1997.

19. [総説] Basement-membrane stromal relationships; Interactions between collagen fibrils and the lamina densa. 安達栄治郎(解),Hopkinson, I.(Univ. Wales Col. Med.),林利彦(東大): Int. Rev. Cytol., 173: 73〜156, 1997.

20. [総説] 開口分泌現象のイメージング−共焦点レーザー顕微鏡および走査電子顕微鏡観察−. 瀬川彰久(解),Riva, A.(Univ. Cagliari),山科正平(解): 生体の科学, 48: 212〜218, 1997.

21. [総説] トランスゴルジ・ネットワーク: その歴史, 構造, 機能. 玉木英明,山科正平(解): 電子顕微鏡, 32(3): 137〜143, 1997.

22. [講座] 立体化ソフトウェアとその実際. 坂井建雄(順天堂大),瀬川彰久(解): 蛋白質・核酸・酵素, 42: 943〜948, 1997.

23. [学術書] (分担執筆) Recent Advances in Microscopy of Cells, Tissues and Organs; Comfocal microscopy of living salivary glands to measure the tight junctional permeability; a new approach for the study of paracellular pathway, p.363〜366, 瀬川彰久(解). 編集 Motta, P.M.(Univ. of Rome), Malpighi Academy,Rome,97.11.00発行

24. [その他の著書(啓蒙書)] (単著) 個性的な細胞たち; 山科正平(解). 羊土社,東京,98.02.10発行

25. [学会(国際)] (シンポジウム等) Ultrastructure of cells as revealed by scanning probe microscopy. 山科正平(解): Scanning Microscopy 1997 Meeting (97.05.12), Chicago.

26. [学会(国際)] (シンポジウム等) The poremchumal cells of the human salivary glands seen at SEM from the cytoplasmi side by a new osmium meceration method. Riva, A.,Loffredo, F.(Univ. Cagliari),瀬川彰久(解),Congia, T.,Riva, F.(Univ. Cagliari): 2nd International Symposium on Salivary Glands in Honor of Nicolo Stensen (97.05.23), Cagliari(イタリア), 予稿集, p.30, 1997.

27. [学会(国際)] (シンポジウム等) Cytoskeletal regulation of human salivary secretion studied by high resolution electron microscopy and confocal laser microscopy. 瀬川彰久(解),Riva, A.,Loffredo, F.(Univ. Cagliari),山科正平(解),Riva, F.(Univ. Cagliari): 2nd International Symposium on Salivary Glands in Honor of Nicolo Stensen (97.05.23), Cagliari(イタリア), 予稿集, p.33, 1997.

28. [学会(国際)] (シンポジウム等) Isolation and partial characterization of typeW collagen triplehelical domain from bovine lens capsule. Mukaiyama, T.,Iwata, M.,安達栄治郎(解),Nakazato, K.,Hayashi, T.: 8th International Symposium on Basement Membranes (97.10.13〜14), Cambridge, USA.

29. [学会(国際)] (シンポジウム等) Isolation and characterization of type W collagen in the cultured media of human fetal lung fibroblast. Takeda, Y.,Takahashi, S.,Sasaki, T.,Iwata, M.,Nakazato, K.,Imamura, Y.,安達栄治郎(解),Sado, Y.,Ninomiya, Y.,Hayashi, T.: 8th International Symposium on Basement Membranes (97.10.13〜14), Cambridge, USA.

30. [学会(国際)] (ワークショップ) Confocal laser and scanning electron microscopic approaches to visualize exocytosis. 瀬川彰久(解),Riva, A.(Univ. Cagliari),山科正平(解): Scanning Microscopy 1997 Meeting (97.05.13), Chicago.

31. [学会(国際)] (一般講演) Development of the rat heart conduciton system in malformed hearts induced by hyperthermia. 青山直善(救命),河野健,和泉徹(内),山科正平(解): 14th Annual Meeting International Society for Heart Research Japanese Section (97.07.18〜19), 旭川, J. Mol. Cell. Cardiol., 29(7): 296, 1997.

32. [学会(国際)] (ポスター講演) Distal position of load axis and retrocondylar breadth in primate femora. 平本嘉助(解): Congress of Vertebrate Morphology (97.07.13), Bristol, J. Morphol., 232(3): 266, 1997.

33. [学会(国際)] (ポスター講演) Limitation in lateral association of type V collagen triple-helical domain: High content of glycosylated hydroxylysine as a possible determinant. Mizuno, K.,安達栄治郎(解),Imamura, Y.,Hayashi, T.: Gordon Research Conference on Collagen (97.07.27〜08.05), New London, USA.

34. [学会(国際)] (ポスター講演) Collagen U containing a Cys substitution for Arg-α1-519. Detailed analysis of collagen fibrils by atomic force microscopy and electron microscopy. Fertala, A.,安達栄治郎(解),Prockop, D.J.: Gordon Research Conference on Collagen (97.07.27〜08.05), New London, USA.

35. [学会(国際)] (ポスター講演) Supramolecular structures of collagen W and X in vitro and in vivo: Collagen X comprised of α1 (V) α2 (V) α3 (V) could be the molecules mediating the interaction between collagen fibrils and the lomina densa. 安達栄治郎(解),Mizuno, K.,Hayashi, T.: Gordon Research Conference on Collagen (97.07.27〜08.05), New London, USA.

36. [学会(国際)] (ポスター講演) Cardiac and great vessel abnormalities in the rat fetuses with external malformation induced by hyperthermia. 青山直善,吉田慎,鈴木啓介(救命),和泉徹(内),相馬一亥,大和田隆(救命),山科正平(解): 4th International Symposium on Cardiomyopathy & Myocarditis (97.09.30〜10.02), 東京, Abstracts, p.80, 1997.

37. [学会(国際)] (ポスター講演) Expression of α3-integrin subunit in fetal mouse submandibular glands. Gresik, E.W.(ニューヨーク市大),Kashimata, M.(明海大),門谷裕一(解),Sakagami, H.(明海大),山科正平(解): 第37回アメリカ細胞生物学会大会 (97.12.13〜17), ワシントン D.C., Mol. Biol. Cell., 8(Suppl.): 4029, 1997.

38. [学会(全国)] (シンポジウム等) 共焦点レーザー顕微鏡と走査電顕によるExo/endocytosis cycleの解析. 瀬川彰久(解): 第6回バイオイメージング学会学術集会シンポジウム (97.10.24), 東京, 予稿集, p.31, 1997.

39. [学会(全国)] (シンポジウム等) SPMの医学・生物学領域への応用の現状と将来. 山科正平(解): 第42回日本電子顕微鏡学会シンポジウム (97.10.31), 東京, 電子顕微鏡, 32(Suppl.2): 15〜19, 1997.

40. [学会(全国)] (シンポジウム等) 自律神経をめぐる細胞外マトリックス: 機能分子発現に及ぼす細胞外環境の役割. 安達栄治郎(解),宋時栄,山國徹,山本敏文: 第50回自律神経学会総会 (97.11.28), 横浜, 予稿集, p.61, 1997.

41. [学会(全国)] (ワークショップ) リアルタイムレーザー顕微鏡によるIP3レセプターの局在とカルシウム動態の解析. 山本(日野)美紀(東大),瀬川彰久(解),宮脇敦史,杉山友康,古市貞一,長谷川護,御子柴克彦(東大): 第53回日本電子顕微鏡学会学術講演会 (97.05.21), 尼崎, 電子顕微鏡, 32(抄録): 13, 1997.

42. [学会(全国)] (一般講演) 遺伝性侏儒症ラット精巣の形態的解析. 酒井康弘(解),古舘専一(実動),山科正平(解): 第102回日本解剖学会総会 (97.03.26〜28), 名古屋, Acta Anatomica Nipponica, 72(4): 274, 1997.

43. [学会(全国)] (一般講演) 唾液腺上皮分枝形態形成に係わるT型ラシニン由来ペプチド. 門谷裕一,山科正平(解): 第102回日本解剖学会総会 (97.03.26〜28), 名古屋, Acta Anatomica Nipponica, 72(4): 302, 1997.

44. [学会(全国)] (一般講演) ゴルジ層板の崩壊に伴うβ-COPの分布動態(Distributional changes of β-COP in the disorganized Golgi apparatus of the rat parotid acinar cells). 玉木英明,山科正平(解): 第102回日本解剖学会総会 (97.03.26〜28), 名古屋, 解剖学雑誌, 72(4): 274, 1997.

45. [学会(全国)] (一般講演) 培養人工皮膚における基底板の形成. 安達栄治郎(解),西山敏夫,常長誠: 第102回日本解剖学会総会 (97.03.26〜28), 名古屋, 解剖学雑誌, 72: 273, 1997.

46. [学会(全国)] (一般講演) ニワトリ下垂体隆起部細胞のクロモグラニンおよびLH免疫反応と隆起部の機能について. 亀田芙子,三浦正明,大野佐恵(解): 第102回日本解剖学会総会 (97.03.28), 名古屋, 解剖学雑誌, 72(4): 340, 1997.

47. [学会(全国)] (一般講演) ゴルジ層板構造の形成と維持機構(Possible Mechanism of Construction and Meintenance of the Lamellated Structure of the Golgi Apparatus). 玉木英明,山科正平(解): 第53回日本電子顕微鏡学会学術講演会 (97.05.21), 尼崎, 電子顕微鏡, 32(Suppl.): 56, 1997.

48. [学会(全国)] (一般講演) 消化管の粘液固有層におけるW, X, Z型コラーゲンの局在. 勝又修,安達栄治郎(解): 第53回日本電子顕微鏡学会学術講演会 (97.05.23), 尼崎, 要旨集, p.177, 1997.

49. [学会(全国)] (一般講演) イモリ再生肢におけるコラーゲンの分解とそれに関わるマトリックスメタロプテアーゼの発現部位の解析. 宮崎暦,小紫和子,安達栄治郎(解),芋川浩,吉里勝利: 第30回日本発生生物学会 (97.05.27〜29), つくば, 要旨集, p.101, 1997.

50. [学会(全国)] (一般講演) MRIとモアレ縞による生体顔面頬骨部の非対称性について. 池田敏子(解),中村元信(量子科学研): 第2回日本顔学会大会 (97.08.31), 東京, プログラム・予稿集, p.50, 1997.

51. [学会(全国)] (一般講演) 胎仔マウス唾液腺のEGFとインテグリンの発現. 柏俣正典(明海大),Gresik, E.W.(ニューヨーク市大),門谷裕一,山科正平(解),坂上宏(明海大): 第70回日本生化学会大会 (97.09.22〜25), 金沢, 生化学, 69(7): 949, 1997.

52. [学会(全国)] (一般講演) X型コラーゲン再構成線維: 細い線維とコラーゲン側鎖構造との関係. 水野一乗,安達栄治郎(解),林利彦: 第70回日本生化学会大会 (97.09.22〜25), 金沢, 生化学, 69: 559, 1997.

53. [学会(全国)] (一般講演) 器官形成に関われるラミニンα1鎖、C−末の機能部位. 門谷裕一(解),野水基義(NIH),Sorokin, L.(Erlangen-Norewberg大),山科正平(解),山田吉彦(NIH): 第50回日本細胞生物学会大会 (97.09.30), 横浜, Cell Struct. Funct., 22(6): 725, 1997.

54. [学会(全国)] (一般講演) フェノピロジンが誘発するゴルジ装置の構造と機能の変化. 山科正平,玉木英明(解),小原進(生化),塩見和朗(北里研),小宮山寛機,大村智(生物機能研): 第50回日本細胞生物学会大会 (97.10.01), 横浜, Cell Struct. Funct., 22(6): 768, 1997, 要旨集, p.78, 1997.

55. [学会(全国)] (一般講演) マウス唾液腺上皮の分岐形成に重要な細胞外基質成分の検定. 細川幸生,野川宏幸(千葉大),門谷裕一,山科正平(解): 第68回日本動物学会大会 (97.10.02〜04), 奈良, 予稿集, p.45, 1997.

56. [学会(全国)] (一般講演) 原子力間顕微鏡による細胞構造の観察と組織化学への応用. 勝又修(形態系),藤本和(京大),山科正平(解): 第38回日本組織細胞化学会総会学術集会 (97.10.16), 東京, 予稿集, p.80, 1997.

57. [学会(全国)] (ポスター講演) Load axis and lateral condyle bearing point of Japanese femora. 平本嘉助(解): 第102回日本解剖学会総会 (97.03.28), 名古屋, 解剖学雑誌, 72(4): 365, 1997.

58. [学会(全国)] (ポスター講演) セルトリ細胞の三次元的観察. 中本直(解): 第30回日本発生生物学会 (97.05.27), つくば, 要旨集, p.77, 1997.

59. [学会(全国)] (ポスター講演) MRIによる生体顔面頬骨部の形態(2). 池田敏子(解),中村元信(量子科学研): 第51回日本人類学会大会 (97.11.01), 筑波, プログラム・予稿集, p.108, 1997.

60. [学会(全国)] (ポスター講演) ニワトリの総頚動脈とその枝に分布する内分泌細胞−血圧調節機構に関与か. 亀田芙子(解): 日本心血管内分泌代謝学会 (97.11.21), 横浜, 日本内分泌学会雑誌, 73(5): 334, 1997.

61. [学会(全国)] (ポスター講演) 心肺補助装置を必要とした劇症型心筋炎症例の現状. 青山直善(救命),松田千絵子(内): 第62回日本循環器学会学術集会 (98.03.28), 東京, Jpn. Circ. J., 62(Suppl.1): 395, 1998.

62. [学会(全国)] (ポスター講演) 温熱負荷により誘発されたラット奇形仔の心臓および大血管の異常. 青山直善,吉田慎,鈴木啓介,相馬一亥,大和田隆(救命),河野健,和泉徹(内),山科正平(解): 第62回日本循環器学会学術集会 (98.03.28), 東京, Jpn. Circ. J., 62(Suppl.1): 568, 1998.

63. [学会(地方)] (シンポジウム等) 共焦点レーザー顕微鏡と電子顕微鏡の接点−開口分泌の動的解析−. 瀬川彰久(解): 第22回日本電子顕微鏡学会関東支部講演会 (98.03.14), 東京, 予稿集, p.43〜46, 1997.

64. [学会(地方)] (一般講演) 精子頭部を被うActin線維の消失とTubulobulbar complex形成の相関関係. 酒井康弘,山科正平(解): 第85回日本解剖学会関東地方会 (97.11.15), 相模原, Acta Anatomia Nipponica, 73(1): 71, 1998.

65. [学会(地方)] (一般講演) Vertical line on the proximo-posterior surface in the macaque adult tibia specimens. 平本嘉助(解): 第85回日本解剖学会関東地方会 (97.11.15), 相模原, 解剖学雑誌, 73(1): 69, 1997.

66. [学会(地方)] (一般講演) 脾動脈から分枝し, 左結腸曲領域に分布する動脈の1例. 村上公克(解),落合敦(医学部学生),亀田芙子(解): 第85回日本解剖学会関東地方会 (97.11.15), 相模原, 解剖学雑誌, 73(1): 70, 1997.

67. [研究会(国際)] (ポスター講演) Effects of Okadaic acid and calyculin A on tight junction and exocytosis in rat. 瀬川彰久(解): 9th Naito Conference (97.10.17), 葉山, 予稿集, p.101, 1997.

68. [研究会(全国)] (シンポジウム等) ミリ秒共焦点カルシウムイメージング. 竹村晴夫(札幌医大),瀬川彰久(解): コンフォーカル488サマーシンポジウム (97.08.29), 東京, 予稿集, p.8, 1997.

69. [研究会(全国)] (シンポジウム等) アクロゾーム前駆体に局在する新規蛋白AZ-1の発現. 青砥宏,土田順司,仁科行雄,西宗義武(阪大),酒井康弘,山科正平(解),佐倉正明,田嶋正二(阪大): Testisworkshop精子形成精巣毒性研究会 (98.03.15), 京都, 予稿集, p.14, 1998.

70. [研究会(全国)] (一般講演) 唾液腺のカルシウムシグナリング一極性と同調性. 瀬川彰久(解),竹村晴夫(札幌医大),日野美紀(東大),大鹿英世(解),御子柴克彦(札幌医大),山科正平(解): 第11回唾液腺談話会 (97.09.30), 小倉, 予稿集, p.9, 1997.

71. [研究会(全国)] (一般講演) 甲状腺由来侏儒病rdwラット精巣の形態的解析. 酒井康弘(解),古舘専一(実動): Testisworkshop精子形成精巣毒性研究会 (98.03.15), 京都, 抄録集, p.37, 1998.

72. [研究会(地方)] (教育講演) 変異コラーゲン分子の細線維形成に及ぼす効果. 安達栄治郎(解): 東京農工大学遺伝子実験施設第7回公開セミナー (98.03.05), 東京.

73. [学会主催(地方会)] 日本解剖学会関東地方会(97.11.15),相模原. 山科正平(解):

74. [学会主催(その他)] コンフォーカル488サマーシンポジウム(97.08.29),東京. 共焦点レーザー顕微鏡による分子・細胞・個体観察の新展開等をシンポジウム形式で行った(13名のシンポジスト) 瀬川彰久(解):


<<02 生理学>>

75. [原著] Sapecin B, a novel fly toxin, blocks macroscopic K+ currents in the GH3 rat pituitary cell line. 鈴木信之(生理),広野守俊(早大),河原克雅(生理),吉岡亨(早大): Am. J. Physiol., 273: 289〜296, 1997.

76. [原著] Nuclear and cytosolic calcium signaling induced by extracellular ATP in rat kidney inner medullary collecting duct cells. 須甲陽二郎(千葉大),河原克雅(生理),福田康一郎,増田善昭(千葉大): Biochem. Biophys. Res. Commun., 234: 224〜229, 1997.

77. [原著] Facilitation of Ca2+ action potential frequency by a small G protein Rab3A in rat pituitary GH3 cells. 鈴木信之(生理),広野守俊,高木博,吉岡亨(早大): Biochem. Biophys. Res. Commun., 235: 331〜335, 1997.

78. [原著] Effect of dibutyryl cyclic AMP on axoplasmic transport in the hippocampus. 橋本容子,堀英明(横浜市大),川上倫(生理),日下部辰三,竹中敏文(横浜市大): Brain Res., 755(2): 343〜346, 1997.

79. [原著] Distribution of neuropeptide-containing nerve fibers in the human submandibular gland, with special reference to the difference between serous and mucous acini. 日下部辰三,松田秀樹(横浜市大),川上倫(生理),庄井のり子,栗原克由(法医),佃守,竹中敏文(横浜市大): Cell Tissue Res., 288(1): 25〜31, 1997.

80. [原著] Effects of noradrenaline on GnRH-secreting immortalized hypothalamic (GT1-7) neurons. 植村次雄,西村潤一,山口肇(横浜市大),比留間弘美(生理),貴邑富久子,水口弘司(横浜市大): Endocrine Journal, 44(1): 73〜78, 1997.

81. [原著] The Paramecium circadian clock: synchrony of changes in motility, membrane potential, cyclic AMP and cyclic GMP. 長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大),島本昌和(精),石崎茂生(東北大),佐藤登志郎(生理): J. Comp. Physiol.(A), 181: 41〜46, 1997.

82. [原著] A novel action of collapsin; collapsin-1 increases antero-and retrograde axoplasmic transport independently of growth cone collapse. 五嶋良郎(横浜市大),川上倫(生理),堀英明,杉山 Yoshinobu,高沢 Shuichi,橋本容子,Magoshima-Maezono, Masako,竹中敏文,三須良実(横浜市大),Strittmatter, S.M.(エール大): J. Neurobiol., 33(3): 316〜328, 1997.

83. [原著] Neuronal synchronization and ionic mechanisms for propagation of excitation in the functional network of immortalized GT1-7 neurons; optical imaging with a voltage sensitive dye. 比留間弘美(生理),植村次雄,貴邑富久子(横浜市大): J. Neuroendocrinol., 9(11): 835〜840, 1997.

84. [原著] Calcium release from intracellular stores evoked by extracellular ATP in a xenopus renal epithelial cell line. 森正弘,細見英信,西崎知之(神戸大),河原克雅(生理),岡田安弘(神戸大): J. Physiol., 502(2): 365〜373, 1997.

85. [原著] Potassium transport and potassium channels in the kidney tubules. 河原克雅,安西尚彦(生理): Jpn. J. Physiol., 47(1): 1〜10, 1997.

86. [原著] Expression of uKATP-1 (Kir6・1) in neonatal rat kidney proximal tublule. 安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),稲垣暢也,清野進(千葉大),河原克雅(生理): Jpn. J. Physiol., 47(Suppl.1): 10〜11, 1997.

87. [原著] Contribution of the cAMP-dependent signal pathway to circadian synchrony of motility and resting membrane potential in Paramecium. 長谷川建治(生理),塚原保夫,石崎茂生(東北大),島本昌和(精),相馬正貴(生物物理系),中村健A(寄),佐藤登志郎(生理): Photochem. Photobiol., 54(2): 256〜262, 1998.

88. [原著] 腎尿細管のチャネルとトランスポーター. 河原克雅(生理): 腎と透析, 44(2): 163〜167, 1998.

89. [原著] 非選択性カチオンチャネル. 安西尚彦(生理): 腎と透析, 44(2): 191〜195, 1998.

90. [原著] 体液の恒常性と尿細管輸送体. 河原克雅(生理): 腎臓, 20(2): 91〜95, 1998.

91. [研究報告] (U-1)インコの脳定位固定法の開発. 山崎捨夫(岐阜大),佐藤亮平(生理),大井修三(岐阜大): 魚類および鳥類の振動性感覚に関する比較神経心理学的研究, 平成6・7・8年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書, p.38〜41, 1997.

92. [研究報告] (U-2)2-deoxy-D-glucose法により得られたインコの聴覚系伝導路について. 山崎捨夫(岐阜大),佐藤亮平(生理),大井修三(岐阜大): 魚類および鳥類の振動性感覚に関する比較神経心理学的研究, 平成6・7・8年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書, p.42〜55, 1997.

93. [総説] 生物の“時間”の意味するもの. 長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大): 科学, 68: 124〜132, 1998.

94. [総説] ニューロンの軸索内輸送. 竹中敏文,堀英明(横浜市大),川上倫(生理): 神経精神薬理, 19: 753〜762, 1997.

95. [総説] 軸索輸送. 比留間弘美,川上倫(生理): 北里医学, 27(5): 277〜282, 1997.

96. [講座] 腎臓は、未来都市の水洗トイレ. 河原克雅(生理): 腎臓, 19(4): 151, 1997.

97. [講座] カメの眼にも涙. 河原克雅(生理): 腎臓, 20(1): 59, 1997.

98. [講座] 命の水. 河原克雅(生理): 腎臓, 20(2): 131, 1998.

99. [編集者への手紙(英文)] Toward engineering for blood pressure surbeillance. Cornelissen G.,Halberg F.,熊谷雄治(薬理),Bingham C.: Biomed. Instrum. Technol., 31(5): 489〜498, 1997.

100. [編集者への手紙(英文)] Final rebuttal: response-more on software chronobioengineering for blood pressure surveillance. Cornelissen G.,Halberg F.,熊谷雄治(薬理),Bingham C.: Biomed. Instrum. Technol., 31(5): 511〜513, 1997.

101. [学術書] (単著) 新生理学Qシリーズ改訂第2版, p.1〜226, 竹内昭博(医用情報). 日本医事新報社, 東京, 97.00.00発行.

102. [学会(国際)] (ポスター講演) The inward rectifier potassium channel kir6・1 (uKATP-1) expression in the cortical collecting duct (CCD) in rats: effect of adrenalectomy and DOCA treatment. 安西尚彦(生理),泉田いぶき,小久保麻子,小林豊,矢島義忠(内),河原克雅(生理): 第30回アメリカ腎臓学会 (97.11.02〜05), San Antonio, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 28, 1997.

103. [学会(全国)] (シンポジウム等) Intrarenal localization and the effects of mineralocorticoids on the inward rectifier potassium channel subunit kir6.1 (uKATP-1). 安西尚彦,河原克雅(生理),泉田いぶき,小久保麻子(内): 第74回日本生理学会 (97.03.28), 浜松, Jpn. J. Physiol, 47(Suppl.2): 44, 1997.

104. [学会(全国)] (シンポジウム等) 神経伝達物質による軸索輸送の調節. 川上倫(生理): 第38回日本神経学会 (97.05.00), 横浜, 臨床神経学.

105. [学会(全国)] (シンポジウム等) ATP感受性K+チャネル(Kir6・1)の腎尿細管内局在性. 河原克雅,安西尚彦(生理): 第8回日本病態生理学会 (98.01.24), 東京, 日本病態生理学会雑誌, 6(2): 33, 1998.

106. [学会(全国)] (一般講演) Facilitation of Ca2+ action potential frequency by a small molecular weight G protein in rat pituitary GH3 cells. 鈴木信之(生理),広野守俊(早大),高木博(信州大),吉岡亨(早大): 第20回日本神経科学学会 (97.07.17), 仙台, Neurosci. Res., (Suppl.21): 23, 1997.

107. [学会(全国)] (一般講演) GH3細胞における細胞内のCa2+オシレーション. 広野守俊,高村光一,近岡洋子,伊藤陽子(早大),鈴木信之(生理),中野恭嗣,吉岡亨(早大): 第35回日本生物物理学会 (97.10.10), 京都, 生物物理, 37(Suppl.): 2, 1997.

108. [学会(全国)] (一般講演) 低分子量G蛋白質Rab3AによるGH3細胞の活動電位; 発火頻度の上昇. 鈴木信之(生理),広野守俊,高木博,吉岡亨(早大): 第75回日本生理学会 (98.03.28), 金沢, 予稿集, p.214, 1998.

109. [学会(全国)] (一般講演) CAMPの軸索内輸送に対する効果は Glucoseの有無で逆転する. 陶陽,堀英明(横浜市大),川上倫(生理),加濃正人,竹中敏文(横浜市大): 第75回日本生理学会大会 (98.03.29), 金沢, 予稿集, p.319, 1997.

110. [学会(全国)] (ポスター講演) Developmental changes of urea transporter (rUT2) in heonatal rat kidney. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小久保麻子(内),河原克雅(生理): 第74回日本生理学会 (97.03.26), 浜松, Jpn. J. Physiol., 47(Suppl. 2): 48, 1997.

111. [学会(全国)] (ポスター講演) Involvement of the L-type Ca2+ channel and Ca2+-ATPase in spontaneous oscillations of cytosolic Ca2+ in GH3 rat pituitary cells. 鈴木信之(生理),高村光一,広野守俊,吉岡亨(早大): 第74回日本生理学会 (97.03.28), 浜松, Jpn. J. Physiol., 47(Suppl.2): 127, 1997.

112. [学会(全国)] (ポスター講演) Induction of inward current by 1S, 3R-ACPD in mouse cerebellar purkinje cells. 広野守俊(早大),小西史郎(三菱化学生命研),鈴木信之(生理),吉岡亨(早大): 第74回日本生理学会 (97.03.28), 浜松, Jpn. J. Physiol., 47(Suppl.2): 130, 1997.

113. [学会(全国)] (ポスター講演) Developmental changes of Na+/glucose cotransporters (SGLTs) in neonatal rat kidney. 小久保麻子(内),安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),河原克雅(生理): 第74回日本生理学会 (97.03.28), 浜松, Jpn. J. Physiol., 47(Suppl.2): 49, 1997.

114. [学会(全国)] (ポスター講演) Cholinergic regulation of chloride transport in guinea pig colon requires Ca2+ in the serosal solution. 河原克雅,安西尚彦(生理),小久保麻子,泉田いぶき(内),若新英史,増田英里子(医学部): 第74回日本生理学会 (97.03.28), 浜松, Jpn. J. Physiol., 47(Suppl.2): 72, 1997.

115. [学会(全国)] (ポスター講演) 新生児期ラット腎におけるInward rectifier k+ channel subunit kir6.1の発現について. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小久保麻子,小林豊,矢島義忠(内),河原克雅(生理),坂井達雄(順天堂): 第40回日本腎臓学会学術大会 (97.05.14〜16). 新潟, Jpn. J. Nephlol., 39(Suppl.): 318, 1997.

116. [学会(全国)] (ポスター講演) 単離ネフロンを用いたinward Rectifier K+ channel Subunit Kir6・1の腎臓内局在の検討. 安西尚彦(生理),小松康宏(千葉県こども病院),稲垣暢也(千葉大),泉田いぶき,小久保麻子,小林豊,矢島義忠(内),河原克雅(生理): 第40回日本腎臓学会 (97.05.14〜16), 新潟, Jpn. J. Nephrology, 39(Suppl.): 318, 1997.

117. [学会(全国)] (ポスター講演) Auditory associative nuclei in the budgerigar's (Melopsittacus undulatus) brain: a [3H]2-deoxyglucose autoradiographic study. 佐藤亮平(生理),河野裕正,滝沢忍,二重作豊(医療衛生),佐藤節子(東工大),山崎捨夫(岐阜大): 日本比較生理生化学会 (97.07.18), 札幌, 比較生理生化学, 14(4): 292, 1997.

118. [学会(全国)] (ポスター講演) ゾウリムシの生物時計; 外的イオン環境に対して選択される最適細胞内情報伝達経路. 長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大),島本昌和(精),石崎茂生(東北大): 日本比較生理生化学学会 (97.07.20), 札幌, 予稿集, p.25, 1997.

119. [学会(全国)] (ポスター講演) ゾウリムシの行動の概日リズム−Ca2+シグナリングによって決定される最適情報伝達経路. 長谷川建治(生理),石崎茂生,塚原保夫(東北大): 日本生物物理学会 (97.10.10), 京都, 生物物理, 37(2): 70, 1997.

120. [学会(全国)] (ポスター講演) Intranephron localization of ATP-sensitive K+ channel subunits (Kir6・1) in rat kidney. 安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),河原克雅(生理): 2nd Conference on ABC Proteins and Ion Channels - From Gene to Disease - (98.03.22), 京都, Program & Abstracts, p.21, 1998.

121. [学会(全国)] (ポスター講演) セキセイインコ(Melopsittacus undulatus)脳の聴覚関連核. 佐藤亮平(生理),藤原宏子(日本女子大),山崎捨夫(岐阜大): 第75回日本生理学会 (98.03.27), 金沢, 予稿集, p.105, 1998.

122. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性低酸素暴露による神経要素の増生: 1)ラット鼻粘膜における検討. 日下部辰三(横浜市大),林田嘉朗,原口桂,原田祐治(産業医大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): 第75回日本生理学会大会 (98.03.28), 金沢, 予稿集, p.263, 1997.

123. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット分泌型Na-K-2Cl共輸送体(rBSC2)のクローニング及び脱水による影響. 安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),若新英史(医学部),小久保麻子(内),河原克雅(生理): 第75回日本生理学会 (98.03.28), 金沢, 予稿集, p.266, 1998.

124. [学会(全国)] (ポスター講演) 培養腎髄質内層集合管細胞における尿素輸送体(rUT1). 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小久保麻子(内),河原克雅(生理): 第75回日本生理学会 (98.03.28), 金沢, 予稿集, p.266, 1998.

125. [学会(全国)] (ポスター講演) 高浸透圧刺激による分泌型Na-K-2Cl共輸送体(rBSC2)mRNAの発現誘導. 若新英史(医学部),安西尚彦(生理),泉田いぶき,小久保麻子(内),河原克雅(生理): 第75回日本生理学会 (98.03.28), 金沢, 予稿集, p.267, 1998.

126. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃内分泌細胞における開口放出の調節機序(T). 片倉隆,比留間弘美,川上倫(生理): 第75回日本生理学会大会 (98.03.28), 金沢, 予稿集, p.278, 1997.

127. [学会(全国)] (ポスター講演) 細胞外K+の軸索輸送に及ぼす影響. 比留間弘美(生理),西田早苗(生物物理系),片倉隆,島田純一,川上倫(生理): 第75回日本生理学会大会 (98.03.28), 金沢, 予稿集, p.279, 1997.

128. [研究会(地方)] (特別講演) 生体における極小エントロピー生成と時間秩序. 長谷川建治(生理): 総合研究大学院大学・グループ研究会・研究会 (97.12.23〜24), 東京.

129. [学会主催(その他)] 日本学術振興会主催, 北里大学水産学部後援, 三陸夏の学校「生体における時間秩序発現機構」, 長谷川建治(生理).


<<03 生化学>>

130. [原著] Distinct effects of tetragastrin, histamine, and CCh on rat gastric mucin synthesis and contribution of NO. 市川尊文(生化),石原和彦(化),日下部辰三(横浜市大),栗原誠(関東化学),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大),西元寺克礼(内),堀田恭子 (生化): Am. J. Physiol., 274: 138〜146, 1998.

131. [原著] Structural requirements for roxatidine in the stimulant effect of rat gastric mucin synthesis and the participation of nitric oxide in this mechanism. 市川尊文(生化),石原和彦(化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Br. J. Pharmacol., 122: 1230〜1236, 1997.

132. [原著] Comparative study of carbohydrate portion of gastrointestinal mucins using enzyme-linked lectin-binding assay (ELLA). 小原進(生化),渡辺朋恵(臨薬理),堀田恭子(生化): Comp. Biochem. Physiol. B, 116(2): 167〜172, 1997.

133. [原著] Structural determination of the O-linked sialyl oligosaccharides liberated from fetuin with endo-α-N-acetylgalactosaminidase-S by HPLC analysis and 600-MHZ 1H-NMR spectroscopy. 傘郁子,岩瀬仁勇,堀田恭子(生化): Eur. J. Biochem., 247: 709〜715, 1997.

134. [原著] Immortalized gastric epithelial cell line GSMO6 synthesizes hyaluronan under the influence of simian virus 40 large T-antigen expression. 五艘行信(生化),中野史郎(内),杉山則文,田渕圭章,堀内正(第一製薬),堀田恭子(生化): J. Biochem., 122(1): 96〜100, 1997.

135. [原著] Effects of histamine on mucin biosynthesis in rat gastric mucosa. 市川尊文(生化),石原和彦(化),小室裕一,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): J. Clin. Gastroenterol., 25: 89〜93, 1997.

136. [原著] A comparative study of 2', 3'-cyclic-nucleotide 3'-phosphodiesterase in vertebrates: cDNA cloning and amino acid sequences for chiken and bullfrog enzymes. 吉田弘美,遠山陽子,栗原正,佐久間充弘(創価大),小嶋久子,玉井洋一(生化): J. Neurochem., 69(4): 1335〜1342, 1997.

137. [原著] Lafutidine-induced stimulation of mucin biosynthesis mediated by nitric oxide is limited to the surface mucous cells of rat gastric oxyntic mucosa. 市川尊文(生化),石原和彦(化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Life Sci., 62(16): 259〜264, 1998.

138. [原著] Gangliosides of dogfish (Squalus acanthias) brain. 中村和生,玉井洋一(生化),Kasama Takeshi(東医歯大): Neurochem. Int., 30(6): 593〜604, 1997.

139. [原著] Stimulation of mucin metabolism in rat gastric mucosa by histamine. 市川尊文(生化),石原和彦(化),小室裕一,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Pharmacology, 54: 305〜311, 1997.

140. [原著] 1H-核磁気共鳴スペクトルによるウシ胎児血清中フェツインの2-ピリジルアミノ化0-結合糖鎖の分析. 傘郁子,岩瀬仁勇,堀田恭子(生化): 分析化学(BUNSEKIKAGAKU), 46(8): 661〜664, 1997.

141. [準原著] 胃粘液代謝に及ぼすヒスタミンの影響に関する実験的検討. 市川尊文(生化),石原和彦(化),小原進(生化),堀田恭子(生化),小室裕一,渡辺朋恵,中野史郎,酒井辰彦,西元寺克礼(内): Progress in Medicine, 17(8): 2277〜2281, 1997.

142. [準原著] デキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎における大腸ムチンの検討. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦(淵野辺総合病院),渡辺朋恵,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Ulser Res., 24(1):109〜112, 1997.

143. [研究報告](文部省) ムチン型糖鎖に作用する新しいエンド型グリコシダーゼの分離とフェツインからの遊離糖鎖分析による基質特異性の検討. 堀田恭子,岩瀬仁勇,傘郁子(生化): 文部省科学研究費補助金基盤研究(A)第1回公開シンポジウム講演要旨集, p.7, 1997.

144. [総説] O-linked oligosaccharides in the hinge region of immunoglobulin A1 and their involvement in IgA nephropathy. 岩瀬仁勇(生化),比企能之(内),堀田恭子(生化): Trend Glycosci. Glycotechnol., 10: 1〜10, 1997.

145. [講座] 胃ムチン生合成とH2受容体拮抗剤. 市川尊文,堀田恭子(生化),石原和彦(化): Pharma Medica, 16(3): 113〜117, 1998.

146. [学会(国際)] (シンポジウム等) Anti-GM2 antibodies in Guillain-Barre syndrome with acute cytomegalovirus infection. 中村和生(生化),入江幸子(内),金沢直美(生化系),斉藤豊和(内),玉井洋一(生化): Sphingolipids as Signaling Modulators in the Nervous System (Satelite Sympogium to International Society for Neurochemistry) (97.07.14), ニューヨーク, Abstract, p.63, 1997.

147. [学会(国際)] (シンポジウム等) Glycosphingolipids of parasite, Diplogonoporus balaenopterae. 川上泰,柳沢亮(麻布大),小嶋久子,中村和生(生化),荒木淳(目黒寄生虫館),内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井洋一(生化): 第14回国際複合糖質シンポジウム (97.09.07), チューリヒ(スイス), Glycoconj. J., 14: 83, 1997.

148. [学会(国際)] (シンポジウム等) A monclonal antibody direct to unique glycosphingolipid SEGLx from plerocercoids of the parasite Spirometra erinaceieuropaei. 柳沢亮(麻布大),小嶋久子(生化),川上泰(麻布大),中村和生(生化),内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井洋一(生化): 第14回国際複合糖質シンポジウム (97.09.07), チューリヒ(スイス), Glycoconj. J., 14: 83, 1997.

149. [学会(国際)] (シンポジウム等) Immune responses tospirometo series glycosphingolipids in mice infected with plerocercoids of the parasite Spirometora erinaceieuropaei. 小嶋久子(生化),柳沢亮,川上泰(麻布大),中村健A,小山浩一(寄),中村和生(生化),曽根由美子(生化系),内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井 洋一(生化): 第14回国際複合糖質シンポジウム (97.09.07), チューリヒ(スイス), Glycoconj. J., 14: 83, 1997.

150. [学会(国際)] (一般講演) Evolution of myelin proteolipid protein and myelin basic protein. 栗原正,吉田弘美,佐久間充弘(創価大),五条堀正(国立遺伝研),小嶋久子,玉井洋一(生化): 第16回国際神経化学会 (97.07.20), ボストン, J. Neurochem., 69: 126, 1997.

151. [学会(国際)] (ポスター講演) Comparative study on the ability of viscous fungering formation of gastric and duodenal mucins. 渡辺朋恵(内),小原進(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): American Gastroenterological Association (97.05.10〜16), Washington, DC, USA, Gastroenterology, 112(Suppl.4): 327, 1997.

152. [学会(国際)] (ポスター講演) Stimulatory effect of a sulfhydryl compound on mucin secretion from rabbit gastric mucous cells. 渡辺朋恵(内),小原進(生化),宮沢七郎(電顕センター),中野史郎,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): American Gastroenterological Association (97.05.10〜16), Washington, DC, USA, Gastroenterology, 112(Suppl.4): 328, 1997.

153. [学会(国際)] (ポスター講演) The autoantibodies against the colonic mucin induce chronic colitis. 高石寛均(北研病院),小原進,堀田恭子(生化),渡辺憲明,Hamada, Y.,Tsuchimoto, K.,大原信,金井隆典,石井裕正,渡辺守,日比紀文(慶大): 98th Annual Meeting of AGA (97.05.11〜14), ワシントン, Gastroenterology, 112(4): 1102, 1997.

154. [学会(国際)] (ポスター講演) Gastrin-induced stimulation of mucin biosynthesis mediated by nitric oxide is limited to the surface mucus cells of rat gastric oxyntic mucosa. 市川尊文(生化),石原和彦(化),日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): DDW and the 98th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association (97.05.14), Washington DC, Gastroenterology, 112: 155, 1997.

155. [学会(国際)] (ポスター講演) Alteration of rat small intestinal mucin by the infection with parasitic intestinal helminths Nippostrongylus braziliensis. 石原和彦(化),中村健A(寄),栗原誠(関東化学),菅谷津貴子(生化),名和行文(宮崎医大),堀田恭子(生化): 16th International Symposium on Glycoconjugate (97.09.07〜12), Zurich, Switzerland, Glycoconj. J., 14(Suppl.1): 56, 1997.

156. [学会(国際)] (ポスター講演) Hyaluronan synthesis by immortalized gastric epithelial cell line GSMO6. 五艘行信(生化),中野史郎(内),杉山則文,田渕圭章,横内正(第一製薬),堀田恭子(生化): 14th International Symposium on Glycoconjugates (97.09.09), チューリッヒ, Glycoconj. J., 14(Suppl. 1): 91, 1997.

157. [学会(国際)] (ポスター講演) Compensatory function of colon tissue against dextran sulfate sodium induced-mucosal damage. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦(内),渡辺朋恵(薬理),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 9th International Conference on Ulcer Research, Alimentary Disease Week (97.12.17), 香港, J. Gastroenterol. Hepatol., 12(Suppl.): 275, 1997.

158. [学会(全国)] (一般講演) Immune responses to spirometo series glycosphingolipids in mice infected with plerocercoids of the parasite Spirometra erinaceieuropaei. 柳沢亮(麻布大),小嶋久子,中村和生(生化),中村健A,小山浩一(寄),川上泰,内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井洋一(生化): 第66回日本寄生虫学会大会 (97.04.05), 幕張, Parasitology International, 46: 124, 1997.

159. [学会(全国)] (一般講演) Structural analysis of neutral glycosphingolipids from parasite, Diplogonoporus balaenopterae. 川上泰(麻布大),荒木淳(目黒寄生虫館),柳沢亮,内田明彦,村田義彦(麻布大),中村和生,小嶋久子,玉井洋一(生化): 第66回日本寄生虫学会大会 (97.04.05), 幕張, Parasitology International, 46: 124, 1997.

160. [学会(全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎患者における大腸mucinに対する抗体の存在とその対応抗原の検討. 高石寛均(北里研究所),小原進(生化),金井隆典,大原信,与那嶺直正,岩男泰(慶大),渡辺憲明(北里研究所),堀田恭子(生化),石井裕正,渡辺 守,日比紀文(慶大): 第83回日本消化器病学会総会 (97.04.18), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 166, 1997.

161. [学会(全国)] (一般講演) 鯨複殖門条虫のスフィンゴ糖脂質. 川上泰,柳沢亮,入子英幸,内田明彦,村田義彦(麻布大),中村和生,小嶋久子,玉井洋一(生化): 第39回日本脂質生化学研究会 (97.06.13), 東京, 脂質生化学研究会, 39: 123〜126, 1997.

162. [学会(全国)] (一般講演) ピリジルアミノ化O-結合糖鎖とHPLCを組み合わせた糖タンパク質分解酵素の微量検出法. 傘郁子,岩瀬仁勇,堀田恭子(生化): Separation Sciences '97 (97.07.04), 千葉, 予稿集, p.85〜86, 1997.

163. [学会(全国)] (一般講演) 家兎大腸ムチン自己免疫による大腸粘膜傷害. 小原進(生化),五十嵐正広,中野史郎,久保田敏彦(内),堀田恭子(生化): 第34回日本消化器免疫学会 (97.08.02), 東京, プログラム・抄録集, p.37, 1997.

164. [学会(全国)] (一般講演) マムシ毒由来フィブリノーゲンBβ鎖切断酵素の性質と一次構造. 松井太衛,濱子二治,鈴木政美(藤田保衛大),櫻井嘉彦,藤村吉博(奈良医大),林泉(薬理),大石幸子(薬学部),千谷晃一(藤田保衛大): 第70回日本生化学会大会 (97.09.22〜25), 金沢, 生化学, 69(7): 615, 1997.

165. [学会(全国)] (一般講演) マンソン裂頭条虫から得られた特徴的なスフィンゴ糖脂質SEGLXを認識するモノクローナル抗体. 柳沢亮(麻布大),小嶋久子(生化),川上泰(麻布大),中村和生(生化),内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井洋一(生化): 第70回日本生化学会大会 (97.09.23), 金沢, 生化学, 69(7): 547, 1997.

166. [学会(全国)] (一般講演) 胃ムチン生合成を促進するH2受容体拮抗剤の構造的特徴. 市川尊文(生化),石原和彦(化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第70回日本生化学会 (97.09.24), 金沢, 抄録集, p.746, 1997.

167. [学会(全国)] (一般講演) サリチル酸投与ラットのMtの呼吸活性とアデニンヌクレオチド濃度. 渡辺刀美乃(生化),曽根由美子(生化系): 第70回日本生化学会大会 (97.09.24), 金沢, 生化学, 69(7): 746, 1997.

168. [学会(全国)] (一般講演) 温度感受性SV40 large T抗原遺伝子導入トランスジェニックマウス胃由来不死化上皮細胞株GSMO6によるヒアルロナン合成. 五艘行信(生化),中野史郎(内),杉山則文,田渕圭章,横内正(第一製薬),堀田恭子(生化): 第70回日本生化学会 (97.09.25), 金沢, 生化学, 69(7): 831, 1997.

169. [学会(全国)] (一般講演) 等電点電気泳動法を用いた精巣 microsomeからの cytochrome b5の精製. 桑田正広(生化),曽根由美子(生化系): 第70回日本生化学会大会 (97.09.25), 金沢, 生化学, 69(7): 891, 1997.

170. [学会(全国)] (一般講演) IgAl分子の疑集にかかわるヒンジ部位ムチン型糖鎖. 岩瀬仁勇,傘郁子,堀田恭子(生化),比企能樹,小久保透,小林豊(内),田中淳志,錦戸條二(旭化成): 第70回日本生化学会 (97.09.25), 金沢, 生化学, 69(7): 912, 1997.

171. [学会(全国)] (一般講演) 消化管粘膜組織の細胞膜ムチンの検討. 小原進(生化),中野史郎(内),堀田恭子(生化): 第70回日本生化学会 (97.09.25), 金沢, 生化学, 69(7): 912, 1997.

172. [学会(全国)] (一般講演) 齧歯類腸管寄生虫N. braziliensis感染および排除に伴うラット消化管ムチンの量的・質的変動. 石原和彦(化),中村健A(寄),栗原誠(関東化学),菅谷津貴子(生化),名和行文(宮崎医大),堀田恭子(生化): 第70回日本生化学会大会 (97.09.25), 金沢, 生化学, 69(7): 912, 1997.

173. [学会(全国)] (一般講演) 胃粘膜中の胃腺粘液細胞由来ムチンの測定. 栗原誠(関東化学),石原和彦(化),菅谷津貴子(生化),田中宏美,岩上淳(関東化学),酒井辰彦(内),市川尊文,堀田恭子(生化): 第70回日本生化学会大会 (97.09.25), 金沢, 生化学, 69(7): 912, 1997.

174. [学会(全国)] (一般講演) ピリジルアミノ化O-結合糖鎖のHPLCおよび1H-NMRスペクトルによる解析. 傘郁子,岩瀬仁勇,堀田恭子(生化): 第70回日本生化学会 (97.09.25), 金沢, 生化学, 69(7): 913, 1997.

175. [学会(全国)] (一般講演) 珍しい糖鎖構造をもつスフィンゴ糖脂質の理論計算による三次元構造. 川上淳(弘前大),川上泰(麻布大),中村和生,小嶋久子(生化),伊藤正英(弘前大),玉井洋一(生化): 日本化学会第73回秋季年会 (97.09.28), 盛岡, 化学会抄録, 3: 280, 1997.

176. [学会(全国)] (一般講演) N-エチルマレイミド(NEM)誘発大腸炎における大腸ムチンの検討−DSS誘発大腸炎モデルとの比較−. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.29), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 224, 1997.

177. [学会(全国)] (一般講演) デキストラン硫酸ナトリウム(DSS)注腸による大腸炎モデルの検討. 久保田敏彦(内),小原進(生化),中野史郎,勝又伴栄,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.29), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 224, 1997.

178. [学会(全国)] (一般講演) 胃粘液ゲル層を構成するムチン糖鎖の検討−唾液ムチンの関与−. 小平久正,鹿児島正豊,石井邦雄(薬学部),石原和彦(化),堀田恭子(生化): 第25回日本実験潰瘍学会 (97.11.13), 東京, プログラム・抄録集, p.23, 1997.

179. [学会(全国)] (一般講演) N-エチルマレイミド誘発大腸炎における大腸ムチンの検討−DSS誘発大腸炎モデルとの比較−. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第25回日本実験潰瘍学会 (97.11.14), 東京, Ulcer Research, 抄録集, p.63, 1997.

180. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃粘液代謝における酸分泌抑制剤の生理作用の解明. 市川尊文(生化),石原和彦(化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第83回日本消化器病学会総会 (97.04.17), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 204, 1997.

181. [学会(全国)] (ポスター講演) メチオニン誘導体およびシステインの家兎初代胃粘液細胞におけるムチン分泌促進作用の検討. 渡辺朋恵(内),小原進(生化),金森晃,中野史郎,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第83回日本消化器病学会総会 (97.04.17〜20), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 208, 1997.

182. [学会(全国)] (ポスター講演) デキストラン硫酸ナトリウム誘発大腸炎における大腸ムチンの変動; 3種の異なる分子量のDSSを用いての検討. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦,渡辺朋恵,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第83回日本消化器病学会総会 (97.04.18), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 249, 1997.

183. [学会(全国)] (ポスター講演) MALDI-TOFMSとグリコシダーゼ使用によるIgAlヒンジ部位ムチン型糖鎖の数の推定及びIgA腎症患者IgAl分析への適用. 岩瀬仁勇(生化),田中淳志(旭化成),比企能之,小久保透(内),傘郁子(生化),小林豊(内),錦戸條二(旭化成),堀田恭子(生化): 第19回糖質シンポジウム (97.08.05〜07), 西宮, 要旨集, p.110, 1997.

184. [学会(全国)] (ポスター講演) シーラカンスPLP/DM20遺伝子のクローニング. 吉田弘美,遠山陽子,栗原正(創価大),小嶋久子,玉井洋一(生化): 第40回日本神経化学会 (97.10.23), 松山, 神経化学, 36(3): 221, 1997.

185. [学会(全国)] (ポスター講演) 各種酸分泌刺激剤の胃粘液代謝に及ぼす作用の比較. 市川尊文(生化),石原和彦(化),小原進(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.29), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 365, 1997.

186. [研究会(地方)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎モデルを用いた杯細胞の減少とムチンに関する検討. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第12回神奈川Cytoprotection研究会 (97.11.20), 横浜, 抄録集, p.1, 1997.

187. [学会主催(国内学会)] 第25回日本実験潰瘍学会会長(97.11.13〜14),東京, 堀田恭子(生化).


<<04 分子生物学>>

188. [原著] Chromatin structure of the rat somatotropin gene locus and physical linkage of the rat somatotropin gene and skeletal-muscle sodium-channel gene. 風張幸司(児),佐野栄治(分生),松浦信夫(児),小野雅夫(分生): Eur. J. Biochem., 244(2): 494〜500, 1997.

189. [原著] 実験動物の病態解析における微弱エネルギー測定の意義. 中村国衛(分生): J. Sultle Energy Researches, 2(2): 51〜57, 1997.

190. [原著] 新世紀の医学に向けて. 中村国衛(分生): 地球大学研究会誌, 2: 2〜92, 1997.

191. [総説] 異種移植における分子生物学的アプローチ. 高垣洋太郎(分生): Organ Biology, 4(2): 15〜24, 1997.

192. [総説] 分子生物学の中心技術ブロット法における膜(転写膜)使用の現状と将来. 高垣洋太郎(分生): ケミカルエンジニアリング, 42(10): 37〜41, 1997.

193. [学術書] (分担執筆) 魚類のDNA: 分子遺伝学的アプローチ; 15. 成長ホルモン/プロラクチン遺伝子ファミリー, p.318〜335, 小野雅夫(分生). 編集 青木宙,隆島史夫(水産大),平野哲也(東大), 恒星社厚生閣,東京,97.06.10発行

194. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 岩波理化学辞典第5版; p.962, 高垣洋太郎(分生). 岩波書店,東京,98.02.20発行

195. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of an organo-germanium compound (Ge-132) on spontaneous diabetes mellitus rats “OLETF”. 中村国衛(分生),藤田芳邦(内): 5th International Symposium on the Maillard Reaction (97.08.27〜30), London.

196. [学会(全国)] (教育講演) 異種移植における分子生物学的アプローチ. 高垣洋太郎(分生): 日本臓器保存生物医学会 (97.06.31), 東京.

197. [学会(全国)] (シンポジウム等) 量子医学の夜明け. 中村国衛(分生): サトルエネルギー学会シンポジウム (97.11.13), 東京.

198. [学会(全国)] (一般講演) Cloneの法則から眺めた微弱磁気エネルギー計測の原理. 中村国衛(分生): 第3回サトルエネルギー学会総会 (98.02.17), 東京.

199. [学会(全国)] (ポスター講演) 高親和性IgE受容体(FcεRI)β鎖遺伝子の解析及びノックアウトマウスの作製. 平岡秀一(順大),古関明彦(千葉大),松田浩則,古本恭子,川本恵子(順大),渡辺直煕(慈恵医大),高垣洋太郎,篠原信賢(分生),谷口克(千葉 大),奥村康,鼎智靖(順大): 日本免疫学会 (97.10.29), 札幌, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 27: 180, 1997.

200. [学会(全国)] (ポスター講演) ブタT細胞レセプター遺伝子X: ゲノムの解析. 渡辺真理子,初瀬洋美(分生),川村宏樹(新潟大),高垣洋太郎(分生): 日本免疫学会 (97.10.30), 札幌, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 27: 288, 1997.

201. [学会(全国)] (ポスター講演) クロマチン構造を中心とした成長ホルモン遺伝子の細胞型特異的な発現機構: ラット成長ホルモンローカスの特徴. 小野雅夫(分生),野元けい子(生化系),中里さとみ(分生),風張幸司(児): 第20回日本分子生物学会年会 (97.12.18), 京都, 予稿集, p.522, 1997.

202. [研究会(全国)] (一般講演) 自然発症糖尿病ラットOLETFにおける腎障害, 脳アミロイド沈着と有機ゲルマニウムによる発症調節. 中村国衛(分生),藤田芳邦(内): 第7回メイラード反応研究会 (97.08.28), 札幌.


<<05 薬理学>>

203. [原著] Effects of orally active non-peptide bradykinin B2 receptor antagonist, FR17657, on plasma exudation in rat carrageenin-induced pleurisy. 馬嶋正隆,川島憲子(薬理),伊藤浩嗣(内),鹿取信(薬理): Br. J. Pharmacol., 121(7): 723〜730, 1997.

204. [原著] Role of the renal kallikrein-kinin system in the development of hypertension. 鹿取信,馬嶋正隆(薬理): Immunopharmacology, 36(2): 237〜242, 1997.

205. [原著] Significant roles of inducible cyclooxygenase (COX)-2 in angiogenesis in rat sponge implants. 馬嶋正隆,磯野雅子,池田泰弘,林泉,畑中公,原田芳照(薬理),勝又修,山科正平(解),鹿取信(薬理),山本尚三(徳島大): Jpn. J. Pharmacol., 75(1): 105〜114, 1997.

206. [原著] Radioligand binding characteristics of the endothelin receptor in the rabbit iris. 野坂千裕(協和発酵),石川均,春野功,吉富健志(眼),加瀬広(協和発酵),石川哲(眼),原田芳照(薬理): Jpn. J. Pharmacol., 76: 289〜296, 1998.

207. [原著] Evaluation of pharmacological profile of meloxicam as an anti-inflammatory agent, with particular reference to its relative selectivity for cyclooxygenase-2 over cyclooxygenase-1. 荻野桂子(日本ベーリンガーインゲルハイム),畑中公,川村道子,鹿取信,原田芳照(薬理): Pharmacology, 55: 44〜53, 1997.

208. [準原著] Involvement of platelet aggregation in ethanol-induced gastric mucosal injury in rats. 大野隆(内),羽村素子,馬嶋正隆,鹿取信(薬理),佐伯威男,朴勝春,林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): Microcirculation Annual, 13: 145〜146, 1997.

209. [準原著] 第I相臨床試験における携帯型脳波計使用の検討. 笹原絹代,前田尚美,中原いちみ,横田慎一(臨床薬理),内海光朝(精),熊谷雄治(薬理),井沢志名野,吉村久仁子,高橋明比古,村崎光邦(精): 臨床薬理, 28(1): 443〜444, 1997.

210. [研究報告(文部省)] ラット・カラゲニン胸膜炎におけるCOX-2発現細胞と発現メディエーター. 畑中公,川村道子,原田芳照(薬理): 文部省科学研究費補助金展開研究B「アラキドン酸カスケードと病的動態」研究班平成8年度研究成果報告書, p.4〜11, 1997.

211. [研究報告(文部省)] 文部省科学研究費補助金基盤研究(C)ナトリウム排泄作用を介するキニン系の降圧作用と新規降圧薬の開発. 馬嶋正隆(薬理): 平成7〜9年度研究成果報告書, 1997.

212. [研究報告(文部省)] 文部省科学研究費補助金展開研究(B);「アラキドン酸カスケードと病的動態」ラット血管新生モデルにおけるCOX-2の発現と役割. 馬嶋正隆(薬理): 平成7〜9年度研究成果報告書, 1997.

213. [研究報告(その他公的な報告)] 胃粘膜保護作用における内因性ニューロペプチドと内因性プロスタグランジンの相互作用−胃粘膜基底部微小循環観察法を用いて. 大野隆(内): 上原記念生命科学財団研究報告集, 10: 308〜311, 1997.

214. [総説] 炎症性疾患における血栓形成の機序; 微小循環学の立場から. 馬嶋正隆(薬理): 血栓と循環, 15(3): 212〜218, 1997.

215. [総説] プレカリクレイン. 林泉,馬嶋正隆(薬理): 腎と透析, 43(臨増): 416〜418, 1997.

216. [総説] ブラジキニン. 林泉,馬嶋正隆(薬理): 腎と透析, 43(臨増): 422〜425, 1997.

217. [総説] 誘導型シクロオキシゲナーゼ-2の多彩な役割とその選択的阻害薬の効果. 鹿取信,馬嶋正隆(薬理): 日薬理誌, 109(3): 247〜258, 1997.

218. [学術書] (分担執筆) 胃の炎症学, 4-1; 炎症と血管内皮細胞, p.85〜94, 馬嶋正隆(薬理). 編集 浅香正博(北大), メディカルレビュー社, 東京, 97.07.20発行.

219. [学術書] (分担執筆) Advances in Pharmacolgy, Vol. 44; Preventive role of renal kallikrein-kinin system in the early phase of hypertension and development of new anti-hypertensive drugs, p.149〜224, 鹿取信,馬嶋正隆(薬理). 編集 J.T. August, M.W. Anders, F. Murad, J.T. Coyle, Academic Press, London, 98.00.00発行.

220. [学会(国際)] (シンポジウム等) Microcirculatory Mechanism in Prevention of the Gastric Mucosal Injury; Capsaicin Against Ethanol-Induced Injury in Rat. 鹿取信,大野隆(薬理),林弘美(内): 3rd Asian Congress for Microcirculation (97.10.20〜22), Bangkok, Thailand.

221. [学会(国際)] (一般講演) Comparison of anti-hypertensive effect of ACE-inhibitor with that of urinary kininase inhibitor, Ebelactone B in DOCA-salt hypertension. 伊藤浩嗣,馬嶋正隆(薬理),和泉徹(内): International Society for Heart Research (97.07.18〜19), 旭川, J. Molecular and Cellular Cardiology, 29: 298, 1997.

222. [学会(国際)] (一般講演) Age trends in circadian characteristics of heart rate and heart rate variability in health. Cornelissen G.,Halberg F.,Otsuka K.,Watanabe Y.,熊谷雄治(薬理),UezonoK.,Kawasaki T.,Weber M.,Drayer J.I.M.,Siegelova J.: 5th International Fair of Medical Technology and Pharmacy, MEFA Congress (97.11.05〜08), Brno, Czech Republic.

223. [学会(国際)] (一般講演) Chronobiologic optimization of exercise physiology and practice guided by heart rate (HR) variability (HRV). Weydahl A.,Cornelissen G.,Halberg G.,Siegelova J.,熊谷雄治(薬理),Otsuka K.: 5th International Fair of Medical Technology and Pharmacy, MEFA Congress (97.11.05〜08), Brno, Czech Republic.

224. [学会(国際)] (ポスター講演) Involvement of platelet aggregation in ethanol-induced rat gastric mucosal injury. 大野隆(内),馬嶋正隆,羽村素子,鹿取信(薬理),佐伯威男,朴勝春,西元寺克礼(内): DDW (AGA) '97 (97.05.10〜16), Washington, DC, USA, Gastroenterology, 112: 242, 1997.

225. [学会(国際)] (ポスター講演) A binding characteristic of ET receptor ligands in the rabbit iris membrane fraction. 野坂千裕(協和発酵),石川均,吉富健志(眼),加瀬広(協和発酵),石川哲(眼科),原田芳照(薬理): 5th Internatl. Conf. Endothelin (97.09.12〜15), 京都, Abstract, p.81, 1997.

226. [学会(国際)] (ポスター講演) Complete inhibition of developmemt of DOCA-salt hypertension by prolonged administration of urinary carboxypeptidase Y-like kininase inhibitor Ebelactone B. 伊藤浩嗣,馬嶋正隆,鹿取信(薬理),和泉徹(内): 51st Annual Fall Conference and Scientific Sessions of American Heart Association's Council for High Blood Pressure Research (97.09.16〜19), Washington DC, USA, Hypertension, 30: 496, 1997.

227. [学会(国際)] (ポスター講演) Inhibition of kinin degradation on the luminal side of the renal tubules, but not in the circulation, prevents the development of hypertension in rats: A study using kininogen-deficient Brown Norway Katholiek rats. 中嶋真一(内),馬嶋正隆,林泉(薬理),栗林義和(住友製薬),溝上進(三菱化学),鹿取信(薬理): 51st Annual Fall Conference and Scientific Sessions of American Heart Association's Council for High Blood Pressure Research (97.09.16〜18), Washington DC, Hypertension, 30: 496, 1997.

228. [学会(国際)] (ポスター講演) Prostaglandin E2 generated by intragastric hyperosmotic sodium chloride mimics the microvascular changes stimulated through EP2 and EP3 receptors. 大野隆,佐伯威男,朴勝春(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.18〜23), Birmingham, UK, Gut, 41(Suppl. 3): 92, 1997.

229. [学会(国際)] (ポスター講演) Anti-inflammatory effects of meloxicam with a better safety profile through preferential inhibition for cyclooxygenase-2 over cyclooxygenase-1. 荻野桂子(日本ベーリンガーインゲルハイム),川村道子,畑中公(薬理),大野隆(内),大杉武,内田 修次(日本ベーリンガーインゲルハイム),原田芳照(薬理): 3rd World Congress on Inflammation (97.11.16〜20), 東京, Abstract Inflammation Res., 46(Suppl. 3): 242, 1997.

230. [学会(国際)] (ポスター講演) Attenuation of plasma exudation by a non-peptide bradykinin B2 receptor antagonist, FR17657 in rat carrageenin-induced pleurisy. 馬嶋正隆,川島憲子(薬理),伊藤浩嗣(内),林泉,鹿取信(薬理): 3rd World Congress on Inflammation (97.11.16〜20), 東京, Inflamm. Res., 46(Suppl. 3): 1997.

231. [学会(国際)] (ポスター講演) Involvement of the tissue kallikrein-kinin system in pruritic scratching behaviour induced by sodium deoxycholic acid. 林泉,馬嶋正隆(薬理): 3rd World Congress on Inflammation (97.11.16〜20), 東京, Inflamm. Res., 46(suppl 3): 231, 1997.

232. [学会(国際)] (ポスター講演) Relation between inhibition of phospholipase A2 and cyclooxygenase-2 expression, and anti-inflammatory effects of dexamethasone in acute inflammatory model. 川村道子,畑中公(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生物化学系),原田芳照(薬理): 3rd World Congress on Inflammation (97.11.16〜20), 東京, Inflammation Research, 46(Suppl. 3): 240, 1997.

233. [学会(国際)] (ポスター講演) Expression of COX-2 during a late phase of rat carrageenin-induced pleurisy. 畑中公,原田芳照,川村道子(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生物化学系),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 3rd World Congress on Inflammation (97.11.16〜20), 東京, Inflammation Research, 46(Suppl. 3): 240, 1997.

234. [学会(全国)] (シンポジウム等) エタノール胃粘膜傷害発生の病態―増悪因子としての血小板凝集―. 大野隆(内),馬嶋正隆,林泉,鹿取信(薬理),朴勝春,佐伯威男,林弘美,西元寺克礼(内): 第25回日本実験潰瘍学会 (97.11.13〜14), 東京.

235. [学会(全国)] (ワークショップ) 血管新生におけるcyclooxygenase(COX)-2の発現と役割. 馬嶋正隆,畑中公,川村道子,林泉,原田芳照,鹿取信(薬理): 第18回日本炎症学会 (97.11.20〜21), 東京.

236. [学会(全国)] (一般講演) カプサイシンによる胃粘膜微小循環の反応―サブスタンスPとCGRPの役割―. 佐伯威男,朴勝春,林弘美,大野隆,西山和男,西元寺克礼(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第25回日本実験潰瘍学会 (97.11.13〜14), 東京.

237. [学会(全国)] (一般講演) 高張食塩水によるエタノール胃粘膜傷害の抑制―内因性CGRPの関与―. 朴勝春,佐伯威男,林弘美,大野隆,西山和男,西元寺克礼(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 第25回日本実験潰瘍学会 (97.11.13〜14), 東京.

238. [学会(全国)] (一般講演) エタノール胃粘膜傷害の増悪因子としての血小板凝集. 大野隆(内),馬嶋正隆,林泉,鹿取信(薬理),朴勝春,佐伯威男,林弘美,西元寺克礼(内): 第18回日本炎症学会 (97.11.20〜21), 東京.

239. [学会(全国)] (一般講演) ラットカラゲニン胸膜炎におけるdes-Arg9-bradykininの関与. 林泉,馬嶋正隆(薬理): 第18回日本炎症学会 (97.11.20〜21), 東京, プログラム予稿集, p.119, 1997.

240. [学会(全国)] (一般講演) 急性炎症モデルにおけるデキサメタゾンのPLA2およびCOX-2発現抑制作用とPGレベルに対する作用との関係. 川村道子,畑中公(薬理),斉藤真希,荻野三智子(生化学系),原田芳照(薬理): 第18回日本炎症学会 (97.11.20〜21), 東京, 抄録集, p.122, 1997.

241. [学会(全国)] (一般講演) Ratにおける膵-胆管loop (PBD-loop)による実験的膵炎modelの有用性について. 平田光博,杉本勝彦,相馬一亥,大和田隆(救命),林泉,馬嶋正隆(薬理): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京.

242. [学会(全国)] (一般講演) C型肝炎におけるインターフェロン療法の心拍変動に及ぼす影響を検討した1例. 熊谷雄治(薬理),笹原絹代(臨床薬理): 第3回ストレスと循環研究会 (97.12.06), 東京.

243. [学会(全国)] (一般講演) カプサイシン胃内腔投与時の胃粘膜微小循環の反応. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,林弘美,西山和男(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第23回日本微小循環学会総会 (98.02.26〜27), 盛岡.

244. [学会(全国)] (一般講演) エタノールによる胃粘膜傷害に対する高張食塩水の傷害抑制作用―内因性遊離CGRPの関与―. 朴勝春,林弘美,佐伯威男,大野隆,西山和男(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76 (Suppl. I): 122, 1998.

245. [学会(全国)] (一般講演) ラット・カラゲニン胸膜炎後期に発現するCOX-2のプロスタグランジン産生に果たす役割. 畑中公,川村道子,原田芳照(薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl. I): 105, 1998.

246. [学会(全国)] (一般講演) リポポリサッカライドによる肝微小血管における白血球粘着. 松本豊,伊藤義也,高橋毅,柿田章(外),大野隆(内),馬嶋正隆(薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl.1): 167, 1998.

247. [学会(全国)] (一般講演) ラットスポンジ皮下移植片に発現するCOX-2の血管新生における役割. 馬嶋正隆,林泉(薬理),中嶋真一(内),鹿取信(薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl.I): 105, 1998.

248. [学会(全国)] (一般講演) カリウムイオンによる腎カリクレイン分泌刺激作用. 渡辺朋恵(内),熊谷雄治,林泉,池田泰裕,鈴木立紀,稲村直哉,馬嶋正隆(薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl.I): 69, 1998.

249. [学会(全国)] (ポスター講演) エタノール胃粘膜傷害における血小板凝集の関与. 大野隆(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),林弘美,西山和男,西元寺克礼(内): 第83回日本消化器病学会総会 (97.04.17〜20), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 206, 1997.

250. [学会(全国)] (ポスター講演) 尿中キニナーゼの阻害は高血圧の発症を予防する. 中嶋真一(内),馬嶋正隆(薬理),伊藤浩嗣(内),林泉(薬理),矢島義忠(内),鹿取信(薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl. 1): 183, 1998.

251. [学会(全国)] (ポスター講演) 非ステロイド性抗炎症薬meloxicamの炎症巣および胃内腔におけるPGE2産生抑制作用. 荻野桂子(日本ベーリンガーインゲルハイム),川村道子,畑中公(薬理),大野隆(内),大杉武,内田修次(日本ベーリンガーインゲルハイム),原田芳照 (薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl. I): 166, 1998.

252. [学会(全国)] (ポスター講演) ラットカラゲニン胸膜炎におけるFR167653のCOX-2発現抑制作用. 川村道子,畑中公,原田芳照(薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl. I): 167, 1998.

253. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット胃粘膜におけるカプサイシンによる胃粘膜微小循環の反応. 佐伯威男,朴勝春,大野隆,林弘美,西山和男(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(Suppl. I): 292, 1998.

254. [学会(全国)] (ポスター講演) 高カリウムによる摘出ラット腎臓からのカリクレインの遊離. 林泉,渡辺朋恵,馬嶋正隆(薬理): 第71回日本薬理学会年会 (98.03.23〜26), 京都, Jpn. J. Pharmacol., 76(suppl 1): 246, 1998.

255. [学会(地方)] (一般講演) 胆汁酸による実験的引っ掻き行動における組織カリクレイン・キニン系の関与. 林泉,馬嶋正隆(薬理): 第96回日本薬理学会関東部会 (97.06.07), 東京, 日本薬理学雑誌, 110(4): 81, 1997.

256. [学会(地方)] (一般講演) Bradykinin誘発気道抵抗増大に対するNeutral Endopeptidase阻害薬の効果. 上條吉人(救命),林泉(薬理),斉藤真希(生化学系),馬嶋正隆(薬理): 第97回日本薬理学会関東部会 (97.10.04), 東京, 日本薬理学雑誌, 111(1): 11, 1998.

257. [研究会(全国)] (特別講演) 高血圧発症抑制系としてのカリクレインキニン系の役割. 馬嶋正隆(薬理): 第4回降圧系因子研究者の会 (97.11.01), 東京.

258. [研究会(全国)] (特別講演) 血漿カリクレインキニン系の炎症における動態と役割; キニン系欠損ミュータントラットを用いた解析. 馬嶋正隆(薬理): 第4回炎症セミナー (98.03.20), 仙台.

259. [研究会(全国)] (一般講演) DOCA-salt高血圧に対する尿中キニン分解酵素阻害薬の効果; キニノゲン欠損Brown Norway Katholiekラットでの検討. 中嶋真一(内),馬嶋正隆(薬理),伊藤浩嗣(内),林泉(薬理),神康之,金森晃,矢島義忠(内): 第25回内分泌代謝研究会 (97.11.29), 東京, 予稿集, p.7, 1997.

260. [研究会(全国)] (一般講演) ラット血管新生モデルにおけるCOX-2の発現と役割. 馬嶋正隆(薬理): 平成9年度文部省科学研究費補助金試験研究B「アラキドン酸カスケードと病的動態」班会議 (98.01.30), 仙台.

261. [研究会(全国)] (一般講演) ラットカラゲニン胸膜炎モデルにおけるデキサメタゾンの血漿滲出抑制機序. 川村道子,畑中公,原田芳照(薬理): 平成9年度文部省科学研究費補助金 試験研究B「アラキドン酸カスケードと病的動態」班会議 (98.01.30), 仙台.


<<06 微生物学>>

262. [原著] Fecal microflora in a patient with short-bowel syndrome and indentification of dominant lactobacilli. Kaneko, T.,坂東由紀(児),Kurihara, H.,Satomi, K.,野々山勝人,松浦信夫(児): J. Clin. Microbiol., 35(12): 3181〜3185, 1997.

263. [原著] 近年臨床検体から分離された酵母様真菌株に対するfluconazoleのin vitro抗菌活性. 山口英世(帝京大),猪狩淳(順大),久米光(病理),阿部美知子(臨検),小票豊子(順大),菅野治重(千葉大),深山牧子(都老人医療センター),伊 藤章(横浜市): Jpn. J. Antibiot., 50(9): 799〜805, 1997.

264. [研究報告(厚生省)] 行動異常マウスWMSにみられた内耳形態異常. 喜多村健,高橋克昌(自治医大),大沢伸孝(微): 厚生省特定疾患急性高度感音難聴調査研究班平成8年度研究業績報告書,p.31, 1997.

265. [研究報告(厚生省)] 伝染性海綿状脳症の発症機序と炎症性サイトカインおよび VOSとの関連性. 玉井洋一(生化),笹原武志(微),小嶋久子,中村和生(生化),滝龍雄,田口文章(医療衛生),大谷義夫(精),三浦貞則(医療衛生): 厚生省特定疾患遅発性ウイルス感染調査研究班平成8年度研究報告書, (1): 43〜51, 1997.

266. [総説] アスペルギルス感染症; 疫学. 久米光(病理),山下えり子(内),阿部美知子,小幡進(臨検),村瀬勢津子(薬剤),村松秀樹(児): 化学療法の領域, 13(1): 18〜25, 1997.

267. [総説] 内蔵真菌症の診断. 久米光(病理): 今日の治療, 5(8): 81〜90, 1997.

268. [学術書] (分担執筆) β-lactamases in Bacteria; Countering resistance due to β-lactamases, p.32〜36, 井上松久(微). 編集 Williamus, D.J., Cambridge Medical Publication, England, 97.00.00発行.

269. [学術書] (分担執筆) 感染対策ハンドブック; 感染性微生物の基礎知識−グラム陽性菌, p.16〜19, 井上松久,久我明男,岡本了一(微). 編集 小林寛伊, 照林社, 東京, 97.00.00発行.

270. [学術書] (分担執筆) 第4回外科フォーラム; 抗菌薬は何故効かなくなるか?, p.89〜99, 井上松久(微). 97.00.00発行.

271. [学会(国際)] (教育講演) Mechanisms of resistance to antibacterial agents. 井上松久(微): 3rd Annual Meeting of the Japanease Research Society for Helicobacter Pylori Related Gastroduodenal Diseases (97.07.18〜19), 大分, Abstract, p.31, 1997.

272. [学会(国際)] (シンポジウム等) Gram positive infections: Diagnosis and treatment of multi-resistant s. aureus. 井上松久,久我明男,島内千恵子,岡本了一(微): 20th ICC (97.00.00), Sydney, Abstract, p.4, 1997.

273. [学会(国際)] (一般講演) Antibacterial action of a novel bifunctional prodrug,AS-924. 井上松久,岡本了一(微),Goto, S.,Nishijima, T.,Aoki, A.,Yamaguchi, S.: 20th ICC (97.00.00), Sydney, Abstract, p.207, 1997.

274. [学会(国際)] (ポスター講演) Suppression by cefoperazone/sulbactam and cefepime of the selection of derepressed mutants in enterobacter cloacae KU69. 久我明男,岡本了一,井上松久(微): 20th ICC (97.06.30), Sydney, Book of Abstract, p.46〜47, 1997.

275. [学会(国際)] (ポスター講演) CS-834,a new oral carbapenem:in vitro antibacterial activity against clinical isolates including various types of β-lactamase producers. 久我明男,佐藤優子,岡本了一,井上松久(微): 37th ICAAC (97.09.30), Toronto, Abstracts, p.181, 1997.

276. [学会(全国)] (特別講演) グラム陽性菌の薬剤耐性機構について. 井上松久(微): 第28回防菌防かび学会 (97.11.28), 東京, 抄録集, p.4〜5, 1997.

277. [学会(全国)] (シンポジウム等) 抗菌薬の予防的投与の功罪・細菌学的立場から見た耐性菌出現の背景. 井上松久,岡本了一(微): 第13回環境感染学会 (98.02.21), 東京, 日本環境感染学会学会誌, 13: 38, 1998.

278. [学会(全国)] (一般講演) 行動異常マウスWMSにみられた内耳形態異常. 高橋克男,喜多村健(自治大),大沢伸孝(微): 日本耳鼻科学会 (97.00.00), 日本耳鼻咽喉科学会会報, 100: 1241, 1997.

279. [学会(全国)] (一般講演) Salmonella typhimurium由来ミニセルの免疫誘導能. 笹原武志,小松洋子,井上松久(微): 第70回日本細菌学会総会 (97.03.29), 宇都宮, 日本細菌学雑誌, 52(1): 146, 1997.

280. [学会(全国)] (一般講演) らい菌の試験管内培養の試み−第2報. 大沢伸孝(微): 第70回日本ハンセン病学会 (97.05.22), 弘前, 第70回日本ハンセン病学会誌, 66(1): 32, 1997.

281. [学会(全国)] (一般講演) MHCクラスT,U欠損マウスを用いた末梢神経同種移植の宿主拒絶反応. 井上桂,岡義範(東海大),玉内秀一(微),中尾保志(慶應大),垣生園子(東海大): 第40回日本手の外科学会 (97.05.23), 盛岡,

282. [学会(全国)] (一般講演) 経口抗原摂取マウスにおける腸管と脾臓T細胞の解析. 玉内秀一(微),佐藤健人,亀谷美恵(東海大),八村敏志,上野川修一(東大),渡辺守,日比紀文(慶應大),垣生園子(東海大): 第86回日本病理学会 (97.06.04), 札幌, 日本病理学会雑誌, 86(1): 237, 1997.

283. [学会(全国)] (一般講演) Class C型β-ラクタマーゼ産生プラスミドの高度耐性化について. 久我明男,佐藤優子,岡本了一,井上松久(微): 第45回日本化学療法学会総会 (97.06.12), 東京, 日本化学療法学会雑誌, 45(Suppl.): 74, 1997.

284. [学会(全国)] (一般講演) C.freundiiのパルスフイエ−ルドDNA型別と薬剤耐性型. 井上松久,島内千恵子,佐藤優子,岡本了一(微): 第45回日本化学療法学会総会 (97.06.12〜13), 東京, 日本化学療法学会雑誌, 45: 135, 1997.

285. [学会(全国)] (一般講演) 帝京大学病院で検出されたE.coliおよびKlebsiella sppのESBLについて. 川上小夜子,松村充,斧康雄,宮沢幸久(帝京大),岡本了一,井上松久(微): 第45回日本化学療法学会総会 (97.06.12〜13), 東京, 日本化学療法学会雑誌, 45: 73, 1997.

286. [学会(全国)] (一般講演) キノロン高度耐性腸球菌のgyrA および parC変異の解析. 小山田義博,山岸純一,藤本孝一,服部宏昭,中村信一(大日本製薬),岡本了一,井上松久(微): 第45回日本化学療法学会総会 (97.06.12〜13), 東京, 日本化学療法学会雑誌, 45: 86, 1997.

287. [学会(全国)] (一般講演) 経口抗原摂取マウスにおける腸管と脾臓T細胞の解析. 玉内秀一(微),佐藤健人,亀谷美恵(東海大),八村敏志,上野川修一(東大),渡辺守,日比紀文(慶應大): 第34回日本消化器免疫学会総会 (97.08.01), 東京, 抄録集, 34: 28, 1997.

288. [学会(全国)] (一般講演) 早期選択シグナルによるTCRβ対立遺伝子排除の破綻. 穂積勝人,佐藤健人(東海大),玉内秀一(微),西村孝司,垣生園子(東海大): 第27回日本免疫学会総会学術集会 (97.10.30), 札幌, 日本免疫学会総会学術集会記録, 27: 220, 1997.

289. [学会(全国)] (一般講演) 経口摂取抗原によるCO8+IELへの細胞障害活性誘導機序の解析−CO4+IELの観点から−. 玉内秀一(微),佐藤健人(東海大),八村敏志,上野川修一(東大),垣生園子(東海大): 第27回日本免疫学会総会学術集会 (97.10.30), 札幌, 日本免疫学会総会学術集会記録, 27: 239, 1997.

290. [学会(全国)] (一般講演) 黄色ブドウ球菌の鼻腔内保有状況の検討. 島内千恵子(宮崎看護大),平尾百合子(福島県立福祉短大),稲木勝英,鈴木立俊(耳鼻),橘宣祥(宮崎看護大),井上松久(微): 第13回環境感染学会, (98.02.21), 東京, 日本環境感染学会学会誌, 13: 68, 1998.

291. [学会(全国)] (ポスター講演) TCRトランスジェニツクマウスを用いた妊娠成立,維持に関する研究(第2報).. 善方菊夫,前田大伸,勝沼潤子,吉沢広幸,見常多喜子,牧野恒久(東海大),玉内秀一(微): 第49回日本産科婦人科学会学術講演会 (97.04.07), 東京, 日本産科婦人科学会誌, 49: 411, 1997.

292. [学会(全国)] (ポスター講演) Pre-TCRα(PTα)鎖発現抑制機構の解析. 吉田由紀,穂積勝人(東海大),岩田誠(三菱化学),玉内秀一(微),垣生園子(東海大): 第27回日本免疫学会総会学術集会 (97.10.29), 札幌, 集会記録, 27: 153, 1997.

293. [学会(地方)] (一般講演) 臨床分離株に対する塩酸セフェピムの評価・疫学的解析. 井上松久(微),平田泰良(北里大),清水義徳(北大),木下承浩(神戸大),草野展周,斉藤厚(琉球大),原哲郎,宮田愛子(明治製菓): 第44回日本化学療法学会東日本支部総会 (97.10.30), 横浜, 抄録集, p.58, 1997.

294. [学会(地方)] (一般講演) 臨床分離株に対する塩酸セフェピムの評価・抗菌力. 原哲郎,宮田愛子(明治製菓),清水義徳(北大),木下承浩(神戸大),草野展周,斉藤厚(琉球大),平田泰良(北里大),井上松久(微),: 第44回日本化学療法学会東日本支部総会 (97.10.30), 横浜, 抄録集, p.58, 1997.

295. [学会(地方)] (一般講演) 臨床分離緑膿菌のβ-ラクタマーゼ産生性と薬剤感受性について. 井田孝思,前薗端代(明治製菓),井上松久(微): 第44回日本化学療法学会東日本支部総会 (97.10.30), 横浜, 抄録集, p.62, 1997.

296. [学会(地方)] (一般講演) Pcase testを用いたβ-ラクタマ-ゼの分別検出法−大腸菌・肺炎桿菌のESBLsを中心に−. 岡本了一,小磯剛,久我明男,佐藤優子(微),川上小夜子(帝京大),井上松久(微): 第44回日本化学療法学会東日本支部総会, (97.10.31), 横浜, 抄録集, p.94, 1997.

297. [学会(地方)] (一般講演) Clarithromycin 耐性h.pyroliに関する検討. 雑賀威,村岡安江,戸田陽代,小林寅吉(三菱ビ−シエル),藤岡利生,那須勝(大分大),岡本了一,井上松久(微): 第44回日本化学療法学会東日本支部総会 (97.10.31), 横浜, 日本化学療法学会抄録集, p.97, 1997.

298. [学会(地方)] (一般講演) 各科領域臨床分離菌に対する抗菌力の比較・IPM,PAPM,MEPM,BIPMを中心に. 猪狩惇(順天大),井上松久(微),西野武志(京都薬大): 日本化学療法学会西日本支部総会 (97.12.04), 京都, 日本化学療法学会雑誌, 45(Suppl.): 57, 1997.

299. [研究会(国際)] (一般講演) Age dependent degeneration in the cochlea of Wriggle Mouse Sagami. 高橋克男,喜多村健(自治大),大沢伸孝(微): Proc Sendai Ear Symposium (97.00.00), 仙台,

300. [研究会(全国)] (教育講演) 薬剤耐性機構と感受性検査. 井上松久(微): 第22回微生物検査研究会 (96.11.23), 東京, 抄録集, p.14〜19, 1997.

301. [研究会(全国)] (教育講演) 抗菌薬の耐性機構から見た耐性菌種出現. 井上松久(微): 第4回日本臨床微生物学会教育セミナ− (97.09.13), 仙台, 抄録集, p.7〜8, 1997.

302. [研究会(全国)] (シンポジウム等) β-ラクタマーゼの動向とその対策: グラム陰性桿菌を中心に. 井上松久,久我明男,岡本了一(微): 第28回嫌気性感染症研究会 (98.02.14), 抄録集, p.13, 1997.

303. [研究会(全国)] (一般講演) MHC拘束分子に依存的及び非依存的に分化する腸管上皮内CD8陽性Tリンパ球の解析. 玉内秀一(微): 第10回「遺伝子とその周辺」研究会 (97.07.28), 神奈川, 要旨集, 10: 19, 1997.

304. [研究会(全国)] (一般講演) Salmonella typhimurium由来ミニセルの免疫応答誘導能. 笹原武志,高野未央,久保恵美,平本裕子,小松洋子,井上松久(微): 第7回実験感染セミナー (97.10.24), 三島市, 第7回実験感染セミナ−, 7: 8, 1997.

305. [研究会(全国)] (一般講演) TNFα遺伝子欠損マウスへのCJD因子接種実験−TNFαは伝達性海綿状脳症の必須因子ではない?. 玉井洋一(生化),笹原武志(微),小嶋久子,中村和生(生化),田口文章(医療衛生),大谷義夫(精),三浦貞則(医療衛生): 厚生省特定疾患遅発性ウイルス感染調査研究班 (98.02.02), 東京.

306. [研究会(地方)] (特別講演) 抗菌薬はなぜ効き,なぜ効かなくなるか. 井上松久(微): 平成9年度第1回表面および海面の評価技術フオーラム(神奈川県主催) (97.09.05), 抄録集, p.12〜13, 1997.

307. [研究会(地方)] (特別講演) 最近の薬剤耐性菌出現の動向. 井上松久(微): 秋田県化学療法研究会, (98.01.30), 秋田,

308. [研究会(地方)] (特別講演) 薬剤耐性菌の出現動向から見た抗菌薬療法. 井上松久(微): 盛岡医師会生涯教育講座 (98.02.13), 盛岡.

309. [研究会(地方)] (特別講演) 基礎細菌学的立場から見た耐性菌の動向. 井上松久(微): 弘前医師会生涯教育講座 (98.03.05), 弘前.

310. [研究会(地方)] (教育講演) 抗菌薬耐性菌出現の動向. 井上松久(微): 第18回城西大学薬学部生涯教育講座 (97.05.17), 川越, 抄録集, p.11〜23, 1997.

311. [研究会(地方)] (教育講演) 抗菌薬の関わりから見た耐性菌を指標とした院内感染の予測と対策. 井上松久(微): 平成9年度北里大学薬学部公開教育講座 (97.10.18), 東京, 抄録集, 1997.

312. [学会主催(地方会)] 会長(第44回日本化学療法学会東日本支部総会) 井上松久(微):


<<07 免疫学>>

313. [原著] A killer cell protective antigen expressed by MHC-unrestricted killer by bridomas. 久保田孝一(微): Cell. Immunol., 181: 50〜58, 1997.

314. [原著] Inducible β-lactamases-mediated resistance to third generation cephalosporins. Jones, R.N.(アメリカ),F. Baquero(イタリア),G. Privitera(フランス),井上松久(微),B. Wiedemann(ドイツ): Clin. Microbiol. Infect., 3: 7〜20, 1997.

315. [原著] Co-receptor-independent signal transduction in a mismatched CD8+ major histocompatibility complex class U-specific allogeneic cytotoxic T lymphocyte. Eshima, K.,Tachibana, M.,Suzuki, H.,Yamazaki, S.(三菱化生),篠原信賢(免疫): Eur. J. Immunol., 27: 55〜61, 1997.

316. [原著] A dynamic plasmid that shows MLS and PMS resistance in Staphylococcus aureus. Matuoka, M.,Endo, K.,Kobayashi, H(北海道薬大),井上松久(微), 中嶋良徳(北海道薬大): FEMS Microbiol. Lett., 148: 91〜96, 1997.

317. [原著] CD4+ T cells, positive selection, and surveillance of autoantibody production. 篠原信賢(免疫),Komano, H.,Lee, M.H.,Tachibana, M.,Iwata, M.(三菱化生): Immunologist, 5: 121〜126, 1997.

318. [原著] Detection of tet(K) and tet(M) in Staphylococcus aureus of Asian countries by the polymerase chain reaction. Warsa, C.U.,野々山勝人(児),井田孝思,岡本了一,Okubo,T.(群大),井上松久(微): J. Antibiot., 49: 1127〜1132, 1997.

319. [原著] Lck-independent triggering of T-cell antigen receptor signal transduction by staphylococcal enterotoxins. Yamasaki, S.,Tachibana, M.,篠原信賢(免疫),Iwashima, M.(三菱化生): J. Biol. Chem., 272(23): 14787〜14791, 1997.

320. [原著] Slime formation as a marker of serious infection with methicillin -resistant Staphylococcus aureus. Takahashi, Y.,四方田幸恵,Kanda, T.,Fukumura, Y.,Okubo, T.(群大),井上松久(微): J. Med., 28: 87〜96, 1997.

321. [原著] Comparative analysis of the gp120-binding area of murine and human CD4 molecules. Siddigi, M.A.,Tachibana, M.,Ohta, S.,Ikegami, Y.,Tahara-Hanaoka, S.,Huang, Y.Y.(三菱化生),篠原信賢(免疫): Journal of Acquired Immune Deficinecy Syndromes and Human Retrovirology, 14: 7〜12, 1997.

322. [原著] 臨床材料分離菌の各種抗菌薬に対する感受性サーベイランス(1年次報告). 猪狩惇(順天大),西野武志(京都薬大),井上松久(微): Jpn. J. Antibiot., 50: 687〜703, 1997.

323. [原著] 臨床材料分離菌の各種抗菌薬に対する感受性サーベイランス(2年次報告). 猪狩惇(順天大),西野武志(京都薬大),井上松久(微): Jpn. J. Antibiot., 51: 47〜68, 1998.

324. [原著] Growth of Mycobacterium leprae in vitro. 大沢伸孝(微): Proceedings of the Japan Academy, 73(7): 144〜149, 1997.

325. [原著] Growth of Mycobacterium leprae in macrophages in vitro. 大沢伸孝(微): Proceedings of the Japan Academy, 73(7): 138〜143, 1997.

326. [原著] Characteristics of extended−spectrumβ-lactam hydrolyzing activity of Klebsiella pneumoniae and Escherichia coil strains. Chong, Y.K. Lee(延世大),岡本了一,井上松久(微): Yonsei Med. J., 29(6): 477〜485, 1997.

327. [準原著] Prevention of autoantibody production in lpr/lpr mice by transgenic expression of Fas on B cells. 篠原信賢(免疫),Ikegami, Y.,Yokoyama, M.,Yonehara, S.,Komano, H.(三菱化生): Ann. N. Y. Acad. Sci., 815: 489〜491, 1997.

328. [準原著] Synergistic effect of short-term fractionated lymphoid irradiation with initial high doses of FK506 on the induction of tolerance to kidney allografts in dogs. 渡部浩二(免疫),遠藤忠雄,小柴健(泌),佐藤光史,柿田章(外),丸山茂善,真崎義彦(実動系): Transplant. Proc., 30: 9〜11, 1998.

329. [研究報告(文部省)] 胎児赤芽球を用いた出生前DNA診断における胎児細胞と母体細胞の識別. 大谷文雄(免疫): 平成8・9年度文部省科学研究費研究成果報告書, 1998.

330. [研究報告(厚生省)] 大型動物(イヌ)による免疫寛容モデルに関する研究. 渡部浩二(免疫),猪股裕紀洋(京大): 平成9年度厚生省科学研究費補助金, 免疫アレルギー等研究事業研究業績報告会, 1997.

331. [研究報告(その他公的な報告)] 薬剤耐性に関する研究. 井上松久(微): 0-157等新興感染症研究事業(平成8年度厚生省研究成果報告書),p.72〜75, 1997.

332. [研究報告(その他公的な報告)] 第6回日本組織適合性学会大会QCワークショップ報告. 小林賢(防衛医大),猪子英俊(東海大),大谷文雄(免疫),木村彰方(東京医歯大),徳永勝土(東大),前田平生(埼玉医大): MHC, 4(2): 100〜109, 1997.

333. [研究報告(その他公的な報告)] 宇宙探索任務に伴う乗組員の健康管理と汚染物質に関する総合的研究(1)宇宙医学. 井上松久(微): 人間科学等の研究動向に関する調査報告書:宇宙環境衛生(平成7年度宇宙開発事業団委託業務),p.29〜36,1997.

334. [研究報告(その他公的な報告)] 宇宙探索任務に伴う乗組員の健康管理と汚染物質に関する総合的研究(2)宇宙医学. 井上松久(微): 人間科学等の研究動向に関する調査報告書:宇宙環境衛生(平成7年度宇宙開発事業団委託業務),p.95〜101,1997.

335. [総説] 抗菌薬の思いがけない作用.実地医家のための治療薬. 井上松久(微): 2: 64〜68, 1997.

336. [総説] ペニシリン耐性肺炎桿菌-キメラ遺伝子の生成. 久我明男,井上松久(微): Mebio, 14(5): 32〜37, 1997.

337. [総説] ペニシリン耐性肺炎球菌の薬剤耐性機序. 久我明男,井上松久(微): Medical Practice, 15(2): 316〜317, 1997.

338. [総説] 広範囲多剤耐性肺炎桿菌. 井上松久,久我明男(微): 化学療法の領域, 13(1): 56〜61, 1997.

339. [総説] カルバペネム系抗菌薬; 登場から10年,その現状と展望・基礎. 笹原武志,井上松久(微): 化学療法の領域, 13(2): 11〜18, 1997.

340. [総説] 抗菌薬の思いがけない作用. 井上松久,久我明男,岡本了一,久保田孝一(微): 感染症, 27: 117〜123, 1997.

341. [総説] ESBL産生菌感染症. 岡本了一,井上松久(微): 日本内科学雑誌, 86(11): 71〜77, 1997.

342. [総説] 抗菌薬の開発と耐性菌出現. 井上松久,東谷房近(微): 臨床と研究, 74(9): 1〜5, 1997.

343. [総説] セフェム系抗生物質の使い分け−抗菌力. 久我明男,井上松久(微): 臨床と微生物, 24(増): 649〜654, 1997.

344. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 標準免疫学; 細胞傷害の分子機構, 篠原信賢(免疫). 編集 谷口克(千葉大),宮坂昌之(京大), 医学書院,東京,97.06.01発行

345. [学会(国際)] (ポスター講演) The prolongation effect of FK506 on the survival of 3-days presurved kidney allografts in dogs. 渡部浩二,真崎義彦,丸山茂善(実動系),遠藤忠雄,小柴健(泌),佐藤光史,柿田章(外): 5th Congress of the Asian Society of Transplantation (97.12.07), Manila, Abstracts, p.536, 1997.

346. [学会(全国)] (シンポジウム等) 成犬の同種移植に免疫寛容を誘導させる術前リンパ組織短期間内照射および術後FK506の併用投与法. 渡部浩二(免疫),遠藤忠雄,小柴健(泌),佐藤光史,柿田章(外): 第33回日本移植学会総会 (97.09.19), 大阪, 移植, 32(総会臨時号): 1997.

347. [学会(全国)] (一般講演) 死体腎移植における術前リンパ組織照射とFK506投与による免疫寛容誘導法. 渡部浩二(免疫): 第97回日本外科学会総会 (97.04.11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 405, 1997.

348. [学会(全国)] (一般講演) 少なくとも2つ存在するDLA-DRB遺伝子座. 伊東一郎,渡部浩二,柏木登(免疫),須山出穂(泌): 第6回日本組織適合性学会大会 (97.04.25), 東京, 日本組織適合性学会誌, 3(3): 113, 1997.

349. [学会(全国)] (一般講演) 臍帯血におけるヒトT細胞レセプターのレパトア解析. 小幡文弥(免疫),角田みさを,大久保みどり(予防医学系),黒須不二男,島田信宏,西島正博(産婦),椎葉理恵,戸沢秀樹: 第27回日本免疫学会 (97.10.29), 札幌.

350. [学会(全国)] (一般講演) 術前全リンパ組織分割照射および術後FK506投与によるイヌ腎移植における免疫寛容誘導法. 渡部浩二,伊東一郎,大谷文雄,金子剛久(免疫): 第27回日本免疫学会総会学術集会 (97.10.31), 札幌, 日本免疫学会総会学術集会記録, 27: 346, 1997.

351. [学会(全国)] (一般講演) 活性化T細胞を標的とするCD4+CTL. 金子剛久,大谷文雄,渡部浩二(免疫): 第27回日本免疫学会総会学術集会 (97.10.31), 札幌, 日本免疫学会総会学術集会記録, 27: 348, 1997.

352. [学会(全国)] (ポスター講演) マウスのサルモネラ感染症における感受性,抵抗性動物の解析. 大沢伸孝(微),藤村響男(皮),加藤秀樹(実中研): 第27回日本免疫学会総会学術集会 (97.10.30), 札幌市. 日本免疫学会総会学術集会記録, 27: 332, 1997.


<<08 病理学>>

353. [原著] Enhanced cellular proliferation and p53 accumulation in gastric mucosa chronically infected with Helicobacter pylori. 日比謙一,三富弘之,小泉和三郎,田辺聡,西元寺克礼(内),岡安勲(病理): Am. J. Clin. Pathol., 108(1): 26〜34, 1997.

354. [原著] Analysis of apoptosis morphology in epstein-Barr virus positise and negative Burkitt's lymphoma cells. 石井英昭(病理),Gobe, G.C.(Queensland Univ.),城下尚,Kurabayashi, Y.,Hosomura, Y.(群馬大): Arch. Histol. Cytol., 60(2): 143〜152, 1997.

355. [原著] Cell cycle control with minimal participation of cdk2 in a murine fibrosarcoma clone cultured in protein-free media. 土橋洋(病理),Chigira, M.(群大),荘司光彦,Wakata Yoko(病理),Kitagawa, M.(萬有製薬),玉内秀一(微),Akiyama, T.(阪大),亀谷徹(病理): Biochem. Biophys. Res. Commun., 232: 622〜625, 1997.

356. [原著] Expression of HuD protein is essential for initinal phase of neuronal differentiation in rat pheochromocytoma PC12 cells. 土橋洋,荘司光彦,Wakata Yoko,亀谷徹(病理): Biochem. Biophys. Res. Commun., 244(3): 226〜229, 1998.

357. [原著] Preventive effect of 1-(2-tetrahydrofuryl-)-5-fluorouracil in combination with uracil on colonic carcinogenesis induced by 1,2-dimethylhydrazine in rats. Sakamoto, S.,Kawachi, Y.,Iwama, T.,Tsukada, K.,Sagara, T.,Murakami, S.,Kudo, H.(東京医歯大),岡安勲(病理): Cancer Detect. Prev., 21(4): 340〜345, 1997.

358. [原著] Comparison of necrosis and fibrotic repair after ethanol injection between normal and cirrhotic livers. Takashimizu, I,Ohkusa, T.(東京医歯大),岡安勲(病理),Sato, C.(東京医歯大): Digestion, 58: 384〜388, 1997.

359. [原著] Relationship between fecal bile acids and the occurrence of colorectal neoplasia in experimental murine ulcerative colitis. Kajiura, K.,Ohkusa, T.(東京医歯大),岡安勲(病理): Digestion, 59: 69〜72, 1998.

360. [原著] The gastric hypercellular microleiomyoma as a precursor lesion for clinical gastrointestinal stromal tumors. 三上哲夫(病理),寺田充彦,中村恭一(東京医歯大),岡安勲(病理): Hum. Pathol., 28(12): 1355〜1360, 1997.

361. [原著] In the absence of Epstein-Barr virus infection, phorbol ester modulaters apoptosis in cycloheximide-treated Burkitt's lymphoma (BJA-B) cells. 石井英昭(病理),玉内秀一(微),Gobe, G.C.(Queensland Univ.): Int. J. Exp. Pathol., 78(3): 123〜131, 1997.

362. [原著] Apoptosis, proliferative activity and Bcl-2 expression in Epstein-Barr-virus-positive non-Hodgkin's lymphomas. 高野康雄,三枝信,Masuda, M.,三上哲夫,岡安勲(病理): J. Cancer Res. Clin. Oncol., 123: 395〜401, 1997.

363. [原著] Bcl-2 is closely correlated with favorable prognostic factors and inversely associated with p53 protein accumulation in endometrial carcinomas: immunohistochemical and polymerase chain reaction/loss of heterozygosity findings. 三枝信,岡安勲(病理): J. Cancer Res. Clin. Oncol., 123: 429〜434, 1997.

364. [原著] Pulmonary alveolar proteinosis: diagnosis using routinely processed smears of bronchoalveolar lavage fluid. 三上哲夫(病理),山本嘉子(東京医歯大),横山大(病院病理部),岡安勲(病理): J. Clin. Pathol., 50(12): 981〜984, 1997.

365. [原著] Down-regulation of bcl-2 expression is closely related to squamous differentiation and progesterone therapy in endometrial carcinomas. 三枝信,岡安勲(病理): J. Pathol., 182: 429〜436, 1997.

366. [原著] CD44 expression in normal, hyperplastic and malignant endometrium. 三枝信,橋村美紀,岡安勲(病理): J. Pathol., 184: 297〜306, 1998.

367. [原著] Significant correlation of telomerase activity in thyroid papillary carcinomas with cell differentiation, proliferation and extrathyroidal extension. 岡安勲(病理),刑部東治(外),Fujiwara, M.(日赤医療センター),Fukuda, H.,Kato, M.,Oshimura, M.(鳥取大): Jpn. J. Cancer Res., 88: 965〜970, 1997.

368. [原著] WT1 protein is stably associated with nuclear matrix during the cell cycle. 土橋洋(病理),Kudoh, T.,Ishidate, T.(阪大),荘司光彦(病理),Toyoshima, K.(Center for Adult Diseases Osaka),Akiyama, T.(阪大): Mol. Cell. Biochem., 171: 121〜126, 1997.

369. [原著] Absence of human papillomavirus genomic sequences detected by the polymerase chain reaction in oesophageal and gastric carcinomas in Japan. 三枝信,橋村美紀,高野康雄,大部誠,岡安勲(病理): Mol. Pathol., 50(2): 101〜104, 1997.

370. [原著] Detection of the Epstein-Barr virus genome in cervical neoplasia is closely related to the degree of infiltrating lymphoid cells: A polymerase chain reaction and in situ hybridization approach. 庄司陽子,三枝信,高野康雄,橋村美紀,岡安勲(病理): Pathol. Int., 47: 507〜511, 1997.

371. [準原著] Smoking influence on periportal vitamin A-rich stellate cells in subjects with hepatitis C. Fujiwara, M.(日赤医療センター),Besshi, K.,Takemura, T.,Isayama, H.,Minagawa, N.,Yamada, H.,Nakata, R.,Yoshitugu, M.,Katoh, Y.,Ihori, M.,岡安勲(病理),Senoo, H.(秋田大),Wake, K.(東医歯大): Cells of the Hepatic Sinusoid, 6: 300〜302, 1997.

372. [症例報告] Familial aggregation of soft tissue sarcomas. A report of three cases from a Li-Fraumeni-like family. Narita, T.(Mutsu Hospital),土橋洋(病理),Nakamura, T.(Osaka Univ.),Yokoyama, S.,Matsuda, K.(Mutsu Hospital): Arch. Pathol. Lab. Med., 121(4): 493〜498, 1997.

373. [症例報告] スライドカンファレンス; 症例1. 渡辺純(病理): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 2(2): 81〜82, 1997.

374. [総説] The relationship of lymphocytic thyroiditis to the development of thyroid carcinoma. 岡安勲(病理): J. Endocrine Pahology, 8(3): 225〜230, 1997.

375. [総説] Cyclinおよび関連蛋白質と腫瘍の増殖. 小林真理子(医学部),土橋洋(病理): 医学のあゆみ, 184(11): 898〜899, 1998.

376. [総説] エストロゲンと子宮内膜癌・乳癌. 渡辺純(病理),秦宏樹,安西弦,蔵本博行(産婦): 現代医療, 29(10): 132〜138, 1997.

377. [総説] [特集]炎症と腫瘍の境界; 肺カルチノイドについて. 亀谷徹(病理): 日本胸部臨床, 56(8): 641〜647, 1997.

378. [学術書] (共著) Functional Endocrine Pathology; The Endocrin Lung, 1: 478〜492, 亀谷徹(病理). 編集 Kovacs, K.(ST. Michael's Hospital),Asa, S.L.(Mount Sinai Hospital), Blackwell Scientific Public, Boston, 98.03.00発行.

379. [学術書] (分担執筆) 肺癌(プラクティカル内科シリーズ1); 肺癌のbiology; 病理, p.184〜188, 亀谷徹(病理). 編集 福岡正博(近畿大),西條長宏(国立がんセンター), 南江堂, 東京, 98.03.31発行.

380. [学会(全国)] (シンポジウム等) 内分泌疾患の病理診断の進歩と限界; Diffuse endocrine system構成細胞の特異産生物と腫瘍マーカー. 亀谷徹(病理),山口建(国立がんセンター): 第70回日本内分泌学会学術総会 (97.06.01), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 73(2): 111, 1997.

381. [学会(全国)] (シンポジウム等) Silent pituitary adenomasの概念と分子生物学的アプローチ. 成高平治(慶大),亀谷徹(病理),鶴田智子(形態系),小林郁夫(脳外),井上洋,古旗茂,大谷光弘,河瀬斌(慶大): 第8回日本間脳下垂体腫瘍学会 (98.01.30), 神戸, 抄録集, p.130, 1998.

382. [学会(全国)] (一般講演) Phorbol esterのcycloheximide誘導アポトーシスの影響−特にEBVと蛋白合成量の関係から−. 石井英昭,亀谷徹(病理),城下尚(群大): 第71回日本感染症学会総会 (97.04.04), 札幌, 感染症学雑誌, 70(臨増): 194, 1997.

383. [学会(全国)] (一般講演) 肺癌におけるcdk2, 並びにパートナー分子の細胞増殖への関与. 荘司光彦,土橋洋,蒋世旭,川久保安朗,亀谷徹(病理): 第86回日本病理学会総会 (97.06.03), 札幌.

384. [学会(全国)] (一般講演) 無蛋白培地培養細胞における細胞周期制御因子の異常. 土橋洋,荘司光彦,亀谷徹(病理): 第86回日本病理学会総会 (97.06.03), 札幌, 日本病理学会会誌, 86(1): 169, 1997.

385. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜癌におけるBcl-2発現と細胞増殖制御及びホルモンレセプター発現との関係. 三枝信,越田容子,橋村美紀,岡安勲(病理): 第86回日本病理学会総会 (97.06.03), 札幌, 日本病理学会誌, 86(1): p.226, 1997.

386. [学会(全国)] (一般講演) 頭頚部に発生したsolitary fibrous tumorの2例. 岩渕啓一,岡安勲(病理): 第86回日本病理学会総会 (97.06.04), 札幌, 日本病理学会誌, 86(1): 263, 1997.

387. [学会(全国)] (一般講演) Large cell neuroendocrine carcinoma of the lung; a genetically distinct entity. 蒋世旭,佐藤雄一(病理),土屋紅緒(医療衛生),亀谷徹(病理): 第86回日本病理学会総会 (97.06.05), 札幌, 日本病理学会会誌, 86(1): 319, 1997.

388. [学会(全国)] (一般講演) The role of the Epstein-Barr virus (EBV) in the murigenesis of EBV(+) gastric carcinomas-lowparison with EBV(+) severe combined immuno-deficiency (SCID) mouse lymphomas and non-Hodgkin's lymphomas. 高野康雄,Kato, Y.,Mori, S.,三枝信,岡安勲(病理): 日本癌学会総会 (97.09.25), 京都.

389. [学会(全国)] (一般講演) 無蛋白培地培養細胞における細胞周期制御因子の異常. 土橋洋(病理),千木良正機(群大),北川雅敏(萬有製薬),秋山徹(阪大),亀谷徹(病理): 第56回日本癌学会総会 (97.09.25), 京都, 日本癌学会総会記事, 88(補): 158, 1997.

390. [学会(全国)] (一般講演) ERV感染と胃癌に関する研究−In situ hybridization, 免疫組織化学および超微形態学的検索−. 石井英昭,亀谷徹(病理),城下尚(群大): 第25回日本臨床電子顕微鏡学会総会 (97.10.02), 札幌, 日本臨床電子顕微鏡学会誌, 30(増刊): 93, 1997.

391. [学会(全国)] (一般講演) 下垂体腺腫におけるInterleukin-6(IL-6)の発現形態と局在. 成高平治(慶大),亀谷徹,佐藤雄一(病理),土屋紅緒(医療衛生),鶴田智子(形態系),井上洋,大谷光弘,河瀬斌(慶大): 第38回日本組織細胞化学会総会 (97.10.16), 東京, 予稿集, p.89, 1997.

392. [学会(全国)] (一般講演) Bcl-2 protein expression and p53 protein accumulation are prevalent in large cell neuroendocrine carcinoma of the lung. 蒋世旭,亀谷徹(病理),品田純,吉村博邦(胸外): 第38回日本肺癌学会総会 (97.11.06), 仙台, 肺癌, 37(5): 638, 1997.

393. [学会(全国)] (ポスター講演) FSH receptor (FSHR) mRNAの人体組織内発現. 渡辺純,佐藤雄一(病理),佐藤紅緒(形態系),亀谷徹(病理): 第70回日本内分泌学会学術総会 (97.06.01), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 73(2): 203, 1997.

394. [学会(全国)] (ポスター講演) Epstein-Barr virus type A up-regulation of apoptosis in non-Hodgkin's lymphoma. 高野康雄,三枝信,三上哲夫,岡安勲(病理): 第86回日本病理学会総会 (97.06.03), 札幌, 日本病理学会誌, 86(1): 225, 1997.

395. [学会(全国)] (ポスター講演) 胆嚢癌におけるBcl-2の発現について. 三上哲夫,大沼田治,岡安勲(病理): 第86回日本病理学会総会 (97.06.04), 札幌, 日本病理学会誌, 86(1): 276, 1997.

396. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺癌におけるcdk2, 並びにパートナー分子の細胞増殖への関与. 荘司光彦,土橋洋,蒋世旭,川久保安朗,亀谷徹(病理): 第56回日本癌学会総会 (97.09.25), 京都.

397. [学会(全国)] (ポスター講演) 若年者心肺機能停止症例の基礎疾患; 既往歴からの検討. 中畑潤(病理),相崎俊哉,大和田真紀子,和泉徹(内),浅利靖,相馬一亥(救命),庄井のり子,栗原克由(法医): 第45回心臓病学会 (97.09.26), 札幌.

398. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺癌におけるcdk2, 並びにパートナー分子の細胞増殖への関与. 荘司光彦(病理),品田純,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第38回日本肺癌学会総会 (97.11.07), 仙台.

399. [研究会(地方)] (一般講演) Infantile hemangioendothelioma of the liverの1例. 中畑潤一,土橋洋,岩渕啓一(病理): 神奈川病理医会 (97.12.04), 川崎.


<<09 衛生学・公衆衛生学>>

400. [原著] National survey on accidental low back pain in workplace. 桑島昭文,相沢好治(衛),中村賢(医療社会学),谷口志穂,渡辺光康(衛): Ind. Health, 35(2): 187〜193, 1997.

401. [原著] 血圧・血清脂質と脳血管疾患による死亡との関係−10年間の追跡調査−. 近藤えり,高野奈都子,檜山輝久,松本京子,新開淑子,一杉正治(衛): 北里医学, 27(5): 288〜293, 1997.

402. [原著] 血圧・血清脂質と主要死因, 特に脳血管疾患による死亡および死亡時年齢との関係−10年間の追跡調査−. 高野奈都子,近藤えり,檜山輝久,松本京子,新開淑子(衛),鈴木浩一(関東労災病院),高橋英尚,一杉正治(衛): 北里医学, 27(6): 370〜376, 1997.

403. [準原著] 細胞磁界による石綿代替繊維の有害性評価. 苅部ひとみ,岡田充史,古河泰(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系),相沢好治(衛): マグネティックス研究会資料, MAG-97-42: 73〜77, 1997.

404. [研究報告(その他公的な報告)] 建設業における一酸化炭素中毒防止に係る調査研究. 高田勗(中災防),小西淑人(日本作業環境測定協会),重松開三郎(日本呼吸用保護具工業会),磯部満夫(産業用ガス検知警報機工業会),鶴田 寛(産業医学総合研究所),相沢好治(衛),船戸喜庸(日本煉炭工業会),田中通洋(ミドリ安全),森内敬久(日本建設機械化協会),小坂稔(前田建 設),木口健児(鹿島建設),永田和博,渡部豪,巻幡由里(労働省): (建設業労働災害防止協会)建設業における一酸化炭素中毒防止に係る調査研究最終報告書, p.1〜170, 1997.

405. [研究報告(その他公的な報告)] 小規模事業場における運動指導の効果的手法に関する研究. 斉藤正行(日産スポーツプラザ),伊庭野(イバノクリニック),津坂佳代(日産スポーツプラザ),新津谷真人(衛),須藤美智子(ソニー): (中央労働災害防止協会)小規模事業場における自主的な健康保持増進対策の促進事業報告書, p.256〜308, 1997.

406. [研究報告(その他公的な報告)] 航空防除農薬環境影響評価検討会報告. 桜井治彦(産業医学総合研),相沢好治(衛),池田正之(京都工場保健会),石川哲(眼),香川順(東女医大),鈴木啓介(全国農業協同組合連合会),高 橋道人(国立医薬品食品衛生研),森田昌敏(国立環境研),山本出(東農大): 環境庁; 航空防除農薬環境影響評価検討会報告書, p.1〜81, 1997.

407. [研究報告(その他公的な報告)] 各種企業におけるA型行動歴等を用いたメンタルヘルスの評価方法. 苅部ひとみ(衛),野村俊六郎,石橋久子,柳下澄江,山口悦子(神奈川産業保健推進センター),津久井要(海外勤務健康管理センター),相沢好治,篠原 聡,岡田充史(衛),井上清(東京警察病院),三輪祐一(衛): 神奈川産業保健推進センター平成8年度調査研究報告書, p.1〜22, 1997.

408. [研究報告(その他公的な報告)] テトラクロロエチレン吸入曝露後のラット血液中濃度の推移と臓器中濃度. 門脇武博,片桐裕史(医療衛生学部),高田勗,相沢好治,苅部ひとみ(衛),井上葉子(予防医学系),中村賢(医療社会学): 全国クリーニング環境衛生同業組合連合会; 平成8年度クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書, p.14〜17, 1997.

409. [研究報告(その他公的な報告)] 新素材の製造及び使用作業に係る労働衛生対策に関する調査研究. 高田勗(中災防),井上尚英(九大),相沢好治(衛),伊沢伯(日本プラスチック工業連盟),落合俊彦(日本ファインセラミックス協会),木村敏夫(慶 大),城内博(産業医学総合研究所),田中勇武(産医大),柳沢善次郎(日本新金属協会),永田和博,渡部豪(労働省),工藤光弘,小林隆輔,斉藤秀弥 (中災防): 中央労働災害防止協会平成8年度新素材の製造及び使用作業に係る労働衛生対策に関する調査研究委員会報告書, p.1〜185, 1997.

410. [研究報告(その他公的な報告)] 職域における化学物質過敏症の現状と対策についての調査研究. 相沢好治,新津谷真人,篠原聡,計良徹,岡田充史(衛): 中央労働災害防止協会平成9年度委託研究報告書, p.1〜63, 1998.

411. [研究報告(その他公的な報告)] 職業性ストレスと生活習慣. 相沢好治,苅部ひとみ(衛),杉浦由美子(予防医学系): 労働省平成8年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.45〜51, 1997.

412. [研究報告(その他公的な報告)] 過敏性起因物質に対する労働衛生対策について. 相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人,篠原聡(衛): 労働省平成8年度委託研究報告書 過敏性起因物質に対する労働衛生対策について, p.1〜50, 1997.

413. [研究報告(その他公的な報告)] 解離性大動脈瘤の成因に関する病理組織学的研究. 相沢好治,新津谷真人(衛): 労働省平成9年度災害科学に関する委託研究報告書「解離性大動脈瘤の成因に関する病理組織学的研究」, p.1〜19, 1998.

