2000年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)






<<01 解剖学>>

1. [原著] Missing secretory granules, dilated endoplasmic reticulum, and nuclear dislocation in the thyroid gland of rdw rats with hereditary dwarfism. 酒井康弘, 山科正平(解), 古舘専一(実動): Anat. Rec., 259: 60〜66, 2000.

2. [原著] Neuronal properties in cultured ultimobranchial C cells of chick embryos: process outgrowth and expression of TuJ1 and enkephalin. 三浦正明, 亀田芙子(解): Brain Res., 905: 1〜11, 2001.

3. [原著] Effect of different photoperiods on the ultrastructure of the specific secretory cells and alpha-subunit mRNA level in the chicken pars tuberalis. 亀田芙子, 三浦正明(解), 西槙俊之(形態系): Cell Tissue Res., 304: 111〜120, 2001.

4. [原著] The reconstituted type T collagen fibrils from skins of variously aged bovines exert different effects on the morphology and integrin α2β1 expression of fibroblasts in culture. 佐藤かおり, 蛯原哲也(ニッピバイオマトリックス研), 安達栄治郎(解), 川島誠一(Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science), 服部俊治, 入江伸吉(ニッピバイオマトリックス研): Connective Tissue, 32(1): 1〜10, 2000.

5. [原著] Isolation of chicken vasa homolog gene and tracing the origin of primordial germ cells. Tsunekawa, N.(三菱生命研), Naito, M.(National Institute of Animal Industry), 酒井康弘(解), Nishida, T.(日大), 野瀬俊明(三菱生命研): Development, 127: 2741〜2750, 2000.

6. [原著] Cell biology of human salivary secretion. 瀬川彰久(解), Loffredo, F., Puxeddu, R.(Univ. of Cagliari), 山科正平(解), Riva, F.T., Riva, A.(Univ. of Cagliari): Eur. J. Morphol., 38(4): 237〜241, 2000.

7. [原著] Relationship between amylase and fluid secretion in the isolated perfused whole parotid gland of the rat. Murakami, M.(生理研), Yoshimura, K.(北大), 瀬川彰久(解), Loffredo, F., Riva, A.(Univ. of Cagliari): Eur. J. Morphol., 38(4): 243〜247, 2000.

8. [原著] Possible involovement of aminotelopeptide in self-assembly and thermal stability of collagen I as revealed by its removal with proteases. 佐藤かおり, 蛯原哲也(ニッピバイオマトリックス研), 安達栄治郎(解), 川島誠一(Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science), 服部俊治, 入江伸吉(ニッピバイオマトリックス研): J. Biol. Chem., 275(33): 25870〜25875, 2000.

9. [原著] Embryonic lethality of molecular chaperone Hsp47 knockout mice is associated with defects in collagen biosynthesis. Nagai, N.(JST), Hosokawa, M.(京大), Itohara, S.(理研), 安達栄治郎(解), Matsushita, T.(京大), Hosokawa, N., Nagata, K.(JST): J. Cell Biol., 150(6): 1499〜1503, 2000.

10. [原著] Structural analysis of red blood cell membrane with an atomic force microscope. 山科正平(解), 勝又修(形態系): J. Electron Microsc., 49(3): 445〜451, 2000.

11. [原著] The fibril structure of type X collagen triple-helical domain. Mizuno, K.(東大), 安達栄治郎(解), Imamura, Y.(東大), 勝又修(形態系), Hayashi, T.(東大): Micron, 32(3): 317〜323, 2001.

12. [原著] 耳垂の左右差について−解剖学的検討: 第T報. 中村元信(形外), 池田敏子(解), 伊藤正嗣(形外): 日本美容外科学会会報, 22(3): 35〜39, 2000.

13. [原著] 耳垂の左右差について−ピアス点の解剖学的研究: 第U報. 中村元信(形外), 池田敏子(解), 伊藤正嗣(形外): 日本美容外科学会会報, 23: 2001.

14. [原著] 耳垂の左右差について−アンケート調査: 第V報. 中村元信(形外), 池田敏子(解), 伊藤正嗣(形外): 日本美容外科学会会報, 23: 2001.

15. [原著] 耳垂の左右差について−ピアス施行法: 第W報. 中村元信(形外), 池田敏子(解), 伊藤正嗣(形外): 日本美容外科学会会報, 23: 2001.

16. [原著] 耳垂の左右差について−派生的研究: 第X報. 中村元信(形外), 池田敏子(解), 伊藤正嗣(形外): 日本美容外科学会会報, 23: 2001.

17. [準原著(英文)] The importance of laminin 5 in the dermal-epidermal basement membrane. Nishiyama, T., Amano, S., Tsunenaga, M.(Shiseido Life Sci. Res. Center), 門谷久仁子, 武田啓(形外), 安達栄治郎(解), Burgeson, R.E.(Harvard Medical School): J. Dermatol. Sci., 25(Suppl.1): 51〜59, 2000.

18. [準原著] イタリアワックス解剖模型を訪ねて. 島田和幸(鹿児島大), 瀬川彰久(解): 解剖学雑誌, 75(3): 313〜316, 2000.

19. [準原著] 動物の組織構築におけるコラーゲンの傾斜構造. 水野一乗, 武田康, 安達栄治郎(解), 吉川究, 今村保忠, 林利彦: 傾斜機能材料, 13: 43〜46, 1999.

20. [準原著] 走査プローブ顕微鏡. 牛木辰男(新潟大), 山科正平(解): 電子顕微鏡, 35(2): 136〜138, 2000.

21. [研究報告(文部省)] 器官形成に関与するラミニン機能ドメインのスクリーニングとそれらの機能の研究. 門谷裕一(解): 平成10年度〜平成12年度科学研究費補助金基盤研究C(2)研究成果報告書, 2000.

22. [総説] Fine structure of the exocrine cells of rat sublingual gland revealed by rapid freezing and freeze substitution method. 山科正平, 玉木英明(解), 勝又修(形態系): Eur. J. Morphol., 38(4): 213〜218, 2000.

23. [総説] W型コラーゲンの分子生物学. 安達栄治郎(解), 水野一乗, 広瀬志弘, 宋時栄: 細胞, 33(3): 109〜113, 2001.

24. [総説] 線維性コラーゲンとその会合体の生物学的機能. 水野一乗, 木原隆典, 今村保忠, 安達栄治郎(解), 林利彦: 電子顕微鏡, 35(3): 245〜247, 2000.

[著 書]

25. [教科書](分担執筆) 組織細胞化学2000; 電顕細胞化学における多重染色法の実際, p.109〜116, 玉木英明, 山科正平(解). 編集 日本組織細胞化学会, 学際企画, 東京, 2000.07.05発行.

26. [教科書](分担執筆) はじめて学ぶ歯科口腔介護; 歯科口腔介護のための解剖学, p.69〜79, 瀬川彰久(解). 編集 新井俊二, 小椋秀亮, 宝田博, 浦沢喜一(明倫短大, 他), 医歯薬出版, 東京, 2000.00.00発行.

[学会・研究会等]

27. [学会(国際)](シンポジウム等) Immunocytochemical study on the regeneration of endocrine cells in the rat pancreas following partial pancreatectomy. 玉木英明(解), 林京子, 半田喜美也, 高橋毅, 柿田章(外), 山科正平(解): XIth International Congress of Histochemistry & Cytochemistry(2000.09.08), York, England, Abstracts, p.55, 2000.

28. [学会(国際)](ポスター講演) Increased laminin 5 production in human keratinocytes and enhanced formation of basement membrane in a skin-equivalent model by soybean lysolecithin. Amano, S., Akutsu, N., Matsunaga, Y., 安達栄治郎(解), Nishiyama, T.: American Academy of Dermatology 58th Annual Meeting(2000.03.10〜15), San Francisco, Abstract, (091): p.46, 2000.

29. [学会(国際)](ポスター講演) Age-dependent alterations of basement membrane structure at the dermal-epidermal junction of facial skins. Matsunaga, Y., Yoshida, T., Sheng, H.-M., Kumagai, N., Matsuzaki, K., 安達栄治郎(解), Nishiyama, T.: American Academy of Dermatology 58th Annual Meeting(2000.03.10〜15), San Francisco, Poster Abstract Book, (090): p.45, 2000.

30. [学会(国際)](ポスター講演) Regeneration of endocrine cells in the rat pancreas after the partial pancreatectomy. 山科正平(解), 林京子(外), 玉木英明(解), 柿田章(外): 15th International Symposium on Morphological Science(2000.09.19), 京都, Abstracts, p.176, 2000.

31. [学会(全国)](シンポジウム等) ラミニンによる上皮形態形成の調節. 門谷裕一(解): 第105回日本解剖学会全国学術集会(2000.03.29〜31), 横浜, Acta Anatomica Nipponica, 75(1): 22, 2000.

32. [学会(全国)](シンポジウム等) 鰓後体C細胞の細胞移動と分化−エンケファリンmRNAの発現−. 亀田芙子(解): 第105回日本解剖学会全国学術集会(2000.03.29〜31), 横浜, 解剖学雑誌, 75: 27, 2000.

33. [学会(全国)](シンポジウム等) 開口分泌における細胞骨格の役割. 瀬川彰久, 山科正平(解): 第105回日本解剖学会(2000.03.30), 横浜, 解剖学雑誌, 75: 23, 2000.

34. [学会(全国)](シンポジウム等) 高速共焦点レーザー顕微鏡による唾液腺の観察; 多細胞体制におけるカルシウムシグナリングの部域特異的統合. 瀬川彰久, 山科正平(解), 竹村晴夫(札幌医大): 第56回日本電子顕微鏡学会学術講演会(2000.05.17), 東京, 電子顕微鏡, 35(Suppl.): 170, 2000.

35. [学会(全国)](シンポジウム等) 原子間力顕微鏡による筋蛋白質の観察. 勝又修(解), 中村健(寄), 山科正平(解): 第56回日本電子顕微鏡学会学術講演会(2000.05.19), 東京, 電子顕微鏡, 35(Suppl.): 360, 2000.

36. [学会(全国)](ワークショップ) 切除後再生膵における内分泌細胞の動態; 免疫電顕による研究. 玉木英明(解), 林京子, 柿田章(外), 山科正平(解): 第56回日本電子顕微鏡学会学術講演会(2000.05.17), 東京, 予稿集, p.160, 2000.

37. [学会(全国)](ワークショップ) 頚動脈小体と血管壁に分布するグロムス細胞−発生・分化, 機能および形態. 亀田芙子(解): 第130回日本獣医学会学術集会(2000.10.07〜09), 堺, 要旨集, p.79, 2000.

38. [学会(全国)](一般講演) マウス精巣におけるゴノサイトの分化. 酒井康弘, 山科正平(解): 第105回日本解剖学会(2000.03.29〜31), 横浜, Acta Anatomica Nipponica, 75(1): 62, 2000.

39. [学会(全国)](一般講演) 三次元培養皮膚モデルにおける基底膜形成に及ぼすMMP阻害剤の促進作用. 天野聡, 松永由起子, 猪俣慎二, 河野善行, 小林孝次, 安達栄治郎(解), 西山敏夫: 第32回日本結合組織学会(2000.05.24〜25), 東京, Connective Tissue, 32(2): 205, 2000.

40. [学会(全国)](一般講演) 骨格筋細胞におけるアンキリンリピートを持つ新規タンパク質Xー1の発現制御. 古川優子, 田中宏明, 藤ケ崎浩人, 水沢英洋, 小林高義, 鈴木伸英, 安達栄治郎(解), 宋時栄, 石田行知, 山国徹: 第41回日本神経学会総会(2000.05.24〜26), 松本, 抄録集, p.280, 2000.

41. [学会(全国)](一般講演) 異なるNー末端構造を有するコラーゲン線維の構造と細胞への影響. 田中啓友, 佐藤かおり, 染木衣応理, 安達栄治郎(解), 川島誠一, 入江伸吉: 第3回日本組織工学会(2000.06.30〜07.01), 広島, 抄録集, p.38, 2000.

42. [学会(全国)](一般講演) 膵ランゲルハンス島内分泌細胞と血管の3次元的関係. 勝又修(解), 半田喜美也(外), 藤田優子, 山科正平(解): 第41回日本組織細胞化学会総会学術集会(2000.12.07), 高知, 予稿集, p.86, 2000.

43. [学会(全国)](ポスター講演) 培養線維芽細胞が形成する真皮様構造体のコラーゲン構築. 安達栄治郎(解), 羽関典子, 大和雅之, 許斐博史, 今村保忠, 林利彦: 第105回日本解剖学会総会(2000.03.29〜31), 横浜, Acta Anatomica Nipponica, 75(1): 145, 2000.

44. [学会(全国)](ポスター講演) 肺組織発生における基底膜パールカンの役割; ノックアウトマウスでの解析. 門谷裕一, 山科正平(解), Gustafsson, E., Costell, M., Fassler, R.(Lund大): 第105回日本解剖学会総会(2000.03.29〜31), 横浜, Acta Anatomica Nipponica, 75(1): 96, 2000.

45. [学会(全国)](ポスター講演) 切除後再生膵における内分泌細胞の動態; 免疫電顕による研究. 玉木英明(解), 林京子(外), 山科正平(解), 柿田章(外): 第105回日本解剖学会総会(2000.03.29〜31), 横浜, 解剖学雑誌, 75(1): 101, 2000.

46. [学会(全国)](ポスター講演) ニワトリ視床下部におけるNeuropeptide Y mRNAの分布と各種実験条件下での変化. 亀田芙子, 三浦正明(解), 西槙俊之(形態系): 第105回日本解剖学会全国学術集会(2000.03.29〜31), 横浜, 解剖学雑誌, 75: 109, 2000.

47. [学会(全国)](ポスター講演) N-テロペプチドの架橋はT型コラーゲンの線維構造を決定する. 田中啓友, 蛯原哲也, 染木衣応理, 安達栄治郎(解), 佐藤かおり, 服部俊治, 入江伸吉: 第73回日本生化学会大会(2000.10.11〜14), 横浜, 抄録集, p.799, 2000.

48. [学会(全国)](ポスター講演) 器官形成に関わるラミニンα5鎖Gドメイン由来ペプチド. 門谷裕一(解), 野水基義(北大), 山科正平(解): 第53回日本細胞生物学会大会(2000.11.01), 福岡, 講演要旨集, p.104, 2000.

49. [学会(全国)](公開講座) 電顕細胞化学における多重染色法の実際. 玉木英明, 山科正平(解): 第25回組織細胞化学講習会(2000.08.03), 町田, 組織細胞化学2000, p.109〜116, 2000.

50. [学会(地方)](シンポジウム等) 分泌の臓器細胞生物学; 唾液腺に見る組織構築に特有な分泌の制御. 瀬川彰久, 山科正平(解): 日本解剖学会関東地方会第10回懇話会(2000.06.24), 東京, 予稿集, p.15〜16, 2000.

51. [学会(地方)](シンポジウム等) 医学・生物学領域におけるAFMの現状と問題点. 山科正平(解): 日本電子顕微鏡学会関東支部第25回講演会(2001.03.17), 東京, 予稿集, p.7〜12, 2001.

52. [研究会(国際)](ワークショップ) Cytoskeletal regulation of salivary exocytosis; new insights obtained from morphological studies on living and fixed cells. 瀬川彰久, 山科正平(解): Coupling Mechanisms of Fluid Secretion and Exocytosis(2000.09.25), 岡崎.

53. [研究会(全国)](教育講演) 金コロイドを用いた電顕レベルの免疫組織化学包埋前染色法と包埋後染色法の比較. 勝又修(形態系), 玉木英明, 安達栄治郎, 山科正平(解): 第105回日本解剖学会総会第2回解剖技術研究研修会(2000.03.28), 横浜, プログラム, p.21, 2000.

54. [研究会(全国)](シンポジウム等) 平滑筋細胞とその周辺の細胞について. 安達栄治郎(解): 第47回マトリックス研究会(2000.05.23〜24), 東京, Connective Tissue, 32(2): 108, 2000.

55. [研究会(全国)](ワークショップ) 唾液分泌と人間社会. 瀬川彰久(解), 松尾龍二(岡山大), 藤原一枝(藤原QOL研究所), 秋道智彌(国立民族学博物館): 第17回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(2001.01.13), 東京, 予稿集, p.8, 2001.

56. [研究会(全国)](一般講演) FibroblastはT型コラーゲンとテロペプチド除去T型コラーゲンを識別する. 佐藤かおり, 蛯原哲也, 安達栄治郎(解), 川島誠一, 服部俊治, 入江伸吉: 第47回マトリックス研究会(2000.05.23〜24), 東京, Connective Tissue, 32(2): 127, 2000.

57. [研究会(全国)](一般講演) 慢性期移植腎機能低下例におけるW型コラーゲンの変化に関する免疫組織学的研究. 川瀬友則, 沢田登起彦, 大和雅之, 安達栄治郎(解), 林利彦, 渕之上昌平: 第47回マトリックス研究会(2000.05.23〜24), 東京, Connective Tissue, 32(2): 129, 2000.

58. [研究会(全国)](一般講演) 出生直後の精巣におけるゴノサイトの卵割様分裂. 酒井康弘(解), 野瀬俊明(三菱生命研): Testis Workshop 精子形成精巣毒性研究会(2000.09.29), 宮崎, 抄録集, p.13, 2000.

59. [研究会(全国)](一般講演) 細胞骨格蛋白のAFM観察. 勝又修, 山科正平(解): 生物試料解析のための走査型プローブ顕微鏡法(2000.12.03), 新潟.

60. [学会主催(その他)] 日本組織細胞化学会 第25回組織細胞化学講習会(2000.08.02〜04), 町田, 山科正平(解).



<<02 生理学>>

61. [原著] Morphological adaptation of the peptidergic innervation to chronic hypoxia in the rat carotid body. Matsuda, H., 日下部辰三(国士舘大), 林田嘉朗(産医大), Powell, F.L., Ellisman, M.H., 川上倫(生理), 竹中敏文(国士舘大): Adv. Exp. Med. Biol., 475: 623〜630, 2000.

62. [原著] Changes in the peptidergic innervation of the rat carotid body a month after the termination of chronic hypoxia. 日下部辰三(国士舘大), 林田嘉朗(産医大), 川上倫(生理), 竹中敏文(国士舘大): Adv. Exp. Med. Biol., 475: 793〜799, 2000.

63. [原著] Epithelial Na+ channel (ENaC)(上皮型Na+チャネル). 河原克雅, 竹村尚志(生理): Annual Review, 2001: 22〜29, 2001.

64. [原著] Effect of a 60 Hz magnetic field on the behavior of Paramecium. Nakaoka, Y., Shimizu, K., 長谷川建治(生理), Yamamoto, T.: Bioelectromagnetics, 21: 584〜588, 2000.

65. [原著] Effects of substance P and calcitonin gene-related peptide on axonal transport in isolated and cultured adult mouse dorsal root ganglion neurons. 比留間弘美, 斉藤綾子(生理), 市川尊文(代謝蛋白), 喜里山順子(内), 外須美夫(麻), 日下部辰三(国士舘大), 小林弘祐(内), 川上倫(生理): Brain Res., 883(2): 184〜191, 2000.

66. [原著] Changes in the immunoreactivity of substance P and calcitonin gene-related peptide in the laryngeal taste buds of chronically hypoxic rats. 日下部辰三(国士舘大), Yoshida, T., Matsuda, H., Yamamoto, Y., 林田嘉朗(産医大), 川上倫(生理), 竹中智昭(麻): Histol. Histopathol., 15(3): 683〜688, 2000.

67. [原著] Calbindin D-28k immunoreactive nerve fibers in the carotid body of normoxic and chronically hypoxic rats. 日下部辰三(国士舘大), Matsuda, H., Hirakawa, H., 林田嘉朗(産医大), 市川尊文(代謝蛋白), 川上倫(生理), 竹中智昭(麻): Histol. Histopathol., 15(4): 1019〜1025, 2000.

68. [原著] Na+/H+ exchanger (NHE) activity is stimulated during acute regulatory volume increase in kidney inner medullary collecting duct (IMCD) cells. 鈴木伸英, 安西尚彦, 河原克雅(生理): Jpn. J. Physiol., 50(Suppl.): 37, 2000.

69. [原著] Prostaglandin E2 enhances axonal transport and neuritogenesis in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 比留間弘美(生理), 市川尊文(代謝蛋白), 小林弘祐(内), 外須美夫, 竹中智昭(麻), 川上倫(生理): Neuroscience, 100(4): 885〜891, 2000.

[著 書]

70. [学術書](分担執筆) Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels; Inward rectifier potassium channel Kir7.1 is highly expressed in the ion-transporting epithelial cells: implication for a functional coupling with Na+,K+-ATPase, p.39〜40, 中村信大, 鈴木喜郎, 作田英成, 大方香代子(東工大), 河原克雅(生理), 広瀬茂久(東工大). 編集 Suketa, Y., Carofoli, E., Lazdunski, M., Mikoshiba, K., Okada, Y., Wright, E.H., Elsevier Science B.V., 2000.00.00発行.

71. [学術書](分担執筆) Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels; Regulation of Na+/H+ exchanger activity by hyperosmolality in rat kidney inner medullary collecting duct cells, p.123〜124, 鈴木伸英, 森口昌彦, 斉藤淳子(内), 河原克雅(生理). 編集 Suketa, Y., Carofoli, E., Lazdunski, M., Mikoshiba, K., Okada, Y., Wright, E.H., Elsevier Science B.V., 2000.00.00発行.

72. [学術書](分担執筆) Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels; Hyperosmolality increases expression of a Na+/H+ exchanger isoform NHE1, but not NHE4 in cultured rat kidney inner medullary collecting duct cells, p.129〜131, 安西尚彦(生理), 泉田いぶき, 斉藤淳子(内), 若林繁夫, 重川宗一(国立循環器セン), 河原克雅(生理). 編集 Suketa, Y., Carofoli, E., Lazdunski, M., Mikoshiba, K., Okada, Y., Wright, E.H., Elsevier Science B.V., 2000.00.00発行.

73. [学術書](分担執筆) 人体の正常構造と機能V: 消化管, 河原克雅(生理), 佐々木克典(信州大). 編集 坂井建雄(順天堂大), 河原克雅(北里大), 日本医事新報社, 東京, 2000.08.30発行.

74. [学術書](編集) 人体の正常構造と機能V: 消化管. 編集 坂井建雄(順天堂大), 河原克雅(生理), 日本医事新報社, 東京, 2000.08.30発行.

75. [学術書](編集) 人体の正常構造と機能W: 肝・胆・膵.泉井亮(弘前大), 金田研司(大阪市立大). 編集 坂井建雄(順天堂大), 河原克雅(生理), 日本医事新報社, 東京, 2001.01.25発行.

[学会・研究会等]

76. [学会(国際)](一般講演) Effects of human β defensin-1 (hBD-1) on ciliary motility of cultured rabbit tracheal epithelium. 竹村尚志(生理), 玉置淳, 永井厚志(東女医大), 河原克雅(生理): 第10回ヨーロッパ呼吸器学会(2000.08.31), フィレンツェ, Abstracts, p.3370, 2000.

77. [学会(国際)](一般講演) Possible roles of mitochondrion generating signals responsible for the circadian motility rhythm in Paramecium. 長谷川建治, 石崎茂生, 三枝徹, 綿引聡, 岩井栄一(生理): 2001 International Conference on Paramecium Program(2001.03.25〜29), Hawaii.

78. [学会(国際)](ポスター講演) Functional auditory pathways in a budgerigar (Melopsittacus undulatus). 山崎捨夫(岐阜大), 佐藤亮平(生理), 大井修三(岐阜大): 27th International Congress of Psychology(2000.07.23〜28), ストックホルム, Int. J. Psychol., 35(3/4): 235, 2000.

79. [学会(国際)](ポスター講演) Localization of the inward rectifier K+ channel Kir7.1 in the distal nephron. 鈴木喜郎, 大方香代子(東工大), 藤乗嗣泰, 木村健二郎(東大), 中村信大, Wilcox, C.S.(東工大), 河原克雅(生理), 広瀬茂久(東工大): Symposium on Regulation of Membrane Transport Proteins: Their Life in the Cell(2000.09.22), 湘南, Abstracts, p.57, 2000.

80. [学会(国際)](ポスター講演) The neurotrophins brain-derived neurotrophic factor and hepatocyte growth factor increase axonal transport in untreated and glutamate-treated cultured rat motor neurons. 山本美絵, 比留間弘美(生理), 細川理恵(眼), 西田早苗(生物物理系), 竹中辰三(国士舘大), 川上倫(生理): Society for Neuroscience 30th Annual Meeting(2000.11.07), New Orleans, 30th AMSN (Abstracts), 26(Part 2): 1353, 2000.

81. [学会(国際)](ポスター講演) Glutamate inhibits axonal transport in cultured rat hippocampal neurons via NMDA and AMPA receptors. 比留間弘美(生理), Nagashima, R., Sakai, R., Shintani, M., Kano, T., 川上倫(生理): Society for Neuroscience 30th Annual Meeting(2000.11.07), New Orleans, 30th AMSN (Abstracts), 26(Part 2): 1353, 2000.

82. [学会(国際)](ポスター講演) NMDA-induced inbihition of hippocompal axonal transport is mediated by nitric oxide. 喜里山順子(内), 比留間弘美, 山本美絵(生理), 小林弘祐, 冨田友幸(内), 川上倫(生理): Society for Neuroscience 30th Annual Meeting(2000.11.07), New Orleans, 30th AMSN (Abstracts), 26(Part 2): 1353, 2000.

83. [学会(国際)](ポスター講演) Comparison of circadian rhythms in the single-celled Paramecium and the simple multicellular animal C elegans. 三枝徹, 綿引聡, 石崎茂生, 石井直明, 岩井栄一, 長谷川建治(生理): 2001 International Conference on Paramecium Program(2001.03.25〜29), Hawaii.

84. [学会(国際)](ポスター講演) Temperature compensated circadian fluctuations of intracellular concentrations of ATP in paramecium. 石崎茂生, 渡辺刀美乃, 三枝徹, 綿引聡, 田中舘明博(医療衛生), 塚原保夫, 岩井栄一, 相馬正貴, 長谷川建治(生理): 2001 International Conference on Paramecium Program(2001.03.25〜29), Hawaii.

85. [学会(全国)](シンポジウム等) 腎尿細管の内向き整流性K+チャネル(Kir6.1). 河原克雅, 安西尚志(生理): 第78回日本生理学会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.187, 2001.

86. [学会(全国)](シンポジウム等) ラット発達腎における内向き整流性K+チャネル(Kir7.1)の発現誘導. 鈴木喜郎(東工大), 竹村尚志, 錦谷まりこ, 小久保麻子(生理), 広瀬茂久(東工大), 河原克雅(生理): 第78回日本生理学会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.187, 2001.

87. [学会(全国)](一般講演) 細胞内エネルギー代謝の最適化戦略と概日時計. 長谷川建治(生理), 石崎茂生, 三枝徹, 綿引聡, 雲山恵理子, 千田耕輔(医療衛生), 小林弘祐(内), 田中真澄, 岩井栄一: 第23回日本神経科学学会(2000.09.04〜06), 横浜, 予稿集, p.198, 2000.

88. [学会(全国)](一般講演) Energy optimizationとしての細胞内概日時計機構. 石崎茂生, 三枝徹, 綿引聡, 岩井栄一, 小林弘祐(内), 塚原保夫, 長谷川建治(生理): 第38回日本生物物理学会(2000.09.11〜13), 仙台, 予稿集, p.226, 2000.

89. [学会(全国)](一般講演) 環状ヌクレオチド合成及び分解の概日パターン. 綿引聡, 石崎茂生, 三枝徹, 岩井栄一, 長谷川建治(生理): 第38回日本生物物理学会(2000.09.11〜13), 仙台, 予稿集, p.227, 2000.

90. [学会(全国)](一般講演) イトマキヒトデ減数分裂中の表層における張力とアクチン繊維. 佐藤節子, 浜口みやこ(東工大), 佐藤亮平(生理), 浜口幸久(東工大): 日本バイオイメージング学会(2000.11.09), 東京, バイオイメージング, 9: 104〜105, 2000.

91. [学会(全国)](一般講演) 職業性のクロム曝露が嗅覚機能に及ぼす影響. 錦谷まりこ(生理), 荒記俊一, 横山和仁, 佐藤元, 朴喜燦, 朴商会(東大), 雀在旭, 廉容泰(韓国高麗大): 第48回日本職業・災害医学会学術大会(2000.11.01), 東京, 日本職業・災害医学会会誌, 48: 100, 2000.

92. [学会(全国)](一般講演) 大腸粘膜下神経叢による上皮Cl-電流の周期的活性化. 錦谷まりこ, 小久保麻子, 竹村尚志(生理), 鈴木喜郎(東工大), 河原克雅(生理): 第22回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2000.11.16), 京都, 要旨集, p.125〜128, 2000.

93. [学会(全国)](ポスター講演) Induction of ZENK protein in the brain of budgerigars (Melopsittacus undulatus), U. 佐藤亮平(生理), 海部舞, 藤原宏子, 木村武二(日本女子大), 山崎捨夫(岐阜大): 第77回日本生理学会(2000.03.28), 横浜, Jpn. J. Physiol., 50(Suppl.): 147, 2000.

94. [学会(全国)](ポスター講演) Effect of human β defensin-1 (hBD-1) on ciliary motility of cultured rabbit tracheal epithelium. 竹村尚志(生理), 玉置淳, 永井厚志(東女医大), 河原克雅(生理): 第77回日本生理学会(2000.03.27), 横浜, Jpn. J. Physiol., 50(Suppl.): 80, 2000.

95. [学会(全国)](ポスター講演) 高浸透圧により発現誘導される腎髄質内層集合管のNa+/H+交換輸送体(NHEs). 河原克雅, 鈴木伸英, 安西尚彦, 竹村尚志(生理): 第43回日本腎臓学会(2000.05.13), 名古屋, 日本腎臓学会誌, 42(3): 279, 2000.

96. [学会(全国)](ポスター講演) インコの脳内聴覚系. 山崎捨夫(岐阜大), 佐藤亮平(生理), 大井修三(岐阜大): 第60回日本動物心理学会(2000.06.03), 東京, 動物心理学研究, 50(2): 300, 2000.

97. [学会(全国)](ポスター講演) 職場における有害化学物質が作業者の臭覚機能に及ぼす影響. 錦谷まりこ(生理), 荒記俊一, 横山和仁, 佐藤元(東大), 河原克雅(生理): 第27回日本トキシコロジー学会(2000.06.29), 横浜, 要旨集, p.263, 2000.

98. [学会(全国)](ポスター講演) Induction of ZENK protein in the brain of budgerigars (Melopsittacus undulatus), 1. 佐藤亮平(生理), 海部舞, 藤原宏子, 木村武二(日本女子大), 山崎捨夫(岐阜大): 第23回日本神経科学会(2000.09.06), 横浜, Neurosci. Res., S24: 156, 2000.

99. [学会(全国)](ポスター講演) ゾウリムシに遅れるATP合成の概日リズム. 石崎茂生, 長谷川建治(生理), 綿引聡, 田中舘明博(医療衛生), 塚原保夫, 渡辺刀美乃, 岩井栄一: 第23回日本神経科学学会(2000.09.04〜06), 横浜, 予稿集, p.334, 2000.

100. [学会(全国)](ポスター講演) 線虫の行動の概日リズム. 三枝徹, 石崎茂生, 綿引聡, 田中舘明博(医療衛生), 石井直明, 岩井栄一, 長谷川建治(生理): 第23回日本神経科学学会(2000.09.04〜06), 横浜, 予稿集, p.335, 2000.

101. [学会(全国)](ポスター講演) ゾウリムシにおけるATP合成の概日変化と温度補償性. 石崎茂生, 大塚真一, 綿引聡, 田中舘明博(医療衛生), 塚原保夫, 岩井栄一, 長谷川建治(生理): 第7回日本時間生物学会(2000.11.09〜10), 東京, 予稿集, p.77, 2000.

102. [学会(全国)](ポスター講演) ゾウリムシ環状ヌクレオチドの合成及び分解の概日パターン. 綿引聡, 石崎茂生, 三枝徹, 岩井栄一, 長谷川建治(生理): 第7回日本時間生物学会(2000.11.09〜10), 東京, 予稿集, p.78, 2000.

103. [学会(全国)](ポスター講演) 線虫の行動の概日リズム. 三枝徹, 石崎茂生, 綿引聡, 田中舘明博(医療衛生), 石井直明, 岩井栄一, 長谷川建治(生理): 第7回日本時間生物学会(2000.11.09〜10), 東京, 予稿集, p.79, 2000.

104. [学会(全国)](ポスター講演) 培養海馬ニューロン軸索輸送に及ぼすグルタミン酸の影響. 比留間弘美(生理), 西田早苗(生物物理系), 日下部辰三, 竹中敏文(国士舘大), 川上倫(生理): 第78回日本生理学会大会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.246, 2001.

105. [学会(全国)](ポスター講演) 細胞内Cl-濃度変化に対する培養ヒト気道上皮細胞内Ca2+動態. 竹村尚志, 錦谷まりこ, 小久保麻子(生理), 鈴木喜郎(東工大), 河原克雅(生理): 第78回日本生理学会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.248, 2001.

106. [学会(全国)](ポスター講演) NMDA受容体を介する海馬ニューロン軸索輸送抑制における一酸化窒素の役割. 島田純一(医療衛生), 比留間弘美(生理), 喜里山順子(内), 西田早苗(生物物理系), 竹中敏文(国士舘大), 川上倫(生理): 第78回日本生理学会大会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.248, 2001.

107. [学会(全国)](ポスター講演) BDN下による運動ニューロン軸索輸送促進作用を仲介する受容体と細胞内シグナル伝達. 山本美絵(医療系), 比留間弘美(生理), 西田早苗(生物物理系), 片倉隆(生理), 竹中敏文(国士舘大), 川上倫(生理): 第78回日本生理学会大会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.252, 2001.

108. [学会(全国)](ポスター講演) 培養感覚神経細胞におけるヒスタミンの軸索輸送抑制作用. 細川理恵(眼), 比留間弘美(生理), 西田早苗(生物物理系), 片倉隆(生理), 清水公也(眼), 川上倫(生理): 第78回日本生理学会大会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.254, 2001.

109. [学会(全国)](ポスター講演) モルモット大腸粘膜におけるBa+誘発周期性Cl-電流と粘膜下神経叢の関与. 錦谷まりこ, 小久保麻子, 竹村尚志(生理), 鈴木喜郎(東工大), 河原克雅(生理): 第78回日本生理学会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.255, 2001.

110. [学会(全国)](ポスター講演) モルモット大腸粘膜におけるCl-短絡電流の粘膜下神経叢による調節. 小久保麻子, 錦谷まりこ, 竹村尚志(生理), 鈴木喜郎(東工大), 河原克雅(生理): 第78回日本生理学会(2001.03.29), 京都, 予稿集, p.257, 2001.

111. [学会(全国)](ポスター講演) 低酸素環境における頚動脈小体のペプチド性神経支配に対する二酸化炭素分圧の効果. 日下部辰三(国士舘大), 林田嘉朗(産医大), 川上倫(生理), 竹中敏文(国士舘大): 第78回日本生理学会大会(2001.03.30), 京都, 予稿集, p.324, 2001.

112. [学会(地方)](シンポジウム等) 軸索輸送の調節機序. 竹中敏文(国士舘大), 比留間弘美, 川上倫(生理): 第236回生理学東京談話会(2000.11.11), 東京.

113. [学会(地方)](シンポジウム等) 神経疾患と軸索輸送: 培養神経細胞を用いた研究. 比留間弘美, 川上倫(生理), 竹中敏文(国士舘大): 第236回生理学東京談話会(2000.11.11), 東京.

114. [研究会(全国)](シンポジウム等) Biological entropyの捉え方−Soft non-equilibrium thermodynamicsの構築を目指して−. 長谷川建治, 山口智彦(生理): 計算医学研究会(2000.09.07), 東京.

115. [研究会(全国)](シンポジウム等) 生体の時間秩序とバーチャルリアリティ技術. 長谷川建治(生理): 総合研究大学院・グループ研究「秩序/無秩序の科学」(2001.02.06〜07), 東京.

116. [研究会(全国)](一般講演) イトマキヒトデ減数分裂中の張力とアクチン繊維. 浜口幸久, 浜口みやこ, 佐藤節子(東工大), 佐藤亮平(生理): 生体運動研究合同班会議(2001.01.07), 東京.



<<03 代謝・蛋白学>>

117. [原著] CGRP (Calcitonin gene-related peptide) modulates mucin syntheis in surface mucus cells of rat gastric oxyntic mucosa. 市川尊文(代謝蛋白), 石原和彦(医療衛生), 日下部辰三(国士舘大), 比留間弘美, 川上倫(生理), 堀田恭子(生化): Am. J. Physiol. Gastrointest. Liver Physiol., 279: 82〜89, 2000.

118. [原著] Analysis of the microheterogeneity of the IgA1 hinge glycopeptide having multiple O-linked oligosaccharides by capillary electrophoresis. 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 田中淳志(旭化成), 比企能之(名大), 小久保透, 佐野隆(内), 傘郁子(代謝蛋白), 久谷邦夫(旭化成), 小林豊(内), 堀田恭子(北研): Anal. Biochem., 288(1): 22〜27, 2001.

119. [原著] Direct evidence for decreased sialylation and galactosylation of human serum IgA1 Fc O-glycosylated hinge peptides in IgA nephropathy by mass spectrometry. 小谷博子, 比企能之, 高橋真実, 西本明世, 安田宜成(名大), 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 新里高弘, 前田憲志(名大): Biochem. Biophys. Res. Commun., 271: 266〜274, 2000.

120. [原著] Conformational change in a single molecular species, β3, of β-conglycinin in acidic ethanol solution. 津村和伸, Enatsu, M., Kuramori, K., Morita, S., 釘宮渉(不二製油), 桑田正広, Shimura, Y., 蓮見英世(代謝蛋白): Biosci. Biotechnol. Biochem., 65(2): 292〜297, 2001.

121. [原著] A new strategy for evaluation of the eradication treatment of Helicobacter pylori: Validation of the analysis of mucin composition in human gastric juice. 市川尊文(代謝蛋白), 小泉和三郎(内), 竹内瞳(医学部), 岡安勲(病理), 林田浩明, 西元寺克礼(内), 石原和彦(医療衛生): Clin. Chim. Acta, 303: 69〜73, 2001.

122. [原著] Effects of ecabet sodium, a novel gastroprotective agent, on mucin metabolism in rat gastric mucosa. 市川尊文(代謝蛋白), 石原和彦(医療衛生), 林田浩明(内), 比留間弘美(生理), 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): Dig. Dis. Sci., 45(3): 606〜613, 2000.

123. [原著] Novel polysialogangliosides of skate brain: Structural determination of tetra, penta and hexasialogangliosides with a NeuAc-GalNAc linkage. 中村和生, 小嶋久子(代謝蛋白), Suzuki, M., Suzuki, A.(理研), 玉井洋一(生化): Eur. J. Biochem., 267: 5198〜5208, 2000.

124. [原著] Hepatocyte growth factor region specifically activates mucin sysnthesis in rat stomach. 市川尊文(代謝蛋白), 遠藤平仁(内), 堀田恭子(北研), 石原和彦(医療衛生): Eur. J. Pharmacol., 392: 87〜91, 2000.

125. [原著] The single-stranded DNA- and RNA-binding proteins pur alpha and pur beta link BC1 RNA to microtubules through binding to the dendrite-targeting RNA motits. Ohashi, S., Kobayashi, S., Omori, A., 小原進(代謝蛋白), Muramatsu, T., Li, Y., Anzai, K.(日大): J. Neurochem., 75(5): 1781〜1790, 2000.

126. [原著] The mucin biosynthesis stimulated by epidermal growth factor occurs in surface mucus cells, but not in gland mucus cells, of rat stomach. 市川尊文(代謝蛋白), 遠藤平仁(内), 堀田恭子(北研), 石原和彦(医療衛生): Life Sci., 67: 1095〜1101, 2000.

127. [原著] Phylogenetic relation of lungfish indicated by the amino acid sequence of myelin DM 20. 遠山陽子, 一宮智美, 吉田弘美(創価大), Cao, Y., 長谷川政美(数理統計研), 小嶋久子, 玉井洋一(代謝蛋白), 栗原正(創価大): Mol. Brain Res., 80: 256〜259, 2000.

128. [原著] A simplified procedure for purification of cytochrome P-450 by preparative ampholine gel for isoelectric focusing. 桑田正広(代謝蛋白), 牧純(寄), 蓮見英世(生物物理化), 古舘専一(実動), Takahasi, K.(生化): Prep. Biochem. Biotechnol., 30(2): 125〜132, 2000.

129. [原著] 新しいヒスタミンH2受容体拮抗剤ラフチジンと防御系抗潰瘍剤の胃粘膜防御因子に対する作用および抗潰瘍作用の比較. 小野寺禎良, 柴田昌裕, 山浦哲明(UCB Japan), 石原和彦(医療衛生), 市川尊文(代謝蛋白), 堀田恭子(生化): 薬理と治療, 28(12): 1037〜1046, 2000.

130. [準原著] ラット胃エタノール傷害に対するウイスキーコンジェナーの作用の検討. 五艘行信(代謝蛋白), 上野正喜(医学部), 堀田恭子(生化), 石原和彦(医療衛生): Ulcer Res., 27(2): 137〜139, 2000.

131. [研究報告(文部省)] A new avenue for glycotechnology using endo-α-N-acetyl-galactosaminidase. 傘郁子(代謝蛋白): 文部省科学研究費補助金基盤研究(A); Developments in the New Glyoctechnology Using the Specific Activity of Endo-glycosidases, p.9, 2000.

132. [総説] 免疫グロブリンの糖鎖の不全が関与する腎疾患. 岩瀬仁勇(代謝蛋白): バイオサイエンスとインダストリー, 58(10): 26〜29, 2000.

133. [講座] 粘着性IgA1 (sticky IgA1)・同類認識(Kin recognition). 岩瀬仁勇(代謝蛋白): 生化学, 73(1): 26, 2001.

134. [その他の著書](分担執筆) 基礎生化学実験法, 第5巻: 脂質・糖質・複合糖質; 糖脂質の薄層クロマトグラフィーによる免疫染色, p.154〜160, 中村和生(代謝蛋白), 櫛泰典(東医歯大). 編集 大島泰郎(東薬), 谷口直之(阪大), 他, 東京化学同人, 東京, 2000.12.18発行.

135. [学会(国際)](ポスター講演) Comparative study on expression of rMuc2 and rMuc3 in rat with ulcevative colitis. 久保田敏彦(内), 小原進(代謝蛋白), 日野田裕治(山口大), Hansson, G.C.(Goteborg大), 玉木英明(解剖), 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): DDW and the Annual Meeting of the American Gastroenterological Association(2000.05.21), San Diego, USA, Gastroenterology, 118(Suppl.4): 221, 2000.

136. [学会(国際)](ポスター講演) Effects of calcitonin gene-related peptide on rat gastric mucin biosynthesis and contribution of nitric oxide. 市川尊文(代謝蛋白), 石原和彦(医療衛生), 日下部辰三(国士舘大), 川上倫(生理), 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): DDW and the Annual Meeting of the American Gastroenterological Association(2000.05.21), San Diego, USA, Gastroenterology, 118(Suppl.4): 30, 2000.

137. [学会(国際)](ポスター講演) Low expression of Muc3 gene may be one of the predispositions to ulcerative colitis. 小原進(代謝蛋白), 久保田敏彦(内): DDW and the Annual Meeting of the American Gastroentelogical Association(2000.05.21), San Diego, USA, Gastroenterology, 118: 576, 2000.

138. [学会(国際)](ポスター講演) Protective effects of the whisky congeners on ethanol-induced gastric mucosal damage in rat. 五艘行信(代謝蛋白), 上野正喜(医学部), 堀田恭子(生化), 石原和彦(医療衛生): 10th Congress of the International Society for Biomedical Research on Alcholism(2000.07.04), 横浜, Alcoholism, 24(5): 213, 2000.

139. [学会(国際)](ポスター講演) LSIMS and MALDI-TOF/MS analysis of ganglioside N-methylamides. 中村和生(代謝蛋白), 笠間健嗣(東医歯大), 小嶋久子(代謝蛋白), 川島麗(医学部), 玉井洋一(生化): International Mass Spectrometry Conference(2000.08.28), バルセロナ, Abstracts, p.149, 2000.

140. [学会(国際)](ポスター講演) Mutual separation of hinge-glycopeptide isomers bearing five GalNAc residues from normal human serum IgA1 by capillary electrophoresis. 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 田中淳志(旭化成), 比企能之(名大), 小久保透, 佐野隆(内), 傘郁子(代謝蛋白), 戸澗一孔(野口研), 小林豊(内), 堀田恭子(生化): 20th International Carbohydrate Symposium(2000.08.29), ハンブルグ, Abstracts, p.39, 2000.

141. [学会(国際)](ポスター講演) Convenient method for structural determination of cell surface glycans related to cancer and other diseases. 傘郁子(代謝蛋白): 4th Meeting of Hirosaki International Forum of Medical Science "New Developments in Glycomedicine"(2000.10.17), 弘前, 抄録集, p.49, 2000.

142. [学会(全国)](シンポジウム等) 胃粘膜に分布するムチンの多様性とH. pylori感染の関連性. 石原和彦(医療衛生), 五艘行信, 市川尊文(代謝蛋白), 岡安勲(病理), 堀田恭子(生化): 第73回日本生化学会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 601, 2000.

143. [学会(全国)](一般講演) シアル酸を含むヒトIgA1ヒンジ部糖鎖の詳細な解析. 小谷博子, 比企能之, 高橋真実, 西本明世(名大), 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 新里高弘, 前田憲志(名大): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.13), 名古屋, 日本腎臓学会誌, 42(3): 225, 2000.

144. [学会(全国)](一般講演) 抗ムチンモノクローナル抗体を用いたラット胃粘膜ムチン分子種の解析. 五艘行信(代謝蛋白), 池沢智明(内), 堀田恭子(生化), 石原和彦(医療衛生): 第28回日本実験潰瘍学会(2000.11.24), 東京, 抄録集, p.42, 2000.

145. [学会(全国)](一般講演) Helicobacter pylori感染が胃粘膜に及ぼす影響についての検討. 市川尊文(代謝蛋白), 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化), 石原和彦(医療衛生): 第28回日本実験潰瘍学会(2000.11.25), 東京, 抄録集, p.74, 2000.

146. [学会(全国)](ポスター講演) キャピラリー電気泳動によるヒト血清IgA1ヒンジ糖ペプチドの分析. 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 田中淳志(旭化成), 比企能之(名大), 小久保透, 佐野隆(内), 傘郁子(代謝蛋白), 戸澗一孔(野口研), 小林豊(内), 堀田恭子(生化): 第21回日本糖質学会年会(2000.07.29), 名古屋, 要旨集, p.115, 2000.

147. [学会(全国)](ポスター講演) ミエリンDM20のアミノ酸配列を使った系統解析では現生魚類の中で肺魚が四足動物に最も近縁である. 遠山陽子, 一宮智美, 吉田弘美(創価大), 曹纓, 長谷川政美(数理統計研), 小嶋久子, 玉井洋一(代謝蛋白), 栗原正(創価大): 第43回日本神経化学会(2000.10.18), 金沢, 神経化学, 39(3): 334, 2000.

148. [学会(全国)](ポスター講演) 胎児性アルコール症候群モデルラット脳の糖鎖発現. 川島麗, 中村和生, 李洪珍(代謝蛋白), 斉藤真希, 田口雅之, 斉藤克(産婦), 玉井洋一, 小嶋久子(代謝蛋白): 第43回日本神経化学会(2000.10.19), 金沢, 神経化学, 39(3): 357, 2000.

149. [学会(全国)](ポスター講演) PC12細胞へのtrkアンチセンスoligonucleotide導入が突起伸長と糖転移酵素に与える影響. 小嶋久子(代謝蛋白), 川島麗(医学部), 中村和生(代謝蛋白), 入子英幸(麻布大), 桑田正広(代謝蛋白), 林泉(薬理), 玉井洋一(生化): 日本生化学会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 711, 2000.

150. [学会(全国)](ポスター講演) 堀田裂頭条虫Diphyllobothrium hottaiのスフィンゴ糖脂質. 入子英幸, 川上泰, 内田明彦, 村田義彦(麻布大), 川島麗, 中村和生, 小嶋久子(代謝蛋白), 玉井洋一(生化): 日本生化学会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 714, 2000.

151. [学会(全国)](ポスター講演) マウス系統によるMuc2とMuc3の発現の比較. 小原進(代謝蛋白), 大津愛(医学部), 久保田敏彦(内), 菅谷津貴子(生化系), 日野裕治(山口大), Hansson, G.C.(Goteborg大): 第73回日本生化学会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 719, 2000.

152. [学会(全国)](ポスター講演) 胃ムチン生合成に影響を及ぼす増殖因子とその受容体の発現. 市川尊文(代謝蛋白), 石原和彦(医療衛生), 遠藤平仁(内), 堀田恭子(生化): 第73回日本生化学会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 720, 2000.

153. [学会(全国)](ポスター講演) ヒト血清より糖鎖不全IgA1結合性タンパク質の分離と分析. 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 比企能之(名大), 小久保透, 小林豊(内), 田中淳志(旭化成), 戸澗一孔(野口研), 傘郁子(代謝蛋白), 堀田恭子(生化): 第73回日本生化学会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 720, 2000.

154. [学会(全国)](ポスター講演) 大豆タンパク質β3の塩酸グアニジン溶液中での構造変化. 蓮見英世, 桐田千鶴子, 桑田正広(代謝蛋白), 津村和伸, 釘宮渉(不二製油): 第73回日本生化学会大会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 766, 2000.

155. [学会(全国)](ポスター講演) Pregnenolone Affinity Column Chromatographyを用いたp-450の精製法. 桑田正広(代謝蛋白), 牧純(寄): 第73回日本生化学会(2000.10.12), 横浜, 生化学, 72(8): 898, 2000.

156. [学会(全国)](ポスター講演) 大腸ムチンの発現とDSS大腸炎の重傷度との検討−マウス系統による比較−. 小原進(代謝蛋白), 久保田敏彦(内): 日本消化器病学会(2000.10.27), 神戸.

157. [学会(全国)](ポスター講演) 糖タンパク質分解酵素の簡便な検出法と評価法. 傘郁子(代謝蛋白), 小倉さやか(医学部): 日本化学会第79春季年会(2001.03.29), 神戸, 抄録集, p.1333, 2001.

158. [学会(地方)](シンポジウム等) ヒト血清IgA1ヒンジ部位ムチン型糖鎖の不全とIgA腎症. 岩瀬仁勇(代謝蛋白): 第64回日本生化学会中部支部総会(2000.05.13), 静岡.

159. [研究会(全国)](シンポジウム等) ラット胃粘膜におけるcalcitonin gene-related peptide (CGRP)の粘液合成に対する作用. 市川尊文(代謝蛋白), 石原和彦(医療衛生), 堀田恭子(生化): 第19回Cytoprotection研究会(2001.02.23), 京都, 抄録集, p.30, 2001.

160. [研究会(全国)](一般講演) 急性胃粘膜傷害の治癒過程におけるラット胃粘膜液変動に関する免疫組織・化学的検討. 池沢智明, 林田浩明, 西元寺克礼(内), 市川尊文(代謝蛋白), 石原和彦(医療衛生): 第20回ヒスタミンレセプター研究会(2000.07.28), 京都, 抄録集, p.27, 2000.

161. [研究会(全国)](一般講演) 糖鎖不全IgA1結合性タンパク質の分離と分析. 中村郁子, 小林豊(内), 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 比企能之(名大): IgA腎症研究会(2001.01.27), 東京, 抄録集, p.5, 2001.

162. [研究会(全国)](ポスター講演) 糖尿病性神経障害における糖脂質とミエリンタンパク質の動態. 川島麗(医学部), 小嶋久子, 中村和生(代謝蛋白), 斉藤豊和(内), 玉井洋一(生化): 糖尿病性神経障害を考える会(2000.09.01〜02), 東京, プログラム, p.6, 2000.



<<04 遺伝子学>>

163. [原著] Primary structure of human hepatocellular carcinoma-associated aldehyde dehydrogenase. 里道哲彦(内), 中島洋一(遺伝), 竹内敦子(生化系), 高垣洋太郎(遺伝), 西元寺克礼, 渋谷明隆(内): Biochim. Biophys. Acta, 1481: 328〜336, 2000.

164. [原著] Advantage of recombinant technology for the identification of cardiac myosin epitope of severe autoimmune myocarditis in Lewis rats. 河野健(内), 高垣洋太郎, 中島洋一(遺伝子), 和泉徹(内): Jpn. Heart J., 41(1): 67〜77, 2000.

165. [短報・速報] Simple and rapid ABO blood group genotyping by PCR-SSCP. 永井恵美子, 高山吉永(遺伝子): 北里医学, 30(2): 96〜99, 2000.

166. [学会(全国)](ポスター講演) ブタTcRα鎖遺伝子の解析: i)二か月齢ブタ胸腺cDNAの多様性. 山本竜司(遺伝子), 初瀬洋美(生物化学系), 高垣洋太郎(遺伝子): 第73回日本生化学会(2000.10.14), 横浜, 生化学, 72(8): 1040, 2000.

167. [学会(全国)](ポスター講演) 高親和性IgE受容体β鎖遺伝子の構造. 平岡秀一(順天大), 渡辺真理子, 高垣洋太郎(遺伝子), 藤田京子(三菱生命研), 奥村康, 羅智靖(順天大): 第23回日本分子生物学会(2000.12.15), 神戸, 予稿集, p.133, 2000.

168. [学会(全国)](ポスター講演) 神経症状を示す突然変異マウスにおける原因遺伝子(wri)の同定と小脳におけるカルシウムイオン流入の低下について. 上野剛, 亀山孝三(遺伝子), 平田三保子, 小川美由紀, 工藤佳久(東薬大), 初瀬洋美(生物化学系), 大村道夫(大村実験動物), 大沢伸孝, 高垣洋太郎(遺伝子): 第23回日本分子生物学会(2000.12.16), 神戸, 予稿集, p.189, 2000.

169. [学会(全国)](ポスター講演) マウス胸腺に発現するEtsファミリー転写因子のDNA結合特異性. 石田里恵, 中島洋一(遺伝子), 松岡邦江(都臨床研), 高垣洋太郎(遺伝子): 第23回日本分子生物学会(2000.12.13), 神戸, 予稿集, p.68, 2000.

170. [研究会(全国)](シンポジウム等) BioassayおよびBiotechnologyにおける膜分離技術の未来. 高垣洋太郎(遺伝子): 日本ミリポア主催, 第1回記念シンポジウム(2000.10.30), 東京.



<<05 薬理学>>

171. [原著] Mechanism of prevention by capsaicin of ethanol-induced gastric mucosal injury: A study in the rat using intravital microscopy. 佐伯威男, 大野隆, 朴勝春, 西元寺克礼(内), 鹿取信, 馬嶋正隆(薬理): Aliment Pharmacol. Ther., 14(Suppl.1): 135〜144, 2000.

172. [原著] Change in tissue kallikrein level in nasal wash after the administration of oxatomide in patients with nasal allergy. 西山耕一郎, 八尾和雄, 井口芳明, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人(耳鼻), 馬嶋正隆(薬理): Am. J. Rhinol., 15(2): 105〜108, 2001.

173. [原著] Role of the renal kallikrein-kinin system in the development of salt-sensitive hypertension. 鹿取信, 馬嶋正隆, 林泉, 藤田朋恵, 山中真理子(薬理): Biol. Chem., 382(1): 61〜64, 2001.

174. [原著] Chyclo-oxygenase-2 enhances basic fibroblast growth factor-induced angiogenesis through induction of vascular endothelial growth factor in rat sponge implants. 馬嶋正隆, 林泉, 村松理子, 片田淳(薬理), 山科正平(解), 鹿取信(薬理): Br. J. Pharmacol., 130(3): 641〜649, 2000.

175. [原著] In vivo transfer of antisense oligonucleotide against urinary kininase blunts deoxycorticosterone acetate-salt hypertension in rats. 林泉, 馬嶋正隆, 藤田朋恵, 奥村俊明, 熊谷雄治(薬理), 富田奈留也, 森下竜一, 檜垣実男, 荻原俊男: Br. J. Pharmacol., 131(4): 820〜826, 2000.

176. [原著] Effects of rabbit gastrointestinal mucins and dextran on hydrochloride diffusion in vitro. 藤田朋恵(薬理), 小原進(代謝蛋白), 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): Comp. Biochem. Physiol., 126(Part.B): 353〜359, 2000.

177. [原著] Involvement of the renal kallikrein-kinin system in K+-induced diuresis and natriuresis in anesthetized rats. 鈴木立紀, 鹿取信, 藤田朋恵, 熊谷雄治, 馬嶋正隆(薬理): Eur. J. Pharmacol., 399: 223〜227, 2000.

178. [原著] Are the anti-inflammatory effects of dexamethasoneresponsible for inhibition of the induction of enzymes involved inprostanoid formation in rat carrageenin-induced pleurisy? 川村道子, 畑中公(薬理), 斉藤真希, 荻野三智子(生化系), 大野隆(内), 荻野桂子, 松尾純孝, 原田芳照(医療衛生): Eur. J. Pharmacol., 400: 127〜135, 2000.

179. [原著] Cymase mediates mast cell-induced angiogenesis in hamster sponge granulomas. 村松理子, 片田淳, 服部真理, 林泉, 馬嶋正隆(薬理): Eur. J. Pharmacol., 401(1-2): 181〜191, 2000.

180. [原著] Adaptive cytoprotection mediated by prostaglandin I2 is attributable to sensitization of CGRP-containing sensory nerves. 朴勝春, 大野隆, 佐伯威男, 林弘美(内), 林泉, 鹿取信(薬理), 村田隆彦, 成宮周(京大), 西元寺克礼(内), 馬嶋正隆(薬理): Gastroenterology, 120: 134〜143, 2001.

181. [原著] Chymase as a proangiogenic factor: A possible involvement of chymase-angiotensin-dependent pathway in the hamster sponge angiogenesis model. 村松理子, 片田淳, 林泉, 馬嶋正隆(薬理): J. Biol. Chem., 275(8): 5545〜5552, 2000.

182. [原著] Involvement of the renal kallikrein-kinin system in furosemide-induced natriuresis in rats. 藤田朋恵, 熊谷雄治(薬理), 池田泰裕(産婦), 稲村直哉, 岩田友彦, 荻野三智子(生化系), 馬嶋正隆(薬理): Jpn. J. Pharmacol., 84: 133〜139, 2000.

183. [原著] Meloxicam inhibits prostaglandin E2 generation via cyclooxygenase 2 in the inflammatory site but not that via cyclooxygenase 1 in the stomach. 荻野桂子(医療衛生), 畑中公, 川村道子(薬理), 大野隆(内), 原田芳照(医療衛生): Pharmacology, 61: 244〜250, 2000.

184. [原著] Preferential consumption of coagulation factors T, X and [ in rat endotoxemia. 山口孝治, 馬嶋正隆, 鹿取信(薬理), 柿田章(外), 杉本勝彦(救命): Shock, 14(5): 535〜543, 2000.

185. [準原著(英文)] Chronotherapeutics: From the standpoint of a clinical pharmacologist. 熊谷雄治(薬理): Int. Clin. Psycopharmacol., 15(6): 364〜365, 2000.

186. [準原著] 子宮内膜症治療MJR-35の薬物動態におよぼす性周期の影響. 松丸有紀子(薬理), 沢田実花(薬剤), 熊谷雄治, 藤田朋恵(薬理), 横田慎一(治験管理セン), 村崎光邦(精), 馬嶋正隆(薬理): 日本TDM学会雑誌, 17(2): 127〜128, 2000.

187. [準原著] 新規利尿薬MD-31の高齢者における薬物動態と薬力学. 長井友子, 熊谷雄治, 藤田朋恵(薬理), 横田慎一(治験管理セン), 沢田実花(薬剤), 村崎光邦(精), 馬嶋正隆(薬理): 日本TDM学会雑誌, 17(2): 131〜132, 2000.

188. [準原著] 臨床第1相試験におけるプラセボ投与時の自覚症状発現に関する検討−精神科系薬剤を中心に−. 有田悦子(薬学部), 熊谷雄治(薬理), 横田慎一(治験管理セン): 臨床薬理, 31(1): 165〜166, 2000.

189. [準原著] ランゾプラゾールをモデル薬物とするCYP2C19の表現型と遺伝子型に関する検討. 横田慎一(治験管理セン), 熊谷雄治(薬理), 沢田実花(薬剤), 藤田朋恵(薬理), 黒山政一, 矢後和夫(薬剤), 越前宏俊: 臨床薬理, 31(2): 287〜288, 2000.

190. [準原著] 一般紙を用いた全国規模での被験者募集(1). 横田慎一(治験管理セン), 広瀬美紀(薬剤), 芝原美智子, 野口佳代子(治験管理セン), 野中美和, 沢田実花, 弟子丸紀子(薬剤), 石郷岡純, 大谷義夫, 村崎光邦(精), 熊谷雄治(薬理), 黒山政一, 矢後和夫(薬剤), 畑中一浩: 臨床薬理, 32(1): 185, 2001.

191. [準原著] 民族間における薬物動態の比較−健常人を対象とした薬物動態試験データを用いて−. 横田慎一(治験管理セン), 黒山政一, 矢後和夫(薬剤), 熊谷雄治(薬理), 山崎晃: 臨床薬理, 32(1): 81, 2001.

192. [研究報告(文部省)] アダプティブサイトプロテクションにおけるCGRPの関与とPGE2, PGI2の役割. 大野隆(内): 平成11〜12年度科学研究費(一般研究C)研究成果報告書, 2001.

193. [総説] プロスタグランジンを巡って−分子薬理から創薬まで−プロスタグランジンと血管新生. 馬嶋正隆(薬理), 天野英樹(胸外), 林泉(薬理): Folia Pharmacol. Jpn., 117: 283〜292, 2001.

194. [総説] Cyclooxygenase-2: Its rich diversity of roles and possible application of its selective inhibitors. 鹿取信, 馬嶋正隆(薬理): Inflamm. Res., 49(8): 367〜392, 2000.

195. [総説] 時間薬理学からみたうつ病治療. 熊谷雄治(薬理): Medical Pharmacy, 35(2): 30〜33, 2001.

196. [総説] 腎におけるPG生合成とNSAIDsによる腎障害. 馬嶋正隆(薬理): Scope, 40(3): 2001.

197. [講座] 知っておきたい薬の知識. 熊谷雄治(薬理): 栄養と料理, 3: 79〜85, 2000.

198. [学術書](分担執筆) H. pylori時代の消化性潰瘍の治療; H2RAの副作用とその発生機序, p.239〜244, 藤田朋恵, 熊谷雄治(薬理), 西元寺克礼(内). 編集 中村孝司(帝京大), 日本メディカルセンター, 東京, 2000.11.01発行.

199. [学術書](分担執筆) 標準薬理学(第6版); 第16章 血液系, p.303〜323, 馬嶋正隆(薬理). 編集 今井正(自治医大), 宮本英七(熊本大), 医学書院, 東京, 2001.04.01発行.

200. [その他の著書](分担執筆) 看護の基礎科学7; 第11章 消化・吸収・代謝と薬, 第12章: 呼吸と薬, p.219〜245, 熊谷雄治(薬理). 編集 中谷晴昭, 大橋京一, 日本看護協会, 東京, 2001.00.00発行.

201. [学会(国際)](シンポジウム等) Cyclooxygenase-2 enhances angiogenesis though the induction of vascular endothelial growth factor in proliferative. 馬嶋正隆, 林泉, 片田淳, 村松理子, 鹿取信(薬理): 11th Advances in Prostaglandin and Leukotriene Research (Basic Science and New Clinical Applications)(2000.06.04〜08), Florence.

202. [学会(国際)](ポスター講演) Mechanism of PGI2-mediated adaptive cytoprotection by hypertonic saline against ethanol-induced gastric mucosal injury; An intravital microscopic study. 佐伯威男, 大野隆, 朴勝春, 鎌田一寿, 西元寺克礼(内), 鹿取信, 馬嶋正隆(薬理): 101st Annual Meeting of the AGA(2000.05.14〜17), San Diego, USA, Gastroenterology, 118: A1134, 2000.

203. [学会(国際)](ポスター講演) Lack of mild irritant-induced adaptive cytoprotection in IP receptor knockout mice; The involvement of endogenous calcitonin gene-related peptide. 朴勝春, 佐伯威男, 大野隆, 鎌田一寿, 西元寺克礼(内), 林泉, 鹿取信(薬理), 村田隆彦, 成宮周(京大), 馬嶋正隆(薬理): 101st Annual Meeting of the AGA(2000.05.14〜17), San Diego, USA, Gastroenterology, 118: A232, 2000.

204. [学会(国際)](ポスター講演) Adaptive cytoprotection by mildly hypertonic saline is attributable to sensitization of CGRP-containing sensory nerves by prostaglandin I2. 朴勝春, 大野隆, 佐伯威男(内), 林泉, 鹿取信(薬理), 村田隆彦, 成宮周(京大), 西元寺克礼(内), 馬嶋正隆(薬理): 11th Advances in Prostaglandin and Leukotriene Reseach(2000.06.04〜08), Florence, Italy.

205. [学会(国際)](ポスター講演) Placebo effect on Japanese healthy subjects in phase T clinical trials. 熊谷雄治, 藤田朋恵(薬理), 横田慎一(治験管理セン), 沢田実花(薬剤), 井沢志名野(精), 馬嶋正隆(薬理), 有田悦子(薬学): 7th World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics IUPHAR-Division of Clinical Pharmacology & 4th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics (EACPT)(2000.07.15〜20), Florence.

206. [学会(国際)](ポスター講演) First pharmacokinetic-pharmacodynamic study in humans with a novel nonsteroidal 5alpha-reductase inhibitor. 藤田朋恵, 熊谷雄治(薬理), 井沢志名野(精), 横田慎一(治験管理セン), 沢田実花(薬剤), 馬嶋正隆(薬理): 7th World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics IUPHAR-Division of Clinical Pharmacology & 4th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics (EACPT)(2000.07.15〜20), Florence, Italy, Br. J. Clin. Pharmacol., p.238, 2000.

207. [学会(全国)](特別講演) 選択的COX-2阻害薬の有効性とその限界. 馬嶋正隆(薬理): 第21回日本炎症学会(2000.07.04〜05), 東京.

208. [学会(全国)](シンポジウム等) IPを介するCGRP遊離増大と胃粘膜損傷抑制作用. 朴勝春, 西元寺克礼, 大野隆, 佐伯威男(内), 林泉(薬理), 鎌田一寿(内), 鹿取信(薬理), 成宮周(京大), 馬嶋正隆(薬理): 第28回日本実験潰瘍学会(2000.11.24〜25), 東京.

209. [学会(全国)](シンポジウム等) Pharmacokinetics of drugs and biological rhythm. 熊谷雄治(薬理): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜.

210. [学会(全国)](シンポジウム等) 血管新生とPGE2. 馬嶋正隆(薬理): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 85(Suppl.1): 30, 2001.

211. [学会(全国)](一般講演) 腫瘍血管新生におけるカリクレイン-キニン系の役割. 石原慶子, 馬嶋正隆(薬理): 第21回日本炎症学会(2000.07.04〜05), 東京.

212. [学会(全国)](一般講演) 実験的潰瘍性大腸炎モデルにおけるkallikrein-kinin系の関与. 鎌田一寿, 朴勝春, 佐伯威男, 大野隆(内), 林泉(薬理), 西元寺克礼(内), 馬嶋正隆(薬理): 第21回日本炎症学会(2000.07.04〜05), 東京.

213. [学会(全国)](一般講演) カラゲニン胸膜炎モデルにおける一酸化窒素の役割. 小沢剛久(内), 畑中公, 川村道子(薬理), 小林弘祐(内), 松尾純孝(医療衛生), 冨田友幸(内), 原田芳照(医療衛生): 第21回日本炎症学会(2000.07.04〜05), 東京, 抄録集, p.471, 2000.

214. [学会(全国)](一般講演) 潰瘍性大腸炎におけるkallikrein-kinin系の関与−ラット潰瘍性大腸炎モデルを用いた検討−. 鎌田一寿(内), 林泉(薬理), 朴勝春, 佐伯威男, 大野隆, 西元寺克礼(内), 馬嶋正隆(薬理): 第28回日本実験潰瘍学会(2000.11.24〜25), 東京.

215. [学会(全国)](一般講演) 高張食塩水によるエタノール胃粘膜傷害抑制におけるPGI2の役割. 佐伯威男, 大野隆, 朴勝春, 鎌田一寿, 林弘美(内), 馬嶋正隆, 鹿取信(薬理), 西元寺克礼(内): 第26回日本微小循環学会総会(2001.02.15〜16), 倉敷.

216. [学会(全国)](ポスター講演) 一般紙を用いた全国規模での被験者募集(1). 横田慎一(治験管理セン), 広瀬美樹(薬剤), 芝原美智子, 野口佳代子(治験管理セン), 野中美和, 沢田実花, 弟子丸紀子(薬剤), 石郷岡純, 大谷義夫, 村崎光邦(精), 熊谷雄治(薬理), 黒山政一, 矢後和夫(薬剤), 畑中一浩: 第21回日本臨床薬理学会年会(2000.09.28〜29), 札幌.

217. [学会(全国)](ポスター講演) 民族間における薬物動態の比較−健常人を対象とした薬物動態試験データを用いて−. 横田慎一(治験管理セン), 黒山政一, 矢後和夫(薬剤), 熊谷雄治(薬理), 山崎晃: 第21回日本臨床薬理学会年会(2000.09.28〜29), 札幌.

218. [学会(全国)](ポスター講演) 潰瘍性大腸炎の病態進展とkallikrein-kinin系. 鎌田一寿, 朴勝春, 佐伯威男, 大野隆(内), 林泉(薬理), 西元寺克礼(内), 馬嶋正隆(薬理): 第8回日本消化器関連学会(2000.10.25〜28), 神戸, 日本消化器病学会雑誌, 97(臨増): 614, 2000.

219. [学会(全国)](ポスター講演) Impact of drug absorption on chronopharmacokinetics; A study using an electrogastrography. 山崎亜紀子(共立薬大), 熊谷雄治, 藤田朋恵(薬理), 田辺聡(内), 吉山友二(共立薬大): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜.

220. [学会(全国)](ポスター講演) Host kallikrein-kinin system facilitates angiogenesis and tumor growth. 石原慶子, 馬嶋正隆(薬理): 74th Annual Meeting of the Japanese Pharmacological Society(2001.03.21〜23), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 74: 83, 2001.

221. [学会(全国)](ポスター講演) カプサイシンによるCGRP遊離に対するプロスタグランジンI2の増強作用. 朴勝春, 大野隆, 佐伯威男, 林弘美, 鎌田一寿(内), 鹿取信(薬理), 西元寺克礼(内), 成宮周(京大), 馬嶋正隆(薬理): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 85(Suppl.1): 110, 2001.

222. [学会(全国)](ポスター講演) デキストラン硫酸ナトリウムによるラット実験的潰瘍性大腸炎の進展におけるkallikrein-kinin系の関与. 鎌田一寿(内), 林泉(薬理), 朴勝春, 佐伯威男, 大野隆, 西元寺克礼(内), 馬嶋正隆(薬理): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 85(Suppl.1): 112, 2001.

223. [学会(全国)](ポスター講演) サイトカイン抑制薬FR167653のラットカラゲニン胸膜炎の初期および後期における作用. 川村道子, 畑中公(薬理), 村井直樹(医療衛生), 馬嶋正隆(薬理), 荻野桂子, 原田芳照(医療衛生): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 85(Suppl.1): 121, 2001.

224. [学会(全国)](ポスター講演) Necessity of calcium in the early increase in renal kallikrein secretion by potassium. 藤田朋恵, 熊谷雄治(薬理), 山中真理子(内), 馬嶋正隆(薬理): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 85(Suppl.1): 205, 2001.

225. [学会(全国)](ポスター講演) A stimulatory effect of potassium ions and ATP sensitive potassium channel blocker on kallikrein secretion from dissected connecting tubules in Sprangue-Dawley rats. 山中真理子(内), 藤田朋恵(薬理), Cha, S.H., 遠藤仁(杏林大), 馬嶋正隆(薬理): 第74回日本薬理学会年会(2001.03.21〜23), 横浜, Jpn. J. Pharmacol., 85(Suppl.1): 206, 2001.

226. [学会(地方)](特別講演) プロスタノイドと血管新生. 馬嶋正隆(薬理): 第26回北里医学会総会(2000.10.21), 相模原, 北里医学, 30(6): 460, 2000.

227. [学会(地方)](一般講演) 腫瘍血管新生におけるカリクレイン-キニン系の関与. 石原慶子, 馬嶋正隆(薬理): 第102回日本薬理学会関東部会(2000.07.04〜05), 東京.

228. [学会(地方)](一般講演) モルモットの気道における一酸化窒素へのNeurokinin Aの関与. 今崎貴生, 小林弘祐, 畑石隆治, 本多研也, 久保田勝(内), 林泉(薬理), 冨田友幸(内), 馬嶋正隆(薬理): 第103回日本薬理学会関東部会(2000.11.02), 東京.

229. [研究会(全国)](一般講演) 高張食塩水によるエタノール胃粘膜傷害抑制におけるプロスタグランジンI2 (PGI2)の役割−微小循環からの解析−. 佐伯威男, 大野隆, 朴勝春, 鎌田一寿, 西元寺克礼(内), 林泉, 鹿取信, 馬嶋正隆(薬理): サイトプロテクション研究会(2001.02.23), 京都.

230. [研究会(地方)](特別講演) プロスタノイドによる血管新生の制御. 馬嶋正隆(薬理): 第8回名古屋炎症研究会(2000.09.16), 名古屋.

231. [研究会(地方)](一般講演) 高張食塩水によるエタノール胃粘膜傷害抑制におけるプロスタグランジンI2 (PGI2)の役割−微小循環からの解析−. 佐伯威男, 大野隆, 朴勝春, 鎌田一寿, 西元寺克礼(内), 鹿取信, 馬嶋正隆(薬理): 第2回東京プロスタノイド研究会(2000.11.11), 東京.



<<06 微生物学>>

232. [原著] A palmar epidermoid cyst, showing histological features suggestive of eccrine duct origin, developed after a beesting. Egawa, K., 北里英郎, Ono, T.(微): Br. J. Dermatol., 143(2): 469〜470, 2000.

233. [原著] A unique monoclonal antibody mNI-11 rapidly enhances spread formation in human umbilical vein endothelial cells. 池脇信直, 玉内秀一(微), Yamada, A., Mori, N., Yamao, H., Inoue, H., Inoko, H.(東海大): J. Clin. Immunol., 20(4): 317〜324, 2000.

234. [原著] A microfilament formation inhibitor, cytochalasin strongly enhances the low affinity Fcε receptor U(CD23) expression on the human monocyte-like cell line, U937. 池脇信直, 玉内秀一(微), Yamada, A., Aoki, M., Yamamoto, R., Sawada, A., Inoko, H.(東海大): J. Clin. Immunol., 20(6): 424〜433, 2000.

235. [原著] Antibacterial activity of 16 antibiotics against Helicobacter pylori. 保坂美生(内), 入野田一彦, 中野竜一, 北里英郎, 岡本了一(微), 西元寺克礼(内), 井上松久(微): Jpn. J. Antibiot., 53(10): 623〜630, 2000.

236. [原著] In vitro antibacterial activity of prulifloxacin, a new oral quinolone, and comparative susceptivility rate at clinical breakpoint MIC. 井上松久, 久我明男, 海江田哲, 保坂美生, 北里英郎, 佐藤優子, 岡本了一, Eda, T., Hoshino, K., Seto, T.(微): Jpn. J. Antibiot., 53(9): 593〜608, 2000.

237. [原著] 初期殺菌能による抗菌薬の評価. 松田耕二, 井上松久(微): Jpn. J. Antibiot., 53: 667〜671, 2000.

238. [原著] 市販前・後の臨床分離株に対するcefepimeの抗菌力の比較検討. 岡本了一, 中野竜一, 保坂美生, 原哲朗, 宮田愛子, 平田泰良, 清水義徳, 木下承晧, 梶村克成, 草野展周, 斉藤厚, 井上松久(微): 日本化学療法学会雑誌, 48(9): 719〜731, 2000.

239. [総説] グラム陰性桿菌, 大腸菌; 耐性菌感染症とその緊急具体策. 久我明男, 井上松久(微): 16: 34〜40, 2000.

240. [総説] なぜ耐性菌は増えてしまうのか; 菌側から考える. 井上松久, 久我明男(微): Scope, 39(7): 12〜13, 2000.

241. [総説] なぜ耐性菌は増えてしまうのか; 抗菌薬側から考える. 井上松久, 久我明男(微): Scope, 39(8): 12〜13, 2000.

242. [総説] 生殖免疫の新展開; 母体の胎児抗原認識におけるMHCの役割. 玉内秀一(微): 炎症と免疫, 8(6): 584〜590, 2000.

243. [総説] Eagle現象について. 井上松久, 保坂美生, 海江田哲, 久我明男, 北里英郎(微): 化学療法の領域, 16: 2147〜2149, 2000.

244. [総説] β-ラクタマーゼ. 岡本了一(微): 感染と抗菌薬, 3(1): 92〜93, 2000.

245. [総説] 細菌の薬剤耐性機構. 久我明男, 井上松久(微): 現代医療, 32: 1236〜1240, 2000.

246. [総説] 最近の薬剤耐性菌; 緑膿菌. 矢野寿一, 井上松久(微): 治療学, 37: 283〜286, 2000.

247. [総説] (特集)耐性菌感染症; ampC型β-ラクタマーゼ産生菌. 岡本了一, 中野竜一(微): 日本臨床, 59: 707〜711, 2001.

248. [学術書](分担執筆) 治療薬ガイド2001-2002; ポリペプチド系抗菌薬, p.620〜626, 井上松久, 久我明男(微). 編集 和田攻, 大久保昭行, 永田直一, 矢崎義雄, 文光堂, 2001.02.00発行.

249. [学術書](分担執筆) 臨床検査データブック2001-2002; 耐性菌についての概説, p.403〜406, 井上松久, 久我明男, 矢野寿一(微). 編集 黒川清, 春日雅人, 北村聖, 医学書院, 東京, 2001.03.00発行.

250. [学術書](分担執筆) 医科細菌学; 化学療法薬, p.99〜133, 井上松久(微). 編集 吉川昌之介, 笹川千尋, 南江堂, 東京, 2001.03.30発行.

251. [学術書](分担執筆) エッセンシャル微生物学; 消毒薬, p.138〜160, 井上松久(微). 編集 内海爽, 大西克成, 他, 医歯薬出版, 東京, 2000.06.20発行.

252. [学術書](分担執筆) シンプル微生物学; 消毒と滅菌, p.58〜65, 井上松久(微). 編集 東匡伸, 小熊恵二, 南江堂, 東京, 2000.10.10発行.

253. [学術書](分担執筆) シンプル微生物学; 化学療法, p.65〜76, 土屋友房(岡大), 井上松久(微). 編集 東匡伸, 小熊恵二, 南江堂, 東京, 2000.10.10発行.

254. [学術書](編集) Issues and Answers in β-Lactam Resistance, Clinical Monograph Series.井上松久(微). 編集 Inoue, M., Cambridge Medical Publications, UK, 2000.03.00発行.

255. [学会(全国)](シンポジウム等) 腸管出血性大腸菌のベロ毒素産生に及ぼすニューキノロン薬の影響. 笹原武志, 北里英郎, 小松洋子, 井上松久(微): 第73回日本細菌学会総会(2000.05.29〜31), 札幌, 日本細菌学雑誌, 55(2): 183, 2000.

256. [学会(全国)](一般講演) 混合性結合組織病(MCTD), 特に肺高血圧症(PH)におけるクラミジアニューモニエ感染症. 北里英郎, 笹原武志, 井上松久(微): 第73回日本細菌学会総会(2000.05.29〜31), 札幌.

257. [学会(全国)](一般講演) AmpR変異によるclass C型β-ラクタマーゼ多量産生機構の解析. 久我明男, 岡本了一, 矢野寿一, 佐藤優子, 中野竜一, 保坂美生, 井上松久(微): 第73回日本細菌学会総会(2000.05.29〜31), 札幌, 日本細菌学雑誌, 55(2): 367, 2000.

258. [学会(全国)](一般講演) Ki-ras導入による慢性関節リウマチ(RA)由来滑膜におけるサイトカイン応答性の変化. 北里英郎, 野田亮(微), 赤星透, 川合真一(内): 第21回日本炎症学会(2000.07.04), 東京.

259. [学会(全国)](一般講演) GATA3転写因子はin vivo免疫反応におけるIL-5産生を制御する. 玉内秀一(微), 伊藤守, 小沢秀行, 渡辺直煕, 寺島正純, 高秀華, 穂積勝人, 垣生園子: 第30回日本免疫学会総会(2000.11.14), 仙台, 抄録集, p.25, 2000.

260. [学会(全国)](一般講演) 抗菌力とそれに及ぼす諸因子. 岡本了一(微): 第12回日本臨床微生物学会総会(2001.02.03), 岐阜.

261. [学会(地方)](シンポジウム等) 自然環境中で今後問題となる感染症. 笹原武志(微): 日本水処理生物学会第37回神奈川大会(2000.11.08〜10), 相模原, 日本水処理生物学会誌, 20: 8〜9, 2000.

262. [学会(地方)](シンポジウム等) 病院感染: 耐性菌感染. 井上松久(微): 第70回日本感染症学会西日本地方総会(2000.12.01), 宮崎.

263. [学会(地方)](一般講演) 臨床分離の大腸菌から検出されたC.freundiiのAmpCをコードするプラスミドの解析. 中野竜一, 久我明男, 海江田哲, 井上松久, 岡本了一(微): 第47回日本化学療法学会東日本支部総会(2000.10.06), 旭川, 抄録集, p.60, 2000.

264. [学会(地方)](一般講演) 大腸菌・肺炎桿菌におけるTEM型ESBL産生菌の検索. 佐藤優子, 中野竜一, 井上松久, 岡本了一(微): 第47回日本化学療法学会東日本支部総会(2000.10.06), 旭川, 抄録集, p.60, 2000.

265. [学会(地方)](一般講演) 肺炎球菌に対するβ-ラクタム薬の殺菌効果の検討. 海江田哲, 矢野寿一, 中野竜一, 佐藤優子, 久我明男, 岡本了一, 小林俊光, 井上松久(微): 第47回日本化学療法学会東日本支部総会(2000.10.06), 旭川, 抄録集, p.86, 2000.

266. [研究会(全国)](一般講演) 腫瘍特異的T細胞クローンアンジー誘導によるin vivo抗腫瘍効果の解析. 玉内秀一(微), 吉田由紀, 佐藤健人, 八村敏志, 上野川修一, 垣生園子: 第4回基盤的癌免疫研究会(2000.08.03), 札幌, 抄録集, p.44, 2000.

267. [研究会(全国)](一般講演) 新しいPlasmid性セフェム耐性菌の解析. 中野竜一, 久我明男, 保坂美生, 海江田哲, 岡本了一, 井上松久(微): 第29回薬剤耐性菌シンポジウム(2000.08.24), 水上, 抄録集, p.46〜47, 2000.

268. [研究会(全国)](一般講演) 肺炎球菌に対するβ-ラクタム剤の殺菌効果の検討. 海江田哲, 矢野寿一, 小林俊光, 井上松久(微): 第30回日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2000.09.01), 東京, 抄録集, p.28, 2000.

269. [研究会(全国)](一般講演) Yersinia enterocolitica感染とマクロファージのアポトーシス誘導. 佐藤義則, 笹原武志, 北里英郎, 岡本了一, 井上松久(微): 第10回実験感染セミナー(2000.09.28), 猪苗代, 抄録集, p.14, 2000.

270. [研究会(全国)](一般講演) ELISA及びPCR法を用いたMCTDにおけるクラミジアニューモニエ感染の比較検討. 北里英郎(微), 岡田純, 近藤啓文(内): 厚生省特定疾患対策研究事業; 混合性結合組織病に関する研究班平成12年度班会議(2001.01.00), 東京.



<<07 免疫学>>

271. [原著] Human autoreactive (Th0) CD4+ T-cell clones with cytolytic activity recognizing autologous activated T cells as the target. 金子剛久(免疫): Hum. Immunol., 61: 780〜788, 2000.

272. [原著] Coreceptor function of mutant human CD4 molecules without affinity to gp120 of human immunodeficiency virus. Tachibana, M., Siddiqi, M.A., Ikegami, Y.(三菱生命研), 江島耕二(免疫), Shirata-Someya, Y.(三菱生命研), Tahara-Hanaoka, S., Koito, A.(筑波大), Iizuka, M., 篠原信賢(免疫): J. Biol. Chem., 275(27): 20288〜20294, 2000.

273. [原著] Antigen-presenting hybridoma cells expressing MHC antigens of the LEW rat. 松田千絵子, 和泉徹(内), 横田彩, 篠原信賢(免疫): J. Immunol. Methods, in press.

274. [原著] Cell death-associated translocation of plasma membrane components induced by CTL. Kawasaki, Y., Saito, T., Shirota-Someya, Y.(三菱生命研), Ikegami, Y., Komano, H., Lee, M-H., Froelich, C.J., 篠原信賢(免疫), Takayama, H.: J. Immunol., 164: 4641〜4648, 2000.

275. [準原著] Donor bone marrow cell infusion is effective in inducing tolerance in dogs treated with fractionated lymphoid irradiation and FK506. 渡部浩二, 伊藤京子, 大谷文雄(免疫), 真崎義彦, 丸山茂喜(実動系), 遠藤忠雄(泌), 佐藤光史(外), 金子剛久(免疫): Transpl. Proc., 32(7): 2544〜2547, 2000.

276. [研究報告(文部省)] 大型動物(イヌ)による免疫寛容モデルに関する研究. 渡部浩二(免疫): 厚生省科学研究費補助金「免疫・アレルギー等研究事業」臓器移植部門, 平成11年度総括・分担研究報告書, p.22〜26, 2000.

277. [研究報告(文部省)] 免疫寛容誘導に果たす移植片に存在する細胞(樹状細胞)と骨髄キメラ細胞の機能の解析. 渡部浩二(免疫): 平成9〜11年度科学研究費補助金(基盤研究(C/(2))研究成果報告書, p.1〜17, 2000.

278. [学会(全国)](ポスター講演) イヌを用いた臨床応用可能な移植免疫寛容誘導法; 解析のためのPCR-SSCP法によるDLA-DRB型homozygous犬の作成. 伊藤京子, 渡部浩二, 大谷文雄(免疫), 大久保みどり(予防医学系), 金子剛久, 飯塚みさを, 篠原信賢(免疫): 第30回日本免疫学会総会・学術集会(2000.11.14), 仙台, Proc. Jpn. Soc. Immunol., 30: 100, 2000.

279. [学会(全国)](ポスター講演) CD154非依存的なStaphylococcal Enterotoxin Aによる抗原提示細胞上のCD86の発現上昇およびT細胞のプライミング. 江島耕二(免疫), Flavell, R.A.(エール大): 第30回日本免疫学会総会・学術集会(2000.11.14), 仙台, 集会記録集, 30: 47, 2000.



<<08 病理学>>

280. [原著] Involvement of cyclins in cell proliferation and their clinical implications in soft tissue smooth muscle tumors. 野口高史(整外), 土橋洋(病理), 峰原宏昌, 糸満盛憲(整外), 亀谷徹(病理): Am. J. Pathol., 156(6): 2135〜2147, 2000.

281. [原著] APC protein is required for initiation of neuronal differentiation in rat pheochromocytoma PC12 cells. 土橋洋, 片山和浩(病理), Kawai, M., Akiyama, T.(東大), 亀谷徹(病理): Biochem. Biophys. Res. Commun., 279(2): 685〜691, 2000.

282. [原著] Failure of the expression of phospholipid hydroperoxide glutathione peroxidase in the spermatozoa of human infertile males. Imai, H., Suzuki, K.(薬学部), Ishizaka, K., Ichinose, S., Oshima, H.(東医歯大), 岡安勲(病理), Emoto, K., Umeda, M., Nakagawa, Y.(薬学部): Biol. Reprod., 64: 674〜683, 2001.

283. [原著] Loss of DCC gene expression during ovarian tumorigenesis: Relation to tumour differentiation and progression. 三枝信, 町田大輔, 岡安勲(病理): Br. J. Cancer, 82(3): 571〜578, 2000.

284. [原著] Correlation of telomere lengths in normal and cancers tissue in the large bowel. Nakamura, K., Furugori, E., Esaki, Y., Arai, T., Sawabe, M.(都老人研), 岡安勲(病理), Fujiwara, M., Kammori, M., Mafune, K., Kato, M., Oshimura, M., Sasajima, K., Takubo, K.: Cancer Lett., 158: 179〜184, 2000.

285. [原著] Decreased expression of CD44, alpha-catenin, and deleted colon carcinoma and altered expression of beta-catenin in ulcerative colitis-associated dysplasia and carcinoma, as compared with sporadic colon neoplasms. 三上哲夫, 三富弘之, 原敦子, 柳沢信之, 吉田功(病理), Tsuruta, O.(久留米大), 岡安勲(病理): Cancer, 89(4): 733〜740, 2000.

286. [原著] Thymic hyperplasia as a source of ectopic ACTH production. Ohta, K., Shichiri, M., 亀谷徹(病理), Matsubara, O., Imai, T., Marumo, F., Hirata, Y.(東医歯大): Endocr. J., 47(4): 487〜492, 2000.

287. [原著] Proprotein-processing endoprotease furin and its substrate parathyroid hormone-related protein are coexpressed in insulinoma cells. Sawada, Y., 亀谷徹(病理), Aizawa, T., Izumi, T., Takeuchi, T.(群大): Endocr. Pathol., 11(1): 31〜39, 2000.

288. [原著] Relationship between p53 gene mutation and protein expression: Clinical significance in transitional cell carcinoma of the bladder. Gao, J-P., 内田豊昭, 王春喜(泌), 蒋世旭(病理), 松本和将, 佐藤威文, 嶺井定紀, 宋成浩(泌), 亀谷徹(病理), 馬場志郎(泌): Int. J. Oncol., 16: 469〜475, 2000.

289. [原著] Immunotoxicity of trichloroethylene: A study with MRL-lpr/lpr mice. Kaneko, T.(山梨医大), 三枝信(病理), Tasaka, K., Sato, A.(山梨医大): J. Appl. Toxicol., 20: 471〜475, 2000.

290. [原著] Simultaneous suppression of cdc2 and cdk2 activities induces neuronal differentiation of PC 12 cells. 土橋洋, 庄司光彦, Kitagawa, M., Noguchi, T., 亀谷徹(病理): J. Biol. Chem., 275(5): 12572〜12580, 2000.

291. [原著] Up-regulation of pS2 expression during the development of adenocarcinomas but not squamous cell carcinomas of the uterine cervix, independently of expression of c-jun or oestrogen and progesterone receptors. 三枝信(病理), 橋村美紀(形態系), 原敦子, 岡安勲(病理): J. Pathol., 190: 554〜563, 2000.

292. [原著] Changes in expression of estrogen receptors α and β in relation to progesterone receptor and pS2 status in normal and malignant endometrium. 三枝信, 岡安勲(病理): Jpn. J. Cancer Res., 91: 510〜518, 2000.

293. [原著] Telomerase activity significantly correlates with chromosome alterations, cell differentiation, and proliferation in lung adenocarcinomas. Fujiwara, M.(日赤医療セン), 岡安勲(病理), Tekemura, T., Tanaka, I., Masuda, R., Furuhata, Y., Noji, M., Oritsu, M.(日赤医療セン), Kato, M., Oshimura, M.(鳥取大): Mol. Pathol., 13(7): 723〜729, 2000.

294. [原著] Semiquantitative immunoblot analysis of nm23-H1 and -H2 isoforms in adenocarcinomas of the lung: Prognostic significance. 佐藤雄一, 土屋紅緒, Urao, T., Baba, H., Shiku, H., Kodama, T., 亀谷徹(病理): Pathol. Int., 50: 200〜205, 2000.

295. [準原著] 肺の大細胞性神経内分泌癌. 蒋世旭, 亀谷徹(病理): ホルモンと臨床, 48(増刊): 204〜211, 2000.

296. [症例報告] 肺原発悪性黒色腫の1例. 原英則(胸外), 蒋世旭, 岩渕啓一(病理), 品田純, 吉村博邦(胸外), 亀谷徹(病理): 肺癌, 40(3): 201〜205, 2000.

297. [症例報告] 2か月以上不明熱が持続した透析患者の1例. 桑田有希子, 森隆司, 高橋映子, 日台英雄(横浜第一病院), 岩渕啓一(病理): 臨床透析, 16(5): 815〜824, 2000.

298. [総説] 下垂体腺腫−update; Silent adenoma. 亀谷徹(病理): Clinical Neuroscience, 18(Suppl.1): 96〜97, 2000.

299. [総説] Microprobe法. 土屋紅緒, 佐藤雄一, 亀谷徹(病理): 病理と臨床, 18(臨増): 284〜289, 2000.

300. [総説] 二重染色法. 佐藤雄一, 土屋紅緒, 亀谷徹(病理): 病理と臨床, 18(臨増): 44〜50, 2000.

301. [学術書](分担執筆) 乳腺・甲状腺外科 Practical Discussion (9); 乳腺切除断端の診断, p.34〜45, 岩渕啓一(病理). インターメルク, 東京, 2000.06.20発行.

302. [学会(国際)](一般講演) Clinical implications of cyclins in human primary lung carcinomas. 土橋洋, 蒋世旭, 亀谷徹(病理): 23rd International Congress of the International Academy of Pathology(2000.10.20), 名古屋, Pathol. Int., 50(Suppl.): 183, 2000.

303. [学会(国際)](一般講演) The expression of hash1 gene and its transcriptional repressor hes1 gene in lung cancer. 蒋世旭(病理), 梅沢敦子(形態系), 三須陽子, 渡辺純, 川久保安朗, 亀谷徹(病理): 23rd International Congress of the International Academy of Pathology(2000.10.20), 名古屋, Pathol. Int., 50(Suppl.): 195, 2000.

304. [学会(国際)](ポスター講演) Gastrointestinal stromal tumor presenting as a large abdominal mass. 岩渕啓一, 三上哲夫, 岡安勲(病理): 第23回国際病理アカデミー(2000.10.18), 名古屋.

305. [学会(全国)](シンポジウム等) 細胞周期の制御因子. 土橋洋, 亀谷徹(病理): 第89回日本病理学会総会(2000.04.15), 大阪, 日本病理学会会誌, 89(1): 113, 2000.

306. [学会(全国)](一般講演) 肺神経内分泌癌における神経分化決定遺伝子hash1の発現. 蒋世旭, 渡辺純, 三須陽子(病理), 梅沢敦子(形態系), 川久保安朗, 亀谷徹(病理): 第89回日本病理学会総会(2000.04.11〜13), 大阪, 日本病理学会会誌, 89(1): 173, 2000.

307. [学会(全国)](一般講演) 子宮頚部腺癌発生過程におけるpS2蛋白過剰発現の解析. 三枝信, 橋村美紀, 岡安勲(病理): 第89回日本病理学会総会(2000.04.12), 大阪, 日本病理学会会誌, 89(1): 196, 2000.

308. [学会(全国)](一般講演) 潰瘍性大腸炎関連腫瘍における細胞接着因子E-cadherin, catenin, CD44の発現の変化: 通常の大腸腫瘍との比較. 三上哲夫, 三富弘之, 吉田功, 柳沢信之, 原敦子, 岡安勲(病理): 第89回日本病理学会総会(2000.04.13), 大阪, 日本病理学会会誌, 89(1): 215, 2000.

309. [学会(全国)](一般講演) 子宮内膜癌における血管内皮増殖因子(VEGF)の免疫組織化学的研究−他因子との関連. 藤沢武志, 大野英治, 服部学, 横山大(医療衛生), 渡辺純(病理), 金井督之, 上坊敏子(産婦), 蔵本博行(医療衛生): 第41回日本臨床細胞学会総会(2000.05.31〜06.02), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(Suppl.1): 24, 2000.

310. [学会(全国)](一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるp27タンパク発現の検討. 佐藤妃映, 渡辺純(病理), 金井督之, 秦宏樹, 上坊敏子(産婦), 大野英治, 蔵本博行(医療衛生): 第29回日本婦人科腫瘍学会(2000.07.28〜30), 名古屋, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 18(1): 43, 2000.

311. [学会(全国)](一般講演) 子宮体癌細胞におけるp53遺伝子変異と蛋白発現. 鎌田裕子, 浜野美恵子, 渡辺純(病理), 秦宏樹, 金井督之(産婦), 大野英治, 蔵本博行(医療衛生): 第18回日本ヒト細胞学会大会(2000.08.25〜26), 京都, Human Cell, 13(2): 39, 2000.

312. [学会(全国)](ポスター講演) 子宮内膜癌におけるcdk2およびki-67発現に関する免疫組織化学的検討. 渡辺純(病理), 赤星誠, 蔵本博行(医療衛生), 亀谷徹(病理): 第89回日本病理学会総会(2000.04.11〜13), 大阪, 日本病理学会会誌, 89(1): 306, 2000.

313. [学会(全国)](ポスター講演) 肺の大細胞神経内分泌癌の組織診断基準および特性. 蒋世旭, 亀谷徹(病理): 第12回日本内分泌外科学会総会(2000.06.27〜28), 東京.

314. [学会(全国)](ポスター講演) 子宮内膜癌における血管内皮増殖因子(VEGF)の免疫組織化学的研究−血管新生, p53発現ならびに癌組織分化度との関連. 藤沢武志, 渡辺純(病理), 服部学, 大野英治(医療衛生), 金井督之, 秦宏樹, 上坊敏子(産婦), 蔵本博行(医療衛生): 第59回日本癌学会総会(2000.10.04〜06), 横浜, Jpn. J. Cancer Res., 91(Suppl.): 202, 2000.

315. [学会(全国)](ポスター講演) 細胞周期制御因子によるアポトーシス誘導. 片山和浩, 土橋洋, 亀谷徹(病理): 第59回日本癌学会総会(2000.10.04〜06), 横浜, Jpn. J. Cancer Res., 91(Suppl.): 86, 2000.

316. [学会(全国)](ポスター講演) ラット褐色細胞腫株(PC12)におけるcdc2, cdk2の潜在的機能. 土橋洋, 片山和浩, 亀谷徹(病理): 第59回日本癌学会総会(2000.10.04〜06), 横浜, Jpn. J. Cancer Res., 91(Suppl.): 86, 2000.

317. [学会(全国)](ポスター講演) PC12細胞におけるcdc2, cdk2の機能. 土橋洋, 片山和浩, 亀谷徹(病理): 第23回日本分子生物学会年会(2000.12.14), 神戸, 日本分子生物学会雑誌, 23: 805, 2000.

318. [学会(全国)](ポスター講演) PC12細胞における細胞周期制御因子によるアポトーシス誘導. 片山和浩, 土橋洋, 亀谷徹(病理): 第23回日本分子生物学会年会(2000.12.16), 神戸, 日本分子生物学会雑誌, 23: 805, 2000.

319. [学会(地方)](一般講演) 縦隔卵黄嚢腫瘍の1例. 加戸伸明, 大野英治, 服部学(医療衛生), 横山大, 柿沼廣邦(病理部), 渡辺純(病理), 須藤哲雄(内), 蔵本博行(医療衛生): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.24, 2000.

320. [学会(地方)](一般講演) 胸腺カルチノイドの1例. 西村由香里, 大野英治, 服部学(医療衛生), 横山大, 豊永真澄(細胞診), 渡辺純(病理), 品田純(胸外), 蔵本博行(医療衛生): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.25, 2000.

321. [研究会(全国)](一般講演) 左卵管腫瘍の1例. 渡辺純, 岩渕啓一(病理): 第12回婦人科病理研究会(2000.06.10), 山形.

322. [研究会(全国)](一般講演) Competitive RT-PCR法を用いたGH産生腺腫におけるGH, Pit-1およびGHRH-R発現の検討. 成高平治, 亀谷徹(病理), 岡秀宏, 小林郁夫(脳外), 大谷光弘, 河瀬斌: 第4回日本内分泌病理研究会(2000.11.11), 東京.

323. [研究会(全国)](一般講演) 肺の神経内分泌癌と神経分化決定遺伝子hash1の発現. 蒋世旭(病理), 梅沢敦子(形態系), 寺崎武夫, 佐々木一樹(国立がんセン), 亀谷徹(病理): 第4回日本内分泌病理研究会(2000.11.11), 東京, 日本内分泌学会雑誌, 76: 517, 2000.

324. [研究会(全国)](一般講演) 卵巣に発生したsmall round cell sarcomaの1例. 岩渕啓一(病理): 第13回婦人科病理研究会(2000.12.17), 倉敷.



<<09 衛生学・公衆衛生学>>

325. [原著] Magnetometric evaluation for the effect of silicon carbide whisker on alveolar macrophages. 渡辺光康, 岡田充史, 相沢好治(衛), 酒井康弘, 山科正平(解剖学), 小谷誠(東京電機大): Industrial Health, 38(2): 239〜245, 2000.

326. [原著] Analysis of Japanese occupational health services for smallーscale enterprises, in comparison with the recommendations of the joint WHO/ILO task group. 武藤孝司(順大), 高田勗(中央労働災害防止協会), 相沢好治(衛), 溝上哲也(産業医大): Int. Arch. Occup. Environ. Health, 73: 352〜360, 2000.

327. [原著] 剖検によって確診された勤労年齢層の突然死の実態:その季節別頻度, 発症時間と行動様式について. 大和田真紀子(内), 中畑潤一(救命), 相崎俊哉, 和泉徹(内), 新津谷真人(衛), 杉浦由美子(予防医学系), 相沢好治(衛), 永井智紀, 栗原克由(法医): 日本職業・災害医学会会誌, 48(1): 66〜71, 2000.

328. [原著] 粉じん作業者における肺機能検査の15年間追跡調査. 松原了(厚生省), 相沢好治(衛), 杉浦由美子(予防医学系), 新津谷真人, 遠乗秀樹, 古河泰(衛): 日本職業・災害医学会会誌, 48(3): 239〜247, 2000.

329. [原著] わが国における職業性上肢障害の発生状況. 原田久(秦野保健所), 相沢好治(衛), 中村賢(医療衛生), 新津谷真人, 岡田充史(衛), 杉浦由美子(予防医学系): 北里医学, 30(4): 268〜275, 2000.

330. [原著] 北里大学病院におけるEOG(エチレンオキサイドガス)滅菌作業従事者の健康診断結果の検討. 尾島正幸(衛), 片桐裕史, 門脇武博(医療衛生), 村松準(内), 遠乗秀樹, 相沢好治(衛): 臨床環境医学, 9(2): 75〜80, 2000.

331. [研究報告(その他公的な報告)] 有害因子の生体影響. 相沢好治(衛), 岸玲子(北大), 小泉昭夫(秋田大), 竹下達也(阪大), 千葉百子(順天大), 東敏昭(産医大), 本間健資(産医研): 21世紀の労働衛生研究戦略協議会・第2年次報告書, 日本の労働衛生研究の課題, p.96〜117, 2000.

332. [研究報告(その他公的な報告)] クリーニング作業者の死因構造に関する疫学的研究−平成10年のデータより−. 中村賢, 門脇武博, 鈴木牧彦(医療衛生), 原田久, 高田勗, 相沢好治, 新津谷真人(衛): クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書平成11年度, p.15〜17, 2000.

333. [研究報告(その他公的な報告)] クリーニング所周辺地域のテトラクロロエチレンの大気中・空気中および個人曝露濃度について. 門脇武博, 佐藤聖子, 片桐裕史, 仲座政宏(医療衛生), 高田勗, 相沢好治(衛), 中村賢(医療衛生): クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書平成11年度, p.18〜24, 2000.

334. [研究報告(その他公的な報告)] 高齢者の肺機能に関する調査研究委員報告. :工藤翔二(日医大), 相沢好治(衛), 阿部直(内), 川城丈夫(国立療養所東埼玉病院), 木田厚瑞(東京都老人医療センター), 佐々木英忠(東北大), 高崎雄司(日医大), 西村正治(北大), 冬木俊春(関東労災病院): 高齢者の肺機能に関する調査研究委員報告書(労働省), p.1〜81, 2000.

335. [研究報告(その他公的な報告)] 新種化学物質に係るばく露状況に関する実態調査. 高田勗(中災防), 相沢好治(衛), 川崎一(日本化学工業協会), 川本俊弘(産業医大), 菅野誠一郎(産業医学総合研究所), 熊取谷健一郎, 人首壽雄(日本化学工業協会), 吉田勝美(聖マリ医大), 伊藤正人, 濱本和孝, 平川秀樹(労働省): 新種化学物質に係るばく露状況に関する実態調査報告書(労働省), p.1〜85, 2000.

336. [研究報告(その他公的な報告)] 生涯保健事業に対するかかりつけ医及び医師会の役割. :菊池辰夫(福島県医師会), 多田羅浩三(大阪大), 相沢好治(衛), 榎光義(大阪府医師会), 角田均(三重県医師会), 境春美(東海大), 羽鳥雅之(埼玉県医師会), 村上作之(静岡県医師会), 村山博良(高知県医師会), 八木剛志(熊本県医師会), 柳内統(北海道医師会), 湯藤進(東京都医師会), 吉田勝美(聖マリ医大): 日本医師会公衆衛生委員会答申, p.1〜24, 2000.

337. [研究報告(その他公的な報告)] 神経の毒性に物質に係る健康診断の枠組みと考え方. 高田勗(中災防), 井上尚英(九大), 香山不二雄(自治医大), 矢野栄二(帝京大), 吉田勝美(聖マリ医大), 相沢好治(衛), 岩本晃明(聖マリ医大), 加藤久光(全国労働衛生団体連合会), 岸玲子(北大), 櫻井治彦(産医研), 佐々木功典(山口大), 津金昌一郎(国立ガンセンター), 中林正雄(東女医大), 木村嘉勝, 伊藤正人, 今塩谷章, 田川順一, 鈴木章記, 佐々木孝治, 上家和子, 田中一成(労働省): 発がん性, 生殖毒性, 神経毒性等有害性の考えられる物質に対する健診手法の検討委員会報告書(中災防), p.46〜69, 2000.

338. [研究報告(その他公的な報告)] ガラス繊維等の疫学的調査研究に関するデータベースの作成および有害性試験のための標準繊維の作成方法の研究委員会報告. 高田勗(中災防), 相沢好治(衛), 神山宣彦(産業医学総合研修所), 高橋保治(日本無線), 富田雅行(ニチアス), 西沢共司(日本バイオアッセイ研究センター), 東敏昭(産業医大), 森永謙二(大阪府立成人病センター), 矢野栄二(帝京大), 今塩屋章, 鈴木章記(労働省), 工藤光弘, 棗田衆一郎(中災防): 平成10年度ガラス繊維等の疫学的調査研究に関するデータベースの作成および有害性試験のための標準繊維の作成方法の研究委員会報告書(労働省), p.1〜216, 1999.

339. [研究報告(その他公的な報告)] 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究. 大井玄(国立環境研), 相沢好治(衛), 荒記俊一(東大), 安藤正典(国立医薬品食品衛生研), 浦野紘平(横浜国大), 久保木富房(東大), 竹中洋(大阪医大), 土屋悦輝(東京都衛生研), 難波瀧人(眼), 西岡清(東医歯大), 橋本信也(慈医大), 藤巻秀和(立環境研), 吉村健清(産業医大), 石川哲, 鈴木達夫, 宮田幹夫(北研): 平成11年度環境中微量化学物質影響調査研究報告書(U)(日本公衆衛生協会), p. 1〜93, 2000.

340. [研究報告(その他公的な報告)] 化学物質過敏症の認定法等に関する諸外国の研究. 相沢好治, 新津谷真人, 遠乗秀樹, 大和田真紀子, 岡田充史, 渡辺光康(衛): 平成11年度災害科学に関する委託研究報告書(労働省), p.1〜54, 2000.

341. [研究報告(その他公的な報告)] 石綿及び繊維状物質等の有害性に関する調査研究. 高田勗(中災防), 相沢好治(衛), 神山宣彦(産医研), 高橋保治(日本無線), 富田雅行(ニチアス), 西内紀八郎(大塚化学), 東敏昭(産業医大), 森永謙二(大阪府立成人病セン), 矢野栄二(帝京大), 西沢共司(日本バイオアッセイ研究セン), 田川順一, 佐々木孝治(労働省): 平成11年度石綿及び繊維状物質等の有害性に関する調査研究委員会報告書(中災防), p.1〜206, 2000.

342. [研究報告(その他公的な報告)] 化学物質過敏症予防のための労働衛生管理技法に関する研究. 相沢好治, 苅部ひとみ, 新津谷真人, 遠乗秀樹(衛): 平成11年度中央労働災害防止協会委託研究報告書 化学物質過敏症予防のための労働衛生管理技法に関する研究, p.1〜54, 2000.

343. [研究報告(その他公的な報告)] 化学物質過敏症と他の類似疾患との関連について. 相沢好治, 新津谷真人, 遠乗秀樹, 岡田充史(衛): 平成12年度委託研究報告書(労働省)化学物質過敏症と他の類似疾患との関連について, p.1〜68, 2001.

344. [研究報告(その他公的な報告)] 疾病休業データからみた「仕事のストレス判定図」の検討. 橋本修二(東大), 川上憲人(岐阜大), 相沢好治(衛), 小林章雄(愛知医大), 林剛司(日立), 廣尚典(日本鋼管病院), 八田大樹(東大), 石崎昌夫(金沢医大), 原谷隆史(産医研), 藤田定(愛知教育大), 宮崎彰吾, 桝本武(NKK): 労働省平成11年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.27〜34, 2000.

345. [研究報告(その他公的な報告)] 職業性ストレスと健康コホート研究の概要. 川上憲人(岐阜大), 橋本修二(東大), 小林章雄(愛知医大), 林剛司(日立), 相沢好治(衛), 廣尚典(日本鋼管病院), 原谷隆史(産医研), 石崎昌夫(金沢医大), 藤田定(愛知教育大), 桝本武, 宮崎彰吾(NKK): 労働省平成11年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.40〜47, 2000.

346. [研究報告(その他公的な報告)] 職業性ストレスと疾病休業:コホート内患者対象研究. 小林章雄(愛知医大), 川上憲人(岐阜大), 橋本修二(東大), 林剛司(日立), 相沢好治(衛), 廣尚典(日本鋼管病院), 堀礼子, 竹内清美(愛知医大), 原谷隆史(産医研), 石崎昌夫(金沢医大), 藤田 定(愛知教育大), 桝本武, 宮崎彰吾(NKK): 労働省平成11年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.48〜50, 2000.

347. [研究報告(その他公的な報告)] 年齢層別のストレス対策のポイント. 相沢好治, 遠乗秀樹(衛), 川上憲人(岐阜大), 原谷隆史(産医研), 小林章雄(愛知医大), 石崎昌夫(金沢医大), 林剛司(日立), 藤田定(愛知教育大), 桝本武, 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 橋本修二, 荒木俊一(東大): 労働省平成11年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.69〜76, 2000.

348. [研究報告(その他公的な報告)] 職業性ストレス簡易調査票に対する産業医, 看護婦・士の意見調査結果より. 下光輝一(東医大), 川上憲人(岐阜大), 宮崎彰吾(NKK), 相沢好治(衛), 林剛司(日立), 深澤健二(ソニー), 三木明子(宮城大), 廣尚典(日本鋼管病院), 大谷由美子, 小田切優子(東医大): 労働省平成11年度「作業関連疾患の予防に関する研究」労働の場におけるストレス及びその健康影響に関する研究報告書, p.165〜170, 2000.

349. [総説] 微量化学物質と不定愁訴. 石川哲, 宮田幹夫(眼), 坂部貢, 遠乗秀樹(衛), 松井孝子(北研): 総合臨床, 49(12): 2963〜2970, 2000.

350. [総説] 化学物質のさまざまな生体影響−化学物質過敏症(本態性環境不寛容状態). 相沢好治(衛): 働く人の安全と健康, 12(2): 116〜120, 2001.

351. [総説] 化学物質過敏症−確実な診断, 原因物質の特定で個々の症状を踏まえた作業環境管理を対策の柱に. 尾島正幸, 遠乗秀樹, 相沢好治(衛): 労働安全衛生広報, (746): 8〜15, 2000.

352. [総説] 化学物質過敏症について. 相沢好治(衛): 労働衛生管理, 11(4): 23〜26, 2000.

353. [講座] 傷病休業統計報告(平成12年7月分). 新津谷真人(衛): かながわ, 2000(11): 12〜15, 2000.

354. [講座] 傷病休業統計報告(平成12年2月分). 新津谷真人(衛): かながわ, 2000(6): 12〜15, 2000.

355. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(1)−禁止薬物と禁止方法の概略−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大): シクリスムエコ−, 64: 9, 2000.

356. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(2)−禁止薬物とその副作用・興奮剤−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大): シクリスムエコ−, 65: 3, 2000.

357. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(3)−禁止薬物とその副作用・蛋白同化剤, ステロイド剤−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大): シクリスムエコ−, 66: 5, 2000.

358. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(4)−薬を使用するにあたって(1)−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大): シクリスムエコ−, 67: 5, 2000.

359. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(5)−薬を使用するにあたって(2)−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大): シクリスムエコ−, 68: 7, 2000.

360. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(6)−薬を使用するにあたって(3)−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大), 米本吉之(日本調剤): シクリスムエコ−, 69: 9, 2000.

361. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(7)−禁止薬物の種類と禁止方法−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大), 米本吉之(日本調剤): シクリスムエコ−, 70: 5, 2000.

362. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(8)−禁止薬物の種類と禁止方法(2)−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大), 米本吉之(日本調剤): シクリスムエコ−, 71: 5, 2000.

363. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(9)−禁止薬物の種類と禁止方法(3)−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大), 米本吉之(日本調剤): シクリスムエコ−, 72: 5, 2000.

364. [講座] アンチ・ド−ピングについて; 薬の知識(10)−禁止薬物の種類と禁止方法(4)−. 新津谷真人(衛), 笠師久美子(北大), 米本吉之(日本調剤): シクリスムエコ−, 73: 3, 2001.

365. [学会(国際)](一般講演) Job stress and sick absenteeism in Japan; from Japan work and health cohort study. 竹内清美, 小林章雄(愛知医大), 川上憲人(岡山大), 原谷隆史(産医研), 石崎昌夫(金沢医大), 林剛司(日立), 藤田定(愛知教育大), 相沢好治(衛), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 橋本修二, 荒記俊一(東大): 26th International Congress on Occupational Health(2000.08.27), Singapore, Abstracts, p.263, 2000.

366. [学会(国際)](一般講演) Job stress and health in Japan; a summary of baseline findings from Japan work and health cohort study. 川上憲人(岡大), 原谷隆史(産医研), 小林章雄(愛知医大), 石崎昌夫(金沢医大), 林剛司(日立), 藤田定(愛知教育大), 相沢好治(衛), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 橋本修二, 荒記俊一(東大): 26th International Congress on Occupational Health(2000.08.27), Singapore, Abstracts, p.327, 2000.

367. [学会(国際)](ポスター講演) Magnetometric evaluation for the cytotoxicity of gallium arsenide to alveolar macrophages in hamsters. 岡田充史(衛), 井上葉子, 杉浦由美子(予防医学系), 苅部ひとみ, 遠乗秀樹, 尾島正幸, 相沢好治, 古河泰(衛), 小谷誠(東京電機大): 26th International Congress on Occupational Health(2000.08.27), Singapore, Abstracts, p.584, 2000.

368. [学会(国際)](ポスター講演) Magnetometric evaluation for the cytotoxicity of arsenic chloride solution to alveolar macrophages in hamsters.井上葉子(予防医学系), 岡田充史(衛), 小松裕美(予防医学系), 新津谷真人, 渡辺光康, 相沢好治(衛), 泊利栄子(NTT東京), 小谷誠(東京電機大): 26th International Congress on Occupational Health(2000.08.27), Singapore, Abstracts, p.637, 2000.

369. [学会(国際)](ポスター講演) The risk and prevention of fractures in persons with long-term spinal cord injury caused by labor accidents.今井香織, Ikeda, S., 門脇武博(医療衛生), 相沢好治(衛): 26th International Congress on Occupational Health(2000.08.27), Singapore, Abstracts, p.654, 2000.

370. [学会(国際)](ポスター講演) Gender, age and job stress in Japan.相沢好治, 遠乗秀樹, 尾島正幸(衛): 26th International Congress on Occupational Health(2000.08.27), Singapore, Abstracts, p.672, 2000.

371. [学会(国際)](ポスター講演) Relationship between the job content questionnare and the generic job stress questionnaire.原谷隆史(産医研), 三木明子(宮城大), 川上憲人(岡大), 小林章雄(愛知医大), 石崎昌夫(金沢医大), 林剛司(日立), 藤田定(愛知教育大), 相沢好治(衛), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 橋本修二, 荒記俊一(東大): 26th International Congress on Occupational Health(2000.08.27), Singapore, Abstracts, p.675.

372. [学会(全国)](教育講演) MCF-7増殖試験法. 坂部貢(北研), 青山博昭(残留農薬研), 宮田幹夫, 石川哲(北研), 相沢好治, 新津谷真人, 遠乗秀樹, 岡田充史, 渡辺光康(衛), 井上葉子(予防医学系), 門脇武博, 川上智史(医療衛生), 相川浩幸, 和泉俊一郎, 村野孝代(東海大), 吉田貴彦(旭川医大), 香山不二雄(自治医大), 諏訪芳秀, 藤井亙(サントリー基礎研): 第6回環境ホルモン学会講演会−内分泌撹乱化学物質の評価・試験法−(2000.10.24), 東京, 講演会テキスト, p.33〜39, 2000.

373. [学会(全国)](一般講演) 仕事の不安定さと抑うつ, 心血管疾患危険因子および疾病休業; 職業性ストレスコホート研究ベースラインデータの解析. 川上憲人(岐阜大), 原谷隆史(産医研), 小林章雄(愛知医大), 石崎昌夫(金沢医大), 林剛司(日立), 藤田定(愛知教育大), 相沢好治(衛), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 荒記俊一(東大): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨増): 644, 2000.

374. [学会(全国)](一般講演) 仕事ストレスと疾病休業−職業性ストレスと健康コホート研究データから−. 小林章雄, 竹内清美(愛知医大), 川上憲人(岐阜大), 原谷隆史(産医研), 石崎昌夫(金沢医大), 林剛司(日立), 藤田定(愛知教育大), 相沢好治(衛), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 荒記俊一(東大): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨増): 645, 2000.

375. [学会(全国)](一般講演) 簡易測定法とDNPH-HPLC法での室内ホルムアルデヒド濃度差. 片桐裕史, 門脇武博(医療衛生), 遠乗秀樹(衛), 井上葉子(予防医学系), 相沢好治(衛): 第9回日本臨床環境医学会(2000.06.02), 東京, 抄録集, p.55, 2000.

376. [学会(全国)](一般講演) 環境シグナルによるSS-A/Ro抗原発現増強作用について. 坂部貢(衛), 宮田幹夫, 石川哲(北研), 遠乗秀樹, 相沢好治(衛): 第9回日本臨床環境医学会(2000.06.02), 東京, 抄録集, p.61, 2000.

377. [学会(全国)](一般講演) 北里大学病院におけるEOG滅菌作業従事者の健康診断結果と検査項目についての検討. 尾島正幸(衛), 片桐裕史, 門脇武博(医療衛生), 村松準(内), 小松裕美, 井上葉子, 杉浦由美子(予防医学系), 遠乗陽子, 渡辺光康, 岡田充史, 遠乗秀樹, 新津谷真人, 相沢好治(衛): 第9回日本臨床環境医学会(2000.06.02), 東京, 抄録集, p.70, 2000.

378. [学会(全国)](一般講演) 有機溶剤を使用する印刷工場の一改善事例(第3報). 岡田充史, 新津谷真人, 遠乗秀樹, 渡辺光康(衛), 井上葉子, 杉浦由美子(予防医学系), 永田寛子, 田中瑞枝(医療衛生), 相沢好治(衛): 第9回日本臨床環境医学会(2000.06.02), 東京, 抄録集, p.71, 2000.

379. [学会(全国)](一般講演) 細胞磁界測定法による塩化砒素の肺胞マクロファージの細胞性評価. 岡田充史(衛), 井上葉子, 小松裕美, 杉浦由美子(予防医学系), 相沢好治(衛), 岡安勲, 沼田賀子(病理), 小谷誠(東京電機大): 第27回日本トキシコロジー学術年会(2000.06.28), 横浜, J. Toxicol. Sci., 25(4): 323, 2000.

380. [学会(全国)](一般講演) 某保健福祉事務所におけるエイズ検査の利用状況(第3報). 岡田充史, 相沢好治(衛): 第59回日本公衆衛生学会総会(2000.10.20), 群馬, 日本公衆衛生雑誌, 47(11): 749, 2000.

381. [学会(全国)](一般講演) 自転車競技における薬物の使用状況. 新津谷真人(衛), 坂本陽一(東北学院大), 笠師久美子(北大), 杉浦由美子(予防医学系), 相沢好治(衛): 第11回日本臨床スポーツ医学会学術集会(2000.10.29), 宮崎, 日本臨床スポーツ医学会誌, 8(4): 90, 2000.

