1999年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)






<<01 解剖学>>

1. [原著] Sex differences in the zygomatic angle in Japanese patients analyzed MRI with reference to moire fringe patterns. 池田敏子(解),中村元信,伊藤正嗣(形外): Aesthetic Plast. Surg., 23: 349〜353, 1999.

2. [原著] The serous demilune of rat sublingual gland is an artificial structure produced by conventional fixation. 山科正平,玉木英明(解),勝又修(形態系): Arch. Histol. Cytol., 62(4): 347〜354, 1999.

3. [原著] Millisecond analyses of Ca2+ initiation sites evoked by muscarinic receptor stimulation in exocrine acinar cells. Takemura Haruo(札幌医大),山科正平,瀬川彰久(解): Biochem. Biophys. Res. Commun., 259: 656〜660, 1999.

4. [原著] Expression and development of the proenkephalin mRNA in the C cells of chicken ultimobranchial glands. 亀田芙子,三浦正明,大野佐恵(解): Brain Res., 852(3): 453〜462, 2000.

5. [原著] VIP-, galanin-, and neuropeptide-Y-immunoreactive fibers in the chicken carotid bodies after various types of denervation. 亀田芙子(解): Cell Tissue Res., 298(3): 437〜447, 1999.

6. [原著] Expression of the common alpha-subunit mRNA of glycoprotein hormones during the chick pituitary organogenesis, with special reference to the pars tuberalis. 亀田芙子,三浦正明,大野佐恵(解): Cell Tissue Res., 299(1): 71〜80, 2000.

7. [原著] Significant role of laminin-1 in branching morphogenesis of mouse salivary epithelium cultured in basement membrane matrix. Hosokawa Yukio(千葉大),Takahashi Yu(帝京大),門谷裕一,山科正平(解),Nomizu Motoyoshi,Yamada Yoshihiko(NIDR, USA),Nogawa Hiroyuki(千葉大): Develop. Growth Differ., 41: 207〜216, 1999.

8. [原著] Localization of laminin-5, HD1/plectin, and BP230 in the submandibular glands of developing and adult mice. 門谷裕一,山科正平(解): Histochem. Cell Biol., 112: 417〜425, 1999.

9. [原著] Alkali-treated collagen retained the triple helical conformation and the ligand activity for the cell adhesion via α2β1 integrin. 服部俊治(ニッピバイオマトリックス研),安達栄治郎(解),蛯原哲也,Shirai Tomoko,染木衣応理,入江伸吉(ニッピバイオマトリックス研究所): J. Biochem., 125: 676〜684, 1999.

10. [原著] Interaction of collagen molecules from the aspect of fibril formation: Acid-soluble, alkali-treated, and MMP1-digested fragments of type T collagen. 鈴木康夫,染木衣応理(ニッピバイオマトリックス研),安達栄治郎(解),入江伸吉,服部俊治(ニッピバイオマトリックス研): J. Biochem., 126: 54〜67, 1999.

11. [原著] Ultrastructural localization of neuropeptide Y and expression of its mRNA in the glomus cells distributed in the wall of the common carotid artery of the chicken. 亀田芙子,三浦正明,大野佐恵(解): J. Comp. Neurol., 413(2): 232〜240, 1999.

12. [原著] Carbachol-induced [Ca2+]i increase, but not activation of protein kinase C, stimulates exocytosis in rat parotid acini. Yoshimura Keiichi(北大),Murakami Masataka(生理学研),瀬川彰久(解): J. Physiol., 522(3): 403〜416, 2000.

13. [原著] Changes of sinusoidal basement membrane collagens in early hepatic fibrosis induced with CCl4 in cynomolgus monkeys. Yoshida Tsuyoshi(Shiseido Res. Center),安達栄治郎(解),Nigi Hideo(Nippon Veterinary and Animal Sci. Univ.),Fujii Seishiro,Yanagi Mitsuo(Shiseido Res. Center): Pathology, 31: 29〜35, 1999.

14. [準原著(英文)] Changing anatomy education and introduction of self assessment of teacher performance in Japan. 山科正平(解): Acta Anat. Nippon., 74: 491〜493, 1999.

15. [準原著(英文)] Cell type specific recognition of the reconstituted aggregates from isolated type T collagen, type W collagen, and type X collagen. 林利彦,水野一乗,広瀬志弘,Nakazato Koichi(東大),安達栄治郎(解),Imamura Yasutada,Kosugi Hiroaki,Yoshikawa Kiwamu(東大): Proc. Indian Acad. Sci. (Chem. Sci.), 111(1): 171〜177, 1999.

16. [研究報告(文部省)] 唾液腺エクソサイトーシス, エンドサイトーシス, カップリングの分子機構. 瀬川彰久(解): 平成9〜11年度科学研究費基盤研究(C)(2)報告書.

17. [研究報告(その他公的な報告)] 解剖学教員の教育評価にかかわる諸問題−平成9・10年度日本解剖学会教育委員会報告. 山科正平(解),石村和敬(徳島大),伊藤博信(日医大),内山安男(阪大),金子勝治(埼玉医大),瓦井康之(金沢医大),小林寛(日歯大),後藤昇 (昭和大),島田真久(阪医大),関真(兵庫医大),吉岡正彦(防衛医大): 解剖学雑誌, 74: 507〜510, 1999.

18. [総説] Three-dimensional dynamics of the Golgi apparatus of parotid acinar cells as analyzed by computer graphics of cytochemically-marked serial sections. 玉木英明,山科正平(解): Acta Histochem. Cytochem., 32(3): 243〜252, 1999.

19. [総説] The EGF system in fetal development. Gresik, E.W.(ニューヨーク市大),Kashimata Masanori(明海大),門谷裕一,山科正平(解): Eur. J. Morphol., 36(Suppl.): 92〜97, 1998.

20. [総説] High levels of GM1-ganglioside and GM1-ganglioside β-galactosidase in the parotid gland; A new model for secretory mechanisms of the parotid gland. Nowroozi, N.,Kim, S.,瀬川彰久(解),Warita Hiroyuki,Rice, D.H.,Denny, P.C.,Zernik, J.H.(Univ. of Southern California): Otolaryngol. Clin. North Am., 32(5): 779〜791, 1999.

21. [総説] コラーゲン蛋白質を用いた生体組織工学的研究. 林利彦,広瀬志弘,水野一乗,(東大),安達栄治郎(解): 生体材料, 17(5): 214〜222, 1999.

22. [総説] コラーゲン細線維の形成とその制御. 安達栄治郎(解),鈴木伸英,中里浩一(日体大): 生体材料, 18: 24〜32, 2000.

23. [総説] 腱のマトリクス生物学: 構造, 機能, およびその変化. 水野一乗,柴山明(東大),安達栄治郎(解),中里浩一(日体大): 体育の科学, 50(2): 165〜173, 2000.

24. [講座] 細胞接着装置の微細構造. 門谷裕一,山科正平(解): 脳の科学, 21: 915〜921, 1999.

25. [学術書] (分担執筆) Mothods in Enzymology; Measurement of secretion in confocal microscopy, 307: 328〜340, 瀬川彰久(解). 編集 Conn, P.M.(Oregon Health Sci. Univ.), Academic Press,San Diego,99.00.00発行.

26. [学術書] (分担執筆) 細胞外マトリックス−基礎と臨床; 細胞外マトリックスの主要線維成分, p.2〜40, 安達栄治郎(解),沢田元(横浜市大). 編集 小出輝(江東病院),林利彦(東大), 愛知出版,東京,00.01.15発行.

27. [学術書] (分担執筆) 獣医組織学; 鰓後体・頚動脈小体, p.342〜346, 亀田芙子(解). 編集 日本獣医解剖学会, 学窓社,東京,99.03.31発行.

28. [教科書] (共著) みて, ふれて, 測って学ぶ, 生体のしくみ. 藤井正子(浜松医大),桜木晃彦(解). 南山堂,東京,99.06.23発行.

29. [教科書] (分担執筆) 歯科口腔介護概論; 歯科口腔領域の解剖学, 瀬川彰久(解). 編集 新井俊二,浦沢喜一,小椋秀亮,宝田博(明倫短大), 医歯薬出版,東京,00.03.31発行.

30. [翻訳] (単著) ワックス解剖標本(クレメンテス・シーニ作カリアリ大所蔵); 瀬川彰久(解). 00.01.01発行.

31. [学会(国際)] (シンポジウム等) Relationship between amylase and fluid secretion in the isolated perfused whole parotid gland of the rat. Murakami, M.(生理研),Yoshimura, K.(北大),瀬川彰久(解),Loffredo, F.,Riva, A.(Univ. of Cagliari, Italy): 第15回国際解剖学会 (1999.09.12), ローマ, Ital. J. Anat. Embryol., 104(Suppl.): 483, 1999.

32. [学会(国際)] (シンポジウム等) Cell biology of human salivary secretion. 瀬川彰久(解),Loffredo, F.,Puxeddu, R.(Univ. of Cagliari, Italy),山科正平(解),Testa Riva, F.,Riva, A.(Univ. of Cagliari, Italy): 第15回国際解剖学会 (1999.09.12), ローマ, Ital. J. Anat. Embryol., 104(Suppl.): 634, 1999.

33. [学会(国際)] (シンポジウム等) Is the serous demilune in salivary glands a real structure? 山科正平,玉木英明(解),勝又修(形態系): 第15回国際解剖学会 (1999.09.12), ローマ, Ital. J. Anat. Embryol., 104(Suppl.): 775, 1999.

34. [学会(国際)] (一般講演) Serum levels of sinusoidal basement membrane collagens and their localization in early hepatic fibrosis induced with CCl4 in cynomolgus monkeys. Yoshida, T.(Shiseido Laboratory),安達栄治郎(解),Nigi, H.,Fujii, S.,Yagani, M.,Iida, M.,Nishino, C.(Shiseido Laboratory): Clin. Chem. Lab. Med. (1999.06.06〜11), Firenze.

35. [学会(国際)] (一般講演) Collagen type W in acute rejection of kidney. 内海謙,沢田登起彦(東女医大),安達栄治郎(解),堀田茂,当仁原全,中島一朗,渕之上昌平,阿岸鉄三(東女医大): 第6回アジア移植学会 (1999.09.20〜24), シンガポール.

36. [学会(国際)] (一般講演) Staining of collagen W in liver allografts. Kudoh, S.,沢田登起彦(東女医大),安達栄治郎(解),当仁原全,中島一朗,渕之上昌平,阿岸鉄三(東女医大): 第6回アジア移植学会 (1999.09.20〜24), シンガポール.

37. [学会(国際)] (ポスター講演) Differential expression of laminin isoforms in developing and adult submandibular gland of mice. 門谷裕一,山科正平(解): 第4回汎太平洋結合組織学会シンポジウム (1999.11.16), ニュージーランド.

38. [学会(全国)] (特別講演) 共焦点レーザー顕微鏡の歯科医学研究への応用. 瀬川彰久(解): 第11回日本レーザー歯学会学術大会 (1999.11.12), 東京.

39. [学会(全国)] (シンポジウム等) 顎下腺腺管構造形成とラミニンアイソフォームの発現. 門谷裕一,山科正平(解): 第104回日本解剖学会総会 (1999.03.29), 東京, 解剖学雑誌, 74(1): 30, 1999.

40. [学会(全国)] (シンポジウム等) 精母細胞の分化とPDIの局在. 酒井康弘,山科正平(解): 第104回日本解剖学会総会 (1999.03.29), 東京, 解剖学雑誌, 74(1): 37, 1999.

41. [学会(全国)] (シンポジウム等) ニワトリ下垂体隆起部におけるUltα mRNAの発現と日照時間変動に伴う変化. 亀田芙子,三浦正明,大野佐恵(解): 第104回日本解剖学会総会 (1999.03.31), 三鷹, 解剖学雑誌, 74(1): 45, 1999.

42. [学会(全国)] (シンポジウム等) Upregulation of type W collagens in chronic renal allograft rejection. 川瀬友則,Shimizu, A.(東女医大),安達栄治郎(解),堀田茂,当仁原全,中島一朗,渕之上昌平,阿岸鉄三,沢田登起彦(東女医大): 第35回日本移植学会総会 (1999.09.15〜17), 筑波, 抄録集, p.114, 1999.

43. [学会(全国)] (シンポジウム等) 唾液分泌の臓器細胞生物学; 動物からヒトへ. 瀬川彰久(解): 第44回日本唾液腺学会 (1999.12.04), 東京, 予稿集, p.8〜9, 1999.

44. [学会(全国)] (ワークショップ) 酵素組織化学・免疫組織化学・レクチン組織化学の多重染色法(テクニカルワークショップ; Glycobiologyへの形態学からのアプローチ). 玉木英明,山科正平(解): 第104回日本解剖学会総会 (1999.03.29), 東京, 解剖学雑誌, 74(1): 22, 1999.

45. [学会(全国)] (一般講演) 細胞外環境の修飾によるPC12細胞の分化制御. 安達栄治郎(解),林利彦(東大): 第104回日本解剖学会総会 (1999.03.31), 東京, Acta Anat. Nippon., 74(1): 131, 1999.

46. [学会(全国)] (一般講演) 変異U型コラーゲン(α1-519; Arg.-Cys.)による細線維形成の異常. 安達栄治郎(解),勝又修(形態系),Fertala, A.(アラゲー大): 第31回日本結合組織学会 (1999.06.10), 名古屋, 抄録集, p.125, 1999.

47. [学会(全国)] (一般講演) FLAGエピトープtagを利用したコンドロカルシン過剰発現トランスジェニックマウスにおける外来遺伝子発現の免疫組織化学的検索. 松井好人,中田研(阪大),安達栄治郎(解),木村友厚,妻木範行(阪大),勝又修(形態系),安井夏生,片岡英一郎,藤田良,越智隆弘(阪大): 第31回日本結合組織学会 (1999.06.10), 名古屋, 抄録集, p.126, 1999.

48. [学会(全国)] (一般講演) 線維性コラーゲンらせん領域とヒト大動脈平滑筋細胞の相互作用. 水野一乗,広瀬志弘,広瀬立朗,古屋芳直(東大),安達栄治郎(解),林利彦(東大): 第31回日本結合組織学会 (1999.06.10), 名古屋, 抄録集, p.93, 1999.

49. [学会(全国)] (一般講演) 腎移植後急性期における抗基底膜抗体による移植腎染色性の変化. 内海謙(東女医大),安達栄治郎(解),堀田茂,川瀬友則,当仁原全,中島一朗,渕之上昌平,阿岸鉄三,沢田登起彦(東女医大): 第35回日本移植学会総会 (1999.09.15〜17), 筑波, 抄録集, p.243, 1999.

50. [学会(全国)] (一般講演) 3次元デジタイザによる脛骨の腓骨関節面形態解析. 桜木晃彦(解): 第53回日本人類学会大会 (1999.11.07), 東京.

51. [学会(全国)] (ポスター講演) 唾液腺のカルシウムシグナリング: 臓器レベルの解析. 瀬川彰久,山科正平(解),竹村晴夫(札幌医大): 第104回日本解剖学会総会 (1999.03.29), 東京, 解剖学雑誌, 74(1): 141, 1999.

52. [学会(全国)] (ポスター講演) HSP47ノックアウトマウスの解析. 永井尚子,細川昌則,糸原重美(京大),安達栄治郎(解),細川暢子,永田和宏(京大): 第52回日本細胞生物学会大会 (1999.08.27〜29), 東京, 抄録集, p.73, 1999.

53. [学会(全国)] (ポスター講演) マカク肘関節の三次元運動: 最小自乗法を用いた前腕屈伸軸の算定から. 藤野健(都老人研),桜木晃彦(解): 第53回日本人類学会大会 (1999.11.06), 東京.

54. [学会(全国)] (ポスター講演) ゴルジ標識蛋白の分布動態と超微構造の関連. 玉木英明,山科正平(解): 第40回日本組織細胞化学会記念総会・学術集会 (1999.12.07), 京都, 予稿集, p.188, 1999.

55. [学会(全国)] (ポスター講演) ニワトリ培養C細胞の共焦点レーザー顕微鏡と電子顕微鏡による観察. 三浦正明,亀田芙子(解): 第105回日本解剖学会総会 (2000.03.30), 横浜, Acta Anat. Nippon., 75(1): 125, 2000.

56. [研究会(国際)] (特別講演) Demonstration of the collagen U C-propeptide tagged with FLAG epitope (DYKDDDK) in cartilage of transgenic mice. 安達栄治郎(解): Center for Gene Therapy Conference (1999.08.02), Philadelphia.

57. [研究会(国際)] (ワークショップ) Morphology of salivary fluid secretion: facts? or illusion? 瀬川彰久(解): 2nd Meeting for International Collaborative Research (1999.11.19), 岡崎.

58. [研究会(国際)] (一般講演) Ultrastructure of red blood cell membrane as examined by AFM. 山科正平(解),勝又修(形態系): Seattle'99: Scanning Probe Microscopy, Cantileve Sensors, and Nanostructure (1999.05.31), シアトル.

59. [研究会(国際)] (ポスター講演) In vivo analysis of type U collagen C-propeptide using transgenic mice. 松井好人,中田研(阪大),安達栄治郎(解),木村友厚,妻木範行,安井夏生,片岡英一郎,Fujii, Y.,Yamada, Y.,越智隆弘(阪大): Gordon Research Conference on Collagen (1999.07.25〜30), New London.

60. [研究会(全国)] (特別講演) 電子顕微鏡で細胞の個性を覗いて見よう. 山科正平(解): 電子顕微鏡技術講習会 (1999.01.21), 東京.

61. [研究会(全国)] (特別講演) 関節軟骨におけるコラーゲン線維形成の異常とその遺伝的背景. 安達栄治郎(解): 平成10年度学術フロンティア推進事業班会議. (1999.03.17), 相模原.

62. [研究会(全国)] (教育講演) コラーゲン細線維形成の調節とその病態. 安達栄治郎(解): 日本競馬会競走馬研究所講演会 (1999.05.26), 宇都宮.

63. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 機能形態学の発展と21世紀の共焦点レーザ顕微鏡; より速く, より深く, よりマルチに. 瀬川彰久(解): 第23回レーザ顕微鏡研究会大会 (1999.05.14), 東京, 予稿集, p.1〜5, 1999.

64. [研究会(全国)] (一般講演) T型コラーゲンゲル自己会合のメカニズムをさぐる試み. 染木衣応理,鈴木康夫(ニッピバイオマトリックス研),安達栄治郎(解),入江伸吉,服部俊治(ニッピバイオマトリックス研): 第46回マトリックス研究会 (1999.06.09), 瀬戸, 抄録集, p.38〜39, 1999.

65. [研究会(全国)] (一般講演) T型コラーゲンゲルのN末端テロペプチドの機能. 佐藤かおり,蛯原哲也(ニッピバイオマトリックス研),安達栄治郎(解),服部俊治,入江伸吉(ニッピバイオマトリックス研): 第46回マトリックス研究会 (1999.06.09), 瀬戸, 抄録集, p.40〜41, 1999.

66. [研究会(全国)] (一般講演) 血管平衡筋の機能発現に関してW型コラーゲンゲルが有する作用の特徴. 広瀬志弘(東大),安達栄治郎(解),小林浩章,林利彦(東大): 第46回マトリックス研究会 (1999.06.09), 瀬戸, 抄録集, p.48〜49, 1999.

67. [学術賞(国内賞)] 学術フロンティア賞(皮膚モデルにおけるラミニン5の基底板形成促進作用), 安達栄治郎(解)


<<02 生理学>>

68. [原著] Lidocaine inhibits neurite growth in mouse dorsal root ganglion cells in culture. 比留間弘美(生理),丸山宏(麻),島田純一(医療衛生),片倉隆(生理),外須美夫(麻),竹中敏文(国士舘大),川上倫(生理): Acta Neurobiol. Exp., 59: 323〜327, 1999.

69. [原著] Inwardly rectifying K+ channel Kir7.1 is highly expressed in thyroid follicular cells, intestinal epithelial cells and choroid plexus epithelial cells: Implication for a functional coupling with Na+, K+-ATPase. 中村信大,鈴木喜郎,作田英成,大方香代子(東工大),河原克雅(生理),広瀬茂久(東工大): Biochem. J., 342: 329〜336, 1999.

70. [原著] Effect of a 60 Hz magnetic field on the behavior of Paramecium. Nakaoka, Y.,Shimizu, K.(阪大),長谷川建治(生理),Yamamoto, T.: Bioelectromagnetics, 21: 211〜215, 2000.

71. [原著] Axonal transport is inhibited by a protein kinase C inhibitor in cultured isolated mouse dorsal root ganglion cells. 比留間弘美(生理),丸山宏(麻),片倉隆(生理),島田純一(医療衛生),西田早苗(生物物理系),外須美夫(麻),竹中敏文(国士舘大),川上倫(生 理): Brain Res., 826(1): 135〜138, 1999.

72. [原著] Changes in the distribution of the substance P and calcitonin generelated peptide immunoreactive nerve fibers in the laryngeal mucosa of chronically hypoxic rats. Yoshida, T.,松田秀樹(横浜市大),林田嘉朗(産業医大),五野由佳里(内),Nagahara, T.(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文,Tsukuda, M.,日下部辰三(横浜市大): Histol. Histopathol., 14(3): 735〜741, 1999.

73. [原著] Growth cone neuropilin-1 mediates collapsin-1/sema V tacilitation of antero- and retrograde axoplasmic transport. Goshima, Y.,Hori, H.,Sasaki, Y.,Yang, T.,Kagoshima-Maezono, M.(横浜市大),Li, C.,竹中敏文(国士舘大),Nakamura, F.,Takahashi, T.,Strittmatter, S.M.,Misu, Y.(横浜市大),川上倫(生理): J. Neurobiol., 39(4): 579〜589, 1999.

74. [原著] Effect of ion transport inhibitors and methacholine on short-circuit current of isolated guinea pig nasal epithelium. 鈴木一雅(千葉大),河原克雅(生理),寺田修久,野村知弘,今野昭義,福田康一郎(千葉大): Jpn. J. Physiol., 49(1): 99〜106, 1999.

75. [原著] Roles of vasopressin and hypertonicity in basolateral Na/K/2Cl contransporter expression in rat kidney inner medullary collecting duct cells. 安西尚彦(生理),泉田いぶき,小林豊(内),河原克雅(生理): Jpn. J. Physiol., 49(2): 201〜206, 1999.

76. [原著] Stimulant effect of nitric oxide generator and roxatidine on mucin biosynthesis of rat gastric oxyntic mucosa. 市川尊文(生化),石原和彦(医療衛生),日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理),堀田恭子(生化): Life Sci., 65(4): 41〜46, 1999.

77. [原著] Localization of the ATP-sensitive potassium channel subunit (Kir6.1/uKATP-1) in rat brain. 周明,田中理,関口雅樹,坂部貢(東海大),安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),井上知子(東海大),河原克雅(生理),阿部寛(東海大): Molecular Brain Research, 74: 15〜25, 1999.

78. [原著] Effects of glucagon on axoplasmic transport in mouse superior cervical ganglion cells. Tao, Y.,Hori, H.(横浜市大),川上倫(生理),Hashimoto, Y.(横浜市大),竹中敏文(国士舘大),Ishikawa, Y.(横浜市大): Neuroreport, 10(11): 2401〜2404, 1999.

79. [原著] Effects of ALCAR on the fast axoplasmic transport in cultured sensory neurons of streptozotocin-induced diabetic rats. Kano, M.(横浜市大),川上倫(生理),Hori, H.,Hashimoto, Y.,Tao, Y.,Ishikawa, Y.(横浜市大),竹中敏文(国士舘大): Neurosci. Res., 33(3): 207〜213, 1999.

80. [原著] Gabaergic modulation of GAP junction communication in slice cultures of the rat suprachiasmatic nucleus. Shinohara, K.(横浜市大),比留間弘美(生理),Funabashi, T.,Kimura, F.(横浜市大): Neuroscience, 96(3): 591〜596, 2000.

81. [原著] 新生児ラット腎尿細管におけるNa+依存性/非依存性グルコース輸送体遺伝子の発現. 小久保麻子(内),安西尚彦(生理),泉田いぶき(内),矢島義忠(医療衛生),河原克雅(生理): 発達腎研究会誌, 7(1): 32〜36, 1999.

82. [原著] ラット腎髄質内層集合管細胞における尿素輸送体(UT-A1)の発現調節. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小林豊,東原正明(内),河原克雅(生理): 北里医学, 29(4): 182〜191, 1999.

83. [準原著] 胃粘膜内分泌細胞における開口放出の調節機序. 片倉隆(生理),市川尊文(生化),比留間弘美,川上倫(生理),石原和彦(医療衛生),堀田恭子(生化): Ther. Res., 21(Suppl.1): 19〜20, 2000.

84. [準原著] モルモット大腸粘膜におけるCl-分泌とCa2+の役割. 若新英史,増田英理子(学生),河原克雅(生理): 北里医学, 29(6): 395〜398, 1999.

85. [総説] Circadian rhythms in Paramecium. 長谷川建治(生理),石崎茂生(東北大),Nakaoka, Y.(阪大),塚原保夫(東北大),Miwa, I.: Trend Photochem. Photobiol., 6: 75〜98, 1999.

86. [総説] 生物が持つ階層性とその情報伝達システム(1): 生物情報論(bioinformatics)の可能性. 佐藤亮平(生理),土明文(東工大): 北里医学, 29(4): 167〜176, 1999.

87. [総説] NIH Imageを使った画像解析U(特に医学・生物学における利用方法). 佐藤亮平(生理),Ruediger Birenheide,佐藤節子(東工大),梶岡実雄(北里環境科学セン),堀江和伸(東芝林間病院),片倉隆(生理),山崎捨夫(岐阜大): 北里医学, 29(5): 249〜257, 1999.

88. [学術書] (共著) 人体の正常構造と機能X. 腎・泌尿器; 坂井建雄(順大),河原克雅(生理). 編集 坂井建雄(順大),河原克雅(北里大), 日本医事新報社,東京,99.09.20発行.

89. [学術書] (共著) 医科生理学展望; [. 尿生成と排泄, p.717〜756, 星猛(しずおか健康長寿財団),岡田泰伸(岡崎共同研究機構生理研),河原克雅(生理),管理富夫(矢内原研),熊田衛(聖ロカ看護大),黒沢美枝子(国 際医療福祉大),佐久間康夫(日医大),佐藤俊英(長崎大),鈴木裕一(静岡県立大),多久和陽(金沢大),中村嘉男(帝京平成大),福田康一郎(千葉 大). 丸善,東京,00.03.31発行.

90. [学術書] (分担執筆) バイオイメージングの最先端; 軸索内顆粒移動のイメージング, p.219〜224, 比留間弘美,川上倫(生理). 編集 藤田昌彦,寺川進,奥山典生,田之倉優,石村巽,他, 先端医療技術研究所, 東京, 99.12.27発行.

91. [学術書] (編集) 人体の正常構造と機能X.腎・泌尿器; 編集 坂井建雄(順大),河原克雅(北里大), 日本医事新報社,東京,99.09.20発行.

92. [学術書] (編集) 人体の正常構造と機能U.循環器; 編集 坂井建雄(順大),河原克雅(生理), 日本医事新報社,東京,00.03.01発行.

93. [教科書] (共著) 新看護学1.専門基礎(1)人体のしくみとはたらき; 石田絢子(順大),河原克雅(生理),小林靖(杏林大),坂井建雄(順大),日野原重明(聖路加看護大). 医学書院,東京,00.01.06発行.

94. [学会(国際)] (一般講演) Rapid inhibitory effect of progesterone on axonal transport in isolated and cultured dorsal root ganglion cells. 比留間弘美,片倉隆,島田純一(生理),竹中敏文(国士舘大),川上倫(生理): Joint Canadian/Japanese Physiological Societies Winter Meeting (1999.01.20), Canada, Physiol. Canada, 30(3): 175, 1999.

95. [学会(国際)] (一般講演) Neuropeptidergic regulation of axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 斉藤綾子,比留間弘美,山本美絵(生理),西田早苗(生物物理系),日下部辰三(横浜市大),川上倫(生理): Joint Canadian/Japanese Physiological Societies Winter Meeting (1999.01.20), Canada, Physiol. Canada, 30(3): 196, 1999.

96. [学会(国際)] (ポスター講演) Inward rectifier potassium channel kir7.1 is highly expressed in the ion-transporting epithelial cells; Implication for a functional coupling with Na+, K+-ATPase. 中村信大,鈴木喜郎,作田英成,大方香代子(東工大),河原克雅(生理),広瀬茂久(東工大): ICSDT (1st International Conference on Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels) (1999.08.24〜27), 静岡, Abstracts, PS.U-3.05, 1999.

97. [学会(国際)] (ポスター講演) Regulation of Na+/H+ exchanger activity in rat kidney inner medullary collecting duct cells by hyperosmolality. 鈴木伸英(医療系大学院),森口昌彦,斉藤淳子(内),安西尚彦,河原克雅(生理): ICSDT (1st International Conference on Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels) (1999.08.24〜27), 静岡, Abstracts, PS.U-3.29, 1999.

98. [学会(国際)] (ポスター講演) Hyperosmolality increases expression of Na+/H+ exchanger isoform NHEl, but not NHE4 in cultured rat kidney inner medullary collecting duct cells. 安西尚彦(生理),鈴木伸英(医療系大学院),泉田いぶき,斉藤淳子(内): ICSDT (1st International Conference on Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels) (1999.08.24〜27), 静岡, Abstracts, PS.U-3.30, 1999.

99. [学会(国際)] (ポスター講演) Prostaglandin E2 enhances axonal transport via protein kinase A signaling pathway in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 比留間弘美,片倉隆,斉藤綾子,山本美絵(生理),竹中敏文(国士舘大),川上倫(生理): Society for Neuroscience 29th Annual Meeting (1999.10.26), Miami, Abstracts, p.1282, 1999.

100. [学会(全国)] (シンポジウム等) 生体の時間秩序発現−Soft non-equilibrium thermodynamicsの構築と生体の時間の天こはじめに. 長谷川建治(生理): 第37回生物物理学学会 (1999.10.02), 和光.

101. [学会(全国)] (一般講演) Vasopressin and hypertonicity increase rat urea transporter (rUT-Al) mRNA in cultured rat kidney inner medullary collecting duct (IMCD) cells. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),森口昌彦,小久保麻子(内),河原克雅(生理): 第76回日本生理学会 (1999.03.28〜30), 長崎, Jpn. J. Physiol., 49(Suppl.): 2000.

102. [学会(全国)] (一般講演) Increase in Na+/H+ exchange activity by hypertonicity in the inner segment of rat inner medullary collecting duct cells. 森口昌彦,泉田いぶき,小久保麻子(内),安西尚彦,河原克雅(生理): 第76回日本生理学会 (1999.03.28〜30), 長崎, Jpn. J. Physiol., 49(Suppl.): 2000.

103. [学会(全国)] (一般講演) Effect of intracellular and extracellular fluid-type electrolyte formulae (ICF and ECF) on kidney function during cold storage. 真崎義彦(実動系),田村麻子,吉田一成,遠藤忠雄(泌),加賀谷肇(薬剤),河原克雅(生理): 第76回日本生理学会 (1999.03.28〜30), 長崎, Jpn. J. Physiol., 49(Suppl.): 2000.

104. [学会(全国)] (一般講演) 一酸化窒素を中心とした細胞内情報伝達の概日ダイナミクス. 長谷川建治(生理),石崎茂生(東北大),小林弘祐(内),田中真澄(予防医学系),塚原保夫,岩井栄一: 第22回日本神経科学学会大会 (1999.07.07), 大阪, 抄録集, p.236, 1999.

105. [学会(全国)] (一般講演) 細胞内エネルギー流最適化の概日ダイナミクス. 長谷川建治(生理),石崎茂生(東北大),小林弘祐(内),田中真澄(予防医学系),塚原保夫,岩井栄一: 第37回日本生物物理学会年会 (1999.10.02), 和光.

106. [学会(全国)] (一般講演) 気道粘膜上皮細胞の線毛運動に及ぼすhuman β defensin-1の効果. 竹村尚志(生理),玉置淳,永井厚志(東女医大): 第40回日本呼吸器学会 (2000.03.22〜24), 広島, 日本呼吸器学会雑誌, 38(増): 98, 2000.

107. [学会(全国)] (一般講演) 胃内分泌現象の可視化; 粘膜内分泌細胞における新たな分泌様式の観察. 片倉隆,比留間弘美,川上倫(生理): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.28), 東京, 予稿集, p.159, 2000.

108. [学会(全国)] (ポスター講演) Induction of ZENK protein in the brain of budgerigars (Melopsittacus undulatus). 佐藤亮平(生理),藤原宏子(日女大),山崎捨夫(岐阜大): 第76回日本生理学会 (1999.03.28〜30), 長崎, Jpn. J. Physiol., 49(Suppl.): 2000.

109. [学会(全国)] (ポスター講演) Induction of the expression of a basolateral Na+-K+-2Cl-contransporter (rNKCCl) in rat kidney inner medullary collecting duct (IMCD) cells. 安西尚彦(生理),泉田いぶき,森口昌彦,小久保麻子(内),河原克雅(生理): 第76回日本生理学会 (1999.03.28〜30), 長崎, Jpn. J. Physiol., 49(Suppl.): 2000.

110. [学会(全国)] (ポスター講演) 高浸透圧によるラット腎髄質内層集合管Na/K/2Cl共輸送体(rNKCCl)の発現誘導. 安西尚彦(生理),泉田いぶき,小林豊(内),河原克雅(生理): 第42回日本腎臓学会 (1999.06.26〜28), 横浜, Jpn. J. Nephrol., 41(3): 356, 1999.

111. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット腎髄質内層集合管(IMCD)に発現する尿素輸送体(rUT-Al)の遺伝子発現誘導. 泉田いぶき(内),安西尚彦(生理),小林豊(内),河原克雅(生理): 第42回日本腎臓学会 (1999.06.26〜28), 横浜, Jpn. J. Nephrol., 41(3): 359, 1999.

112. [学会(全国)] (ポスター講演) 概日時計機構におけるミトコンドリアの役割. 石崎茂生(東北大),長谷川建治(生理),塚原保夫(東北大),渡辺刀美乃(生化),岩井栄一: 第22回日本神経科学学会大会 (1999.07.06), 大阪, 抄録集, p.137, 1999.

113. [学会(全国)] (ポスター講演) プロテインキナーゼCインヒビターによる軸索輸送の抑制. 比留間弘美,片倉隆,島田純一,斉藤綾子,山本美絵(生理),竹中敏文(国士舘大): 第22回日本神経科学学会大会 (1999.07.06), 大阪, 抄録集, p.99, 1999.

114. [学会(全国)] (ポスター講演) 気道粘膜上皮細胞の線毛運動に及ぼすヒトβ defensin-1(hBD-1)の効果. 竹村尚志(生理),玉置淳,永井厚志(東女医大),河原克雅(生理): 第77回日本生理学会 (2000.03.27〜29), 横浜, 予稿集, p.124, 2000.

115. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット頚動脈小体におけるペプチド性神経支配: 低酸素曝露解除後の変化. 日下部辰三(横浜市大),原口桂,林田嘉朗(産業医大),川上倫(生理),竹中敏文(横浜市大): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.28), 東京, 予稿集, p.203, 2000.

116. [学会(全国)] (ポスター講演) 腎髄質内層集合管(IMCD)細胞における調節性容積増加時に活性化するNa+/H+輸送体(NHE). 鈴木伸英(医療系大学院),安西尚彦,河原克雅(生理): 第77回日本生理学会 (2000.03.27〜29), 横浜, 予稿集, p.86, 2000.

117. [学会(全国)] (ポスター講演) 培養感覚神経細胞におけるニューロペプチドYの軸索輸送抑制作用. 比留間弘美,斉藤綾子(生理),西田早苗(生物物理系),日下部辰三(横浜市大),島田純一(医療衛生),竹中敏文(国士舘大),川上倫(生理): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.27), 東京, 予稿集, p.89, 2000.

118. [学会(全国)] (ポスター講演) 軸索輸送に対するブラディキニンの抑制効果: 培養マウス後根神経節細胞を用いた観測. 島田純一(医療衛生),比留間弘美,片倉隆(生理),西田早苗(生物物理系),川上倫(生理): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.27), 東京, 予稿集, p.90, 2000.

119. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳由来神経栄養因子, 肝細胞増殖因子が培養運動神経細胞の軸索輸送におよぼす影響. 山本美絵,比留間弘美(生理),西田早苗(生物物理系),斉藤綾子(生理),竹中敏文(国士舘大),川上倫(生理): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.27), 東京, 予稿集, p.90, 2000.

120. [学会(全国)] (ポスター講演) 神経線維伸展の光依存性. 梅津健太郎,比留間弘美(生理),西田早苗(生物物理系),片倉隆,川上倫(生理): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.27), 東京, 予稿集, p.90, 2000.

121. [学会(全国)] (ポスター講演) 軸索輸送に対するラミニンの作用. 河野慶一,比留間弘美(生理),西田早苗(生物物理系),川上倫(生理): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.27), 東京, 予稿集, p.90, 2000.

122. [学会(全国)] (ポスター講演) 培養感覚神経細胞の軸索輸送に及ぼす低濃度リバカインの影響. 金井昭文(麻),比留間弘美(生理),外須美夫(麻),川上倫(生理): 第77回日本生理学学会大会 (2000.03.27), 東京, 予稿集, p.90, 2000.

123. [研究会(国際)] (シンポジウム等) Circadian behavioral rhythm and energy optimization in Paramecium. 長谷川建治(生理),石崎茂生,岩井栄一(東北大): U.S.-Japan Exchange Seminar on Biological Rhythms (1999.07.31), Abstracts, p.21, 1999.

124. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 腎髄質内層集合管細胞における高浸透圧時のNa+/H+輸送体機能調節. 河原克雅(生理),鈴木伸英(医療系大学院),安西尚彦(生理),斉藤淳子,森口昌彦(内): 第21回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム (1999.11.18〜19), 岡山, 要旨集, p.105〜108, 1999.

125. [研究会(全国)] (一般講演) 胃粘膜内分泌細胞における開口放出の調節機序. 片倉隆,比留間弘美,川上倫(生理),市川尊文,堀田恭子(生化),石原和彦(医療衛生): 第19回ヒスタミンレセプター研究会 (1999.07.30), 京都.

126. [研究会(全国)] (一般講演) 生体の時間秩序発現機構−グループ研究の近未来計画. 長谷川建治(生理): 総合研究大学院大学グループ研究会 (1999.12.22), 東京.


<<03 生化学>>

127. [原著] Two-step purification of cytochrome P-450 from adult pig testis by isoelectric focusing. 桑田正広(生化),牧純(寄),蓮見英世(生物物理化): Arch. Physiol. Biochem., 107(1): 43〜49, 1999.

128. [原著] Study of the relationship between sticky human serum IgA1 and its o-glycan glycoform. 岩瀬仁勇(生化),大河真二(学生),傘郁子(生化),比企能之,小久保透,佐野隆(内),田中淳志(旭化成),戸澗一孔(野口研),小林豊(内),堀田 恭子(生化): Biochem. Biophys. Res. Commun., 261: 472〜477, 1999.

129. [原著] Human serum immunoglobulin G3 subclass bound preferentially to asialo-, agalacto-immunoglobulin A1/Sepharose. 岩瀬仁勇(生化),横関祐一郎(学生),比企能之(内),田中淳志(旭化成),小久保透,佐野隆(内),傘郁子(生化),久谷邦夫(旭化成),小林豊 (内),堀田恭子(生化): Biochem. Biophys. Res. Commun., 264: 424〜429, 1999.

130. [原著] Purification of cytochrome P-450 from pig testis by aniline-sepharose 4B and isoelectric focusing. 桑田正広(生化),蓮見英世(生物物理化),牧純(寄),古瀬裕子(生化系): Biochem. Mol. Biol. Int., 47(2): 255〜265, 1999.

131. [原著] A two-step purification of cytochrome P-450 from adult pig testis by pregnenolone affinity column chromatography. 桑田正広(生化): Biomed. Chromatogr., 13: 344〜349, 1999.

132. [原著] Rat gastric mucins recognized by monoclonal antibodies RGM21 and HIK1083: Isolation of Mucin species Characteristic of the Surface and Glandular Mucosa. 五艘行信(生化),石原和彦(医療衛生),栗原誠(関東化学),菅谷津貴子(生化系),堀田恭子(生化): J. Biochem., 126: 375〜381, 1999.

133. [原著] Purification of cytochrome P-450 from adult pig testis by hydroxylapatite and deoxycorticosterone affininty column chromatography. 桑田正広(生化),牧純(寄),蓮見英世(生物物理化): J. Chromatogr. B, 726: 291〜296, 1999.

134. [原著] Augmentative effects of L-cysteine and methylmethionine sulfonium chloride on mucin secretion in rabbit gastric mucous cells. 藤田朋恵(薬理),小原進(生化),宮沢七郎(電顕セン),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): J. Gastroenterol. Hepatol., 15: 45〜52, 2000.

135. [原著] Compensatory response of colon tissue to dextran sulfate sodium-induced colitis. 中野史郎(内),小原進(生化),久保田敏彦,西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): J. Gastroenterol., 34(2): 207〜214, 1999.

136. [原著] Circulating autoantibodies against purified colonic mucin in ulcerative colitis. Takaishi, H.(慶大),小原進,堀田恭子(生化),Yajima, T.,Kanai, T.,Inoue, N.,Iwao, Y.,Watanabe, M.,Ishii, H.,Hibi, T.(慶大): J. Gastroenterol., 35: 20〜27, 2000.

137. [原著] Mutual separation of hinge-glycopeptide isomers bearing five N-acetylgalactosamine residues from normal human serum immunoglobulin A1 by capillary electrophoresis. 岩瀬仁勇(生化),田中淳志(旭化成),比企能之,小久保透,佐野隆(内),傘郁子(生化),戸澗一孔(野口研),小林豊(内),堀田恭子(生化): Journal of Chromatography B, 728: 175〜183, 1999.

138. [原著] A monoclonal antibody against a glycolipid SEGLx from Spirometra erinaceieuropaei plerocercoid. 柳沢亮,小嶋久子(生化),川上泰,入子英幸(麻布大),中村健A(寄),中村和生(生化),内田明彦,村田義彦(麻布大),玉井洋一(生化): Mol. Biochem. Parasitol., 102: 225〜235, 1999.

139. [原著] Gene structure and amino acid sequence of Latimeria chalumnae (Coelacanth) myelin DM20: Phylogenetic relation of the fish. Tohyama, Y.,Yoshida, H.,Sakuma, M., Kobayashi, Y.,Cao, Ying,Hasegawa, M.(創価大),小嶋久子,玉井洋一(生化),Tanokura, M.(東大),Kurihara, T.(創価大): Neurochem. Res., 24(7): 867〜873, 1999.

140. [原著] Influence of L-365, 260, a CCK-B/gastrin receptor antagonist, on tetragastrin-stimulated mucin metabolism in rat gastric mucosa. 小室裕一(内),市川尊文(生化),石原和彦(医療衛生),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Pharmacology, 59: 11〜20, 1999.

141. [準原著] ラット胃粘膜におけるガストリンのムチン生合成に対する作用−作用機構の解明と加齢による変化について−. 市川尊文(生化),石原和彦(医療衛生),林田浩明(内),堀田恭子(生化): Cyto-protection & Biology, 17: 53〜55, 1999.

142. [準原著] ラット胃ムチン生合成に対するヒスタミンとガストリンの作用の比較検討. 市川尊文(生化),石原和彦(医療衛生),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): Therapeutic Research, 20: 158〜160, 1999.

143. [研究報告(文部省)] エンド型グリコシダーゼを利用した新しい糖鎖工学の立体構造研究からのアプローチ. 傘郁子,岩瀬仁勇(生化): 文部省科学研究費補助金基盤研究(A)エンド型グリコシダーゼの特異的な活性を利用した新しい糖鎖工学的研究の展開, p.3, 1999.

144. [研究報告(文部省)] プリオン病の病態発現機序の解明(海綿状変性形成におけるサイトカイン関与の解析). 玉井洋一(生化),笹原武志(微),小嶋久子,中村和生(生化),田口文章,滝龍雄(医療衛生): 文部省科学研究補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書.

145. [研究報告(文部省)] 胎児期のアルコール被曝による脳特異物質発現障害の神経化学的, 学習行動学的研究. 小嶋久子,玉井洋一,中村和生(生化),西島正博(産婦),野村正彦,堀耕治(埼玉医大): 文部省科学研究補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書.

146. [研究報告(文部省)] 糖タンパク質の生理機能解明のためのオリゴ糖鎖の水溶液中における立体配座解析. 傘郁子(生化): 平成10〜11年度科学研究費補助金−基盤研究(C)(2)研究成果報告書, p.1〜34, 2000.

147. [総説] Glycovision "Incompleteness of mucin-type sugar chain of human serum IgA1 as possible cause of IgA nephropathy". 岩瀬仁勇(生化),比企能之(内): Trends in Glycoscience and Glycotechnology, 11(59): 113〜118, 1999.

148. [総説] 糖タンパク質糖鎖のミクロ不均一性と疾患. 岩瀬仁勇(生化): 杉山産業化学研究所年報, p.45〜62, 1999.

149. [総説] みにれびゅう: IgA1ヒンジ部位ムチン型糖鎖の生理的役割. 岩瀬仁勇(生化): 生化学, 72(1): 45〜48, 2000.

150. [学会(国際)] (ポスター講演) Detection of rMuc3 apomucin using multiple antigenic peptide of tanden repeat sequence. 小原進(生化),浜崎秀明(生物),久保田敏彦(内),玉木英明(解),中野史郎(内),堀田恭子(生化): 米国消化器病学会 (1999.05.19), Orlando, Gastroenterology, 116(4): 569, 1999.

151. [学会(国際)] (ポスター講演) Decrease in NO synthase activity in rat gastric surface mucous cells contributes to the age-related change in mucin metabolism. 市川尊文(生化),石原和彦(医療衛生),川上倫(生理),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): DDW and the Annual Meeting of the American Gastroenterological Association (1999.05.19), Orlando, Gastroenterology, 116: 193, 1999.

152. [学会(国際)] (ポスター講演) Liquid secondary ion mass spectrometry of gangliosides; Application of N-methylamidation. 中村和生(生化),笠間健嗣(東医歯大),小嶋久子,玉井洋一(生化): New Frontier of Glyco- and Lipid-Biology Toward the 21st (1999.08.00), 徳島, 予稿集, p.87, 1999.

153. [学会(国際)] (ポスター講演) Conformational analysis of carbohydrates containing acyclic structure based on comparison of experimental coupling constants and calculated coupling constants by molecular modeling. 傘郁子,岩瀬仁勇,堀田恭子(生化): 15th International Symposium on Glycoconjugates (1999.08.22〜24), 東京, Glycoconj. J., 16(4/5): 119, 1999.

154. [学会(国際)] (ポスター講演) Study of the relationship between sticky human serum IgA1 and its o-glycan glycoform. 岩瀬仁勇(生化),大河真二(学生),傘郁子(生化),比企能之,小久保透,佐野隆(内),田中淳志(旭化成),戸澗一孔(野口研),小林豊(内),堀田 恭子(生化): 第15回国際複合糖質学会 (1999.08.24), 東京, Glycoconj. J., 16(4/5): 158, 1999.

155. [学会(国際)] (ポスター講演) Isolation of rat gastric mucin species characteristic to the surface and glandular mucosa. 五艘行信(生化),石原和彦(医療衛生),栗原誠(関東化学),菅谷津貴子(生化系),堀田恭子(生化): 第15回国際複合糖質学会 (1999.08.24), 東京, Glycoconj. J., 16(4/5): 95, 1999.

156. [学会(全国)] (シンポジウム等) ピリジルアミノ化糖鎖を利用した糖タンパク質分解酵素, 転移酵素の研究. 傘郁子(生化): 第48回日本応用糖質科学会平成11年度大会 (1999.09.22), 静岡, Journal of Applied Glycoscience, 46(3): 378, 1999.

157. [学会(全国)] (一般講演) ラットDSS大腸炎におけるアポムチンの検討. 久保田敏彦(内),小原進(生化),中野史郎(内),堀田恭子(生化),西元寺克礼(内): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.24), 長崎, 日本消化器病学会雑誌, 96(Suppl.): 69, 1999.

158. [学会(全国)] (一般講演) 擬葉目条虫における特徴的な糖鎖構造をもつ糖脂質spirometosidesの局在性. 入子英幸,川上泰,内田明彦,村田義彦(麻布大),中村和生,小嶋久子,玉井洋一(生化): 第41回日本脂質生化学研究会 (1999.06.04), 鎌倉, 脂質生化学研究, 41: 117〜119, 1999.

159. [学会(全国)] (一般講演) マンソン裂頭条虫に感染したマウスの免疫応答と血中糖鎖抗体. 小嶋久子(生化),柳沢亮,入子英幸(麻布大),小山浩一,中村健A(寄),川上泰(麻布大),高橋謙一(生化系),中村和生(生化),内田明彦,村田義 彦(麻布大),玉井洋一(生化): 第41回日本脂質生化学研究会 (1999.06.04), 鎌倉, 脂質生化学研究, 41: 120〜123, 1999.

160. [学会(全国)] (一般講演) ガングリオシドのSIMS分析: N-メチルアミド化の応用. 中村和生,小嶋久子,玉井洋一(生化),笠間健嗣(東医歯大): 第41回日本脂質生化学研究会 (1999.06.04), 鎌倉, 脂質生化学研究, 41: 60〜63, 1999.

161. [学会(全国)] (一般講演) 伝達性海綿状脳症の病態発現とサイトカイン−iNOS系との関連性. 玉井洋一(生化),笹原武志(微),小嶋久子,中村和生(生化),滝龍雄,田口文章,大谷義夫,三浦貞則(医療衛生),百渓英一,関川賢二(家畜衛試): 日本神経化学会 (1999.09.16), 広島, 神経化学, 38(3): 261, 1999.

162. [学会(全国)] (一般講演) Mouseの系統によるDSS大腸炎の比較検討. 小原進(生化),久保田敏彦(内): 第27回日本実験潰瘍学会 (1999.11.25), 長崎.

163. [学会(全国)] (一般講演) ラット胃エタノール傷害に対するウイスキーコンジェナーの作用の検討. 五艘行信(生化),上野正喜(医学部),堀田恭子(生化),石原和彦(医療衛生): 第27回日本実験潰瘍学会 (1999.11.25), 長崎, 抄録集, p.59, 1999.

164. [学会(全国)] (ポスター講演) 1H-NMRスペクトルによる生体内微量オリゴ糖の簡易同定法. 傘郁子(生化): 13th Symposium on Analytical Chemistry of Biological Substances (1999.08.19), 東京, 予稿集, p.127〜128, 1999.

165. [学会(全国)] (ポスター講演) 胎児期アルコール被曝ラットの中枢ミエリンタンパクへの影響と学習行動について. 小嶋久子(生化),堀耕治(埼玉医大),栗原正(創価大),白鷹増男(医用情報),中村和生(生化),川島麗(医療系大学院),田口雅之(産婦),野村正 彦(埼玉医大),玉井洋一(生化): 日本神経化学会 (1999.09.17), 広島, 神経化学, 38(3): 345, 1999.

166. [学会(全国)] (ポスター講演) バルプロ酸投与ラットの肝臓や腎臓ミトコンドリアの呼吸活性変化. 渡辺刀美乃(生化),高橋謙一(生化系),蓮見英世(生化系): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.09), 横浜, 生化学, 71(8): 1014, 1999.

167. [学会(全国)] (ポスター講演) 各種神経ペプチドの胃粘膜内の局在とムチン生合成に及ぼす作用. 市川尊文(生化),日下部辰三(横浜市大),五野由佳里(内),石原和彦(医療衛生),堀田恭子(生化): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.07), 横浜, 生化学, 71(8): 714, 1999.

168. [学会(全国)] (ポスター講演) 11-Deoxycorticosterone Affinityカラムクロマトグラフィーを用いたP-450の精製法. 桑田正広(生化): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.07), 横浜, 生化学, 71(8): 800, 1999.

169. [学会(全国)] (ポスター講演) 新宿系クマネズミのワルファリン抵抗性獲得における肝シトクロムP450の関与. 管野幸子(看護),小林整(麻布大),谷川力(イカリ消毒),川上泰(麻布大),小嶋久子,中村和生(生化),内田明彦(麻布大),森島直彦(看護),玉 井洋一(生化): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.07), 横浜, 生化学, 71(8): 801, 1999.

170. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット胃体部表層および深部ムチンサブユニットの解析. 五艘行信(生化),菅谷津貴子(生化系),堀田恭子(生化),栗原誠(関東化学),石原和彦(医療衛生): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.08), 横浜, 生化学, 71(8): 839, 1999.

171. [学会(全国)] (ポスター講演) マウスの消化管ムチンの比較検討. 小原進(生化),久保田敏彦(内): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.08), 横浜, 生化学, 71(8): 840, 1999.

172. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト血清IgA1のヒンジ部位ムチン型糖鎖の不全と自己凝集. 岩瀬仁勇,傘郁子,堀田恭子(生化),比企能之,小久保透,小林豊(内),田中淳志(旭化成),戸澗一孔(野口研): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.08), 横浜, 生化学, 71(8): 841, 1999.

173. [学会(全国)] (ポスター講演) 一酸化窒素(NO)のラット胃ムチン生合成における役割の解明−硝酸イソソルビド(ISDN)とロキサチジン(Rox)との比較検討. 市川尊文(生化),石原和彦(医療衛生),西元寺克礼(内),堀田恭子(生化): 第41回日本消化器病学会大会 (1999.10.29), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96: 455, 1999.

174. [学会(地方)] (一般講演) 生体試料中の微量糖鎖の分離・同定と立体構造解析の研究. 傘郁子(生化): 第143回名古屋市立大学医学会例会 (1999.06.15), 名古屋, 予稿集, p.6, 1999.

175. [学会主催(国内学会)] 第41回日本脂質生化学研究会研究集会(99.06.03〜04), 鎌倉, 玉井洋一(生化).


<<04 分子生物学>>

176. [原著] Anabolic response of mouse bone-marrow-derived stromal cell clone ST2 cells to low-intensity pulsed ultrasound. 成瀬康治(整外),Mikuni-Takagaki, Y.(神奈川歯大),Azuma, Y.,Ito, M.,Oota, T.(整外),亀山孝三(分生),糸満盛憲(整外): Biochem. Biophys. Res. Commun., 268(1): 216〜220, 2000.

177. [原著] Evidence for the expression of neonatal skeletal myosin heavy chain in primary myocardium and cardiac conduction tissue in the developing chick heart. Machida, S.,Matsuoka, R.,Noda, S.,Hiratsuka, E.(東女医大),高垣洋太郎(分生),Oono, S.,Furutani, Y.,Nakajima, H.,Takao, A.,Monma, K.(東女医大): Dev. Dyn., 217: 37〜49, 2000.

178. [原著] Fc receptor β subunit is required for full activation of mast cells through Fc receptor engagement. Hiraoka, S.(順天大),Furumoto, Y.,Koseki, H.(千葉大),高垣洋太郎(分生),Taniguchi, M.(千葉大),Okumura, K.,Ra, C.(順天大): Int. Immunol., 11(2): 199〜207, 1999.

179. [原著] Gene structure of the P100 serine-protease component of the human Ra-reactive factor. 高山吉永(分生),高田史男,野渡正彦(児),川上正也(分生),松浦信夫(児): Mol. Immunol., 36: 505〜514, 1999.

180. [教科書] (分担執筆) わかりやすい分子生物学; 第27章 免疫, 高垣洋太郎,亀山孝三(分生). 編集 菊池韻彦,村松喬(名古屋大),榊佳之(東大), 丸善, 東京, 99.09.30発行.

181. [学会(全国)] (教育講演) 異種移植における分子生物学的アプローチ. 高垣洋太郎(分生): 第34回日本移植学会総会 (98.12.01), 東京.

182. [学会(全国)] (シンポジウム等) 遺伝子操作と異種移植; 異種移植における分子生物学的アプローチ. 高垣洋太郎(分生): 第6回日本臓器保存生物医学会総会 (1999.05.28), 大阪.

183. [学会(全国)] (ポスター講演) ブタT細胞レセプターCD3γ鎖の遺伝子クローニングと解析. 秋山まき,初瀬洋美(生物化学系),高垣洋太郎(分生): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.09), 横浜, 生化学, 71(8): 1070, 1999.

184. [学会(全国)] (ポスター講演) WMS突然変異マウスにおける病因遺伝子の探索; ゲノム上での絞り込みとCa2+-ATPase遺伝子の解析. 上野剛(医療系),亀山孝三,高垣洋太郎(分生),初瀬洋美(生物物理系),大村道夫(大村実験動物研),大沢伸孝(国際医療福祉大): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.07), 横浜, 生化学, 71(8): 812, 1999.


<<05 薬理学>>

185. [原著] Dilatation and constriction of rat gastric mucosal microvessels through prostaglandin EP2 and EP3 receptors. 大野隆(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理),佐伯威男,朴勝春,林弘美,西元寺克礼(内): Aliment. Pharmacol. Ther., 13: 1243〜1250, 1999.

186. [原著] Preventive mechanism of capsaicin against the ethanol-induced gastric mucosal injury; A study using intravital microscopy. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,西元寺克礼(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理): Aliment. Pharmacol. Ther., 14: 135〜144, 2000.

187. [原著] Early increases in renal kallikrein secretion on administration of potassium or ATP-sensitive potassium channel blockers in rats. 藤田朋恵,林泉,熊谷雄治,稲村直哉,馬嶋正隆(薬理): Br. J. Pharmacol., 128: 1275〜1283, 1999.

188. [原著] Inhibition of kinin degradation on luminal side of renal tubules reduces high blood pressure in DOCA-salt treated rats. 中嶋慎一,伊藤浩嗣(内),林泉,栗林義和(薬理),奥村俊明,矢島義忠(内),鹿取信,馬嶋正隆(薬理): Clin. Exp. Pharmacol. Physiol., 27: 80〜87, 2000.

189. [原著] A nonpeptide mimic of bradykinin blunts the development of hypertension in young SHR. 馬嶋正隆,林泉,稲村直哉,藤田朋恵(薬理),荻野三智子(生化系): Hypertension, 35(2): 437〜442, 2000.

190. [原著] Facilitation of renal kallikrein kinin system prevents the development of hypertension by inhibition of sodium retention. 馬嶋正隆,林泉,藤田朋恵(薬理),伊藤浩嗣,中嶋慎一(内),鹿取信(薬理): Immunopharmacology, 44: 145〜152, 1999.

191. [原著] K+ loading, but not Na+ loading, and blockade of ATP-sensitive K+ channels augment renal kallikrein secretion. 藤田朋恵,林泉,熊谷雄治,稲村直哉,馬嶋正隆(薬理): Immunopharmacology, 44: 169〜175, 1999.

192. [原著] A secretory mechanism of renal kallikrein by a high potassium ion; a possible involvement of ATP-sensitive potassium channel. 林泉,藤田朋恵,馬嶋正隆,鹿取信(薬理): Immunopharmacology, 44: 89〜95, 1999.

193. [原著] Comparison of pharmacokinetics of NS-105, a novel agent for cerebrovascular disease, in elderly and young subjects. 熊谷雄治(薬理),横田真一(臨床治験管理セン),井沢志名野,村崎光邦(精),Mukai, H.,Miyatake, S.: Int. J. Clin. Pharm. Res., 19(1): 1, 1999.

194. [原著] Chymase as a proangiogenic factor; a possible involvement of chymase-angiotensin-dependent pathway in the hamster sponge angiogenesis model. 村松理子,片田淳,林泉,馬嶋正隆(薬理): J. Biol. Chem., 275(8): 5545〜5552, 2000.

195. [原著] Expression and function of cyclooxygenase-2 in mesothelial cells during late phase of rat carrageenin-induced pleurisy. 畑中公,川村道子(薬理),荻野三智子,斉藤真希(生化系),荻野桂子(日本ベーリンガー・インゲルハイム),松尾純孝,原田芳照(医療衛生): Life Sciences, 65(13): 161〜166, 1999.

196. [原著] Whale high-molecular-weight and low-molecular-weight kininogens. Semba, U.,Shibuya, Y.,Okabe, H.,林泉(薬理),Yamamoto, T.: Thromb. Res., 97(6): 481〜490, 2000.

197. [準原著(英文)] The intravital microscopic analysis of the preventive effect of capsaicin against the ethanol-induced gastric mucosal injury. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,林弘美,西山和男,西元寺克礼(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): Microcirc. Ann., 15: 127〜128, 1999.

198. [準原著] 血管新生におけるChymaseの役割. 村松理子,片田淳(薬理特別研修生),林泉,馬嶋正隆(薬理): 日本薬理学雑誌, 114(補冊1): 48〜54, 1999.

199. [総説] 腎カリクレイン・キニン系の高血圧発症抑制作用. 馬嶋正隆(薬理): 血管と内皮, 10(1): 32〜41, 2000.

200. [学会(国際)] (シンポジウム等) Role of endogenous prostaglandins as a modulator of release of calcitonin gene-related peptide to prevent ethanol-induced gastric mucosal injury in rat. 朴勝春(内),馬嶋正隆(薬理),大野隆,佐伯威男,林弘美,西山和男(内),鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 18th Taisho International Symposium on Gastroenterology (1999.04.16〜17), 下田.

201. [学会(国際)] (シンポジウム等) The preventive mechanism of capsaicin against the ethanol-induced gastric mucosal injury; A study using intravital microscopy. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,林弘美,西元寺克礼(内),馬嶋正隆(薬理),鹿取信(薬理): 18th Taisho International Symposium on Gastroenterology (1999.04.16〜17), 下田.

202. [学会(国際)] (シンポジウム等) COX-2-mediated prostaglandin formation enhances angiogenesis in rat sponge implants through the induction of vascular endothelial growth factor. 馬嶋正隆,林泉(薬理),村松理子(ファルマシア): 4th World Congress on Inflammation (1999.06.27〜30), Paris, Mediators of Inflammation, 8(Suppl.1): 19, 1999.

203. [学会(国際)] (ポスター講演) Possible preventive role of prostaglandin I2 generated by hyperosmotic saline in ethanol-induced gastric mucosal injury in rat; The involvement of endogenous calcitonin gene-related peptide. 朴勝春(内),馬嶋正隆(薬理),大野隆,佐伯威男,林弘美,西山和男(内),鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 100th Annual Meeting of the AGA (1999.05.15〜21), Orlando, USA, Gastroenterology, 116: 126, 1999.

204. [学会(国際)] (ポスター講演) The microvascular changes of hyperosmotic saline against the ethanol-induced gastric mucosal injury in rat; A study using intravital microscopy. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,林弘美,西元寺克礼(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理): 100th Annual Meeting of the AGA (1999.05.15〜21), Orlando, USA, Gastroenterology, 116: 297, 1999.

205. [学会(国際)] (ポスター講演) Anti-inflammatory effects of FR167653 in an acute inflammatory model. 川村道子,畑中公(薬理),荻野三智子(生化系),馬嶋正隆(薬理),原田芳照(医療衛生): 4th World Congress on Inflammation (1999.06.27〜30), Paris, Mediators of Inflammation, 8(Suppl.1): 98, 1999.

206. [学会(国際)] (ポスター講演) In vivo transfer of antisense oligonucleotide against carboxypeptidase Y-like kininase, a major urinary kinin degrading enzyme to kidney by HVJ-liposome delivery reduces blood pressure in DOCA-salt treated rats. 馬嶋正隆,林泉,藤田朋恵(薬理),富田奈留也,森下竜一,桧垣実男,荻原俊男(阪大): 53rd Annual Fall Conference and Scientific Sessions of the Council for High Blood Pressure Research (1999.09.13〜16).

207. [学会(国際)] (ポスター講演) Continuous infusion of a nonpeptide mimic of bradykinin, FR190997, blunts the development of hypertension in spontaneously hypertensive rats with reduced arteriolar sensitivity to norepinephrine. 馬嶋正隆,林泉(薬理): 53rd Annual Fall Conference and Scientific Sessions of the Council for High Blood Pressure Research (1999.09.13〜16).

208. [学会(全国)] (シンポジウム等) 血管新生におけるchymaseの役割. 村松理子,片田淳,林泉,馬嶋正隆(薬理): 第27回薬物活性シンポジウム (1999.10.28), 福井, Folia Pharmacol. Jpn., 114(Suppl.1): 48〜54, 1999.

209. [学会(全国)] (シンポジウム等) 創薬標的としてのキマーゼ; 血管新生促進因子としてのキマーゼの役割. 村松理子,片田淳,林泉,馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 27, 2000.

210. [学会(全国)] (ワークショップ) カリクレインキニン系の血管新生における役割. 馬嶋正隆,林泉(薬理): 第20回日本炎症学会 (1999.07.15〜16), 仙台, 予稿集, p.128, 1999.

211. [学会(全国)] (一般講演) カラゲニン胸膜炎モデルを用いたFR167653とデキサメタゾンの抗炎症作用の解析. 畑中公,川村道子,馬嶋正隆(薬理),松尾純孝,原田芳照(医療衛生): 第20回日本炎症学会 (1999.07.15〜16), 仙台, 抄録集, p.182, 1999.

212. [学会(全国)] (一般講演) 腎血管性高血圧モデルにおけるシクロオキシゲナーゼ-2阻害薬の降圧作用. 林泉,馬嶋正隆(薬理): 第20回日本炎症学会 (1999.07.15〜16), 仙台, 第20回日本炎症学会プログラム,予稿集, p.179, 1999.

213. [学会(全国)] (一般講演) 非ペプチド性ブラジキニンアンタゴニストFR190997の高血圧発症抑制作用. 馬嶋正隆,林泉(薬理): 第101回日本薬理学会関東部会 (1999.10.02), 東京, 講演要旨集, p.56, 1999.

214. [学会(全国)] (一般講演) 好中球エラスターゼがキニノーゲンから産生するペプチドE-キニンの血管透過性亢進及び血圧降下作用とその機序. 今村隆寿,棚瀬純男,林泉(薬理): 第72回日本生化学会大会 (1999.10.09), 横浜, 生化学, 71(8): 1077, 1999.

215. [学会(全国)] (一般講演) ATP感受性カリウムチャンネル阻害薬の腎カリクレイン分泌増大作用と高血圧発症抑制作用. 馬嶋正隆,林泉,藤田朋恵(薬理),山中真理子,東原正明(内): 第22回日本高血圧学会総会 (1999.10.21〜23), 高松.

216. [学会(全国)] (一般講演) 微小循環から見た高張食塩水によるエタノール胃粘膜傷害抑制のメカニズム. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,鎌田一寿,林弘美(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第25回日本微小循環学会総会 (2000.02.18〜19), 横須賀.

217. [学会(全国)] (一般講演) エンドトキシン血症における肝微小循環障害と炎症性サイトカインの関与. 松本豊,伊藤義也,石井健一郎,柿田章(外),馬嶋正隆(薬理): 第25回日本微小循環学会総会 (2000.02.18), 横須賀.

218. [学会(全国)] (一般講演) 2 kidny-1 clip腎血管性高血圧モデルにおける選択的シクロオキシゲナーゼー2阻害薬の抑制効果. 奥村俊明,林泉(薬理),藤田芳邦,西元寺克礼(内),馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜.

219. [学会(全国)] (一般講演) モルモットの呼気一酸化窒素への神経伝達物質の関与. 今崎貴生,小林弘祐(内),畑石隆治,小沢剛久,久保田勝(内),林泉,馬嶋正隆(薬理),冨田友幸(内): 第40回日本呼吸器学会総会 (2000.03.22〜24), 広島, J. Jpn. Respir. Soc., 38: 91, 2000.

220. [学会(全国)] (一般講演) カラゲニン胸膜炎胸腔内浸潤白血球におけるアポトーシス. 佐藤栄伸,林泉,馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 271, 2000.

221. [学会(全国)] (一般講演) ラットのカラゲニン胸膜炎モデルにおける一酸化窒素の役割. 小沢剛久(内),畑中公,川村道子(薬理),小林弘祐(内),松尾純孝(医療衛生),冨田友幸(内),原田芳照(医療衛生): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.22〜24), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 272, 2000.

222. [学会(全国)] (一般講演) 肥満細胞活性化に伴う血管新生におけるキマーゼの関与. 片田淳,村松理子,服部麻里,林泉,馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 276, 2000.

223. [学会(全国)] (一般講演) 高張食塩水のエタノール胃粘膜傷害抑制におけるプロスタグランジンI2の役割−生体顕微鏡下での解析−. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,鎌田一寿,西元寺克礼(内),林泉,鹿取信,馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 68, 2000.

224. [学会(全国)] (一般講演) IP受容体欠損マウスにおける高張食塩水によるアダプティブサイトプロテクションの欠除−内因性遊離CGRPの関与について−. 朴勝春,佐伯威男,大野隆,鎌田一寿,西元寺克礼(内),林泉,鹿取信,村田隆彦,成宮周,馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 69, 2000.

225. [学会(全国)] (一般講演) Carboxypeptidase Y-like尿中キニナーゼの一過性途絶によるDOCA-salt高血圧の抑制. 林泉,富田奈留也(薬理),萩野三智子(生化系),森下竜一,桧垣実男,荻原俊男(阪大),馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 79, 2000.

226. [学会(全国)] (一般講演) ラット胸膜炎モデルを用いたプリスタンによる炎症反応の解析. 畑中公,川村道子(薬理),岡野哲郎(医療衛生),馬嶋正隆(薬理),松尾純孝,原田芳照(医療衛生): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 88, 2000.

227. [学会(全国)] (一般講演) モルモットの呼気一酸化窒素へのペプチド性神経伝達物質の関与. 今崎貴生,小林弘祐,崔泰林,畑石隆治,小沢剛久,久保田勝(内),林泉,馬嶋正隆(薬理),冨田友幸(内): 第40回日本呼吸器学会総会 (2000.03.22〜24), 広島, 日本呼吸学会雑誌, 38(増): 91, 2000.

228. [学会(全国)] (ポスター講演) プロスタグランジンによるエタノール胃粘膜傷害の抑制作用における内因性CGRPの関与. 朴勝春(内),馬嶋正隆(薬理),大野隆,佐伯威男,林弘美,西山和男(内),鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.22〜24), 長崎, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 170, 1999.

229. [学会(全国)] (ポスター講演) カプサイシンのエタノール胃粘膜傷害に対する抑制作用−胃粘膜微小循環を用いた解析−. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,林弘美,西山和男(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.22〜24), 長崎, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 171, 1999.

230. [学会(全国)] (ポスター講演) KATPブロッカー投与による腎カリクレイン分泌増大作用. 藤田朋恵,熊谷雄治,馬嶋正隆(薬理): 第42回日本腎臓病学会学術総会 (1999.06.26〜28), 横浜, 日本腎臓学会誌, 41(3): 1365, 1999.

231. [学会(全国)] (ポスター講演) エタノール胃粘膜傷害に対する高調食塩水の保護作用−胃粘膜微小循環を用いた解析−. 佐伯威男,大野隆,朴勝春,西山和男(内),馬嶋正隆,鹿取信(薬理),西元寺克礼(内): 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.29〜31), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 465, 1999.

232. [学会(全国)] (ポスター講演) Involvement of renal kallikrein-kinin system in furosemide-induced natriuresis in rats. 藤田朋恵,熊谷雄治(薬理),山中真理子(内),稲村直哉,岩田友紀,馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜.

233. [学会(全国)] (ポスター講演) Possible role of kallikrein-kinin system in tumor growth. 石原慶子,林泉,馬嶋正隆(薬理): 第73回日本薬理学会年会 (2000.03.23〜25), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 82(Suppl.1): 2000.

234. [学会(地方)] (シンポジウム等) プロスタグランジンと血管新生. 馬嶋正隆(薬理): 炎症性メディエーターの現状と将来 (2000.02.04), 東京.

235. [研究会(国際)] (ポスター講演) Proinflammatory mimic of bradykinin, FR190997 reduces of myocardial infarction size after coronary ligation in rats. 伊藤浩嗣(内),馬嶋正隆,林泉(薬理),和泉徹(内): 4th World Congress on Inflammation (1999.06.27〜30), Paris, Mediators of Inflammation, 8(Suppl.1): 119, 1999.

236. [研究会(全国)] (特別講演) キニン系と高血圧症発症. 馬嶋正隆(薬理): 第3回Hypertension Frontier Conference (1999.07.24), 小樽.

237. [研究会(地方)] (特別講演) 第12回北里柴三郎記念賞受賞特別講演; 腎カリクレインキニン系の高血圧発症抑制作用. 馬嶋正隆(薬理): 第141回北里研究会 (2000.01.19), 東京.

238. [学術賞(国内)] 第12回北里柴三郎記念賞: 腎カリクレインキニン系の高血圧発症抑制系としての役割の解明と同系を介する新規抗高血圧薬の開発, 北里研究所, 馬嶋正隆(薬理).


<<06 微生物学>>

239. [原著] ampR gene mutations that greatly increase class C β-lactamase activity in Enterobacter cloacae. 久我明男,岡本了一,井上松久(微): Antimicrob. Agents Chemother., 44(3): 561〜567, 2000.

240. [原著] Absence of p53 mutation in Japanese patients with rheumatoid arthritis. 北里英郎(微),岡本連三,川合真一: Arthritis Rheum., 43(2): 469〜470, 2000.

241. [原著] The molecular mechanism of inhibition of interleukin-1β- induced cycloxygenase-2 expression in human synovial cells by Tripterygium wilfordii Hook F extract. 前川浩太郎,吉川賢忠,杜金行,西田信一,北里英郎(微),岡本健作,田中廣壽,水島裕,川合真一: Inflamm. Res., 48(11): 575〜581, 1999.

242. [原著] Presence of genes for β-lactamases of two different classes on a single plasmid from a clinical isolates of Serratia marcescens. 矢野寿一,久我明男,入野田一彦,岡本了一,小林俊光,井上松久(微): J. Antibiot., 52(12): 1135〜1139, 1999.

243. [原著] Pulsed-field gel electrophoresis analysis of nasopharyngeal flora in children attending a day care center. 矢野寿一,末武光子,久我明男,入野田一彦,岡本了一,小林俊光,井上松久(微): J. Clin. Microbiol., 38(2): 625〜629, 2000.

244. [原著] Estimation of outer membrane permeability of cabapenem antibiotics to Pseudomonas aeruginosa. 伊豫部志津子,渡辺正人,三橋進,井上松久(微): J. Infect. Chemother., 5: 168〜170, 1999.

245. [原著] 臨床材料分離菌の各種抗菌薬に対する感受性サーベイランス(2年次報告). 猪狩淳,井上松久(微),西野武志,他29名: Jpn. J. Antibiot., 52(4): 279〜291, 1999.

246. [原著] Extended-Spectrum β-lactamase産生菌に対するβラクタム系薬の抗菌力の比較. 久我明男,矢野寿一,岡本了一,佐藤優子,宮田愛子,井上松久(微): Jpn. J. Antibiot., 52(9): 585〜594, 1999.

247. [原著] 臨床材料分離菌の10菌種に対する各種抗菌薬の抗菌力推移−カルバペネム系抗菌薬を中心に. 猪狩淳,井上松久(微),西野武志,他29名: Jpn. J. Antibiot., 53(3): 158〜170, 2000.

248. [原著] 帝京大学医学部附属病院におけるcefotaxime耐性E. coli, K. pneumoniaeの検出状況−第1報. 川上小夜子,斧康雄,山本美和,村松充,岡本了一,井上松久(微),宮沢幸久: 感染症学雑誌, 73(11): 1110〜1115, 1999.

249. [原著] 当院で分離されたK. pneumoniaeの産生するExtended-Spectrum β-Lactamaseに関する基礎的検討−第2報. 川上小夜子,斧康雄,山本美和,村松充,岡本了一,井上松久(微),宮沢幸久: 感染症学雑誌, 74(1): 24〜29, 2000.

250. [準原著(英文)] Selective antibiotics in the detection of heterogeneously glycopeptide-resistant Staphylococcus aureus (GISA). 矢野寿一,岡本了一,久我明男,井上松久(微): J. Antimicrob. Chemother., 44: 168, 1999.

251. [準原著(英文)] Characterization of coagulase type U MRSA strains. 井上松久,久我明男,矢野寿一,岡本了一(微): J. Antimicrob. Chemother., 44: 32, 1999.

252. [症例報告] A case of viral wart with particular fibriar intracytoplasmic inclusion bodies. 江川清文,小野友道,北里英郎(微). Dermatology, 200(3): 275〜278, 2000.

253. [総説] 抗菌薬耐性の機序とその対策. 矢野寿一(微). Infection Control, 8(8): 830〜832, 1999.

254. [総説] BLNAR(β-ラクタマーゼ陰性アンピシリン耐性インフルエンザ菌). 矢野寿一(微). Medical Technology, 27(9): 774〜775, 1999.

255. [総説] 抗菌薬の現況と問題点. 井上松久(微). Shiga Med. J., 22(1): 8〜14, 1999.

256. [総説] サイトカインによる慢性関節リウマチの滑膜増殖と外来遺伝子導入によるその制御. 北里英郎(微),野田晃,前川浩太郎,赤星透(内),水島裕,川合真一. 炎症, 19: 77〜80, 1999.

257. [総説] β-lactam系薬高度耐性に関わるβ-ラクタマーゼを中心に. 岡本了一,井上松久(微). 化学療法の領域, 16(2): 38〜44, 2000.

258. [総説] 日常診療でよくみられる感染症とその対策−耐性菌感染症の現状−. 井上松久,久我明男,矢野寿一,岡本了一(微). 今月の治療, 7(4): 10〜13, 1999.

259. [総説] 耐性獲得機序について. 矢野寿一,久保田孝一,井上松久(微). 治療, 82(増刊): 423〜427, 2000.

260. [総説] 細菌の薬剤耐性−5.緑膿菌. 矢野寿一,井上松久(微). 治療薬, 34(3): 37〜40, 2000.

261. [総説] 薬剤耐性機構. 久我明男,井上松久(微). 食品微生物学会雑誌, 16: 1〜7, 1999.

262. [総説] EnterococcusのVCM耐性遺伝子. 久我明男,井上松久(微). 臨床と微生物, 26: 725〜727, 1999.

263. [総説] β−ラクタマーゼの基礎知識. 井上松久,入野田一彦,島内千恵子,久我明男,矢野寿一(微). 臨床と微生物, 26: 767〜775, 1999.

264. [総説] 臨床検査Yearbook 2000「日常検査における耐性菌の検出法」4. ESBL. 岡本了一(微). 臨床病理レビュー, 111(特集): 64〜67, 2000.

265. [学術書] (分担執筆) エマージングディジーズ; 肺炎桿菌感染症, p.157〜160, 笹原武志,久我明男,井上松久(微). 編集 竹田美文,五十嵐章,小島荘明, 近代出版,東京,99.00.00発行.

266. [教科書] (分担執筆) エッセンシャル微生物; 化学療法, p.138〜160, 井上松久(微). 編集 内海爽,大西克成,金政泰宏,斉藤肇,高木篤,新居志郎, 医歯薬出版,99.00.00発行.

267. [教科書] (分担執筆) 微生物学; 抗菌薬の耐性機構, p.94〜102, 井上松久(微). 編集 畑中正一,嶋田甚五郎, 南江堂,99.00.00発行.

268. [学会(国際)] (シンポジウム等) Characterization of coagulase type U MRSA strains. 井上松久,久我明男,矢野寿一,岡本了一(微): 21st International Congress of Chemotherapy (1999.07.04〜07), Birmingham, UK, Programme, p.99, 1999.

269. [学会(国際)] (一般講演) Epidemiological typing of gram-negative bacteria with extended-spectrum β-lactamases and class B β-lactamase from Japanese hospitals. 井上松久,渡辺彰,平松啓一,小栗豊子,橋本一,相原誠,山根信夫(微): 21st International Congress of Chemotherapy (1999.07.04〜07), Birmingham, UK, Abstract, p.95, 1999.

270. [学会(国際)] (一般講演) Selective antibiotics in the detection of heterogeneous glycopeptide-resistant Staphylococcus aureus (GSA). 矢野寿一,久我明男,岡本了一,井上松久(微): 21st International Congress of Chemotherapy (1999.07.04〜07), Birmingham, UK, Programme, p.99, 1999.

271. [学会(国際)] (一般講演) The molecular mechanism of inhibition of cyclooxygenase-2 gene expression by a Tripterygium wilfordii Hook extract in human synovial cells. 川合真一,前川浩太郎,吉川賢忠,杜金行,西田信一,北里英郎(微),岡本健作,田中広寿,水島裕: ACR 63rd Annual Scientific Meeting (1999.11.13〜17).

272. [学会(全国)] (特別講演) 遺伝子診断による院内汚染菌の現状. 井上松久(微): 第13回日本外傷学会 (1999.05.28), 東京.

273. [学会(全国)] (ワークショップ) ras遺伝子導入によるRA滑膜増殖とサイトカイン応答性の変化. 北里英郎(微),赤星透(内),川合真一: 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 314, 1999.

274. [学会(全国)] (一般講演) TCRトランスジェニックマウスを用いた妊娠成立・維持に関する研究(第4報). 善方菊夫,前田大伸,勝沼潤子,吉沢幸,見常多喜子,牧野恒久(東海大),玉内秀一(微): 第51回日本産科婦人科学会学術講演会 (1999.04.13), 東京, 日本産科婦人科学会雑誌, 51: 418, 1999.

275. [学会(全国)] (一般講演) 反復性中耳炎における環境因子としての集団保育について−保育園における鼻咽腔細菌叢の検討−. 矢野寿一,末武光子,井上松久,小林俊光(微): 第100回日本耳鼻咽喉科学会総会 (1999.05.20), 仙台.

276. [学会(全国)] (一般講演) Class C型β-ラクタマーゼ産生大腸菌の解析. 佐藤優子,久我明男,矢野寿一,入野田一彦,井上松久,岡本了一(微): 第47回日本化学療法学会総会 (1999.06.10), 東京.

277. [学会(全国)] (一般講演) Class B type β-lactamaseを産生するK.pneumoniaeについての基礎的検討. 小泉博昭,川上小夜子,松村充,山本美和,宮沢幸久,斧康雄,岡本了一,井上松久(微): 第47回日本化学療法学会総会 (1999.06.10), 東京.

278. [学会(全国)] (一般講演) ニューキノロン系およびアミノ配糖体系薬耐性を伴ったESBL産生のE. coliとK. pneumoniaeについての基礎的検討. 松村充,川上小夜子,山本美和,宮沢幸久,小泉博昭,斧康雄,岡本了一,井上松久(微): 第47回日本化学療法学会総会 (1999.06.10), 東京.

279. [学会(全国)] (一般講演) キノロン耐性E. faecalisのgyrB, parE変異および排出ポンプ遺伝子の解析. 山岸純一,小山田義博,藤本孝一,小寺玲子,後藤直正,岡本了一,井上松久(微): 第47回日本化学療法学会総会 (1999.06.10), 東京.

280. [学会(全国)] (一般講演) 臨床に登場した多剤耐性表皮ブドウ球菌MRSE. 林泉(薬理),塩谷譲司,稲村延子,岡本了一,井上松久(微): 第46回日本化学療法学会東日本支部総会 (1999.11.00), 東京.

281. [学会(全国)] (一般講演) 経口抗原投与マウスの脾臓とIELにおけるin vivoサイトカイン産生と細胞障害機能の比較. 玉内秀一(微),吉田由紀,佐藤健人(東海大),八村敏志,上野川修一(東大),垣生園子(東海大): 第29回日本免疫学会総会・学術集会 (1999.12.02), 学術集会記録, 29: 174, 1999.

282. [学会(全国)] (一般講演) 保育園園児における鼻咽腔細菌叢の検討. 矢野寿一,井上松久(微): 第15回日本環境感染学会 (2000.02.18〜19), 別府.

283. [学会(地方)] (シンポジウム等) Antibiotics susceptibilities of MRSA in Japan. 久我明男,岡本了一(微): 第81回日本細菌学会関東支部総会 (1999.06.29), 東京.

284. [学会(地方)] (シンポジウム等) 病院感染対策の実際: 耐性菌対策. 井上松久(微): 第20回神奈川県病院学会 (1999.10.12), 横浜. 抄録集, p.24, 1999.

285. [学会(地方)] (シンポジウム等) 何故抗菌薬は効かなくなるのか. 井上松久(微): 第47回化学療法学会西日本支部総会 (1999.12.02), 倉敷.

286. [研究会(全国)] (特別講演) ESBLsの検出. 井上松久(微): 平成11年度国公私立大学病院医療技術関係職員研修会 (1999.05.27), 東京.

287. [研究会(全国)] (特別講演) 日本におけるMRSAの細菌学的性状について. 井上松久(微): バイオメディカルフォーラム (1999.12.11), 東京, 抄録集, p.6, 1999.

288. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 99年β-ラクタマーゼ研究会結果報告. 井上松久(微): 第2回耐性菌シンポジウム (1999.10.02), 東京.

289. [研究会(全国)] (一般講演) 混合性結合組織病(MCTD), 特に肺高血圧症(PH)におけるクラミジアニューモニエ感染の検討. 北里英郎(微),岡田純,近藤啓文(内): 厚生省混合性結合組織病に関する研究班平成11年度第2回班会議 (1999.00.00).

290. [研究会(全国)] (一般講演) 反復性中耳炎における環境因子としての集団保育について−保育園における鼻咽腔細菌叢の検討−. 矢野寿一,末武光子,井上松久,小林俊光(微): 第29回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 (1999.09.04), 岡山.

291. [研究会(全国)] (一般講演) 保育園児における鼻咽腔細菌叢の検討−パルスフィールドゲル電気泳動法を用いて−. 矢野寿一,末武光子,井上松久,小林俊光(微): 第3回肺炎球菌等による市中感染症研究会 (1999.09.00), 東京.

292. [研究会(地方)] (特別講演) 抗菌薬の現況と問題点. 井上松久(微): 第40回滋賀県医師会 (1999.09.18), 滋賀, 抄録集, p.2, 1999.

293. [研究会(地方)] (特別講演) 薬剤耐性のメカニズムと院内感染の現状. 井上松久(微): 都立衛生研究所技術懇話会 (1999.10.27), 東京.

294. [研究会(地方)] (特別講演) 院内感染菌としてのMRSAの動向. 井上松久(微): 長崎大学歯学部附属病院院内感染対策講演会 (2000.02.17), 長崎.

295. [研究会(地方)] (特別講演) β-ラクタム薬耐性機構について. 井上松久(微): 第5回東北感染症研究会 (2000.02.26), 仙台, 抄録集, p.8, 2000.

296. [研究会(地方)] (一般講演) 保育園児における鼻咽腔細菌叢の検討. 矢野寿一,小林俊光(微): 第1回長崎マクロライド研究会 (2000.01.00), 長崎.


<<07 免疫学>>

297. [原著] Severe impairment of B cell function in lpr/lpr mice expressing transgenic Fas selectively on B cells. Komano, H.,Ikegami, Y.,Yokoyama, M.,Suzuki, R.,Yonehara, S.,Yamasaki, Y.(三菱生命研),篠原信賢(免疫): Int. Immunol., 11: 1035〜1042, 1999.

298. [研究報告(厚生省)] 大型動物(イヌ)による免疫寛容モデルに関する研究. 渡部浩二(免疫),猪股裕紀洋(京大): 平成10年度厚生科学研究費補助金免疫・アレルギー等研究事業(臓器移植部門)研究報告書, p.20〜24, 1999.

299. [学会(国際)] (ポスター講演) Donor bone marrow Cell (DBMC)-infusion is effective in inducing tolerance in dogs treated with fractionated lymphoid irradiation (FLI) and FK506. 渡部浩二,伊藤京子,大谷文雄,金子剛久,Zhang Fengyun(免疫): 6th Congress of the Asian Society of Transplantation (1999.09.24), Singapore, Abstract, p.316 1999.

300. [学会(全国)] (ポスター講演) ヒト自己反応性CD4+ CTLのpertorin依存性及びThサブタイプ. 金子剛久(免疫),大久保みどり,飯塚みさを(予防医学系): 第29回日本免疫学会総会学術集会 (1999.12.02), 京都, 学術集会記録, 29: 227, 1999.

301. [学会(全国)] (ポスター講演) Factors influencing operational tolevance in dogs treated with fractionated lymphoid irradiation (FLI) donor bone marrow cell (DBMC) infusion and FK506. 渡部浩二,大谷文雄,金子剛久(免疫),大久保みどり(予防医学系): 第29回日本免疫学会総会学術集会 (1999.12.01), 京都, 学術集会記録, 29: 47, 1999.

302. [学会(地方)] (教育講演) 移植免疫の現状と今後の展望. 渡部浩二(免疫): 第48回神奈川県臨床衛生検査学会 (1999.10.23), 横浜.


<<08 病理学>>

303. [原著] Qualitative and quantitative assessment of modified in situ reverse transcription-polymerase chain reaction (in situ RT-PCR) method. 渡辺純,佐藤雄一(病理),土屋紅緒,蔵本博行(医療衛生),亀谷徹(病理): Acta Histochem. Cytochem., 32(5): 423〜430, 1999.

304. [原著] Cyclin D2 overexpression and lack of p27 correlate positively and cyclin E inversely with a poor prognosis in gastric cancer cases. 高野康雄(病理),Kato, Y.,van Diest, P.J.,Masuda Mitsunobu,三富弘之,岡安勲(病理): Am. J. Pathol., 156(2): 585〜594, 2000.

305. [原著] A novel apoptotic cascade mediated by CDK4 in rat pheochromocytoma PC12 cells. 土橋洋,荘司光彦,野口高史(病理),Kondo, E.(岡大),片山和浩,亀谷徹(病理): Biochem. Biophys. Res. Commun., 260: 806〜812, 1999.

306. [原著] Antisera against human menin applicable to immunoblotting and immunocytochemistry. Hosono Tetsuji,Tsukada Toshihiko,Maruyama Kouji,Kishi Mari,Ohkura Naganari,Sasaki Kazuki,Nara-ashizawa Noriko(国立がんセン),Iwanaga Toshihiko(北大),Yanaihara Noboru(矢内原研),亀谷徹(病理),Yamaguchi Ken(国立がんセン): Biomed. Res., 20(1): 51〜55, 1999.

307. [原著] DCC expression is related to mucinous differentiation but not changes in expression of p21WAF1/Cip1 and p27Kip1, apoptosis, cell proliferation and human papillomavirus infection in uterine cervical adenocarcinomas. 三枝信,岡安勲(病理): Br. J. Cancer, 80(1/2): 51〜58, 1999.

308. [原著] Effect of icatibant, a bradykinin B2 receptor antagonist, on the development of experimental ulcerative colitis in mice. 荒井吉徳(研修生),Takanashi, H.,Kitagawa, H.,Wirth, K.J.,岡安勲(病理): Dig. Dis. Sci., 44(4): 845〜851, 1999.

309. [原著] Combined clear and granular cell leiomyoma of the soft tissue: Evidence of transformation to a histiocytic phenotype. 土橋洋,岩渕啓一(病理),中畑潤一(救命),柳本邦雄,亀谷徹(病理): Histopathology, 34(6): 526〜531, 1999.

310. [原著] Down-regulation of p27Kip1 expression is correlated with increased cell proliferation but not expression of p21waf1 and p53, and human papillomavirus infection in benign and malignant tumours of sinonasal regions. 三枝信(病理),新田光邦(耳鼻),橋村美紀(形態系),岡安勲(病理): Histopathology, 35: 55〜64, 1999.

311. [原著] Cyclin D1 overexpression in invasive breast cancers: Correlation with cyclin-dependent kinase 4 and oestrogen receptor overexpression, and lack of correlation with mitotic activity. 高野康雄(病理),Takenaka, H.,Kato, Y.,Masuda, M.,三上哲夫,三枝信,岡安勲(病理): J. Cancer Res. Clin. Oncol., 125: 505〜512, 1999.

312. [原著] Epidemiology of visceral mycoses: Analysis of data in annual of the pathological autopsy cases in Japan. 山崎敏和(日本ロシュ中央研),久米光(病理),村瀬勢津子(薬剤),山下えり子(内),有沢幹男(日本ロシュ研): J. Clin. Microbiol., 37(6): 1732〜1738, 1999.

313. [原著] Cyclin D2, but not cyclin D1, overexpression closely correlates with gastric cancer progression and prognosis. 高野康雄(病理),Kato, Y.,Masuda, M.,Ohshima, Y.,岡安勲(病理): J. Pathol., 189: 194〜2000, 1999.

314. [原著] CD44 expression in benign, premalignant, and malignant ovarian neoplasms: Relation to tumour development and progression. 三枝信(病理),町田大輔(病理部),橋村美紀(形態系),岡安勲(病理): J. Pathol., 189: 326〜337, 1999.

315. [原著] Correlation between histological differentiation and DNA-synthesizing enzymes in rat colorectal tumors induced with 1,2-dimethylhydrazine. Sakamoto, S.,Kawachi, Y.,Iwama, T.,Suzuki, S.,Mitamura, T.,Yoshimura, S.,Kuwa, K.,Kudo, H.,岡安勲(病理): Oncol. Rep., 6: 1321〜1325, 1999.

316. [原著] Morphological characterization and subtyping of silent somatotroph adenomas. 成高平治(東歯科大),亀谷徹,佐藤雄一,Furuhata Shigeru(病理),Otani Mitsuhiro,Kawase Takeshi(慶大): Pituitary, 1: 233〜241, 1999.

317. [原著] Cell kinetics, p53 and bcl-2 expression, and c-Ki-ras mutations in flat-elevated tubulovillous adenomas and adenocarcinomas of the colorectum: Comparison with polypoid lesions. 佐田美和(内),三富弘之(病理),五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),岡安勲(病理): Scand. J. Gastroenterol., 34: 798〜807, 1999.

318. [原著] 細胞周期とその制御−厳密性と多様性−. 土橋洋,野口高史,荘司光彦(病理): 病理と臨床, 17(8): 782〜788, 1999.

319. [症例報告] Mitral annular calcification complicated with perforation of left atrium in a patient of autosomal dominant polycystic kidney disease. 中畑潤一,土橋洋,桑尾定仁,亀谷徹(病理): Med. Sci. Res., 27(6): 429〜431, 1999.

320. [症例報告] A case of adenocarcinoma of the small intestine in a Japanese patient with Crohn disease: A report with immunohistochemical and oncogenic analyses. 上杉秀永(内),三富弘之(病理),佐田美和,高橋裕之,小林清典,五十嵐正広,勝又伴栄(内),井原厚,大谷剛正(外),Ikeda, S.,岡安勲(病理): Scand. J. Gastroenterol., 34: 1162〜1167, 1999.

321. [総説] in situ RT-PCR法. 渡辺純,亀谷徹(病理): 検査と技術, 27(5): 482〜485, 1999.

322. [総説] 感染症症候群(U). トリパノソーマ症. 久米光(病理),高井智子(間中病院): 別冊日本臨床−領域別症候群シリーズ24, p.405〜408, 1999.

323. [学術書(英文)] (共著) Functional Endocrine Pathology (2nd Edition); The endocrine lung, p.513〜528, 亀谷徹(病理). Blackwell Science, 98.00.00発行.

324. [学術書] (分担執筆) 肝胆膵; 膵内分泌腫瘍の病理−歴史的変遷と最新の考え方, 38(6): 897〜904, 亀谷徹(病理). アークメディア,99.06.00発行.

325. [学術書] (分担執筆) 組織細胞化学1999; 免疫組織化学の応用: 内分泌, p.62〜67, 亀谷徹(病理). 編集 日本組織細胞化学会 学際企画, 99.00.00発行.

326. [学術書] (分担執筆) Clinical Neuroscience; 下垂体腺腫−update silent adenoma, 18(1): 96〜97, 亀谷徹(病理). 中外医学社, 00.01.01発行.

327. [学術書] (分担執筆) 肺癌のBiology: 病理, 肺癌(プラクティカル内科シリーズT); 第6章肺癌診療に必要な基礎知識, p.184〜188, 亀谷徹(病理). 南江堂, 98.04.10発行.

328. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 肝硬変の血流動態と血流から見た肝癌の肉眼分類; Microangiography, p.39〜43, 三枝信(病理). 日本アクセル・シュプリンガー,東京,99.01.00発行.

329. [学会(全国)] (シンポジウム等) 細胞周期制御因子による肺癌の細胞増殖進展のメカニズム. 土橋洋(病理): 第45回日本病理学会秋期特別総会 (1999.11.17〜19), 東京, 日本病理学会会誌, 88(2): 17, 1999.

330. [学会(全国)] (シンポジウム等) カテーテル尿による膀胱G1移行上皮癌の細胞診断−特に陰性例の再検討−; 尿路系細胞診の精度向上に関する最近の知見. 服部学,大野英治(医療衛生),横山大,小林明子,豊永真澄,柿沼広邦(病院病理),岩渕啓一(病理),内田豊昭(泌),蔵本博行(産婦): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.30), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 72, 1997.

331. [学会(全国)] (一般講演) 卵巣腫瘍の発生・進展過程におけるCD44蛋白発現の意義. 三枝信,橋村美紀,岡安勲(病理): 第88回日本病理学会総会 (1999.04.06), 東京, 日本病理学会会誌, 88(1): 203, 1999.

332. [学会(全国)] (一般講演) 慢性甲状腺炎(橋本病)の細胞診−診断の現状と問題点−. 横山大,豊永真澄,柿沼広邦,高畑美也子(病院病理),大野英治,服部学(医療衛生),刑部東治(外),蔵本博行(医療衛生),岩渕啓一,亀谷徹,岡安勲 (病理): 第40回日本臨床細胞学会総会 (1999.06.26), 東京, 日本臨床細胞学会会誌, 38(Suppl.1): 117, 1999.

333. [学会(全国)] (一般講演) 冠動脈に全同性狭窄を認めた突然死の2例. 中畑潤一(救命),桑尾定仁(病理),相崎俊哉(内),青山直善,大和田隆(救命),下浜孝郎,横山浩之,大和田真紀子,和泉徹(内),今井寛,栗原克由 (法医),亀谷徹(病理): 第47回日本心臓病学会 (1999.09.14), 横浜.

334. [学会(全国)] (一般講演) Metanephric adenomaの1例. 豊永真澄,横山大,柿沼広邦,高畑美也子,山口優美子(病院病理),服部学,大野英治,蔵本博行(医療衛生),岩渕啓一,岡安勲(病理): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.27), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 577, 1999.

335. [学会(全国)] (一般講演) 乳腺穿刺吸引細胞診によって診断された眼球原発悪性黒色腫の1例. 高畑美也子(病院病理),大野英治,服部学(医療衛生),横山大,小林明子,豊永真澄,柿沼広邦(病院病理),竹中晴幸(外),蔵本博行(産婦),岩渕啓 一,岡安勲(病理): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.03), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 380, 1997.

336. [学会(全国)] (一般講演) 乳腺穿刺吸引細胞診における非浸潤性乳管癌の細胞学的検討. 小林明子(病院病理),大野英治,服部学(医療衛生),横山大,豊永真澄,柿沼広邦,高畑美也子(病院病理),竹中晴幸(外),蔵本博行(産婦),岩渕啓 一,岡安勲(病理): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.03), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 410, 1997.

337. [学会(全国)] (ポスター講演) 出血性心筋梗塞の筋束間への出血と静脈拡張に注目した病理組織学的検討. 中畑潤一(救命),桑尾定仁,亀谷徹(病理): 第88日本病理学会 (1999.04.08), 東京.

338. [学会(全国)] (ポスター講演) 細胞周期制御因子蛋白の発現からみる肺腺癌増殖のメカニズム. 荘司光彦,土橋洋,蒋世旭(病理),森永正二郎(都済生会),野口高史,川久保安朗,亀谷徹(病理): 第88回日本病理学会総会 (1999.04.06〜08), 東京, 日本病理学会会誌, 88(1): 180, 1999.

339. [学会(全国)] (ポスター講演) 潰瘍性大腸炎関連大腸癌における細胞接着因子CD44およびDCCの発現低下: 非遺伝性大腸腫瘍との比較. 三上哲夫,柳沢信之,三富弘之(病理),原敦子(内),岡安勲(病理): 第88回日本病理学会総会 (1999.04.07), 東京, 日本病理学会会誌, 88(1): 220, 1999.

340. [学会(全国)] (ポスター講演) Angiomyofibroblastomaの3症例. 岩渕啓一,岡安勲(病理): 第88回日本病理学会総会 (1999.04.08), 東京, 日本病理学会会誌, 88(1): 277, 1999.

341. [学会(全国)] (ポスター講演) 軟部組織原発平滑筋腫瘍における細胞周期制御因子の関与. 野口高史(整外),土橋洋,荘司光彦,亀谷徹(病理): 第88回日本病理学会総会 (1999.04.08), 東京, 日本病理学会会誌, 88(1): 280, 1999.

342. [学会(全国)] (ポスター講演) PC12細胞における細胞周期制御因子cdk4の機能. 土橋洋,荘司光彦,野口高史(病理),近藤英作(岡山大),亀谷徹(病理): 第88回日本病理学会総会 (1999.04.06〜08), 東京, 日本病理学会会誌, 88(1): 304, 1999.

343. [学会(全国)] (ポスター講演) 多発性内分泌腫瘍症T型(MEN type T)原因遺伝子翻訳産物の生体内分布. 蒋世旭,荘司光彦(病理),塚田俊彦,山口健(国立がんセン),亀谷徹(病理): 第88回日本病理学会総会 (1999.04.07), 東京, 日本病理学会会誌, 88: 217, 1999.

344. [学会(全国)] (ポスター講演) in situ reverse transcription-PCR法とin situ hybridization法による mRNAの検出感度の比較検討. 渡辺純,佐藤雄一(病理),土屋紅緒,蔵本博行(医療衛生),亀谷徹(病理): 第58回日本癌学会総会 (1999.10.01), 広島, Jpn. J. Cancer Res., 90(Suppl.): 744, 1999.

345. [学会(全国)] (ポスター講演) 多発性内分泌腫瘍症T型(MEN type T)原因遺伝子翻訳産物の生体内分布. 蒋世旭,渡辺純,土橋洋,荘司光彦(病理),塚田俊彦,山口健(国立がんセン),亀谷徹(病理): 第58回日本癌学会総会 (1999.10.01), 広島, Jpn. J. Cancer Res., 90: 73, 1999.

346. [学会(全国)] (ポスター講演) PC12細胞におけるcdk4の潜在的機能. 土橋洋,荘司光彦(病理),秋山徹(東大),亀谷徹(病理): 第58回日本癌学会総会 (1999.10.01), 広島, 総会記事, p.496, 1999.

347. [学会(全国)] (ポスター講演) 細胞周期制御因子の発現からみる肺腺癌増殖のメカニズム. 荘司光彦,土橋洋,蒋世旭(病理),森永正二郎(都済生会),川久保安朗,亀谷徹(病理): 第58回日本癌学会総会 (1999.10.01), 広島, 総会記事, p.498, 1999.

348. [学会(全国)] (ポスター講演) Rhabdoid appearanceを呈した未分化癌の1例. 荘司光彦,土橋洋,蒋世旭(病理),原英則,品田純,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第40回日本肺癌学会総会 (1999.10.21〜22), 札幌, 肺癌, 39(5): 755, 1999.

349. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺原発性悪性黒色腫と考えられる1例. 蒋世旭(病理),原英則(胸外),土橋洋,荘司光彦(病理),神谷紀輝,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第40回日本肺癌学会総会 (1999.10.22), 札幌, 肺癌, 39: 754, 1999.

350. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット褐色細胞株(PC12)における分化制御因子としてのcdc2, cdk2. 土橋洋(病理),北川雅敏(九大),亀谷徹(病理): 第22回日本分子生物学会年会 (1999.12.07〜10), 福岡, 抄録集, p.643, 1999.

351. [学会(地方)] (一般講演) Rhabdoid appearanceを呈した未分化癌の1例. 荘司光彦,土橋洋,蒋世旭(病理),原英則,品田純,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第124回日本肺癌学会関東部会 (1999.03.13), 東京, 予稿集, p.10, 1999.

352. [学会(地方)] (一般講演) 乳頭状腎細胞癌の1例. 山口優美子,横山大,豊永真澄,柿沼広邦,高畑美也子(病院病理),大野英治,服部学,蔵本博行(医療衛生): 第18回日本臨床細胞学会神奈川地方会 (1999.09.25), 横浜, 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 4(2): 94, 1999.

353. [学会(地方)] (一般講演) 腺腫様甲状腺腫の細胞学的検討. 横山大(病院病理),大野英治,服部学(医療衛生),小林明子,豊永真澄,柿沼広邦,高畑美也子(病院病理),刑部東治(外),蔵本博行(産婦),岩渕啓 一,岡安勲,亀谷徹(病理): 第16回日臨細胞学会神奈川地方部会学術集会 (97.09.27), 川崎, 日臨細胞神奈川会誌, 2(3): 119, 1997.

354. [研究会(全国)] (一般講演) 肺の大細胞性神経内分泌癌. 蒋世旭,亀谷徹(病理): 第3回日本内分泌病理研究会 (1999.10.22), 佐賀.

355. [研究会(全国)] (一般講演) Clear cell adenocarcinomaとの鑑別が問題となった卵巣腫瘍の1例. 岩渕啓一(病理): 第11回婦人科病理研究会 (1999.12.11), 東京.

356. [研究会(地方)] (一般講演) Metanephric adenomaの1例. 野口高史(整外): 第68回神奈川県病理医会例会 (1999.06.17), 横浜.

357. [研究会(地方)] (一般講演) 特異な組織所見を呈した早期肝細胞癌の1手術例. 三富弘之(病理),島田謙,吉田宗紀(外),渋谷明隆(内): 第12回北里肝胆膵疾患検討会 (1999.07.07), 相模原, プログラム, p.1, 1999.

358. [研究会(地方)] (一般講演) 強い血性乳頭分泌を示したが、組織学的に責任病巣が判然としなかった1例. 岩渕啓一(病理): 第30回東京乳腺研究会 (1999.12.04), 東京.


<<09 衛生学・公衆衛生学>>

359. [原著] Risk factors and triggers of sudden death in the working generation: An autopsy proven case-control study. 大和田真紀子(内),相沢好治(衛),栗原克由,田辺直仁(法医),相崎俊哉,和泉徹(内): Tohoku J. Exp. Med., 189: 245〜258, 1999.

360. [原著] In vitro toxicity of gallium arsenide in alveolar macrophages evaluated by magnetometry, cytochemistry and morphology. 岡田充史,苅部ひとみ,新津谷真人,相沢好治(衛),岡安勲(病理),小谷誠(東京電機大): Tohoku J. Exp. Med., 189: 267〜281, 1999.

361. [研究報告(厚生省)] Report on the survey of aging and health in Asian countries; The Republic of Korea. 黒田俊夫(日大),清水英佑(慈恵医大),萩原康生(日本社会事業大),新津谷真人(衛),広瀬次雄,楠本修,北畑晴代,星合千春(アジア人口開発協), 松瀬貴裕(日本大使館),下在寛,鄭京姫(韓国保健社会研究院): Report, p.1〜84, 1999.

362. [研究報告(厚生省)] プラスチック廃棄物リサイクル実証事業共同研究報告書. 藤原正弘(廃棄物研究財団),相沢好治(衛),酒井伸一(京大),田中勝(国立公衆衛生院),土手裕(宮崎大),中杉修身(国立環境研究所),永田勝也 (早大): 報告書(概要版), p.1〜27, 1999.

363. [研究報告(厚生省)] プラスチック廃棄物リサイクル実証事業共同研究報告書. 藤原正弘(廃棄物研究財団),相沢好治(衛),酒井伸一(京大),田中勝(国立公衆衛生院),土手裕(宮崎大),中杉修身(国立環境研究所),永田勝也 (早大): 報告書(平成10年度追補研究), p.1〜31, 1999.

364. [研究報告(厚生省)] プラスチック廃棄物リサイクル実証事業共同研究報告書. 藤原正弘(廃棄物研究財団),相沢好治(衛),酒井伸一(京大),田中勝(国立公衆衛生院),土手裕(宮崎大),中杉修身(国立環境研究所),永田勝也 (早大): 報告書, p.1〜183, 1999.

365. [研究報告(厚生省)] アジア諸国の高齢化と保健の実態調査報告−大韓民国−. 黒田俊夫(日大),清水英佑(慈恵医大),萩原康生(日本社会事業大),新津谷真人(衛),広瀬次雄,楠本修,北畑晴代,星合千春(アジア人口開発協), 松瀬貴裕(日本大使館),下在寛,鄭京姫(韓国保健社会研究院): 報告書, p.1〜74, 1999.

366. [研究報告(その他公的な報告)] クリーニング所より排出されるテトラクロロエチレンの地域分布. 門脇武博,片桐裕史,仲座政宏,佐藤聖子(医療衛生),高田勗,相沢好治(衛),中村賢(医療衛生): (全ク連)クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書平成10年度, p.10〜16, 1999.

367. [研究報告(その他公的な報告)] クリーニング作業者の死因構造に関する疫学的研究−中間報告−. 中村賢,門脇武博,鈴木牧彦(医療衛生),原田久,高田勗,相沢好治,新津谷真人,苅部ひとみ(衛): (全ク連)クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書平成10年度, p.17〜20, 1999.

368. [研究報告(その他公的な報告)] 不安と抑うつの検討. 相沢好治,遠乗秀樹(衛): 平成10年度環境庁委託業務報告書; 環境中微量化学物質影響調査研究−本態性多種化学物質過敏状態の調査研究, p.46〜67, 2000.

369. [研究報告(その他公的な報告)] 労働衛生の立場からの検討. 相沢好治,苅部ひとみ,遠乗秀樹,弓野香奈子(衛): 平成10年度環境庁委託業務報告書「環境中微量化学物質影響調査研究」本態性多種化学物質過敏状態の調査研究, p.127〜134, 2000.

370. [研究報告(その他公的な報告)] 労働衛生管理における化学物質過敏症の意義に関する調査研究. 相沢好治(衛),宮田幹夫(眼),苅部ひとみ,新津谷真人,岡田充史,遠乗秀樹,弓野香奈子(衛): 平成10年度中央労働災害防止協会委託研究報告書, p.1〜84, 1999.

371. [研究報告(その他公的な報告)] 磁界測定による半導体関連新素材の細胞障害性評価. 相沢好治(衛),小谷誠(東京電気大),苅部ひとみ(衛): 平成8年〜10年科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書, p.1〜78, 1999.

372. [研究報告(その他公的な報告)] 未規制化学物質に係る労働環境の実態調査. 高田勗(中災防),相沢好治(衛),川崎一(日本化学工業協),川本俊弘(産業医大),菅野誠一郎(産業医学総合研),熊取谷健一郎,人首寿雄(日本化学 工業協会),吉田勝美(聖マリ医大): 未規制化学物質に係る労働環境の実態調査委員会報告書, p.1〜71, 1999.

373. [研究報告(その他公的な報告)] ライフスタイル及び仕事外の要因の影響−運動, 喫煙, 飲酒, 睡眠と仕事外支援の影響−. 相沢好治,遠乗秀樹(衛): 労働省平成10年度作業関連疾患の予防に関する研究; 労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.93〜125, 1999.

374. [総説] 最近の肺磁図の研究動向. 古河泰,泊利栄子,相沢好治(衛): 医科器械学, 69(5): 230〜235, 1999.

375. [総説] 化学物質過敏症(本態性環境不寛容状態)について−労働衛生とのかかわり. 相沢好治,遠乗秀樹(衛): 産業医学レビュー, 12(4): 171〜185, 2000.

376. [総説] 健康教育への行動科学の応用. 相沢好治,苅部ひとみ(衛): 日本医師会雑誌, 122(3): 493〜498, 1999.

377. [総説] じん肺症における呼吸機能障害. 川城丈夫(東埼玉病院),相沢好治(衛): 日本胸部臨床, 58(11): 799〜809, 1999.

378. [総説] 重金属中毒の治療の実際. 渡辺光康(衛),松原了(厚生省),相沢好治(衛): 臨床と研究, 76(6): 1060〜1064, 1999.

379. [講座] アンチ・ドーピングについて; アンチ・ドーピング調査結果−調査対象者の概要. 新津谷真人(衛): シクリスムエコー, (56): 4, 1999.

380. [講座] アンチ・ドーピングについて; アンチ・ドーピング調査結果−指導者の倫理観. 新津谷真人(衛): シクリスムエコー, (57): 8〜9, 1999.

381. [講座] アンチ・ドーピングについて; アンチ・ドーピング調査結果−競技規則(1). 新津谷真人(衛),坂本陽一(東北学院大): シクリスムエコー, (58): 7, 1999.

382. [講座] アンチ・ドーピングについて; アンチ・ドーピング調査結果−競技規則(2). 新津谷真人(衛),坂本陽一(東北学院大学): シクリスムエコー, (59): 3, 1999.

383. [講座] アンチ・ドーピングについて; アンチ・ドーピング調査結果−競技規則(3). 新津谷真人(衛),坂本陽一(東北学院大): シクリスムエコー, (60): 3, 1999.

384. [講座] ライフ・クリニック; 生活習慣病予防の運動. 新津谷真人(衛): 毎日ライフ, 2000(2): 99, 2000.

385. [講座] 傷病休業統計報告(平成11年7月). 新津谷真人(衛): 労務安全衛生かながわ, 44(11): 20〜21, 1999.

386. [講座] 健康指標に係るアンケート調査結果報告(2)産業医業務の実態. 新津谷真人(衛): 労務安全衛生かながわ, 44(11): 24〜25, 1999.

387. [講座] 傷病休業統計報告(平成11年2月). 新津谷真人(衛): 労務安全衛生かながわ, 44(6): 16〜17, 1999.

388. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 産業医活動マニュアル(第3版); 作業関連疾患, p.272〜273, 相沢好治(衛). 編集 高田勗(北里大),野見山一生(自治医大), 医学書院, 東京, 99.08.15発行.

389. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 臨床スポーツ医学: スポーツ医科学キーワード; 心筋酸素消費量, p.272〜273, 新津谷真人(衛). 編集 黒田善雄(日女体大),中嶋寛之(日体大),小林修平(和洋女大),村山正博(聖マリ医大),河野一郎(筑波大), 文光堂, 東京, 99.12.10発行.

390. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 臨床スポーツ医学: スポーツ医科学キーワード; 心筋収縮性, p.273, 新津谷真人(衛). 編集 黒田善雄(日女体大),中嶋寛之(日体大),小林修平(和洋女子大),村山正博(聖マリ医大),河野一郎(筑波大), 文光堂, 東京, 99.12.10発行.

391. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 臨床スポーツ医学: スポーツ医科学キーワード; 動静脈酸素較差, p.397, 新津谷真人(衛). 編集 黒田善雄(日女体大),中嶋寛之(日体大),小林修平(和洋女子大),村山正博(聖マリ医大),河野一郎(筑波大), 文光堂, 東京, 99.12.10発行.

392. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 臨床スポーツ医学: スポーツ医科学キーワード; Frank-Starligの心臓の法則, p.568〜569, 新津谷真人(衛). 編集 黒田善雄(日女体大),中嶋寛之(日体大),小林修平(和洋女子大),村山正博(聖マリ医大),河野一郎(筑波大), 文光堂, 東京, 99.12.10発行.

393. [翻訳] (共著) ILO労働者のための健康サーベイランスのための技術・倫理ガイドライン/労働者個人情報の保護実施要綱; p.1〜109, 相沢好治(衛),毛利哲夫(労働安全衛生コンサルタント),矢野英二(帝京大). 労働基準調査会, 東京, 99.10.20発行.

394. [学会(国際)] (シンポジウム等) Job stress in Japan; Empirical evidence from a large-scale study. 川上憲人(岐阜大),原谷隆史(産医研),小林章雄(愛知医大),石崎昌夫(金沢医大),林剛司(日立),藤田定(刈谷総合病院),相沢好治(衛),宮崎 彰吾,廣尚典(NKK),橋本修二,荒記俊一(東大): Work, Stress & Health '99; Organization of Work in a Global Economy (1999.03.13), Baltimore, Abstracts, p.248, 1999.

395. [学会(国際)] (ポスター講演) Job stress in Japanese hospital nurses: Comparison with other occupations. 三木明子,Kurita, H.(東大),原谷隆史(産医研),川上憲人(岐阜大),小林章雄(愛知医大),石崎昌夫(金沢医大),林剛司(日立),藤田定(刈谷総合病院),相沢好 治(衛),宮崎彰吾,廣尚典(NKK),橋本修二,荒記俊一(東大): Work, Stress & Health '99; Organization of Work in a Global Economy (1999.03.12), Baltimore, Abstracts, p.161, 1999.

396. [学会(国際)] (ポスター講演) Electron microscopy and magnetometry for the evaluation of toxicity of environmental chemicals to the lungs. 岡田充史(衛),井上葉子,杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),小松裕美,苅部ひとみ,新津谷真人,相沢好治(衛),岡安勲(病理),小谷誠(東京電 機大): International Symposium on Electron Microscopy in Medicine and Biology (1999.08.31), Korea, Abstract, p.231〜234, 1999.

397. [学会(国際)] (ポスター講演) The evaluation for the toxicity of silicon carbide whisker to alveolar macrophage. 渡辺光康,岡田充史,苅部ひとみ,新津谷真人,遠乗秀樹(衛),杉浦由美子(予防医学系),小松裕美,相沢好治(衛),Young-Chae Cho(大韓民国忠南大): International Symposium on Electron Microscopy in Medicine and Biology (1999.08.31), Korea, Abstract, p.257〜258, 1999.