414. [総説] 喫煙と飲酒と癌予防. 谷口志穂,篠原聡,相沢好治(衛): Medicina, 35(3): 414〜416, 1998.

415. [総説] スポーツドクターの診療室から−応急処置1−. 新津谷真人(衛): みんなのスポーツ, 1997(4): 49, 1997.

416. [総説] スポーツドクターの診療室から−応急処置2−. 新津谷真人(衛): みんなのスポーツ, 1997(5): 45, 1997.

417. [総説] スポーツドクターの診療室から−応急処置3−. 新津谷真人(衛): みんなのスポーツ, 1997(6): 47, 1997.

418. [総説] スポーツドクターの診療室から−応急処置4−. 新津谷真人(衛): みんなのスポーツ, 1997(7): 54, 1997.

419. [総説] スポーツドクターの診療室から−応急処置5−. 新津谷真人(衛): みんなのスポーツ, 1997(8): 45, 1997.

420. [総説] スポーツドクターの診療室から−応急処置最終回−. 新津谷真人(衛): みんなのスポーツ, 1997(9): 49, 1997.

421. [総説] 労働衛生基礎講座 (Y)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 谷口志穂,相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 17(42): 48〜52, 1997.

422. [総説] 労働衛生基礎講座 (Z)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 古河泰,相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 17(43): 46〜49, 1997.

423. [総説] 労働衛生基礎講座 ([)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 古河泰,相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 17(44): 49〜52, 1997.

424. [総説] 労働衛生基礎講座 (\)労働安全コンサルタントのための労働衛生の知識. 泊利栄子,相沢好治(衛): 安全衛生コンサルタント, 18(45): 58〜62, 1997.

425. [総説] 産業保健における磁界測定. 相沢好治,計良徹(衛): 産業医学レビュー, 10(2): 83〜97, 1997.

426. [総説] エクササイズ処方の実際. 新津谷真人(衛): 毎日ライフ, 1997(12): 21〜23, 1997.

427. [総説] 各種負荷方法の比較・マスター二段階試験とエルゴメータ試験およびトレッドミル試験. 新津谷真人,谷口志穂(衛): 臨床スポーツ医学, 14(7): 775〜779, 1997.

428. [総説] 細胞磁界測定. 苅部ひとみ,相沢好治(衛),小谷誠(東京電機大): 臨床環境医学, 6(1): 31〜33, 1997.

429. [総説] 健康スポーツ医からみた産業医の健康づくりへの提言. 新津谷真人(衛): 労務安全衛生かながわ, 1997(5): 18〜19, 1997.

430. [その他の著書(概説書)] (共著) ドーピング・コントロール教本, 青木純一郎(順天大),塚越克己(横浜市スポーツ医科学セン),新津谷真人(衛). 編集 日本自転車振興会, 日本自転車振興会, 東京, 97.06.01発行.

431. [その他の著書(概説書)] (共著) ドーピング・コントロール教本別冊, 青木純一郎(順天大),塚越克己(横浜市スポーツ医科学セン),新津谷真人(衛). 編集 日本自転車振興会, 日本自転車振興会, 東京, 97.06.01発行.

432. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 改訂業務上疾病の認定(資料集); 大動脈の加齢変化に関する病理組織学的研究, p.414〜430, 相沢好治,新津谷真人(衛). 編集 労働省労基準局補償課, 労働基準調査会, 東京, 98.03.01発行.

433. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 産業医の職務Q&A(改訂版); 事務職場の衛生管理, 相沢好治(衛). 編集 高田勗(中災防),池森利夫(日本医師会),埋忠洋一(三和銀行),沖野哲郎(三菱マテリアル),輿重司(中災防),荘司栄徳(千葉産業保健推進セン), 三觜文雄(労働省),和田攻(埼玉医大),本橋邦夫(産業医学振興財団), 産業医学振興財団, 東京, 97.05.00発行.

434. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 医学生・研修医のための発表のしかた・文書のかきかた−レポート・文書・症例提示・学会発表のコツ−; わかりやすく書く: 実習レポートを書く−わかりやすく書くために−, 相沢好治(衛). 編集 日本医学教育学会発表技法ワーキンググループ, 篠原出版, 東京, 97.07.00発行.

435. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 医学生・研修医のための発表のしかた・文書のかきかた−レポート・文書・症例提示・学会発表のコツ−; わかりやすく話す: 実習の報告と討議, p.109〜117, 相沢好治(衛). 編集 日本医学教育学会発表技法ワーキンググループ, 篠原出版, 東京, 97.07.00発行.

436. [視聴覚教材・視聴覚出版物] (分担執筆) ドーピング, 新津谷真人(衛). 日本自転車振興会, 東京, 97.06.01発行.

437. [学会(国際)] (シンポジウム等) Occupational cervicobrachial and related disordes, 相沢好治(衛),中村賢(医療社会). 1997 World Chiropractic Congress (97.06.07), 東京, Proceedings of the Scientific Symposium, p.74〜77, 1977.

438. [学会(国際)] (一般講演) Magnetometric evaluation for the toxicity of titanium dioxide whisker to alveolar macrophages in hamsters. 岡田充史,相沢好治,苅部ひとみ,計良徹,新津谷真人,篠原聡(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.13), 京都, Abstracts, p.66, 1997.

439. [学会(国際)] (一般講演) Magnetometric evaluation for the toxicity of silicon carbide whisker to alveolar macrophages in hamsters. 苅部ひとみ,相沢好治,計良徹,岡田充史,新津谷真人,篠原聡(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.13), 京都, Abstracts, p.66, 1997.

440. [学会(国際)] (一般講演) Estimation of exposure to welding fume using new magnetopneumography. 八上享司(東京簡易保険),相沢好治(衛),中館俊夫(東女医大),小谷誠(東京電気大), Zhen, I.,石渡弘一(新キャタピラー三菱): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.15), 京都, Abstracts, p.41, 1997.

441. [学会(国際)] (ポスター講演) National survey on classification for supervision on pneumoconiosis (1). 篠原聡,相沢好治,谷口志穂,岡田充史,新津谷真人,計良徹,苅部ひとみ,高田勗(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.14), 京都, Abstracts, p.115, 1997.

442. [学会(国際)] (ポスター講演) National survey on classification for supervision on pneumoconiosis (2). 谷口志穂,相沢好治,篠原聡,岡田充史,新津谷真人,計良徹,苅部ひとみ,古河泰,高田勗(衛),杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.14), 京都, Abstracts, p.116, 1997.

443. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of limestone on the alveolar macrophages of hamsters. 杉浦由美子(予防医学系),計良徹,相沢好治,苅部ひとみ,岡田充史,新津谷真人,篠原聡(衛),真下紀美代(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.14), 京都, Abstracts, p.160, 1997.

444. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of limestone on the lungs of rabbits. 真下紀美代(予防医学系),岡田充史,相沢好治,苅部ひとみ,計良徹,新津谷真人,篠原聡(衛),杉浦由美子(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.14), 京都, Abstracts, p.160, 1997.

445. [学会(国際)] (ポスター講演) Magnetometric evaluation for the toxicity of chrysotile fibers to alveolar macrophages in hamsters. 計良徹,相沢好治,苅部ひとみ,岡田充史,新津谷真人,篠原聡(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 9th International Conference on Occupational Respiratory Diseases (97.10.14), 京都, Abstracts, p.175, 1997.

446. [学会(全国)] (一般講演) 磁界測定を用いたInPの肺胞マクロファージ毒性評価. 苅部ひとみ,岡田充史,篠原聡,新津谷真人,谷口志穂,真下紀美代,杉浦由美子,井上葉子(予防医学系),相沢好治(衛): 第67回日本衛生学会 (97.04.02.), 東京, 日本衛生学雑誌, 52(1): 182, 1997.

447. [学会(全国)] (一般講演) プロダイバーにおける減圧症の実態調査. 吉田綾(学生),相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人,篠原聡,岡田充史,谷口志穂,渡辺光康(衛),井上葉子,杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系): 第67回日本衛生学会 (97.04.02), 東京, 日本衛生学雑誌, 52(1): 395, 1997.

448. [学会(全国)] (一般講演) 健康診断における甲状腺機能異常の検索方法についての試み. 三輪祐一(衛),原島隆史,山本健治,橋田学,原島三郎,荒井保経(東京都予防医学協会),岡田充史,相沢好治(衛),百渓尚子(東京都予防医学協会): 第70回日本産業衛生学会 (97.04.09), 富山, 産業衛生学雑誌, 39(臨増): 207, 1997.

449. [学会(全国)] (一般講演) 溶接作業者における肺磁界強度と肺機能の関連性. 中館俊夫(東女医大),相沢好治(衛),八上享司(東京簡易保険検診セン),小谷誠(東京電機大),石渡弘一(新キャタピラー三菱): 第70回日本産業衛生学会 (97.04.10), 富山, 産業衛生学雑誌, 39(臨増): 481, 1997.

450. [学会(全国)] (一般講演) 石灰石粉末の気管内注入による家兎肺への影響評価. 岡田充史,計良徹,相沢好治,苅部ひとみ,新津谷真人(衛),杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 第70回日本産業衛生学会 (97.04.10), 富山, 産業衛生学雑誌, 39(臨増): 482, 1997.

451. [学会(全国)] (一般講演) じん肺の管理区分決定状況に関する実態調査(1). 新津谷真人,相沢好治,谷口志穂,岡田充史,計良徹,篠原聡,苅部ひとみ,高田勗(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系): 第70回日本産業衛生学会 (97.04.11), 富山, 産業衛生学雑誌, 39(臨増): 158, 1997.

452. [学会(全国)] (一般講演) じん肺の管理区分決定状況に関する実態調査(2). 篠原聡,相沢好治,谷口志穂,岡田充史,新津谷真人,計良徹,苅部ひとみ,高田勗(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系): 第70回日本産業衛生学会 (97.04.11), 富山, 産業衛生学雑誌, 39(臨増): 159, 1997.

453. [学会(全国)] (一般講演) じん肺の管理区分決定状況に関する実態調査(3). 谷口志穂,相沢好治,篠原聡,岡田充史,新津谷真人,計良徹,苅部ひとみ,高田勗(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系): 第70回日本産業衛生学会 (97.04.11), 富山, 産業衛生学雑誌, 39(臨増): 160, 1997.

454. [学会(全国)] (一般講演) テトラクロロエチレン暴露後のラット血液中濃度の推移と臓器中濃度. 片桐裕史(医療衛生学部),井上葉子(予防医学系),門脇武博(医療衛生学部),相沢好治(衛),高田勗(中災防): 第70回日本産業衛生学会 (97.04.11), 富山, 産業衛生学雑誌, 39(臨増): 336, 1997.

455. [学会(全国)] (一般講演) 細胞磁界測定を用いた石綿代替物質の健康影響評価その1. 苅部ひとみ,相沢好治,岡田充史(衛),真下紀美代,杉浦由美子(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 第6回日本臨床環境医学会 (97.06.00), 東京, 抄録集, p.27, 1997.

456. [学会(全国)] (一般講演) 細胞磁界測定を用いた石綿代替物質の健康影響評価その2. 苅部ひとみ,相沢好治,計良徹,篠原聡,新津谷真人(衛),井上葉子(予防医学系),高田勗(衛),小谷誠(東京電機大): 第6回日本臨床環境医学会 (97.06.00), 東京, 抄録集, p.28, 1997.

457. [学会(全国)] (一般講演) 喫煙が循環器系に及ぼす急性影響に関する研究―スペクトル解析法を用いて―. 新津谷真人,相沢好治,古河泰,谷口志穂,渡辺光康,岡田充史,篠原聡,苅部ひとみ(衛): 第6回日本臨床環境医学会 (97.06.00), 東京, 抄録集, p.33, 1997.

458. [学会(全国)] (一般講演) 人間ドックにおける潜在性横川吸虫症. 岡田充史,相沢好治(衛),伊藤洋一,牧純(寄),三輪祐一,三瓶孝明(東京都予防医学協会),原隆昭(日本寄生虫予防会): 第56回日本公衆衛生学会 (97.10.18), 横浜, 日本公衆衛生雑誌, 44(10): 1237, 1997.

459. [学会(全国)] (一般講演) 喫煙が自律神経系に及ぼす急性影響. 新津谷真人,谷口志穂,岡田充史,計良徹,篠原聡,苅部ひとみ,相沢好治(衛): 第56回日本公衆衛生学会 (97.10.18), 横浜, 日本公衆衛生雑誌, 44(10): 274, 1997.

460. [学会(全国)] (一般講演) K県下の各種企業におけるストレス度の対比検討. 苅部ひとみ,篠原聡,岡田充史,相沢好治(衛),三輪祐一(東京都予防医学協会): 第13回日本ストレス学会 (97.11.01), 東京, ストレス科学, 12(2): 93, 1997.

461. [学会(全国)] (一般講演) 喫煙者における尿中ムコン酸濃度. 谷口志穂,新津谷真人(衛),片桐裕史(医療衛生学部),井上葉子(予防医学系),岡田充史,苅部ひとみ(衛),門脇武博(医療衛生学部),相沢好治 (衛): 第68回日本衛生学会 (98.03.24), 岡山, 日本衛生学雑誌, 53(1): 374, 1998.

462. [学会(全国)] (一般講演) 勤労者の突然死; 剖検からみた死因とその背景. 大和田真紀子(内),新津谷真人(衛),杉浦由美子(予防医学系),計良徹,篠原聡(衛),中村賢(医療社会学),相沢好治(衛),和泉徹(内),栗原克 由(法医): 第68回日本衛生学会 (98.03.25), 岡山, 日本衛生学雑誌, 53(1): 212, 1998.

463. [学会(全国)] (ポスター講演) 検診時の脂質, 血圧と10年後の死因との関係. 近藤えり,檜山輝久,松本京子,阿部聡,高野奈都子,安井小代子,高橋英尚,一杉正治(衛),鈴木浩一(関東労災病院): 第56回日本公衆衛生学会総会 (97.10.17), 横浜, 日本公衆衛生雑誌, 44(10特別付録): 1024, 1997.

464. [研究会(全国)] (特別講演) 脳血管疾患・心疾患の予防−過労死予防のために−. 相沢好治(衛): 全国産業安全衛生大会 (97.09.18), 札幌, 研究発表集, p.194〜195, 1997.

465. [研究会(全国)] (一般講演) 細胞磁界測定を用いた半導体材料物質の毒性評価(1). 苅部ひとみ,岡田充史,相沢好治,新津谷真人,計良徹(衛),井上葉子,真下紀美代(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 第8回ヒ素シンポジウム (97.11.20), 大阪, 講演集, p.80〜81, 1997.

466. [研究会(全国)] (一般講演) 細胞磁界測定を用いた半導体材料物質の毒性評価(2). 苅部ひとみ,相沢好治,新津谷真人,計良徹(衛),井上葉子,真下紀美代(予防医学系),小谷誠(東京電機大): 第8回ヒ素シンポジウム (97.11.20), 大阪, 講演集, p.82〜83, 1997.

467. [研究会(全国)] (一般講演) 石綿代替繊維の細胞障害性評価. 計良徹,相沢好治(衛): 繊維状物質研究協議会研究交流会 (98.03.07), 東京, 抄録集, p.5, 1997.

468. [学会主催(その他)] 第70回日本産業衛生学会・職業性呼吸器疾患研究会会長(97.04.09), 富山. 相沢好治(衛):


<<10 法医学>>

469. [原著] Detection of triazolam in skeletal remains buried for 4 years. Kudo, K.(九大),杉江秀明,庄井のり子,栗原克由(法医),Jitsufuchi, N.,Imamura, T.,Ikeda, N.(九大): Int. J. Legal Med., 110: 281〜283, 1997.

470. [原著] 血痕からの6種類の血清型判定の比較. 石川富美雄(神奈川科捜研),中村茂基(法医),沢口聡子,大上治,沢口彰子(東女医大): 鑑識科学, 2(2): 57〜61, 1997.

471. [準原著] Estimation of DNA alteration by nestricton landmark genomic scanning (RLGS). 沢口聡子,王秀玲,北村明子(東女医大),中村茂基(法医),沢口彰子(東女医大),Okazala, Y.,Hayashizaki, Y.(理化学研): Advances in Research on DNA Polymorphisms, p.210〜2138, 1997.

472. [準原著] RFLP analysis of UNTR loci in chinese population. 王秀玲,沢口聡子(東女医大),中村茂基(法医),大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): Advances in Research on DNA Polymorphisms, p.438〜441, 1997.

473. [準原著] STR typing of DNA extracted from a single hair shaft. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): Advances in Research on DNA Polymorphisms, p.285〜288, 1997.

474. [準原著] 混合精液斑からのSTR多型の検出. 王秀玲,沢口聡子(東女医大),中村茂基(法医),大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): DNA多型, 5: 114〜118, 1997.

475. [準原著] 毛髪からのDNA型分析. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,山下ケサ子,沢口彰子(東女医大): DNA多型, 5: 69〜73, 1997.

476. [研究報告] SIDSの小脳・脳幹部における病理組織ならびに組織計量的研究. 古川理孝,栗原克由,杉江秀明,中村茂基,今井寛,庄井のり子,松井秀和,小林秀樹,中丸尚美(法医): 平成7〜9年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書, 1997.

477. [総説] 法医学におけるDNA検査. 中村茂基(法医): けんさ情報, 6(2): 3〜6, 1997.

478. [学会(全国)] (一般講演) 伏臥位状態における死の実験的研究. 大上治,沢口聡子,福島康子,王秀玲(東女医大),中村茂基(法医),沢口彰子(東女医大): 第81次日本法医学会総会 (97.04.17), 鹿児島, 日本法医学雑誌, 51(補): 56, 1997.

479. [学会(全国)] (一般講演) 異状死体と剖検システム(3)CPAOAの画像診断と解剖所見T. 庄井のり子,杉江秀明,古川理孝,山香裕美,栗原克由(法医): 第81次日本法医学会総会 (97.04.18), 鹿児島, 日本法医学雑誌, 51(Suppl): 77, 1997.

480. [学会(全国)] (一般講演) 経皮的心肺補助(PCPS)の臨床的検討. 今井寛(法医),林宗博,吉田慎,鈴木啓介,青山直善,上條吉人,平田光博,相馬一亥,大和田隆(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28 ), 東京,

481. [学会(全国)] (一般講演) 長期経皮的心肺補助(PCPS)の予後規定因子の臨床的研究−ビリルビン値の変動について−. 今井寛(法医),林宗博,浅利靖,青山直善,鈴木啓介,吉田慎,相馬一亥(救命): 第25回日本集中治療医学会総会 (98.03.05〜07 ), 東京,

482. [学会(全国)] (ポスター講演) 地中埋没死体の死後変化について−同時に埋没された2遺体の比較−. 古川理孝,庄井のり子,杉江秀明,小林英樹(法医),堤博文,川野茂,中村美穂,小室歳信(日大歯),栗原克由(法医): 第81次日本法医学会総会 (97.04.17), 鹿児島, 日本法医学雑誌, 51(Suppl): 122, 1997.

483. [学会(全国)] (ポスター講演) 歯科的所見による性別判定および年齢推定−法医学実習と応用例について−. 小室歳信,綱干博文,向山レイ,高橋登世子,堤博文,川野茂,塚本俊明,太田黒弘子,中村美穂(日大歯),栗原克由,庄井のり子(法医): 第81次日本法医学会総会 (97.04.17), 鹿児島, 日本法医学雑誌, 51(Suppl.): 118, 1997.

484. [学会(全国)] (ポスター講演) DNA多型を用いた擬母および擬姉との母子・同胞鑑定例. 黒崎久仁彦,佐藤弥生(千葉大),栗原克由(法医),木内政寛(千葉大): 第81次日本法医学会総会 (97.04.18), 鹿児島, 日本法医学雑誌, 51(Suppl.): 142, 1997.

485. [学会(全国)] (ポスター講演) 土中白骨死体の薬物検査(トリアゾラム)および血液型検査(ABO型). 杉江秀明(法医),工藤恵子(九大),庄井のり子,古川理孝,栗原文男,栗原克由(法医): 第81次日本法医学会総会 (97.04.18), 鹿児島, 日本法医学雑誌, 51(Suppl.): 157, 1997.

486. [学会(全国)] (ポスター講演) 法医学的試料からのDNA抽出と多型解析. 中村茂基(法医),沢口聡子,王秀玲,大上治,北村明子,山下ケサ子,福島康子,沢口彰子(東女医大): 第81次日本法医学会総会 (97.04.18), 鹿児島, 日本法医学雑誌, 51(補): 140, 1997.

487. [学会(地方)] (一般講演) CT画像で両側性小脳出血が疑われた一剖検例. 松井秀和,庄井のり子,古川理孝,中村茂基,杉江秀明,栗原文男,今井寛,栗原克由(法医): 第66日本法医学会関東地方会 (97.10.04), 東京, 要旨集, p.19, 1997.

488. [学会(地方)] (一般講演) ライ症候群が疑われた先天性副腎皮質過形成の1症例. 庄井のり子,古川理孝,松井秀和,杉江秀明,中村茂基,今井寛,栗原克由(法医),横田行史(児): 法医学談話会第84回例会 (97.10.31), 山形, 要旨集, p.17, 1997.

489. [研究会(全国)] (一般講演) 急性心筋梗塞(AMI)の急性ポンプ失調に対する経皮的心肺補助(PCPS)の有用性と限界. 今井寛(法医),黒沢利郎,林宗博,青山直善,鈴木啓介,吉田慎,相馬一亥,大和田隆(救命): 第8回PCPS(経皮的心肺補助)研究会 (98.03.05 ), 東京,


<<11 寄生虫学>>

490. [原著] In vitro effects of decoction from five species of Chinese plants against Trichomonas vaginalis. Yongsheng Zhang(白求恩医大),牧純,伊藤洋一(寄): Jpn. J. Trop. Med. Hyg., 25: 209〜213, 1997.

491. [学会(国際)] (一般講演) Studies on anthelmintic effect of extract from Embelia ribes and other substances against Trichuris muris of S-isolate in BIO. BR mice. 牧純,伊藤洋一(寄): 19th Meeting for Asia Parasite Control Organization (97.07.25), 東京.

492. [学会(全国)] (一般講演) The potential to the scientific utilization of Asian traditional medicinal plants for the control of parasitic diseases. 牧純,伊藤洋一(寄),Yongsheng Zhang(白求恩医大): 第38回日本熱帯医学会大会 (97.11.07), 宇都宮, 日本熱帯医学会雑誌, 25(増): 115, 1997.

493. [学会(全国)] (一般講演) A new proposal for the earth-level strategy for the control of parasitic diseases with the scientific utilization of traditional medicinal plants. 牧純,伊藤洋一(寄),Tabaru, Y.(JICA),Tada, I.(九大),Aoki, Y.,Fujimaki, Y.(長崎大),Caceres, A.,Lopez, B.(サンカルロス大),Kofi-Tsekpo, W.M.(ケニア中央医学研),Yongsheng, Zhang(白求恩医大): 第66回日本寄生虫学会大会 (98.04.03), 千葉, Parasitol. Int., 46(Suppl.): 65, 1997.

494. [学会(全国)] (一般講演) Mucosal mast cells are not involved in the protection against the infection with the murine nematode parasite Trichuris muris. 小山浩一,三上房子,伊藤洋一(寄): 第66回日本寄生虫学会大会 (98.04.04), 千葉, Parasitol. Int., 46(Suppl.): 104, 1997.

495. [学会(全国)] (ポスター講演) NK1.1+T細胞はネズミ鞭虫の感染防御に関与しない. 小山浩一,伊藤洋一(寄): 第27回日本免疫学会総会・学術集会 (97.10.30), 札幌, 予稿集, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 27: 328, 1997.

496. [学会(地方)] (シンポジウム等) 寄生虫筋蛋白の進化と分化. 中村健A(寄),山口正弘(順大): 第57回日本寄生虫学会東日本大会 (97.10.04), 東京, プログラム, 講演要旨集, p.14, 1997.


<<12 実験動物学>>

497. [原著] Detection and identification of proteins related to the hereditary dwarfism of the rdw rat. 大石正道(理学部),大森彬(三菱化学生命研),Kwon, J.Y.,安居院高志(名古屋市大),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): Endocrinology, 139(3): 1288〜1299, 1998.

498. [原著] 125I uptake competing with iodine absorption by the thyroid gland following povidone-iodine skin application. 古舘専一(実動),西槙俊之(RI系),武藤健(実動): Exp. Anim., 46(3): 197〜202, 1997.

499. [原著] RI投与動物からの125Iの空気中への飛散. 西槙俊之(RI系),古舘専一(実動): J. Environ. Dis., 4: 7〜10, 1997.

500. [原著] 犬のエプーリスの臨床と病理組織学. 佐藤要介,佐藤常男,白井弥(日大),諸星康雄(実動),沢邦彦(沢動物病院),林一彦(日大): 日本獣医師会雑誌, 50(8): 465〜469, 1997.

501. [準原著] Characterization and identification of proteins related to the rdw rat with the hereditary dwarfism. 大石正道(理学部),大森彬(三菱化学生命研),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): Proc. Jpn. Soc. Com. Endocrinol., (12): 54, 1997.

502. [準原著] Identification of proteins related to the rdw rat with hereditary dwarfism. 大石正道(理学部),大森彬(三菱化学生命研),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): Proc. of the 13th International Cong. Com. Endocrinol., p.933〜939, 1997.

503. [準原著] 甲状腺粉末添加飼料の給与による遺伝性侏儒症ラットrdwの発育・成長促進. 高橋晃,吉田修,上村美佐子(実動系),古舘専一(実動): 生理学技術研究会報告, (19): 97〜100, 1997.

504. [研究報告] 遺伝性侏儒症ラットrdw甲状腺の形態学的解析. 古舘専一(実動),酒井康弘(解): 成長科学協会研究年報, (20): 335〜346, 1996.

505. [研究報告(文部省)] 遺伝性侏儒症ラットrdwの病因解析と有用性. 古舘専一(実動),小野雅夫(分生),小嶋久子(生化),酒井康弘(解): 平成8,9年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書, p.1〜28, 1998.

506. [講座] 125I動物実験における安全取扱. 西槙俊之(RI系),酒井康弘(解),古舘専一(実動): 北里医学, 27(2): 91〜95, 1997.

507. [学会(国際)] (シンポジウム等) Characterization and evaluation of the rdw rat with hereditary dwarfism as an animal model. 古舘専一(実動): 中日実験動物セミナー学術検討会 (97.04.21), 台湾.

508. [学会(国際)] (シンポジウム等) Biochemical study on thyroid proteins related to the rdw rat with hereditary dwarfism. 大石正道(理学部),大森彬(三菱化学生命研),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): 6th Asia and Oceania Thyroid Association Congress (97.11.11), 大阪, Program & Abstracts, p.73, 1997.

509. [学会(国際)] (一般講演) Identification of proteins related to the rdw rat with hereditary dwarfism. 大石正道(理学部),大森彬(三菱化学生命研),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): 13th International Congress of Comparative Endocrinology (97.11.17), 横浜, 予稿集, p.42, 1997.

510. [学会(国際)] (ポスター講演) A new method for coronary oculusion and reperfusion with a guide-controlled bead for the study of myocardial ischemia. 諸星康雄(実動),中山茂善(実動系),奈良佳洋(生物物理系),池田憲昭,宮原英夫(医用情報): The International Society for Computerized Electrocardiology 22nd Annual Conference (97.04.26〜05.01), Florida, Abstracts, p.11, 1997.

511. [学会(全国)] (ワークショップ) 非開胸的ビーズ閉塞再潅流法による心筋梗動物モデルと心電図の変化. 諸星康雄(実動),中山茂信(実動系),奈良佳洋(生物物理系),池田憲昭,竹内昭博,宮原英夫(医用情報): 第13回心電図信号情報処理ワークショップ (97.10.25), 神奈川, 抄録集, p.1, 1997.

512. [学会(全国)] (一般講演) 各種麻酔下におけるモルモットの血糖測定値の上昇について. 諸星康雄(実動),吉田修,上村美佐子,高城守,中山茂善(実動系),武藤健(実動),池田忠雄(日大): 第31回日本実験動物技術者協会総会 (97.06.27), 島根, 抄録集, p.73, 1997.

513. [学会(全国)] (一般講演) 遺伝性侏儒症ラットrdw甲状腺の形態学的解析. 古舘専一(実動),酒井康弘(解): 第15回富士ホルモンカンファレンス (97.07.18), 箱根, 予稿集, p.31, 1997.

514. [学会(全国)] (一般講演) 蛋白の微量迅速探索と構造解析3: 遺伝性侏儒症ラット関連蛋白. 大石正道,前田忠計(理学部),大森彬(三菱化学生命研),古舘専一(実動): 第35回日本生物物理学会 (97.10.10), 京都, 予稿集, p.91, 1997.

515. [学会(全国)] (一般講演) 125Iの取り込み競合における臓器分布に及ぼす安定ヨウ素剤の影響. 西槙俊之(RI系),古舘専一(実動): 第124回日本獣医学会 (97.10.12), 鹿児島, 講演要旨集, p.125, 1997.

516. [学会(全国)] (一般講演) 高血糖モルモット家兎の心電図について. 諸星康雄(実動),吉田修,高城守,上村美佐子,中山茂信(実動系),武藤健(実動): 日本獣医循環器学会 (97.10.26), 香川, 抄録集, p.11, 1997.

517. [学会(全国)] (ポスター講演) 遺伝性侏儒症ラットrdwの卵巣移植による産仔の作出. 古舘専一(実動),丸山茂善(実動系): 第44回日本実験動物学会総会 (97.05.25), 大宮, 抄録集, p.166, 1997.

518. [学会(全国)] (ポスター講演) 遺伝性侏儒症ラットrdwにおける蛋白質異常の解析. 大石正道(理学部),大森彬(三菱化学生命研),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): 第22回日本比較内分泌学会 (97.07.05), 佐渡, 予稿集, p.31, 1997.

519. [学会(全国)] (ポスター講演) 日本白色種家兎の左冠動脈分枝の分類. 諸星康雄(実動),平本嘉助(解),池田憲昭,宮原英夫(医用情報): 第124回日本獣医学会 (97.10.12), 鹿児島, 講演要旨集, p.239, 1997.


<<13 生物物理化学>>

520. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of hydrogen peroxide on molecular structure of superoxide dismutase. 蓮見英世(生物物理化),中島洋一(分子生物),飯尾裕之(衛生学部),上野智恵,菊池京子(生物物理化): 17th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology (97.08.25), サンフランシスコ, FASEB J., 11(9): 905, 1997.

521. [研究会(地方)] (ワークショップ) 過酸化水素処理されたスーパーオキシドディスムターゼの分子構造. 蓮見英世(生物物理化),中島洋一(分子生物),遠藤啓司(理学部),上野智恵(栗田工業),飯尾裕之(衛生学部): 第4回「タンパク質立体構造の構築原理」ワークショップ (97.12.09), 三島, 予稿集, p.244, 1997.


<<1401 ?? >>

522. [原著] ki-67, p53 and Bc1-2 expression of serrated adenomas of the colon. 姜正広,三富弘之,佐田美和,徳光陽一郎,高橋幸秀,五十嵐正広,勝又伴栄(内),岡安勲(病理): Am. J. Surg. Pathol., 21(4): 417〜423, 1997.

523. [原著] 直腸カルチノイドに対するLigating deviceを使用した内視鏡的粘膜切除法の有用性−実験および臨床−. 本橋修,佐野秀弥,高木精一,幾世橋篤,西元寺克礼(内): Gastroenterol. Endosc., 39(6): 1138〜1143, 1997.

524. [原著] 電子内視鏡による三次元計測システム; レーザースリット光を用いた内視鏡の開発−. 大井田正人,菅野聡,山縣さゆり,西元寺克礼(内),羽石秀昭,加藤知孝,三宅洋一(千葉大): Gastroenterol. Endosc., 39(7): 1203〜1209, 1997.

525. [原著] Recovery of mucin content in surface layer of rat gastric mucosa after HCl-aspirin-induced mucosal damage. 酒井辰彦(内),石原和彦(化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): J. Gastroenterol., 32: 157〜163, 1997.

526. [原著] Intestinal Behcet's disease−pathognomonic changes in intramucasal lymphoid tissues and effect of a "rest cure" on intestinal lesions. 高田好彦,藤田芳邦,五十嵐正広,勝又伴栄,岡部治弥,西元寺克礼(内),高橋俊毅(外),中英男(病理): J. Gastroenterol., 32: 598〜604, 1997.

527. [原著] 総胆管結石に対する内視鏡的乳頭バルーン拡張術の経験. 国東幹夫,木田光広,渡辺摩也,菅野聡,木田芳樹,今泉弘,大井田正人,西元寺克礼(内): Prog. Dig. Endosc., 150: 239〜240, 1997.

528. [原著] Efficacy of endoscopic variceal ligation for bleeding esophageal varius in patients with tumor thrombus of the portal vein trunk (Vp3) associated with hepatocellular carcinoma. 国分茂博,松本偉男,村上匡人,柴田久雄,西元寺克礼(内): Semin. Oncol., 24(2): 139〜142, 1997.

529. [原著] 腺領域からみた胃癌の診断. 大井田正人,木田芳樹,今泉弘,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 胃と腸, 32(12): 1599〜1605, 1997.

530. [原著] 癌化学療法におけるGranisetron単独療法とステロイド併用療法との比較検討. 忽滑谷直孝(日医大),半井一郎(国立東京第二病院),小林英夫(防衛大),小泉和三郎(内),小松彦太郎(国立療養所東京病院),内山照雄(独協医科 大),山口哲生(JR東京総合病院),平良修(東京医大),湊浩一(群馬大),二ツ木浩一(埼玉がんセン),長谷川浩一(坪井病院),福山悦男(君津中央 病院),長尾啓一(千葉大),木田厚端(東京老人医療セン),内藤龍雄(藤田保健大),瀧沢弘隆(塩谷病院),住永雅司(帝京大),秋谷寿一, 坂上昌三 郎(群馬がんセン),岩崎良三(順天堂大),花谷勇治(帝京大),佐藤博(杏雲堂平塚病院),仁井谷久暢(日医大),古江尚(帝京大): 癌と化学療法, 22(12): 1821〜1829, 1995.

531. [原著] 腹部超音波検診発見疾患への対応−施設検診の立場から−. 増田英明,今村清子,依田敏,四宮由美子(横浜市民病院),坂口哲章,西山和男,土橋健,佐島敬清(内): 消化器集団検診, 35(3): 300〜306, 1997.

532. [原著] 高齢者における消化器癌検診の問題点. 増田英明,今村清子,依田敏,四宮由美子(横浜市民病院),坂口哲章,西山和男,土橋健,佐島敬清(内): 消化器集団検診, 35(5): 631〜641, 1997.

533. [原著] 電流知覚閾値(Current perception threshold)による糖尿病性末梢神経障害の評価−新しい神経機能診断装置Neurometerを用いて−. 梅沢慎一,金森晃,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 糖尿病, 40(11): 711〜718, 1997.

534. [原著] 糖尿病性足病変患者に対する足底圧分布測定に基づいた整形外科的矯正靴の作製と評価−F-SCANシステムの有用性−. 金森晃,神康之,梅沢慎一,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 糖尿病, 40(9): 589〜598, 1997.

535. [原著] 糖尿病性足壊疽の予防と対策−糖尿病患者を対象とした足底圧測定と整形靴の作製−. 金森晃,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生),森照男(北信義肢): 日本義肢装具学会誌,13(4): 339〜346, 1997.

536. [原著] 電子内視鏡における陥凹, 平坦型早期胃癌の浸潤範囲診断の検討. 菅野聡,大井田正人,山縣さゆり,今泉弘,田辺聡,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(3): 650〜657, 1997.

537. [原著] 糖尿病性神経障害患者における歩行時の足底圧および靴中敷きのクッション効果について. 青木主税(医療衛生),金森晃,矢島義忠(内): 北里医学,27(4): 230〜237, 1997.

538. [原著] 抗ミトコンドリア抗体陰性原発性胆汁性肝硬変における抗M2抗体−Western blot法による解析−. 川口直美,宮川浩,阿部和裕,北沢絵里子,藤川博敏,菊池健太郎,賀古眞(帝京大),柴田実(昭和大),渋谷明隆(内),小野塚靖,吉田直哉,上野幸久 (川崎中央病院): 臨床病理, 45(11): 1079〜1084, 1997.

539. [準原著] S状結腸軸捻症. 五十嵐正弘,小林清典,高橋裕之,横山薫,勝又伴栄(内): 救急医学, 21(10): 1453〜1455, 1997.

540. [準原著] 糖尿病患者における足底圧分布測定と歩行解析−壊疽危険因子である胼胝形成機序についての検討−. 金森晃,中嶋真一,神康之,小久保麻子,梅沢慎一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 糖尿病性合併症, 10: 219〜225, 1997.

541. [短報・速報] EIS・B-RTOの合併症最新版. 高瀬靖広(つくば双愛病院),浜谷進(筑波記念病院),国分茂博(内): Prog. Dig. Endosc., 50: 142〜146, 1997.

542. [短報・速報] 原発性胆汁性肝硬変における肝細胞癌の合併. 渋谷明隆,里道哲彦,中沢貴秀(内): Prog. Med., 17(9): 2496〜2497, 1997.

543. [研究報告(厚生省)] JDC Studyにおける糖尿病性腎症の発症・進展に関する研究. 矢島義忠(内): 厚生省長期慢性疾患総合研究事業; 糖尿病調査研究班報告書, p.205〜207, 1997.

544. [研究報告(厚生省)] 糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDC Study). 赤沼安夫(朝日生命糖尿病研),阿部隆三(太田西ノ内病院),矢島義忠(内),山崎義光,竹村芳(阪大),大森安恵(東女医大),松岡健平(東京都済生会 中央病院),菊池方利(朝日生命成人病研),岸川秀樹(熊大),斎藤康(千葉大),中井継彦(福井医大),村瀬敏郎(虎の門病院),井藤英喜(東京都老人 医療セン),山田信博,大橋靖雄,山下英俊(東大): 厚生省慢性疾患の治療に関する調査研究事業; 糖尿病性合併症調査研究報告書(平成8年度), p.183〜198, 1997.

545. [研究報告(厚生省)] 糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する調査(JDC Study). 赤沼安夫(朝日生命糖尿病研究所),阿部隆三(太田西ノ内病院),山崎義光(阪大),松岡健平(東京都済生会中央病院),斎藤康(千葉大),村瀬敏郎(虎 の門病院),大橋靖雄(東大),矢島義忠(内),大森安恵(東女医大),七里元亮(熊大),中井継彦(福井医大),井藤英喜(東京都老人医療セン),菊池 方利(朝日生命成人病研),山田信博(東大): 厚生省慢性疾患の治療に関する調査研究事業; 糖尿病性合併症研究報告書(平成7年度), p.149〜187, 1996.

546. [症例報告] 食道静脈瘤硬化療法時EVISにて左胃動脈が描出され, その支配領域に巨大潰瘍を形成した1例. 浅野朗,国分茂博,村上匡人,高田雅博,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): Gastroenterol. Endosc., 39(12): 2397〜2403, 1997.

547. [症例報告] 日の丸状紅斑様所見を呈したUc型早期胃癌の1例. 鹿間伸明,大井田正人,今泉弘,木田芳樹,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,西元寺克礼(内): Prog. Dig. Endosc., 50: 192〜195, 1997.

548. [症例報告] 透明キャップを用いて切除した十二指腸過形成性ポリープの1例. 林弘美,松岡幹雄,鈴木秀明,高谷育男(横須賀共済病院): Prog. Dig. Endosc., 50: 284〜285, 1997.

549. [症例報告] Solid & Cystic Tumor(SCT)の1切除例. 梁広,木田光広,小野弘二,今泉弘,山田至人,西元寺克礼(内),吉田宗紀,比企能樹(外): Prog. Dig. Endosc., 50: 322〜323, 1997.

550. [症例報告] ブーツの着用により下腿蜂巣炎をきたしたインスリン依存型糖尿病の1例. 金森晃,橋爪洋美,神康之,中嶋真一,梅沢慎一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),田中啓司A(北里研究所メディカルセン): プラクティス, 15(1): 71〜74, 1998.

551. [症例報告] 狭窄型虚血性大腸炎の1手術例. 小林清典,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),三富 弘之(病理): 胃と腸, 32(4): 538〜540, 1997.

552. [症例報告] 症例からみた読影と診断の基礎[Case 6]. 今泉弘,大井田正人,田辺聡,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 胃と腸, 32(7): 1010〜1013, 1997.

553. [症例報告] アミロイドーシスに合併した出血性大腸炎. 佐田美和,勝又伴栄,五十嵐正広,横山薫,高橋裕之,小林清典,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 消化器内視鏡, 9(12): 1743〜1748, 1997.

554. [症例報告] 胃MALTリンパ腫の臨床病理学的検討−内視鏡診断を中心として−. 影山裕,本橋修,佐野秀弥,高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): 消化器内視鏡の進歩, 50: 232〜233, 1997.

555. [症例報告] 腎透析患者にみられた急性胃病変. 三橋利温,西元寺克礼(内),岡部治弥(ヘルス): 消化性潰瘍−臨床と基礎, 16(2): 118〜120, 1997.

556. [症例報告] 日経メディクイズ; 腹部CT−アメーバ性肝膿瘍. 国分茂博(内): 日経メディカル, (361): 91〜92, 1997.

557. [症例報告] 肝外門脈閉塞症に合併した虚血症小腸狭窄の1切除例. 日高央,小林清典,国分茂博,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之(病理): 日本消化器病学会雑誌, 94(12): 839〜844, 1997.

558. [症例報告] 内視鏡的除去が有効だつた巨大糞塊の1例. 横山薫,小林清典,高橋裕之,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 日本大腸検査学会雑誌, 14: 193〜195, 1997.

559. [症例報告] 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法により静脈瘤内酸素分圧が上昇した1例. 村上匡人,国分茂博,日高央,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,西元寺克礼(内): 日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会雑誌, 3: 269〜273, 1997.

560. [症例報告] カルシウム負荷試験が存在診断, 局在診断, 術後評価に有用であった膵インスリノーマ1例. 梅沢慎一,神康之,金森晃,矢島義忠(内): 北里医学, 27(3): 196〜200, 1997.

561. [症例報告] 胃前庭部毛細血管拡張症(Gastric Antral Vascular Ectasia: GAVE)−内視鏡の読み方−. 今泉弘,日比謙一,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,大井田正人,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 臨床消化器内科, 12(8): 1223〜1226, 1997.

562. [症例報告] Dieulafoy潰瘍様所見を呈した早期胃癌の1例−内視鏡の読み方−. 今泉弘,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,大井田正人,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 臨床消化器内科, 12(9): 1341〜1344, 1997.

563. [臨床治験] 施設における腹部超音波検診の問題点と対策. 増田英明,今村清子,依田敏,四宮由美子,坂口哲章,西山和男,土橋健,佐島敬清(内): 消化器集団検診, 35(4): 557〜564, 1997.

564. [臨床治験] DR-3305(エブセレン)第T相臨床試験. 松木茂樹,新井重紀,柴田久雄(内): 臨床医薬, 13: 4635〜4661, 1997.

565. [総説] 自己免疫性肝疾患における発癌の問題点. 渋谷明隆(内),田中克明(横浜市大): Medicina, 35(1): 108〜109, 1998.

566. [総説] PBCにみられる食道静脈瘤の特徴と治療. 国分茂博,村上匡人(松山市民病院): Medicina, 35(1): 93〜95, 1998.

567. [総説] 肝癌のスクリーニング. 渋谷明隆,里道哲彦(内): Medicina, 35(3): 443〜445, 1998.

568. [総説] C型慢性肝炎の病態−肝生検像. 渋谷明隆,中沢貴秀,土橋健,斉藤俊司(内): Modern Physician, 17: 1085〜1088, 1997.

569. [総説] 肝硬変に対する新しい治療−BRTO・TIPS・PSEなど−. 国分茂博(内): ドクターサロン, 増刊(下): 448〜452, 1997.

570. [総説] NIDDM腎症早期の糸球体病変−IDDM腎症と比較して. 守屋達美,矢島義忠(内),Mauer, M.(Univ. Minnesota): ホルモンと臨床, 46(1): 17〜22, 1998.

571. [総説] 腺領域からみた胃病変. 西元寺克礼(内): 胃と腸, 32(12): 1547〜1548, 1997.

572. [総説] Sm胃癌に対する超音波内視鏡による診断能の検討. 木田光広,国東幹夫,渡辺摩也,菅野聡,近藤一英,木田芳樹,今泉弘,小林清典,田辺聡,山田至人,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,三橋利温,大井田正 人,西元寺克礼(内),菊池史郎,小林伸行,嶋尾仁,比企能樹(外),上杉秀永,三富弘之,岡安勲(病理): 胃と腸, 32(13): 1699〜1708, 1997.

573. [総説] 腸管外合併症. 五十嵐正広,勝又伴栄,高橋裕之,小林清典,西元寺克礼(内): 胃と腸, 32(3): 405〜412, 1997.

574. [総説] 電子内視鏡による光切断法を用いた立体計測システム. 菅野聡,大井田正人,林田浩明,今泉弘,田辺聡,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 胃と腸, 33(2): 167〜173, 1998.

575. [総説] 糖尿病性腎症の治療; 降圧薬の選択を中心に. 的場清和(内): 医学のあゆみ, 184(11): 863〜867, 1997.

576. [総説] 消化性潰瘍の維持療法. 西元寺克礼(内): 外科治療, 77(3): 357〜358, 1997.

577. [総説] 胃・十二指腸潰瘍. 田辺聡,西元寺克礼(内): 救急医学, 21: 1420〜1424, 1997.

578. [総説] 糖尿病性腎症の治療: 最近の考え方. 馬場恒春,中嶋真一,的場清和,田中啓司A,矢島義忠(内): 治療の最前線, 2(6): 666〜674, 1995.

579. [総説] Pharmacoendoscopyによる消化管病変の観察. 今泉弘,大井田正人,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 消化器科, 25(3): 255〜262, 1997.

580. [総説] 高齢者における上部消化管出血例とその対策. 田辺聡,三橋利温,西元寺克礼(内): 消化器科, 25(5): 460〜464, 1997.

581. [総説] クローン病の内視鏡・色素法. 勝又伴栄,五十嵐正広(内): 消化器内視鏡, 9(10): 1394〜1399, 1997.

582. [総説] 虚血性大腸炎の内視鏡診断と最新の知見. 勝又伴栄,五十嵐正広,佐田美和,小林清典,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 9(12): 1689〜1697, 1997.

583. [総説] 消化性潰瘍の治癒判定−各種内視鏡診断の比較−. 大井田正人,今泉弘,三橋利温,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 9(4): 455〜463, 1997.

584. [総説] 胃癌の超音波内視鏡診断の進歩. 木田光広,渡辺摩也,菅野聡,近藤一英,木田芳樹,今泉弘,小林清典,田辺聡,山田至人,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克 礼(内),菊池史郎,小林伸行,嶋尾仁,比企能樹(外),上杉秀永,三富弘之,岡安勲(病理): 消化器内視鏡, 9(5): 601〜608, 1997.

585. [総説] 慢性肝不全患者の在宅管理. 中沢貴秀,国分茂博(内): 診断と治療, 86(2): 255〜258, 1998.

586. [総説] 特集「糖尿病性腎症の発症; 進展因子」5.糸球体血行動態の異常. 矢島義忠,的場清和(内): 糖尿病, 41(1): 19〜22, 1998.

587. [総説] 糖尿病性腎症家族内集積性と遺伝因子. 矢島義忠,中嶋真一(内): 日本臨床, 55(増,723): 795〜801, 1997.

588. [総説] 診断および鑑別困難な腸の炎症性疾患の臨床的取り扱い. 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,高橋裕之(内),三富弘之,岡安勲(病理): 病理と臨床, 15(4): 330〜338, 1997.

589. [総説] Whipple病の病原菌. 五十嵐正広,勝又伴栄(内): 病理と臨床, 15(臨増): 173, 1997.

590. [総説] 消化管潰瘍. 三橋利温(内),中井久雄(日野市立病院),西元寺克礼(内): 臨床と研究, 74(5): 1094〜1097, 1997.

591. [総説] 肝硬変症の新しい治療. 国分茂博,西元寺克礼(内): 臨床と研究, 75(1): 140〜145, 1998.

592. [総説] 小腸腫瘍(臨床医が知っておきたい画像所見). 五十嵐正広(内): 臨床医, 23(増): 1800〜1801, 1997.

593. [総説] 十二指腸潰瘍(臨床医が知っておきたい画像所見). 五十嵐正広(内): 臨床医, 23(増): 370〜371, 1997.

594. [総説] 特集: 食道・胃静脈瘤攻略法−孤立性胃静脈瘤に対するBRTO(バルーン閉塞下逆行性閉塞術). 国分茂博,浅野朗,高田雅博,日高央,中沢貴秀,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放),林修,荒井義孝,國場幸均,比企能樹(外): 臨床外科, 53(2): 175〜180, 1998.

595. [総説] 潰瘍性大腸炎の治療の最先端「SASPの使い方」. 勝又伴栄,小林清典,横山薫,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 臨床消化器内科, 12(10): 1427〜1433, 1997.

596. [総説] 光切断法−電子内視鏡による3次元計測システム−. 大井田正人,菅野聡,今泉弘,三橋利温(内),羽石英明,加藤知孝,三宅洋一(千葉大): 臨床消化器内科, 12(7): 1000〜1006, 1997.

597. [総説] 腐食性食道炎・胃炎. 木田芳樹,近藤一英,今泉弘,田辺聡,木田光広,大井田正人,西元寺克礼(内): 臨床消化器内科, 12: 1497〜1502, 1997.

598. [総説] 大腸悪性リンパ腫の内視鏡診断. 勝又伴栄,五十嵐正広,高橋裕之,横山薫,西元寺克礼(内),桑尾定仁(病理): 臨床消化器内科, 13: 341〜351, 1998.

599. [総説] 高齢者出血性潰瘍の臨床的検討. 田辺聡,三橋利温,西元寺克礼(内): 老年消化器病, 9(2): 91〜95, 1997.

600. [講座] 内視鏡検査・治療に必要な局所解剖の基礎知識; 大腸・肛門. 勝又伴栄(内): 消化器内視鏡, 9(3): 366〜369, 1997.

601. [学術書] (分担執筆) 早期大腸癌内視鏡ハンドブック; 典型症例から学ぶ早期大腸癌内視鏡診断学−Ua型, p.132, 小林清典(内). 編集 多田正大(京都がん協会), 中外医学社, 東京, 97.04.17発行.

602. [学術書] (分担執筆) 早期大腸癌内視鏡ハンドブック; 典型症例から学ぶ早期大腸癌内視鏡診断学−Ua+Uc型, p.134, 小林清典(内). 編集 多田正大(京都がん協会), 中外医学社, 東京, 97.04.17発行.

603. [学術書] (分担執筆) 早期大腸癌内視鏡ハンドブック; 典型症例から学ぶ早期大腸癌内視鏡診断学−Ua+Uc型, p.137, 小林清典(内). 編集 多田正大(京都がん協会), 中外医学社, 東京, 97.04.17発行.

604. [学術書] (分担執筆) 早期大腸癌内視鏡ハンドブック; 内視鏡治療後のサーベイランス, p.193〜199, 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,高橋裕之(内). 編集 多田正大(京都がん協会), 中外医学社, 東京, 97.04.17発行.

605. [学術書] (分担執筆) 大腸ポリペクトミーはどこまで必要か; 通常観察における腺腫, 癌と非腫瘍性病変との鑑別, p.42〜44, 五十嵐正広(内). 編集 多田正大(京都がん協会), 工藤進英(秋田日赤病院), 日本メディカルセンター社, 東京, 97.04.25発行.

606. [学術書] (分担執筆) 大腸ポリペクトミーはどこまで必要か; 放置した場合のサーベイランスについて, p.155〜159, 五十嵐正広,勝又伴栄(内). 編集 多田正大(京都がん協会), 工藤進英(秋田日赤病院), 日本メディカルセンター社, 東京, 97.04.25発行.

607. [学術書] (分担執筆) 糖尿病血管合併症の診断と治療, Modern Diabetes 2; 治療−糖尿病性腎症, p.92〜101, 矢島義忠(内). 編集 河盛隆造, 他, メディカル・ビュー社, 東京, 97.06.05発行.

608. [学術書] (分担執筆) 肝臓病学の最前線; 肝表面微細血管構築からみた慢性肝炎の腹腔鏡分類, p.79〜83, 渋谷明隆,中沢貴秀,白崎敬二(内). 編集 山中正己,滝川一(帝京大), 中外医学社, 東京, 97.07.10発行.

609. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴; 肝・胆・膵−胆膵に対する超音波内視鏡検査法, p.60〜63, 木田光広(内). 編集 鈴木博昭(慈恵医大), 中山書店, 東京, 97.10.15発行.

610. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴; 緊急大腸内視鏡検査の有用性と問題点, p.104〜105, 五十嵐正広(内). 編集 鈴木博昭(慈恵医大), 中山書店, 東京, 97.10.15発行.

611. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴; ポリペクトミーの出血とその対策, p.128〜129, 五十嵐正広(内). 編集 鈴木博昭(慈恵医大), 中山書店, 東京, 97.10.15発行.

612. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴; 上部消化管1−EUSによる検査では超音波の特性をよく理解して, p.152〜153, 木田光広(内). 編集 鈴木博昭(慈恵医大), 中山書店, 東京, 97.10.15発行.

613. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴; 上部消化管1−EUSを用いた癌深達度の新しい判定法, p.154〜155, 木田光広(内). 編集 鈴木博昭(慈恵医大), 中山書店, 東京, 97.10.15発行.

614. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴; 上部消化管2−BRTO適応外孤立性胃静脈瘤に対するSO-EISの有用性, p.162〜163, 国分茂博(内). 編集 鈴木博昭(慈恵医大), 中山書店, 東京, 97.10.15発行.

615. [学術書] (分担執筆) 消化管出血内視鏡ハンドブック; 消化管出血の診断と治療, p.1〜3, 西元寺克礼(内). 編集 西元寺克礼(北里大), 中外医学社, 東京, 97.10.25発行.

616. [学術書] (分担執筆) 消化管出血内視鏡ハンドブック; 内視鏡的硬化療法, p.81〜92, 国分茂博,橋詰清江,高田雅博(内). 編集 西元寺克礼(北里大), 中外医学社, 東京, 97.10.25発行.

617. [学術書] (分担執筆) 消化管出血内視鏡ハンドブック; 胃・十二指腸出血, A; 診断・治療のストテラジー, p.99〜107, 三橋利温,田辺聡,西元寺克礼(内). 編集 西元寺克礼(北里大), 中外医学社, 東京, 97.10.25発行.

618. [学術書] (分担執筆) 消化管出血内視鏡ハンドブック; 消化性潰瘍, p.108〜110, 田辺聡,西元寺克礼(内). 編集 西元寺克礼(北里大), 中外医学社, 東京, 97.10.25発行.

619. [学術書] (分担執筆) 消化管出血内視鏡ハンドブック; 大腸出血への対応, p.181〜188, 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,西元寺克礼(内). 編集 西元寺克礼(北里大), 中外医学社, 東京, 97.10.25発行.

620. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 隆起型m癌A, p.58〜59, 木田光広,坂口哲章(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

621. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 隆起型sm癌A, p.62〜63, 木田光広,坂口哲章(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

622. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 線維化(−), 陥凹型m癌, p.66〜67, 木田光広,山田至人(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

623. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 線維化(−), 陥凹型sm癌, p.70〜71, 木田光広,山田至人(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

624. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 線維化(+), 陥凹型m癌, p.74〜75, 木田光広,山田至人(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

625. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 線維化(+), 陥凹型sm癌, p.78〜79, 木田光広,山田至人(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

626. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 混合型sm癌, p.80〜81, 木田光広,坂口哲章(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

627. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; mp癌@, p.82〜83, 木田光広,坂口哲章(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

628. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; s癌A Uc+V類似進行癌, p.98〜99, 木田光広,山田至人(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

629. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; ss癌A, p.92〜93, 木田光広,山田至人(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

630. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; ss癌B, p.94〜95, 木田光広,坂口哲章(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

631. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; s癌B(si癌), p.100〜101, 木田光広,坂口哲章(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

632. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; Ul-UA, p.164〜165, 山田至人,木田光広(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

633. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; Ul-VA, p.168〜169, 山田至人,坂口哲章(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

634. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; Ul-WA, p.172〜173, 山田至人,木田光広(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

635. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; U.手技と超音波解析, B. 細径プローブ, f.ゼリー注入法, p.434〜438, 坂口哲章,西山和男,小林清典(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

636. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 診断の実際, 胃(ラジアル)A, p.469〜472, 木田光広,野登誠,西元寺克礼(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

637. [学術書] (分担執筆) 内視鏡下超音波断層法; 三次元超音波内視鏡, p.655〜658, 木田光広,渡辺摩也,菅野聡(内). 編集 竹本忠良(東女医大),山中桓夫(大宮医療セン),相部剛(山口労災), 医学図書出版, 東京, 97.10.16発行.

638. [学術書] (分担執筆) カレント内科12: 大腸疾患; 大腸進行癌−Advanced Colorectal Cancer−, p.172〜182, 小林清典,勝又伴栄(内). 編集 吉田豊,棟方昭博(弘前大), 金原出版, 東京, 97.11.30発行.

639. [学術書] (分担執筆) ベテランに学ぶ: 肝胆膵疾患の診療のコツ; 腹腔鏡検査, p.28〜39, 渋谷明隆(内). メディカルサイエンス・インターナショナル,東京, 97.11.10発行.

640. [学術書] (分担執筆) ベテランに学ぶ: 肝胆膵疾患の診療のコツ; 経皮経肝静脈瘤塞栓術(PTO), p.211〜218, 国分茂博(内). メディカルサイエンス・インターナショナル,東京, 97.11.10発行.

641. [学術書] (分担執筆) ベテランに学ぶ: 肝胆膵疾患の診療のコツ; バルーン閉鎖下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO), p.219〜228, 国分茂博(内). メディカルサイエンス・インターナショナル,東京, 97.11.10発行.

642. [学術書] (分担執筆) ベテランに学ぶ: 肝胆膵疾患の診療のコツ; 超音波内視鏡(EUS), p.266〜279, 木田光広,渡辺摩也,国東幹夫,菅野聡,近藤一英,小林清典,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内). メディカルサイエンス・インターナショナル,東京, 97.11.10発行.

643. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; クローン病, p.397〜398, 五十嵐正広(内). 編集 多賀須幸男,尾形悦郎,西元寺克礼(北里大),他, 医学書院,東京, 98.01.01発行.

644. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 消化管の悪性リンパ腫, 勝又伴栄(内). 編集 多賀須幸男,尾形悦郎,西元寺克礼(北里大),他, 医学書院,東京, 98.01.01発行.

645. [学術書] (分担執筆) 胆石症の診断と治療; 胆石症の診断と治療, p.100〜107, 木田光広,国東幹夫,白須恭子,渡辺摩也,菅野聡,木田芳樹,今泉弘,西元寺克礼(内). 真興交易医書出版,東京, 98.01.31発行.

646. [学術書] (編集) 消化管出血内視鏡ハンドブック; 編集 西元寺克礼(内), 中外医学社, 東京, 97.10.25発行.

647. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学, 第7版; Meckel憩室, p.598〜599, 五十嵐正広(内). 編集 西元寺克礼(北里大), 他, 医学書院, 東京, 97.05.15発行.

648. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学, 第7版; 小腸腫瘍, p.638〜639, 五十嵐正広(内). 編集 西元寺克礼(北里大), 他, 医学書院, 東京, 97.05.15発行.

649. [その他の著書] (分担執筆) 今日の診断指針, 第4版; Crohn病, p.690〜693, 勝又伴栄(内). 編集 亀山正邦(住友病院),亀田治男(東急病院), 医学書院, 東京, 97.08.01発行.

650. [その他の著書(啓蒙書)] (共著) 専門医が語る糖尿病の最新治療; 矢島義忠,的場清和(内). 成美堂出版, 東京, 97.12.20発行.

651. [学会(国際)] (教育講演) EUS on gastric cancer and 3-dimensional endoscopic ultrasonography (3D-EUS). 木田光広,西元寺克礼(内): 5th Workshop on Abdominal Ultrasonography and Endoscopic Ultrasonography (97.03.09), Korea, Seoul.

652. [学会(国際)] (教育講演) Advance in clinical role of endoscopic ultrasonography (EUS). 木田光広(内): Alimentary Disease Week Hong Kong (97.12.15), 香港.

653. [学会(国際)] (シンポジウム等) Staging of oesophageal cancer MRI, CT or EUS. 木田光広(内): Clinical Symposium on Current Management of Oesophageal Cancer (97.06.30), 香港.

654. [学会(国際)] (一般講演) The study on diagnosis of limits plastica type gastric carcinoma−for earlier detection in mass screening−. 今村清子,与田敏,増田英明,四宮由美子,佐島敬清(横浜市民病院),坂口哲章,西山和男,土橋健(内): 2nd International Gastric Cancer Congress (97.04.28), ミュンヘン.

655. [学会(国際)] (一般講演) Glomerular hyperfiltration in Japanese NIDDM patients with normo- and microalbuminuria. 神康之,梅沢慎一,金森晃,的場清和,矢島義忠(内): 16th International Diabetes Federation Congress (97.07.20〜25), Helsinki.

656. [学会(国際)] (ポスター講演) Neoadjuvant chemotherapy for inoperable gastric cancer. 小泉和三郎,田辺聡,近藤一英,山崎いづみ,今泉弘,木田光広,木田芳樹,三輪亘,大井田正人,西元寺克礼(内),嶋尾仁,比企能樹(外),三富弘之,岡 安勲(病理): 第2回国際胃癌学会 (97.04.27), ミュンヘン, 抄録集, p.455, 1997.

657. [学会(国際)] (ポスター講演) Studies of early gastric cancer by infrared ray electronic endoscopy−with special reference to intramucosal vascular structure and hemodynamics−. 田辺聡,小泉和三郎,日比謙一,山崎いづみ,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),三富弘之,岡安勲(病理): 第2回国際胃癌学会 (97.04.28), ミュンヘン.

658. [学会(国際)] (ポスター講演) The study of response therapy of inoperable gastric cancer. 山崎いづみ,小泉和三郎,近藤一英,田辺聡,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第2回国際胃癌学会 (97.04.30), ミュンヘン.

659. [学会(国際)] (ポスター講演) Nitric oxide synthese inhibitor L-NMMA stimulates small intestinal phase W activity in healthy humans. Frasery, R.,Russo, A.(Royal Adelaide Univ.),安達献(国立相模原病院),Horowitz, M.,Bechstavens, G.(Royal Adelaide Univ.): American Gastro-Enterological Association (97.05.13), Washington, DC, USA.

660. [学会(国際)] (ポスター講演) Basic and clinical study of measuring tumor volume with three-dimensional endoscopic ultrasonography (3D-EUS). 渡辺摩也,木田光広,菅野聡,近藤一英,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.18〜23), Birmingham, Endoscopy, 29(7): 24〜25, 1997.

661. [学会(国際)] (ポスター講演) The availability of magnetic resonance cholangiopancreatography (MRcP) in pancreatobiliary disease compared with endoscopic retrograde cholangiopancreatography. 白須恭子,木田光広(内): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.19), Birmingham,

662. [学会(国際)] (ポスター講演) Studies of early gastric cancer by infrared ray electronic endoscopy −with special reference to intramucosal vascular structure and hemodynamics. 田辺聡,小泉和三郎,日比謙一,山崎いづみ,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),三富弘之,岡安勲(病理): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.20), Birmingham, Endoscopy, 7(29): 1997.

663. [学会(国際)] (ポスター講演) New 20 MHz endoscopic ultrasonography (EUS) for diagnosing the stage of gastric cancer. 木田光広,渡辺摩也,山田至人,坂口哲章,田辺聡,小泉和三郎,大井田正人,西元寺克礼(内): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.21), Birmingham.

664. [学会(国際)] (ポスター講演) Ultrasonic probe (USP, 12, 20 MHz) for diagnosing bilio-pancreatic diseases. 木田光広,渡辺摩也,菅野聡,近藤一英,山田至人,坂口哲章,小林清典,西元寺克礼(内): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.21), Birmingham.

665. [学会(国際)] (ポスター講演) Endoscopic diagnosis and treatment of nodule-aggregating tumor. 五十嵐正広,佐田美和,勝又伴栄,小林清典,高橋裕之,横山薫,西元寺克礼(内): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.21), Birmingham, Endoscopy, 29: 54, 1997.

666. [学会(国際)] (ポスター講演) A novel method for endoscopic diagnosis of the extent of mucosal infiltration of depressed early gastric cancer by pharmacoendoscopy. 今泉弘,大井田正人,小泉和三郎,渡辺摩也,近藤一英,木田芳樹,田辺聡,木田光広,三橋利温,西元寺克礼(内),比企能樹(外): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.21), Birmingham, Gut, 41(Suppl. 3): 36, 1997.

667. [学会(国際)] (ポスター講演) A novel catheter for collecting pancreas juice during ERCP for detecting c-ki-ras gene codon 12 mutation in pancreas neoplasms. 木田芳樹,木田光広,国東幹夫,渡辺摩也,野口聡子,菅野聡,酒井辰彦,今泉弘,大井田正人,西元寺克礼(内): 6th United European Gastroenterology Week (97.10.21), Birmingham, Gut, 41(Suppl.3): 52, 1997.

668. [学会(国際)] (ポスター講演) Does glomerular number (GN) influence diabetic nephropathy (DN) risk in insulin-dependent diabetes mellitus (IDDM) patients? 守屋達美(内),Chow, L.,守屋利佳(内),Basgen, J.,Steffes, M.,Mauer, M.(Univ. of Minnesota): 30th Annual Meeting of ASN (97.11.04), San Antonio, USA, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 115, 1997.

669. [学会(国際)] (ポスター講演) Type W collagen (Col Y) matrix density in glomeruli of IDDM patients (pts). 守屋達美(内),Groppoli, T.,Kim, Y.,Mauer, M.(Univ. of Minnesota): 30th Annual Meeting of ASN (97.11.04), San Antonio, USA, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 116, 1997.

670. [学会(国際)] (ポスター講演) Urinary albumin is a weaker predictor of diabetic nephropathy (DN) lesions in Japanese (J) NIDDM patients (pts) than in Caucasian (C) IDDM pts. 守屋達美,守屋利佳,矢島義忠(内),Steffes, M.,Mauer, M.(Univ. of Minnesota): 30th Annual Meeting of ASN (97.11.07), San Antonio, USA, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 116, 1997.

671. [学会(国際)] (ポスター講演) Combination therapy of low dose continuous infusion 5FU and cisplatin for inoperable advanced gastric cancer. 小泉和三郎,田辺聡,近藤一英,山崎いづみ,今泉弘,木田芳樹,木田光広,大井田正人,西元寺克礼(内): 第14回アジア太平洋癌会議 (97.11.16), 香港, 抄録集, p.207, 1997.

672. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of Helicobacter pylori eradication therapy on the healing process of gastric ulcers. 今泉弘,小泉和三郎,田辺聡,近藤一英,木田芳樹,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): Alimentary Disease Week Hong Kong (97.12.15), 香港, J. Gastroenterol. Hepatol., 12(Suppl.): 244, 1997.

673. [学会(国際)] (ポスター講演) Basic and clinical study of measuring tumor volume with three-dimensional endoscopic ultrasonography. 渡辺摩也,木田光広,近藤一英,小林清典,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内): 11th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (98.01.10), 京都, 予稿集, p.134, 1998.

674. [学会(国際)] (ポスター講演) Role of newly experimental echocolonoscope (XCF-UMQ200) for the diagnosis of colorectal tumor. 小林清典,勝又伴栄,横山薫,渡辺摩也,木田光広,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 11th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (98.01.11), 京都, 予稿集, p.121, 1998.

675. [学会(国際)] (公開講座) Live demonstration on EUS. 木田光広(内): 5th Workshop on Abdominal Ultrasonography and Endoscopic Ultrasonography (97.03.09), Korea, Seoul.

676. [学会(国際)] (公開講座) Live demonstration on EUS. 木田光広(内): Clinical Symposium on Current Management of Oesophageal Cancer (97.06.30), 香港.

677. [学会(国際)] (公開講座) Live demonstration on EUS. 木田光広(内): Alimentary Disease Week Hong Kong (97.12.15), 香港.

678. [学会(全国)] (教育講演) 深さ・高さを診る; レーザー3次元内視鏡の応用−. 大井田正人(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.18), 名古屋.

679. [学会(全国)] (教育講演) 炎症性大腸疾患の診断. 勝又伴栄(内): 第21回日本消化器内視鏡学会セミナー (97.11.29), 東京, 予稿集, p.44〜46, 1997.

680. [学会(全国)] (教育講演) 上部消化管における超音波内視鏡・プローブ診断. 木田光広(内): 日本消化器内視鏡学会第3回重点卒後教育セミナー (98.02.21), 東京.

681. [学会(全国)] (シンポジウム等) 高齢者出血性潰瘍の臨床的検討. 田辺聡,西元寺克礼(内): 1997年日本消化器関連学会週間 (97.04.17), 名古屋.

682. [学会(全国)] (シンポジウム等) 切除不能進行胃癌に対するNeoadjuvant Chemotherapyの検討. 小泉和三郎(内),嶋尾仁(外): 第83回日本消化器病学会大会 (97.04.17), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 132, 1997.

683. [学会(全国)] (シンポジウム等) 血行動態からみた潰瘍治癒像-エピネフリン撒布によるPharmacoendoscopyによる検討. 今泉弘,大井田正人(内): 第83回日本消化器病学会総会 (97.04.18), 名古屋, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 108, 1997.

684. [学会(全国)] (シンポジウム等) 微小胃癌の内視鏡診断−特に診断限界と今後の対応について−. 大井田正人,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋.

685. [学会(全国)] (シンポジウム等) 胃小胃癌の内視鏡診断−特に診断限界と今後の対応について−. 大井田正人,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋.

686. [学会(全国)] (シンポジウム等) 炎症性腸疾患の内視鏡診断. 五十嵐正広,勝又伴栄(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.): 470, 1997.

687. [学会(全国)] (シンポジウム等) ヒト膵がんにおける遺伝子異常の解析. 村上義則,三輪亘(内),井上雅之,安田純,関谷剛男(国立がんセン): 第56回日本癌学会総会 (97.09.25), 京都.

688. [学会(全国)] (シンポジウム等) 早期胃癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法(EAM)の有用性. 田辺聡(内): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.07), 京都.

689. [学会(全国)] (シンポジウム等) 切除不能胃癌に対する5'DFURの治療効果とPyNPase/dThdPaseの発現−腫瘍血管新生をめぐって−TdRPaseを中心に−. 小泉和三郎(内): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.07), 京都, 抄録集, p.32, 1997.

690. [学会(全国)] (シンポジウム等) 構造強調画像処理における大腸疾患の診断. 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典(内): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.29), 福岡.

691. [学会(全国)] (シンポジウム等) 潰瘍性大腸炎の長期経過と妊娠, 出産の相互関係. 小林清典,勝又伴栄(内): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.29), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 120, 1997.

692. [学会(全国)] (シンポジウム等) パネルディスカッション; 消化管, 疾患診断のすすめかた「X線診断の位置づけ」を中心に, 1)上部消化管検査との内視鏡検査の対比検討−特に内視鏡検査の有用性について−. 大井田正人,安達献(内): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.30), 福岡.

693. [学会(全国)] (シンポジウム等) 微量アルブミン尿基準値の妥当性について−NIDDMにおける微量アルブミン尿の長期予後の検討から. 神康之,的場清和,奥村俊明,高田哲秀,橋爪洋美,小久保麻子,中嶋真一,梅沢慎一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 日本腎臓学会・日本糖尿病学会糖尿病性腎症に関する合同委員会主催; 微量アルブミン尿会議 (97.11.14), 東京.

694. [学会(全国)] (シンポジウム等) 炎症性腸疾患における内視鏡検査の役割. 五十嵐正広,勝又伴栄(内): 第15回日本大腸検査法学会総会 (97.11.23), 東京.

695. [学会(全国)] (シンポジウム等) 粘膜下局注法とEUSによる早期大腸癌の深達度診断. 小林清典,勝又伴栄(内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.27), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2031, 1997.

696. [学会(全国)] (ワークショップ) NIDDMにおける糸球体過剰濾過. 的場清和,神康之,矢島義忠(内): 第40回日本腎臓学会 (97.05.16), 新潟, 日本腎臓学会誌, 39(3): 207, 1997.

697. [学会(全国)] (ワークショップ) NIDDM腎症早期の糸球体病変−stereological morphometryによる検討. 守屋達美,矢島義忠(内),Mauer, M.(Univ. Minnesota): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.22), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 133, 1997.

698. [学会(全国)] (ワークショップ) 虚血性大腸炎手術例の診断と治療方針. 佐田美和,勝又伴栄,横山薫,高橋裕之,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内),大谷剛正(外): 第52回日本大腸肛門病学会総会 (97.10.17), 浜松, 日本大腸肛門病学会雑誌, 50(9): 673, 735, 979, 1997.

699. [学会(全国)] (ワークショップ) 原発性胆汁性肝硬変における肝細胞癌の合併について. 渋谷明隆(内),田中克明(横浜市大): 第1回日本肝臓病学会大会 (97.10.23), 盛岡, 肝臓, 38(Suppl.2): 75, 1997.

700. [学会(全国)] (ワークショップ) C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法の長期予後. 土橋健,渋谷明隆(内): 第1回日本肝臓病学会大会 (97.10.24), 盛岡, 肝臓, 38(Suppl.2): 93, 1997.

701. [学会(全国)] (ワークショップ) EVISからみた食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法の適応と限界−IR画像と酸素分圧の側面を加えて−. 高田雅博,国分茂博(内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京.

702. [学会(全国)] (一般講演) 若年発症NIDDM患者の糸球体濾過能および尿アルブミン排泄率について. 的場清和,中嶋真一,神康之,田中啓司A,梅沢慎一,平井法博,金森晃,馬場恒春,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第39回日本糖尿病学会年次学術集会 (96.05.15〜17), 福岡, 糖尿病, 39(Suppl.): 515, 1996.

703. [学会(全国)] (一般講演) 若年発症NIDDM患者の糸球体過剰濾過と尿アルブミン排泄率の関連性. 的場清和,中嶋真一,田中啓司A,梅沢慎一,平井法博,馬場恒春,金森晃,矢島義忠(内): 第39回日本腎臓学会学術総会 (96.05.31), 倉敷, 日本腎臓学会誌, 38(Suppl.): 53, 1996.

704. [学会(全国)] (一般講演) 上部消化管出血に対する内視鏡的止血法の限界. 国東幹夫,田辺聡,谷川一志,山崎いづみ,今泉弘,木田光広,小泉和三郎,国分茂博,大井田正人,西元寺克礼(内): 第28回腹部救急医学会総会 (97.03.13), 高知.

705. [学会(全国)] (一般講演) 偽膜性腸炎の内視鏡的経過観察の検討. 三輪亘,五十嵐正広,高橋裕之,横山薫,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.19), 名古屋.

706. [学会(全国)] (一般講演) 出血性潰瘍に対する1万倍エピネフリン局注併用ヒータープローブ法の検討. 国東幹夫,田辺聡,高橋裕之,今泉弘,木田光広,小泉和三郎,五十嵐正広,大井田正人,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.19), 名古屋.

707. [学会(全国)] (一般講演) 高周波細径超音波プローブによる大腸早期癌の深達度診断および粘膜下局注法の有用性. 小林清典,木田光広,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.19), 名古屋, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.1): 531, 1997.

708. [学会(全国)] (一般講演) 大腸専用超音波内視鏡(XCF-UMQ200, 20 and 7.5 MHz)の使用経験. 小林清典,木田光広,横山薫,高橋裕之,近藤一英,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.19), 名古屋, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.1): 532, 1997.

709. [学会(全国)] (一般講演) 家族性大腸腺腫症に対する透過観察の検討. 横山薫,五十嵐正広,高橋裕之,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.19), 名古屋, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.1): 378, 1997.

710. [学会(全国)] (一般講演) 新しいアルゴリズムに基づいたIHb色彩強調による早期胃癌の内視鏡的診断. 三輪亘,山縣さゆり,大井田正人,今泉弘,木田芳樹,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋.

711. [学会(全国)] (一般講演) 直腸カルチノイドに対するEMRLの有用性−基礎と臨床−. 本橋修,影山裕,佐野秀弥,高木精一,幾世橋篤(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋.

712. [学会(全国)] (一般講演) EVIS240 シリーズビデオスコープ(CF240I, CFQ240I)の使用経験. 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,高橋裕之,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.): 612, 1997.

713. [学会(全国)] (一般講演) 画像解析よる胃隆起性病変鑑別診断の試み. 中井久雄,渡辺摩也,緒方優美(日野市立病院),大井田正人,山崎いづみ,日比謙一,菅野聡,山縣さゆり,近藤一英,今泉弘,田辺聡,木田光広,小泉和三 郎,三橋利温,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(1): 567, 1997.

714. [学会(全国)] (一般講演) 胃静脈瘤に対する内視鏡的静脈瘤造影の検討(第9報). 日高央,国分茂博,白須恭子,梁広,谷川一志,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,大井田正人,西元寺克礼(内): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.): 571, 1997.

715. [学会(全国)] (一般講演) 内視鏡的硬化療法による門脈血行動態の変化. 浅野朗,国分茂博,渡辺摩也,木田光広,西元寺克礼(内): 第69回日本超音波医学会研究発表会 (97.05.19), 東京.

716. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病における糸球体濾過値および尿アルブミン測定に関する基礎的検討. 神康之,的場清和,中嶋真一,橋爪洋美,小久保麻子,藤井英,梅沢慎一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 336, 1997.

717. [学会(全国)] (一般講演) NIDDMの糸球体過剰濾過および尿アルブミン排泄について. 的場清和,中嶋真一,神康之,梅沢慎一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第40回日本糖尿病学会総会 (97.05.24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 336, 1997.

718. [学会(全国)] (一般講演) 肥りやすさの指標としてのβ3アドレナリン受容体多型. 中嶋真一,金森晃,梅沢慎一,橋爪洋美,神康之,小久保麻子,藤井英,藤田芳邦,矢島義忠(内),馬場恒春(逗子病院),井戸田照義(三菱重工業): 第70回日本内分泌学会学術総会 (97.06.03), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 73(2): 310, 1997.

719. [学会(全国)] (一般講演) 肝細胞癌に対する透視下エタノール注入療法(Lip-PEIT)における動脈注入確認例の検討. 浅野朗,国分茂博,高田雅博,日高央,中沢貴秀,橋詰清江,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 第33回日本肝癌研究会 (97.06.27), 久留米, 予稿集, p.61, 1997.

720. [学会(全国)] (一般講演) 直腸静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法後肝膿瘍を合併した肝硬変の1例. 竹沢三代子,高田雅博,国分茂博,西元寺克礼(内): 第4回日本門脈圧亢進症食道静脈病学会 (97.07.02), 福岡.

721. [学会(全国)] (一般講演) 門脈圧亢進症に対するTIPSの適応−難治性胸腹水を中心として−. 山崎好喜,国分茂博,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,西元寺克礼(内),磯部義憲,松永敬二(放): 第4回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (97.09.05), 福岡, 日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会雑誌, 4(1): 81, 1997.

722. [学会(全国)] (一般講演) 門脈圧亢進におけるPSEの効果と治療意義. 日高央,国分茂博,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放): 第4回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (97.09.05), 福岡, 日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会雑誌, 4(1): 82, 1997.

723. [学会(全国)] (一般講演) EVISにおける門脈本幹描出例と非描出例の門脈血行動態の変化−体外式カラードプラ法(CD-US)による検討. 浅野朗,国分茂博,高田雅博,日高央,西元寺克礼(内): 第4回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (97.09.06), 福岡.

724. [学会(全国)] (一般講演) 非硬変性門脈圧症における肝内腫瘤性病変の検討. 中沢貴秀,国分茂博,渋谷明隆,高田雅博,日高央,浅野朗,西元寺克礼(内): 第4回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (97.09.06), 福岡.

725. [学会(全国)] (一般講演) 再発性十二指腸潰瘍に対するHelicobacter pylori除菌療法がS2移行率及び再発率に与える影響について. 中井久雄,小泉和三郎,田辺聡,山崎いづみ,日比謙一,菅野聡,松田摩也,近藤一英,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第52回日本消化器内視鏡学会 (97.09.19), 横浜.

726. [学会(全国)] (一般講演) ヒト膵がんにおけるAKT2遺伝子の増幅とその意義. 井上雅之,三輪亘(内),村上義則,安田純,関谷剛男(国立がんセン): 第56回日本癌学会総会 (97.09.27), 京都.

727. [学会(全国)] (一般講演) ヒト肺がんにおける第5番染色体長腕上の欠失領域の解析. 田村研,三輪亘(内),安田純,村上義則,関谷剛男(国立がんセンター): 第56回日本癌学会総会 (97.09.27), 京都.

728. [学会(全国)] (一般講演) 切除不能胃癌に対する5'DFURの治療効果とPyNPase/dThdPaseの発現. 小泉和三郎,近藤一英,田辺聡,山崎いづみ,国東幹夫,今泉弘,木田芳樹,木田光広,大井田正人,西元寺克礼(内),中丸尚美,岡安勲(病理),野中美和 (薬剤部),栗原稔(昭和大): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.08), 京都, 抄録集, p.259, 1997.

729. [学会(全国)] (一般講演) 胆道腫瘍の臨床的検討. 野登誠,外山久太郎,進士永子,鎌田一寿,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,高田一太郎(内): 第46回共済医学会 (97.10.15), 横浜.

730. [学会(全国)] (一般講演) 高脂血症関連性膵炎の2症例. 三輪亘,外山久太郎,進士永子,酒井太郎,鎌田一寿,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,高田一太郎,金山正明(内): 第46回共済医学会 (97.10.15), 横浜.

731. [学会(全国)] (一般講演) デキストラン硫酸ナトリウム(DSS)注腸による大腸炎モデルの検討. 久保田敏彦(内),小原進(生化),中野史郎,勝又伴栄,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第52回日本大腸肛門病学会総会 (97.10.18), 浜松, 日本大腸肛門病学会雑誌, 50(9): 837, 1997.

732. [学会(全国)] (一般講演) 孤立性胃静脈瘤に対するBRTOの効果判定と肝内門脈血流への影響−内視鏡的カラードプラ超音波断層法(ECDUS)及び体外式カラードプラ断層法 (CD-US)の有用性. 浅野朗,国分茂博,高田雅博,日高央,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放): 第1回日本肝臓病学会大会 (97.10.22), 盛岡.

733. [学会(全国)] (一般講演) 99mTc-GSAシンチグラフィーにて異常集積を認めた高分化型肝細胞癌1例と正常集積を示したAdenomatous hyperplasiaの1例. 日高央,国分茂博,浅野朗,中沢貴秀,高田雅博,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 第1回日本肝臓病学会大会 (97.10.23), 盛岡, 肝臓, 38(Suppl.2): 238, 1997.

734. [学会(全国)] (一般講演) 門脈血栓に対するAT-V製剤の使用経験. 高田雅博,国分茂博,荒木正雄,山崎好喜,日高央,浅野朗,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 第1回日本肝臓病学会大会 (97.10.24), 盛岡, 肝臓, 38(Suppl.2): 281, 1997.

735. [学会(全国)] (一般講演) 大腸癌におけるbasic Fibroblast Growth Factor (bFGF)の発現と臨床病理学的検討. 渡辺隆司,外山久太郎,本間二郎,野登誠,三輪亘,渡辺清治,竹吉由加志,金山正明,大栗健彦(内): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.29), 福岡.

736. [学会(全国)] (一般講演) 硬化療法前後における門脈圧亢進性胃症の検討−赤外線電子内視鏡及び門脈血行動態の側面から−. 田辺聡,国分茂博(内): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.30), 福岡.

737. [学会(全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎症例における栄養状態と予後についての検討. 横山薫,勝又伴栄,五十嵐正広,小林清典,高橋裕之,西元寺克礼(内): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.30), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 272, 1997.

738. [学会(全国)] (一般講演) 総胆管結石に対する内視鏡的乳頭バルーン拡張術の検討−内視鏡的乳頭切開術との比較−. 国東幹夫,木田光広(内): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.31), 福岡.

739. [学会(全国)] (一般講演) 小腸ambulatory manometryを用いた24時間小腸内圧測定の試み. 安達献,白須恭子,菅野聡,中村陽子,渡部幸夫,安部明郎(内),Praser, R.,Dent, J.(国立相模原病院): 第52回国立療養所総合医学会 (97.11.14), 高松.

740. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病性足壊疽の予防と対策(第3報)−胼胝除去による過剰足底圧の軽減効果−. 金森晃,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 第13回日本義肢装具学会学術大会 (97.11.23), 東京, 日本義肢装具学会誌, 13(特別): 138〜139, 1997.

741. [学会(全国)] (一般講演) 家族性大腸腺腫症の上部消化管病変に対する経過観察の検討. 横山薫,五十嵐正広,小林清典,高橋裕之,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第15回日本大腸検査学会総会 (97.11.23), 東京, 予稿集, p.33, 1997.

742. [学会(全国)] (一般講演) 胆膵疾患おけるMRCPの有用性−ERCPを対照として−. 白須恭子,木田光広,今泉弘,国東幹夫,渡辺摩也,菅野聡,木田芳樹,田辺聡,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),北村雅也,島田謙, 吉田宗紀(外),磯部義憲(放): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.27〜30), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2141, 1997.

743. [学会(全国)] (一般講演) Accessory left gastric vein (ALGV)描出例の検討. 浅野朗,国分茂博,荒木正雄,山崎好喜,谷川一志,日高央,高田雅博,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京.

744. [学会(全国)] (一般講演) 総胆管結石に対する内視鏡的乳頭バルーン拡張術の検討−合併症の発症因子について−. 国東幹夫,木田光広(内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京.

745. [学会(全国)] (一般講演) 膵腫瘍性病変診断における検体採取用側孔付きERCPカテーテルの有用性と採取膵液細胞のk-ras-codon 12遺伝子変異の検討. 木田芳樹,木田光広,今泉弘,渡辺摩也,大井田正人,西元寺克礼(内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 1947, 1997.

746. [学会(全国)] (一般講演) 原発性硬化性胆管炎における内視鏡的逆行性胆管造影所見による診断能の検討. 荒木正雄,国分茂博,浅野朗,日高央,渡辺摩也,高田雅博,中沢貴秀,木田光広,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2143, 1997.

747. [学会(全国)] (一般講演) 無側孔ERBDステントの有用性の検討. 菅野聡,木田光広,国東幹夫,渡辺摩也,近藤一英,今泉弘,木田芳樹,田辺聡,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2147, 1997.

748. [学会(全国)] (一般講演) 3次元超音波内視鏡(EU-IP system)を用いた体積の基礎的・臨床的検討. 渡辺摩也,木田光広,国東幹夫,菅野聡,近藤一英,小林清典,田辺聡,山田至人,坂口哲章,野登誠,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼 (内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2167, 1997.

749. [学会(全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎症例における上部消化管病変についての検討. 横山薫,五十嵐正広,小林清典,高橋裕之,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.28), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2157, 1997.

750. [学会(全国)] (ポスター講演) クローン病の術後経過と治療法の選択. 高橋裕之,勝又伴栄,横山薫,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内),三富弘之,岡安勲(病理): 第83回日本消化器病学会総会 (97.04.18), 名古屋.

751. [学会(全国)] (ポスター講演) 肥満に対するβ3アドレナリン受容体多型の意義. 中嶋真一(内),馬場恒春(逗子病院),井戸田照義(三菱重工),神康之,梅沢慎一,藤井英,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.23), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 300, 1997.

752. [学会(全国)] (ポスター講演) 電流知覚閾値(CPT)を用いた糖尿病性神経障害の評価. 梅沢慎一,金森晃,中嶋慎一,神康之,橋爪洋美,藤井英,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.23), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 306, 1997.

753. [学会(全国)] (ポスター講演) NIDDMの糸球体過剰濾過および尿アルブミン排泄率に対する血糖是正の影響. 小久保麻子,的場清和,神康之,中嶋真一,橋爪洋美,藤井英,梅沢慎一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 389, 1997.

754. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病患者の足底圧分布におよぼす靴クッション効果−F-SCANを用いた検討−. 金森晃,藤井英,橋爪洋美,神康之,中嶋真一,梅沢慎一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 419, 1997.

755. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病性壊疽発症危険因子である胼胝形成機序の解明−糖尿病患者における足趾関節可動角度の測定−. 金森晃,中嶋真一,神康之,橋爪洋美,藤井英,梅沢慎一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.1): 419, 1997.

756. [学会(全国)] (ポスター講演) 透視下Lipiodol混合Ethanol局注療法の有用性−特に大型肝細胞癌について−. 高田雅博,国分茂博,浅野朗,西元寺克礼(内): 第33回日本肝癌研究会 (97.06.27), 久留米.

757. [学会(全国)] (ポスター講演) 再発静脈における供血路の検討; 初回及び再発前のAngioとEVIS所見の対比から. 高田雅博,国分茂博,日高央,浅野朗,西元寺克礼(内): 第4回日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会 (97.09.05), 福岡.

758. [学会(全国)] (ポスター講演) 胆管との交通を有し治療に難渋した感染性肝嚢胞の1例. 若林健司,高田雅博,日高央,浅野朗,渋谷明隆,木田光広,国分茂博,西元寺克礼(内): 第30回日本腹部救急医学会総会 (98.03.19), 神戸.

759. [学会(地方)] (教育講演) 早期大腸癌の治療. 勝又伴栄(内): 第9回日本消化器内視鏡学会関東セミナー (98.02.28), 千葉, 予稿集, p.72〜76, 1997.

760. [学会(地方)] (シンポジウム等) 膵腫瘍性病変における膵液中K-ras癌遺伝子codon-12点突然変異検出法の比較検討. 木田芳樹,木田光広(内): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.06), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(9): 1655, 1997.

761. [学会(地方)] (シンポジウム等) 早期大腸癌の治療における内科と外科の接点. 勝又伴栄,五十嵐正広(内),大谷剛正(外): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.10), 横浜, 予稿集, p.49, 1997.

762. [学会(地方)] (シンポジウム等) 大型の大腸有茎性ポリープの内視鏡的摘除における留置スネアの有用性. 小林清典,五十嵐正広,勝又伴栄(内): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.11), 横浜, 予報集, p.53, 1997.

763. [学会(地方)] (ワークショップ) 内視鏡による異物摘出. 田辺聡,今泉弘,木田光広,小泉和三郎,五十嵐正広,大井田正人,西元寺克礼(内): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.06), 東京.

764. [学会(地方)] (一般講演) 化学療法にて完全緩解に至ったIgG-κ型M蛋白血症合併進行胃癌の1例. 山崎好喜,外山久太郎,鎌田一寿,竹沢美代子,渡辺清治,竹吉由加志,渡辺隆司,本間二郎,野登誠(内),長島洋治(平塚共済病院): 第452回日本内科学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

765. [学会(地方)] (一般講演) 大複殖門条虫症の1例. 竹沢美代子,外山久太郎(平塚共済病院),武山治久,高田一太郎,金山正明,月江英一(内),中村健A(寄): 第452回日本内科学会関東地方会 (97.02.08), 東京.

766. [学会(地方)] (一般講演) ESTにて総胆管結石除去後, 短期間に14個の胆嚢内結石が自然排石された1例. 吉沢繁,伊藤均,高尾正彦(内),菊池正夫,管重尚(立川病院): 第243回日本消化器病学会関東支部例会 (97.02.15), 大宮.

767. [学会(地方)] (一般講演) 診断に苦慮したデスモイド腫瘍の1例. 日高央,小林清典,高橋裕之,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富裕之,岡安勲(病理): 第454回日本内科学会関東地方会 (97.05.10), 横浜.

768. [学会(地方)] (一般講演) 両側副腎骨髄脂肪種の1例. 鎌田一寿,外山久太郎,竹沢三代子,山崎好喜,三輪亘,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,高田一太郎,金山正明(内): 第454回日本内科学会関東地方会 (97.05.10), 東京.

769. [学会(地方)] (一般講演) 内視鏡下生検により診断し得た回腸原発悪性リンパ腫の1例. 高谷育男,荒田慎寿,林弘美,鈴木秀明,松岡幹雄(内),吉本昇,北川正明,細井英雄,赤羽久昌(横須賀共済病院): 第244回日本消化器病学会関東支部例会 (97.05.24), 東京.

770. [学会(地方)] (一般講演) 食道胃接合部に瘻孔を形成し胃内腔に穿破したと考えられる剥離性食道炎の1例. 村上秩,大野隆,田中博志,松木茂樹,橘田輝雄(内): 第244回日本消化器病学会関東支部例会 (97.05.24), 東京.

771. [学会(地方)] (一般講演) 食道・胃・大腸に発症した異時性早期3重複癌の1例. 影山裕,佐野秀弥,本橋修(内),高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.06), 東京.

772. [学会(地方)] (一般講演) 放射線治療が有効であった消化管原発T細胞性悪性リンパ腫の1例. 国東幹夫,田辺聡,高橋裕之,今泉弘,木田光広,小泉和三郎,五十嵐正広,大井田正人,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.07), 東京.

773. [学会(地方)] (一般講演) 憩室炎を合併し存在診断が困難であった盲腸癌の1例. 小野弘二,小林清典,勝又伴栄,横山薫,高橋裕之,五十嵐正広,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之,岡安勲(病理): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.07), 東京.

774. [学会(地方)] (一般講演) 胆膵疾患におけるMRCPの有用性−ERPCを対照として−. 白須恭子,木田光広,今泉弘,国東幹夫,渡辺摩也,菅野聡,木田光広,田辺聡,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),北村雅也,島田謙, 吉田宗紀(外),磯部義憲(放): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.07), 東京.

775. [学会(地方)] (一般講演) 小腸鏡で術前診断し得た空腸癌の1例. 横山薫,小林清典,勝又伴栄,高橋裕之,五十嵐正広,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之,岡安勲(病理),石井俊也(東邦大): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.07), 東京, 予稿集, p.81, 1997.

776. [学会(地方)] (一般講演) ヘモクロマトーシスに合併したGCSF産生性と思われる肝細胞癌の1例. 白須恭子,中沢貴秀,高田雅博,渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内): 第455回日本内科学会関東地方会 (97.06.14), 東京.

777. [学会(地方)] (一般講演) G-CSF高値を呈した胆嚢癌の1例. 渡辺隆司,外山久太郎(平塚共済病院),進士永子,酒井太郎,鎌田一寿,三輪亘,渡辺清治,竹吉由加志,本間二郎,野登誠(内): 第245回日本消化器病学会関東支部例会 (97.07.02), 東京.

778. [学会(地方)] (一般講演) 膵インスリノーマ診断におけるカルシウム負荷試験の有用性. 高田哲秀,梅沢慎一,奥村俊明,中嶋真一,橋爪洋美,神康之,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第456回日本内科学会関東甲信越地方会 (97.07.12), 東京.

779. [学会(地方)] (一般講演) 無痛性膵炎を繰り返しているSLEの1例. 鎌田一寿,外山久太郎(平塚共済病院),進士永子,三輪亘,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,高田一太郎(内): 第456回日本内科学会関東甲信越地方会 (97.07.12), 東京.

780. [学会(地方)] (一般講演) 小腸内視鏡で観察し得た空腸stromal腫瘍の1切除例. 北村匡,小林清典,横山薫,高橋裕之,小泉和三郎,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之(病理),林正俊(林クリニッ ク): 第245回日本消化器病学会関東支部例会 (97.07.12), 東京.

781. [学会(地方)] (一般講演) 診断に苦慮した肝原発性T cell lymphomaと思われる1例. 進士永子,外山久太郎,本間二郎,鎌田一寿,酒井太郎,三輪亘,竹吉由加志,渡辺清治,渡辺隆司,野登誠(内): 第457回日本内科学会関東地方会 (97.09.13), 前橋.

782. [学会(地方)] (一般講演) 著明な好酸球増多を来した肺癌の1症例. 鎌田一寿,外山久太郎,進士永子,三輪亘,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,高田一太郎(内): 第457回日本内科学会関東地方会 (97.09.13), 前橋.

783. [学会(地方)] (一般講演) 嚢胞ドレナージとエタノール注入にて著効した長径30 cmの巨大肝嚢胞の1例. 荒木正雄,日高央,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内): 第246回日本消化器病学会関東支部例会 (97.09.20), 東京.

784. [学会(地方)] (一般講演) 肝炎ウイルスマーカー陰性の原発性胆汁性肝硬変(PBC)に肝細胞癌を合併した2例. 中村陽子,渡部幸夫,木村高徳,宮坂菜穂子,白須恭子,菅野聡,安達献,安部明郎(内),浅尾武士(国立相模原病院): 第246回日本消化器病学会関東支部例会 (97.09.20), 東京.

785. [学会(地方)] (一般講演) 2年間経過観察された十二指腸カルチノイドの1治験例. 進士永子,外山久太郎,鎌田一寿,酒井太郎,三輪亘,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,高田一太郎(内),金山正明,熊本吉一(平塚共 済病院): 第246回日本消化器病学会関東支部例会 (97.09.20), 東京.

786. [学会(地方)] (一般講演) 原発性シェーグレン症候群に非ホジキンリンパ腫を合併した1例. 三輪亘,外山久太郎,進士永子,鎌田一寿,酒井太郎,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(内): 第458回日本内科学会関東地方会 (97.10.12), 東京.

787. [学会(地方)] (一般講演) 再発性多発性軟骨炎の1例. 鎌田一寿,外山久太郎,進士永子,酒井太郎,三輪亘,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠(内): 第459回日本内科学会関東地方会 (97.11.08), 水戸.

788. [学会(地方)] (一般講演) 同一家系において腸管外に癌を合併したPeutz-Jeghers症候群の3例. 小沢広,門馬久美子,屠聿揚,神沢輝実,江川直人,石渡淳一,加藤裕昭(都立駒込病院),荒川丈夫(内),榊信廣(都立駒込病院): 第459回日本内科学会関東地方会 (97.11.08), 水戸.

789. [学会(地方)] (一般講演) 多発性骨髄腫経過中に発症した劇症肝炎の1例. 村上秩,松木茂樹,下浜孝郎,前村安文,是洞佳子,大野隆,田中博志,吉井昭夫,橘田輝雄(内): 平成9年度神奈川県内科集談会 (97.11.15), 横浜.

790. [学会(地方)] (一般講演) 直腸原発悪性黒色腫の1例. 影山裕,佐野秀弥,本橋修(内),高木精一,幾世橋篤(神奈川県立がんセン): 第30回神奈川県消化器病医学会総会 (97.11.15), 川崎.

791. [学会(地方)] (一般講演) 肝障害を契機に発見された早期十二指腸乳頭部癌の1例. 志水祥介,土橋健,西山和男,小松弘一,佐島敬清,四宮由美子,酒井辰彦(内),増田英明,今村清子,清水大輔,高山敦子,木村英明,高橋徹也,小尾芳 郎,鬼頭文彦,佐野仁勇(横浜市民病院): 第30回神奈川県消化器病医学会総会 (97.11.15), 川崎.

792. [学会(地方)] (一般講演) AFP産生胆嚢癌の1例. 内田敬久,林弘美,桐越博之,犬尾公厚,荒田慎寿,鈴木秀明,高谷育男,小島洋二,松岡幹雄(内),赤羽久昌,大原毅(横須賀共済病院): 第30回神奈川県消化器病医学会総会 (97.11.15), 川崎.

793. [学会(地方)] (一般講演) 一部にhepatoid adenocarcinomaを認めた胃原発絨毛上皮癌の1例. 三輪亘,外山久太郎,進士永子,酒井太郎,鎌田一寿,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠(内),金山正明(平塚共済病院): 第247回日本消化器病学会関東支部例会 (97.12.06), 横浜.

794. [学会(地方)] (一般講演) 直腸小細胞癌の1例. 影山裕,佐野秀弥,本橋修(内),高木精一,幾世橋篤(平塚共済病院): 第247回日本消化器病学会関東支部例会 (97.12.06), 横浜.

795. [学会(地方)] (一般講演) 有茎性発育を示した胃Gastro-intestinal stromal tumorの1例. 千葉優子,佐島敬清,小松弘一,西山和男,土橋健,志水祥介,今村清子,増田英明,酒井辰彦,四宮由美子(内),福島恒男,鬼頭文彦,松尾恵五,小金井一 隆,上田倫夫,中村宣生(横浜市民病院): 第247回日本消化器病学会関東支部例会 (97.12.06), 横浜.

796. [学会(地方)] (一般講演) 肝炎ウイルスマーカー陰性の自己免疫性肝炎に肝細胞癌を合併した1症例. 中村陽子,渡部幸夫,小嶋達也,白須恭子,菅野聡,安達献,安部明郎(内),浅尾武士(国立相模原病院): 第247回日本消化器病学会関東支部例会 (97.12.06), 横浜.

797. [学会(地方)] (一般講演) 化学療法が著効し手術可能となった胃原発Krukenberg腫瘍の1例. 谷川一志,田辺聡,小泉和三郎,若林健司,山崎いづみ,渡部摩也,近藤一英,今泉弘,木田芳樹,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),根本 一彦,小林伸行(外),秦宏樹(産婦),上杉秀永,三富弘之(病理): 第247回日本消化器病学会関東支部例会 (97.12.06), 横浜.

798. [学会(地方)] (一般講演) 多発性胃カルチノイドの2例. 影山裕,佐野秀弥,本橋修,高木精一,幾世橋篤(内): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.10), 横浜.

799. [学会(地方)] (一般講演) Barrett食道経過中に発生した早期腺癌の1例. 村上秩,大野隆,下浜孝郎,田中博志,松木茂樹,橘田輝雄(内),徳山丞,富田真人,五十嵐吉光,三須雄二,飯尾宏,中安邦夫,別所隆(伊勢原協同病 院): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.10), 横浜.

800. [学会(地方)] (一般講演) 膵原発ガストリノーマの肝転移と肝細胞癌, 腎細胞癌が併存した1例. 保坂美生,武藤信美,鈴木弘人,斉藤俊司(内),山崎崇,反町仁一(大和市立病院),三輪剛(東海大): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.10), 横浜.

801. [学会(地方)] (一般講演) 粘膜下腫瘍様の肉眼形態を呈した大腸進行癌の2例. 高橋裕之,小林清典,横山薫,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之(病理): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.11), 横浜.

802. [学会(地方)] (一般講演) 内視鏡下生検により診断し得た直腸子宮内膜症の1例. 高谷育男,荒田慎寿,林弘美,鈴木秀明,小島洋二,松岡幹雄(内),赤羽久昌,大原毅(横須賀共済病院): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.11), 横浜.

803. [学会(地方)] (一般講演) 検診で発見されたsolid and cystic tumorに類似した像を呈したislet cell tumorの1切除例. 荒木正雄,木田光広,国東幹夫,渡辺摩也,木田芳樹,今泉弘,田辺聡,山田至人,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),小八木紳一,島田 謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹(外),桑尾定仁,亀谷徹(病理): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.11), 横浜.

804. [学会(地方)] (一般講演) 患者会活動の現状と課題−アンケート調査より. 神由加理,矢島義忠,斉藤宣彦,平尾紘一,的場清和(内),田村泰敏,南昭和: 第35回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (98.01.24), 横浜.

805. [学会(地方)] (一般講演) トログリタゾンによる劇症肝炎の1例. 渡辺真彰,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 第35回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (98.01.24), 横浜.

806. [学会(地方)] (一般講演) 虚血性腸炎を契機に高浸透圧性非ケトン性昏睡(NKHOC)を発症したNIDDMの1剖検例. 平井法博,藤井英,神由加里,田中昭太郎,金森晃,矢島義忠(内): 第35回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (98.01.24), 横浜.

807. [学会(地方)] (一般講演) 新しい神経機能診断装置Neurometerを用いた糖尿病性神経障害の評価. 梅沢慎一,金森晃,高田哲秀,橋爪洋美,神康之,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第35回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (98.01.24), 横浜.

808. [学会(地方)] (一般講演) 前立腺膿瘍および前立腺直腸瘻の形成により化膿性脊椎炎を惹起したNIDDMの1例. 田中啓司A,金森晃,矢島義忠(内): 第35回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (98.01.24), 横浜.

809. [学会(地方)] (一般講演) 高度の神経因性膀胱に血糖コントロールと排尿訓練が有効であったNIDDMの1例. 神康之,梅沢慎一,奥村俊明,高田哲秀,中嶋真一,橋爪洋美,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第35回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (98.01.24), 横浜.

810. [学会(地方)] (一般講演) PBCを併発した胆石を伴う多房性胆嚢の1例. 三輪亘,外山久太郎,進士永子,酒井太郎,鎌田一寿,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(内): 第248回日本消化器病学会関東支部例会 (98.02.21), 東京.

811. [学会(地方)] (一般講演) 経時的に経過を観察し得た虚血性小腸狭窄の1例. 小嶋達也,安達献,宮坂菜穂子,白須恭子,中村陽子,菅野聡,渡部幸夫,安部明郎(内),上野琢哉,西山保比古,金田悟郎,門脇憲,高橋俊毅(外),浅尾 武士(国立相模原病院),三富弘之(病理): 第248回日本消化器病学会関東支部例会 (98.02.21), 東京.

812. [学会(地方)] (一般講演) C型慢性肝炎に対するIFN著効後に肝癌(HCC)の発現を認めた3例. 斉藤俊司(内),泉家久直(外),竹下利夫,大宮東生(大和市立病院),渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内),吉田宗紀(外): 第248回日本消化器病学会関東支部例会 (98.02.21), 東京, 抄録集, p.7, 1998.

813. [学会(地方)] (一般講演) Helicobacter pylori除菌後に再発した十二指腸潰瘍の1例. 北村匡,小泉和三郎,田辺聡,中井久雄,今泉弘,木田芳樹,渡辺摩也,木田光広,大井田正人,西元寺克礼(内): 第462回日本内科学会関東地方会 (98.03.14), 東京.

814. [学会(地方)] (一般講演) 腹痛, 肝機能障害を契機に診断された巨大肝管嚢腫の1例. 進士永子,外山久太郎(平塚共済病院),鎌田一寿,酒井太郎,三輪亘,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠(内): 第462回日本内科学会関東地方会 (98.03.14), 東京.

815. [学会(地方)] (一般講演) トログリタゾンによる劇症肝炎の1剖検例. 渡辺真彰,渋谷明隆,西元寺克礼(内),高橋久夫(相模中央クリニック),竹内治男(相模野病院): 神奈川県内科医学会集談会 (98.03.29), 相模原.

816. [研究会(国際)] (シンポジウム等) Staging of gastric cancer with endoscopic ultrasonography (EUS) and endoscopic mucosal resection (EMR). 木田光広,西元寺克礼(内): 11th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (98.01.10), 京都.

817. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 特発性門脈圧亢進症に対するEVISの検討. 日高央,国分茂博,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼,村上匡人(内): 第6回内視鏡的食道静脈瘤造影検討会 (97.11.29), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2233, 1997.

818. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 新しい超音波3D画像処理装置(EU-IP system)の使用経験. 渡辺摩也,木田光広(内): 第6回クリニカルビデオフォーラム (98.02.04), 東京.

819. [研究会(全国)] (ワークショップ) 構造強調画像における大腸疾患の診断. 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,横山薫,高橋裕之(内): 第6回クリニカルビデオフォーラム (98.02.04), 東京.

820. [研究会(全国)] (一般講演) 食道悪性疾患における超音波プローブの適応と有用性の検討. 渡辺摩也,木田光広,菅野聡,近藤一英,木田芳樹,今泉弘,田辺聡,坂口哲章,野登誠,山田至人,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内), 菊池史郎,小林伸行,比企能樹(外),三富弘之,岡安勲(病理): 第9回内視鏡的超音波の精度向上に関する研究会 (97.04.16), 名古屋.

821. [研究会(全国)] (一般講演) 食道静脈瘤造影像からみた巨木型食道静脈瘤の検討. 橋詰清江,高田雅博,浅野朗,日高央,中沢貴秀,国分茂博,西元寺克礼(内): 第5回内視鏡的食道胃静脈瘤造影研究会 (97.04.16), 名古屋.

822. [研究会(全国)] (一般講演) 糖尿病性神経障害患者の胼胝部における足底圧評価. 金森晃,中嶋真一,神康之,梅沢慎一,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 第11回糖尿病性合併症研究会 (97.10.05), 名古屋.

823. [研究会(全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症の食品交換表(案)の試用経験. 畑五月(北里メディカルセン),桶川久美(大和市民病院),加藤チイ(栄養科),田中啓司A,的場清和(内): 日本糖尿病学会食品交換表編集委員会作成「糖尿病性腎症の食品交換表に関する」シンポジウム (97.10.19), 東京.

824. [研究会(全国)] (一般講演) 門脈圧亢進症における食道静脈瘤硬化療法前後の血中総胆汁酸値の変動. 橋詰清江,国分茂博,柴田久雄(内): 第5回肝病態生理研究会 (97.10.22), 盛岡.

825. [研究会(全国)] (一般講演) 腸型ベーチェット病および単純性潰瘍に対する在宅経腸栄養療法の有用性についての検討. 高橋裕之,勝又伴栄,横山薫,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内),比企能樹(外),深堀信子,野口球子(栄養): 第20回在宅経腸栄養研究会 (97.11.01), 東京.

826. [研究会(全国)] (一般講演) 糖尿病患者を対象とした歩行解析−足趾関節可動性の検討−. 金森晃,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 第3回糖尿病フットケア研究会 (97.11.08), 東京.

827. [研究会(全国)] (一般講演) ブーツ着用により下腿蜂巣炎をきたしたIDDMの1例. 田中啓司A,金森晃,矢島義忠(内): 第3回糖尿病フットケア研究会 (97.11.08), 東京.

828. [研究会(全国)] (一般講演) NIDDMにおける微量アルブミン尿の長期予後について. 神康之,的場清和,奥村俊明,高田哲秀,橋爪洋美,小久保麻子,中嶋真一,梅沢慎一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第9回糖尿病性腎症研究会 (97.11.13), 東京.

829. [研究会(全国)] (一般講演) 超音波内視鏡を施行した興味ある膵腫瘤性病変. 渡辺摩也,木田光広,国東幹夫,菅野聡,今泉弘,木田芳樹,坂口哲章,山田至人,野登誠,西元寺克礼(内),島田謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹(外), 三富弘之,桑尾定仁,亀谷徹(病理): 第10回内視鏡超音波診断の精度向上に関する研究会 (97.11.29), 東京, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 39(Suppl.2): 2227, 1997.

830. [研究会(全国)] (一般講演) 大腸早期癌の年度別推移についての検討. 高橋裕之,五十嵐正広,小林清典,横山薫,勝又伴栄,西元寺克礼(内),井原厚,大谷剛正(外),三富弘之(病理): 第48回大腸癌研究会 (98.01.30), 鹿児島.

831. [研究会(全国)] (一般講演) ガストリン受容体拮抗剤L-365,260のラット胃粘液代謝に対する影響. 小室裕一(内),石原和彦(化),市川尊文(生化),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第49回ペプシン研究会 (98.02.20), 東京, 抄録集, p.11, 1998.

832. [研究会(地方)] (特別講演) 大腸内視鏡の基本手技. 五十嵐正広(内): 第3回宮城県大腸内視鏡手技研究会 (97.09.06), 仙台.

833. [研究会(地方)] (特別講演) 門脈圧亢進症の血行動態と治療の進歩. 国分茂博(内): 第8回北海道肝臓研究会 (97.10.04), 札幌.

834. [研究会(地方)] (特別講演) 炎症性腸疾患の診断と治療. 五十嵐正広(内): 第16回平塚市消化器研究会 (97.11.13), 平塚.

835. [研究会(地方)] (特別講演) 大腸早期癌の診断と治療. 五十嵐正広(内): 第1回栃木県腸疾患研究会 (97.12.20), 宇都宮.

836. [研究会(地方)] (特別講演) 胃・食道静脈瘤に対するBRTOとEISの適応と選択. 国分茂博(内): 第15回山口県食道疾患研究会 (98.03.27), 小郡.

837. [研究会(地方)] (教育講演) 微小胃癌の内視鏡診断. 大井田正人(内): 第17回びらん研究会 (97.01.25), 盛岡.

838. [研究会(地方)] (教育講演) ヒトがんに蓄積する遺伝子異常の検出. 三輪亘(内): 第14回平塚市消化器病研究会 (97.06.12), 平塚.

839. [研究会(地方)] (教育講演) 早期胃癌の内視鏡的切除療法. 本橋修(内): 第2回横浜西部消化器カンファランス (97.07.31), 横浜.

840. [研究会(地方)] (教育講演) 門脈圧亢進症の血行動態と治療法の進歩. 国分茂博(内): 第10回神奈川肝炎セミナー (97.09.06), 横浜.

841. [研究会(地方)] (教育講演) 食中毒一般について−O157を含めて−. 外山久太郎(内): 平塚地域医療保険セミナー (97.11.28), 平塚.

842. [研究会(地方)] (教育講演) 大腸早期癌の診断と治療. 五十嵐正広(内): 徳島県大腸癌検診研究会 (98.02.06), 徳島.

843. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 早期胃癌粘膜切除としてのEMRLの有用性. 本橋修,神谷丈児,影山裕,佐野秀弥,高木精一,幾世橋篤(内): 第8回DOM Forum (The Forum of Digestive Oncology for Medicine) (97.05.22), 横浜.

844. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 患者会活動のありかたと新たな展開−患者会活動の現状と課題. 神由加理(内),平尾紘一(HECサイエンスクリニック): 第16回関東甲信越糖尿病セミナー (97.10.25), 横浜, 抄録集, p.32, 1997.

845. [研究会(地方)] (一般講演) アナフィラクトイド紫斑病を合併した糖尿病性腎不全の1透析例. 中嶋真一,守屋達美,田中啓司A,梅沢慎一,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第51回神奈川県内科医学会集談会 (93.10.17), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 21(1): 58, 1994.

846. [研究会(地方)] (一般講演) AT-V製剤の投与により門脈本幹血栓が消失した肝硬変症の1例. 大庭堅太郎,谷川一志,浅野朗,橋爪清江,日高央,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,国分茂博(内): 第26回神奈川肝談話会 (97.01.25), 横浜.

847. [研究会(地方)] (一般講演) 中結腸動脈に動脈瘤を合併した非硬変門脈圧亢進症の1例. 渋谷明隆,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,国分茂博,西元寺克礼(内),吉田暢元,松永敬二,磯部義憲(放): 第3回肝血流動態イメージ研究会 (97.02.01), 神戸.

848. [研究会(地方)] (一般講演) 大腸癌の内視鏡的治療. 五十嵐正広,小林清典,高橋裕之,横山薫,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第8回DOM Forum (The Forum of Digestive Oncology for Medicine) (97.05.22), 横浜.

849. [研究会(地方)] (一般講演) 化学療法に著効した漏斗型食道癌の1例. 星野澄人,玉井拙夫,宮川薫,大川伸一,佐野秀弥,本橋修,高木精一,幾世橋篤,多羅尾和郎,青山法夫(神奈川県立がんセン): 第42回神奈川県消化器病研究会 (97.06.14), 平塚.

850. [研究会(地方)] (一般講演) 血管造影にて嚢胞壁の濃染像を伴った巨大肝のう胞の1例. 竹沢三代子,日高央,浅野朗,中沢貴秀,高田雅博,渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内): 第42回神奈川県消化器病研究会 (97.06.14), 平塚.

851. [研究会(地方)] (一般講演) 経過中に高カルシウム血症を来した肺転移を伴う肺癌の1例. 進士永子,外山久太郎,鎌田一寿,三輪亘,渡辺清治,竹吉由加志,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,高田一太郎,金山正明,北条晴人(内): 第42回神奈川県消化器病研究会 (97.06.14), 平塚.

852. [研究会(地方)] (一般講演) 多発性胃カルチノイドの2例. 影山裕,本橋修(内),佐野秀弥,高木精一,幾世橋篤(神奈川県がんセン): 第12回神奈川胃癌研究会 (97.06.21), 横浜.

853. [研究会(地方)] (一般講演) NIDDMの腎機能に対する血糖是正の影響. 神康之,的場清和,中嶋真一,橋爪洋美,藤井英,梅沢慎一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第14回神奈川糖尿病研究会 (97.06.28), 横浜.

854. [研究会(地方)] (一般講演) 胆膵疾患におけるMRCPの有用性. 白須恭子,木田光広,国東幹夫,渡辺摩也,菅野聡,木田芳樹,今泉弘,田辺聡,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),北村雅也,島田謙, 吉田宗紀(外): 第8回北里肝胆膵疾患研究会 (97.07.09), 相模原.

855. [研究会(地方)] (一般講演) 肝細胞癌に対する透視下Lipiodol混合Ethanol局注における肝動脈造影例の経験. 高田雅博,国分茂博,浅野朗,日高央,西元寺克礼(内): 第99回肝胆膵研究会 (97.07.10), 横浜.

856. [研究会(地方)] (一般講演) 多発性骨髄腫経過中に発症した劇症肝炎の1例. 村上秩,松木茂樹,大野隆,田中博志,橘田輝雄(内): 第19回川崎リバーカンファレンス (97.07.19), 川崎.