382. [学会(全国)](一般講演) 神奈川県の傷病休業統計. 遠乗陽子, 新津谷真人(衛), 泊利栄子(NTT東京), 田口明子(医療衛生), 遠乗秀樹(衛), 杉浦由美子(予防医学系), 相沢好治(衛): 第48回日本職業・災害医学会学術大会(2000.11.01), 東京, 日本職業・災害医学会会誌, 48(臨増): 99, 2000.

383. [学会(全国)](一般講演) 職業性ストレス別にみた抑うつと運動・喫煙の関連について. 尾島正幸, 遠乗秀樹, 相沢好治, 遠乗陽子(衛), 川上憲人(岡大), 原谷隆史(産医研), 小林章雄(愛知医大), 橋本修二(東大), 林剛司(日立健康管理セン), 石崎昌夫(金沢医大), 藤田定(刈谷総合病院), 河野慶三(富士ゼロックス), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 荒記俊一(東大), 桝元武(NKK): 第16回日本ストレス学会学術総会(2000.11.25), 東京, ストレス科学, 15(2): 127.

384. [学会(全国)](ポスター講演) 職業性ストレスの年齢特徴. 遠乗秀樹, 相沢好治, 渡辺光康, 尾島正幸, 遠乗陽子(衛), 川上憲人(岐阜大), 原谷隆史(産医研), 小林章雄(愛知医大), 林剛司(日立), 石崎昌夫(金沢医大), 藤田定(愛知教育大), 河野慶三(富士ゼロックス), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 荒記俊一(東大), 桝元武(NKK): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨時増刊): 163, 2000.

385. [学会(全国)](ポスター講演) 心理社会的要因としての職種, 教育歴, 労働ストレスと肥満の関係について. 石崎昌夫, 森河裕子, 中川秀昭, 山田裕一(金沢医大), 川上憲人(岐阜大), 原谷隆史(産医研), 小林章雄(愛知医大), 林剛司(日立), 藤田定(愛知教育大), 相沢好治(衛), 宮崎彰吾, 廣尚典(NKK), 荒記俊一(東大): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨増): 241, 2000.

386. [学会(全国)](ポスター講演) 神奈川県における疾病休業統計−第2報−. 新津谷真人(衛), 佐藤信一, 泊利栄子(NTT東京), 杉浦由美子(予防医学系), 相沢好治(衛): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨増): 301, 2000.

387. [学会(全国)](ポスター講演) 神奈川県における労働者の死亡調査. 千葉宏一(日本ビクター), 仲村準(ブリヂストン), 新津谷真人(衛), 中野修治(東芝), 浜口伝博(日本IBM), 堀江正知, 廣尚典(NKK), 石渡弘一(神奈川産業保健推進セン): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨増): 303, 2000.

388. [学会(全国)](ポスター講演) 磁界測定方法を用いた塩化砒素の細胞障害性評価. 岡田充史(衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美(予防医学系), 苅部ひとみ, 新津谷真人, 相沢好治(衛), 小谷誠(東京電機大): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨増): 336, 2000.

389. [学会(全国)](ポスター講演) 神奈川県における産業医の資格および評価の調査. 古河泰(富士ゼロックス), 堀江正知, 廣尚典(NKK), 新津谷真人(衛), 仲村準(ブリヂストン), 谷口志保(三井化学), 浜口伝博(日本IBM), 石渡弘一(神奈川産業保健推進センター): 第73回日本産業衛生学会(2000.04.25), 北九州, 日本産業衛生学雑誌, 42(臨増): 385, 2000.

390. [研究会(全国)](一般講演) 蛋白質キナーゼ調節因子の発現に及ぼす環境シグナルの影響. 坂部貢(衛), 宮田幹夫(眼), 松井孝子, 石川哲(北里研), 相沢好治(衛): 第143回北里研究会(2000.05.17), 東京.

391. [学会主催(国内学会)] 第9回日本臨床環境医学会(2000.06.02〜03), 東京, 相沢好治(衛).

392. [学会主催(その他)] 第73回日本産業衛生学会・職業性呼吸器疾患研究会世話人(2000.04.25), 北九州, 相沢好治(衛).



<<10 法医学>>

393. [原著] カルバマゼピン服用てんかん病歴者の急死解剖例の検討. 水沢郁文(福島県立医大), 松井秀和, 栗原克由(法医), 鈴木英樹, 平岩幸一(福島県立医大): 法医学の実際と研究, 43: 207〜213, 2000.

394. [原著] 異状死体と薬物療法の社会医学的考察. 松井秀和(法医), 篠塚達雄(慶大), 杉江秀明, 永井智紀, 栗原克由(法医): 北里医学, 30(4): 276〜284, 2000.

395. [準原著] X染色体上のSTR多型解析. 中村茂基, 永井智紀, 松井秀和, 田渕未里, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由(法医), 中村美穂, 小室歳信(日大歯): DNA多型, 8: 161〜164, 2000.

396. [準原著] 多剤服用による急性薬物中毒の2剖検例. 杉江秀明, 松井秀和, 永井智紀, 田渕未里, 松下浩和, 今井寛, 中村茂基, 古川理孝(法医), 中村美穂(日大歯), 栗原克由(法医): 法中毒, 18(2): 196〜197, 2000.

397. [学会(全国)](一般講演) 異状死体と薬物療法の社会医学的考察. 松井秀和, 武田義之(法医), 堤邦彦(精), 永井智紀, 田渕未里, 杉江秀明, 中村茂基, 今井寛, 古川理孝(法医), 中村美穂, 小室歳信(日大歯), 篠塚達雄(慶大), 栗原克由(法医): 日本法医学会第84次総会(2000.04.21), 和歌山, 日本法医学雑誌, 54(1): 62, 2000.

398. [学会(全国)](ポスター講演) 行動能力が疑問視されたシンナー中毒死の1例. 杉江秀明, 松井秀和, 永井智紀, 田渕未里, 古川理孝, 中村茂基, 今井寛, 栗原文男, 小林英樹, 中丸尚美(法医), 中村美穂(日大歯), 栗原克由(法医): 日本法医学会第84次総会(2000.04.21), 和歌山, 日本法医学雑誌, 54(1): 154, 2000.

399. [学会(全国)](ポスター講演) 自殺と精神科治療歴について. 田渕未里(法医), 堤邦彦(精), 松井秀和, 永井智紀, 荒川有理子, 今井寛, 杉江秀明, 中村茂基, 栗原文男, 小林英樹(法医), 中村美穂, 小室歳信(日大歯), 古川理孝(法医), 宮岡等(精), 栗原克由(法医): 日本法医学会第84次総会(2000.04.21), 和歌山, 日本法医学雑誌, 54(1): 162, 2000.

400. [学会(地方)](一般講演) てんかんを病歴にもつカルバマゼピン服用者の急死例の死因について. 水沢郁文, 平岩幸一(福島医大), 松井秀和, 栗原克由(法医), 鈴木英樹, 匂坂馨(東京都監察医務院): 第1回日本法医学会北日本地方会(2000.09.29), 旭川, 日本法医学雑誌, 54(3): 438, 2000.

401. [学会(地方)](一般講演) 異状死体と剖検システム; (6)左房巨大血栓症の一剖検例. 永井智紀, 古川理孝, 今井寛, 松下浩和, 杉江秀明, 中村茂基, 荒木尚美, 阿部法子, 栗原克由(法医): 第1回日本法医学会北日本地方会(2000.09.29), 旭川, 日本法医学雑誌, 54(3): 438, 2000.

402. [学会(地方)](一般講演) 警察署内の保管車輌に遺棄されていた絞殺死体. 永井智紀, 古川理孝, 松井秀和, 松下浩和, 武田義之, 荒川有理子, 土田繭美, 荒木尚美, 阿部法子, 杉江秀明, 中村茂基, 栗原克由(法医): 第50回日本法医学会九州地方会(2000.10.14), 長崎, 日本法医学雑誌, 54(3): 503, 2000.

403. [学会(地方)](一般講演) 異状死体と剖検システム; (7)病死が疑われた他殺死体. 古川理孝, 永井智紀, 松井秀和, 松下浩和, 荒木尚美, 阿部法子, 杉江秀明, 中村茂基, 今井寛, 栗原克由(法医): 第50回日本法医学会九州地方会(2000.10.14), 長崎, 日本法医学雑誌, 54(3): 504, 2000.

404. [学会(地方)](一般講演) 自殺における地域格差の検討. 荒川有理子(法医), 堤邦彦(精), 永井智紀, 武田義之, 土田繭美, 松井秀和, 松下浩和, 阿部法子, 古川理孝, 杉江秀明, 中村茂基, 今井寛, 栗原文男(法医), 宮岡等(精), 栗原克由(法医): 第69回日本法医学会関東地方会(2000.10.28), 東京, 日本法医学雑誌, 54(3): 451〜452, 2000.

405. [学会(地方)](ポスター講演) 異状死体と剖検システム; (8)入院時と解剖時の血液データの比較. 土田繭美, 杉江秀明, 中村茂基, 今井寛, 松井秀和, 永井智紀, 松下浩和, 武田義之, 荒川有理子, 荒木尚美, 阿部法子, 栗原文男, 古川理孝, 栗原克由(法医): 第69回日本法医学会関東地方会(2000.10.28), 東京, 日本法医学雑誌, 54(3): 456, 2000.

406. [学会(地方)](ポスター講演) 右室壁の解離を伴う下壁梗塞破裂: 梗塞後心破裂の一形式について. 高田綾, 斉藤一之(埼玉医大), 村井達成, 山口吉嗣, 黒崎久仁彦(東京都監察医務院), 永井智紀, 栗原克由(法医), 丹野高三, 原正昭, 矢部勝弘(埼玉医大), 濱松晶彦(東京都監察医務院): 第69回日本法医学会関東地方会(2000.10.28), 東京, 日本法医学雑誌, 54(3): 458, 2000.

407. [学会(地方)](ポスター講演) 口腔内デジタル写真の個人識別への応用に際しての留意点について. 網干博文, 田村維英, 高橋登世子, 中村美穂, 小室歳信(日大歯), 永井智紀, 古川理孝, 栗原克由(法医): 第69回日本法医学会関東地方会(2000.10.28), 東京, 日本法医学雑誌, 54(3): 459〜460, 2000.



<<11 寄生虫学>>

408. [原著] Plants used in Guatemala for the treatment of protozoal infections; 1. Screening of activity to bacteria, fungi and American trypanosomes of 13 native plants. Caceres, A., Lopez, B., Gonzalez, S.(サンカルロス大), Berger, I.(ウイーン大), Tada, I.(九大), 牧純(寄): J. Ethnopharmacol., 62: 195〜202, 1998.

409. [原著] Recognition of schistosomiasis japonica in Katayama area, Hiroshima Prefecture before Meiji Restoration, especially that by the herb doctor, Yoshinao FUJII. 牧純(寄), Sakagami, H.(明海大), 桑田正広(代謝蛋白): Jpn. J. History of Pharmacy, 35(2): 114〜116, 2000.

410. [短報・速報] An international cooperative study for the treatment and control of Chagas disease with scientific utilization of local medicinal plants. 牧純(寄), Kojima, H.(薬学部), 桑田正広(代謝蛋白), 伊藤洋一(寄), Caceres, A., Meza, F., Matta, V.L., Nave, F.(サンカルロス大), Ogata, K., Tabaru, Y.(JICA), Tada, I.(九大): J. Japan Assoc. Int. Health, 14(1): 57〜59, 2000.

411. [短報・速報] European traditional healers persecuted as witches and Kenyan traditional doctors. 牧純(寄), Kojima, H.(薬学部), Sakagami, H.(明海大), 桑田正広(代謝蛋白): Jpn. J. History of Pharmacy, 34: 100〜101, 1999.

412. [短報・速報] Traditional and scientific utilization of medicinal plants for the treatment of infectious diseases by microorganisms and parasites in the Mayan Civilization region. 牧純(寄), 桑田正広(代謝蛋白), Akahane, H.(福岡大), Sakagami, H.(明海大), Ogata, K.(JICA), Matta, V., Caceres, A.(サンカルロス大), Tada, I.(九大): Jpn. J. History of Pharmacy, 35(1): 72〜74, 2000.

413. [短報・速報] A social pharmaceutical approach with traditional medicines for the control of parasitic diseases in Central America. 牧純(寄), 桑田正広(代謝蛋白), Kojima, H.(薬学部), Sakagami, H.(明海大), Ogata, K.(JICA), Garcia, N., Matta, V., Caceres, A.(サンカルロス大), Tada, I.(九大): Jpn. J. Soc. Pharmaceutical Sci., 18: 71〜73, 1999.

414. [短報・速報] Social pharmaceutical studies of an obstinate infecitous disease by the nematode, Angiostrongylus cantonensis. 牧純(寄), Sakagami, H.(明海大), Akahane, H.(福岡大), 桑田正広(代謝蛋白): Jpn. J. Soc. Pharmaceutical Sci., 19: 51〜53, 2000.

415. [短報・速報] The recognition and suitable chemotherapy of a tissue-parasitic nematode, Trichinella spiralis from a viewpoint of social pharmaceutical sciences. 牧純(寄), Akahane, H.(福岡大), Sakagami, H.(明海大), 桑田正広(代謝蛋白): Jpn. J. Soc. Pharmaceutical Sci., 19: 55〜57, 2000.

416. [研究報告(文部省)] 熱帯地域で使用される伝統薬の抗糸状虫作用. 青木克己, 藤巻康教(長崎大), Khunkitt, W.(タイ・コーンケーン大), 太田房雄(徳島大), 牧純(寄), 木村英作(愛知医大), 堀井洋一郎(宮崎大): 長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集, p.24〜28, 1999.

417. [学術書](分担執筆) Forest and Civilizations; The past, present and future of medicinal plants in Central America with special emphasis on those for the treatment of parasitic diseases in Guatemala, 13: 163〜168, 牧純(寄). 編集 Yasuda, Y.(国際日文研), Lustre Press, Singapore, 2001.03.00発行.

418. [学会(国際)](シンポジウム等) Medicinal plants and parasites in the nature and civilizations. 牧純(寄): "Wa" no kuni International Symposium "Message for the 21st Century"(2000.12.08), 奈良, 自然と文明・調和の21世紀, p.3, 2000.

419. [学会(全国)](ポスター講演) A cooperative trial and a plan in an international health for the control of Chagas disease with scientific utilization of local medicinal plants. 牧純(寄), Caceres, A.(サンカルロス大), Kojima, H.(薬学部), 桑田正広(代謝蛋白), 伊藤洋一(寄), Sakagami, H.(明海大), Meza, F., Matta, V.L., Nave, F.(サンカルロス大), Ogata, K., Tabaru, Y.(JICA), Tada, I.(九大): 第15回日本国際保健医療学会(2000.08.03〜05), 長崎, 抄録集, p.163, 2000.



<<12 実験動物学>>

420. [原著] A novel missense mutation (G2320R) of the thyroglobulin gene causes hereditary hypothyroidism of the rdw rat. Hishinuma, A.(獨協医大), 古舘専一(実動), 大石正道, (理学部), Nagakubo, N.(獨協医大), Namatame, T.(住友金属), Ieiri, T.(獨協医大): Endocrinology, 141(11): 4050〜4055, 2000.

421. [原著] Incidence of scoliosis in rabbits purchased at Kitasato University School of Medicine (1997-1999). 諸星康雄(実動), 中山茂信(実動系), 安達公, 蛯原有男, 笠井謙和(整外), 平本嘉助(医療衛生), Kanai, T.(東女医大), Ikeda, T.(日大): J. Jpn. Scoliosis Soc., 15(1): 32〜37, 2000.

422. [原著] A missence mutation G2320R in the thyroglobulin gene causes non-goitrous congenital primary hypothyroidism in the WIC-rdw rat. Kim, P.S.(シンシナチ大), Ding, M.(名古屋市大), Menon, S.(シンシナチ大), Jung, C-G., Cheng, J-M., Miyamoto, T.(名古屋市大), Li, B.(シンシナチ大), 古舘専一(実動), Agui, T.(名古屋市大): Mol. Endocrinol., 14(12): 1944〜1953, 2000.

423. [準原著] A novel missense mutation (G2320R) of the thyroglobulin gene causes hypothyroidism of the rdw rats. Hishimura, A.(獨協医大), 古舘専一(実動), 大石正道(理学部), Nagakubo, N.(獨協医大), Namatame, N.(住友金属), Ieiri, T.(獨協医大): Endocrine J., 47(Suppl.): 182, 2000.

424. [準原著] Proteome analysis of thyroid proteins with improved two-dimensional gel electrophoresis. 大石正道(理学部), 古舘専一(実動), 大森彬(三菱化学生命研), Hishimura, A., Ieiri, T.(獨協医大), Takamatsu, J., Nagayama, Y., Namba, H., Yamashita, S.(長崎大), 前田忠計(理学部): Endocrine J., 47(Suppl.): 240, 2000.

425. [準原著] Proteome analysis of pancreatic proteins from the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 佐藤守, 大石正道, 前田忠計(理学部), 石黒博樹(協和発酵), 大森彬(三菱化学生命研), 古舘専一(実動): Endocrine J., 47(Suppl.): 240, 2000.

426. [準原著] Incidence of scoliosis in SPF rabbits (NZW) purchased at Kitasato University School of Medicine (1998-1999). 諸星康雄(実動), 中山茂信(実動系), 平本嘉助(医療衛生), Kanai, T.(東女医大), Ikeda, T.(日大): Exp. Anim., 49(Suppl.5): 373, 2000.

427. [準原著] Biochemical study on difficient thyroglobulin from the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 大石正道, 前田忠計(理学部), 古舘専一(実動): J. Endocrinol. Invest., 22(6): 35, 2000.

428. [準原著] Electron-microscopical analysis of the thyroid gland in +/+, rdw/+ and rdw/rdw rats from the rdw colony with hereditary hypothyroidism and dwarfism. 古舘専一(実動), 根本典子, 宮沢七郎(組織・電顕), 酒井康弘(解), 大石正道(理学部): Proc. Jpn. Soc. Comp. Endocrinol., 15: 70, 2000.

429. [研究報告(文部省)] 遺伝性侏儒症/甲状腺機能低下症ラットrdwの原因遺伝子と病態関連物質の探索. 古舘専一(実動), 松浦信夫(児), 酒井康弘(解), 大石正道(理学部), 大森彬(三菱化学生命研): 研究成果報告書, p.1〜40, 2001.

430. [総説] (特集)甲状腺をめぐる諸問題; 甲状腺機能不全等−疾患モデルを中心に−. 古舘専一(実動): アニテックス, 12(3): 107〜113, 2000.

431. [翻訳](分担執筆) Atlas of Canine & Feline Dental Radiography(X線アトラス: 犬と猫の歯科学); Chapter 11: 後天的欠損, p.213〜235; Chapter 12: 外傷, p.238〜257; Chapter 13: 骨病変, p.260〜284, 諸星康雄(実動). 監修 網本昭輝(アミカペットクリニック), 池島厚(日大), 甲能純子(国立科学博物館), 林一彦(日大), 諸星康雄(実動), インターメルク, 東京, 2000.06.20発行.

432. [学会(国際)](シンポジウム等) Thyroglobulin gene abnormalities and their clinical features. Ieiri, T., Hishinuma, A.(獨協医大), Nagakubo, N.(住友金属), 大石正道(理学部), 古舘専一(実動): 6th Asian Conference of Clinical Pathology(2000.10.07〜09), Abstract, p.112〜113, 2000.

433. [学会(国際)](ポスター講演) Proteomic analysis of the OLETF rat with hereditary type 2 diabete mellitus. Tanaka, R., 大石正道, 佐藤守, 前田忠計(理学部), 大森彬(三菱化学生命研), 古舘専一(実動): International Conference on Structural Genomics 2000(2000.11.03), 横浜.

434. [学会(国際)](ポスター講演) An agarose 2-DE method is useful in proteomic analyses of endocrine disturbances: An example applicaiton of the method to analyzing various tissues of the rdw rat with hereditary dwarfism and hypothyroidism. 前田忠計, 大石正道, 佐藤守(理学部), 大森彬(三菱化学生命研), 古舘専一(実動): International Conference on Structural Genomics 2000(2000.11.03), 横浜, Abstract, p.201, 2000.

435. [学会(国際)](ポスター講演) Proteomic analysis of pancreatic proteins from the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 佐藤守, 大石正道, 前田忠計(理学部), Ishiguro, H.(協和発酵), 大森彬(三菱化学生命研), 古舘専一(実動): 3rd International Workshop on Advanced Genomics(2000.11.13), 横浜, Abstract, p.204, 2000.

436. [学会(国際)](ポスター講演) Proteomic analysis of the rdw rat with hereditary dwarfism and hypothyroidism. 前田忠計, 大石正道(理学部), 古舘専一(実動), 酒井康弘(解), 大森彬(三菱化学生命研), Hishinuma, A., Ieiri, T.(獨協医大): 3rd International Workshop on Advanced Genomics(2000.11.13〜14), 横浜, Abstract, p.42, 2000.

437. [学会(全国)](シンポジウム等) Thyroglobulin遺伝子の点突然変異が侏儒症ラット(WIC-rdw)の原因である. Kim, P.S.(シンシナチ大), Cheng, J-M.(名古屋市大), Menon, S.(シンシナチ大), 宮本智美, 鄭且均, 成際明(名古屋市大), Li, B.(シンシナチ大), 古舘専一(実動), 安居院高志(名古屋市大): 日本疾患モデル学会(2000.11.29), 東京, 日本疾患モデル学会記録, 16(Suppl.): 38, 2000.

438. [学会(全国)](一般講演) 実験用SPFウサギ(JW種)の側彎症発症率について(1998〜1999). 諸星康雄(実動), 中山茂信(実動系), 平本嘉助(医療衛生), 金井孝夫(東女医大), 池田忠夫(日大): 第124回日本獣医学会(2000.04.06), 東京, 要旨集, p.183, 2000.

439. [学会(全国)](一般講演) 甲状腺機能低下症ラットrdwのrdw/+と+/+の下垂体-甲状腺系の相違. 古舘専一(実動), 酒井康弘(解), 大石正道(理学部): 第47回日本実験動物学会(2000.05.21), 徳島, 要旨集, p.105, 2000.

440. [学会(全国)](一般講演) 北里大学医学部における購入ウサギ(NZW種)の側彎症発症率について(1998〜1999年). 諸星康雄(実動), 中山茂信(実動系), 平本嘉助(医療衛生), 金井孝夫(東女医大), 池田忠夫(日大): 第47回日本実験動物学会総会(2000.05.23), 徳島, 要旨集, p.116, 2000.

441. [学会(全国)](一般講演) 侏儒症ラットの原因遺伝子(rdw)の同定. 丁銘, 鄭且均, 成際明, 宮本智美(名古屋市大), 古舘専一(実動), 安居院高志(名古屋市大): 第47回日本実験動物学会(2000.05.21), 徳島, 要旨集, p.76, 2000.

442. [学会(全国)](一般講演) ウサギ特発性側彎症診断における基礎的検討. 諸星康雄(実動), 中山茂信(実動系), 平本嘉助(医療衛生), 金井孝夫(東女医大), 池田忠夫(日大): 第27回日本獣医画像診断学会(2000.06.11), 相模原, 抄録集, p.45〜46, 2000.

443. [学会(全国)](一般講演) 甲状腺機能障害による侏儒症ラットの原因遺伝子(rdw)の同定. 安居院高志, 丁銘, 鄭且均, 成際明, 宮本智美(名古屋市大), 古舘専一(実動): 第130回日本獣医学会(2000.10.07〜09), 大阪, 要旨集, p.64, 2000.

444. [学会(全国)](ポスター講演) 甲状腺機能低下症侏儒症ラットrdwのヘテロ接合体(rdw/+)甲状腺の形態学的解析. 古舘専一(実動), 根本典子, 宮沢七郎(組織電顕), 酒井康弘(解), 大石正道(理学部): 第25回日本比較内分泌学会(2000.11.02〜04), 能登, 抄録集, p.43, 2000.

445. [研究会(全国)](一般講演) プロテオームによる糖尿病の病態解析法の開発. 前田忠計(理学部), 大石正道(三菱化学生命研), 亀谷徹(病理), 古舘専一(実動), 松崎伊雄, 大森彬, 河野俊之(三菱化学生命研): 文部省科学研究費補助金特定研究C「ゲノム」4領域合同班会議(2000.07.18), 東京.

446. [研究会(全国)](一般講演) プロテオームによる糖尿病の病態解析法の開発. 前田忠計(理学部), 大石正道(三菱化学生命研), 亀谷徹(病理), 古舘専一(実動), 松崎伊雄, 大森彬, 河野俊之(三菱化学生命研): 文部省科学研究費補助金特定研究C「ゲノム医科学」班会議(2000.11.30), 東京.



<<1401 内科学T >>

447. [原著] Alteration of mucins in rat gastric mucosa healing from acetic acid-induced ulcer: An immunohistochemical study using monoclonal antibodies against gastric mucins. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 栗原誠(関東化学), 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): Biomed. Res., 21(2): 95〜103, 2000.

448. [原著] Close association between high serum ALT and more rapid recurrence of hepatocellular carcinoma in hepatectomized patients with HCV-associated liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma. Tarao, K., Rino, Y., Takemiya, S., Tamai, S., Ohkawa, S., Sugimasa, Y., Miyakawa, K., Morinaga, S.(神奈川県がんセン), 吉田宗紀(外), 渋谷明隆, 国分茂博(内), 柿田章(外), Endo, O.: Intervirology, 43: 20〜26, 2000.

449. [原著] Cardiac L-type calcium channel α1-subunit is increased by cyclic adenosine monophosphate: Messenger RNA and protein expression in intact bone. Wang, X-T.(Johns Hopkins Univ.), 長場静香, 長場泰(内), Leung, S.W., Wang, J., Qiu, W., Zhao, P-L., Guggino, S.E.(Johns Hopkins Univ.): J. Bone Miner. Res., 15(7): 1275〜1285, 2000.

450. [原著] TT virus infection in patients on maintenance haemodialysis and in hospital workers. 渋谷明隆, 里道哲彦(内), 竹内敦子(生化系), 西元寺克礼(内), 桜井慶造(臨検), 小林直之, 吉田煦(さがみ循環器): J. Hosp. Infect., 47: 277〜281, 2001.

451. [原著] Helicobacter pyloriに対する各種抗菌薬, 16薬剤の抗菌力の比較. 保坂美生, 入野田一彦, 中野竜一(内), 北里英郎, 岡本了一(微), 西元寺克礼(内), 井上松久(微): Jpn. J. Antibiot., 53(10): 623〜630, 2000.

452. [原著] Quantitative immunoelectron microscopy of type Y collagen in glomeruli in type T diabetic patients. 守屋達美(内), Groppoli, T.J., Kim, Y., Marer, M.(ミネソタ大): Kidney Int., 59: 317〜323, 2001.

453. [原著] A prospective study of interferon therapy modified by pre-treatment viral load in cirrhotic patients. 白鳥康史(東大), 森山光彦(日大), 今関文男(千葉大), 大久保均, 田中直英, 荒川泰行(日大), 吉田弘彦(東大), 横収賀修(千葉大), 渋谷明隆(内), 松崎松平(東海大), 橋本悦子, 林直諒(東女医大), 広田慶一(大宮日赤), 大橋靖雄, 小俣政男(東大): Liver, 20: 271〜280, 2000.

454. [原著] Metabolites and analogs of 1α,25-dihydroxyvitamin D3: Evaluation of actions in bone. Kadiyala, S.(Johns Hopkins Univ.), 長場静香(内), Takeuchi, K., Yukihiro, S., Qiu, W., Eyes, S.T., Uskokovic, M.R., Posner, G.H., Reddy, G.S., Guggino, S.E.(Johns Hopkins Univ.): Steroids, 66: 347〜355, 2001.

455. [原著] 腸管動静脈奇形; 自験12例と本邦報告例の解析. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 横山薫, 佐田美和, 西元寺克礼(内), 大谷剛正(外), 三富弘之(病理), 磯部義憲(放), 古波倉史子(浦添総合病院), 草野正一(防衛医大): 胃と腸, 35(6): 753〜761, 2000.

456. [原著] NSAID起因性腸病変の臨床的検討. 五十嵐正広, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和, 横山薫, 西元寺克礼(内): 胃と腸, 35(9): 1135〜1145, 2000.

457. [原著] 画像における鑑別と所見の描出−内視鏡診断: 早期胃癌と表層型胃悪性リンパ腫. 今泉弘, 大井田正人, 中山昇典, 越田容子, 渡辺摩也, 木田芳樹, 田辺聡, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 胃と腸, 36(1): 51〜59, 2001.

458. [原著] 大腸sm癌に対する内視鏡的摘除の適応と問題点. 五十嵐正広, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和, 吉沢繁, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 12(2): 1617〜1621, 2000.

459. [原著] 大腸鋸歯状腺腫の内視鏡的検討−特に管状絨毛腺腫との比較. 勝又伴栄, 佐田美和, 五十嵐正広, 吉沢繁, 小林清典, 西元寺克礼(内), 大谷剛正(外), 三富弘之, 岡安勲(病理): 消化器内視鏡, 12(8): 1087〜1095, 2000.

460. [原著] 胃潰瘍の拡大観察による再生粘膜模様. 大井田正人, 中山昇典, 樋口勝彦, 今泉弘, 田辺聡, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 13(3): 346〜352, 2001.

461. [原著] villous tumorの内視鏡診断; 通常内視鏡, X線などによる診断. 佐田美和, 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄(内), 三富弘之(病理): 早期大腸癌, 5(1): 55〜60, 2001.

462. [原著] 内視鏡的超音波断層法による早期大腸癌の深達度診断−大腸内視鏡診断との比較を中心に−. 小林清典, 勝又伴栄, 横山薫, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内): 日本大腸検査学会雑誌, 17(1): 51〜55, 2000.

463. [原著] 大腸sm癌; 新しいsm浸潤度分類の提唱と臨床的有用性. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 横山薫, 佐田美和, 西元寺克礼(内), 大谷剛正(外), 三富弘之(病理): 日本大腸肛門病学会雑誌, 54(1): 24〜35, 2001.

464. [原著] 1型糖尿病における傍糸球体装置のT cell浸潤は糖尿病性腎症の発症に関与するか. 守屋利佳, 守屋達美(内): 北里医学, 30(6): 432〜438, 2000.

465. [原著] 大腸癌ポリペクトミー後のサーベイランスをどうするか. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 横山薫, 勝又伴栄(内): 臨床成人病, 30(6): 799〜805, 2000.

466. [準原著] 特集; 炎症性腸疾患(特にクローン病)の栄養療法は変わったか? Crohn病に対する経腸栄養管理. 横山薫, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内), 桃園忍, 深堀信子(看護部), 野口球子(栄養部): JJPEN, 22(4): 227〜233, 2000.

467. [準原著] ラット酢酸潰瘍修復過程におけるムチン動態について. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 小島洋二, 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): Ulcer Resarch, 26(2): 82〜84, 1999.

468. [準原著] ラット酢酸潰瘍治癒過程における潰瘍被覆ムチンの性状について. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 池沢智明, 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): Ulcer Resarch, 27(2): 135〜136, 2000.

469. [準原著] ラット酢酸潰瘍修復過程, 主として再生上皮化に伴った産生ムチンの変化について. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 小島洋二, 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): 胃分泌研究会誌, 31: 77〜80, 1999.

470. [準原著] Crohn病の腸狭窄や敷石像にステロイド治療法は有効か. 勝又伴栄, 小林清典, 吉沢繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 13(2): 161〜168, 2001.

471. [準原著] 大腸早期癌の内視鏡治療. 五十嵐正広, 小林清典, 横山薫, 佐田美和, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 比企能樹(外): 神奈川県医師会がん検診研究会論文集, p.7〜13, 2000.

472. [準原著] 大きなポリープの取り扱い; 内視鏡的治療の立場から, 手技と適応. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉沢繁, 勝又伴栄(内): 早期大腸癌, 4(6): 537〜543, 2000.

473. [準原著] 高齢者早期胃癌の治療方針−長期経過を考慮してのマネージメント−. 田辺聡(内), 嶋尾仁(外), 村上秩, 北村匡, 中井久雄, 山田至人, 小泉和三郎, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 老年消化器病, 12(1): 19〜23, 2000.

474. [研究報告(文部省)] アダプティブサイトプロテクションにおけるCGRPの関与とPGE2, PGI2の役割. 大野隆(内), 他: 平成11〜12年度科学研究費補助金研究成果報告書, 2001.

475. [症例報告] A case of erythropoietic protoporphyria with liver cirrhosis suggesting a therapeutic value of supplementation with α-tocopherol. 小松弘一(横浜市民病院), 石井公道(国立南横浜病院), 今村清子(横浜市民病院), 丸山勝也(国立久里浜病院), 米井嘉一(日本鋼管病院), 増田英明, 土橋健, 佐島敬清(内): Hepatol. Res., 18: 298〜309, 2000.

476. [症例報告] Mixed carcinoid-adenocarcinoma of the liver. 日高央(内), 桑尾定仁(病理), 国分茂博(内), 柳本邦雄(病理), 高田雅博, 中沢貴秀, 里道哲彦, 西元寺克礼(内): Intern. Med., 39(11): 61〜69, 2000.

477. [症例報告] Multiseptate gallbladder with cholelithiasis diagnosed incidentally in an elderly patient. 三輪亘, 外山久太郎, 北村陽子, 村上和子, 鎌田一寿, 高田哲秀, 田辺裕明, 金山正明(内): Intern. Med., 39(12): 1054〜1059, 2000.

478. [症例報告] Regression of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma with reduced telomerase activity after eradication of helicobacter pylori. 三輪亘, 外山久太郎, 鎌田一寿, 渡辺隆司, 竹吉由加志, 渡辺清治, 本間二郎, 野登誠, 金山正明, 久富寿, 長嶋洋治(内): Intern. Med., 39(4): 300〜304, 2000.

479. [症例報告] 内視鏡的乳頭切除術にて治療しえた十二指腸乳頭部腺腫の1例. 大野隆, 水口澄人, 北村匡(内), 川添一哉(伊勢原協同病院), 橘田輝雄(内), 梶原博(伊勢原協同病院), 朴勝春, 佐伯威男, 西元寺克礼(内): Progress Digestive Endoscopy, 57(2): 102〜103, 2000.

480. [症例報告] 盲腸神経鞘腫の1例. 水口澄人, 大野隆, 村上秩, 北村匡, 橘田輝雄(内), 三須雄二, 別所隆(伊勢原協同病院): Progress of Digestive Endoscopy, 56(2): 80〜81, 2000.

481. [症例報告] 発病後短期間で癌化した潰瘍性大腸炎の1例. 長場静香, 小林清典, 佐田美和, 吉沢繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 大谷剛正(外), 三富弘之(病理): Progress of Digestive Endoscopy, 57(2): 71〜74, 2000.

482. [症例報告] 食道アカラシアに合併した広範囲0-Uc型食道癌の1例. 佐伯威男, 田辺聡, 石井圭太, 朴勝春, 小泉和三郎, 大井田正人, 三橋利温, 西元寺克礼(内), 嶋尾仁(外), 三富弘之(病理): 胃と腸, 35(10): 1293〜1297, 2000.

483. [症例報告] 十二指腸浸潤を伴う肝細胞癌に対しリピオドール・エタノール局注療法(Lip-PEIT)が奏効した1例. 日高央, 高田雅博, 国分茂博, 渡辺真彰, 土橋健, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克礼(内): 医学と薬学, 44(1): 8, 2000.

484. [症例報告] 一度みたら忘れられない内視鏡像 No.124, 成人の腸重積症. 横山薫, 五十嵐正広, 高橋裕之, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 12(4): 485〜487, 2000.

485. [症例報告] 形成から消失までの経過を追跡し得たdouble pylorusの1例. 田原久美子, 三橋利温, 山崎いづみ, 田辺聡, 今泉弘, 木田芳樹, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡の進歩, 57(2): 92〜93, 2000.

486. [症例報告] MRSA敗血症, 大腿骨頭壊死をきたした高齢者潰瘍性大腸炎の1例. 大庭堅太郎(内), 森下鉄夫, 西田浩子, 小原澤英之, 石井裕, 岩橋宏美, 宮下豊, 藤田浩之, 宮沢正行, 村上雅子, 長浜貴彦, 寺田総一郎, 栄本昭剛, 山下裕, 磯部潔(静岡赤十字): 静岡赤十字病院研究報, 20(1): 99〜106, 2000.

487. [症例報告] 高齢で発症した再発性多発性軟骨炎の1例−本邦高齢発症例の検討−. 鎌田一寿, 三輪亘, 本間二郎, 野登誠, 外山久太郎(内): 内科, 86(2): 421〜423, 2000.

488. [症例報告] Tamm-Horsfall蛋白の関与が示唆された急性腎不全の1例. 土田知史, 小沢尚, 岩本正照, 秋月正史(横浜市民病院), 土橋健(内), 増田英明, 中村宣生(横浜市民病院), 長嶋洋治(横浜市大): 日本内科学会雑誌, 89(6): 139〜141, 2000.

489. [症例報告] 皮膚サルコイドーシスを合併した原発性胆汁性肝硬変の1例. 里道哲彦, 渋谷明隆, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理), 新井達(皮): 北里医学, 30: 301〜305, 2000.

490. [臨床治験] Crohn病に対する在宅経腸栄養療法の製剤別比較試験. 横山薫, 小林清典, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 深堀信子(看護部), 野口球子(栄養部): JJPEN, 22(9): 652〜653, 2000.

491. [臨床治験] 小さなポリープの摘除にまつわる問題点−(1)偶発症の予防と対応. 小林清典, 五十嵐正広, 佐田美和, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 早期大腸癌, 4(3): 271〜278, 2000.

492. [総説] GI tumor diagnosis and treatment. 木田光広(内): Endoscopy, 32(11): 836〜844, 2000.

493. [総説] 腸管の循環障害(虚血性腸炎・腸間膜動静脈閉塞など)の原因とその対応. 佐田美和, 勝又伴栄, 横山薫, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内): Medical Practice, 17(4): 617〜620, 2000.

494. [総説] 炎症性腸疾患の治療薬. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広(内): Medicina, 37(12): 1761〜1763, 2000.

495. [総説] 薬物性肝障害−劇症肝炎を例に−. 渡辺真彰, 渋谷明隆, 里道哲彦, 西元寺克礼(内): Pharm D, 2(3): 26〜29, 2000.

496. [総説] 胃粘膜切除の手技. 田辺聡, 西元寺克礼(内): Pharma Medica, 18(4): 27〜31, 2000.

497. [総説] 食道異物・穿孔の診断と治療. 田辺聡, 宮武一志, 西元寺克礼(内), 嶋尾仁(外): 集中治療, 12: 156〜159, 2000.

498. [総説] 特集; 難治性の炎症性腸疾患: 難治性の炎症性腸疾患治療へのアプローチ, 2)ステロイド剤の使い方−潰瘍性大腸炎に対するパルス療法と動注療法. 横山薫, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 消化器の臨床, 3(4): 438〜440, 2000.

499. [総説] 胃十二指腸瘻の出現部位による内視鏡分類. 田辺聡, 三橋利温, 西元寺克礼(内), 片田夏也, 嶋尾仁(外): 消化器内視鏡, 12(1): 56〜57, 2000.

500. [総説] 内視鏡画像の原理. 今泉弘, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 12(11): 1564〜1567, 2000.

501. [総説] 内視鏡画像の処理・解析. 今泉弘, 大井田正人, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 12(6): 682〜683, 2000.

502. [総説] 上部消化管出血に対する内視鏡的止血法−ACP凝固法. 田辺聡, 村上匡人, 北村匡, 村上秩, 小泉和三郎, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 12(6): 774〜775, 2000.

503. [総説] 高度便秘例への腸管前処置. 勝又伴栄(内): 消化器内視鏡, 12(6): 880〜881, 2000.

504. [総説] 大腸出血憩室の特定と止血. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄(内): 消化器内視鏡, 12(6): 936〜937, 2000.

505. [総説] 大腸の炎症性疾患の診断に注腸造影は省略できるか−潰瘍性大腸炎とCrohn病を中心に−. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 吉沢繁, 横山薫, 佐田美和, 西元寺克礼(内): 消化器内視鏡, 13(1): 97〜103, 2001.

506. [総説] 消化性潰瘍と癌. 西元寺克礼, 岡部治弥(内): 消化性潰瘍−臨床と基礎, 19(1): 52〜57, 2001.

507. [総説] 消化器疾患と妊娠. 小林清典, 西元寺克礼(内): 新薬と治療, 50(3): 8〜9, 2000.

508. [総説] 内視鏡的粘膜切除術. 勝又伴栄(内): 総合消化器ケア, 5(3): 23〜27, 2000.

509. [総説] 消化管X線画像の読み方(Y)小腸癌, 腸管悪性リンパ腫のX線診断. 吉沢繁, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 49(11): 2896〜2900, 2000.

510. [総説] 消化管X線画像の読み方(T)炎症性腸疾患 (1)虚血性大腸炎・大腸憩室炎. 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 49(6): 1875〜1880, 2000.

511. [総説] 消化管X線画像の読み方(U)Crohn病のX線診断. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 49(7): 2094〜2099, 2000.

512. [総説] 消化管X線画像の読み方(V)炎症性腸疾患 (3)潰瘍性大腸炎. 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 49(8): 2284〜2289, 2000.

513. [総説] 消化管X線画像の読み方(W)炎症性腸疾患(4)腸結核, 単純性潰瘍, 腸型ベーチェット病. 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 49(9): 2469〜2474, 2000.

514. [総説] 口腔内の炎症. 三橋利温, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 49(増): 1193〜1195, 2000.

515. [総説] 消化管X線画像の読み方−隆起型早期胃癌. 田辺聡, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 50(1): 126〜129, 2001.

516. [総説] 消化管X線画像の読み方−胃粘膜下腫瘍. 今泉弘, 山田至人, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 50(2): 350〜353, 2001.

517. [総説] 糖尿病足病変の予防と再発防止. 金森晃(内): 糖尿病, 43(7): 541〜544, 2000.

518. [総説] 糖尿病合併症と薬物療法. 金森晃, 中嶋真一(内): 薬局, 51(11): 2351〜2359, 2000.

519. [総説] アカラシア; アカラシアの内科的治療. 田辺聡, 西元寺克礼(内): 臨床消化器内科, 15(7): 149〜153, 2000.

520. [総説] 硬度可変式スコープ(CF-Q240AI)による検査の実際. 五十嵐正広, 小林清典, 吉沢繁, 佐田美和, 勝又伴栄(内): 臨床消化器内科, 16(2): 173〜178, 2001.

521. [講座] 新しい診断機器開発の隘路と展望. 寺田昌章, 小松研一, 星原芳雄, 八尾建史, 斉藤裕輔, 木田光広(内), 今井裕, 小倉敏裕: 胃と腸, 35(13): 1650〜1674, 2000.

522. [講座] 腸管の血管性病変−限局性腫瘍状病変を中心に−. 西元寺克礼(内): 胃と腸, 35(6): 741〜742, 2000.

523. [講座] 大腸の多発ポリープの摘除と回収法. 五十嵐正広(内): 消化器内視鏡, 12(6): 920〜921, 2000.

524. [講座] 大腸癌のX線診断. 高橋裕之, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 総合臨床, 49(10): 2675〜2679, 2000.

525. [講座] 陥凹型早期胃癌(Uc型)のX線診断. 西元寺克礼, 大井田正人, 竹沢三代子(内): 総合臨床, 49(12): 3096〜3101, 2000.

526. [講座] 胃潰瘍の薬物療法. 大井田正人(内): 臨床と研究, 78(1): 179〜180, 2001.

527. [学術書](分担執筆) 胆道疾患MRCPからメタリックステンドまで; 腹部超音波および超音波内視鏡診断, p.1〜18, 木田光広, 渡辺摩也, 西元寺克礼(内). 編集 藤田力也(昭和大), 池田靖洋(福岡大), 金原出版, 東京, 2000.10.10発行.

528. [学術書](分担執筆) マスター3次元超音波; 食道・胃・小腸に対する内視鏡的3次元超音波, p.146〜155, 木田光広, 渡辺摩也, 西元寺克礼(内). 編集 竹内久弥(順天大), 馬場一憲(東大), メジカルビュー社, 東京, 2001.03.10発行.

529. [教科書](分担執筆) 消化器内視鏡New Procedure, 消化管; 大腸出血性病変診断のコツ, p.194〜195, 吉沢繁, 勝又伴栄(内). 編集 山中恒夫(自治医大), メジカルレビュー社, 東京, 2000.11.01発行.

530. [その他の著書](分担執筆) 今日の治療指針 2001; 潰瘍性大腸炎, p.409〜411, 勝又伴栄(内). 編集 多賀須幸男(多賀須クリニック), 尾形悦郎(癌研附属病院), 山口徹(東邦大), 北原光夫(済生会中央病院), 医学書院, 東京, 2001.01.01発行.

531. [その他の著書](分担執筆) 今日の治療指針 2001; 大腸ポリープ, p.416〜417; 下痢, p.464〜465, 小林清典(内). 編集 多賀須幸男(多賀須クリニック), 尾形悦郎(癌研附属病院), 山口徹(東邦大), 北原光夫(済生会中央病院), 医学書院, 東京, 2001.01.15発行.

532. [その他の著書](分担執筆) 必携消化器内視鏡; 異物除去, p.173〜176, 田辺聡(内), 嶋尾仁(外), 西元寺克礼(内). 編集 磨伊正義(金沢大), 酒井義浩(東邦大), 南山堂, 東京, 2000.00.00発行.

533. [その他の著書](分担執筆) 図説消化器病シリーズ−胃悪性腫瘍; 早期胃悪性腫瘍の治療−EMR, p.162〜167, 田辺聡, 小泉和三郎, 西元寺克礼(内). 編集 三木一正(東邦大), 2000.00.00発行.

534. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 糖尿病療養指導士のための糖尿病の生活指導ガイドライン; 糖尿病患者の自己管理はなぜ必要か, p.20〜24, 北村信一(済生会向島病院), 神康之(内). 編集 梶沼宏, 羽倉稜子, 岩本安彦, 金原出版, 東京, 2000.04.01発行.

535. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 実践癌化学療法別副作用対策; 胃癌(手術不能胃癌)−FMP療法, p.119, 小泉和三郎, 田辺聡, 木田芳樹, 山崎いづみ, 渡辺摩也, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克礼(内). 編集 古江尚(帝京大), メディカルレビュー社, 大阪, 2000.04.20発行.

536. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 実践癌化学療法別副作用対策; 胃癌(手術不能胃癌)−5'-DFUR/CDDP療法, p.123, 小泉和三郎, 田辺聡, 木田芳樹, 山崎いづみ, 渡辺摩也, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克礼(内). 編集 古江尚(帝京大), メディカルレビュー社, 大阪, 2000.04.20発行.

537. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 実践癌化学療法別副作用対策; 胃癌(手術不能胃癌)−5'-DFUR/MMC/CDDP療法, p.124, 小泉和三郎, 田辺聡, 木田芳樹, 山崎いづみ, 渡辺摩也, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克礼(内). 編集 古江尚(帝京大), メディカルレビュー社, 大阪, 2000.04.20発行.

538. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 癌化学療法ハンドブック(7); 消化器系腫瘍−胃癌切除不能進行未治療例, p.80〜81, 小泉和三郎(内), 栗原稔(昭和大). 協和企画, 東京, 2000.08.21発行.

539. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 癌化学療法ハンドブック(7); 消化器系腫瘍−胃癌手術不能進行例, パイロットスタディー, p.82〜83, 小泉和三郎, 田辺聡, 近藤一英, 山崎いづみ, 西元寺克礼(内), 栗原稔(昭和大). 協和企画, 東京, 2000.08.21発行.

540. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 消化器; 悪心・嘔吐, 下痢・便秘, p.14〜17, 三橋利温, 西元寺克礼(内). 監修 西元寺克礼(北里大), 医薬ジャーナル, 大阪・東京, 2000.11.10発行.

541. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 消化器疾患最新の治療 2001〜2002; 胃潰瘍 (b)維持療法, p.127〜130, 三橋利温, 西元寺克礼(内). 編集 戸田剛太郎(慈恵医大), 杉町圭蔵(九大), 中村孝司(帝京大), 南江堂, 東京, 2001.02.10発行.

542. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 消化器疾患最新の治療 2001〜2002; 大腸ポリープ, ポリポーシス, p.214〜218, 勝又伴栄, 五十嵐正広(内). 編集 戸田剛太郎(慈恵医大), 杉町圭蔵(九大), 中村孝司(帝京大), 南江堂, 東京, 2001.02.10発行.

543. [その他の著書(概説書)](監修) 消化器; 監修 西元寺克礼(内), 医薬ジャーナル, 大阪・東京, 2000.11.10発行.

544. [学会(国際)](シンポジウム等) How to find and evaluate early cancer for mucosectomy. 木田光広(内): American Digestive Disease Week(2000.05.22), San Diego, USA.

545. [学会(国際)](シンポジウム等) Diagnosis of early colorectal cancer. 五十嵐正広(内): Video Digest 2000(2000.11.04), Paris.

546. [学会(国際)](シンポジウム等) Three-dimensional EUS for diagnosing the depth of early gastric cancer. 木田光広, 渡辺摩也, 竹沢三代子, 近藤一英, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克礼(内): 8th United European Gastroenterology Week(2000.11.29), Brussels, Endoscopy, 32(Suppl.): 21, 2000.

547. [学会(国際)](ワークショップ) Endoscopic ultrasonography and mucosectomy. 木田光広(内): 15th International Workshop on Therapeutic Endoscopy(2000.12.05〜07), Hong Kong.

548. [学会(国際)](ポスター講演) Phase T/U study of CPT-11 plus CDDP in patients with advanced gastric carcinoma. Takiuchi, H.(阪医大), Kurihara, M.(昭和大), 小泉和三郎(内), Sato, A.(昭和大), Akazawa, S.(埼玉がんセン), Kuko, Y.(久留米大), Fukuyama, E.(君津中央), Iwasaki, R.(順天大), 田辺聡, 西元寺克礼(内), Shimada, K.(昭和大): American Society of Clinical Oncology(2000.05.20), New Orleans, USA, J. Clin. Oncol, 19: 275, 2000.

549. [学会(国際)](ポスター講演) A phase U study of UFT plus cisplatin (UFTP) therapy in patients with advanced gastric cancer. Sato, A., Kurihara, M.(昭和大), 小泉和三郎(内), Takeda, Y.: American Society of Clinical Oncology(2000.05.20), New Orleans, USA, J. Clin. Oncol., 19: 279, 2000.

550. [学会(国際)](ポスター講演) Characteristics of human hepatocellular carcinoma-associated aldehyde dehydrogenase. 里道哲彦(内), 竹内敦子(生化系), 中島洋一(遺伝), 渋谷明隆, 西元寺克礼(内): 10th International Society for Biomedical Research on Alcoholism(2000.07.03), 横浜.

551. [学会(国際)](ポスター講演) Phase T/U study of CPT-11 and CDDP in patients with advanced gastric carcinoma. 田辺聡, 栗原稔, 小泉和三郎, 佐藤温, 赤沢修吾, 久保保彦, 滝内比呂也, 福山悦男, 岩崎良三, 西元寺克礼(内), 嶋田顕: 25th ESMO Congress(欧州医学腫瘍学会議)(2000.10.15), ハンブルグ, Ann. Oncol., 11(4): 64, 2000.

552. [学会(国際)](ポスター講演) Prediction of response to doxifluridine and capecitabine in patients with inoperable advanced gastric cancer by immunostaining of thymidine phosphorylase/platelet derived endothelial cell growth factor. 小泉和三郎, 西元寺克礼(内), 岡安勲(病理), 栗原稔(昭和大): Cancer Detection and Prevention(2000.10.29), ジュネーブ, Cancer Detection and Prevention, 24(Suppl.1): 203, 2000.

553. [学会(国際)](ポスター講演) Pharmacokinetics (PK) and efficacy of S-1 plus cisplatin (CDDP) in patients with advanced gastric cancer (GC): A phase T/U study. 小泉和三郎, 田辺聡, 西元寺克礼(内), Ohtsu, A., Boku, N., Nagashima, F., Muto, M.(国立がんセン): 11th NCI-EORTC-AACR Symposium on New Drugs in Cancer Therapy(2000.11.07), オランダ, Abstracts, p.150〜151, 2000.

554. [学会(国際)](ポスター講演) The clinical significance of magnetic responance cholanglipancreatgraphy (MRCP) in pancreaticobiliary disease. 白須恭子, 木田光広, 竹沢三代子, 荒木正雄, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉弘, 西元寺克礼(内): 8th United European Gastroenterology Week(2000.11.29), Brussels, Belgium.

555. [学会(国際)](ポスター講演) Occurrence of specific mucin detected by monoclonal antibodies in rat gastric mucosa regenerating from acetic acid-induced ulcer. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 岡安勲(病理), 西元寺克礼(内): 8th United European Gastroenterology Week(2000.11.27), Brussels, Belgium, Gut, 47(Suppl.3): 76, 2000.

556. [学会(国際)](ポスター講演) Pharmacokinetic and pharmacodynamic study of S8117 (controlled-release oxycodone tablet) on opioid naive patients with cancer-related pain. 小泉和三郎, 田辺聡, 長場静香, 西元寺克礼(内), 野中美和(薬剤部): 2nd Asian Pacific Symposium on Pain Control(2001.01.26), シドニー.

557. [学会(国際)](ポスター講演) Clinical usefulness of endoscopic ultrasonography for determining the therapeutic methods of early colorectal cancer. 小林清典, 横山薫, 木田光広, 勝又伴栄, 佐田美和, 渡辺摩也, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内): 12th International Sympsium on Endoscopic Ultrasonography(2001.02.12), Monaco, Endoscopy, 32(2): 20, 2001.

558. [学会(全国)](特別講演) 胃穹隆部静脈瘤の成立機序と難治性要因. 樋口勝彦, 国分茂博, 日高央, 高田雅博, 西元寺克礼(内), 滝川政和, 佐々木真弓, 磯部義憲(放): 第7回日本門脈圧亢進症学会総会(2000.09.18), 東京, 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 6(2): 91, 2000.

559. [学会(全国)](シンポジウム等) 超音波内視鏡による大腸早期癌診断と粘膜筋板の描出能. 小林清典, 木田光広, 勝又伴栄(内): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.30), 京都, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増): 547, 2000.

560. [学会(全国)](シンポジウム等) 切除不能胃癌に対する化学療法の現状と展望. 小泉和三郎(内): Cancer Week in Kumamoto(2000.06.01), 熊本.

561. [学会(全国)](シンポジウム等) 癌化学療法におけるpharamacogenetica: 基礎の立場から. 有吉範高, 藤田健一, 醍醐聡, 高橋芳樹(北大), 池田和正, 西岡安彦, 永山積太(大鵬薬品), 小泉和三郎, 田辺聡, 西元寺克礼(内): 第21回臨床薬理学会(2000.09.28〜29), 札幌.

562. [学会(全国)](シンポジウム等) Colonoscopy more than ever. 五十嵐正広(内): DDW-Japan 2000(2000.10.27), 神戸.

563. [学会(全国)](シンポジウム等) 大腸早期癌診療における超音波内視鏡検査の位置付け. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄(内): 第55回日本大腸肛門病学会総会(2000.11.10), 福岡, 日本大腸肛門病学会雑誌, 53(9): 618, 2000.

564. [学会(全国)](シンポジウム等) 早期大腸癌の内視鏡的摘除後のfollow-upに関する検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄(内): 第18回日本大腸検査学会総会(2000.11.26), 東京, プログラム, p.51, 2000.

565. [学会(全国)](ワークショップ) EVISからみた右胃静脈系の検討. 日高央, 国分茂博, 高田雅博, 西元寺克礼(内), 磯部義憲(放): 第7回日本門脈圧亢進症学会総会(2000.09.19), 東京.

566. [学会(全国)](ワークショップ) 進行胃癌における癌化学療法の効果判定と生存期間. 小泉和三郎(内): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.22), 仙台.

567. [学会(全国)](ワークショップ) Monofilaments法を用いた糖尿病患者における感覚障害の検出. 神康之, 金森晃, 進士永子, 望月まどか, 青柳祥夫, 中嶋真一, 田中啓司, 守屋達美, 藤田芳邦(内): 第15回日本糖尿病合併症学会(2000.10.21), 東京, 糖尿病合併症, 14(Suppl.1): 46, 2000.

568. [学会(全国)](ワークショップ) 糖尿病足病変の危険因子スクリーニング. 金森晃(内), 青木主税(医療衛生), 神康之, 藤田芳邦(内): 第15回日本糖尿病合併症学会(2000.10.21), 東京, 糖尿病合併症, 14(Suppl.1): 65, 2000.

569. [学会(全国)](ワークショップ) 10 mm未満の大腸sm massive癌の臨床病理学的検討. 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広(内): 第60回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan 2000)(2000.10.28), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(Suppl.): 1569, 2000.

570. [学会(全国)](ワークショップ) 超音波内視鏡による胃壁層構造の検討. 木田光広, 西元寺克礼(内): 第60回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan 2000)(2000.10.26), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(Suppl.): 1581, 2000.

571. [学会(全国)](ワークショップ) NSAID起因性腸病変の臨床的検討. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和(内): 第55回日本大腸肛門病学会総会(2000.11.11), 福岡, 日本大腸肛門病学会雑誌, 53(9): 600, 2000.

572. [学会(全国)](ワークショップ) 重症膵炎に対する膵酵素阻害剤・抗生物質持続動注療法の有用性. 奥野順子, 今泉弘(内): 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15), 小倉, 日本腹部救急医学会雑誌, 21(2): 317, 2001.

573. [学会(全国)](一般講演) ラット酢酸潰瘍修復過程における潰瘍周辺及び再生上皮細胞産生ムチンの動態について. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 小島洋二, 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): 第41回日本消化器病学会総会(1999.10.29), 広島.

574. [学会(全国)](一般講演) 潰瘍性大腸炎におけるステロイド強力静注療法抵抗例に対する治療−ステロイド動注療法とパルス療法の無作為比較試験. 横山薫, 勝又伴栄, 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内): 第86回日本消化器病学会総会(2000.04.20〜22), 新潟, 日本消化器病学会雑誌, 97(臨増): 260, 2000.

575. [学会(全国)](一般講演) 肝細胞癌におけるALDH3の発現とその臨床意義. 里道哲彦(内), 竹内敦子(生化系), 中島洋一(遺伝), 渋谷明隆, 西元寺克礼(内): 第86回日本消化器病学会総会(2000.04.21), 新潟, 日本消化器病学会雑誌, 97(臨増): A204, 2000.

576. [学会(全国)](一般講演) 上部消化管のリンパ濾胞過形成の臨床病理学的検討. 三輪亘, 外山久太郎, 北村陽子, 田辺裕明, 竹吉由加志, 渡辺隆司, 渡辺清治, 本間二郎, 野登誠, 金山正明(内): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.29), 京都.

577. [学会(全国)](一般講演) 2型糖尿病の腎症早期における腎糸球体メサンギウム拡大は5年後の尿アルブミン排泄増加に関与する. 守屋達美, 神康之, 藤田芳邦, 田中啓司, 矢島義忠(内): 第43回日本糖尿病学会学術集会(2000.05.26), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.): 174, 2000.

578. [学会(全国)](一般講演) 糖尿病性神経障害(DN)スクリーニングにおけるSemmes-Weinstein Monofilaments (SWM)法の有用性. 神康之, 金森晃, 望月まどか, 青柳祥夫, 土信田文隆, 中嶋真一, 守屋達美, 的場清和, 藤田芳邦(内): 第43回日本糖尿病学会学術集会(2000.05.27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.): 282, 2000.

579. [学会(全国)](一般講演) 糖尿病患者における足単純エックス線像の解析. 金森晃, 神康之(内), 青木主税(医療衛生), 青柳祥夫, 望月まどか, 土信田文隆, 中嶋真一, 守屋達美, 的場清和, 藤田芳邦(内): 第43回日本糖尿病学会学術集会(2000.05.27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.): 282, 2000.

580. [学会(全国)](一般講演) 糖尿病足病変のリスクマネージメント−発症危険因子とその対策−. 金森晃(内), 新城孝道(東女医大): 第43回日本糖尿病学会年次学術集会(2000.05.26), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.): 87, 2000.

581. [学会(全国)](一般講演) 大腸serrated adenomaの内視鏡および臨床病理学的検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 横山薫, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.29), 京都, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増): 583, 2000.

582. [学会(全国)](一般講演) 内視鏡所見と栄養指標からみた潰瘍性大腸炎の経過. 横山薫, 勝又伴栄, 五十嵐正広(内): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.29), 京都, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増): 583, 2000.

583. [学会(全国)](一般講演) 超音波内視鏡画像処理装置(EU-IP2 system)のMulti Freeze機能の有用性について. 渡辺摩也, 木田光広, 竹沢三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 横山薫, 山崎いづみ, 木田芳樹, 近藤一英, 今泉弘, 小林清典, 田辺聡, 山田至人, 坂口哲章, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.29), 京都, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増): 613, 2000.

584. [学会(全国)](一般講演) 下部消化管出血例に対する緊急大腸鏡の有用性と問題点. 吉沢繁, 勝又伴栄, 横山薫, 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.30), 京都, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増): 642, 2000.

585. [学会(全国)](一般講演) 実践フットケア. 金森晃(内): 第5回日本糖尿病教育・看護学会学術集会(2000.09.24), 横浜, 日本糖尿病教育・看護学会誌, 4(特): 46, 2000.

586. [学会(全国)](一般講演) 糖尿病性足壊疽の予防と対策(第7報);糖尿病外来における足病変スクリーニング. 金森晃(内), 青木主税(医療衛生), 神康之(内), 大渕康裕(永生病院), 遠藤大知(関町病院): 第16回日本義肢装具学会学術大会(2000.10.14), 札幌, 日本義肢装具学会誌, 16(特別): 312〜313, 2000.

587. [学会(全国)](一般講演) ヒト胃粘膜組織におけるモノクロナール抗体を用いたIGF-1の染色性に関する検討(第1報). 中山昇典, 大井田正人, 今泉弘, 木田芳樹, 田辺聡, 小泉和三郎, 西元寺克礼(内): DDW-Japan 2000(2000.10.26), 神戸.

588. [学会(全国)](一般講演) 経皮的ラジオ波焼灼術における合併症の検討. 日高央, 国分茂博, 高田雅博, 山岡佐世, 渡久山哲男, 中山昇典, 里道哲彦, 土橋健, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克礼(内): DDW-Japan 2000(2000.10.26), 神戸, 日本肝臓学会雑誌, 41(Suppl.2): 436, 2000.

589. [学会(全国)](一般講演) 大腸癌狭窄例に対する緊急大腸内視鏡の有用性. 吉沢繁, 勝又伴栄, 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内), 国場幸均, 大谷剛正(外): 第60回日本消化器内視鏡学会総会(2000.10.27), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(Suppl.): 1772, 2000.

590. [学会(全国)](一般講演) 超音波内視鏡の技術的進歩が臨床にもたらすもの. 渡辺摩也, 木田光広, 竹沢三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 国東幹夫, 木田芳樹, 近藤一英, 今泉弘, 小林清典, 田辺聡, 山田至人, 坂口哲章, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 第8回日本消化器関連学会(2000.10.27), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(Suppl.2): 1668, 2000.

591. [学会(全国)](一般講演) Crohn病の経過中に潰瘍性大腸炎類似の内視鏡像を呈した3例. 若林健司, 五十嵐正広, 吉沢繁, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 第55回日本大腸肛門病学会総会(2000.11.11), 福岡, 日本大腸肛門病学会雑誌, 53(9): 805, 2000.

592. [学会(全国)](一般講演) 大腸Crohn病における血管病変の重要性についての検討. 横山薫(内), 三富弘之, 岡安勲(病理), 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 比企能樹(外): 第55回日本大腸肛門病学会総会(2000.11.10), 福岡, 日本大腸肛門病学会雑誌, 53(9): 811, 2000.

593. [学会(全国)](一般講演) 大腸動静脈奇形の臨床病理学的検討. 長場静香, 小林清典, 吉沢繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 国場幸均, 大谷剛正(外), 三富弘之(病理): 第55回日本大腸肛門病学会総会(2000.11.11), 福岡, 日本大腸肛門病学会雑誌, 53(9): 857, 2000.

594. [学会(全国)](一般講演) 緊急ガストログラフィン注腸造影検査の臨床的意義と有用性について. 吉沢繁, 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 第18回日本大腸検査学会総会(2000.11.26), 東京, プログラム, p.51, 2000.

595. [学会(全国)](一般講演) ラット酢酸潰瘍治癒過程における潰瘍被覆ムチンの性状について. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 池沢智明, 西元寺克礼(内): 第27回日本実験潰瘍学会(99.11.25), 長崎.

596. [学会(全国)](ポスター講演) 腹水濾過濃縮再静注法が有効であった膵性腹水の1例. 大野隆, 水口澄人, 北村匡, 河野博久, 橘田輝雄(内): 第86回日本消化器病学会総会(2000.04.20〜22), 新潟, 日本消化器病学会雑誌, 97(臨増): 329, 2000.

597. [学会(全国)](ポスター講演) 2型糖尿病の治療法選択における考察, 第2報. 本宮哲也, 藤井英, 北村信一(済生会向島病院), 百木忠久(横須賀北部共済病院), 松本律子(東芝林間病院), 神康之, 藤田芳邦(内): 第43回日本糖尿病学会学術集会(2000.05.25), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.): 163, 2000.

598. [学会(全国)](ポスター講演) 超音波内視鏡による3次元表示技術の進歩. 荒木正雄, 木田光広, 竹沢三代子, 山崎好喜, 白須恭子, 国東幹夫, 渡辺摩也, 近藤一英, 木田芳樹, 今泉弘, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克礼(内): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.30), 京都.

599. [学会(全国)](ポスター講演) 内視鏡的に観察された空腸癌5症例の検討. 若林健司, 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 横山薫, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 第59回日本消化器内視鏡学会総会(2000.05.30), 京都, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増): 695, 2000.

600. [学会(全国)](ポスター講演) リンパ球刺激試験の方法の工夫と薬物性肝障害の実態. 渡辺真彰, 渋谷明隆, 日高央, 中沢貴秀, 高田雅博, 国分茂博, 西元寺克礼(内), 下田勇治, 坂本久美子(住友金属バイオ): 第36回日本肝臓学会総会(2000.06.09), 福岡, 肝臓, 41(Suppl.): 210, 2000.

601. [学会(全国)](ポスター講演) 原発性胆汁性肝硬変における肝細胞癌の合併. 渋谷明隆(内), 宮川浩(帝京大), 田中克明(横浜市大), 柴田実(昭和大), 橋本直明(東京逓信病院), 天木秀一(日大), 高取正雄(聖マリ医大), 関山和彦(昭和大), 小松達司(国立横浜), 内藤実(都老人医療セン), 中村陽子(国立相模原病院), 森実敏夫(神奈川歯病院): 第36回日本肝臓学会総会(2000.06.08), 福岡, 肝臓, 41(Suppl.): 220, 2000.

602. [学会(全国)](ポスター講演) 食道静脈瘤合併門脈圧亢進症における一酸化窒素(NO)代謝産物の検討. 日高央, 国分茂博, 山岡佐世, 村上秩, 渡辺真彰, 里道哲彦, 土橋健, 高田雅博, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克礼(内): 第36回日本肝臓学会総会(2000.06.08), 福岡, 肝臓, 41(Suppl.): 276, 2000.

603. [学会(全国)](ポスター講演) 高インスリン血症を呈さず選択的動脈内Ca注入負荷試験が存在診断, 局在診断に有用であった膵インスリノーマの1例. 神康之, 金森晃, 中嶋真一, 守屋達美, 藤田芳邦(内): 第73回日本内分泌学会学術総会(2000.06.17), 京都, 日本内分泌学会雑誌, 76(1): 89, 2000.

604. [学会(全国)](ポスター講演) 早期胃癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法(EAM)の有用性と問題点. 田辺聡, 小泉和三郎, 木田芳樹, 西元寺克礼(内): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.22), 仙台.

605. [学会(全国)](ポスター講演) ラット急性胃粘膜傷害の治癒過程における粘膜再生の免疫組織学的検討. 池沢智明, 林田浩明(内), 市川尊文, 五艘行信(代謝蛋白), 西元寺克礼(内), 石原和彦(医療衛生): DDW-Japan 2000(2000.10.25), 神戸.

606. [学会(全国)](ポスター講演) 当初膵癌と診断または膵癌を否定できなかった腫瘤形成性膵炎・膵嚢胞の画像検討. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹沢三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉弘, 田辺聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 第60回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan 2000)(2000.10.26), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(Suppl.2): 1722, 2000.

607. [学会(全国)](ポスター講演) 胆道疾患におけるMRCPの有用性および問題点−US, EUS, CT, ERCPとの臨床的位置付け−. 白須恭子, 木田光広, 萬屋基, 竹沢三代子, 山崎好喜, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉弘, 西元寺克礼(内), 磯部義憲(放): 第8回日本消化器関連学会週間, 第60回日本消化器内視鏡学会総会(2000.10.27), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増1): 613, 2000.

608. [学会(全国)](ポスター講演) 超音波内視鏡ガイド下fine needle aspirationの検討. 荒木正雄, 木田光広, 竹沢三代子, 山崎好喜, 白須恭子, 国東幹夫, 渡辺摩也, 近藤一英, 木田芳樹, 今泉弘, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克礼(内): 第8回日本消化器関連学会週間, 第60回日本消化器内視鏡学会総会(2000.10.26), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増2): 1477, 2000.

609. [学会(全国)](ポスター講演) 悪性胆道狭窄に対する各種stentの有用性と合併症およびその対策. 山崎好喜, 木田光広, 萬屋基, 竹沢三代子, 白須恭子, 荒木正雄, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉弘, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 第8回日本消化器関連学会週間, 第60回日本消化器内視鏡学会総会(2000.10.26), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増2): 1488, 2000.

610. [学会(地方)](シンポジウム等) Serrated adenomaの臨床病理学的検討. 佐田美和, 五十嵐正広(内): 第70回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.06.09〜10), 東京, Prog. Dig. Endosc., 57(1): 36, 2000.

611. [学会(地方)](シンポジウム等) 超音波三次元画像処理装置(EU-IP2 system)の有用性について. 渡辺摩也, 木田光広, 西元寺克礼(内): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01〜02), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 46, 2000.

612. [学会(地方)](シンポジウム等) 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除の有用性−特に適応外病変の治療成績−. 田辺聡, 小泉和三郎(内): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 51, 2000.

613. [学会(地方)](シンポジウム等) 北里大学東病院における肝硬変患者の治療および予後に関する検討. 土橋健, 渋谷明隆, 国分茂博(内): 第33回日本肝臓学会東部会(2000.12.01), 東京, 肝臓, 41(Suppl.3): 468, 2000.

614. [学会(地方)](一般講演) PIVKA-U高値を示した肝細胞腺腫の1例. 平沢陽子, 大野隆, 河野博久, 水口澄人, 北村匡(内), 川添一哉(伊勢原協同病院), 橘田輝雄(内), 飯尾宏, 別所隆, 大川伸一(伊勢原協同病院): 第259回日本消化器病学会関東支部例会(2000.05.13), 横浜.

615. [学会(地方)](一般講演) 長期経過観察で胃過形成性ポリープより高分化型腺癌の発生をみた2例. 鹿間伸明, 前川公男(東芝林間病院), 吉沢繁(内), 三富弘之(病理): 第70回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.06.09〜10), 東京.

616. [学会(地方)](一般講演) 形成から消失までの経過を追跡し得たdouble pylorusの1例. 田原久美子, 三橋利温, 田辺聡, 渡辺真彰, 山崎いづみ, 渡辺摩也, 今泉弘, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 第70回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.06.09〜10), 東京.

617. [学会(地方)](一般講演) 膵癌との鑑別が困難であった慢性膵炎の1例. 菊地秀彦, 木田光広, 渡辺摩也, 木田芳樹, 西元寺克礼(内), 吉田宗紀, 板橋浩一, 白石広照(外), 三富弘之(病理): 第70回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.06.09〜10), 東京, Prog. Dig. Endosc., 57(1): 64, 2000.

618. [学会(地方)](一般講演) 内視鏡的乳頭切除術にて治療し得た十二指腸乳頭部腺腫の1例. 大野隆, 水口澄人, 北村匡(内), 川添一哉(伊勢原協同病院), 橘田輝雄(内): 第70回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.06.09〜10), 東京, Prog. Dig. Endosc., 57(1): 71, 2000.

619. [学会(地方)](一般講演) 短期間で癌化した潰瘍性大腸炎の1例. 長場静香, 佐田美和, 横山薫, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 大谷剛正(外), 三富弘之(病理): 第70回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.06.09〜10), 東京, Prog. Dig. Endosc., 57(1): 81, 2000.

620. [学会(地方)](一般講演) 術前に大腸内視鏡にて診断し得た虫垂悪性リンパ腫の1例. 市川順子, 五十嵐正広, 吉沢繁, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 旗手和彦, 金沢秀紀(外), 三富弘之(病理): 第483回日本内科学会関東地方会(2000.07.08), 東京.

621. [学会(地方)](一般講演) 6年以上に渡り経過観察した胃のGIST neural typeの1例. 大庭堅太郎(内), 森下鉄夫, 寺田総一郎, 長浜貴彦, 宮沢正行, 岩橋宏美, 石井裕, 西田浩子, 栄本昭剛(静岡赤十字病院), 笠原正男(藤田保健衛生大): 第93回日本消化器病学会東海支部例会(2000.11.25), 愛知.

622. [学会(地方)](一般講演) 画像上胆嚢癌が疑われた慢性胆嚢炎と考えられた1例. 竹内一, 木田光広, 竹沢三代子, 市川順子, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉弘, 西元寺克礼(内): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01〜02), 千葉.

623. [学会(地方)](一般講演) 興味ある画像を呈したBilialy Hamartoma (von Myenburg complex)の1例. 中山昇典, 国分茂博, 日高央, 池沢智明, 渋谷明隆, 西元寺克礼(内): 第262回日本消化器病学会(2000.12.09), 東京.

624. [学会(地方)](一般講演) 内視鏡的粘膜切除をおこなった胃カルチノイドの検討. 市川順子, 田辺聡, 竹沢三代子, 渡辺摩也, 木田芳樹, 木田光広, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 63, 2000.

625. [学会(地方)](一般講演) 若年で発症した十二指腸GISTの1例. 鈴木園子(内), 川添一哉(伊勢原協同病院), 北村匡, 大野隆, 橘田輝雄(内), 西岡道人, 中安邦夫, 篠田政幸, 梶原博, 大川伸一(伊勢原協同病院): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01〜02), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 84, 2000.

626. [学会(地方)](一般講演) 経時的に形態変化を認めた深在性嚢胞性胃炎の1症例. 長場静香, 渡辺摩也, 木田芳樹, 田辺聡, 木田光広, 小泉和三郎, 大井田正人, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理), 中井久雄(日野市立総合病院): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.02), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 99, 2000.

627. [学会(地方)](一般講演) 内視鏡的に完全切除をし得た食道顆粒膜細胞腫の1例. 中山昇典, 渡辺摩也, 田辺聡, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克礼(内): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01〜02), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 99, 2000.

628. [学会(地方)](一般講演) Esophageal intramural pseudodiverticulosis (EIPD)の1例. 樋口勝彦, 大井田正人, 渡辺摩也, 田辺聡, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克礼(内): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01〜02), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 99, 2000.

629. [学会(地方)](一般講演) EMRにて切除し得た胃動静脈奇形の1例. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 白須恭子, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉弘, 田辺聡, 小泉和三郎, 大井田正人, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01〜02), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 99, 2000.

630. [学会(地方)](一般講演) IFN著効5年後に出現し, 肝癌との鑑別が困難であったZahn's infarctの1例. 玉真俊平, 日高央, 小野弘二, 土橋健, 渋谷明隆, 国分茂博, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 第487回日本内科学会関東地方会(2000.12.10), 東京.

631. [学会(地方)](一般講演) Diabetic hemichoreaを合併した高血糖高浸透圧性症候群の1例. 梅沢慎一, 広瀬隆一, 島田肇(内): 第38回日本糖尿病学会関東甲信越地方会(2001.01.27), 横浜.

632. [学会(地方)](ポスター講演) 肝細胞癌のエタノール注入療法後の再発に関与する因子の検討. 長場静香, 渋谷明隆, 土橋健, 里道哲彦, 中沢貴秀, 小野弘二, 日高央, 高田雅博, 国分茂博, 西元寺克礼(内): 第33回日本肝臓学会東部会(2000.11.30), 東京, 肝臓, 41(Suppl.3): 576, 2000.

633. [学会(地方)](ポスター講演) イレウス症状をくりかえした自己免疫性肝疾患の1例. 坂井美保, 渋谷明隆, 里道哲彦, 土橋健, 日高央, 国分茂博, 西元寺克礼(内): 第33回日本肝臓学会東部会(2000.12.01), 東京, 肝臓, 41(Suppl.3): 47, 2000.

634. [研究会(国際)](教育講演) What is EMR. 五十嵐正広(内): International Seminar on Therapeutic Endoscopy 2000(2000.07.28), 横浜.

635. [研究会(国際)](シンポジウム等) Recent advances of EUS for staging of gastric cancer and endoscopic mucosal resection. 木田光広(内): 4th Terry Fox & Chang Crung Memorial Hospital International Cancer Symposium on Gastric Cancer(2000.10.21), 台北.

636. [研究会(国際)](一般講演) A phase T/U study of S-1 plus cisplatin in patients with advanced gastric cancer (AGC). Ohtsu, A., Boku, N., Nagashima, F., Yoshida, M., Yoshida, S., 小泉和三郎(内): Gastrointestinal Cancer Research Conference 2000.

637. [研究会(国際)](ポスター講演) Granisetron vs Ramosetron in the prevention of cisplatin (CDDP) based chemotherapy (CHE) induced emesis, double-blind crossover study. 小泉和三郎, 田辺聡, 西元寺克礼(内), 野中美和, 矢後和夫(薬剤): SBS Workshop in New Orland(2000.05.21), New Orleans, USA.

638. [研究会(国際)](公開講座) EUS live demonstration. 木田光広(内): International Seminar on Therapeutic Endoscopy 2000(2000.07.28), 横浜.

639. [研究会(全国)](シンポジウム等) Indication of fine needle aspiration. 木田光広(内): 第2回Endoscopy Forum Japan(2000.08.05〜06), 小樽.

640. [研究会(全国)](シンポジウム等) HEN施行中のCrohn病患者の継続的QOLに関する検討. 小林清典, 勝又伴栄, 吉沢繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克礼(内): 第15回在宅静脈栄養(HPN)研究会, 第23回在宅経腸栄養(HEN)研究会合同集会(2000.09.09), 東京, 抄録集, p.31, 2000.

641. [研究会(全国)](シンポジウム等) 胃癌におけるTS-1臨床成績(CDDPとの併用を含めて). 小泉和三郎(内): Tokyo International Symposium on Fluoropyrimidines (TISF)(2001.03.24), 東京.

642. [研究会(全国)](ワークショップ) 大腸内視鏡挿入法. 五十嵐正広(内): 第10回Uc研究会(2000.09.01), 秋田.

643. [研究会(全国)](一般講演) ラット酢酸潰瘍修復過程, 主として再生上皮化に伴った産生ムチンの変化について. 林田浩明(内), 石原和彦(医療衛生), 小島洋二, 西元寺克礼(内), 堀田恭子(生化): 胃分泌研究会(1999.04.24), 長崎.

644. [研究会(全国)](一般講演) B-RTOの適応なく著明なPPVAを有する孤立性胃静脈瘤に対し, 留置スネアを用いた静脈瘤結紮術が有効であった1例. 日高央, 国分茂博, 栂野富輝, 山岡佐世, 村上秩, 土橋健, 高田雅博, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克礼(内), 佐々木真弓, 滝川政和, 磯部義憲(放): 第1回食道・胃静脈瘤治療のための内視鏡的病態生理研究会(2000.05.31), 京都, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(臨増): 790, 2000.

645. [研究会(全国)](一般講演) 内視鏡的治療を施行した高齢者(75歳以上)早期大腸癌の経過観察に関する検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉沢繁, 横山薫, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 第53回大腸癌研究会(2000.07.07), 東京, 抄録集, p.41, 2000.

646. [研究会(全国)](一般講演) 急性胃粘膜傷害の治癒過程におけるラット胃粘膜変動に関する免疫組織化学的検討. 池沢智明, 林田浩明(内), 市川尊文(代謝蛋白), 西元寺克礼(内), 石原和彦(医療衛生): 第20回ヒスタミンレセプター研究会(2000.07.28), 京都.

647. [研究会(全国)](一般講演) Ua型早期大腸癌の診断と治療の問題点. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉沢繁, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 第5回大腸Uc付置研究会(2000.10.25), 神戸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 42(Suppl.2): 1772, 2000.

648. [研究会(全国)](一般講演) ガストログラフィンによる条虫駆除法. 吉沢繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 佐田美和, 小林清典, 西元寺克礼(内), 中村健(寄): 第9回クリニカルビデオフォーラム(2001.02.03), 東京, プログラム, p.62, 2001.

649. [研究会(地方)](特別講演) 糖尿病足病変−フットケアの実践−. 金森晃(内): 第10回さがみ糖尿病カンファレンス(2000.05.19), 相模原.

650. [研究会(地方)](特別講演) 切除不能胃癌に対する化学療法の最近の話題. 小泉和三郎(内): 大阪消化管がん化学療法研究会(2000.06.08), 大阪.

651. [研究会(地方)](特別講演) 切除不能胃癌に対する化学療法TS-1の適正使用を含めて. 小泉和三郎(内): 岡山医療連携懇話会(2000.06.24), 岡山.

652. [研究会(地方)](特別講演) 大腸内視鏡診断と治療. 五十嵐正広(内): 第7回相模原消化器病カンファランス(2000.07.11), 相模原.

653. [研究会(地方)](特別講演) 消化器病の新しい診断法と内視鏡治療. 木田光広(内): Four Season's Conference(2000.07.12), 相模原.

654. [研究会(地方)](特別講演) 切除不能胃癌に対する化学療法TS-1の適正使用を含めて. 小泉和三郎(内): 京都ティーエスワン講演会(2000.09.01), 京都.

655. [研究会(地方)](特別講演) 超音波内視鏡診断の進歩. 木田光広(内): 第26回山陰地区消化器内視鏡懇談会(2000.09.02), 米子.

656. [研究会(地方)](特別講演) 胆膵疾患に対するステント治療. 木田光広(内): 第20回愛媛消化器内視鏡カンファレンス(2000.09.30), 松山.

657. [研究会(地方)](特別講演) 腸の炎症性疾患の内視鏡診断. 五十嵐正広(内): 第11回新潟炎症性腸疾患研究会(2000.10.14), 新潟.

658. [研究会(地方)](特別講演) 糖尿病足病変の発症機序−糖尿病性神経障害と足底圧分布異常−. 金森晃(内): 第12回糖尿病足病変研究会(2000.11.25), 東京.

659. [研究会(地方)](特別講演) H.P.除菌療法の実際. 小泉和三郎(内): 第8回相模原消化器病カンファレンス(2000.12.11), 相模原.

660. [研究会(地方)](特別講演) 糖尿病フットケア−壊疽危険因子の早期発見と対策−. 金森晃(内): 福島県学術講演会(2000.12.15), 郡山.

661. [研究会(地方)](特別講演) 糖尿病の足病変. 金森晃(内): 第29回福岡糖尿病セミナー(2000.12.16), 福岡.

662. [研究会(地方)](特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎(内): 第1回鹿児島癌化学療法フォーラム(2001.01.07), 鹿児島.

663. [研究会(地方)](特別講演) 当科における胃癌化学療法. 小泉和三郎(内): 第65回GIセミナー(2001.02.20), 横浜.

664. [研究会(地方)](特別講演) 胃癌化学療法におけるTS-1の位置づけ. 小泉和三郎(内): 沖縄学術講演会(2001.02.23), 那覇.

665. [研究会(地方)](教育講演) 胃癌化学療法の現況と将来. 小泉和三郎(内): 津久井郡医師会学術講演会(2000.04.05), 津久井.

666. [研究会(地方)](教育講演) 肥満と肥満症−内分泌疾患に伴う肥満を中心に−. 金森晃(内): 第5回内分泌異常のやさしい診かた談話会(2001.01.25), 相模原.

667. [研究会(地方)](教育講演) 大腸内視鏡治療. 勝又伴栄(内): 日本消化器内視鏡学会関東セミナー(2001.02.25), 筑波, 予稿集, p.88〜91, 2001.

668. [研究会(地方)](シンポジウム等) C型慢性肝炎に対するIFN治療前後の肝組織学的変化. 土橋健, 渋谷明隆, 里道哲彦, 日高央, 小野弘二, 国分茂博, 西元寺克礼(内): 第1回神奈川ウイルス肝炎セミナー(2001.02.22), 横浜.

669. [研究会(地方)](シンポジウム等) 糖尿病足病変の予防と管理の実際. 金森晃(内): リプルシンポジウム「糖尿病と血管障害」(2001.03.29), 厚木.

670. [研究会(地方)](ワークショップ) Semmes-Weinstein monofilaments(モノフィラメント)を用いた糖尿病性末梢神経障害の診断. 金森晃(内): 第3回神奈川ARI研究会(2000.04.20), 横浜.

671. [研究会(地方)](ワークショップ) 糖尿病足病変の診断と予防−フットケアにおけるSemmes-Weinstein Monofilaments法の有用性. 金森晃(内): 糖尿病フォーラムin京都(2000.05.27), 京都.

672. [研究会(地方)](ワークショップ) 超音波内視鏡. 木田光広(内): 第2回愛知県がんセンター消化器内視鏡実技ワークショップ(2000.06.17), 名古屋.

673. [研究会(地方)](一般講演) 小腸アニサキス症4例の臨床的検討. 長場静香, 小林清典, 吉沢繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 第45回神奈川県消化器病研究会(2000.06.17), 横須賀.

674. [研究会(地方)](一般講演) ガストログラフィンによる条虫駆虫法. 吉沢繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 佐田美和, 小林清典(内): 第26回神奈川大腸疾患研究会(2000.06.22), 横浜.

675. [研究会(地方)](一般講演) MRSA敗血症・大腿骨頭壊死をきたした高齢者潰瘍性大腸炎の1例. 大庭堅太郎(内): IBD Club in Hamamatsu第4回研究会(2000.07.01), 浜松. 676. [研究会(地方)](一般講演) ステロイドパルス療法が著効した重症潰瘍性大腸炎の1例. 横山薫(内): 神奈川炎症性腸疾患学術講演会2000(2000.09.12), 厚木.

677. [研究会(地方)](一般講演) 4年以上に渡り経過観察し得た膵癌の1例. 大庭堅太郎(内), 森下鉄夫, 寺田総一郎, 長浜貴彦, 宮沢正行, 岩橋宏美, 石井裕, 西田浩子, 栄本昭剛, 西海孝男, 金田浩由紀(静岡赤十字病院), 村上正基(藤田保険衛生大): 第76回静岡胆膵疾患研究会(2000.09.30), 静岡.

678. [研究会(地方)](一般講演) アセトアミノフェンにて急性肝不全, 急性腎不全を合併した1症例. 鈴木園子, 巽洋, 丸山博志, 大野隆, 吉井昭夫, 橘田輝雄(内): 平成12年度神奈川県内科集談会(2000.11.18), 横浜.

679. [研究会(地方)](一般講演) 進行胃癌化学療法評価におけるRECISTの問題点. 小泉和三郎, 田辺聡, 長場静香, 西元寺克礼(内), 栗原稔(昭和大), 田口鐵男(がん薬物療法研究会): 神奈川胃癌研究会(2000.12.16), 横浜.

680. [研究会(地方)](一般講演) 当院における肝硬変症例の治療と予後に関する検討. 土橋健, 渋谷明隆, 里道哲彦, 長場静香, 樋口勝彦, 中山昇典, 渡久山哲男, 小野弘二, 日高央, 国分茂博(内): 第2回関東肝不全懇話会(2001.01.13), 東京.

681. [研究会(地方)](一般講演) 直腸早期癌の治療における超音波内視鏡検査の意義. 小林清典, 横山薫, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 第27回神奈川大腸疾患研究会(2001.02.15), 横浜.

682. [研究会(地方)](一般講演) NASHの1例. 里道哲彦, 渋谷明隆(内), 竹内敦子(生化系), 土橋健, 小野弘二, 日高央, 国分茂博(内): 第49回雅叙園リバーカンファレンス(2001.02.25), 東京.

683. [研究会(地方)](一般講演) 進行胃癌化学療法評価におけるRECISTの問題点. 小泉和三郎, 田辺聡, 長場静香, 西元寺克礼(内), 栗原稔(昭和大), 田口鐵男: 神奈川県癌治療懇話会(2001.02.22), 横浜.

684. [研究会(地方)](一般講演) 大腸クローン病の閉塞性動脈炎下は内皮細胞におけるnitric oxide synthase (NOS)とHLA-DRの過剰発現を伴っている. 横山薫(内), 三富弘之, 岡安勲(病理), 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 第8回東日本IBD病因・病態フォーラム(2001.03.00), 東京.

685. [研究会(地方)](一般講演) 大腸クローン病の閉塞性動脈炎下は内皮細胞におけるnitric oxide synthase (NOS)とHLA-DRの過剰発現を伴っている. 横山薫(内), 三富弘之, 岡安勲(病理), 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克礼(内): 第8回東日本IBD病因・病態フォーラム(2001.03.00), 東京, 予稿集, p.40〜41, 2001.

686. [研究会(地方)](一般講演) 食道静脈瘤硬化療法による食道穿孔の1例. 大庭堅太郎(内), 宮沢正行, 石井裕, 岩橋宏美, 栄本昭剛, 森下鐵夫, 寺田総一郎, 西田浩子, 長浜貴彦(静岡赤十字病院): 第34回静岡県肝臓談話会(2001.03.17), 浜松.

687. [研究会(地方)](一般講演) 興味あるNASHの1例. 里道哲彦, 渋谷明隆(内): さがみリバーカンファレンス(2001.03.19), 相模原.

688. [研究会(地方)](公開講座) 超音波内視鏡Live demo. 木田光広(内): 第4回熊本EUSセミナー(2001.02.25), 熊本.



<<1402 内科学U>>

689. [原著] Quantitative evaluation of a directly depolarized area induced by high-output pacing on the cardiac muscle. 森口昌彦, 庭野慎一, 吉沢直人, 北野義和(内), 真崎義彦, 丸山茂善(実動系), 和泉徹(内): Jpn. Circ. J., 64: 876〜882, 2000.

690. [原著] Leakage of energy to the body-surface during defibrillation shock by an implantable cardioverter-defibrillator (ICD) system; Experimental evaluation during defibrillation shocks through the right ventricular lead and the subcutaneous active-can in canines. 庭野慎一, 北野義和, 森口昌彦, 吉沢直人, Kashiwa, T., Suyama, M., Toyoshima, T., 和泉徹(内): Jpn. Circ. J., 65: 219〜225, 2001.

691. [原著] Inhomegeneity in appearance of the electrical remodeling during chronic rapid atrial pacing; Evaluation of the dispersion of the atrial effective refractoriness. 森口昌彦, 庭野慎一, 吉沢直人, 北野義和, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 和泉徹(内): Jpn. Circ. J., 65: 335〜340, 2001.

692. [原著] Evaluation of post-repolarization refractoriness for conduction block in cardiac muscle; Studies in an artificial isthmus in the canine right atrium. 庭野慎一, 吉沢直人, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): Jpn. Circ. J., 65: 40〜45, 2001.

693. [原著] Ia群薬が無効であった発作性心房細動に対するフレカイニド静注の効果の検討. 犬尾公厚, 庭野慎一, 吉沢直人, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): Therapeutic Research, 21: 873〜876, 2000.

694. [原著] 体表面87極心電図によるQT dispersion mapおよびTransmural dispersion mapの有用性の検討. 吉沢直人, 庭野慎一, 犬尾公厚, 湯本佳宏, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 心電図, 20: 1〜9, 2000.

695. [原著] 心房早期刺激と心房頻回刺激による犬右心房の人工的狭路における伝導途絶の検討−途絶連結期と途絶周期長の比較−. 吉沢直人, 庭野慎一, 森口昌彦, 北野義和, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 和泉徹(内): 不整脈, 16: 339〜346, 2000.

696. [原著] 心筋不応期の壁内不均一性(transmural dispersion)の催不整脈性に対する, 体表面心電図マッピングによる評価法の実験的研究. 庭野慎一(内): 福田医療技術振興財団情報誌, 13: 19〜26, 2000.

697. [原著] Studies on reactivity of T lymphocytes derived from Lewis rats undergoing experimental autoimmune myocarditis (EAM). 松田千絵子(内), 横田彩, 及川敦彦(免疫), 和泉徹(内), 篠原信賢(免疫): 北里医学, 30(6): 407〜413, 2000.

698. [準原著] Pre-S2抗原含有HBワクチンと非含有ワクチンの臨床的有用性−特に抗体陽性率および獲得抗体価についての対比−. 山辺さをり, 岡田純, 今城信恵, 大木麻記子, 村松準(内): 医学と薬学, 45(2): 281〜287, 2001.

699. [症例報告] Structure of the reentrant circuit of idiopathic left ventricular tachycardia; New insights into the role of the Purkinje network. Washizuka, T., Chinushi, M., 庭野慎一(内), Aizawa, Y.: J. Electrocardiol., 33(2): 195〜198, 2000.

700. [症例報告] 二重のactiveな旋回路を有すると考えられた特異な心房粗動の1例. 北野義和, 庭野慎一, 猪又孝元, 松永菜, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 吉沢直人, 斉藤淳子, 原英幸, 森口昌彦, 和泉徹(内): 心臓, 32: 127〜132, 2000.

701. [総説] 体表面心電図から細動波形を読む. 庭野慎一, 斉藤淳子(内): Heart View, 5: 334〜340, 2001.

702. [総説] 専門医が診る不整脈. 庭野慎一(内): Medical Digest, 49: 26〜32, 2000.

703. [総説] 臨床電気生理検査から何がわかるか. 庭野慎一, 原英幸(内): Medical Practice, 18: 233〜236, 2001.

704. [総説] 不整脈の治療はどうあるべきか (1)心房粗・細動に対する最新の治療戦略. 新博次, 庭野慎一, 井上博(内): Medical Tribune, (別冊): 1〜7, 2000.

705. [総説] 不整脈の治療はどうあるべきか (3)心室頻拍の治療戦略-1. 新博次, 庭野慎一, 井上博(内): Medical Tribune, (別冊): 1〜7, 2000.

706. [総説] 不整脈の治療はどうあるべきか (2)発作性心房細動と電気的リモデリング. 新博次, 庭野慎一, 井上博(内): Medical Tribune, (別冊): 8〜15, 2000.

707. [総説] 不整脈の治療はどうあるべきか (4)心室頻拍の治療戦略-2. 新博次, 庭野慎一, 井上博(内): Medical Tribune, (別冊): 8〜15, 2000.

708. [総説] 先天性心疾患 (2)ファロー四徴, エブスタイン病, 大血管転位−症例から学ぶ心電図の読み方G. 笹岡大史, 村松準(内): Modern Physician, 20(7): 930〜934, 2000.

709. [総説] 上室性頻拍性不整脈. 庭野慎一, 村松準(内): Modern Physician, 21: 226〜230, 2001.

710. [総説] 病院の立場から−心筋症. 野田千春, 和泉徹(内): クリニカ, 28(1): 57〜63, 2001.

711. [総説] 心性浮腫−浮腫の病態と治療. 高橋基, 村松準(内): 医学と薬学, 43(5): 902〜908, 2000.

712. [総説] 肺静脈起源性心房細動の診断と治療. 庭野慎一, 小島時昭(内): 呼吸と循環, 48: 1213〜1217, 2000.

713. [総説] 大規模試験から学んだこと. 庭野慎一, 犬尾公厚(内): 治療, 82: 61〜67, 2000.

714. [講座] 心臓弁膜症 (1)僧帽弁狭窄, 僧帽弁閉鎖不全−症例から学ぶ心電図の読み方J. 猪又孝元, 村松準(内): Modern Physician, 20(10): 1311〜1316, 2000.

715. [講座] 心臓弁膜症 (2)大動脈弁狭窄, 大動脈弁閉鎖不全−症例から学ぶ心電図の読み方K. 山岸高宏, 村松準(内): Modern Physician, 20(11): 1420〜1424, 2000.

716. [講座] 心筋炎, 心膜炎−症例から学ぶ心電図の読み方L. 平松慎右, 村松準(内): Modern Physician, 20(12): 1520〜1524, 2000.

717. [講座] 電解質異常−症例から学ぶ心電図の読み方C. 茂在省一, 村松準(内): Modern Physician, 20(4): 503〜507, 2000.

718. [講座] 洞不全症候群, Adams-Stokes症候群−症例から学ぶ心電図の読み方D. 庭野慎一, 村松準(内): Modern Physician, 20(5): 682〜686, 2000.

719. [講座] 早期興奮症候群−症例から学ぶ心電図の読み方E. 村松準(内): Modern Physician, 20(5): 687〜691, 2000.

720. [講座] 先天性心疾患 (1)心房中隔欠損・動脈管開存・心室中隔欠損−症例から学ぶ心電図の読み方F. 望月俊直, 村松準(内): Modern Physician, 20(6): 811〜814, 2000.

721. [講座] 特発性心筋症−症例から学ぶ心電図の読み方H. 黒川信悟, 村松準(内): Modern Physician, 20(8): 1052〜1056, 2000.

722. [講座] 二次性心筋症−症例から学ぶ心電図の読み方I. 高橋基, 村松準(内): Modern Physician, 20(9): 1171〜1176, 2000.

723. [講座] 狭心症−症例から学ぶ心電図の読み方M. 黒沢利郎, 村松準(内): Modern Physician, 21(1): 132〜137, 2001.

724. [学術書](分担執筆) 医学のあゆみ(別冊) 循環器疾患; 心室頻拍の薬効評価法, p.255〜257, 庭野慎一(内). 編集 矢崎義雄, 島田和幸, 井上博, 永井良三(東大), 医歯薬出版, 東京, 2001.00.00発行.

725. [教科書](分担執筆) 心筋炎・心筋症; 不整脈源性右室異形成症, p.149〜167, 庭野慎一(内). 編集 和泉徹(北里大), 永井書店, 大阪, 2000.00.00発行.

726. [教科書](分担執筆) 心電図の読み方・活かし方; 頻脈性不整脈, p.52〜65, ホルター心電図, p.124〜129, 庭野慎一(内). 編集 村松準(北里大), メジカルフレンド社, 東京, 2001.01.30発行.

727. [教科書](編集) 心筋炎・心筋症; 編集 和泉徹(内), 永井書店, 大阪, 2000.00.00発行.

728. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 薬剤師のための服薬指導ガイド第2版; 徐拍性不整脈, p.480〜486, 村松準(内). 編集 和田攻, 朝長文弥, 文光堂, 東京, 2000.10.18発行.

729. [その他の著書(入門書)](分担執筆) 心電図の読み方・活かし方; 心電図波形の必要な心臓の構造と機能の理解, p.4〜9, 棟方伸一, 神保智, 村松準(内). 編集 村松準(北里大), メジカルフレンド社, 東京, 2001.01.30発行.

730. [その他の著書(入門書)](分担執筆) 心電図の読み方・活かし方; 12誘導心電図の誘導法とその記録, p.10〜15, 今城信恵, 阪口佳子, 村松準(内). 編集 村松準(北里大), メジカルフレンド社, 東京, 2001.01.30発行.

731. [その他の著書(入門書)](分担執筆) 心電図の読み方・活かし方; モニター心電図の誘導法とその記録, p.16〜21, 坂元了子, 村松準(内). 編集 村松準(北里大), メジカルフレンド社, 東京, 2001.01.30発行.

732. [その他の著書(入門書)](分担執筆) 心電図の読み方・活かし方; 正常心電図, p.22〜27, 遠乗陽子, 神保智, 村松準(内). 編集 村松準(北里大), メジカルフレンド社, 東京, 2001.01.30発行.

733. [その他の著書(入門書)](分担執筆) 心電図の読み方・活かし方; 上室期外収縮, p.66〜71; 心室期外収縮, p.72〜75; 心房細動と心房粗動, p.76〜81, 村松準(内). 編集 村松準(北里大), メジカルフレンド社, 東京, 2001.01.30発行.

734. [その他の著書(入門書)](編集) 心電図の読み方・活かし方; 編集 村松準(内), メジカルフレンド社, 東京, 2001.01.30発行.

735. [翻訳](分担執筆) 一目でわかる心血管系, p.1〜120, 村松準, 兼本成斌, 三宅良彦, 小林明芳, 黒川信悟, 黒沢利郎, 庭野慎一(内). 編集 Aaronson P.I., Ward J.P.T., メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 東京, 2000.05.23発行.

736. [翻訳](分担執筆) 一目でわかる心血管系; 生化学と細胞生理, p.18〜25, 病理と治療; 不整脈, p.92〜97, 庭野慎一(内). 編集 村松準(北里大), メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 東京, 2000.05.23発行.

737. [翻訳](編集) 一目でわかる心血管系; 編集 村松準(内), メディカル・サイエンス・インターナショナル社, 東京, 2000.05.23発行.

738. [学会(国際)](シンポジウム等) Measurement of body-surface leakage energy of defibrillation shock by an implantable cardio-verter defibrillator system in humans. 庭野慎一, 小島時昭, 吉沢直人, 犬尾公厚, 原英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉徹(内): 第65回日本循環器学会学術集会(2001.03.25〜27), 京都, Jpn. Circ. J., 65: 64, 2001.

739. [学会(国際)](一般講演) Oral verapamil supresses the recurrence of paroxysmal atrial fibrillation in human; Suppression of the atrial electrical remodelling as the possible mechanism. 庭野慎一, 湯本佳宏, 吉沢直人, 原英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): Cardiostim 2000(欧州心臓ペーシング電気生理学会学術集会)(2000.06.00), ニース, Europace, 1(Suppl.): 135, 2000.

740. [学会(国際)](一般講演) Effect of verapamil on the atrial electrical remodeling in patients with paroxysmal atrial fibrillation; Monitoring atrial refractoriness utilizing f-f intervals. 庭野慎一, 小島時昭, 吉沢直人, 犬尾公厚, 原英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉徹(内): 第65回日本循環器学会学術集会(2001.03.25〜27), 京都, Jpn. Circ. J., 65: 129, 2001.

741. [学会(国際)](ポスター講演) Target level of cholesterol lowering therapy to improve hemodynamics in patients with hypercholesterolemia. 村松準, 長谷川延広, 小林明芳(内): 25th World Congress of Internal Medicine(2000.06.04〜08), Mexico, Medicina Interna de Mexico, 19(Suppl): 48, 2000.

742. [学会(国際)](ポスター講演) Protective effect of urinary trypsin inhibitor on dysfunction of myocardial mitochondria during hemorrhagic shock and reperfusion in rats. 野田千春, 増田卓, 佐藤清貴, 下浜孝郎, 池田和子, 和泉徹(内): 10th International Congress on Cardiovascular Pharmachotherapy(2001.03.28), 京都.

743. [学会(国際)](ポスター講演) Monitoring the progression of the atrial electrical remodeling in patients with paroxysmal atrial fibrillation; Analysis of the f-f-intervals. 庭野慎一, 小島時昭, 吉沢直人, 犬尾公厚, 原英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉徹(内): 第65回日本循環器学会学術集会(2001.03.25〜27), 京都, Jpn. Circ. J., 65: 329, 2001.

744. [学会(全国)](一般講演) 再発性発作性心房細動に対する経口ベラパミルの長期臨床的効果の検討−長期的な電気的リモデリング抑制の可能性−. 庭野慎一, 湯本佳宏, 吉沢直人, 犬尾公厚, 原英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第64回日本循環器学会学術集会(2000.04.03), 大阪, Jpn. Circ. J., 64(Suppl.): 223, 2000.

745. [学会(全国)](一般講演) 新しい心筋保護薬JTV-519によるクモ膜下出血に伴う心不全および不整脈の改善効果. 佐藤清貴, 増田卓, 下浜孝郎, 和泉徹(内), 松山斉久(臨病理), 山本紳一郎(救命): 第64回日本循環器学会学術集会(2000.04.03), 大阪, Jpn. Circ. J., 64(Suppl.1): 622, 2000.

746. [学会(全国)](一般講演) 精神分裂病患者の長期管理ではQT時間延長よりもPQ時間延長が重要である. 佐藤清貴, 村上和子, 野田千春, 下浜孝郎, 竹端均, 原英幸, 増田卓, 和泉徹(内), 安井正, 宮岡等(精): 第97回日本内科学会(2000.04.06), 京都, 日本内科学会雑誌, 89(Suppl.): 129, 2000.

747. [学会(全国)](一般講演) 心健常者における運動負荷とドブタミン負荷時の左室予備能. 望月俊直, 清水完悦, 笹岡大史, 川口竹男, 黒川信悟, 村松準, 露崎輝夫, 和泉徹(内): 第97回日本内科学会(2000.04.06〜08), 京都, 日本内科学会雑誌, 89(Suppl.): 231, 2000.

748. [学会(全国)](一般講演) 虚血再還流に対するメキシレチンの心筋保護作用と抗不整脈作用の検討−非開胸ウサギ心筋虚血再還流モデルにおける実験的検討−. 犬尾公厚, 庭野慎一, 湯本佳宏, 吉沢直人, 斉藤淳子, 原英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第15回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会(2000.05.29〜30), 東京, 不整脈, 16: 219, 2000.

749. [学会(全国)](一般講演) 再分極後不応性に対するプロカインアミドとピルジカイニドの作用の比較検討−途絶連結器(BCI)による抗不整脈薬作用の評価(第3報). 吉沢直人, 庭野慎一, 森口昌彦, 北野義和, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 和泉徹(内): 第15回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会(2000.05.29〜30), 東京, 不整脈, 16: 221, 2000.

750. [学会(全国)](一般講演) 急性圧負荷による心房筋の活動電位変化と伸展活性化チャネルの関与の検討−新しい急性圧負荷モデル犬における実験的検討−. 北野義和, 庭野慎一(内): 第15回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会(2000.05.29〜30), 東京, 不整脈, 16: 224, 2000.

751. [学会(全国)](一般講演) 通常型房室結節回帰頻拍焼灼後の再発に関する電気生理学的指標の検討. 原英幸, 庭野慎一, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 吉沢直人, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第15回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会(2000.05.29〜30), 東京, 不整脈, 16: 252, 2000.

752. [学会(全国)](一般講演) 心房高頻度刺激による電気的リモデリングの心房内不均一性の実験的検討−心房内多点記録による空間的経時的評価−. 森口昌彦, 庭野慎一, 吉沢直人, 北野義和, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原英幸, 和泉徹(内): 第15回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会(2000.05.29〜30), 東京, 不整脈, 16: 260, 2000.

753. [学会(全国)](一般講演) 心室細動心肺蘇生で発症し, Flecainide負荷で心電図変化が明らかとなった潜在性Brugada症候群の1例. 原英幸, 庭野慎一, 吉沢直人, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第17回日本心電学会学術集会(2000.10.05〜06), 東京, 心電図, 20: 484, 2000.

754. [学会(全国)](一般講演) 体表面87極心電図記録によるQT dispersionおよびtransmural dispersion mapの作成と有用性の検討. 吉沢直人, 庭野慎一, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第17回日本心電学会学術集会(2000.10.05〜06), 東京, 心電図, 20: 504, 2000.

755. [学会(全国)](一般講演) 心房高頻度刺激による電気的リモデリングの心房内不均一性の実験的検討−電気的リモデリングに対するベラパミルの効果の検討−. 森口昌彦, 庭野慎一, 吉沢直人, 北野義和, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原英幸, 和泉徹(内): 第17回日本心電学会学術集会(2000.10.05〜06), 東京, 心電図, 20: 533, 2000.

756. [学会(全国)](一般講演) 急性肺塞栓症における非観血的診断法の有用性. 平松慎右, 荻原篤, 佐藤大輔, 伊藤浩嗣, 玉地智宏, 村松準, 和泉徹(内): 第37回日本臨床生理学会(2000.11.17〜18), 奈良, 日本臨床生理学会雑誌, 30(Suppl.): 90, 2000.

757. [学会(全国)](一般講演) 心電図変化と高感度CRPについての検討. 山辺さをり, 今城信恵, 大木麻記子(健康管理セン), 岡田純, 村松準(内): 第29回日本総合健診医学会(2001.01.25〜26), 熊本, 抄録集, p.175, 2001.

758. [学会(全国)](一般講演) Angiotensin U receptor blockade (candesartan) reduce premature ventricular contraction (PVC) and heart failure in acute phase of subarachnoidal hemorrhage (SAH). 佐藤清貴, 増田卓, 野田千春, 村上和子, 下浜孝郎, 山本紳一郎(内), 松山斉久(臨病理), 和泉徹(内): 第65回日本循環器学会学術集会(2001.03.27), 京都, Jpn. Circ. J., 65(Suppl.1): 357, 2001.

759. [学会(全国)](一般講演) Kv4.2 level is reduced in myocaridits; Electrical remodeling of ventricular myocardium in rat experimental autoimmune myocarditis (EAM) model. 斉藤淳子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 湯本佳宏, 小島時昭, 吉沢直人, 犬尾公厚, 原英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第65回日本循環器学会学術集会(2001.03.25), 京都, Jpn. Circ. J., 65(Suppl.A): 154, 2001.

760. [学会(全国)](一般講演) Pre-S2抗原添加沈降B型肝炎ワクチンの臨床的有用性−特に抗体陽性率および獲得抗体価について. 山辺さをり(健康管理セン), 岡田純, 村松準(内): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良, 感染症学会雑誌, 75(臨増): 139, 2001.

761. [学会(全国)](ポスター講演) 発作性心房細動に対するベプリジルの臨床的効果の検討; f-f間隔解析とフレカイニドとの比較. 斉藤淳子, 庭野慎一, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 吉沢直人, 原英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第15回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会(2000.05.30), 東京, 不整脈, 16(2): 290, 2000.

762. [学会(全国)](ポスター講演) Effect of class V antiarrhythmic agent: MS-551 on the postorepolarization refractoriness in cardiac muscle− Evaluation utilizing atrial comduction block model. 吉沢直人, 庭野慎一, 森口昌彦, 北野義和, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原英幸, 和泉徹(内): 第65回日本循環器学会学術集会(2001.03.25〜27), 京都, Jpn. Circ. J., 65: 385, 2001.

763. [学会(全国)](ポスター講演) Verapamil suppress the inhomogeneity of the electrical remodeling in canine chronic rapid atrial stimulation model. 森口昌彦, 庭野慎一, 小島時昭, 吉沢直人, 北野義和, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原英幸, 和泉徹(内): 第65回日本循環器学会学術集会(2001.03.25〜27), 京都, Jpn. Circ. J., 65: 447, 2001.

764. [研究会(全国)](一般講演) 実験的自己免疫性心筋炎における心室筋の電気的リモデリングの検討. 斉藤淳子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 小島時昭, 湯本佳宏, 吉沢直人, 原英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉徹(内): 第23回心筋代謝研究会(2000.09.08), 大阪, Proceeding, 23: 14, 2000.

765. [研究会(全国)](一般講演) バナジウムは糖尿病心のミトコンドリア酸化還元電位を正常化する. 野田千春, 佐藤清貴, 村上和子, 下浜孝郎, 山本紳一郎, 松山斉久, 和泉徹(内), 増田卓(医療衛生): 第23回心筋代謝研究会(2000.09.08), 大阪, Proceeding, 23: 22, 2000.



<<1403 内科学V>>

766. [原著] Determination of medullasin levels for the diagnosis of multiple sclerosis. Aoki, Y.(実践女大), Saida, T.(宇多野病院), Nakano, I.(自治医大), 斉藤豊和(内), Ikeguchi, K.(自医大), Urabe, T.(順大), Nishiguchi, E.(宇多野病院), Suzuki, H., Takahashi, K., Katsuragi, H.(Dainichi-Seika Color & Chemicals), Mizuno, Y.(順大): Acta Neurol. Scand., 102: 218〜221, 2000.

767. [原著] Serological diagnosis of idiopathic pulmonary alveolar proteinosis. Kitamura, T., Uchida, K.(東大), 田中直彦(内), Tsuchiya, T.(国際医療セン), Watanabe, J., Yamada, Y., Hanaoka, K.(東大), Seymour, J.(Ludwing研), Schoch, O.(Zurich大), Doyle, I.(Flinders大), Inoue, Y., Sakatani, M.(近畿中央病院), Kudoh, S., Azuma, A.(日医大), Nuriwa, T.(東北大), 冨田友幸, 片桐真人(内), Fujita, A.(都立府中病院), Kurahashi, A.(東京病院), Kanegasaki, S.(東大), Nakata, K.(国際医療セン): Am. J. Respir. Crit. Care Med., 162(2): 658〜662, 2000.

768. [原著] Microcoaxial electrode for in vivo nitric oxide measurement. Kitamura, Y., Uzawa, T., Oka, K.(慶大), Komai, Y.(国立循環器病セン), Ogawa, H.(埼玉医大), 滝沢直定(一般教育), 小林弘祐(内), Tanishita, K.(慶大): Anal. Chem., 72(13): 2957〜2962, 2000.

769. [原著] Three novel mutations (G27E, insAAC, R179X) in the ORNT1 gene of Japanese patients with hyperornithinemia, hyperammonemia, and homocitrullinuria syndrome. Seiichi Tsujino(国立精神神経セン), 金沢直美(生物化学系), Tohya Ohashi, Yoshikatsu Eto(慈恵医大), 斉藤豊和(内), Jun-ichi Kira, Takeshi Yamada(九大): Ann. Neurol., 47(5): 625〜631, 2000.

770. [原著] Calbindis-D 28k in cerebrovascular extrinsic innervation system of the rat. Shimizu, T., 鈴木則宏(内), Takao, M., Kato, A., Fukuuhi, Y.: Auton. Neurosci., 84(1,2): 130〜139, 2000.

771. [原著] Safety and tolerability of rizatriptan. 坂井文彦(内): Cephalalgia, 20(1): 16〜18, 2000.

772. [原著] Up-regulation of prostagulandin E receptor EP2 and EP4 subtypes in rat synovial tissues with adjuvant arthritis. 栗原夕子, 遠藤平仁, 赤星透, 近藤啓文(内): Clin. Exp. Immunol., 123: 323〜330, 2001.

773. [原著] Effect of auranofin, an anti rheumatic drug, on neutrophil apoptosis. 劉佳佳, 赤星透, Namai, R., 松井俊通, 近藤啓文(内): Inflamm. Res., 49: 445〜451, 2000.

774. [原著] Induction of IL-6 via the EP3 subtype of prostaglandin E receptor in rat adjuvant-arthritic synovial cells. 栗原夕子, 遠藤平仁, 近藤啓文(内): Inflamm. Res., 50: 1〜5, 2001.

775. [原著] Cyclooxygenase-2-dependent prostaglandin E2 doen-regulates intercellular adhesion molecule-1 expression via EP2/EP4 receptors in interleukin-1 β-stimulated human gingval fibroblasts. Noguchi, K., Shitashige, M., 遠藤平仁(内), Ishikawa, I.: J. Dent. Res., 79: 1955〜1961, 2000.

776. [原著] Induction of neutrophil death resembling neither apoptosis nor necrosis by ONO-AE-248, a selective agonist for PGE2 receptor subtype 3. Liu, J., 赤星透(内), Jiang, S., Namai, R., 北里英郎(微), 遠藤平仁(内), 亀谷徹(病理), 近藤啓文(内): J. Leukocyte. Biol., 68: 187〜193, 2000.

777. [原著] Regulation of cerebral microcirculation-up date. Tomita, M., 鈴木則宏(内), Hamel, E., Busija, D., Lauritzen, M.: Keio J. Med., 49: 26〜34, 2000.

778. [原著] Validity and releability of a revised Japanease version of the Arthritis Impact Measurement Scales versions (AIMS2). Sato, H., Hashimoto, A., Araki, S., Nishibayashi, Y., 星恵子, Kutsuna, T., Shino, Y., Ishihara, Y., Tsuboi, S., Fuzhimori, J., 近藤啓文(内), Akizuki, M., Moroi, Y., Yoshida, S., Yokoyama, K.: Mod. Rheumatol., 10: 247〜255, 2000.

779. [原著] Prostaglandins E2 and I2 downregulate tumor necrosis factor α-induced intercellular adhesion molecule-1 expression in human oral gingval epithelial cells. Noguchi, K., Iwasaki, K., 遠藤平仁, 近藤啓文(内), Shitashige, M., Ishikawa, I.: Oral Microbiol. Immunol., 15: 299〜304, 2000.

780. [原著] ギランバレー症候群の全国疫学調査結果について; 治療に関する予備的報告. 斉藤豊和(内), 有村公良, 納光弘(鹿大): Progress in Medicine, 19(10): 2369〜2374, 1999.

781. [原著] 委員会報告−日本リウマチ学会による早期慢性関節リウマチの診断基準3−診断基準の検証. 近藤啓文(内), 小林茂人, 田中清介, 柏崎禎夫, 市川陽一, 竹内勤, 立石博臣, 広畑俊成, 藤井克之, 星恵子: リウマチ, 40: 54〜59, 2000.

782. [原著] RA患者のQOL: AIMS改訂−日本語版調査書を書いた多施設共同調査成績1. 肢体不自由に関する諸因子の解析−. 橋本明, 佐藤元, 西村保朗, 椎野泰明, 忽那龍雄, 石原義恕, 星恵子, 藤森十郎, 坪井声示, 近藤啓文(内), 秋月正史, 諸井泰興, 吉田俊治: リウマチ, 41: 2000.

783. [原著] 頭痛の定量化を目的とした「頭痛日記」画像解析システムの開発. 竹内昭博(医療衛生), 土橋かおり, 島沢謹江, 五十嵐久佳, 坂井文彦(内), 白鷹増男(医用情報), 池田憲昭(医療衛生): 医学情報学, 20(4): 319〜326, 2000.

784. [原著] 炎症性関節炎滑膜病変におけるperoxisome proliferator-activated receptor γ(PPARγ)の発現とその意義. 遠藤平仁, ラナ美代子, 栗原夕子(内), 西村明人(整外), 近藤啓文(内): 炎症・再生, 21: 71〜77, 2001.

785. [原著] びまん性陰影を呈する肺感染症早期診断における気管支肺胞洗浄分析の有用性. 久保田勝(内), 相馬一亥(救命), 本多研也, 今崎貴生, 高田信和, 片桐真人, 矢那瀬信雄, 冨田友幸(内): 気管支学, 22(2): 79〜85, 2000.

786. [原著] 機能性疾患. 飯塚高浩, 坂井文彦(内): 神経治療学, 17(4): 345〜349, 2000.

787. [原著] In vivo一酸化窒素(NO)測定のための同軸型微小電極. 北村美一郎, 鵜沢智之(慶大), 駒井豊(国立循環器病セン), 小川宏人(埼玉医大), 滝沢直定(一般教育), 小林弘祐(内), 谷下一夫, 岡浩太郎(慶大): 生物物理, 41(1): 32〜34, 2001.

788. [原著] ニューロキニンAによるモルモット気道における一酸化窒素発生についての検討. 今崎貴生, 小林弘祐, 花田伸英(内), 林泉(薬理), 冨田友幸(内), 馬嶋正隆(薬理): 北里医学, 30(4): 260〜267, 2000.

789. [原著] マウス肺におけるニューロトロフィンとその受容体Trkの発現. 樋川志織, 小林弘祐(内), 樋川直司(横浜市大), 日下部辰三(国士舘大), 川上倫(生理), 冨田友幸(内): 北里医学, 30(5): 316〜324, 2000.

790. [原著] 特発性間質性肺炎における誘導型一酸化窒素合成酵素についての検討. 泉靖弘, 小林弘祐, 花田伸英, 畑石隆二(内), 岩渕啓一(病理), 冨田友幸(内): 北里医学, 30(5): 354〜362, 2000.

791. [原著] 慢性関節リウマチ滑膜病変におけるプロスタグランジンE受容体EP4サブタイプの組織内分布と発現調節機序の解析. ラナ美代子, 遠藤平仁(内), 西村明人(整外), 近藤啓文(内): 北里医学, 30: 321〜239, 2000.

792. [原著] Pulmonary hypertension in patients with anti-centromere antibody. 石川守, 岡田純, 近藤啓文(内): 北里医学, 30: 345〜353, 2000.

793. [原著] 神経ベーチェット病の中枢神経病変のMRI拡散強調画像における特徴. 太田晃一, 小原克之, 佐藤秀樹, 井口豊崇(水戸赤十字病院), 鈴木則宏(内): 臨床神経, 40: 398〜401, 2000.

794. [準原著(英文)] No cytomegalovirus DNA in sera from patients with anti-MAG/SGPG antibody-associated neuropathy. 入江幸子(内), 金沢直美(生物化学系), 荻野美恵子, 斉藤豊和(内), Tadao Funato(東北大): Ann. Neurol., 47(2): 274, 2000.