398. [学会(全国)] (一般講演) 労働者における抑うつ傾向. 遠乗秀樹,弓野香奈子(衛),杉浦由美子(予防医学系),苅部ひとみ,相沢好治(衛),川上憲人(岐阜大),原谷隆史(産医研),小林章雄(愛知医大), 林剛司(日立),石崎昌夫(金沢医大),藤田定(刈谷総合病院),宮崎彰吾,廣尚典(NKK),荒記俊一(東大): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.08), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 595, 1999.

399. [学会(全国)] (一般講演) 要求度−コントロール−社会的支援モデルによる「仕事のストレス判定図」の開発: 職業性ストレスと健康コホート研究ベースラインデータから. 川上憲人(岐阜大),原谷隆史(産医研),小林章雄(愛知医大),石崎昌夫(金沢医大),林剛司(日立),藤田定(刈谷総合病院),相沢好治(衛),宮崎 彰吾,廣尚典(NKK),荒記俊一(東大): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.08), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 665, 1999.

400. [学会(全国)] (一般講演) 職業性ストレスと冠動脈疾患危険因子との関連. 渡辺美寿津,小林章雄(愛知医大),川上憲人(岐阜大),原谷隆史(産医研),石崎昌夫(金沢医大),林剛司(日立),藤田定(刈谷総合病院),相沢好治 (衛),宮崎彰吾,廣尚典(NKK),荒記俊一(東大): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.08), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 670, 1999.

401. [学会(全国)] (一般講演) 化学物質過敏症患者における不安の検討. 遠乗秀樹,弓野香奈子,尾島正幸,渡辺光康,新津谷真人(衛),杉浦由美子(予防医学系),相沢好治(衛),宮田幹夫,市辺義章,菊池裕美(眼): 第8回日本臨床環境医学会総会 (1999.06.04), 東京, 抄録集, 1999.

402. [学会(全国)] (一般講演) 有機溶剤を使用する印刷工場の1改善事例(第2報). 井上葉子(予防医学系),岡田充史,苅部ひとみ(衛),今井香織(医療衛生),相沢好治(衛),片桐裕史,佐藤聖子,門脇武博(医療衛生): 第8回日本臨床環境医学会総会 (1999.06.04), 東京, 抄録集, p.27, 1999.

403. [学会(全国)] (一般講演) K県下の各種企業におけるメンタルヘルスの評価方法. 苅部ひとみ(衛): 日本カウンセリング学会第32回大会 (1999.07.02), 岡山, 発表論文集, p.165〜166, 1999.

404. [学会(全国)] (一般講演) 磁界測定法によるガリウム砒素の肺胞マクロファージ障害性評価. 岡田充史,計良徹(衛),井上葉子,杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),相沢好治(衛),Young-Chae Cho(大韓民国忠南大),小谷誠(東京電機大): 第26回日本トキシコロジー学会学術年会 (1999.07.21), 札幌, 要旨集, p.311, 1999.

405. [学会(全国)] (一般講演) 剖検診断よりみた勤労層突然死の死亡原因とその危険因子; ロジスティック重回帰分析による検討. 大和田真紀子,相崎俊哉,和泉徹(内),新津谷真人,相沢好治(衛),栗原克由(法医),田辺直仁(新潟大): 第47回日本心臓病学会学術集会 (1999.09.13), 横浜.

406. [学会(全国)] (一般講演) 磁界測定を用いたシリコン・カーバイド・ウィスカの細胞毒性の評価. 渡辺光康,岡田充史,苅部ひとみ(衛),杉浦由美子(予防医学系),小松裕美,相沢好治(衛): 第47回日本災害医学会 (1999.10.06), 広島, 日本災害医学会会誌, 47(臨増): 119, 1999.

407. [学会(全国)] (一般講演) 某保健福祉事務所におけるエイズ検査の利用状況(第2報). 岡田充史(衛),和泉裕子,鈴木周雄,関根佳代子,西平浩一(大和保健福祉事務所),深澤博史(茅ヶ崎保健福祉事務所),堀井昌子(厚木保健福祉事務 所),Young-Chae Cho(大韓民国忠南大),相沢好治(衛): 第58回日本公衆衛生学会 (1999.10.20), 大分, 抄録集, p.687, 1999.

408. [学会(全国)] (一般講演) NIOSH職業性ストレス調査票の心理測定学的特性. 原谷隆史(産医研),三木明子(宮城大),川上憲人(岐阜大),小林章雄(愛知医大),石崎昌夫(金沢医大),林剛司(日立),藤田定(愛知教育大),相 沢好治(衛),宮崎彰吾,廣尚典(NKK),橋本修二,荒記俊一(東大): 第58回日本公衆衛生学会 (1999.10.20), 大分, 抄録集, p.733, 1999.

409. [学会(全国)] (一般講演) アンチ・ドーピングに関するアンケート調査. 新津谷真人(衛),坂本陽一(東北学院大),笠師久美子(北大),杉浦由美子(予防医学系),相沢好治(衛): 第10回臨床スポーツ医学会 (1999.11.06), 東京, 日本臨床スポーツ医学会誌, 7(4): 76, 1999.

410. [学会(全国)] (一般講演) 労働者におけるストレスの性別・婚姻状況別比較. 弓野香奈子,遠乗秀樹(衛),杉浦由美子(予防医学系),苅部ひとみ,相沢好治(衛),川上憲人(岐阜大),原谷隆史(産医研),小林章雄(愛知医大), 林剛司(日立),石崎昌夫(金沢医大),藤田定(愛知教育大),橋本修二(東大),河野慶三(富士ゼロックス),荒記俊一(東大),宮崎彰吾,廣尚典,桝 元武(NKK): 第15回日本ストレス学会 (1999.11.11), 市川, ストレス科学, 14(2): 51, 1999.

411. [学会(全国)] (一般講演) 磁界測定法を用いたチタン酸カリウムウィスカの肺胞マクロファージ毒性評価. 渡辺光康(衛),杉浦由美子(予防医学系),相沢好治(衛): 第70回日本衛生学会 (2000.03.30), 大阪, 日本衛生学雑誌, 55(1): 197, 2000.

412. [学会(全国)] (一般講演) 勤労年齢層突然死の実態. 大和田真紀子,和泉徹(内),杉浦由美子(予防医学系),新津谷真人,相沢好治(衛),栗原克由(法医),田辺直仁(新潟大): 第70回日本衛生学会 (2000.03.30), 大阪, 日本衛生学雑誌, 55(1): 204, 2000.

413. [学会(全国)] (一般講演) 労働者におけるストレスの性別・勤務形態別比較. 弓野香奈子,遠乗秀樹(衛),杉浦由美子(予防医学系),相沢好治,苅部ひとみ(衛),川上憲人(岐阜大),原谷隆史(産医研),小林章雄(愛知医大), 林剛司(日立),石崎昌夫(金沢医大),藤田定(愛知教育大),橋本修二(東大),河野慶三(富士ゼロックス),荒記俊一(東大),宮崎彰吾,廣尚典,桝 元武(NKK): 第70回日本衛生学会 (2000.03.30), 大阪, 日本衛生学雑誌, 55(1): 281, 2000.

414. [学会(全国)] (ポスター講演) NIOSH職業性ストレス調査票の職種差. 原谷隆史(産医研),三木明子(東大),川上憲人(岐阜大),小林章雄(愛知医大),石崎昌夫(金沢医大),林 剛司(日立),藤田定(刈谷総合病院), 相沢好治(衛),宮崎彰吾,廣尚典(NKK),荒記俊一(東大): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.06), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 161, 1999.

415. [学会(全国)] (ポスター講演) 平成9年の神奈川県下における産業医活動の調査(1)−産業医業務の実態−. 新津谷真人(衛),堀江正知,廣尚典(NKK),浜口伝博(日本IBM),高橋英孝(聖マリ医大): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.06), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 237, 1999.

416. [学会(全国)] (ポスター講演) 神奈川県下における疾病休業統計. 泊利栄子,新津谷真人(衛),佐藤信一(NTT東京中央健康管理センター),杉浦由美子(予防医学系),相沢好治(衛): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.06), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 279, 1999.

417. [学会(全国)] (ポスター講演) 細胞磁界測定法を用いた石綿代替物質の健康影響; Silicon carbide whisker. 渡辺光康,岡田充史(衛),杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),相沢好治(衛),小谷誠(東京電機大): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.06), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 335, 1999.

418. [学会(全国)] (ポスター講演) 磁界測定法を用いたガリウム砒素石綿の細胞障害性評価. 岡田充史,計良徹(衛),井上葉子,杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),苅部ひとみ,新津谷真人,相沢好治(衛),Young-Chae Cho (大韓民国忠南大),小谷誠(東京電機大): 第72回日本産業衛生学会 (1999.05.06), 東京, 産業衛生学雑誌, 41(臨増): 346, 1999.

419. [学会(全国)] (ポスター講演) 1保健福祉事務所におけるエイズ検査の利用状況. 岡田充史(衛),杉浦由美子(予防医学系),相沢好治(衛),深沢博史,北島芳文,堀井昌子(大和保健福祉事務所),八剱芳香(藤沢保健福祉事務所),長 岡正(茅ヶ崎保健福祉事務所): 第57回日本公衆衛生学会 (98.10.28), 岐阜.

420. [研究会(全国)] (特別講演) 作業関連疾患をめぐって. 相沢好治(衛): 第23回日本労働衛生研究協議会・学術大会 (1999.07.10), 東京, 日本労働衛生研究協議会雑誌, p.4〜6, 1999.

421. [研究会(全国)] (一般講演) 細胞磁界測定法を用いた塩化砒素の障害性評価. 井上葉子(予防医学系),岡田充史(衛),杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),小松裕美,苅部ひとみ,新津谷真人,相沢好治(衛),岡安勲(病理), 沼田賀子(形態系),Young-Chae Cho(大韓民国忠南大),小谷誠(東京電気大): 第9回ヒ素シンポジウム (1999.11.21), 広島, 講演要旨集, p.90〜91, 1999.

422. [研究会(全国)] (一般講演) 細胞磁界測定法を用いた砒化ガリウムの障害性評価. 岡田充史(衛),井上葉子,杉浦由美子,真下紀美代(予防医学系),小松裕美,苅部ひとみ,新津谷真人,相沢好治(衛),岡安勲(病理),沼田賀子(形態 系),Young-Chae Cho(大韓民国忠南大),小谷誠(東京電気大): 第9回ヒ素シンポジウム (1999.11.21), 広島, 講演要旨集, p.92〜93, 1999.

423. [学会主催(その他)] 第72回日本産業衛生学会・職業性呼吸器疾患研究会世話人(99.05.08),東京, 相沢好治(衛).


<<10 法医学>>

424. [原著] 経皮的心肺補助法(PCPS: Percutaneous Cario-pulmonary Support)と軽度低体温併用療法の経験. 今井寛(法医),林宗博,青山直善,相馬一亥,大和田隆(救命): 臨床体温, 17(1): 44〜48, 1999.

425. [準原著] 身元確認を目的とした親子鑑定例. 中村茂基,永井智紀,松井秀和,杉江秀明,古川理孝,栗原克由(法医): DNA多型, 7: 39〜43, 1999.

426. [総説] 蘇生術と集中治療−法医学の立場から. 栗原克由,今井寛,永井智紀(法医): 救急医学, 23(13): 1878〜1882, 1999.

427. [学会(国際)] (ポスター講演) Genetic analysis of AmpFl STR profiler plus loci in Japanese. 中村茂基,永井智紀,松井秀和,杉江秀明,古川理孝,今井寛,栗原克由(法医): International Society for Forensic Haemogenetics 18th International Congress (1999.08.18), San Francisco, Abstracts, p.15, 1999.

428. [学会(国際)] (ポスター講演) Forensic application of the AmpFl STR profiler plus STR multiplex system using ABI 310 genetic analyzer. 中村茂基,永井智紀,松井秀和,杉江秀明,古川理孝,栗原克由(法医): International Association of Forensic Sciences 15th Triennial Meeting (1999.08.27), Los Angeles, California, Proceedings, p.18, 1999.

429. [学会(国際)] (ポスター講演) Detection of nicotine in dental calculus of a smoke victim by GC-MS. 杉江秀明,永井智紀,松井秀和,田渕未里,古川理孝,中村茂基(法医),西川隆(臨病理),栗原克由(法医): International Association of Forensic Sciences 15th Triennial Meeting (1999.08.27), Los Angeles, Proceedings, p.266〜267, 1999.

430. [学会(国際)] (ポスター講演) Quantitative analysis of the brain stem and cerebellum in sudden infant death syndrome using an image analysis system. 古川理孝,永井智紀,松井秀和,田渕未里,杉江秀明,中村茂基,今井寛,栗原克由(法医): 4th International Symposium Advances in Legal Medicine (1999.09.24), Mainz, ドイツ, Rechtsmedizin, 9(Suppl.): 36, 1999.

431. [学会(国際)] (ポスター講演) Sociomedical discussion of double suicides by married couples in Japan. 松井秀和(法医),堤邦彦(精),永井智紀,田渕未里,今井寛,中村茂基,杉江秀明,古川理孝,栗原克由(法医): 4th International Symposium Advances in Legal Medicine (1999.09.23), Mainz, ドイツ, Rechtsmedizin, 9(Suppl.): 46, 1999.

432. [学会(国際)] (ポスター講演) Mutilated bodies of two victims of bizarre murders. 永井智紀,松井秀和,網干博文,田渕未里,今井寛,中村茂基,杉江秀明,古川理孝(法医),小室歳信(日大),栗原克由(法医): 4th International Symposium Advances in Legal Medicine (1999.09.23), ドイツ, Rechtsmedizin, 9(Suppl.): 48, 1999.

433. [学会(全国)] (シンポジウム等) Ventilator-induced lung injury (VILI)の予防; NO吸入療法の臨床的検討. 今井寛(法医),林宗博,熊谷謙,新井正康,片岡祐一,青木則明,青山直善,相馬一亥,大和田隆(救命): 第27回日本救急医学会総会 (1999.11.10), 東京, 日本救急医学会雑誌, 10(9): 500, 1999.

434. [学会(全国)] (一般講演) 母子・同胞鑑定により身元確認されたバラバラ死体. 中村茂基,松井秀和,永井智紀,田渕未里,杉江秀明,古川理孝,今井寛(法医),網干博文(日大),栗原克由(法医): 第83次日本法医学会総会 (1999.04.15), 広島, 日本法医学雑誌, 53(1): 59, 1999.

435. [学会(全国)] (一般講演) 下大静脈フィルター留置7年後の肺動脈塞栓症による突然死の1例. 今井寛,永井智紀(法医),林宗博(救命),松井秀和(法医),松山小太郎(救命),古川理孝(法医),相馬一亥(救命),栗原克由(法医),大和田隆 (救命): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20〜21), 福岡.

436. [学会(全国)] (一般講演) 外傷性気道損傷に対する手術症例の検討. 今井寛(法医),林宗博,相馬一亥,大和田隆(救命),品田純,吉村博邦(胸外): 第22回日本気管支学会総会 (1999.05.28〜29), 福岡.

437. [学会(全国)] (ポスター講演) トイレブラシの殿部刺入により失血死した1剖検例. 永井智紀,古川理孝,松井秀和,田渕未里,中村茂基,杉江秀明,小林英樹,中丸尚美,栗原文男,今井寛,栗原克由(法医): 第83次日本法医学会総会 (1999.04.15), 広島, 日本法医学雑誌, 53(1): 149, 1999.

438. [学会(全国)] (ポスター講演) 特異なバラバラ死体の1剖検例. 古川理孝,松井秀和,永井智紀,田渕未里,杉江秀明,中村茂基,今井寛(法医),網干博文,小室歳信(日大),栗原克由(法医): 第83次日本法医学会総会 (1999.04.16), 広島, 日本法医学雑誌, 53(1): 150, 1999.

439. [学会(全国)] (ポスター講演) X染色体上のSTR多型解析. 中村茂基,永井智紀,松井秀和,田渕未里(法医),中村美穂(日大),杉江秀明,古川理孝,栗原克由(法医): 第8回日本DNA多型学会学術集会 (1999.12.03), 千葉, 抄録集, p.81, 1999.

440. [学会(地方)] (一般講演) 特異な頚部圧迫による事故死2例. 田渕未里,古川理孝,松井秀和,永井智紀,杉江秀明,中村茂基,今井寛,栗原文男,小林英樹(法医),中村美穂,小室歳信(日大),栗原克由(法医): 第68回日本法医学会関東地方会 (1999.10.23), 千葉.

441. [学会(地方)] (一般講演) 小児虐待が疑われた著明な脳腫脹を伴う1剖検例. 永井智紀,古川理孝(法医),小片守(慶大),松井秀和,田渕未里,杉江秀明,中村茂基,栗原文男,今井寛(法医),中村美穂,小室歳信(日大),栗原克 由(法医): 第49回日本法医学会九州地方会 (1999.10.21), 大分, 日本法医学雑誌, 53(3): 372, 1999.

442. [学会(地方)] (一般講演) 異状死体と剖検システム(5)胸部大動脈瘤破裂が疑われた外傷性横隔膜ヘルニアの1剖検例. 永井智紀,古川理孝,松井秀和,田渕未里,杉江秀明,中村茂基(法医),中丸尚美,栗原文男,今井寛(法医),中村美穂,小室歳信(日大),栗原克由(法 医): 第86回東北談話会例会 (1999.11.05), 盛岡, 要旨集, p.11, 1999.

443. [学会(地方)] (ポスター講演) 頭部に特異な弁状創を伴った1剖検例. 永井智紀,古川理孝,松井秀和,田渕未里,杉江秀明,中村茂基,今井寛,栗原文男,小林英樹(法医),中村美穂,小室歳信(日大),栗原克由(法医): 第68回日本法医学会関東地方会 (1999.10.23), 千葉, 要旨集, p.28, 1999.


<<11 寄生虫学>>

444. [原著] Biochemical characterization of casein kinase-1-like actin kinase responsible for the actin-induced suppression of casein kinase-11 activity. 狩野淳,岡野麻衣子,羽富雅仁(医療衛生),中村健A(寄),大槻健蔵(医療衛生): Biochim. Biophys. Acta, 1472: 603〜616, 1999.

445. [原著] Mucosal mast cell responses are not required for protection against infection with the murine nematode parasite Trichuris muris. 小山浩一,伊藤洋一(寄): Parasite Immunol., 22(1): 13〜20, 2000.

446. [原著] Neurocysticercosis case with a single cyst in the brain showing dramatic drop in specific antibody titers within 1 year after curative surgical resection. Oto, A.,Nakao, M.(旭川医大),伊藤洋一(寄),湯沢泉,森嶋啓之,川野信之,藤井清孝(脳外): Parasite International., 48: 95〜99, 1999.

447. [研究報告(文部省)] 熱帯地域で使用される伝統薬の抗糸状虫作用. 青木克己,藤巻康教(長崎大),寺田護(浜松医大),牧純(寄),木村英作(愛知医大): 長崎大熱帯医学研究所共同研究報告集, p.35〜40, 1998.

448. [学会(全国)] (ポスター講演) 抗寄生虫作用の期待される中米グァテマラの伝承薬用植物群. 牧純,伊藤洋一(寄),児嶋脩(薬学),桑田正広(生化),坂上宏(明海大),カセレス, A.(サンカルロス大),多田功(九大): 日本薬学会第120年会 (2000.03.29), 岐阜.

449. [学会(地方)] (一般講演) マンソン裂頭条虫プレロセルコイド蛋白分解酵素の糖鎖構造(1) レクチンによる粗抽出酵素の糖鎖決定. 孫秀琴(ハルビン医大),中村健A(寄),石原和彦(医療衛生),伊藤洋一(寄): 第59回日本寄生虫学会東日本大会 (1999.10.16), 甲府, 抄録集, p.53, 1999.


<<12 実験動物学>>

450. [原著] 家兎を用いた心筋虚血・梗塞モデルのためのビーズ閉塞・再潅流法について. 諸星康雄(実動),中山茂信(実動系),金井孝夫(東女医大),池田忠生(日大),池田憲昭,宮原英夫(医療衛生): 動物の循環器, 32(2): 42〜48, 1999.

451. [準原著(英文)] Biochemical study on defficient thyroglobulin from the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 大石正道,前田忠計,古舘専一(実動): J. Endocrinol. Invest., 22(6): 41, 1999.

452. [準原著(英文)] Abnormal thyroglobulin in the rdw rat thyroid gland with hereditary hypothyroidism. 大石正道,前田忠計(理学部),古舘専一(実動): Proc. Jpn. Soc. Comp. Endocrinol., 14: 40, 1999.

453. [準原著(英文)] Biochemical study of pancreatic proteins in the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 佐藤守,大石正道,前田忠計(理学部),石黒博樹(協和発酵),古舘専一(実動): Proc. Jpn. Soc. Comp. Endocrinol., 14: 42, 1999.

454. [準原著(英文)] Morphogical disorder of the thyroid gland in the rdw rats with hereditary hypothyroidism. 酒井康弘(解),柳英使,古舘専一(実動): Proc. Jpn. Soc. Comp. Endocrinol., 14: 41, 1999.

455. [学会(国際)] (シンポジウム等) Accumulation of ER resident molecular chaperones in the thyroid gland from the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 大石正道(理学部),大森彬(三菱生命研),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology (1999.04.13), コロラド, Abstract, p.49, 1999.

456. [学会(国際)] (シンポジウム等) Endocrine disrupting mechanism of the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 佐藤守,大石正道,前田忠計(理学部),石黒博樹(協和発酵),古舘専一(実動): 第7回分子甲状腺学シンポジウム (2000.03.25), 浜松, Abstract, p.38, 2000.

457. [学会(国際)] (シンポジウム等) Accumulation of ER molecular chaperone proteins with defficient thyroglobulin in thyroid gland of the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 大石正道(理学部),大森彬(三菱生命研),前田忠計(理学部),古舘専一(実動): 第7回分子甲状腺学シンポジウム (2000.03.25), 浜松, Abstract, p.39, 2000.

458. [学会(国際)] (ポスター講演) A guide-controlled bead method for coronary occlusion and reperfusion for the study of myocardial ischemia in the rabbit. 諸星康雄(実動),中山茂信(実動系),奈良佳洋(生物物理系),池田憲昭,宮原英夫(医療情報): 24th Annual ISCE Conference (International Society for Computerized Electrocarodiology) (1999.04.20〜25), 奈良, J. Electrocardiol., 32(Suppl.): 151, 1999.

459. [学会(国際)] (ポスター講演) Biochemical study on defficient thyroglobulin from the rdw rat with hereditary hypothyroidism 大石正道,前田忠計(理学部),古舘専一(実動): 第26回ヨーロッパ甲状腺学会 (2000.00.00), ミラノ, J. Endocrinol. Invest., 22(6).

460. [学会(全国)] (一般講演) 侏儒症ラット原因遺伝子座rdwのラット第7番染色体へのマッピング−thyroglobulin遺伝子変異の可能性−. 丁銘,安田真理,宮本智美,鄭且均,成際明(名大),古舘専一(実動),安居院高志(名大): 第127回日本獣医学会 (1999.04.03), 相模原, 講演要旨集, p.80, 1999.

461. [学会(全国)] (一般講演) 原発性の甲状腺機能低下症ラットrdwの心電図について. 丸山茂善(実動系),増田卓,土屋直隆,佐藤清貴(内),古舘専一(実動): 第46回日本実験動物学会総会 (1999.05.20〜22), 市川, プログラム, p.12, 1999.

462. [学会(全国)] (一般講演) 原発性の甲状腺機能低下症ラットrdwの心電図について. 丸山茂善(実動系),増田卓,土屋直隆,佐藤清貴(内),古舘専一(実動): 第46回日本実験動物学会 (1999.05.20), 市川, 講演要旨集, p.80, 1999.

463. [学会(全国)] (一般講演) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdw膵臓の蛋白質解析. 佐藤守,大石正道,前田忠計(理学部),石黒博樹(協和発酵),古舘専一(実動): 第24回日本比較内分泌学会 (1999.07.22), 名古屋, 講演要旨集, p.36, 1999.

464. [学会(全国)] (一般講演) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdwにおけるチログロブリンの異常. 大石正道,前田忠計(理学部),古舘専一(実動): 第24回日本比較内分泌学会 (1999.07.22), 名古屋, 講演要旨集, p.36, 1999.

465. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学医学部における購入ウサギの側彎症発症率について(1997から1999年). 諸星康雄(実動),中山茂信(実動系),安達公,蛯原有男,笠井謙和(整外),平本嘉助(医療衛生),金井孝夫(東女医大),池田忠生(日大): 第33回日本側彎症学会 (1999.11.21), 東京, 抄録集, p.46, 1999.

466. [学会(全国)] (ポスター講演) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdwにおけるチログロブリンの生化学的解析. 大石正道,前田忠計(理学部),古舘専一(実動): 第37回日本生物物理学会年会 (1999.10.04), 和光, 生物物理, 39(1): 109, 1999.

467. [学会(全国)] (ポスター講演) 非開胸的ビーズ閉塞・再潅流法の新たに開発した右冠動脈用ビーズについて. 諸星康雄(実動),中山茂信(実動系),池田忠生(日大),池田憲昭,宮原英夫(医療衛生): 第128回日本獣医学会 (1999.10.14), 熊本, 要旨集, p.228, 1999.

468. [学会(全国)] (ポスター講演) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdwの肝ミクロソームP450薬物代謝活性. 古舘専一,高橋晃,柳英侠(実動),国分秀也,木村利美(薬剤部),菅野幸子(看護): 第128回日本獣医学会 (1999.10.14), 熊本, 要旨集, p.228, 1999.

469. [学会(全国)] (ポスター講演) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdwにおける内分泌撹乱機構の解析−ダイオキシンによる甲状腺機能不全の自然発症モデル動物として−. 大石正道,佐藤守,前田忠計(理学部),大森彬(三菱生命研),石黒博樹(協和発酵),古舘専一(実動): 第2回日本内分泌撹乱化学物質学会 (1999.12.10), 神戸, 要旨集, p.131, 1999.

470. [学会(地方)] (一般講演) 実験動物の長期飼育に伴う異常について. 諸星康雄(実動),光岡伸昌,鰐川浩司(実動系),柳英侠(中国ハルビン医大): 日本実験動物技術者協会関東支部第25回懇話会 (2000.02.26), 東京, 抄録集, p.20, 2000.


<<1401 ?? >>

471. [原著] Analysis and a long-term follow up of ketosis-onset Japanese NIDDM patients. 田中啓司A,守屋達美,金森晃,矢島義忠(内): Diabetes Res. Clin. Pract., 44: 137〜146, 1999.

472. [原著] Advantages of Japanese response criteria for estimating the survival of patients with primary gastric cancer. 小泉和三郎(内),栗原稔(昭和大),田辺聡,近藤一英,山崎いづみ,野中美和(内),Shimamura, Y.(東大),西元寺克礼(内): Gastric Cancer, 2: 14〜19, 1999.

473. [原著] Usefulness of endoscopic aspiration mucosectomy as compared with strip biopsy for the treatment of gastric mucosal cancer. 田辺聡,小泉和三郎,国東幹夫,今泉弘,石井圭太,木田光広,横山靖,大井田正人,西元寺克礼(内),嶋尾仁(外),三富弘之(病理): Gastrointest. Endosc., 50: 819〜822, 1999.

474. [原著] The management of bleeding peptic ulcer in the elderly with heater probe thermocoagulation. 田辺聡,小泉和三郎,今泉弘,木田芳樹,木田光広,横山靖,安海義曜,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),比企能樹(外): Hepato-Gastroenterology, 46: 3004〜3007, 1999.

475. [原著] Pilot study of combined treatment with continuous infusion of 5-fluorouracil, mitomycin C, and Cisplatin (FMP) in patients with inoperable advanced gastric cancer. 小泉和三郎,田辺聡(内),栗原稔(昭和大),近藤一英,山崎いづみ,西元寺克礼(内): Oncology Reports, 6: 643〜646, 1999.

476. [原著] Prediction of response to 5'-deoxy-5-fluorouridine (5'-DFUR) in patients with inoperable advanced gastric cancer by immunostaining of thymidine phosphorylase/platelet-derived endotherial cell growth. 小泉和三郎,西元寺克礼(内),中丸尚美(形態系),岡安勲(病理),栗原稔(昭和大): Oncology, 56: 215〜222, 1999.

477. [原著] 大腸腫瘍(腺腫, m癌)の内視鏡的切除後のサーベイランスおよび局所再発病変の診断と治療. 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,高橋裕之,横山薫,西元寺克礼(内): 胃と腸, 34(5): 645〜652, 1999.

478. [原著] 潰瘍の有無からみた早期胃癌のEUS診断. 木田光広,国東幹夫,渡辺摩也,近藤一英,木田芳樹,今泉弘,田辺聡,山田至人,坂口哲章,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 胃と腸, 34(9): 1095〜1103, 1999.

479. [原著] 早期胃癌診断の基本−Uc型早期胃癌の内視鏡像−. 西元寺克礼,大井田正人,小泉和三郎,田辺聡,今泉弘,三橋利温,上杉秀永(内): 胃と腸, 35(1): 25〜36, 2000.

480. [原著] Dose Intensityの異なる二つの5'-deoxy-5-fluorouridine+Cisplatin併用療法−Relative Performanceの点からの検討−. 小泉和三郎,田辺聡,越田容子,曹一成,谷川一志,国東幹夫,渡辺摩也,西元寺克礼(内),栗原稔(昭和大): 癌と化学療法, 26(10): 1425〜1429, 1999.

481. [原著] 内視鏡下超音波穿刺. 木田光広(内),掛村忠義(東邦大): 消化器内視鏡の進歩, 54: 35〜36, 1999.

482. [原著] 施設検診発見膵癌の実態とその予後に関する検討. 増田英明,今村清子(横浜市民病院),酒井辰彦,四宮由美子,小松弘一,西山和男,土橋健(内),佐島敬清(横浜市民病院): 日本消化器集団検診学会雑誌, 37(3): 293〜299, 1999.

483. [原著] 大腸内視鏡による経肛門的減圧チューブ挿入術の有用性についての検討. 吉沢繁,小林清典,勝又伴栄,若林健司,横山薫,高橋裕之,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 日本大腸検査学会雑誌, 16: 70〜74, 1999.

484. [原著] 潜在性貧血の早期発見−貧血問診票の検討−. 小泉和三郎,西元寺克礼(内): 薬理と治療, 27(12): 1849〜1855, 1999.

485. [原著] TU-199の臨床第1相試験−単回投与および反復投与時の安全性, 薬理作用および薬物動態の検討. 西元寺克礼,杉本政直,大井田正人(内),金原美穂子,石綿智恵,斉藤直子,諸留和雄,佐藤芳隆(東京田辺製薬): 薬理と治療, 27(Suppl.5): 1177〜1200, 1999.

486. [準原著] 内視鏡的ポリープ切除とその経過. 五十嵐正広,小林清典,勝又伴栄(内): Geriatric Medicine, 37(5): 705〜709, 1999.

487. [準原著] 潰瘍性大腸炎におけるα1-antitrypsin蛋白漏出試験の臨床的意義. 横山薫,勝又伴栄,吉沢繁,若林健司,高橋裕之,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内): JJPEN, 21(12): 843〜846, 1999.

488. [準原著] 硬度可変式大腸スコープ(CF-Q240AI)の使用経験. 五十嵐正広,小林清典,横山薫,佐田美和,勝又伴栄(内): 消化器内視鏡, 11(10): 1459〜1463, 1999.

489. [準原著] 胃癌EMR後の遺残・再発に対する追加治療−内視鏡治療と外科的治療−. 田辺聡(内),嶋尾仁(外),国東幹夫,山崎いづみ,渡辺摩也,木田芳樹,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),三富弘之(病 理): 消化器内視鏡, 11(5): 723〜729, 1999.

490. [準原著] クローン病と皮膚病変. 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,横山薫,佐田美和(内): 臨床消化器内科, 14(13): 1714〜1747, 1999.

491. [症例報告] 17歳女性の胃底腺領域に発生したポリープ癌の1例. 石井圭太(内),松本豊,新井伸康,三重野寛喜(外),田辺聡,三橋利温,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): Gastroenterol. Endosc., 41(6): 1187〜1192, 1999.

492. [症例報告] 腸重積の1例. 五十嵐正広,佐田美和,吉沢繁,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内): Nikkei Medical, (11): 93〜94, 1999.

493. [症例報告] 在宅経腸栄養療法が長期の緩解維持に有用であったCrohn病の2例. 小林清典,勝又伴栄,横山薫,佐田美和,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 胃と腸, 34(10): 1293〜1299, 1999.

494. [症例報告] 管腔外発育病態を示した胃Gastrointestinal Stromal Tumorの2例. 増田英明,今村清子(横浜市民病院),酒井辰彦,四宮由美子,佐島敬清,小松弘一,土橋健,堂森興一郎(内),中村宣生,柏木昭人: 消化器内視鏡の進歩, 54: 108〜109, 1999.

495. [症例報告] 自己免疫性胆管炎の1例. 渡辺真彰,渋谷明隆(内): 診療と新薬, 37(1): 37〜38, 2000.

496. [症例報告] 前立腺膿瘍および前立腺直腸瘻を形成しさらに化膿性脊椎炎を合併したインスリン非依存型糖尿病の1例. 田中啓司A,金森晃,矢島義忠(内): 糖尿病, 42(4): 305〜310, 1999.

497. [症例報告] 温湿布薬の貼付により糖尿病性足壊疽を発症した2型糖尿病の1例. 金森晃,土信田文隆(内),町田充(薬剤),高田哲秀,中嶋真一,神康之,守屋達美,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 糖尿病, 43(2): 147〜150, 2000.

498. [症例報告] Oligopeptide製剤による経腸栄養療法が著効したceliac sprueと考えられる1例. 村上幸太郎,勝又伴栄,横山薫,佐田美和,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内),三富弘之(病理),前川公男(東芝林間): 日本消化吸収学会雑誌, 22(2): 129〜133, 1999.

499. [症例報告] Lung adenocarcinoma associated with eosinophilia. 三輪亘,外山久太郎,鎌田一寿,進士栄子,酒井太郎,奥村俊明(内),本間二郎,野登誠(平塚共済病院): 北里医学, 29(6): 373〜378, 1999.

500. [症例報告] Hassab手術後に肝内門脈血流の改善が示唆された肝外門脈閉塞を有する特発性門脈圧亢進症の1例. 馬場秀文,板野理(立川病院),高尾正彦,伊藤均(内),杉浦功一(日野市立総合病院),石井勝己(放): 臨床外科, 50(9): 1239〜1243, 1999.

501. [臨床治験] 大腸内視鏡検査前処置における検査食(エニマクリンR CS)の有用性の検討−腸管洗浄液服用量と洗浄効果−. 五十嵐正広,勝又伴栄,横山薫,佐田美和,小林清典,西元寺克礼(内): 新薬と臨床, 48(12): 1646〜1652, 1999.

502. [臨床治験] 大腸早期癌に対する内視鏡的ポリペクトミー. 勝又伴栄,五十嵐正広,小林清典,佐田美和,横山薫,西元寺克礼(内): 日本外科学会雑誌, 100(12): 782〜786, 1999.

503. [総説] 胃静脈瘤治療は血行動態次第. 国分茂博,村上匡人(内): Lisa, 6(9): 928〜931, 1999.

504. [総説] 下痢の診断ストラテジー; 誰に, いつ, どのような検査をすべきか. 勝又伴栄(内): Medicina, 36(9): 1428〜1433, 1999.

505. [総説] 胃癌化学療法の評価方法−局所効果・薬物有害反応・延命効果−. 栗原稔(昭和大),小泉和三郎(内),佐藤温(昭和大): 癌の臨床, 45(7): 751〜758, 1999.

506. [総説] 急性胃粘膜病変(急性胃炎, 急性胃潰瘍). 田辺聡(内): 今日の治療指針, p.394〜395, 1999.

507. [総説] IBSの確定診断へ向けて. 五十嵐正広,佐田美和,横山薫,小林清典,勝又伴栄(内): 消化器の臨床, 3(1): 40〜43, 2000.

508. [総説] EPBDの有用性と限界. 木田光広,国東幹夫,菊地秀彦,萬屋基,竹沢三代子,荒木正雄,山崎好喜,白須恭子,渡辺摩也,木田芳樹,今泉弘,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 11(12): 1623〜1629, 1999.

509. [総説] エルシニア腸炎. 小林清典,勝又伴栄,吉沢繁,若林健司,横山薫,高橋裕之,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 11(3): 453〜456, 1999.

510. [総説] 門脈圧亢進症と肝表面の脈管構築. 渋谷明隆,中沢貴秀,竹沢三代子,村上秩,萬屋基,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 11(4): 569〜574, 1999.

511. [総説] Crohn病の画像診断のコツ. 勝又伴栄,小林清典,五十嵐正広(内): 消化器内視鏡, 11(7): 997〜1004, 1999.

512. [総説] 大腸出血へのアプローチ. 勝又伴栄,五十嵐正広,小林清典,横山薫,佐田美和,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 11(9): 1233〜1240, 1999.

513. [総説] 放射線大腸炎の内視鏡分類. 五十嵐正広,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 12(1): 86〜87, 2000.

514. [総説] S状結腸・横行結腸過長症に対する大腸内視鏡挿入法. 五十嵐正広(内): 消化器内視鏡, 12(2): 159〜166, 2000.

515. [総説] 大腸内視鏡時の偶発症予防法. 勝又伴栄(内): 消化器内視鏡, 12(2): 208〜209, 2000.

516. [総説] 超音波内視鏡下穿刺法の適応と禁忌. 木田光広,渡辺摩也,菊地秀彦,竹沢三代子,荒木正雄,白須恭子,山崎好喜,鹿間伸明,国東幹夫,近藤一英,木田芳樹,今泉弘,小林清典,田辺聡,山田至 人,坂口哲章,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 消化器内視鏡, 12(3): 256〜262, 2000.

517. [総説] 孤立性胃静脈瘤−BRTO−. 村上匡人(村上記念病院),国分茂博(内),磯部義憲(放),日高央,高田雅博,西元寺克礼(内): 診断と治療, 87(7): 1118〜1121, 1999.

518. [総説] 2型糖尿病の糖尿病性腎症の診断. 守屋達美(内): 診断と治療, 88(2): 192〜199, 2000.

519. [総説] フットケア外来. 金森晃(内): 診断と治療, 88(2): 291〜294, 2000.

520. [総説] 大腸内視鏡検査法−肝彎曲部−困難例の対策も含めて. 五十嵐正広(内): 早期大腸癌, 3(2): 203〜208, 1999.

521. [総説] トログリタゾンによる重症肝障害の臨床的特徴. 渋谷明隆,渡辺真彰(内): 糖尿病, 42(4): 259〜262, 1999.

522. [総説] 大腸の出血性病変に対する内視鏡的止血法. 小林清典,勝又伴栄,五十嵐正広,横山薫,佐田美和,西元寺克礼(内): 日本大腸肛門病学会雑誌, 52(10): 1059〜1064, 1999.

523. [総説] 5'-ヌクレオチダーゼ. 竹内敦子(生化系),渋谷明隆(内): 日本臨床, 57(増刊): 483〜485, 1999.

524. [学術書] (分担執筆) 肝・膵疾患のIVR治療; バルーン閉鎖下逆行性経静脈的塞栓術, p.88〜105, 国分茂博(内),磯部義憲(放). 編集 税所宏光,江原正明(千葉大), メディカルビュー社, 東京, 99.06.10発行.

525. [学術書(英文)] (分担執筆) 3rd International Gastric Cancer Congress; Advantage of Japanese response criteria estimating the survival of patients with primary gastric cancer, p.733〜736, 小泉和三郎(内),栗原稔(昭和大),田辺聡,近藤一英,山崎いづみ,中野美和,Shimamura, Y.,西元寺克礼(内). 編集 Jin-Pok Kim, Hon FACS, Monduzzi Editore, Italy, 99.04.00発行.

526. [学術書] (分担執筆) 症例に学ぶ糖尿病合併症(専門医のみるポイント46); 糖尿病性腎症にて透析療法が開始された1症例(ケース14), p.1〜6, 田中啓司A,矢島義忠(内). 編集 河盛隆造(順大),神田勤(大阪府立大),柏木厚典(滋賀医大),渥美義仁(済生会中央病院),門脇孝(東大), メジカルビュー社, 東京, 99.04.10発行.

527. [学術書] (分担執筆) 大腸sm癌−内視鏡診断と治療−; 内視鏡治療の効果判定と局所再発, p.146〜156, 五十嵐正広(内). 編集 武藤徹一郎,多田正大, 日本メディカルセンター, 東京, 99.05.10発行.

528. [学術書] (分担執筆) 肝硬変の成因別実態1998; 肝硬変症の成因別実態, p.185〜189, 斉藤俊司,渋谷明隆,中沢貴秀,国分茂博,西元寺克礼(内). 編集 小林健一(金沢大),清澤研道(信州大),岡上武(京都府立医大), 中外医学社, 東京, 99.07.01発行.

529. [学術書] (分担執筆) 肝硬変の成因別実態1998; 当院における肝硬変の成因および予後に関する検討, p.181〜184, 土橋健,小松弘一,酒井辰彦(内). 編集 小林健一(金沢大),清澤研道(信州大),岡上武(京都府立医大), 中外医学社, 東京, 99.07.01発行.

530. [学術書] (分担執筆) これからの肝疾患診療マニュアル; 腹腔鏡, p.102〜105, 肝組織診断−びまん性肝疾患, p.106〜114, 薬剤性肝障害, p.219〜224, 渋谷明隆(内). 編集 柴田実(昭和大),関山和彦(横浜新緑病院), 医学書院, 東京, 99.07.01発行.

531. [学術書] (分担執筆) 大腸内視鏡検査ハンドブック; 検査のコツと留意点, p.97〜103, 五十嵐正広(内). 編集 丹羽寛文(帝京大), 日本メディカルセンター, 東京, 99.11.01発行.

532. [学術書] (分担執筆) 大腸内視鏡検査ハンドブック; 出血時の緊急内視鏡検査, p.117〜120, 五十嵐正広,小林清典,勝又伴栄(内). 編集 丹羽寛文(帝京大), 日本メディカルセンター, 東京, 99.11.01発行.

533. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡治療ハンドブック; 早期大腸癌, ポリープの内視鏡治療効果判定とサーベイランス, p.173〜179, 五十嵐正広,小林清典,勝又伴栄(内). 編集 多田正大(京都がん協会),幕内博康(東海大), 中外医学社, 東京, 99.12.05発行.

534. [学術書] (分担執筆) Ultrasound Diagnosis of Digestive Diseases; Three dimensional endoscopic ultrasonography, p.467〜469, Endoscopic ultrasonography diagnosis on gastric cancer, p.470〜474, 木田光広(内). 編集 Chan Sup Shim, Ryo Moon Gak, Seoul, 00.03.15発行.

535. [学術書] (分担執筆) 消化器セミナー78; 大腸ポリープの内視鏡治療とサーベイランス, p.247〜255, 五十嵐正広,勝又伴栄(内). 編集 鈴木博昭, へるす出版, 東京, 00.03.20発行.

536. [学術書] (編集) 今日の治療指針2000. 編集 多賀須幸男(多賀須消化器内科),尾形悦郎(癌研),西元寺克礼(内),他, 医学書院, 00.01.15発行.

537. [教科書] (分担執筆) 胃癌取扱い規約(第13版); 薬物放射線治療, p.18〜21, 久保田哲朗,栗原稔,小泉和三郎(内),佐々木常雄,松江寛人,吉田茂昭. 編集 日本胃癌学会, 金原出版, 東京, 99.06.10発行.

538. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス1; 消化管疾患の症候と病態生理, p.8〜13, 消化性潰瘍, p.41〜45, 西元寺克礼(内). 編集 西元寺克礼(北里大),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

539. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス1; 食道疾患, p.26〜38, 三橋利温(内). 編集 西元寺克礼(北里大),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

540. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス1; 慢性炎症性腸疾患, p.61〜65, 勝又伴栄(内). 編集 西元寺克礼(北里大),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

541. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス1; 膵嚢胞性疾患, 膵癌, 膵内分泌系腫瘍, p.172〜179, 胆道癌, p.158〜167, 木田光広(内). 編集 西元寺克礼(北里大),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

542. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス1; 胃癌, p.45〜48, 胃肉腫, p.48〜50, 胃粘膜下腫瘍, p.50〜51, 胃ポリープ, p.51, 小泉和三郎(内). 編集 西元寺克礼(北里大),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

543. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス1; 腸閉塞(イレウス), p.79〜81, S状結腸捻転症, p.81, 腸重積, p.81, 肛門疾患, p.81〜83, 山田至人(内). 編集 西元寺克礼(北里大),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

544. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス1; 3. 肝疾患-I.肝悪性腫瘍, J.肝良性腫瘍, K.肝膿瘍, L.寄生虫症, T: 129〜138, 4. 胆道疾患 A.胆石症, B.胆道炎, T: 152〜158, 国分茂博(内). 編集 西元寺克礼(北里大),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

545. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス4−内分泌・代謝, 腎・尿路系; 内分泌疾患総論, 代謝栄養疾患各論, 4: 8〜12, 118〜131, 138〜141, 阿部好文(東海大),金森晃(内),金重秀明(本厚木メディカルクリニック). 編集 阿部好文(東海大),大和田滋(聖マリ医大), 朝倉書店, 東京, 99.09.01発行.

546. [教科書] (分担執筆) リハビリテーション医学全書7−運動療法, 第3版; 第20章 糖尿病の運動療法, p.509〜533, 藤田芳邦(内). 編集 大井淑雄,博田節夫, 医歯薬出版, 99.12.10発行.

547. [教科書] (編集) 内科学エッセンス1−消化器系, 肝・胆・膵, 神経系−. 編集 西元寺克礼(内),山本絋子(藤田保健衛生大), 朝倉書店, 東京, 99.07.10発行.

548. [その他の著書] (分担執筆) 癌治療におけるQOL評価と現状; 当科における癌治療とQOL, p.24, 小泉和三郎(内). 編集 漆崎一朗(札幌医大),栗原稔(昭和大),曽根三郎(徳島大),相羽恵介(癌研),下妻晃二郎(川崎医大), メディカルレビュー, 大阪, 00.03.01発行.

549. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 消化器内視鏡ガイドライン; 消化器内視鏡洗浄消毒法ガイドライン, p.27〜39, 大井田正人(内),榊信廣(都立駒込病院). 編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 医学書院, 東京, 99.05.31発行.

550. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 医療禁忌マニュアル; 今泉弘(内). 編集 富野康日己, 医歯薬出版, 東京, 99.11.30発行.

551. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) がんを治す内視鏡の名医大事典; 電子内視鏡での微小胃がんの発見を目指して, p.166, 大井田正人(内). 編集 和田勉, 二見書房, 00.02.25発行.

552. [視聴覚教材] (共著) 糖尿病の足病変−外来処置の実際とチームアプローチ(ビデオ); 松岡健平,渥美義仁,細川和広,菊池徹子(都済生会中央),斎藤宣彦(聖マリ医大),新城孝道(東女医大),金森晃(内),松島雅人(慈医大). 編集 渥美義仁,松岡健平(都済生会中央), 00.02.29発行.

553. [学会(国際)] (シンポジウム等) Advantage of Japanese response criteria estimating the survival of patients with primary gastric cancer. 小泉和三郎(内),栗原稔(昭和大),田辺聡,西元寺克礼(内): 4th Asian Society of Clinical Oncology (ACOS) (1999.08.05), バリ.

554. [学会(国際)] (シンポジウム等) Three dimensional endoscopic ultrasonography for diagnosing the depth of gastric cancer. 木田光広,渡辺摩也,白須恭子,国東幹夫,近藤一英,山田至人,坂口哲章,西元寺克礼(内): 7th United European Gastroenterology Week (1999.11.17), Roma, Endoscopy, 31(Suppl.): 23, 1999.

555. [学会(国際)] (一般講演) Advantage of Japanese response criteria estimating the survival of patients with primary gastric cancer. 小泉和三郎(内),栗原稔(昭和大),田辺聡,近藤一英,山崎いづみ,野中美和,Shimamura, Y.,西元寺克礼(内): 国際胃癌会議 (1999.04.27), ソウル.

556. [学会(国際)] (一般講演) Is high expression of thymidylate synthetase (TS) a favorable phenotype for chemotherapy effects of oral fluoropyrimidine (SI & UFT) in gastric cancer patietns. Boku, N.,Ohtsu, A.,Shimada, Y.,Shirao, Y.,Sakata, Y.,小泉和三郎(内),Kurihara, M.,Taguchi, T.(JCOG SI Cooperative Study Group): 米国癌治療学会ASCO (1999.05.15), J. Clin. Oncol., 18(Suppl.): 245, 1999.

557. [学会(国際)] (一般講演) Granisetron vs ramosetron in the prevention of cisplatin (CDDP) based chemotherapy (CHE) induced emesis, a double blind crossover study. 小泉和三郎,田辺聡,西元寺克礼(内),野中美和,矢後和夫(薬剤): 米国癌治療学会ASCO (1999.05.15), , J. Clin. Oncol., 18(Suppl.): 599, 1999.

558. [学会(国際)] (一般講演) A phase U study of capecitabine with new dosing regimen in patients with advanced/metastatic gastric carcinoma. 小泉和三郎(内),Ujiie, S.,Taguchi, T.: ECCO (The European Cancer Conference) (1999.09.12), Eur. J. Cancer, 35(Suppl. 4): 545, 1999.

559. [学会(国際)] (一般講演) Diagnosis of the extend of superficial spreading in depressed type early gastric cancer by pharmacoendoscopy and image processing. 大井田正人,今泉弘,渡辺摩也,木田芳樹,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 5th Asia-Pacific American Gastroenterological Association Conference (1999.12.12), チェンマイ.

560. [学会(国際)] (ポスター講演) A prospective randomized study of relapse in peptic ulcers on maintenance therapy with Ecabet+Ranitidine or Ranitidine alone. 小泉和三郎,田辺聡,越田容子,今泉弘,木田光広,大井田正人,西元寺克礼(内): 米国消化器病学会DDW1999 (1999.05.18), Orlando, USA, Gastroenterology, 116(Suppl.4): 950, 1999.

561. [学会(国際)] (ポスター講演) Glomerular hypertrophy occurs by mesangial expansion at early stage of diabetic nephropathy in Japanese type 2 diabetic patients. 守屋達美,守屋利佳,矢島義忠,田中啓司A,藤田芳邦(内): 第32回米国腎臓学会 (1999.11.05), マイアミ, JASN, 10: 131, 1999.

562. [学会(国際)] (ポスター講演) Usefulness and limitation of the new-three-dimensional endoscopic ultrasonography. 渡辺摩也,木田光広,白須恭子,野口聡子,近藤一英,山田至人,西元寺克礼(内): 7th United European Gastroenterology Week (1999.11.13〜17), Roma, Endoscopy, 31(1): 49, 1999.

563. [学会(国際)] (ポスター講演) The study of gastric regenerative mucosa for evaluation of efficasy and survivals in the treatment of advanced gastric cancer. 山崎いづみ,小泉和三郎,田辺聡,近藤一英,北村匡,渡辺摩也,木田芳樹,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 7th United European Gastroenterology Week (1999.11.13〜17), Roma, Endoscopy, 31: 298, 1999.

564. [学会(国際)] (ポスター講演) BAX gene exon 3 frame shift mutation and C-ki-Ras gene codon 12 mutation in pancreas secration callected from various pancreas disease. 木田芳樹,竹沢三代子,山崎好喜,鹿間伸明,渡辺摩也,上杉秀永,木田光広,西元寺克礼(内): 7th United European Gastroenterology Week (1999.11.13〜17), Roma, GUT, 45(Suppl.5): 243, 1999.

565. [学会(国際)] (ポスター講演) Management of residue or recurrence following endoscopic mucosal resection for early gastric cancer. 田辺聡,小泉和三郎,木田光広,西元寺克礼(内),嶋尾仁(外),三富弘之(病理): The 5th Asia-Pacific American Gastroenterological Association Conference (1999.12.12), チェンマイ, Gastroenterol. Hepatol., 14: 78, 1999.

566. [学会(国際)] (ポスター講演) Basic and clinical study on measuring tumor volume with three-dimensional endoscopic ultra sonography. 渡辺摩也,木田光広,横山薫,小林清典,近藤一英,山田至人,坂口哲章,西元寺克礼(内): 12th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (2000.02.11), モナコ.

567. [学会(国際)] (ポスター講演) Clinical usefulness of endoscopic ultrasonography for determining the therapeutic methods of early colorectal cancer. 小林清典,横山薫,木田光広,勝又伴栄,佐田美和,渡辺摩也,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 12th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (2000.02.12), モナコ, Endoscopy, 32(2): 20, 2000.

568. [学会(国際)] (ポスター講演) Role of endoscopic ultrasonography for the diagnosis of ischemic colitis. 横山薫,小林清典,渡辺摩也,佐田美和,木田光広,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 12th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography(第12回超音波内視鏡国際シンポジウム) (2000.02.11), モナコ, Endoscopy, 32(2): 48, 2000.

569. [学会(国際)] (公開講座) 超音波内視鏡によるLive demonstration. 木田光広(内): 99瀋陽中日消化内視鏡及消化器病学術交流会 (1999.06.10), 中国瀋陽.

570. [学会(全国)] (シンポジウム等) 腸型Behcet病および単純性潰瘍の病態と内科的治療. 小林清典,勝又伴栄(内): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.10), 金沢, Gastroenterol. Endosc. 41(Suppl.1): 607, 1999.

571. [学会(全国)] (シンポジウム等) 2型糖尿病腎症早期の糸球体病変と機能異常. 守屋達美,矢島義忠(内): 第42回日本糖尿病学会年次学術集会 (1999.05.14), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl.): 25, 1999.

572. [学会(全国)] (シンポジウム等) EUS診断における病変描出の工夫−上部消化管−. 木田光広(内): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.11), 金沢, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.): 553, 1999.

573. [学会(全国)] (シンポジウム等) 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術後の遺残・再発の検討. 田辺聡,小泉和三郎,木田光広,大井田正人,西元寺克礼(内),嶋尾仁(外),三富弘之(病理): 第71回日本胃癌学会総会 (1999.06.25), 東京.

574. [学会(全国)] (シンポジウム等) C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法後の不完全著効例に関する検討. 土橋健,渋谷明隆(内): 第35回日本肝臓学会総会 (1999.06.25), 東京, 肝臓, 40(Suppl.1): 92, 1999.

575. [学会(全国)] (シンポジウム等) 切除不能進行胃癌に対する化学療法著効例の検討. 小泉和三郎,田辺聡,近藤一英,山崎いづみ,西元寺克礼(内),嶋尾仁,比企能樹(外),栗原稔(昭和大): 第71回日本胃癌学会総会 (1999.06.23), 東京, 予稿集, p.13, 1999.

576. [学会(全国)] (シンポジウム等) 慢性非化膿性破壊性胆管炎を伴う自己免疫性肝炎の1例−International Autoimmune Hepatitis Group診断基準の再評価. 渡辺真彰,渋谷明隆,中沢貴秀(内): 第3回日本肝臓学会大会 (1999.10.29), 広島, 肝臓, 40(Suppl.2): 109, 1999.

577. [学会(全国)] (シンポジウム等) 胆管消失症候群を示した膜性腎症合併自己免疫性肝炎の1例. 小松弘一(横浜市民病院),土橋健(内),佐島敬清: 第3回日本肝臓病学会大会 (1999.10.29), 広島, 肝臓, 40(Suppl.2): 110, 1999.

578. [学会(全国)] (シンポジウム等) 内視鏡的粘膜切除術の適応拡大に関する検討と超音波内視鏡による術前診断. 木田光広,田辺聡,西元寺克礼(内): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.28), 広島, 消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.2): 1776, 1999.

579. [学会(全国)] (シンポジウム等) 内視鏡的超音波断層法による早期大腸癌の深達度診断. 小林清典,横山薫,佐田美和,五十嵐正広,勝又伴栄(内): 第17回日本大腸検査学会総会 (1999.11.14), 千葉, 予稿集, p.33, 1999.

580. [学会(全国)] (シンポジウム等) 足底圧測定とフットケア. 金森晃(内): 第34回糖尿病学の進歩 (2000.03.03), 札幌, 要旨集, p.60, 2000.

581. [学会(全国)] (ワークショップ) 足病変の予防および再発防止における足底圧測定の意義. 金森晃,矢島義忠(内),青木主税(医療衛生): 第42回日本糖尿病学会年次学術集会 (1999.05.15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl. 1): 69, 1999.

582. [学会(全国)] (ワークショップ) 硬化剤緩徐注入法による内視鏡的効果療法の実際. 高田雅博,国分茂博,日高央,渡辺真彰,西元寺克礼(内): 第6回日本門脈圧亢進症学会総会 (1999.09.04), 宇部, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 5(2): 137, 1999.

583. [学会(全国)] (ワークショップ) 当院における新規経口抗癌剤S-1の著効例の検討. 小泉和三郎(内): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.12), 岐阜.

584. [学会(全国)] (ワークショップ) 新2波長赤外線電子内視鏡を用いた食道静脈瘤硬化療法の胃粘膜血管に及ぼす影響の検討. 高田雅博,国分茂博,大井田正人(内): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.29), 広島.

585. [学会(全国)] (ワークショップ) 新型小腸ビデオスコープ(SIF-Q240)の使用経験. 小林清典,勝又伴栄,五十嵐正広(内): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.28), 広島, Gastroenterol. Endosc., 41(Suppl.2): 1823, 1999.

586. [学会(全国)] (一般講演) Crohn病の術後経過についての臨床的検討. 横山薫,小林清典,勝又伴栄,梁広,若林健司,高橋裕之,五十嵐正広,西元寺克礼(内),井原厚,大谷剛正(外): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.22), 長崎, 日本消化器病学会雑誌, 96(Suppl.): 99, 1999.

587. [学会(全国)] (一般講演) 胆道疾患におけるMRCPの有用性−US, EUS, CT, ERCPとの比較−. 白須恭子,木田光広,竹沢三代子,山崎好喜,荒木正雄,国東幹夫,渡辺摩也,木田芳樹,今泉弘,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.10), 金沢.

588. [学会(全国)] (一般講演) 右胃静脈還流異常症をEVISにて確認しえた2例. 日高央,高田雅博,国分茂博,浅野朗,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.12), 金沢.

589. [学会(全国)] (一般講演) 消化管における三次元超音波内視鏡の有用性. 渡辺摩也,木田光広(内): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.10), 金沢, Gastroenterol. Endosc. 41(Suppl.1): 820, 1999.

590. [学会(全国)] (一般講演) 早期胃癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法(EAM)の有用性と問題点−Strip biopsy法との比較−. 渡辺真彰,田辺聡,山崎いづみ,国東幹夫,渡辺摩也,木田芳樹,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),嶋尾仁,比企能樹 (外),三富弘之(病理): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.11), 金沢, Gastroenterol. Endosc. 41(臨増): 802, 1999.

591. [学会(全国)] (一般講演) 胃腫瘍及び胃前庭部毛細血管拡張症(GAVE)に対するアルゴンプラズマ凝固法による凝固治療. 北村匡,田辺聡,山崎いづみ,国東幹夫,日高央,渡辺摩也,高田雅博,木田芳樹,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),嶋尾 仁,比企能樹(外): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.11), 金沢, Gastroenterol. Endosc. 41: 538, 1999.

592. [学会(全国)] (一般講演) 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術後の遺残・再発例の検討. 田辺聡(内),嶋尾仁(外): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.11), 金沢, Gastroenterol. Endosc., 41(Suppl. 1): 539, 1999.

593. [学会(全国)] (一般講演) CPTと臨床的背景からみた糖尿病性神経障害の神経線維別進展形式の検討. 梅沢慎一,金森晃,中嶋真一,高田哲秀,土信田文隆,守屋達美,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第42回日本糖尿病学会年次学術集会 (1999.05.13), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl. 1): 106, 1999.

594. [学会(全国)] (一般講演) 高齢者NIDDMの糸球体濾過値及び尿アルブミン排泄率について. 平井法博,青柳祥夫,神由加理,田中啓司A,田中昭太郎,神康之,金森晃,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第42回日本糖尿病学会年次学術集会 (1999.05.15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl. 1): 284, 1999.

595. [学会(全国)] (一般講演) ICUにおける重症患者のstress ulceration related bleeding(SURB)の臨床的検討. 山崎いづみ,今泉弘,北村匡,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,大井田正人,三橋利温,西元寺克礼(内),熊谷謙,平田光博,浅利靖,滝島常雅,相馬一亥, 大和田隆(救命): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.11), 金沢, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.): 791, 1999.

596. [学会(全国)] (一般講演) 内視鏡治療後サーベイランスで発見された大腸癌の検討. 佐田美和,五十嵐正広,横山薫,高橋裕之,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.11), 金沢, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.1): 773, 1999.

597. [学会(全国)] (一般講演) 2波長赤外光源を用いた新しい赤外線電子内視鏡の使用経験−特に, 胃粘膜下血管に及ぼす食道静脈瘤硬化療法の影響について−. 高田雅博,国分茂博,大井田正人,日高央,田辺聡,西元寺克礼(内): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.12), 金沢, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.1): 810, 1999.

598. [学会(全国)] (一般講演) 超音波内視鏡(EUS)による胃癌深達度診断について. 菅野聡(内),安達献,木村高徳,野村明,梁広,小嶋達也,中村陽子,渡部幸夫,阿部明郎,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,高橋俊毅(国立相模原病院),木 田光広(内),三富弘之(病理),浅尾武士: 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.12), 金沢, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41: 819, 1999.

599. [学会(全国)] (一般講演) 画像解析による胃陥凹性病変鑑別診断の試み. 中井久雄,大井田正人,山崎いづみ,渡辺摩也,今泉弘,木田芳樹,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,西元寺克礼(内): 第57回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.05.11), 金沢, 予稿集, p.777, 1999.

600. [学会(全国)] (一般講演) 進行肝癌における非手術的治療戦略−リピオドール混合エタノール局注療法vs肝動脈塞栓術−. 高田雅博,国分茂博,渋谷明隆,日高央,中沢貴秀,西元寺克礼(内),松永敬二,磯部義憲(放): 第35回日本肝癌研究会 (1999.06.10), 京都, 抄録集, p.102, 1999.

601. [学会(全国)] (一般講演) CDDP血中濃度からみた進行肝細胞癌に対する動注・門注併用化学療法の検討. 日高央,国分茂博,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内),滝川政和,松永敬二,磯部義憲(放): 第35回日本肝臓学会総会 (1999.06.24), 東京.

602. [学会(全国)] (一般講演) 2型糖尿病の糖尿病性腎症早期において糸球体肥大は存在する. 土信田文隆,守屋達美,田中啓司A,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第42回日本腎臓学会総会 (1999.06.28), 横浜, 日本腎臓学会誌, 41(3): 258, 1999.

603. [学会(全国)] (一般講演) EVISにおける右胃静脈系の検討. 日高央,高田雅博,国分茂博,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第6回日本門脈圧亢進症学会総会 (1999.09.04), 宇部.

604. [学会(全国)] (一般講演) 食道静脈瘤へのEVL後増悪した胃噴門部静脈瘤出血に対しmodified PTOが奏効したC型肝硬変の1例. 渡辺真彰,日高央,中沢貴秀,高田雅博,渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内),滝川政和,佐々木真弓,磯部義憲(放): 第6回日本門脈圧亢進症学会総会 (1999.09.04), 宇部, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 5(2): 162, 1999.

605. [学会(全国)] (一般講演) 切除不能進行胃癌に対するCPT-11/CDDP分割同時併用化学療法の第T/U相試験. 佐藤温,栗原稔,小泉和三郎,田辺聡,西元寺克礼(内),赤沢修吾,福山悦男,久保保彦,滝内比呂也,岩崎良三,嶋田顕(進行消化器癌治療同好会): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.12), 岐阜.

606. [学会(全国)] (一般講演) 超音波検診の検診間隔に関する検討−特に肝がん検診について−. 土橋健(内),増田英明,今村清子,佐島敬清,小松弘一(横浜市民病院),堂森興一郎,国東幹夫(内),四宮由美子(横浜市民病院): 第37回消化器集団検診学会秋季大会 (1999.10.29), 広島.

607. [学会(全国)] (一般講演) 慢性肝疾患における汎血球減少症に対する部分的脾動脈塞栓術(PSE)の血小板産生能に及ぼす因子について−トロンボポエチンと骨髄中の巨核球の検討. 日高央,国分茂博,浅野朗,高田雅博,中沢貴秀,渋谷明隆,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第3回日本肝臓学会大会 (1999.10.28), 広島.

608. [学会(全国)] (一般講演) 膵臓疾患におけるMRCPの有用性−US, EUS, CT, ERCPとの比較−. 白須恭子,木田光広,竹沢三代子,山崎好喜,荒木正雄,国東幹夫,渡辺摩也,木田芳樹,今泉弘,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.29), 広島.

609. [学会(全国)] (一般講演) 超音波内視鏡のさらなる普及を目指して. 渡辺摩也,木田光広,国東幹夫,近藤一英,木田芳樹,小林清典,山田至人,坂口哲章,西元寺克礼(内): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.28), 広島, Gastroenterol. Endosc., 41(Suppl.2): 1935, 1999.

610. [学会(全国)] (一般講演) 部分的脾動脈塞栓術(PSE)前後の脾静脈血行動態(カラードップラー超音波断層法による検討). 浅野朗,国分茂博,日高央,高田雅博,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第3回日本肝臓学会大会 (1999.10.28), 広島, 肝臓, 40(Suppl.2): 201, 1999.

611. [学会(全国)] (一般講演) 新しい拡大内視鏡XGIF-240Zの使用経験. 鹿間伸明(東芝林間病院),大井田正人,今泉弘,山崎いづみ,渡辺摩也,木田芳樹,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,西元寺克礼(内): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.30), 広島.

612. [学会(全国)] (一般講演) 副肝管走行異常に右副肝管結石, 総胆管結石, 胆嚢結石を合併した1例. 細野紫麻子(外),国分茂博,高田雅博(内),杉野三千男,上野琢哉,内藤修,根本・(あそか病院),吉田宗紀,柿田章(外): 第35回日本胆道学会総会 (1999.10.31), 広島, 胆道, 13(3): 286, 1999.

613. [学会(全国)] (一般講演) 化学療法による胃癌原発巣における再生粘膜の意義. 山崎いづみ,小泉和三郎,北村匡,田辺聡,渡辺摩也,木田芳樹,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.30), 広島, 日本消化器内視鏡学会誌, 41: 1928, 1999.

614. [学会(全国)] (一般講演) Crohn病の長期経過と在宅経腸栄養療法の有用性についての臨床的検討. 小林清典,勝又伴栄,横山薫,佐田美和,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.30), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 522, 1999.

615. [学会(全国)] (一般講演) 糖尿病性足壊疽の予防と対策(第6報)−早期退院を目的とした下肢装具の作成−. 金森晃(内),青木主税(医療衛生),森照男(北信義肢): 第15回日本義肢装具学会学術大会 (1999.11.28), 広島, 日本義肢装具学会誌, 15(特別): 282〜283, 1999.

616. [学会(全国)] (一般講演) 大型の大腸有茎性ポリープの内視鏡的摘除における留置スネアの有用性. 佐田美和,小林清典,横山薫,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第8回クリニカル・ビデオフォーラム (2000.02.04), 東京, 予稿集, p.69, 2000.

617. [学会(全国)] (ポスター講演) Nodular gastritis のHelicobacter pylori除菌療法による臨床病理学的検討. 三輪亘(内),外山久太郎,鎌田一寿,進士栄子,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明,久富寿,長嶋洋治(平塚共済病院): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.22), 長崎.

618. [学会(全国)] (ポスター講演) 経過中に低蛋白血症の著明な改善とポリープの減少を見たcap polyposisの1例. 本間二郎,外山久太郎,鎌田一寿,進士栄子,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,野登誠,金山正明(平塚共済病院),五十嵐正広(内),佐野 仁勇: 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.22〜24), 長崎.

619. [学会(全国)] (ポスター講演) NIDDM糸球体過剰濾過例の腎機能予後に関する検討. 神康之,的場清和,土信田文隆,高田哲秀,中嶋真一,金森晃,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第42回日本糖尿病学会年次学術集会 (1999.05.13), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl. 1): 224, 1999.

620. [学会(全国)] (ポスター講演) 2型糖尿病の尿細管基底膜の変化は多様性を示す. 田中啓司A,守屋達美,矢島義忠(内): 第42回日本糖尿病学会年次学術集会 (1999.05.14), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl. 1): 224, 1999.

621. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病性神経障害患者における階段降段時の足底圧および足圧中心移動軌跡の解析. 金森晃(内),青木主税(医療衛生),土信田文隆,高田哲秀,中嶋真一,神康之,守屋達美,的場清和,藤田芳邦,矢島義忠(内): 第42回日本糖尿病学会年次学術集会 (1999.05.15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl. 1): 282, 1999.

622. [学会(全国)] (ポスター講演) 門脈−大循環短絡路を併存した慢性肝不全に対するバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)の効果. 高田雅博,国分茂博(内): 第35回日本肝臓学会総会 (1999.06.25), 東京, 肝臓, 40(Suppl.): 380, 1999.

623. [学会(全国)] (ポスター講演) 無作為クロスオーバー二重盲検比較試験法によるグラニセトロン(カイトリル注射液)とラモセトロン(ナゼア注射液)の患者評価に関する検討(中間報告). 田辺聡,小泉和三郎,西元寺克礼(内): 第37回日本癌治療学会 (1999.10.14), 岐阜.

624. [学会(全国)] (ポスター講演) 2型糖尿病患者におけるインスリン抵抗性とBMI, 体脂肪との関連. 神康之,金森晃,望月まどか,青柳祥夫,土信田文隆,中嶋真一,守屋達美,的場清和,藤田芳邦(内): 第20回日本肥満学会 (1999.10.14), 東京, 肥満研究, 5(Suppl.): 165, 1999.

625. [学会(全国)] (ポスター講演) Helicobacter pylori関連胃粘膜病変に及ぼす抗結核療法の影響−特に病理組織学的改善効果について−. 小松弘一,今村清子,増田英明,四宮由美子(横浜市民病院),土橋健,堂森興一郎,国東幹夫(内),佐島敬清: 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.29), 広島.

626. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃MALTリンパ腫に対する種々の治療法の比較検討−特に抗潰瘍療法の有用性について−. 小松弘一,今村清子,増田英明,四宮由美子(横浜市民病院),土橋健,堂森興一郎,国東幹夫(内),佐島敬清: 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.29), 広島.

627. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病性壊疽患者の早期退院を目的とした下肢装具の作成. 金森晃,神康之,中嶋真一,青柳祥夫,望月まどか,土信田文隆,守屋達美,的場清和,藤田芳邦(内),青木主税(医療衛生): 第14回日本糖尿病合併症学会 (1999.10.28), 大津, 抄録集, 13(Suppl.1): 87, 1999.

628. [学会(全国)] (ポスター講演) NSAIDsを持続投与された慢性関節リウマチ患者に合併したNSAIDs起因性胃潰瘍の難治要因の検討−Helicobacter pylori感染の有無による粘液糖蛋白質含量変化の検討. 菅野聡,安達献,本田久光,小嶋達也,木村高徳,中村陽子,渡部幸夫,相川崇史,山田昭夫,国東幹夫,鹿間伸明,小室裕一,西元寺克礼(内),市川尊文 (生化),石原和彦(医療衛生),堀田恭子(生化): 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.29), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 453, 1999.

629. [学会(全国)] (ポスター講演) 脾嚢胞に対するドレナージ及びエタノール注入療法の検討. 阪本奈美子,高田雅博,国分茂博(内): 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.31), 広島.

630. [学会(全国)] (ポスター講演) 膵液中BAX遺伝子変異及びc-ki-ras遺伝子codon 12点突然変異を組み合わせた膵癌における新しい遺伝子診断の試み. 木田芳樹,竹沢三代子,山崎好喜,荒木正雄,白須恭子,鹿間伸明,国東幹夫,渡辺摩也,上杉秀永,今泉弘,木田光広,西元寺克礼(内): 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.31), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(Suppl.): 582, 1999.

631. [学会(全国)] (ポスター講演) 大腸結節集簇型腫瘍の細胞回転と癌関連遺伝子異常. 佐田美和(内),三富弘之(病理),五十嵐正広,横山薫,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第41回日本消化器病学会総会 (1999.10.30), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 505, 1999.

632. [学会(全国)] (ポスター講演) 内視鏡的粘膜切除術(EMR)施行sm癌の追加腸切除に関する検討. 佐田美和,五十嵐正広,横山薫,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 第52回大腸癌研究会 (2000.01.22), 東京, 予稿集, p.50, 2000.

633. [学会(地方)] (特別講演) 炎症性腸疾患と内視鏡. 勝又伴栄(内): 第73回日本消化器内視鏡学会北陸地方会 (1999.06.20), 富山, 予稿集, p.3, 1999.

634. [学会(地方)] (教育講演) 超音波内視鏡(消化管, 胆膵疾患). 木田光広(内): 日本消化器内視鏡学会関東地方会内視鏡セミナー (2000.01.29), 東京.

635. [学会(地方)] (シンポジウム等) 胆膵疾患におけるMRCPの有用性−ERCPを対照として−. 白須恭子,木田光広(内): 第68回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.06.11〜12), 東京.

636. [学会(地方)] (シンポジウム等) 胆膵疾患における最近の非浸潤的検査の進歩. 白須恭子,木田光広,竹沢三代子,山崎好喜,荒木正雄,国東幹夫,渡辺摩也,木田芳樹,今泉弘,西元寺克礼(内),磯部義憲(放): 第32回神奈川消化器病医学会総会 (1999.11.13), 横浜.

637. [学会(地方)] (シンポジウム等) 当院の内視鏡検査室の現況と課題. 大井田正人,勝又伴栄(内): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京.

638. [学会(地方)] (ワークショップ) 挿入困難例に対する大腸鏡検査法. 五十嵐正広,小林清典,勝又伴栄(内): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.04), 東京.

639. [学会(地方)] (ワークショップ) 胃・十二指腸出血に対する内視鏡的止血法の現状−特に止血不能例の検討−. 田辺聡,北村匡(内): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京, 消化器内視鏡の進歩, 56(1): 75, 1999.

640. [学会(地方)] (一般講演) Solid & Cystic Tumorと鑑別困難であった結核性腹腔リンパ節炎の1例. 水口澄人,大野隆,阿部健二,河野博久,松木茂樹,橘田輝雄(内),三須雄二,別所隆,大川伸一: 第254回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.05.08), 横浜.

641. [学会(地方)] (一般講演) MRI-SPIOにて高信号を呈した限局性結節性過形成の1例. 増田励,中沢貴秀,日高央,高田雅博,渋谷明隆,国分茂博,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 第254回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.05.08), 横浜.

642. [学会(地方)] (一般講演) 肝原発カルチノイド腫瘍に悪性リンパ腫を合併した1例. 貴島深雪,佐島敬清,小松弘一(横浜市民病院),土橋健,堂森興一郎(内),増田英明,今村清子,四宮由美子,酒井辰彦,鬼頭文彦,福島恒男,中村宣生 (横浜市民病院): 第254回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.05.08), 横浜.

643. [学会(地方)] (一般講演) 腹痛を主訴に来院し, 保存的に治癒しえたS状結腸脂肪織炎の1症例. 竹吉由加志,外山久太郎,進士栄子,鎌田一寿,田辺裕明,三輪亘(内),渡辺清治,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第254回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.05.08), 横浜.

644. [学会(地方)] (一般講演) 隆起型を呈した胃印環細胞癌の1例. 堂森興一郎,佐島敬清,小松弘一,土橋健(内),増田英明,今村清子,酒井辰彦,四宮由美子,小金井一隆,鬼頭文彦,福島恒男,中村宣生(横浜市民病 院): 第68回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.06.11), 東京.

645. [学会(地方)] (一般講演) 術中小腸鏡で確認し治療しえた空腸動静脈奇形の1例. 吉沢繁,小林清典,山岡佐世,若林健司,横山薫,高橋裕之,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之(病理): 第68回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.06.11〜12), 東京.

646. [学会(地方)] (一般講演) 内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)が誘因になったと考えられる肝梗塞の1例. 大野隆,河野博久,水口澄人,阿部健二,松木茂樹,橘田輝雄(内): 第68回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.06.11〜12), 東京, Progress of Digestive Endoscopy, 55(1): 84, 1999.

647. [学会(地方)] (一般講演) 大腸憩室出血に対する内視鏡的クリップ止血法の有用性についての検討. 横山薫,小林清典,吉沢繁,若林健司,高橋裕之,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内): 第68回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.06.11), 東京, 予稿集, p.64, 1999.

648. [学会(地方)] (一般講演) 緊急止血にクリップ法が有効であった胃静脈瘤の2例. 鵜梶実,星野和彦,鵜飼伸一(小田原市立病院),高橋裕之(内),一原亮(内): 第255回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.07.17), 千葉.

649. [学会(地方)] (一般講演) 食道潰瘍の経過中に食道mucosal bridgeを形成した1例. 北村陽子,外山久太郎,田辺裕明,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第255回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.07.17), 千葉.

650. [学会(地方)] (一般講演) 糖尿病性ケトアシドーシスの経過中に門脈・上腸管膜静脈血栓症を合併した2型糖尿病の1例. 田中啓司A,進士永子,四倉正博,神由加理,平井法博,野見山哲,田中昭太郎,矢島義忠(内): 第475回日本内科学会関東地方会 (1999.09.11), 筑波.

651. [学会(地方)] (一般講演) 肝障害を合併した成人発症麻疹の2例. 田辺裕明,外山久太郎,北村陽子,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第256回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.09.18), 東京.

652. [学会(地方)] (一般講演) 門脈右技における遠肝性血流がBRTO後に求肝性血流となった肝硬変の1例. 浅野朗,国分茂博,日高央,高田雅博,渡辺摩也,木田光広,西元寺克礼(内): 日本超音波医学会第11回関東甲信越学術集会 (1999.10.10), 東京.

653. [学会(地方)] (一般講演) 超音波検査にて発見された無症状重複胆嚢の1例. 柳原美智子(超音波室),国分茂博,浅野朗,日高央,高田雅博,渡辺摩也,木田光広,西元寺克礼(内),吉田宗紀(外): 日本超音波医学会第11回関東甲信越学術集会 (1999.10.10), 東京.

654. [学会(地方)] (一般講演) 自己免疫性肝炎を合併した原発性胆汁性肝硬変の1例. 竹吉由加志,外山久太郎,北村陽子,田辺裕明,三輪亘(内),渡辺清治,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第477回日本内科学会関東地方会 (1999.11.13), 東京.

655. [学会(地方)] (一般講演) 腹部超音波(US)検査にて術前に診断された胆嚢捻転症の1例. 水口澄人,大野隆,丸山博志,北村陽子,北村匡,河野博久,吉井昭夫,橘田輝雄(内),三須雄二,別所隆: 第32回神奈川消化器病医学会総会 (1999.11.13), 横浜.

656. [学会(地方)] (一般講演) 内視鏡的胃瘻造設術(PEG)後に上部消化管出血を呈した3例. 田辺裕明,外山久太郎,北村陽子,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京.

657. [学会(地方)] (一般講演) 巨大な炎症性ポリープを併発したVCの1例. 吉沢繁,五十嵐正広,横山薫,佐田美和,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内),大谷剛正(外),三富弘之(病理): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京.

658. [学会(地方)] (一般講演) 大網に原発した平滑筋芽細胞腫の1例. 鹿間伸明,木田芳樹,渡辺摩也,田辺聡,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),菊池史郎,嶋尾仁(外),桑尾定仁,岡安勲(病 理): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京.

659. [学会(地方)] (一般講演) イレウスによる結腸切除術後に認められた興味深い腹部腫瘤の1例. 竹吉由加志,外山久太郎,北村陽子,田辺裕明,三輪亘(内),渡辺清治,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第257回日本消化器病学会関東地方支部例会 (1999.12.04), 東京.

660. [学会(地方)] (一般講演) 慢性活動性EBウイルス感染症の1例. 村上秩,渋谷明隆,中沢貴秀,日高央,高田雅博,国分茂博,西元寺克礼(内): 第257回日本消化器病学会関東地方支部例会 (1999.12.04), 東京.

661. [学会(地方)] (一般講演) 盲腸神経鞘腫の1手術例. 水口澄人,大野隆,村上秩,北村匡,河野博久,橘田輝雄(内),三須雄二,別所隆: 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京, Progress of Digestive Endoscopy, 56(1): 97, 1999.

662. [学会(地方)] (一般講演) 皮膚筋炎に合併したBarrett食道癌の1例. 平沢正次,田辺聡,山崎いづみ,渡辺摩也,木田芳樹,木田光広,小泉和三郎,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼,赤星透(内),三富弘之(病理): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京, 消化器内視鏡の進歩, 56(1): 102, 1999.

663. [学会(地方)] (一般講演) AMA陽性, ANA陽性の非硬変肝に合併した肝癌の1例. 田辺裕明,外山久太郎,北村陽子,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第478回日本内科学会関東地方会 (1999.12.12), 東京.

664. [学会(地方)] (一般講演) ヒトインスリン製剤の皮下投与にて多形滲出性紅斑による皮膚潰瘍を呈した糖尿病の1例. 梅沢慎一,金森晃,中嶋真一,神康之,守屋達美,的場清和,藤田芳邦(内): 第37回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2000.01.22), 横浜.

665. [学会(地方)] (一般講演) 剖検にて横隔膜下膿瘍と診断された2型糖尿病の1例. 望月まどか,神康之,青柳祥夫,奥村俊明,土信田文隆,中嶋真一,神由加理,守屋達美,金森晃,的場清和,藤田芳邦(内): 第37回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2000.01.22), 横浜.

666. [学会(地方)] (一般講演) インターフェロン治療中に急性膵炎を合併した1例. 村上和子,外山久太郎,三輪亘(内),渡辺清治,田辺裕明,北村陽子,竹吉由加志,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第479回日本内科学会関東地方会 (2000.02.12), 東京.

667. [学会(地方)] (一般講演) 強皮症にPBCを合併したと思われる1例. 村上和子,外山久太郎,田辺裕明,竹吉由加志,三輪亘(内),渡辺清治,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第258回日本消化器病学会関東支部例会 (2000.03.04), 大宮.

668. [学会(地方)] (一般講演) 肺癌を合併した高齢発症のCrohn病と思われる1例. 三輪亘(内),外山久太郎,北村陽子,村上和子,田辺裕明,竹吉由加志,渡辺清治,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第480回日本内科学会関東地方会 (2000.03.11), 東京.

669. [学会(地方)] (一般講演) 最近当科で経験した活動期腸結核の1例. 田原久美子,小林清典,横山薫,佐田美和,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 第480回日本内科学会関東地方会 (2000.03.11), 東京.

670. [学会(地方)] (ポスター講演) 抗GAD抗体(GADAb)陽性糖尿病患者の臨床的特徴. 土信田文隆,神康之,望月まどか,青柳祥夫,奥村俊明,中嶋真一,神由加理,守屋達美,金森晃,的場清和,藤田芳邦(内): 第37回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2000.01.22), 横浜.

671. [研究会(国際)] (教育講演) Early cancer of the upper GI-tract diagnosis, treatment results. 木田光広(内): 招待講演(ウルム大学) (1999.07.14), ウルム, ドイツ.

672. [研究会(国際)] (教育講演) Recent advance in EUS. 木田光広(内): International Symposium on Therapeutic Endoscopy & Live Demonstration (2000.01.15), 台北.

673. [研究会(国際)] (教育講演) Three dimensional EUS on the GI tract. 木田光広(内): 12th International Symposium on EUS (Endoscopic Ultrasonography) (2000.02.11), モナコ.

674. [研究会(国際)] (公開講座) EUSによるlive demonstration. 木田光広(内): International Symposium on Therapeutic Endoscopy & Live Demonstration (2000.01.15), 台北.

675. [研究会(全国)] (特別講演) 最近の内視鏡の進歩; 特に下部消化管の拡大内視鏡を中心として. 五十嵐正広(内): 第26回日本小児内視鏡研究会 (1999.07.03), 静岡.

676. [研究会(全国)] (特別講演) H2ブロッカーとの併用による消化性潰瘍再発抑制効果DUET2 (Dual Use of Ecabet and Ranitine Trial 2). 小泉和三郎(内): ガストローム7周年記念講演会 (2000.03.11), 大阪.

677. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 内視鏡治療の適応拡大. 五十嵐正広(内): 1st Endoscopy Forum Japan (1999.08.07), キロロ.

678. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 糖尿病足病変の診断と予防−Semmes-Weinstein Monofilaments法の有用性−. 金森晃(内): 糖尿病フォーラム糖尿病足病変の診断と予防 (1999.12.04), 東京.

679. [研究会(全国)] (ワークショップ) 可変式大腸内視鏡の挿入性. 五十嵐正広,小林清典,横山薫,佐田美和,勝又伴栄(内): 1st Endoscopy Forum Japan (1999.08.08), キロロ.

680. [研究会(全国)] (ワークショップ) ワークショップ1; わが国における抗癌剤開発の現状−胃癌に対するS-1の臨床試験成績. 小泉和三郎(内): 2nd Tokyo Forum of New Anticancer Drugs (1999.08.27), 東京, 予稿集, p.18, 1999.

681. [研究会(全国)] (一般講演) Ucを伴う早期大腸癌の深達度診断の問題点について. 佐田美和,五十嵐正広,横山薫,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 第3回大腸Uc研究会 (1999.10.30), 広島, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.2): 2012, 1999.

682. [研究会(全国)] (一般講演) 糖尿病性足壊疽を繰り返す2型糖尿病の1例−糖尿病足病変の発症機序を考える−. 金森晃,神康之,青柳祥夫,望月まどか,土信田文隆,中嶋真一,守屋達美,的場清和,藤田芳邦(内),青木主税(医療衛生): 第5回糖尿病フットケア研究会 (1999.11.13), 東京.

683. [研究会(全国)] (一般講演) Crohn病に対する在宅経腸栄養療法の製剤別比較試験. 横山薫,小林清典,佐田美和,五十嵐正広,勝又伴栄,西元寺克礼(内),深掘信子(看護部),野口球子(栄養部): 第22回在宅経腸栄養研究会 (1999.11.20), 福岡.

684. [研究会(全国)] (一般講演) 肝細胞癌の局所治療におけるMicrowave凝固療法の役割とその位置付け. 渡久山哲男,国分茂博,高田雅博,山岡佐世,渡辺真彰,日高央,中沢貴秀,西元寺克礼(内): 第18回マイクロウェーブ・サージェリー研究会 (1999.11.20), 東京.

685. [研究会(全国)] (ポスター講演) 内視鏡治療後のサーベイランスで発見された大腸癌の検討. 佐田美和,五十嵐正広,横山薫,小林清典,勝又伴栄,西元寺克礼(内),三富弘之(病理): 第51回大腸癌研究会 (1999.07.09), 神戸, 予稿集, p.53, 1999.

686. [研究会(地方)] (特別講演) 胃食道静脈瘤難治例の血行動態とその対策; SO-EIS, TIPSの適応を含めて. 国分茂博(内): 第12回東北食道・胃静脈瘤硬化療法研究会 (1999.06.19), 福島.

687. [研究会(地方)] (特別講演) TS-1後期U相試験における有効症例. 小泉和三郎(内): 第1回神奈川TS-1適正使用検討会 (1999.09.28), 横浜.

688. [研究会(地方)] (特別講演) 切除不能進行胃癌に対する化学療法−TS-1の使用経験をふまえた適正使用を含めて. 小泉和三郎(内): ティーエスワン水戸地区勉強会 (1999.11.04), 水戸.

689. [研究会(地方)] (特別講演) 切除不能進行胃癌に対する化学療法−TS-1の使用経験を含めて. 小泉和三郎(内): 消化器癌の標準治療を考える会 (1999.11.12), 京都.

690. [研究会(地方)] (特別講演) 2型糖尿病腎症早期の糸球体病変と機能異常. 守屋達美(内): 第28回名古屋腎カンファレンス (1999.11.27), 名古屋.

691. [研究会(地方)] (特別講演) 切除不能胃癌に対する化学療法; TS-1の適正使用を含めて. 小泉和三郎(内): 旭川TS-1研究会 (2000.02.07), 旭川.

692. [研究会(地方)] (教育講演) 膵癌の診断−膵癌の早期診断をめざして−. 木田光広(内): 神奈川膵疾患セミナー (1999.04.15), 横浜.

693. [研究会(地方)] (教育講演) 大腸腫瘍に対する内視鏡治療の動向. 五十嵐正広(内): 第26回神奈川県内科医学会臨床医学研修講座 (1999.07.04), 相模原.

694. [研究会(地方)] (教育講演) 早期胃癌の内視鏡診断−特に小さな胃癌について−. 大井田正人(内): 富岡市甘楽郡医師会学術講演会 (1999.11.22), 冨岡.

695. [研究会(地方)] (教育講演) 超音波内視鏡の進歩. 木田光広(内): 鳥取EUSセミナー (2000.03.13), 米子.

696. [研究会(地方)] (シンポジウム等) TS-1の使用経験からみた適正使用について−後期第2相試験における有効症例を中心に. 小泉和三郎(内): TS-1シンポジウム (2000.03.03), 福岡.

697. [研究会(地方)] (ワークショップ) 潰瘍性大腸炎のステロイド依存症例の1例. 五十嵐正広,勝又伴栄,小林清典,横山薫,佐田美和(内): 第1回関東IBD学術講演会 (2000.03.11), 東京.

698. [研究会(地方)] (一般講演) 超音波内視鏡を施行した比較的稀な膵腫瘍の2例. 渡辺摩也,木田光広,国東幹夫,近藤一英,木田芳樹,小林清典,山田至人,坂口哲章,野登誠,西元寺克礼(内): 第3回超音波内視鏡の高度先進技術の開発と普及に関する研究会 (1999.05.10), 金沢, Gastroenterol. Endosc., 41(1): 884, 1999.

699. [研究会(地方)] (一般講演) 自己免疫性胆管炎の1例. 渡辺真彰,渋谷明隆,中沢貴秀(内): 第2回若手PBCフォーラム21 (1999.06.05), 横浜.

700. [研究会(地方)] (一般講演) 大腸内視鏡検査時の偶発症対策−穿孔に対する保存的治療−. 横山薫,勝又伴栄,佐田美和,小林清典,五十嵐正広,西元寺克礼(内): 第24回神奈川大腸疾患研究会 (1999.06.00), 横浜.

701. [研究会(地方)] (一般講演) 内視鏡治療におけるアルゴンプラズマ凝固法の応用. 鵜飼伸一,一原亮,鵜梶実(小田原市立病院),高橋裕之,星野和彦,菅知也(内): 第44回神奈川消化器病研究会 (1999.06.19), 小田原.

702. [研究会(地方)] (一般講演) Ball Valve Syndromeを呈した胃腫瘍の2例. 北村陽子,外山久太郎,田辺裕明,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第44回神奈川消化器病研究会 (1999.06.19), 小田原.

703. [研究会(地方)] (一般講演) 糖尿病性ケトアシドーシスに門脈・上腸間膜静脈血栓症を合併した2型糖尿病. 田中啓司A,進士永子,四倉正博,神由加理,平井法博,矢島義忠(内): 第16回神奈川糖尿病研究会 (1999.07.10), 横浜.

704. [研究会(地方)] (一般講演) 糖尿病性神経障害の診断におけるモノフィラメント(Semmes-Weinstein)知覚検査の臨床的有用性. 金森晃,神康之,中嶋真一,青柳祥夫,望月まどか,土信田文隆,守屋達美,的場清和,藤田芳邦(内): 第16回神奈川糖尿病研究会 (1999.07.10), 横浜.

705. [研究会(地方)] (一般講演) 2型糖尿病の治療方法選択に関する検討. 望月まどか,神康之,藤田芳邦(内),藤井英,本宮哲也,北村信一(済生会向島): 第16回神奈川糖尿病研究会 (1999.07.10), 横浜.

706. [研究会(地方)] (一般講演) 原発性硬化性胆管炎の1例. 中沢貴秀,渋谷明隆,日高央,高田雅博,国分茂博(内): 第46回腹腔鏡懇話会 (1999.09.16), 東京.

707. [研究会(地方)] (一般講演) HBVキャリアに見られた小さな肝腫瘤. 里道哲彦,渋谷明隆(内): 第16回さがみリバーカンファレンス (1999.09.20), 相模原.

708. [研究会(地方)] (一般講演) インターフェロン治療が著効し約5年後に肝細胞癌が認められた慢性C型肝炎の1剖検例. 田辺裕明,外山久太郎,北村陽子,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第477回日本内科学会関東地方会 (1999.10.09), 東京.

709. [研究会(地方)] (一般講演) 局在診断に苦慮しているインスリノーマの1例. 神康之,金森晃,望月まどか,青柳祥夫,土信田文隆,中嶋真一,守屋達美,的場清和,藤田芳邦(内): 第16回神奈川内分泌症例検討会 (1999.10.09), 横浜.

710. [研究会(地方)] (一般講演) IBD患者のQuality of Lifeと内科的対応. 小林清典,勝又伴栄,横山薫,佐田美和,五十嵐正広(内),大谷剛正(外),岩村美奈子,深掘信子(看護部),野口球子(栄養部): 第6回神奈川IBD研究会 (1999.11.18), 横浜.

711. [研究会(地方)] (一般講演) 切除不能胃癌に対するS-1の使用経験. 小泉和三郎,田辺聡,山崎いづみ,渡辺摩也,木田芳樹,今泉弘,木田光広,三橋利温,大井田正人,西元寺克礼(内),菊池史郎,小林伸行,桜本信一,嶋尾 仁(外): 神奈川胃癌治療研究会 (1999.12.18), 横浜, 予稿集, p.33, 1999.

712. [研究会(地方)] (一般講演) 当院における胆道, 膵疾患に対する内視鏡的アプローチ; 過去10年をふりかえって. 高橋裕之(内),一原亮,鵜飼伸一,鵜梶実,星野和彦(小田原市立病院): 第13回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2000.01.12), 相模原.

713. [研究会(地方)] (一般講演) 興味深い画像及び組織所見を呈した肝腫瘍の1例. 渡辺清治,外山久太郎,北村陽子,村上和子,田辺裕明,三輪亘(内),竹吉由加志,渡辺隆司,本間二郎,野登誠,金山正明(平塚共済病院): 第7回神奈川肝がん治療研究会 (2000.02.14), 相模原.

714. [研究会(地方)] (公開講座) 超音波内視鏡によるLive Demonstration. 木田光広(内): 鳥取EUSセミナー (2000.03.13), 米子.

715. [学会主催(国内学会)] 第1回肝不全治療研究会(後援; ウイルス肝炎研究財団)(99.05.10)金沢, 参加者; 90名(内科・外科・放射線科), 国分茂博(内).


<<1402 ?? >>

716. [原著] Transgenic Lewis rats overexpressing the proteolipid protein gene: myelin degeneration and its effect on T cell-mediated experimental autoimmune encephalomyelitis. Bradl, M.,Bauer, J.,猪又孝元(内),Zielasek, J.,Toyka, K.,Lassman, H.,Wekerle, H.(Max Planck-Institut): Acta Neuroimmunol., 97: 595〜606, 1999.

717. [原著] Effect of atropine on QT prolongation and torsade de pointes induced by intracoronary acetylcholine in the long QT syndrome. 古嶋博司,庭野慎一,Chinushi, M.,山浦正幸,種田宏司,鷲塚隆,相沢義房(内): Am. J. Cardiol., 83: 714〜718, 1999.

718. [原著] 急性肺塞栓症に対するカテーテルによる破砕吸引療法. 平松慎右,荻原篤,北野義和,益子美穂,井関砂絵,村松準,和泉徹(内): J. Cardiol., 34(2): 71〜78, 1999.

719. [原著] Electrophysiologic parameters to predict clinical recurrence of ventricular tachycardia in patients under electrophysiologic study-guided effective pharmacological therapy. 庭野慎一,山浦正幸,吉沢直人,森口昌彦,北野義和,相沢義房,和泉徹(内): Jpn. Circ. J., 63: 674〜680, 1999.

720. [原著] Cardiac dendritic cells and acute myocarditis in the human heart. 横山浩之(内),桑尾定仁(病理),河野健,鈴木啓介(内),亀谷徹(病理),和泉徹(内): Jpn. Circ. J., 64(1): 57〜64, 2000.

721. [原著] Resuscitation from fulminant myocarditis associated with refractory ventricular fibrillation. 河野健(内),青山直善(救命),下浜孝郎,吉田慎,町田陽二,福田直人,相崎俊哉,鈴木啓介,黒沢利郎,和泉徹(内): Jpn. Circ. J., 64(2): 139〜143, 2000.

722. [原著] Subarachnoid hemorrhage and myocardial damage: Clinical and experimental studies. 佐藤清貴,増田卓,和泉徹(内): Jpn. Heart J., 40(6): 683〜701, 1999.

723. [原著] Importance of retrograde atrial activation in atrial fibrillation genesis in the initiation of atrial fibrillation in patients with Wolff-Parkinson-White syndrome. Comparison of atrial electrophysiologic parameters between patients with different atrial fibrillation genesis (initiation sites) in atria. 庭野慎一,山浦正幸,北野義和,森口昌彦,吉沢直人,相沢義房,和泉徹(内): Jpn. Heart J., 40: 281〜293, 1999.

724. [原著] Target level of pravastatin therapy to improve hemodynamics in patients with hypercholesterolemia. 村松準(内): Jpn. J. Clin. Pharmacol. Ther., 31(1): 19〜24, 2000.

725. [原著] Hemodynamic normalization shown after treatment with principal antihypertensive drugs in essential hypertension. 村松準,黒川信悟(内): Kitasato Med., 29(3): 123〜129, 1999.

726. [原著] Paralytic reactions occuring in essential hypertension patients after sublingual nitroglycerin administration and during treatment with nifedipine and β-blockers. 村松準,黒川信悟(内): Kitasato Med., 29(3): 130〜137, 1999.

727. [原著] 心不全例の突然死予防への薬物療法. 長田和之,和泉徹(内): 呼吸と循環, 48(2): 141〜147, 2000.

728. [原著] 心不全を惹起する実験モデルによるクモ膜下出血急性期の心機能障害の検討−JTV-519による心筋保護作用について−. 川端信弥,佐藤清貴(内),松山斉久(臨病理),山本紳一郎(救命),増田卓,和泉徹(内): 心筋の構造と代謝, 21: 255〜261, 1998.

729. [原著] 心不全とACE阻害薬. 長田和之,和泉徹(内): 日本医事新報, (3926): 1〜6, 2000.

730. [原著] 新しい実験モデルによるクモ膜下出血急性期の心機能障害の検討−JTV-519による心筋保護作用について−. 川端信弥,佐藤清貴,増田卓,和泉徹(内): 北里医学, 29(5): 258〜265, 1999.

731. [準原著] ヒト心筋炎に動員される心臓樹状細胞. 横山浩之(内),桑尾定仁(病理),松田千絵子,河野健,鈴木啓介,猪又孝元(内),内藤真(新潟大),和泉徹(内): 心筋の構造と代謝, 21: 89〜98, 1999.

732. [研究報告(厚生省)] 遷延する心筋炎と特発性心筋症に関する研究. 和泉徹,河野健,横山浩之,鈴木啓介(内),青山直善(救命): 厚生省特定疾患に関する微生物研究班平成10年度研究報告書, p.46〜48, 1999.

733. [研究報告(その他公的な報告)] 自己免疫と心筋症. 和泉徹(内): 平成9年度がん・心臓病の基礎的研究事業報告書(財団法人車輌競技公益資金記念財団), p.61〜62, 1999.

734. [研究報告(その他公的な報告)] 拡張型心筋症と自己免疫−その増悪と寛解を調節する機構の研究−. 和泉徹,横山浩之,鈴木啓介(内): 臨床成人病, 29(10): 1403〜1405, 1999.

735. [症例報告] AV reentrant and idiopathic ventircular tachycardias: Complicated interactions between two tachycardias. 鷲塚隆,庭野慎一,Tsuchida, K.,相沢義房(内): Heart, 81: 318〜320, 1999.

736. [症例報告] Hypokalemia with syncope caused by habitual drinking of oolong tea. 相崎俊哉,大坂学,原英幸,黒川信悟,松山小太郎(内),青山直善,相馬一亥,大和田隆(救命),和泉徹(内): Intern. Med., 38: 252〜256, 1999.

737. [症例報告] 右心不全を呈した肺動脈原発肉腫の1手術例. 吉沢直人,川口竹男(内),福井和樹,大野安実,安野憲一,田中英穂,長谷川章雄(小田原市立病院),清水完悦,和泉徹(内): 心臓, 31(4): 248〜254, 1999.

738. [症例報告] 周辺心筋から電気的に保護された構造の起源を有すると考えられた持続性心室頻拍の1例. 吉沢直人,庭野慎一,犬尾公厚,原英幸,森口昌彦,山岸高宏,北野義和,和泉徹(内): 心臓, 31(5): 118〜126, 1999.

739. [総説] 心臓移植(循環器内科医の立場から). 猪又孝元,和泉徹(内): Cardiovascular Med.-Surg., 1: 35〜40, 1999.

740. [総説] 抗不整脈薬の分類と使用法. 庭野慎一(内): Heart Nursing, 12: 854〜862, 1999.

741. [総説] 難治性心不全の予後. 長田和之,和泉徹(内): Heart View, 3(4): 350〜355, 1999.

742. [総説] 感染性心内膜炎の予防. 中畑潤一,和泉徹(内): Heart View, 3(6): 655〜660, 1999.

743. [総説] 薬効判定と電気生理検査. 庭野慎一,斉藤淳子(内): Heart View, 3: 980〜986, 1999.

744. [総説] 劇症型心筋炎に対する補助循環法. 青山直善(救命),和泉徹(内): ICUとCCU, 23(8): 589〜596, 1999.

745. [総説] 植込み型除細動器の現状と将来. 庭野慎一,森口昌彦(内): Medical Practice, 16: 1307〜1310, 1999.

746. [総説] 不整脈患者を安全に管理する. 庭野慎一,西村敬史,三田村秀雄(内): Medicina, 36: 1193〜1204, 1999.

747. [総説] 心肥大の臨床経路−心肥大から心不全へ. 庭野慎一,和泉徹(内): 現代医療, 31: 2045〜2049, 1999.

748. [総説] アミオダロンとソタロール. 庭野慎一,吉沢直人(内): 呼吸と循環, 47: 1009〜1012, 1999.

749. [総説] 突然死予防における電気生理検査の位置づけ. 庭野慎一,北野義和(内): 呼吸と循環, 47: 379〜385, 1999.

750. [総説] β遮断薬−いつ, 何を, どう使うか−. 和泉徹,町田陽二,長田和之(内): 日本医師会雑誌, 121(11): 1770〜1773, 1999.

751. [総説] 劇症型心筋炎−救命できる疾患へのあゆみ. 青山直善(救命),井関砂絵,和泉徹(内): 日本医事新報, (3914): 1〜12, 1999.

752. [総説] 心不全の病態から治療へ. 和泉徹(内): 日本内科学会雑誌, 88(3): 13〜17, 1999.

753. [総説] アルコール性心疾患. 竹端均,和泉徹(内): 日本臨床, 58(1): 151〜156, 2000.

754. [総説] 内分泌疾患に伴う心筋疾患. 相崎俊哉,和泉徹(内): 日本臨床, 58(1): 161〜165, 2000.

755. [総説] 薬剤により誘発される不整脈の治療. 庭野慎一(内): 不整脈診療, 20: 1〜4, 2000.

756. [総説] 弁膜症. 山岸高宏,和泉徹(内): 臨床看護, 25(6): 819〜822, 1999.

757. [総説] 臨床ナースのための疾患別データブック−心筋症. 猪又孝元,和泉徹(内): 臨床看護, 25(6): 823〜826, 1999.

758. [総説] 心臓移植の適応基準−内科からの症例呈示−. 和泉徹(内),青山直善(救命),町田陽二(内): 臨床成人病, 29(4): 517〜520, 1999.

759. [講座] 前壁梗塞−症例から学ぶ心電図の読み方@. 小林明芳,村松準(内): Modern Physician, 20(1): 115〜119, 2000.

760. [講座] 下壁梗塞−症例から学ぶ心電図の読み方A. 村松準(内): Modern Physician, 20(2): 273〜277, 2000.

761. [講座] 劇症型心筋炎に対する治療. 青山直善(救命),河野健,竹端均,高橋基,猪又孝元,和泉徹(内): 呼吸と循環, 48(3): 281〜287, 2000.

762. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2000年度版; 低血圧症, p.382〜383, 村松準(内). 編集 多賀須幸夫(多賀須消化器科・内科クリニック),尾形悦郎(癌研), 医学書院,東京,00.01.01発行

763. [学術書] (分担執筆) 循環器疾患−最新の治療2000〜2001; W心筋疾患, 2.拡張型心筋症, p.147〜150, 猪又孝元,和泉徹(内). 編集 篠山重威,矢崎義雄, 南江堂,東京,00.02.15発行.

764. [教科書] (共著) 内科学エッセンス2(循環, 血液); F. カテーテル治療, 黒川信悟,小阪博文,小林明芳,清水完悦,長谷川延広,望月俊直,平松慎右,村松準(内). 編集 村松準,沢田海彦, 朝倉書店,東京,99.09.25発行.

765. [教科書] (分担執筆) 内科学エッセンス−2−循環系・血液; 心臓X線検査, 心音図・心機図, p.38〜49, 心不全・ショック, p.89〜95, 不整脈, p.96〜102, 虚血性心疾患, p.119〜132, 村松準(内). 編集 村松準(北里大),沢田海彦, 朝倉書店,東京,99.09.25発行

766. [教科書] (編集) 内科学エッセンス2(循環, 血液); 編集 村松準,沢田海彦, 朝倉書店,東京,99.09.25発行.

767. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) Heart View, Vol.3, No.6; AHA Statementを考える−感染性心内膜炎の予防, p.24〜27, 中畑潤一(救命),和泉徹(内). 編集 江口潤司, (株)メジカルビュー社,東京,99.06.09発行.

768. [その他の著書(啓蒙書)] (編集) 人間ドック・ガイド−健康診断の結果のみかたと考えかた−; 編集 村松準(北里大), 新興医学出版,東京,00.10.05発行

769. [その他の著書(入門書)] (単著) 心電図と不整脈の手びき第3版; 村松準(内). 南山堂,東京,00.01.10発行

770. [学会(国際)] (一般講演) Retrospective study on the ECG of schizophrenic who died from cardiovascular disease. 安井正(精),佐藤清貴,Sato Tadahiko,和泉徹(内),Iwashita Satoru,Takeuchi Tadamitsu,野田千春,村上和子,竹端均(内),村崎光邦,中島節夫,小林一広(精): 11th World Congress of Psychiatry (1999.08.07), ハンブルグ, 抄録集, p.174, 1999.

771. [学会(国際)] (一般講演) Vanadate improves mitochondrial energetics in diabetic rat hearts. 下浜孝郎,佐藤清貴,野田千春,村上和子,増田卓,和泉徹(内): 4th International Society for Molecular Nutrition and Therapy (1999.10.08), マールブルグ, 抄録集, p.174, 1999.

772. [学会(国際)] (一般講演) Left ventricular asynergy induced by elevated activity of noradrenergic nervous system: A study of 717 patients in acute phase of susarachnoid hemorrhage. 下浜孝郎,増田卓,佐藤清貴(内),松山斉久(臨病理),山本紳一郎(救命),野田千春,村上和子,増田励,牧野武志,和泉徹(内): 77th american Heart Association (1999.11.08), アトランタ, Circulation, 100(18): 145, 1999.

773. [学会(国際)] (ポスター講演) Clinical outcome of catheter fragmentation and aspiration therapy in patients with acute pulmonary embolism. 平松慎右,荻原篤,佐々木毅,村松準,和泉徹(内): International Congress on Heart Disease (1999.05.18), Washington, D.C.

774. [学会(国際)] (ポスター講演) Autoimmune myocarditis is provoked by conjugation of two non-myocarditogenic peptides. 河野健(内),高垣洋太郎(分生),青山直善(救命),猪又孝元,高橋基,横山浩之,松田千絵子,竹端均,和泉徹(内): 7th Antwerp-La Jolla-Kyoto Research Conference on Cardiac Function (2000.02.26), 京都.

775. [学会(国際)] (ポスター講演) Anti-ischemic action of urinary trypsin inhibitor on myocardial energetics in rat. 増田励,増田卓,牧野武志,佐藤清貴,土屋直隆,和泉徹(内): International Conference on Cardiac Hypertrophy (98.10.08〜09), 東京, J. Mol. Cell. Cardiol., 30(9): 288, 1998.

776. [学会(国際)] (ポスター講演) Protective action of JTV-519 on SAH heart muscle. 牧野武志,増田卓,佐藤清貴(内),山本紳一郎(救命),松山斉久(臨病理),増田励,川端信弥,土屋直隆,和泉徹(内): International Society for Heart Research (98.12.10〜11), 東京, J. Mol. Cell. Cardiol., 30(11): 324, 1998.

777. [学会(全国)] (シンポジウム等) β遮断薬によるクモ膜下出血急性期の心不全および不整脈の改善効果. 佐藤清貴,増田卓,下浜孝郎(内),山本紳一郎(救命),松山斉久(臨病理),和泉徹(内): 第27回日本集中治療医学会総会 (2000.03.04), 名古屋, 日本集中治療医学会雑誌, 7(S): 113, 2000.

778. [学会(全国)] (一般講演) 日本循環器学会学術委員会研究班報告U: PCPSの適応, 管理, 合併症対策, 離脱等に関するガイドラインについて. 青山直善(救命): 第63回日本循環器学会総会・学術集会 (1999.03.28), 東京, 予稿集, p.441, 1999.

779. [学会(全国)] (一般講演) Ventricular arrhythmias following subarachnoid hemorrhage-Holter ECG R-R variability aspect (in English). 松山斉久(臨病理),増田卓,佐藤清貴(内),山本紳一郎(救命),和泉徹(内): 第63回日本循環器学会総会 (1999.04.01), 東京.

780. [学会(全国)] (一般講演) 解剖学的狭路における伝導途絶現象の電気生理学的検討−頻回刺激時の途絶(途絶周期長)と早期刺激時の途絶(途絶連結期)の比較−. 吉沢直人,庭野慎一,犬尾公厚,斉藤淳子,森口昌彦,北野義和,和泉徹(内): 第14回日本心臓ペーシング・電気生理学会 (1999.05.26), 岡山.

781. [学会(全国)] (一般講演) 右房後中隔起源の心房頻拍の焼灼により発作性心房細動の再発抑制に成功し得た1例−電気的リモデリング解除の関与の可能性. 犬尾公厚,庭野慎一,吉沢直人,原英幸,斉藤淳子,森口昌彦,北野義和,和泉徹(内),梶田美玲乃(救命): 日本心臓ペーシング・電気生理学会 (1999.05.26), 岡山. e

782. [学会(全国)] (一般講演) 心房細動誘発性評価における上大静脈近傍のdouble-potentialの有用性−左右心房間伝導と心房細動誘発性について−. 北野義和,庭野慎一,吉沢直人,犬尾公厚,斉藤淳子,森口昌彦,和泉徹(内): 第14回日本心臓ペーシング・電気生理学会 (1999.05.26), 岡山, 不整脈, 15(2): 193, 1999.

783. [学会(全国)] (一般講演) 心房筋, 心室筋に対する高出力刺激による広域刺激(Field stimulation)の定量に関する実験的検討. 森口昌彦,庭野慎一,吉沢直人,北野義和,斉藤淳子,犬尾公厚,和泉徹(内): 日本心臓ペーシング・電気生理学会 (1999.05.27), 岡山, 不整脈, 15(2): 263, 1999.

784. [学会(全国)] (一般講演) 再発性発作性心房細動に対するベラパミル長期投与の臨床的効果の検討: 第2報−長期的電気的リモデリングに対するT群薬併用効果の検討−. 庭野慎一,吉沢直人,犬尾公厚,原英幸,斉藤淳子,森口昌彦,北野義和,和泉徹(内): 第14回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (1999.05.26), 岡山, 不整脈, 15: 206, 1999.

785. [学会(全国)] (一般講演) 原発性甲状腺機能低下症ラットrdwの心筋エネルギー代謝について. 野田千春,佐藤清貴,増田卓,土屋直隆,下浜孝郎,和泉徹(内),古舘専一(実動): 第3回日本適応医学会 (1999.07.17), 旭川, 適応医学, 3(1): 45, 1999.

786. [学会(全国)] (一般講演) 原発性甲状腺機能低下症ラットrdwの心筋エネルギー代謝について. 下浜孝郎,野田千春,土屋直隆,佐藤清貴,増田卓,和泉徹(内),古舘専一(実動): 第22回心筋代謝研究会 (1999.09.03〜04), 東京, 抄録集, p.29, 1999.

787. [学会(全国)] (一般講演) ヒト拡張型心筋症の一部にも心臓樹状細胞は動員される。 横山浩之(内),桑尾定仁(病理),鈴木啓介,松田千絵子,竹端均,河野健,猪又孝元(内),青山直善(救命),和泉徹(内),内藤真(新潟大): 第47回日本心臓病学会学術集会 (1999.09.15), 横浜. J. Cardiol., 34(Suppl. 1): 259, 1999.

788. [学会(全国)] (一般講演) 心筋梗塞後左室瘤に伴う難治性単形性心室頻拍に対し緊急カテーテル焼灼術, 冷凍凝固, およびDor手術が奏切した1例. 吉沢直人,庭野慎一,犬尾公厚,斉藤淳子,森口昌彦,北野義和,笹岡大史,和泉徹(内),小原邦義(胸外): 第16回日本心電学会 (1999.10.08), 甲府.

789. [学会(全国)] (一般講演) Cardiac dendritic cells are activated in the heart of dilated cardiomyopathy. 横山浩之(内),桑尾定仁(病理),鈴木啓介,松田千絵子,竹端均,河野健,猪又孝元(内),青山直善(救命),和泉徹(内): 第3回日本心不全学会学術集会 (1999.10.08), 福岡, J. Cardiac Failure, 5(3): 47, 1999.

790. [学会(全国)] (一般講演) 実験的自己免疫性心筋炎における大腸菌生産組み換えタンパクを用いた心筋ミオシン重鎖α鎖とβ鎖の心筋炎惹起能の検討. 河野健(内),青山直善(救命),猪又孝元,横山浩之,竹端均,和泉徹(内),亀山孝三,中島洋一,高垣洋太郎(分生): 第72回日生化学会大会 (1999.10.09), 横浜, 生化学, 71(8): 1073, 1999.

791. [学会(全国)] (一般講演) 年代別骨密度と日常生活の関係. 大木麻記子,阪口佳子,今城信恵,山辺さをり,岡田純,村松準(内): 日本総合検診学会第28回大会 (2000.01.28), 大宮.

792. [学会(全国)] (ポスター講演) 頻拍誘発心筋症における頻拍の性質と頻拍除去後心機能回復−頻拍の性質の異なる2例における検討−. 斉藤淳子,庭野慎一,犬尾公厚,吉沢直人,森口昌彦,北野義和,和泉徹(内): 第16回日本心電学会 (1999.10.07), 甲府.

793. [学会(全国)] (ポスター講演) Successful suppression of incessant pleomorphic ventricular tachycardias by an emergency catheter ablation and cryoablation associated with Dor's operation for the left ventricular aneurhysm. 笹岡大史,庭野慎一,和泉徹(内),青山直善(救命),小原邦義(胸外): Japanese Heart Failure Society (1999.10.08), 福岡.

794. [学会(全国)] (ポスター講演) 心房有効不応期の長期経時的経過を評価し得た発作性心房細動の2症例. 庭野慎一,吉沢直人,犬尾公厚,斉藤淳子,森口昌彦,北野義和,和泉徹(内): 第16回日本心電学会学術集会 (1999.10.08), 甲府, 心電図, 18: 541, 1999.

795. [学会(全国)] (ポスター講演) 心筋炎のエピトープ−実験的自己免疫性心筋炎におけるT細胞とB細胞−. 河野健(内),青山直善(救命),猪又孝元,横山浩之,松田千絵子,竹端均,和泉徹(内),亀山孝三,中島洋一,高垣洋太郎(分生): 第29回日本免疫学会総会学術集会 (1999.12.03), 京都, 学術集会記録, 29: 302, 1999.

796. [学会(全国)] (ポスター講演) 鎮静時の循環動態とストレス反応に対する急性覚醒の影響について. 村上和子,増田卓,佐藤清貴,野田千春,土屋直隆,和泉徹(内): 第95回日本内科学会総会 (98.04.09〜11), 福岡, 日本内科学会雑誌, 87(Suppl.): 150, 1998.

797. [学会(地方)] (一般講演) 急速に進行する房室ブロックで発症した心サルコイドーシスの1例. 藤田和己,望月俊直,高橋みどり,井沢豊春,山岸高宏,黒沢利郎,清水完悦,和泉徹(内): 第171回日本循環器学会関東甲信越地方会 (1999.02.20), 東京, Jpn. Circ. J., 63(Suppl.U): 837, 1999.