857. [研究会(地方)] (一般講演) IFN療法にてHCV-RNA消失, 3か月後にDiffuse TypeのHCCが発生した1例. 松木茂樹,村上秩,田中博志,大野隆,橘田輝雄(内): 第1回湘南OPEN Conference (97.08.23), 藤沢.

858. [研究会(地方)] (一般講演) NIDDMにおける糸球体ろ過値と尿アルブミン排泄の関連について. 神康之,的場清和,矢島義忠(内): 第16回東京糖尿病性腎症セミナー (97.10.13), 東京.

859. [研究会(地方)] (一般講演) α-グルコシダーゼ阻害剤による治療中に糖尿病性ケトアシドーシスを発症したNIDDMの1例. 平井法博(内): 糖尿病診療と療養を考える会 (97.11.20), 伊勢原.

860. [研究会(地方)] (一般講演) 胃粘膜下層より胃内腔に穿破したと考えられる食道粘膜下剥離の1例. 大野隆,村上秩,田中博志,松木茂樹,橘田輝雄(内): 第2回湘南Open Conference (97.11.22), 大磯.

861. [研究会(地方)] (一般講演) S.B.P.を合併したアルコール性肝硬変の1例. 松木茂樹,村上秩,須藤哲雄,田中博志,大野隆,橘田輝雄(内): 第2回湘南NLD Conference (97.11.28), 厚木.

862. [研究会(地方)] (一般講演) クローン病患者における経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)による栄養療法の有効性について. 横山薫,勝又伴栄,小林清典,五十嵐正広,高橋裕之,西元寺克礼(内),嶋尾仁,比企能樹(外),桃園忍,深堀信子(看護部),野口球子(栄養部): 第4回神奈川IBD研究会 (97.12.05), 横浜.

863. [研究会(地方)] (一般講演) 難治性胸腹水に対するTIPSの検討. 山崎好喜,国分茂博,浅野朗,竹沢美代子,荒木正雄,日高央,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内): 第27回神奈川肝談話会 (98.01.17), 横浜.

864. [研究会(地方)] (一般講演) Neurometerを用いた糖尿病性神経障害の評価と治療のpoint of no returnについての検討−神経障害治療の対象選択と薬効評価のための高感度検査法−. 梅沢慎一,金森晃,矢島義忠(内): 第1回神奈川ARI研究会 (98.02.19), 横浜.

865. [研究会(地方)] (一般講演) 総胆管結石に対する内視鏡的乳頭バルーン拡張術の有用性. 国東幹夫,木田光広,西元寺克礼(内): 第4回B.Pクラブ (98.03.04), 横浜.

866. [研究会(地方)] (一般講演) BRTO前後において脾静脈血流方向が逆行性から順行性に復した胃静脈瘤の3例. 浅野朗,国分茂博,高田雅博,日高央,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放): 第4回超音波ドプラ研究会 (98.03.14), 東京.

867. [研究会(地方)] (一般講演) 超音波画像処理装置EV-IP systemの機能と体積測定. 渡辺摩也,木田光広,国東幹夫,横山薫,菅野聡,近藤一英,小林清典,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内): 第4回管腔内超音波検査法の臨床応用に関する研究部会 (98.03.28), 東京.

868. [研究会(地方)] (公開講座) 糖尿病合併症対策の最先端; 腎症. 的場清和(内): 第16回関東甲信越糖尿病セミナー (97.10.25), 横浜, 抄録集, p.22, 1997.

869. [学会主催(地方会)] 第35回日本糖尿病学会関東甲信越地方会(98.01.24), 横浜, 矢島義忠(内).

870. [学会主催(その他)] 日本糖尿病学会関東甲信越支部, 日本糖尿病協会関東甲信越地方連絡協議会主催第16回関東甲信越糖尿病セミナー(97.10.25), 横浜, 矢島義忠(内).


<<1402 ?? >>

871. [原著] Hemodynamic changes associated with reduction in total cholesterol by treatment with the HMG-CoA reductase inhibitor pravastatin. 村松準,小林明芳,長谷川延広,横内聡子(内): Atherosclerosis, 130: 179〜182, 1997.

872. [原著] アルコール性心筋症−アルコールは原因か, あるいは増悪因子か?. 和泉徹,堀知行(内),中沢博之,和泉貞次(河渡病院アルコールセンター): Cardiologist, 2(8): 555〜558, 1997.

873. [原著] Increasing vasoconstrictor response to ergonovine with oxidative injury in canine coronary artery. Matsubara, T.,Nakazawa, M.,Yoshida, Y.,Imai, S.(新潟大),鈴木啓介,堀知行(内),Konno, T.,Higuchi, K.,Tamura, Y.,Yamazoe, M.,和泉徹(内),Aizawa, Y.(新潟大): Coronary Artery Disease, 8: 1〜7, 1997.

874. [原著] Characterization of cytokine and iNOS mRNA expression in situ during the course of experimental autoimmune myocarditis in rats. Okura, Y.,Yamamoto, T.,Goto, S.,Inomata, T.,Hirono, S.,Hanawa, H.,Feng, L.,Wilson, C.B.,Kihara, I.(新潟大),和泉徹(内),Shibata, A.,Aizawa, Y.,Seki, S.,Abo, T.(新潟大): J. Mol. Cell Cardiol., 29: 491〜502, 1997.

875. [原著] Sudden cardiac death in Japanese people aged 20-60 years; An autopsy study of 133 cases. 相崎俊哉,和泉徹,黒沢利郎(内),庄井のり子,古川理孝,栗原克由(法医): Jpn. Circ. J., 61(12): 1004〜1010, 1997.

876. [原著] Recovery from complete atrioventricular block caused by idiopathic giant cell myocarditis after corticosteroid therapy. Hanawa, H.(新潟大),和泉徹(内),Saito, Y.,Ochiai, Y.,Okura, Y.,Inomata, T.,Hirono, S.,Ogawa, Y.,Saito, R.,Kodama, M.,Higuma, N.,Aizawa, Y.(新潟大): Jpn. Circ. J., 62: 211〜214, 1998.

877. [原著] Mutations in the cardiac troponin T gene associated with hypertrophic cardiomyopathy. Kimura, A.,Harada, H.,Park, J.E.,Nishi, H.,Satoh, M.,Takahashi, M.,Hiroi, S.,笹岡大史(内),Ohbuchi, N.,Nakamura, T.,Koyanagi, T.,Huang, T.-H.,Choo, J.-A.,Chung, K.-S.,Hasegawa, A.,Nagai, R.,Okazaki, O.,Nakamura, H.,Matsuzaki, M.,Sakamoto, T.,Toshima, H.,Koga, Y.,Imaizumi, T.,Sasazaki, T.: Nature Genetics, 16: 379〜382, 1997.

878. [原著] 狭義および広義虚血性心筋症における臨床像の差異について. 大野安美,曽根早智子,種田宏司,村松準(内): Ther. Res., 18(1): 142〜148, 1997.

879. [原著] 心循環動態の改善が期待されるコレステロール低下治療の目標レベル. 村松準,小林明芳,長谷川延広(内): 循環器科, 42(4): 357〜363, 1997.

880. [原著] 高脂血症を伴う糖尿病における冠動脈疾患の検討. 平松慎右,伊藤和彦(内),原暁(新潟大),荻原篤,小泉正幸,林良明,永井順(沼津市立病院),村松準,和泉徹(内): 循環器科, 43(1): 71〜77, 1998.

881. [原著] 高脂血症を伴う糖尿病における冠動脈疾患の検討. 平松慎右,伊藤和彦(内),原暁(新潟大),荻原篤(内),小泉正幸,林良明,永井順(沼津市立病院),村松準,和泉徹(内): 循環器科, 43: 71〜77, 1998.

882. [原著] くも膜下出血直後の交感神経系活動と心筋障害−新しい実験動物モデルを用いての検索−. 増田卓(内),山本紳一郎(救命),佐藤清貴(内),松山斉久(臨検),川端信弥,和泉徹(内): 心筋の構造と代謝, 19: 153〜161, 1997.

883. [原著] 突然死症例(蘇生例を含む)の生命徴候の消失時期と予後. 佐藤匡,田辺直仁,林千治,斉藤玲子,鈴木宏(新潟大),和泉徹(内),相沢義房(新潟大),豊嶋英明(名古屋大),新潟市突然死救急研究会: 心臓, 29(5): 7〜10, 1997.

884. [原著] 心血管病変に対する糖尿病のリスク. 田辺直仁,林千治,鈴木宏(新潟大),和泉徹(内): 日本循環器管理研究協議会雑誌, 32(1): 26, 1997.

885. [準原著] 老年者の慢性心不全と栄養管理. 和泉徹(内): 栄養・食事ニュース, (14): 1〜4, 1997.

886. [研究報告(厚生省)] 遷延化する心筋炎と特発性心筋症に関する研究. 和泉徹,河野健,横山浩之,鈴木啓介(内),青山直善(救命),大倉裕二,広野暁,猪俣孝元,塙晴雄,小玉誠(新潟大): 厚生省特定疾患調査研究班基盤研究部門特定疾患に関する微生物研究班平成8年度研究報告書, p.56〜58, 1997.

887. [症例報告] 冠動脈左室瘻の心筋虚血に対する冠拡張剤治療の有効性. 佐藤周,川口竹男,大石環,福井和樹(小田原市立病院),清水完悦,和泉徹(内): 呼吸と循環, 45(11): 1115〜1121, 1997.

888. [症例報告] Ca拮抗薬により改善した心不全症例. 河野健,和泉徹(内): 治療学, 32(2): 227〜229, 1998.

889. [症例報告] 左冠動脈左室瘻に右冠動脈形成異常を合併した1症例. 佐藤周,川口竹男,勝沼英太,町田陽二,清水完悦,和泉徹(内): 心臓, 29(6): 507〜512, 1997.

890. [臨床治験] 本態性高血圧症に対するACE阻害薬(シラザプリル)治療の降圧不十分例に対するα1遮断薬(ブナゾシン徐放性製剤)の併用効果について. 村松準,清水完悦,長谷川延広,小林明芳(内): 医学と薬学, 37(3): 625〜634, 1997.

891. [臨床治験] 軽・中等症慢性心不全に対するデノパミン併用投与の臨床成績−一般外来診療におけるデノパミン投与の安全性と有用性−. 村松準,菊池博,佐藤実,豊田和雄,原芳邦(内): 薬理と臨床, 7(4): 509〜524, 1997.

892. [臨床治験] 血清HDLコレステロール代謝に与えるシンバスタチンの影響−新潟リポバス研究会−. 田辺直仁,林千治,関奈緒,鈴木宏(新潟大),和泉徹(内),豊嶋英明(名古屋大),佐藤匡,斉藤玲子,相沢義房,柴田昭(新潟大): 臨床と研究, 74(4): 995〜1000, 1997.

893. [総説] Advanced heart failure; current status and new frontiers. 和泉徹,土屋直隆(内): '97 AHA highlights, p.52〜57, 1998.

894. [総説] 心臓と免疫. 松森昭(京大),和泉徹(内),北浦泰(大阪医大),世古義規(東大): Cardiac Practice, 8(3): 371〜386, 1997.

895. [総説] ジギタリスとPDE阻害薬. 町田陽二,和泉徹(内): Heart View, 1(8): 956〜962, 1997.

896. [総説] 心不全治療の大規模研究成績をどう読むか−虚血性心筋症と拡張型心筋症で予後改善効果になぜ差があるのか. 長田和之,和泉徹(内): Ischemic Heart Today, 3(4): 2〜4, 1997.

897. [総説] 不安定狭心症の診断と鑑別のポイント−問診と心電図から−. 村松準(内),青山直善(救命): Medical Practice, 14(12): 1925〜1929, 1997.

898. [総説] 拡張型心筋症に対する治療薬の選択と使い方. 堀知行,和泉徹(内): Medicina, 34(8): 1613〜1616, 1997.

899. [総説] 高血圧性心肥大の成立機序. 和泉徹(内): メディカル・ビューポイント, 18(5): 2, 1997.

900. [総説] 心筋梗塞−治療方針−. 村松準(内),青山直善(救命),黒沢利郎(内): 医学と薬学, 37(3): 549〜558, 1997.

901. [総説] 高血圧および心疾患患者の歯科診療における医科との連携−観血的処置をめぐって−. 村松準(内): 月刊保団連, (544): 1997.

902. [総説] ウイルス性心筋炎・拡張型心筋症と自己免疫. 大倉裕二,塙晴雄(新潟大),和泉徹(内): 循環器Today, 1(6): 633〜638, 1997.

903. [総説] 拡張型心筋症とウイルス感染. 和泉徹(内),北浦泰(大阪医大): 循環器Today, 1(6): 665〜676, 1997.

904. [総説] くも膜下出血でみられる心筋障害−臨床病像から実験病理への展開−. 増田卓,佐藤清貴,和泉徹(内): 心臓, 30(1): 21〜34, 1998.

905. [総説] 「病因・病態からみた心不全治療」拡張型心筋症. 増田卓,和泉徹(内): 内科, 79(1): 95〜98, 1997.

906. [総説] 不完全右脚ブロックは右室容量負荷を示すのか? 村松準(内): 臨床医, 23(4): 31〜33, 1997.

907. [総説] 実験的心筋炎. 広野暁(新潟大),和泉徹(内): 臨床科学, 33(7): 835〜843, 1997.

908. [講座] 日経メディクイズ; 心電図. 村松準(内): Nikkei Medical, (4): 97〜98, 1997.

909. [講座] スポーツクリニック; 運動エネルギー, (2)有酸素運動と無酸素運動. 清水完悦(内): Sports Sagamihara, 1(15), 1997.

910. [講座] スポーツクリニック; (15)肥満と運動. 清水完悦(内): Sports Sagamihara, 1(16), 1997.

911. [講座] こんな症例, こんな画像(トリカブト中毒). 鈴木啓介(内),相馬一亥,大和田隆(救命): 集中治療, 10(1), 1, 1998.

912. [学術書] (分担執筆) 医療過誤訴訟, 鑑定書集(第9集); 運動負荷心電図検査実施中, 心筋梗塞を発症して死亡した例, p.111〜162, 村松準(内). 医療事故情報センター, 名古屋, 98.03.01発行.

913. [教科書] (分担執筆) 研修医チェックガイド(症状・異常の基本的診察技術), 第1版; チアノーゼ, p.174〜179, 村松準,笹岡大史(内). 編集 石川恭三(杏林大), 新興医学出版, 東京, 97.00.00発行.

914. [教科書] (分担執筆) 心臓病診療プラクティス16−心不全を癒す; 二次性心筋症の治療はどうするか, 16: 278〜285, 青山直善(救命),和泉徹(内). 編集 吉川純一(大阪市大),松崎益徳(山口大), 文光堂, 東京, 98.03.26発行.

915. [教科書] (分担執筆) 実践臨床心臓病学; 心筋炎と心筋症のかかわり, p.249〜250, 青山直善(救命),和泉徹(内). 編集 吉川純一(大阪市大),松崎益徳(山口大), 文光堂, 東京, 97.04.05発行.

916. [教科書] (分担執筆) 実践臨床心臓病学; 心筋炎, p.242〜248, 青山直善,和泉徹(内). 編集 吉川純一(大阪市大),松崎益徳(山口大), 文光堂, 東京, 97.04.05発行.

917. [教科書] (分担執筆) 心不全; 実験的自己免疫性心筋炎, p.338〜347, 鈴木啓介,和泉徹(内). 編集 篠山重威(京大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 97.10.01発行.

918. [教科書] (分担執筆) 今日の治療指針−1998; 続発性心筋疾患(特定心筋疾患), p.357, 和泉徹(内). 編集 多賀須幸男(多賀須消化器科・内科クリニック),尾形悦郎(癌研), 医学書院, 東京, 98.01.01発行.

919. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 実践臨床心臓病学; 心筋炎, p.242〜248, 青山直善(救命),和泉徹(内). 編集 吉川純一(大阪市立大),松崎益徳(山口大), 文光堂, 東京, 97.04.05発行.

920. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 実践臨床心臓病学; より高度をめざして; 心筋炎と心筋症のかかわり, p.249〜250, 青山直善(救命),和泉徹(内). 編集 吉川純一(阪大),松崎益徳(山口大), 文光堂, 東京, 97.04.05発行.

921. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 実地医家のための心不全治療マニュアル; 心不全の合併症, p.121〜132, 村松準(内). 編集 高野照夫(日医大), 医薬ジャーナル社, 東京, 98.01.10発行.

922. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 心筋障害と心筋保護; 自己免疫, p.63〜67, 猪俣孝元(新潟大),和泉徹(内). 編集 堀正二(阪大), 医学書院, 東京, 97.04.01発行.

923. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 心臓病−専門医にきく最新の臨床; 急性心筋炎は拡張型心筋症の原因か, p.155, 和泉徹(内). 編集 永井良三(群馬大),三田村秀雄(慶大),川名正敏(東女医大), 中外医学社, 東京, 98.02.01発行.

924. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 心臓病−専門医にきく最新の臨床; 感染性心内膜炎の治療の選択, p.150, 堀知行(内). 編集 永井良三(群馬大),三田村秀雄(慶大),川名正敏(東女医大), 中外医学社, 東京, 98.02.01発行.

925. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 心臓病−専門医にきく最新の臨床; 急性心筋炎を疑う時, p.154, 堀知行(内). 編集 永井良三(群馬大),三田村秀雄(慶大),川名正敏(東女医大), 中外医学社, 東京, 98.02.01発行.

926. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 心筋の構造と代謝−1996; 合成ペプチド感作によるラット自己免疫性心筋炎の心筋浸潤T細胞クローナリティーの検討, p.221〜228, 塙晴雄,猪又孝元,大倉裕二,広野暁,小川祐輔,斉藤玲子,相沢義房(新潟大),和泉徹(内),小玉誠(厚生連中央総合病院). 編集 第19回心筋代謝研究会, 六法出版, 東京, 97.11.30発行.

927. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 心筋の構造と代謝−1996; IL-12による心筋ミオシン特異的Th1の誘導, p.229〜237, 大倉裕二,竹田和由(新潟大),関修司(防衛医大),塙晴雄(新潟大),和泉徹(内),安保徹,相沢義房(新潟大). 編集 第19回心筋代謝研究会, 六法出版, 東京, 97.11.30発行.

928. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 心筋の構造と代謝−1996; くも膜下出血直後の交感神経系活動と心筋障害−新しい実験動物モデルを用いての検索−, p.153〜161, 増田卓(内),山本紳一郎(救命),佐藤清貴(内),松山斉久(臨検),川端信弥,和泉徹(内). 編集 第19回心筋代謝研究会, 六法出版, 東京, 97.11.30発行.

929. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 心筋の構造と代謝−1996; ラット実験的自己免疫性心筋炎(EAM)における好中球の働き, p.251〜260, 大倉裕二(新潟大),関修司(防衛医大),河野健(内),塙晴雄(新潟大),和泉徹(内),安保徹,相沢義房(新潟大). 編集 第19回心筋代謝研究会, 六法出版, 東京, 97.11.30発行.

930. [その他の著書(入門書)] (単著) 不整脈ガイド; p.1〜127, 村松準(内). 照林社, 東京, 97.05.10発行.

931. [翻訳] (分担執筆) 運動負荷試験ハンドブック; p.1〜176, 村松準(内),兼本成文武,三宅良彦,小林明芳(内). 編集 V.F. Froelicher, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 97.03.10発行.

932. [学会(国際)] (一般講演) Beneficial effects of β-blockade on myocardial damage due to elevated activity of sympathetic nervous system in experimental subarachinoid hemorrhage. 増田卓,山本紳一郎,佐藤清貴(内),松山斉久(臨検),和泉徹(内): 19th Annual Meeting of ISHR-American Section (97.07.23〜27), Vancouver, J. Mol. Cell. Cardiol., 29(6): 183, 1997.

933. [学会(国際)] (一般講演) Vanadate improves myocardial energetics in diabetic rat hearts. 村上和子,増田卓,佐藤清貴,川端信弥,野田千春,和泉徹(内): 2nd International Society for Molecular Nutrition and Therapy (97.08.02〜04), Winnipeg, Canada.

934. [学会(国際)] (一般講演) Vanadate improves hyperlipidemia in diabetic rats. 川端信弥,増田卓,佐藤清貴,村上和子,野田千春,和泉徹(内): 2nd International Society for Molecular Nutrition and Therapy (97.08.02〜04), Winnipeg, Canada.

935. [学会(国際)] (一般講演) High extracellular inorganic phosphate causes reduction of in tracellular free magnesium in perfused rat heart. 増田卓,佐藤清貴,和泉徹,石田均,中沢秀明(内): 2nd International Society for Molecular Nutrition and Therapy (97.08.02〜04), Winnipeg, Canada.

936. [学会(国際)] (一般講演) Vanadate improves myocardial dysfunction in diabetic rat hearts. 野田千春,増田卓,佐藤清貴,川端信弥,村上和子,和泉徹(内): 2nd International Society for Molecular Nutrition and Therapy (97.08.03), Winnipeg, Canada.

937. [学会(国際)] (一般講演) Do ketone bodies contribute to protect against damage caused by both myocardial ischemia and reperfusion injury? 佐藤清貴,増田卓,野田千春,村上和子(内),山本紳一郎(救命),松山斉久(臨検),川端信弥,和泉徹(内): 2nd International Society for Molecular Nutrition and Therapy (97.08.04), Winnipeg, Canada.

938. [学会(国際)] (一般講演) Relation on between arrhytyhmias and activity of noradrenergic nervous system in patients with subarachnoid hemorrhage. 増田卓,佐藤清貴,川端信弥(内),山本紳一郎(救命),松山斉久(臨検),和泉徹(内): 4th International Symposium on Cardiomyopathy and Myocarditis (97.09.30), 東京.

939. [学会(全国)] (シンポジウム等) 特発性心筋症の病型分類と原因遺伝子変異. 木村彰方,原田晴仁,広井知歳,佐藤真夏(厚生省特発性調査研究班),笹岡大史(内),高橋めぐみ,大渕信久,中村剛之,西宏文,小柳毅,中田真詩,今泉 勉,古賀義則,戸嶋裕徳,永井良三,広江道昭,和泉徹(内),沼野藤夫,河村慧四郎,横田慶元,横山光宏,矢崎義雄,坂本二哉: 第61回日本循環器学会学術総会 (97.03.31), 東京, 日本循環器学会雑誌, 61(Suppl.): 83, 1997.

940. [学会(全国)] (シンポジウム等) アルコールによる心臓障害は正しく理解されているのか?. 和泉徹(内),中沢博之,和泉貞次(河渡病院): 第32回日本アルコール・薬物医学会 (97.09.12), 東京.

941. [学会(全国)] (シンポジウム等) 心臓移植の適応基準(内科的立場からの症例提示). 和泉徹(内): 第32回日本成人病学会 (98.01.14), 東京.

942. [学会(全国)] (シンポジウム等) 日本循環器学会心臓移植委員会からの現状報告. 和泉徹(内): 第62回日本循環器学会総会 (98.03.26〜28), 東京.

943. [学会(全国)] (シンポジウム等) Frequency and geographic distribution of mutations in the HCM genes found in oriental familial hypertrophic cardiomyopathy. 木村彰方,原田晴仁,佐藤真夏,広井知歳(厚生省特発性調査研究班),笹岡大史(内),高橋めぐみ,中村剛之,大渕信久,有村卓朗: 第62回日本循環器学会総会 (98.03.26〜28), 東京, 日本循環器学会雑誌, 62(Suppl.1): 24, 1998.

944. [学会(全国)] (ワークショップ) 遷延するヒト心筋炎の鑑別診断法−心筋生検と心筋シンチはどのように補完し合っているのか?−. 和泉徹,吉沢直人,益子美穂,松田千絵子,河野健,横山浩之,鈴木啓介(内),青山直善(救命): 第45回日本心臓病学会 (97.09.25), 札幌.

945. [学会(全国)] (ワークショップ) 自己免疫性心筋障害とサイトカインNO. 和泉徹(内),大倉裕二,広野暁(新潟大): 第1回日本心不全学会総会 (97.10.10), 京都.

946. [学会(全国)] (一般講演) 解離性大動脈瘤(Stanford B型)の内科的治療における予後. 吉田慎,河野健,福田直人,町田陽二,堀知行,中畑潤一,鈴木啓介,黒沢利郎,青山直善,黒川信悟,小林明芳,清水完悦,村松準,和泉徹(内),町井正 人,今井寛,大和田隆(救命): 第61回日本循環器学会学術総会 (97.03.31), 東京.

947. [学会(全国)] (一般講演) 心筋ミオシン結合蛋白Cゲノム遺伝子の構造と肥大型心筋症における変更. 佐藤真夏,原田晴仁,広井知歳(厚生省特発性調査研究班),高橋めぐみ,笹岡大史(内),中村剛之,木村彰方: 第61回日本循環器学会学術総会 (97.03.31), 東京, 日本循環器学会雑誌, 61(Suppl.): 314, 1997.

948. [学会(全国)] (一般講演) 拡張相肥大型心筋症における原因遺伝子変異の特徴. 笹岡大史(内),原田晴仁,佐藤真夏,広井知歳,木村彰方(厚生省特発性調査研究班): 第61回日本循環器学会学術総会 (97.03.31), 東京, 日本循環器学会雑誌, 61(Suppl.): 353, 1997.

949. [学会(全国)] (一般講演) アルコールによるヒト左室壁運動低下−完全断酒による改善効果, 再飲酒による悪化効果に再現性はあるのか?−. 和泉徹,曽爾早智子,大野安実,鴇田尚樹,原英幸,伊藤浩嗣,横山浩之,河野健,川端信弥,大和田真紀子(内),和泉貞次(河渡病院): 第61回日本循環器学会学術総会 (97.04.01), 東京.

950. [学会(全国)] (一般講演) クモ膜下出血急性期の心機能障害の検討−B遮断薬による心筋保護−. 佐藤清貴,川端信弥,大野安実,原英幸,増田卓(内),山本紳一郎(救命),松山斉久(臨検),和泉徹(内): 第94回日本内科学会講演会 (97.04.26), 大阪, 日本内科学会雑誌, 86: 274, 1997.

951. [学会(全国)] (一般講演) 急性大動脈解離(Stanford B型)の内科的治療における自然歴. 吉田慎,鈴木啓介,青山直善,今井寛,西巻博,相馬一亥(救命),和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会総会 (97.09.25〜27), 札幌.

952. [学会(全国)] (一般講演) クモ膜下出血急性期の交感神経系活動と心電図異常との関係. 川端信弥,増田卓,佐藤清貴(内),山本紳一郎(救命),松山斉久(臨検),村上和子,野田千春,長田和之,高橋基,和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.25), 札幌, J. Cardiol., 30(Suppl.1): 374, 1997.

953. [学会(全国)] (一般講演) 無症候性左室機能低下症例におけるpimobendanの長期効果−特に圧受容器反射機能への影響を中心に−. 清水完悦,望月俊直,川口竹男,黒沢利郎,黒川信悟,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.26), 札幌.

954. [学会(全国)] (一般講演) 急性心筋梗塞(AMI)の致死的合併症に対する経皮的心肺補助(PCPS)の有用性と限界. 黒沢利郎,福田直人,長田和之,町田陽二,吉田慎,黒川信悟,清水完悦,村松準,和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.26), 札幌.

955. [学会(全国)] (一般講演) 無症候性左室機能低下症例におけるpimobendanの長期効果−特に圧受容器反射機能への影響を中心に−. 清水完悦,望月俊直,川口竹男,黒沢利郎,黒川信悟,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.26), 札幌, J. Cardiol., 30(Suppl. 1): 198, 1997.

956. [学会(全国)] (一般講演) 冠動脈予備能(CFR)と心機能(LVEDP, CI)および動脈血中の一酸化窒素(NO)の関係についての検討. 久保貴昭,高橋基,竹田定生,村松準,和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.27), 札幌.

957. [学会(全国)] (一般講演) 突然死剖検例の, 発症後死亡までの時間経過からみた死亡原因の検討. 相崎俊哉,中畑潤一,大和田真紀子,和泉徹(内),浅利靖,相馬一亥(救命),庄井のり子,栗原克由(法医): 第45回日本心臓病学会 (97.09.27), 札幌.

958. [学会(全国)] (一般講演) 若年者心肺機能停止症例の基礎疾患−既往歴からの検討−. 中畑潤一,相崎俊哉,大和田真紀子,和泉徹(内),浅利靖,相馬一亥(救命),庄井のり子,栗原克由(法医): 第45回日本心臓病学会 (97.09.27), 札幌.

959. [学会(全国)] (一般講演) BTGA W度の慢性心不全例における入院治療後のメルエピネルリン値とその予後. 長田和之,青山直善,町田陽二,松山小太郎,吉田徹,吉田慎,和泉徹(内): 第1回日本心不全学会総会 (97.10.10), 京都.

960. [学会(全国)] (一般講演) 合併症としての下肢血行障害からみた劇症型心筋炎におけるPCPS使用について. 吉田徹,大野安実,横山浩之,河野健,黒沢利郎,和泉徹,吉田慎,鈴木啓介,今井寛(内): 第1回日本心不全学会総会 (97.10.10), 京都.

961. [学会(全国)] (一般講演) 肥満の心電図に及ぼす影響について. 大石環,小阪博文,森田秀人,高橋かおる,益子美穂,酒井太郎,高田一太郎(平塚共済病院),村松準,和泉徹(内): 第34回日本臨床生理学会 (97.10.23), 東京.

962. [学会(全国)] (一般講演) 代表的降圧剤を一日中断した場合の血圧, 心拍数, 自律神経機能に及ぼす影響について. 清水完悦,望月俊直,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内): 第20回日本高血圧学会総会 (97.11.01), 東京, 抄録集, P.93, 1997.

963. [学会(全国)] (一般講演) クモ膜下出血急性期の心機能障害の検討−B遮断薬による心筋保護−. 土屋直隆,増田卓,川端信弥,山本紳一郎,松山斉久,佐藤清貴,和泉徹(内): 第1回日本心血管内分泌代謝学会 (97.11.21), 横浜.

964. [学会(全国)] (一般講演) 軽・中等狭心不全に対するデノパミン併用治療の効果と安全性. 原芳邦(地区医師会),村松準(内),菊池博,佐藤実,豊田和雄(地区医師会): 日本臨床薬理学会 (97.12.12), 東京.

965. [学会(全国)] (一般講演) ミダゾラム鎮静患者における急性覚醒時の循環動態とストレス反応の検討. 宝田茂,増田卓,佐藤清貴,野田千春,村上和子,土屋直隆,和泉徹(内): 第2回日本適応医学会 (98.02.27〜28), 東京.

966. [学会(全国)] (一般講演) Platelet/Endothelial Cell Adhesion Molecule-1 (PECAM-1) 遺伝子多型は心筋梗塞のGenetic Risk Factorである. 笹岡大史(内),有村卓朗,高橋めぐみ,大渕信久,中村剛之,佐藤真夏,広井知歳,木村彰方(厚生省特発性調査研究班): 第62回日本循環器学会総会 (98.03.26〜28), 東京, 日本循環器学会雑誌, 62(Suppl.1): 264, 1998.

967. [学会(全国)] (一般講演) 拡張型心筋症の遺伝子解析−心筋ガルコメ 3Z帯構成遺伝子群. 佐藤真夏,有村卓朗,高橋めぐみ,大渕信久,中村剛之,笹岡大史(内),広井知歳,木村彰方: 第62回日本循環器学会総会 (98.03.26〜28), 東京, 日本循環器学会雑誌, 62(Suppl.1): 284, 1998.

968. [学会(全国)] (ポスター講演) 高脂血症を伴う糖尿病患者における冠動脈疾患の検討. 平松慎右,伊藤和彦(内),原暁(新潟大),荻原篤,花岡正人,小泉正幸,林良明,永井順,村松準,和泉徹(内): 第93回日本内科学会 (96.04.12), 横浜, 日本内科学会雑誌, 85: 185, 1996.

969. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性肺動脈血栓塞栓症の検討. 平松慎右,荻原篤,北野義和,益子美穂,横山浩一,天野慎也,永井順,村松準,和泉徹(内): 第94回日本内科学会講演会 (97.04.25), 大阪, 日本内科学会雑誌, 86: 221, 1997.

970. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺梗塞に対し血栓溶解剤(tPA)施行, 且つ下大動脈Filter挿入, その後Filter内のDoppler Flow Wire 3U IVUS(血管内超音波)にて観察する. 阿部亘,青木孝直(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.26), 札幌.

971. [学会(全国)] (ポスター講演) PTRA前後で動脈圧受容器反射および心肺圧受容器反射機能の変化を観察し得た腎血管性高血圧症の1例. 望月俊直,清水完悦,鴇田尚樹,吉田徹,相崎俊哉,黒川信悟,和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.26), 札幌, J. Cardiol., 30(Suppl. 1): 281, 1997.

972. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性肺動脈血栓塞栓症に対するカテーテル治療. 平松慎右,荻原篤,北野義和,益子美穂,井関砂絵,村松準,和泉徹(内): 第45回日本心臓病学会 (97.09.26), 札幌, J. Cardiol., 30(Suppl. 1): 362, 1997.

973. [学会(全国)] (ポスター講演) 心筋梗塞後の無症候性左室機能低下症例における圧反射機能. 清水完悦,望月俊直,松山小太郎,長田和之,町田陽二,黒沢利郎,黒川信悟,村松準,露崎輝夫,和泉徹(内): 第1回日本心不全学会総会 (97.10.10), 京都, 予稿集, P.61, 1997.

974. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性肺塞栓症における院内発症と院外発症の相違. 荻原篤,平松慎右,井関砂絵,赤出川賢治,北野義和,小林明芳,村松準,和泉徹(内): 第34回日本臨床生理学会 (97.10.23), 東京.

975. [学会(全国)] (ポスター講演) 無症候性左室機能低下症例における圧反射機能. 柳茂夫(総合臨床系),清水完悦,望月俊直,和泉徹(内): 第44回日本臨床病理学会総会 (97.10.30), 神戸, 臨床病理, 45(補): 126, 1997.

976. [学会(地方)] (一般講演) 右冠動脈慢性完全閉塞枝(CTO)に対しQR2ステントと挿入し血管内エコー(IVUS)を観察した2症例. 後藤賢悦,阿部亘(内): 福島循環器学会 (97.05.10), いわき.

977. [学会(地方)] (一般講演) 急性肺梗塞に対しカテーテル血栓吸引除去療法および血栓溶解療法を施行した3症例. 鈴木健弘,阿部亘,青木孝直(内): 日本内科学会東北地方会 (97.09.13), 郡山.

978. [学会(地方)] (一般講演) 左冠動脈主幹部閉塞による急性心筋梗塞例の臨床像−救命例と非救命例の対比−. 斉藤淳子,長田和之,堀知行,黒沢利郎(内),吉田慎,青山直善(救命),鈴木啓介,黒川信悟,和泉徹(内): 日本循環器学会関東甲信越地方会第161回学術集会 (97.09.14), 東京.

979. [学会(地方)] (一般講演) トリカブト中毒にみられた致死的不整脈とその推移. 鴇田尚樹,鈴木啓介(内),佐藤牧(外),上條吉人,吉田慎,増田卓(内),相馬一亥,大和田隆(救命): 日本循環器学会関東甲信越地方会第161回学術集会 (97.09.14), 東京, Jpn. Circ. J., 61(Suppl.2): 1997.

980. [学会(地方)] (一般講演) 心臓バイパス術後収縮性心膜炎の1例. 井関砂絵,荻原篤,赤出川賢治,北野義和,永井寛,村松準,和泉徹(内): 第173回日本内科学会東海地方会 (97.11.12), 名古屋.

981. [学会(地方)] (一般講演) 拡張型心筋症におけるDOB負荷エコーでの拡張性指標とβ-blockerの効果. 鴇田尚樹,黒川信悟,堀知行,町田陽二,福田直人(内),青山直善(救命),和泉徹(内): 第451回日本内科学会関東地方会 (97.12.14), 東京.

982. [学会(地方)] (一般講演) AMI後のブローアウト型自由壁破裂に対し, 心膜腔ドレナージ及びPCPSを併用した根治術を行えた1例. 村磯知重(内),今井寛,林宗博(胸外),吉田慎(救命),鈴木啓介(内),青山直善,上條吉人,平田光博,相馬一亥,大和田隆(救命): 第44回日本救急医学会関東地方会 (98.02.14), 所沢.

983. [学会(地方)] (一般講演) 失神発作を呈した肥大型非閉塞性心筋症を合併した起立性低血圧症の1例. 赤岩靖久,阿部亘(内): 日本内科学会東北地方会 (98.02.17), 仙台.

984. [学会(地方)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に合併した大動脈炎症候群の1例. 鴇田尚樹(内),畠山明,新谷雄一,和田茂胤,上遠野武文,星智,橘芳郎: 日本内科学会第148回東北地方会 (98.02.17), 仙台, 日本内科学会雑誌, 8(1): 21, 1996.

985. [学会(地方)] (一般講演) 心臓死した精神分裂病患者の心電図変化. 村上和子,佐藤清貴,野田千春,川端信弥,吉田徹,土屋直隆,増田卓,和泉徹(内),安井正,中島節夫(精),山内惟光(桜ヶ丘記念病院): 日本循環器学会関東甲信越地方会第167回学術集会 (98.02.21), 相模原.

986. [研究会(全国)] (特別講演) 急性心筋炎における心エコー図と核医学について. 渡辺賢一,宮島静一,草野頼子(燕労災病院),政二文明(桑名病院),和泉徹(内): 第18回心筋生検研究会 (96.11.29), 循環器科, 42(1): 81, 1997.

987. [研究会(全国)] (特別講演) 心筋炎・心筋症の治療戦略. 和泉徹(内): 第107回循環器疾患研究会 (97.06.13), 長野.

988. [研究会(全国)] (一般講演) 遷延する心筋炎と特発性心筋症に関する研究. 和泉徹(内): 平成9年度第1回特定疾患に関する微生物研究班会議 (97.07.26), 東京.

989. [研究会(全国)] (一般講演) 心筋炎における病変浸潤T細胞のクローナリティーの検討−合成ペプチド感作による実験的自己免疫性心筋炎とヒト心筋炎における検討−. 塙晴雄,大倉裕二,広野暁,小川祐輔,相沢義房(新潟大),河野健,横山浩之,鈴木啓介(内),青山直善(救命),和泉徹(内): 平成9年度第1回特発性心筋症班会議 (97.09.05), 京都.

990. [研究会(全国)] (一般講演) 心筋ミオシン重鎖α鎖とβ鎖による実験的自己免疫性心筋炎における心筋炎惹起能の違いについて. 河野健,青山直善,横山浩之,鈴木啓介,和泉徹(内): 厚生省特定疾患特発性心筋症調査研究班平成9年度第2回班会議 (98.01.30), 京都.

991. [研究会(全国)] (一般講演) 特発性心筋症の発生機序における病原微生物の関与の研究. 河野健,和泉徹(内): 平成9年度特定疾患に関する微生物研究班会議 (98.02.07), 東京.

992. [研究会(全国)] (公開講座) 心筋炎の最近の話題. 和泉徹(内): 平成9年度第2回循環器シリーズ学術講演会 (97.06.19), 大阪.

993. [研究会(地方)] (特別講演) 自己免疫性心筋炎. 和泉徹(内): 第43回六大学循環器談話会 (97.06.14), 東京.

994. [研究会(地方)] (特別講演) 自己免疫性心筋症について. 和泉徹(内): 第2回中四国心筋症研究会 (97.10.18), 高松.

995. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性心不全の追加療法. 和泉徹(内): 会津医学会アカルディカプセル学術講演会 (97.11.21), 会津若松.

996. [研究会(地方)] (特別講演) 虚血性心疾患をどのように診断し管理治療するか. 和泉徹(内): ノルバスク3周年記念公開座談会 (97.11.27), 厚木.

997. [研究会(地方)] (特別講演) 外来における不整脈の診断と治療. 村松準(内): 横浜市泉区医師会学術講演会 (98.01.13), 横浜.

998. [研究会(地方)] (特別講演) 入退院を繰り返す慢性心不全の診療. 和泉徹(内): 第3回水戸日立循環器懇話会 (98.03.07), 水戸.

999. [研究会(地方)] (ワークショップ) 重症心不全における基礎疾患の推移−心弁膜症と虚血性心疾患の対比. 村松準(内): 瀬戸内ワークショップ (98.02.28), 倉敷.

1000. [研究会(地方)] (一般講演) CABG術後評価におけるEBTと201Tl心筋シンチの比較. 鴇田尚樹(内),石黒淳司,岡部正明,山本功,春谷正浩,布施富雄,石田均(立川総合病院),木村元政(新潟大): 第25回新潟核医学懇話会 (97.11.08), 新潟.

1001. [学会主催(地方会)] 日本循環器学会関東甲信越地方会第167回学術集会(98.02.21), 相模原. 和泉徹(内):


<<1403 ?? >>

1002. [原著] The distribution and dynamic density of oligodendroglial cytoplasmic inclusions (GCLs) in multiple system atrophy: a correlation between the density of GCLs and the degree of involvement of striatonigral and olovopontocerebellar systems. 井上雅之,柳下三郎(神奈川リハ),梁正淵,長谷川一子(内),天野直二,松下正明: Acta Neuropathol., 93: 585〜591, 1997.

1003. [原著] Nitrosyl hemoglobin in blood of normoxic and hypoxic sheep during nitric oxide inhalation. 高橋裕子,小林弘祐,田中直彦,佐藤哲也(内),滝沢直定(生理),冨田友幸(内): Am. J. Physiol., 274: 349〜357, 1998.

1004. [原著] Human aging; Risk factors for cerebral atrophy. Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Konno, S.,Mortel, K.F.,Margishvili, G.M.(Baylor College): Ann. NY Acad. Sci., 826: 483〜489, 1997.

1005. [原著] Immunohistochemical differentiation of fiber types in human skeletal muscle using monoclonal antibodies to slow and fast isoformes of troponin I subunit. 松本信子(内),中村健A(寄),安井美江(形態系),鳥居順三(内): Biotech. Histochem., 72(4): 191〜197, 1997.

1006. [原著] Six cases positive for anti-centromere antibodies with ulcer and gangrene in the extremities. 高橋道雄,岡田純,近藤啓文(内): Br. J. Rheumatol., 36: 889〜893, 1997.

1007. [原著] Measurement of muscle hardness: a methodological study. Ashina, M.,Bendtsen, L.,Jensen, R.,坂井文彦(内),Olesen, J.: Cephalalgia, 18(2): 106〜111, 1998.

1008. [原著] Headaches and hormones; Subjective versus objective assessment. MacGregur, E.A.(The City of London Migraine Clinic),五十嵐久佳(内),Wilkinson, M.(The City of London Migraine Clinic): Headache Quarterly, 8(2): 126〜136, 1997.

1009. [原著] Relationships between anti-ganglioside antibodies and clinical characteristics of Guillain-Barre' syndrome. 入江幸子,斉藤豊和(内),金沢直美(生物化学系),糠沢達志,伊藤博明,荻野美恵子,古和久幸(内): Int. Med., 36: 607〜612, 1997.

1010. [原著] Rapid induction of neutrophil apoptosis by sulfasalazine: Implications of reactive oxygen species in the apoptotic process. 赤星透,Namai, R.,関谷菜穂,田中住明,穂坂茂,近藤啓文(内): J. Leukocyte Biol., 62: 817〜826, 1997.

1011. [原著] Normal human aging; Factors contributing to cerebral atrophy. 秋山久尚(内),Meyer, J.S.,Mortel, K.F.,Terayama, Y.,Thornby, J.I.,Konno, S.(Baylor College): J. Neurol. Sci., 152: 39〜49, 1997.

1012. [原著] Posthyperventilation hypoxemia after methacholine inhalation. 小倉建夫,小林弘祐,鈴木道弘,佐藤哲也,冨田友幸(内): Jpn. J. Physiol., 48: 39〜47, 1998.

1013. [原著] A clinicopathologic examination of pallidonigroluysian atrophy. 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川リハ): Neuropathology, 17: 134〜139, 1997.

1014. [原著] Interleukin-13 is an endothelial chemotaxin. Halloran, M.M.,Haskell, C.J.,Woods, J.M.,穂坂茂(内),Koch, A.E.: Pathobiology, 65: 287〜292, 1997.

1015. [原著] Prevention of neutrophil apoptosis by monosodium urate crystals. 赤星透,Nagaoka, T.,Namai, R.,関谷菜穂,近藤啓文(内): Rheumatol. Int., 16: 231〜235, 1997.

1016. [原著] 米国リウマチ学会のコアセット(ACRコアセット)による慢性関節リウマチの活動性の評価(多施設共同研究). 岡野裕,秋月正史,近藤啓文(内),川合眞一,鈴木康夫,竹内勤,松岡康史,川口鎮司,柏崎禎夫: リウマチ, 37(3): 467〜475, 1997.

1017. [原著] MESCUPカルジオリピンテストの有用性. 岡田純(内),渡辺清明,山本美保子,鏑木淳一,市川幸延,市川陽一,大矢和彦,大村祐章: 医学と薬学, 36: 1389〜1394, 1996.

1018. [原著] 塩化水銀投与血管炎モデルラットに対するFK506の効果. 高橋道雄,遠藤平仁,中村信也,近藤啓文(内): 炎症, 17: 253〜260, 1997.

1019. [原著] ALS患者向け意思伝達装置「伝の心」の開発. 小沢邦昭,安藤研吾,松田泰昌,長谷川司,岡高志,安藤肇夫,植野一政,古和久幸,長谷川一子,斉藤豊和(内): 第12回リハ工学カンファレンス, 1997.

1020. [原著] 特異な頭部CT, MRI画像を呈した意識障害の1例. 秋山久尚(内): 内科専門医会誌, 9(4): 547〜570, 1997.

1021. [原著] 呼気NO濃度測定法の標準化. 高橋裕子,小林弘祐,高橋愛典,三藤久,冨田友幸(内): 日本胸部疾患学会雑誌, 35(6): 596〜601, 1997.

1022. [原著] 閉塞性睡眠時無呼吸における口蓋垂軟口蓋咽頭形成術の効果−扁桃肥大の程度との関係−. 福田紀子,阿部直,片桐真人,横場正典(内),岡本牧人(耳鼻),冨田友幸(内): 日本呼吸器学会雑誌, 36(1): 201〜207, 1998.

1023. [原著] 脳血管障害の発症時刻に関する検討. 福田倫也,神田直,北井則夫,坂井文彦(内): 脳卒中, 19(2): 132〜137, 1997.

1024. [原著] 脊髄小脳変性症における自律神経障害の検討−瞳孔, 調節反応, 眼球運動検査を用いて−. 辻俊一(内),石川均(眼),青木繁(医療衛生),斉藤豊和(内): 北里医学, 28(1): 127〜132, 1998.

1025. [原著] MELASの脳卒中様発作進展に於ける皮質内出血の関与について. 飯塚高浩(内): 北里医学, 28(1): 42〜52, 1998.

1026. [準原著] Effect of S-T compound in. 岡田純,ラナ美代子,近藤啓文(内): Arthritis & Rheum, 40(Suppl.): 1621, 1997.

1027. [準原著] Risk of cerebral bleeding in patients with antiphospholipid syndrome. 岡田純,ラナ美代子,近藤啓文(内): Arthritis & Rheum, 40(Suppl.): 462, 1997.

1028. [準原著] 呼吸器疾患とNO: 呼気NOとNO吸入療法. 小林弘祐,高橋裕子,高橋愛典,三藤久,冨田友幸(内): 血管と内皮, 7(増): 82〜90, 1997.

1029. [準原著] Parkinson病の自律神経障害; Parkinson病と麻痺性イレウス. 横山照夫,斉藤豊和(内): 神経内科, 48(2): 117〜122, 1998.

1030. [準原著] 頭痛日記による慢性頭痛の検討. 土橋かおり,坂井文彦,五十嵐久佳,海野佳子,阿久津二夫(内): 頭痛研究会会誌, 24(1): 90〜93, 1997.

1031. [準原著] Anterior bradyrhythmia (AB)の臨床的意義. 海野佳子,畑隆志(内),吉本紅子(臨検): 臨床脳波, 39(5): 296〜304, 1997.

1032. [研究報告(文部省)] 重症肺高血圧症および成人呼吸窮迫症候群患者への一酸化窒素吸入効果−臨床的および基礎的共同研究−. 小林弘祐(内): 平成9年度文部省科学研究費補助金国際協力研究実績報告書, 1998.

1033. [研究報告(厚生省)] Multifocal motor neuropathyにおける免疫学的側面. 糠沢達志,岡宮聡,荻野美恵子,入江幸子,伊藤博明,斉藤豊和(内),金沢直美(生物化学系): 厚生省精神・神経疾患研究委託・難治性ポリニューロパチーの成因と治療に関する研究斑平成9年度総会要旨集, p.19〜20, 1998.

1034. [研究報告(厚生省)] 脊髄小脳変性症の眼球運動に関する研究(2); CCAを中心に. 楠淳一,長谷川一子,梁正淵,三富哲郎,坂井文彦(内): 厚生省特定疾患運動失調症調査研究班1997年度班会議抄録集, 1998.

1035. [研究報告(厚生省)] 脊髄小脳変性症の滑動性眼球運動に関する研究. 長谷川一子,加藤知也,古和久幸(内): 厚生省特定疾患運動失調症調査研究分科会平成8年度研究報告書, p.26〜28, 1997.

1036. [研究報告(厚生省)] 奇異な歩行を呈するレボドパ無反応パーキンソニスムの3例. 長谷川一子,梁正淵,楠淳一,古沢英明(内): 厚生省特定疾患神経変性疾患調査分科会1996年度研究報告書, p.125〜127, 1997.

1037. [研究報告(厚生省)] 筋萎縮性側索硬化症患者の心理. 長谷川一子,梁正淵,古沢英明(内),福山嘉綱(総合相談): 厚生省特定疾患神経変性疾患調査分科会1996年度研究報告書, p.74〜76, 1997.

1038. [研究報告(厚生省)] 神奈川県2施設に於けるALS療養の現状. 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),古橋紀久(看護学部),福山嘉綱(総合相談),青戸和子,村上慶郎(内): 厚生省特定疾患調査研究班; ALS患者等の療養環境整備に関する研究平成9年度報告, 1997.

1039. [研究報告(厚生省)] 球麻痺症状を伴うGuillain-Barre症候群におけるガングリオシド抗体の検討. 入江幸子,斉藤豊和,糠沢達志,伊藤博明,荻野裕(内),金沢直美(生物化学系): 厚生省特定疾患免疫性神経疾患調査研究班平成9年度報告, p.46〜47, 1998.

1040. [研究報告(厚生省)] 内科的疾患に対するNO吸入療法に関する研究. 小林弘祐(内): 循環器病委託研究8公-5「一酸化窒素吸入治療法の確立に関する研究」実績報告書, 1998.

1041. [研究報告(厚生省)] 慢性進行性感覚性ニューロパチーの臨床像の検討. 斉藤豊和(内): 平成8年度厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告書, p.138, 1997.

1042. [研究報告(厚生省)] 実験的アレルギー性神経炎における同種免疫グロブリン療法の治療効果の検討. 糠沢達志,入江幸子,伊藤博明,斉藤豊和(内): 平成8年度厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告書, p.139, 1997.

1043. [研究報告(厚生省)] 慢性関節リウマチ患者と他の膠原病患者のSF-36を用いたQOLの比較. 近藤啓文,石川守,岡田純(内): 平成9年度厚生省長期慢性疾患総合研究事業研究報告書, p.89〜91, 1998.

1044. [症例報告] Yersinia enterocolitica serotype O:8 septicemia in an otherwise healthy adult: Analysis of chromosome DNA pattern by pulsed-field gel electrophoresis (PFGE). 穂坂茂,Uchiyama M.,石川守,赤星透,近藤啓文(内),島内千恵子,笹原武志,井上松久(微): J. Clin. Microbiol., 35(12): 3346〜3347, 1997.

1045. [症例報告] A case of systemic lupus erythematosus complicated by progressive multifocal leukoencephalopathy: Case report and review of the literature. 赤星透,石川守,高橋道雄,関谷菜穂,Hasegawa, K.,Watanabe, K.,Ishihara, Y.,近藤啓文(内): Jpn. J. Rheumatol., 7: 55〜60, 1997.

1046. [症例報告] パーキンソン病治療におけるドパミンアゴニストの使い分け; 長期治療の観点から(単独 or L-dopa併用). 長谷川一子(内): Ther. Res., 18: 351〜357, 1997.

1047. [症例報告] 膝蓋腱の連続叩打にて四肢筋に異常収縮を示したCreutzfeldt-Jacob病. 斉藤豊和,冨保和宏,辻俊一,糠沢達志,梁正淵(内): 運動障害, 7(2): 117〜123, 1998.

1048. [症例報告] 10年以上にわたり神経症状進行の停止した非遺伝性遠位型脊髄性筋萎縮症の25歳女性例. 丸野知子,辻俊一,糠沢達志,斉藤豊和,古和久幸(内): 運動障害, 7(2): 87〜92, 1998.

1049. [症例報告] 人工透析中に遠位筋萎縮をきたした炎症性脱髄性ニューロパチーの男子例. 辻俊一,斉藤豊和,糠沢達志,古和久幸,鳥居順三(内): 神経内科, 47(3): 272〜277, 1997.

1050. [症例報告] うつ状態を疑われ精神科通院をしていたACTH単独欠損症の1例. 入江幸子(内),小倉しおり(桜ヶ丘記念病院),樋山光教(横浜市民病院),伊藤博明(内),安井正,小田豊,山内惟光(桜ヶ丘記念病院): 精神医学, 39(2): 167〜171, 1997.

1051. [症例報告] 一側性の上・下肢温痛覚障害. 長谷川一子,鳥居順三(内): 日本医事新報, (3844): 89〜90, 1997.

1052. [症例報告] 前縦隔腫瘍との鑑別を要した肺放線菌症の1例−本邦80例の臨床的集計−. 佐藤哲也,高田信和,土橋ゆかり,鈴木光子(内),大内基史,阿部能明(胸外): 日本胸部疾患学会雑誌, 35(8): 888〜893, 1997.

1053. [症例報告] 長時間の正坐が誘因となった急性肺血栓塞栓症の1例. 福田紀子,片桐真人,今崎貴生,土橋ゆかり,冨田友幸(内): 北里医学, 27(6): 380〜384, 1997.

1054. [症例報告] パーキンソニズムを伴ったisolated neck extensor myopathyの1例. 岡宮聡,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸,鳥居順三(内): 臨床神経学, 37(5): 393〜396, 1997.

1055. [症例報告] 溶血性尿毒症症候群の脳波所見. 畑隆志(内),吉本紅子,鈴木淳子(臨検),海野佳子(内),砂押渉(児): 臨床脳波, 39(8): 556〜563, 1997.

1056. [症例報告] 眼底の血管に沿った出血・滲出斑の所見を有し, lower motor syndromeと考えられた運動優位型対称性ニューロパチーの1例. 伊藤博明,横山照夫,荻野裕,斉藤豊和,古和久幸(内): 老化と疾患, 10(9): 74〜78, 1997.

1057. [臨床治験] 慢性関節リウマチに対するブレディニン錠の用量比較試験(2); 多施設共同研究による市販後臨床試験(長期投与成績). 近藤啓文(内),小池隆文,斉藤輝信,粕川禮司,柏木平八郎,秋月正史,他11名: 炎症, 18: 61〜80, 1998.

1058. [総説] 中枢神経疾患の治療薬−頭痛−. 海野佳子,坂井文彦(内): Clin. Neurosci., 15(6): 628〜631, 1997.

1059. [総説] 頭痛患者に必要な臨床検査. 五十嵐久佳(内): Clin. Neurosci., 15(9): 1006〜1009, 1997.

1060. [総説] 国際頭痛学会分類の功罪(その後の評価). 坂井文彦,土橋かおり(内): Clin. Neurosci., 15: 950〜952, 1997.

1061. [総説] 水平眼振と垂直眼振. 長谷川一子(内): Clin. Neurosci., 16: 34〜37, 1998.

1062. [総説] Autosomal dominant familial Parkinson disease: older onset of age, and good response to levodopa therapy. 長谷川一子,古和久幸(内): Eur. Neurol., 38(Suppl.1): 39〜43, 1997.

1063. [総説] 神経障害の発生のメカニズム; 圧迫・破壊・循環障害・感染など. 長谷川一子,鳥居順三(内): JOHNS, 13: 1639〜1646, 1997.

1064. [総説] 脳血管障害後遺症の薬物療法. 北井則夫(内): Medicament News, (1574): 11〜12, 1998.

1065. [総説] 頭痛の身体所見. 五十嵐久佳(内): Medicina, 34(7): 1267〜1270, 1997.

1066. [総説] 頭痛と家族歴. 海野佳子(内): Medicina, 34(7): 1281〜1285, 1997.

1067. [総説] 気になる頭痛, 急性の痛み, 慢性の痛み. 坂井文彦(内): きょうの健康, 11: 88〜95, 1997.

1068. [総説] 全身性エリテマトーデスの病態・診断・治療. 岡田純,ラナ美代子(内): クリニカルスタディ, 18: 10〜17, 1997.

1069. [総説] 免疫の生理. 岡田純,ラナ美代子(内): クリニカルスタディ, 18: 6〜9, 1997.

1070. [総説] 慢性関節リウマチの活動性判定(ACRコアセットなど). 近藤啓文(内): リウマチ, 37(6): 825〜831, 1997.

1071. [総説] 症状からみたリウマチ性疾患−鑑別診断と対策; 筋痛・脱力. 近藤啓文,高橋道雄(内): リウマチ科, 17: 411〜415, 1997.

1072. [総説] 新しい血管炎症候群の基礎と臨床; Churg-Strauss症候群. 岡田純(内): リウマチ科, 17: 73〜78, 1997.

1073. [総説] 副作用からみたロングアクティングNSAIDの使い方. 近藤啓文(内): 医学と薬学, 38: 920〜924, 1997.

1074. [総説] 慢性関節リウマチの活動性判定基準−ACRコアセット. 近藤啓文(内): 医学のあゆみ, 182: 611〜615, 1997.

1075. [総説] RAにおける安全性からみたNSAIDsの使い方. 近藤啓文(内),柏崎禎夫: 炎症と免疫, 5: 433〜439, 1997.

1076. [総説] 人工呼吸の生理. 高田信和(内),相馬一亥(救命): 救急医学, 21(8): 891〜895, 1997.

1077. [総説] 医師の対応と新GPMSPに望むもの. 坂井文彦(内): 月刊薬事, 40(3): 41〜49, 1998.

1078. [総説] 難病の診断と治療方針; 2. クロウ・フカセ症候群. 斉藤豊和(内): 厚生省保健医療局; 難病の診断と治療方針, p.279〜289, 1997.

1079. [総説] 妊娠中の脳循環, 代謝とその異常. 北井則夫,神田直(内): 産婦人科の世界, 49: 659〜662, 1997.

1080. [総説] 関節リウマチ−その臨床的ガイドライン; 関節リウマチの中枢神経病変. 岡田純(内): 治療, 78: 133〜137, 1996.

1081. [総説] 患者のQOLを考慮した私の第一選択薬; 癌性疼痛. 土橋ゆかり,阿部直(内): 治療, 80: 172〜173, 1998.

1082. [総説] 片頭痛Q&A. 坂井文彦(内): 週刊朝日, 103(9): 92〜93, 1998.

1083. [総説] 優性遺伝を示すパーキンソニズム. 長谷川一子,古和久幸(内): 神経精神薬理, 19: 775〜783, 1997.

1084. [総説] 脊髄小脳変性症に於ける起立・歩行障害. 古沢英明,長谷川一子(内): 神経内科, 47: 452〜460, 1997.

1085. [総説] 肺胞蛋白症. 大坂学,横場正典,阿部直(内): 診断と治療, 85: 810〜813, 1997.

1086. [総説] 在宅治療・管理の実際; 在宅酸素療法の実際とその管理. 矢那瀬信雄(内): 診断と治療, 86(2): 203〜208, 1998.

1087. [総説] 主な疾患の在宅治療の管理; 慢性呼吸不全患者の管理. 土橋ゆかり(内),相馬一亥(救命): 診断と治療, 86(2): 251〜254, 1998.

1088. [総説] 脳卒中; 予後推定の指標−告知および脳死を意識して−. 神田直(内): 綜合臨床, 47(2): 310〜315, 1998.

1089. [総説] ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の在宅支援; ALSの医学. 斉藤豊和(内): 地域保健, 29(3): 4〜14, 1998.

1090. [総説] 頭痛の国際分類と頻度. 坂井文彦(内): 頭痛の診断と治療(日本医師会雑誌カラー図説シリーズ), 1997.

1091. [総説] エビデンスに基づく内科疾患の治療戦略; 進行性全身性強皮症. 近藤啓文(内): 内科, 79(6): 1404〜1407, 1997.

1092. [総説] 脳卒中の臨床−主要病型と診療のポイント; 脳内出血とくも膜下出血. 北井則夫(内): 内科, 79: 673〜677, 1997.

1093. [総説] 膠原病の考え方と診かたの進歩, 臓器病変, 診かたの進歩−神経系病変. 近藤啓文,岡田純(内): 日内会誌, 86(8): 1369〜1374, 1997.

1094. [総説] 内科学の展望: 自己免疫疾患・アレルギー性疾患治療の進歩; 進行性全身性硬化症の病態と治療. 近藤啓文(内): 日内会誌, 87: 412〜416, 1998.

1095. [総説] ケモカインとリウマチ性疾患. 赤星透(内): 日本臨床免疫学会会誌, 20(6): 486〜488, 1997.

1096. [総説] 頭痛とめまい. 坂井文彦(内): 暮らしと健康, p.16〜19, 1998.

1097. [総説] 片頭痛. 坂井文彦(内): 毎日ライフ, 5: 102〜105, 1997.

1098. [総説] パーキンソン病患者の治療計画. 長谷川一子(内): 臨床と薬物治療, 16: 1067〜1070, 1997.

1099. [総説] PaO2とSaO2とはどう違うか. 福田紀子,阿部直(内): 臨床医, 23(11): 2147〜2149, 1997.

1100. [総説] 神経系疾患と臨床検査; 免疫−髄液の免疫学的検査. 荻野裕,斉藤豊和(内): 臨床検査, 41(11): 1330〜1334, 1997.

1101. [総説] 神経系疾患と臨床検査; 神経病理−解きほぐし法. 斉藤豊和(内): 臨床検査, 41(11): 1531〜1535, 1997.

1102. [講座] 全身性強皮症の病像と臨床経過−混合性結合組織病との比較−. 近藤啓文,田中住明,岡田純,東條毅(内): Connective Tissue, 30: 43〜47, 1998.

1103. [講座] Q & A; DMARDsの適応について. 岡田純(内): RA &セラピー, 2: 66〜67, 1996.

1104. [講座] Pro & Con: NO吸入療法は安全か−Pro. 小林弘祐,三藤久(内): The Lung Perspectives, 6(1): 79〜83, 1998.

1105. [講座] 頭痛, タイプを知って治療する. 坂井文彦(内): しんぶん赤旗, 16749: 29, 1997.

1106. [講座] 背後に重大疾患が潜むことも. 坂井文彦(内): メディカル朝日, 9: 38〜40, 1997.

1107. [講座] 診断確実なRA−診療開始への考え方と治療計画. 近藤啓文,ラナ美代子(内): リウマチ科, 18(6): 548〜552, 1997.

1108. [講座] 1 mg錠プレドニンの慢性関節リウマチにおける有用性. 岡田純(内): リウマチ財団ニュース, 別冊: p.41, 1998.

1109. [講座] 1998年のトピック; 抗リン脂質抗体症候群(APS). 岡田純,野村正世(内): 医学のあゆみ, 745〜745, 1997.

1110. [講座] 質疑応答; 白血球におけるCDマーカー. 岡田純(内): 医事新報, 3846: 145〜146, 1998.

1111. [講座] レイノー現象の鑑別診断. 近藤啓文(内): 外科治療, 77(1): 101〜102, 1997.

1112. [講座] 頭痛について. 坂井文彦(内): 学校保健ニュース, 第1106号付録, 1997.

1113. [講座] つけて治す頭痛日記. 坂井文彦(内): 健康のひろば, p.2〜3, 1998.

1114. [講座] 頭痛の新しい分類と治療法をめぐって. 坂井文彦(内): 今月の治療, 12: 57〜73, 1997.

1115. [講座] 私の処方とその解説−強皮症. 近藤啓文(内): 今月の治療, 5(10): 1199〜1202, 1997.

1116. [講座] 自己免疫疾患の臨床1998; 抗T細胞抗体療法. 岡田純,近藤啓文(内): 最新医学, (3月増): 763〜770, 1998.

1117. [講座] 私の第1選択薬: 私の処方; 全身性エリテマトーデス. 岡田純(内): 治療, 80: 1205〜1209, 1997.

1118. [講座] こんな症例, こんな画像(慢性硬膜下血腫). 秋山久尚(内),石渡雅男(脳外),相馬一亥(救命): 集中治療, 10(2): 117, 1998.

1119. [講座] こんな症例, こんな画像(肺性脳症). 秋山久尚(内),相馬一亥(救命): 集中治療, 10(3): 241, 1998.

1120. [講座] こんな症例, こんな画像(一酸化炭素中毒). 秋山久尚(内),相馬一亥(救命): 集中治療, 9(12): 1369, 1997.

1121. [講座] こんな症例, こんな画像(クリプトコッカス髄膜炎). 秋山久尚(内),相馬一亥(救命): 集中治療, 9(12): 1369, 1997.

1122. [講座] 誌上討論. 秋山久尚(内): 集中治療, 9(3): 364〜381, 1997.

1123. [講座] 臨床クイズ(サイトメガロウィルス腸炎). 秋山久尚(内): 集中治療, 9(3): 446〜455, 1997.

1124. [講座] サラリーマンドック(質疑応答). 坂井文彦(内): 日刊ゲンダイ, p.11, 1997.

1125. [学術書] (分担執筆) 呼吸調節のしくみ−ベッドサイドへの応用; 呼吸器症状・所見の調節機構, p.105〜114, 高田信和,阿部直(内). 編集 川上義和(北大), 文光堂, 東京, 97.05.26発行.

1126. [学術書] (分担執筆) 呼吸調節のしくみ−ベッドサイドへの応用; 自然気胸, p.206〜212, 横場正典,阿部直(内). 編集 川上義和(北大), 文光堂, 東京, 97.05.26発行.

1127. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針第4版; 低酸素血症・高炭酸ガス血症, p.322〜324, 高田信和(内). 編集 亀山正邦(住友病院),亀田治男(東急病院),高久史磨(自治医大),阿部令彦(聖路加国際病院), 医学書院, 東京, 97.09.01発行.

1128. [学術書] (分担執筆) ベッドサイド管理のてびき; 疼痛管理, 頭痛の診断と治療, p.448〜453, 北井則夫(内),大和田隆(救命). 編集 玉熊正悦(帝京大), 医歯薬出版, 97.09.10発行.

1129. [学術書(英文)] (分担執筆) Epidemiology of Headache in Japan; A nationwide survey, 19: 121〜122, 坂井文彦(内). Nerurology and Public Health in Japan, 97.00.00発行.

1130. [学術書(英文)] (分担執筆) Facts Research and Intervention in Geriatrics; Cerebral CT changes correlate with cognitive declines and identify dementia of Alzheimer's type, p.28〜38, Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Shirai, T.(Baylor College). 編集 Fitten, L.J.,Vellas, B.,Dubois, B.,Albarede, J.L., Serdi Publishing Company, Paris, 97.00.00発行.

1131. [学術書] (分担執筆) 薬物の評価; 慢性関節リウマチ治療の考え方と実践, p.168〜179, 近藤啓文(内). 編集 柏崎禎夫, 先端医学社, 東京, 97.00.00発行.

1132. [学術書] (分担執筆) リウマチ性疾患治療の新展開; 全身性エリテマトーデスとシクロホスファミド大量間欠療法(CY-パルス療法), p.101〜113, 近藤啓文(内). 編集 宮坂信之, 医薬ジャーナル社, 大阪, 97.00.00発行.

1133. [学術書] (分担執筆) 別冊日本臨床「腎臓症候群−その他の腎臓疾患を含めて−」下巻; 多発性筋炎−皮膚筋炎, p.427〜430, 近藤啓文(内). 日本臨床社, 97.00.00発行.

1134. [学術書] (分担執筆) 別冊日本臨床「腎臓症候群−その他の腎臓疾患を含めて−」下巻; 重複(オーバーラップ)症候群, p.431〜434, 近藤啓文(内). 日本臨床社, 97.00.00発行.

1135. [学術書] (分担執筆) 別冊日本臨床「腎臓症候群−その他の腎臓疾患を含めて−」下巻; Sjogren症候群, p.384〜387, 岡田純,近藤啓文(内). 日本臨床社, 97.00.00発行.

1136. [学術書] (分担執筆) 別冊・医学のあゆみ「腎疾患state of arts (Ver 2)]; 全身性強皮症に伴う腎病変, p.321〜323, 近藤啓文,遠藤平仁(内). 編集 成清卓二,浅野泰, 医歯薬出版, 東京, 97.00.00発行.

1137. [学術書] (分担執筆) 膠原病−診断と治療の最新ポイント: 皮膚から内臓へ; ANCAと血管炎, p.180〜181, 近藤啓文(内). 編集 宮地良樹,竹原和彦, 診断と治療社, 東京, 97.09.00発行.

1138. [学術書] (分担執筆) 膠原病−診断と治療の最新ポイント: 皮膚から内臓へ; 強皮症−消化管病変の治療, p.224〜227, 近藤啓文(内). 編集 宮地良樹,竹原和彦, 診断と治療社, 東京, 97.09.00発行.

1139. [学術書] (分担執筆) 膠原病−診断と治療の最新ポイント: 皮膚から内臓へ; 強皮症−腎病変の治療, p.228〜229, 近藤啓文(内). 編集 宮地良樹,竹原和彦, 診断と治療社, 東京, 97.09.00発行.

1140. [学術書] (分担執筆) 炎症と抗炎症戦略; 抗リウマチ薬, p.540〜548, 近藤啓文(内). 編集 室田誠逸,柏崎禎夫, 医薬ジャーナル社, 大阪, 97.11.00発行.

1141. [学術書] (分担執筆) 炎症と抗炎症戦略; サイトカインとそのレセプターを標的とした抗炎症薬, p.621〜629, 赤星透(内). 編集 室田誠逸,柏崎禎夫, 医薬ジャーナル社, 大阪, 97.11.00発行.

1142. [学術書] (分担執筆) Topics: Medical Topics Series, リウマチ'97; 多発性筋炎, p.89〜94, 岡田純,角家明文(内). 編集 橋本博史,鳥飼勝隆,山本純己,松井宣夫, メディカルレビュー社, 東京, 97.10.31発行.

1143. [学術書] (監修) リウマチ科診療メモ, 監修 柏崎禎夫,近藤啓文(内), 日本医学出版, 東京, 97.05.00発行.

1144. [教科書(英文)] (分担執筆) Primer on Cerebrovascular Diseases; Vascular dementias, p.364〜366, Meyer, J.S.,Shirai, T.(Baylor College),秋山久尚(内). 編集 Welch, K.M.A.,Caplan, L.R.,Reis, D.J.,Siesjo, B.K.,Weir, B., Academic Press, San Diego, 97.00.00発行.

1145. [教科書(英文)] (分担執筆) Primer on Cerebrovascular Diseases; Management of acute stroke with hyperosmolar agents, p.737〜739, Shirai, T.,Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内). 編集 Welch, K.M.A.,Caplan, L.R.,Reis, D.J.,Siesjo, B.K.,Weir, B., Academic Press, San Diego, 97.00.00発行.

1146. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学, 第7版; 全身性硬化症(強皮症), 好酸球性筋膜炎, 限局性強皮症, p.1583〜1587, 近藤啓文(内). 医学書院, 東京, 97.00.00発行.

1147. [教科書] (分担執筆) 現代内科学; Weber-Christian-Christian症候群, 結節性紅斑, p.1654〜1655, 近藤啓文(内). 編集 黒川清,斉藤英彦,矢崎義雄, 金華堂, 京都, 97.11.00発行.

1148. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学 コンパクト版, 第2版; 全身性硬化症(強皮症), p.594〜595, 近藤啓文(内). 医学書院, 東京, 98.00.00発行.

1149. [その他の著書] (分担執筆) 自己免疫でおこる難治性疾患; 肺線維症, p.203〜213, 近藤啓文(内). 編集 坂根剛, 医薬ジャーナル社, 大阪, 98.00.00発行.

1150. [その他の著書] (分担執筆) 内科治療ガイド'98; ウェジナー肉芽腫症, p.1280〜1282, 近藤啓文,遠藤平仁(内). 編集 Medical Practice編集委員会, 文光堂, 東京, 98.00.00発行.

1151. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 認定内科医・認定内科専門医受験のための演習問題と解説第2版; 呼吸器, p.55〜64, p.191〜208, 片桐真人(内). 編集 日本内科学会認定内科専門医会, 医学書院, 東京, 97.04.15発行.

1152. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 認定内科医・認定内科専門医受験のための演習問題と解説, p.58〜59, p.61〜62, 高田信和(内). 編集 日本内科学会認定内科専門医会, 医学書院, 東京, 97.04.15発行.

1153. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) Key Word1998-'99; 神経変性疾患; 大脳基底核における鉄の意義,第1版, p.66〜67, 梁正淵,長谷川一子,古和久幸(内). 先端医学社, 東京, 97.12.20発行.

1154. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) Key Word1998-'99; 神経変性疾患; 淡蒼球・黒質・ルイ体萎縮症, p.74〜75, 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川リハ). 先端医学社, 東京, 97.12.20発行.

1155. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) Key Word1998-'99; 神経変性疾患; ALS患者の心理, 第1版, p.210〜211, 長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内),福山嘉綱(総合相談). 先端医学社, 東京, 97.12.20発行.

1156. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 神経変性疾患, 1998-1999; 運動ニューロン病と声帯麻痺, 斉藤豊和(内). 編集 水野美邦(順天大),柳沢信夫(国療中部病院),中野今治(自治医大), 先端医学社, 東京, 97.12.20発行.

1157. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 最新脳と神経科学シリーズ9: 腫瘍性病変の神経科学; 傍腫瘍症候群: Crow-Fukase症候群, p.233〜240, 斉藤豊和(内). 編集 高倉公朋,宮本忠雄, メジカルビュー社, 東京, 98.03.20発行.

1158. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 内科学レビュー97; 免疫・アレルギー: 膠原病, p.297〜301, 岡田純(内). 編集 柏崎禎夫, 総合医学社, 97.04.14発行.

1159. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 薬剤師生涯研修講座テキスト4; 強皮症, p.35〜41, 近藤啓文(内). 編集 日本薬剤師会, 薬事日報社, 東京, 97.00.00発行.

1160. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 今日の治療指針1998年版; 混合性結合組織病, p.592〜593, 岡田純(内). 編集 日野原重明,他, 医学書院, 東京, 98.01.15発行.

1161. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 在宅訪問服薬管理指導のための基礎知識; 療法別の対応, p.71〜156, 斉藤豊和(内),加藤昭. 編集 古和久幸,渡辺敏(医療衛生学部),島田慈彦(薬剤部), 医薬ジャーナル社, 東京, 98.02.20発行.

1162. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 今日の診断指針 第4版; 進行性全身性硬化症(強皮症), p.1159〜1161, 近藤啓文(内). 編集 亀山正邦,他, 医学書院, 東京, 97.00.00発行.

1163. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 治療薬ガイド'98; 非ステロイド抗炎症剤, p.819〜824, 近藤啓文(内). 編集 Medical Practice編集委員会, 文光堂, 東京, 98.00.00発行.

1164. [学会(国際)] (会頭(会長)講演) Cerebral degenerative changes during aging with cognitive declines. Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Terayama, Y.,Mortel, K.F.,Konno, S.,Margishvili, G.M.(Baylor College): 1997 4th International Conference on Quantitative Xenon CT-CBF (97.06.10〜13), Houston.

1165. [学会(国際)] (一般講演) Risk factors for cerebral atrophy during human aging. Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Mortel, K.F.,Konno, S.,Margishvili, G.M.(Baylor College): The American Academy of Neurology 49th Annual Meeting (97.04.12〜19), Boston, Neurology, 48(3): 206, 1997.

1166. [学会(国際)] (一般講演) Risk factors for cerebral atrophy and cognitive declines. Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Mortel, K.F.,Terayama, Y.,Konno, S.,Margishvili, G.M.(Baylor College): 18th International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism (Brain 97) (97.06.15), Baltimore, J. Cereb. Blood Flow Metab., 17(Suppl.): 625, 1997.

1167. [学会(国際)] (一般講演) Development of cerebrovascular disease alters the course and symptoms of migraine. Meyer, J.S.,Terayama, Y.,Konno, S.(Baylor College),秋山久尚(内),Mortel, K.F.,Margishvili, G.M.,Wills, P.M.(Baylor College): American Association for the Study of Headache (97.06.19〜22), New York, J. Head Face Pain, 37(5): 323〜324, 1997.

1168. [学会(国際)] (一般講演) Aging, risk factors for cerebral CT changes and risk of dementia. Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Terayama, Y.,Konno, S.,Mortel, K.F.,Margishvili, G.M.(Baylor College): 8th Congress of the International Psychogeriatric Association (97.08.17〜22), Jerusalem.

1169. [学会(国際)] (一般講演) Effect of antiphospholipid antibodies on pregnancy outcome in patients with SLE. 近藤啓文,ラナ美代子,岡田純(内): Combined Meeting of the 5th RAA Congress of Rheumatology, 3rd APLAL Symposium on the Therapy of Rheumatic Diseases (98.01.18〜22), Manila.

1170. [学会(国際)] (ポスター講演) Relative activity of neck muscles during CO2 or hypoxic stimulation. 阿部直,山田拓実,片桐真人,横場正典,土橋ゆかり,冨田友幸(内),Easton, P.A.(カルガリー大): 1997 International Conference of American Lung Association and American Thoracic Society (97.05.21), San Francisco, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 155(Suppl.): 915, 1997.

1171. [学会(国際)] (ポスター講演) A randomised trial of FK506 in patients with rheumatoid arthritis. 近藤啓文(内),柏崎禎夫,Sugawara S,Mizushima Y,Abe T: 19th ILAR Congress of Rheumatology (97.06.08〜13), Singapore.

1172. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of anti-interleukin 8 monoclonal antibody on monosodium crystals-induced arthritis in rabbit. 西村 A,赤星透,高橋道雄(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): 19th ILAR Congress of Rheumatology (97.06.08〜13), Singapore.

1173. [学会(国際)] (ポスター講演) Chronic daily headache evaluated by VAS-scale headache diary. 五十嵐久佳,坂井文彦(内): 8th Congress of International Headache Society (97.06.10〜14), Amsterdam.

1174. [学会(国際)] (ポスター講演) Objective evaluation of tension-type headache. 海野佳子,坂井文彦(内),斉藤江美子,河島江美(臨検): 8th Congress of International Headache Society (97.06.10〜14), Amsterdam, Cephalalgia, 17(3): 354〜355, 1997.

1175. [学会(国際)] (ポスター講演) In-111-labelled leukocyte brain SPECT imaging; Clinical significance in evaluating acute ischemic stroke. 飯塚高浩,坂井文彦,藤沼邦彦,北井則夫,神田直(内): 18th International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism (Brain 97) (97.06.15), Baltimore, J. Cereb. Blood Flow Metab., 17(Supp1.): 117, 1997.

1176. [学会(国際)] (ポスター講演) Prognosis of locomotion function after stroke. 松永篤彦,黒川幸雄(医療衛生),神田直,坂井文彦(内): 8th World Congress of the International Rehabilitation Medicine (97.09.01), 京都.

1177. [学会(国際)] (ポスター講演) Long term prognosis of lacunar infarction. 北井則夫,神田直,飯塚高浩,坂井文彦(内): 16th World Congress of Neurology (97.09.14〜19), Buenos Aires.

1178. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of Ebselen on SOD activity in ischemic gerbil brain. 塚原信也(内),岡部多加志(静岡赤十字病院): 16th World Congress of Neurology (97.09.14〜19), Buenos Aires.

1179. [学会(国際)] (ポスター講演) Cerebrovascular disease alters the symptomatic course of migraine. Meyer, J.S.,Terayama, Y.,Konno, S.(Baylor College),秋山久尚(内),Mortel, K.F.,Margishvili, G.M.,Wills, P.M.(Baylor College): 16th World Congress of Neurology (97.09.14〜19), Buenos Aires, J. Neurol. Sci., 150: 35, 1997.

1180. [学会(国際)] (ポスター講演) Classification of the vascular dementias validated. Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Terayama, Y.,Konno, S.,Mortel, K.F.,Margishvili, G.M.(Baylor College): 1997 Salzburg International Conference on Cerebral Vascular Disease (97.09.15), Buenos Aires.

1181. [学会(国際)] (ポスター講演) Clinical studies of polyneuropathy associated with monoclonal gammopathy with anti MAG/SGPG antibody in Japan. 斉藤豊和,糠沢達志,荻野裕,荻野美恵子,伊藤博明,古和久幸(内): 16th World Congress of Neurology (97.09.15), Buenos Aires, J. Neurol. Sci., 150(Suppl. 10): 177, 1997.

1182. [学会(国際)] (ポスター講演) Psychological analysis in amyotrophic lateral sclerosid. 梁正淵,楠淳一,長谷川一子,古和久幸(内),福山嘉綱(総合相談): 16th World Congress of Neurology (97.09.17), Buenos Aires.

1183. [学会(国際)] (ポスター講演) Dementia in Parkinsons' disease; Examination according to Wechsler adult intelligence scale. 梁正淵,長谷川一子,古橋紀久,古和久幸(内),福山嘉綱(総合相談): 16th World Congress of Neurology (97.09.17), Buenos Aires.

1184. [学会(国際)] (ポスター講演) Isolatd neck extensor myopathy: The first report of outside USA and association with Parkinsonism. 伊藤博明,岡宮聡,斉藤豊和,古和久幸,鳥居順三(内): 16th World Congress of Neurology (97.09.17), Buenos Aires, J. Neurol. Sci., 150(Suppl. 10): 190, 1997.

1185. [学会(国際)] (ポスター講演) Aging and risk factors for cognitive declines. Meyer, J.S.(Baylor College),秋山久尚(内),Terayama, Y.,Konno, S.,Mortel, K.F.,Margishvili, G.M.(Baylor College): 122nd Annual Meeting of the American Neurological Association (97.09.28〜10.01), San Diego, Ann. Neurol., 42(3): 399, 1997.

1186. [学会(国際)] (ポスター講演) Axonal form of Guillain-Barre syndrome in Japan. Yashii, F.,Shinohara, Y.(東海大),斉藤豊和(内): 122nd Aunal Meeting of the American Neurological Association (97.09.28), San Diego, Ann. Neurol., p.453, 1997.

1187. [学会(国際)] (ポスター講演) Rapid induction of neutrophil apoptosis by sulfasalazine: implications of reactive oxygen species in the apoptotic process. 赤星透,Namai R,関山 N,Tanaka S,穂坂茂,近藤啓文(内): 1997 Anual Meeting, Society for Leukocyte Biology (97.12.04), Baltimore.

1188. [学会(全国)] (教育講演) 進行性全身性硬化症の病態と治療. 近藤啓文(内): 第25回内科学の展望 (97.10.26), 松山.

1189. [学会(全国)] (教育講演) パネルディスカッション「RAの臨床」: DMARDsの副作用とその対策. 近藤啓文(内): 日本リウマチ学会教育研修会; RAの病態と治療をめぐるミニ・国際シンポジウム (97.11.25), 東京.

1190. [学会(全国)] (シンポジウム等) 最近の治療の進歩について; 脳髄性ニューロパチーを中心に. 伊藤博明,斉藤豊和(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜, 抄録集, p.14, 1997.

1191. [学会(全国)] (シンポジウム等) 神経難病における在宅人工呼吸療法. 斉藤豊和(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.20, 1997.

1192. [学会(全国)] (シンポジウム等) 進行性核上性麻痺. 長谷川一子(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.22, 1997.

1193. [学会(全国)] (シンポジウム等) ケモカインと臨床; ケモカインとリウマチ性疾患. 赤星透(内): 第25回日本臨床免疫学会総会 (97.09.17), 東京, 日本臨床免疫学会会誌, 20(4): 262, 1997.

1194. [学会(全国)] (ワークショップ) 抗リン脂質抗体症候群の病態と治療2(臨床と病態); Evans症候群で発症し抗リン脂質抗体症候群の経過中ネフローゼ症候群を呈した1例. 栗原夕子,内山真主美,田中住明,高橋道雄,岡田純,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 220, 1997.

1195. [学会(全国)] (ワークショップ) 抗リン脂質抗体症候群の病態と治療2(臨床と病態); 抗リン脂質抗体症候群(APS)の病態と抗血栓療法. 岡田純,浜名俊也,ラナ美代子,田中住明,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 221, 1997.

1196. [学会(全国)] (ワークショップ) RAの関節破壊とサイトカイン1(サイトカイン産生の制御について); 骨芽細胞株におけるC-Cケモカイン発現調節機序の解析. 高橋道雄,赤星透,穂坂茂,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 225, 1997.

1197. [学会(全国)] (ワークショップ) ANCAとリウマチ性疾患(血管炎を含む); 非典型ANCA陽性患者の臨床的解析. 遠藤平仁,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 233, 1997.

1198. [学会(全国)] (ワークショップ) NOと関節炎; HgCl2投与ラット血管炎モデルの関節炎発症におけるNOの役割. 遠藤平仁,高橋道雄,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 235, 1997.

1199. [学会(全国)] (ワークショップ) リウマチ性疾患の新しい免疫療法; 慢性関節リウマチ(RA)に対するFK506の用量検索試験. 近藤啓文(内),安倍達,菅原幸子,入交昭一郎,内田,橋本博史,水島裕,柏崎禎夫: 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 241, 1997.

1200. [学会(全国)] (ワークショップ) RAのDMARDs療法1(基礎的検討); スルファサラジンによる好中球アポトーシスの誘導. 赤星透,関山菜穂,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 250, 1997.

1201. [学会(全国)] (ワークショップ) 自己免疫疾患とアポトーシス2(SLE, シェーグレン症候群を中心に); 炎症性筋炎のapoptosisに関する検討. 角家明文,岡田純,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 260, 1997.

1202. [学会(全国)] (ワークショップ) 結晶誘発性関節炎; 尿酸結晶誘発関節炎における好中球IL-8産生. 西村明人(整外),赤星透,高橋道雄(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 261, 1997.

1203. [学会(全国)] (ワークショップ) 膠原病に伴う肺高血圧症の病因と病態; 低補体血症を伴う肺高血圧症を呈したPSSの2例. 及川明子,石川守,田中住明,赤星透,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 272, 1997.

1204. [学会(全国)] (ワークショップ) 強皮症をめぐる病態解明−最近の進歩−; 強皮症と混合性結合組織病の病像と臨床経過. 近藤啓文,東條毅(内): 第29回日本結合組織学会学術大会 (97.06.05〜06), 弘前.

1205. [学会(全国)] (ワークショップ) 自己抗原と自己抗体; MCTD患者にみられる抗heat shock protein抗体の意義. 岡田純,田中住明,ラナ美代子,近藤啓文(内): 第25回日本臨床免疫学会総会 (97.09.17), 東京, 日本臨床免疫学会会誌, 20(4): 322, 1997.

1206. [学会(全国)] (ワークショップ) 興味ある膠原病・自己免疫病症例; 高齢発症の男性全身性エリテマトーデス(SLE)の4例. ラナ美代子,岡田純,石川守,田中住明,高橋道雄,赤星透,近藤啓文(内): 第25回日本臨床免疫学会総会 (97.09.17), 東京, 日本臨床免疫学会会誌, 20(4): 344, 1997.

1207. [学会(全国)] (ワークショップ) 抗IL-8抗体による実験関節炎の制御. 赤星透,近藤啓文(内): 第18回日本炎症学会 (97.10.20〜21), 東京.

1208. [学会(全国)] (ワークショップ) 膠原病における中枢神経症状の特徴と対策. 岡田純,ラナ美代子,石川守,田中住明,赤星透,近藤啓文(内): 第12回日本臨床リウマチ学会 (97.12.04〜05), 福岡.

1209. [学会(全国)] (一般講演) Yersinia enterocolitica(0:8型)敗血症の1例. 内山真主美,石川守,穂坂茂,赤星透,飯国弥生,岡田純,近藤啓文(内),笹原武志,島内千恵子,井上松久(微): 第71回日本感染症学会総会 (97.04.03〜04), 札幌, 感染症雑誌, 71(増): 224, 1997.

1210. [学会(全国)] (一般講演) 頚部吸気補助筋および腹横筋の活動と, 肺気量との関係. 土橋ゆかり,阿部直,山田拓美,横場正典,高田信和,片桐真人,冨田友幸(内): 第37回日本胸部疾患学会総会 (97.04.11), 横浜.

1211. [学会(全国)] (一般講演) Sniffにおける頚部吸気補助筋の活動度について. 片桐真人,阿部直,横場正典,土橋ゆかり,山田拓実,矢那瀬信雄,冨田友幸(内): 第37回日本胸部疾患学会総会 (97.04.11), 横浜, 日本胸部疾患学会雑誌, 35(増): 208, 1997.

1212. [学会(全国)] (一般講演) 頚部吸気補助筋および腹横筋の活動と口腔内圧との関係. 横場正典,阿部直,山田拓実,土橋ゆかり,片桐真人,冨田友幸(内): 第37回日本胸部疾患学会総会 (97.04.11), 横浜, 日本胸部疾患学会雑誌, 35(増): 209, 1997.

1213. [学会(全国)] (一般講演) 高炭酸ガスおよび低酸素刺激時の頚部吸気補助筋および腹横筋の筋活動. 山田拓実,阿部直,片桐真人,土橋ゆかり,横場正典,冨田友幸(内): 第37回日本胸部疾患学会総会 (97.04.11), 横浜, 日本胸部疾患学会雑誌, 35(増): 237, 1997.

1214. [学会(全国)] (一般講演) 膠原病の難治性病態と治療−腎・泌尿器病変: ANCAと強皮症腎とその治療. 遠藤平仁,近藤啓文(内): 第9回日本アレルギー学会春季臨床大会 (97.05.01〜03), 幕張.

1215. [学会(全国)] (一般講演) 珍しい関節炎の症例報告(non-RA, non-OA); 非定型抗酸菌Mycobacterium avium complex (MAC)による感染性関節炎. 田中住明,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋岡.

1216. [学会(全国)] (一般講演) 多発性筋炎, 皮膚筋炎の発症, 病態形勢におけるHLAの意義. 古谷武文,箱田雅之,桶上謙士,上田寛之,西成田真,近藤啓文(内),柏崎禎夫: 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 281, 1997.

1217. [学会(全国)] (一般講演) NSAIDsのPGE受容体(EP)への影響. 遠藤平仁,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 283, 1997.

1218. [学会(全国)] (一般講演) 拘束性換気障害を呈した好酸球性筋膜炎の1例. 渡辺洋行,石川守,田中住明,赤星透,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 309, 1997.

1219. [学会(全国)] (一般講演) 抗リン脂質抗体症候群(APS)における抗prothrombin抗体の意義. 岡田純,ラナ美代子,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 319, 1997.

1220. [学会(全国)] (一般講演) SLEの妊娠に対するリン脂質関連抗体の影響. ラナ美代子,是洞桂子,岡田純,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 326, 1997.

1221. [学会(全国)] (一般講演) 炎症性疾患におけるインターロイキン11の意義について. 穂坂茂,田中住明,赤星透,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 347, 1997.

1222. [学会(全国)] (一般講演) SLE発症におけるT細胞抗原受容体Vβ遺伝子多型の関与. 上田寛之,箱田雅之,蒲谷直之,原まさ子,近藤啓文(内),柏崎禎夫: 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 354, 1997.

1223. [学会(全国)] (一般講演) 全身性強皮症における偽性腸閉塞の病態と治療に関する検討. 石川守,田中住明,高橋道雄,岡田純,近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋, リウマチ, 37(2): 401, 1997.

1224. [学会(全国)] (一般講演) Chronic daily headacheの臨床的検討. 五十嵐久佳,坂井文彦,土橋かおり(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.14), 横浜.

1225. [学会(全国)] (一般講演) 特異な歩行異常を認めるレボドパ無反応パーキンソニスムの3症例. 長谷川一子,楠淳一,梁正淵,三富哲郎,古和久幸,宮田嘉世子(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.14), 横浜, 抄録集, p.45, 1997.

1226. [学会(全国)] (一般講演) 抗MAG/SGPG抗体を有するニューロパチーの臨床像; 本邦報告例の検討. 辻俊一,斉藤豊和,入江幸子,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.14), 横浜, 抄録集, p.60, 1997.

1227. [学会(全国)] (一般講演) Lacunar strokeの長期予後. 北井則夫,神田直,飯塚高浩,福田倫也,坂井文彦(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜.

1228. [学会(全国)] (一般講演) 緊張型頭痛の客観的評価. 海野佳子,坂井文彦(内),斉藤江美子,河島江美(臨検): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜.

1229. [学会(全国)] (一般講演) 運動ニューロン病に見られる随意的閉瞼障害例の臨床的検討. 加藤知也,斉藤豊和,横山照夫,冨保和宏,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜, 抄録集, p.91, 1997.

1230. [学会(全国)] (一般講演) 進行性核上性麻痺における小脳歯状核病変の分布について. 井上雅之,柳下三郎,岩淵潔,澁谷克彦,桂城俊夫,児矢野繁,高橋竜哉,長谷川一子,梁正淵(内),天野直二,松下正明: 第38回日本神経病理学会総会学術研究会 (97.05.26), 東京.

1231. [学会(全国)] (一般講演) 病巣部位別にみた脳出血の長期予後. 神田直,北井則夫,坂井文彦(内): 第34回日本リハビリテーション医学会学術集会 (97.08.31), 京都, リハビリテーション医学, 34(11): 747, 1997.

1232. [学会(全国)] (一般講演) 気管支動脈蔓状血管腫の2例. 土橋ゆかり,片桐真人,久保田勝,高田信和,矢那瀬信雄(内),品田純,吉村博邦(胸外),冨田友幸(内): 第49回気管食道科学会 (97.10.03), 旭川.

1233. [学会(全国)] (一般講演) プロスタノイド受容体発現機序の解析. 遠藤平仁,岡田純,近藤啓文(内): 第47回日本アレルギー学会 (97.10.06), 東京.

1234. [学会(全国)] (一般講演) 炎症性筋疾患の発症、病態形成におけるHLAの意義. 古谷武文,箱田雅之,桶上謙士,上田寛之,西成田真,近藤啓文(内),徳永勝士,柏崎禎夫: 第27回日本免疫学会 (97.10.29), 札幌.

1235. [学会(全国)] (一般講演) 正常人の加齢による脳委縮に対する増悪因子の研究. 秋山久尚(内),Meyer, J.S.(ベイラー医大): 第9回日本脳循環代謝学会総会 (97.11.13), 東京, 日本脳循環代謝学会機関誌, 9(1): 116〜117, 1997.

1236. [学会(全国)] (一般講演) 緊張型頭痛の疫学調査. 五十嵐久佳,坂井文彦(内): 第25回日本頭痛学会総会 (97.11.15), 東京.

1237. [学会(全国)] (一般講演) パーキンソン病患者における生活上の不安, 困難の要因について; 59例における分析結果(第1報). 平賀よしみ(リハ),斉藤豊和(内): 第2回日本在宅ケア学会 (98.01.31), 横浜, プログラム集, p.7, 1998.

1238. [学会(全国)] (一般講演) 上肢に限局した運動感覚性多発単神経障害を呈し, CIDPの亜型と考えられる1例. 伊藤博明,丸野知子,糠沢達志,入江幸子,斉藤豊和(内),金沢直美(生化系): 第10回日本神経免疫学会 (98.01.31), 神経免疫学, 6(1): 164〜165, 1998.

1239. [学会(全国)] (一般講演) 酸素吸入下においても睡眠時低酸素血症が存在する肺結核後遺症例の臨床的特徴. 高田信和,土橋ゆかり,佐藤哲也,花田伸英,久保田勝,阿部直,冨田友幸(内): 第38回日本呼吸器学会総会 (98.03.31), 熊本, 日本呼吸器学会雑誌, 36(増): 189, 1998.

1240. [学会(全国)] (一般講演) NO吸入下のARDSモデルラットにおける肺組織障害性の検討. 本多研也,小林弘祐,高橋裕子,三藤久,田中直彦,今崎貴生,佐藤和己(内),平野靖史郎(国立環境研),福山直人,中沢博江(東海大),冨田友幸 (内): 第38回日本呼吸器学会総会 (98.03.31), 熊本, 日本呼吸器学会雑誌, 36(増): 315, 1998.

1241. [学会(全国)] (ポスター講演) 当院で行われた一酸化窒素(NO)吸入療法における効果および予後に関する検討. 三藤久,小林弘祐,秋山志織,高橋愛典,高橋裕子,本多研也,田中直彦,冨田友幸(内): 第37回日本胸部疾患学会総会 (97.04.10), 横浜, 日本胸部疾患学会雑誌, 35(増): 413, 1997.

1242. [学会(全国)] (ポスター講演) ARDSモデルラットにおけるNO吸入による肺組織障害性の検討. 本多研也,小林弘祐,高橋裕子,三藤久,田中直彦(内),平野靖史郎(国立環境研),福山直人,中沢博江(東海大),冨田友幸(内): 第37回日本胸部疾患学会総会 (97.04.11), 横浜, 日本胸部疾患学会雑誌, 35(増): 379, 1997.

1243. [学会(全国)] (ポスター講演) 頭痛日記による慢性頭痛の評価と検討. 土橋かおり,坂井文彦,五十嵐久佳,海野佳子,北井則夫,飯塚高浩(内): 第94回日本内科学会総会 (97.04.24〜26), 大阪, 日本内科学会雑誌, 86: 141, 1997.

1244. [学会(全国)] (ポスター講演) パーキンソン病と麻痺性イレウス. 横山照夫,糠沢達志,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜, 抄録集, p.129, 1997.

1245. [学会(全国)] (ポスター講演) 喘息重積発作の治療中に生じた急性ミオパチーにおける筋構成蛋白の検討. 松本信子(内),安井美江(形態系),中村健A(寄),鳥居順三(内),山口正弘(順大): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜, 抄録集, p.170, 1997.

1246. [学会(全国)] (ポスター講演) チアミン欠乏脳症モデルにおける責任病巣の発現機序に関する検討. 冨保和宏(内),金沢直美(生物化学系),斉藤豊和,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜, 抄録集, p.190, 1997.

1247. [学会(全国)] (ポスター講演) 大沼地区における家族性パーキンソン病の4q21-q23領域のハプロタイプ解析. 古沢英明,長谷川一子,梁正淵,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.233, 1997.

1248. [学会(全国)] (ポスター講演) M蛋白血症を伴うニューロパチー患者血清中IgM asialo GM1抗体のアフィニティについて. 荻野美恵子,荻野裕,斉藤豊和,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.264, 1997.

1249. [学会(全国)] (ポスター講演) 抗GM2モノクローナル抗体が認識する末梢神経の糖蛋白について. 入江幸子,斉藤豊和,冨保和宏,古和久幸(内),中村和生,玉井洋一(生化),金沢直美(生物化学系): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.264, 1997.

1250. [学会(全国)] (ポスター講演) 実験的アレルギー性神経炎の同種免疫グロブリンによる治療効果の検討. 糠沢達志,冨保和宏,入江幸子,伊藤博明,斉藤豊和,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.266, 1997.

1251. [学会(全国)] (ポスター講演) 筋萎縮性側索硬化症患者の心理. 梁正淵,長谷川一子,古橋紀久,古和久幸(内),福山嘉綱(総合相談): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.288, 1997.

1252. [学会(全国)] (ポスター講演) ALS患者にみられたNF-H及び65kd神経蛋白を認識するIgA型M蛋白のエピトープ. 荻野裕,荻野美恵子,斉藤豊和,古和久幸(内): 第38回日本神経学会総会 (97.05.16), 横浜, 抄録集, p.292, 1997.

1253. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳塞栓症急性期におけるPLEDSの臨床的検討. 飯ケ谷美峰,飯塚高浩(内),吉本紅子,阿部勇勝(臨検): 第27回日本脳波・筋電図学会学術大会 (97.11.19), 福岡.

1254. [学会(全国)] (ポスター講演) 下肢における反復刺激試験. 辻俊一,伊藤博明,斉藤豊和(内),佐橋邦彦,原田秀樹(臨検): 第27回日本脳波・筋電図学会学術大会 (97.11.19), 福岡.

1255. [学会(地方)] (教育講演) 慢性関節リウマチの診断と治療. 近藤啓文(内): 第17回日本内科学会信越地方会支部生涯教育講演会 (97.11.09), 新潟.

1256. [学会(地方)] (一般講演) 無菌性髄膜炎で発症した急性下垂体炎の1例. 飯ケ谷美峰,飯塚高浩,海野佳子,土橋かおり,北井則夫,坂井文彦(内): 第454回日本内科学会関東地方会 (97.05.10), 横浜.

1257. [学会(地方)] (一般講演) Descending necrotizing mediastinitisの1例. 秋山志織,片桐真人,小沢剛久,今崎貴生,三藤久,高田信和,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内): 第455回日本内科学会関東地方会 (97.06.14), 東京.

1258. [学会(地方)] (一般講演) 一側下腿筋萎縮を合併した常染色体優性遺伝小脳皮質萎縮症の1例. 荻野裕,岩淵潔,長友英樹,斉藤豊和,荻野美恵子(内): 第141回日本神経学会関東地方会 (97.06.14), 東京.

1259. [学会(地方)] (一般講演) 慢性進行性の随意運動時過動症を呈するHereditary motor and sensory neuropathyの女性例. 荻野美恵子,岡宮聡,糠沢達志,伊藤博明,斉藤豊和(内): 第141回日本神経学会関東地方会 (97.06.14), 東京.

1260. [学会(地方)] (一般講演) 両側大脳半球に広汎な白質病変を呈したSjogren症候群の1例. 遠藤基,飯塚高浩,海野佳子,土橋かおり,北井則夫,坂井文彦(内): 第456回日本内科学会関東地方会 (97.07.12), 東京.

1261. [学会(地方)] (一般講演) Heuirdystoniaを呈した多発性硬化症例. 楠淳一,横山照夫,加藤知也,長谷川一子,斉藤豊和(内): 第142回日本神経学会関東地方会 (97.09.06), 東京.

1262. [学会(地方)] (一般講演) 馬尾の著明な肥厚を認めprimary B-cell leptomeningeal lymphomaと考えられた1例. 遠藤基,飯塚高浩,塚原信也,飯ケ谷美峰,海野佳子,土橋かおり,北井則夫,坂井文彦(内): 第142回日本神経学会関東地方会 (97.09.07), 東京.

1263. [学会(地方)] (一般講演) 急速な呼吸不全を呈した成人発症スティル病の1例. ラナ美代子,浜名俊也,上村明子,石川守,矢那瀬信雄,岡田純,近藤啓文(内): 第457回日本内科学会関東地方会 (97.09.13), 前橋.

1264. [学会(地方)] (一般講演) 劇症型マイコプラズマ肺炎の2例. 佐藤和己,高田信和,福田紀子,片桐真人,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸,秋山久尚(内),相馬一亥(救命): 第458回日本内科学会関東地方会 (97.10.12), 東京.

1265. [学会(地方)] (一般講演) 気管支肺胞洗浄液(BALF)中, 好中球増多を呈した器質化肺炎と考えられた1例. 鈴木道弘,楠原範之(内): 第59回神奈川県内科医学会集談会 (97.10.26), 大磯.

1266. [学会(地方)] (一般講演) RA治療中Septic shockをきたしたレジオネラ症の1例. 浜名俊也,石川守,上村明子,穂坂茂,飯国弥生,岡田純,近藤啓文(内): 第46回日本感染症学会東日本地方総会 (97.10.30〜31).

1267. [学会(地方)] (一般講演) 免疫吸着法が著効であったStiff-man症候群の1例. 遠藤基,北井則夫,塚原信也,飯ケ谷美峰,土橋かおり,海野佳子,飯塚高浩,坂井文彦(内): 第459回日本内科学会関東地方会 (97.11.08), 水戸.

1268. [学会(地方)] (一般講演) ラット胃粘膜におけるガストリン, ソマトスタチンおよびセロトニン含有基底顆粒細胞の定量的検討. 五野由佳理(内),日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),坂井文彦(内),竹中敏文(横浜市大): 第85回日本解剖学会関東地方会 (97.11.15), 相模原, Acta Anatomica Nipponica, 73(1): 71, 1998.

1269. [学会(地方)] (一般講演) Facial diplegiaの回復が遷延したGuillain-Barre'症候群例. 丸野知子,横山照夫,糠沢達志,伊藤博明,斉藤豊和(内): 第143回日本神経学会関東地方会 (97.11.29), 東京.

1270. [学会(地方)] (一般講演) 間質性肺炎をみとめた顕微鏡的PNの1例. 石川守,梶原耕一,浜名俊也,上村明子,岡田純,近藤啓文,遠藤平仁(内): 第460回日本内科学会関東地方会 (97.12.13), 東京.

1271. [学会(地方)] (一般講演) Pulmonary epithelioid hemangioendotheliomaの1例. 小沢剛久,三藤久,土橋ゆかり,高田信和,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸,片桐真人(内),品田純,吉村博邦(胸外): 第128回日本呼吸器学会関東地方会 (98.02.07), 東京.

1272. [学会(地方)] (一般講演) NO2がガス吸入による急性呼吸不全の1例. 土橋ゆかり,高田信和,佐藤和己,高橋愛典,片桐真人,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直(内),相馬一亥(救命),冨田友幸(内): 第461回日本内科学会関東地方会 (98.02.14), 東京.

1273. [学会(地方)] (一般講演) 頭板状筋の筋生検で細胞浸潤を認めたdropped head syndromeの1例. 飯ケ谷美峰,飯塚高浩,原敦子,土橋かおり,海野佳子,坂井文彦(内): 第144回日本神経学会関東地方会 (98.03.07), 東京.

1274. [学会(地方)] (一般講演) 対麻痺にて発症した解離性大動脈瘤の1剖検例. 横山照夫,古沢英明,伊藤博明,斉藤豊和(内),大部誠(病理): 第144回日本神経学会関東地方会 (98.03.07), 東京.

1275. [学会(地方)] (一般講演) 血清VEGFの高値を呈したCrow-Fukase症候群の1例. 横山照夫,岡宮聡,楠淳一,丸野知子,伊藤博明,斉藤豊和(内): 第60回神奈川県内科医学会集談会 (98.03.29), 相模原.

1276. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー; CIDPおよび関連疾患の免疫的背景. 斉藤豊和(内): 第8回日本末梢神経研究会 (97.08.30), 名古屋.

1277. [研究会(全国)] (一般講演) 頚部呼吸補助筋および腹横筋の筋活動に対する化学的刺激および姿勢の影響. 山田拓実,阿部直,片桐真人,土橋ゆかり,横場正典,冨田友幸(内): 第5回呼吸コンディショニング研究会 (97.01.18), 東京.

1278. [研究会(全国)] (一般講演) 微小血管床におけるO2, CO2のdiffusional shunting. 小林弘祐(内),滝沢直定(生理): 酸素ダイナミクス研究会 (97.09.27), 大阪, 予稿集, p.3〜4, 1997.

1279. [研究会(全国)] (一般講演) 成人重症急性呼吸不全症例における当院での一酸化窒素吸入療法の現状. 三藤久,小林弘祐,高橋裕子,高橋愛典,田中直彦(内),相馬一亥(救命),冨田友幸(内): 第1回Acute Lung Injury研究会 (97.12.06), 東京.

1280. [研究会(全国)] (一般講演) ANCA陽性強皮症腎クリーゼ11例の臨床的特徴. 遠藤平仁,近藤啓文(内): 第1回強皮症研究会議 (98.02.28), 東京.

1281. [研究会(地方)] (特別講演) 肺感染症と鑑別疾患. 高田信和(内): 相模原市内科医会 (97.06.26), 相模原.

1282. [研究会(地方)] (特別講演) 強皮症の病態と治療. 近藤啓文(内): 第15回御茶ノ水膠原病・リウマチ臨床医会 (97.06.28), 東京.

1283. [研究会(地方)] (特別講演) 膠原病の治療戦略. 近藤啓文(内): 第30回埼玉リウマチ研究会 (97.11.29), 大宮.

1284. [研究会(地方)] (特別講演) 肺感染症と鑑別疾患. 高田信和(内): 小田原内科医会 (98.01.19), 小田原.

1285. [研究会(地方)] (一般講演) 呼気中一酸化窒素(NO)濃度測定の標準化および疾患別の呼気NO濃度の検討. 高橋裕子,小林弘祐,三藤久,本多研也,高橋愛典,秋山志織,田中直彦,冨田友幸(内): KRC神奈川呼吸カンファレンス (97.00.00), 神奈川.

1286. [研究会(地方)] (一般講演) 進行性の痴呆; 後頭葉に限局したC-J様病理変化を認めた1症例. 梁正淵,楠淳一,長谷川一子,古和久幸(内),柳下三郎(神奈川リハ): 第58回関東臨床神経病理懇話会 (97.00.00), 東京.

1287. [研究会(地方)] (一般講演) 低補体血症を呈し, ループス腎炎との鑑別困難であった妊娠腎の1例. 浜名俊也,石川守,上村明子,岡田純,近藤啓文(内): 第38回関東リウマチ研究会 (97.07.05), 東京.

1288. [研究会(地方)] (一般講演) 急性出血性白質脳症が疑われた全身性septic emboliの1例. 河崎明子,藤沼邦彦,糠沢達志,秋山久尚(内),浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第42回神奈川県感染症研究会 (97.09.06), 横浜.

1289. [研究会(地方)] (一般講演) 重症呼吸不全を呈したマイコプラズマ肺炎の2例. 高田信和,福田紀子,片桐真人,小林弘祐,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内),渋井総朗(救命),秋山久尚(内),相馬一亥(救命): 第42回神奈川県感染症研究会 (97.09.06), 横浜.

1290. [研究会(地方)] (一般講演) サルモネラ腸炎を発症した全身性エリテマトーデスの2症例. 上村明子,武井博文,穂坂茂,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第42回神奈川県感染症研究会 (97.09.06), 横浜.

1291. [研究会(地方)] (一般講演) Multifocal motor neuropathy with conduction block例における臨床的, 免疫学的検討. 糠沢達志,入江幸子(内),金沢直美(生物化学系),伊藤博明,斉藤豊和(内): 第25回神奈川ニューロサイエンス研究会 (97.10.03), 横浜.

1292. [研究会(地方)] (一般講演) Oral apraxiaで初発しcorticobasal ganglionic degeneratinと考えられた1例. 飯塚高浩,飯ケ谷美峰,五野由佳理,土橋かおり,坂井文彦(内): Kanagawa Visual Neurology (97.11.00), 横浜.

1293. [研究会(地方)] (一般講演) P-ANCA陽性で間質性肺炎と半月体形成性腎炎を認めた1例. 石川守,浜名俊也,上村明子,岡田純,近藤啓文(内): 第37回神奈川リウマチ医会 (97.11.08), 横浜.

1294. [研究会(地方)] (一般講演) 慢性関節リウマチ治療中, 呼吸困難とショックを呈した男性の1例. 浜名俊也,上村明子,石川守,穂坂茂,飯国弥生,岡田純,近藤啓文(内): 神奈川県内科集談会 (97.11.15), 横浜.

1295. [研究会(地方)] (一般講演) ANCA陽性強皮症腎クリーゼの1例. 遠藤平仁,近藤啓文(内): 第6回膠原病の腎障害研究会 (97.12.06), 東京.

1296. [研究会(地方)] (一般講演) 変性性神経疾患における眼瞼痙攣. 楠淳一,横山照夫,糠沢達志,斉藤豊和(内): 第15回運動障害研究会 (98.01.24), 東京.

1297. [研究会(地方)] (一般講演) 感染性心内膜炎と細菌性関節炎を合併したGroup G streptococcus 敗血症の1例. 上村明子,福居美佐紀,石川守,穂坂茂,近藤啓文(内),関恵理奈,佃和彦,贄正基,鳥井晋三,平田泰弘: 第43回神奈川県感染症研究会 (98.02.07), 横浜.

1298. [研究会(地方)] (ポスター講演) 呼気一酸化窒素(NO)濃度からみたプラニルカスト水和物の気管支喘息治療効果. 高橋裕子,小林弘祐,本多研也,秋山志織,高橋愛典,三藤久,冨田友幸(内): 第34回気道過敏性研究会 (98.02.28), 東京, 抄録集, p.29, 1998.

1299. [研究会(地方)] (公開講座) 新GCPと開発の留意点. 近藤啓文(内): 炎症研究振興会第13回炎症フォーラム (97.10.24), 大仁.

1300. [研究会(地方)] (公開講座) リウマチ・膠原病の治療. 近藤啓文(内): 東海大学病院難病講座 (97.11.27), 神奈川.

1301. [学術賞(国内賞)] 第25回日本頭痛学会喜多村賞“頭痛日記による慢性頭痛の検討”. 土橋かおり(内):


<<1404 ?? >>

1302. [原著] Development of pyothorax-associated pleural lymphoma in relation to focal cytokinemic condition and epstein-barr virus infection. 檀原幹生(内),高野康雄(病理),藤野由美(内),岡安勲(病理),塩谷茂(内): Acta Haematol., 99: 41〜44, 1998.

1303. [原著] Necrotizing bacillus cereus infection of the meninges without inflammatory reaction in a patient with acute myelogenous leukemia: a case report. Motoi, N.,Ishida, T.,Nakano, I.(東大),秋山暢(内),Mitani, K.,Hirai, H.,Yazaki, Y.,Machinami, R.(東大): Acta Neuropathol., 93: 301〜305, 1997.

1304. [原著] Thrombotic microangiopathy associated with alpha-interferon therapy for chronic myelocytic leukemia. Honda, K.,Ando, A.,Endo, M.,Shimizu, K.(東女医大),東原正明(内),Nitta, K.,Nihei, N.(東女医大): Am. J. Kidney Dis., 30: 123〜130, 1997.

1305. [原著] Effect of probucol on serum lipoprotein and apoprotein profiles in renal transplant patients. 大久保充人,堀井昭,鎌田貢寿,竹内康雄,塚本雄介,小林直之(内),佐藤光史(外),熊野和雄,遠藤忠雄(泌): Am. J. Kidney Dis., 31(2): 356〜359, 1998.

1306. [原著] Molecular cloning of human GRB-7 co-amplified with CAB1 and c-ERBB-2 in primary gastric cancer. Kishi, T.,Sasaki, H.(国立がんセンター),秋山暢(内),Ishizuka, T.,Sakamoto, H.,Aizawa, S.,Sugimura, T.,Terada, M.(国立がんセンター): Biochem. Biophys. Res. Commun., 232: 5〜9, 1997.

1307. [原著] Isolation of a candidate gene, CAB1, for cholesterol transport to mitochondria from the c-ERBB-2 amplicon by a modified cDNA selection method. 秋山暢(内),Sasaki, H.,Ishizuka, T.,Kishi, T.,Sakamoto, H.,Onda, M.,Hirai, H.,Yazaki, Y.,Sugimura, T.,Terada, M.(国立がんセンター): Cancer Res., 57: 3548〜3553, 1997.

1308. [原著] Endothelin production in the rabbit collecting ducts of acute renal failure. Ida, T.,Tokami, H.,Tanaka, Y.,Goto, M.,Masaki, Y.,塚本雄介(内),Marumo, F.: Exp. Nephrol., 5: 31〜37, 1997.

1309. [原著] A novel domain in the CD30 cytoplasmic tail mediates NFkB activation. Horie, R.,Aizawa, S.,Nagai, M.,Ito, K.(東大),東原正明(内),Ishida, T.,Inoue, J.,Watanabe, T.(東大): Int. Immunol., 10(2): 203〜210, 1998.

1310. [原著] Fulminant septicemic syndrome of bacillus cereus in a leukemic patient. 秋山暢(内),三谷絹子,Hanazono, Y.,Motoi, N.,Zarkovic, M.,Tange, T.,Hirai, H.,Yazaki, Y.(東大): Intern. Med., 36: 221〜226, 1997.

1311. [原著] Evidence for involvement of IgA1 hinge glycopeptide in the IgA1-IgA1 interaction in IgA nephropathy. 小久保透(内),比企能之(看護学部),岩瀬仁勇(生化),堀井昭(内),田中淳志,錦戸條二(旭化成),堀田恭子(生化),小林豊(内): J. Am. Soc. Nephrol., 8: 915〜919, 1997.

1312. [原著] Incidence and clinical characteristics of hypoparathyroidism in dialysis patients. Akizawa, T.,Kinugasa, E.,Akiba, T.,塚本雄介(内),Kurokawa, K.: Kidney Int., 53(Suppl. 62): 72〜74, 1997.