795. [準原著(英文)] Serum super oxide dismutase (SOD) activity in acute phase of embolic stroke: Different kinetics of Mn SOD and Cu-Zn SOD. 今井昇, 鈴木則宏, 坂井文彦(内), 神田直(医療衛生): J. Stroke Cerebrovasc. Dis., 19(2): 207〜210, 2000.

796. [準原著] CIDPをめぐる最近の話題. 斉藤豊和(内): 神経免疫学, 7(2): 211〜216, 1999.

797. [準原著] 慢性関節リウマチの薬物療法−DMARDsを中心に−. 近藤啓文(内): 虫部リウマチ, 32: 6〜9, 2001.

798. [準原著] MCTDと肺高血圧症−日本臨床免疫学会シンポジウム−混合性結合組織病並びに関連する疾患の難治性病態とその治療. 岡田純, 是洞桂子, 近藤啓文(内): 日本臨床免疫学会会誌, 23: 643〜646, 2000.

799. [準原著] 強皮症腎クリーゼ(SRC)高血圧、非高血圧性. 遠藤平仁(内): 日本臨床免疫学会会誌, 23: 656〜660, 2000.

800. [研究報告(厚生省)] 神経疾患患者の心理学的検討 (1). 加藤知也, 長谷川一子, 坂井文彦, 古橋紀久(内), 福山嘉綱, 末吉美佳, 北島正人(総合相談部): 科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業); 神経変性疾患に関する研究班1999年度研究報告書, p.51〜53, 2000.

801. [研究報告(厚生省)] 神経疾患患者の心理学的検討 (2). 加藤知也, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 福山嘉綱, 末吉美佳, 北島正人(総合相談部): 科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)スモンに関する調査研究班; 平成11年度研究報告書, p.162〜165, 2000.

802. [研究報告(厚生省)] Late-onset FAP type 1の剖検例; 死因の検討. 荻野美恵子, 荻野裕, 楠淳一, 斉藤豊和(内): 精神・神経疾患研究委託費, 遺伝性ニューロパチーの成因および治療に関する研究班平成11年度研究報告書, 2000.

803. [研究報告(厚生省)] 凹足, 錐体路徴候の著明な遺伝性運動感覚性ニューロパチーの1家系. 加藤知也, 楠淳一, 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 精神神経疾患研究委託費, 遺伝性ニューロパチーの成因および治療に関する研究班平成12年度報告書, 2000.

804. [研究報告(厚生省)] Multifocal motor Neuropathyにおける免疫学的側面. 斉藤豊和, 糠沢達志, 岡宮聡, 荻野美恵子, 入江幸子, 伊藤博明(内), 金沢直美(生物化学系): 精神・神経疾患研究委託費, 難治性ポリニューロパチーの成因と治療に関する研究 平成9年度研究報告書, p.43〜45, 1998.

805. [研究報告(厚生省)] 神経疾患患者の心理学的検討. 横山照夫, 岡宮聡, 楠淳一, 長谷川一子, 坂井文彦(内): 特定疾患スモン研究班, 平成11年度研究報告書, 2000.

806. [研究報告(厚生省)] 遺伝子解析によりSCA-6と診断した剖検1例を含む3例の臨床像および眼球運動障害に対する検討. 楠淳一, 三富哲郎, 梁正淵, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 柳下三郎(病理): 特定疾患運動失調症調査研究班, 平成10年度研究報告書, 1999.

807. [研究報告(厚生省)] ギラン・バレー症候群全国疫学調査; 第二次アンケート調査の結果報告. 斉藤豊和(内), 有村公良, 納光弘(鹿大): 特定疾患対策研究, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成11年度報告書, 2000.

808. [研究報告(厚生省)] サイトメガロウイルス感染に伴うGuillain-Barre症候群における血清・髄液中サイトメガロウイルスの検討. 入江幸子, 斉藤豊和(内), 金沢直美(生物化学系), 船渡忠男(東北大): 特定疾患対策研究, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成11年度報告書, 2000.

809. [研究報告(厚生省)] Guillain-Barre症候群の全国調査; 第三次調査結果を含めた最終報告. 荻野美恵子, 斉藤豊和(内), 有村公良, 納光弘(鹿大): 特定疾患対策研究, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成12年度班会議抄録集, p.72〜73, 2001.

810. [研究報告(厚生省)] Guillain-Barre症候群の血漿交換療法の比較検討. 岡宮聡, 荻野美恵子, 荻野裕, 坂井文彦, 入江幸子(内), 金沢直美(生物化学系), 斉藤豊和(内): 特定疾患対策研究, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成12年度班会議抄録集, p.74〜75, 2001.

811. [研究報告(厚生省)] Guillain-Barre症候群全国疫学調査; 第一次アンケート調査報告. 斉藤豊和(内), 有村公良, 納光弘(鹿大): 特定疾患対策研究, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成10年度報告書, p.59〜60, 1999.

812. [研究報告(厚生省)] ALSにおけるNF-Hリン酸化部位類似エピトープに対する抗体の検討. 荻野裕, 斉藤豊和, 荻野美恵子(内), 金沢直美(生物化学系), 坂井文彦(内): 特定疾患免疫性神経疾患調査研究分科会平成10年度研究報告書, p.87〜88, 1999.

813. [研究報告(厚生省)] 好中球浸潤阻害による慢性関節リウマチの治療法の開発に関する研究. 近藤啓文(内): 平成11年度厚生科学研究費補助金免疫・アレルギー等研究事業研究報告書, p.334〜336, 2000.

814. [研究報告(厚生省)] 定位脳手術施行パーキンソン病症例の心理特性 (1). 楠淳一, 三富哲郎, 梁正淵, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 柳下三郎(病理): 平成11年度厚生省パーキンソン病定位脳手術研究班報告書, 1999.

815. [研究報告(その他公的な報告)] じん肺健康診断へのCRの活用に関する調査研究検討会. 阿部直(内), 池添潤平, 石垣武男, 宇佐美郁治, 川城丈夫, 工藤翔二, 栗山喬之, 曽根儕輔, 高島力, 成田亘啓, 林邦昭, 森久保寛: じん肺健康診断へのCRの活用に関する調査研究報告書,中央労働災害防止協会, 2001.

816. [症例報告] 眼周辺後窩周辺の痛み(perorbital pain), 誤診しやすい神経疾患. 坂井文彦(内): 3: 65〜67, 2000.

817. [症例報告] Crescentic glomerulonephritis with anti-myeloperoxidase antibodies developing during the course of IgA nephropathy in a patient with rheumatoid arthritis. 内山真主美, 赤星透, 松井俊通, 渡部洋行, 是洞桂子, 田中住明, 松尾孝俊, 巽洋, 鎌田貢寿, 小林豊, 近藤啓文(内): Modern Rheumatol., 11: 76〜79, 2001.

818. [症例報告] 一過性のcontinuous tonic facial spasmを呈した多発性硬化症と思われる1例. 加藤知也, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 運動障害, 10(2): 75〜78, 2000.

819. [症例報告] 変性性神経疾患患者における開瞼困難(?眼瞼攣縮). 楠淳一, 横山照夫, 糠沢達志, 斉藤豊和(内): 運動障害, 8(1): 41〜49, 1998.

820. [症例報告] 外科手術後に四肢の運動麻痺が増悪した多発ニューロパチー例. 岡宮聡, 古沢英明, 荻野裕, 伊藤博明, 斉藤豊和(内): 運動障害, 9(1): 41〜47, 1999.

821. [症例報告] 一過性のring enhancementを伴う大脳病変を認めたEvans症候群. 門前達哉, 今井昇, 宮田嘉世子, 石原直毅(内): 神経内科, 53(増): 334〜335, 2000.

822. [症例報告] 視放線のWaller変性のMRI. 飯塚高弘, 坂井文彦(内): 神経内科, 53: 88〜89, 2000.

823. [症例報告] 習慣性流産、胃ポリポーシスを合併し、腸管梗塞で死亡した抗リン脂質抗体症候群の1例. 田村大輔, 岡田純, 東原正明(内), 柳沢信之, 岡安勲(病理): 内科, 85: 361〜370, 2000.

824. [症例報告] 解離性大動脈瘤と対麻痺. 横山照夫, 楠淳一, 古沢英明, 長谷川一子, 古和久幸(内): 日本パラプレジア医学会雑誌, 12(1): 84〜85, 1999.

825. [症例報告] Argatroban投与により麻痺の改善を認めた脊髄梗塞例. 横山照夫, 岡宮聡, 楠淳一, 長谷川一子, 坂井文彦(内): 日本パラプレジア医学会雑誌, 13(1): 2000.

826. [症例報告] 外傷性横隔膜ヘルニア脱出胃の穿孔を合併した急性膿胸の1例. 泉靖弘, 久保田勝, 花田伸英, 増渕隆之, 畑石隆治, 樋川志織, 須藤哲雄, 冨田友幸(内): 北里医学, 30(5): 367〜370, 2000.

827. [症例報告] 重症筋無力症におけるwaning現象の分布; 2症例における治療経過. 伊藤博明, 辻俊一, 斉藤豊和(内): 臨床脳波, 42(1): 58〜60, 2000.

828. [総説] 運動感覚系の連絡路. 飯塚高浩(内): Brain Nursing, 16(9): 960〜972, 2000.

829. [総説] 高齢者に多発する神経疾患の診断, 治療. 飯塚高浩(内): Brain Nursing, 16: 436〜446, 2000.

830. [総説] ニューロパチー; 最近の動向. 斉藤豊和(内): Clin. Neurosci., 19(1): 14〜17, 2001.

831. [総説] 視床の機能と役割−言語とthalamic aphasia. 鈴木則宏(内): Clinical Neuroscience, 18(8): 906〜908, 2000.

832. [総説] 神経疾患の薬物療法−現状と将来−治療薬の進歩と適応; 頭痛薬. 冨田愛美, 坂井文彦(内): Clinical Neuroscience, 19(2): 107〜110, 2001.

833. [総説] 混合性結合組織病. 近藤啓文, 渡部洋行(内): Mebio, 18: 90〜93, 2001.

834. [総説] 混合性結合組織病. 岡田純(内): Medical Practice, 17: 1679〜1684, 2000.

835. [総説] ニューロパチーとミオパチー検査で何がわかるか; 髄液検査でわかること. 斉藤豊和(内): Medicina, 36(8): 1279〜1281, 1999.

836. [総説] 頭痛の身体症状; 身体所見, 神経学的所見, 随伴症状. 塚原信也, 鈴木則宏(内): Modern Physician, 20(6): 725〜731, 2000.

837. [総説] 片頭痛疾患のマネージメント. 土橋かおり, 坂井文彦(内): Modern Physician, 20(6): 785〜789, 2000.

838. [総説] リウマチ性疾患; 病因・病態研究のアプローチ; ケモカイン. 赤星透(内): Modern Physician, 20: 35〜38, 2000.

839. [総説] 頭痛日記のすすめ. 土橋かおり, 坂井文彦(内): Progress in Medicine, 21(1): 34〜39, 2001.

840. [総説] 本邦で使用できるDMARDs. 近藤啓文, 石川章(内): カレントテラピー, 19: 448〜451, 2001.

841. [総説] 血管性頭痛の病態と治療−レセプターメカニズムとその治療への応用を中心に. 鈴木則宏(内): ペインクリニック, 21(5): 683〜693, 2000.

842. [総説] 抗リウマチ薬(DMARD)最前線2000; ネオーラル. 近藤啓文, 石川章(内): リウマチ科, 23(6): 539〜546, 2000.

843. [総説] RAにおける好中球アポトーシスの制御機構. 赤星透(内): リウマチ科, 23: 231〜235, 2000.

844. [総説] リウマチ性疾患の疫学像; 全身性硬化症(強皮症). 近藤啓文, ラナ美代子(内): リウマチ科, 24: 243〜248, 2000.

845. [総説] 疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs). 近藤啓文, 石川章(内): 医学ジャーナル, 36: 3101〜3105, 2000.

846. [総説] 片頭痛と群発頭痛の最新治療−群発頭痛の治療. 鈴木則宏(内): 医薬ジャーナル, 36(11): 93〜97, 2000.

847. [総説] 好中球とアポトーシス. 赤星透, 劉佳佳(内): 炎症と免疫, 8: 3〜8, 2000.

848. [総説] 知っておきたいニューロパチー; 治療法を中心に―ニューロパチーの治療−現況と問題点. 斉藤豊和(内): 今月の治療, 8(1): 24〜27, 2000.

849. [総説] 知っておきたいニューロパチー; 治療法を中心に―ニューロパチーの治療−自己免疫性ニューロパチー. 荻野裕, 斉藤豊和(内): 今月の治療, 8(1): 75〜76, 2000.

850. [総説] Evidenceに基づく内科的治療の進め方; 強皮症. 近藤啓文(内): 最新医学2000年, 6: 1457〜1465, 2000.

851. [総説] 抗TNFα抗体およびsTNF受容体・Fc融合蛋白質の臨床効果と問題点. 近藤啓文(内): 最新医学別冊リウマチ2000, p.156〜166, 2000.

852. [総説] 患者さんへの情報提供とインフォームドコンセント−疾患編(呼吸器疾患); 急性呼吸不全, ARDS. 安藤みゆき, 小林弘祐(内): 治療, 83(増): 422〜425, 2001.

853. [総説] 強皮症(全身性硬化症, 全身性強皮症). 近藤啓文, 渡部洋行(内): 治療, 83: 1180〜1183, 2001.

854. [総説] 神経疾患治療の進歩(1999年)機能性疾患. 飯塚高浩, 坂井文彦(内): 神経治療学, 17: 345〜349, 2000.

855. [総説] 眼で見る神経内科-175: びまん性白質脳症類似の画像を呈した脳血管炎. 斉藤豊和(内): 神経内科, 53(Suppl.2): 350〜351, 2000.

856. [総説] 基本的な薬の使い方; 抗リウマチ薬. 近藤啓文(内): 診断と治療, 88: 431〜436, 2000.

857. [総説] 内科診療におけるPros & cons; 慢性炎症性脱髄性多発神経炎において第一に選択すべき治療法は何か. 斉藤豊和(内): 内科, 83(5): 966〜970, 1999.

858. [総説] 免疫性神経疾患; ここまで進んだ病態解明と治療―末梢神経の自己免疫病―IgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチー. 斉藤豊和(内): 内科, 85(4): 643〜648, 2000.

859. [総説] 運動ニューロン疾患の診断基準・病型分類・重症度. 楠淳一, 斉藤豊和(内): 内科, 85(6): 1556〜1561, 2000.

860. [総説] 片頭痛を診る; 薬物療法. 鈴木則宏(内): 日経メディカル, 393(8): 89〜92, 2000.

861. [総説] 再発性多発軟骨炎. 岡田純(内): 日本内科学会雑誌, 89: 63〜67, 2000.

862. [総説] コハク酸スマトリブタン. 鈴木則宏(内): 日本病院薬剤師会雑誌, 37(2): 247〜252, 2001.

863. [総説] 脱髄性疾患; 末梢性脱髄疾患−抗MAG抗体陽性ニューロパチー. 荻野美恵子, 斉藤豊和(内): 日本臨床, 領域別症候群シリーズ(27)神経症候群U―その他の神経疾患を含めて―: 487〜491, 1999.

864. [総説] 脱髄性疾患; 末梢性脱髄疾患− Lewis-Sumner症候群. 荻野裕, 斉藤豊和(内): 日本臨床, 領域別症候群シリーズ(27)神経症候群U―その他の神経疾患を含めて―, p.492〜495, 1999.

865. [総説] 血漿蛋白の異常. 斉藤豊和(内): 日本臨床領, 域別別症候群シリー ズ(29), 神経症候群W: 227〜233, 2000.

866. [総説] 呼吸管理を必要とする患者の見分け方. 花田伸英, 阿部直(内): 臨床医, 27(7), 2001.

867. [総説] 在宅酸素療法の適応. 花田伸英, 高田信和, 阿部直(内): 臨床成人病, 30(11): 1465〜1468, 2000.

868. [講座] 薬物治療の基本的な考え方−NSAIDsとDMARDsの位置づけ−. 近藤啓文(内): Clinician, 47: 137〜141, 2000.

869. [講座] 呼吸不全−病態に基づいた最新の治療; NO吸入療法. 畑石隆治, 小林弘祐(内): Medical Practice, 17(12): 2071〜2073, 2000.

870. [講座] RA患者に対するNSAIDs投与の実際. 赤星透(内): Medicina, 38: 428〜429, 2001.

871. [講座] すっきり解消慢性頭痛. 坂井文彦(内): NHKきょうの健康, 8: 72〜83, 2000.

872. [講座] 体の痛みと悩み大研究; 頭. 坂井文彦(内): NHKためしてガッテン, p.6〜11, 2001.

873. [講座] 臨床のための片頭痛エッセンス−基礎から臨床まで−; 片頭痛と脳循環spreading depression. 坂井文彦(内): Progress in Medicine, 5: 52〜54, 2000.

874. [講座] 片頭痛の研究と治療−21世紀の展望−. 坂井文彦(内): ライフサイエンス, 1: 8〜9, 2001.

875. [講座] 慢性関節リウマチにおけるステロイド療法と臨床試験の提案. 近藤啓文(内): 炎症と免疫, 8(4): 455〜458, 2000.

876. [講座] 口腔内圧の測定. 生井世雄, 阿部直(内): 機能検査からみた呼吸器診断, 呼吸器病New Approach, 2: 56〜63, 2001.

877. [講座] 知っておきたいニューロパチー; 治療法を中心に―ニューロパチーの治療法をめぐって―内科医が知っておきたい診療のポイント. 斉藤豊和(内), 二見俊郎(整外), 野村恭一(埼玉医大): 今月の治療, 8(1): 7〜23, 2000.

878. [講座] 疾患別初診で必要な画像診断−肺炎. 生井世雄, 阿部直(内): 診断と治療, 88(9): 1635〜1645, 2000.

879. [講座] 頭痛−古くからの人類の苦しみ. 坂井文彦(内): 総合臨床, 16(6): 1749〜1750, 2000.

880. [講座] 痛風発作におけるケモカインの産生と好中球アポトーシスの意義. 赤星透(内): 痛風と核酸代謝, 24: 178〜179, 2000.

881. [講座] 頭痛って病気. 坂井文彦(内): 毎日ライフ, 7: 12〜15, 2000.

882. [講座] 抗リン脂質抗体症候群. 岡田純(内): 臨床リハ, 20: 137, 2001.

883. [講座] 回帰性リウマチ; 内科治療のグローバルスタンダード. 近藤啓文(内): 臨床医, 26(Suppl.): 1415〜1416, 2000.

884. [講座] 新しいリウマチ性疾患治療薬. 近藤啓文, 内山真主美(内): 臨床医, 26: 371〜373, 2000.

885. [講座] アポトーシスとサイトカイン. 赤星透(内): 臨床検査, 45: 67〜68, 2001.

886. [講座] 治療薬の進歩と適応; 頭痛薬. 坂井文彦(内): 臨床神経科学, 12: 107〜110, 2000.

887. [講座] 老人にみられるシェーグレン症候群について. 岡田純(内): 老年病診療Q&A, 35: 6〜11, 2001.

888. [編集者への手紙(英文)] Human T-cell lymphotropic virus type 1-associated neurologic disorder without spastic paraparesis. 伊藤博明, 斉藤豊和(内): Arch. Neurol., 56: 1167, 1999.

889. [編集者への手紙(英文)] CREST syndrome; changing chlinical syndrome. 近藤啓文(内): Intern. Med., 39: 437, 2000.

890. [学術書](分担執筆) Year note series; SELECTED ARTICLES 2001-2002; 全身性エリテマトーデスの診断と治療, p.815〜822, 岡田純(内). MEDIC MEDA, 2000.06.00発行.

891. [学術書](分担執筆) ケモカインと疾患; その基礎と臨床; ケモカインに焦点をあてた治療戦略, p.227〜233, 赤星透(内). 編集 茆原順一, 医薬ジャーナル社, 2000.00.00発行.

892. [学術書](分担執筆) 強皮症の診断と治療; 知っておきたい膠原病の新たな診療, p.125〜134, 遠藤平仁, 近藤啓文(内). 編集 安倍達, 槙野博史, 真興交易, 2000.00.00発行.

893. [学術書](分担執筆) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ・5膠原病リウマチ(第2版); 喉と腹部症状を主体に来院した42歳女性, p.109〜121, 近藤啓文(内). 編集 橋本博史, 日本医事新報社, 東京, 2000.00.00発行.

894. [学術書](分担執筆) 領域別症候群シリーズNo. 31, 免疫症候群上巻; 薬物・化学物質誘発性自己免疫疾患-強皮症, 強皮症類似疾患, p.494〜499, 近藤啓文(内). 日本臨床社, 大阪, 2000.00.00発行.

895. [学術書](分担執筆) 領域別症候群シリーズNo. 31, 免疫症候群上巻; 薬物・化学物質誘発性自己免疫疾患-その他の自己免疫疾患, p.503〜507, 岡田純, 近藤啓文(内). 日本臨床社, 大阪, 2000.00.00発行.

896. [学術書](分担執筆) 混合性結合組織病(MCTD); リウマチナビゲーター, p.200〜201, 近藤啓文(内). 編集 中村耕三, 山本一彦, 原まさ子, メディカルレビュー社, 01.00.00発行.

897. [学術書](分担執筆) 脳血管2000−文献レビュー; 血管内皮, 平滑筋, 神経支配, p.13〜14, 鈴木則宏(内). 編集 鈴木則宏(北里大), 三輪聡一, 鈴木善男, 植松大輔, 金芳堂, 京都, 2000.06.01発行.

898. [学術書(英文)](分担執筆) Ischemic Blood Flow in the Brain; Effect of induction of inducible nitric oxide synthese on the blood-brain barrier in the rat, p.129〜135, 鈴木則宏(内), Fukuuchi, Y., Koto, A., Morita, Y., Shimizu, T. 編集 Fukuuchi, Y., Tomita, M., Koto, A.(慶大), Springer, 東京, 2000.00.00発行.

899. [学術書](分担執筆) 神経症候群X; 神経サルコイドーシス, p.400〜405, 飯塚高浩(内). 2000.08.29発行.

900. [学術書](編集) 脳血管2000−文献レビュー; 編集 鈴木則宏(内), 三輪聡一, 鈴木善男, 植松大輔, 金芳堂, 京都, 2000.06.01発行.

901. [教科書](分担執筆) 認定医・専門医のための内科学レビュー; 慢性関節リウマチならびに膠原病類縁疾患, p.275〜279, 赤星透(内). 編集 酒井紀, 早川弘一, 西崎統, 小林祥泰, 福井次矢, 総合医学社, 01.00.00発行.

902. [教科書](分担執筆) からだの異常病態生理学U; 免疫の異常: 看護の基礎科学, p.261〜303, 近藤啓文, 岡田純(内). 編集 北本清, 日本看護協会出版社, 東京, 2000.00.00発行.

903. [教科書(英文)](分担執筆) The Headaches, 2nd Ed.; Tension type headache, cluster headache and miscellaneous headache: Chapter 83, Anatomy and Pathology, p.683〜685, Hardebo, J.E., 鈴木則宏(内). 編集 Olesen, J., Tfelt-Hansen, P., Welch, K.M.A., Lippincott, Williams & Willkins, New York, 2000.00.00発行.

904. [その他の著書](分担執筆) 専門医を目指すCase Method Approach 7; 神経疾患, p.201〜213, 荻野美恵子(内). 編集 坂井文彦(内), 日本医事新報社, 東京, 2000.01.10発行.

905. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 難病の最新情報; 疫学から臨床・ケアまで; 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の診断基準, p.455〜456, 斉藤豊和(内). 編集 大野良之(名大), 田中平三(東医歯大), 中谷比呂樹(厚生省), 黒川清(東海大), 斉藤英彦(名大), 南山堂, 東京, 2000.08.10発行.

906. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 難病の最新情報; 疫学から臨床・ケアまで; 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー, p.203〜205, 斉藤豊和(内). 編集 大野良之(名大), 田中平三(東医歯大), 中谷比呂樹(厚生省), 黒川清(東海大), 斉藤英彦(名大), 南山堂, 東京, 2000.08.10発行.

907. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 別冊医学のあゆみ, 神経疾患Stable of Arts (Ver.1); 診断法−現況と最近の進歩「血管炎と炎症細胞の浸潤」, p.211〜214, 斉藤豊和(内). 編集 中村重信(広大), 医歯薬出版, 東京, 1999.11.15発行.

908. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 別冊医学のあゆみ, 神経疾患Stable of Arts (Ver.1); 経管栄養による神経疾患の栄養管理, p.329〜332, 長谷川一子, 楠淳一(内). 編集 中村重信(広島大), 医歯薬出版, 東京, 1999.11.15発行.

909. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) 膠原病診療; 専門医によるベストアドバイス; 膠原病と遺伝, p.8〜11, 全身性エリテマトーデスと精神症状, p.26〜27, 抗U1RNP抗体陽性例における無菌性髄膜炎, p.182〜184, 岡田純(内). 編集 竹原和彦, 近藤啓文(内), 桑名正隆, 宮地良樹, 診断と治療社, 東京, 2000.00.00発行.

910. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) リウマチ・膠原病の治療と看護; 多彩なリウマチ・膠原病の臨床症状, p.10〜18, 赤星透(内). 編集 川合眞一, 森脇美登里, 南江堂, 01.00.00発行.

911. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) 今日の治療指針2001年版; ウェゲナー肉芽腫症, p.644〜645, 近藤啓文(内). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 山口徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 01.01.00発行.

912. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) 今日の治療指針2001年版; ひとアジュバンド病, p.646〜647, 岡田純(内). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 医学書院, 東京, 01.01.00発行.

913. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) 治療薬ガイド2001-2002; 非ステロイド抗炎症剤, p.872〜877, 近藤啓文(内). 編集 medical practice編集委員会, 文光堂, 東京, 01.00.00発行.

914. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) この薬のこの副作用第2版; 非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)(酸性)と腎障害, p.268〜271, 近藤啓文(内). 編集 松田重三, 医歯薬出版, 東京, 2000.07.00発行.

915. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) この薬のこの副作用第2版; 塩酸プロカインアミドとSLE様症状, p.296〜299, 岡田純(内). 編集 松田重三, 医歯薬出版, 東京, 2000.07.00発行.

916. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) NSAIDs Q&A non-steroidal anti-inflammatory drugs; 感染症(かぜ症候群を含む)におけるNSAIDsの選び方と使い方, p.102〜104. 赤星透(内). 編集 川合眞一, 山本一彦, 日本医学出版, 2000.00.00発行.

917. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) 血管炎; 全身性硬化症(強皮症), p.305〜310. 近藤啓文(内). 編集 橋本博史, 朝倉書店, 2001.03.00発行.

918. [その他の著書(啓蒙書)](編集) 膠原病診療; 専門医によるベストアドバイス; 編集 竹原和彦, 近藤啓文(内), 桑名正隆, 宮地良樹, 診断と治療社, 東京, 2000.00.00発行.

919. [学会(国際)](シンポジウム) ¥Paralytic ileus and laryngeal stenosis: Complications of Parkinsons disease. 横山照夫, 岡宮聡, 楠淳一, 長谷川一子, 坂井文彦(内): 第6回国際運動障害パーキンソン病シンポジウム(1999.07.24), バンクーバー.

920. [学会(国際)](シンポジウム等) Clinical course of Japanease patients with mixed connective tissue disease (MCTD). 近藤啓文, 岡田純, 東條大輝(内): 9th APAR Congress of Rheumatology(2000.05.21〜22), 北京.

921. [学会(国際)](一般講演) Serological diagnosis of idiopathic pulmonary alveolar proteinosis. Nakata, K., Uchida, K.(東大), 田中直彦(内), Seymor, J.(Ludming研), Schoch, O.(Zurich大), Doyle, I.(Flinders大), Inoue, Y., Sakatani, M.(近畿中央病院), Kudoh, S., Azuma, A.(日医大), Nukiwa, T.(東北大), 冨田友幸, 片桐真人(内), Kitamura, T.(東大): American Thoracic Society of International Conference(2000.05.10), Toronto, Am. J. Crit. Care Med., 161(3): 887, 2000.

922. [学会(国際)](一般講演) Parasternal intercostal muscle activity during a sniff. 片桐真人, 生井世雄, 横場正典, 冨田友幸(内), Easton, P.A.(カルガリー大), 阿部直(内): ERS International Conference, 2000(2000.09.01), Florence, Eur. Respir. J., 16(Suppl. 31): 35, 2000.

923. [学会(国際)](一般講演) Adenosine deaminase activity and isoenzyme in bronchoalveolar lavage fluid. 久保田勝, 矢那瀬信雄(内), 相馬一亥(救命), 冨田友幸, 高田信和, 片桐真人(内): World Congress on Lung Health and 10th ERS Annual Congress(2000.09.01), Florence, Eur. Respir. J., 16(Suppl.): 216, 2000.

924. [学会(国際)](一般講演) Efficacy and safety of FK506 in rheumatoid arthritis (RA): A 16-week, double-blind randomized study. 近藤啓文(内), Irimagiri, S., Sugawara, S., Hashimoto, H., Uchida, S., Hara, M., Abe, T.: American College of Rheumatology 64th Annual Scientific Meeting(2000.10.28〜11.02), Philadelphia.

925. [学会(国際)](ポスター講演) Carpal tunnel syndrome associated with polymyositis and dermatomysitis. 松井俊通, Hashimoto, A., 玉真桂子, 赤星透, 近藤啓文(内): 4th KJCMR(01.03.25), 東京.

926. [学会(国際)](ポスター講演) Salbutamol effects on parasternal muscle activity and ventilation in humans. Easton, P.A.(カルガリー大), 横場正典(内), Hawes, H.G.(カルガリー大), 片桐真人(内), Johnson, M.(カルガリー大), 冨田友幸, 阿部直(内): ALA/ATS International Conference, 2000(2000.05.10), Toronto, Am. J. Crit. Care Med., 161(3): 117, 2000.

927. [学会(国際)](ポスター講演) Early inspiratory flow generation in awake camines. Hawes, H.G.(カルガリー大), 横場正典(内), Easton, P.A.(カルガリー大): ALA/ATS International Conference, 2000(2000.05.10), Toronto, Am. J. Crit. Care Med., 161(3): 690, 2000.

928. [学会(国際)](ポスター講演) Geniohyoid function in awake canines. 横場正典(内), Hawes, H.G., Easton, P.A.: ALA/ATS International Conference, 2000(2000.05.10), Toronto, Am. J. Crit. Care Med., 161(3): 84, 2000.

929. [学会(国際)](ポスター講演) Electromyographic activity of parasternal intercostal and scalene muscles during CO2 stimulated ventilation in healthy humans. 生井世雄, 片桐真人, 横場正典, 冨田友幸(内), Easton, P.A.(カルガリー大), 阿部直(内): World Congress on Lung Health and 10th ERS Annual Congress(2000.09.01), Florence, Eur. Respir. J., 16(31): 262〜263, 2000.

930. [学会(国際)](ポスター講演) Selective recuritment of CCR6 expressing cells by macrophage inflammatory protein 3α in rheumatoid arthritis. 松井俊通, 赤星透, 工藤雄一朗, 栗原夕子, ラナ美代子(内), 西村明人(整外), 北里英郎(微), 遠藤平仁, 近藤啓文(内): American College of Rheumatology 64th Annual Scientific Meeting(2000.10.28〜11.02), Philadelphia.

931. [学会(国際)](ポスター講演) Essential involvement of interlection-8 in neutrophil infiltration to RA synovial tissue transplanted in SCID mouse. 西村明人(整外), 赤星透(内), 諸星康雄(実動), 近藤啓文(内), 糸満盛憲(整外): American College of Rheumatology 64th Annual Scientific Meeting(2000.10.28), Philadelphia.

932. [学会(国際)](ポスター講演) Evidence against tight correlation between chest oppressive symptoms and ischemic coronary changes after subcutaneous sumatriptan injection. 冨田愛美, 鈴木則宏, 五十嵐久佳, 遠藤基, 坂井文彦(内): 10th International Headache Research Seminar(2000.12.02), Denmark.

933. [学会(全国)](教育講演) 痛風発作とケモカイン. 赤星透(内): 第33回日本痛風・核酸代謝学会総会(2000.02.03〜04), 京都.

934. [学会(全国)](教育講演) Verotoxinによる好中球アポトーシスの抑制とその意義. 赤星透(内), 北里英郎, 笹原武志, 佐々木武二, 井上松久(微), 近藤啓文(内): 第74回日本感染症学会総会(2000.04.20), 福岡.

935. [学会(全国)](教育講演) 片頭痛の診断と新しい治療. 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.25), 松本.

936. [学会(全国)](シンポジウム等) リウマチ・膠原病の肺病変に関する臨床的検討−特に全身性強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎を中心として. 遠藤平仁, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.13), 横浜.

937. [学会(全国)](シンポジウム等) 慢性呼吸器疾患と環境−空気の汚染と睡眠呼吸障害−. 阿部直, 生井世雄, 喜里山順子(内): 第9回日本臨床環境医学会総会(2000.06.02), 東京.

938. [学会(全国)](シンポジウム等) MCTDの肺高血圧症. 岡田純, 是洞桂子, 近藤啓文(内): 第28回日本臨床免疫学会総会(2000.09.28〜30), 東京.

939. [学会(全国)](シンポジウム等) 強皮症腎クリーゼ(SRC): 高血圧性非高血圧性. 遠藤平仁(内): 第28回日本臨床免疫学会総会(2000.09.28〜30), 東京.

940. [学会(全国)](シンポジウム等) 呼吸不全治療の進歩−呼吸不全に対するNO吸入療法−. 小林弘祐, 三藤久, 今崎貴生(内), 贄正基(胸外), 広瀬稔(医療衛生): 日本医工学治療学会(2001.02.09), 名古屋, 医工学治療, 13(Suppl.1): 69, 2001.

941. [学会(全国)](ワークショップ) Verotoxinによる好中球アポトーシスの抑制とその意義. 赤星透(内), 北里英郎, 笹原武志, 佐々木武二, 井上松久(微), 近藤啓文(内): 第44回日本感染症学会総会(2000.05.13), 横浜.

942. [学会(全国)](ワークショップ) 胃粘膜上皮細胞のPGE受容体EP4サブタイプの役割と非ステロイド系抗炎症薬の影響. 栗原夕子, 遠藤平仁, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.13), 横浜.

943. [学会(全国)](ワークショップ) 慢性関節リウマチ関節滑膜病変におけるプロスタグランジンE受容体サブタイプの発現と分布の解析. ラナ美代子, 遠藤平仁(内), 西村明人(整外), 赤星透, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.14), 横浜.

944. [学会(全国)](ワークショップ) 慢性関節リウマチにおけるMIP-3αの発現とCCR6陽性細胞の浸食. 松井俊通, 赤星透, 栗原夕子, ラナ美代子(内), 西村明人(整外), 北里英郎(微), 遠藤平仁, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.15), 横浜.

945. [学会(全国)](ワークショップ) 慢性関節リウマチにおけるMIP-3αの発現とCCR7陽性細胞の浸食. 松井俊通, 赤星透, 栗原夕子, ラナ美代子(内), 西村明人(整外), 遠藤平仁, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.15), 横浜.

946. [学会(全国)](ワークショップ) RAにおけるMIP-3αとMIP-3β産生細胞の検討. 松井俊通, 赤星透, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.15), 横浜.

947. [学会(全国)](ワークショップ) 膠原病におけるサイトカイン・ケモカイン抑制. 赤星透(内), 西村明人(整外), 近藤啓文(内): 第21回炎症学会(2000.07.05), 東京.

948. [学会(全国)](一般講演) 相模原地区のパーキンソニスムの原因遺伝子検索. 長谷川一子, 楠淳一, 横山照夫, 古沢英明, 梁正淵, 坂井文彦(内), 小幡文弥, 舟山学(医療衛生): 第40回日本神経学会総会(1999.05.19), 東京, 抄録集, p.60, 1999.

949. [学会(全国)](一般講演) 急性サイトメガロウイルス感染に伴うGuillain-Barre症候群の臨床と血清抗体. 入江幸子, 荻野裕, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第40回日本神経学会総会(1999.05.21), 東京, 抄録集, p.266, 1999.

950. [学会(全国)](一般講演) 変性性神経疾患患者における微量元素・ビタミン欠乏について; 特に銅・ビタミンA欠乏を中心に. 楠淳一, 横山照夫, 岡宮聡, 斉藤豊和, 坂井文彦(内), 前田忠伸(臨検): 第17回日本神経治療学会総会(1999.06.10), 横浜, 抄録集, p.105, 1999.

951. [学会(全国)](一般講演) 脳血管におけるcalbindis-D28k陽性線維の分布について. 鈴木則宏(内), 清水利彦, 森田陽子, 後藤淳, 高尾昌樹, 大友哲, 厚東篤生, 福内靖男(慶大内): 第11回日本脳循環代謝学会(1999.10.04), 秋田, 脳循環代謝, 12(2): 136〜137, 2000.

952. [学会(全国)](一般講演) 慢性関節リウマチ(RA)に合併した可能性関節炎の検討. 石川章, 岡田純, 渡部洋行, 遠藤平仁, 赤星透, 近藤啓文(内): 第75回日本感染症学会総会(2000.03.29〜30), 奈良.

953. [学会(全国)](一般講演) メサコリンおよびサルブタモール吸入による呼気中一酸化窒素濃度の変化に対する検討. 三藤久, 小林弘祐, 前村安文, 小沢剛久, 高橋裕子, 高橋愛典, 本多研也, 冨田友幸(内): 第40回日本呼吸器学会総会(2000.03.22), 広島, 日本呼吸器学会雑誌, 38(増刊): 94, 2000.

954. [学会(全国)](一般講演) 臨床的に非細菌性血栓性心内膜炎による脳梗塞と診断した20例の検討. 飯ケ谷美峰, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第25回日本脳卒中学会総会(2000.04.27), 東京, 脳卒中, 22(1): 103, 2000.

955. [学会(全国)](一般講演) 血栓症を合併した全身性強皮症(SSc)の2例. 内山真主美, 渡部洋行, 是洞桂子, 岡田純, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.14), 横浜.

956. [学会(全国)](一般講演) 抗リン脂質抗体症候群における血栓症の誘因−CRP陽性との関連. 岡田純, 内山真主美, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.14), 横浜.

957. [学会(全国)](一般講演) 抗U1-RNP抗体陽性例の自然歴に関する研究. 是洞桂子, 内山真主美, 渡部洋行, 岡田純, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.15), 横浜.

958. [学会(全国)](一般講演) 抗カルジオリピン抗体陽性の偏頭痛患者にSLEと血球貪食症候群を合併した1例. 吉田秀, 高橋道雄, 近藤啓文(内): 第44回日本リウマチ学会総会(2000.05.15), 横浜.

959. [学会(全国)](一般講演) %1秒量の検討. 草薙千晶, 久松知子, 藤生美乃, 古木量一郎(臨検), 片桐真人, 阿部直, 冨田友幸(内): 第49回日本臨床衛生検査学会総会(2000.05.11), 沖縄.

960. [学会(全国)](一般講演) MELASの脳卒中様発作におけるcortical capillary angiopathyの意義. 飯塚高浩, 塚原信也, 日比洋子, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.24), 松本.

961. [学会(全国)](一般講演) 相模原地区の常染色体優性遺伝様式をとる家族性パーキンソニズムの原因遺伝子検索 (2). 長谷川一子, 楠淳一, 坂井文彦(内), 小幡文弥, 船山学(医療衛生): 第41回日本神経学会総会(2000.05.24), 松本, 抄録集, p.32, 2000.

962. [学会(全国)](一般講演) 慢性頭痛患者におけるfluvoxamineの効果−頭痛日記の定量化による評価−. 土橋かおり, 坂井文彦, 鈴木則宏, 遠藤基(内): 第18回日本神経治療学会総会(2000.06.15〜16), 札幌.

963. [学会(全国)](一般講演) Botulinum A toxin療法でreflex blepharospasmが改善したOPCA例. 楠淳一, 横山照夫, 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 第18回日本神経治療学会総会(2000.06.15), 札幌, 抄録集, p.137, 2000.

964. [学会(全国)](一般講演) 好中球のアポトーシスに及ぼすプロスタグランジンの影響. 劉佳佳, 赤星透(内), 北里英郎(微), 遠藤平仁, 近藤啓文(内): 第21回炎症学会(2000.07.04), 東京.

965. [学会(全国)](一般講演) 炎症性関節炎におけるプロスタノイド受容体サブタイプの発現と分布. 遠藤平仁, 栗原夕子, ラナ美代子, 近藤啓文(内): 第21回炎症学会(2000.07.04), 東京.

966. [学会(全国)](一般講演) 肺血管炎, 肺高血圧症, 肝臓の結節性再発性過形成を合併した, シェーグレン症候群の1例. 栗原夕子, 小林弘裕, 岡田純, 近藤啓文(内): 第28回日本臨床免疫学会総会(2000.09.28〜30), 東京.

967. [学会(全国)](一般講演) 頭蓋内原発悪性リンパ腫を併発した全身性エリテマトーデスの1例. 渡部洋行, 遠藤平仁, 萩原将太郎, 工藤雄一朗, 是洞桂子, 赤星透, 岡田純, 近藤啓文(内): 第28回日本臨床免疫学会総会(2000.09.28〜30), 東京.

968. [学会(全国)](一般講演) 睡眠時低酸素血症から検討した在宅酸素療法患者の至適PaO2. 花田伸英, 高田信和, 久保田勝, 増渕ゆかり, 阿部直, 冨田友幸(内): 第10回日本呼吸管理学会総会(2000.09.22), 沖縄.

969. [学会(全国)](一般講演) 実験的片頭痛モデルの作成−三叉神経鼻毛様体神経刺激によるラット局所脳循環の検討−. 土橋かおり, 鈴木則宏, 福田倫也(内), 丸山茂善(実動系), 北村昭, 坂井文彦(内): 第28回日本頭痛学会総会(2000.11.11), 倉敷.

970. [学会(全国)](一般講演) 多発性単ニューロパチー, 汎血球減少症を呈し皮疹部位の生検で血管炎の所見のみられた男子例. 荻野美恵子, 楠淳一, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 第42回Neuromuscular Conference(2000.12.16), 東京.

971. [学会(全国)](一般講演) C型肝炎, クリオグロブリン血症, Churg-Strauss症候群類似の所見を呈した多発単神経炎の女性例. 井出俊光, 荻野美恵子, 矢島文, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 第42回Neuromuscular Conference(2000.12.16), 東京.

972. [学会(全国)](一般講演) Multifucal acquired demyelinating sensory and motor (MADSAM) neuropathyで初発し, 肝内に小結節状びまん性浸潤を認めた悪性リンパ腫の1例. 飯塚高浩, 遠藤基(内), 斉藤江美子, 河島江美, 吉本紅子(臨検), 坂井文彦(内): 第30回日本臨床神経生理学会学術大会(2000.12.13), 京都.

973. [学会(全国)](一般講演) CIDPの臨床と治療. 斉藤豊和(内): 第13回日本神経免疫学会(2001.02.02), 東京.

974. [学会(全国)](一般講演) 免疫グロブリン療法後に強化療法としての経口ステロイド治療が著効を示したCIDPの女性例. 野末果林, 斉藤豊和, 入江幸子(内), 金沢直美(生物化学系), 楠淳一, 荻野美恵子, 荻野裕, 坂井文彦(内): 第13回日本神経免疫学会(2001.02.02), 東京, 臨床免疫学, 9(1): 148〜149, 2001.

975. [学会(全国)](一般講演) 大脳皮質病変の緩徐進行性拡大MELASの脳卒中様発作における新しいMRI所見. 飯塚高浩, 塚原信也, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第26回日本脳卒中学会(2001.03.15), 大阪.

976. [学会(全国)](ポスター講演) 脳卒中患者の自立度についてのアンケート調査. 門前達哉, 今井昇, 宮田嘉世子, 石原直毅(内): 第39回日本神経学会総会(1998.05.22), 京都.

977. [学会(全国)](ポスター講演) パーキンソン病羅患者における両側声帯麻痺の検討. 岡宮聡, 楠淳一, 横山照夫, 長谷川一子, 坂井文彦(内): 第40回日本神経学会総会(1999.05.19), 東京, 抄録集, p.128, 1999.

978. [学会(全国)](ポスター講演) 身体障害者療護施設におけるALS受け入れについて; 全国アンケート調査から. 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 第40回日本神経学会総会(1999.05.19), 東京, 抄録集, p.99, 1999.

979. [学会(全国)](ポスター講演) 重症筋無力症におけるdecrement responseの分析. 伊藤博明, 辻俊一, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第40回日本神経学会総会(1999.05.20), 東京, 抄録集, p.203, 1999.

980. [学会(全国)](ポスター講演) 重症筋無力症におけるdecrement testの陽性筋の分布と程度; 下肢を中心として. 辻俊一, 伊藤博明, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第40回日本神経学会総会(1999.05.20), 東京, 抄録集, p.203, 1999.

981. [学会(全国)](ポスター講演) Guillain-Barre症候群全国疫学調査; アンケート調査結果報告. 斉藤豊和(内), 有村公良, 納光弘(鹿大): 第40回日本神経学会総会(1999.05.20), 東京, 抄録集, p.208, 1999.

982. [学会(全国)](ポスター講演) Danon病患者における候補原因遺伝子Xibの解析とacid maltaseの細胞内局在の検討. 金沢直美(生物化学系), 山田猛(九大), 臼杵扶佐子(国立水俣病セン), 斉藤豊和(内), Ida Biunno(ITBA-CNR), 辻野精一(国立精神神経セン): 第40回日本神経学会総会(1999.05.21), 東京, 抄録集, p.294, 1999.

983. [学会(全国)](ポスター講演) X連鎖優性Charcot-Marie-Tooth病(CMTX1)の1家系における臨床・遺伝学的検討. 糠沢達志, 斉藤豊和(内), 由村健夫(九大), 山本辰紀, 大西晃生(産医大): 第40回日本神経学会総会(1999.05.21), 東京, 抄録集, p.295, 1999.

984. [学会(全国)](ポスター講演) 遺伝子解析によりSCA-6と診断した剖検1例を含む3例の眼球運動障害に対する検討. 楠淳一, 梁正淵, 横山照夫, 岡宮聡, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 柳下三郎(神奈川リハ): 第40回日本神経学会総会(1999.05.21), 東京, 抄録集, p.305, 1999.

985. [学会(全国)](ポスター講演) 神経疾患患者の心理学的検討 (2). 横山照夫, 岡宮聡, 楠淳一, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 福山嘉綱, 末吉美佳(総合相談部): 第40回日本神経学会総会(1999.05.21), 東京, 抄録集, p.307, 1999.

986. [学会(全国)](ポスター講演) 頭痛日記解析による頭痛定量化の試み. 土橋かおり, 坂井文彦, 鈴木則宏, 五十嵐久佳(内), 竹内昭博(医療衛生): 第97回日本内科学会講演会(2000.04.06〜08), 京都.

987. [学会(全国)](ポスター講演) 多系統萎縮症の臨床経過. 岡宮聡, 楠淳一, 丸野知子, 長谷川一子, 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.25), 松本, 抄録集, p.170, 2000.

988. [学会(全国)](ポスター講演) 急性突発性眼球運動障害における血清抗GQ1b抗体の検討. 荻野美恵子, 荻野裕, 入江幸子, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.25), 松本, 抄録集, p.187, 2000.

989. [学会(全国)](ポスター講演) サイトメガロウイルス感染に伴うGuillain-Barre症候群患者の血清・髄液中サイトメガロウイルスの検討. 入江幸子, 斉藤豊和(内), 金沢直美(生物化学系), 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.25), 松本, 抄録集, p.187, 2000.

990. [学会(全国)](ポスター講演) 定位脳手術施行パーキンソン病症例の心理特性 (1). 楠淳一, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 植松美帆, 福山嘉綱(総合相談部): 第41回日本神経学会総会(2000.05.26), 松本, 抄録集, p.242, 2000.

991. [学会(全国)](ポスター講演) 運動ニューロン病における脳神経支配筋の針筋電図所見. 辻俊一, 伊藤博明, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.26), 松本, 抄録集, p.260, 2000.

992. [学会(全国)](ポスター講演) 神経疾患患者の心理学的検討 (3). 加藤知也, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 福山嘉綱, 末吉美佳, 北島正人(総合相談部): 第41回日本神経学会総会(2000.05.26), 松本, 抄録集, p.285, 2000.

993. [学会(全国)](ポスター講演) 抗HSP60抗体のエピトープの検討による神経抗原の同定の試み. 荻野裕, 荻野美恵子, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.26), 松本, 抄録集, p.287, 2000.

994. [学会(全国)](ポスター講演) 高オルニチン血症・高アンモニア血症・ホモシトルリン尿症(HHH)症候群の遺伝子解析. 金沢直美(生物化学系), 山田猛(九大), 衛藤義勝(慈大DNA医学研), 斉藤豊和(内), 辻野精一(国立精神神経セン): 第41回日本神経学会総会(2000.05.26), 松本, 抄録集, p.301, 2000.

995. [学会(全国)](ポスター講演) パーキンソン病の手指の変形. 横山照夫, 楠淳一, 岡宮聡, 長谷川一子, 坂井文彦(内), 島田理佐子(リハ部): 第41回日本神経学会総会(2000.05.24), 松本, 抄録集, p.57, 2000.

996. [学会(全国)](ポスター講演) 一側下腿筋萎縮症の長期経過観察例. 斉藤豊和, 加藤知也, 荻野美恵子, 荻野裕, 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.24), 松本, 抄録集, p.83, 2000.

997. [学会(全国)](ポスター講演) 片頭痛とGABAA受容体の関連−ラット脳血管及び脳神経節におけるGABAA受容体の分布. 五野由佳理, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第41回日本神経学会総会(2000.05.25), 松本, 臨床神経学, p.213, 2000.

998. [学会(全国)](ポスター講演) 好中球におけるMacrophage Inflammatory Protein (MIP)-3α産生誘導. 工藤雄一郎, 赤星透, 松井俊通(内), 笹原武志, 北里英郎(微), 近藤啓文(内): 第30回日本免疫学会総会・学術集会(2000.11.14〜16), 仙台.

999. [学会(全国)](ポスター講演) IL-10による滑膜細胞におけるケモカインの発現抑制効果の検討. 村上洋介, 赤星透(内), 笹原武志(微), 長瀬久美子, 川合真一, 北里英郎(微): 第30回日本免疫学会総会・学術集会(2000.11.14〜16), 仙台.

1000. [学会(全国)](ポスター講演) 多発性筋炎・皮膚筋炎における手指管症候群の合併. 松井俊通, 玉真桂子, 赤星透, 近藤啓文(内): 第15回日本臨床リウマチ学会(2000.12.08〜09), 大分.

1001. [学会(全国)](ポスター講演) 特発性門脈圧亢進症と肺高血圧症を合併した全身性エリテマトーデスの1例. 渡部洋行, 石川章, 遠藤平仁, 赤星透, 岡田純, 近藤啓文(内): 第15回日本臨床リウマチ学会(2000.12.08〜09), 大分.

1002. [学会(全国)](ポスター講演) 相模原市における脳卒中データバンクシステム−脳卒中発生の前向き分析へのコンソーシアムアプローチ. 遠藤基, 鈴木則宏, 福田倫也, 神田直, 坂井文彦(内): 第26回日本脳卒中学会(2001.03.15), 大阪.

1003. [学会(地方)](教育講演) 慢性関節リウマチの薬物療法−DMARDsを中心に−. 近藤啓文(内): 第12回中部リウマチ学会学術集会(2000.09.02), 岐阜.

1004. [学会(地方)](一般講演) 変性性神経疾患におけるreflex blepharospasm. 楠淳一, 横山照夫, 糠沢達志, 斉藤豊和(内): 第23回北里医学会総会(1997.11.15), 相模原, 北里医学, 27(6): 392, 1997.

1005. [学会(地方)](一般講演) インフルエンザ羅患後に発症した抗ガングリオシド抗体陽性AIDPの1例. 広瀬隆一, 長谷川ひとみ(北研メディカルセンター病院), 入江幸子, 斉藤豊和(内): 第145回日本神経学会関東地方会(1998.06.06), 東京.

1006. [学会(地方)](一般講演) 脳幹MRIで一過性の病巣の出現がみられた再発性末梢性顔面神経麻痺の女性例. 楠淳一, 荻野裕, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第147回日本神経学会関東地方会(1998.11.28), 東京.

1007. [学会(地方)](一般講演) 可逆性の経過をとった一側性舌下神経麻痺の1例. 楠淳一, 荻野裕, 長谷川一子, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第150回日本神経学会関東地方会(1999.09.04), 東京.

1008. [学会(地方)](一般講演) 筋力低下を認めず尖足によるつま先歩行を主徴としたcentronuclear myopathyの男子例. 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第151回日本神経学会関東地方会(1999.11.27), 東京.

1009. [学会(地方)](一般講演) Tolosa-Hunt症候群を呈した原因不明の再発性脳神経麻痺例. 楠淳一, 荻野美恵子, 丸野知子, 荻野裕, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第152回日本神経学会関東地方会(2000.03.04), 東京.

1010. [学会(地方)](一般講演) 骨結核を合併した全身性エリテマトーデスの1例. 是洞桂子, 岡田純, 林美保, 内山真主美, 渡部洋行, 近藤啓文, 石川章, 平林尚(内): 第47回神奈川県感染症医学会(2000.03.04), 横浜.

1011. [学会(地方)](一般講演) 汎血球減少症と皮疹を呈するが、全身性の血管炎所見を欠いた多発性単神経炎の男性例. 矢島文, 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第153回日本神経学会地方会(2000.06.10), 東京.

1012. [学会(地方)](一般講演) めまいで発症した両側内頚動脈無形成の1例. 飯塚高浩, 日比洋子, 遠藤基, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第153回日本神経学会関東地方会(2000.06.10), 東京.

1013. [学会(地方)](一般講演) 北里大学東病院における神経難病在宅医療; 現状と将来の展望. 斉藤豊和(内): 第2回日本在宅医学会(2000.06.17), 相模原, 日本在宅医学会雑誌, 2(2): 2〜9, 2001.

1014. [学会(地方)](一般講演) 治療抵抗性のSAPHO症候群の1例. 奥脇裕介, 石川章, 栗原夕子, 内山真主美, 渡部洋行, 是洞桂子, 遠藤平仁, 赤星透, 岡田純, 近藤啓文(内): 日本内科学会関東地方会(2000.09.09), 東京.

1015. [学会(地方)](一般講演) 振戦で発症し浮腫の出現が遅れたCrow-Fukase症候群の女性例. 門前達哉, 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第154回神経内科関東地方会(2000.09.02), 東京.

1016. [学会(地方)](一般講演) 視力低下, 横断性脊髄症状を呈したデング熱例. 楠淳一, 前田真治, 岡村信良, 斉藤豊和, 坂井文彦(内): 第155回日本神経学会関東地方会(2000.12.02), 東京.

1017. [学会(地方)](一般講演) 肺高血圧症を合併した成人Still病の1例. ラナ美代子, 石川章, 栗原夕子, 渡部洋行, 内山真主美, 是洞桂子, 遠藤平仁, 赤星透, 岡田純, 近藤啓文(内): 第11回日本リウマチ学会関東地方会(2000.12.02), 東京.

1018. [学会(地方)](一般講演) 大脳白質にびまん性MRI異常信号を認め再燃を繰り返したopsoclonus-myoclonus syndromeの1例. 前田佳代, 飯塚高浩, 遠藤基, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第155回日本神経学会関東地方会(2000.12.02), 東京.

1019. [学会(地方)](一般講演) 長期透析中に発症した前脊髄動脈症候群の1例. 五野由佳理, 福田倫也(内), 近藤洋, 新井正康(麻), 熊谷謙(救命), 鷺内隆雄(放), 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第50回日本救急医学会関東地方会(2001.02.10), 東京, プログラム, p.15, 2001.

1020. [学会(地方)](一般講演) 後方転倒で発症し, 著しいジストニー姿勢をとり進行性核上性麻痺と診断した女性の剖検例. 矢島文, 加藤知也, 斉藤豊和, 坂井文彦(内), 柳下三郎(病理): 第156回日本神経学会関東地方会(2001.03.10), 東京.

1021. [学会(地方)](一般講演) 後方転倒で発症し, 著しいジストニー姿勢をとり進行性核上性麻痺と診断した女性の剖検例. 矢島文, 加藤知也, 斉藤豊和, 坂井文彦(内), 柳下三郎(神奈川県総合リハ): 第156回日本神経学会関東地方会(2001.03.10), 東京.

1022. [学会(地方)](一般講演) 先天性白内障, 精神発達遅滞, 軽度脳梁委縮を伴った複合型痙性対麻痺の1例. 野末果林, 飯塚高浩, 日比洋子, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第156回日本神経学会関東地方会(2001.03.10), 東京.

1023. [研究会(全国)](教育講演) DMARDsの現状と副作用. 近藤啓文(内): 第28回リウマチ中央教育研究会(2000.07.30), 東京.

1024. [研究会(全国)](シンポジウム等) 組織への酸素輸送: 対向血流の比較生理. 小林弘祐(内), 滝沢直定(一般教育): バイオフィジオロジー研究会(2001.02.04), 金沢.

1025. [研究会(全国)](一般講演) The syndrome of amyotrophic brachial diplegia. 室賀千英子, 楠淳一, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 第18回運動障害研究会(1999.07.10), 東京.

1026. [研究会(全国)](一般講演) 肺高血圧症合併強皮症の臨床的解析. 遠藤平仁, 近藤啓文(内): 強皮症研究会議(2000.03.03), 東京.

1027. [研究会(全国)](一般講演) The role of endogenous and exogenous nitric oxide in leukocyte accumulation in the injured lung. 畑石隆治, 小林弘祐, 安藤みゆき, 喜里山順子, Tailin, Cui, 本多研也, 今崎貴生, 三藤久, Jones, R.C., 冨田友幸(内): 2nd Annual Tokyo Lung Reseach Conference(2000.06.17), 東京.

1028. [研究会(全国)](一般講演) 急性肺傷害におけるtyrosineのニトロ化に対する好中球Myeloperoxidaseの関与. 畑石隆治, 小林弘祐, 安藤みゆき, 阿部健二, 本多研也, 今崎貴生(内), 平野靖史郎(国立環境研), 冨田友幸(内): ALI研究会(2001.02.17), 東京.

1029. [研究会(全国)](ポスター講演) モルモット気道でのNeurokinin Aによる一酸化窒素産生についての検討. 今崎貴生, 小林弘祐, 畑石隆治(内), 林泉(薬理), 冨田友幸(内), 馬嶋正隆(薬理): 第37回気道過敏性研究会(2001.03.10), 東京.

1030. [研究会(全国)](公開講座) パネルディスカッション; リウマチの予後・治療と将来. 近藤啓文(内): リウマチフォーラム2000(2000.06.30), 大阪.

1031. [研究会(全国)](公開講座) 抗リウマチ・抗炎症薬の将来展望. 近藤啓文(内): 臨床リウマチつくばフォーラム(2000.10.20), 箱根.

1032. [研究会(地方)](特別講演) 慢性関節リウマチの薬物療法. 近藤啓文(内): 第4回徳島膠原病リウマチ性疾患研究会(2000.03.14), 徳島.

1033. [研究会(地方)](教育講演) 若手臨床医のための強皮症, 慢性関節リウマチの診療. 近藤啓文(内): 第9回臨床免疫; アレルギーの集い(2000.07.19), 札幌.

1034. [研究会(地方)](教育講演) 強皮症の病態と治療. 近藤啓文(内): 臨床リウマチつくばフォーラム(2000.10.07), つくば.

1035. [研究会(地方)](教育講演) 喘息・COPDの病態と薬物治療. 阿部直(内): 神奈川県病院薬剤師会薬学研修会(2000.10.21), 相模原.

1036. [研究会(地方)](教育講演) 睡眠時無呼吸症候群と鼻マスクによる換気補助. 阿部直(内): 内科医会学術講演会(2001.01.18), 相模原.

1037. [研究会(地方)](教育講演) COPDの薬物治療. 阿部直(内): 第3回COPD研究会(2001.02.15), 横浜.

1038. [研究会(地方)](一般講演) C型肝硬変に合併した多発性筋炎の1例. 上村明子, 水口澄人, 阿部健二, 丸山博志, 松木茂樹, 吉井昭夫, 楠田輝雄, 是洞桂子, 荻野美恵子, 斉藤豊和(内): 第33回神奈川リウマチ医会 , 横浜.

1039. [研究会(地方)](一般講演) 呼吸筋麻痺で発症したPCBの1例. 塚原信也, 荻野美恵子, 斉藤豊和(内): 第42回運動障害研究会(2000.00.00), 東京.

1040. [研究会(地方)](一般講演) SMN, NAIP遺伝子の欠失を認めたSMN U型の男子例. 楠淳一, 加藤知也, 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 第19回運動障害研究会(2000.01.29), 東京.

1041. [研究会(地方)](一般講演) 心病変と偽性腸閉塞を呈して全身性強皮症2症例の検討. 渡部洋行, 遠藤平仁, 是洞桂子, 石川章, 赤星透, 岡田純, 近藤啓文(内): 第41回関東リウマチ研究会(2000.06.24), 東京.

1042. [研究会(地方)](一般講演) 慢性関節リウマチ滑膜病変におけるプロスタノイド受容体の発現とその意義. 遠藤平仁(内): 東京プロスタノイド研究会(2000.07.01), 東京.

1043. [研究会(地方)](一般講演) 肺出血と脳梗塞を同時に来したSLEの1例. 坂井美保, 北原美幸, 小板橋俊美, 内山真主美, 渡部洋行, 赤星透, 岡田純, 近藤啓文(内): 第42回神奈川リウマチ医会(2000.07.01), 横浜.

1044. [研究会(地方)](一般講演) モルモットの気道における一酸化窒素発生へのNeurokinin Aの関与. 今崎貴生, 小林弘祐, 畑石隆治, 小沢剛久, 本多研也, 久保田勝(内), 林泉, 馬嶋正隆(薬理), 冨田友幸(内): 第25回神奈川呼吸器カンファレンス(2000.07.07), 相模原.

1045. [研究会(地方)](一般講演) 腫瘍内に著明な骨形成を認めた原発性肺腺癌の1例. 小林千里, 花田伸英, 片桐真人, 矢那瀬信雄(内), 後藤尚美, 神谷紀輝, 品田純(胸外): 北里細胞診勉強会(2000.07.07), 相模原.

1046. [研究会(地方)](一般講演) 非特異的熱型を呈した三日熱マラリアの1例. 松井俊通, 石川章, 小杉理恵, 内山真主美, 渡部洋行, 赤星透, 岡田純, 遠藤平仁, 菅原健一, 中村健, 近藤啓文(内): 神奈川県感染症研究会(2000.09.02), 川崎.

1047. [研究会(地方)](一般講演) 20年の経過後にSLEを合併したSScの1症例. 栗原夕子, 石川章, 内山真主美, 渡部洋行, 遠藤平仁, 赤星透, 岡田純, 近藤啓文(内): 第43回神奈川リウマチ医会(2000.11.04), 横浜.

1048. [研究会(地方)](一般講演) 急性発症の両側眼球運動障害, 両側\, ]麻痺, 片側性Z麻痺を呈し, 抗GQ1b, GT1a抗体陽性の男子例. 楠淳一, 加藤知也, 荻野美恵子, 荻野裕, 斉藤豊和(内): 第21回運動障害研究会(2001.01.20), 東京.

1049. [研究会(地方)](一般講演) 多彩な症状を呈したウェグナー肉芽腫症の1例. 佐藤和己, 本間和夫, 山本博之(内): 第8回北里胸部疾患研究会(2001.03.03), 相模原.

1050. [研究会(地方)](ポスター講演) 神奈川呼吸器研究会症例呈示. 小林千里, 片桐真人, 高田信和(内): 神奈川呼吸器研究会(2000.06.00), 横浜.

1051. [研究会(地方)](ポスター講演) 症例呈示; 葉状腫瘍の肺転移の1例. 矢内原智子, 今崎貴生, 高田信和, 片桐真人, 冨田友幸(内): 神奈川呼吸器研究会(2000.11.17), 神奈川.

1052. [研究会(地方)](公開講座) 慢性関節リウマチに対するDMARDsの使い方と副作用. 近藤啓文(内): 佐賀地区リウマチ教育(2000.08.27), 佐賀.



<<1404 内科学W>>

1053. [原著] Insertion/deletion polymorphoism in angiotensin-converting enzyme (ACE) not associated renal progression in Japanese patients with IgA nephropathy. 鈴木重信, 鈴木雄介(順天大), 小林豊(内), 原田考司(長崎大), 川村哲也, 吉田裕明(慈恵医大), 富野康日己(順天大): Am. J. Kidney Dis., 35: 896〜903, 2000.

1054. [原著] The mRNA of L-type calcium channel elevated in colon cancer: Protein distribution in normal and cancerous colon. Wang, X.T., 長場泰(内), Cross, H.S., Wrba, F., Zhang, L., Guggino, S.E.: Am. J. Pathol., 157(5): 1549〜1562, 2000.

1055. [原著] Human herpes virus-8 associated with two cases of primary-effusion lymphoma. 新津望(内), 遅塚明貴, 佐々木郷子, 梅田正法(東邦大): Ann. Hematol., 79: 336〜339, 2000.

1056. [原著] Plasma levels of the differentiation inhibitory factor nm23-H1 protein and their clinical implications in acute myelogenous leukemia. 新津望(内), 角純子(埼玉がんセン), 中山道弘(東邦大), 脇本直樹(防衛医大), 坂下暁子, 棚木信男(埼玉がんセン), 元吉和夫(防衛医大), 梅田正法(東邦大), 本間良夫(埼玉がんセン): Blood, 96: 1080〜1086, 2000.

1057. [原著] Antileukemic efficacy of 2'-deoxycoformycin in monocytic leukemia cells. 新津望(内), 山口ゆり, 粕壁隆, 角純子(埼玉がんセン), 梅田正法(東邦大), 本間良夫(埼玉がんセン): Blood, 96: 1512〜1516, 2000.

1058. [原著] Serum nm23-H1 protein as a prognostic factor in aggressive non-Hodgkin lymphoma. 新津望(内), 角純子(埼玉がんセン), 岡本昌隆(藤田保健衛生大), 高木敏之(千葉がんセン), 吉田喬(富山中央病院), 青木定夫(新潟大), 平野正美(藤田保健衛生大), 本間良夫(埼玉がんセン): Blood, 97: 1202〜1210, 2001.

1059. [原著] Sensitization by 5-aza-2'-deoxycytidine of leukaemia cells with MLL abnormalities to induction of differentiation by all-transretinoic acid and 1,25-dihydroxyvitamin D3. 新津望(内), 林泰秀(東大), 杉田完(山梨大), 本間良夫(埼玉がんセン): Br. J. Haematol., 112: 315〜326, 2001.

1060. [原著] Induction of differentiation of acute promyelocytic leukemia cells by a cytidine deaminase-resistant analogue of 1-beta-D-arabinofuranosylcytosine, 1-(2-deoxy-2-methylene-beta-D-erythropentofuranosyl) cytidine. 新津望(内), Ishii, Y., Matsuda, A., 本間良夫(埼玉がんセン): Cancer Res., 61: 178〜185, 2001.

1061. [原著] CyclOBEAP (cyclophosphamide, vincristine, bleomycin, etoposide, doxorubicin, prednisolone) regimen with granulocyte colony-stimulating factor (G CSF) for patients with aggressive non-Hodgkin's lymphoma: A pilot study. 新津望(内), 岡本昌隆(藤田保健衛大), 倉石安のぶ(慈恵医大), 中村忍(金沢大), 児玉文雄(神奈川がんセン), 平野正美(藤田保健衛大): Eur. J. Haematol., 65: 188〜194, 2000.

1062. [原著] Elevated serum levels of soluble CD44 variant 6 are correlated with shorter survival in aggressive non-Hodgkin's lymphoma. 佐々木郷子(東邦大), 新津望(内): Eur. J. Haematol., 65: 195〜202, 2000.

1063. [原著] A high serum-soluble interleukin-2 receptor level is associated with a poor outcome of aggressive non-Hodgkin's lymphoma. 新津望(内), 飯島喜美子, 遅塚明貴(東邦大): Eur. J. Haematol., 66: 24〜30, 2001.

1064. [原著] Tyrosine phosphorylation of proteins in primary human myeloid leukemic cells stimulated by macrophage colony-stimulating factor: Analysis by disease types and comparison with normal human hematopoietic cells. 萩原将太郎(内), 八木沢雅子(国立医療セン), 壱岐聖子, 浦部晶夫(NTT関東病院), 三村俊秀(東大), 三輪哲義, 戸川敦(NTT関東病院), 東原正明(内), 高久史麿(自治医大), 湯尾明(国立医療セン): Int. J. Hematol., 73: 100〜107, 2001.

1065. [原著] Cardiac L-type calcium channel alpha 1-subunit is increased by cyclic adenosine monophosphate: Messenger RNA and protein expression in intact bone. Wang, X.T., 長場泰(内), Leung, S.W., Wang, J., Qiu, W., Zhano, P.L., Guggino, S.E.: J. Bone Miner Res., 15(7): 1275〜1285, 2000.

1066. [原著] Measurement of serum IgA and C3 may predict the diagnosis of patients with IgA nephropathy prior to renal biopsy. 富野康日己, 鈴木重信(順天大), 小林豊(内), 今井裕一(秋田大), 斉藤喬雄(東北大), 川村哲也(慈恵医大), 頼岡徳在(広大), 原田孝司(長崎大), 保元裕一郎(鹿大), 木田寛(国立金沢病院), 遠藤正之(東海大), 佐藤秀年(札幌病院), 佐藤健介(日本ベーリンガー): J. Clin. Lab. Anal., 14: 220〜223, 2000.

1067. [原著] Serum cystatin C may predict the prognostic stages of patients with IgA nephropathy prior to renal biopsy. 富野康日己, 鈴木重信, 合田友人, 小林道正, 堀越哲(順天大), 今井裕一(秋田大), 斉藤喬雄(東北大), 川村哲也(慈恵医大), 頼岡徳在(広大), 原田孝司(長崎大), 保元裕一郎(鹿大), 木田寛(国立金沢病院), 小林豊(内), 遠藤正之(東海大), 佐藤秀年(札幌病院), 佐藤健介(日本ベーリンガー): J. Clin. Lab. Anal., 15: 25〜29, 2001.

1068. [原著] Molecular cloning and sequencing of myosin light chains in human megakaryoblastic cells. 渡辺真理子, 郡美佳, 高石雅章, 堀江良一, 東原正明(内): J. Smooth Muscle Res., 37: 25〜38, 2001.

1069. [原著] Mass spectrometry proves under-O-glycosylation of glomerular IgA in IgA nephropathy. 比企能之, 小谷博子, 高橋真美, 安田宜成, 西本明世(名古屋大), 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 新里高広(名古屋大), 小林豊(内), 前田憲忠(名古屋大): Kidney Int., 59: 1077〜1085, 2001.

1070. [原著] 単離潅流腎を用いたラット腎の冷却保存におけるNicaravenの保存保護効果に関する実験的検討. 真崎義彦(実動系), 遠藤忠雄(泌), 鎌田貢寿(内), 吉田一成(泌), 大久保充人(佐野厚生病院): Low Temp. Med., 26(2): 85〜90, 2000.

1071. [原著] Localization of the ATP-sensitive potassium channel subunit (Kir6.1/uKatp-1) in rat brain. Ming, Z., 森口いぶき(内): Mol. Brain Res., 72218, 2001.

1072. [原著] Anticancer derivative of butyric acid (Pivalyloxymethyl butyrate) specifically potentiates the cytotoxicity of doxorubicin and daunorubicin through the suppression of microsomal glycosidic activity. 新津望(内), 粕壁隆, Yokoyama, A., 角純子, 山口ゆり(埼玉がんセン), 梅田正法(東邦大), 本間良夫(埼玉がんセン): Mol. Pharmacol., 58: 27〜36, 2001.

1073. [原著] Downregulation of MLL-CBP fusion gene expression is associated with differentiation of SN-1 cells with t(11;16)(q23;p13). 新津望(内), 林泰秀(東大), 本間良夫(埼玉がんセン): Oncogene, 20: 375〜384, 2001.

1074. [原著] ヒト臍帯血および成人末梢血リンパにおけるミオシンスーパーファミリー分子発現の検討. 郡美佳(内), 渡辺真理子(病院), 堀江良一, 東原正明(内): 北里医学, 30(6): 414〜421, 2000.

1075. [原著] 1型糖尿病における傍糸球体装置のT cell浸潤は糖尿病性腎症の発症に関与するか. 守屋利佳, 守屋達美(内): 北里医学, 30(6): 432〜437, 2000.

1076. [原著] Cellular myosin heavy chain in human platelets: Subcloning of the cDNA encoding nonmuscle myosin U heavy chain. 高石雅章, 渡辺真理子, 東原正明(内): 北里医学, 30: 293〜300, 2000.

1077. [原著] 糸球体数は1型糖尿病における糖尿病性腎症の発症, 進展に影響を与えるか−腎移植患者の長期観察による検討−. 守屋利佳, 守屋達美(内): 北里医学, 31(1): 1〜7, 2001.

1078. [原著] 好中球減少性腸炎における超音波検査の有用性−4症例における検討−. 萩原将太郎, 栂野富輝, 梶原耕一, 大竹浩之, 大和田啓, 秋山暢, 堀江良一, 東原正明(内): 臨床血液, 42(2): 81〜88, 2001.

1079. [研究報告(厚生省)] 進行性IgA腎症に対する5年間のステロイド療法−治療後5年間臨床経過について2年間のステロイド療法との比較. 小林豊, 松尾孝俊, 橋爪健次郎, 佐野隆(内), 比企能之(名古屋大), 舘野純生(あけぼの病院): 厚生省特定疾患進行性腎障害調査研究班平成11年度研究業績, p.13〜15, 2000.

1080. [症例報告] A case of anti-glomerular basement membrane glomerulonephritis superimposed on membranous nephropathy. 佐野隆, 鎌田貢寿(内), 重松秀一(信州大), 小林豊(内): Nephrol. Dial. Transplant., 15: 1238〜1241, 2000.

1081. [症例報告] Crescentic glomerulonephritis and primary Sjoegren's syndrome. 巽洋(内), 舘野純生(あけぼの病院), 比企能之(名古屋大), 小林豊(内): Nephron, 86: 505〜506, 2000.

1082. [症例報告] Acute respiratory failure due to pulmonary calciphylaxis in a maintenance heamodialysis patient. 松尾孝俊, 塚本雄介, 田村雅人, 花岡正人(内), 永岡隆(相模原クリニック), 小林豊, 東原正明(内), 横山浩之, 三枝信(病理): Nephron, 87: 75〜79, 2001.

1083. [症例報告] 末梢血幹細胞移植を施行したマントル細胞リンパ腫の1例. 萩原将太郎, 梶原耕一, 大和田啓, 東原正明(内): 治療学, 34: 912〜914, 2000.

1084. [症例報告] 基底膜内のびまん性細胞小突起と巣状分節性糸球体硬化像を認めたネフローゼ症候群の1例. 松尾孝俊, 鎌田貢寿, 猿田貴之, 藤森亜希, 山中真理子, 田村雅人(内), 比企能之(名古屋大), 塚本雄介(内), 舘野純生(あけぼの病院), 小林豊(内), 重松秀一(信州大): 腎炎症例研究, 16: 1〜12, 2001.

1085. [症例報告] 緩慢な経過をとったMPO=ANCA陽性の巣状壊死性糸球体腎炎の1例. 青山東五, 清水健史, 松尾孝俊, 巽洋, 橋爪健次郎, 泉田いぶき, 守屋利佳, 鎌田貢寿, 小林豊, 辻裕之(内), 重松秀一(信州大): 腎炎症例研究, 17: 16〜26, 2001.

1086. [症例報告] 12年間のCAPD療法を行い得たimmunotactoid glomerulopathy (ITG)の1例. 鎌田貢寿, 猿田貴之, 泉田いぶき, 竹内康雄, 東原正明(内), 小林直之(ニーレンクリニック), 吉田煦(さがみ循環器), 大久保充人(佐野厚生病院): 第13回神奈川県CAPD研究会誌, p.9〜12, 2000.

1087. [総説] Vidarabine and 2-deoxycoformycin as antileukemic agents against monocytic leukemia. 本間良夫(埼玉がんセン), 新津望(内): Leuk Lymphoma, 39: 57〜66, 2000.

1088. [総説] IgA腎症における治療の進歩(成人). 小林豊(内): Mebio, 17: 40〜45, 2000.

1089. [総説] Glomerular structural changes and structural functional relationships at early stage of diabetic nephropathy in Japanese type 2 diabetic patients. 守屋達美, 田中啓司, 守屋利佳(内): Med. Electron Microsc., 33: 115〜122, 2000.

1090. [総説] ステロイド薬と免疫抑制薬−腎炎. 小林豊(内): Medical Practice, 17: 1919〜1926, 2000.

1091. [総説] 血小板減少症の鑑別診断. 高石雅章, 東原正明(内): Modern Physician, 20: 825〜830, 2000.

1092. [総説] ワーファリン療法とINR. 東原正明(内): ドクターサロン, 44: 254〜257, 2000.

1093. [総説] 注目すべき節外性リンパ腫の疾患単位; Primary bone lymphoma. 新津望(内): 血液・腫瘍科, 42: 36〜39, 2001.

1094. [総説] 血栓形成と動脈硬化症の進展. 川嶋成亮, 北島勲, 東原正明, 森下竜一(内): 血管と内皮, 10: 1〜13, 2000.

1095. [総説] 悪性リンパ腫の病態. 堀江良一(内): 治療学, 34(8): 821〜825, 2000.

1096. [総説] 非ホジキンリンパ腫の予後および治療経過に対する可溶性sIL-2受容体の有用性. 新津望(内): 治療学, 34(8): 82〜84, 2000.

1097. [総説] 悪性リンパ腫の診断と治療の動向. 東原正明(内): 治療学, 34: 811〜813, 2000.

1098. [総説] IgA腎症における免疫抑制療法. 小林豊(内): 腎と透析, 49: 803〜808, 2000.

1099. [総説] 悪性リンパ腫−正しい診断と最高の治療を目指して−国際予後指標; 適応と実際, その問題点. 新津望(内): 内科, 86: 489〜493, 2000.

1100. [総説] TTP/HUSの最近の知見. 鎌田貢寿(内): 内科専門医会誌, 12(2): 210, 2000.

1101. [総説] 総ホモシステイン測定の意義・基準値. 東原正明(内): 日本医事新報, (4003): 143〜144, 2001.

1102. [総説] 血小板凝集・フィブリノゲンと心疾患. 竹内瞳, 東原正明(内): 臨床成人病, 30: 241〜245, 2000.

1103. [総説] CD30分子のリガンド非依存性NF-kB誘導. 堀江良一(内), 渡辺俊樹(東大): 臨床免疫, 34(6): 812〜819, 2000.

1104. [講座] 骨髄異形成症候群の診断基準・病型分類・予後予測分類. 秋山暢, 東原正明(内): 内科, 85(6): 1664〜1671, 2000.

1105. [学術書](分担執筆) 麻酔救急医療における薬のハンドブック; 代謝管理に必要な薬物, p.151〜177, 若林靖久(内). 編集 剣持修(北大), 大和田隆(北里大), 丸藤哲(北大), 南江堂, 東京, 2000.04.10発行.

1106. [学術書](分担執筆) 今日の治療指針2000; 急性腎炎症候群, p.474, 鎌田貢寿(内). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 医学書院, 東京, 2000.01.15発行.

1107. [学術書](分担執筆) 認定医試験問題解説集; 心膜炎, p.123〜124, 鎌田貢寿(内). 編集 日本透析医学会認定医制度委員会, 日本透析医学会, 東京, 2000.05.30発行.

1108. [学術書](分担執筆) 膠原病診療; 全身性エリテマトーデス膜性腎症による再発性ネフローゼ症候群, p.58〜59, 小林豊(内). 編集 竹原和彦(金沢大), 近藤啓文(北里大), 桑名正隆(慶大), 宮地良樹(京大), 診断と治療社, 東京, 2000.10.05発行.

1109. [学術書](分担執筆) 腎・ネフローゼ; ステロイド薬, p.53〜60, 小林豊(内). 編集 槙野博史(岡大), 南江堂, 東京, 2000.10.15発行.

1110. [学術書](分担執筆) 服薬指導ガイド; 慢性腎炎, p.757〜763, 小林豊(内). 編集 和田攻(埼玉医大), 朝長文弥(北里大), 南光堂, 東京, 2000.10.15発行.

1111. [学術書](分担執筆) 悪性リンパ腫治療の新たなアプローチ; 第二第三世代化学療法の臨床−大量化学療法におけるG-CSFの役割と治療成績, p.93〜97, 新津望(内). 編集 平野正美(保健衛生大), 菊池昌弘(福岡大), 飛内賢正(国立がんセン), 倉石安(慈恵医大), 先端医学社, 東京, 2001.03.01発行.

1112. [学術書](分担執筆) この薬のこの副作用(第2版); アマドリン, p.12〜13, 氏家幸子, 東原正明(内). 医歯薬出版, 東京, 2000.00.00 発行.

1113. [学術書](分担執筆) 診察の技法と考え方; 出血傾向, p.218〜220, 宮崎浩二(東大), 東原正明(内). 中外医学社, 東京, 2000.00.00 発行.

1114. [学術書](分担執筆) 診察の技法と考え方; 貧血, p.214〜217, 佐藤健夫(東大), 東原正明(内). 中外医学社, 東京, 2000.00.00 発行.

1115. [学術書](分担執筆) 緩和ケアと緩和医療学; 緩和ケア, p.3〜13, 東原正明(内). 編集 東原正明, 近藤まゆみ(北里大), 医学書院, 東京, 2000.00.00 発行.

1116. [学術書](分担執筆) 今日の治療指針2001; 特発性血小板減少性紫斑病, p.548〜550, 東原正明(内). 医学書院, 東京, 2000.00.00 発行.

1117. [学会(国際)](一般講演) Effect of red wine on the vascular dilatory response. 若林靖久(内), 丸山茂善(実動系): Annual Meeting of American Society for Enology and Viticulture Japan Chapter 2000(2000.11.17), 千葉.

1118. [学会(国際)](一般講演) Serum nm23-H1 protein as a prognostic factor in non-Hodgkin's lymphoma. 新津望(内), 岡本昌隆(藤田保健衛生大), 高木敏之(千葉がんセン), 吉田喬(富山県立中央病院), 青木定夫(新潟大), 角純子, 本間良夫(埼玉がんセン), 平野正美(藤田保健衛生大): The American Society of Hematology 42 Annual Meeting(2000.12.01〜07), San Francisco, USA.

1119. [学会(国際)](ポスター講演) The effect of red wine consumption on the endothelial function. 若林靖久(内): 50th Anniversary Annual Meeting of American Society for Endology and Viticulture(2000.06.22), Seattle, USA.

1120. [学会(国際)](ポスター講演) Prognostic significance of persistent massive proteinuria in IgA nephropathy: 10-year follow-up study of 366 cases. 小林豊(内), 比企能之(名古屋大), 佐野隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子(内), 舘野純生(あけぼの病院): 33rd American Society of Nephrology(2000.10.10〜16), Tronto, Canada.

1121. [学会(国際)](ポスター講演) Histological evaluation of serial renal biopsies before and after steroid therapy in progressive IgA nephropathy: Comparison between 2-year and 5-year steroid groups. 小林豊, 佐野隆, 松尾孝俊(内), 比企能之(名古屋大), 舘野純生(あけぼの病院): 33rd American Society of Nephrology(2000.10.10〜16), Tronto, Canada.

1122. [学会(国際)](ポスター講演) Epithelial interposition glomerular basement membrane in glomerulonephritis. 松尾孝俊(内), 重松秀一(信州大), 小林豊(内): 33rd American Society of Nephrology(2000.10.10〜16), Tronto, Canada.

1123. [学会(国際)](ポスター講演) MALDI-TOFMS analysis of glomerular IgA in IgA nephropathy. 比企能之, 小谷博子, 高橋真美, 安田宣成, 西本明世(名古屋大), 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 小林豊(内): 33rd American Society of Nephrology(2000.10.10〜16), Tronto, Canada.

1124. [学会(国際)](ポスター講演) The effect of glucose in dialysate on amadori products (APs) and AGEs levels in hemodialysis (HD) patients (Pts). 小林直之(さがみ循環器), 鎌田貢寿, 田村雅人(内), 吉田煦(さがみ循環器), 石原和彦(医療衛生), 東原正明(内), 大久保充人(佐野厚生病院): 33rd American Society of Nephrology(2000.10.10〜16), Tronto, Canada.

1125. [学会(全国)](シンポジウム等) IgA腎症; これまでの発症機序解明の試みと治療の進歩. 小林豊(内): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.11), 名古屋.

1126. [学会(全国)](ワークショップ) CD30過剰発現によるホジキン細胞の構成的NFkB活性化機構. 堀江良一(内), 森下保幸, 伊藤金次, 石田尚臣, 鐘ケ江裕美(東大), 東原正明(内), 斉藤泉, 渡辺俊樹(東大): 第40回日本リンパ網内系学会総会(2000.08.16), 浜松, 日本リンパ網内系学会会誌, 40(2): 93, 2000.

1127. [学会(全国)](ワークショップ) 中高悪性度非ホジキンリンパ腫における血清nm23-H1蛋白質の予後因子としての重要性. 新津望(内), 岡本昌隆(藤田保健衛生大), 高木敏之(千葉がんセン), 吉田喬(富山県立中央病院), 青木定夫(新潟大), 角純子, 本間良夫(埼玉がんセン): 第42回日本臨床血液学会総会(2000.11.08〜10), 倉敷.

1128. [学会(全国)](一般講演) 巣状分節性膜性腎症を呈した4例. 高谷徹, 青山東五, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊(内), 重松秀一(信州大): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.11), 名古屋.

1129. [学会(全国)](一般講演) 慢性腎不全患者における代謝性アシドーシス是正時のアマドリン化合物およびAGEsの変化. 小林直之(さがみ循環器), 田村雅人, 鎌田貢寿(内), 吉田煦(さがみ循環器), 佐藤直之(淵野辺病院), 小林豊(内), 石原和彦(医療衛生), 酒井糾(善仁会), 東原正明(内), 大久保充人(佐野厚生病院): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.11), 名古屋.

1130. [学会(全国)](一般講演) 維持血液透析患者のChlamydia penumoniae感染症. 猿田貴之, 巽洋, 藤森亜希, 守屋利佳, 佐藤直之, 小林直之, 鎌田貢寿, 東原正明, 阿部明生(内): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.11), 名古屋, 日本腎臓学会雑誌, 42(3): 167, 2000.

1131. [学会(全国)](一般講演) ネフローゼ症候群を伴わない特発性膜性腎症へのステロイド療法の効果の検討. 巽洋, 鎌田貢寿, 藤森亜希, 東原正明(内): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.13), 名古屋, 日本腎臓学会雑誌, 42(3): 272, 2000.

1132. [学会(全国)](一般講演) ネフローゼ症候群を呈する特発性膜性腎症へのステロイド療法の効果の検討. 鎌田貢寿, 巽洋, 藤森亜希, 東原正明(内): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.13), 名古屋, 日本腎臓学会雑誌, 42(3): 273, 2000.

1133. [学会(全国)](一般講演) 血液透析患者に合併した膀胱癌摘出後に生じた両側性腎内出血の1例. 長谷川毅, 里見明代, 長場泰, 横田直子, 岩崎滋樹, 太田純一, 菅野ひとみ(内): 第45回日本透析医学会総会(2000.06.16〜18), 福岡, 日本透析医学会雑誌, 33(Suppl.1): 883, 2000.

1134. [学会(全国)](一般講演) 血小板・巨核球系白血病細胞株Meg-01のミオシン軽鎖のクロオニング. 渡辺真理子, 郡美佳, 東原正明(内): 第42回日本平滑筋学会総会(2000.07.06), 東京, J. Smooth Muscle Res., 4: J23, 2000.

1135. [学会(全国)](一般講演) 低悪性度非ホジキンリンパ腫における層別化治療に対する血清nm23-H1蛋白の臨床的意義. 新津望(内), 岡本昌隆(藤田保健衛生大), 高木敏之(千葉がんセン), 青木定夫(新潟大), 平野正美(藤田保健衛生大): 第40回日本リンパ網内系学会総会(2000.08.16), 浜松.

1136. [学会(全国)](一般講演) 急性骨髄性白血病における血漿中nm23-H1蛋白質の臨床的意義. 新津望(内), 角純子, 本間良夫(埼玉がんセン): 第59回日本癌学会総会(2000.10.04〜06), 横浜.

1137. [学会(全国)](一般講演) CD30過剰発現による構成的NFkB活性化機構に基づくホジキンリンパ腫の遺伝子治療の検討. 堀江良一(内), 森下保幸, 伊藤金次, 石田尚臣, 鐘ケ江裕美(東大), 東原正明(内), 斉藤泉, 渡辺俊樹(東大): 第59回日本癌学会(2000.10.04〜06), 横浜, Jpn. J. Cancer Res., 91(Suppl.): 406, 2000.

1138. [学会(全国)](一般講演) 組み換えアデノウイルスを用いた成人T細胞性白血病の遺伝子治療の基礎的検討. 渡辺卓郎, 石田尚臣(東大), 堀江良一(内), 森下保幸, 伊藤金次, 鐘ケ江裕美(東大), 東原正明(内), 斉藤泉, 渡辺俊樹(東大): 第59回日本癌学会(2000.10.04〜06), 横浜, Jpn. J. Cancer Res., 91(Suppl.): 406, 2000.

1139. [学会(全国)](一般講演) 高齢者中高悪性度非ホジキンリンパ腫に対するG-CSF併用full dose CHOP療法の検討. 新津望(内), 飯島喜美子, 遅塚明貴(東邦大): 第42回日本臨床血液学会総会(2000.11.08〜10), 倉敷.

1140. [学会(全国)](一般講演) MLL-AF9を有する白血病細胞株の分化誘導効果の検討. 飯島喜美子(東邦大), 新津望(内), 本間良夫(埼玉がんセン): 第42回日本臨床血液学会総会(2000.11.08〜10), 倉敷.

1141. [学会(全国)](一般講演) CD30のリガンド非依存的シグナル伝達機構. 堀江良一(内), 森下保幸, 伊藤金次, 石田尚臣(東大), 東原正明(内), 渡辺俊樹(東大): 第30回日本免疫学会(2000.11.15), 仙台, Proc. Jpn. Soc. Immunol., 30: 50, 2000.

1142. [学会(全国)](一般講演) ATL由来細胞株および患者検体におけるアデノウイルス受容体発現レベルの検討. 渡辺卓郎, 石田尚臣(東大), 堀江良一(内), 古賀震(天草病院), 山口一成(熊本大), 東原正明(内), 渡辺俊樹(東大): 第30回日本免疫学会(2000.11.15), 仙台, Proc. Jpn. Soc. Immunol., 30: 58, 2000.

1143. [学会(全国)](ポスター講演) 進行性IgA腎症に対する5年間のステロイド療法. 松尾孝俊, 橋爪健次郎, 佐野隆(内), 比企能之(名古屋大), 舘野純生(あけぼの病院), 小林豊(内): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.11), 名古屋.

1144. [学会(全国)](ポスター講演) アンホテリシンB投与終了1ケ月後に低カリウム血症性ミオパチーを発症したAML M2の1例. 大竹浩之, 秋山暢, 羽山弥亨, 梶原耕一, 大和田啓, 檀原幹生(内), 平美也子(形態系), 萩原将太郎, 堀江良一, 東原正明(内): 第42回日本臨床血液学会総会(2000.11.08〜10), 倉敷, 臨床血液, 41: 1145, 2000.

1145. [学会(地方)](教育講演) 血栓性素因へのアプローチと治療. 東原正明(内): 日本内科学会関東支部第43回生涯教育講演会(2000.12.10), 東京.

1146. [学会(地方)](一般講演) 非透析期慢性腎不全患者の妊娠出産例. 山中真理子, 藤森亜希, 猿田貴之, 松尾孝俊, 田村雅人, 守屋利佳, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内): 第480回日本内科学会関東地方会(2000.03.11). 東京.

1147. [学会(地方)](一般講演) Goodpasture症候群の1例. 清水健史, 青山東五, 松尾孝俊, 橋本篤, 平沢正次, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内): 第481回日本内科学会関東地方会(2000.05.13), 東京.

1148. [学会(地方)](一般講演) 慢性関節リウマチの経過中自己免疫性溶血性貧血を併発したウェゲナー肉芽腫症の1例. 藤田和己, 長場泰, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内), 重松秀一(信州大): 第484回日本内科学会関東地方会(2000.09.09), 東京.

1149. [学会(地方)](一般講演) Granulocytic sarcomaと思われる縦隔腫瘍の1例. 羽山弥亨, 萩原将太郎, 梶原耕一, 大和田啓, 大竹浩之, 秋山暢, 堀江良一, 和泉徹, 東原正明(内): 第139回臨床血液学会例会(2000.10.07), 東京.

1150. [学会(地方)](一般講演) Granulocytic sarcomaと思われる縦隔腫瘍の1例. 羽山弥亨, 萩原将太郎, 梶原耕一, 大竹浩之, 大和田啓, 秋山暢, 堀江良一, 和泉徹, 東原正明(内): 第139回臨床血液学会例会(2000.10.07), 東京.

1151. [学会(地方)](一般講演) 緩慢な経過をとったMPO-ANCA陽性の1例. 青山東五, 清水健史, 長場泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内), 重松秀一(信州大), 辻裕之(横浜労災): 第30回日本腎臓学会東部学術総会(2000.11.09〜10), 東京.

1152. [学会(地方)](一般講演) 15年間の経過中に微少変化ネフローゼ症候群と半月体形成性糸球体腎炎を併発した若年性慢性関節リウマチの1例. 藤田和己, 比企能之(名古屋大), 長場泰, 橋爪健次郎, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊(内), 重松秀一(信州大): 第30回日本腎臓学会東部学術総会(2000.11.09〜10), 東京.

1153. [学会(地方)](一般講演) 糸球体基底膜内に上皮細胞間入像をびまん性に認めたSLEの3症例. 松尾孝俊, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊(内), 重松秀一(信州大): 第30回日本腎臓学会東部学術総会(2000.11.09〜10), 東京.

1154. [学会(地方)](一般講演) Goodpasture症候群の確定診断が得られた1症例. 清水健史, 青山東五, 松尾孝俊, 佐藤直之, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内), 重松秀一(信州大): 第30回日本腎臓学会東部学術総会(2000.11.09〜10), 東京.

1155. [学会(地方)](一般講演) ACE阻害剤によるエリスロポエチン不応性貧血を呈したCAPDの1例. 高谷徹, 松尾孝俊, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内): 第486回日本内科学会関東地方会(2000.11.11), 東京.

1156. [学会(地方)](一般講演) 緩慢な臨床経過をとったmyeloperoxidase-ANCA陽性の巣状壊死性糸球体腎炎の1例. 青山東五, 松尾孝俊, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内): 第488回日本内科学会関東地方会(2001.02.10), 東京.

1157. [学会(地方)](一般講演) 診断から11年目のtransformation時, マクログロブリン血症が疑われた肺原発非ホジキンリンパ腫. 山田一成, 柳沢孝次, 香西康司(都立府中病院), 杉本栄康(内), 幸道秀樹(都立府中病院): 第140回臨床血液学会例会(2001.02.17), 東京.

1158. [学会(地方)](一般講演) 膣原発非ホジキンリンパ腫の1例. 羽山弥亨, 新津望, 梶原耕一, 大竹浩之, 大和田啓, 萩原将太郎, 秋山暢, 堀江良一, 東原正明(内): 第140回臨床血液学会例会(2001.02.17), 東京.

1159. [研究会(全国)](特別講演) Serum nm23-H1 protein as a prognostic factor in non-Hodgkin's lymphoma. 新津望(内): 3rd Lymphoma 21(2000.11.25), 名古屋.

1160. [研究会(地方)](特別講演) B cell lymphomaに対する抗CD20抗体(Rituximab)療法. 新津望(内): 第16回悪性リンパ腫治療研究会(2001.02.24), 船橋.

1161. [研究会(地方)](一般講演) ITPを初発症状として発症したWaldenstrome macroglobulinemiaの1例. 大竹浩之, 萩原将太郎, 大坂学, 羽山弥亨, 大和田啓, 梶原耕一, 郡美佳, 檀原幹生, 秋山暢, 堀江良一, 和泉徹, 東原正明(内): 第42回神奈川血液研究会(2000.09.21), 横浜.

1162. [研究会(地方)](一般講演) 急性発症の低Ca血症により副甲状腺梗塞が疑われた二次性副甲状腺機能亢進症の1例. 巽洋, 小林直之, 吉田煦, 鎌田貢寿, 小林豊, 東原正明(内): 第60回神奈川腎研究会(2000.11.12), 横浜.

1163. [研究会(地方)](一般講演) 膜性ループス腎炎の経過中にフィブリン析出性細胞性半月体を呈した全身性エリテマトーデス. 清水健史, 藤田和己, 高谷徹, 青山東五, 橋爪健次郎, 長場泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢寿, 玉真桂子, 近藤啓文, 小林豊(内), 重松秀一(信州大): 第35回神奈川腎炎研究会(2001.02.27), 横浜.

1164. [研究会(地方)](一般講演) ノカルジア腹膜炎を発症した抗リン脂質抗体症候群(APLS)のCAPD例. 清水健史, 山川貴久子, 斉藤毅, 青山東五, 藤田和己, 橋爪健次郎, 長場泰, 守屋利佳(内), 吉田一成(泌), 坂本尚登, 鎌田貢寿, 小林豊(内): 第回神奈川CAPD研究会(2001.03.24), 横浜.

1165. [特許・意匠登録] nm23タンパク質の測定方法及びそれを用いた悪性腫瘍の診断方法(2000-304746). 新津望(内), 角純子(埼玉がんセン).



<<15 外科学>>

1166. [原著] Preoperative evaluation to predict technical difficulties of laparoscopic cholecystectomy of the basis of histological inflammation findings on resected gallbladder. 桜本信一, 佐藤茂(外), 大栗健彦(内), 佐藤光史, 比企能樹, 柿田章(外): Am. J. Surg., 179(2): 114〜121, 2000.

1167. [原著] Tumor volumetry: Proposal of a new concept to predict lymph node metastasis in early gastric cancer. 菊池史郎, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 佐藤光史, 柿田章(外): Anticancer Res., 20: 3669〜3674, 2000.

1168. [原著] Surgical outcome of node-positive early gastric cancer with particular reference to nodal status. 菊池史郎, 佐藤牧, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): Anticancer Res., 20: 3695〜3700, 2000.

1169. [原著] β3-Endonexin as a novel inhibitor of cyclin A-associated kinase. 大歳晃平, 前田達也, 東秀明(癌研), 芦沢敏(外), 山田雅文, 畠山昌則(癌研): Biochem. Biophys. Res. Commun., 267: 947〜952, 2000.

1170. [原著] Human p55cpc/Cdc20 associates with cyclin A and is phosphorylated by the cyclin A-Cdk2 complex. 大歳晃平, 前田達也, 東秀明(癌研), 芦沢敏(外), 畠山昌則(癌研): Biochem. Biophys. Res. Commun., 268: 530〜534, 2000.

1171. [原著] Endoscopic treatment for subtypes of early gastric cancer. 嶋尾仁, 比企能樹, 森瀬昌樹, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原譲(外), 田辺聡, 西元寺克礼(内), 堤修(外): Chir. Gastroenterol., 16: 81〜84, 2000.

1172. [原著] Kombiniertes laparoskopisch-endoskopisches Vorgehen beim Magencarcinom. 比企能樹, 桜本信一, 片田夏也, 嶋尾仁(外): Chirurg, 71: 1193〜1201, 2000.

1173. [原著] A prospective study on endoscopic treatment for early gastric cancer in Japan: An interim report. Ida, K., Nakazawa, S., 比企能樹, 栗原稔, Yoshino, J., Toda M., 嶋尾仁(外), Katoh, T., Niwa, H., Sakita, T.: Dig. Endosc., 12: 19〜24, 2000.

1174. [原著] An in-vitro model of scirrhous carcinoma of the stomach using fibroblasts derived from gastric cancer patients. 菊池史郎, 佐藤武郎, 荒井義孝, 堤修, 比企能樹, 柿田章(外): Hepato-Gastroenterology, 47: 1256〜1259, 2000.

1175. [原著] Is extended lymphadenectomy valuable in palliatively gastrectomized patients with gastric cancer and simultaneous peritoneal metastasis? 菊池史郎, 荒井義孝, 小林伸行, 塚本秀人, 嶋尾仁, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): Hepato-Gastroenterology, 47: 563〜566, 2000.

1176. [原著] Three-dimensional reconstruction of colorectal tumors from serial tissue sections by computer graphics: A preliminary study. 菊池史郎, 松崎博行, 近藤賢司, 大谷剛正, 井原厚, 比企能樹, 柿田章(外), 桑尾定仁(病理): Hepato-Gastroenterology, 47: 669〜671, 2000.

1177. [原著] Surgical outcome of curative resection in patients with Borrman type W gastric carcinoma with particular reference to the extent of lymph node metastasis. 菊池史郎, 比企能樹, 堤修, 小林伸行, 塚本秀人, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): Hepato-Gastroenterology, 47: 890〜892, 2000.

1178. [原著] Experimental study on liver regeneration after simultaneous partial hepatectomy and pancreatectomy. 古田一徳, 柿田章, 高橋毅(外), Tomiya, T., Fujiwara, K.: Hepatol. Res., 17: 223〜236, 2000.

1179. [原著] Late administration of dimethyl sulfoxide minimizes the hepatic microvascular inflammatory response to chloroform in rats. 伊藤義也(外), Rind, R.C., Begay, C.K., Gandolfi, A.J., McCuskey, M.K., McCuskey, R.S.: Hepatol. Res., 18: 203〜217, 2000.

1180. [原著] Extraovarian peritoneal serous papillary carcinoma showing complete remission after treatment with cisplatin. 下山豊, Tsuchihashi, S., Kabeshima, Y., 古田一徳(外), Asato, Y., Natori, M., Mukai, M.: Int. J. Clin. Oncol., 5: 337〜340, 2000.

1181. [原著] Surgery for achalasia: 1998. Shiino, Y.(Creighton Univ.), Filipi, C.J., Awad, Z.T., 朝長哲弥(外), Marsh, R.E.(Creighton Univ.): J. Gastroint. Surg., 3: 447〜455, 1999.

1182. [原著] Correlations between esophageal disease and monometric length: A study of 617 patients. Awad, Z.T., Watson, P., Filipi, C.J., Marsh, R.E.(Creighton Univ.), 朝長哲弥(外), Shiino, Y., Bhatia, S., Boedefeld, W.(Creighton Univ.): J. Gastroint. Surg., 3: 483〜488, 1999.

1183. [原著] Pancreatographic classification of pancreatic ductal injuries caused by blunt injury to the pancreas. 滝島常雅, 平田光博, 片岡祐一, 浅利靖(救命), 佐藤光史(外), 大和田隆(救命), 柿田章(外): J. Trauma, 48(4): 745〜752, 2000.

1184. [原著] Ras and signal transducer and activator of transcription (STAT) are essential and sufficient domastreum components of Janus kinases in cell proliferation. 水口留美子, 能登智, 山田雅文, 芦沢敏(外), 東秀明, 畠山昌則(癌研): Jpn. J. Cancer Res., 91: 527〜533, 2000.

1185. [原著] Tumor volume: A novel prognostic factor in patients who undergo curative resection for gastric cancer. 菊池史郎, 比企能樹, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): Langenbeck's Arch. Surg., 385: 225〜228, 2000.

1186. [原著] High doses of intravenous immunoglobulin G enhance Kupffer cell phagocytic function during the late phase of sepsis and endotoxemia in rats. 伊藤義也(外), Atmadja, W., Machen, N.W., Baker, G.L., McCuskey, R.S.: Shock, 13: 485〜491, 2000.

1187. [原著] Biliary obstruction exacerbates the hepatic microvascular inflammatory response to endotoxin. 伊藤義也(外), Machen, N.W., Urbaschek, R., McCuskey, R.S.: Shock, 14: 599〜604, 2000.

1188. [原著] Persistent dysphagia after laparoscopic vagotomy. Shiino, Y., Filipi, C.J.(Creighton Univ.), 朝長哲弥(外), Awad, Z.T., Marsh, R.E.(Creighton Univ.): Surg. Endosc., 14: 330〜335, 2000.

1189. [原著] The preoperative predictability of the short esophagus in patients with stricture or paraesophageal hearnia. Mittal, S.K., Awad, Z.T., Tasset, M., Filipi, C.J., Dickason, T.J., Shiino, Y., Marsh, R.E.(Creighton Univ.), 朝長哲弥(外), Lerner, C.(Creighton Univ.): Surg. Endosc., 14: 464〜468, 2000.

1190. [原著] Left side thoracoscopically assisted gastroplasty: A new technique for managing the shortened esophagus. Awad, Z.T., Filipi, C.J., Mittal, S.K., Roth, T.A., Marsh, R.E., Shiino, Y.(Creighton Univ.), 朝長哲弥(外): Surg. Endosc., 14: 508〜512, 2000.

1191. [原著] Analysis of the causes of death in renal transplant patients; The comparative study between the azathioprine group and the cyclosporine group. 佐藤光史, 小川憲章, 大沼田治, 阿曽和哲, 中山義介(外), 吉田一成, 遠藤忠雄(泌), 柿田章(外): Surgery Today, 2000.

1192. [原著] Prior induction of heat shock proteins by a nitric oxide donor attenuates cardiac ischemia/reperfusion injury in the rat. 鹿取正道, 玉置透, 高橋毅, 田中三津子, 川村明夫, 柿田章(外): Transplantation, 69(12): 2530〜2537, 2000.

1193. [原著] Measuring the tumor volume of gastric carcinoma by computer image analysis: Clinical significance. 菊池史郎, 比企能樹, 榊原譲, 柿田章(外), 桑尾定仁(病理): World J. Surg., 24: 603〜607, 2000.

1194. [原著] 乳癌における色素法による「見張りリンパ節」同定による腋窩リンパ節廓清の是非. 秋山憲義, 浜田利良, 仙石紀彦, 二渡信江, 小倉直人, 三重野浩朗, 木村徹, 西山保比古, 雨宮明文, 金田悟良, 門脇憲, 高橋俊毅, 日吾雅宜, 古谷能祥, 佐藤俊行: 医療, 54(7): 300〜303, 2000.

1195. [原著] 大腸癌術後補助化学療法としてのUFT 5日投薬2日休薬スケジュールにおける至適投与量の検討. 貞廣荘太郎(東海大), 大木繁男, 山口茂樹(横浜市大), 高橋俊毅(国立相模原), 大谷剛正(外), 月川賢, 山村卓也(聖マリ医大), 武宮省治(県立がんセン), 長崎秀彰(昭和大), 西山潔(国立横浜), 福島恒男(横浜市民), 比企能樹(湘南東部), 山口晋(聖マリ医大), 熊田馨(昭和大), 嶋田紘(横浜市大), 三富利夫, 幕内博康(東海大): 癌と化学療法, 27(14): 2223〜2230, 2000.

1196. [原著] 大血流量シャント症例の検討. 久木田和丘, 有倉潤, 村井紀元, 海津貴史, 内田泰至(外), 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江卓, 田中三津子, 玉置透, 目黒順一, 米川元樹, 川村明夫(札幌北楡病院): 腎と透析, (別冊アクセス): 97〜99, 2000.

1197. [原著] 膵外分泌能とMRCP画像についての検討. 島田謙, 高橋毅(外), 磯部義憲(放), 板橋浩一, 古田一徳, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 胆膵の生理機能, 16(1): 23〜26, 2000.

1198. [原著] インスリン抵抗性からみた膵切除患者における手術前後の耐糖能の変化に関する研究. 中村考伸, 高橋毅, 板橋浩一, 島田謙, 古田一徳, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 胆膵の生理機能, 16(1): 65〜67, 2000.

1199. [原著] 超音波によるリンパ節転移の客観的診断法確立に関する研究. 堀江和伸(外), 大宮東生(市立大和), 佐藤亮平(生理), 佐藤光史, 柿田章(外): 北里医学, 30(4): 240〜247, 2000.

1200. [準原著(英文)] The usefullness of retroperitoneal approach for laparoscopic colorectal cancer surgery. 国場幸均, 金沢秀紀, 大谷剛正, 柿田章(外): High Technol. Med., p.53〜56, 2000.

1201. [準原著(英文)] Proinflammatory cytokine are involved in hepatic microcirculatory disturbance elicited by endotoxin. 松本豊, 伊藤義也, 石井健一郎, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): Microcirc. Ann., 16: 117〜118, 2000.

1202. [準原著(英文)] Functional integrity of the rat liver after subzero preservation under high pressure. 高橋毅, 柿田章, 高橋禎人, 坂本いづみ, 林京子(外), 藤生俊弘(生化系), 山科正平(解), 玉置透(札幌北楡病院), 高沢義明, 村椿良司(スギノマシーン): Transplant. Proc., 32(7): 1634〜1636, 2000.

1203. [準原著(英文)] De novo protein synthesis induced by donor nutritional depletion ameliorates cold ischemia and reperfusion injury in rat liver. 内田泰至(外), 玉置透, 田中三津子, Konoeda, Y., Kaizu, T.(札幌北楡病院), 高橋禎人, 柿田章(外), 川村明夫: Transplant. Proc., 32: 1657〜1659, 2000.

1204. [準原著(英文)] Heme oxygenase-1 expression in rat Kupffer cells by immunomodulating agents; Role in the pathogenesis of hepatic ischemia/reperfusion injury. 玉置透, Konoeda, Y., 田中三津子, Takahashi, Y.(札幌北楡病院), 内田泰至(外), Kaizu, T., Kawamura, A.(札幌北楡病院): Transplant. Proc., 32: 1665〜1666, 2000.

1205. [準原著(英文)] Effects of ulinastatin on hypotension and hepatic circulation in brain dead rabbits. 大沼田治, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): Transplant. Proc., 32: 2290〜2292, 2000.

1206. [準原著(英文)] Effects of hypotension on hepatic circulation and function: Comparison of brain death and examination models. 大沼田治, 高橋毅, 小川憲章, 佐藤光史, 柿田章(外): Transplant. Proc., 32: 2293〜2296, 2000.

1207. [準原著(英文)] Effect of leukotriene B4 receptor antagonist (ONO 4057) on hepatic allografting in rats. 田中三津子, 玉置透, 此枝義記(札幌北楡病院), 内田泰至(外), Kaizu, T., Kawamura, A.(札幌北楡病院): Transplant. Proc., 32: 2340〜2341, 2000.

1208. [準原著(英文)] Immunohistochemical study of the regeneration process of extrinsic hepatic nerves following liver transplantation in rats. 坂本いづみ, 高橋毅, 田所文彦, 高橋禎人, 林京子, 伊藤良仁, 飯野善一郎, 柿田章(外): Transplant. Proc., 32: 2352〜2354, 2000.

1209. [準原著(英文)] Preservation of rat livers by super-cooling under high-pressure. 高橋毅, 柿田章, 高橋禎人, 林京子, 坂本いづみ(外), 山科正平(解): Transplant. Proc., 33(1/2): 916〜919, 2001.

1210. [準原著] (特集)消化器系疾患における内視鏡下治療の進歩; 大腸癌に対する後腹膜アプローチによる腹腔鏡下手術. 国場幸均, 大谷剛正, 金沢秀紀, 中村隆俊, 相原成昭, 井原厚, 比企能樹, 柿田章(外): Current Therapy, 18(12): 116〜120, 2000.

1211. [準原著] 乳房撮影診断装置Seno Visionでのリアルタイム, デジタル, 三次元バイオプシーの経験. 秋山憲義, 小酒井安二, 佐々木瑠美, 仙石紀彦, 浜田利徳, 清水裕恵, 二渡信江, 小倉直人, 三重野浩朗, 石井大輔, 木村徹, 西山保比古, 雨宮明文, 金田悟良, 高橋俊毅, 片桐彗(外): 医療, 55(1): 29〜32, 2001.

1212. [準原著] 胃粘膜下腫瘍. 菊池史郎, 柿田章(外): 外科, 62(12): 1395〜1398, 2000.

1213. [準原著] SS胆嚢癌: いつ診断するか?手術術式は? 柿田章, 吉田宗紀(外): 外科, 62(8): 901〜903, 2000.

1214. [準原著] 粘液産生性膵腫瘍に対する術式の選択. 吉田宗紀, 板橋浩一, 島田謙, 柿田章(外): 外科治療, 83(3): 317〜322, 2000.

1215. [準原著] 腹腔鏡補助下大腸亜全摘回腸嚢肛門管吻合術. 大谷剛正, 金沢秀紀, 国場幸均, 石川博和, 野沢直史, 相原成昭, 比企能樹, 柿田章(外): 手術, 54(6): 725〜731, 2000.

1216. [研究報告(文部省)] 肝膵同時切除における肝膵臓器相関と耐術能の指標に関する研究. 吉田宗紀(外): 平成9〜11年度科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書, 2000.

1217. [症例報告] Right subclavian artery pseudoaneurysm due to perforation of esophageal cancer. 滝島常雅(外), 片岡祐一, 林宗博, 今泉弘(救命), 片桐寛之(外), 西巻博, 大和田隆(救命), 柿田章(外): Ann. Thorac. Cardiovasc. Surg., 7(1): 42〜44, 2001.

1218. [症例報告] Marginal ulcer on the jejunum after proximal gastrectomy by jejunal interposition. 菊池史郎, 平井俊男, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): Hepato-Gastroenterology, 47: 1579〜1580, 2000.

1219. [症例報告] Delayed development of obstructive jaundice and pancreatitis resulting from traumatic intramural hematoma of the duodenum: Report of a case requiring deferred laparotomy. 滝島常雅, 平田光博, 片岡祐一, 内藤剛彦, 大和田隆(救命), 柿田章(外): J. Trauma, 49(1): 160〜162, 2000.

1220. [症例報告] 診断・救命的肝切除後早期に再発死亡した肉腫様低分化型肝細胞癌の1例. 上野琢哉, 高橋毅, 中村考伸, 島田謙, 松本豊, 吉田宗紀, 柿田章(外), 桑尾定仁(病理): Liver Cancer, 6(1): 64〜68, 2000.

1221. [症例報告] Benign esophageal schwannoma: Report of a case. 小林伸行, 菊池史郎, 嶋尾仁, 比企能樹, 柿田章(外), 三富弘之, 大部誠(病理): Surg. Today, 30(6): 526〜529, 2000.

1222. [症例報告] ヘルニアに対するInlay mesh repair method. 古田一徳, 佐藤牧, 金田悟良(外): 外科治療, 82(6): 1131〜1136, 2000.

1223. [症例報告] 肝海綿状血管腫自然破裂の1例. 高橋毅, 古田一徳, 飯塚美香, 柿田章(外): 肝臓, 41(6): 407〜412, 2000.

1224. [症例報告] 経皮内視鏡的胃瘻造設術の腸管誤穿刺による胃横行結腸瘻に対し用手的抜去及び保存的治療後再穿刺し得た1例. 村上匡人, 佐藤孝夫, 高岡洋子, 西野圭一郎, 村上凡平, 嶋尾仁(外): 在宅医療と内視鏡治療, 4(1): 39〜45, 2000.

1225. [症例報告] ヘルニアに対するInlay mesh repair method. 古田一徳, 佐藤牧, 金田悟良, 柿田章(外): 手術, 54(11): 1597〜1602, 2000.

1226. [症例報告] 胃粘膜下腫瘍様の所見を呈した大網原発平滑筋系細胞腫の1例. 片田夏也, 嶋尾仁, 菊池史郎, 佐藤牧, 桜本信一, 小林伸行, 榊原譲, 柿田章(外), 鹿間伸明, 渡辺摩也, 木田芳樹, 田辺聡, 木田光広, 西元寺克礼(内), 三富弘之(病理): 消化器内視鏡, 12(9): 1287〜1291, 2000.

1227. [症例報告] 血液透析患者における汎発性腹膜炎手術と予後. 久木田和丘, 目黒順一, 中尾康夫, 内田泰至(外), 増子佳弘, 田中三津子, 玉置透, 米川元樹, 川村明夫(札幌北楡病院): 腎不全外科, 2000: 110〜112, 2000.

1228. [症例報告] 腸間膜デスモイド腫瘍の1症例. 武山茂, 岩下浄明, 山口秀樹, 佐藤俊行, 雨宮明文(外): 超音波検査技術, 26(1): 15〜18, 2001.

1229. [症例報告] Kaposi肉腫と極めて類似した組織学的所見を呈する原発性脾腫瘍の1例. 小沢平太, 高橋毅, 久保裕義, 梶田咲美乃, 柿田章(外): 日本外科系連合学会誌, 25(4): 697〜700, 2000.

1230. [症例報告] 門脈内ガス血症を呈した胃潰瘍穿孔の1例. 松崎博行, 長谷川健, 霧生孝司, 安部美寛, 内藤正規, 小芝章剛(外): 日本臨床外科学会雑誌, 61(12): 1755〜1758, 2000.

1231. [症例報告] 肝腫瘍と鑑別を要した褐色細胞腫の1例. 小沢平太, 島田謙, 高橋毅, 吉田宗紀, 比企能樹, 柿田章(外): 日本臨床外科学会雑誌, 61(9): 2493〜2497, 2000.

1232. [症例報告] 肝転移により発見された潰瘍性大腸炎癌化の1例. 野沢直史, 大谷剛正, 国場幸均, 荒井義孝, 井原厚, 柿田章(外): 日本臨床外科学会雑誌, 62(1): 182〜186, 2001.

1233. [症例報告] A case of interventional treatment of a benign biliary stricture after hepaticojejunostomy. 古田一徳(外), 朝戸裕, 下山豊, 栗原直人, 坂田道生, 石原雅巳, 根本祐太, 宮部理香(国立大蔵病院), 柿田章(外): 北里医学, 30(3): 216〜220, 2000.

1234. [症例報告] 胃癌治癒切除後6年目に発症したKrukenberg腫瘍の1例. 渡辺久美子, 菊池史郎, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外), 新井努, 桑尾定仁(病理): 北里医学, 30: 104〜107, 2000.

1235. [総説] 消化管狭窄に対する内視鏡治療. 嶋尾仁, 森瀬昌樹, 片田夏也, 佐藤牧, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原譲, 柿田章(外): クリニカ, 27(3): 42〜45, 2000.

1236. [総説] 肝臓移植−生体移植か脳死移植か. 佐藤光史(外): 学術フロンティア公開シンポジウム報告書, p.25〜29, 2000.

1237. [総説] 栄養管理手段としての経皮内視鏡的胃瘻造設術. 嶋尾仁(外): 茅ヶ崎医師会報, (57): 14〜17, 2000.

1238. [総説] Fibrosing cholestatic cholangitis. 高橋毅, 柿田章, 古田一徳(外), 桑尾定仁(病理): 肝胆膵, 41(6): 905〜912, 2000.

1239. [総説] 食道狭窄の解除. 嶋尾仁(外): 消化器内視鏡, 12(6): 722〜723, 2000.

1240. [総説] PEG造設法. 嶋尾仁, 森瀬昌樹, 佐藤牧(外): 消化器内視鏡, 13(1): 112〜116, 2001.

1241. [総説] 胃がんの内視鏡治療. 嶋尾仁, 森瀬昌樹(外), 田辺聡, 西元寺克礼(内), 比企能樹(外): 神奈川県医師会がん検診研究論文集, p.4〜6, 2000.

1242. [総説] 胃瘻とは. 嶋尾仁(外): 総合消化器ケア, 5(1): 23〜27, 2000.

1243. [総説] ストレス蛋白質と腎虚血再灌流障害. 海津貴史(外), 玉置透, 田中三津子, 川村明夫(札幌北楡病院): 低温医学, 26(1): 10〜17, 2000.

1244. [総説] 内視鏡ステント挿入術および経皮内視鏡的胃瘻造設術(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy: PEG). 嶋尾仁(外): 内視鏡, 11: 2000.

1245. [総説] 内視鏡的胃瘻造設術の管理. 嶋尾仁(外): 日本在宅医学会雑誌, 2(2): 21〜23, 2001.

1246. [総説] 基本手技シリーズ(16)腹腔鏡下手術における止血法−クリップ止血法を中心に−. 金田悟良, 高橋俊毅, 山本学(外): 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(4): 371〜374, 2000.

1247. [総説] 上部消化管悪性疾患に対するステント治療. 嶋尾仁, 森瀬昌樹, 佐藤牧, 小林伸行, 榊原譲, 柿田章(外), 田辺聡, 西元寺克礼(内): 臨床消化器内科, 15(6): 619〜626, 2000.

1248. [学術書](分担執筆) 必携消化器内視鏡; 狭窄解除, p.195〜200, 嶋尾仁, 比企能樹(外). 編集 磨伊正義, 酒井義浩, 南山堂, 東京, 2000.05.17発行.

1249. [学術書](分担執筆) 必携在宅医療・介護基本手技マニュアル; 胃瘻の管理と処置, p.258〜266, 嶋尾仁(外). 編集 黒川清, 永井書店, 大阪, 2000.08.10発行.

1250. [学術書](分担執筆) 消化器病セミナー78−消化器内視鏡治療−適応と手技の基本; 食道癌性狭窄の内視鏡的ステント留置術, p.79〜86, 嶋尾仁, 森瀬昌樹(外). ヘルス出版, 東京, 2000.03.20発行.