798. [学会(地方)] (一般講演) 洞不全症候群により発症した縦隔腫瘍の1例. 福井朋也,笹岡大史,羽村素子,原英幸,佐々木毅,清水完悦,黒沢利郎,黒川信悟,和泉徹(内): 日本循環器学会関東甲信越地方会第174回学術集会 (1999.11.27), 東京.

799. [学会(地方)] (一般講演) オメプラゾール併用によりベラパミルの血中濃度が上昇し完全房室ブロックを来したと考えられた1例. 猪又孝元,安野仲子,佐々木毅,和泉徹(内): 第478回日本内科学会関東地方会例会 (1999.12.12), 東京.

800. [学会(地方)] (一般講演) 心肺停止で発症した筋緊張性ジストロフィー症の1例. 片桐寛之(外),青山直善,相馬一亥,大和田隆(救命),相崎俊哉,三橋淳,中畑潤一,福田倫也,和泉徹(内): 第175回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2000.02.05), 東京.

801. [学会(地方)] (一般講演) 経皮的心肺補助(PCPS)を用いて救命した肺塞栓症の2例. 増田励,相崎俊哉(内),岩波直美(児),中畑潤一(救命),今井寛(法医),林宗博(胸外),瀧川政和,西巻博(放),福田倫也(内),青山直善,相馬 一亥,大和田隆(救命): 第48回日本救急医学会関東地方会 (2000.02.12), 東京.

802. [学会(地方)] (一般講演) インターフェロン治療中に急性膵炎を合併したC型慢性肝炎の1例. 村上和子,外山久太郎,三輪亘,渡辺清治,田辺裕明,北村陽子,渡辺隆司,竹吉由加志,本間二郎,野登誠(内): 第479回日本内科学会関東地方会 (2000.02.12), 東京.

803. [学会(地方)] (一般講演) 強皮症に合併した原発性胆汁性肝硬変症と思われる1例. 村上和子,外山久太郎,田辺裕明,三輪亘,竹吉由加志,渡辺隆司,渡辺清治,本間二郎,野登誠,金山正明(内),山川有子,佐野仁勇(平塚共済病院): 日本消化器病学会関東支部例会 (2000.03.04), 大宮.

804. [学会(地方)] (一般講演) 歩行中の意識消失発作を主症状とした急性心筋炎の1例. 藤田和己,長田和之,黒沢利郎,町田陽二,福田直人,松山小太郎,黒川信悟,清水完悦,和泉徹(内): 第461回日本内科学会関東地方会 (98.02.14), 東京, 第461回日本内科学会関東地方会予稿集, p.22, 1998.

805. [学会(地方)] (一般講演) 右心不全をきたした肺動脈原発肉腫に対し摘出術を施行し得た1例. 吉沢直人,川口竹男(内),福井和樹,大野安実,安野憲一,田中英穂,長谷川章雄(小田原市立病院),清水完悦,和泉徹(内): 第168回日本循環器学会関東甲信越地方会 (98.06.06), 東京.

806. [研究会(全国)] (特別講演) クモ膜下出血心筋の成因とその心筋保護. 増田卓,佐藤清貴,下浜孝郎,野田千春,村上和子(内),松山斉久(臨病理),山本紳一郎(救命),和泉徹(内): 第22回心筋代謝研究会 (1999.09.03〜04), 東京, 抄録集, p.29, 1999.

807. [研究会(全国)] (一般講演) 入院を繰り返す心不全症例にどう対処したか. 長田和之,和泉徹(内): 第1回東日本難治性心不全治療フォーラム (1999.05.15), 東京.

808. [研究会(全国)] (一般講演) 拡張型心筋症にみられる心臓樹状細胞. 横山浩之,鈴木啓介,松田千絵子,竹端均,河野健,猪又孝元(内),青山直善(救命),和泉徹(内),桑尾定仁,亀谷徹(病理): 心筋代謝研究会 (1999.09.03), 東京.

809. [研究会(全国)] (一般講演) Ia群薬が無効であった発作性心房細動に対するフレカイニド静注の効果の検討. 犬尾公厚,庭野慎一,吉沢直人,斉藤淳子,森口昌彦,北野義和,和泉徹(内): 不整脈薬物療法研究会 (1999.09.04), 東京.

810. [研究会(全国)] (一般講演) 体表面87極心電図記録によるQI dispension map およびtransmural dispersion mapの作成と有用性の検討. 吉沢直人,庭野慎一,犬尾公厚,湯本佳宏,斉藤淳子,森口昌彦,北野義和,和泉徹(内): 心電図情報処理信号ワークショップ (1999.10.16), 小田原.

811. [研究会(全国)] (一般講演) 心房細動を合併した慢性心不全の臨床像. 長田和之,和泉徹(内): 第6回心不全と不整脈フォーラム (1999.11.27), 東京.

812. [研究会(全国)] (一般講演) 自己免疫性心筋症の発症機序について−T細胞とB細胞のエピトープ−. 河野健,猪又孝元,竹端均,松田千絵子,横山浩之,鈴木啓介(内),青山直善(救命),和泉徹(内): 厚生省特定疾患特発性心筋症調査研究班平成11年度第2回班会議 (2000.01.21), 京都.

813. [研究会(全国)] (一般講演) 二重のactiveな旋回路を有すると考えられた特異な心房粗動の1例. 北野義和,庭野慎一,松永菜,猪又孝元,湯本佳宏,吉沢直人,犬尾公厚,斉藤淳子,原英幸,森口昌彦,和泉徹(内): 臨床不整脈研究会 (2000.01.22).

814. [研究会(地方)] (特別講演) 分子生物学と高血圧. 笹岡大史(内): 相模原循環器勉強会 (1999.03.18), 東京.

815. [研究会(地方)] (一般講演) Dor手術により難治性不整脈が消失した1例. 小川大志,笹岡大史(内): 相模湘南ハートカンファレンス (1999.04.16), 厚木.

816. [研究会(地方)] (一般講演) 心筋梗塞左室瘤に伴う難治性多形性心室頻拍に対して緊急的非薬物療法(カテーテル焼灼術, 冷凍凝固およびドール手術)が奏効した1例. 鎌田裕二,笹岡大史,小川大志,吉沢直人,森口昌彦,北野義和(内),青山直善(救命),庭野慎一,和泉徹(内): 日本循環器学会関東甲信越地方会第172回学術集会 (1999.06.12), 東京.

817. [研究会(地方)] (一般講演) 洞不全症候群にて発症した縦隔腫瘍の1例. 村上恵子,笹岡大史(内): 神奈川循環器研究会 (1999.09.10), 横浜.

818. [研究会(地方)] (一般講演) 自己免疫性心筋症の発症機序について−エピトープに反応するB細胞の存在−. 河野健,猪又孝元,竹端均,松田千絵子,横山浩之,鈴木啓介(内),青山直善(救命),和泉徹(内): 厚生省特定疾患特発性心筋症調査研究班平成11年度第1回班会議 (2000.00.00), 京都.

819. [研究会(地方)] (一般講演) 体外循環法を用いた重症心不全に対する治療戦略. 青山直善(救命),今井寛(法医),長田和之(内),林宗博(胸外),黒沢利郎(内),相馬一亥,大和田隆(救命),和泉徹(内): 第1回サガミハートフォーラム (2000.01.13), 相模原.

820. [研究会(地方)] (一般講演) 慢性心不全の治療指標としての神経体液性因子の有用性. 長田和之,和泉徹(内): 第1回サガミハートフォーラム (2000.01.13), 神奈川.


<<1403 ?? >>

821. [原著] Inhaled nitric oxide reduces tyrosine nitration after lipopolysaccharide instillation into lungs of rats. 本多研也,小林弘祐,畑石隆治(内),Hirano, S.(国立環境研),Fukuyama Naoto,Nakazawa Hiroe(東海大),冨田友幸(内): Am. J. Respir. Crit. Care Med., 160: 678〜688, 1999.

822. [原著] Occurrence and distribution of substance P receptors in the cerebral blood vessels of the rat. Shimizu, T.,Koto, A.,鈴木則宏(内), Morita, Y.,Takao, M,Fukuuchi, Y.: Brain Res., 830: 372〜378, 1999.

823. [原著] Possible mechanisms of action of nitric oxide synthase inhibitors in chronic tension-type headache. Ashina, M.,Bendtsen, L.,Jensen, R.,Lassen, L.H.,坂井文彦(内),Olesen, J.: Brain, 122: 1629〜1635, 1999.

824. [原著] Lungs of patients with idopathic pulmonary alveolar proteinosis express a factor which neutralizes granulocyte-macrophage colony stimulating factor. 田中直彦(内),Watanabe, J.,Kitamura, T.,Yamada, Y.,Kanegasaki, S.,Nakata, K.(東大医科研): FEBS Letters, 442(2-3): 246〜250, 1999.

825. [原著] Inhibitation of neutrophil apoptosis by verotoxin 2 clerivea from Escherichia coli O157:H7. 劉佳佳,赤星透(内),笹原武志,北里英郎,生井利恵,佐々木武二,井上松久(微),近藤啓文(内): Infect. Immun., 67: 6203〜6205, 1999.

826. [原著] Posture effects on timing of abdominal muscle activity during stimulated ventilation. 阿部直,山田拓実,冨田友幸(内),Easton, P.A.(カルガリ大): J. Appl. Physiol., 86(6): 1994〜2000, 1999.

827. [原著] Postinspiratory activity of costal and crural diaphragm. Easton, P.A.(カルガリ大),片桐真人(内),Kieser, T.M.,Platt, R.S.(カルガリ大): J. Appl. Physiol., 87(2): 582〜589, 1999.

828. [原著] Idiopathic pulmonary alveolar proteinosis as an autoimmune disease with neutralizing antibody against granulocyte/macrophage colony-stimulating factor. Kitamura Takayuki(東大医科研),田中直彦(内),Watanabe Junichi,Uchida Kanji,Kanegasaki Shiro,Yamada Yoshitsugu,Nakata, K.(東大医科研): J. Exp. Med., 190(6): 875〜880, 1999.

829. [原著] Efficacy of sulfamethoxazoletrimethoprim administration in the prevention of Pneumocystis carinii pneumonia in patients with connective tissue disease. 岡田純,角家明文,ラナ美代子,石川章,飯国弥生,近藤啓文(内): J. Jpn. Assoc. Infect. Dis., 73: 1123〜1129, 1999.

830. [原著] Early cerebellar involvement of diffusion-weighted imaging of acute human stroke. Ohta, K.,Funaki, M.,Tanaka, M.,鈴木則宏(内): J. Neurol., 246: 736〜738, 1999.

831. [原著] Immunological analysis of pulmonary hypertension in connective tissue diseases. Nishimaki, T.,Aotsuka, S.,近藤啓文(内),Yamamoto, K.,Takasaki, Y.,Sumiya, M.,Yokohari, K.: J. Rheumatol., 26: 2357〜2362, 2000.

832. [原著] Prevalence of soft tissue calcifications in patients with SLE and effects of alfacarcidol. 岡田純,野村正世(内),白鷹増男(生理),近藤啓文(内): Lupus, 8: 456〜461, 1999.

833. [原著] 慢性関節リウマチ患者血清中のIgG型リウマトイド因子測定の臨床的意義の検討. 栗原夕子,渡部洋行,阿部明生,成瀬功,石田史,近藤啓文(内): リウマチ科, 22: 499〜510, 1999.

834. [原著] 慢性肺気腫患者と気管支喘息患者の呼気NO濃度の検討. 本多研也,小林弘祐,高橋裕子,高橋愛典,三藤久,冨田友幸(内): 呼吸, 18(4): 425〜430, 1999.

835. [原著] サルコイドーシスにおける気管支肺胞洗浄液Adenosine deaminase活性の検討. 久保田勝,片桐真人,今崎貴生,矢那瀬信雄(内),相馬一亥(救命),冨田友幸(内): 日本呼吸器学会雑誌, 37(5): 374〜379, 1999.

836. [原著] 在宅酸素療法における夜間動脈血酸素飽和度のモニタリングの有用性. 久保田勝,阿部直,矢那瀬信雄,冨田友幸(内): 日本呼吸器学会雑誌, 37(9): 688〜693, 1999.

837. [原著] 在宅酸素療法中の慢性呼吸器疾患患者における睡眠時低酸素血症. 花田伸英,阿部直,高田信和,土橋ゆかり,冨田友幸(内): 日本呼吸器学会雑誌, 38(1): 17〜23, 2000.

838. [原著] ヒト腹横筋の電気的活動に対する姿勢の影響. 山田拓実,阿部直,片桐真人,横場正典,冨田友幸(内): 日本呼吸器学会雑誌, 38: 100〜106, 2000.

839. [原著] 脳血管障害発症の週間および季節変化. 福田倫也(内),神田直(医療衛生),飯塚高浩,坂井文彦(内): 脳卒中, 21(3): 291〜296, 1999.

840. [原著] ラット海馬CA1領域において低Ca2+, 高K+で誘発されるてんかん様活動に伴う神経細胞内Ca2+オシレーションの同期, 伝播現象について. 滝山容子(内): 北里医学, 29: 354〜363, 1999.

841. [原著] Occurrence and distribution of GABAA receptors β subunit in cerebral blood vessels and cranial ganglia of the rat. 五野由佳理,鈴木則宏(内),日下部辰三(横浜市大): 北里医学, 29: 364〜372, 1999.

842. [原著] 多発性筋炎組織におけるCCケモカインの発現についての検討. 田中住明,穂坂茂,赤星透,近藤啓文(内): 北里医学, 29: 55〜62, 1999.

843. [原著] 脳卒中患者の長期予後に及ぼす加齢の影響. 三戸香代,神田直(医療衛生),海野佳子,飯塚高浩,坂井文彦(内): 北里医学, 29: 6〜12, 1999.

844. [原著] 慢性緊張型頭痛の客観的評価. 海野佳子(内): 北里医学, 30: 9〜17, 2000.

845. [準原著(英文)] Diagnostic usefulness of echoplanner diffusion-weighted magnetic resonance image in acute phase of lacunum stroke. Ohta, K.,Ohra, K.,鈴木則宏(内): Cerebrovasc. Dis., 9(Suppl.): 69, 1999.

846. [準原著(英文)] Neurokinin-1 receptors in parasympathetic nerves in cerebral blood vessels. 鈴木則宏(内),Koto, A.,Morita, Y.,Shimizu, T.,Takao, M.,Otomo, S.,坂井文彦(内),Fukuuchi, Y.: J. Cereb. Blood Flow Metab., 19(Suppl.1): 322, 1999.

847. [準原著(英文)] Occurrence and distribution of calbinalin-D28k in rat cerebrovasculature. Shimizu, T.,Fukuuchi, Y.,Koto, A.,鈴木則宏(内),Morita, Y.,Gotoh, J.,Otomo, S.: J. Cereb. Blood Flow Metab., 19(Suppl.1): 340, 1999.

848. [準原著(英文)] Effects of cytochrome P450 inhibitors on cerebral blood flow in the rat. Morita, Y.,Fukuuchi, Y.,Koto, A.,鈴木則宏(内),Shimizu, T.,Takao, M.,Otomo, S.: J. Cereb. Blood Flow Metab., 19(Suppl.1): 745, 1999.

849. [準原著] LPS気管内投与ラットにおける好中球の肺内集積へのNO吸入効果. 畑石隆治,小林弘祐,本多研也,今崎貴生,冨田友幸(内): Acute Lung Injury (ALI) 研究会: 39〜41, 1999.

850. [準原著] 頭痛日記による慢性頭痛患者の長期フォローアップ. 土橋かおり,坂井文彦,海野佳子(内): 日本頭痛学会雑誌, 26: 17〜20, 1999.

851. [準原著] コンセンサスシンポジウムT: 強皮症の主要臓器病変の診断と治療. 近藤啓文(内): 日本内科学会雑誌, 109(12): 1836〜1837, 1999.

852. [準原著] EDHF産生抑制の脳血流およびflow motionに及ぼす影響について. 森田陽子,福内靖男,厚東篤生,鈴木則宏(内): 脳循環代謝, 11: 28〜29, 1999.

853. [準原著] sumatriptanのラット脳循環に与える影響について. 福田倫也,鈴木則宏,土橋かおり,北村昭,坂井文彦(内): 脳循環代謝, 11: 44〜45, 1999.

854. [準原著] Guillain-Barre症候群におけるアフェレーシスの至適方法. 伊藤博明,斉藤豊和,坂井文彦(内): 臨床神経, 39(11): 1999.

855. [準原著] MRI拡散強調画像による脳梗塞巣の経時的変化の特徴とその診断的意義について. 太田晃一,鈴木則宏(内): 臨床神経, 39: 119, 1999.

856. [短報・速報] Decreased exhaled nitric oxide in mild persistent asthma patients treated with a leukotriene receptor antagonist, pranlukast. 小林弘祐,高橋裕子,三藤久,畑石隆治(内),崔泰林(医学部),田中直彦(内),川上倫(生理),冨田友幸(内): Jpn. J. Physiol., 49: 541〜544, 1999.

857. [研究報告(厚生省)] 混合性結合組織病の臨床経過についてのプロジェクト研究−MCTDと他の膠原病との比較−. 近藤啓文,岡田純,湯原孝典,東條毅(内): 厚生省特定疾患皮膚・結合組織疾患調査研究班混合性結合組織病分科会平成10年度研究報告書, p.11〜14, 1999.

858. [研究報告(厚生省)] 混合性結合組織病の臨床経過の特徴. 湯原孝典,住田孝之,近藤啓文,東條毅(内): 厚生省特定疾患皮膚・結合組織疾患調査研究班混合性結合組織病分科会平成10年度研究報告書, p.15〜19, 1999.

859. [研究報告(厚生省)] アポトーシス関連遺伝子53BP2のMCTD家族発症例での遺伝子解析. 岡本尚,森俊之,岡田純,近藤啓文(内): 厚生省特定疾患「皮膚・結合組織疾患調査研究班, 混合性結合組織病分科会平成10年度研究報告書, p.55〜57, 1999.

860. [研究報告(厚生省)] MCP-1持続注入による実験関節炎の誘導とその制御. 近藤啓文(内): 平成10年度厚生省科学研究費補助金, 感覚器障害及び免疫, アレルギー等研究事業「慢性関節リウマチの早期治療指針の確立に関する研究」報告書, p.23〜25, 1999.

861. [研究報告(その他公的な報告)] 相模原市における肺がん検診について(第13報). 本間和夫(内),松崎誠,真島元斎,豊田和雄,滝島慧(相模原市医師会),矢那瀬信雄(内): 相模原市の住民検診実施報告, 13: 4〜14, 1999.

862. [症例報告] 偽性腸閉塞を合併した全身性強皮症症例の検討. 石川守,岡田純,石川章,近藤啓文(内): リウマチ, 39: 768〜773, 1999.

863. [症例報告] 脳卒中患者在宅介護の実態. 北浦由希,神田直,浅井憲義,山田由美子,中本有紀(医療衛生),坂井文彦(内): 総合リハビリテーション, 27: 337〜381, 1999.

864. [症例報告] NO2吸入による急性呼吸不全の1例. 高橋愛典,土橋ゆかり,増渕隆之,泉靖弘,小林弘祐,矢那瀬信雄(内),相馬一亥(救命),冨田友幸(内): 北里医学, 29(6): 391〜394, 1999.

865. [症例報告] 変形視の出現時期に一致して側頭葉の血流増加を認めた陳旧性脳梗塞の1例. 滝山容子,藤沼邦彦,北井則夫,畑隆志,坂井文彦(内): 北里医学, 29: 379〜384, 1999.

866. [症例報告] 多発性脳梗塞と鑑別が困難であった脳原発性悪性リンパ腫の1剖検例. 五野由佳理,福田倫也,坂井文彦(内),岩渕啓一(病理): 北里医学, 30(1): 48〜53, 2000.

867. [総説] 群発頭痛の最近の治療. 鈴木則宏(内): JIM, 10(2): 119〜121, 2000.

868. [総説] 慢性呼吸不全に必要な基礎知識−動脈血液ガス分析・パルスオキシメータ. 三藤久,小林弘祐(内): Medicina, 36(6): 925〜928, 1999.

869. [総説] NSAIDの薬物相互作用. 近藤啓文,是洞桂子(内): アレルギー免疫, 11(7): 210〜215, 1999.

870. [総説] 炎症性疾患とケモカイン. 赤星透,松井俊通(内): アレルギー免疫, 11: 76〜80, 1999.

871. [総説] リウマチ性疾患: 最近の治療法のアプローチ−薬物療法の評価. 近藤啓文,是洞桂子(内): モダンフィジシャン, 20: 105〜108, 2000.

872. [総説] リウマチ性疾患: 病態研究のアプローチ−ケモカイン. 赤星透(内): モダンフィジシャン, 20: 35〜38, 2000.

873. [総説] 好中球とアポトーシス. 赤星透(内): リウマチ科, 23: 231〜235, 2000.

874. [総説] 呼吸筋と姿勢制御筋−呼吸リハビリテーションとの関係. 山田拓実,阿部直(内): 呼吸と循環, 48: 231〜239, 2000.

875. [総説] 正常血圧強皮症腎クリーゼ. 近藤啓文,遠藤平仁(内): 診断と治療, 87: 855〜858, 1999.

876. [総説] 無症候性の抗核抗体陽性者とその対応. 赤星透(内): 総合臨床, 48: 765〜766, 1999.

877. [総説] インフォームドコンセントの実際; 全身性強皮症. 近藤啓文,ラナ美代子(内): 内科, 83: 1340〜1343, 1999.

878. [総説] 気管. 阿部直(内): 日経メディカル, 28(6): 113〜115, 1999.

879. [総説] 膠原病と血球貪食症候群. 岡田純(内): 日本内科学会雑誌, 88: 177〜181, 1999.

880. [総説] サルコイドーシスに伴う神経障害. 飯塚高浩,飯ケ谷美峰,塚原信也(内): 日本内科学会雑誌, 88: 808〜817, 1999.

881. [総説] 治療法の進歩; 免疫抑制薬. 近藤啓文(内): 日本皮膚科学会雑誌, 88: 1984〜1989, 1999.

882. [総説] 抗ビメンチン抗体. 近藤啓文(内): 日本臨床, 57(増): 553〜556, 1999.

883. [総説] 片頭痛の発生機序と新しい治療. 鈴木則宏(内): 脳神経, 52: 287〜295, 2000.

884. [総説] 片頭痛の薬物療法. 鈴木則宏(内): 薬事日報, (9183): 4〜5, 1999.

885. [総説] 治療の実際; 強皮症. 近藤啓文,ラナ美代子(内): 臨床と研究, 76: 1713〜1716, 1999.

886. [総説] 可溶性サイトカイン受容体. 赤星透(内): 膠原病, (2000-2001): 59, 1999.

887. [講座] 非ステロイド系炎症薬の作用機序と使い方. 岡田純(内): JHOHNS, 15: 1588〜1593, 1999.

888. [講座] 換気異常に基づく疾患の病態と治療−睡眠時無呼吸症候群, 肺胞低換気, 呼吸筋不全−. 生井世雄,阿部直(内): Medical Practice, 16(10): 1669〜1674, 1999.

889. [講座] なんでも健康相談室. 坂井文彦(内): きょうの健康, p.193, 1999.

890. [講座] 意外に知らない「頭痛のタネ」. 坂井文彦(内): ばらんす, p.3〜7, 2000.

891. [講座] 気になる頭痛Q & A. 坂井文彦(内): やましんくらしの知恵, (237), 1998.

892. [講座] 早期RAの診断と治療. 近藤啓文,渡部洋行(内): 炎症と免疫, 7: 308〜312, 1999.

893. [講座] 早期RAの診断と治療(V). 近藤啓文,是洞桂子(内): 炎症と免疫, 7: 453〜458, 1999.

894. [講座] 片頭痛について. 坂井文彦(内): 健康づくり, p.22〜24, 2000.

895. [講座] 呼吸機能検査の評価Q & A. 久保田勝,阿部直(内): 呼吸, 18(3): 279〜280, 1999.

896. [講座] 肺機能検査と評価−肺機能のモニタリングシリーズ(1)ガス交換機能のモニタリング. 久保田勝,小林弘祐(内): 呼吸, 18(7): 724〜728, 1999.

897. [講座] 肺機能検査法と評価−呼吸筋の電気生理学的検査. 生井世雄,阿部直(内): 呼吸, 19(3): 1999.

898. [講座] 非ステロイド性抗炎症薬. 近藤啓文(内): 日本医師会雑誌, p.122〜124, 1999.

899. [講座] 治療モニタリングおよび監査の現状と問題点; 医療機関での受入の現状と問題点−医療機関の現状(治験責任医師から)−. 近藤啓文(内): 薬理と治療, 27: 1327〜1328, 1999.

900. [編集者への手紙(英文)] Takayasu's aiteutis with transient clubbed finger. 石川守,岡田純,近藤啓文(内): Clin. Exp. Rheumatol., 17: 629〜630, 1999.

901. [編集者への手紙(英文)] Anticentromere antibodies and vascular diseases. 近藤啓文(内): Intern. Med., 38: 381, 1999.

902. [学術書] (分担執筆) 内科学2分冊版U; 頭痛−神経・筋疾患, p.1715〜1719, 坂井文彦(内). 文光堂,東京,99.09.00発行.

903. [学術書] (分担執筆) 日常外来で役立つ脳血管障害の診療; 脳血管障害時の脳循環動態の異常−PET・SPECT, p.101〜109, 坂井文彦(内). 99.00.00発行.

904. [学術書] (分担執筆) 脳のSPECT(機能画像のよみ方・使い方); Tc-HM-PAOの脳血管反応性評価への応用−脳血液量, 脳ヘマトクリット測定例, p.147〜154, 坂井文彦(内). 南江堂, 東京,99.11.00発行.

905. [学術書] (分担執筆) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ神経疾患(第2版), 坂井文彦(内). 日本医事新報社, 東京,00.00.00発行.

906. [学術書] (分担執筆) 神経疾患Neurological Diseases, 第2版; 慢性硬膜下血腫術後, 血小板減少症を伴い急速に神経症状が出現した82歳女性, p.11〜22, 飯塚高浩(内). 編集 坂井文彦(内), 日本医事新報社, 東京,99.11.00発行.

907. [学術書] (分担執筆) Cluster Headache & Related Conditions; Effects of octreotide, a somatostatin analogue, on severe cluster-headache like hemicrania after pituitary operation: implications for the pathogenesis of chronic cluster headache, 1: 248〜252, 遠藤基,鈴木則宏,海野佳子,飯塚高浩,坂井文彦(内). 編集 Olesen, J.,Goadsby, P.J., Oxford Univ. Press, New York, 99.00.00発行.

908. [学術書] (分担執筆) 一酸化窒素吸入療法; 内科的疾患に対するNO吸入療法, p.41〜53, 小林弘祐,今崎貴生(内),崔泰林(医学部),畑石隆治(内). 編集 公文啓二(国立循環器病セン), メディカルレビュー社,大阪,99.10.30発行.

909. [学術書] (分担執筆) 別冊医学のあゆみ−呼吸器疾患State of Arts Ver.3; Goodpasture症候群, p.427〜429, 久保田勝,冨田友幸(内). 編集 北村諭(自治医大), 医歯薬出版,東京,99.03.25発行.

910. [学術書] (分担執筆) 実地医家のための慢性関節リウマチの治療; ACRによるRAの治療ガイドライン, p.256〜260, 近藤啓文(内). 編集 橋本博史, 永井書店,大阪,99.00.00発行.

911. [教科書(英文)] (分担執筆) The Headaches; Tension type headache, cluster headache, and miscellaneous headache, Chapter 83; Anatomy and pathology, p.683〜685, Hardebo, J.E.,鈴木則宏(内). 編集 Olesen, J.,Tfelt-Hansen, P.,Welch, K.M.A., Lippincott, Williams & Willkins, New York, 99.11.00発行.

912. [教科書] (分担執筆) 内科学; 強皮症とその関連症候群, p.2080〜2083, 近藤啓文(内). 編集 黒川清,松沢佑次, 文光堂,東京,99.09.00発行.

913. [教科書] (分担執筆) 内科学; 炎症に関する因子, p.2056〜2059, 岡田純(内). 編集 黒川清,松沢佑次, 文光堂,東京,99.09.00発行.

914. [その他の著書] (分担執筆) 認定医・専門医のための内科学レビュー2000−最新主要文献と解説; 脳腫瘍・脊髄腫瘍, p.238〜243, 福田倫也,鈴木則宏(内). 総合医学社, 東京,00.02.21発行.

915. [その他の著書] (分担執筆) Key Word膠原病, 2000-2001; ケモカイン, p.23, 赤星透(内). 編集 竹原和彦,近藤啓文,高崎芳成,相馬良直, 先端医学社,東京,99.10.00発行.

916. [その他の著書] (分担執筆) Key word膠原病, 2000-2001; 強皮症腎クリーゼ, p.187〜188, 遠藤平仁(内). 編集 竹原和彦,近藤啓文,高崎芳成,相馬良直, 先端医学社,東京,99.10.00発行.

917. [その他の著書] (分担執筆) 外来診療のすべて; 主要症状の診断ポイント−レイノー現象, p.116〜117, 岡田純(内). 編集 高久史麿, 99.01.14発行.

918. [その他の著書] (分担執筆) 家庭医学館; 再発性多発軟骨炎, p.2061, 岡田純(内). 小学館,東京,99.03.01発行.

919. [その他の著書] (分担執筆) クリニカルスタディブック3, 成人・老人看護; 全身性エリテマトーデスの看護: 全身性エリテマトーデスの病態生理, 診断, 治療, p.226〜231; 免疫のしくみ, p.220〜225, 岡田純(内). 編集 メディカルフレンド編集部, メディカルフレンド社,東京,99.10.01発行.

920. [その他の著書] (分担執筆) 人間ドックガイド; 血液検査, 腫瘍マーカー, 血清学的検査, p.36〜47, 岡田純(内). 編集 村松準(北里大), 新興医学出版,東京,99.09.01発行.

921. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針2000年版; 進行性全身性硬化症(強皮症), p.629〜631, 近藤啓文(内). 編集 多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院,東京,00.01.15発行.

922. [その他の著書] (分担執筆) 看護の基礎科学; からだの異常: 病態生理学(免疫異常), p.261〜303, 近藤啓文,岡田純(内). 編集 北本清, 日本看護協会,東京,00.02.00発行.

923. [その他の著書] (分担執筆) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ; 膠原病リウマチ−喉と腹部症状を主体に来院した42歳女性, p.109〜121, 近藤啓文(内). 編集 橋本博史, 日本医事新報社,東京,00.02.00発行.

924. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 脳血管1999文献レビュー; 5HT(受容体を中心に), p.43〜49, 福田倫也,鈴木則宏(内). 編集 板倉徹,福内靖男, 金芳堂,京都,99.06.20発行.

925. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 脳血管1999文献レビュー; 血管内皮・平滑筋・神経支配, p.13〜15, 鈴木則宏,三輪聡一,鈴木善男,植松大輔(内). 編集 板倉徹,福田靖男, 金芳堂,京都,99.06.20発行.

926. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) Client 21, 症候; 救急医学からみた頭痛・頭重感, p.37〜42, 福田倫也(内),北原孝雄,大和田隆(救命). 編集 野村恭也,小松崎篤,本庄巌, 中山書店,東京,99.09.30発行.

927. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) エクセルナース, 救急医学編; 頭痛−急患室における頭痛の患者の鑑別診断と診断の進め方, p.71〜77, 福田倫也(内),相馬一亥(救命). 編集 柏井昭良,鈴川正之,安田是和, メディカルビュー社, 東京,99.11.10発行.

928. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 人間ドック・ガイド−健康診断の結果のみかたと考え方; U. 一般検診 8.生化学検査, p.61, 66〜76, 福田紀子,村松準(内). 編集 村松準(北里大), 新興医学出版,東京,99.10.05発行.

929. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 人間ドック・ガイド−健康診断の結果のみかたと考え方; U. 一般検診 10.胸部X線検査, p.78〜79, V.オプション検査 6.胸部CT検査, p.96, 7.喀痰病理検査, p.97, 福田紀子,矢那瀬信雄,村松準(内). 編集 村松準(北里大), 新興医学出版,東京,99.10.05発行

930. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 多発性筋炎・皮膚筋炎; ステロイドを使うといわれたとき, p.92〜95, 近藤啓文(内). 編集 橋本博史, 保健同人社,東京,99.11.00発行.

931. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) リウマチ教育研究会テキスト; 進行性全身性硬化症(強皮症)多発性筋炎・皮膚筋炎,びまん性好酸球性筋腔炎, p.167〜182, 近藤啓文(内). 編集 日本リウマチ財団教育研修委員会, 日本リウマチ財団,東京,99.07.00発行.

932. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) Brain Nursing(ブレインナーシング); 高齢者に多発する神経疾患の診断・治療, 16: 436〜446, 飯塚高浩(内). 00.03.00発行.

933. [その他の著書(入門書)] (分担執筆) Key Word 膠原病, 2000-2001; ACRコアセット, p.146〜147, 近藤啓文(内). 編集 竹原和彦,近藤啓文,高崎芳成,相馬良直, 先端医学社,東京,99.10.00発行.

934. [その他の著書(入門書)] (編集) Key Word 膠原病, 2000-2001; 編集 竹原和彦,近藤啓文,高崎芳成,相馬良直, 先端医学社,東京,99.10.00発行.

935. [翻訳] (分担執筆) JAMA; 適度な飲酒による脳虚血発作の予防効果, 11: p.65〜73, 飯塚高浩(内). 編集 岩石隆光,他, 毎日新聞社日本医師会,99.11.00発行.

936. [学会(国際)] (特別講演) Treatment of migraine. 坂井文彦(内): 第10回アジアオセアニア神経学会 (2000.01.23), マニラ.

937. [学会(国際)] (シンポジウム等) Mesenger molecules and their receptor mechanisms in vasodilatory cerebrovascular nerves of the extrinsic innervation. 鈴木則宏(内): 19th International Congress on Cerebral Blood Flow and Metabolism−Brain '99 (1999.06.17), Copenhagen.

938. [学会(国際)] (一般講演) Clinical characteristics and anti-GM2 antibodies in Guillain-Barre syndrome following an acute cytomegalovirus infection. 入江幸子,斉藤豊和,荻野裕(内),中村和生,玉井洋一(生化): European Federation of Neurological Societies (1999.09.00), Lisbon, Eur. J. Neurol., 6(Suppl.3): 32, 1999.

939. [学会(国際)] (ポスター講演) Relation between respiratory muscle EMG and lung volume. 土橋ゆかり,片桐真人,横場正典,山田拓実,阿部直(内),Easton, P.A.(カルガリー大),冨田友幸(内): ALA/ATS International Conference (1999.04.23〜28), San Diego.

940. [学会(国際)] (ポスター講演) Purification and characterization of a GM-CSF binding factor from lung with idiopathic pulmonary proteinosis. 田中直彦(内),Kitamura, T.,Watanabe, J.,Yamada, Y.,Kanegasaki, S.,Nakata, K.(東大医科研): 1999 American Thoracic Society International Conference (1999.04.25), San Diego, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 159(3): 40, 1999.

941. [学会(国際)] (ポスター講演) Lung of patients with idiopathic pulmonary alveolar proteinosis express a factor which neutralizes GM-CSF. Nakata, K.,Kitamura, T.,Watanabe, J.,Yamada, Y.,Kanegasaki, S.(東大医科研),田中直彦(内): 1999 American Thoracic Society International Conference (1999.04.25), San Diego, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 159(3): 41, 1999.

942. [学会(国際)] (ポスター講演) Inhibitory C/EBP beta suppress viral and cytokine promoters after an inflammatory stimulus. 田中直彦,Honda, Y.(内),Nakata, K.(東大医科研),Rogers, L.,Rom, W.N.,Weiden, M.(ニューヨーク大): 1999 American Thoracic Society International Conference (1999.04.27), San Diego, Am. J. Respir. Crit. Care Med., 159(3): 660, 1999.

943. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of sumatriptan on cerebral blood flow in rats. 福田倫也,鈴木則宏,土橋かおり,北村昭(内),丸山茂善(実動系),坂井文彦(内): 19th International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function (1999.06.15), Copenhagen, J. Cereb. Blood Flow Metab., 19(Suppl.1): 322, 1999.

944. [学会(国際)] (ポスター講演) Visual hallucination during cerebrovascular diseases: It's significance to consider migraine. 飯ケ谷美峰,坂井文彦,五十嵐久佳,滝山容子(内): 9th Congress of the International Headache Society (1999.06.24), Barcerona, Cephalalgia, 19(4): 345, 1999.

945. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of calcitonin gene-related peptide on local cerebral blood flow in rat. 土橋かおり,鈴木則宏,福田倫也,北村昭(内),丸山茂善(実動系),坂井文彦(内): 9th Congress of the International Headache Society (1999.06.22〜24), Barcerona, Cephalalgia, 19(4): 345, 1999.

946. [学会(国際)] (ポスター講演) Occurrence and distribution of GABAA receptors in cerebral blood vessels and cranial ganglia of the rat. 五野由佳理,鈴木則宏,坂井文彦(内): Society for Neuroscience 29th Annual Meeting (1999.10.27), Miami, Abstracts, 25(part 2), p.1976, 1999.

947. [学会(全国)] (会頭(会長)講演) 日本人の慢性頭痛. 坂井文彦(内): 第27回日本頭痛学会総会 (1999.11.20), 東京.

948. [学会(全国)] (特別講演) 片頭痛の病態とSPECT. 坂井文彦(内): 第23回日本脳神経CI学会総会 (2000.01.29), 横浜.

949. [学会(全国)] (教育講演) 実地医家のための教育講演2: 慢性関節リウマチの薬物療法. 近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 260〜261, 1999.

950. [学会(全国)] (シンポジウム等) 片頭痛の病態. 鈴木則宏(内): 第25回日本医学会総会 (1999.04.00), 東京.

951. [学会(全国)] (シンポジウム等) 強皮症: 診断と治療の最新ポイント−主要臓器疾患の診断と治療. 近藤啓文(内): 第98回日本皮膚科学会総会 (1999.04.09〜11), 東京.

952. [学会(全国)] (シンポジウム等) 血管性頭痛のレセプターメカニズムとその治療への応用−頭痛・顔面痛とその対策. 鈴木則宏(内): 第33回日本ペインクリニック学会総会 (1999.07.16), 高崎, 日本ペインクリニック学会誌, 6(3): 51, 1999.

953. [学会(全国)] (シンポジウム等) 他科に依頼する頭痛−神経内科医の立場から−. 鈴木則宏(内): 第29回日本慢性疼痛学会 (2000.03.02), 東京, 抄録集, p.27, 2000.

954. [学会(全国)] (ワークショップ) SLE, APS患者における舞踏病4例の臨床的検討. 渡部洋行,岡田純,浜名俊也,是洞桂子,遠藤平仁,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 278, 1999.

955. [学会(全国)] (ワークショップ) 抗リン脂質抗体症候群(APS)におけるプロトロンビン抗体の測定法とその臨床的意義. 岡田純,ラナ美代子,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 279, 1999.

956. [学会(全国)] (ワークショップ) RA浸潤T細胞におけるケモカイン受容体の発現. 赤星透,是洞桂子(内),北里英郎(微),川合真一,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 305, 1999.

957. [学会(全国)] (ワークショップ) 日本リウマチ学会の作成した早期慢性関節リウマチの診断基準の検証. 近藤啓文(内),小林茂人,市川陽一,竹内勤,立石博臣,広畑俊成,藤井克之,星恵子,田中清介: 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 314, 1999.

958. [学会(全国)] (ワークショップ) アジュバント関節炎におけるプロスタノイド受容体サブタイプの発現とその役割. 栗原夕子,遠藤平仁,穂坂茂,赤星透,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 315, 1999.

959. [学会(全国)] (ワークショップ) 慢性関節リウマチ滑膜病変におけるPPARγの発現. 遠藤平仁,栗原夕子,穂坂茂,赤星透,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 316, 1999.

960. [学会(全国)] (ワークショップ) 膠原病における在宅酸素療法の有用性. 是洞桂子,浜名俊也,田中住明,穂坂茂,遠藤平仁,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 319, 1999.

961. [学会(全国)] (ワークショップ) わが国で創薬された新規DMARD−T614とTAK603−. 近藤啓文(内): 第14回日本臨床リウマチ学会 (1999.12.10〜11), 京都.

962. [学会(全国)] (ワークショップ) 新しい人工呼吸器療法−慢性呼吸不全の急性増悪に対する人工呼吸器療法の導入と離脱に関する問題点. 矢那瀬信雄(内): 第40回日本呼吸器学会総会 (2000.03.23), 広島, 日本呼吸器学会雑誌, 38(増): 42, 2000.

963. [学会(全国)] (一般講演) Miconazoleの脳血流およびflow motionに及ぼす影響について. 鈴木則宏,森田陽子,福内靖男,厚東篤生,清水利彦,高尾昌樹,大友哲(内): 第24回日本脳卒中学会総会 (1999.04.21), 横浜, 脳卒中, 21(1): 120, 1999.

964. [学会(全国)] (一般講演) びまん性陰影を呈する肺感染症早期診断における気管支肺胞洗浄液(BALF)分析の有用性. 久保田勝,今崎貴生,土橋ゆかり,三藤久,高田信和,片桐真人,矢那瀬信雄(内),相馬一亥(救命): 第22回日本気管支学会総会 (1999.05.29), 福岡, 日本気管支学会雑誌, 21(3): 174, 1999.

965. [学会(全国)] (一般講演) 抗セントロメア抗体(ACA)陽性膠原病患者にみられる肝障害の研究. 浜名俊也,岡田純,福居美佐紀,渋谷明隆,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 368, 1999.

966. [学会(全国)] (一般講演) 肺胞出血を合併し免疫吸着療法が有効であったSLEの1例. 高橋道雄,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 375, 1999.

967. [学会(全国)] (一般講演) 膠原病患者におけるステロイド性骨粗鬆症の危険因子の検討. 内山真主美,岡田純,浜名俊也,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 406, 1999.

968. [学会(全国)] (一般講演) 血球貪食症候群と不整脈・心内膜炎を呈した成人発症Still病の1例. 前田貞則,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 428, 1999.

969. [学会(全国)] (一般講演) 慢性関節リウマチ滑膜組織におけるEpstein-Barr virus, human herpes virus 8, parvovirus B19の有無について. 穂坂茂,田中住明,赤星透,近藤啓文(内): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌, リウマチ, 39(2): 458, 1999.

970. [学会(全国)] (一般講演) Octreotide (somatostatin analogue)の下垂体手術後の片側性頭痛に対する効果について. 遠藤基,鈴木則宏,海野佳子,飯塚高浩,坂井文彦(内): 第17回日本神経治療学会総会 (1999.06.10), 横浜, 神経治療学, 16(5): 606, 1999.

971. [学会(全国)] (一般講演) 肝硬変合併腎不全患者の難治性腹水に対し腹水濾過濃縮再静注療を併用した血液透析が著効した3症例. 井川聡,竜崎崇和(内): 第44回日本透析医学会学術集会総会 (1999.06.27), 横浜.

972. [学会(全国)] (一般講演) 炎症性関節炎におけるPPARγの発症とPPARγ agonistの関節炎抑制作用. 遠藤平仁,栗原夕子,近藤啓文(内): 第20回日本炎症学会 (1999.07.15〜16), 仙台.

973. [学会(全国)] (一般講演) Verotoxin2による好中球アポトーシスの抑制. 劉佳佳,赤星透,近藤啓文(内): 第20回日本炎症学会 (1999.07.15〜16), 仙台.

974. [学会(全国)] (一般講演) Substance Pのラット局所脳循環に与える影響について. 福田倫也,鈴木則宏,土橋かおり,塚原信也,今井昇,北村昭,坂井文彦(内): 第11回日本脳循環代謝学会総会 (1999.10.04), 秋田.

975. [学会(全国)] (一般講演) 抗セントロメア抗体の膠原病における臨床的意義. 岡田純,内山真主美,ラナ美代子,近藤啓文(内): 第27回日本臨床免疫学会総会 (1999.10.06〜08), 宇都宮.

976. [学会(全国)] (一般講演) 強皮症の肺線維症におけるKL-6の有用性に関する臨床的検査. 渡部洋行,田中住明,是洞桂子,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第27回日本臨床免疫学会総会 (1999.10.06〜08), 宇都宮.

977. [学会(全国)] (一般講演) プロスタノイド受容体選択的アゴニストによる炎症病態の制御. 遠藤平仁,近藤啓文(内): 第49回日本アレルギー学会総会 (1999.10.18〜20), 広島.

978. [学会(全国)] (一般講演) minocyclineによる薬剤誘発ループスの2例. 是洞桂子,岡田純,渡部洋行,遠藤平仁,近藤啓文(内): 第49回日本アレルギー学会総会 (1999.10.18〜20), 広島.

979. [学会(全国)] (一般講演) 血管性頭痛の実験的研究−Substance Pおよびcalcitonin gene-related peptideのラット局所脳血流に与える影響について. 福田倫也,鈴木則宏,土橋かおり(内),丸山茂善(実動系),北村昭,坂井文彦(内): 第27回日本頭痛学会総会 (1999.11.20), 東京.

980. [学会(全国)] (一般講演) 抗セントロメア抗体および抗カルジオリピン抗体が陽性で足趾に難治性潰瘍を呈したレイノー症候群の1例. 高橋道雄,近藤啓文(内): 第14回日本臨床リウマチ学会 (1999.12.10〜11), 京都.

981. [学会(全国)] (一般講演) 慢性関節リウマチ滑膜病変におけるプロスタノイド受容体の発現とその意義. 遠藤平仁(内): 第14回日本臨床リウマチ学会 (1999.12.10〜11), 京都.

982. [学会(全国)] (一般講演) Efficacy of somatostatin analogue, octreotide, on severe hemicrania, after pituitary operation: An complicaiton to pathogenesis of chronic cluster headache. 鈴木則宏,遠藤基,坂井文彦(内): 第21回日本疼痛学会 (1999.12.18), 東京, Pain Res., 14: 175, 1999.

983. [学会(全国)] (一般講演) 痛風発作とケモカイン. 赤星透(内): 第33回日本痛風・核酸代謝学会総会 (2000.02.03), 京都.

984. [学会(全国)] (一般講演) 好中球myeloperoxidase (MPO)によるtyrosineのニトロ化に対するNO吸入の効果. 畑石隆治,小林弘祐,今崎貴生(内),崔泰林(医学部),本多研也,久保田勝(内),平野靖史郎(国立環境研),冨田友幸(内): 第40回日本呼吸器学会総会 (2000.03.22), 広島.

985. [学会(全国)] (一般講演) 特発性間質性肺炎のニトロチロシンの生因. 泉靖弘,小林弘祐,畑石隆治,今崎貴生(内),品田純(胸外),岩渕啓一(病理),冨田友幸(内): 第40回日本呼吸器学会総会 (2000.03.23), 広島.

986. [学会(全国)] (一般講演) 好中球iNOS由来NOによる好中球変形能の改善. 崔泰林,小林弘祐,阿部健二,畑石隆治,今崎貴生(内),林泉(薬理),冨田友幸(内): 第40回日本呼吸器学会総会 (2000.03.22〜24), 広島, 日本呼吸学会雑誌, 38(増): 133, 2000.

987. [学会(全国)] (一般講演) iNOSノックアウトマウスでは高濃度酸素暴露により急性肺損傷が増悪する. 小林弘祐,畑石隆治,本多研也,秋山志織,三藤久(内),Jones, R.C.(ハーバード大): 第40回日本呼吸器学会総会 (2000.03.22), 広島, 日本呼吸器学会雑誌, 38(増): 133, 2000.

988. [学会(全国)] (ポスター講演) CGRPのラット局所脳循環に与える影響について. 福田倫也,鈴木則宏,土橋かおり,塚原信也,北村昭,坂井文彦(内): 第24回日本脳卒中学会総会 (1999.04.21), 横浜, 脳卒中, 21(1): 120, 1999.

989. [学会(全国)] (ポスター講演) Progressing strokeにおけるDiffusion-weighted MRIの経時的変化. 飯ケ谷美峰(内),菅信一(放),飯塚高浩,日比洋子,塚原信也,海野佳子,鈴木則宏,坂井文彦(内): 第24回日本脳卒中学会総会 (1999.04.21), 横浜, 脳卒中, 21(1): 89, 1999.

990. [学会(全国)] (ポスター講演) 食用カエル胃粘膜におけるペプチド性神経線維の分布. 五野由佳理(内),松田秀樹(横浜市大),川上倫(生理),竹中敏文,日下部辰三(横浜市大): 第105回日本解剖学会総会 (2000.03.30), 横浜, Acta Anatomica Nipponica, 75(1): 125, 2000.

991. [学会(地方)] (教育講演) 睡眠時無呼吸症候群. 阿部直(内): 神奈川県内科医学会第26回臨床医学研究講座(日本医師会生涯教育講座) (1999.07.04), 相模原.

992. [学会(地方)] (シンポジウム等) 呼吸器疾患の検査最前線. 小林弘祐(内): 第13回日本臨床化学会中国支部・四国支部合同鯉城カンファランス (1999.07.30), 広島.

993. [学会(地方)] (一般講演) M蛋白を伴った成人期発症ネマリンミオパチーの1例. 飯塚高浩,飯ケ谷美峰,荻野美恵子,塚原信也,坂井文彦(内): 第149回日本神経学会関東地方会 (1999.06.06), 東京.

994. [学会(地方)] (一般講演) 両側肺野にびまん性陰影を呈したHTLV-I抗体陽性B細胞型悪性リンパ腫の1例. 須藤哲雄,高田信和,三藤久,佐藤和己,今崎貴生,土橋ゆかり,片桐真人,矢那瀬信雄,阿部直,冨田友幸(内): 第473回日本内科学会関東地方会 (1999.06.12), 東京.

995. [学会(地方)] (一般講演) 結核性慢性膿胸に合併した悪性リンパ腫の2例. 今崎貴生,高田信和,佐藤和己,白井岳二,土橋ゆかり,小林弘祐,矢那瀬信雄,片桐真人,阿部直,冨田友幸(内): 第135回日本呼吸器学会関東地方会 (1999.07.17), 東京.

996. [学会(地方)] (一般講演) 精神症状で発症した海馬に浸潤を認めたATLの1例. 飯ケ谷美峰,飯塚高浩,土橋かおり,鈴木則宏,坂井文彦(内): 第150回日本神経学会関東地方会 (1999.09.04), 東京.

997. [学会(地方)] (一般講演) 感染性関節炎を伴ったB群溶連菌による感染性心内膜炎の1例. 是洞恵子,遠藤平仁,山本倫子,村上恵子,渡部洋行,浜名俊也,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第475回日本内科学会関東地方会 (1999.09.11), 筑波.

998. [学会(地方)] (一般講演) 悪性リンパ腫と合併したAIDSの2例. 内山真主美,穂坂茂,宝田茂,穴沢康志,渡部洋行,遠藤平仁,近藤啓文(内),村本将俊,岩村正嗣(泌),桑尾定仁(病理): 第46回神奈川感染症医学会 (1999.09.11), 横浜.

999. [学会(地方)] (一般講演) 多発性脳神経麻痺を伴ったmultifocal acquired demyelinating sensory and motor (MADSAM) neuropathyの1例. 遠藤基,日比洋子,飯塚高浩,鈴木則宏,坂井文彦(内): 第151回日本神経学会関東地方会 (1999.11.27), 東京.

1000. [学会(地方)] (一般講演) 定型的気管支カルチノイドの1例. 佐藤和己(内),本間和夫,山本博之,田所衛(相模原協同病院),神谷紀輝,品田純(胸外): 第91回日本気管支学会関東部会 (1999.12.15), 東京.

1001. [学会(地方)] (一般講演) 偽性腸閉塞と房室ブロックに対して在宅中心静脈栄養と心臓ペースメーカー挿入を施行した強皮症の1例. 金子直裕,穂坂茂,弓削大,福居美佐紀,是洞桂子,内山真主美,渡部洋行,近藤啓文(内): 第478回日本内科学会関東地方会 (1999.12.12), 東京.

1002. [学会(地方)] (一般講演) 無顆粒球症を呈したLarge granular lymphocytosisの症例. 安藤みゆき(内),上遠野武文,佐々木雅之,星智(竹田綜合病院): 日本内科学会東北地方会 (2000.02.12), 仙台.

1003. [学会(地方)] (一般講演) 頚部の過伸展により発症したと考えられる内頚動脈解離の1例. 日比洋子,福田倫也,中野香代子,熊谷謙,土橋かおり(内),片岡祐一,林宗博,新井正康,高橋功,遠藤昌孝,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第48回日本救急医学会関東地方会 (2000.02.12), 東京, 抄録集, p.23, 2000.

1004. [学会(地方)] (一般講演) 卵巣癌によるNBTEが原因と考えられた脳梗塞の1例. 飯ケ谷美峰,飯塚高浩,塚原信也,鈴木則宏,坂井文彦(内): 第152回日本神経学会関東地方会 (2000.03.04), 東京.

1005. [研究会(全国)] (特別講演) 呼吸筋の協調運動. 阿部直(内): 第11回Sleep Apneaカンファランス (1999.12.18), 東京.

1006. [研究会(全国)] (教育講演) NSAIDの使い方. 近藤啓文(内): 第25回リウマチ中央教育研究会 (1999.07.24〜25), 名古屋.

1007. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 抗TNFα抗体およびsTNF受容体・Fc融合蛋白の臨床効果と問題点. 近藤啓文(内): 厚生省リウマチ調査研究公開シンポジウム−リウマチ研究と治療戦略; 21世紀に向けて− (2000.01.17), 東京.

1008. [研究会(地方)] (特別講演) 日常臨床における膠原病. 近藤啓文(内): 学術講演会 (1999.03.19), 神奈川.

1009. [研究会(地方)] (特別講演) 慢性関節リウマチの治療−MTX療法を中心に−. 近藤啓文(内): 東北リウマチ医の会 (1999.09.17), 郡山.

1010. [研究会(地方)] (特別講演) 強皮症の病態と治療. 近藤啓文(内): 第69回膠原病研究会 (1999.11.10), 新潟.

1011. [研究会(地方)] (教育講演) 血液ガス. 阿部直(内): 神奈川県臨床衛生検査技師会 (1999.10.16), 横浜.

1012. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 平成10年度がん検診の現況; 過去との比較. 高橋俊毅(国立相模原病院),前川公男(東芝林間病院),本間和夫(内),加来朝王(加来クリニック),吉村喜久緒(吉村クリニック),菅雄一朗(菅産婦 人科医院): 第3回相模原市地域保健研究会 (1999.09.18), 相模原.

1013. [研究会(地方)] (一般講演) MELASの脳卒中様発作の検討. 飯塚高浩,坂井文彦(内): 第3回神奈川脳卒中研究会 (1999.03.19), 神奈川.

1014. [研究会(地方)] (一般講演) 多発性単神経炎を繰り返したSLEの1症例. 松井俊通,福居美佐紀,内山真主美,渡部洋行,是洞桂子,田中住明,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第40回関東リウマチ研究会 (1999.06.26), 東京.

1015. [研究会(地方)] (一般講演) ARDSモデルラットのNO吸入下における肺組織障害性の検討. 本多研也,小林弘祐,畑石隆治,今崎貴生,久保田勝,冨田友幸(内): 第24回神奈川呼吸カンファランス (1999.07.02), 横浜.

1016. [研究会(地方)] (一般講演) 肺高血症を合併した原発性抗リン脂質抗体症候群の1例. 村上恵子,遠藤平仁,渡部洋行,是洞桂子,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第40回神奈川リウマチ医会 (1999.07.03), 横浜.

1017. [研究会(地方)] (一般講演) Posture effects on timing of abdominal muscle activity during stimulated ventilation. 阿部直(内): 東北呼吸セミナー (1999.07.12), 仙台.

1018. [研究会(地方)] (一般講演) 慢性関節リウマチに対する薬物療法と将来展望. 近藤啓文(内): 兵庫県リウマチ登録医の会 (1999.10.21), 神戸.

1019. [研究会(地方)] (一般講演) サルコイドーシスを合併した多発性筋炎・皮膚筋炎の1例. 松井俊通,穂坂茂,金子直裕,赤星透,岡田純,近藤啓文(内): 第41回神奈川リウマチ医会 (1999.11.06), 横浜.

1020. [研究会(地方)] (一般講演) Post streptococcal reactive arthritisを呈した1症例. 井川聡,石川章(内): 神奈川内科集談会 (1999.11.20), 横浜.

1021. [研究会(地方)] (一般講演) MELASの脳卒中様発作の検討. 飯塚高浩,坂井文彦(内): 第3回神奈川脳卒中研究会 (2000.01.22), 横浜.


<<1404 ?? >>

1022. [原著] Frequent expression of the variant CD30(CD30v) in human hematopoietic neoplastic cells. 堀江良一(内),Gattei, V.(アミアーノ血液腫瘍科),Ito, K.(東大),今城-大海忍,宮内潤(国立小児病院),Pinto, A.,Dega, M.,De Iuliis, A.(アミアーノ血液腫瘍科),東原正明(内),渡辺俊樹(東大): Am. J. Pathol., 155: 2029〜2041, 1999.

1023. [原著] Effect of red wine consumption on low-density lipoprotein oxidation and atherosclerosis in aorta and coronary artery in Watanabe heritable hyperlipidemic rabbits. 若林靖久(内): J. Agric. Food Chem., 47(11): 4724〜4730, 1999.

1024. [原著] Underglycosylation of IgA1 hinge plays a certain role for its glomerular deposition in IgA nephropathy. 比企能之(看護学部),小久保透(内),岩瀬仁勇(生化),真崎義彦(実動系),佐野隆(内),Tanaka, A.,Toma, K.,堀田恭子(生化),小林豊(内): JSAN, 10: 760〜769, 1999.

1025. [原著] Effect of probucol on hypercholesterolemia in renal transplant patients. 大久保充人,堀井昭,中村まこと,鎌田貢寿,塚本雄介,小林直之(内),佐藤光史(外),遠藤忠雄(泌): Kidney Int., 56(Suppl.71): 229〜230, 1999.

1026. [原著] Humoral immunity against prokine-rich peptide epitope of IgA1 hinge region in IgA nephropathy. 小久保透,橋爪健次郎(内),岩瀬仁勇(生化),Arai, K.,Tanaka, A.,Toma, K.,堀田恭子(生化),小林豊(内): Nephrol. Dial. Transplant., 15: 28〜33, 2000.

1027. [原著] ラット腎髄質内層集合管細胞における尿素輸送体(UT-A1)の発現調節. 泉田いぶき,安西尚彦,小林豊,東原正明(内),河原克雅(生理): 北里医学, 29(4): 182〜191, 1999.

1028. [原著] 尿毒症における活性化末梢血単核球のアポトーシスの検討. 花岡正人,塚本雄介,長場泰,森下哲夫,小林豊,東原正明(内): 北里医学, 30(1): 1〜8, 2000.

1029. [研究報告(厚生省)] 進行性IgA腎症に対する2年間のステロイド療法−ステロイド反応良好群と不良群の比較. 小林豊,比企能之,佐野隆,舘野純生(内): 厚生省特定疾患進行性腎障害調査研究班平成10年度研究業績, p.6〜9, 1999.

1030. [研究報告(厚生省)] CD30シグナルによる潜在HIV再活性化の分子機構. 堀江良一(内),米山彰子,渡辺俊樹(東大): 平成11年度厚生科学研究費補助金報告書, 2000.

1031. [症例報告] Primary gastric T-cell lymphomas: Report of two cases and a review of the literature. 堀江良一(内),矢富裕(山梨医大),若林とも(東大),大野 Y.(長崎医大),江里口M.(東大),東原正明(内),中原一彦,渡辺俊樹(東大): Jpn. J. Clin. Oncol., 29: 171〜178, 1999.

1032. [症例報告] 基底膜内のびまん性細胞小突起と巣状分節性糸球体硬化像を認めたネフローゼ症候群の1例. 松尾孝俊,鎌田貢寿,猿田貴之,藤森亜希,山中真理子,田村雅人,比企能之,塚本雄介,舘野純生,小林豊(内),重松秀一(信州大): 腎炎症例研究, 16: 1〜12, 2000.

1033. [症例報告] Ogito Report; 頭蓋骨の巨大な形質細胞腫の2例. 宝田茂,秋山暢,檀原幹生,東原正明(内): 内科, 85: 148, 1999.

1034. [症例報告] 抗結核薬が奏効した進行性椎間板炎を発症した維持血液透析患者の1例. 佐野隆,鎌田貢寿,長場泰,泉田いぶき,巽洋(内),桜井健治(橋本クリニック),小林豊,東原正明(内): 日本透析会誌, 32: 1095〜1098, 1999.

1035. [症例報告] 発症時急性糸球体腎炎との鑑別が困難であった膜性増殖性糸球体腎炎の1例. 森口いぶき,花岡正人,辻俊一,町田陽二,鎌田貢寿,大久保充人(内),重松秀一(信州大),小林豊(内): 北里医学, 29(5): 309〜314, 1999.

1036. [症例報告] 多発性筋炎の経過中に膜性腎症によるネフローゼ症候群を伴った1例. 花岡正人,巽洋,佐野隆,橋爪健次郎,比企能之,小林豊(内),重松秀一(信州大): 北里医学, 29(6): 385〜389, 1999.

1037. [総説] 白血病. 東原正明(内): Hospha, 9: 10〜12, 1999.

1038. [総説] 止血機序の理解: 臨床家の為に. 東原正明(内): Medical Practice, 17: 186〜193, 2000.

1039. [総説] 悪性リンパ腫の治療. 秋山暢(内): クリニカ, 26: 147〜153, 1999.

1040. [総説] 特発性血小板減少性紫斑病. 山本倫子,東原正明(内): クリニカ, 26: 390〜395, 1999.

1041. [総説] ワルファリン療法. 東原正明(内): ドクターサロン, 43: 357〜360, 1999.

1042. [総説] 血小板研究の最近の話題−序にかえて. 東原正明(内): 血液フロンティア, 9: 9〜15, 1999.

1043. [総説] 急性腎炎症候群の治療−IgA腎症. 小林豊(内): 今月の治療, 7: 72〜74, 1999.

1044. [総説] 広範囲血液・尿化学検査, 免疫学的検査(2)−その数値をどう読むか−血液比重. 大坂学,東原正明(内): 日本臨床, 57: 513〜515, 1999.

1045. [総説] 広範囲血液・尿化学検査, 免疫学的検査(2)−その数値をどう読むか−血液および血漿粘度. 大坂学,東原正明(内): 日本臨床, 57: 519〜523, 1999.

1046. [総説] 止血薬. 大竹浩之,東原正明(内): 臨床医, 25: 766〜767, 1999.

1047. [学術書] (分担執筆) IgA腎症診療マニュアル; IgA腎症の治療−副腎皮質ステロイド, p.81〜94, 小林豊,比企能之(内). 編集 富野康日己, 南江堂,99.00.00発行.

1048. [学術書] (分担執筆) 内科学, 第7版; IgA腎症, p.1249〜1251, 小林豊(内). 編集 杉本恒明,小俣政男, 朝倉書店,99.00.00発行.

1049. [学術書] (分担執筆) 2000年今日の治療指針; IgA腎症, p.479〜480, 小林豊(内). 医学書院,00.00.00発行.

1050. [学術書] (分担執筆) 新・内科治療ガイド; 血栓性疾患, p.1100〜1107, 上江州佐矢子,東原正明(内). 文光堂,東京, 99.00.00発行.

1051. [学術書] (分担執筆) 生涯教育シリーズ43, 症候から診断へ(第2集); 好酸球増多, p.127〜133, 東原正明(内). 日本医師会, 東京, 99.00.00発行.

1052. [学術書] (分担執筆) 内科学1999; 血液・造血器疾患−出血傾向へのアプローチ, p.1387〜1389. 東原正明(内). 編集 黒川清,松沢祐介, 文光堂, 東京, 99.00.00発行.

1053. [学術書] (分担執筆) 血液内科学1999; 血小板, p.30〜37, 止血作用と血栓形成, p.54〜59, 止血・血栓, p.345〜348, 特発性血小板減少性紫斑病, p.354〜360, 血液疾患患者への病状説明, p.401〜404, 東原正明(内). 編集 浅野茂隆(東大),東原正明(内),平井久丸(東大), 中外医学社, 東京, 99.00.00発行.

1054. [学術書] (分担執筆) 血液内科学1999; 凝固・線溶系異常症, p.366〜377, 東原正明(内),小池由佳子(東大). 編集 浅野茂隆(東大),東原正明(内),平井久丸(東大), 中外医学社, 東京, 99.00.00発行.

1055. [学術書] (分担執筆) 内科学1999; 血液・造血器疾患−造血器腫瘍細胞の表面形質, p.1387〜1389, 須永真司(東大),東原正明(内). 編集 黒川清,松沢祐介, 文光堂, 東京, 99.00.00発行.

1056. [学術書] (分担執筆) 血液内科学1999; 細胞接着分子, p.390〜395, 秋山暢(内). 編集 浅野茂隆(東大),東原正明(内),平井久丸(東大), 中外医学社, 東京, 99.00.00発行.

1057. [学術書] (分担執筆) 血液内科学1999; 悪性リンパ腫, p.282〜316, 秋山暢,東原正明(内). 編集 浅野茂隆(東大),東原正明(内),平井久丸(東大), 中外医学社, 東京, 99.00.00発行.

1058. [学術書] (分担執筆) 血液内科学1999; 悪性リンパ腫の類縁疾患, p.317〜322, 堀江良一(内). 編集 浅野茂隆(東大),東原正明(内),平井久丸(東大), 中外医学社, 東京, 99.00.00発行.

1059. [学術書] (編集) 血液内科学1999; 編集 浅野茂隆(東大),東原正明(内),平井久丸(東大), 中外医学社, 東京, 99.00.00発行.

1060. [学会(国際)] (一般講演) Moderate consumption of red wine on atherosclerosis and LOL oxidation in the WHHL rabbits. 若林靖久(内): 第8回欧州栄養学会 (1999.06.18), ノルウェー, Scand. J. Nutr., 43(Suppl.): 47〜48, 1999.

1061. [学会(国際)] (一般講演) A novel macrothrombocytopenia showing progressive nephritis and characteristic inclusion bodies. 東原正明,山中真理子,高石雅章,竹内康雄,鎌田貢寿(内): 17th Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (1999.08.14〜21), Washington,DC, USA, Thrombosis and Haemostasis, p.134, 1999.

1062. [学会(国際)] (一般講演) Identification of mRNAs encoding nonmuscle myosin heavy chain-A in human platelets. 高石雅章(内),Hirayama Y.,渡部終五(東大),東原正明(内): ASH 41th Annual Meeting (1999.12.03〜07), ニューオリンズ, Blood, 94(Suppl.1): (part 2)70, 1999.

1063. [学会(国際)] (ポスター講演) Five-year steroid therapy in progressive IgA nephropathy; Comparison of 5-year clinical courses between 2-year and 5-year steroid therapy. 小林豊,比企能之,佐野隆,橋爪健次郎,松尾孝俊,舘野純生(内): 第32回米国腎臓学会 (1999.11.03〜10), Miami, USA.

1064. [学会(国際)] (ポスター講演) Correlation between long-term prognosis and angiotensin converting enzyme (ACE) gene polymorphism in IgA nephropathy. 橋爪健次郎,比企能之,舘野純生,小林豊(内): 第32回米国腎臓学会 (1999.11.03〜10), Miami, USA.

1065. [学会(国際)] (ポスター講演) Clinical heterogeneity of focal glomerulosclerosis (FGS) in Japanese adults. Differencein responsiveness to corticosterid treatment. 松尾孝俊,佐野隆,比企能之,鎌田貢寿,塚本雄介,舘野純生,小林豊(内): 第32回米国腎臓学会 (1999.11.03〜10), Miami, USA.

1066. [学会(国際)] (ポスター講演) Enzymatically deglycosylated human IgA1 molecules accumulate and induce IL-6 production in rat glomeruli. 佐野隆,比企能之,小久保透,遠藤平仁,小林豊(内),岩瀬仁勇(生化),真崎義彦(実動系),重松秀一(内): 第32回米国腎臓学会 (1999.11.03〜10), Miami, USA.

1067. [学会(国際)] (ポスター講演) Assessment of pentosidine level vs amadorin products in hemodialysis patients. 小林直之(さがみ循環器クリニック),鎌田貢寿,田中由里,Sugawara, T.,吉田煦(さがみ循環器クリニック),小林豊(内),石原和彦(医療衛生),東原正明,大久保充人(佐野厚生総合病院): 第32回米国腎臓学会 (1999.11.03〜10), Miami, USA, Am. Soc. Nephrol., 10: 288, 1999.

1068. [学会(国際)] (ポスター講演) Stimulated apoptosis of activated-peripheral blood mononuclear cell (PBMC) in uremia; The role of TNF-α and calcitriol. 花岡正人,塚本雄介,長場泰,森下哲夫,小林豊,東原正明(内): 第32回米国腎臓学会 (1999.11.03〜10), Miami, USA, J. Am. Soc. Nephrol., 10: 492, 1999.

1069. [学会(国際)] (ポスター講演) Definite accumulation of enzymatically under-glycosylated IgA1 in rat glomeruli. 佐野隆,比企能之(内),岩瀬仁勇(生化),小久保透(内),真崎義彦(実動系),Tanaka, A.,Hisatomi, K.,重松秀一(信州大),小林豊(内): 15th International Congress of Nephrology (2000.00.00), Buenos Aires.

1070. [学会(全国)] (一般講演) Kasumi-1におけるG-CSFシグナル伝達の検討. 萩原将太郎(内),湯尾明(国立国際医療セン),東原正明(内): 第61回日本血液学会総会 (1999.04.19〜21), 東京, Int. J. Hematol., (Suppl.1): 117, 1999.

1071. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院における骨髄異形性症候群の予後及び白血病化因子の解析. 秋山暢,金子多香子,萩原将太郎,塩谷茂,東原正明(内): 第61回日本血液学会総会 (1999.04.19〜21), 東京, Int. J. Hematol., (Suppl.1): 199, 1999.

1072. [学会(全国)] (一般講演) ヒト好中球におけるTNFとGM-CSFの協調作用. 佐伯久美子(国立国際医療セン),北川誠一(大阪市大),大熊恵美子(国立国際医療セン),萩原将太郎(内),八木沢雅子,湯尾明(国立国際医療セン): 第61回日本血液学会総会 (1999.04.19〜21), 東京, Int. J. Hematol., (Suppl.1): 71, 1999.

1073. [学会(全国)] (一般講演) 酵素処理にて作成した糖鎖不全ヒトIgA1のラット糸球体沈着性. 佐野隆,比企能之,小久保透,小林豊(内),岩瀬仁勇,堀田恭子(生化),真崎義彦(実動系),重松秀一(信州大): 第42回日本腎臓学会学術総会 (1999.06.26〜28), 横浜.

1074. [学会(全国)] (一般講演) フローサイトメトリーによる血小板膜表面のトロンボポエチン受容体発現の検討. 小池由佳子,米山彰子,青木克己(東大),東原正明(内),中原一彦(東大): 第9回日本サイトメトリー学会 (1999.06.27), 金沢, Cytometry Research, 9(Suppl.): 67, 1999.

1075. [学会(全国)] (一般講演) 維持血液透析患者における代謝性アシドーシス是正時のアマドリン化合物の変化. 小林直之(さがみ循環器クリニック),鎌田貢寿,田中由里,巽洋(内),吉田煦(さがみ循環器クリニック),塚本雄介,小林豊(内),石原和彦(医療衛 生),東原正明(内),酒井糾(小児腎疾患総合管理研究所),大久保充人(佐野厚生総合病院): 第42回日本腎臓学会学術総会 (1999.06.26〜28), 横浜, 日腎会誌, 41: 281, 1999.

1076. [学会(全国)] (一般講演) 原発性抗リン脂質抗体症候群(APS)による維持透析期腎不全患者の臨床的特徴. 松尾孝俊,花岡正人,巽洋(内),吉田煦,小林直之(さがみ循環器クリニック),永岡隆(相模原クリニック),東原正明(内): 第44回日本透析医学会 (1999.06.25〜27), 横浜, 日本透析医学会雑誌, 32: 634, 1999.

1077. [学会(全国)] (一般講演) 維持透析期慢性腎不全を伴う抗リン脂質抗体症候群(APS)に対するステロイド療法. 藤森亜希,青山東五,松尾孝俊,山中真理子,猿田貴之,花岡正人,田村雅人,巽洋,泉田いぶき,守屋利佳,鎌田貢寿,東原正明(内): 第44回日本透析医学会 (1999.06.25〜27), 横浜, 日本透析医学会雑誌, 32: 634, 1999.

1078. [学会(全国)] (一般講演) 維持血液透析患者のChlamydia pneumonia感染症. 猿田貴之,巽洋,藤森亜希,守屋利佳(内),吉田煦,小林直之(さがみ循環器クリニック),鎌田貢寿,東原正明(内): 第44回日本透析医学会 (1999.06.25〜27), 横浜, 日本透析医学会雑誌, 32: 675, 1999.

1079. [学会(全国)] (一般講演) 12年間のCAPD療法を行い得たimmunotactoid glomerulopathy (IG)の1例. 鎌田貢寿(内),小林直之,吉田煦(さがみ循環器クリニック),猿田貴之,泉田いぶき,竹内康雄,大久保充人(佐野厚生総合病院),東原正明(内): 第44回日本透析医学会 (1999.06.25〜27), 横浜, 日本透析医学会雑誌, 32: 714, 1999.

1080. [学会(全国)] (一般講演) 多彩な症状を呈した尿毒症に至ったコレステロール塞栓症の1例. 山中真理子,鎌田貢寿,藤森亜希,舘野純生,小林豊,東原正明(内): 第44回日本透析医学会 (1999.06.25〜27), 横浜, 日本透析医学会雑誌, 32: 770, 1999.

1081. [学会(全国)] (一般講演) 右眼視力低下にて発症した頭蓋内悪性リンパ腫. 大竹浩之,秋山暢,大坂学,梶原耕一,大和田啓,郡美佳(内),平美也子(形態系),萩原将太郎,金子多香子,塩谷茂,東原正明(内): 第136回日本臨床血液学会例会 (1999.09.11), 東京.

1082. [学会(全国)] (一般講演) 胃原発T細胞性リンパ腫: その臨床病理学的特徴. 堀江良一(内),渡辺俊樹(東大),矢富裕(山梨医大),中原一彦(東大),東原正明(内): 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.13〜15), 秋田.

1083. [学会(全国)] (一般講演) 過多月経にて発見された先天性第]因子欠損症. 秋山暢,郡美佳,東原正明(内),平沢晃,若林芳久: 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.13〜15), 秋田.

1084. [学会(全国)] (一般講演) 急激な血管内溶血と肺梗塞で発症したプロテインS欠損症を伴ったIgA型自己免疫性溶血性貧血の1例. 大和田啓,金子多香子,大坂学,大竹浩之,梶原耕一,郡美佳,檀原幹生,萩原将太郎,秋山暢,塩谷茂,東原正明(内): 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.13〜15), 秋田.

1085. [学会(全国)] (一般講演) 維持透析期慢性腎不全を伴う原発性抗リン脂質抗体症候群の臨床像と治療法の検討. 鎌田貢寿,東原正明(内): 第22回日本血栓止血学会 (1999.12.01), 栃木, 日本血栓止血学会誌, 10: 401, 1999.

1086. [学会(全国)] (一般講演) ATL多段階発癌におけるPKCbU-b-catenin/TCF系の関与. 渡辺俊樹,福本理作,小岩司,渡辺卓郎(東大),堀江良一,東原正明(内),山口一成(熊本大),松岡雅雄(京大): 第62回日本血液学会総会 (2000.03.16〜18), 福岡, Int. J. Haematol., 71(Suppl.): 101, 2000.

1087. [学会(全国)] (一般講演) ウイルスベクターを用いたATLの細胞特異的・分子標的遺伝子治療の基礎. 渡辺卓郎(東大),堀江良一(内),松岡雅雄(京大),山口一成(熊本大),東原正明(内),渡辺俊樹(東大): 第62回日本血液学会総会 (2000.03.16〜18), 福岡, Int. J. Haematol., 71(Suppl.): 102, 2000.

1088. [学会(全国)] (一般講演) CD30によるNF-kBのリガンド非依存性活性化機構の解析. 堀江良一(内),森下保幸,伊藤金次(東邦大),渡辺俊樹(東大),東原正明(内): 第62回日本血液学会総会 (2000.03.16〜18), 福岡, Int. J. Haematol., 71(Suppl.): 138, 2000.

1089. [学会(全国)] (一般講演) ヒト血小板における細胞性ミオシン重鎖・非筋ミオシンU重鎖のcDNAサブクローニング. 高石雅章,東原正明(内): 第62回日本血液学会総会 (2000.03.16〜18), 福岡, Int. J. Haematol., 71(Suppl.): 239, 2000.

1090. [学会(全国)] (ポスター講演) IgA腎症の長期予後とACE遺伝子多型. 橋爪健次郎,巽洋(内),南郷英明(あけぼの病院),比企能之,塚本雄介,鎌田貢寿,舘野純生,小林豊(内): 第42回日本腎臓学会学術総会 (1999.06.26〜28), 横浜.

1091. [学会(全国)] (ポスター講演) 緩慢な発症様式をとる巣状糸球体硬化症のステロイド反応性について. 松尾孝俊,佐野隆,比企能之,塚本雄介,鎌田貢寿,舘野純生,小林豊(内): 第42回日本腎臓学会学術総会 (1999.06.26〜28), 横浜.

1092. [学会(全国)] (ポスター講演) 急性発症の低Ca血症により副甲状腺梗塞の合併が疑われた二次性副甲状腺機能亢進症の1例. 巽洋(内),小林直之,吉田煦(さがみ循環器クリニック),塚本雄介,鎌田貢寿,東原正明(内),横田和彦(JR東京総合病院),大久保充人(佐野厚生総 合病院): 第44回日本透析医学会 (1999.06.25〜27), 横浜, 日本透析医学会雑誌, 32: 768, 1999.

1093. [学会(地方)] (一般講演) ベーチェット病と好酸球増多症を合併した1例. 米田吉位(内),新山史朗(皮),舘野純生,鎌田貢寿,小林豊,東原正明(内): 第472回日本内科学会関東地方会 (1999.05.18), 東京.

1094. [学会(地方)] (一般講演) 化学療法後にvariant type HBVによる肝炎を認めた悪性リンパ腫の1例. 梶原耕一(内),宮入泰郎,柳沢孝次,香西康司,幸道秀樹(都立府中病院): 第135回日本臨床血液学会例会 (1999.05.22), 東京, 臨床血液, 40(8): 688, 1999.

1095. [学会(地方)] (一般講演) 蛋白漏出性胃腸障害を伴ったウエルナー肉芽腫の1例. 堅田親利,北村陽子,藤森亜希,山中真理子,猿田貴之,田村雅人,鎌田貢寿,小林豊,東原正明(内): 第474回日本内科学会関東地方会 (1999.07.17), 東京.

1096. [学会(地方)] (一般講演) 長期にわたる摂食不能の原因治療により汎血球減少症の改善をみた1例. 板橋美津代,三沢春雄,安田雅子,池田国儀,遠藤真理子,安藤明俊(東京労災病院),東原正明(内),吉田友彦,大菅俊明(東京労災病院): 第476回日本内科学会関東地方会 (1999.10.09), 東京.

1097. [学会(地方)] (一般講演) 結節性多発性動脈炎と膜性糸球体腎炎を合併した1例. 藤森亜希,巽洋,松尾孝俊,青山東五,猿田貴之,山中真理子,田村雅人,鎌田貢寿,小林豊,東原正明(内): 第476回日本内科学会関東地方会 (1999.10.09), 東京.

1098. [学会(地方)] (一般講演) 血液疾患の経過中に好中球減少性腸炎の合併をみた3症例. 栂野富輝,萩原将太郎,梶原耕一,大竹浩之,大和田啓,大坂学,郡美佳,檀原幹生,秋山暢,東原正明(内): 第477回日本内科学会関東地方会 (1999.11.13), 東京.

1099. [学会(地方)] (一般講演) 非透析期慢性腎不全患者の妊娠出産例. 山中真理子,藤森亜希,猿田貴之,松尾孝俊,田村雅人,守屋利佳,鎌田貢寿,小林豊,東原正明(内): 第480回日本内科学会関東地方会 (2000.03.11), 東京.

1100. [学会(地方)] (ポスター講演) 基底膜内のびまん性細胞小突起と巣状分節性糸球体硬化像を認めたネフローゼ症候群の1例. 松尾孝俊,猿田貴之,藤森亜希,山中真理子,田村雅人,鎌田貢寿,小林豊(内),重松秀一(信州大): 第29回日本腎臓学会東部学術大会 (1999.10.22〜23), 宇都宮.

1101. [研究会(全国)] (一般講演) 急性腎不全にて発症したコレステロール塞栓症の尿細管間質病変の検討. 巽洋,鎌田貢寿,青山東五,猿田貴之,松尾孝俊,清水健史,藤森亜希,山中真理子,小林豊,東原正明(内): 腎間質研究会 (1999.10.00), 東京.

1102. [研究会(全国)] (一般講演) 進行性IgA腎症に対する5年間のステロイド療法. 小林豊,松尾孝俊,佐野隆,橋爪健次郎,比企能之,舘野純生(内): 厚生省特定疾患調査研究班進行性腎障害平成11年度研究業績発表会 (2000.01.23), 東京.

1103. [研究会(地方)] (一般講演) 緩慢な経過をとったMPO-ANCA陽性の巣状壊死性糸球体腎炎の1例. 青山東五,清水健史,松尾孝俊,巽洋,橋爪健次郎,森口いぶき,守屋利佳,鎌田貢寿,小林豊(内),重松秀一(信州大): 第33回神奈川腎炎研究会 (2000.02.26), 横浜.


<<15 外科学>>

1104. [原著] Further evaluation of factors affecting survival after resection in patients with gastric cancer and simultaneous distant metastases: A multivariate analysis. 菊池史郎,塚本秀人,小林伸行,嶋尾仁,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): Ann. Cancer Res. Ther., 7(2): 87〜90, 1998.

1105. [原著] Regional differences in the cellular proliferation activity of the regenerating rat pancreas after partial pancreatectomy. 林京子,高橋毅,柿田章(外),山科正平(解): Arch. Histol. Cytol., 62(4): 111〜119, 1999.

1106. [原著] Magenfruehkarzinom-Warum legen wir in Japan grossen Wert auf die Diagnose und die Behandlung des Magenfruehkarzinoms? 比企能樹,嶋尾仁,菊池史郎,石川博和,U. Bergmann(外): Deutsche Gesellschaft fuer Chirurgie (Kongressband 1999), p.1268〜1271, 1999.

1107. [原著] Does gastrojejunostomy for unresectable cancer of the gastric antrum offer satisfactory palliation? 菊池史郎,堤修,小林伸行,塚本秀人,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): Hepato-Gastroenterology, 46: 584〜587, 1999.

1108. [原著] The learning curve for laparoscopic anti-reflux surgery. 佐藤一喜(外),Filipi, C.J.,Fenton, S.J.,Cummings, J.E.,Mittal, S.K.: J. Abdom. Surg., Fall: 8〜12, 1999.

1109. [原著] Manometric and radiographic veniffication of esophageal body decompensation for patients with achalasia. Shiino, Y.,Houghton, S.G.,Filipi, C.J.,Awad, Z.T.(Creighton Univ.),朝長哲弥(外),Marsh, R.E.(Creighton Univ.): J. Am. Coll. Surg., 189(2): 158〜163, 1999.

1110. [原著] Does the duration of gastroesophageal reflux disease and degree of acid reflux correlate with esophageal function? A retrospective analysis of 768 patients. Shiino, Y.,Filipi, C.J.(Creighton Univ.),朝長哲弥(外),Awad, Z.T.,Marsh, R.E.(Creighton Univ.): J. Clin. Gastroenterol., 30(1): 56〜60, 2000.

1111. [原著] Enhanced epithelial cell turnover associated with p53 accumulation and high p21WAF1/CIP1 expression in ulcerative colitis. 新井伸康(外),三富弘之(病理),大谷剛正(外),五十嵐正広(内),柿田章(外),岡安勲(病理): Mordan Pathol., 12(6): 604〜611, 1999.

1112. [原著] 加圧後の肝臓の加移植性と形態学的変化に関する基礎的研究. 高橋毅,柿田章,高橋禎人,坂本いづみ,林京子(外),藤生俊弘(生化系),山科正平(解),玉置透(札幌北楡病院),高沢義昭,村椿良司(スギノマシー ン): Organ Biology, 6(4): 83〜92, 1999.

1113. [原著] Effect of intravenous immunoglobulin G on the TNFa-mediated hepatic microvascular inflammatory response. 伊藤義也(外),Atmadja, W.,Machen, N.,Baker, G.L.,McCuskey, R.S.: Shock, 11: 291〜295, 1999.

1114. [原著] A combined laparoscopic-endoscopic method of assessment to prevent the complications of short esopagus. Awad, Z.T.,Dickason, T.J.,Filipi, C.J.,Shiino, Y.,Marsh, R.E.(Creighton Univ.),朝長哲弥(外),Tasset, M.R.,Mittal, S.(Creighton Univ.): Surg. Endosc., 13(6): 626〜627, 1999.

1115. [原著] Laparoscopic intracorporeal ultrasound cystic duct length measurment; A new technique to prevent common bile duct injuries. 朝長哲弥(外),Filipi, C.J.,Lowham, A.,Martinez, T.(Creighton Univ.): Surg. Endosc., 13: 183〜185, 1999.

1116. [原著] A new form of access for endo-organ surgery; The initial experience with percutaneous endoscopic gastrectomy. 朝長哲弥(外),Houghton, S.G.,Filipi, C.J.,Hinder, R.A.,Hunter, J.,Dallemagne, B.,Katkhouda, N.,DeMeester, T.R.,Deeik, R.,Shiino, Y.(Creighton Univ.): Surg. Endosc., 13: 738〜741, 1999.

1117. [原著] Delayed hyperacute xenograft rejection in porcine to canine fetal liver transplantation. 金井伸行,Munkhbat, B.,Gansuvd, B.,木勢佳史(群大),佐藤光史,高橋毅,柿田章(外),長町幸雄,萩原政雄,辻公美(東海大): Transplant. Immunol., 7(2): 95〜99, 1999.

1118. [原著] 家兎脳死モデルにおけるdopamineの肝類洞血流と肝細胞機能に及ぼす影響. 今井潔,佐藤光史,大沼田治,小川憲章,中山義介,柿田章(外): 移植, 34(5): 221〜231, 1999.

1119. [原著] 脳死における肝血流動態と血中cortisolの変動に関する実験的研究. 大沼田治,高橋毅,今井潔,佐藤光史,柿田章(外): 移植, 34(6): 356〜3662, 1999.

1120. [原著] 切除不能食道癌性狭窄に対するステント挿入術とPEG併用の有効性について. 近藤賢司,嶋尾仁,堤修,片田夏也,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 在宅医療と内視鏡治療, 3(1): 57〜60, 1999.

1121. [原著] 当院における膵頭十二指腸切除例の検討. 佐藤牧,西八嗣,平井俊男,立石晋,森瀬昌樹,田所文彦,八十川要平(外): 埼玉県医学会雑誌, 33(1): 69〜72, 1998.

1122. [原著] 大腸憩室症治療例の検討. 上野聡一郎,宮内邦浩,中熊尊士,島谷英明,中村隆俊,栗田淳(外),中村秀夫(上尾中央): 埼玉県医学会雑誌, 34(1): 56〜58, 1999.

1123. [原著] 胆嚢結石症に対する効率的腹腔鏡下胆嚢摘出術. 吉田宗紀(外): 消化器科, 29(3): 342〜349, 1999.

1124. [原著] 進行膵癌の癌性疼痛に対する胸腔鏡下大内臓神経切離術. 高橋毅,島田謙,柿田章(外): 胆と膵, 20(8): 677〜680, 1999.

1125. [原著] 膵頭十二指腸切除術後のMRCPと膵外分泌機能−セクレチン負荷MRCPは膵外分泌機能を反映するか−. 島田謙,高橋毅,中村考伸,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外),磯部義憲(放): 胆膵の生理機能, 15(1): 31〜34, 1999.

1126. [原著] α-Fetoprotein産生性ヒト直腸癌培養細胞株RKK-YK樹立とその性状に関する基礎的研究. 国場幸均,大谷剛正,柿田章(外),山下和也(病理): 日本消化器病学会雑誌, 96(7): 809〜816, 1999.

1127. [原著] 急性胆嚢炎に対する待機手術における腹腔鏡下胆嚢摘出術困難例の予測と対策. 吉田宗紀,中村考伸,比企能樹,柿田章(外): 日本内視鏡外科学会雑誌, 4(1): 15〜21, 1999.

1128. [原著] Myonephropathic-metabolic syndrome (MNMS)に関する実験的研究−MNMSモデル作成と骨格筋・肺への好中球浸潤および抗ICAM-1抗体, 抗CD18抗体投与の検討. 杉野三千男,根本・(あそか病院): 北里医学, 29(2): 78〜85, 1999.

1129. [原著] An analysis of preoperative risk factors in hemodialysis patients due to chronic renal failure. 佐藤光史,鹿取正道,内田泰至,榎本拓茂,小川憲章,大沼田治,阿曽和哲,柿田章(外): 北里医学, 29(3): 145〜151, 1999.

1130. [準原著(英文)] Morphologic mechanisms for regulating blood flow through hepatic sinusoids: 1998 update and overview. McCuskey, R.S.,伊藤義也(外),McCuskey, M.K.,Ekataksin, W.,Wake, K.: In Wisse, E., Knook, D.L., Fraser, R.(eds.): Cells of the Hepatic Sinusoid Z, Leiden, The Netherlands, Kupffer Cell Foundation, p.129〜134, 1999.

1131. [準原著(英文)] Intravenous immunoglobulin attenuates the hepatic microvascular inflammatory response to TNFa. 伊藤義也(外),Atmadja, W.,Machen, N.W.,Baker, G.L.,McCuskey, R.S.: In Wisse, E., Knook, D.L., Fraser, R.(eds.): Cells of the Hepatic Sinusoid Z, Leiden, The Netherlands, Kupffer Cell Foundation, p.216〜219, 1999.

1132. [準原著(英文)] Curcuminoids minimize the hepatic microvascular and parenchymal inflammatory response. Atmadja, W.,Barlian, A.,Achmad, T.H.,伊藤義也(外),Baker, G.L.,McCuskey, R.S.: In Wisse, E., Knook, D.L., Fraser, R.(eds.): Cells of the Hepatic Sinusoid Z, Leiden, The Netherlands, Kupffer Cell Foundation, p.241〜242, 1999.

1133. [準原著(英文)] Percutaneous endoscopic gastrostomy assisted end-organ surgery. 朝長哲弥(外),Filip, C.J.,Marsh, R.E.(Creighton Univ.): Surg. Tech., (8): 992〜994, 1998.

1134. [準原著] Intravenous immunoglobulin (ivIG) inhibits TNFa secretion from Kupffer cells and other macrophages stimulated by lipopolysaccharide (LPS). Baker, G.L.,伊藤義也(外),Machen, N.W.,McCuskey, R.S.: In Wisse, E., Knook, D.L., Fraser, R.(eds.): Cells of the Hepatic Sinusoid Z, Leiden, The Netherlands, Kupffer Cell Foundation, p.224〜225, 1999.

1135. [準原著] 食道アカラシアの治療方針. 片田夏也(外),田辺聡(内),桜本信一,嶋尾仁,佐藤牧,近藤賢司,小林伸行,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): クリニカ, 26(別冊): 40〜43, 1999.

1136. [準原著] 食道狭窄に対する内視鏡治療. 嶋尾仁,森瀬昌樹,近藤賢司,小林伸行,榊原譲,柿田章(外): 手術, 53(11): 1621〜1625, 1999.

1137. [準原著] 腹腔鏡下食道アカラシア手術. 片田夏也,桜本信一,嶋尾仁,近藤賢司,小林伸行,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 手術, 53(6): 747〜751, 1999.

1138. [準原著] 高出力レーザー(1)早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除法とNd:YAGレーザー併用療法. 嶋尾仁,比企能樹,堤修,森瀬昌樹,佐藤牧,近藤賢司,片田夏也,桜本信一,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,柿田章(外),田辺聡,西元寺克礼(内): 臨床消化器内科, 4(8): 1107〜1112, 1999.

1139. [短報・速報] 肝臓の加圧耐用性に関する基礎的研究. 高橋毅,高橋禎人,坂本いづみ,林京子,柿田章(外): 肝臓, 40(10): 574〜575, 1999.

1140. [短報・速報] 家兎脳死モデルにおける伊東細胞の形態学的変化. 大沼田治,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外),山科正平(解): 北里医学, 29(5): 307〜308, 1999.

1141. [研究報告(厚生省)] 膵癌切除後の肝再発予防を目的とした5-FU・CDDP併用2-channel化学療法の抗腫瘍効果と臨床的意義. 柿田章,吉田宗紀,中村考伸,北村雅也,島田謙,高橋毅(外): 厚生省がん研究助成金「膵がんの病態解明に基づく外科手術の適応と限界に関する研究」平成9年度研究報告書, p.84〜91, 1999.

1142. [症例報告] An unusual case of endometrial trocar site implantations. Martinez, T.,Filipi, C.J.,Stalter, K.D.(Creighton Univ.),朝長哲弥(外): Surg. Endosc., (12): 992〜994, 1998.

1143. [症例報告] Endo-organ full thickness excision for gastric cancer: Report of a case. 朝長哲弥(外),Filipi, C.J.,Marsh, R.E.,Awad, Z.T.,Shiino, Y.(Creighton Univ.): Surg. Today, 29(12): 1248〜1252, 1999.

1144. [症例報告] 5'-DFURとMMC併用療法が有効であった大腸癌肺再々発症例. 大谷剛正,石川博和,相原成昭,金沢秀紀,比企能樹,柿田章(外): 癌と化学療法, 26(7): 979〜982, 1999.

1145. [症例報告] 虚血性小腸狭窄の1例. 中村隆俊,大島行彦,上野聡一郎,宮内邦浩,中熊尊士,島谷英明,半田喜美也,鈴木哲太郎(外),中村秀夫(上尾中央): 埼玉県医学会雑誌, 33(5): 741〜743, 1999.

1146. [症例報告] 血中CA19-9および嚢胞液中のCA19-9, CEAが異常高値を示した巨大肝嚢胞の1例. 松沢克典(至誠堂総合病院),板橋浩一(外),松沢信五(至誠堂総合病院),堤修,比企能樹,柿田章(外): 日本消化器外科学会雑誌, 32(10): 2375〜2379, 1999.

1147. [症例報告] 向精神薬使用患者の緊急手術時の管理. 上野聡一郎,宮内邦浩,中村隆俊(外),中村秀夫(上尾中央),柿田章(外): 日本腹部救急医学会雑誌, 19(4): 485〜499, 1999.

1148. [臨床治験] 妊婦の虫垂炎、腹膜炎. 石田和夫,柿田章(外): 周産期医学, 29(増): 85〜91, 1999.

1149. [総説] 粘液産生性膵腫瘍の治療指針. 吉田宗紀,柿田章(外): 外科治療, 81(3): 361〜362, 1999.

1150. [総説] 画像機器と気腹装置. 比企能樹,片田夏也(外): 消化器外科, 22(5): 532〜536, 1999.

1151. [総説] これからの在宅栄養管理の展望. 大谷剛正,石川博和,近藤賢司,相原成昭,金沢秀紀,佐藤光史,柿田章(外): 消化器外科Nursing, 4(12): 9〜14, 1999.

1152. [総説] 十二指腸潰瘍穿孔に対する緊急内視鏡検査と腹腔鏡下手術. 塚本秀人,比企能樹,平田光博(外): 消化器内視鏡, 11(6): 845〜850, 1999.

1153. [総説] ウォータージェットの医学への応用−新たな腹腔鏡下手術用ウォータージェット切開剥離装置の開発. 柿田章,吉田宗紀(外): 噴流工学, 16(1): 61〜66, 1999.

1154. [講座] 肝血管腫. 柿田章,古田一徳,高橋毅(外): 日本医師会雑誌特別号, 122(8): 262〜263, 1999.

1155. [講座] レーザー治療update−食道領域−. 嶋尾仁(外): 日本気管食道科学会認定医通信, 19: 19〜23, 1999.

1156. [講座] 大学病院経営と医学教育. 柿田章(外): 病院, 58(12): 1119〜1121, 1999.

1157. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡ガイドライン; 消化管のブジー拡張・ステント挿入ガイドライン, p.206〜220, 嶋尾仁(外),増田勝紀(慈恵医大). 編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 医学書院,東京,99.05.15発行.

1158. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡ガイドライン; 経皮内視鏡的胃瘻造設術ガイドライン, p.261〜271, 上野文昭(東海大),嶋尾仁(外). 編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 医学書院,東京,99.05.15発行.

1159. [学術書] (分担執筆) 内視鏡治療手技の実際改訂版; レーザー治療、現状と将来の展望, p.135〜140, 嶋尾仁,比企能樹(外). 編集 後藤由夫,浅木茂, 医薬ジャーナル社,大阪,99.09.10発行.

1160. [学術書] (分担執筆) 情報; 乳癌最新の治療, 41: 1〜6, 石田和夫(外). 編集 北里大学病院薬剤部, 99.10.22発行.

1161. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡治療ハンドブック; 消化管狭窄に対する内視鏡治療−切開, レーザー治療, ステント留置術など−, p.182〜190, 嶋尾仁,森瀬昌樹,比企能樹(外). 編集 多田正大(京都がん協会),幕内博康(東海大), 中外医学社,東京,99.12.05発行.

1162. [学術書] (分担執筆) The Pathophysiology of the Pneumoperitoneum; Pneumoperitoneal related complications− diagnosis and treatment, p.223〜245, Lowham, A.,Filipi, C.J.,朝長哲弥(外). U.S.A.,98.00.00発行.

1163. [学術書] (編集) Recent Advances in Gastroenterology; 編集 吉田宗紀(外), Springer-Verlag,東京,99.00.00発行.

1164. [教科書] (分担執筆) 今日の治療指針; 痔核,裂肛,肛門周囲膿瘍, 痔瘻, p.423〜425, 大谷剛正(外). 編集 多賀須幸男(多賀須消化器科・内科クリニック),尾形悦郎(癌研), 医学書院,東京,00.01.01発行.

1165. [その他の著書(概説書)] (共著) 医療事故医療訴訟防止と対策ガイド; 柿田章(外),佐藤洋子(北大). 日総研,名古屋,99.12.07発行.

1166. [学会(国際)] (特別講演) A newly developed water jet dissection for laparoscopic surgeries. 吉田宗紀,柿田章,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,佐藤光史(外): The 16th Congress of Pan Pacific Surgical Association Japan Chapter (1999.10.29), 天津, Proceedings, p.48, 1999.

1167. [学会(国際)] (一般講演) The learning curve for laparoscopic anti-reflux surgery. 佐藤一喜(外),Filipi, C.J.,Fenton, S.J.,Cummings, J.E.,Mittal, S.K.: 40th Clinical Congress of the American Society of Abdominal Surgery (1999.05.08), San Diego.

1168. [学会(国際)] (一般講演) The hepatic microvascular inflammatory response to biliary obstruction is exacerbated by endotoxin. 伊藤義也(外),Machen, N.,Baker, G.L.,McCuskey, R.S.: Symposium on Hepatic & Splanchnic Circulation in Health & Disease (1999.06.20〜23), Inverness, Scotland, Hepato-Gastroenterology, 46(Suppl.U): 1475, 1999.

1169. [学会(国際)] (一般講演) An analysis of preoperative risk factors in patients with chronic renal failure. 佐藤光史,吉田宗紀,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,柿田章(外): 16th Pan Pacific Surgical Association Japan Chapter Congress (1999.10.29〜30), 天津, Proceedings, p.61, 1999.

1170. [学会(国際)] (一般講演) Two cases adenoma of the common bile duct. 板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 45th Annual Congress of International Collage of Surgeons Japanese Section (1999.11.06), 東京, Abstract Book, p.39, 1999.

1171. [学会(国際)] (一般講演) Comparison single with piecemeal resection in EMR and results of laser irradiation as an additional treatment for residual tumor after EMR in early gastric cancer. 嶋尾仁,比企能樹,森瀬昌樹,近藤賢司,片田夏也,佐藤牧,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,柿田章(外),田辺聡,西元寺克礼(内): 第13回国際レーザー医学会 (1999.11.25), Habana, Cuba, Program and Resumes, p.108, 1999.

1172. [学会(国際)] (一般講演) Laparoscopic reoperative antireflux surgery. Awad, T.,Anderson, P.I.,佐藤一喜(外),Wilfley, W.,Roth, T.A.,Cammings, J.,Tercero, F.,Filipi, C.J.: 2000 Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (2000.03.29), Atlanta.

1173. [学会(国際)] (一般講演) A new form of access for endo-organ surgery: A review of the initial experience. 朝長哲弥(外),Filipi, C.J.,Hunter, J.,Hinder, R.A.,Delmagne, B.,Katkouda, N.,Kozarek, R.,Deeik, R.,Demeester, T.(Creighton Univ.): 6th World Congress of Endoscopic Surgery (98.05.31〜06.06), Rome, Italy.

1174. [学会(国際)] (ポスター講演) Reserved functional integrity of the liver after exposure to high-pressure. 高橋毅,高橋禎人,坂本いづみ(外),藤生俊弘(生化系),柿田章(外),山科正平(解),高沢義昭,村椿良司(スギノマシーン): 第34回欧州実験外科学会 (1999.04.22〜24), Bern, Switzerland, Eur. Surg. Res., 31(Suppl.1): 161, 1999.

1175. [学会(国際)] (ポスター講演) Experimental study on the extrinsic hepatic reinnervation following liver transplantation in rats. 坂本いづみ,高橋毅,高橋禎人,林京子,田所文彦,飯野善一郎,伊藤義也,佐藤光史,柿田章(外): 第34回欧州実験外科学会 (1999.04.22〜24), Bern, Switzerland, Eur. Surg. Res., 31(Suppl.1): 161〜162, 1999.

1176. [学会(国際)] (ポスター講演) Predictive factors for conversion of laparoscopic to open cholecystectomy for acute cholecystitis. 吉田宗紀,中村考伸,島田謙,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 38th World Congress of Surgery of ISS/SIC, International Surgical Week 99 (1999.08.15〜20), Vienna Austria, Abstract Book, p.192, 1999.

1177. [学会(国際)] (ポスター講演) Transhiatal bilateral splanchinicectomy for the relief of intractable abdominal pain in the end-stage of pancreas cancer. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 38th World Congress of Surgery of ISS/SIC, International Surgical Week 99 (1999.08.15〜20), Vienna Austria, Abstract Book, p.195, 1999.

1178. [学会(国際)] (ポスター講演) Pancreaticoduodenectomy with the intraoperative radiation therapy for pancreatic cancer. 佐藤光史,中村考伸,島田謙,阿曽和哲,古田一徳,吉田宗紀,柿田章(外): 38th World Congress of Surgery of ISS/SIC, International Surgical Week 99 (1999.08.15〜20), Vienna Austria, Abstract Book, p.61, 1999.

1179. [学会(国際)] (ポスター講演) Reserved functional integrity of the rat liver after subzero-preservation at high pressure. 高橋毅,柿田章,高橋禎人,坂本いづみ(外),山科正平(解),玉置透(札幌北楡病院),高沢義昭,村椿良司(スギノマシーン): 第6回アジア移植学会 (1999.09.20〜24), Singapore, Abstract Book, p.130, 1999.

1180. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of ulinastatin hepatic circulation in brain death rabbits; An experimental study. 大沼田治,高橋毅,小川憲章,中山義介,佐藤光史,柿田章(外): 6th Congress of the Asian Society of Transplantation (1999.09.20〜24), Singapore, Abstract Book, p.262, 1999.

1181. [学会(国際)] (ポスター講演) Hepatic circulation and hypotensive condition− Comparison of brain death model with blood loss model. 大沼田治,高橋毅,小川憲章,今井潔,中山義介,佐藤光史,柿田章(外): 6th Congress of the Asian Society of Transplantation (1999.09.20〜24), Singapore, Abstract Book, p.263, 1999.

1182. [学会(国際)] (ポスター講演) Immunohistochemical study on the regeneration process of extrinsic hepatic nerves following liver transplantation in rats. 坂本いづみ,高橋毅,田所文彦,高橋禎人,林京子,伊藤義也,飯野善一郎,柿田章(外): 第6回アジア移植学会 (1999.09.20〜24), Singapore, Abstract Book, p.309, 1999.

1183. [学会(国際)] (ポスター講演) Results of endoscopic laser therapy in relatively indicated early gastric cancer. 近藤賢司,嶋尾仁,森瀬昌樹,片田夏也,佐藤牧,桜本信一,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,柿田章,比企能樹(外): 第13回国際レーザー医学会 (1999.11.24), Habana, Cuba, Program and Resumes, p.107, 1999.

1184. [学会(国際)] (ポスター講演) The study of 2 cases adenoma of benign bile duct tumor. 板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 5th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery (1999.12.02〜04), Kuala Lumpur Malasia, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 6(Suppl.): 49, 1999.

1185. [学会(国際)] (ポスター講演) Manegement strategies for liver metastases from colorectal carcinoma. 島田謙,吉田宗紀,板橋浩一,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 5th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery (1999.12.02〜04), Kuala Lumpur Malasia, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 6(Suppl.): 62, 1999.

1186. [学会(国際)] (ポスター講演) Surgical manegement of hepatolithiasis. 吉田宗紀,柿田章,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,佐藤光史(外): 5th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery (1999.12.02〜04), Kuala Lumpur Malasia, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 6(Suppl.): 62, 1999.

1187. [学会(国際)] (ポスター講演) Laparoscopic intracorporeal ultrasound mapping of the extrahepatic biliary tree: A new technique to decrease common bile duct injuries. 朝長哲弥(外),Filipi, C.J.,Lowham, A.,Fitzgibons, R.J.Jr.(Creighton Univ.): Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgery (97.03.19〜22), San Diego, USA.

1188. [学会(国際)] (ポスター講演) Surgical anatomy of the posterior short gastric artery in gastric fundoplication. Quinn, T.H.,Martinez, T.S.,Filipi, C.J.(Creighton Univ.),朝長哲弥(外): Anatomical Congress (97.10.00), Hawaii, USA.

1189. [学会(国際)] (ポスター講演) Results of ambulatory dual-probe esophageal pH monitoring as related to upper airway symptoms: A retrospective study. 朝長哲弥(外),Filipi, C.J.,Hinder, R.A.,Shiino, Y.,Awad, Z.T.,Marsh, R.E.(Creighton Univ.): 50th Southwestern Surgical Congress (98.04.19〜22), San Antonio, USA.

1190. [学会(国際)] (ポスター講演) A multivariate analysis to predict results of laparoscopic Heller myotomy for achalasia. Shiino, Y.,Filipi, C.J.,Hinder, R.A.,Awad, Z.T.(Creighton Univ.),朝長哲弥(外),Marsh, R.E.(Creighton Univ.): The 50th Southwestern Surgical Congress (98.04.19〜22), San Antonio, USA.

1191. [学会(国際)] (ポスター講演) Manometric measurement of the esophageal length. Awad, Z.T.,Watson, P.,Filipi, C.J.,Marsh, R.E.,Shiino, Y.(Creighton Univ.),朝長哲弥(外): 50th Southwestern Surgical Congress (98.04.19〜22), San Antonio, USA.

1192. [学会(国際)] (ポスター講演) Dysphagia after vagotomy: An old problem for a new surgery? Shiino, Y.,Filipi, C.J.,朝長哲弥(外),Hinder, R.A.,Awad, Z.T.,Marsh, R.E.(Creighton Univ.): 6th World Congress of Endoscopic Surgery (98.05.31〜06.06), Rome, Italy.

1193. [学会(全国)] (教育講演) 膵切除後の膵消化管吻合の歴史と密着式膵空腸吻合の理論と実際. 柿田章(外): 第99回日本外科学会総会 (1999.03.25), 福岡, 日本外科学会雑誌, 100(臨増): 11, 1999.

1194. [学会(全国)] (シンポジウム等) 肝臓の加圧下非凍結氷点下保存の試み. 高橋毅,高橋禎人,坂本いづみ,林京子(外),藤生俊弘(生化系),佐藤光史,柿田章(外),山科正平(解),玉置透(札幌北楡病院),高沢義昭,村椿良 司(スギノマシーン): 第6回日本臓器保存生物医学会総会 (1999.05.27〜28), 大阪, Organ Biology, 5(2): 57, 1999.

1195. [学会(全国)] (シンポジウム等) 潰瘍性大腸炎手術時期の決定因子と手術適応および手術方法の検討. 大谷剛正,石川博和,金沢秀紀,野沢直史,相原成昭,古川祐介,国場幸均,西山保比古,井原厚,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 226, 1999.

1196. [学会(全国)] (シンポジウム等) 肝胆膵における再建術式: 我々が考案した密着式膵空調吻合の手技と工夫. 吉田宗紀,柿田章,板橋浩一,中村考伸,島田謙,古田一徳,高橋毅,佐藤光史(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32: 1423, 1999.

1197. [学会(全国)] (シンポジウム等) 電気メス機能を複合した腹腔鏡手術用Water Jet切開剥離装置の開発と有用性. 吉田宗紀,柿田章,板橋浩一,中村考伸,島田謙,古田一徳,高橋毅,佐藤光史(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32: 1435, 1999.

1198. [学会(全国)] (シンポジウム等) 早期胃癌に対する高出力レーザー治療の現状. 嶋尾仁,森瀬昌樹,比企能樹,堤修,佐藤牧,近藤賢司,片田夏也,桜本信一,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,柿田章(外): 第20回日本レーザー医学会大会 (1999.10.08), 仙台, プログラム・抄録集, p.39, 1999.

1199. [学会(全国)] (シンポジウム等) 早期胃癌に対する高出力レーザーのガイドライン. 嶋尾仁,森瀬昌樹,比企能樹(外): 第20回日本レーザー医学会大会シンポジウム9 「レーザー医療のガイドライン(安全性とpitfall)」 (1999.10.09), 仙台, プログラム・抄録集, p.48, 1999.

1200. [学会(全国)] (シンポジウム等) 癌食道狭窄に対するステンティング(ビデオ). 嶋尾仁,森瀬昌樹,比企能樹,榊原譲,柿田章(外): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.12), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 151, 1999.

1201. [学会(全国)] (シンポジウム等) 鏡視下大腸手術における問題点とその改善のための工夫. 国場幸均,大谷剛正,柿田章(外): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.28), 広島, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(増): 1737, 1999.

1202. [学会(全国)] (シンポジウム等) Creative Medicine. 加藤康行(外): 日本創造学会(JCS)第20回研究大会 (1999.10.31), 相模原.

1203. [学会(全国)] (シンポジウム等) 直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の有用性と手術器具の工夫. 大谷剛正,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,小沢平太,国場幸均,井原厚,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京, 日本内視鏡外科学会雑誌, 4(7): 97, 1999.

1204. [学会(全国)] (シンポジウム等) 胃低分化型腺癌に対する内視鏡的レーザー治療の成績. 嶋尾仁,森瀬昌樹,菊池史郎,佐藤牧,近藤賢司,片田夏也,桜本信一,小林伸行,榊原譲,柿田章,比企能樹(外): 第72回日本胃癌学会 (2000.02.18), 新潟, Gastric Cancer, 第72回日本胃癌学会総会記事, p.8, 2000.

1205. [学会(全国)] (ワークショップ) 上部消化管癌性狭窄に対する消化管ステントの有効性に関する検討. 高野容幸,嶋尾仁(外): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.29), 広島, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.2): 1807, 1999.

1206. [学会(全国)] (ワークショップ) 鏡視下大腸手術における新たな後腹膜アプローチ併用no-touch isolation techniqueの工夫. 国場幸均,大谷剛正,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,西山保比古,井原厚,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本大腸肛門病学会総会 (1999.10.23), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52(9): 802, 1999.

1207. [学会(全国)] (ワークショップ) 超高齢者(80歳以上)大腸癌手術. 井原厚,大谷剛正,柿田章(外): 第61回日本臨床外科学会総会 (1999.11.25), 東京, 日本臨床外科学会雑誌, 60(増刊): 222, 1999.

1208. [学会(全国)] (一般講演) エンドトキシン血症における肝微小循環障害と炎症性サイトカインの関与. 松本豊,伊藤義也,石井健一郎,柿田章(外),馬嶋正隆(薬理): 第25回日本微小循環学会総会 (1999.02.18), 横須賀.

1209. [学会(全国)] (一般講演) 膵癌患者における上腹部頑痛に対する経食道裂孔性大内臓神経切離術の臨床的評価. 高橋毅,島田謙,中村考伸,吉田宗紀,柿田章(外): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.21〜24), 長崎, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 249, 1999.

1210. [学会(全国)] (一般講演) 肝硬変患者の肝切除における血清ヒアルロン酸及び急性相蛋白の変動の意義. 木村徹,佐藤光史,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第11回日本肝胆膵外科学会 (1999.05.19〜21), 徳島. プログラム, p.223, 1999.

1211. [学会(全国)] (一般講演) 脳死における移植肝のviability評価−実験的検討−. 大沼田治,佐藤光史,小川憲章,今井潔,高橋毅,中山義介,柿田章(外),丸山茂善(実動系): 第11回日本肝胆膵外科学会 (1999.05.20), 徳島, プログラム, p.229, 1999.

1212. [学会(全国)] (一般講演) 脳死におけるUlinastatinの肝循環動態に及ぼす効果−実験的検討−. 大沼田治,佐藤光史,小川憲章,今井潔,高橋毅,中山義介,柿田章(外): 第6回日本臓器保存生物医学会総会 (1999.05.27〜28), 大阪, プログラム・抄録集, 6(2): 101, 1999.

1213. [学会(全国)] (一般講演) 過去10年間に経験された, 乳腺粘液癌25例の臨床病理学的検討. 越田佳朋,蔵並勝,原英,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第7回日本乳癌学会総会 (1999.05.28), 名古屋, 抄録集, p.161, 1999.

1214. [学会(全国)] (一般講演) アカラシアの鏡視下手術. 片田夏也,比企能樹(外): 第24回日本外科系連合学会学術集会 (1999.06.24〜25), 神戸.

1215. [学会(全国)] (一般講演) 脳死の肝循環動態、類洞に及ぼす影響. 大沼田治,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第35回日本肝臓学会総会 (1999.06.24), 東京, 肝臓, 40(Suppl.1): 277, 1999.

1216. [学会(全国)] (一般講演) 末期膵癌患者に対する外科的ターミナルケアー. 島田謙,高橋毅,板橋浩一,中村考伸,堤修,嶋尾仁,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第24回日本外科系連合学会学術集会 (1999.06.24〜25), 神戸, 日本外科系連合学会誌, 24(3): 401, 1999.

1217. [学会(全国)] (一般講演) Barrett食道を呈した食道の腺癌発生過程におけるアポトーシスの役割. 片田夏也,近藤賢司,桜本信一,小林伸行,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),Hinder, R.A.: 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋.

1218. [学会(全国)] (一般講演) 胃上部早期胃癌および平滑筋腫に対する術式, 再建法とその合併症についての検討. 近藤賢司,片田夏也,佐藤牧,桜本信一,菊池史郎,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 1693, 1999.

1219. [学会(全国)] (一般講演) D3郭清のための腹腔鏡下大腸手術における器具の工夫−後腹膜アプローチ併用−. 国場幸均,大谷剛正,根本一彦,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,西山保比古,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 310, 1999.

1220. [学会(全国)] (一般講演) 切除後残存膵の内分泌細胞動態に関する免疫組織化学的研究. 林京子,高橋毅,柿田章(外),山科正平(解): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 486, 1999.

1221. [学会(全国)] (一般講演) 根治的切除し得たStageVb大腸癌術後5-FU-CIV療法の検討. 井原厚,大谷剛正,石川博和,相原成昭,金沢秀紀,野沢直史,古川祐介,国場幸均,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 510, 1999.

1222. [学会(全国)] (一般講演) 下血を主訴としAngio-CTにて存在診断を得た小腸腫瘍の1例. 高野容幸,横田等,豊川貴司,稲木英治(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 558, 1999.

1223. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術における術中胆道損傷の検討. 島田謙,吉田宗紀,板橋浩一,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32: 1616, 1999.

1224. [学会(全国)] (一般講演) 食道表在癌のPDT治療の適応に関する検討. 近藤賢司,嶋尾仁,小林伸行,森瀬昌樹,佐藤牧,片田夏也,桜本信一,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第51回日本気管食道科学会総会 (1999.09.16), 東京.

1225. [学会(全国)] (一般講演) 脳死におけるUlinastatinの肝循環動態に及ぼす効果−実験的研究−. 大沼田治,高橋毅,小川憲章,今井潔,中山義介,佐藤光史,柿田章(外): 第35回日本移植学会総会 (1999.09.17), 筑波, 移植, 34(臨): 260, 1999.