1313. [原著] Steroid therapy in progressive IgA nephropathy: A 10-year follow-up study. 小林豊,比企能之,小久保透,佐野隆,橋爪健次郎,舘野純生(内): Nephrology, 3(Suppl.2): 739〜745, 1997.

1314. [原著] Dietary fish oil supplementation exacervates serum sickness nephritis in mice. 舘野純生,小林豊(内),Robinson, D.R.(Massachusetts General Hospital): Nephron, 77(1): 86〜92, 1997.

1315. [研究報告(厚生省)] 進行性IgA腎症に対するステロイド療法−高度蛋白尿症例における10年間の検討−. 小林豊,比企能之,小久保透,堀井昭,舘野純生(内): 厚生省特定疾患進行性腎障害調査研究班平成8年度研究業績, p.42〜46, 1998.

1316. [症例報告] 慢性関節リウマチの経過中に自己免疫性溶血性貧血を併発し, 診断に苦慮したWegener肉芽腫症の1例. 長場泰,舘野純生,橋爪健次郎,佐野隆,巽洋,花岡正人,小久保透,比企能之,鎌田貢寿,小林豊(内),重松秀一(信州大): 腎炎症例研究, 14: 15〜22, 1998.

1317. [症例報告] 5年間のステロイド療法を行った進行性IgA腎症の1例. 藤森亜希,長場泰,堀井昭,比企能之,小林豊(内): 腎臓, 20: 37〜42, 1997.

1318. [症例報告] 巨大ミトコンドリアを伴った急性リンパ性白血病. 秋山暢(内),三谷絹子(東大),山崎家春(三井記念病院),平井久丸,矢崎義雄(東大): 内科, 80: 577〜580, 1997.

1319. [総説] IgA腎症におけるステロイド薬の使い方. 小林豊,巽洋,花岡正人,田村雅人(内): Medical Practice, 14: 1319〜1322, 1997.

1320. [総説] 代謝性アシドーシスの鑑別診断. 塚本雄介(内): Medicina, 34(5): 906〜908, 1997.

1321. [総説] NK細胞型顆粒リンパ球増多症とアポトオシス. 金子多香子(内): 医学のあゆみ, 180: 886〜890, 1997.

1322. [総説] ITP. 新しい治療法. 東原正明,郡美佳(内),宮崎浩二(東大): 血液腫瘍科, 36: 141〜147, 1998.

1323. [総説] 慢性腎不全とビタミンD受容体遺伝子多型. 塚本雄介(内): 腎と骨代謝, 10(4): 371〜376, 1997.

1324. [総説] IgA腎症−成人領域での治療. 小林豊,比企能之,小久保透,舘野純生(内): 腎と透析, 42: 459〜466, 1997.

1325. [総説] エビデンスに基づく内科疾患の治療戦略: IgA腎症−成人の場合. 小林豊,佐野隆,橋爪健次郎(内): 内科, 79: 1202〜1210, 1997.

1326. [総説] ネフローゼ症候群の最新療法: ステロイド薬の適応と使い方. 小林豊,佐野隆,橋爪健次郎(内): 内科, 79: 895〜899, 1997.

1327. [総説] 血液疾患の診察と検査(総論). 東原正明(内): 内科, 80: 157〜160, 1997.

1328. [総説] ベッドサイドのHematology, 3. 骨髄検査の意義と解釈. 秋山暢(内): 内科, 80: 540〜546, 1997.

1329. [総説] 高ホモシスティン血症と血栓症. 東原正明(内),田口淳一,大野実(東大): 日本医事新報, (3836): 15〜20, 1997.

1330. [総説] 腎性骨異栄養症. 塚本雄介(内): 日本医事新報, 3796: 17〜22, 1997.

1331. [総説] 抗血症板療法. 宮崎浩二(東大),東原正明(内): 日本内科学会雑誌, 86: 965〜971, 1997.

1332. [総説] 腎臓症候群−Goodpasture症候群とPseudo Goodpasture症候群. 小林豊,舘野純生(内): 日本臨床, (別冊 No.5): 705〜711, 1997.

1333. [総説] 腎臓症候群−急性感染性尿細管間質性腎炎. 小林豊,舘野純生(内): 日本臨床, (別冊 No.5): 712〜715, 1997.

1334. [総説] 心不全に対する凝固療法; 抗血小板療法の意義は?. 宮崎浩二(東大),東原正明(内): 臨床医, 23(3): 108〜109, 1997.

1335. [総説] NK細胞白血病と類縁疾患の病態と治療. 金子多香子(内): 臨床医, 23(8): 48〜50, 1997.

1336. [総説] 血栓形成と高脂血症. 東原正明(内): 臨床医, 24: 32〜35, 1998.

1337. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針第4版; 蛋白尿, p.411〜414, 小林豊(内). 編集 亀山正邦,他, 医学書院, 東京, 97.00.00発行.

1338. [学術書] (分担執筆) メディコピア−腎臓病−最近の話題; ステロイド療法の適応と実際, p.128〜137, 小林豊(内). 編集 河合忠,他, 富士レビオKK, 98.00.00発行.

1339. [学術書] (分担執筆) 腎臓病学エッセンス; 間質性腎疾患, p.166〜173, 小林豊(内). 中外医学社, 98.00.00発行.

1340. [学術書] (分担執筆) Annual Review腎臓1997; Adynamic bone, p.127〜131, 塚本雄介(内). 中外医学社, 97.00.00発行.

1341. [学術書] (分担執筆) EBM現代内科学; 第9章4節「尿路結石症」, p.1800〜1805, 塚本雄介(内). 編集 黒川清,斎藤英彦,矢崎義雄, 金芳堂, 97.00.00発行.

1342. [学術書] (分担執筆) 腎と透析−腎尿路系疾患の検査ベッドサイドノート; ]X. 組織学的検査, 「骨生検」, 47(増): 943〜945, 塚本雄介(内). 編集 腎と透析編集委員会, 98.00.00発行.

1343. [学術書] (分担執筆) 腎と骨代謝ハンドブック; B.病態と治療, 第1章「腎性骨異栄養症」, p.187〜195, 塚本雄介(内). 編集 黒川清,鈴木正司,秋沢忠男,松本俊夫,塚本雄介(内), 日本メディカルセンター, 97.00.00発行.

1344. [学術書] (編集) 腎と骨代謝ハンドブック; B.病態と治療, 第1章「腎性骨異栄養症」, p.187〜195. 編集 黒川清,鈴木正司,秋沢忠男,松本俊夫,塚本雄介(内), 日本メディカルセンター, 97.00.00発行.

1345. [教科書] (分担執筆) 内科学教科書「ハイパー臨床内科」(CD-ROM); 循環抗凝血素, 東原正明(内). 中山書店, 東京, 97.00.00発行.

1346. [教科書] (分担執筆) 内科学教科書「ハイパー臨床内科」(CD-ROM); Multicentric Castleman's disease, 東原正明(内). 中山書店, 東京, 97.00.00発行.

1347. [教科書] (分担執筆) 内科学教科書「ハイパー臨床内科」(CD-ROM); TXA2 不応症, 東原正明(内). 中山書店, 東京, 97.00.00発行.

1348. [教科書] (分担執筆) 看護のための基礎知識; 貧血, p.22〜51, 東原正明(内). 編集 林茂樹(国立国際医療センター), 真興交易医書, 東京, 97.00.00発行.

1349. [その他の著書] (分担執筆) 別冊日本臨床: 領域別症候群シリーズNo. 17, 腎臓症候群−その他の腎臓疾患を含めて−(上巻); バルカン腎症, Chineseherbsnephropathy, p.716〜719, 舘野純生,小林豊(内). 編集 早藤弘(日本臨床社), 日本臨床社, 大阪, 東京, 97.07.22発行.

1350. [その他の著書] (分担執筆) 別冊日本臨床: 領域別症候群シリーズNo. 17, 腎臓症候群−その他の腎臓疾患を含めて−(下巻); サルコイド症における腎障害, p.551〜553, 舘野純生,小林豊(内). 編集 早藤弘(日本臨床社), 日本臨床社, 大阪, 東京, 97.07.22発行.

1351. [その他の著書] (分担執筆) 別冊日本臨床: 領域別症候群シリーズNo. 17, 腎臓症候群−その他の腎臓疾患を含めて−(下巻); Wegener肉芽腫性間質生腎炎, p.391〜393, 舘野純生,小林豊(内). 編集 早藤弘(日本臨床社), 日本臨床社, 大阪, 東京, 97.07.22発行.

1352. [その他の著書] (分担執筆) 別冊日本臨床: 領域別症候群シリーズNo.16, 腎臓症候群−その他の腎臓疾患を含めて−(下巻); 肉芽腫性間質生腎炎, p.262〜265, 舘野純生,小林豊(内). 編集 早藤弘(日本臨床社), 日本臨床社, 大阪, 東京, 97.06.30発行.

1353. [学会(国際)] (一般講演) Evaluation of thrombopoiesis in patients with thrombocytopenia by simultaneous measurement of reticolated platelets of whole blood and serum thrombopoietin. 東原正明(内),小池由佳子,宮崎浩二,米山彰子,中原一彦(東大): 16th Congress of the International Society on Thrombosis and Helematosis (97.06.08), Florence, Italy, Thromb. Haemost., (Suppl.): 5, 1997.

1354. [学会(国際)] (一般講演) Evaluation of thrombopoiesis in thrombocytopenic disorders by simultaneus measurement of reticulated platelets of whole blood and serum thrombopoietin concentrations. 小池由佳子,米山彰子,中原一彦(東大),東原正明(内): The First Joint Meeting of Japan Cytometry Society and International Society for Analytical Cytology (97.10.01〜03), 岩手.

1355. [学会(国際)] (ポスター講演) Glomerular IgG subclass deposition in BSA nephritis of the mice fed with fish oil diet. 舘野純生,小林豊(内): 14th International Congress of Nephrology (97.05.25〜29). Sydney.

1356. [学会(国際)] (ポスター講演) Steroid therapy in progressive IgA nephropathy; A 10-year follow-up study. 小林豊,比企能之,小久保透,堀井昭,舘野純生(内): 14th International Congress of Nephrology (97.05.25〜29). Sydney, Nephrology, p.354, 1997.

1357. [学会(国際)] (ポスター講演) Effective antibiotics treatment of IgA related nephropathy associated with MRSA infection. 長場泰,比企能之,泉田いぶき,竹内康雄,小久保透,舘野純生,小林豊(内): 14th International Congress of Nephrology (97.05.25〜29). Sydney, Nephrology, p.356, 1997.

1358. [学会(国際)] (ポスター講演) MALDI-TOFMS analysis of O-glycans on IgA1 hinge in IgA nephropathy. 比企能之(内),田中淳志(旭化成),小久保透(内),岩瀬仁勇(生化),錦戸條二(旭化成),堀田恭子(生化),小林豊(内): 14th International Congress of Nephrology (97.05.25〜29). Sydney, Nephrology, p.360, 1997.

1359. [学会(国際)] (ポスター講演) The IgA1 self-aggregation mediated by the exposed IgA1 hinge core peptide due to glycosylation failure. 小久保透,比企能之(内),岩瀬仁勇,堀田恭子(生化),小林豊(内): 14th International Congress of Nephrology (97.05.25〜29). Sydney, Nephrology, p.360, 1997.

1360. [学会(国際)] (ポスター講演) Developmental changes in expression of tubular and vascular types of urea transporters in neonatal rat kidney. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小久保麻子,小林豊,矢島義忠(内),河原克雅(生理): 第30回アメリカ腎臓学会 (97.11.02〜05), サンアントニオ, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 18, 1997.

1361. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of deglycosylation of IgA1 hinge region on IgA1 self-aggregation and adhesion to extracellular matrix proteins. 小久保透,比企能之(内),岩瀬仁勇(生化),田中淳志,錦戸條二(旭化成),堀田恭子(生化),小林豊(内): 第30回アメリカ腎臓学会 (97.11.02〜05), サンアントニオ, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 459, 1997.

1362. [学会(国際)] (ポスター講演) Presence of“glomerulophilic IgA1”in IgA nephropathy. 比企能之,小久保透(内),岩瀬仁勇(生化),田中淳志,錦戸條二(旭化成),堀田恭子(生化),小林豊(内): 第30回アメリカ腎臓学会 (97.11.02〜05), サンアントニオ, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 537, 1997.

1363. [学会(国際)] (ポスター講演) Exposed peptide core of IgA1 hinge region in IgA nephropathy. 小久保透,比企能之(内),岩瀬仁勇(生化),田中淳志,錦戸條二(旭化成),堀田恭子(生化),小林豊(内): 第30回アメリカ腎臓学会 (97.11.02〜05), サンアントニオ, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 538, 1997.

1364. [学会(国際)] (ポスター講演) Two-year steroid therapy in progressive IgA nephropathy-a prospective, controlled 10-year follow-up study. 小林豊,比企能之,小久保透,舘野純生(内): 第30回アメリカ腎臓学会 (97.11.02〜05), サンアントニオ, J. Am. Soc. Nephrol., 8: 90, 1997.

1365. [学会(国際)] (ポスター講演) Evaluation of prognosis in myelodysplastic syndrome by cox's proportional hazard model. 秋山暢,檀原幹生(内),平美也子(形態系),郡美佳,塩谷茂,東原正明(内): American Society of Hematology Abstract Submission Form, 39th Annual Meeting (97.12.5〜9), San Diego, America.

1366. [学会(全国)] (シンポジウム等) IgA腎症−成人領域での治療の選択と予後. 小林豊,比企能之,小久保透(内): 第40回日本腎臓学会学術大会 (97.05.14〜16). 新潟, 日本腎臓学会誌, 39: 191, 1997.

1367. [学会(全国)] (一般講演) IgA腎症におけるIgA1ヒンジ部糖ペプチドの検討(第2報). 小久保透,比企能之(内),岩瀬仁勇(生化),田中淳志(旭化成),堀井昭(内),堀田恭子(生化),小林豊(内): 第40回日本腎臓学会学術大会 (97.05.14〜16). 新潟, 日本腎臓学会誌, 39: 274, 1997.

1368. [学会(全国)] (一般講演) IgA腎症におけるIgA1ヒンジ糖ペプチドのMALDI-TOFMS解析. 比企能之,小久保透(内),岩瀬仁勇(生化),田中淳志(旭化成),堀田恭子(生化),小林豊(内): 第40回日本腎臓学会学術大会 (97.05.14〜16). 新潟, 日本腎臓学会誌, 39: 274, 1997.

1369. [学会(全国)] (一般講演) 平滑筋light meromyosin (LMM)に対するモノクロナル抗体のミオシン・フィラメント形成阻害作用に関する検討. 東原正明(内),宮崎浩二(東大),池辺光男(マサチューセッツ・メディカルセンター): 第39回日本平滑筋学会総会 (97.07.24〜25), 大阪.

1370. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院における骨髄異形成症候群の予後因子解析. 秋山暢,檀原幹生,金子多香子,郡美佳,塩谷茂,東原正明(内): 第39回日本臨床血液学会総会 (97.10.27〜29), 東京, 臨床血液, 38: 1097, 1997.

1371. [学会(全国)] (一般講演) 真菌感染症が血液疾患の経過に影響を与える影響; 重症感染症は免疫療法としての意味をもつか. 須永真司,白井潤,石田建,正田絵里子,宮崎浩二,辻野志穂,小山真理子,小池由佳子,堀江良一,三浦昇,青木克己,木村哲,米山彰子,中原一彦(東 大),東原正明(内): 第39回日本臨床血液学会総会 (97.10.27〜29), 東京, 臨床血液, 38: 1124, 1997.

1372. [学会(全国)] (一般講演) 当科病理剖検例にみる造血器疾患に合併した深在性真菌症の特徴. 山下えり子(内),久米光(病理),東原正明(内): 第39回日本臨床血液学会総会 (97.10.27〜29), 東京, 臨床血液, 38: 1124, 1997.

1373. [学会(全国)] (ポスター講演) マウスBSA腎炎における糸球体IgGサブクラスの沈着に対する魚油の効果. 舘野純生,小林豊(内): 第40回日本腎臓学会学術大会 (97.05.14〜16). 新潟.

1374. [学会(地方)] (一般講演) 当初MDSと診断され、その後幼弱赤芽球の著明な増加をきたし、高度黄疸に伴う多臓器不全にて死亡したAML-M6 variantの1例. 檀原幹生,金子多香子,秋山暢,塩谷茂(内): 第129回日本臨床血液学会例会 (97.05.24), 新潟, 臨床血液, 38: 714, 1997.

1375. [学会(地方)] (一般講演) 著しい体液貯留に伴い網膜剥離による視力低下をきたしたPOEMS症候群の1例. 大阪学,金子多香子,郡美佳,檀原幹生,秋山暢,塩谷茂,東原正明(内): 第130回日本臨床血液学会例会 (97.09.27), 東京.

1376. [学会(地方)] (一般講演) 頭蓋骨に特異な形質細胞腫の浸潤を呈して多発性骨髄腫の1例. 宝田茂,郡美佳,檀原幹生,秋山暢,金子多香子,塩谷茂,東原正明(内): 第459回日本内科学会関東地方会 (97.11.08), 茨城.

1377. [学会(地方)] (一般講演) 利尿剤負荷によるGitelman症候群の新しい鑑別. 巽洋,花岡正人,田村雅人,中村郁子,舘野純生,春山美,藤森亜希,塚本雄介,小林豊(内): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1378. [学会(地方)] (一般講演) 半月体形成性糸球体腎炎と肉芽腫様病変がみられたChurg-Strauss症候群の1例. 田村雅人,巽洋,花岡正人,比企能之,舘野純生,小林豊,田村浩三(内),重松秀一(信州大): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1379. [学会(地方)] (一般講演) 腎生検にて著明な血管炎を認めた結節性多発性動脈炎の2例. 佐野隆,橋爪健次郎,比企能之,塚本雄介,舘野純生,小林豊(内),高瀬敦,野村幸範(森下記念病院): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1380. [学会(地方)] (一般講演) 5年間のステロイド療法を行った進行性IgA腎症の1例. 藤森亜希,長場泰,堀井昭,小林豊(内): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1381. [学会(地方)] (一般講演) C型肝炎に膜性増殖性糸球体腎炎が認められた4例. 橋爪健次郎,佐野隆,巽洋,花岡正人,堀井昭,比企能之,鎌田貢寿,小林豊(内),重松秀一(信州大): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1382. [学会(地方)] (一般講演) 腎生検にて著明な血管炎を認めた結節性多発性動脈炎の2例. 佐野隆,橋爪健次郎,比企能之,塚本雄介,舘野純生,小林豊(内),高瀬敦,野村幸範(森下記念病院),重松秀一(信州大): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1383. [学会(地方)] (一般講演) 半月体形成性糸球体腎炎と肉芽腫様病変がみられたchurg-strauss症候群の1例. 田村雅人,巽洋,花岡正人,比企能之,舘野純生,小林豊(内),重松秀一(信州大): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1384. [学会(地方)] (一般講演) 糸球体係蹄二重化が著明に見られたネフローゼ症候群の1例. 花岡正人,巽洋,佐野隆,橋爪健次郎,比企能之,小林豊(内): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1385. [学会(地方)] (一般講演) IgAが特異な局在を呈したネフローゼ症候群の1例. 堀井昭,小林豊(内),重松秀一(信州大): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21〜22), 東京.

1386. [学会(地方)] (一般講演) Ara-Cによる結節性紅斑様皮疹を反復したMDS overt leukemiaの1例. 郡美佳,金子多香子,檀原幹生,秋山暢,塩谷茂,東原正明(内),矢口厚(皮): 第461回内科学会関東地方会 (98.02.14), 東京.

1387. [学会(地方)] (一般講演) 脳出血, 脳梗塞を主徴とした結節性多発動脈炎の1例. 藤森亜希,秋山久尚(内),上條吉人,平田光博,若林靖久,浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第44回日本救急医学会関東地方会 (98.02.14), 所沢.

1388. [研究会(地方)] (教育講演) 臨床血液学の最近の話題. 東原正明(内): キリンビール懇話会 (97.11.19), 神奈川.

1389. [研究会(地方)] (一般講演) 慢性関節リウマチの経過中に自己免疫性溶血性貧血を併発し, 診断に苦慮したWegener肉芽腫症の1例. 長場泰,舘野純生,橋爪健次郎,佐野隆,巽洋,花岡正人,小久保透,比企能之,鎌田貢寿,小林豊(内),重松秀一(信州大): 第27回神奈川腎炎研究会 (97.02.22), 横浜.

1390. [研究会(地方)] (一般講演) 北里大学病院における骨髄異形成症候群の予後因子解析. 秋山暢,檀原幹生,金子多香子,郡美佳(内),平美也子(形態系),塩谷茂,東原正明(内): 第4回神奈川血液シンポジア (97.07.12), 神奈川.

1391. [研究会(地方)] (一般講演) 北里大学病院における骨髄異形症候群の予後因子解析. 秋山暢,檀原幹生,金子多香子,郡美佳,梶原耕一,大竹浩文,大和田啓(内),平美也子(形態系),塩谷茂,東原正明(内): 第23回北里医学会総会 (97.11.15), 東京.

1392. [研究会(地方)] (一般講演) 妊娠中の骨髄検査で赤芽球系と骨髄球系の形態異常がみられたITPの症例. 平美也子(形態系),金子多香子,郡美佳,檀原幹生,秋山暢,塩谷茂(内): 第37回神奈川血液研究会 (98.01.31), 横浜.

1393. [研究会(地方)] (一般講演) Ara-Cによる結節性紅斑様皮疹を反復したMDS overt leukemiaの1例. 郡美佳,金子多香子,秋山暢,塩谷茂,東原正明(内): 第37回神奈川血液研究会 (98.01.31), 横浜.

1394. [研究会(地方)] (公開講座) 血液系難病全般について. 秋山暢(内): 相模原保健所主催講演会 (97.06.27), 相模原.

1395. [研究会(地方)] (公開講座) 止血血栓領域の最近の話題. 東原正明(内): 北里大学東病院合同カンファレンス (97.10.08), 東京.


<<15 外科学>>

1396. [原著] Serum amylase level on admission in the diagnosis of blunt injury to the pancreas; Its significance and limitations. 滝島常雅(外),杉本勝彦,平田光博,浅利靖,大和田隆(救命),柿田章(外): Ann. Surg., 226(1): 70〜76, 1997.

1397. [原著] Apoptosis is inhibited early in the dysplasiacarcinoma sequence of barrett esophagus. 片田夏也(外),Hinder, R.A.,Smyrk, T.C.,平林直樹,Perdikis, G.,Lund, R.J.,Woodward, L.,Klingler, P.J.(Creighton Univ.): Arch. Surg., 132(7): 728〜733, 1997.

1398. [原著] Relationship between the recurrence of hepatocellular carcinoma (HCC) and serum alanine aminotransferase levels in hepatectomized patients with hepatitis C virus-associated cirrhosis and HCC. Tarao, K.,Takemiya, S.,Tamai, S.,Sugimasa, Y.,Ohkawa, S.,Akaike, M.,Tanabe, H.,Shimizu, A.,吉田宗紀,柿田章(外): Cancer, 79(4): 688〜694, 1997.

1399. [原著] Regeneration of the hepatic nerves following surgical denervation of the liver in dogs. 伊藤義也,高橋毅,田所文彦,林京子,飯野善一郎,佐藤光史,柿田章(外): Liver, 18: 20〜26, 1998.

1400. [原著] A trial of high-dose ursodeoxycholic acid therapy in a liver transplant recipient. 北嘉昭(東大),横田和彦(外),平田勝,幕内雅敏(東大): Transpl. Int., 10: 78〜90, 1997.

1401. [原著] Effects of oxygenation during initial perfusion of the liver on hepatic metabolism and morphology following simple hypothermic storage in brain dead rabbits. 伊藤義也,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): Transplant. Proc., 29: 359〜361, 1997.

1402. [原著] Beneficial impact of FK409 as donor pretreatment on warm or cold ischemically injured hearts in the rat. 鹿取正道(外),玉置透,葉輝,此枝義記,田中三津子,川村明夫(北楡会): Transplant. Proc., 30: 91〜93, 1998.

1403. [原著] 下大静脈を経て右房内に達した Intravenous Leiomyomatosisを一期的に摘除した1症例. 西山直久,金城正佳,佐藤一喜,柿田章(外),倉田篤,西山清敬(胸外),脇田邦夫(産婦): 血管外科, 16: 90〜94, 1997.

1404. [原著] 腹腔鏡下胆嚢摘出術194例の検討−患者の期待に応えることができたか−. 田中潔,田中弦,福成信博,小池礼子(JR東京総合病院),田原宗徳(外),横田和彦,福光正行(JR東京総合病院): 交通医学, 51(3・4): 82〜93, 1997.

1405. [原著] 下肢静脈瘤硬化療法例の検討. 小川憲章,池永誠,大島行彦,上野聡一郎,島田謙,原英,日吉利光,種子田岳史,中村秀夫(外): 埼玉県医学会雑誌, 31(5): 772〜774, 1996.

1406. [原著] 胃全摘後の後期ダンピング症例の検討−ポカリスエット-グルコバイ負荷試験の有用性について−. 島田謙,大島行彦,上野聡一郎,原英,日吉利光,小川憲章,宇井孝太郎,種子田岳史,中村秀夫(外): 埼玉県医学会雑誌, 31(5): 842〜846, 1996.

1407. [原著] 向精神病薬使用患者の周術期管理. 小沢平太,上野聡一郎,星野弘樹,近藤賢司,日吉利光,小川憲章,原英,大島行彦,中村秀夫(外): 埼玉県医学会雑誌, 32(3): 349〜352, 1997.

1408. [原著] 外傷性消化管穿孔例の臨床的検討. 近藤賢司,上野聡一郎,小沢平太,星野弘樹,日吉利光,小川憲章,原英,大島行彦,中村秀夫(外): 埼玉県医学会雑誌, 32(3): 414〜416, 1997.

1409. [原著] 腹部大動脈瘤手術における正中開腹法と左傍腹直筋後腹膜到達法との比較検討. 佐藤一喜,金城正佳,西山直久,森瀬昌樹,島津盛一,根本・,柿田章(外): 日本血管外科学会雑誌, 6(7): 809〜814, 1997.

1410. [原著] 横行結腸癌症例の至適切除範囲における臨床病理学的検討. 井原厚,大谷剛正,相原成昭,野沢直史,国場幸均,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 日本消化器外科学会雑誌, 30(10): 2117〜2121, 1997.

1411. [準原著] Can fetal xeno whole-organ (heart, lung, kidney and liver) grafts escape from hyperacute rejection in experimental discordant combinations as compared with adult xenografts? 辻公美,金井伸行,木勢桂史,竹部兼太郎,志村龍男,萩原政夫,北村真,平賀聖悟(東海大),佐藤光史,高橋毅,柿田章(外),吉田佳嗣,五条理志,北村 惣一郎(奈良医大),中島真,加藤治文(東京医大): Transplant. Proc., 29(7): 3022〜3023, 1997.

1412. [準原著] がん治療における体腔鏡手術の現状と展望−大腸がん−. 国場幸均,大谷剛正,比企能樹(外): 癌の臨床, 43(12): 1442〜1449, 1997.

1413. [準原著] 膵空腸密着吻合法の手技と有用性. 柿田章,吉田宗紀,高橋毅,北村雅也,島田謙(外): 手術, 51(10): 1441〜1445, 1997.

1414. [準原著] 気腹による腹腔鏡下胆嚢摘出術の特徴と手技. 吉田宗紀,柿田章,北村雅也,島田謙,高橋毅(外): 手術, 51(7): 879〜884, 1997.

1415. [準原著] 腹腔鏡を用いた腸手術の諸工夫; 腹腔鏡補助下低位前方切除術(後腹膜アプローチ併用). 国場幸均,大谷剛正,比企能樹,柿田章(外),金田悟良,高橋俊毅(国立相模原病院): 手術, 52(3): 339〜346, 1998.

1416. [準原著] 胆嚢総胆管結石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術および総胆管切開, Tチューブ留置術の意義と手技. 吉田宗紀,柿田章,中村考伸,島田謙,高橋毅(外): 消化器外科, 20(11): 1655〜1660, 1997.

1417. [準原著] 下部胆管癌の手術. 柿田章,吉田宗紀(外): 消化器外科, 20(7): 1118〜1127, 1997.

1418. [短報・速報] Percutaneous transhepatic cholangioscopy and stenting for the treatment of choledochoduodenal fistula developing after left hepatic lobectomy. 高橋毅,飯野善一郎,北村雅也,島田謙,古田一徳,吉田宗紀,柿田章(外): 北里医学, 27(3): 201〜202, 1997.

1419. [研究報告(厚生省)] 5-FU少量持続およびCDDP少量頻回注入を併用した膵癌に対する2Channel化学療法. 柿田章,吉田宗紀,中村考伸,北村雅也,島田謙,高橋毅(外): 厚生省がん研究助成金「膵がんの病態解明に基づく外科手術の適応と限界に関する研究」, 平成8年度研究報告書, p.62〜67, 1997.

1420. [研究報告(厚生省)] がんに対する内視鏡的治療法の評価とその適応拡大に関する研究. 白尾国昭(国立がんセン),加藤治文(東京医大),吉田操(都立駒込病院),藤盛考博(獨協医大),多田正弘(山口大),嶋尾仁(外),細川鎮史(四国が んセン),深瀬和利(山形県成人病セン),中村哲也(国立神戸病院): 厚生省がん研究助成金による研究報告集(平成8年度), p.260〜266, 1997.

1421. [症例報告] 内視鏡的に経過観察し得たベロ毒素産生性大腸菌(O-157)による出血性大腸炎の1例. 根本一彦(外),山田至人(内),高橋厚,加藤康行(外),山縣さゆり(内),三富弘之(病理): Gastroenterol. Endosc., 39(6): 1125〜1131, 1997.

1422. [症例報告] 腸腰筋膿瘍の1例. 種子田岳史,上野聡一郎,宇井孝太郎,日吉利光,小川憲章,原英,島田謙,大島行彦,中村秀夫(外): 埼玉県医学会雑誌, 31(7): 924〜926, 1996.

1423. [症例報告] 当院における腹腔鏡下胆嚢剔出術の集計. 田所文彦,鈴木哲太郎,近藤康史,立石晋,西八嗣,八十川要平(外): 埼玉県医学会雑誌, 32(3): 432〜434, 1997.

1424. [症例報告] 結腸間膜出デスモイド腫瘍の1例. 西八嗣,板橋浩一,立石晋,佐藤幸一,田所文彦,八十川要平(外): 日本消化器外科学会誌, 30(8): 1864〜1868, 1997.

1425. [症例報告] 直腸カルチノイド肝転移における長期生存の1例. 古川裕介,大谷剛正,西山保比古,井原厚,比企能樹,柿田章(外): 日本臨床外科医学会雑誌, 58(5): 133〜137, 1997.

1426. [症例報告] 下部胆管と鑑別困難であった過形成による良性胆道狭窄の1例. 板橋浩一,佐藤幸一,立石晋,田所文彦,西八嗣,八十川要平(外),本告匡(病理): 日本臨床外科医学会雑誌, 58(7): 1607〜1611, 1997.

1427. [症例報告] 術前注腸造影検査で診断し待期腹腔鏡下修復術を行った閉鎖孔ヘルニアの1例. 飯野善一郎,大谷剛正,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 日本臨床外科医学会雑誌, 59(2): 565〜569, 1998.

1428. [総説] 直視下ブジー拡張, prosthesis挿入のガイドライン(案). 嶋尾仁,比企能樹(外),増田勝紀,鈴木博昭(東慈医大): Gastroenterol. Endosc., 39(5): 1004〜1007, 1997.

1429. [総説] 食道狭窄(良性・悪性)拡張術, ステント留置. 嶋尾仁,森瀬昌樹,堤修(外): Medicina, 34(9): 1747〜1749, 1997.

1430. [総説] 緩和医療における在宅中心静脈栄養法. 大谷剛正(外): 医学のあゆみ, 184(5): 492〜497, 1998.

1431. [総説] 胃癌に対するレーザー治療. 嶋尾仁,堤修,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 外科, 59(12): 1478〜1484, 1997.

1432. [総説] 末期がん患者の在宅中心静脈栄養法と問題点. 大谷剛正,野沢直史,古川裕介,荒井義孝,西山保比古,国場幸均,比企能樹,柿田章(外): 外科治療, 76(4): 417〜422, 1997.

1433. [総説] 血管外科に関係のある潰瘍・壊死に対する局所療法−虚血性潰瘍・壊死に対するLipo prostaglandin E1局所療法−. 金城正佳,佐藤一喜,西山直久,柿田章(外): 血管外科, 16(1): 21〜24, 1997.

1434. [総説] 在宅経管栄養法と在宅静脈栄養法について. 大島行彦(外): 埼玉県医学会雑誌, 32(1): 72〜74, 1997.

1435. [総説] 肝腫瘍に対する腹腔鏡下肝切除術の適応と手技. 吉田宗紀,比企能樹(外): 消化器診療, 38(9): 10〜11, 1997.

1436. [総説] 後腹膜アプローチ併用結腸切除術. 大谷剛正,国場幸均,比企能樹,柿田章(外): 消化器診療, 38: 10〜11, 1997.

1437. [総説] 直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM). 大谷剛正,比企能樹(外): 消化器診療, 39: 17〜20, 1998.

1438. [総説] スコープと周辺機器A to Z「超音波手術装置」. 吉田宗紀(外): 消化器内視鏡, 9(11): 1621, 1997.

1439. [総説] スコープと周辺機器A to Z「ハイパーサーシア装置」. 吉田宗紀(外): 消化器内視鏡, 9(11): 1622〜1624, 1997.

1440. [総説] レーザー装置. 嶋尾仁(外): 消化器内視鏡, 9(11増): 1620, 1997.

1441. [総説] 消化管癌に対する内視鏡下手術の術前診断の意義. 比企能樹(外): 消化器内視鏡, 9(3): 297〜301, 1997.

1442. [総説] 外科治療の現況と内視鏡の守備範囲, 狭窄. 嶋尾仁,堤修,比企能樹(外): 消化器内視鏡, 9(9): 1260〜1263, 1997.

1443. [総説] 癌の内視鏡治療. 嶋尾仁,比企能樹(外): 日本医師会雑誌, 118(3): 365〜368, 1997.

1444. [総説] 食道気管支瘻に対するステント治療. 嶋尾仁,森瀬昌樹,堤修,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 臨床外科, 52(12): 1399〜1402, 1997.

1445. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴「腹腔鏡下手術」; 胆嚢摘出術でのウォータージェットメスの有用性, p.28〜29, 吉田宗紀(外). 編集 鈴木博昭(東慈医大), 中山書店,東京,97.10.15発行.

1446. [学術書] (分担執筆) Proceedings of 5th Pacific Rim International Conference on Water Jet Technology; An application of water jets to laparoscopic surgery for the gallbladder diseases, p.302〜308, 柿田章,吉田宗紀(外). 編集 Vijay, M.M.(カナダ),Babu, N.R.(インド),Yahiro, T.(日本), Allied Publishers,New Dehli,97.02.03発行.

1447. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針第4版; 肛門周囲膿瘍, p.708〜709, 比企能樹(外). 編集 亀山正邦(住友病院院長),亀田治男(東急病院),高久史磨(自治医大),阿部令彦(慶大), 医学書院,東京,97.08.01発行.

1448. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴−上部消化管2; 内視鏡的胃瘻造設術(PEG)−合併症を起こさない手技と管理, p.84, 嶋尾仁(外). 編集 鈴木博昭(東慈医大), 中山書店,東京,97.10.15発行.

1449. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡のコツと落とし穴−上部消化管2; 癌性狭窄のステント留置法のコツ, p.104, 嶋尾仁(外). 編集 鈴木博昭(東慈医大), 中山書店,東京,97.10.15発行.

1450. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡治療の実際第2版; 内視鏡胃瘻造設術push法pull法, p.266〜274, 嶋尾仁,堤修,比企能樹(外). 編集 丹羽寛文(帝京大), 日本メディカルセンター,東京,97.12.05発行.

1451. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡治療の実際第2版; ステント(プロテーゼ)留置法, p.252〜258, 嶋尾仁,森瀬昌樹,堤修,比企能樹(外). 編集 丹羽寛文(帝京大), 日本メディカルセンター,東京,97.12.05発行.

1452. [学術書] (分担執筆) 消化器臨床プラクティス15胃癌・食道癌の内視鏡治療; 進行胃癌に対する内視鏡治療, p.120〜126, 嶋尾仁(外),西元寺克礼(内),比企能樹(外). 編集 中村孝司(帝京大),大久保昭行(大蔵省印刷局東京病院),木村健,井廻道夫(自治医大), 文光堂,東京,98.01.22発行.

1453. [学術書] (分担執筆) 消化器診療プラクティス15胃癌・食道癌の内視鏡治療; 内視鏡治療の現状と将来の展望, p.2〜5, 比企能樹(外). 編集 中村孝司(帝京大), 文光堂,東京,98.01.22発行.

1454. [学術書] (分担執筆) 肝移植と肝病態−本邦成人の肝移植症例からみた肝病態の解明; アルコール性肝硬変症で肝移植を受け, 移植後, C型肝炎で経過観察中の肝移植症例, p.134〜139, 横田和彦,北嘉昭(外). 編集 谷川久一(久留米大), 日本メディカルセンター,東京,97.02.25発行.

1455. [学術書] (分担執筆) 静脈およびリンパ管疾患と外科; トピックス−最近の文献から一次性下肢静脈瘤の治療と再発, p.37〜38, 金城正佳,佐藤一喜,西山直久,柿田章(外). 編集 今脇節朗(香川医大),岩井武尚(東京医歯大),内田発三(岡大),慶儀成二(鳥取大),重松宏(東大),堀豪一(昭和大),矢野孝(春日井市民病院), 日本アクセルシュプリンガー出版,東京,97.02.25発行.

1456. [学術書] (分担執筆) 食道・胃の内視鏡的粘膜切除術−その限界に挑む−; 上部消化管EMRの将来の展望, p.257〜260, 比企能樹(外). 編集 幕内博康(東海大), 日本メディカルセンター,東京,97.04.25発行.

1457. [その他の著書] (分担執筆) 医師との対話−これからの移植医療を考えるために; スターズル先生と語ろう, p.203〜226, 横田和彦(外). 編集 トリオ・ジャパン, はる書房,東京,97.10.16発行.

1458. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) −救急・ICU・外科系病棟における−ベッドサイドの鎮痛・鎮静管理; ベッドサイドの鎮痛・鎮静管理−北里大学医学部外科, p.143〜151, 塚本秀人,柿田章(外). 編集 田上恵(東大), 真興交易医書出版,東京,98.02.20発行.

1459. [視聴覚教材・視聴覚出版物] (分担執筆) ビジュアルレーザーの科学; ビジュアルレーザーの科学, 比企能樹(外). 編集 山中千代衛(レーザー技術総合研), 丸善,東京,97.09.30発行.

1460. [学会(国際)] (特別講演) Controversy over the treatment of gastric cancer - history of the therapy for early gastric cancer. 比企能樹(外): 49th Korean Surgical Society (97.11.07), ソウル, 予稿集, p.49, 1997.

1461. [学会(国際)] (特別講演) An application of water jets to laparoscopic surgery for the gallbladder diseases. 柿田章,吉田宗紀(外): The 5th Pacific Rim International Conference on Water Jet Technology (98.03.01), ニューデリー(インド).

1462. [学会(国際)] (シンポジウム等) Intra-gastric operation for early cancer. 嶋尾仁,桜本信一,比企能樹,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,柿田章(外): 37th World Congress of Surgery, ISS/SIC Videosymposium (97.08.27), Acapulco, Mexico, Program, p.105, 1997.

1463. [学会(国際)] (ポスター講演) Changes in the hepatic blood flow following surgical denervation of the liver and succeeding administrations of dopamine and dobutamine in dogs. 高橋毅,伊藤義也,高橋禎人,佐藤光史,柿田章(外): 第32回欧州実験外科学会 (97.05.18〜21), Corfu, Greece, 予稿集, p.82, 1997.

1464. [学会(国際)] (ポスター講演) Consideration on the initial treatment of patients with spontaneously ruptured hepatocellular carcinoma. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,北村雅也,伊藤徹,柿田章(外): 4th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery (97.06.19〜21), 横浜, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 4(Suppl.1): 89, 1997.

1465. [学会(国際)] (ポスター講演) A multifunctional water jet dissecting system for laparoscopic surgery. 吉田宗紀,柿田章,中村考伸,北村雅也,島田謙,高橋毅(外): 4th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery (97.06.19〜21), 横浜, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 4(Suppl.1): 84, 1997.

1466. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of prophylactic intra-arterial infusion of anticancer drugs on post-hepatic resection for hepatic metastases of colorectal carcinoma. 古川裕介,大谷剛正,岡村律子,比企能樹,柿田章(外): 37th World Congress of Surgery, ISW 97, ISS/SIC (97.08.26), Acapulco, Mexico, Abstract Book, p.82, 1997.

1467. [学会(国際)] (ポスター講演) Role of MR cholangiography and 3D chlangio-CT prior to laparoscopic surgeries for extrahepatic biliary diseases. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,北村雅也,中村考伸,高橋禎人,比企能樹,柿田章(外): International Surgical Week 1997 (97.08.26), Acapulco, Mexico, Abstract book, p.13.

1468. [学会(国際)] (ポスター講演) Assessment of the patency of pancreaticojejunal anastomosis in Whipple procedures by magnetic resonance pancreatography with a secretin load. 北村雅也,高橋毅,島田謙,吉田宗紀,中村考伸,高橋禎人,比企能樹,柿田章(外): International Surgical Week 1997 (97.08.26), Acapulco, Mexico, Abstract book, p.281.

1469. [学会(国際)] (ポスター講演) Location of early gastric cancer and effects of endoscopic mucosal resection. 嶋尾仁,比企能樹,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,桜本信一,塚本秀人,柿田章(外): 37th World Congress of Surgery, ISW 97, ISS/SIC (97.08.27), Acapulco, Mexico, Abstract Book, p.257, 1997.

1470. [学会(国際)] (ポスター講演) Effectiveness of decompression percutaneous endoscopic gastrostomy for the patients with peritonitis carcinomatosa. 嶋尾仁,比企能樹,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,金沢秀紀,稲木英治,小林伸行,榊原譲,桜本信一,塚本秀人,柿田章(外): 37th World Congress of Surgery, ISW 97, ISS/SIC (97.08.27), Acapulco, Mexico, Abstract Book, p.287, 1997.

1471. [学会(国際)] (ポスター講演) How to support Japanese liver transplant candipates and recipients throughout the transplant process: role of family coordinators. 荒波よし(トリオジャパン),若林正,Gelblum, J.,北嘉昭(東大),Tamoto, T.,野村祐之,石井直志,渡辺直道,Johnson, K.,安田義守(トリオジャパン),横田和彦(外): 5th Congress of the Asian Society of Transplantation (97.12.06), Philippines(Manila).

1472. [学会(国際)] (ポスター講演) The heat-shock proteins induced by sever tasting can protect rat livers preserved for 72 hours from cold ischemia/reperfusion injury. 高橋禎人,玉置透,田中三津子,此枝義記,高橋昌宏,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院),鹿取正道,柿田章(外): 5th Congress of the Asian Society of Transplantation (97.12.06), Philippines(Manila), Abstracts, p.384, 1997.

1473. [学会(国際)] (ポスター講演) Experimental evaluation of hepatic circulation, energy metabolism and morphologic change in a brain death condition. 今井潔,佐藤光史,高橋毅,伊藤義也,中山義介,柿田章(外): 5th Congress of the Asian Society of Transplantation (97.12.07), Philippines(Manila).

1474. [学会(国際)] (ポスター講演) Nitric oxide donors can protect heart grafts from warm & cold ischemia/reperfusion injuries in the rat. 玉置透,鹿取正道(外),Ye, H.,此枝義記,川村明夫(札幌北楡病院): 5th Congress of the Asian Society of Transplantation (97.12.4〜7), Philippines(Manila).

1475. [学会(国際)] (ポスター講演) Diagnosis and treatment of patients with spontaneous rupture of hepatocellular carcinoma. 島田謙,高橋毅,坂本いづみ,伊藤徹,中村考伸,吉田宗紀,柿田章(外): 7th International Conference of Emergency Medicine (98.03.26〜29), Vancouver, Canada.

1476. [学会(国際)] (ポスター講演) Alterations of the expression of PD-ECGF in human colorectal polyp. 榎本拓茂,蔵並勝,柿田章(外): The Society of Surgical Oncology's 51st Annual Cancer Symposium (98.03.27), San Diego, U.S.A.

1477. [学会(全国)] (会頭(会長)講演) 胃癌治療の多様性−とくに早期胃癌治療の変遷について−. 比企能樹(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 31(3): 803〜812, 1997.

1478. [学会(全国)] (教育講演) PEGの手技−神経内科におけるPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術); 患者のQOL向上を求めて. 嶋尾仁(外): 第38回日本神経学会総会 (97.05.15), 横浜, 記録集, p.2〜5, 1997.

1479. [学会(全国)] (教育講演) 食道癌におけるステント療法. 嶋尾仁(外): 第2回日本消化器内視鏡学会重点卒後教育セミナー (97.09.20), 東京, 抄録集, p.1〜3, 1997.

1480. [学会(全国)] (シンポジウム等) 上部消化管悪性狭窄に対するステント挿入術. 森瀬昌樹,嶋尾仁(外): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.19), 名古屋, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.2): 487, 1997.

1481. [学会(全国)] (シンポジウム等) 腹部大動脈瘤に対するEndoluminal stent grafts repairの適応. 金城正佳,佐藤一喜,西山直久,柿田章(外),西巻博,磯部義憲(放): 第3回日本血管内治療学会 (97.07.03), 東京.

1482. [学会(全国)] (シンポジウム等) 局所治癒率向上のためのレーザー照射の併用−早期胃癌に対する内視鏡治療−. 嶋尾仁,比企能樹,堤修,森瀬昌樹,高野容幸,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,柿田章(外): 第18回日本レーザー医学会大会シンポジウム (97.09.05), 新潟, プログラム・抄録集, p.37, 1997.

1483. [学会(全国)] (シンポジウム等) ラット心阻血傷害に対するNitric Oxidc (NO) Donorの細胞保護効果. 鹿取正道(外),玉置透,葉輝,田中三津子,此枝義記,須藤純一,川村明夫(札幌北楡病院): 第33回日本移植学会総会 (97.09.16〜18), 大阪, 日本移植学会雑誌, 32(臨増): 236, 1997.

1484. [学会(全国)] (シンポジウム等) ラット肝冷阻血, 再潅流傷害における飢餓誘導ストレス蛋白質の効果と意義. 高橋禎人(外),玉置透,田中三津子,川村明夫,此枝義記,小島僚太郎,須藤純一(札幌北楡病院),柿田章(外): 第33回日本移植学会総会 (97.09.18), 大阪, 日本移植学会雑誌, 32(臨増): 265, 1997.

1485. [学会(全国)] (シンポジウム等) 食道噴門部癌性狭窄に対するQOL改善のための内視鏡治療−self-expandable stentの有用性および内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の併用. 嶋尾仁,森瀬昌樹,堤修,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第49回日本気管食道科学会総会シンポジウム (97.10.02), 旭川, 講演予報集, p.58, 1997.

1486. [学会(全国)] (シンポジウム等) 大腸亜全摘後のh-pouch形成術. 大谷剛正,野沢直史,相原成昭,古川裕介,国場幸均,西山保比古,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第52回日本大腸肛門病学会総会 (97.10.18), 浜松, 日本大腸肛門学会雑誌, 50(9): 726, 1997.

1487. [学会(全国)] (シンポジウム等) 胆嚢胆管結石に対する内視鏡治療の選択. 吉田宗紀,高橋毅(外): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.31), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 152, 1997.

1488. [学会(全国)] (シンポジウム等) 検査に対する診療報酬外保連試案について. 比企能樹(外): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.13), 大阪, 日本臨床外科医学会雑誌, 58(増): 120, 1997.

1489. [学会(全国)] (シンポジウム等) 胸部食道癌における頚部リンパ節転移の検討. 小林伸行,堤修,高野容幸,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,嶋尾仁,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),三富弘之(病理): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 334, 1998.

1490. [学会(全国)] (シンポジウム等) 肝細胞癌(HCC)破裂症例の治療と成績. 島田謙,高橋毅,中村考伸,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),磯部義憲(放): 第30回日本腹部救急医学会総会 (98.03.19〜20), 神戸, 日本腹部救急医学会雑誌, 18(1): 70, 1998.

1491. [学会(全国)] (ワークショップ) 潰瘍性大腸炎の手術時期と手術適応及び手術方法−特に貯留嚢作成方法の検討. 大谷剛正,野沢直史,相原成昭,古川裕介,国場幸均,西山保比古,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 213, 1997.

1492. [学会(全国)] (ワークショップ) 膵管造影所見による膵損傷の治療方針決定. 滝島常雅(外),平田光博,浅利靖,杉本勝彦,大和田隆(救命): 第29回日本腹部救急医学会総会 (97.09.11), 浦安, 日本腹部救急医学会雑誌, 17(5): 682, 1997.

1493. [学会(全国)] (ワークショップ) 上部消化管悪性狭窄に対するステント挿入術. 森瀬昌樹,嶋尾仁(外): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.29), 東京, Gastroenterol. Endosc., 39(334): 2054, 1997.

1494. [学会(全国)] (ワークショップ) 人工透析症例における消化器外科手術成績と予後規定因子の検討. 久木田和丘,小山内誠,内藤昌明,安原満夫,鹿取正道(外),田中三津子,高橋昌宏,玉置透,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19〜20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 369, 1998.

1495. [学会(全国)] (一般講演) 下部胆管の完全閉塞をきたした良性胆道狭窄の1例. 立石晋,遠藤晃彦,鈴木哲太郎,近藤康史,田所文彦,西八嗣,八十川要平(外),田所克己,西山正吾(放),本告匡(病理): 第49回日本消化器外科学会総会 (97.02.20), 福岡.

1496. [学会(全国)] (一般講演) Neo Red Cellによる高度血液交換ラットの免疫学的研究−異種免疫反応のメカニズム解明. 柳田尚之,玉置透,川村明夫,石崎彰(札幌北楡病院),高橋禎人(外),岡野正裕,高橋昌宏,田中三津子,目黒順一,久木田和丘,米川元樹,小島僚太郎 (札幌北楡病院): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 172, 1997.

1497. [学会(全国)] (一般講演) 異種心移植モデルを用いたFluosol構成成分の選択的補体活性化に関する比較検討. 玉置透,田中三津子(札幌北楡病院),高橋禎人(外),柳田尚之,石崎彰,岡野正裕,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫,小島僚太郎 (札幌北楡病院): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 173, 1997.

1498. [学会(全国)] (一般講演) 肝神経切離後の肝内神経再生とその機能. 伊藤義也,高橋毅,田所文彦,林京子,飯野善一郎,阿曽和哲,佐藤光史,柿田章(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 245, 1997.

1499. [学会(全国)] (一般講演) ヒト大腸癌組織におけるProtein kinase C isoform (PKC)の局在の検討. 蔵並勝,榎本拓茂,柿田章(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 282, 1997.

1500. [学会(全国)] (一般講演) 肝アシアロシンチグラフィー(GSA)による耐術能の予測. 石崎彰(札幌北楡病院),高橋禎人(外),柳田尚之,岡野正裕,田中三津子,高橋昌宏,久木田和丘,玉置透,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 289, 1997.

1501. [学会(全国)] (一般講演) モルモット−ラット異種肝移植における再潅流障害は免疫学的現象か?. 田中三津子,玉置透(札幌北楡病院),高橋禎人(外),柳田尚之,石崎彰,岡野正裕,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 307, 1997.

1502. [学会(全国)] (一般講演) ラット肝長期保存における飢餓誘導性ストレス蛋白質の細胞保護効果. 高橋禎人(外),玉置透,田中三津子,柳田尚之,石崎彰,岡野正裕,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫,小島僚太郎(札幌北楡病院): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 311, 1997.

1503. [学会(全国)] (一般講演) 肝神経切断後の神経支配の再確立に関する実験的形態学的研究. 飯野善一郎,高橋毅,伊藤義也,北村雅也,田所文彦,古田一徳,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 317, 1997.

1504. [学会(全国)] (一般講演) PDの膵管開存評価におけるMRCPとセクレチン負荷の意義. 北村雅也,吉田宗紀,島田謙,飯野善一郎,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 352, 1997.

1505. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術術前検査におけるCholangio 3D-CTの意義. 島田謙,吉田宗紀,北村雅也,高橋毅,比企能樹,柿田章(外),西巻博,磯部義憲(放): 第33回日本胆道学会総会 (97.04.17〜20), 名古屋, 胆道, 11(1): 96, 1997.

1506. [学会(全国)] (一般講演) 消化器悪性疾患に対する内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の応用. 嶋尾仁,森瀬昌樹,荒井義孝,高野容幸,高橋厚,宮内邦浩,礒垣誠,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第53回日本消化器内視鏡学会総会 (97.04.20), 名古屋, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.1): 572, 1997.

1507. [学会(全国)] (一般講演) 脳死状態における肝循環状態とドーパミン投与の影響についての実験的検討. 今井潔,佐藤光史,伊藤義也,高橋毅,中山義介,柿田章(外): 第4回日本臓器保存生物医学会総会 (97.05.30), 東京, Organ Biol., 4(1): 101, 1997.

1508. [学会(全国)] (一般講演) 飢餓誘導ストレス蛋白によるラット肝冷却保存傷害の抑制. 高橋禎人(外),玉置透,田中三津子,川村明夫,此枝義記,小島僚太郎,須藤純一(札幌北楡病院),柿田章(外): 第41回日本臓器保存生物医学会総会 (97.05.30), 東京, Organ Biol., 4(1): 102, 1997.

1509. [学会(全国)] (一般講演) 炭酸ガスレーザーを用いた腫瘍切除症例の検討. 横田和彦(外),美島利昭,和田祐和,小池礼子,田中弦,福成信博,田中潔,福光正行,滝沢利明(JR東京総合病院): 第51回日本交通医学会総会 (97.06.08), 名古屋.

1510. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術の検討−患者の期待に応えることができたか−. 田中潔,福成信博,田中弦,小池礼子,和田祐和,美島利昭(JR東京総合病院),横田和彦(外),福光正行(JR東京総合病院): 第51回日本交通医学会総会 (97.06.08), 名古屋.

1511. [学会(全国)] (一般講演) 術後肝不全に対する血漿交換療法の治療成績. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,北村雅也,比企能樹,柿田章(外): 第22回日本外科系連合学会学術集会 (97.06.28〜29), 大阪, 日外科系連会誌, 22(3): 546, 1997.

1512. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術における術前検査としての3-Dimensional Cholangio CT及びMR Cholangiographyの有用性. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,中村考伸,北村雅也,比企能樹,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17〜18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1214, 1997.

1513. [学会(全国)] (一般講演) 慢性胆嚢炎の腹腔鏡下手術困難例へのウォータージェットメスの応用. 吉田宗紀,柿田章,中村考伸,北村雅也,島田謙,高橋毅,大宮東生,比企能樹(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1233, 1997.

1514. [学会(全国)] (一般講演) 肝十二指腸間膜郭清に伴う肝血流量の変化とカテコールアミン投与の影響に関する実験的検討. 高橋毅,伊藤義也,飯野善一郎,田所文彦,今井潔,中山義介,佐藤光史,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17〜18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1387, 1997.

1515. [学会(全国)] (一般講演) 右側進行結腸癌に対する至適リンパ節郭清における臨床病理学的検討. 井原厚,大谷剛正,相原成昭,野沢直史,西山保比古,国場幸均,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 312, 1997.

1516. [学会(全国)] (一般講演) 下部消化管病変に対する鏡視下手術の工夫. 国場幸均,木村徹,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義,高橋俊毅,大谷剛正,比企能樹,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1343, 1997.

1517. [学会(全国)] (一般講演) クレアチン1.8 mg/dlで血液透析を導入した肺水腫を伴う糖尿病性腎症の1例. 田宮英治,水田裕子,高岩宏子,内田洋子,田村洋子,桜井鉄也,大矢美佐,杉下靖之,伊藤敦彦(JR東京総合病院),横田和彦,羽田勝征,福光正行(JR 東京総合病院): 第42回日本透析医学会総会 (97.07.19), 札幌.

1518. [学会(全国)] (一般講演) ブタ胎児肝異種移植超急性拒絶反応の遅延; 各種レクチン発現と液性免疫反応の検討. 金井伸行,森田尚克,佐藤光史,高橋毅,柿田章(外),萩原政夫,辻公美(東海大): 第33回日本移植学会総会 (97.09.16〜18), 大阪, 移植, 32: 139, 1997.

1519. [学会(全国)] (一般講演) 99mTc-GSAを用いた閉塞性黄疸における肝機能評価の有用性の検討. 小山内誠,高橋昌宏,内藤昌明(札幌北楡病院),鹿取正道(外),安原満夫,田中三津子,久木田和丘,玉置透,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第81回日本消化器病学会北海道支部例会 (97.09.20), 札幌.

1520. [学会(全国)] (一般講演) 大腸癌術後UFT補助化学療法の服薬完遂性. 大木繁男,貞廣荘太郎(神奈川UFT Compliance研),大谷剛正,高橋俊毅(外),山口茂樹,月川賢,山村卓也,長崎秀彰,武宮省治,西山潔,福島恒男,嶋田紘,三富利夫(神奈川 UFT Compliance研): 第35回日本癌治療学会 (97.10.08), 京都, 日本癌治療学会雑誌, 30(2): 267, 1997.

1521. [学会(全国)] (一般講演) 大腸癌治療切除例の遠隔成績に及ぼすフッ化ピリミジン系薬剤の効果に関する比較対照臨床試験. 貞廣荘太郎,三富利夫,野登隆,熊田馨,比企能樹(外),山川達郎,天野富薫,大木繁男,大谷剛正(外),岡壽士,高橋俊毅(外),武宮省治,西山潔,山 村卓也,土屋周二,小川暢也(神奈川UFT Compliance研): 第35回日本癌治療学会 (97.10.08), 京都, 日本癌治療学会雑誌, 30(2): 767, 1997.

1522. [学会(全国)] (一般講演) Conventionalな治療に殆ど反応せずに死の転帰をとった劇症肝炎の1例. 目黒順一,小山内誠,内藤昌明,安原満夫(札幌北楡病院),鹿取正道(外),田中三津子,高橋昌宏,久木田和丘,玉置透,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第23回日本急性肝不全研究会 (97.10.22), 盛岡.

1523. [学会(全国)] (一般講演) 肝膵同時切除後の肝膵臓器相関に関する基礎的研究. 古田一徳,柿田章,吉田宗紀,高橋毅,飯野善一郎,北村雅也,島田謙,比企能樹,富谷智明,藤原研司(外): 第1回日本肝臓学会大会 (97.10.23〜24), 盛岡, 肝臓, 38(Suppl.2): 183, 1997.

1524. [学会(全国)] (一般講演) 選択的遠位脾腎静脈吻合術の成績. 高橋昌宏,小山内誠(札幌北楡病院),鹿取正道(外),内藤昌明,安原満夫,田中三津子,目黒順一,久木田和丘,玉置透,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.29〜31), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 260, 1997.

1525. [学会(全国)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除術後の腹腔内出血の検討. 島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,北村雅也,中村考伸,比企能樹,柿田章(外),磯部義憲(放): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.13〜15), 大阪, 日本臨床外科学会雑誌, 58(増): 468, 1997.

1526. [学会(全国)] (一般講演) 超高齢者(80歳以上)の消化器外科手術症例の検討. 塚本秀人,美島利明,半場紫麻子,栗田淳,桜本信一,阿曽和哲,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.14), 大阪, 日本臨床外科医学会雑誌, 58(増): 338, 1997.

1527. [学会(全国)] (一般講演) 3歳以下虫垂炎の臨床的検討. 梶田咲美乃,石田和夫,柿田章(外): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.14), 大阪, 日本臨床外科医学会雑誌, 58(増): 526, 1997.

1528. [学会(全国)] (一般講演) 小児期外科的甲状腺疾患の臨床的検討. 石田和夫,梶田咲美乃,刑部東治,蔵並勝,柿田章(外): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.15), 大阪, 日本臨床外科医学会雑誌, 58(増): 441, 1997.

1529. [学会(全国)] (一般講演) 十二指腸乳頭部カルチノイドの1例. 伊藤徹,大井啓司,一氏俊也,稲木英治,片岡祐一,豊川貴司,高野容幸,横田等,宮本英雄,西村博行,新井伸康(外): 第9回日本肝胆膵外科学会 (97.11.20〜21), 東京, プログラム, p.157, 1997.

1530. [学会(全国)] (一般講演) イヌ肝神経切離モデルにおける経時的な肝神経の形態学的変化と肝血流量の変化に関する実験的検討. 高橋毅,伊藤義也,田所文彦,飯野善一郎,林京子,高橋禎人,佐藤光史,柿田章(外): 第9回日本肝胆膵外科学会 (97.11.20〜21), 東京, プログラム, p.198, 1997.

1531. [学会(全国)] (一般講演) 膵仮性嚢胞を介し胃内に破裂した脾動脈瘤の1例. 半場紫麻子,小林伸行,島田謙,高橋毅,榊原譲,比企能樹(外),中沢貴秀,田辺聡(内): 第9回日本肝胆膵外科学会 (97.11.20〜21), 東京, プログラム, p.216, 1997.

1532. [学会(全国)] (一般講演) 大腸癌肝転移症例に対する治療法の選択. 島田謙,高橋毅,古川裕介,中村考伸,北村雅也,野沢直史,国場幸均,吉田宗紀,大谷剛正,比企能樹,柿田章(外): 第9回日本肝胆膵外科学会 (97.11.20〜21), 東京, プログラム, p.97, 1997.

1533. [学会(全国)] (一般講演) 蛍光色素を用いた臓器組織におけるviahilityの測定法の開発. 鹿取正道(外),此枝義記,玉置透,川村明夫,田中三津子,横田亘弘,林隆則(札幌北楡病院),高橋禎人,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第24回日本低温医学会総会 (97.11.21〜22), 東京, 抄録集, p.62, 1997.

1534. [学会(全国)] (一般講演) ラット心冷却保存・再潅流障害におけるAdenosine A1 Receptor Antagonistの効果. 鹿取正道(外),此枝義記,玉置透,川村明夫,葉輝,田中三津子,横田亘弘,林隆則(札幌北楡病院),高橋禎人,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第24回日本低温医学会総会 (97.11.21〜22), 東京, 抄録集, p.63, 1997.

1535. [学会(全国)] (一般講演) 冷阻血再潅流障害に対するストレス蛋白(HSP)の細胞保護効果. 此枝義記,玉置透,川村明夫,田中三津子(札幌北楡病院),鹿取正道(外),横田亘弘,林隆則(札幌北楡病院),高橋禎人,高橋毅,佐藤光史,柿田章 (外): 第24回日本低温医学会総会 (97.11.21〜22), 東京, 抄録集, p.81, 1997.

1536. [学会(全国)] (一般講演) 脳神経疾患患者に対する内視鏡的胃瘻造設術(PEG)のカテーテル管理に関する検討. 嶋尾仁,堤修,森瀬昌樹,高野容幸,高橋厚,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.29), 東京, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.2): 2178, 1997.

1537. [学会(全国)] (一般講演) 消化管通過障害に対する減圧を目的とした内視鏡的胃瘻造設術. 堤修,嶋尾仁,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹(外): 第54回日本消化器内視鏡学会総会 (97.11.29), 東京, Gastroenterol. Endosc., 39(Suppl.2): 2178, 1997.

1538. [学会(全国)] (一般講演) 膵癌に対する5-FU少量持続およびCDDP少量頻回注入2-Channel化学療法の抗腫瘍効果と臨床的意義. 中村考伸,柿田章,吉田宗紀,島田謙,高橋毅(外): 厚生省がん研究助成金「膵がんの病態解明に基づく外科手術の適応と限界に関する研究」平成9年度研究発表会 (97.12.04), 東京.

1539. [学会(全国)] (一般講演) 総胆管結石に対する内視鏡治療の方針と治療成績についての検討. 吉田宗紀,中村考伸,北村雅也,飯野善一郎,島田謙,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.18), 福岡.

1540. [学会(全国)] (一般講演) 後腹膜アプローチによる大腸切除術の経験. 佐藤茂,片田夏也,笹本浩,田村幸穂,山上松義(外): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.18), 福岡, 抄録集, 2(7): 106, 1997.

1541. [学会(全国)] (一般講演) 総胆管結石に対する内視鏡治療の方針と治療成績についての検討. 吉田宗紀,中村考伸,北村雅也,飯野善一郎,島田謙,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.18〜19), 福岡, 日本内視鏡外科学会, 2(7): 134, 1997.

1542. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下虫垂切除の検討. 笹本浩,佐藤茂,田村幸穂,片田夏也,桜本信一,山上松義(外): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.18), 福岡, 日本内視鏡外科学会, 2(7): 154, 1997.

1543. [学会(全国)] (一般講演) 嵌頓鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術の経験. 島田謙,北村雅也,金田悟良,中村考伸,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.18〜19), 福岡, 日本内視鏡外科学会, 2(7): 178, 1997.

1544. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下ヘルニア修復術後腸閉塞症例の検討. 中村考伸,金田悟良,島田謙,北村雅也,国場幸均,飯野善一郎,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,高橋俊毅,比企能樹,柿田章(外): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.18〜19), 福岡, 日本内視鏡外科学会, 2(7): 178, 1997.

1545. [学会(全国)] (一般講演) 大腸病変に対する後腹膜アプローチの工夫. 国場幸均,大谷剛正,井原厚,相原成昭,野沢直史,古川祐介,西山保比古,比企能樹,柿田章(外): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.19), 福岡, 日本内視鏡外科学会, 2(7), 1997.

1546. [学会(全国)] (一般講演) 腎移植後感染症による死亡例の検討. 大沼田治,佐藤光史,内田泰至,小川憲章,伊藤義也,今井潔,阿曽和哲,高橋毅,中山義介,柿田章(外),遠藤忠雄(泌),渡部浩二(免疫),竹内康雄, 鎌田貢寿(内): 第31回日本腎移植臨床研究会 (98.01.22〜24), 横浜, 抄録集, p.75, 1998.

1547. [学会(全国)] (一般講演) 腎移植後合併症−特に消化管出血による死亡例の検討. 小川憲章,佐藤光史,内田泰至,松本豊,大沼田治,伊藤義也,今井潔,阿曽和哲,高橋毅,中山義介,柿田章(外),遠藤忠雄(泌),渡部浩二(免疫),竹 内康雄,鎌田貢寿(内): 第31回日本腎移植臨床研究会 (98.01.22〜24), 横浜, 抄録集, p.89, 1998.

1548. [学会(全国)] (一般講演) 新しく開発されたヘパリンコーティングカテーテルの使用経験. 久木田和丘,小山内誠,内藤昌明,安原満夫,鹿取正道(外),田中三津子,高橋昌宏,玉置透,目黒順一,米川元樹(札幌北楡病院),柿田章(外): 第10回日本医工学治療学会学術大会 (98.02.14〜15), 福岡.

1549. [学会(全国)] (一般講演) 直腸癌側方リンパ節転移における至適リンパ節郭清. 井原厚,大谷剛正,相原成昭,野沢直史,国場幸均,古川祐介,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 322, 1998.

1550. [学会(全国)] (一般講演) 慢性透析患者の開腹手術限界. 内田泰至,佐藤光史,田中早苗,美島利昭,細野紫麻子,仙石紀彦,鹿取正道,桜本信一,阿曽和哲,中山義介,塚本秀人,柿田章(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19〜20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 441, 1998.

1551. [学会(全国)] (一般講演) 慢性腎不全による血液透析患者の腹部外科手術の術前危険因子と術後合併症の対策. 佐藤光史,内田泰至,霧生孝司,田中早苗,美島利昭,細野紫麻子,仙石紀彦,鹿取正道,桜本信一,阿曽和哲,中山義介,塚本秀人,比企能樹,柿田章 (外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19〜20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 441, 1998.

1552. [学会(全国)] (一般講演) セクレチン負荷による膵液量の変化がMRCP画像に及ぼす効果. 島田謙,高橋毅,柿田章,吉田宗紀,中村考伸,北村雅也,比企能樹(外),磯部義憲(放): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19〜20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 449, 1998.

1553. [学会(全国)] (一般講演) 移植肝の神経再構築に関する実験的研究−肝門部神経の免疫組織学的染色性の経時的変化. 高橋毅,高橋禎人,飯野善一郎,林京子,田所文彦,伊藤義也,佐藤光史,柿田章(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19〜20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 536, 1998.

1554. [学会(全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎の手術時期と手術適応および手術方法の検討. 大谷剛正,野沢直史,相原成昭,古川祐介,国場幸均,西山保比古,井原厚,榊原譲,比企能樹(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 378, 1998.

1555. [学会(全国)] (一般講演) 著明なBackwash Ileitisを伴い再手術を余儀なくされた潰瘍性大腸炎の1例. 根本祐太,野沢直史,坂本いづみ,根本雄治,渡辺久美子,細田桂,相原成昭,国場幸均,井原厚,大谷剛正,比企能樹,柿田章(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 383, 1998.

1556. [学会(全国)] (一般講演) 膵癌の術後肝再発の予防と遠隔成績向上を目指した2-Channel化学療法−5-FU, CDDP少量持続・頻回注入法の意義との抗腫瘍効果−. 吉田宗紀,北村雅也,中村考伸,島田謙,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 793, 1998.

1557. [学会(全国)] (一般講演) 急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術の検討. 星野弘樹,島田謙,中村考伸,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第30回日本腹部救急医学会総会 (98.03.19〜20), 神戸, 日本腹部救急医学会雑誌, 18(1): 106, 1998.

1558. [学会(全国)] (一般講演) 義歯誤飲によりイレウスをきたした1例. 武田真智子,堀江和伸,渡辺健児,竹中晴幸(外): 第30回日本腹部救急医学会総会 (98.03.19〜20), 神戸, 日本腹部救急医学会雑誌, 18(1): 179, 1998.

1559. [学会(全国)] (ポスター講演) 遠隔転移を伴う胃癌の治療−P3胃癌に対して胃切除は適応外であるか?. 菊池史郎,荒井義孝,森瀬昌樹,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 487, 1997.

1560. [学会(全国)] (ポスター講演) 大腸癌発生・増殖における血管新生因子の意義. 榎本拓茂,蔵並勝,柿田章(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 501, 1997.

1561. [学会(全国)] (ポスター講演) 肝細胞癌切除後再発因子に関する検討. 島田謙,高橋毅,北村雅也,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 522, 1997.

1562. [学会(全国)] (ポスター講演) 末期膵癌の腹痛に対する胸腔鏡下左大内蔵神経切離術の臨床的意義. 高橋毅,柿田章,吉田宗紀,島田謙,北村雅也,比企能樹(外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09〜11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(臨増): 533, 1997.

1563. [学会(全国)] (ポスター講演) 乳房温存手術に対する患者意識調査; 患者側からみた乳房温存療法. 蔵並勝,渡辺健児,竹中晴幸,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第5回日本乳癌学会総会 (97.07.02), 東京, 抄録集, p.151, 1997.

1564. [学会(全国)] (ポスター講演) 食道憩室を伴った先天性食道気管支瘻の1例. 鈴木哲太郎,遠藤晃彦,近藤康史,立石晋,田所文彦,西八嗣,八十川要平,本告匡(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1502, 1997.

1565. [学会(全国)] (ポスター講演) 脾被膜下血腫により発見された膵頭部癌の1例. 田村幸穂,佐藤茂,笹本浩,片田夏也,串田誉名,大栗健彦,桜本信一,比企能樹,柿田章(外),西巻博(放): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17〜18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1576, 1997.

1566. [学会(全国)] (ポスター講演) 腹腔鏡下虫垂切除と開腹虫垂切除の比較検討. 笹本浩,佐藤茂,田村幸穂,片田夏也,桜本信一,山上松義(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1591, 1997.

1567. [学会(全国)] (ポスター講演) 噴門側胃切除空腸インターポジション再建術後に残胃口側空腸に生じた吻合部潰瘍の1例. 平井俊男,菊池史郎,荒井義孝,森瀬昌樹,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 457, 1997.

1568. [学会(全国)] (ポスター講演) 大腸癌手術の臨床的検討. 松崎博行,鹿島健,白潟智一,三輪博久(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.17), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 466, 1997.

1569. [学会(全国)] (ポスター講演) 空腸転移を来した上行結腸原発腺内分泌細胞癌の1例. 泉家久直,竹下利夫,高山伸,三木浩栄,首藤昭彦,金渕一雄,棚橋達一郎,鈴木博,大宮東生(外),鬼島宏(大和市立病院): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1645, 1997.

1570. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳死状態における肝循環動態およびドーパミン投与の影響についての実験的検討. 今井潔,佐藤光史,伊藤義也,高橋毅,中山義介,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1657, 1997.

1571. [学会(全国)] (ポスター講演) 高齢者消化管穿孔例の検討. 上野聡一郎,大島行彦,小沢平太,星野弘樹,近藤賢司,原英,島谷英明,中村秀夫(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 1667, 1997.

1572. [学会(全国)] (ポスター講演) 診断に苦慮した胃高分化腺癌の1例. 内藤修,池永誠,西八嗣,比企能樹,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 550, 1997.

1573. [学会(全国)] (ポスター講演) 大腸絨毛状腫瘍におけるアポトーシスとKi-67核分裂像と指標とした増殖能の検討. 池永誠,大谷剛正,塚本秀人,井原厚,内藤修(外),高野康雄(病理),比企能樹,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 582, 1997.

1574. [学会(全国)] (ポスター講演) 血中および嚢胞液中の腫瘍マーカーが異常高値を示し、診断に難渋した巨大肝嚢胞の1例. 松沢克典,堤修,松沢信五,板橋浩一,比企能樹,柿田章(外),宮脇元彦(山形大): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 588, 1997.

1575. [学会(全国)] (ポスター講演) 徐放性5-FU製剤の門脈内血中濃度推移. 佐藤茂,大谷剛正,岡村律子,辻亮作,比企能樹,柿田章(外): 第50回日本消化器外科学会総会 (97.07.18), 横浜, 日本消化器外科学会雑誌, 30(6): 598, 1997.

1576. [学会(全国)] (ポスター講演) Sore thumb syndrome症例の検討. 鮫島正継,高良雅弘,田宮英治,横田和彦,福光正行,猪芳亮(外): 第42回日本透析医学会総会 (97.07.19), 札幌.

1577. [学会(全国)] (ポスター講演) イヌ腎の単純冷却保存におけるnicaravenの腎保存保護効果に関する検討. 真崎義彦(実動系),熊野和雄,遠藤忠雄,小柴健(泌),横田和彦(外): 第33回日本移植学会総会 (97.09.17), 大阪.

1578. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳死状態における肝循環動態, 肝エネルギー代謝, ドーパミン投与の影響についての検討. 今井潔,佐藤光史,伊藤義也,高橋毅,中山義介,柿田章(外): 第33回日本移植学会総会 (97.09.17), 大阪, 日本移植学会雑誌, 32(臨増): 286, 1997.

1579. [学会(全国)] (ポスター講演) ステロイド服用中に増大した肝海綿状血管腫の病理組織学的検討. 高橋毅,片桐寛之,中村考伸,島田謙,吉田宗紀,柿田章(外),桑尾定仁(病理): 第1回日本肝臓学会大会 (97.10.23〜24), 盛岡, 肝臓, 38(Suppl.2): 252, 1997.

1580. [学会(全国)] (ポスター講演) 腎盂癌を合併した成人膵芽腫の1例. 小八木紳一,塚本秀人,佐藤牧,半場紫麻子,近藤賢司,北村雅也,蔵並勝,阿曽和哲,桜本信一,吉田宗紀,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外),越田容子 (病理): 第39回日本消化器病学会大会 (97.10.31), 福岡, 日本消化器病学会雑誌, 94(臨増): 415, 1997.

1581. [学会(全国)] (ポスター講演) 脈管侵襲を有し開腹根治術を要した微小直腸カルチノイド(2 mm)の1例. 野沢直史,大谷剛正,相原成昭,国場幸均,井原厚,古川裕介,西山保比古,比企能樹,柿田章(外): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.13), 大阪, 日本臨床外科医学会雑誌, 58(増): 543, 1997.

1582. [学会(全国)] (ポスター講演) 混合型肝癌の1切除例. 中村考伸,島田謙,北村雅也,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.13〜15), 大阪, 日本臨床外科学会雑誌, 58(増): 570, 1997.

1583. [学会(全国)] (ポスター講演) 乳腺カルチノイドの1例. 井上芳正,竹下利夫,三木浩榮,泉家久直,首藤昭彦,金渕一雄,棚橋達一郎,鈴木博,大宮東生(外),鬼島宏(大和市立病院): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.15), 大阪, 日本臨床外科医学会雑誌, 58(増): 594, 1997.

1584. [学会(全国)] (ポスター講演) 乳房温存術の検討(特に局所再発と適応拡大について). 高山伸,竹下利夫,三木浩榮,泉家久直,首藤昭彦,金渕一雄,棚橋達一郎,鈴木博,大宮東生(外): 第59回日本臨床外科医学会総会 (97.11.15), 大阪, 日本臨床外科医学会雑誌, 58(増): 595, 1997.

1585. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃及び十二指腸液の混合性逆流性食道炎に対し腹腔鏡下Nissen fundoplicationを施行した1例. 片田夏也,佐藤茂,笹本浩,田村幸穂,山上松義,桜本信一,嶋尾仁,比企能樹,柿田章(外),田辺聡(内): 第10回日本内視鏡外科学会総会 (97.12.18), 福岡, 日本内視鏡外科学会, 2(7): 209, 1997.

1586. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃空腸吻合術を施行した切除不能進行胃癌の予後と治療効果の検討. 菊池史郎,堤修,荒井義孝,小林伸行,塚本秀人,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 467, 1998.

1587. [学会(全国)] (ポスター講演) 腹腔鏡補助下生検にて確定診断した小腸限局型腸間膜脂肪織炎の1例. 柳原正智,照屋正則,古川祐介,斉藤健人,佐藤直夫,平田勝,上妻達也(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 482, 1998.

1588. [学会(全国)] (ポスター講演) 術前の膵液中K-ras遺伝子点突然変異測定が陽性であった膵管内乳頭腺癌の1切除例. 中村考伸,島田謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),木田芳樹,木田光広(内): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19〜20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 606, 1998.

1589. [学会(全国)] (ポスター講演) 膵癌の術後肝再発の予防と遠隔成績向上を目指した2-Channel化学療法−5-FU, CDDP少量持続・頻回注入法の意義とその抗腫瘍効果−. 吉田宗紀,北村雅也,中村考伸,島田謙,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第51回日本消化器外科学会総会 (98.02.19〜20), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 31(2): 793, 1998.

1590. [学会(全国)] (ポスター講演) TAE後肝膿瘍の1例. 中村考伸,高橋毅,島田謙,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),磯部義憲(放): 第30回日本腹部救急医学会総会 (98.03.19〜20), 神戸, 日本腹部救急医学会雑誌, 18(1): 208, 1998.

1591. [学会(地方)] (特別講演) 上部消化管疾患のQOL改善のための内視鏡治療−ステント留置および胃瘻造設. 嶋尾仁(外): 第69回日本消化器内視鏡学会北陸地方会特別講演 (97.06.01), 富山, 予稿集, p.3, 1997.

1592. [学会(地方)] (教育講演) 食道癌狭窄治療. 嶋尾仁(外): 第9回日本消化器内視鏡学会関東セミナー (98.03.01), 千葉, 予報集, p.77〜79, 1998.

1593. [学会(地方)] (一般講演) 当院における腹腔鏡下胆嚢剔出術の集計. 田所文彦,遠藤晃彦,鈴木哲太郎,近藤康史,立石晋,西八嗣,八十川要平(外): 第34回埼玉県医学会総会 (97.02.23), 浦和.

1594. [学会(地方)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除後, 挙上空腸に穿破したと思われる脾動脈瘤の1症例. 石川博和,島田謙,武田真智子,半田喜美也,北村雅也,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),西巻博(放): 第244回日本消化器病学会関東支部例会 (97.05.24), 東京, プログラム, p.13, 1997.

1595. [学会(地方)] (一般講演) 日本住血吸虫を合併し急速に血行性転移をきたした直腸癌の1例. 島田謙,大谷剛正,野沢直史,西山保比古,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.06〜07), 東京.

1596. [学会(地方)] (一般講演) 癌性腹膜炎に対する減圧胃瘻造設術. 堤修,嶋尾仁,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹(外): 第64回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.06.07), 東京, 予稿集, p.66, 1997.

1597. [学会(地方)] (一般講演) 長期生存し得た混合型肝癌の1切除例. 岸本一郎,中村考伸,根本祐太,坂本いづみ,島田謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第765回外科集談会 (97.06.28), つくば, 抄録集, p.38, 1997.

1598. [学会(地方)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術術後に発症した肺塞栓症の1症例. 根本祐太,島田謙,岸本一郎,坂本いづみ,中村考伸,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第245回日本消化器病学会関東支部例会 (97.07.12), 東京, 抄録集, p.41, 1997.

1599. [学会(地方)] (一般講演) 原発性肝肉腫の1例. 長谷川健,中村考伸,升水康二,小八木紳一,星野弘樹,島田謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第766回外科集談会 (97.09.20), 東京, 抄録集, p.15, 1997.

1600. [学会(地方)] (一般講演) 長期血液透析後に発生した, 消化管アミロイドーシスの1例. 池田篤,古嶋薫,阿川千一郎,和田基,伊藤契,埜口武夫,阿部哲夫,石原敬夫,望月眞,松谷章司(関東逓信病院): 第766回外科集談会 (97.09.20), 東京, 抄録集, p.41, 1997.

1601. [学会(地方)] (一般講演) 腹壁内卵黄腸管遺残の1例. 梶田咲美乃,石田和夫(外): 第32回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (97.11.01), 埼玉.

1602. [学会(地方)] (一般講演) 虚血性小腸狭窄の1例. 中村隆俊,上野聡一郎,大島行彦,宮内邦浩,中熊尊士,島谷英明,半田喜美也,鈴木哲太郎,中村秀夫(外): 日本臨床外科医学会埼玉支部例会 (97.11.29), 浦和.

1603. [学会(地方)] (一般講演) 一時バイパス法により腹部4分枝置換を施行した胸腹部大動脈瘤の1例−腎動脈遮断時間短縮の工夫−. 高木暁也(外),高山豊,越村諭補,孫敬洙,高橋克行,井利雅信,杉下岳夫,大野烈士,田中一成,山下宏治(関東中央病院),宮田哲郎(東大),佐藤紀 (埼玉医大): 第5回日本血管外科学会関東甲信越地方会 (97.11.29), 千葉, 予稿集, p.10, 1997.

1604. [学会(地方)] (一般講演) 外傷性または感染と思われる巨大な深大腿動脈瘤の1症例. 山口裕一郎,西山直久,金城正佳,近藤賢司,佐藤一喜,柿田章(外): 第5回日本血管外科学会関東甲信越地方会 (97.11.29), 千葉, 予稿集, p.21, 1997.

1605. [学会(地方)] (一般講演) 大腸憩室炎膿瘍に対して内視鏡的ドレナージが著効した2例. 小沢正幸,佐藤武郎,辻亮作,高橋武宜(外): 第65回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (97.12.10), 横浜.

1606. [学会(地方)] (一般講演) 当院に於ける胸腔鏡下自然気胸手術例の検討. 島谷英明,上野聡一郎,宮内邦浩,中熊尊士,半田喜美也,鈴木哲太郎,中村隆俊,大島行彦,小中千守,中村秀夫,加藤治文(外): 第35回埼玉県医学会総会 (98.01.25), 浦和.

1607. [学会(地方)] (一般講演) 高齢者緊急開腹手術例の検討. 鈴木哲太郎,上野聡一郎,中村隆俊,半田喜美也,中熊尊士,島谷英明,宮内邦浩,大島行彦,中村秀夫(外): 第35回埼玉県医学会総会 (98.01.25), 浦和.

1608. [学会(地方)] (一般講演) 下肢静脈瘤硬化療法の検討. 小川憲章,池永誠,上野聡一郎,大島行彦,原英,宇井孝太郎,島田謙,種子田岳史(外): 第35回埼玉県医学会総会 (98.01.28), 浦和, 埼玉県医学会雑誌, 31(5): 772〜774, 1996.

1609. [学会(地方)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った左側胆嚢の1例. 斉藤公一郎,中村考伸,原英則,根本祐太,笹本信幸,近藤賢司,島田謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第91回神奈川県臨床外科医学会集談会 (98.02.07), 横浜.

1610. [学会(地方)] (一般講演) 子宮穿孔による汎発性腹膜炎の1例. 半田喜美也,上野聡一郎,鈴木哲太郎,中村隆俊,中熊尊士,島谷英明,宮内邦浩,大島行彦,中村秀夫(外): 第44回日本救急医学会関東地方会 (98.02.14), 所沢.

1611. [学会(地方)] (一般講演) 膵管癒合不全症に合併した膵神経内分泌細胞癌の1例. 笹本信幸,島田謙,高橋毅,中村考伸,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),木田光広(内),三富弘之(病理): 第248回日本消化器病学会関東支部例会 (98.02.21), 東京, プログラム, p.1, 1998.

1612. [学会(地方)] (一般講演) 瘻孔を形成した子宮浸潤S状結腸癌の1例. 美島利昭,塚本秀人,二渡信江,渡辺久美子,岸本一郎,星野弘樹,長谷川健,阿曽和哲,桜本信一,大谷剛正,石田和夫,佐藤光史,比企能樹,柿田章 (外),三枝信(病理): 第248回日本消化器病学会関東支部例会 (98.02.21), 東京, プログラム, p.14, 1998.

1613. [研究会(全国)] (教育講演) 栄養ルートとしてのPEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術). 嶋尾仁(外): 輸液栄養療法研究会第4回薬剤師教育セミナー (97.11.22), 東京, 予稿集, p.39〜47, 1997.

1614. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 大腸癌肝転移における系統的肝切除および残存肝動注化学療法に対する効果. 野沢直史,大谷剛正,古川裕介,相原成昭,西山保比古,岡村律子,国場幸均,井原厚,比企能樹,柿田章(外): 第47回大腸癌研究会 (97.07.04), 東京, プログラム, p.19, 1997.

1615. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 内視鏡的粘膜切除術とレーザー照射の併用−早期胃癌に対する内視鏡治療−. 堤修,嶋尾仁,森瀬昌樹,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第15回消化器レーザー内視鏡研究会 (97.07.04), 東京, 抄録集, p.24, 1997.

1616. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 末期癌患者のQOLの改善を目的とした内視鏡的胃瘻造設術. 堤修,嶋尾仁,森瀬昌樹,荒井義孝,宮内邦浩,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹(外): 第2回HEQ研究会 (97.08.02), 大阪, 抄録集, p.31, 1997.

1617. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 消化器外科領域における真菌症−特に病理学的立場から. 塚本秀人(外),久米光(病理): 深在性真菌症フォーラム第5回学術集会 (98.02.07), 東京.

1618. [研究会(全国)] (ワークショップ) 血管吻合におけるさし込み吻合法の位置. 金城正佳,佐藤一喜,西山直久,柿田章(外): 第48回手術手技研究会 (97.05.24), 東京.

1619. [研究会(全国)] (ワークショップ) 食道癌におけるリンパ節転移個数とn-numberの比較. 小林伸行,高野容幸,堤修,荒井義孝,菊池史郎,嶋尾仁,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第27回癌とリンパ節研究会 (97.10.09), 京都, 抄録集, p.20, 1997.

1620. [研究会(全国)] (ワークショップ) EMR後の遺残に対するレーザー照射の局所効果. 嶋尾仁,比企能樹(外): 平成9年度厚生省がん研究班会議 (97.12.19), 東京.

1621. [研究会(全国)] (一般講演) 我々の治療方針に基づいた胆嚢胆管結石に対する内視鏡治療の選択−特に腹腔鏡下総胆管切開Tチューブ留置術の意義−. 吉田宗紀,柿田章,中村考伸,北村雅也,飯野善一郎,島田謙,古田一徳,泉家久直,高橋毅(外): 第26回日本胆道外科研究会 (97.05.29〜30), 和歌山, Proceedings, p.148〜149, 1997.

1622. [研究会(全国)] (一般講演) 安全かつ確実な膵消化管吻合に必要な手技上の条件−我々の膵空腸密着縫合法の有用性について−. 吉田宗紀,柿田章,中村考伸,北村雅也,飯野善一郎,島田謙,古田一徳,泉家久直,高橋毅(外): 第24回日本膵切研究会 (97.06.13〜14), 横浜, Proceedings, p.50〜51, 1997.

1623. [研究会(全国)] (一般講演) 膵癌に対するCDDP低濃度及び5-FU少量持続注入を併用した2-Channel化学療法の治療経験. 中村考伸,北村雅也,島田謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第24回日本膵切研究会 (97.06.13〜14), 横浜, プロシーディングス, p.122〜123, 1997.

1624. [研究会(全国)] (一般講演) 高齢透析患者における汎発性腹膜炎手術例の検討. 目黒順一,久木田和丘,小山内誠,安原満夫,内藤昌明,鹿取正道(外),高橋禎人,田中三津子,高橋昌宏,玉置透,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院), 今忠正(札幌北クリニック): 第6回腎不全外科研究会 (97.06.14), 新潟.

1625. [研究会(全国)] (一般講演) 胃悪性リンパ腫手術症例の検討. 小林伸行,高野容幸,荒井義孝,森瀬昌樹,堤修,菊池史郎,嶋尾仁,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹(外),勝又伴栄(内),三富弘之(病理): 第69回胃癌研究会 (97.06.27), 東京, プログラム・抄録集, p.64, 1997.

1626. [研究会(全国)] (一般講演) 発熱と白血球増多を主徴として急激な経過をとった肝細胞癌の1例. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,北村雅也,比企能樹,柿田章(外),国分茂博(内),三富弘之(病理): 第33回日本肝癌研究会学術大会 (97.06.27〜28), 久留米, 抄録集, p.164, 1997.

1627. [研究会(全国)] (一般講演) セクレチン負荷MRPによる膵外分泌機能評価の検討. 島田謙,北村雅也,吉田宗紀,中村考伸,高橋毅,比企能樹,柿田章(外),磯部義憲(放): 第14回日本肝胆膵生理機能研究会 (97.07.05), 鎌倉, プログラム・抄録集, p.15, 1997.

1628. [研究会(全国)] (一般講演) 脳死状態における肝循環動態・肝エネルギー代謝およびドーパミン投与の影響についての実験的検討. 今井潔,佐藤光史,伊藤義也,高橋毅,中山義介,柿田章(外): 第15回肝移植研究会 (97.07.25), 秋田, プログラム・抄録集, p.62, 1997.

1629. [研究会(全国)] (一般講演) 急性腎不全, 意識障害を来した十二指腸潰瘍の1例. 小沢平太,塚本秀人,今野慎吾,霧生孝司,田中早苗,栗田淳,仙石紀彦,越田佳明,内田泰至,近藤康史,阿曽和哲,桜本信一,滝島常雅,佐藤光史,比企能 樹,柿田章(外),渋井総朗,上條吉人,若林靖久,平田光博,杉本勝彦(救命): 第6回潰瘍病態研究会フォーラム (97.09.06), 東京.

1630. [研究会(全国)] (一般講演) ダブルルーメンカテーテルの形状の問題点と対策. 米川元樹,久木田和丘,内藤昌明,小山内誠,鹿取正道(外),安原満夫,田中三津子,高橋昌宏,玉置透,目黒順一,川村明夫(札幌北楡病院): 第8回急性血液浄化研究会 (97.10.08〜09), 大津, 集中治療, 10(別冊): 37〜38, 1998.

1631. [研究会(全国)] (一般講演) 胆管細胞癌と鑑別困難であった混合型肝癌の1例. 中村考伸(外),桑尾定仁(病理),島田謙,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第16回肝癌症例検討会 (97.10.25), 東京, 抄録集, p.14, 1997.

1632. [研究会(全国)] (一般講演) 急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術. 島田謙,星野弘樹,吉田宗紀,中村考伸,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第8回腹腔鏡的治療研究会 (97.12.06), 高知, プログラム, p.12, 1997.

1633. [研究会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術後急性肺塞栓症の1例. 根本祐太,島田謙,吉田宗紀,中村考伸,高橋毅,比企能樹,柿田章(外): 第8回腹腔鏡的治療研究会 (97.12.06), 高知, プログラム, p.16, 1997.

1634. [研究会(全国)] (一般講演) Cryofileration (CRYO)を用いた新しい抗血液抗体除去の試み. 玉置透,田中三津子(札幌北楡病院),鹿取正道(外),小山内誠,内藤昌明,安原満夫,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院),柿田章(外): 第31回日本腎移植臨床研究会 (98.01.22〜24), 横浜, 抄録集, p.73, 1998.

1635. [研究会(全国)] (一般講演) 生体腎移植後のリンパ嚢腫に対して腹腔内ドレナージ術を行った1治験例. 鹿取正道(外),玉置透,田中三津子,此枝義記,小山内誠,内藤昌明,安原満夫,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院), 柿田章(外): 第31回日本腎移植臨床研究会 (98.01.22〜24), 横浜, 抄録集, p.89, 1998.

1636. [研究会(全国)] (一般講演) 巨大嚢胞を有する移植片の生体腎移植症例. 田中三津子,玉置透(札幌北楡病院),鹿取正道(外),小山内誠,内藤昌明,安原満夫,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第31回日本腎移植臨床研究会 (98.01.22〜24), 横浜, 抄録集, p.97, 1998.

1637. [研究会(全国)] (一般講演) 腎移植後感染症による死亡例の検討. 大沼田治,佐藤光史,内田泰至,小川憲章,伊藤義也,今井潔,阿曽和哲,高橋毅,中山義介,柿田章(外),遠藤忠雄(泌),渡部浩二(免疫),竹内康雄, 鎌田貢寿(内): 第31回日本腎移植臨床研究会 (98.01.23), 横浜, 抄録集, p.75, 1998.

1638. [研究会(全国)] (一般講演) 直腸癌占居部位別側方リンパ節転移における至適リンパ節郭清. 井原厚,大谷剛正,相原成昭,野沢直史,古川祐介,国場幸均,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第48回大腸癌研究会 (98.01.30), 鹿児島, 日本大腸肛門病学会雑誌, 50, 1998, プログラム・抄録集, p.55, 1998.

1639. [研究会(全国)] (一般講演) 末期癌患者に対する減圧PEG. 堤修,嶋尾仁,森瀬昌樹,高野容幸,荒井義孝,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第6回クリニカル・ビデオフォーラム(CVF) (98.02.04), 東京, プログラム・抄録集, p.55, 1998.

1640. [研究会(全国)] (一般講演) 早期胃癌における縮小手術の適応拡大の可能性(リンパ節転移の無い条件について). 堤修,小林伸行,荒井義孝,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第27回胃外科・第10回胃術後障害合同研究会 (98.02.07), 仙台, プログラム・抄録集, p.15, 1998.

1641. [研究会(全国)] (一般講演) 新しく開発されたヘパリンコーティングカテーテルの使用経験. 久木田和丘,小山内誠,内藤昌明,鹿取正道(外),蒲池浩文,安原満夫,田中三津子,玉置透,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第3回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 (98.02.21), 東京.

1642. [研究会(全国)] (一般講演) 巨大後腹膜脂肪肉腫の1切除例. 渡辺久美子,小林伸行,坂本いづみ,小沢平太,菊池史郎,比企能樹,柿田章(外): 第768回外科集談会 (98.03.14), 東京, 抄録集, p.39, 1998.

1643. [研究会(地方)] (特別講演) 外科領域におけるPEG. 嶋尾仁(外): 第3回関西経皮内視鏡的胃瘻造設研究会特別講演 (97.06.28), 大阪.

1644. [研究会(地方)] (教育講演) 内視鏡的胃瘻造設(PEG)による経腸栄養導入. 嶋尾仁(外): 第2回経腸栄養セミナー (97.07.26), 横浜.

1645. [研究会(地方)] (教育講演) 主題(鏡視下大腸手術の適応と限界)EMRかTEMか?. 大谷剛正(外): 第21回神奈川大腸疾患研究会 (98.02.12), 横浜.

1646. [研究会(地方)] (教育講演) PEGの実際と合併症対策. 嶋尾仁(外): かながわ在宅栄養を考える会講演会 (98.02.13), 横浜.

1647. [研究会(地方)] (教育講演) PEG術後フォローを含めて. 嶋尾仁(外): 第43回福島医大第1内科消化器研究会 (98.02.14), 郡山.

1648. [研究会(地方)] (教育講演) PEGによる在宅経腸栄養法について. 嶋尾仁(外): 南陽市医師会学術講演会 (98.02.20), 山形.

1649. [研究会(地方)] (一般講演) 感染性遺残坐骨動脈瘤破裂の1例. 仙石紀彦,佐藤一喜,金城正佳,西山直久,柿田章(外): 第94回血管外科症例検討会 (97.04.19), 東京.

1650. [研究会(地方)] (一般講演) 潜在性甲状腺癌を合併した食道癌の1例. 堤修,小林伸行,荒井義孝,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹(外): 第31回神奈川食道疾患懇話会 (97.06.05), 神奈川.

1651. [研究会(地方)] (一般講演) 腹壁瘢痕ヘルニアに対する鏡視下手術の経験. 片桐寛之,木川三四郎,北村雅也,川上敬人,羽廣健仁,内藤正規,小芝章剛,比企能樹,柿田章(外): 第3回北海道内視鏡外科研究会 (97.06.07), 札幌, プログラム, p.9, 1997.

1652. [研究会(地方)] (一般講演) PD後発症した血栓性血小板減少性紫斑病の1例. 大井啓司,片岡祐一,一氏俊世,伊藤徹,稲木英治,豊川貴司,高野容幸,小沼博,横田等,宮本英雄,西村博行(外): 第89回信州外科集談会 (97.06.08), 長野.

1653. [研究会(地方)] (一般講演) 胆のう管癌の1例. 伊藤徹,横田等,大井啓司,一氏俊世,片岡祐一,稲木英治,豊川貴司,高野容幸,小沼博,宮本英雄,西村博行(外): 第89回信州外科集談会 (97.06.08), 長野.

1654. [研究会(地方)] (一般講演) 十二指腸巨大Stromal tumorの1例. 柳原正智,古川裕介,照屋正則,斉藤健人,坂本いづみ,佐藤直夫,平田勝,上妻達也(外): 第765回外科集談会 (97.06.28), 筑波, 予稿集, p.9, 1997.

1655. [研究会(地方)] (一般講演) 感染性遺残坐骨動脈瘤破裂に対して, TAEを行い救命し得た1例. 佐藤一喜,金城正佳,西山直久,柿田章(外): 第17回血管外科合同研究会 (97.08.02), 箱根.

1656. [研究会(地方)] (一般講演) CAPD症例における開腹手術について−第U報; 最近3年間における北海道でのアンケート調査−. 安原満夫,高橋昌宏,小山内誠,内藤昌明,鹿取正道(外),田中三津子,玉置透,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院),大平整爾(日鋼記念病院): 第8回北海道CAPD談話会 (97.08.09), 札幌.

1657. [研究会(地方)] (一般講演) 当院における胆石症の治療方針. 松沢克典,板橋浩一(外): 第1回山形内視鏡外科研究会 (97.08.30), 山形.

1658. [研究会(地方)] (一般講演) 自家末梢血幹細胞移植(PBSCT)を併用した乳癌大量化学療法について. 安原満夫,高橋昌宏,小山内誠,内藤昌明,鹿取正道(外),田中三津子,玉置透,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫,木山善雄,笠井正晴(札幌北 楡病院): 第67回北海道外科学会 (97.09.05), 札幌.

1659. [研究会(地方)] (一般講演) 噴門側胃切除後の新しい再建法の検討. 内藤昌明,高橋昌宏,小山内誠,鹿取正道(外),安原満夫,田中三津子,玉置透,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第67回北海道外科学会 (97.09.05), 札幌.

1660. [研究会(地方)] (一般講演) 出生前診断され周術期集中管理を要した巨大仙尾部奇形腫例の検討. 石田和夫,梶田咲美乃,後藤毅,柿田章(外),山田俊彦,小口弘毅(児): 第27回神奈川小児腫瘍研究会 (97.09.06), 横浜.

1661. [研究会(地方)] (一般講演) 乳房温存療法施行後1年5か月目に多発性骨転移・汎血球減少症を呈した1例. 仙石紀彦,蔵並勝,原英,内田泰至,細野紫麻子,美島利昭,桜井雅之,霧生孝司,武田昭,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第8回神奈川乳腺疾患症例検討会 (97.09.18), 横浜.

1662. [研究会(地方)] (一般講演) 右下腹部痛で発症した放線菌症の1例. 金沢秀紀,高橋厚(外),河野至明,柳一夫,谷崎裕志,深山泰永(新東京病院): 第766回外科集談会 (97.09.20), 東京, 抄録集, p.39, 1997.

1663. [研究会(地方)] (一般講演) 直腸癌と腹部大動脈瘤の一期的手術の1例. 柳原正智,古川裕介,照屋正則,斉藤健人,佐藤直夫,平田勝,上妻達也(外): 第766回外科集談会 (97.09.20), 東京, 予稿集, p.30, 1997.

1664. [研究会(地方)] (一般講演) 副甲状腺ホルモン関連蛋白が異常高値を呈した一透析症例. 内藤昌明,久木田和丘(札幌北楡病院),鹿取正道(外),小山内誠,安原満夫,田中三津子,玉置透,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第6回北海道透析骨関節障害談話会 (97.10.25), 札幌.

1665. [研究会(地方)] (一般講演) Cryofiltrationによる抗体除去が有効であったABO血液型不適合腎移植例. 田中三津子,玉置透(札幌北楡病院),鹿取正道(外),小山内誠,内藤昌明,安原満夫,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第17回北海道アフェレシス研究会 (97.10.25), 札幌.

1666. [研究会(地方)] (一般講演) 胃及び十二指腸液の混合性逆流性食道炎に対し腹腔鏡下Nissen fundoplicationを施行した1例. 片田夏也,佐藤茂,笹本浩,田村幸穂,山上松義,桜本信一,嶋尾仁,比企能樹,柿田章(外),田辺聡(内): 第10回神奈川GIMDクラブ (97.11.00), 横浜.

1667. [研究会(地方)] (一般講演) 新しく開発されたヘパリンコーティングカテーテルの使用経験. 安原満夫,久木田和丘,小山内誠,内藤昌明(札幌北楡病院),鹿取正道(外),蒲池浩文,田中三津子,玉置透,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第52回北海道透析療法学会 (97.11.09), 札幌.

1668. [研究会(地方)] (一般講演) 嚢胞形成性膵巨細胞癌の1例. 内藤昌明,小山内誠,蒲池浩文(札幌北楡病院),鹿取正道(外),安原満夫,田中三津子,玉置透,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第21回北海道膵臓研究会 (97.11.22), 札幌.

1669. [研究会(地方)] (一般講演) 巨大嚢胞を有するドナーからの生体腎移植症例. 小山内誠,玉置透,田中三津子(札幌北楡病院),鹿取正道(外),内藤昌明,安原満夫,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第7回北海道腎移植談話会 (97.11.22), 札幌.

1670. [研究会(地方)] (一般講演) 高齢者Major surgery症例の検討. 板橋浩一,松沢克典(外): 第5回山形周術期病態研究会 (97.11.29), 山形.

1671. [研究会(地方)] (一般講演) 盲腸癌に小腸アミロイドーシスを合併し広範な小腸切除を施行した1例. 金沢秀紀,高橋厚,河野至明,柳一夫,谷崎裕志,深山泰永(外): 第767回外科集談会 (97.12.06), 東京, 抄録集, p.33, 1997.

1672. [研究会(地方)] (一般講演) 術前診断が可能であった小腸癌の1手術例. 田原宗徳,大原一規,福成信博,田中弦,田中潔,横田和彦,福光正行(外): 第767回外科集談会 (97.12.06), 東京, 抄録集, p.34, 1997.

1673. [研究会(地方)] (一般講演) 食道破裂2症例の検討. 坂本いづみ,小林伸行,堤修,荒井義孝,菊池史郎,嶋尾仁,三重野寛喜,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第33回神奈川食道疾患懇話会 (97.12.06), 横浜, 神奈川食道疾患懇話会100症例集, p.67, 1998.

1674. [研究会(地方)] (一般講演) 男性乳房Paget病の1例. 岩城啓修,稲木英治,片岡祐一,伊藤徹,豊川貴司,高野容幸,小沼博,横田等(外),宮本英雄,西村博行,篠原直宏(北信総合病院): 第90回信州外科集談会 (97.12.07), 松本.

1675. [研究会(地方)] (一般講演) 非治癒切除が施行された腹膜転移胃癌におけるリンパ節郭清術の治療効果の検討. 栗田淳,菊池史郎,堤修,荒井義孝,小林伸行,塚本秀人,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第13回神奈川胃癌治療研究会 (97.12.13), 横浜, 抄録集, p.28, 1997.

1676. [研究会(地方)] (一般講演) 肥厚性幽門狭窄症治療における硫アト療法の意義. 石田和夫,梶田咲美乃,大田剛穂,内藤剛彦(外): 第81回東京小児外科研究会 (97.12.16), 東京.

1677. [研究会(地方)] (一般講演) 持続動注による線溶, 抗凝固療法が著効し, 緊急手術を回避し得た左下肢急性動脈閉塞の1例. 小沢平太,佐藤一喜,細田桂,近藤康史,西山直久,金城正佳,柿田章(外): 第7回東京血管外科画像診断治療懇話会 (98.02.13), 東京.

1678. [研究会(地方)] (一般講演) 高齢透析患者の汎発性腹膜炎開腹手術例の検討. 安原満夫,目黒順一,小山内誠,内藤昌明,鹿取正道(外),蒲池浩文,田中三津子,玉置透,久木田和丘,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第68回北海道外科学会 (98.02.28), 札幌.

1679. [研究会(地方)] (一般講演) 柿胃石イレウスの1例. 小山内誠,目黒順一,内藤昌明,鹿取正道(外),蒲池浩文,安原満夫,田中三津子,玉置透,久木田和丘,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第68回北海道外科学会 (98.02.28), 札幌.

1680. [研究会(地方)] (一般講演) イレウスにて発症し, 緊急腹腔鏡下ヘルニア修復術を行った閉鎖孔ヘルニアの1例. 飯野善一郎,河野圭一(外),柴康彦,堀川誠也(中条中央病院): 第67回新潟消化器病研究会 (98.02.28), 新潟.

1681. [研究会(地方)] (一般講演) 乳児Stage WA神経芽細胞腫の非手術例の経過について. 梶田咲美乃,石田和夫(外),今井純好(児): 第28回神奈川小児腫瘍研究会 (98.03.07), 横浜.

1682. [研究会(地方)] (一般講演) docetaxel(タキソテール)が著効した局所再発乳癌の1例. 原英,蔵並勝,石田和夫(外),大場正已(看護学部): 第14回神奈川県乳腺甲状腺外科研究会横浜カンファランス (98.03.07), 横浜.

1683. [研究会(地方)] (一般講演) 小児甲状腺癌の2例. 大沼田治,刑部東治,石田和夫,蔵並勝,柿田章(外): 神奈川県乳腺甲状腺外科研究会 (98.03.08), 横浜.

1684. [研究会(地方)] (一般講演) 門脈圧亢進症を伴う血液透析患者に対する選択的遠位脾腎静脈吻合術(DSRS)の経験. 目黒順一,久木田和丘,蒲池浩文,小山内誠,内藤昌明,鹿取正道(外),安原満夫,田中三津子,玉置透,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第9回北海道門脈圧亢進症研究会 (98.03.14), 札幌.

1685. [研究会(地方)] (一般講演) 吸引穿刺細胞診によるimplantationが原因と考えられた乳癌局所再発の1例. 柳原正智,古川祐介,斉藤健人,佐藤直夫,平田勝,上妻達也,蔵並勝(外): 第768回外科集談会 (98.03.14), 東京, プログラム・抄録集, p.42, 1998.

1686. [研究会(地方)] (一般講演) 吸引穿刺細胞診によるimplantationが原因と考えられた乳癌局所再発の1例. 柳原正智,古川祐介,斉藤健人,佐藤直夫,平田勝,上妻達也,蔵並勝(外): 第768回外科集談会 (98.03.14), 東京, 予稿集, p.18, 1998.

1687. [研究会(地方)] (ポスター講演) 維持透析患者における閉塞性動脈硬化症の検討. 目黒順一,久木田和丘,小山内誠,内藤昌明,安原満夫,鹿取正道(外),高橋昌宏,玉置透,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病院): 第23回札幌市医師会医学会 (98.02.15), 札幌.

1688. [研究会(地方)] (公開講座) 大腸癌はふえている−その診断から治療まで−. 大谷剛正(外): 北里大学東病院療養教室 (98.03.07), 相模原.

1689. [学会主催(国内学会)] 第50回日本消化器外科学会総会会長(97.07.17〜18), 横浜. 比企能樹(外):

1690. [学会主催(国内学会)] DDW-Japan 1997日本消化器外科学会会長(97.04.17〜20). 比企能樹(外):


<<16 胸部外科学>>

1691. [原著] 心臓血管外科深部用角度付きピンセット. 風間繁(胸外): 胸部外科, 50(10): 835〜837, 1997.

1692. [原著] 川崎病冠状動脈病変に対する冠状動脈バイパス術の遠隔成績. 鳥井晋三(胸外): 日本小児循環器学会雑誌, 13(1): 62〜70, 1997.

1693. [原著] 血液成分分離装置フレゼニウスAS-104(Ver. 4.71)による血小板採取. 小本美奈,粟野文剛(臨検),冨永誠一(胸外): 日本輸血学会雑誌, 43(6): 890〜895, 1997.

1694. [症例報告] 肺癌手術中に発見された陳旧性上大静脈損傷の1例. 後藤尚美,森田裕人,石川浩,塩川章,滝本雅文,吉村博邦(胸外): 胸部外科, 50(9): 811〜815, 1997.

1695. [症例報告] 心膜切除に加え, 心外膜切開を行い血行動態の改善を得た収縮性心膜炎の2症例−The Waffle Procedureの経験例−. 津久井宏行(聖路加国際病院),小原邦義(胸外),秋本剛秀,向井田昌之,阿部恒平(聖路加国際病院): 日本胸部外科学会雑誌, 45(12): 71〜75, 1997.

1696. [症例報告] シングルリードP波同期心室ディマンドペーシング(VDD)ペースメーカー植え込み患者に対する冠状動脈バイパス手術の1例. 秋本剛秀(聖路加国際病院),小原邦義(胸外),田鎖治(聖路加国際病院): 日本胸部外科学会雑誌, 45(2): 85〜88, 1997.

1697. [症例報告] Valsalva洞内全周性解離を示した急性大動脈解離の1手術治験例. 丁毅文(聖路加国際病院),小原邦義(胸外),田鎖治,秋本剛秀,向井田昌之(聖路加国際病院): 日本胸部外科学会雑誌, 45(6): 913〜918, 1997.

1698. [症例報告] 多発性肺梗塞を合併した活動期感染性心内膜炎の3治験例−手術時期の決定について−. 津久井宏行(聖路加国際病院),小原邦義(胸外),秋本剛秀,向井田昌之,阿部恒平(聖路加国際病院): 日本胸部外科学会雑誌, 46(1): 75〜80, 1998.

1699. [総説] Intrabronchial Neurilemmoma. 吉村博邦(胸外): J. Bronchology, 5(1): 2〜3, 1998.

1700. [総説] 肺動脈の癒着剥離. 吉村博邦(胸外): 胸部外科, 51(1): 73, 1998.

1701. [総説] 聴診器の話. 風間繁(胸外): 日本医事新報ジュニア版, (370): 7〜11, 1998.

1702. [学術書] (共著) NEW外科学改訂第2版; 気管・気管支および肺, p.333〜349, 吉村博邦(胸外),他75名. 編集 出月康夫,古瀬彰,杉町圭蔵, 南江堂, 東京, 97.10.20発行.

1703. [学術書] (分担執筆) 循環器疾患の治療指針第2版; 冠動脈バイパス術, p.555〜558, 小原邦義(胸外). 編集 国立循環器病センター, 丸善, 東京, 97.12.25発行.

1704. [学会(国際)] (シンポジウム等) Diagnostic VATS procedures for tiny lung nodules using hoolwires placed under CT guidance. 吉村博邦(胸外): 2nd Southamerican Congress of Bronchology (97.10.05), Rio de Janeiro.

1705. [学会(国際)] (一般講演) Relations between age at repair and regression of right ventricular hypertrophy in Tetralogy of Fallot. 中江世明,笠原真悟,Lin, Zong Bo,倉田篤,鈴木裕子,吉村博邦(胸外): 第5回アジア心臓血管外科学会 (97.01.07〜10), 台湾.

1706. [学会(国際)] (一般講演) Results of the surgical resection for lung cancer invading the base of the pulmonary vein or the left atrium. 吉村博邦,品田純(胸外),亀谷徹(病理): 8th World Conference on Lung Cancer (97.08.10〜14), Dublin (Ireland), Lung Cancer, 18(Suppl.1): 120, 1997.

1707. [学会(国際)] (一般講演) Assessment of the growth of aorta in coarctation of aorta. 中江世明,笠原真悟,林宗博,鈴木裕子,森光晴,金子淳永(胸外),平石聡,武田信裕(児),吉村博邦(胸外): 第5回世界小児心臓外科・小児循環器学会 (98.00.00), ハワイ.

1708. [学会(国際)] (ポスター講演) Protective effect of pentobarbital and ischemic preconditioning on the spinal cord subjected to ischemia. 風間繁,贄正基,倉田篤,鈴木裕子,林宗博,吉村博邦(胸外): 23rd World Congress of International Society for Cardiovascular Surgery (97.09.22), ロンドン, Cardiovasc. Surg., 5(Suppl.2): 21, 1997.

1709. [学会(全国)] (シンポジウム等) 大動脈縮窄症, 大動脈弓離断症の遠隔成績の検討. 中江世明,笠原真悟,林宗博,倉田篤,鈴木裕子,渡辺俊明,森光晴,吉村博邦(胸外): 第27回日本心臓血管外科学会 (97.02.12〜14), 尼崎, 予稿集, 26: 249.

1710. [学会(全国)] (シンポジウム等) Fontan手術対象例の大動脈弁下狭窄と外科治療について. 中江世明,笠原真悟,鈴木裕子,林宗博,渡辺俊明,森光晴,吉村博邦(胸外): 第50回日本胸部外科学会 (97.10.01〜03), 東京, 日本胸部外科学会誌, 45(増): 1322, 1997.

1711. [学会(全国)] (シンポジウム等) 非小細胞肺癌のリンパ節郭清と成績−左上葉肺癌に対するリンパ節郭清術. 吉村博邦,品田純,宮永茂樹,天野英樹(胸外): 第38回日本肺癌学会総会 (97.11.06), 仙台.

1712. [学会(全国)] (一般講演) 縦隔原発non-seminomatous germ cell tumor (NSGCT)の治療戦略. 品田純,須藤恭一,宮永茂樹,金子淳永,吉村博邦(胸外): 第97回日本外科学会総会 (97.04.09), 京都.

1713. [学会(全国)] (一般講演) 10年以上経過した川崎病冠血行再建術症例の長期予後. 鳥井晋三(胸外),須磨幸蔵(東女医大),竹内靖夫(関東逓信病院): 第97回日本外科学会総会 (97.04.11), 京都, 日本外科学会雑誌, 98(増): 179, 1997.

1714. [学会(全国)] (一般講演) 仮性左心室瘤が原因と考えられた喀血の1治験例. 宮永茂樹,品田純,吉村博邦,森田裕人(胸外): 第14回日本呼吸器外科学会総会 (97.05.09), 金沢.

1715. [学会(全国)] (一般講演) 悪性縦隔腫瘍の集学的治療. 品田純,宮永茂樹,吉村博邦(胸外): 第14回日本呼吸器外科学会総会 (97.05.09), 金沢.

1716. [学会(全国)] (一般講演) 肺尖部胸壁浸潤癌に対する1手術例. 吉村博邦,品田純,宮永茂樹(胸外): 第14回日本呼吸器外科学会総会呼吸器外科手術フォーラム (97.05.10), 金沢.

1717. [学会(全国)] (一般講演) 輸血後C型肝炎が疑われた1症例. 粟野文剛,八木和世,遠藤成子,風間あきみ,工藤波留美,小本美奈(臨検),西田陽(臨病理),冨永誠一(胸外): 第45回日本輸血学会総会 (97.05.21), 福岡, 日本輸血学会雑誌, 43(2): 200, 1997.

1718. [学会(全国)] (一般講演) Micro typing systemゲル遠心法による不規則抗体検査. 八木和世,粟野文剛,遠藤成子,風間あきみ,工藤波留美,小本美奈(臨検),西田陽(臨病理),冨永誠一(胸外): 第45回日本輸血学会総会 (97.05.22), 福岡, 日本輸血学会雑誌, 43(2): 153, 1997.