1251. [学術書](編集) 胃瘻(PEG)造設患者のケア・マニュアル; 編集 嶋尾仁(外), 医学芸術社, 東京, 2000.08.16発行.

1252. [学術書](編集) 内視鏡的胃瘻造設術−手技から管理まで−. 編集 嶋尾仁(外), 永井書店, 大阪, 2001.01.10発行.

1253. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 領域別症候群シリーズNo.32, 免疫症候群(下巻); 特殊な先天性・遺伝性疾患にみられる免疫不全症, 家族性多発腸閉鎖症, p.298〜301, 石田和夫(外). 編集 矢田純一, 日本臨床社, 東京, 2000.12.28発行.

1254. [視聴覚教材・視聴覚出版物](共著) ビデオライブラリー手術手技シリーズGA-165, より安全な膵空腸吻合工夫−膵空腸密着吻合術の理論と手技−.吉田宗紀, 柿田章, 比企能樹(外). 日本外科系連合学会, 2000.12.00発行.

1255. [学会(国際)](シンポジウム等) Endovascular repair of spontaneous rupture of the thoracic aorta in a patient with abdominal aortic aneurysm and iliac arteriosclerosis obliterans. 金城正佳(外), 西巻博(放), 町井正人(胸外), 田村幸穂(外), 林宗博(胸外), 荒井義孝, 大沼田治(外), 今井寛(胸外), 磯部義憲(放), 柿田章(外): 2nd Tokyo-Shanghai International Symposium for Vascular Disease(2000.10.19〜21), 東京.

1256. [学会(国際)](シンポジウム等) The usefullness of retroperitoneal approach for laparoscopic colorectal cancer surgery. 国場幸均, 金沢秀紀, 大谷剛正, 柿田章(外): World Congress of High Technology in Medicine(2000.10.16〜20), Germany, High Technol. Med., p.53〜56, 2000.

1257. [学会(国際)](シンポジウム等) Is laser effective for residual tumor after EMR in early gastric cancer. 嶋尾仁, 比企能樹, 森瀬昌樹, 佐藤牧, 桜本信一, 片田夏也, 小林伸行, 菊池史郎, 榊原譲, 柿田章(外), 田辺聡, 西元寺克礼(内): 8th Congress of Asian Pacific Association for Laser Medicine and Surgery(2000.10.20), Singapore.

1258. [学会(国際)](一般講演) Laparoscopic choledocholithotomy. 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史, 吉田宗紀, 島田謙, 板橋浩一, 柿田章(外): 7th World Congress of Endoscopic Surgery(2000.06.01〜04), シンガポール.

1259. [学会(国際)](一般講演) Endoscopic axillary dissection for breast cancer. Asato, Y., Shimoyama, Y., Tamura, A., Sakata, M., Ishihara, M., Hashiguchi, N., 古田一徳(外): 7th World Congress of Endoscopic Surgery(2000.06.01〜04), シンガポール.

1260. [学会(国際)](一般講演) Efficacy of endoscopic surveillance of upper gastrointestinal tract following distal gastrectomy for early gastric cancer. 三木猛生, 菊池史郎, 佐藤牧, 片田夏也, 桜本信一, 嶋尾仁, 柿田章(外), 大井田正人, 西元寺克礼(内): 17th Congress of Pan-Pacifc Surgical Association, Japan Chapter(2000.10.31〜11.01), Bali, Indonesia.

1261. [学会(国際)](一般講演) Laparoscopic choledocholithotomy by abdominal wall lifting in addition to pneumoperitoneum. 竹田潤, 八十川要平, 西八嗣, 近藤康史, 岸本一郎, 小八木紳一, 桜井裕恵, 山梨高広(外): 17th Congress of Pan-Pacifc Surgical Association, Japan Chapter(2000.10.31〜11.01), Bali, Indonesia.

1262. [学会(国際)](一般講演) A case of mesoduodenum-primary liposarcoma presenting a rare growth pattern. 星野弘樹, 飯野善一郎, 河野圭一(外): 17th Congress of Pan-Pacifc Surgical Association (Japan Chapter)(2000.10.31〜11.01), Bali, Indonesia.

1263. [学会(国際)](一般講演) Laparoscopic choledocholithotomy. 久保裕義, 古田一徳, 高橋毅, 島田謙, 板橋浩一, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 17th Congress of Pan-Pacifc Surgical Association, Japan Chapter(2000.10.31〜11.01), Bali, Indonesia, Abstracts, p.39, 2000.

1264. [学会(国際)](一般講演) Evaluation of conservative treatment of hypertrophic pyloric stenosis with intravenous atropine sulfate. 小野里航, 石田和夫, 朝長哲弥, 柿田章(外), 内藤剛彦, 大田剛穂(児): 17th Congress of Pan-Pacifc Surgical Association, Japan Chapter(2000.10.31), Bali, Indonesia, Abstracts, p.59, 2000.

1265. [学会(国際)](一般講演) The theoretical substantiation and clinical usefulness of our new technique of pancreaticojejunal anastomosis. 古田一徳, 吉田宗紀, 板橋浩一, 島田謙, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 17th Congress of Pan-Pacifc Surgical Association, Japan Chapter(2000.10.31〜11.01), Bali, Indonesia, Abstracts, p.79, 2000.

1266. [学会(国際)](一般講演) Operative strategy for eldery patients (over 75 years) with the colorectal cancer. 根本祐太, 井原厚, 中村隆俊, 相原成昭, 金沢秀紀, 朝長哲弥, 国場幸均, 小林伸行, 大谷剛正, 石田和夫, 佐藤光史, 柿田章(外): 17th Congress of Pan-Pacifc Surgical Association, Japan Chapter(2000.10.31), Bali, Indonesia, Abstracts, p.83, 2000.

1267. [学会(国際)](ポスター講演) Greater splanchnicectomy as surgical palliation for intractable abdominal pain in patients with the end-stage pancreas cancer. 高橋毅, 板橋浩一, 島田謙, 古田一徳, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 35th Congressn of European Society for Surgical Research(2000.06.01〜03), Sweden, Eur. Surg. Res., 32(Suppl.): 75, 2000.

1268. [学会(国際)](ポスター講演) Preservation of rat livers by super-cooling under high-pressure. 高橋毅, 柿田章, 高橋禎人, 林京子, 坂本いづみ(外), 山科正平(解): 18th International Congress of Transplantation Society(2000.08.27〜09.01), Rome, Abstracts, p.302, 2000.

1269. [学会(国際)](ポスター講演) A functional link between a specific stress response and increased resistance of liver graft to reperfusion injury. 内田泰至(外), 玉置透, 田中三津子(札幌北楡病院), 海津貴史, 柿田章(外), 川村明夫(札幌北楡病院): 18th International Congress of the Transplantatioon Society(2000.08.27), Rome, Abstracts, p.303, 2000.

1270. [学会(国際)](ポスター講演) Possible role of tin-protoporphyrin as inhibitor of tissue damage and regulator of heme oxygenase-1 on warm ischemia of the rat kidney. 海津貴史(外), 玉置透, 田中三津子(札幌北楡病院), 内田泰至(外), 川村明夫(札幌北楡病院), 柿田章(外): 18th International Congress of the Transplantatioon Society(2000.08.31), Rome.

1271. [学会(国際)](ポスター講演) Embolization of sinusoidal lining cells causes the congestion of hepatic veno-occlusive disease. DeLeve, L.D., 伊藤義也(外), Machen, N.M., Wang, X., McCuskey, M.K., McCuskey, R.S.: 10th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoids(2000.09.03〜07), Southampton, UK.

1272. [学会(国際)](ポスター講演) Effect of CCK-A receptor antagonist on the regeneration of acinar cells in the rat pancreas after partial pancreatectomy. 半田喜美也, 林京子, 柿田章(外), 山科正平(解): 11th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry(2000.09.03〜08), York, UK.

1273. [学会(国際)](ポスター講演) Is decompression percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG) effective for a chronic ileus in patients with terminal cancer. 嶋尾仁, 森瀬昌樹, 柿田章, 佐藤牧, 菊池史郎, 榊原譲(外): 17th World Congress of International Society for Digestive Surgery(2000.09.08), Hamburg, Germany, Dig. Surg. 2000, (17): 119, 2000.

1274. [学会(国際)](ポスター講演) Results of endoscopic mucosal resection and additional endoscopic treatment for residual tumor after EMR in early gastric cancer. 嶋尾仁, 森瀬昌樹, 小林伸行, 桜本信一, 榊原譲, 柿田章(外): 17th World Congress of International Society for Digestive Surgery(2000.09.08), Hamburg, Germany, Dig. Surg. 2000, (17): 120, 2000.

1275. [学会(国際)](ポスター講演) Evaluation of usefulness of ulinastatin treatment during the perioperative period of partial hepatic resection. 島田謙, 高橋毅, 根本祐太, 板橋浩一, 古田一徳, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 6th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary Pancreatic Surgery(2001.02.06〜09), Hongkong, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 8(Suppl.1): 82, 2001.

1276. [学会(国際)](ポスター講演) Prognosis of post cholecystectomy for anomalous arrangement of the pancreaticopiliary ducts. 古田一徳, 高橋毅, 島田謙, 板橋浩一, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 6th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary Pancreatic Surgery(2001.02.06〜09), Hongkong, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 8(Suppl.1): 109, 2001.

1277. [学会(国際)](ポスター講演) Clinicopathological features and surgical treatments of intraductal papillary mucinous tumor of the pancreas. 吉田宗紀, 板橋浩一, 島田謙, 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 6th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary Pancreatic Surgery(2001.02.06〜09), Hongkong, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 8(Suppl.1): 123, 2001.

1278. [学会(国際)](ポスター講演) Clinicopathological characteristics of patients with pancreaticobiliary maljunction: Reappraisal with Japanese diagnosis criteria 1996. 板橋浩一, 高橋毅, 島田謙, 古田一徳, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 6th Congress of Asian Society of Hepato-Biliary Pancreatic Surgery(2001.02.06〜09), Hongkong, Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 8(Suppl.1): 126, 2001.

1279. [学会(全国)](教育講演) 神経難病患者におけるPEG. 嶋尾仁(外): 第2回日本在宅医学会集会(2000.06.18), 相模原.

1280. [学会(全国)](教育講演) 逆流性食道炎に手術?−適応からロボット手術まで−. 片田夏也(外), 小沢壮治(慶応大): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎.

1281. [学会(全国)](シンポジウム等) 高度な線維化・癒着を伴う腹腔鏡下手術困難例でのウォタージェット剥離装置の有用性と安全性(ビデオ). 吉田宗紀, 柿田章, 板橋浩一, 島田謙, 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史(外): 第29回日本胆道外科研究会(2000.05.18〜19), 名古屋, プログラム, p.144, 2000.

1282. [学会(全国)](シンポジウム等) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡補助下手術の検討. 大谷剛正, 金沢秀紀, 国場幸均, 中村隆俊, 小沢平太, 石川博和, 相原成昭, 井原厚, 比企能樹, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.21), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 62, 2000.

1283. [学会(全国)](シンポジウム等) 膵癌治療における5-FU/CDDP肝動脈内注入化学療法の位置付けと有用性. 吉田宗紀, 板橋浩一, 島田謙, 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 883, 2000.

1284. [学会(全国)](シンポジウム等) 腹腔鏡下大腸手術における後腹膜アプローチによるリンパ節郭清の工夫. 国場幸均, 大谷剛正, 金沢秀紀, 石川博和, 相原成昭, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.21), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 96, 2000.

1285. [学会(全国)](シンポジウム等) 難治性GERD症例における食道運動機能の特徴と腹腔鏡下手術の問題点. 片田夏也, 柿田章(外), 田辺聡(内): 第42回日本消化器病学会大会(2000.10.25), 神戸.

1286. [学会(全国)](シンポジウム等) レーザー医療とその安全性対策; 消化器疾患における治療と安全性. 嶋尾仁, 森瀬昌樹, 佐藤牧, 比企能樹(外): 第21回日本レーザー医学会総会(2000.11.08), 東京, 日本レーザー医学会誌, 21(3): 255, 2000.

1287. [学会(全国)](シンポジウム等) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の適応と問題点および手術器具の工夫. 大谷剛正, 金沢秀紀, 相原成昭, 国場幸均, 井原厚, 柿田章(外): 第55回日本大腸肛門病学会(2000.11.11), 福岡, 日本大腸肛門病会誌, 53(9): 614, 2000.

1288. [学会(全国)](シンポジウム等) 逆流性食道炎, アカラシアに対する腹腔鏡下手術の手技と問題点. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 佐藤牧, 菊池史郎, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 204, 2000.

1289. [学会(全国)](シンポジウム等) 鏡視下大腸手術における安全対策. 国場幸均, 大谷剛正, 金沢秀紀, 中村隆俊, 相原成昭, 井原厚, 佐藤光史, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 130, 2000.

1290. [学会(全国)](ワークショップ) 再発形式からみた大腸癌肝転移に対する肝切除術の意義と治療方針. 島田謙, 大谷剛正, 板橋浩一, 古田一徳, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第29回日本胆道外科研究会日本肝胆膵外科関連会議(2000.05.18〜19), 名古屋, プログラム, p.209, 2000.

1291. [学会(全国)](ワークショップ) 進行膵癌腹部癌性疼痛に対する大内臓神経(GSN)切離術の手技と有用性. 島田謙, 高橋毅, 板橋浩一, 吉田宗紀, 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 253, 2000.

1292. [学会(全国)](一般講演) 肝膵同時切除時の肝再生について. 古田一徳, 高橋毅, 柿田章(外): 第100回日本外科学会(2000.04.12〜14), 東京.

1293. [学会(全国)](一般講演) 新しい逆流防止機構を付加した腹腔鏡下食道アカラシア手術の手技と短期治療成績. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 佐藤牧, 菊池史郎, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 203, 2000.

1294. [学会(全国)](一般講演) SS胆嚢癌切除例の予後因子の解析と治療成績の向上を目指した術式の選択. 吉田宗紀, 柿田章(外): 第86回日本消化器病学会総会(2000.04.21), 新潟, 日本消化器病学会雑誌, 97(補): 217, 2000.

1295. [学会(全国)](一般講演) 切除成績からみた進行胆嚢癌に対する適正な術式選択と拡大手術の妥当性. 板橋浩一, 吉田宗紀, 柿田章, 島田謙, 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史(外): 第29回日本胆道外科研究会日本肝胆膵外科関連会議(2000.05.18〜19), 名古屋, プログラム, p.268, 2000.

1296. [学会(全国)](一般講演) PD・PpPDにおける膵腸吻合縫合不全及び腹腔内出血の予防と対策. 板橋浩一, 島田謙, 古田一徳, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第29回日本胆道外科研究会日本肝胆膵外科関連会議(2000.05.18〜19), 名古屋, プログラム, p.287, 2000.

1297. [学会(全国)](一般講演) 腹部頑痛に対する大内臓神経切離術の除痛効果. 高橋毅, 島田謙, 吉田宗紀, 古田一徳, 板橋浩一, 芦沢敏, 佐藤光史, 柿田章(外): 第12回日本肝胆膵外科学会(2000.05.17〜19), 名古屋, プログラム, p.360, 2000.

1298. [学会(全国)](一般講演) GCSF産生したと思われる膵癌の1例. 古田一徳, 高橋毅, 板橋浩一, 島田謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第12回日本肝胆膵外科学会(2000.05.17〜19), 名古屋, プログラム, p.398, 2000.

1299. [学会(全国)](一般講演) 当院に於ける極小未熟児の外科治療例23例の検討. 朝長哲弥, 石田和夫, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 柿田章(外), 小口弘毅, 野渡正彦(児): 第37回日本小児外科学会総会(2000.05.31), 福岡, 日本小児外科学会雑誌, 36(3): 655, 2000.

1300. [学会(全国)](一般講演) 新生児乳児消化性潰瘍例の検討. 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 柿田章(外), 小口弘毅, 野渡正彦, 内藤剛彦(児): 第37回日本小児外科学会総会(2000.06.01), 福岡, 日本小児外科学会雑誌, 36(3): 768, 2000.

1301. [学会(全国)](一般講演) ラパロジェクト(電気メス機能を複合した腹腔鏡下ウォタージェット剥離装置)の開発と使用経験. 島田謙, 吉田宗紀, 板橋浩一, 古田一徳, 国場幸均, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 第25回日本外科系連合学会学術集会(2000.06.24〜25), 東京, 日本外科系連合学会誌, 25: 503, 2000.

1302. [学会(全国)](一般講演) エンドトキシン血症時の肝微小循環障害における好中球エラスターゼの関与. 石井健一郎, 伊藤義也, 松本豊, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): 第21回日本炎症学会(2000.07.04〜05), 東京.

1303. [学会(全国)](一般講演) 閉塞性黄疸に併発した敗血症におけるラット肝微小循環障害. 伊藤義也, 石井健一郎, 松本豊, 柿田章(外), McCuskey, R.S.: 第21回日本炎症学会(2000.07.04〜05), 東京.

1304. [学会(全国)](一般講演) 早期直腸癌に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の検討. 金沢秀紀, 大谷剛正, 中村隆俊, 相原成昭, 国場幸均, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎.

1305. [学会(全国)](一般講演) 肥満者の鏡下胆摘術後に発症し, 救命し得た肺血栓症の1例. 木村徹, 飯塚美香, 石井大輔, 小倉直人, 渡辺久美子, 井上隼人, 佐藤一善, 西山保比古, 雨宮明文, 金田悟良, 秋山憲義, 高橋俊毅(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎.

1306. [学会(全国)](一般講演) 術前診断し得た原発性小腸癌の術後認められたSister Mery Josephs Noduleの1例. 渡辺久美子, 金沢秀紀, 中村隆俊, 相原成昭, 国場幸均, 井原厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎.

1307. [学会(全国)](一般講演) 腹腔鏡補助下大腸切除術における再発合併症例の検討. 西山保比古, 高橋俊毅, 三重野浩朗, 石井大輔, 小倉直人, 浜田利徳, 二渡信江, 仙石紀彦, 木村徹, 雨宮明文, 金田悟良, 秋山憲義(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 1175, 2000.

1308. [学会(全国)](一般講演) 潰瘍性大腸炎手術時期の決定因子と手術適応および手術方法の検討. 相原成昭, 大谷剛正, 石川博和, 金沢秀紀, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.21), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 178, 2000.

1309. [学会(全国)](一般講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡下手術適応と成績. 桜本信一, 佐藤牧, 片田夏也, 近藤賢司, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.21), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 243, 2000.

1310. [学会(全国)](一般講演) 食道機能検査からみた腹腔鏡下食道アカラシア手術の短期治療成績と問題点. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 佐藤牧, 菊池史郎, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 250, 2000.

1311. [学会(全国)](一般講演) 下部胆管狭窄をきたした結核性リンパ節炎の1例. 西八嗣, 八十川要平, 竹田潤, 近藤康史, 岸本一郎, 小八木紳一, 小野里航(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 520, 2000.

1312. [学会(全国)](一般講演) 腎虚血再灌流障害におけるHO-1阻害剤の保護効果. 海津貴史(外), 玉置透, 田中三津子(札幌北楡病院), 内田泰至(外), 川村明夫(札幌北楡病院), 柿田章(外): 第36回日本移植学会総会(2000.10.12), 岐阜.

1313. [学会(全国)](一般講演) Seno vision下core needle biopsyの経験と問題点について. 渡辺久美子, 秋山憲義, 雨宮明文, 飯塚美香, 横山和利, 平野朋子(外): 第10回日本乳癌検診学会総会(2000.11.01), 仙台.

1314. [学会(全国)](一般講演) 腹腔鏡下大腸手術時の器具. 西山保比古, 高橋俊毅, 金田悟良, 小倉直人, 渡辺久美子, 井上隼人, 木村徹, 佐藤一善, 雨宮明文, 秋山憲義(外): 第55回日本大腸肛門病学会総会(2000.11.10〜11), 福岡.

1315. [学会(全国)](一般講演) 胸腔鏡下で切除しえた異動性膵組織を有する食道重複症の1例. 町田彰男, 辻亮作, 小沢正幸, 久保裕義, 根本雄治, 山崎智巳, 向井聖士郎, 高橋武道(外): 第62回日本臨床外科学会(2000.11.16〜18), 名古屋.

1316. [学会(全国)](一般講演) 当院の大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除術の成績と特徴; 後腹膜アプローチ. 金沢秀紀, 国場幸均, 中村隆俊, 相原成昭, 井原厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本大腸肛門病学会(2000.11.10), 福岡.

1317. [学会(全国)](一般講演) 術前に診断し得た特発性腸間膜静脈硬化症の1例. 旗手和彦, 国場幸均, 中村隆俊, 金沢秀紀, 相原成昭, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本大腸肛門病学会(2000.11.10), 福岡.

1318. [学会(全国)](一般講演) 長期予後とQOLからみた下部直腸癌の治療成績(特に側方郭清について). 井原厚, 大谷剛正, 柿田章(外): 第55回日本大腸肛門病学会(2000.11.10), 福岡, 日本大腸肛門病会誌, 53(9): 720, 2000.

1319. [学会(全国)](一般講演) 大腸悪性腫瘍に対する腹腔鏡下大腸手術. 国場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 金沢秀紀, 石川博和, 相原成昭, 西山保比古, 井原厚, 佐藤光史, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第55回日本大腸肛門病学会(2000.11.10), 福岡, 日本大腸肛門病会誌, 53(9): 887, 2000.

1320. [学会(全国)](一般講演) 術前診断にて診断し得た虫垂原発悪性リンパ腫の1例. 金沢秀紀, 大谷剛正, 中村隆俊, 相原成昭, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 245, 2000.

1321. [学会(全国)](一般講演) ヘルニアのNyhus Type Vに対するInlay Mesh Repair Method. 古田一徳, 佐藤牧, 板橋浩一, 島田謙, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 312, 2000.

1322. [学会(全国)](一般講演) 胃・結腸重複癌を伴った若年性ポリポーシスの1例. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 旗手和彦, 相原成昭, 国場幸均, 井原厚, 菊池史郎(外), 三富弘之(病理), 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 349, 2000.

1323. [学会(全国)](一般講演) Stage Vb大腸癌(根治度A・B)術後5FU-CIV療法の検討. 井原厚, 大谷剛正, 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 461, 2000.

1324. [学会(全国)](一般講演) 大腸癌肝転移に対する治療方法の検討. 大谷剛正, 中村隆俊, 島田謙, 金沢秀紀, 相原成昭, 野沢直史, 古川祐介, 西山保比古, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 587, 2000.

1325. [学会(全国)](一般講演) 膵部分切除後ラット膵腺房細胞及び内分泌細胞の再生に対するCCK-A受容体拮抗薬の効果. 半田喜美也(外), 山科正平(解): 日本組織細胞化学会第41回学術集会(2000.12.07), 高知.

1326. [学会(全国)](一般講演) 胆嚢胆管結石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術・総胆管切開・一期的縫合. 古田一徳, 島田謙, 板橋浩一, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 180, 2000.

1327. [学会(全国)](一般講演) 大腸癌に対する後腹膜アプローチ併用腹腔鏡補助下大腸切除術の成績. 金沢秀紀, 国場幸均, 中村隆俊, 相原成昭, 井原厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 197, 2000.

1328. [学会(全国)](一般講演) リンパ節転移からみた早期胃癌に対する腹腔鏡下手術の適応. 桜本信一, 菊池史郎, 片田夏也, 佐藤牧, 小林伸行, 嶋尾仁, 佐藤光史, 榊原譲, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 223, 2000.

1329. [学会(全国)](一般講演) 内視鏡下手術における血栓発生予防対策の現状. 古田一徳, 荒井義孝, 島田謙, 片田夏也, 桜本信一, 国場幸均, 板橋浩一, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 237, 2000.

1330. [学会(全国)](一般講演) 当院における胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡下胃局所切除術の検討. 佐藤牧, 桜本信一, 片田夏也, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 266, 2000.

1331. [学会(全国)](一般講演) 逆流性食道炎重症例に対する腹腔鏡下手術の問題点. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 佐藤牧, 菊池史郎, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 280, 2000.

1332. [学会(全国)](一般講演) クローン病に対する腹腔鏡補助下手術の検討. 相原成昭, 大谷剛正, 中村隆俊, 金沢秀紀, 古川祐介, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 榊原譲, 柿田章(外): 第13回日本内視鏡外科学会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 338, 2000.

1333. [学会(全国)](一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害における好中球エラスターゼの関与. 石井健一郎, 伊藤義也, 松本豊, 片桐寛之, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): 第26回日本微小循環学会(2001.02.15〜16), 倉敷.

1334. [学会(全国)](一般講演) 長期在宅静脈栄養法(HPN)症例の検討. 古田一徳, 大木暁, 三重野浩朗, 引田俊一, 吉田聡子, 小野里航, 高木暁也, 美島利昭, 朝長哲弥, 井原厚, 小林伸行, 高橋毅, 石田和夫, 柿田章(外): 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15〜16), 小倉.

1335. [学会(全国)](一般講演) 腰ヘルニアの1例. 大木暁, 古田一徳, 三重野浩朗, 引田俊一, 吉田聡子, 小野里航, 升水康二, 高木暁也, 美島利昭, 朝長哲弥, 井原厚, 小林伸行, 高橋毅, 石田和夫, 柿田章(外): 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15〜16), 小倉.

1336. [学会(全国)](一般講演) 新生児乳児期十二指腸穿孔症例7例の検討. 朝長哲弥, 石田和夫, 古田一徳, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 羽広健仁, 内藤正規, 細谷智, 柿田章(外), 佐藤雅彦(児): 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15〜16), 小倉.

1337. [学会(全国)](ポスター講演) 腎虚血再灌流障害におけるHO-1阻害剤の保護効果. 海津貴史(外), 玉置透, 田中三津子(札幌北楡病院), 内田泰至(外), 川村明夫(札幌北楡病院), 柿田章(外): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京.

1338. [学会(全国)](ポスター講演) 大腸癌肝転移に対する治療方針の検討. 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 小沢平太, 石川博和, 相原成昭, 野沢直史, 古川祐介, 西山保比古, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 榊原譲, 柿田章(外): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 162, 2000.

1339. [学会(全国)](ポスター講演) エンドトキシン血症時の肝微小循環障害における好中球エラスターゼの関与. 石井健一郎, 伊藤義也, 松本豊, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 236, 2000.

1340. [学会(全国)](ポスター講演) LPS誘導肝障害モデルにおける肝微小循環障害と抗接着因子抗体等による敗血症治療の可能性について. 松本豊, 伊藤義也, 石井健一郎, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 237, 2000.

1341. [学会(全国)](ポスター講演) 潰瘍性大腸炎手術時期の決定因子と手術適応および手術方法の検討. 相原成昭, 大谷剛正, 石川博和, 金沢秀紀, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 351, 2000.

1342. [学会(全国)](ポスター講演) 移植後のラット肝神経再生に関する免疫組織化学的研究(第2報). 坂本いづみ, 高橋毅, 田所文彦, 高橋禎人, 林京子, 伊藤義也, 飯野善一郎, 佐藤光史, 柿田章(外): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 379, 2000.

1343. [学会(全国)](ポスター講演) 腫瘍体積値の計測−早期胃癌のリンパ節転移予測における新しい概念の提唱. 菊池史郎, 近藤賢司, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 429, 2000.

1344. [学会(全国)](ポスター講演) Hemin投与による抗酸化ストレス蛋白Heme Oxygenaseの誘導発現とラット肝虚血再灌流傷害に対する効果. 内田泰至(外), 玉置透, 田中三津子, 海津貴史, 此枝義記, 横田亘弘(札幌北楡病院), 柿田章(外), 川村明夫(札幌北楡病院): 第100回日本外科学会総会(2000.04.12〜14), 東京, 日本外科学会雑誌, 101(臨増): 513, 2000.

1345. [学会(全国)](ポスター講演) 敗血症における免疫グロブリン製剤の肝微小循環およびクッパー細胞機能に及ぼす効果. 伊藤義也, 松本豊, 石井健一郎, 柿田章(外), McCuskey, R.S.: 第15回日本ショック学会(2000.05.20), 東京.

1346. [学会(全国)](ポスター講演) 十二指腸消化性潰瘍穿孔の保存的療法中に横隔膜下膿瘍を合併した1例. 田所文彦, 池永誠, 西八嗣, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎.

1347. [学会(全国)](ポスター講演) 胆管内進展を伴う早期乳頭部癌症例の治療上の問題点. 島田謙, 吉田宗紀, 板橋浩一, 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 1151, 2000.

1348. [学会(全国)](ポスター講演) 膵管胆道合流異常症(合流異常)の合流形態別の臨床病理学的特徴. 板橋浩一, 島田謙, 吉田宗紀, 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 1264, 2000.

1349. [学会(全国)](ポスター講演) 食道癌術後合併症発生因子とそのQOLへの影響. 小林伸行, 片田夏也, 佐藤牧, 近藤賢司, 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾仁, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 1308, 2000.

1350. [学会(全国)](ポスター講演) エンドトキシン血症時の肝微小循環障害における好中球エラスターゼの関与. 石井健一郎, 伊藤義也, 松本豊, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 256, 2000.

1351. [学会(全国)](ポスター講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡補助下幽門側胃切除術の手術成績の検討−開腹術との比較−. 佐藤牧, 桜本信一, 片田夏也, 近藤賢司, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 298, 2000.

1352. [学会(全国)](ポスター講演) 腫瘍の大きさ(体積値)に基づいた新しい胃癌の予後, 悪性度評価の検討. 菊池史郎, 佐藤牧, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 321, 2000.

1353. [学会(全国)](ポスター講演) 下部直腸癌の側方リンパ節郭清の意義. 井原厚, 大谷剛正, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 341, 2000.

1354. [学会(全国)](ポスター講演) 原因不明の回盲部周囲炎の1手術例. 矢野剛司, 野沢直史, 大谷剛正, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.21), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 483, 2000.

1355. [学会(全国)](ポスター講演) 高齢者の原発性小腸軸捻転症の2例. 松沢克典, 笹本信幸(外), 松沢信五(至誠堂病院), 関根智久(高野せきねクリニック), 板橋浩一, 柿田章(外): 第55回日本消化器外科学会総会(2000.07.20〜22), 宮崎, 日本消化器外科学会雑誌, 33(7): 604, 2000.

1356. [学会(全国)](ポスター講演) リン酸化によるRBファミリータンパクの包括的機能制御. 芦沢敏(外), 山田雅文, 東秀明, 近藤琢磨, 畠山昌則(北大): 第59回日本癌学会(2000.10.05), 横浜.

1357. [学会(全国)](ポスター講演) Hemin投与によるHeme Oxygenase-1の誘導発現と肝虚血再灌流傷害に対する効果. 内田泰至(外), 玉置透, 田中三津子, 横田亘弘(札幌北楡病院), 海津貴史, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外), 川村明夫(札幌北楡病院): 第36回日本移植学会総会(2000.10.13), 岐阜, 日本移植学会雑誌, 35(臨増): 105, 2000.

1358. [学会(全国)](ポスター講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡補助下幽門側胃切除術の手術成績の検討. 桜本信一, 佐藤牧, 片田夏也, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第42回日本消化器病学会(2000.10.26), 神戸.

1359. [学会(全国)](ポスター講演) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)の手術適応−手技および治療積積−. 大谷剛正, 金沢秀紀, 中村隆俊, 相原成昭, 国場幸均, 西山保比古, 井原厚, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田章(外): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.23), 仙台, 日本癌治療学会誌, 35(1): 91, 2000.

1360. [学会(全国)](ポスター講演) 虫垂炎症状にて発症した虫垂開口部盲腸癌の1例. 相原成昭, 大谷剛正, 中村隆俊, 金沢秀紀, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.18), 名古屋, 日本臨床外科学会雑誌, 61(増): 780, 2000.

1361. [学会(全国)](ポスター講演) 動脈塞栓後の小腸壊死に対し切除救命し得た小腸出血の1例. 島田謙, 板橋浩一(外), 滝川政和(放), 古田一徳, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外), 磯部義憲(放): 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15〜16), 小倉, 日本腹部救急医学会雑誌, 21: 442, 2001.

1362. [学会(全国)](ポスター講演) 腹水に伴う成人臍ヘルニア緊急手術の3例. 内藤正規, 朝長哲弥, 石田和夫, 古田一徳, 吉田宗紀, 島田謙, 板橋浩一, 升水康二, 柿田章(外), 中熊尊士, 大島行彦: 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15〜16), 小倉, 日本腹部救急医学会雑誌, 21: 459, 2001.

1363. [学会(全国)](ポスター講演) Lemmel症候群と考えられた1例. 旗手和彦, 島田謙, 山下智子, 二渡信江, 板橋浩一, 古田一徳, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15〜16), 小倉, 日本腹部救急医学会雑誌, 21: 463, 2001.

1364. [学会(全国)](ポスター講演) 術前経皮経肝門脈塞栓術(PTPE)後に肺梗塞を来した胆管細胞癌の1例. 板橋浩一, 旗手和彦, 島田謙, 古田一徳, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外), 磯部義憲(放): 第36回日本腹部救急医学会総会(2001.03.15〜16), 小倉, 日本腹部救急医学会雑誌, 21: 463, 2001.

1365. [学会(地方)](一般講演) 繰り返す腹痛にて発症した小腸カルチノイドの1例. 田原宗徳(外): 第259回日本消化器病学会関東支部例会(2000.05.13), 東京.

1366. [学会(地方)](一般講演) 術前に診断し得た肝原発類上皮血管内皮腫の1例. 板橋浩一, 島田謙, 土橋誠一郎, 古田一徳, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外), 三富弘之(病理): 第259回日本消化器病学会関東支部例会(2000.05.13), 東京, プログラム, p.12, 2000.

1367. [学会(地方)](一般講演) 扁桃に転移し, イレウスを合併した後腹膜PNET(未分化神経外胚葉性腫瘍)の1例. 升水康二, 古田一徳, 梶田咲美乃, 池田篤, 二渡信江, 久保裕義, 川島憲子, 大野克彦, 朝長哲弥, 井原厚, 小林伸行, 高橋毅, 石田和夫, 柿田章(外): 第260回日本消化器病学会関東支部例会(2000.07.29), 宇都宮.

1368. [学会(地方)](一般講演) 内臓逆位を伴った離断型十二指腸閉鎖症の1例. 朝長哲弥, 石田和夫, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 内藤正規, 川島憲子, 柿田章(外), 佐藤雅彦(児): 第35回日本小児外科学会関東甲信越地方会(2000.11.04), 宇都宮.

1369. [学会(地方)](一般講演) 新生児消化管穿孔にて発症したHirschsprung病の1例. 川島憲子, 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 池田篤, 柿田章, 石川文子, 佐藤雅彦(外): 第35回日本小児外科学会関東甲信越地方会(2000.11.04), 宇都宮.

1370. [学会(地方)](一般講演) 術後吻合部狭窄に対する内視鏡治療. 近藤康史, 八十川要平, 西八嗣, 山梨高広, 桜井裕恵, 小八木紳一, 岸本一郎, 竹田潤, 立石晋(外): 第26回日本消化器内視鏡学会埼玉部会(2000.11.11), 大宮.

1371. [学会(地方)](一般講演) 癌との鑑別に苦慮した胆嚢炎症性ポリープの1切除例. 香取玲美, 吉田宗紀, 柳原正智, 板橋浩一, 島田謙, 佐藤光史, 柿田章(外): 第780回外科集談会(2001.03.10), 東京.

1372. [研究会(全国)](シンポジウム等) 腹腔鏡下大腸手術における後腹膜アプローチの有用性. 国場幸均, 大谷剛正, 金沢秀紀, 相原成昭, 中村隆俊, 佐藤光史, 柿田章(外): 第4回大阪腹腔鏡下大腸手術セミナー(2000.08.19), 大阪.

1373. [研究会(全国)](シンポジウム等) 膵管胆道合流異常における胆嚢摘出術の予後(胆管非拡張について). 古田一徳, 板橋浩一, 朝長哲弥, 島田謙, 梶田咲美乃, 高橋毅, 吉田宗紀, 石田和夫, 佐藤光史, 柿田章(外): 第23回日本膵管胆道合流異常研究会(2000.09.02), 徳島, Proceedings, p.31, 2000.

1374. [研究会(全国)](シンポジウム等) ラット敗血症モデルにおける免疫グロブリン製剤の肝微小循環およびクッパー細胞貪食能に及ぼす効果. 伊藤義也, 松本豊, 石井健一郎, 片桐寛之, 柿田章(外), McCuskey, R.S.: 第15回日本救命医療研究会(2000.11.22), 東京.

1375. [研究会(全国)](一般講演) GERD症例に対する腹腔鏡下手術の経験. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 佐藤牧, 菊池史郎, 榊原譲, 柿田章, 佐藤茂(外), 田辺聡(内), Hinder, R.A.(クレイトン大): 第14回E-Gクラブ例会(2000.04.15), 東京.

1376. [研究会(全国)](一般講演) 組織型分類よりみた食道胃接合部癌の臨床的検討. 片田夏也, 小林伸行, 佐藤牧, 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): 第54回日本食道疾患研究会(2000.06.22), 東京.

1377. [研究会(全国)](一般講演) 食道T1b(SM)癌の臨床病理学的特徴(特にリンパ節転移)と術後遠隔成績の検討. 小林伸行, 菊池史郎, 片田夏也, 桜本信一, 嶋尾仁, 榊原譲, 比企能樹, 柿田章(外): 第54回日本食道疾患研究会(2000.06.23), 東京, 日本消化器外科学会雑誌, 34(2): 169, 2000.

1378. [研究会(全国)](一般講演) まだらなヨード染色像を示した多発早期食道癌の1例. 佐藤牧, 小林伸行, 片田夏也(外), 三富弘之(病理), 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): 第43回食道色素研究会(2000.06.21), 東京, 予稿集, p.4, 2000.

1379. [研究会(全国)](一般講演) 当院における高齢者(75歳以上)大腸癌の病理組織学的検討. 西山保比古, 高橋俊毅, 三重野浩朗, 石井大輔, 小倉直人, 浜田利徳, 二渡信江, 仙石紀彦, 木村徹, 雨宮明文, 金田悟良, 秋山憲義(外): 第53回大腸癌研究会(2000.07.07), 東京.

1380. [研究会(全国)](一般講演) 高齢者(75歳以上)の大腸癌手術術式の検討. 井原厚, 大谷剛正, 中村隆俊, 石川博和, 相原成昭, 金沢秀紀, 野沢直史, 古川祐介, 国場幸均, 柿田章(外): 第53回大腸癌研究会(2000.07.07), 東京, 抄録集, p.46, 2000.

1381. [研究会(全国)](一般講演) 脳死肝移植後のFCH (fibrosing cholestatic hapatitis)による肝不全と思われた1例. 古田一徳, 阿曽和哲, 佐藤光史, 高橋毅, 吉田宗紀, 島田謙, 板橋浩一, 石田和夫, 柿田章(外): 第18回日本肝移植研究会(2000.07.14〜15), 京都.

1382. [研究会(全国)](一般講演) 当院における肝移植治療に対するシステムの確立−レシピエントコーディネーターの役割−. 中島節子, 油谷和子, 岩田和恵, 沢辺志穂, 田中彰子(看護部), 古田一徳, 阿曽和哲, 高橋毅, 石田和夫, 柿田章(外): 第18回日本肝移植研究会(2000.07.14〜15), 京都, 移植, 35(6): 371, 2000.

1383. [研究会(全国)](一般講演) 胆道癌を合併した膵管胆道合流異常症の合流形態・拡張形態に見た臨床病理学的特徴. 板橋浩一, 吉田宗紀, 朝長哲弥, 島田謙, 梶田咲美乃, 古田一徳, 高橋毅, 石田和夫, 佐藤光史, 柿田章(外): 第23回日本膵管胆道合流異常研究会(2000.09.02), 徳島.

1384. [研究会(全国)](一般講演) 治療に難渋している非拡張型膵管胆道合流異常の1男児例. 朝長哲弥, 石田和夫, 古田一徳, 高橋毅, 小林伸行, 井原厚, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 池田篤, 二渡信江, 川島憲子, 柿田章(外): 第23回日本膵管胆道合流異常研究会(2000.09.02), 徳島.

1385. [研究会(全国)](一般講演) 多発性下腿潰瘍を伴った一次性下肢静脈瘤の1例. 金城正佳, 荒井義孝, 大沼田治, 田村幸穂, 柿田章(外): 第10回下肢静脈瘤硬化療法研究会(2000.10.07), 奄美大島.

1386. [研究会(全国)](一般講演) エンドトキシン投与により増強された閉塞性黄だんにおける肝微小循環障害. 伊藤義也, 石井健一郎, 松本豊, 片桐寛之, 柿田章(外), McCuskey, R.S.: 第6回日本エンドトキシン研究会(2000.11.24〜25), 栃木.

1387. [研究会(全国)](一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害における好中球エラスターゼの関与. 石井健一郎, 伊藤義也, 松本豊, 片桐寛之, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): 第6回日本エンドトキシン研究会(2000.11.24〜25), 栃木.

1388. [研究会(全国)](一般講演) 当院における大腸粘液癌, 低分化腺癌, 印環細胞癌症例の病理学的検討. 西山保比古, 高橋俊毅, 飯塚美香, 小倉直人, 渡辺久美子, 井上隼人, 木村徹, 佐藤一善, 雨宮明文, 金田悟良, 秋山憲義(外): 第54回大腸癌研究会(2001.01.19), 埼玉.

1389. [研究会(全国)](一般講演) 大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討. 中村隆俊, 大谷剛正, 小沢平太, 池田篤, 金沢秀紀, 旗手和彦, 相原成昭, 国場幸均, 井原厚(外), 三富弘之(病理), 柿田章(外): 第54回大腸癌研究会(2001.01.19), 埼玉.

1390. [研究会(全国)](ポスター講演) 副腎腫瘍との鑑別を要した肝外発育型肝未分化癌の1例. 坂本友見子, 高橋毅, 梶田咲美乃, 古田一徳, 斉藤公一郎, 石田和夫, 柿田章(外), 桑尾定仁(病理): 第36回日本肝癌研究会(2000.06.22〜23), 東京, 抄録集, p.188, 2000.

1391. [研究会(地方)](特別講演) PEGの管理と減圧胃瘻. 嶋尾仁(外): 第18回福島県消化器治療内視鏡研究会(2000.04.01), 郡山.

1392. [研究会(地方)](特別講演) PEGの管理. 嶋尾仁(外): 福島県内視鏡技師研究会(2000.08.19), 福島.

1393. [研究会(地方)](教育講演) 大腸疾患に対する鏡視下手術. 大谷剛正(外): 平成11年度第3回相模原外科医会総会(2000.03.31), 相模原.

1394. [研究会(地方)](一般講演) IPMTに対する十二指腸温存膵頭部切除術の手術手技. 島田謙, 吉田宗紀, 芦沢敏, 板橋浩一, 古田一徳, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 第2回神奈川膵外科クラブ(2000.03.01), 横浜.

1395. [研究会(地方)](一般講演) 家族性大腸ポリポーシスに合併した後腹膜デスモイド腫瘍の1例. 三重野浩朗, 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 井原厚, 大谷剛正, 柿田章(外), 守屋俊介, 朝長香(児), 岩渕啓一(病理): 神奈川小児腫瘍研究会(2000.03.10), 神奈川.

1396. [研究会(地方)](一般講演) 多発性小腸転移を伴った原発性4腸癌の1例. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 相原成昭, 国場幸均, 井原厚(外), 三富弘之(病理), 柿田章(外): 第11回神奈川大腸肛門疾患懇話会(2000.05.23), 横浜.

1397. [研究会(地方)](一般講演) 腺癌を伴う隆起型直腸粘膜脱症候群の1手術例. 小倉直人, 三重野浩朗, 雨宮明文, 石井大輔, 浜田利徳, 二渡信江, 仙石紀彦, 木村徹, 西山保比古, 金田悟良, 門脇憲, 秋山憲義, 高橋俊毅(外), 三富弘之(病理): 第11回神奈川大腸肛門疾患懇話会(2000.05.23), 横浜.

1398. [研究会(地方)](一般講演) 憩室炎に起因したと思われるS状結腸子宮瘻の1例. 古川祐介, 中山伸一, 河田光弘, 佐藤直夫, 今西宏明, 上妻達也(外): 第29回神奈川県消化器外科研究会(2000.06.03), 横浜.

1399. [研究会(地方)](一般講演) 直腸癌局所再発例の臨床病理学的検討. 佐藤幸一, 茂木浩子, 今井潔, 塚本秀人(外): 第29回神奈川県消化器外科研究会(2000.06.03), 横浜.

1400. [研究会(地方)](一般講演) 当院における直腸癌側方転移症例の検討. 西山保比古, 高橋俊毅, 三重野浩朗, 石井大輔, 小倉直人, 浜田利徳, 二渡信江, 仙石紀彦, 木村徹, 雨宮明文, 金田悟良, 秋山憲義(外): 第29回神奈川県消化器外科研究会(2000.06.03), 横浜.

1401. [研究会(地方)](一般講演) 小腸糞石, 穿孔を合併した小腸クローン病の1手術例. 渡辺久美子, 金田悟良, 石井大輔, 小倉直人, 木村徹, 井上隼人, 佐藤一善, 西山保比古, 雨宮明文, 秋山憲義, 高橋俊毅(外): 第777回外科集談会(2000.06.10), 東京.

1402. [研究会(地方)](一般講演) 腹腔鏡下大腸手術時の器具. 西山保比古, 金田悟良, 雨宮明文, 小倉直人, 渡辺久美子, 井上隼人, 木村徹, 佐藤一善, 秋山憲義, 高橋俊毅(外): 第2回神奈川大腸手術手技研究会(2000.06.16), 横浜.

1403. [研究会(地方)](一般講演) イレウス術後上部空腸の腸重積の1例. 久保裕義, 古田一徳, 池田篤, 二渡信江, 升水康二, 朝長哲弥, 小坂愉賢, 井原厚, 小林伸行, 高橋毅, 石田和夫, 柿田章(外): 第45回神奈川県消化器病研究会(2000.06.17), 横須賀.

1404. [研究会(地方)](一般講演) 卵巣癌術後, 孤立性脾臓転移を認めた1手術例. 小倉直人, 雨宮明文, 須藤利雄, 飯塚美香, 渡辺久美子, 井上隼人, 木村徹, 佐藤一善, 西山保比古, 金田悟良, 秋山憲義, 高橋俊毅(外): 第45回神奈川県消化器病研究会(2000.06.17), 横須賀.

1405. [研究会(地方)](一般講演) 生体部分肝移植後に動脈血栓をおこした1例. 古田一徳, 柿田章, 佐藤光史, 高橋毅, 吉田宗紀, 阿曽和哲, 中山義介, 島田謙, 板橋浩一, 上本伸二, 田中紘一(外): 第12回神奈川移植医学会(2000.06.10), 横浜, プログラム, p.3, 2000.

1406. [研究会(地方)](一般講演) 下部胆管狭窄を伴った胆嚢腫瘤の1切除例. 羽広健仁, 佐藤光史, 吉田宗紀, 坂本友見子, 藤城貴教, 内藤正規, 板橋浩一, 島田謙, 古田一徳, 高橋毅, 柿田章(外): 第108回肝胆膵疾患研究会(2000.06.22), 横浜.

1407. [研究会(地方)](一般講演) 腎虚血再灌流傷害におけるHSPの役割. 海津貴史(外), 玉置透, 田中三津子, 川村明夫(札幌北楡病院): 第12回北海道腎移植談話会(2000.07.08), 札幌.

1408. [研究会(地方)](一般講演) 食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下手術. 飯野善一郎, 星野弘樹(外): 新潟内視鏡下手術研究会(2000.07.08), 新潟.

1409. [研究会(地方)](一般講演) リンパ節転移を伴った早期胃癌症例の治療成績の検討. 平井和弥, 菊池史郎, 佐藤牧, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): 第18回神奈川胃癌治療研究会(2000.07.08), 横浜.

1410. [研究会(地方)](一般講演) 当院に於ける「テガフール−ギメスタット・オタスタットカリウムの配合カプセル(TS1)」に対する有用性の検討. 星野弘樹, 飯野善一郎(外): 第72回新潟消化器病研究会(2000.07.00), 新潟.

1411. [研究会(地方)](一般講演) 大量出血を繰り返した小腸平滑筋腫の1例. 笹本信幸, 松沢克典(外), 松沢信五(至誠堂病院), 関根智久(高野せきねクリニック): 第18回山形外科談話会(2000.07.01), 山形.

1412. [研究会(地方)](一般講演) 肥満者の鏡視下胆摘術後に発症し救命し得た肺血栓塞栓症の1例. 飯塚美香, 木村徹, 石井大輔, 小倉直人, 渡辺久美子, 井上隼人, 佐藤一善, 西山保比古, 雨宮明文, 金田悟良, 秋山憲義, 高橋俊毅(外): 第42回東京地区国立病院外科研究会(2000.07.15), 東京.

1413. [研究会(地方)](一般講演) 末梢側大腿動脈バイパス術における鼠径靱帯部分切離. 大沼田治, 金城正佳, 荒井義孝, 田村幸穂, 柿田章(外): 第20回血管外科サマーセミナー(2000.08.05), 旭川.

1414. [研究会(地方)](一般講演) 特異な組織型が混在したBarrett食道癌の1切除例. 黒山信一, 片田夏也, 小林伸行, 佐藤牧, 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外), 桑尾定仁(病理): 第44回神奈川食道疾患懇話会(2000.09.07), 横浜.

1415. [研究会(地方)](一般講演) 院内肝移植体制と第1例目の症例をいかにして成功に導いたか. 佐藤光史(外): 第2回私立医科大学肝移植ミーティング(2000.09.00), 東京.

1416. [研究会(地方)](一般講演) ヒスチオサイトーシスX治療後Littral cell angioma of the spleenを発症した1例. 升水康二, 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃(外), 岩渕啓一(病理), 三須陽子(児): 第33回神奈川小児腫瘍研究会(2000.09.16), 横浜.

1417. [研究会(地方)](一般講演) 転移性肺腫瘍との鑑別が困難であった肺adenomyomatous hamartomatosisの1症例. 中山伸一, 河田光弘, 佐藤直夫, 古川祐介, 今西宏明, 上妻達也(外): 第778回外科集談会(2000.09.30), 東京.

1418. [研究会(地方)](一般講演) 大量下血を来した結腸動静脈奇形の1例. 山梨高広, 八十川要平, 西八嗣, 竹田潤, 近藤康史, 岸本一郎, 小八木紳一, 桜井裕恵(外): 第18回埼玉県外科集談会(2000.10.07), 浦和.

1419. [研究会(地方)](一般講演) 当院における右側進行大腸癌に対する手術方針と基本術式. 相原成昭, 大谷剛正, 中村隆俊, 金沢秀紀, 国場幸均, 井原厚, 佐藤光史, 柿田章(外): 第3回神奈川大腸手術手技研究会(2000.10.00), 横浜.

1420. [研究会(地方)](一般講演) われわれの胆嚢胆管結石の治療方針. 古田一徳, 島田謙, 板橋浩一, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第9回神奈川手術手技研究会(2000.11.22), 横浜.

1421. [研究会(地方)](一般講演) 胃癌術後に肺梗塞を併発し, 5か月後に閉塞性動脈硬化症にてバイパス手術を施行した1例. 笹本信幸, 松沢克典(外), 松沢信五(至誠堂病院), 関根智久(高野せきねクリニック): 第8回山形周術期病態研究会(2000.11.25), 山形.

1422. [研究会(地方)](一般講演) 胃癌腫瘍体積値の予後規定因子としての意義. 菊池史郎, 佐藤牧, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原譲, 柿田章(外): 第19回神奈川胃癌治療研究会(2000.12.16), 横浜.

1423. [研究会(地方)](一般講演) 当院での腸管手縫い吻合法. 辻亮作, 小沢正幸, 久保幸祐, 町田彰男, 根本雄治, 山崎智巳, 向井聖士郎, 高橋武宜(外): 第1回多摩消化器手術手技研究会(2001.02.03), 東京.

1424. [研究会(地方)](一般講演) 直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM). 大谷剛正, 金沢秀紀, 中村隆俊, 池田篤, 旗手和彦, 相原成昭, 国場幸均, 井原厚, 柿田章(外): 第27回神奈川大腸疾患研究会(2001.02.15), 横浜.

1425. [研究会(地方)](一般講演) 当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術−安全性及び経済性の検討−. 柴康彦, 堀川誠也, 飯野善一郎, 星野弘樹(外): 第73回新潟消化器病研究会(2001.02.24), 新潟.

1426. [研究会(地方)](一般講演) 正常肝に発生した巨大肝細胞癌の1切除例. 飯野善一郎, 星野弘樹, 柴康彦, 堀川誠也(外): 第73回新潟消化器病研究会(2001.02.24), 新潟.

1427. [研究会(地方)](一般講演) 広範な後腹膜線維化と右水腎症, 十二指腸狭窄を来たし膵頭十二指腸切除術を施行した1例. 島田謙, 板橋浩一, 古田一徳, 高橋毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田章(外): 第8回BSクラブ(2001.03.06), 横浜.

1428. [研究会(地方)](一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害に対する好中球エラスターゼ阻害薬の効果. 石井健一郎, 伊藤義也, 松本豊, 片桐寛之, 柿田章(外), 馬嶋正隆(薬理): 第6回肝循環懇話会(2001.03.10), 東京.

1429. [研究会(地方)](一般講演) ラット脳死モデルにおける肝微小循環障害. 板橋浩一, 伊藤義也, 石井健一郎, 高橋毅, 佐藤光史, 柿田章(外): 第6回肝循環懇話会(2001.03.10), 東京.

1430. [研究会(地方)](一般講演) 家族性大腸ポリポーシスに合併した後腹膜デスモイド腫瘍の1例. 三重野浩朗, 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 井原厚, 大谷剛正, 柿田章(外), 守屋俊介, 朝長香, 中舘尚也(児), 岩渕啓一(病理): 第34回神奈川小児腫瘍研究会(2001.03.10), 横浜.



<<16 胸部外科学>>

1431. [原著] Free-floating left atrial ball thrombus early after mitral valve replacement. 早苗努, 風間繁, 贄正基, 三好豊, 町井正人, 小原邦義, 吉村博邦(胸外): Ann. Thorac. Cardiovasc. Surg., 6(6): 408〜410, 2000.

1432. [原著] Veno-venous bypass during right heart bypass operation in PA, IVS, and right ventricle dependent coronary circulation. 麻生俊英(胸外), 松崎克典, Matsui, K., Karl, T.R., Mee, R.B.B.: Ann. Thorac. Surg., 69(3): 955〜956, 2000.

1433. [原著] 気管支鏡生検時の改良型シースカテーテルの有用性. 森田裕人, 高橋克行, 山川達郎, 吉村博邦(胸外): 気管支学, 22(4): 242〜245, 2000.

1434. [原著] 特集: 手術既往例における内視鏡下手術; 胃切除後の胆石症に対する腹腔鏡下手術. 宮島伸宜, 春日井尚, 森田裕人, 高橋克行, 高橋茂雄, 土用下和之, 塚田紀理, 日浅友希, 丸野要, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(3): 225〜228, 2000.

1435. [原著] QTc直読スケール. 風間繁(胸外): 不整脈, 16(3): 353〜356, 2000.

1436. [原著] 肺切除による肺循環動態の変化. 須藤恭一(胸外), 小林弘祐(内), 贄正基, 佃和彦, 小原邦義, 吉村博邦(胸外): 北里医学, 30(4): 285〜292, 2000.

1437. [原著] An angiographic clinical evaluation of free arterial grafts from the forearm for myocardial revascularization in the early postoperative period. 贄正基, 小原邦義, 風間繁, 三好豊, 須藤恭一, 武田裕子, 林宗博, 佃和彦, 鳥井晋三, 吉村博邦(胸外): 北里医学, 30(6): 393〜399, 2000.

1438. [準原著] アルバニアへの一通の手紙. 麻生俊英(胸外): 日本医事新報, (3968): 58, 2000.

1439. [症例報告] Post-tracheotomy intratracheal granulation tissue response to local injections of triamcinolone. 高山俊政, 小谷泉, Kurosawa, T., 吉村博邦(胸外): J. Bronchol., 8: 29〜31, 2001.

1440. [症例報告] Pulmonary adenocarcinoma with heterotopic bone formation. 原英則(胸外), 岩渕啓一(病理), 品田純, 吉村博邦(胸外), 亀谷徹(病理): Pathol. Int., 50(11): 910〜913, 2000.

1441. [症例報告] 大動脈肺動脈中隔欠損症の1治験例. 岡元崇, 麻生俊英(胸外), 内田孝之, 松崎浩史, 広瀬修, 松井完治: 愛媛医学, 19(3): 454〜457, 2000.

1442. [症例報告] Ductal shockを来たした大動脈弓離断症に対する一期的根治術の経験. 内田孝之, 麻生俊英(胸外), 岡元崇, 松崎浩史, 松井完治, 広瀬修: 愛媛医学, 19: 69〜72, 2000.

1443. [症例報告] 気管支鏡麻酔省力化の試みを行った症例. 森田裕人, 高橋克行, 宮島伸宜, 酒井滋, 吉村博邦(胸外): 気管支学, 22(5): 343〜346, 2000.

1444. [症例報告] 肺カルチノイドを伴った肺tumorletの1症例. 森田裕人, 酒井滋, 宮島伸宜, 村上哲朗, 山川達郎, 水口国雄(胸外): 胸部外科, 53(11): 969〜971, 2000.

1445. [症例報告] 一側肺静脈閉鎖症を認めた22番環状染色体症の1例. 藤本清一, 神辺智春, 清水順也, 大村勉, 広瀬修, 小谷信行, 麻生俊英(胸外), 大屋正文, 加藤文徳: 小児科, 41(7): 1358〜1361, 2000.

1446. [症例報告] Von Recklinghausen病に合併した腕神経叢由来神経鞘腫の1手術例. 天野英樹, 品田純, 宮永茂樹, 吉村博邦(胸外): 日本呼吸器学会雑誌, 40(1): 2001.

1447. [症例報告] CODE療法主体の集学的治療後に切除し得たWb期浸潤型胸腺腫の1例. 高橋克行, 森田裕人, 土用下和之, 丸野要, 宮島伸宜, 酒井滋(胸外): 日本臨床外科学会雑誌, 62(1): 90〜93, 2001.

1448. [総説] Current surgical strategy for post-infarction left ventricular aneurysm: From linear aneurysmectomy to Dor's operation. 小原邦義(胸外): Ann. Thorac. Cardiovasc. Surg., 6(5): 289〜294, 2000.

1449. [総説] 肺癌手術におけるEBM. 品田純, 吉村博邦(胸外): EBMジャーナル, 1(6): 726〜730, 2000.

1450. [総説] 目立たない傷をめざした心臓手術. 麻生俊英(胸外): 愛媛県小児科医会医報, 38: 30〜33, 2000.

1451. [総説] QOL根治性から見た肺癌の手術. 吉村博邦(胸外): 気管支学, 22(8): 585〜589, 2000.

1452. [総説] 縦隔リンパ節郭清における左・右半回神経温存法. 吉村博邦(胸外): 胸部外科, 53(5): 402, 2000

1453. [総説] 小児期における肺嚢胞性疾患の分類と治療. 品田純, 吉村博邦(胸外): 日本胸部外科学会雑誌, 59(2): 110〜115, 2000.

1454. [学術書](分担執筆) 呼吸器外科; 肺結核症, 非定型抗酸菌症, p.302〜308, 吉村博邦(胸外). 朝倉書店, 東京, 2000.05.25発行.

1455. [学術書](分担執筆) 心臓外科学−The 21st Century; 左心室瘤, 左室remodeling, p.118〜124, 小原邦義(胸外). 編集 遠藤真弘(東女医大), 自然科学社, 東京, 2001.03.17発行.

1456. [その他の著書](分担執筆) 救急医療カラーアトラス; 肺塞栓症, p.286〜294, 吉村博邦(胸外). 医薬ジャーナル社, 大阪, 2001.02.01発行.

1457. [学会(国際)](一般講演) Value of serologic tests for the diagnosis of active pulmonary tuberculosis. 阿部能明, Hasegawa, N., 吉村博邦(胸外): 11th WCB, WCBE(2000.06.08〜09), 横浜.

1458. [学会(国際)](一般講演) Clinical trial on use of curved stent graft used near the origin of the left subclavian artery. 林宗博, 小原邦義(胸外), 西巻博(放), 町井正人, 今井寛, 渡辺俊明, 武田裕子, 佃和彦, 贄正基, 鳥井晋三(胸外), 磯部義憲(放), 吉村博邦(胸外): 8th Asian Society for Cardiovascular Surgery(2000.09.06〜08), 福岡.

1459. [学会(国際)](一般講演) Antithrombogenic stenting: Diamond-like carbon (DLC). Hasebe, T., Shimada, A., Kimura, K., 小原邦義, 吉村博邦, Kandarpa, K.(胸外): 86th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiologic Society of North America(2000.11.26), Chicago, Radiology, 217(Suppl.): 13, 2000.

1460. [学会(国際)](ポスター講演) Extracardiac repair for complex unroofed coronary sinus. 麻生俊英, 松崎浩史, 岡元崇, 内田孝之, 松井完治(胸外): 8th Asian Society for Cardiovascular Surgery(2000.09.07), 福岡. e

1461. [学会(全国)](一般講演) 横紋筋肉腫様変化を伴った肝細胞癌の1切除例. 春日井尚, 土用下和之, 村上哲朗, 塚田紀理,日浅友希, 田口博一, 高橋克行, 高橋茂雄, 森田裕人, 丸野要, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎, 山田正人, 水口国雄(胸外): 第12回日本肝胆膵外科学会(2000.05.17〜19), 名古屋.

1462. [学会(全国)](一般講演) 胸腺上皮性悪性腫瘍における治療戦略−病理学的分類および予後因子の検討−. 品田純, 神谷紀輝, 宮永茂樹, 原英則, 後藤毅, 阿部能明, 吉村博邦(胸外): 第17回日本呼吸器外科学会総会(2000.05.25), 徳島.

1463. [学会(全国)](一般講演) 気管支鏡麻酔の新たなる試み. 森田裕人, 高橋克行, 宮島伸宜, 山川達郎, 酒井滋, 吉村博邦(胸外): 第23回日本気管支学会総会(2000.06.07〜09), 横浜.

1464. [学会(全国)](一般講演) プロスタグランジンEP3受容体ノックアウトにおける血管新生の抑制. 天野英樹(胸外), 林泉(薬理), 成宮周(京大), 吉村博邦(胸外), 馬嶋正隆(薬理): 第21回日本炎症学会総会(2000.07.04), 東京.

1465. [学会(全国)](一般講演) 心外導管を用いたフォンタン手術の早期成績. 麻生俊英, 武田裕子, 林宗博, 小原邦義, 吉村博邦(胸外), 平石聡(児), 広瀬修, 松井完治: 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.06〜08), 鹿児島.

1466. [学会(全国)](一般講演) 中心肺動脈欠損に対するフォンタン手術の1例. 山本信行, 麻生俊英, 武田裕子, 林宗博, 小林真理子, 七海美和, 常岡秀和, 小原邦義, 吉村博邦(胸外), 平石聡(児): 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.06〜08), 鹿児島.

1467. [学会(全国)](一般講演) 遊離動脈(橈骨動脈, 尺骨動脈)グラフトを使用した冠動脈バイパス手術の検討. 贄正基, 小原邦義, 山本信行, 早苗努, 三好豊, 林宗博, 武田裕子, 町井正人, 鳥井晋三, 吉村博邦(胸外): 第5回日本冠動脈外科学会学術大会(2000.07.22), 東京, 抄録集, p.111, 2000.

1468. [学会(全国)](一般講演) 左鎖骨下動脈近傍にentryを有する大動脈解離におけるcardiovascular Stent-Graftingの経験. 林宗博, 小原邦義, 町井正人, 今井寛, 武田裕子, 贄正基, 鳥井晋三, 吉村博邦(胸外), 西巻博, 磯部義憲(放): 第53回日本胸部外科学会総会(2000.10.25〜27), 大分.

1469. [学会(全国)](一般講演) 食道ステントにより気道狭窄を呈し気道内ステント挿入を施行した2例. 森田裕人, 酒井滋(胸外): 第52回日本気管食道科学会総会(2000.11.16〜17), 広島.

1470. [学会(全国)](一般講演) 気管支鏡麻酔省力化の試み; 麻酔用シースカテーテルとフットスイッチシステムを利用した麻酔法. 森田裕人, 酒井滋(胸外): 第52回日本気管食道科学会総会(2000.11.16〜17), 広島.

1471. [学会(全国)](一般講演) 肺カルチノイドを伴った肺tumorletの1症例. 森田裕人, 高橋克行, 土用下和之, 吉良邦彦, 今井一郎, 永山淳造, 春日井尚, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.16〜18), 名古屋.

1472. [学会(全国)](一般講演) CODE療法・放射線治療が奏功し切除しえた浸潤型胸腺腫の1例. 高橋克行, 森田裕人, 日浅友希, 塚田紀理, 土用下和之, 高橋茂雄, 春日井尚, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎, 水口国雄(胸外): 第62回日本臨床外科学会総会(2000.11.16〜18), 名古屋.

1473. [学会(全国)](一般講演) 肺切除による循環動態の変化. 須藤恭一, 贄正基(胸外), 小林弘祐(内), 小原邦義, 吉村博邦(胸外): 第37回日本臨床生理学会総会(2000.11.17), 奈良, 抄録集, p.72, 2000.

1474. [学会(全国)](一般講演) 自然破裂により急性腹症を呈した脾嚢胞に対し2度に亘り腹腔鏡下嚢胞開窓術を施行した1例. 春日井尚, 永山淳造, 塚田紀理, 佐々木貴治, 日浅友希, 関根武彦, 森田裕人, 今井一郎, 吉良邦彦, 土用下和之, 高橋克行, 丸野要, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第13回日本内視鏡外科学会総会(2000.12.14〜15), 大阪.

1475. [学会(全国)](一般講演) 術前3DCTを用い確実に施行する胸腔鏡下気胸手術. 森田裕人, 高橋克行, 今井一郎, 永山淳造, 吉良邦彦, 土用下和之, 春日井尚, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第13回日本内視鏡外科学会総会(2000.12.14〜15), 大阪.

1476. [学会(全国)](一般講演) 悪性腫瘍に対する胸腔鏡下手術の問題点. 品田純, 吉村博邦(胸外): 第13回日本内視鏡外科学会総会(2000.12.15), 大阪, 日本内視鏡外科学会雑誌, 5(7): 305, 2000.

1477. [学会(全国)](一般講演) 虚血性心筋症に対する冠動脈バイパス手術, Dor手術の効果の検討. 贄正基, 小原邦義, 山本信行, 吉田聡子, 早苗努, 林宗博, 武田裕子, 佃和彦, 鳥井晋三, 麻生俊英, 吉村博邦(胸外): 第31回日本心臓血管外科学会学術総会(2001.02.07), 宇部, 抄録集, p.44, 2001.

1478. [学会(全国)](ポスター講演) 集学的治療にて根治可能であったW期浸潤型胸腺腫の1症例. 森田裕人, 高橋克行, 日浅友希, 山川達郎(胸外): 第17回日本呼吸器外科学会総会(2000.05.25〜26), 徳島.

1479. [学会(全国)](ポスター講演) 重症筋無力症に対する外科的治療の検討. 神谷紀輝, 後藤毅, 阿部能明, 品田純, 吉村博邦(胸外): 第17回日本呼吸器外科学会総会(2000.05.26), 徳島, 日本呼吸器外科学会雑誌, 14(3): 259, 2000.

1480. [学会(全国)](ポスター講演) 右心バイパス術における無輸血手術. 麻生俊英, 松崎浩史, 内田孝之, 岡元崇, 広瀬修, 松井完治(胸外): 第36回日本小児循環器学会(2000.07.06), 鹿児島.

1481. [学会(全国)](ポスター講演) 感染性心内膜炎に対する人工弁置換術の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 町井正人, 贄正基, 武田裕子, 林宗博, 早苗努, 三好豊, 山本信行, 吉村博邦(胸外): 第38回日本人工臓器学会(2000.09.28), 四日市, 人工臓器, 29(3): 132, 2000.

1482. [学会(全国)](ポスター講演) 多剤抵抗性を有した末期肺癌患者に塩酸ゲムシタビンを併用し長期生存しえた1症例. 森田裕人, 宮島伸宜, 酒井滋(胸外): 第41回日本肺癌学会総会(2000.11.01〜02), 東京.

1483. [学会(全国)](ポスター講演) 感染性心内膜炎に対する外科治療−重篤な合併症を伴った症例の治療方針について−. 鳥井晋三, 小原邦義, 麻生俊英, 贄正基, 佃和彦, 武田裕子, 林宗博, 早苗努, 吉田聡子, 七海美和, 町田浩志, 吉村博邦(胸外): 第31回日本心臓血管外科学会(2001.02.09), 宇部, 日本心臓血管外科学会雑誌, 31(Suppl.): 364, 2001.

1484. [学会(全国)](ポスター講演) プロスタグランジンEP3における血管新生の誘導の役割. 天野英樹(胸外), 林泉(薬理), 成宮周(京大), 吉村博邦(胸外), 馬嶋正隆(薬理): 第74回日本薬理学会総会(2001.03.22), 横浜.

1485. [学会(地方)](ワークショップ) 虚血性心疾患: 症例呈示(4症例). 小原邦義(胸外): 第28回関西胸部外科学会学術セミナー(2001.03.31), 名古屋, 予稿集, p.54〜80, 2001.

1486. [学会(地方)](一般講演) 遺残胆嚢結腸瘻が原因と考えられる総胆管結石症の1治験例. 吉良邦彦, 春日井尚, 佐々木貴治, 日浅友希, 塚田紀理, 今井一郎, 永山淳造, 土用下和之, 高橋克行, 森田裕人, 丸野要, 宮島伸宜, 酒井滋, 水口国雄(胸外): 第33回神奈川県消化器病医学会総会(2000.00.00), 横浜.

1487. [学会(地方)](一般講演) 大腸クローン病に対して腹腔鏡下手術を施行し得た1症例. 永山淳造, 宮島伸宜, 春日井尚, 森田裕人, 高橋克行, 土用下和之, 吉良邦彦, 今井一郎, 関根武彦, 八巻孝史, 丸野要, 塚田紀理, 日浅友希, 酒井滋(胸外): 第98回神奈川県臨床外科医学会集談会(2000.00.00), 横浜.

1488. [学会(地方)](一般講演) 消化管内異物によるS状結腸穿孔の1例. 日浅友希, 高橋茂雄, 酒井滋, 塚田紀理, 田口博一, 村上哲朗, 土用下和之, 高橋克行, 春日井尚, 森田裕人, 丸野要, 宮島伸宜, 山川達郎(胸外): 第97回神奈川臨床外科医学会集談会(2000.02.19), 横浜.

1489. [学会(地方)](一般講演) 肝右葉形成不全を伴う肝内胆管拡張患者に併発した肝内結石症の1例. 土用下和之, 春日井尚, 村上哲朗, 日浅友希, 塚田紀理, 田口博一, 高橋克行, 高橋茂雄, 森田裕人, 福間英祐, 丸野要, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第258回日本消化器病学会関東支部例会(2000.03.04), 大宮.

1490. [学会(地方)](一般講演) 消化管内異物によるS状結腸穿孔の1例. 日浅友希, 高橋茂雄, 酒井滋, 塚田紀理, 田口博一, 村上哲朗, 土用下和之, 高橋克行, 春日井尚, 森田裕人, 丸野要, 宮島伸宜, 山川達郎(胸外): 第259回日本消化器病学会関東支部例会(2000.05.13), 横浜.

1491. [学会(地方)](一般講演) 小児無輸血手術の経験. 麻生俊英, 松崎浩史, 内田孝之, 岡元崇, 広瀬修, 松井完治(胸外): 日本循環器学会四国地方会(2000.05.27), 松山.

1492. [学会(地方)](一般講演) 2 o細径スコープおよび鉗子にて施行し得た腹腔鏡下虫垂切除術. 高橋克行, 宮島伸宜, 日浅友希, 塚田紀理, 村上哲朗, 田口博一, 森田裕人, 高橋茂雄, 土用下和之, 丸野要, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第70回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.06.09〜10), 東京.

1493. [学会(地方)](一般講演) 右開胸によるフォンタン手術の1例. 麻生俊英, 松崎浩史, 内田孝之, 岡元崇, 広瀬修, 松井完治(胸外): 日本胸部外科学会関西地方会(2000.06.15), 倉敷.

1494. [学会(地方)](一般講演) 房室接合部頻拍に対し低体温治療が有効であった新生児開心術の1例. 常岡秀和, 麻生俊英, 林宗博, 武田裕子, 山本信行, 小林真理子, 七海美和, 小原邦義, 吉村博邦(胸外): 第118回日本胸部外科学会関東甲信越地方会(2000.06.16), 大宮.

1495. [学会(地方)](一般講演) 右開胸によるフォンタン手術の1例. 七海美和, 麻生俊英, 武田裕子, 林宗博, 山本信行, 小林真理子, 常岡秀和, 小原邦義, 吉村博邦(胸外), 平石聡(児): 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.06〜08), 鹿児島.

1496. [学会(地方)](一般講演) 肝転移にて死亡した胸腺上皮性腫瘍の1手術例. 品田純, 原英則, 七海美和, 後藤尚美, 阿部能明, 吉村博邦(胸外), 亀谷徹(病理): 第128回日本肺癌学会関東支部会(2000.07.08), 東京.

1497. [学会(地方)](一般講演) 特異な組織像を呈した肺腺癌の1例. 原英則(胸外), 蒋世旭(病理), 後藤尚美, 神谷紀輝, 阿部能明, 品田純, 吉村博邦(胸外), 亀谷徹(病理): 第128回日本肺癌学会関東支部会(2000.07.08), 東京, 肺癌, 40(6): 674, 2000.

1498. [学会(地方)](一般講演) 術前に多発梗塞を併発した覚醒剤中毒患者の感染性心内膜炎の1例. 山本信行, 鳥井晋三, 三好豊, 早苗努, 武田裕子, 贄正基, 小原邦義, 吉村博邦(胸外): 第115回日本胸部外科学会関東甲信越地方会(2000.09.02), 甲府.

1499. [学会(地方)](一般講演) 胸部外科術後の慢性疼痛における経口メキシレチンの有効性に対する検討. 小林真理子, 品田純, 阿部能明, 後藤尚美, 吉村博邦(胸外): 第115回日本胸部外科学会関東甲信越地方会(2000.09.02), 甲府.

1500. [学会(地方)](一般講演) 気管支カルチノイドの1手術例. 七海美和, 品田純, 阿部能明, 原英則, 後藤尚美, 神谷紀輝, 宮永茂樹, 吉村博邦(胸外): 第95回日本気管支学会関東支部会(2000.12.01), 東京.

1501. [学会(地方)](一般講演) 早期胃癌に対し腹腔鏡補助下噴門側胃切除術を施行し得た1例. 永山淳造, 宮島伸宜, 丸野要, 春日井尚, 森田裕人, 高橋克行, 土用下和之, 今井一郎, 吉良邦彦, 八巻孝史, 関根武彦, 塚田紀理, 日浅友希, 佐々木貴治(胸外): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01〜02), 千葉.

1502. [学会(地方)](一般講演) AVR術後20年に行った大動脈弁輪拡大を伴う人工弁機能不全の1例. 町田浩志, 佃和彦, 小林真理子, 早苗努, 林宗博, 武田裕子, 贄正基, 鳥井晋三, 麻生俊英, 小原邦義, 吉村博邦(胸外): 第116回日本胸部外科学会関東甲信越地方会(2000.12.09), 東京.

1503. [学会(地方)](一般講演) 診断に難渋したUnroofed Coronary Sinus (URCS)の1例. 三好豊, 南渕明宏, 佐野俊二, 麻生俊英, 田島秀則, 倉田篤, 金公一(胸外): 第116回日本胸部外科学会関東甲信越地方会(2000.12.09), 東京.

1504. [学会(地方)](一般講演) 異所性の骨化をきたした肺腺癌の1例. 原英則(胸外), 岩渕啓一, 蒋世旭(病理), 品田純, 吉村博邦(胸外), 亀谷徹(病理): 第129回日本肺癌学会関東支部会(2000.12.16), 大宮, 肺癌, 41(1): 88, 2001.

1505. [学会(地方)](一般講演) 気道出血を認めた低分化腺癌の1手術例. 町田浩志, 品田純, 阿部能明, 後藤尚美, 原英則, 吉村博邦(胸外), 阿部健二(内): 第96回日本気管支学会関東支部会(2001.03.03).

1506. [学会(地方)](一般講演) 術後早期に脳転移にて死亡し, Large cell neuroendocrine carcinoma (LCNEC)の成分を伴った小細胞癌の1例. 後藤尚美, 品田純, 阿部能明, 原英則, 町田浩志, 吉村博邦(胸外), 早川和重(放), 蒋世旭, 亀谷徹(病理): 第130回日本肺癌学会関東部会(2001.03.17), 東京.

1507. [研究会(全国)](一般講演) 気管・気管支樹, 肺血管および縦隔の3次元画像. 品田純, 吉村博邦(胸外): 第7回Ho:YAGレーザー研究会, 第1回3次元外科的局所解剖研究会(2000.09.09), 福岡.

1508. [研究会(全国)](一般講演) 温存した自己弁尖の移植生体弁への癒着が弁機能不全の原因となった三尖弁置換術の1例. 小林真理子, 麻生俊英, 七海美和, 山本信行, 林宗博, 武田裕子, 小原邦義, 吉村博邦(胸外): 第1回小児手術手技研究会(2001.02.07), 宇部.

1509. [研究会(全国)](一般講演) 肺癌に対するneoadjuvant therapy施行症例の検討. 品田純(胸外): 第6回キャンサーテラピーフォーラム(2001.02.09), 横浜.

1510. [研究会(全国)](一般講演) 一般医家におけるリザーバー治療普及の可能性. 角田徹(角田医院), 高山俊政(高山医院), 中島正暢, 玉木忠彦, 杉山政則, 跡見裕, 似鳥俊明, 蜂屋順一(杏林大): 第22回リザーバー研究会(2001.02.17), 福岡.

1511. [研究会(地方)](シンポジウム等) 内視鏡下手術を工夫した症例U; 高度進行盲腸癌に対して腹腔鏡補助下手術を施行し得た1症例. 今井一郎, 宮島伸宜, 春日井尚, 森田裕人, 高橋克行, 土用下和之, 永山淳造, 吉良邦彦, 丸野要, 塚田紀理, 日浅友希, 佐々木貴治, 酒井滋(胸外): 第779回外科集談会(2000.12.02), 東京.

1512. [研究会(地方)](一般講演) 膵頭十二指腸切除術にて切除し得た進行横行結腸癌の1例. 高橋克行, 春日井尚, 日浅友希, 塚田紀理, 田口博一, 村上哲朗, 土用下和之, 高橋茂雄, 森田裕人, 福間英祐, 丸野要, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎, 宮城裕一, 加古真, 水口国雄(胸外): 第29回神奈川県消化器外科研究会(2000.00.00), 横浜.

1513. [研究会(地方)](一般講演) 穿孔で発見された絨毛癌の成分を混じた進行未分化胃癌の1例. 吉良邦彦, 丸野要, 佐々木貴治, 八巻孝史, 塚田紀理, 今井一郎, 土用下和之, 永山淳造, 高橋克行, 森田裕人, 春日井尚, 宮島伸宜, 酒井滋, 水口国雄(胸外): 第19回神奈川胃癌治療研究会(2000.00.00), 横浜.

1514. [研究会(地方)](一般講演) 気管支喘息, 肺気腫に肺癌を合併した症例に対するレーザー治療の経験. 中岡康, 山川達郎, 森田裕人, 藤田賢一(胸外): 第17回川崎市医師会医学会(2000.02.26), 川崎.

1515. [研究会(地方)](一般講演) CTにて診断しえた魚骨による小腸穿孔の1例. 日浅友希, 丸野要, 塚田紀理, 田口博一, 村上哲朗, 土用下和之, 高橋克行, 高橋茂雄, 森田裕人, 春日井尚, 福間英祐, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第776回外科集談会(2000.03.11), 東京.

1516. [研究会(地方)](一般講演) 外傷性腹壁ヘルニア嵌頓による下行結腸穿孔の1例. 塚田紀理, 高橋克行, 佐々木貴治, 日浅友希, 関根武彦, 八巻孝史, 今井一郎, 永山淳造, 吉良邦彦, 土用下和之, 森田裕人, 春日井尚, 丸野要, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第777回外科集談会(2000.06.10), 東京.

1517. [研究会(地方)](一般講演) Rb直腸進行癌に対する腹腔鏡下手術の経験. 佐々木貴治, 宮島伸宜, 春日井尚, 森田裕人, 高橋克行, 土用下和之, 今井一郎, 永山淳造, 吉良邦彦, 丸野要, 塚田紀理, 日浅友希, 酒井滋(胸外): 第778回外科集談会(2000.09.30), 東京.

1518. [研究会(地方)](一般講演) 15 oの1孔式胸腔鏡下自然気胸手術; 3次元CT所見の有用性. 森田裕人, 高橋克行, 土用下和之, 春日井尚, 宮島伸宜, 酒井滋, 山川達郎(胸外): 第9回クリニカルビデオフォーラム(2001.01.03), 東京.



<<17 脳神経外科学>>

1519. [原著] Spinal tanycytic ependymomas. 川野信之(脳外), 柳下三郎(病理), 岡秀宏, 宇津木聡, 小林郁夫, 鈴木祥生, 橘滋国, 藤井清孝(脳外): Acta Neuropathol., 101: 43〜48, 2000.

1520. [原著] Coil embolization for the treatment of ruptured dissecting vertebral aneurysms. 倉田彰, 大桃丈知, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外), 菅信一(放), 北原孝雄(救命): Am. J. Neuroradiol., 22: 11〜18, 2001.

1521. [原著] Olfactory neuroepithelioma arising from the olfactory placode. 宇津木聡, 川野信之, 岡秀宏, 清水暁(脳外), 鷺内隆雄(放), 三枝宏伊, 藤井清孝(脳外), 柳下三郎(病理), 岡部: Clin. Neuropathol., 19: 7〜12, 2000.

1522. [原著] Is all perfusion-weighted magnetic resonance imaging for stroke equal? The temporal evolution of multiple hemodynamic paramers after ischemic in rats correlated with evidence of infarction. Zaharchuk, G., 山田勝(脳外), Sasamata, M., Jenkins, B.G., Moskowitz, M.A., Rosen, B.R.(MGH Stroke & Neurovascular Regulation): J. Cereb. Blood Flow Metab., 20: 1341〜1351, 2000.

1523. [原著] Endothelial nitric oxide synthase-dependent cerebral blood flow augmentation by L-arginine after chronic statin treatment. 山田勝(脳外), Huang, Z., Dalkara, T., Endres, M., Laufs, U., Waeber, C., Liao, J.L., Moskowitz, M.A.: J. Cereb. Blood Flow Metab., 20: 709〜717, 2000.

1524. [原著] Neuroprotection mediated by changes in the endothelial actin cytoskeleton. Laufs, U., Endres, M., Stagliano, N., Amin-Hanjani, S., Chui, D.S., Yang, S.-X., Simoncini, T., 山田勝(脳外), Rabkin, E., Allen, P.G., Huang, P.L., Bohm, M., Schoen, F.J., Moskowitz, M.A., Liao, J.K.: J. Clin. Invest., 106(1): 15〜24, 2000.

1525. [原著] Spinal cord gliomas: Management and outcome with reference to adjuvant therapy. 西尾俊嗣, 森岡隆人, 藤井清孝(脳外), 稲村孝紀, 福井仁士: J. Clin. Neurosci., 7(1): 20〜23, 2000.

1526. [原著] Vascular structure of arteriovenous malformations. 田中柳水, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外), 菅信一(放), 柳下三郎(病理): J. Clin. Neurosci., 7(1): 24〜28, 2000.

1527. [原著] Dural arteriovenous malformations associated with cerebral aneurysms. 鈴木祥生, 田中柳水, 宮坂佳男, 倉田彰, 高野誠, 藤井清孝, 高木宏(脳外): J. Clin. Neurosci., 7(Suppl.1): 36〜38, 2000.

1528. [原著] Preliminary individual adjuvant therapy for gliomas based on the results of molecular biological analyzed for drug-resistance genes. 田中聡, 紙谷秀規, Amin, M.R., 渡辺高志, 岡秀宏, 藤井清孝(脳外), 長島正, 堀智勝: J. Neuro-Oncol., 46: 157〜171, 2000.

1529. [原著] Stereotactic gamma surgery combined with endovascular surgery for treatment of a spontaneous carotid cavernous sinus fistula. 倉田彰, 宮坂佳男, 入倉克己, 藤井清孝(脳外), 菅信一(放): Neuro-ophthalmology, 23(1): 35〜41, 2000.

1530. [原著] Correlation of magnetic resonance imaging and histological findings in a large basilar tip aneurysm after coil embolization. 浅井潤一郎, 鈴木龍太, 藤本司, 高安美代, 長嶋梧郎, 保角宏夢, 武井篤子, Chang, Chi-Wei, 倉田彰(脳外): Neurol. Med. Chir., 40: 519〜523, 2000.

1531. [原著] The effect of encephalo-myo-synangiosis on abnormal collateral vessels in childhood Moyamoya disease. 入倉克己, 宮坂佳男, 倉田彰, 田中柳水, 山田勝(脳外), 菅信一(放), 藤井清孝(脳外): Neurol. Res., 22: 341〜346, 2000.

1532. [原著] Surgical management of intractable epilepsy associated with cerebral neurocytoma. 森岡隆人, 西尾俊嗣, 重戸寛史, 後藤純信, 山本智矢, 南武嗣, 権藤健二郎, 藤井清孝(脳外), 福井仁士: Neurol. Res., 22: 449〜456, 2000.

1533. [原著] A comparative study of MIB-1 staining indices of gliomas measured by NIH image analysis program and conventional manual cell counting method. Amin, M.R., 黒崎雅道, 渡辺高志, 田中聡(脳外), 堀智勝: Neurol. Res., 22: 495〜500, 2000.

1534. [原著] Neuromagnetic assessment of epileptogenicity in cerebral arteriovenous malformation. 森岡隆人, 西尾俊嗣, 久田圭, 重戸寛史, 山本智矢, 藤井清孝(脳外), 福井仁士: Neurosurg. Rev., 23: 206〜212, 2000.

1535. [原著] Mavastatin, an HMG-CoA reductase inhibitor, reduces stroke damage and upregulates endothelial nitric oxide synthase in mice. Amin-Hanjani, S., Stagliano, N.E., 山田勝(脳外), Huang, P.L., Liao, J.K., Moskowitz, M.A.: Stroke, 32: 980〜986, 2001.

1536. [原著] グリオーマに対するインターフェロンの抗腫瘍効果へのステロイド併用の影響. 鈴木祥生, 田中聡, 岡秀宏, 宇津木聡, 谷崎義徳, 倉田彰, 藤井清孝(脳外): 神経免疫研究, 13: 22〜27, 2000.

1537. [原著] しびれの手指領域と病巣椎間高位−神経根症と脊髄症での相違点−. 山崎義矩(脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 13(9): 841〜846, 2000.

1538. [原著] 脊髄硬膜外肉芽腫の2症例. 高野尚治, 斉藤元良(脳外), 本告匡(病理), 宮坂佳男, 藤井清孝, 高木宏(脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 14(3): 221〜226, 2001.

1539. [原著] 小型の未破裂脳動脈瘤に外科的治療は必要か? 宮坂佳男, 倉田彰, 入倉克己, 田中柳水, 遠藤昌孝, 清水暁, 湯沢泉, 藤井清孝(脳外), 北原孝雄, 大和田隆(救命): 脳卒中の外科, 28: 284〜289, 2000.

1540. [原著] 破裂解離性椎骨動脈瘤に対するコイル塞栓術の有用性について. 倉田彰, 大桃丈知, 平山寿, 宮坂佳男, 入倉克己, 藤井清孝(脳外), 北原孝雄(救命), 菅信一(放): 脳卒中の外科, 28: 413〜420, 2000.

1541. [原著] A possible vascular malformation origin for permesencephalic nonaneurysmal subarachnoid hemorrhage. 清水暁, 山田勝, 高木宏(脳外), 北原孝雄(救命), 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 北里医学, 30(5): 363〜366, 2000.

1542. [原著] 無症候性頚椎・頚髄病変. 飯田秀夫, 橘滋国, 国井正剛(脳外), 菅信一(放), 三富哲郎: 臨床整形外科, 35: 955〜960, 2000.

1543. [準原著(英文)] Pial and vascular surgical anatomy in the anterior median fissure of the spinal cord. 清水暁, 三井公彦, 藤井清孝(脳外): 1st Interdisciplinary World Congress on Spinal Surgery; World Spine, 1: 739〜743, 2000.

1544. [準原著] 小児脳幹部グリオーマの予後調査. 小沢達也, 岡秀宏, 田中聡, 宇津木聡, 鈴木祥生, 藤井清孝(脳外): Neuro-Oncology, 10(1): 44〜47, 2000.

1545. [準原著] 遺伝子診断学に基づいたGlioblastomaの治療. 田中聡, 小林郁夫, 岡秀宏(脳外), 安井美江(形態系), 鈴木祥生, 宇津木聡, 藤井清孝(脳外): Neuro-Oncology, 10(2): 74〜77, 2000.

1546. [準原著] 側脳室(三角部,下角)への到達法−種々の到達法の比較cadaver studyも含めて−. 藤井清孝, 田中柳水, 国井正剛(脳外), Mussi, A., Rhoton, A.L.: 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖]U, p.67〜75, 2000.

1547. [研究報告(厚生省)] くも膜下出血の予後を改善させるための救急搬送システム−くも膜下出血1次搬送に関するモデル地域悉皆調査より−. 宮本亨, 橋本信夫, 中川原譲二, 安井信之, 高橋明, 上之原広司, 藤井清孝(脳外), 野崎和彦, 服部伊太郎: くも膜下出血の予後を改善させるための救急搬送システム−「くも膜下出血1次搬送に関するモデル地域悉皆調査より」, p.214〜217, 2000.

1548. [症例報告] Primary intracerebral malignant melanoma with leptomeningeal spread, extradural extension and lung metastasis. 小林郁夫, 岡秀宏, 川野信之, 倉田彰, 田中聡, 宇津木聡, 鈴木祥生(脳外), 石原好弘(病理), 藤井清孝(脳外): Clin. Neuropathol., 20(1): 43〜45, 2001.

1549. [症例報告] 術前診断に苦慮した多発性中枢神経系悪性リンパ腫の1例. 近藤宏治, 岡秀宏, 佐藤澄人, 宇津木聡, 鈴木祥生, 田中聡, 藤井清孝(脳外): Neuro-Oncology, 10(1): 85〜88, 2000.

1550. [症例報告] 側頭葉に発生したCystic germinomaの1例. 今野慎吾, 宇津木聡, 岡秀宏, 近藤宏治, 田中聡, 藤井清孝(脳外): Neuro-Oncology, 10(2): 105〜108, 2000.

1551. [症例報告] Clinical cure of glioblastoma. 吉田孝友, 川野信之, 岡秀宏(脳外), 中里洋一: Neurol. Med. Chir., 40: 224〜229, 2000.

1552. [症例報告] Gliosarcoma associated with a huge cyst. 田中聡(脳外), 竹信敦充, 渡辺高志, 堀江靖, 黒崎雅道, 谷村晴二郎: Neurol. Med. Chir., 40: 581〜584, 2000.

1553. [症例報告] Solitary fibrous tumor arising from the falx cerebri. 清水暁, 岡秀宏, 川野信之, 宇津木聡, 鈴木祥生(脳外), 岩渕啓一(病理), 菅信一(放), 藤井清孝(脳外): Neurol. Med. Chir., 40: 650〜654, 2000.

1554. [症例報告] 蛇行した椎骨動脈の延髄圧迫によって片麻痺を呈した1例. 高野尚治, 斉藤元良, 宮坂佳男, 藤井清孝, 高木宏(脳外): Neurological Surgery, 29(3): 247〜251, 2001.

1555. [症例報告] 成長ホルモン産生性下垂体腺腫に対する放射線照射後に蝶形骨洞内に発生した放射線誘発性肉腫の1剖検例. 岡秀宏, 石渡雅男, 小沢達也(脳外), 吉田功, 三上哲夫(病理), 藤井清孝(脳外): 日本内分泌学会雑誌, 77(Suppl.): 161〜163, 2001.

1556. [症例報告] 孤立性脳有鉤嚢尾虫症の1例. 湯沢泉, 川野信之, 鈴木祥生, 藤井清孝(脳外), 伊藤洋一(寄): 脳神経外科ジャーナル, 9(5): 364〜369, 2000.

1557. [症例報告] Spontaneous regression of a cerebral arteriovenous malformation; Case report. 田中柳水, 宮坂佳男, 入倉克己, 鈴木祥生, 清水暁, 藤井清孝(脳外): 北里医学, 30(3): 203〜209, 2000.

1558. [講座] ependymomaの病理−その概要と近年の知見−. 川野信之(脳外): 病理と臨床, 18(10): 1062〜1068, 2000.

1559. [学術書](分担執筆) 気になる症状からみた疾患; しびれ, p.159〜162, 橘滋国(脳外). 編集 日本薬剤師会, 薬事日報社, 東京, 2000.00.00発行.

1560. [学術書](分担執筆) 組織細胞化学2000; 遺伝子工学時代に展開する組織細胞化学の先端技術−原理の基礎から実際まで−: In situ RT-PCR法とCARD-ISH法, p.39〜44, 岡秀宏(脳外). 学際企画, 2000.00.00発行.

1561. [学術書](分担執筆) Year Note 2001; クモ膜下出血の原因疾患の臨床, p.1395〜1416, 宮坂佳男(脳外). 2000.00.00発行.

1562. [学術書](分担執筆) 知っておきたいくも膜下出血−その臨床の最前線; 宮坂佳男(脳外). 新興医学出版社, 東京, 2000.00.00発行.

1563. [学会(国際)](シンポジウム等) Muscle nociception in syringomyelia. 橘滋国, 佐藤澄人(脳外): International Symposium on Syringomyelia(2000.06.17), 神戸.

1564. [学会(国際)](一般講演) The pathogenesis of syringomyelia in experimental model of chronic tonsillar herniation; studied by intraventricular injection of WGA-HRP. 山崎義矩, 橘滋国, 藤井清孝(脳外): International Symposium on Syringomyelia(2000.06.17), 神戸.

1565. [学会(国際)](一般講演) Carotid artery angioplasty and use of stents with artificial polyester vessel. 国井正剛, 飯田秀夫, 三枝宏伊(脳外): 6th International Workshop in Cerebrovascular Surgery(2000.07.04), Korea.

1566. [学会(国際)](一般講演) Clinicopathological features of ependymomas: The relationship between tumor grade and the immunohistochemical findings Ki-67 and p53. 鈴木祥生, 岡秀宏, 川野信之, 宇津木聡, 田中聡, 藤井清孝(脳外): 第15回日本脳神経外科国際学会フォーラム(JNEF)(2000.08.04), 奈良.

1567. [学会(国際)](ポスター講演) Pial and vascular surgical anatomy in the anterior median fissure of the spinal cord. 清水暁, 三井公彦, 藤井清孝(脳外): 1st Interdisciplinary World Congress on Spinal Surgery; World Spine 1(2000.08.28), ベルリン.

1568. [学会(国際)](ポスター講演) Stent grafting with artificial polyester vessel for carotid artery stenosis. 佐藤澄人, 国井正剛, 飯田秀夫, 藤井清孝(脳外): 1st American-Japanese Meeting for Surgical and Endovascular Treatment of Cerebrovascular Disorders(2001.02.11), Hawaii.

1569. [学会(全国)](教育講演) 外傷性脳血管障害. 遠藤昌孝(脳外): 第20回日本脳神経外科コングレス(2000.05.21), 横浜.

1570. [学会(全国)](教育講演) 下垂体腫瘍に対するtranssphenoidal surgery. 岡秀宏, 藤井清孝(脳外), Rhoton, A.L.Jr.: 第20回日本脳神経外科コングレス(2000.05.21), 横浜.

1571. [学会(全国)](シンポジウム等) 頚部内頚動脈に対する stent graft留置術. 国井正剛, 飯田秀夫, 三枝宏伊, 藤井清孝(脳外): 第9回脳神経外科手術と機器学会(2000.04.22), 名古屋.

1572. [学会(全国)](シンポジウム等) 高位頚髄損傷; 急性期の診断と治療−脳神経外科の立場から−. 飯田秀夫(脳外), 大和田隆(救命): 第35回日本パラプレジア医学会(2000.11.08), 名古屋.

1573. [学会(全国)](シンポジウム等) 機能性下垂体腺腫と不顕性下垂体腺腫におけるPit-1と成長ホルモン放出ホルモン受容対mRNAの発現. 小林郁夫(脳外), 亀谷徹, 成高平治(病理), 岡秀宏, 田中聡, 藤井清孝(脳外): 第11回日本間脳下垂体腫瘍学会(2001.01.23), 新潟.

1574. [学会(全国)](シンポジウム等) 長期経過観察からみた頭蓋咽頭腫の手術成績. 岡秀宏, 藤井清孝, 川野信之(脳外): 第11回日本間脳下垂体腫瘍学会(2001.01.24), 新潟.

1575. [学会(全国)](一般講演) 脊髄血管芽腫の手術. 三井公彦, 山崎義矩, 諏訪知也(脳外), 見松健太郎: 第73回日本整形外科学会学術集会(2000.04.07), 神戸.

1576. [学会(全国)](一般講演) 術前診断に苦慮した多発性悪性リンパ腫の1例. 近藤宏治, 岡秀宏, 佐藤澄人, 宇津木聡, 鈴木祥生, 谷崎義徳, 藤井清孝(脳外): 第19回ニューロ・オンコロジイの会(2000.04.08), 東京.

1577. [学会(全国)](一般講演) 小児脳幹グリオーマの予後調査. 小沢達也, 岡秀宏, 宇津木聡, 鈴木祥生, 谷崎義徳, 近藤宏治, 藤井清孝(脳外): 第19回ニューロ・オンコロジイの会(2000.04.08), 東京.

1578. [学会(全国)](一般講演) 重症くも膜下出血(WFNS gr W,X)症例に対する血管内塞栓術の有用性について. 平山寿, 倉田彰(脳外), 北原孝雄(救命), 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外), 菅信一(放): 第29回日本脳卒中の外科学会(2000.04.25), 東京.

1579. [学会(全国)](一般講演) 積極的多面治療戦略による重症くも膜下出血の治療成績. 北原孝雄(救命), 遠藤昌孝(脳外), 大和田隆(救命), 小林郁夫, 佐藤澄人, 小沢達也, 倉田彰, 宮坂佳男, 平山寿, 藤井清孝(脳外): 第29回日本脳卒中の外科学会(2000.04.25), 東京.

1580. [学会(全国)](一般講演) Anterior Transpoetrosal Approachによる前下小脳動脈瘤の1手術例. 大桃丈知, 中山賢司, 平山寿, 谷崎義徳, 清水暁, 萩原宏之, 藤井清孝(脳外): 第29回日本脳卒中の外科学会(2000.04.26), 東京.

1581. [学会(全国)](一般講演) L-arginineによる脳血流増加反応−内皮NO合成酵素の重要性とHMG-CoA reductase inhibitor前投与の影響−. 山田勝, 入倉克己, 倉田彰, 宮坂佳男, 藤井清孝, 湯沢泉(脳外), Moskowitz, M.A.: 第25回日本脳卒中学会総会(2000.04.28), 東京.

1582. [学会(全国)](一般講演) 重症クモ膜下出血に対する脳低温療法の適応と問題点. 北原孝雄(救命), 遠藤昌孝(脳外), 大和田隆(救命), 小林郁夫, 佐藤澄人, 小沢達也, 倉田彰, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外), 福田倫也(内): 第25回日本脳卒中学会総会(2000.04.28), 東京.

1583. [学会(全国)](一般講演) Ependymomaの予後に関する臨床病理学的検討; MIB-1およびp53発現率との関係について. 鈴木祥生, 岡秀宏, 川野信之, 宇津木聡, 平山寿, 谷崎義徳(脳外), 安井美江(形態系), 藤井清孝(脳外): 第18回日本脳腫瘍病理学会(2000.05.11), 名古屋.

1584. [学会(全国)](一般講演) 頚椎手術の術中エコー法. 三井公彦, 山崎義矩, 諏訪知也, 清水暁(脳外): 第20回日本脳神経外科コングレス(2000.05.19), 横浜.

1585. [学会(全国)](一般講演) 胸腔鏡視下に摘出した胸椎椎間板ヘルニアの1例. 三井公彦, 山崎義矩, 諏訪知也(脳外), 金田悟良(外): 第15回日本脊髄外科学会(2000.06.15), 神戸.

1586. [学会(全国)](一般講演) 側臥位手術のPitfall. 橘滋国, 石渡雅男, 望月崇弘, 佐藤澄人(脳外): 第15回日本脊髄外科学会(2000.06.16), 神戸.

1587. [学会(全国)](一般講演) 経過中に悪性転化をきたした脊髄髄内腫瘍の1例. 石渡雅男, 佐藤澄人, 岡秀宏, 橘滋国(脳外): 第15回日本脊髄外科学会(2000.06.16), 神戸.

1588. [学会(全国)](一般講演) クモ膜下出血で発症した硬膜内髄外転移性腫瘍の1例. 望月崇弘, 近藤宏治, 佐藤澄人, 岡秀宏, 橘滋国(脳外): 第15回日本脊髄外科学会(2000.06.16), 神戸.

1589. [学会(全国)](一般講演) 内視鏡下経鼻的下垂体手術の解剖. 岡秀宏, 王宏磊, 藤井清孝(脳外): 第12回日本内分泌外科学会総会(2000.06.27), 東京.

1590. [学会(全国)](一般講演) 頚動脈病変に対する自己拡張型DACRON製Stentgraftの応用. 国井正剛, 飯田秀夫, 三枝宏伊, 藤井清孝(脳外): 第3回日本病院脳神経外科学会(2000.07.20), 福島.

1591. [学会(全国)](一般講演) 脳疾患におけるクリティカルパスの有用性. 北留間恵, 加藤朋子, 鈴木佐織, 大高弘稔, 高野誠, 石渡雅男(脳外): 第3回日本病院脳神経外科学会(2000.07.20), 福島.

1592. [学会(全国)](一般講演) 小児脳幹グリオーマにおける放射線治療の限界. 小沢達也, 岡秀宏, 宇津木聡, 鈴木祥生, 高木宏, 田中聡, 藤井清孝(脳外): 第28回日本小児脳神経外科学会(2000.09.15), 淡路島.

1593. [学会(全国)](一般講演) 塞栓術後の髄膜腫に対する手術時期の検討. 鈴木祥生, 倉田彰, 岡秀宏, 田中聡, 大桃丈知, 宇津木聡, 平山寿, 藤井清孝(脳外): 第5回日本脳腫瘍の外科学会(2000.09.23), 山形.

1594. [学会(全国)](一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤の臨床像及び解離部位でのコイル塞栓術の有用性について. 倉田彰, 大桃丈知, 平山寿, 宮坂佳男, 入倉克己, 山田勝, 藤井清孝(脳外), 北原孝雄(救命): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1595. [学会(全国)](一般講演) 再発髄内腫瘍の手術. 三井公彦, 山崎義矩, 諏訪知也(脳外), 見松健太郎, 中村宏: 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.26), 福岡.

1596. [学会(全国)](一般講演) Mixed dural-pial AVMの病態. 宮坂佳男, 小沢達也, 平山寿, 山田勝, 田中柳水, 入倉克己, 倉田彰, 遠藤昌孝, 藤井清孝(脳外), 北原孝雄(救命): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.26), 福岡.

1597. [学会(全国)](一般講演) 下垂体腺腫におけるPACAP, PVR mRNAsの発現とapoptosisの調節機構. 岡秀宏(脳外), Jin Long, Ricardo P. Lloyd, 宇津木聡, 鈴木祥生, 田中聡, 小沢達也, 谷崎義徳, 川野信之, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.26), 福岡.

1598. [学会(全国)](一般講演) 長期経過観察からみた脊髄星細胞腫の予後. 谷崎義徳, 岡秀宏, 橘滋国, 宇津木聡, 鈴木祥生, 小沢達也, 田中聡, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.26), 福岡.

1599. [学会(全国)](一般講演) 脊髄硬膜外肉芽腫の2症例. 高野尚治(脳外): 第35回日本パラプレジア医学会(2000.11.09), 名古屋.

1600. [学会(全国)](一般講演) 全身因子を持たない脊髄硬膜外lipomatosisの1例. 石渡雅男, 橘滋国, 佐藤澄人, 中原邦晶(脳外): 第35回日本パラプレジア医学会(2000.11.09), 名古屋.

1601. [学会(全国)](一般講演) 脊髄空洞症と脊髄クモ膜嚢胞を合併した脊髄癒着性クモ膜炎の1例. 山崎義矩, 三井公彦, 諏訪知也(脳外): 第35回日本パラプレジア医学会(2000.11.09), 名古屋.

1602. [学会(全国)](一般講演) 中心管経由で形成されたと考えられた癒着性脊髄空洞症の1例. 三井公彦, 山崎義矩(脳外), 鈴木信正: 第35回日本パラプレジア医学会(2000.11.09), 名古屋.

1603. [学会(全国)](一般講演) 蛇行した脊髄動脈の延髄圧迫によって片麻痺を呈した1例. 高野尚治(脳外): 第35回日本パラプレジア医学会(2000.11.09), 名古屋.

1604. [学会(全国)](一般講演) 悪性神経膠腫に対するIndividual Adjuvant Therapy (IAT). 田中聡, 岡秀宏, 鈴木祥生, 宇津木聡, 藤井清孝(脳外), 紙谷秀規, 渡辺高志, 堀智勝: 第9回日本脳腫瘍カンファランス(2000.11.13), 箱根.

1605. [学会(全国)](一般講演) Broad neckな脳動脈瘤治療用カバードステントの開発. 大桃丈知, 倉田彰, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 第16回日本脳神経血管内治療学会(2000.11.17), 仙台.

1606. [学会(全国)](一般講演) 重症くも膜下出血(WFNS gr.W, X)例に対するコイル塞栓術の有用性について. 平山寿, 倉田彰(脳外), 北原孝雄(救命), 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外), 菅信一(放): 第16回日本脳神経血管内治療学会(2000.11.18), 仙台.

1607. [学会(全国)](一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対する解離部位でのコイル塞栓術の有用性について−バルーン近位閉塞治療例と比較して−. 倉田彰, 大桃丈知, 平山寿, 鈴木祥生, 宮坂佳男, 入倉克己, 山田勝, 藤井清孝(脳外), 北原孝雄(救命): 第16回日本脳神経血管内治療学会(2000.11.19), 仙台.

1608. [学会(全国)](一般講演) L-arginine投与による脳血流増加反応−内皮NO合成酵素の重要性とHMG-CoA reductase inhibitor前投与の影響−. 山田勝, 入倉克己, 湯沢泉(脳外), Moskowitz, M.A.: 第12回日本脳循環代謝学会総会(2000.12.05), 仙台.

1609. [学会(全国)](一般講演) 側頭葉に発生したCystic germinomaの1例. 今野慎吾, 宇津木聡, 岡秀宏, 近藤宏治, 田中聡, 藤井清孝(脳外): 第20回ニューロ・オンコロジィの会(2000.12.09), 東京.

1610. [学会(全国)](一般講演) 遺伝子診断に基づいたglioblastomaの治療. 田中聡, 小林郁夫, 岡秀宏(脳外), 安井美江(形態系), 鈴木祥生, 宇津木聡, 藤井清孝(脳外): 第20回ニューロ・オンコロジィの会(2000.12.09), 東京.

1611. [学会(全国)](一般講演) コレステリン肉芽腫を伴った下垂体嚢胞の1例. 久須美真理, 岡秀宏, 宇津木聡, 中原邦晶, 谷崎義徳, 鈴木祥生, 田中聡, 小林郁夫, 藤井清孝(脳外): 第11回日本間脳下垂体腫瘍学会(2001.01.23), 新潟.

1612. [学会(全国)](ポスター講演) Mixed dural-pial AVMの病態. 宮坂佳男, 小沢達也, 平山寿, 山田勝, 田中柳水, 入倉克己, 倉田彰, 遠藤昌孝, 藤井清孝(脳外), 北原孝雄(救命): 第25回日本脳卒中学会総会(2000.04.27), 東京.

1613. [学会(全国)](ポスター講演) 成長ホルモン産生下垂体腺腫治療後に蝶形骨から発生した放射線誘発性肉芽腫の剖検的検討. 岡秀宏, 川野信之(脳外), 岩渕啓一, 石原好弘, 亀谷徹(病理), 宇津木聡, 鈴木祥生(脳外), 安井美江(形態系), 藤井清孝(脳外): 第18回日本脳腫瘍病理学会(2000.05.11), 名古屋.

1614. [学会(全国)](ポスター講演) 14年後に髄腔内播腫, 多発出血を起こした再発小脳神経膠腫; その剖検による検討. 宇津木聡, 岡秀宏, 川野信之, 鈴木祥生, 石渡雅男(脳外), 安井美江(形態系), 藤井清孝(脳外), 柳下三郎, 石原好弘(病理): 第18回日本脳腫瘍病理学会(2000.05.11), 名古屋.

1615. [学会(全国)](ポスター講演) Deep Pain Lossの脊髄疾患における障害髄節指標としての臨床的意義. 橘滋国(脳外): 第41回日本神経学会総会(2000.05.25), 松本.

1616. [学会(全国)](ポスター講演) グリオーマに対するIndividual adjuvant therapy (IAT). 田中聡, 岡秀宏(脳外), 堀智勝, 紙谷秀規, 長島正: 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.04), 横浜.

1617. [学会(全国)](ポスター講演) 第3脳室内頭蓋咽頭腫の臨床放射線学的検討. 近藤宏治, 岡秀宏, 川野信之, 宇津木聡, 鈴木祥生, 小沢達也, 谷崎義徳, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.04), 福岡.

1618. [学会(全国)](ポスター講演) 棘突起縦割椎弓形成術術後の脊髄浮腫. 橘滋国(脳外), 鷺内隆雄(放): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1619. [学会(全国)](ポスター講演) 脳低温療法の再評価; 重症頭部外傷における適応. 遠藤昌孝, 宇津木聡(脳外), 北原孝雄(救命), 今野慎吾, 萩原宏之, 近藤宏治(脳外), 大和田隆(救命), 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1620. [学会(全国)](ポスター講演) AstrocytomaにおけるE-, N-Cadherinの発現と悪性度に関する病理組織学的検討. 宇津木聡, 岡秀宏(脳外), 佐藤雄一(医療衛生), 川野信之, 田中聡, 鈴木祥生, 小沢達也, 谷崎義徳, 近藤宏治, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1621. [学会(全国)](ポスター講演) L-arginine投与による脳血流増加反応−内皮NO合成酵素の重要性とHMG-CoA reductase inhibitor前投与の影響−. 山田勝, 入倉克己, 湯沢泉, 宮坂佳男, 倉田彰, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1622. [学会(全国)](ポスター講演) 放射線治療後の脳幹部グリオーマの調査予後. 小沢達也, 岡秀宏, 川野信之, 宇津木聡, 鈴木祥生, 田中聡, 高木宏, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1623. [学会(全国)](ポスター講演) 特発性低髄圧症候群における臨床経過とMRI所見. 諏訪知也, 三井公彦, 山崎義矩(脳外), 菅信一(放), 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1624. [学会(全国)](ポスター講演) Broad neckな脳動脈瘤治療用カバーステントの開発. 大桃丈知, 倉田彰, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外), 中山茂信(実動系): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1625. [学会(全国)](ポスター講演) 低体温がラット脳血管拡張反応に及ぼす影響. 湯沢泉, 入倉克己, 山田勝, 森井誠二, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1626. [学会(全国)](ポスター講演) 低体温時脳血流, 脳酸素代謝カップリングの検討; 動脈血CO2が及ぼす影響. 入倉克己, 山田勝, 倉田彰, 森井誠二, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.24), 福岡.

1627. [学会(全国)](ポスター講演) Ependymomaのsubtypeによる臨床病理学的検討; MIB-1およびp53発現率と臨床経過との関係について. 鈴木祥生, 岡秀宏, 川野信之, 宇津木聡, 平山寿, 田中聡, 谷崎義徳, 近藤宏治(脳外), 安井美江(形態系), 藤井清孝(脳外): 第59回日本脳神経外科学会総会(2000.10.25), 福岡.

1628. [学会(全国)](ポスター講演) 妊娠経過中発症した破裂脳動脈瘤に対しGDC塞栓術を施行した1例. 上笹航, 倉田彰, 小沢達也, 鈴木祥生, 平山寿, 大桃丈知(脳外), 北原孝雄(救命), 藤井清孝(脳外): 第16回日本脳神経血管内治療学会(2000.11.17), 仙台.

1629. [学会(全国)](ポスター講演) 外傷性頚動脈瘤に対するステントグラフト留置術. 国井正剛, 飯田秀夫, 佐藤澄人(脳外): 第16回日本脳神経血管内治療学会(2000.11.18), 仙台.

1630. [学会(全国)](ポスター講演) 塞栓術後の髄膜腫に対する手術時期の検討. 鈴木祥生, 倉田彰, 岡秀宏, 田中聡, 大桃丈知, 宇津木聡, 平山寿, 藤井清孝(脳外): 第16回日本脳神経血管内治療学会(2000.11.18), 仙台.

1631. [学会(全国)](ポスター講演) 低体温時脳血管拡張能性の実験的検討. 湯沢泉, 入倉克己, 山田勝, 森井誠二, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 第12回日本脳循環代謝学会総会(2000.12.05), 仙台.

1632. [学会(全国)](ポスター講演) 低体温時酸塩基平衡管理が脳血流、脳酸素代謝に及ぼす影響. 入倉克己, 山田勝, 倉田彰, 森井誠二, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 第12回日本脳循環代謝学会総会(2000.12.05), 仙台.

1633. [学会(地方)](教育講演) 脳室系の外科解剖. 藤井清孝(脳外): 第39回福井脳神経外科セミナー(2000.06.08), 福井.

1634. [学会(地方)](一般講演) Multicentric gliomaの1症例. 諏訪知也, 山崎義矩, 三井公彦(脳外): 第78回日本脳神経外科学会関東地方会(2000.06.24), 東京.

1635. [学会(地方)](一般講演) Systemic lupus erythematosis (SLE)に合併した悪性リンパ腫の1例. 中原邦晶, 岡秀宏, 佐藤澄人, 岩本和久, 藤井清孝(脳外): 第78回日本脳神経外科学会関東地方会(2000.06.24), 東京.

1636. [学会(地方)](一般講演) 慢性脳内血腫を呈した血管奇形の1例. 高野誠, 大高弘稔, 石渡雅男(脳外): 第79回日本脳神経外科学会関東地方会(2000.09.30), 東京.

1637. [学会(地方)](一般講演) 初回手術(Simpson gradeT)後6か月で急速に再発したatypical meningiomaの1例. 上笹航, 山田勝, 岡秀宏, 谷崎義徳, 藤井清孝(脳外): 第79回日本脳神経外科学会関東地方会(2000.09.30), 東京.

1638. [学会(地方)](一般講演) 延髄神経膠腫の1手術例. 諏訪知也, 三井公彦, 山崎義矩, 中村宏, 高木宏(脳外): 第79回日本脳神経外科学会関東地方会(2000.09.30), 東京.

1639. [学会(地方)](一般講演) 脊髄空洞症と脊髄クモ膜嚢胞を合併した癒着性クモ膜炎の1例. 山崎義矩, 三井公彦, 諏訪知也(脳外): 第80回日本脳神経外科学会関東地方会(2000.11.25), 東京.

1640. [学会(地方)](一般講演) 頭蓋底嵌入症を伴った片側顔面痙攣の1例. 久須美真理, 谷崎義徳, 山田勝, 入倉克己, 藤井清孝(脳外): 第80回日本脳神経外科学会関東地方会(2000.11.25), 東京.

1641. [学会(地方)](一般講演) 側頭葉に発生したcystic germinomaの1例. 今野慎吾, 宇津木聡, 岡秀宏, 近藤宏治, 田中聡, 鈴木祥生, 藤井清孝(脳外): 第81回日本脳神経外科学会関東地方会(2001.02.24), 東京.

1642. [学会(地方)](一般講演) 中心管経由で形成されたと考えられた癒着性脊髄空洞症の1例. 三井公彦, 山崎義矩, 諏訪知也(脳外), 鈴木信正: 第81回日本脳神経外科学会関東地方会(2001.02.24), 東京.

1643. [研究会(全国)](特別講演) 脳卒中急性期の治療戦略. 藤井清孝(脳外): 第7回脳障害研究(2000.11.30), 東京.

1644. [研究会(全国)](教育講演) 下垂体腺腫におけるPituitary Adenylate-Cyclase-Activating Polypeptide(PACAP)及びPACAP/Vasoactive Intestinal Polypeptide Receptor (PVR)遺伝子発現とapoptosisの調節機序. 岡秀宏(脳外): 第7回メイヨーニューロサイエンス懇話会(2000.04.28), 東京.

1645. [研究会(全国)](教育講演) 遺伝子工学時代に展開する組織細胞化学の先端技術−原理の基礎から実際まで−. 岡秀宏(脳外): 第25回組織細胞化学講習会(2000.08.02), 町田.

1646. [研究会(全国)](一般講演) Gliomaに対するIFNの抗腫瘍効果へのステロイド併用の影響. 鈴木祥生, 田中聡, 岡秀宏, 宇津木聡, 谷崎義徳(脳外), 安井美江(形態系), 藤井清孝(脳外): 第13回脳と免疫研究会(2000.09.09), 東京.

1647. [研究会(全国)](ポスター講演) 転移性脳腫瘍におけるE-, N-Cadherinの発現に関する病理組織学的検討. 宇津木聡, 岡秀宏, 田中聡, 鈴木祥生, 谷崎義徳, 近藤宏治(脳外), 安井美江(形態系), 藤井清孝(脳外): 第9回日本脳腫瘍カンファランス(2000.11.13), 箱根.

1648. [研究会(地方)](特別講演) 脳卒中急性期治療−クモ膜下出血, 脳虚血急性期を中心に−. 藤井清孝(脳外): 山梨医大脳神経外科セミナー(2000.11.24), 山梨.

1649. [研究会(地方)](教育講演) 脳卒中(ブレインアタック)急性期治療戦略. 藤井清孝(脳外): 徳山医師会学術講演会(2000.08.12), 徳山.

1650. [研究会(地方)](教育講演) 髄膜腫の手術. 藤井清孝(脳外): 第20回九州脳神経外科夏期セミナー(2000.08.12), 熊本.

1651. [研究会(地方)](教育講演) 学校救急処置; 頭部打撲と頭痛について. 藤井清孝(脳外): 第6回子どもと健康研究会フォーラム(2000.08.23), 東京.

1652. [研究会(地方)](教育講演) 頭蓋咽頭腫の手術アプローチと長期経過観察からみた手術成績. 宇津木聡, 岡秀宏, 藤井清孝(脳外): 第6回北里脳神経外科微小解剖セミナー(2001.02.17), 相模原.

1653. [研究会(地方)](一般講演) 側頭葉に発生したcystic germinomaの1例. 今野慎吾, 宇津木聡, 岡秀宏, 近藤宏治, 田中聡, 藤井清孝(脳外): 第4回相模原若手脳神経外科談話会(2000.11.21), 相模原.

1654. [研究会(地方)](一般講演) 画像上脳挫傷の所見を呈した脳出血の1例. 石渡雅男, 大高弘稔, 高野誠(脳外): 第3回多摩神経外傷カンファレンス(2001.01.26), 東京.

1655. [研究会(地方)](一般講演) 妊娠中に発症したlow grade astrocytoma症例の治療と転帰. 萩原宏之, 岡秀宏, 宇津木聡, 近藤宏治, 田中聡, 藤井清孝(脳外): 第1回神奈川脳腫瘍フォーラム(2001.01.26), 東京.

1656. [研究会(地方)](一般講演) 脳卒中治療におけるクリニカルパスの有用性. 高野誠, 大高弘稔, 石渡雅男(脳外): 第21回多摩地区脳卒中研究会(2001.01.27), 東京.

1657. [研究会(地方)](一般講演) 脳腫瘍との鑑別が困難であった高齢発症のMSの1例. 岩本和久, 小沢達也(脳外), 藤沼邦彦, 大塚紀子(内), 萩原宏之, 岡秀宏, 高木宏, 藤井清孝(脳外): 第80回東京脳腫瘍研究会(2001.03.10), 神奈川.

1658. [研究会(地方)](ポスター講演) 側頭葉に発生し急速な発育を示したcystic tumorの1例. 今野慎吾, 宇津木聡, 岡秀宏, 近藤宏治, 田中聡(脳外), 安井美江(形態系), 川野信之, 藤井清孝(脳外): 第79回東京脳腫瘍研究会(2000.12.16), 神奈川.



<<18 小児科学>>

1659. [原著] Long survivors with Ki-1 lymphoma having t(2;5)(p23;q35); Does the presence or absence of t(2;5) influence the prognosis of patients with Ki-1 lymphoma? 鹿野高明(札幌幌南病院), 大川正人(苫小牧王子病院), 中舘尚也(児), 畑江芳郎(国立札幌病院), 武田武夫(南郷医院): Acta Paediatr. Jpn., 40(5): 474〜478, 1998.

