2001年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)



<<01 解剖学>>

1. [原著] The membrane-anchored MMP-inhibitor PECK is a key regulator of angiogenesis. Oh J, Takahashi R, Kondo S, Mizoguchi A (京大), 安達栄治郎 (解), Sasahara R M, Nishimura S, Imamura Y, Kitayama H (京大), Axexander D B, Ide C, Horan T P, Arakawa T, Yoshida H, Nishikawa S, Itoh Y (京大), Seiki M (東大), Itohara S (理化学研究所), Takahashi C, Noda M: Cell, 107 (6): 789〜800, 2001.

2. [原著] Importance of balance between extracellular matorix synthesis and degradation in basement membrane formation. Awano S (資生堂), Akutsu N, 門谷裕一 (解), Nishiyama T (資生堂), Champliand M F, Burgeson B E (ハーバード大), 安達栄治郎 (解): EXP. Cell Res., 271 (2): 249〜262, 2001.

3. [原著] Collagen U Containing a Cys substitution for Arg-α1-519: Abnormal interactions of the mutated molecules with collagen \. Fertala A, Sieron A (トーマス・ジェファーソン大), 安達栄治郎 (解), Jimenez S A (トーマス・ジェファーソン大): Biochemistry, 40 (48): 14422〜14428, 2001.

4. [原著] Alteration of collagen W in acutely deteriorated renal allografts. Utsumi K, Sawada T, Yamato M, Shimizu A (東京女医大), 安達栄治郎 (解), Fuchinoue S (東京女医大): Transplantation, 71 (12): 1757〜1765, 2001.

5. [原著] Collagen W is upregulated in chronic transplant nephropathy. Kawase T, Shimizu A (東京女医大), 安達栄治郎 (解), Tojinbara T, Nakajima I, Fuchinoue S, Sawada, T (東京女医大): Transplantation Procedings, 33 (1〜2): 1207〜1208, 2001.

6. [原著] Staining of Collagen Type W in liver allografts. Kudoh S, Sawada T (東京女医大), 安達栄治郎 (解), Hirota S, Tojinbara T, Nakajima I, Fuchinoue S, Agishi T (東京女医大): Transplantation Procedings, 32 (7): 2359, 2000.

7. [原著] Targeted disruption of dermatopontin causes abnormal collagen fibrillogenesis. Takeda U, Utari A, Wu J, 安達栄治郎 (解), Koseki H, Taniguchi M, Matsumoto T, Ohashi T, Sato M, Shinkai H: J. Invest. Dermatol., 119 (3): 678〜683, 2002.

8. [原著] Enhancement of high potassium-induced cotechol-amaine release in PC12D cell clones overexpressing U-1, a catecholamine biosynthesis regulatory protein. Yamakuni T, Yamamoto T, Ishida Y, Yamamoto H, Song S Y, 安達栄治郎 (解), Hiwatashi Y, Ohizumi Y: FEBS letter, 530 (1〜3): 94〜98, 2002.

9. [原著] Skeletal abnormalities and ultrastructural changes of anticular cartilage in transgenic mice expressing a type U collagen gene (COL2A1) with a Cys for Arg-α1-519 substitution. Arita M, Kopen C G, 安達栄治郎 (解), Jimenez A S, Fentala A: Osteoarthritis&Cartilage, 10 (10): 808〜815, 2002.

10. [原著] Quantitative Composition of anti-fading mounting media for confocal laser scanning microscopy. Ono M (横浜市大), Murakami T (群馬大), Kudo A (杏林大), Isshiki M (東大), Sawada H (横浜市大), 瀬川彰久 (解): Journal of Histochemistry and cytochemistry, 49 (3): 305〜311, 2001.

11. [準原著] Fluid and amylase secretion by perfused parotid gland: Physio-Morphological approach. Murakami M (生理研), Yoshimura K (北大), Sugiya H (日大松戸), 瀬川彰久 (解), Lottredo F (カリアリ大), Esta-Riva F, Riva A (カリアリ大): Journal of Korean Medical Science, 15 (suppl): S38〜S39, 2000.

12. [研究報告(文部省)] 唾液分泌の臓器細胞生物学: 統合的アプローチによる解析. 瀬川彰久 (解): 平成12年度〜平成13年度科学研究費補助金, 基盤研究 (1) (2), 研究成果報告書, 2001.

13. [総説] 唾液腺の臓器細胞生物学. 瀬川彰久, 山科正平(解): 細胞, 33 (12): 484〜487, 2001.

14. [総説] 上皮器官形成に関わるラミニンのドメイン. 門谷裕一 (解): 生化学, 73 (10): 1221〜1226, 2001.

[著 書]

15. [教科書] (共著) トレーニングによる体の適応; 腱のマトリックス生物学, p.54〜62, 水野一乗, 安達栄治郎 (解), 中里浩一, 柴山 明. 編集 平野裕一, 加賀谷淳子, 杏林書院, 2002.11.15発行.

[学会・研究会等]

16. [学会 (国際)] (一般講演) Collagen ll containing a Cys substitution for Arg-α1-519: Abnormal in teractions with collagen \ in vitro and alterations in skeletal development in transgenic mice expressing the mutated human gene. Arita M (トーマスジェファーソン大), 安達栄治郎 (解), Jiwenez S A, Fertala A (トーマスジェファーソン大): Sixth World Congress of the Osteoarthritis Rsearch Society International(2001.10.01〜03), Washington D.C. Abstract, S16, 2001.

17. [学会 (国際)] (ポスター講演) Repertorie of cell behaviors in morphogenesis: (U) AI-based method for knowledge sharing. Iwazume M (理研), Dan M (階層生物研), Honda H (兵庫大), 門谷裕一 (解), Kaneko H(慶応大), Kodama R (基生研), Mochizuki A (九大), Nakajima Y (慶応大), Tanaka M (ダンディー大): 14th International Congress of Developmental Biology(2001.07.09), 京都市. Develop, Growth, Differ, 43(suppl): S53, 2001.

18. [学会 (国際)] (ポスター講演) Repertorie of cell behaviors in morphogenesis: (T) what do cells sense and how do cells respond? Kodama R (基生研), Dan M (階層生物研), Honda H (兵庫大), 門谷裕一 (解), Kaneko H (慶応大), Makabe K (京大), Mochizuki A(九大), Nakajima Y (慶応大), Nishida H (東工大), Tanaka M (ダンディー大): 14th International congress of Developmental Biology (2001.07.09), 京都市. Develop Growth Differ, 43 (suppl): S53, 2001.

19. [学会 (国際)] (ポスター講演) Role (s) of laminin α1 and α5 chains for epithelial branching morphogenesis. 門谷裕一 (解), Nomizu M (北大大学院地球環境), 山科正平 (解): 14th International Congress of Developmental Biology (2001.07.12), 京都市. Develop, Growth, Ditter., 43 (suppl): S107, 2001.

20. [学会 (国際)] (ポスター講演) Reconstituted fibril structure of the pepsin-theated type X collagen subtype with a chain composition of α1 (X) α2(X) α3 (X). 安達栄治郎 (解), Mizuno K, Hayashi T(東大): Gurdon Research Conference on Collagen(2001.07.29〜08.03), New London.

21. [学会 (国際)] (ポスター講演) Demethylation of DNA in mouse gonocytes and clevage like cell division. 酒井康弘 (解), Suetake I (阪大蛋白研), Itoh K (秋田大・薬), Mizugaki M (東北大・薬), Tajima S (阪大蛋白研), 山科正平 (解): 日本組織細胞化学会 (2002.07), シアトル. Acta Histochem, Cytochem, 35 (3): 243, 2002.

22. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Inhibition of Hair Follicle Growth by a Laminin-1 G-Domain Peptide, RKRLQVQLSIRT, in an Organ Culture of Isolated Vibrissa Rudiment. 林 和弘 (形外), Mochizuki M, Nomizu M (北大大学院地球環境), 内沼栄樹 (形外), 山科正平, 門谷裕一 (解): The 3rd Asian-Pacific International Congress of Anatomists (2002.03.31), 浜松市. 抄録集, 26, 2002.

23. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Relationship between protein and fluid secretion in the perfused salivary gland. Murakami M (生理研), Yoshimura K(北大), Sugiya H (日大松戸), 瀬川彰久 (解), Riva A (カリアリ大): IUPS satellite symposium "Electrolyte Transport Across Exocrine Epithelia" (2001.08.23), Sydney.

24. [学会 (全国)] (一般講演) アルブミンエンハンサー/プロモーター制御下のC型肝炎ウィルス (HCV) トランスジェニックマウス. 高塚哲全, 周 乙華, 三松謙司, 楠 美嘉, 三俣昌子 (日大), 安達栄治郎 (解), 江角真理子 (日大): 第60回日本癌学会総会 (2001.09.26〜28), 横浜. 抄録集, p.300, 2001.

25. [学会 (全国)] (一般講演) T型コラーゲン自己会合の温度に対して不連続な反応性変化. 染木衣応理, 蛯原哲也 (ニッピバイオマトリックス), 安達栄治郎 (解), 服部俊治, 入江伸吉 (ニッピバイオマトリックス): 第74回日本生化学会大会 (2001.10.25〜28), 京都. 抄録集, p.741, 2001.

26. [学会 (全国)] (一般講演) デルマトポンチン・ノックアウトマウスの解析. 竹田 潮, 新海 浤 (千葉大), 安達栄治郎 (解), 松本健郎, 名口 克 (千葉大): 第33回日本結合組織学会学術集会 (2001.06.07〜08), 東京. 抄録集, p.161, 2001.

27. [学会 (全国)] (一般講演) HSP47ノックアウトES細胞からのembryoid bodyの形成:基底膜形成異常. 松岡泰宏, 安達栄治郎 (解), 細川暢子, 久保田広志, 永田和宏 (京大): 第54回日本細胞生物学会 (2001.05.29〜06.01), 岐阜. 抄録集, p.103, 2001.

28. [学会 (全国)] (一般講演) Demonstration of type U collagen c-propeptide tagged with Flag epitope in cortilage of tramsgenic mice. 安達栄治郎 (解), 松井好人, 中間 研, 妻木範弥, 片岡英一郎 (阪大), 木村友原 (富山医薬大): 第106回日本解剖学会総会 (2001.04.02〜04), 高知. Acta Anat. Nipp., 76 (1): 68, 2001.

29. [学会 (全国)] (一般講演) 三次元培養皮膚モデルにおける細胞外マトリックス代謝の変動とMMP阻害剤の基底膜構造形成促進効果. 天野 聡, 朴 信子, 松永由起子, 石渡美紀, 西山敏夫, 安達栄治郎 (解): 第48回マトリックス研究会大会 (2001.04.16〜17), 高岡. 抄録集, p.103, 2001.

30. [学会 (全国)] (一般講演) N末端構造の異なるコラーゲン再生線維の細胞への影響. 田中啓友, 蛯原哲也, 染木衣広理 (ニッピバイオマトリックス研), 安達栄治郎 (解), 佐藤かおり, 服部俊治, 入江仲吉 (ニッピバイオマトリックス研): 第48回マトリックス研究会大会 (2001.04.16〜17), 富山県高岡市. 抄録集, p.57, 2001.

31. [学会 (全国)] (一般講演) 個体発生オントロジー・形態形成現象における細胞の振子舞いの明示的記述と理解への試み. 岩瓜直昭 (理研), 団 まりな (階層生物研), 本多久夫 (兵庫大), 門谷裕一 (解), 金子洋之 (慶応大), 児玉隆治 (基生研), 望月亨史 (九大), 中島陽子 (慶応大), 田中幹子 (ダンディー大): 第15回人工知能学会全国大会(2001.05.22), 松江市. 論文集,

32. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮形態形成に関わるラミニンα5鎖Gドメイン由来ペプチド. 門谷裕一 (解), 望月麻友美, 野水基義 (北大大学院・地球環境), 山科正平 (解): 第48回マトリックス研究会大会 (2001.04.17), 富山県高岡市. 大会抄録集, 109〜110, 2001.

33. [学会 (全国)] (一般講演) ラミニン活性ペプチドを固定化したキトサン膜の生物活性. 望月麻友美, 加藤こずえ, 岡崎郁子 (北大大学院・地球環境), 門谷裕一 (解), 丸石智史, 佐藤 塚, 坂入信夫, 西 則雄, 野水基義 (北大大学院・地球環境): 第48回マトリックス研究会大会(2001.04.17), 富山県高岡市. 大会抄録集, 105〜106, 2001.

34. [学会 (全国)] (一般講演) ゴルジ装置の基本要素と機能要素. 玉木英明, 山科正平 (解): 第42回日本組織細胞化学会学術集会 (2001.12.07), 東京.

35. [学会 (全国)] (一般講演) ラット発生過程にける膵ランゲルハンス島内分泌細胞と毛細血管の3次元構築−膵切除後のラ氏島再生過程との比較−. 勝又 修 (形態系), 半田喜美也, 鈴木哲太郎 (外), 山科正平 (解): 日本組織細胞化学会総会 (2001.12.06), 東京. 第42回日本組織細胞化学会総会予稿集, 55, 2001.

36. [学会 (全国)] (ポスター講演) ラット精巣における新規ゴルジ膜タンパク質の局在. 猿田洋子 (東工大), 酒井康弘 (解), 中村信大, 能登谷倫崇, 加藤 明, 広瀬茂久 (東工大), 山科正平 (解): 日本解剖学会 (2002.03.30), 浜松. Acta Anat. Nipponica, 77 (supple): 51, 2002.

37. [学会 (全国)] (ポスター講演) 出生前後のマウス精巣におけるゴノサイトの体積変化と細胞分裂の相関関係. 酒井康弘, 山科正平 (解): 日本解剖学会 (2002.03.30), 浜松. Acta Anat Nipponica, 77 (Supple): 51, 2002.

38. [学会 (全国)] (ポスター講演) 出生後のマウス精巣におけるゴノサイトの定量的解析. 酒井康弘 (解), 野瀬俊明 (三菱生命研), 山科正平 (解): 106回日本解剖学会総会 (2001.04.02), 高知. 解剖学雑誌, 76 (1): 78, 2001.

39. [学会 (全国)] (ポスター講演) 胎生期マウス精巣におけるDNAメチルトランスフェラーゼの発現. 酒井康弘(解), 末武 薫 (阪大蛋白研), 佐々木裕之 (遺伝研), 山科正平 (解), 日嶋正二 (阪大蛋白研): 54回日本細胞生物学会総会 (2001.05.30), 岐阜. Gell Structure and Function, 26 (6): 442, 2001.

40. [学会 (全国)] (ポスター講演) マウス精巣上体管上皮細胞の三次元的観察. 中本 直 (解), 龍崎正土 (生物): 日本動物学会 (2001.10.08), 福岡. 日本動物学会第72回予稿集, 147, 2001.

41. [学会 (全国)] (ポスター講演) 胸郭の容積による肺組織発生の制御: 基底膜のパールカンは肺の組織発生に必須か? 門谷裕一, 山科正平( 解), E Gustafsson, M Costell, R Fassler (Lund大病理): 第106回日本解剖学会総会全国学術集会 (2001.04.03), 高知県南国市. Acta Anat. Nippon., 76 (1): 107, 2001.

42. [学会 (全国)] (シンポジウム等) ゴルジ装置の可塑性と不変性. 玉木英明, 山科正平 (解): 日本解剖学会第106回全国学術集会 (2001.04.04), 高知. 解剖学雑誌, 76 (1): 66, 2001.

43. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 原子間力顕微鏡による骨格筋の構造解析. 勝又 修 (形態系), 中村 健 (微), 山科正平 (解): 日本電子顕微鏡学会第57回学会(2001.05.10), 福岡. 電子顕微鏡, 36 (suppl): 69, 2001.

44. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 部分切除膵における内分泌細胞の再生動態より見た膵島組織の再建. 山科正平 (解), 林 京子 (外), 玉木英明 (解): 第106回日本解剖学会全国学術集会 (2001.04.02), 高知. 解剖学雑誌, 76 (1): 20, 2001.

45. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Impairment of basement membrane formation in embryoid bodies lacking the gene of HSP47 during the maturation of type W collagen. Matsuoka Y (京大), 安達栄治郎 (解), Nagai N (愛知学院大), Hosokawa N, Kubota H, Nagata K (京大): The 11th international symposium on basement membrance (2003.03.07), 木更津. Abstract, 17, 2002.

46. [研究会 (全国)] (一般講演) 原子間力顕微鏡による細胞骨格の観察. 勝又 修 (形態系), 稲留弘三 (解), 中村 健 (微), 山科正平 (解): 日本電子顕微鏡学会SPM研究部会第4回研究会 (2001.12.02), 島根.

47. [研究会 (全国)] (教育講演) コラーゲン:組織構築・病態・再生医学への応用. 安達栄治郎 (解): 日本医科大学教育講演会 (2001.05.15), 東京.

48. [研究会 (全国)] (教育講演) 運動器官の形態と機能〜器官から分子まで〜. 安達栄治郎 (解): 東京大学総合文化研究科教育講演会 (2001.07.13), 東京.

解剖学(亀田単位)

【学術論文】

4001. [原著] Localization of neuropeptide Y mRNA and peptide in the chicken hypothalamus and their alterations after food deprivation, dehydration and castration. 亀田芙子, 三浦正明, 西槇俊之 (解): J Comp Neurol., 436: 376〜388, 2001.

4002. [原著] Effect of pinealectomy on the photoperiod-dependent changes of the specific secretory cells and α-subunit mRNA level in the chicken pars tuberalis. 亀田芙子, 三浦正明 (解), 丸山茂善 (実動系): Cell Tissue Res., 308: 121〜130. 2001.

4003. [原著] Hoxa3 regulates integration of glossopharyngeal nerve precursor cell. N. Watari, 亀田芙子, M. Takeichi, O. Chisaka: Dev Biol., 240: 15〜31, 2001.

【学会・研究会等】

4004. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 松果体除去後のニワトリ下垂体隆起部におけるα鎖mRNA発現と超微細構造の変化. 亀田芙子, 三浦正明, 西槇俊之 (解): 第106回日本解剖学会全国学術集会 (2001.04.03), 高知. 解剖学雑誌, 76: p.63, 2001.


<<02 生理学>>

49. [原著] Development of renal potassium excretion capacity in the neonatal rat. 安西尚彦 (生理), 鈴木喜郎 (東工大), 錦谷まりこ (生理)、森口いぶき (内), 小久保麻子 (内・大学院生), 河原克雅 (生理): Jpn. J. Physiol, 51: 745〜752, 2001.

50. [原著] Serosal application of Ba2+ induces oscillatory chloride secretion via activation of submucosal cholinergic neurones in guinea-pig distal colon. 錦谷まりこ (生理), 小久保麻子 (内・大学院生), 竹村尚志 (生理), 西元寺克禮 (内), 河原克雅 (生理): Acta Physiologica Scandinavica, 174: 257〜264, 2002.

51. [原著] Inhibitory effect of histamine on axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 天野理恵 (眼), 比留間弘美 (生理), 西田早苗 (生物物理系), 川上 倫 (生理), 清水公也 (眼): Neuroscience Rescearch, 41 (2): 201〜206, 2001.

52. [原著] Changes in the peptidergic inhervation in the carotid body of rats chronically exposed to hypercapnic hypoxia: an effect of arterial CO2 tension. 日下部辰三 (国士舘大), 平川晴久 (産業医大), 松田秀樹 (横浜市大), Yamamoto Y (国士舘大), 永井智紀 (法医), 川上 倫 (生理), 竹中敏子 (国士舘大), 林田嘉朗 (産業医大): Histol Histopathol, 17 (1): 21〜29, 2002.

53. [原著] Low-Concentration lidocaine rapidly inhibits axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 金井昭文 (麻), 比留間弘美, 片倉 隆 (生理), 佐瀬寿美 (麻), 川上 倫 (生理), 外 須美夫 (麻): Anesthesiology, 95 (3): 675〜680, 2001.

54. [原著] Correspondence; Circadian Behavioural Rhythm in Caenorhabditis elegans. 三枝 徹 (医療系研究科), 石崎茂生 (東北大), 綿引 聡, 石井直明 (東海大), 田中館明博 (医衛), Tamai Y, 長谷川建治 (生理): Curr Biol., 12 (2): R46〜R47, 2002.

55. [原著] 培養感覚神経におけるpentoborbitalの軸索輸送抑制作用. 丸山 宏 (麻), 比留間弘美 (生理), 金井昭文 (麻), 川上 倫 (生理): 北里医学, 31 (1): 21〜28, 2001.

56. [原著] 単離灌流腎を用いた膠質浸透圧液の腎保存効果の実験的検討. 真崎義彦, 吉田一成 (実動), 遠藤忠雄, 斎藤 毅 (泌), 河原克雅 (生理), 馬場志郎 (泌): Organ Biology, 8 (4): 287〜295, 2001.

57. [原著] 腎保存における細胞内液型電解質組成と細胞外型電解質組成に関する基礎的検討. 真崎義彦 (実動), 遠藤忠雄 (泌), 吉田一成 (実動), 比企能之 (名古屋大), 河原克雅 (生理), 馬場志郎 (泌): Organ Biology, 8 (1): 75〜81, 2001.

58. [原著] Starlingの法則と浮腫. 河原克雅 (生理), 下浜孝郎 (内・大学院生): 臨床医, 27 (10): 2397〜2400, 2001.

59. [原著] 腎尿細管の機能: イオンチャネルとキャリア. 河原克雅 (生理), 鈴木喜郎 (東工大), 錦谷まりこ (生理): 小児内科, 33 (4): 465〜473, 2001.

60. [原著] モルモット大腸粘膜下神経叢による上皮クロライドイオン分泌の制御: コリナージックニューロンとVIPナージックニューロンの役割. 小久保麻子 (内・大学院生), 錦谷まりこ, 竹村尚志 (生理), 西元寺克禮 (内), 河原克雅 (生理): 北里医学, 31: 288〜296, 2001.

61. [研究報告 (文科省)] 軸索輸送の調節機序. 比留間弘美, 川上 倫 (生理): 健康・長寿と環境医科学 平成13年度学術フロンティア推進事業共同研究報告書, 2001.

62. [研究報告 (文科省)] アミロイド蛋白による海馬軸索輸送の障害: アルツハイマー病との関連. 比留間弘美 (生理): 平成13年度科学研究費補助金: 基盤研究 (C) (2) 研究成果報告, 2001.

63. [研究報告 (厚労省)] 培養脊髄運動ニューロンの軸索輸送に対するAMPA受容体作用とそのシグナル伝達. 比留間弘美, 川上 倫 (生理): 厚生科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 筋萎縮性側索硬化症の病態の解明と治療に関する研究班 平成13年度研究報告書, 2001.

64. [総説] 浸透圧. 河原克雅 (生理): 腎臓, 24 (3): 158〜160, 2002.

65. [総説] むくみ (浮腫) T. 河原克雅 (生理): 腎臓, 24 (1): 36〜37, 2001.

66. [総説] むくみ (浮腫) U. 河原克雅 (生理): 腎臓, 24 (2): 104〜105, 2001.

67. [総説] レニン‐アンギオテンシン‐アルドステロン系の反応は?. 河原克雅 (生理), 小久保麻子 (内・大学院生): Q&A運動と遺伝, 92〜93, 2001.

68. [講座] 遺伝子診断. 河原克雅 (生理): 腎臓, 23 (2, 3): 166, 2001.

[学会・研究会等]

69. [学会 (国際)] (一般講演) Low chloride increases intracellular calcium concentration in cultured human bronchial epithelial cells. 竹村尚志 (生理), 玉置 淳 (東京女子医大), 錦谷まりこ (生理), 永井厚志 (東京女子医大), 河原克雅 (生理): アメリカ呼吸器学会(2001.05.22), サンフランシスコ. American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, 163 (5): A573, 2001.

70. [学会 (国際)] (ポスター講演) Development of renal potassium excretion system in the neonatal rat. 河原克雅, 安西尚彦 (生理), 鈴木喜郎 (東工大), 錦谷まりこ (生理), 森口いぶき (内), 小久保麻子 (内・大学院生): アメリカ腎臓学会 (2001.10.14), サンフランシスコ. J Am Soc Nephrol, 12 (Suppl): S33A, 2001.

71. [学会 (国際)] (ポスター講演) Expression of the inward rectifier K+ channel (Kir7.1) during the maturation of K+ secretion in the neonatal rat kindney. 鈴木喜郎 (東工大), 竹村尚志, 錦谷まりこ (生理), 下浜孝郎, 小久保麻子 (内・大学院生), 広瀬茂久, 河原克雅 (生理): アメリカ腎臓学会 (2001.10.14), サンフランシスコ. J Am Soc Nephrol, 12 (Suppl): S40A, 2001.

72. [学会 (国際)] (ポスター講演) Circadian rhythm of locomotor behavior in Canorhabditis elegans. 三枝 徹 (医療系研究科), 石崎茂生 (東北大), 石井直明 (東海大), 田中館明博 (医衛), 岩井榮一 (医療系研究科), 長谷川建治 (生理): 第4回国際生物物理学大会 (2001.07.31〜08.03), 京都. 予稿集, p.163, 2001.

73. [学会 (国際)] (ポスター講演) Circadian time structure for optimization of ATP synthesis and comsumption in Paramecium. 石崎茂生 (東北大), 綿引 聡, 三枝 徹 (医療系研究科), 田中館明博 (医衛), 塚原保夫, 岩井榮一 (医療系研究科): 第4回国際生物物理学大会 (2001.07.31〜08.03), 京都. 予稿集, p.163, 2001.

74. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Molecular explanation of why the Paramceium circadian clock exhibits high nocturnal sensitivity to light. 長谷川建治 (生理), 石崎茂生 (東北大), 三枝 徹, 綿引 聡, Chiba K, Nakaoka Y, 塚原保夫, 岩井榮一(医療系研究科): 9th Congress of the Europian Society for Photobiology(2001.09.03〜09), リレハンメル.

75. [学会 (全国)] (一般講演) ウニ卵の細胞分裂における表面力の推定と表層アクチン量. 山田栄男, 佐藤節子 (東工大) , 佐藤亮平 (生理), 浜口幸久 (東工大): バイオイメージン学会 (2001.10.12), 東京. バイオイメージング, 10 (3): 148〜149, 2001.

76. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腎集合管カリウム分泌の成熟過程における内向き整流性カリウムチャネル発見. 鈴木喜郎 (東工大), 竹村尚志, 錦谷まりこ (生理), 小久保麻子 (内・大学院生), 広瀬茂久 (東工大), 河原克雅 (生理): 第44回日本腎臓学会 (2001.05.28), 東京. Jpn J Nephrology, 43 (2): 262, 2001.

77. [学会 (全国)] (ポスター講演) Ba2+ induced oscillatory chloride currents via activation of submucosal plexus in guinea pig distal colon. 錦谷まりこ(生理), 小久保麻子 (内・大学院生), 竹村尚志 (生理), 鈴木喜郎 (東工大), 河原克雅 (生理): 第78回日本生理学会(2001.03.29), 京都. Jpn J Physiol., 51 (Suppl): S129, 2001.

78. [学会 (全国)] (ポスター講演) Restoration of TTX-inhibitable, carbachol-stimulated epithelial chloride currents in guinea pig distal colon by serosal application of VIP. 小久保麻子 (内・大学院生), 錦谷まりこ, 竹村尚志 (生理), 鈴木喜郎 (東工大), 河原克雅 (生理): 第78回日本生理学会 (2001.03.29), 京都. Jpn J Physiol., 51 (Suppl): S132, 2001.

79. [学会 (全国)] (ポスター講演) Low chloride increase intracellular calcium concentration in cultured human bronchial epithelial cells. 竹村尚志, 錦谷まりこ(生理), 小久保麻子 (内・大学院生), 鈴木喜郎 (東工大), 河原克雅 (生理): 第78回日本生理学会 (2001.03.29), 京都. Jpn J Physiol., 51 (Suppl): S119, 2001.

80. [学会 (全国)] (ポスター講演) 線虫C. elegansの寿命変異体の行動の概日リズム. 三枝 徹(医療系研究科), 石崎茂生 (東北大), 石井直明 (東海大), 田中館明博 (医衛), 岩井榮一, 長谷川建治 (医療系研究科): 第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会 (2001.09.27), 京都. プログラム抄録, p.298, 2001.

81. [学会 (全国)] (ポスター講演) ゾウリムシにおけるATP合成の概日変動. 石崎茂生 (東北大), 三枝 徹 (医療系研究科), 田中館明博 (医衛), 井樋慶一 (東北大), 岩井榮一, 長谷川建治 (医療系研究科): 第24回日本神経科学・第44回日本神経化学合同大会 (2001.09.28), 京都. プログラム抄録, p.413, 2001.

82. [学会 (全国)] (ポスター講演) さえずりのレパートリーサイズに感受性をもつ雌セキセイインコの終脳聴覚領. 藤原宏子, 石井かおり, 海部 舞, 木村武二 (日本女子大), 佐藤亮平 (生理): 第72回日本動物学大会 (2001.10.08), 福岡. Zoological Science, 18 (Suppl): 119, 2001.

83. [学会 (全国)] (ポスター講演) 概日リズムの位相反応の分子機構. 石崎茂生 (東北大), 高谷真弓, 三枝 徹 (医療系研究科), 井樋慶一, 岩井榮一 (医療系研究科), 長谷川建治 (生理): 第8回日本時間生物学会 (2001.11.14〜15), 山口. 予稿集, p.92, 2001.

84. [学会 (全国)] (ポスター講演) 線虫C. elegansの移動行動における概日リズムの発見. 三枝 徹 (医療系研究科), 石崎茂生 (東北大), 石井直明 (東海大), 田中館明博(医衛), 岩井榮一, 長谷川建治 (医療系研究科): 第8回日本時間生物学会 (2001.11.214〜15), 山口. 予稿集, p.90, 2001.

85. [学会 (全国)] (ポスター講演) 感覚神経軸索輸送におけるサブスタンスPとCGRPの効果. 比留間弘美 (生理), 西田早苗 (生物物理系), 片倉 隆 (生理), 島田純一 (医衛), 日下部辰三, 竹中敏文 (国士舘大), 川上 倫 (生理): 第79回日本生理学会大会 (2002.03.28), 広島. 予稿集, p.112, 2002.

86. [学会 (全国)] (ポスター講演) 低酸素暴露後の頸動脈小体におけるペプチド性神経支配の経時変化. 日下部辰三 (国士舘大), 平川晴久 (産業医大), 川上 倫 (生理), 竹中敏文 (国士舘大), 林田嘉朗 (産業医大): 第79回日本生理学会大会 (2002.03.29), 広島. 予稿集, p.250, 2002.

87. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Inward rectifier potassium channel subunit Kir6.1 in rat Kidney tubules: Effect of adrenalectoomy and DOCA treatment. 河原克雅 (生理), 安西尚彦 (生理・留学中): 第78回日本生理学会 (2001.03.29), 京都, Jpn. J. Physiol. 51(suppl) S56, 2001.

88. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Induction of the inward rectifier potassium channel (Kir7.1) expression during maturation of the regulatory K+secretion in neonatal rat kidney. 鈴木喜郎 (東工大), 竹村尚志 (生理), 錦谷まりこ (生理), 小久保麻子 (内科大学院生), 広瀬茂久 (東工大), 河原克雅 (生理): 第78回日本生理学会 (2001.03.29), 京都, Jpn. J. Physiol. 51(suppl) S57, 2001.

89. [研究会 (全国)] (一般講演) 腎カリウム分泌能の生後発達. 河原克雅 (生理), 安西尚彦 (生理・留学中), 鈴木喜郎 (東工大), 錦谷まりこ (生理), 森口いぶき (内), 小久保麻子 (内・大学院生): 第10回発達腎研究会 (2001.09.29), 東京. プログラム・抄録集, p.28, 2001.

90. [研究会 (全国)] (教育講演) VR可視化技術の医学・生物学的研究・教育への応用に対する期待と感想. 長谷川建治 (生理): 核融合科学研究所セミナー (2001.08.28), 岐阜県土岐市.

91. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 時間軸上を生きると言うこと. 長谷川建治 (生理): 早稲田大学シンポジウム・複雑系と理論と新技術−うまく動くシステムの全体像を探る (2001.07.23), 東京.

92. [研究会 (全国)] (公開講座) Vr技術の医学・生物学の教育・研究への応用. 長谷川建治 (生理): 核融合科学研究所・シミュレーション科学公開講座2001 (2001.08.27), 岐阜県土岐市.

93. [研究会 (地方)] (特別講演) Rules of birdsong auditory representation in the brain of budgerigars (Melopsittacus undulates). 佐藤亮平 (生理): 第12回東京工業大脳研究シンポジウム (2001.11.30), 東京. 講演要旨集, p.13〜15, 2001.

94. [研究会 (地方)] (特別講演) ゾウリムシの1日. 長谷川建治 (生理): 日本医科大「ミクロの世界を探る−生命現象を中心として」講演会 (2001.11.02), 東京.

95. [研究会 (地方)] (特別講演) 人体の概日時計. 長谷川建治 (生理): はこだけ未来大複雑系化学科特別講演(2001.07.11)


<<03 代謝・蛋白学>>

96. [原著] Purification of cytocheomes P-450 scc and P-450 17αby steroid-binding affinity column chromatography. 桑田正広 (代謝蛋白), 菅野幸子 (看護), 牧 純 (寄): Journal of Biochemical and Biophysical methods, 49: 417〜431, 2001.

97. [原著] Selenium-dependent glutathione peroxidase-GI is localized in basal granulated cell of rat stomach. Fumiya Obata (医衛), 市川尊文 (代謝蛋白), Hirotaka Imai, Yasuhito Nakagawa (薬), 中村 健 (微), Hiroshi Komatsu, Kazuhiko Ishihara (医衛), 岡安 勲 (病理), Tatsumi Kusakabe (国士舘大): Biomedical Research, 22 (1): 7〜14, 2001.

98. [原著] Purification and characterization of α-L-fucosidases from Streptomyces sp. OH11242. 五艘行信 (代謝蛋白), 石原和彦, 菅原節子 (医衛), 堀田恭子 (生化): Comp. Biochem. Phsiol., 130B (3): 375〜383, 2001.

99. [原著] Efficient Synthesis of O-Linked Glycopeptide by a Transglycosylation Using Endo α-N-Acetylgalactosaminidase from Streptomyces sp. Katsumi Ajisaka, Mariko Miyasato (Meiji Milk Products Co. Ltd.), 傘 郁子 (代謝蛋白): Biosci. Biotechnol. Biochem., 65 (5): 1240〜1243, 2001.

100. [原著] Convenient method for a full-assignment of the 1H-NMR Spectrum of oligosaccharide. 傘 郁子 (代謝蛋白): BUNSEKI KAGAKU, 50 (5): 319〜327, 2001.

101. [原著] Suppression of CYP3A2 mRNA expression in the warfarin-resistant roof rat, Rattus rattus: possible involvement of cytochrome P450 in the warfarin resistance mechanism. 菅野幸子 (看護), Kobayashi T (麻布大), Tanikawa T (イカリ消毒), Kawakami Y (麻布大), 小嶋久子, 中村和生 (代謝蛋白), Uchida A (麻布大), Morishima N (看護), Tamai Y (人間総合科学大): XENOBIOTICA, 31 (7): 399〜407, 2001.

102. [準原著] ビール中成分N-methyltyramineのエタノール胃粘膜傷害に対する保護作用. 堀 妃佐子, 藤井 亙, 諏訪芳秀 (サントリー研), 五艘行信 (代謝蛋白), 堀田恭子 (生化), 石原和彦 (医衛): Ulcer Res., 28 (2): 183〜184, 2001.

103. [準原著] 抗ムチンモノクローナル抗体を用いたラット胃粘膜ムチン分子種の解析. 五艘行信 (代謝蛋白), 池澤智明 (内), 堀田恭子 (生化), 石原和彦(医衛): Ulcer Res., 28 (1): 86〜88, 2001.

104. [準原著] Helicobacter pylori感染が胃粘膜に及ぼす影響についての検討. 市川尊文 (代謝蛋白), 西元寺克禮 (内), 堀田恭子 (生化), 石原和彦 (医衛): Ulcer Research, 28 (2): 207〜209, 2001.

105. [総説] 糖は甘い? 甘くない? 傘 郁子 (代謝蛋白): 北里医学, 31 (2): 63〜69, 2001.

106. [総説] 胃粘液分泌. 五艘行信 (代謝蛋白), 石原和彦(医衛): 日本臨床, 60 (Suppl.2): 240〜244, 2002.

107. [研究報告 (文部省)] エンド-α-N-アセチルガラクトサミニダーゼによる糖タンパク質の酵素的合成をめざして. 傘 郁子 (代謝蛋白): 科学研究費補助金基盤研究 (A) (1) 研究成果報告書「エンド型グリコシダーゼの特異的な活性を利用した新しい糖鎖工学的研究の展開」, p.35〜38, 91〜97, 2001.

108. [研究報告 (文部省)] 糖鎖改変モデルとしての“Sticky IgA1”に関する基礎的研究. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白): 平成12〜13年度科学研究費補助金基盤研究 (C) (2) 研究成果報告書, p.1〜66, 2002.

[著 書]

109. [学術書] (分担執筆) New Developments in Glycomedicine. A convenient method for the structural determination of glycans related to diseases, p.151〜159, 傘 郁子 (代謝蛋白). 編集 Masahiko Endo, Seiko Harata, Yoshiharu Saito, Akihiro Munakata, Mutsuo Sasaki, Shigeki Tsuchida (弘前大・医), Elsevier Science B.V., オランダ, 2001発行.

110. [学術書] (分担執筆) Glycotechnology Using Endo-type Glycosidases. Synthesis of O-Glycosidic Linkage Glycopeptide Using Endo-type Glycosidase, p.46〜53, 傘 郁子 (代謝蛋白). 編集 笠井献一 (帝京大薬学), 菅原一幸 (神戸薬科大), 学進出版, 大阪府吹田市, 2001.12.15発行.

[学会・研究会等]

111. [学会 (国際)] (ポスター講演) Development of monoclonal antibody, RGM23, recognising the gastric mucin in the surface mucosa of rat stomach. 五艘行信 (代謝蛋白), 栗原 誠 (関東化学), 池澤智明 (内), 堀田恭子 (生化), 石原和彦 (医衛): XY International Symposium on Glycoconiugates (2001.08.20), Hague. Glycoconj. J., 18 (1/2): 134, 2001.

112. [学会 (国際)] (ポスター講演) Alteration in mRNA expression of myelin proteins in nervous systems of diabetic neuropathy rats. Kawashima R, Kojima H, Arahata A, 中村和生 (代謝蛋白), Tamai Y (人間総合科学大): 18th 国際神経化学会 (2001.08.27), Buenos Aires, Argentina. J. Neurochem., 78 (Suppl.1): 45, 2001.

113. [学会 (全国)] (ポスター講演) 遺伝的糖尿病ラットのミエリンタンパク質mRNA. 小嶋久子 (代謝蛋白), 川島 麗 (医療系院), 中村和生 (代謝蛋白), 荒幡 篤 (医衛), 齋藤豊和, 藤田芳邦 (内), 栗原 正 (創価大), 玉井洋一 (人間総合科学大): 日本神経化学会 (2001.09.27), 京都. 神経化学, 40 (2〜3): 393, 2001.

114. [学会 (全国)] (ポスター講演) クマネズミのワルファリン抵抗性に及ぼすCYP3A2誘導剤投与の影響. 菅野幸子 (看護), 高橋雄大 (麻布大), 谷川 力 (イカリ消毒), 川上 泰 (麻布大), 小嶋久子, 中村和生 (代謝蛋白), 内田明彦 (麻布大), 森島直彦 (看護), 玉井洋一 (人間総合科学大): 日本生化学会 (2001.10.27), 京都. 生化学, 73 (8): 872, 2001.

115. [学会 (全国)] (ポスター講演) マンソン裂頭条虫Spirometra erinaceieupopaeiの発育に伴う新規糖脂質の発現. 入子英幸 (麻布大), 沼田麻希, 川上 泰, 内田明彦, 村田義彦 (麻布大), 中村和生, 小嶋久子 (代謝蛋白), 玉井洋一 (人間総合科学大): 日本生化学会 (2001.10.25), 京都. 生化学, 73 (8): 690, 2001.

116. [学会 (全国)] (ポスター講演) O-グリコシド型糖タンパク質に作用するエンド型グリコシダーゼの有用性. 小倉さやか, 小木曽英介, 傘 郁子 (代謝蛋白): 日本化学会第81春季年会 (2002.03.28), 東京. 講演予稿集U, p.1420, 2002.

117. [学会 (全国)] (ポスター講演) 複合糖質分解酵素の簡易分析法. 傘 郁子 (代謝蛋白): 日本分析化学会第50年会 (2001.11.25), 熊本.

118. [学会 (全国)] (ポスター講演) Muc5ACの消化管での発現分介. 小原 進 (代謝蛋白), 久保田敏彦 (内T): 日本生化学会 (2001.10.25), 京都. 生化学, 73 (8): 1079, 2001.

119. [学会 (全国)] (ポスター講演) 胃粘膜における粘液の合成および分泌とCGRPの関係. 市川尊文 (代謝蛋白), 川上 倫 (生理), 竹中敏文, 日下部辰三 (国士舘大): 第106回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2001.04.03), 高知. Acta Anatomica Nipponica, 76 (1): 109, 2001.

120. [学会 (全国)] (ポスター講演) Calcitonin gene-related peptide (CGRP) の胃粘膜細胞に及ぼす作用について. 市川尊文 (代謝蛋白), 石原和彦 (医衛): 第74回日本生化学会大会 (2001.10.28), 京都. 生化学, 73 (8): 944, 2001.

121. [学会 (全国)] (ポスター講演) 新規モノクローナル抗体RGM23を用いたラット胃粘膜ムチン分子種の解析. 五艘行信 (代謝蛋白), 池澤智明 (内), 遠藤雅樹 (医療系大学院), 堀田恭子 (生化), 栗原 誠 (関東化学), 石原和彦(医衛): 第74回日本生化学会大会 (2001.10.25), 京都. 生化学, 73 (8): 695, 2001.

122. [学会 (全国)] (ポスター講演) 表面プラズモン共鳴バイオセンサーを用いたヘリコバクター・ピロリと胃粘液の相互作用についての検討. 五艘行信 (代謝蛋白), 池澤智明 (内), 岡安 勲 (病理), 保坂美生 (内), 堀田恭子 (生化), 石原和彦 (医衛): 第43回日本消化器病学会大会(2001.10.17), 京都. 日消誌, 98: A481, 2001.

123. [学会 (全国)] (ポスター講演) 合成ヒンジ糖ペプチドプローブによるIgA腎症患者血中抗ヒンジ抗体の特異性の検討. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 中村郁子 (内), 永井陽子, 新井健司 (旭化成), 勝又 忠 (代謝蛋白), 戸潤一孔 (野口研), 小林 豊 (内): 第74回日本生化学会総会 (2001.10.25), 京都. 生化学, 73 (8): 229, 2001.

124. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 胃粘膜分泌の可視化とその応用 〈ラット及びマウスを用いた実験的検討〉. 市川尊文 (代謝蛋白), 森山ひとみ, 富田 勉 (シネ・サイエンス研究所), 小川ちさと (帝国臓器(株)), 堀田恭子, 石原和彦 (医衛): 第29回日本実験潰瘍学会(2001.11.23), 日光. 第29回日本実験潰瘍学会抄録集, p.49, 2001.

125. [学会 (全国)] (シンポジウム等) IgA腎症研究における最近の進歩. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 中村郁子, 佐野 隆, 小林 豊 (内), 比企能之 (名大), 新井健司, 永井陽子(旭化成), 戸潤一孔 (野口研): 第22回日本糖質学会(2001.07.16), 静岡. 第22回日本糖質学会年会要旨集, p.39, 2001.

126. [学会 (全国)] (シンポジウム等) ヒトIgA1の糖鎖不全と自己凝集現象. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白): 第26回日本医用マススペクトル学会年会 (2001.09.28), 東京. 第26回日本医用マススペクトル学会, p.29, 2001.

127. [研究会 (全国)] (一般講演) IgA腎症患者における血中抗ヒンジ抗体の特異性と性差-合成ヒンジ糖ペプチドプローブを用いた検討-. 中村郁子 (内), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 永井陽子, 新井健司 (旭化成), 勝又 忠 (代謝蛋白), 戸潤一孔 (野口研), 比企能之 (名大), 小林 豊 (内): IgA腎症研究会 (2002.01.26), 東京. 第25回IgA腎症研究会抄録, p.1, 2002.


<<04 遺伝子学>>

【学術論文】

4005. [原著] A peptide fragment of βcardiac myosin heavy chain (β-CMHC) can provoke autoimmune myocarditis as well as the corresponding a cardiac myosin heavy chain (α-CMHC) fragment. Kohno, K., 高垣洋太郎 (遺伝), Aoyama, N., Yokoyama, H., Takehana, H., Izumi, T.: Autoimmunity, 34 (3): 177〜185, 2001.

4006. [原著] Assignment of T-cell receptor (TCR) alpha-chain gene (A), beta-chain gene (B), gamma-chain gene (G), and delta-chain gene (D) loci on swine chromosomes by in situ hybridization and radiation hybrid mapping. Hiraiwa, H., Uenishi, H., Kiuchi, S., Watanabe, M., 高垣洋太郎 (遺伝), Yasue, H.: Cytogenetics Cell Genetics, 93: 94〜99, 2001.

4007. [原著] DNA methylation dominates transcriptional silencing of Pax5 in terminally differentiated B cell lines. 壇原幹生 (内), 亀山孝三 (遺伝), 東原正明 (内), 高垣洋太郎 (遺伝): Molecular Immunology, 38 (15): 1161〜1163, 2002.

4008. [原著] Porcine Fas-ligand gene: genomic sequence analysis and comparison with human gene. 茂木−石山由香里 (麻), 中島洋一 (遺伝), 外 須美夫 (麻), 高垣洋太郎 (遺伝): Molecular Immunology, 38 (8): 581〜586, 2002.

4009. [原著] A mouse with a point mutation in plasma membrane Ca2+-ATPase isoform 2 gene showed the reduced Ca2+ influx in cerebellar neurons. 上野 剛, 亀山孝三 (遺伝), Hirata, M., Ogawa, M., 初瀬洋美, 高垣洋太郎 (遺伝), Ohmura, M., Osawa, N., Kudo,Y.: Neuroscience Research, 42 (4): 287〜97, 2002.


<<05 薬理学>>

128. [原著] Participation of cyclooxygenases in cutaneous thermal nociception under non-inflamed and inflamed conditions. 鈴木正子, 林 泉 (薬理), 奈良佳洋 (生物物理), 熊谷雄治 (薬理), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻), 馬嶋正隆 (薬理): Inflamm. res., 50: 283〜287, 2001.

129. [原著] Transient Prevention of Ethanol-Induced Gastric Lesion by Capsaicin Due to Release of Endogenous Calsitonin Gene=Related Peptide in Rats. 林 弘美, 大野 隆, 西山和男, 朴 勝春 (内), 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): Jpn. J. Pharmacol., 86: 351〜354, 2001.

130. [原著] Change in Tissue Kallikrein Level in Nasal Wash after the Administration of Oxatomide in Patients with Nasal Allergy. 西山耕一郎, 八尾和雄, 井口芳明, 岡本牧人 (耳鼻), 馬嶋正隆 (薬理): American Journal of Rhinology., 15 (2): 105〜108, 2001.

131. [原著] Nitoric Oxide Is Generated in Smooth Muscle Layer by Neurokinin A and Counteracts Constriction in Guinea Pig Airway. 今崎貴生, 小林弘祐, 畑石隆治 (内), 林 泉 (薬理), 冨田友幸 (内), 馬嶋正隆 (薬理): Biology and Chemistry, 5 (5): 465〜474, 2001.

132. [原著] Proinflammatory characteristics of a nonpeptide bradykinin mimic, FR190997, in vivo. 林 泉, 石原慶子, 熊谷雄治, 馬嶋正隆 (薬理): British Journal of Pharmacology, 133: 1296〜1306, 2001.

133. [原著] The role of kinin B1 in the plasma extravasation of carrageenin-induced pleurisy. 林 泉, 天野英樹, 石原慶子, 熊谷雄治 (薬理), 吉村博邦 (胸外), 馬嶋正隆 (薬理): Life Sciences, 70: 937〜949, 2002.

134. [原著] Adenylate Cyclase/Protein Kinase A Signaling Pathway Enhances Angiogenesis Through Induction of Vascular Endothelial Growth Factor In Vivo. 天野英樹, 安藤香央, 南田 諭, 林 泉 (薬理), 荻野三智子 (生物化学系), 山科正平 (解), 吉村博邦 (胸外), 馬嶋正隆 (薬理): Jpn. J. Pharmacol., 87: 181〜188, 2001.

135. [原著] Blockade of bradykinin B2 receptor suppresses acute pancreatitis induced by obstruction of the pancreaticobiliary duct in rats. 平田光博 (外), 林 泉 (薬理), 吉村邦子, 石井健一郎 (外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 柿田 章 (外), 馬嶋正隆 (薬理): British Journal of Pharmacology 135: 29〜36, 2002.

136. [原著] Effect of neutral endopeptidase inhibitor on bradykinin-induced bronchoconstriction. 上條吉人 (救命), 林 泉 (薬理), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 馬嶋正隆 (薬理): Life sciences, 70: 1〜15, 2001.

137. [原著] FR167653, a cytokine synthesis inhibitor, exhibits anti-inflammatory effects early in rat carrageenin-induced pleurisy but no later. 畑中 公, 川村道子, 村井直樹 (薬理), 荻野三智子 (生物化学), 馬嶋正隆, 荻野桂子, 原田芳照 (薬理): J. Pharmacol. Exp. Ther., 299: 519〜527, 2001.

138. [原著] A potential role of bradykinin in angiogenesis and growth of S-180 mouse tumors. 石原慶子, 林 泉 (薬理), 山科正平 (解), 馬嶋正隆 (薬理): Jpn. J. Pharmacol., 87: 318〜326, 2002.

139. [原著] Roles of bradykinin in vascular permeability and angiogenesis in solid tumor. 石原慶子, 鎌田真理子, 林 泉 (薬理), 山科正平 (解), 馬嶋正隆 (薬理): Int. Immunopharmacology., 2: 499〜509, 2002.

140. [原著] Effect of FR167653, a novel inhibitor or tumor necrosis factor-alpha and interleukin-1 β synthesis on lipopolysaccharide-induced hepatic microvascular dysfunction in mice. 松本 豊, 伊藤義也 (外), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理), 石井健一郎, 片桐寛之 (薬理), 柿田 章 (外): Shock., 17 (5): 411〜415, 2001.

141. [総説] Role of the renal kallikrein-kinin system in the development of salt-sensitive hypertension. 鹿取 信, 馬嶋正隆, 林 泉, 藤田朋恵, 山中真理子 (薬理): Biol. Chem., 382: 61〜64, 2001.

142. [総説] プロスタグランジンを巡って-分子薬理から創薬まで- プロスタグランジンと血管新生. 馬嶋正隆, 天野英樹, 林 泉 (薬理): 日薬理誌, 117: 283〜292, 2001.

143. [総説] がん転移研究の新しい展開-分子研究から臨床へ- 腫瘍血管新生とプロスタグランジン. 馬嶋正隆, 天野英樹, 林 泉 (薬理): 日本医学会 第119回日本医学会シンポジウム記録集, p.26〜32, 2001.

[学会・研究会等]

144. [学会 (国際)] (ポスター講演) Involvement of kallikrein-kinin system in development of experimental ulcerative colitis induced by dextran sulfate sodium in rats. 鎌田一寿, 林 泉 (薬理), 朴 勝春, 佐伯威男, 大野 隆, 西元寺克禮 (内), 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): 102nd Annual meeting of the AGA (2001.05), アトランタ, USA. Gastroenterology, 5 (Supple 1): 120, 1A152, 2001.

145. [学会 (国際)] (ポスター講演) Importance of PG12 in prevention of hyperosmotic saline against ethanol-induced microvasculature changes. An intravital microscopic study. 佐伯威男, 大野 隆, 朴 勝春(内), 鎌田一寿 (薬理), 鹿取 信, 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 102nd Annual meeting of the AGA (2001), アトランタ, USA. Gastroenterology, 5 (supple 1): 120, A694, 2001.

146. [学会 (国際)] (ポスター講演) Differences in anti-hypertensive effects of a selecrive cyclooxygenase-2 inhibitor in three hypertensive rat models. 奥村俊明, 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理): Seventh International Congress on Platelet-Activating Factor and Lipid Mediators (2001.09.24〜27), 東京.

147. [学会 (国際)] (ポスター講演) Effect of gastric motility on diurnal variation of pharmacokinetics. 熊谷雄治, 藤田朋恵 (薬理): (2001), Pharmacology & Toxicology An International Journal, 89 (Suppl.1): 92, 2001.

148. [学会 (国際)] (ポスター講演) Single dose pharmacokinetics of theophyline dry syrup in elderly healthy Japanese in strictly controlled circumstances. 熊谷雄治, 藤田朋恵 (薬理): (2001), Pharmacology & Toxicology An International Journal, 89(Suppl.1): 91, 2001.

149. [学会 (国際)] (ポスター講演) A comparison of repeated-dose pharmacokinetics of theophylline in Japanaese young and older hospitalized subjects in strictly controlled circumstances. 熊谷雄治, 藤田朋恵 (薬理): (2001), Pharmacology & Toxicology An International Journal, 89 (Suppl.1): 87, 2001.

150. [学会 (国際)] (ポスター講演) Role of Endogenous Prostaglandins in Lipopolysaccharide-Induced Leukocyte Adhesion to the Mouse Hepatic Microbessles. 片桐寛之 (薬理), 伊藤義也, 石井健一郎, 柿田 章 (外), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理): 7th World Congress for Microcirculation (2001.08.19〜23), Sydney, Australia.

151. [学会 (国際)] (ポスター講演) Suppressed angiogenesis in kininogen-deficiency. 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理): Gordon Research Conference (2001.08.10〜16), Rhode Island, USA.

152. [学会 (国際)] (ポスター講演) COX-2-mediated angiogenesis in sponge implantation model. 馬嶋正隆, 天野英樹, 林 泉 (薬理): Gordon Research Conference(2001.08.10〜16), Rhode Island, USA.

153. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Endogenouse Prostaglandins and Angiogenesis. 馬嶋正隆, 天野英樹, 藤田 護, 林 泉 (薬理): Seventh International Congress on Platelet-Activating Factor and Lipid Mediators(2001.09.24〜27), 東京.

154. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Adaptive cytoprotection mediated by endogenous prostaglandin 12 attributadle to increased release of CGRP from sensory nerves. 朴 勝春, 大野 隆, 佐伯威男, 林 弘美, 鹿取 信 (内), 成宮 周 (京大), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): The 9th Taisho International symposium on Gastroenterology (2001.04.26〜27), 下田.

155. [学会 (国際)] (シンポジウム等) The mechanism of prevention by hyperosmotic salineofethanol-induced gastric mucosal injury in rats. -A study using intravital microscopy-. 佐伯威男, 大野 隆, 朴 勝春, 西元寺克禮 (内), 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): The 9th Taisho International symposium on Gastroenterology (2001.04.26〜27), 下田.

156. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症巣における白血球のアポトーシスとそれに対する抗炎症薬の効果. 村井直樹(医療系大学院), 川村道子, 畑中 公 (薬理), 原田芳照 (医衛): 第22回日本炎症再生医学会 (2001.07.02〜03), 東京. 炎症・再生, 21 (4): 486, 2001.

157. [学会 (全国)] (一般講演) 宿主ストローマ細胞ブラジキニンB2受容体を介する腫瘍血管新生の増強. 石原慶子, 林 泉 (薬理), 山科正平 (解), 馬嶋正隆 (薬理): 第22回日本炎症・再生学会 (2001.07.02〜03), 東京.

158. [学会 (全国)] (一般講演) ストローマ細胞PGE2-EP3シグナリングの腫瘍血管新生における重要性. 天野英樹, 林 泉 (薬理), 遠藤平仁 (内), 吉村博邦 (胸外), 成宮 周 (京大), 馬嶋正隆 (薬理): 第22回日本炎症・再生学会 (2001.07.02〜03), 東京.

159. [学会 (全国)] (一般講演) 肝微小血管への白血球接着におけるシクロオキシゲナーゼの関与. 片桐寛之 (薬理), 伊藤義也, 石井健一郎, 柿田 章 (外), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理): 第22回日本炎症・再生学会 (2001.07.02〜03), 東京.

160. [学会 (全国)] (一般講演) マウス胃粘膜微小循環観察を用いた高張食塩水によるエタノール胃粘膜障害抑制のメカニズムの解析. 鎌田一寿 (内), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理), 大野 隆, 水口澄人, 朴 勝春, 佐伯威男, 西元寺克禮 (内): 第27回日本微小循環学会総会 (2002.02.21〜22), 東京.

161. [学会 (全国)] (ポスター講演) ラットカラゲニン胸膜炎における誘導型NO合成酵素の発現. 藤澤秀行, 中川里子 (医療系大学院), 川村道子, 畑中 公 (薬理), 原田芳照 (医衛): 第75回日本薬理学会年会 (2002.03.13〜15), 熊本. Jpn. J. Pharmacol., 88 (Suppl.1): 115, 2002.

162. [学会 (全国)] (ポスター講演) ラットカラゲニン胸膜炎における好中球アポトーシスの検出. 村井直樹, 永井清人 (医療系大学院), 川村道子, 畑中 公 (薬理), 原田芳照 (医衛): 第75回日本薬理学会年会 (2002.03.13〜15), 熊本. Jpn. J. Pharmacol., 88 (Suppl.1): 115, 2002.

163. [学会 (全国)] (ポスター講演) マウスにおける胃粘膜基底部微小循環観察法. 鎌田一寿, 大野 隆, 水口澄人, 朴 勝春, 佐伯威男 (内), 林 泉 (薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 第75回日本薬理学会年会 (2002.03.13〜15), 熊本.

164. [学会 (全国)] (ポスター講演) 皮膚熱侵害受容における非炎症性および炎症時のキニンとプロスタグランジンの役割. 鈴木正子, 林 泉 (薬理), 奈良佳洋 (生物物理), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻), 馬嶋正隆 (薬理): 第75回日本薬理学会年会 (2002.03.13〜15), 熊本.

165. [学会 (全国)] (ポスター講演) LPS誘発肝微小循環障害に対する好中球エラスターゼ阻害薬の効果. 石井健一郎 (外), 伊藤義也, 片桐寛之 (薬理), 松本 豊, 柿田 章 (外), 馬嶋正隆 (薬理): 第75回日本薬理学会年会(2002.03.13〜15), 熊本.

166. [学会 (全国)] (ポスター講演) Adenylate cyclase/protein kinase A シグナリングはVEGFの誘導を促し血管新生を増強させる. 天野英樹, 林 泉, 安藤香央, 南田 諭 (薬理), 吉村博邦 (胸外), 馬嶋正隆 (薬理): 第75回日本薬理学会年会 (2002.03.13〜15), 熊本.

167. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腎カリクレイン分泌促進を介したATP感受性カリウムチャネル遮断薬のラットにおける抗高圧効果. 加藤哲希, 林 泉, 鈴木正子, 馬嶋正隆 (薬理): 第75回日本薬理学会年会(2002.03.13〜15), 熊本.

168. [学会 (全国)] (ポスター講演) 高張食塩水 (マイルドイリタント) によるエタノール胃粘膜障害抑制 (アダプティブサイトプロテクション) のメカニズム. 胃粘膜微小血管の反応からの解析. 鎌田一寿, 大野 隆, 水口澄人, 朴 勝春, 佐伯威男 (内), 林 泉 (薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 第43回日本平滑筋学会総会 (2001.07.08), 福岡.

169. [学会 (全国)] (シンポジウム等) がん転移研究の新しい展開-分子研究から臨床へ- 腫瘍血管新生とプロスタグランジン. 馬嶋正隆, 天野英樹, 林 泉 (薬理): 第119回日本医学会シンポジウム (2001.00.00),

170. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症巣における白血球のアポトーシスとそれに対する抗炎症薬の効果. 松井直樹 (医療系大学院), 川村道子, 畑中 公 (薬理), 原田芳照 (医衛): 第22回日本炎症学会 (2001.07.02〜03), 東京. 抄録集, p.486, 2001.

171. [学会 (全国)] (一般講演) 腎血管性高血圧に対する選択的cox-2阻害薬の抑制作用. 奥村俊明 (内), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理): 第24回日本高血圧学会総会 (2001.10.27), 大阪.

172. [学会 (全国)] (一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害におけるシクロオキシゲナーゼ-1, および-2の関与. 片桐寛之 (薬理), 伊藤義也, 石井健一郎, 柿田 章 (外), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理), 成宮 周 (京大): 第27回日本微小循環学会総会 (2002.02.21), 東京.

173. [学会 (全国)] (ポスター講演) LPS誘導肝微小循環障害におけるシクロオキシゲナーゼ-1および-2の関与. 片桐寛之 (薬理), 伊藤義也, 石井健一郎, 松本 豊, 柿田 章 (外), 馬嶋正隆 (薬理): 第101回日本外科学会総会(2001.04.21), 仙台.

174. [研究会 (地方)] (特別講演) COX-2の多彩な役割と病態. 馬嶋正隆(薬理): 第2回首都圏COX-2研究会(2001.06.23), 東京.

175. [研究会 (地方)] (特別講演) エンドトキセミア時の生体反応と炎症性メディエーター:生態顕微鏡による微小循環動態の解析. 馬嶋正隆(薬理): 第6回神奈川県外科感染・侵襲懇話会 (2001.12.03), 横浜.


<<06 微生物・寄生虫学>>

176. [原著] Plasmid-encoded metallo-beta-lactamase (IMP-6) conferriing resistance to carbapenems, especially meropenem. 矢野寿一, 久我明男, 岡本了一, 北里英郎, 小林俊光, 井上松久 (微): Antimicrob Agents Chemother, 45 (5), 1343〜1348, 2001.

177. [原著] Identification of Aminoglycoside-Modifying Enzymes by Susceptibility Testing: Epidemiology of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus in Japan. 井田孝志, 岡本了一, 島内千恵子, 大久保豊司, 久我明男, 井上松久 (微): J Clin. Microbiol., 39: 3115〜3121, 2001.

178. [原著] Evaluation of efficiency of screening extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli and Klebsiella pneumoniae in hospitals where the bacteria are inreasingly prevalent. Lee K, Lim J K, Young D, Chong Y (延世大学・耐性菌センター), 岡本了一, 井上松久 (微): J. Clin. Microbiol., 39: 3696〜3699, 2001.

179. [原著] Association of amino acid substitutions in penicillin-binding protein 3 with β-lactam resistancein β-lactamase negative ampicillin-resistant H influenzae. 生方公子 (微), 砂川慶介 (感染症), 井上松久, Konno M (微): Antimicrob Agents Chemother, 45 (6): 1693〜1699, 2001.

180. [原著] A new macrolide resistant gene ermF that encoded by plasmid in Staphylococcus aureus. 松岡真弓 (特別研修生), Nakajima Y, Watanabe T, Endho K (北海道薬科大), 井上松久 (微): Antimicrob Agents Chemther, 45 (9): 154〜159, 2002.

181. [原著] Immunodominant epitopes on glycoprotein Ub-Va recognized by autoreactive T cells in patients with immune thrombocytopenic purpura. Kuwana M, Kaburagi J, 北里英郎, Kato M, Kawai S, Kawakami Y, Ikeda Y (微): Blood, 98 (1): 130〜139, 2001.

182. [原著] Selective recruitment of CCR6-expressing cells by increased production of MIP-3 alpha in rheumatoid arthritis. Matsui T (微), 赤星 透 (臨床検査), Namai R, Hashimoto A, 栗原夕子, ラナ美代子 (内), 西村明人, 遠藤平仁 (内), 北里英郎, Kawai S, Takagishi K (微), 近藤啓文 (内): Clin Exp Immunol., 125 (1): 155〜161, 2001.

183. [原著] Cyclooxygenase-1 and cyclooxygenase-2 selectivity of non-steroidal anti-inflammatory drugs: investigation using human peripheral monocytes. Kato M, Nishida S, 北里英郎, Sakata N, Kawai S (微): J Pharm Pharmacol., 53 (12): 1679〜1685, 2001.

184. [原著] Activated Ras modifies the proliferative response of rheumatoid synovial cells to TNF-alpha and TGF-alpha. 北里英郎, Noda M (微), 赤星 透(臨床検査), 岡本了一, Koshino T, 村上洋介, 井上松久, Kawai S (微): Inflamm, Res., 50 (12): 592〜597, 2001.

185. [原著] Evaluation of recombinat interleukin-2 immunotherapy human hemanciosarsoma in a SCIDmice model (WB-SCID). 増澤幹男, Naoko Mochida, 天野隆文 (皮), Takao Fujimura, Yuhko Hamada, 玉内秀一, Yoshinori Sakurai, Shigeo Nishiyama (微), 勝岡憲生 (皮): Jounal of Dermatological Science, 27: 88〜94, 2001.

186. [原著] Selenium-dependent peroxidase-GI is localized in basal glanulated cells of rat stomach. Obata, F., Ichikawa, T., Imai, H., Nakagawa, Y., 中村 健, Komatsu H, Ishihara K (微), 岡安 勲 (病理), Kusakabe T (微): Biomedical Research, 22 (1): 7〜14, 2001.

187. [原著] Comparative studies on the levels of serum IgG1 and IgG2a in susceptible B10. BR mice infected with different strains of the intestinal nematode parasite Trichuris muris. 小山浩一, 伊藤洋一 (微): Parasitology Research, 87 (7): 570〜572, 2001.

188. [原著] 各抗菌薬に耐性化した臨床分離株に対するprulifoxacinの抗菌力. 島内千恵子, 保坂美生, 中野百実子, 小松洋子, 北里英郎 (微), 江田孝志, 星野和夫, 瀬戸 勇, 井上松久 (微): Chmotherapy, 50: 126〜134, 2002.

189. [原著] Disco very of the adult Schistosoma japonicum, a causative agent of schistosomiasis in the Katayama area of Hiroshima Prefecture. 牧 純, Mikami M, Maruyama S, Sakagami H (微), 桑田正広(代謝蛋白): Jpn J. Histo. Pharm., 36, 34〜37, 2001.

190. [準原著] Experience in Medical-English Education of the 2nd-year Students in Kitasato University School of Medicine (医学部2年生を対象としたある医学英語教育の試み). 牧 純 (微): Medical Education (Japan), 33 (1): 32〜33, 2002.

191. [短報・速報] The control of parasitoses in underdevel oped nations as a field of “social pharmacy” mewly defined. 牧 純 (微), 桑田正広 (代謝蛋白): Jpn J. Social Pharm aceutical Sciences, 20, p.51〜54, 2001.

192. [研究報告] β-ラクタム薬加水分解酵素 (β-ラクタマーゼ) 産生菌の検出法の検討. 井上松久, 岡本了一 (微): 平成13年度厚生科学研究 新型の薬剤耐性菌のレファレンス並びに耐性機構の解析及び迅速・簡便検出法に関する研究.

193. [研究報告] クラスC型酵素の調節機構に関する遺伝解析. 井上松久(微): 平成13年度科学研究 基盤研究 (C) (2),

194. [総説] 細菌の生化学的性状と臨床上の注意点. 井上松久(微): 日本医事新報, 4055: 145〜146, 2002.