1226. [学会(全国)] (一般講演) 家兎脳死モデルにおける肝循環動態にコルチゾールが及ぼす影響. 小川憲章,佐藤光史,大沼田治,北村雅也,今井潔,中山義介,柿田章(外): 第35回日本移植学会総会 (1999.09.17), 筑波, 移植, 34(臨): 260, 1999.

1227. [学会(全国)] (一般講演) 消化器癌術後再発例に対する住宅中心静脈栄養方法の検討. 大谷剛正,野沢直史,古川祐介,国場幸均,西山保比古,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,井原厚,小林伸行,柿田章(外): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.13), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 306, 1999.

1228. [学会(全国)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除術後の残膵外分泌機能の評価におけるセクレチン負荷MRCP(S/MRCP)の有用性. 島田謙,高橋毅(外),磯部義憲(放),板橋浩一,吉田宗紀,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第30回日本膵臓学会大会 (1999.10.28〜31), 広島.

1229. [学会(全国)] (一般講演) 癌性腹膜炎に対する減圧内視鏡胃瘻造設術; イレウス管の代用として. 近藤賢司,嶋尾仁,堤修,森瀬昌樹,佐藤牧,片田夏也,桜本信一,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): DDW-Japan 1999 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.28), 広島, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(2): 1850, 1999.

1230. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下食道アカラシア手術. 片田夏也,桜本信一,嶋尾仁,佐藤牧,近藤賢司,小林伸行,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.28), 広島, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.2): 1872, 1999.

1231. [学会(全国)] (一般講演) 食道癌術後吻合部狭窄に対する内視鏡的拡張術の有用性と安全性に関する検討. 高野容幸,横田等,豊川貴司,稲木英治(外): 第58回日本消化器内視鏡学会総会 (1999.10.28), 広島, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 41(Suppl.2): 1872, 1999.

1232. [学会(全国)] (一般講演) 出血性ショックを呈し腹部血管造影にて診断しえた小腸gastrointestinal stromal tumorの1例. 岡本隆一(北信総合病院),高野容幸,片岡祐一(外): 第41回日本消化器病学会大会 (1999.10.28〜31), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 536, 1999.

1233. [学会(全国)] (一般講演) 大腸癌組織におけるPyNPase活性の臨床病理学的意義の検討. 古川祐介,中山伸一(外),河田光弘,佐藤直夫,今西宏明,上妻達也(横浜船員保険病院): 第54回日本大腸肛門病学会総会 (1999.10.23), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52(9): 878, 1999.

1234. [学会(全国)] (一般講演) 大腸癌肝転移に対する治療方針. 大谷剛正,金沢秀紀,根本一彦,小沢平太,石川博和,相原成昭,野沢直史,古川祐介,辻亮作,佐藤幸一,西山保比古,佐藤茂,国場幸均,佐藤光史,榊原 譲,井原厚,柿田章(外): 第54回日本大腸肛門病学会総会 (1999.10.24), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52(9): 918, 1999.

1235. [学会(全国)] (一般講演) 当科における高齢者(80歳以上)大腸癌手術術式の方針. 井原厚,大谷剛正,石川博和,野沢直史,相原成昭,国場幸均,塚本秀人,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本大腸肛門病学会総会 (1999.10.25), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52(9): 926, 1999.

1236. [学会(全国)] (一般講演) 輸入脚症候群が原因と思われた難治性瘻孔の1例; その治療方針について. 金沢秀紀,大谷剛正,井原厚,国場幸均,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外),河野至明,高橋厚(新東京病院): 第61回日本臨床外科学会総会 (1999.11.24〜26), 東京.

1237. [学会(全国)] (一般講演) 肺癌の小腸転移による高齢者腸重積症の1例. 松沢克典,笹本信幸(外),松沢信五(至誠堂総合病院),板橋浩一,柿田章(外): 第61回日本臨床外科学会総会 (1999.11.24〜26), 東京, 抄録集, p.579, 1999.

1238. [学会(全国)] (一般講演) 小児鼠径ヘルニア再発例の検討. 石田和夫,梶田咲美乃,朝長哲弥,柿田章(外): 第61回日本臨床外科学会総会 (1999.11.26), 東京, 日本臨床外科学会雑誌, 60(増刊): 240, 1999.

1239. [学会(全国)] (一般講演) 鏡視下大腸手術におけるno-touch D3郭清. 国場幸均,大谷剛正,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,井原厚,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第61回日本臨床外科学会総会 (1999.11.24), 東京, 日本臨床外科学会雑誌, 60(増刊): 292, 1999.

1240. [学会(全国)] (一般講演) 後腹膜の広範囲な線維化を伴い診断に苦慮した膵頭部領域腫瘍の1切除例. 星野弘樹,島田謙,吉田宗紀,中村考伸,高橋毅,柿田章(外): 第61回日本臨床外科学会総会 (1999.11.24〜26), 東京, 日本臨床外科学会雑誌, 60(増刊): 570, 1999.

1241. [学会(全国)] (一般講演) 当院における大腸癌の腹腔鏡下切除術の検討. 金沢秀紀,国場幸均,石川博和,相原成昭,井原厚,大谷剛正,佐藤光史,榊原譲,柿田章(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01), 東京.

1242. [学会(全国)] (一般講演) Retroperitoneal approachの手技を用いた腹腔鏡下手術の経験. 北村雅也(外),木山保,真玉寿美生(中央林間病院),菅知也(内),柿田章(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京.

1243. [学会(全国)] (一般講演) 日帰り腹腔鏡下胆嚢摘出術15例の検討. 笹本浩,佐藤茂,高木暁也,田村幸穂,森瀬昌樹,山上松義(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京.

1244. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術700例の検討−Calot部の展開と術中損傷. 高木暁也,佐藤茂,森瀬昌樹,笹本浩,桜本信一,阿曽和哲(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京.

1245. [学会(全国)] (一般講演) CREST症候群に併発した逆流性食道炎に対し腹腔鏡下手術が有効であった1例. 片田夏也,桜本信一,嶋尾仁,佐藤牧,近藤賢司,小林伸行,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,柿田章,佐藤茂(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京.

1246. [学会(全国)] (一般講演) 超音波メスの肝切離面への組織学的影響の検討. 古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,島田謙,板橋浩一,柿田章(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京, 日本内視鏡外科学会雑誌, 4(7): 178, 1999.

1247. [学会(全国)] (一般講演) 鏡視下大腸手術における後腹膜アプローチのもたらす安全性の検討. 国場幸均,大谷剛正,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,井原厚,佐藤光史,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京, 日本内視鏡外科学会雑誌, 4(7): 206, 1999.

1248. [学会(全国)] (一般講演) 肝切除後ウリナスタチン投与の有用性の検討. 根本祐太,島田謙,星野弘樹,板橋浩一,中村考伸,飯野善一郎,高橋毅,吉田宗紀,柿田章(外): 第34回日本腹部救急医学会総会 (2000.03.16〜17), 久留米, 日腹部救急医学会雑誌, 20(2): 304, 2000.

1249. [学会(全国)] (一般講演) 術後肝不全症例に対する血漿交換療法の治療成績. 板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 第34回日本腹部救急医学会総会 (2000.03.16〜17), 久留米, 日腹部救急医学会雑誌, 20(2): 305, 2000.

1250. [学会(全国)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除術後早期腹腔内出血の検討. 島田謙,板橋浩一(外),磯部義憲(放),古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 第34回日本腹部救急医学会総会 (2000.03.16〜17), 久留米, 日腹部救急医学会雑誌, 20(2): 309, 2000.

1251. [学会(全国)] (ポスター講演) 進行胃癌に合併したメッケル憩室より発生した腺癌の1例. 竹田潤,八十川要平,西蜂八嗣,立石晋,近藤康史,岸本一郎,小八木紳一,小野里航(外): 第53回日本消化器外科学会総会 (1999.02.18), 京都.

1252. [学会(全国)] (ポスター講演) 肝切除周術期における血清ヒアルロン酸及び急性相蛋白の変動の意義. 木村徹,佐藤光史,高橋毅,吉田宗紀,比企能樹,柿田章(外): 第99回日本外科学会総会 (1999.03.26), 福岡, プログラム(CD-ROM).

1253. [学会(全国)] (ポスター講演) 直腸カルチノイド手術症例の検討. 塚本秀人,榎本拓茂,桜本信一,蔵並勝,阿曽和哲,大谷剛正,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外),岩渕啓一(病理): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.21〜24), 長崎, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 233, 1999.

1254. [学会(全国)] (ポスター講演) セクレチン負荷MRCPを用いた膵頭十二指腸切除術後の残膵外分泌能評価に関する臨床的研究. 島田謙,高橋毅(外),磯部義憲(放),板橋浩一,中村考伸,北村雅也,吉田宗紀,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第85回日本消化器病学会総会 (1999.04.21〜24), 長崎, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 248, 1999.

1255. [学会(全国)] (ポスター講演) 進行膵癌患者の腹部癌性疼痛に対する大内臓神経切離の除痛効果と臨床的意義. 高橋毅,島田謙,板橋浩一,中村考伸,古田一徳,吉田宗紀(外): 第11回日本肝胆膵外科学会 (1999.05.19〜21), 徳島, プログラム, p.319, 1999.

1256. [学会(全国)] (ポスター講演) 脳死状態における肝循環動態にコルチゾールが及ぼす影響について. 小川憲章,佐藤光史,大沼田治,北村雅也,今井潔,中山義介,柿田章(外): 第6回日本臓器保存生物医学会総会 (1999.05.27〜28), 大阪.

1257. [学会(全国)] (ポスター講演) n0乳癌の臨床病理学的・免疫組織学的検討. 原英,蔵並勝,榎本拓茂,越田佳朋,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第7回日本乳癌学会総会 (1999.05.28), 名古屋, 抄録集, p.208, 1999.

1258. [学会(全国)] (ポスター講演) 非触知乳癌の診断: 超音波ガイド下(US)細胞診・フック生検・微小乳管切除術の適応と限界. 蔵並勝,原英,越田佳朋,榎本拓茂,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第7回日本乳癌学会総会 (1999.05.29), 名古屋, 抄録集, p.216, 1999.

1259. [学会(全国)] (ポスター講演) 当科における両側乳癌の臨床病理学的検討. 旗手和彦,蔵並勝,榎本拓茂,原英,越田佳朋,中山伸一,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第7回日本乳癌学会総会 (1999.05.29), 名古屋, 抄録集, p.247, 1999.

1260. [学会(全国)] (ポスター講演) 当科における高齢者乳癌の臨床病理学的検討. 中山伸一,蔵並勝,榎本拓茂,原英,越田佳朋,旗手和彦,石田和夫,大場正已,柿田章(外): 第7回日本乳癌学会総会 (1999.05.29), 名古屋, 抄録集, p.251, 1999.

1261. [学会(全国)] (ポスター講演) 新生児腹部腫瘤の検討. 梶田咲美乃,石田和夫,柿田章(外): 第36回日本小児外科学会総会 (1999.06.04), 仙台, 日本小児外科学会誌, 35(3): 609, 1999.

1262. [学会(全国)] (ポスター講演) 腹壁膿瘍をきたした横行結腸癌の1例. 上野聡一郎,宮内邦浩,中熊尊士(外),島谷英明(上尾中央),中村隆俊,栗田淳,平野進,平井俊男(外),中村秀夫(上尾中央): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.06.15), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 1895, 1999.

1263. [学会(全国)] (ポスター講演) LPS誘導肝障害マウスにおける微小循環障害と炎症性サイトカインの関与. 松本豊,伊藤義也,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外),馬嶋正隆(薬理): 第35回日本肝臓学会総会 (1999.06.24), 東京, 肝臓, 40(Suppl.): 275, 1999.

1264. [学会(全国)] (ポスター講演) 肝臓の加圧過冷却保存法の開発に関する基礎的研究. 高橋毅,高橋禎人,坂本いづみ,林京子,田所文彦,佐藤光史,柿田章(外),玉置透(札幌北楡病院): 第35回日本肝臓学会総会 (1999.06.24), 東京, 肝臓, 40(Suppl.1): 278, 1999.

1265. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃sm癌の腫瘍volume解析の意義−深達度による細分類と比較して−. 松崎博行,菊池史郎,近藤賢司,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),桑尾定仁(病理): 第71回胃癌学会総会 (1999.06.24), 東京, 予稿集, p.147, 1999.

1266. [学会(全国)] (ポスター講演) 術後10年目にリンパ節転移再発により死亡した早期胃癌の1例. 森谷宏光,菊池史郎,小林伸行,片田夏也,近藤賢司,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 1883, 1999.

1267. [学会(全国)] (ポスター講演) 虫垂粘液嚢胞腺癌術後に再発を繰り返し、可及的切除により長期生存を認めた1例. 相原成昭,大谷剛正,金沢秀紀,石川博和,国場幸均,井原厚,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第54回日本消化器外科学会総会 (1999.07.15〜16), 名古屋, 日本消化器外科学会雑誌, 32(6): 1901, 1999.

1268. [学会(全国)] (ポスター講演) 非切除膵癌に対する新たな制癌剤持続注入療法の抗腫瘍効果と臨床的意義. 吉田宗紀,板橋浩一,中村考伸,島田謙,古田一徳,高橋毅,柿田章(外): 第41回日本消化器病学会大会 (1999.10.28〜31), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 580, 1999.

1269. [学会(全国)] (ポスター講演) 当院における膵非機能性内分泌腫瘍の検討. 板橋浩一,中村考伸,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 第41回日本消化器病学会大会 (1999.10.28〜31), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 583, 1999.

1270. [学会(全国)] (ポスター講演) 腹腔鏡補助下大腸切除術後の吻合部再発の1例. 西山保比古,金田悟良,高橋俊毅,小倉直人,浜田利徳,二渡信江,仙石紀彦,木村徹,雨宮明文,門脇憲,秋山憲義(外): 第54回日本大腸肛門病学会総会 (1999.10.23), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌, 52(9): 998, 1999.

1271. [学会(全国)] (ポスター講演) 外科医からみた食道運動機能障害に対する評価法. 片田夏也,佐藤牧,近藤賢司,桜本信一,小林伸行,菊池史郎,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),Hinder, R.A.(Creighton大): 第41回日本消化器病学会大会 (1999.10.30), 広島, 日本消化器病学会雑誌, 96(臨増): 469, 1999.

1272. [学会(全国)] (ポスター講演) 紅皮症に合併した胃癌の1例. 上野聡一郎,宮内邦浩,中熊尊士,平野進,栗田淳,平井俊男(外),中村秀夫(上尾中央): 第61回日本臨床外科学会総会 (1999.11.24〜26), 東京, 日本臨床外科学会雑誌, 60(増刊): 675, 1999.

1273. [学会(全国)] (ポスター講演) 5'-DFURLVの経口投与にて消失した大腸癌肝転移の1例. 相原成昭,星野弘樹,大谷剛正,石川博和,古川祐介,国場幸均,井原厚,比企能樹,柿田章(外): 第53回日本消化器外科学会総会 (2000.02.18), 京都, 日本消化器外科学会雑誌, 32(2): 595, 2000.

1274. [学会(全国)] (ポスター講演) 胃sm癌の腫瘍体積とリンパ節転移に関する検討. 松崎博行,菊池史郎,佐藤牧,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外),桑尾定仁(病理): 第72回日本胃癌学会 (2000.02.18), 新潟, 予稿集, p.100, 2000.

1275. [学会(全国)] (ポスター講演) ストーマ粘膜の肉芽腫様病変の処置とケア. 松原康美(東病院看護部),大谷剛正,国場幸均,井原厚(外): 第17回日本ストーマリハビリテーション学会総会 (2000.02.26), 新潟, 予稿集, 15(3): 59, 1999.

1276. [学会(全国)] (ポスター講演) 稀な発育形成を呈した十二指腸間膜原発脂肪肉腫の1例. 星野弘樹,飯野善一郎(外),柴康彦(内),堀川誠也(中条中央病院): 第34回日本腹部救急医学会総会 (2000.03.16〜17), 久留米, 日腹部救急医学会雑誌, 20(2): 362, 2000.

1277. [学会(全国)] (ポスター講演) 肝外門脈閉塞が原因と考えられた異所性静脈瘤からの消化管出血をきたした2例. 旗手和彦,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外),磯部義憲(放): 第34回日本腹部救急医学会総会 (2000.03.16〜17), 久留米, 日腹部救急医学会雑誌, 20(2): 369, 2000.

1278. [学会(全国)] (ポスター講演) 切除後再生膵におけるPGP9.5陽性細胞の再生マーカーとしての意義. 林京子,高橋毅,柿田章(外),山科正平(解): 第105回日本解剖学会総会 (2000.03.29〜31), 横浜.

1279. [学会(地方)] (特別講演) 上部消化管狭窄に対する内視鏡的治療・内視鏡的胃瘻造設術. 嶋尾仁(外): 日本消化器内視鏡学会茨城県部会第11回研究会特別講演 (1999.09.10), 筑波.

1280. [学会(地方)] (教育講演) 消化器内視鏡ガイドライン−消化管のブジー拡張・ステント挿入, 経皮内視鏡的胃瘻造設術. 嶋尾仁(外): 第11回日本消化器内視鏡学会東北セミナー (2000.01.22), 福島.

1281. [学会(地方)] (教育講演) 経皮内視鏡的胃瘻造設術. 嶋尾仁(外): 第13回日本消化器内視鏡学会九州セミナー (2000.02.05), 福岡.

1282. [学会(地方)] (シンポジウム等) 電気メス機能を複合したWater jet切開剥離装置の腹腔鏡手術での有用性(ビデオ). 島田謙,吉田宗紀,板橋浩一,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京, Progress of Digestive Endoscopy, 56: 66, 1999.

1283. [学会(地方)] (一般講演) 急速な進展を示した回腸悪性リンパ腫の1例. 宮内邦浩,上野聡一郎,中熊尊士(外),熊坂秀雄(上尾中央),栗田淳,中村隆俊(外),中村秀夫(上尾中央): 第68回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.06.02), 東京.

1284. [学会(地方)] (一般講演) Gastrointestinal stromal tumorの1例. 橋都正洋(北信総合病院),横田等,高野容幸,豊川貴司,稲木英治(外),安田吉宏(形外),向山勲(救命): 第93回信州外科集談会 (1999.06.13), 飯山.

1285. [学会(地方)] (一般講演) 高齢者腹壁白線ヘルニア嵌頓の1例. 中熊尊士,上野聡一郎,宮内邦浩(外),熊坂秀雄(上尾中央),栗田淳,平野進,平井俊男(外),中村秀夫(上尾中央): 第47回日本救急医学会関東地方会 (1999.06.19), 東京.

1286. [学会(地方)] (一般講演) 鏡視下手術で切除しえた回腸動静脈奇型の1例. 真玉寿美生,菅知也(中央林間病院),北村雅也(外),木山保(中央林間病院),国場幸均(外): 第255回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.07.17), 千葉.

1287. [学会(地方)] (一般講演) 胆管腺腫の2例. 板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 第256回日本消化器病学会関東支部例会 (1999.09.18), 東京, プログラム, p.5, 1999.

1288. [学会(地方)] (一般講演) 特発性食道破裂に対し内視鏡下穿孔部縦隔膿瘍ドレナージが有効であった1例. 旗手和彦,片田夏也,嶋尾仁,小林伸行,桜本信一,近藤賢司,佐藤牧,榊原譲,柿田章(外): 第69回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (1999.12.03〜04), 東京.

1289. [学会(地方)] (一般講演) 門脈内ガス像を呈した胃潰瘍穿孔の1例. 霧生孝司,長谷川健,松崎博行,安部美寛,内藤正規,小芝章剛(外): 第76回日本臨床外科学会北海道支部例会 (1999.12.04), 札幌.

1290. [学会(地方)] (一般講演) 残胃腺扁平上皮癌の1例. 藤森芳郎(北信総合病院),横田等,高野容幸,豊川貴司,稲木英治(外),向山勲,小川恭史(北信総合病院): 第94回信州外科集談会 (1999.12.05), 長野.

1291. [学会(地方)] (一般講演) 炎症性胆管狭窄の1例. 根本祐太,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外),三富弘之(病理): 第775回外科集談会 (1999.12.04), 東京, プログラム・抄録集, p.42, 1999.

1292. [学会(地方)] (一般講演) 肺葉外肺分画症を合併した横隔膜ヘルニアの2例. 升水康二(外),本名敏郎,田中潔,古村真,桑島成央(国立小児病院): 日本小児外科学会関東地方会 (2000.00.00), 東京.

1293. [学会(地方)] (一般講演) 鏡視下大腸手術の経験. 中熊尊士,宮内邦浩,鈴木朋彦,平井俊男,栗田淳,熊坂英雄,平野進,上野聡一郎,須田雍夫,中村秀夫,国場幸均,古田一徳,柿田章(外): 第37回埼玉県医学会総会 (2000.01.30), 浦和.

1294. [学会(地方)] (一般講演) 成人発症した頚部嚢胞性リンパ管腫の1手術例. 小坂愉賢,榎本拓茂,蔵並勝,原英,越田佳朋,美島利昭,清水裕恵,斉藤公一郎,田村幸穂,梶田咲美乃,石田和夫,柿田章(外): 第97回神奈川県臨床外科医学会集談会 (2000.02.19), 横浜.

1295. [学会(地方)] (一般講演) 14歳の上行結腸憩室炎の1例. 安部美寛,松崎博行,霧生孝司,内藤正規,長谷川健,小芝章剛(外): 第62回日本小児外科学会北海道地方会総会 (2000.02.26), 札幌.

1296. [学会(地方)] (一般講演) 肝転移を伴った膵腺房細胞癌の1例. 黒山信一,根本祐太,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 第776回外科集談会 (2000.03.11), 東京, プログラム・抄録集, p.46, 2000.

1297. [学会(地方)] (ポスター講演) 2Channel化学療法を中心とした進行膵癌に対する集学的治療. 島田謙,吉田宗紀,板橋浩一,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.12〜14), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 473, 1999.

1298. [研究会(全国)] (特別講演) PEGの管理と適応拡大. 嶋尾仁(外): 第4回HEQ研究会特別講演 (1999.07.31), 大津.

1299. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 膵管胆道分流手術における膵内胆管剥離手技の工夫(ビデオ). 板橋浩一,吉田宗紀,島田謙,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第22回日本膵管胆道合流異常研究会 (1999.09.25), 秋田, プロシーディングス, p.25, 1999.

1300. [研究会(全国)] (一般講演) 脳死におけるUlinastatinの肝循環動態に及ぼす効果−実験的研究−. 大沼田治,佐藤光史,小川憲章,今井潔,高橋毅,中山義介,柿田章(外): 第17回肝移植研究会 (1999.06.23), 東京, 抄録集, p.126, 1999.

1301. [研究会(全国)] (一般講演) 脳死における肝循環動態にコルチゾールが及ぼす影響について. 小川憲章,佐藤光史,大沼田治,北村雅也,今井潔,中山義介,柿田章(外): 第17回肝移植研究会 (1999.06.23), 東京, 抄録集, p.126, 1999.

1302. [研究会(全国)] (一般講演) 直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の有用性について. 金沢秀紀,大谷剛正,石川博和,相原成昭,根本一彦,小沢平太,佐藤武郎,土橋誠一郎,中村隆俊,野沢直史,古川祐介,国場幸均,西山保比古,井原厚,佐 藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第51回大腸癌研究会 (1999.07.09), 神戸.

1303. [研究会(全国)] (一般講演) 膵外分泌能とMRCP画像についての検討. 島田謙,高橋毅(外),磯部義憲(放),吉田宗紀,板橋浩一,古田一徳,佐藤光史,柿田章(外): 第16回日本胆膵生理機能研究会 (1999.07.03), 弘前, 抄録集, p.15, 1999.

1304. [研究会(全国)] (一般講演) 膵切除患者における手術前後の耐糖能の変化とインスリン感受性に関する検討. 中村考伸,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 第16回日本胆膵生理機能研究会 (1999.07.03), 弘前, 抄録集, p.24, 1999.

1305. [研究会(全国)] (一般講演) 直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の有用性について. 大谷剛正,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,根本一彦,小沢平太,佐藤武郎,土橋誠一郎,中村隆俊,野沢直史,古川祐介,西山保比古,国場幸均,井原厚,佐 藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第4回経肛門的内視鏡下手術研究会 (1999.10.02), 東京.

1306. [研究会(全国)] (一般講演) 幽門側胃切除Billroth-T法再建術後の逆流性食道炎の検討. 片田夏也,近藤賢司,佐藤牧,桜本信一,嶋尾仁,小林伸行,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第29回胃外科術後障害研究会 (1999.11.12), 東京.

1307. [研究会(全国)] (一般講演) LPS誘発肝障害モデルにおけるサイトカインの関与と抗接着因子抗体による敗血症治療の可能性について. 松本豊,伊藤義也,石井健一郎,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外),馬嶋正隆(薬理): 第5回日本エンドトキシン研究会 (1999.11.27), 別府.

1308. [研究会(全国)] (一般講演) Stage Vb大腸癌(根治度A・B)術後5-FU・CIV療法の評価. 井原厚,大谷剛正,石川博和,相原成昭,金沢秀紀,野沢直史,古川祐介,国場幸均,榊原譲,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第52回大腸癌研究会 (2000.01.22), 東京, プログラム, p.46, 2000.

1309. [研究会(全国)] (一般講演) 食道癌術後挙上胃管潰瘍の発生原因の検討. 片田夏也,小林伸行,嶋尾仁,佐藤牧,近藤賢司,桜本信一,菊池史郎,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第4回残胃炎研究会 (2000.02.05), 東京.

1310. [研究会(全国)] (一般講演) 進行膵癌患者の腹部癌性疼痛に対する内視鏡的除痛法−胸腔鏡下左大内臓神経切離術−(ビデオ). 島田謙,高橋毅,板橋浩一,古田一徳,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外): 第8回クリニカルビデオフォーラム (2000.02.04), 東京, プログラム・抄録集, p.53, 2000.

1311. [研究会(全国)] (一般講演) ラット敗血症モデルにおける免疫グロブリンの肝微小循環障害にもたらす効果. 伊藤義也,松本豊,石井健一郎,柿田章(外),McCuskey, R.S.: 第5回肝循環懇話会 (2000.03.18), 東京.

1312. [研究会(全国)] (ポスター講演) 診断・救命的肝切除術後早期に再発死亡した低分化型肝細胞癌の1例. 上野琢哉,高橋毅,島田謙,林京子,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外),桑尾定仁(病理): 第35回日本肝癌研究会 (1999.06.10〜11), 京都, 抄録集, p.137, 1999.

1313. [研究会(全国)] (ポスター講演) 10年以上長期生存中の肝細胞癌破裂緊急手術の1例. 島田謙,高橋毅,吉田宗紀,板橋浩一,中村考伸,佐藤光史,比企能樹,柿田章(外): 第35回日本肝癌研究会 (1999.06.10〜11), 京都, 抄録集, p.138, 1999.

1314. [研究会(全国)] (ポスター講演) 再発大腸癌に対するQOL改善目的のイレオストミー造設症例の検討. 西山保比古,高橋俊毅,小倉直人,浜田利徳,二渡信江,仙石紀彦,木村徹,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義(外): 第51回大腸癌研究会 (1999.07.09), 神戸, プログラム, p.78, 1999.

1315. [研究会(全国)] (ポスター講演) 内視鏡的大腸ポリープ切除後の切除部再発の1例. 西山保比古,高橋俊毅,三重野浩朗,小倉直人,浜田利徳,二渡信江,千石紀彦,木村徹,雨宮明文,金田悟良,門脇憲,秋山憲義(外): 第52回大腸癌研究会 (2000.01.22), 東京, プログラム, p.58, 2000.

1316. [研究会(全国)] (ポスター講演) 消化器外科における術後真菌感染症の診断と対策. 吉田宗紀,井原厚,塚本秀人,板橋浩一,島田謙,柿田章(外): 真菌症フォーラム第1回学術集会 (2000.03.04), 東京, プログラム・抄録集, p.75〜76, 2000.

1317. [研究会(地方)] (特別講演) 逆流性食道炎, 食道アカラシアの食道運動機能評価と外科的治療法. 片田夏也(外): 第4回広島GI Motility Club (1999.07.23), 広島.

1318. [研究会(地方)] (教育講演) 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の手技とその有用性. 嶋尾仁(外): 第4回経腸栄養セミナー (1999.07.10), 札幌.

1319. [研究会(地方)] (教育講演) 上部消化管の内視鏡治療. 嶋尾仁(外): 第6回相模原消化器病カンファレンス (2000.01.28), 相模原.

1320. [研究会(地方)] (教育講演) PEGによる経腸栄養と管理. 嶋尾仁(外): 横須賀市医師会在宅関連講演会 (2000.02.26), 横須賀.

1321. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 大腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状と問題点. 国場幸均,大谷剛正,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,井原厚,比企能樹,柿田章(外): 第3回大阪腹腔鏡下大腸手術セミナー (1999.07.24), 大阪, 第3回大阪腹腔鏡下大腸手術セミナー教本.

1322. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 大腸疾患における腹腔鏡手術−後腹膜アプローチ法の有用性−. 国場幸均,金沢秀紀,石川博和,相原成昭,井原厚,大谷剛正,佐藤光史,柿田章(外): 第1回神奈川大腸疾患腹腔鏡下手術セミナー (2000.03.03), 横浜, セミナー案内, 2000.

1323. [研究会(地方)] (一般講演) 膵神経内分泌細胞癌3例の臨床病理学的検討. 島田謙,吉田宗紀,板橋浩一,中村考伸,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第28回神奈川消化器外科研究会 (1999.05.29), 横浜, 抄録集, p.7, 1999.

1324. [研究会(地方)] (一般講演) 胆道癌症例からみた膵管胆道合流異常症の検討. 板橋浩一,古田一徳,吉田宗紀,島田謙,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第106回肝胆膵疾患研究会 (1999.06.17), 横浜, プログラム, p.2, 1999.

1325. [研究会(地方)] (一般講演) 大腸癌肝転移に対する治療法と成績. 島田謙,吉田宗紀,板橋浩一,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外): 第5回神奈川肝がん治療研究会 (1999.06.28), 相模原, プログラム, p.1, 1999.

1326. [研究会(地方)] (一般講演) 稀な発育形式を呈した十二指腸間膜原発脂肪肉腫の1例. 星野弘樹,飯野善一郎(外),柴康彦(内),堀川誠也(中条中央病院): 第70回新潟消化器病研究会 (1999.07.03), 新潟.

1327. [研究会(地方)] (一般講演) 高度進行胃癌における治療成績と予後規定因子に関する検討. 黒山信一,菊池史郎,佐藤牧,近藤賢司,片田夏也,桜本信一,小林伸行,嶋尾仁,佐藤光史,榊原譲,柿田章(外): 第16回神奈川胃癌治療研究会 (1999.07.10), 横浜.

1328. [研究会(地方)] (一般講演) 当院における腹腔鏡補助下大腸切除術. 飯野善一郎,星野弘樹(外),堀川誠也(中条中央病院),柴康彦(内): 第8回新潟内視鏡下手術研究会 (1999.07.23), 新潟.

1329. [研究会(地方)] (一般講演) TEM(経肛門内視鏡下マイクロサージェリー)による直腸腫瘍の手術経験. 松沢克典,笹本信幸(外),松沢信五(至誠堂総合病院),関根智久(高野せきねクリニック): 第3回山形内視鏡外科研究会 (1999.08.28), 山形.

1330. [研究会(地方)] (一般講演) 乳腺症に対する経口治療剤Danazolの検討. 関根智久,高野良介(高野せきねクリニック),笹本信幸,松沢克典(外): 第23回山形県乳腺疾患研究会学術集会 (1999.09.04), 山形.

1331. [研究会(地方)] (一般講演) 固有肝動脈に穿通した十二指腸潰瘍の1例. 根本雄治,辻亮作,久保幸祐,町田彰男,牧田英俊,小沢正幸,高橋武宣(外): 城西外科学会 (1999.09.11), 立川.

1332. [研究会(地方)] (一般講演) 消化器癌術後再発例に対する在宅中心静脈栄養方法の検討. 大谷剛正,石川博和,金沢秀紀,相原成昭,近藤賢司,佐藤牧,片田夏也,国場幸均,井原厚,桜本信一,菊池史郎,小林伸行,嶋尾仁,佐藤光史,榊原譲,比 企能樹,柿田章(外): 第1回神奈川臨床外科代謝栄養研究会 (1999.09.10), 横浜, 抄録集, p.10, 1999.

1333. [研究会(地方)] (一般講演) 胆嚢異所性胃粘膜の1例. 中山伸一(外),上妻達也,今西宏明(横浜船員保険病院),古川祐介(外),佐藤直夫,河田光弘(横浜船員保険病院): 第774回外科集談会 (1999.09.25), 東京, 日本臨床外科学会雑誌, 60(12): 3362, 1999.

1334. [研究会(地方)] (一般講演) 小腸間膜血管腫症の1例. 岸本一郎,西八嗣,小野里航,小八木紳一,近藤康史,竹田潤,立石晋,八十川要平(外): 第17回埼玉県外科集談会 (1999.11.20), 浦和.

1335. [研究会(地方)] (一般講演) 胃切除後逆流性食道炎の検討. 片田夏也,近藤賢司,佐藤牧,桜本信一,嶋尾仁,小林伸行,菊池史郎,榊原譲,柿田章(外): 第12回神奈川GIMDクラブ (1999.11.26), 横浜.

1336. [研究会(地方)] (一般講演) 甲状腺機能亢進症を放置して重症の心不全を起こしていた急性胆嚢炎の1例. 笹本信幸,松沢克典(外),松沢信五(至誠堂総合病院),関根智久(高野せきねクリニック): 第7回山形周術期病態研究会 (1999.12.04), 山形.

1337. [研究会(地方)] (一般講演) 癌性腹膜炎によるイレウス改善を目的とする減圧内視鏡胃瘻造設術. 近藤賢司,嶋尾仁,堤修,森瀬昌樹,佐藤牧,片田夏也,桜本信一,菊池史郎,小林伸行,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第17回神奈川胃癌治療研究会 (1999.12.18), 横浜.

1338. [研究会(地方)] (一般講演) 新しい胃癌の病理学的解析法; コンピューターグラフィックスを用いた腫瘍の立体構築と体積値の計測. 近藤賢司,菊池史郎,佐藤牧,片田夏也,桜本信一,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,比企能樹,柿田章(外): 第17回神奈川胃癌治療研究会 (1999.12.18), 横浜.

1339. [研究会(地方)] (一般講演) 胃癌治癒切除後6年目にKrukenberg腫瘍にて再発し診断治療に難渋した1例. 渡辺久美子,菊池史郎,佐藤牧,近藤賢司,片田夏也,小林伸行,嶋尾仁,榊原譲,柿田章(外): 第17回神奈川胃癌治療研究会 (1999.12.18), 横浜, プログラム・抄録集, p.48, 1999.

1340. [研究会(地方)] (一般講演) 悪性腫瘍との鑑別が困難であった炎症性胆管狭窄の1例. 根本祐太,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外),三富弘之(病理): 第13回北里肝胆膵疾患検討会 (2000.01.12), 相模原, プログラム・抄録集, p.1, 2000.

1341. [研究会(地方)] (一般講演) 血漿交換療法で救命し得た大量胆切除術後の肝不全の1例. 古田一徳,吉田宗紀,高橋毅,板橋浩一,島田謙,佐藤光史,柿田章(外): 第29回神奈川肝談話会 (2000.01.29), 横浜, プログラム, p.3, 2000.

1342. [研究会(地方)] (一般講演) 膵癌疼痛に対し胸腔鏡下大内臓神経切除術が有効であった1例. 星野弘樹,飯野善一郎(外),柴康彦(内),堀川誠也(中条中央病院): 第71回新潟消化器病研究会 (2000.02.05), 新潟.

1343. [研究会(地方)] (一般講演) GCSF産生肝腫瘍の1例. 島田謙,吉田宗紀,板橋浩一,古田一徳,高橋毅,佐藤光史,柿田章(外),国分茂博(内): 第7回神奈川肝がん治療研究会 (2000.02.14), 相模原, 第7回神奈川肝がん治療研究会プログラム, p.1, 2000.

1344. [研究会(地方)] (一般講演) 肝再発抑制を目指した膵癌に対する術後肝動注化学療法の成績. 板橋浩一,島田謙,吉田宗紀,高橋毅,古田一徳,佐藤光史,柿田章(外): 第23回神奈川癌治療懇話会 (2000.03.02), 横浜, プログラム, p.1, 2000.

1345. [研究会(地方)] (一般講演) 閉塞性黄疸を呈した胆道病変の1切除例. 根本祐太,板橋浩一,島田謙,古田一徳,高橋毅,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外),三富弘之(病理): 第7回B・Pクラブ (2000.03.07), 横浜, プログラム・抄録集, p.1, 2000.

1346. [研究会(地方)] (一般講演) 術後早期に転移再発をきたしたスクリーニング発見Stage T神経芽腫例. 石田和夫,梶田咲美乃,榎本拓茂(外),中舘尚也(児): 第32回神奈川小児腫瘍研究会 (2000.03.11), 横浜.

1347. [研究会(地方)] (ポスター講演) 診断・救命的肝切除術後早期に再発死亡した低分化型肝細胞癌の1例. 上野琢哉,高橋毅,島田謙,林京子,吉田宗紀,佐藤光史,柿田章(外),桑尾定仁(病理): 第20回肝癌症例検討会 (1999.10.23), 東京, 抄録集, p.23, 1999.


<<16 胸部外科学>>

1348. [原著] Assessment of DNA content in formalin-fixed, paraffin-embedded tissue of lung cancer by laser scanning cytometer. 神谷紀輝(胸外),Yokose Tomoyuki(National Cancer Center),Kiyomatsu Yoshimasa(Olynpus Japan Company),Fahey, Michael T.,Kodama Tetsuro,Mukai Kiyoshi(National Cancer Center): Pathol. Int., 49: 695〜701, 1999.

1349. [原著] 大動脈サイザー. 風間繁(胸外): 胸部外科, 52: 1088〜1089, 1999.

1350. [原著] 冠状動脈用逆方向尖刀. 風間繁(胸外): 胸部外科, 52: 998〜999, 1999.

1351. [原著] カニューラスタビライザー. 風間繁(胸外): 胸部外科, 53: 209〜211, 2000.

1352. [原著] 非小細胞肺癌組織中テロメラーゼ逆転写酵素mRNA検出の意義. 原英則(胸外),山下和也(病院病理),鈴木聡美,品田純,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 肺癌, 39(3): 295〜302, 1999.

1353. [原著] Results of surgical treatment for infective endocarditis: Special consideration on underlying cardiac lesions. 鳥井晋三,小原邦義,贄正基,武田裕子,林宗博,早苗努,三好豊,渡辺俊明,山本信行,吉村博邦(胸外): 北里医学, 30(1): 31〜36, 2000.

1354. [準原著] 肺循環におけるNO吸入効果のWave Intensityによる評価. 贄正基(胸外),小林弘祐(内),渡辺俊明,三好豊,須藤恭一,佃和彦,鳥井晋三,品田純,小原邦義,吉村博邦(胸外): 医用電子と生体工学第13回日本ME学会秋季大会論文集, 37(Suppl.2): 99, 1999.

1355. [研究報告(文部省)] 圧反射波の分析に基づくヘリウムを用いたNO吸入管理システムの開発に関する研究. 吉村博邦,贄正基(胸外),小林弘祐(内),品田純(胸外),広瀬稔(医療衛生),後藤毅(胸外): 平成9〜11年度科学研究費(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, 2000.

1356. [症例報告] Remote aortic valve replacement with the Nicks procedure 12 years after mitral valve replacement. 風間繁,倉田篤,山下吉重(胸外): Ann. Thorac. Cardiovasc. Surg., 5: 347〜349, 1999.

1357. [症例報告] Ulnar artery graft for myocardial revascularization. 贄正基,小原邦義,三好豊,佃和彦,鳥井晋三,吉村博邦(胸外): Jpn. J. Thorac. Cardiovasc. Surg., 48(2): 112〜114, 2000.

1358. [症例報告] 左心室切開手術におけるタココンブの使用経験. 贄正基,小原邦義,今井寛,山本信行,渡辺俊明,早苗努,三好豊,林宗博,鳥井晋三,吉村博邦(胸外): 医薬の門, 39(6): 28〜29, 1999.

1359. [その他の著書(辞典)] (分担執筆) ME用語辞典; 贄正基,鳥井晋三(胸外). 編集 日本エム・イー学会, コロナ社, 東京, 99.10.27発行.

1360. [翻訳] (監修) Cardiovascular Engineering; 全身性の炎症反応における白血球除去の本質的作用(The role of leucocytes in the systemic inflammatory response and the potential impact of leucocyte depletion), 2(1): 34〜54, 贄正基(胸外). 監修 贄正基(北里大), 97.00.00発行.

1361. [学会(国際)] (ポスター講演) Complete prevention of ischemic spinal cord injury by whole-body hypothermia and pentobarbital administration. 風間繁,贄正基,三好豊,倉田篤,吉村博邦(胸外): 第24回国際心臓血管外科学会 (1999.09.13), メルボルン.

1362. [学会(全国)] (一般講演) 前腕よりの遊離動脈(橈骨動脈, 尺骨動脈)グラフトを使用した冠動脈バイパス手術の検討. 贄正基,小原邦義,吉田聡子,早苗努,三好豊,林宗博,佃和彦,鳥井晋三,風間繁,吉村博邦(胸外): 第4回日本冠動脈外科学会学術大会 (1999.07.02), 広島, 抄録集, p.80, 1999.

1363. [学会(全国)] (一般講演) 難治性VTを伴う梗塞後心室瘤に対するDor手術−左室縫縮サイズ決定の工夫−. 鳥井晋三,小原邦義,渡辺俊明,三好豊,早苗努,佃和彦,贄正基,吉村博邦(胸外): 第52回日本胸部外科学会総会 (1999.10.07), 仙台, 日本胸部外科学会雑誌, 47(増刊): 279, 1999.

1364. [学会(全国)] (一般講演) 10年間の施設肺癌検診の成績. 神谷紀輝(胸外),森清志,横井香平,富永慶晤(栃木県立がんセンター): 第40回日本肺癌学会総会 (1999.10.22), 札幌, 肺癌, 39: 635, 1999.

1365. [学会(全国)] (一般講演) 内科的降圧治療に難渋したStanford B型大動脈解離に対する胸部大動脈内ステントグラフト留置術の効果. 林宗博(胸外),今井寛(法医),西巻博(放),熊谷謙,片岡祐一,上條吉人(救命),磯部義憲(放),相馬一亥(救命),吉村博邦(胸外),大和田隆 (救命): 第27回日本救急医学会総会 (1999.11.10〜12), 東京.

1366. [学会(全国)] (一般講演) 梗塞後左室瘤に対するDor手術の2例−心筋梗塞発症から手術までの期間による比較−. 鳥井晋三,小原邦義,山本信行,渡辺俊明,早苗努,三好豊,鈴木裕子,林宗博,贄正基,吉村博邦(胸外): 第30回日本心臓血管外科学会学術総会 (2000.02.17), 東京, 日本心臓血管外科学会雑誌, 29(Suppl.): 60, 2000.

1367. [学会(全国)] (ポスター講演) 病理病期T期肺癌における術後初期再発の検討. 神谷紀輝,品田純,森光晴,吉村博邦(胸外): 第52回日本胸部外科学会総会 (1999.10.06), 仙台, 日本胸部外科学会雑誌, 47: 331, 1999.

1368. [学会(全国)] (ポスター講演) 低酸素による肺高血圧モデルにおけるNO, He混合ガス吸入の検討. 贄正基(胸外),小林弘祐(内),三好豊,須藤恭一,佃和彦,鳥井晋三,品田純,風間繁,小原邦義,吉村博邦(胸外): 第36回日本臨床生理学会 (1999.10.29), 千葉, 日本臨床生理学会雑誌, 29(Suppl.): 71, 1999.

1369. [学会(全国)] (ポスター講演) 生検にて確定診断のついた肺Lymphomatoid granulomatosisの1例. 原英則(胸外),土橋ゆかり(内),荘司光彦,蒋世旭(病理),後藤毅,神谷紀輝,品田純,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第40回日本肺癌学会総会 (1999.10.22), 札幌, 肺癌, 39(5): 751, 1999.

1370. [学会(全国)] (ポスター講演) 橈骨動脈, 尺骨動脈グラフトを用いた冠動脈バイパス手術の早期成績の検討. 贄正基,小原邦義,渡辺俊明,早苗努,三好豊,林宗博,佃和彦,鳥井晋三,風間繁,吉村博邦(胸外): 第30回日本心臓血管外科学会学術総会 (2000.02.17), 東京, 日本心臓血管外科学会雑誌, 29(Suppl.): 246, 2000.

1371. [学会(地方)] (一般講演) 乳癌術後胸膜転移の1例. 神谷紀輝,品田純,森光晴,吉村博邦(胸外): 第110回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (1999.06.19), 相模原.

1372. [学会(地方)] (一般講演) 気管狭窄のステント拡張術後に気道感染, および自然逸脱を生じた1例. 神谷紀輝,品田純,後藤毅,吉村博邦(胸外): 第90回日本気管支学会関東支部会 (1999.09.25), 東京, 日本気管支学会誌, 21: 520, 1999.

1373. [学会(地方)] (一般講演) 13歳男児の左主幹に発生したinflammatory pseudotumor. 神谷紀輝,品田純,後藤毅,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第126回日本肺癌学会関東部会 (1999.12.11), 東京.

1374. [学会(地方)] (一般講演) 骨形成を伴った肺腺癌の1手術例. 後藤毅,神谷紀輝,原英則,阿部能明,品田純,吉村博邦(胸外),亀谷徹(病理): 第127回日本肺癌学会関東部会 (2000.03.18), 東京.

1375. [研究会(全国)] (一般講演) 肺循環におけるNO吸入効果のWave Intensityによる評価. 贄正基(胸外),小林弘祐(内),渡辺俊明,三好豊,須藤恭一,佃和彦,鳥井晋三,品田純,小原邦義,吉村博邦(胸外): 第13回日本エム・イー学会秋季大会専門別研究会 (1999.10.28), 大阪.

1376. [研究会(地方)] (特別講演) 心筋梗塞の機械的合併症に対する外科治療戦略. 小原邦義(胸外): 第7回日本体外循環技術研究会関東甲信越地方会 (2000.03.11), 熱海, 予稿集, p.14, 2000.

1377. [研究会(地方)] (教育講演) 心筋梗塞合併症の外科治療戦略−最近の話題を中心に−. 小原邦義(胸外): 第19回日本体外循環技術研究会東北地方会 (1999.07.03), 仙台.

1378. [研究会(地方)] (一般講演) 左心室心室瘤の手術−古典的心室瘤切除からDor手術へ−. 小原邦義(胸外): 第11回関東心臓外科手術手技研究会 (1999.11.27), 東京, 予稿集, p.3〜8, 1999.

1379. [研究会(地方)] (一般講演) 心室中隔穿孔閉鎖を伴う左心室梗塞切除手術−心筋梗塞急性期における標準的手術手技−. 小原邦義(胸外): 第11回関東心臓外科手術手技研究会 (1999.11.27), 東京, 予稿集, p.9〜13, 1999.


<<17 脳神経外科学>>

1380. [原著] The influence of vascular pressure and angiographic characteristics on haemorrhage from arteriovenous malformations. 宮坂佳男,倉田彰,入倉克己,田中柳水,藤井清孝(脳外): Acta Neurochir.(Wien), 142: 39〜43, 2000.

1381. [原著] The factors influencing haematoma volume due to arteriovenous malformations. 宮坂佳男,田中柳水,倉田彰,遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): Acta Neurochir., 141: 385〜388, 1999.

1382. [原著] Cerebral germinoma with syncytiotrophoblastic giant cells: Feasibility of predicting prognosis using the serum hCG level. 宇津木聡,川野信之,岡秀宏,田中智子,諏訪知也,藤井清孝(脳外): Acta Neurochir., 141: 975〜978, 1999.

1383. [原著] "Eosinophilic inclusions" in ependymoma represent microlumina: A light and electron microscopic study. 川野信之,大場雄介,長島和郎(脳外): Acta Neuropathol., 99: 214〜218, 2000.

1384. [原著] Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide inhibits transforming growth factor-β1-induced apoptosis in a human pituitary adenoma. 岡秀宏(脳外),Jin, L.,Kuling, E.,Sheithauer, B.W.,Lloyd, R.V.: Am. J. Pathol., 155(6): 1893〜1900, 1999.

1385. [原著] GH and PRL-producing pituitary adenoma with neuron-like differentiation. 小林郁夫(脳外),亀谷徹(病理),岡秀宏(脳外),成高平治(病理),川野信之,藤井清孝(脳外): Endocr. Pathol., 10(4): 367, 1999.

1386. [原著] Growth hormone-releasing hormone receptor (GHRH-R) mRNA expression in human pituitary adenomas: A study by catalyzed receptor. 岡秀宏(脳外),Jin, L.,Sheithauer, B.W.,山王直子,藤井清孝(脳外),亀谷徹(病理),Plummer, T.B.,Lloyd, R.V.: Endocr. Pathol., 10: 27〜36, 1999.

1387. [原著] Significance of growth hormone releasing hormone receptor mRNA in non-neoplastic pituitary adenomas: A study by RT-PCR and in situ. 岡秀宏(脳外),亀谷徹,佐藤雄一,成高平治(病理),川野信之(脳外): J. Neuro-Oncol., 41: 197〜204, 1999.

1388. [原著] Leptomeningeal melanomatosis with multiple cutaneous pigmented nevi: Tumor cell proliferation and malignant transformation in an autopsy case. 岡秀宏(脳外),亀谷徹(病理),畑隆志,川野信之,藤井清孝,矢田賢三(脳外): J. Neuro-Oncol., 44: 41〜45, 1999.

1389. [原著] Association of head trauma with cervical spine injury, spinal cord injury, or both. 飯田秀夫,橘滋国(脳外),北原孝雄,堀池重治,大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): J. Trauma, 46(3): 450〜452, 1999.

1390. [原著] 頭蓋内上皮腫の臨床検討. 鈴木祥生,岡秀宏,川野信之,宇津木聡,谷崎義徳,藤井清孝(脳外): Neuro-Oncology, 9(2): 129〜132, 1999.

1391. [原著] 脊髄星細胞腫の臨床検討. 谷崎義徳,岡秀宏,橘滋国,宇津木聡,藤井清孝(脳外): Neuro-Oncology, 9(2): 39〜42, 1999.

1392. [原著] Clinicopathological characteristics of atypical teratoid/rhabdoid tumor. 岡秀宏(脳外),Scheithauer, B.W.: Neurol. Med. Chir., 39: 510〜518, 1999.

1393. [原著] Spontaneous carotid cavernous fistulas with special reference to the influence of estradiol decrease. 倉田彰,宮坂佳男,岡秀宏,入倉克己,田中柳水,大桃丈知,永井茂樹,藤井清孝(脳外): Neurol. Res., 21(7): 631〜639, 1999.

1394. [原著] The significance of hypothermic acid-base management induced before ischemia in a rat model of transient middle cerebral artery occlusion. 永井成樹,入倉克己(脳外),丸山茂善(実動系),宮坂佳男(脳外): Neurol. Res., 21: 204〜208, 1999.

1395. [原著] Cerebellar clear cell ependymoma mimicking hemangioblastoma its clinical and pathological features. 川野信之(脳外),柳下三郎,小松一弘(病理),諏訪知也,岡秀宏,宇津木聡,藤井清孝(脳外): Surg. Neurol., 51: 281〜288, 1999.

1396. [原著] 脊髄の構造と動き. 山崎義矩,三井公彦,諏訪知也(脳外): ブレインナーシング, 15(11): 34〜39, 1999.

1397. [原著] 重症頭部外傷の頭蓋内圧管理法. 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),湯沢泉,宇津木聡,平山寿,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 神経外傷, 22: 11〜16, 1999.

1398. [原著] 経蝶形骨手術のためのハイドロキシアパタイトセラミックプレートの開発. 川野信之,小林郁夫,岡秀宏,入倉克己,藤井清孝(脳外),谷口幸夫,中島武彦: 脳神経外科ジャーナル, 8: 497〜499, 1999.

1399. [準原著(英文)] Tissue response of a small saccular aneurysm after incomplete occlusion with a Guglielmi detachable coil; Case report. 清水暁,倉田彰,高野誠,高木宏,山崎義矩,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): Am. J. Neuroradiol., 20: 546〜548, 1999.

1400. [準原著(英文)] Lumbar spinal subdural hematoma following craniotomy; Case report. 清水暁,橘滋国,前沢浩,藤井清孝(脳外),菅信一(放): Neurol. Med. Chir., 39: 229〜301, 1999.

1401. [準原著(英文)] Bow hunter's stroke associated with an aberrant course of the vertebral artery; Case report. 清水暁,山田勝,高木宏,藤井清孝(脳外),菅信一(放): Neurol. Med. Chir., 39: 867〜869, 1999.

1402. [研究報告(文部省)] 下垂体腺腫におけるGHRH受容体とPit-1 mRNAの発現量の相関関係とその局在. 小林郁夫,岡秀宏(脳外): 平成11年度文部省科学研究助成(中間報告; 萌芽)研究報告書, 1999.

1403. [研究報告(厚生省)] 動物実験モデルの空洞内貯留液に関する検討. 橘滋国,高野誠,山崎義矩(脳外): 難治性の脊髄空洞症と二分脊椎症に伴う脊髄機能障害平成10年度研究報告書, 1999.

1404. [研究報告(厚生省)] 25年以上の長期経過を持ち空洞自然消失を見た脊髄腫瘍の1例. 橘滋国,高野誠,山崎義矩(脳外): 難治性の脊髄空洞症と二分脊椎症に伴う脊髄機能障害平成10年度研究報告書, 1999.

1405. [症例報告] Tissue response of a small saccular aneurysm after incomplete occulsion with a Guglielmi detachable coil; Case report. 清水暁,倉田彰,高野誠,高木宏,山崎義矩,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): Am. J. Neuroradiol., 20: 546〜548, 1999.

1406. [症例報告] 急性期超選択的血栓溶解療法が有効であった中大脳動脈塞栓症の1例. 倉田彰(脳外): 映像情報Medical, 31(16): 940〜942, 1999.

1407. [総説] 脊髄の構造と働き. 山崎義矩,三井公彦,諏訪知也(脳外): Brain Nursing, 15(11): 1048〜1053, 1999.

1408. [総説] 心肺停止後の蘇生後脳症に対する脳低温療法. 遠藤昌孝(脳外): 集中治療, 11(1): 67〜76, 1999.

1409. [総説] クモ膜下出血の診断と治療. 入倉克己,藤井清孝(脳外): 臨床と研究, 76(12): 2361〜2365, 1999.

1410. [講座] Combined supra/infratentorial-transsinus approachの脳神経外科微小解剖. 前沢浩,岡秀宏,田中柳水,藤井清孝(脳外): Video Journal of Japan Neurosurgery, 7(3): 1999.

1411. [学術書] (分担執筆) 解剖学を中心とした脳神経手術手技; 脊髄後正中中隔進入法の検討, p.34〜43. 三井公彦(脳外). 医学書院, 東京, 99.00.00発行.

1412. [学術書] (分担執筆) 図説脳神経外科New Approach 7 脊髄「機能・解剖」; U. 脊椎・脊髄の検査とモニター, p.22〜41. 宮坂佳男(脳外). メジカルビュー社, 東京, 99.00.00発行.

1413. [学術書] (分担執筆) 図説脳神経外科New Approach 7 脊髄「機能・解剖」; T. 脊髄の機能と解剖, p.14〜21. 橘滋国(脳外). メジカルビュー社, 東京, 99.00.00発行.

1414. [学術書] (分担執筆) 図説脳神経外科New Approach 11; 多発外傷における頭部外傷治療, 患者管理と予後判定, p.134〜139. 遠藤昌孝(脳外). メジカルビュー社, 東京, 99.00.00発行.

1415. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科救急看護マニュアル; 意識障害の鑑別法, p.40〜47. 遠藤昌孝,藤井清孝(脳外). 東京, 99.00.00発行.

1416. [学会(国際)] (特別講演) Surgical anatomy into the spinal cord. 三井公彦(脳外): 4th Annual Spinal Symposium (1999.04.25), 台湾.

1417. [学会(国際)] (一般講演) Surgical anatomy into the spinal cord with emphasis on the vessels and pia mater of the anterior median septum. 三井公彦,山崎義矩,諏訪知也(脳外): 2nd Korea-Japan Conference on Spinal Surgery (1999.09.15), Korea.

1418. [学会(国際)] (一般講演) Endothelial nitric oxide synthase-dependent cerebral blood flow augmentation by L-arginine after chronic statin treatment. 山田勝(脳外),Huang, Z.,Dalkara, T.,Endres, M.,Laufs, U.,Waeber, C.,Huang, P.L.,Liao, J.K.,Moskowitz, M.A.: 29th Neuroscience Meeting (1999.10.24).

1419. [学会(国際)] (一般講演) Inhibition of HMG-CoA reductase by Mevastatin reduces injury after middle cerebral artery occlusion in mice. Stagliano, N.E.,Amin-Hanjani, S.,山田勝(脳外),Huang, P.L.,Liao, J.K.,Moskowitz, M.A.: 29th Neuroscience Meeting (1999.10.28).

1420. [学会(国際)] (ポスター講演) Long-term functional outcome of suprasellar germinomas: Usefulness and limitations of radiotherapy. 岡秀宏,川野信之,宇津木聡,小林郁夫,藤井清孝(脳外): American Association of Neurological Surgeons (1999.04.24), New Orleans.

1421. [学会(国際)] (ポスター講演) Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide binding sites and PACAP/VIP receptor (PVR) expression in human pituitary adenomas. 岡秀宏,Jin, L.,Scheithauer, B.W.,藤井清孝(脳外),Lloyd, R.V.: 67th Annual Meeting of the American Association of Neurological Surgeon (1999.04.25), New Orleans.

1422. [学会(国際)] (ポスター講演) Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide inhabits TGF β1-induced apoptosis in a human pituitary cell line. 岡秀宏(脳外),Jin, L.,Kuling, E.,Scheithauer, B.W.,Lloyd, R.V.: Endocrine Society's 81st Annual Meeting (1999.06.13), San Diego.

1423. [学会(全国)] (特別講演) 頚椎疾患の手術と管理. 橘滋国(脳外): 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.18), 東京.

1424. [学会(全国)] (特別講演) 髄内腫瘍. 三井公彦(脳外): 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.18), 東京.

1425. [学会(全国)] (シンポジウム等) 下垂体腺腫におけるPituitary Adenylate-Activating Polypeptide (PACAP)およびPACAP/VIP Receptor (PVR) mRNA発現の分子病理学的検討. 岡秀宏,Jin, L.,Scheithauer, B.W.,鈴木祥生,宇津木聡,小林郁夫,川野信之,藤井清孝(脳外),亀谷徹(病理),Lloyd, R.V.: 第17回日本脳腫瘍病理学会 (1999.04.16), 前橋.

1426. [学会(全国)] (シンポジウム等) 視交叉部近傍病変, 特に脳腫瘍, 特発性頚動脈海綿静脈洞瘻, 脳動脈瘤による視力, 視野障害において. 倉田彰(脳外): 第53回日本臨床眼科学会 (1999.10.08), 東京.

1427. [学会(全国)] (シンポジウム等) 脊髄血管芽腫の手術(ビデオ). 三井公彦,山崎義矩,諏訪知也(脳外),見松健太郎: 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1428. [学会(全国)] (シンポジウム等) 脊髄髄内腫瘍手術に必要な微小外科解剖−脊髄内の軟膜と血管の構築について−(ビデオ). 清水暁,藤井清孝,三井公彦,山崎義矩,諏訪知也(脳外),張沢安,秋間道夫: 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1429. [学会(全国)] (ワークショップ) 第V脳室内頭蓋咽頭腫の長期経過観察による臨床放射線学的検討. 近藤宏治,岡秀宏,川野信之,小林郁夫,宇津木聡,鈴木祥生,谷崎義徳(脳外),安井美江(形態系),藤井清孝(脳外): 第10回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2000.02.24), 宮崎.

1430. [学会(全国)] (一般講演) 脳腫瘍診断における細胞診(捺印, 圧挫)の有用性についての検討. 柿沼広邦(病理部),川野信之(脳外),大野英治,岩渕啓一,岡安勲(病理),宇津木聡,岡秀宏,藤井清孝(脳外): 第17回日本脳腫瘍病理学会 (1999.04.16), 前橋.

1431. [学会(全国)] (一般講演) Silent somatotroph adenomaにおけるPit-1およびGH mRNAの発現量についての検討. 小林郁夫(脳外),亀谷徹,成高平治,佐藤雄一(病理),土屋紅緒,安井美江(形態系),岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外): 第17回日本脳腫瘍病理学会 (1999.04.16), 前橋.

1432. [学会(全国)] (一般講演) もやもや病における間接的血行再建に影響する因子の検討. 入倉克己,宮坂佳男,倉田彰,清水暁,湯沢泉(脳外),菅信一(放),藤井清孝(脳外): 第28回日本脳卒中の外科学会 (1999.04.19), 横浜.

1433. [学会(全国)] (一般講演) 小型の未破裂脳動脈瘤に治療は必要か? 宮坂佳男,倉田彰,入倉克己,田中柳水,遠藤昌孝,清水暁,湯沢泉,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第28回日本脳卒中の外科学会 (1999.04.19), 横浜.

1434. [学会(全国)] (一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対するコイル塞栓術の有用性について. 倉田彰,大桃丈知,宮坂佳男,入倉克己,藤井清孝(脳外),北原孝雄(救命),菅信一(放): 第28回日本脳卒中の外科学会 (1999.04.20), 横浜.

1435. [学会(全国)] (一般講演) 高齢者未破裂脳動脈瘤に対する脳血管内手術. 倉田彰,宮坂佳男,大桃丈知,三枝宏伊,藤井清孝(脳外),菅信一(放),北原孝雄(救命): 第24回日本脳卒中学会総会 (1999.04.21), 横浜.

1436. [学会(全国)] (一般講演) 血管内圧測定によるAVMの易出血性の検討. 宮坂佳男,清水暁,湯沢泉,大桃丈知,田中柳水,入倉克己,倉田彰,遠藤昌孝,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第24回日本脳卒中学会総会 (1999.04.21), 横浜.

1437. [学会(全国)] (一般講演) C1/2静脈出血の処置. 三井公彦,山崎義矩,諏訪知也(脳外): 第28回日本脊椎外科学会 (1999.06.03), 東京.

1438. [学会(全国)] (一般講演) 頭頚移行部側方到達法を行った3症例. 三井公彦,山崎義矩,後藤澄雄(脳外): 第28回日本脊椎外科学会 (1999.06.03), 東京.

1439. [学会(全国)] (一般講演) 頚椎症後方除圧手術における術中超音波診断の有用性. 山崎義矩,三井公彦,諏訪知也,上笹航(脳外): 第18回日本脳神経超音波学会 (1999.06.03), 高知.

1440. [学会(全国)] (一般講演) 下肢運動機能の保たれた胸椎脊髄髄膜瘤の根治術. 佐藤澄人,橘滋国,白根礼造(脳外): 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.18), 東京.

1441. [学会(全国)] (一般講演) Bone Sawを用いた椎弓還納術. 三井公彦,山崎義矩,諏訪知也,上笹航,見松健太郎(脳外): 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.18), 東京.

1442. [学会(全国)] (一般講演) Deep Pain Lossの臨床的意義について. 橘滋国,佐藤澄人(脳外): 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.19), 東京.

1443. [学会(全国)] (一般講演) 脊髄円錐部腫瘍摘出術における多元的術中神経機能モニタリング. 中村宏,北川秀機,川口善治,下条竜一,三井公彦(脳外),木村友厚: 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.19), 東京.

1444. [学会(全国)] (一般講演) 頚椎症後方除圧手術における術中超音波診断の有用性. 山崎義矩,三井公彦,諏訪知也,上笹航(脳外): 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.19), 東京.

1445. [学会(全国)] (一般講演) 胸腔鏡視下に摘出した胸椎椎間板ヘルニアの1例. 山崎義矩,三井公彦,諏訪知也(脳外),金田悟良(外): 第6回日本脊髄・脊髄神経手術手技学会 (1999.09.03), 東京.

1446. [学会(全国)] (一般講演) 頭蓋内圧亢進症例に対する脳低温療法の適応. 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),近藤宏治,佐藤澄人,宮坂佳男(脳外),大和田隆(救命),藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1447. [学会(全国)] (一般講演) Broad neckな脳動脈瘤治療用カバーステントの開発. 大桃丈知,倉田彰,森嶋啓之,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1448. [学会(全国)] (一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤の臨床像およびコイル塞栓術の有用性について. 倉田彰,大桃丈知,平山寿,宮坂佳男,入倉克己,藤井清孝(脳外),北原孝雄(救命),菅信一(放): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1449. [学会(全国)] (一般講演) AVMの出血と血管内圧との関連性. 宮坂佳男,倉田彰,入倉克己,田中柳水,遠藤昌孝,三島大徳,平山寿,藤井清孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1450. [学会(全国)] (一般講演) 無症候性頚椎・頚髄病変. 飯田秀夫,橘滋国,国井正剛(脳外),菅信一(放),三富哲郎(内),藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.29), 東京.

1451. [学会(全国)] (一般講演) 頚髄疾患の障害髄節指標としての深部痛覚脱失(Deep Pain Loss). 橘滋国,佐藤澄人(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.29), 東京.

1452. [学会(全国)] (一般講演) PACAP inhibits TGF β1-induced apoptosis in a human pituitary adenoma cell line. 岡秀宏(脳外),Jin, L.,Scheithauer, B.W.,藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.29), 東京.

1453. [学会(全国)] (一般講演) 頭蓋内圧亢進症例に対する脳低温療法の適応. 遠藤昌孝(脳外),高橋功,北原孝雄(救命),佐藤澄人,近藤宏治(脳外),相馬一亥,大和田隆(救命),宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第27回日本救急医学会総会 (1999.11.12), 東京.

1454. [学会(全国)] (一般講演) 頭蓋内上衣腫の臨床検討. 鈴木祥生,岡秀宏,川野信之,宇津木聡,藤井清孝(脳外): 第18回ニューロ・オンコロジィの会 (1999.12.11), 東京.

1455. [学会(全国)] (一般講演) 脊髄星細胞腫の臨床放射線学的検討. 谷崎義徳,岡秀宏,橘滋国,藤井清孝(脳外): 第18回ニューロ・オンコロジィの会 (1999.12.11), 東京.

1456. [学会(全国)] (一般講演) OctreotideがGH産生腺腫におけるGH, Pit-1およびGHRH-receptorに及ぼす作用機序. 成高平治,亀谷徹(病理),岡秀宏,小林郁夫,大谷光弘,河瀬武(脳外): 第10回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2000.02.24), 宮崎.

1457. [学会(全国)] (一般講演) 下垂体卒中症状で発症したラトケ嚢胞の1例. 福島治,岡秀宏,川野信之,坂本友見子,小林郁夫,宇津木聡,鈴木祥生(脳外),安井美江(形態系),藤井清孝(脳外): 第10回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2000.02.24), 宮崎.

1458. [学会(全国)] (一般講演) GH産生下垂体腺腫治療後に発生した放射線誘発性肉腫の1剖検例. 岡秀宏,川野信之,石渡雅男,三島大徳,宇津木聡,鈴木祥生,小林郁夫(脳外),安井美江(形態系),藤井清孝(脳外),亀谷徹(病理): 第10回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2000.02.25), 宮崎.

1459. [学会(全国)] (一般講演) 内視鏡下経鼻的下垂体手術に必要な微小解剖. 岡秀宏,王宏磊,小林郁夫,宇津木聡,鈴木祥生,藤井清孝(脳外): 第10回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2000.02.25), 宮崎.

1460. [学会(全国)] (一般講演) 後頭蓋窩進展を来した巨大頭蓋咽頭腫の1例. 谷崎義徳,岡秀宏,川野信之,小林郁夫,宇津木聡,鈴木祥生,小沢達也(脳外),安井美江(形態系),藤井清孝(脳外),亀谷徹(病理): 第10回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2000.02.24), 宮崎.

1461. [学会(全国)] (一般講演) 興味ある画像所見を呈した多発性悪性リンパ腫の1例. 近藤宏治,岡秀宏,佐藤澄人,山田勝,入倉克己,藤井清孝(脳外): 第4回脳神経外科疾患の臨床と病理のJOINT (2000.03.31), 東京.

1462. [学会(全国)] (ポスター講演) Large cell medulloblastomaと思われた1症例. 鈴木祥生,岡秀宏,川野信之,小野田登,高野誠,高木宏(脳外),安井美江(形態系),藤井清孝(脳外),柳下三郎: 第17回日本脳腫瘍病理学会 (1999.04.16), 前橋.

1463. [学会(全国)] (ポスター講演) Glioblastomaに類似するgrade 4 ependymomaの1例. 平山寿,川野信之,清水暁,福島浩(脳外),柳下三郎,安井美江(形態系),岡秀宏,藤井清孝(脳外): 第17回日本脳腫瘍病理学会 (1999.04.16), 前橋.

1464. [学会(全国)] (ポスター講演) 大脳鎌より発生したSolitary fibrous tumorの1例. 清水暁,川野信之,岡秀宏,宇津木聡,平山寿,藤井清孝(脳外),岩渕啓一,柳下三郎(病理): 第17回日本脳腫瘍病理学会 (1999.04.17), 前橋.

1465. [学会(全国)] (ポスター講演) Cavernous malformationの自然経過. 入倉克己,宮坂佳男,倉田彰,湯沢泉,常盤嘉一(脳外),菅信一(放),藤井清孝(脳外): 第24回日本脳卒中学会総会 (1999.04.21), 横浜.

1466. [学会(全国)] (ポスター講演) 全身的な異常所見を認めず診断に苦慮したNeurosarcoidosisと思われた1例. 福島浩,岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外),飯塚高浩,坂井文彦(内),岩渕啓一,柳下三郎(病理): 第40回日本神経病理学会学術研究会 (1999.06.04), 横浜.

1467. [学会(全国)] (ポスター講演) 低体温時酸塩基平衡管理が脳血流, 脳酸素代謝に及ぼす影響. 入倉克己,宮坂佳男,山田勝,倉田彰,森井誠二,藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1468. [学会(全国)] (ポスター講演) 頭蓋底部chordoma, chondoroma系腫瘍の長期予後. 宇津木聡,岡秀宏,川野信之,鈴木祥生,小林郁夫,藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1469. [学会(全国)] (ポスター講演) 頚髄症後方除圧手術における術中超音波診断の有用性. 山崎義矩,三井公彦,諏訪知也(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27), 東京.

1470. [学会(全国)] (ポスター講演) Silent somatotroph adenomaにおけるGHRH-R, Pit-1, GH mRNAの発現量についての検討. 小林郁夫(脳外),亀谷徹,成高平治,佐藤雄一(病理),土屋紅緒,安井美江(形態系),岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.28), 東京.

1471. [学会(全国)] (ポスター講演) 神経膠芽腫症例に対する高線量多分割照射療法の予後. 諏訪知也,山崎義矩,三井公彦,朝倉英男(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.28), 東京.

1472. [学会(全国)] (ポスター講演) 血管内超音波の有用性−特に動脈瘤の壁構造の解析について−. 大桃丈知,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第15回日本脳神経血管内治療学会 (1999.11.18), 福岡.

1473. [学会(全国)] (ポスター講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対する解離部位でのコイル塞栓術の有用性について. 倉田彰,大桃丈知,平山寿,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),北原孝雄(救命),菅信一(放): 第15回日本脳神経血管内治療学会 (1999.11.18), 福岡.

1474. [学会(全国)] (ポスター講演) GDCにて瘤内塞栓術を施行し得た1例. 三枝宏伊,国井正剛,飯田秀夫(脳外): 第15回日本脳神経血管内治療学会 (1999.11.18), 福岡.

1475. [学会(全国)] (ポスター講演) 新しい塞栓物質材料プラチナボールの開発. 小沢仁,倉田彰,大桃丈知,平山寿,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第15回日本脳神経血管内治療学会 (1999.11.19), 福岡.

1476. [学会(全国)] (ポスター講演) Broad neckな脳動脈瘤治療用カバーステントの開発. 大桃丈知,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第15回日本脳神経血管内治療学会 (1999.11.19), 福岡.

1477. [学会(全国)] (ポスター講演) PTA時の血管損傷に対して緊急Wallstent留置術を施行した1例. 国井正剛,飯田秀夫,三枝宏伊(脳外): 第15回日本脳神経血管内治療学会 (1999.11.19), 福岡.

1478. [学会(全国)] (ポスター講演) 直達手術不成功脳動脈瘤に対するコイル塞栓術について. 平山寿,倉田彰,大桃丈知,宮坂佳男,藤井清孝(脳外),北原孝雄(救命),鷺内隆雄(放): 第15回日本脳神経血管内治療学会 (1999.11.19), 福岡.

1479. [学会(地方)] (一般講演) 子癇に伴う脳出血例の検討. 福島浩,佐藤澄人(脳外),吉田勢津,片岡祐一,福田倫也,高橋功,遠藤昌孝,北原孝雄,大和田隆(救命): 第47回日本救急医学会関東地方会 (1999.06.19), 東京.

1480. [学会(地方)] (一般講演) 流入動脈に多発性脳動脈瘤を合併した小脳血管芽腫の1例. 石渡雅男,岡秀宏,倉田彰,小沢達也,藤井清孝(脳外): 第74回日本脳神経外科学会関東地方会 (1999.07.03), 東京.

1481. [学会(地方)] (一般講演) 全身的異常所見を認めず診断に苦慮したNeurosarcoidosisの1例. 福島浩,岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外),柳下三郎(病理): 第75回日本脳神経外科学会関東地方会 (1999.09.04), 東京.

1482. [学会(地方)] (一般講演) Spontaneous intracranial hypotensionの3例. 宇津木聡,高野誠,大高弘稔(脳外): 第75回日本脳神経外科学会関東地方会 (1999.09.04), 東京.

1483. [学会(地方)] (一般講演) 脳出血で発症した多発脳動静脈奇形の1症例. 宇津木聡,高野誠,大高弘稔(脳外): 第76回日本脳神経外科学会関東地方会 (1999.11.27), 東京.

1484. [学会(地方)] (一般講演) 神経内視鏡的第3脳室底開窓・腫瘍生検術にて診断治療し得た松果体胚細胞腫の2例. 国井正剛,三枝宏伊,飯田秀夫,藤井清孝(脳外): 第76回日本脳神経外科学会関東地方会 (1999.11.27), 東京.

1485. [学会(地方)] (一般講演) Dysembryoplastic Neuroepithelial Tumorの1例. 谷崎義徳,岡秀宏,佐藤澄人,小沢達也,藤井清孝(脳外): 第76回日本脳神経外科学会関東地方会 (1999.11.27), 東京.

1486. [学会(地方)] (一般講演) 胸腔鏡視下に摘出した胸椎椎間板ヘルニアの1例. 山崎義矩,三井公彦,諏訪知也(脳外),金田悟良(外): 第77回日本脳神経外科学会関東地方会 (2000.03.04), 東京.

1487. [学会(地方)] (ポスター講演) AstrocytomaにおけるE-, N-Cadherinの発現に関する病理組織学的検討. 宇津木聡(脳外),佐藤雄一(病理),岡秀宏,川野信之,小林郁夫,鈴木祥生,藤井清孝(脳外): 第8回日本脳腫瘍カンファレンス (1999.11.14), 新潟.

1488. [学会(地方)] (公開講座) 外科的治療が必要な脳卒中. 藤井清孝,宮坂佳男,倉田彰,入倉克己,岡秀宏(脳外),北原孝雄,遠藤昌孝,大和田隆(救命): 国際脳卒中学会Regional Meeting (1999.04.24), 横浜.

1489. [研究会(全国)] (特別講演) 高齢者, 重症脳卒中に対する治療の変遷と最近の取り組み. 藤井清孝,宮坂佳男,倉田彰(脳外),北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外): 第6回老年者脳血管障害研究会 (1999.09.03), 博多.

1490. [研究会(全国)] (一般講演) 下肢運動機能の保たれた胸椎脊髄髄膜瘤の根治術. 佐藤澄人,橘滋国,白根礼造(脳外): 第16回日本二分脊椎研究会 (1999.07.02), 福岡.

1491. [研究会(全国)] (一般講演) Grade 4 ependymoma: A case report. 平山寿,岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外),Scheithauer, B.W.: 13th Japan Neurosurgery English Forum (1999.07.30), 東京.

1492. [研究会(全国)] (一般講演) 胸腔鏡視下に摘出した胸椎椎間板ヘルニアの1例. 三井公彦,山崎義矩,諏訪知也(脳外),金田悟良(外): 第1回日本脊椎内視鏡研究会 (1999.12.03), 富士宮.

1493. [研究会(全国)] (ポスター講演) Cavernous malformationの出血率の検討. 入倉克己,宮坂佳男,倉田彰,小沢達也,谷崎義徳,石渡雅男,常盤嘉一(脳外),菅信一(放),藤井清孝(脳外): The Mt. Fuji Workshop on CVD (1999.08.28), 東京.

1494. [研究会(地方)] (一般講演) 脊髄硬膜内髄外に発生した悪性腫瘍の1例. 谷崎義徳,岡秀宏,橘滋国,川野信之,藤井清孝(脳外): 第225回北里大学病院CPC (1999.06.23), 相模原.

1495. [研究会(地方)] (一般講演) 脊髄硬膜内髄外に発生した悪性腫瘍の1例. 谷崎義徳,岡秀宏,橘滋国,川野信之,藤井清孝(脳外): 第75回東京脳腫瘍研究会 (1999.07.10), 東京.

1496. [研究会(地方)] (一般講演) 流入動脈に脳動脈瘤を合併した小脳血管芽腫の1例. 小沢達也,岡秀宏,倉田彰,石渡雅男,藤井清孝(脳外): 第5回神奈川神経放射線研究会 (1999.07.10), 相模原.

1497. [研究会(地方)] (一般講演) 14年後に再発し興味ある組織像を示したグリオーマ. 岡秀宏,川野信之,宇津木聡,三島大徳(脳外),安井美江(形態系),藤井清孝(脳外): 第76回東京脳腫瘍研究会 (1999.11.13), 埼玉.

1498. [研究会(地方)] (一般講演) 下垂体腺腫の治療後に生じた放射線誘発腫瘍の1例. 三島大徳,石渡雅男,岡秀宏(脳外),岩渕啓一(病理),川野信之,藤井清孝(脳外): 第76回東京脳腫瘍研究会 (1999.11.13), 埼玉.

1499. [研究会(地方)] (一般講演) 多発性の脳出血で発症した多発脳動静脈奇形の1症例. 宇津木聡,高野誠,大高弘稔(脳外): 第20回多摩地区脳卒中研究会 (1999.11.20), 立川.

1500. [研究会(地方)] (一般講演) 血栓溶解療法のプロトコールについて. 倉田彰(脳外): 第12回神奈川脳血管内手術懇話会 (1999.12.13), 神奈川.

1501. [研究会(地方)] (一般講演) 内視鏡下経鼻的下垂体手術に必要な微小解剖. 王宏磊,岡秀宏,藤井清孝(脳外): 第5回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2000.02.26), 相模原.

1502. [研究会(地方)] (一般講演) Microsurgical anatomy of the temporal bone-presigmoid translabyrinthine approach. 田中柳水,岡秀宏,藤井清孝(脳外),Rhoton, A.L.Jr.: 第5回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2000.02.27), 相模原.

1503. [研究会(地方)] (一般講演) 14年後の再発時に悪性の病理像を示し髄腔内播種の1例症, 多発出血を起こした小脳神経膠腫の1症例. 宇津木聡,岡秀宏,川野信之,鈴木祥生,石渡雅男(脳外),安井美江(形態系),藤井清孝(脳外),石原好弘(病理): 第77回東京脳腫瘍研究会 (2000.03.04), 東京.

1504. [研究会(地方)] (一般講演) 中頭蓋底に発生した肉腫の1例. 鈴木祥生,高木宏,中原邦晶,小野田登,岡秀宏,川野信之,藤井清孝(脳外),岩渕啓一(病理): 第77回東京脳腫瘍研究会 (2000.03.04), 東京.


<<18 小児科学>>

1505. [原著] Functional interleukin-5 activity in peripheral blood mononuclear cells from adolescents with mite antigen asthma in remission. 野間剛(児),林雅晴(毛呂病院),川野豊,吉沢いづみ,石川義人,佐伯敏亮(児),青木国輝(秩父市立病院),松浦信夫(児): Clin. Exp. Allergy, 29: 780〜785, 1999.

1506. [原著] Guideline for neonatal mass-screening for congenital hypothyroidism. 猪股弘明(帝京大),松浦信夫(児),立花克彦(神奈川県立こども医療セン),楠田聡(大阪市立総合医療セン),福士勝(札幌市立衛生研),梅橋豊蔵(化 学及血清療法研),諏訪成三(神奈川県立こども医療セン),新美仁男(埼玉医大),藤枝憲二(北大): Clin. Pediatr. Endocrinol., 8: 51〜55, 1999.

1507. [原著] Transthoracic ultrasonic visualisation of coronary aneurysm, stenosis, and occlusion in Kawasaki disease. 平石聡,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之,小川夏子,広田浜夫(児): Heart, 83(4): 400〜405, 2000.

1508. [原著] Interleukin-12 affects dermatophagoides farinae(Df)-induced interleukin-4 production by T cells from pediatric patients with mite-sensitive asthma. 野間剛,吉沢いづみ(児): J. Allergy Clin. Immunol., 103(5): 850〜858, 1999.

1509. [原著] Association of autoantibodies to protein phosphatase-like proteins with clinical heterogeneity in Japanese patients with type 1 diabetes. 世羅康徳,川崎英二,阿比留教生,尾崎方子,安部幸弘,酒巻宏行,滝野博文,近藤英明,山崎浩則,山口義彦,赤沢昭一,長滝重信(長崎大),内潟安子(東 女医大),松浦信夫(児),江口勝美(長崎大): J. Autoimmun., 13(2): 257〜265, 1999.

1510. [原著] Two novel cysteine substitutions (C1263R and C1995S) of thyroglobulin cause a defect in intracellular transport of thyroglobulin in patients with congenital goiter and the variant type of adenomatous goiter. 菱沼昭(独協医大),Takamatsu, J.,大山宜秀(児),Yokozawa, T.,Kanno, Y.,Kuma, K.,Yoshida, S.,松浦信夫(児),家入蒼生夫(独協医大): J. Clin. Endocrinol. Metab., 84(4): 1438〜1444, 1999.

1511. [原著] Identification and functional analysis of mutations in the hepatocyte nuclear factor-1α in Japanese diabetic patients initially classified as having type 1 diabetes. 川崎英二,世羅康徳,山川賢一,安部幸弘,尾崎方子,魚谷茂雄,滝野博文(長崎大),大津成之(児),山崎浩則,山口義彦(長崎大),松浦信夫(児),江 口勝美(長崎大): J. Clin. Endocrinol. Metab., 85(1): 331〜335, 2000.

1512. [原著] Control of breathing in infants born to smoking mothers. 上田康久(児),Stick, S.M.,Hall, G.,Sly, P.D.: J. Pediatr., 135: 226〜232, 1999.

1513. [原著] Eriventicular leukomalacia: Relation to gestational age and axonal injury. 出口貴美子,小口弘毅,松浦信夫(児),Armstrong, D.D.,Takashima, K.: Pediatr. Neurol., 20: 370〜374, 1999.

1514. [原著] Effects of aging on generation of ED2 height MHC class U+ macrophages during cold stress. Kizaki, T.,Ookawara, T.,Haga, S.,松浦信夫(児),大野秀樹(防衛医大): Scand. J. Immunol., 51(1): 36〜44, 2000.

1515. [原著] 1型糖尿病におけるIA-2抗体の測定およびGAD抗体との組み合わせ解析. 松浦信夫(児),内潟安子(東女医大),浦上達彦(日大),川崎英二(長崎大),菊池信行(横浜市大),小林哲郎(虎の門病院),杉原茂孝(東女医大), 丸山太郎(埼玉社会保険病院): プラクティス, 16: 567〜572, 1999.

1516. [原著] 30歳未満発症日本人糖尿病患者の発症年齢別患者数の経年的分布. 大谷敏嘉(ナトメック七里病院),横山宏樹,佐藤明子,三浦順之助,山田ひとみ,武藤和子,高池浩子(東女医大),笠原督(城西病院),松浦信夫(児), 内潟安子,大森安恵,岩本安彦(東女医大): 糖尿病, 42(3): 179〜185, 1999.

1517. [原著] 小児期発症特発性全般性大発作てんかんに対するバルプロ酸ナトリウム単剤治療の長期効果. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,岩崎俊之(児): 日本小児科学会雑誌, 104(5): 61〜65, 2000.

1518. [原著] 灯油肺炎の臨床的検討. 福島崇義,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,原真人,上田康久(児): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 10: 8〜14, 1999.

1519. [原著] 小児期紫斑病性腎炎の臨床病理学的検討−1971からの12年間と1985年からの12年間の症例の比較検討−. 守屋俊介,飯高喜久雄,越野浩江,朝長香,河西紀昭(児): 日本腎臓学会雑誌, 42(1): 36〜40, 2000.

1520. [原著] 重症心身障害児に対する喉頭摘出術の経験. 片山文彦,三浦寿男,砂押渉,関根徹,武井研二,梅原実(児),平山方俊(耳): 脳と発達, 31(5): 415〜421, 1999.

1521. [原著] 重症心身障害児に対する喉頭摘出術の経験. 片山文彦,三浦寿男,砂押渉,関根徹,武井研二,梅原実(児),平山方俊(耳鼻): 脳と発達, 31(5): 415〜421, 1999.

1522. [準原著(英文)] Case of tuberous sclerosis with multiple cardiac tumors in utero and presenting West syndrome postnatally. 片山文彦,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,岩崎俊之,小口弘毅,平石聡(児): Brain Dev., 21(7): 500〜501, 1999.

1523. [準原著(英文)] The usefulness of electron beam CT in assessing of coronary artery stenosis and calcification in Kawasaki disease. 堀口泰典,平石聡,三沢仁司,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕(児): Proceedings of the 2nd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery, p.178〜180, 1999.

1524. [準原著(英文)] Proximal pulmonary artery obstruction in congenital heart disease and obstructed pulmonary flow. 平石聡,縣陽太郎,三沢仁司,堀口泰典,藤野宣之,武田信裕(児),中江世明,笠原真悟(胸外): Proceedings of the 2nd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery, p.755〜758, 1999.

1525. [準原著] 小児の覚醒時大発作てんかんに対するsodium valproate単剤治療の効果と血中濃度. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,片山文彦,岩崎俊之(児): TDM研究, 16(2): 119〜120, 1999.

1526. [短報] 神奈川県重度・重複障害児担当医師派遣制度が養護学校の教育現場に与えた影響について. 細田のぞみ,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,島貫郁,武井研二(児): 脳と発達, 32(2): 171〜173, 2000.

1527. [研究報告(文部省)] 抗てんかん薬の発達薬理と体内動態モニタリング(臨床薬理遺伝学的検討も含めて). 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二,岩崎俊之,島貫郁(児): 平成11年度科学研究費補助金実績報告書(研究実績報告書: 基盤研究C), 2000.

1528. [研究報告(厚生省)] T4, TSH同時スクリーニング; 二次性甲状腺機能低下症と一過性中枢性甲状腺機能低下症. 松浦信夫,柴山啓子(児),福士勝(札幌市衛生研),市原侃(道立衛生研),原田正平(町立池田病院): 厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)マススクリーニングの見逃し等を予防するシステムの確立に関する研究, 平成10年度研究報告書(第1/6), p.320〜322, 1999.

1529. [研究報告(厚生省)] 小児糖尿病・生活習慣病の発症要因, 治療, 予防に関する研究. 松浦信夫(児): 厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)平成10年度研究報告書(第4/6), p.3〜116, 1999.

1530. [研究報告(厚生省)] 小児インスリン依存型糖尿病の多様性に関する研究−特に病型別家族歴について. 松浦信夫,横田行史,風張幸司(児): 厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)母子保健情報の登録・評価に関する研究, 平成10年度研究報告書(第1/6), p.320〜322, 1999.

1531. [研究報告(厚生省)] 母乳中の内分泌かく乱物質と乳児の健康に関する研究. 松浦信夫(児),多田裕(東大),近藤直実(岐阜大),森田昌敏(国立環境研究所),中村好一(自治医大): 厚生科学研究(生活安全総合研究事業)内分泌撹乱物質の胎児, 成人等の曝露に関する研究, 平成10年度研究報告書, p.1〜4, 1999.

1532. [研究報告(厚生省)] 神経芽細胞腫の治療終了後に発症した二次性白血病. 中舘尚也,三宅泉,松浦信夫(児): 厚生省がん研究助成(小児難治性白血病, 二次性白血病の治療法の確立に関する研究)平成10年度研究報告書, p.122〜124, 1999.

1533. [研究報告(厚生省)] 感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業「気管支喘息急性期治療における薬物の科学的根拠に関する研究班」β2刺激薬に関する研究班−β2刺激薬に関す る薬理学的研究−. 野間剛(児): 平成11年度厚生省感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業報告書, 2000.

1534. [症例報告] Association of dominant dystrophic epidermolysis bullosa with end-stage renal failure and hearing loss. Motoyama, O.(東邦大),飯高喜久雄(児),Nagai, Y.,Mizuiri, S.,Tsukimoto, I.(東邦大): Clin. Exp. Nephrol., 3(2): 143〜145, 1999.

1535. [症例報告] Convulsion during cyclosporin A therapy for nephrotic syndrome. Motoyama, O.,Shigetomi, Y.,Sawai, K.,Tateno, A.(東邦大),飯高喜久雄(児): Clin. Exp. Nephrol., 4(1): 63〜66, 2000.

1536. [症例報告] Successful management of severe tricuspid regurgitation associated with hydrops fetalis in a case of dysplastic tricuspid valve. 三須陽子,平石聡,小口弘毅(児),天野完(産婦): Pediatr. Cardiol., 20: 435〜437, 1999.

1537. [症例報告] Zonisamideの再投与により舞踏病アテトーゼ様不随意運動をきたした難治性てんかんの1例. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二,越野浩江(児): てんかん研究, 17(2): 128〜134, 1999.

1538. [症例報告] チログロブリン遺伝子のミスセンス変異によりチログロブリン転送異常をきたした先天性甲状腺腫の1例. 柴山啓子,大山宜秀,横田行史,風張真由美,風張幸司(児),菱沼昭,家入蒼生夫(獨協大),松浦信夫(児): ホルモンと臨床, 47(増): 64〜68, 1999.

1539. [症例報告] Sodium/Iodide symporter (NIS)遺伝子異常を認めたヨード濃縮障害による先天性甲状腺機能低下症の1例. 風張幸司,大山宜秀,風張真由美,柴山啓子,横田行史(児),亀谷徹(病理),小杉真司(京大),松浦信夫(児): ホルモンと臨床, 47: 863〜867, 1999.

1540. [症例報告] VP16を主体とした化学療法にG-CSF療法を併用し寛解を認めた乳児急性骨髄単球性白血病の1例. 敷島康史,野間剛,川野豊,佐伯敏亮(児),平美也子(血液検査室),松浦信夫(児): 小児科臨床, 52(9): 1788〜1792, 1999.

1541. [症例報告] 臨床経過の改善をみるも糸球体硬化の進行したIgA腎症の1例. 越野浩江,朝長香,中村信也,守屋俊介,飯高喜久雄,河西紀昭(児): 腎炎症例研究, 16: 78〜83, 2000.

1542. [症例報告] 進行性の気管支拡張症に対し右肺中葉切除術を施行したcommon variable immunodeficiencyの1例. 村松秀樹,梅原実,上田康久,原真人,関根徹,五十嵐宗雄(児),品田純(胸外): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 10(1): 20〜24, 2000.

1543. [症例報告] 移植直後に急性腎不全および血小板減少を合併し約1か月後に透析より離脱できた症例. 守屋俊介,越野浩江,飯高喜久雄,河西紀昭(児),岩村正嗣,遠藤忠雄(泌): 日本小児腎不全学会誌, 19: 32〜34, 1999.

1544. [総説] 気管支喘息をめぐって; 小児喘息診療の進歩-吸入ステロイド療法は有用か? 石川義人,野間剛(児): MEDICO, 30(10): 14〜18, 1999.

1545. [総説] 無害性心雑音. 平石聡(児): Medical Practice, 16(8): 1367, 1999.

1546. [総説] 解説,思春期喘息の病態. 野間剛(児): アレルギー科, 7(5): 438〜447, 1999.

1547. [総説] 熱性けいれんと脳波. 三浦寿男,武井研二(児): 小児科診療, 62(6): 833〜838, 1999.

1548. [総説] 染色体: 異常・がん関連遺伝子. 中舘尚也(児): 小児科診療, 62(8): 1145〜1152, 1999.

1549. [総説] 小児の治療方針; 透析以外の腎不全の治療(成長ホルモンを含む). 飯高喜久雄(児): 小児科診療, 62(増): 414〜417, 1999.

1550. [総説] 診断基準と治療の基本−最近の進歩−内分泌・代謝(糖尿病; 新しい分類・診断基準と検査法の進歩). 横田行史,松浦信夫(児): 小児科臨床, 52(12): 2301〜2312, 1999.

1551. [総説] 小児の生活習慣病の病態と予防・治療; 糖尿病(2型糖尿病). 横田行史,松浦信夫(児): 小児看護, 23(3): 323〜328, 2000.

1552. [総説] 遺伝性球状赤血球症の分子病態. 中舘尚也(児): 小児内科, 31(10): 1404〜1410, 1999.

1553. [総説] 小児期の自己免疫疾患−総論: 自己免疫疾患の考え方(3) 自己免疫疾患の免疫異常と発症機序. 野間剛(児): 小児内科, 31(11): 1504〜1508, 1999.

1554. [総説] 乳幼児ならびに学童の腎臓検診異常者の予後−成人透析患者と小児透析患者の比較検討−. 河西紀昭,越野浩江,守屋俊介(児): 腎, 13 & 14: 23〜27, 1999.

1555. [総説] 小児糖尿病スクリーニングの現状と今後の方向性. 松浦信夫(児): 東京都予防医学協会年報, 28: 38〜41, 1999.

1556. [総説] 抗てんかん薬の発達薬理とTDM. 三浦寿男(児): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 12(1): 17〜23, 1999.

1557. [総説] 小児期の腎不全対策−治療法の選択, 現状と将来展望−. 飯高喜久雄(児): 臨床透析, 15(4): 491〜498, 1999.

1558. [総説] 腎不全患者の血液浄化療法の選択; 小児透析. 飯高喜久雄(児): 臨床透析, 16(1): 117〜122, 2000.

1559. [講座] てんかん治療の現状と抗てんかん薬−病診連携強化でてんかん患者のQOL改善を−. 三浦寿男(児): Clinic Magagine, (344): 30〜31, 1999.

1560. [講座] 抗けいれん薬坐剤の使い方. 三浦寿男(児): ドクターサロン, 43(10): 828〜835, 1999.

1561. [講座] 抗てんかん薬の相互作用と副作用. 砂押渉,三浦寿男(児): 小児内科, 31(4): 474〜479, 1999.

1562. [講座] 熱性けいれん発作時の処置. 三浦寿男(児): 日本医事新報, (3939): 106〜107, 1999.

1563. [講座] 小児薬物治療−小児の薬物体内動態とTDM. 三浦寿男(児): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 12(1): 10, 1999.

1564. [学術書] (分担執筆) 糖尿病診療Q & Aマニュアル, 第3版; 小児の糖尿病, 1型糖尿病を発症した兄弟の発症する危険性は, 他, p.178〜189, 松浦信夫(児). 編集 馬場茂明,土井邦紘, 医歯薬出版, 東京, 99.05.10発行.

1565. [学術書] (分担執筆) Year Note Atlas; 心臓・脈管疾患−先天性心疾患, p.82〜94, 平石聡(児). 編集 青木裕美, Medic Media, 東京, 99.07.02発行.

1566. [学術書] (分担執筆) 糖尿病学の進歩'99; 小児・若年糖尿病管理の問題点, 1. 幼児から小児期, p.112〜116, 松浦信夫(児). 編集 日本糖尿病学会, 診断と治療社, 東京, 99.08.25発行.

1567. [学術書] (分担執筆) 小児の救急医療; チアノーゼ, p.273〜277, 平石聡(児). 編集 小児内科・小児外科編集委員会, 東京医学社, 東京, 99.11.30発行.

1568. [学術書] (分担執筆) Year Note: Selected Article 1999; 重症心奇形の診断と治療, p.287〜301, 平石聡(児). 編集 青木裕美, Medic Media, 東京, 99.00.00発行.

1569. [学術書] (分担執筆) 小児慢性特定疾患マニュアル; 糖尿病, p.297〜302, 松浦信夫(児). 診断と治療社, 東京, 99.00.00発行.

1570. [学術書] (分担執筆) インスリン療法1999; インスリン療法と合併症, p.79〜100, 松浦信夫(児). 編集 池田義雄(慈恵医大), ノボノルディスクファーマ, 東京, 99.06.25発行.

1571. [その他の著書(概説書)] (単著) こどものてんかんを正しく理解するために; 三浦寿男(児). 監修 三浦寿男(児), 日本てんかん協会,東京,99.06.01発行.

1572. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の小児診断指針, 第3版; 脱水, p.49〜51, 飯高喜久雄(児). 編集 前川喜平,白木和夫,安次嶺馨, 医学書院, 東京, 99.04.15発行.

1573. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 向精神薬ハンドブック1999; 小児における主要抗てんかん薬の投与量, 血中半減期, 有効血中濃度, 中毒血中濃度および副作用, p.224〜227, 三浦寿男(児). 編集 大日本製薬(株), 大日本製薬(株), 大阪, 99.07.01発行.

1574. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) てんかん診療のこつ; てんかん診療のこつ4: 抗てんかん薬の血中濃度と相互作用, 三浦寿男(児). 日研化学,東京,00.01.15発行.

1575. [その他の著書(概説書)] (監修) こどものてんかんを正しく理解するために; 三浦寿男(児). 監修 三浦寿男(児), 日本てんかん協会,東京,99.06.01発行.

1576. [学会(国際)] (シンポジウム等) Type 1 diabetes (U), Psychosocial issues. 松浦信夫(児): 5th Asian Symposium on Childhood Diabetes (1999.07.01〜03), Malaysia.

1577. [学会(国際)] (シンポジウム等) Social consequences of type 1 diabetes in Japan: Symposium of IDF consultative Secsion; Childhood and adolescent diabetes. 松浦信夫(児): 4th IDF West Pacific Region Congress (1999.08.25〜28), Sydney.

1578. [学会(国際)] (一般講演) Does HbAic (1995) predict quality life in 1998? A study of 1023 adolescents from 17 countries. Mortensen, H.B.,Swift, P.(for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes),松浦信夫(児),他: 25th Annual Meeting of the International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (1999.04.24〜27), Noordwykerhout, Diabetes Res. Clin. Pract., 44(Suppl.): 2〜3, 1999.

1579. [学会(国際)] (一般講演) Centre differences in the quality of life. Robertson, K.J.,Danne, T.(for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes),松浦信夫(児),他: 25th Annual Meeting of the International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (1999.04.24〜27), Noordwykerhout, Diabetes Res. Clin. Pract., 44(Suppl.): 2, 1999.

1580. [学会(国際)] (一般講演) Is metabolic control related to quality of life? A study of 2103 children adolescents with IDDM from 17 countries. Hoey, H.,Mortensen, H.B.,McGee, H.(for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes),松浦信夫(児),他: 25th Annual Meeting of the International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (1999.04.24〜27), Noordwykerhout, Diabetes Res. Clin. Pract., 44(Suppl.): 3, 1999.

1581. [学会(国際)] (一般講演) HLA-DR, DQ genotype and heterogeneity of Japanese children with IDDM. 松浦信夫,横田行史,風張幸司,風張真由美,大津成之,野元けい子(児): 25th Annual Meeting of the International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (1999.04.24〜27), Noordwykerhout, Diabetes Res. Clin. Pract., 44(Suppl.): 6, 1999.

1582. [学会(国際)] (一般講演) Congenital primary and secondary hypothyroidism by TSH and T4 (FT4) screening in Kanagawa prefecture and Sapporo city. 松浦信夫(児),藤枝憲二(北大),篠原望,福士勝(札幌衛生研),諏訪成三,立花克彦(神奈川県こども医療セン): 4th Meeting of the International Society for Neonatal Screening (1999.06.13〜16), Stockholm.

1583. [学会(国際)] (一般講演) New guideline for diagnosis and treatment of congenital hypothyroidism in Japan: The necessity for low cut-off levels of TSH for early diagnosis and treatment. 松浦信夫(児),for the Committee of Guideline for Congenital Hypothyroidism of Japan Society for Pediatric Endocrinology and Mass-Screening: 4th Meeting of the International Society for Neonatal Screening (1999.06.13〜16), Stockholm.

1584. [学会(国際)] (一般講演) Molecular analysis of IgE Vh transcripts in PBL from children with atopic disease. 坂東由紀(児),Shimizu, A.(京大),Ra, C.(順天大): 10th Asian Congress of Pediatrics (2000.03.30), Taipei, Abstract, p.78, 2000.

1585. [学会(国際)] (ポスター講演) A case of intractable epilepsy which showed severe choreoathetotic involuntary movements by re-administration of zonisamide. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二,越野浩江(児): 23rd International Epilepsy Congress (1999.09.16), Prague, Epilepsia, 40(Suppl.2), 1999.

1586. [学会(国際)] (ポスター講演) Free and total plasma concentrations of carbamazepine and carbamazepine-10,11-epoxide in epileptic patients in childhood and adolescence: Free fractions of carbamazepine and carbamazepine-10,11-epoxide. 三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,片桐智也,武井研二(児): 23rd International Epilepsy Congress (1999.09.16), Prague, Epilepsia, 40(Suppl.2): 1999.

1587. [学会(全国)] (会長講演) 熱性けいれんの再発予防と薬物治療の薬物動態学的背景. 三浦寿男(児): 第16回日本TDM学会 (1999.06.18), 横浜, 要旨集, p.33, 1999.

1588. [学会(全国)] (教育講演) 小児糖尿病. 松浦信夫(児): 第6回日本眼科学会総会 (2000.03.03〜05), 札幌.

1589. [学会(全国)] (シンポジウム等) 気管支喘息患児におけるIL-12サイトカインの作用選択性の異常. 野間剛(児): 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13〜15), 大阪, アレルギー, 48(2・3): 242, 1999.

1590. [学会(全国)] (シンポジウム等) 小児糖尿病の多様性−小児糖尿病委員会シンポジウム7. 貴田嘉一(愛媛大),松浦信夫(児): 第42回日本糖尿病学会総会 (1999.05.13〜15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl.): 55, 1999.

1591. [学会(全国)] (シンポジウム等) 妊娠と甲状腺疾患−小児科の立場から−. 松浦信夫(児): 第72回日本内分泌学会総会 (1999.05.31〜06.02), 横浜, 日本内分泌学会誌, 75(1): 63, 1999.

1592. [学会(全国)] (シンポジウム等) 川崎病の冠動脈病変と超高速CTによる石灰化指数の関連性−石灰化指数は冠動脈狭窄性病変の診断に有用か? 堀口泰典,平石聡,三沢仁司,藤野宣之,広田浜夫,武田信裕,小川夏子(児): 第35回日本小児循環器学会 (1999.07.09), 福岡, 日本小児循環器学会雑誌, 15(2): 190, 1999.

1593. [学会(全国)] (シンポジウム等) 気管支喘息寛解児の免疫. 野間剛(児): 第36回日本小児アレルギー学会 (1999.10.14〜15), 千葉, 日本小児アレルギー学会誌, 13(3): 63, 1999.

1594. [学会(全国)] (ワークショップ) 思春期のアレルギー; 気管支喘息寛解患児より作製したダニ抗原特異T細胞クローンから産生される液性因子の特異ヒトIgE産生系に与える作用. 石川義人,川野豊,吉沢いづみ,菅原陽子,野間剛(児): 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13〜15), 大阪, アレルギー, 48(2・3): 273, 1999.

1595. [学会(全国)] (ワークショップ) インスリン治療中の重症低血糖症. 宮本茂樹,佐藤浩一(千葉こども),今田進(千葉大),雨宮伸(山梨医大),佐々木望(埼玉大),松浦信夫(児),小児インスリン治療研究会: 第42回日本糖尿病学会総会 (1999.05.13〜15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl.): 79, 1999.

1596. [学会(全国)] (ワークショップ) 代謝性疾患に伴う腎障害; ウイルソン病. 本山治,重富ゆかり,蜂矢正彦(東邦大),飯高喜久雄(児): 第33回日本小児腎臓病学会 (1999.06.19), 横浜.

1597. [学会(全国)] (ワークショップ) 免疫不全症候群: Partial DiGeorge Syndrome (DGS)の末梢血単核細胞のCD8細胞亜群の解析. 菅原陽子,野間剛,川野豊,佐伯敏亮,敷島康史,石川義人,小川倫史,西迫真,山岸里津子,松浦信夫(児),青木国輝(秩父市立病院): 第27回日本臨床免疫学会 (1999.09.06〜08), 宇都宮.

1598. [学会(全国)] (ワークショップ) CD47分子のダニ抗原特異ヒトIgE産生B細胞に対する調節作用. 野間剛,吉沢いづみ,川野豊,石川義人,菅原陽子,松浦信夫(児): 第29回日本免疫学会総会・学術集会 (1999.12.01〜03), 京都, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29: 83, 1999.

1599. [学会(全国)] (一般講演) 皮膚筋炎の2症例. 石川義人,小川倫史,敷島康史,佐伯敏亮,川野豊,野間剛(児): 第9回日本リウマチ研究会 (1999.00.00〜00).

1600. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息寛解患児におけるIL12作用選択性の異常の解析. 野間剛,菅原陽子,川野豊,佐伯敏亮,敷島康史,吉沢いづみ,石川義人,山岸里津子,小川倫史,松浦信夫(児),青木国輝(秩父市立病院): 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13〜15), 大阪, アレルギー, 48(2・3): 344, 1999.

1601. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息寛解患児における末梢血単核細胞のIL-10産生作用. 小川倫史,菅原陽子,川野豊,松浦信夫(児),青木国輝(秩父市立病院),野間剛(児): 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13〜15), 大阪, アレルギー, 48(2・3): 345, 1999.

1602. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息寛解患児におけるダニ抗原刺激により誘導されるアポトーシスの解析. 菅原陽子(児),青木国輝(秩父市立病院),川野豊,野間剛(児): 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13〜15), 大阪, アレルギー, 48(2・3): 345, 1999.

1603. [学会(全国)] (一般講演) ダニ誘発小児気管支喘息緩解患児T細胞におけるTh2細胞亜群の解析−症例についての解析−. 山岸里津子,野間剛,小川倫史,石川義人,菅原陽子,川野豊,松浦信夫(児),永田欽也,剣持一美,高野昇一(BML): 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13〜15), 大阪, アレルギー, 48(2・3): 345, 1999.

1604. [学会(全国)] (一般講演) ダニ抗原誘発気管支喘息患児末梢血B細胞由来特異IgE産生細胞株の樹立とサイトカインによる産生増強作用. 野間剛,吉沢いづみ,菅原陽子,川野豊,松浦信夫(児),青木国輝(秩父市立病院): 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13〜15), 大阪, アレルギー, 48(2・3): 352, 1999.

1605. [学会(全国)] (一般講演) 前方視的研究におけるHbA1c標準化の検討−3年間の集計−. 雨宮伸,望月美恵,小林浩司(山梨医大),横田一郎(徳島大),内潟安子(東女医大),松浦信夫(児),小児インスリン治療研究会: 第42回日本糖尿病学会総会 (1999.05.13〜15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl.): 259, 1999.

1606. [学会(全国)] (一般講演) 神奈川県重度・重複障害児担当医派遣制度が養護学校の教育現場に与えた影響について. 細田のぞみ,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,島貫郁,武井研二,岩崎俊之,片山文彦(児): 第41回日本小児神経学会総会 (1999.05.15), 東京, 脳と発達, 31(総会号): 183, 1999.

1607. [学会(全国)] (一般講演) 当院にて外来経過観察している小児水腎症40例の検討. 越野浩江,守屋俊介,朝長香,飯高喜久雄,河西紀昭(児): 第34回日本小児腎臓病学会 (1999.05.27), 新潟.

1608. [学会(全国)] (一般講演) 小児腹膜透析患者の心筋壁交感神経レセプター異常. 守屋俊介,越野浩江,朝長香,河西紀昭,平石聡(児),堀池重治(放),飯高喜久雄(児): 第44回日本透析医学会学術集会 (1999.06.25), 横浜, 日本透析医学会雑誌, 32(増): 610, 1999.

1609. [学会(全国)] (一般講演) 乳幼児期ダウン症候群における肺高血圧と肺血管作動性物質と肺血流量の関連について. 武田信裕,平石聡,縣陽太郎,三沢仁司,堀口泰典,広田浜夫,河村誠次,小川夏子(児): 第35回日本小児循環器学会 (1999.07.07), 福岡.

1610. [学会(全国)] (一般講演) 心エコー図による動脈管の内径・形態の評価; コイル塞栓術の適応・方法の判断のために. 三沢仁司,武田信裕,平石聡,小川夏子,藤野宣之,堀口泰典(児): 第35回日本小児循環器学会 (1999.07.07), 福岡, 日本小児循環器学会雑誌, 15(2): 115, 1999.

1611. [学会(全国)] (一般講演) ウイリアムズ症候群の遺伝子型と表現型の検討. 広田浜夫,木村美佐,門間和夫,高尾篤良,平石聡,Kovenberg, J.R.,Bellogi, U.,松岡瑠美子(児): 第35回日本小児循環器学会 (1999.07.08), 福岡, 日本小児循環器学会雑誌, 15(2): 279, 1999.

1612. [学会(全国)] (一般講演) PPROMの新生児管理とその問題点. 小口弘毅,山田俊彦,野渡正彦,佐藤雅彦(児): 第35回日本新生児学会 (1999.07.12), 高松, 日本新生児学会雑誌, 35(2): 364, 1999.

1613. [学会(全国)] (一般講演) 当院における過去6年間の新生児けいれんの臨床的検討. 柏木好,小口弘毅,山田俊彦,佐藤雅彦,野渡正彦(児): 第35回日本新生児学会 (1999.07.12), 高松, 日本新生児学会雑誌, 35(2): 377, 1999.

1614. [学会(全国)] (一般講演) 新生児期にCAPDを施行した超低出生体重児の双生児例. 中畑弥生,田中里佳,越野浩江,朝長香,守屋俊介,野渡正彦,小口弘毅,河西紀昭,飯高喜久雄(児): 第21回日本小児腎不全学会 (1999.09.02), 淡路島.

1615. [学会(全国)] (一般講演) 腹膜透析を施行した慢性腎不全患児の動向. 守屋俊介,朝長香,越野浩江,河西紀昭,飯高喜久雄(児): 第21回日本小児腎不全学会 (1999.09.02), 淡路島.

1616. [学会(全国)] (一般講演) Partial DiGeorge Syndrome (DGS)の末梢血単核細胞のCD8細胞亜群の解析. 菅原陽子,野間剛,川野豊,佐伯敏亮,敷島康史,石川義人,小川倫史,西迫真,山岸里津子,松浦信夫(児),青木国輝(秩父市立病院): 第27回日本臨床免疫学会総会 (1999.09.06〜08), 宇都宮.

1617. [学会(全国)] (一般講演) 小児期1型糖尿病の成長に関する検討; 1型糖尿病患児の最終身長は低下している. 伊藤善也,奥野晃正(旭川医大),大木由加志(日医大),神崎晋(岡大),高橋利和(神鋼病院),三宅浩(群大),稲田浩(大阪市大),河野斉(福岡市立 こども病院),松浦信夫(児): 第33回日本小児内分泌学会 (1999.09.30〜10.01), 大宮, 抄録集, p.52, 1999.

1618. [学会(全国)] (一般講演) 母乳中のダイオキシン曝露が乳児甲状腺機能に及ぼす影響−厚生省「母乳中の内分泌撹乱物質と乳児の健康に関する研究」報告. 松浦信夫(児),多田裕(東大),近藤直実(岐阜大),中村好一(自治医大): 第33回日本小児内分泌学会 (1999.09.30〜10.01), 大宮, 抄録集, p.56, 1999.

1619. [学会(全国)] (一般講演) Thyroid Transcription Factor-2遺伝子異常を認めた先天性甲状腺機能低下症の1例. 柴山啓子,大山宜秀,横田行史,風張幸司,風張真由美,松浦信夫(児),菱沼昭,家入蒼生夫(獨協大): 第33回日本小児内分泌学会 (1999.09.30〜10.01), 大宮, 抄録集, p.58, 1999.

1620. [学会(全国)] (一般講演) 成熟B細胞より産生されるダニ抗原特異ヒトIgEに対するG-CSFの産生亢進作用. 野間剛,吉沢いづみ,菅原陽子,川野豊,小川倫史,石川義人,松浦信夫(児): 第49回日本アレルギー学会総会 (1999.10.18〜20), 広島, アレルギー, 48(8・9): 1073, 1999.

1621. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息寛解児におけるダニ抗原刺激により誘導されるアポトーシスの解析(U)Fas抗原の解析. 菅原陽子(児),山口公一(同愛記念病院),山岸里津子,石川義人,川野豊,野間剛(児): 第49回日本アレルギー学会総会 (1999.10.18〜20), 広島, アレルギー, 48(8・9): 947, 1999.

1622. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息寛解児末梢血単核細胞から産生されるIL-10活性の検討. 小川倫史,菅原陽子,川野豊,石川義人,佐伯敏亮,敷島康史,山岸里津子,松浦信夫(児),山口公一(同愛記念病院),野間剛(児): 第49回日本アレルギー学会総会 (1999.10.18〜20), 広島, アレルギー, 48(8・9): 948, 1999.

1623. [学会(全国)] (一般講演) 気管支喘息寛解児より作製したダニ抗原特異T細胞クローンから産生される液性因子のダニ抗原特異ヒトIgE産生細胞のアポトーシス誘導作用. 石川義人,川野豊,吉沢いづみ,菅原陽子,野間剛(児): 第49回日本アレルギー学会総会 (1999.10.18〜20), 広島, アレルギー, 48(8・9): 947, 1999.

1624. [学会(全国)] (一般講演) ダニ抗原刺激による気管支喘息寛解児のBM16抗原発現の解析. 菅原陽子,小川倫史,石川義人,佐伯敏亮,敷島康史,川野豊,野間剛(児),山口公一(同愛記念病院),永田欽也(ビーエムエル): 第36回日本小児アレルギー学会 (1999.10.14〜15), 千葉, 日本小児アレルギー学会誌, 13(3): 129, 1999.

1625. [学会(全国)] (一般講演) ダニ抗原特異IgE分泌細胞に与える成長ホルモンの産生増強作用. 石川義人,菅原陽子,吉沢いづみ,川野豊,野間剛(児): 第36回日本小児アレルギー学会 (1999.10.14〜15), 千葉, 日本小児アレルギー学会誌, 13(3): 96, 1999.

1626. [学会(全国)] (一般講演) 当院で経験した麻疹肺炎の検討. 隅越誠,松村秀樹,上田康久,内藤剛彦,原真人,小川倫史,石川義人,松浦信夫(児),野々山勝人,砂川慶介(寄付講座): 第30回日本小児感染症学会 (1999.10.29〜30), 福島.

1627. [学会(全国)] (一般講演) 小児期発症覚醒時大発作てんかんの断薬後の発作再発例の検討. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,片山文彦,岩崎俊之,冨加津雅巳(児): 第33回日本てんかん学会 (1999.10.23), 仙台, てんかん研究, 18(1): 52, 2000.

1628. [学会(全国)] (一般講演) 「ポケモン」視聴により光感受性発作を起こした患児ならびに未治療のてんかん患者の映像点滅刺激時の脳波所見. 砂押渉,三浦寿男,白井宏幸,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦,岩崎俊之,冨加津雅巳(児): 第33回日本てんかん学会 (1999.10.23), 仙台, てんかん研究, 18(1): 55, 2000.

1629. [学会(全国)] (一般講演) Williams syndromeの欠失範囲と非典型例4例. 広田浜夫,Kovenberg, J.R.,木村美佐,高尾篤良,門間和夫,平石聡,松岡瑠美子(児): 第44回日本人類遺伝学会 (1999.11.18), 仙台.

1630. [学会(全国)] (一般講演) 子どもの虐待の早期診断と防止における地域ネットワーク構築の検討(第1報). 中舘尚也,内藤剛彦,大田剛穂,松浦信夫(児),野崎祐子,楠本久美子,佐藤ゆかり,金井佐都美(看護部),佐藤千穂子(精),法由美子(総合相談部): 第5回日本こどもの虐待防止研究会学術集会 (1999.11.19), 宇都宮.

1631. [学会(全国)] (一般講演) ルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ1異常症のアシルカルニチン分析と新生児マススクリーニングへの応用. 重松陽介,畑郁江,藤沢和郎,木川芳春,真弓光文(福井医大),高柳正樹(千葉県こども病院),松浦信夫(児): 第42回日本先天代謝異常学会 (1999.11.11〜13), 鹿児島, 日本先天異常学会雑誌, 15(2): 198, 1999.