1719. [学会(全国)] (一般講演) 大動脈縮窄症, 大動脈離断症の大動脈再建術後の大動脈発育と吸収性糸との関係. 中江世明,今井寛,笠原真悟,林宗博,三好豊,原英則,吉村博邦(胸外): 第34回日本小児外科学会 (97.06.04〜06), 新潟, 日本小児外科学会誌, 33(3): 581, 1997.

1720. [学会(全国)] (一般講演) 単心室の大動脈弁下狭窄の経時的変化. 中江世明,笠原真悟,鈴木裕子,林宗博,渡辺俊明,森光晴(胸外),平石聡,三沢仁司,武田信裕(児),吉村博邦(胸外): 第33回日本小児循環器学会 (97.07.10〜12), 京都.

1721. [学会(全国)] (一般講演) 拡大胸膜肺全摘を施行した悪性濔漫性胸膜中皮腫の3症例. 後藤尚美,森田裕人,吉村博邦(胸外): 第38回日本肺癌学会総会 (97.11.06), 仙台.

1722. [学会(地方)] (一般講演) 葉間臓側胸膜より発生し, 周囲の限局した範囲に播種巣を認めた悪性中皮腫の1例. 品田純,宮永茂樹,天野英樹,関恵理奈,吉村博邦(胸外),蒋世旭,岩渕啓一,亀谷徹(病理): 第119回日本肺癌学会関東部会 (97.07.12), 東京.

1723. [学会(地方)] (一般講演) von Recklinghausen病に合併し, ダンベル型に発育した腕神経由来神経鞘腫の1手術例. 天野英樹,品田純,宮永茂樹,関恵理奈,吉村博邦(胸外): 第103回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (97.09.13), 東京.

1724. [学会(地方)] (一般講演) 気管支内転移を認めた胸腺腫の1例. 吉田聡子,品田純,宮永茂樹,後藤尚美,吉村博邦(胸外): 第83回日本気管支学会関東支部会 (97.11.29), 東京.

1725. [学会(地方)] (一般講演) 血胸にて発症した肋骨原発, 骨巨細胞腫の1切除例. 後藤尚美,品田純,宮永茂樹,天野英樹,吉田聡子,吉村博邦(胸外): 第104回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (97.12.06), 東京.

1726. [学会(地方)] (一般講演) Behcet病の既往を有する三尖弁閉鎖不全症に対して弁置換術を行った1例. 関恵理奈,鳥井晋三,三好豊,佃和彦,風間繁,小原邦義,吉村博邦(胸外): 第104回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (97.12.06), 東京, 要旨集, p.10, 1997.

1727. [学会(地方)] (一般講演) 感染性心内膜炎および三尖弁閉鎖不全を伴ったバルサルバ洞動脈瘤破裂(今野W型)の1治験例. 関恵理奈,鳥井晋三,三好豊,佃和彦,贄正基,風間繁,小原邦義,吉村博邦(胸外): 第105回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (98.02.21), 東京, 要旨集, p.11, 1998.

1728. [学会(地方)] (一般講演) 外傷性気管支断裂の1手術例. 関恵理奈,品田純,宮永茂樹,後藤尚美,林宗博,今井寛,吉村博邦(胸外): 第84回日本気管支学会関東部会 (98.03.28), 東京.

1729. [研究会(全国)] (一般講演) 川崎病冠動脈病変に対する冠動脈バイパス術の遠隔成績の検討. 鳥井晋三(胸外),須磨幸蔵(東女医大),竹内靖夫(関東逓信病院): 第17回日本川崎病研究会 (97.10.17), 札幌, 抄録集, p.58, 1997.

1730. [研究会(地方)] (一般講演) 北里大学病院における心臓血管外科の現況(最近の心臓血管外科の進歩). 冨永誠一(胸外): 県央西湘心臓血管外科研究会 (97.04.25), 相模原.

1731. [研究会(地方)] (一般講演) I&Aについて. 粟野文剛(臨検),長田広司(東京女医大),星順隆(慈恵医大),冨永誠一(胸外): 第1回神奈川輸血研究会 (98.02.27), 横浜.


<<17 脳神経外科学>>

1732. [原著] The value of long-term clinical follow-up for cases of spontaneous carotid cavernous fistula. 倉田彰,宮坂佳男,国井正剛,永井成樹,大桃丈知,森嶋啓之,藤井清孝(脳外),菅信一(放): Acta Neurochir., 140: 65〜72, 1998.

1733. [原著] Ciliated craniopharingioma indicates histogenetic relationship to Rathke cleft epithelium. 岡秀宏,川野信之(脳外),柳下三郎(神奈川リハ),小林郁夫,三枝宏伊,藤井清孝(脳外): Clin. Neuropathol., 16: 103〜106, 1997.

1734. [原著] Investigations of the dose of heparin and whole blood coagulation time during endovascular surgery. 永井成樹,倉田彰,田中柳水,入倉克己,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): Intervent. Neuroradiol., 3(Suppl.2): 215〜217, 1997.

1735. [原著] Endovascular approach to a ligated external carotid artery. 倉田彰,宮坂佳男,国井正剛,森嶋啓之,藤井清孝(脳外),菅信一(放): Intervent. Neuroradiol., 3: 125〜130, 1997.

1736. [原著] Treatment of a small hole post-traumatic carotid-cavernous fistula with a non-detachable balloon catheter. 倉田彰,宮坂佳男,三枝宏伊,藤井清孝(脳外),菅信一(放): Intervent. Neuroradiol., 3: 87〜90, 1997.

1737. [原著] A canine model of intracranial arteriovenous shunt with acute cerebral venous hypertension. 山田勝,宮坂佳男,入倉克己,永井成樹,田中柳水(脳外): Neurol. Res., 20: 73〜78, 1998.

1738. [原著] Mass effect caused by clinically unruptured cerebral arteriovenous malformations. 宮坂佳男,倉田彰,田中柳水,永井成樹,山田勝,入倉克己,藤井清孝(脳外): Neurosurgery, 41(5): 1060〜1064, 1997.

1739. [原著] 脳底動脈先端部の微小外科解剖. 田中柳水,藤井清孝(脳外): Video Journal of Japan Neurosurgery, 1997.

1740. [原著] 脳底動脈分岐部近傍の微小外科解剖. 藤井清孝,田中柳水(脳外),坂田修治(飯塚病院),Albert L. Rhoton Jr.(フロリダ大): Video Journal, Vol. 1, 1997.

1741. [原著] 外傷性脳内血腫の出現と血液凝固線溶障害の関係について. 遠藤昌孝,湯沢泉,三島大徳(脳外),高橋功,北原孝雄,大和田隆(救命),宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 神経外傷, 19(2): 102〜107, 1997.

1742. [原著] 重症頭部外傷を伴う多発外傷の治療上の問題. 遠藤昌孝(脳外),北原孝雄(救命),湯沢泉,三島大徳(脳外),高橋功,大和田隆(救命),宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 神経外傷, 19(2): 137〜143, 1997.

1743. [原著] 深部感覚障害型頚椎症の1例. 小沢仁(脳外),窪倉孝道,堀田二郎,武山明子(汐田総合病院),河村満(昭和大): 脊椎脊髄ジャーナル, 10(8): 777〜782, 1997.

1744. [原著] 脊髄悪性グリオーマ―臨床像とその治療―. 西尾俊嗣,森岡隆人(九大),藤井清孝(脳外),勝田俊郎(九州医療セン),福井仁士,藤井直樹(九大): 脳外誌, 6: 31〜36, 1997.

1745. [原著] 神経血管減圧術充填物の肉芽腫性変化で再発を来たした三叉神経痛の1例. 石橋秀昭,松島俊夫,名取良弘,岩城徹,福井仁士(九大),藤井清孝(脳外): 脳外誌, 6: 498〜502, 1997.

1746. [原著] 中脳水道狭窄症に対する神経内視鏡的第3脳室開窓術. 国井正剛,湯沢泉,清水暁,藤井清孝(脳外): 北里医学, 27(4): 238〜245, 1997.

1747. [準原著] The efficacy of bypass surgery for the patients with hemorrhagic moyamoya disease. 藤井清孝(脳外),池崎清信(九大),入倉克己,宮坂佳男(脳外),福井仁士(九大): Clin. Neurol. Neurosurg., 99(Suppl. 2): 194〜195, 1997.

1748. [準原著] 頭蓋底部髄膜腫へのextensive embolizationの応用―症例報告―. 清水暁,倉田彰,岡秀宏,大桃丈知,国井正剛,森嶋啓之,山田勝,高木宏,川野信之,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 髄膜腫の外科, p.280〜286, 1997.

1749. [準原著] 頚椎椎間板ヘルニア例におけるヘルニア高位ごとの針筋電図所見の検討. 山崎義矩,橘滋国,中山賢司,平山寿,高野誠,藤井清孝(脳外): 日本パラプレジア医学会雑誌, 10(1): 80〜81, 1997.

1750. [準原著] 外減圧術を施行した広範脳梗塞; 特に脳ヘルニア症例について. 大高弘稔,小林郁夫(脳外),田中聡(鳥取大),高野誠,山崎義矩,諏訪知也(脳外): 脳死脳蘇生研究会会誌, 10: 88〜91, 1997.

1751. [短報・速報] 四肢麻痺をきたした結核性髄膜炎の1例. 諏訪知也,三井公彦,松森邦昭(脳外): 日本パラプレジア医学会雑誌, 10: 130〜131, 1997.

1752. [短報・速報] Flexion myelopathyの外科治療. 三井公彦,橘滋国,藤井清孝,矢田賢三(脳外): 日本パラプレジア医学会雑誌, 10: 24〜25, 1997.

1753. [短報・速報] 髄内腫瘍摘出における髄内微小解剖―特に前正中中隔の検討から. 三井公彦,諏訪知也(脳外),見松健太郎,佐藤公司(名大): 日本パラプレジア医学会雑誌, 10: 46〜47, 1997.

1754. [短報・速報] 脊髄血管芽腫の手術. 三井公彦,諏訪知也(脳外),見松健太郎,佐藤公司(名大): 日本パラプレジア医学会雑誌, 10: 50〜51, 1997.

1755. [研究報告(文部省)] GHRH-Rの人体内分布. 岡秀宏(脳外),亀谷徹(病理): 平成8年度文部省科学研究助成最終報告, 1997.

1756. [研究報告(文部省)] 脳腫瘍におけるGH-R, IGF-1-Rの発現と腫瘍増殖. 岡秀宏,川野信之(脳外): 平成8年度文部省科学研究助成中間報告, 1997.

1757. [症例報告] Dural chondroma with fat tissue. 高野誠,岡秀宏,川野信之,矢田賢三(脳外),柳下三郎(神奈川リハ): Acta Neurochir., 137(7): 690〜691, 1997.

1758. [症例報告] くも膜下出血急性期にコイル塞栓術にて治療し得た解離性椎骨動脈瘤の2例. 田中智子(脳外),北原孝雄,三島大徳,遠藤昌孝,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 18(1): 238〜239, 1997.

1759. [総説] 総論; 患者の訴えこそ正確な診断への第一歩. 橘滋国(脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 11(2): 85〜90, 1998.

1760. [総説] 痴呆をきたす脳神経外科疾患の病態と治療; 頭部外傷―頭部外傷後の神経心理学的異常―. 入倉克己(脳外),大和田隆(救命): 老年期痴呆, 12(1): 63〜69, 1998.

1761. [講座] 頭蓋咽頭腫の診断と治療. 川野信之(脳外): Brain Nursing, 13: 24〜28, 1997.

1762. [講座] 脊髄腫瘍(6)メラノーマ. 川野信之(脳外),岩渕啓一(病理): Clinical Neuroscience, 15(4): 352〜353, 1997.

1763. [学術書] (分担執筆) 複雑性としての身体; 脳・快楽・五感; 橘滋国(脳外). 河出書房新社, 東京, 97.00.00発行.

1764. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科レビュー5; U. Cerebrovascular Disease: 5. Other CVDs, p.129〜140, 田中柳水,藤井清孝(脳外). 三輪書店, 97.00.00発行.

1765. [学術書] (分担執筆) 手術に必要な解剖学, 図説脳神経外科 New Approach 第3巻(脳室とその近傍-機能・解剖・手術); 第4脳室, p.92〜99, 田中柳水,藤井清孝(脳外). メジカルビュー社, 東京, 98.00.00発行.

1766. [学術書] (分担執筆) 脊髄・脊椎の外科; 脊椎・脊髄の力学, p.37〜40, 橘滋国(脳外). 編集 白馬明,山浦晶, 医学書院, 東京, 98.03.18発行.

1767. [学会(国際)] (一般講演) Proconvertase (PC1 and PC2) and chromogranin A expression in pituitary adenomas. L. Jin,X. Qian,E. Kuling,B.W. Scheithauer,N. Sanno(Mayo Clinic),岡秀宏(脳外),G.G.Klee,W.F. Young,R.V. Lloyd(Mayo Clinic): 1997 Laboratory Medicine/Pathology and Mayo Cancer Center Research Symposium (97.05.20), Rochester.

1768. [学会(国際)] (一般講演) Pharmacokinetics of serum glycerol and changes of ICP: Comparison of gastric and duodenal administration. 高木宏(脳外),露崎浩子(薬剤部),遠藤昌孝(脳外),北原孝雄(救命): 10th International Symposium on Intracranial Pressure and Neuromonitoring in Brain Injury (97.05.25), バージニア.

1769. [学会(国際)] (一般講演) Anterior median fissure approach into the spinal cord. 三井公彦,清水暁,藤井清孝(脳外),張澤安,秋間道夫(東邦大): 1st Biennial Meeting of Japan-Korean Conference on Spinal Surgery (97.09.18), 名古屋.

1770. [学会(国際)] (一般講演) Dissecting aneurysm and degeneration of the internal elastic lamina of the intracranial vertebral artery. Report of two cases. 山田勝,清水暁,高木宏,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハ): 5th International Workshop on Cerebrovascular Surgery (98.03.03), 福岡.

1771. [学会(国際)] (一般講演) Management strategies for thalamic-basal ganglia arteriovenous malformations (AVMs). 宮坂佳男,田中柳水,倉田彰,入倉克己,山田勝,永井成樹,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 5th International Workshop on Cerebrovascular Surgery (98.03.03), 福岡.

1772. [学会(国際)] (ポスター講演) Proconvertase (PC1 and PC2) and chromogranin A expression in pituitary adenomas. L. Jin,X. Qian,E. Kulig,B.W. Scheithauer,N. Sanno(Mayo Clinic),岡秀宏(脳外),G.G. Klee,W.F. Young, Jr.,R.V. Lloyd(Mayo Clinic): The Endocrine Society 79th Anual Meeting (97.06.12), Minneapolis.

1773. [学会(国際)] (ポスター講演) Cerebellar clear cell ependymoma mimicking hemangioblastoma: Its clinical pathological features. 川野信之,田中智子,宇津木聡,小林郁夫,岡秀宏,諏訪知也,藤井清孝(脳外): 11th International Congress of Neurological Surgery (97.07.06〜11), アムステルダム, Clin. Neurol. Neurosurg., 99(Suppl.1): 191, 1997.

1774. [学会(国際)] (ポスター講演) AT/RT (Atypical teratoid/rhabdoid tumor) with probable ependymal differentiation; Brain tumours Alzheimer's disease from neuropathology to molecular biology. 宇津木聡,川野信之,岡秀宏,三枝宏伊,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハ),B.W. Scheithauer(Mayo Clinic): 13th International Congress of Neuropathology (97.09.03), バリ, インドネシア.

1775. [学会(国際)] (ポスター講演) Cerebellar clear cell ependymoma mimicking hemangioblastoma: Its clinical and pathological features. 川野信之(脳外),柳下三郎(神奈川リハ),宇津木聡,諏訪知也,岡秀宏,藤井清孝(脳外): 13th International Congress of Neuropathology (97.09.08), バース, Brain Pathol., 7(4): 1082, 1997.

1776. [学会(国際)] (ポスター講演) Plemorphic xanthoastrocytoma-like feature in ordinary astrocytomas. 宇津木聡,川野信之,岡秀宏,諏訪知也,藤井清孝(脳外): 13th International Congress of Neuropathology (97.09.12), パース,オーストラリア, Brain Pathol., 7(4): 1354, 1997.

1777. [学会(国際)] (ポスター講演) Factors influencing the prognosis of pontine hemorrhage. 石渡雅男(脳外),秋山久尚,北井則夫(内): 7th International Conference on Emergency Medicine (98.03.26〜29), Canada.

1778. [学会(全国)] (教育講演) 後頭蓋窩腫瘍. 川野信之(脳外): 第15回日本脳腫瘍病理学会 (97.04.04), 佐賀.

1779. [学会(全国)] (シンポジウム等) 脳血管攣縮にに対して塩酸パパベリン動注療法は本当に有効か? 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),宇津木聡,鷺内隆雄,大桃丈知,倉田彰,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第13回スパズム・シンポジウム (97.07.26), 京都.

1780. [学会(全国)] (シンポジウム等) 頸椎過伸張症候群; 発症機序と病態. 橘滋国(脳外): 第12回日本整形外科学会基礎学術集会 (97.10.17), 新潟.

1781. [学会(全国)] (シンポジウム等) くも膜下出血で発症した解離性椎骨動脈瘤30例の検討−病態分析と治療方針−. 北原孝雄(救命),山田勝(脳外),高橋功(救命),遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命),宇津木聡,平山寿,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.22〜24), 大阪, Abstracts, p.135, 1997.

1782. [学会(全国)] (シンポジウム等) Neuro-intensive管理は重症頭部外傷の成績を変えたか? 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),宇津木聡,鷺内隆雄,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.23), 大阪.

1783. [学会(全国)] (シンポジウム等) Silent pituitary adenomasの概念と分子生物的アプローチ. 成高平治(脳外),亀谷徹,佐藤雄一(病理),鶴田智子(形態系),小林郁夫(脳外),井上洋(東歯大),古旗茂,大谷光弘,河瀬斌(慶大): 第8回日本間脳下垂体腫瘍学会 (98.01.30), 神戸.

1784. [学会(全国)] (一般講演) 組織分類が困難であった神経上皮性腫瘍の1例. 三枝宏伊,鈴木祥生,小林郁夫,川野信之,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハ): 第15回日本脳腫瘍病理学会 (97.04.04), 佐賀.

1785. [学会(全国)] (一般講演) Flexion Myelopathyの臨床. 三井公彦,諏訪知也,松森邦昭(脳外): 第38回日本神経学会総会 (97.05.14), 横浜.

1786. [学会(全国)] (一般講演) 発生系列の異なるastrocytomaの存在について―Type-1およびType-2-astrocyte細胞系腫瘍の増殖能および予後の検討. 宇津木聡,川野信之,岡秀宏,諏訪知也,藤井清孝(脳外): 第38回日本神経病理学会総会学術研究会 (97.05.27), 東京.

1787. [学会(全国)] (一般講演) Cerebral Cysticercosisの1例. 湯沢泉,森嶋啓之,三枝宏伊,川野信之,藤井清孝(脳外),伊藤洋一(寄): 第8回日本臨床寄生虫学会 (97.06.14), 東京.

1788. [学会(全国)] (一般講演) 手術所見から検討した無症候性脳動脈瘤の手術適応. 宮坂佳男,清水暁,平山寿,宇津木聡,大桃丈知,田中柳水,入倉克己,倉田彰,藤井清孝(脳外),北原孝雄(救命),遠藤昌孝,森嶋啓之(脳外): 第16回Mt. Fuji Workshop on CVD (97.08.30), 京都.

1789. [学会(全国)] (一般講演) 硬膜動静脈瘻に頭蓋内動脈瘤を伴った症例の検討. 鈴木祥生,田中柳水,三島大徳,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.22), 大阪.

1790. [学会(全国)] (一般講演) 頸椎椎間板ヘルニアの自然消失. 橘滋国,高野誠,山崎義矩,三枝宏伊(脳外),菅信一(放): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.23), 大阪.

1791. [学会(全国)] (一般講演) 塞栓術中の動脈瘤破裂への対応. 森嶋啓之,倉田彰,大桃丈知,宮坂佳男,藤井清孝,鷺内隆雄,宇津木聡,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),関野宏明(聖マリ医大): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.23), 大阪.

1792. [学会(全国)] (一般講演) 側頭部の皮下海綿状血管腫と多発性脳動脈瘤を合併したKlippel-Trenaunay-Weber症候群の1例. 大谷津恭之,佐藤英明,三好宏,内沼栄樹(形外): 第15回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (97.11.06〜07), 大阪, 予稿集, p.121, 1997.

1793. [学会(全国)] (一般講演) 術後脊髄浮腫を来たした頸椎症の1例. 三井公彦,諏訪知也,松森邦昭(脳外): 第32回日本パラプレジア医学会 (97.11.07), 所沢.

1794. [学会(全国)] (一般講演) カルシウム拮抗薬の頭蓋内圧に及ぼす影響. 田中柳水,宮坂佳男,清水暁,鈴木祥生,三枝宏伊,永井成樹,入倉克己,藤井清孝(脳外): 第9回日本脳循環代謝学会総会 (97.11.14), 東京.

1795. [学会(全国)] (一般講演) 急性硬膜下血腫を伴うクモ膜下出血例の臨床的検討. 高野誠,岡秀宏(脳外),北原孝雄(救命),遠藤昌孝,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第25回日本救急学会総会 (97.11.27), 東京.

1796. [学会(全国)] (一般講演) Pteryonal approachを主体とした頭蓋咽頭腫の摘出について. 川野信之,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第8回日本間脳下垂体腫瘍学会 (98.01.30), 神戸.

1797. [学会(全国)] (一般講演) ラット一過性脳虚血モデルにおける低体温時酸塩基平衡管理による脳保護効果についての検討. 永井成樹,宮坂佳男,入倉克己,倉田彰,田中柳水,山田勝,藤井清孝(脳外): 第22回日本脳卒中学会 (98.02.06), 福岡.

1798. [学会(全国)] (一般講演) 非出血性AVMに起因するmass effectの発現機序について. 宮坂佳男,清水暁,田中柳水,永井成樹,山田勝,入倉克己,倉田彰,遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第22回日本脳卒中学会 (98.02.06), 福岡.

1799. [学会(全国)] (ポスター講演) 術前に髄膜播種をしたpilocytic astrocytomaの1例. 三枝宏伊,岡秀宏,宇津木聡,小林郁夫,川野信之,藤井清孝(脳外): 第15回日本脳腫瘍病理学会 (97.04.05), 佐賀.

1800. [学会(全国)] (ポスター講演) GH-PRL産性下垂体腺腫と神経節細胞腫との混合腫瘍の1例. 小林郁夫,岡秀宏,川野信之,森嶋啓之(脳外),成高平治(慶大),鶴田智子(形態系),藤井清孝(脳外),亀谷徹(病理): 第15回日本脳腫瘍病理学会 (97.04.05), 佐賀.

1801. [学会(全国)] (ポスター講演) Cerebral cysticercosisの1例. 湯沢泉,森嶋啓之,三枝宏伊,川野信之,藤井清孝(脳外): 第38回日本神経病理学会総会 (97.05.28), 東京.

1802. [学会(全国)] (ポスター講演) 悪性神経膠腫に対する徐放性ACNUマイクロカプセル局所投与法の基礎的検討. 三枝宏伊,倉田彰,岡秀宏,大桃丈知,三島大徳,宇津木聡,宮坂佳男,川野信之,藤井清孝(脳外),田中聡(鳥取大),岡田純一(三共): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.22), 大阪.

1803. [学会(全国)] (ポスター講演) 無症候性頸椎頸髄病変. 飯田秀夫,国井正剛,湯沢泉,橘滋国,藤井清孝(脳外): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.22), 大阪.

1804. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性圧迫性脊髄病変の部分脱髄を主体とする超微構造変化. 高野誠,橘滋国,山崎義矩,三枝宏伊,藤井清孝(脳外),根本典子(電顕セン): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.22), 大阪.

1805. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳梗塞,脳ヘルニア症例に対する広範囲外減圧術の検討. 大高弘稔,小林郁夫(脳外),田中聡(鳥取大),高野誠,山崎義矩,諏訪知也(脳外): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.23), 大阪.

1806. [学会(全国)] (ポスター講演) クモ膜下出血後の遅発性脳虚血症状に対するtPA術中少量投与の予防効果. 諏訪知也,三井公彦,田中千彦(脳外),松森邦昭(国立相模原): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.23), 大阪.

1807. [学会(全国)] (ポスター講演) AVMによる脳内血腫容量の個人差について. 宮坂佳男,清水暁,大桃丈知,田中柳水,入倉克己,倉田彰,遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.23), 大阪.

1808. [学会(全国)] (ポスター講演) 後頭蓋窩破裂脳動脈瘤に対する急性期IDC塞栓術の検討. 大桃丈知,倉田彰,森嶋啓之,宮坂佳男,藤井清孝,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),菅信一(放),高橋誠,鈴木龍太(昭和大): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.24), 大阪.

1809. [学会(全国)] (ポスター講演) 血管内手術におけるリキッドコイルの適応について. 倉田彰,宮坂佳男,大桃丈知,森嶋啓之,入倉克己,田中柳水,三枝宏伊,藤井清孝(脳外),高橋誠,鈴木龍太(昭和大): 第56回日本脳神経外科学会総会 (97.10.24), 大阪.

1810. [学会(地方)] (一般講演) 保存自家骨を用いた頭蓋形成. 諏訪知也,三井公彦,松森邦昭(脳外): 第66回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.06.28), 東京.

1811. [学会(地方)] (一般講演) sinus thrombosis後に発症したmixed AVMの1例. 小沢達也,平山寿,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第66回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.06.28), 東京.

1812. [学会(地方)] (一般講演) 松果体部Dermoid cyst全摘7年後に発生したYolk sac tumorの1例. 谷崎義徳,三枝宏伊,川野信之,藤井清孝(脳外),柳下三郎(神奈川リハ): 第67回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.09.06), 東京.

1813. [学会(地方)] (一般講演) 興味ある画像所見を呈した転移性腫瘍の1例. 前沢浩,田中千彦,三島大徳,川野信之,藤井清孝(脳外): 第68回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.11.29), 東京.

1814. [学会(地方)] (一般講演) 髄内神経鞘腫の2例. 中原邦晶,平山寿,入倉克己,橘滋国,藤井清孝(脳外): 第68回日本脳神経外科学会関東地方会 (97.11.29), 東京.

1815. [学会(地方)] (一般講演) 骨膜弁とTissue Expanderを用いた頭蓋形成の1例. 三好宏,大谷津恭之,高山敦子(形外): 第35回日本形成外科学会中部支部信州地方会例会 (97.12.06), 長野.

1816. [学会(地方)] (一般講演) MRI上diffuse dural enhancementを示した3症例. 岩本和久,諏訪知也,三井公彦,松森邦昭(脳外): 第69回日本脳神経外科学会関東地方会 (98.03.07), 東京.

1817. [学会(地方)] (一般講演) parent artery(母血管)の閉塞をきたした巨大動脈瘤の1例. 近藤宏治,宮坂佳男,田中柳水,宇津木聡,藤井清孝(脳外): 第69回日本脳神経外科学会関東地方会 (98.03.07), 東京.

1818. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 高齢者軽症頭部外傷後の痴呆. 入倉克己,宮坂佳男,平山寿,宇津木聡,清水暁(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第11回日本老年脳神経外科研究会 (98.02.21), 東京.

1819. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 重症頭部外傷に対する脳底体温療法を用いた神経集中管理について. 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),平山寿,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第21回日本神経外傷研究会 (98.03.27), 京都.

1820. [研究会(全国)] (一般講演) 後頭蓋窩破裂脳動脈瘤に対する急性期IDC-embolizationの検討. 大桃丈知,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝,近藤宏治,森嶋啓之,鈴木祥生,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),菅信一(放),高橋誠,鈴木竜太 (昭和大): 第11回日本神経救急研究会 (97.05.10), 奈良.

1821. [研究会(全国)] (一般講演) 小児発生の症候性ラトケ裂嚢胞の臨床,放射線学的検討. 田中智子,岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外),石川義人,横田行史(児): 第25回日本小児神経外科研究会 (97.05.29), 久留米.

1822. [研究会(全国)] (一般講演) 脊髄前正中裂内進入法の検討. 三井公彦,清水暁,諏訪知也,石渡雅男,松森邦昭,藤井清孝(脳外): 第12回脊髄外科研究会 (97.06.20), 大阪.

1823. [研究会(全国)] (一般講演) 慢性圧迫性脊髄病変の部分脱髄を主体とする超微構造変化. 橘滋国,高野誠,山崎義矩(脳外),宮沢七郎,根本典子(電顕セン): 第12回日本脊髄外科研究会 (97.06.20), 大阪.

1824. [研究会(全国)] (一般講演) 腰椎脊椎管内synovial cystの自然消失例. 谷崎義徳,橘滋国,高野誠,田中柳水,三島大徳(脳外): 第12回日本脊髄外科研究会 (97.06.20), 大阪.

1825. [研究会(全国)] (一般講演) 脊椎・脊髄手術に当たっての脊髄高位診断. 橘滋国(脳外): 第12回日本脊髄外科研究会 (97.06.20), 大阪.

1826. [研究会(全国)] (一般講演) 脊髄前正中裂内進入法の検討. 三井公彦,清水暁,諏訪知也,石渡雅男,松森邦昭,藤井清孝(脳外): 第12回日本脊髄外科研究会 (97.06.20), 大阪.

1827. [研究会(全国)] (一般講演) 脊髄ヘルニアの手術研究例. 鷺内隆雄,橘滋国,田中柳水,入倉克己,藤井清孝(脳外): 第12回日本脊髄外科研究会 (97.06.21), 大阪.

1828. [研究会(全国)] (一般講演) 外減圧術を施行した広範脳梗塞; 特に脳ヘルニア症例について. 大高弘稔,小林郁夫(脳外),田中聡(鳥取大),高野誠,山崎義矩,諏訪知也(脳外): 第10回脳死・脳蘇生研究会 (97.06.27), 東京.

1829. [研究会(全国)] (一般講演) 自然消失したHuman Tailの1症例. 高野誠,橘滋国,山崎義矩,藤井清孝(脳外): 第14回日本二分脊椎研究会 (97.07.03), 東京.

1830. [研究会(全国)] (一般講演) CT上, 頭蓋内異常石灰化巣のみを呈した神経膠腫摘出症例の検討. 三枝宏伊,倉田彰,大桃丈知,森嶋啓之,三島大徳,川野信之,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第2回日本脳腫瘍の外科研究会 (97.09.01), 長崎.

1831. [研究会(全国)] (一般講演) 脊髄前正中裂進入法の検討. 三井公彦,清水暁,藤井清孝(脳外),張澤安,秋間道夫(東邦大): 第4回脊椎脊髄神経手術手技研究会 (97.09.12), 東京.

1832. [研究会(全国)] (一般講演) 術中椎骨動脈を損傷した1例. 三井公彦(脳外),見松健太郎,佐藤公司(名大): 第4回脊椎脊髄神経手術手技研究会 (97.09.12), 東京.

1833. [研究会(全国)] (一般講演) 脊髄前正中裂進入法の検討. 三井公彦(脳外): 第4回脊椎・脊髄神経手術手技研究会学術集会 (97.09.12), 東京.

1834. [研究会(全国)] (一般講演) Broad neckな脳動脈瘤治療用カバードステントの開発. 大桃丈知,倉田彰,国井正剛,森嶋啓之,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第13回日本脳神経血管内手術研究会 (97.11.21), 岡山.

1835. [研究会(全国)] (一般講演) 直達手術困難な巨大脳動脈瘤に対する脳血管内手術; 特に瘤内塞栓術について. 森嶋啓之,倉田彰,大桃丈知,平山寿,入倉克己,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),菅信一(放),北原孝雄(救命),鈴木龍太(昭和大): 第13回日本脳血管内手術研究会 (97.11.21), 佐賀.

1836. [研究会(全国)] (一般講演) ラット小脳扁桃ヘルニアモデルにおける頭蓋頸椎移行部中心管形態の研究. 橘滋国,山崎義矩,高野誠(脳外): 厚生省; 難治性の脊髄空洞症と二分脊椎症に伴う脊髄機能障害の治療と予防に関する研究 (97.11.26), 東京.

1837. [研究会(全国)] (一般講演) リウマチ性環軸椎脱臼・肉芽形成; キアリ奇形を伴った脊髄空洞症の治療経験. 橘滋国,山崎義矩,高野誠(脳外): 厚生省; 難治性の脊髄空洞症と二分脊椎症に伴う脊髄機能障害の治療と予防に関する研究 (97.11.26), 東京.

1838. [研究会(全国)] (一般講演) 脳出血モデルにおけるカルシウム拮抗薬の頭蓋内圧に及ぼす影響. 田中柳水,宮坂佳男,清水暁,鈴木祥生,三枝宏伊,永井成樹,入倉克己,倉田彰,藤井清孝(脳外): 第2回脳出血研究会 (97.11.28), 佐賀.

1839. [研究会(全国)] (一般講演) テント切痕の神経内視鏡解剖とmiddle fossa arachnoid cystに対する神経内視鏡的cyst-cisternal shunt挿入術. 萩原宏之,国井正剛,清水暁,平山寿,入倉克己,藤井清孝(脳外): 第4回日本神経内視鏡研究会 (97.11.30), 仙台.

1840. [研究会(全国)] (一般講演) 鞍上伸展を伴う鞍内腫瘍への内視鏡観察の有用性. 清水暁,国井正剛,湯沢泉,飯田秀夫,藤井清孝(脳外): 第4回日本神経内視鏡研究会 (97.11.30), 仙台.

1841. [研究会(全国)] (一般講演) 脊髄のSchwannomaにみられた好酸性封入体. 鈴木祥生,川野信之,清水暁,三枝宏伊,高野誠,高木宏,藤井清孝(脳外): 第71回東京脳腫瘍病理研究会 (97.12.20), 東京.

1842. [研究会(全国)] (一般講演) 前頭側頭開頭のための微小外科解剖. 田中柳水(脳外),坂田修治(飯塚病院),藤井清孝(脳外),Rhoton, A.L. Jr.(フロリダ大): 第12回微小脳神経外科解剖セミナー (98.03.16), 東京.

1843. [研究会(全国)] (ポスター講演) 自然消失したHuman tailの1症例. 高野誠,橘滋国,山崎義矩,藤井清孝(脳外): 第12回日本脊髄外科研究会 (97.06.20), 大阪.

1844. [研究会(全国)] (ポスター講演) 新しいACNU徐放製剤の開発-徐放性ACNUマイクロカプセルの基礎的検討. 三枝宏伊,倉田彰,岡秀宏,宇津木聡,鈴木祥生,川野信之,藤井清孝(脳外),田中聡(鳥取大),岡田純一(三共): 第6回日本脳腫瘍カンファレンス (97.11.18), 熊本.

1845. [研究会(全国)] (ポスター講演) 破裂脳動脈瘤に対するIDC/GDC-embolizationの検討. 大桃丈知,倉田彰,森嶋啓之,宮坂佳男,藤井清孝,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命),清水暁,高木宏(脳外),浅井潤一郎,鈴木龍太(昭和 大): 第13回日本脳神経血管内手術研究会 (97.11.20), 岡山.

1846. [研究会(全国)] (ポスター講演) コイル塞栓術中の脳動脈瘤破裂への対応. 森嶋啓之,倉田彰,大桃丈知,宮坂佳男,藤井清孝,鷺内隆雄,宇津木聡,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第13回日本脳血管内手術研究会 (97.11.20), 岡山.

1847. [研究会(全国)] (ポスター講演) リキッドコイルの利点,欠点とその適応について. 倉田彰,宮坂佳男,大桃丈知,森嶋啓之,三枝宏伊,平山寿,入倉克己,藤井清孝(脳外),菅信一(放): 第13回日本脳神経血管内手術研究会 (97.11.21), 岡山.

1848. [研究会(全国)] (ポスター講演) 後天的に発生したDural-pial mixed AVFの1例. 小沢達也,平山寿,田中柳水,入倉克己,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第21回日本脳神経研究会 (98.02.06), 札幌.

1849. [研究会(地方)] (教育講演) 北里大学における脳低温療法の試み. 藤井清孝,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄(救命): 第137回山梨脳神経外科セミナー (97.06.07), 甲府.

1850. [研究会(地方)] (教育講演) カルシウム拮抗剤の頭蓋内圧に及ぼす影響. 田中柳水(脳外): 第137回山梨脳神経外科セミナー (97.06.13), 甲府.

1851. [研究会(地方)] (教育講演) 重症脳血管障害の外科治療. 藤井清孝,遠藤昌孝(脳外),北原孝雄(救命),倉田彰,宮坂佳男(脳外): 第28回宮崎脳血管障害懇話会 (97.11.07), 宮崎.

1852. [研究会(地方)] (教育講演) Anterior circulation aneurysmに対する手術手技―解剖を中心に―. 藤井清孝(脳外): 第24回埼玉県脳神経外科医会講演会 (97.12.19), 大宮.

1853. [研究会(地方)] (教育講演) 腰髄mass lesionの精査入院中にクモ膜下出血を合併した1例. 三島大徳,三枝宏伊,田中柳水,川野信之(脳外): 第211回北里大学病院CPC (98.02.23), 相模原.

1854. [研究会(地方)] (一般講演) くも膜下出血で発症した特発性肥厚性硬膜炎と思われる1例. 小林郁夫(脳外),田中聡(内),大高弘稔(脳外): 第38回三多摩神経疾患懇話会 (97.04.12), 東京.

1855. [研究会(地方)] (一般講演) 脳梗塞,脳ヘルニア症例に対する広範囲外減圧術の検討. 大高弘稔,三島大徳,小林郁夫,高野誠,諏訪知也(脳外): 第17回多摩地区脳卒中研究会 (97.11.08), 東京.


<<18 小児科学>>

1856. [原著] Ketotifen inhibits allergen-specific T lymphocytes' responses by suppressing antigen presentation with concomitant decrease of HLA-DQ antigen on macrophages. 川野豊,吉沢いづみ,馬場実,野間剛(児): Asian Pac. J. Allergy Immunol., 1997, 14: 69〜79, 1997.

1857. [原著] Cytokine production in children outgrowing hen egg allergy. 野間剛(児),吉沢いづみ,青木国輝,山口公一,馬場実: Clin. Exp. Allergy, 26: 1298〜1307, 1996.

1858. [原著] Long-term follow-up of renal transplantation in children: A 20-year experience at one kidney center in Japan. 飯高喜久雄,北條みどり,守屋俊介,中村信也(児),酒井糾,熊野和雄,遠藤忠雄(泌): Clin. Exp. Nephrol., 1(4): 273〜277, 1997.

1859. [原著] Comparison of metabolic control in a cross-sectional study of 2,873 children and adolescents with IDDM from 18 countries. Mortensen, H.B.,Hougaard, P.,松浦信夫(児),for The Hvidore Study Group on Childhood Diabetes and Adolescent with Insulin-dependent Diabetes: Diabetes Care, 20(5): 714〜720, 1997.

1860. [原著] Geographic variation in mortality among individuals with youth-onset diabetes mellitus across the world. 松島雅人,LaPorte, R.E.,Maruyama, M.,Shimizu, K.,Nishimura, R.,for the DERI Mortality Study Group,北川照男,田嶼尚子,松浦信夫(児),豊田隆謙,池田義雄,日比逸郎,三木英次,丸山博,川村正彦,一色玄,武田倬,貴田嘉一,河野泰子,三 村悟郎,松島雅人,青野真由美,青野繁雄,Maruyama M.,Shimizu K.,Nishimura R.,Asao K.: Diabetologia, 40(2): 212〜216, 1997.

1861. [原著] Chromatin structure of the rat somatotropin gene locus and physical linkage of the rat somatotropin gene and skeletal-muscle sodium-channel gene. 風張幸司(児),佐野栄治(分生),松浦信夫(児),小野雅夫(分生): Eur. J. Biochem., 244(2): 494〜500, 1997.

1862. [原著] Gene coding for the transcription factor, SUG/proteasome, p45 is located nearly 40kb downstream from the rat growth hormone gene. 風張幸司(児),野元けい子,中里さとみ(生物化学系),小野雅夫(分生): Gene, 198(1-2): 323〜327, 1997.

1863. [原著] Gene structure of rat BAF60b, a component of mammalian SWI/SNF complexes, and its physical linkage to the growth hormone gene and transcription factor SUG/oroteasome p45 gene. 野元けい子,中里さとみ(生物化学系),風張幸司(児),小野雅夫(分生): Gene, 202(1-2): 157〜165, 1997.

1864. [原著] Role of interleukin-2 and interferon-g in inducing production of IgG subclasses in lymphocytes of human newborns. 川野豊,野間剛(児): Immunology, 88: 40〜48, 1996.

1865. [原著] Inhibition by lecithin-bound iodine (LBI) of inducible allergen-specific T lymphocytes' responses in allergic diseases. 川野豊,野間剛(児): Int. J. Immunopharmacol., 18(4): 241〜249, 1996.

1866. [原著] Radioimmunoassay for the complement-activating component of Ra-reactive factor. 野渡正彦(児),川上正也(分生),初瀬洋美(生化学系),松浦信夫(児): J. Clin. Ligand Assay, 20(3): 245〜250, 1997.

1867. [原著] International perspectives in childhood and adolescent diabetes: A review. Mortensen, H.B.,Hougaad, P.,松浦信夫(児),for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes: J. Pediatr. Endocrinol. Metab., 10(3): 261〜264, 1997.

1868. [原著] Different distribution of periventricular leukomalacia among ages;Observation on axonal damage and gliosis. 出口貴美子,小口弘毅,松浦信夫(児),Sachiko Takashima: Pediatr. Neurol., 1998.

1869. [原著] T-cell mediation of abnormally low production of ovalbumin-specific IgA in patients allergic to eggs. 野間剛,山口公一,吉沢いづみ,川野豊(児),市川邦男,向山徳子,馬場実: Pediatr. Res., 39(2): 329〜335, 1996.

1870. [原著] The mechanism of transient hyothyroxinemia in infants born to mothers with Graves' disease. 松浦信夫,原田正平,大山宜秀,柴山啓子,福士勝,Ishikawa, N.,Yuri, K.,Nakanishi, M.,横田行史,風張幸司,小口弘毅(児): Pediatr. Res., 42(2): 214〜218, 1997.

1871. [原著] 長期羊水流出に伴う未熟児肺低形成における新生児遷延性肺高血圧. 小口弘毅,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦(児): 周産期学シンポジウム, 15: 31〜39, 1997.

1872. [原著] 他施設間のグリコヘモグロビン測定標準化の検討ーその成果と問題点-. 雨宮伸,松浦信夫(児),佐々木望,星野忠夫,小児インスリン治療研究会: 糖尿病, 40(4): 219〜229, 1997.

1873. [原著] 18歳以上に達した小児期発症インスリン依存性糖尿病患者の社会的適応および生活実態に関する疫学的検討. 青野繁雄,松浦信夫(児),雨宮伸,五十嵐裕,内潟安子,浦上達彦,貴田嘉一,佐々木望,三木裕子,宮本茂樹: 糖尿病, 40(8): 547〜555, 1997.

1874. [原著] 乳児特発性低血糖症の2例−ダイアゾキサイド治療前後のインスリン分泌能の検討−. 小池明美,岡村暁子,八十嶋弘一,高橋豊,土田真美子,松浦信夫(児): 日児誌, 101(6); 1057〜1062, 1997.

1875. [原著] 小児期ステロイド依存性ネフローゼ症候群におけるシクロスポリン療法の検討−全血monoclonal RIA法による血中濃度と成長における効果−. 本山治,重富ゆかり(東邦大),飯高喜久雄(児): 日児誌, 101(8): 1303〜1307, 1997.

1876. [原著] 巣状・微小メサンギウム増殖を示す小児期IgA腎症における柴苓湯治療のプロスペクティブコントロールスタディ. 吉川徳茂,伊藤拓(児),酒井糾(泌),武越靖郎,本田雅敬,粟津緑,伊藤克也,飯高喜久雄(児),小梅橋靖,山園完次,中川喜美子,中村肇,松山壮一 郎,清野佳紀,武田修明,服部新三郎,二宮誠,日本小児IgA腎症治療研究会: 日腎会誌, 39(5): 503〜506, 1997.

1877. [原著] 心房中隔欠損症における心電図所見の検討−V1-VATとU, V, aVFのR波ノッチの臨床的意義−. 高東梅,平石聡,三沢仁司,武田信裕(児): 日本小児科学会雑誌, 101(12): 1693〜1697, 1997.

1878. [原著] 小児の部分発作に対するクロナゼパム単剤治療の効果. 安保賢一,三浦寿男(児): 日本小児科学会雑誌, 101(5): 934〜940, 1997.

1879. [原著] 小児欠神てんかんに対するクロナゼパム単剤治療の長期効果. 安保賢一,三浦寿男(児): 日本小児科学会雑誌, 101(5): 941〜946, 1997.

1880. [原著] 特発性尿細管性蛋白尿症の3例. 朝長香,飯高喜久雄(児),石館武夫(北研病院),西川隆(臨病理): 日本小児腎臓病学会雑誌, 10(2): 109〜112, 1997.

1881. [原著] 双胎の周産期管理. 小口弘毅,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦,松浦信夫(児),金井督之,天野完(産婦): 日本新生児学会雑誌, 33(4): 513〜518, 1997.

1882. [準原著] Effect of concurrent rectal administration of acetaminophen on the rectal absorption of diazepam suppositories: a pharmacokinetic study and optimum dosage regimen in children with febrile convulsions. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): Brain Dev., 19(5): 373〜374, 1997.

1883. [準原著] Long-term outcome of epilepsy in children with tonic-clonic seizures on awakening treated with valproate monotheraphy. 武井研二,三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): Epilepsia, 38(Suppl. 6): 73, 1997.

1884. [準原著] Initial effects and long-term outcome of West syndrome treated with adrenocorticotropic hormone (ACTH) and clonazepam in combination. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦,岩崎俊之(児): Int. Clin. Psychopharmacol., 13(1): 47〜48, 1998.

1885. [準原著] 伝染性軟属腫. 矢口厚,勝岡憲生(皮): 小児科診療, 60(4): 601〜604, 1997.

1886. [準原著] 小児の覚醒時大発作てんかんに対するsodium valproate単剤治療の効果. 武井研二,三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉(児): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 10(1): 92〜94, 1997.

1887. [研究報告(文部省)] 小児期発症インスリン依存性糖尿病の病因,長期予後に関する研究. 松浦信夫(児): 平成7〜9年度科学研究補助金(基盤研究B)研究成果報告書, 1998.

1888. [研究報告(文部省)] 抗てんかん薬の発達薬理と体内動態モニタリング(臨床薬理遺伝学的検討も含めて). 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二,岩崎俊之(児): 平成9年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書: 基盤研究C), 1998.

1889. [研究報告(厚生省)] 小児期発症糖尿病患者におけるミトコンドリア遺伝子異常の頻度. 松浦信夫(児),豊田隆謙,鈴木進,佐藤茂秋: 「厚生省長期慢性疾患総合研究事業」糖尿病調査研究班; 予防・疫学に関する研究平成8年度研究報告書, p.97〜100, 1997.

1890. [研究報告(厚生省)] 周産期の甲状腺ホルモン,微量金属が胎児,新生児の脳の分化,発達に及ぼす影響についての研究. 松浦信夫,柴山啓子,風張幸司(児),原田正平: 厚生省小児医療研究委託費; 平成7年度研究報告書, p.37〜38, 1997.

1891. [研究報告(厚生省)] スクリーニングの継続的精度管理のあり方に関する研究. 松浦信夫(児),成瀬浩,福士勝,安田敏行,税所純敬,梅橋豊蔵,藤本昭栄,芦田信之,山上祐次: 厚生省心身障害研究・効果的なスクリーニングシステムの施策に関する研究平成9年度研究報告書, p.129〜134, 1998.

1892. [研究報告(厚生省)] 神経芽細胞腫スクリーニングにおける外部精度管理. 花井潤師,福士勝,野村由加利,藤田晃三,穴沢昭,児玉京子,沼田公介,澤田淳,松浦信夫(児): 厚生省心身障害研究・効果的なスクリーニングシステムの施策に関する研究, 平成9年度研究報告書, p.147〜149, 1998.

1893. [研究報告(厚生省)] 代謝異常スクリーニングにおける内部精度管理の効果的実施のための手引き(案)の作成. 松浦信夫(児),市原侃,藤本昭栄,山野公明,新井純理,寺井格,仲谷敦子,林玲子,福士勝,山口昭弘: 厚生省心身障害研究・効果的なスクリーニングシステムの施策に関する研究, 平成9年度研究報告書, p.157〜161, 1998.

1894. [研究報告(その他公的な報告)] ラット成長ホルモン遺伝子の発現に関する調節因子. 風張幸司(児): (財)成長科学協会研究年報, 18: 369〜380, 1994.

1895. [研究報告(その他公的な報告)] Chromatin structure of the rat somatotropin gene locus and physical linkage of the rat somatotropin gene and skeletal-muscle sodium-channel gene. 風張幸司,松浦信夫(児),小野雅夫(分生): (財)成長科学協会研究年報, 20: 427〜434, 1996.

1896. [研究報告(その他公的な報告)] (財)てんかん治療研究: Diazepam坐剤の発熱時間歇投与法による熱性けいれんの再発予防に関する研究−投与方法ならびに解熱薬坐剤併用に関する再検討−. 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,武井研二(児): てんかん治療研究振興財団研究年報, 第9集, p.136〜144, 1997.

1897. [症例報告] Intracoronary urokinase and post-thrombolytic regimen in an infant with Kawasaki disease and acute myocardial infarction. 片山文彦,平石聡,縣陽太郎,武田信裕,三沢仁司(児): Heart, 78(6): 621〜622, 1997.

1898. [症例報告] 周期性嘔吐による嘔吐後, 腎機能障害を認めた間質性腎炎の1症例. 木村高徳,大津成之,中村信也,守屋俊介,河西紀昭(児): 腎炎症例研究, 14(1): 1〜7, 1998.

1899. [症例報告] 急性細気管支炎を契機に発見された多発性血管腫. 梅原実,三須陽子,関根徹,四倉正博,中嶋英彦(児): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 8(1): 4〜7, 1997.

1900. [総説] 小児の甲状腺疾患−特に先天性及び周産期における甲状腺機能異常について−. 松浦信夫(児): Medico, 28(5): 17〜20, 1997.

1901. [総説] 乳幼児期の食事と糖尿病. 松浦信夫(児): 小児科診療, 60(9): 1431〜1436, 1997.

1902. [総説] 気胸. 箕浦克則(児): 小児内科, 28(増): 575〜577, 1996.

1903. [総説] 気管支拡張症. 梅原実(児): 小児内科, 28: 569〜574, 1996.

1904. [総説] 小児疾患診療のための病態生理(2): 冠動静脈瘻. 平石聡(児): 小児内科, 29: 481〜484, 1997.

1905. [総説] 小児期発症IDDMの問題点. 松浦信夫(児): 糖尿病記録号, 1996: 65〜72, 1997.

1906. [総説] 双胎の周産期管理. 小口弘毅,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦,松浦信夫(児),金井督之,天野完: 日本新生児学会雑誌, 33(4): 513〜518, 1997.

1907. [総説] 小児糖尿病の治療. 松浦信夫(児): 日本臨床, 725(増): 538〜543, 1997.

1908. [総説] 慢性の咳. 梅原実(児): 臨床放射線, 42(11): 1241〜1251, 1997.

1909. [講座] 熱性けいれん. 三浦寿男(児): ドクターサロン, No. 487: 105〜111, 1997.

1910. [講座] 症例から考える診療の進め方; 精神運動発達の停止と反復する痙屈発作. 三浦寿男(児): 小児科, 38(12): 1539〜1543, 1997.

1911. [講座] ハイリスク呼吸器感染; 精神遅滞児, てんかん児−とくに重症心身障害児−. 片山文彦,砂押渉,三浦寿男(児): 総合臨床, 46(11): 2694〜2698, 1997.

1912. [講座] てんかん学の進歩;薬物治療の進歩. 三浦寿男(児): 日本てんかん協会東京都支部機関紙「ともしび」, No. 167: 4〜5, 1998.

1913. [講座] 熱性けいれん患児に対する予防接種. 三浦寿男(児): 日本医事新報, No.3837: 113〜114, 1997.

1914. [講座] 呼吸器核医学. 梅原実(児): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 7(1): 29〜32, 1997.

1915. [学術書] (分担執筆) 小児科学; 糖尿病, p.342〜352, 松浦信夫(児). 編集 白木和夫,前川喜平, 医学書院, 東京, 97.00.00発行.

1916. [学術書] (分担執筆) 標準小児科学; 内分泌疾患, p.211〜250, 松浦信夫(児). 編集 前川喜平,辻芳郎,倉繁隆信, 医学書院, 東京, 97.00.00発行.

1917. [学術書] (分担執筆) 糖尿病臨床ノートX; 小児糖尿病の取り扱い, p.45〜59, 横田行史,松浦信夫(児). 監修 坂本信夫,堀田饒, 現代医療社, 東京, 97.00.00発行.

1918. [学術書] (分担執筆) 糖尿病ー専門医にきく最新の臨床ー; 小児糖尿病(NIDDMとIDDM), p.59〜61, 松浦信夫(児). 編集 岩本安彦,山田信博, 中外医学社,東京,97.00.00発行.

1919. [学術書] (分担執筆) インスリン療法1997; インスリン療法と合併症, p.97〜110, 松浦信夫(児). 編集 池田義雄, 97.06.02発行.

1920. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針,第4版; 小児の低血糖, p.1744〜1745, 松浦信夫(児). 編集 亀山正邦,亀田岩男,高久史麿,岡部令彦, 医学書院,東京,97.00.00発行.

1921. [学術書] (分担執筆) メディコピア36,忍びよる糖尿病−セルフケアと診療の最前線−; こども−若年者の糖尿病, p.42〜53, 松浦信夫(児). 編集 亀田治男,河会忠,山中學,赤沼安夫, 協和企画,東京,97.07.30発行.

1922. [学術書] (分担執筆) 糖尿病学の進歩'97; 小児NIDDMの予防と治療, p.165〜168, 松浦信夫(児). 編集 日本糖尿病学会, 診断と治療社,東京,97.08.20発行.

1923. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針・1998; 小児の糖尿病, p.553〜554, 松浦信夫(児). 監修 日野原重明,阿部正和, 医学書院,東京,98.00.00発行.

1924. [学術書] (分担執筆) Year Note, Selected Article 1998; 重症心奇形の診断と治療, p.257〜269, 平石聡(児). 編集 青木裕美,他, 医療情報科学研究所,東京,97.05.00発行.

1925. [学術書] (分担執筆) 食物アレルギー対策ハンドブック; 血液検査(2) サイトカインとその反応性, p.102〜111, 野間剛(児). 編集 上野川修一,近藤直実, サイエンスフォーラム, 東京, 96.00.00発行.

1926. [学術書] (分担執筆) アレルギーとサイトカイン; 食物アレルギーとIL2, p.227〜241, 野間剛,黄国輝(児). 編集 宮本昭正,石川哮,飯倉洋治, 医薬ジャーナル社, 東京・大阪, 96.00.00発行.

1927. [学術書] (分担執筆) アレルギー検査法; リンパ球機能, p.113〜118, 野間剛,黄国輝(児). 編集 宮本昭正,石川哮,飯倉洋治, 医薬ジャーナル社, 東京・大阪, 96.00.00発行.

1928. [学術書] (分担執筆) 気管支喘息治療の最前線; 小児喘息の成長による変化とその原因, p.40〜47, 野間剛(児). 編集 伊藤幸治, 克誠堂, 東京, 97.00.00発行.

1929. [学術書] (分担執筆) アレルギー疾患イラストレイテッド; アレルギーとサイトカイン(概説), 印刷中, 野間剛(児). 編集 森田寛, 永倉俊和, メヂカルレビュー社, 東京, 97.00.00発行.

1930. [教科書] (分担執筆) 標準小児科学第3版; 神経疾患: 総論・痙攣性疾患, p.531〜545, 三浦寿男(児). 編集 前川喜平(東京慈恵医大),辻芳郎(長崎大),倉繁隆信(高知医大), 医学書院, 東京, 97.04.15発行.

1931. [その他の著書(概説書)] (単著) 目でみる熱性けいれんの指導管理, 三浦寿男(児). 編集 三浦寿男(児), トーア総合企画社, 大阪, 97.11.30発行.

1932. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 他科医に聞きたいちょっとしたこと: 治療編; 小児の「てんかん」の薬物療法について, p.282〜283, 三浦寿男(児). 編集 ライフメディコム(株), エーザイ(株), 東京, 97.04.15発行.

1933. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 向精神薬ハンドブック1997; 小児における主要抗てんかん薬の投与量, 血中半減期, 有効血中濃度, 中毒血中濃度および副作用, p.232〜235, 三浦寿男(児). 編集 大日本製薬(株), 大日本製薬(株), 大阪, 97.10.01発行.

1934. [その他の著書(概説書)] (編集) 目でみる熱性けいれんの指導管理, 編集 三浦寿男(児), トーア総合企画社, 大阪, 97.11.30発行.

1935. [学会(国際)] (シンポジウム等) Psychosocial problems(better cares of children and asolescents with diabetes). 松浦信夫(児): Joint Meeting of International Symposium on Diabetes and Endocrine Disorders in the Young (ISPEDY) and 4th Asian Symposium of Childhood and Juvenile Diabetes (97.01.26〜29), Chiang Mai, Thailand.

1936. [学会(国際)] (シンポジウム等) Neonatal thyroid dysfunction in babies born to mothers with thyroid disease. 松浦信夫,柴山啓子,横田行史(児): 6th Asia and Oceania Thyroid Association Congress (97.11.09〜12), 大阪, 日本内分泌学会雑誌, 73(5): 55, 1997.

1937. [学会(国際)] (ワークショップ) Social circumstances and life style of patients with childhood-onset insulin-dependent diabetes mellitus aged over 18 years. 佐々木望,雨宮伸,松浦信夫(児),貴田嘉一(小児インスリン治療研究会): 1st International Novo Nordisk Symposium on Diabetes in Childhood and Adolescence (97.11.07〜08), Copenhagen, Denmark.

1938. [学会(国際)] (一般講演) International study on metabolic control in childhood diabetes. Mortensen H.B.,松浦信夫(児),Hvidore Study Group on Childhood Diabetes: 4th Meeting for the Implimentation of the St. Vincent Declation (97.02.26〜03.01), Lisbon, Portugal, Diabetes, Nutrition & Metabolism, 10(Suppl. 1): 28, 1997.

1939. [学会(国際)] (一般講演) The usefulness of electron beam CT in assessing of coronary artery stenosis and calcification in Kawasaki disease. 堀口泰典,平石聡,三沢仁司,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕(児): 2nd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery (97.05.11〜15), Honolulu.

1940. [学会(国際)] (一般講演) Prospective echocardiographic analysis of progressive obstruction of the proximal pulmonary artery in congenital heart disease and obstructed pulmonary flow. 平石聡,縣陽太郎,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之(児),中江世明,笠原真悟(胸外): 2nd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery (97.05.12), Honolulu.

1941. [学会(国際)] (一般講演) Long-term outcome of epilepsy in children with grand mal seizures on awakening treated with sodium valproate monotherapy. 武井研二,三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): 第22回国際てんかん学会議(22nd International Epilepsy Congress) (97.06.30), Dublin, Epilepsia, 38(Suppl.3): 55, 1997.

1942. [学会(国際)] (ポスター講演) The value of lipo-prostaglandin E1 in corgenital heart disease with ductus dependent blood flow. 武田信裕,平石聡,三沢仁司,縣陽太郎,堀口泰典,藤野宣之,広田浜夫,河村誠次(児): 2nd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery (97.05.11〜15), Honolulu.

1943. [学会(国際)] (ポスター講演) Tachykinins mediate the potentiation of antigen-induced bronchoconstriction by cold air in guinea pigs. Yoshihara, S.,Geppetti, P.,Linden, A.,原真人(児),Chan, B.,Nadel, J.A.(Univ. of California): American Thoracic Society International Conference (97.05.19), San Francisco, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 155(4): 485, 1997.

1944. [学会(国際)] (ポスター講演) Serum ECP levels in infants after acute broncholitis. 原真人,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,長田厚,四倉正博,関根徹,石館武夫(児): American Thoracic Society International Conference (97.05.20), San Francisco, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 155(4): 711, 1997.

1945. [学会(国際)] (ポスター講演) Standarization of Glycohemoglobin measurements in a collaboration study in Japan. 雨宮伸,望月美穂,小林浩司, 横田一郎,内潟安子,佐々木望,松浦信夫(児): 5th Joint Meeting of the ESPE and LWPED (97.06.22〜26), Stockholm, Sweden, Horm. Res., 48(Suppl. 2): 152, 1997.

1946. [学会(国際)] (ポスター講演) The mechanism of transient hypothyroxinemia in infants born to mothers with Graves' disease. 松浦信夫,大山宜秀,柴山啓子,横田行史,風張幸司(児),原田正平: 5th Joint Meeting of the ESPE and LWPED (97.06.22〜26), Stockholm, Sweden, Horm. Res., 48(Suppl. 2): 165, 1997.

1947. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of concurrent administration of lamotrigine on the plasma concentrations of carbamazepine and its epoxide metabolite: a clinical implication. 三浦寿男,高梨栄,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,武井研二(児): 第22回国際てんかん学会議(22nd International Epilepsy Congress) (97.06.30), Dublin, Epilepsia, 38(Suppl.3): 32, 1997.

1948. [学会(国際)] (ポスター講演) Mitochondrial gene mutations associated with childhood diabetes mellitus in Japan. 松浦信夫,横田行史,風張幸司(児),鈴木進,豊田隆謙: 23th Annual Meeting ofInternational Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (97.07.16〜20), Turke, Finland.

1949. [学会(国際)] (ポスター講演) Insulin therapy and diabetic control in Japanese children and adolescents with IDDM. 佐々木望,雨宮伸,松浦信夫(児),貴田嘉一(小児インスリン治療研究会): 23th Annual Meeting ofInternational Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (97.07.16〜20), Turke, Finland.

1950. [学会(国際)] (ポスター講演) Cytokine production in children outgrowing hen egg allergy. 野間剛(児),吉沢いづみ,青木国輝,山口公一,馬場実: 16th International Congress of Allergy & Clinical Immunology (97.10.19〜24), Cancun, Mexico.

1951. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF) on production of 3 lineages of hematopoietic cells. 野間剛,敷島康史,松浦信夫(児): 16th International Congress of Allergy & Clinical Immunology (97.10.19〜24), Cancun, Mexico.

1952. [学会(国際)] (ポスター講演) Induction of allergen-specific IL2 responsiveness of lymphocytes after respiratory syncytial virus infection and prediction of onset of recurrent wheezing and bronchial asthma. 野間剛(児),吉沢いづみ,森淳夫: 16th International Congress of Allergy & Clinical Immunology (97.10.19〜24), Cancun, Mexico, Proceedings.

1953. [学会(国際)] (ポスター講演) Interleukin-5 production by peripheral blood mononuclear cells from adolescents with mite antigen asthma in remission. 佐伯敏亮,野間剛,敷島康史,川野豊,松浦信夫(児): 16th International Congress of Allergy & Clinical Immunology (97.10.19〜24), Cancun, Mexico, Proceedings.

1954. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of IL12 on cytokine production and cytotoxicity in cord blood nomonuclear cells. 敷島康史,野間剛,佐伯敏亮,川野豊,松浦信夫(児): 16th International Congress of Allergy & Clinical Immunology (97.10.19〜24), Cancun, Mexico, Proceedings.

1955. [学会(全国)] (シンポジウム) 小児気管支喘息における気道炎症, 非侵襲的指標の検討(3).サイトカイン. 野間剛(児): 第33回日本小児アレルギー学会 (96.09.17〜19), 福岡, Proceedings.

1956. [学会(全国)] (シンポジウム等) 長期羊水流出に伴う未熟児肺低形成における新生児遷延性肺高血圧. 小口弘毅,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦(児): 第15回日本周産期学会 (97.01.25), 横浜, 周産期学シンポジウム, 15: 31〜39, 1997.

1957. [学会(全国)] (シンポジウム等) アトピー性疾患におけるIgEの機能と産生の調節: 気管支喘息患児末梢血リンパ球からのIgE産生のサイトカインによる調節. 野間剛(児): 第8回日本アレルギー学会春季臨床大会 (97.04.25〜27), 横浜, Proceedings.

1958. [学会(全国)] (シンポジウム等) TDMの現状と将来; 小児科領域−抗てんかん薬を中心に−医師の立場からみたTDMの現状と将来. 三浦寿男(児): 第14回日本TDM学会 (97.06.27), 浜松, 要旨集, p.25, 1997.

1959. [学会(全国)] (シンポジウム等) 多胎をめぐる諸問題; 双胎の周産期管理. 小口弘毅,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦,松浦信夫(児),金井督之,天野完(産婦): 第33回日本新生児学会総会 (97.07.13), 大宮, 日本新生児学会誌, 33(4): 513〜518, 1997.

1960. [学会(全国)] (シンポジウム等) 柴朴湯/気管支喘息小児におけるダニ抗原活性化T細胞に与える漢方方剤の処理効果; 柴朴湯, 小青竜湯, 及び柴苓湯の比較検討. 野間剛(児),馬場実: 96博多シンポジウム (97.08.02), 福岡.

1961. [学会(全国)] (シンポジウム等) 「甲状腺疾患特にバセドウ病合併妊娠の母児管理」5.母体バセドウ病と胎児発育. 松本真紀,松浦信夫(児): 第31回日本小児内分泌学会 (97.10.02〜03), 相模原, プログラム・抄録集, p.27, 1997.

1962. [学会(全国)] (シンポジウム等) 細気管支炎とECP. 原真人(児): 第30回日本小児呼吸器疾患学会 (97.11.21), 大阪.

1963. [学会(全国)] (シンポジウム等) 未熟児新生児における好中球減少症細菌感染症の病態生理及び治療方法の検討. 山田俊彦,野渡正彦,渡辺智子,松本真紀,樋浦好,三須陽子,佐藤雅彦,小口弘毅(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

1964. [学会(全国)] (ワークショップ) 鶏卵アレルギー患児における卵白抗原特異的IL2反応性検査(AIR)の診断的意義; (V)IgERASTスコアとの比較. 野間剛,松浦信夫,青木国輝,小田嶋博,椛沢靖弘,松井猛彦,峰田喬臣,山口公一,馬場実(児): 第9回日本アレルギー学会春季臨床大会 (97.05.01〜03), 千葉.

1965. [学会(全国)] (ワークショップ) Th1/Th2バランスと免疫異常, 牛乳抗原特異的T細胞株を用いた牛乳アレルギー患児におけるサイトカイン産生の解析. 青木国輝,山口公一,野間剛(児): 第25回日本臨床免疫学会 (97.09.17〜19), 東京, Proceedings.

1966. [学会(全国)] (ワークショップ) Th1/Th2バランスと免疫異常, ダニ抗原で誘導されるIL-4, IL-5, IFN-g産生系に与えるロキシスロマイシンの処理効果. 青木国輝,中島忠,林雅晴,川野豊,野間剛(児): 第25回日本臨床免疫学会 (97.09.17〜19), 東京, Proceedings.

1967. [学会(全国)] (ワークショップ) Th1/Th2バランスと免疫異常, IL12による臍帯血単核細胞からのサイトカインの産生及び細胞傷害活性誘導の解析. 敷島康史,佐伯敏亮,川野豊,野間剛,松浦信夫(児): 第25回日本臨床免疫学会 (97.09.17〜19), 東京. Proceedings.

1968. [学会(全国)] (一般講演) 牛乳アレルギー寛解児における免疫学的解析(I)特異抗原活性化T細胞(株)のIL-2反応性の解析. 黄国輝,中島忠,吉沢いづみ,川野豊,野間剛(児): 第8回日本アレルギー学会春季臨床大会 (96.04.25〜27), 横浜, Proceedings.

1969. [学会(全国)] (一般講演) 牛乳アレルギー寛解児における免疫学的解析(U)特異抗原活性化T細胞株から産生されるIL-4,IFN-γの解析. 黄国輝 ,中島忠,吉沢いづみ,川野豊,野間剛(児): 第8回日本アレルギー学会春季臨床大会 (96.04.25〜27), 横浜, Proceedings.

1970. [学会(全国)] (一般講演) SCIDマウスを用いたDermatophagoides farinae (Df)特異的ヒトIgイソタイプ産生系の解析. 中島忠 ,黄国輝,吉沢いづみ,川野豊,野間剛(児): 第8回日本アレルギー学会春季臨床大会 (96.04.25〜27), 横浜, Proceedings.

1971. [学会(全国)] (一般講演) 鶏卵アレルギー寛解児末梢血リンパ球におけるサイトカイン分泌パターン. 野間剛,吉沢いづみ,黄国輝,川野豊(児),中島忠,山口公一,馬場実: 第99回日本小児科学会 (96.05.17〜19), 熊本, Proceedings.

1972. [学会(全国)] (一般講演) 加熱卵白抗原を用いた鶏卵アレルギー患児における特異的IL2反応性試験の検討. 山口公一,向山徳子,馬場実,野間剛(児): 第33回日本小児アレルギー学会 (96.09.17〜19), 福岡, Proceedings.

1973. [学会(全国)] (一般講演) 卵白アルブミン(OVA)抗原により誘導されるIL4分泌細胞の産生に対する鶏卵アレルギー寛解患児リンパ球の制御. 野間剛,松浦信夫,青木国輝(児): 第24回日本臨床免疫学会 (96.09.25〜27), 東京, Proceedings.

1974. [学会(全国)] (一般講演) 高IgD血症を呈し肺炎, 中耳炎などの感染を繰り返した一症例の検討. 青木国輝,川野豊,野間剛(児): 第24回日本臨床免疫学会 (96.09.25〜27), 東京, Proceedings.

1975. [学会(全国)] (一般講演) IL4, IFNγサイトカインのメッセージの発現と調節に与えるIL12の影響. 野間剛,川野豊,松浦信夫(児): 第46回日本アレルギー学会 (96.10.30〜11.01), 宇都宮, Proceedings.

1976. [学会(全国)] (一般講演) SCIDマウスを用いたDermatophagoides farinae (Df)特異的ヒトIgE産生系 に与えるIL4, IFNgサイトカインの処理効果. 中島忠,青木国輝,川野豊,野間剛(児): 第46回日本アレルギー学会 (96.10.30〜11.01), 宇都宮, Proceedings.

1977. [学会(全国)] (一般講演) 小児ならびに思春期年齢患者におけるcarbamazepineならびにcarbamazepine-10,11-epoxideの遊離型血中濃度に関す る研究. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,武井研二(児): 第39回日本小児神経学会総会 (97.06.06), 名古屋, 脳と発達, 29(総会号): 167, 1997.

1978. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院における過去10年間に胎児超音波検査で発見された先天性腎・尿路系奇形に対する検討. 守屋俊介,中村信也,北條みどり,飯高喜久雄,河西紀昭(児): 第32回日本小児腎臓病学会 (97.06.11), 大阪.

1979. [学会(全国)] (一般講演) 3歳検尿により発見された腎尿管異常の2例−3歳検尿の役割−. 河西紀昭,守屋俊介,中村信也,北條みどり,飯高喜久雄(児): 第32回日本小児腎臓病学会 (97.06.12), 大阪.

1980. [学会(全国)] (一般講演) 痙攣を呈したイソニアシド(INH)中毒の1例. 小川倫史,梅原実,越野浩江,岩崎俊之,砂押渉,松浦信夫,内藤剛彦(児): 第11回日本小児救急医学会 (97.06.20), 東京, 抄録集, p.44, 1997.

1981. [学会(全国)] (一般講演) 小児外傷性心室中隔穿孔2症例の検討. 越野浩江,内藤剛彦,今井寛,福島崇義,武田信裕,梅原実,平石聡,笠原真悟(児),中江世明(胸外): 第11回日本小児救急医学会 (97.06.20), 東京, 抄録集, p.66, 1997.

1982. [学会(全国)] (一般講演) 重症原発性肺高血圧症に対するプロスタグランディンI2療法. 武田信裕,平石聡,縣陽太郎,三沢仁司,堀口泰典,広田浜夫,河村誠次,八代公夫(児): 第33回日本小児循環器学会 (97.07.10), 京都, 日本小児循環器学会雑誌, 13(2): 272, 1997.

1983. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院における過去9年間の出生前診断された中枢性神経系疾患. 樋浦好,小口弘毅,渡辺智子,松本真紀,荻野純代,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦,蒲原孝(児): 第33回日本新生児学会総会 (97.07.14), 大宮, 日本新生児学会誌, 33(4): 1997.

1984. [学会(全国)] (一般講演) 腎移植後20年を経過した小児腎移植2症例の経験から. 辻祐一郎,飯高喜久雄(児),熊野和雄,遠藤忠雄,酒井糾(泌),飯倉洋治(昭和大): 第19回日本小児腎不全学会 (97.09.12), 軽井沢.

1985. [学会(全国)] (一般講演) Dimetylbenz[a] anthraceneによるPreB細胞のApoptosisの誘導. 山口公一,向山徳子,馬場実,野間剛(児),Sherr, D.: 第25回日本臨床免疫学会 (97.09.17〜19), 東京.

1986. [学会(全国)] (一般講演) 重症児の学校生活における医療的問題: 神奈川県「重度重複障害児担当医制度」えお通しての考察. 江川文誠,神山紀子,麻生雅子,村上浩史,山本仁(聖マリ医大),細田のぞみ(児),他6名: 第23回日本重症心身障害学会神奈川大会 (97.09.19), 葉山.

1987. [学会(全国)] (一般講演) ビデオゲーム(virtual boy)がビデオてんかん患児の光賦活脳波所見におよぼす影響. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,武井研二(児): 第31回日本てんかん学会 (97.09.19), 京都, てんかん研究, 16(1): 58, 1998.

1988. [学会(全国)] (一般講演) てんかんをもつ子供の日常生活・学校生活でのてんかんに対する意識−看護学部学生が行った学童期から思春期に至る回顧調査から−. 武井研二,三浦寿男(児),石渡美樹(看護部): 第31回日本てんかん学会 (97.09.19), 京都, てんかん研究, 16(1): 60, 1998.

1989. [学会(全国)] (一般講演) 蛋白分解酵素阻害剤および抗生剤動注療法が有効であった小児重症急性膵炎の2例. 内藤剛彦,石川文子,古藤秀洋,大田剛穂,小島邦彦(児): 第24回日本小児栄養消化器病学会 (97.09.19), 横浜, 抄録集, p.138, 1997.

1990. [学会(全国)] (一般講演) Clonazepamの併用がzonisamideの血中濃度におよぼす影響(続報). 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): 第24回日本小児臨床薬理学会 (97.09.27), 東京, プログラム・抄録集, p.7, 1997.

1991. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息寛解患者のダニ抗原特異的T細胞クローンの解析. 川野豊,野間剛,中根和子,敷島康史,佐伯敏亮,松浦信夫(児): 第35回日本小児アレルギー学会 (97.11.02〜03), 東京.

1992. [学会(全国)] (一般講演) ヨウレチンにて加療された気管支喘息患児におけるIL4, IFN-γの産生パターンの変化の検討. 佐伯敏亮,川野豊,敷島康史,野間剛,松浦信夫(児): 第35回日本小児アレルギー学会 (97.11.02〜03), 東京.

1993. [学会(全国)] (一般講演) 小児気道異物の臨床的検討. 福島崇義,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,原真人(児),平山方俊(耳): 第30回日本小児呼吸器疾患学会 (97.11.20), 大阪.

1994. [学会(全国)] (一般講演) 慢性好酸球性肺炎の1女児例. 石川文子,中嶋英彦,梅原実,原真人,越野浩江,箕浦克則,坂東由紀(児),品田純,宮永茂樹(胸外): 第30回日本小児呼吸器疾患学会 (97.11.20), 大阪.

1995. [学会(全国)] (一般講演) 点頭てんかんに対するACTHとclonazepam併用療法の短期効果と長期予後. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦,岩崎俊之(児): 第7回日本臨床精神神経薬理学会 (97.11.20), 東京, プログラム・抄録集, p.55, 1997.

1996. [学会(全国)] (一般講演) 末期腎不全を合併した先天性表皮水疱症の1例. 本山治,重富ゆかり,水入苑生,永井洋子,川村貞夫(東邦大),飯高喜久雄(児): 第27回日本腎臓学会東部学術大会 (97.11.21), 東京, 日腎誌, 39(6): 636, 1997.

1997. [学会(全国)] (一般講演) 早産低出生体重児におけるInfant nasal CPAPシステムの有用性. 蒲原孝,渡辺智子(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

1998. [学会(全国)] (一般講演) 双胎におけるPVLの発生状況とその要因. 小口弘毅,山田俊彦,樋浦好,松本真紀,三須陽子,渡辺智子,佐藤雅彦,野渡正彦(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

1999. [学会(全国)] (一般講演) 出生時の臍帯血pH 7.0未満を呈した75症例の周産期経過の検討. 松本真紀,山田俊彦,渡辺智子,樋浦好,三須陽子,野渡正彦,佐藤雅彦,小口弘毅(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

2000. [学会(全国)] (一般講演) 在胎30週未満の未熟児におけるCRPの変動について−擬陽性例の検討−. 野渡正彦,山田俊彦,樋浦好,三須陽子,松本真紀,渡辺智子,佐藤雅彦,小口弘毅(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

2001. [学会(全国)] (一般講演) 正期産高度IUGR児の身体発育・精神発達に関する検討. 渡辺智子,小口弘毅,山田俊彦,松本真紀,樋浦好,三須陽子,佐藤雅彦,野渡正彦(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

2002. [学会(全国)] (一般講演) 過去10年間に北里大学病院において胎児超音波で発見された先天性水腎症の検討. 守屋俊介,飯高喜久雄,北條みどり,河西紀昭(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.29), 那覇, 日本未熟児新生児学会雑誌, 9(3): 169, 1997.

2003. [学会(全国)] (一般講演) 双胎におけるPVLの発生状況とその要因. 小口弘毅,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.29), 那覇, 日本未熟児新生児学会雑誌, 9(3): 201, 1997.

2004. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児気管支喘息におけるBDI療法の末梢血白血球数及びその分画に与える影響についての検討. 黄国輝,伊藤雅彦,川野豊,野間剛,山口公一,馬場実(児): 第99回日本小児科学会 (96.05.17〜19), 熊本, Proceedings.

2005. [学会(全国)] (ポスター講演) IL12刺激により発現されるIL4, IFNγサイトカインのメッセージの定量とアトピー疾患における臨床的意義. 野間剛,川野豊,敷島康史,松浦信夫(児): 第100回日本小児科学会 (97.04.18〜20), 東京.

2006. [学会(全国)] (ポスター講演) Partial Digeorge Syndrome (DSG)の特異的免疫機能の検討. 敷島康史,野間剛,川野豊,山田俊彦,松浦信夫(児): 第100回日本小児科学会 (97.04.18〜20), 東京, Proceedings.

2007. [学会(全国)] (ポスター講演) Acetaminophen坐剤の併用がdiazepam坐剤の直腸からの吸収におよぼす影響−反復投与時の薬物動態学的解析−. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉(児): 第100回日本小児科学会学術集会 (97.04.18), 東京, 日本小児科学会誌, 101(2): 212, 1997.

2008. [学会(全国)] (ポスター講演) 心室中隔の菲薄化を伴う右室内異常筋束症例の超高速CTによる三次元評価. 堀口泰典,白井宏幸,平石聡,三沢仁司,縣陽太郎,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕(児),中江世明(胸外): 第100回日本小児科学会学術集会 (97.04.19), 東京, 日本小児科学会誌, 101(2): 371, 1997.

2009. [学会(全国)] (ポスター講演) 興味ある臨床経過を示した気管支異物の3症例. 福島崇義,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,原真人(児),堀池重治(放): 第100回日本小児科学会学術集会 (97.04.19), 東京, 日本小児科学会誌, 101(2): 428, 1997.

2010. [学会(全国)] (ポスター講演) 遅発性横隔膜ヘルニアの臨床的検討. 関根徹,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,四倉正博,原真人,上田康久(児),堀池重治,石井勝己(放),石田和夫(外): 第100回日本小児科学会学術集会 (97.04.19), 東京, 日本小児科学会誌, 101(2): 430, 1997.

2011. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性細気管支炎における血清ECP値の推移と臨床的意義の検討. 原真人,中嶋英彦,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,石館武夫(児): 第100回日本小児科学会学術集会 (97.04.19), 東京, 日本小児科学会誌, 101(2): 430, 1997.

2012. [学会(全国)] (ポスター講演) ダニ抗原で誘導されるIL-4,IFN-γ産生系に与えるRoxithromycinの処理効果. 青木国輝,川野豊,林雅晴,野間剛(児): 第9回日本アレルギー学会春季臨床大会 (97.05.01〜03), 千葉, Proceedings.

2013. [学会(全国)] (ポスター講演) 成人発症T型糖尿病の診断における,GAD抗体/ICAの組み合わせ解析の優用性について. 阿比留教生,瀧野博文,近藤英明,泉野清宏,酒巻宏行,山崎浩則,山口義彦,赤澤昭一,長瀧重信(長崎大),内潟安子,大森安恵(東女医大),松浦信夫 (児),陣内冨男(陣内病院内科): 第40回日本糖尿病学会総会 (97.05.22〜24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.): 229, 1997.

2014. [学会(全国)] (ポスター講演) 日本人患者(IDDM, NIDDM), 健常者におけるインスリン自己抗体の陽性率−overnight competitive RIA法. 瀧野博文,阿比留教生,山崎浩典,山口義彦,赤澤昭一,長瀧重信(長崎大),松浦信夫(児),内潟安子,大森安恵(東女医大),西部史(ヤマサ醤油株式会 社診断薬部): 第40回日本糖尿病学会総会 (97.05.22〜24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.): 231, 1997.

2015. [学会(全国)] (ポスター講演) 他施設共同研究でのグリコヘモグロビン標準化: JDS補正への対応とその成果. 小児インスリン治療研究会,雨宮伸,望月美恵,小林基章,横田一郎,内潟安子,佐々木望,松浦信夫(児): 第40回日本糖尿病学会総会 (97.05.22〜24), 東京, 糖尿病, 40(Suppl.): 358, 1997.

2016. [学会(全国)] (ポスター講演) バセドウ病の母親から生まれる一過性低T4 (FT4)血症の機序についての検討. 柴山啓子,横田行史,風張幸司,大山宣秀,松浦信夫(児),原田正平,市原侃(北海道立衛生研究所),福士勝,菊地由生子(札幌市衛生研究所),石川信義 (北見赤十字): 第70回日本内分泌学会学術総会 (97.06.03), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 73(2): 340, 1997.

2017. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児ならびに思春期年齢患者におけるcarbamazepineならびにcarbamazepine-10,11-epoxideの遊離型血中濃度に関す る検討−血清α1-acid glycoprotein濃度との関連−. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ,武井研二(児): 第14回日本TDM学会 (97.06.27), 浜松, 要旨集, p.76, 1997.

2018. [学会(全国)] (ポスター講演) 川崎病既往児の冠動脈狭窄, 石灰化病変の診断における超高速CTの有用性. 堀口泰典,白井宏幸,平石聡,三沢仁司,縣陽太郎,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕,河村誠次(児): 第33回日本小児循環器学会 (97.07.10), 京都, 日本小児循環器学会雑誌, 13(2): 345, 1997.

2019. [学会(全国)] (ポスター講演) 先天性冠動脈瘻術後の長期観察例にみられる冠動脈瘤様病変の自然退縮と心筋虚血. 平石聡,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之,河村誠次(児),中江世明,笠原真悟(胸外): 第33回日本小児循環器学会 (97.07.10), 京都, 日本小児循環器学会雑誌, 13: 245, 1997.

2020. [学会(全国)] (ポスター講演) Flecainideが奏功した上室性頻拍症, 胎児水腫の1例. 石川義人,平石聡,三沢仁司,武田信裕(児),天野完(産婦): 第33回日本小児循環器学会 (97.07.10), 京都, 日本小児循環器学会雑誌, 13: 310, 1997.

2021. [学会(全国)] (ポスター講演) 心房中隔欠損における心電図所見の再検討−V1-VAT, U, V, aVFのR波notchの臨床的意義. 高東梅,平石聡,三沢仁司,武田信裕(児): 第33回日本小児循環器学会 (97.07.10), 京都, 日本小児循環器学会雑誌, 13: 324, 1997.

2022. [学会(全国)] (ポスター講演) 発症早期の小児IDDM間者におけるGAD65, ICA, ICA512抗体について. 大津成之,横田行史,松浦信夫,風張真由美,風張幸司,大山宜秀(児),小池明美(斗南病院),阿比留教生,赤澤昭一(長崎大): 第31回日本小児内分泌学会 (97.10.02〜03), 相模原, プログラム・抄録集, p.115, 1997.

2023. [学会(全国)] (ポスター講演) 抗甲状腺剤投与によりモヤモヤ病の不随運動が消失したGraves病の男児例. 隅越誠,横田行史,風張真由美,風張幸司,柴山啓子,大山宜秀,松浦信夫(児): 第31回日本小児内分泌学会 (97.10.02〜03), 相模原, プログラム・抄録集, p.135, 1997.

2024. [学会(全国)] (ポスター講演) 当科におけるIDDM児の糖尿病合併症と年齢,HbA1c罹病期間との関係について. 小池明美,岡村暁子,八十嶋弘一,高橋豊(斗南病院小児科),松浦信夫(児): 第31回日本小児内分泌学会 (97.10.02〜03), 相模原, 抄録集, p.114, 1997.

2025. [学会(全国)] (ポスター講演) 当院新生児室及びNICUに入院した児の再入院に関する検討. 三須陽子,小口弘毅,樋浦好,松本真紀,渡辺智子,佐藤雅彦,山田俊彦,野渡正彦(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

2026. [学会(全国)] (ポスター講演) 先天性水頭症及び石灰化を認めた3姉妹例. 樋浦好,小口弘毅,出口貴美子(児): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.27), 那覇.

2027. [学会(地方)] (一般講演) 自然気胸を契機に発見された肺アスペルギローマの1男児例. 武田信裕,中嶋英彦,渡辺登,梅原実,長田厚,内藤剛彦(児),吉村博邦,品田純(胸外),金子聡(病理): 第25回日本小児呼吸器疾患学会 (00.00.00).

2028. [学会(地方)] (一般講演) 当センターにて最近経験したライ症候群3例の検討. 石川義人,内藤剛彦(児),平田光博,上條吉人,浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第43回日本救急医学会関東地方会 (97.06.21), 東京, 日本救急医学会関東地方会誌, 18(2): 1997.

2029. [学会(地方)] (一般講演) 平成8年度の1年間に北里大学小児科に入院した溶血性尿毒症症候群8例の検討. 小川夏子,守屋俊介,越野浩江,沼沢環,内山智明,福島崇義,岩崎俊之,島貫郁,河西紀昭,松浦信夫(児): 第228回日本小児科学会神奈川地方会 (97.09.20), 横浜.

2030. [学会(地方)] (一般講演) 家族歴を有する不完全型ベーチェット病の1男児例. 辻川洋(茅ヶ崎徳州会総合病院),白井宏幸,島貫郁,三須陽子,敷島康史(児),田中住明,赤星透,冨田愛美,近藤啓文(内): 第228回日本小児科学会神奈川地方会 (97.09.20), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 25(1): 108, 1998.

2031. [学会(地方)] (一般講演) ビデオゲーム(virtual boy)がビデオてんかん患児の光賦活脳波所見におよぼす影響−未治療の症例での検討−. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,武井研二(児): 第27回日本小児神経学会関東地方会 (97.09.27), 東京, 脳と発達, 30(2): 170, 1998.

2032. [学会(地方)] (一般講演) 突発性発疹罹患を契機として一時的に寛解したWest症候群の2例. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦(児): 第229回日本小児科学会神奈川県地方会 (97.11.15), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 25(2): 1998.

2033. [学会(地方)] (一般講演) 肺炎球菌特異的IgG2サブクラス欠損症の乳児例. 森紀恵(茅ヶ崎徳州会総合病院),敷島康史,三須陽子,島貫郁,白井宏幸(児): 第229回日本小児科学会神奈川県地方会 (97.11.15), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 25(2): 1998.

2034. [学会(地方)] (一般講演) Zonisamideにより高度のアセトーゼ様不随運動をきたした難治性てんかんの1例. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二,越野浩江(児): 第28回日本小児神経学会関東地方会 (98.03.28), 東京, プログラム・抄録集, p.25, 1998.

2035. [研究会(全国)] (教育講演) てんかん治療とTDM: てんかんとTDM. 三浦寿男(児): 第23回薬物治療モニタリング研究会特別ゼミナール (97.09.07), 東京, 第23回薬物治療モニタリング研究会特別ゼミナール講義録: Clinical Pharmacokineticsの理論と実際, 7頁分, 1997.

2036. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 気道炎症のマネジメント: アウトグローとアレルギー炎症. 野間剛(児): 第5回小児気管支喘息病態研究会 (98.03.01), 京都, Proceedings.

2037. [研究会(全国)] (一般講演) 偽膜性腸炎を併発した溶血性尿毒症症候群の1例. 内藤剛彦,中畑弥生,古藤秀洋,大田剛穂,小島邦彦(児): 第24回日本小児内視鏡研究会 (97.07.05), 仙台.

2038. [研究会(全国)] (一般講演) Diazepam坐剤の発熱時間歇投与法による熱性けいれんの再発予防に関する研究−投与方法ならびに解熱薬坐剤併用に関する再検討−. 三浦寿男(児): 第9回てんかん治療研究振興財団研究報告会 (97.08.08), 東京, プログラム・抄録集, p.25〜26, 1997.

2039. [研究会(全国)] (一般講演) 単心房, 完全房室ブロックおよび胎児水腫を合併した1症例の臍帯静脈血流速波形. 大津成之,平石聡,三沢仁司,武田信裕,小口弘毅(児),天野完(産婦): 第4回胎児心臓病研究会 (98.02.14), 宇都宮.

2040. [研究会(地方)] (特別講演) 小児における抗てんかん薬の体内動態と血中濃度モニタリングの臨床的意義. 三浦寿男(児): 第16回大阪てんかん研究会 (97.07.19), 大阪, プログラム・抄録集, 1997.

2041. [研究会(地方)] (特別講演) 小児期の冠動脈疾患の診断と病態. 平石聡(児): 浜松小児循環器研究会 (98.02.07), 浜松.

2042. [研究会(地方)] (一般講演) Zonisamide単剤治療が無効な潜因性局在関連性てんかん患児に対するclonazepamの効果と血中濃度. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ(児): 第40回神奈川てんかん懇話会 (97.07.12), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 25(1): 140, 1998.

2043. [研究会(地方)] (一般講演) てんかん・肥満の経過観察中に夜間無呼吸発作・嗜眠発作に引き続いて高血圧性脳症をきたした急性糸球体腎炎の1例. 入江真弓(茅ヶ崎徳州会総合病院),白井宏幸,島貫郁,敷島康史,三須陽子,堀田英夫(児): 第20回神奈川小児神経懇話会 (97.07.26), 横浜, 抄録集, p.3, 1997.

2044. [研究会(地方)] (一般講演) Zonisamideの再投与により高度のアセトーゼ様不随運動をきたした難治性てんかんの1例. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二,越野浩江(児): 第20回神奈川小児神経懇話会 (97.07.26), 横浜, 抄録集, p.8, 1997.

2045. [研究会(地方)] (一般講演) 肺動脈絞扼術が無効であった単心房・心不全の1症例. 武田信裕,平石聡,三沢仁司,小川夏子(児): 神奈川小児循環器談話会 (97.12.06), 川崎.

2046. [研究会(地方)] (一般講演) 急激な経過をたどった右室内腫瘤, 肺高血圧の1女児例. 武田信裕,平石聡,三沢仁司,小川夏子(児): 神奈川小児循環器談話会 (97.12.06), 川崎.

2047. [研究会(地方)] (一般講演) 治療経過中突発性発疹感染を契機として寛解したWest症候群の2例. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦(児): 第41回神奈川てんかん懇話会 (98.01.17), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 25(2): 1998.

2048. [研究会(地方)] (一般講演) 点頭てんかんに対するACTHとclonazepam併用療法の短期効果と長期予後. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦,岩崎俊之(児): 第21回神奈川小児神経懇話会 (98.01.31), 横浜, 抄録集, p.4, 1998.

2049. [学術賞(国内)] 研究奨励賞; 気管支喘息の発症と寛解に関する免疫的研究(97.12.06) 野間剛(児). 日本アレルギー学会アストラ


<<19 産科学>>

2050. [原著] Free radical-induced elevation of ornithine decarboxylase activity in developing rat brain slices. 斉藤克(産婦),Packinathan, S.,Longo, L.D.(Loma Linda Univ.): Brain Res., 763: 232〜238, 1997.

2051. [原著] Should C-section be applied to fetal arrhythmia?. 天野完,平野聡子,前田宗徳,西島正博(産婦): Eur. J. Obstet. Gynecol. Reprod. Biol., 72(Suppl.): 73〜79, 1997.

2052. [原著] Cellular characterization of the 91KDa-ectopic ascific antigen sharing antigen city with MRP8 in the human placenta as revealed by immunoelectron microscopical colloidal-gold techniques. Sato, N.,Morita, T.,Ishiwata, I.,中居光生(産婦),Kami, K.: Okajimas Folia Anat. Jpn., 74(6): 217〜230, 1998.

2053. [原著] 産褥期, 授乳期における骨量変化に関する検討. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(産婦): Osteoporosis Japan, 5(2): 30〜32, 1997.

2054. [原著] 羊水過多・過少. 西島正博,天野完(産婦): 産と婦, 64(7): 918〜924, 1997.

2055. [原著] 胎児心拍数図からみた母体搬送のタイミング. 西島正博,天野完(産婦): 産婦の実際, 46(7): 955〜961, 1997.

2056. [原著] 特集・産婦人科の救急対策; わが教室における産婦人科救急対策. 西島正博,天野完,庄田隆(産婦): 産婦人科治療, 75(3): 295〜299, 1997.

2057. [原著] 産褥期および授乳期における骨密度の検討. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(産婦): 社会保険医学雑誌, 47(4): 1997.

2058. [原著] 分娩時35歳以上の妊娠, 分娩, 産褥とその新生児に関する調査. 中野真佐男,吉原一,島田信宏(産婦): 周産期医学, 27(12): 1627〜1636, 1997.

2059. [原著] 骨盤位分娩; 分娩方法・様式の決定−経腟か帝切か. 西島正博,吉原一(産婦): 周産期医学, 27(9): 1193〜1196, 1997.

2060. [原著] Birth simulation modelにする肺動脈血流量の変化. 吉原一,塩津英之,源田辰雄,根本荘一,浅井仁司,島田信宏,西島正博,佐藤喜一(産婦): 周産期医学シンポジウム, 15: 59〜64, 1997.

2061. [原著] 周産期救急医療システムの現状と問題点. 西島正博(産婦),他16名: 日産婦神奈川会誌, 34(1): 10〜13, 1997.

2062. [原著] Fetal pulse oximetryの有用性. 天野完,西島正博(産婦): 日本新生児学会誌, 33(1): 144〜149, 1997.

2063. [原著] 原因不明反復流産患者に対する柴苓湯の有用性の検討. 内野直樹(産婦): 日本東洋医学会誌, 47(4): 1997.

2064. [原著] 切迫流産と前期破水. 西島正博,黒須不二男(産婦): 臨床検査, 41(7): 771〜776, 1997.

2065. [短報・速報] Fetal pulse oximetryによる胎児well-beingの評価. 天野完,西島正博(産婦): 日本新生児学会誌, 33: 29〜30, 1997.

2066. [研究報告(厚生省)] 妊産婦の妊娠中期からの不安の変化とその要因. 西島正博,吉原一,柳奈津子(産婦): 厚生省心身障害研究「これからの妊産褥婦の健康管理システムに関する研究」平成8年度研究報告書, p.47〜50, 1997.

2067. [症例報告] Successful treatment of supraventricular tachycardia with flecainide acetate; A case report. 天野完,原田由香,庄田隆,西島正博(産婦),平石聡(児): Fetal Diagn. Ther., 12: 328〜331, 1997.

2068. [症例報告] 妊娠中急性増悪した甲状腺機能亢進症の1例. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 34(1): 1997.

2069. [症例報告] 帝切後に発症した肺塞栓症の1例. 庄田隆,藤田一博,天野完,西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 34(2): 146〜149, 1998.

2070. [総説] 柴苓湯による反復流産患者の治療について. 内野直樹,石井尊雄,根本玲子(産婦): 漢方と最新医療, 47(4): 1997.

2071. [講座] 肥満妊婦の分娩. 西島正博(産婦): ドクターサロン, 41(8): 645〜650, 1997.

2072. [講座] 検査指針と検査法−切迫流産. 天野完(産婦): 産と婦, 64(Suppl.): 266〜267, 1997.

2073. [講座] 和痛・無痛分娩−最近の動向. 西島正博,斉藤克(産婦): 産と婦, 65(2): 208〜212, 1998.

2074. [講座] 胎動が減少したか?. 天野完(産婦): 産科ベットサイドのノウハウ; こんなときどうする100例, p.76〜78, 1997.

2075. [講座] 過期妊娠であるが頚管が未熟で陣痛誘発剤も無効. 天野完(産婦): 産科ベットサイドのノウハウ; こんなときどうする100例, p.79〜81, 1997.

2076. [講座] 羊水が少なく変動一過性徐脈が出現する. 天野完(産婦): 産科ベットサイドのノウハウ; こんなときどうする100例, p.124〜126, 1997.

2077. [講座] 羊水注入の適応は. 天野完(産婦): 産科ベットサイドのノウハウ; こんなときどうする100例, p.128〜131, 1997.

2078. [講座] AFIが5cm以下であるがNSTが正常であるときの管理方針は. 天野完(産婦): 産科ベットサイドのノウハウこんなときどうする100例, p.72〜74, 1997.

2079. [講座] 胎児・新生児仮死の診断と治療; 胎児仮死の臨床的評価と治療−胎内治療: 羊水補充療法. 天野完(産婦): 周産期医学, 27(10): 1339〜1342, 1997.

2080. [講座] ポッター症候群. 島田信宏(産婦): 周産期医学, 27(9): 1158〜1159, 1997.

2081. [講座] 羊水混濁時の対策−周産期診療指針'97. 天野完(産婦): 周産期医学, 27(Suppl.): 249〜250, 1997.

2082. [講座] 分娩時の胎児仮死対策−周産期診療指針'97. 天野完(産婦): 周産期医学, 27(Suppl.): 251〜253, 1997.

2083. [講座] 分娩時の胎児管理. 天野完(産婦): 周産期医学, 28(1): 35〜38, 1998.

2084. [講座] 子宮収縮抑制剤のリスク, ベネフィット. 西島正博,谷昭博(産婦): 日産婦誌, 50(3): 55〜58, 1998.

2085. [学術書] (共著) 健康・保健の科学第2版, 中居光生(産婦),他7名. 編集 中居光生(産婦), 日本小児医事出版,東京,97.03.24発行.

2086. [学術書] (分担執筆) 体外受精(改訂版); U. 体外受精のバイオロジー, p.18〜25, 中居光生(産婦). 編集 鈴木秋悦(慶大), メジカルビュー社,東京,96.04.10発行.

2087. [学術書] (編集) 健康・保健の科学第2版, 編集 中居光生(産婦), 日本小児医事出版,東京,97.03.24発行.

2088. [学術書] (監修) 健康・保健の科学第2版, 監修 中居光生(産婦), 日本小児医事出版,東京,97.03.24発行.

2089. [教科書] (共著) New産婦人科学; X. 妊産婦に対する処置と手術, p.358〜369, 西島正博(産婦),矢嶋聡(東北大),中野仁雄(九大),武谷雄二(東大),他. 編集 鈴木秋悦(慶大), 南江堂,東京,97.07.10発行.

2090. [教科書] (分担執筆) エッセンシャル産科学・婦人科学; 婦人科内分泌検査法, p.48〜55, 胎児胎盤機能検査法, p.102〜107, 中居光生(産婦). 編集 池ノ上克(宮崎医大),鈴木秋悦(慶大),高山雅臣(東大),広井正彦(山形大), 医歯薬出版,東京,97.12.10発行.

2091. [その他の著書] (共著) 今日の治療指針1998; 合併症妊娠, p.735〜736, 西島正博(産婦),多賀須幸男(多賀須クリニック),尾形悦郎(癌研),日野原重明(聖路加看護大),阿部正和(慈恵医大). 医学書院,東京,98.01.15発行

2092. [学会(国際)] (特別講演) Study on safety of active management of labor. 西島正博(産婦): First National Conference of Perinatal Society of Nepal (97.12.17), Kathmandu (Nepal).

2093. [学会(国際)] (一般講演) Histochemical homology between a tumor-associated ascitic protein and migration inhibitory factor-related proteins (MRP 8/14) in human placenta as revealed by immuno-microscopital and in situ hypridization techniques. Sato, N.,Morita, T.,Ishiwata, I.(常盤大),中居光生(産婦),Kami, K.(常盤大): 第10回組織化学および細胞化学国際学会 (96.08.18〜23), 京都, Acta Histochemica et Cytochemica, 29(Suppl.): 481〜482, 1996.

2094. [学会(国際)] (一般講演) Evaluation of intrapartum fetal well-being by fetal pulse oximetry. 平野聡子,天野完,前田宗徳,西島正博(産婦): 2nd World Congress on Labor and Delivery (97.05.06〜09), Roma, Abstract, p.25, 1997.

2095. [学会(国際)] (ポスター講演) Alteration of treatment methods for microinvasive squamous cell carcinoma of the uterine cervix. 金井督之,上坊敏子,脇田邦夫,角田新平,岩永久美,蔵本博行(産婦): 6th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (97.10.21), 福岡, International Journal of Gynecological Cancer, 7(Suppl.2): 34, 1997.

2096. [学会(国際)] (ポスター講演) Comparion between new figo and Japan society criteria on stage Ta carcinoma of the uterine cervix. 角田新平,上坊敏子,脇田邦夫,金井督之,新井正秀,蔵本博行(産婦): 6th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (97.10.21), 福岡, International Journal of Gynecological Cancer, 7(Suppl. 2): 34, 1997.

2097. [学会(国際)] (ポスター講演) Treatment of carcinoma of the cervix in Japanese population. 蔵本博行,上坊敏子,角田新平,秦宏樹,脇田邦夫,立岡和弘,佐藤倫也(産婦): 6th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (97.10.21), 福岡, International Journal of Gynecological Cancer, 7(Suppl. 2): 32, 1997.

2098. [学会(全国)] (シンポジウム等) 安全な分娩と満足な分娩−その接点積極的に管理する立場から. 天野完(産婦): 第38回日本母性衛生学会 (97.10.16〜17), 鹿児島.

2099. [学会(全国)] (シンポジウム等) 胎児モニタリングの現状と問題点, パルスオキシメトリーfetal pulse oximetryによる分娩時の胎児管理. 天野完(産婦): 第9回日本臨床モニター学会 (98.03.28), 福島.

2100. [学会(全国)] (ワークショップ) クリニカルカンファレンス; 胎児奇形の画像診断−頭頚部の奇形. 吉原一(産婦): 第49回日本産科婦人科学会総会 (97.04.05), 東京.

2101. [学会(全国)] (ワークショップ) Antenatal assessment of fetal well-being. 西島正博(産婦): 第49回日本産科婦人科学会総会 (97.04.08), 東京.

2102. [学会(全国)] (一般講演) Fetal pulse oximetryによる胎児well-beingの評価. 天野完,西島正博(産婦): 第8回日本臨床モニター学会 (97.03.07〜08), 名古屋.

2103. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜漿液性腺癌の細胞所見. 上片平昭二,上坊敏子,佐藤倫也,立岡和弘,角田新平,脇田邦夫,蔵本博行(産婦),大野英治(病院病理): 第38回日本臨床細胞学会総会 (97.05.30), 香川, 日本臨床細胞学会雑誌, 36(1): 1997.

2104. [学会(全国)] (一般講演) 卵巣癌に対する子宮内膜吸引細胞疹の検討. 新井正香,上坊敏子,岩谷弘明,佐藤倫也,玉城英子,田村俊男,林玲子,蔵本博行(産婦),大野英治(病院病理): 第38回日本臨床細胞学会総会 (97.05.31), 香川.

2105. [学会(全国)] (一般講演) 麻酔分娩時のfetal pulse oximetryの有用性と安全性. 天野完,西島正博(産婦),甘彰華,鈴木健治: 第94回分娩と麻酔研究会 (97.06.21), 東京.

2106. [学会(全国)] (一般講演) 妊娠に合併する卵巣悪性腫瘍の検討. 新井正秀,岩谷弘明,佐藤倫也,岩永久美,古川かつ子,上坊敏子,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.07), 京都.

2107. [学会(全国)] (一般講演) 子宮頚部微小浸潤癌に対する保存療法としてのレーザー円錐切除術. 脇田邦夫,金井督之,上坊敏子,角田新平,西島正博,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.07〜09), 京都, 日本癌治療学会誌, 32(5): 730, 1997.

2108. [学会(全国)] (一般講演) T期子宮頚癌のFIGO分類と日産婦分類の比較検討. 角田新平,上坊敏子,脇田邦夫,金井督之,新井正秀,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.09), 京都, 日本癌治療学会誌, 32(5): 814, 1997.

2109. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜漿液性腺癌11例の臨床病理学的検討. 田口雅之,上坊敏子,佐藤倫也,立岡和弘,上片平昭二,角田新平,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.09), 京都, 日本癌治療学会誌, 32(5): 818, 1997.

2110. [学会(全国)] (一般講演) 32週未満の帝切時麻酔と児の予後. 岩永久美,斉藤克,天野完,西島正博(産婦),奥富俊之(眼): 第42回日本未熟児新生児学会 (97.11.29), 那覇.

2111. [学会(全国)] (ポスター講演) 卵巣悪性腫瘍におけるSecond look operation 13LOの意義に関する検討. 後賢,上坊敏子,原田由香,新井正秀,岩谷弘明,脇田邦夫,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.09), 京都.

2112. [学会(地方)] (特別講演) 急速遂娩術. 西島正博(産婦): 日本産婦人科学会沖縄地方部会 (98.01.17), 那覇.

2113. [学会(地方)] (シンポジウム等) “産婦人科におけるデイサージャリーの麻酔”局所麻酔. 天野完(産婦): 第95回分娩と麻酔研究会, 第328回日本産婦人科学会神奈川地方部会 (97.12.20), 横浜.

2114. [学会(地方)] (一般講演) 胎児腹部腫瘍の1例. 金井雄二,岩永久美,星野裕子,今井愛,天野完,島田信宏,西島正博(産婦): 第324回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (97.05.17), 横浜.

2115. [学会(地方)] (一般講演) 産褥期, 授乳期の骨密度変化に関する研究. 根本玲子,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(産婦): 第93回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (97.06.00), 東京.

2116. [学会(地方)] (一般講演) fetal pulse oximetryの有用性と安全性. 平野聡子,天野完,西島正博(産婦),甘彰華,鈴木健治: 第93回日本産科婦人科関東連合地方部会総会 (97.06.22), 東京.

2117. [学会(地方)] (一般講演) 腎尿路系の診断と治療. 望月純子,田口雅之,天野完,西島正博(産婦): 第323回四水会 (97.09.17), 伊勢原.

2118. [学会(地方)] (一般講演) 妊娠中毒症で搬送された甲状腺機能亢進症の2例. 岩永久美,前原大介,斉藤克,庄田隆,天野完,西島正博(産婦): 第330回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (98.02.21), 横浜.

2119. [研究会(全国)] (一般講演) 32週未満の帝切時麻酔と児の予後. 岩永久美,庄田隆,谷昭博,天野完,西島正博(産婦): 第94回分娩と麻酔研究会 (97.06.21), 東京.

2120. [研究会(全国)] (一般講演) マグネシウム中毒をきたした症例の心拍数パターン. 今井愛,加藤千緒,星野裕子,庄田隆,谷昭博,天野完(産婦): 第9回分娩監視研究会 (97.06.28), 東京.

2121. [研究会(地方)] (特別講演) 分娩麻痺の原因と予防. 島田信宏(産婦): 平成9年度広島県産婦人科医会 (97.06.22), 広島.

2122. [研究会(地方)] (特別講演) 早産, 切迫早産, PROM. 島田信宏(産婦): 北海道周産期医学セミナー(北大主催) (97.07.05), 札幌.

2123. [研究会(地方)] (特別講演) 骨盤位分娩. 島田信宏(産婦): 北海道周産期医学セミナー(北大主催) (97.07.05), 札幌.

2124. [研究会(地方)] (特別講演) 胎児仮死と脳性麻痺. 西島正博(産婦): 平成9年度日産婦日母群馬県支部研修会 (97.08.23), 前橋.

2125. [研究会(地方)] (特別講演) 分娩中の胎児心拍数モニタリングと胎児仮死. 島田信宏(産婦): 日本母性保護産婦人科医会岩手県支部第19回周産期医学セミナー (97.10.04), 岩手.

2126. [研究会(地方)] (教育講演) 分娩誘発の管理と問題点. 島田信宏(産婦): 東北周産期セミナー (97.07.27), 仙台.

2127. [研究会(地方)] (一般講演) 小規模施設における周産期救急治療の現状と問題点. 内野直樹(産婦): 第36回神奈川周産期救急連絡会 (97.07.07), 横浜.

2128. [研究会(地方)] (公開講座) 胎児仮死と脳性麻痺の防止. 西島正博(産婦): 平成9年度北多摩医学講座 (97.06.28), 東京.

2129. [学会主催(地方会)] 第330回日本産科婦人科学会神奈川地方部会(97.10.02),横浜. 西島正博(産婦).


<<20 婦人科学>>

2130. [原著] 子宮体癌におけるリンパ節転移経路に関する検討. 西島正博,上坊敏子,佐藤倫也,蔵本博行(産婦): 産婦の実際, 46(6): 883〜887, 1997.

2131. [原著] 体重減少性無月経患者の臨床統計. 西島正博,釼持稔,川内博人(産婦): 産婦の実際, 46(7): 1035〜1038, 1997.

2132. [原著] Reinke crystalが目立った卵巣間質性ライデック細胞腫の1例. 新井正秀,上坊敏子,佐藤倫也,渡辺純,岩谷弘明,蔵本博行(産婦): 日本臨床細胞学会誌, 36(5): 517〜520, 1997.

2133. [症例報告] 凍結精子を用いたAIHにより妊娠した特発性逆行性射精の1例. 石井尊雄,内野直樹,篠原洋介,上片平昭二,林輝雄(産婦): 日本不妊学会雑誌, 42(4): 320〜323, 1997.

2134. [症例報告] 子宮内膜漿液性腺癌の1例. 上片平昭二,角田新平,後賢,今井雅夫,田口明,上坊敏子(産婦): 日本臨床細胞学会神奈川支部会誌, 2(2): 49〜51, 1997.

2135. [臨床治験] 体重減少性無月経患者の臨床統計. 西島正博,釼持稔,川内博人(産婦): 産婦人科の実際, 46(7): 1035〜1038, 1997.

2136. [総説] 妊娠中期の検査技術−切迫早産と前期破水. 西島正博,黒須不二男(産婦): 臨床検査, 41(7): 771〜776, 1997.

2137. [その他の著書] (共著) 不妊症の診断と治療; 妊孕性温存あるいは開腹手術後のEarly second look laparoscopy下の癒着剥離, 子宮内膜症性嚢胞に対するエタノール固定, p.123〜132, 西島正博,川内博人(産婦),橋内千一. 真興交易医書出版部,東京,98.01.31発行.

2138. [学会(国際)] (ポスター講演) Hepatoma-derived growth factor (HDGF): A new heparin-binding growth factor identified in leiomyomas and normal myometrium. 石川雅一(産婦),Takashima, S.(Children's Hospital, Boston),Nakamura, H.(阪大),Klagsbrun, M.(Children's Hospital, Boston),,Nowak, R.(Brigham and Women's Hospital): 45th Annual Meeting of the Society for Gynecologic Investigation (98.03.12), Atlanta, USA, J. Soc. Gynecol. Invest., 5(1): 180, 1998.

2139. [学会(全国)] (一般講演) 子宮筋腫におけるheparin-binding epidermal growth factor及びそのreceptorの発現と局在. 石川雅一,中居光生(産婦): 第46回日本産科婦人科学会学術講演会 (97.00.00), 東京, 日産婦誌, 49: 307, 1997.

2140. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下卵管形成術の成績−マイクロサージャリーとの比較. 釼持稔,川内博人,飯野譲二,石川雅一,石井尊雄,右島富士男,中居光生,西島正博(産婦): 第20回産婦人科マイクロサージャリー学会 (97.08.28), 東京.

2141. [学会(全国)] (一般講演) 体外受精100例の臨床検討. 望月愛郎,根本玲子,大河原聡,内野直樹(産婦): 第35回日本社会保険医学会 (97.10.00), 大阪.

2142. [学会(全国)] (一般講演) 原発性無月経の臨床統計. 釼持稔,前田徹,石川雅一,川内博人,西島正博(産婦): 第42回日本不妊学会 (97.11.14), 東京.

2143. [学会(全国)] (一般講演) 婦人科緊急疾患に対する腹腔鏡検査及び鏡視下手術の有用性について. 石川雅一,釼持稔,川内博人,原田由香,西島正博(産婦): 第10回内視鏡外科学会総会 (97.12.18〜19), 福岡.

2144. [学会(地方)] (一般講演) 子宮体癌Ta期の組織病理学的検討. 大河原聡,上坊敏子,佐藤倫也,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第26回婦人科病理コルポスコピー学会 (97.07.07), 東京, 日本病理コルポスコピー学会誌, 15(1): 41, 1997.

2145. [学会(地方)] (一般講演) 治療に難渋している尿道下裂の1例. 長谷川敏男,大竹尚之,魚住律,福田理絵子,南條昭雄,根本充,内沼栄樹(形外): 神奈川症例検討会 (97.11.29), 神奈川.

2146. [学会(地方)] (一般講演) 体外受精100例の臨床検討. 根本玲子,安達敬一,大河原聡,望月愛郎,内野直樹(産婦): 第328回日本産婦人科学会神奈川地方部会 (97.12.20), 横浜.


<<21 整形外科学>>

2147. [原著] Carpal tunnel syndrome; its natural history. 二見俊郎,小林明正,浮田豊彦,遠藤太刀男,藤田正(整外): Hand Surg., 2(2): 129〜130, 1997.

2148. [原著] Attenuation of monosodium urate crystal-induced arthritis in rabbits by a neutralizing antibody against interleukin-8. 西村明人(整外),赤星透,高橋道雄(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内),Takahashi, Y.,Yokoi, K.,Mukaide, N.,Matsushima, K.: J. Leukocyte Biol., 62: 444〜449, 1997.

2149. [原著] Surgical treatment of acromioclavicular joint dislocation by coracoacromial ligament transfer. 安達公,蛯原有男,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): J. Orthop. Surg., 4(2): 7〜11, 1998.

2150. [原著] 股関節感染症に対する抗生剤含有セメントスペーサーを用いた人工関節置換術. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和,品田尚孝,峰原宏昌(整外): 骨・関節・靱帯, 11(1): 63〜67, 1998.

2151. [原著] 凍結乾燥・放射線滅菌骨の臨床応用. 富永俊行,糸満盛憲,泉敏弘,関口昌和,那須野秀二,渡辺哲哉,脇田隆司(整外),伊藤均(日本原子力研究所高崎研究所): 骨・関節・靱帯, 11(1): 69〜74, 1998.

2152. [原著] 膝再建前十字靱帯の評価としての超音波検査の有用性. 池田貴英,北爪伸仁,八木英憲,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 東日本整形災害外科医会雑誌, 9(4): 389〜398, 1997.

2153. [原著] 大腿骨頸部内側骨折後の骨頭内血管構築の変化について. 北爪伸仁,八木英憲,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 東日本整形災害外科学会誌, 10(1): 9〜16, 1998.

2154. [原著] 超音波検査による膝後十字靱帯の観察. 池田貴英,北爪伸仁,八木英憲,小島隆史,二見俊郎,塚本行男,糸満盛憲,甲斐秀実(整外): 日本整形外科超音波研究会会誌, 8(1): 60〜66, 1997.

2155. [原著] Sandwich-ELISA法による血清中および膝関節液中ケラタン硫酸濃度の測定−測定方法の開発と関節疾患との関与−. 花嶋美奈子,高岸憲二(整外),五艘行信(生化),岡村和夫(生化学工業),糸満盛憲(整外): 北里医学, 27(4): 246〜255, 1997.

2156. [原著] 同種保存骨のγ線照射滅菌による力学的特性変化に関する実験的研究. 渡辺哲哉,糸満盛憲(整外),森田真史(生体工学),伊藤均(日本原子力研究所高崎): 北里医学, 28(1): 119〜126, 1998.

2157. [原著] 培養軟骨細胞におよぼすBMP-2の影響. 大高文典,西村明人,利根川雅俊,高平尚伸,糸満盛憲(整外): 北里医学, 28(1): 58〜64, 1998.