195. [総説] カルバペネム系抗生物質を考える. 井上松久, 原 耕平, 渡辺 彰, 公文裕巳, 品川長夫, 生方公子, 後藤直正 (微): 2001.

196. [総説] 耐性菌シリーズDESBL. 岡本了一, 佐藤優子(微): 感染症, 31 (3), 2001.

197. [総説] ESBLs産生グラム陰性桿菌. 岡本了一, 佐藤優子, 中野竜一(微): 臨床検査, 45: 833〜839, 2001.

[著 書]

198. [学術書](分担執筆) 免疫学辞典 第2版; 玉内秀一(微). 編集 大沢利昭, 小山次郎, 奥田研爾, 矢田純一, 東京化学同人社, 2001.12.03発行.

199. [単行本] (分担執筆) 新版 臨床免疫学; 感染症と免疫, 笹原武志 (微). 編集 宮坂信之, 烏山 一, 浅川英男, 戸沢秀樹, 講談社サイエンティフィク, 東京, 2001.12.20発行.

[学会・研究会等]

200. [学会 (国際)] (一般講演) The description and studies on parasitic endemic disease, “Katayama-byo” by traditional-herb and Westernized doctors in the 19〜20th century in Japan. 牧 純, Maruyama S, Sakagami H (微), 桑田正広 (代謝蛋白): 35. Internationaler Kongress fuer Geschichte der Pharmazie (2001.09.19〜22), Luzern.

201. [学会 (国際)] (一般講演) The survey of trypanocidal constituents in some Mexican plants. Abe F, Yamauchi T, Okabe H, Akahane H, 牧 純 (微), Higo H, Reyes-Chilpa R, Estrada J M, Miguel A, Martinez Alfaro, Abigail Aguilar: Abstract of Internation al Symposium on Tropical Infectious Diseases in Latin America (1st) 22 (2002.02.21), Fukuoka.

202. [学会 (国際)] (一般講演) Trypanocidal activity and chemistry of several gutiferae species from Mexico. Ricardo Reyes-Chilpa, Fumiko Abe, Tatsuo Yamauchi, 牧 純 (微), Elizabeth Estrada-Muniz, Mayra Huerta-Reyes: Abstract of International Symposium on Tropical Infectious Diseases in Latin America (1st), 22 (2002.02.22), Fukuoka.

203. [学会 (国際)] (一般講演) Abigail Aguilar (2002) Nematocidal effects of Mexican-medicinal plant extracts. 牧 純 (微), Fumiko Abe, Tatsuo Yamauchi, Ricardo Reyes-Chilpa, Manuel Jimenez-Estrada, Miguel A, Martinez Alfaro: Abstract of International Symposium on Tropical Infectious Diseases in Latin America (1st), 22 (2002.02.23), Fukuoka.

204. [学会 (国際)] (ポスター講演) In vitro activity of ABT-773, a novel ketolide, against clinical isolates of gram-positive and gram-negative cocci. 井上松久, 佐藤優子, 大谷内理香, 岡本了一 (微): 41st Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2001.12.16〜19), Chicago. Abstract, 1004: 187, 2001.

205. [学会 (国際)] (ポスター講演) In vitro activity of AZD2563 the new oxazolidinone, against clinical isolates of gram-positive cocci, including multi-resistant strains. 岡本了一, 佐藤優子, 保坂美生, 中野竜一, 海江田 哲, 井上松久 (微): 41st Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy(2001.12.16〜19), Chicago. Abstract, 1028: 223, 2001.

206. [学会 (国際)] (ポスター講演) In vitro activity of ABT-773, a novel ketolide, against clinical isolates of gram-positive cocci and gram-negative bacteria. 井上松久, 佐藤優子, 大谷内理香, 岡本了一 (微): 6th International Conference on the Macrolides, Azalide, Streptogramins, Ketolides and Oxazolidinons(2002.01.23〜25), Bologna. Abstract, 2 (12): 57, 2002.

207. [学会 (国際)] (ポスター講演) In vitro activity of Quinupristin/Dalfopristin against gram-positivecocci, including multi-resistant isolates in Japan. 岡本了一, 佐藤優子, 海江田 哲, 中野竜一, 井上松久 (微): 6th International Conference on the Macrolides, Azalide, Streptogramins, Ketolides, and Oxazolidinons (2002.10.23〜25), Bologna. Abstract, 2 (33): 78, 2002.

208. [学会 (国際)] (シンポジウム等) What can protekt tell us at a local level ?: Dynamic surveillance of local resistance on a global scale. 井上松久 (微): (2001.12.15), Chicago. Abstract, ICAAC, p.8〜9, 2001.

209. [学会(全国)](一般講演) 急性中耳炎の治療におけるモラキセラ・カタラーリスの影響. 矢野寿一, 海江田 哲, 岡本了一, 小林俊光, 井上松久 (微): 第49回日本化学療法学会総会 (2001.05.30〜31), 横浜. 日本化学療法学会雑誌, 49 (Suppl-A): 165, 2001.

210. [学会 (全国)] (一般講演) Cryptosporidium parvum oocyst感染症の及ぼすエージング効果. 笹原武志, 青木正人, 北里英郎, 井上松久, 山本一郎 (微): 第75回日本感染症学会総会 (2001.03.29〜30), 奈良市. 日本感染症学雑誌, 75, p.201, 2001.

211. [学会 (全国)] (一般講演) 尿酸結晶誘発性炎症におけるIL-10遺伝子導入による抗炎症作用の検討. 村上洋介(微), 赤星 透 (臨床検査), 川合眞一 (内), 井上松久, 北里英郎 (微): 第45回日本リウマチ学会, 学術集会(2001.05.00), 東京.

212. [学会 (全国)] (一般講演) ワカメ由来フコイダンの抗腫瘍活性の検討- NK細胞活性化機序の観点から・その2-. 丸山弘子, 仲野隆久, 橋本 実, 森 宏枝, 玉内秀一(微): 第55回日本栄養・食糧学会 (2001.05.07), 講演要旨集, p.80, 2001.

213. [学会 (全国)] (一般講演) GATA-3遺伝子導入トランスジェニックマウスを用いた気管支喘息及び皮膚炎モデルの樹立の試み. 玉内秀一, 伊藤 守, 丸山弘子, 寺島正純, 穂積勝人, 高秀 華, 垣生園子 (微): 第31回日本免疫学会総会・学術集会記録 (2001.12.11), 第31回日本免疫学会総会・学術集会記録, p.35, 2001.

214. [学会 (全国)] (ポスター講演) 国際保健医療における薬用植物と環境感染症-その社会薬学的アプローチ. 牧 純 (微), 桑田正広 (代謝蛋白), 久米 光 (病理): 第20回社会薬学会 (2001.10.21), 金沢.

215. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 開発コンセプトを実証する抗菌薬治験の進め方-より良いガイドラインを求めて- 1) 基礎の立場から. 岡本了一 (微): 第49回日本化学療法学会総会 (2001.05.30〜31), 横浜. 日本化学療法学会雑誌, 49: 46, 2001.

216. [学会 (地方)] (一般講演) 日本および韓国で検出されたESBL産生菌に対するβ-ラクタム薬の抗菌力. 岡本了一, 佐藤優子, 中野竜一, 中野百実子, 兼子謙一, 井上松久 (微): 第48回日本化学療法学会東日本支部総会(2001.11.01〜02), 東京. 抄録集, p.61, 2001.

217. [学会 (地方)] (一般講演) 臨床分離緑膿菌におけるβ-ラクタム薬耐性菌の分離状況. 佐藤優子, 岡本了一, 井上松久(微): 第48回日本化学療法学会東日本支部総会(2001.11.01〜02), 東京. 抄録集, p.60, 2001.

218. [学会 (地方)] (一般講演) 気道内に常在するβ-ラクタマーゼ産生菌のindirect pathogenicityに関する検討. 海江田 哲, 矢野寿一, 保坂美生, 岡本了一, 小林俊光, 井上松久 (微): 第48回日本化学療法学会東日本支部総会(2001.11.01〜02), 東京. 抄録集, p.78, 2001.

219. [学会 (地方)] (一般講演) Anti-inflammatory effect of retro-virus introduced IL-10 in MSU crystal-induced acuteinflammation. 村上洋介(微), 赤星 透(臨床検査), 川合眞一 (内), 井上松久, 北里英郎 (微): 第3回神奈川血液・免疫フォーラム (2001.10.00), 川崎.

220. [学会 (地方)] (一般講演) メキシコ産生薬Guaco (Aristolochia taliscana) の抗トリパノソーマ活性成分について. 阿部フミ子, 山内辰郎, 岡部 光, 赤羽啓栄, 牧 純 (微), 肥後広夫, R. Reyes Chilpa, Abgail Aguilar: 第18回日本薬学会九州支部大会講演要旨集, p.125, (2001.12.15〜16), 熊本.

221. [学会 (地方)] (教育講演) β-ラクタム薬耐性の動向. 井上松久 (微): 第49回日本化学療法学会西日本支部総会(2001.12.06), 名古屋. 抄録集, p.14, 2001.

222. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 耐性緑膿菌の現状と今後の対応. 井上松久 (微): 第250回日本泌尿器科学会岡山地方会 (2001.12.09), 岡山市.

223. [学会 (地方)] (セミナー) 細菌の基礎知識. 岡本了一(微): 第48回日本化学療法学会東日本支部総会(2001.11.01〜02), 東京.

224. [研究会 (地方)] (一般講演) トランスポゾンIS256挿入によるnorA遺伝子の発現亢進. 小山田義博, 藤本孝一, 仁賀俊幸, 小嶋 毅, 山岸純一, 菅井基行, 井上松久(微): 第30回薬剤耐性シンポジウム (2001.08.24〜25), 京都. 抄録集, p.62〜63, 2001.

225. [研究会 (地方)] (一般講演) 腸球菌のキノロン耐性メカニズム. 藤本美佳, 小山田義博, 藤本孝一, 伊藤秀明, 山岸純一, 後藤直正, 井上松久 (微): 第30回薬剤耐性シンポジウム (2001.08.24〜25), 京都. 抄録集, p.64〜65, 2001.

226. [研究会 (地方)] (一般講演) Imipenem subMIC処理 pseudomonas aeruginosaに対する好中球のPALE効果. 笹原武志, 佐藤義則, 関口朋子, 入野田一彦, 井上松久 (微): 第36回緑膿菌感染症研究会 (2002.02.01〜02), 東京. 抄録集, p.52, 2002.

227. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 新たなβ-ラクタム薬耐性菌の出現とその問題点. 井上松久 (微): 抗菌薬シンポジウム (2002.02.08), 甲府.

228. [研究会 (地方)] (講師) 何故耐性菌は増えてしまうのか. 井上松久 (微): 平成13年度薬剤師研修センター認定講習会 (2001.09.06), 栃木県小山市.

229. [研究会 (地方)] (講師) 薬剤耐性機構. 井上松久 (微): 新潟県臨床微生物検査技会師研修会 (2001.12.01), 新潟.


<<08 病理学>>

230. [原著] Immunohistochemical detection of human gastrointestinal glutathione peroxidase in nomal tissues and cultured cells with novel mouse monoclonal antibodies. 小松博義 (医療衛生), 岡安 勲, 三富弘之 (病理), 今井浩孝 (薬学), 中川靖一 (薬学), 小幡文弥 (医療衛生): J Histochem & Cytochem, 49 (6): 759〜766, 2001.

231. [原著] Significant correlations of E-cadherin, Catenin, and CD44 variant form expression with carcinoma cell differentiation and prognosis of extrahepatic bile duct carcinomas. 三上哲夫, 三枝 信, 三富弘之, 柳沢信之, 一戸昌明, 岡安 勲 (病理): Am J Clin Pathol, 116 (3): 369〜376, 2001.

232. [原著] β-catenin mutations and aberrant nuclear expression during endometrial tumorigenesis. 三枝 信 (病理), 橋村美紀 (形態系), 吉田 功, 岡安 勲 (病理): Br J Cancer, 84 (2): 209〜217, 2001.

233. [原著] Frequent nuclear β-catenin accumulation and associated mutations in endometrioid -type ovarian carcinomas with squamous differentiation. 三枝 信, 岡安 勲 (病理): J Pathol, 194: 59〜67, 2001.

234. [原著] Possible associations among expression of p14ARF, p16INK4a, p21LOAF1/C1P1, p27K1P1 and p53 accumulation and the balance of apoptosis and cell proliferation in ovarion carcinomas. 三枝 信 (病理), 町田大輔 (病院病理部), 岡安 勲 (病理): Cancer, 92: 1177〜1189, 2001.

235. [原著] Loss of DCC expression in astrocytomas: relation to p53 abnormalities, cell kiretics, and survival. 原 敦子, 三枝 信, 三上哲夫, 岡安 勲 (病理): J clin pathol, 53 (11): 860〜865, 2001.

236. [原著] Immunohistochemical study on VEGF expression in endometrial carinoma - comparison with p53 expression, angiogenesis, and tumor histologic grade. 藤沢武志 (医療系研究科), 渡辺 純 (病理), 赤星 誠 (医療系研究科), 大野英治, 蔵本博行 (医療衛生):J. Cancer Res Clin Oncol, 127: 668〜674, 2001.

237. [原著] Stimulatory effect of medroxy progesterone acetate on p27 protein in endometrial cancer cells. 金井督之 (医療系研究科), 渡辺 純 (病理), 鎌田裕子 (医療系研究科), 浜野美恵子 (培養センター), 蔵本博行 (医療衛生): Kitasato Med, 31: 392〜397, 2001.

238. [原著] Co-expression of N-cadherin and α-fetoprotein in stomach cancer. 柳本邦雄, 佐藤雄一, 下山 豊, 土屋紅緒, 桑尾定仁, 亀谷 徹 (病理): Pathol Int, 51: 612〜618, 2001.

239. [原著] The MEN1 gene and associated diseases: an update. 塚田俊彦, 山口 建 (国立がんセ), 亀谷 徹(病理): Endocr Pathol, 12 (3): 259〜273, 2001.

240. [原著] 肺の大細胞性神経内分泌がん (Large cell neuroendocrine carcinoma) とその周辺. 亀谷 徹 (病理): 山梨肺癌研究会会誌, 14 (2): 120〜124, 2001.

241. [原著] 子宮内膜癌におけるcdk2およびki-67発現に関する免疫組織化学的検討. 赤星 誠 (医療研究科), 渡辺 純 (病理), 藤沢武志 (医療系研究科), 服部 学, 大野英治, 蔵本博行 (医療衛生): 日本臨床細胞学会雑誌, 40(2): 121〜127, 2001.

242. [準原著] 子宮内膜癌における細胞周期制御因子の発現とその意義. 渡辺 純 (病理), 西村由香里, 加戸伸明, 鎌田裕子, 藤沢武志 (医療系研究科), 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (大学院医療系研究科): 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 20 (1): 17〜21, 2002.

243. [症例報告] 縦隔原発卵黄嚢腫瘍の一例. 加戸伸明 (医療系研究科), 大野英治, 服部 学 (医療衛生), 横山 大, 柿沼広邦 (病院病理部), 渡辺 純 (病理), 須藤哲雄 (内X), 蔵本博行 (医療衛生): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 6 (1): 28〜32, 2001.

244. [症例報告] 胸腺原発カルチノイドの1例. 西村由香里 (医療系研究科), 大野英治, 服部 学 (医療衛生), 横山 大, 豊永真澄 (病院病理部), 渡辺 純 (病理), 品田 純(外), 蔵本博行 (医療衛生): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 6 (1): 33〜37, 2001.

[学会・研究会等]

245. [学会 (国際)] (一般講演) Cyclin D1 expression in enchometrioid adenocorcinoma of the uterine corpus. Nishimura, Y. (Dept of Clinical Cytology), 渡辺 純 (病理), Kato, N., Sato, H. (Dept of Clinical Cytology), 秦 宏樹 (産婦), 蔵本博行 (医療衛生): 14th International Congress of Cytology(20oto, H.(De01.05.27), Amsterdam, The netherlands. ACTA Cytologica, 46 (supp.1): p196, 2002.

246. [学会 (国際)] (一般講演) Immunohistochemical study or VEGF expression in endometrial carcinoma. 藤沢武志 (医療系研究科), 渡辺 純 (病理), 鎌田裕子, Kimura, F. (医療系研究科), 大野英治 (医療衛生), 蔵本博行 (医療衛生): 14th International Congress of Cytology (2001.05.27), Amsterdam, The Netherlands, ACTA Cytologica, 46 (supp.1): p120, 2002.

247. [学会 (全国)] (一般講演) β-カテニン遺伝子異常は子宮内膜癌の生物学的特性を決定する. 三枝 信 (病理), 橋村美紀 (形態系), 岡安 勲 (病理): 第90回日本病理学会総会 (2001.04.06), 東京. 日本病理学会会誌, 90 (1): 167, 2001.

248. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌における細胞周期制御因子の発現と増殖能および臨床病理学的因子との相関. 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医療衛生), 上坊敏子(産婦), 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会(2002.03.26), 横浜市. 日本病理学会会誌, 91 (1): 163, 2002.

249. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるPTENタンパク発現の検討. 木村文一 (医療系研究科), 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹 (産婦), 藤沢武志, 鎌田裕子, 加戸伸明, 西村由香里 (医療系研究科), 上坊敏子 (産婦), 大野英治, 蔵本博行 (医療衛生): 日本臨床細胞学会秋期大会 (第40回) (2001.11.23), 米子市. 日本臨床細胞学会雑誌, 40 (補冊2): p306, 2001.

250. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるCyclin E発現の検討. 加戸伸明 (医療系研究科), 渡辺 純 (病理), 藤沢武志, 佐藤妃映, 赤星 誠 (医療系研究科), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 大野英治, 蔵本博行 (医療衛生): 第30回日本婦人科腫瘍学会学術集会(2001.07.26), 横浜市. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 19 (1): p71, 2001.

251. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるCyclin D1の免疫組織化学的検討. 西村由香里 (医療系研究科), 渡辺 純 (病理), 藤沢武志, 赤星 誠, 佐藤妃映, 加戸伸明 (医療系研究科), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 大野英治, 蔵本博行 (医療衛生): 第30回日本婦人科腫瘍学会学術集会 (2001.07.26), 横浜市. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 19 (1): p71, 2001.

252. [学会 (全国)] (ポスター講演) 肝外胆管癌においては細胞接着因子が分化と予後を規定している. 三上哲夫, 柳澤信之, 三枝 信, 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 第90回日本病理学会総会 (2001.04.05), 東京. 日本病理学会会誌, 90 (1): 199, 2001.

253. [学会 (全国)] (ポスター講演) 頭頸部に発生したatypical carcinoidの2剖検例. 岩渕啓一, 原 敦子, 岡安 勲 (病理): 第90回日本病理学会総会 (2001.04.06), 東京.

254. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腹水中に肉腫由来の細胞を認めた卵巣癌肉腫の1例. 瀬尾典久 (医療系研究科), 大野英治, 服部 学 (医療衛生), 豊永真澄 (病院病理部), 渡辺 純 (病理), 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医療衛生): 日本臨床細胞学会秋期大会 (第40回) (2001.11.23), 米子市. 日本臨床細胞学会雑誌, 40 (補冊2): 359, 2001.

255. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮内膜病変におけるサイクリンA発現の免疫組織学的検討. 久嶋則行 (北里研究所メディカルセンター病院), 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 浜野美恵子 (培養センター), 源田辰雄 (北里研究所メディカルセンター病院), 蔵本博行 (医療衛生): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.26), 横浜市. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 19 (1): 92, 2001.

256. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮体癌細胞株へのエストロゲン受容体遺伝子導入とその発現. 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医療衛生), 亀谷 徹 (病理): 第90回日本病理学会総会 (2001.04.05), 東京. 日本病理学会会誌, 90(1): 195, 2001.

257. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮体癌細胞におけるp53遺伝子変異と同タンパク量の相関. 鎌田裕子 (医療系研究科), 渡辺 純 (病理), 浜野美恵子 (培養センター), 藤沢武志, 金井督之, 今井 愛 (医療系研究科), 秦 宏樹(産婦), 蔵本博行 (医療衛生): 第60回日本癌学会総会(2001.09.26), 横浜市. Jap. J Cancer Res, 92 (supple): 322, 2001.

258. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮体部漿液性腺癌由来2株の樹立とその諸性格. 飯田智博, 吉田典生 (聖マリアンナ医大), 浜野美恵子 (培養センター), 鎌田裕子, 金井督之, 藤沢武志 (医療系研究科), 秦 宏樹 (産婦), 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医療衛生): 第19回日本ヒト細胞学会大会 (2001.08.24), 所沢市. Human Cell, 14 (2): 50, 2001.

259. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 子宮内膜癌における細胞周期制御因子の発現とその意義. 渡辺 純 (病理), 西村由香里, 加戸伸明, 鎌田裕子, 藤沢武志 (医療系研究科), 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医療衛生): 日本婦人科腫瘍学会 (第30回) (2001.07.26), 横浜市. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 20 (1), 17〜21, 2002.

260. [学会 (地方)] (一般講演) 胃原発小細胞癌の1例. 渡辺佳代子 (医療系研究科), 大野英治, 服部 学 (医療衛生), 横山 大 (病院病理部), 渡辺 純 (病理), 小林伸行 (外), 蔵本博行 (医療衛生): 第15回日本臨床細胞学会関東連合会総会 (2001.09.29), 千葉市. 学術集会プログラム, p32, 2001.

261. [学会 (地方)] (一般講演) 肺の悪性繊維性組織球腫の1例. 西崎律子 (医療系研究科), 大野英治 (医療衛生), 柿沼広邦 (病院病理部), 服部 学 (医療衛生), 渡辺 純(病理), 品田 純 (外), 蔵本博行 (医療衛生): 日本臨床細胞学会神奈川地方部会 (第20回) (2001.09.01), 川崎市. 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 6 (2): 83, 2001.

262. [研究会 (全国)] (一般講演) 充実性胞巣からなる増殖パターンを主体としたserous papillarg adenocarcinomaの1例. 岩渕啓一 (病理): 第15回婦人科病理研究会(2001.12.08), 千葉市.


<<09 衛生学・公衆衛生学>>

263. [原著] Anxiety and depressive states in multiple chemical sensitivity. 遠乗秀樹, 相澤好治, 尾島正幸 (衛), 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院環境医学センター), 坂部 貢 (医療衛生): Tohoku J. Exp. Med., 193: 115〜126, 2001.

264. [原著] Cytotoxic evaluation of arsenic compounds in alveolar macrophages in hamsters. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 苅部ひとみ (人間科学総合大学), 新津谷真人, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛), 岡安 勲 (病理), 小谷 誠 (東京電機大): Appl. Organometal. Chem., 15: 252〜260, 2001.

265. [原著] じん肺健康管理区分決定の実態に関する全国調査. 泊 利栄子, 新津谷真人, 相澤好治 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 遠乗秀樹, 尾島正幸 (衛): 日本職業・災害医学会会誌, 49 (1): 39〜46, 2001.

266. [原著] Fifteen year follow-up study of VC and FEV1 in dust-exposed workers. 田口朋子 (医療衛生), 相澤好治, 新津谷真人 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 遠乗秀樹, 遠乗陽子 (衛): Industrial Health, 39: 211〜219, 2001.

267. [原著] 神奈川県における冬期の傷病休業統計. 泊 利栄子, 新津谷真人 (衛), 佐藤信一 (神奈川労務安全衛生協会), 杉浦由美子 (予防医学系), 遠乗陽子, 遠乗秀樹 (衛), 田口朋子 (医療衛生), 相澤好治 (衛): 日本職業・災害医学会会誌, 49 (3): 242〜245, 2001.

268. [原著] 泌尿器科男性患者における手術前後の不安尺度と心理特性の関連. 城戸滋里 (看護), 遠乗秀樹, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): ストレス科学, 16 (3):168〜175, 2001.

269. [原著] Negative effect of photocopier toner on alveolar macrophages determined by in vitro magnetometric evaluation. 古河 泰, 相澤好治, 岡田充史, 渡辺光康, 新津谷真人 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): Industrial Health, 40: 214〜221, 2002.

270. [原著] Differences in the effects of fibrous and particulate titanium dioxide on alveolar macrophages of Fischer 344 rats. 渡辺光康, 岡田充史, 工藤雄一朗, 遠乗陽子, 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治(衛), 小谷 誠 (東京電機大): Journal of Toxicology and Environmental Health, Part A, 65: 1047〜1060, 2002.

271. [原著] 自転車競技における薬物の使用状況. 新津谷真人 (衛), 坂本陽一 (東北学院大学東北産業経済研究所), 笠師久美子 (北海道大学歯学部付属病院), 杉浦由美子 (予防医学系), 相澤好治 (衛): 日本臨床スポーツ医学会誌,10 (3): 471〜478, 2002.

272. [原著] Magnetometric evaluation for the cytotoxicity of potassium octatitanate whisker on alveolar macrophages of Fischer 344 rats. 渡辺光康(衛), 柴田香織 (医療系研究科), 岡田充史, 工藤雄一朗, 新津谷真人, 佐藤敏彦 (衛), 小谷 誠 (東京電機大), 相澤好治 (衛): Journal of Occupational Health, 44: 321〜328, 2002.

273. [原著] Odor perception in patients with multiple chemical sensitivity. 尾島正幸, 遠乗秀樹, 佐藤敏彦 (衛), 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 相澤好治 (衛): Tohoku J. Exp. Med., 198: 163〜173, 2002.

274. [準原著] 磁界測定法を用いた塩化ガリウム及び塩化砒素混合溶液の肺胞マクロファージ評価. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 渡辺光康, 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): マグネティックス研究会資料: 65〜69, 2002.

275. [準原著] New factors and measures for occupational safety and health for small-scale enterprises in Japan. 武藤孝司(順天堂大), 相澤好治(衛): XVIth World Congerss on Safety and Health at Work., 2002.

276. [研究報告 (その他公的な報告; 中災防)] 問題となる化学物質のばく露状況に関する実態調査. 櫻井治彦 (産医研), 相澤好治 (衛), 荒記俊一 (東大), 井上尚英 (九州大), 大久保利晃 (産医大), 大前和幸 (慶応大), 岸 玲子 (北海道大), 北村 卓 (大日本インキ化学工業), 佐藤彰夫 (山梨医大), 松崎俊秀 (旭化成工業), 宮川宗之 (産医研), 和田 功 (埼玉医大), 牧野茂徳, 工藤光弘 (中災防), 濱本和孝, 寺島友子 (労働省): 平成10年度疫学的調査による神経毒性調査 問題となる化学物質のばく露状況に関する実態調査報告書, p.1〜83, 1999.

277. [研究報告 (その他公的な報告; 神奈川産業保健推進センター)] 神奈川県内の事業所における健康指標に係る調査研究. 浜口伝博 (日本IBM), 廣 尚典 (NKK), 古川 泰 (富士ゼロックス), 谷口志穂 (三井化学), 千葉宏一(日本ビクター), 中野修治 (東芝), 中村 準 (ブリジストン), 新津谷真人 (衛), 堀江正知 (NKK): 産業保健調査研究報告書-神奈川県内の事業所における健康指標に係る調査研究, 2000.

278. [研究報告 (厚生労働省)] 致死ガス等による人体への健康影響評価に関する研究. 山木戸道郎 (呉共済病院), 相澤好治 (衛), 井上尚英 (九州大), 大城戸宗男 (東海大学), 金子昌弘 (国立がんセンター), 川城丈夫 (東埼玉病院), 河野修興 (広島大), 成田亘啓 (奈良県立医大), 行武正刀 (呉共済病院): 厚生科学研究研究費補助金厚生科学特別研究事業 致死ガス等による人体への健康影響評価に関する研究 平成12年度総括研究報告書, p.1〜19, 2001.

279. [研究報告 (厚生労働省)] 室内空気中化学物質が起因とされる疾病の臨床病理学的研究. 石川 哲, 宮田幹夫, 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 土本寛二, 鈴木幸雄 (北里研究所病院), 柳沢幸雄 (東大), 難波龍人 (眼), 相澤好治, 新津谷真人, 遠乗秀樹 (衛), 吉野 博 (東北大), 圓藤陽子 (関西医大): 厚生科学研究費補助金生活安全総合研究事業 平成10〜12年度 室内空気中の化学物質に関する調査研究, p.192〜221, 2001.

280. [研究報告 (その他公的な報告; 厚生労働省)] シックハウス症候群の中毒学的見地から呼吸器系への影響に関する研究−シックハウス症候群 (化学物質過敏症) における嗅覚異常に関する影響−. 相澤好治, 遠乗秀樹, 尾島正幸 (衛): 平成12年度 厚生科学研究費補助金生活安全総合研究事業 シックハウス症候群の病態解明, 診断治療法に関する研究報告書, p.139〜153, 2001.

281. [研究報告 (その他公的な報告; 厚生労働省)] シックハウス症候群の中毒学的見地から呼吸器系への影響に関する研究−不安と抑うつについての研究結果−. 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): 平成12年度 厚生科学研究費補助金生活安全総合研究事業 シックハウス症候群の病態解明, 診断治療法に関する研究報告書, p.154〜200, 2001.

282. [研究報告 (その他公的な報告; 厚生労働省)] 新種化学物質に係るばく露状況に関する実態調査. 高田 勗 (中災防), 相澤好治 (衛), 川崎 一 (日本化学工業協会), 川本俊弘 (産業医大), 菅野誠一郎 (産業医学研究所), 熊取谷健一郎, 田中和明, 人首壽雄, 福島 明 (日本化学工業協会), 吉田勝美 (聖マリアンナ医大), 荒川鉄雄, 半田有道, 奥村伸人 (厚生労働省): 平成12年度「新種化学物質に係るばく露状況に関する実態調査」報告書, p.1〜85, 2001.

283. [研究報告 (その他公的な報告; 中災防)] 石綿及び繊維状物質等の有害性に関する調査研究. 高田 勗 (中災防), 相澤好治 (衛), 神山宣彦 (産医研), 高橋保治 (日本無線), 富田雅行 (ニチアス), 東 敏昭(産業医大), 森永謙二 (大阪府立成人病センター), 矢野栄二 (帝京大), 半田有道, 有賀康雄 (厚生労働省): 平成12年度 石綿及び繊維状物質等の有害性に関する調査研究委員会報告書, p.1〜305, 2001.

284. [研究報告 (その他公的な報告; 中災防)] 化学物質の有害性に係る疫学及びばく露実態調査報告. 櫻井治彦 (中災防), 相澤好治 (衛), 荒記俊一 (産医研), 井上尚英 (九州大), 大久保利晃 (産業医大), 大前和幸 (慶應大), 岸 玲子 (北海道大), 北村 卓 (大日本インキ化学工業), 近藤元好 (三井化学), 佐藤彰夫 (山梨医大), 宮川宗之 (産医研), 和田 功 (埼玉医大), 牧野茂徳, 工藤光弘 (中災防): 平成12年度 化学物質の有害性に係る疫学及びばく露実態調査報告書, p.1〜64, 2001.

285. [研究報 告(厚生労働省)] シックハウス症候群における嗅覚検査の意義に関する研究及び客観的評価法の確立―環境中ホルムアルデヒド曝露の嗅覚器影響―. 相澤好治, 佐藤敏彦, 尾島正幸, 工藤雄一朗, 遠乗秀樹 (衛), 井口芳明, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 平成13年度 厚生科学研究費補助金生活安全総合研究事業 シックハウス症候群の病態解明, 診断治療法に関する研究報告書, p.153〜182, 2002.

286. [研究報告 (厚生労働省)] 化学物質過敏症の診断に関する研究. 相澤好治, 佐藤敏彦, 新津谷真人, 遠乗秀樹 (衛), 石川 哲, 宮田幹夫, 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 土本寛二 (北里研究所病院), 尾島正幸(衛): 平成13年度委託研究報告書「化学物質過敏症の診断に関する研究」, p.1〜39, 2002.

287. [研究報告 (文部科学省)] 細胞磁界測定による石綿代替品の細胞障害性評価. 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大), 苅部ひとみ (人間科学総合大学), 新津谷真人, 岡田充史, 渡辺光康 (衛): 平成11年〜平成13年度科学研究費補助金基盤研究(B) (2) 研究成果報告書, 1〜103, 2002.

288. [研究報告 (その他公的な報告; 日本医師会公衆衛生委員会)] 生涯保健事業の概念に基づく地域医療推進の具体策. 菊池辰夫 (福島県医師会), 多田羅浩三 (大阪大学), 村山博良 (高知県医師会), 相澤好治 (衛), 榎 光義 (大阪府医師会), 大木 勲 (茨城県医師会), 角田 均 (三重県医師会), 堺 春美 (東海大), 西村亮一 (兵庫県医師会), 羽鳥雅之 (埼玉県大宮医師会), 八木剛志 (熊本県医師会), 柳内 統 (北海道医師会), 湯藤 進 (東京都医師会), 吉田勝美 (聖マリアンナ医大): 公衆衛生委員会答申, p.1〜5, 2002.

289. [研究報告 (その他公的な報告; 日本公衆衛生協会)] 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告. 大井 玄(国立環境研), 相澤好治 (衛), 荒記俊一 (産医研), 安藤正典 (国立医薬品食品衛生研究所), 浦野紘平 (横浜国立大), 久保木富房 (東京大), 竹中 洋 (大阪医大), 土屋悦輝 (工学院大), 西岡 清 (東京医科歯科大), 橋本信也 (国際学院埼玉短期大), 藤巻秀和 (国立環境研), 吉村健清 (産業医大), 鈴木達夫 (北里研究所病院医療環境科学センター), 宮田幹夫 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 遠乗秀樹 (衛), 嵐谷奎一 (産業医大): 平成13年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告書, p.1〜399, 2002.

290. [研究報告 (その他公的な報告; 中災防)] じん肺有所見者に対する健康管理教育のためのガイドライン」の普及啓発に係る講習会等実施結果報告. 高橋 誠 (東北労災病院), 相澤好治 (衛), 小林英之 (長野産業保健推進センター), 松井祐佐公 (京都市伏見保健所), 青野裕士 (大分医大), 辻村信正 (厚生労働省), 櫻井治彦,市川正明 (中央労働災害防止協会・労働衛生調査分析センター): 「じん肺有所見者に対する健康管理教育のためのガイドライン」の普及啓発に係る講習会等実施結果報告書, p.1〜42, 2002.

291. [総説] Behavioral science for health education. 相澤好治 (衛), 苅部ひとみ (人間科学総合大学): Asian Medical Journal, 44 (3): 127〜135, 2001.

292. [総説] 化学物質過敏症の臨床. 尾島正幸, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): 総合臨床, 50 (8): 2391〜2392, 2001.

293. [総説] エチレンオキシド; 健康影響と予防管理. 相澤好治 (衛), 八幡勝也 (産業医大): 産業医学レビュー, 14(3): 131〜144, 2001.

294. [総説] 産業・経済変革期の職場のストレス対策の進め方 各論1. 一次予防 (健康障害の発生の予防) 性差, 年令差に配慮したストレス対策. 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): 産業衛生学雑誌, 43: 202〜206, 2001.

295. [総説] 良い環境のすすめ@環境と疾病. 相澤好治(衛): からだの科学, (223): 92〜94, 2002.

296. [総説] ホルムアルデヒドの健康影響. 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛): 産業医学ジャーナル, 25 (2): 104〜108, 2002.

297. [総説] Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (part one). 渡辺光康, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): Environmental Health and Preventive Medicine, 7 (6): 264〜272, 2003.

298. [総説] Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (part two). 渡辺光康, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): Environmental Health and Preventive Medicine, 7 (6): 273〜282, 2003.

299. [総説] 労働衛生における嗅覚検査の意義とその手法. 尾島正幸, 相澤好治 (衛): 産業医学ジャーナル, 26 (2): 95〜98, 2003.

300. [講座] アンチ・ドーピングについて; 薬の知識 (11) −医師の診断書や処方箋を提出する必要のある薬物−. 新津谷真人 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 米本吉之 (日本調剤): シクリスムエコー, 75: 9, 2001.

301. [講座] アンチ・ドーピングについて; 薬の知識 (12)−使用可能な市販薬−. 新津谷真人 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 米本吉之 (日本調剤): シクリスムエコー, 76: 10, 2001.

302. [講座] アンチ・ドーピングについて; ドーピング検査の現場から. 新津谷真人 (衛), 坂本陽一 (東北学院大): シクリスムエコー, 77: 12, 2001.

303. [講座] アンチ・ドーピングについて; ドーピング検査の現場から (2)−指導者研修会アンケート調査結果−. 新津谷真人 (衛), 坂本陽一 (東北学院大): シクリスムエコー, 78: 10, 2001.

304. [講座] アンチ・ドーピングについて; 薬の知識 (13)−使用可能な市販薬−. 新津谷真人 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 米本吉之 (日本調剤): シクリスムエコー, 79: 7, 2001.

305. [講座] アンチ・ドーピングについて; 薬の知識 (14)−使用可能な市販薬−. 新津谷真人 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 米本吉之 (日本調剤): シクリスムエコー, 80: 13, 2001.

306. [講座] アンチ・ドーピングについて; 薬の知識 (15)−使用可能な市販薬−. 新津谷真人 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 米本吉之 (日本調剤): シクリスムエコー, 81: 13, 2001.

307. [講座] アンチ・ドーピングについて; 薬の知識 (16)−使用可能な市販薬−. 新津谷真人 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 米本吉之 (日本調剤): シクリスムエコー, 82: 9, 2001.

308. [講座] アンチ・ドーピングについて; 薬の知識 (17)−使用可能な市販薬−. 新津谷真人 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 米本吉之 (日本調剤): シクリスムエコー, 83: 18, 2002.

309. [講座] 神奈川県における2月の傷病休業統計. 新津谷真人 (衛): 神奈川産業保健かもめ, 13: 6〜7, 2001.

310. [講座] 傷病休業統計報告 (平成13年2月分). 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 2001, 6: 12〜15, 2001.

311. [講座] 傷病休業統計報告 (平成13年7月分). 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 2001, 11: 10〜13, 2001.

312. [講座] 傷病休業統計報告 (平成14年2月分). 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (6): 18〜21, 2002.

313. [講座] 神奈川県における傷病休業の動向−感冒と精神障害・がん対策の重要性について−. 新津谷真人(衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (7): 18〜20, 2002.

314. [講座] 神奈川県における傷病休業の動向 (2)−全体像および事業所の規模別統計−. 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (8): 30〜32, 2002.

315. [講座] 健康12カ月−体力−. 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (7): 26〜27, 2002.

[著 書]

316. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 医療スタッフが提供するアンチ・ドーピングのための正しい知識; 「ドーピング」って何?, 新津谷真人 (衛). 編集 北海道大学, 北海道大学, 北海道, 2001.02発行.

317. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 医療スタッフが提供するアンチ・ドーピングのための正しい知識; 漢方薬, 健康食品, 栄養補助剤, 新津谷真人 (衛). 編集 北海道大学, 北海道, 2001.02発行.

318. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 医療スタッフが提供するアンチ・ドーピングのための正しい知識; スポーツ選手の薬物使用に対する意識, 新津谷真人 (衛). 編集 北海道大学, 北海道, 2001.02発行.

319. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 「情報システムを活用した安全衛生教育講座」 テキスト V労働衛生編; 労働生理の基礎知識, p.265〜313, 相澤好治 (衛). 中央労働災害防止協会, 東京, 2001.04発行.

320. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) ミクロの不思議な世界−電子顕微鏡で見た私たちをとりまく自然と生活環境−. マクロファージ, p.131, 相澤好治 (衛). 編集 医学生物学電子顕微鏡技術学会, 監修 宮澤七郎 (医学部組織標本・電子顕微鏡センター), 島田達生 (大分医大), メジカルセンス, 東京, 2001.06発行.

321. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 今日の治療指針 2002年版 (ポケット版); 環境・職業性因子による疾患の治療の動向, p.631, 相澤好治 (衛). 編集 相澤好治 (衛), 監修 多賀須幸男 (多賀須消化器・内科クリニック), 尾形悦郎 (癌研究会附属病院), 医学書院, 東京, 2002.01発行.

322. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 中毒学−基礎・臨床・社会医学−. 粉塵, p.145〜149, 相澤好治 (衛). 編集 相澤好治 (衛), 朝倉書店, 東京, 2002.02発行.

323. [その他の著書 (概説書)] (監修) ドーピング・コントロール教本 改訂版; 編集 日本自転車振興会, 監修 新津谷真人 (衛), 日本自転車振興会, 東京, 2001.08発行.

324. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 今日の治療指針 2002年版(ポケット版); 環境・職業性因子による疾患, p.631〜640, 相澤好治 (衛). 編集 山口 徹 (東邦大), 北原光夫 (東京都済生会中央病院), 監修 多賀須幸男 (多賀須消化器・内科クリニック), 尾形悦郎 (癌研究会附属病院), 医学書院, 東京, 2002.01発行.

325. [その他の著書 (啓蒙書)] (編集) 溶接安全衛生マニュアル; 編集 相澤好治 (衛). 産報出版, 東京, 2002.04.30発行.

326. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 酸素欠乏症,p.1978〜1979, 相澤好治 (衛). 編集 高久史麿 (自治医大), 尾形悦郎 (癌研究会付属病院), 黒川 清 (東海大), 矢崎義雄 (国立国際医療センター) 監修, 池田康夫 (慶応大), 伊藤貞嘉 (東北大), 沖田 極 (山口大), 春日雅人 (神戸大), 西元寺克禮 (内), 齋藤 厚 (琉球大), 辻 省治 (東京大), 中尾一和 (京都大), 貫和敏博 (東北大), 福井次矢 (京都大), 堀 正二 (大阪大), 山本一彦 (東京大), 和田 攻 (埼玉医大): 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

327. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 家庭における化学物質過敏症, p.2004〜2005, 相澤好治 (衛). 編集 高久史麿 (自治医大), 尾形悦郎 (癌研究会付属病院), 黒川 清 (東海大), 矢崎義雄 (国立国際医療センター) 監修, 池田康夫 (慶応大), 伊藤貞嘉 (東北大), 沖田 極 (山口大), 春日雅人 (神戸大), 西元寺克禮 (内), 齋藤 厚 (琉球大), 辻 省治 (東京大), 中尾一和 (京都大), 貫和敏博 (東北大), 福井次矢 (京都大), 堀 正二 (大阪大), 山本一彦 (東京大), 和田 攻 (埼玉医大): 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

328. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 内科学 第8版; VDTによる障害, p.94〜95 相澤好治 (衛). 編集 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

[学会・研究会等]

329. [学会 (国際)] (一般講演) Seventy years history of the Japan society for occupational health. 相澤好治, 岡田充史 (衛), 野村 茂 (労働科学研究所), 松下敏夫 (鹿児島産業保健推進センター), Fujiki, Y. (Japan Society for Occupational Health): Conference on occupational health and public (2001.09.06), Sweden. Abstracts, 2001.

330. [学会 (国際)] (ポスター講演) In vitro toxicity indium arsenide particles in alv eolar macrophages evaluated by cytomagnetometry. 岡田充史 (衛), 永田寛子 (薬学部), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美 (予防医学系), 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電気大): Fifth International Symposium on Biological Monitoring in Occupational and Environmental Health (2001.09.18), Canada. Abstracts, p.150, 2001.

331. [学会 (国際)] (ポスター講演) ヒ素イオンおよびガリウムイオンの細胞毒性評価. 井上葉子 (予防医学系), 岡田充史, 工藤雄一朗 (衛), 柴田香里 (医療系研究科), 小松裕美 (予防医学系), 相澤好治 (衛): 10th International Symposium on Natural and Industrial Arsenic Japan (2001.11.29), 東京. Book of abstracts, p.89, 2001.

332. [学会 (国際)] (ポスター講演) 細胞磁界測定を用いた砒科学インジウムの障害性評価. 岡田充史, 渡辺光康 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美 (予防医学系), 相澤好治 (衛), 沼田賀子, 岡安 勲 (病理), 比留間弘美, 井上 倫 (生理), 永田寛子 (薬学), 小谷 誠 (東京電機大): 10th International Symposium on Natural and Industrial Arsenic Japan (2001.11.29), 東京. Book of abstracts, p.891, 2001.

333. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 職場ストレスと免疫毒性アレルギー予防の接点; 有害環境ストレスと免疫機能. 相澤好治, 遠乗秀樹 (衛): 第74回日本産業衛生学会 研究会合同シンポジウム (2001.04.06), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 181〜182, 2001.

334. [学会 (全国)] (宿題報告) 網膜視神経障害に対する予防的神経保護治療へ向けての実験的研究. 若倉雅登, 眞下紀美代, 阿曽香子, 竹名紘子 (眼), 川上 倫, 比留間弘美 (生理), 岡安 勲 (病理), 岡田充史 (衛), 松谷伸二, 山本 昇 (看護学部), 岩田 岳, 西山隆恒, 張 強 (国立東京医療センター), 泉 雅子, 壺内鉄郎, 久保玲子 (井上眼科病院): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19), 横浜. 日本眼科学会雑誌, 105 (12): 843〜865, 2001.

335. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 労災保険による二次健康診断給付事業をめぐって; 産業現場における実態. 三宅 仁 (富士通), 佐藤敏彦 (衛): 日本産業衛生学会関東地方会第215回例会 (2001.12.08), 東京. 要旨集, p.42〜44, 2001.

336. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 労災保険による二次健康診断給付事業をめぐって; 職域における保健指導と特定保健指導, 今後のあり方. 相澤好治 (衛): 日本産業衛生学会関東地方会第215回例会 (2001.12.08), 東京. 要旨集, p.46〜48, 2001.

337. [学会 (全国)] (一般講演) スポーツ選手に対するドーピング禁止薬物についての啓蒙ツールの作成. 笠師久美子, 和田育男, 原田幸子 (北海道大歯学部病院), 新津谷真人 (衛), 成田寛史 (札幌医大病院), 永富良一 (東北大大学院), 鄭 漢志 (北海道大学歯学部病院), 戸塚靖則 (北海道大大学院): 第20回日本歯科薬物療法学会 (2001.02.17), 東京. 抄録集, p.64, 2001.

338. [学会 (全国)] (一般講演) 職業性ストレスと三大疾病病の発生−職業性ストレスコホート研究より−. 林 剛司 (日立), 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史 (産医研), 小林章雄 (愛知医大), 石崎昌夫 (金沢医大), 藤田 定 (愛知教育大), 相澤好治 (衛), 宮崎彰吾, 廣 尚典 (NKK), 荒記俊一 (産医研): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 338, 2001.

339. [学会 (全国)] (ポスター講演) 「仕事のストレス判定図」-有用性および妥当性の再検討. 川上憲人 (岡山大), 宮崎彰吾, 田中美由紀, 廣 尚典, 長見まき子, 井奈波良一 (NKK), 石崎昌夫 (金沢医大), 林 剛司 (日立), 小林章雄 (愛知医大), 藤田 定 (愛知教育大), 相澤好治 (衛), 桝本 武 (NKK), 原谷隆史, 荒記俊一 (産医研): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 511, 2001.

340. [学会 (全国)] (ポスター講演) 磁界測定法を用いた繊維状及び粒子状二酸化チタンの細胞障害性評価. 渡辺光康, 岡田充史, 遠乗陽子, 新津谷真人 (衛), 杉浦由美子, 井上葉子, 小松裕美 (予防医学系), 相澤好治 (衛): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 570, 2001.

341. [学会 (全国)] (ポスター講演) 粉じん作業者の肺機能の追跡調査−1秒量における15年間の推移−. 田口明子 (医療衛生学部), 新津谷真人 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 遠乗秀樹, 遠乗陽子, 相澤好治 (衛): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 575, 2001.

342. [学会 (全国)] (ポスター講演) 職業性ストレスと運動. 遠乗秀樹, 相澤好治, 渡辺光康, 尾島正幸 (衛), 鈴木美智代 (予防医学系), 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史, 荒記俊一 (産医研), 小林章雄 (愛知医大), 林 剛司 (日立), 石崎昌夫 (金沢医大), 藤田 定 (刈谷総合病院), 河野慶三 (富士ゼロックス), 宮崎彰吾, 廣 尚典, 桝本 武 (NKK): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 627, 2001.

343. [学会 (全国)] (ポスター講演) Vital Exhaustionと疾病休業−2年間のfollow upから−. 堀 礼子, 竹内清美, 小林章雄 (愛知医大), 相澤好治 (衛), 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史 (産医研), 林 剛司 (日立), 石崎昌夫 (金沢医大), 藤田 定 (愛知教育大), 河野慶三 (富士ゼロックス), 宮崎彰吾 (NKK), 荒記俊一 (産医研), 桝本 武 (NKK): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 632, 2001.

344. [学会 (全国)] (ポスター講演) 化学物質によるラット赤血球への影響. 片桐裕史 (医療衛生), 相澤好治 (衛), 門脇武博 (医療衛生): 第74回日本産業衛生学会(2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 685, 2001.

345. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県における疾病休業統計−第3報−. 新津谷真人 (衛), 佐藤信一 (神奈川労務安全衛生協会), 遠乗陽子, 遠乗秀樹 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 相澤好治 (衛): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 685, 2001.

346. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県における産業保健活動調査 (1) −死亡および健康確保対策の調査−. 谷口志穂 (三井化学), 堀江正和 (NKK), 中村 準 (ブリジストン), 新津谷真人 (衛), 千葉宏一 (日本ビクター), 廣 尚典 (NKK), 中野修治 (東芝), 古河 泰 (富士ゼロックス): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 702, 2001.

347. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県における産業保健活動調査 (2)−産業医活動の調査−. 古河 泰 (富士ゼロックス), 堀江正和 (NKK), 中村 準 (ブリジストン), 新津谷真人 (衛), 千葉宏一 (日本ビクター), 廣 尚典 (NKK), 中野修治 (東芝), 谷口志穂 (三井化学): 第74回日本産業衛生学会 (2001.04.05), 高知. 産業衛生学雑誌, 43 (臨増): 703, 2001.

348. [学会 (全国)] (ポスター講演) 磁界測定法を用いた砒化インジウムの細胞毒性評価. 岡田充史, 永田寛子 (医療衛生), 井上葉子, 杉浦由美子, 渡辺光康, 相澤好治, 小松裕美 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): 第71回日本衛生学会総会 (2001.04.28), 福島. 日本衛生学雑誌, 56 (1): 363, 2001.

349. [学会 (全国)] (一般講演) ホルモン様作用を有する環境化学物質のin vitro評価法−受容体発現公酵母系と乳癌細胞系との比較−. 川上智史 (医療系研究科), 坂部 貢 (衛), 門脇武博 (医療衛生), 相澤好治 (衛): 第10回日本臨床環境医学会総会 (2001.06.29), 旭川. 抄録集, p.31, 2001.

350. [学会 (全国)] (一般講演) 14-3-3蛋白キナーゼ調節因子の発現に及ぼす環境シグナルの影響−胎生期における影響を中心として−. 坂部 貢 (衛), 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 相澤好治 (衛), 川上智史 (医療系研究科), 門脇武博 (医療衛生), 相川浩幸 (東海大), 吉田貴彦 (旭川医大), 香山不二雄 (自治医大): 第10回日本臨床環境医学会総会 (2001.06.29), 旭川. 抄録集, p.32, 2001.

351. [学会 (全国)] (一般講演) 腸管粘膜系免疫機構に及ぼす環境シグナルの影響. 坂部 貢 (衛), 赤塚 明 (東海大), 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 相澤好治 (衛), 川上智史 (医療系研究科), 門脇武博 (医療衛生), 相川浩幸 (東海大), 吉田貴彦 (旭川医大), 香山不二雄 (自治医大): 第10回日本臨床環境医学会総会 (2001.06.29), 旭川. 抄録集, p.33, 2001.

352. [学会 (全国)] (一般講演) MCS患者への導入を目標とした嗅覚識別検査による嗅覚識別の検討. 尾島正幸, 遠乗秀樹 (衛), 小松裕美, 杉浦由美子 (予防医学系), 相澤好治 (衛), 宮田幹夫 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 坂部 貢 (衛), 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医センター): 第10回日本臨床環境医学会総会(2001.06.29), 旭川. 抄録集, p.46, 2001.

353. [学会 (全国)] (一般講演) シックハウス症候群・化学物質過敏症患者の近赤外線酸素モニタリング (NIRO) 利用による脳血流量測定の意義. 坂部 貢 (衛), 宮田幹夫, 石川 哲, 松井孝子, 江島千香子, 佐々木恵子 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 土本寛二 (北里研究所病院), 相澤好治 (衛): 第10回日本臨床環境医学会総会(2001.06.29), 旭川. 抄録集, p.48, 2001.

354. [学会 (全国)] (一般講演) 化学物質過敏症外来患者の栄養・生活指導の成果判定と追跡調査. 松井孝子 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 江島千香子, 高橋昌代, 杉田美智子 (北里研究所病院), 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 遠乗秀樹 (衛): 第10回日本臨床環境医学会総会 (2001.06.29), 旭川. 抄録集, p.49, 2001.

355. [学会 (全国)] (一般講演) 北里研究所病院における化学物質過敏症 (CS) の認識調査. 佐々木恵子, 近江晶子, 志田京子 (北里研究所病院), 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 遠乗秀樹 (衛): 第10回日本臨床環境医学会総会 (2001.06.29), 旭川. 抄録集, p.55, 2001.

356. [研究会 (全国)] (一般講演) 職業性疾患および環境性疾患予防の歴史. 相澤好治 (衛), 松下敏夫 (鹿児島産業保健推進センター): 日本産業衛生学会第47回労働衛生史研究会 (2001.09.29), 大阪. 講演資料集, p.4, 2001.

357. [学会 (全国)] (ポスター講演) 自己評価式抑うつ尺度 (CES-D) の短縮版の開発. 原谷隆史, 荒記俊一 (産医研), 川上憲人 (岡山大), 小林章雄 (愛知医大), 石崎昌夫(金沢医大), 林 剛司 (日立), 相澤好治 (衛), 桝本 武 (三菱化学), 橋本修二 (東大): 第60回日本公衆衛生学会総会(2001.10.31), 香川. 日本公衆衛生雑誌, 48 (10): 728, 2001.

358. [学会 (全国)] (ポスター講演) 身体活動量の職種差. 高尾総司, 大津忠弘, 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史 (産医研), 小林章雄 (愛知医大), 林 剛司 (日立), 石崎昌夫 (金沢医大), 相澤好治 (衛), 桝本 武 (三菱化学), 橋本修二(東大), 荒記俊一 (産医研): 第60回日本公衆衛生学会総会(2001.10.31), 香川. 日本公衆衛生雑誌, 48 (10): 786, 2001.

359. [学会 (全国)] (ポスター講演) 某保健福祉事務所におけるエイズ検査の利用状況 (第4報). 岡田充史, 相澤好治 (衛): 第60回日本公衆衛生学会総会 (2001.10.31), 香川. 日本公衆衛生雑誌, 48 (10): 813, 2001.

360. [学会 (全国)] (一般講演) アンチ・ドーピングに関するアンケート調査 (2). 新津谷真人 (衛), 坂本陽一 (東北学院大学), 笠師久美子 (北海道大学), 進士永子, 杉浦由美子 (予防医学系), 相澤好治 (衛): 第12回日本臨床スポーツ医学会学術集会 (2001.11.03), つくば. 日本臨床スポーツ医学会誌, 9 (4): S104, 2001.

361. [学会 (全国)] (一般講演) 泌尿器科男性患者における術前術後のSTAIとEgogramの関連. 城戸慈里 (看護学部), 佐藤敏彦, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): 第17回日本ストレス学会学術会 (2001.11.08), 久留米. ストレス科学, 16 (2): 123, 2001.

362. [学会 (全国)] (一般講演) じん肺管理区分決定の実態に関する全国調査 (1) 調査の概要. 杉浦由美子 (予防医学系), 新津谷真人, 泊利栄子, 遠乗陽子 (衛), 田口明子(医療衛生), 相澤好治 (衛): 第49回日本職業・災害医学会学術大会 (2001.11.21), 大阪. 日本職業・災害医学会会誌, 49 (臨増): 123, 2001.

363. [学会 (全国)] (一般講演) じん肺管理区分決定の実態に関する全国調査 (2) 管理区分決定状況・合併症. 泊 利栄子, 新津谷真人 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 田口明子 (医療衛生), 遠乗陽子, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): 第49回日本職業・災害医学会学術大会 (2001.11.21), 大阪. 日本職業・災害医学会会誌, 49 (臨増): 123, 2001.

364. [学会 (全国)] (一般講演) じん肺管理区分決定の実態に関する全国調査 (3) エックス線写真像・肺機能障害度. 田口明子 (医療衛生), 新津谷真人 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 泊 利栄子, 遠乗陽子, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): 第49回日本職業・災害医学会学術大会 (2001.11.21), 大阪. 日本職業・災害医学会会誌, 49 (臨増): 124, 2001.

365. [学会 (全国)] (ポスター講演) ヒト尿中BPA濃度の生物学的モニタリング. 岡田充史, 井上葉子, 重松淑子, 相澤好治 (衛): 環境ホルモン学会第4回研究発表会 (2001.12.14), つくば. p.232, 2001.

366. [学会 (全国)] (一般講演) Effect of environmental endocrine disruptors on proliferation and differentiation of cultured glial cells, with special reference to the PKA/PKC balance. 川上智史 (医療系研究科), 坂部 貢 (衛), 門脇武博 (医療衛生), 相澤好治 (衛), 吉田貴彦 (旭川医大), 香山不二雄 (自治医大): 環境ホルモン学会第4回研究発表会 (2001.12.14), つくば. 要旨集, p.407, 2001.

367. [学会 (全国)] (一般講演) 生物学的モニタリング. 相澤好治 (衛): 第9回産業医研修会・健康スポーツ医再研修会 (2002.03.16), 東京. 順天堂医学, 48 (2): 252, 2002.

368. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) シンポジウム化学物質過敏症−化学物質過敏症の治療と対策 環境対策−. 相澤好治 (衛). 第52回日本アレルギー学会総会(2002.11.30), 横浜. アレルギー, 51 (9.10): 808, 2002.

369. [学会 (全国)] (ポスター講演) 細胞磁界測定法を用いたチタン酸カリウムウィスカの細胞毒性評価. 柴田香里 (大学院医療系研究科), 渡辺光康, 岡田充史 (衛), 小松裕美, 井上葉子, 杉浦由美子 (予防医学系), 相澤好治 (衛), 門脇武博 (医療衛生): 第72回日本衛生学会総会(2002.03.26), 三重. 日本衛生学雑誌, 57 (1): 430, 2002.

370. [学会 (全国)] (ポスター講演) 磁界測定法を用いた砒素イオン及びガリウムイオンの細胞毒性評価. 岡田充史 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美 (予防医学系), 相澤好治 (衛), 岡安 勲 (病理), 川上 倫 (生理), 小谷 誠 (東京電機大): 第72回日本衛生学会総会 (2002.03.26), 三重. 日本衛生学雑誌, 57 (1): 437, 2002.

371. [学会 (全国)] (一般講演) 労災保険二次健康診断給付事業の効率についての検討. 佐藤敏彦 (衛), 三宅 仁, 山内洋司, 古河 泰, 行山 康 (富士通病院), 相澤好治 (衛): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌,44 (臨増): 417, 2002.

372. [学会 (全国)] (一般講演) 細胞磁界測定法を用いたロックウールの細胞毒性評価. 工藤雄一朗, 渡辺光康, 岡田充史, 尾島正幸 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美 (予防医学系), 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 452, 2002.

373. [学会 (全国)] (一般講演) 最近の労働衛生史研究の国際動向. 相澤好治 (衛), 松下敏夫 (鹿児島産業保健推進センター), 藤木幸雄 (松下産業衛生科学センター), 野村 茂 (労働科学研究所): 第75回日本産業衛生学会(2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 462, 2002.

374. [学会 (全国)] (ポスター講演) NIOSH職業性ストレス調査票の短縮版の開発. 原谷隆史, 荒記俊一 (産医研), 川上憲人 (岡山大), 小林章雄 (愛知医大), 石崎昌夫 (金沢医大), 林 剛司 (日立), 藤田 定 (愛知教育大), 相澤好治 (衛), 宮崎彰吾, 廣 尚則 (NKK), 桝元 武 (三菱化学): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 527, 2002.

375. [学会 (全国)] (ポスター講演) 職業性ストレスと生活習慣病の発生. 宮崎彰吾 (NKK), 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史 (産医研), 小林章雄 (愛知医大), 石崎昌夫 (金沢医大), 相澤好治 (衛), 林 剛司 (日立), 桝元 武 (三菱化学), 廣 尚則 (NKK), 荒記俊一 (産医研): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 542, 2002.

376. [学会 (全国)] (ポスター講演) 粉じん作業者の肺機能の追跡調査 第2報−1秒量における15年間の推移−. 田口明子 (医療衛生・解), 新津谷真人 (衛), 杉浦由美子(予防医学系), 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 627, 2002.

377. [学会 (全国)] (ポスター講演) 職業性ストレス、職場の支援および栄養摂取; 職業性ストレスと健康コホート研究ベースラインデータの解析. 川上憲人 (岡山大), 石崎昌夫 (金沢医大), 林 剛司 (日立), 宮崎彰吾, 廣 尚則(NKK), 桝元 武 (三菱化学), 小林章雄 (愛知医大), 藤田 定 (愛知教育大), 相澤好治 (衛), 原谷隆史, 荒記俊一 (産医研): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 674, 2002.

378. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県における傷病休業統計−第4報−. 新津谷真人 (衛),佐藤信一 (神奈川労務安全衛生協会), 遠乗陽子, 遠乗秀樹 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 相澤好治 (衛): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 751, 2002.

379. [学会 (全国)] (一般講演) 磁界測定法を用いた塩化ガリウム及び塩化砒素混合溶液の肺胞マクロファージ評価. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 渡辺光康, 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): マグネティックス研究会 (2002.04.19), 東京. 電気学会研究会資料, p.65〜69, 2002.

380. [学会 (全国)] (一般講演) New factors and measures for occupational safety and health for small-scale enterprises in Japan. 武藤孝司 (順天堂大), 相澤好治 (衛): XVIth World Congerss on Safety and Health at Work (2002.05.26), Austria. 抄録集, 2002.

381. [学会 (全国)] (一般講演) 化学物質過敏症患者に有効な環境改善について. 佐々木恵子, 高橋昌代, 佐藤加須美, 近江晶子 (北里研究所病院), 遠乗秀樹 (衛), 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.47, 2002.

382. [学会 (全国)] (一般講演) MCS患者への導入を目標とした嗅覚識別検査による嗅覚識別の検討 (第2報). 尾島正幸, 遠乗秀樹, 岡田充史, 渡辺光康 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子 (予防医学系), 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.49, 2002.

383. [学会 (全国)] (一般講演) Multiple chemical sensitivity の病歴調査 (第1報). 遠乗秀樹, 相澤好治, 尾島正幸, 佐藤敏彦, 新津谷真人, 工藤雄一朗, 進士永子 (衛), 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院 臨床環境医学センター), 土本寛二, 松井孝子, 佐々木恵子, 高橋昌代 (北里研究所病院): 第11回日本臨床環境医学会総会(2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.50, 2002.

384. [学会 (全国)] (一般講演) 低用量フタル酸の一次免疫中枢に対する影響. 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 相澤好治 (衛), 吉田貴彦 (旭川医大), 相川浩幸, 永倉貢一, 赤塚 明 (東海大): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.52, 2002.

385. [学会 (全国)] (一般講演) クリーンルーム内で嗅覚識別検査を実施する意義についての検討. 尾島正幸, 遠乗秀樹, 工藤雄一朗 (衛), 小松裕美, 杉浦由美子 (予防医学系), 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 坂部 貢, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.56, 2002.

386. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺C細胞におけるエストロゲン受容体beta型の意義−環境エストロゲンの作用と関連させて−. 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 國松佳奈, 角田隆俊, 斉藤 明, 相川浩幸 (東海大), 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.66, 2002.

387. [学会 (全国)] (一般講演) 環境ホルモンは前立腺癌細胞の増殖にどう影響するか?. 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 島 正則, 徳永正俊, 勝岡洋治 (東海大), 吉田貴彦 (旭川医大), 香山不二雄 (自治医大), 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会(2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.66, 2002.

388. [学会 (全国)] (ポスター講演) Cytotoxic evaluation of mixed solution of gallium trichloride and arsenic trichloride to alveolar macrophages of hamsters. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 渡辺光康, 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): 13th International conference on biomagnetism (2002.08.13), Germany. Proceedings, p.1121〜1126, 2002.

389. [学会 (全国)] (ポスター講演) Comparison between cytotoxicity of rock wool and chrysotile evaluated by cytomagnetometry. 工藤雄一朗, 渡辺光康, 岡田充史, 進士永子, 尾島正幸, 新津谷真人, 佐藤敏彦 (衛), 小谷 誠 (東京電機大), 相澤好治 (衛): International Symposium on bioelectromagnetics (2002.10.08), Kyoto, Japan. Proceedings, p.154〜157, 2002.

390. [学会 (全国)] (ポスター講演) 某保健福祉事務所におけるエイズ検査の利用状況 (第5報). 岡田充史, 相澤好治 (衛): 第61回日本公衆衛生学会総会 (2002.10.24), 埼玉. 日本公衆衛生雑誌, 49 (10): 873, 2002.

391. [学会 (全国)] (ポスター講演) 細胞磁界測定法を用いたロックウールとクリソタイルの細胞毒性評価の比較. 工藤雄一朗, 渡辺光康, 岡田充史, 進士永子, 尾島正幸 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美 (予防医学系), 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第50回日本職業・産業医学会 (2002.10.25), 北九州. 日本職業・産業医学会会誌, 50(臨増):143, 2002.

392. [学会 (全国)] (一般講演) 職業性ストレス項目別にみた抑うつと喫煙習慣の関連性について. 遠乗秀樹, 相澤好治, 尾島正幸 (衛), 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史 (産医研), 小林章雄 (愛知医大), 林 剛司 (日立), 橋本修二(東大), 石崎昌夫 (金沢医大), 藤田 定 (刈谷総合病院), 宮崎彰吾, 廣 尚典 (NKK), 荒記俊一 (産医研), 桝元 武 (NKK): 第18回日本ストレス学会学術総会 (2002.11.21), 東京. ストレス科学, 17 (2): 115, 2002.

393. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腸管粘膜系免疫機構 (GALT) に及ぼす各種環境ホルモンの影響−微細構造変化とアポトーシスを中心として−. 川上智史 (医療衛生), 坂部 貢 (北里大大学院), 門脇武博 (医療衛生), 相澤好治 (衛), 池田真紀 (医療衛生), 吉田貴彦 (旭川医大), 香山不二雄 (自治医大): 第5回日本内分泌攪乱化学物質学会研究発表会 (2002.11.25), 広島. 要旨集, p.349, 2002.

394. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト尿中BPA濃度の生物学的モニタリング (第2報). 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 花岡瑞恵 (医療衛生), 相澤好治 (衛): 第5回日本内分泌攪乱化学物質学会研究発表会 (2002.11.26), 広島. 要旨集, p.386, 2002.

395. [学会 (全国)] (一般講演) 科学的根拠に基づく医療 (EBM) 推進のための医療情報サービス事業の展開. 佐藤敏彦 (衛), 佐藤康仁, 星 佳芳, 中山健夫, 江口成美, 岡本高宏, 伊賀六一, 山口直人: 第13回日本疫学会 (2003.01.24), 福岡. 日本疫学会雑誌, 13 (1): 48, 2003.