1632. [学会(全国)] (一般講演) 急性肝不全を呈した高メチオニン血症の1例−新生児マススクリーニングを契機に発見された特異なアミノ酸代謝異常合併例. 内山智明,横田行史,松浦信夫(児),田上泰子,福士勝(札幌市衛生研),鈴木健(都予防医学協会),重松陽介(福井医大): 第42回日本先天代謝異常学会 (1999.11.11〜13), 鹿児島, 日本先天代謝異常学会雑誌, 15(2): 242, 1999.

1633. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内発育遅延児における新生児早期血小板減少症の臨床的背景. 山田俊彦,小口弘毅,野渡正彦,佐藤雅彦,荻野純代,渡辺智子,柏木好,三須陽子,松本真紀(児): 第44回日本未熟児新生児学会 (1999.11.19), 岡山, 日本未熟児新生児学会雑誌, 11(3): 453, 1999.

1634. [学会(全国)] (一般講演) Zonisamide単剤治療が無効な潜因性局在関連性てんかん患児に対するclonazepamの効果と血中濃度. 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,片山文彦,岩崎俊之,冨加津雅巳(児): 第26回日本小児臨床薬理学会 (1999.11.27), 東京.

1635. [学会(全国)] (一般講演) 左主気管支内に発生したplasma cell granulomaの1男児例. 中畑弥生,原真人,上田康久,梅原実,関根徹(児),品田純,神谷紀輝(胸外),堀池重治,青木由紀(放): 第32回日本小児呼吸器疾患学会 (1999.11.26〜27), 福井, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 10: 2000.

1636. [学会(全国)] (一般講演) 小児肺疾患における血清サーファクタント蛋白質Dの臨床的有用性の検討. 原真人,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,上田康久,福島崇義(児): 第32回日本小児呼吸器疾患学会 (1999.11.26〜27), 福井, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 10: 2000.

1637. [学会(全国)] (一般講演) 効果的なSqueezingの評価法に対する肺機能検査の1考察. 上田康久,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,原真人,福島崇義,越野浩江(児): 第32回日本小児呼吸器疾患学会 (1999.11.26〜27), 福井, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 10: 2000.

1638. [学会(全国)] (一般講演) 小児気管支喘息寛解期におけるCD3+ CD56+細胞の検討. 山口公一,向山徳子,馬場実(同愛記念病院),野間剛(児): 第48回日本アレルギー学会総会 (1999.12.01〜03), 神戸, アレルギー, 47(9・10): 1025, 1998.

1639. [学会(全国)] (ポスター講演) アデノウイルス7型感染症における血清サイトカインパターンの検討. 佐伯敏亮,野間剛,石川義人,敷島康史,川野豊,菅原陽子,松浦信夫(児): 第102回日本小児小児科学会 (1999.04.23〜25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 159, 1999.

1640. [学会(全国)] (ポスター講演) Th2細胞特異抗原; CRTH2の発現機構の解析. 野間剛,菅原陽子,小川倫史,石川義人,佐伯敏亮,敷島康史,吉沢いづみ,川野豊,山岸里津子,松浦信夫(児),永田欽也,剣持一美,高野昇一 (BML): 第102回日本小児小児科学会 (1999.04.23〜25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 206, 1999.

1641. [学会(全国)] (ポスター講演) 気管支喘息寛解児におけるインターロイキン−5(IL-5)の機能的活性の検討. 石川義人,野間剛,菅原陽子,小川倫史,佐伯敏亮,敷島康史,吉沢いづみ,川野豊,山岸里津子,松浦信夫(児),林雅晴(毛呂病院),青木国輝(秩父市立 病院): 第102回日本小児小児科学会 (1999.04.23〜25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 207, 1999.

1642. [学会(全国)] (ポスター講演) 血清アミロイドAが病勢を反映すると考えられた慢性好酸球性肺炎の1例. 原真人,梅原実,箕浦克則,四倉正博,関根徹,上田康久,福島崇義,松浦信夫(児): 第102回日本小児科学会学術集会 (1999.04.23〜25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 216, 1999.

1643. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児におけるclonazepamの血中濃度/投与量・比ならびに遊離型血中濃度に関する一考察. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦,岩崎俊之(児): 第102回日本小児科学会学術集会 (1999.04.25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 246, 1999.

1644. [学会(全国)] (ポスター講演) Partial DiGeorge Syndrome (DGS)末梢血単核細胞のアポトーシスの検討. 小川倫史,野間剛,菅原陽子,川野豊,佐伯敏亮,敷島康史,石川義人,山岸里津子(児),青木国輝(秩父市立病院),松浦信夫(児): 第102回日本小児小児科学会 (1999.04.23〜25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 254, 1999.

1645. [学会(全国)] (ポスター講演) 川崎病血管炎における血清中M-CSFと総HDL-コレステロール値の相関性についての検討. 敷島康史,野間剛,川野豊,佐伯敏亮,白井宏幸,島貫郁,三須陽子,堀田英夫,松浦信夫(児): 第102回日本小児小児科学会 (1999.04.23〜25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 267, 1999.

1646. [学会(全国)] (ポスター講演) 北里大学病院における小児集中治療の現況. 梅原実,武田信裕,上田康久,内藤剛彦(児),相馬一亥,大和田隆(救命),松浦信夫(児): 第102回日本小児科学会学術集会 (1999.04.23〜25), 東京, 日本小児科学会雑誌, 103(2): 280, 1999.

1647. [学会(全国)] (ポスター講演) 膵移植患者における1型糖尿病発症の可能性. 馬場園哲也,朝長修,宇治原典子,内潟安子,高橋千恵子,寺岡慧(東女医大),松浦信夫(児),岩本安彦(児): 第42回日本糖尿病学会総会 (1999.05.13〜15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl.): 127, 1999.

1648. [学会(全国)] (ポスター講演) HLAクラスU抗原遺伝子から見た小児期発症Type 1糖尿病の多様性に関する研究. 野元けい子,横田行史,風張幸司,風張真由美,大津成之(児),菊池信行(横浜市大),伊藤善也(旭川医大),小池明美(幌南病院),福島直樹(市立札幌 病院),松浦信夫(児): 第42回日本糖尿病学会総会 (1999.05.13〜15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl.): 235, 1999.

1649. [学会(全国)] (ポスター講演) Type 1B糖尿病におけるHNF-1α遺伝子異常の解析. 川崎英二,世羅康徳,安部幸弘,尾崎方子,山田賢一,魚谷茂雄,瀧野博文,山崎浩則,山口義彦(長崎大),松浦信夫(児),江口勝巳(長崎大): 第42回日本糖尿病学会総会 (1999.05.13〜15), 横浜, 糖尿病, 42(Suppl.): 256, 1999.

1650. [学会(全国)] (ポスター講演) 1年以上寛解状態にある自然寛解したWest症候群の4例. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,武井研二,片山文彦(児): 第41回日本小児神経学会総会 (1999.05.15), 東京, 脳と発達, 31(総会号): 292, 1999.

1651. [学会(全国)] (ポスター講演) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdwにおける母仔の甲状腺機能低下症が仔の発育に及ぼす影響の検討. 柴山啓子,大山宜秀,横田行史,風張真由美,風張幸司,松浦信夫(児),古舘専一(実動): 第72回日本内分泌学会総会 (1999.05.31〜06.02), 横浜, 日本内分泌学会誌, 75(1): 182, 1999.

1652. [学会(全国)] (ポスター講演) 男性化副腎腫瘍の男性例. 幸田陽子,横田行史,田久保憲行,松浦信夫(児),亀谷徹(病理),本間桂子(慶大): 第72回日本内分泌学会総会 (1999.05.31〜06.02), 横浜, 日本内分泌学会誌, 75(1): 188, 1999.

1653. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児ならびに思春期年齢てんかん患者におけるcarbamazepineならびにcarbamazepine-10,11-epoxide の遊離型血中濃度に関する研究−男女差の検討も含めて−. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,片山文彦,岩崎俊之,冨加津雅巳(児): 第16回日本TDM学会 (1999.06.19), 横浜, 要旨集, p.109, 1999.

1654. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児のネフローゼ症候群に対するシクロスポリンの効果. 河西紀昭,越野浩江,守屋俊介,飯高喜久雄(児): 第42回日本腎臓学会学術集会 (1999.06.28), 横浜, 日本腎臓学会誌, 41(増): 323, 1999.

1655. [学会(全国)] (ポスター講演) 大動脈弁狭窄術後の経過観察中に拡張型心筋症を呈し心室性頻拍を合併した症例に対するflecainideの使用経験. 小川夏子,平石聡,三沢仁司,武田信裕,幸田陽子,小川倫史,大津成之(児): 第35回日本小児循環器学会 (1999.07.07), 福岡, 日本小児循環器学会雑誌, 15(2): 354, 1999.

1656. [学会(全国)] (ポスター講演) 川崎病の冠動脈瘤と閉塞性病変に対する超音波断層法(7.5 MHz)の診断精度(第2報). 平石聡,三沢仁司,武田信裕,堀口泰典,藤野宣之,小川夏子,河村誠次,広田浜夫(児): 第35回日本小児循環器学会 (1999.07.08), 福岡, 日本小児循環器学会雑誌, 15(2): 385, 1999.

1657. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児特発性血小板減少性紫斑病172例の病態と長期治療成績について. 中舘尚也,幸田陽子,中畑弥生,上田康久,三宅泉,松浦信夫(児): 第41回日本小児血液学会総会 (1999.09.10), 東京.

1658. [学会(全国)] (ポスター講演) 1型糖尿病におけるHLA抗原遺伝子とその発症, 進展に関する研究. 風張幸司,大津成之,風張真由美,柴山啓子,横田行史,大山宜秀,松浦信夫(児),小池明美(幌南病院),伊藤善也(旭川医大),福島直樹(市立札幌病 院),母坪智行(札幌医大),原田正平(池田町立病院): 第33回日本小児内分泌学会 (1999.09.30〜10.01), 大宮, 抄録集, p.149, 1999.

1659. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児ならびに思春期年齢てんかん患者におけるcarbamazepineとcarbamazepine-10,11-epoxideの血中濃度比に関する 検討. 白井宏幸,三浦寿男,砂押渉,武井研二(児): 第9回日本臨床精神神経薬理学会 (1999.10.08), 別府, 抄録集, p.93, 1999.

1660. [学会(全国)] (ポスター講演) 抗癌剤による悪心・嘔吐における経口制吐剤の臨床効果. 中舘尚也,幸田陽子,中畑弥生,上田康久,三宅泉,松浦信夫(児),石田和夫(外): 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.15), 秋田, 抄録集, p.1009, 1999.

1661. [学会(全国)] (ポスター講演) パラインフルエンザ3型ウイルス関連血球貪食症候群の1例: 末梢血単核細胞のアポトーシスの検討. 岩波直美,野間剛,石川義人,小川倫史,西迫真,菅原陽子,佐伯敏亮,敷島康史,川野豊,松浦信夫(児): 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.13〜15), 秋田, 臨床血液, 40(9): 891, 1999.

1662. [学会(全国)] (ポスター講演) 持続性のリンパ節腫脹を示すIdiopathic CD4+T-lymphocytopenia (ICL)の1例. 小川倫史,野間剛,川野豊,敷島康史,佐伯敏亮,石川義人,西迫真,松浦信夫(児): 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.13〜15), 秋田, 臨床血液, 40(9): 917, 1999.

1663. [学会(全国)] (ポスター講演) 腸リンパ管拡張症の1男児例; CD8細胞亜群の解析. 藤田由紀,野間剛,石川義人,佐伯敏亮,敷島康史,小川倫史,中畑弥生,菅原陽子,川野豊,松浦信夫(児): 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.13〜15), 秋田, 臨床血液, 40(9): 917, 1999.

1664. [学会(全国)] (ポスター講演) 肺炎球菌による急性喉頭蓋炎に併発した血球貪食症候群の1女児例−血清サイトカインの検討−. 石川義人,野間剛,敷島康史,佐伯敏亮,川野豊,松浦信夫(児): 第41回日本臨床血液学会総会 (1999.10.13〜15), 秋田, 臨床血液, 40(9): 975, 1999.

1665. [学会(全国)] (ポスター講演) 新生児結節性硬化症2例の臨床的検討. 岩波直美,平石聡,三沢仁司,岩崎俊之,三浦寿男,西迫真,野渡正彦,小口弘毅(児): 第44回日本未熟児新生児学会 (1999.11.19), 岡山, 日本未熟児新生児学会雑誌, 11(3): 433, 1999.

1666. [学会(全国)] (ポスター講演) 10番環状染色体の1症例. 渡辺智子,竹岡正徳,河村誠次(児): 第44回日本未熟児新生児学会 (1999.11.19), 岡山, 日本未熟児新生児学会雑誌, 11(3): 476, 1999.

1667. [学会(全国)] (ポスター講演) 新生児巨大頭蓋内未熟奇形腫の1例. 西迫真,三須陽子,野渡正彦,小口弘毅(児): 第44回日本未熟児新生児学会 (1999.11.20), 岡山, 日本未熟児新生児学会雑誌, 11(3): 479, 1999.

1668. [学会(全国)] (ポスター講演) t(1;19) ALLにおけるE2A-PBX1キメラ遺伝子の経時的解析の検討. 中舘尚也,西村真里子,三宅泉,松浦信夫(児): 第62回日本血液学会総会 (2000.03.16〜18), 福岡, 抄録集, p.196, 2000.

1669. [学会(地方)] (一般講演) アトピー性皮膚炎−小児科の立場から−: 食物アレルギーを示す小児のアトピー性皮膚炎. 野間剛(児): 第24回昭和薬科大学公開教育講座 (1999.00.00〜00), 東京.

1670. [学会(地方)] (一般講演) ペニシリン耐性肺炎球菌対策の試み−肺炎球菌ワクチンの使用経験−. 井上信明(茅ヶ崎徳洲会病院),白井宏幸,島貫郁,敷島康史,堀田英夫,冨加津雅巳(児),廣田浩一(茅ヶ崎徳洲会病院): 第238回日本小児科学会神奈川県地方会 (1999.04.17), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 27(1): 2000.

1671. [学会(地方)] (一般講演) 人工呼吸管理を要した重症麻疹肺炎6例の検討. 隅越誠(児),内藤剛彦,石川義人,上田康久,原真人,片岡祐一,熊谷謙,浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命): 第46回神奈川県感染症医学会 (1999.09.11), 横浜.

1672. [学会(地方)] (一般講演) Down症候群に合併したWest症候群の2例. 冨加津雅巳,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,武井研二,守屋俊介,小川倫史,隅越誠(児): 第240回日本小児科学会神奈川県地方会 (1999.09.18), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 27(1): 117〜118, 2000.

1673. [学会(地方)] (一般講演) 機能的膀胱容量の低下による夜尿症の1例. 荒川鉄雄,内田祐司(茅ヶ崎徳洲会病院),冨加津雅巳,堀田英夫,敷島康史,白井宏幸(児),高玉勝彦,山口健哉(茅ヶ崎徳洲会病院): 第241回日本小児科学会神奈川県地方会 (1999.11.13), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 27(2): 2000.

1674. [学会(地方)] (一般講演) 明らかな先行感染を認めず急激に発症した鼻性髄膜炎の1女児例. 堀田英夫,白井宏幸,敷島康史,冨加津雅巳(児),内田祐司,荒川鉄雄,竹村栄毅,永瀬大(茅ヶ崎徳洲会病院),山本博,深井孝郎(形外),玉木光子 (茅ヶ崎徳洲会病院): 第242回日本小児科学会神奈川県地方会 (2000.02.12), 横浜, 神奈川医学会雑誌, 27(2): 2000.

1675. [学会(地方)] (一般講演) 肺炎球菌特異IgG2低下症における免疫学的解析. 石川文子,西迫真,石川義人,川野豊,敷島康史,佐伯敏亮,野間剛,松浦信夫 (児): 神奈川県小児科地方会 (2000.03.18), 東京.

1676. [学会(地方)] (一般講演) 必要によりカルバペネム系抗生物質製剤を使用したバルプロ酸服用中のてんかん患者2例の臨床経過. 武井研二,三浦寿男,砂押渉,野々山勝人,小川倫史,中畑弥生,西村真里子(児): 第32回日本小児神経学会関東地方会 (2000.03.18), 横浜, 抄録集, p.7, 2000.

1677. [研究会(国際)] (一般講演) Once-daily dose of zonisamide monotherapy in children with cryptogenic localization-related epilepsies: Clinical effects and pharmacokinetic studies. 三浦寿男(児): Zonisamide International Roundtable (1999.05.08〜09), 東京, Meeting Agenda, p.1〜10, 1999.

1678. [研究会(全国)] (教育講演) てんかん治療とTDM: てんかんとTDM. 三浦寿男(児): 第27回薬物治療モニタリング研究会 (1999.09.05), 東京, Clinical Pharmacokineticsの理論と実際, p.7, 1999.

1679. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 小児・思春期糖尿病管理の問題点−1)幼児から小児期. 松浦信夫(児): 第33回糖尿病学の進歩 (2000.02.26〜27), 富山.

1680. [研究会(全国)] (一般講演) 胎児期に多発性心臓腫瘍に気付かれ, 後にWest症候群を発症した結節性硬化症の1例. 片山文彦,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,岩崎俊之,小口弘毅,平石聡(児): 第2回乳幼児けいれん研究会 (1999.04.29), 東京, 小児科臨床, 52(9): 1872, 1999.

1681. [研究会(全国)] (一般講演) 養護学校を訪問するチャンスをいただいて. 細田のぞみ(児): 第18回こどもの難病シンポジウム (1999.06.12), 東京.

1682. [研究会(全国)] (一般講演) 多発性心臓腫瘍およびWest症候群を合併した結節性硬化症の1例(続報). 片山文彦,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,岩崎俊之,冨加津雅巳,平石聡(児): 第3回乳幼児けいれん研究会 (1999.12.18), 東京, 小児科臨床, 53(5): 856, 2000.

1683. [研究会(全国)] (一般講演) ACTH療法中に心臓腫瘍(横紋筋腫)の増大と心筋虚血所見を認めた乳児例. 岩波直美,平石聡,小川夏子,三沢仁司,武田信裕,三浦寿男(児): 第6回日本胎児心臓病研究会 (2000.02.12), 横須賀.

1684. [研究会(地方)] (特別講演) 熱性けいれんの管理・指導. 三浦寿男(児): 第201回横浜西部小児科懇話会 (1999.11.11), 横浜, 目でみる熱性けいれんの指導管理, p.1〜29, 1999.

1685. [研究会(地方)] (一般講演) 食物アレルギーを示す小児のアトピー性皮膚炎. 野間剛(児): 第3回神奈川免疫・アレルギー同好会 (1999.00.00〜00), 横浜.

1686. [研究会(地方)] (一般講演) 急性carbamazepine中毒をきたした小児虐待の1例−その薬物動態学的検討−. 片山文彦,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,武井研二,岩崎俊之,冨加津雅巳(児): 第24回神奈川小児神経懇話会 (1999.07.03), 横浜, 抄録集, p.4, 2000.

1687. [研究会(地方)] (一般講演) 治療を拒否しつづける乳児期発症髄膜炎後難治性てんかんの7歳までの自然経過(ビデオ). 武井研二,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,細田のぞみ,島貫郁,片山文彦,岩崎俊之,冨加津雅巳(児): 第44回神奈川てんかん懇話会 (1999.07.17), 横浜.

1688. [研究会(地方)] (一般講演) 臨床経過の改善をみるも糸球体硬化の進行したIgA腎症の1例. 越野浩江,朝長香,中村信也,守屋俊介,飯高喜久雄,河西紀昭(児): 第32回神奈川腎炎研究会 (1999.09.25), 横浜.

1689. [研究会(地方)] (一般講演) 必要によりカルバペネム系抗生物質を使用したバルプロ酸服用中のてんかん患児2例の臨床経過. 武井研二,三浦寿男,砂押渉,野々山勝人,小川倫史,中畑弥生,西村真里子,藤田由紀(児): 第45回神奈川てんかん懇話会 (2000.01.29), 横浜.

1690. [研究会(地方)] (一般講演) てんかんを合併したCentronuclear (Myotubular) myopathyの1例. 岩崎俊之,三浦寿男,白井宏幸,砂押渉,島貫郁,武井研二,片山文彦,冨加津雅巳(児): 第25回神奈川小児神経懇話会 (2000.01.22), 横浜, 抄録集, p.6, 2000.

1691. [学会主催(国内学会)] 第16回日本TDM学会・学術大会(99.06.18〜19),横浜, TDM研究, 17(2): 99〜222, 2000. 三浦寿男(児)


<<19 産科学>>

1692. [原著] Effect of SOD-mimetic Fe-chlorine e6-Na on the level of brain lipid peroxide of rat fetal brains exposed to reactive oxygen species leading to intrauterine growth retardation. 斉藤克,前田宗徳,吉原一,天野完,西島正博(産婦),中村国衛(分生): Biol. Neonate, 77: 109〜114, 2000.

1693. [原著] Perinatal outcome and management of single fetal death in twin pregnancy; A case series and review. 斉藤克,大津由香,天野完,西島正博(産婦): J. Perinat. Med., 27: 473〜477, 1999.

1694. [原著] 頚管未熟例における分娩誘発時の前処置−ラミナリア桿とメトロイリンテルの比較−. 斉藤克,庄田隆,谷昭博,吉原一,天野完,島田信宏,西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 51(7): 474〜478, 1999.

1695. [原著] 双胎一児無心体の臨床的検討. 星野裕子,斉藤克,庄田隆,天野完,西島正博(産婦): 日本新生児学会雑誌, 35(3): 493〜497, 1999.

1696. [原著] 新生児の骨密度に関する検討. 石井尊雄,内野直樹,望月愛郎(相模野病院): 日本新生児学会雑誌, 35(4): 776〜779, 1999.

1697. [準原著] 分娩時硬膜外麻酔は母体発熱の原因となるか?. 天野完,梶原裕子,前田宗徳,田口雅之,西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 52(3): 639〜642, 2000.

1698. [短報・速報] 文献Summay; 最適な産科管理方式とは? 佐藤倫也,蔵本博行(産婦): メディカル朝日, (5): 89, 1997.

1699. [症例報告] めずらしい口唇裂. 島田信宏(産婦): 周産期医学, 29(5): 510〜511, 1999.

1700. [症例報告] 単眼症cyclopia. 島田信宏(産婦): 周産期医学, 29(7): 772〜773, 1999.

1701. [症例報告] 血小板減少とATV活性の低下を認めた品胎の1例. 新井努,斉藤克,星野裕子,田口雅之,天野完,西島正博,内野直樹(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 36(1): 11〜13, 1999.

1702. [症例報告] 硬口蓋発生の胎児奇形腫の1例. 加藤千緒,斉藤克,星野裕子,荒井忠士,天野完,西島正博(産婦): 日本新生児学会誌, 35(3): 558〜562, 1999.

1703. [総説] 陣痛の調節. 西島正博,谷昭博(産婦): 産婦人科の実際, 48(10): 1311〜1316, 1999.

1704. [総説] (特集)分娩論−その様式と周辺−骨盤位分娩. 西島正博,天野完,斉藤克(産婦): 産婦人科の世界, 51(11): 1049〜1056, 1999.

1705. [総説] 胎児34. 胎児死亡の対策. 西島正博,斉藤克(産婦): 産婦人科治療, 78(増): 837〜841, 1999.

1706. [総説] 母体搬送受け入れ施設の現状. 斉藤克,天野完,島田信宏,西島正博(産婦): 周産期医学, 29(10): 1243〜1246, 1999.

1707. [総説] 水頭症の出生前診断と分娩周辺期の対策. 吉原一(産婦): 周産期医学, 29(3): 281〜284, 1999.

1708. [講座] 妊娠初期からの品胎の産科管理. 天野完(産婦): Life Support and Anesthesia, 7: 68〜73, 2000.

1709. [講座] 産科麻酔・徐痛の実際と工夫; 無痛分娩. 天野完(産婦): 産婦人科の実際, 48(11): 1501〜1507, 1999.

1710. [講座] 妊婦の体重増加と体重管理のあり方. 西島正博,吉原一,斉藤克(産婦),中嶋としみ(栄養部): 産婦人科治療, 80(3): 291〜297, 2000.

1711. [講座] 多胎妊娠での帝切時の注意点. 天野完(産婦): 周産期医学, 29(7): 839〜842, 1999.

1712. [講座] 前回吸引・鉗子分娩の既往のある妊娠. 谷昭博,斉藤克(産婦): 周産期医学, 29(9): 1111〜1114, 1999.

1713. [講座] 感染症と母体死亡・その対策. 西島正博,庄田隆(産婦): 周産期医学, 29: 213〜217, 1999.

1714. [講座] 前回早産, PROM症例妊婦の管理. 谷昭博(産婦): 周産期医学, 29: 251〜255, 1999.

1715. [講座] 周産期の麻酔−産科麻酔の胎児への影響. 天野完(産婦): 周産期医学, 29: 617〜621, 1999.

1716. [講座] 胎児期におけるハンディキャップ児への対応−四肢奇形. 天野完,前原大介(産婦): 周産期医学, 30(3): 311〜315, 2000.

1717. [講座] 産婦人科におけるday surgeryの麻酔−局所浸潤麻酔. 天野完(産婦): 分娩と麻酔, 78: 35〜37, 1999.

1718. [講座] 誌上Debate 5; 切迫早産治療へのβ2-stimulant使用の是非. 西島正博,谷昭博(産婦),中村幸雄,土屋清志(杏林大): 臨床婦人科産科, 53(11): 1416〜1420, 1999.

1719. [学術書] (分担執筆) 図説産婦人科view; 36. 分娩誘発(分娩誘発の実際・陣痛誘発剤を用いた方法), p.98〜117, 西島正博(産婦). メジカルビュー社, 99.04.10発行.

1720. [学術書] (分担執筆) 臨床エビデンス産科学; 前回帝切の管理, p.327〜331, 西島正博(産婦). メジカルビュー社, 99.04.10発行.

1721. [学術書] (分担執筆) 標準産科婦人科学, 第2版; B.分娩誘発・促進, p.457〜460, C.麻酔法, p.460〜465, 西島正博(産婦). 医学書院, 99.04.15発行.

1722. [学術書] (分担執筆) 産婦人科医の麻酔, 基礎と臨床; 2.ハイリスク妊娠, p.35〜48, 西島正博(産婦). 編集 青木正(聖マリ医大), 真興交易医書出版, 東京, 99.06.15発行.

1723. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系8. 産婦人科救急; 妊娠・分娩・産褥期の産科救急, 胎児仮死, 8: 209〜217, 西島正博(産婦). 編集 武谷雄二(東大),他, 中山書店, 東京, 99.12.31発行.

1724. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系27. 子宮収縮; 陣痛と産科麻酔, 27: 269〜278, 西島正博(産婦). 編集 武谷雄二(東大),他,西島正博(北里大), 中山書店, 東京, 99.08.31発行.

1725. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系26異常分娩; 胎児仮死(fetal distress), 26: 139〜150, 天野完(産婦). 編集 武谷雄二(東大),寺尾俊彦(浜医大), 中山書店, 東京, 99.04.30発行.

1726. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系27子宮収縮; 陣痛誘発と促進, 27: 293〜307, 天野完,斉藤克(産婦). 編集 武谷雄二(東大),西島正博(北里大), 中山書店, 東京, 99.08.31発行.

1727. [学術書] (分担執筆) 産婦人科医の麻酔−基礎と臨床; 全身性の無痛分娩, p.68〜78, 既往帝切例の経腟分娩時麻酔, p.97〜104, 天野完(産婦). 編集 青木正(聖マリ医大), 真興交易医書出版部, 東京, 99.06.15発行.

1728. [学術書] (編集) 新女性医学大系27子宮収縮; 編集 武谷雄二(東大),西島正博(産婦), 中山書店, 東京, 99.08.31発行.

1729. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の産婦人科治療指針; 羊水補充療法, p.256, 天野完(産婦). 編集 武田佳彦(東女医大),武谷雄二(東大), 医学書院, 東京, 99.06.15発行.

1730. [学会(国際)] (ポスター講演) Efficacy of fetal pulse oximetry during labor analgesia. 天野完,西島正博(産婦): 第74回International Anesthesia Research Society (2000.03.11), ホノルル.

1731. [学会(全国)] (シンポジウム等) 日本における無痛分娩の現状−欧米との比較. 天野完(産婦): 第46回日本麻酔学会 (1999.05.26), 札幌, J. Anesthesia, 13(Suppl.1): 33, 1999.

1732. [学会(全国)] (シンポジウム等) 血液疾患合併妊娠−MDS, 急性白血病. 谷昭博,西島正博(産婦): 日本産婦人科・新生児血液学会 (1999.06.00), 横浜.

1733. [学会(全国)] (一般講演) 容量負荷に対する胎児循環系の反応−輸血スピードの違いによる反応の差. 吉原一,根本荘一,塩津英之,斉藤克,菅博胤,島田信宏,西島正博(産婦),佐藤喜一: 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.12), 東京.

1734. [学会(全国)] (一般講演) FSpO2モニタリングとamnioinfusion. 天野完,斉藤克,庄田隆,西島正博(産婦): 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.12), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 218, 1999.

1735. [学会(全国)] (一般講演) 鍼灸療法は骨盤位矯正に有効か. 荒井忠士(産婦),奥富俊之(麻),天野完,西島正博(産婦),外須美夫(麻): 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.12), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 474, 1999.

1736. [学会(全国)] (一般講演) 新生児の骨密度に関する研究. 石井尊雄,内野直樹,根本玲子,大河原聡,望月愛郎,植野信水(相模野病院): 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.13), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51(増): 338, 1999.

1737. [学会(全国)] (一般講演) 妊娠経過中に透析療法を行った3例. 右島富士男,天野完,安座間誠,原田由香,荒井忠士,斉藤克,庄田隆,西島正博(産婦): 第35回日本新生児学会総会 (1999.07.12), 高松.

1738. [学会(全国)] (ポスター講演) 硬膜外麻酔が分娩予後, 児の予後に与える影響. 斉藤克,天野完,田口雅之,庄田隆,吉原一,島田信宏,西島正博(産婦): 第51回日本産科婦人科学会総会 (1999.04.10), 東京, 日本産科婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 574, 1999.

1739. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮内胎児発育不全と中枢神経障害. 田口雅之(産婦),小嶋久子(生化),斉藤克(産婦),斉藤真希(生化系),栗原正(創価大),西島正博(産婦),玉井洋一(生化): 第42回日本神経化学会 (1999.09.17), 広島, 神経化学, 38(3): 344, 1999.

1740. [学会(地方)] (特別講演) Fetal pulse oximetryによる胎児管理. 天野完(産婦): 第341回日本産婦人科学会神奈川地方部会 (1999.07.17), 横須賀.

1741. [学会(地方)] (シンポジウム等) 新しい胎児診断法は母子医療をどうかえるか−胎児パルスオキシメトリー. 天野完(産婦): 第13回神奈川母性衛生学会 (2000.02.05), 横浜.

1742. [学会(地方)] (ワークショップ) 地域周産期医療の現状とその取り組み−神奈川県の周産期救急の現状と問題点. 天野完(産婦): 第340回日産婦神奈川地方部会 (1999.05.15), 横浜.

1743. [学会(地方)] (ワークショップ) 41週の取り扱い−積極的に分娩を誘発する立場から. 天野完(産婦): 第98回日産婦関東連合地方部会総会 (1999.10.24), つくば.

1744. [学会(地方)] (一般講演) 胃癌合併妊娠の1例. 本橋恵美子,星野裕子,斉藤克,庄田隆,天野完,西島正博(産婦): 第97回日本産婦人科関東連合地方部会総会 (1999.06.27), 東京.

1745. [学会(地方)] (一般講演) 胎児共存奇胎の1例. 荻野弓希子,黒沢恵子,前原大介,天野完,西島正博(産婦): 第97回日本産婦人科関東連合地方部会総会 (1999.06.27), 東京.

1746. [学会(地方)] (一般講演) 当院における子宮筋腫合併妊娠の臨床的検討. 田村俊男,谷昭博,天野完,島田信宏,西島正博(産婦): 第97回日本産婦人科関東連合地方部会総会 (1999.06.27), 東京.

1747. [学会(地方)] (一般講演) 正期産児における吸引分娩のリスク. 金井雄二,斉藤克,安達敬一,天野完,西島正博(産婦): 第341回日本産婦人科学会神奈川地方部会 (1999.07.17), 横須賀.

1748. [学会(地方)] (一般講演) 肥満妊婦の分娩予後. 斉藤克,前原大介,吉原一,天野完,西島正博(産婦): 第98回日産婦関東連合地方部会総会 (1999.10.24), つくば.

1749. [学会(地方)] (一般講演) 入院管理を否定し, 重篤な経過をたどったMS合併妊娠の1例. 加藤千緒,菊地信三,本橋恵美子,前原大介,斉藤克,天野完,島田信宏,西島正博(産婦): 第344回日本産婦人科学会神奈川地方部会 (1999.12.18), 神奈川.

1750. [学会(地方)] (一般講演) 不安神経症合併妊婦へのチームアプローチの重要性について. 新井陽子,長南記志子(産科病棟),堀越由紀子(総合相談部),貞国太志(精),斉藤克,西島正博(産婦): 第13回神奈川母性衛生学会 (2000.02.05), 横浜, 神奈川母性衛生学会誌, 3(1): 51, 2000.

1751. [研究会(全国)] (特別講演) 助産所からの搬送例の検討. 天野完(産婦): 平成11年度助産所部会集会 (1999.04.23), 熱海.

1752. [研究会(全国)] (一般講演) 硬膜外麻酔後の遷延性徐脈の1例. 前原大介,大津由香,谷昭博(産婦),奥富俊之(麻),天野完,西島正博(産婦): 第98回分娩と麻酔研究会 (1999.06.19), 東京.

1753. [研究会(全国)] (一般講演) CSE (combined spinal epidural analgesia)による無痛分娩. 右島富士男(産婦),奥富俊之(麻),天野完,西島正博(産婦): 第98回分娩と麻酔研究会 (1999.06.19), 東京.

1754. [研究会(全国)] (一般講演) 選択的誘発麻酔が分娩時体重に与える影響. 斉藤克,田口雅之,吉原一,天野完,西島正博(産婦): 第98回分娩と麻酔研究会 (1999.06.19), 東京.

1755. [研究会(全国)] (一般講演) 助産院から搬送されたCTG. 鈴木泉,斉藤克,天野完,西島正博(産婦): 第13回分娩監視研究会 (1999.06.12), 東京.

1756. [研究会(全国)] (一般講演) メトロイリンテルによる分娩誘発の前処置. 斉藤克,天野完,島田信宏,西島正博(産婦): 第15回日本分娩体位懇話会 (1999.09.29), 東京.

1757. [研究会(地方)] (特別講演) 分娩中の胎児心拍数モニタリング. 島田信宏(産婦): おぎゃあ献金推進月間講演会 (1999.10.21), 奈良.

1758. [研究会(地方)] (教育講演) エンジョイ・ユア妊娠ライフ. 島田信宏(産婦): 東北周産期セミナー (1999.07.24), 仙台.


<<20 婦人科学>>

1759. [原著] Usefulness of endometrial aspiration cytology for the preoperative diagnosis of ovarian carcinoma. 上坊敏子,新井正秀,岩谷弘明,加藤良樹(産婦),大野英治,蔵本博行(医療衛生): Acta Cytol., 43(2): 104〜109, 1999.

1760. [原著] 婦人科腫瘍におけるテロメラーゼ活性測定の臨床的意義に関する多施設共同研究. 坂本優,豊泉長,菊池義公,岡本愛光,田中忠夫,中山裕樹,加藤久盛,岡島弘幸,青木大輔,豊永英一郎,野沢志朗,山本嘉一郎,小幡孝四郎,星合ひろし, 浜野美恵子(組織培養セン),秦宏樹,蔵本博行(産婦),杉下匡,天神美夫,安本茂: Oncol. Chemother., 14(1): 41〜52, 1998.

1761. [原著] 妊娠初期の子宮癌検診とその対策. 脇田邦夫,蔵本博行,西島正博(産婦): 周産期医学, 27: 19〜20, 1997.

1762. [原著] 閉経後における卵巣腫瘍の臨床病理学的検討. 岩永久美,上坊敏子,佐藤倫也,蔵本博行,西島正博(産婦): 日産婦誌, 49: 727〜731, 1997.

1763. [原著] 子宮頚部微小浸潤癌に対するレーザーならびに高周波ループによる保存療法. 泉貴文,金井督之,脇田邦夫,藤田一博,金井雄二,久嶋則行,源田辰雄(産婦),蔵本博行(医療衛生): 日本レーザー医学会誌, 20(3): 207〜214, 1999.

1764. [原著] 平成10年度神奈川県産科婦人科医会婦人科悪性腫瘍登録集計報告. 木村昭裕,柳沢和孝,木挽貢慈,田島敏久,斉藤馨,高橋亨正,秦宏樹(産婦),清水篤,雨宮清,加藤良樹(産婦),小西英喜,中沢経夫,村上優,中山裕 樹,五来逸雄,篠塚孝男,関谷隆,日野侃,岡島弘幸,長田久文: 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 36(2): 199〜204, 2000.

1765. [原著] 複雑型子宮内膜増殖症と子宮内膜癌にみられる異型内膜腺細胞塊について. 今井忠朗,横野秀樹,泉貴文,源田辰雄(産婦),本告匡(病理),蔵本博行(産婦): 日臨細胞誌, 36(6): 593〜598, 1997.

1766. [原著] 乳腺pleomorphic lobular carcinomaの細胞学的検討. 赤星誠(医療系研究科),大野英治,服部学(医療衛生),渡辺純(病理),蔵本博行(医療衛生): 北里医学, 29(3): 152〜156, 1999.

1767. [原著] 東大和病院におけるChlamydia trachomatis感染症に関する臨床的検討. 石川雅一(東大和病院): 北里医学, 30(1): 24〜30, 2000.

1768. [準原著(英文)] Histopathological analysis of endometrial hyperplasia and stage Ta adenocarcinoma. 上坊敏子,大河原聡,佐藤倫也(産婦),蔵本博行(医療衛生): Proceedings, 7th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society, p.79〜82, 1999.

1769. [準原著(英文)] Secondary acute leukemia following chemotherapy for ovarian malignancy. 上坊敏子(産婦): Proceedings, Science and Technology for Global Ecology, p.140〜143, 1999.

1770. [準原著] 早期子宮体癌の治療. 蔵本博行,上坊敏子,今井愛(産婦): 癌の臨床, 43(11): 1255〜1262, 1997.

1771. [準原著] 車検診受診者を対象にしての子宮頚がんハイリスク要因の検討. 上坊敏子,蔵本博行(産婦),岡島弘幸,斉藤馨,篠塚孝男,関谷孝夫,五来逸雄,根本裕樹,野田信之: 予防医学, 38: 93〜97, 1997.

1772. [短報・速報] 婦人科癌とホルモン. 蔵本博行,本庄英雄(産婦): SCOPE, 36(12): 4〜9, 1997.

1773. [短報・速報] 子宮内膜症. 西島正博,上坊敏子(産婦): 産婦人科治療, 78: 263, 1999.

1774. [症例報告] Early triple malignancies of the female genital tract; A case report. 上坊敏子,岩谷弘明,新井正秀,上片平昭二,蔵本博行(産婦): Int. J. Clin. Oncol., 2(1): 51〜54, 1997.

1775. [症例報告] Secondary acute leukemia following chemotherapy for ovarian cancer: Report of five cases. 上坊敏子,平野聡子,秦宏樹,岩谷弘明,佐藤倫也(産婦),蔵本博行(医療衛生): Int. J. Clin. Oncol., 4: 175〜179, 1999.

1776. [症例報告] Androgen-producing ovarian tumors: A clinicopathological study of 3 cases. 新井正秀,上坊敏子,岩谷弘明,佐藤倫也(産婦),渡辺純(病理),大野英治,蔵本博行(医療衛生): J. Obstet. Gynecol. Res, 25(6): 411〜418, 1999.

1777. [症例報告] 正常分娩後短期間で発症した絨毛癌の1例. 玉城英子,黒川弘子,佐藤倫也,上坊敏子,田口明(産婦),蔵本博行(医療衛生),西島正博,下田隆夫(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 36(1): 7〜10, 1999.

1778. [症例報告] 乳癌術後タモキシフェン投与中に発症した子宮体癌の1例. 池田泰裕,佐藤倫也,前原大介,新井正秀,上坊敏子(産婦),蔵本博行(産婦): 日本臨床細胞学会関東連合会誌, (12): 69〜70, 1998.

1779. [症例報告] 子宮内膜間質肉腫(高悪性度)の1症例. 藤沢武志(院医療系),大野英治,服部学(医療衛生),横山大(病院病理部),渡辺純(病理),秦宏樹(産婦),蔵本博行(医療衛生): 日本臨床細胞学会雑誌, 38(5): 421〜426, 1999.

1780. [症例報告] ダグラス窩に発生した明細胞腺癌の1例. 前原大介,上坊敏子,佐藤倫也,池田泰裕,関本僚平(産婦),蔵本博行(医療衛生): 日本臨床細胞学会雑誌, 39(1): 9〜13, 2000.

1781. [症例報告] 正常分娩後、早期に発症した絨毛癌の1例. 川口美和,上坊敏子,原田由香,今井愛,大河原聡,内野直樹,玉城英子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 4(1): 16〜20, 1999.

1782. [症例報告] 乳癌術後Tamoxifen投与中に発症した子宮体癌の1例. 池田泰裕,上坊敏子,佐藤倫也,新井正秀,前原大介(産婦),蔵本博行(医療衛生),横山大(病院病理),大野英治(医療衛生): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 4(1): 25〜29, 1999.

1783. [症例報告] 婦人科細胞診で診断しえたS状結腸癌子宮浸潤の1例. 本橋恵美子,上坊敏子,今井愛(産婦),柿沼広邦,横山大(病院病理),蔵本博行(医療衛生): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 4(1): 42〜45, 1999.

1784. [症例報告] 消化器症状を伴わずに癌性胸水貯留, 卵巣を含む全身転移を来たした胃癌の1例. 田村俊男,金井督之,佐藤倫也,岩谷弘明,上坊敏子(産婦),大野英治(病院病理),蔵本博行(産婦): 日臨細胞学会神奈川支部会誌, 2(2): 71〜75, 1997.

1785. [症例報告] 子宮頚部adenoma malignumの1例. 金井督之,上坊敏子,佐藤倫也(産婦),横山大(病院病理),蔵本博行(産婦): 日臨細胞学会神奈川支部会誌, 2(2): 76〜80, 1997.

1786. [症例報告] 消化器症状がないKrukenberg腫瘍の1例. 蔵本博行,田村俊男(産婦),高野康雄(病理): 北里医学, 27(5): 324〜325, 1997.

1787. [総説] (特集)がん検診の有効性と問題点; 急増する子宮体癌. 蔵本博行(産婦): Innervision, 13(2): 24〜25, 1998.

1788. [総説] 子宮体癌の内分泌療法−子宮温存を中心として−. 蔵本博行(医療衛生),今井愛,上坊敏子(産婦): Oncol. Chemother., 15(1): 30〜34, 1999.

1789. [総説] 子宮体がん検診. 上坊敏子,佐藤倫也(産婦),蔵本博行(医療衛生): からだの科学, (増刊): 73〜76, 1999.

1790. [総説] 植物由来抗癌剤. 上坊敏子(産婦): 医薬ジャーナル, 33: 174〜179, 1997.

1791. [総説] 閉経後出血. 蔵本博行,佐藤倫也(産婦): 産と婦, 64(Suppl.): 98〜99, 1997.

1792. [総説] 婦人科癌化学療法における有効薬剤選択と感受性の検討. 蔵本博行,立岡和弘,秦宏樹(産婦): 産と婦, 65(1): 9〜16, 1998.

1793. [総説] 内膜増殖症の臨床診断の進め方. 蔵本博行(医療衛生),佐藤倫也(産婦): 産科と婦人科, 66(Suppl.): 2〜7, 1999.

1794. [総説] 子宮体癌診断のチェックポイント−子宮内膜細胞診. 蔵本博行(産婦),大野英治(医療衛生),佐藤倫也(産婦),服部学(医療衛生): 産婦の実際, 46(3): 295〜301, 1997.

1795. [総説] 子宮頚部早期癌に対するレーザー療法とループ切除療法. 蔵本博行,脇田邦夫,立岡和弘,佐藤倫也,金井督之(産婦): 産婦治療, 74(5): 597〜600, 1997.

1796. [総説] 子宮体癌の検診法とそのあり方. 佐藤倫也,蔵本博行(産婦): 産婦治療, 75(6): 633〜637, 1997.

1797. [総説] 腫瘍; 子宮体癌に対する薬物療法. 蔵本博行(医療衛生),林玲子,金井督之,今井愛,新井正秀(産婦): 産婦人科の実際, 48(12): 1727〜1734, 1999.

1798. [総説] 子宮体癌検診の問題点と今後の対策−境界病変の細胞診−. 蔵本博行(医療衛生),佐藤倫也,上坊敏子,大河原聡,今井愛,金井督之(産婦): 産婦人科の実際, 48(9): 1201〜1207, 1999.

1799. [総説] 卵巣癌保存療法の適応と限界. 蔵本博行(医療衛生),上坊敏子,秦宏樹,金井督之,今井愛,新井正秀(産婦): 産婦人科治療, 80(2): 153〜157, 2000.

1800. [総説] 目でみる前癌状態−その考え方と診療(12)子宮体部. 蔵本博行(産婦): 日本医師会雑誌, 117(7): 34〜36, 1997.

1801. [総説] 子宮内膜増殖症の取り扱い−総括−子宮内膜増殖症の病態と管理. 蔵本博行(医療衛生): 日本産科婦人科学会雑誌, 51(9): 344〜347, 1999.

1802. [総説] 子宮内膜増殖症の臨床. 佐藤倫也,玉城英子,金井雄二,上坊敏子,今井愛(産婦),蔵本博行(医療衛生): 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 17(2): 139〜144, 1999.

1803. [総説] 子宮内膜増殖症の細胞診断. 豊永真澄(病院病理),大野英治(医療衛生),横山大,柿沼広邦,高畑美也子(病院病理),服部学,蔵本博行(医療衛生),岩渕啓一,岡安勲(病理): 日臨細胞関東連合会誌, (12): 33〜35, 1998.

1804. [総説] 子宮内膜細胞診. 蔵本博行,赤星誠,藤沢武志,大野英治(医療衛生),豊永真澄,今井忠朗(病院病理): 日臨細胞中国四国会報, (14): 33〜38, 1999.

1805. [総説] 子宮頚がん. 蔵本博行(医療衛生): 毎日ライフ, (6): 112〜113, 1999.

1806. [総説] 婦人科腫瘍患者の診療−子宮体癌. 蔵本博行(医療衛生),今井愛,上坊敏子(産婦): 臨床婦人科産科, 53(4): 484〜487, 1999.

1807. [総説] 増えてきた子宮体癌; (検査・診断)組織診. 蔵本博行(医療衛生),上坊敏子,新井正秀,今井愛,金井督之(産婦): 臨床婦人科産科, 53(9): 1152〜1155, 1999.

1808. [総説] MRIで子宮体癌の進展度はどこまで判定できるか. 蔵本博行,佐藤倫也,田口雅之(産婦): 臨婦産, 51(9): 950〜952, 1997.

1809. [学術書] (共著) 高齢女性のケア; 蔵本博行(医療衛生). 編集 日本母性保護産婦人科医会, 日本母性保護産婦人科医会, 東京, 99.12.00発行.

1810. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系36. 卵巣・卵管の悪性腫瘍; 卵巣悪性腫瘍の組織発生と分類, 転移性悪性腫瘍, p.165〜183, 蔵本博行(医療衛生),金井督之(産婦). 編集 薬師寺道明, 中山書店, 東京, 99.11.25発行.

1811. [学術書] (分担執筆) 産婦人科研修ノート; 問診と診察, 産科患者の内診所見のとり方とその記載, 西島正博,吉原一(産婦). 診断と治療社, 00.03.20発行.

1812. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2000年版; 産科麻酔, p.774〜775, 西島正博(産婦). 医学書院, 東京, 00.01.15発行.

1813. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系16生殖補助医療; 生殖補助医療の定義と種類, 16: 45〜49, 石川雅一,中居光生(産婦). 編集 武谷雄二(東大),青野敏博(徳島大),中野仁雄(九大),野沢志朗(慶大),久保春海(東邦大), 中山書店, 東京, 99.03.31発行.

1814. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系40婦人科腫瘍の細胞診; 画像およびDNA解析システムIBAS-1, p.427〜431, 蔵本博行,服部学,大野英治(医療衛生),林玲子(産婦). 編集 野沢志朗(慶大), 中山書店, 東京, 99.06.30発行.

1815. [学術書] (分担執筆) 取扱い規約に沿った腫瘍鑑別診断アトラス・子宮体部第2版; ホルモン環境, 投与に関連する子宮内膜の変化, p.20〜28, 蔵本博行(医療衛生),秦宏樹,加藤良樹(産婦),大野英治(医療衛生). 編集 森脇昭介,杉森甫, 文光堂, 東京, 99.06.26発行.

1816. [学術書] (分担執筆) 今日の産婦人科治療指針; 子宮頚癌の根治療法, p.121〜123, 蔵本博行(医療衛生). 編集 武田佳彦(東女医大),武谷雄二(東大), 医学書院, 東京, 99.06.15発行.

1817. [学術書(英文)] (分担執筆) Proceedings of 10th International Meeting of Gynecological Oncology; Histological analysis of parametrical metastasis in endometrial carcinoma, p.247〜249, 佐藤倫也,上坊敏子,脇田邦夫,蔵本博行(産婦). 編集 Oliveira, C.F.D.,Oliveira, H.M., Monduzzi,Italy,97.00.00発行.

1818. [学術書(英文)] (分担執筆) Proceedings of 10th International Meeting of Gynecological Oncology; Intraperitoneal high-dose cisplatin and etoposide in the first-line treatment of advanced ovarian carcinoma, p.323〜326, 古川かつ子,上坊敏子,岩谷弘明,蔵本博行(産婦). 編集 Oliveira, C.F.D.,Oliveira, H.M., Monduzzi,Italy,97.00.00発行.

1819. [学術書(英文)] (分担執筆) Proceedings of 10th International Meeting of Gynecological Oncology; Value of histological differentiation, P-glycoprotein, glutathione S-transferase pi, c-erb B-2 and p53 as prognostic factors in ovarian serous adenocarcinoma, p.297〜299, 今井愛,上坊敏子,立岡和弘,秦宏樹,蔵本博行(産婦). 編集 Oliveira, C.F.D.,Oliveira, H.M., Monduzzi,Italy,97.00.00発行.

1820. [学術書] (分担執筆) 第17回日本レーザー医学会大会論文集; 子宮頚部腫瘍に対するKTP, YAGレーザー療法, p.141〜144, 泉貴文,古川かつ子,岩永久美,久嶋則行,源田辰雄,脇田邦夫,蔵本博行(産婦). 日本レーザー医学会,97.05.00発行.

1821. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針第4版; 子宮体癌, p.1570〜1572, 蔵本博行(産婦). 編集 亀山正邦,他, 医学書院,97.09.01発行.

1822. [学術書] (分担執筆) 婦人科がん治療学; 3-子宮体癌, A.境界病変とその取り扱い, p.150〜156, 蔵本博行(産婦). 編集 野沢志朗,大川智彦, 金原出版,東京,97.10.09発行.

1823. [学術書] (分担執筆) 泌尿器; 細胞診と酵素抗体法, p.50〜63, 服部学,大野英治(医療衛生),蔵本博行(産婦). 編集 長村義之 武藤化学,東京,97.12.00発行.

1824. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針1998; 卵管疾患(卵管炎,卵管癌), p.725, 蔵本博行(産婦). 編集 多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院,東京,98.01.01発行.

1825. [教科書] (分担執筆) NEW産婦人科学; 婦人科腫瘍の疫学, p.508〜514, 蔵本博行(産婦). 編集 矢嶋聰,中野仁雄,武谷雄二, 南江堂,東京,97.07.10発行.

1826. [学会(国際)] (シンポジウム等) Resectoscopy for the treatment of uterine submucous myoma symposium. 脇田邦夫,関本僚平,蔵本博行,西島正博(産婦): 9th International Meeting of Society for Minimally Invasive Therapy (97.07.14), 京都, Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies, 6(Suppl.1): 5, 1997.

1827. [学会(国際)] (一般講演) Conservative treatment for microinvasive squamous cell carcinoma of the uterine cervix. 金井督之,上坊敏子,脇田邦夫,蔵本博行(産婦): 15th World Congress of Gynecol. & Obstet. of FIGO (97.08.06), コペンハーゲン, Acta Obstet. Gynecol. Scand., 76(167): 24, 1997.

1828. [学会(国際)] (ポスター講演) Histopathological analysis of endometrial hyperplasia and stage Ta adenocarcinoma. 上坊敏子,大河原聡,佐藤倫也(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第7回国際婦人科がん学会(IGCS) (1999.09.29), Rome, Int. J. Gynecol. Cancer, 9(S1): 69, 1999.

1829. [学会(国際)] (ポスター講演) Endometrial carcinoma: One disease? 蔵本博行(医療衛生),上坊敏子,秦宏樹,金井督之,今井愛,新井正秀,泉貴文(産婦): 第7回国際婦人科がん学会(IGCS) (1999.09.29), Rome, Int. J. Gynecol. Cancer, 9(S1): 69〜70, 1999.

1830. [学会(国際)] (ポスター講演) Laparoscopy for the treatment of endometriosis. 脇田邦夫,金井督之,原田由香,西迫啓,蔵本博行,西島正博(産婦): 6th Meeting of International Society for Gynecologic Endoscopy (97.04.17), シンガポール, Gynecol. Endosc., 6: 51, 1997.

1831. [学会(国際)] (ポスター講演) Histological analysis of parametrial metastasis in endometrial carcinoma. 佐藤倫也,上坊敏子,脇田邦夫,蔵本博行(産婦): 10th International Meeting of Gynecological Oncology (97.04.29), ポルトガル, Eur. J. Gynecol. Oncol., 18(4): 255, 1997.

1832. [学会(国際)] (ポスター講演) Value of histological differentiation, p-glycoprotein, glutathione S-transferase pi, C-erb B-2 and p53 as prognostic factors in ovarian serous adenocarcinoma. 今井愛,上坊敏子,立岡和弘,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 10th International Meeting of Gynecological Oncology (97.04.29), ポルトガル, Eur. J. Gynecol. Oncol., 18(4): 267, 1997.

1833. [学会(国際)] (ポスター講演) Intraperitoneal high-dose cisplatin and etoposide in first-line treatment of advanced ovarian carcinoma. 古川かつ子,上坊敏子,岩谷弘明,蔵本博行(産婦): 10th International Meeting of Gynecological Oncology (97.04.29), ポルトガル, Eur. J. Gynecol. Oncol., 18(4): 275〜276, 1997.

1834. [学会(国際)] (ポスター講演) Ovarian cancer in postmenopausal women. 岩永久美,上坊敏子,岩谷弘明,佐藤倫也,蔵本博行(産婦): 15th World Congress of Gynecol. & Obstet. of FIGO (97.08.08), コペンハーゲン, Acta Obstet. Gynecol. Scand., 76(167): 40, 1997.

1835. [学会(国際)] (ポスター講演) Clear cell adenocarcinoma of the ovary: A clinicopathological study of 45 cases. 岩谷弘明,上坊敏子,金井督之,新井正秀,蔵本博行(産婦): 15th World Congress of Gynecol. & Obstet. of FIGO (97.08.08), コペンハーゲン, Acta Obstet. Gynecol. Scand., 76(167): 46, 1997.

1836. [学会(国際)] (ポスター講演) The inhibitory effect of progesterone on the expression of MDR1 mRNA in endometrial cancer cells. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),蔵本博行(産婦): 6th Biennial Meeting of the Int. Gynecol. Cancer Soc. (97.10.22), 福岡, Int. J. Gynecol. Cancer, 7(Suppl.2): 58, 1997.

1837. [学会(全国)] (特別講演) 内膜腺癌と増殖症の細胞診. 蔵本博行(産婦): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.30), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 67, 1997.

1838. [学会(全国)] (特別講演) 子宮がん. 蔵本博行(産婦): 細胞検査士30周年記念公開講座: がんフォーラム「がんを心配しているあなたへ」 (97.11.01), 横浜, 予稿集, 1997.

1839. [学会(全国)] (特別講演) 婦人科がん検診の成果とピットホール. 蔵本博行(産婦): 第5回日本がん検診・診断学会総会記念市民公開講座「がんは闘わなくていいのですか」 (97.12.06), 東京, 日本がん検診・診断学会誌, 5(1): 178〜179, 1997.

1840. [学会(全国)] (シンポジウム等) クリニカルコンパス「子宮内膜増殖症, 前癌病変の取り扱い」総括. 蔵本博行(医療衛生): 第51回日本産科婦人科学会総会 (1999.04.10), 東京.

1841. [学会(全国)] (シンポジウム等) 子宮内膜増殖症をめぐる諸問題−子宮内膜増殖症の臨床−. 佐藤倫也,玉城英子,金井雄二,上坊敏子(産婦),蔵本博行(医療衛生),今井愛(産婦): 第28回日本婦人科腫瘍学会 (1999.07.23), 宇都宮, 日本婦人科腫瘍学会誌, 17(1): 30, 1999.

1842. [学会(全国)] (シンポジウム等) p53と婦人科腫瘍; p53遺伝子と子宮体癌−p53はkey geneか? 秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),金井督之,関本僚平,池田泰裕(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第4回日本産婦人科腫瘍マーカー遺伝子診断学会 (2000.02.03), 東京, プログラム・抄録集, p.24, 2000.

1843. [学会(全国)] (シンポジウム等) 子宮体癌細胞の培養−教育セミナー「培養のコツ」. 浜野美恵子(組織培養セン),秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第15回日本ヒト細胞学会大会 (97.09.13), 大阪, 培養のコツ, p.82〜98, 1997.

1844. [学会(全国)] (シンポジウム等) 成熟婦人における内膜細胞像−性周期および良性病変について−. 上坊敏子(産婦): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.02), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 336, 1997.

1845. [学会(全国)] (シンポジウム等) 子宮体癌検診の現状と展望. 佐藤倫也,林玲子,上坊敏子,蔵本博行(産婦): 第6回日本婦人科がん検診学会 (97.11.08), 東京, 抄録集, p.14, 1997.

1846. [学会(全国)] (シンポジウム等) 子宮体癌・頚癌の自然史からみた子宮癌検診の検討−がん自然史からみた危険群の囲い込み. 上坊敏子,佐藤倫也,大河原聡,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第5回日本癌検診・診断学会 (97.12.12), 東京, 日本がん検診・診断学会誌, 5(1): 45, 1997.

1847. [学会(全国)] (ワークショップ) 婦人科癌の分子・細胞生物学−基礎から臨床へ−子宮体癌のエストロゲン依存性発癌機構にともなう遺伝子異常の解析. 秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),渡辺純(病理),蔵本博行(医療衛生): 第58回日本癌学会総会 (1999.09.29), 広島, 日本癌学会総会記事, p.52, 1999.

1848. [学会(全国)] (ワークショップ) 婦人科がん検診の有効性を探る−子宮体癌検診の実施成績とQOLの向上. 川口美和,上坊敏子,佐藤倫也(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第8回日本婦人科がん検診学会 (1999.11.13), 東京, 抄録集, p.21, 1999.

1849. [学会(全国)] (ワークショップ) 婦人科ホルモン療法と子宮内膜細胞診について(2)ホルモン補充療法における子宮内膜細胞診の所見. 新井正秀,上坊敏子,立岡和弘,金井雄二,新井努,今井愛(産婦),蔵本博行(医療衛生),豊永真澄(病院病理): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.27), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 378, 1999.

1850. [学会(全国)] (ワークショップ) 子宮内膜増殖症の細胞所見とその臨床的背景−新しい分類による子宮内膜増殖症の細胞診. 佐藤倫也,上坊敏子,秦宏樹,立岡和弘,今井愛,森沢孝行,大河原聡,蔵本博行(産婦),大野英治(医療衛生),横山大,豊永真澄,柿沼広邦(病院病 理): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.03), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 344, 1997.

1851. [学会(全国)] (ワークショップ) 複雑型子宮内膜増殖症にみられる異型内膜腺細胞塊について−新しい分類による子宮内膜増殖症の細胞診. 今井忠朗,横野秀樹(北里メディカルセン),泉貴文,源田辰雄(産婦),本告匡(病理),蔵本博行(産婦): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.03), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 346, 1997.

1852. [学会(全国)] (一般講演) 過期産予測のための癌胎児性フィブロネクチンとサイトカイン測定の意義. 今井雅夫,谷昭博,斉藤真紀,菅博胤,安達敬一,林玲子,巽英樹,斉藤克,庄田隆,天野完,西島正博(産婦): 第51回日本産科婦人科学会総会 (1999.04.10), 東京, 日本産科婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 569, 1999.

1853. [学会(全国)] (一般講演) GI体癌複雑型異型増殖症に対するMPA療法. 川口美和,上坊敏子,今井愛,秦宏樹,林玲子(産婦),蔵本博行(医療衛生),西島正博(産婦): 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.12), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 151, 1999.

1854. [学会(全国)] (一般講演) 乳癌と婦人科腫瘍との関連に関する検討. 池田泰裕,上坊敏子,佐藤倫也,新井正秀,今井愛,小野瀬みどり,荻野弓希子,鈴木泉(産婦),蔵本博行(医療衛生),西島正博(産婦): 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.13), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 264, 1999.

1855. [学会(全国)] (一般講演) 卵巣腫瘍と細胞周期関連蛋白発現についての検討. 泉貴文,藤田一博,金井雄二,久嶋則行,源田辰雄(産婦),蔵本博行(医療衛生),西島正博(産婦): 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.12), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 427, 1999.

1856. [学会(全国)] (一般講演) 生存率からみた子宮体がん検診の有効性評価. 中川智佳子,佐藤信二,吉田祐司,矢嶋聡,大村峯夫,上坊敏子(産婦),青木大輔: 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.13), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51: 277, 1999.

1857. [学会(全国)] (一般講演) 圧挫細胞診でも診断可能であったCentral Neurocytomaの1例. 石山宮子,山岡恵子,大野英治,蔵本博行(医療衛生): 第40回日本臨床細胞学会総会 (1999.06.26), 東京, 日本臨床細胞学会会誌, 38(Suppl.1): 134, 1999.

1858. [学会(全国)] (一般講演) 重複子宮に発生した子宮体癌の2例. 新井正秀,上坊敏子,安藤宏美,前原大介,金井督之,立岡和弘(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第28回日本婦人科腫瘍学会 (1999.07.23), 宇都宮, 日本婦人科腫瘍学会誌, 17(1): 39, 1999.

1859. [学会(全国)] (一般講演) Poorly differentiated adenocarcinoma of the uterine carpus with neuroendocrine differentiation の2例. 田村俊男,佐藤倫也,新井正秀,玉城英子(産婦),渡辺純(病理),上坊敏子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第28回日本婦人科腫瘍学会 (1999.07.23), 宇都宮, 日本婦人科腫瘍学会誌, 17(1): 39, 1999.

1860. [学会(全国)] (一般講演) 粘膜下筋腫に合併した子宮肉腫の1例. 安藤宏美,上坊敏子,新井正秀,前原大介(産婦),蔵本博行(医療衛生),西島正博(産婦): 第28回日本婦人科腫瘍学会 (1999.07.23), 宇都宮, 日本婦人科腫瘍学会誌, 17(1): 42, 1999.

1861. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜癌細胞におけるPTEN遺伝子, hMSH3, hMSH6修復遺伝子異常の検討. 秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),池田泰裕,今井愛,金井督之(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第28回日本婦人科腫瘍学会 (1999.07.24), 宇都宮, 日本婦人科腫瘍学会誌, 17(1): 48, 1999.

1862. [学会(全国)] (一般講演) 転移性卵巣腫瘍42例の検討. 金井督之,今井愛,上坊敏子,新井正秀,秦宏樹(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第28回日本婦人科腫瘍学会 (1999.07.23), 宇都宮, 日本婦人科腫瘍学会誌, 17(1): 51, 1999.

1863. [学会(全国)] (一般講演) 婦人科癌化学療法時のG-CSF受容体の検討. 巽英樹,林玲子,菅博胤,今井雅夫(産婦),蔵本博行(医療衛生),田代英治,工藤雄二(国立相模原病院): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.13), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(1): 1999.

1864. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜細胞診が有効であった子宮体部類内膜腺癌の1例. 田村俊男,新井正秀,菊地信三,上坊敏子(産婦),大野英治(医療衛生),横山大(病院病理),蔵本博行(医療衛生): 第8回日本婦人科がん検診学会 (1999.11.13), 東京, 抄録集, p.26, 1999.

1865. [学会(全国)] (一般講演) バス検診で発見された卵巣癌の1例. 安座間誠,金井督之,右島富士男,新井正秀,秦宏樹,上坊敏子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第8回日本婦人科がん検診学会 (1999.11.13), 東京, 抄録集, p.27, 1999.

1866. [学会(全国)] (一般講演) 子宮頚癌Ta期の増加と低侵襲手術. 金井督之,上坊敏子,泉貴文,角田新平,新井正秀,秦宏樹(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第8回日本婦人科がん検診学会 (1999.11.13), 東京, 抄録集, p.32, 1999.

1867. [学会(全国)] (一般講演) 過形成変化を伴った乳腺症の細胞診の検討. 高畑美也子,横山大,豊永真澄,柿沼広邦,山口優美子(病院病理),大野英治,服部学(医療衛生),蔵並勝(外)蔵本博行(医療衛生),岩渕啓一,岡安勲 (病理): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.26), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 451, 1999.

1868. [学会(全国)] (一般講演) PTCD胆汁細胞診(2)−細胞診不一致例の検討. 池畑浩一,鈴木忠男,松永英人,張寧美,山本雅博,坂田一美,蔵本博行(医療衛生): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.26), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 562, 1999.

1869. [学会(全国)] (一般講演) 自然尿におけるgrade T移行上皮癌の細胞集塊, pair cell, 断片核細胞に関する細胞学的検討. 服部学,大野英治(医療衛生),横山大,豊永真澄,柿沼広邦,高畑美也子,山口優美子(病院病理),岩渕啓一(病理),内田豊昭(泌),蔵本博行(医療衛 生): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.27), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 570, 1999.

1870. [学会(全国)] (一般講演) 高周波ループによる子宮頚癌Ta期の治療成績. 金井督之,泉貴文,新井正秀,秦宏樹,上坊敏子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第22回日本産婦人科手術学会 (1999.12.05), 東京. プログラム・抄録集, p.76, 1999.

1871. [学会(全国)] (一般講演) 卵巣明細胞腺癌45例の病理学的所見と予後との相関についての検討. 岩谷弘明,上坊敏子,佐藤倫也,金井督之,関本僚平,西迫啓,林玲子,脇田邦夫,蔵本博行,西島正博(産婦): 第49回日産婦学会総会 (97.04.07), 東京, 日産婦, 49(Suppl.): 182, 1997.

1872. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌細胞における黄体ホルモンの薬剤耐性獲得阻止効果. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),今井愛,金井督之,上坊敏子,蔵本博行,西島正博(産婦): 第49回日産婦学会総会 (97.04.08), 東京, 日産婦, 49(Suppl.): 295, 1997.

1873. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌細胞の増殖因子・増殖因子受容体の癌遺伝子発現におよぼすエストロゲンの作用. 秦宏樹,蔵本博行(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),渡辺純(病理),立岡和弘,新井正秀,西島正博(産婦): 第49回日産婦学会総会 (97.04.08), 東京, 日産婦, 49(Suppl.): 296, 1997.

1874. [学会(全国)] (一般講演) 肺小細胞癌における気管支擦過細胞診と組織診の不一致例の検討. 柿沼広邦(病院病理),大野英治,服部学(医療衛生),小林明子,豊永真澄(病院病理),品田純(胸外),蔵本博行(産婦),亀谷徹(病理): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.31), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 221, 1997.

1875. [学会(全国)] (一般講演) Ta期卵巣漿液性・粘液性腺癌の病理学的検討およびKi67, p53の発現について. 岩谷弘明,上坊敏子,佐藤倫也,立岡和弘,今井愛,前原大介,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第26回日本婦人科病理・コルポ学会 (97.07.18), 東京, 日・婦人科病理・コルポ誌, 15(1): 46, 1997.

1876. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜異型増殖症と子宮体癌に対するMPA療法の組織学的効果に関する検討. 上坊敏子,今井愛,佐藤倫也,立岡和弘,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第26回日本婦人科病理・コルポ学会 (97.07.19), 東京, 日・婦人科病理・コルポ誌, 15(1): 40, 1997.

1877. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜漿液性腺癌の臨床病理学的検討とp53遺伝子異常. 岩永久美,上坊敏子,秦宏樹,立岡和弘,佐藤倫也,上片平昭二,田口雅之,蔵本博行(産婦): 第26回日本婦人科病理・コルポ学会 (97.07.19), 東京, 日・婦人科病理・コルポ誌, 15(1): 41, 1997.

1878. [学会(全国)] (一般講演) 産婦人科領域におけるロボティクスラパロスコープポジショナーAESOP2000使用の試み. 脇田邦夫,関本僚平,古川かつ子,与那覇斉,蔵本博行,西島正博(産婦): 第37回日本産科婦人科内視鏡学会 (97.08.30), 東京, プログラム・抄録集, p.21, 1997.

1879. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌細胞におけるp53遺伝子異常の検討. 秦宏樹,蔵本博行(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),立岡和弘(産婦): 第56回日本癌学会総会 (97.09.27), 京都, 日本癌学会総会記事, p.305, 1997.

1880. [学会(全国)] (一般講演) 多剤耐性子宮体癌株の樹立とMDR遺伝子発現に及ぼすプロゲステロンの抑制効果. 立岡和弘,秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),蔵本博行(産婦): 第56回日本癌学会総会 (97.09.27), 京都, 日本癌学会総会記事, p.651, 1997.

1881. [学会(全国)] (一般講演) 子宮体癌細胞におけるp53癌抑制遺伝子の異常. 秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),渡辺純(病理),立岡和弘,田口雅之,岩永久美,関本僚平,蔵本博行(産婦): 第2回日本産婦人科腫瘍マーカー・遺伝子診断学会 (98.02.06), 東京, プログラム・抄録集, p.84, 1998.

1882. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮内膜増殖症・子宮内膜癌におけるサイクリンAの発現. 久嶋則行(産婦),渡辺純(病理),秦宏樹,上坊敏子(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),今井愛,泉貴文,源田辰雄(産婦),蔵本博行(医療衛生), 西島正博(産婦): 第51回日本産婦人科学会総会 (1999.04.12), 東京, 日本産婦人科学会雑誌, 51(Suppl.): 361, 1999.

1883. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌細胞におけるFHIT遺伝子異常の検討. 秦宏樹(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),渡辺純(病理),金井督之,今井愛(産婦),赤星誠,藤沢武志,蔵本博行(医療衛生): 第72回日本組織培養学会大会 (1999.05.21), 富山, 組織培養研究, 18(1): 82, 1999.

1884. [学会(全国)] (ポスター講演) Poorly differentiated adenocarcinoma of the uterine carpus with neuroendocrine differentiationの2例. 田村俊男,佐藤倫也,新井正秀,玉城英子,池田泰裕,角田新平(産婦),渡辺純(病理),上坊敏子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第40回日本臨床細胞学会総会 (1999.06.26), 東京, 日本臨床細胞学会会誌, 38(Suppl.1): 194, 1999.

1885. [学会(全国)] (ポスター講演) 不正性器出血を認めなかった子宮体癌症例の検討. 新井努,上坊敏子,佐藤倫也,今井愛,金井督之,川口美和,小野瀬みどり,荻野弓希子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第40回日本臨床細胞学会総会 (1999.06.26), 東京, 日本臨床細胞学会会誌, 38(Suppl.1): 197, 1999.

1886. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌細胞株2例の樹立と諸性格. 藤沢武志(産婦),浜野美恵子(組織培養セン),大野英治(医療衛生),渡辺純(病理),秦宏樹,金井督之(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第17回日本ヒト細胞学会大会 (1999.08.27), 指宿, Human Cell, 12(2): 62, 1999.

1887. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌に対するMPA療法の適応と至適投与法に関する検討. 川口美和,上坊敏子,今井愛,金井督之,右島富士男,金井雄二,田村俊夫,加藤良樹(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.13), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 422, 1999.

1888. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮肉腫の臨床的検討. 玉城英子,上坊敏子,安藤宏美,新井正秀,秦宏樹(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.14), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 498, 1999.

1889. [学会(全国)] (ポスター講演) 転移性卵巣腫瘍42例の検討. 金井督之,上坊敏子,今井愛,新井正秀,秦宏樹(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.14), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 500, 1999.

1890. [学会(全国)] (ポスター講演) 原発性卵管癌11例の検討. 小野瀬みどり,新井正秀,安藤宏美,池田泰裕,加藤千緒,久嶋則行,秦宏樹,上坊敏子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.14), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 505, 1999.

1891. [学会(全国)] (ポスター講演) 婦人科腫瘍患者における凝固線溶系の動態. 荻野弓希子,上坊敏子,右島富士男,池田泰裕,安藤宏美,新井正秀(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.14), 岐阜, 日本癌治療学会誌, 34(2): 514, 1999.

1892. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮内膜細胞診における誤陰性の検討. 後賢,上坊敏子,佐藤倫也,角田新平,今井愛,川口美和(産婦),蔵本博行,大野英治(医療衛生): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.26), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 400, 1999.

1893. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮内腔に突出する大きな腫瘤を形成したTa期癌肉腫の1例. 右島富士男,池田泰裕,佐藤倫也,新井正秀,上坊敏子(産婦),大野英治,蔵本博行(医療衛生): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.27), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 411, 1999.

1894. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体部原発の悪性線維性組織球腫の1例. 佐藤妃映,大野英治,服部学(医療衛生),柿沼広邦(病院病理),渡辺純(病理),小野瀬みどり,上坊敏子(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.27), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 417, 1999.

1895. [学会(全国)] (ポスター講演) 内膜細胞診で診断し得た直径8 mmの卵巣癌. 加藤千緒,新井正秀,上坊敏子,今井愛,金井督之(産婦),横山大(病院病理),蔵本博行(医療衛生): 第38回日本臨床細胞学会秋期大会 (1999.11.27), 名古屋, 日臨細胞誌, 38(Suppl.2): 428, 1999.

1896. [学会(全国)] (ポスター講演) 卵巣漿液性腺癌における組織学的分化度およびGST-π、P-糖蛋白, p53, c-erb B-2の発現と予後に関する検討. 今井愛,上坊敏子,立岡和弘,岩谷弘明,新井正秀,秦宏樹,蔵本博行,西島正博(産婦): 第49回日産婦学会総会 (97.04.08), 東京, 日産婦, 49(Suppl.): 440, 1997.

1897. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌の腹腔細胞診に関する検討. 佐藤倫也,上坊敏子,新井正秀,田口雅之,与那覇斉,玉城英子,脇田邦夫(産婦),大野英治(医療衛生),蔵本博行(産婦): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.30), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 104, 1997.

1898. [学会(全国)] (ポスター講演) 50歳以上の子宮体癌症例の子宮腟部細胞所見. 原田由香,上坊敏子,佐藤倫也,立岡和弘,岩永久美,新井正秀,脇田邦夫(産婦),大野英治(医療衛生),蔵本博行,西島正博(産婦): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.30), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 104, 1997.

1899. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌、異型増殖症に対するMPA療法の効果. 西迫啓,上坊敏子,今井愛,立岡和弘,秦宏樹,加藤良樹,金井雄二(産婦),大野英治(医療衛生),蔵本博行(産婦): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.30), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 182, 1997.

1900. [学会(全国)] (ポスター講演) 穿刺細胞診にて診断し得た子宮肉腫の1例. 高山和久,今井愛,佐藤倫也,上坊敏子,金井督之,西迫啓,蔵本博行(産婦),横山大(病院病理): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.30), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 187, 1997.

1901. [学会(全国)] (ポスター講演) 卵巣悪性腫瘍における腫瘍内容液と腫瘍捺印細胞診の細胞像に関する検討. 関本僚平,上坊敏子,岩谷弘明,岩永久美,原田由香,古川かつ子,秦宏樹,蔵本博行(産婦),大野英治(医療衛生): 第38回日臨細胞学会総会 (97.05.31), 高松, 日臨細胞誌, 36(Suppl.1): 271, 1997.

1902. [学会(全国)] (ポスター講演) 検診時に指摘された卵巣癌の臨床的検討. 上坊敏子,岩永久美,岩谷弘明,立岡和弘,新井正秀,玉城英子,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.07), 京都, 日癌治誌, 32(5): 576, 1997.

1903. [学会(全国)] (ポスター講演) 卵巣皮様嚢腫悪性転化例の検討. 関本僚平,上坊敏子,岩谷弘明,佐藤倫也,古川かつ子,今井愛,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.07), 京都, 日癌治誌, 32(5): 577, 1997.

1904. [学会(全国)] (ポスター講演) 絨毛癌18例の臨床的検討. 玉城英子,上坊敏子,岩谷弘明,佐藤倫也,田口雅之,黒川弘子,関本僚平,蔵本博行,田口明(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.07), 京都, 日癌治誌, 32(5): 577, 1997.

1905. [学会(全国)] (ポスター講演) Ta期卵巣癌44例の臨床的検討. 岩谷弘明,佐藤倫也,上坊敏子,林玲子,今井愛,岩永久美,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.09), 京都, 日癌治誌, 32(5): 780, 1997.

1906. [学会(全国)] (ポスター講演) 卵巣癌術後妊娠症例の検討. 与那覇斉,上坊敏子,岩谷弘明,佐藤倫也,今井愛,古川かつ子,秦宏樹,蔵本博行(産婦): 第35回日本癌治療学会総会 (97.10.09), 京都, 日癌治誌, 32(5): 783, 1997.

1907. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体癌・異型増殖症に対するMPA療法の効果と細胞・組織所見の変化. 今井愛,上坊敏子,西迫啓,秦宏樹,岩永久美(産婦),豊永真澄(病院病理),大野英治(医療衛生),蔵本博行(産婦): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.03), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 350, 1997.

1908. [学会(全国)] (ポスター講演) 子宮体部癌肉腫の臨床細胞学的検討. 田口雅之,上坊敏子,秦宏樹,脇田邦夫,佐藤倫也,泉貴文,加藤良樹(産婦),横山大(病院病理),蔵本博行(産婦): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.03), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 360, 1997.

1909. [学会(全国)] (ポスター講演) 進行卵巣癌に対するCDDP-VP16腹腔内投与療法時の経カテーテル的腹腔細胞診の検討. 古川かつ子,上坊敏子,佐藤倫也,立岡和弘,岩谷弘明,林玲子,関本僚平,蔵本博行(産婦): 第36回日臨細胞学会秋期大会 (97.11.03), 横浜, 日臨細胞誌, 36(Suppl.2): 397, 1997.

1910. [学会(地方)] (特別講演) 子宮体癌検診の現況と展望. 上坊敏子(産婦): 第42回日本臨床細胞学会山口県支部学術集会 (1999.03.07), 山口.

1911. [学会(地方)] (特別講演) 子宮内膜細胞診. 蔵本博行(医療衛生): 平成11年度日臨細胞学会兵庫県支部会 (2000.03.04), 神戸.

1912. [学会(地方)] (特別講演) 子宮内膜細胞診; 最近の知見. 蔵本博行(産婦): 第14回日臨細胞学会熊本支部学会 (98.02.15), 熊本.

1913. [学会(地方)] (一般講演) 肉腫様変化を伴う子宮頚部扁平上皮癌の1例. 池田泰裕,上坊敏子,金井督之,新井努,小野瀬みどり(産婦),蔵本博行(医療衛生): 第13回日本臨床細胞学会関東連合会 (1999.09.11), 長野, プログラム, p.34, 1999.

1914. [学会(地方)] (一般講演) 診断に苦慮した子宮体部類内膜腺癌の1例. 田村俊男,新井正秀,菊池信三,上坊敏子(産婦),大野英治(医療衛生),横山大(病院病理),蔵本博行(医療衛生): 第18回日本臨床細胞学会神奈川地方会 (1999.09.25), 横浜, 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 4(2): 87, 1999.

1915. [学会(地方)] (一般講演) 最近経験した絨毛性疾患の3例. 玉城英子,黒川弘子,佐藤倫也,上坊敏子,岩谷弘明,田口明,蔵本博行,西島正博,下田隆夫(産婦): 第93回日産婦学会関東連合地方部会総会 (97.06.22), 東京, 日産婦関東連会報, 34(2): 240, 1997.

1916. [学会(地方)] (一般講演) 腺管上皮集塊の数と質的変化の把握による内膜増殖症診断の検討. 豊永真澄,大野英治,服部学(医療衛生),横山大,小林明子,柿沼広邦,高畑美也子(病院病理),岩渕啓一(病理),蔵本博行(産婦): 第11回日臨細胞学会関東連合会学術集会 (97.09.13), 東京, プログラム, p.20, 1997.

1917. [学会(地方)] (一般講演) 急激な転帰をたどった癌肉腫の1例. 望月純子,上坊敏子,佐藤倫也,田口雅之(産婦),大野英治(医療衛生),横山大(病院病理),蔵本博行(産婦): 第16回日臨細胞学会神奈川地方部会学術集会 (97.09.27), 川崎, 日臨細胞神奈川会誌, 2(3): 125, 1997.

1918. [学会(地方)] (一般講演) 子宮内膜症より発生したと考えられる子宮体癌の1例. 関本僚平,佐藤倫也,西迫啓,上坊敏子,蔵本博行,西島正博(産婦): 第94回日産婦関東連合地方部会総会 (97.10.19), 前橋, 日産婦関東連会報, 34(3): 353, 1997.

1919. [学会(地方)] (一般講演) 子宮筋腫・子宮内膜症に対するGn-RH analogue(リュープリン)療法の臨床学的効果の検討. 今井愛,秦宏樹,立岡和弘,佐藤倫也,岩谷弘明,黒川弘子,田口雅之,関本僚平,脇田邦夫,上坊敏子,蔵本博行,西島正博(産婦): 第94回日産婦関東連合地方部会総会 (97.10.19), 前橋, 日産婦関東連会報, 34(3): 414, 1997.

1920. [学会(地方)] (一般講演) 婦人科癌化学療法におけるG-CSF受容体の検討. 岩谷弘明,菅博胤,今井雅夫,林玲子,巽英樹,蔵本博行(産婦): 第94回日産婦関東連合地方部会総会 (97.10.19), 前橋, 日産婦関東連会報, 34(3): 449, 1997.

1921. [学会(地方)] (一般講演) 婦人科悪性腫瘍の機能温存療法. 上坊敏子(産婦): 第331回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (98.03.14), 横浜.

1922. [学会(地方)] (ポスター講演) 子宮体癌の進展度におけるMRIの有用性. 田口雅之,佐藤倫也,望月純子,荒井忠士,立岡和弘,秦宏樹,脇田邦夫,上坊敏子,蔵本博行,西島正博(産婦): 第94回日産婦関東連合地方部会総会 (97.10.19), 前橋, 日産婦関東連会報, 34(3): 412, 1997.

1923. [研究会(国際)] (特別講演) The natural history of endometrial carcinoma; Introduction to its molecular mechanisms. 蔵本博行(産婦): Seminar at Instituto di Patologia Generale ed Oncologia, Facolta di Medicina e Chirurgia, Seconda Universita Degli Studi di Napoli (97.07.24), ナポリ.

1924. [研究会(全国)] (シンポジウム等) ピルと発癌−副作用と副効用について−ピルのより良い使用をめざして. 蔵本博行(医療衛生): シンフェーズT28(低用量経口避妊剤)発売記念学術講演会 (1999.10.14), 岐阜.

1925. [研究会(全国)] (一般講演) 子宮体部腺癌. 林玲子,蔵本博行(産婦): 第22回細胞診断学セミナー (97.08.03), 東京.

1926. [研究会(全国)] (一般講演) 子宮体癌におけるエストロゲン依存性喪失機構と遺伝子異常. 秦宏樹(産婦): T.H.D.T.カンファレンス(Treatment of Hormone Dependent Tumors) (98.01.31), 東京, 抄録集, p.9〜10, 1998.

1927. [研究会(地方)] (特別講演) 婦人科悪性腫瘍と妊孕性温存. 蔵本博行(産婦): 第30回栃木県癌治療懇話会 (1999.06.19), 宇都宮.

1928. [研究会(地方)] (特別講演) 子宮内膜の病態と子宮内膜細胞診−最近の知見. 蔵本博行(医療衛生): 平成11年度第3回子宮がん検診従事医師等研修会 (2000.02.26), 秋田.

1929. [研究会(地方)] (特別講演) 閉経前後における子宮筋腫の取り扱い. 秦宏樹(産婦): 相模原市産婦人科医会 (97.05.14), 相模原.

1930. [研究会(地方)] (特別講演) 閉経前後における子宮筋腫の取り扱い−主に北里大学産婦人科の症例を中心として−. 秦宏樹(産婦): 神奈川県大和市産婦人科医会 (97.11.26), 大和.

1931. [研究会(地方)] (特別講演) 子宮頚がん・体がん検診について. 蔵本博行(産婦): 第6回埼玉県がん検診セミナー「婦人科がんをめぐる最近の話題から」. (97.12.15), 所沢.

1932. [研究会(地方)] (特別講演) 子宮筋腫に対するGnRHアナログ療法. 秦宏樹(産婦): 神奈川県保険医協会産婦人科研究会 (97.12.18), 横浜.

1933. [研究会(地方)] (特別講演) 子宮内膜癌の自然史. 蔵本博行(産婦): 大塚製薬(株)GEN研究所研究会 (98.03.17), 徳島.

1934. [研究会(地方)] (教育講演) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行(産婦): 第102回日臨細胞学会細胞検査士養成講習会 (97.07.08), 東京.

1935. [研究会(地方)] (一般講演) 子宮内膜細胞診. 蔵本博行(産婦): 癌研究付設細胞検査士養成所 (97.04.23), 東京.

1936. [研究会(地方)] (一般講演) 子宮体癌検診の対象. 蔵本博行(産婦): 江戸川産婦人科医会 (97.06.11), 東京.

1937. [研究会(地方)] (一般講演) 子宮頚癌・体癌の発生機序. 蔵本博行(産婦): 相模原産婦人科医会 (97.12.16), 相模原.


<<21 整形外科学>>

1938. [原著] Time course of post-ischemic superoxide generation in venous effluent from reperfused rabbit hindlimbs. 横山一彦,木村正統(整外),中村国衛(分生),中村光伸,糸満盛憲(整外): J. Reconstr. Microsurg., 15(3): 215〜221, 1999.

1939. [原著] Cortical revascularization after reamed and unreamed intramedullary nailing in the rabbit femur; A microangiographic histometric analysis. 中村聡明,糸満盛憲,横山一彦(整外): J. Trauma, 47(4): 744〜751, 1999.

1940. [原著] Deep infection and fracture healing in immediate and delayed locked intramedullary nailing for open femoral fractures. 横山一彦,甲斐秀実,糸満盛憲,上田正吾(整外),新藤正輝(救命),小林明正(整外): Orthopedics, 22(5): 485〜490, 1999.

1941. [原著] Effect of coenzyme Q10 on superoxide production in rats with reperfusion injuries. 横山一彦(整外),中村国衛(分生),中村光伸,木村正統(整外),野元けい子(分生),糸満盛憲(整外): Scand. J. Plast. Reconstr. Hand Surg., 33: 1〜5, 1999.

1942. [原著] 上腕骨骨幹部骨折に対する髄内釘横止め法の治療成績. 甲斐秀実,横山一彦,小林明正(整外),新藤正輝(救命),糸満盛憲(整外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 12(5): 185〜188, 1999.

1943. [原著] Kaneda Multisegmental Instrumentation Systemを用いた特発性側彎症に対する前方矯正固定術の検討. 安達公,蛯原有男,山屋智康,田辺賀則,二見俊郎,塚本行男(整外): 脊柱変形, 14(1): 75〜79, 1999.

1944. [原著] 家兎におけるACL一次修復術の組織学的及び力学的検討. 八木英憲,北爪伸仁(整外),森田真史(医療衛生): 東日本整形災害外科学会雑誌, 11(4): 495〜505, 1999.

1945. [原著] SUS316Lステンレス鋼とCo-Cr-Mo合金溶解液の体内残留と排泄. 山田友久(整外): 北里医学, 29(4): 198〜210, 1999.

1946. [原著] The influence of sterilization on the osteoinductive properties of bone in rat marrow cell culture. 富永俊行,泉敏弘(整外),大貫裕子(生化系),伊藤均(日本原子力研),糸満盛憲(整外): 北里医学, 29(4): 211〜219, 1999.

1947. [原著] Cell proliferation and TGF-β1 expression in fracture callus: Influence of stability at the fracture site. 峰原宏昌,泉敏弘(整外),神宮司誠也(九大),糸満盛憲(整外): 北里医学, 29(5): 266〜275, 1999.

1948. [準原著(英文)] Development of new tension band wiring system (AI-wiring system). 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,内山勝文,本部純子,品田尚孝(整外): Treasury of Hip Surgery, p.86〜87, 1999.

1949. [準原著] 両側進行期・末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術の治療経験. 本部純子,糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,志村幸孝(整外): Hip Joint, 25: 185〜188, 1999.

1950. [準原著] 手根管症候群の診断におけるポータブル型神経伝達速度計測器の有用性について. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 30(3): 199〜201, 1999.

1951. [準原著] 遊離広背筋皮弁と遊離血管柄付き骨移植を併用したGustilo VB型脛骨開放骨折の治療経験. 斉田康之,横山一彦,中村光伸,中村聡明,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 30(4): 318〜325, 1999.

1952. [準原著] 当院における膝半月板損傷のMR像と関節鏡所見との比較. 関忍,北爪伸仁,相川淳,高木淳,宮下謙一,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 関東膝を語る会会誌, 15(1): 35〜40, 1999.

1953. [準原著] 弾発指の治療経験. 藤田護,泉敏弘,糸満盛憲,小林明正,二見俊郎(整外): 神奈川整形災害外科学会雑誌, 12(5): 201〜204, 2000.

1954. [準原著] 若年者に発生したKienbock病. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男(整外): 整形外科, 51(2): 144〜148, 1999.

1955. [準原著] 穿刺手技を用いた家兎半月板修復術の実験的研究. 関忍,北爪伸仁,相川淳,高木淳,宮下謙一,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 東京膝関節学会会誌, 20: 159〜162, 1999.

1956. [準原著] 前十字靭帯一次修復術の術後成績と再鏡視像. 北爪伸仁,八木英憲,相川淳,高木淳,宮下謙一,関忍,二見俊郎,塚本行男(整外): 東京膝関節学会会誌, 20: 28〜31, 1999.

1957. [準原著] Kienbock病に対するSTT(scaphoid-trapezium-trapezoid)固定術の検討. 遠藤太刀男,二見俊郎,小林明正,塚本行男(整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 11(1): 52〜56, 1999.

1958. [準原著] de Quervain病における隔壁の検討−岩原・野末徴候の有用性について−. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 日本手の外科学会雑誌, 16(3): 347〜349, 1999.

1959. [準原著] セラミックス・セラミックス人工股関節に発生する引き抜き力. 馬渕清資(医療衛生),上野勝(京セラ),品田尚孝,糸満盛憲(整外): 日本人工関節学会誌, 29: 295〜296, 1999.

1960. [準原著] 変形性膝関節症関節液の粘弾性挙動に基づく実験的考察. 遠藤太刀男,八木英憲,小島隆史,小林明正,北爪伸仁,二見俊郎,塚本行男(整外),岡本彰夫,川田正寿(電気化学): 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 19: 253〜257, 1998.

1961. [研究報告(厚生省)] 多発性骨壊死の集積とその検討. 東計,糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘(整外): 厚生省特定疾患骨・関節系疾患調査研究班平成10年度研究報告書, p.221〜225, 1999.

1962. [研究報告(厚生省)] 特発性大腿骨頭壊死症の治療成績の解析及び治療法の確立に関する多施設共同研究; 特発性大腿骨頭壊死症に対する人工骨頭・人工股関節全置換術の成績−多施設共同追跡調査による10年以上経過例の検討. 松本忠美,兼氏歩,西野暢,杉森端三,加畑多文,柳下信一(金沢大),二ノ宮節夫(埼玉医大),高岡邦夫(信州大),糸満盛憲(整外),松野丈夫(旭川医 大),渥美敬(昭和大),樋口富士男(久留米大),久保俊一(京都府立医大),大園健二(阪大),長谷川幸治(名古屋大),野口康夫,広田良夫(九大): 厚生省特定疾患重点事業平成10年度報告書, p.21〜30, 1999.

1963. [症例報告] Primary shortening with secondary limb lengthening for type VB tibial fracture; A case report on refracture at the docking site. 八木健司,横山一彦,中村聡明,塚本達郎,糸満盛憲(整外): J. Orthop. Surg., 6(2): 101〜105, 1998.

1964. [症例報告] Secondary unreamed intramedullary nailing following external fixation and acute flap coverage for type VB open tibia fractures: A report of three successful cases. 横山一彦,糸満盛憲,田中啓司B,甲斐秀実(整外),新藤正輝(救命),宇井謙二(形外): J. Orthop. Surg., 6: 71〜77, 1999.

1965. [症例報告] 骨傷を伴わない腰動脈, 内腸骨動脈損傷の1例. 青木信一,糸満盛憲,高平尚伸,田中啓司B(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 30(3): 267, 1999.

1966. [症例報告] 踵部後面皮膚欠損に対するlateral calcaneal artery flapによる2再建例. 大谷伸久,横山一彦,関口昌和,品田尚孝,糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 30(5): 427〜430, 1999.

1967. [症例報告] 両膝膝蓋大腿関節に発生した離断性骨軟骨炎の1例. 相川淳,北爪伸仁,宮下謙一,高木淳,関忍,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 関東膝を語る会会誌, 15(1): 29〜34, 1999.

1968. [症例報告] スポーツによる大腿骨疲労骨折の2例. 今井立史(今井整形外科医院),中村光伸(整外),今井大助(順大): 山梨医学, 27: 182〜185, 1999.

1969. [症例報告] 治療に難渋したfloating knee骨折の1例. 藤田護,横山一彦,中村聡明,塚本達郎,関口昌和,糸満盛憲(整外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 12(2): 89〜92, 1999.

1970. [症例報告] 著明な軟骨形成を伴う, 腓骨骨幹部に発生した, 線維性骨異形成の1例. 駒田朋秀,北爪伸仁,笠井謙和,安達公,小林明正,二見俊郎,塚本行男(整外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 12(5): 153〜156, 2000.

1971. [症例報告] 手指不全切断を伴ったBado typeW開放性Monteggia骨折の1例. 日野勝利,高平尚伸(整外),新藤正輝(救命),田中啓司B(整外),山田直人,高瀬税,中村健B,高山敦子(形外),大和田隆(救命),糸満盛憲(整 外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 12(5): 205〜209, 2000.

1972. [症例報告] 透析患者にみられた両側同時, 大腿四頭筋腱皮下断裂の1例. 内山勝文,関口昌和,駒田朋秀,笠井謙和,野口高史,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 12(5): 215〜219, 2000.

1973. [症例報告] Kienbock病を合併した手根管症候群の3例. 中山知子,小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 整形外科, 51(1): 58〜61, 2000.

1974. [症例報告] 神経線維腫症における多発性脊髄・馬尾腫瘍4例の治療経験. 笠井謙和,安達公,蛯原有男,山屋智康,田辺賀則,二見俊郎(整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 11(4): 636〜640, 1999.

1975. [症例報告] 下肢蜂窩織炎様症状を主徴としたT-cell malignant lymphomaの1例. 田村幸穂,高平尚伸,熊谷謙,田中啓司B(整外),新藤正輝,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東誌, 20(1): 296〜297, 1999.

1976. [臨床治験] 腰痛症を対象としたTG62の二重盲検比較試験. 糸満盛憲(整外),小川龍(日医大),蜂谷将史(横浜南共済): Progress in Medicine, 19(6): 151〜167, 1999.

1977. [臨床治験] レボフロキサシンの関節液および滑膜への移行性の検討. 泉敏弘,糸満盛憲(整外),佐藤雅彦(第一製薬): 医学と薬学, 42(6): 993〜996, 1999.

1978. [総説] 大腿骨骨幹部骨折の骨接合術(髄内釘横止め法, エンダー法). 横山一彦,糸満盛憲(整外): M.B. Orthop., (増刊): 90〜93, 1999.

1979. [総説] 上腕, 肘関節の疾患, 外傷の診断における問診, 視診, 触診のコツ. 小林明正,塚本行男(整外): Orthopaedics, 12(13): 26〜29, 1999.

1980. [総説] 痛みの診療の実際−幻肢痛(切断肢痛)の診療. 二見俊郎(整外): 外科治療, 81(5): 595〜596, 1999.

1981. [総説] SLAC wristの臨床症状と診断. 二見俊郎,小林明正,脇田隆司,藤田護(整外): 関節外科, 19(1): 1999.

1982. [総説] 同種骨移植. 泉敏弘(整外): 整形外科, 51(1): 36, 1999.

1983. [総説] 21世紀の整形外科組織移植. 糸満盛憲(整外): 整形・災害外科, 42(10): 1152〜1153, 1999.

1984. [総説] 新しいtension band wiring system (pin-sleeve system)の開発. 糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,内山勝文,本部純子(整外),蔵本孝一(ナカシマプロペラ): 臨床整形外科, 34(6): 735〜744, 1999.

1985. [講座] 偽痛風の臨床症状と確定診断. 泉敏弘(整外): 日本医事新報, (3942): 110〜111, 1999.

1986. [学術書] (単著) 知っておきたいしびれの対処法−これで全てがわかる−; 二見俊郎(整外). 編集 二見俊郎(北里大), 真興交易医書出版社,東京,00.03.20発行.

1987. [学術書] (分担執筆) 新OS NOW, No.5 広範骨欠損の再建手術; 股関節の再建法, p.136〜144, 関口昌和,糸満盛憲(整外). 編集 阿部宗昭(阪大),高岡邦夫(信州大),岩本幸英(九大),落合直之(筑波大), メジカルビュー社,東京,00.02.05発行.

1988. [学術書] (分担執筆) 整形外科手術後療法のコツ−私はこうしている−下巻, 下肢・小児疾患; Chiari骨盤骨切り術, p.23〜26, 関口昌和,糸満盛憲(整外). 編集 青木治人(聖マリ医大),糸満盛憲(北里大), 全日本病院出版会,東京,99.07.01発行.

1989. [学術書] (分担執筆) 整形外科手術後療法のコツ−私はこうしている−下巻下肢・小児疾患; 骨移植を要する人工股関節再置換術, p.60〜63, 糸満盛憲(整外). 編集 青木治人(聖マリ医大),糸満盛憲(北里大), 全日本病院出版会,東京,99.07.01発行.

1990. [学術書] (分担執筆) 整形外科手術後療法のコツ−私はこうしている−下巻, 下肢・小児疾患; 大腿骨骨幹部骨折の骨接合術−髄内釘横止め法, Ender法−, p.90〜93, 横山一彦,糸満盛憲(整外). 編集 青木治人(聖マリ医大),糸満盛憲(北里大), 全日本病院出版会,東京,99.07.01発行.

1991. [学術書] (分担執筆) 整形外科手術後療法のコツ−私はこうしている−下巻, 下肢・小児疾患; 脛骨顆部骨折・顆間隆起骨折, p.137〜142, 泉敏弘,糸満盛憲(整外). 編集 青木治人(聖マリ医大),糸満盛憲(北里大), 全日本病院出版会,東京,99.07.01発行.

1992. [学術書] (分担執筆) 整形外科手術後療法のコツ−私はこうしている−上巻, 上肢・脊椎; 橈骨遠位端骨折の観血的整復固定術, p.180〜183, Kienbock病に対する支持骨柱移植術, p.205〜208, 二見俊郎,脇田隆司(整外). 編集 青木治人(聖マリ医大),糸満盛憲(北里大), 全日本病院出版会,東京,99.07.01発行.

1993. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針第42版; 第20章運動器疾患, 特発性大腿骨頭壊死症, p.676, 糸満盛憲(整外). 編集 多賀須幸男(多賀須消化器科内科クリニック),尾形悦郎(癌研), 医学書院,東京,00.01.01発行.

1994. [学術書] (分担執筆) 今日の整形外科治療指針, 第4版; 第1章診断と治療総論−骨移植と骨バンク, p.32〜33; 第2章, 外傷一般−骨折の診断・治療のピットホール, p.61〜64; 第10章, リハビリテーション−骨折・脱臼のリハビリテーション, p.327〜328, 糸満盛憲(整外). 編集 二ノ宮節夫(埼玉医大),富士川恭輔(防衛医大),越智隆弘(阪大),国分正一(東北大), 医学書院,東京,00.01.15発行.

1995. [学術書] (分担執筆) 今日の整形外科治療指針第4版; 第28章, 足関節・足部の疾患−アキレス腱断裂, p.748〜749, 小林明正(整外). 編集 二ノ宮節夫(埼玉医大),富士川恭輔(防衛医大),越智隆弘(阪大),国分正一(東北大), 医学書院,東京,00.01.15発行.

1996. [学術書] (分担執筆) 知っておきたいしびれの対処法−これで全てがわかる−; 整形外科からみた上肢のしびれ, p.86〜96, 小林明正(整外). 編集 二見俊郎(北里大), 真興交易医書出版社,東京,00.03.20発行.

1997. [学術書] (分担執筆) 骨折, 脱臼; 手根骨骨折, p.439〜459, 二見俊郎(整外) 編集 富士川恭輔(防衛医大),鳥巣岳彦(大分医大), 南山堂,東京,99.11.00発行.

1998. [学術書] (編集) 整形外科手術後療法のコツ−私はこうしている−上巻, 上肢・脊椎, 下巻, 下肢・小児疾患; 編集 青木治人(聖マリ医大),糸満盛憲(整外), 全日本病院出版会,東京,99.07.01発行.

1999. [学術書] (編集) 知っておきたいしびれの対処法−これで全てがわかる−; 編集 二見俊郎(北里大), 真興交易医書出版社,東京,00.03.20発行.

2000. [教科書] (分担執筆) 整形外科最新の治療; 同種骨銀行の現状, p.58, 関口昌和,糸満盛憲(整外). 編集 平沢泰介(京都府立医大),高岡邦夫(信州大),星野雄一(自治医大), 南江堂,東京,99.04.25発行.

2001. [教科書] (分担執筆) 新OS NOW, 2.下肢外傷の手術療法; 頚部骨折骨接合術, p.10〜16, 関口昌和,糸満盛憲(整外). 編集 高岡邦夫(信州大),阿部宗昭(大阪医大),岩本幸英(九大),落合直之(筑波大), メジカルビュー社,東京,99.04.15発行.

2002. [その他の著書(概説書)] (単著) 股関節の痛みをとる本; 糸満盛憲(整外). 講談社,東京,99.08.01発行.

2003. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Pediatrics, No.1: p.6〜10, 西村明人(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.04.00発行.

2004. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Pediatrics, No.3: p.10〜16, 西村明人(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.11.00発行.

2005. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Trauma, No.1: p.11〜16, 高平尚伸(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.04.00発行.

2006. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Spine, No.1: p.17〜24, 安達公(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.04.00発行.

2007. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Hand, No.2: p.5〜11, 小林明正(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.08.00発行.

2008. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Tumors, No.2: p.12〜16, 北爪伸仁(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.08.00発行.

2009. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Arthoplasty, No.2: p.17〜22, 関口昌和(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.08.00発行.

2010. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Foot & Ankle, No.3: p.5〜9, 横山一彦(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.11.00発行.

2011. [翻訳] (分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery-Index & Reviews; Sports Medicine, No.3: p.17〜22, 泉敏弘(整外). 編集 エーザイ, エーザイ,東京,99.11.00発行.

2012. [学会(国際)] (特別講演) Current status of tissue bank in Japan. 糸満盛憲(整外): New Millennium Workshop for Bone and Tissue Bank (2000.02.11〜12), 韓国.

2013. [学会(国際)] (特別講演) Biology of allograft. 糸満盛憲(整外): New Millennium Workshop for Bone and Tissue Bank (2000.02.11〜12), 韓国.

2014. [学会(国際)] (教育講演) Processing (Customization & Secondary Sterilization). 糸満盛憲(整外): New Millennium Workshop for Bone and Tissue Bank (2000.02.11〜12), 韓国.

2015. [学会(国際)] (教育講演) Allografts in hip. 糸満盛憲(整外): New Millennium Workshop for Bone and Tissue Bank (2000.02.11〜12), 韓国.

2016. [学会(国際)] (一般講演) Hyaluronan modified IL-1α-induced extracelluar matrix changes and nitric oxide produciton in cultured chondrocytes. 高平尚伸,糸満盛憲,高岸憲二,西村明人,利根川雅俊,大高文典(整外): 4th Osteoarthritis Research Society International (1999.09.16〜19), Vienna, Abstracts, p.518, 1999.

2017. [学会(国際)] (一般講演) Restrative laminectomy for lumbar canal stenosis. 安達公,蛯原有男,山屋智康,笠井謙和,二見俊郎(整外): 4th Combined Meeting of Spine and Paediatric Sections of WPOA and RCOST (1999.10.20〜23), パタヤ, タイ.

2018. [学会(国際)] (一般講演) Surgical treatment of malignant tumors in the upper extremity. 那須野秀二,二見俊郎,大西太,糸満盛憲(整外): 3rd Combined Meeting of the Japanese and American Societies for Surgery of the Hand (2000.03.25〜28), Hawaii.

2019. [学会(国際)] (ポスター講演) Anterior correction of thoracic idiopathic scoliosis using Kaneda multisegmental instrumentation system. 笠井謙和,安達公,蛯原有男,山屋智康,田辺賀則,二見俊郎(整外): 4th Combined Meeting of Spine and Paediatric Sections of WPOA and RCOST (1999.10.20〜23), パタヤ, タイ.

2020. [学会(国際)] (ポスター講演) Repair of defects in spondyloloysis by pedicle screw and wiring fixation. 蛯原有男,安達公,山屋智康,田辺賀則,笠井謙和,二見俊郎(整外): 4th Combined Meeting of Spine and Paediatric Sections of WPOA and RCOST (1999.10.20〜23), パタヤ, タイ.

2021. [学会(国際)] (ポスター講演) Chronological changes of nitric oxide, superoxide, and blood circulation in the muscle after warm ischemic reperfusion: Using a rabbit rectus femoris muscle model. 中村光伸,横山一彦(整外),中村国衛(分生),糸満盛憲(整外): American Society for Reconstructive Microsurgery (2000.01.08〜11), マイアミ, 抄録集, p.133.

2022. [学会(国際)] (ポスター講演) Time course of superoxide generation in reperfusion after arterial ischemia and venous congestion. 横山一彦,中村光伸(整外),中村国衛(分生),糸満盛憲(整外): American Society for Reconstructive Microsurgery (2000.01.08〜11), マイアミ, 抄録集, p.134.

2023. [学会(国際)] (ポスター講演) TGF-β1 and basic FGF in fracture soft callus: Infuence of fixation stability. 峰原宏昌,泉敏弘,内野正隆,富永俊行(整外),大貫裕子(生化系),糸満盛憲(整外): 46th Orthopaedic Research Society (2000.03.12〜15), フロリダ.

2024. [学会(国際)] (ポスター講演) Surgical treatment for fractures of the hook of the hamate. 小林明正,二見俊郎,中村光伸(整外): 3rd Combined Meeting of the Japanese and American Societies for Surgery of the Hand (2000.03.25〜28), Hawaii.

2025. [学会(国際)] (ポスター講演) Median nerve palsy associated with fractures of the distal radius. 中村光伸,二見俊郎,小林明正,糸満盛憲(整外): 3rd Combined Meeting of the Japanese and American Societies for Surgery of the Hand (2000.03.25〜28), Hawaii.

2026. [学会(全国)] (シンポジウム等) 外反-屈曲骨切術の長期成績. 糸満盛憲,関口昌和,本部純子,東計,泉敏弘(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(3): 600, 1999.

2027. [学会(全国)] (シンポジウム等) 非接触型変位計測装置を用いた手関節運動の三次元計測. 中村一仁,二見俊郎,小林明正(整外),馬渕清資(医療衛生): 第42回日本手の外科学会学術集会 (1999.05.13〜14), 東京, 抄録集, p.142, 1999.

2028. [学会(全国)] (シンポジウム等) 舟状骨偽関節の治療−criss-cross法の検討−. 脇田隆司,二見俊郎,小林明正,関忍,塚本行男(整外): 第42回日本手の外科学会学術集会 (1999.05.13〜14), 東京, 抄録集, p.148, 1999.

2029. [学会(全国)] (シンポジウム等) ラット骨折モデルにおける固定法の違いと骨折仮骨の変化. 峰原宏昌,泉敏弘,脇田隆司,内野正隆,富永俊行,大谷伸久(整外),大貫裕子(生化系),糸満盛憲(整外): 第25回日本骨折治療学会 (1999.07.09〜10), 長野, 抄録集, p.23, 1999.

2030. [学会(全国)] (シンポジウム等) 新しい骨端部骨接合法−Pin-sleeve systemを用いて−. 内山勝文,糸満盛憲,関口昌和,泉敏弘,本部純子,東計(整外): 第25回日本骨折治療学会 (1999.07.09〜10), 長野, 抄録集, p.68, 1999.

2031. [学会(全国)] (シンポジウム等) 脛骨欠損偽関節に対する治療法−遊離血管柄付き骨移植術と仮骨延長法との比較−. 横山一彦,糸満盛憲,関口昌和,西村明人,中村光伸,塚本達郎,中村聡明(整外),新藤正輝,田中啓司B(救命): 第25回日本骨折治療学会 (1999.07.09〜10), 長野, 抄録集, p.74, 1999.

2032. [学会(全国)] (シンポジウム等) 冷凍保存同種骨を用いた患肢再建術の経験(中間挿入移植として). 那須野秀二,大野司,関口昌和,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第35回日本移植学会総会 (1999.09.15〜17), つくば, 抄録集, p.146, 1999.

2033. [学会(全国)] (シンポジウム等) 人工股関節の潤滑−その再考察−. 馬渕清資(医療衛生),上野勝(京セラ),品田尚孝(整外),笹田直(千葉工大),糸満盛憲(整外): 第14回日本整形外科学会基礎学術集会 (1999.10.07〜08), 奈良, 日本整形外科学会雑誌, 73(8): 1461, 1999.

2034. [学会(全国)] (シンポジウム等) グルココルチコイド前投与により生じるウサギ大腿骨栄養動脈の血管機能変化の薬理学的検討. 東計(整外),石川均(眼),関口昌和,糸満盛憲(整外): 第26回日本股関節学会 (1999.10.29〜30), 抄録集, p.72, 1999.

2035. [学会(全国)] (一般講演) 特発性側彎症胸椎カーブに対する前方矯正固定術の試み. 安達公,蛯原有男,山屋智康,田辺賀則,笠井謙和,二見俊郎,塚本行男(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(2): 151, 1999.

2036. [学会(全国)] (一般講演) 胸肋鎖骨肥厚症に合併した肩鎖関節炎. 高岸憲二(群大),西村明人,利根川雅俊,大高文典(整外),篠崎哲也,竹内公彦(群大),糸満盛憲(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(2): 215, 1999.

2037. [学会(全国)] (一般講演) 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術. 山屋智康,安達公,蛯原有男,田辺賀則,二見俊郎,塚本行男(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(2): 364, 1999.

2038. [学会(全国)] (一般講演) 同側上腕骨・前腕骨骨折(Floating Elbow骨折)の機能成績. 横山一彦,糸満盛憲,小林明正(整外),新藤正輝(救命),二見俊郎(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(3): 799, 1999.

2039. [学会(全国)] (一般講演) 当院における膝前十字靭帯再建術の術後成績. 関忍,北爪伸仁,相川淳,宮下謙一,八木英憲,二見俊郎,塚本行男(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(3): 932, 1999.

2040. [学会(全国)] (一般講演) 特発性手根管症候群に合併した弾発指の臨床像. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第42回日本手の外科学会学術集会 (1999.05.13〜14), 東京, 抄録集, p.176, 1999.

2041. [学会(全国)] (一般講演) de Quervain病における隔壁の検討−岩原ー野末徴候の有用性について−. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第42回日本手の外科学会学術集会 (1999.05.13〜14), 東京, 抄録集, p.277, 1999.

2042. [学会(全国)] (一般講演) 関節液の粘弾性及びヒアルロン酸溶液の添加効果. 遠藤太刀男,塚本行男,小林明正(整外): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌.

2043. [学会(全国)] (一般講演) 兎関節内へのMCP-1持続投与の影響. 西村明人(整外),赤星透(内),高岸憲二(群馬大),近藤啓文(内),糸満盛憲(整外): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌.

2044. [学会(全国)] (一般講演) RA手に発生した腱皮下断裂の検討. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,塚本行男(整外): 第43回日本リウマチ学会総会 (1999.06.03〜05), 札幌.

2045. [学会(全国)] (一般講演) 外傷後MRSA深部感染症の治療経験−骨欠損部における再建法を中心に−. 片野素昭,横山一彦,関口昌和,中村光伸,青木信一(整外),新藤正輝(救命),糸満盛憲(整外): 第25回日本骨折治療学会 (1999.07.09〜10), 長野, 抄録集, p.29, 1999.

2046. [学会(全国)] (一般講演) TAE後に殿筋壊死を合併した骨盤骨折の5例. 高平尚伸(整外),新藤正輝,田中啓司B(救命),西巻博(放),大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第25回日本骨折治療学会 (1999.07.09〜10), 長野, 抄録集, p.30, 1999.

2047. [学会(全国)] (一般講演) 軟部組織原発平滑筋腫瘍の悪性化における細胞周期制御因子の関与. 野口高史(整外),土橋洋(病理),糸満盛憲(整外),亀谷徹(病理): 第32回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 (1999.07.16〜17), 岐阜, 日本整形外科学会雑誌, 73(6): 1237, 1999.

2048. [学会(全国)] (一般講演) 非クロストリジウム性ガス壊疽の7症例. 高平尚伸(整外),新藤正輝,田中啓司B(救命),高崎純孝(整外),相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第47回日本災害医学会 (1999.10.06〜07), 広島, 日本災害医学会会誌, 47(臨増): 114, 1999.

2049. [学会(全国)] (一般講演) 当院におけるリスフラン関節脱臼骨折の治療成績. 高崎純孝,高平尚伸(整外),新藤正輝,田中啓司B,相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第47回日本災害医学会 (1999.10.06〜07), 広島, 日本災害医学会会誌, 47(臨増): 157, 1999.

2050. [学会(全国)] (一般講演) 低出力超音波パルスがST2細胞に及ぼす影響について. 成瀬康治(整外),高垣裕子(神奈川歯大),亀山孝三(分生),泉敏弘,糸満盛憲(整外),東由明,伊東雅弥,太田知裕(帝人): 第14回日本整形外科学会基礎学術集会 (1999.10.07〜08), 奈良, 日本整形外科学会雑誌, 73(8): 1543, 1999.

2051. [学会(全国)] (一般講演) グルココルチコイドによるウサギ大腿骨栄養動脈反応性の変化. 東計(整外),石川均(眼),関口昌和,糸満盛憲(整外): 第14回日本整形外科学会基礎学術集会 (1999.10.07〜08), 奈良, 日本整形外科学会雑誌, 73(8): 1786, 1999.

2052. [学会(全国)] (一般講演) 家兎大腿直筋温阻血後再潅流モデルにおける血中一酸化窒素と活性酸素, 及び筋内血流の経時的変化. 中村光伸,横山一彦(整外),中村国衛(分生),西村明人,斉田康之,糸満盛憲(整外): 第14回日本整形外科学会基礎学術集会 (1999.10.07〜08), 奈良, 日本整形外科学会雑誌, 73(8): 1837, 1999.

2053. [学会(全国)] (一般講演) 穿刺手技を用いた家兎半月板修復術の実験的研究. 関忍,北爪伸仁,高木淳,宮下謙一,八木英憲,二見俊郎,糸満盛憲(整外): 第14回日本整形外科学会基礎学術集会 (1999.10.07〜08), 奈良, 日本整形外科学会雑誌, 73(8): 1852, 1999.

2054. [学会(全国)] (一般講演) 四肢阻血再潅流モデルにおける血中活性酸素(O2-)の経時的変化−モデルによるO2-発生量の違いについて−. 横山一彦,中村光伸,斉田康之,糸満盛憲(整外): 第26回日本マイクロサージャリー学会 (1999.11.11), 東京, 抄録集, p.127.

2055. [学会(全国)] (一般講演) 冷凍保存同種骨の利用. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和,那須野秀二,富永俊行(整外): 第26回日本低温医学会総会 (1999.11.18〜19), 福岡, 抄録集, p.27, 1999.