2158. [原著] 培養軟骨細胞の細胞外基質合成に及ぼすrhIL-1αの影響. 高平尚伸,糸満盛憲,西村明人,利根川雅俊(整外): 北里医学, 28(1): 65〜72, 1998.

2159. [原著] 家兎膝関節軟骨欠損モデルに対するrhBMP-2の検討. 那須野秀二,糸満盛憲(整外): 北里医学, 28(1): 73〜80, 1998.

2160. [準原著] Frozen allograft for acetabular bone defects in revision total hip replacement (THR). 糸満盛憲,関口昌和,渡辺哲哉,泉敏弘,富永俊行,小宮宏一郎(整外): Advances in Tissue Banking, 1: 133〜140, 1997.

2161. [準原著] Radiation sterilisation of allografts in Kitasato University Hospital Bone Bank (KUBB). 糸満盛憲,渡辺哲哉,関口昌和,泉敏弘,小宮宏一郎(整外): Advances in Tissue Banking, 1: 323〜329, 1997.

2162. [準原著] 外傷を契機に発症した大腿骨外顆骨壊死と思われる1例. 八木英憲,北爪伸仁,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 関東膝を語る会会誌, 13: 26〜30, 1997.

2163. [準原著] ビデオカメラで撮らえられたスキーによるACL損傷の1例. 八木英憲,北爪伸仁,池田貴英,小島隆史,山屋智康,河内俊二,二見俊郎,塚本行男(整外): 関東膝を語る会会誌, 13: 4〜5, 1997.

2164. [準原著] 当科において治療した小児脛骨骨幹部開放骨折の検討. 甲斐秀実,横山一彦,蛯原有男,糸満盛憲(整外): 骨折, 19(1): 415〜419, 1997.

2165. [準原著] 肩鎖関節脱臼に対する烏口肩峰靱帯移行法の検討. 安達公,蛯原有男,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 骨折, 19(2): 598〜602, 1997.

2166. [準原著] 前腕骨開放骨折の検討. 内野正隆,横山一彦,大野司,上田昭吾,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命): 骨折, 19(2): 701〜703, 1997.

2167. [準原著] 母指MP関節周辺の骨および靱帯損傷に対する外科的治療の検討. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,遠藤太刀男,中沢俊之,黒沢一也,佐藤俊博,塚本行男(整外): 骨折, 19(2): 772〜775, 1997.

2168. [準原著] ステロイド性大腿骨顆部骨壊死の治療. 高木淳,内野正隆,泉敏弘,関口昌和,大野司,糸満盛憲(整外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 10(5): 175〜178, 1997.

2169. [準原著] 正常および変形性関節症の関節液の粘度, 生化学的検討; とくに加齢変化について. 小島隆史,北爪伸仁,池田貴英,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 東京膝関節学会会誌, 18: 11〜15, 1997.

2170. [準原著] 当院における膝半月板修復術の検討. 北爪伸仁,八木英憲,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 東京膝関節学会会誌, 18: 134〜237, 1997.

2171. [準原著] 家兎におけるACL一次修復術の組織学的検討. 八木英憲,北爪伸仁,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 東京膝関節学会会誌, 18: 43〜48, 1997.

2172. [準原著] 完全還納式椎弓および椎弓根切離術の試み. 安達公,蛯原有男,山屋智康,二見俊郎,塚本行男(整外): 東日本整形災害外科学会誌, 10(1): 31〜35, 1998.

2173. [準原著] 感染性股関節に対する抗生剤含有セメントスペーサーの利用. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和,品田尚孝,峰原宏昌(整外): 日本骨・関節感染症研究会記録誌, 11: 17〜20, 1997.

2174. [準原著] 手根骨に発生した嚢腫様陰影の検討. 小林明正,二見俊郎,塚本行男(整外): 日本手の外科学会雑誌, 13(6): 47〜50, 1997.

2175. [準原著] 手根管症候群男性例における発症原因の検討. 小林明正,二見俊郎,浮田豊彦,塚本行男(整外): 日本手の外科学会雑誌, 14(4): 687〜689, 1997.

2176. [準原著] 同種骨とWagner stemを用いた大腿骨側インプラントの再置換術. 糸満盛憲,関口昌和,品田尚孝,泉敏弘,富永俊行,峰原宏昌,前田健二(整外): 日本人工関節学会誌, 27: 25〜26, 1998.

2177. [準原著] 人工臼再置換術におけるSupport ringの役割. 関口昌和,糸満盛憲,品田尚孝(整外),森田真史(生体工学): 日本人工関節学会誌, 27: 29〜30, 1998.

2178. [準原著] 短橈側手根伸筋腱及びその周囲組織の形態観察−学生解剖実習用屍体を用いて−. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,塚本行男(整外): 日本肘関節研究会雑誌, 4(1): 157〜158, 1997.

2179. [準原著] 非接触型三次元変位解析装置を用いた肘関節運動解析(第2報). 藤田正,二見俊郎,青木晴彦,中村一仁,塚本行男(整外),藤江裕道(阪大): 日本肘関節研究会雑誌, 4(1): 163〜164, 1997.

2180. [準原著] 成人上腕骨遠位端骨折の治療経験−AO分類C型について−. 塚本達郎,糸満盛憲(整外): 日本肘関節研究会雑誌, 4(1): 45〜46, 1997.

2181. [準原著] 非接触型三次元運動解析装置を用いた肘関節運動解析(第2報). 藤田正,二見俊郎,中村一仁,塚本行男(整外),藤江裕道(阪大): 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 18: 23〜27, 1997.

2182. [研究報告(厚生省)] 臓器技術臨床研究開発事業; 組織移植の評価に関する研究(γ線照射による骨の強度変化に関する実験的研究). 糸満盛憲,渡辺哲哉,富永俊行(整外),森田真史(生体工学),伊藤均(日本原子力研究所高崎): 平成8年度厚生科学研究費補助金臓器技術臨床研究開発事業研究報告書, p.105〜110, 1997.

2183. [症例報告] アミロイド沈着による大腿骨頸部病的骨折の1例. 富永俊行,大野司,関口昌和,小島隆史,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 29(1): 40〜42, 1998.

2184. [症例報告] アスペルギルスによる真菌性脊椎炎の1例. 景山元成,安達公,蛯原有男,河内俊二,山屋智康,小林明正,二見俊郎,塚本行男(整外),久米光(病理): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 10(2): 35〜38, 1997.

2185. [症例報告] 大腿骨頸部骨折の術後に生じた深部感染に生じた抗生剤含有セメントスペーサーを用いた3例. 品田尚孝,関口昌和,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 10(5): 207〜210, 1997.

2186. [総説] 同種骨とsupport ringを用いたcup の再置換術. 関口昌和,糸満盛憲(整外): Monthly Book Orthopaedics, 11(3): 25, 32, 1998.

2187. [総説] 骨粗鬆症. 泉敏弘(整外): けんさ情報, 6(2): 11〜15, 1998.

2188. [総説] 血管とリンパ管; リンパ管注入法について. 北爪伸仁(整外),佐々木憲一,奥平雅彦: 肝胆膵, 35(6): 943〜949, 1997.

2189. [総説] 末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術. 関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘(整外): 関節外科, 16(7): 16〜21, 1997.

2190. [総説] 同種骨軟骨移植による関節機能再建. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和,大野司(整外): 骨・関節・靱帯, 10(10): 1145〜1150, 1997.

2191. [総説] 手根管症候群に対するテフロンチューブの用いた鏡視下手術−従来法との比較を中心に−. 二見俊郎,蛯原有男,小林明正,安達公,北爪伸仁(整外): 骨・関節・靱帯, 11(2): 147〜151, 1998.

2192. [総説] 長管骨骨折に対する髄内釘ねじ横止め法−下肢長管骨骨折を中心に−. 横山一彦,糸満盛憲,北見圭司,中村聡明(整外),新藤正輝(救命),田中啓司B(整外): 整形・災害外科, 40(10): 1125〜1136, 1997.

2193. [総説] 機能解剖からみた側副靱帯. 青木晴彦,二見俊郎,浮田豊彦,藤田正,遠藤太刀男,小林明正(整外): 整形・災害外科, 40(5): 419〜423, 1997.

2194. [総説] 下肢長管骨骨折に対するnon-reaming 髄内釘ねじ横止め法. 小林明正,糸満盛憲(整外): 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, 4: 63〜67, 1997.

2195. [総説] 骨銀行の利用−骨銀行の運営の実際−. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和(整外): 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, 6: 9〜15, 1998.

2196. [総説] TFCC再建を意図したPL腱球挿入の試み. 二見俊郎,藤田正,青木晴彦,浮田豊彦,小林明正(整外): 別冊整形外科, 31: 139〜142, 1997.

2197. [総説] 手指の屈伸運動に伴うtrigger wristの治療経験. 小林明正,二見俊郎,浮田豊彦,塚本行男(整外): 別冊整形外科, No.31: 274〜276, 1997.

2198. [総説] 関節疾患・骨粗鬆症. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和(整外): 臨床と研究, 75(2): 45〜50, 1998.

2199. [総説] 肘内側側副靱帯損傷. 二見俊郎(整外): 臨床スポーツ医学, 14(4): 385〜388, 1997.

2200. [総説] 日本股関節学会−この1年の進歩. 糸満盛憲(整外): 臨床整形外科, 33(2): 210〜211, 1998.

2201. [講座] 疾患別病態生理と病理・検査医学[12]骨粗鬆症. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 39(7): 73〜82, 1997.

2202. [学術書] (分担執筆) 整形外科治療のコツと落とし穴(股関節); 人工股関節再置換術における臼蓋骨欠損部の修復法, p.72〜73, 糸満盛憲(整外). 編集 山内裕雄,小野村敏信,小林晶, 中山書店,東京,97.08.30発行

2203. [学術書] (分担執筆) 整形外科痛みへのアプローチ3. 肘と手・手関節の痛み; 手および指の痛み−B軟部病変, p.182〜188, 二見俊郎,青木晴彦(整外). 編集 中村蓼吾, 監修 寺山和雄,片山治, 南江堂,東京,97.06.15発行.

2204. [学術書] (分担執筆) 整形外科専門医を目指すcase method approach 2 (手の外科編); キーンベック病, p.72〜78, 二見俊郎(整外). 編集 堀内行雄, 日本医事新報社,東京,97.07.00発行.

2205. [学術書] (分担執筆) 整形外科治療のコツと落とし穴; 難治性テニス肘に対するBoyd手術のコツ, p.98〜99, 二見俊郎(整外). 編集 山内裕雄,小野村敏信,小林晶, 中山書店,東京,97.09.00発行.

2206. [学術書] (分担執筆) 整形外科治療のコツと落とし穴; 手関節周囲のX線診断−P像とA像のどちらが有用か, p.2, 二見俊郎(整外). 編集 山内裕雄,小野村敏信,小林晶, 中山書店,東京,97.05.00発行.

2207. [学術書] (分担執筆) Abduction-opostin wedge osteotomy, p.170〜174, 二見俊郎,藤田正,青木晴彦,浮田豊彦(整外). 監修 林浩一郎,落合直之, 中山書店,東京,97.12.00発行.

2208. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 最新決定版家庭医学辞典; おもな骨折(鎖骨骨折,上腕骨骨折,上腕骨橈側顆骨折,前腕骨骨折), p.1177〜1180, 糸満盛憲(整外). 編集 中尾喜久(東大),高久史麿(自治医大),鈴木章夫(東医歯大), 株式会社法研,東京,97.10.00発行.

2209. [学会(国際)] (一般講演) Cancellous allografts in revision hip surgery for acetabulum with bone defect. 糸満盛憲,関口昌和,品田尚孝,那須野秀二(整外): 6th European Association of Musculo-Skeletal Transplantation (97.04.23), バルセロナ, スペイン.

2210. [学会(国際)] (一般講演) The need for conformity in the sliding surfaces of total knee prostheses. 馬淵清資(医療衛生),塚本行男,糸満盛憲(整外),笹田直(千葉工大): 2nd Japan Society of Mechanical Engineers JSME Cntennial Grand Congress (97.07.18〜19), 東京.

2211. [学会(国際)] (一般講演) Role of reinforcement ring combined with allograft in revision THR. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,品田尚孝(整外): 第1回スイス日本整形外科カンファレンス (97.08.21), スイス.

2212. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of anti-interleukin-8 monoclonal antibody on monosodium urate crystal-induced arthritis in rabbit. 西村明人(整外),赤星透,高橋道夫(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内),松島孝二: 第16回ILAR (97.06.08〜13), シンガポール.

2213. [学会(国際)] (ポスター講演) Identification of interleukin-8 producing cells in monosodium urate crystal-induced arthritis in rabbit. 西村明人(整外),赤星透,保坂茂(内),高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内),松島孝二: 第61回米国リウマチ学会 (97.11.08〜12), オーランド, USA.

2214. [学会(国際)] (ポスター講演) Expression of growth factors in osteophytes from arthrotic hip. 内野正隆,泉敏弘,富永俊行,脇田隆司,峰原宏昌,関口昌和,糸満盛憲(整外): 44th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society (98.03.16〜19), ニューオリンズ, USA.

2215. [学会(全国)] (シンポジウム等) 下肢長管骨難治性偽関節・外傷性骨短縮に対する各治療法における問題点. 横山一彦,糸満盛憲,塚本行男,泉敏弘,関口昌和(整外),新藤正輝(救命),田中啓司B,中村聡明,北見圭司(整外): 第23回日本骨折治療学会 (97.07.11〜12), 福岡, 抄録集, p.12, 1997.

2216. [学会(全国)] (シンポジウム等) γ線滅菌同種骨移植を用いた良性骨腫瘍の治療. 脇田隆司,泉敏弘,渡辺哲哉,関口昌和,那須野秀二,大野司,小林明正,糸満盛憲(整外),南沢育雄(長野市民病院),伊藤均(日本原子力研究所): 第33回日本移植学会総会 (97.09.16〜18), 大阪.

2217. [学会(全国)] (一般講演) 即時短縮, 仮骨延長法にて加療したGustilo VB型下腿骨開放骨折の1例. 八木健司,中村聡明,横山一彦,塚本達郎,田中啓司B,那須野秀二,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命): 関東整形外科学会月例会第581回整形外科集談会東京地方会 (97.03.22), 東京.

2218. [学会(全国)] (一般講演) 胸, 腰椎部に対するSpinal Instrumentationの適応と問題; 胸, 腰椎損傷に対する前方法と後方法. 安達公,蛯原有男,三輪清志,山屋智康,河内俊二,中沢俊之,二見俊郎,塚本行男(整外): 第26回日本脊椎外科学会 (97.04.18〜19), 横浜.

2219. [学会(全国)] (一般講演) 正常関節液の年代による組成と粘度の変化. 小島隆史,塚本行男,小林明正(整外): 第41回日本リウマチ学会 (97.05.08〜10), 名古屋.

2220. [学会(全国)] (一般講演) 家兎尿酸結晶誘発性関節炎における好中球IL-8の生産. 西村明人(整外),赤星透(内),高橋道雄,高岸憲二,糸満盛憲(整外),近藤啓文(内): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋.

2221. [学会(全国)] (一般講演) 培養軟骨細胞に及ぼすrhBMP-2の影響. 大高文典,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,高平尚伸,平田浩子,糸満盛憲(整外): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋.

2222. [学会(全国)] (一般講演) 兎成長軟骨細胞外基質プロテオグリカン(PG)およびヒアルロン酸(HA)合成に及ぼすIL-1αの影響とその作用機序. 高平尚伸,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,花嶋美奈子,大高文典,平田浩子,糸満盛憲(整外): 第41回日本リウマチ学会総会 (97.05.08〜10), 名古屋.

2223. [学会(全国)] (一般講演) 膝十字靱帯損傷に対する超音波検査の応用. 池田貴英,北爪伸仁,宮下謙一,八木英憲,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 第23回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 (97.05.15〜16), 東京.

2224. [学会(全国)] (一般講演) 手根管症候群男性例における発生因子の検討. 小林明正,二見俊郎,浮田豊彦,塚本行男(整外): 第40回日本手の外科学会学術集会 (97.05.22〜23), 岩手.

2225. [学会(全国)] (一般講演) Dupuytren拘縮に対する開放療法;−Open palm and digit 法による−. 小林明正,二見俊郎,浮田豊彦,塚本行男(整外): 第40回日本手の外科学会学術集会 (97.05.22〜23), 岩手.

2226. [学会(全国)] (一般講演) 円筒面型人工膝関節の中・長期成績. 塚本行男,小林明正,北爪伸仁,安達公,二見俊郎,八木英憲(整外): 第70回日本整形外科学会学術集会 (97.06.19〜20), 札幌, 日整会誌, 71(4): 234, 1997.

2227. [学会(全国)] (一般講演) 膝関節近傍の広範骨欠損に対する同種骨移植. 泉敏弘,大野司,関口昌和,渡辺哲哉,那須野秀二,上田昭吾,糸満盛憲(整外): 第70回日本整形外科学会学術集会 (97.06.19〜20), 札幌, 日整会誌, 71(4): 562, 1997.

2228. [学会(全国)] (一般講演) モーニングレクチャー; 大腿骨顆部・顆上部骨折の治療. 糸満盛憲,横山一彦(整外): 第70回日本整形外科学会学術集会 (97.06.19〜20), 札幌, 日整会誌, 71(4): 565, 1997.

2229. [学会(全国)] (一般講演) 髄内骨切り術による長管骨変形の矯正手術. 糸満盛憲,横山一彦,関口昌和,泉敏弘,品田尚孝(整外): 第70回日本整形外科学会学術集会 (97.06.19〜20), 札幌, 日整会誌, 71(4): 688, 1997.

2230. [学会(全国)] (一般講演) 上腕骨骨幹部骨折に対する髄内釘横止め法の治療成績. 甲斐秀実,横山一彦,小林明正(整外),新藤正輝(救命),糸満盛憲(整外): 第23回日本骨折治療学会 (97.07.11〜12), 福岡.

2231. [学会(全国)] (一般講演) 脛骨顆部骨折の治療経験. 河内俊二,北爪伸仁,渡辺尚,八木英憲,池田貴英,小島隆史,安達公,二見俊郎,塚本行男(整外): 第23回日本骨折治療学会 (97.07.11〜12), 福岡.

2232. [学会(全国)] (一般講演) 下腿骨開放骨折に対するUnreamedとReamed IM nailingの検討. 北見圭司(整外),新藤正輝,田中啓司B(救命),横山一彦,糸満盛憲(整外): 第23回日本骨折治療学会 (97.07.11〜12), 福岡, 抄録集, p.20, 1997.

2233. [学会(全国)] (一般講演) Floating Knee骨折の機能成績. 横山一彦,糸満盛憲,中村聡明(整外),新藤正輝(救命),関口昌和(整外),上田昭吾(高知医大): 第45回日本災害医学会学術集会 (97.10.02〜03), 仙台.

2234. [学会(全国)] (一般講演) 大腿骨骨折に対する逆行性髄内釘横止め法の治療成績. 中村聡明,糸満盛憲,横山一彦(整外),新藤正輝(救命): 第45回日本災害医学会学術集会 (97.10.02〜03), 仙台.

2235. [学会(全国)] (一般講演) リウマチ手関節に対するSauve-Kapandji手術の有用性について. 小林明正,米本光一,二見俊郎,遠藤太刀男,関忍,田辺賀則,塚本行男(整外): 第25回日本リウマチ・関節外科学会 (97.10.03〜04), 神戸.

2236. [学会(全国)] (一般講演) 変形性膝関節症関節液の粘弾性挙動に基づく実験的考察. 遠藤太刀男,八木英憲,小島隆史,池田貴英,北爪伸仁,小林明正,二見俊郎,塚本行男(整外): 第24回日本臨床バイオメカニクス学会 (97.11.07〜08), 千葉.

2237. [学会(全国)] (一般講演) 股関節手術における自己血輸血と低血圧麻酔併用の有用性. 小宮宏一郎,糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘(整外): 第24回日本股関節学会 (97.11.14〜15), 横浜.

2238. [学会(全国)] (一般講演) 進行期, 末期股関節症に対する外反骨切り術およびChiari骨切り術併用手術の中期成績; 外反屈曲骨切り術単独手術例との比較. 関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘,那須野秀二,甲斐秀実,品田尚孝(整外): 第24回日本股関節学会 (97.11.14〜15), 横浜.

2239. [学会(全国)] (一般講演) 家兎後肢を用いた温阻血再灌流モデルにおける血中活性酸素の経時的変化. 中村光伸,横山一彦,木村正統,糸満盛憲(整外),中村国衛(分生): 第24回日本マイクロサージャリー学会 (97.11.20〜21), 東京.

2240. [学会(全国)] (一般講演) ペルテス病における一次治癒時の状態と治療成績との関係. 小宮宏一郎,糸満盛憲,関口昌和,横関淳,斉田康之(整外): 第8回日本小児整形外科学会学術集会 (97.11.21〜22), 仙台.

2241. [学会(全国)] (一般講演) セメントレス人工関節(サンナボールカップ, CLSステム)の短期成績. 黒沢一也,糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,品田尚孝,塚本達郎(整外): 第28回日本人工関節学会 (98.03.05〜06), 金沢.

2242. [学会(全国)] (一般講演) ゲンタマイシン含有セメントスペーサーを用いた感染股関節に対する治療経験. 関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘,利根川雅俊,品田尚孝,塚本達郎,黒沢一也(整外),橋本彰子(薬剤部): 第28回日本人工関節学会 (98.03.05〜06), 金沢.

2243. [学会(全国)] (一般講演) 著明な摩耗, 破損を生じた人工膝関節の2例. 山屋智康,塚本行男,北爪伸仁,小林明正,安達公,蛯原有男,二見俊郎(整外): 第28回日本人工関節学会 (98.03.05〜06), 金沢.

2244. [学会(全国)] (一般講演) 骨梁構造変化の理論予測に基づいて開発した十字ステム人工股関節. 品田尚孝(整外),馬淵清資(医療衛生),糸満盛憲(整外): 第28回日本人工関節学会 (98.03.05〜06), 金沢.

2245. [学会(全国)] (一般講演) 変形性股関節症の骨棘における成長因子の発現. 内野正隆,泉敏弘,富永俊行,脇田隆司,峰原宏昌,関口昌和,糸満盛憲(整外): 第11回日本軟骨代謝学会 (98.03.13〜14), 東京.

2246. [学会(全国)] (ポスター講演) 膝蓋骨の安定性に関わる大腿四頭筋筋力の影響について. 池田貴英,北爪伸仁,八木英憲,小島隆史,二見俊郎,塚本行男,糸満盛憲(整外),村石明彦,笹田直(千葉工大),藤江裕道(阪大): 第12回日本整形外科学会基礎学術集会 (97.10.16〜17), 新潟, 日本整形外科学会雑誌, 71(8): 1602, 1997.

2247. [学会(全国)] (ポスター講演) 大腿骨頸部内側骨折後の骨頭変化. 北爪伸仁,八木英憲,池田貴英,小島隆史,中村光伸,蛯原有男,今野淳,二見俊郎,塚本行男(整外): 第12回日本整形外科学会基礎学術集会 (97.10.16〜17), 新潟, 日本整形外科学会雑誌, 71(8): 1545, 1997.

2248. [学会(全国)] (ポスター講演) IL-αにより惹起される軟骨細胞外基質合成変化におよぼすヒアルロン酸の影響. 高平尚伸(整外),高岸憲二(群馬大),西村明人,利根川雅俊,花嶋美奈子,大高文典,平田浩子,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第12回日本整形外科学会基礎学術集会 (97.10.16〜17), 新潟, 日本整形外科学会雑誌, 71(8): 1545, 1997.

2249. [学会(全国)] (ポスター講演) 肘関節内外側側副靱帯の肉眼的形態観察およびロボテックスによる力学的検討. 青木晴彦,二見俊郎,塚本行男,藤田正,浮田豊彦(整外),藤江裕道(阪大): 第12回日本整形外科学会基礎学術集会 (97.10.16〜17), 新潟, 日本整形外科学会雑誌, 71(8): 1611, 1997.

2250. [学会(全国)] (ポスター講演) 変形性股関節症の骨棘における成長因子の発現. 内野正隆,泉敏弘,富永俊行,脇田隆司,峰原宏昌,関口昌和,糸満盛憲(整外): 第12回日本整形外科学会基礎学術集会 (97.10.16〜17), 新潟, 日本整形外科学会雑誌, 71(8): 1771, 1997.

2251. [学会(全国)] (ポスター講演) 同種骨とSupport ringを用いた人工臼再置換術におけるStrut screw(支持柱)の役割. 品田尚孝,関口昌和(整外),森田真史(生体工),糸満盛憲(整外): 第12回日本整形外科学会基礎学術集会 (97.10.16〜17), 新潟, 日本整形外科学会雑誌, 71(8): 1788, 1997.

2252. [学会(地方)] (一般講演) 反復性肩関節脱臼・亜脱臼に対するModified Inferior Capsular Shift法の術後成績. 渡辺哲哉,高岸憲二,高平尚伸,斉藤昭彦,糸満盛憲(整外): 第5回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (97.05.17), 横浜.

2253. [学会(地方)] (一般講演) テニス肘の外科的治療法および屍体肘の短橈側手根伸筋腱の周囲組織の形態観察. 浮田豊彦,二見俊郎,小林明正,塚本行男(整外): 第5回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (97.05.17), 横浜.

2254. [学会(地方)] (一般講演) 肘内側側副靱帯機能不全症の病態と治療上の問題. 二見俊郎,浮田豊彦,青木晴彦,藤田正,小林明正,塚本行男(整外): 第5回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (97.05.17), 横浜.

2255. [学会(地方)] (一般講演) 下肢麻痺様症状で発症したLeriche症候群の1例. 山田晃毅,安達公,蛯原有男,関忍,二見俊郎,塚本行男(整外): 第100回神奈川整形災害外科医会 (97.06.14), 横浜.

2256. [学会(地方)] (一般講演) 大腿骨頸部骨折の術後に生じた深部感染に抗生剤含有セメントスペーサーを用いた3例. 品田尚孝,関口昌和,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第100回神奈川整形災害外科医会 (97.06.14), 横浜.

2257. [学会(地方)] (一般講演) 四肢骨折後に発症した致死的肺塞栓症の1例. 八木健司,田中啓司B(整外),上條吉人,平田光博(救命),西村明人(整外),新藤正輝,杉本勝彦,相馬一亥,大和田隆(救命),楢原秀之,糸満盛憲 (整外): 第43回日本救急医学会関東地方会 (97.06.21), 東京.

2258. [学会(地方)] (一般講演) 銃弾による前腕骨骨折の1例. 福島宣明,田中啓司B,西村明人(整外),新藤正輝(救命),八木健司,横山一彦,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会第582回整形外科集談会東京地方会 (97.06.28), 東京.

2259. [学会(地方)] (一般講演) 完全還納式椎弓及び椎弓根切除術の試み. 安達公,蛯原有男,山屋智康,二見俊郎,塚本行男(整外): 第46回東日本整形災害外科学会 (97.08.29〜30), 東京.

2260. [学会(地方)] (一般講演) 脊椎分離症に対するPedicle screw and wiring法の工夫. 蛯原有男,安達公,山屋智康,二見俊郎,塚本行男(整外): 第46回東日本整形災害外科学会 (97.08.29〜30), 東京.

2261. [学会(地方)] (一般講演) Pedicle screw法を併用した腰椎後側方固定術の隣接椎間に及ぼす影響. 山屋智康,安達公,蛯原有男,二見俊郎,塚本行男(整外): 第46回東日本整形災害外科学会 (97.08.29〜30), 東京.

2262. [学会(地方)] (一般講演) 髄内釘を利用した両下肢骨延長術の1例. 関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘,楢原秀之,白須一也,笠井謙和(整外): 第46回東日本整形災害外科学会 (97.08.29〜30), 東京.

2263. [学会(地方)] (一般講演) 変形性股関節症に対するセメントレス人工股関節(サンナボールカップ, CLSシステム)の短期成績. 黒沢一也,糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,品田尚孝,塚本達郎(整外): 第46回東日本整形災害外科学会 (97.08.29〜30), 東京.

2264. [学会(地方)] (一般講演) 中指DIP変形性関節症に続発したComplex regional pain syndrome(RSD)の1例(続報). 遠藤太刀男,二見俊郎,佐藤俊博,八代忍,小林明正,塚本行男(整外),荒川真之(麻): 第3回神奈川手・肘の外科研究会 (97.09.21), 横浜.

2265. [学会(地方)] (一般講演) 治療に難渋した陳旧性肘関節脱臼骨折の1例. 八代忍,遠藤太刀男,小林明正,二見俊郎,塚本行男(整外): 第3回神奈川手・肘の外科研究会 (97.09.21), 横浜.

2266. [学会(地方)] (一般講演) 右心房まで伸展し上大静脈症候群を呈した肩甲部腫瘍の1例. 河合光正,内野正隆,那須野秀二,土屋護,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会第583回整形外科集談会東京地方会 (97.09.27), 東京.

2267. [学会(地方)] (一般講演) 遊離広背筋皮弁と遊離血管柄付き骨移植を併用したGustilo VB型下腿骨骨折の治療経験. 斉田康之,中村光伸,横山一彦,新藤正輝,中村聡明,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会第584回整形外科集談会東京地方会 (97.10.25), 東京.

2268. [学会(地方)] (一般講演) 抗生物質混入骨セメントスペーサーからの硫酸ゲンタマイシン溶出量の検討. 利根川雅俊,関口昌和,泉敏弘,牧野耕文,片桐崇文,糸満盛憲(整外),橋本彰子(薬剤部): 第35回関東整形災害外科学会 (97.11.29), 東京.

2269. [学会(地方)] (一般講演) 黄色靱帯より発生したと思われる脊柱管内ガングリオンの1例. 只野功,安達公,蛯原有男,田辺賀則,山屋智康,二見俊郎,塚本行男(整外): 第35回関東整形災害外科学会 (97.11.29), 東京.

2270. [学会(地方)] (一般講演) キーンベック病を伴う手根管症候群の2例. 大山達也,二見俊郎,小林明正,遠藤太刀男,東計,塚本行男(整外): 第35回関東整形災害外科学会 (97.11.29), 東京.

2271. [学会(地方)] (一般講演) McCollough変法によるSyme切断の3例. 八代忍(整外),斉藤英彦,井上善也,大井宏之,近藤尚(聖隷浜松病院),佐藤俊博(整外): 第35回関東整形災害外科学会 (97.11.29), 東京.

2272. [学会(地方)] (一般講演) 小児Gustilo V型脛骨開放骨折の治療経験. 土屋護,横山一彦,甲斐秀実,田中啓司B,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命): 第35回関東整形災害外科学会 (97.11.29), 東京, 関東整形災害外科学会誌, 28: 75, 1997.

2273. [学会(地方)] (一般講演) エコーが有用であった多発性グロームス腫瘍の1例. 原洋,那須野秀二,片野素昭,斉田康之,塚本達郎,糸満盛憲(整外): 第101回神奈川整形災害外科医会 (97.12.06), 横浜.

2274. [学会(地方)] (一般講演) 舟状骨偽関節の治療経験. 関忍,二見俊郎,小林明正,遠藤太刀男,八代忍,塚本行男(整外): 第101回神奈川整形災害外科医会 (97.12.06), 横浜.

2275. [学会(地方)] (一般講演) 両側腸腰筋膿瘍の1例. 中村昌彦,中村聡明,関口昌和,横山一彦,泉敏弘,塚本達郎,原洋,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会第585回整形外科集談会東京地方会 (97.12.20), 東京.

2276. [学会(地方)] (一般講演) 骨盤骨折に対してTAE施行後広範な殿筋壊死を起こした1例. 黒沢一也,西村明人,土屋護,糸満盛憲(整外),新藤正輝,田中啓司B,西巻博(救命): 関東整形災害外科学会第586回整形外科集談会東京地方会 (98.01.31), 東京.

2277. [学会(地方)] (一般講演) 中指変形性DIP関節症に続発したComplex Regional Pain Syndrome type I(RSD)の1例. 遠藤太刀男,二見俊郎,佐藤俊博,八代忍,小林明正,塚本行男(整外),荒川真之(麻酔): 第12回東日本手の外科研究会 (98.02.14), 浜松.

2278. [学会(地方)] (一般講演) 神経伝導時間計測器(NERVEPACE S-100)を用いての手根管症候群の診断. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第12回東日本手の外科研究会 (98.02.14), 浜松.

2279. [学会(地方)] (一般講演) 歩行困難を呈した硬膜内脱出腰椎椎間板ヘルニアの1例. 相川淳,蛯原有男,安達公,山屋智康,田辺賀則,宮下謙一,関忍,二見俊郎,塚本行男(整外),久保寺大也(久保寺整形外科): 第102回神奈川整形災害外科医会 (98.02.14), 横浜.

2280. [学会(地方)] (一般講演) 人工股関節置換術後に生じたカンジダ感染症の1例. 大塚敏之,品田尚孝,関口昌和,泉敏弘,塚本達郎,景山元成,糸満盛憲(整外): 第102回神奈川整形災害外科医会 (98.02.14), 横浜.

2281. [学会(地方)] (一般講演) 膝半月板修復術後の再鏡視所見. 北爪伸仁,宮下謙一,関忍,八木英憲,池田貴英,小島隆史,二見俊郎,塚本行男(整外): 第19回東京膝関節学会 (98.02.21), 東京.

2282. [学会(地方)] (一般講演) 家兎におけるACL一次修復術の組織および力学的検討(第2報). 八木英憲,北爪伸仁,池田貴英,宮下謙一,二見俊郎,塚本行男,糸満盛憲(整外): 第19回東京膝関節学会 (98.02.21), 東京.

2283. [学会(地方)] (一般講演) 膝蓋内側滑膜ヒダ障害の検討. 宮下謙一,北爪伸仁,相川淳,八木英憲,池田貴英,二見俊郎,塚本行男(整外): 第19回東京膝関節学会 (98.02.21), 東京.

2284. [学会(地方)] (一般講演) 二次的外傷により生じた大腿骨骨折後の大腿骨髄内釘に弯曲を来した1例. 大塚宏,利根川雅俊,横山一彦,泉敏弘,関口昌和,東計,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会第588回整形外科集談会東京地方会 (98.03.28), 東京.

2285. [研究会(全国)] (教育講演) Fracture treatment in Japan. 糸満盛憲(整外): AO/ASIF; 1st Compact Basic Course (97.05.25), 新潟.

2286. [研究会(全国)] (教育講演) Fracture treatment in Japan. 糸満盛憲(整外): AO/ASIF; 1st Compact Basic Course (97.05.28), 東京.

2287. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 十字ステム人工股関節周囲骨組織の応力解析. 品田尚孝(整外),馬淵清資,鈴木文佳(医療衛生),糸満盛憲(整外),池田俊昭,久保田勝巳,石川光雄(医療衛生),中里力(QUINT Co): 第18回バイオトライボロジシンポジウム (98.03.07), 京都.

2288. [研究会(全国)] (一般講演) 四肢動脈閉塞と静脈鬱血後再灌流時における活性酸素量の違い; 家兎後肢再灌流モデルを用いて−. 横山一彦,中村光伸,木村正統,糸満盛憲(整外),中村国衛(分生): 第16回日本骨・関節・軟部組織移植研究会 (97.09.19〜20), 徳島.

2289. [研究会(全国)] (一般講演) 凍結乾燥・放射線滅菌骨の臨床応用. 富永俊行,泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和,渡辺哲哉,那須野秀二,脇田隆司(整外): 第16回日本骨・関節・軟部組織移植研究会 (97.09.19〜20), 徳島.

2290. [研究会(全国)] (一般講演) 脊椎分離症に対するpedicle screw wiring法. 蛯原有男,安達公,山屋智康,二見俊郎,塚本行男(整外): 第5回日本腰痛研究会 (97.11.01), 東京.

2291. [研究会(全国)] (一般講演) 多発性骨壊死における大腿骨MRI像. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和(整外): 厚生省特定疾患特発性大腿骨頭壊死症分科会平成9年度第2回班総会 (98.02.07), 東京.

2292. [研究会(全国)] (一般講演) サル肘関節内外側側副靱帯の生体力学的検討. 青木晴彦,二見俊郎,塚本行男,藤田正,浮田豊彦(整外),藤江裕道(阪大): 第10回日本肘関節研究会 (98.02.21), 東京.

2293. [研究会(地方)] (特別講演) 髄内釘による下肢粉砕骨折の治療. 糸満盛憲(整外): 小田原整形外科医会 (97.06.04), 小田原.

2294. [研究会(地方)] (特別講演) 下肢粉砕骨折の治療. 糸満盛憲(整外): 横浜市青葉・都筑・緑区整形外科医会 (97.07.23), 横浜.

2295. [研究会(地方)] (特別講演) 股関節症治療における外反屈曲骨切り術の意義. 糸満盛憲(整外): 第37回香川県整形外科集談会 (97.09.27), 香川.

2296. [研究会(地方)] (特別講演) 長管骨骨折に対する治療方法の考え方. 糸満盛憲(整外): 第24回大阪市大骨折研究会 (97.10.25), 大阪.

2297. [研究会(地方)] (特別講演) 髄内釘による骨折手術−その特徴と限界−. 糸満盛憲(整外): 第94回北海道整形外科外傷研究会 (98.02.28), 北海道.

2298. [研究会(地方)] (特別講演) 人工股関節置換術における臼蓋部欠損の同種骨による修復法. 糸満盛憲(整外): 同種骨移植研究会 (98.03.06), 金沢.

2299. [研究会(地方)] (特別講演) 同種保存骨移植の臨床応用. 糸満盛憲(整外): 第15回柏整会総会 (98.03.14), 東京.

2300. [研究会(地方)] (教育講演) 末期股関節症の外反屈曲骨切り術. 糸満盛憲(整外): 第13回神奈川整形手術手技研究会 (97.06.06), 横浜.

2301. [研究会(地方)] (教育講演) 末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術の意義. 糸満盛憲(整外): 福井県骨関節懇話会秋季研修会 (97.10.11), 福井.

2302. [研究会(地方)] (教育講演) 末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術の意義. 糸満盛憲(整外): 第60回東京医科歯科大学整形外科集談会 (97.12.13), 東京.

2303. [研究会(地方)] (教育講演) 開放骨折の初期治療および合併症の対策−脛骨開放骨折を中心に−. 横山一彦(整外): 西横浜整形外科医会 (98.01.22), 鎌倉.

2304. [研究会(地方)] (一般講演) 特発性手根管症候群における虫様筋屈筋腱筋腹に関する検討. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,関忍,田辺賀則,塚本行男(整外): 第3回神奈川手・肘の外科研究会 (97.09.21), 横浜.

2305. [研究会(地方)] (一般講演) 浅大腿動脈損傷を合併した大腿骨骨幹部皮下骨折の3例. 利根川雅俊,横山一彦,甲斐秀実,中村光伸,糸満盛憲(整外),新藤正輝(救命): 第25回神奈川関節外科研究会 (97.10.04), 横浜.

2306. [研究会(地方)] (一般講演) 再発をくり返した色素性絨毛結節性滑膜炎の1例. 相川淳,北爪伸仁,宮下謙一,二見俊郎,塚本行男(整外): 第25回神奈川関節外科研究会 (97.10.04), 横浜.

2307. [研究会(地方)] (一般講演) 再発を繰り返した膝色素性絨毛結節性滑膜炎の1例. 相川淳,北爪伸仁,宮下謙一,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 第24回関東膝を語る会 (97.11.22), 東京.

2308. [研究会(地方)] (一般講演) 膝蓋内側滑膜ヒダ障害の組織学的検討. 宮下謙一,北爪伸仁,相川淳,池田貴英,二見俊郎,塚本行男(整外): 第24回関東膝を語る会 (97.11.22), 東京.

2309. [研究会(地方)] (一般講演) 仙骨部腫瘍に右腎腫瘍を合併した1例. 塚本達郎(整外),三枝信(病理),那須野秀二(整外): 第215回北里大学病院CPC (98.02.25), 相模原.

2310. [研究会(地方)] (一般講演) 鎖骨遠位端切除術を行った変形性肩鎖関節症の1例. 井村貴之,小林明正,宮下謙一,北爪伸仁,二見俊郎,塚本行男(整外): 第26回神奈川関節外科研究会 (98.03.07), 横浜.

2311. [研究会(地方)] (一般講演) 大腿骨顆上・顆間部骨折の治療成績−AO分類Type A, Cについて−. 東計,横山一彦,中村聡明(整外),新藤正輝(救命),泉敏弘,関口昌和,糸満盛憲(整外): 第26回神奈川関節外科研究会 (98.03.07), 横浜.

2312. [研究会(地方)] (公開講演) しびれを感じたら. 安達公(整外): 北里大学東病院療養教室 (97.07.05), 相模原.

2313. [学会主催(国内学会)] 第24回日本股関節学会(97.11.14〜15), 横浜, 糸満盛憲(整外).

2314. [学会主催(国内学会)] AO/ASIF−1st compact basic course(97.05.28〜30), 東京, 糸満盛憲(整外).

2315. [学会主催(地方会)] 第100回神奈川整形災害外科医会(97.06.14), 横浜, 糸満盛憲(整外).

2316. [学会主催(その他)] 第5回よこはまスポーツ整形外科フォーラム(97.05.17), 横浜, 糸満盛憲(整外).


<<22 形成外科学>>

2317. [原著] Unusual palpebral foreign bodies. 内沼栄樹,佐藤明男,松倉知之,水野寿子,塩谷信幸(形外): Aesthetic Plast. Surg., 21: 258〜261, 1997.

2318. [原著] Extended lid-splitting surgery of marginal eyelid defects. 内沼栄樹,塩谷信幸,佐藤史郎(形外): Aesthetic Plast. Surg., 21: 385〜387, 1997.

2319. [原著] Evaluation of the median forehead flap and the nasolabial flap in nasal reconstruction. 内沼栄樹,松井潔,島倉康人,村下一晃,塩谷信幸(形外): Aesthetic Plast. Surg., 21: 86〜89, 1997.

2320. [原著] Development of new wound dressing composed of spongy collagen sheet containing dibutyryl cyclic AMP. 柴田裕達,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): J. Biomater. Sci. Polym. Ed., 8(8): 601〜621, 1997.

2321. [原著] コラーゲンスポンジを基材とした培養表皮と培養真皮の肉芽形成能に関する評価. 辻野一郎(形外),黒柳能光(生体工),内沼栄樹,塩谷信幸(形外): Progress in Medicine, 17(9): 265〜267, 1997.

2322. [原著] Unilateral multiple adenolymphomas originating in the parotid gland; A clinicopathological study. 内沼栄樹,塩谷信幸(形外): Scand. J. Plast. Reconstr. Surg. Hand Surg., 31: 239〜243, 1997.

2323. [原著] カデックスR (NI-009: ヨウ素−デキストリンポリマー)の陥入爪に対する治療効果. 佐藤明男,大竹尚之,村下一晃,島倉康人,松井潔,根本充(形外): 医学と薬学, 37(5): 1165〜1170, 1997.

2324. [原著] 角質化細胞とコラーゲンマトリックスから成る複合培養表皮代替物: 動物実験における移植試験. 辻野一郎,内沼栄樹,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 生体材料, 15(4): 156〜161, 1997.

2325. [原著] V度熱傷創面におけるコラーゲンスポンジの創傷治癒促進効果の検討: 動物実験評価. 田中正英(形外),黒柳能光(生体工),塩谷信幸(形外): 生体材料, 15(4): 162〜170, 1997.

2326. [原著] 培養毛乳頭細胞の凍結保存. 中村健B,武田啓,塩谷信幸,内沼栄樹(形外): 日本形成外科学会会誌, 17(12): 799〜811, 1997.

2327. [原著] 毛乳頭移植による毛包再構築の臨床的検討. 中村健B,武田啓,塩谷信幸(形外): 日本形成外科学会会誌, 17(6): 376〜383, 1997.

2328. [原著] ring injury2例の治療経験. 柴田裕達,新沢博子,佐藤英明,塩谷信幸(形外): 日本災害医学会会誌, 45(12): 787〜791, 1997.

2329. [原著] Distribution of type XII collagen in hypertrophic scars and keloids. 門谷久仁子,武田啓,内沼栄樹,西山敏夫,天野聡,Burgeson, Robert E.,塩谷信幸(形外): 北里医学, 27(5): 294〜300, 1997.

2330. [準原著] コラーゲンスポンジを基材とするDibutyryl Cyclic AMP含有創傷被覆材の開発. 柴田裕達,内沼栄樹,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): Progress in Medicine, 17(9): 273〜274, 1997.

2331. [準原著] 眼瞼周囲の類皮嚢腫の治療経験. 辻野一郎,浅野学,高山敦子,仁木高志,大竹博司(形外): 埼玉医学会会誌, 31(5): 765〜768, 1997.

2332. [症例報告] 下顎部に発生した侵襲性小児線維腫の1例. 山下理絵,内沼栄樹,柴田裕達,林和弘,山崎安晴(形外): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(12): 874〜877, 1997.

2333. [症例報告] 両側母趾多趾症の1例. 林和弘,柴田裕達,山下理絵,内沼栄樹(形外): 整形・災害外科, 40(11): 1383〜1387, 1997.

2334. [臨床治験] IntrasiteR gel systemの各種創傷に対する臨床試験成績. 宇井謙二,塩谷信幸(形外),大原国章,高橋久恵(虎ノ門病院): 臨床医薬, 13(13): 205〜217, 1997.

2335. [総説] 人工皮膚と培養皮膚. 武田啓,内沼栄樹(形外): 小児外科, 29(12): 1543〜1547, 1997.

2336. [総説] 自家移植を主体とした鼻形成術. 大竹尚之(形外): 北里医学, 27(3): 157〜167, 1997.

2337. [学会(国際)] (一般講演) Three dimensional observation of newly formed blood vessel in granulation tissue using confocal microscopy. 松倉知之,武田啓(形外),黒柳能光(生体工),内沼栄樹,塩谷信幸(形外): Europian Tissue Repair Society Consensus Meeting (97.08.21), Freiburg, Germany.

2338. [学会(国際)] (一般講演) A simple method of analysis of wound fluids. 田中正英,武田啓,宇井謙二,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): Europian Tissue Repair Society Consensus Meeting (97.08.22), Freiburg, Germany.

2339. [学会(国際)] (一般講演) 下咽頭癌頚部食道再建−我々の遊離空腸咽頭側口径拡大法−Folding Fan Flap. 吉田豊和,清水調,酒井直彦,三上太郎,中村佳代,青木文彦(形外),西海智子(神奈川県立ガンセンター): 第8回日本中国形成外科交流学術集会 (97.10.25), 岩手.

2340. [学会(国際)] (ポスター講演) Angiogenesis in the formation of granulation tissue - Three dimensional observation by confocal microscopy. 松倉知之,武田啓(形外),黒柳能光(生体工),内沼栄樹,塩谷信幸(形外): Advances in Wound Healing, Burn Care and Infection Control (97.02.17), Maui, Hawaii.

2341. [学会(全国)] (教育講演) 鼻の美容外科, 骨格の美容外科. 大竹尚之(形外): 日本美容皮膚科学会セミナー98 (98.02.25), 東京.

2342. [学会(全国)] (シンポジウム等) 同種複合培養真皮による難治性潰瘍の治療. 山下理絵,南條昭雄,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2343. [学会(全国)] (シンポジウム等) 身体各部の創傷処理(頭部). 内沼栄樹,山田直人,村下一晃,根本充,三田麻津子(形外): 第22回日本外科系連合学会学術集会 (97.06.28), 大阪, 日本外科系連合学会誌, 22(3): 374, 1997.

2344. [学会(全国)] (シンポジウム等) 美容外科領域におけるメイクアップについて. 大竹尚之,中北信昭,内沼栄樹(形外): 第69回日本美容外科学会学術集会 (97.07.00), 京都.

2345. [学会(全国)] (シンポジウム等) レーザー治療後に生ずる炎症性色素沈着の治療. 山下理絵(形外): 第71回日本美容外科学会学術集会 (98.01.17), 東京.

2346. [学会(全国)] (シンポジウム等) 美容皮膚外科とエステティックについて. 大竹尚之(形外): 日本美容皮膚科学会セミナー98 (98.02.25), 東京.

2347. [学会(全国)] (一般講演) 同種培養真皮の表皮化促進効果(臨床評価). 山田直人,村下一晃,松倉知之,塩谷信幸(形外),黒柳能光(生体工): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2348. [学会(全国)] (一般講演) 小児下顎骨関節突起部骨折の保存的治療−第1報−. 酒井直彦,山崎安晴,中北信昭,山本博,石黒匡史,塩谷信幸(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2349. [学会(全国)] (一般講演) L型耳介軟骨・真皮脂肪複合移植による唇劣外鼻修正術. 中北信昭,山崎安晴,酒井直彦,山本博,石黒匡史,塩谷信幸(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2350. [学会(全国)] (一般講演) Face liftのコンピューターによる術前診断とシュミレーションについて. 宇津木龍一,森川一彦,大竹尚之,塩谷信幸(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2351. [学会(全国)] (一般講演) 基底細胞上皮腫の統計的観察. 林和弘,内沼栄樹,宇井謙二,塩谷信幸(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2352. [学会(全国)] (一般講演) 耳下腺acinic cell carcinomaの手術例の検討. 新沢博子,柴田裕達,佐藤英明,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2353. [学会(全国)] (一般講演) 当科で経験された頭部先天性皮膚洞の3症例. 石黒匡史,内沼栄樹,山本博,酒井直彦,塩谷信幸(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎, 抄録集, p.54, 1997.

2354. [学会(全国)] (一般講演) Bilhaut-Cloquet変法による新しい多指(趾)症手術. 佐藤明男,鳥飼勝行,高瀬税(形外),藤波宏治(神奈川県立こども医療センター),瀬崎晃一郎,根本充,塩谷信幸(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎, 予稿集, p.239, 1997.

2355. [学会(全国)] (一般講演) 人工口蓋床(Hotz床)の有用性について−第1報; 口唇形成手術時までの効果−. 山崎安晴,中北信昭,塩谷信幸,鳥飼勝行(形外),藤波宏治(神奈川県立こども医療センター),瀬崎晃一郎,佐藤明男(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎, 予稿集, p.283, 1997.

2356. [学会(全国)] (一般講演) 重症熱傷の転送例に関する検討. 山下理絵,南條昭雄,山田直人,松倉知之(形外): 第23回日本熱傷学会総会 (97.05.22), 東京.

2357. [学会(全国)] (一般講演) 口蓋形成術に使用した頬筋粘膜弁の術後変形とその対策. 佐藤明男,鳥飼勝行,高瀬税,藤波宏治,瀬崎晃一郎,山崎安晴,根本充,塩谷信幸(形外): 第21回日本口蓋裂学会学術集会 (97.07.10), 東京, 日本口蓋裂学会誌, 22(4): 236, 1997, 予稿集, p.51, 1997.

2358. [学会(全国)] (一般講演) 両側完全唇顎口蓋裂初回口唇形成術における顎裂部骨移植の術後評価. 山崎安晴,鳥飼勝行,中北信昭,佐藤明男(形外),藤波宏治(神奈川県立こども医療センター),高瀬税,船木純三(形外),黒田敬之(東京歯大): 第21回日本口蓋裂学会学術集会 (97.07.10), 東京, 日本口蓋裂学会誌, 22(4): 239, 1997.

2359. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院救命救急センターにおける開設後前半5年間と後半5年間の熱傷患者の比較検討. 新沢博子,山田直人(形外),根本充,新藤正輝,大和田隆(救命),宇井謙二,内沼栄樹(形外): 第45回日本災害医学会 (97.10.03), 仙台.

2360. [学会(全国)] (一般講演) Q−スイッチルビーレーザーによる老人性色素斑の治療. 山下理絵,浅野学,南條昭雄,内沼栄樹(形外): 第20回日本美容外科学会 (97.10.12), 東京.

2361. [学会(全国)] (一般講演) 最近の臍の形態美を考慮した臍形成術. 辻野一郎,宇津木龍一,塩谷信幸(形外): 第20回日本美容外科学会 (97.10.12), 東京.

2362. [学会(全国)] (一般講演) SMAS-platysma法Faceliftにおける術後の“あともどり”の程度について. 宇津木龍一,森川一彦,辻野一郎,塩谷信幸(形外): 第20回日本美容外科学会 (97.10.12), 東京.

2363. [学会(全国)] (一般講演) 培養毛乳頭細胞の凍結保存. 中村健B,武田啓,塩谷信幸,内沼栄樹(形外): 第6回日本形成外科学会基礎学術集会 (97.10.17), 大宮, 日本形成外科学会会誌, 17(12): 799〜811, 1997.

2364. [学会(全国)] (一般講演) 創傷面滲出液のBlotting Assey法. 田中正英,武田啓,宇井謙二,内沼栄樹,塩谷信幸,門谷久仁子(形外): 第6回日本形成外科学会基礎学術集会 (97.10.18), 大宮.

2365. [学会(全国)] (一般講演) レーザー血流量計の時系列解析第2報−測定値の時系列データ解析の意義. 三上太郎,清水調,酒井直彦,中村佳代,吉田豊和(形外),田中幸雄(有限会社トラスト): 第6回日本形成外科学会基礎学術集会 (97.10.18), 大宮.

2366. [学会(全国)] (一般講演) 腹膜中皮の周囲上皮置換に関する研究−第1報−. 盛虹明,吉田豊和,清水調,酒井直彦,中村佳代(形外): 第6回日本形成外科学会基礎学術集会 (97.10.18), 大宮.

2367. [学会(全国)] (一般講演) 頬筋粘膜弁を併用したFurlow変法による口蓋形成術. 中北信昭,山崎安晴,林和弘,根本充,南條昭雄,瀬崎晃一郎,内沼栄樹(形外): 第15回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (97.11.06〜07), 大阪.

2368. [学会(全国)] (一般講演) 頚部食道再建遊離空腸咽頭側口径拡大の工夫−第2報−サージカルステープラーを用いた空腸モデルの形成. 酒井直彦,吉田豊和,清水調,三上太郎,中村佳代(形外): 第15回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (97.11.06〜07), 大阪.

2369. [学会(全国)] (一般講演) 頬骨骨折の治療の工夫; tapを用いた整復の有用性. 清水調,三上太郎,中村佳代,酒井直彦,吉田豊和(形外): 第15回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (97.11.06〜07), 大阪.

2370. [学会(全国)] (一般講演) 側頭首傍骨性骨肉腫の1例. 山下理絵,南條昭雄,内沼栄樹(形外): 第15回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (97.11.06〜07), 大阪.

2371. [学会(全国)] (一般講演) オトガイ形成術の固定における合成吸収性骨片接合材料の有用性について. 林和弘,中北信昭,山崎安晴,大竹尚之(形外): 第15回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (97.11.06〜07), 大阪.

2372. [学会(全国)] (一般講演) 人工口蓋床(Hotz床)の効果とその問題点. 山崎安晴,中北信昭,佐藤明男,根本充,内沼栄樹,鳥飼勝行,瀬崎晃一郎(形外): 第15回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (97.11.06〜07), 大阪, 予稿集, p.115, 1997.

2373. [学会(全国)] (一般講演) rhBMP-2含有PLGAマイクロカプセルによる異所性骨誘導の経時的観察. 森雅弘,磯部昌継,山崎安晴(形外),石原一彦,天笠光雄,中林宣男(東医歯大): 日本バイオマテリアル学会 (97.12.07), 大阪, 予稿集, p.136, 1997.

2374. [学会(全国)] (一般講演) QスイッチNd; YAGレーザーとカーボンローションを用いた脱毛の経験. 大竹尚之,武田啓,中村健B,内沼栄樹,宇津木龍一,辻野一郎,塩谷信幸(形外): 第71回日本美容外科学会学術集会 (98.01.17), 東京.

2375. [学会(全国)] (一般講演) 耳垂の左右差について−第8報; イヤリングの開発. 中村元信(形外),池田敏子(解),伊藤正嗣(形外): 第71回日本美容外科学会学術集会 (98.01.17), 東京, プログラム, p.1, 1997.

2376. [学会(全国)] (ポスター講演) CO2LASERを用いた陥爪性爪郭炎の緩解導入. 島倉康人,深井孝郎,内沼栄樹(形外): 第40回日本形成外科学会総会 (97.04.09〜11), 宮崎.

2377. [学会(地方)] (特別講演) 大学病院における医療事故について. 内沼栄樹(形外): 第46回日本形成外科学会九州支部学術集会 (97.10.04), 福岡.

2378. [学会(地方)] (一般講演) 限局性強皮症と深在性ループスを合併した顔面変形の1例. 中村佳代,酒井直彦,清水調,川上太郎,黒沢亜希,吉田豊和(形外): 神奈川症例検討会 (97.06.14), 川崎.

2379. [学会(地方)] (一般講演) 高位脛骨骨切り術後の感染による下腿軟部組織欠損の再建. 三上太郎,清水調,黒沢亜希,中村佳代,酒井直彦,吉田豊和(形外): 神奈川症例検討会 (97.06.14), 川崎.

2380. [学会(地方)] (一般講演) 4世代にわたり認められた両側耳瘻孔. 黒沢亜希,三上太郎,清水調,酒井直彦,中村佳代,吉田豊和(形外): 第203回日本形成外科学会関東支部東京地方会 (97.07.05), 東京.

2381. [学会(地方)] (一般講演) 両足関節内果骨折を伴った両側アキレス腱断裂の1例. 橋本信子(形外),熊木昇二,山本浩一郎(長野県厚生連北信総合病院): 整形外科集談会東海地方会 (97.09.20), 名古屋.

2382. [学会(地方)] (一般講演) 当科における褥瘡の外科的治療の現状. 松井潔,小川恭史,田中正英(形外): 第35回日本形成外科学会中部支部信州地方会例会 (97.12.06), 長野.

2383. [学会(地方)] (一般講演) 術後長期経過後に発症したレジンによると思われた難治性皮膚瘻孔の1例. 島倉康人,高橋嗣明,池本繁弘(形外),菅沼康雄(上尾中央総合病院): 埼玉医学会総会 (98.01.25), 大宮.

2384. [学会(地方)] (一般講演) 自殺企図による椎骨動脈完全断裂の1例. 鴻池奈津子,新沢博子,山田直人(形外),西巻博,新藤正輝,田中啓司B,相馬一亥,大和田隆(救命): 第44回日本救急医学会関東地方会 (98.02.14), 所沢.

2385. [学会(地方)] (一般講演) 同側手指首に多発した線維性首異形成症の1例. 橋本信子(形外),熊木昇二,山本浩一郎(長野県厚生連北信総合病院): 第171回整形外科集談会東海地方会 (98.03.28), 名古屋.

2386. [学会(地方)] (一般講演) 顔面熱傷後早期に著明な気道狭窄を来した1例. 三好宏,大谷津恭之(形外),岡田邦彦(佐久総合病院): 第11回日本熱傷学会信州地方会 (98.03.28), 長野.

2387. [学会(地方)] (一般講演) Blotting Assey法を用いた創傷面滲出液の1評価法. 田中正英,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第11回日本熱傷学会信州地方会 (98.03.28), 長野.

2388. [学会(地方)] (公開講座) 皮膚の光老化!しみ・しわ・ほくろ・皮膚癌の治療. 山下理絵(形外): 第8回湘南鎌倉公開講座 (97.06.28), 大船.

2389. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 目の手術としわ・たるみの手術. 宇津木龍一(形外): 日本美容皮膚科学会セミナー98 (98.02.25), 東京.

2390. [研究会(全国)] (一般講演) 親水性ポリウレタンドレッシング(ハイドロサイトR)の治療経験. 山下理絵,浅野学,内沼栄樹(形外): 第27回創傷治癒研究会 (97.12.06), 東京.

2391. [研究会(全国)] (一般講演) Laminin5の培養皮膚移植における効果. 武田啓,内沼栄樹,塩谷信幸,西山敏夫,門谷久仁子,天野聡,常長誠,ロバート・バーガソン(形外): 第27回創傷治癒研究会 (97.12.06), 東京.

2392. [研究会(全国)] (一般講演) 創傷面滲出液による簡便な治癒過程の評価法(T型, V型コラーゲン, Fibronectine, TGF-β1の発現を中心に). 田中正英,武田啓,宇井謙二,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): 第27回創傷治癒研究会 (97.12.06), 東京.

2393. [研究会(全国)] (一般講演) 新規培養皮膚のヌードマウスへの移植試験. 佐藤明男(形外),黒柳能光(生体工),内沼栄樹(形外): 第27回創傷治癒研究会 (97.12.06), 東京, 予稿集, p.34, 1997.

2394. [研究会(地方)] (特別講演) 毛乳頭移植による毛包再構築の検討. 中村健B,武田啓,内沼栄樹(形外): 第3回皮膚創傷治癒関西フォーラム (97.11.15), 大阪, 日本形成外科学会誌, 17(6): 376〜383, 1997.

2395. [研究会(地方)] (一般講演) 術前診断が困難であった頚部巨大腫瘤の1例. 浅野学,山下理絵(形外): 神奈川症例検討会 (97.11.29), 神奈川.

2396. [研究会(地方)] (一般講演) 足関節内果骨折を伴ったアキレス腱皮下断裂の3例. 松尾あおい(形外),熊木昇二,山本浩一郎(長野県厚生連北信総合病院): 第171回整形外科集談会東海地方会 (98.03.28), 名古屋.

2397. [研究会(地方)] (公開講座) あざ・しみ・ほくろ・しわのレーザー治療. 山下理絵(形外): 第9回湘南鎌倉公開講座 (97.09.20), 逗子.

2398. [研究会(地方)] (公開講座) あざ・しみ・ほくろ・しわのレーザー治療. 山下理絵(形外): 第10回湘南鎌倉公開講座 (97.11.10), 横浜.

2399. [学術賞(国内賞)] 日本熱傷学会学会奨励賞「線維芽細胞をコラーゲンマトリックスに組み込んだ同種複合培養真皮シートによる熱傷治療予備的臨床試験」. 山下理絵(形外):


<<23 皮膚科学>>

2400. [原著] Metal ligand-binding specificities of the tyrosinase-related proteins. Furumura, M.,Solano, F.,Matunaga, N.,酒井智恵(皮),Spritz, Richard A.,Hearing, Vincent, J.(National Institutes of Health): Biochem. Biophys. Res. Commun., 242: 579〜585, 1998.

2401. [原著] Modulation of murine melanocyte function in vitro by agouti signal protein. 酒井智恵(皮),Ollmann Michael,Kobayashi, T.,Abdel-Malek, Zalfa,Muller, J.,Vieira, D.W.,Imokawa, G.,Barsh, Gregory S.,Hearing Vincent J.(National Institutes of Health): EMBO J., 16(12): 3544〜3552, 1997.

2402. [原著] Cylokine gene expression in the footpad and spleen of BALB/c Azcl mouse infected with Mycobacterium leprae. 與儀ヤス子,野間口博子,坂本芳幹,松岡正典(国立多摩研),藤村響男(皮),岡村春樹(兵庫医大),日置恭司,斉藤宗男,野村達次(実中研): Int. J. Lepr., 1997.

2403. [原著] Conversion of the CD4+ T cell profile from TH2-dominant type to TH1-dominant type after Varicella-Zoster virus infection in atopic dermatitis. 藤村響男,Yamanashi Rika,増沢幹男,藤田裕介,勝岡憲生,西山茂夫(皮),Mitsuyama, M.(新潟医大),Nomoto, K.(九大): J. Allergy Clin. Immunol., 100(2): 274〜282, 1997.

2404. [原著] Establishment of a new murine-phenotypic angiosarcoma cell line (ISOS-1). 増沢幹男,藤村響男,Tsubokawa, M.,西山茂夫,勝岡憲生(皮),Terada, E.,Kunita, S.,Sakurai, Y.(理学部),Kato, H.(実中験): J. Dermatol. Sci., 16(2): 91〜98, 1998.

2405. [原著] Scaling lichenoid eruptions and Sjogren-like syndrome: manifestations of nonfatal postoperative transfusion-associated Graft-Versus-host disease?. 種井良二,山本達雄,Yokono Hideki(皮),本告匡(病理): J. Dermatol., 24(8): 514〜521, 1997.

2406. [原著] Clinical evaluation of bifonazole for moccasin-type tinea pedis. 田沼弘之,西山茂夫(皮): Mycoses, 40: 223〜228, 1997.

2407. [原著] 治療開始後早期にT型らい反応が出現したらい腫型ハンセン病−治療経過と瘢痕性皮疹について−. 並里まさ子,角田美英(国立療養所多摩全生園),藤田裕介(皮),小原安喜子(京大),小川秀興(順大): 西日本皮膚科, 59(6): 847〜853, 1997.

2408. [原著] 高齢者のアナファラクトイド紫斑. 橋本明彦,浅井俊弥,増沢幹男,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 107(4): 537〜540, 1997.

2409. [原著] 小範囲外科的切除とrJL-2/LAK局注法が奏効した悪性血管内皮細胞腫. 斉藤典充,向野哲,増沢幹男(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 107(4): 541〜544, 1997.

2410. [原著] 血管肉腫の病勢を反映する血清トロンボモジュリン値. 宮田聡子,増沢幹男,藤村響男,勝岡憲生(皮),中野昌彦(三菱ガス化学): 日本皮膚科学会雑誌, 107(6): 793〜796, 1997.

2411. [原著] 掌蹠膿疱症における小柴胡湯・桔梗石膏併用治療の有用性の検討. 東一紀(皮),中村要(藤沢市民病院): 皮膚科紀要, 92(2): 119〜124, 1997.

2412. [原著] 乳房外パージェット癌の実験動物モデルの樹立. 矢口厚,米元康蔵,饗場伸作,立田美奈子,勝岡憲生(皮): 北里医学, 27(5): 306〜311, 1997.

2413. [原著] Phenytoinが奏効したlinear IgA bullous dermatosis of childhoodの1例. 野口俊彦,坪井広美,藤岡彰,橋本明彦,浅井俊弥(皮),瀬在由美子(セザイ皮膚科クリニック): 臨床皮膚科, 51(6): 453〜455, 1997.

2414. [準原著] PUVA療法の工夫; 尋常性乾癬. 種井良二(皮): 皮膚病診療, 19(6): 580〜581, 1997.

2415. [研究報告(厚生省)] 色素異常症−老人性色素斑. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.761〜762, 1997.

2416. [研究報告(厚生省)] 色素異常症−老人性白斑. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.762, 1997.

2417. [研究報告(厚生省)] 老人性疣贅. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.762, 1997.

2418. [研究報告(厚生省)] 老人性角化腫. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.763, 1997.

2419. [研究報告(厚生省)] ボーエン病. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.763〜764, 1997.

2420. [研究報告(厚生省)] パージェット病. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.764, 1997.

2421. [研究報告(厚生省)] 皮膚腫瘍−有棘細胞癌. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.765, 1997.

2422. [研究報告(厚生省)] 基底細胞上皮腫. 米元康蔵(皮): 長寿科学研究エンサイクロペディア情報開発事業報告書, p.764〜765, 1997.

2423. [症例報告] Pseudoglandular squamous cell carcinomaとBowen癌の異なる2つの浸潤形態を示した陰嚢扁平上皮癌. 天羽康之,米元康蔵,金子聡,饗場伸作,矢口厚,勝岡憲生(皮): Skin Cancer, 12(2): 257〜260, 1997.

2424. [症例報告] 熱瘤を生じたハンセン病LLP型の1例. 菅谷和江,新井春枝,藤田裕介,和泉真蔵(皮): 皮膚科の臨床, 39(11): 1689〜1693, 1997.

2425. [症例報告] ハムスター咬傷によるアナフィラキシーショックの1例. 新山史朗,石塚敦子,種井良二(皮): 皮膚科の臨床, 39(4): 676〜677, 1997.

2426. [症例報告] 後天性リンパ管拡張症. 高須博,藤岡彰,戸田淳,山本達雄(皮): 皮膚科の臨床, 39(5): 799〜803, 1997.

2427. [症例報告] 嚢腫壁に悪性化所見がみられた外毛根鞘性嚢腫. 藤岡彰,高須博,衛藤光,増沢幹男(皮): 皮膚科の臨床, 39(5): 813〜816, 1997.

2428. [症例報告] 伝染性単核症様を呈したSalazosulfapyridineによる薬疹. 原尚道,田辺和美,土井希文,衛藤光(皮),杉田昭,小松達司(国立横浜),佐々木秀樹,船曳哲典,石井則久(横浜市大): 皮膚科の臨床, 40(1): 77〜81, 1998.

2429. [症例報告] 乳房牽縮から診断した乳癌. 新山史朗,藤田裕介,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 40(3): 534〜535, 1998.

2430. [症例報告] 環状肉芽腫; シェーグレン症候群合併例. 坪井広美,米元康蔵(皮): 皮膚病診療, 19(11): 1011〜1014, 1997.

2431. [症例報告] 鬚毛の皮内潜行. 斉藤典充,長瀬章夫,平松正浩,向井秀樹,加藤一郎(皮): 皮膚病診療, 19(8): 749〜752, 1997.

2432. [症例報告] 亜急性痒疹を伴った慢性リンパ性白血病. 矢口厚,米元康蔵(皮): 皮膚病診療, 19(9): 847〜850, 1997.

2433. [症例報告] 透析患者の痒疹. 天野隆文,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 19(9): 851〜854, 1997.

2434. [症例報告] 動脈性潰瘍; バージャー病の1例. 向野哲,新井浩之,金子聡,増沢幹男,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 20(1): 27〜30, 1998.

2435. [症例報告] ステロイドとDDSの併用が腎炎に効果的であったアナフィラクトイド紫斑の1例. 新山史朗,石塚敦子,種井良二(皮),石館武夫(児),島田肇(内): 臨床皮膚科, 51(7): 513〜515, 1997.

2436. [臨床治験] 悪性黒色腫におけるDAV療法による悪心・嘔吐に対するGranisetronの有効性および安全性の検討. 米元康蔵,高須博,矢口厚,浅井寿子,勝岡憲生,向井秀樹(皮): 新薬と臨床, 46(11): 1433〜1438, 1997.

2437. [総説] サイトカインを利用したがん治療の現況; 血管肉腫とIL-2. 増沢幹男(皮): Biotherapy, 11(8): 913〜918, 1997.

2438. [総説] 円形脱毛症の動物モデル(DEBR rat model). 勝岡憲生(皮): Eisai-Dermato.-Inform., Dermatopics, 1997.

2439. [総説] 毛髪研究の動物モデル. 勝岡憲生(皮): Eisai-Dermato.-Inform., Dermatopics, 1997.

2440. [総説] Melanosomal proteins as melanoma-specific immune targets. 酒井智恵(皮),Kawakami, Y.,Law, L.W.,Furumura, M.,Hearing, V.J.(National Institutes of Health): Melanoma Research, 7: 83〜95, 1997.

2441. [総説] 合併症, 内臓疾患の見落としによる医原性皮膚疾患. 太田幸則,勝岡憲生(皮): Monthly Book Derma., 8: 13〜19, 1998.

2442. [総説] アトピー性皮膚炎の苔癬化に消風散, 黄連解毒湯が奏効した2例. 東一紀(皮): 漢方の臨床, 44(5): 583〜588, 1997.

2443. [総説] 炎症性疾患; 皮膚炎症性疾患と血栓. 増沢幹男(皮): 血栓と循環, 5(3): 255〜259, 1997.

2444. [総説] ペットと皮膚病. 田沼弘之(皮): 皮膚病診療, 19(5): 409〜415, 1997.

2445. [総説] 痒疹の治療. 増沢幹男(皮): 皮膚病診療, 19(9): 857〜861, 1997.

2446. [総説] ヒト皮膚微小血管内皮細胞の特性. 増沢幹男(皮): 皮膚病診療, 20(1): 10〜13, 1998.

2447. [総説] 褥瘡. 太田幸則(皮): 臨床栄養, 90(4): 415〜416, 1997.

2448. [講座] ストーマに関わる皮膚障害とその管理. 松原康美(看護部),米元康蔵(皮): 皮膚病診療, 20(1): 67〜73, 1997.

2449. [講座] 発毛, 育毛に関する最近の話題. 太田幸則,勝岡憲生(皮): 臨床皮膚科, 51(5): 139〜142, 1997.

2450. [学術書] (単著) 母斑症とその診療; 米元康蔵(皮). 日本皮膚科学会,東京,97.12.00発行.

2451. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患最新の治療'97〜'98; 集簇性座瘡, p.213, 勝岡憲生(皮). 編集 堀嘉昭(麻生飯塚病院),新村真人(東京慈医大), 南江堂,東京,97.04.01発行.

2452. [学術書] (分担執筆) 臨床医のためのスキンケア入門; ヘアケア, p.190〜198, 勝岡憲生(皮). 編集 宮地良樹(群馬大), 先端医学社,東京,97.10.20発行.

2453. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針1998; サルコイドーシス, p.623〜624, 勝岡憲生(皮). 編集 多賀須幸男(多賀クリニック),尾形悦郎(癌研), 医学書院,東京,98.01.15発行.

2454. [学術書] (分担執筆) 専門医のための皮膚科学レビュー'98; 脱毛症−最近の進歩−, p.112〜116, 太田幸則,勝岡憲生(皮). 編集 宮地良樹(群馬大), 総合医学社,98.01.20発行.

2455. [学術書] (分担執筆) 帯状疱疹の診断と治療; 帯状疱疹の診断と治療, p.160〜167, 橋本明彦,勝岡憲生(皮). 編集 真興交易医書出版部, 真興交易医書出版部,東京,98.01.31発行.

2456. [学術書] (分担執筆) よくわかる老年者のケア; 皮膚疾患, p.202〜207, 米元康蔵(皮). 編集 大友英一(浴風会病院), 金原出版,東京,98.03.20発行.

2457. [教科書] (分担執筆) NEW皮膚科学; 皮膚の付属器官, p.13〜18, 勝岡憲生(皮). 編集 飯塚一(旭川医大),大塚藤男(筑波大),宮地良樹(群馬大), 南江堂,東京,97.12.01発行.

2458. [学会(国際)] (シンポジウム等) Clinical and basic approach for the treatment of alopecia areata. 勝岡憲生(皮): World Hair Research Congress (97.11.12〜14), スペイン.

2459. [学会(国際)] (ポスター講演) Angiosarcoma and capillary lymphatic endothelial cells specific monodonal antibody (HEW-3). 増沢幹男,Tatsuta, M.,Hamada, Y.,藤村響男,西山茂夫,勝岡憲生(皮): 49th World Congress of Dermatology (97.06.15〜20), Sydney, Australia.

2460. [学会(全国)] (教育講演) 母斑症とその診療. 米元康蔵(皮): 日本皮膚科学会東京支部企画研修講習会 (98.02.19), 横浜.

2461. [学会(全国)] (シンポジウム等) 血管系腫瘍の診断と治療−とくに血管肉腫について−. 増沢幹男,西山茂夫,勝岡憲生(皮): 第96回日本皮膚科学会総会 (97.04.11〜13), 岡山.

2462. [学会(全国)] (シンポジウム等) 毛髪成長の制御機構と脱毛症の治療について−脱毛症の動物モデル−. 勝岡憲生,藤村響男,太田幸則,坪井広美(皮): 第96回日本皮膚科学会総会 (97.04.11〜13), 岡山.

2463. [学会(全国)] (シンポジウム等) 「血管肉腫」マウス血管肉腫モデルによる治療開発研究. 増沢幹男,西山茂夫,勝岡憲生(皮): 第13回日本皮膚悪性腫瘍学会 (97.07.11〜12), 大阪.

2464. [学会(全国)] (シンポジウム等) 接触皮膚炎病変部におけるサイトカインの局所発現と金属反応性T細胞. 橋本明彦,藤村響男,浜田裕子,成瀬京子,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): 第22回日本接触皮膚炎学会総会 (97.11.28), 横浜.

2465. [学会(全国)] (ワークショップ) Pseudonomozygous TypeUのhyperlipoproteinemiaの1例. 橋本明彦,佐藤直哉,勝岡憲生(皮),堀口泰典(児): 第49回日本皮膚科学会西部支部総会 (97.09.28), 高知.

2466. [学会(全国)] (一般講演) リンパ浮腫をきたした乳房外Paget病の3例. 矢口厚,中村和哉,富田昌宏,新山史朗,宮田聡子,饗場伸作,高須博,米元康蔵,立田美奈子(皮): 第96回日本皮膚科学会総会 (97.04.11〜13), 岡山.

2467. [学会(全国)] (一般講演) 血管肉腫の2例. 稲生祐平,川浪東洋,北村尚久,名嘉真武国,橋本隆(久留米大),増沢幹男(皮): 第96回日本皮膚科学会総会 (97.04.11〜13), 岡山.

2468. [学会(全国)] (一般講演) アトピー性皮膚炎(AD)患者における皮表のマラセチア検出率の検討. 斉藤典充,向井秀樹,長瀬彰夫,新井達,平松正浩(皮),竹下朱美(東陶機器): 第9回日本アレルギー学会春季臨床大会 (97.05.03), 幕張.

2469. [学会(全国)] (一般講演) 小児皮膚筋炎の1例. 斉藤典充,金子聡,太田幸則,勝岡憲生,衛藤光(皮): 第21回日本小児皮膚科学会学術大会 (97.05.31), 東京.

2470. [学会(全国)] (一般講演) Pseudoglandular squamous cell carcinomaとBowen癌の異なる2つの浸潤形態を示した陰嚢扁平上皮癌. 天羽康之,米元康蔵,金子聡,饗場伸作,矢口厚,勝岡憲生(皮): 第13回日本皮膚悪性腫瘍学会 (97.07.11〜12), 大阪.

2471. [学会(全国)] (一般講演) 乾癬におけるCD40発現の検討. 太田幸則,立田美奈子,勝岡憲生(皮): 第12回日本乾癬学会 (97.08.24), 東京.

2472. [学会(全国)] (一般講演) 成長期毛誘導マウスにおける毛包構成細胞の細胞動態. 斉藤典充,太田幸則,立田美奈子,勝岡憲生(皮): 第22回日本研究皮膚科学会学術大会 (97.09.05), 大阪.

2473. [学会(全国)] (一般講演) 乳房および乳房外Paget病とPaget癌の免疫組織化学的検討(悪性度との関連性に着目して). 矢口厚,米元康蔵,立田美奈子(皮): 第22回日本研究皮膚科学会学術大会 (97.09.05), 大阪.

2474. [学会(全国)] (一般講演) X-lorked Ichthyosisの2例. 酒井智恵,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第48回日本皮膚科学会中部支部総会 (97.10.26), 金沢.

2475. [学会(全国)] (ポスター講演) 脈管肉腫特異的抗体の作製とbispecific抗体への応用. 増沢幹男,浜田祐子(皮),塚本秀雄(東海大),藤村響男,勝岡憲生(皮),寺田英司(理学部),垣生園子(東海大): 第27回日本免疫学会 (97.10.29〜31), 札幌.

2476. [学会(全国)] (公開講座) 公開市民講座: 増加する自律神経異常を示す病気(その対策と治療)“アトピー性皮膚炎を考える”. 勝岡憲生(皮): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.28), 横浜.

2477. [学会(地方)] (特別講演) 脈管肉腫への挑戦. 増沢幹男(皮): 第271回日本皮膚科学会長崎地方会例会 (97.04.26), 長崎.

2478. [学会(地方)] (教育講演) 皮膚悪性腫瘍の診断−とくに致死的腫瘍について−. 増沢幹男(皮): 第39回神奈川医学会総会 (97.11.23), 横浜.

2479. [学会(地方)] (一般講演) 顔面の難治性紅斑を呈し組織学的に黄色腫型の反応を認めたSLE. 原尚道(皮),間中泉,小方冬樹,吉原伸子,岡部省吾(同愛記念): 第728回日本皮膚科学会東京地方会 (97.05.17), 東京.

2480. [学会(地方)] (一般講演) フェニトインに(アレビアテンR)よる歯肉増殖症. 坪井広美,矢口厚,米元康蔵(皮): 第728回日本皮膚科学会東京地方会 (97.05.17), 東京.

2481. [学会(地方)] (一般講演) 皮膚平滑筋肉腫の1例. 沈国雄(皮),石原佐知子,原田晴美,川名誠司(聖路加国際病院): 第728回日本皮膚科学会東京地方会 (97.05.17), 東京.

2482. [学会(地方)] (一般講演) 動脈性潰瘍(Burger病?)の1例. 向野哲,金子聡,新井浩之,米元康蔵,増沢幹男,勝岡憲生(皮): 第728回日本皮膚科学会東京地方会 (97.05.17), 東京, 皮膚病診療, 20(1): 27〜30, 1998.

2483. [学会(地方)] (一般講演) 術後6か月で再発を認めた乳房外Paget's病−当科における切除範囲の検討−. 饗場伸作,江間聡,山口京美,金子聡,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第729回日本皮膚科学会東京地方会 (97.06.28), 横浜.

2484. [学会(地方)] (一般講演) ストーマ装具による難治性皮膚炎のケア. 松原康美(東病院看護部),増沢幹男,矢口厚,米元康蔵,勝岡憲生,山本達雄(皮): 第729回日本皮膚科学会東京地方会 (97.06.28), 横浜.

2485. [学会(地方)] (一般講演) 頭部に2つの完全脱毛斑を認めた先天性皮膚欠頂症の1例. 天羽康之,小方冬樹,間中泉,岡部省吾(皮): 第729回日本皮膚科学会東京地方会 (97.06.28), 横浜.

2486. [学会(地方)] (一般講演) 長期治療中の亜鉛欠乏症. 神崎俊一,浅井俊弥,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第730回日本皮膚科学会東京地方会 (97.07.19), 東京.

2487. [学会(地方)] (一般講演) 頭部Proliferating trichilemmal tumorの1例. 浅賀美佐,長瀬彰夫,種井良二,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第731回日本皮膚科学会東京地方会 (97.09.20), 川崎.

2488. [学会(地方)] (一般講演) Boerger病に合併した深部静脈血栓症の1例. 前島英樹,長瀬彰夫,種井良二,勝岡憲生(皮): 第731回日本皮膚科学会東京地方会 (97.09.20), 川崎.

2489. [学会(地方)] (一般講演) 多臓器障害をきたし全身性の血管炎を考えさせた足背潰瘍例. 斉藤典充,山口京美,金子聡,天野隆文,太田幸則,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第732回日本皮膚科学会東京地方会 (97.10.18), 神奈川.

2490. [学会(地方)] (一般講演) 足蹠のみに生じたサリドンRによる固定薬疹. 天野隆文,米元康蔵(皮): 第732回日本皮膚科学会東京地方会 (97.10.18), 神奈川.

2491. [学会(地方)] (一般講演) 疣贅状表皮発育異常症(Lewandow sky-Lutz). 饗場伸作,斉藤典充,天野隆文,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第303回日本皮膚科学会福岡地方会 (97.11.15), 福岡.

2492. [学会(地方)] (一般講演) 種々の治療に抵抗しシクロスポリンにて改善した水庖性類天疱瘡. 酒井智恵,向野哲,長瀬彰夫,金子聡,橋本明彦,米元康蔵(皮): 第731回日本皮膚科学会東京地方会 (97.11.15), 神奈川.

2493. [学会(地方)] (一般講演) 口囲及び間擦部の浸潤性紅斑で初発した成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL). 天羽康之,間中泉,小方冬樹,岡部省吾,手島伸一(皮): 第733回日本皮膚科学会東京地方会 (97.11.15), 東京.

2494. [学会(地方)] (一般講演) Adult stiel病の1例. 石原佐知子,沈国雄,原田晴美,衛藤光(皮): 第733回日本皮膚科学会東京地方会 (97.11.15), 東京.

2495. [学会(地方)] (一般講演) 遺伝子性孔角化症に生じたエクリン汗孔癌の1例. 沈国雄,石原佐知子,原田晴美,衛藤光(皮): 第733回日本皮膚科学会東京地方会 (97.11.15), 東京.

2496. [学会(地方)] (一般講演) 脈管肉腫特異的抗体HEW-3XOKT-3によるbispecific (BSAb)抗体作製. 増沢幹男,浜田祐子,藤村響男,勝岡憲生(皮),寺田英司(理学部),塚本秀雄,垣生園子(東海大): 第734回日本皮膚科学会東京(研究)地方会 (97.12.20), 東京.

2497. [学会(地方)] (一般講演) 手指色素沈着とacral erythemaを考えた塩酸ブレオマイシンによる薬疹. 坪井広美,矢口厚,米元康蔵(皮): 第735回日本皮膚科学会東京(研究)地方会 (98.01.17), 東京.

2498. [学会(地方)] (一般講演) 男性乳癌の1例. 前島英樹,岩崎雅,鈴木雄(皮): 第301回日本皮膚科学会東北地方会 (98.02.15), 仙台.

2499. [学会(地方)] (一般講演) サルコイドーシスの2例. 矢口厚,米元康蔵(皮): 第61回東京支部学術大会 (98.02.20〜21), 横浜.

2500. [学会(地方)] (一般講演) in situ hybridizationによる輸血後GVHD皮膚病変における供血者細胞の分布動態の解析. 種井良二,勝岡憲生,石原佐知子,横野秀樹(皮),本告匡(病理): 第736回日本皮膚科学会東京地方会 (98.03.28), 東京.

2501. [学会(地方)] (一般講演) 頭部血管肉腫p53癌抑制遺伝子変異の解析. 増沢幹男,浜田祐子,原尚道,勝岡憲生(皮): 第736回日本皮膚科学会東京地方会 (98.03.28), 東京.

2502. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 皮膚腫瘍と電子顕微鏡所見−メルクル細胞癌, 血管肉腫など−. 勝岡憲生(皮): 医学・生物学電子顕微鏡技術研究会第13回学術講演会および総会 (97.06.06〜08), 神奈川.

2503. [研究会(全国)] (一般講演) 眼病変を伴った乾癬の2例. 中野敏明,田辺和美,太田幸則,米元康蔵,勝岡憲生(皮),若倉雅登(眼): 第12回日本乾癬学会学術大会 (97.08.23), 東京, 皮膚科の臨床, American Academy of Dermatology.

2504. [研究会(全国)] (一般講演) 成長期毛誘導マウスにおける毛包構成細胞の細胞動態. 斉藤典充,太田幸則,坪井広美,勝岡憲生(皮): 第5回毛髪科学研究会 (97.12.13), 熊本.

2505. [研究会(全国)] (一般講演) Pseudo-kaposi's sarcomaのエリスロマイシン内服療法. 増沢幹男,佐藤直哉,斉藤典充,勝岡憲生(皮): 第21回皮膚脈管懇話会 (98.02.13), 三重.

2506. [研究会(全国)] (一般講演) 紫斑が遷延し, 終末回腸に多発性潰瘍を認めたAnaphylactoid purpuraの1例. 石原佐知子,沈国雄,越後理香,原田晴美,衛藤光(皮),丸山正隆(聖路加国際病院): 第21回皮膚脈管懇話会 (98.02.13), 三重.

2507. [研究会(全国)] (一般講演) 黄色腫型の組織反応を呈したSLEに対する治療法−プロブコール療法の有効性−. 原尚道,山口京美,石塚敦子,立田美奈子,勝岡憲生,衛藤光,新井春枝(皮),岡部省吾(同愛記念): 第21回皮膚脈管懇話会 (98.02.14), 三重.

2508. [研究会(地方)] (特別講演) 妊娠に伴う皮膚疾患. 勝岡憲生(皮): 第14回皮膚科フォーラム (97.04.19), 神戸.

2509. [研究会(地方)] (特別講演) 乳児の帯状疱疹. 矢口厚,米元康蔵(皮): 第4回神奈川ヘルペスウィルス研究会 (97.11.06), 横浜.

2510. [研究会(地方)] (教育講演) 糖尿病と皮膚. 勝岡憲生(皮): 第3回糖尿病フットケア研究会 (97.11.08), 東京.

2511. [研究会(地方)] (教育講演) ウィルスと皮膚・粘膜. 勝岡憲生(皮): 海老名市医師会小児科医会講演会 (98.03.12), 海老名.

2512. [研究会(地方)] (一般講演) 経過中に脳血管障害を来した全身エリテマトーデスの臨床的検討. 宮崎千春,山口京美,浅井俊弥,勝岡憲生,衛藤光,新井春枝(皮): 第11回膠原病研究会 (98.01.31), 東京.

2513. [学会主催(地方会)] 日本皮膚科学会第729回東京地方会(97.06.28), 神奈川. 勝岡憲生(皮):

2514. [学会主催(地方会)] 第41回神奈川医真菌談話会(97.01.25), 横浜. 勝岡憲生(皮):


<<24 泌尿器科学>>

2515. [原著] Kinetic analysis of furosine and pentosidine in CAPD patients. 熊野和雄,横田真二,酒井糾(泌),小林直之,吉田煦(さがみ循環器クリニック),吉原徹(浅井ゲルマニウム研),柴田浩二,和泉儀一,王恵民(バクス ター): Adv. Perit. Dial., 13: 53〜57, 1997.

2516. [原著] Effects of osmotic agents on hyaluronan synthesis in human peritoneal mesothelial cells and fibroblasts. 熊野和雄,馬萍,兵藤透,酒井糾(泌): Adv. Perit. Dial., 13: 58〜63, 1997.

2517. [原著] Clinical significance of the level and extent of capsular invasion in clinical stage T1-2 prostate cancer. Dillioglugil, D.,Arakawa, A.,宋成浩,須山一穂(泌),Kattan, M.,大堀理(泌),Scardino, P.T.,Wheeler, T.M.: Am. J. Surg. Pathol., 1997.

2518. [原著] Pathologic feature in seminal vesicle involvement. 宋成浩(泌),Arakawa, A.,Kattan, M.,Scardino, P.T.,Wheeler, T.M.: Am. J. Surg. Pathol., 1997.

2519. [原著] The Ratio of Free to Total Serum Prostate Specific Antigen and Its Use in Differential Diagnosis of Prostate Carcinoma in Japan. 頴川晋,宋成浩,大堀理,内田豊昭(泌),Gohji, Kazuo,Fujii, Akio(Hyogo Medical Center),桑尾定仁(病理),小柴健(泌): Cancer, 79(1): 90〜98, 1997.

2520. [原著] Mutation and microsatellite instability analysis of the androgen receptor gene in human prostate cancer. 内田豊昭,Wang, Chunxi,佐藤威文,村本将俊,岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): Intern. J. Oncol., 11: 551〜556, 1997.

2521. [原著] High grade prostatic intraepithelial neoplasia in cystoprostatectomy specimens. 荒川, A.,宋成浩(泌),Wheeler, T.M.: J. Urol. Pathol., 6: 1997.

2522. [原著] Has there been a recent shift in the pathological features and prognosis of patients treated with radical prostatectomy?. 宋成浩(泌),Berkman, S.,Kattan, M.,Wheeler, T.,Scardino, P.T.: J. Urol., 157(6): 2212〜2218, 1997.

2523. [原著] Preoperative serum prostate-specific antigen, clinical stage and Gleason sum as for predicting final pathological stage in Japanese patients with prostate cancer. 頴川晋,Hideshige Koh,大堀理,内田豊昭(泌),桑尾定仁(病理),小柴健(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 26(6): 438〜444, 1997.

2524. [原著] Urinary Continence Following Radical Prostatectomy. 頴川晋,嶺井定紀,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 27(2): 71〜75, 1997.

2525. [原著] The Validity of the Criteria to Differentiate the Origin of Hematuria in the Automated Urinary Flow Cytometer. 兵藤透,熊野和雄,Haga Makoto,酒井糾(泌),Fukuda Masakazu,Isami Yasushi,Okada Tokuhiro(Toa medical Electronics): Nephron, 75: 112, 1997.

2526. [原著] Analysis of Urinary Red Blood Cells of Healthy Individuals by an Automated Urinary Flow Cytometer. 兵藤透,熊野和雄,Haga Makoto,酒井糾(泌),Fukuda Masakazu,Isami Yasushi,Okada Tokuhiro(Toa medical Electronics): Nephron, 75: 451〜457, 1997.

2527. [原著] Three-day intravesixal instillation of anti-cancer drugs for prophylaxis of bladder cancer. 内田豊昭,頴川晋,岩村正嗣,大川麻子,遠藤忠雄,小柴健(泌): Oncology Reports, 4: 573〜577, 1997.

2528. [原著] High grade prostatic intraepithelial neoplasia in prostates removed following irradiation failure in the treatment of prostatic adenocarcinoma. 荒川, A,Song, S.,Scardino, P.T.,Wheeler, T.M.: Pathology, Research & Practice, 191(9): 868〜872, 1995.

2529. [原著] Scanning and transmission electron-microscopic study of the development of the podocyte in the human fetus. 兵藤透(泌),Naguro, Tomonori,Kameie, Toshio,Iino, Akihiro,Miyagawa, Ikuo(鳥取大): Pediatric Nephrology, 11: 133〜139, 1997.

2530. [原著] Improved predictability of extracapsular extension and seminal vesicle involvement by the combined use of clinical and biopsy findings in Japanese prostate cancer. 頴川晋,須山一穂,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): Proceedings of the eighty Workshop on Prostate Cancer, p.31〜34, 1997.

2531. [原著] Prognostic Significance of Angiogenesis in Clinically LocaLized Prostate Cancer; Staining for Factor [-Related Antigen and CD34 Antigen. 荒川, A.,宋成浩(泌),Subhendu Chakraborty,Scardino, P.T.,Wheeler, T.M.: Prostate Cancer and Prostatic disease, 1: 1997.

2532. [原著] Has there been a recent shift in the pathological features and prognosis of patients treated with radical prostatectomy?. 宋成浩(泌),Michael W. Kattan,Scott Berkman,Thomas M.Wheeler,Peter T. Scardino(Baylor College of Med.): Stage Shift in Prostate Cancer, 157: 2212〜2218, 1997.

2533. [原著] Analysis of Factors Influencing Immediate Renal Function After Cadaveric Renal Transplantation. 遠藤忠雄,熊野和雄,真下節夫,小柴健(泌),中山義介,刑部東治,佐藤光史(外),宮原英夫(内),内田久則(外): Transplantation Proceedings, 29: 2277〜2282, 1997.

2534. [原著] 前立腺肥大症に対するTransurethral Electrovaporization of the Prostate (TEVAP)経験 内田豊昭,村本将俊,塩川英史,岩村正嗣,遠藤忠雄,小柴健(泌): Video Journal of JUA, p.3〜5, 1997.

2535. [原著] Microvessels count in pT3 prostate cancer. 宋成浩(泌),Arakawa, A.,Scardino, P.T.,Wheeler, T.M.: ?

2536. [原著] Immunohistochemical study of prostates removed following irradiation failure. 宋成浩(泌),Arakawa, A.,Khan, S.,Wheeler, T.M.: ?

2537. [原著] Intraductal carcinoma of Prostate. Willcox, G.,宋成浩(泌),Wheeler, T.M.: ?

2538. [原著] Do transition zone cancer have a different prognosis than cancers arising in other zones of the prostate. 大堀理(泌),Scardino, P.T.,宋成浩(泌),Wheeler, T.M.: ?

2539. [原著] メディカルビデオライブラリー,泌尿器科手術手技シリーズ,内視鏡による治療,前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除術 (TURP). 内田豊昭(泌): インターメディカ, 1997.

2540. [原著] メディカルビデオライブラリー,泌尿器科手術手技シリーズ,内視鏡による治療,前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺レーザー切除術 . 内田豊昭,小柴健(泌): インターメディカ, 1997.

2541. [原著] メディカルビデオライブラリー,泌尿器科手術手技シリーズ,内視鏡による治療,前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺電気蒸散術(TVP). 内田豊昭,小柴健(泌): インターメディカ, 1997.

2542. [原著] メディカルビデオライブラリー,泌尿器科手術手技シリーズ,内視鏡による治療,前立腺肥大症に対するブレード型ループを用いた経尿道的前立腺切除術. 内田豊昭,小柴健(泌): インターメディカ, 1997.

2543. [原著] 多施設による99mTc-MAG3腎機能定量解析精度の検討. 久保敦司,橋本順,中村佳代子,岩崎隆一郎(慶大),宮崎知保子(市立札幌病院),油野民雄,秀毛範至(旭川医大),玉木長良,伊藤和夫,塚本江利子(北 大),田沢聡(仙台社会保険病院),丸岡伸,山崎哲郎(東北大),駒谷昭夫,高橋和栄(山形大),国安芳夫,篠原広行,新尾泰男(昭和大),守谷悦男,大 石幸彦(東京慈医大),石橋晃(泌),石井勝己,依田一重,中沢圭治(放),石田治雄(都立清瀬小児病院),遠藤啓吾,織内昇(群馬大),水入苑生,高野 政明(東邦大),中川毅,松下智人,紀ノ定保臣(三重大),山下正人(京大),河相吉(関西医大),福地稔,尾上公一(兵庫医大),山本和高(福井医 大),高山輝彦,絹谷清剛(金沢大),大塚信昭,三村浩朗,福永仁夫,曽根淳史,田中啓幹(川崎医大),竹田芳弘,平木祥夫(岡山大),棚田修二,菊池隆 徳(愛媛大),冨口静二,中島留美(熊本大),中別府良昭,土持進作(鹿児島大): 核医学, 34(12): 1101〜1109, 1997.

2544. [原著] 泌尿器科領域における最近の医療機器 真下節夫,内田豊昭,頴川晋,岩村正嗣,遠藤忠雄,小柴健(泌): 学会新報, 18(7): 5〜9, 1997.

2545. [原著] 泌尿器科疾患における緊急内視鏡検査と治療. 荒川孝,久保星一,真下節夫(泌): 救急医学, 21: 1487〜1490, 1997.

2546. [原著] 腎移植後拒絶反応に対するスパニジンの外来における使用経験. 大堀理,熊野和雄,黄英茂,遠藤忠雄,小柴健(泌): 今日の移植, 10(1): 161〜164, 1997.

2547. [原著] 貯留液量が腹膜溶質除去能および限外濾過に及ぼす影響. 熊野和雄(泌),馬泙,山下明泰(九州工大),酒井糾(泌): 人工臓器, 26(2): 143〜146, 1997.

2548. [原著] 北里大学泌尿器科での成人腎移植のルーチン免疫抑制法. 熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 腎移植・血管外科, 8(2): 96〜100, 1997.

2549. [原著] 北里大学における腎細胞癌の統計的検討; 285例の年代別治療成績. 岩村正嗣,内田豊昭,村本将俊,柴田雄二,頴川晋,遠藤忠雄,小柴健(泌): 腎癌研究会報, 11: 47〜48, 1996.

2550. [原著] バンコマイシン過量投与によって急性腎不全をきたした男児例から−腎血流量速度は腎機能変化を早期に反映しうるのか−. 辻祐一郎,吉田英生,井上真理,高柳隆章,野崎善郎,近岡弘,滝田誠司(昭和大),峰村純子,福永晃子,田中克己,鷲見正宏,村山純一郎(昭和大病院), 酒井糾(泌),飯倉洋治(昭和大): 日本小児腎臓病学会雑誌, 10(1): 31〜36, 1997.

2551. [原著] 膀胱尿管逆流現象における腎血流速度の検討(第1報). 辻祐一郎,高柳隆章,近岡弘,滝田誠司,飯倉洋治(昭和大),酒井糾(泌): 日本小児腎臓病学会雑誌, 10(2): 113〜117, 1997.

2552. [原著] 巣状・微小メサンギウム増殖を示す小児期IgA腎症における柴苓湯治療のプロスペクティブコントロールスタディ. 吉川徳茂(神戸大),伊藤拓(国立小児病院),酒井糾(泌),武越靖郎(北大),本田雅敬(都立清瀬小児病院),粟津緑(慶大),伊藤克己(東女医大), 飯高喜久雄(児),小板橋靖(聖マリ医大),山岡完次(阪大),中川喜美子(大阪母子保健医療セン),中村肇(神戸大),松山壮一郎(神戸小児病院),清 野佳紀(岡山大),武田修明(倉敷中央病院),服部新三郎(熊本大),二宮誠(鹿児島市立病院): 日本腎臓学会誌, 39(5): 503〜506, 1997.

2553. [原著] 小児末期腎不全の治療−北里大学病院腎センター 20年間の治療経験のまとめ−. 飯高喜久雄,中村信也,守屋俊介,朝長香,北條みどり(児),熊野和雄,遠藤忠雄,酒井糾(泌): 日本透析学会誌, 30(1): 35〜40, 1997.

2554. [原著] 前立腺癌におけるAndrogen Receptor遺伝子の変異. 王春喜,内田豊昭(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 88(5): 550〜556, 1997.

2555. [原著] 画像解析装置を用いた膀胱カテーテル尿の細胞学的検討−特に良性疾患と移行上皮癌Grade 1の鑑別所見について−. 服部学,大野英治,横山大,小林明子,豊永真澄,柿沼広邦(病院病理),大部誠(病理),内田豊昭(泌),蔵本博行(産婦): 日本臨床細胞学会雑誌, 36(3): 293〜298, 1997.

2556. [原著] 全自動尿中有形成分分析装置(UF-100)の血尿に関する臨床検査医学上の位置付けについての1考察(予報). 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌),桑田有希子,谷口哲也,島田貴,森隆司,高木裕,平良隆保,有井達郎,小野博文,千葉哲男,日台英雄(横浜第一病院), 上田正伸(上田医院): 泌尿器外科, 10(7): 761〜765, 1997.

2557. [原著] 全自動尿中有形成分分析装置を用いた尿沈渣正常値(予報). 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌),上田正伸(上田医院): 泌尿器外科, 11(2): 131〜134, 1998.

2558. [原著] A nephrotoxic mechanism of FK506 is partially related to TGF-β production in cultured renal proximal tubular cells. 馬萍,熊野和雄,兵藤透,横田真二,酒井糾(泌): 北里医学, 27(6): 340〜343, 1997.

2559. [原著] Anti-fos ribozymeによる膀胱癌細胞の腫瘍抑制. 設楽敏也,石田裕則,入江啓(泌): 北里医学, 27(6): 364〜369, 1997.

2560. [原著] Continuous Ambulatory Peritoneal Dialysis患者の栄養学的評価と問題点. 田村麻子(泌),横田真二(相模台病院),吉田一成(泌),佐藤照子(栄養),酒井糾(泌): 北里医学, 28(1): 109〜114, 1998.

2561. [原著] 長期腹膜透析(Continuous ambulatory peritoneal dialysis)患者の腹腔内総水分吸収率(PNFAR)の経時的変化. 塩川英史,熊野和雄,酒井糾(泌): 北里医学, 28(1): 115〜118, 1998.

2562. [原著] 経直腸的超音波上で低エコー領域を呈した前立腺末梢域内の肥大結節. 大堀理,須山一穂,内田豊昭(泌): 臨床泌尿器科, 51(3): 249〜250, 1997.

2563. [短報・速報] 紫斑病性腎炎の予後・生活制限の必要性・治療. 酒井糾(泌): 日本医事新報, (3805): 148〜149, 1997.

2564. [研究報告(文部省)] 腹膜透析における腹膜硬化の発症機序に関する研究. 熊野和雄(泌): 平成6,7,8年度文部省科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書, 1997.

2565. [研究報告(厚生省)] 小児の腎疾患対策の歴史と今後の展望. 酒井糾(泌): 公衆衛生, 61(4): 232〜236, 1997.

2566. [研究報告(その他)] 前立腺レーザー治療の現況; 前立腺肥大症に対する非接触式レーザーファイバーを用いたVLAP療法. 内田豊昭(泌): 前立腺レーザー治療研究会(東海地区)記録集, p.18〜21, 1997.

2567. [症例報告] 馬蹄鉄腎に合併した尿管腫瘍の1例. 設楽敏也,溝口秀之,村本将俊,岩村正嗣,真下節夫,小柴健(泌): ?

2568. [症例報告] 尿細管間質への好酸球浸潤後, IgA腎症の発症が考えられた1例. 辻祐一郎,高柳隆章,近岡弘,滝田誠司,飯倉洋治(昭和大),酒井糾(泌): 関東小児腎臓研究会誌, 13(1): 19〜22, 1997.

2569. [症例報告] 尿細管間質への好酸球浸潤後, IgA腎症の発症が考えられた1例. 辻祐一郎,高柳隆章,近岡弘,滝田誠司,飯倉洋治(昭和大),酒井糾(泌): 関東小児腎臓研究会誌, 13(1): 19〜22, 1997.

2570. [症例報告] 抗男性ホルモン剤,フルタミドにより中毒性肝障害をきたした前立腺癌の1症例. 佐藤威文,頴川晋,勝田真行,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 88(7): 694〜696, 1997.

2571. [症例報告] 尿管癌に合併した尿管破裂自然修復の1例. 吉田一成,門脇和臣,李漢栄(泌),黒川純(聖路加国際病院): 泌尿紀要, 43: 505〜507, 1997.

2572. [症例報告] 19歳女子に認められた膀胱癌の1例. 六角周,大堀理,内田豊昭,望月英樹,柴田雄二,小柴健(泌): 北里医学, 27(2): 105〜106, 1997.

2573. [症例報告] 生体腎移植18年後に水腎症を伴って慢性拒絶反応を発症した1例. 塩川英史,熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 北里医学, 27(6): 377〜379, 1997.

2574. [症例報告] 第208回北里大学病院CPC: 急激な経過をとった原発不明な後腹膜腫瘍の1例 内田豊昭,設楽敏也,大部誠(泌): 北里医学, 27: 262〜264, 1997.

2575. [総説] High intensity focused ultrasound (HIFU) for treating benign prostatic hyperplasia. 内田豊昭,小柴健(泌): Jpn. J. Endourol. & ESWL, 10(1): 20〜22, 1997.

2576. [総説] 腎疾患−予防と治療の方法. 熊野和雄(泌): へるすねっと, (7月号): 2〜3, 1997.

2577. [総説] 腎疾患と経脹栄養,経静脈栄養. 熊野和雄(泌): 月刊薬事, 38(10): 2451〜2455, 1996.

2578. [総説] 家庭におけるAPD(自動腹膜透析). 横田真二,熊野和雄,酒井糾(泌): 小児科, 37(1): 1〜8, 1996.

2579. [総説] 特集−前立腺肥大症にはどの治療が有効か; VLAP療法の現状と展望. 内田豊昭(泌): 新医療, 24(9): 47〜50, 1997.

2580. [総説] ハイパフォーマンスメンブレン'97: CAPDの問題点と限界−日本における15年の臨床成績よりの考察−. 熊野和雄,横田真二,丸典夫,酒井糾(泌): 腎と透析, 43(別冊): 8〜12, 1997.

2581. [総説] シクロフィリン. 熊野和雄(泌): 腎不全, 8(1): 49, 1996.

2582. [総説] 腹膜透析を長期間続けるための透析液の改良. 熊野和雄(泌): 透析ケア, 2(3): 243〜250, 1996.

2583. [総説] 腹膜炎の診断と治療. 横田真二,熊野和雄(泌): 透析ケア, 3(3): 266〜273, 1997.

2584. [総説] 副甲状腺摘除後に認められる骨以外の臓器の改善−貧血/EPO抵抗性の改善−. 熊野和雄(泌): 透析フロンティア, 7(1): 13〜17, 1997.

2585. [総説] 漢方薬の適正な選択と適応疾患−前立腺肥大症, 尿路不定愁訴など漢方薬が第一選択に. 石橋晃(泌): 日経メディカル, 別冊353号付録, 1997.

2586. [総説] 前立腺肥大症に対する新しい治療法−VLAPとHIFU療法. 内田豊昭(泌): 泌尿器外科, 10(臨増): 227〜228, 1997.

2587. [総説] 膀胱炎 石橋晃(泌): 暮らしと健康, 52(8): 34〜39, 1997.

2588. [総説] 患者QOLをみすえた前立腺肥大症の治療[患者QOLをみすえた各種治療法]どの治療法を選べばよいか. 内田豊昭(泌): 臨床と薬物治療, 16(9): 810〜813, 1997.

2589. [総説] 特集; 患者QOLをみすえた前立腺肥大症の治療[患者QOLをみすえた各種治療法]どの治療法を選べばよいか. 内田豊昭(泌): 臨床と薬物治療, 16(9): 810〜813, 1997.

2590. [総説] 前立腺診療のすべて,前立腺肥大症: (4)前立腺肥大症の新しい治療法. 内田豊昭(泌): 臨床科学, 33: 126〜133, 1997.

2591. [総説] 硬化性被嚢性腹膜炎. 熊野和雄(泌): 臨床透析, 12(12): 1653〜1660, 1996.

2592. [総説] 術者からみた局所解剖U下部尿路系の局所解剖−経尿道的膀胱腫瘍切除術. 内田豊昭(泌): 臨床泌尿器科, 51(5増刊): 87〜91, 1997.

2593. [講座] 学会記−第85回日本泌尿器科学会. 内田豊昭(泌): Bio Clinica, 12(10): 80, 1997.

2594. [講座] 前立腺疾患の薬物療法−前立腺肥大症と前立腺炎の病態と治療−. 真下節夫,小柴健(泌): Clinic Magazine, (10月号): 56〜61, 1997.

2595. [講座] クローズアップ・ホスピタル, 21世紀の病院を目指して!質の高い医療の提供と文化の創造・発信を担っていく; 北里研究所メディカルセンター病院(対談). 小柴健(泌): Jamic Journal, 17(5): 46〜51, 1997.

2596. [講座] 泌尿器科疾患と漢方治療(座談会). 石橋晃(泌),菊谷豊彦(菊谷医院),丁宗鉄(東大): Medicament News, 1553: 25〜28, 1997.

2597. [講座] 患者と医者は本当に分かり合えるか−往復書簡「お互いが歩み寄るために」. 酒井糾(泌): ばんぶう, (12): 21〜23, 1997.

2598. [講座] シルバーエイジのボランティア活動 石橋晃(泌): 医学と福音, 49(9): 6〜7, 1997.

2599. [講座] 良質な医療提供体制と私立医科大学の役割(座談会). 石橋晃(泌),尾嵜新平(厚生省健康政策局),糸氏英吉(日本医師会),柿田章(外),川崎明徳(川崎医大),原田尚(獨協医大): 医学振興(日本私立医科大学協会広報), 45: 2〜10, 1997.

2600. [講座] (巻頭言)医療制度と今後の課題−変化が起こりつつある時が改革のチャンス. 石橋晃(泌): 医学振興(日本私立医科大学協会広報), 第44号, 1997.

2601. [講座] 疾患別病態生理と病理・検査医学[13]良性前立腺肥大. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 39(10): 149〜157, 1997.

2602. [講座] 疾患別病態生理と病理・検査医学[14]ネフローゼ症候群. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 39(12): 61〜71, 1997.

2603. [講座] 疾患別病態生理と病理・検査医学[15]腎炎症候群・腎不全. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 40(3): 115〜129, 1998.

2604. [講座] 座談会; 前立腺レーザー治療の現状と今後 内田豊昭(泌): 前立腺レーザー治療研究会(東海地区)記録集, p.45〜69, 1997.

2605. [講座] 前立腺レーザー治療の現状と今後(座談会). 内田豊昭(泌): 前立腺レーザー治療研究会(東海地区)記録集, p.44〜69, 1997.

2606. [講座] (巻頭言)漢方の保険給付除外. 石橋晃(泌): 東洋医学, 25: 14, 1997.

2607. [講座] 痛くない治療法が続々登場; 高温度・レーザー・超音波. 内田豊昭(泌): 日経ヘルス, 10月号(増): 162〜163, 1997.

2608. [講座] 旅の記念の品々. 石橋晃(泌): 日本医師会雑誌, 117(12): 2060, 1997.

2609. [講座] 冷え性・前立腺疾患・眼瞼部湿疹を有する例の漢方治療. 石橋晃(泌): 日本医事新報, (3833): 99, 1997.

2610. [講座] 尿失禁の治療1保存的治療; 骨盤底筋訓練. 佐藤威文(泌),福井準之介(聖路加): 排尿障害プラクティス, 4(4): 20〜25, 1996.

2611. [講座] 病院が医師を選ぶとき(医師をこのように選んでいる). 石橋晃(泌): 病院, 56: 898〜899, 1997.

2612. [講座] 血尿のサインを見逃さない! 川村哲也(慈恵医大),酒井糾(泌): 暮らしと健康, (9): 62〜67, 1997.

2613. [講座] 漢方治療; 泌尿器科疾患. 石橋晃(泌): 毎日ライフ, 29: 34〜36, 1997.

2614. [講座] 21世紀を目指した老齢者の漢方保健医療(座談会). 石橋晃(泌),折茂肇(東京都老人医療セン),野村新(東京白十字病院),菊谷豊彦(菊谷医院): 薬事日報, (8900): 4〜7, 1997.

2615. [講座] 患者QOLをみすえた前立腺肥大症の治療; 編集にあたって. 内田豊昭(泌): 臨床と薬物治療, 16(9): 779, 1997.

2616. [編集者への手紙(英文)] Editorial Comment. Toyoaki Uchida(泌): Int. J. Urol., 4(6): 579, 1997.

2617. [学術書(英文)] (共著) Ultrasound of the Prostate; Staging of prostate, 宋成浩(泌),Scardino, P.T. 編集 Fornage, B.D. Trop-Pederson, S., John, Wiley & Sons, New York, 97.00.00発行.

2618. [学術書(英文)] (共著) Distribution and significance of microcarcifications in the neoplastic and non-neoplastic prostate. Woods, J.E.,宋成浩(泌),Wheeler, T.M.

2619. [学術書] (分担執筆) 小児科学; 腎泌尿・生殖器疾患「生活, 食事の管理・指導」, p.1184〜1188, 酒井糾(泌). 編集 白木和夫(鳥取大),前川喜平(慈恵医大), 医学書院,東京,97.04.01発行

2620. [学術書] (分担執筆) 小児科診療 Q & A; 人工腎臓の種類と選び方について, p.1824〜1825, 酒井糾(泌). 六法出版, 97.11.28発行.

2621. [学術書] (分担執筆) 小児科診療 Q & A; 透析療法実施上の問題点について, p.1826〜1827, 酒井糾(泌). 六法出版, 97.11.28発行.

2622. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 1998年版; 小児の腎不全, p.804〜805, 酒井糾(泌). 編集 多賀須幸男(多賀須消化器科・内科),尾形悦郎(癌研付属病院), 医学書院, 東京, 98.01.01発行.

2623. [学術書] (分担執筆) 血液浄化療法ハンドブック; 小児患者に対する透析, p.465〜477, 酒井糾(泌). 編集 透析療法合同専門委員会, 協同医書, 東京, 98.01.16発行.

2624. [学術書] (分担執筆) 腎疾患診療のジレンマ−専門医が応えるストラテジー; 小児における血液浄化療法, p.236〜239, 酒井糾(泌). 編集 飯田喜俊(淀川キリスト教病院),湯浅繁一(香川医大),椿原美治(大阪府立病院), 金芳堂, 98.03.30発行.

2625. [その他の著書] (共著) おなかを切らずに治す前立腺肥大症. p.1〜139, 遠藤忠雄,横山英二,内田豊昭(泌). 成美堂出版, 97.00.00発行.

2626. [その他の著書] (分担執筆) 最新決定版; 家庭医学大全科(改訂版); 膀胱の病気, p.991〜995, 内田豊昭(泌). 社会保険法規研究会, 97.00.00発行.

2627. [その他の著書] (分担執筆) 最新決定版; 家庭医学大全科(改訂版); 膀胱がん, p.424〜432, 内田豊昭(泌). 社会保険法規研究会, 97.00.00発行.

2628. [その他の著書] (分担執筆) Annual Review腎臓1998; ESWLと腎機能, p.199〜203, 真下節夫,小柴健(泌). 中外医学社, 98.01.30.発行.

2629. [学会(国際)] (特別講演) Screening system for asymptomatic renal disease in children. 酒井糾(泌): 4th Meeting of Korean Society of Pediatric Nephrology (97.10.18), Seoul.

2630. [学会(国際)] (シンポジウム) Interventional therapy of BPH. 小柴健(泌): The 4th International Consultation on BPH (WHO) (97.07.01〜04).

2631. [学会(国際)] (一般講演) Free versus total serum prostate specific antigen ratio for differential diagnosis of prostate cancer in Japan. Shin Egawa,Kazuho Suyama,Soh Shigehiro,Makoto Ohori,Masatsugu Iwamura,Toyoaki Uchida,Ken Koshiba(泌): American Urological Association 92th Annual Meeting (97.04.12〜17), New Orleans, USA.

2632. [学会(国際)] (一般講演) Radionuclide imaging in renovascular disease. 石橋晃,頴川晋(泌),他: 第2回中日核医学会議 (97.05.08), 上海.

2633. [学会(国際)] (一般講演) VLAP, TVP, HIFU and TURP for benign prostatic hyperplasia. 内田豊昭,岩村正嗣(泌): Society for Minimally Invasive Therapy 9th Annual International meeting (97.07.14〜16), 京都.

2634. [学会(国際)] (一般講演) Non-invasive status of transurethral resection of the prostate. Masatsugu Iwamura,Toyoaki Uchida,Shin Egawa,Kazunari Yoshida,Tadao Endo and Ken Koshiba(泌): 9th annual meeting of Minimally Invasive Therapy (97.07.16), 京都.

2635. [学会(国際)] (一般講演) Is transurethral resection of the prostate invasive? Uchida Toyoaki,Iwamura Masatsugu,Egawa Shin and Koshiba ken(泌): SIU 24th Congress (97.09.09), Montreal , Canada.