1660. [原著] A case of milk allergy that presented anaphylaxis after cutaneous contact with allergen. 川野豊, 西田俊彦(横浜赤十字病院), 山岸里津子, 野間剛(児): Allergol. Int., 50(1): 105〜107, 2000.

1661. [原著] Management of vesicoureteral reflux in children. 飯高喜久雄, 本山治, 守屋俊介(児), 遠藤忠雄, 酒井糾(泌): Clin. Exp. Nephrol., 4(3): 220〜224, 2000.

1662. [原著] Urea kinetics and other dialysis indices in children undergoing ambulatory peritoneal dialysis. 飯高喜久雄, 守屋俊介, 朝長香, 越野浩江, 北條みどり(児): Clin. Exp. Nephrol., 4(3): 225〜230, 2000.

1663. [原著] Clinicopathological correlations in nephrotic children with IgA nephropathy. 本山治, 重富ゆかり, 飯高喜久雄(児): Clin. Exp. Nephrol., 4(4): 318〜322, 2000.

1664. [原著] Effects of dioxins and polychlorinated biphenyls (PCBs) on thyroid function in infants born in Japan-report from research on environmental health. 松浦信夫, 内山智明(児), 多田裕(東邦大), 中村好一(自治医大), 近藤直実(岐阜大), 森田昌敏(国立環境研), 福士勝(札幌衛研): Clin. Pediatr. Endocrinol., 10: 1〜6, 2001.

1665. [原著] Marriage rate and number of children among young adults with insulin-dependent diabetes mellitus in Japan. 青野繁雄(寺田町こども診療所), 松浦信夫(児), 雨宮伸(山梨医大), 五十嵐裕(五十嵐小児科), 内潟安子(東女医), 浦上達彦(日大), 貴田嘉一(愛媛大), 佐々木望(埼玉医大), 三木裕子(東大), 宮本茂樹(千葉こども): Diabetes Res. Clin. Pract., 49(2): 135〜141, 2000.

1666. [原著] Transcriptionally active HERV-K Genes: Identification. 杉本潤(琉球大), 松浦信夫(児), 金城祥乃, 高須信行, 小田高也, 陣野吉廣(琉球大): Genomics, 72(1): 137〜144, 2001.

1667. [原著] Effect of roxithromycin on T lymphocyte proliferation and cytokine production elicited by mite antigen. 野間剛(児), 青木国輝(同愛記念病院), 林雅晴(毛呂病院), 吉沢いづみ, 川野豊(児): Int. Immunopharmacol., 1: 201〜210, 2001.

1668. [原著] ダニ抗気管支喘息患者末梢血リンパ球におけるroxithromycinのアポトーシス誘導作用. 野間剛, 菅原陽子, 藤原幸子, 小川倫史, 川野豊, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫(児): J. Antibiotics, 54(Suppl.A): 148〜154, 2001.

1669. [原著] Genome structure and cognitive map of Williams syndrome. Korenberg, J.R., Chen, X.-N., 広田浜夫(児), Ursvla, Z.L.(Cedars-Sinai Medical Center), Matsuoka R.(東女医大): J. Cognitive Neurosci., 12(Suppl.): 89〜102, 2000.

1670. [原著] Age-associated increase of basal corticosterone levels decrease ED2high, NF-κBhigh activated macrophages. 木崎節子(杏林大), 大河原知水(防衛医大), Iwabuchi, K., 小野江和則(北大), Day, N.K., Good, R.A.(南フロリダ大), 丸山直紀(都老人研), 芳賀脩光(筑波大), 松浦信夫(児), 大平充宣(鹿屋体育大), 大野秀樹(杏林大): J. Leukocyte Biol., 68(1): 21〜30, 2000.

1671. [原著] Plasminogen activator inhibitor-1 expression is regulated by the angiotensin type 1 receptor in vivo. 中村信也(児), 中村郁子(内), Ma, L., Vaughan, D.E., Fogo, A.B.(Vanderbilt Univ. USA): Kidney Int., 58(1): 251〜259, 2000.

1672. [原著] Aldosterone modulates plasminogen activator inhibitor-1 and glomerulosclerosis in vivo. Brown, N.J., 中村信也(児), Ma, L., 中村郁子(児), Donnert, E., Freeman, M., Vaughan, D.E., Fogo, A.B.(Vanderbilt Univ. USA): Kidney Int., 58(3): 1219〜1227, 2000.

1673. [原著] Regression of sclerosis in aging by an angiotensin inhibition-induced decrease in PAI-1. Ma, L.J.(Vanderbilt Univ.), 中村信也(児), Whitsitt, J.S., Marcantoni, C., Davidson, J.M., Fogo, A.B.(Vanderbilt Univ. USA): Kidney Int., 58(6): 2425〜2436, 2000.

1674. [原著] Survey of the current state of pediatric drug use in Japan. 大西鐘壽(香川医大), 三浦寿男(児), 他(日本小児科学会薬事委員会): Pediatr. Int., 42(1): 109〜113, 2000.

1675. [原著] Echocardiographic evaluvation of the ductal morphology in patients with refractoriness to lipo-prostaglandin E1 therapy. 武田信裕, 平石聡, 三沢仁司, 縣陽太郎, 堀口泰典, 藤野宣之, 広田浜夫, 河村誠, 小川夏子(児): Pediatr. Int., 42(2): 134〜138, 2000.

1676. [原著] Decreasing hypocomplementemia and membranoproliferative glomerulonephritis in Japan. 飯高喜久雄(児), 酒井糾(泌), Yagisawa Katsumi, Aoki Yoshikazu: Pediatr. Nephrol., 14(8-9): 794〜796, 2000.

1677. [原著] Serum extracellular superoxide dismutase in pediatric patients with various diseases as judged by ELISA. 大河原知水(防衛医大), 松浦信夫(児), 大石勉, 岡崎実(埼玉小児医療セン), 木崎節子, 鈴木健二, 人見嘉哲, 大野秀樹(杏林大): Res. Commun. Mol. Pathol. Pharmacol., 107: 291〜296, 2000.

1678. [原著] 溶血性尿毒症症候群の治療. 飯高喜久雄(児): 神奈川県学校腎疾患管理研究会誌「じん」, (21,22): 3〜11, 1999.

1679. [原著] 新生児TSH, FT4同時スクリーニングで発見される先天性中枢性甲状腺機能低下症. 内山智明, 横田行史, 大山宜秀, 柴山啓子, 松浦信夫(児), 小池明美(幌南病院), 原田正平(池田町立病院), 福士勝, 藤田晃三(札幌市衛生研): 日本マス・スクリーニング学会誌, 10(3): 35〜42, 2000.

1680. [原著] マス・スクリーニングで発見された軽症クレチン症の診断・治療についての全国調査. 原田正平(池田町立病院), 松浦信夫(児): 日本マス・スクリーニング学会誌, 10(3): 43〜50, 2000.

1681. [原著] アトピー性皮膚炎の病変部より経皮的に吸収された牛乳によりアナフィラキシーを呈した牛乳アレルギー性疾患の1症例. 川野豊, 西田俊彦(横浜赤十字病院), 山岸里津子, 野間剛(児): 日本小児アレルギー学会誌, 14(4): 478〜482, 2000.

1682. [原著] 新生児における外科手術後のCRPの変動について. 野渡正彦, 西田陽, 山田俊彦, 佐藤雅彦, 蒲原孝, 小口弘毅(児): 日本小児科学会雑誌, 100(9): 1487〜1492, 1996.

1683. [原著] 小児期発症特発性全般性大発作てんかんに対するバルプロ酸ナトリウム単剤治療の長期効果. 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 岩崎俊之(児): 日本小児科学会雑誌, 104(5): 572〜576, 2000.

1684. [原著] 急性細気管支炎における血清Eosinophil cationic protein値の検討. 原真人, 梅原実(児): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 11(2): 127〜132, 2001.

1685. [原著] 胎児超音波検査により発見された先天性水腎症の検討. 守屋俊介, 越野浩江, 野渡正彦, 飯高喜久雄, 河西紀昭(児): 日本未熟児新生児学会雑誌, 12(2): 209〜214, 2000.

1686. [原著] 単一施設内小児同種幹細胞移植後の肺合併症26例に関する臨床病理的検討. 三宅泉(児), 石川久美子, 大沼圭, 豊田恭徳, 西平浩一, 石河由佳, 石田祐二, 庚勝好, 本多康次郎, 気賀沢寿人(県立こども医療セン): 北里医学, 30: 248〜258, 2000.

1687. [原著] 小児1型糖尿病患者におけるインスリンリスプロ頻回注射療法の臨床評価. 松浦信夫(児), 新美仁男(千葉大), 一色玄(大阪市立医大), 内潟安子(東女医大): 臨床医薬, 16(11): 1665〜1676, 2000.

1688. [準原著(英文)] Follow-up study of a case of tuberous sclerosis presenting multiple cardiac tumors and West syndrome. 片山文彦, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 細田のぞみ, 島貫郁, 武井研二, 岩崎俊之, 冨加津雅巳, 平石聡(児): Brain Dev., 22(3): 200〜201, 2000.

1689. [準原著(英文)] Total and free plasma concentration ratios of carbamazepine-10,11-epoxide to carbamazepine in epileptic patients in childhood and adolescence. 白井宏幸, 三浦寿男, 砂押渉, 武井研二(児): Int. Clin. Psychopharmacol., 15(6): 373, 2000.

1690. [準原著] 小児ならびに思春期年齢てんかん患者におけるcarbamazepine ならびにcarbamazepine-10,11-epoxideの遊離型血中濃度に関する研究; 男女差の検討も含めて. 白井宏幸, 三浦寿男, 砂押渉, 細田のぞみ, 島貫郁, 武井研二, 片山文彦, 岩崎俊之, 冨加津雅巳(児): TDM研究, 17(2): 203〜204, 2000.

1691. [準原著] Zonisamide単剤治療が無効な潜因性局在関連性てんかん患児に対するclonazepamの効果と血中濃度. 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 細田のぞみ, 島貫郁, 片山文彦, 岩崎俊之, 冨加津雅巳(児): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 13(1): 129〜131, 2000.

1692. [短報・速報] Enlargement of cardiac rhabdomyoma and myocardial ischaemia during corticotropin treatment for infantile spasm. 平石聡, 岩波直美, 小川夏子(児): Heart, 84(2): 170, 2000.

1693. [研究報告(文部省)] 抗てんかん薬の発達薬理と体内動態モニタリング(臨床薬理遺伝学的検討も含めて). 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 武井研二, 岩崎俊之, 細田のぞみ, 島貫郁(児): 平成9〜11年度科学研究費補助金(基盤研究C(2))研究成果報告書, p.1〜52, 2000.

1694. [研究報告(厚生省)] 糖尿病疫学に関する研究−特に医療意見書の解析とその問題点−. 松浦信夫, 風張幸司, 横田行史, 大津成之(児): 厚生科学研究(子ども家庭総合研究事業)母子保健情報の登録・評価に関する研究, 平成11年度研究報告書(第6/6), p.147〜150, 2000.

1695. [研究報告(厚生省)] 軽症クレチン症の診断・治療についての全国調査. 松浦信夫(児), 原田正平(池田町立病院): 厚生省科学研究(子ども家庭総合研究事業)マススクリーニングの精度保証システムの確立に関する研究, 平成11年度報告書(第1/6), p.318〜320, 2000.

1696. [研究報告(厚生省)] t(1;19)+ALLにおけるE2A-PBX1キメラ遺伝子解析. 中舘尚也, 西村真里子, 三宅泉, 松浦信夫(児): 小児の難治性白血病, 二次性白血病の治療法の確立に関する研究, 平成11年度報告集, p.21〜23, 2000.

1697. [研究報告(厚生省)] インスリン依存型糖尿病患者における腎症の治療薬の開発研究. 片山茂裕, 吉川隆一, 磯貝庄, 田嶼尚子(慈恵医大), 内潟安子(東女医大), 佐々木望(埼玉医大), 松浦信夫(児), 浦上達彦(日大): 創薬等ヒューマンサイエンス総合研究事業第4分野−稀少疾患治療薬等の開発に関する研究; 平成11年度重点研究報告書, p.18〜19, 2000.

1698. [研究報告(その他公的な報告)] Zonisamideの発達薬理と臨床薬理遺伝学的検討(予報). 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押渉, 細田のぞみ, 武井研二(児), 久保博昭(薬学部): てんかん治療研究振興財団研究年報, (12): 151〜155, 2000.

1699. [症例報告] Thyroid Transcription Factor-2遺伝子異常を認めた先天性甲状腺機能低下症の1例. 柴山啓子, 大山宜秀, 横田行史, 風張幸司, 風張真由美(児), 菱沼昭, 家入蒼生夫(獨協医大), 松浦信夫(児): ホルモンと臨床, 48(増): 83〜86, 2000.

1700. [症例報告] 神経芽細胞腫の治療終了後に発症した二次性白血病. 中舘尚也, 三宅泉, 松浦信夫(児): 神奈川血液研究会誌, 20: 24〜26, 2000.

1701. [症例報告] 一過性高血糖をきたした低出生体重の糖尿病母体児(IDM)の1例. 田中里佳, 佐藤雅彦, 田久保憲行, 松浦信夫, 柏木好, 藤野宣之, 大野勉(児): 糖尿病と妊娠, 1(1): 35〜37, 2001.

1702. [症例報告] 新生児マススクリーニングで一過性高TSH血症と初期診断され, 思春期に異所性甲状腺によるクレチン症と診断された1例. 西村真里子, 横田行史, 風張幸司, 大津成之, 松浦信夫(児): 日本マス・スクリーニング学会誌, 10(3): 51〜54, 2000.

1703. [症例報告] 急性carbamazepine中毒をきたした被虐待児の薬物動態学的検討. 片山文彦, 三浦寿男, 高梨栄, 砂押渉, 細田のぞみ(児), 野々山勝人(感染症): 日本小児科学会雑誌, 104(6): 678〜681, 2000.

1704. [症例報告] 大動脈弓離断に第5動脈弓遺残を伴った1例. 小川夏子, 三沢仁司, 平石聡, 武田信裕, 藤野宣之, 堀口泰典, 広田浜夫(児), 笠原真悟, 中江世明(胸外): 日本小児循環器学会雑誌, 16(1): 28〜32, 2000.

1705. [総説] 小児1型糖尿病患者における超速効型インスリンの使用. 松浦信夫(児): Diabetes Frontier, 12(1): 〜 , 2001.

1706. [総説] (特集)小児の感染症: 血球貪食症候群(HPS). 石川義人, 野間剛(児): Horiz. Pharmacists Infection & Microbiol., 5(5): 48〜49, 2001.

1707. [総説] (特集)アレルゲンの分子医学(構造, 診断・治療への応用); ダニ抗原特異ヒトIgE産生B細胞の特徴とCD47分子による調節. 野間剛(児): アレルギー科, 10(3): 179〜184, 2000.

1708. [総説] 腎臓の仕組み・働き&ネフローゼ症候群の病態および診断・治療. 守屋俊介(児): ナーシングカレッジ, 12: 21〜29, 2000.

1709. [総説] 私流学会の楽しみ方; 自分の仕事を職場から離れて見つめ直す. 中舘尚也(児): ナーシング・トゥディ, 5(臨増): 2000.

1710. [総説] 難治性ネフローゼ症候群とシクロスポリン治療. 守屋俊介, 飯高喜久雄(児): 小児科, 41(12): 2152〜2157, 2000.

1711. [総説] 小児1型糖尿病のコントロールと長期予後. 松浦信夫(児): 小児科, 41(7): 1263〜1271, 2000.

1712. [総説] 小児高血圧への対応−とくに生活指導−. 河西紀昭, 越野浩江, 守屋俊介(児): 小児科診療, 63(6): 862〜868, 2000.

1713. [総説] ARDSの病態生理−呼吸機能. 上田康久, 梅原実(児): 小児内科, 32(8): 1171〜1176, 2000.

1714. [総説] 微少変化型ネフローゼと巣状糸球体硬化症. 河西紀昭, 越野浩江, 守屋俊介(児): 診断と治療, 88(7): 1125〜1128, 2000.

1715. [総説] 学校検尿システム−現状と将来−. 村上睦美, 土屋正己(日医大), 飯高喜久雄(児): 腎と透析, 49(6): 931〜937, 2000.

1716. [総説] 小児期発症1型糖尿病の特徴と管理. 松浦信夫(児): 糖尿病と妊娠, 1(1): 25〜27, 2001.

1717. [総説] 気管支喘息寛解児の免疫. 野間剛(児): 日本小児アレルギー学会誌, 14(1): 121〜131, 2000.

1718. [総説] 小児糖尿病. 松浦信夫(児): 日本糖尿病眼科学会誌, ?: 〜 , 2000.

1719. [総説] 代謝障害; 1型糖尿病(小児). 横田行史, 松浦信夫(児), 太田裕子(栄養部): 臨床栄養, 97(4臨増): 493〜498, 2000.

1720. [総説] 無痛分娩の新生児への影響. 渡辺智子, 野渡正彦(児): 臨床婦人科産科, 54(8): 996〜999, 2001.

1721. [総説] (特集)小児気管支喘息のライフサイクル; 小児喘息寛解と免疫. 石川義人, 野間剛(児): 喘息, 13(3): 88〜96, 2000.

1722. [講座] Developmental and therapeutic pharmacology of antiepileptic drugs. 三浦寿男(児): Epilepsia, 41(Suppl.9): 2〜6, 2000.

1723. [講座] 抗てんかん薬−日本のてんかん治療: 血中濃度測定の功罪. 三浦寿男(児): Medico, 32(1): 13〜15, 2001.

1724. [講座] てんかん治療の実際と展望. 八木和一, 工藤達也, 武田明夫(国療静岡東病院), 武田明夫(国療中部病院), 三浦寿男(児), 堀智勝(東女医大): Therapeutic Research, 21(8): 1839〜1848, 2000.

1725. [講座] 神奈川県における学校検尿システムについて−低補体血症と膜性増殖性腎炎の動向−. 飯高喜久雄(児): 慶應医学, 78(1): 7〜12, 2001.

1726. [講座] 急性carbamazepine中毒をきたした小児虐待症例の薬物動態. 片山文彦, 三浦寿男, 砂押渉(児), 野々山勝人(感染症): 小児科, 42(3): 404〜411, 2001.

1727. [講座] 熱性けいれんの臨床: 対応の実際; 予防−抗けいれん薬の発熱時間歇的投与−. 白井宏幸, 三浦寿男(児): 小児科診療, 64(3): 341〜345, 2001.

1728. [講座] ベンゾジアゼピン系抗てんかん薬: クロバザム. 砂押渉, 三浦寿男(児): 臨床と薬物治療, 19(9): 907〜908, 2000.

1729. [学術書](分担執筆) 今日の小児治療指針(第12版); 新生児動脈管依存性心疾患のプロスタグランジン療法, p.327〜328, 平石聡(児). 編集 矢田純一, 他, 医学書院, 東京, 2000.03.25発行.

1730. [学術書](分担執筆) 今日の小児治療指針(第12版); ネフローゼ症候群, p.401〜402, 飯高喜久雄(児). 編集 矢田純一, 柳沢正義, 山口規容子, 大関武彦, 医学書院, 東京, 2000.03.25発行.

1731. [学術書](分担執筆) 小児の超音波診断; 新生児心疾患の形態と循環評価, 63: 271〜278, 平石聡(児). 編集 柳澤正義, 診断と治療社, 東京, 2000.04.10発行.

1732. [学術書](分担執筆) アレルギーナビゲーター; 第9章 基礎免疫学(分子免疫学) サイトカインとは, p.180〜183, 野間剛(児). 編集 森田寛, 永倉俊和, メディカルレビュー社, 東京, 2000.04.00発行.

1733. [学術書](分担執筆) アレルギーナビゲーター; 第11章 炎症惹起因子 1. サイトカイン , p.209〜223, 佐伯敏亮, 野間剛(児). 編集 森田寛, 永倉俊和, メディカルレビュー社, 東京, 2000.04.00発行.

1734. [学術書](分担執筆) 免疫学辞典, 第2版; DLST, 野間剛(児). 編集 矢田純一, 東京化学同人, 東京, 2000.00.00発行.

1735. [学術書](分担執筆) 樹状細胞, 基礎から臨床へ; 喘息と樹状細胞, 野間剛(児). 編集 稲葉カヨ, 珠玖洋, 滝川雅浩, 南江堂, 東京, 2000.00.00発行.

1736. [学術書](分担執筆) 小児科学, 第8版; 代謝性疾患, p.284〜302, 松浦信夫(児). 編集 矢田純一, 中山健太郎, 文光堂, 東京, 2000.00.00発行.

1737. [学術書](分担執筆) 新生児学, 2版; 内分泌, p.610〜639, 松浦信夫, 横田行史(児). 編集 小川雄之亮, 多田裕, 中村肇, 仁志田博司, メディカ出版, 2000.00.00発行.

1738. [学術書](分担執筆) 標準小児科学; 内分泌疾患, p.197〜237, 松浦信夫(児). 編集 倉繁隆信, 森川昭廣, 内山聖, 医学書院, 2000.00.00発行.

1739. [学術書](分担執筆) 今日の小児治療指針(第12版); 1型糖尿病, p.175〜176, 松浦信夫(児). 編集 矢田純一, 柳澤正義, 山口規容子, 大関武彦, 医学書院, 2000.03.25発行.

1740. [学術書](分担執筆) 糖尿病学2000−糖尿病学展望21世紀を迎えるにあたって; 小児糖尿病−問題と対策, p.117〜127, 松浦信夫(児). 編集 小坂樹徳, 診断と治療社, 2000.00.00発行.

1741. [学術書](分担執筆) インスリン療法2000; インスリン療法と合併症, p.77〜89, 松浦信夫(児). 編集 池田義雄, 2000.10.05発行.

1742. [学術書](分担執筆) 児童・生徒の食生活; 糖尿病, p.55〜56, 松浦信夫(児). 編集 日本小児保健協会栄養委員会, 2000.00.00発行.

1743. [学術書](分担執筆) 今日の治療指針2001; 先天性副腎過形成症, p.847〜847, 松浦信夫(児). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 山口徹, 北原光夫, 医学書院, 2001.00.00発行.

1744. [学術書](分担執筆) 今日の小児治療指針(第12版); 過換気症候群, p.281, 箕浦克則(児). 編集 矢田純一, 柳沢正義, 山口規容子, 大関武彦, 医学書院, 東京, 2000.03.25発行.

1745. [学術書](分担執筆) 今日の小児治療指針(第12版); 気胸, 縦隔気腫, p.278, 原真人(児). 編集 矢田純一, 柳沢正義, 山口規容子, 大関武彦, 医学書院, 東京, 2000.03.25発行.

1746. [学術書](分担執筆) 今日の小児治療指針(第12版); 肺ヘモジデローシス, p.269〜270, 関根徹(児). 編集 矢田純一, 柳沢正義, 山口規容子, 大関武彦, 医学書院, 東京, 2000.03.25発行.

1747. [学術書](編集) 小児糖尿病の臨床; 松浦信夫(児), 菊池信行(横浜市大), 横田行史(児), 雨宮伸(山梨医大), 横山宏樹(横山クリニック), 内潟安子, 佐中真由実 , 馬場園哲也, 寺岡慧, 岩本安彦(東女医大). 編集 松浦信夫(北里大), 永井書店, 2000.05.20発行.

1748. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 新・治療薬便覧2001; 抗てんかん薬, p.51〜56, 三浦寿男(児). 編集 松澤佑次(阪大), 永井良三(東大), 奥村勝彦(神戸大), メディカルレビュー, 大阪, 2001.02.10発行.

1749. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 検査値のみかた(改訂2版); 抗てんかん薬, p.1036〜1038, 三浦寿男(児). 編集 中井利昭(筑波大), 中外医学, 東京, 2000.05.25発行.

1750. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 生物学的製剤: 質疑応答; 熱性けいれん発作時の処置, (2): p.25〜26, 三浦寿男(児). 編集 武田薬品工業, 日本医事新報, 東京, 2000.08.01発行.

1751. [学会(国際)](特別講演) Decreasing trend of hypocomplementemia and membranoproliferative glomerulonephritis in Japanese children. 飯高喜久雄(児), 酒井糾(泌), Yagisawa Katsumi, Aoki Yoshikazu(神奈川予防医学協会): 7th Asian Congress of Pediatric Nephrology(2000.11.05), シンガポール, 予稿集, p.29, 2000.

1752. [学会(国際)](ワークショップ) Dermatophagoides farinae (Df)-induced interleukin (IL)-10 production by peripheral blood lymphocytes in asthma patients in remission. 小川倫史, 野間剛(児), 青木国輝, 山口公一, 馬場実(同愛記念病院), 菅原陽子, 石川義人, 敷島康史, 松浦信夫(児): 17th International Congress of Allergology and Clinical Immunology(2000.10.15〜22), Sydney, Allergy Clin. Immunol. Int., (Suppl.2): 49, 2000.

1753. [学会(国際)](ワークショップ) Interleukin-12 affects dermatophagoides farinae (Df)-induced interleukin-4 production by T cells from pediatric patients with mite-sensitive asthma. 野間剛, 吉沢いづみ, 石川義人, 松浦信夫(児): 17th International Congress of Allergology and Clinical Immunology(2000.10.15〜22), Sydney, Allergy Clin. Immunol. Int., (Suppl.2): 49, 2000.

1754. [学会(国際)](一般講演) Long term inhibition of aldosterone attenuates glomerulosclerosis in radiation nephropathy. 中村信也(児), 中村郁子(内), Donnert, E., Brown, N., Vaughan, D., Fogo, A.(Vanderbilt Univ.): United State and Canadian Academy of Pathology Meeting(1999.03.00), サンフランシスコ.

1755. [学会(国際)](一般講演) Effects of dioxins and polychlorinated bipnenyls (PCBs) on thyroid function in infants born in Japan-report from research on environmental health. 松浦信夫(児), 多田裕(東邦大), 近藤直実(岐阜大), 中村好一(自治医大), 森田昌俊: 20th International Symposium on Halogenated Environmental Organic Pollutions & PCBs(2000.08.13〜17), Monterey, California, Organohalogen Compounds, 48: 145〜148, 2000.

1756. [学会(国際)](一般講演) Correlation between antigen-specific IL2 response test and provocation test for egg allergy in atopic dermatitis. 西迫真, 野間剛(児), 小田島博(南福岡病院), 樺沢靖弘(福岡王子病院), 松井猛彦(豊島病院), 馬場実(同愛記念病院), 石川義人, 松浦信夫(児): 17th International Congress of Allergology and Clinical Immunology(2000.10.15〜22), Sydney, Allergy Clin. Immunol. Int., (Suppl.2): 71, 2000.

1757. [学会(国際)](一般講演) Gender differences in metabolic control and quality of life in 2,101 adolescents with type 1 diabetes. Hilary Hoey, H., Mortensen, H.B., Hougaard, P., Lynggaard, H.(National Children's Hosp., Trinity College, Ireland; Glostrup Univ. Hosp., Denmark and Novo Nordisk A/S, Denmark for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes), 松浦信夫(児): 26th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Adolescent Diabetes (ISPAD)(2000.10.31〜11.03), Universal City California, USA.

1758. [学会(国際)](一般講演) Persistent center differences over 3 years in glycemic control and hypoglycemia in a study of 3,805 children and adolescents with type 1 diabetes from the Hvidore Study Group. Danne, T., Mortensen, H.B., Hougaard, P., Lynggaard, H., Aanstoot, H.-J., Chiarelli, F., Daneman, D, Dinesen, B., Dorchy, H., Garandeau, P., Greene, S.A., Hoey, H., Holl, R.W., Kaprio, E.A., Kocova, M., Martul, P, 松浦信夫(児), Robertson, K.J., Schoenle, E.J., Scvik, O., Swift, P.G.F., Tsou, R.M., Vanelli, M., Aman, J.(for The Hvidore Study Group on Childhood Diabetes): 26th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Adolescent Diabetes (ISPAD)(2000.10.31〜11.3), Universal City California.

1759. [学会(国際)](ポスター講演) Plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) is induced directly by angiotensin type T receptor in vivo. 中村信也(児), 中村郁子(内), Donnert, E., Brown, N., Vaughan, D., Fogo, A.(Vanderbilt Univ.): American Society of Nephrology Meeting(1998.00.00), フィラデルフィア.

1760. [学会(国際)](ポスター講演) HLA-DR, DQ genotype, CTLA-4 gene haplotype and heterogeneity of Japanese children with type 1 diabetes mellitus. 松浦信夫, 横田行史, 風張幸司, 風張真由美, 大津成之(児), 野元けい子(生化系): 60th Scientific Sessions of American Diabetes Association (ADA)(2000.06.06〜13), San Antonio, Texas, Daibetes, 49(Suppl.1): 399, 2000.

1761. [学会(国際)](ポスター講演) Apoptotic cell induction among peripheral mononuclear cells in asthma patients in remission. 菅原陽子, 野間剛(児), 青木国輝, 山口公一(同愛記念病院), 石川義人, 松浦信夫(児): 17th International Congress of Allergology and Clinical Immunology(2000.10.15〜22), Sydney, Allergy Clin. Immunol. Int., (Suppl.2): 107, 2000.

1762. [学会(国際)](ポスター講演) The role of CD56+T cells in remission of childhood asthma. 山口公一, 向山徳子(同愛記念病院), 野間剛(児): 17th International Congress of Allergology and Clinical Immunology(2000.10.15〜22), Sydney, Allergy Clin. Immunol. Int., (Suppl.2): 108, 2000.

1763. [学会(国際)](ポスター講演) Modulation of apoptosis in mature B-cell lines secreting dermatophagoides (Df)-specific IgE by T-cell clones from a patient with bronchial asthma in remission. 石川義人, 野間剛, 川野豊, 吉沢いづみ, 菅原陽子, 敷島康史, 松浦信夫(児): 17th International Congress of Allergology and Clinical Immunology(2000.10.15〜22), Sydney, Allergy Clin. Immunol. Int., (Suppl.2): 108, 2000.

1764. [学会(国際)](ポスター講演) Modification of the production of eotaxin by lecithin-bound iodine (LBI). 野間剛, 小泉利香, 菅原陽子, 川野豊, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫(児): 17th International Congress of Allergology and Clinical Immunology(2000.10.15〜22), Sydney, Allergy Clin. Immunol. Int., (Suppl.2): 214, 2000.

1765. [学会(国際)](ポスター講演) Transfer of T4 from mother to fetus is a mechanism for transient hypothyroxinemia in infants born to mothers with poorly controlled Graves' disease. 松浦信夫, 大山宜秀, 柴山啓子, 横田行史, 大津成之(児), 原田正平(池田町立病院): 12th International Thyroid Congress(2000.10.22〜27), 京都.

1766. [学会(国際)](ポスター講演) Assay for thyroid-stimulating antibodies and thyrotropin receptor antibodies in children with Graves' disease. 柴山啓子, 大山宜秀, 横田行史, 大津成之, 松浦信夫(児): 12th International Thyroid Congress(2000.10.22〜27), 京都.

1767. [学会(国際)](ポスター講演) Comparison of mortality and end-stage renal disease (ESRD) between patients in one diabetic center and others in Japanese DERI cohort. 内潟安子(東女医大), 浅尾啓子, 松島雅人(慈恵医大), 大谷敏嘉(東女医大), 松浦信夫(児), 田嶼尚子(慈恵医大), 岩本安彦(東女医大): 26th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Adolescent Diabetes (ISPAD),(2000.10.31〜11.03), Universal City California, USA.

1768. [学会(国際)](ポスター講演) The congenital hydronephrosis diagnosed by fetal echography. 岩波直美, 守屋俊介, 中村信也, 河西紀昭, 飯高喜久雄, 野渡正彦(児), 天野完(産婦), 宋成浩(泌): 7th Asian Congress of Pediatric Nephrology(2000.11.05), シンガポール.

1769. [学会(国際)](ポスター講演) Peritoneal sclerosis in children undergoing peritoneal dialysis. 守屋俊介, 中村信也, 飯高喜久雄, 河西紀昭(児): 7th Asian Congress of Pediatric Nephrology(2000.11.05), シンガポール.

1770. [学会(国際)](ポスター講演) Clinical effects and plasma levels of clonazepam in children with cryptogenic localization-related epilepsies whose seizures were not controlled by zonisamide monotherapy. 三浦寿男, 砂押渉, 武井研二(児): 3rd Asian and Oceanian Epilepsy Congress(2000.11.11〜12), New Delhi, Abstracts, p.80, 2000.

1771. [学会(国際)](ポスター講演) Long-term outcome of epilepsy in children with generalized idiopathic grand mal seizures treated with sodium valproate monotherapy: Clinical course after stopping the therapy. 武井研二, 三浦寿男, 砂押渉(児): 3rd Asian and Oceanian Epilepsy Congress(2000.11.11〜12), New Delhi, Abstracts, p.88, 2000.

1772. [学会(全国)](教育講演) 小児糖尿病. 松浦信夫(児): 第6回日本眼学会総会(2000.03.03〜05), 札幌.

1773. [学会(全国)](教育講演) 小児・若年1型糖尿病の薬物療法; インスリン療法の進歩と新しい治療展開. 松浦信夫(児): 第35回糖尿病学の進歩(2001.02.23〜24), 広島.

1774. [学会(全国)](シンポジウム等) わが国のβ2刺激薬MDIと喘息死; β2刺激薬の免疫に及ぼす影響. 野間剛(児): 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会(2000.04.20〜22), 福岡, アレルギー, 49(2,3): 164, 2000.

1775. [学会(全国)](シンポジウム等) ARDS. 上田康久, 梅原実(児): 第33回日本小児呼吸器疾患学会(2000.11.11), 鹿児島, 抄録集, p.38, 2000.

1776. [学会(全国)](ワークショップ) 気管支喘息患児T細胞に発現するCD47IAPのダニ抗原特異ヒトIgE産生B細胞に対する制御作用. 石川義人, 川野豊, 菅原陽子, 松浦信夫, 野間剛(児): 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会(2000.04.20〜22), 福岡, アレルギー, 49(2,3): 259, 2000.

1777. [学会(全国)](ワークショップ) アトピー性皮膚炎の病変部より吸収された牛乳によりアナフィラキシーを呈した牛乳アレルギーの1症例. 川野豊, 西田俊彦(横浜赤十字病院), 山岸里津子, 野間剛(児): 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会(2000.04.20〜22), 福岡, アレルギー, 49(2,3): 274, 2000.

1778. [学会(全国)](ワークショップ) 小児神経疾患における使用薬剤の保健適応の現状と問題点: ジアゼパムシロップならびに注腸用溶液による熱性けいれんの治療・管理. 三浦寿男(児): 第42回日本小児神経学会総会(2000.06.09), 大阪, 脳と発達, 32(総会号): 100, 2000.

1779. [学会(全国)](ワークショップ) 新生児急性肺障害における気管内吸引液中サイトカイン濃度の推移. 原真人, 梅原実, 箕浦克則, 四倉正博, 関根徹, 上田康久, 福島崇義(児): 第33回日本小児呼吸器疾患学会(2000.11.10), 鹿児島, 抄録集, p.48, 2000.

1780. [学会(全国)](ワークショップ) アレルギー/CD28/80, CD28/86分子のダニ抗原特異ヒトIgE産生成熟B細胞に対する調節作用. 野間剛, 吉沢いづみ, 川野豊, 石川義人, 藤原幸子, 菅原陽子, 松浦信夫(児): 第30回日本免疫学会総会(2000.11.14〜16), 仙台, 日本免疫学会記録, 30: 37, 2000.

1781. [学会(全国)](一般講演) ウイルムス腫瘍におけるWT1遺伝子の欠失と点変異; 11番染色体短腕のLOH (Loss of Heterozygosity)の検討. 中舘尚也(児), 公文和子, 土屋登嗣, 金子安比古(埼玉がんセン): 第57回日本癌学会総会(1998.09.30), 横浜.

1782. [学会(全国)](一般講演) 新生児期に一過性高TSH血症, 幼児期に異所性甲状腺, 12歳時に甲状腺機能低下症と診断された頚部正中異所性甲状腺の1例. 風張幸司, 横田行史, 風張真由美, 大津成之, 柴山啓子, 大山宜秀, 松浦信夫(児): 第10回臨床内分泌代謝:Update(2000.03.17〜18), 高松.

1783. [学会(全国)](一般講演) Scimitar症候群の4歳女児例. 上田康久, 梅原実, 原真人, 箕浦克則, 四倉正博, 関根徹, 福島崇義, 中畑弥生, 石館武夫(児): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 214, 2000.

1784. [学会(全国)](一般講演) 臍帯血単核球細胞に発現するCRTH2抗原の解析. 西迫真, 野間剛, 小泉利香, 佐伯敏亮, 小川倫史, 石川義人, 菅原陽子, 川野豊, 松浦信夫(児), 永田欽也(ビー・エム・エル): 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会(2000.04.20〜22), 福岡, アレルギー, 49 (2,3): 231, 2000.

1785. [学会(全国)](一般講演) 気管支喘息寛解患児におけるダニ抗原刺激末梢血単核細胞のIL-10活性の臨床的意義. 小川倫史, 菅原陽子, 川野豊, 松浦信夫(児), 山口公一(同愛記念病院), 青木国輝(秩父市立病院), 野間剛(児): 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会(2000.04.20〜22), 福岡, アレルギー, 49(2,3): 197, 2000.

1786. [学会(全国)](一般講演) β2刺激薬のIL-5産生に与える作用. 菅原陽子, 石川義人, 佐伯敏亮, 小泉利香, 川野豊, 野間剛(児): 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会(2000.04.20〜22), 福岡, アレルギー, 49(2,3): 199, 2000.

1787. [学会(全国)](一般講演) 1型糖尿病患者の突然死−本邦における'dead in bed syndrome'について−. 宮本茂樹, 佐藤浩一(千葉こども), 今田進(千葉大), 岡田泰助(高知医大), 清野弘明(大田西ノ内病院), 松浦信夫(児): 第42回日本糖尿病学会総会(2000.05.24〜27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.1): 281, 2000.

1788. [学会(全国)](一般講演) 1型糖尿病におけるIA-2抗体の測定およびGAD抗体との組合せ解析. 大津成之(児), 内潟安子(東女医大), 浦上達彦(日大), 川崎英二(長崎大), 菊池信行(横浜市大), 小林哲郎(虎の門病院), 杉原茂孝(東女医大), 丸山太郎(埼玉社会保険病院), 松浦信夫(児): 第42回日本糖尿病学会総会(2000.05.24〜27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.1): 285, 2000.

1789. [学会(全国)](一般講演) 日本人若年発症糖尿病(1型を含む)におけるTNF-1α, TNF-3β遺伝子異常. 檜尾好徳, 鈴木進, 平井完史, 欧陽雪琴, 鈴木千登世, 佐藤譲(東北大), 松浦信夫(児), 豊田隆謙(東北大): 第42回日本糖尿病学会総会(2000.05.24〜27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.1): 91, 2000.

1790. [学会(全国)](一般講演) 小児の覚醒時大発作てんかんに対するsodium valproate単剤治療の効果と血中濃度−断薬後の発作再発例での検討−. 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 細田のぞみ(児): 第17回日本TDM学会(2000.05.20), 仙台, 要旨集, p.80, 2000.

1791. [学会(全国)](一般講演) 海老名総合病院における小児科時間外救急の実態. 福島崇義, 箕浦克則, 中村信也, 古藤秀洋, 武田信裕, 渡辺智子, 岩崎俊之(児): 第14回日本小児救急医学会(2000.06.10), 北九州, 抄録集, p.52, 2000.

1792. [学会(全国)](一般講演) 川崎病患児における左前下降枝の閉塞性病変部位の診断法−経胸壁超音波カラードップラー法の価値−. 広田浜夫, 平石聡, 三沢仁司, 藤野宣之, 堀口泰典, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生(児): 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.07), 鹿児島, 日本小児循環器学会雑誌, 16(3): 259, 2000.

1793. [学会(全国)](一般講演) 経胸壁超音波, ドプラ法による右後下行動脈, 中心静脈血流の検出. 平石聡, 三沢仁司, 広田浜夫, 武田信裕, 堀口泰典, 藤野宣之, 小川夏子(児): 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.06), 鹿児島, 日本小児循環器学会雑誌, 16(3): 427, 2000.

1794. [学会(全国)](一般講演) 子宮内発育遅延児における新生児早期血小板減少症の病態生理の解明(第2報) 血中TPO濃度の検討. 山田俊彦, 野渡正彦, 佐藤雅彦, 荻野純代, 渡辺智子, 柏木好, 三須陽子(児): 第36回日本新生児学会(2000.07.16), 東京.

1795. [学会(全国)](一般講演) 濾紙尿を用いた早産・低出生体重児における尿中有機酸の解析. 内山智明, 横田行史, 野渡正彦, 小口弘毅, 松浦信夫(児): 第36回日本新生児学会総会(2000.07.16〜18), 東京, 日本小児科学会雑誌, 36(2): 242, 2000.

1796. [学会(全国)](一般講演) West症候群に対するACTHとclonazepam併用療法の短期効果と長期予後(続報). 冨加津雅巳, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 島貫郁, 武井研二, 岩崎俊之(児): 第27回日本小児臨床薬理学会(2000.09.08), 久留米, プログラム抄録集, p.43, 2000.

1797. [学会(全国)](一般講演) 必要によりcarbapenem系抗生物質製剤を使用したsodium valproate服用中のてんかん患者4例の薬物動態学的検討. 武井研二, 三浦寿男, 砂押渉(児), 野々山勝人(感染症): 第34回日本てんかん学会(2000.09.22), 東京, てんかん研究, 19(1): 39〜40, 2001.

1798. [学会(全国)](一般講演) Zonisamideの発達薬理と臨床薬理遺伝学的検討(予報). 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押渉, 細田のぞみ, 武井研二(児), 久保博昭(薬学部): 第34回日本てんかん学会(2000.09.22), 東京, てんかん研究, 19(1): 40, 2001.

1799. [学会(全国)](一般講演) Partial DiGeorge Syndromone(DGS)の末梢血単核細胞のアポトーシスの解析. 小川倫史, 野間剛, 菅原陽子, 川野豊(児), 青木国輝(秩父市立病院), 佐伯敏亮, 敷島康史, 石川義人, 西迫真, 山岸里津子, 松浦信夫(児): 第28回日本臨床免疫学会総会(2000.09.28〜30), 東京, 日本臨床免疫学会会誌, 23(4): 379, 2000.

1800. [学会(全国)](一般講演) ランチョンセミナー2: 1型糖尿病治療の新展開. 松浦信夫(児): 第34回日本小児内分泌学会(2000.10.05〜06), 福岡.

1801. [学会(全国)](一般講演) 小児1型糖尿病発症における免疫分子CD30及びCD30リガンド遺伝子の解析. 井原健二, Saifuddin, A., Wafaa, M.A.B., 木村順子, 黒丸龍一(九大), 河野斉, 都研一(福岡こども), 松浦信夫(児), 原寿郎(九大): 第34回日本小児内分泌学会(2000.10.05〜06), 福岡, Clin. Pediatr. Endocrinol., 9(2): 124, 2000.

1802. [学会(全国)](一般講演) 子宮内発育遅延児における新生児早期血小板減少症の病態生理の解明(第2報). 山田俊彦, 今井純好, 河西紀昭(児): 第38回日本社会保険医学会総会(2000.10.13), 下関, 抄録集, p.146, 2000.

1803. [学会(全国)](一般講演) 気管支喘息患児単核細胞のTh2細胞特異抗原, CRTH2の発現に与えるCRTH2抗体, BM16の調節作用. 野間剛, 菅原陽子, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野豊, 松浦信夫, 永田欽也(児): 第37回日本小児アレルギー学会(2000.11.03〜04), 前橋, 日本小児アレルギー学会誌, 14(3): 369, 2000.

1804. [学会(全国)](一般講演) 病因抗原刺激により誘導される鶏卵アレルギー患児単核細胞のTh2細胞特異抗原, CRTH2の臨床的意義. 田中里佳, 菅原陽子, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫, 永田欽也, 川野豊, 野間剛(児): 第37回日本小児アレルギー学会(2000.11.03〜04), 前橋, 日本小児アレルギー学会誌, 14(3): 370, 2000.

1805. [学会(全国)](一般講演) 好酸球増多症を伴った食物アレルギーの1乳児例/血清サイトカインの検討. 宮田康弘, 釼持学, 小川倫史, 石川義人, 佐伯敏亮, 菅原陽子, 川野豊, 野間剛, 松浦信夫(児): 第37回日本小児アレルギー学会(2000.11.03〜04), 前橋, 日本小児アレルギー学会誌, 14(3): 427, 2000.

1806. [学会(全国)](一般講演) 新生児における硫酸アルベカシンの微量血中濃度測定とNON MEMによる薬物動態解析. 柏木好(児), 木村利美(薬剤), 佐藤雅彦, 山田俊彦(児), 野々山勝人(感染症), 佐藤雅彦, 野渡正彦, 松浦信夫(児), 砂川慶介(感染症): 第45回日本未熟児新生児学会(2000.11.01〜03), 新潟, 日本未熟児新生児学会雑誌, 12(3): 373, 2000.

1807. [学会(全国)](一般講演) 小児呼吸器疾患におけるI-123IMP肺シンチグラムの検討. 関根徹, 梅原実, 箕浦克則, 四倉正博, 原真人, 上田康久, 福島崇義(児): 第33回日本小児呼吸器疾患学会(2000.11.10), 鹿児島, 抄録集, p.66, 2000.

1808. [学会(全国)](一般講演) ARDSを呈した新生児Chlamydia trachomatis肺炎の1例. 中畑弥生, 梅原実, 箕浦克則, 四倉正博, 関根徹, 原真人, 上田康久, 福島崇義, 古川真祐(児): 第33回日本小児呼吸器疾患学会(2000.11.10), 鹿児島, 抄録集, p.67, 2000.

1809. [学会(全国)](一般講演) 気管支カルチノイドの1女児例. 福島崇義, 梅原実, 箕浦克則, 四倉正博, 関根徹, 原真人, 上田康久(児), 品田純(胸外), 青木由紀(放): 第33回日本小児呼吸器疾患学会(2000.11.11), 鹿児島, 抄録集, p.78, 2000.

1810. [学会(全国)](一般講演) ダニ抗原誘発気管支喘息患児末梢血単核細胞におけるIL-13産生についての検討. 佐伯敏亮, 川野豊, 松浦信夫, 野間剛(児): 第50回日本アレルギー学会総会(2000.11.30〜12.02), 横浜, アレルギー, 49(9,10): 895, 2000.

1811. [学会(全国)](一般講演) RSウイルス感染乳幼児の気道におけるIL-12産生亢進の臨床的意義. 野間剛, 小川倫史, 菅原陽子, 川野豊, 石川文子, 石川義人, 松浦信夫(児): 第50回日本アレルギー学会総会(2000.11.30〜12.02), 横浜, アレルギー, 49(9,10): 917, 2000.

1812. [学会(全国)](一般講演) 気管支喘息患児T細胞に発現するCD47/IAPのダニ抗原誘導IFN-γの産生に対する作用. 石川義人, 菅原陽子, 佐伯敏亮, 川野豊, 松浦信夫, 野間剛(児): 第50回日本アレルギー学会総会(2000.11.30〜12.02), 横浜, アレルギー, 49(9,10): 924, 2000.

1813. [学会(全国)](一般講演) 気管支喘息患者末梢血リンパ球におけるロキシスロマイシン(ROX)のアポトーシス誘導作用. 菅原陽子, 小泉利香, 藤原幸子, 藤武義人, 小川倫史, 西迫真, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野豊, 松浦信夫, 野間剛(児): 第50回日本アレルギー学会総会(2000.11.30〜12.02), 横浜, アレルギー, 49(9,10): 924, 2000.

1814. [学会(全国)](ポスター講演) SIDSにおける脂肪酸代謝異常−MS/MSによるアシルカルニチン分析と病理所見との対比−. 内山智明, 松浦信夫(児), 重松陽介(福井医大): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 217, 2000.

1815. [学会(全国)](ポスター講演) 肺炎球菌関連血球貪食症候群の1例における炎症性サイトカインの検討. 西迫真, 石川義人, 小川倫史, 岩波直美, 菅原陽子, 佐伯敏亮, 川野豊, 野間剛, 松浦信夫(児): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 222, 2000.

1816. [学会(全国)](ポスター講演) 当院で経験した血球貪食症候群(HPS)の臨床的検討. 石川義人, 西迫真, 小川倫史, 岩波直美, 菅原陽子, 佐伯敏亮, 川野豊, 野間剛, 松浦信夫(児): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 222, 2000.

1817. [学会(全国)](ポスター講演) 小児急性リンパ性白血病における長期生存例の検討. 中舘尚也, 平山ハルナ, 西村真理子, 中畑弥生, 三宅泉, 松浦信夫(児): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 232, 2000.

1818. [学会(全国)](ポスター講演) ネフローゼ症候群を呈したIgA腎症の検討. 本山治, 重富ゆかり, 小島靖子, 橋本卓史, 星野宏, 瀬川昌巳, 岡本有美子, 高城慎平(東邦大), 飯高喜久雄(児): 第103回日本小児科学会学術集会(2000.04.15), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 269, 2000.

1819. [学会(全国)](ポスター講演) 未治療のてんかん患者の映像点滅刺激時の脳波所見. 砂押渉, 三浦寿男, 白井宏幸, 細田のぞみ, 島貫郁, 武井研二, 片山文彦, 岩崎俊之, 冨加津雅巳(児): 第103回日本小児科学会学術集会(2000.04.15), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 275, 2000.

1820. [学会(全国)](ポスター講演) West症候群に対するACTHとclonazepam併用療法の短期効果と長期予後. 冨加津雅巳, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 島貫郁, 武井研二, 岩崎俊之(児): 第103回日本小児科学会学術集会(2000.04.15), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 277, 2000.

1821. [学会(全国)](ポスター講演) 小児慢性特定疾患治療研究事業での全国的登録・管理・評価. 加藤忠明(こども家庭総合研), 斎藤進(昭和大), 中澤眞平(山梨医大), 澤田淳(京都府立医大), 内山聖(新潟大), 森川昭廣(群馬大), 石澤瞭(国立小児病院), 奥野晃正, 伊藤善也(旭川医大), 宮田晃一郎(鹿児島大), 松浦信夫(児), 黒田泰弘(徳島大), 小宮山淳(信州大), 飯沼一宇(東北大), 住友眞佐美(都衛生局), 竹内義廣(京都府立医大), 青木菊麿(女子栄養大), 中村敬, 田中敏章(国立小児), 山縣然太朗(山梨医大), 柳澤正義(東大): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 295, 2000.

1822. [学会(全国)](ポスター講演) 気管支喘息患児リンパ球におけるアポトーシスの解析. 野間剛, 菅原陽子(児), 山口公一(同愛記念病院), 青木国輝(秩父市立病院), 山岸里津子, 敷島康史, 西迫真, 川野豊, 石川義人, 松浦信夫(児): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 309, 2000.

1823. [学会(全国)](ポスター講演) 好酸球著増を伴い食物アレルギーを示したアトピー性皮膚炎の1乳児例. 宮田康弘, 岩波直美, 小川倫史, 西迫真, 石川義人, 山岸里津子, 菅原陽子, 佐伯敏亮, 川野豊, 野間剛, 松浦信夫(児): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 310, 2000.

1824. [学会(全国)](ポスター講演) 病因抗原刺激により誘導される鶏卵アレルギー患児単核細胞のTh2細胞特異抗原CRTH2の発現解析. 山岸里津子, 野間剛, 菅原陽子, 小川倫史, 西迫真, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫, 川野豊(児), 永田欽也(ビーエムエル): 第103回日本小児科学会総会(2000.04.14〜16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 310, 2000.

1825. [学会(全国)](ポスター講演) 超高速CTで得られる冠動脈病変の広がりは閉塞性病変を区別しうるか. 堀口泰典, 小川夏子, 釼持学, 平石聡, 三沢仁司, 藤野宣之, 広田浜夫, 武田信裕(児): 第103回日本小児科学会学術集会(2000.04.16), 和歌山, 日本小児科学会雑誌, 104(2): 316, 2000.

1826. [学会(全国)](ポスター講演) 小児期発症1型糖尿病におけるHLA classU抗原遺伝子とCTLA-4遺伝子の関連について. 野元けい子(生化系), 横田行史, 風張幸司, 風張真由美, 大津成之(児), 菊池信行(横浜市大), 伊藤善也(旭川医大), 小池明美(幌南病院), 福島直樹(市立札幌病院), 松浦信夫(児): 第42回日本糖尿病学会総会(2000.05.24〜27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.1): 126, 2000.

1827. [学会(全国)](ポスター講演) 小児・思春期糖尿病における血糖コントロールと生活の質(QOL)の検討. 松浦信夫, 横田行史(児), 立花克彦, 安達昌功(神奈川こども), 菊池信行(横浜市大), 小池明美(幌南病院), Hvidore国際小児思春期糖尿病研究グループ: 第42回日本糖尿病学会総会(2000.05.24〜27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.1): 168, 2000.

1828. [学会(全国)](ポスター講演) コントロール不良1型糖尿病患者の病気の受容に関する解析. 三木裕子(東大), 兼松幸子(東女医大), 五十嵐裕(五十嵐小児科), 小池明美(幌南病院), 鬼形和道(群馬大), 松浦信夫(児): 第42回日本糖尿病学会総会(2000.05.24〜27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.1): 168, 2000.

1829. [学会(全国)](ポスター講演) インスリン依存型糖尿病(IDDM)患者における腎症の治療薬の開発研究. 片山茂裕, 吉川隆一, 田嶼尚子(慈恵医大), 内潟安子(東女医大), 佐々木望(埼玉医大), 松浦信夫(児), 浦上達彦(日大), 大橋靖雄: 第42回日本糖尿病学会総会(2000.05.24〜27), 名古屋, 糖尿病, 43(Suppl.1): 269, 2000.

1830. [学会(全国)](ポスター講演) てんかんを合併した特異な歩行を示すcentronuclear (myotubular) myopathyの1例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 島貫郁, 武井研二, 片山文彦, 冨加津雅巳(児): 第42回日本小児神経学会総会(2000.06.09), 大阪, 脳と発達, 32(総会号): 270, 2000.

1831. [学会(全国)](ポスター講演) 当院で経験した超低出生体重児の腹膜透析施行例の検討. 隅越誠, 守屋俊介, 越野浩江, 朝長香, 中村信也, 野渡正彦, 飯高喜久雄, 河西紀昭(児): 第35回日本小児腎臓病学会(2000.06.23), 福岡.

1832. [学会(全国)](ポスター講演) BWG症候群の1学童例−運動負荷時の左室心筋虚血機転−. 中畑弥生, 広田浜夫, 三沢仁司, 堀口泰典, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 平石聡(児): 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.07), 鹿児島.

1833. [学会(全国)](ポスター講演) 出生後早期の肺循環系の変化−心エコー法による検討. 小川夏子, 平石聡, 三沢仁司, 堀口泰典, 広田浜夫, 武田信裕(児): 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.07), 鹿児島, 日本小児循環器学会雑誌, 16(3): 529, 2000.

1834. [学会(全国)](ポスター講演) 縮窄を有する大動脈の電子ビームCT三次元画像による形態評価−大動脈弓はまな板には乗っていない−. 堀口泰典, 小川夏子, 平石聡, 三沢仁司, 藤野宣之, 広田浜夫, 武田信裕(児): 第36回日本小児循環器学会総会(2000.07.07), 鹿児島, 日本小児循環器学会雑誌, 16(3): 534, 2000.

1835. [学会(全国)](ポスター講演) わが国の小児糖尿病発生率−医療意見書からの登録とその問題点. 松浦信夫, 横田行史, 大津成之, 風張幸司, 風張真由美(児), 加藤忠明, 柳澤正義(東大): 第34回日本小児内分泌学会(2000.10.05〜06), 福岡, Clin. Pediatr. Endocrinol., 9(2): 146, 2000.

1836. [学会(全国)](ポスター講演) 小児期1型糖尿病の成長に関する検討; この20年間で最終身長は改善したか. 伊藤善也, 三浦菜生, 石井拓磨, 蒔田芳男, 上田修, 奥野晃正, 藤枝憲二(旭川医大), 母坪智行(札幌医大), 松浦信夫(児): 第34回日本小児内分泌学会(2000.10.05〜06), 福岡, Clin. Pediatr. Endocrinol., 9(2): 147, 2000.

1837. [学会(全国)](ポスター講演) 小児期発症頭蓋咽頭腫の術後内分泌機能と生命・社会的予後. 横田行史, 大津成之, 風張幸司, 大山宜秀, 松浦信夫(児): 第34回日本小児内分泌学会(2000.10.05〜06), 福岡, Clin. Pediatr. Endocrinol., 9(2): 151, 2000.

1838. [学会(全国)](ポスター講演) 機能性副腎皮質癌4例の予後と病理組織学的特徴. 三須陽子(児), 蒋世旭(病理), 横田行史(児), 柴田雅彦(北大), 篠原治(東海大), 亀谷徹(病理), 松浦信夫(児): 第34回日本小児内分泌学会(2000.10.05〜06), 福岡, Clin. Pediatr. Endocrinol., 9(2): 2000.

1839. [学会(全国)](ポスター講演) Segmental dilatation of the ileum の2症例. 渡辺智子, 柏木好, 三須陽子, 荻野純代, 山田俊彦, 佐藤雅彦, 野渡正彦, 松浦信夫(児): 第45回日本未熟児新生児学会(2000.11.01〜03), 新潟, 日本未熟児新生児学会雑誌, 12(3): 506, 2000.

1840. [学会(全国)](ポスター講演) 慢性肺疾患に対するDexamethasone療法により著明な高血糖・高浸透圧血症をきたし死亡した1例. 長谷川豪, 石川文子, 三須陽子, 柏木好, 渡辺智子, 大津成之, 荻野純代, 山田俊彦, 佐藤雅彦, 野渡正彦, 横田行史, 松浦信夫(児): 第45回日本未熟児新生児学会(2000.11.01〜03), 新潟, 日本未熟児新生児学会雑誌, 12(3): 516, 2000.

1841. [学会(全国)](ポスター講演) 片側完全重複腎盂尿管, 両側膀胱尿管逆流を認めたSotos症候群の1男児例. 本山治, 重富ゆかり, 田島英治, 新井兼司, 相川厚, 小原武博, 長谷川昭(東邦大), 飯高喜久雄(児): 第30回日本腎臓学会東部学術集会(2000.11.09), 東京, 予稿集, 42(6): 531, 2000.

1842. [学会(全国)](ポスター講演) 小児Henoch-Schonlein Purpura (HPS)における治療成績と長期予後の検討. 神前泰希, 隅越誠, 三宅泉, 中舘尚也, 松浦信夫(児): 第42回日本臨床血液学会(2000.11.08), 倉敷, 臨床血液, 41(10): 1009, 2000.

1843. [学会(全国)](ポスター講演) T細胞にclonalityを認めたPrimary (Familial) Hemophagocytic lymphohistiocytosisの1例. 中舘尚也, 三宅泉, 松浦信夫(児), 木村暢宏(福岡大), 石井栄一(浜の町病院), 今宿晋作(京都市衛生研): 第42回日本臨床血液学会(2000.11.08〜10), 倉敷, 臨床血液, 41(10): 1009, 2000.

1844. [学会(全国)](ポスター講演) 肺炎球菌急性喉頭蓋炎に併発した血球貪食症候群(HPS)女児例における骨髄及び末梢血単核細胞のアポトーシスの検討. 岩波直美, 野間剛, 石川義人, 小川倫史, 西迫真, 菅原陽子, 佐伯敏亮, 敷島康史, 川野豊, 松浦信夫(児): 第42回日本臨床血液学会(2000.11.08〜10), 倉敷, 臨床血液, 41(10): 1094, 2000.

1845. [学会(全国)](ポスター講演) シクロスポリンAにリポ化ステロイドを併用し寛解に至った血球貪食症候群(HPS)の2乳幼児例. 田久保憲行, 小川倫史, 岩波直美, 石川義人, 石川文子, 佐伯敏亮, 野間剛, 松浦信夫(児): 第42回日本臨床血液学会(2000.11.08〜10), 倉敷, 臨床血液, 41(10): 1095, 2000.

1846. [学会(全国)](ポスター講演) 当院で経験した血球貪食症候群(HPS) 14例の検討. 石川義人, 野間剛, 岩波直美, 小川倫史, 西迫真, 菅原陽子, 佐伯敏亮, 川野豊, 松浦信夫(児): 第42回日本臨床血液学会(2000.11.08〜10), 倉敷, 臨床血液, 41(10): 1146, 2000.

1847. [学会(全国)](ポスター講演) 母乳中のダイオキシン曝露が乳児甲状腺機能に及ぼす影響−新生児濾紙血TSH値と1年時TSH値との相関. 内山智明, 柴山啓子, 松浦信夫(児), 福士勝(札幌市衛研), 山上祐次(神奈川県予防医学協会): 第27回日本マス・スクリーニング学会(99.10.08〜09), 名古屋, 日本マス・スクリーニング学会誌, 9(2): 75, 1999.

1848. [学会(地方)](一般講演) 超低出生体重児にみられた消化管穿孔の検討. 藤武義人, 佐藤雅彦, 野渡正彦(児): 第244回日本小児科学会神奈川県地方会(2000.04.22), 横浜.

1849. [学会(地方)](一般講演) ミクロペニス9例における少量テストステロン療法の効果. 玉井伸哉, 山本麻子, 後藤亮, 関根徹, 飯高喜久雄(児): 第244回日本小児科学会神奈川県地方会(2000.04.22), 横浜.

1850. [学会(地方)](一般講演) 肺炎球菌特異IgG2低下症における免疫学的解析. 石川文子, 西迫真, 石川義人, 川野豊, 敷島康史, 佐伯敏亮, 野間剛, 松浦信夫(児): 第244回日本小児科学会神奈川県地方会(2000.04.22), 横浜.

1851. [学会(地方)](一般講演) 重症麻疹肺炎10例の臨床的検討. 隅越誠, 梅原実, 原真人, 上田康久, 福島崇義, 岩波直美, 松浦信夫(児): 第245回日本小児科学会神奈川県地方会(2000.06.17), 横浜.

1852. [学会(地方)](一般講演) Burton型無ガンマグロブリン血症の1例. 釼持学, 小川夏子, 堀口泰典, 石川義人, 佐伯敏亮, 野間剛, 松浦信夫(児): 第245回日本小児科学会神奈川県地方会(2000.06.17), 横浜.

1853. [学会(地方)](一般講演) 医療と教育の連携で通学が可能となった重度重複障害の1女児例. 細田のぞみ, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉(児): 第33回日本小児神経学会関東地方会(2000.09.30), 東京, 抄録集, p.17, 2000.

1854. [学会(地方)](一般講演) 続発性肺水腫を呈した溺水の1乳児例. 釼持学, 梅原実, 武田信裕, 上田康久, 原真人, 福島崇義, 松浦信夫(児): 第248回日本小児科学会神奈川県地方会(2001.02.03), 横浜.

1855. [学会(地方)](一般講演) 当科で経験した特発性血小板減少性紫斑病の臨床像. 阿部泰子, 中舘尚也, 三宅泉, 松浦信夫(児): 第248回日本小児科学会神奈川県地方会(2001.02.03), 横浜.

1856. [研究会(全国)](特別講演) ネフローゼ症候群と感染症. 守屋俊介, 飯高喜久雄(児): ネフローゼ免疫研究会(2000.05.12), 名古屋.

1857. [研究会(全国)](教育講演) てんかん治療とTDM: てんかんとTDM. 三浦寿男(児): 第29回薬物治療モニタリング研究会特別ゼミナール(2000.09.10), 東京, Clinical Pharmaco-Kineticsの理論と実際, p.1〜7, 2000.

1858. [研究会(全国)](一般講演) 気管支喘息患者末梢血リンパ球におけるロキシスロマイシンのアポトーシス誘導作用. 菅原陽子, 小泉利香, 小川倫史, 石川義人, 佐伯敏亮, 野間剛, 松浦信夫(児): 第7回マクロライド新作用研究会(2000.07.14〜15), 東京, プログラム, p.7, 2000.

1859. [研究会(全国)](一般講演) Zonisamideの発達薬理と臨床薬理遺伝学的検討(予報). 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押渉, 細田のぞみ, 武井研二(児), 久保博昭(薬学部): 第12回てんかん治療研究振興財団研究報告会(2000.08.04), 大阪, 抄録集, p.35〜36, 2000.

1860. [研究会(全国)](一般講演) 気管支喘息患児末梢血単核細胞におけるアポトーシスの解析. 野間剛, 菅原陽子, 藤原幸子, 川野豊(児): 第4回アレルギーと反復感染症を考える会(2000.08.19〜20), 山梨.

1861. [研究会(全国)](一般講演) 肺炎, 中耳炎などの感染を繰り返しidiopathic DD4+ T-lymphocytopenia (ICL)と考えられた1男児例の検討. 青木国輝(同愛記念病院), 川野豊, 野間剛(児), 岩崎栄作, 向山徳子(同愛記念病院): 第46回臨床アレルギー研究会(2000.10.07), 大阪, 治療, 81(10): 2657, 2000.

1862. [研究会(全国)](一般講演) 気管支喘息を合併した小児皮膚筋炎の1例. 藤武義人, 石川義人, 敷島康史, 佐伯敏亮, 川野豊, 野間剛(児): 第10回日本リウマチ研究会(2000.10.14), 千葉, 抄録集, p.20, 2000.

1863. [研究会(全国)](一般講演) シクロスポリンが奏功した皮膚筋炎の1女児例. 石川義人, 藤武義人, 敷島康史, 佐伯敏亮, 川野豊, 野間剛(児): 第10回日本リウマチ研究会(2000.10.14), 千葉, 抄録集, p.22, 2000.

1864. [研究会(全国)](一般講演) 皮膚筋炎患児末梢血単核細胞におけるアポトーシスの解析. 野間剛, 石川義人, 佐伯敏亮, 菅原陽子, 川野豊, 松浦信夫(児): 第10回日本リウマチ研究会(2000.10.14), 千葉, 抄録集, p.23, 2000.

1865. [研究会(全国)](一般講演) 児に典型的なIDM症状を認めたが, 母体のDM合併を証明し得なかった母児例. 田中里佳, 佐藤雅彦, 神前泰希, 隅越誠, 石川文子, 大津成之, 風張幸司, 野渡正彦, 横田行史, 松浦信夫(児): 第16回糖尿病と妊娠に関する研究会(2000.12.02), 長崎.

1866. [研究会(全国)](一般講演) 北里大学病院救命救急センターにおける小児虐待の実態調査. 相川公代, 野崎祐子, 楠本久美子, 佐藤ゆかり, 金井佐都美(看護部), 佐藤千穂子(精), 法由美子(総合相談部), 内藤剛彦, 大田剛穂, 中舘尚也, 松浦信夫(児): 日本こどもの虐待防止研究会第6回学術集会(2000.12.08), 名古屋.

1867. [研究会(全国)](一般講演) 胎児心房粗動(AF)の女児例; Flecainideの使用経験. 岩波直美, 広田浜夫, 小川夏子, 平石聡(児), 天野完(産婦): 第7回日本胎児心臓病研究会(2001.02.16), 大阪.

1868. [研究会(地方)](特別講演) レニンアンジオテンシンと腎硬化について. 中村信也(児): 東京腎生理集談会(2000.04.14), 東京.

1869. [研究会(地方)](特別講演) 小児紫斑病性腎炎. 守屋俊介, 飯高喜久雄(児): 関東小児腎臓研究会(2000.06.10), 東京.

1870. [研究会(地方)](特別講演) 熱性けいれんをめぐる最近の話題. 三浦寿男(児): 第135回横浜市救急医療研修会(2000.10.12), 横浜, 抄録集, p.6〜7, 2001.

1871. [研究会(地方)](教育講演) 子供達を育むために私達ができること−家庭と学校と医療が力を合わせて−. 細田のぞみ(児): 神奈川県肢体不自由養護学校PTA連合会平成12年度第1回研修会(2000.09.26), 横浜.

1872. [研究会(地方)](教育講演) てんかんを知ろう; 園でてんかん発作が起こったら. 細田のぞみ(児): 相模原医師会保育園部会講演会(2000.10.09), 相模原.

1873. [研究会(地方)](シンポジウム等) 北里大学病院における虐待防止システム(CAPS)の現状について. 中舘尚也(児), 法由美子(総合相談部), 佐藤千穂子, 野崎祐子(看護部): 神奈川県臨床心理士研修会(2001.03.04), 横浜.

1874. [研究会(地方)](一般講演) 神経芽細胞腫の治療終了後に発症した二次性白血病. 中舘尚也, 三宅泉, 松浦信夫(児): 第39回神奈川血液研究会(1999.02.13), 横浜.

1875. [研究会(地方)](一般講演) 治療終了後8年後に白血病を発症した神経芽細胞腫. 中舘尚也, 平山ハルナ, 石井義人, 松浦信夫(児): 第30回神奈川小児悪性腫瘍研究会(1999.03.13), 横浜.

1876. [研究会(地方)](一般講演) PROMに伴う肺低形成の検討. 柏木好, 野渡正彦, 三須陽子(児): 神奈川県サーファクタント研究会(2000.06.10), 横浜.

1877. [研究会(地方)](一般講演) 未治療のてんかん患児に対する映像点滅刺激時の脳波所見ならびに治療による光感受性の変化. 砂押渉, 三浦寿男, 白井宏幸, 細田のぞみ, 島貫郁, 武井研二, 片山文彦, 岩崎俊之, 冨加津雅巳(児): 第26回神奈川小児神経懇話会(2000.07.01), 横浜, 抄録集, p.7, 2000.

1878. [研究会(地方)](一般講演) West症候群に対するACTHとclonazepam併用療法の短期効果と長期予後. 冨加津雅巳, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 島貫郁, 武井研二, 岩崎俊之(児): 第46回神奈川てんかん懇話会(2000.07.15), 横浜, 神奈川県精神医学会誌, (50): 79〜80, 2000.

1879. [研究会(地方)](一般講演) Granulocyte colony stimulating factor併用療法により寛解に至ったウイルス関連血球貪食症候群の1男児例: 血清中の炎症性サイトカインの検討. 岩波直美, 野間剛, 川野豊, 石川義人, 小川倫史, 松浦信夫(児): 第42回神奈川血液研究会(2000.09.02), 横浜.

1880. [研究会(地方)](一般講演) 当院で経験した血球貪食症候群(HPS) 14例の検討. 石川義人, 岩波直美, 小川倫史, 佐伯敏亮, 野間剛, 松浦信夫(児): 第42回神奈川血液研究会(2000.09.02), 横浜.

1881. [研究会(地方)](一般講演) T細胞にclonalityを認めたPrimary (Familial) Hemophagocytic Lymphohistiocytosisの1例. 中舘尚也, 三宅泉, 松浦信夫(児), 木村暢宏(福岡大), 豊田恭徳(神奈川県立こども医療セン), 石井栄一(浜の町病院): 第42回神奈川血液研究会(2000.09.02), 横浜.

1882. [研究会(地方)](一般講演) Primary (Familial) Hemophagocytic Lymphohistiocytosis (HLH)におけるαβT細胞のclonality解析. 中舘尚也, 長山ハルナ, 三宅泉, 松浦信夫(児), 木村暢宏(福岡大), 豊田恭徳(県立こども医療セン), 石井栄一(浜の町病院): 第2回神奈川血液・免疫フォーラム(2000.11.18), 相模原.

1883. [研究会(地方)](一般講演) 難治てんかんに対するclobazamの効果(予報). 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押渉, 細田のぞみ, 島貫郁, 岩崎俊之, 片山文彦, 冨加津雅巳(児): 第27回神奈川小児神経懇話会(2001.01.27), 横浜, 抄録集, p.5, 2001.

1884. [研究会(地方)](一般講演) 発熱誘発けいれん後に意識障害・視覚認知障害をきたし脳症と診断した1女児例(ビデオ). 冨加津雅巳, 白井宏幸, 堀田英夫, 敷島康史(児), 前川貴伸, 上原大志, 川崎いずみ(茅ヶ崎徳州会総合病院), 三浦寿男(児): 第27回神奈川小児神経懇話会(2001.01.27), 横浜, 抄録集, p.8, 2001.

1885. [研究会(地方)](一般講演) Leigh脳症に合併した点頭てんかんの1例. 武井研二, 三浦寿男, 砂押渉, 内山智明, 石川文子, 隅越誠(児): 第47回神奈川てんかん懇話会(2001.02.17), 横浜, 神奈川県精神医学会誌, (51), 2001.

1886. [研究会(地方)](一般講演) 発症時に血小板減少を伴った肝芽腫の1例. 中舘尚也, 中畑弥生, 阿部泰子, 武田良淳, 松浦信夫(児): 第34回神奈川小児悪性腫瘍研究会(2001.03.10), 横浜.

<<19 産科学>>

1887. [原著] Perinatal risk factors related to neurologic outcome of term newborns with asphyxia at birth: A prospective study. Asakura, H., Ichikawa, H., Nakabayashi, M., Ando, K., Kaneko, K., Kawabata, M., 谷昭博(産婦), Satoh, M., Takahashi, K., Sakamoto, S.: J. Obstet. Gynaecol. Res., 26(5): 313〜324, 2000.

1888. [原著] Effect of high amniotic fluid pressure on fetal circulation. 吉原一, 根本荘一, 菅博胤, 島田信宏, 西島正博, 塩津英之(産婦), Satoh, K.(Jinsenkai Medical Institute): J. Perinat. Med., 28: 221〜227, 2000.

1889. [原著] 不安神経症合併妊娠へのチームアプローチの重要性について. 新井陽子, 長南記志子, 勝島由紀子(総合相談部), 貞国太志(精), 斉藤克, 西島正博(産婦): 神奈川母性衛生学誌, 4(1): 24〜27, 2000.

1890. [原著] 選択的誘発・麻酔分娩(<40週)例の周産期予後. 天野完, 斉藤克, 谷昭博, 吉原一, 島田信宏, 西島正博(産婦): 日本産婦人科学会関東連合地方部会会報, 37: 35〜39, 2000.

1891. [原著] 分娩時体重が分娩予後, 新生児予後に与える影響. 斉藤克, 前原大介, 谷昭博, 吉原一, 天野完, 島田信宏, 西島正博(産婦): 分娩と麻酔, 80: 15〜19, 2000.

1892. [総説] 肥満妊婦の分娩予後. 西島正博, 吉原一, 斉藤克(産婦): 産婦人科の実際, 50(1): 125〜128, 2001.

1893. [総説] 胎児奇形検査. 吉原一(産婦): 産婦人科治療, 80(増刊): 225〜227, 2000.

1894. [総説] わが教室におけるpreterm PROM (pPROM)の管理の実際. 西島正博, 天野完, 田口雅之(産婦): 産婦人科治療, 81(3): 313〜316, 2000.

1895. [総説] プライマリケアにおける妊娠初期妊婦の診かた. 西島正博, 前原大介(産婦): 治療, 82(7): 1908〜1916, 2000.

1896. [総説] 予定日超過(予定日以降の)妊娠の取り扱い. 西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会雑誌, 52(8): 1273〜1280, 2000.

1897. [総説] 過期産の分娩対策. 西島正博, 斉藤克(産婦): 臨床婦人科産科, 54(5): 670〜672, 2000.

1898. [講座] 周産期医療−21世紀の展望−無痛分娩−最近の動向. 天野完(産婦): 産科と婦人科, 68(3): 378〜385, 2001.

1899. [講座] NST (Non Stress Test). 西島正博, 前原大介(産婦): 産婦人科治療, 80(増): 217〜220, 2000.

1900. [講座] 麻酔分娩のインフォームド・コンセント. 天野完(産婦): 周産期医学, 30(4): 2000〜2004, 2000.

1901. [講座] 破水の検査. 谷昭博(産婦): 周産期医学, 30(増): 307〜310, 2000.

1902. [講座] バランス麻酔. 天野完(産婦): 臨床婦人科産科, 54: 1013〜1015, 2000.

1903. [学術書](分担執筆) 産科手術と処置; 羊水穿刺吸入と人工羊水注入, 33: 302〜317, 天野完(産婦). 編集 千葉喜英(国立循環器病センター), 中山書店, 東京, 2000.11.30発行.

1904. [学術書](分担執筆) 看護のための最新医学講座; 胎児の発育と検査法, 15: 49〜59, 天野完(産婦). 編集 岡村州博(東北大), 中山書店, 東京, 2001.02.10発行.

1905. [学術書](分担執筆) 臨床薬物治療学; 妊娠悪阻, 妊娠中毒症, 陣痛微弱, 分娩誘発, p.737〜739, 742〜745, 746〜749, 吉原一(産婦). 編集 医療薬学研究協議会, アークメディア, 東京, 2000.04.19発行.

1906. [学術書](分担執筆) 周産期の生理学; 羊水の生理と動態, p.109〜114, 西島正博, 谷昭博, 前田宗徳(産婦). 編集 寺尾俊彦(浜松医大), メディカ出版, 大阪, 2000.12.10発行.

1907. [学術書](分担執筆) インフォームド・コンセントガイダンス−周産期編−; 産科麻酔, 無痛分娩, p.315〜319, 西島正博(産婦). 編集 佐藤和雄, 水口弘司, 先端医学社, 東京, 2000.05.01発行.

1908. [学術書](分担執筆) 新生児学, 第2版; (第2章)新生児をみるための胎児学・産科学; 1.妊娠と分娩, p.45〜53, 西島正博(産婦). 編集 小川雄之亮, 多田裕, 中村肇, 仁志田博司, メヂカ出版, 大阪, 2000.05.01発行.

1909. [学術書](分担執筆) 新女性医学大系7.産婦人科薬物療法; ii.子宮収縮抑制薬, p.339〜343, 西島正博(産婦). 編集 武谷雄二, 青野敏博, 麻生武志, 中野仁雄, 野沢志郎, 玉谷輝彦, 中山書店, 東京, 2000.06.30発行.

1910. [学術書](分担執筆) 新女性医学大系; 33.産科手術と処置 J.産科麻酔, p.191〜202, 西島正博(産婦). 編集 武谷雄二, 青野敏博, 麻生武志, 中野仁雄, 野沢志郎, 千葉喜英, 中山書店, 東京, 2000.11.00発行.

1911. [学術書](分担執筆) 今日の治療指針; 分娩誘発と分娩促進法, p.778, 西島正博(産婦). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 山口徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2001.01.00発行.

1912. [学会(全国)](一般講演) 胎児期の腎盂拡大と新生児予後−前方視的検討. 望月純子, 天野完, 西島正博(産婦), 野渡正彦(児), 宋成浩(泌): 第36回日本新生児学会(2000.07.18), 東京.

1913. [学会(全国)](一般講演) 肥満が分娩予後におよぼす影響についての検討. 内野直樹, 本橋恵美子, 根本玲子, 大河原聡, 望月愛郎(産婦): 第38回日本社会保険医学会(2000.10.15), 下関.

1914. [学会(全国)](ポスター講演) 分娩時持続硬膜外麻酔の有用性(第1報). 望月純子, 斉藤克, 前原大介, 田口雅之, 荒井忠士, 天野完, 西島正博(産婦): 第20回日本臨床麻酔学会(2000.10.25), 佐賀.

1915. [学会(全国)](ポスター講演) 硬膜外麻酔による精神疾患合併妊婦の分娩管理. 斉藤克, 望月純子, 前原大介, 田口雅之, 天野完, 西島正博(産婦): 第20回日本臨床麻酔学会(2000.10.25), 佐賀.

1916. [学会(全国)](ポスター講演) 内膜細胞診がPSTTの診断のきっかけとなった1例. 鴨下詠美, 金井雄二, 新井正秀, 田口明, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦), 横山大, 山口優美子(病院病理): 第39回日本臨床細胞学会秋期大会(2000.11.18), 大宮, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S2): 379, 2000.

1917. [学会(全国)](ポスター講演) 脊髄損傷男性不妊に対する体外受精の検討. 本橋恵美子, 根本玲子, 望月愛郎, 内野直樹(産婦): 第45回日本不妊学会(2000.11.23〜24), 神戸.

1918. [学会(地方)](特別講演) 分娩時麻酔の現況. 西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会石川地方部会(2001.01.13), 石川.

1919. [学会(地方)](一般講演) 羊水過少例の周産期予後. 安藤久美, 隅越かつ子, 天野完, 西島正博(産婦): 第99回日本産科婦人科学会関東連合地方部会(2000.06.11), 東京.

1920. [学会(地方)](一般講演) 麻疹合併妊娠の2例. 庄田隆, 小島原敬信, 佐藤亀代司, 大野勉, 吉原一(産婦): 第349回日本産科婦人科学会神奈川地方部会(2000.07.15), 相模原.

1921. [学会(地方)](一般講演) CSE(combined spinal epidural analgesia)とCTG所見. 望月純子(産婦), 奥富俊之(麻), 天野完, 西島正博(産婦): 第352回日本産科婦人科学会神奈川地方部会, 第101回分娩と麻酔研究会(2000.12.16), 横浜.

1922. [学会(地方)](一般講演) 胎児治療を行った1児無心体双胎. 鴨下詠美, 望月純子, 川内博人, 天野完, 西島正博(産婦): 第352回日本産科婦人科学会神奈川地方部会, 第101回分娩と麻酔研究会(2000.12.16), 横浜.

1923. [学会(地方)](一般講演) 興味ある経過をとった双胎の1例. 腰塚加奈子, 田村俊男, 斉藤克, 天野完, 西島正博, 前田徹(産婦): 第355回日本産科婦人科学会神奈川地方部会(2001.03.17), 横浜.

1924. [学会(地方)](ポスター講演) 臍帯血流遮断を行った1児無心体双胎の1例. 鴨下詠美, 川内博人, 望月純子, 金井雄二, 菊地信三, 天野完, 西島正博(産婦): 第100回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会(2000.10.22), 大宮.

1925. [学会(地方)](ポスター講演) Amnioreductionの有用性. 菊地信三, 田口雅之, 望月純子, 斉藤克, 谷昭博, 天野完, 西島正博(産婦): 第100回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会(2000.10.22), 大宮.

1926. [学会(地方)](ポスター講演) 帝王切開手術時における子宮収縮剤選択に関する検討. 本橋恵美子, 根本玲子, 大河原聡, 望月愛郎, 内野直樹(産婦): 第100回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会(2000.10.22), 大宮.

1927. [研究会(全国)](ワークショップ) 麻酔分娩. 天野完(産婦): 第100回分娩と麻酔研究会(2000.06.17), 東京.

1928. [研究会(全国)](一般講演) 選択的誘発硬膜外麻酔による精神疾患合併妊婦の分娩管理. 斉藤克, 前原大介, 田口雅之, 谷昭博, 天野完, 西島正博(産婦): 第100回分娩と麻酔研究会(2000.06.17), 東京.

1929. [研究会(地方)](特別講演) 妊婦の栄養管理, 特に減塩について. 西島正博(産婦): 滋賀県産科婦人科医会学術研修会(2000.10.07), 滋賀.

1930. [研究会(地方)](特別講演) 妊婦の栄養管理. 西島正博(産婦): 慈恵医大産婦人科同窓会講演会(2000.11.25).

1931. [研究会(地方)](特別講演) 妊婦の栄養管理, 特に減塩について. 西島正博(産婦): 相模原市産婦人科医会(2000.12.13), 相模原.

1932. [研究会(地方)](一般講演) 0.125%ブピバカイン持続注入による分娩時麻酔の有用性(第1報). 望月純子, 隅越かつ子, 玉城英子, 加藤千緒, 谷昭博, 天野完, 西島正博(産婦): 第100回分娩と麻酔研究会(2000.06.17), 東京.

1933. [研究会(地方)](一般講演) 妊娠中毒症に合併した肘被膜下血腫の1例. 小島原敬信, 庄田隆, , 佐藤亀代司, 大野勉, 吉原一(産婦): 神奈川周産期救急連絡会(2000.11.17), 横浜.

1934. [研究会(地方)](一般講演) 二重膜ろ過血漿交換を行ったLAC陽性SLE合併妊娠の1例. 巽英樹(産婦): 神奈川県産科婦人科医会周産期救急部会(2000.11.17), 横浜.

1935. [研究会(地方)](一般講演) 持続脊麻で分娩管理をおこなった肥大型閉塞性心筋症の1例. 菊地信三, 玉城英子, 田口雅之, 望月純子, 斉藤克, 天野完, 西島正博(産婦), 奥富俊之, 岡本浩嗣(麻): 第352回日本産科婦人科学会神奈川地方部会, 第101回分娩と麻酔研究会(2000.12.16), 横浜.

<<20 婦人科学>>

1936. [原著] Immunocytochemistry of collagenase expression in transitional cell carcinoma of the bladder. 服部学, 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦): Acta Cytol., 44(5): 771〜777, 2000.

1937. [原著] Margin clearance and HPV infection do not influence the cure rates of early neoplasia of the uterine cervix by laser conization. 泉貴文, 久嶋則行, 源田辰雄, 小林 N.(北里メディカルセン), 金井督之, 脇田邦夫, 蔵本博行(産婦): Eur. J. Gynecol. Oncol., 21(3): 251〜254, 2000.

1938. [原著] Comparison of endometrial carcinoma coexisting with and without endometrial hyperplasia. 大河原聡, 上坊敏子, 佐藤倫也, 蔵本博行(産婦): Eur. J. Gynecol. Oncol., 21(6): 573〜577, 2000.

1939. [原著] 子宮体癌における内分泌・化学療法の薬剤耐性獲得阻害効果に関する検討. 立岡和弘, 秦宏樹(産婦), 浜野美恵子(組織培養セン), 蔵本博行(産婦): Oncol. Chemother., 16(2): 109〜117, 2000.

1940. [原著] Telomerase activity in gynecological tumors. Sakamoto, M.(慈恵医大), Toyoizumi, T., Kikuchi, Y.(National Defense Medical College), Okamoto, A.(慈恵医大), Nakayama, H.(神奈川がんセン), Aoki, D.(慶大), Yamamoto, K.(近大), 秦宏樹(産婦), Sugishita, T.(慈恵医大), Tenjin, Y.(Sasaki Institute Kyoundo Hospital): Oncology Reports, 7: 1003〜1009, 2000.

1941. [原著] 子宮頚部腫瘍におけるレーザー療法. 泉貴文, 金井督之, 新井正秀, 久嶋則行, 源田辰雄, 蔵本博行(産婦): 日本レーザー医学会誌, 21(1): 37〜44, 2000.

1942. [原著] 子宮内膜細胞診診断精度の検討. 上坊敏子, 佐藤倫也, 金井督之, 今井愛, 蔵本博行(産婦), 大野英治(医療衛生): 日本臨床細胞学会雑誌, 39(5): 381〜388, 2000.

1943. [原著] 子宮内膜癌におけるcdk2およびKi-67発現に関する免疫組織化学的検討. 赤星誠(医療系研究科), 渡辺純(病理), 藤沢武志, 服部学, 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦): 日本臨床細胞学会雑誌, 40(2): 121〜127, 2001.

1944. [短報・速報] 子宮体癌−子宮体癌が増えています. 蔵本博行(産婦): くすりと健康, (272): 2001.

1945. [研究報告(その他公的な報告)] 平成11年度神奈川県産科婦人科医会−婦人科悪性腫瘍登録集計報告. 木村昭裕, 雨宮清, 加藤良樹(産婦), 小西英喜, 木挽貢慈, 斉藤馨, 清水篤, 高橋享正, 田島敏久, 仲沢経夫, 中山裕樹, 秦宏樹(産婦), 村上優, 柳沢和孝, 長田久文, 住吉好雄: 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 37(2): 109〜113, 2001.

1946. [症例報告] Successful conservative treatment of endometrial carcinoma permitting subsequent pregnancy: Report of two cases. 上坊敏子, 今井愛, 川口美和, 釼持稔, 蔵本博行(産婦): Eur. J. Gynecol. Oncol., 21(2): 119〜122, 2000.

1947. [症例報告] Primary squamous cell carcinoma of the endometrium. 佐藤倫也, 上坊敏子, 源田辰雄, 泉貴文(産婦), Yokono, H., Imai, T., 大部誠(病理), 蔵本博行(産婦): Int. J. Clin. Oncol., 5(1): 65〜69, 2000.

1948. [症例報告] Coexisting clear cell adenocarcinoma and squamous cell carcinoma arising from ovarian endometriosis. 上坊敏子, 川口美和, 今井愛, 右島富士男(産婦), 渡辺純(病理), 蔵本博行(産婦): Int. J. Clin. Oncol., 5: 405〜409, 2000.

1949. [症例報告] Uterine leiomyoma causing massive ascites and left pleural effusion with elevated CA125: A case report. 右島富士男, 上坊敏子, 秦宏樹, 佐藤倫也, 池田泰裕, 新井正秀, 蔵本博行(産婦): J. Obstet. Gynecol. Res., 26(4): 283〜287, 2000.

1950. [症例報告] 子宮頚部乳頭状扁平上皮癌の1例. 隅越かつ子, 上坊敏子, 新井努, 川口美和(産婦), 渡辺純(病理), 蔵本博行(産婦): 日本臨床細胞学会雑誌, 39(6): 521〜526, 2000.

1951. [症例報告] 乳頭状腎細胞癌の1例−細胞診断学的特徴−. 山口優美子, 横山大, 豊永真澄(病院病理), 服部学, 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦), 岩渕啓一, 岡安勲(病理): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 5(1): 37〜41, 2000.

1952. [臨床治験] 子宮頚部: 腺系異型病変. 上坊敏子, 角田新平, 蔵本博行(産婦): 臨床検査, 44(11): 1331〜1334, 2000.

1953. [総説] 難治性の婦人科癌の治療法の選択と予後−卵巣明細胞腺癌. 蔵本博行, 上坊敏子, 岩谷弘明, 金井督之, 新井努(産婦), 渡辺純(病理): Oncol. Chemother., 16(1): 49〜54, 2000.

1954. [総説] 卵巣癌の化学療法−周期的化学療法の位置づけ. 蔵本博行, 今井愛, 金井督之, 新井正秀, 林玲子, 田村俊男(産婦): Oncol. Chemother., 16(4): 263〜271, 2000.

1955. [総説] 婦人科腫瘍と多重癌−北里大学病院における経験から. 蔵本博行, 金井督之, 上坊敏子, 秦宏樹, 新井正秀, 今井愛, 田村俊男, 新井努, 川口美和(産婦): Oncol. Chemother., 17(1): 33〜39, 2001.

1956. [総説] 子宮体がん検診. 上坊敏子, 佐藤倫也, 蔵本博行(産婦): からだの科学, (増刊): 73〜76, 2000.

1957. [総説] 悪性疾患の予防・早期発見−子宮内膜癌. 蔵本博行, 新井正秀, 新井努, 後賢, 林玲子, 金井督之, 今井愛(産婦), 渡辺純(病理): 産科と婦人科, 67(4): 497〜503, 2000.

1958. [総説] 子宮頚癌合併妊娠の取り扱い. 蔵本博行, 角田新平(産婦): 産婦の実際, 50(3): 315〜319, 2001.

1959. [総説] 子宮体癌のMRI診断. 蔵本博行, 関本僚平, 佐藤倫也, 田口雅之, 加藤千緒(産婦): 産婦人科治療, 80(4): 412〜415, 2000.

1960. [総説] 子宮内膜の病態と子宮内膜細胞診−最近の知見から. 蔵本博行(産婦), 大野英治, 豊永真澄, 藤沢武志, 鎌田裕子, 佐藤妃映(医療衛生), 今井愛(産婦): 日臨細胞秋田会誌, (7): 51〜54, 2001.

1961. [学術書](分担執筆) 新女性医学体系 7 「産婦人科薬物療法」; 抗腫瘍薬−ホルモン療法剤, p.321〜327, 林玲子, 蔵本博行(産婦). 編集 玉舎輝彦, 中山書店, 東京, 2000.06.30発行.

1962. [学術書](分担執筆) 新女性医学体系 34 「子宮頚部の悪性腫瘍」; 診断法−細胞診, p.93〜102, 蔵本博行(産婦), 大野英治(医療衛生). 編集 杉森甫, 中山書店, 東京, 2000.02.29発行.

1963. [学術書](分担執筆) 新女性医学体系 35 「子宮体部の悪性腫瘍」; 子宮内膜の病変−子宮内膜増殖症, p.37〜54, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦). 編集 蔵本博行(北里大), 中山書店, 東京, 2001.02.28発行.

1964. [学術書](分担執筆) 新女性医学体系35「子宮体部の悪性腫瘍」; 子宮内膜癌(体癌の治療法)−手術療法, p.169〜186, 蔵本博行, 上坊敏子, 新井正秀(産婦). 編集 蔵本博行(北里大), 中山書店, 東京, 2001.02.28発行.

1965. [学術書](分担執筆) 新女性医学体系35「子宮体部の悪性腫瘍」; 子宮内膜癌(体癌)の病因・病態−i.性ホルモン, ii.癌遺伝子, p.64〜76, 秦宏樹, 蔵本博行(産婦). 編集 蔵本博行(北里大), 中山書店, 東京, 2001.02.28発行.

1966. [学術書](分担執筆) 新女性医学体系43「婦人科腫瘍の手術療法」; 卵巣腫瘍の手術−卵巣境界悪性腫瘍, p.246〜256, 蔵本博行, 上坊敏子(産婦). 編集 塚本直樹, 中山書店, 東京, 2001.02.05発行.

1967. [学術書](分担執筆) 産婦人科研修医ノート; 子宮体癌の組織分類および期別分類, p.222〜224, 蔵本博行, 上坊敏子(産婦). 編集 三橋直樹, 診断と治療社, 東京, 2000.03.20発行.

1968. [学術書](分担執筆) 神奈川県医師会がん検診研究論文集; 子宮癌の外科的治療−最近の知見について; 子宮頚部初期腫瘍に対するレーザー円錐切除術の治癒率に断端陽性やHPV感染は影響しない, p.19〜21, 蔵本博行, 泉貴文(産婦). 編集 神奈川県医師会, 神奈川県医師会, 神奈川, 2000.00.00発行.

1969. [学術書](編集) 新女性医学体系35「子宮体部の悪性腫瘍」; 編集 蔵本博行(産婦), 中山書店, 東京, 2001.02.28発行.

1970. [学会(国際)](シンポジウム等) Conception-retaining therapy for microinvasive carcinoma of the cervix. 蔵本博行, 金井督之, 泉貴文, 新井正秀, 今井愛, 秦宏樹, 上坊敏子(産婦): 8th Congress of Asian Pacific Association for Laser Medicine and Surgery(2000.10.20), Singapore, Program Book, p.67, 2000.

1971. [学会(全国)](シンポジウム等) 「癌に対する手術適応のパラダイムシフト」上皮性卵巣癌W期症例における初回治療と予後因子. 赤平純一, 佐藤信二, 吉川裕之, 清水敬生, 恒松隆一郎, 賀来恒嘉, 蔵本博行(産婦), 白水健士, 葛谷和夫, 嘉村敏治, 菊池義公: 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.23), 仙台.

1972. [学会(全国)](シンポジウム等) 子宮病変に対するレーザー療法−その適応と限界; 子宮頚部腫瘍と保存療法. 金井督之, 泉貴文, 新井正秀, 田村俊男, 秦宏樹, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第21回日本レーザー医学会総会(2000.11.10), 東京, プログラム, 抄録集, p.78, 2000.

1973. [学会(全国)](シンポジウム等) ホルモンと子宮内膜細胞像. 蔵本博行(産婦): 第39回日本臨床細胞学会秋期大会(2000.11.18), 大宮, 日本臨床細胞学会会誌, 39(Suppl.2): 322, 2000.

1974. [学会(全国)](ワークショップ) ヒト組織細胞の研究資源としての取り扱い; 1.ヒト組織・細胞の研究資源としての取扱い. 松村外志張(明治乳業), 梅田誠(横浜市中央図書館), 佐藤敬喜(第一製薬), 柴沼質子(昭和大), 田中憲穂(食品薬品安全研), 蓮村哲(慈恵医大), 秦宏樹(産婦), 平井玲子(臨床医学総合研), 増井徹(医薬品食品衛生研), 宇津木伸(東海大): 第73回日本組織培養学会(2000.09.08), 岡山, 組織培養研究, 19(2): 58〜59, 2000.

1975. [学会(全国)](ワークショップ) 子宮内膜増殖症の問題点; 内膜増殖症の臨床的問題点. 佐藤倫也, 上坊敏子, 今井愛, 蔵本博行(産婦): 第39回日本臨床細胞学会秋期大会(2000.11.18), 大宮, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S2): 342, 2000.

1976. [学会(全国)](一般講演) 婦人科癌化学療法時のG-CSF受容体と好中球数, G-CSF濃度との関連について. 巽英樹, 今井雅夫, 菅博胤, 岩谷弘明(産婦): 日本産科婦人科学会総会(2000.04.03), 徳島, 第52回日本産科婦人科学会雑誌, 52(2): 2000.

1977. [学会(全国)](一般講演) 子宮頚部異形成の治療後に発生したadenoid differentiationを伴う腟扁平上皮癌の1例. 田村俊男, 新井正秀, 金井督之, 望月純子, 荻野弓希子(産婦), 渡辺純(病理), 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第41回日本臨床細胞学会総会(2000.06.01), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S1): 159, 2000.

1978. [学会(全国)](一般講演) 子宮内膜癌における血管内皮増殖因子(VEGF)の免疫組織化学的研究−他因子との関連. 藤沢武志, 大野英治, 服部学, 横山大(医療衛生), 渡辺純(病理), 金井督之, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第41回日本臨床細胞学会総会(2000.06.01), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S1): 91, 2000.

1979. [学会(全国)](一般講演) 子宮肉腫の術前細胞診に関する検討. 玉城英子, 上坊敏子, 新井正秀(産婦), 横山大, 服部学, 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦): 第41回日本臨床細胞学会総会(2000.06.01), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S1): 99, 2000.

1980. [学会(全国)](一般講演) 子宮内膜癌発癌過程におけるPTEN遺伝子異常の意義. 秦宏樹, 金井督之, 佐藤妃映, 鎌田裕子, 蔵本博行(産婦): 第7回日本遺伝子診療学会(2000.06.15), 浜松, プログラム・抄録集, p.69, 2000.

1981. [学会(全国)](一般講演) 子宮体部G3類内膜腺癌のneuroendocine differentiationに関する検討. 田村俊男, 新井正秀, 藤田一博, 川口美和, 上坊敏子, 金井督之, 蔵本博行(産婦), 渡辺純(病理): 第29回日本婦人科腫瘍学会(2000.07.28), 名古屋, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 18(1): 39, 2000.

1982. [学会(全国)](一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるp27タンパク発現の検討. 佐藤妃映(産婦), 渡辺純(病理), 金井督之, 秦宏樹, 上坊敏子(産婦), 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦): 第29回日本婦人科腫瘍学会(2000.07.29), 名古屋, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 18(1): 43, 2000.

1983. [学会(全国)](一般講演) 子宮体癌におけるPTEN遺伝子異常の解析. 秦宏樹, 蔵本博行, 金井督之(産婦), 佐藤妃映, 鎌田裕子(医療衛生), 渡辺純(病理): 第29回日本婦人科腫瘍学会(2000.07.29), 名古屋, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 18(1): 43, 2000.

1984. [学会(全国)](一般講演) 卵巣上皮性境界悪性腫瘍の治療経験. 新井努, 上坊敏子, 加藤千緒, 池田泰裕, 荻野弓希子, 岩谷弘明, 角田新平, 金井督之, 蔵本博行(産婦): 第29回日本婦人科腫瘍学会(2000.07.29), 名古屋, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 18(1): 60, 2000.

1985. [学会(全国)](一般講演) 子宮体癌細胞におけるp53遺伝子変異と蛋白発現. 鎌田裕子(医療衛生), 浜野美恵子(組織培養セン), 渡辺純(病理), 金井督之(産婦), 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦): 第18回日本ヒト細胞学会(2000.08.29), 京都, Human Cell, 13(2): 39, 2000.

1986. [学会(全国)](一般講演) 子宮内膜癌における血管内皮増殖因子(VEGF)の免疫組織学的研究−血管新生, p53ならびに組織学的分化度との関連. 藤沢武志, 渡辺純(病理), 服部学, 大野英治(医療衛生), 金井督之, 秦宏樹, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第59回日本癌学会総会(2000.10.06), 横浜, 総会記事, p.564, 2000.

1987. [学会(全国)](一般講演) Large cell neuroendocrine carcinomaの術前気管支擦過細胞診における細胞学的検討. 柿沼広邦, 横山大, 豊永真澄, 高畑美也子, 服部学, 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦), 三上哲夫, 岩渕啓一, 岡安勲(病理): 第39回日本臨床細胞学会秋期大会(2000.11.18), 大宮, 日本臨床細胞学会会誌, 39(Suppl.2): 421, 2000.

1988. [学会(全国)](一般講演) 乳房温存術切除断端における迅速細胞診および迅速組織診の検討. 高畑美也子, 横山大, 豊永真澄, 柿沼広邦, 山口優美子, 大野英治, 服部学(医療衛生), 蔵本博行(産婦), 岩渕啓一, 岡安勲(病理): 第39回日本臨床細胞学会秋期大会(2000.11.18), 大宮, 日本臨床細胞学会会誌, 39(Suppl.2): 445, 2000.

1989. [学会(全国)](一般講演) パラフィン切片戻し電顕にて確定診断し得た腺癌と鑑別を要する胸膜悪性中皮腫の1例. 石山宮子, 山岡恵子, 千葉諭, 関邦子, 蔵本博行(産婦): 第39回日本臨床細胞学会秋期大会(2000.11.18), 大宮, 日本臨床細胞学会会誌, 39(Suppl.2): 477, 2000.

1990. [学会(全国)](一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるp53遺伝子変異と臨床病理学的因子との相関について. 佐藤妃映, 渡辺純(病理), 秦宏樹, 金井督之, 今井愛, 藤沢武志, 鎌田裕子, 上坊敏子(産婦), 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦): 第5回日本産科婦人科腫瘍マーカー・遺伝子診断学会(2001.02.01), 東京, 抄録集, p.33, 2001.

1991. [学会(全国)](ポスター講演) 卵巣癌W期における胸水細胞診所見と治療成績の検討. 藤田一博, 上坊敏子, 金井督之, 新井正秀, 田村俊男, 林玲子, 後賢, 蔵本博行(産婦): 第41回日本臨床細胞学会総会(2000.06.01), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S1): 153, 2000.

1992. [学会(全国)](ポスター講演) バス検診で発見された卵巣癌の1例. 安座間誠, 金井督之, 右島富士男, 新井正秀, 金井雄二, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第41回日本臨床細胞学会総会(2000.06.01), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S1): 154, 2000.

1993. [学会(全国)](ポスター講演) 放射線誘発性肉腫の1例. 新井努, 上坊敏子, 脇田邦夫, 関本僚平, 玉城英子, 川口美和, 鴨下詠美, 蔵本博行(産婦): 第41回日本臨床細胞学会総会(2000.06.02), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌, 39(S1): 238, 2000.

1994. [学会(全国)](ポスター講演) 上皮性卵巣癌に対するパクリタキセル(TAX)とカルボプラチン(CBDCA)併用化学療法の検討(Phase U study). 木村英三, 安田充, 落合和徳, 青木大輔, 菊地義公, 西田正人, 古川隆正, 福島和夫, 落合和彦, 長塚正晃, 斉藤香, 上坊敏子(産婦): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.23), 仙台, 日本癌治療学会誌, 35(2): 439, 2000.

1995. [学会(全国)](ポスター講演) 子宮体部G3類内膜腺癌のneuroendocrine differentiationに関する検討. 田村俊男(産婦), 渡辺純(病理), 金井督之, 新井正秀, 金井雄二, 川口美和, 藤田一博, 加藤千緒, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.24), 仙台, 日本癌治療学会誌, 35(2): 544, 2000.

1996. [学会(全国)](ポスター講演) 進行卵巣癌に対するpaclitaxel-白金製剤の治療成績. 川口美和, 上坊敏子, 新井正秀, 金井督之, 秦宏樹, 玉城英子, 蔵本博行(産婦): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.24), 仙台, 日本癌治療学会誌, 35(2): 555, 2000.

1997. [学会(全国)](ポスター講演) 卵巣上皮性境界悪性腫瘍の治療経験. 新井努, 上坊敏子, 金井督之, 新井正秀, 岩谷弘明, 蔵本博行(産婦): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.24), 仙台, 日本癌治療学会誌, 35(2): 559, 2000.

1998. [学会(全国)](ポスター講演) 卵巣癌W期における癌性胸水の有無と治療成績の検討. 藤田一博, 上坊敏子, 金井督之, 新井正秀, 田村俊男, 林玲子, 後賢, 鴨下詠美, 蔵本博行(産婦): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.24), 仙台, 日本癌治療学会誌, 35(2): 560, 2000.

1999. [学会(地方)](教育講演) 子宮内膜細胞診−特にG1腺癌の診断について. 上坊敏子(産婦): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜.

2000. [学会(地方)](シンポジウム等) 免疫学的検索が有用な細胞診; 泌尿器領域における免疫細胞化学的検討−特に移行上皮細胞について−. 服部学, 大野英治, 横山大, 豊永真澄, 柿沼広邦, 高畑美也子(医療衛生), 内田豊昭(泌), 蔵本博行(産婦): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.21, 2000.

2001. [学会(地方)](ワークショップ) 稀少症例の細胞診; 乳腺間質肉腫の1例. 池畑浩一, 鈴木忠男, 松永英人, 張寧美, 山本雅博, 坂田一美, 蔵本博行(産婦): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.23, 2000.

2002. [学会(地方)](ワークショップ) 稀少症例の細胞診; 縦隔卵黄嚢腫瘍の1例. 加戸伸明, 大野英治, 服部学, 横山大, 柿沼広邦(医療衛生), 渡辺純, 須藤哲雄(病理), 蔵本博行(産婦): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.24, 2000.

2003. [学会(地方)](ワークショップ) 稀少症例の細胞診; 胸腺カルチノイドの1例. 西村由香里, 大野英治, 服部学, 横山大, 豊永真澄(医療衛生), 渡辺純(病理), 品田純(胸外), 蔵本博行(産婦): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.25, 2000.

2004. [学会(地方)](ワークショップ) 稀少症例の細胞診; 骨形成を伴う原発性肺腺癌の1例. 山口優美子, 横山大, 高畑美也子, 服部学, 大野英治(医療衛生), 蔵本博行(産婦), 神谷紀輝, 原英則(胸外), 岩渕啓一, 岡安勲(病理): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.26, 2000.

2005. [学会(地方)](ワークショップ) 稀少症例の細胞診-X; 子宮頚部clear cell adenocarcinomaの1例. 土居幹, 角田新平, 今井雅夫, 田口明, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦), 渡辺純(病理): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, プログラム, p.28, 2000.

2006. [学会(地方)](ワークショップ) 稀少症例の細胞診; 子宮頚部乳頭状扁平上皮癌の1例. 隅越かつ子, 上坊敏子, 新井努, 川口美和, 蔵本博行(産婦), 大野英治(医療衛生): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, 予稿集, p.29, 2000.

2007. [学会(地方)](ワークショップ) 稀少症例の細胞診; 腹膜神経膠腫症を合併した卵巣未熟奇形種の1例. 安藤宏美, 安座間誠, 佐藤倫也, 久嶋則行, 源田辰雄(産婦), 本告匡(病理), 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第14回日本臨床細胞学会関東連合会総会(2000.09.02), 横浜, 予稿集, p.34, 2000.

2008. [学会(地方)](一般講演) 内膜細胞診で絨毛性疾患を疑ったPSTTの1例. 鴨下詠美, 金井雄二, 新井正秀, 田口明, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第99回日本産科婦人科学会関東連合地方部会(2000.06.10), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 37(2): 174, 2000.

2009. [学会(地方)](一般講演) 子宮平滑筋肉腫との鑑別が困難であった筋腫分娩の1例. 土居幹, 後賢, 角田新平, 田口明, 玉城英子, 新井正秀, 上坊敏子, 蔵本博行, 西島正博(産婦): 第99回日本産科婦人科学会関東連合地方部会(2000.06.10), 東京, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 37(2): 144, 2000.

2010. [学会(地方)](一般講演) 夫が脊髄損傷の夫婦に対する体外受精の施行経験. 本橋恵美子, 根本玲子, 大河原聡, 望月愛郎, 内野直樹(産婦): 第349回日本産科婦人科学会神奈川地方部会(2000.07.15), 相模原.

2011. [学会(地方)](一般講演) CDDP・CPT-11療法が著効した卵巣癌の2例. 菅博胤, 後賢, 今井雅夫, 清水基弘, 池田泰裕, 林玲子, 巽英樹(産婦): 第349回日本産科婦人科学会神奈川地方部会(2000.07.15), 相模原, 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 37(2): 92〜93, 2001.

2012. [学会(地方)](一般講演) 化学療法に抵抗を示した卵黄嚢腫瘍の2例. 新井努, 藤田一博, 新井正秀, 加藤千諸, 上坊敏子, 蔵本博行, 西島正博(産婦): 第335回四水会(2000.09.13), 相模原.

2013. [学会(地方)](一般講演) 子宮体癌・異型増殖症に対するMPA療法後の妊娠. 川口美和, 金井督之, 新井正秀, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第336回四水会(2000.12.06), 東京.

2014. [学会(地方)](一般講演) タキソール・シスプラチンが著効した卵管癌の1例. 腰塚加奈子, 田村俊男, 新井正秀, 上坊敏子, 蔵本博行, 西島正博(産婦): 第353回日本産科婦人科学会神奈川地方部会(2001.01.20), 横浜.

2015. [学会(地方)](一般講演) 子宮頚部腺癌と卵巣粘液性腺癌が同時重複した1例. 西井文乃, 望月純子, 新井正秀, 秦宏樹, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第19回日本臨床細胞学会神奈川地方会(2001.03.03), 横浜, 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 5(2): 70, 2001.

2016. [学会(地方)](一般講演) 橋本病におけるびまん性腫大と結節様腫瘤の細胞学的検討. 横山大, 豊永真澄, 柿沼広邦, 高畑美也子, 山口優美子, 服部学, 大野英治(医療衛生), 榎本拓茂(外), 蔵本博行(産婦), 岩渕啓一, 岡安勲(病理): 第19回日本臨床細胞学会神奈川地方会(2001.03.03), 横浜, 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 5(2): 75, 2001.

2017. [学会(地方)](一般講演) 腟に発生した悪性リンパ腫の1例. 腰塚加奈子, 田村俊男, 新井正秀, 金井督之, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): 第19回日本臨床細胞学会神奈川地方会(2001.03.03), 横浜, 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 5(2): 77, 2001.

2018. [学会(地方)](一般講演) 子宮体癌, 子宮内膜増殖症の経腟超音波による評価. 新井努, 新井正秀, 金井督之, 上坊敏子, 蔵本博行, 西島正博(産婦): 第337回四水会(2001.03.14), 東京.

2019. [研究会(全国)](公開講座) 子宮内膜細胞診. 蔵本博行(産婦): 癌研細胞検査士養成所(2000.05.10), 東京.

2020. [研究会(全国)](公開講座) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行(産婦): 第108回日本臨床細胞学会細胞検査士養成講習会(2000.07.04), 東京.

2021. [研究会(全国)](公開講座) 婦人科の細胞診. 蔵本博行(産婦): 第109回日本臨床細胞学会細胞検査士養成講習会(2000.08.07), 東京.

2022. [研究会(全国)](公開講座) 体部腺癌. 蔵本博行(産婦): 第25回日本臨床細胞学会細胞診断学セミナー(2000.08.26), 東京.

2023. [研究会(地方)](特別講演) 子宮内膜癌早期発見の為の子宮鏡診の意義. 蔵本博行(産婦): 第5回産婦人科医の更年期ME研究会(2000.06.15), 東京.

2024. [研究会(地方)](特別講演) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行(産婦): 群馬大学医学部保健学科(2001.01.18), 前橋.

2025. [研究会(地方)](特別講演) 子宮体癌検診の応用とpitfall. 蔵本博行(産婦): 平成12年度広島産婦人科研修会(2001.02.04), 広島.

2026. [研究会(地方)](一般講演) 子宮体部良性病変の臨床細胞学, 子宮体部悪性病変の臨床細胞学. 蔵本博行(産婦): 杏林大学保健学部細胞検査士養成課程(2000.05.19), 東京.

<<21 整形外科学>>

2027. [原著] Contributing factors influencing the functional outcome of floating knee injuries. 横山一彦, 中村聡明(整外), 新藤正輝(救命), 斉田康之, 青木信一, 糸満盛憲(整外): Am. J. Orthop., 29(9): 721〜729, 2000.

2028. [原著] Time course of superoxide anion radicals generation in two ischaemia-reperfusion models: Comparison between hindlimb replant model and isolated rectus femoris muscle model. 横山一彦, 中村光伸, 斉田康之, 糸満盛憲(整外): Br. J. Plast. Surg., 53: 516〜519, 2000.

2029. [原著] Chondrocyte transplantation for osteochondral defects with the use of suspension culture. 泉敏弘, 富永俊行(整外), 志田純一(九大), 大西太, 糸満盛憲(整外): Cell Tissue Banking, 1: 207〜212, 2000.

2030. [原著] Growth factor expression in the osteophytes of the human femoral head in osteoarthritis. 内野正隆, 泉敏弘, 富永俊行, 脇田隆司, 峰原宏昌, 関口昌和, 糸満盛憲(整外): Clin. Orthop., 377: 119〜125, 2000.

2031. [原著] Functional outcome of retrograde intramedullary nailing for femoral fractures. 中村聡明, 横山一彦, 斉田康之, 青木信一, 塚本達郎, 糸満盛憲(整外): Eur. J. Orthop. Surg. Traumatol., 11: 29〜33, 2001.

2032. [原著] Free vascularized fibular graft vs. Ilizarov method for post-traumatic tibial bone defect. 横山一彦, 糸満盛憲, 中村光伸, 塚本達郎, 斉田康之, 青木信一(整外): J. Reconstr. Microsurg., 17(1): 17〜24, 2001.

2033. [原著] プレートを使用した頚椎前方除圧固定術の手術経験. 田辺賀則, 安達公, 蛯原有男, 山屋智康, 二見俊郎, 塚本行男(整外): 北里医学, 30(3): 210〜220, 2000.

2034. [原著] Recombinant Human BMP-2を用いたウサギ尺骨骨欠損部修復に関する実験的研究. 小宮宏一郎, 糸満盛憲, 前原秀夫, 関口昌和(整外): 北里医学, 30(6): 422〜431, 2000.

2035. [準原著] ステロイド(Glucocorticoid)大量投与により生じるウサギ大腿骨栄養動脈反応性の変化の薬理学的検討. 東計, 関口昌和, 本部純子, 内山勝文, 糸満盛憲(整外), 石川均(眼): Hip Joint, 26: 116〜119, 2000.

2036. [準原著] セメントレス人工股関節置換術におけるDall-Mailes cable grip systemによる大転子接合の検討. 内山勝文, 関口昌和, 東計, 本部純子, 高崎純孝, 糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 31(2): 108〜111, 2000.

2037. [準原著] 慢性関節リウマチ手に発生した腱皮下断裂例の検討. 小林明正, 二見俊郎, 遠藤太刀男, 塚本行男(整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 31(2): 91〜93, 2000.

2038. [準原著] 新しい骨端部骨接合法−Pin-sleeve systemを用いて−. 内山勝文, 糸満盛憲, 関口昌和, 泉敏弘, 本部純子, 東計(整外): 骨折, 22(2): 394〜397, 2000.

2039. [準原著] 骨肉腫における術前化学療法の組織学的評価と予後についての検討. 大西太, 那須野秀二, 大野司, 禹雅誉, 泉敏弘, 糸満盛憲(整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 12(2): 164〜167, 2000.

2040. [準原著] 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術の検討−椎弓切除術との比較−. 笠井謙和, 安達公, 蛯原有男, 田辺賀則, 中沢俊之, 二見俊郎(整外): 日本腰痛会誌, 6(1): 28〜33, 2000.

2041. [準原著] 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術. 山屋智康, 安達公, 蛯原有男, 田辺賀則, 塚本行男(整外): 日本腰痛会誌, 6(1): 46〜51, 2000.

2042. [症例報告] Huckstep hip systemを用いたTHRと大腿骨変形癒合の矯正を同時に施行した1例. 東計, 関口昌和, 本部純子, 高崎純孝, 内山勝文, 糸満盛憲(整外): J. Joint Surg., 19(8): 113〜116, 2000.

2043. [症例報告] 長母指屈筋腱と示指深指屈筋腱間の破格腱の1例. 藤田護, 小林明正, 朴晃正, 駒田朋秀, 森口尚生, 二見俊郎(整外): 整形外科, 52(1): 40〜42, 2001.

2044. [症例報告] 観血的整復術を要した示指locking fingerの5例. 藤田護, 小林明正, 二見俊郎(整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 13(1): 21〜24, 2001.

2045. [症例報告] 肘関節後方不安定症に対しextension-blockを行った2例. 片野素昭, 小林明正, 北爪伸仁, 安達公, 蛯原有男, 二見俊郎(整外): 日本肘関節研究会雑誌, 7(1): 147〜148, 2000.

2046. [臨床治験] 骨粗鬆症患者のQOLに対するエルカトニンの改善効果. 塚本行男, 二見俊郎, 小沢隆, 八巻冬彦, 斉藤昭彦, 北見圭司, 木村正統, 利根川雅俊, 西村明人, 金井徳彰, 大森孝収, 大高文典, 余村重徳, 飯塚健児, 中島啓雅, 田場弘之, 土屋敦, 糸満盛憲(整外): Osteoporosis, 8(3): 140〜160, 2000.

2047. [総説] 骨移植. 糸満盛憲(整外): Medical Technology, 28(11): 1244〜1245, 2000.

2048. [総説] 橈骨遠位端骨折に対する保存療法. 二見俊郎(整外), 斉藤和夫(医療系): Monthly Book Orthopaedics, 13(6): 13〜17, 2000.

2049. [総説] 前腕両骨骨折に対する保存療法. 小林明正(整外): Monthly Book Orthopaedics, 13(8): 27〜31, 2000.

2050. [総説] 感染股関節に対する抗生剤含有セメントスペーサーを用いた二期的人工股関節置換術. 関口昌和, 糸満盛憲, 東計(整外), 橋本彰子(薬剤部): Monthly Book Orthopaedics, 14(2): 21〜31, 2001.

2051. [総説] 再建手術における同種骨の利用. 那須野秀二, 糸満盛憲, 関口昌和, 高平尚伸, 泉敏弘(整外): リウマチ科, 24(4): 336〜340, 2000.

2052. [総説] 脳梗塞患者の治療とリハビリテーション. 清水祥史, 横山一彦, 糸満盛憲(整外): 看護教育, 41(11): 943〜948, 2000.

2053. [総説] 大腿骨頚部内側骨折に対する手術(骨接合術). 高平尚伸, 糸満盛憲, 関口昌和(整外): 骨・関節・靭帯, 13(7): 697〜703, 2000.

2054. [総説] 慢性炎症と転写因子AP-1. 泉敏弘(整外): 整形・災害外科, 44(1): 2〜3, 2001.

2055. [総説] MRSA感染股関節にバンコマイシン含有セメントスペーサーを用いた二期的人工関節置換術−重合熱の低い骨セメントの有用性−. 東計, 関口昌和(整外), 橋本彰子(薬剤部), 糸満盛憲(整外): 整形外科, 51(5): 605〜610, 2000.

2056. [総説] 橈骨頚部骨折の経皮的整復法. 二見俊郎, 小林明正(整外): 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, 18: 26〜29, 2001.

2057. [総説] 同種骨とWagnerステムを用いた大腿骨インプラントの再置換術. 糸満盛憲, 高平尚伸(整外): 別冊整形外科, 39: 129〜135, 2001.

2058. [総説] サポートリングを用いた人工臼再置換術の成績. 高平尚伸, 糸満盛憲, 関口昌和(整外): 別冊整形外科, 39: 70〜76, 2001.

2059. [総説] 骨欠損の修復(同種骨移植). 那須野秀二, 大西太, 内山勝文, 富永俊行, 関口昌和, 泉敏弘, 糸満盛憲(整外): 臨床整形外科, 35(13): 1435〜1439, 2000.

2060. [総説] 舟状骨偽関節に対するCriss-cross法−手術手技および術後X線評価を中心に−. 二見俊郎(整外): 臨床整形外科, 36(2): 133〜137, 2001.

2061. [学術書](分担執筆) New Mook, 整形外科, No.8: 下肢の外傷; 髄内釘の改良, 糸満盛憲(整外). 金原出版, 東京, 2000.05.30発行.

2062. [学術書](分担執筆) New Mook, 整形外科, No.8: 下肢の外傷; 遷延治癒, 偽関節への対応, 小林明正(整外). 金原出版, 東京, 2000.05.30発行.

2063. [学術書](分担執筆) New Mook, 整形外科, No.8: 下肢の外傷; 骨折治療に関して基本的考え方, 横山一彦, 糸満盛憲(整外). 金原出版, 東京, 2000.05.30発行.