396. [学会 (全国)] (一般講演) 患者サイドから見た診療方針決定に際しての医師に望むべき態度とそれに関連する因子について. 細井 香, 佐藤敏彦 (衛), 吉川晶子, 相澤好治 (衛): 第13回日本疫学会 (2003.01.24), 福岡. 日本疫学会雑誌, 13 (1): 222, 2003.


<<10 法医学>>

397. [原著] Mutation of the doublecortin gene in male patients with double cortex syndrome: Somatic mosaicism detected by hair root analysis. Mitsuhiro Kato, Masayo Kanai, Osamu Soma, Yuichi Takusa, Toshiyuki Kimura, Chikahiko Numakura, Takasumi Matsuki (Department of Padiatrics, Yamagata University school of Medicine), 中村茂基 (法医), Kiyoshi Hayasaka (Departmento of Padiatrics, Yamagata University school of medicine): Annals of Neurology, 50 (4): 547〜551, 2001.

398. [原著] 親子白骨死体からのDNA型判定. 松下浩和, 中村茂基, 永井智紀, 古川理孝, 杉江秀明, 栗原文男, 荒木尚美 (法医), 網干博文, 小室歳信 (日本大学歯学部法医学教室), 栗原克由 (法医): 法医学の実際と研究, 44: 101〜106, 2001.

399. [準原著] X染色体からのSTR多型解析・2. 松下浩和, 中村茂基, 永井智紀, 松井秀和, 荒木尚美, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医), 中村美穂, 小室歳信 (日本大学歯学部法医学教室): DNA多型, 9: 186〜189, 2001.

[学会・研究会等]

400. [学会 (国際)] (ポスター講演) Genetic analysis of eighteen STR loci on X chromosome in a Japanese population. 松下浩和, 中村茂基, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): 19th International Congress of International Society for Forensic Genetics(2001.08.28〜09.01), Munster. Abstracts, p.87, 2001.

401. [学会 (国際)] (ポスター講演) DNA analysis of ABO blood group system detected single-base nucleotide substitutions in a paternity case. 中村茂基, 松下浩和, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): 19th International Congress of International Society for Forensic Genetics (2001.08.28〜09.01), Munster. Abstracts, p.149, 2001.

402. [学会 (全国)] (一般講演) 排ガスによる急性CO中毒死が疑われたバルビタール中毒死. 杉江秀明, 永井智紀, 松下浩和, 中村茂基, 古川理孝, 栗原克由 (法医): 法中毒学会 (2001.07.06〜07), 松江. 法中毒, 19 (1): 124〜125, 2001.

403. [学会 (全国)] (ポスター講演) 死体現象の数量化データベースによる死後経過時間推定の試み. 古川理孝, 永井智紀, 松井秀和, 松下浩和, 杉江秀明, 中村茂基 (法医), 今井 寛 (救命), 小林英樹 (法医), 阿部法子, 内田晴吉 (北里保健衛生専門学院), 栗原克由 (法医): 第85次日本法医学会総会 (2001.04.13), 久留米市. 日法医誌, 55 (1): 85, 2001.

404. [学会 (全国)] (ポスター講演) 白骨死体からのDNA型判定. 松下浩和, 中村茂基, 永井智紀, 古川理孝, 杉江秀明, 栗原文男, 荒木尚美 (法医), 中村美穂, 小室歳信 (日本大学歯学部法医学教室), 中丸尚美, 栗原克由 (法医): 第85次日本法医学会総会 (2001.04.11〜13), 久留米. 日本法医学雑誌, 55 (1): 150, 2001.


<<12 実験動物学>>

405. [原著] raw小人症ラットに認められたサイログロブリン遺伝子ミスセンス変異G2320Rと細胞内輸送異常. 菱沼 昭 (独協医大), 古舘専一 (実動), 大石正道 (理学部), 長久保成美 (住金バイオサイエンス), 生田目 貴, 家入蒼生夫 (独協医大): ホルモンと臨床, 50: 219〜222, 2001.

406. [原著] Prolactin levels and maternal behavior induced by ultrasonic vocalization of the rat pup. Hashimoto, H., Saito, T.R. (日本獣医畜産大), 古舘専一(実動), Takahasi, K.W. (日本獣医畜産大): Exp. Anim., 50 (4): 307〜312, 2001.

407. [準原著] Electron-microscopical analis of the thyroid gland in +/+, rdw/+, rdw/rdw rats from the rdw rat colony with hereditary hypothyroidism. 古舘専一 (実動), 根本典子, 宮沢七郎 (組織・電顕): Exp. Anim, 50 (3): 227, 2001.

408. [研究報告 (文部省)] プロテオームによる糖尿病の病態解析法の開発. 前田忠計, 大石正道 (理学部), 亀谷 徹 (病理), 藤田芳邦 (内), 古舘専一 (実動), 松崎尹雄, 大森 彬, 河野俊之 (三菱生命研): 2001.

[学会・研究会等]

409. [学会 (国際)] (一般講演) The arthritis of the mouse infected with Borrelia microbes. Tadao Ikeda, Yasutomo Arashima (日大・医), 諸星康雄 (実動): 平成13年度日仏獣医学会総会・第25回研究例会(2002.02.27), 東京. 予稿集, 2002.

410. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Missense mutation (G2320R) of the thyroglobulin gene causes impaired intracellular thyroglobulin transport in the rdw rats. Hishinuma, A. (独協医大), 古舘専一 (実動), 大石正道 (理学), Nagakubo, N. (住金バイオサイエンス), Namatame, T. (独協医大): 第8回国際甲状腺シンポジウム (2001.04.07〜08), 東京.

411. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺機能低下症ラットrdwにおける+/+, rdw/+, rdw/rdwの甲状腺電顕像の定量的解析. 古舘専一 (実動), 根本典子, 宮沢七郎 (組織・電顕): 日本実験動物学技術大会2001 (2001.05.08〜12), 横浜. 講演要旨集, p.165, 2001.

412. [学会 (全国)] (一般講演) ラット系統による幽門洞潰瘍発症の比較検討. 小原 進 (代謝蛋白), 久保田敏彦(内): 日本実験潰瘍学会 (2001.11.23), 日光. 第29回日本実験潰瘍学会プログラム・抄録集, 2001.

413. [研究会 (地方)] (一般講演) 遺伝性糖尿病モデル動物におけるプロテオーム解析. 大石正道, 前田忠計, 小寺義男, 田中利好, 坂本裕人, 佐藤 守 (理学), 土橋香織 (神奈川大), 高田哲秀, 藤田芳邦 (内), 古舘専一 (実動): 遺伝子とその周辺 (2001.08.08〜09), 相模原.


<<1401 内科学T>>


414. [原著] Inhibition of kinin degradation on the luminal side of renal tubules reduces high blood pressure in deoxycorticosterone acetate salt-treated rats. 中嶋真一, 伊藤浩嗣 (内), 林 泉, 栗原義和, 奥村俊明, 矢島義忠, 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): Clinical and Experimental Pharmacology and physiology, 27: 80〜87, 2000.

415. [原著] 薬物性肝障害におけるリンパ球刺激試験の診断的価値と診断指針の評価. 渡辺真彰, 渋谷明隆, 里道哲彦, 小野弘二, 土橋 健, 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 肝臓, 42 (9): 4〜10, 2001.

416. [原著] 緊急ガストログラフィン注腸造影検査の臨床的意義と有用性について. 吉澤 繁, 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 日本大腸検査学会雑誌, 18 (1): 253〜256, 2001.

417. [原著] Obliterative Arteritis with Nitric Oxide Synthase and HLA-DR Expression in Crohn's colitis. 横山 薫 (内), 三富弘之 (病理), 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 岡安 勲 (病理): Hepato-Gastroenterology, 48: 401〜407, 2001.

418. [原著] 早期大腸癌の内視鏡的摘除後のfollow-upに関する検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄(内): 日本大腸検査学会雑誌, 18 (1): 55〜58, 2001.

419. [原著] 早期胃癌の術前診断 (EMR適応病変を中心に)−内視鏡の立場から−. 田辺 聡, 大井田正人 (内), 三富弘之 (病理), 柳沢信之, 樋口勝彦, 中山昇典, 村上 秩, 田原久美子, 北村 匡, 渡辺摩也, 中井久雄, 今泉 弘, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克禮 (内): 胃と腸, 36 (13): 1615〜1624, 2001.

420. [原著] EUS in Japan present status & standardization. 木田光広 (内): Digestive Endoscopy, 13 (suppl inpress), 2001.

421. [原著] 切除不能進行胃癌化学療法の内視鏡的判定. 近藤一英, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): 北里医学, 31 (3): 178〜186, 2001.

422. [原著] Role of reqenerative mucosa in primary gastric cancer treated by chemothevapy. 山崎いづみ, 小泉和三郎, 近藤一英, 西元寺克禮 (内): 2000.

423. [原著] 内視鏡的硬化療法が胃粘膜内血行動態に及ぼす影響の検討−新たに開発された2波長赤外線電子内視鏡による評価−. 高田雅博, 國分茂博, 大井田正人, 山岡佐世, 日高 央, 西元寺克禮 (内): Gastroenterol Endosc, 43 (1): 3〜13, 2001.

424. [原著] Transfusion Transmitted virus infection in patients on maintenance haemodialysis and in hospital workers. 渋谷明隆, 里道哲彦, 竹内敦子, 西元寺克禮 (内), 桜井慶造 (東病院検査部), 小林直之, 吉田 煦 (相模循環器クリニック): Journal Hospital Infection, 47: 277〜281, 2001.

425. [原著] Broadening indications for endoscopic treatment of early culorectal cancer. 五十嵐正広, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和, 横山 薫, 西元寺克禮 (内): Digestive Endoscopy, 12 (supp): s13〜s15, 2000.

426. [原著] Nodular Duodenitis with Involving CD8+Cell Infiltration in Patients with Ulcerative Colitis. 本間二郎 (平塚共済病院), 三富弘之 (病理), 村上幸太郎, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 外山久太郎 (平塚共済病院): Hepatogastroenterology, 48 (42): 1604〜1610, 2001.

427. [原著] モルモット大腸粘膜下神経叢による上皮クロライドイオン分泌の制御: コリナージックニューロンとVIPナージックニューロンの役割. 小久保麻子 (内), 錦谷まりこ, 竹村尚志 (生理), 西元寺克禮 (内), 河原克雅(生理): 北里医学, 31 (5): 288〜296, 2001.

428. [原著] High serum glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase levels in patients with liver cirrhosis. 渋谷明隆, Nobunao Ikewaki(内): Hepatology Research, 22: 174〜179, 2001.

429. [原著] ARCHITECTによる高感度HBs抗原定量測定の臨床的有用性ならびに問題点について. 櫻井慶造 (東病院検査部), 丸岡奈穂, 八木一夫, 内山幸信, 竹内敦子, 渋谷明隆 (内): 医学と薬学, 47 (3): 501〜509, 2001.

430. [原著] Trp 64 Arg polymorphism of the B3-adrenergic receptor is not associated with diabetic nephopathy in Japanese patients with tyne 2 diabetes. 中嶋真一 (内), 馬場恒春 (福島県立医大): Diabetes Care, 23 (6): 862〜863, 2000.

431. [原著] 糖尿病性神経障害患者におけるSemmes-Weinstein Monofilaments法の有用性. 神 康之, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 糖尿病, 44 (3): 209〜216, 2001.

432. [原著] 肝細胞癌の局所治療に於けるマイクロ凝固法(MCT)の役割とその位置付け. 渡久山哲男, 國分茂博, 高田雅博, 山岡佐世, 渡辺真彰, 日高 央, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): Journal of Microwave Surgery, 18: 45〜49, 2000.

433. [準原著] 肝細胞癌に対するRITA社製RFA needle model 30 (4本針) vs model 70 (7本針)の比較検討. 日高 央, 國分茂博, 渡久山哲男, 渡辺真彰, 小野弘二, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): Jan J Med Pharm Sci 46 (4): 505〜507, 2001.

434. [準原著] 食道静脈瘤合併門脈圧亢進症における一酸化窒素 (NO) 代謝産物の検討. 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): Jpn Pharmacol Ther, 29 (suppl. 1): 17〜19, 2001.

435. [準原著] 孤立性胃静脈瘤合併門脈圧亢進症における一酸化窒素 (NO) 代謝産物の検討. 日高 央, 國分茂博, 渡辺真彰, 小野弘二, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮(内): Jpn Pharmacol Ther, 29 (suppl. 2): 215〜217, 2001.

436. [準原著] Pharmacokinetic and phamacodynamic study of S-8117 (contorolled-release oxycodone tablet) on opioid-naive patients with cancer velated paris.小泉和三郎, 田辺 聡, 長場静香, 西元寺克禮, 野中美和, 矢後和夫 (内): European Journal of Pain(Supplement A), 5: 133〜134, 2001.

437. [準原著] NSAID起因性腸病変の臨床像と診断. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内): 消化器科, 33 (3): 190〜197, 2001.

438. [準原著] 三次元超音波内視鏡が深達度診断に有用であったsm小浸潤胃癌の1例. 木田光広, 渡邉摩也, 菊地秀彦, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫, 木田芳樹, 田辺 聡, 山田至人, 坂口哲章, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 向山 勲, 星野弘樹, 菊池史郎, 嶋尾 仁 (外), 三富弘之 (病理): 胃と腸, 消化器癌の深達度診断, 36 (3増): 445〜450, 2001.

439. [短報・速報] Transient Prevention of Ethanol-Induced Gastric Lesion by Capsaicin Due to Release of Endogenous Calcitonin Gene-Related Peptide in Rats. 林 弘美, 大野 隆, 西山和男, 朴 勝春 (内), 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): Jpn. J. Pharmalol, (86): 351〜354, 2001.

440. [症例報告] 選択的動脈内カルシウム注入負荷試験が存在診断, 局在診断に有用であった膵インスリノーマの1例. 神 康之, 金森 晃, 高田哲秀, 中嶋真一, 守屋達美, 藤田芳邦 (内): ホルモンと臨床, 49 (秋季増刊号): 148〜152, 2001.

441. [症例報告] 食道壁内偽憩室症の1例. 樋口勝彦, 大井田正人, 田辺 聡, 木田光広, 小泉和三郎, 西元寺克禮(内), 三富弘之 (病理), 越田容子 (内): Progress of Digestive Endascopy, 58 (2): 74〜75, 2001.

442. [症例報告] Parathyroid Hormone-Related Protein Production by Adenocarcinoma in Barrett's Esophagus Patient with Dermatomyositis. 田辺 聡(内), 三富弘之 (病理), 佐田美和, 山崎いづみ (内), 赤星 透 (臨床検査), 岡安 勲, 亀谷 徹 (病理), 西元寺克禮 (内): Digestive Diseases Sciences, 46 (7): 1584〜1588, 2001.

443. [症例報告] 魚骨による食道穿孔, 縦隔洞炎の1例. 中野史郎 (内), 大野 隆, 河野 静, 平澤陽子, 北村 匡, 川添一哉, 橘田輝雄 (伊勢原協同病院), 西元寺克禮 (内): Progress of Digestive Endoscopy, 59 (2): 62〜63, 2001.

444. [症例報告] 内視鏡診断しえた小腸T cell系悪性リンパ腫の1例. 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 胃と腸, 36 (7): 953〜957, 2001.

445. [症例報告] 潰瘍性大腸炎とCrohn病の鑑別診断が困難であった分類困難腸炎の1例. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 佐田美和, 西元寺克禮 (内), 三富弘之(病理): 2001.

446. [症例報告] Thrombotic thrombocytopenic purpura in autoimmune hepatitis. 渋谷明隆, 里道哲彦, 長場静香, 遠藤平仁 (内), 桑尾定仁 (病理), 西元寺克禮 (内): Journal of Gastroenterology, 36: 569〜573, 2001.

447. [症例報告] インターフェロン治療中に急性膵炎をきたしたC型肝炎の1例. 三輪 亘 (内), 村上和子, 高田治秀, 渡辺清治, 外山久太郎 (平塚共済病院): 内科, 87 (4): 804〜806, 2001.

448. [臨床治験] 経皮的ラジオ波焼灼術による肝細胞癌の治療経験−壊死範囲の検討を含めて−. 高田雅博, 國分茂博 (内): 医学と薬学, 43 (6): 1119〜1122, 2000.

449. [臨床治験] 硬度可変式大腸スコープで挿入困難例を克服できるか-CF-Q240Aの有用性と効果的な挿入パターン. 津田純郎, 佐竹儀治, 安藤正夫, 五十嵐正広, 後藤秀実, 塚越洋元, 藤沼澄夫 (内): 消化器内視鏡, 13 (8): 1177〜1185, 2001.

450. [総説] 胃穹隆部静脈瘤の血行動態的特長と難治性要因. 樋口勝彦, 國分茂博, 日高 央, 渡辺真彰, 小野弘二(内), 磯部義憲 (放): 消化器画像, 3 (6): 753〜759, 2001.

451. [総説] 特集: 消化器穿孔の治療が変わっている 大腸の内視鏡治療に伴う穿孔の予防と治療. 横山 薫, 比企能樹, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 小林清典, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 14 (2): 199〜203, 2002.

452. [総説] 経皮的ラジオ波焼灼術. 日高 央, 國分茂博(内): Jpn J Chemother, 28 (13): 1955〜1961, 2001.

453. [総説] 消化器疾患-病態と治療 (2). 大腸ポリープ. 佐田美和, 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮(内): 医学と薬学, 46 (6): 871〜878, 2001.

454. [総説] 大腸癌の内視鏡的治療4: 分割摘除. 佐田美和, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 西元寺克禮 (内): 治療学, 36 (1): 50〜54, 2002.

455. [総説] Mallory-Weiss症候群. 田辺 聡, 中山昇典, 佐々木 徹, 樋口勝彦, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): 臨床消化器内科, 17 (4): 467〜471, 2002.

456. [総説] 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術. 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): 診断と治療, 90 (3): 433〜437, 2002.

457. [総説] 食道運動機能. 田辺 聡, 西元寺克禮, 片田夏也 (内): 総合臨床, 50 (4): 833〜836, 2001.

458. [総説] 治療に伴う合併症への対応-嘔気・嘔吐-. 小泉和三郎, 田辺 聡, 長場静香, 樋口勝彦, 西元寺克禮 (内): 2001.

459. [総説] 進行胃癌の化学療法. 小泉和三郎, 田辺 聡, 長場静香, 樋口勝彦, 村上 秩, 西元寺克禮 (内): 臨床消化器内科, 16 (5): 133〜540, 2001.

460. [総説] 慢性肝炎から肝硬変への進展と肝表面の脈管構築観察における腹腔鏡検査の有用性. 渋谷明隆, 中沢貴秀, 土橋 健, 田原久美子, 穴澤康志, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 13 (6): 939〜944, 2001.

461. [総説] 経皮的ラジオ波治療を中心とした小肝細胞癌に対する局所治療の展開. 國分茂博, 高田雅博 (内): 消化器科, 31 (4): 432〜441, 2000.

462. [総説] 肝癌の治療-リピオドール混合エタノール局注. 國分茂博, 村上匡人, 高田雅博 (内): 日本臨床, 59 (6): 558〜568, 2001.

463. [総説] ポリペクトミー. これだけはやってはいけない. 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 消化器内視鏡, 13 (4): 624〜625, 2001.

464. [総説] 硬度可変式大腸内視鏡. 五十嵐正広 (内): 消化器の臨床, 4 (1): 127〜132, 2001.

465. [総説] 切除切片の回収方法. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内): 早期大腸癌, 5 (5): 502〜505, 2001.

466. [総説] 消化性潰瘍の最近の疫学動向. 三橋利温, 西元寺克禮 (内): 日本臨床, 60 (2増刊号): 29〜33, 2002.

467. [総説] Endoscopic Tumor Diagnosis and Treatment. 木田光広 (内): Endoscopy, 32 (11): 836〜844, 2000.

468. [総説] 大腸癌の治療法選択のための術前診断. 勝又伴栄, 小林清典, 五十嵐正広, 佐田美和, 吉澤 繁, 西元寺克禮 (内), 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理): 消化器内科, 13 (11): 1535〜1544, 2001.

469. [講座] 静脈瘤出血の治療〜BRTO・PTO. 國分茂博, 樋口勝彦 (内), 磯部義憲 (放): 消化器病セミナー81: 食道・胃静脈瘤治療-最近の進歩: 119〜130, 2000.

470. [講座] 食道・胃静脈瘤の内視鏡所見. 高田雅博, 國分茂博 (内): 臨床消化器内科, 15 (7): 1017〜1028, 2000.

471. [講座] 癌結節治療の進歩〜RITA/RTC社のRFAによる治療@. 國分茂博, 日高 央 (内): 消化器病セミナー82; 肝細胞癌治療法の新たな展開: 74〜84, 2001.

[著 書]

472. [学術書] (共著46名) 先端医療シリーズ13・腎臓病 腎臓病の最新医療; 内視鏡, p.261〜264, 大井田正人, 田辺 聡, 三橋利温, 西元寺克禮 (内). 編集 宮野康日己 (東京女子医大・内), 石田尚志 (聖マリアンナ医大・内), 富田公央 (熊本大・内), 監修 寺岡 彗 (東京女子医大・外), 伊藤貞喜 (東北大・内), 先端医療技術研究所, 東京, 2001.07.31発行.

473. [学術書] (分担執筆) 消化器疾患最新の治療; 食道静脈瘤 b.待期的な処置; p.80〜85, 高田雅博, 國分茂博 (内). 編集 戸田剛太郎, 杉町圭蔵, 中村孝司, 南江堂, 東京, 2001.02.10発行.

474. [学術書] (分担執筆) マスター3次元超音波; 食道・胃・小腸に対する内視鏡的3次元超音波; p.146〜155, 木田光広, 渡辺摩也, 西元寺克禮 (内). 編集 竹内久弥 (順天堂大), 馬場一憲 (東大), 2001発行.

475. [学術書] (共著) 炎症性腸疾患の臨床 改訂2版; 炎症性腸疾患の特殊な治療特集 ステロイド動注療法; p.192〜193, 横山 晋, 小林清典, 勝又伴栄(内). 編集 朝倉 均, 多田正大, 日本メディカルセンター, 東京, 2001.05.10発行.

476. [学術書] (分担執筆) 胃癌診療と化学療法; 外来で胃癌を疑うとき−診断の進め方−, p.13〜15, 小泉和三郎(内). 編集 坂田 優 (三沢市立三沢病院), ヴァンメディカル, 東京, 2001.11.10発行.

477. [学術書] (分担執筆) 胃癌診療と化学療法; 3. 化学療法の進め方と抗がん剤の知識 プロトコールの実際, p.75〜88, 小泉和三郎 (内). 編集 坂田 優 (三沢市立三沢病院), ヴァンメディカル, 東京, 2001.11.10発行.

478. [学術書] (分担執筆) 胃癌診療と化学療法; 4. 胃癌診療に関するQ&A, p.90〜123, 斉藤聡一 (青森県立中央病院), 小泉和三郎 (内), 畑田康政 (青森県立中央病院), 寺島雅典, 斉藤和好 (岩手医大・外), 後明郁男 (箕面市立病院・麻酔). 編集 坂田 優 (三沢市立三沢病院), ヴァンメディカル, 東京, 2001.11.10発行.

479. [学術書] (分担執筆) 消化器悪性腫瘍に対する化学療法; 進行胃癌の化学療法, p.41〜54, 小泉和三郎, 田辺 聡, 長場静香, 樋口勝彦, 村上 秩, 西元寺克禮 (内). 編集 田尻久雄 (東京慈恵会医大), 日本メディカルセンター, 東京, 2001.09.20発行.

480. [学術書] (分担執筆) 2002年今日の治療指針; 消化器癌の化学療法, p.286〜287, 小泉和三郎 (内). 編集 山口 徹, 北原光夫, 監修 多賀須幸男, 尾形悦郎, 医学書院, 東京, 2001.01.01発行.

481. [学術書] (分担執筆) 胃癌の診断と治療; ティーエスワン, P.393〜397, 栗原 稔, 小泉和三郎, 長谷川浩一, 坂田 優, 大津 敦, 田口鐡男 (内). 編集 諏訪庸夫, 日本臨床社, 大阪, 2001.04.30発行.

482. [学術書] (分担執筆) 胃癌の診断と治療; Gapecitabine (Ro09-1978), p.398〜403, 小泉和三郎 (内). 編集 諏訪庸夫, 日本臨床社, 大阪, 2001.04.30発行.

483. [学術書] (分担執筆) 胃癌の診断と治療; 化学療法の効果判定法, p.358〜362, 小泉和三郎, 栗原 稔, 西元寺克禮 (内). 編集 諏訪庸夫, 日本臨床社, 大阪, 2001.04.30発行.

484. [学術書] (共著) 胃と腸アトラス; 急性胃粘膜病変(AGML), p.99 田辺 聡, 西元寺克禮(内). 編集 八尾恒良, 医学書院, 東京, 2001.09.15発行.

485. [学術書] (分担執筆) 胃と腸アトラスU; 虚血性大腸炎, U: p.496〜499, 小林清典, 勝又伴栄 (内). 編集 八尾恒良, 医学書院, 東京, 2001.09.15発行.

486. [学術書] (分担執筆) 胃と腸アトラスU; 腸管子宮内膜症, U: p.572〜575, 小林清典, 勝又伴栄 (内). 編集 八尾恒良, 医学書院, 東京, 2001.09.15発行.

487. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2002; 虚血性腸炎, p.306〜307, 小林清典(内). 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

488. [学術書] (分担執筆) 炎症性腸疾患の臨床-診断から治療まで (改訂第2版); Crohn病のCT. MR診断, p.62〜68, 小林清典, 勝又伴栄 (内), 磯部義憲 (放). 編集 朝倉 均, 多田正大, 日本メディカルセンター, 東京, 2001.05.10発行.

489. [学術書] (共著) 胃と腸アトラス; Mallory-Weiss症候群, p.98, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内). 編集 八尾恒良, 医学書院, 東京, 2001.09.15発行.

490. [学術書] (共著) 一歩進んだ糖尿病服薬指導; 的場清和 (的場内科クリニック), 清野弘明 (太田西ノ内病院糖尿病センター), 金森 晃 (内), 朝倉俊成 (太田西ノ内病院薬剤部), 厚田幸一郎 (北里研究所薬剤部). 監修 阿部隆三 (太田記念病院), 野崎征支郎 (太田西ノ内病院), 土本寛二 (北里研究所病院), 南江堂, 東京, 2001.08.25発行.

491. [学術書] (分担執筆) 今月の治療; 急性肝炎の診断と治療・管理, 9: p.31〜35, 土橋 健, 渋谷明隆, 國分茂博(内). 編集 森安史典 (東京医科大学), 総合医学社, 東京, 2001.08.20発行.

492. [学術書] (分担執筆) 新超音波医学2 消化器; 6. 胆道奇形など, 2: p.119〜124, 國分茂博 (内). 編集 日本超音波医学会. 医学書院, 東京, 2000.05発行.

[学会・研究会等]

493. [学会 (国際)] (一般講演) A Phase 1/U study of S-1 plus cisplatin (CDDP) in patients (Pts) with advanced gastric cancer (CAGC). A. Ohtsu, N. Boku, F. Nagashima, 小泉和三郎, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内), K. Muro, Y. Matsumura, K. Shirao: ASCO 2001(2001.05.12), サンフランシスコ.

494. [学会 (国際)] (一般講演) A Phase U study of xelodatm (capecitabine) in patients with advanced metastatic gastric carcinoma. 小泉和太郎 (内), T. Taguchi for cooperative a group of capecitabine for gastric carcinoma (内): ASCO 2001 (2001.05.12), サンフランシスコ. ASCO pnoc., 20: p.2320, 2001.

495. [学会 (国際)] (ポスター講演) Restoration of Thrombopoietin Production After Partial Splenic Embolization Leads to Resolution of Thrombocytopenia in Liver Cirrhosis. 日高 央, 國分茂博 (内): 9th United European Gastroenterology Week(2001.10.09), Amsterdam, Netherlands.

496. [学会 (国際)] (ポスター講演) Renal Structural Changes as Indicators for Development of albuminuria in Nomo-and Microalbminuric Japanese Type 2 Diabetic Patients. 守屋達美, 田中啓司, 守屋利佳, 藤田芳邦 (内): 米国腎臓学会総会 (2001.10.15), サンフランシスコ. J Am Soc Nephrol, 12: p.151A, 2001.

497. [学会 (国際)] (ポスター講演) Involvement of kallikrein-kinin system in development of experimental ulcerative colitis induced by dextran sulfate sodium in rats. 鎌田一寿 (内), 林 泉 (薬理), 朴 勝春, 佐伯威男, 大野 隆, 西元寺克禮 (内), 鹿取 信, 馬嶋正隆(薬理): 102nd Annual meeting of the AGA (2001.05.20〜23), アトランタ. U.S.A. Gastroenterology, 120 (5): Supple1〜A152, 2001.

498. [学会 (国際)] (ポスター講演) Importance of PGI2 in Prevention of hyperosmotic saline against ethanol-induced microvasculature changes. An intravital microscopic study. 佐伯威男, 大野 隆, 朴 勝春, 鎌田一寿 (内), 鹿取 信 (薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 102nd Annual meeting of the AGA(2001.05.20〜23), アトランタ. U.S.A. Gastroenterology, 120 (5): supple1〜A694, 2001.

499. [学会 (国際)] (ポスター講演) Argon Plasma Coagulation (APC) For Early Gastric Cancer. 村上匡人 (Murakami Memorial Hospital), K. Nishino, A. Inoue, Y. Takaoka, B. Murakami, 日高 央, 田辺 聡, 木田光広 (内): 9th United European Gastroenterology Week(2001.10.06〜10), Amsterdam.

500. [学会 (国際)] (ポスター講演) Endoscopic Discrimination between Early Gastric Cancer and Superficial Type Primary Gastric Lymphoma. 今泉 弘, 大井田正人, 中山昇典, 越田容子, 田辺 聡, 木田光広, 小泉和三郎, 西元寺克禮, 勝又伴栄 (内), 三富弘之 (病理): UEGW (2001.10.2-08), アムステルダム.

501. [学会 (国際)] (ポスター講演) Management of residue or recurrence following endoscopic mucosal resection for early gastric cancer. 田辺 聡, 小泉和三郎, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 嶋尾 仁(外), 三富弘之 (病理): 第4回国際胃癌会議 (2001.04.30), ニューヨーク.

502. [学会 (国際)] (ポスター講演) New Generation Endoscopic Ultrasonography (XGF-UM2000) for Gastroenterological diseases. 木田光広, 渡辺摩也, 白須恭子, 荒木正雄, 山山竒好喜, 近藤一英, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): UEGW ヨーロッパ消化器病週間(2001.10.08), アムステルダム. Endoscopy, 2001.

503. [学会 (国際)] (ポスター講演) The problem of "RECIST" in evaluation of the chemo therapy for gastric cancer. 小泉和太郎, 田辺 聡, 長場静香, 西元寺克禮 (内), Minoru Kurihara, Tetsuo Taguchi: 第4回国際胃癌会議 (2001.04.30), ニューヨーク. Gastric cancer: p.109, 2001.

504. [学会 (国際)] (ワークショップ) Colonoscopy. 五十嵐正広 (内): 16th International Workshop on Therapentic Endoscopy (2001.12.05), ホンコン.

505. [学会 (国際)] (公開講座) Colonoscopy technique. 五十嵐正広 (内): World Congress of Gastroenterology 2002 (2001.02.27), バンコク.

506. [学会 (全国)] (一般講演) 胃体部を中心とした静脈瘤にたいして, 広範な部分的脾動脈閉塞術 (PSE) が有効であった一例. 玉真俊平, 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 渡辺真彰, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 磯部義憲 (放): 第4回食道・胃静脈瘤治療のための内視鏡的病態生理研究会 (2001.10.18), 京都.

507. [学会 (全国)] (一般講演) 胃十二指腸疾患に対する屈中H.pylori抗体測定の検討. 遠藤 徹, 永井孝三, 鈴木亮一, 高橋 裕, 高橋 寛, 菅 誠, 小泉和三郎 (内), 斉藤紀文, 草刈孝次, 藤田力也, 佐島敬清, 西元寺克禮 (内), 白井孝之, 高木敦司, 三輪 剛: 第7回日本ヘリコバクター学会 (神奈川GIフォーラム) (2001.06.21), 横浜.

508. [学会 (全国)] (一般講演) 食道表石癌に対する斜形ムコゼクターを用いた粘膜切除の試み−2チャンネル法との比較−. 田辺 聡, 小泉和三郎, 中井久雄, 樋口勝彦, 長場静香, 木田芳樹, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克禮(内): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.11.08), 広島.

509. [学会 (全国)] (一般講演) 栄養療法抵抗性Crohn病に対するステロイド併用療法の有用性. 小林清典, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内): 第87回日本消化器病学会総会 (2001.04.20), 東京. 日本消化器病学会雑誌, 98 (臨増): A213, 2001.

510. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸sm癌の治療法の選択と超音波内視鏡による深達度診断. 小林清典, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 大谷剛正 (外), 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 第56回大腸癌研究会 (2002.01.25), 新潟.

511. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸ポリープの経過観察の実際と効果的なfollow-upプログラムの検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 三富弘之(病理): 第56回日本大腸肛門病学会総会(2001.10.27), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌, 54 (9): 791, 2001.

512. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸腫瘍に対するEMRの適応と限界. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 小林清典, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第61回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.05.11), 神戸. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (臨増1): 665, 2001.

513. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸腫瘍摘除後の出血例からみたEndoscopic Doy Surgeryの適応. 吉澤 繁, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第61回日本消化器内視鏡学会総会(2001.05.11), 神戸. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (臨増1): 758, 2001.

514. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎における改善時内視鏡所見と予後についての検討. 横山 薫, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内): 第61回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.05), 神戸. 日本消化器内視鏡学会報誌, 43 (Suppl.1): 648, 2001.

515. [学会 (全国)] (一般講演) 20mm以上の大腸癌に対する内視鏡的治療の検討. 山岡佐世 (平塚共済病院), 五十嵐正広, 吉澤 繁, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第61回日本消化器内視鏡学会総会(2001.05.11), 神戸.

516. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における膵癌375症例の検討. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第32回日本膵臓学会大会(2001.07.13), 小倉. 日本膵臓学会誌, 16 (3): 283, 2001.

517. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における膵癌375症例の検討. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第61回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.05.11), 神戸. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43(Suppl.1): 672, 2001.

518. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性肝動脈-門脈シャントの1剖検例. 樋口勝彦, 國分茂博, 土橋 健, 日高 央, 小野弘二, 西元寺克禮 (内), 磯部義憲 (放), 大部 誠 (医療衛生): 第8回日本門脈圧亢進症学会総会 (2001.09.07), 金沢. 日本門脈圧亢進症学会雑誌, 7 (1): 31, 2001.

519. [学会 (全国)] (一般講演) 原発巣を有する切除不能進行胃癌化学療法における占拠部位別の奏効率, 生存期間に関する検討. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 長場静香, 山崎いづみ, 木田芳樹, 田辺 聡, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.11.09), 広島. 日本癌治療学会雑誌, 36 (2): 659, 2001.

520. [学会 (全国)] (一般講演) 高張食塩水 (マイルドイソタント) によるエタノール胃粘膜傷害抑制 (アダプティブサイトプロテクション)のメカニズム, -胃粘膜微小血管の反応からの解析. 鎌田一寿, 大野 隆, 水口澄人, 朴 勝春, 佐伯威男 (内), 林 泉 (薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 第43回日本平滑筋学会総会 (2001.07.18), 福岡.

521. [学会 (全国)] (一般講演) マウス胃粘膜微小循環観察を用いた高張食塩水によるエタノール胃粘膜傷害抑制のメカニズムの解析. 鎌田一寿 (内), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理), 大野 隆, 水口澄人, 朴 勝春, 佐伯威男, 西元寺克禮 (内): 第27回日本微小循環学会総会 (2002.02.21〜22), 東京.

522. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病における正常〜微量アルブミン尿期の腎生検組織morphometryの結果は, 6年後の尿アルブミン排泄増加に関与する. 守屋達美, 田中啓司, 望月まどか, 青柳祥夫, 進士永子, 中嶋真一, 神 康之, 金森 晃, 藤田芳郎 (内), 矢島義忠 (海老名総合病院糖尿病センター): 第44回日本糖尿病学会総会(2001.04.17), 京都. 糖尿病, 44 (Suppl.1): S71, 2001.

523. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎不全血液透析患者における糖尿病足病変の発症危険因子. 金森 晃, 望月まどか, 青柳祥夫, 中嶋真一, 神 康之, 田中啓司, 守屋達美, 藤田芳邦 (内), 青木主税 (医療衛生), 吉田 煦 (さがみ循環器内科クリニック): 第44回日本糖尿病学会年次学術集会 (2001.04.17), 京都. 糖尿病, 44 (Suppl.1): S136, 2001.

524. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病教育入院患者に対する変化ステージ評価および治療の動機づけと退院後の血糖コントロールとの関係. 長澤恵子 (北里大学病院), 金森 晃, 進士永子, 望月まどか, 青柳祥夫, 藤田芳邦 (内), 鈴木芳美, 三石小百合, 坂本梅子 (北里大学病院): 第44回日本糖尿病学会年次学術集会 (2001.04.16), 京都. 糖尿病, 44 (Suppl.1): S.37, 2001.

525. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい超音波内視鏡XGF-VML24OCPMの使用経験. 渡辺摩也, 木田光広, 中山昇典, 菊地秀彦, 竹沢三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第61回日本内視鏡学会総会(2001.05.11), 京都. Gastroenterological Endoscopy, 43(Suppl.1): 634, 2001.

526. [学会 (全国)] (一般講演) フットプリンターを用いた糖尿病患者の足底圧評価. 神 康之, 金森 晃, 神 由加里, 進士永子, 望月まどか, 青柳祥夫, 中嶋真一, 田中啓司, 藤田芳邦 (内): 第43回日本糖尿病学会学術集会(2001.04.17), 京都. 糖尿病, 44 (Suppl.1): S135, 2001.

527. [学会 (全国)] (一般講演) 抗甲状腺薬にて長期治療中のGraves病における甲状腺刺激抗体 (TSAb) の臨床的意義−TBIIとの比較. 中嶋真一, 金森 晃, 神 康之, 田中啓司, 守屋達美, 藤田芳邦 (内): 第74回日本内分泌学会学術総会 (2001.06.29), 横浜. 日本内分泌学会誌, 77 (1): 88, 2001.

528. [学会 (全国)] (一般講演) 尿中アルブミン排泄量の予後判定に有用な定量的腎組織変化 (しきい値) の検討. 田中啓司, 守屋達美, 望月まどか, 進士永子, 青柳祥夫, 中嶋真一, 神 康之, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第43回日本糖尿病学会 (2001.04.17), 京都. 糖尿病, 44 (Suppl.1): S71, 2001.

529. [学会 (全国)] (ポスター講演) 微小変化型ネフローゼ症候群を合併した全身性エリテマトーデスの経過中に原発性胆汁性肝硬変を発症した1例. 松尾孝俊, 佐野 隆(内), 比企能之 (名古屋大学大幸医療センター), 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊, 渋谷明隆 (内): 第31回日本腎臓学会東部学術大会 (2001.10.26), 山梨. 日本腎臓学会誌, 43 (6): 545, 2001.

530. [学会 (全国)] (ポスター講演) 急性発症した自己免疫性肝炎の臨床的・病理学的特長. 渋谷明隆, 渡辺真彰, 土橋 健, 里道哲彦, 小野弘二, 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第5回日本肝臓学会大会 (2001.10.18), 京都. 肝臓, 42 (Suppl.2): 430, 2001.

531. [学会 (全国)] (ポスター講演) PBCにおける門脈圧亢進症の進展及び静脈瘤の難知性要因への対策. 渡辺真彰, 渋谷明隆, 國分茂博, 樋口勝彦, 渡久山哲男, 里道哲彦, 小野弘二, 日高 央, 土橋 健, 西元寺克禮 (内): 第37回日本肝臓学会総会 (2001.05.18), 横浜. 肝臓, 42 (Suppl.1): A-299, 2001.

532. [学会 (全国)] (ポスター講演) 薬物性肝障害における診断指針の評価. 渡辺真彰, 渋谷明隆, 里道哲彦, 小野弘二, 土橋 健, 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第5回日本肝臓学会大会 (2001.10.18), 京都. 肝臓, 42(Suppl.2): 442, 2001.

533. [学会 (全国)] (ポスター講演) 3.5cm以上の大型肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼療法の抗腫瘍効果の検討. 〜バルーン閉塞下RFA療法及びTAEの併用による新たな展開. 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 渡辺真彰, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内),佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義徳 (放): 第5回日本肝臓学会大会 (2001.10.16), 京都. 日本肝臓学会雑誌, 42 (Suppl.2): 373, 2001.

534. [学会 (全国)] (ポスター講演) 肝細胞癌に対するRITA社製RFA needle model 30 (4本針) vs model 70 (7本針) の比較検討. 日高 央, 國分茂博, 渡久山哲男, 小野弘二, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第37回日本肝癌研究会 (2001.06.08), 下関.

535. [学会 (全国)] (ポスター講演) 肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼療法後の再発に関する検討. 小野弘二, 國分茂博, 日高 央, 渡辺真彰, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第5回日本肝臓学会大会 (2001.10.16), 京都.日本肝臓学会雑誌, 42 (Suppl.2): 375, 2001.

536. [学会 (全国)] (ポスター講演) C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法後の不完全著効例における線維化の改善. 土橋 健, 渋谷明隆, 里道哲彦, 渡辺真彰, 小野弘二, 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第5回日本肝臓学会大会 (2001.10.18), 京都. 肝臓, 42 (Suppl.2): 245, 2001.

537. [学会 (全国)] (ポスター講演) 早期大腸癌に対する内視鏡治療と腹腔鏡治療の位置付け-Endoscopistの立場から. 小林清典, 勝又伴栄 (内), 大谷剛正 (外): 第52回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.20), 京都. Gastroenterological Endoscopy, 43 (Suppl.2): 1693, 2001.

538. [学会 (全国)] (ポスター講演) 潰瘍性大腸炎の超音波内視鏡所見と病理組織学的所見の対比 外科手術標本を用いた基礎的検討. 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 大谷剛正 (外), 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.18), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43(臨増2): 1643, 2001.

539. [学会 (全国)] (ポスター講演) アルゴンプラズマ凝固法が有効であった放射線腸炎の2例. 花田佐世 (済生会向島病院), 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): DDW-Japan 2001 (2001.10.18), 京都. Gastroenterological Endoscopy, 43 (388): 1639, 2001.

540. [学会 (全国)] (ポスター講演) 胆道疾患の診断におけるMRCPの問題点. 白須恭子, 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 山山竒好喜, 荒木正雄, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡邉摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内), 磯部義憲 (放): 第9回日本消化器関連学会週間 第43回日本消化器病学会大会 (2001.10), 京都.

541. [学会 (全国)] (ポスター講演) NSAZDs起因性胃潰瘍の難治要因の検討. 菅野 聡, 安達 献, 澤井博典, 渋谷樹子, 小嶋達也, 中村陽子, 渡部幸夫 (国立相模原病院内科), 當間重人 (同リウマチ科), 雨宮明文, 高橋俊毅 (同外科), 木田光広, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理), 浅尾武士 (国立相模原病院病理): 第61回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.19), 京都. 第62回日本消化器内視鏡学会総会抄録集, 97: 1662, 2001.

542. [学会 (全国)] (ポスター講演) 超音波内視鏡 (EUS)におけるGIMTの診断と治療の適応〜GIMTの経時的観察を含めて〜. 山山竒好喜, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第9回日本消化器関連学会週間 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.20), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (Supp.2): 1714, 2001.

543. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当院における膵癌151症例の検討. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.20), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (Suppel.2): 1735, 2001.

544. [学会 (全国)] (ポスター講演) マウスにおける胃粘膜基底部微小循環観察法. 鎌田一寿, 大野 隆, 水口澄人, 朴 勝春, 佐伯威男 (内), 林 泉 (薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 第75回日本薬理学会年会 (2002.03.13〜15), 熊本.

545. [学会 (全国)] (ポスター講演) 慢性間接リウマチに多発性大腸潰瘍を併発した1例. 三輪 亘 (内), 外山久太郎, 北村陽子, 小川大志, 山岡佐世 小野村雅久, 田辺裕明, 高田雅博, 渡辺隆司, 本間二郎, 野登 誠, 金山正明 (平塚共済病院): 第61回日本消化器内視鏡学会 (2001.05), 神戸.

546. [学会 (全国)] (ポスター講演) 胆膵疾患における新・広帯域スコープの有用性. 渡辺摩也, 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 白須恭子, 荒木正雄, 山山竒好喜, 国東幹夫, 鹿間伸明, 今泉 弘, 木田芳樹, 近藤 一英, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.17), 神戸. Gastroenterological Endoscopy, 43 (Suppl.2): 1739, 2001.

547. [学会 (全国)] (ポスター講演) EMR後の人工潰瘍に対するRanitidiveとOneplazuleの有効性の検討−randomized pnospetive study. 田原久美子, 田辺 聡, 小泉和三郎, 樋口勝彦, 村上 秩, 北村 匡, 中井久雄, 木田芳樹, 三橋利温, 大井田正人,西元寺克禮 (内),三富弘之 (病理): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.20), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (別冊2): 17110, 2001.

548. [学会 (全国)] (特別講演) 最近の胃・食道静脈瘤治療 (BRTO.EIS) 今後の展開〜肝予備能への影響も含めて〜. 國分茂博 (内): 第87回日本消化器病学会総会ランチョンセミナー (2001.04.18), 東京.

549. [学会 (全国)] (教育講演) 肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波治療の展開. 國分茂博 (内): 第37回日本肝臓学会総会ランチョンセミナー (2001.05.17), 横浜.

550. [学会 (全国)] (教育講演) 食道・胃静脈瘤の治療. 國分茂博 (内): 第25回日本消化器内視鏡学会セミナー(2001.05.13), 神戸.

551. [学会 (全国)] (教育講演) 各種機器におけるRTCの使い方と選択. 國分茂博 (内): 第10回クリニカル・ビデオフォーラム (2002.02.02), 東京.

552. [学会 (全国)] (教育講演) 超音波内視鏡検査法の進歩と限界(上部消化管). 木田光広 (内): 日本消化器・内視鏡学会九州セミナー (2002.02.03), 福岡.

553. [学会 (全国)] (教育講演) フットケアからみた糖尿病性神経障害. 金森 晃 (内): 第44回日本糖尿病学会年次学術集会 (2001.04.17), 京都. 糖尿病, 44 (Suppl.1): 2001.

554. [学会 (全国)] (教育講演) 潰瘍性大腸炎: 療のポイント. 勝又伴栄(内): 日本大腸肛門病学会 第10回教育セミナー (2002.03.10), 横浜. 日本大腸肛門病学会 第10回教育セミナー・予稿集: 23〜26, 2002.

555. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 大腸早期癌の拾い上げ診断と深達度診断についての検討. 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 第10回クリニカルビデオフォーラム (2002.02.02), 東京.

556. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 癌治療の標準化に向けて-胃癌-進行・再発胃癌. 小泉和三郎 (内): 日本癌治療学会総会 (2001.11.07), 広島. 日本癌治療学会総会抄録集: 2001.

557. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 総胆管結石症の内視鏡治療における長期予後について. 国東幹夫, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第61回日本消化器内視鏡学会(2001.05.11), 神戸.

558. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 当院における超音波内視鏡ガイド下FNAの検討. 荒木正雄, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第61回日本消化器内視鏡学会 (2001.05.11), 神戸.

559. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 潰瘍性大腸炎の手術適応判定の超音波内視鏡は有用か. 小林清典, 勝又伴栄 (内), 横山 薫 (湘南東部総合病院): 第61回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.05.10), 神戸. Gastroenterological Endoscopy, 43 (Suppl.1): 567, 2001.

560. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Clinical significance of endoscopic image processing of IHb color enhancement for the diagnosis of coloredal disease. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): Endoscopy Forum Japan 2001 (2001.08.05), 小樽.

561. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Crohn病に合併する潰瘍性大腸炎類似病変の内視鏡的および免疫組織学的特徴. 横山 薫 (湘南東部総合病院), 三富弘之 (病理), 勝又伴栄 (内): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (Suppl.2): 1537, 2001.

562. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 胆膵疾患における内視鏡的内瘻化の選択. 山山竒好喜, 木田光広, 西元寺克禮(内): 第61回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.05), 神戸. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 2001.

563. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 急速凍結・ディープエッチング法による糖尿病性腎症早期の糸球体微細構造. 守屋達美, 田中啓司 (内): 第33回日本臨床電子顕微鏡学会総会 (2001.09.28), 長崎. 第33回日本臨床電子顕微鏡学会総会予稿集: 86, 2001.

564. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 糖尿病日常生活Q&A 糖尿病の足. 金森 晃 (内): 第41回日本糖尿病協会総会(2001.04.15), 京都.

565. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 糖尿病足病変の実態 糖尿病足病変治療用ウォーキングブーツの足底圧減圧効果. 金森 晃, 鎌田裕二, 平澤陽子, 青柳祥夫, 中嶋真一, 神 康之, 田中啓司, 守屋達美, 藤田芳邦 (内), 青木主税 (医療衛生): 第16回日本糖尿病合併症学会 (2001.10.20), 大阪. 日本糖尿病合併症学会抄録集, 15 (Suppl.1): 60, 2001.

566. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 糖尿病患者における足底部過剰圧の検出−フットプリンターの有用性−. 神 康之, 金森 晃, 鎌田裕二, 平澤陽子, 青柳祥夫, 中嶋真一, 田中啓司, 守屋達美, 藤田芳邦 (内), 青木主税 (医療衛生): 第16回日本糖尿病合併症学会 (2000.10.20), 大阪. 糖尿病合併症, 15 (Suppl.1): 59, 2001.

567. [学会 (全国)] (シンポジウム等) EUS診断の脈動-上部消化器疾患. 渡辺摩也, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 日本消化器内視鏡学会 (2001.05.11), 神戸.

568. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 内視鏡超音波法の現況と将来−上部消化管−. 木田光広, 渡辺摩也, 西元寺克禮 (内): 第74回日本超音波医学会 (2001.05.19), 東京. 超音波医学, 28 (3): 313〜314, 2001.

569. [学会 (全国)] (ワークショップ) NSAID起因性腸病変の臨床病理学的検討. 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄(内): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.20), 京都. 消化器内視鏡学会誌, 43 (Suppl.2): 1600, 2001.

570. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肝細胞癌に対するRFAのSingle Ablationによる抗腫瘍効果の検討. 小野弘二, 國分茂博, 日高 央, 渡邊真彰, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内) : 第37回日本肝臓学会総会 (001.05.17), 横浜. 日本肝臓学会雑誌, 42 (Suppl.1): 95, 2001.

571. [学会 (全国)] (ワークショップ) 出血性潰瘍に対する内視鏡的止血法の検討-特に止血不能例からみたstrategry-. 田辺 聡, 前澤 寧, 北村 匡 (内): 第38回日本腹部救急医学会総会 (002.03.21), 下関. 日本腹部救急医学会雑誌, 22 (2): 281〜285, 2002.

572. [学会 (全国)] (ワークショップ) 早期胃癌に対するアルゴレプラズマ凝固法 (APC) の有用性. 田辺 聡, 北村 匡, 西元寺克禮 (内): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.10.18), 京都. Gastroenterol Endosc, 43: 1578, 2001.

573. [学会 (全国)] (ワークショップ) NSAIDsを持続投与された慢性関節リウマチ(RA)における胃液内ムチン組成とRA合併NSAIDs起因性胃潰瘍 (N (+) RA (-) GU)手術例の病理組織学的検討. 菅野 聡 (国立相模原病院内科), 市川尊文 (生化学), 安達 献 (国立相模原病院内科): 第87回日本消化器病学会総会 (2001.04.18), 新宿. 第87回日本消化器病学会総会抄録集, 98: A97, 2001.

574. [学会 (全国)] (ワークショップ) 三次元超音波内視鏡による胃癌深達度診断. 木田光広, 渡辺摩也, 西元寺克禮( 内): 第62回日本消化器内視鏡学会 (2001.10.19), 京都.

575. [学会 (全国)] (ワークショップ) 原発性胆汁性肝硬変における肝細胞癌の発生と生命予後に及ぼす影響. 渋谷明隆 (内), 田中克明 (横浜市立大学), 宮川 浩 (帝京大学), 天木秀一 (日本大学), 高取正雄 (聖マリアンナ医科大学), 関山和彦 (昭和大学・藤ヶ丘病院), 橋本直明 (東京逓信病院), 柴田 実 (昭和大学), 中村陽子 (国立相模原病院), 森實敏夫 (神奈川歯科大学): 第37回日本肝臓学会総会 (2001.05.18), 横浜. 肝臓, 42 (Suppl), A173, 2001.

576. [学会 (地方)] (一般講演) 尿蛋白陽性2型糖尿病における糖尿病性糸球体硬化症と慢性腎炎の臨床的特徴と予後. 青柳祥夫, 守屋達美, 田中啓司, 神 康之, 平澤陽子, 鎌田裕二, 中嶋真一, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第39回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2002.01.26), 千葉市.

577. [学会 (地方)] (一般講演) 肝転移巣に石灰化を伴ったAFP産生胃癌の一例. 村上 秩, 外山久太郎, 山岡佐世, 小川大志, 小野村雅久, 田邉裕明, 三輪 亘, 高田雅博, 渡邊隆司, 本間二郎, 野登 誠, 中沢秀明, 金山正明 (内・平塚共済病院): 日本消化器病学会第265回関東支部例会(2001.07.21), 東京.

578. [学会 (地方)] (一般講演) 高CEA血症を呈したPBCとSoreoidosisの併発例. 三輪 亘, 外山久太郎, 小川大志, 村上 秩, 小野村雅久, 田辺裕明, 高田雅博, 渡辺隆司, 本間二郎, 野登 誠, 金山正明 (内・平塚共済病院): 第497回日本内科学会関東地方会 (2002.02.09), 東京.

579. [学会 (地方)] (一般講演) 腸閉塞を契機に診断された十二指腸水平部の早期癌の1例. 三輪 亘, 外山久太郎, 小川大志, 村上 秩, 小野村雅久, 田辺裕明, 高田雅博, 渡辺隆司, 本間二郎, 野登 誠, 金山正明 (内・平塚共済病院): 第491回日本内科学会関東地方会 (2001.06.23), 東京.

580. [学会 (地方)] (一般講演) 最近経験した, 腸管出血性大腸菌O-157感染性腸炎の2例. 三橋 淳, 五十嵐正広, 安達 滋, 石橋美生, 吉澤 繁, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 日本消化器内視鏡学会(第73回日本消化器内視鏡学会関東地方会)(2001.12.07), 東京.

581. [学会 (地方)] (一般講演) 新しい超音波内視鏡XGF-UML240CPMの使用経験. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.16), 東京.

582. [学会 (地方)] (一般講演) H. pylori除菌療法にて改善した胃巨大皺襞症の1例. 樋口勝彦, 大井田正人, 木田芳樹, 田辺 聡, 木田光広, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第73回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.12.07), 東京. Progress of Digestive Endoscopy, 60 (1): 63, 2001. 第73回日本消化器内視鏡学会関東地方会プログラム: 24, 2001.

583. [学会 (地方)] (一般講演) 胃-胆嚢瘻を形成し, 内視鏡的に結石を回収した胆石症の1例. 朴 勝春 (内・横須賀共済病院), 鈴木秀明, 菅原 崇 (横須賀共済病院), 斉藤聖磨 (内・横須賀共済病院), 里田 誠, 香山秀之 (横須賀共済病院), 林 弘美 (内・横須賀共済病院), 高谷育男, 松岡幹雄 (横須賀共済病院), 深澤信悟, 細井英雄 (横須賀共済病院外科), 大原 毅 (横須賀共済病院院長): 第73回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.12.07〜08), 東京.

584. [学会 (地方)] (一般講演) 妊娠後期に急性膵炎を合併した1例. 菅原 崇, 鈴木秀明 (横須賀共済病院), 斉藤聖磨 (内・横須賀共済病院), 黒田 誠 (横須賀共済病院), 朴 勝春 (内・横須賀共済病院), 香山秀之 (横須賀共済病院), 林 弘美 (内・横須賀共済病院), 高谷育男, 松岡幹雄 (横須賀共済病院), 大原 毅 (横須賀共済病院院長): 第266回日本消化器病学会関東支部例会 (2001.09.22), 横浜.

585. [学会 (地方)] (一般講演) 膵胆管合流異常に伴う急性反復性膵炎の1例. 斉藤聖磨 (内・横須賀共済病院), 鈴木秀明, 菅原 崇, 里田 誠 (横須賀共済病院), 朴 勝春(内・横須賀共済病院), 香山秀之 (横須賀共済病院), 林 弘美 (内・横須賀共済病院), 高谷育男, 松岡幹雄 (横須賀共済病院), 大原 毅 (横須賀共済病院院長): 第34回神奈川消化器病医学会総会 (2001.12.01), 横浜.

586. [学会 (地方)] (一般講演) 悪性胆道狭窄に対する12Fr. Plastic stentの有用性〜側孔の有無に関する検討〜. 山山竒好喜, 木田光広, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06), 東京.

587. [学会 (地方)] (一般講演) 非特異的な内視鏡所見を呈したS状結腸癌の1例. 白須恭子, 山山竒好喜, 石川博和, 横山 薫, 高野容高, 森瀬昌樹, 門脇 憲, 比企能樹 (湘南東部総合病院), 三富弘之 (病理): 第73回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.12), 東京.

588. [学会 (地方)] (一般講演) 魚骨による食道穿孔, 縦隔洞炎の1例. 中野史郎, 大野 隆, 平澤陽子, 北村 匡, 川添一哉, 橘田輝雄 (伊勢原協同病院), 西元寺克禮 (内): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.16), 東京. 消化器内視鏡の進歩, 2001.

589. [学会 (地方)] (一般講演) 腹部CTで診断し得た上腸間膜静脈血栓症の1例. 服部庸一郎, 吉澤 繁, 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理): 第492回日本内科学会関東地方会 (2001.07.22), 東京. プログラム: 11, 2001.

590. [学会 (地方)] (一般講演) EMRにより診断し得た限局性肥厚性胃炎の一例. 森木弘子, 田辺 聡, 中山昇典, 竹沢三代子, 渡辺摩也, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.15), 東京.

591. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡的に切除した十二指腸hamartomaの1例. 加藤恵美, 田辺 聡, 奥野順子, 佐々木 徹, 中山昇典, 樋口勝彦, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第268回日本消化器病学会関東支部例会(2002.02.16), 前橋.

592. [学会 (地方)] (一般講演) ウィルス関連血球貧食症候群を合併した急性A型肝炎の1例. 奥野順子, 渡辺真彰, 渋谷明隆, 小野弘二, 土橋 健, 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第493回日本内科学会関東地方会 (2001.09.13), 東京. 第493回日本内科学会関東地方会抄録集, 2001.

593. [学会 (地方)] (一般講演) 胃癌化学療法標準的治療の確立を目指して. 小泉和三郎 (内): 第20回神奈川胃癌治療研究会 (2001.07.14), 横浜.

594. [学会 (地方)] (一般講演) 長期的に観察されたPost-infantile giant cell hepatitisの1例. 玉真俊平, 土橋 健, 渡辺真彰, 小野弘二, 日高 央, 渋谷明隆, 國分茂博, 西元寺克禮, 三富弘之, 大部 誠 (病理): 第34回神奈川県消化器病医学会総会 (2001.12.01), 横浜.

595. [学会 (地方)] (一般講演) 本態性血小板血症 (ET) の合併が疑われた肝外門脈閉塞症 (EHO) の一例. 渡辺真彰, 渋谷明隆, 青山雅則, 内藤政吉, 小野弘二, 日高 央, 土橋 健, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第267回日本消化器病学会関東支部例会 (2001.12.01), 千葉. 第267回日本消化器病学会関東支部例会抄録集: 47, 2001.

596. [学会 (地方)] (一般講演) 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) の長期予後−特に遺残・再発例を中心に−. 村上 秩, 田辺 聡 (内・平塚共済病院): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.15), 東京. Prog. Dig. Eudosc, 59 (1): 17, 2001.

597. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 早期胃癌・早期食道癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM) の有用性. 田辺 聡, 小泉和三郎, 中井久雄 (内): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.15), 東京.

598. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 大きさからみた大腸早期癌のEMR適応の検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 第73回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2001.12.08), 東京. Prog. Dig. Endosc, 60 (1): 59, 2001.

599. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 大腸憩室出血に対する内視鏡的クリップ止血法の治療効果. 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.15), 東京. Progress of Digestive Endoscopy, 59 (1): 45, 2001.

600. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 慢性関節リウマチ患者に合併したNSAIDs潰瘍にヘリコバクターピロリ除菌はするべきか? −胃液内ムチンの質的検討より−. 菅野 聡, 安達 献, 澤井博典, 渋谷樹子, 小嶋達也, 中村陽子, 渡部幸夫 (国立相模原病院), 石原和彦 (医療衛生), 市川尊文 (生化学), 當間重人 (国立相模原病院リウマチ科), 三富弘之 (病理), 浅尾武士 (国立相模原病院病理): 第12回日本リウマチ学会関東地方会 (2001.12.08), 東京. 第12回日本リウマチ学会関東地方会プログラム予稿集: 24, 2001.

601. [学会 (地方)] (教育講演) 食道胃静脈瘤の診断と治療. 國分茂博 (内): 第11回日本消化器内視鏡学会中国支部セミナー (2002.02.24), 宇部(山口).

602. [学会 (地方)] (教育講演) 肝癌-早期発見と治療. 國分茂博 (内): 第3回日本消化器病学会関東支部教育講演会 (2001.06.30), 前橋.

603. [学会 (地方)] (ワークショップ) Vp3肝細胞癌症例の食道胃静脈瘤に対する内視鏡治療の検討: EISとEVLの比較. 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 西元寺克禮 (内): 日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.12.07), 東京.

604. [研究会 (国際)] (教育講演) EUS ライブデモ. 木田光広 (内): 第6回中国超音波内視鏡セミナー (2001.04.19), 西安.

605. [研究会 (国際)] (教育講演) The newest advancement of EUS. 木田光広 (内): 第6回中国超音波内視鏡セミナー (2001.04.19), 西安.

606. [研究会 (国際)] (教育講演) Role of endoscopic ultrasonography (EUS) in diagnosis, staging and outcome of colorectal lesions. 小林清典, 木田光広, 横山 薫, 吉澤 繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): The 11th workshop on Endoscopic Ultrasonography & Abdominal Ultrasonography (2001.10.27), ソウル.

607. [研究会 (国際)] (シンポジウム等) Application of Endoscopic Papillary Balloon dilation and Intraductal Ultrasonography. 木田光広 (内): 第2回国際治療内視鏡シンポジウム (2001.11.24), 台北.

608. [研究会 (国際)] (シンポジウム等) Adaptive cytoprotection mediated by endogenous prostaglandin I2 attributable to increased release of CGRP from sensory nerves. 朴 勝春, 大野 隆, 佐伯威男, 林 弘美 (内), 鹿取 信 (薬理), 成宮 周 (京大薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): The 9th Taisho International Symposium on Gastroenterology(2001.04.26〜27), 下田.

609. [研究会 (国際)] (シンポジウム等) The medianism of prevention by hyperosmotic saline of ethanol-induced gastric mucosal injury in rats.-A study using intravital microscopy-. 佐伯威男, 大野 隆, 朴 勝春, 西元寺克禮 (内), 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): The 9th Taisho International Symposium on Gastroenterology (2001.04.26〜27), 下田.

610. [研究会 (国際)] (シンポジウム等) 内視鏡 (EPBD, EUS, IDUS) ライブデモ. 木田光広 (内): 第2回国際治療内視鏡シンポジウム (2001.11.24), 台北.

611. [研究会 (全国)] (一般講演) バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術 (B-RTO) により改善を認めた肝性胞症の3例. 佐々木 徹, 國分茂博, 日高 央, 小野弘二, 渡辺真彰, 土橋 健 (内), 磯部義憲 (放): 第3回日本肝不全治療研究会 (2001.10.19), 京都.

612. [研究会 (全国)] (一般講演) 進行性胃癌患者を対象としたTS-1とリスプラチン併用療法の検討 (Phase T/U試験). 小泉和三郎 (内): The Third Tokyo Forum of New Auticancer Drugs (2001.08.31), 東京. 予稿集, 2001.

613. [研究会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に発生した大腸癌の検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 相原成昭, 大谷剛正 (外), 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 第55回大腸癌研究会(2001.07.13), 名古屋. プログラム・抄録集: 51, 2001.

614. [研究会 (全国)] (一般講演) MEN施行中に低亜鉛血症をきたしたCrohn病の臨床的検討. 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 毛塚由美子 (看護部), 三宅弘美, 野口球子 (栄養部): 第24回在宅経腸栄養研究会 (2001.09.08), 大阪. プログラム・抄録集: 30, 2001.

615. [研究会 (全国)] (一般講演) HENが有効であった非特異性多発性小腸潰瘍症の1例. 横山 薫, 白須恭子, 山山竒好喜, 比企能樹, 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内): 第24回在宅経腸栄養 (HEN) 研究会 第16回在宅静脈栄養 (HPN) 研究会合同集会 (2001.09), 大阪. 栄養-評価と治療, 19 (1): 110〜111, 2002. 抄録集: 35, 2001.

616. [研究会 (全国)] (一般講演) 糖尿病患者における足関節異常-足単純エックス線像での検討-. 金森 晃, 神 康之 (内), 青木主税 (医衛): 第7回糖尿病フットケア研究会 (2001.11.17), 東京.

617. [研究会 (全国)] (一般講演) フットプリンターを用いた足底圧半定量の試み. 神 康之, 金森 晃 (内): 糖尿病性足病変研究会 (2001.06.16), 東京.

618. [研究会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病における糸球体過剰濾過と高血糖の関連. 神 康之, 守屋達美, 鎌田裕二, 平澤陽子, 青柳祥夫, 中嶋真一, 田中啓司, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第13回日本糖尿病性腎症研究会(2001.12.01), 東京.

619. [研究会 (全国)] (特別講演) 門脈圧亢進症−「今日の治療指針」. 國分茂博 (内): Liver Club 50's (2000.10.26), 神戸.

620. [研究会 (全国)] (教育講演) 神経障害のある糖尿病患者のフットケア. 金森 晃(内): 第4回糖尿病看護研究・実践共同プロジェクト (2001.09.08), 明石市.

621. [研究会 (全国)] (教育講演) 胃癌治療の多剤併用療法-最近の課題- 小泉和三郎 (内): 第2回臨床腫瘍夏季集中セミナー (2001.07.28), 東京. 予稿集: 19〜20, 2001.

622. [研究会 (全国)] (宿題講演) EUS in Japan present status & Standardization. 木田光広 (内): Endoscopy Forum Japan (2001.08.05), 北海道.

623. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 大腸結節集簇型腫瘍の発育と進展. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第7回大腸UC附置研究会 (2001.10.20), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (臨増Suppl.2): 1790, 2001.

624. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 左胃動脈造影静脈相において求肝性左胃静脈を呈した3例の検討. 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 土橋 健, 高田雅博, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内),佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義憲, 村上正人 (放): 第3回食道・胃静脈瘤治療のための内視鏡的病態生理研究会 (2000.05.11), 神戸. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (Suppl.1): 798, 2001.

625. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術 (RFA ) の有用性: その現況と展開. 國分茂博, 高田雅博 (内): 第36回日本肝癌研究会(2000.06.23), 東京.

626. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 早期大腸癌の深達度診断. 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第2回臨床消化器病研究会 (2001.07.20), 東京. プログラム: 7, 2001.

627. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) プロテオームによる糖尿病病態解析法の開発. 前田忠計, 大石正道 (理学), 亀谷 徹 (病理), 藤田芳邦 (内), 古舘専一 (実動), 松崎尹雄, 大森 彬, 河野俊之 (三菱化学生命科学研究所): 文部科学省化学研究費特定領域研究C. 「ゲノム」4領域2001年度合同班会議 (2001.08.22〜25), 神戸. 報告書: 176, 2001.

628. [研究会 (全国)] (基調講演) EndoEhoシステムを用いた新しいEndoscopic Ultrasonography. 木田光広(内): 内視鏡推進連絡会議 (2001.05.09), 神戸.

629. [研究会 (地方)] (一般講演) TS-1 CDDPにて奏効が認められたStage X胃癌の1例. 山山竒好喜, 白須恭子, 石川博和, 横山 薫, 高野容幸, 森瀬昌樹, 門脇 憲, 比企能樹 (内・湘南東部総合病院): 第3回神奈川TS-1適正使用検討会 (2001.05.22), 横浜.

630. [研究会 (地方)] (一般講演) 切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法−癌治療標準化に向けて−. 小泉和三郎, 田辺 聡, 長場静香, 樋口勝彦, 西元寺克禮 (内), 大津 敦, 朴 成和, 長島文夫, 吉田元樹 (国立がんセンター東病院), 白尾國昭, 松村保宏, 室 圭, 後藤昌弘 (国立がんセンター中央病院): 第2回北里腫瘍フォーラム(2002.01.18), 相模原.

631. [研究会 (地方)] (一般講演) 出血性再発をくり返し, 治療に難渋した吻合部潰瘍の1例. 樋口勝彦, 田辺 聡, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮, 片田夏也 (内): 第13回神奈川GIMDカンファレンス (2001.11.30), 横浜.

632. [研究会 (地方)] (一般講演) 原発巣を有する切除不能進行胃癌化学療法における占拠部位別の奏効率, 生存期間に関する検討. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 田辺 聡, 長場静香, 山崎いづみ, 木田芳樹, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第21回神奈川胃癌研究会 (2001.12.22), 横浜. 第21回神奈川胃癌治療研究会抄録集: 10, 2001.

633. [研究会 (地方)] (一般講演) 経口血糖降下薬の使い分け−教育入院患者での使用経験から−. 金森 晃 (内): 第5回相模糖尿病懇談会 (2001.09.27), 厚木.

634. [研究会 (地方)] (一般講演) GAD抗体陽性例でのインスリン分泌能の検討. 中嶋真一, 守屋達美, 鎌田裕二, 望月まどか, 高田哲秀, 奥村俊明, 青柳祥夫, 田中啓司, 金森 晃, 藤田芳邦: 第19回神奈川糖尿病研究会 (2002.07.13), 横浜.

635. [研究会 (地方)] (一般講演) 糖尿病性ケトアシドシス (DKA) にアルコール性ケトアシドシス(AKA)を合併した糖尿病の1例. 青柳祥夫, 田中啓司, 奥脇祐介, 平澤陽子, 鎌田裕二, 中嶋真一, 神 康之, 守屋達美, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第18回神奈川糖尿病研究会 (2001.07.14), 横浜.

636. [研究会 (地方)] (一般講演) 緊急内視鏡. 田辺 聡(内): 第33回特設早期胃癌診断コース (JICA主催)(2002.01.21), 東京.

637. [研究会 (地方)] (一般講演) スミフェロン治療共同研究の追跡調査について. 渡辺真彰, 渋谷明隆, 里道哲彦, 小野弘二, 土橋 健, 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第4回北里肝臓フォーラム (2001.11.21), 相模原.

638. [研究会 (地方)] (特別講演) 糖尿病足病変の臨床. 金森 晃 (内): 上田市医師会学術講演会 (2001.06.26), 上田市.

639. [研究会 (地方)] (特別講演) 糖尿病と足病変. 金森 晃 (内): 第10回血糖自己測定の進歩 (2001.11.09), 札幌.

640. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法最近の課題. 小泉和三郎 (内): 第2回新潟DIF研究会 (2001.11.02), 新潟.

641. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌におけるTS-1の臨床成績−CDDPとの併用療法を含めて−. 小泉和三郎(内): 宮城TS-1講演会 (2000.04.21), 仙台.

642. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌におけるTS-1の臨床成績−CDDPとの併用療法を含めて−. 小泉和三郎(内): 岩手TS-1講演会 (2001.05.26), 盛岡.

643. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法 最近の課題. 小泉和三郎 (内): 群馬DIF研究会 (2001.09.20), 前橋.

644. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法現況と展望−ティーエスワンの併用療法を含めて−. 小泉和三郎(内): 八戸学術講演会 (2001.06.25), 八戸.

645. [研究会 (地方)] (特別講演) 肝癌に対するラジオ波治療と門脈圧亢進症の最新治療. 國分茂博 (内): 第2回横浜横須賀医療懇話会 (2001.11.22), 金沢八景(横浜).

646. [研究会 (地方)] (特別講演) 肝癌治療-ラジオ波熱凝固療法-. 國分茂博 (内): 第9回鳥取県中部肝疾患セミナー(2001.11.29), 倉吉市.

647. [研究会 (地方)] (特別講演) 門脈圧亢進症の治療とラジオ波による肝癌治療. 國分茂博 (内): 第4回広島肝胆膵画像診断研究会 (2001.11.02), 広島.

648. [研究会 (地方)] (特別講演) 肝癌治療−ラジオ波熱凝固治療−. 國分茂博(内): 函館消化器病懇談会(2001.09.20), 函館.

649. [研究会 (地方)] (特別講演) 肝癌に対するRITAの有用性とその使い方. 國分茂博 (内): 第2回RITA臨床討論・講演会 (2002.02.23), 四谷 (東京).

650. [研究会 (地方)] (特別講演) 食道胃静脈瘤の治療戦略. 國分茂博 (内): 島根胃腸フォーラム (2002.03.22), 出雲.

651. [研究会 (地方)] (教育講演) 第5回熊本EUSセミナーライブデモ. 木田光広 (内): 第5回熊本EUSセミナー(2002.03.02), 熊本.

652. [研究会 (地方)] (教育講演) 最新の超音波内視鏡診断と治療. 木田光広 (内): 第16回EUS研究会 (2001.07.14), 福岡.

653. [研究会 (地方)] (教育講演) EUSのライブデモ. 木田光広 (内): 長野EUS研究会 (2001.11.03), 上諏訪.

654. [研究会 (地方)] (教育講演) 糖尿病性神経障害とフットケア. 金森 晃 (内): 藤沢市内科医会学術講演会(2002.03.20), 藤沢市.

655. [研究会 (地方)] (教育講演) 超音波内視鏡下穿刺術. 木田光広 (内): 第5回熊本EUSセミナー (2002.03.02), 熊本.

656. [研究会 (地方)] (教育講演) 最新の超音波内視鏡診断と治療. 木田光広 (内): 第17回相模消化器研究会(2001.07.12), 厚木.

657. [研究会 (地方)] (教育講演) 膵癌-最新の診断と治療. 木田光広 (内): 第444回横浜市医師会医学研修会(2001.05.08), 横浜.

658. [研究会 (地方)] (公開講座) 緊急内視鏡−各種止血法のメカニズムと異物除去のコツ−. 田辺 聡 (内): 第4回千葉県内視鏡講習会 (2001.08.25), 幕張.

659. [研究会 (地方)] (公開講座) ヘリコバクターピロリと消化器疾患. 田辺 聡 (内): 市民大学 (2001.09.19), 相模原.


<<1402 内科学U>>


660. [原著] リエントリー回路の遅延伝導路入口部を推定し得た左室中隔起源特発性心室頻拍の一例-Entrainment中の刺激−P電位時間を利用した右室マッピングの試み−. 庭野慎一, 湯本佳宏, 吉澤直人, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原 英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹 (内): 臨床心臓電気生理, 24: 85〜92, 2001.

661. [原著] Effect of procainamide on the post-repolarization refractoriness in cardiac muscle. -Evaluation using block coupling interval (BCI) in the artificial is thmus model in canine right atrium. 吉澤直人, 庭野慎一, 森口昌彦, 北野義和, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 和泉 徹 (内): PACE, 24: 1100〜1107, 2001.

662. [原著] Electrical remodeling of the ventricular myocardial myocarditis. -Studies in the rat experimental autoimmune myocarditis-. 斉藤淳子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 猪又孝元, 湯本佳宏, 池田和子, 犬尾公厚, 小島時昭, Horie, M., 和泉 徹 (内): Jpn Circ J, 66: 97〜103, 2002.

663. [原著] The usefulness of the atrial double potential at the intercaval lesion in the right atrium.-Electrophysiological index for induction of atrial fibrillation in the electrophysiologic study-. 北野義和, 庭野慎一, 小島時昭, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 吉澤直人, 斉藤淳子, 原 英幸, 森口昌彦, 和泉 徹 (内): Jpn Heart J, 42: 717〜723, 2001.

664. [原著] 心房高頻度刺激による電気的リモデリング時の心房内不均一性の実験的検討−特にベラパミルの効果の検討−. 森口昌彦, 庭野真一, 吉澤直人, 北野義和, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原 英幸, 和泉 徹 (内): Therapeutic Research, 22: 790〜793, 2001.

665. [原著] Immunomodulatory effect of pentoxifylline to supress experimental autoimmune myocarditis. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 松田千絵子, 河野 健, 町田陽二, 和泉 徹 (内): Circulation Journal, 2001.

666. [原著] Auti-CD2 monoclonal antibodies present the induction of experimental autoimmune myocarditis. 猪又孝元(内), Takehiro Watanabe, Manabu Haga, Hiroyuki Hirahara, Taro Abo, Yuji Okura, Haruo Hanawa, Makoto Kodama (新潟大・第一内科), 和泉 徹 (内): Jpa Heart J, 41: 507〜517, 2000.

667. [準原著] Verapamil suppress the inhomogeneity of the electrical remodeling in canine chronic rapid atrial stimulation model. 森口昌彦, 庭野慎一, 吉澤直人, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原 英幸, 北野義和, 和泉 徹 (内): Proceedings of EUROPACE, 2001: 61〜65, 2001.

668. [準原著] Measurement of body-surface leakage energy of defibrillation shock by an implantable cardioverter defibrillator system in humans. 庭野慎一, 小島時昭, Y吉澤直人, 犬尾公厚, 原 英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): Proceedings of EUROPACE, 2001: 137〜141, 2001.

669. [準原著] Effect of oral verapamil on the atrial electrical remodeling in patients with paroxysmal atrial fibrillation. -analysis of the atrial refractoriness utilizing the f-f intervals in the Holter monitoring-. 庭野慎一, 小島時昭, 吉澤直人, 犬尾公厚, 原 英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉 徹(内): Proceedings of EUROPACE, 2001: 167〜170, 2001.

670. [準原著] Effect of class V antiarrhythmic agent: MS-551 on the postrepolarization refractoriness in cardiac muscle-evaluation utilizing atrial conduction block model-. 吉澤直人, 庭野慎一, 森口昌彦, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 北野義和, 和泉 徹 (内): Proceedings of EUROPACE, 2001: 495〜500, 2001.

671. [その他公的な報告] 致死的不整脈の早期発見に関する基礎的研究. −多極体表面心電図記録の有用性について−. 庭野慎一(内): 健康推進財団研究報告書, 16: 74〜84, 2001.

672. [症例報告] フェニトイン過敏症後にT型糖尿病を発症し, 虚血型T細胞性心筋炎にて死去した1例. 桑尾定仁(病理), 猪又孝元, 中畑潤一(内), 岡安 勲(病理): 内科, 87: 555〜563, 2001.

673. [症例報告] A case of recurrent myocardicis of a fulminant form during a short cinical period. 竹端 均, 猪又孝元 (内), 桑尾定仁 (病理), 中畑潤一, 佐々木毅 西井基継, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): Circulation Journal, 2001.

674. [総説] 心房高頻度刺激モデルによる電気的リモデリングの検討. −電気的リモデリングに対するピルジカイニドとベラパミルの効果−. 庭野慎一 (内): 第11回サンリズムシンポジウムハイライト集: 6〜7, 2002.

675. [総説] 192. 拡張型心筋炎 (第4章 主要疾患-現況・病態・診断・治療). 猪又孝元 (内): 別冊・医学のあゆみ 循環器疾患 Ver2-state of arts: 621〜624, 2001.

676. [総説] 第4章 主要疾患−現況・病態・診断・治療 192. 拡張型心筋炎. 猪又孝元 (内): 別冊・医学のあゆみ 循環器疾患 Ver2-state of arts: 621〜624, 2001.

677. [総説] 電気的リモデリングに対するベラパミルの効果. 庭野慎一(内): メディカルトリビューン: 22〜23, 2002.

678. [総説] 徐脈性不整脈の予後. 庭野慎一(内): 循環器科, 51: 26〜33, 2002.

679. [総説] 慢性心不全の治療2. β遮断薬治療. 猪又孝元 (内): 治療学, 35 (12): 54〜57, 2001.

680. [総説] 急性心不全に合併する不整脈. 庭野慎一 (内): 不整脈診療, 3: 27〜30, 2002.

681. [総説] 慢性心不全における突然死の非薬物療法. 庭野慎一, 池田和子 (内): Heart Nursing, 14: 603〜609, 2001.

682. [総説] 心房細動とQOL. 庭野慎一, 吉田 徹 (内): 呼と循, 49: 1179〜1185, 2001.

683. [総説] 心房粗動. 庭野慎一, 小島時昭 (内): Heart View, 5: 42〜43, 2001.

684. [総説] 一枚の心電図から何が考えられるか. 庭野慎一 (内): 日本医事新報, 4016: 69〜72, 2001.

685. [総説] 心室性頻拍性不整脈. 庭野慎一 (内), 村松 準: Modern Physician, 21: 368〜372, 2001.

686. [講座] わが国における劇症型心筋炎治療のガイドライン. 竹端 均, 和泉 徹 (内): 分子心血管病, 3 (1): 87〜93, 2002.

[著 書]

687. [学術書] (分担執筆) 循環器疾患 心不全; 本部臨床統計集 (2), 59 (増8): p.760〜766, 猪又孝元 (内). 日本臨床社, 大阪, 2001.12.28発行.

688. [学術書] (分担執筆) 不整脈2001; Evidence Based Medicine-心室頻脈の治療-, p.184〜195, 庭野慎一 (内). 編集 杉本恒明, 井上 博, メディカルレビュー社, 東京, 2001発行.

689. [教科書] (共著) 循環器研修医ノート改訂第2版; H. Emergency 15. 劇症性心筋炎, p.212〜215, 猪又孝元, 和泉 徹 (内). 編集 永井良三 (東京大), 診断と治療社, 東京, 2001.06.20発行.

690. [教科書] (共著) 標準循環器症学; 第4章 主な循環器疾患の診断・管理・治療 15. 心筋症, 心筋炎, p.288〜297, 猪又孝元, 和泉 徹 (内). 編集 小川 聡 (慶応大), 井上 博 (富士医薬大), 医学書院, 東京, 2001.07.15発行.

691. [入門書] (分担執筆) ECGケーススタディ; 上室性頻脈性不整脈・心室性頻脈性不整脈, p.74〜83, 庭野慎一 (内). 編集 村松 準, 新興医学出版, 東京, 2002発行.

692. [入門書] (分担執筆) ECGケーススタディ; 洞不全症候群・Adams-Stokes症候群, P.89〜93, 庭野慎一 (内). 編集 村松 準, 新興医学出版, 東京, 2002発行.

[学会・研究会等]

693. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of oral verapamil on the atrial electrical remodeling in patients with paroxysmal atrial fibrillation. - analysis of the atrial refractoriness utilizing the f-f intervals in the Holter monitoring -. 庭野慎一, 小島時昭, 吉澤直人, 犬尾公厚,  英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): 第10回欧州心臓ペーシング学会, 2001 (2001.06), コペンハーゲン. EUROPACE, 2 (B7): 2001.

694. [学会 (国際)] (一般講演) Measurement of body-surface leakage energy of defibrillation shock by an implantable cardioverter defibrillator system in humans. 庭野慎一, 小島時昭, 吉澤直人, 犬尾公厚, 原 英幸, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉 徹(内): 第10回欧州心臓ペーシング学会, 2001 (2001.06), コペンハーゲン. EUROPACE, 2 (B51): 2001.

695. [学会 (国際)] (ポスター講演) Effect of class V antiarrhythmic agent: MS-551 on the postrepolarization refractoriness in cardiac muscle -evaluation utilizing atrial conduction block model-. 吉澤直人, 庭野慎一, 森口昌彦, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第10回欧州心臓ペーシング学会, 2001 (2001.06), コペンハーゲン. EUROPACE, 2 (B158): 2001.

696. [学会 (国際)] (ポスター講演) Cardioprotective Effect of Mexiletine on Acute Myocardial Ischemia -KATP Channel opening as the possible mechanism-. 犬尾公厚, 庭野慎一, 池田和子, 小島時昭, 吉澤直人, 斉藤淳子, 原 英幸, 吉田 徹, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹 (内): 国際心臓病学会, 2001 (2001.10), 秋田. ISHR proceedings, 320, 2001.

697. [学会 (国際)] (ポスター講演) Examination of the Intraatrial Heterogeneity of the Electrical Remodeling by Atrial Highly Frequent Stimulation〜Comparison right and left Atrial Stimulation〜. 小島時昭, 庭野慎一, 森口昌彦, 池田和子, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 北野義和, 原 英幸, 吉田 徹, 和泉 徹 (内): 6th International Dead Sea Symposium on Cardiac Arrhythmias and Device Therapy (2002.03.06), Tel Aviv, Israel. 6th International Dead Sea Symposium on Cardiac Arrhythmias and Device Therapy ABSTRACT, p.33, 2002.

698. [学会 (国際)] (ポスター講演) Verapamil Suppress the Inhomogeneity of the Electrical Remodeling in Canine Chronic Rapid Atrial Stimulation Model. 小島時昭, 森口昌彦, 庭野慎一, 吉澤直人, 犬尾公厚, 斉藤淳子,原 英幸, 北野義和, 和泉 徹 (内): Europace 2001(2001.06.27), Denmark, Copenhagen.

699. [学会 (国際)] (ポスター講演) Effect of Verapamil and Pilsicainide on the Atrial Electrical Pemodeling in Canine Rapid Atrial Stimulation Model. 小島時昭, 庭野慎一, 森口昌彦, 池田和子, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 北野義和, 原 英幸, 吉田 徹, 和泉 徹 (内): 6th International Dead Sea Symposium on Cardiac Arrhythmias and Device Therapy (2002.03.06), Tel Aviv, Israel. 6th International Dead Sea Symposium on Cardiac Arrhythmias and Device Therapy ABSTRACT, p.34, 2001.

700. [学会 (国際)] (ポスター講演) Verapamil suppress the inhomogeneity of the electrical remodeling in canine chronic rapid atrial stimulation model. 森口昌彦, 庭野慎一, 吉澤直人, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原 英幸, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第10回欧州心臓ペーシング学会, 2001 (2001.06), コペンハーゲン. EUROPACE, 2 (B174): 2001.

701. [学会 (国際)] (ポスター講演) Kv. 4.2 level is reduced in myocarditis. Electrical remodeling of ventricular myocardium in rat experimental autoimmune myocarditis (EAM) model. 斉藤淳子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 湯本佳宏, 小島時昭, 吉澤直人, 犬尾公厚, 原 英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第10回欧州心臓ペーシング学会, 2001 (2001.06.00), コペンハーゲン. EUROPACE, 2 (B175): 2001.

702. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Measuremanet of body-surface leakage energy of defibrillation shock by an implantable cardioverter difibrillator system in humans. 庭野慎一, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第65回日本循環器学会学術集会, 2001 (2001.03), 京都. Jpn Circ J, 65: 64, 2001.

703. [学会 (全国)] (一般講演) 心房高頻度刺激による電気的リモデリングの心房内不均一性の検討〜電気的リモデリングに対するVevapamil. Pilsicainideの効果〜. 小島時昭, 庭野慎一, 森口昌彦, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 吉澤直人, 原 英幸, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第16回日本心臓ペーシング・電気生理学会 (2001.05.22), つくば国際会議場.

704. [学会 (全国)] (一般講演) 劇症型心筋炎症例における血中サイトカインの経時的推移の検討. 竹端 均, 猪又孝元, 青山直善, 東條美奈子, 竹内一郎, 西井基継, 松田千絵子, 町田陽二, 長田和之, 和泉 徹 (内): 第49回日本心臓病学会, 広島.

705. [学会 (全国)] (一般講演) 虚血再灌流に対するメキシレチンの心筋保護作用と抗不整脈作用の検討. 犬尾公厚, 庭野慎一, 小島時昭, 吉澤直人, 斉藤淳子, 原 英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第16回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2001.05), つくば. 不整脈, 17: 236, 2001.

706. [学会 (全国)] (一般講演) 心房筋の伸展誘発性活動電位延長に対するガドリニウムの抑制効果の検討. 北野義和, 庭野慎一, 吉澤直人, 森口昌彦, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原 英幸, 和泉 徹 (内): 第16回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2001.05), つくば. 不整脈, 17: 237, 2001.

707. [学会 (全国)] (一般講演) 発作性心房細動の臨床的予防におけるフレカイニドとベプリジルの比較検討. 吉田 徹, 庭野慎一, 池田和子, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 吉澤直人, 原 英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹(内): 第18回日本心電学会学術集会 (2001.10), 東京. 心電図, 21: 665, 2001.

708. [学会 (全国)] (一般講演) 体表面87極心電図記録におけるQT間隔およびT波解析−T波下行脚幅と心室性不整脈起源の相関について−. 原 英幸, 庭野慎一, 小島時昭, 犬尾公厚, 吉澤直人, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第16回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2001.05), つくば. 不整脈, 17: 251, 2001.

709. [学会 (全国)] (一般講演) 心房高頻度刺激による電気的リモデリングの心房内不均一性の検討−電気的リモデリングに対するベラパミル・ピルジカイニドの効果−. 小島時昭, 庭野慎一, 森口昌彦, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 吉澤直人, 北野義和, 和泉 徹, 原 英幸 (内): 第16回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2001.05), つくば市. 不整脈, 17: 294, 2001.

710. [学会 (全国)] (一般講演) 体表面心電図におけるQT間隔およびT波下行脚パターンのばらつきと左心機能の相関の検討. −QRST等積分値高値を示す誘導におけるT波下行脚評価−. 原 英幸, 庭野慎一, 山口 浩, 池田和子, 小島時昭, 犬尾公厚, 吉澤直人, 斉藤淳子, 吉田 徹, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第18回日本心電学会学術集会(2001.10), 東京. 心電図, 21: 672, 2001.

711. [学会 (全国)] (ポスター講演) SCIDマウスを用いたラット自己免疫性心筋炎惹起性T細胞株の異種間細胞移入. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 松田千絵子, 河野 健, 町田陽二, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第31回日本免疫学会総会 (2001.12.12), 大阪.

712. [学会 (全国)] (ポスター講演) 実験的自己免疫性心筋炎における心室筋電気的リモデリングの検討. −第2報: 急性期および慢性期における電気生理学的特性の比較−. 斉藤淳子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 池田和子, 小島時昭, 犬尾公厚, 吉澤直人, 吉田 徹, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第18回日本心電学会学術集会 (2001.10), 東京. 心電図, 21: 737, 2001.

713. [学会 (全国)] (ポスター講演) 実験的自己免疫性心筋炎惹起性T細胞株の樹立とその解析. 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 松田千絵子, 河野 健, 和泉 徹 (内): 第31回日本免疫学会総会・学術集会 (2001.12.11〜13), 大阪. 日本免疫学会総会・学術集会記録, p.217, 2001.

714. [学会 (全国)] (ポスター講演) 急性心不全時の第3世代心筋トロポニンT血清値による病態の解明−心筋虚血由来病態の除外は可能か. 猪又孝元, 竹端 均, 西井 基継, 中畑潤一, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第99回日本内科学会講演会 (2002.03.30), 名古屋. 日本内科学会雑誌, 91: 250, 2001.

715. [学会 (全国)] (ポスター講演) Dose/Heart Rate Independency of Cardiac Performance in Chronic Heart Failure Patients Treated with Beta Bockers. 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 町田陽二, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第5回日本心不全学会学術集会 (2001.10.25), 仙台. J Cardiac Failure, 7 (3): 59, 2001.

716. [学会 (全国)] (ポスター講演) 慢性心不全でのβ遮断薬療法における至適投与量の検討-慢性心不全治療には少量のβ遮断薬投与で十分である. 猪又孝元, 長田和之, 町田陽二, 河野 健, 竹端 均, 和泉 徹 (内): 第98回日本内科学会講演会 (2001.04.12〜14), 横浜. 日本内科学会雑誌, 第90巻: 132, 2001.

717. [学会 (全国)] (ポスター講演) Brain Natriuretic peptide (BNP)-Guided management recudes cardiovascular events of heart failure. 猪又孝元, 長田和之, 河野 健, 町田陽二, 和泉 徹 (内): The 65th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation society(2001.05.25〜27), Kyoto. Jpn Circ S 65 (SupplT-A): 282, 2001.

718. [学会 (全国)] (特別講演) 電気的リモデリングのマネージメント. −頻発型心房細動に対するベラパミルの効果. 庭野慎一 (内): 第18回日本心電学会 (ファイアサイドカンファレンス) 2001 (2001.10.00), 東京. 心電図, 21: 616, 2001.

719. [学会 (全国)] (宿題報告) 不整脈非薬物療法ガイドライン班会議最終報告. −電気生理検査ガイドライン−. 庭野慎一 (内): 第65回日本循環器学会学術集会 (2001.03), 京都. Jpn. Circ. J. 65 (suppl): 1〜3, 2001.

720. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 失神既往を有するBrugada症候群におけるQT間隔の解析. 吉澤直人, 庭野慎一, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 原 英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹 (内): 第16回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2001.05), つくば市. 不整脈, 17: 273, 2001.

721. [学会 (地方)] (一般講演) 全周枢壁肥厚および左室収縮能低下を呈した慢性進行性外眼筋麻痺症候群. 西井基継, 猪又孝元, 和泉 徹 (内): 第153回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2002.02.22), 東京.

722. [学会 (地方)] (一般講演) 急性ウィルス性心筋炎発症3週間後に劇症型として再燃した1剖検例. 竹端 均, 猪又孝元, 桑尾定仁, 橋本ヒロコ, 萩原英樹, 東條大輝, 佐々木毅, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 日本循環器学会関東甲信越地方会 (2002.02), 新潟.

723. [研究会 (全国)] (一般講演) 拡張型心筋症様病態を呈した肢体型筋ジストロフィーの一例. 西井基継, 猪又孝元, 和泉 徹(内): 心筋生検研究会 (2001.12.08), 神奈川県相模原市.

724. [研究会 (全国)] (一般講演) 稀有型房室結節性回帰頻拍に副伝道路がby-standerとして関与し, wide QRS頻拍を呈した1症例. 池田和子, 庭野慎一, 犬尾公厚, 小島時昭, 吉澤直人, 斉藤淳子, 原 英幸, 吉田 徹, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): 第14回臨床不整脈研究会(2001.01), 東京. 第14回臨床不整脈研究会抄録集, 14: 19, 2002.

725. [研究会 (全国)] (一般講演) 巨大特発性左室瘤に持続性心室頻拍を合併した1例. 北野義和, 庭野慎一, 小島時昭, 犬尾公厚, 吉澤直人, 斉藤淳子, 原 英幸, 森口昌彦, 和泉 徹 (内): 第31回臨床電気生理研究会 (2001.05), 弘前. 第31回臨床電気生理研究会抄録集, p.80〜81, 2001.

726. [研究会 (全国)] (一般講演) 多枝攣縮性異型狭心症を合併したBrugada症候群の1例. 原 英幸, 庭野慎一, 小島時昭, 犬尾公厚, 吉澤直人, 斉藤淳子, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹 (内), 山口 浩: 第13回臨床不整脈研究会(2001.01), 東京. 第13回臨床不整脈研究会抄録集, p.29, 2001.

727. [研究会 (全国)] (一般講演) 発作性心房細動の臨床的予防におけるフレカイニドとベプリジルの比較検討. 吉田 徹, 庭野慎一, 池田和子, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 吉澤直人, 原 英幸, 森口昌彦, 北野義和, 和泉 徹(内): 第9回不整脈薬物療法研究会 (2001.09), 徳島. 第9回不整脈薬物療法研究会抄録集, p.1〜2, 2001.

728. [研究会 (全国)] (一般講演) 細胞移入によって惹起される自己免疫性心筋炎は活動性心筋炎を持続する. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 中畑潤一, 松田千絵子, 河野 健, 町田陽二, 和泉 徹 (内): 第24回心筋代謝研究会(2001.12.07), 別府.

729. [研究会 (全国)] (一般講演) 心筋炎惹起性T細胞移入による実験的持続活動性心筋炎の解析. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第13年度第2回特発性心筋症調査研究班班会議 (2001.02.01), 京都.

730. [研究会 (全国)] (一般講演) SCIDマウスを用いたラット自己免疫性心筋炎惹起性T細胞株の異種間細胞移入. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 中畑潤一, 松田千絵子, 河野 健, 町田陽二, 和泉 徹 (内): 第13年度第1回特発性心筋症調査研究班班会議 (2001.10.05), 京都.

731. [研究会 (全国)] (特別講演) 心房高頻度刺激モデルにおけるピルジカイニドとベラパミルの効果. 庭野慎一(内): 第11回サンリズムシンポジウム, 2001 (2001.12), 東京. 上記抄録集,

732. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) シンポジウム: 元症心不全の治療「慢性心不全の治療とBNP」. 猪又孝元(内): 第2回葉山ハートセミナー (2002.03.03), 葉山(神奈川).

733. [研究会 (地方)] (一般講演) 副伝導路がby-standerとして関与しwide QRS頻拍を呈した稀有型房室結節回帰性頻拍の一症例. 氏家幸子, 東條大輝, 庭野慎一, 池田和子, 犬尾公厚, 和泉 徹 (内): 日本循環器学会関東甲信越地方会, 第182回学術集会 (2001.12), 東京. Jpn Circ J , 72B (suppl): 65, 2001.


<<1403 内科学V>>


734. [原著] Guillain-Barre症候群に対する免疫グロブリン療法と血漿交換療法とのランダム割付け比較検討. 野村恭一, 濱口勝彦, 細川 武 (埼玉医科大), 服部孝道 (千葉大), 佐藤 猛 (国立精神・神経センター国府台病院), 萬年 徹 (三井記念病院), 木下真男 (東邦大), 金澤一郎 (東大), 古和久幸 (内), 齋藤豊和 (内), 柳澤信夫 (国療中部病院), 木村 淳, 梶龍 兒 (京大), 斎田孝彦 (国療宇多野病院), 澁谷統寿 (国療川棚病院), 納 光弘 (鹿大): 神経治療学, 18 (1): 69〜81, 2001.01.25.

735. [原著] Distribution and dynamic process of neuronal cytoplasmic inclusion (NCI) in MSA: Correlation of the density of NCI and the degree of involvement of the pontine nuclei. 横山照夫 (国療箱根病院), 楠 淳一 (内), 長谷川一子 (国立相模原病院), 坂井文彦 (内), 柳下三郎 (神奈川リハ): Neuropathology, 21: p.145〜154, 2001.

736. [原著] T Cell Activation in Demyelinating Neuropathy Associated with "Benign"Anti-Myelin Associated Glycoprotein IgM Gammopathy and in MS -Soluble Interleukin-2 Receptor Levels in Serum and Cerebrospinal Fluid-. 齋藤豊和 (内), 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 楠 淳一, 荻野 裕, 荻野美恵子 (内), 伊藤博明 (国療箱根病院), 金澤直美 (生物化学系): 北里医学, 31(4): 255〜260, 2001.08.31.

737. [原著] 重症筋無力症におけるタクロリムス療法の検討. 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 神経免疫学, 10 (1): p.86〜87, 2002.02.01.

738. [原著] 重症筋無力症に対するFK506投与とあらかじめ有効例が予測できるか. 若田宣雄 (東邦大), 齋藤豊和 (内), 田中祥子, 平野俊彦, 岡希太郎 (東京薬科大): 神経免疫学, 10 (1): p.86〜87, 2002.02.01.

739. [原著] 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーにおける血清抗神経抗体の検討. 門前達哉, 齋藤豊和, 入江幸子, 金澤直美, 坂井文彦 (内): 神経免疫学, 10 (1): p.156〜157, 2002.02.01.

740. [原著] MAG関連ニューロパチーにおける臨床経過と抗MAG抗体価の変動. 加藤知也, 荻野美恵子, 荻野 裕, 金澤直美, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 北里医学, 32 (1): 2002.03.

741. [原著] 脳卒中の長期予後を左右する因子. 神田 直, 福田倫也, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 脳卒中, 22: 663〜667, 2000.

742. [原著] 病型別にみた脳卒中の長期予後; 退院時と1年後の比較. 山田由美子, 神田 直, 幅田智也, 浅井憲義, 土橋かおり, 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内): 総合リハビリテーション, 29 (4): 347〜351, 2001.

743. [原著] 在宅脳卒中患者の介護状況と介護者の負担感. 渡邊愛記, 神田 直, 三戸香代, 浅井憲義, 坂井文彦(内): 作業療法, 20: 116〜125, 2001.

744. [原著] 脳卒中患者の在院日数についての検討. 川口郁子, 神田 直, 幅田智也, 福田倫也, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 総合リハビリテーション, 29 (9): 865〜870, 2001.

745. [原著] L-Dopa 併用下でのParkinson病治療におけるpergolideとbromocriptine長期投与の臨床効果比較. 古和久幸, 黒岩義之, 坂井文彦, 篠原幸人, 下条貞友, 若山吉弘 (内), および神奈川Parkinson病懇話会: 神経治療学, 18 (3): 283〜292, 2001.

746. [原著] 機能性疾患の治療の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 神経治療学, 18 (4): 379〜385, 2001.

747. [原著] Differenes of loco, otion function between right and left cerebral hemispheric lesions in ischemic stroke. Nagasawa, H., Maeda, M., 神田 直, 坂井文彦 (内): J phys Ther Sci, 13: 129〜137, 2001.

748. [原著] 病型別にみた脳卒中の長期予後−退院時と1年後の比較−. 山田由美子, 神田 直, 幅田智也, 浅井憲義, 飯ヶ谷美峰, 土橋かおり, 坂井文彦 (内): 総合リハビリテーション, 29: 347〜351, 2001.

749. [原著] Leukocyte mitochondorial DNA A to G polymonphism at 11084 is not a risk factor for Japanese migraineurs. Takeshima, T., Fukuhara, Y., Adachi, Y., Ishizaki., K., Kusumi, M., Kowa, H. (鳥取大), 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内), Nakashima, K. (鳥取大): Cephalalgia, 21 (10): 987〜989, 2001.

750. [原著] Neurokinin-1 neeptors in the carebrovascular valvative intestinal polypeptide-contaminy nerves in the rat. 鈴木則宏 (内), Shimizu, T., Takao, M., Koto, A., Fukuuchi, Y.: Autonomic Newscience: Basic and Clinical, 95: 103〜111, 2002.

751. [原著] Origin and co-localization of nitric oxide synphase, CGRP, PACAP, and VIP in the carebal circulation of the rat. Edvinsson, L., Elsas, T., 鈴木則宏 (内), Shimizu, T., Lee, T.J., F.: Microscope Research Technique, 53: 221〜228, 2001.

752. [原著] Kinematic approach to gait analysis in patients with rheumatid arthritis in roleing cluring the knee joint. Sakauchi, M., Narushima, K., Sone, H., Kaminaki, Y., Yamazaki, Y., Koto, S., Takita, T., 鈴木則宏(内), Moro, K.: Arthritis Care Res, 45: 35〜41, 2001.

753. [準原著] Imaging synchronization and propagation of intracellular calcium oscium oscillation during non-synaptic seizure-like neuronal activity in rat. 滝山容子, 加藤邦夫, 井上貴文, 坂井文彦, 御子柴克彦 (内): Excerpta Medica International Congress Series, p.953, 2002.

754. [準原著] Trigeminal cerebrovasclar newgenic vasodilation is nglated by 5-hydroxytrypramine 1B/1D neep for mechanism. 鈴木則宏, 福田倫也, 土橋かおり, Maruyama, S., Kitamura, A., 坂井文彦 (内): J Careb Blood Flow Metab, 21 (suppl.1): S249, 2001.

755. [準原著] Trigeminal cerebrovasclar newgenic vasodilation is nglated 5-hydroxytrypramine 1B/1D neep for mechanism: development of annual experiential model of migraine. 鈴木則宏, 福田倫也, 土橋かおり, Maruyama, S., 坂井文彦 (内): Cephalalgia, 21: 400, 2001.

756. [研究報告] ギランバレー症候群の診療を再考する. 濱口勝彦 (埼玉医科大), 齋藤豊和 (内), 桑原 聡 (千葉大), 野村恭一 (埼玉医科大): Progress in Medicine, 21(10): 2379〜2386, 2001.10.

757. [研究報告] 片頭痛のレセプターメカニズムに関する研究−三叉神経鼻毛様体神経刺激によるラット局所脳循環の検討−. 鈴木則宏 (内): 臨床成人病, 31: 1392〜1394, 2001.

758. [研究報告 (文部省)] ミトコンドリア脳筋症の脳障害発生機序に関する研究. 飯塚高浩 (内): 平成13年度科学研究費補助金実績報告書 (奨励研究A), 2001.

759. [研究報告 (厚生省)] Late-onset FAP typeTの剖検例−死因の検討−. 荻野美恵子, 楠 淳一, 荻野 裕, 齋藤豊和 (内): 厚生省精神・神経疾患研究委託費「遺伝子性ニューロパチーの成因および治療に関する研究」平成11年度研究報告書, 2000.03.

760. [研究報告 (厚生省)] 遺伝性運動・感覚性ニューロパチーに出現したhyperkinesies volitionnellesの2症例. 齋藤豊和, 楠 淳一, 荻野美恵子, 加藤知也, 荻野 裕 (内): 厚生省精神・神経疾患研究委託費「遺伝子性ニューロパチーの成因および治療に関する研究」平成11年度研究報告書, 2000.03.

761. [研究報告(厚生省)] Guillain-Barre症候群の全国調査 −第3次調査結果を含めた最終報告−. 荻野美恵子, 齋藤豊和 (内), 有村公良, 納光 弘 (鹿大): 厚生労働省特定疾患対策研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成12年度研究報告書, p.99〜101, 2001.03.

762. [研究報告 (厚生省)] Guillain-Barre症候群の血漿交換療法の比較検討. 岡宮 聡, 荻野美恵子, 荻野 裕 (内), 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 金澤直美 (生物化学系), 坂井文彦, 齋藤豊和 (内): 厚生労働省特定疾患対策研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成12年度研究報告書, p.102〜104, 2001.03.

763. [研究報告 (厚生省)] 凹足, 錐体路徴候の著明な遺伝性運動感覚性ニューロパチーの1家系. 加藤知也, 楠 淳一, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和 (内), 祖父江元 (名大): 厚生省精神・神経疾患研究委託費「遺伝子性ニューロパチーの成因および治療に関する研究班」平成12年度総会, 東京, 要旨集, p.49〜50, 2000.12.14.

764. [研究報告 (厚生省)] 多系統萎縮症における神経細胞内封入体 (NCI). 横山照夫(国療箱根病院), 楠 淳一 (内), 長谷川一子 (国立相模原病院), 柳下三郎 (神奈川リハ): 厚生省特定疾患対策研究事業「運動失調症」に関する調査及び病態機序に関する研究班2000年度班会議, 2001.01.19.

765. [研究報告 (厚生省)] ラテックス凝集反応による抗ガングリオシド抗体迅速検出法の検討. 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 齋藤豊和 (内), 金澤直美 (生物化学系), 川浪 文, 坂井文彦 (内): 厚生労働省特定疾患対策研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成13年度班会議, 東京, 抄録集, p.68〜69, 2002.02.06.

766. [研究報告 (厚生省)] MAG関連ニューロパチーにおける臨床経過と抗MAG抗体価の変動. 加藤知也, 齋藤豊和, 荻野美恵子, 荻野 裕, 金澤直美 (生物化学系), 坂井文彦 (内): 厚生労働省特定疾患対策研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成13年度班会議,東京, 抄録集, p.82〜83, 2002.02.06.

767. [症例報告] 免疫グロブリン療法後に強化療法としての経口ステロイド治療が著効を示したCIDPの女性例. 小川果林, 齋藤豊和 (内), 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 金澤直美 (生物化学系), 楠 淳一, 荻野美恵子, 荻野 裕, 坂井文彦 (内): 神経免疫学, 9 (14): 148〜149, 2001.02.01.

768. [症例報告] 呼吸困難で発症したpharyngeal-cervical-brachial weaknessの1例. 塚原信也, 荻野美恵子, 荻野 裕 (内), 金澤直美 (生物化学系), 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 齋藤豊和 (内): 運動障害, 11 (1): 19〜24, 2001.07.20.

769. [症例報告] 口咽頭麻痺をともなわず, 上肢遠位優位の筋力低下を呈したIgG抗GT1a抗体陽性のGuillain-Barre症候群の1例. 小川果林 (内), 星野晴彦, 高木 誠, 溝井令一 (東京都済生会中央病院), 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 齋藤豊和 (内): 臨床神経学, 41 (10): 2001.

770. [症例報告] 長期非経口的栄養療法中に生じた銅欠乏性本汎血球・減少2系統血球減少の4例. 楠 淳一, 齋藤豊和, 門前達哉, 荻野美恵子, 坂井文彦 (内), 前田忠伸(北里大東病院・臨床検査部): 日本在宅医学会雑誌, 3 (1): 50〜54, 2001.

771. [症例報告] 凹足, 著明な錐体路徴候を呈した遺伝性運動・感覚性ニューロパチーの1家系. 加藤知也, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 北里医学, 31(6): 416〜419, 2001.

772. [症例報告] 随意的閉瞼障害を呈した運動ニューロン病の3例. 加藤知也, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 北里医学, 31 (6): 420〜422, 2001.

773. [症例報告] 急性発症の両側眼球運動障害,両側\,]麻痺,片側性Z麻痺を呈し,抗GQ1b,GT1a抗体陽性の男子例. 井出俊光, 塚原信也, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 運動障害, 11 (2): 91〜96, 2002.

774. [症例報告] 急性発症の両則眼球運動障害, 両側IX, X麻酔, Vl l 麻痺を呈し, 抗GQ1b, GT1a抗体の男子例. 井出俊光, 塚原信也, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 運動障害, 11 (2): 91〜96, 2001.

775. [症例報告] 凹足, 著明な錐体路徴候を呈した遺伝性運動・感覚性ニューロパチーの1家系. 加藤知也, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 北里医学, 31: 416〜419, 2001.

776. [症例報告] 随意的閉瞼障害を呈した運動ニューロン病の3例. 加藤知也, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 北里医学, 31: 420〜422, 2001.

777. [症例報告] 急性発症の両側眼球運動障害, 両側IX, X麻痺, 片側性Z麻痺を呈し, 抗GQlb, GTla軟体陽性の男子例. 井出俊光, 塚原信也, 萩野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 運動障害, 11 (2): 91〜96, 2001.

778. [症例報告] 口咽頭麻痺を伴わず, 上肢遠位優位の筋力低下を呈したIgG抗GTla抗体陽性のGuillain-Barre症候群の1例. 小川果林 (内), 星野晴彦, 高木 誠, 溝井令一(東京都済生会中央病院), 入江幸子, 齋藤豊和 (内): 臨床神経学, 41 (10), 2001.

779. [総説] 初診の診断技術 意識障害. 滝山容子, 鈴木則宏 (内): Modern Physician, 新興医学出版社, 21 (5), 2001.

780. [総説] 初診の診断技術 頭痛・頭重感. 滝山容子, 鈴木則宏 (内): Modern Physician,新興医学出版社, 21(5), 2001.

781. [総説] 免疫性ニューロパチーの治療ストラテジー. 齋藤豊和 (内): 内科, 87 (6): 1449〜1453, 2001.

782. [総説] 脳卒中の退院時移動機能と長期予後; 退院後5年間の追跡調査. 吉見契子, 小野丘美子, 浅井憲義, 坂井文彦, 桑野美鳥 (内): 第35回日本作業療法学会, 金沢, 2001, 06.

783. [総説] 機能性疾患の治療の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 特集 神経疾患治療の進歩 (2000年), 18 (4): 379〜385, 2001.

784. [総説] コハク酸スマトリプタン. 鈴木則宏 (内): 日病薬誌, 37: 247〜252, 2001.

785. [総説] セロトニンと片頭痛. 鈴木則宏 (内): Prog. Med, 21: 15〜19, 2001.

786. [総説] 精神神経疾患治療のEBM. 片頭痛. 1. 急性期治療 (発作頓挫治療). 鈴木則宏 (内): 脳の科学, 23: 409〜418, 2001.

787. [総説] 精神神経疾患治療のEBM. 片頭痛. 2. 発作予防治療. 鈴木則宏 (内): 脳の医学, 23: 495〜505, 2001.

788. [総説] 片頭痛. 専門医がすすめる最新処方128−こんな時, この処方−. 鈴木則宏 (内): 今月の治療, 9 (臨増): S58〜S59, 2001.

789. [総説] 頭痛の原因と検査. 福田倫也, 鈴木則宏 (内): 今月の治療, 9: 740〜745, 2001.

790. [総説] 頭痛-プライマリケアにおける治療. 今井 昇, 鈴木則宏 (内): 治療, 83: 1931〜1934, 2001.

791. [総説] Familial hemiplegic migraine. 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内): 別冊医学のあゆみ「脳血管障害」−臨床と研究の最前線, p.65〜69, 2001.

792. [総説] 発作性・周期性神経疾患: 家族性片頭痛. 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内): 臨床雑誌「内科」, 87 (4): 726〜728, 2001.

793. [総説] くすり 塩酸ロメリジン (テラナス). 冨田愛美, 坂井文彦 (内): 臨床麻酔, 25 (9): 1471〜1473, 2001.

[著 書]

794. [学術書] (共著) 看護のための最新医学講座 脳・神経系疾患; 多発神経炎, p.243〜247, 荻野 裕, 齋藤豊和 (内), 編集 祖父江元 (名大), 監修 日野原重明 (聖路加国際病院), 井村裕夫 (前京大), 岩井郁子 (聖路加看護大), 北村 聖 (東大), 中山書店, 東京, 2002.02.22発行.

795. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2002年版; 末梢性顔面神経麻痺 (ベル麻痺), 44, p.581〜583, 齋藤豊和 (内), 編集 山口 徹 (東邦大大橋病院), 北原光夫 (東京都済生会中央病院), 監修 多賀須幸男 (多賀須消化器科・内科クリニック), 尾形悦郎 (癌研究会附属病院), 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

796. [学術書] (分担執筆) 看護のための最新医学講座 脳・神経系疾患; 末梢性顔面神経麻痺, p.277〜281, 齋藤豊和 (内). 監修 日野原重明 (聖路加国際病院), 井村裕夫(前京大), 岩井郁子 (聖路加看護大), 北村 聖 (東大), 中山書店, 東京, 2002.02.22発行.

797. [学術書] (単著) Annual Review 神経2002; 群発頭痛とその近縁疾患, p.281〜290, 鈴木則宏 (内). 編集 柳澤信夫, 篠原幸人, 岩田 誠, 清水輝夫, 寺本 明, 中外医学社, 東京, 2002.01発行.

798. [学術書] (共著) 認定医・専門医のための内科レビュー2002; 神経, −最新主要文献と解説−8.機能性疾患, p.273〜278, 福田倫也, 鈴木則宏 (内). 編集 酒井 紀, 早川弘一, 西ア 統, 小林祥隶, 福井次矢. 総合医学社, 東京, 2001発行.

799. [学術書] (共著) Frontiers is Headache Research; Evidence against tight correlation between chest oppressive symptoms and ischemia coronary bayes after subcutaneous summarization injection,10: p,206〜210, 冨田愛美, 鈴木則宏, 五十嵐久佳, 遠藤 基, 坂井文彦 (内): 編集 Humphrey, P., Ferrari, M., Olesen, J., Oxford University Press, Oxford, 2001発行.

800. [学術書] 脳血管2000−文献レビュー−; 総説 (overview) 「血管内皮・平滑筋・神経支配」, p.13〜14, 鈴木則宏. 編集 板倉 徹 (和歌山医大), 福内靖男 (慶応大), 金芳堂, 京都, 2001.06発行.

801. [その他の著書] (共著) The Triptans Novel Drugs for Migraine; Evidence against tight correlation between chest oppressive symptoms and ischaemic coronary changes after subcutaneous sumatriptan injection, p.206〜210, 冨田愛美, 鈴木則宏, 五十嵐久佳, 遠藤 基, 坂井文彦 (内). 編集 Patrick Humphrey (University of Cambridge, U.K.), Michel Ferrari (Leiden University Medical Center, The Netherlands), Jes Olesen (University of Copenhagen, Denmark), university press, OXFORD, 2001.11発行.

[学会・研究会等]

802. [学会 (国際)] (一般講演) Slowly Progressive Migration of Cortical laminar Necrosis: MRI Characteristics for MELAS Syndrome. 飯塚高浩, 塚原信也, 滝山容子, 鈴木則宏 (内): Americn Academy of Neurology 53rd Annual Meeting (2001.05.01), 予稿集, 2001.

803. [学会 (国際)] (一般講演) Imaging synchronization and propagation of intracellular calcium oscium oscillation during non-synaptic seizure-like neuronal activity in rat. 滝山容子, 加藤邦夫, 井上貴文, 坂井文彦, 御子柴克彦 (内): Brain 01. Brain Activation & Cerebral Blood Flow Control (2001.06.07), 東京. 予稿集: Brain Activation & Cerebral Blood Flow Control, 2001.

804. [学会 (国際)] (一般講演) Slowly progressive migration of cortical laminar necresis. MRI characteristics for MELAS syndrome. 飯塚高浩, 塚原信也, 滝山容子, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): The 53rd Annual Meeting of American Academy of Neurology (2001.05.09), Philadelphia, USA. Neurology, 56(Suppl.8): A229, 2001.

805. [学会 (国際)] (ポスター講演) Glutathione S-transferase polymorphisms: as a candidate gene with the habituation of smoking in migraine without aura. Kusumi, M., Adachi, Y., Ishizaki, K., Kowa, H., Takeshima, T. (鳥取大), 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内), Nakashima, K. (鳥取大): The 10th Congress of the International Headache Society, 2001 (2001.07.00), New York. Cephalalgia, 21 (4): p.348, 2001.

806. [学会 (国際)] (ポスター講演) Mitochondrial DNA 11084 A-to-G polymorphism is not a genetic risk factor Japanese migraineurs. Takeshima, T., Fukuhara, Y., Adachi, Y., Ishizaki, K., Kusumi, M., Kowa, H. (鳥取大), 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内), Nakashima, K. (鳥取大): The 10th Congress of the International Headache Society, 2001 (2001. 07), New York. Cephalalgia, 21 (4): p.347, 2001.

807. [学会 (国際)] (ポスター講演) Reliability and validity of the Japanese MIDAS questionnaire. 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内), Kolodner, K.(Innovative Medical Resetuch), Lipton, R.B.(Albert Einsten College of Medicine), Stewart, W.F.(Johns Hopkins School of Public Health): The 10th congress of the International Headache Society (2001.06.30), New York. Cephalalgia, 21 (4): 330, 2001.

808. [学会 (全国)] (一般講演) Guillain-Barre症候群 (GBS) の全国調査−第三次調査−. 荻野美恵子,荻野 裕,加藤知也,入江幸子,金澤直美,齋藤豊和,坂井文彦 (内): 第42回日本神経学会総会 (2001), 東京. 予稿集, 2001.

809. [学会 (全国)] (一般講演) IgM-M蛋白血症性ニューロパチー例の予後. 門前達哉,齋藤豊和,金澤直美,荻野美恵子,坂井文彦 (内): 第42回日本神経学会総会(2001), 東京. 予稿集, 2001.

810. [学会 (全国)] (一般講演) ギランバレー症候群における免疫吸着法による血漿交換療法の効果. 岡宮 聡,荻野美恵子,荻野 裕 (内), 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第42回日本神経学会総会 (2001), 東京. 予稿集, 2001.

811. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性転化をきたした上皮性嚢胞の一剖検例. 横山照夫, 春原経彦, 有馬邦正 (国療箱根病院), 柳下三郎 (神奈川リハ), 坂井文彦 (内): 日本神経病理学会総会 (2001.05.25), 東京. 予稿集, 2001.

812. [学会 (全国)] (一般講演) 多系統萎縮症の病理. 横山照夫 (国療箱根病院), 楠 淳一 (内), 岡宮 聡 (東京都立府中病院), 長谷川一子 (国立相模原病院), 坂井文彦 (内), 柳下三郎 (神奈川リハ): 日本神経病理学会総会(2001.05.25), 東京. 予稿集, 2001.

813. [学会 (全国)] (一般講演) 抗MAG抗体陽性のIgM-M蛋白血症性ニューロパチーに対する血漿交換療法による血清サイトカインの動態. 楠 淳一, 入江幸子 (桜ヶ丘記念病院), 荻野美恵子, 荻野 裕, 金澤直美, 齋藤豊和 (内): 第12回日本末梢神経学会学術集会 (2001), 大阪. 予稿集, 2001.

814. [学会 (全国)] (一般講演) 抗MAG抗体陽性のIgM-M蛋白血症性ニューロパチーに対する血漿交換療法による血清サイトカインの動態. 楠 淳一, 入江幸子, 荻野美恵子, 荻野 裕, 金澤直美, 齋藤豊和 (内): 第12回日本末梢神経学会学術集会 (2001.08.25), 大阪. 抄録集: 第12回日本末梢神経学会学術集会, p39, 2001.

815. [学会 (全国)] (一般講演) 重症筋無力症におけるタクロリムス療法の検討. 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦(内): 第14回日本神経免疫学会学術集会(2002.02.07), 東京. 神経免疫学, 10 (1): 86〜87, 2002.

816. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーにおける血清抗神経抗体の検討. 門前達哉, 齋藤豊和, 入江幸子, 金澤直美, 坂井文彦 (内): 第14回日本神経免疫学会学術集会 (2002.02.08), 東京. 神経免疫学, 10 (1): 156〜157, 2002.

817. [学会 (全国)] (一般講演) Substance PのNK1. 受容体を介する脳血流増加作用について. 福田倫也, 鈴木則宏, 土橋かおり, 北村 昭, 坂井文彦 (内): 脳循環代謝学会総会 (2000.12.00), 仙台. 脳循環代謝, 13: 267〜268, 2001.

818. [学会 (全国)] (一般講演) ラット鼻毛様体神経電気刺激による脳血流増加に及ぼすNK1受容体阻害および5-HT 1B/1D 受容体刺激の影響. 塚原信也, 鈴木則宏, 福田倫也, 土橋かおり, 坂井文彦 (内): 日本脳循環代謝学会(2001.10.19), 横浜. 脳循環代謝, 2001.

819. [学会 (全国)] (一般講演) 重症筋無力症におけるタクロリムス感受性とタクロリムス治療効果に関する検討. 田中祥子, 平野俊彦 (東京薬科大), 齋藤豊和 (内), 若田宣雄 (東邦大), 岡希太郎 (東京薬科大): 日本臨床薬理学会(2001), 2001.

820. [学会 (全国)] (一般講演) スマトリプタン皮下注射時の胸部症状と心電図変化について. 冨田愛美, 鈴木則宏, 五十嵐久佳, 遠藤 基, 坂井文彦 (内): 第19回日本神経治療学会総会 (2001.06.29), 東京.

821. [学会 (全国)] (ポスター講演) 片頭痛患者の生活支障度スコア (MIDAS質問票) 日本語版の開発. 飯ヶ谷美峰, 五十嵐久佳, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第99回日本内科学会講演会 (2002.03.29), 名古屋. 日本内科学会雑誌, 91 (臨増): 226, 2002.

822. [学会 (全国)] (ポスター講演) 痛患者の生活支障度スコア (MIDAS) の開発. 飯ヶ谷美峰, 五十嵐久佳, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第42回日本神経学会総会(2001.05.11), 東京.

823. [学会 (全国)] (ポスター講演) MELASの頭痛発作にSumatriptanは有効か?. 遠藤 基, 飯塚高浩, 山川喜久子, 日比洋子, 鈴木則浩, 坂井文彦 (内): 第42回日本神経学会総会 (2001.05.11), 東京.

824. [学会 (全国)] (シンポジウム等) ギラン・バレー症候群および類縁疾患−臨床と研究の最前線−診断と疫学−. 齋藤豊和 (内): 第12回日本末梢神経学会学術集会(2001.08.25), 大阪. 抄録集, 第12回日本末梢神経学会学術集会, p.27, 2001.

825. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 前兆期の脳血流の検討. 遠藤 基 (内): 第13回日本脳循環代謝学会(2001.10.18), 横浜.

826. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) GBSの疫学と病型. 齋藤豊和 (内), 第14回日本神経免疫学会学術集会(2002.02.07), 東京. 神経免疫学, 10 (1), 2002.

827. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) GBSの臨床と疫学. 齋藤豊和 (内): 第12回日本末梢神経学会学術集会(2001.08.25), 大阪. 抄録集, 第12回日本末梢神経学会学術集会, 2001.

828. [学会 (地方)] (ポスター講演) 重症筋無力症におけるタクロリムス感受性とタクロリムス治療効果に関する検討. 田中祥子,平野俊彦 (東京薬科大), 齋藤豊和 (内), 若田宣雄 (東邦大), 岡希太郎 (東京薬科大): 第160回日本神経学会関東地方会 (2002.03.27〜28), 東京.

829. [学会 (地方)] (一般講演) 非対称性四肢麻痺をきたしたポリオ様症候群の成人例. 門前達哉, 飯塚高浩, 五野由佳理, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第157回日本神経学会関東地方会 (2001.06.02), 東京. 抄録, 臨床神経学, 41 (6): 342, 2001.06.

830. [学会 (地方)] (一般講演) C型肝炎,クリオグロブリン血症,Churg-Strauss症候群類似の所見を呈した多発性単神経炎の女性例. 井出俊光,荻野美恵子,矢島 文,齋藤豊和,坂井文彦 (内): 第157回日本神経学会関東地方会 (2001.06.02), 東京. 抄録, 臨床神経学, 41 (6): 345, 2001.06.

831. [学会 (地方)] (一般講演) 嗄声で発症した家族性ALSの男性例. 井出俊光, 荻野美恵子, 矢島 文, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第158回日本神経学会関東地方会(2001.09.08), 東京. 予稿集, 臨床神経学, 41 (8): 530, 2001.08.

832. [学会 (地方)] (一般講演) 全身性強皮症に運動ニューロン病の合併が疑われた男性例. 楠 淳一, 石川 章, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第159回日本神経学会関東地方会 (2001), 東京. 予稿集, 2001.

833. [学会 (地方)] (一般講演) Amyotrophic diplegiaで発症し, 首下がり, 腰曲がりを呈した運動ニューロン病の一例. 川浪 文, 荻野 裕, 荻野美恵子, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第160回日本神経学会関東地方会 (2002.03.09), 東京.

834. [研究会 (全国)] (一般講演) 脊髄前角細胞に限局する異常高信号城をMRCで認めポリオ類似の病態と考えられた急速進行性非対称性四肢麻痺の一例. 門前達哉, 飯塚高浩, 五野由佳理, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 神経感染症研究会 (2002.07.00), 札幌. Newo. Infection, 6: 61〜62, 2001.

835. [研究会 (全国)] (一般講演) 脊髄前角細胞に限局する異常信号域をMRIで認めたポリオ類似の病態と考えられた急速進行性非対称性四肢麻痺の一例. 門前達哉,飯塚高浩,五野由佳理,鈴木則宏,坂井文彦 (内): 第6回神経感染症研究会 (2001).

836. [研究会 (地方)] (教育講演) 痴呆患者の診断と治療. 飯塚高浩 (内): 海老名医師会学術講演会 (2002.01.18), 海老名.


<<1404 内科学W>>


837. [原著] Tubulointerstitial nephritis and uveitis syndrome with autoantibody directed to renal tubular cells. Wakaki Hitoshi (慶応大), 坂本尚登 (内), Awazu Midori (慶応大): Pediatrics, 107 (6): 1443〜1446, 2001.

838. [原著] Effect of red wine on the vascular dilatory response. 若林靖久, Maruyama, S. (内): J Am Soc Enol Vitic Jpn, 11: 149〜150, 2000.

839. [原著] Effect of Germanium-132 on Low-density Lipoprotein Oxidation and atherosclerosis in Kurosawa and Kusanagi Hypercholest erolemic Rabbits. 若林靖久 (内): Biosci Biotechnol Biochem, 65: 1893〜1896, 2001.

840. [原著] 血清中抗chlamydia pneumoniae IgG/IgA抗体検出試薬の基礎および臨床評価. 鎌田貢壽, 藤森亜希, 青山東五, 猿田貴之, 巽 洋, 竹内康雄, 守屋利佳 (内), 佐藤直之 (淵野辺病院), 小林直之 (ニーレンクリニック), 坂本尚登, 東原正明 (内), 阿部明生, 成瀬 功 (住友バイオサイエンス): 医学と薬学, 45 (5): 923〜928, 2001.

841. [原著] 好中球減少性腸炎における超音波検査の有用性: 4症例における検討. 萩原將太郎, 栂野富輝, 梶原耕一, 大竹浩之, 大和田 啓, 羽山弥亭, 秋山 暢, 堀江良一, 東原正明 (内): 臨床血液, 42: 81〜88, 2001.

842. [原著] Serum nm23-H1 protein as a prognostic factor for indolent non-Hodgkin's lymphoma. 新津 望 (内), Okamoto, M., Okabe-Kado, J., 高木敏之, Yoshida, T., Aoki, S., Honma, Y., Hirano, M.: Leukemia., 15: 832〜839, 2001.

843. [原著] Reduced-dose chop therapy for elderly patients with non-Hodgkin's lymphoma. Mori, M., 新津 望 (内), 高木敏之, Tomiyama, J., Matsue, T., Nakagawa, Y., Okamoto, R.: Leuk Lymphoma, 41: 359〜366, 2001.

844. [原著] Combination therapy with irinotecan (CPT-11), mitoxantrone, and dexamethasone in relapsed or refractory non-Hodgkin's lymphoma: a pilot study. 新津 望 (内), 飯島喜美子, Chizuka, A.: Ann Hematol, 80 (7): 411〜416, 2001.

845. [原著] Full-dose CHOP chemotherapy combined with granulocyte colony-stimulating factor for aggressive non-Hodgkin's lymphoma in elderly patients: a prospective study. 新津 望 (内), 飯島喜美子: Ann Hematol, 80: 602〜606, 2001.

846. [原著] High serum soluble CD44 is correlated with a poor outcome of aggressive non-Hodgkin's lymphoma. 新津 望 (内), 飯島喜美子: Leuk Res., 26: 241〜248, 2002.

847. [原著] Mass spectrometry proves under-O-glycosylation of glomerular IgA1 in IgA nephropathy. 比企能之, 小谷博子, 高橋真実, 安田宜成, 西本明世(名大), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 新里高弘 (名大), 小林 豊(内), 前田憲志 (名大): Kidney International, 59: 1077〜1085, 2001.

848. [原著] 膣原発非Hodgkinリンパ腫. 羽山弥亭, 新津 望, 田丸淳一, 東原正明 (内): 臨血, 42: 565〜570, 2001.

849. [準原著] The effect of red wine consumption on the endothelial function. 若林靖久 (内): Am J Enol Vitic, 51: 305, 2000.

850. [準原著] Quantitative analysis of IgA1 binding protein in human serum by hypoglycosylated IgA1/Sepharose. 中村郁子 (内), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 小林 豊 (内): Nephrology, 6 (Supplement): A7〜A8, 2001.

851. [症例報告] IgA nephropathy with complement deficiency. 神田英一郎, 島村治子, 田村博之, 内田信一, 寺田典生 (東京医科歯科大), 坂本尚登 (内), 桑原道雄, 秋葉 隆, 井田 隆, 佐々木 成, 丸茂文昭 (東京医科歯科大): Intern Med, 40: 52〜55, 2001.

852. [症例報告] 膜性ループス腎炎の経過中にフィブリン析出細胞性半月体形成を呈した全身性エリテマトーデスの1例. 清水健史, 藤田和己, 高谷 徹, 青山東五, 橋爪健次郎, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 玉真桂子, 近藤啓文, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 腎炎症例研究, 18: 41〜51, 2002.

853. [症例報告] 橋本病にMPO-ANCA陽性薬剤誘発性ループスを発症した血液透析患者の一例. 長場 泰, 清水健史, 山川貴久子, 石井佳緒里, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内): 内科, 89 (3): 569〜571, 2002.

854. [症例報告] こんな症例, こんな画像. 森口いぶき (内), 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 13 (6): 563, 2001.

855. [総説] 多尿, 乏尿, 無尿. 若林靖久 (内): 産科と婦人科, 67: 1299〜1309, 2000.

856. [総説] 特集/水電解質異常 K濃度異常へのアプローチの仕方. 長場 泰, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内): 診断と治療, 189 (7), 2001.

857. [総説] 特集: 腎不全における悪性腫瘍 透析患者における腫瘍マーカー. 長場 泰, 鎌田貢壽 (内): 腎と透析, 17 (6): 685〜688, 2001.

858. [総説] 注目すべき節外性リンパ腫の疾患単位. primary bone lymphoma. 新津 望 (内): 血液・腫瘍科, 42: 36〜39, 2001.

859. [総説] 単球性白血病に対する2'-deoxycoformycin の抗腫瘍活性. 新津 望 (内): 血液・腫瘍科, 42: 449〜454, 2001.

860. [総説] aggressive lymphomaにおける血清 nm23-H1 蛋白質の予後因子としての臨床的意義. 新津 望 (内): 血液・腫瘍科, 43: 137〜146, 2001.

861. [総説] T/NK細胞性リンパ腫の化学療法. 新津 望(内): 臨床放射線, 46: 1319〜1326, 2001.

862. [総説] 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫. 新津 望(内): 臨床医, 27: 58〜59, 2001.

863. [総説] 非 Hodgkin リンパ腫にける血清 nm23-H1 蛋白の予後因子としての臨床的意義. 新津 望 (内): 臨血, 42: 1155〜1161, 2001.

864. [総説] Molecular cloning and sequencing of myosin light chains in human megakaryoblastic leukemia cells. 渡辺真彰, 郡 美佳, 高石雅章, 堀江良一, 東原正明 (内): Smooth Muscle Res., 37: 25〜38, 2001.

865. [総説] Role of ultrasonography in diagnosis of neutropenic enteritis: a study of 4 cases (Japanese). 萩原將太郎, 栂野富輝, 梶原耕一, 大竹浩之, 大和田 啓, 羽山弥亭, 秋山 暢 (内): Rinsho Ketsueki, 42: 81〜88, 2001.