2636. [学会(国際)] (一般講演) VLAP, TVP, HIFU and TURP for benign prostatic hyperplasia. Uchida Toyoaki,Iwamura Masatsugu,Egawa Shin and Koshiba ken(泌): SIU 24th Congress (97.09.09), Montreal, Canada.

2637. [学会(国際)] (一般講演) Assessment with DNA, genetic markers, and molecular biology; What factors do govern the invasive and/or metastatic potential? Yves Fradet,Yoshinobu Kubota,JA Schalken,Toyoaki Uchida and Osamu Yoshida(泌): 5th International Consensus Meeting on Bladder Cancer (97.11.6〜8), 東京.

2638. [学会(国際)] (一般講演) Clinical Effectiveness and Complications of VLAP, TVP, HIFU and TURP for Benign prostatic Hyperplasia. 内田豊昭(泌): Urology Update: 1997 3rd US/Japan Seminar (97.12.04〜06), Kauai, Island.

2639. [学会(国際)] (ポスター講演) Protective effect of nicaraven (AVA) against prolonged cold kidney preservation and reperfusion injury. 真崎義彦(実動系),熊野和雄,遠藤忠雄,小柴健(泌),横田和彦(外),大久保充人(内): 5th Congress of the Asian Society of Transplantation (97.12.06), Manila.

2640. [学会(全国)] (会長講演) TURPとAlternative. 小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜.

2641. [学会(全国)] (特別講演) 尿路悪性腫瘍におけるゲノム不安定性とDNA修復遺伝子異常. 内田豊昭(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 12, 1997.

2642. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺癌−可能なとき必要か? Yes!. 大堀理(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 20, 1997.

2643. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺癌の根治, 可能な時必要か, 必要な時可能か?−平均余命より見た前立腺癌の臨床的重要性−. 頴川晋(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 21, 1997.

2644. [学会(全国)] (シンポジウム等) 尿路結石破砕治療におけるESWLの位置について−ESWL単独療法の限界を中心に−. 荒川孝,久保星一,小柴健,真下節夫(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 39, 1997.

2645. [学会(全国)] (シンポジウム等) 尿失禁のトータルマネージメント. 横山英二(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 41, 1997.

2646. [学会(全国)] (シンポジウム等) ハイリスク透析患者の腎移植. 高橋公太(新潟大),遠藤忠雄(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 58, 1997.

2647. [学会(全国)] (シンポジウム等) 透析アミロイドーシス患者の腎移植. 熊野和雄,真下節夫,遠藤忠雄(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 59, 1997.

2648. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺肥大症の新しい治療法: TVP, HIFUについて. 内田豊昭(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 67, 1997.

2649. [学会(全国)] (シンポジウム等) Wedgeループを用いたNew TURP. 内田豊昭(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.25), 横浜.

2650. [学会(全国)] (シンポジウム等) 腎保存液電解質組成の検討. 熊野和雄(泌): 第33回日本移植学会総会 (97.09.18), 大阪.

2651. [学会(全国)] (一般講演) Wedge typeの切除ループを用いたNew TURP(ビデオ). 内田豊昭,大川麻子,丸典夫,柴田雄二,岩村正嗣,頴川晋,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24), 横浜.

2652. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌におけるBRCA1遺伝子解析. 王春喜,内田豊昭,本田直康,小俣二也,渋谷宗則,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 114, 1997.

2653. [学会(全国)] (一般講演) 遊走腎に対する腎瘻造設による経皮的腎固定の経験. 須江洋一,稲田文衛,石田裕則,古田桂二,石田初一(石田病院),谷口成美(旭川医大): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 118, 1997.

2654. [学会(全国)] (一般講演) 新しい腎細胞癌再発予見因子の検討. 岩村正嗣,設楽敏也,村山雅一,西村清志,頴川晋,内田豊昭,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 130, 1997.

2655. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌被膜浸潤の程(Prostatic Capsular Invasion Level)と病理病期, 予後との関係. 宋成浩(泌),荒川厚,Peter T. Scardino,Thomas M. Wheeler(ベイラー医大): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 137, 1997.

2656. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌精嚢浸潤の術前予測因子の検討. 須山一穂,宋成浩,後藤康樹,志村哲(泌),荒川厚,Thomas M. Wheeler,Peter T. Scardino(ベイラー医大): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 137, 1997.

2657. [学会(全国)] (一般講演) ras+myc-induced Mouse Prostate Reconstitution (MPR)モデルシステムにおける前立腺癌の発生とapoptosis及びapoptosis関連遺伝子の関係について. 吉田一成,相原正弘(泌),Park, S.H.,Thompson, T.C.,Scardino, P.T.(ベイラー医大),門脇和臣,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 150, 1997.

2658. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺超音波ガイド下生検におけるtransition zoneサンプリングの意義. 松本和将,頴川晋,葛西勲,入江啓,相原正弘,原野裕司,平井祥司,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 161, 1997.

2659. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺摘出標本の最近の傾向−診断技術の向上は病理所見に変化をもたらしたか−. 志村哲,宋成浩,須山一穂(泌),Thomas M. Wheeler,Peter T. Scardino(ベイラー医大): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 161, 1997.

2660. [学会(全国)] (一般講演) 平均余命より見た前立腺癌の臨床的重要性. 設楽敏也,頴川晋,伊藤啓一,斉藤毅,竹川勝治,古畑誠之,横田真二,須山一穂,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 163, 1997.

2661. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌におけるFree to toal PSA ratioの検討. 佐藤威文,頴川晋,宋成浩,須山一穂,泉博一,斉藤毅,横田真二(泌),郷司和男,藤井昭男(兵庫県立成人病センター),桑尾定仁(病理),小柴健 (泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 167, 1997.

2662. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌におけるandrogen Receptor遺伝子の異常. 村本将俊,内田豊昭,王春喜,泉博一,五十嵐正道,石田裕則,村山雅一,須山出穂,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 224, 1997.

2663. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌に対するLH-RH analogue投与後のflareupの組織学的研究, 第一報: apoptosisとmitosisの出現頻度. 相原正弘,平井祥司,斉藤毅,佐々木邦明,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 227, 1997.

2664. [学会(全国)] (一般講演) 抗男性ホルモン剤, フルタミドにより中毒性肝障害を発症した前立腺癌の1症例. 石井淳一郎,佐藤威文,頴川晋,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 229, 1997.

2665. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学における膀胱腫瘍の臨床統計的検討. 柴田雄二,内田豊昭,志村哲,丸典夫,塩川英史,伊藤啓一,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 250, 1997.

2666. [学会(全国)] (一般講演) 経直腸的前立腺超音波検査を用いた, 前立腺癌と前立腺結石との統計学的検討. 平井祥司,相原正弘,斉藤毅,佐々木邦明,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 258, 1997.

2667. [学会(全国)] (一般講演) 異時性重複癌における睾丸原発悪性リンパ腫の2例. 佐々木邦明,石井淳一郎,増井則昭,青輝昭,小柴健,向井伸哉(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 265, 1997.

2668. [学会(全国)] (一般講演) 脳血管障害後の性生活の実態調査. 大川麻子,福井準之助,貫井文彦,黒川純,永田幹男,岡本重禮(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 270, 1997.

2669. [学会(全国)] (一般講演) 腎盂内に発生した炎症性儀腫瘍の1症例. 勝田真行,岩村正嗣,藤田哲夫,望月英樹,小林聖二,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 281, 1997.

2670. [学会(全国)] (一般講演) 上部尿路結石に対するDornier Lithotripter U/50単独療法: HM-3との比較成績. 宇都宮拓治(泌),長倉和彦,山藤政夫,高尾雅也(西窪病院),中川健(慶大),中野間隆(埼玉医大): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 304, 1997.

2671. [学会(全国)] (一般講演) 経尿道的前立腺切除術(TURP)時の合併症と処置. 内田豊昭,原野裕司,六角周,向井伸哉,西村清志,本田直康,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 79, 1997.

2672. [学会(全国)] (一般講演) 経尿道的前立腺切除術(TURP)時合併症の早期発見と予防的処置. 内田豊昭,横山英二,岩村正嗣,頴川晋,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 79, 1997.

2673. [学会(全国)] (一般講演) 根治的前立腺全摘出術後の尿禁制に関する検討. 丸典夫,頴川晋,川上達央,高橋裕一郎,吉沢一彦,吉田一成,須山出穂,小柴健(泌): 第85回日本泌尿器科学会総会 (97.04.24〜27), 横浜, 日本泌尿器科学会雑誌, 88(2): 96, 1997.

2674. [学会(全国)] (一般講演) 種々のサイトカインおよび増殖因子のヒト腹膜中皮細胞(HMC)および線維芽細胞(HFB)増殖に及ぼす影響. 熊野和雄,馬萍,兵藤透,酒井糾(泌): 第40回日本腎臓学会総会 (97.05.14〜16), 新潟.

2675. [学会(全国)] (一般講演) 透析患者におけるPlasma Refilling Rate (PRR)の推測−CRIT-LINETMモニターの応用−. 南部正人,東賢一,藤原康作,野川隆一郎,小山誠,草刈修一(腎セン),熊野和雄,酒井糾(泌): 第42回日本透析医学会学術集会 (97.07.18〜20), 札幌.

2676. [学会(全国)] (一般講演) クリットラインモニター(CLM)法と従来法によるアクセスリサーキュレーション(AR)の比較検討. 東賢一,南部正人,藤原康作,野川隆一郎,小山誠,草刈修一(腎セン),熊野和雄,酒井糾(泌): 第42回日本透析医学会学術集会 (97.07.18〜20), 札幌.

2677. [学会(全国)] (一般講演) 長期CAPD患者の腹腔内総水分吸収率(PNFAR)の経時的変化. 塩川英史,熊野和雄,横田真二,酒井糾(泌): 第42回(社)日本透析医学会学術集会総会 (97.07.18), 札幌, 抄録集, 1997.

2678. [学会(全国)] (一般講演) 低カルシウムPD液のHYPOに対するPTH分泌刺激の持続効果. 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌): 第42回(社)日本透析医学会学術集会総会 (97.07.18), 札幌, 抄録集, 1997.

2679. [学会(全国)] (一般講演) 腹膜透析(PD)での種々の浸透圧物質(OA)による限外濾過(UF)動態の違い. 熊野和雄,馬泙,兵藤透,酒井糾(泌),橋本明子,柴田浩二,和泉儀一,王恵民(バクスター研究開発センター): 第42回(社)日本透析医学会学術集会総会 (97.07.18), 札幌, 抄録集, p.704, 1997.

2680. [学会(全国)] (一般講演) 腎移植後20年を経過した小児腎移植2症例での経験から. 辻祐一郎(昭和大),飯高喜久雄(児),熊野和雄,遠藤忠雄,酒井糾(泌),飯倉洋治(昭和大): 第19回日本小児腎不全学会 (97.09.11〜12), 軽井沢, 抄録集.

2681. [学会(全国)] (一般講演) 尿路悪性腫瘍におけるhMSH3, hMSH6遺伝子の解析. 内田豊昭,岩村正嗣,頴川晋,小俣二也,小柴健(泌): 第56回日本癌学会総会 (97.09.25), 京都.

2682. [学会(全国)] (一般講演) 女性の腹圧性尿失禁に対する内視鏡下GAX-コラーゲン注入療法. 横山英二,川上達央(泌): 第11回日本endourology・ESWL学会総会 (97.11.22), 四日市.

2683. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺肥大症に対するHigh Intensity Focused Ultrasound療法. 内田豊昭,村本将俊,及能久隆,岩村正嗣,頴川晋,小柴健(泌): 第11回日本Endourology・ESWL学会総会 (97.11.22), 四日市.

2684. [学会(全国)] (一般講演) 新しい切除ループを用いた経尿道的前立腺切除術の臨床成績. 大川麻子,内田豊昭,岩村正嗣,頴川晋,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第11回日本Endourology・ESWL学会総会 (97.11.22), 四日市.

2685. [学会(地方)] (教育講演) 前立腺癌の自然史と治療効果. 頴川晋(泌): 第53回神奈川県泌尿器科医会 (97.11.29), 相模原.

2686. [学会(地方)] (一般講演) 腎盂内に発生した炎症性偽腫瘍の1症例. 勝田真行,岩村正嗣,石井淳一郎,黄英茂,大川麻子,小林聖二,頴川晋,内田豊昭,小柴健(泌): 第15回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (97.02.13), 横浜.

2687. [学会(地方)] (一般講演) 腎移植後の尿管狭窄に対し,自己尿管を用い修復した1例. 松本和将,遠藤忠雄,熊野和雄,藤田哲夫,丸典夫,設楽敏也,吉田一成,真下節夫,小柴健(泌): 第15回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (97.02.13), 横浜.

2688. [学会(地方)] (一般講演) 腎盂腫瘍に対してBCG療法後、興味ある転帰をとった1例. 松本和将,内田豊昭,村本将俊,大川麻子,頴川晋,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第52回神奈川県泌尿器科医会 (97.06.21), 相模原.

2689. [学会(地方)] (一般講演) 陰嚢内に発生した平滑筋肉腫の2例. 黄英茂(泌),福井準之助,永田幹男,黒川純,貫井文彦,岡本重禮(聖路加国際病院): 第520回日本泌尿器科学会東京地方会 (97.07.10), 東京.

2690. [学会(地方)] (一般講演) 石灰化を伴った後腹膜リンパ管腫の1例. 奥野紀彦,岩村正嗣,村本将俊,平井祥司,勝田真行,大川麻子,宋成浩,頴川晋,遠藤忠雄,小柴健,本田直康,西村清志(泌): 第16回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (97.09.18), 横浜.

2691. [学会(地方)] (一般講演) 馬蹄腎に合併した左尿管腫瘍の1例. 溝口秀之,岩村正嗣,及能久隆,松本和将,望月英樹,設楽敏也,吉田一成,内田豊昭,真下節夫,小柴健,泉博一(泌): 第16回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (97.09.18), 横浜.

2692. [学会(地方)] (一般講演) 腹腔鏡下副腎摘除術の経験. 大川麻子,岩村正嗣,村本将俊,青輝昭,内田豊昭,柴田雄二,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.24), 甲府, 抄録集, p.72, 1997.

2693. [学会(地方)] (一般講演) 前立腺肥大症に対するブレード型のWedgeループを用いたTURP. 内田豊昭,平井祥司,及能久隆,王春喜,村本将俊,大川麻子,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.24), 甲府, 抄録集, p.89, 1997.

2694. [学会(地方)] (一般講演) 北里大学病院泌尿器科における超音波ガイド下前立腺針生検の検討. 吉田一成,頴川晋,設楽敏也,丸典夫,勝田真行,大川麻子,藤田哲夫,松本和将,内田豊昭,小柴健(泌): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.25), 甲府, 抄録集, p.100, 1997.

2695. [学会(地方)] (一般講演) Stage pT1以下,Grade 3の膀胱移行上皮癌の臨床統計的検討. 及能久隆,内田豊昭,柴田雄二,岩村正嗣,村本将俊,大川麻子,小柴健(泌): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.25), 甲府, 抄録集, p.120, 1997.

2696. [学会(地方)] (一般講演) 再生検による前立腺癌の検出率の検討. 松本和将,頴川晋,藤田哲夫,石井淳一郎,斎藤毅,丸典夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.25), 甲府, 抄録集, p.165, 1997.

2697. [学会(地方)] (一般講演) 全摘術施行例における前立腺癌の臨床的意義の検討. 大堀理(泌),後藤康樹,長谷川道彦,松下靖,藤沢宏光,岡本知士,丹治進,藤岡知昭(岩手医大): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.25), 甲府, 抄録集, p.167, 1997.

2698. [学会(地方)] (一般講演) 精巣転移をきたした前立腺小細胞癌の1例. 石井淳一郎,吉田一成,高橋裕一郎,李漢栄,門脇和臣(泌),森永正二郎(済生会中央病院): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.25), 甲府, 抄録集, p.171, 1997.

2699. [学会(地方)] (一般講演) 両側腎下垂に対して腹腔鏡下腎固定術を施行した1例(ビデオ). 岩村正嗣,柴田雄二,設楽敏也,頴川晋,真下節夫,小柴健(泌): 第62回日本泌尿器科学会東部総会 (97.10.25), 甲府, 抄録集, p.66, 1997.

2700. [学会(地方)] (一般講演) 腎細胞癌の予後は改善したか. 岩村正嗣(泌): 第39回神奈川医学会総会・学術大会,日本医師会生涯教育講座 (97.11.23), 神奈川.

2701. [学会(地方)] (一般講演) 外転神経麻痺により前立腺癌脳転移が発見された1例. 奥野紀彦,頴川晋,平井祥司,田村麻子,村本将俊,宋成浩,真下節夫,小柴健(泌): 第53回神奈川県泌尿器科医会 (97.11.29), 相模原.

2702. [学会(地方)] (一般講演) 根治的腎全摘出後、急速に全身転移を来した腎癌の1例. 佐藤威文,岩村正嗣,溝口秀之,及能久隆,設楽敏也,内田豊昭,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第53回神奈川県泌尿器科医会 (97.11.29), 相模原.

2703. [研究会(全国)] (教育講演) 血液透析中の事故と対策. 酒井糾(泌): 平成9年度透析療法従事職員研修会 (97.08.01), 東京.

2704. [研究会(全国)] (教育講演) 腎疾患の医療と学校保健. 酒井糾(泌): 平成9年度国立特殊教育総合研究所短期研修会 (97.10.07), 久里浜.

2705. [研究会(全国)] (教育講演) 泌尿器科疾患 石橋晃(泌): 日本漢方医学研究所医学講座 (97.10.16), 東京.

2706. [研究会(全国)] (シンポジウム等) cyclosporineかtacrolimus (FK-506)か−腎移植における免疫抑制剤. 熊野和雄(泌),高橋公太(新潟大): 第13回腎移植・血管外科研究会 (97.06.05), 伊東.

2707. [研究会(全国)] (ワークショップ) 術前臨床的生検病理所見を用いた前立腺癌病理学的病期の予測. 頴川晋,須山一穂,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): 第8回前立腺がんワークショップ (97.09.19), 東京.

2708. [研究会(全国)] (一般講演) 腎移植後の下部尿管穿孔後の狭窄に対し自己尿管を用い修復した1例. 大川麻子,遠藤忠雄,熊野和雄,松本和将,藤田哲夫,丸典夫,岩村正嗣,真下節夫,小柴健(泌): 第13回腎移植・血管外科研究会 (97.06.06), 伊東, 抄録集, p.49, 1997.

2709. [研究会(全国)] (一般講演) 長期CAPDにおける脂質栄養の検討−HDと比較して−. 横田真二,大川麻子,熊野和雄,酒井糾(泌),佐藤照子(栄養科): 第3回腹膜透析研究会 (97.09.21), 神戸.

2710. [研究会(全国)] (一般講演) 長期CAPD患者の腹腔内ヒアルロンサン(HA)/CA125(CA)比とその臨床的意義. 熊野和雄,馬泙,横田真二,兵藤透,大川麻子,森下哲夫,酒井糾(泌),窪田実(貴友会王子病院),隅田康洋(すみだ内科クリニック): 第3回腹膜透析研究会 (97.09.21), 神戸.

2711. [研究会(全国)] (一般講演) 腹膜透析における糖化蛋白の産正−in vitroおよびin vivoの検討. 熊野和雄,馬泙,横田真二,酒井糾(泌),柴田浩二,橋本明子,根本泰,和泉儀一,王恵民(バクスター研究開発センター),吉原徹(浅井ゲルマニウム 研): 第3回腹膜透析研究会 (97.09.21), 神戸.

2712. [研究会(全国)] (一般講演) Etidronate Disodium (EHDP)の投与によるCAPD患者のTumoral Calcinosisの治療経験. 兵藤透,熊野和雄(泌),荒木俊行(西伊豆病院),横田真二,酒井糾(泌): 第3回腹膜透析研究会 (97.09.21), 神戸.

2713. [研究会(地方)] (特別講演) 前立腺肥大症に対する手術療法,生き残るのはどれか? 内田豊昭(泌): 第6回奈良排尿障害研究会 (97.05.9), 大阪.

2714. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性腎不全の進展抑制について−治療薬の最近の傾向−. 酒井糾(泌): 日本医師会生涯教育制度適合学術集会 (97.06.20), 大分.

2715. [研究会(地方)] (特別講演) 小児医療にかかわる新しい領域, 今後の展望, 検診の果たす新たな役割. 酒井糾(泌): 第7回新潟小児腎・循環器フォーラム (97.10.17), 新潟.

2716. [研究会(地方)] (特別講演) 北里大学病院における院内感染防止管理体制. 酒井糾(泌): 第4回医療廃棄物処理技術セミナー (97.11.14), 相模原.

2717. [研究会(地方)] (特別講演) 長期透析患者のQOL向上を目ざして. 酒井糾(泌): 第24回埼玉県腎不全懇談会研究発表会 (97.12.02), 大宮.

2718. [研究会(地方)] (教育講演) 前立腺肥大症と前立腺癌 石橋晃(泌): 横浜市医師会学術講演会 (97.06.20), 横浜.

2719. [研究会(地方)] (教育講演) 透析療法の合併症と対策について. 酒井糾(泌): 下田腎友会講演会 (98.02.22), 下田.

2720. [研究会(地方)] (一般講演) 女子尿道に発生したClear cell adenocarcinomaの1例. 藤田哲夫,頴川晋,勝田真行,石井淳一郎,丸典夫,竹川勝治,設楽敏也,内田豊昭,石橋晃,遠藤忠雄,小柴健(泌): 神奈川県泌尿器科医会第51回例会 (96.11.30), 相模原, 神奈川医学会雑誌, 24(2): 150, 1997.

2721. [研究会(地方)] (一般講演) 19歳女子に認められた膀胱移行上皮癌の1例. 望月英樹,大堀理,松本和将,小林聖二,大川麻子,西村清志,岩村正嗣,真下節夫,渋谷宗則,遠藤忠雄,小柴健(泌): 神奈川県泌尿器科医会第51回例会 (96.11.30), 相模原, 神奈川医学会雑誌, 24(2): 150, 1997.

2722. [研究会(地方)] (一般講演) 治療に苦慮しているDSDの1例. 勝田真行,丸典夫,大川麻子,内田豊昭,横山英二,小柴健(泌): 第3回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (97.05.24), 横浜.

2723. [研究会(地方)] (一般講演) 診断に苦慮したDSDの1例. 勝田真行,丸典夫,大川麻子,内田豊昭,横山英二,小柴健(泌): 第3回「排尿障害研究会・神奈川フォーラム」 (97.05.24), 横浜.

2724. [研究会(地方)] (一般講演) 異所性褐色細胞腫の1例. 村本将俊,内田豊昭,佐々木邦明,奥野紀彦,溝口秀之,設楽敏也,吉田一成,小柴健(泌): 第52回神奈川県泌尿器科医会 (97.06.21), 相模原.

2725. [研究会(地方)] (一般講演) 腎盂腫瘍に対してBCG療法後,興味ある転帰をとった1例. 松本和将,岩村正嗣,村本将俊,大川麻子,頴川晋,真下節夫,遠藤忠雄,西村清志,泉博一(泌): 第52回神奈川県泌尿器科医会 (97.06.21), 相模原.

2726. [研究会(地方)] (一般講演) 尿道カテーテル挿入困難で偶然発見された34歳の後部尿道弁の1症例. 勝田真行,吉田一成,大川麻子,及能久隆,村本将俊,岩村正嗣,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第52回神奈川県泌尿器科医会 (97.06.21), 相模原.

2727. [研究会(地方)] (一般講演) 尿細胞診のfalse positiveについて. 村本将俊,及能久隆,松本和将,大川麻子,頴川晋,内田豊昭,小柴健(泌): 第11回北里尿細胞診研究会 (97.07.04), 相模原.

2728. [研究会(地方)] (一般講演) 少なくとも2つ存在するDLA-DRB遺伝子座. 伊東一郎,須山出穂(泌),渡部浩二(移植免疫),小柴健(泌): 第520回日本泌尿器科学会東京地方会 (97.07.10), 東京.

2729. [研究会(地方)] (一般講演) 前立腺癌に対するLH-RH analogue投与後のflare-upの病理組織学的研究: apoptosisとmitosisの出現頻度. 相原正弘,望月英樹,平井祥司,斎藤毅,佐々木邦明,真下節夫,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第14回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (97.07.19), 横浜, 抄録集, p.10, 1997.

2730. [研究会(地方)] (一般講演) 前立腺癌に対する間欠的内分泌療法の経験. 頴川晋,大川麻子,及能久隆,村本将俊,丸典夫,岩村正嗣,遠藤忠雄,小柴健(泌): 第14回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (97.07.19), 横浜, 抄録集, p.14, 1997.

2731. [研究会(地方)] (一般講演) ホルモン療法後の前立腺癌病理の検討. 村本将俊,頴川晋,佐藤威文,小柴健(泌): 第14回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (97.07.19), 横浜, 抄録集, p.15, 1997.

2732. [研究会(地方)] (一般講演) 抗男性ホルモン剤,フルタミドにより中毒性肝障害を発症した前立腺癌の1症例. 石井淳一郎,松本和将,佐藤威文,頴川晋,岩村正嗣,内田豊昭,小柴健(泌): 第14回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (97.07.19), 横浜, 抄録集, p.9, 1997.

2733. [研究会(地方)] (一般講演) 骨代謝パラメータから見た無形成骨に対する活性型ビタミンD3の中止効果(予報). 兵藤透(泌),近藤光洋(厚木クリニック),酒井糾(泌): 第9回腎とビタミンD研究会 (98.02.28), 東京.

2734. [研究会(地方)] (一般講演) 腹膜透析患者における排液中のHA/IgG/CA125の臨床的意義に関する仮説. 兵藤透,馬萍(泌),横田真二(相模台病院),酒井糾(泌): 第12回神奈川県CAPD研究会 (98.03.07), 横浜.

2735. [学術賞(国際)] 優秀指導教員賞(授賞者: 中国衛生部)笹川医学奨学金制度10周年記念大会(97.12.04〜05),北京, 小柴健(泌):

2736. [学術賞(国内賞)] 腎研究会学術賞(財団法人腎研究会)(97.10.22), 小柴健(泌):


<<25 眼科学>>

2737. [原著] Representation of the visual field in the striate cortex: comparison of MR findings with visual field deficit. Y. Korogi,M. Takahashi,T. Hirai,I. Ikushima,M. Kitajima,T. Sugahara,Y. Shigematsu,T. Okajima,向野和雄(医衛生): Am. J. Neuroradiol., 18: 1127〜1130, 1997.

2738. [原著] MR changes in the calcarine area resulting from retinal degneration. M. Kitajima,Y. Korogi,T. Hirai,S. Hamatake,I. Ikushima,T. Sugahara,Y. Shigematsu,M. Takahashi,向野和雄(医衛生): Am. J. Neuroradiol., 18: 1291〜1295, 1997.

2739. [原著] Effects of acupuncture on foveation characteristics in congenital nystagmus. T. Blekher,山田徹人(眼),R.D. Yee,Larry A.Abel: Br. J. Ophthalmol., 82: 115〜120, 1998.

2740. [原著] Induced pupillary hippus following near vision: increased occurrence in visual display unit workers. 鵜飼一彦(日本福祉大),土屋邦彦,石川哲(眼): Ergonomics, 40(11): 1201〜1211, 1997.

2741. [原著] Non cholinergic toxicity of sarin. 石川哲(眼): Intern. Med., 36(7): 447, 1997.

2742. [原著] High incidence of visual recovery among four Japanese patients with Leber's hereditary optic neuropathy with the 14484 mutation. Yamada, K.,Mashima, Y.,Kigasawa, K.,Miyashita, K.,若倉雅登(眼),Oguchi, Y.: J. Neuroophthalmol., 17(2): 103〜107, 1997.

2743. [原著] Corticosteroid-induced central serous chorioretinopathy. 若倉雅登,E.Song,石川哲(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 41: 180〜185, 1997.

2744. [原著] Corticosteroid-induced central serous chorioretinopathy. 若倉雅登,E.Song,石川哲(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 41: 180〜185, 1997.

2745. [原著] Direct parasympathetic pathway from midbrain to ciliary muscles in cats and monkeys. 木村真也(眼),新井田孝裕,向野和雄(医衛生),石川哲(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 41: 203〜208, 1997.

2746. [原著] Adrenoceptors affect accommodation by modulating cholinergic activity. 大塚紀佳,吉富健志,土屋邦彦(眼),鵜飼一彦(日本福祉大),石川哲(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 42(1): 66〜70, 1998.

2747. [原著] Bilateral optic neuropathy with mitochondorial DNA 9804 mutation detected by non-isitipic single-strand conformational polymorphism. 若倉雅登,林瑛理(眼),Y. Toyooka,H. Yamabe,C. Wada,H. Ohtani,石川哲(眼): Neuro-Ophthalmology, 19(1): 7〜12, 1998.

2748. [原著] 若年層における近視発症年齢と調節残効の関係. 大塚紀佳,土屋邦彦(眼),大木千佳,鵜飼一彦(日本福祉大),石川哲(眼): 視覚の科学, 17(4): 135〜138, 1997.

2749. [原著] ファミリーコンピューターゲームの際に痙攣発作を起こした患者についての神経眼科的検索. 横江淳子,石川哲(眼): 神眼, 14(2): 166〜170, 1997.

2750. [原著] 網膜神経細胞における有機燐剤投与後の活性酸素発生に関する研究. 庄司治代,若倉雅登,石川哲(眼): 神眼, 14(4): 351〜364, 1997.

2751. [原著] 視神経炎治療多施設トライアルー日本における現状. 若倉雅登,石川哲(眼),視神経炎治療多施設トライアル研究グループ: 第1回国際眼科シンポジウムプロシーディング, p.267〜268, 1997.

2752. [原著] 自律神経作働薬の調節に及ぼす影響; 交感神経作働薬の屈折および調節への影響. 大塚紀佳,吉富健志,土屋邦彦(眼),鵜飼一彦(日本福祉大): 日眼会誌, 101(5): 400〜406, 1997.

2753. [原著] 両側乳癌と胃癌を有したため原発巣の決定が困難であった女性の眼窩転移性印環細胞癌. 古野久美子(県立がんセンター),麻賀太郎,内山光明,飯田萬一,清水昭男,上田明子(衛生短大),若倉雅登(眼): 日眼会誌, 102: 135〜141, 1998.

2754. [原著] 白内障術後のQOLについて−視力改善度と満足度の関係. 松島奈穂子,杉本朝子,佐藤美菜子(眼),山田徹人(眼),青木繁(医衛生): 日本視能訓練士協会誌, 25: 145〜150, 1997.

2755. [原著] 実験的外傷性白内障の発生機序. 鳩野長文(眼): 北里医学, 28(1): 1〜7, 1998.

2756. [準原著] P1-/P2-Purinergic receptors on cultured rabbit retinal muller cells. Y. Liu,若倉雅登(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 42: 33〜40, 1998.

2757. [研究報告] レ-ベル視神経症と多発性硬化症の合併男性例. 比嘉利沙子,若倉雅登,石川哲(眼): 神眼, 14(2): 171〜177, 1997.

2758. [研究報告(厚生省)] 難治性視神経の機序解明と治療方針決定のための基礎データについて. 若倉雅登,石川哲(眼),視神経炎治療多施設トライアル研究グループ: 厚生省網膜脈絡膜視神経萎縮症調査研究班平成8年度研究報告書, p.88〜90, 1997.

2759. [症例報告] 視力予後が良好であった両眼性アカントアメーバ角膜炎. 小笠原勝則(東女医大),石橋康久,佐藤剛,亀井裕子,宮永喜隆,細川理恵,若倉雅登(眼): あたらしい眼科, 15(1): 101〜103, 1998.

2760. [症例報告] 角膜混濁を残した日虐待児症候群−Battered child syndrome having repetitive corneal injury−. 庄司治代,若倉雅登,堀内宏史,石川哲(眼): 眼科, 39(9): 1119〜1122, 1997.

2761. [症例報告] 原発巣が肝膿瘍であった転移性内因性眼内炎の1例. 児玉安代,吉富健志,林良子,中川里絵,石川哲(眼): 眼科, 40: 743〜747, 1998.

2762. [症例報告] 緑内障様乳頭変化を有する慢性有機リン中毒の1例. 根崎健吾,吉富健志,森本良子,林瑛理,石川哲(眼): 眼紀, 48(11): 1338〜1352, 1997.

2763. [症例報告] 原発性抗リン脂質抗体症候群による慢性虚血性視神経症の1例. 児玉安代,若倉雅登,吉富健志,庄司治代,石川哲(眼): 眼紀, 49: 346〜350, 1998.

2764. [症例報告] 両側乳癌と胃癌の既往があり原発巣の決定が困難であった眼窩転移性印環細胞癌の1例. 古野久美子(県立がんセンター) ,麻賀太郎,内山光明,飯田萬一,清水昭男,上田明子(衛生短大),若倉雅登(眼): 日眼会誌, 102(2): 135〜141, 1998.

2765. [症例報告] Orbital granulocytic sarcoma成人例の病理学的検討. 古野久美子(県立がんセンター),藤田浩之,丸田壱郎,飯田萬一,早淵洋子,青木繁(医衛生): 臨眼, 51(5): 1077〜1082, 1997.

2766. [総説] 自律神経機能の主な検査法の進歩. 白川慎爾,石川哲(眼): Clin. Neurosci., 15(4): 76〜78, 1997.

2767. [総説] (特集)末梢神経障害とメチル B12; 視神経炎. 若倉雅登(眼): Clinican, 44(460): 85, 1997.

2768. [総説] 頭痛の理解を深めるために; 頭痛と眼症候. 若倉雅登(眼): Medicina, 34(7): 1275〜1277, 1997.

2769. [総説] (特集)眼と内科疾患; 眼に影響を与える薬剤・放射線. 石川均,若倉雅登(眼): Pharma Medica, 16(1): 69〜73, 1998.

2770. [総説] (特集)金属アレルギー; 化学物質過敏症. 宮田幹夫,難波龍人,西本浩之,市辺義章(眼): アレルギーの領域, 4(12): 53〜57, 1997.

2771. [総説] 他覚的視野計としての瞳孔視野計. 吉富健志(眼): 眼科, 39(10): 1161〜1166, 1997.

2772. [総説] 白内障手術教育の実態と手術評価および合併症対策; 全国アンケート調査の結果より. 若倉雅登(眼),三宅謙作(三宅眼科病院): 眼科手術, 10(2): 157〜163, 1997.

2773. [総説] 化学物質過敏症; 思いのほか身近な環境問題. 難波龍人(眼): 健康な子ども, 295: 47〜49, 1997.

2774. [総説] 電磁波による目への影響,健康教室. 難波龍人(眼): 健康教室, 48: 12, 18〜21, 1997.

2775. [総説] 化学物質過敏症に対する検査. 難波龍人(眼): 検査と技術, 25(2): 159〜163, 1997.

2776. [総説] 化学物質過敏症. 石川哲,難波龍人(眼): 治療, 79(8): 130〜131, 1997.

2777. [総説] シックハウス症候群治療における最近の動向. 宮田幹夫,難波龍人,西本浩之(眼): 治療, 79: 2498〜2499, 1997.

2778. [総説] Fisher症候群治療における最近の動向. 難波龍人(眼): 神眼, 14(2): 151〜154, 1997.

2779. [総説] 眼薬理学入門(8)−眼薬理学各論2: 毛様体筋の薬理学−. 吉富健志(眼): 神経眼科, 15: 76〜81, 1998.

2780. [総説] (特集)産業廃棄物と健康障害; 化学物質過敏症. 石川哲(眼): 中毒研究, 10: 375〜378, 1997.

2781. [総説] 正常眼圧緑内障の治療. 吉富健志(眼): 日本の眼科, 69: 17〜21, 1998.

2782. [総説] (特集)眼科; 最近の進歩−視神経疾患の最新の対策−. 若倉雅登(眼): 日本医師会雑誌, 118(7): 1041〜1045, 1997.

2783. [総説] 化学物質過敏症の診断・治療. 宮田幹夫(眼): 日本公衆衛生雑誌, 44(10): 76, 1997.

2784. [総説] 暮らしと健康教室,目が開けられない. 難波龍人(眼): 暮らしと健康, 52: 8, 85, 1997.

2785. [総説] 視神経. 若倉雅登(眼): 臨眼, 51(4): 764〜765, 1997.

2786. [総説] 自律神経機能の主な検査法の進歩; 瞳孔検査. 白川慎爾,石川哲(眼): 臨床神経学, 15(4): 76〜78, 1997.

2787. [講座] 不定愁訴と微量化学物質. 石川哲(眼): 心身医学, 37: xvi, 1997.

2788. [講座] 眼薬理学入門(5)−眼薬理学総論 5: 交感神経に作用する薬物. 石川均,吉富健志(眼): 神眼, 14(2): 184〜188, 1997.

2789. [講座] 海外だより; Johns Hopkins Hospital. 原直人(眼): 神眼, 14(2): 196〜197, 1997.

2790. [講座] 眼薬理学入門(6) 眼薬理学総論5: 副交感神経に作用する薬物. 石川均,吉富健志(眼): 神眼, 14(3): 280〜283, 1997.

2791. [講座] 眼薬理学入門(7): 眼薬理学各論 1; 瞳孔の薬理学. 吉富健志(眼): 神眼, 14(4): 388〜394, 1997.

2792. [講座] 診断に困る眼筋麻痺について. 向野和雄(医衛生): 日本の眼科, 68(12): 1409〜1413, 1997.

2793. [講座] 正常眼圧緑内障診断のポイント. 吉富健志(眼): 日本の眼科, 68: 327〜331, 1997.

2794. [講座] 環境化学物質の生体への影響. 石川哲(眼),寺道由晃(前神奈川県相模原保健所): 日本公衆衛生雑誌, 44(10): 75, 1997.

2795. [学術書] (分担執筆) 眼科診療Question & Answers第21号; 瞳孔視野計(Pupil Perimetry)についてご教示下さい, (151), p.4〜7, 吉富健志(眼). 編集 中島章,猪俣孟,玉井信,野崎道勇,真鍋禮三,松尾治亘,丸尾敏夫, 六法出版社,東京,97.00.00発行.

2796. [学術書] (分担執筆) 眼科診療プラクティス28−視野のすべて−; 瞳孔運動による他覚的視野検査, p.225〜227, 吉富健志(眼). 編集 本田孔士, 文光堂,東京,97.00.00発行.

2797. [学術書] (分担執筆) 眼科ブレークスルー 緑内障治療; Overfiltration, p.155, 吉富健志(眼). 編集 三嶋弘, 中山書店,東京,98.00.00発行.

2798. [学術書] (分担執筆) 眼科ブレークスルー 緑内障治療; トノグラフィー検査, p.11, 吉富健志(眼). 編集 三嶋弘, 中山書店,東京,98.00.00発行.

2799. [学術書] (分担執筆) 眼科ブレークスルー 緑内障治療; レーザー線維柱帯形成術を重ねてよいか, p.124, 吉富健志(眼). 編集 三嶋弘, 中山書店,東京,98.00.00発行.

2800. [学術書] (分担執筆) 眼科ブレークスルー 緑内障治療; 視野の悪化しつつある老人の手術適応, p.199, 吉富健志(眼). 編集 三嶋弘, 中山書店,東京,98.00.00発行.

2801. [学術書] (分担執筆) 眼科ブレークスルー 緑内障治療; 白内障のあるPOAG患者の手術, p.110, 吉富健志(眼). 編集 三嶋弘, 中山書店,東京,98.00.00発行.

2802. [学術書] (分担執筆) 眼科ブレークスルー 緑内障治療; 薬物で眼圧下降が得られない正常眼圧緑内障, p.80, 吉富健志(眼). 編集 三嶋弘, 中山書店,東京,98.00.00発行.

2803. [学術書] (分担執筆) 眼科ブレークスルー 緑内障治療; 患者のライフスタイルの指導, p.188〜189, 吉富健志(眼),松元俊. 編集 三嶋弘, 中山書店,東京,98.00.00発行.

2804. [学術書] (分担執筆) 眼科診療プラクティス31: 眼の免疫のしくみ; 多発性硬化症,視神経炎, p.176〜182, 若倉雅登(眼). 97.00.00発行.

2805. [学術書] (分担執筆) 眼科診療プラクティス32: 眼疾患診療ガイド; 一過性黒内障(一過性視覚障害), p.547〜548, 若倉雅登(眼). 97.00.00発行.

2806. [学術書] (分担執筆) 眼科診療プラクティス32: 眼疾患診療ガイド; タバコ中毒,エチルアルコール中毒,メチルアルコール中毒,農薬中毒,シンナー中毒,キノホルム中毒,中毒症による瞳孔異常, p.468〜473, 546, 難波龍人(眼). 97.00.00発行.

2807. [学術書] (分担執筆) 眼科学大系7(差し替え版)神経眼科; 虚血性視神経症,視神経障害としての緑内障, p.216.2〜216.5, 若倉雅登(眼). 98.00.00発行.

2808. [学会(国際)] (一般講演) Orbital metastasis of the urinary bladder. 古野久美子(県立がんセンター),青木繁(医衛生),陶山秀夫(眼),M. Iida: 14th Congress of Asia Pacific Academy of Ophthalmology (97.00.00), Kathmandu, Nepal.

2809. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of extrastriate cortical lesions on ocular convergence. R. Takada,原直人(眼),H. Hasebe,H. Toda,M. Takagi,H. Abe,T. Bando: ARVO (97.00.00), Florida.

2810. [学会(全国)] (特別講演) 不定愁訴と微量化学物質. 石川哲(眼): 第38回日本心身医学会総会 (97.05.29), 東京.

2811. [学会(全国)] (特別講演) 会長講演; 抗コリンエステラ−ゼ剤の毒性. 石川哲(眼): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.27), 横浜.

2812. [学会(全国)] (教育講演) 基礎講演; 眼窩炎性偽腫瘍の概念−眼窩筋炎の問題点. 向野和雄,平田丞,花輪守彦,柏木広哉(眼): 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.17), 東京.

2813. [学会(全国)] (シンポジウム等) 化学物質過敏症の診断・治療. 宮田幹夫(眼): 第56回日本公衆衛生学会総会 (97.10.17), 横浜.

2814. [学会(全国)] (シンポジウム等) 環境化学物質の生体への影響. 石川哲(眼),寺道由晃(前神奈川県相模原保健所): 第56回日本公衆衛生学会総会 (97.10.17), 横浜.

2815. [学会(全国)] (シンポジウム等) 瞳孔視野計による他覚的視野測定. 吉富健志(眼): 第45回日本臨床視覚電気生理学会 (97.10.31), 倉敷.

2816. [学会(全国)] (シンポジウム等) サ−カディアンリズムとその障害; 眼とサ−カディアンリズム. 吉富健志(眼): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.27), 横浜.

2817. [学会(全国)] (シンポジウム等) 増加する自律神経異常を示す病気(その対策と治療). 宮田幹夫(眼): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.28), 横浜.

2818. [学会(全国)] (ワークショップ) 不定愁訴と自律神経; 化学物質過敏症. 難波龍人(眼): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.27), 横浜.

2819. [学会(全国)] (一般講演) ベーチェット病における経年的なHLA typeと職業との関係について. 小川泰典,松本美保,細川理恵,平田丞,若倉雅登,宮田幹夫(眼): 第6回日本臨床環境医学会総会 (97.06.14), 東京.

2820. [学会(全国)] (一般講演) 化学物質過敏症治療施設の開発−その1; 環境因子の除去法について−. 浜崎はつ子,鈴木昭,三上秀人,湯懐鵬(新菱冷熱),石川哲,宮田幹夫,難波龍人(眼),門廣繁幸(テクノエイド協会),末吉一成(三菱研究所): 第6回日本臨床環境医学会総会 (97.06.14), 東京.

2821. [学会(全国)] (一般講演) 化学物質過敏症; 治療施設の開発−その2: モデルルームシステム概要について. 三上秀人,鈴木昭,浜崎はつ子,湯懐鵬(新菱冷熱研),石川哲,宮田幹夫,難波龍人,門廣繁幸(テクノエイド),末吉一成(三菱総研): 第6回日本臨床環境医学会総会 (97.06.14), 東京.

2822. [学会(全国)] (一般講演) 正常眼圧緑内障が疑われた慢性有機リン中毒の1例. 根崎健吾,吉富健志,柏木広哉,冨岡敏也,石川哲(眼): 第6回日本臨床環境医学会総会 (97.06.14), 東京.

2823. [学会(全国)] (一般講演) 室内環境汚染と多種類化学物質過敏症. 宮田幹夫(眼): 第6回日本臨床環境医学会総会 (97.06.14), 東京.

2824. [学会(全国)] (一般講演) 有機ゲルマニウム化合物(Ge-132)マウス培養水晶体に対する混濁抑制作用. 福島一哉,林瑛理,宮田幹夫(眼),宇賀茂三(医衛生): 第36回日本白内障学会 (97.06.20〜22), 横浜.

2825. [学会(全国)] (一般講演) 屈折弱視と不同視弱視の治療過程における視力改善期間. 松井孝子,松島奈穂子,杉山由紀子,山田徹人,石川哲(眼),鵜飼一彦(日本福祉大): 第53回日本弱視斜視学会 (97.06.27), 大阪.

2826. [学会(全国)] (一般講演) 多数例におけるコントラスト感度空間波数特性の検討; 正常者の年齢・弱視者の視力をパラメータとした解析. 鵜飼一彦(日本福祉大),松野彩子,大木千佳,植松淑子,松井孝子,松島奈穂子,石川哲(眼): 第53回日本弱視斜視学会 (97.06.27), 大阪.

2827. [学会(全国)] (一般講演) Cover-uncoverにおける眼球運動の定量的分析. 杉本朝子,山田徹人,三橋祐美子,松野彩子,根本徹,石川哲(眼): 第53回日本弱視斜視学会 (97.06.28), 大阪.

2828. [学会(全国)] (一般講演) Dissociated Horizontal Deviation (DHD)が疑われた1例. 庄司倫子,青木繁,藤山由紀子,新井田孝裕,向野和雄(医衛生): 第53回日本弱視斜視学会 (97.06.28), 大阪.

2829. [学会(全国)] (一般講演) 摘出家兎後毛様動脈に及ぼすチモロール,ベタキソロールの影響. 森本良子,吉富健志,石川均,石川哲(眼): 第8回日本緑内障学会 (97.07.04), 沖縄.

2830. [学会(全国)] (一般講演) 広範な虹彩全癒着を伴ったICE 症候群の組織学的観察. 林瑛理,西本浩之,吉富健志,石川哲(眼),宇賀茂三(医療衛生): 第8回日本緑内障学会 (97.07.04), 沖縄.

2831. [学会(全国)] (一般講演) 緑内障の自覚的視野と他覚的視野の解離. 吉富健志,松井孝子,石川均,比嘉利沙子,茂木朝子,石川哲(眼): 第8回日本緑内障学会 (97.07.04), 沖縄.

2832. [学会(全国)] (一般講演) ムスカリン様作薬のヒト眼内平滑筋に対する作用. 石川均,吉富健志,石川哲(眼),Popat N.Patil(Ohio State Univ.),Louis De Santis(Alcon Lab, Fort Worth): 第8回日本緑内障学会 (97.07.04), 沖縄.

2833. [学会(全国)] (一般講演) ウシ様動脈におけるイミダゾリン誘導体の作用. 石川均,吉富健志,石川哲(眼),Popat N Patil: 第36回日本網膜硝子体学会総会 (97.07.25), 旭川.

2834. [学会(全国)] (一般講演) 後極に円周裂孔を呈した外傷性網膜剥離の1症例. 中里宣幸,白川慎爾,難波龍人,石川哲,斉藤隆,堀内浩史(眼): 第36回日本網膜硝子体学会総会 (97.07.25), 旭川.

2835. [学会(全国)] (一般講演) エタンプト−ル視交叉視神経症における視野の検討. 菊池裕美,若倉雅登,難波龍人,森本良子,向野和雄,石川哲,升田豊(眼): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.19), 神戸.

2836. [学会(全国)] (一般講演) Ocular Tilt Reactionを伴った脳血管障害の1例. 松崎広栄,大野晃司,山田徹人,吉田寛(眼),岩田信恵(都立駒込病院),林英明: 第35回日本神経眼科学会 (97.09.19), 神戸.

2837. [学会(全国)] (一般講演) 原発性軟膜リンパ腫による眼球運動障害を呈した1例. 藤沢邦俊,石川均,山田徹人,石川哲(眼): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.19), 神戸.

2838. [学会(全国)] (一般講演) 大脳視覚連合領壊による輻輳運動の変化. 高田律子(新潟大),原直人(眼),長谷部日,戸田春男,高木峰夫,阿部春樹,板東武彦(新潟大): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.19), 神戸.

2839. [学会(全国)] (一般講演) 初期の視機能異常が検出された乳頭血管炎. 細川理恵,川崎いづみ,若倉雅登,石川哲(眼): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.20), 神戸.

2840. [学会(全国)] (一般講演) Creutzfeldt-Jakob病における神経眼科的所見の. 松本美保,若倉雅登,石川哲(眼),古和久幸(内): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.20), 神戸.

2841. [学会(全国)] (一般講演) ステロイド治療を行わなかった原田病の検討. 菊地裕美,若倉雅登,比嘉利沙子,難波龍人,石川哲(眼),児玉安代(相模野病院): 第63回日本中部眼科学会,第94回中国四国眼科学会 (97.10.04), 松江.

2842. [学会(全国)] (一般講演) 正常眼圧緑内障や虚血性視神経症と臨床所見が類似した抗リン脂質抗体症候群の1例. 児玉安代,若倉雅登,吉富健志,庄司治代(眼): 第63回日本中部眼科学会,第94回中国四国眼科学会 (97.10.05), 松江.

2843. [学会(全国)] (一般講演) 正常眼圧緑内障か? 前大脳動脈によるvascular compressionか? 冨岡敏也,吉富健志,若倉雅登,石川哲(眼),西岡達也(北野病院): 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.17), 東京.

2844. [学会(全国)] (一般講演) VDT作業前後における調節残効の変動. 杉山由紀子,大塚紀佳,中川里絵,大木千佳,土屋邦彦(眼),青木繁(医衛生),石川哲(眼): 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.17), 東京.

2845. [学会(全国)] (一般講演) 視神経炎治療多施設トライアルの概要 (フォ−ラム; 視神経炎の治療をどうするか? −日本の視神経炎治療多施設トライアルの結果をふまえて−). 杉山由紀子,大塚紀佳,中川里絵,大木千佳,土屋邦彦(眼),青木繁(医衛生),石川哲(眼): 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.17), 東京.

2846. [学会(全国)] (一般講演) 肝膿瘍原発の両眼眼内炎の1例. 児玉安代,冨岡敏也,吉富健志,若倉雅登,石川哲(眼),恩田健(渕野辺病院): 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.18), 東京.

2847. [学会(全国)] (一般講演) 尋常性乾鮮psoriasis vulgarisの眼合併症. 平田丞,藤沢邦俊,阿曽香子,若倉雅登(眼),太田幸則,勝岡憲生(皮): 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.18), 東京.

2848. [学会(全国)] (一般講演) 培養網膜神経細胞におけるDeptrex投与後の活性酸素の発生について. 庄司治代,若倉雅登,川崎いづみ,石川哲(眼): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.28), 横浜.

2849. [学会(全国)] (一般講演) ウサギ瞳孔散大筋におけるエンドセリン,サラフォトキシンの薬理作用と受容体の性質. 佐藤弥生,石川均,吉富健志,石川哲(眼),原田芳照(医衛生): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.28), 横浜.

2850. [学会(全国)] (一般講演) 摘出家兎後毛様動脈に及ぼすチモロ−ル,ベタソロ−ルの影響. 森本良子,吉富健志,石川均(眼): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.28), 横浜.

2851. [学会(全国)] (一般講演) 近視眼の調節負荷後の残効と自律神経系における環境因子の関与. 大塚紀佳,土屋邦彦,石川哲(眼): 第50回日本自律神経学会総会 (97.11.28), 横浜.

2852. [学会(全国)] (一般講演) ラット全層角膜移植と他の移植におけるsacond-set phenomenon. 片見睦夫(眼),皆本敦,D.J. White(Univ. of Cambridge,UK),P.G. Watson(Univ. of Cambridge, UK),石川哲(眼): 第22回角膜カンファランス,第14回日本角膜移植学会 (98.02.14), 志摩.

2853. [学会(全国)] (ポスター講演) 強膜炎の神経眼科的所見. 中川里絵,藤沢邦俊,中里宣幸,難波龍人,若倉雅登,石川哲(眼): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.19), 神戸.

2854. [学会(全国)] (ポスター講演) 自動瞳孔視野計による同名半盲患者の視野測定の試み. 大谷朝子,松井孝子,小島恭子,吉富健志,石川哲(眼): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.20), 神戸.

2855. [学会(全国)] (ポスター講演) 眼窩筋炎と甲状腺癌の合併例. 平田丞,中里宣幸,若倉雅登,石川哲(眼): 第35回日本神経眼科学会 (97.09.20), 神戸.

2856. [学会(全国)] (ポスター講演) ベ−チェット病と重金属. 小川泰典,宮田幹夫,石川哲(眼): 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.17), 東京.

2857. [学会(全国)] (ポスター講演) 非感染性と考えられた難治性縫合糸膿瘍の1例. 井上元宏,奥田隆章,福原雅之,戸田恵美,中西清二(生駒病院),濱田潤(大阪医大),清水一弘: 第51回日本臨床眼科学会 (97.10.18), 東京.

2858. [学会(地方)] (一般講演) 眼症を含んだWernicke症候群の転症例. 中川里絵,比嘉利沙子,難波龍人,若倉雅登,石川哲(眼): 第14回関東眼科学会, 第33回関東甲信越眼科学会 (97.05.31), つくば.

2859. [学会(地方)] (一般講演) 眼-頭部-手; 協調運動の記録による視野・高次機能測定の分析. 青木繁,向野和雄,新井田孝裕,藤山由紀子,庄司倫子,荒幡篤(医療衛生): 第14回関東眼科学会,第33回関東甲信越眼科学会 (97.05.31), つくば.

2860. [学会(地方)] (一般講演) 眼窩部皮下に認められた涙腺多形性腺種の2症例. 古野久美子,飯田萬一(県立ガンセンター),柏木広哉,青木繁,升田豊,菊池裕美(眼),金子明博(国立ガンセンター): 第67回九州眼科学会 (97.06.01), 北九州.

2861. [学会(地方)] (一般講演) 北里大学病院における手術内容の5年前との比較検討. 松本美保,中里宣幸,白川慎爾,石川哲(眼): 第74回神奈川県眼科医会集談会 (97.06.10), 横浜.

2862. [学会(地方)] (一般講演) 原発巣が肝膿瘍であった両眼全眼球炎の1例. 児玉安代,冨岡敏也,吉富健志,若倉雅登,石川哲(眼),恩田健(渕野辺総合病院): 第74回神奈川県眼科医会集談会 (97.06.10), 横浜.

2863. [学会(地方)] (一般講演) 早期に正常化した乳頭血管炎の1例. 細川理恵,川崎いづみ,若倉雅登,石川哲(眼): 第74回神奈川県眼科医会集談会 (97.06.10), 横浜.

2864. [研究会(全国)] (教育講演) 正常眼圧緑内障の鑑別診断. 吉富健志(眼): 第4回緑内障フロンティアの会 (98.01.24), 京都.

2865. [研究会(全国)] (一般講演) 近視発症年齢と調節の負荷後の残効の関連. 中川里絵,大塚紀佳(眼),杉山由紀子,大木千佳,土屋邦彦(土屋眼科),鵜飼一彦(日本福祉大): 第16回屈折調節研究会 (97.10.03), 松江.

2866. [研究会(全国)] (一般講演) VDT作業者の視機能の評価. 青木繁(医衛生): 第16回屈折調節研究会 (97.10.03), 松江.

2867. [研究会(全国)] (一般講演) 涙小管閉塞を生じた血管拡張性肉芽腫. 古野久美子(県立がんセンタ−),亀田陽一,升田豊(東芝林間病院),菊地裕美,柏木広哉,阿曽香子(眼),青木繁(医衛生): 第32回眼科臨床病理組織研究会 (97.10.03), 松江.

2868. [研究会(全国)] (一般講演) 眼窩内に発生した血管周皮腫の1例. 柏木広哉,若倉雅登,石川哲(眼),向野和雄(医衛生),岩渕啓一(病理),古野久美子(県立がんセンタ−): 第32回眼科臨床病理組織研究会 (97.10.03), 松江.

2869. [研究会(地方)] (特別講演) 視神経乳頭のみかた・考え方. 若倉雅登(眼): 第185回熊本県眼科医会研修会 (97.06.07), 熊本.

2870. [研究会(地方)] (特別講演) 視神経炎にまつわる諸問題. 若倉雅登(眼): 第8回愛媛県眼科フォ−ラム (97.11.15), 松山.

2871. [研究会(地方)] (特別講演) 視神経炎にまつわる諸問題. 若倉雅登(眼): 第8回愛媛県眼科フォ−ラム (97.11.16), 松山.

2872. [研究会(地方)] (特別講演) 眼科におけるステロイド信仰について. 若倉雅登(眼): 第20回名古屋大学眼科集談会 (98.02.07), 名古屋.

2873. [研究会(地方)] (特別講演) 機能細胞としてのミュラー細胞について. 若倉雅登(眼): 東大茶話会特別講演 (98.03.03), 東京.

2874. [研究会(地方)] (特別講演) 環境化学物質による中毒と眼症. 石川哲(眼): 第29回新潟臨床眼科研究会 (98.03.08), 新潟.

2875. [研究会(地方)] (教育講演) 視神経疾患の診方,考え方. 市辺義章(眼): 神奈川県眼科医会生涯教育講座 (97.05.24), 横浜.

2876. [研究会(地方)] (教育講演) 眼球運動を中心にした患者の診方. 石川哲(眼): 神奈川県眼科医会生涯教育講座 (97.07.19), 横浜.

2877. [研究会(地方)] (教育講演) やさしい瞳孔の診断学. 吉富健志(眼): 神奈川県眼科医会生涯教育講座 (97.09.20), 横浜.

2878. [研究会(地方)] (教育講演) 眼窩異常と眼球突出. 向野和雄(医療衛生): 神奈川県眼科医会生涯教育講座 (97.11.15), 横浜.

2879. [研究会(地方)] (教育講演) 正常眼圧緑内障の鑑別診断. 吉富健志(眼): 第2回甲信セミナー (98.03.01), 甲府.

2880. [研究会(地方)] (一般講演) 小瞳孔のPEA. 福島一哉(眼): 第4回栃木県眼科手術談話会 (97.06.06), 宇都宮.

2881. [研究会(地方)] (一般講演) 眼圧日差の具体的な話. 吉富健志(眼): 神奈川県眼科医会生涯教育講座 (97.06.21), 横浜.

2882. [研究会(地方)] (一般講演) 全方向眼球運動制限をきたした強膜炎. 中川里絵(眼): 第13回真鶴セミナー (97.08.02), 福島.

2883. [研究会(地方)] (一般講演) trochleitisの1例. 平田丞(眼): 第13回真鶴セミナー (97.08.02), 福島.

2884. [研究会(地方)] (一般講演) 抗リン脂質抗体症候群を示した視神経症. 児玉安代(眼): 第13回真鶴セミナー (97.08.02), 福島.

2885. [研究会(地方)] (一般講演) 末梢性眼球運動. 若倉雅登(眼): 第13回真鶴セミナー (97.08.02), 福島.

2886. [研究会(地方)] (一般講演) 緑内障について. 難波龍人(眼): 「目の愛護デ−」記念行事 (97.10.05), 相模原.

2887. [研究会(地方)] (一般講演) 広範囲な虹彩前癒着に高眼圧を伴った特異な緑内障の1例. 林瑛理,福島一哉,吉富健志(眼),宇賀茂三(医衛生): 第36回栃木県農村医学会 (97.11.15), 宇都宮.

2888. [研究会(地方)] (一般講演) ボツリヌス投与による瞳孔反応への影響. 中原悦子,石川均(眼),新井田孝裕,向野和雄(医衛生): 第28回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサ−チカンファレンス (97.12.04), 相模原.

2889. [研究会(地方)] (一般講演) 両眼性強膜化角膜の新生児の1例. 松本美保,中里宣幸,白川慎爾,宮田幹夫,石川哲(眼),山岸里津子(児): 第28回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサ−チカンファレンス (97.12.04), 相模原.

2890. [研究会(地方)] (一般講演) 単純ヘルペスU型ウィルスによる角膜ぶどう膜炎の幼児例. 猪田さをり,平田丞,嶺井利沙子,若倉雅登,石川哲(眼),豊岡裕子(DNA): 第28回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサ−チカンファレンス (97.12.04), 相模原.

2891. [研究会(地方)] (一般講演) 組織学的検討を行ったICE症候群の1例. 宮崎茂則,藤田哲,鳩野長文,吉富健志,石川哲(眼): 第28回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサ−チカンファレンス (97.12.04), 相模原.

2892. [研究会(地方)] (一般講演) ステロイド治療を行わなく完全寛解した原田病の1例. 森田哲也,若倉雅登,石川哲(眼): 第28回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサ−チカンファレンス (97.12.04), 相模原.

2893. [研究会(地方)] (一般講演) ミュラー細胞の培養と同細胞に存在する伝達物質受容体. 若倉雅登,市辺義章(眼): 科学技術振興調整費による目標達成型脳科学研究「網膜神経回路網・視神経の再生における制御因子に関する研究」リエゾン会議・研究報告会 (98.02.04), つくば.

2894. [研究会(地方)] (一般講演) 培養ミュラー細胞におけるグルタミン酸受容体の固定. 平田丞(眼): 科学技術振興調整費による目標達成型脳科学研究「網膜神経回路網・視神経の再生における制御因子に関する研究」リエゾン会議・研究報告会 (98.02.04), つくば.

2895. [研究会(地方)] (一般講演) 網膜巨大動脈瘤が原因と思われ網膜動脈文枝閉塞症の1症例. 長山裕二,市辺義章(眼),向野和雄(医療衛生): 第29回北里大学神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (98.02.05), 相模原.

2896. [研究会(地方)] (一般講演) 自然寛解した黄斑上膜の1例. 平田丞,佐藤美菜子,鳩野長文,白川慎爾,石川哲(眼): 第29回北里大学神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (98.02.05), 相模原.

2897. [研究会(地方)] (一般講演) 自己免疫性視神経炎と考えられた若年例. 森田哲也,若倉雅登,石川哲(眼): 第29回北里大学神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (98.02.05), 相模原.

2898. [研究会(地方)] (一般講演) 球後型視神経症を初発症状とした髄膜癌腫症の1例. 柳田智彦,平田丞,市辺義章,若倉雅登,石川哲(眼): 第29回北里大学神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (98.02.05), 相模原.

2899. [研究会(地方)] (一般講演) 長期ステロイド剤内服の離脱時に増悪した甲状腺眼症. 久保祐輔,菊池裕美,若倉雅登(眼),向野和雄(医療衛生学部): 第29回北里大学神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (98.02.05), 相模原.

2900. [研究会(地方)] (一般講演) 北里大学における線維柱帯切除術の成績. 細川理恵,吉富健志,石川哲(眼): 第14回神奈川県緑内障談話会 (98.02.14), 横浜.


<<26 耳鼻咽喉科学>>

2901. [原著] Three-dimensional computer-reconstructed image for studying cancer extension within the hypopharynx. 中山明仁,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,馬越智浩,鈴木立俊(耳鼻): Acta Otolaryngol., 117: 764〜768, 1997.

2902. [原著] Evaluation of activated eosinophil infiltration for the assessment of the effect of chemosurgical treatment for allergic rhinitis using tricholraacetic acid. 八尾和雄,設楽哲也,高橋広臣,西山耕一郎,井口芳明,山本一博,岡本牧人(耳鼻): American Journal of Rhinology, 11(2): 1997.

2903. [原著] メニエール病の初期症状と予後. 徳増厚二,藤野明人,長沼英明,星野功(耳鼻),米田敏(生物物理系): Equilibrium Res., 56(3): 234〜241, 1997.

2904. [原著] ヒト側頭骨標本における半規管クプラ, 半規管壁に付着した好塩基性沈着物の検討. 長沼英明(耳鼻),Kohut, R.I.,Ryu, J.H.(Bowman gray school of medicine),徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功,新井基洋(耳鼻): Equilibrium Res., 56(3): 268〜273, 1997.

2905. [原著] 北里大学耳鼻咽喉科めまい外来25年間の患者推移. 星野功,徳増厚二,藤野明人,長沼英明,新井基洋(耳鼻),米田敏(生物物理系): Equilibrium Res., 56(3): 274〜283, 1997.

2906. [原著] 頭部外傷後の発作性頭位眩暈症の2症例−方向交代性頭位眼振の検討−. 長沼英明,徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功,新井基洋(耳鼻): Equilibrium Res., 56(6): 575〜581, 1997.

2907. [原著] 下咽頭早期癌の診断と治療. 岡本牧人(耳鼻): JOHNS, 13(4): 630〜635, 1997.

2908. [原著] スギ花粉症に対するChemosurgeryの適応とその治療成績. 八尾和雄(耳鼻): アレルギー科, 5(2): 185〜194, 1998.

2909. [原著] 睡眠時無呼吸症候群におけるUvulopalatopharyngoplasty (UPPP)術後の長期観察例の検討. 岡本牧人,望月高行(耳鼻): 口腔・咽頭科, 10(2): 175〜181, 1998.

2910. [原著] アレルギー性鼻炎に対する下甲介化学剤手術. 八尾和雄(耳鼻): 治療, 80(2): 1201〜1203, 1998.

2911. [原著] 口腔・咽頭の乳頭腫. 八尾和雄,高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(12): 845〜850, 1997.

2912. [原著] 静脈石を有した喉頭血管腫の1例. 鈴木立俊,籾山安弘,馬越智浩,八尾和雄(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(13): 940〜943, 1997.

2913. [原著] 鼓室型グロームス腫瘍の1例. 加藤幸子,小川克二,井口芳明,山本一博(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 69(7): 454〜457, 1997.

2914. [原著] 両側突発難聴を主訴に来院した白血病の1例. 橋本晋一郎,藤野明人,籾山安弘,中村要,小川浩司,岡本牧人(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 70(1): 10〜13, 1998.

2915. [原著] Gradenigo症候群の1例. 井口芳明,小川克二,山本一博,越野樹典,加藤幸子(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 70(2): 90〜93, 1998.

2916. [原著] 皮膚筋炎・多発性筋炎における嚥下障害. 星野功,岡本牧人(耳鼻): 耳鼻臨床, 90(10): 1163〜1167, 1997.

2917. [原著] 内頚静脈結紮術症例の検討. 望月高行,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 頭頚部腫瘍, 23: 61〜65, 1997.

2918. [原著] 呼吸困難を呈した喉頭蓋嚢腫の1例. 井口芳明,小川克二,山本一博,加藤幸子,小野雄一,鐵田晃久(耳鼻): 日気食会報, 48(3): 261〜264, 1997.

2919. [原著] 舌顆粒細胞腫の臨床的病理組織学的検討. 八尾和雄,高橋広臣,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,鈴木立俊,新田光邦,伊藤能成,広島屋孝(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 100(5): 484〜491, 1997.

2920. [研究報告(厚生省)] Pooled controlを用いた突発性難聴に関する患者・対象研究. 青木伸雄,中村美詠子,川村孝,大野良之,柳田則之,中島務,星野知之,岡本牧人(耳鼻),横山徹爾,田中平三,森岡聖次,橋本勉: 厚生省特定疾患に関する疫学研究班平成8年度研究業績集, p.53〜57, 1997.

2921. [研究報告(厚生省)] 加齢による難聴悪化の検討および聴覚リハビリテーションに関する研究. 岡本牧人,小野雄一,鈴木恵子(耳鼻): 長寿科学総合研究平成8年度研究報告, 4: 487〜493, 1997.

2922. [研究報告(その他公的な報告)] 自発性平衡障害のリハと薬物療法の治療効果の比較. 藤野明人,徳増厚二,岡本牧人(耳鼻),米田敏(生物物理系): 耳鼻咽喉科展望, 40(4): 91, 1997.

2923. [症例報告] Sclerosing inflammatory pseudotumor arising from the carotid artery region - Case Report -. 岡本牧人,高橋広臣,山中盾(耳鼻),根本・(外),久野健志,石井豊太(耳鼻): Auris Nasus Larynx, 24: 315〜320, 1997.

2924. [症例報告] 顔面神経麻痺加療中に発症した心因性難聴例. 井口芳明,小川克二,山本一博,加藤幸子,斉藤大(耳鼻): 耳鼻臨床, 90(11): 1193〜1199, 1997.

2925. [症例報告] 視器障害を呈した蝶形骨洞炎例. 井口芳明,小川克二,山本一博,加藤幸子,中村要(耳鼻): 耳鼻臨床, 90(8): 925〜930, 1997.

2926. [症例報告] 中耳結核例. 山本一博,小川克二,井口芳明,加藤幸子,小野雄一,鐵田晃久(耳鼻): 耳鼻臨床, 90: 759〜764, 1997.

2927. [臨床治験] 整形外科間接手術用シェーバーシステム(SE5, ペースセッター)のESSへの使用の有用性. 樋口彰宏,斉藤大,新井基洋,岡本牧人,八尾和雄(耳鼻): 耳展, 40(4): 438〜443, 1997.

2928. [総説] 鼻出血. 八尾和雄(耳鼻): 今日の治療指針1998.

2929. [総説] 中途視覚・聴覚障害のリハビリテーション, 老人性難聴. 岡本牧人(耳鼻): 総合リハ, 25(8): 705〜709, 1997.

2930. [学術書] (分担執筆) めまい・慢性中耳炎の診断と治療; めまいのリハビリテーションと鼓膜形成術, p.144〜155, 長沼英明,徳増厚二,岡本牧人(耳鼻). 編集 槁内千一(真興交易), 真興交易(株)医書出版部,東京,98.01.31発行.

2931. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科診療Q&A; 急性音響外傷, (26): 178〜179, 岡本牧人(耳鼻). 編集 設楽哲也(耳鼻),飯沼寿孝, 六法出版社,名古屋,97.11.07発行.

2932. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 全国名医・病院徹底ガイド; 北里大学病院・神経耳科・めまい外科, 得意診療分野, p.551, 長沼英明(耳鼻). 主婦と生活社,東京,97.10.06発行.

2933. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 日医ニュース; 老人性難聴, 870(12): 1, 岡本牧人(耳鼻). 編集 日本医師会生涯教育課, 日本医師会,東京,97.12.05発行.

2934. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 耳鳴・難聴の診断と治療(30の大学病院による診断と治療シリーズ); 当科における耳鳴・難聴の診断と治療, p.103〜109, 佐野肇,岡本牧人(耳鼻). 真興交易(株)医書出版部,東京,98.01.31発行.

2935. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 長寿科学研究エンサイクロペディア; 聴覚リハビリテーション, p.800〜801, 岡本牧人(耳鼻). 編集 佐分利輝彦, 長寿科学振興財団,東京,97.03.00発行.

2936. [学会(全国)] (教育講演) 老人の難聴の治療上の問題点. 岡本牧人(耳鼻): 第59回耳鼻咽喉科臨床学会 (97.06.27), 京都, 予稿集, 90(95): 83〜84, 1997.

2937. [学会(全国)] (シンポジウム等) 頭頚部がん患者に対するインフォームド・コンセント−悪性リンパ腫−. 馬越智浩(耳鼻): 第21回日本頭頚部腫瘍学会 (97.06.20), 福岡, 予稿集, p.324, 1997.

2938. [学会(全国)] (シンポジウム等) UPPP術後の長期観察例の検討. 岡本牧人(耳鼻): 第10回日本口腔・咽頭科学会 (97.09.18), 千葉, 口腔・咽頭科, 10(1): 17, 1997.

2939. [学会(全国)] (シンポジウム等) 難治性口腔・咽頭潰瘍の病理組織学検討−第3報−. 稲木勝英,永井浩巳,鈴木立俊,馬越智浩,八尾和雄,高橋広臣(耳鼻): 第10回日本口腔・咽頭科学会 (97.09.19), 千葉, 口腔・咽頭科, 10(1): 25, 1997.

2940. [学会(全国)] (一般講演) 下咽頭癌T期, U期の検討. 岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会 (97.05.23), 大阪, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 100(10): 1168, 1997.

2941. [学会(全国)] (一般講演) 根治的頚部郭清術後に生じた鎖骨疲労骨折の1例. 広島屋孝,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩(耳鼻),松林隆,西口郁,北野雅史(放): 第21回日本頭頚部腫瘍学会 (97.06.19), 福岡, 予稿集, p.400, 1997.

2942. [学会(全国)] (一般講演) 副咽頭間隙に発生した滑膜肉腫の1例. 平山方俊,岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩,伊藤能成(耳鼻): 第21回日本頭頚部腫瘍学会 (97.06.19), 福岡, 予稿集, p.410, 1997.

2943. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭下咽頭境界癌の臨床的病理組織学的検討. 中山明仁,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,馬越智浩(耳鼻): 第21回日本頭頚部腫瘍学会 (97.06.19), 福岡, 予稿集, p.416, 1997.

2944. [学会(全国)] (一般講演) 上咽頭癌・原発部手術例の検討. 八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,鈴木立俊(耳鼻): 第21回日本頭頚部腫瘍学会 (97.06.20), 福岡, 予稿集, p.462, 1997.

2945. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭摘出患者のための音声リハビリテーション紹介ビデオ. 岡本朗子,岡本牧人,高橋広臣,広瀬肇(耳鼻): 第21回日本頭頚部腫瘍学会 (97.06.20), 福岡, 予稿集, p.470, 1997.

2946. [学会(全国)] (一般講演) 急性化膿性扁桃炎が疑われた扁桃サルコイドーシスの1例. 山本一博,小川克二,井口芳明,加藤幸子(耳鼻): 第59回耳鼻咽喉科臨床学会 (97.06.27), 京都, 予稿集, 90(95): 32, 1997.

2947. [学会(全国)] (一般講演) 高齢者による突発性難聴. 小野雄一,平山方俊,佐野肇,岡本牧人(耳鼻): 第8回耳鼻咽喉科と老化の研究会 (97.07.12), 東京.

2948. [学会(全国)] (一般講演) 舌・口腔底癌術後症例の嚥下機能評価. 榎本浩幸,佃守,持松いづみ,河合敏,加賀田博子,陰里ゆうみ,吉田豊一(横浜市大),広瀬肇(耳鼻): 第10回日本口腔・咽頭科学会 (97.09.19), 千葉, 口腔・咽頭科, 10(1): 127, 1997.

2949. [学会(全国)] (一般講演) 閉塞性睡眠時無呼吸症候群における軟口蓋低位と中咽頭計測との検討. 望月高行,岡本牧人,石井豊太,佐野肇,長沼英明(耳鼻): 第10回日本口腔・咽頭科学会 (97.09.19), 千葉, 口腔・咽頭科, 10(1): 134, 1997.

2950. [学会(全国)] (一般講演) 口蓋扁桃の良性腫瘍性病変の検討. 鈴木立俊,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩,稲木勝英(耳鼻): 第10回日本口腔・咽頭科学会 (97.09.19), 千葉, 口腔・咽頭科, 10(1): 48, 1997.

2951. [学会(全国)] (一般講演) ヒト舌エブネル腺の3次元的解析(第1報). 広島屋孝,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁,伊藤能成(耳鼻): 第10回日本口腔・咽頭科学会 (97.09.19), 千葉, 口腔・咽頭科, 10(1): 57, 1997.

2952. [学会(全国)] (一般講演) 口腔咽頭領域における結核症例の検討. 伊藤能成,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,鐵田晃久,岡本牧人(耳鼻): 第10回日本口腔・咽頭科学会 (97.09.19), 千葉, 口腔・咽頭科, 10(1): 82, 1997.

2953. [学会(全国)] (一般講演) 喘鳴をきたした気道疾患の2例. 石井豊太,望月高行,早坂修(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2954. [学会(全国)] (一般講演) ラリンゴマイクロサージェリーにおける2, 3の工夫. 山口宏也,渡嘉敷亮二,中村一博(東京専売病院),広瀬肇(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2955. [学会(全国)] (一般講演) 声帯癒着症の治療. 平山方俊,山中盾,広島屋孝,伊藤能成,佐野肇,中山明仁,八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人,広瀬肇(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2956. [学会(全国)] (一般講演) 当院における喉頭結核の検討. 越野樹典,平山方俊,中山明仁,馬越智浩,山中盾,望月高行,伊藤能成,八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2957. [学会(全国)] (一般講演) 胃食道逆流症によりひきおこされる下咽頭喉頭所見について. 渡嘉敷亮二,山口宏也,中村一博(東京専売病院),広瀬肇(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2958. [学会(全国)] (一般講演) 放射線治療による線維性食道入口部狭窄の治療経験. 物部寛子,肥後隆三郎,手塚克彦,田上二朗,新美成二(東大),広瀬肇(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2959. [学会(全国)] (一般講演) 咽後膿瘍を伴った頚部縦隔膿瘍の1例. 鐵田晃久,平山方俊,山中盾,鈴木立俊,伊藤能成,馬越智浩,中山明仁,八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2960. [学会(全国)] (一般講演) 術後音声からみた喉頭癌T1症例の検討. 中村一博,山口宏也,渡嘉敷亮二,吉田知之,井上斉(東京専売病院),広瀬肇(耳鼻): 第49回日本気管食道科学会 (97.10.02), 旭川.

2961. [学会(全国)] (一般講演) スギ花粉症およびスギ花粉感作喘息におけるヒスタミン遊離(HR)の比較. 前田裕二,安板浩,斉藤明美(国立相模原病院),石井豊太(耳鼻),秋山一男(国立相模原病院),信太隆夫(日本臨床アレルギー研): 第47回日本アレルギー学会 (97.10.06), 東京, 予稿集, 46(8・9): 817, 1997.

2962. [学会(全国)] (一般講演) 脳血管障害による感音性難聴の検討. 新田光邦,岡本牧人,佐野肇,平山方俊,小野雄一(耳鼻): 日本聴覚医学会総会 (97.10.16), 東京, 日本聴覚医学会誌, 40: 277〜278, 1997.

2963. [学会(全国)] (一般講演) 聴力型による加齢による難聴の検討. 小野雄一,岡本牧人,佐野肇,平山方俊(耳鼻): 日本聴覚医学会総会 (97.10.16), 東京, 日本聴覚医学会誌, 40: 327〜328, 1997.

2964. [学会(全国)] (一般講演) ISO 8253-2の定める準無響室について. 柴崎敦子,竹内義夫(耳鼻): 日本聴覚医学会総会 (97.10.16), 東京, 日本聴覚医学会誌, 40: 349〜350, 1997.

2965. [学会(全国)] (一般講演) 頭載式小型スピーカを用いた擬似音場オージオメータの試作. 竹内義夫(耳鼻): 日本聴覚医学会総会 (97.10.16), 東京, 日本聴覚医学会誌, 40: 351〜352, 1997.

2966. [学会(全国)] (一般講演) 67-S語表に対する広帯域雑音のマスキング効果. 松平登志正,竹内義夫(耳鼻): 日本聴覚医学会総会 (97.10.16), 東京, 日本聴覚医学会誌, 40: 425〜426, 1997.

2967. [学会(全国)] (一般講演) 突発性難聴の予後判定−質的判定法について−. 佐野肇,岡本牧人,平山方俊,新田光邦,小野雄一(耳鼻): 日本聴覚医学会総会 (97.10.17), 東京, 日本聴覚医学会誌, 40: 517〜518, 1997.

2968. [学会(全国)] (一般講演) 難聴を伴ったCamurati-Engelmann病の1例. 鐵田晃久,岡本牧人,佐野肇,小野雄一(耳鼻): 第7回日本耳科学会 (97.10.23), 高知, Otology Japan, 7(4): 282, 1997.

2969. [学会(全国)] (一般講演) ヒト球形嚢斑有毛細胞密度の検討(第2報). 長沼英明(耳鼻),Kohut, R.I.,Ryu, J.H.(Bowman gray school of medicine),徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功,新井基洋(耳鼻): 第7回日本耳科学会総会学術講演会 (97.10.23), 高知, Otology Japan, 7(4): 390, 1997.

2970. [学会(全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎にみられた感音難聴. 伊藤能成,岡本牧人,佐野肇,平山方俊,長沼英明(耳鼻): 第7回日本耳科学会総会学術講演会 (97.10.23), 高知, Otology Japan, 7(4): 414, 1997.

2971. [学会(全国)] (一般講演) 高齢者の突発性難聴. 小野雄一,平山方俊,佐野肇,岡本牧人(耳鼻): 第7回日本耳科学会総会学術講演会 (97.10.23), 高知, Otology Japan, 7(4): 415, 1997.

2972. [学会(全国)] (一般講演) 初診後に難聴が進行した突発難聴の検討. 佐野肇,岡本牧人,小野雄一,新田光邦,平山方俊(耳鼻): 第7回日本耳科学会総会学術講演会 (97.10.23), 高知, Otology Japan, 7(4): 416, 1997.

2973. [学会(全国)] (一般講演) めまい患者におけるアンギオグラフィーの有用性とその限界−椎骨脳底動脈循環不全を中心に−. 新井基洋,樋口彰宏,斉藤大(耳鼻),梅川淳一,伊藤邦泰(横浜赤十字病院): 第56回日本平衡神経科学会総会学術講演会 (97.10.30), 松本.

2974. [学会(全国)] (一般講演) ヒト球形嚢斑の三次元的形態の解析(第4報). 長沼英明(耳鼻),Kohut, R.I.,Ryu, J.H.(Bowman gray school of medicine),徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功,新井基洋,山崎公義(耳鼻): 第56回日本平衡神経科学会総会学術講演会 (97.10.30), 松本, 予稿集, p.109, 1997.

2975. [学会(全国)] (一般講演) ウェルニッケ脳症2症例の検討. 山崎公義,徳増厚二,長沼英明,星野功,岡本牧人,藤野明人,新井基洋(耳鼻): 第56回日本平衡神経科学会総会学術講演会 (97.10.30), 松本, 予稿集, p.125, 1997.

2976. [学会(全国)] (一般講演) バランスボードによる平衡訓練〜重心動揺計による評価〜. 藤野明人,徳増厚二(耳鼻),米田敏(生物物理系),岡本牧人,長沼英明,星野功(耳鼻): 第56回日本平衡神経科学会総会学術講演会 (97.10.30), 松本, 予稿集, p.127, 1997.

2977. [学会(全国)] (一般講演) 自動運動が体平衡に与える影響の検討. 星野功,徳増厚二,藤野明人,長沼英明,新井基洋(耳鼻): 第56回日本平衡神経科学会総会学術講演会 (97.10.30), 松本, 予稿集, p.128, 1997.

2978. [学会(全国)] (一般講演) 鼻腔原発の悪性神経鞘腫の1例. 鈴木立俊,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,岡本牧人(耳鼻): 第36回日本鼻科学会 (97.11.07), 東京, 予稿集, 36(3): 104, 1997.

2979. [学会(全国)] (一般講演) Haewangiopericytoma-like intranasal tumorの1例. 井口芳明,小川克二,山本一博,加藤幸子(耳鼻),岩渕啓一(病理): 第36回日本鼻科学会 (97.11.07), 東京, 予稿集, 36(3): 109, 1997.

2980. [学会(全国)] (一般講演) 鼻・副鼻腔inverted papillomaの細胞学的特性の検討−アポトーシスを通して−. 新田光邦,八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人(耳鼻): 第36回日本鼻科学会 (97.11.07), 東京, 予稿集, 36(3): 110, 1997.

2981. [学会(全国)] (一般講演) トリクロール酢酸による下甲介化学剤手術−治療効果に従った酵素抗体二重染色法による肥満細胞数およびその効果−. 八尾和雄,鈴木立俊,井口芳明,西山耕一郎,山本一博,岡本牧人(耳鼻): 第36回日本鼻科学会 (97.11.07), 東京, 予稿集, 36(3): 89, 1997.

2982. [学会(全国)] (一般講演) 鼻・副鼻腔真菌症の臨床検討. 越野樹典,井口芳明,八尾和雄,新田光邦,鈴木立俊,山本一博(耳鼻): 第36回日本鼻科学会 (97.11.08), 東京, 予稿集, 36(3): 120, 1997.

2983. [学会(全国)] (一般講演) 鼻アレルギーにおけるカリクレイン阻害薬の検討−第2報−. 西山耕一郎,八尾和雄,井口芳明,山本一博,鈴木立俊(耳鼻),馬嶋正隆(薬理): 第36回日本鼻科学会 (97.11.08), 東京, 予稿集, 36(3): 137, 1997.

2984. [学会(全国)] (一般講演) 新シューバーシステム, EP1のESSおよび下甲介切除への使用の有用性. 樋口彰宏,新井基洋,斉藤大,岡本牧人,八尾和雄(耳鼻): 第36回日本鼻科学会 (97.11.08), 東京, 予稿集, 36(3): 149, 1997.

2985. [学会(全国)] (ポスター講演) コンピュータ支援3次元再構築によるヒト球形嚢班の計測(第3報). 長沼英明(耳鼻),Kohut, R.I.,Ryu, J.H.(Bowman Gray School of Med.),徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功,新井基洋(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会 (97.05.22〜24), 大阪, 予稿集, p.198, 1997.

2986. [学会(全国)] (ポスター講演) 突発性難聴スケールアウト例の検討. 佐野肇,岡本牧人,平山方俊,小野雄一,伊藤能成,鐵田晃久(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会 (97.05.24), 大阪, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 100(10): 1246, 1997.

2987. [学会(全国)] (ポスター講演) 三次元画像による下咽頭癌の局所進展に関する検討. 中山明仁,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,馬越智浩(耳鼻): 第98回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会 (97.05.24), 大阪, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 100(10): 1277, 1997.

2988. [学会(全国)] (ポスター講演) 良性発作性頭位眼振の亜形: 水平性頭位眼振hBPN. 徳増厚二,長沼英明,星野功,藤野明人(耳鼻),米田敏(生物物理系): 第56回日本平衡神経科学会総会学術講演会 (97.10.30), 松本, 予稿集, p.160, 1997.

2989. [学会(地方)] (シンポジウム等) 鼻咽頭疾患の抗菌剤の使用法. 鈴木立俊(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.06.14), 横浜.

2990. [学会(地方)] (一般講演) 舌結核の1例. 伊藤能成,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智宏,岡本牧人(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.06.14), 横浜, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 101(1): 145, 1998.

2991. [学会(地方)] (一般講演) 耳介に認められた痛風結節. 小野雄一,西山耕一郎(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.06.14), 横浜, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 101(1): 146, 1998.

2992. [学会(地方)] (一般講演) 耳下腺腫瘍を疑った鰓性嚢胞の1例. 佐藤賢太郎,八尾和雄,中山明仁,鈴木立俊,伊藤能成,山崎公義,岡本牧人(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.09.13), 相模原.

2993. [学会(地方)] (一般講演) 頭頚部領域に転移を認めた腎癌症例の検討. 西山貴子,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,佐野肇,馬越智浩,広島屋孝,伊藤能成(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.09.13), 相模原.

2994. [学会(地方)] (一般講演) 最近経験したヘルペスの咽頭炎症例. 望月高行,石井豊太,鈴木徹(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.09.13), 相模原.

2995. [学会(地方)] (一般講演) 中耳腔に進展した髄膜腫の1例. 西山耕一郎,小野雄一,中村要,岡本牧人(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.09.13), 相模原.

2996. [学会(地方)] (一般講演) Gradenigo症候群の1症例. 井口芳明,小川克二,山本一博,加藤幸子(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.09.13), 相模原.

2997. [学会(地方)] (一般講演) 蝸牛症状を伴わないムンプス性内耳障害の1例. 橋本晋一郎,藤野明人,小野雄一,籾山安弘(耳鼻): 第102回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.12.06), 相模原.

2998. [学会(地方)] (一般講演) 当科における両側耳下腺腫瘍の検討. 伊藤昭彦,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩,平山方俊,伊藤能成,広島屋孝,山崎公義,岡本牧人(耳鼻): 第102回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.12.06), 相模原.

2999. [学会(地方)] (一般講演) 小児急性喉頭蓋炎の1例. 横堀学,平山方俊,山中盾,伊藤能成,広島屋孝,山崎公義,岡本牧人,井口芳明(耳鼻): 第102回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.12.06), 相模原.

3000. [学会(地方)] (一般講演) 呼吸困難を呈した咽後膿瘍の1例. 越野樹典,小川克二,井口芳明,山本一博(耳鼻): 第102回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.12.06), 相模原.

3001. [学会(地方)] (一般講演) 果実アレルギーを伴ったハンノキ花粉症の検討. 鈴木徹,石井豊太,望月高行(耳鼻): 第102回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.12.06), 相模原.

3002. [学会(地方)] (一般講演) 聴力正常な聴神経腫瘍症例の検討. 鐵田晃久,長沼英明,星野功,岡本牧人,藤野明人,徳増厚二(耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (98.03.07), 横浜.

3003. [学会(地方)] (一般講演) ESS用新シューバーシステム, ハマーUおよびXPSの有用性. 樋口彰宏,新井基洋,斉藤大,岡本牧人,八尾和雄(耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (98.03.07), 横浜.

3004. [学会(地方)] (一般講演) 外耳道軟骨腫の1例. 小野雄一,藤野明人,橋本晋一郎,籾山安弘(耳鼻),橋本幸久(藤沢市民病院): 第103回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (98.03.07), 横浜.

3005. [学会(地方)] (一般講演) 咬筋内に生じた海綿状血管腫の1例. 望月幸子,高橋広臣,八尾和雄,広島屋孝,岡本牧人(耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (98.03.07), 横浜.

3006. [学会(地方)] (一般講演) 下咽頭梨状窩憩室の1例. 山本一博,小川克二,井口芳明,越野樹典(耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (98.03.07), 横浜.

3007. [研究会(全国)] (特別講演) アレルギー性鼻炎の手術治療−トリクロール酢酸使用経験−. 八尾和雄(耳鼻): 第24回合同アレルギー研究会 (97.07.08), 東京, 抄録集, p.17〜24, 1997.

3008. [研究会(全国)] (特別講演) アレルギー性鼻炎に対するトリクロール酢酸化学手術. 八尾和雄(耳鼻): 第4回花粉症研究会 (98.02.26), 宇都宮.

3009. [研究会(全国)] (一般講演) 外来鼓膜形成術. 長沼英明,設楽哲也,岡本牧人(耳鼻): 第1回耳鼻咽喉科Minimally Invasive Surgery (97.04.05), 東京.

3010. [研究会(全国)] (一般講演) 自発性平衡障害のリハと薬物療法の治療効果の比較. 藤野明人,徳増厚二,岡本牧人(耳鼻),米田敏(生物物理系): 第6回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会 (97.04.12), 東京, 耳鼻咽喉科展望, 40(4): 91, 1997.

3011. [研究会(全国)] (一般講演) 高齢難聴者の聴覚リハビリテーション. 鈴木恵子(耳鼻): 第20回補聴研究会 (97.06.14), 東京.

3012. [研究会(全国)] (一般講演) ヒト球形嚢斑有毛細胞密度の検討. 長沼英明,岡本牧人,徳増厚二,星野功,伊藤能成,鐵田晃久(耳鼻),Kohut, R.I.,Ryu, J.H.(ボーマングレイ医大): 第8回耳鼻咽喉科と老化の研究会 (97.07.12), 東京.

3013. [研究会(全国)] (一般講演) 当科における肺炎球菌検出例の検討. 山崎公義,鈴木立俊,八尾和雄,岡本牧人(耳鼻): 第27回日本耳鼻咽喉科学会感染症研究会 (97.09.07), 名古屋.

3014. [研究会(全国)] (一般講演) 耳鼻咽喉科領域分離菌の薬剤耐性の検討. 鈴木立俊,岡本牧人,八尾和雄,山崎公義(耳鼻): 第27回日本耳鼻咽喉科学会感染症研究会 (97.09.07), 名古屋.

3015. [研究会(全国)] (一般講演) 聴力型と加齢. 小野雄一,岡本牧人,佐野肇,新田光邦(耳鼻): 平成9年度厚生省長寿科学「高齢者難聴の病態・予防・リハビリテーションに関する研究」 (97.12.12), 名古屋.

3016. [研究会(全国)] (一般講演) 補聴効果測定のためのバーチャルホン(VP)の利用(第1報). 原由紀,鈴木恵子,竹内義夫,岡本朗子,佐野肇,伊藤能成,岡本牧人(耳鼻): 平成9年度厚生省長寿科学「高齢者の難聴の病態・予防・リハビリテーションに関する研究」 (97.12.12), 名古屋.

3017. [研究会(地方)] (特別講演) アレルギー性鼻炎の最新治療−トリクロール酢酸治療−. 八尾和雄(耳鼻): 神奈川県病院薬剤師会薬学セミナー (97.12.08).

3018. [研究会(地方)] (特別講演) 小児の耳鼻咽喉科疾患. 鈴木立俊(耳鼻): 相模原市医師会保育園医部会平成9年度第2回研修会 (98.03.14), 相模原.

3019. [研究会(地方)] (一般講演) サーファーにみられた外耳道骨性完全閉塞の1例. 山本一博,小川克二,井口芳明,加藤幸子(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.06.14), 横浜, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 101(1): 146, 1998.

3020. [研究会(地方)] (一般講演) 小脳橋角部悪性リンパ腫の1例. 橋本晋一郎,藤野明人,中村要,中川千尋,北村佳久(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (97.06.14), 横浜, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 101(1): 146, 1998.

3021. [研究会(地方)] (一般講演) 保存的頚部郭清術. 馬越智浩(耳鼻): 第9回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頚部外科手術手技研究会 (97.07.11), 横浜, 日耳鼻神奈川県地方部会報, 11(1): 71〜72, 1997.

3022. [研究会(地方)] (一般講演) 頭頚部がん患者のインフォームド・コンセント. 馬越智浩,高橋広臣,岡本牧人,八尾和雄,中山明仁(耳鼻): 第50回相武耳鼻科研究会 (97.07.12), 相模原.

3023. [研究会(地方)] (一般講演) 北里大学病院神経耳科の受診動態. 星野功,長沼英明,岡本牧人,徳増厚二(耳鼻): 第50回相武耳鼻科研究会 (97.07.12), 相模原.

3024. [研究会(地方)] (一般講演) 北里大学耳鼻咽喉科めまい外来25年間の患者推移. 星野功,徳増厚二,長沼英明,岡本牧人(耳鼻): 相武耳鼻咽喉科研究会 (97.07.12), 相模原.

3025. [研究会(地方)] (一般講演) 鼻内視鏡手術−慢性副鼻腔炎以外の鼻疾患への応用−. 新田光邦(耳鼻): 第10回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頚部外科手術手技研究会 (97.12.11), 横浜.

3026. [学会主催(地方会)] 第102回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会(97.12.06),相模原. 岡本牧人(耳鼻).

3027. [学会主催(その他)] 第10回神奈川県耳鼻咽喉科頭頚部外科手術手技研究会(97.12.11),横浜. 岡本牧人(耳鼻).


<<27 精神科学>>

3028. [原著] Simultaneous monitoring of inhibition of serotonin uptake by platelets and plasma drug concentrations following administration of duloxetine, a new antidepressant candidate, to healthy volunteers. 石郷岡純(精),永田悦子(生物化学系),高橋明比古,杉山健志,内海光朝,塚原俊正,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生),小口徹(看護学部): Curr. Ther. Res., 58: 679〜692, 1997.

3029. [原著] Alteration of ChAT activities following intraventricular AF64A injection and influences on amygdaloid kindling in rats. 轟純一(精),渡辺滋,永田悦子(生物化学系),高橋明比古,鈴木牧彦,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): J. Brain Sci., 22: 91〜96, 1996.

3030. [原著] Partial inhibition of reverse tolerance by high dose of ritanserin or by low dose of haloperidol in methamphetamine-sensitized rat. 田中朋子,石郷岡純(精),渡辺滋,永田悦子(生物化学系),鈴木牧彦,石郷岡純,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): Jpn. J. Psychopharmacol., 18: 1998.

3031. [原著] 現代の性行動の特徴. 若田部博文(精): こころの臨床, 16(2): 175〜179, 1997.

3032. [原著] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬塩酸セルトラリンのうつ病およびうつ状態に対する臨床評価−塩酸イミプラミンを対照薬とした用量設定試験−. 村崎光邦(精),上島国利,三浦貞則(医療衛生),他: 神経精神薬理, 19: 505〜527, 1997.

3033. [原著] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬塩酸セルトラリンのうつ病およびうつ状態に対する臨床評価−塩酸アミトリプチリンを対照薬とした二重盲検比較試験−. 上島国利,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生),他: 神経精神薬理, 19: 529〜548, 1997.

3034. [原著] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬塩酸セルトラリンの強迫性障害に対する臨床評価−セラセボを対照とした用量設定試験−. 牛島定信,上島国利,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生),他: 神経精神薬理, 19: 603〜625, 1997.

3035. [原著] 北里大学病における包括的精神医療と卒後研修. 中島節夫,若田部博文,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 精神経誌, 25(3): 271〜277, 1997.

3036. [原著] ラットの扁桃核および海馬キンドリングに対するAF64A脳室内投与の影響. 轟純一,高橋明比古(精),渡辺滋,永田悦子(生物化学系),村崎光邦(精): 北里医学, 27: 354〜363, 1997.

3037. [原著] 低濃度AF64A脳室内投与ラットにおける記憶学習障害に関する研究−T字型迷路学習試験およびChAT活性の測定による検討−. 川口毅,大谷義夫,鈴木牧彦(精),永田悦子(生物化学系),三浦貞則(医療衛生): 北里医学, 28(1): 34〜41, 1998.

3038. [原著] Nefazodone(BMY-13754)の臨床第T相試験. 石郷岡純,落合一久,内海光朝,福山嘉綱,村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 1: 297〜313, 1998.

3039. [原著] 新規抗精神病薬塩酸perospironeの精神分裂病に対する臨床評価−haloperidolを対照薬とした第V相試験−. 村崎光邦(精),小山司,三浦貞則(医療衛生),他: 臨床評価, 24(2・3): 159〜205, 1997.

3040. [研究報告] 第10回日本総合病院精神医学会総会印象記. 中島節夫(精): 精神科治療学, 13(3): 384〜385, 1998.

3041. [研究報告(厚生省)] 精神科救急医療に関する研究. 守屋裕文(埼玉県精神保健総合センター),飛鳥井望(東京都精神医学総合研究所),一瀬邦弘(都立荏原病院),伊藤哲寛(道立緑が丘病院),片岡邦彦(田 宮病院),計見一雄(千葉県精神医療センター),小島洋(大宮厚生病院),澤温(さわ病院),白石弘巳(東京都精神医学総合研究所),須藤浩一郎(土佐病 院),関口隆一(埼玉県精神保健総合センター),堤邦彦,中島節夫(精),平田豊明(千葉県精神医療センター), 山本紘世(鶴見台病院),分島徹(都立松沢病院): 平成8年度厚生科学研究補助金精神保健医療研究事業精神医療の機能分化に関する研究, p.9〜39, 1997.

3042. [臨床治験] 新規抗精神病薬塩酸perospirone (SM-9018)の精神分裂病に対する前期第U相試験. 村崎光邦(精),山下格,三浦貞則(医療衛生),他: 基礎と臨床, 31(6): 2159〜2179, 1997.

3043. [臨床治験] 新規抗精神病薬塩酸perospironeの精神分裂病に対する臨床評価−後期第U相試験−. 村崎光邦(精),小山司,三浦貞則(医療衛生),他: 基礎と臨床, 31(6): 2181〜2206, 1997.

3044. [臨床治験] 新規抗精神病薬塩酸perospironeの精神分裂病に対する臨床評価−長期投与試験−. 村崎光邦(精),小山司,三浦貞則(医療衛生),他: 基礎と臨床, 31(6): 2207〜2230, 1997.

3045. [臨床治験] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬塩酸セルトラリンのうつ病およびうつ状態に対する臨床評価. 上島国利,山下格,村崎光邦(精),他: 神経精神薬理, 19: 471〜485, 1997.

3046. [臨床治験] Org 5222の第T相試験−A Phase I Study of Org 5222 in Japanese Healthy Male Volunteers−. 大谷義夫,村崎光邦,新井卓(精),三浦貞則(医療衛生): 臨床医薬, 13(16): 4075〜4093, 1997.

3047. [総説] うつ病の病態生理と抗うつ薬の作用機序. 村崎光邦(精): Access, 71: 30〜31, 1997.

3048. [総説] 抗不安薬, 睡眠薬と記憶障害−benzodiazepine健忘について−. 村崎光邦(精): Clin. Neurosci., 16(2): 181〜185, 1998.

3049. [総説] うつ病の不眠. 石郷岡純(精): Modern Physician, 17: 499, 1997.

3050. [総説] 薬剤性精神障害. 石郷岡純(精): Modern Physician, 17: 788, 1997.

3051. [総説] アルコール依存症. 村岡英雄,村崎光邦(精): Pharma Medica, 15(9): 107〜112, 1997.

3052. [総説] 睡眠薬の特性と使い方1. ベンゾジアゼピン系睡眠薬. 石郷岡純(精): Prog. Med., 17: 2037〜2043, 1997.

3053. [総説] 非定型抗精神病薬. 石郷岡純(精): Psyco. Topics, 109: 1〜3, 1997.

3054. [総説] 特集にあたって; 「まれな心の問題」―精神科医が遭遇する機会の少ない心理・精神病理. 石郷岡純(精): こころの臨床ア・ラ・カルト, 16: 118〜119, 1997.

3055. [総説] 美容外科受診者の実態とその心理―美容外科へのコンサルテーション活動を通じて―. 石郷岡純(精): こころの臨床ア・ラ・カルト, 16: 127〜131, 1997.

3056. [総説] 神経症: 治療は精神療法と薬を併用. 村崎光邦(精): メディカル朝日, 1997(5): 69〜70, 1997.

3057. [総説] 向精神薬の現状(1): 睡眠薬. 村崎光邦(精): 医学と薬学, 38(7): 63〜73, 1997.

3058. [総説] 抗うつ薬. 石郷岡純(精): 医薬ジャーナル, 34(S-1)(増刊号・新薬展望1998): 32〜39, 1998.

3059. [総説] 精神科救急医療システムの整備と育成−人材育成をどうするか−. 中島節夫(精): 医療'97, 13(8): 38〜39, 1997.

3060. [総説] 精神科救急−現状と課題−. 中島節夫(精): 治療, 79(5): 1280〜1281, 1997.

3061. [総説] 精神医療と精神科救急. 中島節夫(精): 新医療, 13(11): 51〜54, 1997.

3062. [総説] うつ病治療におけるMAO阻害薬の役割. 村崎光邦(精): 神経精神薬理, 19(7): 685〜700, 1997.

3063. [総説] 睡眠薬−どんな時に, どう使うか−. 村崎光邦(精): 生活教育, 42(3): 50〜53, 1998.

3064. [総説] 現代の向精神薬開発の諸問題. 村崎光邦(精): 精神医学レビュー, 25: 5〜16, 1997.

3065. [総説] 高齢者にやさしい睡眠薬の使い方. 村崎光邦(精): 地域保健, 29(1): 65〜74, 1998.

3066. [総説] 老年患者の薬剤性精神障害. 石郷岡純(精): 透析ケア, 3: 818〜822, 1997.

3067. [総説] コンサルテェーション・リエゾン精神医学の参考書(回答). 中島節夫(精): 日本医事新報, (3817): 113〜114, 1997.

3068. [総説] 精神薬理フォーラム. 石郷岡純(精): 日本神経精神薬理学雑誌, 17: 149, 1997.

3069. [総説] 不眠. 高橋明比古,轟純一,村崎光邦(精): 臨床精神医学, 26: 74〜79, 1997.

3070. [総説] 新しい精神科薬物治療の展開−新規向精神薬の開発を通して−. 村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 1(1): 5〜22, 1997.

3071. [総説] Tandospironeの基礎と臨床. 村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 1(1): 81〜92, 1998.

3072. [総説] SNRI開発の現状. 村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 1(4): 419〜436, 1998.

3073. [総説] 抗うつ薬fluoxetine(Prozac)―選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の誕生. 石郷岡純(精): 臨床精神薬理, 1: 437〜441, 1998.

3074. [総説] 非定型抗精神病薬の衝撃―精神分裂病の治療にもたらす変化―. 石郷岡純(精): 臨床精神薬理, 1: 47〜59, 1998.

3075. [総説] 高齢者睡眠症の治療−睡眠薬の基本的理解を求めて−. 村崎光邦(精): 臨床老年看護, 5(1): 32〜42, 1997.

3076. [総説] 抗不安薬, 睡眠薬の筋弛緩作用. 高橋明比古,轟純一,村崎光邦(精): 老年精神医学雑誌, 8: 1180〜1186, 1997.

3077. [講座] ストレスと自律訓練法. 中島節夫(精): 産業精神保健, 5(4): 327〜330, 1997.

3078. [講座] 不安, 恐怖, 強迫の行動療法−エクスポージャー法の実際−. 大谷義夫(精): 日医雑誌, 119(2): 227〜231, 1998.

3079. [学術書] (分担執筆) 抗不安薬の新しい展開; 抗不安薬の今後の動向, p.308〜324, 村崎光邦(精). 編集 筒井末春(東邦大), 医薬ジャーナル社,東京,97.06.10発行.

3080. [学術書] (分担執筆) 精神治療薬大系・向精神薬一覧, 最近の進歩; 非定型抗精神薬Risperidone, p.63〜85, 村崎光邦(精). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛(慶大), 星和書店,東京,97.06.17発行.

3081. [学術書] (分担執筆) 最新, 脳と神経科学シリーズ(8) 記憶とその障害の最前線; 記憶の臨床薬理と治療薬, p.81〜87, 若田部博文,石郷岡純,三浦貞則(精). 編集 高橋徹(東京国際大),設楽信行(東京都駒込病院),清水輝夫(帝京大), メディカルビュー社,東京,98.02.10発行.

3082. [学術書] (分担執筆) 今日の精神科治療指針; 医原性障害: 精神科治療薬によるその他のもの, p.188〜189, 高橋明比古(精). 97.00.00発行.

3083. [その他の著書(概説書)] (共著) 今日の精神科治療指針; SLE; 症状・器質精神病, p.161, 中島節夫(精). 監修 大原健士郎(浜松医大),広瀬徹也(帝京大), 星和書店,東京,97.12.06発行.

3084. [その他の著書(概説書)] (共著) 感情障害―基礎と臨床; リエゾン, p.448〜452, 石郷岡純(精),三浦貞則(医療衛生). 編集 笠原嘉,松下正明,岸本英爾, 朝倉書店,東京,97.00.00発行.

3085. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の精神科治療指針; REM睡眠行動障害, p.205, 石郷岡純(精). 監修 大原健士郎(浜松医大),広瀬徹也(帝京大), 星和書店,東京,97.12.06発行.

3086. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 新精神科選書シリーズ: 精神科診療の副作用・問題点・注意点; 向精神薬による臨床検査値異常, p.333〜351, 石郷岡純(精). 編集 八木剛平, 診療新社,大阪,98.00.00発行.

3087. [その他の著書(入門書)] (共著) 新精神医学, 稲見允昭,石郷岡純,高橋明比古,若田部博文(精). 編集 稲見允昭(北里大), 日本医事新報社,東京,98.02.20発行.

3088. [学会(国際)] (一般講演) A Case of Dosshouse Quarters in Japan. Michiya Sugawara,Yoshibumi Hirose(東邦大),中島節夫,Kazuhiro Kobayashi(精): World Congress of the World Federation for Mental Health (97.07.09), Lahti, Finland.

3089. [学会(国際)] (一般講演) Effects of a low dose of haloperidol and of combination with a serotonin2-receptor blocker ritanserin on reverse tolerance to methamphetamine in rats. 田中朋子(精),渡辺滋,永田悦子(生物化学系),鈴木牧彦,石郷岡純,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 36th American College of Neuropsychopharmacology (97.12.08〜11), Hawaii.

3090. [学会(国際)] (一般講演) Pharmacokinetics after single administration of LY248686 (Duloxetine) in normal subjects. 高橋明比古,若田部博文,村崎光邦(精): 36th American College of Neuropsychopharmacology (97.12.08〜11), Hawaii.

3091. [学会(国際)] (一般講演) Safety and pharmacokinetics after administration of LY248686 (Duloxetine) in aged people. 高橋明比古,若田部博文,熊谷雄治,横田慎一,村崎光邦(精): 36th American College of Neuropsychopharmacology (97.12.08〜11), Hawaii.

3092. [学会(国際)] (一般講演) Safety and pharmacokinetics after 7-days repeated administration of 20 mg and 40 mg of LY248686 (Duloxetine) in healthy subjects. 高橋明比古,若田部博文,熊谷雄治,横田慎一,村崎光邦(精): 36th American College of Neuropsychopharmacology (97.12.08〜11), Hawaii.

3093. [学会(国際)] (ポスター講演) Phase U study of AD5423, newly synthesized SDA neuroleptic in Japan. 村崎光邦(精): 第37回新薬臨床評価会議(NCDEU) (97.05.26〜30), フロリダ, NCDEU Abstracts, p.6, 1997.

3094. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of centrally acting drugs on PI response and C-kinase activation of human platelets. 塚原敏正,若田部博文,稗田圭一郎(精),大貫裕子(生物物理系),石郷岡純,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 6th World Congress of Biological Psychiatry (97.06.22〜27), Nice, France, Biol. Psychiatry, 42(Suppl.): 175, 1997.

3095. [学会(国際)] (ポスター講演) Influences of AF64A-induced changes in brain cholinargic system on amygdaloid kindling in rats. 轟純一,若田部博文(精),永田悦子(生物化学系),村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 22nd International Epilepsy Congress (97.07.04), Dublin.

3096. [学会(国際)] (ポスター講演) Evaluation of the psychological symptoms on the epileptic patients with MMPI-2. 稲見允昭(精),小口徹(看護学部),高橋明比古,早馬俊,新開淑子,村崎光邦(精): 22nd International Epilepsy Congress (97.07.04), Dublin, Epilepsia, 38(Suppl.3): 240, 1997.

3097. [学会(国際)] (ポスター講演) Late phase U study of quetiapine (ICI No 4,636), a novel neuroleptic agent in schizophrenic patients. 村崎光邦,工藤義雄(精): 国際神経精神薬理学会・メキシコ神経精神薬理学会合同大会 (97.08.22), メキシコ.

3098. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of zolpidem and zopiclone on daytime sleepiness. 内海光朝,鈴木牧彦,井沢志名野,村崎光邦(精): 国際神経精神薬理学会・メキシコ神経精神薬理学会合同大会 (97.08.22), メキシコ.

3099. [学会(国際)] (ポスター講演) An open-label, Japanese, phase U clinical trial of ziprasidone in the treatment of schizophremia. 村崎光邦,工藤義雄(精): 第10回ヨーロッパ神経精神薬理学会 (97.09.15), ウイーン, Eur. Neuropsychopharmacol., 7(Suppl.2): 220, 1997.

3100. [学会(国際)] (ポスター講演) Tropicamide eye drops, serum α1-antichimotrypsine and apolipoprotein epsilon 4 allele in demented outpatients. 大谷義夫,吉田芳子,井沢志名野(精),青木繁,佐藤美菜子(眼),大貫裕子,永田悦子(生物化学系),新開淑子(精): 13th International Conference and 7th Annual European Meeting "Alzheimer's − the Blind Hunter" (97.09.29), ヘルシンキ, Final Programme, p.77, 1997.

3101. [学会(全国)] (会長講演) 最近の向精神薬の動向. 村崎光邦(精): 日本精神科救急学会設立総会 (97.07.19), 相模原.

3102. [学会(全国)] (特別講演) 精神分裂病の薬物療法−特にSDAについて−. 石郷岡純(精): 東京精神神経科診療所協会総会 (97.04.19), 東京.

3103. [学会(全国)] (シンポジウム等) 大学病院に課せられた精神科救急の役割. 若田部博文,中島節夫,稲見允昭,村崎光邦(精): 日本精神科救急学会設立総会 (97.07.19), 相模原.

3104. [学会(全国)] (シンポジウム等) 睡眠導入剤の副作用. 石郷岡純(精): CNS Symposium 1997 (97.10.04), 東京.

3105. [学会(全国)] (シンポジウム等) Changes in the treatment of schizophrenia in the age of atypical antipsychotic drugs. 石郷岡純(精): Japanese Advisory Board Meeting on Antipsychotic Drugs Study Group (97.10.18), 東京.

3106. [学会(全国)] (シンポジウム等) 抗うつ薬の臨床試験結果. 石郷岡純(精): 第7回日本臨床精神神経薬理学会サテライトシンポジウム「向精神薬の臨床試験―日本と欧米の比較―」 (97.11.19), 東京.

3107. [学会(全国)] (シンポジウム等) 精神症状評価尺度をめぐる諸問題; うつ病の評価尺度. 高橋明比古(精): 第7回日本臨床精神神経薬理学会 (97.11.21), 東京.

3108. [学会(全国)] (シンポジウム等) 心身医学療法の進め方(1); −心身症への自律訓練法の適用と留意点−. 中島節夫(精): 第2回日本心療内科学会 (98.01.18), 東京.

3109. [学会(全国)] (ワークショップ) 催眠療法−その技法と臨床への応用−. 中島節夫(精): 第10回日本総合病院精神医学会 (97.10.31), 金沢.

3110. [学会(全国)] (一般講演) 脳検診外来受診者における高次脳機能について. 大谷義夫,吉田芳子,井沢志名野,吉岡正哉,中野智仁,鈴木牧彦,村崎光邦(精),植松美汎,西脇淳,青木佐奈枝,新開淑子(総合相談部): 第6回日本脳ドック学会総会 (97.05.23), 東京, 抄録集, p.73, 1997.

3111. [学会(全国)] (一般講演) 社会復帰するということ−デイケア終了者を対象に「回復スケール(尾崎)をもちいて−」. 山本明美,白木原市次,岩本操(東病院),中野智仁,中島節夫(精),土沢健一(医療衛生),笠原友幸(秦野病院): 第93回日本精神神経学会 (97.05.31), 東京.

3112. [学会(全国)] (一般講演) 精神分裂病の死亡に関する研究. 安井正,岩下覚,中島節夫,佐藤忠彦,山内惟光(精),三浦貞則(医療衛生): 第93回日本精神神経学会 (97.05.31), 東京.

3113. [学会(全国)] (一般講演) 外来痴呆患者におけるTropicamide ED test, 血清α1-ACT濃度およびアポリポタンパクE4 allele測定の意義. 大谷義夫,吉田芳子,井沢志名野(精),青木繁,佐藤美菜子(眼),大貫裕子,永田悦子(生物物理系),新開淑子(精): 第12回日本老年精神医学会 (97.07.03), 札幌, 抄録集, p.28, 1997.

3114. [学会(全国)] (一般講演) 解離性障害と催眠. 中島節夫(精): 日本催眠医学心理学会第43回大会 (97.08.01), 大阪.

3115. [学会(全国)] (一般講演) わが国における自律訓練法; これまでの20年, これからの20年. 中島節夫(精): 第20回日本自律訓練学会 (97.09.12), 東京.

3116. [学会(全国)] (一般講演) Methamphetamine逆耐性に対する低用量haloperidolと選択的セロトニン2受容体遮断薬ritanserinの併用の効果. 田中朋子(精),渡辺滋,永田悦子(生物化学系),鈴木牧彦,石郷岡純,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 第27回日本神経精神薬理学会 (97.10.21), 鹿児島.

3117. [学会(全国)] (一般講演) Pick病の定量脳波について. 吉村久仁子(生物物理系),高橋明比古,井沢志名野,貞国太志,村崎光邦(精): 日本臨床病理学会総会 (97.10.30), 神戸, 臨床病理, 45(補冊): 129, 1997.

3118. [学会(全国)] (一般講演) 美容外科受診者に対する精神科コンサルテーション活動. 石郷岡純,岩尾光浩,福山嘉綱(精): 第10回日本総合病院精神医学会 (97.10.31), 金沢.

3119. [学会(全国)] (一般講演) 都道府県単位の精神科救急医療システムの実態. 白石弘巳(東京都精神医学総合研究所),守屋裕文(埼玉県精神保健総合センター),飛鳥井望(東京都精神医学総合研究所),平田豊明(千葉県精神医療セン ター),計見一雄(千葉県精神医療センター),一瀬邦弘(都立荏原病院),中島節夫,堤邦彦(精): 第10回日本総合病院精神医学会 (97.11.01), 金沢.

3120. [学会(全国)] (一般講演) がん患者における大うつ病の薬物療法−アルゴリズムの実施可能性の検討−. 中野智仁,若田部博文,村崎光邦,明知龍男,久賀谷亮(精),岡村仁智(中央病院),三上一郎,奥山徹,内富庸介(精): 第10回日本総合病院精神医学会 (97.11.01), 金沢, 総合病院精神医学, 9(Suppl.): 70, 1997.