2064. [学術書](分担執筆) 骨折治療学; T 骨折の基礎的知識, A. 骨の構造と機能, 1. 骨の構造, 2. 骨の発生と成長, 3. 骨の恒常性と維持機構, 4. 骨のバイオメカニクス, 糸満盛憲(整外). 編集 水野耕作(神戸大), 糸満盛憲(北里大), 南江堂, 東京, 2000.04.20発行.

2065. [学術書](分担執筆) 骨折治療学; V. 部位別治療法, 9. 大腿骨筋位部骨折, 10. 大腿骨骨幹部骨折, 11. 大腿骨遠部骨折, 糸満盛憲(整外). 編集 水野耕作(神戸大), 糸満盛憲(北里大), 南江堂, 東京, 2000.04.20発行.

2066. [学術書](分担執筆) 運動療法ガイド−正しい運動処方を求めて: 改訂第3版; 骨折−大腿骨頚部骨折を中心に, p.356〜363, 横山一彦, 糸満盛憲(整外). 日本医事新報社, 東京, 2000.10.10発行.

2067. [学術書](分担執筆) 整形外科専門医をめざすための経験すべき外傷・疾患88; 大腿骨頭壊死, p.190〜193, 糸満盛憲, 泉敏弘(整外). 編集 石井清一(札幌医大), 菊地臣一(福島県立医大), 越智光夫(島根医大), メジカルビュー社, 東京, 2000.12.10発行.

2068. [学術書](分担執筆) 整形外科専門医をめざすための経験すべき外傷・疾患88; 手の腱損傷, 屈筋腱, 伸筋腱(槌指を除く), p.274〜276, 二見俊郎(整外). 編集 石井清一(札幌医大), 菊地臣一(福島県立医大), 越智光夫(島根医大), メジカルビュー社, 東京, 2000.12.10発行.

2069. [学術書](分担執筆) 救急現場のピットフォール(2) 症状・形態から見た観察と処置; 6. 四肢骨折, 指肢切断, p.73〜77, 高平尚伸(整外), 新藤正輝(救命). 編集 有賀徹(昭和大), 荘道社, 東京, 2001.03.21発行.

2070. [学術書](編集) 骨折治療学; 編集 水野耕作(神戸大), 糸満盛憲(整外), 南江堂, 東京, 2000.04.20発行.

2071. [翻訳](分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery: Index & Reviews; Hand, p.5, 小林明正(整外). 監修 糸満盛憲(北里大), エーザイ, 東京, 2000.04.00発行.

2072. [翻訳](分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery: Index & Reviews; Trauma, p.11, 高平尚伸(整外). 監修 糸満盛憲(北里大), エーザイ, 東京, 2000.04.00発行.

2073. [翻訳](分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery: Index & Reviews; Spine, p.18, 安達公(整外). 監修 糸満盛憲(北里大), エーザイ, 東京, 2000.04.00発行.

2074. [翻訳](分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery: Index & Reviews; Arthroplasty, p.4, 関口昌和(整外). 監修 糸満盛憲(北里大), エーザイ, 東京, 2000.04.00発行.

2075. [翻訳](分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery: Index & Reviews; Foot and Ankle, p.10, 北爪伸仁(整外). 監修 糸満盛憲(北里大), エーザイ, 東京, 2000.04.00発行.

2076. [翻訳](分担執筆) Advances in Orthopaedic Surgery: Index & Reviews; Tumors, p.17, 那須野秀二(整外). 監修 糸満盛憲(北里大), エーザイ, 東京, 2000.04.00発行.

2077. [翻訳](監修) Advances in Orthopaedic Surgery: Index & Reviews. 監修 糸満盛憲(整外), エーザイ, 東京, 2000.04.00発行.

2078. [学会(国際)](シンポジウム等) Legal situation of clinical transplantation in Japan. 糸満盛憲, 那須野秀二, 泉敏弘, 高平尚伸, 富永俊行, 成瀬康治(整外): 8th International Conference on Tissue Banking(2000.10.22〜24), Bali, Indonesia, Abstracts, p.36, 2000.

2079. [学会(国際)](シンポジウム等) The influence of sterilizaiton on the osteoinductive property assessed in rat bone marrow cell culture. 富永俊行, 泉敏弘, 内山勝文, 糸満盛憲(整外), 伊藤均(日本原子力研): 8th International Conference on Tissue Banking(2000.10.22〜24), Bali, Indonesia, Abstracts, p.45, 2000.

2080. [学会(国際)](シンポジウム等) Rat bone marrow cells respond to low-intensity, pulsed ultrasound. 成瀬康治(整外), 高垣裕子, Kameyama, K.(神奈川歯大), 富永俊行(整外), 大貫裕子(生化系), 泉敏弘, 糸満盛憲(整外): 8th International Conference on Tissue Banking(2000.10.22〜24), Bali, Indonesia, Abstracts, p.85, 2000.

2081. [学会(国際)](一般講演) Anterior correction of the thoracic idiopathic scoliosis using Kaneda anterior sclelosis. 安達公, 蛯原有男, 山屋智康, 田辺賀則, 笠井謙和, 二見俊郎(整外): Across the Sea Spine 2000(2000.07.23〜27), Hawaii, Abstracts, p.83, 2000.

2082. [学会(国際)](一般講演) Restrative laminotomy for lumbar canal stenosis. 笠井謙和, 安達公, 蛯原有男, 山屋智康, 田辺賀則, 中沢俊之, 二見俊郎(整外): Across the Sea Spine 2000(2000.07.23〜27), Hawaii, Abstracts, p.83, 2000.

2083. [学会(国際)](ポスター講演) Anabolic response of mouse bone marrow derived stromal cell colne ST2 cells to low intensity pulsed ultrasound. 成瀬康治(整外): 7th International Society for Fracture Repair(2000.09.20〜23), Hong Kong.

2084. [学会(国際)](ポスター講演) Influence of fracture stability on soft callus cells. 峰原宏昌(整外): 7th International Society for Fracture Repair(2000.09.20〜23), Hong Kong.

2085. [学会(全国)](シンポジウム等) 重度脛骨開放骨折の短縮骨接合および骨延長法. 横山一彦, 糸満盛憲(整外), 新藤正輝, 田中啓司B(救命), 高平尚伸, 西村明人(整外), 山田直人(形外): 第73回日本整形外科学会学術集会(2000.04.06〜09), 神戸, 日本整形外科学会雑誌, 73(2): 2, 2000.

2086. [学会(全国)](シンポジウム等) γ線滅菌同種骨移植の利用. 脇田隆司, 糸満盛憲, 泉敏弘, 富永俊行, 渡辺哲哉, 関口昌和, 那須野秀二, 大野司, 小林明正(整外), 南沢育雄(長野市民病院): 第73回日本整形外科学会学術集会(2000.04.06〜09), 神戸, 日本整形外科学会雑誌, 73(2): 92, 2000.

2087. [学会(全国)](一般講演) 舟状骨偽関節に対するCriss-cross法−手術手技および術後X線評価を中心に−. 二見俊郎, 小林明正, 遠藤太刀男, 脇田隆司, 藤田護, 蛯原有男, 安達公, 北爪伸仁(整外): 第73回日本整形外科学会学術集会(2000.04.06〜09), 神戸, 日本整形外科学会雑誌, 73(3): 560, 2000.

2088. [学会(全国)](一般講演) SCIDマウスRA滑膜移植モデルにおける好中球浸潤の検討. 西村明人(整外), 赤星透(内), 諸星康雄(実動), 近藤啓文(内), 糸満盛憲(整外): 第44回日本リウマチ学会総会・学術集会(2000.05.13〜15), 横浜, リウマチ, 40(2): 526, 2000.

2089. [学会(全国)](一般講演) Dupuytren拘縮に対する開放療法の有用性. 小林明正, 二見俊郎, 遠藤太刀男, 藤田護, 脇田隆司(整外): 第43回日本手の外科学会学術集会(2000.05.11〜12), 京都, 日本手の外科学会雑誌, 17(号外): 153, 2000.

2090. [学会(全国)](一般講演) 当院における大腿骨骨幹部非感染性遷延癒合・偽関節の治療経験. 斉田康之, 横山一彦, 中村光伸, 中村聡明, 糸満盛憲(整外): 第26回日本骨折治療学会(2000.06.16〜17), 東京, 抄録集, p.103, 2000.

2091. [学会(全国)](一般講演) 大腿骨骨折に対する髄内釘横止め後の釘切損例の検討. 横山一彦, 関口昌和, 西村明人, 斉田康之, 小林明正, 糸満盛憲(整外): 第26回日本骨折治療学会(2000.06.16〜17), 東京, 抄録集, p.109, 2000.

2092. [学会(全国)](一般講演) 足背部挫滅を伴う小児下腿骨骨折の治療経験. 藤田護, 横山一彦, 中村光伸, 中村聡明, 斉田康之, 糸満盛憲(整外): 第26回日本骨折治療学会(2000.06.16〜17), 東京, 抄録集, p.119, 2000.

2093. [学会(全国)](一般講演) 多発外傷に伴った大腿骨顆部および顆上骨折の治療. 高平尚伸(整外), 新藤正輝, 田中啓司B(救命), 横山一彦, 糸満盛憲(整外): 第26回日本骨折治療学会(2000.06.16〜17), 東京, 抄録集, p.155, 2000.

2094. [学会(全国)](一般講演) 北里大学病院における下肢切断者の検討. 清水祥史, 横山一彦, 斉田康之(整外), 辺士名隆(リハビリ), 糸満盛憲(整外): 第37回日本リハビリテーション医学会学術集会(2000.06.22〜24), 東京, 抄録集, p.233, 2000.

2095. [学会(全国)](一般講演) Short Form-36を用いた仮骨延長術にて加療した下肢外傷患者のQOL評価. 横山一彦, 斉田康之, 清水祥史, 塚本達郎, 糸満盛憲(整外): 第37回日本リハビリテーション医学会学術集会(2000.06.22〜24), 東京, 抄録集, p.312, 2000.

2096. [学会(全国)](一般講演) マイクロ波誘電加熱法を用いた同種移植骨の加熱殺菌法の開発. 内山勝文(整外), 石田稔, 氏平政伸, 小林菜央, 高畑芙美, 馬渕清資(医療衛生), 糸満盛憲(整外): 日本機械学会2000年度年次大会(2000.08.01〜04), 名古屋, 抄録集, p.147, 2000.

2097. [学会(全国)](一般講演) 外反屈曲骨切り術の術後成績に関与するX線学的因子の検討−骨頭回転中心を利用して−. 本部純子, 糸満盛憲, 関口昌和, 泉敏弘, 東計, 品田尚孝, 高平尚伸(整外): 第27回日本股関節学会学術集会(2000.11.10〜11), 名古屋, 抄録集, p.162, 2000.

2098. [学会(地方)](記念講演) Cell proliferation and TGF-β expression fracture cells−Influence of stability at the fracture site. 峰原宏昌, 泉敏弘(整外), 神宮司誠也(九大), 糸満盛憲(整外): 第26回北里医学会総会(2000.10.21), 相模原.

2099. [学会(地方)](一般講演) 長母指屈筋腱と示指深指屈筋腱間に存在した破格腱の1例. 藤田護, 小林明正, 朴晃正, 駒田朋秀, 二見俊郎(整外): 第109回神奈川整形災害外科医会(2000.06.03), 横浜, 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13(1): 11, 2000.

2100. [学会(地方)](一般講演) 人工膝関節感染症に対して抗生剤入りセメントスペーサーを用いて再置換し得た2例. 高崎純孝, 大西太, 西村明人, 那須野秀二, 泉敏弘, 糸満盛憲(整外): 関東整形外科学会月例第602回整形外科集談会(2000.06.24), 東京.

2101. [学会(地方)](一般講演) Brachy therapyを施行した粘液型脂肪肉腫の1例. 福島宣明, 大西太, 那須野秀二, 糸満盛憲(整外): 第110回神奈川整形災害外科医会(2000.12.09), 横浜, 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13(3): 101, 2000.

2102. [学会(地方)](一般講演) 著明な足部骨萎縮を呈したBuerger病の1例. 大川孝, 片野素昭, 北爪伸仁, 高木淳, 蛯原有男, 安達公, 小林明正, 二見俊郎(整外): 第110回神奈川整形災害外科医会(2000.12.09), 横浜, 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13(3): 95, 2000.

2103. [学会(地方)](一般講演) 腰椎椎間板嚢腫の2例. 内野正隆(整外), 蜂谷将史, 大成克弘, 藤井英世, 近藤総一, 大久保俊彦, 三原久範, 山崎哲也, 竹口英文, 牧野裕司, 鈴木俊, 樋口三郎, 山田勝久(横浜南共済病院): 第110回神奈川整形災害外科医会(2000.12.19), 横浜, 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13(3): 105, 2000.

2104. [学会(地方)](一般講演) 手根管内に破格筋を認めた手根管症候群の3例. 小林明正, 藤田護, 只野功, 駒田朋秀, 二見俊郎(整外): 第111回神奈川整形災害外科医会(2001.03.10), 横浜, 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13(4): 117, 2001.

2105. [学会(地方)](一般講演) 大腿骨頭壊死により骨頭下骨折を起こしたMorphea profundaの1例. 向井田智之, 宮部基, 高平尚伸, 糸満盛憲(整外), 関根敦子(皮): 第111回神奈川整形災害外科医会(2001.03.10), 横浜, 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13(4): 119, 2001.

2106. [学会(地方)](一般講演) 短縮後骨延長により治療したGustilo VB型開放骨折の難治例. 青木信一, 横山一彦, 塚本達郎, 糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会第607回東京集談会地方会(2001.03.24), 東京.

2107. [学会(地方)](ポスター講演) 示指locking fingerの5例. 藤田護, 小林明正, 二見俊郎(整外): 第49回東日本整形災害外科学会(2000.12.07〜08), 東京, 東日本整形災害外科学会雑誌, 12(3): 254, 2000.

2108. [学会(地方)](ポスター講演) 若年者の大腿骨頚部におけるstress fractureの1例. 向井田智之, 那須野秀二, 大西太, 泉敏弘, 糸満盛憲(整外): 第49回東日本整形災害外科学会(2000.12.07〜08), 東京, 東日本整形災害外科学会雑誌, 12(3): 273, 2000.

2109. [研究会(国際)](特別講演) 末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術. 糸満盛憲(整外): 白求恩医科大学講演会(2000.05.02〜05), 長春.

2110. [研究会(国際)](特別講演) 同種骨移植: 日本の現状とKUBB. 糸満盛憲(整外): 白求恩医科大学講演会(2000.05.02〜05), 長春.

2111. [研究会(国際)](特別講演) Hip osteotomy for osteocatrhitis. 糸満盛憲(整外): Cheju Hip Seminar(2000.07.07), 済州島.

2112. [研究会(全国)](シンポジウム等) THR時臼蓋縁に生じた小さな骨欠損修復の工夫. 高平尚伸, 糸満盛憲, 関口昌和, 泉敏弘, 宮部基, 八木健司, 松本晃(整外): 第8回Hip Forum(2000.07.29), 小淵沢, 抄録集, p.6, 2000.

2113. [研究会(地方)](特別講演) 同種骨移植による骨欠損の修復. 糸満盛憲(整外): 三重大学春季セミナー(2000.04.22), 津市.

2114. [研究会(地方)](特別講演) 棘突起縦割式脊柱管拡大術. 安達公(整外): 第16回神奈川整形手術手技研究会(2000.06.02), 横浜.

2115. [研究会(地方)](特別講演) 骨折治療の現状と展望. 糸満盛憲(整外): 第1回神奈川難治性骨折研究会(2000.06.10), 横浜.

2116. [研究会(地方)](特別講演) 同種骨移植による骨欠損部の修復. 糸満盛憲(整外): 第34回しもつけ整形懇談会(2000.06.28), 宇都宮.

2117. [研究会(地方)](特別講演) セメントレス人工関節固定への臨床応用. 関口昌和(整外): バイオペックス研究会(2000.07.01), 東京.

2118. [研究会(地方)](特別講演) 同種骨移植による骨欠損の修復. 糸満盛憲(整外): 順天堂整形外科フォーラム(2000.07.01), 東京.

2119. [研究会(地方)](特別講演) 同種骨移植の現状と骨バンク. 糸満盛憲(整外): 第9回近畿整形外科学会夏期研究会(2000.08.26), 岐阜.

2120. [研究会(地方)](特別講演) 人工股関節再置換術における同種骨の利用. 糸満盛憲(整外): 第156回北陸整形外科集談会(2000.09.03), 金沢.

2121. [研究会(地方)](特別講演) 骨折治癒過程のEnhancement. 糸満盛憲(整外): 第1回千葉骨ペースト研究会(2000.09.14), 千葉.

2122. [研究会(地方)](特別講演) 同種骨移植と骨バンク. 糸満盛憲(整外): 山梨県整形外科医会研修会(2000.09.22), 山梨.

2123. [研究会(地方)](特別講演) 手指, 手関節および肘のリウマチの外科的治療. 二見俊郎(整外): 第6回神奈川手・肘の外科研究会(2000.10.07), 横浜.

2124. [研究会(地方)](特別講演) 髄内釘骨接合術; 最近の進歩とpitfall. 糸満盛憲(整外): 第6回福岡運動器カンファレンス(2000.10.28), 福岡.

2125. [研究会(地方)](特別講演) 骨バンクについて. 糸満盛憲(整外): 福岡大学FLOC(2000.10.28), 福岡.

2126. [研究会(地方)](特別講演) 大腿骨骨折における髄内釘の諸問題. 糸満盛憲(整外): 聖マリア整形外科外傷カンファレンス(2000.11.25), 久留米.

2127. [研究会(地方)](特別講演) 同種骨移植と骨バンク. 糸満盛憲(整外): 筑豊地区整形外科懇話会(2000.11.24), 飯塚.

2128. [研究会(地方)](特別講演) 末期股関節症に対する大腿骨外反-屈曲骨切り術とその作用機序. 糸満盛憲(整外): 第12回広島骨・関節疾患研究会(2001.02.10), 広島.

2129. [研究会(地方)](特別講演) 培養軟骨細胞による関節軟骨欠損の修復. 糸満盛憲(整外): 平成12年度学術フロンティア推進事業班会議(2001.03.21), 相模原.

2130. [研究会(地方)](特別講演) 脊椎疾患に対する保存療法と手術療法. 安達公(整外): 相模原医師会整形外科医会学術講演会(2001.03.24), 相模原.

2131. [研究会(地方)](教育講演) 手指, 手関節および肘のリウマチの外科的治療. 二見俊郎(整外): 第6回神奈川手・肘の外科研究会(2000.10.07), 横浜.

2132. [研究会(地方)](シンポジウム等) 社会的基盤整備に向けて各組織移植の現状と問題点−同種骨移植の現況と問題点−. 那須野秀二, 糸満盛憲, 泉敏弘(整外): 第3回東日本臓器・組織移植研究会(2001.02.24), 東京.

2133. [研究会(地方)](一般講演) 膝関節に発生した限局性絨毛結節性滑膜炎の1例. 朴晃正, 高木淳, 片野素昭, 宮下謙一, 北爪伸仁, 二見俊郎(整外): 第30回神奈川関節外科研究会(2000.04.01), 横浜.

2134. [研究会(地方)](一般講演) 化膿性肩関節炎の治療. 大塚宏, 西村明人, 泉敏弘, 関口昌和, 塚本達郎, 内山勝文, 糸満盛憲(整外): 第30回神奈川関節外科研究会(2000.04.01), 横浜.

2135. [研究会(地方)](一般講演) 当科におけるスポーツによる半月板損傷の検討. 片野素昭, 宮下謙一, 高木淳, 北爪伸仁, 二見俊郎(整外): 第8回よこはまスポーツ整形外科フォーラム(2000.06.24), 横浜, 抄録集, p.15, 2000.

2136. [研究会(地方)](一般講演) RA膝Dynamic MRIと滑膜病理所見について. 河合光正, 西村明人(整外), ラナ美代子, 遠藤平仁(内), 池田俊昭(医療衛生), 近藤啓文(内), 糸満盛憲(整外): 第42回神奈川リウマチ医会(2000.07.01), 横浜.

2137. [研究会(地方)](一般講演) Pin-sleeve systemを用いた足関節骨折の治療. 松本晃, 高平尚伸, 内山勝文, 関口昌和, 泉敏弘, 糸満盛憲(整外): 第31回神奈川関節外科研究会(2000.09.09), 横浜.

2138. [研究会(地方)](一般講演) テフロンチューブを用いた鏡視下手根管開放術の総括. 二見俊郎, 小林明正, 北爪伸仁, 安達公, 蛯原有男, 只野功, 藤田護(整外): 第31回神奈川関節外科研究会(2000.09.09), 横浜.

2139. [研究会(地方)](一般講演) 上腕二頭筋腱断裂端部の滑液胞による圧迫のために生じた前骨間神経麻痺の1例. 鈴木俊(整外), 藤井英世, , 蜂谷将史, 大成克弘, 近藤総一, 大久保俊彦, 三原久範, 山崎哲也, 竹口英文, 内野正隆, 牧野裕司, 樋口三郎, 山田勝久(横浜南共済病院): 第6回神奈川手・肘の外科研究会(2000.10.07), 横浜.

2140. [研究会(地方)](一般講演) Kienboeck病に合併した中指, 環指伸筋腱皮下断裂の1例. 駒田朋秀, 小林明正, 森口尚生, 藤田護, 二見俊郎(整外): 第6回神奈川手・肘の外科研究会(2000.10.07), 横浜.

2141. [研究会(地方)](一般講演) Locking of index fingerの5例. 藤田護, 小林明正, 山屋智康, 森口尚生, 駒田朋秀, 二見俊郎(整外): 第6回神奈川手・肘の外科研究会(2000.10.07), 横浜.

2142. [研究会(地方)](一般講演) 上肢症状を主訴としたPancoast腫瘍の2例. 小林明正, 堤葵実, 藤田護, 只野功, 安達公, 二見俊郎(整外): 第6回神奈川手・肘の外科研究会(2000.10.07), 横浜.

2143. [研究会(地方)](一般講演) 手根管症候群に合併した多発性骨髄腫. 森口尚生, 小林明正, 藤田護, 二見俊郎(整外): 第15回東日本手の外科研究会(2001.02.03), 東京, 抄録集, p.63, 2001.

2144. [研究会(地方)](一般講演) 化膿性下腿骨骨髄炎に対して抗生剤混入骨セメント髄内釘の使用経験. 大塚宏, 堤葵実, 佐藤俊博, 西村明人, 関口昌和, 横山一彦, 糸満盛憲(整外): 関東整形災害外科学会第606回集談会東京地方会(2001.02.24), 東京.

2145. [研究会(地方)](一般講演) SLEによる上腕骨頭壊死に対して支持骨柱移植を行った1例. 宮部基, 西村明人(整外), 高岸憲二(九大), 糸満盛憲(整外): 第32回神奈川関節外科研究会(2001.03.31), 横浜.

2146. [研究会(地方)](一般講演) 左肘腫瘤を呈した猫ひっかき病の1例. 只野功, 小林明正, 藤田護, 二見俊郎(整外): 第32回神奈川関節外科研究会(2001.03.31), 横浜.

2147. [研究会(地方)](公開講座) 変形性膝関節症の病態と望まれる治療法(剤)の開発. 高平尚伸(整外): 膝関節症セミナー(2000.05.26), 東京.

2148. [学術賞(国内賞)] 平成12年度北里医学会賞, 峰原宏昌, 泉敏弘(整外), 神宮司誠也(九大), 糸満盛憲(整外):

2149. [学会主催(地方会)] 第30回神奈川関節外科研究会(2000.04.01), 横浜, 二見俊郎(整外).

2150. [学会主催(地方会)] 第3回東日本臓器・組織移植研究会(2001.02.24), 東京, 糸満盛憲(整外).

2151. [学会主催(地方会)] 第16回神奈川整形手術手技研究会(2000.06.02), 東京, 二見俊郎(整外).

2152. [学会主催(その他)] 第12回AO Combined Course Yokohama, 糸満盛憲(整外).

<<22 形成外科学>>

2153. [原著] Q-switched Nd: YAGレーザーによるスキンケア効果. 島倉康人, 宇津木龍一, 田中早苗, 塩谷信幸, 内沼栄樹(形外): Aesthetic Dermatology, 10: 1〜5, 2000.

2154. [原著] PCR-SSCP法による遺伝子診断. 大井田新一郎, 山崎安晴(形外), 深江允, 柳沢慧二(鶴見大): 鶴見歯学, 26(3): 345〜352, 2000.

2155. [原著] 生体吸収性素材による顔面骨骨折の治療について. 根本充, 田中正英, 柏木慎也, 村上博則, 橋本信子, 内沼栄樹(形外): 日本外科系連合学会誌, 25(1): 10〜14, 2000.

2156. [原著] Hemifacial microsomiaの外科的矯正治療例. 宮島桜, 府川俊彦(ふかわ矯正歯科), 鳥飼勝行, 小林真司(県立こども医療センター), 山崎安晴(形外): 日本顎変形症学会雑誌, 10(3): 300〜309, 2000.

2157. [原著] Bednar Tumor (Pigmented Dermatofibrosarcoma Protuberans); 本邦報告例からみた臨床像と組織像の検討. 石黒匡史, 瀬崎晃一郎, 内沼栄樹(形外): 日本形成外科学会会誌, 20(5): 302〜311, 2000.

2158. [原著] 慢性骨髄炎の診断における白血球シンチグラフィの臨床的有用性の検討. 酒井直彦(形外), 奥村仁, 中村佳代, 吉田豊一, 岡卓志, 安村和則(横浜市大): 日本形成外科学会会誌, 21: 5〜13, 2000.

2159. [原著] 労災による手の外傷患者の検討. 高瀬税, 新沢博子, 山田直人(形外): 日本職業・災害医学会会誌, 48(6): 475〜478, 2000.

2160. [原著] 熱傷急性期におけるウリナスタチン投与の有用性に関する臨床研究(第1報). 山田直人, 山下理絵, 内沼栄樹(形外): 熱傷, 26(5): 253〜260, 2000.

2161. [原著] 外傷性歯牙欠損患者に対するインプラント義歯の応用. 山崎安晴, 尾関雅彦, 山田直人, 中北信昭, 内沼栄樹(形外): 北里医学, 30(2): 83〜87, 2000.

2162. [原著] スルファジアジン銀含有ハイドロコロイド型創傷被覆材の開発; 多施設臨床試験評価. 鈴木敏彦, 山下理絵, 田中正英, 山田直人, 内沼栄樹(形外), 黒柳能光(医療衛生): 薬理と治療, 28(7): 621〜633, 2000.

2163. [準原著] スルファジアジン銀を含有したハイドロコロイドドレッシング(BKD-1)の多施設臨床試験. 田中正英, 山下理絵, 鈴木敏彦, 山田直人, 内沼栄樹(形外), 黒柳能光(医療衛生): Progress in Medicine, 20(11): 189〜191, 2000.

2164. [準原著] 肉芽組織形成過程におけるVEGFの経時的推移. 新沢博子, 武田啓, 内沼栄樹(形外), 曽根由美子(生化系): Progress in Medicine, 20(11): 196〜198, 2000.

2165. [準原著] 陥入爪の治療についての一工夫. 村下一晃, 島倉康人, 高橋嗣明, 田中早苗, 毛利麻里, 三好宏, 内沼栄樹(形外): 埼玉県医学会雑誌, 35(5): 494〜497, 2000.

2166. [研究報告(文部省)] 日本人における唇顎口蓋裂の発生と既知関連遺伝子について. 山崎安晴, 中北信昭(形外), 大井田新一郎(鶴見大), 天笠光雄(東医歯大): 平成11年度科学研究費実績報告書, 2000.

2167. [症例報告] Distal plantar reconstruction using a flexor digitorum brevis muscle flap with reverse-flow lateral plantar artery. 酒井直彦(形外), 吉田豊一, 奥村仁(横浜市大): Br. J. Plast. Surg., 54(2): 170〜173, 2001.

2168. [症例報告] 高度顔面変形を伴った限局性強皮症の1例. 酒井直彦(形外), 吉田豊一, 中村佳代, 奥村仁, 清水調, 三上太郎, 前川二郎, 千島康稔(横浜市大): 形成外科, 43(12): 1223〜1228, 2000.

2169. [症例報告] 頚部に発症したCastlemanリンパ腫の1例. 酒井直彦, 中北信昭, 内沼栄樹, 飯田剛(形外): 形成外科, 43(2): 143〜149, 2000.

2170. [症例報告] 足関節固定術用フィン付き髄内釘の使用経験. 長谷川敏男(形外), 谷本真, 本田淳, 沼崎伸, 多々羅靖則, 中野香代子, 小林昭(国立横浜病院): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13(2): 29〜34, 2000.

2171. [症例報告] 足関節に初発症状を呈したKaschin-Beck病の1例. 長谷川敏男(形外), 谷本真, 本田淳, 沼崎伸, 多々羅靖則, 中野香代子, 小林昭, 田口智也(国立横浜病院): 整形外科, 51(9): 1203〜1207, 2000.

2172. [症例報告] 乳房温存術後変形に対する修正手術の1例. 柴田裕達(横浜市大), 橋本信子, 内沼栄樹(形外), 石山暁(横浜市立市民病院): 日本外科系連合学会誌, 26(1): 91〜94, 2001.

2173. [症例報告] 人工透析患者に生じたTumoral Calcinosis様の異所性石灰沈着症. 石黒匡史, 田中早苗, 増田竜児, 内沼栄樹(形外): 日本形成外科学会会誌, 20(5): 328〜334, 2000.

2174. [症例報告] 肺性心による心不全を合併した熱傷の1例. 酒井直彦(形外), 増田卓(救命), 田中正英, 三好宏, 内沼栄樹(形外), 相馬一亥(救命): 熱傷, 26(2): 81〜85, 2000.

2175. [症例報告] Pachydermodactylyの1例. 酒井直彦, 内沼栄樹, 山本博, 宇井謙二(形外), 宮沢七郎(電顕セン): 皮膚臨床, 42(6): 857〜860, 2000.

2176. [講座] スキンバンクの運営設置基準. 島崎修次, 田中秀治, 青山久, 安瀬正紀, 鵜飼卓, 大谷津恭之(形外), 川井真, 斎藤大蔵, 塩野茂, 篠沢洋太郎, 鈴木幸一郎, 原田輝一, 福西健至, 辺見弘, 本間賢一, 迎伸彦, 矢永博子, 行岡哲男(日本熱傷学会スキンバンク検討委員会): 熱傷, 26(5): 64〜72, 2000.

2177. [教科書](分担執筆) 美容外科手術プラクティス1; 遮光剤(サンスクリーン), 1, 山下理絵(形外). 編集 市田正成(いちだクリニック), 谷野隆三郎(東海大), 保阪善昭(昭和大), 文光堂, 東京, 2000.05.23発行.

2178. [教科書](分担執筆) 美容外科手術プラクティス1; ケミカルピーリングとは, 1: 132〜134, 山下理絵(形外). 編集 市田正成(いちだクリニック), 谷野隆三郎(東海大), 保阪善昭(昭和大), 文光堂, 東京, 2000.05.23発行.

2179. [教科書](分担執筆) 美容皮膚科学−ニキビ, シミ, シワ, ムダ毛の最新治療; シワの最新治療, p.122〜132, 山下理絵(形外). 編集 漆畑修(東邦大), メディカルコア, 東京, 2000.11.30発行.

2180. [教科書](分担執筆) 美容皮膚科学; むだ毛の最新治療 −レーザー治療− アレキサンドライトレーザー, p.153〜160, 島倉康人(形外). 編集 漆畑修(東邦大), メディカルコア, 東京, 2000.11.30発行.

2181. [教科書](分担執筆) 実践皮膚レーザー療法−上手な使い方と治療法のコツ; ウルトラパルス炭酸ガスレーザーの適応と実際, p.109〜129, 山下理絵(形外). 編集 久保田潤一郎(杏林大), 永井書店, 大阪, 2001.02.10発行.

2182. [その他の著書](共著) 褥瘡のCareとCure〜予防, 治療から在宅介護まで〜; 深井孝郎, 大谷津恭之(形外). 佐久総合病院, 長野, 2001.03.23発行.

2183. [学会(国際)](一般講演) An anatomic study of levator aponeurosis using scanning electron microscope in oriental eyelid. 森川一彦, 山本博, 内沼栄樹(形外), 山科正平(解): 15th Congress of the ISAPS 2000(2000.04.06), 東京, ISAPS Abstracts, p.53.

2184. [学会(国際)](一般講演) A giant eccrine poroma of 20 years duration. 毛利忍, 岡野絵里子, 掛水夏恵(横浜市立市民病院), 柴田裕達(形外): 6th China-Japan Joint Meeting of Dermatology(2000.07.00), 上海.

2185. [学会(国際)](一般講演) Immediate Burn Wound Excision and Grafting for Severe Infant Burn. 一氏俊世, 山田直人, 内沼栄樹(形外): 第11回日中形成外科学会(2000.10.26), 中華人民共和国.

2186. [学会(国際)](ポスター講演) Injection of Autologous Collagen for Soft Tissue Augumentation. 石黒匡史, 宇井謙二, 森川一彦, 青柳和也, 内沼栄樹(形外): 15th Congress of the ISAPS 2000(2000.04.06〜08), 東京, ISAPS Abstracts, p.107, 2000.

2187. [学会(国際)](ポスター講演) Role of syndecan-1 on the Embryonic Development of Vibrissa. 林和弘(形外), 野水基義, 門谷裕一(解): Gordon会議(基底膜)(2000.06.17〜20), Conneticut, USA.

2188. [学会(国際)](ポスター講演) Susceptibility genes to a subset of cleft lip with or without cleft palate may exist close to HLA-DRB1 and NOTCH4. 志田裕子, 坂田康彰(東大), 酒井直彦(形外), 須佐美隆史(東大), 山崎安晴, 内沼栄樹(形外), 徳永勝士(東大), 高戸毅(東大): American Society for Histocompatibility and Immunogenetics (ASHI) 26th Annual Meeting(2000.10.10〜14), フロリダ.

2189. [学会(全国)](教育講演) Ultrapulse炭酸ガスレーザーによるrejuvenation. 山下理絵(形外): 日本美容外科学会, 美容医療協会教育講演(2000.05.20), 東京.

2190. [学会(全国)](シンポジウム等) 自殺企図熱傷患者の問題点. 高瀬税, 山田直人(形外), 堤邦彦(精), 相馬一亥, 大和田隆(救命), 内沼栄樹(形外): 第26回日本熱傷学会(2000.06.02), 東京, 熱傷, 26(4): 172, 2000.

2191. [学会(全国)](シンポジウム等) Non-Abrative Skin rejuvenation (NASR): Cool Touch Laser. 山下理絵(形外): 第78回日本美容外科学会(2000.07.20), 小樽.

2192. [学会(全国)](シンポジウム等) 美容外科でのレーザー治療(agingに対するレーザー治療の経過). 山下理絵, 石黒匡史, 橋本信子(形外): 第23回日本美容外科学会総会(2000.09.22), 東京.

2193. [学会(全国)](一般講演) 特異な経過を示した血管腫の1例. 池本繁弘, 瀬崎晃一郎, 山崎安晴, 徳田真紀子, 上田晃子, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.24), 札幌.

2194. [学会(全国)](一般講演) 日光角化症表皮内癌の治療; レーザー治療と手術方法の選択. 山下理絵, 石黒匡史, 増田竜児, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.24), 札幌.

2195. [学会(全国)](一般講演) 唇裂外鼻における顎裂部骨移植の効果と問題点. 高橋嗣明, 中北信昭, 山崎安晴, 瀬崎晃一郎, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.24), 札幌.

2196. [学会(全国)](一般講演) 両上腕に発生した特異なMadelung病の1例. 深井孝郎, 山本博, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.25), 札幌.

2197. [学会(全国)](一般講演) 慢性骨髄炎の診断における白血球シンチグラムの臨床的有用性の検討. 酒井直彦(形外), 奥村仁, 中村佳代, 吉田豊一, 岡卓志(横浜市大): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.24〜26), 札幌.

2198. [学会(全国)](一般講演) 炎症性腸疾患の肛門周囲病変に対するgluteal fold flapの応用. 柴田裕達, 橋本信子, 吉津康子, 有馬裕子, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.24〜26), 札幌.

2199. [学会(全国)](一般講演) 尿膜管遺残症を疑い手術施行した膵部膿瘍6例の検討. 岡野絵里子(横浜市立市民病院), 柴田裕達(形外), 毛利忍(横浜市立市民病院): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.24〜26), 札幌.

2200. [学会(全国)](一般講演) 指のdegloving injuryに対する新しい再建方法. 山田直人, 高瀬税, 宇井謙二, 中村健B, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.26), 札幌.

2201. [学会(全国)](一般講演) 当院における口唇口蓋裂のチームアプローチについて. 瀬崎晃一郎, 中北信昭, 山崎安晴, 池本繁弘, 徳田真紀子, 青柳和也, 内沼栄樹(形外), 鳥飼勝行(県立こども医療セン), 黒田敬之(東医歯大): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.25), 札幌, プログラム, p.93, 2000.

2202. [学会(全国)](一般講演) 当院における凍傷症例の検討. 福田理絵子, 大谷津恭之, 馬場香子, 三好宏, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.25), 札幌, 抄録集, p.143, 2000.

2203. [学会(全国)](一般講演) 術前矯正により制限される顎骨移動量とその問題点. 山崎安晴, 中北信昭, 瀬崎晃一郎, 鈴木敏彦(形外), 府川俊彦(ふかわ矯正歯科), 石渡靖夫, 内沼栄樹(形外): 第43回日本形成外科学会学術集会(2000.05.26), 札幌, 抄録集, p.162, 2000.

2204. [学会(全国)](一般講演) 同種培養真皮による熱傷治療の経過. 山下理絵, 石黒匡史, 増田竜児, 内沼栄樹(形外), 黒柳能光(医療衛生): 第26回日本熱傷学会(2000.06.01), 東京.

2205. [学会(全国)](一般講演) 高齢者熱傷について. 山田直人, 高瀬税(形外), 堤邦彦(精), 大和田隆, 相馬一亥(救命), 内沼栄樹(形外): 第26回日本熱傷学会(2000.06.02), 東京.

2206. [学会(全国)](一般講演) 形成外科病棟における熱傷患者の統計的検討. 笹野真理, 富山美保子, 飯田智恵, 天川久子(看護部), 山田直人, 内沼栄樹(形外): 第26回日本熱傷学会(2000.06.02), 東京.

2207. [学会(全国)](一般講演) 折り返しpericranial flapを用いた前頭蓋底再建手術の経験. 柴田裕達(形外): 第25回日本外科系連合学会学術集会(2000.06.24), 東京.

2208. [学会(全国)](一般講演) 麻酔薬徐放フィルム(ペレレスR)と7%リドカインゲルの比較検討. 島倉康人, 宇津木龍一, 福田理絵子, 鬼武麻子, 塩谷信幸(形外): 第18回日本美容皮膚科学会学術大会(2000.08.17), 東京.

2209. [学会(全国)](一般講演) Aponeurotic surgeryを併用した上眼瞼除皺術. 島倉康人, 宇津木龍一, 福田理絵子, 鬼武麻子, 塩谷信幸(形外): 第23回日本美容外科学会総会(2000.09.20), 東京.

2210. [学会(全国)](一般講演) 上顎前壁増大術の意義と新しい充填物の検討. 森川一彦(形外), 高梨真教(タカナシクリニック), 安田克巳(吉祥寺共立美容外科), 森川昭彦(銀座美容外科), 内沼栄樹(形外): 第23回日本美容外科学会総会(2000.09.20), 東京, 抄録集, p.26.

2211. [学会(全国)](一般講演) ボツリヌス・トキシンAによる多汗症治療の経験. 森川一彦(形外), 高梨真教(タカナシクリニック), 安田克巳(吉祥寺共立美容外科), 内沼栄樹(形外): 第23回日本美容外科学会総会(2000.09.20), 東京, 抄録集, p.27.

2212. [学会(全国)](一般講演) 頭蓋骨早期癒合症におけるFGFR2遺伝子の解析. 酒井直彦(形外), 徳永勝士(東大), 山崎安晴(形外), 志田裕子, 坂田康彰, 須佐美隆史(東大), 中北信昭(形外), 高戸毅(東大), 内沼栄樹(形外): 第9回日本形成外科学会基礎学術集会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2213. [学会(全国)](一般講演) 肉芽組織形成過程における, VEGF, CTGFの経時的推移. 新沢博子, 武田啓(形外), 曽根由美子(生化系), 内沼栄樹(形外): 第9回日本形成外科学会基礎学術集会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2214. [学会(全国)](一般講演) 胎生期毛包形成におけるミンデカン-1の役割. 林和弘(形外), 門谷裕一(解), 野水基義, 武田啓(形外), 山科正平(解), 内沼栄樹(形外): 第9回日本形成外科学会基礎学術集会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2215. [学会(全国)](一般講演) 裂型別にみた口唇口蓋裂患者におけるHLA領域候補遺伝子の多型解析. 志田裕子, 坂田康彰, 須佐美隆史, 高戸毅(東大), 酒井直彦(形外), 徳永勝士(東大): 第45回日本人類遺伝学会(2000.10.25〜27), 福岡.

2216. [学会(全国)](一般講演) 自傷による頭頂部頭蓋欠損の1例. 柴田裕達, 吉津康子, 有馬裕子, 上田晃子(形外), 竹本安範(横浜市立市民病院): 第48回日本職業・災害医学会学術大会(2000.10.31〜11.02), 東京.

2217. [学会(全国)](一般講演) 炎症性腸疾患に合併した肛門腟瘻の治療. 柴田裕達(形外), 小金井一隆, 福島恒男(横浜市立市民病院): 第55回日本大腸肛門病学会総会(2000.11.10〜11), 福岡.

2218. [学会(全国)](一般講演) 顔面骨骨折手術例で気管切開を行った症例の検討. 山下理絵, 石黒匡史, 橋本信子, 内沼栄樹(形外): 第18回日本頭蓋顎顔面外科学会(2000.11.27), 東京.

2219. [学会(全国)](一般講演) 粘膜移植口蓋粘膜弁法とFurlow法における術後言語成績の比較検討. 中北信昭, 瀬崎晃一郎, 山崎安晴, 内沼栄樹(形外), 鈴木恵子(医療衛生): 第18回日本頭蓋顎顔面外科学会(2000.11.27), 東京, プログラム・抄録集, p.66, 2000.

2220. [学会(全国)](一般講演) 鼻骨変形を伴った先天性外鼻孔腫瘤の1例. 瀬崎晃一郎, 中北信昭, 山崎安晴, 高山敦子, 池本繁弘, 内沼栄樹(形外): 第18回日本頭蓋顎顔面外科学会(2000.11.28), 東京, 抄録集, p.133.

2221. [学会(全国)](一般講演) J型パウチとした遊離空腸による咽頭〜頚部食道再建手術の検討. 中野香代子, 柴田裕達(形外), 高橋正純, 鬼頭文彦, 福島恒男(横浜市立市民病院): 第779回外科集談会(2000.12.02), 東京.

2222. [学会(全国)](一般講演) 労災による手の外傷患者の検討. 高瀬税, 山田直人, 新沢博子, 中村健B, 高山敦子(形外): 第47回日本災害医学会(99.10.06), 広島.

2223. [学会(全国)](ポスター講演) 顎裂部二次移植骨が高度に吸収した3症例の検討. 山崎安晴, 石渡康夫(いしわた矯正歯科), 中北信昭, 瀬崎晃一郎(形外), 黒田敬之(東医歯大), 内沼栄樹(形外): 第24回日本口蓋裂学会学術集会(2000.06.13), 東京, 日本口蓋裂学会雑誌, 25(2): 208, 2000.

2224. [学会(地方)](一般講演) 多発刺創を伴った頚部刺創症例の検討. 安田吉宏, 山田直人, 一氏俊世(形外), 西巻博(放), 新藤正輝, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第50回日本救急医学会関東地方会(2000.02.10), 東京.

2225. [学会(地方)](一般講演) 過去3年間当科にて経験した手, 足に関する手術症例の検討. 田中正英, 高橋嗣明, 有馬裕子, 根本充, 橋本信子(形外): 第40回日本形成外科学会中部支部信州地方会(2000.06.17), 松本.

2226. [学会(地方)](一般講演) 足底部難治性潰瘍の1例. 橋本信子, 石黒匡史, 山下理絵(形外): 神奈川症例検討会(2000.07.08), 横浜.

2227. [学会(地方)](一般講演) 受傷当日にデブリードマンを行った顔面, 眼球熱傷の1例. 有馬裕子, 田中正英, 高橋嗣明(形外): 第13回日本熱傷学会信州地方会(2000.07.15), 飯田.

2228. [学会(地方)](一般講演) アスファルト溶剤(コールタール)熱傷による搬送事例. 深井孝郎(形外), 篠原清武(佐久広域連合南消防署): 第13回日本熱傷学会信州地方会(2000.07.15), 飯田.

2229. [学会(地方)](一般講演) 当院における動物咬傷の検討. 田中正英, 橋本信子, 高橋嗣明, 根本充(形外): 第35回日本形成外科学会中部支部学術集会(2000.07.22), 長野.

2230. [学会(地方)](一般講演) 感染を伴った先天性涙嚢瘻の1例. 高橋嗣明, 田中正英, 有馬裕子(形外): 第3回東北信形成外科懇話会(2000.11.07), 長野.

2231. [学会(地方)](一般講演) 外傷性視神経損傷を併発した頬骨骨折の1症例. 一氏俊世, 山田直人, 増田竜児, 秋本峰克(形外): 第223回日本形成外科学会東京地方会(2000.11.15), 東京.

2232. [学会(地方)](一般講演) 片側性鳩胸変形に対する保存的治療法の1例. 松尾あおい, 大谷津恭之, 深井孝郎(形外): 第3回北里形成外科フォーラム(2000.11.25), 横浜.

2233. [学会(地方)](一般講演) 遊離橈側前腕皮弁におけるPerforating Veinの有用性. 中野香代子, 柴田裕達, 馬場香子(形外): 第3回北里形成外科フォーラム(2000.11.25), 横浜.

2234. [学会(地方)](一般講演) 超音波, MRIを用いた肥厚性瘢痕の客観的評価. 深井孝郎, 大谷津恭之, 松尾あおい, 山本博, 内沼栄樹(形外): 第41回日本形成外科学会中部支部信州地方会(2000.12.09), 上田.

2235. [学会(地方)](一般講演) 先天性涙嚢瘻の1例. 高橋嗣明, 田中正英, 有馬裕子, 上田晃子(形外): 第41回日本形成外科学会中部支部信州地方会(2000.12.09), 上田.

2236. [学会(地方)](一般講演) 片側性鳩胸変形に対する保存的治療法の1例. 松尾あおい, 大谷津恭之, 深井孝郎, 内沼栄樹(形外): 第41回日本形成外科学会中部支部信州地方会(2000.12.09), 上田.

2237. [学会(地方)](一般講演) 顔面骨骨折に対するポリ-L乳酸(PLLA)プレートの使用経験. 三好宏, 村下一晃, 内沼栄樹, 島倉康人(形外): 第38回埼玉県医学会総会(2001.02.25), 埼玉.

2238. [学会(地方)](一般講演) 手指の剥脱創における腹部皮弁の応用. 村下一晃, 三好宏, 岩城啓修, 内沼栄樹(形外): 第38回埼玉県医学会総会(2001.02.25), 埼玉.

2239. [研究会(地方)](一般講演) 右臀部難治性潰瘍の1例. 秋本峰克, 中北信昭, 高山敦子, 安田吉宏, 青木勲, 瀬崎晃一郎, 武田啓, 宇井謙二, 内沼栄樹, 池本繁弘(形外): 神奈川県形成外科症例検討会(2000.00.00), 横浜.

2240. [研究会(地方)](一般講演) 熱傷急性期におけるウリナスタチン投与の有用性に関する臨床研究. 山田直人, 一氏俊世(形外), 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第15回神奈川救急医学懇話会(2000.06.09), 横浜.

2241. [研究会(地方)](一般講演) いちご状血管腫自然退縮後の眼窩変形. 池本繁弘, 鈴木敏彦, 大竹尚之, 鳥飼勝行(形外): 神奈川症例検討会(2000.07.08), 横浜.

2242. [研究会(地方)](一般講演) 壊死性筋膜炎と疑われた横紋筋融解の1例. 池本繁弘(形外), 前川二郎, 吉田豊一(横浜市大), 鳥飼勝行(形外): 神奈川症例検討会(2000.11.11), 相模原.

2243. [研究会(地方)](一般講演) 頭蓋骨早期癒合症におけるFGFR2遺伝子の解析. 酒井直彦, 山崎安晴, 中北信昭, 内沼栄樹(形外): 第3回北里形成外科フォーラム(2000.11.25), 横浜.

2244. [研究会(地方)](一般講演) 拇指完全切断をabdominal flap 及びbone graftを用いて再建した症例. 岩城啓修, 村下一晃, 三好宏, 内沼栄樹(形外): 第3回北里形成外科フォーラム(2000.11.25), 横浜.

2245. [研究会(地方)](一般講演) Pericranial flapによる前頭蓋底再建手術における小工夫. 柴田裕達, 中野香代子, 鴻池奈津子, 吉津康子(形外): 第3回北里形成外科フォーラム(2000.11.25), 横浜.

2246. [研究会(地方)](一般講演) エバンス症候群に発生し, 救命し得た壊死性筋膜炎の1例. 橋本信子, 石黒匡史, 山下理絵(形外): 第3回北里形成外科フォーラム(2000.11.25), 横浜.

2247. [研究会(地方)](一般講演) 膵頭部腫瘤の1例. 長谷川敏男(形外), 大久保浩毅, 比佐岳史, 高松正人, 結城敬, 清水義雄(佐久総合病院): 第11回東信肝胆膵研究会(2001.02.09), 小諸.

<<23 皮膚科学>>

2248. [原著] Recombinant Mycobacterium tuberculosis protein associated with mammalian cell entry. Chitale, S., Ehrt, S., Kawamura, I., 藤村響男(皮), Shimono, N., Anand, N., Lu, S., Cohen-Gould, L., Riley, L.W.: Cell. Microbiol., 3(4): 247〜254, 2001.

2249. [原著] Diffuse large B-cell lymphoma associated with skin, muscle and cranial nerve involvement. 天羽康之(皮), 種井良二(都老人医療センター), 米元康蔵, 勝岡憲生(皮), Mori, M.(都老人医療センター): Eur. J. Dermatol., 10(4): 306〜308, 2000.

2250. [原著] Expression of CD40 and CD40 ligand in Bowen's disease and squamous cell carcinoma. 天羽康之, 太田幸則(皮), 浜田祐子(生化系), 立田美奈子, 勝岡憲生(皮): Eur. J. Dermatol., 10(6): 439〜442, 2000.

2251. [原著] The novel drug CS-891 inhibits 5α-reductase activity infresh isolated dermal papilla of human hair follicles. 新山史朗(皮), Kojima, K., 浜田孝和(三共), Happle, R., Hoffmann, R.(Philipp Univ.): Eur. J. Dermatol., 10(8): 593〜595, 2000.

2252. [原著] Adenovirus-mediated ribozyme targeting of HER-2/neu inhibits in vivo growth of breast cancer cells. Suzuki, T.(Berlex Biosci.), Anderegg, B.(UCSF), 大川司(皮), 入江啓(泌), Engebraaten, O., Halks-Miller, M.(Berlex Biosc.), Holm, P.S., Curiel, D.T.(泌), Kashani-Sabet, M.(UCSF), Scanlon, K.J.(Berlex Biosci.): Gene Therapy, 7: 241〜248, 2000.

2253. [原著] Clinical significance of enzyme-linked immunosorbent assay for the detection of circulating anti-BP180 autoantibodies in patients with bullous pemphigoid. 天羽康之, 大川司, 立田美奈子(皮), 浜田祐子(生化系), 藤村響男, 勝岡憲生(皮), Hashimoto, T.(久留米大): J. Dermatol. Sci., 2000.

2254. [原著] Treatment of murine angiosarcoma with etoposide, TNP-470 and prednisolone. Ma, G., 増沢幹男(皮), 浜田祐子(生化系), Haraguchi, F.(皮), 玉内秀一(微), 桜井美典(医療衛生), 藤村響男, 勝岡憲生(皮): J. Dermatol. Sci., 24(2): 126〜133, 2000.

2255. [原著] Dermatitis herpetiformis in a Japanese patient with anaplastic large cell lymphoma. 天羽康之(皮), 種井良二, 田辺和美(都老人医療セン), 勝岡憲生(皮): J. Dermatol., 27(8): 533〜536, 2000.

2256. [原著] Usefulness of bifonazole (MycosporR) cream for the treatment of mocassin type tinea pedis: Comparison between combination therapy of bifonazole cream +10% urea ointment (UrepearlR) and occlusive dressing therapy with the same agents. 田沼弘之, 土井希文(皮), 阿部美知子(医療衛生), 久米光(病理), 勝岡憲生(皮): Mycoses, 43: 129〜137, 2000.

2257. [原著] Usefulness of 1% terbinafine HCl (LamisilR) cream for hyperkeratotic-type tinea pedis and its transfer into the hony layer. 田沼弘之, 土井希文, 太田幸則, 西山茂夫, 勝岡憲生(皮), 金子聡, 向井秀樹(横浜労災病院), 阿部美知子(医療衛生): Mycoses, 43: 578〜593, 2000.

2258. [原著] A novel approach to gene therapy of albino hair in histoculture with retroviral streptomyses tyrosinase gene. Zhao, M., 斉藤典充, Li, L., Baranov, E., Kondoh, H., Mishima, Y., Sugiyama, M., 勝岡憲生(皮), Hoffman, R.M.: Pigment Cell Res., 13(5): 345〜351, 2000.

2259. [原著] 頭部血管肉腫の1剖検例; 血気胸の発症機序の想定. 三井純雪, 増沢幹男, 饗場伸作, 大川司, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 111(1): 43〜47, 2001.

2260. [原著] フィラリア症による慢性リンパ浮腫と重症リンパ漏−シロスタゾール内服が有効と思われた1例. 増沢幹男, 原尚道, 宮田聡子, 天野隆文, 浅井俊弥, 加藤一郎, 西山茂夫, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会雑誌, 111(2): 179〜183, 2001.

2261. [原著] 漢方療法に固執し, 広範なびらんと二次感染を生じた落葉状天疱瘡. 原尚道, 土井希文, 衛藤光(皮): 皮膚科の臨床, 42(1): 159〜162, 2000.

2262. [原著] The feasibility of altering the hair cycle via the induction of apoptosis by cyclosporin A. 新山史朗, 藤村響男, 高須博, 太田幸則, 新井達, 勝岡憲生(皮), 島田彰, 寺田英司(実動系): 北里医学, 30(3): 188〜193, 2000.

2263. [原著] 水疱を形成し胃癌を合併した皮膚筋炎. 原尚道, 新井達, 坪井広美, 橋本明彦, 勝岡憲生(皮): 臨床皮膚科, 54(10): 822〜824, 2000.

2264. [準原著(英文)] Serum levels of vascular endothelial growth factor in a hemangiosarcoma patient with a new-typed p53-gene point mutation. 天羽康之, 増沢幹男(皮), 浜田祐子(生化系), 高須博, 藤村響男, 勝岡憲生(皮), 玉内秀一(微): Br. J. Dermatol., 143(11): 1118〜1119, 2000.

2265. [準原著(英文)] CD56 and terminal deoxynucleotide transferase positive cutaneous lymphoblastic lymphoma. 天羽康之, 米元康蔵, 大川司(皮), Sasaki, M., Isobe, Y., Sugimoto, K.(順天大), 勝岡憲生(皮): Br. J. Dermatol., 143(9): 666〜667, 2000.

2266. [準原著] アトピー性皮膚炎に合併した尋常性乾癬の1例. 大川司, 西山浩美, 田辺和美, 松島美夏, 太田幸則, 藤村響男, 勝岡憲生(皮): 日本乾癬学会記録集, 15: 70〜71, 2000.

2267. [短報・速報] 治療−私のおすすめ−健康茶による夏季潰瘍の再発予防. 増沢幹男(皮): 皮膚病診療, 23(1): 70〜71, 2001.

2268. [症例報告] アトピー性皮膚炎との鑑別を要したSezary症候群. 新山史朗, 矢口厚, 勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 42(4): 548〜549, 2000.

2269. [症例報告] 顔面に生じた皮膚ノカルジアの1例. 天羽康之(皮), 種井良二(都老人医療セン), 田沼弘之(皮): 皮膚科の臨床, 42(6): 964〜965, 2000.

2270. [症例報告] 日光角化症を合併したWerner症候群の1例. 清野みき, 斉藤典充, 長瀬彰夫, 新井達, 平松正浩, 向井秀樹(皮): 皮膚科の臨床, 42: 1231〜1233, 2000.

2271. [症例報告] アリルイソプロピルアセチル尿素による固定薬疹の1例. 前島英樹, 新井達, 大川司, 橋本明彦, サンティス智恵, 勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 43(1): 89〜92, 2001.

2272. [症例報告] 混合性結合組織病患者に生じたベラプロストナトリウムによる播種状紅斑丘疹型薬疹. 天羽康之, 宮崎千春, 新井達, 大川司, 勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 43(3): 454〜455, 2001.

2273. [症例報告] Pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy. 向野哲, 増沢幹男, 勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(10): 947〜950, 2000.

2274. [症例報告] Angiolymphoid hyperplasia with eosinophilia. 佐藤直哉, 新井達, 太田幸則, 勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(10): 963〜966, 2000.

2275. [症例報告] 水疱性類天疱瘡を合併した硬化性萎縮性苔癬. 小中理会, 新井達, 佐藤直哉(皮): 皮膚病診療, 22(11): 1023〜1026, 2000.

2276. [症例報告] 光沢苔癬. 新井達, 勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(11): 1067〜1068, 2000.

2277. [症例報告] Hereditary papulotranslucent acrokeratoderma. 藤井信広(皮), 新井春枝(大和市立病院): 皮膚病診療, 22(11): 1069〜1070, 2000.

2278. [症例報告] 紅皮症様症状を呈したサルコイドーシス. 脇田加恵, 大川司, 勝岡憲生(皮), 高野晃(湘南台皮膚科), 菅谷和江(国立横須賀病院): 皮膚病診療, 22(8): 749〜752, 2000.

2279. [症例報告] 冷膿瘍を形成した結核性中手節関節炎. 増沢幹男, 山本達雄, 勝岡憲生(皮), 是洞桂子(内), 平林尚(川崎井田病院): 皮膚病診療, 22(9): 827〜830, 2000.

2280. [症例報告] 壊疽性丘疹状結核疹. 増沢幹男, 太田幸則, 勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 22(9): 835〜838, 2000.

2281. [症例報告] 特異な臨床を呈した基底細胞上皮腫. 矢口厚, 勝岡憲生, 上野賢一(皮): 皮膚病診療, 23(2): 163〜166, 2001.

2282. [症例報告] 線状の紅斑を生じた成人Still病. 市川薫, 佐藤直哉, 勝岡憲生(皮): 皮膚病診療, 23(3): 271〜274, 2001.

2283. [症例報告] 発症後20年を経過し間質性肺炎が死因となった全身性エリテマトーデスの1例. 新山史朗, 原尚道, 佐藤直哉, 新井達, 橋本明彦, 米元康蔵, 勝岡憲生(皮): 臨床皮膚科, 54(12): 961〜964, 2000.

2284. [症例報告] 超音波メスを用いた腋臭症の治療. 新山史朗, 饗場伸作, 勝岡憲生(皮), 大谷謙太, 伊藤芳憲, 角谷徳芳(昭和大藤が丘病院): 臨床皮膚科, 54(9): 759〜761, 2000.

2285. [総説] 特集: 粘膜疾患診療マニュアル; 梅毒の粘膜症状. 高須博(皮): Monthly Book Derma, (39): 23〜31, 2000.

2286. [総説] 皮膚疾患の診断と治療 (8)乾癬. 太田幸則(皮): アレルギー・免疫, 7(11): 1526〜1527, 2000.

2287. [総説] アナフィラクトイド紫斑. 増沢幹男(皮): アレルギー・免疫, 7(9): 1262〜1263, 2000.

2288. [総説] 全身疾患と耳鼻咽喉科 Y. 消化器疾患, 2. 口内炎(ベーチェット病). 大川司, 勝岡憲生(皮): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(5増): 157〜161, 2000.

2289. [総説] 全身性エリテマトーデスと耳鼻咽喉科. 新井達, 勝岡憲生(皮): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(5増): 181〜184, 2000.

2290. [総説] 痒みをきたす主な疾患とその鑑別. 高須博(皮): 小児看護, 23(10): 1349〜1354, 2000.

2291. [総説] 質疑応答Q & A; 広範囲の脱毛症の治療. 太田幸則(皮): 日本医事新報, (3967): 111〜112, 2000.

2292. [総説] 多型滲出性紅斑. 勝岡憲生(皮): 皮膚科の臨床, 42(10): 1632〜1633, 2000.

2293. [総説] 高齢者にみられる注意すべき皮膚変化. 高須博, 勝岡憲生(皮): 臨床と薬物治療, 20(3): 209〜212, 2000.

2294. [学術書](分担執筆) ケモカインと疾患−その基礎と臨床; 臨床−疾患との関わり 13.尋常性乾癬, p.198〜204, 太田幸則(皮). 編集 茆原順一(秋田大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2000.04.20発行.

2295. [学術書](分担執筆) 皮膚科診療プラクティス 8:毛と爪のオフィスダーマトロジー; 抜毛症, p.31〜33, 坪井広美(皮). 編集 宮地良樹(京大), 瀧川雅治(浜松医大), 文光堂, 東京, 1999.12.26発行.

2296. [学術書](分担執筆) 皮膚科診療プラクティス9.やさしい小児皮膚科学; 小児の脱毛症, p.224〜227, 勝岡憲生(皮). 編集 斉藤隆三(東邦大), 文光堂, 東京, 2001.04.01発行.

2297. [学術書](分担執筆) 皮膚科診療プラクティス: 10.治療にてこずる皮膚疾患; 悪性血管内皮細胞腫のIL-2療法, p.160〜161, 増沢幹男(皮). 編集 橋本公二(愛媛大), 宮地良樹(京大), 瀧川雅治(浜松医大), 文光堂, 東京, 2000.05.26発行.

2298. [学術書](分担執筆) 耳鼻咽喉科診療Q & A: 追録32号; 唇の「あれ」, p.829〜830, 太田幸則(皮). 六法出版, 名古屋, 2000.09.06発行.

2299. [学術書](分担執筆) Derma No.39, 粘膜疾患診療マニュアル; 有棘細胞癌, p.67〜72, 矢口厚, 勝岡憲生(皮). 編集 勝岡憲生(北里大), 全日本病院出版会, 東京, 2000.09.15発行.

2300. [学術書](分担執筆) Today's Therapy 2001今日の治療指針; 紫斑, p.695〜696, 勝岡憲生(皮). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 他, 医学書院, 東京, 2001.01.15発行.

2301. [学術書](分担執筆) 皮膚疾患最新の治療2001-2002; 脱毛症, p.209, 勝岡憲生(皮). 編集 新村真人(慈恵医大), 瀧川雅治(浜松医大), 南江堂, 東京, 2001.02.10発行.

2302. [学術書](編集) Derma No.39, 粘膜疾患診療マニュアル, 編集 勝岡憲生(皮), 全日本病院出版会, 東京, 2000.09.15発行.

2303. [教科書](単著) 皮膚筋炎, 勝岡憲生(皮). 編集 勝岡憲生(北里大), 監修 勝岡憲生(北里大), 日本皮膚科学会研修委員会, 東京, 2000.12.00発行.

2304. [教科書](編集) 皮膚筋炎, 編集 勝岡憲生(皮), 日本皮膚科学会研修委員会, 東京, 2000.12.00発行.

2305. [教科書](監修) 皮膚筋炎, 監修 勝岡憲生(皮), 日本皮膚科学会研修委員会, 東京, 2000.12.00発行.

2306. [学会(国際)](一般講演) Restoration of hair pigment production in albino mouse hair follicles with a streptomyses tyrosinase gene. Zhao, M., 斉藤典充(皮), Li, L., Baranov, E., Mishima, Y., Kondoh, H., Sugiyama, M., 勝岡憲生(皮), Hoffman, R.M.: 61st Annual Meeting of the Society for Investigative Dermatology(2000.05.13), Chicago, J. Invest. Dermatol., 114(4): 786, 2000.

2307. [学会(国際)](一般講演) Steroid sulfatase is primarily expressed within the dermal papilla of human hair follicles; A new pharmaceutical target for the treatment of androgenetic alopecia? 新山史朗(皮), Rot, A., Billich, A.(Novartis Res. Inst.), Hoffmann, R.(Philipp Univ.): Annual Meeting of the European Hair Research Society(2000.09.16), マールブルグ, ドイツ.

2308. [学会(国際)](一般講演) Hypotrichosis congenita of Marie Unna. 新山史朗(皮), Freyschmid-Paul, P., Happle, R., Hoffman, R.(Philipp Univ.): Annual Meeting of the European Hair Research Society(2000.09.16), マールブルグ, ドイツ.

2309. [学会(国際)](ポスター講演) The novel drug CS-891 inhibits 5α-reductase activity in the dermal papilla of human hair follicles. 新山史朗(皮), Kojima, K, Hamada, T.(三共), Happle, R., Hoffmann, R.(Philipp Univ.): Arbeitsgemeinschaft Dermatologische Forschung(01.02.15〜17), ミュンヘン, Arch. Dermatol. Res., 293(1-2): 96, 2001.

2310. [学会(国際)](ポスター講演) Das neue Medikament CS-891 hemmt die 5 alpha-Reduktase-Aktivitat in der dermalen Papille des menschlichen Haarfollikels. 新山史朗(皮), Kojima, K, Hamada, T.(三共), Happle, R., Hoffmann, R.(Philipps Univ.): Vereinigung Sudwestdeutscher Dermatologen(01.03.09〜10), マールブルグ, ドイツ.

2311. [学会(国際)](ポスター講演) Die dermale Haarpapille ist der Hauptsitz der Steroidsulfatase. 新山史朗(皮), Rot, A., Billich, A.(Novartis Pharma), Rolf Hoffmann(Philipps Univ.): Vereinigung Sudwestdeutscher Dermatologen(01.03.09〜10), マールブルグ, ドイツ.

2312. [学会(国際)](ポスター講演) Einfluss von Ostrogenen auf den Androgenmetabolismus verschiedener Untereiten des menschlichen Haarfollikels. 新山史朗(皮), Rudolf Happle, Rolf Hoffmann(Philipps Univ.): Vereinigung Sudwestdeutscher Dermatologen(01.03.09〜10), マールブルグ, ドイツ.

2313. [学会(国際)](ポスター講演) Ex-vivo p21 gene therapy suppresses experimental metastasis of mouse melanoma. Zhao, M., 斉藤典充(皮), Sun, F-X., Perry, H., Hoffman, R.M.: 91st Annual Meeting of the American Society for Cancer Research(2000.04.01〜05), San Francisco, USA.

2314. [学会(国際)](ポスター講演) The feasibility of quantitative analysis of the androgen metabolism by the use of single dermal papillae from human hair follicles. 新山史朗(皮), Happle, R., Hoffmann, R.: 61st Annual Meeting of the Society for Investigative Dermatology(2000.05.11), Chicago, J. Invest. Dermatol., 114(4): 810, 2000.

2315. [学会(国際)](ポスター講演) High efficiency gene transduction and expression of hair follicles in vivo by ex-vivo adenovirus treatment of histocultured skin. 斉藤典充(皮), Zhao, M., Li, L., Baranov, E., 勝岡憲生(皮), Hoffman, R.M.: 61st Annual Meeting of the Society for Investigative Dermatology(2000.05.11), Chicago, J. Invest. Dermatol., 114(4): 827, 2000.

2316. [学会(国際)](ポスター講演) The novel drug CS-891 inhibits 5α-reductase activity in the dermal papilla of human hair follicles. 新山史朗(皮), Kojima, K., Hamada, T.(三共), Happle, R., Hoffmann, R.(Philipp Univ.): Annual Meeting of the European Hair Research Society(2000.09.16), マールブルグ, ドイツ.

2317. [学会(国際)](ポスター講演) Influence of estrogens on the androgen metabolism in different subunits of human hair follicles. 新山史朗(皮), Hoffmann, R.(Philipp Univ.): Annual Meeting of the European Hair Research Society(2000.09.16), マールブルグ, ドイツ.

2318. [学会(国際)](ポスター講演) Steroid sulfatase is primarily expressed within the dermal papilla of human hair follicles; Possible involvement in the pathogenesis of androgenetic alopecia. 新山史朗(皮), Rot, A., Bilich, A., Hoffmann, R.(Philipp Univ.): Annual Meeting of the European Society for Dermatological Research(2000.09.22), ベルリン, J. Invest. Dermatol., 115(3): 580, 2000.

2319. [学会(全国)](シンポジウム等) 脱毛症の診断と治療. 勝岡憲生(皮): 第99回日本皮膚科学会総会学術大会(2000.05.26), 仙台.

2320. [学会(全国)](シンポジウム等) Diabetic Footの治療: 皮膚科の立場から. 新井達(皮): 第41回日本脈管学会総会(2000.11.08), 山梨.

2321. [学会(全国)](一般講演) UVB-irradiated dendritic cell (DC) are impaired in their APC function and tolerize primed but not naive TH1-cells. 原尚道(皮), Frohling, M., Denfeld, R.W., Simon, J.C.: Deutsche Gesellschaft fur Allergologie und Klinishe Immunologie(2000.03.18), Mainz, Germany.

2322. [学会(全国)](一般講演) 角質増殖型足白癬に対するイトラコナゾールの有用性及び角層への移行性の検討. 土井希文, 田沼弘之, 勝岡憲生(皮), 阿部美知子(医療衛生): 第99回日本皮膚科学会総会(2000.05.26〜28), 仙台.

2323. [学会(全国)](一般講演) 腫瘤状アミロイド結節の多発した多発性骨髄腫に伴うアミロイドーシス. 渡辺加恵, 饗場伸作, 高須博, 大川司, 勝岡憲生, 浅井俊弥(皮): 第99回日本皮膚科学会総会(2000.05.26), 仙台, 日本皮膚科学会雑誌, 110: 653, 2000.

2324. [学会(全国)](一般講演) ヒト頭部脈管肉腫におけるVEGF発現の検討. 天羽康之, 増沢幹男(皮), 浜田祐子(生化系), 三井純雪, 立田美奈子, 勝岡憲生(皮): 第16回日本皮膚悪性腫瘍学会(2000.06.30〜07.01), 旭川.

2325. [学会(全国)](一般講演) High efficiency transgene expression in hair follicles and hair shafts in vivo after gene transduction of skin ex-vivo. 斉藤典充, Zhao, M., Li, L., Baranov, E., 勝岡憲生(皮), Hoffman, R.M.: 日本研究皮膚科学会第25回学術大会(2000.09.01), 岐阜.

2326. [学会(全国)](一般講演) 超音波メスを用いた褥瘡の手術. 稲村舞, 饗場伸作(皮), 佐藤勘治, 松本京子(医療衛生), 富田昌宏, 金子聡, 向井秀樹(皮): 第15回日本皮膚外科学会総会(2000.09.09), 宮崎.

2327. [学会(全国)](一般講演) アトピー性皮膚炎に合併した尋常性乾癬の1例. 大川司, 西山浩美, 田辺和美, 松島美夏, 太田幸則, 藤村響男, 勝岡憲生(皮): 第15回日本乾癬学会(2000.09.08〜09), 福島, 日本乾癬学会記録集, 15: 70〜71, 2000.

2328. [学会(全国)](一般講演) Merkel cell carcinomaの1例. 天羽康之, 田辺和美, 新井達, 高須博, 坪井広美, 矢口厚, 勝岡憲生(皮), 西口郁(放), 有馬裕子(形外), 原紀道(鎌倉市): 第51回日本皮膚科学会中部支部総会(2000.09.30〜10.01), 大阪.

2329. [学会(全国)](一般講演) Malignant proliferating trichilemmal tumorの1例. 松井矢寿恵, 清野みき, 甘利淳, 前田亜希子, 長瀬彰夫, 太田幸則(皮): 第52回日本皮膚科学会西部支部総会(2000.10.28), 徳島.

2330. [学会(全国)](ポスター講演) ステンレス製調理器具が原因と考えられた金属アレルギーの3例. 新井達, 高須博, 大川司, 藤村響男, 松島美夏, 勝岡憲生(皮), 井上葉子(予防医学系): 第30回日本皮膚アレルギー学会(2000.07.22〜23), 大阪, 日本皮膚アレルギー学会雑誌, 8(1): 114, 2000.

2331. [学会(全国)](ポスター講演) ヒト血管肉腫に対する血管新生抑制剤TNP470の腫瘍抑制効果. 天野隆文, 増沢幹男(皮), 浜田祐子(生化系), 勝岡憲生(皮): 日本研究皮膚科学会第25回学術大会(2000.09.01〜02), 岐阜.

2332. [学会(全国)](ポスター講演) 乾癬鱗屑中のインターロイキン18(IL-18). 太田幸則(皮), 浜田祐子(生化系), 天羽康之, 長瀬彰夫, 勝岡憲生(皮): 日本研究皮膚科学会第25回学術大会(2000.09.01〜02), 岐阜.

2333. [学会(全国)](ポスター講演) 皮膚転移にて発見された肺癌の1例−当科ならびに本邦における転移性皮膚癌の検討−. 甘利淳, 松井矢寿恵, 清野みき, 太田幸則, 武村俊之(皮): 第55回国立病院療養所総合医学会(2000.11.10), 東京.

2334. [学会(全国)](ポスター講演) 角質増殖型足白癬に対するイトラコナゾールの有用性および角質層への移行性の検討−2週間投与群と8週間投与群との比較検討. 中村和哉, 土井希文, 田沼弘之, 勝岡憲生(皮), 阿部美知子(医療衛生), 田沼美和: 第44回日本医真菌学会総会(2000.11.25), 長崎.

2335. [学会(全国)](ポスター講演) 角質増殖型足白癬に対するビホナゾールクリームと10%尿素軟膏との混合剤による有用性の検討−併用療法群と比較して. 田沼弘之, 田沼美和, 土井希文, 佐藤直哉, 勝岡憲生(皮), 阿部美知子(医療衛生): 第44回日本医真菌学会総会(2000.11.25〜26), 長崎.

2336. [学会(全国)](ポスター講演) テルビナフィン内服と局所温熱療法の併用が著効したクロモミコーシス. 土井希文, 田沼弘之, 矢口厚, 佐藤直哉, 勝岡憲生(皮), 阿部美知子(医療衛生), 小幡進(臨検), 橋本明彦(皮): 第44回日本医真菌学会総会(2000.11.25〜26), 長崎.

2337. [学会(地方)](一般講演) Episodic angioedema associated with eosinophilia. 矢口厚, 脇田加恵, 坪井広美, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2338. [学会(地方)](一般講演) メルケル細胞癌の1例. 冨田昌宏, 松本京子, 佐藤勘治, 稲村舞, 金子聡, 饗場伸作, 向井秀樹(皮), 河村俊治(横浜労災病院): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2339. [学会(地方)](一般講演) 膿皮症を疑ったシェーグレン症候群の男性例. 藤井信広, 徳永千春(皮), 新井春枝(大和市立病院), 生野重明(大和市): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2340. [学会(地方)](一般講演) Episodic angioedema associated with eosinophiliaの1例. 徳永千春, 藤井信広(皮), 新井春枝, 前田貞則(大和市立病院): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2341. [学会(地方)](一般講演) Dysplastic nevusから生じたと思われた悪性黒色腫の1例. 前田亜希子, 松井矢寿恵, 斉藤典充, 長瀬彰夫, 太田幸則(皮): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2342. [学会(地方)](一般講演) 頭部血管肉腫の1例. 田辺みどり, 宮田聡子, 坪井広美, 増沢幹男, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2343. [学会(地方)](一般講演) サルコイド反応(苔癬型)の1例. 羽切慎太郎, 中野敏明, 宮田聡子, 脇田加恵, 坪井広美, 増沢幹男, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2344. [学会(地方)](一般講演) 稀な発生母地から生じたBasal Cell Epithelioma (BCE)の2例. 高須博, 脇田加恵, 矢口厚, 大川司, 米元康蔵, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2345. [学会(地方)](一般講演) 頭部に生じたPoroid Hidroadenomaの1例. 安芸良一, 田辺和美, 脇田加恵, 坪井広美, 佐藤直哉, 矢口厚, 勝岡憲生(皮), 工藤由美子(聖マリ医大): 日本皮膚科学会第761回東京地方会(01.01.20), 横浜.

2346. [学会(地方)](一般講演) 鼻翼部に生じた結節性皮膚限局性アミロイドーシス. 稲村舞, 佐藤勘治, 松本京子, 冨田昌宏, 金子聡, 饗場伸作, 向井秀樹(皮), 河村俊治(横浜労災病院): 第64回日本皮膚科学会東京支部学術大会(01.02.11), 東京.

2347. [学会(地方)](一般講演) 同種骨髄移植施行後9か月間完全寛解を維持している芽球型NK細胞リンパ腫. 磯部泰司, 笠木聡, 佐々木純, 押味和夫(順天大), 天羽康之(皮): 第140回日本臨床血液学会例会(01.02.17), 東京, 臨床血液, 42(2): 130, 2001.

2348. [学会(地方)](一般講演) CD30陽性large cell lymphomaを続発した菌状息肉症. 新井浩之, 宮田聡子, 田辺和美, 坪井広美, 高須博, 矢口厚, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会福岡地方会(01.03.17), 福岡.

2349. [学会(地方)](一般講演) 皮膚形質細胞増多症. 新井達, 太田幸則, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第755回東京地方会(2000.04.15), 川崎.

2350. [学会(地方)](一般講演) 重篤な肺炎を伴った先天性水痘. 宮崎千春, 大川司, 勝岡憲生(皮), 田久保憲行(児), 米元康蔵(皮): 日本皮膚科学会第755回東京地方会(2000.04.15), 川崎.

2351. [学会(地方)](一般講演) シクロスポリンが奏効した壊疽性膿皮症の1例. 長橋和矢, 渡辺加恵, 天羽康之, 宮崎千春, 大川司, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第755回東京地方会(2000.04.15), 川崎.

2352. [学会(地方)](一般講演) 冷膿瘍を形成した結核性中指節関節炎. 増沢幹男, 山本達雄, 勝岡憲生(皮), 是洞桂子(内), 平林尚(川崎井田病院): 日本皮膚科学会第755回東京地方会(2000.04.15), 川崎.

2353. [学会(地方)](一般講演) 糖尿病性痒疹は存在するか? 増沢幹男, 斉藤典充, 新井達, 前島英樹, 橋本明彦, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第756回東京地方会(2000.06.17), 藤沢.

2354. [学会(地方)](一般講演) 連菌状粃糠疹の1例. 藤井信広(皮), 徳永千春, 新井春枝(大和市立病院), 西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第756回東京地方会(2000.06.17), 藤沢.

2355. [学会(地方)](一般講演) リンパ浮腫とリンパ漏を改善するシロスタゾール内服療法. 増沢幹男, 原尚道, 宮田聡子, 天野隆文, 浅井俊弥, 加藤一郎, 西山茂夫, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第757回東京地方会(2000.07.15), 東京.

2356. [学会(地方)](一般講演) 健康茶によるLivedoreticularis with summer ulcerationの夏季潰瘍再発予防. 増沢幹男, 勝岡憲生(皮), 桜井美典(医療衛生): 日本皮膚科学会第758回東京地方会(2000.10.28), 川崎.

2357. [学会(地方)](一般講演) PUPPPの1例. 脇田加恵, 向野哲, 矢口厚, 坪井広美, 勝岡憲生(皮): 日本皮膚科学会第758回東京地方会(2000.10.28), 川崎.

2358. [学会(地方)](一般講演) 外陰部に生じた円柱腫の1例. 徳永千春, 藤井信広(皮), 新井春枝(大和市立病院): 日本皮膚科学会第758回東京地方会(2000.10.28), 川崎.

2359. [学会(地方)](一般講演) 耳介に限局して生じた環状肉芽腫の1例. 藤井信広, 徳永千春(皮), 新井春枝(大和市立病院), 西山茂夫(皮): 日本皮膚科学会第758回東京地方会(2000.10.28), 川崎.

2360. [学会(地方)](一般講演) 成人T細胞白血病リンパ腫の1例. 三井純雪(皮), 菅谷和江, 浜谷茂治(国立横須賀病院): 日本皮膚科学会第758回東京地方会(2000.10.28), 川崎.

2361. [学会(地方)](一般講演) 脱毛を伴った皮膚T細胞リンパ腫の1例. 西山浩美, 田辺和美, 坪井広美, 矢口厚, 勝岡憲生(皮), 小山啓一郎(相模原市): 第52回日本皮膚科学会西部支部総会(2000.10.28), 徳島.

2362. [学会(地方)](一般講演) Acquired reactive perforating collagenosisの1例. 中村和哉, 坪井広美, 勝岡憲生(皮), 根本典子, 宮沢七郎(電顕セン): 第759回日本皮膚科学会東京地方会(2000.11.18), 伊勢原.

2363. [学会(地方)](一般講演) 穿掘性潰瘍を形成したアナフィラクトイド紫斑病(AP). 西山浩美, 宮田聡子, 田辺和美, 新井達, 坪井広美, 向野哲, 勝岡憲生(皮): 第759回日本皮膚科学会東京地方会(2000.11.18), 伊勢原.

2364. [学会(地方)](一般講演) 足蹠に生じた大型の皮角の1例. 星野舞, 田辺和美, 坪井広美, 大川司, 勝岡憲生(皮), 永井美奈子(形外), 小幡秀一(厚木市): 第759回日本皮膚科学会東京地方会(2000.11.18), 伊勢原.

2365. [学会(地方)](一般講演) NC16A ELISAを用いた水疱性類天疱瘡患者における血清抗BP180抗体価の検討. 天羽康之, 大川司(皮), 浜田祐子(生化系), 藤村響男, 勝岡憲生(皮), 橋本隆(久留米大): 日本皮膚科学会第760回東京地方会(2000.12.16), 東京.

2366. [研究会(全国)](一般講演) SLEに合併した帯状疱疹の検討. 小中理会, 新井達, 中野敏明, 脇田加恵, 山口京美, 藤村響男, 勝岡憲生(皮), 関根敦子(北里メディカル), 新井春枝(大和市立病院), 衛藤光(聖路加病院): 第24回皮膚脈管・膠原病研究会(01.01.25), 大宮.

2367. [研究会(全国)](一般講演) 血管病変を伴ったシェーグレン症候群の3例. 新井達, 小中理会, 脇田加恵, 中野敏明, 勝岡憲生(皮), 関根敦子(北里メディカルセン), 新井春枝(大和市立病院), 山口京美, 衛藤光(聖路加病院): 第24回皮膚脈管・膠原病研究会(01.01.25), 大宮.

2368. [研究会(全国)](一般講演) TNP470とエトポシド併用投与による実験的ヒト血管肉腫の増殖抑制効果. 天野隆文, 増沢幹男, 姜日花, 森朱世(皮), 浜田祐子(生化系), 勝岡憲生(皮), 桜井美典(医療衛生): 第24回皮膚脈管・膠原病研究会(01.01.25), 大宮.

2369. [研究会(全国)](一般講演) Livedo with summer ulcerationの夏季潰瘍は再発予防できるか? 増沢幹男, 中村和哉, 宮田聡子, 天野隆文, 勝岡憲生(皮), 桜井美典(医療衛生): 第24回皮膚脈管・膠原病研究会(01.01.26), 大宮.

2370. [研究会(全国)](一般講演) マウス成長期毛に対する効果的な遺伝子導入法の検討. 斉藤典充, Zhao, M., Li, L., Baraner, E., Hoffman, R.M., 勝岡憲生(皮): 第8回毛髪科学研究会(2000.11.18), 徳島.

2371. [研究会(地方)](特別講演) 自傷性皮膚疾患. 勝岡憲生(皮): 第62回プライマリ・ケア研究会(2000.05.18), 相模原.

2372. [研究会(地方)](特別講演) 脱毛症; 主に円形脱毛症の総括と展望. 勝岡憲生(皮): 第97回横浜市皮膚科医会例会(2000.11.11), 横浜.

2373. [研究会(地方)](特別講演) 毛髪の遺伝子治療; マウス成長期毛に対する効果的な遺伝子導入法の検討. 斉藤典充(皮): 藤沢市皮膚科医会(2000.11.15), 藤沢.

2374. [研究会(地方)](教育講演) 脱毛症の病態と治療. 勝岡憲生(皮): 第56回福島県皮膚科医会(01.03.07), 郡山.

2375. [研究会(地方)](教育講演) 脱毛症. 勝岡憲生(皮): 第8回藤沢市北里大学の会講演会(2000.05.26), 藤沢.

2376. [研究会(地方)](教育講演) 乾癬の臨床と免疫学的背景. 大川司(皮): 前橋市薬剤師会定期講演会(2000.06.20), 前橋.

2377. [研究会(地方)](教育講演) アトピー性皮膚炎の臨床及び免疫学的側面. 大川司(皮): 神奈川県県央地区薬剤師会Pharmaceutical Care会(2000.07.16), 海老名.

2378. [研究会(地方)](教育講演) かゆみ; その原因と対応について. 勝岡憲生(皮): 八戸市医師会"かゆみ"学術講演会(2000.07.17), 八戸.

2379. [研究会(地方)](教育講演) 内科疾患と皮膚. 勝岡憲生(皮): 津久井郡医師会学術講演会(2000.09.06), 津久井.

2380. [研究会(地方)](教育講演) 毛の話: 主に脱毛症について. 勝岡憲生(皮): 第21回山形皮膚医学研究会(2000.11.10), 山形.

2381. [研究会(地方)](一般講演) アレルゲンスクリーニングにおける特異的IgE抗体測定の有用性の評価. 冨田昌宏, 松本京子, 佐藤勘治, 稲村舞, 金子聡, 饗場伸作, 向井秀樹(皮), 林晃(ヤトロン): 日本皮膚科学会第762回東京地方会(01.03.17), 東京.

2382. [研究会(地方)](一般講演) テルビナフィン内服と局所温熱療法の併用が著効したクロモミコーシス. 土井希文, 田沼弘之, 矢口厚, 佐藤直哉, 勝岡憲生(皮), 阿部美知子(医療衛生), 小幡進(臨検), 橋本明彦(皮): 第49回神奈川医真菌談話会(2000.07.01), 横浜.

2383. [研究会(地方)](一般講演) 皮膚クリプトコックス症の1例. 脇田加恵, 佐藤直哉, 宮崎千春, 土井希文, 藤村響男, 大川司, 勝岡憲生, 田沼弘之, 巽洋(皮), 小幡進(臨検): 第49回神奈川医真菌談話会(2000.07.01), 横浜.

2384. [研究会(地方)](一般講演) ビホナゾールと10%尿素軟膏との混合剤による角質増殖型足白癬に対する有用性の検討−尿素軟膏併用群との比較検討を加えて. 田沼弘之, 田沼美和, 土井希文, 佐藤直哉, 勝岡憲生(皮), 阿部美知子(医療衛生): 第49回神奈川医真菌談話会(2000.07.01), 横浜.

2385. [研究会(地方)](一般講演) 毛器官各部位におけるCTL誘導能の検討. 長瀬彰夫, 坪井広美, 西山浩美, 佐藤直哉, 藤村響男, 溝口麗, 勝岡憲生(皮): 第8回毛髪科学研究会(2000.11.18), 徳島.

<<24 泌尿器科学>>

2386. [原著] Recuded infiltration of tumor-associated macrophage in human prostate cancer: Association with cancer progression. 志村哲(泌), Yang, G., 江原伸, Wheeler, T.M., Frolov, A., Thompson, T.C.(Baylor College): Cancer Res., 60: 5857〜5861, 2000.

2387. [原著] Prostate cancer gene therapy: Comparison of adenovirus-mediated expression of interleukin 12 with interleukin 12 plus B7-1 for in situ gene therapy and gene-modified, cell-based vaccines. Hull, G.W., Mccurdy, M.A., Nasu, Y., Bangma, C.H., Yang, G.(Baylor College), 志村哲(泌), Kee, H-M., Albani, J., Ebara, S., Sato, T., Timme, T.L., Thompson, T.C.(Baylor College): Clin. Cancer Res., 6(10): 4101〜4109, 2000.

2388. [原著] Transurethral microwave thermotherapy: How does it work? Brehmer, M.(Huddinge Univ. Hospital), 馬場志郎(泌): J. Endourol., 14(8): 611〜615, 2000.

2389. [原著] A pilot study of intermittent androgen ablation in advanced prostate cancer in Japanese men. 頴川晋, 高嶋力弥, 松本和将, 溝口秀之(泌), 桑尾定仁(病理), 馬場志郎(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 30(1): 21〜26, 2000.

2390. [原著] Infrequent involvement of the anterior base in low-risk patients with clinically localized prostate cancer and its possible significance in definitive radiation therapy. 頴川晋, 高嶋力弥, 松本和将, 望月英樹(泌), 桑尾定仁(病理), 馬場志郎(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 30(3): 126〜130, 2000.

2391. [原著] A study of pretreatment nomograms to predict pathological stage and biochemical recurrence after radical prostatectomy for clinically resectable prostate cancer in Japanese men. 頴川晋, 須山一穂(泌), Arai, Y.(倉敷中央病院), 松本和将(泌), Tsukayama, C.(倉敷中央病院), 桑尾定仁(病理), 馬場志郎(泌): Jpn. J. Clin. Oncol., 31(2): 74〜81, 2001.

2392. [原著] Hammerhead ribozymes as therapeutic agents for bladder cancer. 入江啓(泌), Kashani-Sabet, M.(カリフォルニア大), Scanlon, K.J.(Berlex Bioscience), 内田豊昭, 馬場志郎(泌): Mol. Urol., 4(2): 61〜66, 2000.

2393. [原著] Treatment of benign prostatic hyperplasia; Transurethral resection of the prostate. 内田豊昭, 小柴健(泌): Recent Advances in Endourology, 2: 177〜186, 2000.

2394. [原著] リクセル吸着体粒子の高分解能走査電顕観察と長期臨床使用. 渡辺久美(厚木クリニック), 兵藤透(泌), 有住香織, 近藤光洋, 武藤勝寿, 山本スミ子, 本間宗, 有井達郎(厚木クリニック), 竹川勝治, 志村哲, 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎, 酒井糾(泌), 日台英雄, 名黒知徳, 飯野晃啓(横浜第一病院): 腎と透析, 49(5): 887〜891, 2000.

2395. [原著] 脳死下での臓器の管理法と摘出法; 腎臓の摘出法(2)腎を単独で摘出する方法. 吉田一成, 遠藤忠雄(泌): 腎移植・血管外科, 11(2): 95〜102, 1999.

2396. [原著] 尿管瘻を利用してBCG潅流療法を施行した上部尿路上皮内癌の1例. 呉幹純, 望月英樹, 塩川英史, 高嶋力弥, 門脇和臣(泌): 西日本泌尿器科学会雑誌, 63(1): 45〜48, 2001.

2397. [原著] Kidney disease quality of life (KDQOL), 自己決定尺度, 食事に関する自己効力を用いた患者支援: 第1報. 山本スミ子(厚木クリニック), 兵藤透(泌), 細野智佳, 奥田晴子(厚木クリニック), 杉本美貴, 井野口洋子, 菊池千鶴子, 佐藤芳子, 逢澤詳子(横浜第一病院), 岡美智代(山形大), 平良隆保(横浜第一病院), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎, 酒井糾(泌), 日台英雄(横浜第一病院): 透析会誌, 33(5): 339〜345, 2000.

2398. [原著] 栄養指導は透析患者の栄養状態を改善することができる; PCR, Kt/V, TAC-urea, Alb, TPを用いた栄養管理の試み. 杉本美貴, 具志堅夏子(横浜第一病院), 兵藤透(泌): 透析会誌, 33(5): 361〜367, 2000.

2399. [原著] 血液透析患者に腸溶性ビフィズス菌製剤を使用した際の栄養評価; urea kineticsを用いる試み. 具志堅夏子(横浜第一病院), 兵藤透(泌), 杉本美貴(横浜第一病院), 大山トヨ子, 山本スミ子(厚木クリニック), 平良隆保, 千葉哲男(横浜第一病院), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎, 酒井糾(泌), 日台英雄(横浜第一病院): 透析会誌, 34(2): 119〜124, 2001.

2400. [原著] 術後再発様式からみた腎細胞癌の至適経過観察; プロトコール作成の試み. 村本将俊, 岩村正嗣, 石井淳一郎, 馬場志郎(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 91(12): 700〜707, 2000.

2401. [原著] 限局性前立腺癌に対するHIFU療法; 前立腺癌の診断と治療(最新の研究動向). 内田豊昭(泌): 日本臨床, 58(増): 303〜305, 2000.

2402. [原著] 前立腺肥大症: Interventional Therapy. 宋成浩, 馬場志郎(泌): 排尿障害プラクティス, 8(2): 155〜160, 2000.

2403. [原著] 血液透析患者の全自動尿中有形成分分析装置を用いた検尿所見; 特に尿路感染との鑑別のための尿中白血球数の指針. 兵藤透, 熊野和雄, 酒井糾(泌), 森隆司, 高木裕, 千葉哲男, 日台英雄(横浜第一病院): 泌尿器外科, 13(5): 727〜733, 2000.

2404. [準原著] Individual application of the kidney disease quality of life (KDQOLR) instrument to monitor the health status of dialysis patients. 兵藤透(泌), 山本スミ子(厚木クリニック), 井野口洋子, 菊池千鶴子, 佐藤芳子(横浜第一病院), 岡美智代(山形大), 平良隆保(横浜第一病院), 馬場志郎, 酒井糾(泌), 日台英雄(横浜第一病院): Nephron, 86: 391〜392, 2000.

2405. [準原著] 血管造影及びMRIアンギオグラフィーで腎血管走行同定に苦慮した1例. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斉藤毅, 嶺井定紀, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌), 池田俊昭, 西口郁(放): Organ Biology, 17(1): 104, 2000.

2406. [準原著] 限局性前立腺癌の最新知識と患者援助;(2)根治的前立腺摘除術後の尿失禁予防の工夫. 松本和将, 頴川晋(泌): Urological Nursing, 6(2): 111〜115, 2000.

2407. [準原著] 前立腺癌に対するbrachethepy. 頴川晋(泌): Urology Today, 8(1): 1〜4, 2001.

2408. [準原著] 新しい排泄ケアの視点から尿道留置カテーテルを考える; 留置カテーテルが抜けなくなったら. 田村麻子(泌): 看護学雑誌, 64(1): 63〜64, 2000.

2409. [準原著] 生活習慣病と腎・泌尿器科領域のがん. 内田豊昭, 兵藤透(泌), 相沢好治(衛): 腎と透析, 50(1): 65〜70, 2001.

2410. [準原著] 繰り返し症状を呈する嚢胞腎に対する腎摘出術の検討. 吉田一成, 真下節夫, 須山一穂, 村本将俊, 佐藤威文, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 腎と透析別冊, 腎不全外科, 2000: 63〜66, 2000.

2411. [準原著] 腹膜休息後CAPD再導入を試みた2症例の検討. 林恵美, 伊藤友美, 恩田耕次(北研), 高嶋力弥, 呉幹純(泌), 高橋裕一郎(腎健クリニック), 門脇和臣(北研), 吉田一成(泌): 腎と透析別冊, 腹膜透析, 2000: 425〜427, 2000.

2412. [準原著] 真性腹圧性尿失禁の非侵襲的治療および日帰り手術. 大川麻子, 横山英二, 馬場志郎(泌): 泌尿器外科, 13(9): 1169〜1174, 2000.

2413. [準原著] 臨床からの提案; 組織分類と臨床的問題点. 頴川晋, 岩村正嗣(泌), 荒井陽一(倉敷中央病院): 病理と臨床, 18(9): 923〜926, 2000.

2414. [症例報告] 二次性副甲状腺機能亢進症による両側同時大腿四頭筋腱断裂を発症した1例−種々の合併症を克服した社会復帰している1症例について−. 松本和将(泌), 横田真二, 海老名千香子, 金子一也, 笠井謙和(相模台病院), 吉田一成(泌), 岩渕啓一(病理), 馬場志郎(泌): 透析会誌, 34(2): 137〜141, 2001.

2415. [症例報告] 新膀胱形成術を施行した膀胱憩室癌の2例. 藤田哲夫, 増井則昭, 須山一穂, 青輝昭, 向井伸哉, 小柴健(泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 91(9): 645〜648, 2000.

2416. [症例報告] 骨盤〜会陰部に発生した悪性中皮腫の1例−メリトレキセート大量動注療法と放射線療法の試み−. 松本和将, 吉田一成, 頴川晋, 嶺井定紀, 平井祥司, 馬場志郎(泌), 桑尾定仁(病理): 泌尿器科紀要, 46: 201〜204, 2000.

2417. [総説] Laparoscopic adrenalectomy; Posterior approach. 馬場志郎(泌): Biomed. Pharmacother., 54(Suppl.1): 161〜163, 2000.

2418. [総説] 前立腺肥大症. 内田豊昭(泌): Pharma Medica, 18(10): 180〜181, 2000.

2419. [総説] (特集)前立腺肥大症治療最前線; 前立腺癌の治療におけるSonablate-200の臨床経験. 内田豊昭(泌): 新医療, 2000(9): 110〜112, 2000.

2420. [総説] 血液透析患者の筋痙攣に対する芍薬甘草湯の臨床効果. 兵藤透(泌), 平良隆保, 千葉哲男, 日台英雄(横浜第一病院), 熊倉美由貴, 冨満江梨子, 大山トヨ子, 山本スミ子(厚木クリニック), 酒井糾, 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 日経メディカル, (275): 34〜35, 2000.

2421. [総説] 前立腺生検の実際: (特集)前立腺がん. 馬場志郎(泌): 毎日ライフ, (10): 76〜80, 2000.

2422. [総説] 臨床医のための新薬の知識2000; (泌尿器科用薬)ナフトピジル. 内田豊昭(泌): 臨床と薬物治療, 19(4): 306〜307, 2000.

2423. [総説] 超音波ガイド下前立腺生検術: 前立腺生検は果たして6針で十分か; 6針以上必要とする立場から. 松本和将, 頴川晋(泌): 臨床泌尿器科, 54(12): 977〜981, 2000.

2424. [総説] 専門外来の実際; 前立腺肥大症外来. 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 臨床泌尿器科, 54(4): 305〜310, 2000.

2425. [その他の著書](分担執筆) エンドウロロジー; 経皮的腎盂形成術−腎盂内到達法, p.41〜48, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌). 編集 村井勝(慶大), 山口脩(福島県立医大), 松田公志(関西医科大), メジカルビュー社, 東京, 2000.04.10発行.

2426. [その他の著書](分担執筆) Urologic Surgeryシリーズ(2)泌尿器科腹腔鏡手術; 後腹膜後方到達法(V)副腎摘除術, p.56〜60, 馬場志郎, 岩村正嗣(泌). 編集 村井勝(慶大), 山口脩(福島県立医大), 松田公志(関西医科大), メジカルビュー社, 東京, 2000.05.10発行.

2427. [その他の著書](分担執筆) Urologic Surgeryシリーズ(2)泌尿器科腹腔鏡手術; 後腹膜後方到達法(Y)膀胱・尿道の腹腔鏡手術, 膀胱憩室, p.128〜131, 馬場志郎(泌). 編集 村井勝(慶大), 山口脩(福島県立医大), 松田公志(関西医科大), メジカルビュー社, 東京, 2000.05.10発行.

2428. [その他の著書](分担執筆) 知っておきたい腹痛の診断と治療; 泌尿器科領域の腹痛, p.133〜140, 馬場志郎(泌). 編集 日比紀文(慶大), 真興交易, 東京, 2000.00.00発行.

2429. [学会(国際)](シンポジウム等) 前立腺癌の予防と診断−前立腺癌の自然史とスクリーニング−(Topics of Prostate Cancer). 頴川晋(泌): American Urological Association 95th Annual Meeting(2000.04.29〜05.04), Atlanta.

2430. [学会(国際)](シンポジウム等) Flexible laparoscope. 馬場志郎(泌): 18th World Congress on Endourology and Shockwave(2000.09.17), Sao Paulo, Brazil.

2431. [学会(国際)](シンポジウム等) Satellites Symposium: Prostate cancer and erectile dysfunction. 馬場志郎(泌): 17th Japan-Korea Urological Congress(2000.09.23), 東京.

2432. [学会(国際)](シンポジウム等) Satellites Symposium: The impact of different treatment modalities of prostatic carcinoma on sexual function. 馬場志郎(泌): 17th Japan-Korea Urological Congress(2000.09.23), 東京.

2433. [学会(国際)](シンポジウム等) Molecular mechanisms for exploitation in future regimens. 馬場志郎(泌): 6th Progress and Controversies in Oncological Urology Sattelite Symposium(2000.10.12), Rotterdam.

2434. [学会(国際)](シンポジウム等) Round Table Discussion: Surgical tips for TURP antibiotics pre-, per-, post-operatively? 馬場志郎(泌): 25th Congress of International Urological Association(2000.10.30), Singapore.

2435. [学会(国際)](一般講演) Influence of perineural invasion diameter on progression after radical prostatectomy. 丸典夫, 宇都宮拓治(泌), Kattan, M.W., Scardino, P.T.(メモリアルスロンケタリング), Wheeler, T.M.(Baylor College): 全米カナダ病理学会(2000.03.00), New Oleans.

2436. [学会(国際)](一般講演) Significance of perineural invasion in addition to other pathologic features in the prediction after radical prostatectomy. 丸典夫, 宇都宮拓治(泌), Kattan, M., Scardino, P.T., Wheeler, T.M.: American Urological Association 95th Annual Meeting(2000.04.29〜05.04), Atlanta.

2437. [学会(国際)](一般講演) Is the definition of stage T1c prostate cancer correct: Do impalpable cancers visible on ultrasound differ from those not visible? 大堀理, 宇都宮拓治, 須山一穂, 志村哲(泌), Wheeler, T.M., Scardino, P.T.: American Urological Association 95th Annual Meeting(2000.04.29〜05.04), Atlanta, J. Urol., 163(Suppl.4): 182, 2000.

2438. [学会(国際)](一般講演) A novel adenoviral vector regulated by the caveolin-1 promoter for in situ prostate cancer. Proamucji, C.K.(Baylor College), 志村哲(泌), Ebara, S., Yang, G., Wang, H., Yuan, Y., Thompson, T.C.(Baylor College): American Urological Association 95th Annual Meeting(2000.04.29〜05.04), Atlanta, J. Urol., 163(Suppl.4): 35, 2000.

2439. [学会(国際)](一般講演) HDR brachytherapy for localized prostate cancer. 入江啓, 頴川晋, 志村哲, 望月英樹, 藤田哲夫, 石井淳一郎, 平井祥司, Kitano, M., 西口郁, 馬場志郎(泌): 第5回アジア泌尿器科学会(2000.08.28), 北京.

2440. [学会(国際)](一般講演) The analysis of urinary sediments in HD patients and healthy individuals by newly developed urinary flow cytometer UF-100 with special reference to interpretation of urinary WBC in HD patients. 兵藤透(泌), 平良隆保(横浜第一病院), 吉田一成(泌), 日台英雄(横浜第一病院), 酒井糾, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第33回米国腎臓学会(2000.10.11〜16), トロント.

2441. [学会(国際)](一般講演) Diphosphonate is effective for tumoral calcinosis in CAPD patients but not for peritoneal calcification accompanied with SEP. 兵藤透(泌), 平良隆保(横浜第一病院), 横田真二(相模台病院), 吉田一成(泌), 酒井糾, 日台英雄(横浜第一病院), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第33回米国腎臓学会(2000.10.11〜16), トロント.

2442. [学会(国際)](一般講演) Impact of tumor size on clinicopathological features for organ-confined renal cell carcinoma. 石井淳一郎, 岩村正嗣, 村本将俊, 頴川晋, 馬場志郎(泌): 25th Congress of International Urological Association(2000.10.31), Singapore.

2443. [学会(全国)](シンポジウム等) 前立腺肥大症. 内田豊昭(泌), 西村泰司(日医大): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2444. [学会(全国)](シンポジウム等) 先天性水腎症についてのProspective Studyによる検討. 宋成浩, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌), 天野完, 望月純子(産婦), 守屋俊介, 野渡正彦(児): 第9回日本小児泌尿器科学会総会(2000.07.15), 仙台.

2445. [学会(全国)](一般講演) 腎保存液の浸透圧調整にLactsucroseを用いた腎保存の保存効果に関する検討. 真崎義彦(実動系), 遠藤忠雄, 田村麻子, 吉田一成, 馬場志郎(泌), 三国克彦(横浜国際バイオ研): 第7回日本臓器保存生物医学会総会(2000.05.12), 奈良.

2446. [学会(全国)](一般講演) 抗A型インフルエンザ製剤塩酸アマンタジン血液透析患者における至適投与量の検討とその有効性. 兵藤透(泌), 日台英雄(横浜第一病院), 横田真二(相模台病院), 酒井糾, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第43回日本腎臓学会学術総会(2000.05.11〜13), 名古屋.

2447. [学会(全国)](一般講演) 表在性膀胱腫瘍に対する術後BCG注入療法(40 mg vs 80 mg)のrandomized study. 黄英茂, 田畑健一, 嶺井定紀, 平井祥司, 佐藤威文, 入江啓, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2448. [学会(全国)](一般講演) Silent Stoneの破砕治療適応について. 荒川孝(相模台病院), 石井淳一郎(泌), 久保星一(相模台病院), 設楽敏也, 真下節夫, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2449. [学会(全国)](一般講演) 腎細胞癌における術前immunosupressive acid protein (IAP)の予後予見因子としての有用性. 松本和将, 岩村正嗣(泌), 横田真二(相模台病院), 村本将俊, 古畑誠之, 宋成浩, 頴川晋, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2450. [学会(全国)](一般講演) 腎細胞癌に対するantisense bcl-2の基礎的検討. 内田豊昭, 兵藤透, 黄英茂, 嶺井定紀, 佐藤威文, 志村哲, 設楽敏也, 伊東一郎, 入江啓, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2451. [学会(全国)](一般講演) 血液透析患者の全自動尿中有形成分分析装置を用いた検尿所見−特に尿路感染との鑑別のための尿中白血球数の検討−. 兵藤透, 熊野和雄(泌), 平良隆保(横浜第一病院), 千葉哲男, 馬場志郎(泌), 日台英雄(横浜第一病院), 酒井糾(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08〜10), 札幌.

2452. [学会(全国)](一般講演) 腹圧性尿失禁に対するTVT (Tension free vaginal tape)手術後のQOLの改善度. 田村麻子(泌), 横山英二(東大和), 馬場志郎(泌), 近藤厚生(小牧市民), 福井準之介(聖路加国際), 後藤百万, 加藤久美子, 武井実根雄, 中田真木(TVT研究会): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2453. [学会(全国)](一般講演) 更年期女性における蓄尿と排出障害の検討. 福井準之介, 紺谷和彦, 永田幹男, 黒川純(聖路加国際), 溝口秀之(泌), 杉村享之, 貫井文彦, 岡本重禮(聖路加): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2454. [学会(全国)](一般講演) 小児における腹腔鏡下腎摘出術. 浅沼宏, 中井秀郎, 宍戸清一郎, 田島英治, 河村毅, 岡田忠雄, 大和田葉子(清瀬小児), 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2455. [学会(全国)](一般講演) 透析用E-PTFE人工血管の臨床的検討(北里大学泌尿器科における77症例について). 高嶋力弥(泌), 呉幹純(北研), 吉田一成, 村本将俊, 佐藤威文, 斉藤毅, 松本和将(泌), 高橋裕一郎, 桜井健治, 門脇和臣(北研), 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2456. [学会(全国)](一般講演) 根治的前立腺全摘術における神経移植: Memorial Sloan-Kettering Cancer Centerの経験. 大堀理(泌), Rahul, N., Peter, S.(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2457. [学会(全国)](一般講演) Computer-assisted image morphometric analysisによる腎細胞癌悪性度定量化の試み. 岩村正嗣, 佐藤絵理奈, 村本将俊, 田村麻子, 宋成浩, 入江啓, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2458. [学会(全国)](一般講演) 限局性腎細胞癌における腫瘍径の臨床病理所見に及ぼす影響. 石井淳一郎, 岩村正嗣, 村本将俊, 藤城貴教, 嶺井定紀, 平井祥司, 宋成浩, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2459. [学会(全国)](一般講演) 腎細胞癌根治術後follow-up法に関する検討. 藤田哲夫, 岩村正嗣, 村本将俊, 石井淳一郎, 石井大輔, 黄英茂, 及能久隆, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2460. [学会(全国)](一般講演) 根治的前立腺全摘除術における外科的切除緑陽性部位による予後の検討. 丸典夫, 宇都宮拓治, 村本将俊, 大堀理(泌), Scardino, P.T., Wheeler, T.M.(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2461. [学会(全国)](一般講演) 前立腺全摘除術後の被膜内限局性癌における予後因子の検討. 丸典夫, 宇都宮拓治, 村本将俊, 大堀理(泌), Scardino, P.T., Wheeler, T.M.(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2462. [学会(全国)](一般講演) Stage T精巣腫瘍に対するSurveillance Policy. 宋成浩, 平井祥司(泌), 塩川英史(埼玉協同病院), 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2463. [学会(全国)](一般講演) 長期腹膜透析患者における腹膜透析中止後の腹膜機能試験結果の検討. 吉田一成, 斉藤毅, 嶺井定紀, 竹川勝治, 田村麻子(泌), 鎌田貢寿(内), 桜井健治(橋本クリニック), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.16), 福岡.

2464. [学会(全国)](一般講演) 二次性副甲状腺機能亢進症に起因した両側同時大腿四頭筋腱断裂をきたした硬化性被嚢性腹膜炎(SEP)の1例. 松本和将(泌), 横田真二, 金子一也, 山田友久(相模台病院), 望月英樹, 吉田一成, 馬場志郎(泌): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2465. [学会(全国)](一般講演) 血液透析患者の穿刺痛血管痛の緩和を試みて. 黒滝和代, 五十嵐浜子, 東平里美, 高橋裕一郎(腎健クリニック), 松本郷(松本病院), 門脇和臣, 呉幹純(北研), 吉田一成(泌): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2466. [学会(全国)](一般講演) 重症心不全のためCAPDを選択した症例の臨床的検討. 松尾孝俊, 鎌田貢寿(内), 小林直之, 吉田煦(さがみ循環器), 吉田一成(泌), 小林豊, 東原正明(内): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2467. [学会(全国)](一般講演) 無形成骨を呈する血液透析患者への活性型ビタミンD3製剤投与中止効果. 兵藤透(泌), 近藤光洋, 日台英雄(横浜第一病院): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2468. [学会(全国)](一般講演) 脳梗塞, 抗リン脂質抗体症候群を合併し, 汎血球減少を呈した維持血液透析患者の1例. 平良隆保(横浜第一病院), 兵藤透(泌), 桑田有希子, 高橋映子, 小川裕美, 千葉哲男, 日台英雄(横浜第一病院): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2469. [学会(全国)](一般講演) 日本語版KDQOL version 1.3における記名方式でのSexual Functionに関する調査結果. 山本スミ子(厚木クリニック), 兵藤透(泌), 平良隆保, 千葉哲男(横浜第一病院), 岡美智代(山形大), 酒井糾, 馬場志郎(泌), 日台英雄(横浜第一病院): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2470. [学会(全国)](一般講演) 透析患者における主観的全身栄養状態評価法(SGA, Subjective Global Assessmnetの使用経験). 具志堅夏子(横浜第一病院), 兵藤透(泌), 杉本美貴, 渡津聡子, 瀬尾智子, 山本スミ子, 平良隆保, 千葉哲男(横浜第一病院), 横田真二(相模台病院), 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎, 酒井糾(泌), 日台英雄(横浜第一病院): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2471. [学会(全国)](一般講演) Body composition analyzer (In Body 3.0)を用いた透析患者の体組成と各種栄養学的指標と相関. 杉本美貴(横浜第一病院), 兵藤透(泌), 具志堅夏子, 佐々木秀子, 山本スミ子, 桑田有希子, 高橋映子, 小川裕美, 平良隆保, 千葉哲男(横浜第一病院), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎, 酒井糾(泌), 日台英雄(横浜第一病院): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2472. [学会(全国)](一般講演) 透析用E-PTFE人工血管臨床的検討(北里大学泌尿器科における77症例について). 高嶋力弥, 呉幹純, 吉田一成, 村本将俊, 佐藤威文, 斉藤毅, 松本和将, 高橋裕一郎, 桜井健治, 門脇和臣, 馬場志郎(泌): 第45回日本透析医学会学術集会総会(2000.06.17), 福岡.

2473. [学会(全国)](一般講演) 女性の膀胱瘤に対する膀胱頚部支持用具(イントロールR)の応用について. 大川麻子, 横山英二, 馬場志郎(泌): 第7回日本神経因性膀胱学会(2000.09.09), 旭川.

2474. [学会(全国)](一般講演) 腹圧性尿失禁のある成人女性に対するバイオフィードバック療法. 田中純子, 武田邦子, 山田直子(聖路加病院), 溝口秀之(泌), 福井準之介(聖路加病院): 第7回日本神経因性膀胱学会(2000.09.09), 旭川.

2475. [学会(全国)](一般講演) 膀胱癌に対するp53抗癌遺伝子リポザイムとの併用腫瘍効果の検討. 入江啓, 松本和将, 志村哲, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第59回日本癌学会総会(2000.10.05), 横浜.

2476. [学会(全国)](一般講演) 前立腺癌におけるマクロファージの浸潤: 癌の進展との関係について. 志村哲, 入江啓, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第59回日本癌学会総会(2000.10.05), 横浜.

2477. [学会(全国)](一般講演) 限局性前立腺癌に対するhigh-intensity focused ultrasound (HIFU)両方の経験. 内田豊昭, 石井大輔, 志村哲, 宋成浩, 入江啓, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第14回日本Endourology・ESWL学会総会(2000.10.06), 佐賀.

2478. [学会(全国)](一般講演) エンドウロロジー治療を行った同時性両側腎盂腫瘍の1例. 長倉和彦(西窪病院), 田岡佳憲(泌), 山藤政夫, 宇都宮拓治, 中野間隆, 林暁(西窪病院): 第14回日本Endourology・ESWL学会総会(2000.10.07), 佐賀.

2479. [学会(全国)](一般講演) 新しい腎保存液の開発に関する基本的検討. 真崎義彦(実動系), 遠藤忠雄, 吉田一成, 斉藤毅, 馬場志郎(泌): 第36回日本移植学会総会(2000.10.12), 岐阜.

2480. [学会(全国)](一般講演) 膀胱癌細胞に対するアデノウイルスベクターの感染効率とp53発現による抗腫瘍効果の検討. 入江啓, 松本和将, 志村哲, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第2回泌尿器科遺伝子療法学会(2000.11.18), 岡山.

2481. [学会(全国)](一般講演) マウス前立腺癌に対するadenovirus-mediated LI-12+B7-1を用いた遺伝子治療: In situ transductionおよびgene-modified, cell-based vaccinesの検討. 佐藤威文(泌), Krishnappa, I.K., Wang, J., Hull, G.W.(Baylor College), 志村哲(泌), 雑賀隆史, Park, S.H., Yang, G., Timme, T.L., Thompson, T.C.(Baylor College): 第2回泌尿器科遺伝子療法学会(2000.11.18), 岡山.

2482. [学会(全国)](一般講演) Simultaneous versus sequential combination in situ gene therapy using a novel mouse model of meatastatic prostate cancer. 江原伸(Baylor College), 佐藤威文(泌), 雑賀隆史, Wang, J., Yang, G., Timme, T.L., Thompson, T.C.(Baylor College): 第2回泌尿器科遺伝子療法学会(2000.11.18), 岡山.

2483. [学会(全国)](一般講演) 腎細胞癌株に対するantisense bcl-2の増殖抑制効果. 内田豊昭, 石井大輔, 伊東一郎, 佐藤威文, 志村哲, 入江啓, 馬場志郎(泌): 第2回泌尿器科遺伝子療法学会(2000.11.18), 岡山.

2484. [学会(全国)](一般講演) 腎盂尿管移行部通過障害に対する腹腔鏡手術. 岩村正嗣, 入江啓(泌), 村井勝(慶大), 馬場志郎(泌): 第13回日本内視鏡外科学会総会(2000.12.14), 大阪.

2485. [学会(全国)](一般講演) 尿管憩室に対する腹腔鏡手術. 入江啓, 望月英樹, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌): 第13回日本内視鏡外科学会総会(2000.12.14), 大阪.

2486. [学会(全国)](一般講演) 血液透析患者に腸溶性ビフィズス菌製剤を使用した際の栄養評価−Urea kineticsを用いる試み−. 具志堅夏子(横浜第一病院), 兵藤透(泌), 杉本美貴, 平良隆保, 日台英雄(横浜第一病院): 病態栄養学会(2001.01.06〜07), 横浜.

2487. [学会(全国)](ポスター講演) 表在性膀胱腫瘍におけるBCG膀胱内注入療法の再発予防効果の検討(80 mgと40 mgの投与比較を中心に). 須藤利雄, 村山雅一, 青輝昭, 須山一穂, 小柴健(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2488. [学会(全国)](ポスター講演) 膀胱腫瘍に対するp53癌抑制遺伝子導入による抗腫瘍効果の検討. 入江啓, 内田豊昭, 原野裕司, 設楽敏也, 六角周, 佐藤威文, 大草洋, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2489. [学会(全国)](ポスター講演) Value of repeat biopsies for detection of prostate cancer. 宇都宮拓治, 丸典夫(泌), Wheeler, T.M.(Baylor College): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2490. [学会(全国)](ポスター講演) 根治的前立腺摘除術前のPSA倍化時間と術後の予後との関係. 頴川晋, 馬場志郎(泌), 桑尾定仁(病理), 筧善行, 賀本敏行(京大), 荒井陽一(倉敷中央病院), 鳶巣賢一(国立がんセン): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.08), 札幌.

2491. [学会(全国)](ポスター講演) D'Amico法による前立腺癌容積の測定と予後との関連の検討. 大堀理, 丸典夫, 須山一穂, 宇都宮拓治(泌), Wheeler, T.M.(Baylor College), Scardino, P.T.(メモリアルスロンケタリングCancer Center): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2492. [学会(全国)](ポスター講演) 血液透析患者の全自動尿中有形成分分析装置を用いた検尿所見−特に尿路感染との鑑別のための尿中白血球数の検討−. 兵藤透(泌), 平良隆保, 谷口哲也, 森隆司, 高木裕, 千葉哲男, 渋谷宗則(横浜第一病院), 酒井糾, 日台英雄, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2493. [学会(全国)](ポスター講演) 限局性前立腺癌に対するHigh Intensity Focused Ultrasound療法の経験. 内田豊昭, 石井大輔, 藤城貴教, 田畑健一, 黄英茂, 佐藤威文, 原野裕司, 入江啓, 六角周, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2494. [学会(全国)](ポスター講演) 北里大学病院における高齢者ドナーによる生体腎移植の検討. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斉藤毅, 嶺井定紀, 葛西勲, 岩村正嗣, 真下節夫, 池田成江, 馬場志郎(泌), 鎌田貢寿(内), 佐藤光史(外): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.09), 札幌.

2495. [学会(全国)](ポスター講演) 腎盂尿管癌の臨床的検討. 溝口秀之(泌), 杉本亨之, 紺谷和彦, 貫井文彦, 黒川純, 永田幹男, 岡本重禮, 福井準之助(聖路加病院): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2496. [学会(全国)](ポスター講演) 日本人の限局性前立腺癌における腫瘍の局在性と根治的照射法療法における意義の検討. 望月英樹, 頴川晋, 松本和将, 藤田哲夫, 勝田真行, 溝口秀之, 奥野紀彦, 高嶋力弥, 田畑健一(泌), 桑尾定仁(病理), 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2497. [学会(全国)](ポスター講演) Syed/Neblettテンプレートを用いた前立腺癌に対するHDR brachytherapyの実際. 頴川晋, 石井淳一郎, 藤田哲夫, 松本和将, 溝口秀之, 須山一穂, 横田真二, 泉博一, 入江啓, 吉田一成, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2498. [学会(全国)](ポスター講演) 前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除術(TUR-P)と厚型ループを用いたTUR-Pのrandomized study. 嶺井定紀, 黄英茂, 大草洋, 佐藤威文, 斉藤毅, 及能久隆, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2499. [学会(全国)](ポスター講演) 根治的前立腺摘除術後早期合併症について−北里大学での経験−. 松本和将, 頴川晋, 横田真二, 田畑健一, 石井大輔, 藤城貴教, 石井淳一郎, 設楽敏也, 宋成浩, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2500. [学会(全国)](ポスター講演) コンピューターグラフィックス(CG)による前立腺生検シュミレーションモデル作成の試み. 高嶋力弥, 頴川晋, 松本和将(泌), 桑尾定仁(病理), 呉幹純, 門脇和臣(北研), 溝口秀之, 高橋裕一郎, 馬場志郎(泌): 第88回日本泌尿器科学会総会(2000.06.10), 札幌.

2501. [学会(全国)](ポスター講演) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)療法. 内田豊昭, 黄英茂, 佐藤威文, 宋成浩, 入江啓, 本田直康, 小俣二也, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.23), 仙台.