866. [総説] Molecular mechanisms of CD30 signaling and their abnormalities (Japanese). 堀江良一, 東原正明 (内): Rinsho Ketsueki, 42: 1085〜1095, 2001.

867. [総説] CD30 過剰発現によるホジキン細胞の構成的NF-kB 活性化機構. 堀江良一 (内): 血液腫瘍科, 43: 251〜258, 2001.

[著 書]

868. [学術書] (分担執筆)診断と治療 特集: 水・電解質異常-症例から学ぶ診断プロセス; K濃度異常へのアプローチの仕方, 89 (7), p.1081〜1084, 長場 泰, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内). 診断と治療社, 東京, 2001.07.01発行.

869. [学術書] (分担執筆)腎と透析 特集: 急性腎不全のすべて-2000; 高Ca血症による急性腎不全, 49: 567〜569, 坂本尚登 (内). 秋澤忠男 (和歌山医大), 五十嵐 隆 (東大), 北岡建樹 (望星病院), 佐中 孜 (東京女子医大), 高橋公太 (新潟大), 東京医学社, 東京, 2000.09.25発行.

[学会・研究会等]

870. [学会 (国際)] (一般講演) Long-Term Prognosis of 366 Patients with 10-Year Continuous Follow-Up Observation in IgA Nephropathy. 小林 豊 (内), 比企能之 (名大), 佐野 隆, 松尾孝俊, 坂本尚登 (内): World Congress of Nephrology (2001.10.16), アメリカ. J Am Soc Nephrol, 12: 75A, 2001.

871. [学会 (国際)] (ポスター講演) Regulation of ClC-5 and ClC-3 Chloride Channel Differentially Expressed in the intercalated Cells (IC) of Collecting Duct in Response to Chronic Acidosis. 坂本尚登 (内), 遠藤健一 (東京医科歯科大), 井上聡子, 内藤一郎 (重井医学研究所), 松尾孝俊, 長場 泰, 小林 豊 (内), 佐々木 成 (東京医科歯科大), 東原正明 (内): World Congress of Nephrology (2001.10.15), アメリカ. J Am Soc Nephrol, 12: 39A, 2001.

872. [学会 (国際)] (ポスター講演) Identification of the Sorting of CLC-5 Channels Missense Mutated in Dent's Disease Using Stable Expression in Mammalian Cultured Cells System. 松尾孝俊, 坂本尚登 (内), 井上聡子, 内藤一郎 (重井医学研究所), 長場 泰, 小林 豊, 東原正明 (内): World Congress of Nephrology(2001.10.15), アメリカ. J Am Soc Nephrol, 12: 36A, 2001.

873. [学会(国際)] (ポスター講演) Switch to an On-Line Hemodiafiltration (O-HDF) May Cause an Increase in Both Serum Albumin (sAlb) and Glycated Albumin (GA) Levels in Non-Diabetic Patients (Pts) on Conventional Hemodialysis (HD). 田村雅人 (さがみ循環器), 小林直之 (ニーレンクリニック), 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), 大久保充人 (佐野厚生病院), 東原正明 (内): World Congress of Nephrology (2001.10.14), アメリカ. J Am Soc Nephrol, 12: 364A, 2001.

874. [学会 (国際)] (ポスター講演) Histologically Predictive Factors for Massive Proteinuria and Renal Dysfunction in IgA Nephropathy: Evaluation by 10-Year Follow-Up Observation of 154 Patients with Non-Steroid Therapy. 小林 豊, 佐野 隆, 松尾孝俊, 坂本尚登 (内), 比企能之 (名大): World Congress of Nephrology (2001.10.15), アメリカ. J Am Soc Nephrol, 12: 76A, 2001.

875. [学会 (国際)] (ポスター講演) Histological Evaluation of Serial Renal Biopsies in Progressive lgA Nephropathy: Comparison between Steroid and Non-Steroid Groups. 小林 豊, 佐野 隆, 松尾孝俊, 坂本尚登 (内), 比企能之 (名大): World Congress of Nephrology (2001.10.15), アメリカ. J Am Soc Nephrol, 12: 76A, 2001.

876. [学会 (国際)] (ポスター講演) Long-Term Prognosis of 366 Patients with 10-Year Continuous Follow-Up Observation in IgA Nephropathy. 小林 豊(内), 比企能之 (名大), 佐野 隆 (内), 松尾孝俊, 坂本尚登(内): World Congress of Nephrology (2001.10.15), アメリカ. J Am Soc Nephrol, 12: 75A, 2001.

877. [学会 (国際)] (ポスター講演) Subcellular localization and trafficking of CIC-5-related chloride channel in osteoclast cells. 坂本尚登 (内), 六車ゆかり, 川口奈奈子 (東京医科歯科大), 内藤一郎 (重井医学研究所), 佐々木 成, 野田正樹, 丸茂文昭 (東京医科歯科大): 33rd Annual Meeting of American Society of Nephrology (2000.10.13), カナダ. J Am Soci Nephrol, 11: 36A, 2000.

878. [学会 (国際)] (ポスター講演) Analysis of microheterogeneity of IgA1 hinge glycopeptide having multiple O-linked sugar chains by capillary electrophoresis. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 田中淳志 (旭化成), 比企能之 (名大), 佐野 隆, 中村郁子, 小林 豊 (内): 11th European Carbohydrate Symposium(2000.09.04), リスボン. Symposium Abstract, p.365, 2001.

879. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Serum nm23-H1 protein, a differentiation inhibitory factors, as a prognostic factor in hematological malignancies. 新津 望 (内): The 15th international symposium of foundation for promotion of cancer research-new horizons in the diagnosis and treatment of hematological malignancies based on molecular genetic features (2002.01.00), Tokyo.

880. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Elevated Serum Levels of Soluble CD44 are Correlated with ShorteR Survival in Aggressive Non-Hodgkin's Lymphoma. 新津 望, 飯島喜美子, 東原正明 (内): 30th annual meeting of the international society for experimental hematology (2001.08), Tokyo.

881. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Clinical Significance of nm23-H1 Proteins Expressed on Cell Surface in Non-Hodgkin's Lymphoma. 新津 望, Honma, Y., 飯島喜美子, 高木敏之, 東原正明, Okabe-Kado, J. (内): The American society of hematology 43 annual meeting (2001.12), Orland.

882. [学会 (全国)] (一般講演) IgA腎症の予後決定要因: 366例の10年間の経過観察による検討. 小林 豊 (内), 比企能之 (名大), 佐野 隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子, 坂本尚登 (内), 舘野純生 (あけぼの病院): 第44回日本腎臓学会学術総会 (2001.05.28), 東京. 日腎会誌, 43 (3): 178, 2001.

883. [学会 (全国)] (一般講演) ネフローゼ症候群を呈する特発性膜性腎症への低蛋白食+ACE阻害剤投与は, ステロイド療法と同等の蛋白尿減少効果を示す. 青山東五, 鎌田貢壽 (内), 巽 洋 (伊勢原協同病院), 藤森亜希, 守屋利佳, 坂本尚登, 小林 豊, 東原正明 (内): 第44回日本腎臓学会学術総会 (2001.05.28), 東京. 日腎会誌, 43 (3): 188, 2001.

884. [学会 (全国)] (一般講演) 半月体形成性糸球体性腎炎の臨床病理学的検討. 橋爪健太郎, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), 重松秀一 (信州大), 小林 豊 (内): 第44回日本腎臓学会学術総会 (2001.05.28), 東京. 日腎会誌, 43 (3): 190, 2001.

885. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性IgA腎症の組織病変の推移: 2年間と5年間のステロイド療法の比較. 佐野 隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子, 坂本尚登 (内), 比企能之 (名古屋大), 舘野純生 (あけぼの病院), 重松秀一(信州大), 小林 豊 (内): 第44回日本腎臓学会学術総会(2001.05.29), 東京. 日腎会誌, 43 (3): 191, 2001.

886. [学会 (全国)] (一般講演) 培養破骨細胞におけるCIC-5クロライドチャネル関連タンパクの発現局在. 坂本尚登(内), 遠藤健一, 六車ゆかり, 川口奈奈子 (東京医科歯科大), 内藤一郎 (重井医学研究所), 佐々木 成, 野田正樹, 丸茂文昭 (東京医科歯科大): 第43回日本腎臓学会総会(2000.05.13), 名古屋. 日腎会誌, 42 (3): 209, 2000.

887. [学会 (全国)] (一般講演) 集合尿細管間在細胞における代謝性アシドーシスに伴うCIC-5チャネルのソーティング. 遠藤健一 (東京医科歯科大学), 坂本尚登 (内), 内藤一郎 (重井医学研究所), 佐々木 成, 丸茂文昭 (東京医科歯科大): 第43回日本腎臓学会総会 (2000.05.13), 名古屋. 日腎会誌, 42 (3): 208, 2000.

888. [学会 (全国)] (ポスター講演) MRSA関連腎炎の治療法の検討. 長場 泰, 青山東五 (内), 比企能之 (名大), 舘野純生 (あけぼの病院), 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), 重松秀一 (信州大), 小林 豊, 東原正明 (内): 第44回日本腎臓学会総会 (2001.05.28), 東京. 日腎学誌, 43 (3): 239, 2001.

889. [学会 (全国)] (ポスター講演) 長期透析患者の1例. 青山東五, 鎌田貢壽, 清水健史, 松尾孝俊, 橋爪健次郎 (内), 巽 洋 (伊勢原協同病院), 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 小林 豊, 東原正明, 平良隆保 (内): 第46回日本透析医学会学術集会・総会 (2001.06.22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 34 (suppl.1): 849, 2001.

890. [学会 (全国)] (ポスター講演) On-line (O-) HDFの臨床効果の検討-第一報, 臨床的短期効果について. 田村雅人 (さがみ循環器), 小林直之 (ニーレンクリニック), 袴塚清江, 牧野光江, 鈴木俶子, 伊藤孝司, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), 酒井 糾, 大久保充人 (佐野厚生病院), 東原正明(内): 第46回日本透析医学会学術集会・総会 (2001.06.22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 34 (suppl.1): 858, 2001.

891. [学会 (全国)] (ポスター講演) 合成ヒンジ糖ペプチドプローブによるIgA腎症患者血中抗ヒンジ抗体の特異性の検討. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 中村郁子 (内), 永井陽子, 新井健司 (旭化成), 勝又 忠 (代謝蛋白), 戸潤一孔 (野口研), 小林 豊 (内): 第74回日本生化学会総会 (2001.10.25), 京都. 生化学, 73 (8): 229, 2001.

892. [学会 (全国)] (シンポジウム) 胃酸分泌細胞におけるCLCチャネルの発現. 堀 雄史, 酒井秀紀, 五十里 彰(富山医薬大), 坂本尚登 (内), 内藤一郎, 真鍋康二 (重井医学研究所), 佐々木 成 (東京医科歯科大), 竹口紀晃 (富山医薬大): 第23回生体膜と薬物の相互作用 (2001.11.08), 熊本.

893. [学会 (全国)] (シンポジウム) IgA腎症研究における最近の進歩. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 中村郁子, 佐野 隆, 小林 豊 (内), 比企能之 (名大), 新井健司, 永井陽子 (旭化成), 戸潤一孔 (野口研): 第22回日本糖質学会(2001.07.16), 静岡. 第22回日本糖質学会年会要旨集, p.39, 2001.

894. [学会 (全国)] (一般講演) 膣原発非ホジキンリンパ腫の一例. 羽山弥亭, 新津 望, 梶原耕一, 大竹浩之, 大和田 啓, 萩原將太郎, 秋山 暢, 堀江良一, 東原正明, 田丸淳一 (内): 第140回日本臨床血液学会例会 (2001.00.00), 東京. 臨床血液, 42: 128, 2001.

895. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸に顆粒球肉腫を合併した慢性骨髄単球性白血病の一例. 大和田 啓, 秋山 暢, 平 美也子, 大竹浩之, 梶原耕一, 羽山弥亭, 萩原將太郎, 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内): 第141回日本臨床血液学会例会 (2001.00.00), 東京. 臨床血液, 42: 576, 2001.

896. [学会 (全国)] (一般講演) 染色体異常を伴いPAIgGが高値を示した血小板減少症の6例. 秋山 暢, 大竹浩之, 羽山弥亭, 大和田 啓, 梶原耕一, 郡 美佳, 壇原幹生, 平 美也子, 萩原將太郎, 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内): 第42回日本臨床血液学会総会 (2001.00.00), 神戸. 臨床血液, 42: 953, 2001.

897. [学会 (全国)] (一般講演) JALSGにおける感染症の診断, 予防および治療の現状-実態調査アンケート. 吉田 稔, 秋山 暢, 高橋正知, 田口博国, 竹内 仁, 内藤健助, 程原佳子, 松島孝文, 松田光弘, 大野竜三 (内): 第42回日本臨床血液学会総会 (2001.00.00), 神戸. 臨床血液, 42: 975, 2001.

898. [学会 (全国)] (一般講演) 胸髄浸潤による下肢の弛緩性麻痺をきたした成人T細胞性白血病 (リンパ腫型) の一例. 秋山 暢, 堀江良一, 新津 望, 萩原將太郎, 郡 美佳, 壇原幹生, 羽山弥亭, 梶原耕一, 大和田 啓, 大坂 学, 大竹浩之, 東原正明 (内): 第63回日本血液学会総会 (2001), 名古屋. Int J Hematol, 73 (suppl.1): 175, 2001.

899. [学会 (全国)] (一般講演) 造血器悪性腫瘍における血中 nm23-H1 蛋白質の臨床的意義. 新津 望, 岡本昌隆, 高木敏之 (内): 第98回日本内科学会講演会 (2001.04), 横浜.

900. [学会 (全国)] (一般講演) t (11;16) を有するSN-1白血病細胞におけるMLL-CBP融合遺伝子発現低下と分化誘導. 新津 望 (内), 林 泰秀 (東大), 東原正明 (内), 本間良夫 (埼玉がんセンター研究所): 第63回日本血液学会総会 (2001.04), 名古屋.

901. [学会 (全国)] (一般講演) 中高悪性度非ホジキンリンパ腫における血清IL-6の予後因子としての重要性. 新津 望, 岡本昌隆, 吉野 正, 中村栄男, 田丸淳一 (内), 中峯寛和 (和歌山県立医大), 東原正明, 平野正美 (内): 第41回日本リンパ網内系学会総会 (2001.05), 秋田.

902. [学会 (全国)] (一般講演) MLLを有する白血病細胞の分化誘導における5-aza-2'-deoxycitidineによるATRAおよびVD3に対する感受性の増強. 新津 望 (内), 林 泰秀 (東大), 杉田完爾 (山梨大), 東原正明 (内), 本間良夫 (埼玉がんセンター研究所): 第60回日本癌学会総会(2001.09), 神奈川.

903. [学会 (全国)] (一般講演) 胃原発T細胞性リンパ腫の1例. 郡 美佳, 新津 望, 羽山弥亭, 梶原耕一, 大和田 啓, 萩原將太郎, 秋山 暢, 堀江良一, 田邊 聡 (内), 桑田 健, 三富弘之 (病理), 田丸淳一, 中峯寛和、東原正明(内): 日本臨床血液学会第142回例会 (2001.10), 東京.

904. [学会 (全国)] (一般講演) CD30過剰発現によるH-RS細胞の構成的NFkB活性化機構. 堀江良一, 森下保幸, 伊藤金次, 渡辺卓郎, 石田尚臣, 東原正明, 渡邉俊樹 (内): 第63回日本血液学会総会 (2001), 名古屋. Int J Hematol, 73 (suppl.1): 72, 2001.

905. [学会 (全国)] (一般講演) 組み換えアデノウイルスを用いた成人T細胞性白血病の遺伝子治療の基礎的検討. 渡辺卓郎, 堀江良一, 石田尚臣, 塩入千恵子, 小岩 司, 古賀 震, 山口一成, 東原正明, 渡邉俊樹 (内): 第63回日本血液学会総 会(2001), 名古屋. Int J Hematol, 73(Suppl.1): 142, 2001.

906. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性骨髄性白血病に対するINF療法中にHUSをきたした一例. 藤田和己, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第31回日本腎臓学会東部学術大会(2001.10.26), 山梨. 日腎会誌, 43 (6): 526, 2001.

907. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性骨髄性白血病に対するINF療法中にHUSをきたした1例. 小泉健三, 清水健史, 藤田和己, 守屋利佳, 鎌田貢壽, 坂本尚登, 小林 豊, 東原正明 (内): 第492回日本内科学会関東地方会 (2001.07.22), 東京. 第492回日本内科学会関東地方会抄録, p21, 2001.

908. [学会 (地方)] (一般講演) 橋本病にMPO-ANCA陽性薬剤誘発性ループスを併発した血液透析患者の1例. 長場 泰, 清水健史, 山川貴久子, 石井佳緒里, 坂本尚登, 永岡 隆, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 第490回日本内科学会関東地方会 (2001.05.12), 東京. 第490回日本内科学会関東地方会抄録, 2001.

909. [学会 (地方)] (一般講演) 急性腎不全の利尿期にST合剤によるNa再吸収障害を合併した微小変化型ネフローゼ症候群の1例. 石井佳緒里, 坂本尚登, 守屋利佳, 清水健史, 長場 泰, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 第497回日本内科学会関東地方会 (2002.02.09), 東京. 第497回日本内科学会関東地方会抄録, p.25, 2002.

910. [学会 (地方)] (ポスター講演) 橋本病にMPO-ANCA陽性薬剤誘発性ループスを併発した血液透析患者の一例. 長場 泰, 清水健史, 山川貴久子, 石井佳緒里, 坂本尚登, 永岡 隆, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 490回日本内科学会関東地方会 (2001.05.00), 東京. 日本内科学会関東地方会 490回演題要旨, p.20, 2001.

911. [学会 (地方)] (ポスター講演) 巣状分節性膜性腎症に微小変化ネフローゼ症候群を合併した1症例. 高谷 徹, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第31回日本腎臓学会東部学術大会(2001.10.26), 山梨. 日腎会誌, 43 (6): 528, 2001.

912. [学会 (地方)] (ポスター講演) HCV感染症と原発性マクログロブリン血症を合併したクリオグロブリン血症性糸球体腎炎の一例. 牧野武志, 佐野 隆, 藤田和己, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第31回日本腎臓学会東部学術大会(2001.10.26), 山梨. 日腎会誌, 43 (6): 533, 2001.

913. [学会 (地方)] (ポスター講演) WHO1型ループス腎炎にIgAのメサンギウム沈着を認めたSLEの1例. 岸 由美子, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊(内), 重松秀一 (信州大): 第31回日本腎臓学会東部学術大会 (2001.10.27), 山梨. 日腎会誌, 43 (6): 545, 2001.

914. [学会 (地方)] (ポスター講演) 膜性ループス腎炎の経過中にANCA関連半月体形成性糸球体腎炎を伴ったSLEの1例. 清水健史, 佐野 隆, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第31回日本腎臓学会東部学術大会 (2001.10.27), 山梨. 日腎会誌, 43 (6): 550, 2001.

915. [学会 (地方)] (ポスター講演) 微小変化型ネフローゼ症候群を合併した全身性エリテマトーデスの経過中に原発性胆汁性肝硬変を発症した1例. 松尾孝俊, 佐野 隆(内), 比企能之 (名大), 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊, 渋谷明隆 (内): 第31回日本腎臓学会東部学術大会(2001.10.27), 山梨. 日腎会誌, 43 (6): 545, 2001.

916. [学会 (地方)] (一般講演) 悪性リンパ腫における血中nm23-H1蛋白質の臨床的意義. 新津 望, 堀江良一, 岡本昌隆, 高木敏之 (内): 第6回湘南血液セミナー(2001.06.00), 神奈川.

917. [研究会 (全国)] (一般講演) 10年間継続して経過観察し得たIgA腎症366例の長期予後. 小林 豊, 佐野 隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子, 清水健史, 坂本尚登 (内), 比企能之 (名大), 舘野純生 (あけぼの病院): 第25回IgA腎症研究会 (2002.01.26), 東京.

918. [研究会 (全国)] (一般講演) IgA腎症の予後決定要因-366例の10年間の経過観察による検討. 小林 豊 (内), 比企能之 (名大), 佐野 隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子, 坂本尚登 (内), 舘野純生 (あけぼの病院): 第24回IgA腎症研究会 (2001.01.27), 東京.

919. [研究会 (地方)] (一般講演) 卵巣原発follicular lymphomaの1例. 海野裕美, 新津 望, 羽山弥亭, 郡 美佳, 梶原耕一, 大和田 啓, 秋山 暢, 堀江良一 (内), 桑田 健 (病理), 中峯寛和 (和歌山県立医大), 東原正明 (内): 第45回神奈川血液研究会 (2002.02.00), 横浜.

920. [研究会 (地方)] (一般講演) 慢性関節リウマチの経過中自己免疫性溶血性貧血を併発したウェゲナー肉芽腫症の1例. 藤田和己, 長場 泰, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内), 重松秀一 (信州大): 第484回日本内科学会関東地方会 (2001.09.09), 東京. 484回日本内科学会関東地方会抄録, p.21, 2001.

921. [研究会 (地方)] (一般講演) 膜性ループス腎炎の経過中にフィブリン析出細胞性半月体形成を呈した全身性エリテマトーデスの1例. 清水健史, 藤田和己, 高谷 徹, 青山東五, 橋爪健次郎, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 玉真桂子, 近藤啓文, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第35回神奈川腎炎研究会 (2001.02.17), 横浜. 腎炎症例研究, 18: 41〜51, 2002.

922. [研究会 (地方)] (一般講演) 2回目の腎生検にて組織所見の著明な改善を認めたANCA関連腎炎の1例. 岸 由美子, 牧野武志, 高谷 徹, 藤田和己, 清水健史, 松尾孝俊, 佐野 隆, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第37回神奈川腎炎研究会 (2002.02.16), 横浜.

923. [研究会 (地方)] (一般講演) 半月体形成症腎炎の腎死予測要因の検討. 橋爪健次郎, 佐野 隆, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内): 第2回東京腎炎・ネフローゼ研究会 (2001.07.28), 東京.

924. [研究会 (地方)] (一般講演) ノカルジア腹膜炎を発症した抗リン脂質症候群 (APLS) のCAPD例. 清水健史, 山川貴久子, 斉藤 毅, 青山東五, 藤田和己, 橋爪健次郎, 長場 泰, 守屋利佳, 吉田一成, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内): 第5回神奈川県CAPD研究会 (2001.03.24), 横浜.

925. [研究会 (地方)] (一般講演) ループス腎炎における上皮細胞間入像を呈した3例. 松尾孝俊, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第13回膠原病の腎障害研究会 (2001.06.30), 東京.

926. [研究会 (地方)] (一般講演) IgA腎症患者における血中抗ヒンジ抗体の特異性と性差−合成ヒンジ糖ペプチドプローブを用いた検討−. 中村郁子 (内), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 永井陽子, 新井健司 (旭化成), 勝又 忠 (代謝蛋白), 戸潤一孔 (野口研), 比企能之 (名大), 小林 豊 (内): IgA腎症研究会 (2002.01.26), 東京. 第25回IgA腎症研究会抄録, 1, 2002.

927. [研究会 (地方)] (特別講演) 悪性リンパ腫の病態解明と治療の進歩. 新津 望 (内): 第21回茨城造血器疾患研究会 (2001.07), 茨城.

928. [研究会 (地方)] (特別講演) リンパ腫における新規治療薬の現状と可能性-Rituximabに関する基礎的研究の現状. 新津 望 (内): 第2回 lymphoma millennium meeting (2001.08), 名古屋.

929. [研究会 (地方)] (特別講演) 悪性リンパ腫の予後因子について−nm23-H1 を中心に−. 新津 望 (内): 第5回新潟悪性リンパ腫研究会 (2001.11.00), 新潟.


<<1405 内科学X>>


930. [原著] A cute Changes in Bronchoconstriction Intluences Exhaled Nitric Oxide Level. 三藤 久, 小林弘祐, 今崎貴生 (内), 市川尊文 (生化学), 川上 倫 (生理), 冨田友幸 (内): Japanese Journal of Physiology, 51 (2): 151〜157, 2001.

931. [原著] Association of Tyrosine Nitration after Intratracheal Lipopolysaccaride Administration with Myeloperoxidase Activity in Rat Lung. 畑石隆治, 小林弘祐, 安藤みゆき, 今崎貴生, 三藤 久, 冨田友幸 (内): 北里医学, 31 (4): 237〜244, 2001.

932. [原著] Hepatocyte Growth Factor Activates Mucin Synthesis in Human Alveolar Epithelial Cells. 佐藤和己, 市川尊文, 遠藤平仁, 小林弘祐 (内): Biomedical Research, 22 (6): 2001.

933. [原著] Anti-inflammatory properties of inducible nitric oxide synthase in acute hyperoxic lung injury. 小林弘祐, 畑石隆治, 三藤 久, Tanaka, M. (内), Jacobson, M., 冨田友幸, Zapol, W.M., Jones, R.C.: American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology, 24: 390〜397, 2001.

934. [原著] Nitric oxide is Generated in Smooth Muscle Layer by Neurokinin A and Counteracts Coustriction in Guinea pig Airway. 今崎貴生, 小林弘祐, 畑石隆治, 林  泉 (薬理), 冨田友幸 (内), 馬嶋正隆 (薬理): Nitric Oxide Biology and Chemistory, 5: 465〜474, 2001.

935. [原著] 在宅一酸化窒素吸入療法用ガス供給装置の開発. 廣瀬 稔 (医療衛生), 小林弘祐, 三藤 久 (内), 渡辺 敏 (医療衛生): 北里医学, 31 (6): 361〜368, 2001.

936. [原著] 肺気量の変化と頸部吸気補助筋群の活動. 増渕ゆかり, 阿部 直, 横場正典, 山田拓実 (内), 片桐真人(医療衛生), 冨田友幸 (内): 日本呼吸器学会雑誌, 39 (4): 244〜249, 2001.

937. [原著] Selective recruitment of CCR6-expressing cells by increased production of MIP-3αin rheumatoid arthritis. 松井俊通, 赤星 透, 生井世雄, 橋本 篤, 栗原夕子, ラナ美代子, 西村明人, 遠藤平仁 (内), 北里英郎 (微), Kawai, S., Takagishi, K., 近藤啓文 (内): Clin Exp Immunol, 125: 155〜161, 2001.

938. [原著] 好中球の脱顆粒におけるFcγRVbの遺伝的多型性の及ぼす影響. 田中住明, Edberg, J.C., Kinberly, R.P., 近藤啓文 (内): 北里医学, 31 (2): 70〜77, 2001.

939. [原著] Throbotic throbocytopenicpurpura in autoimmune hepatitis. 渋谷明隆, Satomichi, A., 長場 秦, 遠藤平仁, Kuwao, S., 西元寺克禮 (内): J Gastroenterol, 36: 569〜573, 2001.

940. [原著] PGF2 α upregulates interleukin-6 production in human gingival fibrolasts. Noguchi, K., 遠藤平仁, 近藤啓文, Ichikawa, I. (内): J Periodent Res, 36: 80〜87, 2001.

941. [原著] Up-regulation of matorix metalloproteinase-1 production by prostaglandin F2 α in human gingival fibrolasts. Noguchi, K., Tominaga, Y., Matsushita, K., Izumi, Y., 遠藤平仁, 近藤啓文, Ichikawa, I. (内): J periodent Res, 36: 334〜339, 2001.

942. [原著] プロスタノイド・レセプターを介する抗炎症療法. 遠藤平仁 (内): Pharma Medica, 19: 19〜24, 2001.

943. [原著] RA患者のQOL: AIMS2改訂 日本語版調査書を用いた多施設共同調査成績-U. 医療費および関連する諸因子の解析-. 橋本 明, 佐藤 元, 西林保朗, 椎野泰明, 忽那龍雄, 石原義恕, 星 恵子, 藤森十郎, 坪井声示, 近藤啓文, 秋月正史, 諸井泰興, 吉田俊治 (内): リウマチ, 42: 23〜39, 2002.

944. [準原著] 動脈と静脈のかかわりあい. 小林弘祐: 体育の科学, 52: 111〜114, 2002.

945. [その他公的な報告] Editorial; Vascular disease in mixed connective tissue disease (MCTD). 近藤啓文 (内): Intern Med, 40: 1176, 2001.

946. [症例報告] 肺高血圧症を合併した原発性抗リン脂質抗体症候群の1症例. ラナ美代子, 遠藤平仁, 渡部洋行, 田中住明, 近藤啓文 (内): リウマチ, 41: 869〜874, 2001.

947. [症例報告] Hepatopulmonary syndrome associated with autoimmune liver cirrhosis. 高田信和 (医療衛生), 阿部 直, Takahashi Yoshinori, 渋谷明隆, 冨田友幸 (内): Respirology, 6: 163〜166, 2001.

948. [臨床治験] シェーグレン症候群の口腔乾燥症状に対するSNI-2011とプラセボとの二重盲検法比較試験-第V相比較試験. 市川陽一, 柏崎禎夫, 原 まさ子, 鳥飼勝隆, 近藤啓文, 宮脇昌二, 菅井 進, 秋月正史, 花岡一雄(内): 診療と新薬, 38: 349〜368, 2001.

949. [臨床治験] シェーグレン症候群患者の口腔乾燥に対するSNI-2011の長期投与試験. 市川陽一, 柏崎禎夫, 原 まさ子, 近藤啓文, 鳥飼勝隆, 菅井 進, 宮脇昌二 (内): 診療と新薬, 38: 369〜391, 2001.

950. [臨床治験] シェーグレン症候群の口腔乾燥症状に対するSNI-2011の有効性および安全性に関する用量斬増法による検討-SNI-2011前期第U相試験. 柏崎禎夫, 市川陽一, 鳥飼勝隆, 近藤啓文, 宮脇昌二, 秋月正史, 東條 毅, 岡部 裕 (内): 診療と新薬, 38: 313〜332, 2001.

951. [臨床治験] シェーグレン症候群の口腔乾燥症状に対するSNI-2011の至適用量の検討−1日投与量6 mg, 60 mg, 90 mg 4週間投与による二重盲検法群問比較試験−. 柏崎禎夫, 市川陽一, 東條 毅, 鳥飼勝隆, 近藤啓文, 宮脇昌二, 菅井 進, 秋月正史, 花岡一雄 (内): 診療と新薬, 38: 333〜347, 2001.

952. [総説] 慢性閉塞性肺疾患. 三藤 久, 小林弘祐 (内): 医薬ジャーナル, 37 (10): 258〜269, 2001.

953. [総説] 女性内科; 膠原病. 近藤啓文 (内): 産婦人科治療, 82 (suppl): 1028〜1032, 2001.

954. [総説] 強皮症腎の種々の病態. 遠藤平仁, 近藤啓文(内): 内科, 87: 1414〜1417, 2001.

955. [総説] 混合性結合組織病. 近藤啓文, 渡部洋行 (内): 臨床医, 27 (suppl): 1827〜1829, 2001.

956. [総説] 消化管にみられる線維症. 近藤啓文(内): Molecular Medicine, 38: 908〜912, 2001.

957. [総説] 慢性関節リウマチ非ステロイド抗炎症薬 (NASAIDs) の使い方. 近藤啓文, 石川 章 (内): 今月の治療, 9: 1193〜1199, 2001.

958. [総説] 膠原病-診断・治療の進歩, 混合性結合組織病. 近藤啓文, 石川 章 (内): 医学のあゆみ, 199: 376〜380, 2001.

959. [総説] 筋肉疾患(筋炎, PMRなど)と疼痛. 近藤啓文, 田中住明 (内): 痛みと臨床, 2: 29〜36, 2002.

960. [総説] 本邦臨床統計集 (3) 混合性結合組織病. 近藤啓文, 石川 章 (内): 日本臨床, 60 (suppl): 397〜403, 2002.

961. [総説] 可溶性TNF-αレセプター療法. 近藤啓文, 石川 章 (内): 内科, 89: 297〜300, 2002.

962. [総説] 混合性結合組織病, 重複症候群の治療. 近藤啓文, 玉真桂子 (内): リウマチ科, 27: 698〜704,, 2001.

963. [総説] 膠原病に合併する肺高血圧症. 岡田 純, 近藤啓文 (内): リウマチ科, 26: 583〜589, 2001.

964. [総説] 炎症性疾患とPGE受容体サブタイプ. 遠藤平仁, 栗原夕子, 橋本 篤, 近藤啓文 (内): リウマチ科, 27: 292〜297, 2002.

965. [講座] 胸水貯留. 井川 聡, 今崎貴生, 小林弘祐 (内): 臨床医, 27 (11): 46〜47, 2001.

966. [講座] 神経・呼吸節の機能. 小林千里, 阿部 直 (内): 呼吸, 20 (3): 265〜272, 2001.

967. [講座] 老人にみられるシェーグレン症候群について. 岡田 純 (内): 老年病診療Q&A, 35: 11〜16, 2001.

968. [講座] Medical Topic: 抗リン脂質抗体症候群. 岡田 純 (内): 臨床リハ, 10: 137〜138, 2001.

969. [講座] 混合性結合組織病. 岡田 純 (内): 毎日ライフ, 32: 31〜33, 2001.

970. [講座] 自己免疫疾患. 岡田 純 (内): アレルギー学会認定医教育セミナー研修録, 20: 47〜53, 2001.

[著 書]

971. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針-2002年版; 17章, p.634〜635, 阿部 直 (内). 医学書院, 東京, 2001発行.

972. [教科書] (共著) CDによるナースのための聴診トレーニング: -呼吸編-; 川城文夫, 阿部 直(内), 菊池功次, 米丸 亮. 編集 米丸 亮, 櫻井利江, 南江堂, 東京, 2001発行.

973. [その他の著書] (分担執筆) Annual Review 呼吸器 2002; 呼吸筋機能の検査法, p.146〜154, 小林千里, 阿部 直 (内). 編集 工藤翔二, 土屋了介, 金沢 実, 太田 健, 中外医学社, 東京, 2002.01.20発行.

974. [その他の著書] (分担執筆) 関節のみかた; 研修医ノート, 医の基本, p.408〜410, 近藤啓文 (内). 編集 永井良三, 診断と治療社, 東京, 2001.06発行.

975. [その他の著書] (分担執筆) 抗リウマチ薬の位置付けと使用上の注意点; 実地医療のための抗リウマチ薬使用マニュアル, p.33〜45, 近藤啓文 (内). 編集 西岡久寿樹, 中村 洋, 医学ジャーナル社, 東京, 2001発行.

976. [その他の著書] (分担執筆) 臨床と薬物治療20; 最新の治療戦略: 強皮症, 多発性筋炎-皮膚筋炎, p.630〜636, 近藤啓文, 石川 章 (内). 2001.

977. [その他の著書] (分担執筆) 最新膠原病・リウマチ学; 混合性結合組織病, p.193〜200, 近藤啓文 (内). 編集 宮坂信之, 朝倉書店, 東京, 2001発行.

978. [その他の著書] (分担執筆) 非ステロイド性抗炎症薬の選択と適正使用改訂第3版; 非ステロイド性抗炎症薬の知っておくべき薬物相互作用, 近藤啓文 (内). 編集 山本一彦, 日本医学出版社, 東京, 2002発行.

979. [その他の著書] (分担執筆) 論文集: SELECTED ARTICLES 2002; 全身性エリテマトーデスの診断と治療, p.822〜828, 岡田 純 (内). MEDIC MEDIA, 2001発行.

980. [その他の著書] (分担執筆) 研修医ノート; 各科研修ミニマムエッセンス: リウマチ・アレルギー内科, p.566〜570, 岡田 純 (内). 編集 永井良三, 診断と治療社, 2001発行.

981. [その他の著書] (分担執筆) 在宅医療ハンドブック; 在宅医療, p.109〜114, 岡田 純(内). 編集 田城孝雄, 中外医学社, 2001発行.

982. [その他の著書] (分担執筆) リウマチナビゲーター; エンドキサンパルス療法, p.223〜230, 岡田 純 (内). 編集 中村耕三, 山本一彦, 原 まさ子, メディカルビュー社, 2001発行.

[学会・研究会等]

983. [学会 (国際)] (一般講演) Up-regulation of prostaglandin E2 Recepter Rats with adjuvant arthritis. 遠藤平仁, 栗原夕子, ラナ美代子, 近藤啓文 (内): Seventh International Congress on Platelet-activating factor and Lipid mediator (2001), 東京.

984. [学会 (国際)] (ポスター講演) Salbtamol effects on parasternal muscle activity and ventilation in humans. Hawes, H.G. (カルガリー大), 横場正典, 片桐真人 (内), Johnson, M. (カルガリー大), 冨田友幸, 阿部 直 (内), Easton, P.A. (カルガリー大): Alberta Respiratory Disease Symposium(2001.04.00), Kananaskis, Canada.

985. [学会 (国際)] (ポスター講演) Environmental sleep disruption in ICU patients. 横場正典 (内), Hawes, H.G., Alkar, R.S., Ramsay, G.I., Doig, C.J., Easton, P.A. (カルガリー大): ALA/ATS international conference(2001.05), San Francisco. Am J Respir Crit Care Med, 163 (5): A687, 2001.

986. [学会 (国際)] (ポスター講演) Intravascular inhomogeneous distribution of oxygen in microressels of rat cremaster muscle. Takizawa, N. (教養センター), 小林弘祐 (内): 7th International Congress of Microcirculation (2001.08.00), Sydney, Australia. 抄録集, 2001.

987. [学会 (国際)] (ポスター講演) Oxygen saturation imaging of hemoglobin in microressels. 小林弘祐 (内), Takizawa, N. (教養センター): XXXW International Congress of Physiological Sciences (2001.08.00), Christchurch, New Zealand. 抄録集, 2001.

988. [学会 (国際)] (ポスター講演) Respiratory activity of parasternal intercostal muscles during rotation. 阿部 直, 小林千里, 生井世雄 (内), 片桐真人 (医療衛生), 横場正典 (内), 羽根田 淳 (医学部), 冨田友幸 (内), Easton, P.A. (カルガリー大): 11th ERS Annual Congress (2001.09.22〜26), Berlin, Germany. Eur. Respir. J., 18 (sup33): 419S, 2001.

989. [学会 (国際)] (ポスター講演) Prevalence and Clinical Features of Pulmonary Hypertention in Patients with Anti-U1RNP Antibody. 岡田 純, 玉真桂子, 近藤啓文 (内): The 20th Congress of the International League of Associations for Rheumatology(2001.08.26〜30), Edmonton.

990. [学会 (国際)] (ポスター講演) Up-Regulation of Prostaglandin E2 Receptor Subtypes in Rats with Adjuvant Arthritis. 遠藤平仁, 栗原夕子, 近藤啓文 (内): The 20th Congress of the International League of Associations for Rheumatology (2001.08.26〜30), Edomonton.

991. [学会 (国際)] (ポスター講演) Analysis of prostaglandin E Receptor EP4 Subtype mRNA Expression in Synovial Tissue of Patients with Rhumatoid Arthritis. ラナ美代子, 遠藤平仁, 西村明人, 近藤啓文 (内): The 20th Congress of the International League of Associations for Rheumatology (2001.08.26〜30), Edomonton.

992. [学会 (国際)] (ポスター講演) Up-regulation of prostaglandin E receptor EP2 and EP4 subtypes in rat synovial tissue with adojuvant arthritis. 遠藤平仁, 赤星 透, 近藤啓文 (内): American College of Rheumatology 65th Annual Scientific meeting (2001.11.10〜15), San Francisco, USA.

993. [学会 (国際)] (ポスター講演) Selective recruitment of CCR7-expressing cells by increased production of MIP-3β in rheumatoid arthtitis. 松井俊通, 赤星 透, 生井世雄, 渡邊 恵, 西村明人, 遠藤平仁 (内), 北里英郎 (微), 近藤啓文 (内): American College of Rheumatology 65th Annual Scientific meeting (2001.11.10〜15), San Francisco, USA.

994. [学会 (国際)] (ポスター講演) Regulated expression of MIP-3β and CCR6 in joint contribute to the pathogenesis of rheumatoid arthritis. Nakayama, Y., 松井俊通, Sato, H., Ogino, Y., Yamashita, C., Azuma, Y., Uno, H., Kamimura, T., 赤星 透, 近藤啓文 (内): American College of Rheumatology 65th Annual Scientific meeting (2001.11.10〜15), San Francisco, USA.

995. [学会 (国際)] (ポスター講演) Rapid induction of PPARγ expression in monocytes by MSU crystals and attenuation of crystal-induced acute inflammation by PPARγ ligands in vivo.生井世雄, 赤星 透, 渡邊 恵, 松井利通, T., Murakami, Y. (内), 北里英郎(微), 近藤啓文 (内): American College of Rheumatology 65th Annual Scientific meeting (2001.11.10〜15), San Francisco, USA.

996. [学会 (国際)] (ポスター講演) Methotrexate-induced expression of P21 and CD36 in monocytes. Watanabe, M., Namai, R., 松井俊通, 近藤啓文, 赤星 透 (内): American College of Rheumatology 65th Annual Scientific meeting (2001.11.10〜15), San Francisco, USA.

997. [学会 (国際)] (ポスター講演) Blockade of antineutrophil cytoplasmic antibody (ANCA) activation of neutrophils by a therapeutic peptide. 田中住明 (内), Edberg, J.C., Fassina, G., Brimingham, R.P.K.: American College of Rheumatology 65th Annual Scientific meeting (2001.11.10〜15), San Francisco, USA.

998. [学会 (国際)] (ポスター講演) Antineutrophil cytoplasmic antibodies (ANCA) induce release of human neutrophil α-deffensins: T cell recruitment factors. 田中住明 (内), Edberg, J.C., Fassina, G., Brimingham, R.P.K.: American college of Rheumatology 65th Annual Scientific meeting (2001.11.10〜15), San Francisco, USA.

999. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Interaction between postural and respiratory actinities of the human parasternal intercostal muscles. 阿部 直, 小林千里, 生井世雄 (内), 片桐真人 (医療衛生), 横場正典 (内), 羽根田 淳 (医学部), Easton, P.A. (カルガリー大): Chiba Symposium T (2001.10.05〜06), Susono, Shizuoka, Japan. Abstract, 12〜14, 2001.

1000. [学会 (全国)] (一般講演) 炭酸ガス刺激時におけるヒトの傍胸骨肋間筋および斜角筋の電気的活動.生井世雄, 阿部 直 (内), 片桐真人 (医療衛生), 横場正典, 小林千里 (内), 羽根田 淳 (医学部), 冨田友幸 (内): 日本呼吸器学会総会 (2001.04.06), 東京. 日本呼吸器学会雑誌, 39(増): 258, 2001.

1001. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における漢方薬誘起性肺炎の臨床的検討. 阿部健二, 高田信和, 今崎貴生, 増渕ゆかり (内), 久保田 勝 (伊勢原協同病院内科), 片桐真人 (医療衛生), 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直, 冨田友幸 (内): 第98回日本内科学会 (2001.04.13), 横浜. 日本内科学会雑誌, 90 (臨増): 163, 2001.

1002. [学会 (全国)] (一般講演) 痛風発作におけるPPARγの発現とその意義. 橋本 篤, 松井俊通, 工藤雄一朗, 赤星 透, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会(2001.05.14), 東京.

1003. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎を合併した強皮症の一例. 工藤雄一朗, 渡部洋行, 内山真主美, 松井俊通, 玉真桂子, 赤星 透, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会 (2001.05.14), 東京.

1004. [学会 (全国)] (一般講演) 血管病変における抗リン脂質抗体とCRPの関与. 岡田 純, 内山真主美, 玉真桂子, 石川 章, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会(2001.05.15), 東京.

1005. [学会 (全国)] (一般講演) MTXによるマクロファージCD36発現誘導. 渡邊 恵, 工藤雄一朗, 松井俊通, 赤星 透, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会(2001.05.16), 東京.

1006. [学会 (全国)] (一般講演) プロスタグランジンE受容体サブタイプを介する肺線維化制御機序の解析. 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第33回日本結合組織学会(2001.06.07〜08), 東京.

1007. [学会 (全国)] (一般講演) 間質性肺炎の病態形成におけるPGE2受容体サブタイプの役割. 遠藤平仁 (内), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理), 近藤啓文 (内): 第22回日本炎症再生医学会 (2001.07.02〜03), 東京.

1008. [学会 (全国)] (一般講演) Nonepisodic angioedema associated with eosinophiliaの5例の臨床検討. 石川 章, 岡田 純, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第51回日本アレルギー学会 (2001.10.29〜31), 福岡.

1009. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性関節リウマチで発症し, amyopathic dermatoomositisの病態で間質性肺炎急性憎悪を来した一例. 渡部洋行, 岡田 純, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 赤星 透, 近藤啓文 (内): 第29回日本臨床免疫学会 (2001.12.10〜11), 大阪.

1010. [学会 (全国)] (一般講演) 抗U1RNP抗体陰性化例の検討. 岡田 純, 内山真主美, 玉真桂子, 石川 章, 近藤啓文 (内), 岡野哲郎 (医療衛生): 第29回日本臨床免疫学会 (2001.12.10〜11), 大阪.

1011. [学会 (全国)] (一般講演) 筋炎, 心筋病変を合併した強皮症 (SSc) の2症例の解析. 内山真主美, 遠藤平仁, 赤星 透, 近藤啓文 (内): 第16回日本臨床リウマチ学会総会 (2001.11.26〜27), 名古屋.

1012. [学会 (全国)] (一般講演) 筋膜炎の臨床像の検討. 石川 章, 渡部洋行, 松井俊通, 内山真主美, 玉真桂子, 遠藤平仁, 赤星 透, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会総会 (2001.05.14), 東京.

1013. [学会 (全国)] (ポスター講演) 気管支肺胞洗浄液におけるadenosine deaminase (ADA) 活性およびADA isoenzyme活性の基礎的検討. 久保田 勝 (伊勢原協同病院内科), 相馬一亥 (救命), 矢那瀬信雄 (内), 高田信和, 片桐真人 (医療衛生): 第24回日本気管支学会総会(2001.05.24), 幕張. 気管支学, 23 (3): 278, 2001.

1014. [学会 (全国)] (ポスター講演) モルモット気道におけるNeurokine Aによる一酸化窒素の発生部位の検討. 今崎貴生, 小林弘祐, 畑石隆治, 小澤剛久, 久保田 勝 (内), 林 泉, 馬場正隆 (薬理): 第41回日本呼吸器学会総会(2001.04.05), 東京. 日呼吸会誌, 39 (増): 211, 2001.

1015. [学会 (全国)] (教育講演) 筋内でのガス運搬と今後の研究展望. 小林弘祐 (内): 第24回日本バイオレオロジー学会年会 (2001.06.08), 神奈川県日吉. 抄録集, 2001.

1016. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 「新しい心循環系の指標wave intensityの基礎と臨床応用」: 肺循環でのwave intensity-低酸素負荷, 肺葉切除による変化. 小林弘祐 (内), 贄 正基, 須藤恭一 (胸外): 第16回生体・生理工学シンポジウム (2001.08.29), 相模原. 抄録集, p.69〜70, 2001.

1017. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 抗U1RNP抗体陽性例の自然暦に関する研究. 岡田 純 (内): 第45回日本リウマチ学会 (2001.05.14), 東京.

1018. [学会 (全国)] (ワークショップ) 呼吸筋検索法. 阿部 直, 小林千里, 生井世雄, 横場正典, 増渕ゆかり (内), 片桐真人 (医療衛生), 冨田友幸(内): 第41回日本呼吸器学会総会 (2001.04.04), 東京. 日本呼吸器学会雑誌, 39 (増): 58, 2001.

1019. [学会 (全国)] (ワークショップ) PGE受容体EP4選択的アゴニストによるラット関節炎の滑膜炎及び骨破壊抑制作用. 栗原夕子, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会 (2001.05.14), 東京.

1020. [学会 (全国)] (ワークショップ) 家兎関節炎モデルの滑膜・軟骨に対するプロスタグランジンE受容体サブタイプEP4選択的アゴニストの影響. ラナ美代子, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会 (2001.05.14), 東京.

1021. [学会 (全国)] (ワークショップ) SLEに見られた肺出血症の検討. 内山真主美, 岡田 純, 坂井美保, 玉真桂子, 遠藤平仁, 赤星 透, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会 (2001.05.14), 東京.

1022. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗U1-RNP抗体陽性例の肺高血圧症の検討. 玉真桂子, 岡田 純, 石川 章, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会 (2001.05.14), 東京.

1023. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺高血圧と肝臓結束性再生性過形成を合併した膠原病患者の臨床的検討. 渡部洋行, 岡田 純, 河野 静, 栗原夕子, 石川 章, 赤星 透, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会(2001.05.14), 東京.

1024. [学会 (全国)] (ワークショップ) RA滑膜組織におけるCCR6陽性細胞の検討. 松井俊通, 赤星 透, 工藤雄一朗, 西村明人, 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会(2001.05.15), 東京.

1025. [学会 (全国)] (ワークショップ) 慢性関節リウマチにおけるステロイド投与の有用性とその是非について. 赤星 透, 松井俊通, 近藤啓文 (内): 第16回日本臨床リウマチ学会総会 (2001.11.26〜27), 名古屋.

1026. [学会 (地方)] (一般講演) 透析患者に発症した夏型過敏性肝臓炎の一例. 田中直彦, 山本博之(内), 本間和夫(相模原協同病院内科), 谷村繁雄 (相模原協同病院呼吸器外科): 第98回日本気管支学会関東支部会 (2001.09.29), 東京. 気管支学, 23 (7): 652, 2001.

1027. [学会 (地方)] (一般講演) 長期寛解中にthrombotic microangiopathic hemolytic anemiaにて再燃した全身エリテマトーデスの一例. 吉田 秀, 石川 章, 栗原夕子, 内山真主美, 渡部洋行, 玉真桂子, 遠藤平仁, 赤星 透, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第490回日本内科学会関東地方会 (2001.05.12), 東京.

1028. [学会 (地方)] (一般講演) 術後5年目に肺内巨大腫瘤としえ再発し, 急速に増大した乳房原発悪性葉状肉腫の1例. 矢内原智子, 今崎貴生, 三藤 久, 高田信和, 片桐真人, 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内), 品田 純, 吉村博邦 (胸外): 第490日本内科学会関東地方会(2001.05.12), 東京.

1029. [学会 (地方)] (一般講演) 脊椎側弯症に対する胸椎前方固定術後に気道狭窄をきたした先天性ミオパチーの1例. 井川 聡, 高田信和, 田中直彦, 今崎貴生, 三藤 久, 片桐真人, 小林弘祐, 矢那瀬信雄 (内): 日本気管支学会関東支部会 (2001.09.29), 東京都.

1030. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性肥厚性脳硬膜炎を合併したwegener肉芽腫症の1例. 小野田清香, 高田信和, 阿部健二, 矢内原智子, 今崎貴生, 三藤 久, 片桐真人, 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内): 日本呼吸器学会関東地方会 (2001.07.14), 東京.

1031. [学会 (地方)] (一般講演) ニザチジンによる薬剤誘起性肺炎の1例. 河野 静, 久保田 勝, 小澤剛久, 丸山博志, 大野 隆, 吉井照夫, 橘田輝雄 (伊勢原協同病院内科): 第495回日本内科学会関東地方会 (2001.11.10), 東京. 第495回日本内科学会関東地方会, P29, 2001.

1032. [学会 (地方)] (一般講演) 救命し得た血栓性血小板減少性紫斑病を合併した混合性結合組織病の1例. 由井進太郎, 遠藤平仁, 和田真由子, 内山真主美, 濱名俊也, 石川 章, 岡田 純, 近藤啓文, 中山久徳, 当間重人 (内): 第493回日本内科学会関東地方会 (2001.09.08), 2001.

1033. [学会 (地方)] (一般講演) 空洞病変を形成した細気管支肺胞上皮癌の1例. 本橋佐知子, 三藤 久, 今崎貴生(内), 高田信和, 片桐真人 (医療衛生), 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内): 第498回日本内科学会関東地方会(2002.03.16), 東京.

1034. [研究会 (全国)] (ポスター講演) モルモット気道のNeurokine Aによる一酸化窒素発生についての検討. 今崎貴生, 小林弘祐 (内), 畑石隆治 (医学部), 林  泉 (薬理), 冨田友幸 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 第37回気道過敏性研究会 (2002.03.10), 東京.

1035. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 「微小循環系の酸素-血液供給の調節」骨格筋微小循環系の酸素供給について. 小林弘祐 (内): 第1回運動と循環研究会・呼吸研究会合同シンポジウム (2001.07.30), 東京. 抄録集, 34〜37, 2001.

1036. [研究会 (全国)] (一般講演) TTP/HUSを合併した強皮症の臨床的解析. 吉田 秀, 遠藤平仁, 鈴木園子, 管田文彦, 鈴木康夫, 近藤啓文 (内): 第5回強皮症研究会議(2002.03.02), 金沢.

1037. [研究会 (全国)] (一般講演) 心筋障害を合併した強皮症の臨床的並びに病理学的解析. 内山真主美, 遠藤平仁, 鈴木園子, 吉田 秀, 近藤啓文 (内): 第5回強皮症研究会議 (2002.03.02), 金沢.

1038. [研究会 (地方)] (一般講演) NSCLCに対する3剤併用化学療法の試み. 山本博文, 田中直彦 (内), 本間和夫(相模原協同病院内科): 北里胸部疾患研究会 (2002.03.09), 神奈川県.

1039. [研究会 (地方)] (特別講演) 膠原病の治療戦略. 近藤啓文 (内): 島根膠原病研究会 (2002.03.15), 島根.

1040. [研究会 (地方)] (教育講演) 混合性結合組織病 (MCTD) とオーバーラップ症候群. 近藤啓文 (内): 第28回多摩リウマチ研修会 (2001.11.17), 東京.

1041. [研究会 (地方)] (一般講演) 気道攣縮の急性変化が呼気中一酸化窒素濃度におよぼす影響. 三藤 久, 小林弘祐, 矢内原智子, 今崎貴生 (内), 高田信和, 片桐真人 (医療衛生), 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内): 第26回神奈川呼吸カンファレンス (2001.07.06), 横浜.

1042. [研究会 (地方)] (一般講演) 半夏瀉心湯合真武湯による副作用の一例−DLSTとの関連から−. 高橋裕子, 花輪壽彦 (北里研究所東洋医学総合研究所): 第58回関東甲信越支部学術総会 (2001.10.28), 東京. 第58回関東甲信越支部学術総会プログラム要旨集, p.33, 2001.

1043. [研究会 (地方)] (教育講演) 在宅酸素療法をクリニックで行うために. 三藤 久 (内): Four Season's Conference (2001.05.16), 相模原.

1044. [研究会 (地方)] (一般講演) 発熱, 関節炎が顕著に認められた腸管ベーチェット病の1例. 内藤正吉, 由井進太郎, 吉田 秀, 鈴木園子, 内山真主美, 濱名俊也, 石川 章, 遠藤平仁, 赤星 透, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第2回相模原リウマチ研究会 (2001.07.12), 相模原.

1045. [研究会 (地方)] (一般講演) 血栓性血小板減少性紫斑病を合併した混合性結合組織病の1例. 由井進太郎, 近藤啓文 (内): 第2回相模原リウマチ研究会 (2001.07.12), 相模原.

1046. [研究会 (地方)] (一般講演) 自己免疫性溶血背貧血を合併した原発性シェーグレン症候群の1例. 吉田 秀, 石川 章, 福井朋也, 鈴木園子, 内山真主美, 濱名俊也, 遠藤平仁, 赤星 透, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第42回関東リウマチ研究会 (2001.06.23), 東京.

1047. [研究会 (地方)] (一般講演) 多彩な自己抗体陽性の原発性肺高血圧症の1男性例. 鈴木園子, 福井朋也, 吉田 秀, 内山真主美, 玉真桂子, 渡部洋行, 濱名俊也, 石川 章, 遠藤平仁, 赤星 透, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第44回神奈川リウマチ医会 (2001.06.30), 2001.

1048. [研究会 (地方)] (一般講演) 長期の発熱経過をとるMunchausen症候群と考えられる1例. 橋本 篤, 石川 章, 鈴木園子, 吉田 秀, 松井俊通, 内山真主美, 濱名俊也, 田中住明, 遠藤平仁, 赤星 透, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第45回神奈川リウマチ医会 (2001.12.01), 横浜.

1049. [研究会 (地方)] (一般講演) 両側眼内炎, 肺膿瘍, 肝膿瘍を合併したKlebsiella pneumoniaeの1例. 金光峰子, 濱名俊也, 深谷英平, 鈴木園子, 吉田 秀, 高山陽子, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第51回神奈川県感染症医学会 (2002.02.16), 伊勢原市.

1050. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 21世紀の国民病-睡眠時無呼吸症候群. 阿部 直: 神奈川在宅呼吸管理研究会 (2001.10.20), 横浜.

1051. [研究会 (地方)] (公開講座) 痛風発作に対するNASAIDの使い方. 近藤啓文 (内): 小田原整形外科医会(2001.11.14), 小田原.

1052. [研究会 (地方)] (一般講演) 喀血を主訴とし診断して苦慮した右肺下葉腺癌の一例. 田中直彦, 本間和夫 (内), 山本博之 (相模原協同病院呼吸器内科), 谷村繁雄 (相模原協同病院呼吸器外科): 第86回神奈川呼吸器研究会(2001.06.15), 新横浜.

1053. [研究会 (地方)] (一般講演) ANCA陰性のWegener肉芽腫症の一例. 小澤剛久 (伊勢原協同病院内科): 北里胸部疾患研究会 (2002.03.09), 神奈川県.

1054. [研究会 (地方)] (一般講演) Hepatocyte groth factor (HGF) によるヒト気道上皮細胞のムチン合成の検討. 佐藤和己 (淵野辺総合病院内科): 北里胸部疾患研究会(2002.03.09), 神奈川県.

1055. [研究会 (地方)] (一般講演) 経鼻的一酸化窒素 (NO) 吸入装置の開発. 三藤 久 (内): 北里胸部疾患研究会(2002.03.09), 神奈川県.

1056. [研究会 (地方)] (一般講演) 空洞病変を形成した細気管支肺胞上皮癌の1例. 本橋佐知子 (内): 北里胸部疾患研究会 (2002.03.09), 神奈川県.

1057. [研究会 (地方)] (一般講演) ヒト胸横筋の安静喚気時と体幹回施時の電気的活動の検討. 小林千里 (内): 第9回北里胸部疾患研究会 (2002.03.09), 相模原

1058. [研究会 (地方)] (一般講演) ヒト傍胸骨肋間筋の電気的活動に対する体位変換の影響. 生井世雄 (内): 北里胸部疾患研究会 (2002.03.09), 神奈川県.

1059. [研究会 (地方)] (一般講演) 術後5年目に肺内転移をきたし, 急速に増大した乳房原発悪性葉状肉腫の1例. 矢内原智子, 今崎貴生, 三藤 久, 高田信和, 片桐真人, 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内), 品田 純, 吉村博邦(胸外): 平成13年度神奈川県内科集談会 (2001.11.17), 横浜.

1060. [研究会 (地方)] (一般講演) 肺水腫を認めた睡眠時無呼吸症候群の一例. 矢内原智子, 片桐真人, 本橋佐知子, 小林千里, 安藤みゆき, 今崎貴生, 三藤 久, 高田信和, 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内): 神奈川呼吸器研究会(2001.11.09), 新横浜.

1061. [研究会 (地方)] (一般講演) 空洞を形成した肺胞上皮癌の1例. 嶋根正樹, 高田信和, 小野田清香, 生井世雄, 井川 聡, 今崎貴生, 三藤 久, 片桐真人, 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内): 神奈川呼吸器研究会 (2001.06.15), 横浜.

1062. [研究会 (地方)] (一般講演) ニザチジンによる薬剤誘起性肺炎の1例. 河野 静, 久保田 勝, 小澤剛久, 丸山博志, 大野 隆, 吉井照夫, 橘田輝雄 (伊勢原協同病院内科): 平成13年度神奈川県内科集談会 (2001.11.17), 横浜.

1063. [研究会 (地方)] (特別講演) 漢方診療とその治療について (呼吸器疾患を中心に). 高橋裕子 (北里研究所東洋総合医学研究所): 北里胸部疾患研究会 (2002.03.09), 神奈川県.

1064. [厚生省班研究] (厚生省研究報告) MCTD研究の総括と展望. 近藤啓文(内): 厚生労働省特定疾患研究対策事業混合性結合組織病に関する研究班: 混合性結合組織病の病態, 治療と抗U1RNP抗体に関する研究平成13年度第2回班会議 (2001.12.15), 東京.

1065. [厚生省班研究] (厚生省研究報告) 抗U1RNP抗体陽性例のプロジェクト多施設共同研究のまとめ. 岡田 純, 近藤啓文 (内): 厚生労働省特定疾患研究対策事業混合性結合組織病に関する研究班: 混合性結合組織病の病態, 治療と抗U1RNP抗体に関する研究平成13年度第2回班会議 (2001.12.15), 東京.

1066. [厚生省班研究] (厚生省研究報告) 抗U1RNP抗体陽性例のプロジェクト多施設共同研究症例を用いたMCTD診断基準の検証. 濱名俊也, 石川 章, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 厚生労働省特定疾患研究対策事業混合性結合組織病に関する研究班: 混合性結合組織病の病態, 治療と抗U1RNP抗体に関する研究平成13年度第2回班会議 (2001.12.15), 東京.

1067. [厚生省班研究] (厚生省研究報告) MCTDにおけるp53抗原および抗体の検討. 北里英郎(微), 岡田 純, 近藤啓文 (内): 厚生労働省特定疾患研究対策事業混合性結合組織病に関する研究班: 混合性結合組織病の病態, 治療と抗U1RNP抗体に関する研究平成13年度第2回班会議 (2001.12.15), 東京.

1068. [厚生省班研究] (厚生省研究報告) 膠原病肺高血圧症における血中BNP, ANPの有用性の検討. 石川 章, 濱名俊也, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 厚生労働省特定疾患研究対策事業混合性結合組織病に関する研究班: 混合性結合組織病の病態, 治療と抗U1RNP抗体に関する研究平成13年度第2回班会議 (2001.12.15), 東京.

1069. [その他] (教育講演) 抗リウマチ薬開発の現状. 近藤啓文 (内): 第27回リウマチ中央教育研修会 (2001.07.28〜29), 大阪.

1070. [その他] (教育講演) 抗炎症・抗リウマチ剤の開発動向. 近藤啓文 (内): 第17回炎症・再生フォーラム(2001.10.26), 箱根.

1071. [その他] (教育講演) 慢性関節リウマチの薬物療法. 近藤啓文 (内): 日本リウマチ財団埼玉地区リウマチ教育研修会 (2001.10.21), 埼玉.


<<15 外科学>>


1072. [原著] Symptom predictability of reflux-induced respiratory drsease. 朝長哲弥 (外), Ziad T.Awad, Charles J. Filipi, Ronald A.Hinder, Mohamed Selima, Francisco Tercero Jr., Robert E. Marsh, Yutaka Shiino, Rebecca Welch(Creighton Univ): Dig. Dis. Sci., 47 (1): 9〜14, 2002.

1073. [原著] 成人鼠径ヘルニアに対するtension-free repair−とくにmesh plug法とProlane Hernia System法に関する検討−. 杉野三千男, 内藤 修, 中村考伸, 細野紫麻子, 上野琢哉, 柿田 章 (外): 北里医学, 31 (3): 163〜169, 2001.

1074. [原著] Homing of in vitro-generated donor antigen-reactive CD4; T lymphocytes to renal allografts is α4β1 but α1β2 integrin dependent. Markus H. Hammer, Yuan Zhai, 鹿取正道 (外), Thomas Ritter, Hans-D.Volks, Ana J. Coite, Jerzy W. Kupiec-Weglinski: The Journal of Immunology, 166(1): 596〜601, 2001.

1075. [原著] Immunohistochemical study on extrinsic hepatic reinnervation following orthotopic liver transplantation in rats. 高橋 毅, 柿田 章, 坂本いづみ, 林 京子, 高橋禎人, 田所文彦 (外), 山科正平 (解): 北Liver, 21: 300〜308, 2001.

1076. [原著] Expression of PGP 9.5 in ductal cells of the rat pancreas during development and regeneration: Can it be a potential marker for pancreatic progenitor cells?. 林 京子, 高橋 毅, 柿田 章 (外), 山科正平 (解): Endocrine Journal, 49: 61〜74, 2002.

1077. [原著] Heme oxygenase-1 over expression protacts rat heare from cold ischemia/reperfusion injury via anti-apoptotic pathway. 鹿取正道 (外), Buelow, R., Ke, B., Ma, J., Coito, A.J., Iyer, S., Soathard, D., Busuttil, R.W., Kupiec-Weglinski, J.W.: Transplantation, 73 (1): 287〜292, 2002.

1078. [原著] 相模原市の乳癌検診結果からのマンモグラフィ検診の検討. 仲手川 巧, 菅 雄一郎, 秋山憲義, 薄井 卓, 加藤 浩, 仙石紀彦, 二渡信江, 渡辺久美子 (外): 日本乳癌検診学会誌, 10 (2): 173〜177, 2001.

1079. [原著] 潰瘍性大腸炎におけるイレオストミー皮膚障害の発生要因の検討−術後1ヶ月以内のびらんとETT-2の介入−. 松原康美 (看護部), 大谷剛正 (外): 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌, 4 (2): 22〜28, 2000.

1080. [原著] 大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討:充実型、非充実型低分化腺癌の分類法の予後因子としての重要性. 中村隆俊, 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理), 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均 (外), 佐田美和 (内), 井原 厚, 柿田 章 (外): 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (1): 16〜21, 2000.

1081. [原著] Limited effectiveness of extended lymph-node dissection for node-negative patients with proximal gastric cancer: 菊池史郎, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾仁, 榊原 譲, 佐藤光史, 柿田 章(外): Anticancer Res, 21: 1359〜1362, 2001.

1082. [原著] A new staging system based on tumor volume in gastric cancer. 菊池史郎, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 佐藤光史, 柿田 章(外): Anticancer Res, 21: 2933〜2936, 2001.

1083. [原著] Recent lesults in the surgical treatment of gastric cancer acuording to the Japanese and TNM classification. 菊池史郎, 榊原 譲, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 三重野寛喜, 加藤康行, 門脇 憲, 比企能樹, 柿田 章 (外): Anticancer Res, 21: 3589〜3594, 2001.

1084. [原著] Tumor volume as an indicator of nodel status in advanced gastric cancer. 菊池史郎, 松崎博行, 栗田 淳, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 佐藤光史, 柿田 章 (外): In Vivo, 15: 295〜298, 2001.

1085. [原著] 大腸癌肺転移症例に対する5'DFUR+MMC併用療法. 池 秀之 (横浜市大), 貞広荘太郎 (東海大), 大矢和光 (聖マリアンナ大), 大谷剛正 (外), 嶋田 紘 (横浜市大), 山口 晋 (聖マリアンナ大), 比企能樹 (北里大学), 藤田浩治 (鶴見大), 三富利夫 (東海大): 癌と化学療法, 28(9): 1263〜1268, 2001.

1086. [原著] Analysis of risk factors in the elderly digestive surgical patients. 佐藤光史, Vinayak, M., 古田一徳, 阿曽和哲, 桜本信一, 菊池史郎, 塚本秀人, 柿田 章 (外): India J. Surgery, 63 (5): 380〜384, 2001.