2056. [学会(全国)] (一般講演) 人工股関節十字ステム固定法の理念. 馬渕清資(医療衛生),品田尚孝,糸満盛憲(整外),上野勝,石田典之(京セラ): 第30回日本人工関節学会 (2000.02.09〜11), 名古屋.

2057. [学会(全国)] (一般講演) 感染股関節の二期的人工股関節置換術における同種骨の利用. 関口昌和,糸満盛憲,泉敏弘,東計,内山勝文,佐藤俊博(整外): 第30回日本人工関節学会 (2000.02.09〜11), 名古屋.

2058. [学会(全国)] (一般講演) Gustilo type VB下腿骨開放骨折の治療. 新藤正輝,田中啓司B(救命),高平尚伸(整外),山田直人(形外): 第6回救急整形外傷シンポジウム (2000.02.04), 宮崎, 抄録集, p.25, 2000.

2059. [学会(全国)] (ポスター講演) 髄内釘ねじ横止め法による足関節固定術の長期成績について. 中村光伸,横山一彦,北爪伸仁,国分一正,糸満盛憲(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(3): 854, 1999.

2060. [学会(全国)] (ポスター講演) 同種骨移植による下肢広範骨欠損再建後の再手術症例の検討. 泉敏弘,糸満盛憲,関口昌和,那須野秀二,横山一彦(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜11), 横浜, 日本整形外科学会雑誌, 73(3): 864, 1999.

2061. [学会(全国)] (ポスター講演) 右三角筋内に発生した“hyalinizing spindle cell tumor with giant rosettes”の1例. 野口高史(整外),土橋洋(病理),那須野秀二(整外),岩渕啓一(病理),糸満盛憲(整外),亀谷徹(病理): 第32回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 (1999.07.16〜17), 岐阜, 日本整形外科学会雑誌, 73(6): 1290, 1999.

2062. [学会(全国)] (ポスター講演) 大腿骨骨頭の血管系−特発性ならびにステロイド性大腿骨頭壊死の骨頭内血管構築−. 北爪伸仁,八木英憲,関忍,宮下謙一,高木淳,二見俊郎(整外): 第14回日本整形外科学会基礎学術集会 (1999.10.07〜08), 奈良, 日本整形外科学会雑誌, 73(8): 1706, 1999.

2063. [学会(地方)] (特別講演) 同種骨移植による骨欠損の修復−特に人工関節再置換術における有用性. 糸満盛憲(整外): 第97回西日本整形・災害外科学会 (1999.06.11〜12), 福岡.

2064. [学会(地方)] (一般講演) セメントレス人工股関節置換術におけるDall-Miles Cable Grip Systemによる大転子接合の検討. 内山勝文,糸満盛憲,関口昌和,東計,本部純子,高崎純孝(整外): 第38回関東整形災害外科学会 (1999.05.22), 東京, 抄録集, p.69. 1999.

2065. [学会(地方)] (一般講演) 足底部慢性潰瘍に対する逆行性腓腹動脈皮弁にて治療した1例. 向井田智之,横山一彦,斉田康之,中村光伸,糸満盛憲,小宮宏一郎(整外): 第38回関東整形災害外科学会 (1999.05.22), 東京, 抄録集, p.77. 1999.

2066. [学会(地方)] (一般講演) 治療に難渋したfloating knee骨折の1例. 藤田護,横山一彦,中村聡明,塚本達郎,関口昌和,糸満盛憲(整外): 第106回神奈川整形災害外科医会 (1999.06.05), 横浜.

2067. [学会(地方)] (一般講演) 穿刺手技を用いて修復した半月板のMR像と再鏡視所見. 高木淳,北爪伸仁,八木英憲,関忍,宮下謙一,二見俊郎(整外): 第7回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (1999.06.26), 横浜.

2068. [学会(地方)] (一般講演) ACL再建術後, 再断裂を来たした空手道選手の2症例. 宮下謙一,北爪伸仁,八木英憲,関忍,高木淳,二見俊郎(整外): 第7回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (1999.06.26), 横浜.

2069. [学会(地方)] (一般講演) 骨肉腫肺転移を外科切除にて救命し得た1例. 禹雅誉,大西太,那須野秀二,泉敏弘,糸満盛憲,大野司(整外): 第596回関東整形災害外科学会月例会 (1999.06.26), 東京.

2070. [学会(地方)] (一般講演) 透析患者にみられた両側同時, 大腿四頭筋腱皮下断裂の1例. 駒田朋秀,内山勝文,関口昌和,笠井謙和,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第597回関東整形災害外科学会東京地方会 (1999.09.25), 東京.

2071. [学会(地方)] (一般講演) 穿刺手技を用いた家兎半月板修復術の実験的研究. 関忍,北爪伸仁,高木淳,宮下謙一,八木英憲,二見俊郎(整外): 第48回東日本整形災害外科学会 (1999.09.23〜24), 横浜, 東日本整災会誌, 11(3): 334, 1999.

2072. [学会(地方)] (一般講演) 線維性骨異形性に続発した大腿骨骨肉腫の1例. 福島宣明,那須野秀二,大西太,泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第598回関東整形災害外科学会東京地方会 (1999.10.30), 東京.

2073. [学会(地方)] (一般講演) 示指末節骨への骨転移を初発とした腎細胞癌の1例. 八木健司,小林明正,蛯原有男,朴晃正,片野素昭,北爪伸仁,二見俊郎(整外): 第598回関東整形災害外科学会東京地方会 (1999.10.30), 東京.

2074. [学会(地方)] (一般講演) 手指不全断裂を伴ったBado typeW開放性Monteggia骨折の1例. 日野勝利,高平尚伸(整外),新藤正輝,田中啓司B(救命),山田直人,高瀬悦,中村健B,高山敦子(形外),大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第107回神奈川整形災害外科医会 (1999.11.13), 横浜, 神奈川整形災害医学会誌, 12(3): 3, 1999.

2075. [学会(地方)] (一般講演) 示指末節骨に初発した腎細胞癌の1例. 八木健司,片野素昭,朴晃正,蛯原有男,北爪伸仁,二見俊郎(整外): 第107回神奈川整形災害外科医会 (1999.11.13), 横浜, 神奈川整形災害学医学会誌, 12(3): 9, 1999.

2076. [学会(地方)] (一般講演) 化膿性肩関節炎に対して抗生剤入りセメントビーズを使用した1例. 大塚宏,西村明人,塚本達郎,内山勝文,宮部基,糸満盛憲(整外): 第39回関東整形災害外科学会 (1999.11.27), 東京, 関東整災誌, 30: 73, 1999.

2077. [学会(地方)] (一般講演) 辺縁切除縁にて摘出しえた胸椎部骨肉腫の1例. 朴晃正,安達公,蛯原有男,那須野秀二,片野素昭,笠井謙和,二見俊郎(整外): 第39回関東整形災害外科学会 (1999.11.27), 東京, 関東整災誌, 30: 85, 1999.

2078. [学会(地方)] (一般講演) 臼蓋骨折手術後に生じた異所性骨化による坐骨神経障害の1例. 新田浩史,東計,関口昌和,泉敏弘,内山勝文,糸満盛憲(整外): 第601回関東整形災害外科学会東京地方会 (2000.03.25), 東京.

2079. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 感染股関節に対する二期的人工関節置換術のタイミング−抗生剤含有セメントスペーサーを用いた場合−. 東計,糸満盛憲,関口昌和,内山勝文,佐藤俊博(整外): 第7回Hip Forum '99 (1999.07.23〜24), 北海道, 抄録集, p.12, 1999.

2080. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 実験的変性関節の摩擦測定. 小向啓,笹田直(千葉工大),糸満盛憲(整外),大田未知,馬渕清資(医療衛生): 第20回バイオトライボロジシンポジウム (2000.03.11), 京都.

2081. [研究会(全国)] (一般講演) バンコマイシン含有セメントスペーサーを用い二期的人工股関節置換術を施行したMRSA感染の2例−重合熱の低いタイプの骨セメントを利用して−. 東計,糸満盛憲(整外),橋本彰子(薬剤),関口昌和,内山勝文,大西太(整外): 第22回日本骨・関節感染症研究会 (1999.06.19), 東京.

2082. [研究会(全国)] (一般講演) 滅菌骨添加による骨髄細胞の骨への分化. 富永俊行,泉敏弘,内野正隆,峰原宏昌,大谷伸久(整外),大貫裕子(生化系),関口昌和(整外),伊藤均(日本原子力研),糸満盛憲(整外): 第18回日本骨・関節・軟部組織移植研究会 (1999.09.19), 東京, 抄録集, p.16, 1999.

2083. [研究会(全国)] (一般講演) 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大形成術の検討−椎弓切除と比較して−. 笠井謙和,安達公,蛯原有男,山屋智康,田辺賀則,二見俊郎(整外): 第7回日本腰痛研究会 (1999.11.20), 名古屋.

2084. [研究会(全国)] (一般講演) 肘関節後方不安定症に対しextension blockを試みた2例. 片野素昭,二見俊郎,小林明正,北爪伸仁,安達公(整外): 第12回日本肘関節研究会 (2000.02.26), 東京.

2085. [研究会(地方)] (特別講演) 手・肘のスポーツ障害の診断と治療. 二見俊郎(整外): 第38回横浜市整形外科医会 (1999.04.17), 横浜.

2086. [研究会(地方)] (特別講演) 関節軟骨の修復. 泉敏弘(整外): 相模原市医師会整形外科医会 (1999.05.22), 相模原.

2087. [研究会(地方)] (特別講演) 膝スポーツ外傷・障害. 北爪伸仁(整外): 津久井郡医師会学術講演会 (1999.06.02), 津久井.

2088. [研究会(地方)] (特別講演) 同種骨移植による骨欠損部の再建−特に腫瘍と人工関節再置換について−. 糸満盛憲(整外): 第3回埼玉・県南東部整形外科勉強会 (1999.09.03), 越谷.

2089. [研究会(地方)] (特別講演) 上肢骨折に関する最近の知見. 二見俊郎(整外): 第17回日本大学整形外科同門会 (1999.11.14), 東京.

2090. [研究会(地方)] (特別講演) 超音波骨折治療器の偽関節(遷延癒合を含む)に対する多施設臨床試験. 糸満盛憲(整外): 第3回日本超音波治療研究会 (2000.01.22), 東京, 抄録集, p.46.

2091. [研究会(地方)] (特別講演) 骨折治療の新たな発展に向けて. 糸満盛憲(整外): 第100回北海道整形外科外傷研究会 (2000.02.26), 北海道, 北海道外傷研究会誌, (抄録号): 2, 2000.

2092. [研究会(地方)] (特別講演) 同種骨を用いた人工股関節再置換術. 関口昌和(整外): 第12回関東股関節懇話会 (2000.03.04), 東京.

2093. [研究会(地方)] (教育講演) 骨折について. 高平尚伸(整外): 持田製薬(株)社員研修会 (1999.04.26), 厚木.

2094. [研究会(地方)] (教育講演) 変形性膝関節症の病態と治療について. 高平尚伸(整外): ノバルティスファーマ(株)社内勉強会 (1999.05.21), 東京.

2095. [研究会(地方)] (教育講演) 膝前十字靭帯再建術. 北爪伸仁(整外): 第15回神奈川整形手術手技研究会 (1999.06.11), 横浜.

2096. [研究会(地方)] (教育講演) 上肢のスポーツ障害. 二見俊郎(整外): 第34回相模原市整形外科医会学術講演会 (2000.03.18), 相模原.

2097. [研究会(地方)] (一般講演) 両下腿腫瘍が疑われた, 脂肪織炎の1例. 只野功,北爪伸仁,宮下謙一,高木淳,笠井謙和,中沢俊之,二見俊郎(整外): 第29回神奈川関節外科研究会 (1999.09.18), 横浜.

2098. [研究会(地方)] (一般講演) 若年者に発生したKienbock病の治療経験. 小林明正,二見俊郎,遠藤太刀男,中沢俊之,片野素昭(整外): 第5回神奈川手・肘の外科研究会 (1999.10.09), 横浜.

2099. [研究会(地方)] (一般講演) 母指CM関節内に認められた線維性索状物の1例. 原洋,小林明正,向井田智之,北爪伸仁,二見俊郎(整外): 第5回神奈川手・肘の外科研究会 (1999.10.09), 横浜.

2100. [研究会(地方)] (一般講演) 弾発指の治療経験. 藤田護,新田浩史,小林明正,二見俊郎(整外): 第5回神奈川手・肘の外科研究会 (1999.10.09), 横浜.

2101. [研究会(地方)] (一般講演) 膝蓋骨に発生した良性軟骨芽細胞腫の1例. 高木淳,北爪伸仁,関忍,宮下謙一,二見俊郎(整外): 第26回関東膝を語る会 (1999.11.20), 東京.

2102. [研究会(地方)] (一般講演) 大腿骨内顆の骨棘様隆起により内側関節包を損傷した1例. 宮下謙一,北爪伸仁,関忍,高木淳,二見俊郎(整外): 第26回関東膝を語る会 (1999.11.20), 東京.

2103. [研究会(地方)] (一般講演) 低出力超音波パルスのオステオカルシン発現増加の機序. 成瀬康治,高垣裕子(整外),亀山孝三(分生),泉敏弘,糸満盛憲(整外): 第3回日本超音波骨折治療研究会 (2000.01.22), 東京, 抄録集, p.16.

2104. [研究会(地方)] (一般講演) 弾発指の治療経験. 藤田護,小林明正,二見俊郎(整外): 第14回東日本手の外科研究会 (2000.02.12), 青森, 抄録集, p.101.

2105. [研究会(地方)] (一般講演) 観血治療を行った尺側手根伸筋腱症候群. 小林明正,二見俊郎,藤田護,遠藤太刀男(整外): 第14回東日本手の外科研究会 (2000.02.12), 青森, 抄録集, p.103.

2106. [研究会(地方)] (一般講演) 母指CM関節内に認められた線維性索状物の1例. 原洋,小林明正,向井田智之,北爪伸仁,二見俊郎(整外): 第14回東日本手の外科研究会 (2000.02.12), 青森, 抄録集, p.85.

2107. [研究会(地方)] (一般講演) 左側胸部軟骨肉腫の1例. 福島宣明,大西太,那須野秀二(整外): 第229回北里大学病院CPC (2000.02.23), 相模原.

2108. [研究会(地方)] (一般講演) 股関節に生じた異所性骨化による坐骨神経障害. 新田浩史,東計,関口昌和,内山勝文,大西太,本部純子,糸満盛憲(整外): 第12回関東股関節懇話会 (2000.03.04), 東京.

2109. [研究会(地方)] (公開講座) 変形性膝関節症の病態と望まれる治療法(剤)の開発; 薬物効果の判定法を探る. 高平尚伸(整外): 膝関節症研究セミナー (1999.05.28), 東京.

2110. [研究会(地方)] (公開講座) 腰痛, 下肢痛患者の診断と治療. 安達公(整外): 第1014回最新医療セミナー (1999.05.30), 東京.

2111. [研究会(地方)] (公開講座) 外来診療での手指・手関節・肘痛患者の対処法. 二見俊郎(整外): 第1014回最新医療セミナー (1999.05.30), 東京.

2112. [研究会(地方)] (公開講座) 高齢者の関節の痛みとそのいたわり方. 関口昌和(整外): 平成11年度市民大学(北里大学コース) (1999.09.21), 相模原.

2113. [研究会(地方)] (公開講座) 高齢者の整形外科疾患の診断と治療のコツ. 二見俊郎(整外): 第1034回最新医療セミナー (1999.12.05), 東京.

2114. [研究会(地方)] (公開講座) 後縦靭帯骨化症を理解する. 安達公(整外): 特定疾患講演会 (2000.03.09), 足柄.

2115. [学会主催(国内学会)] AO/ASIF Compact Course - Principles of Fracture Management, 骨折に関するワークショップ(99.05.26〜28),横浜, 糸満盛憲(整外).

2116. [学会主催(国内学会)] 第3回超音波骨折治療研究会(00.01.22), 東京, 糸満盛憲(整外).

2117. [学会主催(国内学会)] 第12回日本肘関節研究会(00.02.26), 東京, 塚本行男(整外).


<<22 形成外科学>>

2118. [原著] Augmentation rhinoplasty by using L-shaped auricular cartilage frame work with dermal-fat graft for cleft lip nose. 中北信昭,瀬崎晃一郎,山崎安晴,内沼栄樹(形外): Aesthetic Plast. Surg., 23: 107〜112, 1999.

2119. [原著] Pretreatment of human keratinocyte sheets with laminin 5 improves their grafting efficiency. 武田啓,門谷久仁子,塩谷信幸,内沼栄樹(形外),常長誠,西山敏夫,天野聡,Burgeson, R.E.: J. Invest. Dermatol., 113: 38〜42, 1999.

2120. [原著] Bone regeneration by the polymer capsules containing recombinant human bone morphogenetic protein-2. 磯部昌継(東医歯大),山崎安晴(形外),森雅弘,天笠光雄(東医歯大): J. Oral Maxillofac. Surg., 57: 695〜698, 1999.

2121. [原著] Clinical evaluation of an allogeneic cultured dermal substitute composed of fibroblasts within a spongy collagen matrix. 山田直人,内沼栄樹(形外),黒柳能光(医療衛生): J. Plast. Reconstr. Hand Surg., 33: 147〜154, 1999.

2122. [原著] Allogenic cultured dermal substitute composed of spongy collagen containing fibroblasts; preliminary clinical trials. 山下理絵(形外),黒柳能光(医療衛生),中北信昭,内沼栄樹,塩谷信幸(形外): Wounds, 11(2): 34〜44, 1999.

2123. [原著] 下眼瞼縁腫瘍切除術における小工夫. 酒井直彦,大竹尚之,村下一晃,柴田裕達,佐藤英明,内沼栄樹(形外): 形成外科, 42(8): 753〜757, 1999.

2124. [原著] ウルトラパルス炭酸ガスレーザーを用いたresurfacing−Laser resurfacing; CO2レーザー. 山下理絵(形外): 形成外科, 42: 833〜844, 1999.

2125. [原著] 人工真皮の外傷性皮膚欠損創への使用経験. 山田直人,新沢博子,石黒匡史,内沼栄樹(形外): 日本外科系連合学会誌, 24(4): 619〜624, 1999.

2126. [原著] 同種培養真皮と同種培養表皮の表皮化促進効果に関する比較研究. 山田直人,内沼栄樹(形外),黒柳能光(医療衛生): 日本形成外科学会会誌, 19(11): 610〜616, 1999.

2127. [原著] 手足に用いた人工真皮の評価. 瀬崎晃一郎,中北信昭,福田理絵子,宇井謙二,内沼栄樹(形外): 日本形成外科学会会誌, 19(4): 213〜219, 1999.

2128. [原著] 耳下腺内リンパ上皮性嚢胞症例の検討. 松井潔,山下理絵,内沼栄樹(形外): 日本形成外科学会会誌, 19(6): 309〜315, 1999.

2129. [原著] 小児下顎骨関節突起部骨折の保存的治療−第1報−. 酒井直彦,山崎安晴,中北信昭,山本博,石黒匡史,内沼栄樹(形外): 日本形成外科学会会誌, 19: 203〜212, 1999.

2130. [原著] 頭部外傷を伴う顔面骨骨折の検討. 山田直人,新沢博子(形外): 日本災害医学会誌, 47(6): 383〜387, 1999.

2131. [原著] カーボンローションを併用したQ-switched Nd Yag Laserによる脱毛治療. 辻野一郎,宇津木龍一,塩谷信幸,内沼栄樹(形外): 日本美容外科学会会報, 21(2): 14〜21, 1999.

2132. [原著] 北里大学病院救命救急センターにおける12年間の熱傷患者の検討. 新沢博子,山田直人(形外),相馬一亥,大和田隆(救命),内沼栄樹(形外): 北里医学, 29(3): 138〜144, 1999.

2133. [原著] 下顎骨骨折に対する早期観血的治療の有用性の検討. 林和弘,山田直人,山崎安晴,内沼栄樹(形外): 北里医学, 29(6): 340〜344, 1999.

2134. [準原著] ケロイドおよび肥厚性瘢痕でのCTGFmRNAの発現. 武田啓,瀬崎晃一郎,宇井謙二,内沼栄樹(形外),曽根由美子(生化系),石川修一(形外): 第5回ケロイド・肥厚性瘢痕研究会記録集, p.75〜81, 1999.

2135. [研究報告] 焼身自殺企図患者や自殺・自傷患者に対する形成外科と精神科のリエゾン. 新沢博子(形外),堤邦彦(精),山田直人(形外),上條吉人,大和田隆(救命),村崎光邦(精): 臨床精神医学, 28(8); 1025〜1031, 1999.

2136. [症例報告] 形成外科的創処置. 山田直人,内沼栄樹(形外): アルメディア, 3: 1〜3, 1999.

2137. [症例報告] 肘窩部に発症したchronic expanding hematomaの1例. 中村佳代,前川二郎,千島康稔,酒井直彦(形外),奥村仁,吉田豊一,清水調: 形成外科, 42(10): 959〜963, 1999.

2138. [症例報告] 異所性乳癌の1例. 高浜英人,能登重光,相崎一雄,千島由朗,佐藤好信,野呂昌己(相模原協同病院),石黒匡史,瀬崎晃一郎(形外),馬場タカ子,田所衛(聖マリ医大): 西日本皮膚科, 62(1): 54〜57, 2000.

2139. [症例報告] GustiloV型下腿骨開放骨折に対する早期軟部組織再建. 新沢博子,山田直人(形外),新藤正輝(救命),内沼栄樹(形外): 日本外科系連合学会会誌, 24(6): 905〜909, 1999.

2140. [症例報告] 表在性脂肪腫性母斑の4例. 酒井直彦,内沼栄樹,吉田豊一,中村佳代(形外): 日本形成外科学会会誌, 19(10): 588〜591, 1999.

2141. [症例報告] 側頭骨傍骨性骨肉腫の1例. 山下理絵,南條昭雄,松井潔,内沼栄樹(形外): 日本形成外科学会会誌, 19(4): 232〜234, 1999.

2142. [症例報告] 陰茎絞扼症の治療経験. 柴田裕達,山田直人(形外): 日本災害医学会会誌, 47(8): 521〜525, 1999.

2143. [総説] Medical Current of 熱傷, 外傷, 創傷被覆材について. 田中正英(形外): 看護学雑誌, 64(2): 158〜162, 2000.

2144. [総説] 特集; 手術の基本手技とそのコツ: 断端形成術と腱縫合術. 山田直人(形外),新藤正輝(救命): 救急医学, 23(5): 603〜608, 1999.

2145. [総説] 外科系医師に役立つ形成外科の基本手技U. 創傷処置の基本手技(6) 創傷被覆材の進歩. 林和弘,山田直人,宇井謙二,内沼栄樹(形外): 形成外科, 42(増刊): 39〜44, 1999.

2146. [総説] Chemical peelingによる尋常性座瘡の治療. 山下理絵(形外): 日本臨床皮膚外科学会誌, 3: 1999.

2147. [講座] 高齢者におこりやすい疾患の治療−褥瘡. 武田啓(形外): Medicament News, (1619): 21〜22, 1999.

2148. [学術書] (分担執筆) 皮膚科診療プラクティス8.毛と爪のオフィスダーマトロジー; 最近の植毛術, p.108〜113, 武田啓(形外). 編集 勝岡憲生(北里大),宮地良樹,瀧川雅浩, 文光堂,東京,99.12.26発行.

2149. [学術書] (分担執筆) 日帰り手術の実際; 形成外科手術−小児レーザー治療に関して, p.139〜144, 山下理絵(形外). 編集 篠崎伸明(湘南鎌倉病院), 真興交易医書出版部,東京,99.09.25発行.

2150. [学術書] (分担執筆) 標準形成外科学; 美容外科−躯幹, 四肢, p.298〜306, 内沼栄樹(形外). 編集 秦継郎(東医歯大),野崎幹弘(東女医大), 医学書院,東京,00.03.01発行.

2151. [学会(国際)] (一般講演) Treatment of senile lertiginis of face with Q switched ruby lazer. 山下理絵,松井潔,内沼栄樹(形外): 12th Congress International Confederation of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery (1999.06.29), San Francisco.

2152. [学会(国際)] (ポスター講演) Serial multiple Z-plasties for perineal burn scar contructures in children. 大谷津恭之,内沼栄樹(形外): 12th International Confederation of Plastic, Reconstructive and Aesthetic Surgery (1999.06.29〜07.02), San Francisco.

2153. [学会(全国)] (シンポジウム等) 同種培養真皮と同種培養表皮の表皮化促進効果に関する比較研究. 山田直人,石黒匡史,内沼栄樹(形外),黒柳能光(医療衛生): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.22), 福岡.

2154. [学会(全国)] (シンポジウム等) 口腔・中咽頭癌の広範囲切除における残存組織の評価と機能的再建. 吉田豊一(横浜市大),酒井直彦(形外),清水調(横浜市大): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.22), 福岡.

2155. [学会(全国)] (シンポジウム等) 同種培養真皮の臨床評価. 山田直人(形外): 日本人工臓器学会新科学技術委員会第2回講演会 (1999.07.10), 相模原.

2156. [学会(全国)] (シンポジウム等) 同種培養真皮の臨床. 山下理絵(形外): 日本人工臓器学会新科学技術委員会第2回講演会 (1999.07.10), 相模原.

2157. [学会(全国)] (シンポジウム等) 走査電子顕微鏡による眼瞼挙筋腱膜走行の知見. 森川一彦,山本博,内沼栄樹(形外),山科正平(解): 第76回日本美容外科学会学術集会 (1999.10.11), 東京.

2158. [学会(全国)] (一般講演) 当科における最近6年間の口蓋裂の臨床統計学的検討. 山崎安晴,中北信昭,内沼栄樹(形外): 第53回日本口腔科学会総会 (1999.04.15), 東京, 予稿集, p.193, 1999.

2159. [学会(全国)] (一般講演) 脊髄髄膜瘤の統計的検討. 池本繁弘,石黒匡史,福田理絵子,馬場香子,村上博則,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.22), 福岡.

2160. [学会(全国)] (一般講演) 当科における腹壁形成術の検討. 高瀬税,大竹尚之,南條昭雄,石黒匡史,中村健B,岩城啓修(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.22), 福岡.

2161. [学会(全国)] (一般講演) ウルトラパルス炭酸ガスレーザーによるskin resurfacing. 山下理絵,松井潔,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21), 福岡.

2162. [学会(全国)] (一般講演) 耳下腺内リンパ上皮性嚢胞症例の検討. 松井潔,山下理絵,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21), 福岡.

2163. [学会(全国)] (一般講演) 下顎骨骨折における受傷当日一期的手術の検討. 林和弘,山田直人,山崎安晴,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.23), 福岡.

2164. [学会(全国)] (一般講演) 自動縫合器を用いた遊離空腸の吻合径拡大の工夫. 清水調,吉田豊一,西海智子(横浜市大),酒井直彦(形外),久保田彰,古川まどか(神奈川県立がんセン): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21), 福岡.

2165. [学会(全国)] (一般講演) リコンストラクションプレートと遊離腹直筋皮弁を用いた下顎骨再建. 中村佳代,前川二郎,清水調,三上太郎,千島康稔(横浜市大),酒井直彦(形外),奥村仁,吉田豊一,大村進,武川寛樹(横浜市大): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21), 福岡.

2166. [学会(全国)] (一般講演) 褥瘡における肉芽組織の組織学的研究. 酒井直彦(形外),奥村仁,吉田豊一,中村佳代,千島康稔,前川二郎(横浜市大): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21), 福岡.

2167. [学会(全国)] (一般講演) 表在性脂肪腫性母斑の4例. 酒井直彦(形外),中村佳代,吉田豊一(横浜市大),内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.22), 福岡.

2168. [学会(全国)] (一般講演) Nd Yag Laserによる脱毛の効果と副作用について. 辻野一郎,宇津木龍一,塩谷信幸,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21〜23), 福岡.

2169. [学会(全国)] (一般講演) Scaphocephalyにおける骨延長術の一工夫. 高橋嗣明(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21〜23), 福岡.

2170. [学会(全国)] (一般講演) 先天性耳垂裂の検討. 石黒匡史,高瀬税,深井孝郎,福田理絵子,中村健B,池本繁弘,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21〜23), 福岡, プログラム, p.81, 1999.

2171. [学会(全国)] (一般講演) 脂肪肉腫の病理学的検討とその問題点. 福田理絵子,池本繁弘,新沢博子,武田啓,伊藤正嗣,内沼栄樹,瀬崎晃一郎(形外),桑尾定仁(病理): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.22), 福岡, プログラム, 抄録集, p.163, 1999.

2172. [学会(全国)] (一般講演) 蛇咬傷の1例(特にMRI所見について). 根本充,田中正英,柏木慎也,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21), 福岡, 抄録集, p.212, 1999.

2173. [学会(全国)] (一般講演) スルファジアジン銀含有ハイドロコロイドドレッシングによる熱傷創, 採皮創の治療経験. 山下理絵,松井潔,内沼栄樹(形外): 第25回日本熱傷学会総会 (1999.05.21), 長崎.

2174. [学会(全国)] (一般講演) Chemical peeling. 山下理絵(形外): 日本美容外科学会 (1999.05.29), 東京.

2175. [学会(全国)] (一般講演) 5-flapを用いて治療した小児陰部熱傷瘢痕拘縮の2例. 大谷津恭之,三好宏,安藤正英,高橋信之,内沼栄樹(形外): 第25回日本熱傷学会総会 (1999.05.21〜22), 長崎, 熱傷, 25(4): 187, 1999.

2176. [学会(全国)] (一般講演) PTGBDにより改善し得た急性無石胆嚢炎合併重症熱傷の1例. 三好宏,大谷津恭之,長谷川敏男,内沼栄樹(形外),岡田邦彦(佐久総合病院): 第25回日本熱傷学会総会 (1999.05.20), 長崎, 熱傷, 25(4): 193〜194, 1999.

2177. [学会(全国)] (一般講演) 人工真皮の外傷性皮膚欠損創への使用経験. 山田直人,新沢博子,石黒匡史,内沼栄樹(形外): 第24回日本外科系連合学会学術集会 (1999.06.24〜25), 神戸.

2178. [学会(全国)] (一般講演) 遊離空腸による頚部食道再建の工夫. 吉田豊一,酒井直彦(形外),清水調: 第24回日本外科系連合学会学術集会 (1999.06.24〜25), 神戸.

2179. [学会(全国)] (一般講演) 諸条件により顎裂部骨移植に制限のあった症例の検討. 山崎安晴,中北信昭,瀬崎晃一郎,内沼栄樹,鳥飼勝行,石渡靖夫,黒田敬之(形外): 第23回日本口蓋裂学会学術集会 (1999.07.09), 大阪, 日本口蓋裂学会雑誌, 24(2): 168, 1999.

2180. [学会(全国)] (一般講演) ケミカルピーリング効果のデジタルマイクロスコープによる評価法. 宇津木龍一,島倉康人,田中早苗,塩谷信幸,内沼栄樹(形外): 第17回日本美容皮膚科学会学術大会 (1999.08.19), 東京, 日本美容皮膚科学会誌, 9(2): 14, 1999.

2181. [学会(全国)] (一般講演) 当院におけるケミカルピーリングの方法について. 田中早苗,宇津木龍一,島倉康人,辻野一郎,塩谷信幸,内沼栄樹(形外): 第17回日本美容皮膚科学会学術大会 (1999.08.19), 東京, 日本美容皮膚科学会誌, 9(2): 17, 1999.

2182. [学会(全国)] (一般講演) Nd:YAGレーザーによるskin resurfacing効果. 島倉康人,宇津木龍一,田中早苗,塩谷信幸,辻野一郎,内沼栄樹(形外): 第17回日本美容皮膚科学会学術大会 (1999.09.19), 東京.

2183. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学救命救急センターにおける労災による手の外傷患者の検討. 高瀬税,新沢博子,山田直人(形外): 第47回日本災害医学会 (1999.10.06), 広島.

2184. [学会(全国)] (一般講演) 眉毛および下眼瞼の小切開による顔面神経麻痺修正手術の試み. 柴田裕達(形外): 第47回日本災害医学会 (1999.10.07), 広島.

2185. [学会(全国)] (一般講演) 走査電子顕微鏡による眼瞼挙筋腱膜走行の知見に基づいた重瞼術の検討. 森川一彦,山本博,内沼栄樹(形外),山科正平(解): 第76回日本美容外科学会学術集会 (1999.10.11), 東京.

2186. [学会(全国)] (一般講演) Chemical peelsによる治療経験. 山下理絵,松井潔,増田竜児,内沼栄樹(形外): 第22回日本美容外科学会総会 (1999.10.11), 東京.

2187. [学会(全国)] (一般講演) Nd:YAGレーザーによるスキンケア効果. 島倉康人,宇津木龍一,田中早苗,塩谷信幸,辻野一郎,内沼栄樹(形外): 第22回日本美容外科学会総会 (1999.10.11), 東京.

2188. [学会(全国)] (一般講演) 肛門膣瘻術後の肛門腟中隔欠損に対する再建手術. 柴田裕達(形外),小金井一隆,福島恒男(横浜市民病院): 第54回日本大腸肛門病学会総会 (1999.10.23), 東京.

2189. [学会(全国)] (一般講演) 冷凍凍結保存培養真皮上に角質化細胞を重層化した培養皮膚の移植実験. 石黒匡史,内沼栄樹(形外),黒柳能光(医療衛生): 第8回日本形成外科学会基礎学術集会 (1999.10.21), 東京, プログラム・抄録集, p.81, 1999.

2190. [学会(全国)] (一般講演) 吸収性固定材料による顔面骨骨折の治療について−チタン製ミニプレートシステムと比較して−. 根本充,田中正英,柏木慎也,村上博則,橋本信子(形外): 第48回日本農村医学会学術総会 (1999.10.29), 島根, 日本農村医学会雑誌, 48(3): 556, 1999.

2191. [学会(全国)] (一般講演) 下顎窩骨折の3例. 池本繁弘,山崎安晴,林和弘,山田直人,瀬崎晃一郎,中北信昭,内沼栄樹(形外): 第17回日本頭蓋顎顔面外科学会 (1999.11.25), 大阪.

2192. [学会(全国)] (一般講演) 顔面に繰り返し発生した線維性組織球腫の1例. 瀬崎晃一郎,山崎安晴,上田晃子,有馬裕子,高橋嗣明,中北信昭,内沼栄樹,佐藤英明,辻野一郎(形外),田所衛(相模原協同病院): 第17回日本頭蓋顎顔面外科学会 (1999.11.25), 大阪, 抄録集, p.133, 1999.

2193. [学会(全国)] (一般講演) 前頭側頭皮弁(Schmid flap)による鼻柱・鼻尖部の再建. 中北信昭,山本博,酒井直彦,山田直人,内沼栄樹(形外): 第18回日本臨床皮膚外科学会学術大会 (2000.02.26), Bali, Indonesia, Skin Surg., 9(1): 59, 2000.

2194. [学会(全国)] (ポスター講演) 北信総合病院におけるスノーボード外傷の治療の現状(第1報)スキー外傷との比較を中心に. 田中正英,根本充,松井潔,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21〜23), 福岡.

2195. [学会(全国)] (ポスター講演) 幼児の外傷性広範囲頭蓋骨−硬膜欠損に対する再建. 柴田裕達,鳥飼勝行,橋本信子,内沼栄樹(形外): 第42回日本形成外科学会総会学術集会 (1999.04.21〜23), 福岡.

2196. [学会(全国)] (ポスター講演) 当科における過去25年間の口蓋裂の臨床統計学的検討. 高橋嗣明,山崎安晴,中北信昭,内沼栄樹(形外): 第23回日本口蓋裂学会 (1999.07.09), 大阪, 日本口蓋裂学会雑誌, 24(2): 278, 1999.

2197. [学会(全国)] (ポスター講演) 遊離腹直筋皮弁を用いて頭蓋底再建を行った篩骨洞癌の1例. 田中正英,根本充,橋本信子(形外),根津公教,塚原隆司(北信病院): 第48回日本農村医学会学術総会 (1999.10.29), 島根, 日本農村医学会雑誌, 48(3): 555, 1999.

2198. [学会(地方)] (一般講演) 癌性髄膜炎で死亡した乳癌の1例. 橋本信子(形外),石山暁,清水大輔,千島隆司,三辺大介,鬼頭文彦,福島恒男(横浜市民病院): 第772回外科集談会 (1999.03.06), 東京.

2199. [学会(地方)] (一般講演) 片側手指に発生し病巣掻爬のみで治療した多発性内軟骨腫の1例. 魚住律(形外),熊木昇二,山本浩一郎(北信総合病院): 第175回整形外科集談会東海地方会 (1999.03.20), 名古屋.

2200. [学会(地方)] (一般講演) 北信総合病院におけるスノーボード外傷の治療の現状−スキー外傷との比較を中心に. 田中正英,根本充,橋本信子,村上博則(形外): 第38回日本形成外科学会信州地方会 (1999.06.05), 松本.

2201. [学会(地方)] (一般講演) 当院におけるスノーボード外傷の治療の現状. 田中正英,根本充,橋本信子,安田吉宏,小川恭史,村上博則(形外): 第56回長野県農村医学会 (1999.07.03), 長野.

2202. [学会(地方)] (一般講演) 転落外傷後に生じた眼球運動障害の1例. 増田竜児,松井潔,山下理絵(形外): 神奈川症例検討会 (1999.07.03), 横浜.

2203. [学会(地方)] (一般講演) Chronic Expanding Hematomaの1例. 福田理絵子,大谷津恭之,三好宏,内沼栄樹(形外): 第34回日本形成外科学会中部支部学術集会 (1999.09.18), 三島.

2204. [学会(地方)] (一般講演) 遊離空腸および胃管吊り上げによる頚部-胸部食道の再建手術の経験. 鴻池奈津子,柴田裕達(形外),三辺大介,石山暁,鬼頭文彦,福島恒男(横浜市民病院): 第96回神奈川臨床外科医学会集談会 (1999.11.06), 川崎.

2205. [学会(地方)] (一般講演) 外傷50年後に母指に発症した巨大異物肉芽腫の1例. 中野香代子,谷本真,本田淳,沼崎伸,多々羅靖則(国立横浜病院),長谷川敏男(形外),小林昭,田口智也(国立横浜病院): 神奈川整形災害外科医会 (1999.11.13), 横浜.

2206. [学会(地方)] (一般講演) 当院における動物咬傷の検討. 橋本信子,田中正英,根本充(形外): 第39回日本形成外科学会中部信州地方会 (1999.12.04), 駒ヶ根.

2207. [学会(地方)] (一般講演) 小児外陰部縫合創における薄型hydrocolloid被覆材の使用経験. 馬場香子,大谷津恭之,福田理絵子(形外): 第39回日本形成外科学会中部信州地方会 (1999.12.04), 長野.

2208. [学会(地方)] (一般講演) 巨大嚢胞を形成した乳腺Apocrine carcinomaの1例. 郷田素彦,石山暁,鴻池奈津子,三辺大介,高橋正純,鬼頭文彦,福島恒男,吉沢康子(横浜市民病院),柴田裕達(形外): 第775回外科集談会 (1999.12.00), 東京.

2209. [学会(地方)] (一般講演) 陥入爪の治療についての一工夫. 村下一晃,高橋嗣明,田中早苗,毛利麻里,三好宏,中村康彦,内沼栄樹(形外): 第37回埼玉医学会 (2000.01.30), 浦和.

2210. [研究会(全国)] (一般講演) スルファジアジン銀を含有したハイドロコロイドドレッシング(BKD-1)の多施設臨床試験. 田中正英,山下理絵,鈴木敏彦,山田直人,内沼栄樹(形外),黒柳能光(医療衛生): 第29回創傷治癒研究会 (1999.12.04), 東京.

2211. [研究会(全国)] (一般講演) 肉芽組織形成過程におけるVEGF mRNAの推移. 新沢博子,武田啓(形外),曽根由美子(生化系),内沼栄樹(形外): 第29回創傷治癒研究会 (1999.12.04), 東京.

2212. [研究会(地方)] (一般講演) 足関節に初発症状を呈したKaschin-Beck病の1例. 長谷川敏男(形外),谷本真,本田淳,沼崎伸,多々羅靖則,中野香代子,小林昭(国立横浜病院): 第29回神奈川関節外科研究会 (1999.09.18), 横浜.

2213. [研究会(地方)] (一般講演) 糖尿病透析患者に生じた潰瘍の治療. 増田竜児,松井潔,山下理絵(形外): 北里大学形成外科フォーラム (1999.11.20), 横浜.

2214. [研究会(地方)] (一般講演) 当院日帰り手術センター開設における外科疾患の検討. 大井悦弥(佐久総合病院),魚住律(形外),植松大,松村洋高,白鳥一明,石毛広雪,西沢延宏,細谷栄司,夏川周介(佐久総合病院): 第94回信州外科集談会 (1999.12.05), 松本.

2215. [研究会(地方)] (一般講演) 食道癌術後の胸骨後再建胃管部に発生した横隔膜裂孔ヘルニアの1例. 植松大(佐久総合病院),魚住律(形外),山本亮平,宮本直志,都田昭彦,石毛広雪,大井悦弥,大西一好(佐久総合病院): 第94回信州外科集談会 (1999.12.05), 松本.

2216. [研究会(地方)] (公開講座) あざ, しみ, ほくろのレーザー治療. 山下理絵(形外): 第12回湘南鎌倉公開講座 (1999.12.08), 大船.


<<23 皮膚科学>>

2217. [原著] Cytokine profiles in blood and skin from patients with nickel-induced contact dermatitis. 橋本明彦,藤村響男(皮),浜田祐子(生化系),成瀬京子,浅井俊弥,勝岡憲生(皮): Environ. Dermatol., 5(Suppl.2): 102〜106, 1998.

2218. [原著] Establishment of a human hemangiosarcoma cell line (ISO-HAS). 増沢幹男,藤村響男(皮),浜田祐子(生化系),原久道,西岡茂夫,勝岡憲生(皮),玉内秀一(微): Int. J. Cancer, 81: 305〜308, 1999.

2219. [原著] CD40 ligation inhibits trichilemmoma cell proliferation and induces IL-6 production. 天羽康之,太田幸則,勝岡憲生(皮),玉内秀一(微): J. Dermatol. Sci., 22(2): 125〜131, 2000.

2220. [原著] Characterization of infiltrating T cells in human scalp explants from aropecia areata to SCID nude mice. 坪井広美,種井良二,藤村響男,太田幸則,勝岡憲生(皮): J. Dermatol., 26(12): 797〜802, 1999.

2221. [原著] 円形脱毛症の治療(2)再考: ステロイド療法. 太田幸則(皮): Monthly Book Derma, 23: 19〜21, 1999.

2222. [原著] Linear IgA Bullous Dermatosisの2症例. 渡辺加恵,太田幸則,饗場伸作,市川薫,高須博,橋本明彦,勝岡憲生(皮): 西日本皮膚科, 61(2): 148〜151, 1999.

2223. [原著] 乳房外パジェット癌における腫瘍細胞の免疫組織化学的特徴について−乳房および乳房外パジェット病と比較して−. 矢口厚,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 109(4): 611〜618, 1999.

2224. [原著] 治療; 皮膚疾患と生活指導−脱毛症−. 太田幸則(皮): 皮膚病診療, 21(12): 1153〜1158, 1999.

2225. [原著] 皮膚浸潤を伴った慢性骨髄単球性白血病. 天羽康之,種井良二(皮),御子柴路明(都老人医療センター): 臨床皮膚科, 53(11): 943〜945, 1999.

2226. [準原著] 瘢痕ケロイド. 天羽康之,増沢幹男,饗場伸作,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(1): 69〜70, 2000.

2227. [症例報告] 頭蓋骨に発生した好酸球性肉芽腫. 新山史朗,勝岡憲生,浅井俊弥,藤田裕介,天野隆文(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 109(8): 1209〜1214, 1999.

2228. [症例報告] 頭蓋骨を破壊性に浸潤貫通した悪性血管内皮細胞腫. 原尚道,増沢幹男,山口京美,神崎俊一,新山史朗,長瀬彰夫,饗場伸作,新井達,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 110(2): 177〜181, 2000.

2229. [症例報告] 黄色腫と多毛を伴った原発性胆汁性肝硬変. 天羽康之(皮),小方冬樹,間中泉,岡部省吾(同愛記念病院),勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 41(4): 619〜622, 1999.

2230. [症例報告] 前立腺癌の内分泌療法後に出現した黒色表皮腫. 天羽康之(皮),小方冬樹,岡部省吾(同愛記念病院),勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 41(7): 1252〜1253, 1999.

2231. [症例報告] バリウム製剤によるTEN型薬疹. 渡辺加恵,金子聡,太田幸則,橋本明彦,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 42(1): 39〜41, 2000.

2232. [症例報告] 遠心性丘疹状紅斑. 増沢幹男(皮): 皮膚病診療, 21(10): 905〜908, 1999.

2233. [症例報告] Linear IgA bullons dermatosis. 渡辺加恵,長橋和矢,饗場伸作,大川司,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 21(10): 929〜932, 1999.

2234. [症例報告] 抗リン脂質抗体症候群−重症筋無力症に合併し足趾の壊疽を生じた症例−. 稲村舞,新井達,冨田昌宏,矢口厚,橋本明彦,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 21(11): 1039〜1042, 1999.

2235. [症例報告] コレステロール結晶塞栓症−膵炎治療後. 佐藤直哉(皮),浅井俊弥,種井良二(皮),山本達雄(昭和大): 皮膚病診療, 21(11): 1043〜1046, 1999.

2236. [症例報告] 肉芽腫性眼瞼炎. 佐藤直哉,浅井俊弥,新井達,橋本明彦,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 21(12): 1131〜1134, 1999.

2237. [症例報告] HIV感染者に生じた梅毒2期疹. 大川司,勝岡憲生(皮),岩渕啓一(病理): 皮膚病診療, 21(5): 427〜430, 1999.

2238. [症例報告] 更年期角化腫. 新井達,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 21(9): 831〜834, 1999.

2239. [症例報告] SLEの環状紅斑. 橋本明彦,勝岡憲生(皮),江藤光(聖路加国際病院): 皮膚病診療, 21: 913〜916, 1999.

2240. [症例報告] Mondor病. 高須博,矢口厚,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(1): 37〜40, 2000.

2241. [症例報告] 片側性限局性Darier病. 新井達,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(1): 41〜44, 2000.

2242. [症例報告] ゾニサミド, フェニトインの2剤による多剤感作薬疹. 清野みき,新井達,橋本明彦,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(2): 177〜180, 2000.

2243. [症例報告] von Recklinghausen病を合併しないmalignant peripheral nerve sheath tumor. 新山史朗,長瀬彰夫(皮),岩瀬裕郷(鹿島労災病院): 臨床皮膚科, 53(12): 1046〜1048, 1999.

2244. [症例報告] 眼病変を伴ったin continentia pigmenti (Bloch-Sulzberger症候群)の1例. 間中泉(同愛記念病院),天羽康之(皮),小方冬樹,岡部省吾,横路万寿子(同愛記念病院): 臨床皮膚科, 53(6): 453〜455, 1999.

2245. [症例報告] 紅皮症を呈した慢性型成人T細胞白血病・リンパ腫. 天羽康之(皮),間中泉,小方冬樹,岡部省吾,手島伸一(同愛記念病院): 臨床皮膚科, 53(9): 753〜756, 1999.

2246. [症例報告] 小児の手掌に多発したsubepidermal calcified noduleの1例. 時光玲子(同愛記念病院),天羽康之(皮),小方冬樹,岡部省吾,手島伸一(同愛記念病院): 臨床皮膚科, 54(3): 266〜268, 2000.

2247. [総説] 子ども頭髪−脱毛症を中心に. 勝岡憲生(皮): 日本小児皮膚科学会雑誌, 19(1): 1〜5, 1999.

2248. [総説] 潰瘍性大腸炎と皮膚症状. 新井達,勝岡憲生(皮): 日本臨床, 57(11): 2571〜2574, 1999.

2249. [総説] 風疹. 矢口厚,勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 21(4): 311〜314, 1999.

2250. [総説] 皮膚血管肉腫. 増沢幹男(皮): 老化と疾患, 12(7): 787〜790, 1999.

2251. [講座] 肌と日焼けの注意点. 勝岡憲生(皮) NHK SC「健康通信」夏号, p.5, 1999.

2252. [講座] メディクイズ皮膚(皮膚結節性多発性動脈炎). 勝岡憲生(皮): Nikkei Medical, (9月10日号), p.94〜95, 1999.

2253. [講座] 血管炎をめぐって. 勝岡憲生(皮): マルホ皮膚科セミナー(放送内容集 No.144), p.24〜27, 2000.

2254. [講座] 陰部掻痒症. 勝岡憲生(皮): 日本医師会雑誌, 122(1): 52, 1999.

2255. [講座] 血管炎をめぐって. 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 109(12): 1767〜1769, 1999.

2256. [学術書] (分担執筆) 美容皮膚科プラクティス; 各論39: 脱毛症, p.418〜425, 各論43: フケ, p.449〜451, 各論54: ヘアケア−洗髪, 枝毛など, p.527〜528, 太田幸則,勝岡憲生(皮). 南山堂,東京,99.04.00発行.

2257. [学術書] (分担執筆) 皮膚科診療プラクティス8.毛と爪のオフィスダーマトロジー; 1.毛髪疾患T.毛と内科1.毛髪は全身状態を反映する, p.2〜9, U. 毛と皮膚科 4.毛幹の異常による毛の形状, p.91, 2.爪の疾患T.爪と内科−爪から内臓病変を探る, p.122〜127, 勝岡憲生(皮). 編集 勝岡憲生(北里大),宮地良樹(京大),滝川雅浩(浜松医大), 文光堂,東京,99.12.26発行.

2258. [学術書] (分担執筆) 皮膚科診療プラクティス8.毛と爪のオフィスダーマトロジー; 脱毛を伴う内科の症候群, p.20〜21, わかりやすい爪の組織学, p.138〜139, 爪と炎症性皮膚疾患2)湿疹・皮膚炎, p.168〜173, 太田幸則(皮). 編集 勝岡憲生(北里大),宮地良樹(京大),滝川雅浩(浜松医大), 文光堂,東京,99.12.26発行.

2259. [学術書] (分担執筆) 皮膚科診療プラクティス8.毛と爪のオフィスダーマトロジー; Yellow nail syndrome, p.136〜137, 大川司(皮). 編集 勝岡憲生(北里大),宮地良樹(京大),滝川雅浩(浜松医大), 文光堂,東京,99.12.26発行.

2260. [学術書] (分担執筆) 皮膚科診療プラクティス8.毛と爪のオフィスダーマトロジー; 毛の迷入, p.106〜107, 矢口厚(皮). 編集 勝岡憲生(北里大),宮地良樹(京大),滝川雅浩(浜松医大), 文光堂,東京,99.12.26発行.

2261. [学術書] (分担執筆) 皮膚科診療プラクティス8.毛と爪のオフィスダーマトロジー; 疥癬(爪疥癬), p.166〜167, 増沢幹男(皮). 編集 勝岡憲生(北里大),宮地良樹(京大),滝川雅浩(浜松医大), 文光堂,東京,99.12.26発行.

2262. [学術書] (分担執筆) Monthly Book Derma, No.23脱毛症−病態と新しい治療; アトピー疾患と円形脱毛症−アトピー性円形脱毛症, 23: 9〜12, 勝岡憲生(皮). 編集 荒瀬誠治(徳島大), 全日本病院出版会,東京,99.05.15発行.

2263. [学術書] (分担執筆) プラクティカル内科シリーズ; 糖尿病5章, 10.糖尿病と皮膚病変, 6: 176〜183, 大川司,勝岡憲生(皮). 編集 岩本安彦(東京女医大), 南江堂,東京,99.05.25発行.

2264. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2000; 脱毛症−特に円形脱毛症−, p.729, 勝岡憲生(皮). 編集 多賀須幸男(多賀須消化器科内科クリニック), 医学書院,東京,00.01.15発行.

2265. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患の最新の治療1999-2000; サルコイドーシス, p.87〜88, 勝岡憲生(皮). 編集 新村真人(慈恵医大),滝川雅浩(浜松医大), 南江堂,東京,99.02.20発行.

2266. [学術書] (分担執筆) 老人病診療; POEMS症候群, 33: 1713-6〜1713-7, 増沢幹男(皮). 編集 小沢利雄(東老医),永野允(慈医大),中村治雄(防衛医大),西山茂夫(北里大),藤田拓男(葛城病院), 六法出版,名古屋,00.02.22発行.

2267. [学術書] (編集) 皮膚科診療プラクティス; 編集 勝岡憲生(皮),宮地良樹(京大),滝川雅浩(浜松医大), 文光堂,東京,99.12.26発行.

2268. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) セルフドクター; 夏のあとのお肌対策, 10: 36〜39, 大川司(皮). 編集 セルフドクター編集室, ジャパンライフデザインシステムズ,東京,99.09.01発行.

2269. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) ジョリエール; 寒い季節のお肌のトラブル, 19: 9〜10, 大城戸宗男(東海大),大川司(皮). 編集 ジョリエール編集室, ジャパンライフデザインシステムズ,東京,99.11.24発行.

2270. [学会(国際)] (一般講演) CD40 expression in psoriasis vulgaris. 太田幸則,立田美奈子,天羽康之,勝岡憲生(皮): 5th Meeting of the Germany-Japanese Society of Dermatology (1999.05.00), Marburg, Germany.

2271. [学会(国際)] (一般講演) Treatment of murine angiosarcomas with TNP-470, etoposide and prednisolone. 増沢幹男,馬剛(皮),浜田祐子(生化系),原口芙紗子,勝岡憲生(皮),桜井美典(医療衛生): 第5回独日皮膚科学会 (1999.05.16), Marburg, Germany.

2272. [学会(国際)] (一般講演) NK/TNK-sensitivity of angiosarcoma. 原尚道,増沢幹男(皮),浜田祐子(生化系),勝岡憲生(皮),玉内秀一(微): 第5回独日皮膚科学会 (1999.05.16), Marburg, Germany.

2273. [学会(国際)] (一般講演) A recombinant adenovirus encoding a ribozyme targeting c-erbB-2 inhibits growth of human breast cancer cells in vivo. Suzuki, T.(埼玉医大),Anderegg, B.(Berlex Biosciences),大川司(皮),Kashani-Sabet, M.(Univ. California, SF),Hirashima, K.,Bessho, M.(埼玉医大),Scanlon, K.J.(Berlex Biosciences): 2nd Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (1999.06.09〜13), Washington D.C., USA.

2274. [学会(全国)] (教育講演) 血管炎をめぐって. 勝岡憲生(皮): 第98回日本皮膚科学会総会 (1999.04.10), 東京, 資料集, p.37〜39, 1999.

2275. [学会(全国)] (一般講演) 悪性黒色腫切除後に発症した血管肉腫. 石川博士,浜崎洋一郎,片山一朗(長崎大),増沢幹男(皮),影下登志郎(長崎大): 第15回日本皮膚悪性腫瘍学会 (1999.05.15), 鹿児島

2276. [学会(全国)] (一般講演) 脱毛斑が多発したプロピルチオウラシルによる苔癬型薬疹. 江間聡,松島美夏,市川薫,佐藤直哉,新井達,大川司,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第29回日本皮膚アレルギー学会 (1999.07.17), 郡山.

2277. [学会(全国)] (一般講演) 悪性黒色腫におけるMad-1遺伝子導入による抗腫瘍効果の検討. 太田幸則(皮),浜田祐子(生化系),勝岡憲生(皮): 日本研究皮膚科学会第24回年次学術大会 (1999.07.30〜31), 神戸.

2278. [学会(全国)] (一般講演) 多巣性の細菌感染が誘因, 増悪因子と考えられた汎発性膿疱性乾癬の1例. 新井浩之,佐藤直哉,饗場伸作,新井達,太田幸則,大川司,勝岡憲生(皮): 第14回日本乾癬学会 (1999.09.04〜05), 京都, 記録集, p.75〜76, 1999.

2279. [学会(全国)] (一般講演) Sclerodermatomyositis. 渡辺加恵,饗場伸作,大川司,新井達,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第63回東京支部学術大会 (2000.02.19〜20), 東京.

2280. [学会(全国)] (一般講演) Anaplastic large cell lymphomaに伴ったDuhring疱疹状皮膚炎. 天羽康之,小中理会,田辺和美,種井良二(皮),大田雅嗣(都老人医療セン): 日本皮膚科学会第63回東京支部学術大会 (2000.02.19), 東京.

2281. [学会(全国)] (ポスター講演) 表皮性腫瘍におけるCD40発現について. 天羽康之,太田幸則(皮),浜田祐子(生化系),立田美奈子,勝岡憲生(皮),玉内秀一(微): 日本研究皮膚科学会第24回年次学術大会 (1999.07.30〜31), 神戸.

2282. [学会(全国)] (ポスター講演) follicular malignant melanoma. 市川薫,佐藤直哉,饗場伸作,大川司,米元康蔵,勝岡憲生(皮),浅井俊弥(横浜市): 第51回日本皮膚科学会西部支部総会・学術大会 (1999.10.30〜31), 鹿児島.

2283. [学会(全国)] (公開講座) 脈管系腫瘍. 増沢幹男(皮): 日本皮膚科学会1999年度実績研修会必須Aコース (1999.08.28), 東京.

2284. [学会(地方)] (一般講演) リベド症状で発症し経過中指端壊疽をきたした長期観察症例. 渡辺加恵,菅谷和江(国立横須賀),増沢幹男,勝岡憲生(皮),服部聡,羽尻悦朗(横浜市大): 日本皮膚科学会大第746回東京地方会 (1999.05.15), 横浜.

2285. [学会(地方)] (一般講演) 顔面に生じた皮膚ノカルジア症の1例. 天羽康之,藤井信広,田辺和美,種井良二(皮),菱川隆史,安達桂子(都老人医療セン),田沼弘之(皮): 日本皮膚科学会大第746回東京地方会 (1999.05.15), 横浜.

2286. [学会(地方)] (一般講演) 横紋筋融解症を生じた麻疹の1例. 佐藤直哉,小中理会,甘利淳,橋本明彦,米元康蔵,勝岡憲生(皮),高浜英人(相模原協同病院): 日本皮膚科学会大第746回東京地方会 (1999.05.15), 横浜.

2287. [学会(地方)] (一般講演) 硫酸モルヒネによる薬疹. 新井達,宮崎千春,戸田淳,三好経子,平松正浩,向井秀樹(横浜労災病院): 日本皮膚科学会大第746回東京地方会 (1999.05.15), 横浜.

2288. [学会(地方)] (一般講演) 両側血気胸を合併した頭部血管肉腫の1例. 江間聡,佐藤直哉,饗場伸作,大川司(皮),浜田祐子(生化系),増沢幹男,勝岡憲生(皮),西口郁(放),原田晴美(聖路加): 第747回日本皮膚科学会東京地方会 (1999.06.19), 川崎.

2289. [学会(地方)] (一般講演) 丹毒, 皮膚潰瘍を繰り返し, 突然死を来した遺伝性感覚性ニューロパチー(HSN). 市川薫,饗場伸作,佐藤直哉,大川司,橋本明彦,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第747回日本皮膚科学会東京地方会 (1999.06.19), 川崎.

2290. [学会(地方)] (一般講演) ゾニサミド・フェニトインの2剤による多剤感作薬疹の1例. 清野みき,新山史朗,佐藤直哉,新井達,橋本明彦,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 第747回日本皮膚科学会東京地方会 (1999.06.19), 川崎, 皮膚病診療, 22(2): 177〜180, 2000.

2291. [学会(地方)] (一般講演) 心疾患を伴ったサルコイドーシスの1例. 矢口厚,米元康蔵,勝岡憲生(皮),遠乗陽子,福田直人,黒川信悟(内): 日本皮膚科学会第748回東京地方会(合同臨床地方会) (1999.07.17), 東京.

2292. [学会(地方)] (一般講演) 口腔のみに多発したblue rubber bleb nevus syndrome. 門倉久実子,市川薫,饗場伸作,大川司,増沢幹男,勝岡憲生(皮),上野賢一(東芝林間病院): 日本皮膚科学会第749回東京地方会 (1999.09.18), 伊勢原.

2293. [学会(地方)] (一般講演) TdT+ CD56+ lymphoblastic lymphoma. 天羽康之,市川薫,饗場伸作,大川司,米元康蔵,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第749回東京地方会 (1999.09.18), 伊勢原.

2294. [学会(地方)] (一般講演) 掌蹠の膿疱で初発した角層下膿疱症. 三井純雪,天羽康之,饗場伸作,大川司,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第749回東京地方会 (1999.09.18), 伊勢原.

2295. [学会(地方)] (一般講演) 小児皮膚筋炎. 渡辺加恵,饗場伸作,大川司,新井達,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第750回東京地方会 (1999.10.16), 神奈川.

2296. [学会(地方)] (一般講演) ジアゼパムによる固定薬疹. 高須博,新井達,大川司,松島美夏,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第750回東京地方会 (1999.10.16), 神奈川.

2297. [学会(地方)] (一般講演) 壊疽性丘疹状結核疹の1例. 増沢幹男,太田幸則,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第751回東京地方会 (1999.11.20), 横浜.

2298. [学会(地方)] (一般講演) Angiolymphoid hyperplasia with eosinophiliaの2例. 佐藤直哉,新井達,太田幸則,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第751回東京地方会 (1999.11.20), 横浜.

2299. [学会(地方)] (一般講演) 超音波メスを用いた褥瘡の手術. 饗場伸作,新山史朗,佐藤直哉,長瀬彰夫,長橋和矢,市川薫,大川司,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第751回東京地方会 (1999.11.20), 横浜.

2300. [学会(地方)] (一般講演) 長期生存例血管肉腫のSCIDマウス移植生着腫瘍. 増沢幹男,原尚道,天野隆文,藤村響男,山本達雄,勝岡憲生(皮),桜井美典(医療衛生): 日本皮膚科学会第752回東京地方会 (1999.12.18), 東京.

2301. [学会(地方)] (一般講演) ヒト頭部血管肉腫由来細胞株(ISO-HAS)のVEGF産生能. 天羽康之,増沢幹男(皮),浜田祐子(生化系),藤村響男,勝岡憲生(皮),玉内秀一(微): 日本皮膚科学会第752回東京地方会 (1999.12.18), 東京.

2302. [学会(地方)] (一般講演) リンパ漏は薬物療法で改善するか? 増沢幹男,原尚道,宮田聡子,天野隆文,浅井俊弥,加藤一郎,西山茂夫,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第753回東京地方会 (2000.01.22), 横浜.

2303. [学会(地方)] (一般講演) 抗Jo-1抗体陽性を呈したサルコイドーシス. 佐藤直哉,太田幸則,勝岡憲生(皮),穂坂茂,近藤啓文(内): 日本皮膚科学会第753回東京地方会 (2000.01.22), 横浜.

2304. [学会(地方)] (一般講演) 混合性結合組織病(MCTD)患者に生じたベラプロストナトリウムによる薬疹. 大屋敷萬美,天羽康之,宮崎千春,新井達,大川司,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第753回東京地方会 (2000.01.22), 横浜.

2305. [学会(地方)] (一般講演) 紅皮症様症状を呈したサルコイドーシス. 渡辺加恵,宮崎千春,大川司,増沢幹男,勝岡憲生(皮),菅谷和江(国立横須賀),高野晃(藤沢市): 日本皮膚科学会第753回東京地方会 (2000.01.22), 横浜.

2306. [学会(地方)] (一般講演) 血栓形成を呈したプレマリンRによる末梢循環障害の1例. 新井浩之,長瀬彰夫,饗場伸作,矢口厚,大川司,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第91回宮崎地方会 (2000.02.19), 宮崎.

2307. [学会(地方)] (一般講演) 頭部脈管肉腫患者の血清中VEGF濃度. 天羽康之,増沢幹男(皮),浜田祐子(生化系),立田美奈子,勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第754回東京地方会 (2000.03.18), 東京.

2308. [研究会(国際)] (一般講演) The feasibility of quantitative analysis of the androgen metabolism by the use of single dermal papillae. 新山史朗(皮),Hoffmann, R.,Happle, R.(Philipp Univ.): 27th Annual Meeting of the Arbeitsgemeinschaft Dermatologische Forschung (2000.02.03〜05), Vienna, Austria, Arch. Dermatol. Res., 292(2/3): 73〜158, 2000.

2309. [研究会(全国)] (一般講演) 培養毛乳頭細胞におけるCD40発現について. 太田幸則(皮),浜田祐子(生化系),市川薫,佐藤直哉,長瀬彰夫,坪井広美,勝岡憲生(皮): 第7回毛髪科学研究会 (1999.11.00), 山形.

2310. [研究会(全国)] (一般講演) 多臓器転移をきたした頭部血管肉腫の1例. 三井純雪,饗場伸作,大川司,増沢幹男,勝岡憲生(皮),松林隆(放),江副和彦(多摩南部地域病院): 第23回皮膚脈管懇話会 (2000.02.04), 高知.

2311. [研究会(全国)] (一般講演) 膠原病由来間質性肺炎におけるKL6値の検討. 新井達,宮崎千春,渡辺加恵,勝岡憲生(皮),関根敦子(北里メディカル),新井春枝(大和市立),衛藤光(聖路加): 第14回膠原病研究会 (2000.02.05), 高知.

2312. [研究会(地方)] (教育講演) 内科疾患と皮膚症状. 勝岡憲生(皮): 東大和市医師会学術講演会 (1999.04.23), 東大和.

2313. [研究会(地方)] (教育講演) 皮膚は何を語ろうとしているのか. 勝岡憲生(皮): 日本医師会生涯教育講座 (1999.07.26), 名瀬.

2314. [研究会(地方)] (教育講演) 皮膚は語る. 勝岡憲生(皮): 相模原市皮膚泌尿器科医会例会 (1999.09.16), 相模原.

2315. [研究会(地方)] (教育講演) 脱毛症のいろいろ. 勝岡憲生(皮): 松本市医師会学術講演会 (2000.03.09), 松本.

2316. [研究会(地方)] (教育講演) 限局性および全身疾患に伴う脱毛症. 勝岡憲生(皮): 三浦半島皮膚科懇話会 (2000.03.11), 横須賀.

2317. [研究会(地方)] (教育講演) 内科疾患と皮膚. 勝岡憲生(皮): 大和市臨床談話会 (2000.03.18), 大和.

2318. [研究会(地方)] (一般講演) アトピー性皮膚炎. 勝岡憲生(皮): 鹿島市医師会学術講演会 (1999.07.15), 鹿島.

2319. [研究会(地方)] (公開講座) アトピー性皮膚炎−皮膚科学の立場から−. 勝岡憲生(皮): 第24回昭和薬科大学公開教育講座 (1999.06.20), 町田, 予稿集, p.1〜16, 1999.


<<24 泌尿器科学>>

2320. [原著] Therapeutic efficacy of an adenovirus-mediated anti-H-ras ribozyme in experimental bladder cancer. 入江啓(泌),Andergree, B.,Kashani-Sabet, M.(UCSF),大川司(皮),Suzuki, T.,Halks-Miller, M.,Cureil, D.T.,Scannlon, K.J.(Univ. Alabama): Antisense Nucleic Acid Drug Development, 9: 341〜349, 1999.

2321. [原著] Efficacy and limitations of delayed/salvage radiation therapy after radical prostatectomy. 頴川晋,大堀理,岩村正嗣(泌),桑尾定仁(病理),馬場志郎(泌): Br. J. Urol., 84: 815〜820, 1999.

2322. [原著] Prognostic significance of flow cytometric deoxyribonucleic acid analysis for patients with superficial bladder cancers: A long-term follow-up study. Tachibana, M.,Miyakawa, A.,Miyakawa, M.,Saito, S.,Nakamura, K.,馬場志郎(泌),村井勝(慶大): Cancer Detect. Prev., 23(2): 155〜162, 1999.

2323. [原著] Observations of prostate specific antigen doubling time in Japanese patients with nonmetastatic prostate carcinoma. 頴川晋,松本和将,須山一穂,岩村正嗣(泌),桑尾定仁(病理),馬場志郎(泌): Cancer, 86(3): 463〜469, 1999.

2324. [原著] Parathyroid hormone-related protein is an independent prognostic factor for renal cell carcinoma. 岩村正嗣,呉偉成,村本将俊,大堀理,頴川晋,内田豊昭,馬場志郎(泌): Cancer, 86(6): 1029〜1034, 1999.

2325. [原著] Noninvasive surgery of prostate tissue by high intensity focused ultrasound: An updated report. Sanghvi, N.T.,Foster, R.S.,Bihrle, R.,Casey, R.(インディアナポリス大),内田豊昭(泌),Phillips, M.H.,Syrus, J.,Zaitsev, A.V.,Marich, K.W.,Fry, F.J.(インディアナポリス大): Eur. J. Ultrasound, 9: 19〜29, 1999.

2326. [原著] Adenovirus mediated interleukin as-gene therapy for prostate cancer: Suppression of orthotopic tumor growth and pre-established lung metastases in an orthotopic model. Nasu, Y.,Bungma, C.H.,Hall, G.W.,Lee, H.M.,Hu, J.,Wring, J.,McCurdy, M.(ベイラー大),志村哲(泌),Yand, G.,Timme, T.L.,Thompson, T.C.: Gene Ther., 6(3): 338〜349, 1999.

2327. [原著] Erectile function and nocturnal penile tumescence in patients with prostate cancer undergoing luteimizing hormone-releasing hormone agonist therapy. Marumo, K.(慶大),馬場志郎(泌),村井勝(慶大): Int. J. Urol., 6: 19〜23, 1999.

2328. [原著] Prospective evaluation of prostate cancer detection by prostate-specific antigen-related parameters. 頴川晋,須山一穂,高嶋力弥,溝口秀之(泌),桑尾定仁(病理),馬場志郎(泌): Int. J. Urol., 6: 493〜501, 1999.

2329. [原著] Laparoscopic heminephrectomy of a horseshoe kidney using microwave coagulator. Hayakawa, K.,馬場志郎(泌),Aoyagi, T.,Ohashi, M.,Ishikawa, H.,Hata, M.: J. Urol., 161(2): 1559, 1999.

2330. [原著] Pathological features and prognostic significance of prostate cancer in the apical section determined by whole mount histology. 大堀理(泌),Abbas, F.,Wheeler, T.M.,Kattan, M.W.,Scardino, P.T.,Lerner, S.P.: J. Urol., 161: 500〜504, 1999.

2331. [原著] A pilot study of intermittent androgen ablation in advanced prostate cancer in Japanese men. 頴川晋,高嶋力弥,松本和将,溝口秀之(泌),桑尾定仁(病理),馬場志郎(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 30(1): 21〜26, 2000.

2332. [原著] Histological characteristics and clinical significance of Japanese prostate cancer with low levels of prostate specific antigen of 4 ng/ml or lowers. 佐藤威文,頴川晋,大堀理,松本和将(泌),桑尾定仁,柳本邦雄(病理),岩村正嗣,内田豊昭,馬場志郎(泌): Jpn. J. Urol., 90(3): 429〜435, 1999.

2333. [原著] Differential diagnosis between glomerular and nonglomerular hematuria by automated urinary flow cytometer. 兵藤透,熊野和雄,酒井糾(泌): Nephron, 82: 312〜323, 1999.

2334. [原著] The utility of free to total PSA ratio for detecting prostate cancer in Japanese men with total PSA between 2.1 and 10 ng/ml. 大堀理,頴川晋,小柴健(泌): Urol. Oncol., 4(3): 80〜85, 1999.

2335. [原著] Genetic and molecular markers in the prognosis of bladder cancer. Fradet, Y.(ケベック大),Kubota, Y.(横浜市大),Schalken, J.A.(ワシントン大),内田豊昭(泌),Yoshida, O.(京大): Urol. Oncol., 4(4): 139〜144, 1999.

2336. [原著] Retroperitoneoscopic adrenalectomy by a lumbodorsal approach; Clinical experience with solo surgery. 馬場志郎(泌),伊藤敬一,矢内原仁,長田浩彦,村井勝(慶大),岩村正嗣(泌): World J. Urol., 17: 54〜58, 1999.

2337. [原著] Management of incidentally discovered adrenal masses. 村井勝(慶大),馬場志郎(泌),中島淳,橘政昭(慶大): World J. Urol., 17: 9〜14, 1999.

2338. [原著] 記名方式によるKDQOLTM(Kidney Disease Quality of Life, 透析患者関連QOL)と自己決定尺度等の測定尺度を用いた患者支援システム確立に関する一考察. 兵藤透,森隆司(泌),平良隆保,千葉哲男,日台英雄(横浜第一病院),青柳京子,岡田好美,向高利子,熊谷豊子,東福真由美,佐藤芳子(善仁会),岡美 智代(筑波大): 善仁会研究年報, No.19, 1999.

2339. [原著] 血液透析患者の筋痙攣に対する芍薬甘草湯の即効性. 熊倉美由貴,冨満江梨子,大山トヨ子,山本スミ子(厚木クリニック),兵藤透(泌): 透析ケアー, 6(2): 75〜79, 2000.

2340. [原著] Effect of osmotic solutes on human mesothelial cell proliferation in vitro. 馬萍,兵藤透,横田真二,熊野和雄,酒井糾(泌): 日本透析医学会雑誌, 32(7): 1065〜1070, 1999.

2341. [原著] 経直腸的超音波ガイド下前立腺生検法におけるperipheral zone外側2箇所追加生検の意義. 松本和将,頴川晋,高嶋力弥,溝口秀之,宗成浩,岩村正嗣(泌),桑尾定仁(病理),馬場志郎(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 90(11): 859〜865, 1999.

2342. [原著] 術前血清前立腺特異抗原4.0 ng/ml以下を呈した前立腺癌の根治術病理所見. 佐藤威文,頴川晋,大堀理,松本和将(泌),桑尾定仁,柳本邦雄(病理),岩村正嗣,内田豊昭,馬場志郎(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 90(3): 429〜435, 1999.

2343. [原著] 膀胱癌105例におけるp53癌抑制遺伝子の異常と予後−病理組織学的因子と予後および喫煙との関係−. 原野裕司,王春喜,高江平,内田豊昭(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 90(4): 487〜495, 1999.

2344. [原著] Grade 3表在性膀胱移行上皮癌の臨床的検討. 及能久隆,内田豊昭,小林聖二,斉藤毅,佐藤威文,村本将俊,志村哲,柴田雄二,小柴健(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 90(7): 669〜674, 1999.

2345. [原著] 経尿道的前立腺切除術における血中および尿中Tumor Necrosis Factorの上昇. 入江啓(泌),李漢栄,門脇和臣,戸田京子,山田好則(北研): 日本泌尿器科学会雑誌, 90: 502〜508, 1999.

2346. [原著] 血液透析患者における無形成骨の頻度とその治療としての活性型ビタミンD3製剤中止効果の検討. 近藤光洋(厚木クリニック),兵藤透(泌),有住香織,上田正伸(上田医院),諏訪智幸,岡本智之,本間崇,日台英雄(横浜第一病院),酒井糾(泌): 泌尿器外科, 12(2): 143〜146, 1999.

2347. [原著] 腹膜透析廃液中のヒアルロン酸(HA)/IgG/CA125比による硬化性腹膜炎の予測(予報). 兵藤透,熊野和雄,馬萍,横田真二(泌),上田正伸(上田医院),隈田康洋(すみだ内科クリニック),窪田実(王子病院): 泌尿器外科, 12(3): 207〜212, 1999.

2348. [準原著] The prognostic significance of level of extraprostatic extension. 宗成浩,大堀理,及能久隆(泌),桑尾定仁(病理),頴川晋(泌): 4th Seminar of the International Cooperative Study of Diagnosis Ultrasound and Prostate Cancer, Proceedings, 14: 79〜84, 1999.

2349. [準原著] The utility of free to total PSA ratio for detecting prostate cancer in Japanese men with total PSA between 2.1 and 10 ng/ml. 大堀理,頴川晋,小柴健(泌): 4th Seminar of the International Cooperative Study of Diagnosis Ultrasound and Prostate Cancer, Proceedings, 19: 100〜101, 1999.

2350. [準原著] Inadequacy of free prostate specific antigen parameters in the prediction of pathological extent of Japanese prostate cancer. 頴川晋,須山一穂,宗成浩(泌),桑尾定仁(病理),小柴健(泌): 4th Seminar of the International Cooperative Study of Diagnosis Ultrasound and Prostate Cancer, Proceedings, 20: 102〜105, 1999.

2351. [準原著] Histological characteristics and clinical significance of Japanese prostate cancer with low levels of prostate specific antigen of 4.0 ng/ml of less. 佐藤威文,頴川晋,松本和将,大堀理(泌),桑尾定仁(病理),岩村正嗣,小柴健(泌): 4th Seminar of the International Cooperative Study of Diagnosis Ultrasound and Prostate Cancer, Proceedings, 22: 113〜117, 1999.

2352. [準原著] Inadequacy of deciding on the indication of repeat prostatic biopsy based on clinicopathological findings. 松本和将,頴川晋,須山一穂,岩村正嗣(泌),桑尾定仁(病理),小柴健(泌): 4th Seminar of the International Cooperative Study of Diagnosis Ultrasound and Prostate Cancer, Proceedings, 32: 182〜188, 1999.

2353. [準原著] Systematic biopsy assess Gleason grade more accurately unpalpable cancers and when multiple (>4) cores are positive. 志村哲,須山一穂(泌),Wheeler, M.,Scardino, P.P.(ベイラー大): 4th Seminar of the International Cooperative Study of Diagnosis Ultrasound and Prostate Cancer, Proceedings, 37: 208〜210, 1999.

2354. [準原著] An experience of 1257 consecutive cases of ultrasound guided sextant biopsies of the prostate for the detection of prostate cancer in Japanese. 吉田一成,頴川晋,宗成浩,設楽敏也,小柴健(泌): 4th Seminar of the International Cooperative Study of Diagnosis Ultrasound and Prostate Cancer, Proceedings, 38: 211〜218, 1999.

2355. [準原著] 新しい排泄ケアの視点から尿道留置カテーテルを考える; 留置カテーテルが抜けなくなったら. 田村麻子(泌): 看護学雑誌, 64(1): 63〜64, 2000.

2356. [準原著] 北里大学病院泌尿器科における腎移植レシピエントコーディネーターの役割−特に待機患者との連絡について−. 池田成江,吉田一成,岩村正嗣,斉藤毅,遠藤忠雄,馬場志郎,藤木くに子(泌): 第33回日本腎移植臨床研究会看護部門集録集, p.103〜105, 1999.

2357. [準原著] 泌尿器科画像診断, V. 疾患別画像診断, 腎杯憩室, 臨床. 入江啓,真下節夫(泌): 泌尿器科, 53(4): 216〜219, 1999.

2358. [準原著] 慢性血液透析患者の筋痙攣に対する芍薬甘草湯の劇的な効果. 佐藤節子,平良隆保(湘南クリニック),兵藤透(泌),佐藤善枝,薮内育子,吉本美枝子(湘南クリニック),熊谷美由貴,冨松江梨子,山本スミ子(厚木ク リニック),吉田一成,遠藤忠雄,酒井糾,日台英雄(横浜第一),馬場志郎(泌): 泌尿器外科, 13(2): 221〜227, 2000.

2359. [短報] 抗A型インフルエンザ製剤塩酸アマンタジンの血液透析患者での体内動態. 兵藤透(泌),平良隆保(横浜第一),横田真二,酒井糾,内田豊昭,遠藤忠雄,馬場志郎(泌),日台英雄(横浜第一): 日本透析医学会雑誌, 33(1): 49〜51, 2000.

2360. [症例報告] 甲状腺膿瘍を合併した献腎移植症例. 吉田一成,遠藤忠雄,村本将俊,佐藤威文,岩村正嗣,馬場志郎(泌): 今日の移植, 12(6): 706〜708, 1999.

2361. [症例報告] 透析患者に合併した進行性前立腺癌の1例. 藤田哲夫,須山一穂,奥野紀彦,村山雅一,青輝昭,小柴健(泌),高橋博久(北研メディカル): 腎と透析, 48(1): 152〜154, 2000.

2362. [症例報告] 陰嚢内に発生した平滑筋肉腫の1例. 平井祥司,古畑誠之(泌),神崎政裕(大分大),門脇和臣(北研): 西日本泌尿器科, 61: 756〜758, 1999.

2363. [症例報告] Ethane-1-Hydroxy-1,1-Diphosphonate (EHDP)の投与により腫瘤状石灰化の消失したCAPD患者の1例. 兵藤透,熊野和雄,馬萍(泌),荒木俊行(西伊豆病院),横田真二(泌): 泌尿器外科, 12(5): 613〜617, 1999.

2364. [症例報告] 精巣内微小石灰化を伴った性腺外精上皮腫の1例. 松本和将,岩村正嗣,勝田真行,佐藤威文,大堀理,頴川晋,内田豊昭,馬場志郎(泌): 泌尿器紀要, 45: 725〜727, 1999.

2365. [症例報告] 麦角アルカロイド誘導体内服患者の麻酔導入後に発生した冠動脈攣縮. 松本和将(泌),外須美夫(麻),三谷浩之,永井一成,頴川晋,馬場志郎(泌): 臨床麻酔, 24: 253〜255, 2000.

2366. [臨床治験] シクロスポリン現行製剤で維持療法中の腎移植患者におけるシクロスポリンMEPCへの切り替え試験. 大島伸一(名大),太田和夫(太田医研),大橋靖雄(東大),園田孝夫(大阪府立病院),高木弘(名大),岡隆宏,高橋公太(新潟大),打田和治(名古屋 日赤),奥山明彦,高原史郎,土肥雪彦(広大),遠藤忠雄(泌),山口裕(名大),両角国男: 今日の移植, 12(Suppl.): 43〜64, 1999.

2367. [臨床治験] 新規腎移植患者におけるシクロスポリンMEOCの臨床使用試験. 打田和治(名古屋日赤),太田和夫(太田医研),高木弘(名大),園田孝夫(大阪府立病院),大橋靖雄(東大),岡隆宏,高橋公太(新潟大),大島伸一 (名大),奥山明彦,高原史郎,土肥雪彦(広大),遠藤忠雄(泌),山口裕(名大),両角国男: 今日の移植, 12(Suppl.): 65〜77, 1999.

2368. [総説] 特集; 前立腺疾患の治療, up to date: 最先端の診療技術から, 患者QOLまで−前立腺肥大症に対する外科的治療. 内田豊昭(泌): 今月の治療, 7(11): 1219〜1223, 1999.

2369. [総説] 特集; 前立腺疾患治療のストラテジー: 前立腺肥大症に対する手術療法, 経尿道的切除術の変遷. 馬場志郎(泌): 治療, 81(9): 2367〜2371, 1999.

2370. [総説] 前立腺癌の治療と成績; 2. 手術. 頴川晋(泌): 治療学, 33(7): 49〜52, 1999.

2371. [総説] 特集; 腎尿路結石−最近の動向: 内視鏡手術(PNL, TUL). 荒川孝,馬場志郎(泌): 腎と透析, 46(6): 845〜849, 1999.

2372. [総説] 経尿道的尿管結石破砕術(TUL). 馬場志郎(泌): 先端医療, 5(5): 46〜47, 1999.

2373. [総説] 特集; 長期診療のピットフォール: 前立腺疾患. 石橋晃(泌): 総合臨床, 48(9), 1999.

2374. [総説] 特集; 泌尿器科領域の腹腔鏡下手術の新しい展開と進歩−腎盂尿管移行部通過障害に対する腹腔鏡下腎盂形成術−. 馬場志郎,岩村正嗣,佐藤威文(泌): 日本内視鏡外科学会雑誌, 4(2): 129〜133, 1999.

2375. [総説] 前立腺肥大症の新しい治療法; 1. High intensity forcused ultrasound (HIFU). 中村薫,山本泰秀(慶大),馬場志郎(泌),村井勝(慶大): 泌尿器外科, 12(1): 73〜77, 1999.

2376. [総説] 特集; 尿管結石術−腹腔鏡(後腹膜鏡)での対応. 馬場志郎,岩村正嗣(泌): 泌尿器外科, 12(11): 1351〜1354, 1999.

2377. [総説] 特集; TURP合併症の予防と処置. 内田豊昭(泌): 泌尿器外科, 12(2): 111〜115, 1999.

2378. [総説] 腎細胞がんに対する術前鑑別診断と腎部分切除術の適応. 馬場志郎(泌),村井勝(慶大): 泌尿器外科, 12: 305〜306, 1999.

2379. [総説] 特集; 前立腺がんと肥大症, 前立腺肥大症の治療の実際, 経尿道的前立腺蒸散術. 内田豊昭,馬場志郎(泌): 臨床と研究, 77(3): 495〜498, 2000.

2380. [総説] 泌尿器科画像診断; V.疾患別画像診断(4)先天異常, 回転異常腎. 田村麻子,真下節夫(泌): 臨床泌尿器科, 53(4): 213, 1999.

2381. [講座] 私と漢方, 漢方との必然的な出合い. 石橋晃(泌): 漢方と最新治療, 8(4): 381〜383, 1999.

2382. [講座] 尿路不定愁訴. 石橋晃(泌): 漢方「わたしの治療指針」, 12: 67〜68, 1999.

2383. [講座] 特集; こんな時には漢方を, 泌尿器科疾患の漢方療法−続. 石橋晃(泌): 実地医家のためのTHE KAMPO, No. 3, 1999.

2384. [講座] 薬剤師にしかできないこと. 石橋晃(泌): 日経ファーマシー, (6), 1999.

2385. [講座] 最近の医療情勢の問題点, 第51回兵庫県医師会設立記念医学会特集. 石橋晃(泌): 兵庫県医師会医学雑誌, 41(3): 79〜83, 1999.

2386. [講座] 治療の実際; 高齢者における排尿障害. 石橋晃(泌): 臨床と研究, 76(6): 137〜140, 1999.

2387. [講座] 特集; 高齢者における漢方療法, 泌尿器科(排尿障害)"八味地黄丸, 牛車腎気丸". 石橋晃(泌): 老化と疾患, 12(7): 84〜87, 1999.

2388. [その他の著書] (分担執筆) Recent Advances in Endourology, V.1; Laparoscopic adrenalectomy: Posterior lumbar approach, p.60〜72, 馬場志郎(泌),村井勝(慶大). Springer-Verlag, Tokyo, 99.00.00発行.

2389. [その他の著書] (分担執筆) Landes Bioscience Publisher; Applications of anti-oncogene ribozymes for the treatment of bladder cancer, p.125〜134, 入江啓(泌),Small, E.J. 99.00.00発行.

2390. [その他の著書] (分担執筆) Expertに学ぶEndourology; 腹腔鏡下副腎摘除術と後腹膜鏡下副腎摘除術, p.133〜155, 馬場志郎(泌). 編集 村井勝(慶大),馬場志郎(北里大), 南山堂,東京,98.00.00発行.

2391. [その他の著書] (分担執筆) 腎・尿路疾患の診療指針; X. 疾患別診療指針−泌尿器科疾患(腎尿路異常/閉塞性尿路疾患), 97. 尿路結石症の治療, p.413〜419, 岩村正嗣,馬場志郎(泌). 編集 二瓶宏,塩之入洋,矢崎恒忠,五十嵐隆, 東京医学社,東京,99.00.00発行.

2392. [その他の著書] (分担執筆) 内視鏡外科ナーシングプラクティス; 泌尿器疾患に対する手術−骨盤リンパ節郭清術, p.106〜107, 馬場志郎(泌). 編集 大橋秀一,宮原多枝子, 文光堂,東京,99.00.00発行.

2393. [その他の著書] (分担執筆) 内分泌外科の要点と盲点; W. 副腎/4. 副腎摘除手技のKanck & Pitfalls; 5. 内視鏡下副腎摘除(経後腹膜腔)後方アプローチ, p.204〜208, 馬場志郎(泌),村井勝(慶大). 文光堂,東京,99.00.00発行.

2394. [その他の著書] (分担執筆) 臨床医の漢方治療指針, 改訂版; 泌尿器科系, p.311〜337, 石橋晃(泌),松田邦夫. 編集 長谷川弥人,大塚恭男,丁宗鐵, メジカルビュー社,東京,99.11.10発行.

2395. [その他の著書] (分担執筆) 実用血液浄化療法−チーム医療として; W. 透析患者のケア, 6. 維持透析患者のquality of life (QOL), p.264〜271, 日台英雄(横浜第一),兵藤透(泌). 編集 阿岸鉄三(東女医大), 秀潤社,東京,99.07.05発行.

2396. [その他の著書] (分担執筆) 日常診療のための泌尿器科診断学; 前立腺肥大症の検査, p.2〜19, 馬場志郎(泌). 編集 吉田修, インターメディカ,東京,99.00.00発行.

2397. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器のコツと落とし穴; C非観血的治療法, 内視鏡手術[薬物療法を除く]−先天性異常, 腹腔内停留精巣に対する腹腔鏡下二期的精巣固定術, p.2〜3; −尿路通過障害, 無機能水腎症の後腹膜鏡下腎摘出術のコツ, p.80〜81, 岩村正嗣(泌). 編集 阿曽佳郎, 中山書店,東京,99.08.25発行.

2398. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器のコツと落とし穴; B手術療法, Part 2, 腎不全, 腎血管性高血圧症, 高血圧腎動脈瘤の手術−imbricationによる動脈瘤壁の形成, p.28〜29; 神経因性膀胱, 膀胱尿管逆流, 尿失禁−心停止後の献腎ドナーからの腎摘出手術のコツ, ドナー腎のen block摘出術, p.60; −低体重児の腹膜外科的腎移植手術, p.68〜69, −腎不全, 腎血管性高血圧症, 拒絶反応腎の腎被膜下腎摘出術, p.82, 遠藤忠雄(泌). 編集 阿曽佳郎, 中山書店,東京,99.08.25発行.

2399. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器のコツと落とし穴; C非観血的治療法, 内視鏡手術[薬物療法を除く]−尿路通過障害, TVP, 厚型切除ループの落とし穴, p.116〜117, 小柴健(泌). 編集 阿曽佳郎, 中山書店,東京,99.08.25発行.

2400. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器のコツと落とし穴; B手術療法 Part 2, 腎不全, 腎血管性高血圧症, 移植腎摘出術のコツ, p.83, 真下節夫(泌). 編集 阿曽佳郎, 中山書店,東京,99.08.25発行.

2401. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器のコツと落とし穴; C非観血的治療法, 内視鏡手術[薬物療法を除く]−尿路通過障害, 経尿道的前立腺切除術(TURP)のコツ, 穿孔と術後出血の予防と処置, p.100〜101, −尿失禁の予防と処置, p.120, 内田豊昭(泌). 編集 阿曽佳郎, 中山書店,東京,99.08.25発行.

2402. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器のコツと落とし穴; @検査・診断法, 薬物療法−前立腺肥大症の漢方治療のコツ, p.150, −尿路不定愁訴の漢方治療のコツ, p.217, 石橋晃(泌). 編集 阿曽佳郎, 中山書店,東京,99.08.25発行.

2403. [その他の著書] (分担執筆) ベッドサイド泌尿器科学−手術編改訂第3版; W. 腎の出術: 腹腔鏡下手術, p.56〜59; Z. 尿失禁に対する手術, コラーゲン注入法, p.294〜296, 馬場志郎(泌). 編集 吉田修, 南江堂,東京,99.00.00発行.

2404. [その他の著書] (分担執筆) ベッドサイド泌尿器科学−手術編改訂第3版; Z. 尿失禁に対する手術, 尿道の手術, p.287, 石橋晃(泌). 編集 吉田修, 南江堂,東京,99.00.00発行.

2405. [その他の著書] (編集) Expertに学ぶEndourology; 編集 村井勝(慶大),馬場志郎(泌), 南山堂,東京,98.00.00発行.

2406. [学会(国際)] (一般講演) Pathological features and follow up of prostate cancer patients with initial sextant biopsy positive vs those with at least one previously negative sextant biopsy. 宇都宮拓治,丸典夫(泌),Wheeler, T.M.(ベイラー医大): 第94回米国泌尿器科学会総会 (1999.05.01〜06), ダラス, J. Urol., 161(Suppl.4): 333, 1999.

2407. [学会(国際)] (一般講演) The influence of pathological parameters of positive surgical margins on prognosis in patients undergoing radical prostatectomy. 丸典夫,宇都宮拓治(泌),Bergamaschi, F.,Kattan, M.W.,Scardino, P.T.,Wheeler, T.M.,Slawin, K.M.(ベイラー医大): 第94回米国泌尿器科学会総会 (1999.05.01〜06), ダラス, J. Urol., 161(Suppl.4): 355, 1999.

2408. [学会(国際)] (一般講演) Reduction in lysyl oxidase expression is an independent predictor of recurrence following radical prostatectomy. 志村哲(泌),Yang, G.,Nasu, Y.,Ebara, S.,Wheeler, T.M.,Trakman, P.C.,Thompson, T.C.(ベイラー医大): 第94回米国泌尿器科学会総会 (1999.05.01〜06), ダラス, J. Urol., 161(Suppl.4): 60, 1999.

2409. [学会(国際)] (一般講演) Racial differences in the size and grade of prostate cancer tumor foci. Lee, D.-H.(ベイラー医大),丸典夫(泌),Kim, I.,Wheeler, T.M.,Morton, R.(ベイラー医大): 第94回米国泌尿器科学会総会 (1999.05.01〜06), ダラス, J. Urol., 161(Suppl.4): 73, 1999.

2410. [学会(国際)] (一般講演) Retroperitoneoscopic radical nephrectomy by a posterior lumber approach for renal cell carcinoma associated with chronic renal failure. 岩村正嗣,頴川晋,馬場志郎(泌): 第17回国際エンドウロロジーESWL学会 (1999.09.01〜08), ギリシャ.

2411. [学会(国際)] (一般講演) Which blood purificaiton modality is useful in combination with the direct hemoperfusion β2-MG adsorption column? 兵藤透(泌),有住香織,本間崇(横浜第一),酒井糾(泌),原茂子(虎の門),日台英雄(横浜第一): ヨーロッパ透析移植腎臓学会議 (1999.09.04〜06), マドリッド.

2412. [学会(国際)] (一般講演) High resolution scanning electron microscopy of adsorber particles in the direct hemoperfusion β2-MG adsorption column and its long-term clinical use. 兵藤透(泌),名黒知徳(鳥取大),有住香織,本間崇(横浜第一),酒井糾(泌),日台英雄(横浜第一),飯野晃啓(鳥取大): ヨーロッパ透析移植腎臓学会議 (1999.09.04〜06), マドリッド.

2413. [学会(国際)] (一般講演) Histological characteristics of radical prostatectomy specimens in Japanese patients with a serum prostate specific antigen of 4.0 ng/ml or less. 佐藤威文,頴川晋,宋成浩,大堀理,岩村正嗣,内田豊昭,馬場志郎(泌): 16th Korea-Japan Urological Congress (1999.09.11〜12), 韓国.

2414. [学会(国際)] (一般講演) Nicaravan added Euro-Collins solution improved survival in cold-preserved dog kidney graft model. 田村麻子(泌),真崎義彦(実動系),及能久隆,吉田一成,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第6回アジア移植学会 (1999.09.21), シンガポール.

2415. [学会(国際)] (一般講演) Effect on cold-preserved rat kidney function on various sugars added to adjust osmolarity of Euro-Collins solution. 真崎義彦(実動系),田村麻子,遠藤忠雄,吉田一成,馬場志郎(泌),大久保充人(佐野厚生病院): 第6回アジア移植学会 (1999.09.21), シンガポール.

2416. [学会(国際)] (一般講演) Dietary counseling can improve nutritional status in hemodialysis patients. 兵藤透(泌),杉本美貴,平良隆保,日台英雄(横浜第一),酒井糾,馬場志郎(泌): 米国腎臓学会 (1999.11.06〜09), マイアミ.

2417. [学会(国際)] (一般講演) The novel treatment for muscle cramp with pain in HD patients: A dramatically immediate effect of Shakuyaku-Kanzo-To, Chinese Herbal medicine. 兵藤透(泌),平良隆保,日台英雄(横浜第一),酒井糾,馬場志郎(泌): 米国腎臓学会 (1999.11.06〜09), マイアミ.

2418. [学会(国際)] (一般講演) 泌尿器科の先駆者ミーティング. 頴川晋(泌): Innovators in Urology U (1999.11.29〜30), オックスフォード.

2419. [学会(全国)] (特別講演) 泌尿器不定愁訴の漢方治療−伝統医療の立場から−. 石橋晃(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会漢方研究会 (1999.04.13), 大阪.

2420. [学会(全国)] (教育講演) 上手にTURPを行うために. 内田豊昭(泌),飴田要(北大),津川昌也(岡大): 第13回日本Endourology・ESWL学会総会 (1999.11.24〜26), 東京.

2421. [学会(全国)] (シンポジウム等) 根治的前立腺全摘術の血清前立腺特異抗原上昇例に対する治療方針. 頴川晋(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2422. [学会(全国)] (シンポジウム等) 前立腺肥大症; どの手術がベストか? 内田豊昭(泌): 第20回日本レーザー医学会大会 (1999.10.08), 仙台.

2423. [学会(全国)] (ワークショップ) Silent stoneの治療方針(15 mm): 診断, CT, KUB, 採血. 荒川孝,真下節夫(泌): 第42回日本腎臓学会学術総会 (1999.06.26〜28), 横浜.

2424. [学会(全国)] (一般講演) 腎細胞癌細胞塗抹標本によるDNA ploidy statusの解析. 岩村正嗣,藤城貴教,佐藤威文,村本将俊,頴川晋,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2425. [学会(全国)] (一般講演) 上部尿路系疾患における細径化尿管内エコーの有用性について. 佐藤威文,馬場志郎(泌),村井勝(慶大),石井大輔,田畑健一,藤城貴教,松本和将,大堀理,岩村正嗣(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2426. [学会(全国)] (一般講演) 精巣腫瘍の臨床的検討. 宋成浩,斉藤毅,小林聖二,岩村正嗣,内田豊昭,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2427. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌組織標本中におけるProstatic Intraepithelial Neoplasiaの頻度と病理学的特徴. 宋成浩,及能久隆,頴川晋,石井淳一郎,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2428. [学会(全国)] (一般講演) 経直腸的超音波ガイド下体系的6個所, 前立腺生検におけるperipheral zone外側2個所追加生検の意義. 松本和将,頴川晋,藤城貴教,石井大輔,高嶋力弥,溝口秀之(泌),桑尾定仁(病理),馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2429. [学会(全国)] (一般講演) 根治的前立腺摘除術後の血清前立腺特異抗原上昇例に対する局所外照射によるsalvage radiotherapyの短期成績. 村本将俊,石井大輔,田畑健一,藤城貴教,松本和将,石井淳一郎,宋成浩,岩村正嗣,頴川晋,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2430. [学会(全国)] (一般講演) 腎細胞癌におけるp53, bcl2, bFGFの免疫組織学的検討. 村本将俊,松本和将,石井淳一郎,嶺井定紀,黄英茂,佐藤威文,岩村正嗣,内田豊昭,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2431. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除術時合併症の変遷と影響因子. 内田豊昭,佐藤威文,村本将俊,田村麻子,大堀理,岩村正嗣,青輝昭,遠藤忠雄,小柴健,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2432. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺肥大症に対する厚型ループを用いたNEW TURPの長期治療成績の検討. 黄英茂,内田豊昭,佐藤威文,小林聖二,村本将俊,及能久隆,岩村正嗣,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2433. [学会(全国)] (一般講演) 進行性前立腺癌に対する経尿道的前立腺切除術の合併症と予後の検討. 斉藤毅,内田豊昭,小林聖二,黄英茂,宋成浩,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2434. [学会(全国)] (一般講演) 扁平上皮癌の組織像を呈した原発性精嚢腫瘍の経験. 田畑健一,岩村正嗣,石井大輔,佐藤威文,小林聖二,入江啓,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2435. [学会(全国)] (一般講演) 膀胱結石に対するHO:YAG Laser単独治療について−EHLtとの比較成績−. 林暁,長倉和彦,山藤政夫(西窪),中野間隆(埼玉医大),長田浩彦(慶大),沢村正之(西窪),宇都宮拓治(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2436. [学会(全国)] (一般講演) 頻尿を主訴に発見された腸間膜デスモイド腫瘍の1例. 奥野紀彦,村山雅一,須山一穂,青輝昭,向井伸哉,小柴健(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2437. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌と前立腺結石との統計学的検討. 溝口秀之,相原正弘,平井祥司,望月英樹,遠藤忠雄,馬場志郎,小柴健(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2438. [学会(全国)] (一般講演) 透析患者の無形成骨に対するビタミンD3休薬効果. 兵藤透(泌),近藤光洋(厚木クリニック),日台英雄(横浜第一),酒井糾,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2439. [学会(全国)] (一般講演) 根治的前立腺摘術術後の早期合併症−多施設共同研究−. 荒井陽一,岡田崇(倉敷中央),頴川晋,松本和将(泌),鳶巣賢一(国立がんセン),鷲山和幸(原三信),住吉義光,橋根勝義(国立四国がんセン),松田 公志,川喜田睦司(関西医大),筧善行,寺地敏郎,小川修(京大): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2440. [学会(全国)] (一般講演) T1c前立腺癌における臨床的重要度の予測: Epsteinらの治療前診断基準の検証. 筧善行,賀本敏行(京大),加藤哲朗,小川修(秋田大),鳶巣賢一(国立がんセン),赤倉功一郎(千葉大),頴川晋(泌),宇佐美道行,前田修(大阪府立 成人病セン),荒井陽一(倉敷中央),住吉義光(国立四国がんセン),上嶺頼啓(済生会下関),吉田修(東亜大): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2441. [学会(全国)] (一般講演) 日本人前立腺癌watchful waiting例におけるPSA倍加時間の検討. 頴川晋,高嶋力弥,松本和将,溝口秀之,村本将俊,大堀理,岩村正嗣,馬場志郎,須山一穂,小柴健,泉博一,横田真二(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2442. [学会(全国)] (一般講演) 膀胱瘤に対する腟前壁縫縮術と膀胱頚部吊り上げ術について. 田村麻子,横山英二,小林聖二,佐藤威文,平井祥二,藤田哲夫,真下節夫,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2443. [学会(全国)] (一般講演) 人工血管を用いた動静脈シャントの検討; 北里大学泌尿器科における62症例について. 高嶋力弥,吉田一成,村本将俊,及能久隆,田村麻子,岩村正嗣,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2444. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺全摘除術後の再発患者におけるFree/Total PSA比(%)値の検討. 大堀理,頴川晋,佐藤威文,田村麻子,石井大輔,田畑健一,藤城貴教,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2445. [学会(全国)] (一般講演) 腎サンゴ状結石の破砕治療−自験例400例を中心に−. 荒川孝,斉藤毅,設楽敏也,久保星一,真下節夫,馬場志郎(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2446. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌のホルモン療法に対する予後決定因子; apoptosisとmitosisの関連について. 相原正弘,溝口秀之,望月英樹,遠藤忠雄,馬場志郎,小柴健(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2447. [学会(全国)] (一般講演) Holmium YAG Laserによる二次性尿管狭窄切開術. 長倉和彦,林暁,山藤政夫(西窪病院),宇都宮拓治(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2448. [学会(全国)] (一般講演) 膀胱癌患者におけるNAT-2(N-acetyltransferase 2) genotypesと喫煙, 職業歴に関する研究. 紺谷和彦(聖路加),勝田真行(泌),貫井文彦(聖路加),永田幹男,黒川純,岡本重礼(泌),福井準之助(聖路加),川上雅子,西沢理,中島民江,勝山 努(信州大): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.12〜15), 大阪.

2449. [学会(全国)] (一般講演) Changing practice of advanced prostate cancer in the USA with special discussion of intermittent hormonal therapy: 間歇的ホルモン療法−北里Experience. 頴川晋(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.13), 大阪.

2450. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺肥大症における最新の話題−前立腺肥大症の病理; 神経内分泌細胞の意義. 岩村正嗣(泌): 第87回日本泌尿器科学会総会 (1999.04.15), 大阪.

2451. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下副腎摘除術の治療成績. 岩村正嗣,村本将俊,馬場志郎(泌): 第11回日本内分泌外科学会総会 (1999.05.15), 山形.

2452. [学会(全国)] (一般講演) 細胞内液型電解質と細胞外液型電解質液にtrehaloseを添加した腎保存効果の検討. 田村麻子(泌): 第6回日本臓器保存生物医学会総会 (1999.05.27), 大阪.

2453. [学会(全国)] (一般講演) 欧米及び西太平洋地区における植物療法の現況−漢方の日本における状況について−. 石橋晃(泌): 日本東洋医学総会 (1999.05.29), 東京.

2454. [学会(全国)] (一般講演) 当院におけるKDQOL, 自己決定尺度, 食事管理に関する自己効力, 食事管理行動の各尺度の使用経験. 山本スミ子(厚木クリニック),兵藤透(泌),細野智佳,渡瀬志津子,池田晴子(厚木クリニック),岡美智代(筑波大),平良隆保,日台英雄(横浜第 一): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25〜27), 横浜.

2455. [学会(全国)] (一般講演) ビフィズス菌HDの血液透析患者への投与経験: 高アンモニア血症の1例も含めて. 具志堅夏子(横浜第一),兵藤透(泌),杉本美貴,中山左知江,瀬尾智子(横浜第一),大山トヨ子,山本スミ子(厚木クリニック),平良隆保(横浜第 一),酒井糾,馬場志郎(泌),日台英雄(横浜第一): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25〜27), 横浜.

2456. [学会(全国)] (一般講演) Bioimpedance analyze (BIA)とCrit-lineによる除水困難群での血液透析中の体液変動の観察. 武藤勝寿(厚木クリニック),兵藤透(泌),諏訪智幸,近藤光洋,本間崇,日台英雄(横浜第一),酒井糾,馬場志郎(泌): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25〜27), 横浜.

2457. [学会(全国)] (一般講演) 血液透析患者の透析中の筋痙攣に対する芍薬甘草湯の即効性について. 熊倉美由貴(厚木クリニック),兵藤透(泌),冨満江梨子,山本スミ子(厚木クリニック),平良隆保,日台英雄(横浜第一),酒井糾,馬場志郎(泌): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25〜27), 横浜.

2458. [学会(全国)] (一般講演) Bioimpedance法によるLean Body Mass (LBM)と各種透析栄養学的指標. 杉本美貴(横浜第一),兵藤透(泌),具志堅夏子,平良隆保(横浜第一),酒井糾,馬場志郎(泌),日台英雄(横浜第一): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25〜27), 横浜.

2459. [学会(全国)] (一般講演) 栄養学的指標と関連するKDQOLのサブスケール. 瀬尾智子(横浜第一),兵藤透(泌),杉本美貴,具志堅夏子,平良隆保(横浜第一),山本スミ子(厚木クリニック),岡美智代(筑波大),酒井糾,馬場志 郎(泌),日台英雄(横浜第一): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25〜27), 横浜.

2460. [学会(全国)] (一般講演) β2-MG吸着器(リクセル)の効果と評価. 渡辺久美(横浜第一),兵藤透(泌),武藤勝寿,近藤光洋(厚木クリニック),本間崇,日台英雄(横浜第一): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25〜27), 横浜.

2461. [学会(全国)] (一般講演) リクセル吸着体粒子の高分解能走査電顕的観察. 兵藤透(泌),有住香織,本間崇(横浜第一),森隆司(泌),高木裕,谷口哲也,有井達郎,櫛引義貴,千葉哲夫,日台英雄(横浜第一),名黒知徳,飯野晃 啓(鳥取大): 第44回日本透析療法学会 (1999.06.25), 横浜.

2462. [学会(全国)] (一般講演) 無形成骨を呈する血液透析患者への活性型ビタミンD3製剤投与中止効果. 兵藤透(泌),近藤光洋,本間崇,日台英雄(横浜第一),酒井糾,馬場志郎(泌): 第42回日本腎臓学会学術総会 (1999.06.26〜28), 横浜.

2463. [学会(全国)] (一般講演) 胎児エコー検査による発見された先天性尿路奇形患者についての検討. 宋成浩(泌),守屋俊介(児),遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第8回日本小児泌尿器科学会総会 (1999.07.22〜23), 名古屋.

2464. [学会(全国)] (一般講演) 小児精巣腫瘍の臨床的検討. 宋成浩,斉藤毅,岩村正嗣,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第8回日本小児泌尿器科学会総会 (1999.07.22〜23), 名古屋.

2465. [学会(全国)] (一般講演) イヌ移植腎の冷却保存後再潅流におけるNicaraven (AVS)の腎保存保護効果. 田村麻子(泌),真崎義彦(実動系),及能久隆,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第35回日本移植学会総会 (1999.09.15), 筑波.

2466. [学会(全国)] (一般講演) Euro-Collins液の浸透圧調整に添加された各種の腎保存効果に関する検討. 真崎義彦(実動系),田村麻子,遠藤忠雄,吉田一成,及能久隆,馬場志郎(泌),大久保充人(佐野厚生病院): 第35回日本移植学会総会 (1999.09.15), 筑波.

2467. [学会(全国)] (一般講演) 腹圧性尿失禁に対するTVT (Tension-free Vaginal Tape)手術の臨床成績: 多施設共同研究. 後藤百万,近藤厚生,大村政治,吉川羊子,大島伸一,武井実根雄,中田真木,加藤久美子,大橋輝久,朴英哲,紺谷和彦,福井準之助,難波克年,田村麻子, 横山英二(泌): 第35回日本神経因性膀胱学会 (1999.09.24〜25), 直江津.

2468. [学会(全国)] (一般講演) 腎細胞癌株に対するantisense bcl-2の増殖抑制効果. 内田豊昭,入江啓,岩村正嗣,頴川晋,馬場志郎(泌): 第58回日本癌学会総会 (1999.09.29), 広島.

2469. [学会(全国)] (一般講演) 抗H-rasリボザイム発現アデノウイルスベクターの膀胱腫瘍に対するin vivo抗腫瘍効果の検討. 入江啓,宋成浩,岩村正嗣,頴川晋,内田豊昭,馬場志郎(泌): 第58回日本癌学会総会 (1999.09.29), 広島.

2470. [学会(全国)] (一般講演) E-PTFE人工血管動静脈シャント開存因子の検討. 及能久隆,吉田一成,斉藤毅,佐藤威文,高嶋力弥,村本将俊,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第37回日本人工臓器学会大会 (1999.10.14〜16), 名古屋.

2471. [学会(全国)] (一般講演) 内シャント造設困難な透析患者での長期留置カテーテルによるブラッドアクセスの臨床的検討. 斉藤毅,大堀理,吉田一成,高嶋力弥,村本将俊,佐藤威文,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第37回日本人工臓器学会大会 (1999.10.14〜16), 名古屋.

2472. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺癌とProstatic Intraepithelial Neoplasia (PIN)の関係. 宋成浩,頴川晋,岩村正嗣,内田豊昭,馬場志郎(泌): 第37回日本癌治療学会総会 (1999.10.12), 岐阜.

2473. [学会(全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対するHigh Intensity Focused Ultrasound (HIFU)療法の経験. 内田豊昭,黄英茂,佐藤威文,岩村正嗣,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第13回日本Endourology・ESWL学会総会 (1999.11.24〜26), 東京.

2474. [学会(全国)] (一般講演) 前立腺肥大症に対する経尿道的高温度治療の成績に影響を与える術前因子の検討. 大東貴志,中島淳,朝倉博孝,橘政昭,村井勝(慶大),馬場志郎(泌): 第13回日本Endourology・ESWL学会総会 (1999.11.24〜26), 東京.

2475. [学会(全国)] (一般講演) 後方到達法による後腹膜鏡下腎摘除術. 菊地栄次,大塚基嗣,朝倉博孝(慶大),馬場志郎(泌),村井勝(慶大): 第13回日本Endourology・ESWL学会総会 (1999.11.24〜26), 東京.

2476. [学会(全国)] (一般講演) 腹腔鏡下に試みた腎盂形成術の手術成績. 馬場志郎,岩村正嗣,佐藤威文(泌),松下一男,渡辺聡(東海大): 第12回日本内視鏡外科学会総会 (1999.12.01〜02), 東京.

2477. [学会(全国)] (一般講演) TUMT; How does it work? 馬場志郎(泌): 4th Urological Research Forum Okinawa (2000.01.28〜30), 沖縄.

2478. [学会(地方)] (シンポジウム等) 尿路腫瘍の治療におけるディベイト; 表在性膀胱癌−TURは治療のgold standardか? 馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2479. [学会(地方)] (シンポジウム等) 前立腺癌治療におけるディベイト; 早期前立腺癌の治療. 頴川晋(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2480. [学会(地方)] (一般講演) 北里大学病院における60歳以上のドナーによる献腎移植の検討. 吉田一成,遠藤忠雄,村本将俊,高嶋力弥,岩村正嗣,田村麻子,池田成江,馬場志郎(泌),根本・,佐藤光史(外): 第11回神奈川移植医学会 (1999.06.12), 横浜.

2481. [学会(地方)] (一般講演) 尿路系疾患における細系化尿管内エコーの有用性について. 佐藤威文,馬場志郎(泌),村井勝(慶大),田畑健一,石井淳一郎,村本将俊,田村麻子,古畑誠之,大堀理,岩村正嗣,吉田一成,頴川晋,内田豊昭,遠藤 忠雄(泌): 第56回神奈川県泌尿器科医会 (1999.06.24), 横浜.

2482. [学会(地方)] (一般講演) フルニエ壊疽の2症例. 平井祥司,宋成浩,石井大輔,藤城貴教,黄英茂,斉藤毅,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第56回神奈川県泌尿器科医会 (1999.06.24), 横浜.

2483. [学会(地方)] (一般講演) 硬化性被嚢性腹膜炎(SEP)に対する在宅中心静脈栄養を含めた治療検討. 須藤利雄,佐藤威文,吉田一成,石井淳一郎,古畑誠之,宋成浩,遠藤忠雄,馬場志郎,横田真二(泌): 第20回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (1999.09.09), 横浜.

2484. [学会(地方)] (一般講演) Metanephric adenoma(後腎性腺腫)の1例. 大草洋,村本将俊,宋成浩,勝田真行,嶺井定紀,入江啓,岩村正嗣,馬場志郎(泌): 第20回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (1999.09.09), 横浜.

2485. [学会(地方)] (一般講演) AMS800挿入後7年にて感染を起こし抜去を要した1症例. 山下英之,田村麻子,頴川晋,平井祥司,黄英茂,斉藤毅,内田豊昭,馬場志郎(泌): 第20回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (1999.09.09), 横浜.

2486. [学会(地方)] (一般講演) 精巣・精索転移を来した腎盂尿管腫瘍の1例. 藤田哲夫,本田直康(泌): 第20回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (1999.09.09), 横浜.

2487. [学会(地方)] (一般講演) Stage Tセミノーマに対する治療について; 放射線予防照射は必要か. 宋成浩,藤城貴教,山下英之,入江啓,内田豊昭,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2488. [学会(地方)] (一般講演) 腎サンゴ状結石の成分分析−性別・年齢別についての検討−. 荒川孝,嶺井定紀,設楽敏也,久保星一,真下節夫,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2489. [学会(地方)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対するHigh Intensity Focused Ultrasound (HIFU)療法の経験−Preliminary report. 内田豊昭,石井大輔,藤城貴教,田畑健一,石井淳一郎,黄英茂,斉藤毅,佐藤威文,吉田一成,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2490. [学会(地方)] (一般講演) 限局性腎細胞癌における腫瘍径の臨床病理所見に及ぼす影響. 石井淳一郎,岩村正嗣,藤城貴教,勝田真行,藤田哲夫,村本将俊,塩川英史,宋成浩,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2491. [学会(地方)] (一般講演) 血液透析患者に合併した腎細胞癌に対する後腹膜鏡下根治的腎摘除術の有用性. 岩村正嗣,村本将俊,石井淳一郎,原野裕司,吉田一成,遠藤忠雄(泌),村井勝(慶大),馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2492. [学会(地方)] (一般講演) Dornier Lithotripter Sによる尿管結石の治療成績. 奥野紀彦,須山一穂,村山雅一,青輝昭,小柴健(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2493. [学会(地方)] (一般講演) 前立腺肥大症に対する厚型ループを用いたNew TUR-Pの長期治療成績の検討. 黄英茂,内田豊昭,大草洋,佐藤威文,斉藤毅,村本将俊,及能久隆,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2494. [学会(地方)] (一般講演) 長期腹膜透析(CAPD)例に発生した硬化性被嚢性腹膜炎(SEP)に対する在宅中心静脈栄養(home TPN)療法. 斉藤毅,吉田一成,佐藤威文,村本将俊,高嶋力弥,巽洋,横田真二,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2495. [学会(地方)] (一般講演) イヌ移植腎の冷却保存再潅流におけるNicaravenの腎保存保護効果. 田村麻子(泌),真崎義彦(実動系),斉藤毅,及能久隆,吉田一成,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2496. [学会(地方)] (一般講演) コンピューターグラフィックス(CG)による前立腺生検シュミレーションモデル作成の試み. 高嶋力弥,頴川晋,松本和将(泌),桑尾定仁(病理),溝口秀之,呉幹純,高橋裕一郎,門脇和臣,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2497. [学会(地方)] (一般講演) 直腸膀胱窩に発生した巨大悪性中皮腫の1例. 平井祥司,吉田一成,松本和将,嶺井定紀,高嶋力弥,溝口秀之,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2498. [学会(地方)] (一般講演) インターフェロン療法後に甲状腺機能低下症を来した腎細胞癌の1例. 藤田哲夫,本田直康(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2499. [学会(地方)] (一般講演) 腎不全患者の繰り返し症状を呈する巨大嚢胞腎に対する腎摘出術の検討. 吉田一成,真下節夫,須山一穂,村本将俊,佐藤威文,岩村正嗣,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2500. [学会(地方)] (一般講演) 腎細胞癌根治術後の再発部位と再発期間に対する検討. 村本将俊,岩村正嗣,奥野紀彦,溝口秀之,藤城貴教,及能久隆,設楽敏也,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2501. [学会(地方)] (一般講演) 根治的前立腺全摘除術後の早期合併症について. 松本和将,頴川晋,石井大輔,田畑健一,奥野紀彦,及能久隆,宋成浩,吉田一成,岩村正嗣,相原正弘,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2502. [学会(地方)] (一般講演) 経尿道的前立腺高温度治療の長期成績. 大東貴志,朝倉博孝,中島淳,橘政昭,村井勝(慶大),馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2503. [学会(地方)] (一般講演) Sertoli cell tumorの1例. 望月英樹,呉幹純,塩川英史,門脇和臣(北研),吉田一成(泌),高橋裕一郎(腎健クリニック): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2504. [学会(地方)] (一般講演) 腎細胞癌におけるimmunosuppressive acid protein (IAP)の予後予見因子としての有用性. 古畑誠之,岩村正嗣,松本和将,村本将俊,設楽敏也,宋成浩,葛西勲,馬場志郎(泌): 第64回日本泌尿器科学会東部総会 (1999.10.07〜09), 東京.