2502. [学会(地方)](シンポジウム等) 前立腺癌診断におけるPartin nomogramの意義, 日本版Partin nomogramの提案. 頴川晋(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.29), 山形.

2503. [学会(地方)](シンポジウム等) 腹圧性尿失禁に対するTension-free Vaginal Tape (TVT) siling手術. 大川麻子, 馬場志郎(泌), 横山英二(東大和病院): 第50回日本泌尿器科学会中部総会(2000.12.01), 浜松.

2504. [学会(地方)](一般講演) 北里大学病院における高齢者ドナーによる生体腎移植の検討. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斉藤毅, 嶺井定紀, 葛西勲, 岩村正嗣, 真下節夫, 池田成江, 馬場志郎(泌), 鎌田貢寿(内), 佐藤光史(外): 第12回神奈川移植医学会(2000.06.10), 横浜.

2505. [学会(地方)](一般講演) 特異的な画像所見を示した肉腫様腎細胞癌. 高嶋力弥(泌), 呉幹純, 門脇和臣(北研), 馬場志郎(泌): 第541回日本泌尿器科学会東京地方会(2000.07.13), 東京.

2506. [学会(地方)](一般講演) 留置ステントに結石を形成した左腎盂尿管移行部狭窄の1例. 黒坂真二, 岩村正嗣, 平井祥司, 石井大輔, 古畑誠之, 志村哲, 宋成浩, 頴川晋, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第22回日本泌尿器科学会神奈川地方会(2000.09.14), 横浜.

2507. [学会(地方)](一般講演) 限局性前立腺癌の局在性と根治的照射療法における適正treatment volumeの検討について. 松本和将, 頴川晋, 望月英樹, 高嶋力弥, 勝田真行, 宋成浩, 入江啓, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.29), 山形.

2508. [学会(地方)](一般講演) 腎細胞癌年代別治療成績の検討. 石井淳一郎, 岩村正嗣, 村本将俊, 嶺井定紀, 平井祥司, 設楽敏也, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.29), 山形.

2509. [学会(地方)](一般講演) 上部尿路上皮内癌に対するD-P尿管ステントを使用したBCG療法. 入江啓, 設楽敏也, 門脇和臣, 大川麻子, 嶺井定紀, 黄英茂, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.29), 山形.

2510. [学会(地方)](一般講演) 膀胱移行上皮癌514例の臨床的, 病理学的因子と予後の検討. 志村哲, 山下英之, 佐藤威文, 竹川勝治, 大堀理, 入江啓, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.29), 山形.

2511. [学会(地方)](一般講演) SCC抗原が臨床経過を追う腫瘍マーカーとして有用であった男子前部尿道に発生した移行上皮癌の1例. 田岡佳憲(泌), 大道雄一郎, 中村昌平, 松熊晋, 酒井優, 藤川章(自衛隊中央病院): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.30), 山形.

2512. [学会(地方)](一般講演) 前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除術(TURP)の術後5年目の長期成績. 内田豊昭, 石井淳一郎, 嶺井定紀, 佐藤威文, 斉藤毅, 兵藤透, 志村哲, 入江啓, 設楽敏也, 六角周, 本田直康(泌), 小俣二也(富士厚生クリニック), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.30), 山形.

2513. [学会(地方)](一般講演) 限局性前立腺癌に対するHigh Intensity Focused Ultrasound (HIFU)両方の経験. 内田豊昭, 石井大輔, 藤城貴教, 田畑健一, 石井淳一郎, 斉藤毅, 佐藤威文, 兵藤透, 志村哲, 入江啓, 小俣二也, 渋谷宗則, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.30), 山形.

2514. [学会(地方)](一般講演) 腹腔鏡下手術で治癒しえた巨大嚢胞状尿管憩室の1例. 藤城貴教, 入江啓, 石井大輔, 津村秀康, 藤田哲夫, 大川麻子, 頴川晋, 馬場志郎(泌): 第23回日本泌尿器科学会神奈川地方会(2001.02.08), 横浜.

2515. [学会(地方)](一般講演) 精巣腫瘍の肺転移と診断され化学療法を施行した肺結核合併症の2例. 田畑健一, 宋成浩, 黒坂真二, 松本和将, 斉藤毅, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第23回日本泌尿器科学会神奈川地方会(2001.02.08), 横浜.

2516. [学会(地方)](一般講演) 尿管腫瘤に対して尿管部分切除および自家腎移植術を施行した1例. 松田大介, 志村哲, 勝田真行, 平井祥司, 丸典夫, 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第23回日本泌尿器科学会神奈川地方会(2001.02.08), 横浜.

2517. [学会(地方)](一般講演) 妊娠中に発症した尿管結石の1例. 藤田哲夫, 荒川孝, 久保星一, 設楽敏也, 馬場志郎(泌): 第546回日本泌尿器科学会東京地方会(2001.03.15), 東京.

2518. [学会(地方)](ポスター講演) 感染による肘部内シャント破裂に伴う皮膚欠損に対して有茎皮弁を用いて修復した1症例. 黄英茂, 吉田一成, 石井淳一郎, 嶺井定紀, 斉藤毅, 橋爪健次郎, 中北伸昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.29), 山形.

2519. [学会(地方)](ポスター講演) 多発性前立腺嚢胞腺腫の1例. 松本和将, 頴川晋, 石井淳一郎, 山下英之, 藤田哲夫, 宋成浩(泌), 岩渕啓一(病理), 横田真二(相模台), 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.29), 山形.

2520. [学会(地方)](ポスター講演) 前立腺横紋筋肉腫との鑑別が困難であった直腸原発Gastrointestinal stromal tumorの1例. 車英俊, 須山一穂, 奥野紀彦, 村山雅一, 青輝昭, 小柴健(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.30), 山形.

2521. [学会(地方)](ポスター講演) 疼痛を伴った直腸癌の1例. 大川麻子(泌), 横山英二(東大和病院), 藤城貴教, 平井祥司, 古畑誠之, 岩村正嗣, 吉田一成, 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.30), 山形.

2522. [学会(地方)](ポスター講演) 尿路に発生した肉腫様癌の2例. 高嶋力弥(泌), 呉幹純, 塩川英史, 高橋裕一郎, 門脇和臣(北研), 馬場志郎(泌): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.30), 山形.

2523. [学会(地方)](ポスター講演) 腎盂腫瘍と鑑別が困難であった腎盂内に突出した腎細胞癌の1例. 谷口哲也, 兵藤透(泌), 高木裕, 千葉哲男(横浜第一病院): 第65回日本泌尿器科学会東部総会(2000.09.30), 山形.

2524. [学会(地方)](ポスター講演) 長期透析患者に発生した両側同時性腎細胞癌の1例. 斉藤毅, 吉田一成, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第30回日本腎臓学会東部学術大会(2000.11.09), 東京.

2525. [研究会(国際)](シンポジウム等) 前立腺癌早期発見と自然史. 頴川晋(泌): 第2回Kanazawa国際交流泌尿器腫瘍学セミナー(2000.10.14), 金沢.

2526. [研究会(全国)](シンポジウム等) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波(HIFU)療法. 内田豊昭(泌): 第27回尿路悪性腫瘍研究会(2000.07.08), 東京, 研究会記録集, p.91〜93, 2000.

2527. [研究会(全国)](シンポジウム等) 生体腎移植後, 心因反応を起こした症例を通しての腎移植チーム医療体制の検討. 田中美千代, 寺前由美子, 藤木くに子(看護), 吉田一成, 斉藤毅, 遠藤忠雄(泌): 第34回日本腎移植臨床研究会(2001.01.24), 熱海.

2528. [研究会(全国)](一般講演) 血管内ステント留置により良好な効果を得られた上肢シャント静脈高血圧症の1例. 嶺井定紀, 吉田一成, 斉藤毅(泌), 磯部義憲, 滝川政和, 佐々木真弓, 池田俊昭(放), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第16回腎移植・血管外科研究会(2000.05.27), 別府.

2529. [研究会(全国)](一般講演) 女性の膀胱瘤に対する膀胱頚部支持用具(イントロールR)の応用について. 田村麻子, 横山英二(泌), 福島千枝子, 吉間直美, 井出口八寿子(看護部), 西村かおる(日本コンチネンス), 馬場志郎(泌): 第10回女性排尿障害研究会(2000.05.27), 所沢.

2530. [研究会(全国)](一般講演) コンピューター・グラフィックスによる前立腺癌(T1c癌)の全摘標本における腫瘍分布に関する臨床的検討. 高嶋力弥(泌): 第7回Ho:YAGレーザー研究会(2000.09.09), 福岡.

2531. [研究会(全国)](一般講演) 長期腹膜透析患者における硬化性被嚢性腹膜炎の発生と腹膜機能試験結果の検討. 石井淳一郎, 吉田一成, 斉藤毅, 黄英茂, 嶺井定紀(泌), 鎌田貢寿(内), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第6回日本腹膜透析研究会(2000.09.30), 徳島.

2532. [研究会(全国)](一般講演) β2-microglobrin吸着器リクセルと併用血液浄化法の検討. 兵藤透(泌), 有住香織, 近藤光洋, 武藤勝寿(厚木クリニック), 本間崇(横浜第一病院), 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌), 酒井糾, 日台英雄(横浜第一病院): 第6回HDF研究会(2000.11.25〜26), 広島.

2533. [研究会(全国)](一般講演) 北里大学病院献腎移植希望待機患者と医療チームとの移植に対する認識の相違について. 池田成江, 吉田一成, 斉藤毅, 石井淳一郎, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌), 鎌田貢寿(内), 藤木くに子(看護部), 取手涼子(総合相談部): 第4回JATCO研究会(2001.01.23), 熱海.

2534. [研究会(全国)](一般講演) 移植腎の針生検後に生じた動静脈瘻に対し塞栓術が有効であった1例. 斉藤毅, 石井淳一郎, 吉田一成, 遠藤忠雄, 滝川政和, 矢内原久, 馬場志郎(泌): 第34回日本腎移植臨床研究会(2001.01.24), 熱海.

2535. [研究会(全国)](ポスター講演) 腹膜透析カテーテル挿入部より腹壁ヘルニア嵌頓を来した1例. 藤田哲夫(泌), 横田真二, 佐藤茂(相模台病院), 吉田一成, 馬場志郎(泌): 第6回日本腹膜透析研究会(2000.09.30), 徳島.

2536. [研究会(地方)](特別講演) 腹腔鏡下手術の新しい展開(Laparoscopic radical prostatectomyの経験). 頴川晋(泌): 第28回泌尿器科手術手技関東地区研究会(2000.01.27), 東京.

2537. [研究会(地方)](シンポジウム等) 前立腺癌早期発見のための臨床試験の検討. 入江啓, 頴川晋, 松本和将, 宋成浩, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第17回神奈川県前立腺腫瘍研究会(2000.07.15), 横浜.

2538. [研究会(地方)](一般講演) 前立腺癌の免疫遺伝子治療の基礎実験. 志村哲(泌), 江原伸, Thompson, T.C.(Baylor College): 第58回神奈川県泌尿器科医会(2000.04.22), 伊勢原.

2539. [研究会(地方)](一般講演) 大学病院における腎瘻・膀胱瘻指導について−泌尿器科外来での現状を把握して指導を統一化する−. 吉間直美, 井出口八寿子, 仁木町子(看護部), 田村麻子, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第6回排尿障害研究会神奈川フォーラム(2000.05.16), 横浜.

2540. [研究会(地方)](一般講演) 「腎部分切除術」鏡下手術. 馬場志郎(泌): 第27回泌尿器科手術手技関東地区研究会(2000.09.02), 東京.

2541. [研究会(地方)](一般講演) 膀胱全摘術後の逆流防止型回腸膀胱造設術(Ileal Bladder Substitution with Serous-Lined Extramural Ureteral Reimplantation)の経験. 田岡佳憲(泌), 長倉和彦, 山藤政夫(西窪病院): 第51回多摩泌尿器科医会(2000.09.08), 東京.

2542. [研究会(地方)](一般講演) 陰嚢内に発生した脂肪平滑筋腫の1例. 松田大介, 大川麻子, 石井淳一郎, 藤城貴教, 勝田真行, 斉藤毅, 入江啓, 吉田一成, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第22回日本泌尿器科学会神奈川地方会(2000.09.14), 横浜.

2543. [研究会(地方)](一般講演) UPJ狭窄に対する腎盂形成術後も持続した難治性尿路感染症(biofilm infection)の1例. 古畑誠之, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌), 井上松久(微): 尿路感染症研究会(2000.11.11), 東京.

2544. [研究会(地方)](一般講演) 長期腹膜透析患者における腹膜機能試験結果と硬化性被嚢性腹膜炎の発生との関連. 斉藤毅, 吉田一成, 石井淳一郎, 嶺井定紀(泌), 鎌田貢寿(内), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第60回神奈川腎研究会合同研究会(2000.11.12), 横浜.

2545. [研究会(地方)](一般講演) 肉腫を疑った前立腺嚢胞腺腫の1例. 津村秀康, 田畑健一, 勝田真行, 松本和将, 石井淳一郎, 平井祥司, 入江啓, 岩村正嗣, 頴川晋, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第59回神奈川泌尿器科医会(2000.11.18), 神奈川.

2546. [研究会(地方)](一般講演) 献腎移植後突然MRES菌血症を起こし, 感染性心内膜炎に至った症例. 吉田一成, 斉藤毅(泌), 高山陽子(感染症), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第5回関東腎移植免疫抑制研究会(2000.11.25), 東京.

2547. [研究会(地方)](一般講演) 外傷が起因となったと考えられる流入過剰型持続勃起症の1例. 田岡佳憲(泌), 長倉和彦, 山藤政夫(西窪病院): 第52回多摩泌尿器科医会(2000.12.01), 東京.

2548. [研究会(地方)](一般講演) 長期CAPD患者における腹膜機能の変化(特にPETについて). 嶺井定紀, 吉田一成, 斉藤毅(泌), 鎌田貢寿(内), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第14回神奈川県CAPD研究会(2001.03.25), 横浜.

<<25 眼科学>>

2549. [原著] Photoreceptor-specific expression of platelet-derived growth factor-B results in traction retinal detachment. 岡本直之(眼), Seo, M.S., Vinores, M., Vinores, S.A., Hackett, S.F., Yamada, H., Yamada, E., Derevjanik, N.L., Larochelle, W., Zack, D.J., Campochiaro, P.A.: Am. J. Pathol., 157(3): 995〜1005, 2000.

2550. [原著] Chemical sensitivity and its clinical characteristics in Japan. 石川哲, 宮田幹夫(眼): Asian Med. J., 43: 7〜15, 2000.

2551. [原著] Pharmacological effects of pilocarpine on rabbit ciliary artery. 吉富健志, 石川均, 林瑛理(眼): Current Eye Res., 20(4): 254〜259, 2000.

2552. [原著] Circadian rhythm of serotonin N-acetyltransferase activity in rat lens. 阿部充志, Itoh, M.T., 宮田幹夫, 清水公也, Sumi, Y.(眼): Exp. Eye Res., 70: 805〜808, 2000.

2553. [原著] 各種foldable IOLの機能的特性. 酒井裕司, 高野慎也, 清水公也(眼), 白井汪芳(信州大): IOL & RS, 14(2): 174〜183, 2000.

2554. [原著] VEGF is major stimulator in model of choroidal neovascularization. Kwak, N., 岡本直之(眼), Wood, J.M., Campochiaro, P.A.: Invest. Ophthalmol. Visual Sci., 41(10): 3158, 2000.

2555. [原著] Presynaptic effect of botulinum toxin type A on the neuronally evoked response of albino and pigmented rabbit iris sphincter and dilator mescles. 石川均, 三井義久, 吉富健志, 真下紀美代, 青木繁, 向野和雄, 清水公也(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 44(2): 106〜109, 2000.

2556. [原著] Effects of isopropyl unoprostone in rabbit ciliary artery. 林瑛理, 吉富健志, 石川均, 林良子, 清水公也(眼): Jpn. J. Ophthalmol., 44(3): 214〜220, 2000.

2557. [原著] LASIKと眼圧: (特集)レーザー屈折手術. 鈴木雅信(眼): Nano Ophthalmol., 22: 16〜18, 2000.

2558. [原著] コンタクトレンズから脱却したい・屈折矯正手術; Phakic IOL. 大野晃司(眼): Ophthalmology Times Japan, 3(1): 15, 2000.

2559. [原著] Accommodation causes with-the rule astigmatism in emmetropes. Tsukamoto, M., Nakajima, T., Nishino, J., Haya, Y., 魚里博(眼), Saishin, M.: Optom. Vis. Sci., 77(3): 150〜155, 2000.

2560. [原著] 橋出血による非対称的な水平注視麻痺−外転神経核の運動ニューロンと介在ニューロンについて−. 阿曽香子, 若倉雅登, 亀谷理香, 菊池裕美, 向野和雄, 清水公也(眼): あたらしい眼科, 17(10): 1447〜1449, 2000.

2561. [原著] 出生直後の角膜厚差が眼軸長に与える影響. 増田紀子, 魚里博, 坂ノ下和弘, 桝田浩三, 塚本光雄, 原嘉昭, 西信元嗣(眼): 眼科紀要, 51(4): 396〜401, 2000.

2562. [原著] 緑内障手術; 各種手術における麻酔. 庄司信行(眼): 眼科診療プラクティス62, 3(9): 32〜33, 2000.

2563. [原著] 26.眼疾患. 白内障 Cataract. 有本あこ(武蔵野赤十字), 清水公也, 庄司信行(眼), 小原真樹夫(武蔵野赤十字): 今日の治療指針, 43: 869〜870, 2001.

2564. [原著] 屈折矯正手術後の眼内レンズパワー予測. 魚里博(眼): 視覚の科学, 20(4): 164〜167, 2000.

2565. [原著] 白内障疑似体験眼鏡. 魚里博(眼): 新しい眼科, 17(6): 807〜808, 2000.

2566. [原著] 視標提示課題の違いによる衝動性眼球運動のパラメータの変化: 第1報−潜時について−. 松崎廣栄, 大野晃司, 根本徹, 吉田寛, 山田徹人, 清水公也(眼): 日本眼科学会雑誌, 104(4): 242〜247, 2000.

2567. [原著] 非接触眼圧計とGoldmann圧平眼圧計の測定値の相違−角膜厚および角膜曲率の影響−. 松本拓也, 松野弘之, 魚里博, 西信元嗣, 宮本止才雄(眼): 日本眼科学会雑誌, 104(5): 317〜323, 2000.

2568. [原著] 視標提示課題の違いによる衝動性眼球運動のパラメータの変化: 第2報−眼球運動相−. 大野晃司, 松崎廣栄, 吉田寛, 山田徹人, 清水公也(眼): 日本眼科学会雑誌, 104(6): 402〜408, 2000.

2569. [原著] ロービジョンクリニックにおける視能訓練士のかかわり. 藤田純子, 青木繁, 清水公也(眼): 日本視能訓練士協会誌, 28: 239〜243, 2000.

2570. [原著] 化学物質過敏症患者の神経学的および眼科的所見. 菊池裕美, 市辺義章, 難波龍人, 宮田幹夫, 石川哲(眼): 臨床環境医学, 9: 22〜27, 2000.

2571. [原著] 近視度数による乳頭形状の比較. 清水公也(眼): 臨床眼科, 54(4): 603〜606, 2000.

2572. [原著] 白内障術後のモノビジョンによる満足度. 井上俊洋, 清水公也, 新井田孝裕, 新田任里江, 嶺井利沙子(眼): 臨床眼科, 54(5): 825〜829, 2000.

2573. [研究報告] 視覚系, 眼科的手法を中心とした新しい客観的検査診断法の開発, 第2報. 向野和雄, 新井田孝裕, 半田知也, 藤山由紀子(眼): メチル水銀の長期的微量曝露の生体影響に関する研究報告書, p.40〜44, 2000.

2574. [研究報告(文部省)] 加齢黄斑変性の中心窩脈絡膜新生血管(CNM)に対する外科的CNM摘出術とレーザー光凝固成績. 湯沢美都子, 李才源, 磯前貴子, 森隆三郎, 島田浩之(日大), 宇都宮いづみ(眼): 厚生省特定疾患加齢黄斑変性症対する低用量放射線治療, 光凝固法の効果に関する多施設共同研究, p.45〜48, 2000.

2575. [症例報告] 動揺視の発現が前面に出たHelveston症候群とChiari奇形の1例. 大野晃司, 松崎廣栄, 市辺義章, 難波龍人, 若倉雅登, 清水公也(眼): 神経眼科, 16(4): 432〜438, 2000.

2576. [症例報告] 皮膚結節性動脈周囲炎に伴った動眼神経麻痺の1例. 松本美保, 吉富健志, 猪田さをり, 森田哲也, 清水公也(眼): 神経眼科, 17(2): 201〜207, 2000.

2577. [臨床治験] 視神経障害を初発とした悪性リンパ腫による圧迫性視神経症の1例. 長山裕二, 疋田朋子, 柳田智彦, 向野和雄, 清水公也(眼): 臨床眼科, 54(12): 1796〜1800, 2000.

2578. [総説] Sensitivity of different vascular beds in the eye to neovascularization and blood-retinal barrier breakdown in VEGF transgenic mice. Vinores, S.A., Derevjanik, N.L., Vinores, M.A., 岡本直之(眼), Campochiaro, P.A.: Angiogenesis from the Molecular to Integrative Pharamacology, p.129〜138, 2000.

2579. [総説] 加齢の科学22; 高齢者の視力障害. 清水公也(眼): Clinician, 47(494): 106〜109, 2000.

2580. [総説] ヒトの眼に特有な光学. 魚里博(眼): O Plus E, 22(4): 410〜430, 2000.

2581. [総説] 光学の基礎. 魚里博(眼): あたらしい眼科, 17(7): 907〜916, 2000.

2582. [総説] 外傷性白内障; Traumatic Cataract. 宇賀茂三(眼): 日本白内障学会雑誌, 12: 5〜11, 2000.

2583. [講座] 私の白内障手術器具セット. 清水公也(眼): Practical Ophthalmol., 3(11): 166〜167, 2000.

2584. [講座] LASIKの基本; レーザー屈折矯正手術−適応と実際−. 鈴木雅信(眼): 眼科手術, 13(4): 511〜515, 2000.

2585. [講座] LASIKの現状と術後管理. 清水公也(眼): 日本の眼科, 71(8): 961〜964, 2000.

2586. [学術書](分担執筆) 眼科診療Q & A; 角膜曲率半径の測定, p.602〜607, 魚里博, 桝田浩三(眼). 六法出版, 名古屋, 2000.07.17発行.

2587. [学術書](分担執筆) 視覚情報のハンドブック; 瞬眼の神経機構, p.44〜51, 新井田孝裕(眼). 編集 日本視覚学会, 朝倉書店, 東京, 2000.09.20発行.

2588. [学術書](分担執筆) 眼科診療プラクティス63 角結膜疾患の手術療法; One-point Advice 角膜屈折手術後の白内障手術, p.50〜50, 清水公也(眼). 編集 井上幸次, 丸尾敏夫, 本田孔士, 臼井政彦, 田野保雄, 文光堂, 東京, 2000.10.01発行.

2589. [学術書](分担執筆) 今日の眼科疾患治療指針; 22. 検査総論, (1)視力・屈折測定, p.576〜583, 魚里博(眼). 医学書院, 東京, 2000.11.01発行.

2590. [教科書](分担執筆) Fundamentals of Optics and Ophthalmic Optics, 2nd Ed, p.38〜38, 魚里博(眼). 編集 北里大学医療衛生学部, 2000.07.01発行.

2591. [学会(国際)](特別講演) 北里大学病院における屈折矯正手術の現状−LASIK−ノモグラムの作成・術後管理と合併症. 大野晃司(眼): 白求恩大学・北里大学学術交流会(2000.09.12), 長春.

2592. [学会(国際)](特別講演) 有水晶体眼用眼内レンズ Phakic Iol. 大野晃司(眼): 白求恩大学・北里大学学術交流会(2000.09.12), 長春.

2593. [学会(国際)](特別講演) LASIKの基礎動物実験. 大野晃司(眼): 白求恩大学・北里大学学術交流会(2000.09.12), 長春.

2594. [学会(国際)](教育講演) Karate chop: Technique, instruments and advantages. 清水公也(眼): 2000 ASCRS Symposium on Cataract, IOL and Refractive Surgery(2000.05.20), Boston, USA.

2595. [学会(国際)](シンポジウム等) Morphological study of experimental traumatic cataract. 宇賀茂三(眼): 16th International Congress for Eye Research(2000.10.15〜20), Santa Fe, USA.

2596. [学会(国際)](一般講演) Binocular function after monovision induced by intraocular lenses. 井上俊洋, 清水公也, 新井田孝裕, 鈴木雅信, 嶺井利沙子(眼): 2000 ASCRS Symposium on Cataract, IOL and Refractive Surgery(2000.05.20), Boston, USA.

2597. [学会(国際)](一般講演) Transient dysfunction of M-cells after LASIK. 庄司信行, Wang, F., 久保祐輔, 鈴木雅信, 清水公也(眼): 2000 ASCRS Symposium on Cataract, IOL and Refractive Surgery(2000.05.23), Boston, USA.

2598. [学会(国際)](ポスター講演) Pharmacological vascular reactivity on hypercholesterolemic rabbit ciliary artery. 石川均(眼): 16th International Congress for Eye Research(2000.10.15〜20), Santa Fe, USA.

2599. [学会(全国)](特別講演) 調節と輻輳の制御機構. 魚里博(眼): 第56回日本弱視斜視学会総会(2000.06.23), 岡山.

2600. [学会(全国)](特別講演) 環境と眼疾患: 斜視, 眼精疲労を含んで. 石川哲(北研): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2601. [学会(全国)](特別講演) 「Cataract Surgeryは, こうなる」; パワーマトリックスフェイコ. 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会ランチョンセミナー(2001.01.26〜28), 大阪.

2602. [学会(全国)](教育講演) 新しい眼科手術への対応−視能訓練士に求められる新しい分野について−. 清水公也(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2603. [学会(全国)](教育講演) オートレフラクトメーター最近の進歩と将来展望. 魚里博(眼): 第36回日本眼光学学会・第15回眼科ME学会・第19回屈折矯正調節研究会合同学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2604. [学会(全国)](シンポジウム等) これからの白内障手術はどのように発展するか. 清水公也(眼): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.07), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 91, 2000.

2605. [学会(全国)](シンポジウム等) モノヨード酢酸投与による白内障の形態学的検討. 松本美保, 森田哲也, 宇賀茂三, 清水公也(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2606. [学会(全国)](シンポジウム等) 角膜屈折手術既往例における白内障手術でのIOL度数の選定. 清水公也(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2607. [学会(全国)](シンポジウム等) 有限要素法によるエキシマレーザー屈折矯正手術後眼圧と角膜変形. 魚里博, 桝田浩三(眼), 小南雅也(奈良県医大), 松本俊郎(近畿大): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2608. [学会(全国)](シンポジウム等) Effective corneal multifocality (ECM)の検討. 藤沢邦俊, 清水公也, 田中俊一, 嶺井利沙子, 井上俊洋(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2609. [学会(全国)](シンポジウム等) 眼内コンタクトレンズの術後成績−術後1年−. 鈴木雅信, 大野晃司, 久保祐輔, 林瑛理, 田中俊一, 清水公也, 宇賀茂三(眼), 中西基, 小松真理(武蔵野赤十字): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2610. [学会(全国)](シンポジウム等) マイクロケラトーム施行中の眼内圧の検討. 大野晃司, 林瑛理, 久保祐輔, 鈴木雅信, 清水公也(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2611. [学会(全国)](シンポジウム等) LASIK後の上皮迷入の1例. 久保祐輔, 林瑛理, 大野晃司, 鈴木雅信, 宇賀茂三, 清水公也(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2612. [学会(全国)](シンポジウム等) LASIKにおける乱視矯正の必要性. 小松真理(武蔵野赤十字), 清水公也, 久保祐輔(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2613. [学会(全国)](シンポジウム等) 上方ヒンジ角膜フラップは鼻側ヒンジフラップに優るか. 小松真理(武蔵野赤十字), 清水公也, 大野晃司(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2614. [学会(全国)](シンポジウム等) 角膜屈折力とフラップサイズ. 鈴木雅信, 清水公也, 魚里博(眼), 小松真理(武蔵野赤十字): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2615. [学会(全国)](シンポジウム等) シリコーン眼内レンズの現状. 庄司信行(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2616. [学会(全国)](シンポジウム等) 乱視軸の偽調節への影響. 吉井稔章, 名和義晃, 中塚三恵子, 桝田浩三, 原嘉昭(奈良医大), 魚里博(眼), 小南雅也(大淀病院), 植村佐知子(済生会奈良病院): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会(2000.06.09〜11), 東京.

2617. [学会(全国)](シンポジウム等) Super Vision 21世紀の屈折矯正. 魚里博(眼): 第39回日本白内障学会・第15回日本眼内レンズ屈折手術学会ランチョンセミナー(2000.06.09〜11), 東京.

2618. [学会(全国)](シンポジウム等) 頭部外傷による末梢性滑車神経麻痺の画像部位診断. 原直人(東大和病院), 菅信一(放), 清水公也(眼): 第56回日本弱視斜視学会総会(2000.06.23), 岡山.

2619. [学会(全国)](シンポジウム等) レーザー強膜穿孔術. 岡本直之(眼): 第11回日本緑内障学会(2000.09.01〜03), 神戸.

2620. [学会(全国)](シンポジウム等) 第二部: マイクロケラトーム−私の選択−. 清水公也(眼): 第6回Vision Times Seminar (第54回日本臨床眼科学会イブニングセミナー)(2000.11.03), 東京.

2621. [学会(全国)](シンポジウム等) 第三部: ケースレポート−合併症−. 清水公也(眼): 第6回Vision Times Seminar (第54回日本臨床眼科学会イブニングセミナー)(2000.11.03), 東京.

2622. [学会(全国)](シンポジウム等) 屈折異常への対応. 清水公也(眼): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.04), 東京.

2623. [学会(全国)](シンポジウム等) LASIK術後の低コントラスト視力. 中島純子, 杉山由紀子, 神垣久美子(眼), 斉藤奈緒子(大和徳洲会病院), 魚里博, 鈴木雅信, 清水公也(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2624. [学会(全国)](シンポジウム等) 電気生理学的検査法の基礎. 新井田孝裕(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2625. [学会(全国)](シンポジウム等) 外眼筋の自己受容器から斜視を考える. 向野和雄(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2626. [学会(全国)](シンポジウム等) 白内障・屈折矯正手術前後における検査の留意点. 魚里博(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2627. [学会(全国)](一般講演) Laser in situ keratomileusis術直後の網膜感度の評価. 王帆(白求恩医大), 庄司信行, 久保祐輔, 鈴木雅信, 清水公也(眼), 長田さやか(八尾総合病院): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 2000.

2628. [学会(全国)](一般講演) モノビジョン法による両眼視機能の検討. 新田任里江, 新井田孝裕, 半田知也, 井上俊洋, 清水公也(眼): 第56回日本弱視斜視学会総会(2000.06.23), 岡山.

2629. [学会(全国)](一般講演) 錯覚現象を用いた空間的視覚注意の検討. 半田知也, 新井田孝裕, 向野和雄, 清水公也(眼): 第56回日本弱視斜視学会総会(2000.06.23), 岡山.

2630. [学会(全国)](一般講演) 間歇性外斜視の術式別術後経過観察. 榊原七重(森下記念病院), 中島純子(眼), 松井孝子(北里研究所病院), 三井義久(森下記念病院), 石川均, 向野和雄, 清水公也(眼): 第56回日本弱視斜視学会総会(2000.06.23), 岡山.

2631. [学会(全国)](一般講演) 白内障手術後の上下斜視. 上田二葉, 小原真樹夫(武蔵野赤十字), 近藤裕美(眼): 第56回日本弱視斜視学会総会(2000.06.23), 岡山.

2632. [学会(全国)](一般講演) 白色家兎毛様動脈におけるラタノプロスト, プロスタグランディンI2, E2及びサラフォトキシンS6cの作用. 石川均, 真下紀美代(眼), 吉富健志(和歌山県医大), 清水公也(眼): 第11回日本緑内障学会(2000.09.01〜03), 神戸.

2633. [学会(全国)](一般講演) 架橋ヒアルロン酸ゲル併用による眼圧下降効果の可能性. 庄司信行, 菊池裕美, 冨岡敏也, 清水公也(眼), 宮内聡, 高橋勝哉(生化学工業): 第11回日本緑内障学会(2000.09.01〜03), 神戸.

2634. [学会(全国)](一般講演) 心因性視覚障害のヘルスカウンセリング治療. 樋口倫子(眼), 宗像恒次(筑波大): 第7回ヘルスカウンセリング学会(2000.09.23), 大阪.

2635. [学会(全国)](一般講演) サルコイドーシス眼に併発した嚢胞様黄斑浮腫に対する硝子体手術. 熊谷和之, 萩野誠周, 出水誠二(新城眼科), 渥美一成(上飯田第一病院), 岡本直之(眼): 第20回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会(2000.10.12〜13), 別府.

2636. [学会(全国)](一般講演) 屈折矯正手術における術後眼圧の補正. 魚里博, 庄司信行, 清水公也, 伊藤美沙絵(眼): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.04), 東京.

2637. [学会(全国)](一般講演) LASIKでのドライテクニックモノグラム. 大野晃司, 清水公也, 鈴木雅信, 松本美保, 井上俊洋, 相沢大輔(眼), 小松真理(武蔵野日赤), 春野功(大和徳洲会): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.04), 東京.

2638. [学会(全国)](一般講演) 屈折矯正手術後における眼内レンズパワー決定法. 松中公正(東大), 小松真理(武蔵野日赤), 魚里博, 清水公也(眼): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.04), 東京.

2639. [学会(全国)](一般講演) 特発性黄斑円孔の性差, ステージ差の臨床像. 岡本直之(眼), 熊谷和之, 荻野誠周, 出水誠二(新城眼科), 渥美一成(上飯田第一病院), 栗原秀行(栗原眼科), 岩城正佳(愛知医大), 石郷岡均(京都桂病院), 舘奈保子(真生会富山病院): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.05), 東京.

2640. [学会(全国)](一般講演) 瞳孔視野計(市販型)の開発と使用経験. 吉富健志, 山地一禎(和歌山県医大), 石川均(眼), 松井孝子(北研病院), 大西克尚(和歌山県医大): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.05), 東京.

2641. [学会(全国)](一般講演) ラタノプロスト, ニプラジロール点眼後の屈折, 調節, 眼圧に与える影響. 石川均, 土屋邦彦, 中島純子(眼), 吉富健志(和歌山県医大), 清水公也(眼): 第38回日本神経眼科学会総会(2000.11.09〜11), 東京.

2642. [学会(全国)](一般講演) 新しい遠距離Log MAR視力表の試作とその使用経験. 桝田浩三(奈良医大), 魚里博(眼): 第36回日本眼光学学会・第15回眼科ME学会・第19回屈折矯正調節研究会合同学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2643. [学会(全国)](一般講演) LASIKによる屈折矯正手術後の低コントラスト視力. 魚里博, 鈴木雅信, 清水公也, 中島純子(眼): 第36回日本眼光学学会・第15回眼科ME学会・第19回屈折矯正調節研究会合同学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2644. [学会(全国)](一般講演) LASIK術後の眼圧過小評価とその補正. 魚里博, 庄司信行, 清水公也, 伊藤美沙絵(眼): 第36回日本眼光学学会・第15回眼科ME学会・第19回屈折矯正調節研究会合同学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2645. [学会(全国)](一般講演) 視力検査における知能, 年齢等の影響ランドルト環切れ目なし視標は有効か. 中川皓夫, 原嘉昭(奈良県医大), 堀部円, 魚里博(眼): 第36回日本眼光学学会・第15回眼科ME学会・第19回屈折矯正調節研究会合同学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2646. [学会(全国)](一般講演) LASIK術後の乱視の検討. 相沢大輔(山王病院), 井上俊洋, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2647. [学会(全国)](一般講演) LASIK後の追加矯正. 小松真理(山王病院), 清水公也(眼), 小原真樹夫, 中西基(武蔵野日赤): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2648. [学会(全国)](一般講演) 屈折矯正手術前後の視神経乳頭解析について. 有本あこ, 小原真樹夫(武蔵野日赤), 庄司信行, 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2649. [学会(全国)](一般講演) foldable IOLへの菌付着, 第2報. 高野慎也, 酒井裕司, 小松真理, 清水公也(眼), 門倉利守(東京農大): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2650. [学会(全国)](一般講演) 糖尿病黄斑浮腫に対する内境界膜剥離の浮腫吸収効果. 熊谷和之, 荻野誠周, 出水誠二, 新城歌子, 塩屋美代子, 上田佳代(新城眼科), 岡本直之(眼), 舘奈保子(真生会富山病院): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2651. [学会(全国)](一般講演) 眼内レンズによるモノビジョン法における全距離視力の検討. 嶺井利沙子, 井上俊洋, 新田仁里江, 清水公也, 新井田孝裕(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2652. [学会(全国)](一般講演) 糖尿病黄斑浮腫における内境界膜剥離の視力改善効果. 熊谷和之, 荻野誠周, 出水誠二(新城眼科医院), 渥美一成(上飯田第一病院), 栗原秀行(栗原眼科), 舘奈保子(真生会富山病院), 岡本直之(眼): 第7回日本糖尿病眼学会(2001.03.16〜18), 東京.

2653. [学会(全国)](ポスター講演) 睫毛乱生症に続発した角膜アミロイドーシス−臨床像と生体要因−. 阿曽香子, 若倉雅登, 古野久美子, 松本美保, 清水公也(眼): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 137, 2000.

2654. [学会(全国)](ポスター講演) Laser in situ keratomileusis術中の高眼圧による網膜M細胞の機能低下. 庄司信行, 久保祐輔, 鈴木雅信, 清水公也(眼), 王帆(白求恩医大), 長田さやか(八尾総合病院): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 141, 2000.

2655. [学会(全国)](ポスター講演) ラット水晶体におけるN-acetyltransferase活性の概日リズム. 阿部充志, 清水公也(眼), 伊藤正則(聖マリ医大): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 159, 2000.

2656. [学会(全国)](ポスター講演) 培養ミュラー細胞におけるドパミンD1およびD2受容体アゴニストに対する応答性. 若倉雅登, 真下紀美代(眼): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 216, 2000.

2657. [学会(全国)](ポスター講演) 白色家兎毛様動脈, 胸部大動脈の薬理学的性質及び高脂血症の影響. 石川均, 福原雅之, 清水公也, 真下紀美代, 宇賀茂三(眼), 吉富健志(和歌山県医大), 日柳政彦(日本医科学動物資材研): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 243, 2000.

2658. [学会(全国)](ポスター講演) Tonic interocular suppressionの電気生理学的検討. 新井田孝裕, 向野和雄, 伊藤美沙絵, 清水久美子, 多田見明代(眼), 鵜飼一彦(日本福祉大): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 257, 2000.

2659. [学会(全国)](ポスター講演) 乳頭所見が経時的に変化した乳頭ドルーゼンの1例. 竹内友子, 柳田智彦, 市辺義章, 清水公也(眼), 菅信一(放): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 271, 2000.

2660. [学会(全国)](ポスター講演) 錯視現象を用いた空間的視覚注意の検討. 向野和雄, 半田知也, 新井田孝裕, 清水公也(眼): 第104回日本眼科学会総会(2000.04.06〜08), 京都, 日本眼科学会雑誌, 104(臨増): 278, 2000.

2661. [学会(全国)](ポスター講演) 円錐角膜進行例に対する後面多段カーブハードコンタクトレンズ装用による自覚症状の変化. 林瑛理, 宇津見義一, 鈴木雅信, 清水公也(眼), 依田綾子, 三宅由利子(レインボーオプチカル研): 第43回日本コンタクトレンズ学会総会(2000.06.03〜04), 山口.

2662. [学会(全国)](ポスター講演) 開放隅角緑内障眼における視神経乳頭形状・神経線維層厚と視野との相関. 森田哲也, 菊池裕美, 長山裕二, 冨岡敏也, 庄司信行, 清水公也(眼): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.04), 東京.

2663. [学会(全国)](ポスター講演) 架橋ヒアルロン酸ゲルを併用した線維柱帯切除術. 庄司信行, 菊池裕美, 冨岡敏也, 清水公也(眼), 宮内聡, 高橋勝哉(生化学工業): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.04), 東京.

2664. [学会(全国)](ポスター講演) 北里大学病院眼科における特発性, 続発性黄斑部網膜上膜除去術の治療成績. 柳田智彦, 中原悦子, 久保祐輔, 竹内友子, 田中俊一, 市辺義章, 石川均, 荻野誠周, 清水公也(眼): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.04), 東京.

2665. [学会(全国)](ポスター講演) LASIK後の術後眼圧とORBSCANによる補正眼圧. 伊藤美沙絵, 杉山由紀子, 鈴木雅信, 清水公也, 魚里博(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2666. [学会(全国)](ポスター講演) LASIK(遠視矯正手術)を施行した調節性内斜視の1例. 神垣久美子, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2667. [学会(全国)](ポスター講演) エキシマレーザー近視矯正術における北里大学視能訓練士の役割−2000年の視能訓練士のあり方を考えて−. 神垣久美子, 杉山由紀子, 中島純子, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也(眼), 庄司倫子(医療衛生): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2668. [学会(全国)](ポスター講演) SATカウンセリング技法を活用した心因性視覚障害治療の具体例. 庄司倫子, 向野和雄(眼), 宗像恒次(筑波大): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2669. [学会(全国)](ポスター講演) アトピー患者における視機能評価の検討. 松井孝子, 甲斐敬子, 坂部貢, 宮田幹夫, 石川哲(北研): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2670. [学会(全国)](ポスター講演) 新聞のインクにより発症した化学物質過敏症の1症例. 松井孝子, 佐々木恵子, 坂部貢, 宮田幹夫, 石川哲(北研): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2671. [学会(全国)](ポスター講演) 3歳児健康診断における視覚検査の実態−神奈川県7市における検診結果と3歳児検診に携わっている視能訓練士へのアンケート調査から−. 佐々木美絵(東歯大), 羽角智美(太田総合病院), 松木京子(昭和大), 藤山由紀子(眼): 第41回日本視能矯正学会(2000.11.18〜19), 横浜.

2672. [学会(全国)](ポスター講演) 硝子体腔内に完全脱臼したIOLの嚢内IOL縫着術. 藤沢邦俊, 田中俊一, 岡本直之, 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2673. [学会(全国)](ポスター講演) LASIKによる遠視矯正のコツ−調節性内斜視における遠視矯正LASIK−. 清水公也, 鈴木雅信, 大野晃司, 井上俊洋, 相沢大輔, 竹内友子, 神垣久美子(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2674. [学会(全国)](ポスター講演) LASIKが眼位の矯正に有用であった調節性内斜視の1例. 井上俊洋, 大野晃司, 鈴木雅信, 相沢大輔, 竹内友子, 神垣久美子, 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2675. [学会(全国)](ポスター講演) 極小切開超音波乳化吸引術の検討. 近藤裕美, 嶺井利沙子, 林瑛理, 藤沢邦俊, 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2676. [学会(全国)](ポスター講演) 線維柱帯切除術における切開部位の検討. 森田哲也, 菊池裕美, 近藤裕美, 林良子, 柳田智彦, 庄司信行, 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2677. [学会(全国)](ポスター講演) 糖尿病網膜症に合併した血管新生緑内障に対する線維柱帯切除術の手術成績. 柳田智彦, 冨岡敏也, 菊池裕美, 森田哲也, 長山裕二, 庄司信行, 清水公也(眼): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2678. [学会(全国)](ポスター講演) 硝子体手術を施行した網膜過誤腫の1例. 柏木広哉, 岡本直之, 竹内友子, 市辺義章, 清水公也, 荻野誠周(眼), 岩渕啓一(病理): 第24回日本眼科手術学会(2001.01.26〜28), 大阪.

2679. [学会(全国)](ポスター講演) 連続装用ソフトコンタクトレンズ装用下における眼圧測定. 中村明美(清恵会病院), 松本拓也, 牧野弘之(星ケ丘厚生年金病院), 魚里博(眼), 原嘉昭(奈良県医大): 第25回角膜カンファランス・第17回日本角膜移植学会(2001.02.09), 大阪.

2680. [学会(地方)](シンポジウム等) マイクロケラトームの基礎と臨床. 鈴木雅信(眼): 第70回九州眼科学会ランチョンセミナー(2000.05.26〜27), 沖縄.

2681. [学会(地方)](シンポジウム等) 屈折矯正手術と緑内障. 庄司信行(眼): 第17回関東眼科学会・第36回関東甲信越眼科学会(2000.05.27〜28), 新潟.

2682. [学会(地方)](シンポジウム等) 白内障手術−日帰り手術と老視の改善−. 清水公也(眼): 第42回神奈川医学会総会・学術大会(2000.11.23), 横浜.

2683. [学会(地方)](シンポジウム等) 最近の治療法「LASIKについて」. 魚里博(眼): 第42回神奈川医学会総会・学術大会(2000.11.23), 横浜.

2684. [学会(地方)](一般講演) 強度近視に伴う固定斜視の3例. 林良子, 西本浩之, 小俣はるか, 猪田さをり, 向野和雄(眼): 第70回九州眼科学会(2000.05.26〜27), 沖縄.

2685. [学会(地方)](一般講演) LASIK後の角膜上皮迷入の1例. 久保祐輔, 林瑛理, 大野晃司, 鈴木雅信, 宇賀茂三, 清水公也(眼): 第17回関東眼科学会・第36回関東甲信越眼科学会(2000.05.27〜28), 新潟.

2686. [学会(地方)](一般講演) ラタノプロストの使用経験. 冨岡敏也, 庄司信行, 松崎廣栄, 菊池裕美, 長山裕二, 疋田朋子, 清水公也(眼): 第17回関東眼科学会・第36回関東甲信越眼科学会(2000.05.27〜28), 新潟.

2687. [研究会(全国)](特別講演) 症例呈示B例. 向野和雄(眼): ロンバート神経眼科勉強会(2000.04.09), 京都.

2688. [研究会(全国)](特別講演) 最近の白内障手術とその考え方. 清水公也(眼): 第18回眼病理セミナー(2000.09.15〜16), 和歌山.

2689. [研究会(全国)](教育講演) 眼球屈折要素の測定. 魚里博(眼): 第104回日本眼科学会総会・眼科専門医制度第32回講習会(2000.04.06〜09), 京都.

2690. [研究会(全国)](教育講演) 斜視の神経眼科. 向野和雄(眼): 視能訓練士教職研修会(2000.09.17), 東京.

2691. [研究会(全国)](シンポジウム等) 屈折矯正手術におけるAdaptive Optics (Super Normal Vision). 魚里博(眼): 第6回Vision Times Seminar (第54回日本臨床眼科学会イブニングセミナー)(2000.11.03), 東京.

2692. [研究会(全国)](一般講演) LASIKの術後管理と合併症. 鈴木雅信(眼): 第4回ISRS JAPAN Meeting(2000.04.07), 京都.

2693. [研究会(全国)](一般講演) 急速に増大した涙丘部化膿性肉芽腫の1例. 近藤裕美, 柏木広哉, 清水公也, 宇賀茂三(眼), 瀬崎晃一郎(形外), 荒木誉達(荒木眼科): 第54回日本臨床眼科学会(2000.11.03), 東京.

2694. [研究会(全国)](一般講演) 屈折矯正手術の適応と考え方−LASIKは万能か−. 清水公也(眼): 第54回日本臨床眼科学会専門別研究会「無水晶体眼(JARG)」.(2000.11.03), 東京.

2695. [研究会(全国)](一般講演) モノヨード酢酸(Monoiodoacetic acid)による併発緑内障の形態学的検討. 松本美保, 森田哲也, 宇賀茂三, 清水公也(眼): 第27回水晶体研究会(2001.01.12〜13), 鎌倉.

2696. [研究会(地方)](特別講演) 角膜屈折矯正. 鈴木雅信(眼): 相模原市眼科医会講演会(2000.04.22), 町田.

2697. [研究会(地方)](特別講演) 間歇性外斜視の術式別術後経過観察. 石川均(眼): 相模原市眼科学術講演会(2000.05.20), 大和.

2698. [研究会(地方)](特別講演) LASIKとphakic IOLについて. 清水公也(眼): 第3回藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院眼科カンファレンス(2000.07.01), 名古屋.

2699. [研究会(地方)](特別講演) 緑内障の最近の治療. 庄司信行(眼): 相模原市眼科医会勉強会(2000.07.08), 相模原.

2700. [研究会(地方)](特別講演) マイクロケラトームの基礎と臨床. 鈴木雅信(眼): 第3回湘西眼科臨床フォーラム(2000.09.14), 厚木.

2701. [研究会(地方)](特別講演) 白内障と近視の治療. 鈴木雅信(眼): 目の愛護デー(2000.10.01), 相模原.

2702. [研究会(地方)](特別講演) 緑内障薬物治療に関する最近の話題. 庄司信行(眼): 第88回神奈川県眼科集談会(2000.10.29), 横浜.

2703. [研究会(地方)](特別講演) データの読み方と臨床応用. 田中俊一(眼): 第1回眼科臨床機器研究会(2000.11.07), 横浜.

2704. [研究会(地方)](特別講演) 屈折矯正手術最近の話題. 鈴木雅信(眼): 栃木県眼科学術講演会(2000.11.10), 宇都宮.

2705. [研究会(地方)](特別講演) 眼底疾患, 最近経験した注目症例. 市辺義章(眼): 相模原市眼科医会講演会(2000.11.25), 町田.

2706. [研究会(地方)](特別講演) 老視の対策. 清水公也(眼): 千葉県眼科医会学術講演会(2001.01.14), 千葉.

2707. [研究会(地方)](特別講演) LASIKにおける合併症とその管理. 清水公也(眼): 第24回栃木県眼科医会研究会(2001.01.19), 宇都宮.

2708. [研究会(地方)](特別講演) 眼内レンズによる屈折矯正手術: IOL. 清水公也(眼): 愛媛県眼科フォーラム(2001.01.21), 愛媛.

2709. [研究会(地方)](特別講演) 増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術の適応について. 岡本直之(眼): 第5回湘西眼科臨床フォーラム(2001.03.17), 厚木.

2710. [研究会(地方)](教育講演) 屈折矯正手術における視機能評価の落とし穴. 魚里博(眼): 第86回神奈川県眼科集談会(2000.06.29), 横浜.

2711. [研究会(地方)](教育講演) 角膜の多焦点性と明視域. 魚里博(眼): 平成12年度奈良県立医科大学眼科同窓会学術講演会(2000.07.02), 大阪.

2712. [研究会(地方)](教育講演) 眼窩先性偏腫瘍視神経脳血管圧迫症候群. 向野和雄(眼): 川崎医大眼科セミナー(2000.07.03), 倉敷.

2713. [研究会(地方)](教育講演) 環境と眼科. 宮田幹夫(眼): 第35回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2001.03.29), 相模原.

2714. [研究会(地方)](シンポジウム等) LASIK, Step by Step: 落とし穴と処理法 Step 5 Centering. 清水公也(眼): 1st Ocular Surgery News Symposium in NAGOYA(2000.09.30〜10.01), 名古屋.

2715. [研究会(地方)](シンポジウム等) LASIK, Step by Step: 落とし穴と処理法 Step 6 Washout. 清水公也(眼): 1st Ocular Surgery News Symposium in NAGOYA(2000.09.30〜10.01), 名古屋.

2716. [研究会(地方)](シンポジウム等) 糖尿病網膜症に対する硝子体手術の適応について. 岡本直之(眼): 相模原市地区眼科研究会(2000.12.13), 町田.

2717. [研究会(地方)](一般講演) ロービジョン外来−低視力者の社会復帰について−. 青木繁(眼): 平成12年度療養教室講演会(2000.06.03), 相模原.

2718. [研究会(地方)](一般講演) 二重焦点・累進他焦点眼鏡による高AC/A型調節性内斜視治療の効果と問題点. 藤田純子, 庄司倫子, 新井田孝裕, 向野和雄, 清水公也(眼): 第86回神奈川県眼科集談会(2000.06.29), 横浜.

2719. [研究会(地方)](一般講演) 再発性多発軟骨炎の1例. 細川理恵, 清水公也(眼), 本間啓蔵, 上野博史(海老名総合病院), 小林茂人(順天堂大): 第86回神奈川県眼科集談会(2000.06.29), 横浜.

2720. [研究会(地方)](一般講演) 急速に増大した涙丘部化膿性肉芽腫の1例. 近藤裕美, 柏木広哉, 清水公也, 宇賀茂三(眼), 瀬崎晃一郎(形外), 荒木誉達(荒木眼科): 第86回神奈川県眼科集談会(2000.06.29), 横浜.

2721. [研究会(地方)](一般講演) 円錐角膜進行例における後面多段カーブハードコンタクトレンズ装用. 林瑛理, 宇津見義一, 鈴木雅信, 清水公也(眼), 依田綾子, 三宅由利子(レインボーオプチカル研): 第86回神奈川県眼科集談会(2000.06.29), 横浜.

2722. [研究会(地方)](一般講演) 北里大学における黄斑上膜除去術の成績. 中原悦子, 清水公也(眼), 北里大学網膜班: 第86回神奈川県眼科集談会(2000.06.29), 横浜.

2723. [研究会(地方)](一般講演) 角膜屈折矯正手術LASIKの術後成績−ドライテクニックノモグラム−. 大野晃司, 清水公也, 鈴木雅信, 井上俊洋, 相沢大輔, 神垣久美子(眼): 第86回神奈川県眼科集談会(2000.06.29), 横浜.

2724. [研究会(地方)](一般講演) デング熱発症後に視神経障害を発症した1例. 相沢大輔, 石川均(眼): 第16回真鶴セミナーin秩父(2000.08.19), 埼玉.

2725. [研究会(地方)](一般講演) デング熱発症後に視神経障害を発症した1例. 相沢大輔, 松崎廣栄, 大野晃司, 石川均(眼), 春山真理, 前田真治(内): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2726. [研究会(地方)](一般講演) 全方向にごくわずかな斜めの複視を呈した1例. 松崎廣栄, 向野和雄, 宮崎茂則, 新井田孝裕, 永野幸一, 中島純子(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2727. [研究会(地方)](一般講演) 網膜分枝動脈閉塞症に対しプロスタグランジンE1が奏効した1例. 中原悦子, 石川均(眼), 他(網膜班), 清水公也(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2728. [研究会(地方)](一般講演) 両眼硝子体手術にいたった劇症化インターフェロン網膜症. 岡本直之(眼), 他(網膜班): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2729. [研究会(地方)](一般講演) 加齢黄斑変性症の自然寛解例(治療開始のタイミングは?). 市辺義章, 清水公也(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2730. [研究会(地方)](一般講演) 糖尿病網膜症に合併した血管新生緑内障に対する繊維柱帯切除術の手術成績. 柳田智彦, 冨岡敏也, 菊池裕美, 森田哲也, 長山裕二, 庄司信行, 清水公也(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2731. [研究会(地方)](一般講演) 開放隅角緑内障眼における視神経乳頭形状・神経線維層厚との相関. 森田哲也, 菊池裕美, 長山裕二, 冨岡敏也, 庄司信行, 清水公也(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2732. [研究会(地方)](一般講演) 眼内レンズ位置異常に対して手術を施行した症例の検討. 長山裕二, 井上俊洋(眼), 他(白内障班), 清水公也(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2733. [研究会(地方)](一般講演) 当院におけるLASIK術後の乱視について. 井上俊洋, 相沢大輔, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2734. [研究会(地方)](一般講演) 診断を早期に確定し良好な経過をたどったアカントアメーバー角膜炎の1例. 大野晃司, 林瑛理, 相沢大輔, 井上俊洋, 鈴木雅信, 清水公也(眼): 第34回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2000.09.28), 相模原.

2735. [研究会(地方)](一般講演) 線維柱帯切除術における輪部結膜切開の有用性. 森田哲也, 林良子, 菊池裕美, 柳田智彦, 庄司信行, 清水公也(眼): 第17回神奈川県緑内障談話会(2001.02.17), 横浜.

2736. [研究会(地方)](一般講演) 早期開放隅角緑内障眼の視神経乳頭形状と線維層厚. 林良子, 菊池裕美, 森田哲也, 庄司信行, 冨岡敏也(眼): 第17回神奈川県緑内障談話会(2001.02.17), 横浜.

2737. [研究会(地方)](一般講演) LASIK最近の話題−Standard LASIK. 鈴木雅信(眼): 第1回山王眼科セミナー(2001.03.10), 東京.

2738. [研究会(地方)](一般講演) LASIK最近の話題−Wavefront LASIK. 清水公也(眼): 第1回山王眼科セミナー(2001.03.10), 東京.

2739. [研究会(地方)](一般講演) ステロイドが著効した眼窩先端部症候群の1例. 松崎広栄, 宮崎茂則, 石川均, 新井田孝裕, 向野和雄(眼), 矢島文, 荻野美恵子(内): 第35回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2001.03.29), 相模原.

2740. [研究会(地方)](一般講演) IOL master(非接触型眼軸測定装置)の有用性. 嶺井利沙子, 久保祐輔, 中原悦子, 柳田智彦, 長井伸二, 清水公也(眼): 第35回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2001.03.29), 相模原.

2741. [研究会(地方)](一般講演) 不正乱視眼に対する wavefront guided LASIKによる治療. 鈴木雅信, 相沢大輔, 中西基, 井上俊洋, 大野晃司, 小松真理, 魚里博, 清水公也(眼): 第35回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2001.03.29), 相模原.

2742. [研究会(地方)](一般講演) 網膜静脈分枝閉塞症を合併したポリープ状脈絡膜血管症. 市辺義章, 庄司治代, 清水公也(眼): 第35回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2001.03.29), 相模原.

2743. [研究会(地方)](一般講演) 線維柱帯切除術後の脆弱な濾過胞を回避する2つの工夫. 庄司信行, 森田哲也, 林良子, 藤沢邦俊, 竹内友子, 清水公也(眼): 第35回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2001.03.29), 相模原.

2744. [研究会(地方)](公開講座) 眼科の最新治療について. 清水公也(眼): 第29回ヘルスケアー市民公開講座(2000.10.07), 埼玉.

<<26 耳鼻咽喉科学>>

2745. [原著] 6か月以上経過観察できた急性低音障害型感音難聴の検討. 佐藤賢太郎, 佐野肇, 新田光邦, 鐵田晃久, 岡本牧人(耳鼻): Audiology Japan, 43: 220〜225, 2000.

2746. [原著] 眼振第2相を認めた頭位眼振症例. 星野功, 徳増厚二, 藤野明人, 新田光邦, 橋本晋一郎, 正来隆(耳鼻): Equilibrium Research, 59(2): 112〜116, 2000.

2747. [原著] 視標追跡眼運動と半規管眼運動の相互作用について. 長沼英明, 徳増厚二, 岡本牧人, 藤野明人, 橋本晋一郎(耳鼻), 伊保清子(臨検): Equilibrium Research, 59(4): 290〜297, 2000.

2748. [原著] 難治性口腔・咽頭潰瘍の病理組織学的検討(第4報). 稲木勝英, 高橋広臣(耳鼻): 口腔・咽喉科, 12(3): 395〜401, 2000.

2749. [原著] 声帯溝症・反回神経麻痺に対する声帯内自家側頭筋膜移植術. 西山耕一郎, 山中盾, 広島屋孝, 横堀学, 竹田昌彦(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻と臨床, 46(3): 239〜240, 2000.

2750. [原著] 蒸留水刺激に対するスギ花粉症の鼻粘膜反応性. 井口芳明, 八尾和雄, 西山耕一郎, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎(耳鼻): 耳鼻咽喉科展望, 43(5): 381〜386, 2000.

2751. [原著] 喉頭亜全摘術Cricohyoidoepiglotto-pexy−当科経験の5症例−. 高橋広臣, 八尾和雄, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻臨床, 94(1): 55〜59, 2001.

2752. [原著] 非ホジキンリンパ腫−咽頭, 頚部リンパ節原発症例の検討−. 中山明仁, 馬越智浩, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻臨床, 94(1): 65〜69, 2001.

2753. [原著] 喉頭亜全摘術Crico-Hyoido-Epiglotto-Pexyの手術の実際と術後管理. 中山明仁, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 頭頚部腫瘍, 26(3): 426〜430, 2000.

2754. [原著] 喉頭下咽頭垂直部分切除術Supracricoid Hemilaryngopharyngectomy (SCHLP)の手術の実際と術後管理. 中山明仁, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 頭頚部腫瘍, 26(3): 431〜435, 2000.

2755. [原著] アレルギー性鼻炎における下甲介粘膜中の肥満細胞種類別浸潤の特徴−下甲介化学剤手術の治療効果−. 鈴木立俊, 八尾和雄, 岡本牧人(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 103: 1007〜1014, 2000.

2756. [原著] 声帯振動の解析における電気声門図(EGG)及び光電声門図(PGG)の有用性−声帯超高速ディジタル撮影法による検討−. 山中盾(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 103: 905〜915, 2000.

2757. [準原著] 1.白血病と耳鼻咽喉科 A口腔・咽頭・鼻腔に浸潤を認めた白血病症例. 西山耕一郎, 高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(5): 130〜133, 2000.

2758. [研究報告] 舌腫瘍術後の患者における喉頭閉鎖と誤嚥の関係. 山崎公義, 平山方俊, 西山耕一郎, 山中盾(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻咽喉科展望, 43(6): 561, 2000.

2759. [研究報告] めまい・平衡障害のリハビリテーションによるVOR-gainの変化. 長沼英明, 徳増厚二, 岡本牧人, 藤野明人, 橋本晋一郎(耳鼻), 伊保清子(臨検): 耳鼻咽喉科展望, 43(6): 566〜567, 2000.

2760. [研究報告(厚生省)] 花粉症に対するchemosurgeryの客観的評価とその奏効機序に関する研究. 八尾和雄(耳鼻): 厚生科学事業「感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業」研究抄録集, p.126, 2000.

2761. [研究報告(厚生省)] 花粉症に対する各種治療法に関する科学的根拠を踏まえた評価研究. 八尾和雄(耳鼻): 厚生科学事業「感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業」研究抄録集, p.126, 2000.

2762. [研究報告(厚生省)] 聴力型の変化した低音障害型突発難聴. 鐵田晃久, 佐藤賢太郎, 伊藤昭彦, 新田光邦, 佐野肇, 岡本牧人(耳鼻): 厚生省特定疾患対策研究事業「前庭機能異常調査研究班, 急性高度難聴調査研究班平成12年度合同総会報告書, 2000.

2763. [症例報告] 術後良好な嚥下・構音機能を示した舌全摘の1症例. 伊藤昭彦, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 口腔・咽頭科, 12(3): 389〜393, 2000.

2764. [症例報告] 根治的頚部郭清術後に生じた鎖骨疲労骨折の1例. 広島屋孝, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人, 松林隆, 西口郁, 北野雅史(放): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(11): 758〜760, 2000.

2765. [症例報告] 頭頚部悪性腫瘍の治療後に発症した骨髄異形成症候群の1例. 井口芳明, 小川克二, 山本一博, 落合敦, 伊藤昭彦(耳鼻), 安達仁(防衛医大): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(4): 264〜267, 2000.

2766. [症例報告] 下口唇癌切除後のdouble cross lip flapによる2再建例. 中山貴子, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 正来隆, 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(7): 439〜443, 2000.

2767. [症例報告] 側頭下窩に発生した滑膜肉腫. 平山方俊, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 伊藤能成, 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(8): 491〜495, 2000.

2768. [症例報告] 鼻中隔神経鞘腫例. 落合敦, 小川克二, 井口芳明, 山本一博(耳鼻): 耳鼻臨床, 94(1): 21〜25, 2001.

2769. [症例報告] 反回しない反回神経の1症例. 落合敦, 高橋広臣, 中山明仁, 永井浩巳, 鐵田晃久, 越野樹典, 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻臨床, 94(3): 255〜257, 2001.

2770. [症例報告] 舌根部甲状腺の有茎移植治療の1例. 西山耕一郎, 山中盾, 広島屋孝, 横堀学, 竹田昌彦, 小野雄一, 高橋広臣(耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 103: 770〜773, 2000.

2771. [症例報告] 上顎洞腫瘍頭蓋底浸潤の1剖検例. 佐藤賢太郎(耳鼻), 原敦子(内): 北里医学, 30(3): 225〜228, 2000.

2772. [総説] 舌癌と鑑別を要する舌疾患. 高橋広臣(耳鼻): JOHNS, 16(4): 563〜566, 2000.

2773. [総説] 疾患別の診断と治療−結核, 梅毒とSTD−. 高橋広臣(耳鼻): JOHNS, 16(6): 888〜890, 2000.

2774. [総説] 疾患別の診断と治療−免疫異常疾患および原因不明疾患. 稲木勝英(耳鼻): JOHNS, 16(6): 901〜904, 2000.

2775. [総説] 術後の管理と看護−術後の説明と家族への対応. 中山明仁, 高橋広臣, 岡本牧人(耳鼻): JOHNS, 17(3): 317〜320, 2001.

2776. [総説] アレルギー患者におけるアレルゲン皮内反応の30年間の推移−空中飛散アレルゲンとの関係−. 信太隆夫, 秋山一男, 長谷川真紀, 前田裕二, 谷口正実, 森晶夫, 富田尚吾, 山本尚実(国立相模原病院), 石井豊太(耳鼻), 斉藤明美, 安枝浩(国立相模原病院): アレルギー, 49(6): 1074〜1108, 2000.

2777. [総説] トピックス補聴器とその適合5.補聴効果の評価方法. 岡本牧人(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(12): 818〜824, 2000.

2778. [総説] [.感染症・腫瘍・その他11.他臓器悪性腫瘍と耳鼻咽喉科. 中山貴子, 高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72(5増刊): 233〜236, 2000.

2779. [総説] 頭頚部血管奇形. 新田光邦(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72: 247〜250, 2000.

2780. [総説] 小児頭頚部悪性腫瘍の取り扱い. 八尾和雄, 高橋広臣(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72: 461〜468, 2000.

2781. [総説] 口腔・咽頭疾患のレーザー治療の適応と成績. 中山明仁(耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72: 723〜728, 2000.

2782. [総説] 補聴器装用下の聴覚検査. 岡本牧人, 佐野肇(耳鼻): 専門医通信, 64(8): 12〜13, 2000.

2783. [教科書](分担執筆) 耳鼻咽喉科・診療プラクティス3; 補聴器と難聴の進行, p.65, 岡本牧人(耳鼻). 編集 加茂君孝, 文光堂, 東京, 2001.02.26発行.

2784. [教科書](分担執筆) Client 21; 口腔疾患 4.炎症性疾患, p.124〜133, 高橋広臣(耳鼻). 編集 荒牧元, 中山書店, 東京, 2001.02.28発行.

2785. [教科書](分担執筆) CLIENT21; 外鼻・固有鼻腔の悪性腫瘍, p.364〜374, 高橋広臣(耳鼻). 編集 夜陣紘治, 中山書店, 東京, 2000.03.31発行.

2786. [その他の著書](分担執筆) Client 21; 聴覚検査法・語音による検査, p.135〜140, 岡本牧人(耳鼻). 編集 神崎仁, 中山書店, 東京, 2000.08.31発行.

2787. [その他の著書](分担執筆) 新図説耳鼻咽喉科・頭頚部外科講座; 口腔粘膜病変, p.24〜29, 高橋広臣(耳鼻). 編集 山下敏夫, MEDICA, 東京, 2000.00.00発行.

2788. [学会(国際)](一般講演) Otolith function as measured by compensatory eye movements to sinusoidal linear acceleration along binaural axis of the head. 長沼英明, 徳増厚二, 岡本牧人, 藤野明人, 橋本晋一郎, 落合敦(耳鼻), 浅野和江, 村山真弓(臨検): 第21回バラニー学会(2000.06.04〜07), ウプサラ.

2789. [学会(国際)](一般講演) Effect of rehabilitation in patients with vertigo. 橋本晋一郎, 徳増厚二, 長沼英明, 星野功(耳鼻), 米田敏(生物物理系), 岡本牧人(耳鼻): 第21回バラニー学会(2000.06.04〜07), ウプサラ.

2790. [学会(国際)](一般講演) CO2 laser surgery for T1a glottic carcinoma. 平山方俊, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第11回世界気管食道科学会(2000.06.07〜10), 横浜.

2791. [学会(国際)](一般講演) Usefulness of electroglottogram (EGG) and photoglottogram (PGG) for the analysis of vocal fold vibration. 山中盾, 岡本牧人(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 新美成二, 桐谷滋, 今川容武, 石毛美代子(東大): 第11回世界気管食道科学会(2000.06.07〜10), 横浜.

2792. [学会(国際)](一般講演) Clinical study of acute epiglotiyis children. 横堀学, 平山方俊, 西山耕一郎, 井口芳明, 山中盾, 広島屋孝, 岡本牧人(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生): 第11回世界気管食道科学会(2000.06.07〜10), 横浜.

2793. [学会(国際)](一般講演) A technical revision of transplantation of fascia into the vocal fold. 西山耕一郎(耳鼻): 第11回世界気管食道科学会(2000.06.07〜10), 横浜.

2794. [学会(全国)](特別講演) 喉頭亜全摘術Cricohyoido-pexy: 手術の実際と術後管理. 中山明仁, 高橋広臣, 八尾和雄, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第62回耳鼻咽喉科臨床学会(2000.07.07〜08), 福井.

2795. [学会(全国)](シンポジウム等) 喉頭亜全摘術Crico-Hyoido-Epiglotto-Pexy(CHEP)と下咽頭喉頭垂直部分切除術Supracricoid Hemilaryngopharyngectomy(SCHLP)の手術の実際と術後管理. 中山明仁, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第24回日本頭頚部腫瘍学会(2000.06.14〜16), 東京.

2796. [学会(全国)](シンポジウム等) 上咽頭癌の治療−過去28年間の見直し−. 八尾和雄, 高橋広臣, 岡本牧人, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳(耳鼻), 松林隆(放): 第24回日本頭頚部腫瘍学会(2000.06.14〜16), 東京.

2797. [学会(全国)](一般講演) 反回神経麻痺に対する声帯内自家側頭筋膜移植術. 西山耕一郎, 山中盾, 広島屋孝, 横堀学, 竹田昌彦(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会(2000.05.18〜19), 東京.

2798. [学会(全国)](一般講演) アレルギー性鼻炎の下甲介化学剤手術前後の下甲介色彩. 井口芳明, 八尾和雄, 佐藤賢太郎, 鈴木立俊, 山本一博, 西山耕一郎, 岡本牧人(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会(2000.05.18〜19), 東京.

2799. [学会(全国)](一般講演) 悪性リンパ腫に対する有効な治療方法. 馬越智浩, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会(2000.05.18〜19), 東京.

2800. [学会(全国)](一般講演) 運動指標追跡検査と振子様回転検査; 点注視におけるsaccadeの比較. 長沼英明, 徳増厚二, 岡本牧人, 藤野明人, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 落合敦(耳鼻), 伊保清子(臨検): 第101回日本耳鼻咽喉科学会(2000.05.18〜19), 東京.

2801. [学会(全国)](一般講演) ヒト舌エブネル腺の3次元解析. 広島屋孝, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 西山耕一郎, 伊藤能成, 竹田昌彦(耳鼻): 第101回日本耳鼻咽喉科学会(2000.05.18〜19), 東京.

2802. [学会(全国)](一般講演) 北里方式における, 上顎洞癌の眼球周囲への浸潤例についての検討. 永井浩巳, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 岡本牧人(耳鼻): 第24回日本頭頚部腫瘍学会(2000.06.14〜16), 東京.

2803. [学会(全国)](一般講演) 頭頚部領域の悪性リンパ腫におけるインターロイキン6の検討. 馬越智浩, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第24回日本頭頚部腫瘍学会(2000.06.14〜16), 東京.

2804. [学会(全国)](一般講演) 舌癌症例におけるレーザー部分切除の選択. 稲木勝英, 永井浩巳, 馬越智浩, 中山明仁, 八尾和雄, 高橋広臣, 岡本牧人(耳鼻): 第24回日本頭頚部腫瘍学会(2000.06.14〜16), 東京.

2805. [学会(全国)](一般講演) 診断に苦慮した完全型ベーチェット病の1例. 中山貴子, 石井豊太, 星野功, 正来隆(耳鼻): 第62回耳鼻咽喉科臨床学会(2000.07.07〜08), 福井.

2806. [学会(全国)](一般講演) Sweet病の1症例. 正来隆, 石井豊太, 星野功, 中山貴子(耳鼻): 第62回耳鼻咽喉科臨床学会(2000.07.07〜08), 福井.

2807. [学会(全国)](一般講演) 当院で経験した頚動脈小体腫瘍の7症例. 伊藤昭彦, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第62回耳鼻咽喉科臨床学会(2000.07.07〜08), 福井.

2808. [学会(全国)](一般講演) 経迷路聴神経腫瘍術後に聴力残存できた症例. 藤野明人, 小野雄一, 望月幸子(耳鼻): 第62回耳鼻咽喉科臨床学会(2000.07.07〜08), 福井.

2809. [学会(全国)](一般講演) 軟口蓋癌のCO2レーザー治療: 症例の選択と手術のコツ. 中山明仁, 永井浩巳, 馬越智浩, 八尾和雄, 高橋広臣, 岡本牧人(耳鼻): 第13回日本口腔・咽頭科学会(2000.09.09〜10), 名古屋.

2810. [学会(全国)](一般講演) 耳下腺に発生した基底細胞腺腫の2症例. 竹田昌彦, 八尾和雄, 長沼英明, 中山明仁, 橋本晋一郎, 岡本牧人(耳鼻): 第13回日本口腔・咽頭科学会(2000.09.09〜10), 名古屋.

2811. [学会(全国)](一般講演) 上咽頭の組織学的検討−ナチュラルキラー(NK)細胞の分布. 永井浩巳, 馬越智浩, 中山明仁, 稲木勝英, 八尾和雄, 高橋広臣, 岡本牧人(耳鼻): 第13回日本口腔・咽頭科学会(2000.09.09〜10), 名古屋.

2812. [学会(全国)](一般講演) 上咽頭に発生した奇形種の1例. 横堀学, 八尾和雄, 永井浩巳, 上條貴裕, 岡本牧人(耳鼻): 第13回日本口腔・咽頭科学会(2000.09.09〜10), 名古屋.

2813. [学会(全国)](一般講演) ヒト舌エブネル腺の3次元解析(第4報). 広島屋孝, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 伊藤能成, 岡本牧人(耳鼻): 第13回日本口腔・咽頭科学会(2000.09.09〜10), 名古屋.

2814. [学会(全国)](一般講演) 難治性口腔・咽頭潰瘍の病理組織学的検討−第5報−. 稲木勝英, 中島正巳, 高橋広臣(耳鼻): 第13回日本口腔・咽頭科学会(2000.09.09〜10), 名古屋.

2815. [学会(全国)](一般講演) 治療により寛解し9年後に再発したウェゲナー肉芽腫症の1例. 永井浩巳, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 西山耕一郎, 井口芳明, 馬越智浩, 山本一博, 佐藤賢太郎, 岡本牧人(耳鼻): 第39回日本耳鼻科学会(2000.09.29〜30), 金沢.

2816. [学会(全国)](一般講演) 下甲介化学剤手術が下甲介粘膜に及ぼす形態的変化. 山本一博, 八尾和雄, 西山耕一郎, 井口芳明, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人(耳鼻): 第39回日本耳鼻科学会(2000.09.29〜30), 金沢.

2817. [学会(全国)](一般講演) スギ花粉症の鼻腔冷水刺激に対する反応性−下甲介化学剤手術治療の効果−. 井口芳明, 八尾和雄, 西山耕一郎, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人(耳鼻): 第39回日本耳鼻科学会(2000.09.29〜30), 金沢.

2818. [学会(全国)](一般講演) 当科における補聴器フィッティングの現状. 佐野肇(耳鼻), 竹内義夫, 松平登志正, 鈴木恵子(医療衛生), 岡本朗子, 原由紀(医療衛生), 鐵田晃久, 竹田昌彦, 岡本牧人(耳鼻): 第45回日本聴覚医学会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2819. [学会(全国)](一般講演) 聴覚障害自己評定の因子分析. 竹内義夫, 原由紀(医療衛生), 佐野肇, 岡本朗子(耳鼻), 鈴木恵子(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 第45回日本聴覚医学会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2820. [学会(全国)](一般講演) 補聴器装用時の語印明瞭度とラウンドネス. 松平登志正, 鈴木恵子, 原由紀(医療衛生), 佐野肇, 鐵田晃久(耳鼻), 岡本朗子(病院), 岡本牧人(耳鼻): 第45回日本聴覚医学会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2821. [学会(全国)](一般講演) 高齢突発性難聴者の検討. 小野雄一, 岡本牧人, 佐野肇, 鐵田晃久(耳鼻): 第45回日本聴覚医学会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2822. [学会(全国)](一般講演) 純音聴力正常耳におけるリクルートメント陽性を示す症例の検討. 鐵田晃久, 岡本牧人, 佐野肇, 小野雄一, 新田光邦(耳鼻): 第45回日本聴覚医学会(2000.10.05〜06), 名古屋.

2823. [学会(全国)](一般講演) 突発性両側性進行性感音難聴と反復性めまい. 長沼英明, 岡本牧人, 徳増厚二, 橋本晋一郎(耳鼻): 第10回耳科学会(2000.10.19〜21), 浜松.

2824. [学会(全国)](一般講演) 良性発作性頭位めまい症の耳石置換法前後における重心動揺検査の比較. 橋本晋一郎, 徳増厚二, 長沼英明, 岡本牧人(耳鼻): 第10回耳科学会(2000.10.19〜21), 浜松.

2825. [学会(全国)](一般講演) 低音障害型感音性難聴における聴力型の変化した症例. 鐵田晃久, 岡本牧人, 佐野肇, 佐藤賢太郎, 平山方俊, 小野雄一, 新田光邦(耳鼻): 第10回耳科学会(2000.10.19〜21), 浜松.

2826. [学会(全国)](一般講演) ラット蝸牛におけるp75NTRとNADEの発現. 佐野肇(耳鼻), 佐藤孝明(理化学研), 岡本牧人(耳鼻): 第10回耳科学会(2000.10.19〜21), 浜松.

2827. [学会(全国)](一般講演) デモンストレーション機能を備えたマキシング練習ソフト. 松平登志正, 竹内昭博(医療衛生): 第10回耳科学会(2000.10.19〜21), 浜松.

2828. [学会(全国)](一般講演) 痙攣性発生障害に対する音声訓練. 小林範子, 広瀬肇(医療衛生), 山口宏也(東京専売病院): 第45回日本音声言語医学会(2000.11.09〜10), 京都.

2829. [学会(全国)](一般講演) Cricohyoidoepiglotto-pexy (CHEP)後の音声について. 伊藤昭彦, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 西山耕一郎, 馬越智浩, 永井浩巳, 山中盾(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 新美成二(東大), 岡本牧人(耳鼻): 第45回日本音声言語医学会(2000.11.09〜10), 京都.

2830. [学会(全国)](一般講演) 顕微鏡下喉頭手術支援内視鏡の使用経験. 西山耕一郎, 山中盾, 広島屋孝, 横堀学(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 高橋広臣, 岡本牧人(耳鼻): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2831. [学会(全国)](一般講演) バセドウ病と気管切開術後痕にて高度な気管狭窄を生じた1症例. 広島屋孝, 横堀学, 山中盾, 永井浩巳, 西山耕一郎, 中山明仁, 長沼英明, 高橋広臣, 岡本牧人(耳鼻), 中島正巳(北研), 平山方俊(横須賀市民病院), 広瀬肇(医療衛生): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2832. [学会(全国)](一般講演) 気道熱傷による声門後部癒着の1症例. 山中盾, 西山耕一郎, 広島屋孝, 横堀学(耳鼻), 平山方俊(横須賀市民病院), 広瀬肇(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2833. [学会(全国)](一般講演) 頚部外切開を要した魚骨異物の1症例. 石井豊太, 中山貴子, 新田光邦, 正来隆, 星野功(耳鼻): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2834. [学会(全国)](一般講演) 声門T1a症例に対するCO2レーザー治療の検討. 平山方俊(横須賀市民病院), 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2835. [学会(全国)](一般講演) 当科における喉頭乳頭腫の検討. 横堀学, 八尾和雄, 中山明仁, 西山耕一郎, 馬越智浩, 山中盾, 広島屋孝(耳鼻), 平山方俊(横須賀市民病院), 広瀬肇(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2836. [学会(全国)](一般講演) 声帯嚢胞の検討. 落合敦, 西山耕一郎, 山中盾, 広島屋孝, 横堀学, 石井豊太, 平山方俊, 井口芳明, 山本一博(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2837. [学会(全国)](一般講演) 水平半規管性BPPVの診断とその患耳側. 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎(耳鼻), 山根雅昭(虎の門病院): 第59回日本めまい平衡医学会(2000.11.30〜12.01), 東京.

2838. [学会(全国)](一般講演) 垂直回旋混合性眼振を伴った硬膜動静脈奇形の1症例. 正来隆, 徳増厚二, 長沼英明, 佐野肇, 橋本晋一郎, 岡本牧人(耳鼻): 第59回日本めまい平衡医学会(2000.11.30〜12.01), 東京.

2839. [学会(全国)](一般講演) めまい症患者に対する平衡訓練の効果−第3報. 橋本晋一郎, 徳増厚二, 長沼英明, 伊藤昭彦, 正来隆, 岡本牧人(耳鼻): 第59回日本めまい平衡医学会(2000.11.30〜12.01), 東京.

2840. [学会(全国)](一般講演) めまい・平衡障害のリハビリテーションによるVOR-gainの変化−第2報. 長沼英明, 岡本牧人, 徳増厚二, 橋本晋一郎(耳鼻), 藤野明人(藤沢市民病院), 伊保清子(臨検): 第59回日本めまい平衡医学会(2000.11.30〜12.01), 東京.

2841. [学会(全国)](一般講演) 右橋背側出血後に出現した異常眼球運動の1例. 落合敦(耳鼻), 藤野明人(藤沢市民病院), 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 岡本牧人(耳鼻): 第59回日本めまい平衡医学会(2000.11.30〜12.01), 東京.

2842. [学会(全国)](一般講演) 手術後の創部処置の検討−第3報. 永井浩巳, 高橋広臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 岡本牧人(耳鼻): 第11回日本頭頚部外科学会(2001.01.26〜27), 横浜.

2843. [学会(全国)](一般講演) 喉頭微細手術用持針器と声帯縫合用針曲げ器の試作. 西山耕一郎(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 山中盾, 山本一博, 岡本牧人(耳鼻): 第11回日本頭頚部外科学会(2001.01.26〜27), 横浜.

2844. [学会(全国)](一般講演) 副咽頭間隙に進展したと思われた耳下腺深葉のcystoadenocarcinomaの1例. 井口芳明, 平山方俊, 山本一博, 落合敦(耳鼻): 第11回日本頭頚部外科学会(2001.01.26〜27), 横浜.

2845. [学会(全国)](一般講演) 声帯溝症に対する声帯内自家脂肪筋膜脂肪移植術法. 西山耕一郎(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 山中盾, 山本一博, 広島屋孝, 平山方俊, 岡本牧人(耳鼻): 第13回日本喉頭科学会(2001.03.16〜17), 大津.

2846. [学会(全国)](ポスター講演) 下咽頭・頚部食道癌−喉頭温存はどこまでできるか−1.下咽頭癌と放射線治療. 岡本牧人, 高橋広臣(耳鼻): 第52回日本気管食道科学会(2000.11.16〜17), 広島.

2847. [学会(全国)](ポスター講演) 高齢者のめまいと脳血流シンチグラフィー(SPECT). 新井基洋, 樋口彰宏, 伊藤能成(耳鼻), 持松泰彦, 林洋, 伊藤邦彦(横浜赤十字病院): 第59回日本めまい平衡医学会(2000.11.30〜12.01), 東京.

2848. [学会(全国)](ポスター講演) メニエール病と気象変化の関係についての検討. 伊藤昭彦, 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 岡本牧人(耳鼻): 第59回日本めまい平衡医学会(2000.11.30〜12.01), 東京.

2849. [学会(地方)](一般講演) 声帯コラーゲン注入療法により誤嚥性肺炎が改善した1例. 小野雄一, 藤野明人, 望月幸子, 籾山安弘(耳鼻): 第112回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会(2000.06.10), 川崎.

2850. [学会(地方)](一般講演) 耳性脳腫瘍の1例. 井口芳明, 平山方俊, 山本一博, 落合敦, 木原圭一, 小川克二(耳鼻): 第112回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会(2000.06.10), 川崎.

2851. [学会(地方)](一般講演) 原因不明に繰り返した末梢性顔面神経麻痺症例. 橋本大門, 長沼英明, 鐵田晃久, 伊藤昭彦, 上條貴裕, 岡本牧人(耳鼻): 第112回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会(2000.06.10), 川崎.

2852. [学会(地方)](一般講演) 上咽頭に発生した多形性腺腫. 上條貴裕, 高橋広臣, 八尾和雄, 横堀学, 伊藤昭彦, 橋本大門, 岡本牧人, 新田光邦(耳鼻): 第112回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会(2000.06.10), 川崎.

2853. [学会(地方)](一般講演) 当院における木村病の検討. 横堀学, 高橋広臣, 八尾和雄, 伊藤昭彦, 岡本牧人(耳鼻): 第113回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会(2000.09.02), 横浜.

2854. [学会(地方)](一般講演) 成人に発症した急性乳様突起炎の1例. 井口芳明, 平山方俊, 山本一博, 落合敦, 村川哲也(耳鼻): 第113回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会(2000.09.02), 横浜.

2855. [学会(地方)](一般講演) 当院における聴器癌の検討. 佐藤賢太郎, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 伊藤昭彦, 岡本牧人(耳鼻): 第113回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会(2000.09.02), 横浜.

2856. [学会(地方)](一般講演) LandmarXを使用したナビゲーション下Powered ESS. 樋口彰宏, 新井基洋, 伊藤能成, 岡本牧人(耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会(2000.12.09), 横浜.

2857. [学会(地方)](一般講演) 傍副咽頭間隙に発生したParagangliomaの1例. 宮本俊輔, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 伊藤昭彦, 横堀学, 岡本牧人(耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会(2000.12.09), 横浜.

2858. [学会(地方)](一般講演) 両側顔面神経麻痺を呈したギラン・バレー症候群の1例. 都川知之, 石井豊太, 新田光邦, 中山貴子(耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会(2000.12.09), 横浜.

2859. [学会(地方)](一般講演) メニエル病に続発した発作性頭位めまい症の1例. 臼井大祐, 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 横堀学, 岡本牧人(耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会(2000.12.09), 横浜.

2860. [学会(地方)](一般講演) 鼻腔血管内皮腫の1症例. 落合敦, 藤野明人, 小野雄一, 籾山安弘(耳鼻): 第115回日本耳鼻咽喉学会神奈川県地方部会(2001.03.24), 川崎.

2861. [学会(地方)](一般講演) 腕神経叢より発生した神経症種の1症例. 正来隆, 高橋広臣, 西山耕一郎, 永井浩巳, 横堀学, 都川知之, 平山方俊, 岡本牧人(耳鼻): 第115回日本耳鼻咽喉学会神奈川県地方部会(2001.03.24), 川崎.

2862. [学会(地方)](一般講演) 粟粒結核を合併した頚部リンパ節結核の1症例. 横堀学, 高橋広臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): 第115回日本耳鼻咽喉学会神奈川県地方部会(2001.03.24), 川崎.

2863. [学会(地方)](一般講演) 耳下腺結石症の1症例. 橋本大門, 平山方俊, 井口芳明, 山本一博(耳鼻): 第115回日本耳鼻咽喉学会神奈川県地方部会(2001.03.24), 川崎.

2864. [研究会(全国)](一般講演) 舌腫瘍術後の患者における喉頭閉鎖と誤嚥の関係. 山崎公義, 平山方俊, 山中盾(耳鼻), 広瀬肇(医療衛生), 西山耕一郎, 岡本牧人(耳鼻): 第9回リハビリテーション医学研究会(2000.04.22), 東京.

2865. [研究会(全国)](一般講演) めまい・平衡障害のリハビリテーションによるVOR-gain変化. 長沼英明, 徳増厚二, 岡本牧人, 藤野明人, 橋本晋一郎(耳鼻), 伊保清子(臨検): 第9回リハビリテーション医学研究会(2000.04.22), 東京.

2866. [研究会(全国)](一般講演) 突発性難聴に伴う耳鳴の経時変化. 松平登志正(医療衛生), 佐野肇, 岡本牧人(耳鼻), 高田敬子, 山下公一, 友田幸一(金沢医大): 第20回耳鳴研究会(2000.07.08), 東京.

2867. [研究会(全国)](一般講演) 補聴効果評価のための問診票. 鈴木恵子(医療衛生), 岡本牧人(耳鼻): 第23回補聴研究会(2000.10.06), 名古屋.

2868. [研究会(全国)](一般講演) 聴力型の変化した低音障害型突発難聴. 鐵田晃久, 佐藤賢太郎, 伊藤昭彦, 新田光邦, 佐野肇, 岡本牧人(耳鼻): 厚生省特定疾患高度難聴調査研究班平成12年度合同総会(2001.01.14), 東京.

2869. [研究会(地方)](特別講演) 悪性腫瘍の耳鼻咽喉科的診断. 高橋広臣(耳鼻): 第4回北里大学耳鼻咽喉科研究会.(2000.05.18〜19), 東京.

2870. [研究会(地方)](シンポジウム等) 末梢性めまいの診断(一般臨床で何をみればよいか). 長沼英明(耳鼻): 第5回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.10.28), 相模原.

2871. [研究会(地方)](シンポジウム等) めまいのリハビリテーション・ビデオ供覧(なぜ、リハビリテーションが必要か). 長沼英明(耳鼻): 第5回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.10.28), 相模原.

2872. [研究会(地方)](シンポジウム等) エプレー法及びめまいのリハビリテーション実習. 長沼英明, 橋本晋一郎(耳鼻): 第5回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.10.28), 相模原.

2873. [研究会(地方)](シンポジウム等) 頚部腫瘤の取り扱い−最近の症例から. 竹田昌彦(耳鼻): 第5回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.10.28), 相模原.

2874. [研究会(地方)](シンポジウム等) 北里大学病院における頚部腫瘤に対する考え方−1. 永井浩巳(耳鼻): 第5回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.10.28), 相模原.

2875. [研究会(地方)](シンポジウム等) 北里大学病院における頚部腫瘤に対する考え方−2. 中山明仁(耳鼻): 第5回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.10.28), 相模原.

2876. [研究会(地方)](一般講演) 反回神経麻痺および声帯溝症に対する声帯粘膜下筋膜移植術. 西山耕一郎(耳鼻): 第56回相武耳鼻科研究会(2000.06.17), 相模原.

2877. [研究会(地方)](一般講演) アレルギー性鼻炎に対するトリクロール酢酸を用いた下甲介化学剤手術. 八尾和雄(耳鼻): (2001.00.00), 津久井.

2878. [研究会(地方)](一般講演) BPPV耳石置換法前後における重心動揺検査の比較検討. 橋本晋一郎, 徳増厚二, 長沼英明, 岡本牧人(耳鼻): 第2回神奈川めまいフォーラム(2001.01.18), 横浜.

2879. [研究会(地方)](一般講演) めまいを初発症状とした椎骨動脈解離性動脈瘤の1症例. 新井基洋, 樋口彰宏, 伊藤能成(耳鼻), 持松泰彦, 川崎隆(横浜赤十字病院): 第2回神奈川めまいフォーラム(2001.01.18), 横浜.

2880. [研究会(地方)](一般講演) 当院におけるVEMPの試み. 落合敦, 藤野明人, 小野雄一, 籾山安弘(耳鼻): 第2回神奈川めまいフォーラム(2001.01.18), 横浜.

2881. [学会主催(その他)] 第9回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会(2000.04.22), 東京, 岡本牧人(耳鼻):

2882. [学会主催(その他)] 第4回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.05.18), 東京, 岡本牧人(耳鼻):

2883. [学会主催(その他)] 第5回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2000.10.28), 相模原, 岡本牧人(耳鼻):

2884. [学会主催(その他)] 厚生科学研究感覚器障害研究事業平成12年度研究発表会(2000.12.02), 東京, 岡本牧人(耳鼻):

<<27 精神科学>>

2885. [原著] Sucrose-diet feeding induces expression heat shock protein mRNA in response to stress in rat cerebral cortex, cerebellum and hypothalamus. Kageyama, H., 鈴木映二(精), Kashiwa, T., Kanazawa, T., Osaka, S., Kimura, S., Namba, Y., Inoue, S.: Biochem. Biophys. Res. Commun., 274(2): 355〜358, 2000.

2886. [原著] Elevated plasma nitrate levels in depressive states. 鈴木映二(精), Yagi, G., Nakaki, T., Kanba, S., Asai, M.: J. Affect. Disord., 63(1-3): 221〜224, 2001.

2887. [原著] The differential ACTH responses to combined dexamethasone/CRH administration in major depressive and dyathymic disorders. Oshima,A., Yamashita,S., Owashi,T., Murata,T., Tadokoro,C., 宮岡等(精), 上島国利, Higuchi,T.: J. Psychiatr. Res., 34: 325〜328, 2000.

2888. [原著] Glufosinate ammonium stimulates nitric oxide production through N-methyl D-asparate receptors in rat cerebellum. Nakaki, T., Mishima, A., 鈴木映二(精), Shintani, F., Fujii, T.: Neurosci. Lett., 290(3): 209〜212, 2000.

2889. [原著] Changes in free thyroxine levels in patients with depression. 吉邨善孝, 宮岡等(精), Torii,S., Kuwakado,D., Tanaka,K., Tatumi,M., Otsubo,T., 上島国利: Showa Univ. J. Med. Sci., 12(2): 187〜192, 2000.

2890. [原著] うつ病患者における再燃・再発の危険因子. 田所千代子, 宮岡等(精), 上島国利: 精神医学, 42(6): 591〜597, 2000.

2891. [原著] 単科精神病院における処方の実態に関する研究−1973年, 1979年の実態調査の比較−. 山内慶太, 馬場国博, 池上直己, 大野裕, 宮岡等(精), 上島国利: 精神神経学雑誌, 102(7): 640〜652, 2000.

2892. [原著] 口臭に固執する自己臭症の臨床的検討(第3報)重症度と歯科的対応. 永井哲夫, 角田博之, 宮岡等(精), 高森康次, 岩渕博史, 角田和之, 片山明彦, 片山義郎, 海老原務, 藤野雅美: 日歯心身, 15(2): 143〜147, 2000.

2893. [原著] 口臭に固執する自己臭症の臨床的検討(第2報)慶大式自己記入式質問表の提案. 角田博之, 永井哲夫, 高森康次, 岩渕博史, 角田和之, 宮岡等(精), 海老原務, 藤野雅美: 日本歯科心身医学会雑誌, 15(1): 31〜36: 2000.

2894. [原著] 腎癌患者に対するインターフェロン療法中に生じる精神症状について−C型肝炎患者との比較−. 坂本英雄, 井上克己, 島田誠, 吉田英機, 大坪天平, 宮岡等(精), 上島国利, 石井誠, 三田村圭二: 日本泌尿器科学会雑誌, 91(9): 611〜617, 2000.

2895. [準原著] 歯科・口腔外科におけるリエゾン診療の経験. 和気裕之, 宮岡等(精), 石川高行, 木野孔司, 小宮山高之, 天笠光雄: 心身医学, 41(2): 123, 2000.

2896. [準原著] Glycine作動薬は精神分裂病の箱を開ける鍵となりうるか? 吉井岳彦, 鈴木映二, 宮岡等(精): 精神科治療学, 16(3): 315〜318, 2001.

2897. [症例報告] うつ状態と顔面外傷後の知覚異常. 池田浩子, 角田博之, 西園文, 永井哲夫, 宮岡等(精): 心療内科, 4: 152〜156, 2000.

2898. [症例報告] 慢性下顎部疼痛を訴えた症例. 角田博之, 宮岡等(精), 永井哲夫, 後藤隆治: 精神科治療学, 15: 391〜394, 2000.

2899. [臨床治験] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)塩酸パロキセチンの国内臨床試験成績; 塩酸パロキセチンの第T相臨床試験(第1報)健常成人男子に塩酸パロキセチン20mgを単回および1日1回10日間反復経口投与した時の安全性および臨床 薬理学的検討. 村崎光邦, 杉山健志, 高橋明比古, 角田貞治(精), 成田裕保(スミスクライン・ビーチャム製薬): 薬理と治療, 28: 7〜36, 2000.

2900. [総説] PCD用診断基準の現状と展望. 吉井岳彦, 宮岡等(精): Current Therapy, 18(7): 1196〜1197, 2000.

2901. [総説] 内科医による精神疾患の診療; うつ病の診断をめぐって. 宮岡等(精): EBMジャーナル, 1(5): 76〜79, 2000.

2902. [総説] 心気症. 立沢賢孝, 宮岡等(精): Medical Practice, 17(1): 173〜175, 2000.

2903. [総説] ベンゾジアゼピン系抗不安薬の進歩. 鈴木映二, 宮岡等(精): Pharma Medica, 18(7): 47〜54, 2000.

2904. [総説] 精神分裂病患者の看護. 池田健, 宮岡等(精): クリニカルスタディ, 22(2): 8〜18, 2001.

2905. [総説] 心療歯科−病態の理解と治療. 宮岡等(精): 歯界展望, (増1): 69〜73, 2000.

2906. [総説] 頭痛の精神医学的側面. 久村正樹, 早馬俊, 宮岡等(精): 心療内科, 4(6): 424〜427, 2000.

2907. [総説] 陰性症状の神経化学. 鈴木映二, 稲田健(精): 精神医学レビュー, 37: 25〜38, 2000.

2908. [総説] 特集-慢性疼痛T 慢性疼痛はどう診断されてきたか. 宮岡等, 鈴木志麻子(精): 精神科治療学, 15: 243〜250, 2000.

2909. [総説] 状況論とライフイベント論. 宮岡等, 吉邨善孝(精): 精神科治療学, 15: 801〜806, 2000.

2910. [総説] 治療ガイドラインをどう用いるか. 宮岡等(精): 精神科治療学, 16(3): 268〜269, 2001.

2911. [総説] 日本における片頭痛研究の最前線−精神医学からのアプローチ. 宮岡等(精): 日本頭痛学会誌, 7: 98〜100, 2000.

2912. [総説] 過敏性腸症候群の治療(2)心身医学的治療. 宮岡等, 鈴木志麻子, 鈴木隆晴, 吉邨善孝(精): 臨床消化器内科, 15(13): 1745〜1751, 2000.

2913. [総説] 気分変調症と重複うつ病. 早馬俊, 宮岡等(精): 臨床精神医学, 29(8): 911〜917, 2000.

2914. [総説] 身体表現性障害. 宮岡等, 吉邨善孝, 嘉納明子(精): 臨床精神医学, 増刊-今日の精神科治療2000: 60〜62, 2000.

2915. [総説] 異常感覚を訴える(透析)患者. 石川敏子, 宮岡等(精): 臨床透析, 16: 15〜20, 2000.

2916. [総説] 要介護認定の一次判定と主治医意見書の問題点. 松山真(総合相談), 宮岡等(精): 老年精神医学雑誌, 11(9): 1000〜1004, 2000.

2917. [講座] 抗てんかん薬の開発をめぐって. 稲見允昭(精): International Epilepsy News, (137): 6〜7, 2000.

2918. [講座] 仮性痴呆と薬物療法. 稲見允昭(精): 老年精神医学雑誌, 11(7): 819〜824, 2000.

2919. [講座] 老年期精神障害の薬物療法(4)痴呆疾患における異常行動と薬物療法. 杉山健志(精): 老年精神医学雑誌, 11: 443〜448, 2000.

2920. [学術書](単著) セロトニンと神経細胞・脳・薬物; 鈴木映二(精). 星和書店, 2000.11.21発行.

2921. [学術書](分担執筆) 臨床精神医学講座S11巻, 精神疾患と遺伝; 強迫性障害, p.281〜289, 鈴木映二(精), 稲田俊也. 中山書店, 東京, 2000.08.31発行.

2922. [学術書](分担執筆) パニック障害の基礎と臨床; 鑑別診断, p.30〜42, 田中克俊, 宮岡等(精). 編集 白倉克之, 山田和夫, 金剛出版, 東京, 2000.04.00発行.

2923. [学術書](分担執筆) Key Word; Monosymptomatic hypochondrical psychosis, p.124〜125, 宮岡等(精). 編集 樋口輝彦, 神庭重信, 染谷俊幸, 宮岡等(北里大), 先端医学社, 東京, 2000.10.31発行.

2924. [学術書](編集) KEY WORD; 編集 樋口輝彦, 神庭重信, 染谷俊幸, 宮岡等(精), 先端医学社, 東京, 2000.10.31発行.

2925. [教科書](分担執筆) 精神科治療薬ハンドブック改訂2版; 総論−睡眠薬, 各論−睡眠薬, 脳機能改善薬, p.78〜82, p.351〜365, p.440〜443, 上島国利, 小山田静枝(昭和大), 吉邨善孝(精). 編集 上島国利(昭和大), 中外医学社, 東京, 2001.03.01発行.

2926. [その他の著書](分担執筆) 心の治療薬ハンドブック; エバミール/ロラメット, p.60〜67, グッドミン/レンドルミン, p.68〜69, ネルボン/ベンザリン, p.748〜775, ユーロジン, p.78〜79, リスミー, p.80〜81, 杉山健志(精). 編集 青葉安里, 諸川由美代, 星和書店, 2000.11.21発行.

2927. [その他の著書](分担執筆) 心の治療薬ハンドブック; ケセラン/セレネース/ハロステン/リントン, p.100〜101; メレリル, p.126〜127, 鈴木映二(精). 編集 青葉安里, 諸川由美代, 星和書店, 2000.11.21発行.

2928. [その他の著書](分担執筆) 強迫性障害の研究(1); Fluvoxamine,valproate併用が有効であったと考えられる大うつ病,身体醜形障害の合併症例, p.61〜65, 立沢賢孝, 鈴木志麻子, 久都内貴, 宮岡等(精). 編集 上島国利, 越野好文, 星和書店, 東京, 2000.03.00発行.

2929. [その他の著書](分担執筆) 強迫性障害の研究(1); Fluvoxamine投与中に強い不安焦燥感を認めたOCDの1症例, p.23〜28, 吉村直記, 宍倉久里江, 田中克俊, 大坪天平, 平島奈津子, 宮岡等(精), 上島国利. 編集 上島国利, 越野好文, 星和書店, 東京, 2000.03.00発行.

2930. [その他の著書(入門書)](分担執筆) 内科で診るうつ診療の手びき; うつ病と他の精神疾患を見分けるには? p.89〜89, 宮岡等(精). 編集 久保木富房, ヴァンメディカル, 東京, 2000.04.00発行.

2931. [その他の著書(入門書)](分担執筆) プライマリ・ケアのためのやさしいうつ病・うつ状態のマネジメント; Uうつ病・うつ状態の症状, p.4〜5, 宮岡等(精). 編集 桂戴作, 医薬ジャーナル社, 2000.12.20発行.

2932. [翻訳](単著) A Psychiatric Study of Nonorganic Chronic Headache Patients(非器質性慢性頭痛患者の精神医学的研究).上田聖子(精). 2000.12.01発行.

2933. [学会(国際)](一般講演) Comparative single-dose kinetics and dynamics of diazepam and lorazepam; A double-blind placebo-controlled study. 杉山健志, 立沢賢孝, 内海光朝(精), 永田悦子(生化系), 鈴木牧彦, 石郷岡純, 村崎光邦, 三浦貞則(精): 第22回国際神経精神薬理学会(2000.07.08〜15), Brussels.

2934. [学会(国際)](一般講演) Significance of brain MRI findings in senile depression. 吉田芳子, 石川敏子, 長谷川吉生, 大谷義夫(精): Joint Meeting International Psychogeriatric Association(2001.02.05), オーストラリア.

2935. [学会(国際)](ポスター講演) A study of epilepsy with psychotic symptoms. 稲見允昭, 桜井弘乃, 轟純一, 轟慶子, 石川敏子, 宮岡等(精): 4th European Congress on Epileptology(2000.10.11), Firenze, Epilepsia, 41(Suppl.): 155, 2000.

2936. [学会(全国)](一般講演) 摂食障害の病型と臨床特徴. 桜井弘乃, 塚原敦子, 石川敏子, 大谷義夫, 宮岡等, 森田左紀子(精): 第96回日本精神神経学会総会(2000.05.12), 仙台.

2937. [学会(全国)](一般講演) 老年期うつ病のMRI所見とうつ状態について. 吉田芳子, 大谷義夫(精): 第15回日本老年精神医学会(2000.06.07), 横浜.

2938. [学会(全国)](一般講演) 「冷え性」患者における漢方薬投与による血中の窒素酸化物濃度の変化に関する研究. 鈴木映二(精), 山田和男, 力石ちかよ, 神庭重信, 浅井昌弘: 第51回日本東洋医学会学術総会(2000.06.23〜25), 京都.

2939. [学会(全国)](一般講演) 呉朱萸湯投与による血中硝酸イオン・亜硝酸イオン濃度の変化. 加藤雅志, 鈴木映二(精), 山田和男, 神庭重信, 浅井昌弘: 第51回日本東洋医学会学術総会(2000.06.23〜25), 京都.

2940. [学会(全国)](ポスター講演) Triazolam 0.125 mg錠(ハルシオン0.125 mg錠)の使用経験−北里大学東病院精神神経科の処方による後ろ向き調査から−. 井沢志名野, 鈴木勇一, 村崎光邦(精): 第25回日本睡眠学会(2000.06.09), 横浜.

2941. [学会(全国)](ポスター講演) 精神分裂病の症状構造と心理検査の適用. 斉藤雅英, 早馬俊(精): 第64回日本心理学会(2000.11.08), 京都.

2942. [学会(地方)](一般講演) POEMS症候群の経過中にうつ状態を呈した1例. 上田聖子, 塚原敦子, 岡浩也, 立沢賢孝, 吉邨善孝, 宮岡等(精): 東京精神医学会(2000.07.08), 東京.

2943. [学会(地方)](一般講演) デゴス病の経過中にうつ状態を呈した1例. 坂井善郎, 鈴木映二, 丸田修史, 宮岡等(精), 荒井亮, 勝岡憲生(皮): 第60回東京精神医学会(2000.11.11), 東京.

2944. [学会(地方)](一般講演) 高度の肥満を呈した精神分裂病の1症例. 増田路, 岡浩也, 早馬俊, 嘉納明子, 塚原敦子, 吉邨善孝, 宮岡等(精): 神奈川県精神医学会(2001.03.17), 横浜.

2945. [学会(地方)](ポスター講演) 間欠型一酸化炭素中毒. 中島啓介(精): 東京精神医学会(2000.00.00).

2946. [研究会(全国)](教育講演) 抗うつ薬の使い方について. 吉邨善孝(精): 第16回薬物治療研究会(2000.08.30), 横浜.

2947. [研究会(全国)](一般講演) Fluvoxamineが有効であった身体醜形障害と大うつ病の合併症例. 立沢賢孝(精): 第1回OCD研究会(1999.10.09), 金沢.

2948. [研究会(全国)](一般講演) 血漿硝酸イオン濃度はうつ状態で高い. 鈴木映二, 八木剛平, 神庭重信, 中木敏夫, 浅井昌弘, 宮岡等(精): 第19回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会(2000.06.15〜16), 山梨.

2949. [研究会(地方)](特別講演) うつ病治療の実際. 稲見允昭(精): 神奈川県精神神経科診療所医会(2001.03.10), 横浜.

2950. [研究会(地方)](教育講演) 日中の眠気の臨床と評価法. 杉山健志(精): 第6回相模原医師会精神科医会講演会(2000.00.00), 相模原.

2951. [研究会(地方)](教育講演) MSLT−測定法の実際と判定法. 内海光朝, 杉山健志(精): 第5回日本睡眠学会「睡眠科学・医療専門研修セミナー」(2000.00.00), 相模原.

2952. [研究会(地方)](一般講演) 感情障害の病因仮説; 一酸化窒素が関与している可能性. 鈴木映二(精): 第5回横浜感情障害研究会(2000.08.31), 横浜.

2953. [研究会(地方)](一般講演) フルボキサミンによる躁転の研究. 金恵英, 宮地伸吾, 鈴木映二, 石井秀典, 長坂良, 浜中聡子, 宮岡等(精): SSRI学術講演会(2000.11.16), 相模原.

<<28 放射線科学>>

2954. [原著] Biological cell survival mapping for radio frequency intracavitary hyperthermia combined with simultaneous high dose-rate intracavitary irradiation. 黒崎弘正, 桜井英幸, 三橋紀夫, 玉木義雄, 秋元哲夫, Takahashi, T., Furuta, M., 斉藤淳一(群大), 早川和重(放), 新部英男(群大): Jpn. J. Cancer Res., 92(1): 95〜102, 2001.

2955. [原著] High dose-rate (HDR) conformal interstitial brachy therapy for locally recurrent rectal cancer -real-time computed tomography (CT) fluoroscopy guidance and image-based treatment planning. 桜井英幸, 三橋紀夫, 村松博之, 秋元哲夫, 石川仁, 黒崎弘正, 斉藤淳一, 中山優子(群大), 早川和重(放), 新部英男(群大): Jpn. J. Soc. Ther. Radiol. Oncol., 12(4): 315〜326, 2000.

2956. [原著] 脳神経症状を呈した患者に対する3D fast advanced spin-echo(FASE)法を用いたMR cisternography. 扇和之, 山本秀文, 横手宏之, 樋上泰造, 田中佐織, 木村祥一郎(日赤医療セン), 上原憲二, 村田晃一郎(放), 東美奈子, 山下裕市, 後藤克人(東芝メディカル): 日本磁気共鳴医学会雑誌, 20(4): 178〜188, 2000.

2957. [準原著] Teleradiologyによる連携病院への支援. 菅信一, 村田晃一郎, 田所克己, 西山正吾(放): Didital Medicine, p.26〜28, 2000.

2958. [症例報告] Demonstration of the ascending colon on Tc-99m MDP skeletal imaging pitfall in bone scanning by a faith cure of drinking urine. 小須田茂, 片桐科子, 柯偉傑, 冨永紳一, 草野正一(放): Clin. Nucl. Med., 25(12): 1040〜1042, 2000.

2959. [症例報告] 基底細胞母斑症候群の1例. 片桐科子, 柯偉傑, 冨永紳一(放): 臨床画像, 17(1): 114〜117, 2001.

2960. [症例報告] 閉胸式心臓マッサージ後にGallium-67 scintigraphyで発見された多発肋骨骨折と胸骨骨折の1例. 鷺内隆雄, 石井勝己, 矢内原久, 青木由紀, 松林隆(放): 臨床核医学, 33(4): 54〜56, 2000.

2961. [症例報告] 後縦靭帯骨化症術後MRIで広範な脊髄腫大と髄内異常信号域を呈した1例. 鷺内隆雄, 菅信一(放), 橘滋国(脳外), 青木由紀, 矢内原久, 池田俊昭, 松林隆(放): 臨床放射線, 45(9): 1089〜1093, 2000.

2962. [総説] HISとPACSの融合−VLANとWeb技術を用いた統合ネットワーク. 村田晃一郎(放), 山田好則, 山崎博志, 稲村秀一, 上原憲二, 臼沢盛夫, 紙透和雄, 小泉健, 福島敏一, 土本寛二(北研): Innervision, 15(2): 109〜113, 2000.

2963. [総説] マルチベンダーシステム間連携−北里研究所病院のNEOCIS 2000プロジェクト. 村田晃一郎(放), 山田好則, 山崎博志, 土本寛二(北研): Innervision, 15(7): 60〜63, 2000.

2964. [総説] DICOM画像ネットワークの構築. 村田晃一郎(放): 新医療, 27(1): 14, 2000.

2965. [総説] EBMとNBMの両立がもたらす良質な医療と医学の進歩. 山田好則, 村田晃一郎(放), 山崎博志: 新医療, 27(5): 98〜99, 2000.

2966. [総説] 参照画像と元画像をどう考えるか?医用画像におけるパラダイムシフト. 村田晃一郎, 田所克己(放), 橋本省三, 山田好則, 山崎博志(北研), 二橋大介(聖隷浜松病院): 新医療, 27(8): 63〜66, 2000.

2967. [総説] 脊髄型多発性硬化症の画像診断. 菅信一(放): 脊椎脊髄, 14(3): 197〜200, 2001.

2968. [総説] 頭頚部癌の放射線治療. 三橋紀夫, 秋元哲夫(群馬大), 早川和重(放), 村松博之, 新部英男(群馬大): 日本医学放射線学会雑誌, 61(1): 10〜16, 2001.

2969. [総説] 脱髄性疾患. 菅信一(放): 臨床画像, 16(4): 102〜111, 2000.

2970. [総説] 造影MRI診断の実際−泌尿器編. 扇和之, 樋上泰三, 横手宏之, 古川隆(日赤医療セン), 村田晃一郎(放): 臨床画像, 16(6): 609〜611, 2000.

2971. [講座] 神経放射線−外傷・側頭骨. 菅信一(放): 画像診断, 20(7): 806〜807, 2000.

2972. [講座] 神経放射線. 菅信一(放): 画像診断, 21(1): 84〜85, 2001.

2973. [講座] 鈍的外傷におけるIVRの適応. 西巻博(放), 相馬一亥(救命), 早川和重(放), 大和田隆(救命): 現代医療, 33(3): 829〜838, 2001.

2974. [講座] ATV欠損症に伴う深部静脈血栓症. 菅信一(放): 神経内科, 53(Suppl.2): 390〜391, 2000.

2975. [その他の著書](分担執筆) 第4回大動脈ステント・グラフト症例検討会症例集; 腹部大動脈瘤Type 2Cに対する内腸骨動脈再建術を併用したステントグラフト留置. 西巻博, 磯部義憲(放), 田村幸穂(救命), 佐々木真弓, 滝川政和(放), 平田光博, 荒井義孝, 金城正佳(外). 日本アクセル・シュプリンガー出版, 2000.00.00発行.

2976. [学会(国際)](シンポジウム等) Non tumorous non syringomyelic spinal lord disease. 菅信一(放): International Symposium Topics in Neuroimaging 2001(2001.01.13), 熊本, 予稿集, p.49〜50, 2001.

2977. [学会(国際)](シンポジウム等) Current status of chemoradiotherapy for non-small cell lung cancer and its goals in the new millennium. 早川和重(放): 6th International Society for Radiation Oncology(2001.02.02), メルボルン, Radiother. Oncol., 58(Suppl.1): 53, 2001.

2978. [学会(国際)](一般講演) Preliminary report of external radiation therapy combined with hyperthermia in primary lung cancer with direct bony invasion. 桜井英幸(群馬大), 早川和重(放), 三橋紀夫, 秋元哲夫, 那須佐知子, 黒崎弘正, 斉藤淳一, 今井礼子, 中山優子, 新部英男(群馬大): 9th World Conference on Lung Cancer(2000.09.11〜15), 東京.

2979. [学会(国際)](一般講演) Signal transduction pathway to radiation-induced apoptosis in radiosensitive human primitive neuroectodermal tumor (PNET) cell line. 石川仁, 三橋紀夫, 秋元哲夫, 斉藤淳一, 桜井英幸, 村松博之, 長谷川正俊(群大), 早川和重(放), 新部英男(群大): 6th International Congress of Radiation Oncology(2001.01.30〜02.02), Melbourne, Australia.

2980. [学会(国際)](一般講演) Radiation therapy for patients with stage V inoperable squamous cell lung carcinoma. 中山優子, 早川和重(放), 秋元哲夫, 桜井英幸, 石川仁, 野中哲生, 三橋紀夫, 新部英男(群大): 6th International Congress of Radiation Oncology(2001.01.30〜02.02), Melbourne, Australia.

2981. [学会(国際)](ポスター講演) MRCP using half-furier RARE value of Workstation and comparison with 3D spiral CT cholangiography. 扇和之, Yamamoto, H., 横手宏之, 樋上泰三, 古川隆, Akiyama, H., Ishikawa, T., Nezu, D., Kimura, S.(日赤医療セン), 村田晃一郎(放), Higashi, M., Takemoto, S., Gotoh, K.: 8th Scientific Meeting and Exhibition, International Society for Magnetic Resonance Medicine(2000.04.01〜07), Denver, U.S.A.

2982. [学会(国際)](ポスター講演) High dose-rate endobronchial brachytherapy for roentgenographically negative bronchogenic carcinoma. 早川和重(放), 桜井英幸, 中山優子, 斉藤吉弘, 那須佐知子, 黒崎弘正, 三橋紀夫, 新部英男(群大): 9th World Conference on Lung Cancer(2000.09.11〜15), 東京.

2983. [学会(国際)](ポスター講演) Radiation therapy for patients with stage V inoperable squamous cell lung carcinoma. 中山優子(群大), 早川和重(放), Furuta, M., 三橋紀夫, 新部英男(群大): 9th World Conference on Lung Cancer(2000.09.11〜15), 東京.

2984. [学会(国際)](ポスター講演) Measurment of lung blood volume in patients with arrhythmia by SPECT. 中沢圭治, 石井勝己(放), 勝沼英太(内), 西巻博, 菊池敬, 神宮司公二, 太田幸利, 依田一重(放): 7th Asia and Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology(2000.10.04), Istanbul, Turkish J. Nucl. Med., 9(13): 131, 2000.

2985. [学会(国際)](ポスター講演) Three-dimensional imaging of the billiary tract and gallbladder indication and diagnostic pitfalls in MR cholangiopancreatography and spiral CT cholangiography. 扇和之, 古川隆, 横手宏之, 樋上泰造, 村田晃一郎(放), Akiyama, H.: 86th Scientific Assembly and Annual Meeting, Education Exhibits, Radiological Society of North America(2000.11.26〜12.01), Chicago, USA, Radiology, p.661, 2000.

2986. [学会(全国)](シンポジウム等) オーダー端末上のブラウザーによる画像とレポートの配信. 村田晃一郎, 田所克己, 橋本省三(放): 第36回日本医学放射線学会秋季臨床大会(第13回電子情報研究会)(2000.09.25〜27), 長崎, 日本医学放射線学会雑誌, 60(10): 362, 2000.

2987. [学会(全国)](シンポジウム等) cN2非小細胞肺癌の治療戦略−放射線科の立場から. 中山優子(群大), 早川和重(放), 斉藤吉弘, 村松博之, 石川仁, 三橋紀夫, 新部英男(群大): 第41回日本肺癌学会総会(2000.11.02), 東京.

2988. [学会(全国)](シンポジウム等) 急性大動脈解離に対する血管内治療の有用性に関する臨床的検討−解離による合併症症例を中心に−. 西巻博(放), 林宗博(胸外), 滝川政和(放), 熊谷謙(救命), 新井正康(麻), 町井正人(胸外), 今井寛(法医), 磯部義憲(放), 相馬一亥(救命), 小原邦義(胸外), 大和田隆(救命): 第28回日本救急医学会総会(2000.11.09), 東京, 日本救急医学会雑誌, 11(10): 505, 2000.

2989. [学会(全国)](シンポジウム等) 肺癌に対するChemoradiotherapyの現状と問題点. 早川和重(放): 日本放射線腫瘍学会第13回学術大会(2000.11.11), 新潟.

2990. [学会(全国)](シンポジウム等) オーダー端末上による画像とレポートの配信. 村田晃一郎, 山田好則, 山崎博志, 二橋大介, 土本寛二(放): 第20回医療情報学連合大会(第1回日本医療情報学会学術大会)(2000.11.23〜25), 浜松, 抄録集, p.76〜77, 2000.

2991. [学会(全国)](シンポジウム等) 頭蓋頚椎移行部の画像診断−非先天性疾患. 菅信一(放): 第30回日本神経放射線学会(2001.02.07), 大阪.

2992. [学会(全国)](ワークショップ) 胸部X線写真陰性の肺門部非小細胞肺癌に対する高線量率192Ir腔内照射法の検討. 早川和重(放), 桜井英幸, 中山優子, 斉藤吉弘, 石川仁, 那須佐知子, 三橋紀夫, 新部英男(群大): 第41回日本肺癌学会総会(2000.11.01), 東京.

2993. [学会(全国)](一般講演) 3D-MRCP Workstationの有用性及び3D-CT Cholangiographyとの比較を中心に. 扇和之, 横手宏之, 樋上泰造, 小堀賢一, 古川隆, 秋山洋三, 村田晃一郎(放): 第59回日本医学放射線学会総会(2000.04.07〜09), 横浜.

2994. [学会(全国)](一般講演) 民間航空機搭乗中の宇宙線による被曝線量の測定(第4報): 電子式ポケット線量計の補正係数算出の試み. 中沢圭治, 岡野真治(放), 青木勝己(RI系), 松林隆(放): 第79回日本医学物理学会(2000.04.07), 横浜, Jpn. J. Med. Phys., 20(Suppl.2): 61〜62, 2000.

2995. [学会(全国)](一般講演) 民間航空機搭乗中の宇宙線による被曝線量の測定(第3報): "はかるくん"による測定. 中沢圭治, 岡野真治(放), 青木勝己(RI系), 松林隆(放): 第59回日本医学放射線学会総会(2000.04.08), 横浜, 日本医学放射線学会雑誌, 60(2): 149〜150, 2000.