1087. [原著] Collective inhibition of pRB family proteins by phosphorylation in cells with p16INK4a loss or cyclin E overexpression. 芦澤 敏, 西澤宏子, 山田雅文, 東 秀明, 近藤琢磨, 小澤平太, 柿田 章, 畠山昌則 (外): The Journal of Biological Chemistry, 276(14): 11362〜11370, 2001.

1088. [原著] Involvement of pRB-related p107 protein in the inhibition of S phase progression in response to genotoxic stress. 近藤琢磨, 東 秀明, 西澤宏子, 石川 晋, 芦澤 敏, 山田雅文, 牧田善二, 小池隆夫, 畠山昌則 (外): The Journal of Biological Chemistry, 276 (20): 17559〜17567, 2001.

1089. [原著] Role of pRB-family/E2F complex in the inhibition of IL-3 dependent lymphoid cell proliferation. 山田雅文, 近藤琢磨, 芦澤 敏, 竹林徹朗, 東 秀明, 畠山昌則 (外): Cytokine, 17 (2): 91〜97, 2002.

1090. [原著] 大腸癌における腹腔鏡下手術困難例への対策−腹腔内癒着症例に対して−. 國場幸均, 大谷剛正, 金沢秀紀, 柿田 章 (外): 消化器内視鏡, 13 (11): 1655〜1661, 2001.

1091. [原著] 逆流性食道炎の鑑別診断としての食道内圧検査. 片田夏也, 柿田 章 (外), 田辺 聡 (内): 消化器科, 33 (6): 466〜471, 2001.

1092. [原著] 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡補助下大腸亜全摘、回腸嚢肛門管吻合術. 大谷剛正, 中村隆俊, 金沢秀紀, 相原成昭, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 日本消化器外科学会雑誌, 34 (4): 351〜356, 2001.

1093. [準原著] 直腸癌に対する新しい手術−特に内視鏡下外科手術−. 大谷剛正, 金沢秀紀, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 日本医事新聞, 4048: 10〜15, 2001.

1094. [症例報告] 深達度smの食道粘表及癌の1例. 荻原英夫, 小笹芳子, 栗原正典, 荻原恭子(相模原胃腸クリニック), 細井董三, 岡田利邦, 山田耕三, 中井呈子, 中村尚志(多摩がん検診センター消化器科), 山村彰彦 (同病理), 三重野寛喜, 小林伸行, 高野容幸, 菊池史郎 (外), 岡安 勲, 三富弘之 (病理): 胃と腸, 36 (5):618〜621, 2001.

1095. [症例報告] 急性肝不全に対する各種血液浄化の適応と限界. 目黒順一, 有倉 潤, 村井紀元, 土橋誠一郎, 海津貴史, 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江 卓, 田中三津子, 玉置 透, 久木田和丘, 米川元樹, 川村明夫 (札幌北楡病院外科): ICUとCCU, 25 (別冊): S5〜S6, 2001.

1096. [症例報告] 無菌室における急性血液浄化. 米川元樹, 久木田和丘, 比嘉敏夫, 有倉 潤, 村井紀元, 土橋誠一郎, 海津貴史, 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江 卓, 田中三津子, 玉置 透, 目黒順一, 川村明夫 (札幌北楡病院外科): ICUとCCU, 25 (別冊): S146〜S147, 2001.

1097. [症例報告] Migration of steel wire coils into the stomach after transcatheter arterial embolization. 高橋 毅, 島田 謙, 小林伸行, 柿田 章 (外): Surgery Today, 31 (5): 458〜462, 2001.

1098. [症例報告] 連続携行式腹膜透析における硬化性被嚢性腹膜炎症例の検討. 増子佳弘, 久木田和丘, 目黒順一, 後藤順一, 池田 篤, 土橋誠一郎, 村井紀元, 飯田潤一, 堀江 卓, 田中三津子, 玉置 透, 米川元樹, 川村明夫 (札幌北楡病院外科): 北海道外科雑誌, 46 (2): 44〜49, 2001.

1099. [症例報告] 早期S状結腸癌に併存した孤立性肝腫瘍の1例. 谷崎裕志, 河野真明, 渡辺英二郎, 堤 修, 旗手和彦 (外), 菅井桂雄 (新東京病院): 日本臨床外科学会雑誌, 63(2): 449〜453, 2002.

1100. [症例報告] Alpha-fetoprotein-producing esophageal adenocarcinoma. 小林伸行 (外), 大部 誠 (病理), 黒山信一, 菊池史郎, 嶋尾 仁 (外), 三富弘之 (病理), 柿田 章 (外): Surgery Today, 31 (10): 915〜919, 2001.

1101. [症例報告] Right subclavian artery pseudoanearysm due to pertoration of esophageal cancer. 瀧島常雄, 片岡祐一, Zong-Bo Lin., 今泉 弘(内),片桐寛之 (外), 西巻 博, 大和田 隆 (救命), 柿田 章 (外): Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 7 (1): 42〜44, 2001.

1102. [症例報告] Thymidine phosphorylase expression and effect of doxifluridine: A phase U study. 貞広荘太郎 (東海大), 大谷剛正 (外), 大矢和光 (聖マリアンナ大), 池 秀之 (横浜市大), 嶋田 紘 (横浜市大), 山口 晋 (聖マリアンナ大), 比企能樹 (北里大学), 藤田 浩 (鶴見大), 三富利夫 (病理): Oncology Reports, 8: 753〜758, 2001.

[著 書]

1103. [学術書] (分担執筆) 老年病診療Q&A; 肝動脈塞栓術について, 37: p.124〜127, 高橋 毅, 柿田 章 (外). 六法出版社, 名古屋, 2002.03.29発行.

1104. [学術書] (分担執筆) 図説消化器病シリーズ5, 食道疾患; 膠原病と逆流性食道炎, p.237〜241, 片田夏也, 柿田 章 (外), 近藤啓文 (内). 本郷道夫 (東北大学総合診療部), メヂカルビュー社, 東京, 2002.02.10発行.

1105. [教科書] (共著) 2002 今日の治療指針; ストーマケア, 大谷剛正 (外). 編集 山口 徹 (東邦大), 北原光夫(済生会中央病院), 監修 多賀須幸男,尾形悦郎, 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

1106. [教科書] (分担執筆) 今日の治療指針 2002; 虫垂炎, p.312, 桜本信一(外). 編集 山口 徹(東邦大学), 北原光夫(済生会中央病院), 監修 多賀須幸男, 尾形悦郎, 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

[学会・研究会等]

1107. [学会 (国際)] (一般講演) Heme Oxygenase-1 gene transfer protects against ischemial reperfusion injury in rat renal isograft model. Tom, D., Blydt-Hansen, 鹿取正道 (外), Charles Lassman., Ana J. Coito, Roland Buelow, Robert Etonger, Ronald Busuttil, J.W. Kapiec-weglirski: American Society of Transplantation., Transplant 2001 (2001.05.13), シカゴ. American Journal of Transplantation, 1 (1): 175, 2001.

1108. [学会 (国際)] (一般講演) Extrahepatic bile duct resection uith partial hepatic resection in the management of bile duct injury following laparoscopic cholecystectomy. 佐藤光史, 星野弘樹, 板橋浩一, 芦澤 敏, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 柿田 章(外): The 18th congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter (2001.11.02), 台湾. Program/Abstract, p.42, 2001.

1109. [学会 (国際)] (一般講演) Assessment of the patency of pancreatojejunal anastomosis with a secretin-loading magnetic resonance cholangiopancreatography (S/MRCP) in the patients undergoing pancreaticoduodenectomy. 高橋 毅, 島田 謙, 吉田宗紀, 古田一徳, 板橋浩一, 芦澤 敏, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 36th Congress of European Society for Surgical Research (ESSR) (2001.06.06〜09), Santiago de Compostela/Spain. European Surgical Research, 33 (2): 107, 2001.

1110. [学会 (国際)] (一般講演) Protective effect of urinary trypsin inhibitor on hepatic microvascular injury in hypotensive brain-dead rats. 板橋浩一, 伊藤義也, 佐藤光史, 石井健一郎, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 7th Congress of Asian Society of Transplantation(2002.03.00), ニューディール.

1111. [学会 (国際)] (ポスター講演) Clinical study of complications in endoscopic laser treatment for early gastric cancer. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本裕太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 11th World Congress of The International Association of Surgeons & Gastroenterologists(2001.11.01〜04), Heraklin Greta Greece. Hepato-Gastroenterology 14-Supplement CCVI, 2001.

1112. [学会 (国際)] (ポスター講演) Usefulness of percutaneous endoscopic gastrostomy for decompression. 根本裕太, 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 11th World Congress of The International Association of Surgeons & Gastroenterologists (2001.11.01〜04), Heraklin Greta Greece. Hepato-Gastroenterology 14-Supplement CCVI, 2001.

1113. [学会 (国際)] (ポスター講演) Endoscopic laser therapy for poorly differenciated type of adenocarcinoma and signet ring cell carcinoma of eraly gastric cancer. 嶋尾 仁, 比企能樹, 森瀬昌樹, 小林伸行, 菊池史郎, 桜本信一, 片田夏也, 榊原 譲, 柿田 章, 堤 修(外): 39th World Congress of Surgery Centennial Congress (2001.08.26〜30), Brussels, Belgium. Abstract Book, p.189, 2001.

1114. [学会 (国際)] (ポスター講演) Laparoscopic choledocho lithotomy. 古田一徳, 朝長哲弥, 高橋 毅, 島田 謙, 板橋浩一, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeom (SAGES) (2001.04.18〜21), St. Louis (USA).

1115. [学会 (国際)] (ポスター講演) Fibrosing cholestatic hepatitis in a liner transplant recipient with hepatitis C virus infection. 古田一徳, 高橋 毅, 阿曽和哲, 星野弘樹, 佐藤光史, 柿田 章 (外): The 7th International Liver Transplantation Society(2001.07.11〜13), Berlin (Germany).

1116. [学会 (国際)] (ポスター講演) Laparoscopic odrenectomy (Retroperitoneal approach). 香取玲美, 古田一徳, 朝長哲弥, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): The 8th World congress of Endoscopic Surgery (2002.03.13〜17), ニューヨーク.

1117. [学会 (国際)] (ポスター講演) Laparoscopic pancreatic cyst gastrostomy. 古田一徳, 朝長哲弥, 高橋 毅, 柿田 章 (外): The 8th World congress of Endoscopic Surgery (2002.03.13〜17), ニューヨーク.

1118. [学会 (国際)] (ポスター講演) Fibrosing cholestatic hepatitis in a liver transplant recipient with hepatitis C virus infection. 古田一徳, 高橋 毅, 阿曽和哲, 星野弘樹, 佐藤光史, 柿田 章 (外): The 7th Congress of the Asian Society of Transplantation (2002.03.02〜06), ニューデリー.

1119. [学会 (国際)] (ポスター講演) The diagnosis of congenital esophageal stenosis by endoscopic ultrasound sonography. 朝長哲弥, 石田和夫, 古田一徳, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 高橋 毅, 柿田 章, 金田吾郎 (外): Society of American Grastrointestinal Endoscopic Surgery (2001.04.18〜21), St. Louis (USA).

1120. [学会 (国際)] (ポスター講演) Two cases of fibromoscular thickening type of congenital esophageal stenosis diagnosed by endoscopic ultrasound sonography. 朝長哲弥, 石田和夫, 古田一徳, 高橋 毅, 柿田 章, 金田吾郎 (外), 木田光広 (内): 8th World Congress of Endoscopic Surgery (2002.03.13〜16), ニューヨーク.

1121. [学会 (国際)] (ポスター講演) Heme oxygenase-1 orerexpression exerts cytoprotective effect against ischemia/reperfusion injury via anti-apoptotic pathway. 鹿取正道 (外), Roland Buelow, Bibo Ke, Jefferey Ma, Ana J.Coite, Ronald Busuttil, Jerzy W. Kapiec-Weglinski: American Society of Transplantation,Transplant 2001 (2001.05.1), シカゴ. American Journal of Transplantation, 1 (1): 347, 2001.

1122. [学会 (国際)] (ポスター講演) Postoperative improvement of the insulin resistence in the patients undergoing pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy. 高橋 毅, 中村考伸, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 吉田宗紀, 芦澤 敏, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 36th Congress of European Society for Surgical Research (ESSR) (2001.06.06〜09), Santiago de Compostela/Spain. European Surgical Research, 33 (2): 169〜170 2001.

1123. [学会 (国際)] (ポスター講演) Regeneration of schwann cells during extrinsic hepatic reinnervation following liver transplantation in rats. 坂本いづみ, 高橋 毅 (外), 林 泉, 馬嶋正隆(薬理), 山科正平(解), 柿田 章 (外): 7th Congress of the American Society of Transplantation (2002.03.02〜06), ニューデリー. Abstract Book, p.144 2002.

1124. [学会 (国際)] (ポスター講演) Fibrosing cholestatic hepatitis after liver transplantation in a patient with HCV-related cirrhosis. 高橋 毅, 芦澤 敏, 松本晴美, 古田一徳, 大村孝志, 佐藤光史, 柿田 章(外): 7th Congress of the Asian Society of Transplantation (2002.03.02〜06), ニューデリー. Abstract Book, p.209〜210.

1125. [学会 (国際)] (ポスター講演) Greater splanchnicectomy for the relief of upper abdomonal pain in the patients with unresectable pancreas cancer. 高橋 毅, 島田 謙, 吉田宗紀, 古田一徳, 板橋浩一, 星野弘樹, 芦澤 敏, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 39th World Congress of Surgery, International Surgical Week ISW 2001 (2001.08.26〜30), Brussels/Belgium. Abstract Book, p.153, 2001.

1126. [学会 (全国)] (一般講演) 完全内臓逆位症を伴う横行結腸癌の1手術例. 渋谷滋郎, 中熊尊士, 大島行彦 (外): 第63回日本臨床外科学会総会 (2001.10.10), 横浜. 日本臨床外科学会雑誌, 62 (増刊): 58 2001.

1127. [学会 (全国)] (一般講演) ラット胃酸逆流性食道炎慢性期モデルの検討. 渋谷滋郎, 片田夏也, 柿田 章 (外), 山科正平 (解): 第29回日本実験潰瘍学会 (2001.11.23), 日光. 抄録集, p.21 2001.

1128. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における腹部大動脈瘤手術に対する自己血貯血の現状. 羽廣健仁, 荒井義孝, 田村幸穂, 大沼田 治, 金城正佳, 柿田 章 (外): 第29回日本血管外科学会総会 (2001.05.25), 福岡. 日本血管外科学会雑誌, 10 (2): 269 2001.

1129. [学会 (全国)] (一般講演) 早期胃癌に対する内視鏡治療法の比較. 小林伸行, 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第22回日本レーザー医学会総会 (2001.11.25), 金沢. 日本レーザー医学会誌, 22 (3) 2001.

1130. [学会 (全国)] (一般講演) 腹痛を伴う腹部大動脈瘤治療に関する考察. 金城正佳 (外), 荒井義孝 (津久井赤十字病院), 大沼田 治, 田村幸穂, 羽廣健仁 (外), 佐藤一喜(国立相模原病院), 西山直久 (中条中央病院), 柿田 章 (外): 第42回日本脈管学会総会 (2001.11.21), 大阪. 脈管学, 41 (10): 721 2001.

1131. [学会 (全国)] (一般講演) 食道憩室の切除後に再発を来たしたアカラシアの1例. 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章(外): 第14回内視鏡外科学会総会 (2001.09.20), 北海道.

1132. [学会 (全国)] (一般講演) 食道アカラシアに併発した肺炎に対し腹腔鏡下手術が有効であった1例. 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第53回日本気管食道科学会(2001.11.29), 東京.

1133. [学会 (全国)] (一般講演) 複雑な合流形態を示す膵胆管合流異常の手術. 古田一徳, 高橋 毅, 島田 謙, 星野弘樹, 芦澤 敏, 板橋浩一, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第13回肝胆膵外科学会 (2001.06.21), 仙台.

1134. [学会 (全国)] (一般講演) 十二指腸温存膵頭切除後の術後出血の1例. 小野里 航, 高橋 毅, 古田一徳, 朝長哲弥, 島田 謙, 板橋浩一, 芦澤 敏, 星野弘樹, 田村幸穂, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第37回日本腹部救急医学会総会 (2001.09.13〜15), 札幌. 日本腹部救急医学会雑誌, 21 (6): 1122, 2001.

1135. [学会 (全国)] (一般講演)リン酸化によるRBファミリータンパクの包括的機能制御. 芦澤 敏, 小沢平太, 柳原正智, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 吉田宗紀, 高橋 毅, 佐藤光史 (外), 畠山昌則 (北大), 柿田 章(外): 第10回日本癌病態治療研究会 (2001.06.27), 東京. 予稿集, p.109 2001.

1136. [学会 (全国)] (一般講演) 小児外傷性腹腔内実質臓器損傷47例の検討. 朝長哲弥, 石田和夫, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 柿田 章, 瀧島常雄, 西巻 博, 田村幸穂, 武田信裕 (外): 第38回日本小児外科学会総会 (2001.06.06〜08), 東京. 日本小児外科学会雑誌, 37 (3): 481, 2001.

1137. [学会 (全国)] (一般講演) 食道裂孔ヘルニア嵌頓に伴う縦隔内胃穿孔の1例. 坂本友見子, 根本祐太, 朝長哲弥, 大草 洋, 古田一徳, 井原 厚, 小林伸行, 高橋 毅, 石田和夫, 柿田 章(外): 第37回日本腹部救急医学会総会(2001.09.13〜14), 札幌. 日本腹部救急医学会雑誌, 21 (6): 1059, 2001.

1138. [学会 (全国)] (一般講演) 大量下血を来した回腸血管腫の1女児例. 朝長哲弥, 石田和夫, 坂本友見子, 斎藤公一郎, 根本佑太, 田村幸穂, 柿田 章 (外): 第37回日本腹部救急医学会総会 (2001.09.13〜14), 札幌. 日本腹部救急医学会雑誌, 21 (6): 1067, 2001.

1139. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の大腸癌に対する腹腔鏡補助下大腸切除の検討. 金沢秀紀, 國場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章(外): 第14回日本内視鏡外科学会 (2001.09), 札幌. 日本内視鏡外科学会雑誌, 6 (7): 173, 2001.

1140. [学会 (全国)] (一般講演) 少量エンドトキシン刺激で増悪した閉塞性黄疸における肝臓小循環障害. 伊藤義也, 松本 豊, 石井健一郎, 片桐寛之, 高橋 毅, 柿田 章(外): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.11〜13), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨増): 504, 2001.

1141. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌肝転移における治療方法. 大谷剛正, 中村隆俊, 旗手和彦, 池田 篤, 金沢秀紀, 相原成昭, 古川佑介, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章(外): 第56回日本消化器外科学会総会 (2001.07.25), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 260, 2001.

1142. [学会 (全国)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除術前後の内分泌動態およびインスリン抵抗性に関する研究. 中村考伸, 高橋 毅, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第56回日本消化器外科学会総会 (2001.07.25〜27), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 461 (1109), 2001.

1143. [学会 (全国)] (一般講演) 下部直腸癌 (Rb) の適正側方リンパ節郭清. 井原 厚, 大谷剛正, 中村隆俊, 金沢秀紀, 相原成昭, 國場幸均, 柿田 章 (外): 第56回日本消化器外科学会総会 (2001.07.25), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 871, 2001.

1144. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌に対する腹腔鏡手術の現状と将来展望. 桜本信一, 菊池史郎, 片田夏也, 根本祐太, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第14回日本内視鏡外科学会 (2001.09.20), 札幌.

1145. [学会 (全国)] (一般講演) ラット肝移植モデルにおける肝自律神経系の再構築に関する実験的研究. 坂本いづみ, 高橋 毅, 古田一徳, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第37回日本移植学会総会 (2001.12.15〜16), 東京. 移植, 36 (臨増): 151, 2001.

1146. [学会 (全国)] (一般講演) 巨大嚢胞を主体とした膵漿液性嚢胞腺癌の1例. 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第37回日本腹部救急医学会総会 (2001.09.00), 札幌. 日本腹部救急医学会雑誌, 21 (6): 1121, 2001.

1147. [学会 (全国)] (一般講演) 下部直腸 (Rb) 癌の至適リンパ節郭清. 井原 厚, 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 金沢秀紀, 國場幸均, 柿田 章 (外): 第56回日本大腸肛門病学会総会 (2001.10.26), 東京. 日本大腸肛門病会誌, 54(9): 678, 2001.

1148. [学会 (全国)] (一般講演) 安全な腹腔鏡下大腔鏡下大腸手術の定型化をめざして. 國場幸均, 金沢秀紀, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第56回日本大腸肛門病学会総会 (2001.10.26), 東京. 日本大腸肛門病会誌, 54 (9): 874, 2001.

1149. [学会 (全国)] (一般講演) 表面型直腸腫瘍に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージャリー (TEM) の位置付け. 大谷剛正, 金沢秀紀, 石川博和, 中村隆俊, 相原成昭, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第56回日本大腸肛門病学会総会 (2001.10.27), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌, 54 (9): 795, 2001.

1150. [学会 (全国)] (一般講演) 胆管非拡張膵管胆道合流異常性の臨床病理学的特徴と術式に関する検討. 板橋浩一, 古田一徳, 星野弘樹, 芦澤 敏, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第37回日本胆道学会総会 (2001.10), 東京. 日本胆道学会機関誌, 15( 3): 256, 2001.

1151. [学会 (全国)] (一般講演) 隆起性病変を呈した胆嚢異所性胃底腺の1例. 星野弘樹, 吉田宗紀, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, ,柿田 章 (外): 第37回日本胆道学会総会 (2001.10.00), 東京. 胆道, 15 (3): 125, 2001.

1152. [学会 (全国)] (一般講演) 頸部領域の静脈血栓閉塞をきたした1例. 大沼田 治, 田村幸穂, 羽廣健仁, 金城正佳, 柿田 章 (外), 西巻 博 (救命): 第7回日本血管内治療学会総会 (2001.06.18), 大阪. プログラム, p.88 2001.

1153. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡補助下で切除し得た脾炎症性偽腫瘍の1例. 町田彰男, 村上雅彦, 向井聖士郎, 山崎智巳, 根本雄治, 辻 亮作, 久保幸佑, 小沢正幸, 高橋武宣 (東大和病院): 第14回日本内視鏡外科学会(2001.09.21), 札幌. 日本内視鏡外科学会雑誌, 6 (7): 203 2001.

1154. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術後に合併した肺塞栓症例の検討. 小川憲章, 佐藤 茂, 笹本 浩, 内藤 治( 相模台病院), 柿田 章 (外): 第14回日本内視鏡外科学会 (2001.09.21), 札幌. 日本内視鏡外科学会雑誌, p.279, 2001.

1155. [学会 (全国)] (一般講演) 確定診断困難な小腸腫瘍に対する腹腔鏡の有効例. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之(病理): 第14回日本内視鏡外科学会 (2001.09), 札幌. 日本内視鏡外科学会雑誌, 6 (7): 244 2001.

1156. [学会 (全国)] (一般講演) 自然気胸の胸腔鏡手術後再発の予防法. 神谷紀輝, 西 八嗣, 阿部能明, 八十川要平 (外): 第14回日本内視鏡外科学会 (2001.09.20〜21), 札幌. 日本内視鏡外科学会雑誌, 6 (7): 306 2001.

1157. [学会 (全国)] (一般講演) 腹壁吊り上げ及び気腹法併用による腹腔鏡下総胆管切石術. 竹田 潤, 八十川要平, 西 八嗣, 近藤康史, 岸本一郎, 升水康二, 久保裕義, 山梨高広 (外): 第14回日本内視鏡外科学会総会(2001.09.20〜21), 札幌. 日本内視鏡外科学会雑誌, 6 (7): 262 2001.

1158. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における直腸癌手術の治療成績. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之 (病理): 第56回日本大腸肛門病学会総会 (2001.10), 東京. 日本大腸肛門病棟医学会雑誌, 54 (9): 749 2001.

1159. [学会 (全国)] (一般講演) 早期大腸癌に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージャリー (TEM) の適応と問題点. 金沢秀紀, 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 井原 厚, 國場幸均, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第56回日本大腸肛門病学会 (2001.10.00), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌, 54 (9): 796 2001.

1160. [学会 (全国)] (一般講演) 肝虚血再灌流傷害に対する転写因子NFkBの活性阻害剤POTCの効果. 土橋誠一郎, 玉置 透, 田中三津子, 池田 篤, 村井紀元, 増子佳弘, 柿田 章 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 日本移植学会(2001.12.16), 東京. 移植, 36 (臨時): 167 2001.

1161. [学会 (全国)] (一般講演) HO活性阻害剤によるHO-1誘導と腎温虚血再灌流傷害における効. 玉置 透, 海津貴史, 田中三津子, 土橋誠一郎, 池田 篤 (外), 川村明夫(札幌北楡病院): 日本移植学会 (2001.12.16), 東京. 移植, 36 (臨時): 177 2001.

1162. [学会 (全国)] (一般講演) 腸閉塞を呈した痔ろう癌の1例. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之 (病理): 第63回日本臨床外科学会 (2001.10), 横浜.

1163. [学会 (全国)] (一般講演) 逆流性食道炎の治療方針における腹腔鏡下手術の位置付け. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 菊池史郎, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第56回日本消化器外科学会 (2001.07.26), 秋田.

1164. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之 (病理): 第56回日本消化器外科学会 (2001.07), 秋田.

1165. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸憩室による成人腸重積症の1例. 山崎智巳, 根本雄治, 町田彰男, 辻 亮作, 向井聖士郎, 久保幸佑, 小沢正幸, 高橋武宣 (東大和病院): 第63回日本臨床外科学会 (2001.10), 横浜. 日本臨床外科学会雑誌, 62: 416 2001.

1166. [学会 (全国)] (ポスター講演) 肉腫様変化を伴った胆管細胞癌の1切除例. 板橋浩一, 吉田宗紀, 星野弘樹, 芦澤 敏, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第13回日本肝胆膵外科学会 (2001.06), 仙台. プログラム, U: 186, 2001.

1167. [学会 (全国)] (ポスター講演) ラット脳死肝における肝微小血管内皮障害と好中球の集積. 板橋浩一, 伊藤義也, 佐藤光史, 石井健一郎, 高橋 毅, , 柿田 章 (外): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.00), 仙台. 日本外科学会誌, 102 (臨時): 298, 2001.

1168. [学会 (全国)] (ポスター講演) ヒト大腸癌組織における血小板由来血管内皮増殖因子 (PD=ECGF) の局在と発現の調節. 野沢直史, 蔵並 勝, 榎本拓茂, 越田佳明, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 第101回日本外科学会総会(2001.04.00), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 66 2001.

1169. [学会 (全国)] (ポスター講演) 原発性小腸癌の臨床病理学的検討. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之 (病理): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.00), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 613 2001.

1170. [学会 (全国)] (ポスター講演) 胆虚血再灌流傷害に対するNF-kBの特異的転写阻害剤の効果. 土橋誠一郎, 玉置 透, 田中三津子, 海津貴史, 村井紀元, 増子佳弘, 柿田 章 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第101回日本外科学会 (2001.04.12), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 306 2001.

1171. [学会 (全国)] (ポスター講演) Heme oxygenase (HO)-1酵素の誘導発現とラット肝虚血耐性獲得におけるその機能的役割. 内田泰至, 玉置 透, 田中三津子, 土橋誠一郎, 海津貴史, 柿田 章 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第101回外科学会総会 (2001.04.12), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 304 2001.

1172. [学会 (全国)] (ポスター講演) 好中球エラユターゼ及び好中球エラユターゼ阻害薬の肝微小循環に対する効果の検討. 石井健一郎, 伊藤義也, 片桐寛之, 松本 豊, 柿田 章 (外), 馬嶋正隆 (薬理): 第101回日本外科学会(2001.04.11〜13), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 503, 2001.

1173. [学会 (全国)] (ポスター講演) 潰瘍性大腸炎における腹腔鏡下回腸嚢肛門管吻合術の検討. 大谷剛正, 金沢秀紀, 國場幸均, 中村隆俊, 小沢平太, 相原成昭, 西山保比古, 井原 厚, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.13), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (1): 188, 2001.

1174. [学会 (全国)] (ポスター講演) 早期大腸癌に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー (TEM) の検討. 金沢秀紀, 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第101回日本外科学会(2001.04.00), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 484 2001.

1175. [学会 (全国)] (ポスター講演) 高齢者 (75歳以上) の大腸癌手術術式の検討. 井原 厚, 大谷剛正, 柿田 章(外): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.12), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 493 2001.

1176. [学会 (全国)] (ポスター講演) 非常に稀な転移形成をとったと思われる下行結腸癌術後に骨盤腔内の腹腔外に転移性腫瘍をきたした1例. 旗手和彦, 中村隆俊, 柳原正智, 池田 厚, 金沢秀紀, 相原成昭, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 柿田 章 (外), 桑尾定仁 (病理): 第56回日本消化器外科学会総会 (2001.07.26), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 439, 2001.

1177. [学会 (全国)] (ポスター講演) 直腸癌の痔瘻転移と考えられた1例. 平野 進, 桜井雅之, 平井俊男, 豊川貴司, 宮内邦浩, 上野聡一郎, 中村秀夫 (外): 第56回日本消化器外科学会総会 (2001.07.26), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 440, 2001.

1178. [学会 (全国)] (ポスター講演) 治療方針に難渋した直腸GISTの1例. 柳原正智, 金沢秀紀, 中村隆俊, 相原成昭, , 國場幸均,井原 厚, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 第56回日本消化器外科学会総会 (2001.07.26), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 439, 2001.

1179. [学会 (全国)] (ポスター講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡視太手術の適応と成績. 桜本信一, 菊池史郎, 片田夏也, 根本祐太, 小林伸行, 嶋尾 仁, 佐藤光史, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第56回日本消化器外科学会総会(2001.07.27), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 591, 2001.

1180. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当院の大腸癌に対する腹腔鏡補助下大腸切除術の検討. 金沢秀紀, 國場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第56回日本消化器外科学会 (2001.07), 秋田. 日本消化器外科学会雑誌, 34 (7): 334, 2001.

1181. [学会 (全国)] (ポスター講演) Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) の1切除例. 岸本一郎, 西 八嗣, 八十川要平, 竹田 潤, 近藤康史, 桜井裕恵, 山梨高広(外): 第56回日本消化器外科学会 (2001.07.25〜27), 秋田.

1182. [学会 (全国)] (ポスター講演) 炎症性良性胆道狭窄症の2例. 西 八嗣, 八十川要平, 竹田 潤, 近藤康史, 岸本一郎, 桜井裕恵, 山梨高広 (外): 第56回日本消化器外科学会 (2001.07.25〜27), 秋田.

1183. [学会 (全国)] (ポスター講演) 成人臍ヘルニア22例の検討. 朝長哲弥, 石田和夫, 坂本友見子, 内藤正規, 根本祐太, 古田一徳, 柿田 章, 中熊尊士, 大島行彦 (外): 第63回日本臨床外科学会総会 (2001.10.10〜12), 横浜. 日本臨床外科学会雑誌, 63: 694, 2001.

1184. [学会 (全国)] (ポスター講演) ラット脳死モデルにおける肝微小循環障害に対するウリナスタチンの効果. 板橋浩一, 伊藤義也, 佐藤光史, 石井健一郎, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 第37回日本移植学会総会 (2001.12.00), 東京. 日本移植学会雑誌, 36 (臨時): 153, 2001.

1185. [学会 (全国)] (ポスター講演) 高齢者ドナー (75歳以上) からの生体腎移植と腎移植片の術前評価. 田中三津子, 玉置 透, 後藤順一, 飯田潤一, 村井紀元, 池田 篤, 土橋誠一郎, 増子佳弘, 堀江 卓, 久木田和丘, 目黒順一, 米川元樹, 川村明夫 (札幌北楡病院): 第37回日本移植学会 (2001.12.16), 東京. 移植, 36 (臨増): 254 2001.

1186. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当院の大腸癌に対する腹腔鏡補助下大腸切除術の検討. 金沢秀紀, 國場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第62回日本消化器内視鏡学会 (2001.10), 京都.

1187. [学会 (全国)] (ポスター講演) 乳癌骨転移マーカーとしての血清1-CTPの有効性. 蔵並 勝, 越田佳朋, 原 英, 榎本拓茂, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第9回日本乳癌学会総会 (2001.06.08). 前橋. 抄録集, p.187, 2001.

1188. [学会 (全国)] (ポスター講演) 再発乳癌に対するDocetaxel (DTX) の検討. 越田佳朋, 蔵並 勝, 原 英, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第9回日本乳癌学会総会(2001.06.08), 前橋. 抄録集, p.201 2001.

1189. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当院で経験したアポクリン癌7症例の臨床病理学的検討. 白石廣照, 越田佳朋, 蔵並 勝, 原 英, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第9回日本乳癌学会総会 (2001.06.08), 前橋. 抄録集 2001.

1190. [学会 (全国)] (ポスター講演) 骨・軟骨化生を伴った乳腺多形性腺腫の1例. 飯塚美香, 秋山憲義, 渡辺久美子, 木村 徹, 井上準人, 佐藤一喜, 西山保比古, 雨宮明文, 金田悟良, 高橋俊毅 (国立相模原病院): 第9回日本乳癌学会総会 (2001.06.07〜08), 前橋.

1191. [学会 (全国)] (ポスター講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡下手術の適応と成績. 桜本信一, 菊池史郎, 片田夏也, 根本祐太, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第43回日本消化器病学会大会 (2001.10.17), 京都. 日本消化器病学会雑誌, 98 (臨時): 498, 2001.

1192. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当科における先天性食道閉鎖症例の検討−特に予後因子の検討−. 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 柿田 章, 佐藤雅彦, 野渡正彦, 小口弘毅 (外): 第38回日本小児外科学会総会 (2001.06.07), 東京. 日本小児外科学会誌, 37 (3): 598 2001.

1193. [学会 (全国)] (ポスター講演) 膵外傷保存的治療4年後の再発性仮性膵嚢胞に対し内視鏡下膵嚢胞胃内瘻術を施行した1例. 谷崎裕志, 柳 一夫, 渡辺英二郎, 堤 修, 旗手和彦, 菅井桂雄, 吉野信哉, 河野真明 (外): 第38回日本腹部救急医学会 (2002.03.21〜22), 下関.

1194. [学会 (全国)] (ポスター講演) 食道癌術後イレウスに2Bacterial translocationが原因となったsepsisの1例. 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第38回日本腹部救急医学会総会 (2002.03.21), 下関.

1195. [学会 (全国)] (ポスター講演) 上部消化管造影後のバリウムが原因のS状結腸穿通の1例. 旗手和彦, 谷崎裕志, 柳 一夫, 堤 修, 菅井桂雄, 河野真明, 根本一彦 (外): 第38回日本腹部救急医学会 (2002.03.21〜22), 下関.

1196. [学会 (全国)] (ポスター講演) 早期胃癌に対する幽門側胃切除後の上部消化管内視鏡検査の有効性. 三木猛生, 菊池史郎, 佐藤 牧, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第26回日本外科系連合学会学術集会 (2001.06.28), 東京. 日本外科系連合学会誌, 26 (3): 794, 2001.

1197. [学会 (全国)] (教育講演) PEGのメリット. 嶋尾 仁 (外): 第17回日本静脈経腸栄養学会 (2002.01.31), 熊本.

1198. [学会 (全国)] (シンポジウム等) GERD症例に対する腹腔鏡下手術の術式の選択と問題点. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 佐藤 牧, 菊池史郎, 榊原 譲, 比企能樹 (外): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.12), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨時): 173 2001.

1199. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 切除不能食道癌に対する食道・気道系ダブルステント一期的挿入例の検討. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 堤 修, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章(外): 第56回日本消化器外科学会ビデオシンポジウム「消化器疾患に対するステント治療の最前線」 (2001.07.25), 秋田. 日本消化器外科学会誌, 34 (7): 200 (848), 2001.

1200. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 食道アカラシアの拡張型分類からみた病態の検討. 片田夏也, 田辺 聡, 柿田 章 (外): 第43回日本消化器病学会大会 (2001.10.17), 京都.

1201. [学会 (全国)] (シンポジウム等) GERDの鑑別診断における食道内圧検査の新たな意義. 片田夏也, 田辺 聡, 柿田 章 (外): 第87回日本消化器病学会総会(2001.04.18), 東京.

1202. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡補助下回腸嚢肛門管吻合術の検討. 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 中村隆俊, 相原成昭, 國場幸均, 井原 厚, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第63回日本臨床外科学会総会 (2001.10.12), 横浜. 日本臨床外科学会雑誌, 62 (増刊): 2001.

1203. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 当院における腹腔鏡下大腸手術の変遷と展望. 國場幸均, 大谷剛正, 金沢秀紀 (外): 第14回日本内視鏡外科学会 (2001.09.00), 札幌. 日本内視鏡外科学会雑誌, 6 (7): 124, 2001.

1204. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 消化器疾患におけるレーザー治療と安全対策. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第22回日本レーザー医学会総会シンポジウム「レーザー医療の安全性」 (2001.11.24), 金沢. 日本レーザー医学会誌, 22 (3): 158, 2001.

1205. [学会 (全国)] (ワークショップ) 幽門側胃切除Billroth-I法再建術後の逆流性食道炎の検討. 片田夏也, 根本祐太 桜本信一, 小林伸行, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第 回日本臨床外科学会 (2001.10.10), 横浜.

1206. [学会 (地方)] (一般講演) 皮膚瘻を形成し切除術不能であった原発巣不明な腺癌の1例. 平井和弥, 井原 厚, 香取玲美, 大草 洋, 坂本友見子, 斎藤公一郎, 根本祐太, 朝長哲弥, 古田一徳, 小林伸行, 高橋 毅, 石田和夫, 柿田 章 (外), 岩渕啓一 (病理): 第264回日本消化器病学会関東支部例会 (2001.05.12), つくば市. プログラム, 7 2001.

1207. [学会 (地方)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行された胆嚢癌症例の予後. 升水康二, 八十川要平, 西 八嗣, 竹田 潤, 近藤康史, 岸本一郎, 久保裕義, 山梨高広(外): 埼玉県医学会総会 (2002.01.27), 浦和.

1208. [学会 (地方)] (一般講演) 回盲部に限局した無症候性赤痢アメーバ大腸炎の1例. 山梨高広, 西 八嗣, 八十川要平, 竹田 潤, 近藤康史, 岸本一郎, 升水康二, 久保裕義 (外): 第27回日本消化器内視鏡学会埼玉部会(2001.11.03), 大宮.

1209. [学会 (地方)] (一般講演) 減圧を目的とした内視鏡的胃瘻造設術の有用性について. 根本祐太, 嶋尾 仁, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 菊池史郎, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第73回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2001.12.07), 東京.

1210. [学会 (地方)] (一般講演) 鼠径ヘルニアを合併した膀胱ヘルニアの1例. 加藤 弘, 古田一徳, 藁谷美奈, 小川恭史, 平井和弥, 高木暁也, 根本祐太, 朝長哲弥, 井原 厚, 小林伸行, 高橋 毅, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第268回日本消化器病学会関東支部例会 (2002.02.16), 前橋.

1211. [学会 (地方)] (一般講演) 治療に難渋している総胆管非拡張型膵管胆道合流異常の1例. 朝長哲弥, 石田和夫, 大草 洋, 小野里 航, 古田一徳, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 第36回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2001.10.27), 横浜.

1212. [学会 (地方)] (一般講演) 小脳失調症状を契機に発見された幼児神経芽細胞腫の1例. 山下智子, 石田和夫, 朝長哲弥, 坂本友見子, 根本祐太, 柿田 章 (外), 岩波直美 (児), 仲舘尚也 (外): 第36回日本小児外科学会関東甲信越地方会(2001.10.27), 横浜.

1213. [学会 (地方)] (一般講演) 当院で経験した上腸間膜動脈瘤の3例. 羽廣健仁, 金城正佳, 大沼田 治, 田村幸穂, 柿田 章, 西巻 博 (外): 第9回日本血管外科学会関東甲信越地方会 (2001.12.01), 東京.

1214. [学会 (地方)] (一般講演) 経過中, 急性化膿性胆管炎を併発した十二指腸乳頭部癌の1手術例. 小坂愉賢, 金田悟良, 阪本奈美子, 津村秀康, 飯塚美香, 坂本友美子, 山本信行, 井上準人, 木村 徹, 佐藤一喜, 西山保比古, 雨宮明之, 秋山憲義, 高橋俊毅 (外): 第266回日本消化器病学会関東支部例会 (2001.09.22), 横浜.

1215. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) の現状と今後の問題点. 宮内邦浩, 上野聡一郎, 平野 進, 仙石紀彦, 熊坂英雄, 平井俊男, 小八木紳一, 似鳥純一, 中村秀夫 (外): 第39回埼玉県医学会総会 (2002.01.27), 埼玉. 抄録集, p.32, 2002.

1216. [学会 (地方)] (一般講演) 十二指腸狭窄をきたした胆嚢癌を伴う化膿性胆嚢炎の1例. 渋谷滋郎, 中熊尊士, 白石廣照, 大島行彦 (屏風ヶ浦病院), 柿田 章 (外): 第266回日本消化器病学会関東支部例会 (2001.09.22), 横浜.

1217. [学会 (地方)] (一般講演) 頸部領域の静脈血栓症. 大沼田 治 (外), 田村幸穂 (救命), 羽廣健仁, 金城正佳, 柿田 章 (外), 西巻 博 (救命): 第8回日本血管外科学会関東甲信越地方会 (2001.05.18), 横浜.

1218. [学会 (地方)] (ポスター講演) リンパ節転移した早期胃癌の臨床病理学的検討. 平井和弥, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 桜本信一, 片田夏也, 根本祐太, 柿田 章 (外): 第782回外科集談会 (2001.09.01), 大宮市. 日本臨床外科学会雑誌, 62 (12): 3101, 2001.

1219. [学会 (地方)] (ポスター講演) 術前診断し得た閉鎖孔ヘルニアの1例. 後藤純一, 目黒順一, 池田 篤, 土橋誠一郎, 村井紀元, 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江 卓, 田中三津子, 玉置 透, 久木田和丘, 米川元樹, 川村明夫 (札幌北楡病院): 第75回北海道外科学会 (2001.09.01), 札幌. プログラム, p.35, 2001.

1220. [学会 (地方)] (ポスター講演) 乳癌術後皮膚筋炎を合併した1症例. 根本昌幸, 蔵並 勝, 越田佳朋, 原 英, 榎本拓茂, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第782回外科集談会総会 (2001.09), 埼玉.

1221. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 食道烈孔ヘルニア, アカラシアに対する腹腔鏡下手術の適応, 手技, 成績. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 菊池史郎, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.16), 名古屋.

1222. [学会 (地方)] (ワークショップ) 腹腔鏡下ヘルニア修復術の長期成績. 古田一徳, 板橋浩一, 芦澤 敏, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第72回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2001.06.14), 東京.

1223. [学会 (地方)] (公開講座) 胃癌の治療と診断. 菊池史郎 (外): 第2回相模原医師会外科医会総会 (2001.03.30), 相模原市. 相模原医師会報, 6: 288〜290, 2001.

1224. [研究会 (全国)] (一般講演) 当院における腹会陰式直腸切断 (Miles) の検討. 金沢秀紀, 大谷剛正, 國場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 井原 厚, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 手術手技研究会 (2001.05), 横浜.

1225. [研究会 (全国)] (一般講演) 当院の結腸左半切除術. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之 (病理): 手術手技研究会(2001.11.00), 横浜.

1226. [研究会 (全国)] (一般講演) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー (TEN) の経験と新しいワーキングインサートの使用経験. 大谷剛正, 金沢秀紀, 石川博和, 中村隆俊, 相原成昭, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第6回日本経肛門的内視鏡下手術研究会 (2002.01.26), 福岡. 抄録集, p.4, 2002.

1227. [研究会 (全国)] (一般講演) 肝虚血再灌流傷害に対するNF-kB阻害剤PDTCのドナー前投与によるHO-1誘導と効果. 土橋誠一郎, 玉置 透, 田中三津子, 池田 篤, 村井紀元, 増子佳弘, 柿田 章 (外), 川村明夫(札幌北楡病院): 第6回臨床ストレス蛋白質研究会 (2001.11.03), 小樽.

1228. [研究会 (全国)] (一般講演) CMV抗体陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植の4例. 土橋誠一郎, 玉置 透, 田中三津子, 後藤順一, 池田 篤, 村井紀元, 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江 卓, 久木田和丘, 目黒順一, 米川元樹 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第42回日本脈管学会総会 (2002.02.07), 箱根. プログラム, p.103 2002.

1229. [研究会 (全国)] (一般講演) 生体腎移植における腎移植片の術前評価. 田中三津子, 玉置 透, 増子佳弘, 土橋誠一郎, 池田 篤, 後藤順一, 村井紀元, 飯田潤一, 堀江 卓, 久木田和丘, 目黒順一, 米川元樹 (外), 川村明夫(札幌北楡病院): 第35回日本腎移植臨床研究会(2002.02.06), 箱根. 抄録, p.97 2002.

1230. [研究会 (全国)] (一般講演) PEGカテーテル交換時の合併症に対する検討. 根本佑太, 嶋尾 仁, 森瀬昌樹(相南東部総合病院), 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 榊原 譲, 比企能樹 (相南東部総合病院), 柿田 章 (外): HEQ研究会 (2001.08.04), 金沢.

1231. [研究会 (全国)] (一般講演) 重症感染症を契機にして免疫抑制剤を中止した生体肝移植症例. 古田一徳, 佐藤光史, 高橋 毅, 吉田宗紀, 阿曽和哲, 島田 謙, 板橋浩一, 朝長哲弥, 芦澤 敏, 中山義介, 石田和夫, 柿田 章(外): 第19回日本肝移植研究会 (2001.05.16), 横浜.

1232. [研究会 (全国)] (一般講演) 簡便な細胞核のmorphometryによる食道癌術前化学療法効果予測の試み. 小林伸行, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第55回日本食道疾患研究会(2001.07.05), 東京. 抄録集, p.68 2001.

1233. [研究会 (全国)] (一般講演) ラット脳死モデルにおけるウリナスタチンの脳死肝微小循環障害に対する効果. 板橋浩一, 伊藤義也, 佐藤光史, 石井健一郎, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 第19回日本肝移植研究会 (2001.05), 横浜. 抄録集, p.93, 2001.

1234. [研究会 (全国)] (ポスター講演) 若年者に発生した胆管細胞癌の1例. 古田一徳, 高橋 毅, 板橋浩一, 芦澤 敏, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第37回日本肝癌研究会 (2001.06.08〜09), 下関.

1235. [研究会 (全国)] (ポスター講演) 大腸癌肺転移の臨床病理学的検討. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之 (病理): 第55回大腸癌研究会 (2001.10), 名古屋.

1236. [研究会 (全国)] (ポスター講演) 非硬変肝に原発した巨大肝腫瘍の1例:特に画像検査と病理診断の観点から. 坂本友見子, 高橋 毅, 古田一徳, 板橋浩一, 芦澤 敏, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外), 桑尾定仁(病理): 第37回日本肝癌研究会 (2001.06.06〜08), 下関. 抄録集, p.204, 2001.

1237. [研究会 (全国)] (特別講演) 食道良性疾患の内視鏡下手術. 片田夏也 (外): 第7回食道内視鏡外科勉強会(2001.07.06), 東京.

1238. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 膵胆管合流異常症の合流形態からみた術式の選択. 板橋浩一, 吉田宗紀, 古田一徳, 星野弘樹, 芦澤 敏, 島田 謙, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第24回日本膵胆管胆道合流異常研究会 (2001.09), 東京. プロシーディングス, p.52, 2001.

1239. [研究会 (全国)] (ワークショップ) 生体肝移植における患者・家族のサポート−死の転帰をとった1症例を経験して−. 中島節子, 吉田和恵, 油谷和子, 沢辺志穂, 田中彰子 (看護部), 古田一徳, 高橋 毅, 石田和夫, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第19回日本肝移植研究会 (2001.05.16〜17), 横浜. 移植, 36 (6): 388, 2001.

1240. [研究会 (地方)] (一般講演) 食道憩室の切除後に再発を来したアカラシアの1例. 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章(外): 第47回神奈川食道疾患懇話会 (2001.06.14), 横浜. 症例集, 47-3 2001.

1241. [研究会 (地方)] (一般講演) リンパ節転移の無い近位側胃癌におけるリンパ節郭清範囲の有効性について. 根本祐太, 菊池史郎, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第21回神奈川胃癌治療研究会 (2001.12.22), 横浜.

1242. [研究会 (地方)] (一般講演) 非定型的な病理組織像を呈した食道癌の1例. 二渡信江, 小林伸行, 嶋尾 仁, 片田夏也, 根本祐太, 桜本信一, 菊池史郎, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第49回神奈川食道疾患懇話会 (2001.12.15), 横浜. 症例集, 49-2 2001.

1243. [研究会 (地方)] (一般講演) 細胞核のmorphometryによる簡便な術前化学療法効果予測の試み. 小林伸行, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第25回神奈川癌治療懇話会 (2002.02.28), 横浜. プログラム, p.3 2002.

1244. [研究会 (地方)] (一般講演) 肝虚血再灌流障害に対するNF-kBの特異的転写阻害剤. 土橋誠一郎, 玉置 透, 田中三津子, 池田 篤, 海津貴史, 村井紀元, 増子佳弘, 柿田 章 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第5回北海道臓器移植フォーラム (2002.06.10), 札幌.

1245. [研究会 (地方)] (一般講演) CMV抗体陽性ドナーから陰性レシピエントへの生体腎移植の検討. 土橋誠一郎, 玉置 透, 田中三津子, 後藤順一, 池田 篤, 村井紀元, 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江 卓, 久木田和丘, 目黒順一, 米川元樹 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第15回北海道腎移植懇話会 (2001.11.17), 札幌.

1246. [研究会 (地方)] (一般講演) 術後カルシウム測定で遺残上皮小体を推定できるか. 土橋誠一郎, 久木田和丘, 堀江 卓, 池田 篤, 後藤順一, 村井紀元, 飯田潤一, 増子佳弘, 田中三津子, 玉置 透, 目黒順一, 米川元樹 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第10回北海道透析骨関節障害談話会 (2001.09.01), 札幌.

1247. [研究会 (地方)] (一般講演) 腎性上皮小体機能亢進症手術後の再発及び遺残におけるオキサロールの効果. 堀江 卓, 久木田和丘, 土橋誠一郎, 後藤順一, 池田 篤, 村井紀元, 飯田潤一, 増子佳弘, 田中三津子, 玉置 透, 目黒順一, 米川元樹 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第10回北海道透析骨関節障害談話会 (2001.09.01), 札幌.

1248. [研究会 (地方)] (一般講演) 腎性上皮小体機能亢進症術後PTH低下不良症例の検討. 飯田潤一, 久木田和丘, 土橋誠一郎, 有倉 潤, 海津貴史, 村井紀元, 増子佳弘, 堀江 卓, 田中三津子, 玉置 透, 目黒順一, 米川元樹 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第59回北海道透析療法学会(2001.06.03), 札幌.

1249. [研究会 (地方)] (一般講演) 透析患者の腎移植に関する意識調査―246人のアンケート調査から―. 田中三津子, 玉置 透, 後藤順一, 池田 篤, 土橋誠一郎, 村井紀元, 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江 卓, 久木田和丘, 目黒順一 (外), 米川元樹(札幌北楡病院): 第15回北海道陰移植談話会, 札幌.

1250. [研究会 (地方)] (一般講演) 高齢者ドナー (75歳以上) からの生体腎移植例. 田中三津子, 玉置 透, 後藤順一, 池田 篤, 土橋誠一郎, 村井紀元, 飯田潤一, 増子佳弘, 堀江 卓, , 久木田和丘, 目黒順一, 米川元樹 (外), 川村明夫 (札幌北楡病院): 第15回北海道臓器移植フォーラム(2001.06.10), 札幌.

1251. [研究会 (地方)] (一般講演) 重症胆道感染症を契機にして免疫抑制剤投与を中止した生体肝移植例. 古田一徳, 佐藤光史, 高橋 毅, 吉田宗紀, 阿曽和哲, 島田 謙, 板橋浩一, 朝長哲弥, 芦澤 敏, 中山義介, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第13回神奈川移植医学会 (2001.06.02), 横浜.

1252. [研究会 (地方)] (一般講演) 血漿交換にて救命し得た術後肝不全とその後の経過. 田原宗徳, 佐藤光史, 古田一徳, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 柿田 章 (外): 第31回神奈川肝談話会 (2002.01.26), 横浜.

1253. [研究会 (地方)] (一般講演) 退縮性腸間膜炎と思われた1例. 小川恭史, 石田和夫, 古田一徳, 田島 弘, 小倉直人, 森谷宏光, 桜井雅之, 朝長哲弥, 井原 厚, 小林伸行, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 第748回外来集談会(2002.03.16), 東京.

1254. [研究会 (地方)] (一般講演) 腹腔鏡補助下大腸切除術におけるクリニカルパスの導入:特に経口摂取に関する検討. 金沢秀紀, 大谷剛正, 國場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 井原 厚, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第3回神奈川外科代謝栄養研究会 (2001.09), 横浜.

1255. [研究会 (地方)] (一般講演) 胃, 結腸重複癌を伴った若年性ポリポーシスの1例. 中村隆俊, 大谷剛正, 金沢秀紀, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外), 三富弘之 (病理): 神奈川大腸肛門疾患懇話会 (2001.05), 横浜.

1256. [研究会 (地方)] (一般講演) 再発により手術を繰り返した腸管ベーチェット病の1例. 根本一彦, 大谷剛正, 國場幸均, 井原 厚, 金沢秀紀, 中村隆俊 (外): 第3回IBD&B検討会 (2001.06), 新宿.

1257. [研究会 (地方)] (一般講演) 感染症腹部大動脈瘤の1例. 羽廣健仁, 金城正佳, 大沼田 治, 田村幸穂, 柿田 章(外), 町井正人 (胸外): 第111回血管外科症例検討会(2001.10.27), 東京.

1258. [研究会 (地方)] (一般講演) 原因不明の右大腿動脈仮性動脈瘤を形成した1例. 羽廣健仁, 金城正佳, 大沼田 治, 田村幸穂, 荒井義孝, 柿田 章 (外): 第112回血管外科症例検討会 (2001.12.15), 東京.

1259. [研究会 (地方)] (一般講演) 後腹膜膿瘍を伴った右外腸骨動脈出血の1例. 羽廣健仁, 大沼田 治, 田村幸穂, 金城正佳, 荒井義孝, 柿田 章 (外): 第113回血管外科症例検討会 (2002.02.09), 東京.

1260. [研究会 (地方)] (一般講演) 葉状腫瘍に非浸潤性小葉癌の合併した1例. 升水康二, 近藤康史, 西 八嗣, 八十川要平, 竹田 潤, 岸本一郎, 久保裕義, 山梨高広, 本吉 匡 (外): 第30回埼玉, 群馬乳腺疾患研究会 (2001.12.01), 大宮.

1261. [研究会 (地方)] (一般講演) 術前診断が困難だった胃の巨大GISTの1例. 久保裕義, 西 八嗣, 岸本一郎, 八十川要平, 竹田 潤, 近藤康史, 升水康二, 山梨高広, 本吉 匡 (外): 第19回埼玉外科集談会 (2001.12.01), 浦和.

1262. [研究会 (地方)] (一般講演) 脾損傷後に発生した仮性動脈瘤の1例. 荒瀬 勉, 町田彰男, 番場伸明, 山崎智己, 根本雄治, 松本春美, 辻 亮作, 久保幸祐 (外): 第64回域西外科研究会 (2002.03.02), 立川.

1263. [研究会 (地方)] (一般講演) イレウスを呈した巨大Meckel憩室の1例. 番場伸明, 久保幸祐, 荒瀬 勉, 山崎智己, 根本雄治, 松本春美, 町田彰男, 辻 亮作, 小沢正幸(外), 高橋武宣 (東大和病院): 第64回域西外科研究会(2002.03.02), 東京.

1264. [研究会 (地方)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術1000例の検討. 向井聖士郎, 番場伸明, 山崎智己, 根本雄治, 町田彰男, 辻 亮作, 久保幸祐, 小沢正幸 (外), 高橋武宣 (東大和病院): 第63回域西外科研究会 (2001.09.08), 東京.

1265. [研究会 (地方)] (一般講演) 当院における消化器癌の化学療法の方針. 谷崎裕志, 渡辺英二郎, 柳 一夫, 堤 修, 旗手和彦, 石川直幸, 菅井桂雄 (外): 東葛飾消化器疾患研究会 (2001.11.03), 松戸.

1266. [研究会 (地方)] (一般講演) 胃癌術後縫合不全により広範囲な縦隔炎をきたし治療に苦痛した1例. 旗手和彦, 谷崎裕志, 柳 一夫, 渡辺英二郎, 堤 修, 菅井桂雄 (外): 第15回千葉県重症患者研究会 (2001.09.01), 幕張.

1267. [研究会 (地方)] (一般講演) 皮下つりあげ法による腹腔鏡下胆嚢摘出術. 飯野善一郎, 西山直久 (中条中央病院): 第10回新潟内視鏡外科研究会 (2001.06.30), 新潟.

1268. [研究会 (地方)] (一般講演) 急性胆嚢炎に対する経及経肝胆嚢穿刺吸引法 (PTGBA) の検討. 飯野善一郎, 西山直久, 堀川誠也, 柴 康彦(外), 真喜屋実之 (中条中央病院): 第75回新潟消化器病研究会 (2002.02.16), 新潟.

1269. [研究会 (地方)] (一般講演) 横行結腸軸捻転症の1手術例. 飯塚美香, 西山保比古, 小坂愉賢, 須藤利雄, 阪本奈美子, 坂本友見子, 木村 徹, 井上準人, 佐藤一喜, 雨宮明文, 金田悟良, 秋山憲義 (外), 高橋俊毅 (国立相模原病院): 第46回神奈川県消化器病研究会 (2001.06.23) 2001.

1270. [研究会 (地方)] (一般講演) 腹腔鏡を用いた精索静脈瘤の手術症例. 坂本友見子, 金田悟良, 小坂愉賢, 飯塚美香, 阪本奈美子, 井上準人, 木村 徹, 佐藤一喜, 雨宮明文, 西山保比古, 秋山憲義 (外), 高橋俊毅 (国立相模原病院): 東京地区国立病院外科研究会 (2001.06.09), 東京.

1271. [研究会 (地方)] (一般講演) バターナイフによる胃穿孔の1手術症例. 小坂愉賢, 雨宮明文, 小倉直人, 松田大介, 阪本奈美子, 坂本友見子, 飯塚美香, 山本信行, 井上準人, 木村 徹, 佐藤一喜, 西山保比古, 金田悟良, 秋山憲義, 高橋俊毅 (外): 第13回神奈川県臨床外科医学会集談会 (2002.03.02) 2002.

1272. [研究会 (地方)] (一般講演) ストーマ患者の「臭いについての意識」. 岡田祐子, 高橋由香, 中村美夏, 松原康美 (看護部), 大谷剛正 (外): 第23回神奈川ストーマ研究会 (2001.12.02), 相模原. 日本ストーマ学会誌, 17 (2): 53, 2001.

1273. [研究会 (地方)] (一般講演) 主膵管が腫瘍に圧迫され嚢胞を形成していた膵頭部癌の1例. 松澤克典, 笹本信幸 (小白川至誠堂病院), 松澤信五 (至誠総合病院), 関根智久 (高野せきねクリニック), 出張玲子 (山形大): 第19回山形外科談話会 (2001.07.07), 山形.

1274. [研究会 (地方)] (一般講演) 下部食道症手術におけるアプローチの検討. 小林伸行, 佐藤 牧, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第30回神奈川消化器外科研究会 (2001.04.21), 横浜.

1275. [研究会 (地方)] (特別講演) PEGの手術と管理. 嶋尾 仁 (外): 札幌経腸栄養セミナー (2001.12.01), 札幌.

1276. [研究会 (地方)] (特別講演) PEGを安全に造設・管理するために. 嶋尾 仁 (外): 第26回秋田県消化器内視鏡研究会 (2002.03.13), 秋田.

1277. [研究会 (地方)] (教育講演) PEGの手技と管理. 嶋尾 仁 (外): 第16回京都桂消化器懇話会教育講演(2001.06.02), 京都.

1278. [研究会 (地方)] (教育講演) 経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) の手技とその有用性. 嶋尾 仁 (外): 高松経腸栄養セミナー (2001.10.13), 高松.

1279. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) Convining several approach technique into one modified approach. 國場幸均, 根本一彦, 金沢秀紀, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第5回大阪腹腔鏡下大腸手術セミナー (2001.12.00), 大阪. 抄録集 2001.


胸部外科学

【学術論文】

4010. [原著] Helium Inhalation Enhances the Vasodilator Effect of Inhaled Nitric Oxide on Pulmonary Vessels in Hypotonic Dogs. 贄 正基 (胸外), H, Kobayashi., M, Sugawara., T, Tomita., 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): Am J Physiol Heart Circ Physiol, 280(4): 1875〜1881, 2001.

4011. [原著] Clinicopathologic significance of telomerase activity and hTERT mRNA expression in non-small cell lung cancer. 原 英則 (胸外), K, Yamashita., 品田 純, 吉村博邦 (胸外), 亀谷 徹 (病理): Lung Cancer, 34: 219〜226, 2001.

4012. [原著] Adenylate Cyclase/Prorein Kinas A Signaling Pathway Enhances Angeogenesis Through Induction of Vascular Endotherial Grouwth Factor In Vivo. 天野英樹 (胸外), K. Ando, S. Minamida, 林 泉 (薬理), M. Ogino, 山科正平 (解), 吉村博邦 (胸外), 馬嶋正隆 (薬理): Jpn J Pharmacol, 87: 181〜188, 2001.

4013. [原著] Protection of the Spinal Cord with Pentobarbital and Hypothermia. S. Kazama, 三好 豊, 贄 正基, 今井 寛 (救命), 林 宗博, A. Kurata, 町井正人 (胸外): Ann Thorac surg, 71: 1591〜1595, 2001.

4014. [原著] Endovascular Stant-Graft Placement of Thoracic Aortic Aneurysm. 林 宗博, 小原邦義 (胸外), 西巻 博 (放), 町井正人 (胸外), 磯部義憲 (放), 吉村博邦 (胸外): Kitasato Medicine, 31 (6): 369〜377, 2001.

4015. [原著] Limiting Factors in Bloodless Open-Heart Surgery in Children. 武田裕子, 麻生俊英, 小林真理子, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): Kitasato Medicine, 31 (6): 398〜406, 2001.

4016. [原著] Cyclooxgenase-2 and Adenylate Cyclase/Protein Kinase A Signaling Pathway Enhances Angiogenesis Through Induction of Vascular Endotherial Growth Factor in Rat Sponge Implants. 天野英樹 (胸外), 林 泉 (薬理), 吉田聡子, 吉村博邦 (胸外), 馬嶋正隆 (薬理): Human Cell (日本ヒト細胞学会誌), 15 (1): 13〜24, 2002.

4017. [原著] 肺末梢早期腺癌の臨床病理学的検討. 品田 純, 原 英則, 吉村博邦 (胸外): 胸部外科, 54 (11): 942〜946, 2001.

4018. [原著] DLC膜の医療機器への応用: DLCによるペースメーカーリードおよび冠動脈用ステントの改良の試み. 島田 厚, 吉村博邦 (胸外), 木村加奈子, 長谷部光泉 (慶大・放), 天野英樹 (胸外), 今井 修, 鈴木哲也, 栗林幸夫 (慶大・放), 山手 昇 (聖マリ医大・胸外): New Diamond, 17 (4): 30〜37, 2001.

4019. [原著] 気管支鏡検査麻酔時の麻酔用シースカテーテルを利用した酸素投与法の経験. 森田裕人, 酒井 滋 (帝京大・溝口病院), 吉村博邦 (胸外): 気管支学, 24 (1): 17〜22, 2001.

4020. [原著] 高速回転型アテレクトミーにおける支援ソフトの開発. 稲毛 博 (北里大学病院MEセンター), 東條圭一, 藤井正実, 高橋 基, 福田直人, 黒澤利郎, 小原邦義 (胸外): 医科機械学, 72 (2): 49〜55, 2002.02.

4021. [原著] 体外循環症例における循環血液量の検討. 古平 聡 (北里大学病院MEセンター), 佐藤正憲, 東條圭一, 木下春奈, 佐藤栄治, 田口元健, 小原邦義 (胸外): 体外循環技術, 29 (1): 29〜31, 2002.03.

4022. [症例報告] Post-Tracheotomy Intratracheal granulation Tissue Response to Local Injection of Triamcinolone. T. Takayama, I. Kotani, T. Kurosawa, 吉村博邦 (胸外): Journal of Bronchology, 8: 29〜31, 2001.

4023. [症例報告] 急性心筋梗塞後左室自由壁破裂2手術例. 天野英樹, 小原邦義, 鳥井晋三, 吉田聡子, 三好 豊, 佃 和彦, 林 宗博, 贄 正基 (胸外), 今井 寛 (救命), 吉村博邦 (胸外): 北里医学, 31 (5): 334〜338, 2001.

4024. [総説] Quality of Life (QOL) versus Curability for Lung Cancer Surgery. 吉村博邦 (胸外): Ann Thorac Cardiovasc Surg., 7 (3): 127〜132, 2001.

4025. [総説] 腫瘍血管再生とプロスタグランディン. 馬嶋正隆 (薬理), 天野英樹 (胸外), 林 泉 (薬理): 第119回日本医学会シンポジウム記録集, 26〜32, 2001.

4026. [総説] 肺癌の診断治療法における最近の進歩 肺非小細胞癌に対する縮小手術. 品田 純, 原 英則, 後藤尚美, 宮永茂樹, 吉村博邦 (胸外): 肺癌の臨床, 4 (2): 177〜182, 2001.

4027. [総説] 先天性心疾患外科治療の現況と展望. 麻生俊英 (胸外), 安井久喬 (九大大学院・心臓血管外科), 吉村博邦 (胸外): 外科治療, 86 (2): 181〜185, 2002.

[著 書]

4028. [学術書] (分担執筆) CLIENT; 縦隔(発生, 解剖, 生理機能, 症候), p.411〜430. 品田 純, 吉村博邦 (胸外), 中山書店, 東京, 2001.11.09発行.

4029. [教科書] (分担執筆) 新臨床耳鼻咽喉科学; 気管・気管支 (解剖・生理), p.254〜258. 品田 純, 吉村博邦 (胸外), 編集 加賀君孝, 中外医学社, 東京, 2001.09.10発行.

[学会・研究会等]

4030. [学会 (国際)] (招待講演) Surgical treatment for T4 lung cancer. 吉村博邦 (胸外): International symposium on Lung cancer and Bronchoscopy(2001.08.31), イスタンブール. プログラム・予稿集, 2001.

4031. [学会 (国際)] (招待講演) QOL versus curability for lung cancer surgery. 吉村博邦 (胸外): International symposium on Lung cancer and Broncho-scopy (2001.09.01), イスタンブール. プログラム・予稿集, 2001.

4032. [学会 (国際)] (一般講演) Critical Role of Prostaglandin E2-EP3 Receptor Signaling in Development of Angiogenesis. 天野英樹 (胸外), 林 泉 (薬理), 吉村博邦 (胸外), 成宮 周, 馬嶋正隆 (薬理): 国際炎症学会(2001.09.23), エジンバラ.