2505. [学会(地方)] (一般講演) 新しい尿失禁防止術−TVT sling法8例の経験. 田村麻子,宋成浩,頴川晋,遠藤忠雄,馬場志郎(泌),横山英二(東大和): 第57回神奈川県泌尿器科医会 (1999.11.27), 川崎.

2506. [学会(地方)] (一般講演) 糖尿病に合併した前立腺膿瘍の1例. 溝口秀之(泌),杉村享之,紺谷和彦,貫井文彦,黒川純,永田幹男,岡本重礼,福井準之介(聖路加): 第536回日本泌尿器科学会東京地方会 (1999.12.02), 東京.

2507. [学会(地方)] (一般講演) 巨大な嚢胞を有した褐色細胞腫の1例. 嶺井定紀,山下英之,黄英茂,平井祥司,大草洋,須藤利雄,入江啓,内田豊昭,馬場志郎(泌): 第54回日本泌尿器科学会沖縄地方会総会 (2000.01.29), 沖縄.

2508. [研究会(全国)] (一般講演) 嚢胞腎の腎摘出術について. 吉田一成,真下節夫,須山一穂,村本将俊,佐藤威文,岩村正嗣,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第8回腎不全外科研究会 (1999.05.29), 京都.

2509. [研究会(全国)] (一般講演) 北里大学における人工血管使用動静脈シャントの臨床的検討. 村本将俊,吉田一成,高嶋力弥,及能久隆,田村麻子,岩村正嗣,遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第15回腎移植・血管外科研究会 (1999.06.10), 福島.

2510. [研究会(全国)] (一般講演) 前立腺癌: 診断から治療まで−治療(手術を中心に)−. 頴川晋(泌): 第13回腹部放射線研究会 (1999.06.19), 島根.

2511. [研究会(全国)] (一般講演) 甲状腺膿瘍を合併した献腎移植症例. 吉田一成,遠藤忠雄,村本将俊,佐藤威文,岩村正嗣,馬場志郎(泌): 第5回日本ミゾリビン移植研究会 (1999.07.03), 横浜.

2512. [研究会(全国)] (一般講演) Ho:YAGレーザーによる表在性膀胱癌の治療について. 長倉和彦(西窪),宇都宮拓治(泌),山藤政夫(西窪): 第6回Ho:YAGレーザー研究会 (1999.09.04), 東京.

2513. [研究会(全国)] (一般講演) 腹膜休息後CAPD再導入を試みた2症例の検討. 林恵美,伊藤友美,恩田耕治(北研),高嶋力弥(泌),呉幹純,門脇和臣(北研),高橋裕一郎(腎健クリニック),吉田一成(泌): 第5回腹膜透析研究会 (1999.10.09), 軽井沢.

2514. [研究会(全国)] (一般講演) SEP発症4年目でHPN施行中セレン欠乏による心不全を呈した1症例. 横田真二(相模台),望月英樹(泌),金子一也(薬剤),吉田一成(泌): 第5回腹膜透析研究会 (1999.10.09), 軽井沢.

2515. [研究会(全国)] (一般講演) 膀胱腫瘍に対する抗H-ras ribozyme発現アデノウイルスベクターのin vivo抗腫瘍効果. 入江啓,内田豊昭,宋成浩,岩村正嗣,頴川晋,馬場志郎(泌): 第1回泌尿器遺伝子治療研究会 (1999.11.20), 岡山.

2516. [研究会(全国)] (一般講演) 腹膜透析廃液中のヒアルロン酸(HA)/IgG/CA125比の臨床的意義. 兵藤透,熊野和雄,馬萍,横田真二,酒井糾(泌),隅田康洋(隅田内科),窪田実(王子病院): AKINE研究会 (2000.01.29), 下関.

2517. [研究会(全国)] (一般講演) 向精神薬が原因と思われる免疫抑制剤の血中濃度低下により治療に苦慮した献腎移植症例. 吉田一成,遠藤忠雄,斉藤毅,佐藤威文,池田成江,岩村正嗣,馬場志郎(泌),藤木くに子(看護): 第33回日本腎移植臨床研究会 (2000.02.05), 名古屋.

2518. [研究会(全国)] (一般講演) 北里大学病院泌尿器科における腎移植レシピエントコーディネーターの役割−特に待機患者との連絡について−. 池田成江,吉田一成,岩村正嗣,斉藤毅,遠藤忠雄,馬場志郎(泌),藤木くに子(看護): 第33回日本腎移植臨床研究会 (2000.02.05), 名古屋.

2519. [研究会(地方)] (特別講演) 前立腺癌根治術後のPSA failureの考え方と対処法. 頴川晋(泌): 愛媛県前立腺癌フォーラム (1999.10.16), 松山.

2520. [研究会(地方)] (特別講演) 腎移植とは. 遠藤忠雄(泌): 岩手腎不全研究会 (1999.10.17), 岩手.

2521. [研究会(地方)] (特別講演) 腹腔鏡下の副腎摘出術について. 岩村正嗣(泌): 第7回JUC勉強会 (2000.02.17), 東京.

2522. [研究会(地方)] (教育講演) 泌尿器科疾患の漢方治療. 石橋晃(泌): 第8回神奈川県泌尿器科漢方研究会 (1999.11.18), 横浜.

2523. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 早期前立腺癌の診断と治療; Watchful Waitingと前立腺癌. 頴川晋(泌): 第6回東京前立腺癌フォーラム (1999.10.23), 東京.

2524. [研究会(地方)] (一般講演) イントロール導入における自己管理指導についての1考察−精神的サポートを重視した評価表を用いて−. 吉間直美,佐藤真智子,井出口八寿子,福島千枝子(看護),田村麻子(泌),西村かおる(コンチネス),横山英二(東大和),馬場志郎(泌): 第5回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (1999.05.15), 横浜.

2525. [研究会(地方)] (一般講演) 血管造影及びMRIアンギオグラフィーで腎血管走行同定に苦慮した1例. 吉田一成,遠藤忠雄,岩村正嗣,斉藤毅,嶺井定紀,馬場志郎(泌),池田俊昭,西口郁(放): 第4回関東腎移植免疫抑制研究会 (1999.11.20), 東京.

2526. [研究会(地方)] (一般講演) 多発性嚢胞腎(PKD)の手術について. 吉田一成,真下節夫,須山一穂,村本将俊,佐藤威文,岩村正嗣,遠藤忠雄,馬場志郎(泌),: 第4回県央泌尿器疾患フォーラム (1999.11.25), 厚木.

2527. [研究会(地方)] (一般講演) 長期CAPD患者における腹膜機能の変化; 特にPETの変化について. 嶺井定紀,吉田一成,斉藤毅(泌),鎌田貢寿(内),遠藤忠雄,馬場志郎(泌): 第14回神奈川県CAPD研究会 (2000.03.25), 横浜.

2528. [研究会(地方)] (公開講座) 増え続ける前立腺癌; 前立腺癌の治療. 馬場志郎(泌): 多摩泌尿器科医会 (1999.10.30), 八王子.

2529. [学術賞] 平成11年度日本透析医学会コメディカル研究助成受賞−記名方式によるKDQOL-SFTM (Kidney Disease Quality of Life, 透析患者関連QOL)を用いた患者支援システムの確立−. 山本スミ子,細野智,池田晴子,渡瀬志津子(厚木クリニック),兵藤透(泌).


<<25 眼科学>>

2530. [原著] Chemical sensitivity and its clinical characteristics in Japan. 石川哲,宮田幹夫(眼): Asian Med. J., 43: 7〜15, 2000.

2531. [原著] Effects of endothelin receptor antagonists on anterior chamber inflammation induced by intravitreal injection of endothelin-1. 庄司信行(眼),大鹿哲郎,天野史郎,増田寛次郎: Exp. Eye Res., 69(10): 437〜444, 1999.

2532. [原著] Morphological study on cataractogenesis of the Nakano mouse lens. 原明子,松本美保,宇賀茂三(眼): Graefe's Arch. Clin. Exp. Ophthalmol., 237(3): 249〜255, 1999.

2533. [原著] Effects of β-antagonists on mechanical properties in rabbit ciliary artery. 林良子,吉富健志,石川均,林瑛理(眼),佐藤弥生: Graefe's Arch. Clin. Exp. Ophthalmol., 237: 661〜667, 1999.

2534. [原著] 屈折矯正手術患者の性格傾向. 片坂理恵(武蔵野赤十字),清水公也,田中俊一(眼),橋本行広(武蔵野赤十字): IOL & RS, 13(4): 293〜296, 1999.

2535. [原著] Comparison of threshold visual perimetry and objective pupil perimetry in clinical patients. 吉富健志(眼),松井孝子,田中舘明博(医療衛生),石川哲(眼): J. Neuro-ophthalmol., 19: 89〜99, 1999.

2536. [原著] Multiple chemical sensitivity (MCS) patients in Japan. 宮田幹夫,石川哲,難波龍人(眼): Japan-Fracne Joint Workshop on Health and Building Proceedings, p.47〜56, 1999.

2537. [原著] Lens reconstruction after mature cataract in SCR rat. Okano, T.,宇賀茂三,石川哲,原明子,Sumiya, S.(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 43(5): 363〜367, 1999.

2538. [原著] Presynaptic effects of botulinum toxin type A on the neuronally evoked response of albino and pigmented rabbit iris sphincter and dilator muscles. 石川均,三井義久,吉富健志,真下紀美代,青木繁,向野和雄,清水公也(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 44(2): 106〜109, 2000.

2539. [原著] エキシマレーザー外来開設のコツ. 清水公也(眼): あたらしい眼科, 16(8): 1051〜1061, 1999.

2540. [原著] 大学における白内障手術の教育システム. 田中俊一(眼): あたらしい眼科, 16(9): 1191〜1197, 1999.

2541. [原著] 化学物質過敏症. 宮田幹夫(眼): かんご, 51: 92〜95, 1999.

2542. [原著] 化学物質過敏症−診断基準・診断に必要な検査法. 石川哲,宮田幹夫(眼): アレルギー・免疫, 6(7): 34〜42, 1999.

2543. [原著] 化学物質過敏症の対策と治療. 市辺義章(眼): アレルギー・免疫, 6(7): 76〜82, 1999.

2544. [原著] 化学物質過敏症−歴史, 定義, 患者数−. 宮田幹夫,大野晃司(眼): アレルギー・免疫, 6(7): 970〜975, 1999.

2545. [原著] CO2レーザーを用いた上眼瞼皮膚弛緩症手術について. 根崎健吾(眼),加賀修,真野俊治,井手醇(井手眼科医院),山本崇(山形大): 眼科手術, 12(4): 552〜556, 1999.

2546. [原著] 近視強度別LASIKの成績. 榎本喜久子(武蔵野赤十字),清水公也,田中俊一(眼),橋本行弘(武蔵野赤十字): 眼科手術, 12: 395〜399, 1999.

2547. [原著] 初心者の耳側角膜小切開による超音波白内障手術. 古賀貴久,小松真理,増田あこ,榎本喜久子(武蔵野赤十字),清水公也(眼): 眼科手術, 13(1): 65〜68, 2000.

2548. [原著] VDT作業負荷による眼機能とテクノAOの効果. 佐藤弥生,原明子,大野晃司,菊池裕美,松崎広栄,難波龍人,宮田幹夫(眼): 眼科臨床医報, 93(11): 1634〜1637, 1999.

2549. [原著] 園児および児童における弱視・斜視治療のコンプライアンス. 庄司倫子,青木繁,藤山由紀子,新井田孝裕,向野和雄,山本はるか(眼): 眼科臨床医報, 93(7): 82〜86, 1999.

2550. [原著] 微量薬物と過敏反応(化学物質過敏症). 市辺義章(眼): 新しい眼科, 17(1): 43〜47, 2000.

2551. [原著] Creutzfeldt-Jakob病における神経眼科的所見の検討. 松本美保,若倉雅登,石川哲(眼): 神経眼科, 16(2): 169〜174, 1999.

2552. [原著] 化学物質過敏症患者の特性. 宮田幹夫(眼): 大阪保健医雑誌, (389): 7〜12, 1999.

2553. [原著] 睫毛乱生症に続発した角膜アミロイドーシス(第1報)凍結切片によるAL蛋白の検出. 阿曽香子,若倉雅登(眼): 日本眼科学会雑誌, 103(10): 754〜760, 1999.

2554. [原著] 神経毒性アミノ酸dysiherbaineの培養ミュラー細胞への効果. 嶺井利沙子(眼): 日本眼科学会雑誌, 103(8): 584〜590, 1999.

2555. [原著] ベーチェット病における眼症状と聴覚障害の関係. 阿曽香子,若倉雅登,古野久美子,松本美保,大野晃司,清水公也(眼),岡本牧人(耳鼻): 臨床眼科, 53(3): 309〜312, 2000.

2556. [原著] テクノストレス眼症・眼精疲労. 青木繁(眼): 臨床眼科, 53(3): 428〜430, 2000.

2557. [原著] 両眼同時白内障手術の検討. 浜田麻美,清水公也(眼): 臨床眼科, 53(6): 1151〜1153, 1999.

2558. [原著] 糖尿病網膜症術後の失明例. 松本美保,白川慎爾,庄司治代,佐藤美菜子,細川理恵,藤田哲(眼): 臨床眼科, 53(6): 1251〜1255, 1999.

2559. [準原著(英文)] Assessment of near triad in accommodation esotropia. 庄司信行,青木繁,藤山由紀子,新井田孝裕,向野和雄,石川均(眼): 9th International Orthoptic Congress Transaciton, p.291, 1999.

2560. [準原著] 心因性視覚障害の子ども達. 庄司倫子,青木繁,向野和雄,清水公也(眼),宗像恒次(筑波大): 第44回関東保健学会講演集, 1999.

2561. [研究報告(厚生省)] 特発性視神経炎と区別すべきステロイド剤依存性視神経症の存在. 若倉雅登(眼): 厚生省特定疾患網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班平成10年度研究報告書, p.31〜38, 1999.

2562. [研究報告(厚生省)] 特発性視神経炎および前部虚血性視神経病の診断基準作成について. 若倉雅登(眼): 厚生省特定疾患網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班平成10年度研究報告書, p.39〜49, 1999.

2563. [症例報告] 初期の視機能異常が検出された乳頭血管炎の1例. 細川理恵,宇都宮いづみ,若倉雅登,石川哲(眼): 神経眼科, 15(4): 477〜482, 1999.

2564. [症例報告] 橋本病, 重症筋無力症に合併した両側視神経症. 佐藤弥生,難波龍人,林良子,本間啓蔵,若倉雅登(眼): 神経眼科, 16(3): 317〜325, 1999.

2565. [症例報告] Ocular Tilt Reactionを伴った脳梗塞の1例. 松崎広栄,大野晃司,山田徹人,吉田寛,清水公也(眼): 神経眼科, 16: 303〜310, 1999.

2566. [症例報告] 周辺視野拡大に伴い回旋複視を自覚した頭蓋咽頭腫の1例. 原直人,桂未奈,尾崎光代(眼),大高弘稔(脳外): 臨床眼科, 53(4): 751〜754, 1999.

2567. [総説] 日常診療における睡眠薬の使い方−睡眠薬の製品特性と選択−. 村崎光邦(精): Geriatric Medicine, 38(2): 301〜307, 2000.

2568. [総説] Phakic refractive lens(PRL)の現況. 清水公也(眼): IOL & RS, 13(3): 158〜160, 1999.

2569. [総説] 眼精疲労と屈折・調節異常; 眼精疲労と近視−VDT作業と近視も含めて−. 小川泰典,青木繁(眼): あたらしい眼科, 16(5): 605〜608, 1999.

2570. [総説] ICL(the implantable contact lens). 清水公也(眼): あたらしい眼科, 16(5): 653〜654, 1999.

2571. [総説] 白内障手術の再評価. 清水公也(眼): あたらしい眼科, 16(9): 1185〜1189, 1999.

2572. [総説] 最近の術後眼内炎の傾向と対策. 小松真理(眼): あたらしい眼科, 16(9): 1243〜1249, 1999.

2573. [総説] 緑内障手術の合併症−術後視力障害の観点から−. 鈴木雅信(眼): あたらしい眼科, 16: 927〜931, 1999.

2574. [総説] 近視の手術的治療(3) Mini-RK. 清水公也(眼): 医学のあゆみ, 189(7): 449〜452, 1999.

2575. [総説] 脳幹・小脳における眼球運動に関した回路網; 知識のまとめとして. 吉田寛(眼): 神経眼科, 15(4): 378〜406, 1999.

2576. [総説] Muller細胞における神経伝達物質受容体. 嶺井利沙子,若倉雅登(眼): 神経眼科, 16(1): 5〜9, 1999.

2577. [講座] 屈折矯正の適応(1). 清水公也(眼): 眼科診療Q & A, (25): 285, 1999.

2578. [講座] 近視矯正用眼内コンタクトレンズの現況. 清水公也(眼): 日本医事新報, (3930): 1999.

2579. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 1. 主訴に対する診察の進め方, 視力障害, p.16〜17; 眼瞼痙攣・開瞼失行・閉瞼障害, p.39〜41; 頭痛・閃輝暗点, p.42; 光視症・一過性黒内障, p.43, 若倉雅登(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2580. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 2. 病歴聴取と視診の重要性, 病歴聴取の視診, p.46〜47, 若倉雅登(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2581. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 4. 電気生理学的検査とその評価, 網膜電図, p.90〜91, 若倉雅登(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2582. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 9. 診断決定に必要なその情報, 神経眼科で役立つ血液, 髄液検査, p.172〜173, 若倉雅登(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2583. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 特発性視神経炎, p.176〜179; 虚血性視神経症, p.180〜181; 栄養欠乏性視神経症, p.190〜191; 先天視神経異常, p.192〜194; 心因性の神経眼科的異常, p.238〜239, 若倉雅登(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2584. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 1. 主訴に対する診察の進め方: 動揺視, 目の揺れ, p.29〜30, 石川均(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2585. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 中毒性視神経症, p.185〜187; Fisher症候群と関連疾患, p.227〜228, 石川均(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2586. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 2. 病歴聴取と視診の重要性: 眼位, 眼球運動の視診, p.50〜53, 吉田寛(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2587. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 6. 眼球運動検査とその評価: EOG, ENGのとりかた, p.116〜120; 光電素子眼球運動記録法, サーチコイル法のとり方, p.121〜123, 吉田寛(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2588. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 圧迫性視神経症, p.195〜197; 視交叉部以降の視路障害, p.198〜201; 斜偏位, p.215〜217, 吉田寛(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2589. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 4. 電気生理学的検査とその評価: フラッシュ視覚誘発電位, p.92〜93; パターン視覚誘発電位, p.94, 中里宣幸(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2590. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 3. 視機能検査とその評価: 視野検査−対座法, 黒板法, OKP, p.65〜66; Pulfrich現象, p.86〜87, 根本徹(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2591. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 外傷性視神経症, p.188〜189, 根本徹(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2592. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 5. 眼位と両眼視機能検査とその評価: 定量的な眼位検査, p.100〜102; 大型弱視鏡を用いた眼位検査と両眼視機能検査, p.103〜106, 原直人(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2593. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 8. 画像診断−画像診断に必要な神経解剖の基礎, p.150〜153; 眼窩の画像とその診断(視神経, 外眼筋, 腫瘍), p.161〜165, 原直人(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2594. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 7. 瞳孔, 調節, 輻輳検査とその評価: 調節検査, p.142〜145; 輻輳検査, p.146; AC/A比, p.147〜148, 土屋邦彦(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2595. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 重症筋無力症, p.218〜220; 甲状腺眼症, p.221〜223, 向野和雄(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2596. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 1. 主訴に対する診察の進め方: 眼位異常, 頭位異常, p.22〜26, 庄司倫子,青木繁(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2597. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 1. 主訴に対する診察の進め方: 瞳孔不同, p.34〜35, 白川慎爾(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2598. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 2. 病歴聴取と視診の重要性: 瞳孔検査, p.48〜49, 白川慎爾(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2599. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 7. 瞳孔, 調節, 輻輳検査とその評価: 電子瞳孔計, p.140〜141, 白川慎爾(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2600. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 瞳孔異常, p.235〜237, 白川慎爾(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2601. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 3. 視機能検査とその評価: Photostress test (Glaser), p.82〜83; Uhthoff徴候, p.84〜85, 難波龍人(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2602. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 5. 眼位と両眼視機能検査とその評価: Fly test, TNO stereo test, バーチャルリアリティテスト, p.112〜114, 難波龍人(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2603. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 外眼筋麻痺, p.208〜210; 先天眼筋麻痺, p.229〜231, 難波龍人(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2604. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 5. 眼位と両眼視機能検査とその評価: red glass test, p.107〜109; Hessチャートを用いた眼位検査, p.110〜111, 西本浩之(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2605. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 輻輳, 開散, 近見反応の障害, p.232〜234, 西本浩之(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2606. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 4. 電気生理学的検査とその評価: 筋電図・瞬目反射, p.95〜98, 新井田孝裕(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2607. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 2. 病歴聴取と視診の重要性: 眼底検査(主として視神経乳頭), p.54〜55, 市辺義章(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2608. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 2. 病歴聴取と視診の重要性: 無赤色光眼底写真, p.60, 福原雅之(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2609. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 6. 眼球運動検査とその評価: 眼球様異常眼球運動, p.136〜138, 福原雅之(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2610. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 遺伝性視神経症, p.182〜184, 市辺義章(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2611. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 脳幹部の障害によって生じる眼球運動障害, p.211〜212, 福原雅之(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2612. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 2. 病歴聴取と視診の重要性: 蛍光眼底造影検査(ICGを含む), p.57〜59, 嶺井利沙子(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2613. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 先天眼振, p.204〜205, 佐藤美菜子(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2614. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 3. 視機能検査とその評価: 視野検査−瞳孔視野検査, p.73〜74, 吉富健志(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2615. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 10. 主な疾患の診断・患者への説明・治療および管理のポイント: 緑内障性視神経症, p.202〜203, 吉富健志(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2616. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 3. 視機能検査とその評価: 視力検査, p.62〜64; Goldmann視野検査, p.67〜69, 吉富健志,松井孝子(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2617. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 3. 視機能検査とその評価: Humphrey視野検査, p.70〜72, 松井孝子,吉富健志(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2618. [学術書] (分担執筆) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来; 3. 視機能検査とその評価: コントラスト感度検査, p.77〜79, 庄司治代(眼). 編集 若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2619. [学術書] (分担執筆) ES Now Illustrated; 再手術対策−濾過胞再建, 14: 48〜55, 庄司信行(眼). 編集 大鹿哲郎, メジカルビュー社, 東京, 99.10.20発行.

2620. [学術書] (分担執筆) 眼科診療プラクティス50; 眼科で診る腫瘍性疾患; 白血病とリンパ腫, p.100〜102, 古野久美子(眼). 編集 柏井聡,丸尾敏夫,本田孔士,臼井正彦,田野保雄, 文光堂, 東京, 99.09.01発行.

2621. [学術書] (分担執筆) 先端医療シリーズ3. 眼科:眼科の最先端; 第5章. 眼科手術, 3. 屈折矯正術, p.114〜119, 清水公也(眼). 99.00.00発行.

2622. [学術書] (分担執筆) 新しい治療薬のポイントNo.11, 1999後期; 感覚器官用薬 眼科用剤・ヒアルロン酸ナトリウム オペガン 0.6 オペガン1.1, p.39〜50, 清水公也(眼). メディカルビュー社, 東京, 99.09.30発行.

2623. [学術書] (分担執筆) Atlas of Cataract Surgery; Clear-cornea cataract incision: astigmatic consequences, p.129〜139, 清水公也(眼). 編集 Samuel Masket & Alan S. Crandall, Martin Dunitz, 99.00.00発行.

2624. [学術書] (分担執筆) 新図説臨床眼科講座8, 神経眼科; 乳頭腫脹の原因と鑑別診断, p.12〜13; 特発性視神経炎, p.16〜19; 視神経網膜炎, 22〜23; 一過性視力障害, p.52〜53; 頭痛と神経眼科, p.234〜237, 若倉雅登(眼). 編集 新家眞,石橋達朗,小口芳久,木下茂,中村泰久,望月學,若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.12.10発行.

2625. [学術書] (分担執筆) 新図説臨床眼科講座8, 神経眼科; 前部虚血性視神経症, p.26〜27; 中毒性視神経症 A有機溶剤, 有機リン剤, p.40〜42; Bその他の原因, 放射線視神経症, p.43; 眼振と異常眼球運動, Ping-Pong Gaze, p.186〜187; 眼窩と眼瞼の異常, 眼瞼痙攣, 開瞼失行, 閉瞼障害, p.230〜231, 石川均(眼). 編集 新家眞,石橋達朗,小口芳久,木下茂,中村泰久,望月學,若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.12.10発行.

2626. [学術書] (分担執筆) 新図説臨床眼科講座8, 神経眼科; 後部虚血性視神経症, p.28〜29; 中毒性視神経症 a)抗結核剤, p.38〜39; 相対的求心路瞳孔反応障害, p.108〜109, 市辺義章(眼). 編集 新家眞,石橋達朗,小口芳久,木下茂,中村泰久,望月學,若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.12.10発行.

2627. [学術書] (分担執筆) 新図説臨床眼科講座8, 神経眼科; 悪性腫瘍の髄膜転移と浸潤, p.252〜253; Neurofibromatosis T,U, p.254〜256, 古野久美子(眼). 編集 新家眞,石橋達朗,小口芳久,木下茂,中村泰久,望月學,若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.12.10発行.

2628. [学術書] (分担執筆) 新図説臨床眼科講座8, 神経眼科; Creutzfeldt-Jakob病, p.264〜265, 松本美保,若倉雅登(眼). 編集 新家眞,石橋達朗,小口芳久,木下茂,中村泰久,望月學,若倉雅登, メジカルビュー社, 東京, 99.12.10発行.

2629. [学術書] (分担執筆) 新図説臨床眼科講座9, 眼部救急医療: 腫瘍; 転移性眼窩腫瘍, p.252〜265, 古野久美子(眼). メジカルビュー社, 東京, 99.00.00発行.

2630. [学術書(英文)] (分担執筆) Myopia Update U; Increase of myopia−Possible interaction of environmental chemicals, p.55〜58, 石川哲,土屋邦彦,中川里絵,石川均,Woung Liang(眼). Springer-Verlag, 東京, 99.00.00発行.

2631. [学術書] (分担執筆) Accommodation and Vergence Mechanisms in the Visual System; Development of myopia due to environmental problems; A possible interaction of anti-cholinesterase compounds examined by accommodative adaptation, p.327〜340, 石川哲,土屋邦彦,門間紀佳,難波龍人,鵜飼一彦(眼). Birkhauser Verlag, Basel, Switzerland, 99.00.00発行.

2632. [学術書] (分担執筆) よくわかる体位組織学; 視覚器, p.444〜460, 若倉雅登(眼),根本典子(電顕セン). 学際企画,東京, 99.00.00発行.

2633. [学術書] (編集) 眼科外来シリーズ4: 神経眼科外来, 編集 若倉雅登(眼), メジカルビュー社, 東京, 99.05.01発行.

2634. [学術書] (編集) 新図説臨床眼科講座8, 神経眼科; 編集 新家眞,石橋達朗,小口芳久,木下茂,中村泰久,望月學,若倉雅登(眼), メジカルビュー社, 東京, 99.12.10発行.

2635. [翻訳] (共著) 臨床環境医学; サブトキシック濃度による健康障害. 阿曽香子(眼),阿曽和哲(外). 日本臨床環境医学会, 東京, 99.07.01発行.

2636. [翻訳] (分担執筆) 臨床環境医学; 環境医学の発展に向けて(海外論文の紹介「ドイツ環境医学誌」)−環境医学のこれからの位置づけ−Arndt Dohmen), 8(2): 91〜95. 阿曽香子(眼),阿曽和哲(外),石川哲(眼). 臨床環境医学会, 東京, 99.07.01発行.

2637. [学会(国際)] (特別講演) Implantable contact lens (STAAR surgical) through 2.8 mm incision. 清水公也(眼): Egyptian Society of Cataract and Corneal Diseases, Cataract and Refractive Surgery Meeting (ESCaCoD) (1999.12.01), Egypt.

2638. [学会(国際)] (シンポジウム等) Clear-corneal incision cataract surgery−2.8 mm incision with special injector−. 清水公也(眼): Egyptian Society of Cataract and Corneal Diseases, Cataract and Refractive Surgery Meeting (ESCaCoD) (1999.12.01), Egypt.

2639. [学会(国際)] (一般講演) Assessment of near triad in accommodation esotropia. 庄司信行,青木繁,藤山由紀子,新井田孝裕,向野和雄,石川均(眼): 9th International Orthoptic Congress (1999.06.21), Stockholm.

2640. [学会(国際)] (一般講演) Ultrastructural study in a case of orbital embryonal rhabdomyosarcoma. 若倉雅登,倉知隆,根本徹(眼),宮沢七郎(電顕セン): International Symposium on Electron Microscopy in Medicine and Biology (1999.08.31〜09.03), Korea.

2641. [学会(国際)] (一般講演) Pharmacological selectivity of muscarinic agonists including aceclidine and anti-muscarinics on the human ciliary muscles. 石川均(眼),Desantis, L.,Patil, P.N.: 17th Congress of the Asia-Pacific Academy of Ophthalmology (1999.09.14〜18), Manila.

2642. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of unoprostone on the rabbit ciliary artery. 吉富健志,林瑛理,林良子,石川均,清水公也(眼): ARVO Annual Meeting 1999 (1999.05.11), Fort Lauderdale, USA.

2643. [学会(国際)] (ポスター講演) Effect of botulinum A toxin on the neuronally evoked response of albino and pigmented rabbit iris sphincter and dilator muscles. 石川均,三井義久,吉富健志,向野和雄,清水公也(眼): ARVO Annual Meeting 1999 (1999.05.11), Fort Lauderdale, USA.

2644. [学会(国際)] (ポスター講演) Effects of isopropyl unoprostone in rabbit ciliary artery. 林瑛理,三井義久,石川均,清水公也(眼): ARVO Annual Meeting 1999 (1999.05.11), Fort Lauderdale, USA.

2645. [学会(国際)] (ポスター講演) The effect of botulinum A type toxin. 三井義久,石川均,吉富健志,清水公也(眼): ARVO Annual Meeting 1999 (1999.05.11), Fort Lauderdale, USA.

2646. [学会(全国)] (特別講演) やさしい神経保護作用; 網膜神経学的な側面から. 若倉雅登(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.07), 東京.

2647. [学会(全国)] (特別講演) 内境界膜剥離は黄斑手術に対してなにが良い効果をもたらすだろうか. 荻野誠周(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.10), 東京.

2648. [学会(全国)] (特別講演) 黄斑手術−健常視力の維持と回復をめざして−. 荻野誠周(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2649. [学会(全国)] (シンポジウム等) 屈折矯正手術の理論と実際−レーザー手術の臨床とその評価, VISX STARを用いたLASIK. 清水公也(眼): 第103回日本眼科学会総会 (1999.04.22), 千葉.

2650. [学会(全国)] (シンポジウム等) Clinical Update屈折手術. 清水公也(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.09), 東京.

2651. [学会(全国)] (シンポジウム等) Clinical Update屈折手術; マイクロケラトームの基礎. 田中俊一(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.09), 東京.

2652. [学会(全国)] (シンポジウム等) 硝子体手術. 荻野誠周(眼): 第38回日本網膜硝子体学会総会 (1999.11.05〜07), 東京.

2653. [学会(全国)] (シンポジウム等) LASIKの基礎実験. 鈴木雅信(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2654. [学会(全国)] (シンポジウム等) LASIKのための環境設定. 田中俊一(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2655. [学会(全国)] (シンポジウム等) LASIKの現況. 清水公也(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋, 抄録集, p.92, 2000.

2656. [学会(全国)] (一般講演) 眼分離株の耐性現況(好気性菌). 坂本則敏,清水公也(眼),井上松久(微),星野和夫,小川美保(ブリストル): 第47回日本化学療法学会総会 (1999.06.01), 東京.

2657. [学会(全国)] (一般講演) MPEG1エンコーダボックスMPG-BOX(アイ・オー・データ社)の使用経験. 永野幸一,田中俊一,清水公也(眼): 日本医学写真学会1999年度年次大会 (1999.06.05), 大阪.

2658. [学会(全国)] (一般講演) 様々な条件下でのマイクロケラトームとフラップ形態. 大野晃司,清水公也(眼),宇賀茂三(医療衛生),田中俊一,猪田さをり(眼): 第14回日本眼内レンズ屈折手術学会・第38回日本白内障学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2659. [学会(全国)] (一般講演) 多焦点眼内レンズの長期成績. 庄司信行,清水公也(眼),中西基,小松真理(武蔵野日赤): 第14回日本眼内レンズ屈折手術学会 (1999.07.16), 京都.

2660. [学会(全国)] (一般講演) 近視矯正手術後におこなったDLK. 林瑛理,福原雅之,庄司信行,清水公也(眼): 第14回日本眼内レンズ屈折手術学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2661. [学会(全国)] (一般講演) 角膜曲率半径(屈折力)の日内変動. 半田知也,向野和雄,新井田孝裕(医療衛生),清水公也(眼): 第14回日本眼内レンズ屈折手術学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2662. [学会(全国)] (一般講演) 各種foldable IOLへの細菌付着性. 福原雅之,井上俊洋,清水公也(眼),高野慎也,笹原武志,井上松久(微),小松真理(武蔵野日赤): 第14回日本眼内レンズ屈折手術学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2663. [学会(全国)] (一般講演) 白内障と前嚢上皮細胞の形態. 嶺井利沙子,清水公也,田中俊一,庄司治代,三井義久,宇賀茂三(眼): 第14回日本眼内レンズ屈折手術学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2664. [学会(全国)] (一般講演) 後嚢側針損傷に対する水晶体の反応. 北沢秀明,宇賀茂三,向野和雄(医療衛生),森田哲也,清水公也(眼): 第38回日本白内障学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2665. [学会(全国)] (一般講演) 大学病院における白内障手術の効率化と教育. 庄司治代,清水公也,田中俊一,嶺井利沙子,三井義久(眼): 第38回日本白内障学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2666. [学会(全国)] (一般講演) 新しい粘弾性物質による濾過胞維持の可能性(第1報). 庄司信行,菊池裕美,亀谷理香,清水公也(眼),宮内聡,高橋勝哉(生化学工業): 第10回日本緑内障学会総会 (1999.09.03〜05), 三重.

2667. [学会(全国)] (一般講演) 白色家兎後毛様動脈の神経支配及び動脈硬化の影響. 石川均,真下紀美代(眼),宇賀茂三(医療衛生),吉富健志: 第37回日本神経眼科学会総会 (1999.09.17〜18), 松江.

2668. [学会(全国)] (一般講演) 近見反応痙攣を呈したサイクロスポリンA脳症の1例. 久保祐輔,石川均,藤田純子(眼),青木繁,前田真治(医療衛生): 第37回日本神経眼科学会総会 (1999.09.17〜18), 松江.

2669. [学会(全国)] (一般講演) 眼窩炎症性偽腫瘍の臨床症状の検討. 中村道明,三宅正晃(井上眼科病院),若倉雅登(眼),井上治郎(井上眼科病院): 第37回日本神経眼科学会総会 (1999.09.17〜18), 松江.

2670. [学会(全国)] (一般講演) 脳動脈瘤Clipping術後の視覚異常の検討とその予防策. 原直人(眼),大高弘稔(脳外),向野和雄,清水公也(眼): 第37回日本神経眼科学会総会 (1999.09.17〜18), 松江.

2671. [学会(全国)] (一般講演) 甲状腺関連抗体陽性視神経症について. 外山茂,若倉雅登(眼): 第37回日本神経眼科学会総会 (1999.09.17〜18), 松江.

2672. [学会(全国)] (一般講演) 偏頭痛とMTF(空間周波数特性)異常. 向野和雄,青木繁,新井田孝裕(医療衛生),清水公也(眼): 第37回日本神経眼科学会総会 (1999.09.17〜18), 松江.

2673. [学会(全国)] (一般講演) ベーチェット病の経過中に内耳障害が多発する. 阿曽香子,古野久美子,松本美保,若倉雅登,清水公也(眼),岡本牧人(耳): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.07), 東京.

2674. [学会(全国)] (一般講演) 白内障術後のモノビジョンによる満足度. 井上俊洋,清水公也,新井田孝裕(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.08), 東京.

2675. [学会(全国)] (一般講演) Laser in situ keratomileusis後の追加矯正. 小松真理(武蔵野日赤),清水公也(眼),橋本行弘(武蔵野日赤): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.08), 東京.

2676. [学会(全国)] (一般講演) 挿入12年後摘出に至った1ピースディスク型hydroxyethylmethacrylate (HEMA) IOL. 庄司治代(東芝林間病院),清水公也(眼),小松真理(武蔵野日赤): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.08), 東京.

2677. [学会(全国)] (一般講演) 近視度数による乳頭形状の比較. 増田あこ(武蔵野日赤),小原真樹夫,庄司信行,清水公也(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.08), 東京.

2678. [学会(全国)] (一般講演) 正常眼圧緑内障が疑われたEmpty sella症候群の2症例. 中川里絵,菊池裕美,藤田哲,庄司信行,清水公也(眼),吉富健志(和歌山県立医大): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.07), 東京.

2679. [学会(全国)] (一般講演) 加齢黄斑変性の中心窩脈絡膜新生血管(CNM)に対する治療成績. 湯沢美都子,李才源,磯前貴子,森隆三郎,島田宏之(日大),宇都宮いづみ(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.07), 東京.

2680. [学会(全国)] (一般講演) 塩酸ジブカイシン点眼麻酔の家兎眼における研究. 林瑛理,三井義久,石川均,清水公也(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.08), 東京.

2681. [学会(全国)] (一般講演) Laser in situ keratomileusis術後6か月の臨床成績. 田中俊一,清水公也,大野晃司(眼),小松真理(武蔵野日赤): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.08〜10), 東京.

2682. [学会(全国)] (一般講演) 視神経の脳血管圧迫症候群. 向野和雄,新井田孝裕,庄司信行(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.10), 東京.

2683. [学会(全国)] (一般講演) 瞳孔視野計各種パラメータに及ぼす年齢の影響. 吉富健志,松井孝子,石川哲(眼),田中舘明博(医療衛生): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.10), 東京.

2684. [学会(全国)] (一般講演) 行動科学的手法による眼精疲労の治療. 庄司倫子,青木繁,向野和雄(医療衛生),清水公也(眼),宗像恒次(筑波大): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.10), 東京.

2685. [学会(全国)] (一般講演) 行動科学的手法による心因性視覚障害の治療法. 庄司倫子,青木繁,向野和雄(医療衛生),清水公也(眼),宗像恒次(筑波大): 第40回日本視能矯正学会 (1999.11.20), 東京.

2686. [学会(全国)] (一般講演) Space Saving Chart-330 type Uの若年者での使用経験. 橋本清栄,原直人,林昭宏,松野彩子,丹羽泰洋,清水公也(眼): 第65回日本中部眼科学会・第35回日本眼光学学会・第14回日本眼科ME学会合同眼科学会 (1999.11.20), 京都.

2687. [学会(全国)] (一般講演) 急性結膜炎の起炎菌の耐性化現況−藤沢市における. 坂本則敏(眼),井上松久(微),星野和夫,小川美保: 第36回日本眼感染症学会 (2000.00.00), 横浜.

2688. [学会(全国)] (一般講演) 単独及び硝子体手術同時白内障手術に伴う術後乱視の比較. 柳田智彦,福原雅之,宇都宮いづみ,疋田朋子,白川慎爾,清水公也(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2689. [学会(全国)] (一般講演) 眼内レンズによるモノビジョン法. 井上俊洋,清水公也,新井田孝裕(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2690. [学会(全国)] (一般講演) Laser in situ keratomileusis術直後の網膜感度の評価. 王帆(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2691. [学会(全国)] (一般講演) 当院におけるアトピー性白内障の統計学的検討. 藤沢邦俊,嶺井利沙子,井上俊洋,亀谷理香,田中俊一,魚里博,清水公也(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2692. [学会(全国)] (一般講演) 鼻側輪部減張り切開術. 南伸也,小山鉄郎(小山眼科),清水公也(眼),大橋裕一(愛媛大): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2693. [学会(全国)] (ポスター講演) 成熟家兎ミュラー細胞におけるNMDA型グルタミン酸受容体の遺伝子単離. 猪田さをり,平田丞,若倉雅登,清水公也(眼),渡辺真理子,高垣洋太郎(分生): 第103回日本眼科学会総会 (1999.04.21〜23), 幕張.

2694. [学会(全国)] (ポスター講演) イソプロピルウノプロストンの家兎毛様動脈弛緩機序に関する研究. 林瑛理,林良子,吉富健志,石川均,清水公也(眼): 第103回日本眼科学会総会 (1999.04.21〜23), 千葉.

2695. [学会(全国)] (ポスター講演) 新方式赤外線電子瞳孔計による自律神経機能評価の試み(第1報). 冨岡敏也,石川哲,石川均(眼),青木繁(医療衛生),榊原七重(森下記念病院),袴田直俊(浜松ホトニクス): 第103回日本眼科学会総会 (1999.04.21〜23), 千葉.

2696. [学会(全国)] (ポスター講演) 白色, 有色家兎瞳孔平滑筋, ウシ毛様筋に対するボツリヌスA型毒素の作用. 義久,石川均,吉富健志,清水公也(眼),青木繁,向野和雄(医療衛生): 第103回日本眼科学会総会 (1999.04.21〜23), 千葉.

2697. [学会(全国)] (ポスター講演) 白内障手術の難治症例に対する検討. 藤沢邦俊,清水公也,田中俊一,井上俊洋,三井義久(眼): 第14回日本眼内レンズ屈折手術学会 (1999.07.16〜18), 京都.

2698. [学会(全国)] (ポスター講演) 小切開白内障手術における新しい点眼麻酔薬. 三井義久,林瑛理,清水公也(眼): 第53回日本臨床眼科学会総会 (1999.10.07), 東京.

2699. [学会(全国)] (ポスター講演) 小切開白内障手術における新しい麻酔薬. 三井義久,清水公也,阿部充志,石川均,林瑛理(眼): 第23回日本眼科手術学会総会 (2000.01.28〜30), 名古屋.

2700. [学会(地方)] (記念講演) 実験的外傷性白内障の発生機序. 鳩野長文(眼): 第25回北里医学会総会 (1999.10.30), 相模原.

2701. [学会(地方)] (特別講演) 屈折矯正手術への学術的準備. 清水公也(眼): 第35回関東甲信越眼科学会 (1999.04.18), 甲府.

2702. [学会(地方)] (特別講演) 白内障・屈折矯正手術の発展. 清水公也(眼): 第25回北里医学会総会 (1999.10.30), 相模原, 北里医学, 29(6): 402, 1999.

2703. [学会(地方)] (一般講演) 心因性視覚障害の子ども達. 庄司倫子,青木繁,向野和雄(医療衛生),清水公也(眼),宗像恒次(筑波大): 第44回関東学校保健学会 (1999.10.30), 埼玉.

2704. [学会(地方)] (一般講演) 眼感染症におけるH-influenzae. 坂本則敏,清水公也(眼),井上松久(微),堀内浩史,大森明美(清水市立病院): 第65回日本中部眼科学会 (1999.11.21), 京都.

2705. [研究会(全国)] (特別講演) 視神経炎の新しい分類と治療への発展. 若倉雅登(眼): 日本眼科学会専門医制度第31回講習会 (1999.10.08), 東京.

2706. [研究会(全国)] (特別講演) 乳頭腫脹を来す疾患. 若倉雅登(眼): 第63回網膜病変談話会 (1999.10.20), 東京.

2707. [研究会(全国)] (教育講演) 斜視の神経眼科. 向野和雄(医療衛生): 視能訓練士研修会 (1999.05.03), 東京.

2708. [研究会(全国)] (教育講演) 糖尿病の神経眼科. 向野和雄(眼): 日本眼科医会生涯教育講座 (1999.07.10), 東京.

2709. [研究会(全国)] (教育講演) 安全なCCCとは. 清水公也(眼): 参天製薬・ランチョンセミナー; 実践白内障手術 (1999.07.16), 京都.

2710. [研究会(全国)] (教育講演) 眼内コンタクトレンズ治療成績. 田中俊一(眼): ファルマシア・ランチョンセミナー (1999.07.16), 京都.

2711. [研究会(全国)] (教育講演) フラップを安全に作るための因子. 田中俊一(眼): イナミ・イブニングセミナー (1999.07.16), 京都.

2712. [研究会(全国)] (教育講演) どちらから始めるPRK/LASIK. 清水公也(眼): 第6回JFC/VISX屈折矯正セミナー (2000.01.28), 名古屋.

2713. [研究会(全国)] (教育講演) 今後の白内障手術の方向性とPEAに関する考察. 清水公也(眼): アラガンランチョンセミナー (2000.01.29), 名古屋.

2714. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 最近の進歩シリーズ22; 視神経炎の診断と治療を考える. 若倉雅登(眼): 日本眼科学会専門医制度第31回講習会 (1999.10.08), 東京.

2715. [研究会(全国)] (シンポジウム等) Phakic IOLアップデート. 鈴木雅信(眼): 第24回角膜カンファレンス (2000.02.19), 浦安, 抄録集, p.8, 2000.

2716. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 有水晶体眼への眼内レンズ挿入(PRL: phakic refractive lens). 清水公也(眼): 白内障・IOL・角膜屈折手術セミナー"APPIクリスタル倶楽部2000" (2000.02.25), 安比.

2717. [研究会(全国)] (一般講演) 白内障・緑内障同時手術. 庄司信行(眼): JFC・ランチョンセミナー (1999.07.16), 京都.

2718. [研究会(全国)] (一般講演) 培養ミュラー細胞におけるドパミンアゴニストに対する応答性について. 若倉雅登,真下紀美代(眼): 視覚科学フォーラム第3回研究会 (1999.08.04〜06), 筑波.

2719. [研究会(全国)] (一般講演) 難治な甲状腺関連抗体陽性視神経症とその対策について. 若倉雅登(眼): 厚生省特定疾患網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班1999年度第1回班会議 (1999.10.10), 東京.

2720. [研究会(全国)] (一般講演) 小児の眼窩内に発生した横紋筋肉腫の1例. 柏木広哉,佐藤美菜子,清水公也,若倉雅登(眼),金子明博(国立がんセン),岩渕啓一(病理),倉知隆(名大): 第34回眼科臨床病理組織研究会 (1999.11.22), 京都.

2721. [研究会(全国)] (一般講演) 水晶体伸展標本と前嚢切片標本. 猪田さをり,清水公也,嶺井利沙子(眼),宇賀茂三(医療衛生): 第26回水晶体研究会 (2000.01.13〜14), 箱根.

2722. [研究会(全国)] (一般講演) マウス水晶体後嚢損傷の長期観察. 北沢秀明,宇賀茂三,向野和雄,細川理恵,清水公也(眼): 第26回水晶体研究会 (2000.01.13〜14), 箱根.

2723. [研究会(全国)] (一般講演) モノヨード酢酸誘発白内障の形態学的検討. 松本美保,森田哲也,宇賀茂三,清水公也(眼): 第26回水晶体研究会 (2000.01.13〜14), 箱根.

2724. [研究会(全国)] (ポスター講演) 真菌血症に伴う真菌性眼内炎の検討. 松本美保,佐藤美菜子,猪田さをり,白川慎爾(眼),青木繁(医療衛生),清水公也(眼): 第1回真菌症フォーラム (2000.03.04), 東京.

2725. [研究会(地方)] (特別講演) 乳頭浮腫とその解釈. 若倉雅登(眼): 第3回病診アイフォーラム川越 (1999.06.16), 川越.

2726. [研究会(地方)] (特別講演) 最新の白内障・屈折矯正手術の利点と問題点. 清水公也(眼): 湘南眼科医会講演会 (1999.06.17), 藤沢.

2727. [研究会(地方)] (特別講演) 日常診療の中の神経眼科, 井上眼科病院6か月の経験より. 若倉雅登(眼): 第41回獨協医大越谷眼科研究会 (1999.07.22), 越谷.

2728. [研究会(地方)] (特別講演) 視神経乳頭の形状解析. 庄司信行(眼): 湘西眼科臨床フォーラム (1999.07.22), 厚木.

2729. [研究会(地方)] (特別講演) 新しい屈折矯正手術: 第5世代エキシマレーザーおよび眼内コンタクトレンズ. 清水公也(眼): 石川県眼科医会学術講演会 (1999.07.31), 金沢.

2730. [研究会(地方)] (特別講演) 眼科手術の最先端: 白内障手術と屈折矯正手術. 清水公也(眼): 第3回信州北里医学会 (1999.08.07), 長野.

2731. [研究会(地方)] (特別講演) 屈折矯正手術Up Date '99−LASIKを始めるにあたって−. 清水公也(眼): 第1回富山県眼科学術セミナー (1999.09.11), 富山.

2732. [研究会(地方)] (特別講演) 最近の硝子体手術の話題. 白川慎爾(眼): 相模原眼科医会講演会 (1999.09.11), 町田.

2733. [研究会(地方)] (特別講演) 屈折矯正に関する角膜手術. 田中俊一(眼): 第23回神奈川県眼科医会病院見学会及講習会 (1999.09.25), 北里大学.

2734. [研究会(地方)] (特別講演) 屈折矯正手術の過去・現在. 清水公也(眼): 山形県眼科医会集談会 (1999.11.14), 山形.

2735. [研究会(地方)] (特別講演) 大学病院におけるエキシマレーザー手術. 清水公也(眼): 横須賀眼科医会学術講演会 (1999.11.16), 横須賀.

2736. [研究会(地方)] (特別講演) エキシマレーザーを使うにあたって. 清水公也(眼): 第21回茨城医学会眼科分科会 (1999.11.17), 水戸.

2737. [研究会(地方)] (特別講演) 糖尿病網膜症の治療Update; 網膜症の手術療法について. 白川慎爾(眼): 第7回相模糖尿病カンファレンス (1999.11.19), 相模原.

2738. [研究会(地方)] (特別講演) 視神経疾患の診断と治療. 若倉雅登(眼): 第48回徳島眼科研究会 (1999.11.28), 徳島.

2739. [研究会(地方)] (特別講演) 最近の近視矯正手術. 清水公也(眼): 東海眼科PTK/LASIK施行記念特別講演会 (1999.11.28), 三重.

2740. [研究会(地方)] (特別講演) 眼底疾患の立体像. 金上貞夫(眼): 第7回静岡県小児眼科研究会 (2000.03.04), 静岡.

2741. [研究会(地方)] (教育講演) 頭痛. 向野和雄(眼): 広島県眼科医会研修会 (1999.04.11), 広島.

2742. [研究会(地方)] (教育講演) VDTと産業医. 向野和雄(眼): 東京都北区産業医医師会研修会 (1999.09.11), 王子.

2743. [研究会(地方)] (教育講演) 硝子体手術の適応. 福原雅之(眼): 第23回神奈川県眼科医会病院見学会及講習会 (1999.09.25), 北里大学.

2744. [研究会(地方)] (教育講演) 緑内障の新しい画像診断器械. 菊池裕美(眼): 第23回神奈川県眼科医会病院見学会及講習会 (1999.09.25), 北里大学.

2745. [研究会(地方)] (教育講演) ヒアルロン酸の生理作用と合成酵素. 鈴木雅之(眼): 第32回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (1999.09.30), 相模原.

2746. [研究会(地方)] (教育講演) 眼内コンタクトレンズの治療経験. 田中俊一(眼): 第14回千葉県眼科懇話会 (1999.11.28), 千葉.

2747. [研究会(地方)] (教育講演) 視神経症の診断と治療(自験例を含めて). 市辺義章(眼): 第33回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2000.02.24), 相模原.

2748. [研究会(地方)] (教育講演) 多焦点眼内レンズの成績と適応. 庄司信行(眼): 霧島眼科研鑽会 (2000.03.18), 宮崎.

2749. [研究会(地方)] (一般講演) 小切開白内障手術における新しい点眼麻酔薬. 三井義久,清水公也,林瑛理,嶺井利沙子,藤沢邦俊,井上俊洋,二神創(眼): 第32回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (1999.09.30), 相模原.

2750. [研究会(地方)] (一般講演) 塩酸ジブカイシン点眼麻酔の家兎眼における研究. 林瑛理,三井義久,石川均,清水公也(眼): 第32回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (1999.09.30), 相模原.

2751. [研究会(地方)] (一般講演) 複数菌感染症におけるdirect indirect pathogenecityについて. 坂本則敏,清水公也(眼),井上松久(微),堀内浩史,中原悦子,戸倉純(清水市立病院): 第32回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (1999.09.30), 相模原.

2752. [研究会(地方)] (一般講演) 白内障術後のモノビジョンによる満足度. 井上俊洋,嶺井利沙子,二神創,三井義久,藤沢邦俊,新井田孝裕,清水公也(眼): 第32回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (1999.09.30), 相模原.

2753. [研究会(地方)] (一般講演) 網膜中心静脈閉塞症切迫型出血より発見された子宮筋腫の1例. 疋田朋子,白川慎爾,清水公也(眼): 第32回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (1999.09.30), 相模原.

2754. [研究会(地方)] (一般講演) 乳頭所見が経時的に変化した乳頭ドルーゼンの1例. 竹内友子,柳田智彦,市辺義章,清水公也(眼): 第32回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (1999.09.30), 相模原.

2755. [研究会(地方)] (一般講演) 単純ヘルペス2型ウイルスによる角膜ぶどう膜炎の幼児例. 猪田さをり,嶺井利沙子,若倉雅登,清水公也(眼)豊岡裕子(臨検): 神奈川県ヘルペス研究会 (1999.11.18), 横浜.

2756. [研究会(地方)] (一般講演) LASIK術中の高眼圧による網膜M細胞の機能低下. 王帆(白求恩医大),長山裕二,菊池裕美,冨岡敏也,庄司信行,久保祐輔,鈴木雅信,清水公也(眼): 第33回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2000.02.24), 相模原.

2757. [研究会(地方)] (一般講演) LASIK後の角膜上皮迷入の1例. 久保祐輔,林瑛理,大野晃司,鈴木雅信,清水公也(眼),宇賀茂三(医療衛生): 第33回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2000.02.24), 相模原.

2758. [研究会(地方)] (一般講演) 乳頭新生血管を伴った脈絡膜母斑の一例. 鈴木宏昌,市辺義章,清水公也(眼),箕田健生(帝京大): 第33回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2000.02.24), 相模原.

2759. [研究会(地方)] (一般講演) 虚血性視神経症が疑われた圧迫性視神経症の1例. 長山裕二,大本文子,疋田朋子,菊池裕美,松崎広栄,冨岡敏也,市辺義章,庄司信行(眼): 第33回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2000.02.24), 相模原.

2760. [研究会(地方)] (一般講演) Effective Corneal Multifocality (ECM)の検討. 藤沢邦俊,清水公也,田中俊一,嶺井利沙子,井上俊洋(眼): 第33回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2000.02.24), 相模原.

2761. [研究会(地方)] (公開講座) レーザー近視手術. 清水公也(眼): 北里大学病院市民公開講座 (2000.02.05), 相模原.


<<26 耳鼻咽喉科学>>

2762. [原著] Distribution of two types of mast cells in the nasal mucosa after chemosurgical treatment of allergic rhinitis using trichloroacetic acid. 八尾和雄,鈴木立俊,井口芳明,西山耕一郎,山本一博,岡本牧人(耳鼻): Am. J. Rhinol., 13(2): 141〜144, 1999.

2763. [原著] めまい症患者に対する平衡訓練の効果. 橋本晋一郎,徳増厚二,長沼英明,星野功(耳鼻),米田敏(生物物理系),岡本牧人(耳鼻): Equilibrium Research, 58(6): 623〜625, 1999.

2764. [原著] 口内炎の局所療法. 稲木勝英,渋谷清(耳鼻): JOHNS, 15(4): 649〜654, 1999.

2765. [原著] 上咽頭嚢胞. 八尾和雄,高橋広臣(耳鼻): JOHNS, 15: 1310〜1314, 1999.

2766. [原著] Comparison of methods of airway evaluation in obstructive sleep apnea syndrome. Woodson, B.T.,長沼英明(耳鼻): Otolaryngol. Head Neck Surg., 120(4): 460〜463, 1999.

2767. [原著] Muscle fiber-type changes indeced by botulinum injection in the rat larynx. 稲木勝英(耳鼻),Connor, N.P.,Esshultz Ford, C.N.,Cook, C.H.,Heisey, D.M.: Otolaryngol. Head Neck Surg., 120(6): 876〜883, 1999.

2768. [原著] ヒト上咽頭の組織学的検討: 特に上咽頭の腺分布について. 永井浩巳,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,岡本牧人(耳鼻): 口腔・咽頭科, 11(3): 385〜392, 1999.

2769. [原著] 頭頚部悪性腫瘍の動向−北里大学における26年間の臨床統計−. 岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳(耳鼻): 耳鼻咽喉科展望, 42(5): 474〜482, 1999.

2770. [原著] 神経変性疾患が疑われた一過性両側難聴例. 越野樹典(病理),平山方俊,新田光邦,佐野肇,岡本牧人(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 92(8): 827〜832, 1999.

2771. [原著] めまい患者におけるストレスマネージメント. 新井基洋,樋口彰宏(耳鼻): 総合臨床, 48(2): 371〜374, 1999.

2772. [原著] 刀器による穿通性気道, 食道損傷症例の検討. 山本一博,平山方俊,永井浩巳,山中盾,岡本牧人,青柳聡(耳鼻): 日本気管食道科学会報, 50(4): 492〜497, 1999.

2773. [原著] 喉頭麻痺症例に対する直達喉頭鏡下の披裂軟骨摘出術. 井口芳明,小川克二,山本一博,伊藤昭彦(耳鼻): 日本気管食道科学会報, 50(6): 637〜642, 1999.

2774. [原著] 声帯内自家側頭筋膜移植術の手術手技に関する検討. 西山耕一郎,山中盾,広島屋孝,横堀学,竹田昌彦,広瀬肇(耳鼻): 日本気管食道科学会報, 51(1): 48〜53, 2000.

2775. [原著] 下咽頭がんにおける患者自身による治療法の選択に関する研究. 岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳,稲木勝英(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 102(7): 918〜924, 1999.

2776. [原著] めまい患者におけるMRAの有用性−椎骨脳底動脈循環不全を中心に−. 新井基洋,樋口彰宏(耳鼻),梅川淳一,持松泰彦,伊藤邦泰: 日本耳鼻咽喉科学会会報, 102(7): 925〜931, 1999.

2777. [原著] 促音発話時の構音器官の運動に関する研究. 石井豊太(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 102: 622〜634, 1999.

2778. [原著] 視運動性眼振(OKN), 視運動性後眼振(OKAL)における体位の影響. 新井基洋(耳鼻),Cohen, B.: 日本耳鼻咽喉科学会誌, 99: 1202〜1212, 1999.

2779. [原著] 耳鼻咽喉科疾患におけるMRSA検出例の検討. 鈴木立俊,岡本牧人(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 17(1): 48〜51, 1999.

2780. [原著] 下甲介粘膜化学剤手術. 八尾和雄,鈴木立俊,井口芳明,西山耕一郎,山本一博,岡本牧人(耳鼻): 日本鼻科学会会誌, 38(1): 15〜19, 1999.

2781. [原著] パワーインストルメントを使用した内視鏡下手術. 樋口彰宏,新井基洋,斉藤大(耳鼻): 日本鼻科学会会誌, 38(1): 45〜52, 1999.

2782. [症例報告] 睡眠時無呼吸症候群の定義・分類・関連症候群. 岡本牧人(耳鼻): JOHNS, 15(11): 1731〜1999, 1999.

2783. [症例報告] Supracricoid hemilaryngopharyngectomy部分切除後残存喉頭の組織学的検討. 中山明仁,高橋広臣,八尾和雄,馬越智浩,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 喉頭, 11(2): 72〜75, 1999.

2784. [症例報告] 喉頭に発生した平滑筋肉種の1例. 永井浩巳,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,平山方俊,馬越智浩,山中盾,広島屋孝,山崎公義,岡本牧人(耳鼻): 喉頭, 11(2): 76〜79, 1999.

2785. [症例報告] KTPレーザーによるポリープ様声帯の治療例. 山本一博(耳鼻): 耳鼻臨床, 93(2): 143〜146, 2000.

2786. [総説] 反復性アフタ. 高橋広臣(耳鼻): 口腔・咽頭科, 11(2): 185〜189, 1999.

2787. [総説] 口腔粘膜下に発生する腫瘤の鑑別診断Submucosal Tumors of the Oral Cavity. 高橋広臣(耳鼻): 耳鼻臨床, 93(2): 174〜175, 2000.

2788. [講座] 扁桃の腫瘤性疾患の鑑別診断 Tumorous Lesions of the Palatine Tonsil. 高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 92(11): 1168〜1169, 1999.

2789. [講座] 下咽頭癌の臨床. 岡本牧人(耳鼻): 藤沢医師会報, 296: 3〜4, 2000.

2790. [講座] 声帯内自家側頭筋膜移植術及び最近の国立横浜病院の内視鏡下鼻内手術. 西山耕一郎(耳鼻): 藤沢医師会報, 296: 5〜6, 2000.

2791. [その他の著書] (分担執筆) New耳鼻咽喉科・頭頚部外科学; 口腔・咽頭, p.156〜169, 岡本牧人(耳鼻). 編集 喜多村健・森山寛, 南江堂,東京,99.07.01発行.

2792. [その他の著書] (分担執筆) CLIENT 21; 歯痛, p.347〜351, 高橋広臣(耳鼻). 編集 野村恭也, 中山書店,東京,99.09.30発行.

2793. [その他の著書] (分担執筆) 一人で対処する耳鼻咽喉科診療; 単独で行う診療と対応−反復性アフタ, 口腔粘膜潰瘍, p.92〜94; 口内乾燥症, p.94〜95; 舌痛, 舌痺れ感, p.95〜97, 高橋広臣(耳鼻). 編集 飯沼壽孝,時田信博, 南江堂,東京,00.03.01発行.

2794. [その他の著書] (分担執筆) 新図説耳鼻咽喉科・頭頚部外科講座, 第1巻. 内耳; 加齢による難聴, p.88〜91, 岡本牧人(耳鼻). 編集 八木聡明, メジカルビュー社,東京,00.03.01発行.

2795. [その他の著書] (分担執筆) 気になる症状からみた疾患; 睡眠時無呼吸症候群, p.17〜20, 岡本牧人(耳鼻). 編集 日本薬剤師会, 薬時日報社,東京,00.03.03発行.

2796. [学会(全国)] (一般講演) プルラン結合スギ花粉症抗原での免疫療法の効果. 大久保公祐,石井豊太(耳鼻),奥田稔,大塚博邦,今野昭義,藤田洋祐,宇佐神篤,馬場駿吉,板倉康夫,生駒尚秋,石川哮: 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13), 大阪.

2797. [学会(全国)] (一般講演) アトピー性皮膚炎患者に対するスギ花粉の影響. 杉本真澄,石井豊太(耳鼻),蒲原毅(児),松倉節子,高橋一夫,斉藤明美,安枝浩,秋山一男: 第11回日本アレルギー学会春季臨床大会 (1999.05.13), 大阪.

2798. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭亜全摘術Cricohyoidoepiglotto-pexy(CHEP)による音声, 嚥下機能の温存. 中山明仁,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,馬越智浩,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会 (1999.05.20〜22), 仙台.

2799. [学会(全国)] (一般講演) スギ花粉症の鼻腔冷水刺激に対する反応性−花粉飛散期と非飛散期のちがい−. 井口芳明,八尾和雄,西山耕一郎,山本一博,鈴木立俊,岡本牧人(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会 (1999.05.20〜22), 仙台.

2800. [学会(全国)] (一般講演) 当科で経験した篩骨洞癌の治療. 八尾和雄,高橋広臣,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 第100回日本耳鼻咽喉科学会 (1999.05.20〜22), 仙台.

2801. [学会(全国)] (一般講演) 北里方式上顎洞癌治療の長期成績: 癌の進展範囲と術後の形態, 機能への影響を含めて. 中山明仁,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,馬越智浩,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻),松林隆,西口郁(放): 第23回日本頭頚部腫瘍学会 (1999.06.16〜18), 千葉.

2802. [学会(全国)] (一般講演) 頭頚部領域原発の悪性リンパ腫における予後予測因子について. 馬越智浩,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 第23回日本頭頚部腫瘍学会 (1999.06.16〜18), 千葉.

2803. [学会(全国)] (一般講演) 下咽頭癌根治照射後のサルベージ手術に於ける部分切除の適応: 大切片標本による検討. 中山明仁,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,馬越智浩,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 第23回日本頭頚部腫瘍学会 (1999.06.16〜18), 千葉.

2804. [学会(全国)] (一般講演) 口腔扁平上皮癌の治療成績. 稲木勝英,永井浩巳,馬越智浩,中山明仁,八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人(耳鼻): 第23回日本頭頚部腫瘍学会 (1999.06.16〜18), 千葉.

2805. [学会(全国)] (一般講演) 新分類に従った上咽頭癌の治療成績. 八尾和雄,高橋広臣,岡本牧人,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳(耳鼻): 第23回日本頭頚部腫瘍学会 (1999.06.16〜18), 千葉.

2806. [学会(全国)] (一般講演) 上咽頭癌の頚部転移とカドフェリンについての検討. 永井浩巳,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,岡本牧人(耳鼻): 第23回日本頭頚部腫瘍学会 (1999.06.16〜18), 千葉.

2807. [学会(全国)] (一般講演) めまいを主訴としたミトコンドリア脳筋症症例. 星野功,徳増厚二,橋本晋一郎,長沼英明(耳鼻): 第61回耳鼻咽喉科臨床学会 (1999.06.25〜26), 別府.

2808. [学会(全国)] (一般講演) 同時期に発生した両側鰓性癌の1例. 藤野明人,小野雄一(耳鼻),中英男(病理): 第61回耳鼻咽喉科臨床学会 (1999.06.25〜26), 別府.

2809. [学会(全国)] (一般講演) 悪性リンパ腫の加療後に発生した骨髄異形性症候群の1例. 井口芳明,小川克二,山本一博,伊藤昭彦(耳鼻): 第61回耳鼻咽喉科臨床学会 (1999.06.25〜26), 別府.

2810. [学会(全国)] (一般講演) ヒト卵形嚢斑形態の3次元計測第2報. 長沼英明,Kohut, R.,Ryu, J.H.,岡本牧人,徳増厚二,橋本晋一郎(耳鼻): 第9回日本耳科学会 (1999.09.09〜11), 東京.

2811. [学会(全国)] (一般講演) 環軸椎関節亜脱臼に伴う気管狭窄症例について. 石井豊太,星野功,伊藤能成,正来隆(耳鼻): 第51回日本気管食道科学会 (1999.09.16〜17), 東京.

2812. [学会(全国)] (一般講演) 小児気管切開術施行例の検討. 横堀学,平山方俊,山中盾,新田光邦,広島屋孝,山崎公義,岡本牧人(耳鼻): 第51回日本気管食道科学会 (1999.09.16〜17), 東京.

2813. [学会(全国)] (一般講演) 気管内挿管後に生じた声門下狭窄の1例. 落合敦,平山方俊,広島屋孝,山崎公義(耳鼻),越野樹典(病理),正来隆,岡本牧人(耳鼻): 第51回日本気管食道科学会 (1999.09.16〜17), 東京.

2814. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭癌症例における喉頭ストロボスコピーと高速度デジタル撮影法. 中村一博,山口広也,大塚康司,新美成二,広瀬肇(耳鼻): 第51回日本気管食道科学会 (1999.09.16〜17), 東京.

2815. [学会(全国)] (一般講演) 気道熱傷後の気道狭窄にステント療法が奏効した1例. 大塚康司,山口広也,中村一博,古川欣也,渡嘉敷亮二,広瀬肇(耳鼻): 第51回日本気管食道科学会 (1999.09.16〜17), 東京.

2816. [学会(全国)] (一般講演) 下咽頭喉頭部分切除後の嚥下機能の検討. 山崎公義,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,平山方俊,馬越智浩,永井浩巳,山中盾,伊藤昭彦,広瀬肇,岡本牧人(耳鼻): 第51回日本気管食道科学会 (1999.09.16〜17), 東京.

2817. [学会(全国)] (一般講演) 声門癌Tla症例に対するCO2レーザー治療の検討. 平山方俊,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 第51回日本気管食道科学会 (1999.09.16〜17), 東京.

2818. [学会(全国)] (一般講演) アレルギー性鼻炎の鼻腔粘膜の色彩の検討. 井口芳明,八尾和雄,鈴木立俊,山本一博,西山耕一郎,岡本牧人(耳鼻): 第38回日本鼻科学会 (1999.10.01〜02), 千葉.

2819. [学会(全国)] (一般講演) 下甲介化学手術の実際. 八尾和雄,井口芳明,西山耕一郎,山本一博,鈴木立俊,岡本牧人(耳鼻): 第38回日本鼻科学会 (1999.10.01〜02), 千葉.

2820. [学会(全国)] (一般講演) スギ花粉症におけるトリクロール酢酸化学剤手術の長期効果. 西山耕一郎,八尾和雄,井口芳明,山本一博,鈴木立俊,岡本牧人(耳鼻): 第38回日本鼻科学会 (1999.10.01〜02), 千葉.

2821. [学会(全国)] (一般講演) 突発性難聴における高気圧酸素療法の有効性について. 新田光邦,佐野肇,平山方俊,鐵田晃久(耳鼻),越野樹典(病理),佐藤賢太郎,岡本牧人(耳鼻): 第44回日本聴覚医学会 (1999.10.14〜15), 福岡.

2822. [学会(全国)] (一般講演) 低音障害型急性感音難聴の臨床的検討. 佐藤賢太郎,佐野肇,新田光邦,鐵田晃久,岡本牧人(耳鼻): 第44回日本聴覚医学会 (1999.10.14〜15), 福岡.

2823. [学会(全国)] (一般講演) 疑似音場検査のための語音聴力検査の標準化. 竹内義夫(耳鼻),原由紀,浅野和江(臨検): 第44回日本聴覚医学会 (1999.10.14〜15), 福岡.

2824. [学会(全国)] (一般講演) 補聴器装用後における聴力変化の検討. 鐵田晃久,佐野肇,新田光邦,佐藤賢太郎,松平登志正,竹内義夫,岡本牧人(耳鼻): 第44回日本聴覚医学会 (1999.10.14〜15), 福岡.

2825. [学会(全国)] (一般講演) 語音聴力の最適語音レベルの検討. 高田敬子,松平登志正,山下公一,上地陽子,友田幸一(耳鼻): 第44回日本聴覚医学会 (1999.10.14〜15), 福岡.

2826. [学会(全国)] (一般講演) 骨導補聴器の装用利得推定の精度. 松平登志正,竹内義夫,鈴木恵子,原由紀,佐野肇,岡本牧人(耳鼻): 第44回日本聴覚医学会 (1999.10.14〜15), 福岡.

2827. [学会(全国)] (一般講演) ヒノキ花粉の第2の主要アレルゲンCha o2のアレルゲン活性. 斉藤明美,安枝浩,石井豊太,秋山一男(耳鼻): 第49回日本アレルギー学会 (1999.10.20), 広島.

2828. [学会(全国)] (一般講演) ヒト上咽頭の組織学的検討−接着因子について−. 永井浩巳,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,岡本牧人(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2829. [学会(全国)] (一般講演) ヒト舌エブネル腺の3次元解析(第3報). 広島屋孝,西山耕一郎,竹田昌彦,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,伊藤能成,岡本牧人(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2830. [学会(全国)] (一般講演) 頚部捻転により生じた非外傷性咽頭血腫の1例. 望月幸子,小野雄一(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2831. [学会(全国)] (一般講演) 筋萎縮性側索硬化症における嚥下障害の検討. 河合敏,佃守,持松いずみ,榎本浩幸,陰里ゆうみ,広瀬肇(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2832. [学会(全国)] (一般講演) 術後良好な音声, 嚥下機能を示した舌全摘の1症例. 伊藤昭彦,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳,山崎公義,岡本牧人(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2833. [学会(全国)] (一般講演) 下顎骨正中離断法による副咽頭間隔より頭蓋底に進展した腫瘍の1摘出例(ビデオ). 中山明仁,永井浩巳,高橋広臣,岡本牧人(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2834. [学会(全国)] (一般講演) 扁桃腫瘍を疑ったプラウト・ワンサンアンギナの1例と放射菌感染の1例. 馬越智浩,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,永井浩巳,佐藤賢太郎,西山貴子,岡本牧人(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2835. [学会(全国)] (一般講演) 難治性口腔・咽頭潰瘍の病理組織学的検討−第4報−. 稲木勝英,高橋広臣(耳鼻): 第12回日本口腔・咽頭科学会 (1999.10.28〜30), 仙台.

2836. [学会(全国)] (一般講演) 全国多施設共同研究による花粉症調査報告(スギ花粉症について). 石井豊太,星野功,伊藤能成,正来隆,信太隆夫(耳鼻): 第54回国立病院療養所総合医学会 (1999.11.11), 大阪.

2837. [学会(全国)] (一般講演) めまい患者におけるMRAの有用性−椎骨脳底動脈循環不全を中心に−. 新井基洋,樋口彰宏,梅川淳一,持松泰彦,伊藤邦泰(耳鼻): 第35回日本赤十字社医学会総会 (1999.11.11〜12), 京都.

2838. [学会(全国)] (一般講演) 椎骨脳底動脈循環不全症のMRA所見とLp(a)−新たな危険因子の提唱. 新井基洋,樋口彰宏,持松泰彦,林洋(耳鼻): 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2839. [学会(全国)] (一般講演) 先天性眼振症例の体平衡機能について. 星野功,徳増厚二,橋本晋一郎,落合敦(耳鼻): 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2840. [学会(全国)] (一般講演) 正弦波直線加速度刺激による耳石器機能検査法の検討. 長沼英明,徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,星野功,橋本晋一郎,西山貴子,落合敦(耳鼻),浅野和江,村山真由美(臨検): 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2841. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学病院めまい外来の最近3年間の統計的観察. 落合敦,徳増厚二,長沼英明,星野功,橋本晋一郎,西山貴子(耳鼻),米田敏(生物物理系),岡本牧人(耳鼻): 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2842. [学会(全国)] (一般講演) ヒト外側半規管眼反射の周波数応答. 村上真弓,伊保清子,浅野和江(臨検),長沼英明,岡本牧人,徳増厚二(耳鼻): 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2843. [学会(全国)] (一般講演) 良性発作頭位眼振とその亜形hbp−経過観察. 徳増厚二,長沼英明,星野功,橋本晋一郎,西山貴子(耳鼻),竹森節子: 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2844. [学会(全国)] (一般講演) ウイルス性髄膜炎経過中見られた斜行性回旋混合性眼振の1症例. 橋本晋一郎,徳増厚二,長沼英明,星野功,西山貴子,落合敦,岡本牧人(耳鼻): 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2845. [学会(全国)] (一般講演) 片側視蓋前域微少障害でみられた垂直注視麻痺症例. 藤野明人,橋本晋一郎,星野功,長沼英明,徳増厚二(耳鼻): 第58回日本平衡神経科学会 (1999.11.25〜26), 横浜.

2846. [学会(全国)] (一般講演) 呼吸困難にて来院した下咽頭脂肪腫. 西山耕一郎,山中盾,広島屋孝,横堀学,竹田昌彦,久保田七美,高橋広臣(耳鼻): 第10回日本頭頚部外科学会 (2000.01.21〜22), 大分.

2847. [学会(全国)] (一般講演) 甲状軟骨と甲状腺に発生したossifying lipomaの1例. 正来隆,中山明仁,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 第10回日本頭頚部外科学会 (2000.01.21〜22), 大分.

2848. [学会(全国)] (一般講演) 側頭部および側頭下窩膿瘍の1例. 竹田昌彦,西山耕一郎,広島屋孝,横堀学,高橋広臣(耳鼻): 第10回日本頭頚部外科学会 (2000.01.21〜22), 大分.

2849. [学会(全国)] (一般講演) 手術後の創部処置の検討, 第2報. 永井浩巳,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,岡本牧人(耳鼻): 第10回日本頭頚部外科学会 (2000.01.21〜22), 大分.

2850. [学会(全国)] (一般講演) 下咽頭癌再発例に対するCO2レーザー治療の検討. 平山方俊,高橋広臣,八尾和雄,稲木勝英,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳,岡本牧人(耳鼻): 第12回日本喉頭科学会 (2000.03.17〜18), 久留米.

2851. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭の異所性唾液腺. 山中盾,西山耕一郎,広島屋孝,横堀学,竹田昌彦,広瀬肇,高橋広臣,岡本牧人(耳鼻): 第12回日本喉頭科学会 (2000.03.17〜18), 久留米.

2852. [学会(全国)] (一般講演) KTPレーザーによるポリープ様声帯の治療. 山本一博,小川克二,井口芳明,落合敦,肥田修(耳鼻): 第12回日本喉頭科学会 (2000.03.17〜18), 久留米.

2853. [学会(全国)] (一般講演) 声帯内粒子の拡散モデルについて. 小崎寛子,内藤雪,新美成二,広瀬肇(耳鼻): 第12回日本喉頭科学会 (2000.03.17〜18), 久留米.

2854. [学会(全国)] (一般講演) 喉頭科領域における胃食道逆流症の頚部食道内24時間pHモニタリング. 中村一博,渡辺雄介,渡嘉敷亮二,山口宏也,大塚康司,広瀬肇(耳鼻): 第12回日本喉頭科学会 (2000.03.17〜18), 久留米.

2855. [学会(全国)] (ポスター講演) 感音性難聴を伴った肥厚性硬膜炎の検討. 越野樹典(病理),岡本牧人,佐野肇,新田光邦,鐵田晃久(耳鼻): 第9回日本耳科学会 (1999.09.09〜11), 東京.

2856. [学会(全国)] (ポスター講演) 聾から治癒に至った突発性難聴症例の検討. 鐵田晃久,岡本牧人,佐野肇,新田光邦,佐藤賢太郎(耳鼻): 第9回日本耳科学会 (1999.09.09〜11), 東京.

2857. [学会(地方)] (一般講演) 急性中耳炎に続発した内耳炎, 髄膜炎. 佐藤賢太郎,長沼英明,佐野肇,新田光邦,鐵田晃久,橋本晋一郎,岡本牧人(耳鼻): 第108回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.06.12), 横浜.

2858. [学会(地方)] (一般講演) 鼻腔神経鞘腫の1症例. 落合敦,小川克二,井口芳明,山本一博(耳鼻): 第108回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.06.12), 横浜.

2859. [学会(地方)] (一般講演) 篩骨洞原発 Cementifying fibromaの1例. 西山貴子,八尾和雄,山崎公義,橋本晋一郎,岡本牧人(耳鼻): 第108回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.06.12), 横浜.

2860. [学会(地方)] (一般講演) 咽頭結核が疑われた後天性免疫不全症候群の1症例. 望月幸子,藤野明人,小野雄一,籾山安弘,坂本洋,馬場仁,矢野潮(耳鼻): 第108回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.06.12), 横浜.

2861. [学会(地方)] (一般講演) 当科において経験した喉頭結核の1症例. 竹田昌彦,西山耕一郎,広島屋孝,山中盾,横堀学,河合宏(耳鼻): 第108回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.06.12), 横浜.

2862. [学会(地方)] (一般講演) 意識障害で来院した閉塞性睡眠時無呼吸症例. 竹田昌彦,西山耕一郎,広島屋孝,久保田七美,竹本直子,山中盾,横堀学,岡本牧人(耳鼻): 第109回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.09.11), 横浜.

2863. [学会(地方)] (一般講演) 甲状腺 Oxyphilic cell carcinomaの1例. 横堀学,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳,新田光邦,橋本晋一郎,岡本牧人(耳鼻): 第109回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.09.11), 横浜.

2864. [学会(地方)] (一般講演) 最近経験した甲状腺扁平上皮癌の2症例. 伊藤昭彦,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,馬越智浩,永井浩巳,橋本晋一郎,岡本牧人(耳鼻): 第109回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.09.11), 横浜.

2865. [学会(地方)] (一般講演) 多発性喉頭蓋嚢腫の1例. 安達仁,小川克二,井口芳明,山本一博,落合敦(耳鼻): 第109回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.09.11), 横浜.

2866. [学会(地方)] (一般講演) 口腔底、頚部腫脹で受診したアミロイドーシスの1例. 小野雄一,藤野明人,望月幸子(耳鼻): 第109回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.09.11), 横浜.

2867. [学会(地方)] (一般講演) 肉芽腫性口唇炎の2症例. 正来隆,石井豊太,星野功,西山貴子,伊藤能成(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原.

2868. [学会(地方)] (一般講演) 頚部瘻孔で発見された推前異物の1例. 望月幸子,藤野明人,小野雄一,籾山安弘(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原.

2869. [学会(地方)] (一般講演) 下咽頭に発生した鰓原性嚢法の1症例. 橋本大門,佐藤賢太郎,八尾和雄,永井浩巳,中山明仁(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原.

2870. [学会(地方)] (一般講演) 多発した石灰化上皮腫の1症例. 上條貴裕,八尾和雄,中山明仁,橋本晋一郎(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原.

2871. [学会(地方)] (一般講演) 内視鏡下鼻内手術におけるナビゲーションシステムの有用性. 樋口彰宏,新井基洋,伊藤能成,岡本牧人(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原.

2872. [学会(地方)] (一般講演) ナビゲーションシステムとパワーインストルメントを使用した内視鏡下鼻内副鼻腔腔嚢胞開放術. 樋口彰宏,新井基洋,伊藤能成,岡本牧人(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原.

2873. [学会(地方)] (一般講演) 上顎骨に転移した肝細胞癌症例. 広島屋孝,西山耕一郎,竹田昌彦(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原.

2874. [学会(地方)] (一般講演) 上顎洞バルーン法を用いた眼窩底骨折症例の治療. 山本一博,小川克二,井口芳明,落合敦,安達仁,肥田修(耳鼻): 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (1999.12.11), 相模原, 耳鼻咽喉科展望, 43(1): 64〜72, 2000.

2875. [学会(地方)] (一般講演) 当科におけるめまい症発症の季節性について−メニエール病を中心に−. 伊藤昭彦,長沼英明,橋本晋一郎,徳増厚二,岡本牧人(耳鼻): 第111回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2000.03.25), 横浜.

2876. [学会(地方)] (一般講演) 突発難聴で発症した小脳梗塞の1例. 竹田昌彦,西山耕一郎,広島屋孝,山中盾,横堀学,岡本牧人(耳鼻): 第111回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2000.03.25), 横浜.

2877. [学会(地方)] (一般講演) 上顎骨, 蝶形骨に見られたセメント化骨性線維腫の1例. 程春美,岡本牧人,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,永井浩巳,橋本晋一郎,佐藤賢太郎(耳鼻): 第111回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2000.03.25), 横浜.

2878. [学会(地方)] (一般講演) ポリープ様声帯より生じたと思われる上皮性声帯嚢胞の1症例. 落合敦,小川克二,井口芳明,山本一博,肥田修,木原圭一(耳鼻): 第111回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2000.03.25), 横浜.

2879. [研究会(全国)] (特別講演) アレルギー性鼻炎に対する我々の最近の治療法−トリクロール酢酸の使用経験−. 八尾和雄(耳鼻): 札幌市耳鼻咽喉科研究会 (1999.00.00), 札幌.

2880. [研究会(全国)] (一般講演) 眩暈患者のADLならびに運動療法の効果. 徳増厚二,橋本晋一郎,星野功,長沼英明,竹森節子(耳鼻): 第8回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会 (1999.04.17), 東京.

2881. [研究会(全国)] (一般講演) 下咽頭癌におけるインフォームドコンセントの実態. 岡本牧人(耳鼻): 第2回北里耳鼻咽喉科研究会 (1999.05.21), 仙台.

2882. [研究会(全国)] (一般講演) 促音発話時の構音器官の運動に関する研究. 石井豊太,広瀬肇(耳鼻): 第2回北里耳鼻咽喉科研究会 (1999.05.21), 仙台.

2883. [研究会(全国)] (一般講演) 声帯溝症に対する声帯内自家側頭筋膜移植術. 西山耕一郎,山中盾,広島屋孝,横堀学,竹田昌彦,広瀬肇(耳鼻): 第4回日本音声外科研究会 (1999.06.18), 横浜.

2884. [研究会(全国)] (一般講演) 耳鳴苦痛度スコア使用経験. 松平登志正,佐野肇,岡本牧人(耳鼻): 第19回耳鳴研究会 (1999.07.10), 東京.

2885. [研究会(全国)] (一般講演) ヒト舌エブエル腺の3次元解析. 広島屋孝,高橋広臣,八尾和雄,中山明仁,岡本牧人,伊藤能成(耳鼻): 第10回耳鼻咽喉科と老化の研究会 (1999.07.17), 東京.

2886. [研究会(全国)] (一般講演) ヒト球形嚢斑の3次元計測. 長沼英明(耳鼻),Kohut, R.,Ryu, J.H.,徳増厚二,岡本牧人,藤野明人,橋本晋一郎(耳鼻): 第58回日本平衡神経科学会専門会員の会 (1999.11.26), 横浜.

2887. [研究会(全国)] (一般講演) 意識障害で来院した閉塞性睡眠時無呼吸症例. 竹田昌彦,西山耕一郎,広島屋孝,山中盾,横堀学,岡本牧人,久保田七美,竹中直子(耳鼻): 第24回睡眠呼吸障害研究会 (2000.02.19), 東京.

2888. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 下甲介化学剤手術の臨床成績. 西山耕一郎(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2889. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 下甲介化学剤手術の基礎的研究. 井口芳明(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2890. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 下甲介化学剤手術の実際(ビデオ). 八尾和雄(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2891. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 下甲介化学剤手術実習. 八尾和雄,佐藤賢太郎,西山耕一郎,井口芳明(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2892. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 北里大学病院における咽喉頭異常感に対する診断手順. 平山方俊(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2893. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 咽喉頭異常感に対する食道透視検査. 山中盾(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2894. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 咽喉頭異常感を主訴とした器質的疾患. 伊藤昭彦(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2895. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 北里大学病院における咽喉頭異常感症に対する対応. 山崎公義(耳鼻): 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (1999.11.27), 相模原.

2896. [研究会(地方)] (一般講演) 実用的実耳挿入利得測定法の妥当性と信頼性の検討. 佐野肇,岡本牧人,竹内義夫(耳鼻),松平登志正: 第22回補聴研究会 (1999.07.03), 東京.

2897. [研究会(地方)] (一般講演) 補聴器装用効果の評価法に関するガイドライン作成に向けて. 岡本牧人(耳鼻): 第22回補聴研究会 (1999.07.03), 東京.

2898. [研究会(地方)] (一般講演) 下咽頭腫瘍再発例に対するCO2レーザー治療. 平山方俊(耳鼻): 第12回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頚部外科手術手技研究会 (1999.07.08), 横浜.

2899. [研究会(地方)] (一般講演) 北里方式による上顎洞癌治療成績−癌の進展範囲と術後の形態・機能. 中山明仁(耳鼻): 第54回相武耳鼻科研究会 (1999.09.18), 相模原.

2900. [研究会(地方)] (一般講演) 耳鳴の臨床像. 松平登志正(耳鼻): 第54回相武耳鼻科研究会 (1999.09.18), 相模原.

2901. [研究会(地方)] (一般講演) 声帯内自家側頭筋膜移植術および最近の国立横浜病院の手術(ビデオ演題). 西山耕一郎(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会湘南連合医会講演会 (1999.12.04), 藤沢.

2902. [研究会(地方)] (一般講演) 下咽頭癌の臨床. 岡本牧人(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会湘南連合医会講演会 (1999.12.04), 藤沢.

2903. [学会主催(その他)] 第2回北里大学耳鼻咽喉科研究会(99.05.21),仙台, 岡本牧人(耳鼻).

2904. [学会主催(その他)] 第3回北里大学耳鼻咽喉科研究会(99.11.27),相模原, 岡本牧人(耳鼻).

2905. [学会主催(その他)] 第110回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会(99.12.11),相模原, 岡本牧人(耳鼻).

2906. [学会主催(その他)] 厚生省感覚器障害難聴によるコミュニケーション障害と補聴器による改善効果の評価法に関する研究(99.12.10),東京, 岡本牧人(耳鼻).


<<27 精神科学>>

2907. [原著] Epidemiological study on sleep habits and insomnia of new outpatients visiting general hospitals in Japan. 石郷岡純,鈴木牧彦,井沢志名野,村岡英雄,村崎光邦,Okawa, M.(精): Psychiatr. Clin. Neurosci., 53: 515〜522, 1999.

2908. [原著] 医療従事者のストレスとその関連事項の比較. 片桐敦子,斎藤功,真島一郎,村松芳幸,荒川正昭,下条文武,桜井浩治,宮岡等(精): ストレス科学, 14(1): 39〜43, 1999.

2909. [原著] 震災後精神科夜間救急事例への対応. 若田部博文,吉岡正哉,中野智仁,吉井岳彦,高橋明比古(精),中島節夫(医療衛生),村崎光邦,三浦貞則(精): 精神科治療学, 11(3): 211〜217, 1996.

2910. [原著] Minnesota Multiphasic Personality Inventory (MMPI)臨床尺度プロフィルによる舌痛症症例の解析. 永井哲夫,高森康次,角田博之,角田和之,藤野雅美,海老原努,宮岡等(精),片山義郎: 日本歯科心身医学会雑誌, 14(2): 141〜148, 1999.

2911. [原著] インターフェロン投与患者における定量脳波解析. 稲田健,高橋明比古(精),吉村久仁子(生化系),吉田芳子,村崎光邦(精): 臨床脳波, 47(7): 424〜427, 1999.

2912. [研究報告(厚生省)] ベンゾジアゼピン系薬物長期使用者の治療について−長期使用者におけるQOL評価の変遷と5-HT1A受容体作動性抗不安薬を用いた治療について−. 村崎光邦,井沢志名野,鈴木牧彦,鈴木勇一(精),竹内尚子(薬剤),岩崎敦子(精): 精神作用物質性精神障害の脳内機序並びに診断・治療に関する研究平成10年度報告書, p.105〜111, 1999.

2913. [研究報告(厚生省)] 精神作用物質性精神障害の脳内機序並びに診断・治療に関する研究総括研究報告. 村崎光邦(精): 平成10年度報告書, p.1〜5, 1999.

2914. [研究報告(その他公的な報告)] 精神病院在院患者の身体合併症調査報告書. 三浦貞則(精),栗田正文(神奈川県精神病院協会),中野智仁(精),竹内和夫(神奈川県精神病院協会),吉岡正哉(精),安藤正彦(神奈川県精神病院協 会): 平成8年度精神病院在院患者の身体合併症調査報告書, 神奈川県精神病院協会.

2915. [症例報告] Hypothermia developing during neuroleptic treatment. Hamuro, A.,宮岡等(精),Iguchi, T.,Kamijima, K.: Pharmacopsychiatry (Lett), 32: 258〜259, 1999.

2916. [症例報告] Perphenazine-induced hiccups. 宮岡等(精),Kamijima, K.: Pharmacopsychiatry (Lett), 32: 81, 1999.

2917. [症例報告] 出産の27年後に精神症状が出現したSheehan症候群の1例. 葉室篤,宮岡等(精),伊藤恵美,坂井俊之,吉邨善孝,上島国利,高場恵美,槙政彦: 精神医学, 41(9): 983〜985, 1999.

2918. [症例報告] CGS 19755第T相臨床試験−単回投与試験−. 大谷義夫(医療衛生),吉田芳子,井沢志名野,村崎光邦(精): 薬理と治療, 28(1): 13〜62, 2000.

2919. [症例報告] Dosulepin中毒の1例. 石川敏子,堤邦彦(精): 臨床精神薬理, 2(8): 925〜928, 1999.

2920. [臨床治験] 精神分裂病に対するフマル酸クエチアピンの前期第U相試験. 村崎光邦(精),山内俊雄,八木剛平,他: 日本神経精神薬理学雑誌, 19(2): 55〜66, 1999.

2921. [臨床治験] 精神分裂病に対するフマル酸クエチアピンの後期第U相試験. 村崎光邦(精),工藤義雄,小山司,他: 臨床精神薬理, 2(6): 613〜631, 1999.

2922. [臨床治験] 長期投与におけるフマル酸クエチアピンの精神分裂病に対する有効性および安全性の検討. 村崎光邦(精),工藤義雄,小山司,他: 臨床精神薬理, 2(6): 633〜652, 1999.

2923. [臨床治験] フマル酸クエチアピン(ICI 204, 636)の健常成人男子を対象とした第T相試験. 村崎光邦,島田栄子,吉本渉,貞国太志(精): 臨床評価, 27(1): 101〜144, 1999.

2924. [総説] うつ病治療の明日への期待. 村崎光邦(精): Access, 14(3): 34, 1999.

2925. [総説] 私の処方: 老年期のうつ状態. 村崎光邦(精): Clin. Neurosci., 17(10): 1172〜1173, 1999.

2926. [総説] 薬剤因性うつ病. 石川敏子,宮岡等(精): J. Clin. Rehab., 8(11): 1079, 1999.

2927. [総説] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬/SSRI. 村崎光邦(精): PTM, 10(9): 4〜5, 1999.

2928. [総説] SNRIの登場によってうつ病治療はどう変わるか. 三浦貞則,村崎光邦(精),小山司,上島国利: Phama Medica, 32(52): 31〜34, 1999.

2929. [総説] これからの分裂病治療薬. 村崎光邦(精): こころの科学, 2000(3): 58〜63, 2000.

2930. [総説] 強迫性障害の薬物療法. 宮岡等(精): こころの科学, 86(7): 126〜129, 1999.

2931. [総説] 新しい抗うつ薬: マレイン酸フルボキサミン. 村崎光邦(精): カレントテラピー, 17(7): 1291〜1294, 1999.

2932. [総説] 新しいうつ病・うつ状態治療薬・塩酸ミルナシプラン. 村崎光邦(精): カレントテラピー, 18(2): 180〜182, 2000.

2933. [総説] 不眠症. 村崎光邦(精): カレントファーマシー, 5: 1〜6, 2000.

2934. [総説] 抗うつ薬の種類と特徴. 石郷岡純(精): 医薬ジャーナル, 35: 1317〜1322, 1999.

2935. [総説] SNRIの臨床効果. 石郷岡純,岩尾光浩(精): 医薬ジャーナル, 36: 158〜164, 2000.

2936. [総説] セロトニン系抗不安薬−tandospironeをめぐって−. 村崎光邦(精): 玉川医師会学術講演集 1997-1998: 4〜6, 1999.

2937. [総説] 精神分裂病の薬物療法の進歩. 村崎光邦(精): 作業療法ジャーナル, 33(8): 837〜838, 1999.

2938. [総説] 顎関節症. 宮岡等,和気裕之(精): 生活教育, 44(2): 40〜41, 2000.

2939. [総説] 治療抵抗性の分裂病の薬物療法. 小林一広,村崎光邦(精): 精神医学, 41(6): 579〜584, 1999.

2940. [総説] ベンゾジアゼピン系薬物の臨床用量依存について. 鈴木勇一,井沢志名野,村崎光邦(精): 精神医学レビュー, 34: 74〜80, 2000.

2941. [総説] 分裂病の告知. 宮岡等(精): 精神科治療学, 14(14): 1354〜1356, 1999.

2942. [総説] 抗不安薬−治療効果の評価における問題点−. 宮岡等(精): 精神科診断学, 20(2): 159〜164, 1999.

2943. [総説] SDA系抗精神病薬への期待. 村崎光邦(精): 精神神経学雑誌, 101(2): 169〜177, 1999.

2944. [総説] 総合病院におけるSSRIの使用. 石郷岡純(精): 総合病院精神医学, 11: 180〜186, 1999.

2945. [総説] うつ病の早期発見. 村崎光邦(精): 総合臨床, 49(2): 393〜394, 2000.

2946. [総説] SSRI使用上の留意点. 村崎光邦(精): 日本医事新報, (3929): 113〜114, 1999.

2947. [総説] 精神症状の見方と漢方療法. 宮岡等(精): 日本東洋医学雑誌, 50(4): 614〜618, 2000.

2948. [総説] フルボキサミンとSSRI. 村崎光邦(精): 日本病院薬剤師会雑誌, 35(11): 1519〜1525, 1999.

2949. [総説] SSRIの治療上の位置づけ. 村崎光邦(精): 日本病院薬剤師会雑誌, 36(1): 67〜70, 2000.

2950. [総説] 中毒性疾患: 鎮静・催眠薬, 抗不安薬. 村崎光邦(精): 日本臨床(別冊領域別症候群シリーズ), 27: 507〜514, 1999.

2951. [総説] 身体化障害. 大坪天平,宮岡等(精): 毎日ライフ, 8: 33〜37, 1999.

2952. [総説] 睡眠薬の適正使用−薬の使い方と服薬指導−. 村崎光邦(精): 薬局, 50(9): 1, 1999.

2953. [総説] 抗うつ薬−薬物療法の最前線−. 村崎光邦(精): 薬局, 51(2): 825, 2000.

2954. [総説] 新世代の抗うつ薬とその評価. 村崎光邦(精): 薬局, 51(2): 881〜886, 2000.

2955. [総説] 救急に必要な薬物療法−鎮静薬−. 宮岡等(精),桑門大: 臨床医, 25(5増刊): 63〜64, 1999.

2956. [総説] 身体症状(心気, 転換). 大坪天平,宮岡等(精): 臨床精神医学, 28(7): 921〜926, 1999.

2957. [総説] MARTA (Multi Acting Receptor Targeted Antipsychotics)の概念をめぐって. 村崎光邦(精),鈴木勉,諸川由実代,Bymaster, F.: 臨床精神薬理, 2(11): 1253〜1268, 1999.

2958. [総説] SSRIへの期待. 村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 2(7): 691〜710, 1999.

2959. [総説] Fluvoxamineの基礎と臨床. 村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 2(7): 763〜776, 1999.

2960. [総説] リタンセリンからリスペリドンへ−SDA創出の歴史−. 石郷岡純(精): 臨床精神薬理, 2: 521〜525, 1999.

2961. [総説] SSRIの効果. 石郷岡純(精): 臨床精神薬理, 2: 737〜746, 1999.

2962. [総説] SSRIの適正使用をめぐって−臨床経験から使用法と適応を考える−. 村崎光邦(精),住吉秋次,田島治,山本晴義: 臨床精神薬理, 3(1): 67〜77, 2000.

2963. [総説] 治療薬誕生秘話: Sulpiride. 村崎光邦(精): 臨床精神薬理, 3(1): 85〜94, 2000.

2964. [総説] 高齢者医療と薬物療法: 向精神薬. 高橋明比古,村崎光邦(精): 老化と疾患, 12(6): 701〜708, 1999.

2965. [総説] 抗うつ薬,抗躁薬の多剤併用療法の効果. 桜井弘乃,高橋明比古,村崎光邦(精): 老年精神医学雑誌, 10(10): 1148〜1154, 1999.

2966. [総説] 老年期睡眠障害の治療. 小林一広,石郷岡純(精): 老年精神医学雑誌, 10(4): 438〜445, 1999.

2967. [講座] 臨床精神医学の科学性−特集にあたって−. 宮岡等(精): こころの臨床アラカルト, 18(2): 158〜159, 1999.

2968. [講座] 精神分裂病研究最前線(第15回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (10月): 28〜31, 1999.

2969. [講座] 精神分裂病研究最前線(第16回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (11月): 28〜31, 1999.

2970. [講座] 精神分裂病研究最前線(第17回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (12月): 30〜33, 1999.

2971. [講座] 精神分裂病研究最前線(第18回・最終回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (1月): 28〜31, 2000.

2972. [講座] 精神分裂病研究最前線(第9回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (4月): 28〜34, 1999.

2973. [講座] 精神分裂病研究最前線(第10回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (5月): 28〜31, 1999.

2974. [講座] 精神分裂病研究最前線(第11回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (6月): 28〜31, 1999.

2975. [講座] 精神分裂病研究最前線(第12回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (7月): 28〜31, 1999.

2976. [講座] 精神分裂病研究最前線(第13回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (8月): 28〜31, 1999.

2977. [講座] 精神分裂病研究最前線(第14回). 石郷岡純(精): ぜんかれん, (9月): 28〜31, 1999.

2978. [講座] よく眠れない. 村崎光邦(精): 健康づくり, 259(1): 19〜21, 2000.

2979. [講座] 健康な生活は十分な睡眠のもとに営まれる. 村崎光邦(精): 商工ジャーナル, (8): 38〜40, 1999.

2980. [講座] 精神科医から歯科医へのメッセージ−顎関節症の正しい理解のために−. 宮岡等(精),他: 東京医師歯科医師協同組合, (214): 4〜11, 1999.

2981. [講座] 不眠症の治療と睡眠薬. 村崎光邦(精): 暮らしと健康, (3): 22〜25, 2000.

2982. [講座] パニック発作. 宮岡等(精): 暮らしと健康, 4: 89, 2000.

2983. [講座] 老年期精神障害の薬物療法・連載を始めるにあたって. 村崎光邦(精): 老年精神医学雑誌, 11(1): 99, 2000.

2984. [講座] 老年期精神障害の薬物療法 (3)老年期うつ病の薬物療法. 村崎光邦(精): 老年精神医学雑誌, 11(3): 323〜332, 2000.

2985. [編集者への手紙(英文)] Depression during interferon therapy in patients with chronic active hepatitis C. 宮岡等(精),Otsubo, T.,Kamijima, K.,Ishii, M.,Onuki, M.,Mitamura, K.: Am. J. Psychiatry (Lett), 156(7): 1120, 1999.

2986. [学術書] (分担執筆) 臨床精神医学講座, 第8巻: 薬物・アルコール関連障害; 依存と関連障害の概念, p.3〜15, 村崎光邦(精). 編集 佐藤光源,州脇寛, 中山書店,東京,99.06.30発行.

2987. [学術書] (分担執筆) Emergency Psychiatry in a Changing World; Psychiatric emergency service in a university hospital in Japan, p.465〜469, 安井正,増山浩一,小林一広,村岡英雄,中島節夫,村崎光邦(精). 編集 M. De Clercq,et al., 1999発行.

2988. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2000年版; 向精神薬の副作用, p.297〜298, 石郷岡純(精). 編集 多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京, 2000年発行.

2989. [学術書] (分担執筆) 臨床睡眠医学; 薬物使用に伴う睡眠障害, p.182〜187, 石郷岡純(精). 編集 太田龍朗,大川匡子,塩沢全司, 朝倉書店, 東京, 1999年発行.

2990. [学術書] (分担執筆) 臨床精神医学講座・第13巻・睡眠障害; ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用と処方上の留意点, p.148〜158, 石郷岡純(精). 編集 松下正明,太田龍朗,大川匡子, 中山書店, 東京, 1999年発行.

2991. [学術書] (分担執筆) 総合病院精神医学マニュアル; 美容整形・性同一性障害, p.225〜239, 石郷岡純(精). 編集 野村総一郎,保坂隆, 医学書院, 東京, 1999年発行.

2992. [教科書] (共著) 新精神医学, 改訂第2版, 稲見允昭,石郷岡純,高橋明比古,若田部博文(精). 監修 稲見允昭(北里大), 日本医事新報社,東京,00.02.20発行.

2993. [教科書] (監修) 新精神医学, 改訂第2版, 監修 稲見允昭(精), 日本医事新報社,東京,00.02.20発行.

2994. [その他の著書] (分担執筆) 知っておきたい「意識障害」の診断と治療; 精神障害と意識障害, p.120〜129, 宮岡等(精). 編集 松本清, 真興交易医書出版部, 東京, 00.03.00年発行.

2995. [その他の著書] (分担執筆) 精神医学テキスト; 知覚・思考・感情の異常/記憶・意欲・行動・自我意識の異常, p.91〜103, 宮岡等(精). 編集 上島国利,立山萬里, 南江堂, 東京, 00.04.00発行.

2996. [その他の著書] (分担執筆) SSRI最前線−SSRIとうつ病−; SSRIとうつ病, p.8〜23, 鈴木國文,宮岡等(精),野村総一郎. ライフサイエンス, 東京, 99.09.00発行.

2997. [その他の著書] (分担執筆) SSRI最前線(No.1) SSRIとはなにか; SSRIの可能性, p.74〜88, 石郷岡純(精). 編集 村崎光邦(北里大), ライフサイエンス, 東京, 1999年発行.

2998. [その他の著書] (分担執筆) Central Nervous System Today-2; 抗うつ薬としてのSSRI, p.18〜25, 石郷岡純(精). 編集 上島国利,村崎光邦(北里大), ライフサイエンス, 東京, 1999年発行.

2999. [その他の著書] (分担執筆) 政府からの依頼, 国際救援活動医療隊マニュアルHUREX 活動マニュアル(暫定版); 精神科治療, 吉岡正哉(精),江上江里子(国立国際医療セン),小原真理子(日本赤十字武蔵野短大),金田正樹(聖マリ医大),貫戸朋子(東京女医大),國井修(国立 国際医療セン),斎藤千佳(国連難民高等弁務官事務局),杉本勝彦(昭和大),中原慎二,中村安秀(東大),西沢健司,二宮宣文(日医大),山口孝治(横 須賀共済病院),山崎達枝(青山病院). 総理府国際平和協力本部事務局, 東京, 98.11.00発行.

3000. [学会(国際)] (ポスター講演) Clinical evaluation of quetiapine with schizophrenia. 村崎光邦(精),Kamijima, K.,Koyama, T.,Ushijima, S.,Yagi, G.,Yamauchi, T.: 11th World Congress of Psychiatry (1999.08.09), ハンブルグ, 予稿集, p.165, 1999.

3001. [学会(国際)] (ポスター講演) Evaluation of the psychological symptoms on the epileptic patients with MMPI-2; the second report. 稲見允昭,桜井弘乃(精),小口徹(看護),高橋明比古,轟慶子,早馬俊(精),新開淑子(看護),村崎光邦(精): 23rd International Epilepsy Congress (1999.09.15), Prague, Epilepsia, 40(Suppl.2): 202, 1999.

3002. [学会(全国)] (教育講演) 更年期うつ病の診断と治療. 村崎光邦(精): 第51回日本産科婦人科学会 (1999.04.12), 東京.

3003. [学会(全国)] (教育講演) 新しいうつ病治療をめぐって−SSRIへの期待−. 村崎光邦(精): 第5回日本精神神経科診療所協会総会 (1999.06.20), 郡山.

3004. [学会(全国)] (シンポジウム等) 多剤乱用(Polydrug abuse); 市販液状鎮咳剤乱用の病態. 石郷岡純,村岡英雄(精): 第34回日本アルコール・薬物医学会総会 (1999.09.11), 札幌.

3005. [学会(全国)] (シンポジウム等) 総合病院(大学病院)における身体合併症への対応と卒後研修. 小林一広,稲田健,堤邦彦(精),中島節夫(医療衛生),山下えみ子,嶋田幸子,田中彰子(看護部): 第7回日本精神科救急学会総会 (1999.09.16〜17), 福岡.

3006. [学会(全国)] (シンポジウム等) 脳機能障害治療薬の臨床評価の現状. 村崎光邦(精): '99応用薬理シンポジウム (1999.10.14), 名古屋, 予稿集, p.17, 1999.

3007. [学会(全国)] (シンポジウム等) 日本における頭痛研究の最前線: 精神医学からのアプローチ. 宮岡等(精): 第27回日本頭痛学会総会 (1999.11.20), 東京.

3008. [学会(全国)] (シンポジウム等) 頭痛: 私が他科に依頼する頭痛−集学的アプローチへの精神科医の関与. 宮岡等(精): 第29回日本慢性疼痛学会 (2000.03.02), 東京.

3009. [学会(全国)] (一般講演) Paroxetine服用中の高齢者うつ病患者における血小板5-HT取り込み能の推移. 小林一広,笠原友幸(精),永田悦子(生化系),貞国太志,石川正博,内田太一,安井正,石郷岡純,村崎光邦(精): 第21回日本生物学的精神医学会 (1999.04.21〜23), 仙台.

3010. [学会(全国)] (一般講演) SSRIの特徴と使用法. 石郷岡純(精): 第40回日本心身医学会 (1999.06.03), 弘前.

3011. [学会(全国)] (一般講演) Mini-International Neuropsychiatric Interview (MINI)日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討. 大坪天平,宮岡等(精),上島国利,田中克俊,篠田淳子,岡島由佳,高橋彩子,葉室篤,巽雅彦,吉邨善孝,佐野奈々,吉田由紀: 第19回日本精神科診断学会 (1999.09.09〜10), 札幌.

3012. [学会(全国)] (一般講演) 顎関節症患者の咀嚼筋障害に関する心身医学的検討. 和気裕之,木野孔司,石川高行,小宮山高之,天笠光雄,宮岡等(精): 第4回日本頭蓋下顎障害学会学術集会 (1999.09.19), 東京.

3013. [学会(全国)] (一般講演) 身体の異常感が持続した症例の検討−セネストパチとの関連−. 稲田隆史,宮岡等(精): 日本精神病理学会第22回大会 (1999.09.30〜10.01), 東京.

3014. [学会(全国)] (一般講演) Benzodiazepine Dependence Questionnaire (BDEPQ)日本語版の作成と信頼性・妥当性検討. 佐野奈々,大坪天平,宮岡等(精),田中克俊,秋庭秀紀,伊川太郎,工藤謙太郎,林正年,吉田由紀,上島国利: 第9回日本臨床精神神経薬理学会 (1999.10.07〜08), 大分.

3015. [学会(全国)] (一般講演) 強い頭痛を伴う顎関節症患者の特徴について. 石川高行,木野孔司,和気裕之,渋谷智明,根岸明秀,小林明子,小宮山高之,天笠光雄,杉崎正志,宮岡等(精): 第27回日本頭痛学会総会 (1999.11.20), 東京.

3016. [学会(全国)] (一般講演) プライマリケアでみられる精神障害について. 村松公美子,宮岡等(精),上島国利,村松芳幸,下条文武,桜井浩治: 第12回日本総合病院精神医学会総会 (1999.12.03〜04), 佐賀.

3017. [学会(全国)] (一般講演) 口腔顔面領域疾患に対する心理調査. 木野孔司,石川高行,和気裕之,渋谷智明,小林明子,渋谷寿久,佐藤文明,小宮山高之,川口雅子,青山繁,工藤英仁,宮岡等,天笠光雄(精): 第64回口腔病学会学術大会 (1999.12.03〜04), 東京.

3018. [学会(全国)] (一般講演) 北里大学東病院における摂食障害の経過予後について. 桜井弘乃(精),大谷義夫(医療衛生),宮岡等,村崎光邦(精),塚原敦子(駒木野病院): 第12回日本総合病院精神医学会総会 (1999.12.03), 佐賀, 総合病院精神医学, 11: 83, 1999.

3019. [学会(全国)] (一般講演) 歯科・口腔外科患者における疼痛と精神心理状態との関係. 石川高行,木野孔司,和気裕之,渋谷寿久,佐藤文明,渋谷智明,小林明子,小宮山高之,天笠光雄,杉崎正志,田辺晴康,宮岡等(精): 第29回日本慢性疼痛学会 (2000.03.02), 東京.

3020. [学会(全国)] (ポスター講演) 日本語版強迫的飲酒尺度の信頼性・妥当性検討. 立沢賢孝(精),吉益晴夫(慶大),吉沢照幸(産能大),森山泰,崎原健生(駒木野病院),吉野相英(防衛医大): 第34回日本アルコール・薬物医学会総会 (1999.09.10), 札幌.

3021. [学会(全国)] (ポスター講演) 選択的5-HT2A遮断薬M-100,907連続服用者におけるセロトニン誘発性血小板凝集反応の推移. 小林一広,笠原友幸,石川正博(精),永田悦子(生化系),熊谷雄治,藤田朋恵(薬理),横田慎一,沢田実花(薬剤部),石郷岡純,村崎光邦(精): 第9回日本臨床精神神経薬理学会 (1999.10.07〜08), 大分.

3022. [学会(地方)] (特別講演) SSRIについて. 石郷岡純(精): 相模原市地区精神科医会 (1999.05.26), 相模原.

3023. [学会(地方)] (特別講演) うつ病の新しい薬物療法. 石郷岡純(精): 第104回磯子医学会 (1999.06.12), 横浜.

3024. [学会(地方)] (特別講演) 口腔領域に関係する精神医学の話題から. 宮岡等(精): 神奈川県精神医学会第129回例会 (1999.07.17), 横浜.

3025. [学会(地方)] (特別講演) うつ病発症における心身両面の関与. 宮岡等(精): 第25回北里医学会総会 (1999.10.30), 相模原.

3026. [学会(地方)] (シンポジウム等) セクシャル・ハラスメントをめぐるメンタルヘルスケア: 事例検討と具体的な対応−精神科医の立場から. 宮岡等(精): 神奈川県心身医学会 (2000.03.04), 横浜.

3027. [学会(地方)] (一般講演) 不安発作, ベンゾジアゼピン依存を呈したEhlers-Danlos症候群の1例. 斯波四郎,立沢賢孝,鈴木勇一,石川敏子,高橋恵理,宮岡等(精): 第57回東京精神医学会 (1999.11.06), 東京.

3028. [学会(地方)] (一般講演) 癌性髄膜症による精神症状が疑われた1例. 高橋恵理,立沢賢孝,鈴木勇一,石川敏子,高橋明比古,宮岡等(精): 第57回東京精神医学会 (1999.11.06), 東京.

3029. [学会(地方)] (一般講演) 様々な問題行動が先行したchorea-acanthocytosisの1例. 大石智,石川敏子,立沢賢孝,鈴木勇一,宮岡等(精): 第130回神奈川県精神医学会例会 (1999.11.13), 神奈川, 神奈川精神医学会誌, (49): 79, 1999.

3030. [学会(地方)] (一般講演) 「自分の中に20人の人格がいる」と訴えた精神分裂病の1例. 福田真道,石川敏子,立沢賢孝,鈴木勇一,宮岡等(精): 第131回神奈川精神医学会 (2000.03.11), 横浜.

3031. [研究会(全国)] (特別講演) SSRIによるうつ病の治療. 石郷岡純(精): うつ病薬物療法研究会 (1999.06.24), 木更津.

3032. [研究会(全国)] (特別講演) 薬物療法とリハビリテーションの統合. 石郷岡純(精): 精神科作業療法協会第35回全国研修会 (1999.09.17), 東京.

3033. [研究会(全国)] (特別講演) うつ病とその治療. 石郷岡純(精): ヤンセン協和教育研修会 (1999.11.19), 東京.

3034. [研究会(全国)] (教育講演) 抗精神病薬療法の臨床的意義. 石郷岡純(精): ヤンセン協和教育研修会 (1999.11.20), 東京.

3035. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 抗不安薬・睡眠薬依存の診断と治療の問題点; 抗不安薬・睡眠薬依存の臨床. 石郷岡純(精): 第2回ニコチン・薬物依存研究フォーラム (1999.07.03), 東京.

3036. [研究会(全国)] (一般講演) fluvoxamine, valproate併用が有効であったと考えられる大うつ病, 身体醜形障害の合併症例. 立沢賢孝,鈴木志麻子,久都内貴,宮岡等(精): 第1回OCD研究会 (1999.10.09), 金沢.

3037. [研究会(地方)] (特別講演) 抗不安薬の基礎と臨床−位置付けと使用上の注意点−. 村崎光邦(精): 新潟県医師会生涯教育講座 (1999.05.14), 新潟.