2996. [学会(全国)](一般講演) SPECT像の3次元表示による手術前後の局所脳血流量の評価. 中沢圭治, 石井勝己, 菊池敬, 神宮司公二, 太田幸利, 松林隆(放): 第19回日本医用画像工学会(2000.08.05), 大阪, Medical Imaging Technology, 18(4): 563〜564, 2000.

2997. [学会(全国)](一般講演) 胸壁浸潤型肺癌に対する温熱併用放射線治療成績. 石川仁, 桜井英幸(群大), 早川和重(放), 三橋紀夫, 秋元哲夫, 村松博之, 黒崎弘正, 斉藤淳一, 新部英男(群大): 第17回日本ハイパーサーミア学会大会(2000.09.08), 新潟.

2998. [学会(全国)](一般講演) Visual Prepを併用した3DMR Angiography; Time Resolved MRA 及びMoving Bed MRAにおける有用性を中心に. 扇和之, 秋山洋三, 豊田真規子, 横手宏之, 樋上泰造, 小堀賢一, 古川隆, 木村祥一郎, 上原憲二, 村田晃一郎(放), 東美奈子, 竹本周平, 後藤克人: 第28回日本磁気共鳴医学会総会(2000.10.02〜04), 京都.

2999. [学会(全国)](一般講演) 重粒子線誘発アポトーシスのp53依存性に関する実験的検討. 長谷川正俊, 新部英男, 三橋紀夫(群馬大), 早川和重(放), 今井礼子, 桜井英幸, 前林勝也, 中野隆史(群馬大): 第59回日本癌学会総会(2000.10.04〜06), 横浜.

3000. [学会(全国)](一般講演) JNKを介するシグナル伝達は放射線誘導アポトーシスに関与するか. 今井礼子, 前林勝也, 秋元哲夫, 村松博之(群馬大), 早川和重(放), 山川通隆, 三橋紀夫(群馬大): 第59回日本癌学会総会(2000.10.04〜06), 横浜.

3001. [学会(全国)](一般講演) 脳初発悪性リンパ腫の放射線治療成績. 石川仁, 長谷川正俊, 玉木義雄(群馬大), 早川和重(放), 秋元哲夫, 桜井英幸, 村松博之, 三橋紀夫, 新部英男(群馬大): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.22〜24), 仙台.

3002. [学会(全国)](一般講演) 頭頚部腺様嚢胞癌に対する放射線治療. 村松博之, 桜井英幸, 石川仁, 秋元哲夫, 中山優子, 長谷川正俊, 山川通隆(群馬大), 早川和重(放), 三橋紀夫, 新部英男(群馬大): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.22〜24), 仙台.

3003. [学会(全国)](一般講演) Real-time CT fluoroscopyと最適化線量計画を利用した局所再発直腸癌に対する高線量率組織内照射. 桜井英幸, 三橋紀夫, 村松博之, 秋元哲夫, 石川仁, 中山優子, 長谷川正俊, 山川通隆(群馬大), 早川和重(放), 新部英男(群馬大): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.22〜24), 仙台.

3004. [学会(全国)](一般講演) 胸部X線写真陰性の肺門部非小細胞肺癌に対する高線量率192Ir腔内照射法の検討. 早川和重(放), 桜井英幸, 中山優子, 斉藤吉弘, 村松博之, 石川仁, 那須佐知子, 三橋紀夫, 新部英男(群馬大): 第38回日本癌治療学会総会(2000.10.22〜24), 仙台.

3005. [学会(全国)](一般講演) 111In-OXINEを用いた白血球シンチグラフィの炎症病巣検索の検討. 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, 矢内原久, 菊池敬, 神宮寺公二, 太田幸利, 早川和重(放): 第40回日本核医学会総会(2000.11.01), 神戸.

3006. [学会(全国)](一般講演) 肺癌脳転移に対する放射線治療. 北本佳住(国療西群馬病院), 早川和重(放), 川島修, 坂田修治, 土屋智, 渡辺覚, 武井義和, 佐藤浩二, 小林剛, 遠井朱美, 解良恭一, 斉藤龍生(国療西群馬病院): 第41回日本肺癌学会総会(2000.11.01), 東京.

3007. [学会(全国)](一般講演) SPECTによる不整脈患者の局所肝血液量の測定−虚血性心疾患患者との比較検討−. 中沢圭治, 石井勝己(放), 勝沼英太(内), 西巻博, 菊池敬, 神宮司公二, 太田幸利, 依田一重(放): 第40回日本核医学会(2000.11.01), 神戸, 核医学, 37(5): 511, 2000.

3008. [学会(全国)](一般講演) アポトーシス誘導シグナルならびに生存シグナル伝達経路を分子標的とした放射線治療法の開発. 三橋紀夫, 秋元哲夫, 桜井英幸, 前林勝也, 石川仁, 長谷川正俊, 野中哲生(群馬大), 早川和重(放), 今井礼子, 新部英男(群馬大): 日本放射線腫瘍学会第13回学術大会(2000.11.10〜12), 新潟.

3009. [学会(全国)](一般講演) T・U期乳癌に対する乳房温存療法. 山川通隆, 桜井英幸, 秋元哲夫, 村松博之, 黒崎弘正(群馬大), 早川和重(放), 三橋紀夫(群馬大): 日本放射線腫瘍学会第13回学術大会(2000.11.10〜12), 新潟.

3010. [学会(全国)](一般講演) 肺癌脳転移に対する放射線治療. 早川和重(放), 長谷川正俊, 中山優子, 桜井英幸, 大野達也, 那須佐知子, 山川通隆, 三橋紀夫, 新部英男(群馬大): 日本放射線腫瘍学会第13回学術大会(2000.11.11), 新潟.

3011. [学会(全国)](一般講演) 前立腺癌に対するHDR brachytherapy−北里大学東病院における45症例の経験−. 北野雅史, 西口郁, 早川和重(放), 頴川晋, 入江啓, 志村哲(泌), 村山弘, 八木誠一, 渡辺祐介(放): 日本放射線腫瘍学会第13回学術大会(2000.11.12), 新潟, 日本放射線腫瘍学会誌, 12(1): 250, 2000.

3012. [学会(全国)](一般講演) 核医学による心疾患患者の局所腎血液量の測定. 中沢圭治, 石井勝己(放): 第37回日本臨床生理学会(2000.11.18), 奈良, 日本臨床生理学会雑誌, 30(Suppl.): 96, 2000.

3013. [学会(全国)](一般講演) 中規模病院における診療支援システムのあり方について−電子カルテは解決策となりうるのか? 山田好則, 村田晃一郎(放), 山崎博志, 二橋大介, 土本寛二: 第20回医療情報学連合大会(第1回日本医療情報学会学術大会)(2000.11.23〜25), 浜松, 抄録集, p.153, 2000.

3014. [学会(全国)](一般講演) オーダー端末におけるクライアントレベルのマルチベンダーシステム間連携. 村田晃一郎(放), 山田好則, 山崎博志, 土本寛二, 石館武夫, 二橋大介, 青山茂, 川中龍雄, 作佐部太也, 木村通男: 第20回医療情報学連合大会(第1回日本医療情報学会学術大会)(2000.11.23〜25), 浜松, 抄録集, p.153, 2000.

3015. [学会(全国)](一般講演) HIS・PACSが共存した統合ネットワークの評価. 二橋大介, 中村宏之, 伊藤龍彦, 堺常雄, 村田晃一郎(放), 山崎博志, 山田好則, 土本寛二: 第20回医療情報学連合大会(第1回日本医療情報学会学術大会)(2000.11.23〜25), 浜松, 抄録集, p.75, 2000.

3016. [学会(全国)](一般講演) Spiro-analyzer to control respiratory organ motion. 上前峰子, 江川俊幸, 首藤宣昭, 西口郁, 北野雅史, 早川和重(放): 4th Japanese Body Stereotactic Irradiation Meeting(2001.02.05), 東京.

3017. [学会(全国)](ポスター講演) DWIにて高信号を認めたLeigh脳症の1例. 穂鷹雄介(池田病院), 菅信一, 鷺内隆雄, 池田俊昭(放), 池田誠(池田病院), 早川和重(放): 第30回日本神経放射線学会(2001.02.07), 大阪, 予稿集, p.134, 2001.

3018. [学会(地方)](一般講演) 出血シンチグラフィが出血部位同定に有用であった, 回腸終末部capillary hemangiomaの1例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 矢内原久, 西巻博, 松林隆(放): 第417回日本放射線医学会関東甲信越地方会(2000.06.24), 東京.

3019. [学会(地方)](一般講演) 痙攣発作時の拡散強調画像と脳血流SPECTで興味ある所見を呈した1例. 鷺内隆雄, 菅信一, 石井勝己, 浅野雄二, 青木由紀, 矢内原久, 池田俊昭, 松林隆(放): 日本放射線医学会関東甲信越地方会(2000.06.24), 東京.

3020. [学会(地方)](一般講演) 術前照射が著効した浸潤型胸腺腫の1例. 石川仁, 中山優子(群大), 早川和重(放), 斉藤淳一, 村松博之, 今井礼子, 三橋紀夫, 新部英男(群大): 第128回日本肺癌学会関東部会(2000.07.08), 東京.

3021. [学会(地方)](一般講演) 糖尿病治療中, 低血糖で発症した意識障害における核医学検査の2例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 矢内原久, 青木由紀, 菅信一, 太田幸利, 菊池敬, 神宮司公二, 松林隆(放): 日本核医学会関東甲信越地方会(2000.07.15), 東京.

3022. [学会(地方)](一般講演) Ga-67およびTl-201 SPECTが診断に有用であったSLEの免疫抑制療法に合併した頭蓋内原発悪性リンパ腫の1例. 鷺内隆雄, 石井勝己, 菅信一, 浅野雄二, 青木由紀, 矢内原久, 西口郁, 神宮司公二, 菊池敬, 太田幸利(放): 日本核医学会関東甲信越地方会(2000.07.15), 東京.

3023. [学会(地方)](一般講演) 胸部X線写真陰性の肺門部非小細胞肺癌に対する高線量率192Ir腔内照射法の検討. 早川和重(放), 桜井英幸, 中山優子, 斉藤吉弘, 石川仁, 那須佐知子, 三橋紀夫, 新部英男(群大): 第47回北関東医学会総会(2000.09.28〜29), 前橋.

3024. [学会(地方)](一般講演) 胸壁浸潤型肺癌に対する温熱併用放射線療法の初期経験. 桜井英幸(群大), 早川和重(放), 三橋紀夫, 中山優子, 黒崎弘正, 那須佐知子, 石川仁, 山川通隆, 長谷川正俊, 秋元哲夫, 新部英男(群大): 第29回日本肺癌学会関東部会(2000.12.16), 大宮.

3025. [学会(地方)](一般講演) Crossed cerebellar hyperperfusionを呈したけいれん発作の1例. 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, 青木由紀, ウッドハムス玲子, 矢内原久, 早川和重(放): 第54回日本核医学会関東甲信越地方会(2001.02.03), 東京.

3026. [学会(地方)](一般講演) 核医学診断で興味ある所見を呈したアルコール性心筋症の1剖検例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 青木由紀, ウッドハムス玲子, 矢内原久, 早川和重(放): 第54回日本核医学会関東甲信越地方会(2001.02.03), 東京.

3027. [学会(地方)](一般講演) Virtual LANとWeb技術を用いた画像参照システム. 村田晃一郎, 田所克己, 西山正吾, 橋本省三(放): 第416回日本医学放射線学会関東地方会(99.12.11), 東京.

3028. [学会(地方)](ポスター講演) 定位放射線治療における呼吸静止の再現性の検討. 北野雅史, 西口郁(放), 上前峰子, 石井鋭尚, 江川俊幸, 植村りゅう, 首藤宣昭, 丸尾秀樹, 宇田川功実(放射線部): 第417回日本医学放射線学会関東地方会(2000.06.24), 東京.

3029. [学会(地方)](ポスター講演) 診断に苦慮したchondromyxoid fibromaの症例. ウッドハムス玲子, 菅信一, 池田俊昭, 青木由紀, 鷺内隆雄, 近藤宏治(放): 第417回日本医学放射線学会関東地方会(2000.06.24), 東京.

3030. [学会(地方)](ポスター講演) たこつぼ型心筋症の1例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 青木由紀, 矢内原久, ウッドハムス玲子, 早川和重(放), 勝沼英太, 鴇田尚樹(内): 第418回日本医学放射線学会関東地方会(2000.12.09), 東京.

3031. [学会(地方)](ポスター講演) 病理診断に苦慮した上咽頭非ホジキンリンパ腫のMR所見. 青木由紀, 早川和重, 鷺内隆雄, ウッドハムス玲子, 浅野雄二, 矢内原久(放), 八尾和雄, 高橋広臣(耳鼻): 第418回日本医学放射線学会関東地方会(2000.12.09), 東京.

3032. [研究会(全国)](教育講演) マルチベンダーシステム間連携のためのシステムとネットワーク構築のポイント. 村田晃一郎(放): 平成12年度国公私立大学病院診療放射線技術者研修(2000.05.30), 東京.

3033. [研究会(全国)](シンポジウム等) 大動脈解離における遠位弓部entry閉鎖の工夫; Curved Stent-grafts. 西巻博, 矢内原久, 佐々木真弓, 滝川政和, 北野雅史, 磯部義憲(放), 林宗博, 町井正人, 小原邦義(胸外), 今井寛(法医), 相馬一亥(救命): 第17回日本Metallic Stents & Grafts研究会(2000.07.21〜22), 弘前, 抄録集, p.69, 2000.

3034. [研究会(全国)](シンポジウム等) 大動脈内ステントグラフト留置術が奏効した内科的降圧療法に難渋したStanford B型大動脈解離の2例. 西巻博, 田村幸穂, 佐々木真弓, 滝川政和(放), 林宗博, 町井正人(胸外), 今井寛(法医), 磯部義憲, 早川和重(放), 相馬一亥(救命), 小原邦義(胸外): 第18回日本Metallic Stents & Grafts研究会(2001.02.09〜10), 鹿児島, 抄録集, p.36, 2000.

3035. [研究会(全国)](一般講演) LECラット肝臓CuのPIXE分析. 太田顕成, 卜桂蘭, 松林隆(放), 曽根由美子(生化系), 中山茂信(実動系): 第7回仁科記念サイクロトロンセンター共同利用研究成果報告会(2000.05.13), 盛岡, 要旨集Z, p.151, 2000.

3036. [研究会(全国)](一般講演) 腹部大動脈瘤Type 2Cに対する内腸骨動脈再建術を併用したステントグラフト留置. 西巻博, 磯部義憲(放), 田村幸穂(救命), 佐々木真弓, 滝川政和(放), 平田光博, 荒井義孝, 金城正佳(外): 第4回大動脈ステント・グラフト症例検討会(2000.07.22), 弘前, 抄録集, p.9, 2000.

3037. [研究会(全国)](一般講演) 腹部臓器虚血を伴った急性大動脈解離に対する血管内ステントグラフト留置術の有用性の検討. 西巻博(放), 林宗博(胸外), 佐々木真弓, 滝川政和(放), 町井正人(胸外), 今井寛(法医), 磯部義憲(放), 小原邦義(胸外), 相馬一亥(救命): 第10回救急放射線研究会(2000.09.25), 長崎, 日本医学放射線学会雑誌, 60(10): 354, 2000.

3038. [研究会(全国)](一般講演) PIXEによる肝臓Cuに対する食事Cuの影響. 太田顕成, 卜桂蘭, 松林隆(放), 曽根由美子(生化系), 中山茂信(実動系): 第17回PIXEシンポジウム(2000.11.17), 函館, 要旨集, p.42, 2000.

3039. [研究会(全国)](一般講演) Massive Osteolysisの病態と呈した頭蓋底腫瘍の症例. ウッドハムス玲子, 菅信一, 池田俊昭, 青木由紀, 鷺内隆雄, 早川和重(放), 岩渕啓一(病理), 岡秀宏(脳外): 第12回骨軟部研究会(2001.01.26), 東京, 抄録集, p.14, 2001.

3040. [研究会(地方)](特別講演) インターネット時代の医療情報システム−医療におけるWebテクノロジー. 村田晃一郎(放): 第43回栃木県核医学研修会(2000.07.08), 宇都宮.

3041. [研究会(地方)](教育講演) 高速撮像法による腹腔内臓器のルーティンMRI. 村田晃一郎(放): 第15回MRI講習会(1997.09.27), 横浜.

3042. [研究会(地方)](一般講演) HIS-PACS統合ネットワーク. 村田晃一郎(放): 第11回医用画像電子化研究会(2000.01.22), 東京.

3043. [研究会(地方)](一般講演) 閉塞性動脈硬化症に対するPalmaz stentの初期成績−完全閉塞症例の検討. 西巻博, 矢内原久, 佐々木真弓, 滝川政和, 北野雅史, 磯部義憲(放), 田村幸穂(救命), 平田光博, 荒井義孝, 金城正佳(外): 第12回関東IVR研究会(2000.07.08), 東京, IVR会誌, 15(4): 444〜445, 2000.

3044. [研究会(地方)](一般講演) 胸壁浸潤型肺癌に対する温熱併用放射線療法の初期成績. 桜井英幸, 三橋紀夫, 中山優子, 黒崎弘正, 那須佐知子, 石川仁, 山川通隆, 秋元哲夫, 長谷川正俊, 新部英男, 早川和重(放): 第5回関東ハイパーサーミア研究会(2001.02.17), 横浜.

3045. [研究会(地方)](公開講座) 北里研究所病院におけるネットワークシステムの現状と将来. 村田晃一郎(放): GEローカルセミナー(2000.10.13), 福岡.

3046. [学会主催(国内学会)] 第21回脊髄シンポジウム(2000.09.09), 東京, 菅信一(放):

<<29 麻酔科学>>

3047. [原著] Distribution of intrathecal catheter positions in rat. 安里文雄(麻), Butler, M., Blomberg, H., Gordh, T.(Uppsala Univ.): Acta Anaesthesiol. Scand., 45: 608〜611, 2001.

3048. [原著] Contribution of GMP and 20-HETE in mediating K+ channel and vasodilator response to nitric oxide in rat middle cerebral arteries. Sun, C.-W., Falck, J.R., 岡本浩嗣(麻), Harder, D.R., Roman, R.J.: Am. J. Physiol., 279: H339〜350, 2000.

3049. [原著] Neuronal and astroglial injuries in patients undergoing coronary artery bypass grafting and aortic arch replacement during hypothermic cardiopulmonary bypass. Derkach, D.N., 岡本浩嗣(麻), Takahashi, S.: Anesth. Analg., 91: 1〜7, 2000.

3050. [原著] Sensory blockade of S3 dermatome prevents pain during bladder catheterization. 安里文雄, 金井昭文(麻): Can. J. Anesth., 48: 379〜382, 2001.

3051. [原著] Production of 20-HETE and its role in autoregulation of cerebral blood flow. Gebremedhin, D., Lange, A.R., Lowry, T.F., Brish, E.K., Hudetz, A.G., Falk, J.R., 岡本浩嗣(麻), et al.: Circ. Res., 87: 60〜65, 2000.

3052. [原著] Variation in rat sciatic nerve anatomy: Implications for a rat model of neuropathic pain. 安里文雄(麻), Butler, M., Blomberg, H., Gordh, T.(Uppsala Univ.): J. Peripheral Nervous System, 5: 19〜21, 2000.

3053. [原著] Dose-related differences in the distribution of cocaine in the maternal-fetoplaceutal compartments in rats. 森島久代(コロンビア大), 奥富俊之(麻), Whittington, R.A., Cooper, T.B.(コロンビア大): Neurotoxicol. Teratol., 22(6): 837〜844, 2000.

3054. [原著] Effect of epidural epinephrine infusion with bupivacaine on labor pain and mother-fetus outcome in humans. 奥富俊之(麻), 望月純子, 天野完(産婦), 外須美夫(麻): Reg. Anesth. Pain Med., 25(3): 228〜234, 2000.

3055. [原著] Neurotoxicity of intrathecally administered tetracaine commences at the posterior roots near entry into the spinal cord. 竹浪民江(麻), 柳下三郎(七沢リハビリセン), 安里文雄, 外須美夫(麻): Reg. Anesth. Pain Med., 25(4): 372〜379, 2000.

3056. [原著] Effect of standard diluted epinephrine infusion on epidural anesthesia in labor. 奥富俊之(麻), 天野完(産婦), 森島久代(コロンビア大): Reg. Anesth. Pain Med., 25(5): 529〜534, 2000.

3057. [原著] 温熱療法における知覚神経線維の閾値の変化. 前田真治, 辻隆子, 佐々木麗, 頼住孝二, 大渕修一, 長沢弘, 柴喜崇(医療衛生), 外須美夫(麻): 日温気物医誌, 63(3): 143〜150, 2000.

3058. [原著] 脳低温療法のアンケート調査. 新井正康(麻), 石原晋, 金子高太郎, 右田貴子, 吉田成美, 石井芳樹, 木矢克造(県立広島病院): 日本救急医学会雑誌, 11(4): 155〜168, 2000.

3059. [原著] ラット脊椎麻酔モデルにおける2%テトラカインの神経毒性−組織と機能テストによる評価−. 竹浪民江(麻), 柳下三郎(七沢リハビリセン), 外須美夫(麻): 麻酔, 49: 361〜368, 2000.

3060. [短報・速報] 32nd Society of Obstetric Anesthesia and Perinatology (SOAP) meeting体験記. 奥富俊之(麻): 麻酔, 50(3), 2001.

3061. [症例報告] 麦角アルカロイド誘導体内患者の麻酔導入後に発生した冠動脈攣縮. 松本和将(泌), 外須美夫, 三谷浩之, 永井一成(麻), 頴川晋, 馬場志郎(泌): 臨床麻酔, 24: 253〜255, 2000.

3062. [総説] 心臓および胸部手術(食道再建術, 肺切除術, 肺容量減少手術)後の肺機能. 外須美夫(麻): Anesthesia 21 Century, 2(4): 452〜455, 2000.

3063. [総説] 臨床におけるペインコントロール. 的場元弘(麻): ファルマシア, 36(6): 465〜470, 2000.

3064. [総説] 緩和医療とペインクリニシャン−大学における現状−. 的場元弘, 外須美夫(麻): ペインクリニック, 21(6): 824〜830, 2000.

3065. [総説] 北里大学病院麻酔科"Team KANWA". 的場元弘(麻): ペインクリニック, 22(2): 257〜260, 2001.

3066. [総説] 末期癌患者の日内リズム. 外須美夫(麻): メディカル朝日, 29: 82〜84, 2000.

3067. [総説] 人工呼吸管理−Permissive hypercapniaを中心に−. 岡本浩嗣, 外須美夫(麻): 呼吸と循環, 49(3): 275〜279, 2001.

3068. [総説] 鎮痛薬の副作用とその予防. 的場元弘(麻): 今日の緩和医療, 2(1): 20〜21, 2000.

3069. [総説] 関連学会印象記. 外須美夫(麻): 循環制御, 21(1): 101〜102, 2000.

3070. [総説] 周術期心事故のリスクファクター. 外須美夫(麻): 循環制御, 21(4): 405〜412, 2000.

3071. [総説] がん疼痛治療におけるオピオイド鎮痛薬の問題点. 的場元弘(麻): 臨床精神病理, 3(7): 661〜668, 2000.

3072. [講座] 緊急帝王切開時の麻酔と管理. 奥富俊之(麻): 周産期医学, 30(4): 457〜461, 2000.

3073. [講座] 新著紹介. 外須美夫(麻): 循環制御, 21(3): 311〜312, 2000.

3074. [講座] 新著紹介. 外須美夫(麻): 循環制御, 22(1): 44〜45, 2001.

3075. [編集者への手紙(英文)] Spinal opiates and pruritus. 安里文雄(麻): Anaesthesia, 56: 499, 2001.

3076. [学術書](分担執筆) Management of Pain; A World Perspective; Difficulties in cancer pain evaluation, p.37〜42, 的場元弘, 外須美夫(麻). 編集 柳田尚(帝京大), 花岡一雄(東大), 弓削孟文(広大), Eitore S.P.A., Italy, 2000.05.18発行.

3077. [学術書](分担執筆) 産婦人科医の麻酔−基礎と臨床; 経腟分娩の麻酔−脊椎麻酔, p.79〜84; 帝王切開の麻酔−硬膜外麻酔, p.116〜124, 奥富俊之(麻). 編集 青木正(聖マリ医大), 真興交易出版, 東京, 99.06.15発行.

3078. [学術書](分担執筆) 救命救急治療薬ハンドブック; 病態: 疼痛, 発熱, p.67〜88, 新井正康(麻), 相馬一亥(救命). 編集 黒川顕(日医大多摩永山病院), 中外医学社, 東京, 2000.11.20発行.

3079. [教科書](分担執筆) 看護QOL BOOKS, 緩和ケア; 第3章 症状の認知と治療効果, p.20〜25, 的場元弘(麻). 編集 東原正明, 近藤まゆみ(北里大), 医学書院, 東京, 2000.10.01発行.

3080. [その他の著書](分担執筆) 人工呼吸器ケアマニュアル; 呼吸不全と人工呼吸, p.8〜13; 人工呼吸器の原理と作動方式, p.376〜380, 新井正康(麻). 学研, 東京, 2000.08.01発行.

3081. [その他の著書(概説書)](分担執筆) ペインクリニシャンのためのキーワード100; 第2章 薬, 21. 抗けいれん薬: カルバマゼピン・フェニトイン, p.80〜82, 的場元弘(麻). 編集 小川節郎(日医大), 真興交易出版, 東京, 2000.04.20発行.

3082. [その他の著書(概説書)](分担執筆) オピオイドの基礎と臨床; オピオイドによる癌疼痛治療: 最近のトピックス, p.16〜23, 的場元弘(麻). 編集 鎮痛薬・オピオイドペプチド研究会, (株)ミクス, 東京, 2000.08.28発行.

3083. [その他の著書(概説書)](分担執筆) ナースが向き合うがんの痛みと看護の悩み; 患者の痛みを信じることがむずかしい, p.8〜11, 外須美夫(麻). 編集 近藤まゆみ, 的場元弘(北里大), (株)ミクス, 東京, 2000.11.21発行.

3084. [その他の著書(概説書)](分担執筆) ナースが向き合うがんの痛みと看護の悩み; V. さらに痛みの評価の理解を深める (3)痛みの評価は強さに偏っていないか−痛みの評価の目的を考える, p.89〜96, 的場元弘(麻). 編集 近藤まゆみ, 的場元弘(北里大), (株)ミクス, 東京, 2000.11.21発行.

3085. [その他の著書(概説書)](分担執筆) 専門医のための麻酔科学レビュー; 心・血管作動薬, p.26〜31, 外須美夫(麻). 総合医学社, 東京, 2001.03.27発行.

3086. [その他の著書(概説書)](編集) ナースが向き合うがんの痛みと看護の悩み; 編集 近藤まゆみ(総合相談部), 的場元弘(麻), (株)ミクス, 東京, 2000.11.21発行.

3087. [学会(国際)](特別講演) Difficulties in cancer pain evaluation. 的場元弘(麻): 2nd Asian Pacific Symposium on Pain Control(2001.01.28), Sydney.

3088. [学会(国際)](シンポジウム等) The evaluation of cancer pain. 的場元弘(麻): 第9回世界臨床疼痛医学会(2000.07.12), 東京.

3089. [学会(国際)](一般講演) The effect of MgSO4 on bupivacaine-induced convulsions in awake rats. 奥富俊之(麻), Zhang, Y., Cooper, T.B., 森島久代(コロンビア大): Society of Obsteric Anesthesia and Perinatology(2000.06.02), Montreol, Anesthesiology, (Suppl.): 16, 2000.

3090. [学会(国際)](一般講演) Spinal mepivacine and prilocaine are less neurotoxic than lidocaine in rats. 竹浪民江(麻), 柳下三郎(七沢リハビリセン), 奈良佳洋(生物物理系), 外須美夫(麻): American Society of Anesthesiology(2000.10.18), San Francisco.

3091. [学会(国際)](一般講演) Mepivacaine and prilocaine are less neurotoxic than liolocaine in rats. 竹浪民江(麻), 柳下三郎(七沢リハビリセン), 奈良佳洋(生物物理系), 外須美夫(麻): American Society of Anesthesiology(2000.10.18), San Francisco.

3092. [学会(国際)](ポスター講演) Low dose lidocaine rapidly inhibits axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 金井昭文(麻), 比留間弘美(生理), 丸山宏(麻), 川上倫(生理), 外須美夫(麻): American Society of Anesthesiology(2000.10.18), San Francisco.

3093. [学会(国際)](ポスター講演) Neurotoxicity of Benzoylecognive. 森島久代(コロンビア大), 奥富俊之(麻), Zhang, Y., Whittington, R.A., Cooper, T.B.(コロンビア大): American Society of Anesthesiology(2000.10.16), San Francisco, Anesthesiology, (Suppl.A): 1058, 2000.

3094. [学会(国際)](ポスター講演) The effect of MgSO4 on bupivacaine-induced convulsions in nonpregnant and pregnant rats. 奥富俊之(麻), Zhang, Y., Cooper, T.B., 森島久代(コロンビア大): 75th International Anesthesia Research Society(2001.03.19), Fort Lauderdale.

3095. [学会(全国)](教育講演) 癌疼痛治療における非ステロイド性消炎鎮痛剤の考え方. 的場元弘(麻): 第47回日本麻酔学会(2000.04.07), 東京.

3096. [学会(全国)](シンポジウム等) 侵襲に対する移植心の応答. 外須美夫(麻): 第5回日本心臓血管麻酔学会学術大会(2000.09.15), 大阪, Cardiovasc. Anesth., 5(1): 75〜77, 2001.

3097. [学会(全国)](シンポジウム等) がん看護専門看護士(OCNS)の活動と効果 COCNSと協働する医師. 的場元弘(麻): 第15回日本がん看護学会(2001.02.10), 横浜.

3098. [学会(全国)](ワークショップ) ミニタリングのピットフォール, 循環モニタリング. 新井正康(麻): 第20回日本臨床麻酔学会総会(2000.10.26), 佐賀, 日本臨床麻酔学会雑誌, 20(8): 207, 2000.

3099. [学会(全国)](ワークショップ) がん疼痛治療におけるエトドクラの長期投与と腎機能への影響. 的場元弘, 三谷浩之, 外須美夫, 磯野雅子, 村上敏史(麻): 第20回日本臨床麻酔学会総会(2000.10.27), 佐賀, 日本臨床麻酔学会雑誌, 20(8): 215, 2000.

3100. [学会(全国)](一般講演) ラットクモ膜下腔カテーテル留置法の盲点. 安里文雄(麻): 第47回日本麻酔学会(2000.04.06), 東京.

3101. [学会(全国)](一般講演) コカイン誘発性子宮収縮活動増強作用に対する硫酸マグネシウムの効果について. 石崎淳朗(東邦大), 奥富俊之(麻), 森島久代(コロンビア大): 第47回日本麻酔学会(2000.04.06), 東京, J. Anesth., 14(Suppl.): 66, 2000.

3102. [学会(全国)](一般講演) ラット脊椎麻酔モデルにおけるプリロカイン, メピバカインの神経毒性. 佐瀬寿美, 竹浪民江(麻), 奈良佳洋(生物物理系), 三谷浩之, 新井正康, 外須美夫(麻): 第47回日本麻酔学会(2000.04.07), 東京, J. Anesth., 14(Suppl.): 9, 2000.

3103. [学会(全国)](ポスター講演) 塩酸コルホルシンダロパートの人工心肺離脱時の循環動態に及ぼす影響−シルリノンとの比較. 岩垣潤子, 竹中智昭, 川崎俊宏, 橋場伸一郎, 外須美夫(麻): 第47回日本麻酔学会(2000.04.07), 東京.

3104. [学会(全国)](ポスター講演) ラット脊椎麻酔モデルにおけるブピバカインの神経毒性効果. 竹浪民江(麻), 奈良佳洋(生物物理系), 村瀬勢津子(薬剤), , 安斎健, 黒岩政之, 外須美夫(麻): 第47回日本麻酔学会(2000.04.07), 東京.

3105. [学会(全国)](ポスター講演) 長時間気管内挿管症例における抜管後の上気道トラブルの検討. 新井正康(麻), 熊谷謙, 三柴絵里, 村上敏史, 上野哲生, 外須美夫(麻): 第47回日本麻酔学会(2000.04.07), 東京, J. Anesth., 14(Suppl.): 104, 2000.

3106. [学会(全国)](ポスター講演) 側彎症術後の換気不全に対する非侵襲的陽圧換気による呼吸管理. 稲村実穂子, 新井正康, 土屋勝俊, 上野哲生, 安里文雄, 外須美夫(麻): 第47回日本麻酔学会(2000.04.07), 東京, J. Anesth., 14(Suppl.): 105, 2000.

3107. [学会(全国)](ポスター講演) フロセミドの吸入療法による呼吸困難感の改善. 的場元弘, 伊藤美由紀, 村上敏史, 外須美夫(麻), 国分秀也, 奥津みな(薬剤部): 第5回日本緩和医療学会(2000.06.03), 熊本, 抄録集, p.112, 2000.

3108. [学会(全国)](ポスター講演) がん疼痛治療にフェンタニルを使用した100例の検討. 磯野雅子, 的場元弘, 稲村実穂子, 外須美夫(麻): 第5回日本緩和医療学会(2000.06.02), 熊本, 抄録集, p.181, 2000.

3109. [学会(全国)](ポスター講演) 術後鎮痛のためのフルルビプロフェンとエプタゾシンの併用療法. 松崎重之, 田島英雄(伊勢原協同病院), 外須美夫(麻), 加藤秀一(かとうクリニック): 第34回ペインクリニック学会(2000.07.15), 東京.

3110. [学会(全国)](ポスター講演) 神経刺激装置を用いた腕神経叢ブロック(鎖骨上, 腋窩法)の効果. 磯野雅子, 岩垣潤子, 土屋勝俊, 三柴絵里, 安里文雄, 外須美夫(麻): 第20回日本臨床麻酔学会総会(2000.10.26), 佐賀.

3111. [学会(全国)](ポスター講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術における術後の吐き気, 嘔吐, 掻痒感についてのエプタゾシンの有用性について. 松崎重之(麻), 田島英雄(伊勢原協同病院): 第20回日本臨床麻酔学会総会(2000.10.26), 佐賀.

3112. [学会(全国)](ポスター講演) 婦人科開腹手術術後鎮痛におけるエプタゾシンの有用性. 松崎重之(麻), 藤田和明, 田島英雄(伊勢原協同病院): 第20回日本臨床麻酔学会総会(2000.10.26), 佐賀.

3113. [学会(全国)](ポスター講演) 無痛分娩のための脊椎麻酔硬膜外麻酔併用法(CSE)の安全性に関する検討. 奥富俊之(麻), 天野完(産婦), 外須美夫(麻): 第20回日本臨床麻酔学会総会(2000.10.25), 佐賀, 日本臨床麻酔学会雑誌, 20(8): 304, 2000.

3114. [学会(全国)](ポスター講演) 周術期肺動脈血栓塞栓症の発症因子と転帰. 木下伸, 黒岩政之, 新井正康, 竹中智昭, 外須美夫(麻): 第20回日本臨床麻酔学会総会(2000.10.26), 佐賀, 日本臨床麻酔学会雑誌, 20(8): 358, 2000.

3115. [学会(地方)](一般講演) 抜管後咽頭浮腫の肉眼的重症度分類作成と臨床的意義の検討. 新井正康(麻), 熊谷謙(救命), 三柴絵里, 村上敏史, 上野哲生(麻), 片岡祐一, 浅利靖, 相馬一亥(救命), 外須美夫(麻): 第9回日本集中治療医学会関東甲信越地方会(2000.08.26), 山梨, 抄録集, p.67, 2000.

3116. [学会(地方)](一般講演) 非A群レンサ球菌の子宮内感染により分娩後ショックをきたした1例. 稲村実穂子, 新井正康(麻), 黒岩政之, 斉藤克, 天野完(産婦), 西巻博, 熊谷謙, 片岡祐一, 浅利靖, 相馬一亥(救命), 外須美夫(麻): 第9回日本集中治療医学会関東甲信越地方会(2000.08.26), 山梨, 抄録集, p.69, 2000.

3117. [学会(地方)](一般講演) 前脊髄動脈症候群による急性呼吸不全に対して非侵襲的気道内陽圧換気(NPPV)を行い換気補助からの離脱に成功した1例. 近藤洋, 新井正康(麻), 福田倫也, 熊谷謙, 片岡祐一, 上條吉人, 浅利靖, 北原孝雄, 相馬一亥(救命), 外須美夫(麻): 第9回日本集中治療医学会関東甲信越地方会(2000.08.26), 山梨, 抄録集, p.73, 2000.

3118. [学会(地方)](一般講演) 婦人科開腹手術における硬膜外オキシコドン投与量の検討. 松崎重之, 藤田和明(麻), 加藤秀一(かとうクリニック), 田島英雄(伊勢原協同病院): 第40回日本麻酔学会関東甲信越地方会(2000.09.16), 東京.

3119. [学会(地方)](一般講演) 循環障害を認めずに著明な高乳酸血症をきたした2症例. 村上敏史, 新井正康, 稲村実穂子, 本山正岩, 川崎俊宏, 竹中智昭, 外須美夫(麻): 第40回日本麻酔学会関東甲信越地方会(2000.09.16), 東京, 抄録集, p.67, 2000.

3120. [学会(地方)](一般講演) ラット脊椎麻酔モデルにおけるリドカインの神経毒性効果. 大谷乃理子, 恩田和範, 木村純人(医学部), 竹浪民江, 外須美夫(麻): 第26回北里医学会総会(2000.10.21), 相模原, 北里医学, 30(6): 461, 2000.

3121. [学会(地方)](一般講演) ラット脊椎麻酔におけるブピバカインとリドカインの神経毒性効果の比較. 木村純人, 恩田和範, 大谷乃理子(医学部), 竹浪民江, 外須美夫(麻): 第26回北里医学会総会(2000.10.21), 相模原, 北里医学, 30(6): 462, 2000.

3122. [学会(地方)](一般講演) 側彎症の矯正手術におけるWake-up testでBISモニターを使用した1例. 増田英理子, 近藤洋, 石川玲子, 本山正岩, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外須美夫(麻): 2000年度神奈川麻酔医会総会(2001.02.03), 横浜.

3123. [研究会(全国)](特別講演) 産科麻酔の現状と将来. 奥富俊之(麻): 第101回分娩と麻酔研究会(2000.12.16), 横浜.

3124. [研究会(全国)](教育講演) がん疼痛に対する非オピオイドの使い方. 的場元弘(麻): 平成12年度がん緩和ケアに関する講習会(2001.02.07), 千葉.

3125. [研究会(全国)](一般講演) 僧帽弁狭窄症合併妊婦の帝王切開術後に判明した肺血栓塞栓症の麻酔経験. 肝付洋, 黒岩政之, 新井正康, 川崎俊宏, 竹中智昭, 外須美夫(麻): 第101回分娩と麻酔研究会(2000.12.16), 横浜.

3126. [研究会(全国)](一般講演) 帝王切開再手術時の麻酔導入直後に心停止を来した1例. 橋場麻希子, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外須美夫(麻), 斉藤克, 天野完(産婦): 第101回分娩と麻酔研究会(2000.12.16), 横浜.

3127. [研究会(地方)](特別講演) 前負荷指向型の周術期循環管理. 外須美夫(麻): 第7回三重循環管理研究会(2000.03.10), 三重.

3128. [研究会(地方)](特別講演) 症状緩和と最近の話題. 的場元弘(麻): 第3回岐阜緩和医療研究会(2000.05.26), 岐阜.

3129. [研究会(地方)](特別講演) 循環のダイナミズム. 外須美夫(麻): 第4回大分麻酔研究会(2000.06.03), 大分.

3130. [研究会(地方)](特別講演) 循環のダイナミズムからみた周術期管理. 外須美夫(麻): 第1回鹿児島周術期管理研究会(2000.08.05), 鹿児島.

3131. [研究会(地方)](特別講演) 循環のダイナミズムからみた周術期管理. 外須美夫(麻): 第8回麻酔蘇生談話会(2001.01.20), 札幌.

3132. [研究会(地方)](教育講演) ターミナルケアにおける疼痛緩和の実際. 的場元弘(麻): 症状マネジメント研究会(2000.04.15), 秋田.

3133. [研究会(地方)](教育講演) 癌患者の症状緩和における最近の話題. 的場元弘(麻): 第56回Pharmaceutical Care研修会(2000.05.21), 神奈川.

3134. [研究会(地方)](教育講演) がん性腹膜炎の症状緩和−眠気・呼吸困難−. 的場元弘(麻): 緩和医療研究会第150回勉強会(2000.11.22), 東京.

3135. [研究会(地方)](教育講演) 癌性疼痛のコントロール. 的場元弘(麻): 日本死の臨床研究会中部支部研修会(2001.03.11), 名古屋.

3136. [研究会(地方)](一般講演) エトドラクの長期投与が進行がん患者の腎機能に与える影響. 的場元弘(麻): 第1回首都圏COX-2研究会(2000.06.17), 東京.

3137. [学会主催(地方会)] 第1回神奈川緩和医療研究会(2001.03.24) 的場元弘(麻).

<<30 臨床病理学>>

3138. [原著] Levels of α2 macroglobulin can predict bone metastases in prostate cancer. 狩野有作(臨検学), 大谷能久(順天大), 益子貴臣, 大谷慎一, 西川隆(臨検学), 頴川晋, 馬場志郎(泌), 大谷英樹(臨検学): Anticancer Res., 21(1): 551〜556, 2001.

3139. [原著] Enantioselective determination of bromoisovalerylurea by liquid chromatography on chiral stationary phase in reversed- or normal-phase partition mode. 西川隆, 大谷英樹(臨検学), 上條吉人(救命), 大谷義夫(精), 近藤留美子, 竹内尚子(薬剤), 奥田孝範(大手町病院): Biomed. Chromatogr., 14(4): 243〜248, 2000.

3140. [原著] The effect of anti-platelet abbregation to prevent pressure ulcer development: A retrospective study of 132 elderly patients. 松山斉久, 益子貴臣, 大谷英樹(臨検学): Gerontology, 46: 311〜317, 2000.

3141. [原著] Determination of (+)- and (-)-bromoisovalerylurea in sera of overdosed subjects. 西川隆(臨検学), 上條吉人(救命), 近藤留美子(薬剤), 杉江秀明, 栗原克由(法医), 奥田孝範(大手町病院), Matsumoto, N., Okada, Y.(防衛医大), 大谷英樹(臨検学): J. Anal. Toxicol., 24: 691〜695, 2000.

3142. [原著] Progression of prostate cancer: Diagnostic and prognostic utility of prostate-specific antigen, α2 macroglobulin and their complexes. 狩野有作(臨検学), 大谷能久(順天大), 益子貴臣, 大谷慎一(臨検学), 大原正志(内), 頴川晋, 馬場志郎(泌), 大谷英樹(臨検学): Oncol. Rep., 8: 515〜519, 2001.

3143. [原著] 慢性腎不全透析患者の胃底腺粘膜再生における臨床病理学的検討. 狩野有作(臨検学), 大原正志(内), 岡安勲(病理), 西元寺克礼(内): Progress of Digestive Endoscopy, 58(2): 28〜32, 2001.

3144. [準原著(英文)] Thiobarbiturates interfere with the Dade Behring aca ammonia test. Miura, Y., Fujimura, Y.(臨検), 西川隆, 大谷英樹(臨検学): Clin. Chem., 46(5): 735〜736, 2000.

3145. [学術書](分担執筆) 基準値と異常値の間; 第12章 血液生化学検査−血液補体価とC3, C4, p.11〜13, 狩野有作, 大谷英樹(臨検学). 中外医学社, 東京, 2000.07.30発行.

3146. [翻訳](分担執筆) クロマトグラフィー分離法(化学と生物実験ライン46); 第4章 クロマトグラフィーによる定性分析と定量分析, p.131〜182, 西川隆(臨検学). 編集 中村洋(東京理大), 広川書店, 東京, 2001.01.30発行.

3147. [学会(全国)](シンポジウム等) 当院における自己血輸血の変遷. 大谷慎一, 益子貴臣, 狩野有作(臨検学), 高野波留美, 小本美奈, 風間あきみ, 遠藤成子, 八木和世, 平田泰良(臨検), 小原邦義(胸外), 柿田章(外): 第27回日本低温医学会総会(2000.11.23), 東京, 抄録集, p.31, 2000.

3148. [学会(全国)](一般講演) 北里大学病院における新輸血オーダーシステム. 高野波留美, 小本美奈, 風間あきみ, 遠藤成子, 八木和世, 平田泰良(臨検), 大谷慎一(臨検学), 小原邦義(胸外), 柿田章(外): 第48回日本輸血学会総会(2000.05.25), 神戸, 日本輸血学会雑誌, 46(2): 178, 2000.

3149. [学会(全国)](一般講演) 炎症マーカーとしてSAA(血清アミロイドA蛋白)検査がCRPより有効であった2症例; 白血病患者の細菌感染症と腎臓移植患者の拒絶反応. 西川隆, 〆谷直人, 大谷英樹(臨検学): 第17回日本TDM学会学術大会(2000.05.21), 仙台, 要旨集, p.93, 2000.

3150. [学会(全国)](一般講演) HPLCによるブロムワレリル尿素の光学異性体の濃度測定; 中毒患者の薬物体内動態. 西川隆(臨検学), 上條吉人(救命): 第40回臨床化学会(2000.10.31), 仙台, 臨床化学, 29(Suppl.2): 76, 2000.

3151. [学会(全国)](一般講演) 癌腫における血清IgG糖鎖構造の解析とその臨床的意義について. 狩野有作, 益子貴臣, 大谷慎一(臨検学), 砂川慶介(感染症), 大谷英樹(臨検学): 第51回日本電気泳動学会総会(2000.11.09), 松山, 生物物理化学, 44(補): 14, 2000.

3152. [学会(全国)](一般講演) 前立腺癌の進展における血清matrix metalloproteinase-2, prostate-specific antigenおよびα2 macroglobulin値の変動について. 狩野有作, 益子貴臣, 大谷慎一, 西川隆(臨検学), 砂川慶介(感染症), 大谷英樹(臨検学): 第47回日本臨床検査医学会総会(2000.11.03), 郡山, 臨床病理, 48(補冊): 211, 2000.

3153. [学会(全国)](一般講演) 慢性腎不全透析患者における胃底腺粘膜の再生について. 狩野有作(臨検学), 大原正志(内), 岡安勲(病理), 西元寺克礼(内): 第71回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2000.12.01), 千葉, Prog. Dig. Endosc., 58(1): 68, 2000.

3154. [学会(全国)](ポスター講演) 自己血輸血の現状; 北里大学病院における10年間の推移. 大谷慎一, 益子貴臣, 狩野有作(臨検学), 高野波留美, 小本美奈, 風間あきみ, 遠藤成子, 八木和世, 平田泰良(臨検), 小原邦義(胸外), 柿田章(外): 第47回日本臨床検査医学会総会(2000.11.02), 福島, 臨床病理, 48(補冊): 211, 2000.

3155. [学会(地方)](一般講演) 前立腺癌の進展における血清matrix metalloproteinase-2, prostate-specific antigenおよびα2 macroglobulin値の臨床的意義. 狩野有作, 益子貴臣, 大谷慎一, 西川隆(臨検学), 内山幸信(医療衛生): 第11回神奈川県臨床検査医学会(2000.06.03), 相模原.



<<31 救命救急医学>>

3156. [原著] Vascular endothelial growth factor (VEGF) stimulates monocyte migration through endothelial monolayers via increased integrin expression. Heil, M., Clauss, M.(Max-Planck Inst.), 鈴木啓介(救命), Buschmann, I.R., Willuweit, A., Fischer, S., Schaper, W.(Max-Planck Inst.): Eur. J. Cell Biol., 79: 850〜857, 2000.

3157. [原著] Gluteal muscle necrosis following transcatheter angiographic embolization for retroperitoneal haemorrhage associated with pelvic fracture. 高平尚伸(整外), 新藤正輝, 田中啓司B, 西巻博, 大和田隆(救命), 糸満盛憲(整外): Injury, Int. J. Care Injured, 32: 27〜32, 2001.

3158. [原著] The effect of a hemofilter during extracorporeal circulation on hemodynamics in patients with SIRS. 上條吉人, 相馬一亥, 杉本勝彦(救命), 鶴田陽和(医療衛生), 大和田隆(救命): Intensive Care Med., 26: 1355〜1359, 2000.

3159. [原著] The significance of lactate dehydrogenase values for bronchoalveolar lavage fluid in acute respiratory distress syndrome. 青木則明, 相馬一亥, 関根徹(救命), Beck, J.R., 大和田隆(救命): J. Bronchol., 7: 122〜126, 2000.

3160. [原著] Antisense oligonucleotide experiments elucidate the essential role of titin in sarcomerogenesis in adult rat cardiomyocytes in long-term culture. Person, V., Kostin, S.(Max-Planck Inst.), 鈴木啓介(救命), Labeit, S., Schaper, J.(Max-Planck Inst.): J. Cell Sci., 113: 3851〜3859, 2000.

3161. [原著] Analysis of medical needs on day 7 after the Tsunami disaster in Papua New Guinea. 浅利靖(救命), 小井土雄一(日医大), 中村建(外務省), 山本保博(日医大), 大田宗夫(大阪府千里救命セン): Prehosp. Disaster Med., 15(2): 9〜13, 2000.

3162. [原著] 骨盤環骨折の急性期治療. 新藤正輝(救命), 田中啓司B, 高平尚伸(整外), 西巻博, 大和田隆(救命), 糸満盛憲(整外): 日本職業・災害医学会雑誌, 48(4): 309〜312, 2000.

3163. [原著] 上小脳動脈末梢部動脈瘤の臨床像−症例報告と文献的考察−. 高橋功, 北原孝雄, 遠藤昌孝, 大和田隆(救命): 脳卒中の外科, 28: 434〜439, 2000.

3164. [研究報告(厚生省)] 脳梗塞急性期医療の実態に関する研究. 山口武典(国立循環器病セン), 大和田隆(救命): 平成11年度厚生省科学研究費補助金, 健康科学総合研究事業研究報告書, p.24, 2000.

3165. [症例報告] Myocardial infarction with acute insulin poisoning; A case report. 上條吉人, 相馬一亥, 青山直善(救命), 福田倫也(内), 大和田隆(救命): Angiology, 51(8): 689〜693, 2000.

3166. [症例報告] A giant intramural gastric hematoma successfully treated by transcatheter arterial embolization. 今泉弘, 三橋利温(内), 平田光博, 相崎俊哉, 西巻博, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 西元寺克礼(内): Intern. Med., 39(3): 231〜234, 2000.

3167. [症例報告] 多臓器不全を呈した劇症型アメーバ赤痢の1症例. 森山潔(慶大), 浅利靖, 平田光博, 滝島常雅, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 中村健(寄): 日本集中治療医学会雑誌, 7(3): 209〜213, 2000.

3168. [総説] Unresolved issues regarding the role of apoptosis in the pathogenesis of ischemic injury and heart failure. Elsasser, A.(Univ. of Freiburg), 鈴木啓介(救命), Schaper, J.(Max-Planck Inst.): J. Mol. Cell Cardiol., 32(5): 711〜724, 2000.

3169. [総説] 熱中症患者の輸液療法. 上條吉人(救命): Medical Practice, 17: 384〜387, 2000.

3170. [総説] 小児重症頭部外傷に対する低体温療法. 高橋功, 北原孝雄, 遠藤昌孝, 大和田隆(救命): Neurological Surgery, 28(11): 983〜989, 2000.

3171. [総説] 四肢開放骨折の重症度指標. 新藤正輝(救命): 救急医学, 24(4): 468〜469, 2000.

3172. [総説] 急性薬物中毒. 浅利靖(救命): 現代医療, 33(3): 172〜176, 2001.

3173. [総説] 骨盤環骨折の治療. 新藤正輝(救命), 田中啓司B, 糸満盛憲(整外): 整形・災害外科, 43: 1007〜1013, 2000.

3174. [総説] 2,3-dimercapto-1-proranol (British Anti-Lewisite, BAL)による急性重金属中毒の治療. 上條吉人, 相馬一亥(救命): 低温医学, 26(2): 67〜71, 2000.

3175. [総説] 肺血栓塞栓症の診断と治療. 相馬一亥, 浅利靖, 青山直善(救命): 日本集中治療医学会雑誌, 7(3): 169〜178, 2000.

3176. [講座] 酸素療法の適応とその実際. 相馬一亥(救命): Heart View, 5: 56〜60, 2000.

3177. [講座] メトヘモグロビン血症の治療, 拮抗薬, PCPS. 上條吉人(救命): レジデントノート, 2(5): 40〜43, 2000.

3178. [講座] 北里大学救命救急センターの現状と来院時心肺停止例について−特に脳血管障害例の特徴−. 北原孝雄(救命): 岐阜県医師会医学雑誌, 13: 21〜22, 2000.

3179. [講座] シャント率. 熊谷謙, 相馬一亥(救命): 救急医学, 24(4): 377, 2000.

3180. [講座] 症状からみた緊急検査の進め方−呼吸困難−. 相馬一亥(救命): 救急医学, 24(5): 514〜515, 2000.

3181. [講座] 救急医療におけるinfeciton control−救急室における感染症専門医のバックアップ体制−. 相馬一亥(救命): 救急医学, 24(6): 631〜636, 2000.

3182. [講座] 私立医科大学における卒前教育. 大和田隆, 相馬一亥(救命): 救急医学, 25(1): 17〜20, 2001.

3183. [講座] 急性中毒−的確な治療のために−; 青酸カリウム. 浅利靖(救命): 救急医学, 25(2): 190〜191, 2001.

3184. [講座] 急性中毒−的確な治療のために−; ジギタリス. 上條吉人, 相馬一亥(救命): 救急医学, 25(2): 218〜219, 2001.

3185. [講座] こんな症例, こんな画像−抗精神病薬による治療中に重症低体温をきたした1症例. 上條吉人, 相馬一亥(救命): 救急・集中治療, 13(2): 155, 2001.

3186. [講座] 過換気症候群. 相馬一亥(救命): 耳鼻咽喉科・頭頚部外科, 72: 42〜43, 2000.

3187. [講座] 集中治療における患者の鎮静−心疾患患者の鎮静−. 青山直善, 大和田隆(救命): 新薬と治療, 50(4): 12〜13, 2000.

3188. [講座] 重症喘息の対応. 相馬一亥(救命): 総合臨床, 49(7): 2045〜2049, 2000.

3189. [講座] 救急医療とインフォームド・コンセント−救命救急センターの立場より−. 大和田隆(救命): 日本整形外科学会雑誌, 74(4): 96〜97, 2000.

3190. [講座] 臓器提供病院からみた脳死判定, 臓器提供に関して. 北原孝雄(救命): 北里大学医学部創立30周年記念事業; 学術フロンティア公開シンポジウム「健康・長寿と環境医科学」報告書, p.30〜33, 2000.

3191. [教科書](分担執筆) 救急治療ハンドブック; 有機リン中毒, p.287〜291; 急性アルコール中毒, p.292〜295, 浅利靖(救命). 編集 黒川顕(日医大), 中外医学社, 東京, 2000.11.20発行.

3192. [教科書](分担執筆) 救急現場のピットフォール−症状・形態からみた観察と処置; 慢性疾患合併患者の外傷, 片岡祐一, 相馬一亥(救命). 編集 有賀徹(昭和大), 荘道社, 東京, 2000.00.00発行.

3193. [その他の著書](分担執筆) ナースのための脳神経外科(改訂第2版); 救急患者への対応, p.294〜299, 北原孝雄(救命). 編集 橋本信夫, メディカ出版, 東京, 2001.00.00発行.

3194. [その他の著書](分担執筆) 麻酔・救急医療における薬のハンドブック; 呼吸管理に必要な薬物, p.92〜102, 相馬一亥(救命). 編集 剱持修(北大), 大和田隆(北里大), 丸藤哲(北大), 南江堂, 東京, 2000.04.10発行.

3195. [その他の著書](分担執筆) 麻酔・救急医療における薬のハンドブック; 中枢神経の管理に必要な薬物, p.130〜150, 北原孝雄(救命). 編集 剱持修(北大), 大和田隆(北里大), 丸藤哲(北大), 南江堂, 東京, 2000.04.10発行.

3196. [その他の著書](分担執筆) 人工呼吸器ケアマニュアル(初版); 呼吸不全の病態生理と人工呼吸, p.2〜7; 人工呼吸の適応と導入時期, p.14〜17, 相馬一亥(救命). 編集 渡辺敏(北里大), 中村恵子, Gakken, 東京, 2000.08.01発行.

3197. [その他の著書](分担執筆) 骨折治療学; 手術的治療, 1. 一般的治療; 2. 急性期の合併症; 3. 手術手技の基礎知識; 4. 開放骨折の治療; 5. 多発外傷に伴う骨折の治療法, p.102〜128, 新藤正輝(救命). 南江堂, 東京, 2000.00.00発行.

3198. [その他の著書](分担執筆) New Mook 整形外科8; 外傷肢切断の適応基準, p.48〜56, 新藤正輝(救命). 2000.00.00発行.

3199. [その他の著書](分担執筆) 救急医療カラーアトラス(初版); 気管支喘息, p.260〜270; 肺塞栓症(Pulmonary embolism), p.286〜294, 相馬一亥(救命). 編集 龍村俊樹, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2001.02.01発行.

3200. [その他の著書](編集) 麻酔・救急医療における薬のハンドブック. 編集 剱持修(北大), 大和田隆(救命), 丸藤哲(北大), 南江堂, 東京, 2000.04.10発行.

3201. [学会(国際)](一般講演) Pulmonary nodules. 相馬一亥(救命): 11th World Congress for Bronchology(2000.06.07〜10), 横浜.

3202. [学会(国際)](一般講演) Management of open tibial fractures. 新藤正輝(救命), 田中啓司B, 山田直人, 糸満盛憲(整外): BOA-JOA Combined Congress(2000.10.00), London.

3203. [学会(国際)](ポスター講演) The usefulness of bronchial biopsy for the diagnosis of smoke inhalation. 熊谷謙(救命), 片桐真人, 矢那瀬信雄(内), 今井寛(法医), 相馬一亥, 大和田隆(救命): 11th World Congress for Bronchology(2000.06.07〜10), 横浜.

3204. [学会(国際)](ポスター講演) Time course and inducers of apoptosis in adult rat cardiomyocytes in long-term culture. 鈴木啓介(救命), Kostin, S., Person, V., Schaper, J.: International Society for Heart Research(2000.06.14〜18), Louisville, Kentucky, USA, J. Mol. Cell. Cardiol., 32(5): 72, 2000.

3205. [学会(全国)](教育講演) 胸部画像診断. 相馬一亥(救命): 第22回日本呼吸療法医学会学術総会(2000.06.30〜07.01), 宇都宮.

3206. [学会(全国)](シンポジウム等) 気切孔からの気道出血に対する治療−右腕頭動脈仮性動脈瘤に対する生体組織接着剤の経皮的注入の試み−. 小島里央, 西巻博, 中山昇典, 片岡祐一, 林宗博, 今井寛, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第3回日本臨床救急医学会総会(2000.04.26〜27), 東京.

3207. [学会(全国)](シンポジウム等) 水中毒に重度の横紋筋融解症を合併した2症例の比較検討. 智田文徳, 上條吉人, 片岡祐一, 浅利靖, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第3回日本臨床救急医学会総会(2000.04.26〜27), 東京, 抄録集, p.169, 2000.

3208. [学会(全国)](シンポジウム等) 脳低温療法−重症頭部外傷における有効例・無効例の検討. 遠藤昌孝, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 藤井清孝(脳外): 第14回日本外傷学会総会(2000.05.25〜26), 横浜.

3209. [学会(全国)](シンポジウム等) 急性中毒初期治療の再評価−胃洗浄の適応と見直しについて−. 上條吉人, 相馬一亥(救命): 第22回日本中毒学会総会(2000.07.08〜09), 広島, 中毒研究, 14: 24〜26, 2001.

3210. [学会(全国)](シンポジウム等) 破裂解離性椎骨動脈瘤の治療戦略−コイル塞栓術の有用性−. 北原孝雄, 倉田彰, 遠藤昌孝, 宇津木聡, 大和田隆(救命), 近藤宏治, 谷崎義徳, 平山寿, 大桃丈知, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 第28回日本救急医学会総会(2000.11.08〜10), 東京.

3211. [学会(全国)](ワークショップ) 脳神経外科医をとりまく救急の現状. 有賀徹(昭和大), 大和田隆(救命), 黒田清司(岩手医大), 山浦晶(千葉大), 吉本高志(東北大): 第23回日本神経外傷学会(2000.04.14〜15), 福島.

3212. [学会(全国)](ワークショップ) 経皮的心肺補助(PCPS)を要した急性冠症候群症例に対する急性期完全血行再建は必要か. 中畑潤一, 青山直善, 山岸高宏, 鈴木啓介, 町井正人, 今井寛, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 林宗博(胸外), 黒沢利郎, 和泉徹(内): 第28回日本集中治療医学会総会(2001.03.08〜10), 東京.

3213. [学会(全国)](一般講演) 骨盤骨折の初期治療−救急センター8年間の経験. 新藤正輝, 田中啓司B, 高平尚伸, 西巻博, 大和田隆(救命), 糸満盛憲(整外): 第73回日本整形外科学会学術集会(2000.04.01), 東京.

3214. [学会(全国)](一般講演) 積極的多面治療戦略による重症くも膜下出血の治療成績. 北原孝雄, 遠藤昌孝, 大和田隆(救命), 小林郁夫, 佐藤澄人, 小沢達也, 倉田彰, 宮坂佳男, 平山寿, 藤井清孝(脳外): 第29回日本脳卒中の外科学会(2000.04.25〜26), 東京.

3215. [学会(全国)](一般講演) 重症くも膜下出血に対する脳低温療法の検討. 北原孝雄, 高橋功, 遠藤昌孝, 大和田隆(救命), 近藤宏治, 佐藤澄人, 小沢達也, 倉田彰, 宮坂佳男, 藤井清孝(脳外): 第25回日本脳卒中学会(2000.04.27〜28), 東京.

3216. [学会(全国)](一般講演) 向精神薬服用中に肺塞栓をきたした6例の検討. 上條吉人(救命), 今井寛, 永井智紀, 栗原克由(法医), 片岡祐一, 青山直善, 中畑潤一, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第3回日本臨床救急医学会総会(2000.04.26〜27), 東京, 抄録集, p.173, 2000.

3217. [学会(全国)](一般講演) プロポフォール鎮静時の血中濃度に関する検討. 矢島希和子, 熊谷謙, 新井正康(救命), 近藤留美子(薬剤), 相馬一亥, 大和田隆(救命), 久保博昭(薬学), 島田慈彦(薬剤): 第3回日本臨床救急医学会総会(2000.04.26〜27), 東京, 日本臨床救急医学会雑誌, 3(1): 109, 2000.

3218. [学会(全国)](一般講演) 不安定型骨盤環骨折の治療. 新藤正輝, 田中啓司B, 高平尚伸, 大和田隆(救命): 第26回日本骨折治療学会(2000.06.16〜17), 東京.

3219. [学会(全国)](一般講演) 腸骨動脈瘤に対してステントグラフト留置術を施行した2症例. 田村幸穂, 西巻博(救命), 滝川政和(放), 西山直久, 荒井義孝, 平田光博, 佐藤一喜, 金城正佳(外), 磯部義憲(放), 相馬一亥(救命), 柿田章(外), 大和田隆(救命): 第14回日本心臓血管内視鏡学会(2000.10.21), 奈良.

3220. [学会(全国)](一般講演) 大腸穿孔症例の予後規定因子に関する臨床的検討. 片岡祐一, 滝島常雅, 浅利靖, 田村幸穂, 熊谷謙, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第28回日本救急医学会総会(2000.11.08〜10), 東京.

3221. [学会(全国)](一般講演) 重症神経性無食欲症による栄養管理−救命救急センターNSTによる介入を通して−. 宮下佳子, 五郎丸美紀, 青木弥生(栄養部), 引地文, 近藤留美子, 島田慈彦(薬剤), 嶋田幸子, 熊谷謙, 片岡祐一, 浅利靖, 上條吉人, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第16回日本静脈経腸栄養学会(2001.02.08), 横浜, 静脈経腸栄養, 16(1): 28, 2001.

3222. [学会(全国)](一般講演) 救命救急センターの栄養管理における栄養士の役割−栄養評価, 栄養計画の活用度について−. 五郎丸美紀, 宮下佳子, 吉田奈緒子, 青木弥生(栄養部), 片岡祐一, 熊谷謙, 浅利靖, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第16回日本静脈経腸栄養学会(2001.02.08), 横浜, 静脈経腸栄養, 16(1): 32, 2001.

3223. [学会(全国)](一般講演) 補助循環を要す心不全−ショック患者の管理と問題点−. 今井寛, 中畑潤一, 町井正人, 山岸高宏, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第28回日本集中治療医学会総会(2001.03.08〜10), 東京.

3224. [学会(全国)](一般講演) Pros and Cons ARDSへのステロイド治療「適応は慎重であるべき」. 相馬一亥(救命): 第28回日本集中治療医学会総会(2001.03.08〜10), 東京.

3225. [学会(全国)](一般講演) 人工鼻の加温加湿およびバクテリアルフィルター機能の臨床的検討. 新井正康, 熊谷謙, 伊藤美由紀, 片岡祐一, 浅利靖, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 外須美夫(麻): 第28回日本集中治療医学会総会(2001.03.08〜10), 東京, 日本集中治療医学会雑誌, 8(1): 199, 2001.

3226. [学会(全国)](ポスター講演) 外傷性腎動脈解離の1例−ステント留置による治療−. 高山敦子, 西巻博, 片岡祐一, 片桐寛之, 田中啓司B, 高平尚伸, 新藤正輝, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第14回日本外傷学会総会(2000.05.25〜26), 横浜.

3227. [学会(全国)](ポスター講演) HPLCを用いた薬毒物分析システムの有用性について. 吉村久仁子(生化系), 浅利靖(救命), 新井正康(麻), 福田倫也(内), 片岡祐一(救命), 近藤留美子(薬剤), 上條吉人, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第22回日本中毒学会総会(2000.07.08〜09), 広島.

3228. [学会(全国)](ポスター講演) 当院における経皮的心肺補助の治療成績と問題点. 中畑潤一, 青山直善, 山岸高宏, 鈴木啓介, 今井寛, 町井正人, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 長田和之, 黒沢利郎, 和泉徹(内), 林宗博(胸外): 第28回日本救急医学会総会(2000.11.08〜10), 東京, 日本救急医学会雑誌, 11(10): 598, 2000.

3229. [学会(地方)](特別講演) クモ膜下出血における心肺合併症の病態と急死の機序. 大和田隆(救命): 奈良県医師会救急医学会第20回学術集会(2000.12.09), 奈良.

3230. [学会(地方)](特別講演) 米国の臨床中毒専門医の現状とその養成プログラムについて−Rocky Mountain Poison Centerでの研修をうけて−. 浅利靖(救命): 日本中毒学会東日本部会(2001.01.20), 東京.

3231. [学会(地方)](一般講演) 高アミラーゼ血症が持続した急性水銀中毒の1症例. 中野浩成(内), 上條吉人, 熊谷謙, 片岡祐一, 浅利靖(救命), 引地文, 近藤留美子(薬剤), 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第15回日本中毒学会東日本部会(2001.01.00), 抄録集, p.6, 2001.

3232. [学会(地方)](一般講演) 食道癌穿孔による鎖骨下動脈仮性瘤の1例−ステントグラフト留置術による治療−. 田村幸穂, 西巻博, 福島浩, 片岡祐一, 熊谷謙, 滝島常雅(救命), 嶋尾仁(外), 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第50回日本救急医学会関東地方会(2001.02.10), 東京.

3233. [学会(地方)](一般講演) 心肺蘇生後心電図検査を繰り返すことにより診断し得たBrugada症候群の1例. 上田聖子, 山岸高宏, 熊谷謙, 中畑潤一, 鈴木啓介, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 庭野慎一, 和泉徹(内): 第50回日本救急医学会関東地方会(2001.02.10), 東京.

3234. [学会(地方)](一般講演) 特発性縦隔気腫4例の臨床的検討. 平沢俊行, 熊谷謙, 片岡祐一, 河村砂織, 西巻博, 今井寛, 町井正人, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第50回日本救急医学会関東地方会(2001.02.10), 東京.

3235. [学会(地方)](一般講演) 縦隔内破裂を伴ったStanford B型急性大動脈解離に対して血管ステントグラフト留置術が奏効した1例. 河村砂織, 西巻博, 釼持学, 熊谷謙, 田村幸穂, 林宗博, 町井正人, 今井寛(救命), 小原邦義(胸外), 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第50回日本救急医学会関東地方会(2001.02.10), 東京.

3236. [学会(地方)](一般講演) 補助循環を要す心不全−ショック患者の管理と問題点−. 今井寛(法医), 中畑潤一, 町井正人, 山岸高広, 相馬一亥, 大和田隆(救命): 第28回日本集中治療学会総会(2001.03.08〜10), 東京.

3237. [研究会(全国)](一般講演) 劇症型心筋炎の急性期心筋生検から予後の予測が可能か? 中畑潤一, 青山直善, 山岸高宏, 鈴木啓介, 今井寛, 町井正人, 相馬一亥, 大和田隆(救命), 猪又孝元, 和泉徹(内), 桑尾定仁, 亀谷徹(病理): 第22回心筋生検研究会(2000.11.25), 福岡.

3238. [研究会(地方)](教育講演) 下肢長管骨開放骨折の治療. 新藤正輝(救命): 第1回熊本骨折セミナー学術講演会(2001.01.00), 熊本.

3239. [研究会(地方)](教育講演) 下腿骨開放骨折の治療. 新藤正輝(救命): 第29回北陸骨傷研究会(2001.02.00), 北陸.

3240. [研究会(地方)](一般講演) 縦隔リンパ節腫脹と急速な肺高血圧症を来した1症例. 竹内一郎, 山岸高宏(内), 中畑潤一(救命), 鈴木啓介(内), 相馬一亥, 大和田隆(救命), 和泉徹(内): 第16回神奈川急性循環不全研究会(2001.01.00), 横浜.

3241. [研究会(地方)](公開講座) 臓器提供病院からみた脳死判定, 臓器提供に関して. 北原孝雄(救命): 学術フロンティア公開シンポジウム(健康長寿と環境医科学−脳死移植が医療として定着するためには)(2001.03.18), 相模原.



<<33 臨床薬理学・薬剤学>>

3242. [原著] Effects of Long-Term Grapefruit Juice Ingestion on Nifedipine Pharmacokinetics; Induction of Rat Hepatic P-450 by Grapefruit Juice. 毛利公則, 植沢芳広(明治薬科大), 佐川賢一(薬剤): Drug Metabolism and Disposition, 28(4): 482〜486, 2000.

3243. [原著] Population pharmacokinetics of panipenem in neonates and retrospective evaluation of dosage. 木村利美, 国分秀也(薬剤), 野渡正彦, 松浦信夫(児), 砂川慶介(感染症), 久保博昭(薬学部): J. Antimicrobial. Chemotherapy, 47(1): 51〜59, 2000.

3244. [原著] 新生児におけるパニペネムの薬物動態および至適投与量の検討. 木村利美, 国分秀也, 島田慈彦(薬剤), 西迫真, 野渡正彦, 小口弘毅, 松浦信夫(児), 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): Jap. J. Antibiotics., 53(4): 185〜193, 2000.

3245. [原著] 薬物動態シュミレーションプログラム−ClinKinetics-Kの開発. 木村利美, 国分秀也, 島田慈彦(薬剤): TDM研究, 17(1): 30〜36, 2000.

3246. [原著] ニフェジピン代謝に及ぼすグレープフルーツジュース長期投与の影響. 佐川賢一(薬剤), 毛利公則, 植沢芳広(明治薬科大), 島田慈彦(薬剤): TDM研究, 17(2): 143〜144, 2000.

3247. [原著] テイコプラニンクリアランスに対する血清アルブミン値の影響. 国分秀也, 木村利美, 村瀬勢津子, 島田慈彦(薬剤), 砂川慶介(感染症): TDM研究, 18(1): 15〜20, 2001.

3248. [原著] Evaluation of the effective drugs for the prevention of nausea and vomiting induced by morphine used for postoperative pain: A quantitative systematic review. 平山武司(東薬剤), Fumiyoshi Ishii(明治薬大), 矢後和夫(東薬剤), Hiroyasu Ogata(明治薬大): Yakugaku Zasshi, 121(2): 179〜185, 2001.

3249. [原著] 医療機関が行う「小児の誤飲事故予防」に関する検討. 近藤留美子(薬剤), 梅原実(児), 村上祐美子(薬剤), 相馬一亥, 大和田隆(救命): 小児保健研究, 59(6): 718〜724, 2000.

3250. [原著] 医療機関が行う「小児の誤飲事故予防」に関する検討. 近藤留美子(薬剤), 梅原実(児), 村上裕美子(薬剤), 相馬一亥, 大和田隆(救命): 小児保健研究, 59(6): 718〜724, 2000.

3251. [原著] ノンバイアルキット製剤の有用性に関する実験的研究(第3報)−ダブルバッグ製剤との比較−. 松原肇, 島田慈彦(薬剤): 新薬と臨床, 49(10): 1019〜1032, 2000.

3252. [原著] 注射用抗生物質フロモキセフナトリウムキット製剤の有用性に関する実験的研究−利便性, 調整作業時間, 異物混入, 保管および廃棄時の容積・重量について−. 松原肇, 島田慈彦(薬剤): 新薬と臨床, 49(10): 1033〜1047, 2000.

3253. [原著] カルシトニン製剤の注射筒への吸着に関する研究. 矢後和夫, 黒山政一, 尾鳥勝也, 平山武司, 小川幸雄, 青砥広幸(東薬剤): 病院薬学, 26(3): 273〜279, 2000.

3254. [原著] 高速液体クロマトグラフィーによる新生児血漿中パニペネム濃度の測定. 国分秀也, 木村利美, 村瀬勢津子, 島田慈彦(薬剤), 久保博昭(薬学), 松本真紀, 野渡正彦, 松浦信夫(児): 病院薬学, 26(5): 505〜509, 2000.

3255. [準原著(英文)] Hemodializability of Pimobendan and Its Active Metabolite, UD-CG 212, in Patients with Congestive Heart Failure Undergoing Hemodialysis. Takahashi Masaaki, Hanaoka Masato, 島田慈彦(薬剤), Nomura Masanori, Echizen Hirotoshi: 病院薬学, 26(4): 438〜442, 2000.

3256. [準原著] 新しいプレフィルドシリンジ製剤(エポエチンベータ)の有用性に関する研究(第1報)作業効率. 黒山政一, 平山武司, 矢後和夫(東薬剤): 医学と薬学, 45(2): 289〜293, 2001.

3257. [準原著] 新しいプレフィルドシリンジ製剤(エポエチンベータ)の有用性に関する研究(第2報)利便性. 平山武司, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 医学と薬学, 45(2): 295〜301, 2001.

3258. [短報・速報] Determination of Panipenem in Neonatal Plasma by HPLC. 国分秀也, 木村利美, 村瀬勢津子, 島田慈彦(薬剤), 久保博昭(薬学), 松本真紀, 野渡正彦, 松浦信夫(児): Analytical sciences, 16: 1077〜1078, 2000.

3259. [研究報告] ファモチジン新口腔内崩壊錠の自動分包機調剤における実地検証. 尾鳥勝也, 矢後和夫(東薬剤): Progress in Medicine, 21(3): 725〜728, 2001.

3260. [研究報告] 入院患者のための注射剤調剤指針の策定について. 佐藤秀昭, 佐藤健太郎, 尾家重治, 大谷道輝, 門林宗男, 黒山政一(東薬剤), 土屋文人, 中村幸一, 藤井俊志: 日本病院薬剤師会雑誌, 37(2): 287〜291, 2001.

3261. [症例報告] 平成11年度“くすりと化粧すこやかフェア”の開催および“くすり相談”の実施. 黒山政一(東薬剤), 岩田陽子, 大内文伸, 桜井民雄, 佐藤康信, 佐貫美智留, 三溝和男, 根津良幸, 町田充(薬剤), 山田英紀, 菊池有道: 神奈川県病院薬剤師会誌, (93): 64〜66, 2000.

3262. [症例報告] 一般県民からの“マンガ病院薬剤師物語”に対する評価. 黒山政一(東薬剤), 岩田陽子, 大内文伸, 桜井民雄, 佐藤康信, 渡辺美智留, 三溝和男, 根津良幸, 町田充(薬剤), 山田英紀, 菊池有道: 神奈川県病院薬剤師会誌, (93): 69〜73, 2000.

3263. [症例報告] 県民向け小冊子“あなたの薬と健康”の利用状況. 黒山政一(東薬剤), 岩田陽子, 大内文伸, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 根津良幸, 町田充(薬剤), 山田英紀, 渡辺美智留, 菊池有道: 神奈川県病院薬剤師会誌, (94): 39〜42, 2000.

3264. [症例報告] 平成12年度“くすりと化粧すこやかフェア”の開催および“くすり相談”の実施. 黒山政一(東薬剤), 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 根津良幸, 町田充(薬剤), 山田英紀, 渡邊美智留, 菊池有道: 神奈川県病院薬剤師会誌, (96): 34〜36, 2001.

3265. [総説] 注射薬調剤. 黒山政一(東薬剤): Pharm. D., 2: 55〜57, 2000.

3266. [総説] 注射用キット製剤の現状とその評価(第9-2回)簡易型注射用キット製剤(ユニジェクト)の開発とその特徴. 清水博行(日本ベクトン・デッキンソン), 黒山政一(東薬剤): Pharm. Tech. Japan, 16(4): 643〜646, 2000.

3267. [総説] 注射用キット製剤の現状とその評価(第10-2回)海外におけるプレフィル型シリンジの現状と今後の注射用キット製剤の動向. 清水博行(日本ベクトン・デッキンソン), 黒山政一(東薬剤): Pharm. Tech. Japan, 16(5): 785〜792, 2000.

3268. [総説] 注射用キット製剤の現状とその評価(第11-1回)注射用キット製剤の経済性. 黒山政一, 平山武司, 矢後和夫(東薬剤), 島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Japan, 16(5): 915〜922, 2000.

3269. [総説] 注射用キット製剤の現状とその評価(第11-2回)注射用キット製剤の有用性に関する評価方法. 黒山政一, 平山武司, 矢後和夫(東薬剤), 島田慈彦(薬剤): Pharm. Tech. Japan, 16(5): 925〜929, 2000.

3270. [総説] 急性中毒の診断治療最新スタンダード−手技マニュアル1.胃洗浄, 活性炭と下剤の投与. 引地文(薬剤): レジデントノート, 2(5): 33〜36, 2001.

3271. [総説] 注射用キット製剤の現状と今後の動向. 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 医薬ジャーナル, 36(4): 1217〜1225, 2000.

3272. [総説] 間違いやすい静注薬. 新井万理子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 看護技術, 46(16): 57〜65, 2000.

3273. [総説] ナースのためのくすりガイド; 種類別くすりの効き方/広く使われる薬鎮痛・解熱・抗炎症薬. 国分秀也(薬剤): 看護技術, 46(増6): 31〜35, 2000.

3274. [総説] アミノ配糖体. 木村利美(薬剤): 月刊薬事, 42(4): 641〜645, 2000.

3275. [総説] 多発する医療事故を減らすための提言−注射薬調剤の積極的な推進. 黒山政一(東薬剤): 日本薬剤学会会報, 17(1): 4, 2001.

3276. [総説] 錠剤, カプセル剤PTPの誤飲の実態とその対策. 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 薬局, 51(5): 1336〜1340, 2000.

3277. [講座] 21世紀の薬剤師像−21世紀を生き抜くために; 病院薬剤師の立場から. 尾鳥勝也(東薬剤): ファルマシア, 37(1): 47, 2001.

3278. [講座] PMS今昔「病院薬剤部における取組み」. 佐川賢一(薬剤): 医薬品情報学, 2: 152〜156, 2000.

3279. [講座] 消化器薬(胃炎・潰瘍・下剤). 松原肇(薬剤): 看護技術, 46(増6): 640〜650, 2000.

3280. [講座] 病院における医薬品情報業務の基礎知識(その5). 黒山政一(東病院薬剤): 神奈川県病院薬剤師会誌, (93): 27〜29, 2000.

3281. [講座] 病院における医薬品情報の基礎知識(その6). 黒山政一(東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会誌, (94): 35〜38, 2000.

3282. [講座] 病院における医薬品情報の基礎知識(その7). 黒山政一(東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会誌, (95): 13〜16, 2000.

3283. [講座] 急性中毒ファイルシートNo.121; 炭酸リチウム. 椎崇(東薬剤): 中毒研究, 13(2): 249〜250, 2000.

3284. [講座] ニトログリセリン, 硝酸イソソルビト. 近藤留美子(薬剤): 中毒研究, 13(4): 2000.

3285. [その他の著書](分担執筆) コメディカルのための静脈・経腸栄養ガイドライン; 2.栄養サポートチーム C.薬剤師の役割, p.257〜261, 松原肇, 島田慈彦(薬剤). 南江堂, 東京, 2000.07.25発行.

3286. [その他の著書(啓蒙書)](共著) マンガ病院薬剤師物語 part2−妊婦, 小児編, 黒山政一(東薬剤), 町田充(薬剤), 渡辺美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀. じほう, 東京, 2000.11.20発行.

3287. [その他の著書(啓蒙書)](分担執筆) 看護・介護サービスのための目で見る用語事典; 薬剤使用, p.335, 新井万理子(薬剤), 中田まゆみ(看護学部). 発行.

3288. [その他の著書(啓蒙書)](編集) くすりと病気のQ&A; 編集 佐川賢一, 松原肇, 高橋賢成, 渡辺摂子, 島田慈彦(薬剤), じほう, 東京, 2000.11.30発行.

3289. [その他の著書(入門書)](共著) 医療機関における医薬品市販後調査の実際; 佐川賢一, 露崎浩子, 町田充, 島田慈彦(薬剤). 編集 佐川賢一(北里大), じほう, 東京, 2000.11.25発行.

3290. [その他の著書(入門書)](編集) 医療機関における医薬品市販後調査の実際; 編集 佐川賢一(薬剤), じほう, 東京, 2000.11.25発行.

3291. [その他の著書(辞典)](分担執筆) 薬の事典; 17.感覚器用材−17-1.皮膚科用剤−, p.649〜666, 佐川賢一(薬剤), 他105名. 編集 宮崎利夫(東京薬科大), 朝長文弥(薬剤), 朝倉書店, 東京, 2001.03.10発行.

3292. [翻訳](分担執筆) Applide Therapeutics: The Clinical Use of Drugs. 症例解析にもとづく薬物治療; 周術期管理, 近藤留美子(薬剤). 編集 Lloyd Yee Young, Mary Anne Koda-Kimble, テクノミック, 東京, 2001.03.10発行.

3293. [視聴覚教材・視聴覚出版物](分担執筆) 神経難病必携―療養生活の看護と援助―; 神経難病と薬物療法, p.124〜136, 弟子丸紀子, 小川幸雄, 浅井美由紀, 難波昭雄(東薬剤). 編集 北里大学東病院難病治療研究センター神経難病研修会実行委員会 北里大学東病院難病治療研究センター神経難病研修会実行委員会, 2000.09.00発行.

3294. [視聴覚教材・視聴覚出版物](分担執筆) 神経難病必携―療養生活の看護と援助―; 神経難病と服薬上の問題点, p.137〜141, 難波昭雄, 平山武司(東薬剤). 編集 北里大学東病院難病治療研究センター神経難病研修会実行委員会 北里大学東病院難病治療研究センター神経難病研修会実行委員会, 2000.09.00発行.

3295. [視聴覚教材・視聴覚出版物](分担執筆) 神経難病必携―療養生活の看護と援助―; 消毒薬の種類と使用上の留意点, p.142〜152, 小川幸雄, 黒山政一(東薬剤). 編集 北里大学東病院難病治療研究センター神経難病研修会実行委員会 北里大学東病院難病治療研究センター神経難病研修会実行委員会, 2000.09.00発行.

3296. [学会(国際)](ポスター講演) Comparison of in vivo acute letal potency and in vitro cytotoxicity of 9 chemicals. Fukumoto, M., Mituoka, E.(薬学部), 近藤留美子(薬剤), Ogamo, A.(薬学部): The North American Congress of Clinical Toxycology(2000.09.13〜18), Tucson Arizona, Clinical Toxicology, 38(5): 518, 2000.

3297. [学会(全国)](シンポジウム等) NST実践に向けての教育−病院薬剤師の立場から−. 松原肇(薬剤): 第16回日本静脈経腸栄養学会(2001.02.09), 横浜, 静脈経腸栄養, 16(1): 53, 2001.

3298. [学会(全国)](一般講演) 癌性疼痛に対するモルヒネ製剤導入と制吐薬の有用性に関する検討. 平山武司(東薬剤), 岩田浩実(薬学部), 伊藤直子, 杉林智美, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤), 的場元弘(麻): 日本緩和医療学会総会(2000.06.02), 熊本, 予稿集, p.177, 2000.

3299. [学会(全国)](一般講演) 難病患者の在宅で使用する輸液, 栄養剤の管理. 小川幸雄(東薬剤): 第2回日本在宅医学会学術集会(2000.06.18), 相模原, 日本在宅医学会雑誌, 2(2): 18〜20, 2001.

3300. [学会(全国)](一般講演) 添付文書基づくバンコマイシンの新生児投与について. 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤), 石川文子, 野渡正彦, 佐藤雅彦, 松浦信夫(児), 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 第27回小児日本臨床薬理学会(2000.09.08〜09), 久留米, 予稿集, p.54.

3301. [学会(全国)](一般講演) 一般紙を用いた全国規模での被験者募集(2)地域別, 人口別の検討. 黒山政一, 横田慎一, 広瀬美紀, 野中美和, 弟子丸紀子, 沢田実花, 矢後和夫(東薬剤), 芝原美智子, 野口佳代子(東治験), 石郷岡純, 大谷義夫, 村崎光邦(精), 熊谷雄治(薬理), 畑中一浩(塩野義製薬): 第21回臨床薬理学会年会(2000.09.28〜09.29), 札幌, 臨床薬理, 32(1): 187〜188, 2001.

3302. [学会(全国)](一般講演) “マンガ病院薬剤師物語”に対する一般県民からの評価. 黒山政一(東薬剤), 岩田陽子, 大内文伸, 桜井民雄, 佐藤康信, 渡辺美智留, 三溝和夫, 根津良幸, 町田充(薬剤), 山田英紀, 添田眞司, 矢後和夫(東薬剤), 永倉初江, 土田節男, 菊池有道, 酒井英洋, 小林輝明: 第10回日本病院薬学会年会(2000.10.07〜08), 京都.

3303. [学会(全国)](一般講演) 院内における被験者リクルート方法の検討. 弟子丸紀子, 野中美和, 広瀬美紀, 横田慎一, 沢田実花, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 第10回日本病院薬学会(2000.10.08), 京都.

3304. [学会(全国)](一般講演) モルヒネの体内動態に関する研究−腎機能低下時の体内動態と傾眠傾向. 平山武司(東薬剤), 岩田浩実(薬学部), 伊藤直子, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤), 村瀬勢津子, 島田慈彦(薬剤), 大谷剛正(外): 日本病院薬学会(2000.10.08), 京都, 予稿集, 10: 141, 2000.

3305. [学会(全国)](一般講演) 外来患者における癌性疼痛治療への関わりとその評価. 伊藤直子, 平山武司, 杉林智美, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 第10回日本病院薬学会年会(2000.10.08), 京都, 予稿集, 10: 293, 2000.

3306. [学会(全国)](一般講演) 当院の注射薬供給システムによる医療事故防止への対応−注射業務に関する看護のヒヤリ, ハット事例より. 小川幸雄, 平山武司, 岡本恵美子, 志田瑞枝(東薬剤), 菊一好子(東看護), 矢後和夫(東薬剤): 日本薬学会第121年会(2001.03.30), 札幌.

3307. [学会(全国)](一般講演) 薬学部3年次必修2週間実習における学生の意識調査. 町田充, 葛山晴子(薬剤), 尾鳥勝也(東薬剤), 高津由美子, 市原久雄(北研メディカルセン), 厚田幸一郎(北研), 矢後和夫(東薬剤), 島田慈彦(薬剤): 日本薬学会121年会(2001.03.30), 札幌, 要旨集4, p.202, 2001.

3308. [学会(全国)](一般講演) 薬剤師の評価と今後の薬剤師教育. 尾鳥勝也, 矢後和夫(東薬剤): 日本薬学会121年会(2001.03.30), 札幌, 要旨集4, p.204, 2001.

3309. [学会(全国)](ポスター講演) テオフィリンクリランス予測因子としての好酸球値. 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦, 原真人, 上田康久(薬剤), 松浦信夫(児): 第17回日本TDM学会(2000.05.20), 仙台, プログラム要旨集, p.103.

3310. [学会(全国)](ポスター講演) 小児髄膜炎患者におけるパニペネムの髄液移行. 国分秀也, 木村利美, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤), 内藤剛彦(児), 高山陽子, 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 第17回日本TDM学会(2000.05.20), 仙台, プログラム要旨集, p.114.

3311. [学会(全国)](ポスター講演) 薬剤師による禁煙指導法の検討. 椎野水香, 相沢政明, 浜田幸宏, 大河内貴浩, 高橋賢成, 松原肇, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 第8回クリニカルファーマシーシンポジウム(2000.07.01), 仙台, 要旨集, p.113.

3312. [学会(全国)](ポスター講演) サイトカインによるテオフィリンの代謝抑制効果について. 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦, 原真人, 上田康久(薬剤), 松浦信夫(児): 第21回日本臨床薬理学会(2000.09.28), 札幌, 予稿集, p.166.

3313. [学会(全国)](ポスター講演) 定常状態における血中テイコプラニン濃度の予測性の検討. 国分秀也, 木村利美, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤), 高山陽子, 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 第10回日本病院薬学会年会(2000.10.07), 京都, 要旨集, p.168.

3314. [学会(全国)](ポスター講演) M-VAC療法におけるCBDCA使用時の投与設計−カルバートの式におけるAUCの検討−. 岡崎美代子, 町田充, 本橋茂, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 第10回日本病院薬学会年会(2000.10.07), 京都, 要旨集, p.263.

3315. [学会(全国)](ポスター講演) 当院における内臓真菌症治療薬の使用状況. 田口祐子, 村瀬勢津子, 国分秀也, 新井万理子, 島田慈彦(薬剤), 小幡進(検査部), 久米光(病理): 第10回日本病院薬学会年会(2000.10.07〜08), 京都, 要旨集, p.324.

3316. [学会(全国)](ポスター講演) 当院における内臓真菌症治療薬の使用と真菌検査に関する疫学. 村瀬勢津子, 田口祐子, 国分秀也, 島田慈彦(薬剤), 小幡進(検査部), 久米光(病理): 第44回日本医真菌学会総会(2000.11.25〜26), 長崎, 日本医真菌学会雑誌, 41(Suppl.1): 113.

3317. [学会(全国)](ポスター講演) 新生児における硫酸アルベカシン薬物動態のNONMEM解析. 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦, 原真人, 上田康久(薬剤), 松浦信夫(児): 第121年会日本薬学会(2001.03.28〜30), 札幌, 要旨集, 3: 104.

3318. [学会(全国)](ポスター講演) 腎移植患者におけるサンディミュンとネオーラルの薬物動態の比較. 浜田幸宏, 木村利美, 吉田一成, 国分秀也, 近藤留美子, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 第121年会日本薬学会(2001.03.28〜30), 札幌, 要旨集, 3: 141.

3319. [学会(全国)](ポスター講演) 中央手術室におけるリスクマネージメントへの薬剤師の関与. 富樫敦子, 新井万理子, 野島淳子, 小山彰子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤), 竹中智昭, 外須美夫(麻): 第121回日本薬学会(2001.03.29), 札幌, 要旨集, 3: 176.

3320. [学会(全国)](ポスター講演) 眼科病棟におけるクリティカルパスと薬剤師の関わり〜白内障クリティカルパスを中心に〜. 田村和敬, 伊藤俊雅, 本橋茂, 高橋賢成, 佐川賢一(薬剤): 第121年会日本薬学会(2001.03.28〜30), 札幌, 要旨集, 3: 177.

3321. [学会(地方)](一般講演) 北里大学東病院における院外処方せん発行の現状−処方医への疑義照会を中心に. 杉林智美, 西園美和子, 椎崇, 伊藤直子, 難波昭雄, 尾鳥勝也, 川口時彦, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会学術大会(2000.11.12), 横浜.

3322. [学会(地方)](一般講演) 院外処方せん発行の現状−開局薬局からの疑義照会を中心に. 西園美和子, 杉林智美, 椎崇, 伊藤直子, 難波昭雄, 尾鳥勝也, 川口時彦, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 神奈川県薬剤師会学術大会(2000.11.19), 横浜.

3323. [学会(地方)](ポスター講演) 院外処方箋発行の現状と問題. 菅原充広, 伊藤俊雄, 田村和敬, 荒木裕子, 引地文, 松原肇, 高橋賢成, 佐久間政彦, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第30回学術大会(2000.08.27), 東京, 予稿集, p.264.

3324. [学会(地方)](ポスター講演) 感染症回診における薬剤師の役割. 引地文, 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤), 野々山勝人, 高山陽子, 砂川慶介(感染症): 日本病院薬剤師会関東ブロック第30回学術大会(2000.08.26), 東京, 要旨集, p.156〜157.

3325. [研究会(全国)](教育講演) キット製剤の評価. 平山武司(東薬剤): 日本薬剤学会製剤セミナー(2000.07.05), 千葉, 予稿集, p.75〜78, 2000.

3326. [研究会(地方)](教育講演) 医療機関における医薬品の市販後調査の実際について. 佐川賢一(薬剤): 神奈川県衛生部薬務課主催(2000.11.07), 横浜.

3327. [研究会(地方)](教育講演) 「調剤過誤をいかにして防ぐか」−薬剤師の意識改革が必要−. 佐川賢一(薬剤): 千葉県病院薬剤師会主催(2001.02.24), 千葉.

3328. [研究会(地方)](シンポジウム等) 薬剤管理指導業務に求められるもの−特定共同指導を受けて. 黒山政一(東薬剤): 第82回関東私立医科大学病院薬剤部研究会(2000.11.18), 東京.

3329. [研究会(地方)](一般講演) アミノ配糖体の一回投与量. 田口祐子, 木村利美, 国分秀也, 佐藤透, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会第7回学術大会(1999.11.12), 横浜, 要旨集, p.13〜14.

3330. [研究会(地方)](一般講演) オンラインシステムによる注射薬調剤−北里大学東病院の現状を通して. 塙久美子, 小川幸雄, 平山武司, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 関東私立大学薬局研究会(2000.05.27), 東京.

3331. [研究会(地方)](一般講演) 薬剤師による注射剤調剤の実際と問題点. 小川幸雄(東薬剤): 平成12年度関東私立医大病院薬剤部研究会(2000.05.27), 東京.

3332. [研究会(地方)](一般講演) 癌性疼痛患者へのモルヒネ投与により誘発される嘔気, 嘔吐に対する予防効果−プロクロルペラジンの有用性. 岩田浩実(薬学部), 平山武司, 伊藤直子, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫(東薬剤): 第8回神奈川県病院薬剤師会学術大会(2000.11.12), 横浜, 予稿集, p.39〜40, 2000.

3333. [研究会(地方)](一般講演) 調剤過誤はなぜ起こるか?−インシデントレポートによる分析−. 相沢政明, 椎野水香, 守屋夏美, 菅原充広, 小池美恵子, 高橋賢成, 松原肇, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会第8回学術大会(2000.11.12), 横浜, 要旨集, p.35〜36.

3334. [研究会(地方)](一般講演) 院外処方箋発行後の疑義照会. 和田彩子, 菅原充広, 椎野水香, 守屋夏美, 相沢政明, 小池美恵子, 高橋賢成, 松原肇, 佐久間政彦, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 神奈川県病院薬剤師会第8回学術大会(2001.00.00), 横浜, 要旨集, p.19〜20.

3335. [研究会(地方)](一般講演) Get the Answersかながわ活動について. 黒山政一(東薬剤): 神奈川県平成12年度病院診療所薬局実務講習会(2001.02.24), 横浜.



<<34 医療社会学>>

3336. [原著] 実践力を高める研修システム−医療ソーシャルワーク専門講座を創り上げて. 松山真(総合相談): ソーシャルワーク研究, 26(1): 23〜30, 2001.

3337. [総説] ケアマネージャーの仕事と資格. 稗田里香(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 10(1): 60〜61, 2001.

3338. [総説] 医療費控除. 細谷桃代(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 10(2): 160〜161, 2001.

3339. [総説] 失業給付. 秋山洋平(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 10(3): 248〜250, 2001.

3340. [総説] 介護認定審査会. 松山真(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 9(11): 1108〜1110, 2000.

3341. [総説] 老人保健・福祉に関する社会資源Q & A; 介護休業制度. 芦沢有子(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 9(12): 1204〜1206, 2000.

3342. [総説] 老人保健・福祉に関する社会資源Q & A; 手帳の制度. 芦沢有子(総合相談部), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 9(4): 390〜392, 2000.

3343. [総説] 介護保険−訪問調査. 稗田里香(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 9(5): 488〜490, 2000.

3344. [総説] 要介護認定. 上條真子(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 9(6): 614〜616, 2000.

3345. [総説] 介護保険における居宅サービス. 伊勢田明子(総合相談), 前田真治(医療衛生): Journal of Clinical Rehabilitation, 9(8): 818〜820, 2000.

3346. [総説] ニューロパチーのリハビリテーション. 佐々木麗(リハ部), 前田真治(医療衛生): 今月の治療, 8(1): 59〜66, 2000.

3347. [翻訳](分担執筆) 失語症の理解のために“Understanding Aphasia”; 第7章 聴覚的理解の障害, p.155〜166, 福島由美(リハ部). 創造出版, 東京, 2000.09.01発行.

3348. [翻訳](分担執筆) 失語症の理解のために“Understanding Aphasia”; 第7章 聴覚的理解の障害, p.167〜172, 安田菜穂(リハ部). 創造出版, 東京, 2000.09.01発行.

3349. [視聴覚教材・視聴覚出版物](監修) 面接教育ビデオシリーズ基礎編; 信頼関係を結ぶ面接技術, 1.初回面接での信頼関係の確立, 2.ラポールの確立につながるノンバーバルコミュニケーション, 監修 松山真(総合相談), エムアウト, 2000.05.20発行.

3350. [学会(国際)](ポスター講演) Physical fitness and mental symptoms in schizophrenics participating in day care program. 坪内友美, 白木原市次, 北島正人, 末吉美佳(リハ部), 笠原友幸(秦野病院), 鈴木牧彦(医療衛生): 6th International Symposium of Asian Society for Adapted Physical Education and Exercise(2000.08.29), 台北.

3351. [学会(全国)](一般講演) 医療ソーシャルワーカーによる権利擁護に関する援助についての調査研究−その1. 芦沢有子(総合相談), 田口美和(エムアウト), 松山真(総合相談), 松井久典(適寿リハビリテーション病院): 第20回日本医療社会事業学会(2000.05.20), 千葉.

3352. [学会(全国)](一般講演) 医療ソーシャルワーカーによる権利擁護に関する援助についての調査研究−その2. 松山真(総合相談), 田口美和(エムアウト), 芦沢有子(総合相談), 松井久典(適寿リハビリテーション病院): 第20回日本医療社会事業学会(2000.05.20), 千葉.

3353. [学会(全国)](一般講演) 自転車エルゴメーター駆動時におけるペダル踏力の変化. 藤橋紀行, 外島裕之, 平賀よしみ, 春日美保, 佐々木麗, 永尾久美子(リハ部), 長沢弘, 大渕修一(医療衛生): 第18回日本私立医科大学理学療法学会(2000.10.07), 兵庫.

3354. [研究会(地方)](一般講演) 精神分裂病患者の全身持久力と精神症状の関係. 坪内友美(リハ部): 神奈川県PT・OT実務研究会(2000.10.17), 相模原.

3355. [研究会(地方)](一般講演) Activityがもたらした反応−筋緊張亢進により上肢使用困難であった1症例. 中丸紀久美, 島田理佐子, 中西浩司(リハ部): 神奈川県PT・OT実務研究会(2000.10.17), 相模原.



<<35 医学原論>>

3356. [原著] 遺伝子検査−子どもの場合(3): 日本で策定された遺伝子検査に関するガイドラインおよびコンセント・フォームの紹介・検討を通して. 斉藤有紀子(医学原論): (年報)医事法学, 15: 23〜35, 2000.

3357. [総説] 「健康」「予防」概念の功罪. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(10): 6〜7, 2000.

3358. [総説] 遺伝子検査と生命保険; 検査のリスク/診断の意味. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(12): 6〜7, 2000.

3359. [総説] 母体保護法と女性の自己決定; 人工妊娠中絶の現代的意味を考える. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(4): 6〜7, 2000.

3360. [総説] ES細胞とインフォームド・コンセント. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(5): 6〜7, 2000.

3361. [総説] 産む自由/産まない自由の変容; 胚・配偶子授受の時代を迎えて. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(6): 6〜7, 2000.

3362. [総説] 看護・助産研究の倫理; インフォームド・コンセントと個人情報保護. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(7): 6〜7, 2000.

3363. [総説] 未成年者の医療上の自己決定権 その1; 脳死判定と臓器提供. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(8): 6〜7, 2000.

3364. [総説] 未成年者の医療上の自己決定権 その2; 人工妊娠中絶の意思決定と手術の同意. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 54(9): 6〜7, 2000.

3365. [総説] HIV感染者の挙児の希望と体外受精. 斉藤有紀子(医学原論): 助産婦雑誌, 55(2): 6〜7, 2001.

3366. [その他の著書(概説書)](共著) 疫学研究におけるインフォームド・コンセントに関するガイドライン, Version 1.0, 玉腰暁子(名古屋大), 石川鎮清, 中村好一, 尾島俊之(自治医大), 中山健夫(国立がんセン), 菊地正悟(愛知医大), 武藤香織(慶大), 小橋元(北大), 山縣然太朗(山梨医大), 斉藤有紀子(医学原論), 鷲尾昌一(九大), 杉森裕樹(聖マリ医大). 編集 厚生省科学研究費補助金健康科学総合研究事業, 日本医事新報社, 東京, 2000.04.10発行.

3367. [学会(全国)](ワークショップ) 疫学研究における個人情報保護とインフォームド・コンセント. 斉藤有紀子(医学原論): 日本生命倫理学会(2000.11.03), 旭川, 予稿集, p.42, 2000.

3368. [研究会(全国)](一般講演) 小児期発症の筋ジストロフィー患者(児)の遺伝子検査をめぐる諸問題 (1)患者(児)の病型に関する遺伝情報と姉妹の保因者診断について. 白井泰子(国立精神・神経セン), 丸山英二(神戸大), 土屋貴志(大阪市大), 斉藤有紀子(医学原論), 佐藤恵子(国立がんセン), 玉井真理子(信州大), 中井博史(国療西多賀病院), 大沢真木子(東女医大): 厚生省精神・神経疾患研究「筋ジストロフィーの遺伝相談法及び病態に基づく治療法の開発に関する研究」平成12年度研究班会議(2000.12.06), 東京, 抄録集, p.26, 2000.

3369. [研究会(全国)](一般講演) 小児期発症の筋ジストロフィー患者(児)の遺伝子検査をめぐる諸問題(2)患者(児)の姉妹の保因者診断に対するICフォーム作成に関する基本原則. 白井泰子(国立精神・神経セン), 斉藤有紀子(医学原論), 丸山英二(神戸大), 土屋貴志(大阪市大), 玉井真理子(信州大), 佐藤恵子(国立がんセン), 中井博史(国療西多賀病院), 大沢真木子(東女医大): 厚生省精神・神経疾患研究「筋ジストロフィーの遺伝相談法及び病態に基づく治療法の開発に関する研究」平成12年度研究班会議(2000.12.06), 東京, 抄録集, p.27, 2000.

3370. [研究会(全国)](一般講演) 小児期発症の筋ジストロフィー患者(児)の遺伝子検査をめぐる諸問題(3)患者(児)の姉妹の保因者診断に対するICフォーム試案. 白井泰子(国立精神・神経セン), 佐藤恵子(国立がんセン), 丸山英二(神戸大), 土屋貴志(大阪市大), 斉藤有紀子(医学原論), 玉井真理子(信州大), 中井博史(国療西多賀病院), 大沢真木子(東女医大): 厚生省精神・神経疾患研究「筋ジストロフィーの遺伝相談法及び病態に基づく治療法の開発に関する研究」平成12年度研究班会議(2000.12.06), 東京, 抄録集, p.28, 2000.

3371. [研究会(地方)](一般講演) 医学研究における個人情報保護とインフォームド・コンセント. 斉藤有紀子(医学原論): 東京法哲学研究会(2000.10.28), 東京.



<<36 医用情報学>>

3372. [原著] Analysis of compression force in the hip joint during impulsive exercises: A preliminary study for developing exercise protocol for osteoporosis. 大渕修一(医療衛生), Sato, H.(広大), Shibata, H., Kojima, M., 白鷹増男(医用情報), 前田真治尾(医療衛生): J. Jpn. Phys. Ther. Assoc., 3: 7〜11, 2000.

3373. [原著] 要介護認定で利用されるモデル状態像60例の統計的解析. 白鷹増男(医用情報), 松永篤彦, 長沢弘, 清水和彦(医療衛生): 北里医学, 31(1): 8〜15, 2001.

3374. [準原著] 頭痛の定量化を目的とした「頭痛日記」画像解析システムの開発. 竹内昭博(医療衛生), 土橋かおり, 島沢謹江, 五十嵐久佳, 坂井文彦(内), 白鷹増男(医用情報), 池田憲昭(医療衛生): 医療情報学, 20(4): 319〜326, 2000.

3375. [学会(全国)](一般講演) 要介護認定で利用されるモデル状態像60例のクラスター分析. 白鷹増男(医用情報), 松永篤彦, 清水和彦, 宮原英夫(医療衛生): 第17回日本分類学会研究報告会(2000.12.09), 予稿集, p.15〜20, 2000.



<<39 化学>>

3376. [原著] Microstructure and mechanical properties of sintered body of zirconia coated hydroxyapatite particles. 松野昂士(化学), 渡辺健一, 小野憲次(奈良機械製作所), 小石真純(東理大): J. Mater. Sci. Lett., 19(7): 573〜576, 2000.

3377. [準原著] 三次元網目構造を有する二成分系骨伝導性インプラント材料の設計・製作およびその性質. 松野昂士(化学), 森田真史(医療衛生), 渡辺健一(奈良機械製作所), 小石真純(東理大): 第38回粉体に関する討論会講演論文集, p.159〜162, 2000.

3378. [学会(全国)](シンポジウム等) 水酸アパタイトとジルコニアからなる複合微粒子焼結体の骨結合. 松野昂士(化学), 森田真史(医療衛生), 渡辺健一(奈良機械製作所), 小石真純(東理大): 日本バイオマテリアル学会シンポジウム2000(2000.11.07), 横浜, 予稿集, p.128, 2000.

3379. [学会(全国)](ポスター講演) 三次元網目構造を有する二成分系骨伝導性インプラント材料の設計・製作およびその性質. 松野昂士(化学), 森田真史(医療衛生), 渡辺健一(奈良機械製作所), 小石真純(東理大): 第38回粉体に関する討論会(2000.11.01), 富山.

3380. [特許] 生体硬組織用インプラント材料およびその製造方法(日本特許; 第3085903号, 特許公報(B2)1-158, p.1〜18, 登録日: 2000.07.07), 松野昂士(化学), 渡辺健一, 小野憲次(奈良機械製作所), 小石真純(東理大).



<<41 生物学>>

3381. [研究会(全国)](シンポジウム等) 東北地方に生息するタゴガエル(Rana tagoi)の核型(性染色体). 龍崎正士(生物), 滝沢直定(情報科学セン), 笹森耕二(青森市), 高橋修(仙台市), 野口達也(宇都宮市), 大東義徹(神戸大), 西岡みどり(広大): 日本両生類研究会(2000.08.05), 新潟, 両生類誌, 5: 33, 2000.



<<42 寄付講座・感染症学>>

3382. [原著] 北関東地域で分離されたChlamydia pneumoniaeの感染性粒子形態と抗体の反応性. 菰田照子, 坂内久一, 秋田博伸, 岩田敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介, 萩原敏且(感染症): 感染症誌, 74(12): 1018〜1022, 2000.

3383. [臨床治験] 小児感染症におけるアジスロマイシンの臨床評価. 砂川慶介(感染症): Jpn. J. Antibiotics, 53(Suppl.B): 91〜102, 2000.

3384. [総説] (特集)耳鼻咽喉科薬物療法の実際2000; <よく遭遇する他科疾患>小児の急性気管支炎・肺炎. 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): JOHNS, 16(9): 1471〜1472, 2000.

3385. [総説] グラム陰性桿菌感染症(耐性菌感染症を中心に). 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 化学療法の領域, 16(9): 1479〜1483, 2000.

3386. [総説] 各科領域におけるカルバペネム系抗菌薬の使い方(5) 化膿性髄膜炎. 野々山勝人, 高山陽子, 砂川慶介(感染症): 感染症と抗菌薬, 3: 78〜81, 2000.

3387. [総説] 細菌検査を依頼する際の留意点. 平田泰良(感染症), 井上松久(微), 砂川慶介(感染症): 救急医学, 24(6): 689〜695, 2000.

3388. [総説] 感染性心内膜炎. 野々山勝人(感染症): 呼吸と循環, 48(8): 833〜836, 2000.

3389. [総説] 抗菌薬の選択基準. 砂川慶介(感染症): 小児科診療, 63(11): 1633〜1637, 2000.

3390. [総説] 抗微生物薬の使い方; V. 耐性菌への使用 Pseudomonas, その他のGNR. 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 小児科診療, 63(11): 1950〜1954, 2000.

3391. [総説] 耐性菌感染症(MRSA, VRSA, VRE, PRSP). 野々山勝人, 高山陽子, 砂川慶介(感染症): 小児科診療, 63(7): 979〜982, 2000.

3392. [総説] 院内感染の原因微生物. 野々山勝人, 高山陽子, 砂川慶介(感染症): 小児看護, 23(2): 172〜175, 2000.

3393. [総説] 予防接種Q & A(肺炎球菌ワクチン). 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 小児内科, 32(10): 1911〜1915, 2000.

3394. [総説] 最近の感染症−発熱を伴う発疹. 砂川慶介(感染症): 総合臨床, 50(3): 454〜456, 2001.

3395. [総説] PRSP/BLNAR感染症の治療. 砂川慶介(感染症): 日本医学会雑誌, 124(7): 28〜30, 2000.

3396. [総説] 抗菌薬の開発−現状の問題と今後の課題. 砂川慶介(感染症): 日本化学療法学会誌, 49(2): 77〜81, 2001.

3397. [総説] 呼吸器感染症−ペニシリン耐性肺炎球菌. 砂川慶介(感染症): 日本胸部臨床, 59(Suppl.): 228〜234, 2000.

3398. [総説] 小児と抗菌薬. 砂川慶介(感染症): 日本小児科学会雑誌, 104(9): 903〜906, 2000.

3399. [講座] O157感染症. 砂川慶介(感染症): 内科, 85(6): 1442, 2000.

3400. [講座] 小児の薬用量と服薬指導(1)小児の薬用量をどう考えるか. 砂川慶介(感染症): 日本医事新報, (3962): 20〜21, 2000.

3401. [講座] 小児の薬用量と服薬指導(2)抗菌薬の副作用. 砂川慶介(感染症): 日本医事新報, (3963): 46〜47, 2000.

3402. [講座] 小児の薬用量と服薬指導(3)服薬指導の実際. 砂川慶介(感染症): 日本医事新報, (3964): 42〜43, 2000.

3403. [講座] 小児の薬用量と服薬指導2; 具体的事例と処方例1. 砂川慶介(感染症): 日本医事新報, (3965): 42〜43, 2000.

3404. [講座] 小児の薬用と服薬指導2; 具体的事例と処方例2. 砂川慶介(感染症): 日本医事新報, (3966): 42〜43, 2000.

3405. [講座] 小児の薬用量と服薬指導3; 具体的事例と処方例3. 砂川慶介(感染症): 日本医事新報, (3967): 42〜43, 2000.

3406. [学術書](分担執筆) クリニカルファーマシーのための病態生理; 感染症の薬物治療, p.276〜278, 砂川慶介(感染症). 編集 越前宏俊, 辻本豪三, 医学ジャーナル, 大阪, 2000.06.10発行.

3407. [学術書](分担執筆) 今日の眼疾患治療指針; 小児の管理, p.50〜51, 野々山勝人(感染症). 編集 田野保雄, 樋田哲夫, 医学書院, 東京, 2000.11.01発行.

3408. [学術書](分担執筆) 今日の眼疾患治療指針; 小児における抗生物質の使用法, 43: p.804, 砂川慶介(感染症). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 山口徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2001.01.01発行.

3409. [学術書](分担執筆) 今日の小児治療指針, 第12版; 敗血症, p.240〜242, 野々山勝人(感染症). 編集 矢田純一, 柳澤正義, 山口規容子, 大関武彦, 医学書院, 東京, 2001.03.25発行.

3410. [その他の著書](分担執筆) 新しい治療薬のポイント; アジスロマイシン水和物, 13: 132〜155, 砂川慶介(感染症). メディカルレビュー社, 大阪, 2000.09.30発行.

3411. [学会(国際)](特別講演) The effects of antibiotics on the intestinal bacterial flora in children. 砂川慶介(感染症): 6th Joint Symposium the Kitasato Institute/Robert Koch-Institute(2000.09.07), Berlin.

3412. [学会(全国)](教育講演) 新生児のMRSA感染症−臨床からみたMRSA感染症−. 野々山勝人(感染症): 第36回日本新生児学会(2000.07.17), 東京.

3413. [学会(全国)](シンポジウム等) 耐性菌による感染症−臨床の面から−. 野々山勝人(感染症): 第32回日本小児感染症学会(2000.11.23), 東京.

3414. [学会(全国)](一般講演) VCMが奏功しなかったMRSAによる感染性心内膜炎の1症例. 高山陽子, 野々山勝人(感染症), 吉田一成, 遠藤忠雄(泌), 砂川慶介(感染症): 第74回日本感染症学会総会(2000.04.20〜21), 福岡.

3415. [学会(全国)](一般講演) Microimmunofluorescence法(MIF)で検出されるChlamydia trachomatis特異的IgA抗体について. 坂内久一, 菰田照子, 秋田博伸, 岩田敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介(感染症): 第74回日本感染症学会総会(2000.04.20〜21), 福岡.

3416. [学会(全国)](一般講演) 細菌性腸炎起因菌に対するホスホマイシンの抗菌力. 古畑勝則, 大仲賢二, 福山正文, 砂川慶介, 原哲郎(感染症): 第74回日本感染症学会総会(2000.04.20〜21), 福岡.

3417. [学会(全国)](一般講演) 保育園0, 1歳児のPRSP, BLNAR蔓延状況. 秋田博伸, 佐藤吉壮, 岩田敏, 砂川慶介(感染症): 第74回日本感染症学会総会(2000.04.20〜21), 福岡.

3418. [学会(全国)](一般講演) 新生児におけるceftriaxonの蛋白結合率と遊離ビリルビン濃度に与える影響. 佐藤吉壮, 磯畑栄一, 岩田敏, 秋田博伸, 砂川慶介(感染症): 第48回日本化学療法学会総会(2000.06.01〜02), 岡山.

3419. [学会(全国)](一般講演) 乳児用調整粉乳の一括調乳における加熱殺菌条件について. 中村侃美(栄養部), 野々山勝人(感染症), 横田行史(児), 平井るり(看護), 大吉慎(雪印乳業): 第47回日本小児保健学会(2000.11.17), 高知.

3420. [学会(全国)](一般講演) 酵素免疫測定法キットにより検出される抗C.trachomatis IgA抗体. 坂内久一, 菰田照子, 松井清彦, 秋田博伸, 岩田敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介(感染症): 第13回日本性感染症学会(2000.12.02〜03), 名古屋.

3421. [学会(全国)](一般講演) 新生児におけるMRSAの伝播・定着に関する経時的検討. 山口禎夫, 高山陽子, 野々山勝人, 砂川慶介(感染症), 大石智洋, 岩田敏(国立医療セン): 第16回日本環境感染学会総会(2001.02.23), 東京.

3422. [学会(全国)](一般講演) 北里大学病院における10年間の小児化膿性髄膜炎に関する臨床検討. 山口禎夫, 野々山勝人, 高山陽子(感染症), 松浦信夫(児), 砂川慶介(感染症): 第16回日本環境感染学会総会(2001.02.23), 東京.

3423. [学会(全国)](一般講演) 小児化膿性髄膜炎の全国調査結果−使用抗菌薬と予後−. 砂川慶介, 野々山勝人, 高山陽子, 山口禎夫, 大石智洋, 岩田敏, 秋田博伸, 佐藤吉壮, 生方公子(感染症): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良.

3424. [学会(全国)](一般講演) 小児化膿性髄膜炎の全国調査結果−インフルエンザ菌と肺炎球菌の遺伝子解析−. 生方公子, 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 野々山勝人, 高山陽子, 山口禎夫, 大石智洋, 岩田敏, 秋田博伸, 佐藤吉壮, 砂川慶介(感染症): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良.

3425. [学会(全国)](一般講演) 20年間のNICUにおける敗血症の臨床学的検討. 佐藤吉壮, 岩田敏, 大石智洋, 秋田博伸, 山口禎夫, 砂川慶介(感染症): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良.

3426. [学会(全国)](一般講演) 20年間のNICUにおける敗血症の細菌学的検討. 佐藤吉壮, 岩田敏, 大石智洋, 秋田博伸, 山口禎夫, 砂川慶介(感染症): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良.

3427. [学会(全国)](一般講演) 重症化した新生児水痘の1症例. 田久保憲行, 野々山勝人(感染症), 原真人(児), 砂川慶介(感染症), 松浦信夫(児): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良.

3428. [学会(全国)](一般講演) 保育園児における肺炎球菌及びインフルエンザ菌の鼻咽腔への定着に関する検討. 大石智洋, 土橋仁保子, 岩田敏, 青木泰子, 佐藤吉壮, 高山陽子, 野々山勝人, 秋田博伸, 砂川慶介, 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 生方公子(感染症): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良.

3429. [学会(全国)](一般講演) C.trachomatist感染細胞抽出液中の抗C.trachomatist抗体と反応する抗原について. 菰田照子, 坂内久一, 秋田博伸, 岩田敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介(感染症): 第75回日本感染症学会総会(2001.03.29〜30), 奈良.

3430. [学会(全国)](ポスター講演) 新生児のMRSA定着・伝播と臍部消毒法に関する検討. 大石智洋, 岩田敏, 青木泰子(国立医療セン), 佐藤吉壮(富士重工), 秋田博伸(聖マリ医大), 城裕之(横浜労災), 山口禎夫, 高山陽子, 野々山勝人, 砂川慶介(感染症), 辻明良(東邦大): 第16回日本環境感染学会総会(2001.02.23), 東京.

3431. [学会(地方)](特別講演) 抗菌薬の開発−現状の問題と今後の課題. 砂川慶介(感染症): 第49回日本感染症学会東日本地方会総会, 第47回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(2000.10.06〜07), 旭川.

3432. [学会(地方)](特別講演) 耐性菌対策−抗菌薬の使い方. 砂川慶介(感染症): 第26回東日本小児科学会(2000.11.26), 東京.

3433. [学会(地方)](ワークショップ) 臨床委員会報告−ブリッジング試験委員会報告. 砂川慶介(感染症): 第48回日本化学療法学会西日本支部総会(2000.12.07〜08), 京都.

3434. [学会(地方)](一般講演) Fournier症候群の3例. 高山陽子(感染症), 宋成浩, 馬場志郎(泌), 相馬一亥(救命), 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 第48回神奈川感染症医学会(2000.09.02), 川崎.

3435. [学会(地方)](一般講演) 新生児の鼻腔および臍部におけるMRSA定着と臍部消毒法に関する検討. 大石智洋, 岩田敏, 青木泰子, 佐藤吉壮, 秋田博伸, 城裕之, 高山陽子, 野々山勝人, 砂川慶介, 辻明良(感染症): 第49回日本感染症学会東日本地方会総会, 第47回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(2000.10.06〜07), 旭川.

3436. [学会(地方)](一般講演) 北里大学病院における感染性心膜炎の検討. 高山陽子, 平田泰良, 野々山勝人, 砂川慶介(感染症): 第49回日本感染症学会東日本地方会総会, 第47回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(2000.10.06〜07), 旭川.

3437. [研究会(国際)](特別講演) Infectious diseases caused by antimicrobial-resistant bacteria at Kitasato University Hospital. 砂川慶介(感染症): Symposium on Nosocomial Infection in ICUS(2000.10.21), Taipei.

3438. [研究会(全国)](特別講演) 新生児抗生物質の理論. 砂川慶介(感染症): 平成12年度新生児医療関係者研修会(2001.01.27), 横浜.