3121. [学会(全国)] (一般講演) 健常人におけるLY248686(Duloxetine)単回投与時の薬物動態の検討. 高橋明比古,村崎光邦(精): 第7回日本臨床精神神経薬理学会 (97.11.21), 東京.

3122. [学会(全国)] (一般講演) 健常人におけるLY248686(Duloxetine) 20 mg, 40 mg 7日間反復投与試験時の安全性および薬物動態の検討. 高橋明比古,熊谷雄治,横田慎一,村崎光邦(精): 第7回日本臨床精神神経薬理学会 (97.11.21), 東京.

3123. [学会(全国)] (一般講演) 高齢者におけるLY248686(Duloxetine)服用時の安全性および薬物動態の検討. 高橋明比古,熊谷雄治,横田慎一,村崎光邦(精): 第7回日本臨床精神神経薬理学会 (97.11.21), 東京.

3124. [学会(全国)] (一般講演) グリホサート服用による急激な循環不全に対してPCPSが有効であった1例. 岩崎敦子(精),上條吉人,林宗博,鈴木啓介,近藤留美子,浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命): 第12回日本中毒学会東日本部会 (98.01.30), 東京.

3125. [学会(全国)] (一般講演) 桜ヶ丘記念病院における過去57年(1940-1996)自殺既遂例. 安井正,中島節夫(精),佐藤忠彦,山内惟光(桜ヶ丘記念病院): 第18回日本社会精神医学会 (98.03.06), 高松.

3126. [学会(全国)] (ポスター講演) 自律訓練法がセルフ・エフィカシーに及ぼす影響. 五艘香,青木佐奈枝,北島正人,福山綱吉(東病院),中島節夫(精): 第20回日本自律訓練学会 (97.09.12), 東京.

3127. [学会(全国)] (ポスター講演) 血小板のPI代謝回転, 40Kタンパク質のリン酸化, および細胞内Ca2+濃度に対する中枢作用薬の効果. 塚原敏正,若田部博文,稗田圭一郎(精),大貫裕子(生物化学系),石郷岡純,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 第27回日本神経精神薬理学会 (97.10.21〜22), 鹿児島.

3128. [学会(全国)] (ポスター講演) D2とS2受容体拮抗作用を有する新しい抗精神病薬AD-5423の第1相試験. 若田部博文,落合一久,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 第7回日本臨床精神神経薬理学会 (97.11.21), 東京.

3129. [学会(全国)] (公開講座) ストレスと自律訓練法. 中島節夫(精): 第4回日本産業精神保健学会 (97.06.14), 東京.

3130. [学会(地方)] (特別講演) 精神分裂病における薬物療法の意義について. 石郷岡純(精): 第87回高知県精神科医会学術講演会 (97.07.25), 高知.

3131. [学会(地方)] (特別講演) 睡眠導入剤の使い方. 石郷岡純(精): 岡山県精神神経科診療所医会学術講演会 (97.11.14), 岡山.

3132. [学会(地方)] (特別講演) 非定型抗精神病薬: その治療学的意義. 石郷岡純(精): 播磨地区精神科学術講演会 (98.02.26), 姫路.

3133. [学会(地方)] (一般講演) 急性出血性白質脳症が疑われた全身性septic emboliの1例. 河崎明子(精),藤沼邦彦,秋山久尚,浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),糠沢達志(内): 第43回日本救急医学会関東地方会 (97.06.21), 東京.

3134. [学会(地方)] (一般講演) 特発性過眠症と診断した1例. 竹川敦,桜井弘乃,内田太一,若田部博文,高橋明比古,石郷岡純,大谷義夫,村崎光邦(精): 神奈川県精神医学会第123回例会 (97.07.19), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 25(1): 139, 1997.

3135. [学会(地方)] (一般講演) リスペリドンにおける臨床報告−自験(3症例)について−. 小林一広,石郷岡純,大谷義夫,村崎光邦(精): 第9回神奈川県精神薬理学会 (97.10.23), 横浜.

3136. [学会(地方)] (一般講演) 神奈川県における単科精神病院の歯科保健医療体制の現状. 井上裕之,松坂利之,水谷由美子,白川教人(国立療養所久里浜病院),村岡英雄(精): 神奈川県精神医学会 (97.11.22), 横浜.

3137. [学会(地方)] (一般講演) 上腸管膜動脈症候群を合併した神経性食思不振症の1例. 新井綾子,桜井弘野,若田部博文,石郷岡純,大谷義夫,村崎光邦(精): 神奈川精神医学会 (98.03.14), 横浜.

3138. [研究会(全国)] (教育講演) 精神疾患の薬物療法. 石郷岡純(精): 平成9年度薬友会生涯教育セミナー (97.06.14), 東京.

3139. [研究会(全国)] (教育講演) 精神疾患と薬物療法. 石郷岡純(精): 平成9年度精神保険福祉相談員認定研修会 (97.10.27), 横浜.

3140. [研究会(全国)] (教育講演) 抗精神病薬療法の本質と非定型抗精神病薬がもたらす治療の近未来像. 石郷岡純(精): 抗精神病薬開発セミナー (97.11.27), 東京.

3141. [研究会(全国)] (一般講演) 脳内コリン系の変化がてんかん源性獲得に与える影響. 轟純一(精),渡辺滋,永田悦子(生物化学系),高橋明比古,村崎光邦(精): 第24回日本脳波研究会 (97.00.00), 沖縄.

3142. [研究会(全国)] (一般講演) Methamphetamine逆耐性現象に対する選択的セロトニン2受容体遮断薬ritanserinと低用量haloperidol併用の効果. 石郷岡純,田中朋子(精): 平成7〜9年度厚生科学研究補助金(麻薬総合研究事業)研究「乱用薬物の有害性及び依存メカニズムに関する研究」合同班会議 (98.02.07), 仙台.

3143. [研究会(地方)] (記念講演) 北里大学東病院における1年間のメイラックスの処方報告. 小林一広(精): メイラックス発売8周年記念学術講演会 (97.10.16), 相模原.

3144. [研究会(地方)] (特別講演) わが国における抗精神病薬開発の現状. 村崎光邦(精): 東京都精神研セミナー7月例会 (97.07.14), 東京.

3145. [研究会(地方)] (特別講演) アルコール依存症の概念と治療の変遷. 村岡英雄(精): 北海道精神医療セミナー (97.07.26), 札幌.

3146. [研究会(地方)] (特別講演) 不眠症の診断と治療について. 村崎光邦(精): 第146回市立函館病院月例医学会 (97.10.01), 函館.

3147. [研究会(地方)] (特別講演) 向精神薬の使い方および副作用対策と患者への説明. 村崎光邦(精): 平成9年度東京都女子薬剤師会第U講座 (97.10.04), 東京.

3148. [研究会(地方)] (特別講演) 非定型抗精神病薬について. 石郷岡純(精): 第1回静岡スキゾフレニア研究会 (97.10.04), 浜松.

3149. [研究会(地方)] (特別講演) 精神分裂病における薬物療法の持つ意味と非定型抗精神病薬がもたらす治療の近未来像. 石郷岡純(精): 第12回千葉県精神神経科診療研究会 (97.10.25), 千葉.

3150. [研究会(地方)] (教育講演) 精神科薬物療法, 最近の動向. 村崎光邦(精): 第6回関東地区精神科研修医合同研修会 (97.09.20), 東京.

3151. [研究会(地方)] (教育講演) 精神保健・福祉法について. 村岡英雄(精): 横浜市福祉サービス協会研修会 (97.10.21), 横浜.

3152. [研究会(地方)] (教育講演) 精神分裂病の治療における服薬の重要性. 石郷岡純(精): 精神障害者家族教室 (97.12.04), 横浜.

3153. [研究会(地方)] (教育講演) 職場における問題飲酒者への対応. 村岡英雄(精): 福井県産業医研修会 (97.12.14), 福井.

3154. [研究会(地方)] (一般講演) 急性出血性白質脳症が疑われた全身性septic emboliの1例. 河崎明子(精),藤沼邦彦,糠沢達志,秋山久尚(内),浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第42回神奈川県感染症研究会 (97.09.06), 横浜.

3155. [研究会(地方)] (公開講座) ルーチン脳波検査でみられる臨床発作と発作時脳波について. 稲見允昭(精): 神奈川臨床神経生理セミナー (97.10.17), 横浜.


<<28 放射線科学>>

3156. [原著] A novel therapeutic approach for rectal varices: A case report of rectal varices treated with double balloon-occluded embolotherapy. Kimura, T.,Haruta, I.,Nemoto, Y.,Ishikawa, K.,Miyazono, Y.,Shimizu, K.,Yamaguchi, K.,Hayashi, N.(東女医大),磯部義憲(放),Ueno, K.,Toda, J.(東女医大): Am. J. Gastroenterol., 92(5): 883〜886, 1997.

3157. [原著] ミトコンドリア脳筋症の脳血流SPECT−5症例による検討−. 片桐科子,西巻博,北野雅史,堀池重治,菅信一,石井勝己,松林隆(放),坂井文彦(内): 日本画像医学会雑誌, 16(5): 341〜348, 1998.

3158. [準原著] 血管系腫瘍. 菅信一(放): 日整会誌, 70(2): 537, 1996.

3159. [準原著] Flexion myelopathyの病態と治療, 診断−放射線学的立場から−. 菅信一(放): 日本パラプレジア医学会雑誌, 10(1): 16〜17, 1997.

3160. [症例報告] Photo quiz 109 (Irradiation-induced chondrosarcoma). 北野雅史(放),原裕子(都立清瀬小児病院): 小児科診療, 61(2): 233〜235, 1998.

3161. [症例報告] 側頭骨髄膜腫の3例. 青木由紀,菅信一,松林隆,池田俊昭,西口郁(放): 臨床放射線, 42(5): 615〜618, 1997.

3162. [総説] 大動脈疾患−診断からIVRまで; 大動脈瘤に対するDacron covered metallic stent. 磯部義憲,西巻博,松永敬二,吉田暢元(放),金城正佳(外),田之畑一則,小西敏夫(横浜労災病院): IVR誌, 12(2): 29〜36, 1997.

3163. [総説] 脳腫瘍; テント下. 菅信一(放): Medicina, 34(11): 161〜166, 1997.

3164. [総説] 腹部大動脈瘤のIVRの現状と問題点. 西巻博,磯部義憲(放),金城正佳(外),佐藤一喜,西山直久,松永敬二,吉田暢元(放): 映像情報メディカル, 29(8): 503〜509, 1997.

3165. [総説] 小児の上気道疾患. 原裕子(清瀬小児病院),堀池重治(放): 画像診断, 17(7): 761〜770, 1997.

3166. [総説] 特集; 腹部・消化器における非観血的手技: 肝疾患における経カテーテル的処置. 吉田暢元,西巻博,松永敬二,磯部義憲(放): 外科治療, 78(2): 175〜180, 1998.

3167. [総説] 特集; 腹部・消化器における非観血的手技: 膵・脾・腎疾患における経カテーテル的処置. 松永敬二,吉田暢元,磯部義憲,西巻博(放): 外科治療, 78(2): 181〜188, 1998.

3168. [総説] 特集; 腹部・消化器における非観血的手技: CTガイド下経皮的穿刺術. 上野恵子,杉浦孝司,高田ゆかり,桑田知(東女医大),磯部義憲(放),木村健,安原清司,福田晃(東女医大): 外科治療, 78(2): 198〜209, 1998.

3169. [総説] 読影トレーニングのための超音波・CT診断アトラス(腹部−腸閉塞). 西巻博(放): 救急医学, 21(10): 1202〜1210, 1997.

3170. [総説] 特集; 救急領域における胸部CT診断マニュアル−エディトリアル; 編集にあたって. 磯部義憲(放): 救急医学, 22(3): 249, 1998.

3171. [総説] 救急領域における胸部CTマニュアル−胸椎損傷−. 西巻博,磯部義憲(放): 救急医学, 22(3): 362〜366, 1998.

3172. [総説] 救急領域におけるinterventional radiologyの進歩. 西巻博,磯部義憲(放): 治療学, 31(8): 1003〜1009, 1997.

3173. [総説] 肺炎の発見と鑑別診断. 堀池重治(放): 小児科診療, 61(1): 43〜52, 1998.

3174. [総説] 肺の腫瘤陰影の意義と鑑別. 原裕子(清瀬小児病院),堀池重治(放): 小児科診療, 61(1): 53〜61, 1998.

3175. [総説] 脳血管奇形の診断と治療. 菅信一(放): 総合臨床, 46(4): 791〜792, 1997.

3176. [総説] 変性疾患. 菅信一(放): 臨床画像, 13(7): 752〜765, 1997.

3177. [総説] CT検査; 頭頚部. 菅信一(放): 臨床看護, 23(6): 838〜843, 1997.

3178. [総説] 胸部外傷. 堀池重治(放): 臨床放射線, 42(11): 1263〜1271, 1997.

3179. [講座] 神経放射線; 血管. 菅信一(放): 画像診断, 17(7): 788〜789, 1997.

3180. [講座] 神経放射線; 解剖(側頭骨). 菅信一(放): 画像診断, 18(1): 102〜103, 1998.

3181. [学術書] (分担執筆) 放射線画像医学(医用放射線科学講座第7巻); 画像医学: 骨・関節・軟部組織系, p.121〜140, 松林隆(放). 編集 稲本一夫,別府慎太郎(阪大), 医歯薬出版, 東京, 97.05.10発行.

3182. [教科書] (分担執筆) フィルムリーディング(1)脳・脊髄; 頚椎椎間板ヘルニア, p.114〜115, 菅信一(放). 編集 宮坂和男(北大), 医学書院, 東京, 98.03.15発行.

3183. [教科書] (分担執筆) フィルムリーディング(1)脳・脊髄; 黄色靭帯骨化症, p.116〜117, 菅信一(放). 編集 宮坂和男(北大), 医学書院, 東京, 98.03.15発行.

3184. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 消化器病セミナー: 消化器疾患に対するIVR; 門脈, 食道胃静脈瘤: BRTO, p.42〜55, 磯部義憲,松永敬二,吉田暢元(放). 編集 打田日出夫(奈良県立医科大), へるす出版, 東京, 98.03.20発行.

3185. [学会(国際)] (一般講演) Measurement of regional renal blood volume in patients with heart diseases by SPECT. 中沢圭治,石井勝己,堀池重治,西巻博,片桐科子,吉田暢元,北野雅史,菊池敬,神宮司公二,依田一重,松林隆(放): 2nd Sino-Japan Nuclear Medicine Conference (97.05.06〜08), Shanghai, Proceedings, p.86, 1997.

3186. [学会(国際)] (一般講演) Exercise scintigraphy using Tc-99m MIBI in the evaluation of occlusive arterial disease in the legs. 西巻博,佐藤K,石井勝己,片桐科子,堀池重治,磯部義憲,中沢圭治,西山正吾(放),金城正佳(外),神宮司公二,菊池敬,依田一重,松林隆(放): 2nd Sino-Japan Nuclear Medicine Conference (97.05.06〜08), Shanghai, Proceedings, p.98, 1997.

3187. [学会(国際)] (ポスター講演) Gd-DTPA enhancement of cranial nerves on MR. 菅信一,池田俊昭,松林隆(放): 35th American Society of Neuroradiology (97.05.18〜22), Toronto, USA.

3188. [学会(全国)] (シンポジウム等) 小児のInterventional Radiology; 腹部外傷に対するIVR. 堀池重治(放): 第33回日本小児放射線学会 (97.06.14), 東京, 予稿集, p.23, 1997.

3189. [学会(全国)] (シンポジウム等) 腹部・血管IVRの現状と将来展望; 大動脈瘤に対するステントグラフトの留置経験と問題点. 磯部義憲(放): 第33回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (97.10.07), 奈良, 日本医学放射線学会誌, 57(10): 297, 1997.

3190. [学会(全国)] (一般講演) SPECTによる心疾患患者の局所肝血液量の測定. 中沢圭治,石井勝己,堀池重治,西巻博,片桐科子,吉田暢元,北野雅史,遠藤和子,松林隆(放): 第56回日本医学放射線学会 (97.04.05), 横浜, 日本医学放射線学会誌, 57(2): 145, 1997.

3191. [学会(全国)] (一般講演) 膵切除後に生じた門脈閉塞により挙上腸管に発達した側副血行路からの慢性的出血例に対するintervention. 吉田暢元,磯部義憲,松永敬二(放): 第56回日本医学放射線学会 (97.04.05), 横浜, 日本医学放射線学会誌, 57(2): 65, 1997.

3192. [学会(全国)] (一般講演) SPECT像の3次元表示による心疾患患者の局所肺血液量の評価. 中沢圭治,石井勝己,堀池重治,松林隆(放): 第16回日本医用画像工学会 (97.07.03), 東京, Medical Imaging Technology, 15(4): 475〜476, 1997.

3193. [学会(全国)] (一般講演) 鼻腔非ホジキンリンパ腫の治療成績. 青木由紀,松林隆,西口郁,北野雅史(放),馬越智浩,八尾和雄,高橋広臣(耳): 日本放射線腫瘍学会第10回学術大会 (97.10.30), 高松.

3194. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌根治術後に血清PSA値の再上昇を示した患者に対する放射線治療の意義. 西口郁,北野雅史,松林隆(放),頴川晋(泌): 日本放射線腫瘍学会第10回学術大会 (97.10.30), 高松.

3195. [学会(全国)] (一般講演) SPECTによる心疾患患者の局所脾血液量の測定. 中沢圭治,石井勝己,堀池重治,西巻博,片桐科子,吉田暢元,北野雅史,菊池敬,神宮司公二,依田一重(放): 第37回日本核医学会 (97.11.19), 大宮, 核医学, 34(8): 682, 1997.

3196. [学会(全国)] (一般講演) NO負荷99mTc-MAA肺血流シンチグラフィによる肝肺症候群の検討. 堀池重治,石井勝己,中沢圭治,西巻博,片桐科子,北野雅史,吉田暢元,菊池敬,神宮司公二,依田一重(放): 第37回日本核医学会総会 (97.11.20), 大宮, 核医学, 34(8): 688, 1997.

3197. [学会(全国)] (一般講演) 脾損傷の治療戦略−閉塞バルーンカテーテルの有用性と限界. 西巻博(放),平田光博,浅利靖,滝島常雅,杉本勝彦,堀池重治,大和田隆(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京.

3198. [学会(全国)] (ポスター講演) 核医学による心疾患患者の局所肺血液量の測定. 中沢圭治,石井勝己(放): 第34回日本臨床生理学会 (97.10.24), 東京, 日本臨床生理学会誌, 27(Suppl.): 104, 1997.

3199. [学会(全国)] (公開講座) 乳幼児の喘鳴; 診断−画像. 堀池重治(放): 日本小児呼吸器疾患学会第4回小児呼吸器セミナー (97.04.16), 東京, 日本小児呼吸器疾患学会誌, 8(2): 169〜171, 1997.

3200. [学会(地方)] (一般講演) 低脳温療法中に急性膵炎を合併した頭部外傷の1例. 浅野雄二(放),高橋功,遠藤昌孝,北原孝雄,平田光博,上條吉人,鷺内隆雄,宇津木聡,相馬一亥,大和田隆(救命): 第43回日本救急医学会関東地方会 (97.06.21), 東京.

3201. [研究会(全国)] (一般講演) 脾被膜下血腫破裂, 腹腔内膿瘍による急性腹症にて発症し診断に苦慮した小膵癌の1例. 吉田暢元,磯部義憲,松永敬二,西巻博(放): 第11回腹部放射線研究会 (97.05.00), 大分.

3202. [研究会(全国)] (一般講演) ヒト骨のPIXE分析. 太田顕成,松林隆(放),世良耕一郎(岩手医大),二つ川章二(RI協会): 第4回仁科記念サイクロトロンセンター共同利用研究成果報告会 (97.05.10), 岩手, 要旨集, p.84, 1997.

3203. [研究会(全国)] (一般講演) TIPS後のシャント狭窄に対するバルーン拡張後に肝性脳症を来たしstent in stentにて対処した1例. 吉田暢元,磯部義憲,松永敬二(放): 第13回Metalic Stent研究会 (97.08.00), 旭川.

3204. [研究会(全国)] (一般講演) 深頚部脂肪腫の画像所見. 青木由紀,菅信一,池田俊昭,遠藤和子,滝川政和,松林隆(放): 第33回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 第10回頭頚部放射線研究会 (97.10.07), 奈良.

3205. [研究会(全国)] (ポスター講演) 血管撮影にて描出されなかった脊髄硬膜動静脈瘻の1例. 穂鷹雄介,菅信一,池田俊昭,松林隆(放),橘滋国(脳外): 第27回日本神経放射線研究会 (98.02.12), 高知.

3206. [研究会(地方)] (特別講演) 神経放射線診断におけるpit fall. 菅信一(放): 島根画像診断研究会 (97.07.18), 益田.

3207. [研究会(地方)] (教育講演) 放射線の基礎. 中沢圭治(放): 神奈川県臨床衛生検査技師会生涯教育研修認定研修会 (97.02.14), 三浦.

3208. [研究会(地方)] (一般講演) 難治性腹水に対するTIPSの評価. 松永敬二,磯部義憲,吉田暢元(放): 第9回関東IVR研究会 (97.07.00), 東京.

3209. [研究会(地方)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除後長期経過して消化管穿孔した1例. 吉田暢元,磯部義憲,松永敬二(放): 第9回関東IVR研究会 (97.07.00), 東京.

3210. [研究会(地方)] (一般講演) Hailey-Hailey病の放射線治療経験. 北野雅史,西口郁,松林隆(放): 第412回日本医学放射線学会関東地方会 (97.12.13), 東京.


<<29 麻酔科学>>

3211. [原著] α1-adrenoceptor stimulation is able to reverse halothane-induced cardiac depression in isolated rat hearts. Okuyama, T.,外須美夫(麻),Okamoto, H.,Kawasaki, T.,Yamaura, K.,Takahashi, S.: Acta Anaesthesiol. Scand., 41: 939〜944, 1997.

3212. [原著] Nitric oxide metabolite in pregnant women before and after delivery. 奥富俊之(麻),野元けい子(生物化学系),中村国衛(分生),後藤文夫(麻): Acta Obstet. Gynecol. Scand., 76: 222〜226, 1997.

3213. [原著] Viscosity of diluent and sensory level of subarachnoid anaesthesia achieved with tetracaine. 奥富俊之(麻),根本昌之,三柴絵里(学生),後藤文夫(麻): Can. J. Anaesth., 45: 84〜86, 1998.

3214. [原著] Removal of retained air during cardiac surgery with transesophageal echocardiography and capnography. 外須美夫(麻),Okamoto, H.,Yasui, H.,Yamaura, K.,Takahashi, S.,Tominaga, R.: J. Clin. Anesth., 9: 475〜461, 1997.

3215. [原著] 高脂肪食および抗酸化剤BO653のラット腎虚血再潅流障害に及ぼす影響. 小柴健一郎(麻),熊野和雄(泌),渡辺刀美乃(生化),高嶋佳昭,進士修(中外製薬): 日本腎臓学会誌, 39(5): 455〜463, 1997.

3216. [原著] モルヒネからフェンタニールへの変更による進行癌患者の意識レベルの改善. 的場元弘,三谷浩之,岩垣潤子,黒岩政之,佐瀬寿美,外須美夫(麻): 北里医学, 28(2): 53〜57, 1998.

3217. [準原著] The detection of successful epidural blockade by subjective assessment of toe-temperature elevation. 安里文雄,竹浪民江(麻): Anesthesiology, 87: 1264, 1997.

3218. [準原著] プロポフォール麻酔下における上腹部手術後の嘔気, 嘔吐. 斉藤美和子,奥富俊之,加藤清司(麻): 臨床麻酔, 21(10): 1537〜1540, 1997.

3219. [症例報告] 凝固障害を伴う急性妊娠性脂肪肝を合併した「エホバの証人」の1例. 石山由香里,加藤清司(麻),松崎重之(都立八王子小児病院): 日本臨床麻酔学会誌, 17(5): 324〜327, 1997.

3220. [総説] 麻酔と心室圧容積関係. 外須美夫(麻): Cardiovasc. Anesth., 1(2): 23〜25, 1997.

3221. [総説] 神経調節機構からみた輸血, 輸液, 循環管理. 外須美夫(麻): Lisa, 4(11): 1080〜1083, 1997.

3222. [総説] モルヒネの過量投与の治療法. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 102〜104, 1997.

3223. [総説] 抗けいれん薬と抗うつ薬の使い方. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 117〜124, 1997.

3224. [総説] がんの痛みと他の痛みのちがい. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 20〜23, 1997.

3225. [総説] がん疼痛治療の考え方と方針のたて方. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 24〜26, 1997.

3226. [総説] ジアゼパムを使いこなす. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 316〜318, 1997.

3227. [総説] MSコンチンRを使いこなす. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 58〜64, 1997.

3228. [総説] モルヒネ散, モルヒネ水, モルヒネ錠を使いこなす. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 65〜67, 1997.

3229. [総説] モルヒネの頓用の出し方, 使い方. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 73〜80, 1997.

3230. [総説] モルヒネの投与経路を変更する. 的場元弘(麻): がんの症状マネジメント, 7(Suppl.): 81〜85, 1997.

3231. [総説] フェンタニールはどんな麻薬か? 外須美夫(麻): ターミナルケア, 18(2): 125, 1998.

3232. [総説] 心機能低下患者の周術期管理. 外須美夫(麻): 医学のあゆみ, 180(7): 439〜442, 1997.

3233. [総説] 麻酔中の循環維持法: 前負荷指向型の循環管理. 外須美夫(麻): 日本臨床麻酔学会誌, 17(6): 366〜369, 1997.

3234. [総説] 心機能低下患者の周術期管理. 外須美夫(麻): 北里医学, 27: 327〜332, 1997.

3235. [総説] 冠循環管理. 外須美夫(麻): 麻酔, 46(増): 26〜32, 1997.

3236. [総説] 麻酔の習慣(ハビット). 外須美夫(麻): 臨床麻酔, 21(11): 1661, 1997.

3237. [総説] 硬膜外脊椎麻酔. 外須美夫(麻): 臨床麻酔, 21(3): 437〜441, 1997.

3238. [講座] ショックと内分泌反応. 奥富俊之,加藤清司(麻): Anesthesia Today, 6: 4〜11, 1997.

3239. [講座] サーモダイリューションカテーテルの種類と利用方法について. 竹中智昭,外須美夫(麻): 臨床麻酔, 21(10): 1583〜1584, 1997.

3240. [編集者への手紙(英文)] Air in the brachiocephalic vein after sternotomy. 外須美夫(麻),Nakayama, T.,Nagata, T.,Akata, T.,Takahashi, S.: J. Anesth., 11: 79, 1997.

3241. [学術書] (分担執筆) ハイリスク麻酔ハンドブック; 高血圧症, p.116〜117, 外須美夫(麻). 編集 森健次郎,高橋成輔,島田康弘, 医薬ジャーナル社, 大阪, 98.02.25発行.

3242. [学術書] (分担執筆) ハイリスク麻酔ハンドブック; 自律神経異常症(dysautonomia), p.160〜161, 外須美夫(麻). 編集 森健次郎,高橋成輔,島田康弘, 医薬ジャーナル社, 大阪, 98.02.25発行.

3243. [学術書] (分担執筆) ハイリスク麻酔ハンドブック; 高血圧, p.182〜183, 外須美夫(麻). 編集 森健次郎,高橋成輔,島田康弘, 医薬ジャーナル社, 大阪, 98.02.25発行.

3244. [学術書] (分担執筆) ハイリスク麻酔ハンドブック; 低血圧, p.184〜185, 外須美夫(麻). 編集 森健次郎,高橋成輔,島田康弘, 医薬ジャーナル社, 大阪, 98.02.25発行.

3245. [教科書] (分担執筆) 循環器研修医ノート; 人工呼吸器, p.428〜430, 外須美夫(麻). 編集 岡部英男(神奈川県立こどもセンター),長谷川昭(群大),三田村秀雄(慶大),川名正敏(東女医大), 診断と治療社, 東京, 97.04.20発行.

3246. [学会(国際)] (一般講演) Propotol-induced increase in vascular capacitance is due to inhibition of sympathetic vasoconstrictive activity. 外須美夫(麻),Yamaura, K.,Takahashi, S.(九大): American Society of Anesthesiology (97.10.20), サンディエゴ, Anesthesiology, 87: 548, 1997.

3247. [学会(国際)] (ポスター講演) Comparison of contrast medium spread between anterior catheter placement and posterior catheter placement in rabbits. 安里文雄(麻): 16th European Society of Regional Anesthesia (97.09.00), International Monitor on Regional Anesthesia, 9: 165, 1997.

3248. [学会(国際)] (ポスター講演) The maternal to fetal transfer of benzoylacgonine. Horishima, H.,Whittngton, R.A.,Khan, K.(コロンビア大),奥富俊之(麻),Cooper, T.B.(コロンビア大): American Society of Anesthesiology (97.10.20), サンディエゴ, Anesthesiology, 87(3): 879, 1997.

3249. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of propofol, emulsified propofol (DiprivanR) and emulsifier (intralipid) on hydroxyl radical generated by Fenton reaction. 奥富俊之,斉藤美和子,外須美夫(麻): 72nd International Anesthesia Research Society (98.03.09), Orland, USA, Anesth. Analg., 86(2s): 493, 1998.

3250. [学会(国際)] (ポスター講演) The inhibitory effect of lidocaine or fentamyl with propofol on injection pain and trocheal intubation-induced hemodyanamic instability. 斉藤美和子,奥富俊之,高松久美子,外須美夫(麻): 72nd International Anesthesia Research Society (98.03.09), Orland, USA, Anesth. Analg., 86(2s): 97, 1998.

3251. [学会(全国)] (シンポジウム等) 医療ガスの将来展望; 二酸化炭素. 外須美夫(麻): 第19回日本麻酔・薬理学会総会 (97.06.12), 東京, 抄録集, p.34, 1997.

3252. [学会(全国)] (シンポジウム等) 硬膜外麻酔時の抵抗消失法で用いた生理的食塩水が局所麻酔薬の広がりに及ぼす影響. 奥富俊之,皆川麻希子,黒岩政之,松崎重之,外須美夫(麻): 第10回日本局所麻酔学会総会 (97.11.22), 京都.

3253. [学会(全国)] (一般講演) 比重が等しい脊椎麻酔薬は常に等しい麻酔域を得るか? 奥富俊之,斉藤美和子,加藤清司,後藤文夫(麻): 第44回日本麻酔学会総会 (97.04.23), 新潟.

3254. [学会(全国)] (一般講演) ウサギの硬膜外腔,硬膜下腔,くも膜下腔造影所見. 安里文雄,竹浪民江,藤間順一(麻): 第44回日本麻酔学会総会 (97.04.23), 新潟.

3255. [学会(全国)] (一般講演) 低出生体重児に対するBTシャント術の麻酔経験. 竹中智昭,新井正康,金井昭文,松崎重之,外須美夫(麻): 第2回日本心臓血管麻酔学会 (97.09.13), 札幌.

3256. [学会(全国)] (一般講演) がん疼痛治療でのモルヒネとフェンタニールによる傾眠傾向と鎮痛効果の比較. 的場元弘(麻),加賀谷肇,池田由美子,近藤まゆみ(薬剤部),宮本綾子(東京薬科大),外須美夫(麻): 第3回日本緩和医療学会 (98.03.20), 京都. h

3257. [学会(全国)] (ポスター講演) 麻酔中に発見された転移気管支の3症例. 仲野伸,永井一成,星野真里子,加藤清司(麻): 第44回日本麻酔学会総会 (97.04.23), 新潟.

3258. [学会(全国)] (ポスター講演) ウサギ硬膜外カテーテルの位置と造影剤の広がりについて. 安里文雄,藤間順一,竹浪民江(麻): 第17回日本臨床麻酔学会 (97.11.14), 北九州.

3259. [学会(全国)] (ポスター講演) ミルリノン投与中に生じた一過性汎血球減少症. 増渕彩,永井一成,外須美夫(麻): 第17回日本臨床麻酔学会 (97.11.14), 北九州.

3260. [学会(全国)] (ポスター講演) 硬膜外カテーテルによる血管穿刺発生率について. 皆川麻希子,永井一成,外須美夫(麻): 第17回日本臨床麻酔学会 (97.11.14), 北九州.

3261. [学会(全国)] (ポスター講演) 開腹手術における至適硬膜外フェンタニール投与量の検討. 荒川真之,丸山宏,安斎健,橋場伸一郎,三谷浩之,皆川麻希子,増渕彩,外須美夫(麻): 第17回日本臨床麻酔学会 (97.11.15), 北九州.

3262. [学会(全国)] (ポスター講演) 術後第一日目に心停止を来したASA 2度の熱傷症例. 黒岩政之,永井一成,外須美夫(麻): 第17回日本臨床麻酔学会 (97.11.15), 北九州, 抄録集, p.293, 1997.

3263. [学会(地方)] (一般講演) 下大静脈内に進展した右副腎由来褐色細胞腫の摘出術の麻酔経験. 橋場伸一郎,竹中智昭,斉藤美和子,小柴健一郎,外須美夫(麻): 第37回日本麻酔学会関東甲信越地方会 (97.09.20), 東京.

3264. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 日帰り麻酔と静脈麻酔薬, NLA. 奥富俊之(麻): 第95回分娩と麻酔研究会 (97.12.20), 横浜.

3265. [研究会(全国)] (一般講演) 妊娠中MDS(骨髄異形成症候群)と診断され帝王切開となった1症例. 橋場伸一郎,斉藤美和子,奥富俊之(麻),今井愛,庄田隆,天野完(産婦): 第94回分娩と麻酔研究会 (97.06.21), 東京.

3266. [研究会(全国)] (一般講演) 帝王切開術直後子宮収縮薬は本当に必要か? 岩垣潤子,金井昭文,奥富俊之(麻),天野完(産婦): 第95回分娩と麻酔研究会 (97.12.20), 横浜.

3267. [研究会(全国)] (一般講演) 帝王切開中の硬膜外モルヒネ投与が産褥早期の乳汁分泌および児の体重増加率に及ぼす影響. 石山由香里,奥富俊之(麻): 第95回分娩と麻酔研究会 (97.12.20), 横浜.

3268. [研究会(地方)] (シンポジウム等) ハリによるpain clinic. 奥富俊之(麻): 第12回医療衛生セミナー, ハリシンポジウム (97.10.04), 相模原.

3269. [研究会(地方)] (一般講演) 胎児期に診断された巨大頚部腫瘤患児の麻酔経験. 岩垣潤子,奥富俊之,石山由香里,土屋勝俊,外須美夫(麻): 平成9年度神奈川麻酔専門医会総会 (98.03.21), 横浜.

3270. [研究会(地方)] (一般講演) 心アミロイドーシスが疑われた患者の麻酔経験. 石川玲子,金井昭文,奥富俊之,外須美夫(麻): 平成9年度神奈川麻酔専門医会総会 (98.03.21), 横浜.

3271. [学術賞(国際)] The Second Prize in the European Society of Regional Anesthesia('97 Best Poster Competition), 安里文雄(麻).


<<30 臨床病理学>>

3272. [原著] Comparison of assay methods for benzodiazepines in urine: a receptor assay, two immunoassays and gas chromatography-mass spectrometry. 西川隆,大谷英樹(臨病理),Herold, D.A.,Fitzgerald, R.L.(Univ. Calif. San Diego): Am. J. Clin. Pathol., 107(3): 345〜352, 1997.

3273. [原著] Levels of interleukin-6, CRP and α2 macroglobulin in cerebrospinal fluid (CSF) and serum as indicator of blood-CSF bamer damage. 狩野有作,大谷英樹(臨病理): Biochem. Mol. Biol. Int., 43(2): 269〜278, 1997.

3274. [原著] Urinary excretion of d-serine in human: comparison of different ages and species. Huang, Y.(東大),西川隆(臨病理),Satoh, K.,Iwata, T.,Fukushima, T.,Santa, T.,Homma, H.,Imai, K.(東大): Biological Pharmaceutical Bulletin, 21: 156〜162, 1998.

3275. [原著] On-column enantiomerization of 3-hydroxybenzodiazepines during chiral liquid chromatography with optical rotation detection. 西川隆,林義典(臨病理),鈴木聡美(生化系),久保博昭(薬学),大谷英樹(臨病理): J. chromatogr., 767: 93〜100, 1997.

3276. [原著] 炎症マーカーの産生機序に関する研究−肝細胞培養系(HepG2)におけるサイトカインおよび薬剤の影響について−. 〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 日本臨床免疫学会会誌, 20(3): 166〜177, 1997.

3277. [原著] Sandwich enzyme immunoassay for serum amyloid a protein in cerebrospinal fluid. 〆谷直人(臨病理),市川恵子(生化系),大谷英樹(臨病理): 北里医学, 27(5): 283〜287, 1997.

3278. [原著] 臍帯血および小児血清におけるlipoprotein(a)濃度とphenotyseに関する検討. 志村嘉彦(臨検),田中恒任,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 45(3): 255〜259, 1997.

3279. [準原著] コンサルテーション(相談・窓口業務)と検査情報: 検査室・検査センターの取り組みと意見−大学病院から(1)−北里大学病院臨床検査部情報室の現状−. 〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 45(8): 713〜718, 1997.

3280. [臨床治験] 尿中hCG検査薬ゲステートSTの基礎的検討. 山口登希子(臨検),大谷英樹(臨病理): 医学と薬学, 38(1): 207〜211, 1997.

3281. [臨床治験] 血清アミロイドA蛋白測定用試薬「LZテスト栄研SAA」の全自動免疫化学分析装置COBAS MIRASへの適用について. 大場雄吉(臨検),大谷英樹(臨病理): 臨床検査・機器・試薬, 20(1): 87〜92, 1997.

3282. [臨床治験] ジゴキシン測定試薬「セディアージゴキシンMAb」の基礎的検討. 安本龍馬,三浦芳典,菅原健一(臨検),大谷英樹(臨病理): 臨床検査・機器・試薬, 20(4): 659〜664, 1997.

3283. [講座] 免疫グロブリンの測定. 大谷英樹(臨病理),大場雄吉(臨検): 検査と技術, 24(13): 1159〜1160, 1996.

3284. [講座] 免疫血清検査と基準値. 〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 臨床看護, 23(5): 627〜631, 1997.

3285. [学術書] (分担執筆) 薬学生の機器分析; イムノアッセイ(免疫化学的分析法), p.307〜317, 西川隆(臨病理). 編集 木下俊夫(北里大), 広川書店,97.11.25発行.

3286. [学術書] (分担執筆) 臨床免疫学; 免疫グロブリン, p.278〜286, 大谷英樹(臨病理). 編集 狩野庄吾(自治医大). 発行.

3287. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 臨床検査ガイド'97; 血清蛋白とその分画, p.159〜165, 大谷英樹(臨病理). 編集 和田攻(東大). 発行.

3288. [学会(国際)] (一般講演) Species- and age-related excretion of D-serine in mammalian urine. Huang, Yong(東大),西川隆(臨病理),Fukushima, T.,Santa, T.,Homma, H.,Imai, K.(東大): 5th International Congress on Amino Acids (97.08.00), ギリシャ.

3289. [学会(国際)] (一般講演) Comparison of a receptor assay with a triage immunoassay for urine benzodiazepines. 西川隆(臨病理),近藤留美子(薬剤),上條吉人(救命),大谷英樹(臨病理): 5th International Congress Ther. Drug Monit. and Clin. Toxicol. (97.11.00), バンクーバー, カナダ, Ther. Drug Monit., 19: 589, 1997.

3290. [学会(国際)] (ポスター講演) Production of inflammatory markers by HepG2 cells stimulated with monocyte conditioned media: The effects of corticosteroid and other immunosuppressants. 〆谷直人(臨病理),市川恵子(生化系),益子貴臣,大谷英樹(臨病理): 第19回国際臨床病理学会 (97.06.20), フランス.

3291. [学会(国際)] (ポスター講演) Can emotion spectrum analysis method estimate mental stress quontitatively?. 松山斉久,高野喜久雄,〆谷直人,益子貴臣(臨病理),井手陽子,大山玲子(総泉病院),大谷英樹(臨病理): 第19回国際臨床病理学会 (97.06.20), フランス, 予稿集, p.16, 1996.

3292. [学会(全国)] (特別講演) 血清アミロイドA(SAA)の臨床『SAAに期待する』. 〆谷直人(臨病理): 第46回日本臨床衛生検査学会 (97.05.14), 名古屋.

3293. [学会(全国)] (特別講演) 臨床医学に必要なコンサルテーション−臨床検査医・臨床検査技師の立場から−; 2. 大学病院の診療支援. 〆谷直人(臨病理): 第44回日本臨床病理学会総会; 臨床検査情報学専門部会講演会 (97.10.31), 神戸, 臨床病理, 45(補冊): 327, 1997.

3294. [学会(全国)] (一般講演) 可逆反応物質のクロマトグラムの解析: Oxazepamエナンチオマーの旋光度検出液体クロマトグラフィー. 西川隆,林義典(臨病理),鈴木聡美(生化系),大谷英樹(内): 第117回日本薬学会年会 (97.03.26〜28), 東京.

3295. [学会(全国)] (一般講演) 髄液SAA, CRPおよびIL-6の測定意義について−髄膜炎の鑑別診断およびblood-CSF barrierの障害度評価−. 〆谷直人(臨病理),市川恵子(生化系),渋谷樹子,狩野有作,大谷英樹(臨病理): 第44回日本臨床病理学会総会 (97.10.30), 神戸, 臨床病理, 45(補冊): 97, 1997.

3296. [学会(全国)] (一般講演) α2 macroglobulinの欠乏症とその結合性に関する検討. 狩野有作(臨病理),市川恵子(生化系),神保智,益子貴臣,大谷慎一,大谷英樹(臨病理): 第44回日本臨床病理学会総会 (97.11.01), 神戸, 臨床病理, 45(補冊): 197, 1997.

3297. [学会(地方)] (特別講演) コンサルテーション(相談・窓口業務)と検査情報; 1.検査室・検査センターの取り組みと意見1)大学病院から(1). 〆谷直人(臨病理): 第15回日本臨床病理学会臨床検査情報学専門部会学術集会 (97.04.05), 奈良, 臨床病理, 45(8): 713〜718, 1997.

3298. [学会(地方)] (一般講演) α2 macroglobulinの欠乏症とその結合性について. 神保智,狩野有作,渋谷樹子,益子貴臣,松山斉久,田中恒任,大谷慎一,〆谷直人,西川隆,内山幸信,大谷英樹(臨病理): 第8回神奈川県臨床検査医学会 (97.06.14), 神奈川.

3299. [学会(地方)] (一般講演) 尿中ベンゾジアゼピンの検出法の比較: a receptor assay, three immunoassay, a chromatography. 西川隆(臨病理),Fitzgerald, R.L.(Univ. Califor. San diego),近藤留美子(薬剤部),奥田孝範(大手町病院),大谷英樹(臨病理): 第12回日本中毒学会東日本部会 (98.01.00), 東京, 中毒研究, 1998.

3300. [学会(地方)] (一般講演) 馬尾症候群で発症し, 脳神経症状を呈したTdt陽性, CD19陽性のLeptomeningeal Lymphomaの1例. 神保智(臨病理),金子多香子,郡美佳,檀原幹男,秋山暢,塩谷茂,東原正明(内): 第131回臨床血液学会例会 (98.01.17), 東京.

3301. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 炎症マーカー血清アミロイドA(SAA)の特質: CRPとの比較および薬剤の影響. 〆谷直人,西川隆,大谷英樹(臨病理): 第12回生体成分の分析化学シンポジウム (97.08.22), 広島, 講演要旨集, p.222〜223, 1997.

3302. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 検査センターでのHPLCの活用状況と将来. 西川隆(臨病理): 第123回液体クロマトグラフィー研究懇談会 (97.12.00), 東京.

3303. [研究会(全国)] (ポスター講演) 可逆的エナンチオマー(R→←S)の旋光度検出HPLCパターンの解析. 西川隆,大谷英樹(臨病理): 第1回分析化学東京シンポジウム (97.09.00), 幕張.


<<31 救命救急医学>>

3304. [原著] Evaluation of potential fat emboli during placement of intramedullary nails after orthopedic fractures. 青木則明,相馬一亥,新藤正輝,黒沢利郎,大和田隆(救命): Chest, 113: 178〜181, 1998.

3305. [原著] The pulmonary hemodynamic effects of 1,1,1-trichloroethane inhalation. 青木則明,相馬一亥(救命),片桐裕史(医療衛生学部),相沢好治(衛),門脇武博(医療衛生学部),大和田隆(救命): Ind. Health, 35: 451〜455, 1997.

3306. [原著] Concentration in blood and organs of dogs after high dose 1,1,1-trichloroethane inhalation. 片桐裕史(医療衛生学部),青木則明,相馬一亥(救命),苅部ひとみ,相沢好治(衛),門脇武博(医療衛生学部),井上葉子(予防医学系): Ind. Health, 35: 461〜466, 1997.

3307. [原著] Treatment of sepsis by plasma endotoxin removal; hemoperfusion using a polynykin-B immobilized column. Kodama, M.,Tani, T.,Hanasawa, K.,Hirata, K.,Hirasawa, H.,Oda, S.,Otsuka, T.,Yamamoto, Y.,Kanesaka, S.,Takahashi, Y.,Maekawa, K.,若林靖久(内),Tamakura, S.,Sugimoto, T.: Journal of Endotoxin Research, 4(4): 293〜300, 1997.

3308. [原著] 脳死に切迫した状態から脳死判定に至る過程に関する一考察. 有賀徹,北原孝雄(救命),坂本哲也,福田充宏,横田裕行: 救急医学, 21: 1109〜1114, 1997.

3309. [原著] 常用量のベンゾジアゼピン系薬剤により意識障害を生じた高齢者の薬物動態の検討. 上條吉人,増田卓,堤邦彦(救命),西川隆(臨病理),相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会雑誌, 8(7): 297〜305, 1997.

3310. [原著] クモ膜下出血急性期に認められる心電図異常と心筋障害および交感神経系活動との関係. 山本紳一郎,増田卓,杉山斉久,佐藤清孝(内),北原孝雄,大和田隆(救命): 日本救急医学会雑誌, 8: 189〜200, 1997.

3311. [原著] 救急領域における経皮的心肺補助法(PCPS)の限界. 今井寛(法医),町井正人,吉田慎,鈴木啓介,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救命医療研究会雑誌, 11: 143〜148, 1997.

3312. [準原著] 下肢長管骨骨折における気管支肺胞洗浄液と血中脂肪滴との検討. 田中啓司B,新藤正輝,関根徹,上田昭吾,青木則明,相馬一亥,大和田隆(救命): 骨折, 19(2): 820〜823, 1997.

3313. [症例報告] One survival case of massive arsenic poisoning followed by self fluid resuscitation. 上條吉人,相馬一亥,浅利靖,大和田隆(救命): J. Toxicol. Clin. Toxicol., 36(1 & 2): 27〜29, 1998.

3314. [症例報告] 再潅流にてシャント効果が増大した肺塞栓の1例. 横山浩之(内),平田光博,吉田慎,今井寛,増田卓,大和田隆(救命): 日救急医会関東誌, 18(1): 218〜219, 1997.

3315. [症例報告] 小児外傷性心室中隔穿孔2症例の検討. 越野浩江(児),町井正人,今井寛,西巻博,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 18(1): 190〜191, 1997.

3316. [症例報告] 再潅流にてシャント効果が増大した肺梗塞の1例. 横山浩之(児),平田光博,吉田慎,今井寛,増田卓,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 18(1): 218〜219, 1997.

3317. [症例報告] 当センターにて最近経験したライ症候群3例の検討. 石川義人,内藤剛彦(児),平田光博,上條吉人,浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 18(2): 236〜237, 1997.

3318. [総説] 初期輸液療法に関する新しい考え方. 浅利靖,杉本勝彦(救命): 治療学, 31(8): 29〜32, 1997.

3319. [総説] 開放骨折の初期治療の考え方と実際. 新藤正輝,田中啓司B(救命),糸満盛憲(整外): 整形・災害外科, 40(10): 1137〜1145, 1997.

3320. [総説] 頭蓋内解離性動脈瘤. 北原孝雄(救命): 北里医学, 27: 215〜221, 1997.

3321. [講座] 気管支喘息重症発作の薬物療法とその限界. 相馬一亥(救命): ICUとCCU, 22(2): 95〜100, 1998.

3322. [講座] ARDS: 最近の進歩; NIPPV(非侵襲的陽圧呼吸). 相馬一亥(救命): 化学療法の領域, 14(1): 76〜80, 1998.

3323. [講座] 高血圧性クリーゼ. 相馬一亥(救命): 救急医学, 21(4): 401〜405, 1997.

3324. [講座] 脊髄腔内ドレナージカテーテル. 北原孝雄(救命): 救急医学, 21: 1632〜1633, 1997.

3325. [講座] 救急患者のみかた−肺性疾患による呼吸困難. 相馬一亥(救命): 救急医学, 21: 644〜646, 1997.

3326. [講座] 脂肪塞栓症候群. 北原孝雄(救命): 救急医学, 21: 724〜725, 1997.

3327. [講座] 救急疾患の診断基準と重症度判定−急性呼吸不全. 相馬一亥(救命): 救急医学, 22(1): 3〜6, 1998.

3328. [講座] 知っておくべき救急疾患100−呼吸困難. 相馬一亥(救命): 診断と治療, 85: 67〜73, 1997.

3329. [講座] 開業医に必要な救命救急に関する知識(その2). 相馬一亥(救命): 大和臨床医学談話会研修講演抄録集, 26: 1997.

3330. [講座] 血液ガスからわかること−oxygenation index. 相馬一亥(救命): 臨床医, 23(11): 43〜49, 1997.

3331. [学術書] (分担執筆) 臨床侵襲学; 臓器不全の病態と治療の実際−呼吸不全−, p.461〜470, 相馬一亥(救命). 編集 小川道雄,斉藤英昭, へるす出版, 東京, 98.01.10発行.

3332. [学術書] (分担執筆) 呼吸器疾患最新の治療; 気道熱傷, p.138〜140, 相馬一亥(救命). 編集 工藤翔二,中田紘一郎,貫和敏博, 南江堂, 東京, 98.02.15発行.

3333. [学術書] (分担執筆) 気管支喘息発作に伴う不整脈; 質疑応答による呼吸器疾患, p.113〜115, 相馬一亥(救命). 編集 北村諭, 日本医事新報, 東京, 98.02.25発行.

3334. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 外傷性頭蓋内血腫, p.499〜501, 大和田隆(救命). 編集 亀山正邦,亀田治男,高久史麿,阿部令彦, 医学書院, 東京, 97.09.01発行.

3335. [その他の著書(概説書)] (共著) ナースのための水・電解質・輸液の知識; 代謝性酸塩基平衡異常の治療, 呼吸性酸塩基平衡異常の治療, ナトリウム異常, カリウム異常, カルシウム異常, p.122〜138, 相馬一亥(救命). 編集 山門実, 医学書院, 東京, 97.04.01発行.

3336. [その他の著書(概説書)] (共著) 痛みの対策と治療; 救急患者の痛み−特に熱傷と外傷患者について, 杉本勝彦,大和田隆(救命). 編集 松本勲(埼玉医大), 日本医学中央会, 東京, 97.10.15発行.

3337. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 認定内科医・認定内科専門医受験のための演習問題と解説(第2版); 呼吸器, p.55〜64, p.191〜208, 相馬一亥(救命). 編集 日本内科学会認定内科専門医会, 医学書院, 東京, 97.04.15発行.

3338. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) ベッドサイド管理のてびき(第1版); 肺性心の不可思議, 相馬一亥(救命). 編集 大原毅,小川道雄,沖永功太,吉岡敏治, 医歯薬出版, 東京, 97.09.10発行.

3339. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の治療指針; 突然の意識障害, 大和田隆(救命). 編集 日野原明,阿部正和, 医学書院, 東京, 98.01.01発行.

3340. [視聴覚教材] (単著) 急性脊髄損傷の基礎と臨床; CD Rom, 大和田隆(救命). Medical Vision, 東京, 98.01.00発行.

3341. [視聴覚教材] (単著) 急性脊髄損傷の基礎と臨床; ビデオテープ, 大和田隆(救命). Medical Vision, 東京, 98.01.00発行.

3342. [学会(国際)] (一般講演) Markovian decision analysis of the management strategies for risky esophageal varices with liver cirrhosis. 青木則明(救命),梶山徹,福井次矢(京大),Beck, J.R.,相馬一亥(救命): Society for Medical Decision Making (97.10.26〜29), Houston, USA.

3343. [学会(国際)] (ポスター講演) Cardiovascular response and stress reaction to reversal of midazolam sedation with flumazenil. 上條吉人(救命),増田卓(内): 6th World Congress of Biological Psychiatry (97.06.23), Nice, France.

3344. [学会(国際)] (ポスター講演) This decade's transition under geriatric acute medicine. 秋山久尚(内),石渡雅男(脳外),相馬一亥,大和田隆(救命): 7th International Conference on Emergency Medicine (98.03.26〜29), Vancouver.

3345. [学会(全国)] (教育講演) 急性間質性肺炎の診療−ミニレクチャー. 相馬一亥(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京.

3346. [学会(全国)] (教育講演) 胸部X線, CT. 相馬一亥(救命): 第25回日本集中治療医学会総会 (98.03.05〜07), 東京.

3347. [学会(全国)] (一般講演) 解離性大動脈瘤(Stanford B型)の内科的治療における予後. 吉田慎(救命),河野健,福田直人,町田陽二,堀知行,中畑潤一,鈴木啓介,黒沢利郎,青山直善,黒川信悟,小林明芳,清水完悦,村松準,和泉徹(内), 町井正人,今井寛,大和田隆(救命): 第61回日本循環器学会総会 (97.03.31), 東京.

3348. [学会(全国)] (一般講演) 予防的EVLに関する決断分析学的検討. 青木則明(救命),梶山徹,福井次矢,小西康弘,岡崎和一,千葉勉(京大),相馬一亥(救命): 第94回日本内科学会講演会 (97.04.24〜26), 大阪.

3349. [学会(全国)] (一般講演) 血行動態に対する濾過膜の関与−SIRS症例での血液浄化法において−. 上條吉人,杉本勝彦,相馬一亥,大和田隆(救命): 第12回日本Shock学会総会 (97.05.09), 鹿児島.

3350. [学会(全国)] (一般講演) 治療方針決定における事前確率の影響に関する決断科学的検討−鑑別困難な病態に対する治療方針決定のストラテジー. 青木則明,武田昭(救命),福井次矢(京大),平田光博,相馬一亥(救命): 第24回日本集中治療医学会総会 (97.05.14〜17), 盛岡.

3351. [学会(全国)] (一般講演) クモ膜下出血に伴う心室性不整脈の出現機序の検討. 山本紳一郎,菊野隆明(救命),市来崎潔(国立東京第2病院),増田卓,相馬一亥,大和田隆(救命),佐藤清貴,川端信弥,和泉徹(内): 第24回日本集中治療医学会総会 (97.05.14〜17), 盛岡.

3352. [学会(全国)] (一般講演) 当院における急性大動脈解離の予後. 横山浩之,吉田慎,鈴木啓介(内),今井寛,西巻博,相馬一亥,大和田隆(救命),和泉徹(内): 第24回日本集中治療医学会総会 (97.05.14〜17), 盛岡.

3353. [学会(全国)] (一般講演) 気管支肺胞洗浄法による脂肪塞栓症候群の診断的特異性. 新藤正輝,田中啓司B,相馬一亥,平田光博,大和田隆(救命): 第11回日本外傷学会 (97.05.29), 東京, 日本外傷学会雑誌, 11(2): 117, 1997.

3354. [学会(全国)] (一般講演) 人工血管置換術にて患肢温存できた小児外傷性外腸骨動脈断裂の1例−短期報告−. 田中啓司B,新藤正輝,北見圭司,町井正人,今井寛,山田直人,平田光博,杉本勝彦,相馬一亥,大和田隆(救命),横山一彦,糸満盛憲(整外),西山直久 (外): 第11回日本外傷学会 (97.05.29〜30), 東京, 日本外傷学会雑誌, 11(2): 135, 1997.

3355. [学会(全国)] (一般講演) 鈍的外傷に伴う腹部大動脈損傷の1例. 平田光博,今井寛,半田喜美也,石川博和,片岡祐一,浅利靖,西巻博,瀧島常雅,杉本勝彦,相馬一亥,大和田隆(救命),金城正佳,柿田章(外): 第11回日本外傷学会 (97.05.29〜30), 東京, 日本外傷学会雑誌, 11(2): 139, 1997.

3356. [学会(全国)] (一般講演) 重症有機リン中毒における低体温発症に関する検討. 浅利靖,上條吉人,堤邦彦(救命),近藤留美子(薬剤),相馬一亥,大和田隆(救命): 第19回日本中毒学会総会 (97.07.11), 所沢.

3357. [学会(全国)] (一般講演) 有機リン中毒によるfoxic myocarditisの3例. 熊谷謙(救命),増田卓(内),浅利靖,川端信弥,佐藤清孝,上條吉人(救命),近藤留美子(薬剤),相馬一亥,大和田隆(救命): 第19回日本中毒学会総会 (97.07.11〜12), 所沢.

3358. [学会(全国)] (一般講演) 難治性膿気胸を合併し治療に難渋したベンジン中毒の1例. 上條吉人,横山浩之,今井寛,浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命): 第19回日本中毒学会総会 (97.07.11), 所沢, 講演抄録集, p.60, 1997.

3359. [学会(全国)] (一般講演) 気管支肺胞洗浄法による脂肪塞栓症候群の診断. 新藤正輝,田中啓司B,相馬一亥,北見圭司,平田光博,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第23回日本骨折治療学会 (97.07.12), 福岡, 予稿集, p.117, 1997.

3360. [学会(全国)] (一般講演) 呼吸器症状または中枢神経を呈さない脂肪塞栓症候群. 田中啓司B,新藤正輝,北見圭司,上田昭吾,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第23回日本骨折治療学会 (97.07.12), 福岡, 予稿集, p.117, 1997.

3361. [学会(全国)] (一般講演) VB型下腿骨開放骨折の治療. 田中啓司B,新藤正輝,北見圭司,上田昭吾,山田直人,相馬一亥,大和田隆(救命),甲斐秀美,横山一彦,糸満盛憲(整外): 第23回日本骨折治療学会 (97.07.12), 福岡, 予稿集, p.65, 1997.

3362. [学会(全国)] (一般講演) SIRS症例での血液浄化法における濾過膜の関与. 上條吉人(救命),若林靖久(内): 第42回日本透析医学会 (97.07.18〜20), 札幌, プログラム集, p.48, 1997.

3363. [学会(全国)] (一般講演) CPAOA症例におけるActive Compression-Decompression CPR (ACD-CPR)の有効性の検討. 浅利靖,平田光博,上條吉人,向山勲,相馬一亥,大和田隆(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京.

3364. [学会(全国)] (一般講演) 急性期頚髄損傷のMRI診断と外科治療. 高橋功,北原孝雄,遠藤昌孝,大和田隆(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京.

3365. [学会(全国)] (一般講演) 交通外傷による高齢者の重症度の解析. 杉本勝彦,平田光博,滝島常雅,浅利靖,新藤正輝,大和田隆(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京.

3366. [学会(全国)] (一般講演) 救命救急センターにおけるくも膜下出血の現状と治療成績−前期,後期の推移と今後の対策−. 北原孝雄,遠藤昌孝,高橋功,平田光博,大和田隆(救命),宇津木聡,平山寿,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京, 日本救急医学会雑誌, 8(10): 484, 1997.

3367. [学会(全国)] (一般講演) 肺挫傷による呼吸不全に対し, 一酸化炭素(NO)吸入療法が著効した2例. 林宗博(胸外),今井寛,平田光博,上條吉人,田中啓司B,新藤正輝,相馬一亥,大和田隆(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京, 日本救急医学会雑誌, 8(10): 538, 1997.

3368. [学会(全国)] (一般講演) PCPSによる脂肪塞栓症候群の重症呼吸不全に対する1治験例. 田中啓司B,新藤正輝,今井寛,鈴木啓介,相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京, 日本救急医学会雑誌, 8(10): 543, 1997.

3369. [学会(全国)] (一般講演) 鈍的四肢血管損傷の治療. 新藤正輝,田中啓司B(救命),西村明人(整外): 第4回日本救急整形外傷シンポジウム (98.01.23), グアム, 抄録集, p.21, 1998.

3370. [学会(全国)] (一般講演) 下肢Non-cavitary homorrhageの治療経験. 田中啓司B,新藤正輝(救命),西村明人(整外),西巻博(救命): 第4回日本救急整形外傷シンポジウム (98.01.23), グアム, 抄録集, p.7, 1998.

3371. [学会(全国)] (一般講演) 溺水による急性呼吸不全に対してサーファクタント補充療法及び高頻度振動換気が有効であった新生児の1例. 冨加津雅己,内藤剛彦(児),栗田淳,浅利靖,相馬一亥(救命),原真人,梅原実(児): 第25回日本集中治療医学会総会 (98.03.05〜07), 東京.

3372. [学会(全国)] (一般講演) ICUにおける右心カテーテル法の現状. 青山直善(救命): 第25回日本集中治療医学会総会 (98.03.07), 東京.

3373. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性有機リン中毒死亡症例の検討. 浅利靖,上條吉人,相馬一亥,大和田隆(救命): 第24回日本集中治療医学会総会 (97.05.15), 盛岡.

3374. [学会(全国)] (ポスター講演) 常用量のベンゾジアゼピン系薬剤により意識障害を生じた高齢者の薬物動態. 上條吉人(救命),増田卓(内),相馬一亥,大和田隆(救命): 第25回日本救急医学会総会 (97.11.26〜28), 東京, 日本救急医学会雑誌, 8(10): 565, 1997.

3375. [学会(地方)] (特別講演) 多発外傷の初療; 整形外科医の役割. 大和田隆(救命): 第93回北海道整形災害外科学会 (97.09.06〜07), 釧路.

3376. [学会(地方)] (教育講演) 大学救命救急センターと日本の救急医療. 大和田隆(救命): 第93回北海道整形災害外科学会 (97.09.06〜07), 釧路.

3377. [学会(地方)] (シンポジウム等) 生体侵襲とSIRS−その病態と対策; 重症外傷とSIRS. 浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命): 第6回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (97.12.06), 東京.

3378. [学会(地方)] (一般講演) 低脳温療法中に急性膵炎を合併した頭部外傷の1例. 浅野宏治,高橋功,遠藤昌孝,北原孝雄,平田光博,上條吉人,鷺内隆雄,宇津木聡,相馬一亥,大和田隆(救命): 第43回日本救急医学会関東地方会 (97.06.21), 東京.

3379. [学会(地方)] (一般講演) 急性出血性白質脳症が疑われた全身性septic emboliの1例. 河崎明子,藤沼邦彦,秋山久尚(内),浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),糠沢達志(内): 第43回日本救急医学会関東地方会 (97.06.21), 東京.

3380. [学会(地方)] (一般講演) 気道熱傷の経時的気管支生検の臨床的意義. 森山毅,上條吉人,浅利靖,林宗博,今井寛,相馬一亥,大和田隆(救命),高田信和,片桐真人(内): 第6回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (97.12.06), 東京.

3381. [学会(地方)] (一般講演) 硝酸ガス吸入により肺障害を呈しパルス療法で軽快した症例. 向山勲,渋井総朗,熊谷謙,上條吉人,浅利靖(救命),近藤留美子(薬剤),相馬一亥,大和田隆(救命),高田信和,片桐真人(内): 第12回日本中毒学会東日本部会 (98.01.30), 東京.

3382. [学会(地方)] (一般講演) 99%酢酸を服用し多臓器不全を呈した症例. 熊谷謙,上條吉人,向山勲(救命),近藤留美子(薬剤),相馬一亥,大和田隆(救命): 第12回日本中毒学会東日本部会 (98.01.30), 東京.

3383. [学会(地方)] (一般講演) 外頚動脈塞栓術が有用であった頭蓋底骨折に伴う鼻出血の例. 鷺内隆雄(脳外),西巻博,佐藤澄人,平山寿,高橋功,遠藤昌孝,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第44回日本救急医学会関東地方会 (98.02.14), 所沢.

3384. [学会(地方)] (一般講演) マイコプラズマ、レジオネラ菌合併重症肺炎の1例. 渋井総朗,上條吉人,平田光博,秋山久尚,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第44回日本救急医学会関東地方会 (98.02.14), 東京.

3385. [学会(地方)] (一般講演) 脳出血脳梗塞を主徴とした結節性多発動脈炎の1例. 藤森亜希,秋山久尚,上條吉人,平田光博,若林靖久,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第44回日本救急医学会関東地方会 (98.02.14), 東京.

3386. [研究会(全国)] (一般講演) 野球のボールによる胸部打撲で心肺停止となった1例. 森山潔,鈴木啓介,吉田慎,今井寛,青山直善,相馬一亥,大和田隆(救命): 第12回日本救命医療研究会 (97.09.17), 福岡.

3387. [研究会(全国)] (一般講演) 国際緊急援助隊医療チームのバングラデシュ人民共和国竜巻災害医療援助の評価. 浅利靖,新藤正輝,杉本勝彦(救命),浅井康文,金田正樹,山崎達枝,松阪正訓,近藤久禎,二宮宣文,甲斐達朗,山口孝治,大友康裕,鵜飼卓,山本保博 (国際災害研究会): 第3回日本集団災害医療研究会 (97.11.04), 東京.

3388. [研究会(全国)] (一般講演) バングラデシュ人民共和国災害救援省の役割と活動内容について. 松阪正訓(国際災害研究会),浅利靖(救命),金田正樹,浅井康文,近藤久禎,二宮宣文,上原鳴夫,仲佐保,小井工雄一,島田靖,安田直史,鵜飼卓,山本 保博(国際災害研究会): 第3回日本集団災害医療研究会 (97.11.04), 東京.

3389. [研究会(全国)] (ポスター講演) 脳低温療法中に著明な脳血管攣縮を来した小児重症頭部外傷の2例. 高橋功,遠藤昌孝,北原孝雄,大和田隆(救命): 第21回日本神経外傷研究会 (98.03.27), 京都.

3390. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 鑑察医制度の意義と地域医療機関の相互の役割と連携の在り方. 大和田隆(救命): 東京鑑察医務院50周年記念 (97.10.04), 東京.

3391. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 脊髄損傷治療における神奈川リハビリテーション病院の役割. 大和田隆(救命): 第21回神奈川総合リハビリテーションセンター研究発表大会 (98.02.06), 厚木.


<<32 生体工学>>

3392. [研究会(地方)] (一般講演) Cryofiltrationによる抗血液型抗体除去が有効であったABO血液型不適合生体腎移植例. 安原満夫,玉置透,田中三津子(札幌北楡病院),鹿取正道(外),小山内誠,内藤昌明,高橋昌宏,久木田和丘,目黒順一,米川元樹,川村明夫(札幌北楡病 院): 第7回北海道腎移植談話会 (97.11.22), 札幌.


<<33 臨床薬理学・薬剤学>>

3393. [原著] Inactivation of particle β-glucan by proteins in plasma and serum. 三浦敏秀,Ohno, N.,Miura, N.,島田慈彦(薬剤部): Biol. Pharmaceut. Bull., 20(10): 1103〜1107, 1997.

3394. [原著] Effect of alpha 1-adrenoceptor antagonists, prazosin and urapidil, on a finger skin vasoconstrictor response to cold stimulation. Harada, K.,Ohashi, K.,Fujimura, A.,熊谷雄治(薬理),Ebihara, A.: Eur. J. Clin. Pharmacol., 49(5): 371〜375, 1996.

3395. [原著] Effect of food intake on pharmacokinetics and effects of a new thromboxane A2 receptor antagonist, S-1452. Fujimura, A.,Shiga, T.,熊谷雄治(薬理),Ohashi, K.,Ebihara, A.,Kotegawa, T.: Eur. J. Clin. Pharmacol., 50(4): 311〜314, 1996.

3396. [原著] Disopyramide concentration in human plasma and saliva: Comparison of disopyramide concentrations in saliva and plasma unfound concentrations. 佐川賢一,毛利公則,島田慈彦(薬剤部),清水完悦,村松準(内): Eur. J. Clin. Pharmacol., 52: 65〜69, 1997.

3397. [原著] 高齢者における抗不整脈薬Cibenzolineの治療効果. 佐川賢一(薬剤部),毛利公則(明治薬科大),島田慈彦(薬剤部),長谷川延広,和泉徹(内): Ther. Res., 18(12): 3997〜4003, 1997.

3398. [原著] "お薬説明書"を用いた情報提供に対する患者からの評価−主として患者負担(金)について−. 菅原充広,黒山政一,里道佐知子,小林裕子,矢後和夫(薬剤部),東江良昭(歯科): 医薬ジャーナル, 33(10): 2554〜2558, 1997.

3399. [原著] ペニシリン系抗生物質(ピペラシリン)注射剤調製時の残存量に関する研究. 黒山政一,平山武司,矢後和夫,大河内貴浩,島田慈彦(薬剤部): 化学療法の領域, 13(4): 788〜792, 1997.

3400. [原著] 新規速乾性擦式消毒薬の使用感アンケート調査. 松原肇,島田慈彦(薬剤部),田中彰子(看護部): 新薬と臨床, 46(12): 1744〜1750, 1997.

3401. [原著] 塩酸バンコマイシン点滴静注用0.5 g(キット製品)の有用性に関する実験的研究. 松原肇,島田慈彦(薬剤部): 新薬と臨床, 47(1): 16〜25, 1998.

3402. [原著] ホスホマイシンナトリウムダブルバッグ製剤(溶解液付き固形注射剤)の有用性に関する実験的研究−利便性,作業時間,薬剤残存性および異物混入について −. 松原肇,島田慈彦(薬剤部): 新薬と臨床, 47(2): 134〜145, 1998.

3403. [原著] 経口血糖降下剤服用中の糖尿病外来患者に対する個人教育の評価. 厚田幸一郎,町田充,山足由香,沼里友紀,村上祐美子,島田慈彦(薬剤部),金森晃,的場清和,矢島義忠(内): 病院薬学, 23(3): 212〜218, 1997.

3404. [原著] 錠剤・カプセル剤PTPの誤飲の現状と対策. 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤部): 病院薬学, 23(5): 414〜430, 1997.

3405. [原著] 遅延性ジスキネジアモデルラットを用いたバルプロ酸ナトリウムおよびクロナゼパムの臨床至適用量の検討. 竹内尚子(薬剤部),石郷岡純(精),渡辺滋(生物物理系),小林一広,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生): 北里医学, 28(1): 101〜108, 1998.

3406. [原著] クエン酸第一鉄ナトリウム製剤の品質比較試験. 高橋圭子,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤部): 薬理と治療, 25(8): 2025〜2032, 1997.

3407. [原著] TAU-284(ベシル酸ベトタスチン)の高齢者における薬物動態の検討. 熊谷雄治(薬理),内海光朝(精),水内博,真木照雄,伴野清,佐藤忠司: 臨床医薬, 13(5): 1169〜1185, 1997.

3408. [原著] Rocatidineの体内動態に及ぼす制酸剤およびSucralfateの影響(第2報). 町田充,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部),的場清和(内): 臨床薬理, 28(2): 543〜547, 1997.

3409. [原著] 脳血管障害治療薬MCI-186の高齢者における薬物動態. 横田慎一(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),内海光朝,井沢志名野,村崎光邦(精),秋元啓,岩本正人,湯浅隆行,岩野政雄: 臨床薬理, 28(3): 693〜702, 1997.

3410. [原著] Pharmacokinetics of a new thromboxane A2 receptor antagonist S-1452, and its effect on platelet aggregation in the elderly. Fujimura, A.,熊谷雄治(薬理),Harada K.,Sunaga K.,Ohmori M.,Ebihara A.: 臨床薬理, 28(4): 785〜792, 1997.

3411. [準原著] 降圧薬の使用状況とTemocapril使用患者のモニタリング. 黒山政一,西川耕史,矢後和夫(薬剤部),熊野和雄(泌): Prog. Med., 17: 1911〜1916, 1997.

3412. [準原著] 臭化パンクロニウム・キット製剤の有用性に関する実験的研究(第1報)利便性. 黒山政一,平山武司,矢後和夫(薬剤部): 医学と薬学, 38(4): 777〜782, 1997.

3413. [準原著] 臭化パンクロニウム・キット製剤の有用性に関する実験的研究(第2報)作業時間. 黒山政一,平山武司,矢後和夫(薬剤部): 医学と薬学, 38(4): 783〜786, 1997.

3414. [準原著] 臭化ブチルスコポラミン・キット製剤の有用性に関する実験的研究(第1報)利便性. 黒山政一,平山武司,矢後和夫(薬剤部): 新薬と臨床, 46(10): 1284〜1289, 1997.

3415. [準原著] 臭化ブチルスコポラミン・キット製剤の有用性に関する実験的研究(第2報)作業時間. 黒山政一,平山武司,矢後和夫(薬剤部): 新薬と臨床, 46(10): 1290〜1293, 1997.

3416. [準原著] 点滴静注用アシクロビルキット(モノバイアル)の有用性に関する研究. 黒山政一,平山武司,矢後和夫(薬剤部): 新薬と臨床, 46(12): 1735〜1743, 1997.

3417. [準原著] 注射剤調製時の残存量に関する研究−注射器法および両頭針法の比較−. 黒山政一,伊藤直子,平山武司,矢後和夫,島田慈彦(薬剤部): 新薬と臨床, 46(8): 1021〜1023, 1997.

3418. [準原著] 外来患者における1回量調剤の現状と今後の対応. 横井信子,尾鳥勝也,沢田実花,平山武司,黒山政一,矢後和夫(薬剤部): 日本病院薬剤師会雑誌, 33(10): 25〜29, 1997.

3419. [準原著] 精神神経科病棟における退院時服薬指導の有用性に関する検討. 箕浦淑子,黒山政一,竹内尚子,小山彰子,平山武司,矢後和夫(薬剤部): 日本病院薬剤師会誌, 33(11): 1263〜1266, 1997.

3420. [準原著] 新規脳代謝改善薬NS-105の高齢者における薬物動態. 熊谷雄治(薬理),横田慎一(臨床薬理試験部),内海光朝,村崎光邦(精): 臨床薬理, 28(1): 177〜178, 1997.

3421. [準原著] トロンボキサンA2受容体拮抗薬S-1452の薬物動態および薬効に及ぼす食事の影響. 藤村昭夫,志賀剛,熊谷雄治(薬理),大橋京一,小手川勤,海老原昭夫: 臨床薬理, 28(1): 227〜228, 1997.

3422. [準原著] 臨床第I相試験における臨床検査値異常変動検出のための試み. 横田慎一(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),内海光朝,村崎光邦(精),水口和己,片野民貴: 臨床薬理, 28(1): 451〜452, 1997.

3423. [準原著] 脳血管障害治療薬MCI-186の高齢者における薬物動態. 横田慎一(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),内海光朝,村崎光邦(精),秋元啓,岩本正人,湯浅隆行,岩野政雄: 臨床薬理, 28: 269〜270, 1997.

3424. [短報・速報] 漢方薬に強くなる服薬指導ワン・ツ−・スリ−;アカルボースによる腸閉塞様症状に対して大建中湯を投与し有効であった症例が報告されています。しかし,一 方では大建中湯は膠飴を多量に含むためかえって症状が悪化することもありうると思います。どのように考えたらよいでしょうか. 赤瀬朋秀(薬剤部),田代眞一(昭和薬科大): 漢方調剤研究, 5(6): 11〜13, 1997.

3425. [総説] 救急センターで扱う薬品の管理. 近藤留美子(薬剤): Guardian Angel, 3(3): 32〜35, 1998.

3426. [総説] 薬剤疫学を応用した漢方薬の評価(前編). 赤瀬朋秀(薬剤),山崎幹夫(千葉大): 漢方通信, 6(4): 98〜104, 1997.

3427. [総説] 薬剤疫学を応用した漢方薬の評価(後編). 赤瀬朋秀(薬剤),山崎幹夫(千葉大): 漢方通信, 7(1): 8〜16, 1998.

3428. [総説] 患者への抗生物質(抗菌薬)情報の提供(上). 黒山政一(薬剤): 月刊薬事, 39(10): 2125〜2130, 1997.

3429. [総説] 漢方薬の有効性・安定性・経済性の評価; 薬剤疫学を応用した適正使用へのアプローチ. 赤瀬朋秀,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 39(11): 2235〜2240, 1997.

3430. [総説] 患者への抗生物質(抗菌薬)情報の提供(下). 黒山政一(薬剤): 月刊薬事, 39(12): 2585〜2590, 1997.

3431. [総説] 残置薬の傾向とその対策. 小山彰子,黒山政一,小林裕子,矢後和夫(薬剤): 月刊薬事, 39(7): 141〜145, 1997.

3432. [総説] 残置薬の傾向とその対策(下). 黒山政一,小山彰子,小林裕子,矢後和夫(薬剤): 月刊薬事, 39(8): 1695〜1698, 1997.

3433. [総説] セフェム系抗生物質による出血傾向(血液凝固異常). 黒山政一,矢後和夫(薬剤): 月刊薬事, 40(4): 941〜944, 1998.

3434. [総説] セフェム系抗生物質によるジスルフィラム様作用. 黒山政一,矢後和夫(薬剤): 月刊薬事, 40(4): 945〜948, 1998.

3435. [総説] 錠剤カプセル剤PTPの誤飲の現状と薬剤師の対応. 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤): 調剤と情報, 3(9): 1133〜1136, 1997.

3436. [総説] チーム医療(特に薬剤師の役割). 厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤): 日本臨床, (増刊), 糖尿病(2), (725): 408〜412, 1997.

3437. [総説] 薬剤師のための糖尿病チ−ムアプロ−チ3; 糖尿病の基礎知識(1)糖尿病の定義,分類. 厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部): 薬局, 48(10): 1680〜1686, 1997.

3438. [総説] 薬剤師のための糖尿病チ−ムアプロ−チ4; 糖尿病の基礎知識(2)糖尿病の診断,コントロ−ルの指標. 厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部): 薬局, 48(11): 1867〜1873, 1997.

3439. [総説] 薬剤師のための糖尿病チ−ムアプロ−チ5; 糖尿病の基礎知識(3)糖尿病の合併症@. 厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部): 薬局, 48(12): 2008〜2014, 1997.

3440. [総説] 薬剤師のための糖尿病チ−ムアプロ−チ1; 糖尿病患者教育はなぜ必要か. 厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部): 薬局, 48(8): 1308〜1314, 1997.

3441. [総説] 薬剤師のための糖尿病チ−ムアプロ−チ2; 糖尿病患者教育とチ−ム医療. 厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部): 薬局, 48(9): 1495〜1501, 1997.

3442. [総説] 薬剤師のための糖尿病チ−ムアプロ−チ6; 糖尿病の基礎知識(4)糖尿病の合併症A. 厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤部): 薬局, 49(2): 519〜525, 1998.

3443. [総説] 在宅医療のなかの薬物治療の特徴. 新井万理子,島田慈彦(薬剤): 臨床と薬物治療, 16(5): 401〜403, 1997.

3444. [総説] β遮断薬. 熊谷雄治(薬理): 臨床と薬物治療, 16(6): 558〜561, 1997.

3445. [講座] 医薬品に関する情報源−医薬品の保管と取り扱い方法. 黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Clinical Engineering, 8(4): 372〜375, 1997.

3446. [講座] 医薬品の副作用と相互作用. 黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Clinical Engineering, 8(5): 447〜449, 1997.

3447. [講座] チーム医療のあり方について; 理想と現実−薬剤師の立場から−. 松原肇,島田慈彦(薬剤): JJPEN, 19(11): 1079〜1083, 1997.

3448. [講座] AB-PC腟錠およびスピロノラクトン軟膏. 松原肇,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Japan., 13(9): 1329〜1333, 1997.

3449. [講座] 漢方薬の基礎知識;(連載第1回)漢方薬を正しく使おう. 赤瀬朋秀,黒山政一,島田慈彦(薬剤): おはよう21, 2: 74〜77, 1998.

3450. [講座] 漢方薬に繁用される生薬の解説;(連載第2回)漢方薬の基礎知識. 赤瀬朋秀,黒山政一,島田慈彦(薬剤): おはよう21, 3: 72〜75, 1998.

3451. [講座] 結核菌の消毒. 松原肇,島田慈彦(薬剤): インフェクションコントロール, 6(4): 424〜428, 1997.

3452. [講座] 疾患別病態生理と病理・臨床検査[9]膵炎. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 39(1): 163〜173, 1997.

3453. [講座] 院内特殊製剤の解説(9)チロキシンナトリウム注, バルプロ酸ナトリウム坐薬. 富樫敦子,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 39(12): 2577〜2582, 1997.

3454. [講座] 院内特殊製剤の解説(10)バリダーゼゼリー, リドカインクリーム, ファンギゾン製品, およびFOY軟膏. 富樫敦子,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 39(13): 2739〜2744, 1997.

3455. [講座] 疾患別病態生理と病理・臨床検査[10]甲状腺機能亢進症. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 39(2): 63〜71, 1997.

3456. [講座] 疾患別病態生理と病理・臨床検査[11]甲状腺機能低下症. 久米光(病理),望月真弓(薬剤): 月刊薬事, 39(5): 81〜88, 1997.

3457. [講座] 院内特殊製剤の解説(5)アドリアマイシン軟膏およびメトロニダゾール軟膏について. 佐川賢一,松原肇,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 39(5): 995〜999, 1997.

3458. [講座] 院内特殊製剤の解説(6)神経ブロックに用いられる院内製剤について. 富樫敦子,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 39(6): 1209〜1213, 1997.

3459. [講座] 院内特殊製剤の解説(7)ベーチェット病および有機リン中毒の眼症状治療剤. 富樫敦子,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 39(7): 1399〜1403, 1997.

3460. [講座] 院内特殊製剤の解説(8)尋常性ざ瘡および疥癬治療用薬剤. 松原肇,富樫敦子,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 39(9): 1851〜1856, 1997.

3461. [講座] 外来患者への服薬指導. 黒山政一(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 84: 5〜6, 1997.

3462. [講座] 病院薬剤師の“看護の日および看護週間の催し”への参加に関するアンケート調査結果. 黒山政一,町田充(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 86: 49〜51, 1997.

3463. [講座] Press through pachageの誤飲の現状とその対策; 本邦におけるPTP誤飲の対策(その1). 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (224): 13〜14, 1997.

3464. [講座] Press through pachageの誤飲の現状とその対策; 本邦におけるPTP誤飲の対策(その2). 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (225): 12〜13, 1997.

3465. [講座] Press Through Pachageの誤飲の現状とその対策; 北里大学東病院および北里大学病院におけるPTP誤飲の現状(その1). 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (226): 7, 1997.

3466. [講座] Press Through Pachageの誤飲の現状とその対策; PTP誤飲対策(その1). 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (227): 6, 1997.

3467. [講座] Press Through Pachageの誤飲の現状とその対策; PTP誤飲対策(その2). 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (228): 10〜11, 1998.

3468. [講座] Press Through Pachageの誤飲の現状とその対策; PTP誤飲対策(その2). 黒山政一,里道佐知子,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (229): 13, 1998.

3469. [講座] Press Through Pachageの誤飲の現状とその対策; PTP誤飲対策(その3). 難波昭雄,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (230): 13〜14, 1998.

3470. [講座] 在宅医療と薬剤師−在宅静脈栄養法(HPN)への薬剤師のかかわりを中心に. 松原肇,島田慈彦(薬剤): 調剤と情報, 4(3): 407〜412, 1998.

3471. [講座] 神奈川県病院薬剤師会における“くすりGet the Answersかながわ”活動について. 黒山政一,町田充(薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 33(10): 1197〜1200, 1997.

3472. [講座] 栄養療法の基礎と薬剤師の役割(1)栄養療法とは−総論−. 佐川賢一,松原肇,島田慈彦(薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 49(3): 425〜431, 1997.

3473. [講座] 栄養療法の基礎と薬剤師の役割(2)栄養アセスメントおよびチーム医療. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 49(4): 615〜621, 1997.

3474. [講座] 栄養療法の基礎と薬剤師の役割(3)経腸栄養療法の管理. 佐川賢一,松原肇,島田慈彦(薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 49(5): 787〜802, 1997.

3475. [講座] 栄養療法の基礎と薬剤師の役割(4)静脈栄養法の管理. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 49(6): 1029〜1039, 1997.

3476. [講座] 栄養療法の基礎と薬剤師の役割(5)高齢者の栄養管理. 佐川賢一,松原肇,島田慈彦(薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 49(7): 1251〜1260, 1997.

3477. [講座] 栄養療法の基礎と薬剤師の役割(6)疾患別栄養管理. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 49(8): 1447〜1453, 1997.

3478. [講座] 院内感染症−医療スタッフとしての最新知識−院内感染とその対策; 最近の動向. 松原肇,島田慈彦(薬剤): 薬局, 48(8): 1240〜1245, 1997.

3479. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針, 第4版; シンナー中毒, p.1269〜1270, 近藤留美子(薬剤). 医学書院, 東京, 97.08.01発行.

3480. [その他の著書] (共著) 錠剤・カプセル剤粉砕ハンドブック, 第2版; 佐川賢一(薬剤),溝口国弘(結核予防会). 薬業時報社, 東京, 98.03.31発行.

3481. [その他の著書] (編集) 錠剤・カプセル剤粉砕ハンドブック, 第2版, 編集 佐川賢一(薬剤),溝口国弘(結核予防会), 薬業時報社, 東京, 98.03.31発行.

3482. [その他の著書(概説書)] (共著) 病院薬局製剤, 第4版; 中島克佳,並木徳之,橋田享,松原肇,谷古宇秀,矢後和夫,矢島聖,柳川忠二,山村恵子(薬剤). 編集 日本病院薬剤師会, 薬事日報社, 東京, 97.04.01発行.

3483. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 精神治療薬体系/別巻−向精神薬一覧, 最近の進歩; 向精神薬−最近の動向, p.49〜62, 向精神薬一覧, p.87〜145, 竹内尚子(薬剤). 編集 上島国利(昭和大),村崎光邦(北里大),八木剛平(慶大), 星和書店, 東京, 97.06.17発行.

3484. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) ポケット版感染対策ハンドブック; 両性界面活性剤の特性と使い方, p.72〜73, 過酸化物系消毒薬の特性と使い方, p.74〜75, 松原肇,島田慈彦(薬剤). 編集 小林寛伊, 小学館, 東京, 97.11.10発行.

3485. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 消毒剤−基礎知識と臨床応用−; 院内製剤の滅菌, p.60〜66, 陽イオン界面活性剤, p.127〜134, 松原肇,島田慈彦(薬剤). 編集 高杉益充,新太喜治, 医薬ジャーナル社, 大阪, 98.03.15発行.

3486. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 病院薬局と医療を取り巻く諸問題; PL法の施行と院内製剤に思う, p.69〜71, 黒山政一(薬剤). 薬事新報社, 東京, 97.10.00発行.

3487. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 病院薬局と医療を取り巻く諸問題; 錠−カプセル剤PTPの誤飲対策に思う, p.288〜290, 黒山政一,矢後和夫(薬剤). 薬事新報社, 東京, 97.10.00発行.

3488. [その他の著書(入門書)] (共著) 経腸・経静脈−栄養療法の基礎と実際−, 島田慈彦,佐川賢一,松原肇(薬剤). 薬事日報社, 東京, 98.03.20発行.

3489. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 薬剤師のための糖尿病服薬指導マニュアル; インスリン製剤, p.83〜88, 副作用とその対策, p.93〜98, 町田充(薬剤). 編集 阿部隆三,野崎征支郎(太田西糖尿病セン),加賀谷肇(薬剤),朝倉俊成(太田西糖尿病セン), 南江堂, 東京, 98.01.20発行.

3490. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 在宅訪問服薬管理指導のための基礎知識; 症候別の対応−A呼吸困難, p.26〜29, C発熱, p.39〜42, 近藤留美子(薬剤). 編集 古和久幸(内),渡辺敏(麻),島田慈彦(薬剤), 医薬ジャーナル, 東京, 98.02.20発行.

3491. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 在宅訪問服薬管理指導のための基礎知識; 症候別の対応−B血圧異常, G尿失禁, 佐川賢一(薬剤),他. 編集 古和久幸(内),渡辺敏(麻),島田慈彦(薬剤), 医薬ジャーナル, 東京, 98.02.20発行.

3492. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 在宅訪問服薬管理指導のための基礎知識; 症候別の対応−D意識障害E夜間せん妄, p.43〜50, 竹内尚子(薬剤),他. 編集 古和久幸(内),渡辺敏(麻),島田慈彦(薬剤), 医薬ジャーナル, 東京, 98.02.20発行.

3493. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) 在宅訪問服薬管理指導のための基礎知識; 脱水症状, p.51〜55, 褥瘡, p.60〜64, 松原肇,島田慈彦(薬剤). 編集 古和久幸(内),渡辺敏(麻),島田慈彦(薬剤), 医薬ジャーナル社, 東京, 98.02.20発行.

3494. [学会(全国)] (シンポジウム等) 疾患の違いによる服薬指導の特殊性−精神神経科領域の場合. 竹内尚子(薬剤): 第7回日本病院薬学会年会 (97.09.13), 名古屋.

3495. [学会(全国)] (シンポジウム等) 他部門との連携−精神科チーム医療の中の薬剤師業務; 精神科医療におけるこれからの薬剤師のあり方. 竹内尚子(薬剤): 日本精神病院協会学術研修会薬剤師部門 (97.10.17), 札幌.

3496. [学会(全国)] (シンポジウム等) 学会認定薬剤師は何を求められているか. 黒山政一(薬剤): 第18回臨床薬理学会 (97.12.12), 東京.

3497. [学会(全国)] (ワークショップ) 患者教育への薬剤師の参加と有用性. 厚田幸一郎,町田充,山足由香,島田慈彦(薬剤),金森晃,的場清和,矢島義忠(内): 第40回日本糖尿病学会年次学術集会 (97.05.22), 東京, 糖尿病, 40(Suppl. 1): 140, 1997.

3498. [学会(全国)] (一般講演) 薬剤情報提供加算に関する患者からの評価. 菅原充広,黒山政一,小林裕子,里道佐知子,矢後和夫(薬剤),谷口晃一,田村通宏,東江良昭(歯科): 日本病院学会 (97.06.13), 東京.

3499. [学会(全国)] (一般講演) MAO-A阻害薬 moclobemideの薬物動態におけるCYP2C19遺伝多型の影響. 横田慎一(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),井沢志名野(精),渡辺朋恵(内),沢田実花(薬剤),村崎光邦(精): 第14回日本TDM学会 (97.06.27〜28), 浜松, 要旨集, p.54, 1997.

3500. [学会(全国)] (一般講演) 遅発性ジスキネジアモデルラットに対するclonazepam, sodium valproateの効果の検討. 竹内尚子(薬剤),石郷岡純(精),渡辺滋(生物物理系),小林一広(精),矢後和夫(薬剤),村崎光邦,三浦貞則(精): 第27回日本神経精神薬理学会年会 (97.10.21), 鹿児島.

3501. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院における治験答申内容の分析と新GCPに対応したシステム化について. 露崎浩子,堀越正人,佐川賢一,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),三浦寿男(児): 第18回日本臨床薬理学会 (97.12.11), 東京.

3502. [学会(全国)] (一般講演) リチウムのTDMにおける電極法を用いた血中濃度迅速測定法およびベイジアン法による投与設計の検討. 広瀬美紀,篠崎公一,小宮山貴子(薬学),竹内尚子,矢後和夫(薬剤),石郷岡純,大谷義夫,若田部博文(精): 第18回日本臨床薬理学会 (97.12.11), 東京.

3503. [学会(全国)] (一般講演) アセチルコリンエステラーゼ阻害薬,イピダクリンの高齢者における薬物動態. 熊谷雄治(薬理),横田慎一(臨床薬理),井沢志名野(精),渡辺朋恵(薬理),沢田実花(薬剤),村崎光邦(精): 第18回日本臨床薬理学会 (97.12.11〜12), 東京.

3504. [学会(全国)] (一般講演) 院内コンピュータシステムを利用した治験関連業務の合理化. 堀越正人,露崎浩子,佐川賢一,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),宮内明広,関口勝美,小池恵,杉崎道夫(情報処理): 第118回日本薬学会年会 (98.03.31〜04.02), 京都.

3505. [学会(全国)] (一般講演) 整形外科領域における術後薬剤性肝障害に関する薬剤疫学的研究(第1報). 尾鳥勝也,青砥広幸,沢田実花,伊藤直子,黒山政一,矢後和夫(薬剤),横田慎一,渡辺朋恵,熊谷雄治(臨床薬理),菅原充広(薬剤),浜野芳憲(上三川 病院): 第118回日本薬学会年会 (98.03.31〜04.02), 京都.

3506. [学会(全国)] (一般講演) 整形外科領域における術後薬剤性肝障害に関する薬剤疫学的研究(第2報). 青砥広幸,尾鳥勝也,沢田実花,伊藤直子,黒山政一,矢後和夫(薬剤),横田慎一,渡辺朋恵,熊谷雄治(臨床薬理),菅原充広(薬剤),浜野芳憲(上三川 病院): 第118回日本薬学会年会 (98.03.31〜04.02), 京都.

3507. [学会(全国)] (一般講演) 新GCP施行後の治験実施に関する調査. 横田慎一(臨床薬理),熊谷雄治(薬理),沢田実花(薬剤),井沢志名野,村崎光邦(精),黒山政一,平山武司,矢後和夫(薬剤): 日本薬学会第118回年会 (98.03.31〜04.02), 京都.

3508. [学会(全国)] (ポスター講演) アルベカシンの投与設計におけるTDMの活用. 野中美和,竹内尚子,桜井幸子,今井伸恵,青砥広幸,塙久美子,平山武司,矢後和夫(薬剤),篠崎公一(薬学): 第14回日本TDM学会学術大会 (97.06.28), 浜松.

3509. [学会(全国)] (ポスター講演) 慢性腎不全患者におけるテモカプリラートの血漿蛋白結合に関する研究. 本橋茂,黒山政一(薬剤),西川耕史(薬学),矢後和夫,島田慈彦(薬剤),小宮山貴子(薬学),桜井健治(橋本クリニック),熊野和雄(泌): 第42回日本透析医学会学術集会 (97.07.18), 札幌, 要旨集, p.794, 1997.

3510. [学会(全国)] (ポスター講演) 院内製剤情報のデータベース化. 富樫敦子,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 第7回日本病院薬学会年会 (97.09.13), 名古屋, 予稿集, p.108, 1997.

3511. [学会(全国)] (ポスター講演) 漢方薬と新薬の相互作用(第2報)ニフェジピン薬物動態に及ぼす大柴胡湯の影響. 赤瀬朋秀,国分秀也,佐川賢一,島田慈彦(薬剤),田代真一(昭和薬科大),毛利公則,植沢芳広(明治薬科大): 第7回日本病院薬学会年会 (97.09.14), 名古屋, 要旨集, p.295, 1997.

3512. [学会(全国)] (ポスター講演) 口腔内崩壊錠に対する患者からの評価. 桜井幸子,椎崇,尾鳥勝也,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 第7回日本病院薬学会年会 (97.09.14), 名古屋, 要旨集, p.360〜361, 1997.

3513. [学会(全国)] (ポスター講演) リチウムのTDMにおける電極法を利用した迅速血中濃度測定法の検討. 広瀬美紀(薬学),竹内尚子(薬剤),篠崎公一(薬学),矢後和夫(薬剤),小宮山貴子(薬学),石郷岡純,大谷義夫,若田部博文,村崎光邦(精): 第7回日本臨床精神神経薬理学会 (97.11.20), 東京.

3514. [学会(全国)] (ポスター講演) 遅発性ジスキネジアモデルラットの適格性および各種薬物による予防効果の検討. 竹内尚子(薬剤),石郷岡純(精),渡辺滋(生物物理系),小林一広(精),矢後和夫(薬剤),村崎光邦,三浦貞則(精): 第20回日本生物学的精神医学会 (98.03.28), 北九州.

3515. [学会(全国)] (ポスター講演) arbekacinのTDMにおけるnon-parametric population PK解析. 野中美和,竹内尚子,今井伸恵,桜井幸子,平山武司,塙久美子,青砥広幸,黒山政一,矢後和夫(薬剤),篠崎公一(薬学): 第118回日本薬学会年会 (98.03.31〜04.02), 京都.

3516. [学会(全国)] (ポスター講演) 医薬品適正使用へのアプローチT−患者への情報提供のあり方に関する研究−. 町田充,加賀谷肇,厚田幸一郎,高橋里奈,堀越正人,露崎浩子,佐川賢一,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),岡田純(内),望月真弓(薬剤): 第118回日本薬学会年会 (98.03.31〜04.02), 京都, プログラム, p.123, 1998.

3517. [学会(地方)] (一般講演) 本邦における服薬コンプライアンスの現状. 青砥広幸,黒山政一,尾鳥勝也,難波昭雄,小川幸雄,矢後和夫(薬剤): 第27回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (97.08.30), 宇都宮.

3518. [学会(地方)] (一般講演) 抗NSAID潰瘍薬Misoprostolの処方の現状と適正使用に関する検討. 沢田実花,黒山政一(薬剤),椎崇,杉村牧子,尾鳥勝也,矢後和夫,横田慎一(臨床薬理試験部),熊谷雄治(薬理),小林明正: 日本病院薬剤師会関東ブロック第27回学術大会 (97.08.30〜31), 宇都宮, 講演要旨集, p.127〜128, 1997.

3519. [学会(地方)] (一般講演) 調剤所要時間に及ぼすPTPスリットの影響. 難波昭雄,里道佐知子,椎崇,尾鳥勝也,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 第17回神奈川県薬剤師会学術大会 (97.09.28), 横浜, 抄録集, p.50〜51, 1997.

3520. [学会(地方)] (一般講演) 血中リチウム濃度の測定方法に関する研究. 今井伸恵,竹内尚子(薬剤),広瀬美紀,篠崎公一(薬学),椎崇,小林裕子,矢後和夫(薬剤),小宮山貴子(薬学),大谷義夫,石郷岡純(精): 第5回神奈川県病院薬剤師会学術大会 (97.11.16), 横浜.

3521. [学会(地方)] (一般講演) 中心静脈輸液ラインの細菌汚染に関する検討. 青砥広幸,平山武司,野頭栄理子,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 第5回神奈川県病院薬剤師会学術大会 (97.11.16), 横浜.

3522. [学会(地方)] (一般講演) 北里大学東病院における残置薬の現状とその対策. 小山彰子,黒山政一,小林裕子,菅原充広,尾鳥勝也,平山武司,矢後和夫(薬剤),浅井美由紀,田代真一(昭和薬科大): 第5回神奈川県病院薬剤師会学術大会 (97.11.17), 横浜, 要旨集, 39(7): 141〜145, 1997.

3523. [学会(地方)] (ポスター講演) 医薬品適正使用のための情報提供への取り組み−ルーズリーフ型お薬手帳の試作−. 高橋里奈,佐藤透,坂倉智子,町田充,赤瀬朋秀,富樫敦子,池田由美子,国分秀也,梶山順子,瀬戸貢,厚田幸一郎,島田慈彦(薬剤): 第27回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (97.08.31), 宇都宮.

3524. [研究会(全国)] (一般講演) 5HT3受容体拮抗薬の薬剤使用評価(DUE)への試み2. 町田充,露崎浩子,池田由美子,野島淳子,岡崎美代子,橋本彰子,相沢政明,新井万理子,加賀谷肇,佐川賢一,村瀬勢津子,島田慈彦,望月真弓(薬剤): 日本薬剤疫学研究発表会 (97.11.07〜08), 東京, 要旨集, p.26〜27, 1997.

3525. [研究会(全国)] (一般講演) 北里大学病院における院内特殊TPN. 松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 第13回日本静脈・経腸栄養研究会 (98.02.05), 千葉, 日本静脈・経腸栄養研究会誌, 13: 86〜88, 1998.

3526. [研究会(地方)] (教育講演) 糖尿病治療における薬物療法−服薬指導と糖尿病教室−. 厚田幸一郎(薬剤): 第59回薬物治療モニタリング研究会 (97.11.15), 東京.

3527. [研究会(地方)] (一般講演) 臨床分離菌の各種抗生物質に対する感受性率の推移[T]グラム陽性球菌・グラム陰性球菌について. 岡本恵美子,難波昭雄,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 第43回神奈川県感染症研究会 (98.02.07), 横浜.

3528. [研究会(地方)] (一般講演) 臨床分離菌の各種抗生物質に対する感受性率の推移[U]グラム陰性桿菌について. 難波昭雄,岡本恵美子,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 第43回神奈川県感染症研究会 (98.02.07), 横浜, 予稿集, p.8, 1998.


<<34 医療社会学>>

3529. [研究報告(その他公的な報告)] 高年齢者の特性に配慮した職場管理のあり方に関する調査研究. 黒田善雄(日女体大),中村賢(医療社会),大川日出夫(日本鋼管病院),在田宗悟(日産自動車): 高年齢者の特性に配慮した職場管理のあり方に関する調査研究報告書(高年齢者雇用開発協会), p.1〜52, 1997.

3530. [研究報告(その他公的な報告)] 産業保健推進センターにおける作業環境支援についての調査研究. 門脇武博(医療衛生学部),唐沢昌敬(愛知学泉大),菊地昭(市光工業),小西叔人(日本作業環境測定協会),瀬名浩一(日本開発銀行),中村賢(医療社 会),仲座政宏(医療衛生学部),新津谷真人(衛),薮田十司,片桐裕史(医療衛生学部): 産業保健推進センターにおける作業環境支援についての調査研究報告書(労働福祉事業団), p.1〜33, 1997.

3531. [研究報告(その他公的な報告)] 集中型健康づくりの効果に関する健康づくりモデル事業. 中村賢(医療社会): 小規模事業場における自主的な健康保持増進対策の促進事業報告書(中央労働災害防止協会), p.105〜180, 1997.

3532. [研究報告(その他公的な報告)] クリーニング作業者の死因構造に関する疫学的研究−中間報告−. 中村賢(医療社会),高田勗(衛),門脇武博(医療衛生学部),相沢好治,原田久,苅部ひとみ,新津谷真人(衛),鈴木牧彦(精): 全国クリーニング環境衛生同業組合連合会; クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書平成8年度, p.18〜20, 1997.

3533. [研究報告(その他公的な報告)] 産業衛生活動の経済的評価の方法. 中村賢(医療社会): 平成8年度産業保健の経済評価へのアプローチについての調査研究報告書, p.44〜48, 1997.

3534. [研究報告(その他公的な報告)] 労働者健康保持増進指導機関の実態に関する研究報告. 中村賢(医療社会),泉山中三(東海大),門脇武博(医療衛生学部),下光輝一(東京医大),鈴木牧彦(精),森良實(働く人の健康づくり協会): 労働者健康保持増進指導機関の実態に関する研究報告書(働く人の健康づくり協会), p.1〜69, 1997.

3535. [研究報告(その他公的な報告)] 職場におけるストレス評価の実態に関する調査研究. 中村賢(医療社会),下光輝一(東京医大),神山昭男(北大): 労働省平成8年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.105〜110, 1997.

3536. [研究報告(その他公的な報告)] 事業場における衛生管理者, 保健婦等(安全)衛生委員会に関する調査研究. 中村賢(医療社会),菊池昭(市光工業),河野慶三(富士ゼロックス): 「事業所における衛生管理者, 保健婦等(安全)衛生委員会に関する調査研究報告書(中央労働災害防止協会), p.1〜96, 1997.

3537. [研究会(全国)] (特別講演) 企業の健康づくりと運動指導施設(スポーツクラブ等)の役割. 中村賢(医療社会): 全国産業安全衛生大会 (97.09.19), 札幌, 研究発表集, p.332〜334, 1997.

3538. [研究会(全国)] (一般講演) 衛生管理者の活動状況と課題. 中村賢(医療社会): 平成9年度労働衛生管理講習会−衛生管理者の活性化に向けて− (98.02.27), 東京, テキスト, p.44〜71, 1998.

3539. [研究会(全国)] (一般講演) 衛生管理者の活動状況と課題. 中村賢(医療社会学): 平成9年度労働衛生管理講習会−衛生管理者の活性化に向けて− (98.03.06), 大阪, テキスト, p.44〜71, 1998.


<<35 医学原論 >>

3540. [その他の著書] (分担執筆) 判例体系 親族法・相続法(第2期版); 追録, 93〜94号, 家永登(医学原論). 編集 加藤一郎(東大),唄孝一(都立大),石川稔(上智大),家永登(北里大), 第一法規出版,東京,97.05.20発行

3541. [その他の著書] (分担執筆) 判例体系 親族法・相続法(第2期版); 追録, 95〜96号, 家永登(医学原論). 編集 加藤一郎(東大),唄孝一(都立大),石川稔(上智大),家永登(北里大), 第一法規出版,東京,97.09.15発行.

3542. [その他の著書] (編集) 判例体系 親族法・相続法(第2期版); 追録, 93〜94号. 編集 加藤一郎(東大),唄孝一(都立大),石川稔(上智大),家永登(北里大), 第一法規出版,東京,97.05.20発行.

3543. [その他の著書] (編集) 判例体系 親族法・相続法(第2期版); 追録, 95〜96号. 編集 加藤一郎(東大),唄孝一(都立大),石川稔(上智大),家永登(北里大), 第一法規出版,東京,97.09.15発行.

3544. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) 子どもの人権大辞典; 医療同意, 人工授精, 人工生殖, 生殖革命, 胎児, 胎児診断, 重症障害新生児, 予防接種禍集団訴訟など15項目, 家永登(医学原論). 編集 三木妙子(早大),他, エムティ出版,東京,97.09.30発行.

3545. [研究会(地方)] (宿題報告) 悪性過高熱と麻酔医の説明義務. 家永登(医学原論): 医法の会 (97.04.26), 東京.


<<36 医用情報学>>

3546. [原著] Phase-resetting property of the conduction pathway as a basis for the model of atrioventricular block. 池田憲昭,宮原英夫(医療衛生),竹内昭博(医用情報),Morohoshi,奈良佳洋(生物物理系): Experimental study and the modeling. ISCE 97.

3547. [原著] Arrhythmia cuve Iinterpretation using a dynamic system model of the myocardial pacemaker. 池田憲昭(医療衛生),Takayanagi K,竹内昭博(医用情報),奈良佳洋(生物物理系),宮原英夫(医療衛生): Methods Inf. Med., 36: 286〜289, 1997.

3548. [原著] 疫学調査による乳幼児のアトピー性疾患発症と栄養法の関係. 有田昌彦(ありた小児科),三河春樹(関西電力病院),白鷹増男(医用情報),高橋幸一,早沢宏紀,冨田守(森永乳業): アレルギー, 46(4): 354〜369, 1997.

3549. [原著] 医学部における研究業績評価システムの開発とその意義. 鶴田陽和(医用情報),佐藤登志郎: 医療情報学, 17: 461〜468, 1997.

3550. [原著] 人工心肺装置シミュレーションプログラムの開発. 竹内昭博(医用情報),奈良佳洋(生物物理系),稲毛博,東條圭一,渡辺敏,池田憲昭(医療衛生): 医療情報学, 17: 475〜480, 1997.

3551. [原著] 入学時のMMPI尺度得点とそれによる留年予測の困難性. 土沢健一,宮原英夫(医療衛生),白鷹増男(医用情報),堤邦彦(精): 行動計量学, 24(1): 111〜123, 1997.

3552. [原著] 健常男性の総合的性機能指標と性機能等価年齢. 浅井憲義,宮原英夫(医療衛生),白鷹増男(医用情報),佐藤嘉一,熊本悦明(札幌医大): 行動計量学, 24(1): 81〜92, 1997.

3553. [準原著] データベースからハイパーテキストの自動生成と医薬品情報提供への応用. 鶴田陽和(医用情報),町田充,露崎浩子,島田慈彦(薬剤),池田憲昭(医療衛生): 第17回医療情報学連合大会論文集, p.286〜287, 1997.

3554. [総説] 新GPMSPの医療への貢献と課題; 病院薬剤師の対応と新GPMSPに望むもの. 佐川賢一,露崎浩子,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 40(3): 515〜519, 1998.

3555. [講座] こうすればできる効果的なプレゼンテーション(4). 日向かおる,竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 7(4): 417〜421, 1997.

3556. [講座] 初心者のためのWindows95(1). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 8(3): 110〜115, 1997.

3557. [講座] 初心者のためのWindows95(2). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 8(4): 76〜83, 1997.

3558. [講座] 初心者のためのWindows95(3). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 8(5): 76〜81, 1997.

3559. [講座] 初心者のためのWindows95(4). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 8(6): 78〜83, 1997.

3560. [講座] 初心者のためのWindows95(5). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 9(1): 45〜49, 1997.

3561. [講座] 初心者のためのWindows95(6). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 9(2): 64〜68, 1998.

3562. [講座] 初心者のためのWindows95(7). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 9(3): 54〜61, 1998.

3563. [講座] 初心者のためのWindows95(8). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 9(4): 76〜83, 1998.

3564. [講座] 初心者のためのWindows95(9). 竹内昭博(医用情報): 医療とコンピュータ, 9(5): 42〜49, 1998.

3565. [学術書] (分担執筆) Stat View 4.5 for Windows オフィシャルガイドブック; p.1〜32, p.41〜76, 竹内昭博(医用情報),他. 南江堂, 東京, 97.00.00発行.

3566. [学会(全国)] (一般講演) 人工心肺装置訓練用シミュレーションシステムの開発. 竹内昭博(医用情報),奈良佳洋(生物物理系),稲毛博,東條圭一,渡辺敏,池田憲昭(医療衛生): 第36回日本エム・イー学会大会 (96.04.16), 松本, 医用電子と生体工学, 35(特別): 158, 1997.

3567. [学会(全国)] (一般講演) ブロック時房室伝導特性の計測とモデル化. 池田憲昭(医療衛生),奈良佳洋(生物物理系),竹内昭博(医用情報),宮原英夫(医療衛生),鶴田陽和(医用情報): 第36回日本エム・イー学会大会 (96.04.17), 松本, 医用電子と生体工学, 35(特別): 585, 1997.

3568. [学会(全国)] (一般講演) 栄養指導介助のための食品構成表の作成. 白鷹増男(医用情報),宮原英夫(医療衛生),鶴田陽和(医用情報),梶本雅俊(国立公衆衛生院),佐藤登志郎(北里学園): 第22回日本行動計量学会大会 (97.09.05), 仙台, 抄録集, p.260, 1997.

3569. [学会(全国)] (一般講演) 数理計画法を用いた食品構成表の作成. 白鷹増男(医用情報),宮原英夫(医療衛生),鶴田陽和(医用情報),梶本雅俊(国立公衆衛生院),佐藤登志郎(北里学園): 第17回医療情報学連合大会 (97.11.25), 神戸, 論文集, p.758〜759, 1997.

3570. [学会(全国)] (一般講演) 電子カルテのデータから臨床的諸指標を算出するシステムの開発. 竹内昭博(医用情報),池田憲昭(医療衛生),白鷹増男(医用情報),奈良佳洋(生物物理系): 第17回医療情報学連合大会 (97.11.25), 神戸, 論文集, p.82〜83, 1997.

3571. [学会(全国)] (一般講演) 臨床的諸指標を電子カルテのデータから算出するシステム. 竹内昭博(医用情報),池田憲昭(医療衛生),白鷹増男(医用情報),奈良佳洋(生物物理系): 第17回医療情報学連合大会 (97.11.26), 神戸, 論文集, p.582〜583, 1997.

3572. [学会(全国)] (一般講演) データベースからハイパーテキストの自動生成と医薬品情報提供への応用. 鶴田陽和(医用情報),町田充,露崎浩子,島田慈彦(薬剤部),池田憲昭(医療衛生): 第17回医療情報学連合大会 (97.11.27). 神戸.

3573. [学会(全国)] (一般講演) 循環系基礎生理学のためのシミュレーションシステムの開発. 奈良佳洋(生物物理系),竹内昭博(医用情報),佐藤栄治,池田憲昭(医療衛生): 第17回医療情報学連合大会 (97.11.27), 神戸, 論文集, p.762〜763, 1997.


<<38 物理学>>

3574. [原著] Dissociative recombination of HeH+ isotopes with an ultra-cold electron beam from a superconducting electron cooler in a storage ring. Tanabe, T.,Katayama, I.,Ono, S(東大),Chida, K.,Watanabe, T.,Arakaki, Y.(高エネルギー加速器研究機構),Haruyama, Y.,Sato, M.(京都府立大),Odagiri, T.(東工大),Hosono, K.(姫工大),Noda, K.,Honma, T.(放医研),高木秀一(物理): J. Phys. B.: At. Mol. Opt. Phys., 31: 297〜303, 1998.

3575. [研究報告(文部省)] 二重電離にいたる高励起分子過程の理論的研究. 高木秀一(物理): 文部省科学研究費補助金[基盤研究(C)]研究成果報告書, 1998.

3576. [研究報告(その他公的な報告)] 原子・分子・イオンの衝突に関する調査: 電子と励起分子イオンの衝突. 高木秀一(物理): 日本原子力研究所(科学技術庁)委託調査報告書, 1998.

3577. [学会(国際)] (ポスター講演) Dissociative recombination of molecular ions with a 1 mev temperature electron beam from a superconducting electron cooler at the TARNU storage ring. Tanabe, T.,Katayama, I.,Ono, S(東大),Chida, K.,Watanabe, T.,Arakaki, Y.(高エネルギー加速器研究機構),Haruyama, Y.,Saito, M.(京都府立大),Odagiri, T.(東工大),Hosono, K.(姫工大),Noda, K.,Honma, T.(放医研),Nomura, I.(核融合研),高木秀一(物理): International Conference on the Physics of Electronic and Atomic Collisions (97.07.29), ウィーン, Abstract, 132, 1997.

3578. [学会(国際)] (ポスター講演) The reason of large crosssection in the dissociative recombination of HeH+. 高木秀一(物理): International Conference on the Physics of Electronic and Atomic Collisions (97.07.29), ウィーン, Abstract, 152, 1997.

3579. [学会(全国)] (一般講演) Lippmann-Schwinger積分方程式の非特異数値解法: HD+解離性再結合への適用. 高木秀一(物理): 日本物理学会 (97.10.03), 神戸, 講演概要集, 52: 870, 1997.

3580. [研究会(地方)] (シンポジウム等) HeH+の解離性再結合過程. 高木秀一(物理): 宇宙空間原子分子過程研究会「低温プラズマにおける原子分子過程」 (97.12.19), 相模原, 報告集, 1997.


<<39 化学>>

3581. [原著] The surface characteristics of the sintered body of hydroxyapatite-zirconia composite particles. 川島徳道,カワンスタント(桐蔭横浜大),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),松野昂士(化): Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, (10): 23〜27, 1997.

3582. [原著] Double-layered composite particles as a complex stationary phase for high-performance liquid chromatography. 本田二葉,本田宏隆,小石真純(東理大),松野昂士(化): J. Chromatogr. A., (775): 13〜27, 1997.

3583. [学会(全国)] (シンポジウム等) 高速気流中衝撃法による生体硬組織用インプラント材料の調製. 渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大),松野昂士(化): 第14回製剤と粒子設計シンポジウム (97.10.22), 大阪, 講演要旨集, p.91〜95, 1997.

3584. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒドロキシアパタイト/ジルコニア傾斜機能材料の作製およびその構造と性質. 松野昂士(化),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大): 第50回コロイドおよび界面化学討論会 (97.10.10), 佐賀, 講演要旨集, p.306, 1997.

3585. [研究会(全国)] (ポスター講演) 生体硬組織インプラント材料用ヒドロキシアパタイト/ジルコニア複合焼結体の構造と性質. 松野昂士(化),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大): 1997材料技術研究協会討論会 (97.11.08), 東京, 講演要旨集, p.103〜104, 1997.

3586. [研究会(全国)] (ポスター講演) ヒドロキシアパタイト/ジルコニア複合微粒子焼結体のバルク特性. 永井正則,川島徳道,伊沢一樹,辻毅一(桐蔭横浜大),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),松野昂士(化): 1997材料技術研究協会討論会 (97.11.08), 東京, 講演要旨集, p.105〜106, 1997.


<<41 生物学>>

3587. [原著] Carboxy-terminal truncation of long-tailed amyloid β-peptide is inhibited by serine protease inhibitor and peptide aldehyde. 浜崎秀明(生物): FEBS Lett., 424(3): 136〜138, 1998.

3588. [学会(国際)] (ポスター講演) Heteromorphic sex chromosomes in Rana tagoi and Rana sakuraii distributed in Nishitama district in Tokyo. 龍崎正士(生物),滝沢直定(生理),Johnston Ralph(Infusaid Inc. MA02062, U.S.A.): 13th International Congress of Developmental Biology (97.07.05), Snowbird, Utak, U.S.A., 13th International Congress of Developmental Biology, p.307, 1997.

3589. [学会(全国)] (一般講演) Karyotypes of Rana tagoi distributed in Tanzawa district in Kanagawa. 龍崎正士(生物),滝沢直定(生理),中本直(解),Noguchi, T.(Biol. Lab., Toyojitugyou, Utunomiya): The Zoological Society of Japan (97.10.02), 奈良, Zoological Science, 14: 23, 1997.