3038. [研究会(地方)] (特別講演) うつ病治療におけるSSRIへの期待. 村崎光邦(精): 大阪精神科診療所協会大45回総会 (1999.05.21), 大阪.

3039. [研究会(地方)] (特別講演) うつ病治療におけるSSRIへの期待. 村崎光邦(精): 福岡県精神病院協会学術講演会 (1999.05.28), 福岡.

3040. [研究会(地方)] (特別講演) うつ病の薬物療法: SSRIの時代に向けて. 石郷岡純(精): 第24回新潟精神医学懇話会 (1999.06.25), 新潟.

3041. [研究会(地方)] (特別講演) Multi-Acting Receptor Targeted Agent (MARTA)について. 石郷岡純(精): 横浜市立大学向精神薬研究会 (1999.07.07), 横浜.

3042. [研究会(地方)] (特別講演) 薬物療法からみた初期・急性期治療介入. 村崎光邦(精): Recent Advances in Schizophrenia (1999.09.18), 立川.

3043. [研究会(地方)] (特別講演) 現代病としてのうつ病とその治療. 村崎光邦(精): 第51回北里大学PPA地方懇話会 (1999.10.16), 仙台.

3044. [研究会(地方)] (特別講演) 眠りについて. 村崎光邦(精): 神奈川県県北三四会 (1999.10.30), 相模原.

3045. [研究会(地方)] (特別講演) 睡眠障害とその治療. 石郷岡純(精): 津久井郡医師会学術講演会 (1999.11.10), 津久井.

3046. [研究会(地方)] (特別講演) 心身医学・心療内科の現状と今後−精神科との接点を中心として−. 宮岡等(精): 相模原医師会第5回精神科医講演会 (1999.11.12), 相模原.

3047. [研究会(地方)] (特別講演) プラセボ比較試験の問題点. 石郷岡純(精): 北里大学東病院連絡協議会 (1999.11.15), 東京.

3048. [研究会(地方)] (特別講演) 循環器患者における精神症状の見方と対応. 宮岡等(精): 第18回北里循環器セミナー (1999.11.25), 相模原.

3049. [研究会(地方)] (特別講演) SSRIの治療上の位置づけ. 村崎光邦(精): 香川県精神神経科診療所協会学術集会 (1999.11.26), 高松.

3050. [研究会(地方)] (特別講演) 軽症うつ病に対する診断と薬物療法. 村崎光邦(精): 藤沢市内科医会 (1999.12.15), 藤沢.

3051. [研究会(地方)] (特別講演) 不眠症の診断と治療. 村崎光邦(精): 小田原市内科医会 (2000.01.27), 小田原.

3052. [研究会(地方)] (特別講演) 精神分裂病はどこまでわかっているか. 石郷岡純(精): 大家連精神保健福祉講座 (2000.01.29), 大阪.

3053. [研究会(地方)] (特別講演) 心身医学・心療内科の現状と今後. 宮岡等(精): 第2回精神科医療懇話会 (2000.02.03), 厚木.

3054. [研究会(地方)] (特別講演) アダルトチルドレンと多重人格. 宮岡等(精): 埼玉県蕨・戸田医師会学術講演会 (2000.02.15), 戸田.

3055. [研究会(地方)] (特別講演) 不眠症の薬物療法. 石郷岡純(精): 鎌倉医師会学術講演会 (2000.02.18), 鎌倉.

3056. [研究会(地方)] (特別講演) 口腔領域の精神医学・心身医学の話題から. 宮岡等(精): 第10回北里精神医学懇話会 (2000.03.25), 東京.

3057. [研究会(地方)] (特別講演) 睡眠のしくみ. 石郷岡純(精): 精神保健講演会 (2000.03.27), 東京.

3058. [研究会(地方)] (特別講演) 精神分裂病の合理的な薬物療法−併用療法の是非をめぐって−. 村崎光邦(精): 第3回房総精神科勉強会 (2000.03.29), 木更津.

3059. [研究会(地方)] (一般講演) BZP系薬剤の投与中止が奏効したLennox症候群の1例. 稲田健,高橋明比古,村崎光邦(精): 第44回神奈川てんかん懇話会 (1999.07.17), 横浜.


<<28 放射線科学>>

3060. [原著] PIXE determination on the changes in the copper contents in livers of long-evans cinnamon (LEC) rats following supplement with iron and calcium. 太田顕成,松林隆(放),曽根由美子(生化系),中山茂信(実動系): Int. J. PIXE, 8(4): 267〜274, 2000.

3061. [原著] 鼻腔非ホジキンリンパ腫の治療成績と予後因子−特に治療開始時期−. 青木由紀,松林隆,西口郁,北野雅史(放),馬越智浩,八尾和雄,高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科頭頚部外科, 71(6): 347〜351, 1999.

3062. [原著] 頭頚部非ホジキンリンパ腫の治療成績と予後決定因子の検討. 青木由紀,松林隆(放): 北里医学, 29(6): 331〜339, 1999.

3063. [短報・速報] Gd-DTPA enhancement of cranial nerves on MR imaging neoplastic lesions. 菅信一(放),池田俊昭(医療衛生): Acta Neurol. Scand., 100(6): 400〜406, 1999.

3064. [研究報告] (技術報告)核医学診療施設における放射線管理状況のアンケート調査−特に排水設備への放射性同位元素混入率について−. 遠藤啓吾(群大),小泉満(癌研),木下富士美(千葉がんセン),中沢圭治(放): 核医学, 36(9): 1023〜1031, 1999.

3065. [総説] 急性腹症, CT−肝・胆・脾・膵・腎疾患. 西巻博(放): 画像診断, 19(9): 1006〜1014, 1999.

3066. [総説] 脳のMRI, 最近の進歩. 菅信一(放): 日本内科学会雑誌, 89(2): 368〜373, 2000.

3067. [講座] 神経放射線; 血管, 血管障害. 菅信一(放): 画像診断, 19(7): 808〜809, 1999.

3068. [講座] 神経放射線; 血管, 血管障害. 菅信一(放): 画像診断, 20(1): 102〜103, 2000.

3069. [学術書] (分担執筆) 新生児・乳児の臨床画像診断; 頭部, p.15〜61, 門井伸暁,菅信一(放). 編集 仁志田博司(東女医大),河野敦(独協医大), 医学書院,東京,99.04.01発行.

3070. [学術書] (分担執筆) 神経症候群T; 脊髄出血, p.336〜338, 菅信一(放). 日本臨床社,大阪,99.05.28発行.

3071. [教科書] (分担執筆) 臨床放射線科のコツと落とし穴1; DSA時代の頭部血管撮影のコツ, p.62〜63, 菅信一(放). 編集 小塚隆弘(阪大), 中山書店,東京,99.04.12発行.

3072. [教科書] (分担執筆) 神経眼科外来; 視路の画像診断, p.154〜156, 脳幹部病変の画像診断, p.157〜160, MRAの適応と診断, p.166〜167, 菅信一(放). 編集 若倉雅登(北里大), メジカルビュー社,東京,99.05.01発行.

3073. [その他の著書] (分担執筆) 新・画像診断のための解剖図譜2; MRIからみた解剖, p.202〜217; 血管撮影からみた解剖, p.218〜221, 菅信一(放). 編集 志賀逸夫(慶大), メジカルビュー社,東京,99.12.01発行.

3074. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 臨床放射線科のコツと落とし穴: 治療; 骨・関節部: 局所治癒を目的とした骨転移の放射線治療, 4: 136〜137, 松林隆(放). 編集 小塚隆弘(阪大), 中山書店,東京,99.08.06発行.

3075. [学会(国際)] (一般講演) 大動脈解離に対する血管内ステントグラフト留置術による治療. 西巻博(放),林宗博(胸外),磯部義憲,佐々木真弓,滝川政和(放),相馬一亥(救命),小原邦義(胸外): SCVIR 2000 (2000.03.25), サンディエゴ.

3076. [学会(国際)] (ポスター講演) Differential effects of iron U and iron V on liver copper. 太田顕成,松林隆(放),Bu, G.L.,三原晴枝(実動系),世良耕一郎(岩手医大),二ツ川章二,畠山智,斉藤義弘(NMCC): 3rd International Symposium on Bio-PIXE (1999.11.17), 京都, Abstracts, p.50, 1999.

3077. [学会(全国)] (一般講演) 航空機搭乗中の宇宙線による被曝線量−ポケット線量計とCARI-2との比較検討−. 中沢圭治(放),岡野真治(放影協),青木勝己(RI系),松林隆(放): 第77回日本医学放射線物理学会 (1999.04.06), 東京, Jpn. J. Med. Physics, 60: 40, 1999.

3078. [学会(全国)] (一般講演) イメージングプレートによる核医学画像撮像の試み(第2報). 中沢圭治,堀池重治(放),江藤雅弘(富士フィルム),神宮司公二,菊池敬,太田幸利(放射線部),青木勝己(RI系),西巻博,石井勝己,松林隆 (放): 第58回日本医学放射線学会 (1999.04.08), 東京, 日本医学放射線学会雑誌, 59(2): 152〜153, 1999.

3079. [学会(全国)] (一般講演) 左主気管支内に発生したplasma cell granulomaの1例. 青木由紀,堀池重治(放),原真人,上田康久,梅原実(児): 第35回日本小児放射線学会 (1999.06.12), 高崎.

3080. [学会(全国)] (一般講演) SPECT像の3次元表示による脳血管障害患者の脳Viabilityの評価. 中沢圭治,堀池重治,石井勝己(放),菊池敬,神宮司公二,太田幸利(放射線部),松林隆(放): 第18回日本医用画像工学会 (1999.07.08), 東京, Medical Imaging Technology, 17(4): 401〜402, 1999.

3081. [学会(全国)] (一般講演) SPECTによる不整脈患者の局所肺血液量の測定−虚血性心疾患患者との比較検討−. 中沢圭治,堀池重治,石井勝己(放),勝沼英太(内),西巻博(放),菊池敬,神宮司公二,太田幸利,依田一重(放射線部): 第39回日本核医学会 (1999.10.06), 秋田, 核医学, 36(6): 609, 1999.

3082. [学会(全国)] (一般講演) 頭頚部非ホジキンリンパ腫の治療成績. 青木由紀,松林隆(放),馬越智浩,八尾和雄,高橋広臣(耳鼻): 第12回日本放射線腫瘍学会 (1999.11.21), 東京.

3083. [学会(全国)] (一般講演) PIXEの医学利用. 太田顕成(放),世良耕一郎(岩手医大),二ツ川章二(NMCC): 日本放射化学会分科会研究会・放射化分析の新展開 (2000.03.22), 東京, 要旨集, p.29, 2000.

3084. [学会(全国)] (ポスター講演) 核医学による虚血性心疾患患者の局所脾血液量の測定. 中沢圭治,石井勝己(放): 第36回日本臨床生理学会 (1999.10.28), 千葉, 日本臨床生理学会誌, 29(Suppl.): 82, 1999.

3085. [学会(全国)] (ポスター講演) 頚椎症術後MRIにおける広範な脊髄腫大と髄内異常信号域を呈した1例. 鷺内隆雄,菅信一,池田俊昭,松林隆(放): 第29回日本神経放射線学会 (2000.02.16), 愛知.

3086. [学会(地方)] (教育講演) 急性疾患の画像診断−急性腹症−. 西巻博(放): 日本医学放射線学会関東地方会セミナー (2000.02.20), 東京.

3087. [学会(地方)] (ワークショップ) Teleradiologyによる連携病院の支援. 菅信一(放): 第19回日本画像医学会 (2000.02.25), 東京, 日本画像医学雑誌, 18(5): 259, 1999.

3088. [学会(地方)] (一般講演) 肝外傷の肝・胆道シンチグラフィー; 肝損傷分類による再検討と予後評価−. 鷺内隆雄,石井勝己,西巻博,青木由紀,増田和貴,西口郁,松林隆(放): 日本核医学会関東甲信越地方会 (2000.01.29), 東京.

3089. [研究会(全国)] (記念講演) 放射化分析によるハロゲン化薬品の臓器分布測定. 太田顕成(放),永原照明,白石文夫,戸村健児(立教大): 立教炉共同利用研究25周年記念講演会 (2000.03.15), 東京, 25周年誌, p.82, 2000.

3090. [研究会(全国)] (シンポジウム等) PIXEによる肝臓元素の動態分析. 太田顕成,松林隆(放),世良耕一郎(岩手医大),二ツ川章二(NMCC): 理研シンポジウム'99招待講演 (1999.12.17), 和光市, 要旨集, T-08, 1999.

3091. [研究会(全国)] (一般講演) LECラット肝臓のPIXE分析. 太田顕成,松林隆(放),世良耕一郎(岩手医大),二ツ川章二,畠山智,斉藤義弘(RI協会): 第6回仁科記念サイクロトロンセンター共同利用研究成果報告会 (1999.05.15), 岩手, 要旨集Y, p.218, 1999.

3092. [研究会(全国)] (一般講演) 下垂体腺腫の術前におけるCT angiographyの有用性. 鷺内隆雄,菅信一,池田俊昭,松林隆(放): 三次元CT・MRI研究会 (2000.03.18), 徳島.

3093. [研究会(全国)] (ポスター講演) P32取扱時における被曝線量評価(P32線源からの距離とフィルムバッチ線量値との関係). 青木勝己(RI系),中沢圭治(放),篠塚秋子(RI系),浜崎秀明(生物),馬嶋正隆(薬理): 平成11年度放射線取扱主任者部会 (1999.08.26〜27), 札幌, 要旨集, p.81, 1999.

3094. [研究会(地方)] (特別講演) 大動脈瘤と血管内ステントグラフト留置術. 西巻博(放): 第12回神奈川シネ研究会 (1999.07.03), 相模原.

3095. [研究会(地方)] (特別講演) MRIより学ぶこと. 菅信一(放): 第5回低磁場MRI研究会 (2000.02.19), 札幌.

3096. [研究会(地方)] (ワークショップ) 頭蓋底部の血管解剖−MRIによる. 菅信一(放): 第5回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2000.02.26), 相模原.

3097. [研究会(地方)] (一般講演) 腹部大動脈瘤置換後におきたStanford B型大動脈解離による臓器虚血に対して血管内ステントグラフト留置術を施行した1例. 西巻博,佐々木真弓,滝川政和(放),林宗博(胸外),今井寛(法医),磯部義憲(放),小原邦義(胸外): 第9回東京血管外科画像診断治療懇話会 (2000.02.04), 東京.

3098. [学会主催(地方会)] 第416回日本医学放射線学会関東地方会・会長(99.12.11), 東京, 松林隆(放).


<<29 麻酔科学>>

3099. [原著] Saline volume and local anesthetic concentration modify the spread of epidural anesthesia. 奥富俊之,皆川麻希子,外須美夫(麻): Can. J. Anaesth., 46: 930〜934, 1999.

3100. [原著] Saline-anesthetic interval and the spread of epidural anesthesia. 奥富俊之,外須美夫(麻): Can. J. Anaesth., 46: 935〜938, 1999.

3101. [原著] 硬膜外麻酔下に分娩を行った妊婦の体温(腋窩温)上昇における局所麻酔薬の差について. 奥富俊之(麻),天野完(産婦),外須美夫(麻),田口雅之,荒井忠士(産婦): 日本臨床麻酔学会誌, 19: 474〜478, 1999.

3102. [原著] 帝王切開中の硬膜外モルヒネ投与は産褥早期の乳汁分泌量および児の体重増加率を抑制しない. 石山由香里,奥富俊之(麻): 分娩と麻酔, 78(6): 21〜25, 1999.

3103. [原著] 帝王切開直後子宮収縮薬は本当に必要か? 岩垣潤子,奥富俊之(麻),天野完(産婦): 分娩と麻酔, 78: 5〜8, 1999.

3104. [原著] 日本において硬膜外麻酔下経腟分娩が普及しない理由について−一般女性の硬膜外麻酔下経腟分娩に対する認知度と第一児出産形態からの考察−. 奥富俊之,皆川麻希子(麻): 分娩と麻酔, 79: 9〜17, 2000.

3105. [症例報告] Anesthetic management for repair of transposition of the great arteries with Nikaidoh procedure. 石山由香里,矢田浩,外須美夫(麻): Anesthesia and Resuscitation, 34(4): 263〜265, 1998.

3106. [症例報告] 事例2; 鎮痛治療について十分理解した患者自身が痛みの自己評価を熱心に行い, 硫酸モルヒネ徐放錠(MSコンチン錠)を至適量まで増量できた事例. 的場元弘(麻): がんの痛み・・・こんなときどうする? シリーズ2, p.6〜7, 1999.

3107. [症例報告] 事例3; 硫酸モルヒネ徐放錠(MSコンチン錠)の増量(最高1日1080 mg)とレスキュードーズにより痛みをコントロールできた事例. 的場元弘(麻): がんの痛み・・・こんなときどうする? シリーズ2, p.8〜9, 1999.

3108. [総説] 輸液・輸血. 外須美夫(麻): Anet, 3: 22〜28, 1999.

3109. [総説] 術後疼痛の管理−中枢性鎮痛薬とNSAIDsのの併用について−. 的場元弘,外須美夫(麻): The Pain, Series No.12: 1999.

3110. [総説] 疼痛治療における抗うつ薬の副作用. 的場元弘,外須美夫(麻): ペインクリニック, 20(3): 349〜353, 1999.

3111. [総説] 末期癌患者の日内リズム. 外須美夫(麻): メディカル朝日, 29: 82〜84, 2000.

3112. [総説] 鎮痛補助薬の使い方. 的場元弘(麻): 緩和医療, 1(2): 56〜64, 1999.

3113. [総説] 周術期心臓死のリスク因子. 外須美夫(麻): 呼吸と循環, 47: 695〜704, 1999.

3114. [総説] 非オピオイド鎮痛薬の特徴と使い方. 的場元弘(麻): 今月の治療, 8(3): 30〜40, 2000.

3115. [総説] がん性疼痛への対応−その現状と問題点−. 下山直人(国立がんセン),的場元弘(麻),志真泰夫(国立がんセン): 今月の治療, 8(3): 7〜23, 2000.

3116. [総説] トピックス: 麻酔は安全になったか. 外須美夫(麻): 日本外科系連合学会誌, 24: 911, 1999.

3117. [総説] 産婦人科におけるデイサージャリーの麻酔−静脈麻酔薬, NLA−. 奥富俊之(麻),天野完(産婦): 分娩と麻酔, 78: 39〜42, 1998.

3118. [総説] 急務としての産科麻酔医の養成. 奥富俊之(麻): 分娩と麻酔, 78: 58, 1998.

3119. [総説] 心循環器障害を有する患者の術前評価. 外須美夫(麻): 麻酔, 48(増刊): 117〜126, 1999.

3120. [総説] 心室圧−容積関係と麻酔. 外須美夫(麻): 臨床麻酔, 23: 637〜643, 1999.

3121. [学術書] (分担執筆) 麻酔生理学; 体液・電解質, p.119〜125, 竹中智昭(麻). 編集 花岡一雄(東大), 真興交易,東京,99.03.25発行.

3122. [学術書] (分担執筆) 麻酔生理学; 微小循環, p.148〜158, 永井一成(麻). 編集 花岡一雄(東大), 真興交易,東京,99.03.25発行.

3123. [教科書] (分担執筆) 新しいがん看護; 第Z章. がん患者と家族の緩和ケア, 第1節. 緩和治療, p.333〜340, 的場元弘(麻). 編集 大場正已,遠藤恵美子,稲吉光子(北里大), ブレーン出版,東京,99.06.10発行.

3124. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) オピオイドのすべて; ペインコントロールとチーム医療のあり方(1) 医師側から, p.170〜172, 的場元弘(麻). 編集 鎮痛薬・オピオイドペプチド研究会, ミクス,東京,99.09.13発行.

3125. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 麻酔生理学; 心機能と心拍出量, p.98〜118, 循環調節と末梢循環, p.125〜131, 外須美夫(麻). 編集 花岡一雄(東大), 真興交易,東京,99.03.25発行.

3126. [学会(国際)] (特別講演) Visceral urethral pain is blocked faster than cutaneous cold sensation in lumbar epidural anesthesia. 安里文雄(麻): 17th European Society of Regional Anaesthesia (98.09.00), Geneva.

3127. [学会(国際)] (一般講演) A new method for evaluating the location of chronic intrathecal catheter tip in the rat. 安里文雄(麻),Blomberg, H.,Butler, M.,Gordh, T.(Uppsala Univ.): 25th Congress of Scandinavian Society of Anesthesiologists (1999.06.00), Aarhus, Acta Anaesthesiol. Scand., 114(43): 89, 1999.

3128. [学会(国際)] (一般講演) The location of chronic intrathecal catheter affects the spread of rat spinal anesthesia. 安里文雄(麻),Blomberg, H.,Butler, M.,Gordh, T.(Uppsala Univ.): 25th Congress of Scandinavian Society of Anesthesiologists (1999.06.00), Aarhus, Acta Anaesthesiol. Scand., 114(43): 93, 1999.

3129. [学会(国際)] (ポスター講演) Intrathecal 2% tetracaine causes mild histological lesions in the spinal cord without detectable sensory deficits on paw stimulation test. 竹浪民江,柳下三郎,仲野伸,的場元弘,外須美夫(麻): International Association for the Study of Pain (1999.08.00), Vienna.

3130. [学会(国際)] (ポスター講演) Variation of rat sciatic nerve anatomy: Implications for a neuropathic pain rat model. 安里文雄(麻),Butler, M.,Blomberg, H.,Gordh, T.(Uppsala Univ.): 9th World Congress on Pain (1999.08.00), Vienna, Abstracts, p.145, 1999.

3131. [学会(国際)] (ポスター講演) Intraoperative estimation of pulmonary to systemic blood flow ratio using transesophageal echocardiography (TEE) in pediatric cardiac surgery. 川崎俊宏,本山正岩,竹中智昭,三谷浩之,外須美夫(麻): American Society of Anesthesiologists (1999.10.11), ダラス.

3132. [学会(国際)] (ポスター講演) Intrathecal lidocaine canse axonal degeneration at the entry zone of posterior root in rats. 竹浪民江,柳下三郎,安里文雄,佐瀬寿美,外須美夫(麻): American Society of Anesthesiologists (1999.10.11), Dallas, Anesthesiology, 91(A890), 1999.

3133. [学会(国際)] (ポスター講演) Implication of L4 nerve lesion in the development of neuropathic pain response in rat; modification of "chung model". 安里文雄(麻),Blomberg,H.,Butler, M.,Butler, S.,Gordh, T.,Karlsten, R.(Uppsala Univ.): 1998 Annual Congress of Swedish Society of Medicine (98.11.00), Gothenberg, 予稿集, p.358, 1998.

3134. [学会(全国)] (教育講演) 血管作動薬「ニトログリセリンと心筋虚血」. 外須美夫(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌.

3135. [学会(全国)] (教育講演) 心循環器障害を有する患者の術前評価. 外須美夫(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.28), 札幌.

3136. [学会(全国)] (教育講演) アデール注の使用経験. 竹中智昭(麻): 第4回日本心臓血管麻酔学会 (1999.10.09), 広島.

3137. [学会(全国)] (教育講演) がん疼痛に対する非オピオイドの使い方. 的場元弘(麻): 平成11年度がん緩和ケアに関する講習会 (2000.01.27), 千葉.

3138. [学会(全国)] (教育講演) 重症患者の循環管理の指標. 外須美夫(麻): 第27回日本集中治療医学会総会 (2000.03.04), 名古屋.

3139. [学会(全国)] (シンポジウム等) がん疼痛治療における非ステロイド性消炎鎮痛薬の考え方. 的場元弘(麻): 第25回日本医学会総会 (1999.04.02), 東京, 第25回日本医学会総会会誌U, p.441, 1999.

3140. [学会(全国)] (シンポジウム等) ラット神経因性疼痛様反応に対するアデノシンくも膜下腔注入の効果. 安里文雄(麻),Butler, M.,Gordh, T.(Uppsala Univ.): 第33回日本ペインクリニック学会 (1999.07.17), 高崎, 日本ペインクリニック学会誌, 6(3): 142, 1999.

3141. [学会(全国)] (ワークショップ) がん性疼痛治療のガイドライン作成に向けて−がん疼痛治療の現状とペインクリニックの役割. 的場元弘,肝付洋,近藤洋,三谷浩之,本山正岩,外須美夫(麻),加賀谷肇(薬剤),近藤まゆみ(総合相談部): 第33回日本ペインクリニック学会 (1999.07.17), 高崎, 日本ペインクリニック学会誌, 6(3): 267, 1999.

3142. [学会(全国)] (ワークショップ) 代表的心疾患のエコー所見. 新井正康(麻): 第4回日本心臓血管麻酔学会 (1999.10.09), 広島, プログラム・抄録集, p.88, 1999.

3143. [学会(全国)] (一般講演) 肝損傷後に生じた下大静脈血栓症の自然経過. 新井正康(麻),金子高太郎,右田貴子,吉田成美,石井芳樹,石原晋(県立広島病院): 第13回日本外傷学会 (1999.05.27), 東京, 日本外傷学会雑誌, 13(2): 135, 1999.

3144. [学会(全国)] (一般講演) エトドラクの長期投与が進行癌患者の腎機能に与える影響. 元村紋子,三谷浩之,的場元弘,外須美夫(麻): 第23回日本死の臨床研究会 (1999.09.17), 札幌, プログラム・予稿集, p.210, 1999.

3145. [学会(全国)] (一般講演) エラスターゼ阻害薬による白血球浸潤抑制−微小循環レベルでの検討−. 永井一成,外須美夫(麻): 日本蘇生学会第18回大会 (1999.10.22), 沖縄.

3146. [学会(全国)] (一般講演) ラット坐骨神経の肉眼解剖所見. 安里文雄(麻),Butler, M.,Blomberg, H.,Gordh, T.(Uppsala Univ.): 第21回日本疼痛学会総会 (1999.12.11), 東京, Pain Research, 14(3): 162, 1999.

3147. [学会(全国)] (ポスター講演) 大動脈瘤ステントグラフト留置術14例の麻酔経験. 杉山友彦,竹中智昭,永井一成,外須美夫(麻): 第20回日本循環制御医学会総会 (1999.05.15), 仙台.

3148. [学会(全国)] (ポスター講演) 好中球エラスターゼ阻害薬(ONO 5046)による白血球浸潤抑制機序. 永井一成(麻),奈良佳洋(生物物理系),外須美夫(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌.

3149. [学会(全国)] (ポスター講演) 脊椎麻酔穿刺時のくも膜下腔までの距離. 佐瀬寿美,桜本千恵子(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌.

3150. [学会(全国)] (ポスター講演) 抵抗消失法で用いた生理的食塩水が5分後に注入したメピバカインの麻酔域および麻酔の質に及ぼす影響. 皆川麻希子,奥富俊之,外須美夫(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌.

3151. [学会(全国)] (ポスター講演) 「無痛分娩」に対する妊婦の意識. 奥富俊之(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌.

3152. [学会(全国)] (ポスター講演) ラット脊椎麻酔モデルにおけるリドカイン毒性の組織学的検討. 竹浪民江,本山正岩,松崎重之,安里文雄,外須美夫(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌.

3153. [学会(全国)] (ポスター講演) 腎性高血圧を合併した乳児の腫瘍摘出術の麻酔管理. 橋場伸一郎,竹中智昭,外須美夫(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.27), 札幌.

3154. [学会(全国)] (ポスター講演) 小児ASD, VSD症例の僧帽弁と三尖弁におけるVTIの有用性. 本山正岩,川崎俊宏,竹中智昭,外須美夫(麻): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.27), 札幌.

3155. [学会(全国)] (ポスター講演) 妊娠初期における脊椎麻酔の広がりに関する検討. 川口稜二,中尾三和子,西岡憲吾,藤本真弓,右田貴子(県立広島病院),新井正康(麻),石井芳樹,吉田成美,金子高太郎,石原晋(県立広島病院): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌, J. Anesth., 13(Suppl.): 204, 1999.

3156. [学会(全国)] (ポスター講演) アンケート調査: 麻酔指導病院は救急救命士の病院研修にどう関与しているのか. 石原晋(県立広島病院),新井正康(麻),田中経一,前田朝平,行岡秀和,前川剛,結城禎一,山中郁(日本麻酔学会救急医療対策委員会): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌, J. Anesth., 13(Suppl.): 207, 1999.

3157. [学会(全国)] (ポスター講演) プログラム可能な注入器を利用した投与速度漸減による術後硬膜外鎮痛法の検討. 中尾三和子,川口稜二,藤本真弓,右田貴子,石井芳樹(県立広島病院),新井正康(麻),吉田成美,平松武,勝矢千代,谷野雅昭(県立広島病院): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.27), 札幌, J. Anesth., 13(Suppl.): 295, 1999.

3158. [学会(全国)] (ポスター講演) 胸部下行大動脈遮断バルーンカテーテルと高性能輸血加温器を用いた重症腹部外傷の周術期管理. 金子高太郎,石原晋(県立広島病院),新井正康(麻),右田貴子,吉田成美,石井芳樹(県立広島病院): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.27), 札幌, J. Anesth., 13(Suppl.): 380, 1999.

3159. [学会(全国)] (ポスター講演) 末梢感覚神経におけるペントバルビタールの軸索輸送抑制作用. 丸山宏,外須美夫(麻),比留間弘美,片倉隆,川上倫(生理): 日本麻酔学会第46回大会 (1999.05.26), 札幌, J. Anesth., 13: 171, 1999.

3160. [学会(全国)] (ポスター講演) 呼吸困難感に対するジアゼパム舌下投与の効果. 的場元弘,三谷浩之,外須美夫(麻),加賀谷肇(薬剤),平山武司(薬剤部): 第4回日本緩和医療学会 (1999.06.05), 広島, プログラム・抄録集, p.161, 1999.

3161. [学会(全国)] (ポスター講演) 病状説明のプロセスにおける看護婦の役割. 赤羽寿美,高梨亜子,五十嵐倫子,西又玲子(看護部),的場元弘(麻): 第4回日本緩和医療学会 (1999.06.05), 広島, プログラム・抄録集, p.183, 1999.

3162. [学会(全国)] (ポスター講演) PCAポンプ対応音声認識スイッチの開発. 井面良子(医療衛生),的場元弘(麻),渡辺敏(医療衛生),外須美夫(麻): 第4回日本緩和医療学会 (1999.06.04), 広島, プログラム・抄録集, p.90, 1999.

3163. [学会(全国)] (ポスター講演) モルヒネからフェンタニルへの変更による鎮痛効果の比較. 三谷浩之,的場元弘,外須美夫(麻),加賀谷肇(薬剤): 第4回日本緩和医療学会 (1999.06.04), 広島, プログラム・抄録集, p.92, 1999.

3164. [学会(全国)] (ポスター講演) 腰椎椎間板ヘルニアとして治療されていた軟骨肉腫の1例. 入倉弘子,外須美夫(麻): 第33回日本ペインクリニック学会 (1999.07.16), 高崎.

3165. [学会(全国)] (ポスター講演) 中枢神経性過換気患者の麻酔経験. 三柴絵里,竹中智昭,永井一成,川崎俊宏,外須美夫(麻): 日本臨床麻酔学会第19回大会 (1999.11.04), 東京.

3166. [学会(全国)] (ポスター講演) 側彎症術後の換気不全症例に対する非侵襲的陽圧換気(NPPV)による呼吸管理. 新井正康(麻),熊谷謙(救命),外須美夫(麻): 第27回日本集中治療医学会総会 (2000.03.02), 名古屋, 日本集中治療医学会雑誌, 7(Suppl.): 153, 2000.

3167. [学会(全国)] (ポスター講演) 長期挿管後抜管困難例の原因検討. 熊谷謙(救命),新井正康(麻),片岡祐一,青山直善,浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命),外須美夫(麻): 第27回日本集中治療医学会総会 (2000.03.03), 名古屋, 日本集中治療医学会雑誌, 7(Suppl.): 178, 2000.

3168. [学会(地方)] (教育講演) 癌疼痛における基本的な薬物治療−効果的な鎮痛薬を使うために−. 的場元弘(麻): 第90回日本麻酔学会東海地方会 (2000.02.19), 三重.

3169. [学会(地方)] (一般講演) 心室瘤に対するドール手術2例の麻酔経験. 杉山友彦,永井一成,竹中智昭,川崎俊宏,外須美夫(麻): 第39回日本麻酔学会関東甲信越地方会 (1999.09.18), 東京.

3170. [学会(地方)] (ポスター講演) 左鎖骨下動脈よりIABPを挿入し横行結腸切除を施行した1症例. 石川玲子,川崎俊宏,竹中智昭,本山正岩,永井一成,外須美夫(麻): 第39回日本麻酔学会関東甲信越地方会 (1999.09.18), 東京.

3171. [研究会(全国)] (教育講演) がん終末期患者の疼痛への対応; 疼痛に対する薬の使用法. 的場元弘(麻): 第69回ホスピスケア研究会 (1999.10.31), 東京.

3172. [研究会(全国)] (ポスター講演) 胸部硬膜外麻酔における局所麻酔薬の投与量と投与間隔が痛覚低下域に及ぼす影響. 増渕彩,奥富俊之,岩垣潤子,外須美夫(麻): 日本臨床麻酔学会第19回大会 (1999.11.03), 東京.

3173. [研究会(全国)] (ポスター講演) 喉頭鏡照度測定装置の作成. 土屋勝俊,永井一成,外須美夫(麻): 日本臨床麻酔学会第19回大会 (1999.11.03), 東京.

3174. [研究会(地方)] (特別講演) 周術期心臓死のリスクファクター. 外須美夫(麻): 第1回神奈川臨床麻酔セミナー (1999.06.26), 横浜.

3175. [研究会(地方)] (特別講演) 前負荷指向型の循環管理. 外須美夫(麻): 第5回奈良県医師会麻酔部会総会・学術集会 (1999.12.11), 奈良.

3176. [研究会(地方)] (特別講演) 前負荷指向型の周術期循環管理. 外須美夫(麻): 第7回三重循環管理研究会 (2000.03.10), 津.

3177. [研究会(地方)] (特別講演) がん疼痛治療の基礎と実際. 的場元弘(麻): 第1回山陰がん疼痛研究会 (2000.03.24), 米子.

3178. [研究会(地方)] (教育講演) がん疼痛治療の基礎知識. 的場元弘(麻): 富山緩和医療研究会 (1999.05.15), 富山.

3179. [研究会(地方)] (教育講演) がん疼痛治療の基礎と臨床. 的場元弘(麻): 第112回飛騨臨床学会 (1999.10.22), 岐阜.

3180. [研究会(地方)] (一般講演) 僧帽弁狭窄症を合併した妊婦の緊急帝王切開術後に判明した急性肺塞栓症の1例. 肝付洋,黒岩政之,竹中智昭,新井正康,川崎俊宏,外須美夫(麻): 神奈川麻酔医会総会 (2000.02.05), 横浜.


<<30 臨床病理学>>

3181. [原著] リチウムの治療薬物モニタリング(TDM)におけるイオン選択性電極測定法の活用. 篠崎公一,広瀬美紀,竹内尚子,矢後和夫,小宮山貴子(薬剤),石郷岡純(精),大谷義夫(医療衛生),若田部博文,村崎光邦(精),西川隆(臨病理), 秋山英時,西川明宏: TDM研究, 17: 37〜41, 2000.

3182. [原著] Acid Soluble Glycoprotein (ASP)の免疫化学的ならびに電気泳動的解析. 神保智,大谷慎一,狩野有作,〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 北里医学, 29(4): 177〜181, 1999.

3183. [原著] 蛍光標識糖鎖分析法によるヒト血清IgG糖鎖構造の解析と基準値の設定について. 益子貴臣(臨病理),〆谷恵子(生化系),狩野有作,大谷英樹(臨病理): 北里医学, 29(5): 276〜280, 1999.

3184. [原著] 高齢患者の褥瘡形成における炎症反応の関与について. 松山斉久,高野喜久雄,益子貴臣,神保智,〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 47(11): 1039〜1045, 1999.

3185. [原著] 血清α2 macroglobulinの測定法とその分子heterogeneityについて. 益子貴臣(臨病理),〆谷恵子(生化系),神保智,田中恒任,狩野有作,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 47(5): 473〜478, 1999.

3186. [準原著(英文)] Concentrations of free form and complex form of prostate-specific antigen in serum of α2 macroglobulin deficient patients with prostate cancer. 狩野有作(臨病理),〆谷恵子(生化系),〆谷直人,大谷慎一,大谷英樹(臨病理): 20th World Congress of Pathology and Labolatory Medicine, p.121〜125, 1999.

3187. [準原著(英文)] Quantitative levels of procalcitonin, serum amyloid A protein and C-reactive protein in cerebrospinal fluid and serum of patients with meningitis. 〆谷直人(臨病理),〆谷恵子(生化系),狩野有作,大谷英樹(臨病理): 20th World Congress of Pathology and Labolatory Medicine, p.287〜291, 1999.

3188. [準原著] 21世紀に向けての臨床検査情報−その付加価値と診療支援を中心に−(3) 検査情報室における臨床検査医の役割. 〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 臨床病理, 47(10): 926〜932, 1999.

3189. [研究報告(厚生省)] レーベル病のmtDNA変異部位周辺に見られる正常者における変異. 豊岡裕子,山辺晴美(臨検),大谷英樹(臨病理),市辺義章,若倉雅登(眼): 厚生省特定疾患網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班平成10年度研究報告書, p.20〜30, 1999.

3190. [症例報告] 糖尿病性腎症の経過中に発症したγ鎖病. 大谷慎一,益子貴臣,狩野有作,〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 臨床血液, 41(3): 192〜197, 2000.

3191. [講座] MT Seminar/検査情報(相談)室における診療支援. 〆谷直人(臨病理): Medical Technology, 28(1): 79〜83, 2000.

3192. [講座] 乳糜について. 〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 日本医事新報, (3916): 106〜107, 1999.

3193. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) これだけは知っておきたい検査のポイント; 補体, α2マクログロブリン, 狩野有作,大谷英樹(臨病理). 編集 熊坂一成(日大),高木康(昭和大),奈良信雄(東京医歯大), 医学書院,東京,99.10.30発行.

3194. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) medicina増刊号, これだけは知っておきたい検査のポイント第6集; α1-アンチトリプシン, α1-アンチキモトリプシン, 36: 198〜199, 〆谷直人(臨病理). 編集 熊坂一成(日大),高木康(昭和大),奈良信雄(東京医歯大), 医学書院,東京,99.10.30発行.

3195. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の臨床検査'99/2000; 副甲状腺検査, p.496〜504, 腫瘍マーカー検査, p.576〜599, 西川隆(臨病理). 編集 河井忠,水島裕, 南江堂,東京,99.10.00発行。

3196. [学会(国際)] (ポスター講演) Concentration of free form and complex form of prostate-specific antigen in serum of α2 macroglobulin deficient patient with prostate cancer. 狩野有作(臨病理),〆谷恵子(生化系),〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 第20回国際臨床病理学会 (1999.09.18), サンパウロ.

3197. [学会(国際)] (ポスター講演) Quantitative level of procalcitonin, serum amyloid A protein and C-reactive protein in cerebrospinal fluid and serum of patients with meningitis. 〆谷直人(臨病理),〆谷恵子(生化系),狩野有作,大谷英樹(臨病理): 第20回国際臨床病理学会 (1999.09.20), サンパウロ.

3198. [学会(全国)] (シンポジウム等) 検査情報室における臨床検査医の役割. 〆谷直人(臨病理): 日本臨床病理学会第6回特別例会(兼第25回日本医学会総会分科会, 第56回日本臨床病理学会関東甲信越支部例会) (1999.04.01), 東京, 臨床病理, 47(臨時): 10, 1999.

3199. [学会(全国)] (ワークショップ) 血漿蛋白糖鎖解析の臨床応用. 狩野有作,益子貴臣(臨病理): 第50回日本電気泳動学会総会 (1999.11.19), 宇部, 生物物理化学, 43(2): 1, 1999.

3200. [学会(全国)] (一般講演) 自動血球計数CRP測定装置(FL-270CRP)の基礎的検討. 中西薫,芳田貢,大場雄吉,菅原健一,古木量一郎(臨検),内山幸信(医療衛生),〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 第31回日本臨床検査自動化学会大会 (1999.06.00), 神戸.

3201. [学会(全国)] (一般講演) HPLCによるブロムワレリル尿素の光学異性体の体液中濃度測定: 常用量摂取, 中毒量摂取後の体内動態. 西川隆,大谷英樹(臨病理),上條吉人(救命),大谷義夫(医療衛生),杉江秀明,栗原克由(法医),近藤留美子,竹内尚子(薬剤): 第16回日本TDM学会 (1999.06.19), 横浜.

3202. [学会(全国)] (一般講演) 蛍光標識糖鎖分析法による血清IgG糖鎖の解析(第2報)基準値の設定と病態変動について. 益子貴臣(臨病理),〆谷恵子(生化系),狩野有作,〆谷直人,大谷慎一,神保智,大谷英樹(臨病理): 第50回日本電気泳動学会総会 (1999.11.18), 宇部, 生物物理化学, 43(補冊2): 20, 1999.

3203. [学会(全国)] (一般講演) プロカルシトニン(PCT)測定に関する基礎的および臨床的検討. 大場雄吉(臨検),〆谷直人(臨病理),〆谷恵子(生化系),鉢村和男(医療衛生),大谷英樹(臨病理): 第46回日本臨床病理学会総会 (1999.11.10), 熊本, 臨床病理, 47(補): 173, 1999.

3204. [学会(全国)] (一般講演) 高齢患者の褥創形成における炎症反応の関与について. 井手陽子,高野喜久雄(総泉病院),松山斉久,渋谷樹子,田中恒任,大谷英樹(臨病理): 第46回日本臨床病理学会総会 (1999.11.12), 熊本, 臨床病理, 47(補): 194, 1999.

3205. [学会(全国)] (一般講演) 血清polyclonal IgGおよびmonoclonal IgGの糖鎖解析とその臨床的意義. 益子貴臣(臨病理),〆谷恵子(生化系),神保智,大谷英樹(臨病理): 第46回日本臨床病理学会総会 (1999.11.12), 熊本, 臨床病理, 47(補): 345, 1999.

3206. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖尿病性腎症における尿中遊離L鎖測定の有用性について. 大谷慎一,狩野有作,大谷英樹(臨病理): 第46回日本臨床病理学会総会 (1999.11.10), 熊本, 臨床病理, 47(補): 213, 1999.

3207. [学会(全国)] (ポスター講演) ホルター心電図解析によるクモ膜下出血急性期の自律神経系活動と心室性不整脈との関係について. 松山斉久,渋谷樹子,大谷英樹(臨病理): 第46回日本臨床病理学会総会 (1999.11.10), 熊本, 臨床病理, 47(補): 221, 1999.

3208. [学会(全国)] (ポスター講演) 院内感染における検査部門の活動状況と役割. 狩野有作,大谷慎一,〆谷直人,西川隆(臨病理),平田泰良(臨検),大谷英樹(臨病理): 第46回日本臨床病理学会総会 (1999.11.10), 熊本, 臨床病理, 47(補): 241, 1999.

3209. [学会(全国)] (ポスター講演) 前立腺癌の骨転移における血中α2 macroglobulin測定の評価. 狩野有作,神保智,渋谷樹子,大谷慎一,大谷英樹(臨病理): 第46回日本臨床病理学会総会 (1999.11.12), 熊本, 臨床病理, 47(補): 344, 1999.

3210. [学会(全国)] (ポスター講演) 糖化アルブミンのルミノール化学発光を用いた測定. 臼井智美,久保博昭,鈴木順子,木下俊夫(薬学部),西川隆(臨病理): 日本薬学会第120年会 (2000.03.30), 岐阜.

3211. [学会(地方)] (教育講演) 院内感染における検査部門の役割. 狩野有作(臨病理): 第10回神奈川県臨床検査医学会 (1999.06.05), 相模原.

3212. [学会(地方)] (シンポジウム等) 検査情報室における臨床支援. 〆谷直人(臨病理): 第48回神奈川県臨床衛生検査学会 (1999.10.23), 横浜, 講演要旨集, p.10, 1999.

3213. [学会(地方)] (一般講演) 高齢患者の褥瘡形成における誘発因子について. 松山斉久,神保智,田中恒任,大谷慎一,〆谷直人,大谷英樹(臨病理): 第10回神奈川県臨床検査医学会 (1999.06.05), 横浜.

3214. [学会(地方)] (一般講演) ベンゾジアゼピン系薬物のReceptor Assayの臨床応用; 偶然に見つかった連用蓄積中毒2例. 西川隆(臨病理),上條吉人(救命),大谷英樹(臨病理): 日本臨床化学会関東支部総会 (1999.06.05), 東京.

3215. [学会(地方)] (一般講演) 免疫グロブリンの糖鎖構造とその臨床的意義. 益子貴臣(臨病理),〆谷恵子(生化系),渋谷樹子,狩野有作,西川隆,大谷英樹(臨病理): 第10回神奈川県臨床検査医学会 (1999.06.05), 相模原.

3216. [学会(地方)] (一般講演) ブロムワレリル尿素の光学異性体の血清中濃度測定. 西川隆,大谷英樹(臨病理),上條吉人(救命),近藤留美子(薬剤),松本直人,岡田芳明(防衛医大): 第14回日本中毒学会東日本地方会 (2000.01.29), 浦和.


<<31 救命救急医学>>

3217. [原著] Cardiovascular response and stress reaction to flumazenil injection in patients under infusion with midazolam. 上條吉人(救命),増田卓(内),西川隆(臨病理),鶴田陽和(医療衛生),大和田隆(救命): Crit. Care Med., 28(2): 318〜323, 2000.

3218. [原著] Diagnostic value of increased bronchoalveolar lavage fluid eosinophile and lymphocyte in patients with acute respiratory failure accompanied by diffuse pulmonary infiltrates. 相馬一亥(救命),高田信和,久保田勝(内),片桐真人(医療衛生),矢那瀬信雄,冨田友幸(内),大和田隆(救命): J. Bronchol., 7: 33〜36, 2000.

3219. [原著] 急性期頚椎・頚髄損傷における治療上の問題点−多発外傷例, 合併症出現例についての検討. 高橋功,北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命): 脊椎・脊髄ジャーナル, 12(5): 371〜376, 1999.

3220. [原著] 老年者の入浴中に発生した心肺機能停止症例の過去10年間の臨床的統計. 秋山久尚(内),相馬一亥,大和田隆(救命),今井寛,栗原克由(法医): 日本救急医学会雑誌, 10: 132〜140, 1999.

3221. [原著] VB型下腿骨開放骨折の治療. 田中啓司B,新藤正輝(救命),山田直人(形外),横山一彦,糸満盛憲(整外): 日本災害医学会会誌, 47(9): 599〜606, 1999.

3222. [原著] 中毒原因物質の有用性に関する臨床的研究. 近藤留美子(薬剤),相馬一亥,浅利靖,上條吉人(救命),島田慈彦(薬剤),大和田隆(救命): 日本臨床救急医学会雑誌, 2(3): 343〜348, 1999.

3223. [準原著] 脂肪塞栓症候群の骨折に対する治療時期と方法. 新藤正輝,田中啓司B,相馬一亥(救命),西村明人(整外),平田光博(外),大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 骨折, 21(2): 626〜629, 1999.

3224. [準原著] 急性頚椎損傷に対するMRI診断−T2強調画像の重要性について−. 高橋功,北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命): 日本救急医学会雑誌, 10(7): 402〜406, 1999.

3225. [症例報告] Massive noninflammatory periportal liver necrosis following concentrated acetic acid ingestion. 上條吉人,相馬一亥(救命),岩渕啓一(病理),大和田隆(救命): Arch. Pathol. Lab. Med., 124(1): 127〜129, 2000.

3226. [症例報告] Effect of charcoal hemoperfusion on clearance of cibenzoline succinate (cifenline) poisoning. 青山直善(救命),佐々木毅,吉田慎,鈴木啓介,松山小太郎,相崎俊哉,和泉徹(内),近藤留美子(薬剤),上條吉人,相馬一亥,大和田隆(救命): J. Toxicol. Clin. Toxicol., 37(4): 505〜508, 1999.

3227. [症例報告] Rabbit syndrome following phenol ingestion. 上條吉人,相馬一亥(救命),福田倫也(内),浅利靖,大和田隆(救命): J. Toxicol. Clin. Toxicol., 37(4): 509〜511, 1999.

3228. [症例報告] Pulse steroid therapy in adult respiratory distress syndrome following petroleum naphtha ingestion. 上條吉人,相馬一亥,浅利靖,大和田隆(救命): J. Toxicol. Clin. Toxicol., 38(1): 59〜62, 2000.

3229. [症例報告] A case of serious organophosphate poisoning treated by percutaneous cardiopulmonary support. 上條吉人,相馬一亥,内宮礼嗣,大和田隆(救命): Vet. Hum. Toxicol., 41(5): 326〜328, 1999.

3230. [症例報告] Severe rhabdomyolysis following massive ingestion of oolong tea; Caffeine intoxication with coexisting hyponatremia. 上條吉人,相馬一亥,浅利靖,大和田隆(救命): Vet. Hum. Toxicol., 41(6): 381〜383, 1999.

3231. [症例報告] CTガイド下経皮的ドレナージが縦隔膿瘍に対して奏効した1症例. 平田光博,鈴木哲太郎(外),西巻博(放),林宗博(胸外),今井寛(法),熊谷謙(救命),滝島常雅(外),相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 20(1): 270〜271, 1999.

3232. [症例報告] 下肢蜂窩織炎様症状を主徴としたT-cell malignant lymphomaの1例. 田村幸穂(外),高平尚伸(整外),熊谷謙,田中啓司B,新藤正輝,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 20(1): 296〜297, 1999.

3233. [総説] 多臓器不全に対する集学的治療の実際. 浅利靖(救命): Medical Practice, 17(2): 305〜310, 2000.

3234. [総説] 急性中毒の診断と治療. 浅利靖(救命): エマージェンシー・ナーシング, 12(6): 10〜15, 1999.

3235. [総説] 救急医療における病診連携の実際. 前川和彦(東大),石原哲(白鬚橋病院),浅利靖(救命),小井土雄一(日医大): カレントテラピー, 18(3): 125〜139, 2000.

3236. [総説] 骨盤内外傷(骨盤骨折). 新藤正輝(救命): カレントテラピー, 18(3): 95〜99, 2000.

3237. [総説] 小児脳低温療法の注意点. 高橋功,北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外),内藤剛彦(児),大和田隆(救命): 救急医学, 23: 689〜694, 1999.

3238. [総説] 開放骨折. 新藤正輝(救命): 救急医学, 24(3): 257〜260, 2000.

3239. [総説] 重症脳血管障害の集中治療. 北原孝雄(救命): 救急医学, 24: 201〜205, 2000.

3240. [総説] 副子・ギプス固定. 上田昭吾,新藤正輝,甲斐秀美(救命),杉本勝彦(昭和大): 救急看護の手技&ケア, 15: 153〜159, 1999.

3241. [総説] 重症患者の新しい栄養管理法−Critical Careにおける早期経腸栄養の実際とその効果. 片岡祐一,相馬一亥(救命),杉本勝彦(昭和大): 集中治療, 12(3): 303〜309, 2000.

3242. [総説] くも膜下出血急性期の保存的治療. 北原孝雄(救命),藤井清孝(脳外): 臨床と研究, 75: 1915〜1917, 1999.

3243. [講座] (特集)救急医療における病診連携; 疾患(群)別にみた転送のタイミング(呼吸器疾患). 相馬一亥(救命): カレントテラピー, 18(3): 38〜42, 2000.

3244. [講座] (特集)2; 救急対応−主要徴候別マニュアル: (1)呼吸困難. 相馬一亥(救命): レジデントノート, 1(1): 67〜71, 1999.

3245. [講座] 肺炎の鑑別診断; 循環器疾患. 相馬一亥(救命): 化学療法の領域, 16(3): 42〜51, 2000.

3246. [講座] 救急疾患−最近の対処法; 呼吸困難. 相馬一亥(救命): 外科, 61(12): 1396〜1400, 1999.

3247. [講座] 急性疾患とエマージェンシー; 急性呼吸不全. 相馬一亥(救命): 救急医学, 23: 1300〜1303, 1999.

3248. [講座] ARDSとその周辺; ARDSの全身管理. 相馬一亥(救命): 救急医学, 23: 940〜944, 1999.

3249. [講座] 急患への対応; 呼吸器救急. 相馬一亥(救命): 今月の治療, 7: 57〜61, 1999.

3250. [講座] 特集・救急医療における最近の進歩; (6)救急領域におけるinterventional radiologyの進歩. 西巻博,滝川政和(放),相馬一亥,大和田隆(救命),松林隆(放): 日本外科学会雑誌, 100(7): 435〜442, 1999.

3251. [講座] (特集)臨床; 急性肺傷害の診断と治療: SIDSとARDS. 相馬一亥(救命): 分子呼吸器病, 3(3): 45〜51, 1999.

3252. [講座] 救急医学講座(21)熱傷. 山田直人,林和弘,内沼栄樹(形外),北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 北里医学, 29(1): 1〜5, 1999.

3253. [講座] 電撃症. 相馬一亥(救命): 臨床医, 25: 412〜413, 1999.

3254. [講座] 熱中症. 相馬一亥(救命): 臨床医, 25: 414〜416, 1999.

3255. [講座] 救急患者の薬物療法; 呼吸困難. 相馬一亥(救命): 臨床外科, 54(11): 64〜65, 1999.

3256. [編集者への手紙] パプア・ニューギニア国津波災害における水質調査について. 金沢豊(長浜赤十字病院),浅利靖(救命),荒井尚之(第一臨検セン),小井土雄一(日医大): 日本集団災害医学会誌, 4: 57, 1999.

3257. [学術書] (分担執筆) 整形外科手術後療法のコツ−私はこうしている−下巻下肢・小児疾患; 寛骨臼(脱臼)骨折/観血的骨接合術, p.70〜74, 新藤正輝(救命),糸満盛憲(整外). 編集 青木治人(聖マリ医大),糸満盛憲(北里大), 全日本病院出版会,東京,99.07.01発行.

3258. [学術書] (分担執筆) ブレインアタック−超急性期の脳卒中診断; くも膜下出血−術前管理と治療方針, p.223〜229, 北原孝雄(救命). 編集 藤井清孝(北里大),岡田靖, 中山書店,99.08.31発行.

3259. [学術書] (分担執筆) 呼吸器疾患の診かた考えかた; 肺水腫, p.202〜204, 相馬一亥(救命). 編集 鈴木俊介,木田厚, 中外医学社,東京,99.03.20発行.

3260. [教科書] (分担執筆) 認定内科医・認定内科専門医受験のための演習問題と解答; 相馬一亥(救命). 編集 日本内科学会認定内科専門医会, 医学書院,東京,99.04.01発行.

3261. [教科書] (分担執筆) 救急救命士標準テキスト(改訂5版): 第2編, 臨床救急医学科目臨床救急医学−各論; 病態別, 10.溺水, 相馬一亥(救命). へるす出版,東京,99.04.01発行.

3262. [教科書] (分担執筆) 新OS NOW 1上肢外傷の手術療法; 上腕骨骨幹部骨折に対する髄内固定, 1: 32〜39, 新藤正輝(救命),糸満盛憲(整外). 編集 阿部宗昭(大阪医大),高岡邦夫(信州大),岩本幸英(九大),落合直之(筑波大), (株)メジカルビュー社,東京,99.04.15発行.

3263. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の治療指針2000; 喀血, p.14, 相馬一亥(救命). 編集 多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院,東京,99.04.01発行.

3264. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 今日の治療指針; 骨盤骨折, 42: 38〜39, 新藤正輝(救命). 編集 多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院,東京,00.01.01発行.

3265. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 別冊医学のあゆみ; 呼吸器疾患−state of arts (Ver.3), p.396〜398, 相馬一亥(救命). 医歯薬出版,東京,99.03.25発行

3266. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) トリアージ, その意義と実際; 現場におけるトリアージ, p.48〜57, 浅利靖,新藤正輝,杉本勝彦(救命). 編集 国際災害研究会, 荘道社,東京,99.03.25発行.

3267. [学会(国際)] (ポスター講演) Does onreamed nailing prevent pulmonary fat embolism? 田中啓司B,新藤正輝,相馬一亥(救命),平田光博(外),大和田隆(救命): 11th WADEM (World Association for Disaster and Emergency Medicine) (1999.05.12), 大阪, Prehospital and Disaster Medicine, 14(1): 78, 1999.

3268. [学会(全国)] (シンポジウム等) 肺炎の鑑別診断−画像と検査を中心に: B「循環器疾患」. 相馬一亥(救命): 第39回日本呼吸器学会総会 (1999.03.28), 横浜.

3269. [学会(全国)] (シンポジウム等) 内因性急死の現状と対策. 大和田隆(救命): 第25回日本医学会総会 (1999.04.02), 東京.

3270. [学会(全国)] (シンポジウム等) 多発外傷のPitfall−整形外科の立場から. 新藤正輝,田中啓司B(救命),高平尚伸(整外),平田光博(外),大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第24回日本外科系連合学会学術集会 (1999.06.25), 神戸, 日本外科系連合学会, 24(3): 363, 1999.

3271. [学会(全国)] (シンポジウム等) Gustilo type VB下腿骨開放骨折に対する早期軟部組織再建の重要性. 新藤正輝(救命),田中啓司B,高平尚之(整外),山田直人(形外),大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第25回日本骨折治療学会 (1999.07.09〜10), 長野, 抄録集, p.104, 1999.

3272. [学会(全国)] (シンポジウム等) 骨盤骨折に対する急性期治療. 新藤正輝,田中啓司B(救命),高平尚伸(整外),西巻博(放),大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第47回日本災害医学会 (1999.10.07), 広島, 日本災害医学会会誌, 47(臨増): 73, 1999.

3273. [学会(全国)] (シンポジウム等) Ventilator induced lung injuryの予防. 相馬一亥(救命): 第27回日本救急医学会総会 (1999.11.10〜12), 東京.

3274. [学会(全国)] (ワークショップ) 救急医療とインフォームド・コンセント−救命救急センターの立場より−. 大和田隆(救命): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.10), 横浜.

3275. [学会(全国)] (一般講演) 非リーミング髄内固定法は肺脂肪塞栓を軽減させるか?−気管支肺胞洗浄液分析による検討−. 新藤正輝,田中啓司B(救命),平田光博(外),相馬一亥,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第72回日本整形外科学会学術集会 (1999.04.08〜10), 横浜, 日本整形外科学会誌, 73(3): 649, 1999.

3276. [学会(全国)] (一般講演) 気道熱傷の気管支鏡所見と生検病理組織所見の比較. 熊谷謙(救命),毛利麻里,岩城啓修,林和弘,山田直人(形外),浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命),岩渕啓一(病理): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20〜22), 福岡.

3277. [学会(全国)] (一般講演) 超高齢期患者に対する最近10年間の三次救急医療についての検討. 秋山久尚,福田倫也(内),熊谷謙,上條吉人,浅利靖(救命),今泉弘(内),相馬一亥,大和田隆(救命): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20〜21), 福岡.

3278. [学会(全国)] (一般講演) 本院における経皮的心肺補助(PCPS)の適応, 管理, 合併症および対策, 離脱基準. 松山小太郎(内),青山直善(救命),今井寛(法医),林宗博(胸外),黒沢利郎,竹端均,高橋基,長田和之,北野義和,相崎俊哉,和泉徹(内),相馬一 亥,大和田隆(救命): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20〜21), 福岡.

3279. [学会(全国)] (一般講演) 急性大動脈解離Stanford Bに伴う下肢虚血へのStent留置血行再建. 林宗博(胸外),今井寛(法医),西巻博(放),青山直善(救命),相崎俊哉,松山小太郎(内),熊谷謙,上條吉人,相馬一亥,大和田隆(救命): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20〜21), 福岡.

3280. [学会(全国)] (一般講演) 出血性ショックを呈する鈍的外傷患者の非大量輸液療法. 浅利靖,熊谷謙,阪本奈美子,向山勲(救命),平田光博(外),西巻博(放),相馬一亥,大和田隆(救命): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20), 福岡, 日本臨床救急医学会雑誌, 2(1): 149, 1999.

3281. [学会(全国)] (一般講演) 脂肪塞栓症候群における気管支肺胞洗浄液の経時的変化の検討. 田中啓司B,相馬一亥,新藤正輝,熊谷謙(救命),平田光博(外),大和田隆(救命): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20〜21), 福岡, 日本臨床救急医学会雑誌, 2(1): 176, 1999.

3282. [学会(全国)] (一般講演) 救命救急センターにおけるNutrition Support Teamの活動. 宮下佳子,青木弥生(栄養部),大和田隆,相馬一亥,浅利靖,熊谷謙(救命),横山正宗(精),嶋田幸子(看護部),島田慈彦,近藤留美子,松原肇,木村 利美(薬剤): 第2回日本臨床救急医学会総会 (1999.04.20〜21), 福岡, 日本臨床救急医学会雑誌, 2(1): 178, 1999.

3283. [学会(全国)] (一般講演) 頚椎頚髄損傷に伴った椎骨動脈損傷3症例の検討. 高橋功,北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命): 第13回日本外傷学会 (1999.05.27〜28), 東京.

3284. [学会(全国)] (一般講演) 頚椎頚髄損傷に伴った椎骨動脈損傷例についての検討. 高橋功,北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命): 第14回日本脊髄外科学会 (1999.06.18), 東京.

3285. [学会(全国)] (一般講演) 大量のインスリンを自己注射し脳障害および心筋梗塞をきたした1例. 稲田健(精),上條吉人,福田倫也,青山直善,熊谷謙,浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命),近藤留美子(薬剤): 第21回日本中毒学会総会 (1999.07.17), 東京.

3286. [学会(全国)] (一般講演) 重症くも膜下出血に対する脳低温療法の検討. 北原孝雄,高橋功(救命),遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命),近藤宏治,佐藤澄人,小沢達也,倉田彰,宮坂佳男,藤井清孝(脳外): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27〜29), 東京, 抄録集, p.61, 1999.

3287. [学会(全国)] (一般講演) 急性有機リン中毒とアポトーシス−Fas Ligandの関与について−. 浅利靖(救命),増田卓(内),片岡祐一,熊谷謙,上條吉人,青山直善(救命),福田倫也(内),近藤留美子(薬剤),相馬一亥,大和田隆(救命): 第27回日本救急医学会総会 (1999.11.11), 東京.

3288. [学会(全国)] (一般講演) 骨盤骨折に合併した腸骨静脈損傷の3例. 新藤正輝,田中啓司B(救命),高平尚伸(整外),西巻博(放),片岡祐一,大和田隆(救命): 第27回日本救急医学会総会 (1999.11.10), 東京, 日本救急医学会雑誌, 10(9): 536, 1999.

3289. [学会(全国)] (一般講演) 間接熱量測定による安静時エネルギー消費量とAPACHEUスコアの関係に関する検討. 熊谷謙,片岡祐一(救命),新井正康(麻),浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命): 第15回日本静脈経腸栄養学会 (2000.02.03), 大津.

3290. [学会(全国)] (一般講演) 寛骨臼骨折に合併した腸骨静脈損傷の1例. 高平尚伸(整外),新藤正輝,田中啓司B,大和田隆(救命),糸満盛憲(整外): 第6回救急整形外傷シンポジウム (2000.02.04), 宮崎, 抄録集, p.51, 2000.

3291. [学会(全国)] (一般講演) 熱中症の病態に関する臨床的検討−1剖検例より. 智田文徳,上條吉人,片岡祐一,熊谷謙,浅利靖,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命),谷川一志,岩渕啓一(病理): 第48回日本救急医学会関東地方会 (2000.02.12), 東京.

3292. [学会(全国)] (一般講演) 1999年8月トルコ地震災害被災民の急性ストレス障害について. 浅利靖(救命),当麻美樹(大阪府立中河内救命救急セン),金井要(国立国際医療セン): 第5回日本集団災害医学会 (2000.02.29), 立川.

3293. [学会(全国)] (一般講演) 神奈川県災害拠点病院勉強会報告−災害時情報伝達手段の検討−. 新藤正輝(救命),秋山典彦,梅原実,加賀雅恵,須田崇,山口孝治: 第5回日本集団災害医学会 (2000.02.29), 立川.

3294. [学会(全国)] (一般講演) トルコ共和国西部地震災害における国際緊急援助隊第1次医療チームの活動報告. 当麻美樹(大阪府立中河内救命救急セン),浅利靖(救命),金井要(国立国際医療セン): 第5回日本集団災害医学会 (2000.02.29), 立川.

3295. [学会(全国)] (一般講演) 重症心不全に於けるPCPSの限界と神経体液性因子−次の治療戦略を考える指標. 中畑潤一,青山直善,相崎俊哉,林宗博(救命),今井寛(法医),相馬一亥,大和田隆(救命),長田和之,黒沢利郎,和泉徹(内): 第27回日本集中治療医学会総会 (2000.03.02〜04), 名古屋.

3296. [学会(全国)] (ポスター講演) 頚椎頚髄損傷に伴う椎骨動脈損傷. 高橋功,北原孝雄(救命),遠藤昌孝(脳外),大和田隆(救命): 第58回日本脳神経外科学会総会 (1999.10.27〜29), 東京.

3297. [学会(地方)] (一般講演) 日本脳炎類似の画像所見を呈した急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の1例. 石渡雅男(脳外),秋山久尚,福田倫也,片岡祐一,平田光博,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第47回日本救急医学会関東地方会 (1999.06.19), 東京.

3298. [学会(地方)] (一般講演) 胸部大動脈損傷に対するステントグラフト内挿術の経験. 山下進,林宗博(救命),西巻博(放),今井寛(法医),熊谷謙,新藤正輝(救命),磯部義憲(放),相馬一亥(救命),小原邦義(胸外),大和田隆(救 命): 第47回日本救急医学会関東地方会 (1999.06.19), 東京.

3299. [学会(地方)] (一般講演) 人工呼吸管理を要した重症麻疹肺炎6例の検討. 隅越誠(児),内藤剛彦,石川義人,上田康久,原真人,片岡祐一,熊谷謙,浅利靖,相馬一亥,大和田隆(救命): 第47回日本救急医学会関東地方会 (1999.06.19), 東京.

3300. [学会(地方)] (一般講演) 悪性症候群に併発した循環不全を経皮的心肺補助(PCPS)で管理し得た1例. 中村健B(形外),青山直善(救命),堤邦彦(精),林宗博(胸外),今井寛(法医),福田直人,福田倫也(内),中畑潤一,相崎俊也,上條吉人(救 命),山田直人(形外),相馬一亥,大和田隆(救命): 第8回日本集中治療医学会関東地方会 (1999.08.28), 東京.

3301. [学会(地方)] (一般講演) TAEが有効であった固有肝動脈損傷による出血性ショックの1救命例. 片岡祐一(救命),滝島常雅(外),西巻博(放),浅利靖(救命),片桐寛之(外),今井寛(法医),林宗博,北原孝雄,相馬一亥,大和田隆(救命): 第48回日本救急医学会関東地方会 (2000.02.12), 東京.

3302. [学会(地方)] (一般講演) 糖尿病患者における非クロストリジウム性ガス壊疽. 向井田智之,高平尚伸(整外),新藤正輝,田中啓司B,相馬一亥,大和田隆(救命): 第47回神奈川県感染症医学会 (2000.03.04), 横浜.

3303. [研究会(全国)] (一般講演) 脳低温療法中に発生した外傷性症候性脳血管攣縮. 高橋功(救命),遠藤昌孝(脳外),北原孝雄,大和田隆(救命): 第2回日本脳低温療法研究会 (1999.07.22〜23), 札幌.

3304. [研究会(地方)] (特別講演) クモ膜下出血における急死の機序と病態に関する検討. 大和田隆(救命): 第15回甲信ICUセミナー (1999.08.07), 松本.

3305. [研究会(地方)] (特別講演) 救命救急センターにおける重症脳疾患の集中管理. 北原孝雄(救命): 第9回岐阜救急医療研究会 (1999.12.10), 岐阜.

3306. [研究会(地方)] (特別講演) 北里大学救命救急センターの現状と来院時心肺停止例について. 北原孝雄(救命): 日医生涯教育講座(後期) (1999.12.11), 岐阜.

3307. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 体外循環法を用いた重症心不全に対する治療戦略. 青山直善(救命),今井寛(法医),長田和之(内),林宗博(胸外),黒沢利郎(内),相馬一亥,大和田隆(救命),和泉徹(内): 第1回東日本難治性心不全治療フォーラム (1999.05.15), 東京.

3308. [研究会(地方)] (一般講演) 急性肺損傷・全身管理. 相馬一亥(救命): 第20回呼吸器セミナー (1999.03.28), 横浜.


<<33 臨床薬理学・薬剤学>>

3309. [原著] Chemiluminescence of β-lactam antibiotics bases on the luminol reaction. 久保博昭,Saitoh, M.,村瀬勢津子(薬剤),Inomata, T.,Yoshimura, Y.,Nakazawa, H.: Analytica Chimica Acta, 389: 89〜94, 1999.

3310. [原著] プレフィルドシリンジの有用性に関する研究. 島田慈彦(薬剤),平野公晟(日医大病院),仲川義人(山形大病院),矢後和夫(薬剤),東海林徹(山形大病院),松原肇(薬剤),村田和也(日医大病 院),小川幸雄(薬剤),豊口義夫(山形大病院): JJPEN, 21(4): 297〜307, 1999.

3311. [原著] Circadian hyper-amplitude-tension (CHAT): A disease risk syndrome of anti-aging medicine. Halberg, F.,Cornelissen, G.,Harberg, J.,Fink, H.,Chen, C.-H.,Otsuka, K.,Watanabe, Y.,熊谷雄治(薬理),Syutkina, E.V.,Kawasaki, T.,Uezono, K.,Zhao, Z,Schwartzkopff, O.: Journal of Anti-aging Medicine, 1(3): 239〜259, 1998.

3312. [原著] 整形外科領域におけるオキサセフェム系抗生物質の術後肝機能検査値異常に関する検討. 黒山政一,尾鳥勝也(薬剤),横田慎一(臨床治験),青砥広幸,沢田実花,矢後和夫(薬剤),渡辺朋恵,熊谷雄治(薬理): Jpn. J. Antibiot., 52: 517〜523, 1999.

3313. [原著] Pharmacokinetic and pharmacodynamic interactions among haloperidol, carteolol hydrochloride and biperiden hydrochloride. 井沢志名野,村崎光邦(精),三浦貞則(医療衛生),吉岡正哉,内海光朝(精),熊谷雄治(薬理),Aoki, S.,Hisazumi, H.,Kudo, S.: Jpn. J. Neuropsychopharmacol., 19: 111〜118, 1999.

3314. [原著] Pharmacokinetics of olprinone during continuous hemodiafiltration in patient with renal failure and congestive heart failure. 高橋賢成(薬剤),越前宏俊(薬理),島田慈彦(薬剤),大野安実,和泉徹(内): Jpn. J. TDM, 16(4): 395〜398, 1999.

3315. [原著] Pirmenolのヒト血漿及び唾液中濃度の比較研究. 佐川賢一,島田慈彦(薬剤),平野誠一郎(内),村松純子,毛利公則(明治薬大): TDM研究, 16(4): 380〜386, 1999.

3316. [原著] 輸液配合剤を中心としたプレフィルドシリンジシステムの有用性検討. 島田慈彦(薬剤),平野公晟(日医大病院),仲川義人(山形大病院),矢後和夫(薬剤),東海林徹(山形大病院),松原肇(薬剤),村田和也(日医大病 院),小川幸雄(薬剤),豊口義夫(山形大病院): 新薬と臨床, 48(4): 25〜37, 1999.

3317. [原著] セファメジンRおよび塩酸バンコマイシン, ノンバイアルキット製剤の有用性に関する実験的研究(第2報)−作業能率について−. 松原肇,島田慈彦(薬剤): 新薬と臨床, 48(4): 518〜524, 1999.

3318. [原著] Serum itraconazole and hydroxyitraconazole concentrations and interaction with digoxin in a case of chronic hypertrophic pachymeningitis caused by Aspergillus flavus. 望月真弓,村瀬勢津子,高橋圭子,島田慈彦(薬剤),久米光(病理),飯塚高浩,福田倫也(内): 日本医真菌雑誌, 41(1): 33〜39, 2000.

3319. [原著] かぜ症候群における薬剤費の薬剤疫学および経済学的検討−漢方薬と西洋薬の経済性における比較研究−. 赤瀬明秀(薬剤),秋葉哲生(あきば病院),井斉偉矢(厚生病院),鈴木重紀(オリエンタル): 日本東洋医学雑誌, 50(4): 655〜663, 2000.

3320. [原著] Immune response in hyperploractinemia induced by sulpiride. 木村利美,島田慈彦,黒山政一(薬剤),古舘専一(実動): 北里医学, 29(4): 192〜197, 1999.

3321. [原著] 市販後調査に対する医療従事者の認識と検討課題. 佐川賢一,町田充,露崎浩子,島田慈彦(薬剤),砂押渉(児),岡田純,坂井文彦,毛利公則(内): 臨床薬理, 30(3): 581〜588, 1999.

3322. [原著] 授乳期のバセド病患者へのThiomazole投与に関する研究. 村瀬勢津子,佐藤透,国分秀也,木村利美,高橋賢成,町田充,島田慈彦(薬剤),西川隆(臨病理),大山宜秀(児),望月真弓(薬剤),阿部好文(東海 大),伊藤国彦(伊藤病院): 臨床薬理, 30(6): 775〜782, 1999.

3323. [準原著] 全国規模で実施された感受性試験成績に関する一考察−グラム陰性桿菌について−. 黒山政一,岡本恵美子,矢後和夫(薬剤): Jpn. J. Antibiot., 52: 333〜352, 1999.

3324. [準原著] モノバイアル・スパイクを適用したメシル酸ガベキサート注射剤の品質比較試験に関する研究(T). 平山武司,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 新薬と臨床, 49(1): 20〜26, 2000.

3325. [準原著] モノバイアル・スパイクを適用したメシル酸ガベキサート注射剤の品質比較試験に関する研究(U). 平山武司,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 新薬と臨床, 49(1): 27〜34, 2000.

3326. [準原著] メシル酸ガベキサートキット(モノバイアルスパイク)注射剤の有用性試験に関する研究−作業効率及び調製精度. 矢後和夫,黒山政一,平山武司(薬剤): 診療と新薬, 36: 773〜780, 1999.

3327. [準原著] メシル酸ガベキサートキット(モノバイアルスパイク)注射剤の有用性試験に関する研究−半量調製精度及び液漏れ試験. 矢後和夫,黒山政一,平山武司(薬剤): 診療と新薬, 36: 781〜787, 1999.

3328. [準原著] 新医薬品発売時に入手できる医薬品情報源の評価. 今井伸恵,黒山政一,平山武司,竹内尚子,矢後和夫(薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 35(11): 1495〜1499, 1999.

3329. [準原著] 適応外使用についての調査報告−現状と問題点−. 佐川賢一,深谷真理子,木村利美,小坂好男,許斐吟子,竹内尚子,永野弘子,山崎顕,中村和夫,酒井英洋,小林輝明(薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 35(11): 81〜85, 1999.

3330. [準原著] 医薬品情報活動の現状分析と変遷−神奈川県内病院での調査・研究−. 木村利美,岩田政則,小坂好男,許斐吟子,竹内尚子,永野弘子,中村和夫,深谷真理子,山崎顕,佐川賢一(薬剤): 病院薬学, 25(6): 656〜662, 1999.

3331. [準原著] 健常人におけるクレアチニン・クリアランスの予測性. 飯島肇(新赤坂臨床検査セン),毛利昌代,中屋時博(カイユウ診療所),小池信雄(新赤坂臨床検査セン),横田真一(臨床治験管理セン),熊谷雄治(薬 理): 臨床薬理, 31(1): 117, 2000.

3332. [短報・速報] 薬剤管理指導業務実態調査結果の報告. 宮宇地裕美,白江秀子,後藤充良,長谷川恵一,斉藤昌久,佐藤透,坂上逸孝,永野弘子,林宏行,平山武司(薬剤部),吉見哲,大谷雅俊,酒井英洋(県病薬 業務検討委員会): 神奈川県病院薬剤師会会誌, (91): 46〜50, 1999.

3333. [研究報告(その他公的な報告)] 医療過誤対策アンケート調査結果と考察. 坂下裕子,木村利美,許斐吟子,西郷勝行,斉藤正志,竹内尚子,中馬統一郎,深谷真理子,水島規子,小坂好男,柳川忠二,佐川賢一,土田節男(薬剤): 神奈川県病院学会誌, (20): 115〜119, 1999.

3334. [研究報告(その他公的な報告)] 日本医真菌学会標準化委員会報告(1995〜1997年). 篠田孝子(明治薬大),久米光(病理),福島和貴,島田慈彦,村瀬勢津子(薬剤),内田勝久,池田玲子,安藤正幸,森健,加藤卓朝: 日本医真菌学会雑誌, 40(4): 239〜257, 1999.

3335. [症例報告] 「くすりGet the Answersかながわ推進委員会」の活動の現状−インターネットを活用した情報提供−. 佐藤康信,岩田陽子,大内文伸,桜井民雄,佐貫美智留,三溝和夫,根津良幸,町田充,山田英紀,黒山政一,菊池有道(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 90: 33〜35, 1999.

3336. [症例報告] 第3回神奈川県病院薬剤師会市民講座における「くすり相談コーナー」の報告. 佐貫美智留,桜井民雄,岩田陽子,大内文伸,佐藤康信,三溝和夫,根津良幸,町田充,山田英紀,黒山政一,菊池有道(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 90: 35〜37, 1999.

3337. [症例報告] くすりGet the Answersかながわ推進委員会の活動報告−湯河原町におけるくすり相談の実施. 桜井民雄,黒山政一,佐貫美智留,山田英紀,佐藤康信,岩田陽子,大内文伸,三溝和夫,根津良幸,町田充(薬剤),菊池有道: 神奈川県病院薬剤師会会誌, 91: 51〜53, 1999.

3338. [症例報告] 病院における医薬品情報の基礎知識(その4). 黒山政一(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会誌, 91: 30〜33, 1999.

3339. [症例報告] 神奈川県病院薬剤師会における電話によるお薬相談の現状. 山田英紀,岩田陽子,大内文伸,黒山政一,桜井民雄,佐藤康信,佐貫美智留,三溝和夫,根津良幸,町田充(薬剤),菊池有道: 神奈川県病院薬剤師会誌, 91: 52〜53, 1999.

3340. [総説] 病棟業務におけるアミノ配糖体のTDM実施について. 木村利美,島田慈彦(薬剤): TDM研究, 16(4): 325〜333, 1999.

3341. [総説] 鉄欠乏性貧血に対する当帰芍薬散の応用−薬剤疫学を応用した漢方薬の評価−. 赤瀬朋秀(薬剤): 漢方と最新治療, 8(2): 143〜148, 1999.

3342. [総説] 種類別くすりの効き方/疾患別の薬−気管支拡張薬−. 新井万理子(薬剤): 看護技術, 46(6): 61〜67, 2000.

3343. [総説] 種類別くすりの効き方/疾患別の薬−皮膚科用薬−. 佐川賢一(薬剤): 看護技術, 46(6): 658〜665, 2000.

3344. [総説] 薬物治療の個別化に向けた院内製剤の実際. 佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 41(12): 2655〜2660, 1999.

3345. [総説] 一般県民を対象とした病院薬剤師の活動−神奈川県病院薬剤師会における取り組み−. 黒山政一,岩田陽子,大内文伸,桜井民雄,佐藤康信,矢後和夫,根津良幸,町田充,山田英紀,渡辺美智留,菊池有道,小林輝明(薬剤): 月刊薬事, 42(2): 353〜360, 2000.

3346. [総説] 最近になって登場してきた抗生物質. 町田充,島田慈彦(薬剤): 周産期医学, 29(増): 23〜29, 1999.

3347. [総説] 在宅中心静脈栄養法の合併症とその対策. 小川幸雄(薬剤): 消化器外科Nursing, 4(8): 695〜699, 1999.

3348. [総説] 郵送法による消化性潰瘍患者への服薬指導. 伊藤直子,黒山政一,鎌田勝久,椎崇,難波昭雄,矢後和夫(薬剤),大井田正人(内): 日本病院薬剤師会雑誌, 36(2): 165〜168, 2000.

3349. [総説] 高齢者における薬物動態と薬力学. 熊谷雄治(薬理): 老年精神医学雑誌, 11(1): 100〜105, 2000.

3350. [講座] TPN輸液無菌調製の基本操作と注意点. 松原肇,島田慈彦(薬剤): JJPEN, 21(4): 253〜257, 1999.

3351. [講座] 経腸栄養に用いる栄養剤の種類と組成. 松原肇,島田慈彦(薬剤): JJPEN, 21(5): 333〜340, 1999.

3352. [講座] 漢方の服薬指導(6)漢方薬と西洋薬の相互作用に関する医薬品情報. 赤瀬朋秀,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): P & M Kampo, p.16〜22, 1999.

3353. [講座] 注射用キット製剤の現状とその評価(第4-2回)モノバイアルの特徴とその評価. 黒山政一,平山武司,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Jpn., 15(10): 1553〜1560, 1999.

3354. [講座] 注射用キット製剤の現状とその評価(第5-2回)ハーフキット製剤の特徴とその評価. 平山武司,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Jpn., 15(11): 1717〜1729, 1999.

3355. [講座] 注射用キット製剤の現状とその評価(第6-2回)シリンジ型注射用キット製剤の特徴とその評価. 黒山政一,平山武司,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Jpn., 15(12): 1865〜1870, 1999.

3356. [講座] 注射用キット製剤の現状とその評価(第1回)注射用キット製剤の現状とその有用性. 黒山政一,平山武司,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Jpn., 15(7): 1065〜1072, 1999.

3357. [講座] 注射用キット製剤の現状とその評価(第2-2回)一体型キット製剤の特徴とその評価. 黒山政一,平山武司,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Jpn., 15(8): 1231〜1238, 1999.

3358. [講座] 注射用キット製剤の現状とその評価(第3-2回)ダブルバッグ製剤(ドライドラッグ)の特徴とその評価. 平山武司,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Jpn., 15(9): 1391〜1401, 1999.

3359. [講座] 注射用キット製剤の現状とその評価(第7ー2回)一ダブルバッグ輸液製剤(高カロリー輸液)の特徴とその評価. 平山武司,黒山政一,矢後和夫,島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Jpn., 16(1): 115〜122, 2000.

3360. [講座] 栄養サポートチームと薬剤師. 松原肇,島田慈彦(薬剤): 医薬ジャーナル, 35(10): 2454〜2460, 1999.

3361. [講座] 栄養士のための臨床技術アップセミナー(第7回)薬剤に影響する食品. 佐川賢一(薬剤): 栄養−評価と治療−, 16(2): 9〜13, 1999.

3362. [講座] 医薬品適正使用委員会におけるガイドラインの作成. 町田充,島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 41(12): 2745〜2760, 1999.

3363. [講座] 病院における医薬品情報の基礎知識(その3). 黒山政一(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 90: 16〜19, 1999.

3364. [講座] 医薬品適応外使用に関する情報提供(その2)小児への適応外効能・効果と薬用量(64品目). 佐川賢一,木村利美,竹内尚子(薬剤),酒井英洋(横浜赤十字病院): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 90: 22〜31, 1999.

3365. [講座] 平成10年度「くすりと化粧すこやかフェア」の開催および「くすり相談の実施」. 黒山政一,岩田陽子,大内文伸,桜井民雄,佐藤康信,佐貫美智留,三溝和夫,根津良幸,町田充,山田英紀,菊池有道(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 90: 38〜39, 1999.

3366. [講座] 漢方の常識を見直す(7)薬剤疫学的にみた漢方治療. 赤瀬朋秀(薬剤): 診断と治療, 87(10): 1925〜1928, 1999.

3367. [講座] 注射用キット製剤の現状一海外での現状を中心に(W). 黒山政一,清水博行(薬剤): 製剤と機械, (243): 5〜7, 1999.

3368. [講座] 注射用キット製剤の有用性に関する評価方法. 黒山政一,矢後和夫(薬剤): 製剤と機械, (250): 13〜15, 1999.

3369. [講座] イソニアジト. 近藤留美子(薬剤): 中毒研究, 12(2): 225〜226, 1999.

3370. [講座] ホルムアルデヒド. 引地文(薬剤): 中毒研究, 13(1): 109〜110, 2000.

3371. [講座] 甲状腺ホルモン薬と服薬指導の実際. 町田充,島田慈彦(薬剤): 薬局, 50(8): 1797〜1801, 1999.

3372. [講座] 高尿酸血症治療薬. 町田充,島田慈彦(薬剤): 薬局, 51(増): 415〜429, 2000.

3373. [講座] 一般市民を対象とした病院薬剤師の活動. 黒山政一(薬剤): 薬事新報, (2101): 309〜310, 2000.

3374. [講座] 経腸栄養剤の種類と特徴. 松原肇,島田慈彦(薬剤): 臨床外科, 54(9): 1146〜1153, 1999.

3375. [学術書] (編集) 臨床薬理学用語集; 編集 海老原昭夫,熊谷雄治(薬理),東純一,伊藤忠雄,加藤隆一,北沢式文,佐久間昭,陶山昭彦,日本臨床薬理学会, ライフサイエンス出版,東京,99.00.00発行.

3376. [教科書] (分担執筆) 薬剤師国家試験対策, 医療薬学Y; 医薬品情報, p.143〜178; 注射剤・輸液の取り扱い, p.217〜232, 黒山政一,矢後和夫(薬剤). 日本コンサルタントグループ, 東京, 99.07.24発行.

3377. [その他の著書] (分担執筆) 服薬指導Q & Aシリーズ, 抗菌薬編; 総論, p.14〜19; 抗菌薬の投与方法, p.22〜32; 抗菌薬の分類, p.34〜85; 臨床材料からの細菌の分離頻度, p.88〜93; 主な臨床分離菌の薬剤感受性, p.96〜119, 抗菌薬の副作用, p.166〜180, p.195〜196, 抗菌薬の相互作用, p.208〜216, 抗菌薬の特殊な使用, p.256〜259, 黒山政一(薬剤). 編集 黒山政一(北里大), 監修 井上松久(微),矢後和夫(薬剤), 医薬ジャーナル社, 大阪, 99.11.30発行.

3378. [その他の著書] (分担執筆) 服薬指導Q & Aシリーズ, 抗菌薬編; 各科領域感染症に対する抗菌薬の使用, p.122〜150; 抗菌薬の臓器移行性, p.151〜165, 尾鳥勝也(薬剤). 編集 黒山政一(北里大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 99.11.30発行.

3379. [その他の著書] (分担執筆) 服薬指導Q & Aシリーズ, 抗菌薬編; 抗菌薬の副作用, p.181〜194, 今井伸恵(薬剤). 編集 黒山政一(北里大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 99.11.30発行.

3380. [その他の著書] (分担執筆) 服薬指導Q & Aシリーズ, 抗菌薬編; 抗菌薬の血中濃度モニタリング, 他, p.197〜199; p.202〜205; p.217〜221; p.250〜255, 野中美和(薬剤). 編集 黒山政一(北里大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 99.11.30発行.

3381. [その他の著書] (分担執筆) 服薬指導Q & Aシリーズ, 抗菌薬編; 基礎疾患を有する患者への抗菌薬の投与, p.224〜247, 平山武司(薬剤). 編集 黒山政一(北里大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 99.11.30発行.

3382. [その他の著書] (分担執筆) 知っておきたいしびれの対処法; しびれに対する薬物療法, p.173〜181, 尾鳥勝也,矢後和夫(薬剤). 編集 二見俊郎(北里大), 真興交易医書, 東京, 00.03.20発行.

3383. [その他の著書] (編集) 服薬指導Q & Aシリーズ, 抗菌薬編; 編集 黒山政一(北里大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 99.11.30発行.

3384. [その他の著書] (監修) 服薬指導Q & Aシリーズ, 抗菌薬編; 編集 黒山政一(北里大), 監修 井上松久(微),矢後和夫(薬剤), 医薬ジャーナル社, 大阪, 99.11.30発行.

3385. [その他の著書(概説書)] (共著) 消毒薬の使用指針, 第3版; 島田慈彦(薬剤),尾家重治(山口大),太田伸(信州大),白石正(山形大),佐和章弘(マツダ),松原肇(薬剤),安田忠司(大垣市民). 薬事日報社, 東京, 99.09.25発行.

3386. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 治験コーディネーターと治験管理室業務実例集; 北里大学東病院臨床治験管理センター, p.245〜255, 野中美和,横田慎一,黒山政一,矢後和夫(薬剤). 編集 奥村勝彦(神戸大),神谷晃(山口大), 医薬ジャーナル社, 東京, 99.10.00発行.

3387. [翻訳] (分担執筆) アプライドセラピューティクス症例解析に基づく薬物治療; 周術期管理, 8: 1〜26, 近藤留美子(薬剤). 編集 緒方宏泰,越前宏俊,増原慶壮(明治薬大), テクノミック, 東京, 00.03.10発行.

3388. [学会(国際)] (ポスター講演) Practical application of lithium ion-selective electrode (ISE) assay and population pharmacokinetic approach to therapeutic drug monitoring services in psychiatry. 篠崎公一,Sako,広瀬美紀,竹内尚子,矢後和夫,小宮山貴子(薬剤),石郷岡純(精),大谷義夫(医療衛生),若田部博文,村崎光邦(精),西川隆 (臨病理): 6th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology (1999.09.00), オーストラリア.

3389. [学会(国際)] (ポスター講演) Strategy of proper drug use in Japanese hospital pharmacies U. 町田充,佐川賢一,島田慈彦(薬剤),岡田純(内): 34th ASHP Midyear Clinical Meeting and Exhibits (1999.12.05〜09), オーランド, Abstracts, (36): 2252, 1999.

3390. [学会(全国)] (シンポジウム等) プラセボ効果の計測科学. 熊谷雄治(薬理),有田悦子(薬学部),横田真一(臨床治験管理セン): 第13回生体成分の分析化学シンポジウム (1999.08.19〜20), 東京.

3391. [学会(全国)] (シンポジウム等) 漢方薬の薬物相互作用に関する医薬品情報−薬理作用・代謝経路からのアプローチ. 赤瀬朋秀(薬剤): 第16回和漢医薬学会大会 (1999.08.29), 千葉, 要旨集, p.23, 1999.

3392. [学会(全国)] (シンポジウム等) 時間治療学の考え方−臨床薬理学の立場から−. 熊谷雄治(薬理): 第9回日本臨床精神神経薬理学会 (1999.10.07〜08), 別府.

3393. [学会(全国)] (シンポジウム等) 病院薬剤師が行う医薬品情報提供. 尾鳥勝也(薬剤): 日本薬学会第120年会 (2000.03.30), 岐阜, 要旨集, p.159, 2000.

3394. [学会(全国)] (一般講演) 子宮内膜症薬MJR-35の薬物動態におよぼす性周期の影響. 松丸有紀子(薬理),沢田実花(薬剤),熊谷雄治,藤田朋恵(薬理),横田真一(臨床治験管理セン),村崎光邦(精),馬嶋正隆(薬理): 第16回日本TDM学会 (1999.06.18〜19), 横浜.

3395. [学会(全国)] (一般講演) 新規利尿薬MD-31の高齢者における薬物動態と薬力学. 長井友子,熊谷雄治,藤田朋恵(薬理),横田真一(臨床治験管理セン),沢田実花(薬剤),村崎光邦(精),馬嶋正隆(薬理): 第16回日本TDM学会 (1999.06.18〜19), 横浜.

3396. [学会(全国)] (一般講演) 医療機関の市販後調査に関する現状と問題点−製薬企業に対するアンケート結果より. 佐川賢一,町田充,島田慈彦(薬剤): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.25〜26), 札幌, 要旨集, p.58, 1999.

3397. [学会(全国)] (一般講演) 維持血液透析中の慢性心不全患者に対するPimobendan及び主要代謝物UD-CG212の体内動態に関する研究. 高橋賢成,島田慈彦(薬剤),越前宏俊(明薬大),花岡正人,野村幸範(森下記念病院): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.25), 札幌, 要旨集, p.98, 1999.

3398. [学会(全国)] (一般講演) 健康成人におけるプラセボ投与前後の臨床検査値の変動. 沢田実花(薬剤),熊谷雄治,横田慎一,藤田朋恵(薬理),井沢志名野,石郷岡純(精),黒山政一,矢後和夫(薬剤),有田悦子(薬学部): 第5回日本薬剤疫学会学術総会 (1999.11.13〜14), 宇部.

3399. [学会(全国)] (一般講演) 新生児におけるPAPM薬物動態のNONMEN解析. 木村利美,国分秀也,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),西迫真,野渡正彦,小口弘毅,松浦信夫(児),高山陽子,野々山勝人,砂川慶介(感染症): 第26回日本小児臨床薬理学会 (1999.11.27〜28), 東京.

3400. [学会(全国)] (一般講演) 健常人におけるクレアチニン・クリアランスの予測性. 飯島肇(新赤坂臨床検査セン),毛利昌代,中屋時博(カイユウ診療所),小池信雄(新赤坂臨床検査セン),横田真一(臨床治験管理セン),熊谷雄治(薬 理): 第20回日本臨床薬理学会 (1999.12.03〜04), 横浜.

3401. [学会(全国)] (ポスター講演) 消化器癌患者におけるモルヒネ製剤の使用動向と癌種別使用実態調査. 平山武司,伊藤直子,横井信子,竹内尚子,黒山政一,矢後和夫,加賀谷肇,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),的場元弘(麻): 第4回日本緩和医療学会 (1999.06.04), 広島, 抄録集, p.98, 1999.

3402. [学会(全国)] (ポスター講演) ニフェジピン代謝に及ぼすグレープフルーツジュース長期投与の影響. 佐川賢一(薬剤),毛利公則,植沢芳広(明治薬大),島田慈彦(薬剤): 第16回日本TDM学会 (1999.06.18〜19), 横浜, 予稿集, p.79, 1999.

3403. [学会(全国)] (ポスター講演) 市販後調査における薬剤師の役割−トログリタゾンを例として−. 相沢政明,佐川賢一,石原睦月,守屋真美,町田充,高橋賢成,松原肇,島田慈彦(薬剤),神康之,金森晃,的場清和(内): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.26), 札幌.

3404. [学会(全国)] (ポスター講演) 処方ホダリングシステムを用いた医薬品の適正管理の一手法−処方チェック機能の追加について−. 伊藤俊雅,菅原充広,相沢政明,町田充,露崎浩子,高橋賢成,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤),宮内明広,関口勝美,香取一勇: 第9回日本病院薬学会 (1999.09.25〜26), 札幌.

3405. [学会(全国)] (ポスター講演) ビスフォスフォネート製剤の適正使用に向けての比較検討. 岡崎美代子,町田充,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.26), 札幌.

3406. [学会(全国)] (ポスター講演) 精神科退院患者の外来フォローに関する検討. 小林裕子,竹内尚子,椎崇,葛井真弓,西園美和子,難波昭雄,川口時彦,矢後和夫(薬剤): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.26), 札幌.

3407. [学会(全国)] (ポスター講演) IRB審査資料の事前検討とその有用性. 野中美和,横田慎一,弟子丸紀子,沢田実花,広瀬美紀,熊谷雄治(薬理),黒山政一,矢後和夫(薬剤): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.26), 札幌.

3408. [学会(全国)] (ポスター講演) 医薬品適正使用へのアプローチ(6)5HT3受容体拮抗薬の内服薬の新規採用時を例にとって−. 町田充,佐川賢一,露崎浩子,村瀬勢津子,葛山晴子,島田慈彦(薬剤): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.26), 札幌, 要旨集, p.327, 1999.

3409. [学会(全国)] (ポスター講演) 新生児, 未熟児におけるパニペネム(カルベニンR)の体内動態に関する研究−HPLCによる微量定量法の確立−. 国分秀也,木村利美,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),久保博昭(薬学部),松本真紀,野渡正彦,小口弘毅(児): 第9回日本病院薬学会 (1999.09.26), 札幌, 要旨集, p.437, 1999.

3410. [学会(全国)] (ポスター講演) 神奈川県病院薬剤師会におけるくすりGet the Answersかながわ活動の現状. 佐貫美智留,黒山政一,岩田陽子,大内文伸,桜井民雄,佐藤康信,三溝和夫,根津良幸,町田充,山田英紀,菊池有道,平林哲郎,小林輝明(薬剤): 第32回日本薬剤師会学術大会 (1999.11.13〜14), 名古屋.

3411. [学会(全国)] (ポスター講演) 治療濃度の5〜10倍の血漿濃度と心毒性を呈したシベンゾリン中毒患者において観察された非線形的体内動態に関する検討. 高橋賢成,越前宏俊,高橋圭子,村瀬勢津子,佐川賢一,島田慈彦(薬剤),青山直善,和泉徹(内): 日本薬学会第120年会 (2000.03.29), 岐阜, 要旨集, p.135, 2000.

3412. [学会(全国)] (ポスター講演) 市販後5-HT3受容体拮抗薬制吐剤における無作為クロスオーバー二重盲検比較試験への薬剤師の関わり. 野中美和,矢後和夫,横田慎一,黒山政一(薬剤),小泉和三郎,田辺聡,西元寺克礼(内): 日本薬学会第120年会 (2000.03.30), 岐阜.

3413. [学会(全国)] (ポスター講演) ベザフィブラートとHMG-CoA還元酵素阻害薬併用患者における腎機能データによる適正投与量の検討. 守屋夏美,相沢政明,小池美恵子,瀬戸貢,高橋賢成,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 日本薬学会第120年会 (2000.03.30), 岐阜, 要旨集, p.87, 2000.

3414. [学会(地方)] (一般講演) 定期的な検査を必要とする薬剤の現状とその課題. 松本香織,今井伸恵,尾鳥勝也,竹内尚子,黒山政一,矢後和夫(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会第7回学術大会 (1999.11.21), 横浜.

3415. [学会(地方)] (ポスター講演) 患者の服薬トータルケア; 循環器疾患における入院・外来フォロー. 田村和敬,菅原充広,野溝裕子,岡崎美代子,高橋賢成,松原肇,佐川賢一,島田慈彦(薬剤),原美弥子(看護学部): 日本病院薬剤師会関東ブロック第29回学術大会 (1999.07.03), 長野.

3416. [学会(地方)] (ポスター講演) 医薬品適正使用へのアプローチX−抗生物質の新規採用時を例にとって−. 山田智子,町田充,露崎浩子,佐川賢一,坂倉智子,高橋里奈,村瀬勢津子,葛山晴子,島田慈彦(薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第29回学術大会 (1999.07.03), 長野.

3417. [学会(地方)] (ポスター講演) トログリタゾンの市販後調査に関する検討. 相沢政明,佐川賢一,石原睦月,守屋夏美,町田充,高橋賢成,松原肇,島田慈彦(薬剤),神康之,金森晃,的場清和,藤田芳邦(内): 第37回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2000.01.22), 横浜.

3418. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 北里大学病院における在宅医療の現状と薬剤師のかかわり. 新井万理子(薬剤): 第8回HIT研究会 (1999.08.21), 大阪.

3419. [研究会(全国)] (シンポジウム等) 当院におけるHPNの現状と問題点−TPNの調製と混合薬剤の安定性. 小川幸雄,矢後和夫(薬剤): 第14回在宅静脈栄養(HPN)研究会 (1999.09.04), 徳島, 栄養−評価と治療, 17(1): 122, 2000.

3420. [研究会(全国)] (一般講演) リチウム服用外来患者における血中濃度の予測性. 椎崇,竹内尚子,今井伸恵,広瀬美紀,矢後和夫(薬剤),佐古兼一,篠崎公一(薬学部),稗田圭一郎,若田部博文(精): リウマチ研究会 (1999.04.24), 東京, 予稿集, p.14, 1999.

3421. [研究会(全国)] (ポスター講演) 薬剤師業務の経済学的評価2−抗生物質製剤の経済性情報の臨床応用−. 菅原充広,赤瀬朋秀,佐川賢一,島田慈彦(薬剤),中村賢(医療衛生): 第2回日本医薬品情報学研究会総会 (1999.06.12), 名古屋.

3422. [研究会(全国)] (ポスター講演) 薬剤師業務の経済学的評価1−医薬品情報の経済効果−. 赤瀬朋秀,佐川賢一,島田慈彦,加賀谷肇(薬剤),中村賢(医療衛生): 第2回日本医薬品情報学研究会総会 (1999.06.12), 名古屋, 抄録集, p.53, 1999.

3423. [研究会(全国)] (公開講座) 第28回DIのための情報基礎講座−PMSとデータベースの活用(医療機関から). 佐川賢一(薬剤): 日本医薬情報センター講座 (2000.03.02), 東京, テキスト, p.27〜36, 2000.

3424. [研究会(地方)] (特別講演) 注射用キット製剤の現状とその有用性. 黒山政一(薬剤): 静岡県病院薬剤師会東部支部例会 (1999.12.07), 沼津.

3425. [研究会(地方)] (教育講演) キット製品による業務の効率化と感染防止(1). 平山武司(薬剤): エキスパートナースフォーラム (1999.05.16), 福岡.

3426. [研究会(地方)] (教育講演) 注射剤供給業務について. 平山武司(薬剤): 長野県病院薬剤師会研究会 (1999.05.22), 長野.

3427. [研究会(地方)] (教育講演) キット製品による業務の効率化と感染防止(2). 平山武司(薬剤): エキスパートナースフォーラム99 (1999.07.04), 東京.

3428. [研究会(地方)] (教育講演) キット製品による業務の効率化と感染防止(3). 平山武司(薬剤): エキスパートナースフォーラム99 (1999.09.12), 札幌.

3429. [研究会(地方)] (教育講演) キット製品の業務の効率化と感染防止(4). 平山武司(薬剤): エキスパートナースフォーラム99 (1999.10.17), 大阪.

3430. [研究会(地方)] (シンポジウム等) 薬剤疫学を応用した漢方薬の評価(2)漢方薬の副作用発現頻度に挑む. 伊藤俊雅,赤瀬朋彦,佐川賢一,島田慈彦(薬剤): 洋漢統合処方研究会 (1999.11.07), 東京.

3431. [研究会(地方)] (一般講演) 薬剤管理指導業務実態調査結果の報告. 白江秀子,平山武司(薬剤),宮宇地裕美,後藤充良,長谷川恵一,斉藤昌久,佐藤透,坂上逸孝,永野弘子,林宏行,吉見哲,大石雅俊,酒井英洋: 神奈川県病院薬剤師会第7回学術大会 (1999.11.21), 横浜.


<<38 物理学>>

3432. [原著] Evidence of superelastic electron collisions from H2+ studied by dissociative recombination using an ultracold electron beam from a cooler ring. 田辺徹美(KEK),高木秀一(物理),片山一郎(東大),千田勝久,渡辺環(KEK),春山洋一,斉藤学(京都府立大),野村和泉(NIFS),本間寿 広,野田耕司(放医研),細野和彦(姫工大): Phys. Rev. Lett., 83(11): 2163〜2166, 1999.

3433. [学術書] (分担執筆) Dissociative Recombination: Theory, Experiment and Applications W; Higher order contribution in the dissociative processes of diatomic molecules, 高木秀一(物理). 編集 Larsson, M.(Stockholm Univ.),Mitchell, J.B.A.(Univ. Rennes),I.F. Schneider, I.F.(NILPR), World Scientific Publishing Co. Singapore,00.01.00発行

3434. [学術書] (分担執筆) Dissociative Recombination: Theory, Experiment and Applications W; Dissociative recombination at the TARNU storage ring, 田辺徹美(KEK),高木秀一(物理),片山一郎(東大),千田勝久,渡辺環(KEK),春山洋一,斉藤学(京都府立大),野村和泉(NIFS),本間寿 広,野田耕司(放医研),細野和彦(姫工大): 編集 Larsson, M.(Stockholm Univ.),Mitchell, J.B.A.(Univ. Rennes),Schneider, I.F.(NILPR), World Scientific Publishing Co. Singapore,00.01.00発行.

3435. [学会(国際)] (ポスター講演) Numerical solution of Lippmann-Schwinger equation for electron and H2+ isotope collisions. 高木秀一(物理): 21st International Conference on the Physics of Electronic and Atomic Collisions (1999.07.23), 仙台, 予稿集, FRO84, 1999.

3436. [学会(国際)] (ポスター講演) Closed dissociative channel effect on the dissociative excitation and branching in the dissociative recombination of H2+. 高木秀一(物理): 21st International Conference on the Physics of Electronic and Atomic Collisions (1999.07.23), 仙台, 予稿集, FRO85, 1999.

3437. [学会(国際)] (ポスター講演) Evidence of superelastic electron collisions from H2+ studied by dissociative recombination in a cooler ring. 田辺徹美(KEK),高木秀一(物理),片山一郎(東大),千田勝久,渡辺環(KEK),春山洋一,斉藤学(京都府立大),野村和泉(NIFS),本間寿 広,野田耕司(放医研),細野和彦(姫工大): 21st International Conference on the Physics of Electronic and Atomic Collisions (1999.07.22), 仙台, 予稿集, THO67, 1999.

3438. [学会(全国)] (一般講演) 低エネルギーにおけるH3+の解離性再結合. 高木秀一(物理): 日本物理学会 (1999.09.25), 盛岡, 予稿集, 54(2): 113, 1999.

3439. [学会(全国)] (一般講演) 低エネルギーイオン・電子合流ビーム実験の解析理論. 高木秀一(物理): 日本物理学会 (2000.03.25), 大阪, 予稿集, 55(1): 128, 2000.


<<39 化学>>

3440. [原著] 水酸アパタイトとジルコニアからなる傾斜構造積層焼結体の調製と性質. 松野昂士(化),渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大): J. Ceram. Soc. Japan, 107(11): 1105〜1110, 1999.

3441. [準原著] 水酸アパタイト/部分安定化ジルコニア複合微粒子焼結体の焼結条件と機械的特性. 渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大),松野昂士(化): 第37回粉体に関する討論会講演論文集, p.72〜76, 1999.

3442. [学会(全国)] (一般講演) 水酸アパタイト/部分安定化ジルコニア複合微粒子焼結体の焼結条件と機械的特性. 渡辺健一,小野憲次(奈良機械),小石真純(東理大),松野昂士(化): 第37回粉体に関する討論会 (1999.10.06), 北海道.

3443. [学会(全国)] (ポスター講演) 水酸アパタイトとジルコニアからなる傾斜構造積層焼結体の調製およびその微細構造と特性. 松野昂士(化),渡辺健一(奈良機械),小石真純(東理大): 日本化学会第77秋季年会 (1999.09.26), 札幌, 予稿集, p.351, 1999.


<<41 生物学>>

3444. [短報・速報] 日本産無尾両生類の性染色体(heteromorphic sex chromosome)について. 龍崎正士(生物): 両生類誌, 3: 40, 1999.

3445. [学会(全国)] (一般講演) Karyotype of Rana tagoi distributed in Karita district in Miyagi. 龍崎正士(生物),滝沢直定(一般教育),Nishioka, M.(広大): 日本動物学会 (1999.09.28), 山形, Zool. Sci., 16(Suppl.): 22, 1999.


<<42 ?? >>

3446. [原著] 合成ペプチド抗原を用いた抗Chlamydia trachomatis抗体の検出. 坂内久一,菰田照子,秋田博伸,岩田敏,佐藤吉壮,砂川慶介(感染症): 感染症学雑誌, 73(7): 633〜639, 1999.

3447. [原著] 小児化膿性髄膜炎の臨床経過に対するデキサメタゾンの影響−本邦27施設における使用経験−特に再発熱について. 小林裕,砂川慶介(感染症),他47名: 感染症学雑誌, 73(7): 664〜674, 1999.

3448. [準原著] 医薬品の市販後調査のありかた−適正使用の推進と良質な薬物療法の展開. 砂川慶介(感染症): 大阪医薬品協会会報, (609): 18〜35, 1999.

3449. [総説] 腸管感染−最近の話題; 小児科領域における腸管感染とその治療. 野々山勝人(感染症),隅越誠(児),高山陽子,砂川慶介(感染症): G.I. Research, 7: 507〜511, 1999.

3450. [総説] 新生児・小児の病院感染対策−環境整備の問題点と対策. 野々山勝人,高山陽子,砂川慶介(感染症): Infection Control., 8(6): 600〜603, 1999.

3451. [総説] 4類感染症の診断と治療の進め方−麻疹. 砂川慶介(感染症): Medical Practice, 16(11): 1809〜1812, 1999.

3452. [総説] 医薬品の再評価をめぐる諸問題−感染症治療薬. 岩田敏,砂川慶介(感染症): カレントテラピー, 17(6): 1050〜1055, 1999.

3453. [総説] 抗菌薬の使い分け−化学療法施行時の注意. 砂川慶介,野々山勝人,高山陽子(感染症): 医薬ジャーナル, 35(5): 100〜104, 1999.

3454. [総説] 病院感染の現状と対策−新生児. 野々山勝人,高山陽子,砂川慶介(感染症): 治療学, 33(6): 638〜640, 1999.

3455. [総説] (特集)抗菌薬の種類とその特徴; β-ラクタム系. 野々山勝人,高山陽子,砂川慶介(感染症): 治療薬, 5(1): 23〜27, 2000.

3456. [総説] 特集−繰り返す小児の気道感染症と中耳炎−小児科から. 砂川慶介(感染症): 小児科医会報, 18(2): 8〜11, 1999.

3457. [総説] 小児の治療指針−抗菌薬の使い方. 砂川慶介(感染症): 小児科診療, 62(8): 4〜6, 1999.

3458. [総説] 新しい薬−ファロペネム・ドライシロップ. 砂川慶介(感染症): 小児科診療, 63(2): 290〜291, 2000.

3459. [総説] 日常診療に役立つ感染症の診断治療−肺炎球菌. 野々山勝人,高山陽子,砂川慶介(感染症): 小児感染免疫, 11: 50〜52, 1999.

3460. [総説] 院内感染の原因微生物. 野々山勝人,高山陽子,砂川慶介(感染症): 小児看護, 23(2): 172〜175, 2000.

3461. [総説] 内科−この1年の進歩−感染症. 高山陽子,野々山勝人,砂川慶介(感染症): 内科, 6(12): 1111〜1117, 1999.

3462. [総説] 薬剤耐性と院内感染. 野々山勝人,高山陽子,砂川慶介(感染症): 臨床と微生物, 26(3): 287〜290, 1999.

3463. [総説] 感染性腸炎. 砂川慶介(感染症): 臨床医薬, 15(12): 1847〜1852, 1999.

3464. [講座] 検査のポイント−髄液検査. 砂川慶介,高山陽子,野々山勝人(感染症): Medicina, 36(11増): 700〜701, 1999.

3465. [学術書] (分担執筆) 感染症の診断・治療のガイドライン; 抗菌薬概要, 日本医師会雑誌, (臨増): 311〜316, 砂川慶介(感染症). 日本医師会,99.10.00発行.

3466. [学術書] (分担執筆) 感染症と抗生物質の使い方, 第3版; リウマチ熱の再発を防止する方法, p.243〜245, 砂川慶介,佐藤吉壮,岩田敏,秋田博伸(感染症). 文光堂,99.09.00発行.

3467. [教科書] (分担執筆) 内科學, 第7版; 麻疹, 風疹, 急性灰白髄炎, 水痘, p.307〜311, 砂川慶介(感染症). 編集 杉本恒明,小俣政男, 朝倉書店,99.10.00発行.

3468. [教科書] (分担執筆) 内科學, 第7版; Reye症候群, 痘瘡, 泉熱, p.313〜314, 砂川慶介(感染症). 編集 杉本恒明,小俣政男, 朝倉書店,99.10.00発行.

3469. [教科書] (分担執筆) 内科學, 第7版; 流行性耳下腺炎, 伝染性紅斑, p.316〜317, 砂川慶介(感染症). 編集 杉本恒明,小俣政男, 朝倉書店,99.10.00発行.

3470. [教科書] (分担執筆) 内科學, 第7版; 突発性発疹, その他ウイルス性下痢症, p.319〜320, 砂川慶介(感染症). 編集 杉本恒明,小俣政男, 朝倉書店,99.10.00発行.

3471. [教科書] (分担執筆) 内科學, 第7版; 百日咳, p.347〜348, 砂川慶介(感染症). 編集 杉本恒明,小俣政男, 朝倉書店,99.10.00発行.

3472. [教科書] (分担執筆) 内科學, 第7版; ジフテリア, p.353, 砂川慶介(感染症). 編集 杉本恒明,小俣政男, 朝倉書店,99.10.00発行.

3473. [その他の著書(概説書)] (分担執筆) 小児科研修医ノート; 基本的な薬剤の使い方, 1.抗菌薬, p.590〜592, 砂川慶介(感染症). 診断と治療社,99.05.00発行.

3474. [その他の著書(啓蒙書)] (分担執筆) 最新臨床医学'99; 小児の感染症と化学療法, p.31〜47, 砂川慶介(感染症). 編集 大森医師会, 人間と歴史社,99.05.00発行.

3475. [学会(国際)] (特別講演) Long term follow-up of Chlamydia specific antibodies in children with Chlamydia pneumoniae infection. 岩田敏,秋田博伸,佐藤吉壮,砂川慶介,菰田照子,坂内久一(感染症),Yoshida, H.,Hagiwara, T.: 2nd World Congress of Pediatric Infectious Diseases (1999.11.02〜06), Manila, Philippines.

3476. [学会(国際)] (シンポジウム等) Chlamydia specific antibodies in children with Chlamydia pneumoniae infection. 岩田敏,秋田博伸,佐藤吉壮,砂川慶介,菰田照子,坂内久一(感染症),Yoshida, H.,Hagiwara, T.: Symposium on Chlamydial Infections (1999.06.27), 札幌.

3477. [学会(国際)] (ポスター講演) Continuing increase in the prevalence of penicillin-non-susceptible streptococcus pneumoniae in Japan. Satake, S.,砂川慶介(感染症),Hayashi, K.,Hotta, K.: 39th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (1999.09.26〜29), San Francisco.

3478. [学会(国際)] (ポスター講演) In vitro activity of Fosfomycin against Escherichia coli O157:H7 and use of the drug to treat mice infected with E. coli O157:H7. Kobayashi, I.,Muraoka, H.,Katsuzaki, K.,Saika, T.,Hasegawa, M.,秋田博伸,岩田敏,佐藤吉壮,砂川慶介(感染症): 39th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (1999.09.26〜29), San Francisco.

3479. [学会(全国)] (特別講演) 抗菌薬の臨床薬理. 砂川慶介(感染症): 第26回日本小児臨床薬理学会 (1999.11.27〜28), 東京.

3480. [学会(全国)] (教育講演) MRSAの抗生物質療法−小児科の立場から. 砂川慶介(感染症): 第35回日本新生児学会総会 (1999.07.11〜13), 高松.

3481. [学会(全国)] (シンポジウム等) 新GCPに対応した新薬ならびに新しい医療材料の臨床試験について−治験責任医師の立場から. 砂川慶介(感染症): 日本口腔外科学会研修会 (1999.10.08), 東京.

3482. [学会(全国)] (一般講演) 新生児におけるVCM投与時の腎機能モニタリング指標について. 木村利美,国分秀也,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),守屋俊介,野渡正彦,山田俊彦,小口弘毅,河西紀昭(児),砂川慶介(感染症): 第16回日本TDM学会 (1999.06.18〜19), 横浜, 予稿集, p.115, 1999.

3483. [学会(全国)] (一般講演) 整形外科的疾患を併発したサルモネラの2例. 岩田敏,北東功,島崎紀子,松崎陽平,平林宏之,馬場塚尚孝,佐藤吉壮,秋田博伸,砂川慶介(感染症): 第30回日本小児感染症学会 (1999.10.29〜30), 福島.

3484. [学会(全国)] (一般講演) 当院におけるPFGEを用いた血液分離MRSA株の検討. 高山陽子,野々山勝人(感染症),中崎信彦,平田泰良(臨検),砂川慶介(感染症): 第15回日本環境感染学会総会 (2000.02.18〜19), 別府.

3485. [学会(全国)] (ポスター講演) VCMクリアランスに影響を及ぼす新生児患者因子の検討. 角倉千佳,木村利美,国分秀也,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),守屋俊介,野渡正彦,山田俊彦,小口弘毅,河西紀昭(児),砂川慶介(感染症): 第16回日本TDM学会 (1999.06.18〜19), 横浜.

3486. [学会(全国)] (ポスター講演) テイコプラニンクリアランスへの影響因子の検討. 国分秀也,木村利美,村瀬勢津子,島田慈彦(薬剤),稲村陽子,野々山勝人,砂川慶介(感染症): 第16回日本TDM学会 (1999.06.18〜19), 横浜, 予稿集, p.113, 1999.

3487. [学会(地方)] (一般講演) 肺炎球菌, インフルエンザ菌による小児急性中耳炎の臨床的検討. 岩田敏,佐藤吉壮,秋田博伸,砂川慶介(感染症): 第48回日本感染症学会東日本地方会総会, 第46回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (1999.10.15〜16), 東京.

3488. [学会(地方)] (一般講演) MRSA骨髄炎におけるRFP併用療法と基礎的検討. 高山陽子,野々山勝人(感染症),遠藤平仁,近藤啓文(内),砂川慶介(感染症): 第48回日本感染症学会東日本地方会総会, 第46回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (1999.10.15〜16), 東京.