4033. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 心・大血管浸潤肺癌に対する拡大手術の適応と限界 (高度進行肺癌に対する手術の限界をさぐる). 品田 純, 阿部能明, 後藤尚美, 原 英則, 七海美和, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.13), 仙台.

4034. [学会 (全国)] (ワークショップ) 異型胸腺腫の臨床病理学的検討 (縦隔腫瘍の診断・治療). 品田 純, 阿部能明, 宮永茂樹, 原 英則, 後藤尚美, 吉村博邦 (胸外): 第18回日本呼吸器外科学会総会 (2001.05.10), 東京.

4035. [学会 (全国)] (ワークショップ) 呼吸器外科領域におけるデータベースの現状. 吉村博邦 (胸外): 第54回日本胸部外科学会総会 (2001.10.03), 大阪.

4036. [学会 (全国)] (一般講演) Role of the Prostaglandin E2 Receptor Subtype in Angiogenesis in Vivo. 天野英樹 (胸外), 林 泉 (薬理), 吉村博邦 (胸外), 成宮 周, 馬嶋正隆 (薬理): 第75回日本薬理学会総会(2002.03.22), 横浜.

4037. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性縦隔腫瘍における組織型および深達度からみた治療戦略. 品田 純, 原 英則, 後藤尚美, 宮永茂樹, 阿部能明, 神谷紀輝, 後藤 毅, 吉村博邦 (胸外): 第54回日本胸部外科学会総会(2001.10.03), 大阪.

4038. [学会 (全国)] (一般講演) 低酸素による肺高血圧犬モデルにおける吸入一酸化窒素の血管拡張作用に関する研究. 贄 正基 (胸外), 小林弘祐 (内), 須藤恭一, 早苗 努, 林 宗博, 佃 和彦, 鳥井晋三, 麻生俊英, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第54回日本胸部外科学会総会(2001.10.03), 大阪. 日本胸部外科学会雑誌, 49 (増): p.192, 2001.

4039. [学会 (全国)] (一般講演) 胸腔鏡による手術−自然気胸・胸部交感神経焼灼術・微小病変に対するCTガイド下マーキング肺部分切除. 品田 純 (胸外): 第53回日本気管食道科学会総会 (2001.11.29), 東京.

4040. [学会 (全国)] (一般講演) 非小細胞肺癌におけるテロメラーゼ活性及びテロメラーゼ逆転写酵素hTERT mRNA発現の臨床病理学的意義. 原 英則, 品田 純, 吉村博邦 (胸外), 山下和也, 亀谷 徹 (病理): 第42回日本肺癌学会総会 (2001.11.01), 大阪.

4041. [学会 (全国)] (一般講演) 重症筋無力症に対する外科治療の検討. 神谷紀輝, 品田 純, 後藤尚美, 阿部能明, 吉村博邦 (胸外): 第18回日本呼吸器外科学会総会(2001.05.10), 東京.

4042. [学会 (全国)] (一般講演) ストローマ細胞PGE2-Ep3シグナリングの腫瘍血管新生における重要性. 天野英樹 (胸外), 林 泉 (薬理), 遠藤平仁 (内), 吉村博邦 (胸外), 成宮 周, 馬嶋正隆 (薬理): 第19回日本ヒト細胞学会 (2001.08.25), 所沢.

4043. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈解離に対するステントグラフト (SG) 留置の検討. 林 宗博, 小原邦義 (胸外), 西巻 博 (放), 町井正人, 武田裕子, 佃 和彦, 贄 正基, 鳥井晋三 (胸外), 磯部義憲 (放), 吉村博邦 (胸外): 第101回日本外科学会総会 (2001.04.12), 仙台.

4044. [学会 (全国)] (一般講演) 低左心機能の慢性期心筋梗塞症例に対する冠動脈バイパス手術, Dor手術の検討. 贄 正基, 小原邦義, 七海美和, 小林真理子, 常岡秀和, 山本信行, 早苗 努, 林 宗博, 佃 和彦, 鳥井晋三, 麻生俊英, 吉村博邦 (胸外): 第6回日本冠動脈外科学会学術大会(2001.07.07), 津. 第6回日本冠動脈外科学会学術大会抄録集, p.83, 2001.

4045. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性大動脈二尖弁症例の上行大動脈病変の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 麻生俊英, 町井正人, 贄 正基, 佃 和彦, 林 宗博, 早苗 努, 須藤恭一, 山本信行, 吉村博邦 (胸外): 第42回日本脈管学会総会 (2001.11.20), 大阪・泉佐野. 日本脈管学会雑誌, 41 (10): p.660, 2001.

4046. [学会 (全国)] (一般講演) 急性心筋梗塞に合併した心室中隔穿孔に対しDouble patch closure法を行った2症例の検討. 贄 正基, 小原邦義, 山本信行, 松井啓夫, 町田浩志, 三好 豊, 須藤恭一, 武田裕子, 林 宗博, 佃 和彦, 鳥井晋三, 麻生俊英, 吉村博邦 (胸外): 第15回日本冠疾患学会学術集会 (2001.12.07), 東京. 日本冠疾患学会雑誌, 7 (3): p.134, 2001.

4047. [学会 (全国)] (一般講演) 左鎖骨下動脈近傍にentryを有する解離腔開存型大動脈解離のステントグラフト治療. 林 宗博, 小原邦義 (胸外), 西巻 博 (放), 町井正人, 三好 豊, 武田裕子, 佃 和彦, 贄 正基, 鳥井晋三 (胸外), 磯部義憲 (放), 麻生俊英, 吉村博邦 (胸外): 第32回日本心臓血管外科学会学術総会 (2002.02.14), 大阪. 日本心臓血管外科学会雑誌, 31 (Suppl.): p.194, 2002.

4048. [学会 (全国)] (ポスター) 感染性心内膜炎に対する外科治療の現状−最近10年間の患者背景の変化と治療成績. 鳥井晋三, 小原邦義, 麻生俊英, 贄 正基, 佃 和彦, 武田裕子, 林 宗博, 早苗 努, 吉田聡子, 小林真理子, 町田浩志, 吉村博邦 (胸外): 第101回日本外科学会総会(2001.04.11), 仙台. 日本外科学会雑誌, 102 (臨): p.262, 2001.

4049. [学会 (全国)] (ポスター) 温存した自己三尖弁との癒着による生体弁機能不全の一例. 小林真理子, 麻生俊英, 鈴木裕子, 林 宗博, 山本信行, 七海美和, 常岡秀和, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第37回日本小児循環器学会総会 (2001.07.04), 静岡. 日本小児循環器学会雑誌, 17(2): p.204, 2001.

4050. [学会 (全国)] (ポスター) 心外導管を用いたファンタン手術の早期成績. 麻生俊英, 鈴木裕子, 林 宗博, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外), 平石 聡 (児), 廣瀬 修, 松井完治: 第37回日本小児循環器学会総会 (2001.07.04), 静岡. 日本小児循環器学会雑誌, 17 (2): p.200, 2001.

4051. [学会 (全国)] (ポスター) 解離腔残存型大動脈解離に対するステントグラヒトの検討−血管径変化に注目して−. 林 宗博, 小原邦義 (胸外), 西巻 博 (放), 町井正人, 武田裕子, 佃 和彦, 贄 正基, 鳥井晋三 (胸外), 磯部義憲 (放), 麻生俊英, 吉村博邦 (胸外): 第54回日本胸部外科学会総会 (2001.10.04), 大阪. 日本胸部外科学会雑誌, 49 (増): p.415, 2001.

4052. [学会 (全国)] (ポスター) 大動脈二尖弁に対する外科治療症例の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 麻生俊英, 贄 正基, 佃 和彦, 林 宗博, 須藤恭一, 三好 豊, 町田浩志, 井上信幸, 吉村博邦 (胸外): 第32回日本心臓血管外科学会学術総会 (2002.02.14), 大阪. 日本心臓血管外科学会雑誌, 31 (Suppl.): p.235, 2002.

4053. [学会 (全国)] (ポスター) 体重10 kg以下の小児無輸血開心術の検討. 須藤恭一, 麻生俊英, 武田裕子, 林 宗博, 渡邊一正, 贄 正基, 鳥井晋三, 小原邦義, 吉村博邦(胸外): 第32回日本心臓血管外科学会学術総会(2002.02.15), 大阪. 日本心臓血管外科学会雑誌, 31(Suppl.): p.285, 2002.

4054. [学会 (全国)] (ポスター) 経右房−経肺動脈アプローチによるファロー四徴症根治術100例の経験. 麻生俊英, Jusuf Rachmat: 第32回日本心臓血管外科学会学術総会 (2002.02.15), 大阪. 日本心臓血管外科学会雑誌, 31 (Suppl.): p.299, 2002.

4055. [学会 (地方)] (一般講演) 左上大区に限局し, 高度な肺内転移を認めた肺腺癌の一切除例. 渡邊一正, 品田 純, 原 英則, 後藤尚美, 吉村博邦 (胸外), 片桐真人 (医衛), 蒋 世旭, 岩淵啓一, 亀屋 徹 (病理): 第120回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2001.12.08), 東京.

4056. [学会 (地方)] (一般講演) 両成分が特異な分布を示したLarge cell neuroendocrine carcinoma combined with adenocarcinomaの1例. 原 英則 (胸外), 蒋 世旭, 岩淵啓一 (病理), 品田 純 (胸外), 早川和重 (放), 吉村博邦 (胸外): 第131回日本肺癌学会関東部会(2001.06.10), 東京.

4057. [学会 (地方)] (一般講演) 術後リンパ節転移を認めた浸潤型胸腺腫の一例. 品田 純, 原 英則, 神谷紀輝, 後藤 毅, 宮永茂樹, 後藤尚美, 町田浩志, 阿部能明 (胸外), 蒋 世旭, 岩淵啓一, 亀谷 徹 (病理), 早川和重 (放), 吉村博邦 (胸外): 第132回日本肺癌学会関東部会(2001.07.07), つくば.

4058. [学会 (地方)] (一般講演) 小細胞癌の術後4年目に縦隔サルコイド反応を認めた一例. 松井啓夫, 品田 純, 原 英則, 後藤尚美, 阿部能明, 常岡秀和 (胸外), 小林弘祐 (内), 蒋 世旭, 岩淵啓一, 亀谷 徹 (病理), 吉村博邦 (胸外): 第98回日本気管支学会関東支部会 (2001.09.29), 東京.

4059. [学会 (地方)] (一般講演) 房室接合部頻拍に対し低体温療法が有効であった新生児開心術の一例. 常岡秀和, 麻生俊英, 武田裕子, 林 宗博, 山本信行, 小林真理子, 七海美和, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第118回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2001.06.16), 大宮. 予稿集, 2001.

4060. [学会 (地方)] (一般講演) 右開胸によるファンタン手術の一例. 七海美和, 麻生俊英, 武田裕子, 須藤恭一, 山本信行, 小林真理子, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第119回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2001.09.08), 東京. 予稿集, 2001.

4061. [学会 (地方)] (一般講演) 中心肺動脈欠損に対するファンタン手術の一例. 山本信行, 麻生俊英, 武田裕子, 須藤恭一, 小林真理子, 七海美和, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第120回日本胸部外科学会関東甲信越地方会(2001.12.08), 東京. 予稿集, 2001.

4062. [学会 (地方)] (一般講演) 下行大動脈が特異な走行を呈した大動脈弓離断症に対する一期的根治術の一例. 須藤恭一, 麻生俊英, 武田裕子, 林 宗博, 渡邊一正, 贄 正基, 鳥井晋三, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第121回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2001.02.23), 東京. 予稿集, 2002.

4063. [研究会 (地方)] (一般講演) 肺葉切除術の肺循環に及ぼす影響−新たなる指標としてのWave intensityによる評価. 須藤恭一 (胸外): 第87回臨床呼吸生理研究会(2001.11.17), 東京.

4064. [研究会 (地方)] (一般講演) ヘリウムによる吸入一酸化窒素の血管拡張作用増強効果に関する研究−低酸素による肺高血圧犬モデルにおいて. 贄 正基 (胸外): 第87回臨床呼吸生理研究会 (2001.11.17), 東京.

4065. [研究会] (地方) 術式選択に苦慮した心筋梗塞後心室中隔穿孔の2症例. 小原邦義 (胸外): 第13回東京心臓外科セミナー (2001.11.02), 東京.


<<17 脳神経外科学>>


1280. [原著] Coil Embolization for the Treatment of Ruptured Dissecting Vertebral Aneurysms. 倉田 彰, 大桃丈知, 宮坂佳男, 藤井清孝 (脳外), 管 信一 (放), 北原孝雄 (救命): Am J Neuroradiol, 22: 11〜18, 2001.

1281. [原著] Mavastatin, an HMG-CoA Reductase Inhibitor, Reduces Stroke Damage and Upregulates Endothelial NItric Oxide Synthase in Mice. Sepideh Amin-Hanjani, Nancy E. Stagliano, 山田 勝, Paul L. Huang, James K. Liao, Michael A. Moskowitz: Stroke, 32: 980〜986, 2001.

1282. [原著] Bilateral crossed cerebello-cerebral diaschisis and mutism after surgery for cerebellar medulloblastoma. 鷺内隆雄, 石井勝己, 青木由紀, 管 信一 (放), 宇津木 聡, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), 早川和重 (放): Annals of Nuclear Medicine, 15 (2): 157〜160, 2001.

1283. [原著] Deep Pain Loss in Syringomyelia and Other Spinal Cord Lesions. 橘 滋国, 佐藤澄人 (脳外): Syringomyelia: Current Concepts of Pathogenesis and Springer-Verlag, p.107〜112, 2001.

1284. [原著] Role of Active Cerebrospinal Fluid Transport in Syrinx Formation: An Experimental Study on a Model of Chronic Tonsillar Herniation in. 山山竒義矩, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): Syringomyelia: Current Concepts of Pathogenesis and Springer-Verlag, p.56〜61, 2001.

1285. [原著] Modified Draping to Avoid Fluid Leakage in Cranial Surgery. 清水 暁, 望月崇弘, 中山賢司, 藤井清孝 (脳外): Neurologia medico-chirurgica, 41 (9): 466〜468, 2001.

1286. [原著] Anatomical Study of the Endoscopic Transnasal Transsphenoidal Approach for Pituitary Surgery. 王 宏磊, 岡 秀宏, 鄭 康, 藤井清孝 (脳外): 北里医学, 31 (4): 227〜231, 2001.

1287. [原著] Structural and Functional Disruption of Vascular Smooth Muscle Cells in a Transgenic Mouse Model of Amyloid Angiopathy. Richard Chiristie, 山田 勝 (脳外), Michael Moskowitz, Bradley Hyman: Am J Pathol, 158 (3): 1065〜1071, 2001.

1288. [原著] The Efficacy of Coil Embolization at the Dissection Site of Ruptured Dissecting Vertebral Aneurysms. 倉田 彰, 山田 勝, 大桃丈知, 平山 寿, 鈴木祥生, 宮坂佳男, 入倉克巳, 藤井清孝 (脳外), 北原孝雄 (救命): Interventional Neuroradiology, 7(suppl 1): 73〜82, 2001.

1289. [原著] Interferon regulatory factor gene messenger ribonucleic acid expression and response to interferon-βin gliomas. 田中 聡, 鈴木祥生, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 堀 智勝: Int J mmunother, 17 (1): 9〜19, 2001.

1290. [原著] グリオーマに対する個別化補助療法の現状と将来. 田中 聡, 小林郁夫, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 安井美江, 倉田 彰, 岡 秀宏, 藤井清孝(脳外): Neuro-Oncology, 11 (1): 56〜59, 2001.

1291. [原著] Drug-resistance gene expression and progression of astrocytic tumors. 田中 聡, 小林郁夫, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 渡辺高志 (薬用植物園), 長島 正, 堀 智勝: Brain Tumor Pathology, 18 (2): 131〜137, 2001.

1292. [原著] Prognostic value of Ki-67 (MIB-1) and p53 in ependymoma. 鈴木祥生, 岡 秀宏, 川野信之, 田中 聡, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): Brain Tumor Pathology, 18 (2): 151〜154, 2001.

1293. [原著] 地域一般(中小)病院でのリスクマネジメント体制-高齢者での留意事項- 大高弘稔 (脳外): Geriat. Med. (老年医学), 39 (12): 1885〜1891, 2001.

1294. [原著] Spinal tanycytic ependymomas. 川野信之, 柳下三郎, 岡 秀宏, 小林郁夫, 鈴木祥生, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): Acta Neuropathol, 101: 43〜48, 2001.

1295. [準原著] Microsurgical anatomy and operative approaches to the lateral ventricles. 藤井清孝, 田中柳水, 岡 秀宏 (脳外), 詠田眞治, Rhoton A.L. Jr.: The Proceeding of the 2nd International Mt. Bandai, p.14〜17, 2001.

1296. [準原著] テント上diffuse astrocytomaに対する放射線単独療法の長期予後. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology, 11 (2): 44〜48, 2001.

1297. [準原著] クリオーマ治療におけるEBMとIATの接点. 田中 聡, 小林郁夫, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology, 11 (2): 95〜99, 2001.

1298. [症例報告] 脊髄硬膜外肉芽腫の2症例. 高野尚治, 斉藤元良 (脳外), 本告 匡 (病理), 宮坂佳男, 藤井清孝, 高木 宏 (脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 14 (3): 221〜226, 2001.

1299. [症例報告] Primary intracerebral malignant melanoma with leptomeningeal spread, extradural extension and lung metastasis. 小林郁夫, 岡 秀宏, 川野信之, 倉田 彰, 田中 聡, 宇津木 聡, 鈴木祥生 (脳外), 石原好弘, 藤井清孝 (脳外): Clinical Neuropathology, 20 (1): 43〜45, 2001.

1300. [症例報告] 蛇行した椎骨動脈の延髄圧迫によって片麻痺を呈した1例. 高野尚治, 斉藤元良, 宮坂佳男, 藤井清孝, 高木 宏 (脳外): Neurological Surgery, 29 (3): 247〜251, 2001.

1301. [症例報告] Spontaneous Intracranial Hypotension with Bilateral SubduralHeatoma in a Young Man. 宇津木 聡, 高野 誠, 大高弘稔, 藤井清孝 (脳外): 北里医学, 31 (3), 211〜214, 2001.

1302. [症例報告] Tight Sylvian Cisterns Associated with Hyperdense Areas Mimicking Subarachnoid Hemorrhage on Computed Tomography-Four Case. 清水 暁, 遠藤昌孝, 菅 信一, (放) 北原孝雄, 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): Neurol medico-chirurgica, 41 (11), 536〜540, 2001.

1303. [症例報告] 分娩後に急速に進行したSecondary glioblastomaの一例. 荻原宏之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 田中 聡, 近藤宏治, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology, 11 (1): 91〜94, 2001.

1304. [症例報告] 超選択的動注化学療法が著効した広範な硬膜および頭蓋骨転移性腫瘍の1例. 鈴木祥生, 倉田 彰, 高木 宏, 中原邦晶, 岡 秀宏, 大桃丈知, 宮坂佳男, 宇津木 聡, 平山 寿, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology, 11 (1): 14〜18, 2001.

1305. [症例報告] 脳卒中症状で発症した症候性ラトケ嚢胞の一例. 福島 浩, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 脳外, 29: 1183〜1187, 2001.

1306. [症例報告] Rupture of Pial Arteriovenous Malformation Associated with Early Thrombosis of the Draining System Following Stereotactic Radiosurgery. 清水 暁, 入倉克巳, 宮坂佳男, 望月崇弘, 倉田 彰, 菅 信一 (放), 藤井清孝 (脳外): Neurol Med Chir, 41: 599〜602, 2001.

1307. [症例報告] Multiple arteriovenous maiformations with hemorrage. 宇津木 聡, 倉田 彰, 宮坂佳男, 高野 誠, 大高弘稔, 藤井清孝 (脳外): Acta Neurochir (Wien), 144 (1): 97〜101, 2002.

1308. [症例報告] Traumatic Basilar Artery Occlusion Caused by a Fracture of the Clivus-Case Report-. 佐藤澄人, 飯田秀夫, 平山 寿, 遠藤昌孝 (脳外), 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): Neurologia Medico-chirurgica, 41 (11): 541〜544, 2001.

1309. [症例報告] Germinoma with a granulomatous reaction. Problems of differential diagnosis. 今野慎吾, 岡 秀宏, 宇津木聡, 近藤宏治, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外), 柳下三郎: Clin Neuropathol, 21 (6): 248〜251, 2001.

1310. [症例報告] 成長ホルモン産生性下垂体腺腫に対する放射線照射後に蝶形骨洞内に発生した放射線誘発性肉腫の一剖検例. 岡 秀宏, 石渡雅男, 小澤達也, 吉田 功 (脳外), 三上哲夫 (病理), 藤井清孝 (脳外): 日本内分泌学会雑誌, 77 (supp1): 161〜163, 2001.

1311. [症例報告] 視神経膠腫,類もやもや病,glioblastomaを合併したNeurofibromatosis typeTの一例. 久須美真里, 岡 秀宏, 宇津木聡, 石渡雅男, 岩本和久, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology, 11 (2): 44〜47, 2001.

1312. [総説] しびれの発生機序. 橘 滋国(脳外): 治療, 83(6): 55〜59, 2001.

1313. [編集者への手紙] 21世紀における脳神経外科医の夢と現実. 藤井清孝 (脳外): 日本脳神経外科女医会会報, 24, 2001.

1314. [編集者への手紙] 研究単位紹介. 藤井清孝(脳外): 医学部ニューズ, 236, 2001.

[著 書]

1315. [学術書] (分担執筆) 組織細胞化学2001; 微量mRNA検出のためのin situ RT-PCR法とCARD-in situ hybridization法, p.58〜63, 岡 秀宏 (脳外). 日本組織細胞化学編, 2001発行.

1316. [学術書] (分担執筆) 第三脳室; 脳神経外科Advanced Practice 3 神経内視鏡手術, p.18〜29, 2001. 国井正剛, 飯田秀夫, 詠田眞治, 藤井清孝(脳外).メジカルビュー社, 東京, 2001発行.

1317. [学術書] (分担執筆) 神経内視鏡手術; 脳神経外科 Advanced Practice 3, p.18〜29, 国井正剛, 飯田秀夫, 詠田眞治, 藤井清孝 (脳外). Medical View社, 東京, 2001発行.

1318. [学術書] (分担執筆) ブレインナーシング; 特集: 高次脳機能障害患者のための摂食・嚥下, 18 (3): p.9, 藤井清孝 (プランナー). メディカ出版, 大阪, 2001発行.

1319. [学術書] いまから学ぶ「リスクマネジメントの基礎と実例」; 藤井清孝 (脳外). 編集小島恭子, エルゼビア・サイエンス ミクロ, 東京, 2002発行.

1320. [その他の著書] (分担執筆) 脳神経外科ケース・スタディ; 脳神経外科ケース・スタディ, 宮坂佳男 (脳外). 新興医学出版社, 東京, 2001発行.

1321. [その他の著書] (分担執筆) 患者さんに質問されても困らない; 頭部外傷, p.145〜152, 遠藤昌孝 (脳外). メディカ出版, 吹田, 2001発行.

1322. [その他の著書] (分担執筆) 患者さんに質問されても困らない; 脊椎・脊髄疾患, p.207〜215, 橘 滋国 (脳外). メディカ出版, 吹田, 2001発行.

1323. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針; 頸部椎間板症候群, p.588〜589, 橘 滋国 (脳外). 大日本印刷, 東京, 2002発行.

[学会・研究会等]

1324. [学会 (国際)] (一般講演) Expression of Pit-1, GHRH-R and GH mRNA in silent somatotroph adenomas. 小林郁夫 (脳外), 成高平治, 岡 秀宏 (脳外), 佐藤雄一 (医療系研究科), 田中 聡, 藤井清孝 (脳外), 亀谷 徹 (病理): 8th International Pituitary Pathology Meeting (2001.10.06), Greece.

1325. [学会 (国際)] (一般講演) Long-term functional outcome of intra-3rd ventriclar craniopharyngiomas. 近藤宏治, 岡 秀宏, 川野信之, 小林郁夫, 宇津木 聡, 森井誠二, 藤井清孝 (脳外): 8th International Pituitary Pathology Meeting (2001.10.08), Greece.

1326. [学会 (国際)] (一般講演) Radiation-induced sarcoma arising from the sphenoid sinus after radiotherapy of a GH-producing pituitary adenoma. 岡 秀宏 (脳外), 亀谷 徹 (病理), 川野信之, 小林郁夫, 宇津木 聡, 近藤宏治, 藤井清孝 (脳外): 8th International Pituitary Pathology Meeting (2001.10.08), Greece.

1327. [学会 (国際)] (ポスター講演) Expression of N-cadherin and β-catenin relates to tumor malignancy in astrocytoma. 宇津木 聡, 岡 秀宏 (脳外), 佐藤雄一 (医衛), 鈴木祥生, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): Expression of N-cadherin and β-catenin relates to tumor malignancy in astrocytoma (2001.04.21), Toronto.

1328. [学会 (国際)] (ポスター講演) Clear cell ependymomas show a worse prognosis than other grade 2 ependymomas. 鈴木祥生, 岡 秀宏, 川野信之, 田中 聡, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): American Association of Neurological Surgeons 2001 (2001.04.21), Toronto.

1329. [学会 (全国)] (一般講演) グリオーマに対する個別化補助療法の現状と将来. 田中 聡, 小林郁夫, 倉田 彰, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 岡 秀宏, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第21回ニューロ・オンコロジィの会 (2001.04.14), 東京.

1330. [学会 (全国)] (一般講演) 超選択的動注化学療法が著効した広範な硬膜および頭蓋骨転移性腫瘍の1例. 鈴木祥生, 倉田 彰, 高木 宏, 中原邦晶, 岡 秀宏, 宮坂佳男, 藤井清孝 (脳外): 第21回ニューロ・オンコロジィの会(2001.04.14), 東京.

1331. [学会 (全国)] (一般講演) 出産後に悪性転化を示したlow grade srtrocytomaの一例. 萩原宏之, 宇津木 聡, 岡 秀宏, 鈴木祥生, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外), 柳下三郎: 第19回日本脳腫瘍病理学会 (2001.05.23), 東京.

1332. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋咽頭腫における細胞接着分子タンパク (cadherin, catenin) の発現に関する免疫組織検討. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 近藤宏治, 谷崎義徳, 田中 聡, 安井美江, 藤井清孝, 川野信之(脳外): 第19回日本脳腫瘍病理学会 (2001.05.23), 東京.

1333. [学会 (全国)] (一般講演) Invasive meningioma の脳浸潤先端部における細胞接着因子タンパクの発現に関する病理組織学的検討. 宇津木 聡, 佐藤雄一, 岡 秀宏, 川野信之, 田中 聡, 鈴木祥生, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脳腫瘍病理学会(2001.05.23), 東京.

1334. [学会 (全国)] (一般講演) 中枢神経悪性リンパ腫におけるEpstein-Barr virus (EBV) の発現: in situ hybridizationによる検討. 中原邦晶, 鈴木祥生, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 川野信之, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脳腫瘍病理学会(2001.05.23), 東京.

1335. [学会 (全国)] (一般講演) 異所性神経根を伴った脊髄先天性皮膚洞の手術. 橘 滋国, 石渡雅男, 近藤宏治 (脳外): 第16回日本脊髄外科学会 (2001.06.21), 横浜.

1336. [学会 (全国)] (一般講演) 胸腔鏡下手術の2例. 三井公彦, 山山竒義矩, 諏訪知也, 金田梧郎, 井上隼人 (脳外): 第16回日本脊髄外科学会 (2001.06.21), 横浜.

1337. [学会 (全国)] (一般講演) Deep Pain Lossの脊髄疾患における障害髄節指標としての臨床的意義. 橘 滋国 (脳外): 第30回日本脊椎脊髄病学会 (2001.06.07), 高知.

1338. [学会 (地方)] (一般講演) 起立性低血圧で発症したC2神経鞘腫の1例. 今野慎吾, 橘 滋国, 山田 勝, 近藤宏治, 藤井清孝 (脳外): 第82回日本脳神経外科学会関東地方会 (2001.06.30), 東京.

1339. [学会 (全国)] (一般講演) HMG-CoA還元酵素阻害剤と脳血管障害−内皮性一酸化窒素合成酵素 (eNOS) の重要性−. 山田 勝 (脳外): 第11回脳血管シンポジウム(2001.09.01), 大阪.

1340. [学会 (全国)] (一般講演) Miniature Ommmaya's reservoir による超低出生体重児の出血性水頭症に対する管理. 中原邦晶, 岡 秀宏, 宇津木 聡 (脳外), 野渡正彦, 佐藤雅彦 (小児), 釼持 学, 今野慎吾, 福島 浩, 宮坂佳男, 高木 宏, 藤井清孝(脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.24), 岡山.

1341. [学会 (全国)] (一般講演) 重症頭部外傷に対する急性期・亜急性期の治療戦略. 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄(救命), 石渡雅男, 萩原宏之, 久須美真理 (脳外), 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.24), 岡山.

1342. [学会 (全国)] (一般講演) 長期経過観察からみた頭蓋咽頭腫の手術成績. 岡 秀宏, 藤井清孝, 川野信之 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.25), 岡山.

1343. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋内解離性椎骨動脈瘤の治療−急性期コイル塞栓術導入による転帰の変化−. 山田 勝, 倉田 彰, 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 藤井清孝, 宮坂佳男, 中山賢司, 大高弘稔, 森井誠二 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.26), 岡山.

1344. [学会 (全国)] (一般講演) 薬剤耐性遺伝子診断に基づいた悪性脳腫瘍の個別化補助療法. 田中 聡, 小林郁夫, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 渡辺高志 (薬用植物園), 堀 智勝: 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.26), 岡山.

1345. [学会 (全国)] (一般講演) 頸肋の手術. 橘 滋国, 近藤宏治, 萩原宏之 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.26), 岡山.

1346. [学会 (全国)] (一般講演) Broad Neckな動脈瘤治療用カバードステンドの開発〜病理組織を含めた最終報告〜. 大桃丈知, 倉田 彰, 宮坂佳男, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脳神経血管内治療学会 (2001.11.21), 新潟.

1347. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対する治療−直達手術, バルーン近位閉塞, 解離部でのコイル塞栓術との比較−. 倉田 彰, 鈴木祥生, 山田 勝, 入倉克巳, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 大桃丈知 (脳外): 第17回日本脳神経血管内治療学会(2001.11.21), 新潟.

1348. [学会 (全国)] (一般講演) 定量的RT-PCRによる脳腫瘍の個別化補助療法. 田中 聡, 小林郁夫, 渡辺高志, 堀 智勝, 宇津木 聡, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第10回日本脳腫瘍カンファランス (2001.12.02), 別府.

1349. [学会 (全国)] (一般講演) 視神経膠腫, 類モヤモヤ病, 小脳神経膠芽腫を合併したNF1の症例. 久須美真理, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 石渡雅男, 藤井清孝 (脳外): 第22回ニューロ・オンコロジィの会 (2001.12.15), 東京.

1350. [学会 (全国)] (一般講演) テント上diffuse astrocytomaに対する放射線単独療法の長期予後. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 石渡雅男, 近藤宏治, 藤井清孝 (脳外): 第22回ニューロ・オンコロジィの会 (2001.12.15), 東京.

1351. [学会 (全国)] (一般講演) グリオーマ治療におけるEBMとIATの接点. 田中 聡, 小林郁夫, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第22回ニューロ・オンコロジィの会 (2001.12.15), 東京.

1352. [学会 (全国)] (一般講演) 動脈瘤の血管内閉塞術の合併症の検討. 鈴木祥生, 倉田 彰, 大桃丈知, 平山 寿, 宮坂佳男, 田中柳水, 入倉克巳, 山田 勝, 岡 秀宏, 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.26), 岡山.

1353. [学会 (全国)] (一般講演) 急性硬膜外血腫に対する血管内治療の有効性. 鈴木祥生, 遠藤昌孝, 倉田 彰, 谷崎義徳, 中原邦晶, 上笹 航 (脳外), 北原孝雄, 西巻 博, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第15回神経救急学会 (2001), 鹿児島.

1354. [学会 (全国)] (一般講演) 分娩後に急速に進行したSecondary glioblastomaの一症例. 萩原宏之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 田中 聡, 近藤宏治, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第21回ニューロ・オンコロジィの会(2001.04.14), 東京.

1355. [学会 (全国)] (一般講演) 椎骨動脈の微小外科解剖. 清水 暁, 三井公彦, 諏訪知也, 三島大徳, 藤井清孝 (脳外): 第8回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会(2001.09.14), 京都.

1356. [学会 (全国)] (一般講演) プロラクチノーマの治療戦略. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第12回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2002.02.05), 東京.

1357. [学会 (全国)] (一般講演) 薬剤耐性遺伝子の発現からみたastrocytictumorのprogression. 田中 聡, 小林郁夫 (脳外), 長島 正, 堀 智勝, 渡辺高志, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脳腫瘍病理学会 (2001.05.24), 東京.

1358. [学会 (全国)] (一般講演) 脳腫瘍における定量的RT-PCRによる遺伝子発現の検出と治療への応用. 田中 聡, 小林郁夫, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第2回日本分子脳神経外科学会 (2001.09.08), 名古屋.

1359. [学会 (全国)] (一般講演) 脳腫瘍における定量的RT-PCRによる個別化補助療法. 田中 聡, 岡 秀宏 (脳外), 紙谷秀規, 堀 智勝 (脳外): 第60回日本癌学会(2001.09.27), 横浜.

1360. [学会 (全国)] (一般講演) 側頭骨の解剖. 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), アルバート L. ロートンJr.: 第16回微小脳神経外科解剖セミナー (2002.03.18), 大阪.

1361. [学会 (全国)] (ポスター講演) 画像所見上Massive osteolysisを呈した悪性頭蓋底部骨腫瘍の一例. 近藤宏治, 岡 秀宏, Scheithauer Bernd W., 管 信一 (放), 荻原宏之, 宇津木 聡, 田中 聡, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脳腫瘍病理学会 (2001.05.23), 東京.

1362. [学会 (全国)] (ポスター講演) meningiomaにおけるE-cadherinの発現に関する研究-特に脳への浸潤との関係. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 佐藤雄一, 川野信之, 鈴木祥生, 田中 聡, 谷崎義徳, 近藤宏治, 安井美江, 藤井清孝(脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.24), 岡山.

1363. [学会 (全国)] (ポスター講演) 重症くも膜下出血 (GRADE5) に対する治療戦略と治療. 北原孝雄 (救命), 遠藤昌孝, 石渡雅男, 倉田 彰, 宮坂佳男 (脳外), 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.25), 岡山.

1364. [学会 (全国)] (ポスター講演) 頑性疼痛に対する脊髄硬膜外電極刺激療法時の体性感覚誘発電位の臨床症状. 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.25), 岡山.

1365. [学会 (全国)] (ポスター講演) 超選択的動注化学療法が著効した広範な硬膜および頭蓋骨転移腫瘍の1例. 中原邦晶, 鈴木祥生, 倉田 彰, 高木 宏, 岡 秀宏, 宮坂佳男, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脳神経血管内治療学会(2001.11.21), 新潟.

1366. [学会 (全国)] (ポスター講演) 急性硬膜外血腫に対する血管内治療の有効性. 鈴木祥生, 遠藤昌孝, 倉田 彰, 大桃丈知 (脳外), 北原孝雄, 大和田 隆 (救命), 平山 寿, 宇津木 聡, 中原邦晶, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脳神経血管内治療学会 (2001.11.21), 新潟.

1367. [学会 (全国)] (ポスター講演) 脳動脈瘤の血管内塞栓術の合併症の検討. 鈴木祥生, 倉田 彰, 大桃丈知, 入倉克巳, 山田 勝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 遠藤昌孝 (脳外), 大和田 隆 (救命), 宮坂佳男, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脳神経血管内治療学会 (2001.11.21), 新潟.

1368. [学会 (全国)] (ポスター講演) Low grade astrocytomaに対する術後放射線単独療法: 長期経過観察例からみた転帰. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第10回日本脳腫瘍カンファランス (2001.12.03), 別府.

1369. [学会 (全国)] (ポスター講演) 頭蓋咽頭腫におけるcadherinおよびcateninの発現. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 田中 聡, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第10回日本脳腫瘍カンファランス (2001.12.02), 別府.

1370. [学会 (全国)] (ポスター講演) 著明な肉芽腫様変化を伴った鞍上部Germinomaの一例. 今野慎吾, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 中山賢司, 谷崎義徳, 近藤宏治, 小林郁夫, 藤井清孝 (脳外): 第29回日本小児神経外科学会(2001.09.07), 静岡.

1371. [学会 (全国)] (ポスター講演) Sprague-Dawley ratにおける塞栓糸一過性中大脳動脈閉塞モデルの再現性の検討. 湯澤 泉, 入倉克巳, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝(脳外): 第13回日本脳循環代謝学会総会 (2001), 横浜.

1372. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 機能性下垂体腺腫と不顕性下垂体腺腫におけるPit-1と成長ホルモン放出ホルモン受容体mRNAの発現. 小林郁夫 (脳外), 亀谷 徹 (病理), 成高平治, 岡 秀宏, 田中 聡, 藤井清孝(脳外): 第11回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2001.01.23), 新潟.

1373. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 長期経過観察からみた頭蓋咽頭腫の手術成績. 岡 秀宏, 藤井清孝, 川野信之 (脳外): 第11回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2001.01.24), 新潟.

1374. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 優位半球の側脳室三角部腫瘍に対する手術アプローチ: Interhemispheric trans-precuneal approach. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第6回日本脳腫瘍の外科学会 (2001.09.28), 香川.

1375. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumors (AT/RTs): Medulloblastomaと鑑別すべき小児後頭蓋窩悪性腫瘍. 岡 秀宏, Bernd. W. Sheithauer, Peter C. Burger, 宇津木 聡, 藤井清孝(脳外): 第29回日本小児神経外科学会 (2001.09.06), 静岡.

1376. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 優位半球側脳室三角部腫瘍に対する手術アプローチ: Interhemispheric trans-precuneal approach. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.24), 岡山.

1377. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 髄内腫瘍摘出における微小外科解剖−中心動静脈と前正中中隔−. 三井公彦, 諏訪知也, 三島大徳, 清水 暁 (脳外), 中村 宏: 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.25), 岡山.

1378. [学会 (全国)] (シンポジウム等) HMG-CoA還元酵素阻害剤と脳血管障害−内皮性一酸化窒素合成酵素 (eNOS) の重要性−. 山田 勝 (脳外): 第11回脳血管シンポジウム (2001.09.01), 大阪.

1379. [学会 (地方)] (一般講演) 非典型的な画像所見を示した腰髄部髄膜腫の1例. 三井公彦, 三島大徳, 山崎友也(脳外): 第82回日本脳神経外科学会関東地方会(2001.06.30), 東京.

1380. [学会 (地方)] (一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対するコイル塞栓術の有用性について−直達手術例, バルーン近位閉塞治療例と比較して−. 倉田 彰, 鈴木祥生, 山田 勝, 入倉克巳, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 大桃丈知, 宮坂佳男 (脳外): 第20回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2001.08.25), 札幌.

1381. [学会 (地方)] (一般講演) 脳動脈瘤の血管内閉塞術の合併症の検討. 鈴木祥生, 倉田 彰, 大桃丈知, 平山 寿, 宮坂佳男, 田中柳水, 入倉克巳, 山田 勝, 岡 秀宏, 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第20回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2001.08.25), 札幌.

1382. [学会 (地方)] (一般講演) 頭蓋骨骨折か骨縫合線かの鑑別が困難であった1症例. 中原邦晶, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外), 管 信一 (放), 藤井清孝 (脳外): 第83回日本脳神経外科学会関東地方会 (2001.09.01), 東京.

1383. [学会 (地方)] (一般講演) MRI画像で診断困難であった胸髄mobile neurinomaの一例. 望月崇弘, 田中柳水, 仁木 淳, 小泉寛之, 福島 浩, 荘司光彦, 岩本和久, 山田 勝, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): 第83回日本脳神経外科学会関東地方会 (2001.09.01), 東京.

1384. [学会 (地方)] (一般講演) Microsurgical Anatomy and Operative Apporoaches to the Lateral Ventricles. 藤井清孝, 田中柳水 (脳外), 詠田眞治, Rhoton A.L. Jr.: The 2nd International Mt. Bandai Symposium for(2001.10.29), 福島.

1385. [学会 (地方)] (一般講演) 診断に難渋した鞍上部胚細胞腫の一例. 仁木 淳, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 今野慎吾, 近藤宏治, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第2回学術集会 (2001.09.14), 横浜.

1386. [学会 (地方)] (一般講演) 血管内手術とガンマナイフによって治療した脳幹AVMの一例. 望月崇弘, 山田 勝, 倉田 彰, 岩本和久, 藤井清孝 (脳外): 第84回日本脳神経外科学会関東地方会 (2001.11.24), 東京.

1387. [学会 (地方)] (一般講演) グリオーマとの鑑別に難渋した脳幹腫瘍の一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 福島 浩, 石渡雅男, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第3回学術集会 (2002.02.01), 横浜.

1388. [学会 (地方)] (一般講演) Gorlin sundromeの1例. 福島 浩, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 石渡雅男, 藤井清孝 (脳外): 第85回日本脳神経外科学会関東地方会 (2002.03.02), 東京.

1389. [学会 (地方)] (一般講演) Galenic AVMに対してのγ-ナイフ照射治療後16年目に同部に出血をきたした1例. 山崎友也, 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第85回日本脳神経外科学会関東地方会 (2002.03.02), 東京.

1390. [学会 (地方)] (一般講演) GSF edemaを呈したくも膜下出血の1例. 中原邦晶, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第85回日本脳神経外科学会関東地方会 (2002.03.02), 東京.

1391. [学会 (地方)] (シンポジウム等) Microsurgical anatomy and operative approaches to the lateral ventricles. 藤井清孝, 田中柳水 (脳外), 詠田眞治, Rhoton A.L. Jr.: The 2nd International Mt. Bandai Symosium for (2001.10.29), 福島.

1392. [研究会 (全国)] (一般講演) 低体温時酸塩基平衡が脳血流・脳酸素代謝に及ぼす影響. 湯澤 泉, 入倉克巳, 山田 勝, 藤井清孝, 遠藤昌孝 (脳外), 大和田 隆 (救命): 第4回日本脳低体温療法研究会 (2001), 山口.

1393. [研究会 (全国)] (一般講演) 診断に苦慮した側脳室三角部腫瘍の一例. 久須美真理, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第6回脳神経外科疾患の臨床と病理のJoint Conference (2002.02.09), 東京.

1394. [研究会 (全国)] (特別講演) 生命科学の発展を支える組織細胞化学の技法-基礎と応用-. 岡 秀宏 (脳外): 第26回組織細胞化学講習会 (2001.07.25), 京都

1395. [研究会 (全国)] (一般講演) 術中ナビゲーターが有用であった脳腫瘍の2例. 佐藤澄人, 飯田秀夫, 国井正剛, 藤井清孝 (脳外): 第10回脳神経外科手術と機器学会 (CNTT) (2001.04.13), 岡山.

1396. [研究会 (地方)] (一般講演) 化学療法抵抗性の乳児髄芽腫に対する放射線治療のタイミング. 岡 秀宏, 萩原宏之, 宇津木 聡, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第2回北里脳腫瘍フォーラム (2002.01.18), 神奈川.

1397. [研究会 (地方)] (一般講演) 腫瘍内出血をきたした脳幹腫瘍の一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 石渡雅男, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第82回東京脳腫瘍研究会 (2001.12.22), 東京.

1398. [研究会 (地方)] (一般講演) クモ膜下出血のクリニカルパスについて. 高野 誠, 大高弘稔, 平山 寿 (脳外): 第22回多摩地区脳卒中研究会 (2001.11.10), 立川.

1399. [研究会 (地方)] (一般講演) 広範な骨破壊像を呈した悪性頭蓋底部骨腫瘍の一例. 近藤宏治, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外), 岩渕啓一 (病理): 第81回東京脳腫瘍研究会 (2001.07.28), 伊勢原.

1400. [研究会 (地方)] (一般講演) グリオーマとの鑑別に難渋した脳幹部腫瘍の一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 福島 浩, 石渡雅男, 藤井清孝 (脳外): 第3回神奈川脳腫瘍フォーラム (2002.02.01), 横浜.

1401. [研究会 (地方)] (一般講演) 急性期硬膜外血腫に対する血管内治療の有効性. 鈴木祥生, 遠藤昌孝, 倉田 彰, 大桃丈知 (脳外), 北原孝雄, 大和田 隆 (救命), 平山 寿, 宇津木 聡, 中原邦晶, 藤井清孝 (脳外): 第17回神奈川脳血管内手術懇話会 (2001.09.10), 横浜.

1402. [研究会 (地方)] (一般講演) 化学療法抵抗性の乳児髄芽腫に対する放射線治療のタイミング. 萩原宏之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 大澤成之, 藤井清孝 (脳外): 第3回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2001.12.21), 東京.

1403. [研究会 (地方)] (教育講演) Microsurgical anatomy と手術アプローチ. 藤井清孝 (脳外): 金剛脳神経外科コロキウム (2001年夏期) (2001.06.09), 大阪.

1404. [研究会 (地方)] (教育講演) もやもや病. 藤井清孝, 入倉克巳 (脳外): 第16回「もやの会」関東ブロック大会(2001.09.23), 東京.

1405. [研究会 (地方)] (教育講演) 21世紀の脳神経外科学の展望. 藤井清孝 (脳外): 宮崎医科大学講義(2001.10.30), 宮崎.


<<18 小児科学>>


1406. [原著] Population pharmacokinetics of panipenem in neonates and retrospective evaluation of dosage. 木村利美, 国分秀也 (薬剤部), 野渡正彦, 松浦信夫 (児), 砂川慶介 (感染症), 久保博昭 (薬学部): J Antimicrobial Chemotherapy, 47 (1): 51〜59, 2001.

1407. [原著] Effects of dioxins and polychlorinated biphenyls (PCBs) on thyroid function in infants born in Japan-Report from research on environmental health. 松浦信夫, 内山智明 (児), 多田 裕 (東邦大), 中村好一 (自治医大), 近藤直実 (岐阜大), 森田昌敏 (国立環境研究所), 福士 勝 (札幌衛研): Clin Pediatr Endocrinol, 10: 1〜6, 2001.

1408. [原著] Effects of dioxins and polychlorinated biphenyls (PCBs) on thyroid function in infants born in Japan-The second report from research on environmental health. 松浦信夫, 内山智明 (児), 多田 裕(東邦大), 中村好一 (自治医大), 近藤直実 (岐阜大), 森田昌敏 (国立環境研究所), 福士 勝 (札幌衛研): Chemosphere, 45 (8): 1167〜1171, 2001.

1409. [原著] Association between IA-2 autoantibody epitope specificities and age of onset in Japanese patients with autoimmune diabetes. 川崎英二, 世羅康徳, 尾崎方子, 安部幸弘, 山川賢一, 魚谷茂雄, 瀧野博文(長崎大), 大津成之 (児), 山崎浩則, 山口義彦 (長崎大), 内潟安子 (東女医大), 松浦信夫 (児), 江口勝美 (長崎大): J Clin Endocrinol Metab, 86, 2001.

1410. [原著] Persistent center differences over 3 years in glycemic control and hypoglycemia in a study of 3,805 children and adolescents with type 1 diabetes from the Hvidore Study Group. Danne, T., Mortensen, H.B., Hougaad, P., Lynggaard, H., Aanstoot, H.J., Chiaelli, F., Darneman, D., Dorchy, H., Garandeau, P., Greene, S., Hoey, H., Holl, R.W., Kaprio, E.A., Kocova, M., Martul, P., 松浦信夫 (児), Robertson, K.J., Schoenle, E.J., Sovik, O., Swift, P.G.F., Tsou, R.M., Vanelli, M., Aman, J., (for Hvidore Study Group on Childhood Diabetes): Diabetes care, 24 (8): 1342〜1347, 2001.

1411. [原著] Good Metabolic Control is Associated with Better Quality of Life in 2,101 Adolescents with Type 1 Diabetes. Hoey, H., Aanstoot, H.J., Chiarelli, F., Daneman, D., Danne, T., Dinesen, B., Dorchy, H., Fitzgerald, M., Garandeau, P., Greene, S., Holl, R.W., Hougaard, P., Kaprio, E.A., Kocova, M., Lynggaard, H., Martul, P., 松浦信夫 (児), McGee, H., Mortensen, H.B., Robertson, K.J., Schoenle , E.J., Sovik, O., Swift, P., Tsou, R.M., Vanelli, M., Aman, J. (for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes): Diabetes care, 24 (11): 1923〜1928, 2001.

1412. [原著] Analysis of α-synuclein, Parkin, tau, and UCH-L1 in a Japanese family with autosomal dominant Parkinsonism. 長谷川ひとみ (内), 舩山 学, 松浦信夫 (児), 古澤英明, 坂井文彦 (内), 古和久幸, 小幡文夫 (医衛): Eur Neurol, 46: 20〜24, 2001.

1413. [原著] Polymorphism of the polyalanine tract of thyroid transcription factor-2 gene in patients with thyroid dysgenesis. 菱沼 昭 (獨協医大), 大山宜秀 (児), 栗林武男, 長久保成実, 生田目 貴 (獨協医大), 柴山啓子 (児), 有阪 治 (獨協医大), 松浦信夫 (児), 家入蒼生夫 (獨協医大): Eur J Endocrinol, 143 (3): 385〜389, 2001.

1414. [原著] Association studies of CTLA-4, CD28, and ICOS gene polymorphisms with type 1 diabetes in the Japanese population. 井原健二, Ahmed, S., 中尾 太, 絹川直子, 黒丸龍一 (九州大), 松浦信夫 (児), 岩田 勲, 永渕正法, 河野 斉, 原 寿郎 (九州大): Immunogenetics, 53: 447〜454, 2001.

1415. [原著] Identification of nonsynonymous polymorphisms in the superantigen-coding region of IDDMK1,2 22 and a pilot study on the association between IDDMK1, 2 22 and type 1 diabetes. 金城祥乃 (琉球大), 松浦信夫, 横田行史, 大津成之, 野元けい子(児), 小宮一郎, 杉本 潤, 陣野吉広, 高須信行 (琉球大): J Hum Genet, 46 (12): 712〜716, 2001.

1416. [原著] Initial aims and impact of the family history of type 1 diabetes mellitus in Japanese children. 松浦信夫, 横田行史, 風張幸司 (児), 佐々木 望 (埼玉医大), 雨宮 伸 (山梨医大), 伊藤善也 (旭川医大), 福島直樹 (市立札幌病院), 小池明美 (幌南病院), 五十嵐 裕 (東北大), 平野岳毅 (茨城こども), 杉原茂孝 (千葉大), 三木裕子 (東大), 浦上達彦 (日本大), 内潟安子 (東女医大), 兼松幸子 (東女医大), 大木由加志 (日本医大), 武居正郎 (武蔵野赤十字), 長谷川行洋 (清瀬小児), 宮本茂樹(千葉県こども), 藤本昌敏 (マリアンナ), 藤塚 聡 (防衛医大), 森 哲夫 (信州大), 小川治夫 (浜松医大), 内山 聖 (新潟大), 鬼形和道 (群馬大), 立花克彦 (神奈川こども医療), 菊池信行 (横浜市立大), 竹谷徳雄 (黒部市民病院), 河野 斉 (福岡市立こども), 笠原善仁 (金沢大), 一色 玄 (大阪市大), 徳田正邦 (大阪医大), 高橋利和 (神鋼病院), 神崎 晋 (岡山大), 横田一郎 (徳島大), 貴田嘉一 (愛媛大), 岡田泰助 (高知医大), 西山宗六 (熊本大), 増田英成 (国療三重), 衣笠昭彦 (京都府立医大), 額田 成 (神戸西市民病院): The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes (JSGIT) (小児インスリン治療研究会): Pediatric Diabetes, 2 (4): 160〜169, 2001.

1417. [原著] Clinicopathological features of pediatric functional adrenocortical carcinoma diagmosed by Weiss criteria; An analysis of four cases. 三須陽子 (児), 蒋 世旭 (病理), 横田行史 (児), 柴田雅彦 (北大), 篠原 治 (東海大), 亀谷 徹 (病理), 松浦信夫 (児): Clin Pediatric Endocrinol, 10 (2): 141〜146, 2001.

1418. [原著] Growth-promoting effects of growth hormone treatment at various doses in children with intrauterine growth retardation. 田中敏章, on behalf of the Study Groups (SM study and NN study) on GH treatment in IUGR) 松浦信夫 (児): Clin Pediatric Endocrinol, 10 (suppl 15): 15〜23, 2001.

1419. [原著] 新生児におけるパニペネム薬物動態のNONMEM解析. 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 島田慈彦 (薬剤部), 西迫 真, 野渡正彦, 小口弘毅, 松浦信夫(児), 高山陽子, 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 日本小児臨床薬理学会誌, 13 (1): 113〜115, 2001.

1420. [原著] 1型糖尿病におけるインスリン療法中の重症低血糖について. 宮本茂樹, 佐藤浩一 (千葉こども), 浦上達彦 (日本大), 菊池信行 (横浜市大), 武居正郎 (武蔵野赤十字), 雨宮 伸 (山梨医大), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 小児科臨床, 54 (3): 319〜321, 2001.

1421. [原著] Mutations / Deletions of the WT1 Gene Loss of heterozygosity on Chromosome Arms 11p and 11q , Chromosome ploidy and Histology in Wilms’ Tumors in Japan. 中舘尚也 (児), Yokomori, K., Wanatabe, N., Tsuchiya, T., Namiki, T., Kobayashi, H., Suita, S., Tsunematsu, Y., Horikoshi, Y., Hatae, Y., Endo, M., Komada, Y., Eguci, H., Toyoda, Y., Kikuta, A., Kobayashi, R., Kaneko, Y.: Int. J. Cancer, 94: 396〜400, 2001.

1422. [原著] Zonisamideの発達薬理と臨床薬理遺伝学的検討(予報). 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押 渉, 細田のぞみ, 武井研二 (児), 久保博昭 (薬学部薬品分析学): TDM研究, 19 (1): 20〜26, 2002.

1423. [原著] West症候群に対するACTHとclonazepam併用療法の短期効果と長期予後(続報). 冨加津雅巳, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 島貫 郁, 武井研二, 岩崎俊之(児): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 14 (1): 5〜7, 2001.

1424. [原著]Inverse correlation between macrophage-colony stimulating factor and total cholesterol and high density lipoprotein cholesterol in Kawasaki disease. 敷島康史, 川野 豊, 白井宏幸, 松浦信夫, 野間 剛 (児): Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology, 19: 85〜91, 2001.

1425. [原著] Functional human IgE specific for Dermatophagoides farinae antigen is produced in SCID mice reconstituted with peripheral mononuclear cells derived from healthy persons and patients with asthma. 野間 剛, 吉沢いづみ, 川野 豊, 松浦信夫 (児), 中島 忠 (埼玉医大), 青木国輝 (同愛記念病院): Allergy, 56 (12): 1137〜1143, 2001.

1426. [原著] Fatal Buckwheat Dependent Exercised-Induced Anaphylaxis. 野間 剛, 吉沢いづみ, 小川倫史 (児), 伊藤雅彦, 青木国輝 (同愛記念病院), 川野 豊 (児): Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology, 19 (4): 283〜286, 2001.

1427. [原著] Induction of peripheral mononuclear cell apoptosis in asthmatic patients in remission. 野間 剛, 菅原陽子, K. A., 川野 豊, 石川義人, 松浦信夫 (児): Journal of Asthma (in press), 2002.

1428. [原著] 食物アレルギーを示すアトピー性皮膚炎に好酸球著増を併発した1乳児例; 血清インターロイキン-5活性の検討. 佐伯敏亮, 野間 剛, 宮田康弘, 釼持 学, 石川義人, 川野 豊, 松浦信夫 (児): 日本小児アレルギー学会雑誌, 15 (2): 194〜200, 2001.

1429. [原著] Clinical course of lupus membranous glomerulonephtitis in children. 飯高喜久雄, 朝長 香, 守屋俊介, 中村信也 (児), 本山 治 (東邦大): Clin. Exp. Nephrol., 5: 153〜157, 2001.

1430. [原著] Sclerosing encapsulating peritonitis in pediatric peritoneal dialy. Hoshi, K., Honda, M., Itami, N., Oh, S., Matsumura, C., 守屋俊介 (児), Mori, M., Ito, Y., Karashima, S.: Pediatr. Nephrol., 14: 275〜279, 2000.

1431. [原著] Identification of candidate endothlial cell autoantigens in systemic lupus erythematosus using anmolecular cloning strategy: a role for ribosomal PO as an endothelial cell autoantigen. Frampton, G., 守屋俊介 (児), Pearson, J.D., Isenberg, D.A., Ward, F.J., Smith, T.A., Panaviotou, A., Staines, N.A., Murphy, J.J.: Rheumatology (Oxford), 39 (10): 1114〜1120, 2000.

1432. [原著] 血栓性自然閉鎖を示した未熟児動脈管留の1例. 佐藤雅彦, 平石 聡, 野渡正彦, 隅越 誠, 広田浜夫, 武田信裕, 神前泰希, 松浦信夫 (児): 日本小児科学会雑誌, 105: 886〜889, 2001.

1433. [原著] 濾紙尿を用いた, 早産・低出生体重児における在胎週数別尿中有機酸の推移. 内山智明, 横田行史, 佐藤雅彦, 野渡正彦, 松浦信夫 (児): 日本新生児学会雑誌, 37: 428〜436, 2001.

1434. [原著] 小児腹膜透析患者における腹膜硬化症の検討. 守屋俊介, 越野浩江, 飯高喜久雄, 河西紀昭 (児): 日本腎臓学会誌, 43 (5): 378〜383, 2001.

1435. [準原著] 成長・発達に対する胎児期の甲状腺ホルモンの作用の検討. 柴山啓子, 横田行史, 松浦信夫, 忍田暁子, 大津成之 (児): 成長科学協会研究年報, 24: 257〜263, 2001.

1436. [準原著] 小児の覚醒時大発作てんかんに対するsodium valproate単剤治療の効果と血中濃度−断薬後の発作再発例での検討−. 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ (児): TDM研究, 18 (2): 111〜112, 2001.

1437. [研究報告 (厚生省)] 生活習慣病の発症要因, 治療, 予防に関する研究. 松浦信夫 (児): 主任報告書. 小児糖尿病・生活習慣病の発症要因, 治療, 予防に関する研究. 厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業). 平成12年度報告書 (第4/7), 2001, p10〜12.

1438. [研究報告 (厚生省)] 小児インスリン依存型糖尿病の実態と治療法、長期予後改善に関する研究. 松浦信夫(児): 分担研究者報告書. 厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業) 小児糖尿病・生活習慣病の発症要因, 治療, 予防に関する研究. 平成12年度報告書(第4/7), 2001, p.14〜18.

1439. [研究報告 (厚生省)] 小児1型糖尿病治療の多施設共同研究−5年間の成果. (分担研究: 小児インスリン依存型糖尿病の実態と治療法, 長期予後改善に関する研究). 松浦信夫 (児), 佐々木 望 (埼玉医大), 雨宮 伸 (山梨医大), 横田行史 (児), 小児インスリン治療研究会: 厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業) 小児糖尿病・生活習慣病の発症要因, 治療, 予防に関する研究. 平成12年度報告書 (第4/7), 2001, p.39〜42.

1440. [研究報告 (厚生省)] 新生児甲状腺機能異常症における骨成熟の検討 (分担研究: マススクリーニングの精度保証システムの確立に関する研究). 松浦信夫 (児), 原田正平 (町立池田病院), 柴山啓子 (児): 厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業) マススクリーニングの見逃しを予防するシステムの確立に関する研究. 平成12年度報告書 (第1/7), 2001, p.482〜486.

1441. [研究報告 (厚生省)] 糖尿病疫学に関する研究−医療意見書の解析による新規登録者の解析− (分担研究: 小児慢性特定疾患の登録・管理・評価に関する研究). 松浦信夫, 風張幸司, 横田行史, 大津成之 (児): 厚生科学研究 (子ども家庭総合研究事業) 母子保健情報の登録・評価に関する研究. 平成12年度報告書 2001, p.143〜148.

1442. [研究報告 (厚生省)] 分担研究報告書. 母乳中のダイオキシン類と乳児の甲状腺機能に関する研究. 松浦信夫 (児): 厚生科学研究研究費補助金 (生活安全総合研究事業) 母乳中のダイオキシン類に関する研究. 総括・分担研究報告書, 2001, p.33.

1443. [研究報告 (厚生省)] 小児インスリン依存型糖尿病患者における腎症の治療薬の開発研究. 片山茂裕 (埼玉医大), 吉川隆一 (滋賀医大), 磯貝 庄 (山内病院), 田嶼尚子 (慈恵医大), 内潟安子 (東女医大), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児), 浦上達彦 (日本大): 第4分野稀少疾患治療薬等の開発に関する研究. 創薬等ヒューマンサイエンス研究総合研究報告書. 平成10年〜12年度報告書, 2001, p.18〜20.

1444. [研究報告 (厚生省)] β2刺激薬に関する免疫・薬理学的研究 (分担研究: β2刺激薬に関する研究). 野間 剛 (児): 平成12年度厚生省 感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業, 気管支喘息急性期治療における薬物の科学的根拠に関する研究報告書. 研究代表者松井猛彦(都立荏原病院小児科), 2001.

1445. [研究報告 (厚生労働省精神・神経疾患研究委託費)] 小児の抗てんかん薬物単剤治療−Sodium valproate単剤治療を行った小児期発症特発性全般性大発作てんかんの長期予後−. 三浦寿男, 武井研二 (児): てんかんの診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究報告書, 2002.

1446. [症例報告] 一過性高血糖をきたした低出生体重の糖尿病母体児 (IDM) の1例. 田中里佳, 佐藤雅彦, 田久保憲行, 松浦信夫, 柏木 好, 藤野宣之 (児), 大野 勉 (協同病院産科): 糖尿病と妊娠, 1 (1): 35〜37, 2001.

1447. [症例報告] Sotos syndrome associated with complete ureteral duplication and bilateral vesicoureteral reflux. 本山 治, Arai, K., Ohara, T., Hasegawa, A. (東邦大), 飯高喜久雄 (児): Clin. Exp. Nephrol., 5 (3): 193〜196, 2001.

1448. [症例報告] ガンマグロブリン追加投与終了直前より肉眼的血尿および蛋白尿を呈した川崎病の1乳児例. 佐伯敏亮 (児), 横田隆夫, 小泉友喜彦, 飯高喜久雄 (大和市立病院): 日本小児腎臓病学会誌, 14 (1): 51〜56, 2001.

1449. [総説] 小児1型糖尿病患者における超速効型インスリンの使用. 松浦信夫 (児): Diabetes Frontier, 12 (1): 21〜23, 2001.

1450. [総説] 小児糖尿病. 松浦信夫 (児): 日本糖尿病眼科学会誌 (眼紀), 52: 112〜117, 2001.

1451. [総説] SMBGのインフォームドコンセント. 小児糖尿病の場合. 横田行史, 松浦信夫 (児): プラクティス 別冊, p.57〜60, 2001.

1452. [総説] ライフステージ別の課題と療養指導. 松浦信夫 (児): 日本糖尿病療養指導士受験ガイドブック. 日本糖尿病療養指導士認定機構編. メディカルレビュー社, p.68〜72, 2001.

1453. [総説] 小児糖尿病・生活習慣病の予防と治療. 松浦信夫 (児): 母子保健, 508: 6〜6, 2001.

1454. [総説] 神奈川県下における学校検尿・尿糖陽性児精検システムの構築. 松浦信夫 (児): 腎, 15, 16: 7〜12, 2001.

1455. [総説] 新しくなる「学校生活管理指導表」. 本田 悳 (福岡こども), 飯高喜久雄 (児), 上原健夫 (学校保健会), 梅嶋功至 (埼玉県立杉戸高校), 柏光佐子 (那珂湊第3小学校), 菊池敏夫 (神奈川県医師会), 馬場礼三 (東海大学体育学部), 原田研介 (日本大), 松浦信夫 (児), 村上睦美 (日本医大), 山内邦昭 (予防医学協会), 森光敬子 (文部省): 学校保健, 239:2〜5, 2001.

1456. [総説] 甲状腺中毒症と甲状腺機能亢進症. 松浦信夫 (児): 小児疾患の診断治療基準. 小児内科, 33 (増): 216〜217, 2001.

1457. [総説] 新生児一過性甲状腺機能低下症. 原田正平(町立池田病院), 松浦信夫 (児): 小児内科 33 (12):1631〜1635, 2001.

1458. [総説] 血管炎と腎症状. 守屋俊介, 河西紀昭 (児): 小児内科, 28 (4): 526〜529, 1996.

1459. [総説] 末期腎不全患児における骨・ミネラル代謝. 守屋俊介, 飯高喜久雄 (児): 小児科, 39 (5): 475〜478, 1998.

1460. [総説] ネフローゼ症候群と感染症. 守屋俊介, 飯高喜久雄 (児): 小児ネフローゼ免疫研究会会誌, 1 (1): 15〜21, 2001.

1461. [総説] わが教室における新生児のプライマリーケア. 野渡正彦 (児), 渡邊佐知子, 西島正博 (産婦): 産婦人科治療, 82: 1137〜1143, 2001.

1462. [総説] 無痛分娩の新生児への影響. 渡辺智子, 野渡正彦 (児): 臨床婦人科産科, 54 (8): 996〜999, 2001.

1463. [総説] 超低出生体重児の超早期母乳育児とNEC. 野渡正彦 (児): 周産期医学, 31: 1349〜1353, 2001.

1464. [総説] 学校検尿における低補体血症と膜性増殖性腎炎の動向. 飯高喜久雄 (児): 腎, 15,16: 14〜19, 2001.

1465. [総説] こんな症例, こんな画像. 守屋俊介 (児), 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 13 (12): 1223, 2001.

1466. [講座] てんかん学の進歩 (巻頭言). 三浦寿男 (児): てんかん研究, 19 (3): 161, 2001.

1467. [講座] 熱性痙攣発作時の処置. 三浦寿男 (児): Junior (日本医事新報社), 405: 44, 2001.

1468. [講座] 熱性けいれんの治療・管理. 三浦寿男 (児): 小児科臨床, 55 (1): 53〜58, 2002.

1469. [講座] 抗てんかん薬; クロバザム. 砂押 渉, 三浦寿男 (児): 臨床と薬物治療, 20 (4): 298〜299, 2001.

1470. [講座] 抗てんかん薬治療の実際−マイスタンの使い方のコツ−. 三浦寿男 (児): Medical Academy News, 819: 12, 2002.

[著 書]

1471. [学術書] (分担執筆) DATA update 糖尿病; 1型糖尿病発症1年間の寛解期の自然経過, p.36〜37, 松浦信夫 (児). 編集 岩本安彦, 河盛隆造, 清野 裕, 田嶼尚子, 先端医学社, 東京, 2000.05.10発行

1472. [学術書] (分担執筆) 糖尿病のマネージメント.チームアプローチと療養指導の実際 第3版; 小児の糖尿病, p.173〜180, 松浦信夫 (児). 編集 松岡健平, 河盛隆造, 岩本安彦, 医学書院, 東京, 2001発行.

1473. [学術書] (分担執筆) 糖尿病診療Q&Aマニュアル, 第3版; 小児の糖尿病, p.178〜189, 松浦信夫 (児). 編集 馬場茂明, 土井邦紘, 医歯薬出版, 東京, 2001発行.

1474. [学術書] (分担執筆) 糖尿病学の進歩2001; 小児・若年糖尿病の薬物治療−インスリン療法の進歩と新しい治療展開, p.283〜288, 松浦信夫 (児). 編集 日本糖尿病学会編, 日本糖尿病学会, 2001発行.

1475. [学術書] (分担執筆) 免疫学辞典, 第2版; DLST, p.627, 野間 剛 (児). 編集 矢田純一, 東京化学同人, 東京, 2001発行.

1476. [学術書] (分担執筆) 分子生物学免疫学キーワード辞典 第2版; atopy, 野間 剛(児). 編集 長野 敬, 永田和宏, 宮坂昌之, 宮坂信之, 医学書院, 東京, 2002発行.

1477. [学術書] (分担執筆) 分子生物学免疫学キーワード辞典 第2版; contrasuppressor T cell, 野間 剛 (児). 編集 長野 敬, 永田和宏, 宮坂昌之, 宮坂信之, 医学書院, 東京, 2002発行.

1478. [学術書] (分担執筆) 分子生物学免疫学キーワード辞典 第2版; anergy, 野間 剛 (児). 編集 長野 敬, 永田和宏, 宮坂昌之, 宮坂信之, 医学書院, 東京, 2002発行.

1479. [学術書] (分担執筆) 人工呼吸療法, 改訂第3版, クリニカルエンジニアリング別冊; 新生児未熟児用SLE2000, p.221〜225, 野渡正彦 (児). 秀潤社, 2001発行.

1480. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 治療薬Up-to-Date2002; 抗てんかん薬, p.53〜58, 三浦寿男(児). 編集 松澤佑次 (大阪大), 永井良三 (東京大), 奥村勝彦 (神戸大), 監修 矢崎義雄 (国立国際医療センター), メディカルレビュ−社, 大阪, 2002.01.20発行.

1481. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 難治てんかん: 生活と教育 (医学・教育マニュアル2); 難治てんかんをもつ子の治療と発達予後, p.6〜21, 細田のぞみ (児). 編集 山田寿子 (日本てんかん協会東京都支部), 監修 日本てんかん協会東京都支部, 東京, 2002.03.30発行.

1482. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 向精神薬ハンドブック2001; 小児における主要抗てんかん薬の投与量, 血中半減期, 有効血中濃度, 中毒血中濃度および副作用, p.220〜225, 三浦寿男 (児). 編集 大日本製薬 (株), 大日本製薬 (株), 大阪, 2001.07.01発行.

[学会・研究会等]

1483. [学会 (国際)] (ポスター講演) A novel NRAMP1 promomotor polymorphism associated with type 1 diabetes mellitus in Japanese subjects. 高橋和眞, 平井完史, 檜尾好徳, 鈴木 進 (東北大), 松浦信夫 (児), 佐藤 譲 (東北大): 61th Scientific Sessions of American Diabetes Association (ADA) (2001.06.22〜26), Philadelphia, Pensilvania. USA. daibetes, 49(Supple.1): A502, 2001.

1484. [学会 (国際)] (ポスタ−講演) Noninvasive assessment of the right coronary and vein flow velocity dinamics in patients with Kawasaki disease. 平石 聡, 広田浜夫, 武田信宏, 堀口泰典, 藤野宣之, 小川夏子(児): 第23回ヨーロッパ心臓病学会 (2001.09.03), ストックホルム. European Heart Journal, 22: 426, 2001.

1485. [学会 (国際)] (ポスタ−講演) Long-term follow-up of type V membrano proliferative glomerulonephritis in children. 飯高喜久雄 (大和市立病院), 守屋俊介, 中村信也, 朝長 香 (児), 酒井 糾 (泌), The 12th Congress of the International Pediatric Nephrology Association (2001.09.03), Seattle, Washington, USA. Ped. Nephrol, 16 (8): C87, 2001.

1486. [学会 (国際)] (一般講演) Growth hormone-releasing hormone(GHRH) receptor gene mutation in a Japanese patient with isolated growth hormone deficiency. 大津成之, 風張幸司, 野元けい子 (児), 水本雅彦, 石川信義 (北見赤十字), 横田行史, 松浦信夫 (児): 6th Joint Meeting of the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society and the European Society for Pediatric Endocrinology (Pediatric Endocrinology Montreal 2001) (2001.07.06〜10), Montreal, Canada. Pediatr Res, 49 (6): 16A, 2001.

1487. [学会 (国際)] (ポスター講演) Post-operative endocrinological and psychosocial prognosis in patients with childhood-onset craniopharyngioma. 横田行史, 大津成之, 風張幸司, 大山宜秀, 松浦信夫 (児): 6th Joint Meeting of the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society and the European Society for Pediatric Endocrinology (Pediatric Endocrinology Montreal 2001) (2001.07.06〜10), Montreal, Canada. Pediatr Res, 49 (6): 84A, 2001.

1488. [学会 (国際)] (ポスター講演) Long-term, collaborative multicenter study of insulin therapy for type 1 diabetic children and adolescents in Japan. 松浦信夫 (児), 佐々木 望 (埼玉医大), 雨宮 伸 (山梨医大), JSGIT (小児インスリン治療研究会): 6th Joint Meeting of the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society and the European Society for Pediatric Endocrinology (Pediatric Endocrinology Montreal 2001)(2001.07.06〜10), Montreal, Canada. Pediatr Res, 49(6): 95A, 2001.

1489. [学会 (国際)] (ポスター講演) Final height in patients with childhood-onset type 1 diabetes mellitus increased in Hokkaido, Japan during these 20 years. 伊藤善也, 上田 修, 奥野晃三 (旭川医大), 母坪智行 (斗南病院), 松浦信夫 (児), 藤枝憲二 (旭川医大): 6th Joint Meeting of the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society and the European Society for Pediatric Endocrinology (Pediatric Endocrinology Montreal 2001) (2001.07.06〜10), Montreal, Canada. Pediatr Res, 49 (6): 97A, 2001.

1490. [学会 (国際)] (ポスター講演) Assessment of OGTT in Japanese children based on new diagnostic criteria of diabetes mellitus. 佐々木 望, 小林啓二(埼玉医大), 貴田嘉一 (愛媛大), 田嶼尚子 (慈恵医大), 松浦信夫 (児): 6th Joint Meeting of the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society and the European Society for Pediatric Endocrinology (Pediatric Endocrinology Montreal 2001) (2001.07.06〜10), Montreal, Canada. Pediatr Res, 49 (6): 110A, 2001.

1491. [学会 (国際)] (一般講演) Novel polymorphyisms in the IDDMK 1,2-22 Spa coding region in Japanese children with type 1 diabetes mellitus. 松浦信夫, 大津成之, 横田行史, 野元けい子 (児), 陣野吉広 (琉球大): 27th International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (2001.09.19〜22), Siena, Italy. J Pediatr Endocrinol Metab, 14 (suppl 3): 1030, 2001.

1492. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical characteristics of newly diagnosed type 1 diabetes mellitus in children and adolescents from 19 centres. Holl, R.W., Swift, P.,Hougaard, P.,Lynggaard, H.,Mortensen, H.B. (for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes), 松浦信夫 (児): 27th International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD)(2001.09.19〜22), Siena, Italy. J Pediatr Endocrinol Metab, 14 (suppl.3): 1033, 2001.

1493. [学会 (国際)] (ポスター講演) Nationwide survey of 2 diabetes among children and adolescents in Japan. 大木由加志, 岸  恵 (日本医大), 大和田 操 (日本大), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 27th International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (2001.09.19〜22), Siena, Italy. J Pediatr Endocrinol Metab, 14 (suppl.3): 1036, 2001.

1494. [学会 (国際)] (ポスター講演) Incidence of childhood diabetes mellitus in Japan: A study based on the registration system for medical aid. 大津成之, 横田行史, 風張幸司, 風張真由美, 松浦信夫 (児), 加藤忠明(こども家庭総合研究所), 柳澤正義 (東京大): 27th International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (2001.09.19〜22), Siena, Italy. J Pediatr Endocrinol Metab, 14 (suppl 3): 1036, 2001.

1495. [学会 (国際)] (ポスター講演) HbA1c standarization based on peptide mapping in Japan: Transfererability with calibrators in group study. 雨宮 伸, 望月美恵, 小林浩司 (山梨医大), 星野忠夫 (病態解析研究所), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 27th International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (2001.09.19〜22), Siena, Italy. J Pediatr Endocrinol Metab, 14 (suppl 3): 1060, 2001.

1496. [学会 (国際)] (ポスター講演) Transient focal neurologic deficits associated with hypoglycemia in patients with type 1 diabetes mellitus in Japan. 宮本茂樹, 佐藤浩一 (千葉こども), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 27th International Society for Pediatric and Adolescent Diabetes (ISPAD) (2001.09.19〜22), Siena, Italy. J Pediatr Endocrinol Metab, 14 (suppl 3): 1063, 2001.

1497. [学会 (全国)] (ポスター講演) 抗甲状腺剤治療中に筋肉痛及び高creatinine kinase (CK) 血症を認めた小児期発症バセドウ病3例の検討. 大津成之, 横田行史, 柴山啓子, 大山宜秀, 松浦信夫 (児): 第11回臨床内分泌代謝: Update (2001.03.10〜11), 東京. 日内分泌誌, 76: 124, 2001.

1498. [学会 (全国)] (一般講演) 18歳未満発症の小児・思春期2型糖尿病に関する全国調査 (第1報). 大木由加志, 大川宅也, 岸 恵 (日本医大), 大和田操 (日本大), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (supp.1): s-33, 2001.

1499. [学会 (全国)] (一般講演) わが国の小児糖尿病発症率−医療意見書からの登録とその問題点−. 大津成之, 横田行史, 風張幸司, 風張真由美, 松浦信夫 (児): 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (suppl.1): s-106, 2001.

1500. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病の新しい診断基準の小児における検討. 小林啓二, 佐々木 望 (埼玉医大), 貴田嘉一 (愛媛大), 田嶼尚子 (慈恵医大), 松浦信夫 (児): 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (suppl.1): s-107, 2001.

1501. [学会 (全国)] (一般講演) 小児・思春期の尿中アルブミン排泄量基準値の設定と1型糖尿病患者との比較. 皆川孝子, 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児), 浦上達彦 (日本大), 大木由加志 (日本医大), 菊池信行 (横浜市大), 川村智行 (大阪市大), 貴田嘉一 (愛媛大), 小児インスリン治療研究会: 第43回日本糖尿病学会総会(2001.04.16〜18), 京都市, 糖尿病, 44 (suppl.1): s-107, 2001.

1502. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期発症1型糖尿病患者におけるIDDMK1,2-22遺伝子多型の関連についての検討. 野元けい子, 横田行史, 大津成之, 風張幸司, 風張真由美 (児), 金城祥乃, 高須信行 (琉球大), 松浦信夫 (児): 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (suppl.1): s-81, 2001.

1503. [学会 (全国)] (一般講演) 1型糖尿病における低血糖に伴う一過性局在性神経症状. 宮本茂樹, 佐藤浩一 (千葉こども), 長谷川行洋 (清瀬小児), 浦上達彦 (日本大), 藤塚 聡 (防衛医大), 川村智行 (大阪市大), 伊藤卓夫 (愛媛大), 久野建夫 (佐賀医大), 松浦信夫 (児): 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44(suppl.1): s-121, 2001.

1504. [学会 (全国)] (一般講演) 前方視的多施設共同研究におけるHbA1c標準化:今後の国際的標準化での追跡性の確保. 望月美恵, 雨宮 伸, 小林浩司, 小林基章 (山梨医大), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児), 小児インスリン治療研究会, 深瀬美由紀, 岡橋美貴子, 星野忠夫 (病態解析研究所): 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (suppl.1): s-126, 2001.

1505. [学会 (全国)] (一般講演) 小児特発性血小板減少性紫斑病におけるγ-グロブリン大量療法と治療関連合併症の検討. 武田良淳, 阿部泰子, 長谷川 豪, 三宅 泉, 中舘尚也, 松浦信夫 (児): 第43回日本小児血液学会総会(2001.09.22), 北九州市.

1506. [学会 (全国)] (一般講演) ウイルムス腫瘍における11番染色体のLOH分析. 中舘尚也 (児), 金子安比古 (埼玉がんセンター): 第60回日本癌学会 (2001.09.26), 横浜市.

1507. [学会 (全国)] (一般講演) 神経芽細胞腫マス・スクリーニングにおけるテオフィリン製剤の影響. 中舘尚也, 横田行史, 松浦信夫 (児), 長谷川嘉春, 小野 彰: 第29回日本マス・スクリーニング学会総会 (2001.10.20), 横浜市. 日本マス・スクリーニング学会誌, 11 (2): 87, 2001.

1508. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期の慢性特発性血小板減少性紫斑病における長期予後の検討. 中舘尚也, 油井亜紀子, 阿部泰子, 三宅 泉, 松浦信夫 (児): 第43回日本臨床血液学会総会 (2001.11.14), 神戸市.

1509. [学会 (全国)] (一般講演) ウイルムス腫瘍における11番染色体LOH解析およびWT1遺伝子異常と病理組織型の検討. 中舘尚也 (児), 恒松由記子, 堀越泰雄, 畑江芳郎, 遠藤幹也, 駒田美弘, 菊田 敦, 横森欣司, 金子安比古: 第17回日本小児がん学会総会 (2001.12.08), 東京.

1510. [学会 (全国)] (一般講演) 難治てんかんに対するclobazamの効果 (予報). 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押  渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 岩崎俊之, 片山文彦, 冨加津雅巳 (児): 第43回日本小児神経学会総会(2001.06.08), 岡山. 脳と発達, 33 (総): s.148, 2001.

1511. [学会 (全国)] (一般講演) 難治てんかんに対するclobazamの効果−血中濃度測定の意義−. 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 岩崎俊之, 片山文彦, 冨加津雅巳 (児): 第18回日本TDM学会(2001.06.02), 東京. 第18回日本TDM学会・学術大会プログラム・要旨集, p.75, 2001.

1512. [学会 (全国)] (一般講演) 難治てんかんに対するclobazamの効果と血中濃度. 武井研二, 三浦寿男, 高梨 栄, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 岩崎俊之, 片山文彦, 冨加津雅巳 (児): 第35回日本てんかん学会(2001.09.28), 東京. てんかん研究, 20 (1): 63, 2002.

1513. [学会 (全国)] (一般講演) Landau-Kleffner 症候群が疑われた症例の言語発達経過. 弓削明子 (耳鼻咽喉科言語聴覚士), 石田宏代 (医衛), 武井研二, 三浦寿男 (児): 第86回日本小児精神神経学会 (2001.10.19), 大分. 第86回日本小児精神神経学会プログラム・要旨集, p.20, 2001.

1514. [学会 (全国)] (一般講演) 難治てんかんに対するclobazamの効果とclobazamならびに活性代謝物N-des-methylclobazamの血中濃度. 武井研二, 三浦寿男, 高梨 栄, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 岩崎俊之, 片山文彦, 冨加津雅巳 (児): 第28回日本小児臨床薬理学会 (2001.09.08), 兵庫. 第28回日本小児臨床薬理学会プログラム・抄録集, p.55, 2001.

1515. [学会 (全国)] (一般講演) Munchausen syndrome by proxyの1男児例の長期経過. 細田のぞみ, 三浦寿男(児): 第48回日本小児保健学会 (2001.11.17), 東京. 第48回日本小児保健学会講演集, p.480〜481, 2001.

1516. [学会 (全国)] (一般講演) 小児神経科医による乳幼児経過健診の実施状況. 栗原まな (神奈川県総合リハビリテーションセンター), 熊谷公明 (聖母訪問会小さき花の園), 細田のぞみ (児), 河西悦子, 小野美代子 (相模原保健所): 第48回日本小児保健学会 (2001.11.17), 東京. 第48回日本小児保健学会講演集, p.236〜237, 2001.

1517. [学会 (全国)] (一般講演) 小児インスリン治療研究会−5年間の成果−. 松浦信夫 (児), 佐々木 望 (埼玉医大), 雨宮 伸 (山梨医大), 小児インスリン治療研究会: 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (suppl.1): s-183, 2001.

1518. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期発症下垂体近傍腫瘍(頭蓋咽頭腫・胚芽腫)の術後内分泌機能と生命・社会的予後. 横田行史, 田久保憲行, 大津成之, 風張幸司, 風張真由美, 大山宜秀, 松浦信夫 (児): 第74回日本内分泌学会学術総会 (2001.06.29〜07.01), 横浜市. 日本内分泌学会雑誌, 77 (1): 86, 2001.

1519. [学会 (全国)] (一般講演) 乳幼児期発症1型糖尿病の背景と治療の現況. 横田一郎, 黒田泰弘 (徳島大), 雨宮 伸 (山梨医大), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 第35回日本小児内分泌学会 (2001.10.03〜05), 東京. Clin Pediatr Endocrinol, 10 (2): 193, 2001.

1520. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性ケトアシドーシス (DKA) 時のナトリウム (Na) 代謝異常についての検討. 田久保憲行, 横田行史, 大津成之, 風張真由美, 風張幸司, 大山宜秀, 松浦信夫 (児): 第35回日本小児内分泌学会(2001.10.03〜05), 東京. Clin Pediatr Endocrinol, 10(2): 164, 2001.

1521. [学会 (全国)] (一般講演)先天性甲状腺機能低下症ラットrdwにおける脳組織中のα-tubulin発現の検討. 忍田暁子, 柴山啓子, 松浦信夫 (児): 第44回日本甲状腺学会 (2001.11.08〜10), 沖縄. 日本内分泌学会雑誌, 77 (2): 243, 2001.

1522. [学会 (全国)] (一般講演)甲状腺機能低下症の母親から生まれた遅発性新生児甲状腺機能亢進症の1例. 松浦信夫, 柴山啓子, 横田行史, 大山宜秀 (児): 第44回日本甲状腺学会 (2001.11.08〜10), 沖縄. 日本内分泌学会雑誌, 77 (2): 245, 2001.

1523. [学会 (全国)] (一般講演) 喘息のアウトグロウにおける末梢血単核細胞のアポトーシス亢進と細胞亜群の解析. 野間 剛, 小川倫史, 菅原陽子, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野 豊, 松浦信夫 (児), 青木国輝 (同愛記念病院): 第13回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2001.05.10〜12), 横浜市. アレルギー, 50 (2, 3): 248, 2001.

1524. [学会 (全国)] (一般講演) ダニ誘発気管支喘息のアウトグロウにおけるIL-10産生亢進とアネルジーの誘導. 小川倫史, 菅原陽子, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第13回日本アレルギー学会春季臨床大会(2001.05.10〜12), 横浜市. アレルギー, 50 (2, 3): 292, 2001.

1525. [学会 (全国)] (一般講演) β2刺激薬のエオタキシン産生亢進作用とβ受容体の解析. 藤原幸子, 菅原陽子, 小川倫史, 石川義人, 野間 剛 (児), 松井猛彦 (都立荏原病院), 永井博弌 (岐阜薬科大): 第13回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2001.05.10〜12), 横浜市. アレルギー, 50 (2, 3): 292, 2001.

1526. [学会 (全国)] (一般講演) ヨウレチンのエオタキシン産生抑制作用の解析. 川野 豊 (横浜赤十字), 西迫 真, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第13回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2001.05.10〜12), 横浜市. アレルギー, 50(2, 3): 305, 2001.

1527. [学会 (全国)] (一般講演) ダニ抗原誘発気管支喘息患児T細胞に発現するCD47 (IAP) のTh1/Th2調節作用. 石川義人, 小川倫史, 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第51回日本アレルギー学会総会 (2001.10.29〜31), 福岡市. アレルギー, 10 (9,10): 913, 2001.

1528. [学会 (全国)] (一般講演) 非アトピー型気管支喘息患児の末梢血単核細胞におけるIL-13産生についての検討. 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児), 青木国輝, 山口公一 (同愛記念病院): 第51回日本アレルギー学会総会(2001.10.29〜31), 福岡市. アレルギー, 10 (9,10): 916, 2001.

1529. [学会 (全国)] (一般講演) 気管支喘息患者末梢血リンパ球におけるアポトーシス誘導に関わるサイトカインの作用. 野間 剛, 藤原幸子, 小川倫史, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野 豊 (児), 青木国輝 (同愛記念病院), 松浦信夫 (児): 第51回日本アレルギー学会総会 (2001.10.29〜31), 福岡市. アレルギー, 10 (9,10): 916, 2001.

1530. [学会 (全国)] (一般講演) 小児皮膚筋炎を合併した気管支喘息の1例. 藤武義人, 野間 剛, 石川義人, 小川倫史, 佐伯敏亮, 川野 豊, 松浦信夫 (児): 第51回日本アレルギー学会総会 (2001.10.29〜31), 福岡市. アレルギー, 10 (9,10): 964, 2001.

1531. [学会 (全国)] (一般講演) Th2細胞特異抗原, CRTH2発現による食物アレルギーの病因抗原の診断. 田中里佳, 藤原幸子, 小川倫史, 西迫 真, 藤武義人, 石川義人, 川野 豊, 松浦信夫 (児), 永田欽也 (ビ・エム・エル), 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第51回日本アレルギー学会総会 (2001.10.29〜31), 福岡市. アレルギー, 10 (9,10): 970, 2001.

1532. [学会 (全国)] (一般講演) ロキシスロマイシン (ROX) の末梢血リンパ球におけるアポトーシス誘導作用についての検討. 小川倫史, 藤原幸子, 西迫 真, 藤武義人, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第51回日本アレルギー学会総会 (2001.10.29〜31), 福岡市. アレルギー, 10 (9,10): 1026, 2001.

1533. [学会 (全国)] (一般講演) ヨード結合レシチン (ヨウレチン) を用いた抗アレルギー療法によるサイトカイン産生パターンの変化. 佐伯敏亮, 藤原幸子, 石川義人, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第38回日本小児アレルギー学会(2001.10.06〜07), 福岡市. 日本小児アレルギー学会誌, 15(4): 456, 2001.

1534. [学会 (全国)] (一般講演) β2刺激薬のエオタキシン産生の亢進とその作用機序の解析. 野間 剛, 藤原幸子, 伊藤京子, 小川倫史, 川野 豊, 石川義人 (児), 松井猛彦 (都立荏原病院): 第38回日本小児アレルギー学会(2001.10.06〜07), 福岡市. 日本小児アレルギー学会誌, 15(4): 457, 2001.

1535. [学会 (全国)] (一般講演) 多発性硬化症類似の中枢神経症状を伴った小児シェーグレン症候群の1例. 田中里佳, 武田良淳, 小川倫史, 石川義人, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛, 松浦信夫 (児): 第38回日本小児アレルギー学会 (2001.10.06〜07), 福岡市. 日本小児アレルギー学会誌, 15 (4): 471, 2001.

1536. [学会 (全国)] (一般講演) シクロスポリンにリポ化ステロイドの併用療法を施行したウイルス関連血球貪食症候群 (VAHS) の3症例. 石川義人, 小川倫史, 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第43回日本臨床血液学会総会(2001.11.13〜15), 神戸市. 臨床血液, 42 (10): 974, 2001.

1537. [学会 (全国)] (一般講演) 血球貪食症候群 (VAHS) を伴った慢性活動性EBウイルス感染症の1幼児例−再燃時のAraA療法の試み. 武田良淳, 野間 剛, 小川倫史, 石川義人, 川野 豊, 田久保憲行, 石川文子, 岩波直美, 佐伯敏亮, 松浦信夫 (児): 第43回日本臨床血液学会総会(2001.11.13〜15), 神戸市. 臨床血液, 42 (10): 974, 2001.

1538. [学会 (全国)] (一般講演) DSCG療法により症状の改善を見た腸リンパ管拡張症の一男児例. 小川倫史, 野間 剛, 石川義人, 川野 豊, 敷島康史, 佐伯敏亮, 藤田由紀, 中畑弥生, 松浦信夫 (児): 第43回日本臨床血液学会総会 (2001.11.13〜15), 神戸市. 臨床血液, 42 (10): 978, 2001.

1539. [学会 (全国)] (一般講演) 乳幼児期好中球低下症における好中球細胞表面抗原の解析. 藤武義人, 野間 剛, 石川義人, 佐伯敏亮, 小川倫史, 川野 豊, 敷島康史, 西迫 真, 松浦信夫 (児): 第43回日本臨床血液学会総会(2001.11.13〜15), 神戸市. 臨床血液, 42 (10): 978, 2001.

1540. [学会 (全国)] (一般講演) EBウイルス関連血球貪食症候群 (EB-VAHS) 患児リンパ球におけるアポトーシスの解析. 神前泰希, 野間 剛, 川野 豊, 佐伯敏亮, 石川義人, 小川倫史, 西迫 真, 藤原幸子, 松浦信夫 (児): 第29回日本臨床免疫学会総会 (2001.12.10〜11), 大阪市. 日本臨床免疫学会会誌, 24 (5): 287, 2001.

1541. [学会 (全国)] (一般講演) IgG2低下症に気管支喘息を合併した1男児例についての検討. 青木国輝, 長谷川真成, 山口公一, 加藤摩耶, 井出文仁, 保崎一郎, 向山徳子(同愛記念病院), 川野 豊, 野間 剛 (児): 第18回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会 (2001.06.07〜08), 千葉市. 第18回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会プログラム・抄録集, p.51, 2001.

1542. [学会 (全国)] (一般講演) CD47 (IAP) によるTh1/Th2細胞亜群の制御. 石川義人, 野間 剛(児): 第31回日本免疫学会総会・学術総会 (2001.12.11〜13), 大阪市. 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31: 45, 2001.

1543. [学会 (全国)] (一般講演) 小児アトピー性疾患に発現する共通のIgE抗体UH遺伝子; House Dust Mite (HDM) 特異的なヒトモノクローナルIgE抗体Uh遺伝子との比較検討. 坂東由紀 (児), 清水 章 (京都大学遺伝子実験施設), 羅 智靖 (日本大学): 第51回日本アレルギー学会総会 (2001.10.29), 福岡. アレルギー, 50 (9, 10): 939, 2001.

1544. [学会 (全国)] (一般講演) Food-dependent exercise-induced anaphylaxis (FDEIA) の2症例. 根本文子 (児), 坂東由紀(相模原協同病院): 第38回日本小児アレルギー学会 (2001.10.06), 北九州.

1545. [学会 (全国)] (一般講演) 急激な腎機能障害と精神症状を呈した全身性エリテマトーデス (SLE) の一女児例. 田久保憲行, 坂東由紀, 田中里佳, 根本文子, 佐伯敏亮, 中村信也, 松浦信夫, 内山真寿美 (児), 赤星 透 (臨検学), 宮地英雄 (児): 第51回日本アレルギー学会総会(2001.10.31), 福岡. アレルギー, 50 (9, 10): 993, 2001.

1546. [学会 (全国)] (一般講演) 経胸壁超音波, ドプラ法による右冠動脈病変を有する川崎病症例の冠血流評価-右後下行動脈 (RPD) と中心動脈 (MC) 部の血流速波形-(第2部). 平石 聡, 広田浜夫, 武田信裕, 堀口泰典, 藤野宣之, 小川夏子 (児): 第37回日本小児循環器学会総会(2001.07.04), 静岡. 日本小児循環器学会雑誌, 17 (2): 188, 2001.

1547. [学会 (全国)] (一般講演) 超低出生体重児の出血性水頭症に対するminiature Ommaya's reservoirの管理点. 中原邦晶, 岡 秀宏, 宇津木 聡 (脳外), 野渡正彦, 佐藤雅彦, 釼持 学 (児), 今野慎吾, 福島 裕, 藤井清孝 (脳外): 第29回日本小児神経外科学会 (2001.09.07), 静岡.

1548. [学会 (全国)] (一般講演) 超低出生体重児に対する早期母乳の検討. 野渡正彦, 佐藤雅彦, 入江暁子 (児): 第10回母乳育児シンポジウム (2001.08.05), 横浜.

1549. [学会 (全国)] (一般講演) MRSA感染により脊髄硬膜外膿瘍をきたした新生児例. 金井雄二 (産), 佐藤雅彦 (協同病院), 野々山勝人 (感染症), 中畑弥生, 野渡正彦 (児), 砂川慶介 (感染症), 松浦信夫 (児): 第37回日本新生児学会 (2001.07.16), 横浜. 日本新生児学会雑誌, 37 (2): 219, 2001.

1550. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児甲状腺機能亢進症の発症が予測される児に対する補充-抑制療法の試み. 柏木 好 (協同病院), 野渡正彦, 佐藤雅彦, 横田行史, 松浦信夫 (児), 百渓尚子 (東京都予防医学協会): 第37回日本新生児学会 (2001.07.16), 横浜. 日本新生児学会雑誌, 37 (2): 189, 2001.

1551. [学会 (全国)] (一般講演) IUGRにおける血小板減少症の検討 (第3報: 臍帯血造血幹細胞コロニーアッセイの比較). 山田俊彦, 荻野純代, 内野直樹 (相模野病院), 釼持 学, 渡辺智子, 柏木 好, 三須陽子, 佐藤雅彦, 野渡正彦 (児): 第37回日本新生児学会 (2001.07.16), 横浜. 日本新生児学会雑誌, 37 (2): 361, 2001.

1552. [学会 (全国)] (一般講演) 血栓性自然閉鎖を示した動脈管瘤の1例−心エコーによる経時的観察−. 神前泰希, 佐藤雅彦, 平石 聡, 隅越 誠, 野渡正彦, 松浦信夫 (児): 第37回日本新生児学会 (2001.07.16), 横浜. 日本新生児学会雑誌, 37 (2): 177, 2001.

1553. [学会 (全国)] (一般講演) 超低出生体重児における消化管穿孔の検討. 釼持 学, 野渡正彦, 佐藤雅彦 (児), 荻野純代 (相模野病院), 松浦信夫 (児): 第37回日本新生児学会 (2001.07.16), 横浜. 日本新生児学会雑誌, 37 (2): 222, 2001.

1554. [学会 (全国)] (ポスター講演) 小児期発症1型糖尿病患者におけるHbA1cの施設間較差に関する検討. 岡田泰助 (高知医大), 内潟安子, 岩本安彦 (東女医大), 松浦信夫 (児), 佐々木 望 (埼玉医大), 雨宮 伸 (山梨医大), 小児インスリン治療研究会: 第43回日本糖尿病学会総会 (2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (suppl.1): s-147, 2001.

1555. [学会 (全国)] (ポスター講演) 小児期発症1型糖尿病患者における一日4分割尿糖定量法の有用性の再評価. 田久保憲行, 横田行史, 大津成之, 風張真由美, 風張幸司, 大山宜秀, 松浦信夫 (児): 第43回日本糖尿病学会総会(2001.04.16〜18), 京都市. 糖尿病, 44 (suppl.1): s-147, 2001.

1556. [学会 (全国)] (ポスター講演) 母乳中のダイオキシン曝露が乳児甲状腺機能に及ぼす影響に関する研究. 松浦信夫 (児), 多田 裕 (東邦大), 近藤直実 (岐阜大), 中村好一 (自治医大), 藤田晃三, 福士 勝 (札幌衛研): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 318, 2001.

1557. [学会 (全国)] (ポスター講演) 18歳未満発症の小児・思春期2型糖尿病に関する全国アンケート調査 (第1報). 大木由加志, 大川拓也, 岸 恵 (日本医大), 大和田 操 (日本大), 佐々木 望 (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 416, 2001.

1558. [学会 (全国)] (ポスター講演) 小児期発症Graves'病における抗甲状腺剤治療中の高Creatine Kinase (CK) 血症の検討. 大津成之, 横田行史, 大山宜秀, 風張幸司, 風張真由美, 松浦信夫 (児): 第74回日本内分泌学会学術総会 (2001.06.29〜07.01), 横浜市. 日本内分泌学会雑誌, 77(1): 157, 2001.

1559. [学会 (全国)] (ポスター講演) 甲状腺形成異常症患者に認められた甲状腺転写因子TTF-2遺伝子アラニン反復配列のポリモルフィズムと機能解析. 菱沼 昭 (獨協医大), 大山宜秀 (児), 栗林武男, 長久保成実 (獨協医大), 柴山啓子 (児), 有阪 治 (獨協医大), 松浦信夫 (児), 家入蒼生夫 (獨協医大): 第74回日本内分泌学会学術総会(2001.06.29〜07.01), 横浜市. 日本内分泌学会雑誌, 77 (1): 178, 2001.

1560. [学会 (全国)] (ポスター講演) GHRH受容体遺伝子変異が示唆されたGH単独欠損症の女児例. 大津成之, 野元けい子(児), 水本雅彦, 石川信義 (北見赤十字), 風張幸司, 横田行史, 松浦信夫 (児): 第35回日本小児内分泌学会 (2001.10.03〜05), 東京. Clin Pediatr Endocrinol, 10(2): 176, 2001.

1561. [学会 (全国)] (ポスター講演) 先天性腎性尿崩症における新たなV2受容体遺伝子変異. 山田 哲, 松村一弘, 野元けい子, 大津成之, 横田行史, 松浦信夫 (児): 第35回日本小児内分泌学会 (2001.10.03〜05), 東京. 日児誌, 106 (7): 930, 2002.

1562. [学会 (全国)] (ポスター講演) 潜因性局在関連性てんかんに対するzonisamide単剤1日1回投与法の長期予後. 細田のぞみ, 三浦寿男, 高梨 栄, 白井宏幸, 砂押 渉, 島貫 郁, 武井研二, 片山文彦, 岩崎俊之, 冨加津雅巳(児): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.19), 仙台. 日本小児科学会雑誌, 105 (3) : 370, 2001.

1563. [学会 (全国)] (ポスター講演) 治験審査委員会 (IRB) における審議内容の分析とIRBの効率化への対策. 露崎浩子, 石原睦月, 野満裕子, 柴田恵子, 工藤しとみ (治験管理室), 近藤啓文 (内), 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤部), 三浦寿男 (児): 第22回日本臨床薬理学会 (2001.12.15), 横浜. 臨床薬理, 33 (2): S453, 2002.

1564. [学会 (全国)] (ポスター講演) 混合性結合組織病の一女児例. 佐伯敏亮, 野間 剛, 大西優子, 隅越 誠, 石川義人, 川野 豊 (児): 第104回日本小児科学会学術集会(2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 275, 2001.

1565. [学会 (全国)] (ポスター講演) 寛解中末梢血CD8陽性細胞の増殖を認めたEBウイルス関連血球貪食症候群の一幼児例. 田久保憲行, 野間 剛, 小川倫史, 石川文子, 岩波直美, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫 (児): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 276, 2001.

1566. [学会 (全国)] (ポスター講演) 血球貪食症候群 (HPS) 15例の臨床像および血清サイトカイン値の検討. 石川義人, 野間 剛, 西迫 真, 佐伯敏亮, 川野 豊, 松浦信夫(児): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 295, 2001.

1567. [学会 (全国)] (ポスター講演) IdiopathicCD4+T-lymphocytopenia (ICL) の1女児例−末梢単核細胞のアポトーシスの検討−. 小川倫史, 野間 剛, 川野 豊, 敷島康史, 佐伯敏亮, 石川義人, 松浦信夫 (児): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 338, 2001.

1568. [学会 (全国)] (ポスター講演) 自然発症した無ガンマグロブリン血症の一幼児例:免疫学的解析. 釼持 学, 野間 剛, 小川夏子, 堀口泰典, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫 (児), 金兼弘和, 宮脇利男 (富山医薬大): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 338, 2001.

1569. [学会 (全国)] (ポスター講演) 成長ホルモンによるダニ抗原特異ヒトIgE産生増強作用についての解析. 野間 剛, 菅原陽子, 川野 豊, 小川倫史, 西迫 真, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫 (児): 第104回日本小児科学会学術集会 (2001.05.18〜20), 仙台市. 日児誌, 105 (3): 401, 2001.

1570. [学会 (全国)] (ポスター講演) ダニ抗原特異ヒトIgE産生系に与える成長ホルモンの作用. 野間 剛, 菅原陽子, 川野 豊, 藤原幸子, 小川倫史, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫 (児): 第31回日本免疫学会総会・学術総会(2001.12.11〜13), 大阪市. 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31: 36, 2001.

1571. [学会 (全国)] (ポスター講演) 右冠動脈瘤内の血栓性閉塞による心筋梗塞症例の経時的冠血流予備能評価. 小川夏子, 平石 聡, 広田浜夫, 武田信裕, 藤野宣之, 堀口泰典, 中畑弥生 (児): 第37回日本小児循環器学会総会(2001.07.06), 静岡市. 日本小児循環器学会雑誌, 17 (2): 393, 2001.

1572. [学会 (全国)] (ポスター講演) 川崎病児における左前下行枝の閉塞性病変の経胸壁超高波診断−カラートプラー法と冠動脈予備能検査, 併用の臨床的意義−(第2報). 広田浜夫, 平石 聡, 武田信裕, 中畑弥生, 堀口泰典, 藤野宣之, 小川夏子 (児): 第37回日本小児循環器学会総会(2001.07.06), 静岡市. 日本小児循環器学会雑誌, 17 (2): 386, 2001.

1573. [学会 (全国)] (ポスター講演) 有意な冠動脈病変の無い川崎病既往児に冠動脈石灰化は生じるか. 堀口泰典, 小川夏子, 西村真里子, 平石 聡, 藤野宣之, 広田浜夫, 武田信裕 (児): 第104回日本小児科学会学術集会(2001.05.20), 仙台市. 日本小児科学会雑誌, 105 (3): 391, 2001.

1574. [学会 (全国)] (ポスター講演) 縮窄を有する大動脈の電子ビームCT三次元画像による評価-第2報-修復術式別の検討. 堀口泰典, 平石 聡, 藤野宣之, 広田浜夫, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児): 第37回日本小児循環器学会総会 (2001.07.06), 静岡市. 日本小児循環器学会雑誌, 17 (2): 400, 2001.

1575. [学会 (全国)] (ポスター講演) 胎児期に巨大動脈瘤を認め, 出生後早期に肺出血を来した正期産児の一例. 阿部泰子, 平石 聡, 佐藤雅彦, 野渡正彦 (児): 第46回日本未熟児新生児学会 (2001.11.30), 横浜. 日本未熟児新生児学会雑誌, 13 (3): 377, 2001.

1576. [学会 (全国)] (ポスター講演) 4年間に9回9出向性膀胱炎を反復した11歳男児例. 本山 治, 重富ゆかり (東邦大), 飯高喜久雄 (児): 第31回日本腎臓学会東部学術大会 (2001.10.26), 甲府市. 日腎誌, 43 (6): 538, 2001.

1577. [学会 (全国)] (教育講演) 小児・若年1型糖尿病の薬物療法−インスリン療法の進歩と新しい治療展開. 松浦信夫 (児): 第35回糖尿病学の進歩 (2001.02.23〜24), 広島市.

1578. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 機能喪失型のTSH受容体遺伝子変異 (R450H) を認めた先天性甲状腺機能低下症の1例. 柴山啓子, 大山宜秀 (児), 菱沼 昭, 家入蒼生夫 (獨協医大), 松浦信夫 (児): 第44回日本甲状腺学会 (2001.11.08〜10), 沖縄. 日本内分泌学会雑誌, 77 (2): 239, 2001.

1579. [学会 (全国)] (シンポジウム等) HNF-1α遺伝子異常によるMODY母児例の臨床的検討. 松浦信夫 (児), 小池明美 (小池こどもクリニック): 第17回日本糖尿病・妊娠学会 (2001.12.01〜02), 東京. 糖尿病と妊娠, 1 (3): S-41, 2001.

1580. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 単剤治療と多剤併用療法 (主題: てんかんの治療−薬物療法を中心として−). 三浦寿男 (児): 第35回日本てんかん学会 (2001.09.27), 東京. てんかん研究, 20 (1): 44〜45, 2002.

1581. [学会 (全国)] (シンポジウム等) NICU病棟におけるMRSA院内感染対策-ビフィズス菌投与はMRSA感染予防となるか?. 山田俊彦, 荻野純代, 今井純好, 河西紀昭(相模野病院母子センター小児科), 内野直樹 (相模野病院母子センター産婦人科): 第39回日本社会保険医学会総会(2002.11.13), 大阪.

1582. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 新生児診療に役立つ動脈管開存症の見方. 平石 聡 (児): 第46回日本未熟児新生児学会 (2001.10.26), 横浜. 日本未熟児新生児学会雑誌, 13 (3): 67, 2001.

1583. [学会 (地方)] (一般講演) 当科で経験した特発性血小板減少性紫斑病の臨床像. 阿部泰子, 中舘尚也, 三宅 泉, 松浦 信夫 (児): 日本小児科学会 第248回神奈川県地方会 (2001.02.03), 横浜市.

1584. [学会 (地方)] (一般講演) Clobazamの投与により“笑い発作”が頻発した難治てんかんの1例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押  渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 武井研二, 片山文彦, 冨加津雅巳 (児): 第35回日本小児神経学会関東地方会 (2001,09.29), 東京. 第35回日本小児神経学会関東地方会プログラム・抄録集, p.20, 2001.

1585. [学会 (地方)] (一般講演) 特異な経過をたどった急性散在性脳脊髄炎の1例. 長谷川 豪, 阿部泰子, 三浦寿男, 砂押  渉, 武井研二 (児): 第253回日本小児科学会神奈川県地方会 (2001.11.10), 横浜.

1586. [学会 (地方)] (一般講演) T細胞亜群の特異的機能異常が示唆されたHarlequin Ichthysis (最重症型先天性魚鱗) の1例. 油井亜紀子, 佐藤雅彦, 野渡正彦, 根本文子, 野間 剛, 松浦信夫 (児): 第252回日本小児科学会神奈川県地方会 (2001.09.29), 横浜市. 第252回日本小児科学会神奈川県地方会プログラム・抄録集, 2001.

1587. [学会 (地方)] (一般講演) 超低出生体重児にみられた消化管穿孔の検討. 藤武義人, 佐藤雅彦, 野渡正彦 (児): 日本小児科学会神奈川県地方会 (2001.04.22), 横浜.

1588. [研究会 (全国)] (特別講演) ウイルムス腫瘍におけるWT1遺伝子異常と11番染色体のLOH解析. 中舘尚也(児): 第64回小児血液・腫瘍懇話会 (2002.03.20), 東京.

1589. [研究会 (全国)] (一般講演) 「医療的ケアが必要な子の研究」分科会報告. 細田のぞみ (児): 全国訪問教育研究会第14回全国大会 (2001.08.02), 川崎. 訪問教育研究, 14: 46, 2001.

1590. [研究会 (全国)] (一般講演) 小児の抗てんかん薬物単剤治療. 三浦寿男 (児): 平成13年度厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 (13指−1): てんかんの診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班会議 (2001.12.14), 東京. 予稿集 平成13年度厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 (13指−1): てんかんの診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班会議プログラム・抄録集, p.16, 2001.

1591. [研究会 (全国)] (一般講演) 小児皮膚筋炎寛解時におけるトラニラスト (リザベン) の使用経験. 石川義人, 小川倫史, 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第11回日本小児リウマチ研究会 (2001.10.27〜28), 鹿児島市. 第11回日本小児リウマチ研究会プログラム・抄録集 (2001), p.55, 2001.

1592. [研究会 (全国)] (一般講演) 小児多発性硬化症のMRI所見. 武田良淳, 田中里佳, 松浦由希子 (児), 鷺内隆雄 (放), 小川倫史, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第11回日本小児リウマチ研究会 (2001.10.27〜28), 鹿児島市. 第11回日本小児リウマチ研究会プログラム・抄録集 (2001), p.57, 2001.

1593. [研究会 (全国)] (一般講演) 混合性結合組織病の一女児例. 佐伯敏亮, 小川倫史, 石川義人, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第11回日本小児リウマチ研究会 (2001.10.27〜28), 鹿児島市. 第11回日本小児リウマチ研究会プログラム・抄録集 (2001), p.61, 2001.

1594. [研究会 (全国)] (一般講演) 高度の石灰化を伴う川崎病冠動脈閉塞性病変に対するロータブレータインターベンション−2例の検討−. 油井亜紀子, 堀口泰典, 平石 聡, 広田浜夫, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児), 黒沢利郎, 福田直人 (内): 第13回Pediatric Inter ventional Cardialogy 研究会 (2002.01.26), 徳島. プログラム・抄録集, p.102, 2002.

1595. [研究会 (全国)] (一般講演) 先天性大動脈弁狭窄に対するバルーン弁形成術−治療目標の検討−. 堀口泰典, 平石 聡, 広田浜夫, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 釼持 学, 長谷川 豪 (児): 第13回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会 (2002.01.26), 徳島市. プログラム・抄録集, p.105, 2002.

1596. [研究会 (全国)] (ポスター講演) 日本人小児腹膜平衡試験 (PET) の標準化プロトコール. 小児PD研究会, 郭 義胤, 本田雅敬 (児), 飯高喜久雄 (大和市立病院), 生駒雅昭, 上村 治, 坂野 尭, 白髪宏司, 都築一夫, 服部元央, 星井桜子, 柳原俊雄, 山岡完次, 飯島一誠, 和向尚弘 (児): 第7回日本腹膜透析研究会 (2001.11.10), 広島市.

1597. [研究会 (全国)] (特別講演) インドメタシン体内動態における腸肝循環の関与について. 木村利美 (薬剤部), 佐藤雅彦 (児): 第3回 PDA研究会 (2001.11.28), 横浜.

1598. [研究会 (全国)] (特別講演) PDAに対するインドメタシンの薬物動態解析. 佐藤雅彦 (児), 木村利美 (薬剤部), 野渡正彦 (児): 第3回 PDA研究会 (2001.11.28), 横浜.

1599. [研究会 (全国)] (特別講演) 「腎臓病管理指導表」の改訂にあたり. 飯高喜久雄 (児): 第4回学童腎臓病検診研究会 (2002.02.09), 東京.

1600. [研究会 (全国)] (特別講演) 出世後PH Crisisを認めた胎児期卵円孔閉鉋の1例. 中畑弥生, 平石 聡, 広田浜夫, 中村公則, 三須陽子, 佐藤雅彦, 野渡正彦, 堀口泰典, 秋野史彰, 三上哲夫 (児): 第8回日本胎児心臓病研究会(2002.02.16), 秋田市. プログラム・抄録集, 11: 29, 2002.

1601. [研究会 (地方)] (一般講演) 家族性大腸ポリポージスに合併した後腹膜デスモイド腫瘍の1例. 三重野浩朗, 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 井原 厚, 大谷剛正, 柿田 章 (外), 守屋俊介, 朝長 香, 中舘尚也 (児), 岩渕 啓一 (病理): 第34回神奈川小児悪性腫瘍研究会 (2001.03.10), 横浜市.

1602. [研究会 (地方)] (一般講演) 発症時に血小板減少を伴った肝芽腫の1例. 中舘尚也, 中畑弥生, 阿部泰子, 武田良淳, 松浦信夫 (児): 第34回神奈川小児悪性腫瘍研究会 (2001.03.10), 横浜市.

1603. [研究会 (地方)] (一般講演) 民間療法により治療開始が著しく遅れた眼瞼原発横紋筋肉腫Stage IIIの臨床経過について. 中舘尚也, 緒方昌平, 三宅 泉, 松浦信夫, 倉知 隆, 大平睦郎 (児): 第35回神奈川小児悪性腫瘍研究会 (2002.03.02), 横浜市.

1604. [研究会 (地方)] (一般講演) Vigabatrinが著効し長期継続投与を行っている潜在性局在関連性てんかんの1例−視野狭窄 (副作用) の経過も含めて−. 砂押 渉, 三浦寿男, 白井宏幸, 細田のぞみ, 島貫 郁, 武井 研二, 片山文彦, 岩崎俊之, 冨加津雅巳 (児): 第48回神奈川てんかん懇話会 (2001.07.14), 横浜. 神奈川県精神医学会誌, 51: 89, 2001.

1605. [研究会 (地方)] (一般講演) Clobazamとの相互作用によりphenytoin中毒をきたした難治てんかんを合併する精神遅滞児の経緯. 白井宏幸, 三浦寿男, 藤野宣之, 板東由紀, 原 真人, 柏木 好, 渡辺智子 (児): 第49回神奈川てんかん懇話会 (2002.01.19), 横浜. 神奈川県精神医学会誌, p.52, 2002.

1606. [研究会 (地方)] (一般講演) Clobazamの投与により“笑い発作”が頻発し睡眠障害をきたした難治てんかんの1例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 武井研二, 片山文彦, 冨加津雅巳 (児): 第28回神奈川小児神経懇話会 (2001,07.07), 横浜. 第28回神奈川小児神経懇話会抄録集, p.8, 2001.

1607. [研究会 (地方)] (一般講演) 肢体不自由養護学校での児童・生徒の給食の摂食状況およびこれに関する教師の意識調査. 細田のぞみ, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 島貫 郁 (児): 第29回神奈川小児神経懇話会 (2002.01.26), 横浜. 第29回神奈川小児神経懇話会抄録集, p.6, 2002.

1608. [研究会 (地方)] (一般講演) CLDに対するデキサメサゾン療法の副作用についての検討. 長谷川 豪, 釼持 学, 佐藤雅彦, 野渡正彦 (児): 第9回神奈川県新生児未熟児連絡会-神奈川県RDS・サーファクタント関連検討 (2001.06.01), 横浜

1609. [研究会 (地方)] (一般講演) 相模野病院NICUにおける聴力スクリーニングの実際. 荻野純代, 山田俊彦, 今井純好, 河西紀昭 (相模原病院母子センター小児科), 第7回北里医学耳鼻科研究会 (2001.11.10), 相模原.

1610. [研究会 (地方)] (特別講演) 抗てんかん薬の発達薬理と体内動態モニタリング. 三浦寿男 (児): 第51回東海てんかん集談会 (2001.07.07), 名古屋. 予稿集 第51回東海てんかん集談会抄録集, p.11, 2001.

1611. [研究会 (地方)] (特別講演) 小児のてんかんと抗てんかん薬の体内動態モニタリング. 三浦寿男 (児): 小田原薬剤師会研修会 (2002.03.14), 小田原.

1612. [研究会 (地方)] (特別講演) 熱性けいれんの治療・管理をめぐって. 三浦寿男 (児): 第12回磐田市小児症例検討会 (2001.11.15), 磐田.

1613. [研究会 (地方)] (特別講演) 新生児動脈管の開閉制御. 平石 聡 (児): 徳島循環器研究会 (2001.12.07), 徳島.

1614. [研究会 (地方)] (特別講演) 学校検尿−腎臓病管理指導表の改訂にあたって−. 飯高喜久雄 (児): 神奈川県学校・腎疾患管理研究会 第27回研究会 (2001.09.22), 横浜.

1615. [研究会 (地方)] (教育講演) てんかん治療とTDM: てんかんとTDM. 三浦寿男 (児): 第31回薬物治療モニタリング研究会特別ゼミナール (2001.09.16), 東京. 予稿集 第31回薬物治療モニタリング特別ゼミナール講義録, p. 7, 2001.

1616. [研究会 (地方)] (教育講演) 難治てんかんをもつ子どもの治療と発達予後. 細田のぞみ (児): 日本てんかん協会東京都支部第2回教育セミナ− (2001.08.27), 東京.


<<19 産科学>>


1617. [原著] Dose epidural analgesia prolong labor when electively induced? 斉藤 克, 望月純子, 金井雄二, 谷 昭博, Yoshihara, H., 天野 完, 西島正博(産婦): 北里医学, 31 (5): 297〜301, 2002.

1618. [原著] Significance of fetal fibronectin and cytokines measurement in the cervicovaginal secretions of women at term to predict term labor. 今井雅夫, 谷 昭博, 斉藤真希, 斉藤 克, 天野 完, 西島正博 (産婦): Eur J. Obstet. Gynecol, Reprod Biol, 97: 53〜58, 2001.

1619. [原著] 帝王切開麻酔時における子宮収縮剤選択に関する検討. 本橋恵美子, 大河原 聡, 根本玲子, 望月愛郎, 内野直樹, 西島正博 (産婦): 日産婦関東連合地方部会誌, 38 (4): 389〜392, 2001.

1620. [原著] 分娩時の脊椎麻酔硬膜外麻酔併用法と胎児心拍数所見. 望月純子, 天野 完, 斉藤 克, 西島正博 (産婦), 奥富俊之 (麻): 日本産科婦人科学会雑誌, 54 (1): 23〜27, 2002.

1621. [準原著] 鍼灸療法で骨盤位を矯正できるか?. 荒井忠士 (産婦), 奥富俊之 (麻), 天野 完, 西島正博 (産婦), 外 須美夫 (麻): 日本産科婦人科学会雑誌, 53 (8): 1217〜1220,

1622. [準原著] 産婦人科医と社会保険〜ポイントとピットホール〜. 谷 昭博 (産婦): いのち一生命, 27: 8〜9, 2002.

1623. [症例報告] 母体死亡となった僧帽弁狭窄症合併妊娠の1例. 加藤千緒, 斉藤 克, 菊地信三, 望月純子, 前原大介, 谷 昭博, 天野 完, 西島正博 (産婦): 日産婦関東連合地方部会誌, 38 (1): 31〜35, 2001.

1624. [講座] 水過少例の周産期予後. 西島正博, 天野 完, 安藤宏美 (産婦): 産婦人科の実際, 50: 1007〜1011, 2001.

1625. [講座] 第34回PWG (周産期ワーキンググループ)報告 前置胎盤の症例をめぐって. 天野 完 (産婦): 日産婦神奈川地方部会誌, 38 (2): 65〜67, 2002.

1626. [講座] 無痛分娩の手技と監視法. 天野 完 (産婦): 産婦人科の世界, 53: 25〜33, 2001.

1627. [講座] 胎盤早期剥離で会った胎児ジストレスの1症例. 天野 完 (産婦): ペリネイタルケア, 20: 37〜40, 2001.

1628. [講座] 妊娠時の肝機能. 天野 完 (産婦): 周産期医学, 31: 573〜576, 2001.

1629. [講座] 積極的に麻酔分娩を行う立場から. 天野 完 (産婦): 分娩と麻酔, 81: 46〜52, 2001.

1630. [講座] 子宮内反症. 天野 完 (産婦): 臨婦産, 55: 716〜720, 2001.

1631. [講座] 分娩時の羊水補充療法. 天野 完 (産婦): 周産期医学, 31: 1057〜1060, 2001.

1632. [講座] 周産期救急にかかわる医事紛争 紛争の防止対策. 谷 昭博 (産婦): 臨床婦人科産科, 55 (11): 1263〜1265, 2001.

1633. [講座] 帝王切開-QOLの向上を考える-前置胎盤症例の帝王切開. 谷 昭博 (産婦): 産科と婦人科, 69 (3): 332〜337, 2002.

1634. [講座] 妊娠中の女性が風邪をひいたら. 西島正博, 前原大介 (産婦): 診断と治療, 89: 473〜476, 2001.

1635. [講座] 妊娠中の女性が腹痛を訴えたら. 西島正博, 新井正秀 (産婦): 診断と治療, 89: 477〜481, 2001.

1636. [講座] 妊娠中の女性が膀胱炎になったら. 西島正博, 田口雅之 (産婦): 診断と治療, 89, 482〜484, 2001.

1637. [講座] 胎盤娩出術. 西島正博, 田口雅之 (産婦): 産婦の実際, 50 (11): 1467〜1471, 2001.

1638. [講座] 胎児ジストレスの診断−NST/CSTによる診断-妊娠末期−. 西島正博, 天野 完, 金井雄二 (産婦): 周産期医学, 31 (11): 1443〜1446, 2001.

1639. [講座] 過期妊娠. 西島正博, 斉藤 克 (産婦): 周産期医学, 周産期医学必修知識第5版, 31 (増): 206〜207, 2001.

1640. [講座] 周産期医療-21世紀の展望. 西島正博 (産婦): 新生児誌, 37 (11): 545〜550, 2001.

1641. [講座] 胎児仮死と脳性麻痺. 西島正博, 天野 完(産婦): 産婦治療, 84 (1): 52〜56, 2002.

1642. [講座] 子宮外妊娠・頸管妊娠. 西島正博, 川内博人 (産婦): 日産婦誌, 54 (1): 10〜18, 2002.

1643. [講座] 妊婦の栄養管理. 西島正博, 天野 完, 望月純子 (産婦): チャイルドヘルス, 5 (2): 88〜90, 2002.

1644. [講座] 妊娠が成立した早発閉経の3症例. 西島正博, 藤田一博, 川内博人 (産婦): 産婦の実際, 51 (3): 415〜420, 2002.

[著 書]

1645. [学術書] (分担執筆) 新女性体系2. 妊娠・分娩・産褥の生理と異常; 消化器(消化管, 肝, 胆, 膵), p.125〜132, 天野 完 (産婦). 編集 木下勝之 (順天堂大学医学部産婦人科), 中山書店, 東京, 2001発行.

1646. [解説書] (分担執筆) 臨床医のための周産期検査マニュアル データの読み方から評価まで; 胎児疾患, p.152〜155, 天野 完 (産婦). 編集 岡井 崇 (昭和医大産婦人科), 医学書院, 2001発行.

1647. [解説書] (分担執筆) 臨床医のための周産期検査マニュアル データの読み方から評価まで; 7) 羊水過多, 過少, p.148〜151, 天野 完 (産婦). 編集 岡井 崇 (昭和医大産婦人科), 医学書院, 2001発行.

1648. [解説書] (分担執筆) 臨床医のための周産期検査マニュアル データの読み方から評価まで; 8) 血栓症, p.156〜158, 天野 完 (産婦). 編集 岡井 崇 (昭和医大産婦人科), 医学書院, 2001発行.

1649. [解説書] (分担執筆) 周産期医学必須知識第5版; 羊水補充療法, 31: p.290〜291, 天野 完 (産婦). 編集「周産期医学」編集委員会, 東京医学社, 東京, 2001発行.

1650. [解説書] (分担執筆) 周産期医学必須知識第5版; 分娩誘発と促進, 31: p.287〜289, 天野 完 (産婦): 編集 「周産期医学」編集委員会, 東京医学社, 東京, 2001発行.

1651. [啓蒙書] (共著) これからの産婦人科医療事故防止のために. 14〜15; 子宮がん検診時のインフォームド・コンセント, 16: p.1〜20, 中林正雄, 石渡 勇, 足高善彦, 落合和彦, 久保田俊郎, 杉本充弘, 高橋恒男, 丹羽国泰, 蓮尾 豊, 樋口正俊, 吉川裕之, 市川 尚, 川端正清, 朝倉啓文, 平野隆茂, 村井軍一, 谷 昭博 (産婦), 大村 浩, 清水康史. 編集 日本産婦人科医会, 東京, 2002.03.01発行.

1652. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系22 正常妊娠; 妊娠による母体の変化 i局所変化と全身変化, p.131〜142, 西島正博 (産婦). 編集 武谷雄二, 青野敏博, 麻上武志, 中野仁雄, 野沢志朗, 神保利春, 2001.7.31発行.

1653. [解説書] (分担執筆) 今日の治療指針; 前期破水, p.807, 西島正博 (産婦). 2002.01.01発行.

1654. [学術書] (分担執筆)新女性医学大系29−胎児の成長・発達−; V診断学 B. 機能診断, p.71〜81, 西島正博(産婦). 2002.01.31発行.

[学会・研究会等]

1655. [学会 (全国)] (一般講演) VBACを行った精神疾患合併妊婦の心理過程. 新井陽子, 長南記志子 (産科病棟), 斉藤 克, 西島正博 (産婦): 日本母性衛生学会総会(2001.09.27), 大坂. 母性衛生法, 42 (3): 175, 2001.

1656. [学会 (全国)] (一般講演) MRSA感染により脊髄硬膜外膿瘍をきたした新生児例. 金井雄二 (産婦), 佐藤雅彦 (児), 野々山勝人 (感染症), 中畑弥生, 野渡正彦 (児), 砂川慶介 (感染症), 松浦信夫 (児): 第37回日本新生児学会総会 (2001.07.16), 横浜.

1657. [学会 (全国)] (一般講演) 母体および胎児血中ニコチン濃度に関する研究. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 第37回日本新生児学会 (2001.07.17), 横浜.

1658. [学会 (全国)] (一般講演) 産褥会陰創痛に対する低出力レーザーの応用. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 第13回日本レーザー治療学会 (2001.07.07), 横浜.

1659. [学会 (全国)] (ポスター講演) 分娩時持続硬膜外麻酔の有用性. 望月純子, 天野 完, 斉藤 克, 田口雅之, 荒井忠士, 前原大介, 西島正博 (産婦): 日本産科婦人科学会(2001.05.12〜15), 札幌市.

1660. [学会 (全国)] (ポスター講演) 精神疾患例の周産期予後. 斉藤 克, 前原大介, 田口雄一, 斉藤真紀, 谷 昭博, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第53回日本産科婦人科学会総会 (2001.05), 北海道.

1661. [学会 (全国)] (ポスター講演) 産褥の創痛に対する低出力レーザーの応用. 本橋恵美子, 根本玲子, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 第53回日本産婦人科学会総会 (2001.05.14), 札幌.

1662. [学会 (全国)] (会頭講演) 周産期医療−21世紀の展望−. 西島正博 (産婦): 第37回日本新生児学会(2001.07.15〜17), パシフィコ横浜.

1663. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 医療連携と産科オープンシステムの構築. 内野直樹(産婦): 第39回日本社会保健医学会総会 (2001.11.13), 大坂.

1664. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺のlarge cell neuroendocrine carcinomaの細胞所見. 柿沼廣邦, 横山 大, 豊永真澄, 高畑美也子, 服部 学, 大野英治, 蔵本博行(医衛), 三上哲夫, 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第40回日臨細胞学会秋期大会 (2001.11.23), 米子. 日臨細胞誌, 40 (suppl.2): 302, 2001.

1665. [学会 (全国)] (ワークショップ) Fetal pulse oximetryによる分娩時の胎児管理. 天野 完 (産婦): 第24回日本産婦人科ME学会 (2001.08.25), 福岡.

1666. [学会 (全国)] (ワークショップ) 16Sr DNA検出による羊水中細菌感染迅速診断の有効性と限界. 荒井忠士, 谷 昭博, 斉藤真希, 斉藤 克, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第53回日本産科婦人科学会学術講演会 (2001.05.15), 北海道. 日本産科婦人科学会誌, 53 (2): 368, 2001.

1667. [学会 (地方)] (一般講演) 児娩出直後SPO2が一過性に低下した帝王切開術の麻酔. 米山充彦, 土屋勝俊, 安藤正彦, 榎本尚美 (国立相模原病院麻酔科), 巽 英樹 (産婦): 第41回日本麻酔科学会・関東甲信越地方会(2001.09.29), 大宮市.

1668. [学会 (地方)] (一般講演) 胃原発小細胞癌の1例. 渡邊佳代子 (看護部), 大野英治, 服部 学 (医衛), 横山 大, 渡辺 純 (病理), 小林伸行 (脳外), 蔵本博行 (産婦): 第15回日臨細胞学会関東連合会総会 (2001.09.29), 千葉. 日臨細胞学会プログラム: 32, 2001.

1669. [学会 (地方)] (一般講演) 前置胎盤の症例をめぐって. 天野 完 (産婦): 第356回日産婦神奈川地方部会(2001.04.21), 横浜.

1670. [学会 (地方)] (一般講演) 三倍体26例の検討. 望月純子 (産婦), 前田 徹 (看護部), 天野 完, 西島正博 (産婦): 日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会(2001.10.20〜21), 横浜市.

1671. [学会 (地方)] (一般講演) 極めて稀な後腹膜腫瘍合併妊娠. 鈴木 泉, 田口雅之, 星野裕子, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第361回日産婦神奈川地方部会 (2002.03.03), 伊勢原市.

1672. [学会 (地方)] (一般講演) 分娩後経口子宮収縮剤服用に関する検討. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 日産婦関東連合地方部会 (2001.10.21), 横浜.

1673. [学会 (地方)] (一般講演) 帝王切開麻酔時における0.5%ブピバカインの有用性の検討. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 第360回日産婦神奈川地方部会 (2001.12.15), 横浜.

1674. [学会 (地方)] (一般講演) 母体, 臍帯血中ニコチン濃度に関する検討. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦), 山田俊彦, 荻野純代 (社会保険相模野病院): 第37回日本新生児学会 (2001.07.17), 横浜. 日本新生児学会雑誌, 37 (2): 384, 2001.

1675. [学会 (地方)] (ポスター講演) 妊娠26週未満の母体搬送例の検討. 吉村千緒, 前原大介, 田口雅之, 斉藤 克, 谷 昭博, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第101回日本産科婦人科学会関東連合 (2001.06.17), 東京.

1676. [学会 (地方)] (ポスター講演) 炎症性腸疾患合併妊娠の周産期予後. 新井 努, 斉藤 克, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第101回日本産科婦人科学会関東連合(2001.06.17), 東京.

1677. [学会 (地方)] (特別講演) 分娩時麻酔の現況. 西島正博(産婦): 日本産科婦人科学会石川地方部会(2001.01.13), 金沢.

1678. [学会 (地方)] (特別講演) 周産期救急システムの現状と将来. 西島正博 (産婦): 第14回長野県周産期研究会(2001.09.22), 長野.

1679. [研究会 (地方)] (特別講演) 周産期医療−21世紀の展望−. 西島正博 (産婦): 第130回新潟産科婦人科集談会 (2001.10.06), 新潟.

1680. [学会 (地方)] (教育講演) 胎児心拍モニターの読み方 (1) その基本. 天野 完 (産婦): 第356回日産婦神奈川地方部会 (2001.04.21), 横浜.

1681. [学会 (地方)] (教育講演) 胎児心拍モニターの読み方 (2) NST (Non Stress Test). 天野 完 (産婦): 第357回日産婦神奈川地方部会 (2001.07.21), 小田原.

1682. [学会 (地方)] (教育講演) 胎児心拍モニターの読み方 (3) CST (Contraction Stress Test). 天野 完 (産婦): 第359回日産婦神奈川地方部会 (2001.11.17), 横浜.

1683. [学会 (地方)] (教育講演) 胎児心拍モニターの読み方 (4) 分娩時胎児ジストレスの診断と対応. 天野 完 (産婦): 第360回日産婦神奈川地方部会 (2001.12.15), 横浜.

1684. [研究会 (全国)] (一般講演) 脊椎麻酔硬膜外麻酔併用法による分娩時麻酔. 望月純子, 天野 完, 西島正博 (産婦), 奥富俊之 (麻): 分娩と麻酔研究会 (2001.12.15), 横浜市.

1685. [研究会 (全国)] (一般講演) アンケート調査からみた無痛分娩の満足度. 玉城英子, 望月純子, 金井雄二, 前原大介, 田口雅之, 星野裕子, 斉藤 克, 谷 昭博, 天野 完, 西島正博 (産婦), 奥富俊之 (麻): 第102回分娩と麻酔研究会 (2001.06.09), 東京.

1686. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 急速遂娩−帝王切開−. 斉藤 克 (産婦): 日本分娩管理研究会(2001.07.16), 横浜.

1687. [研究会 (地方)] (一般講演) 帝王切開時, 児娩出直後SaO2が低下した一例. 巽 英樹, 菅 博胤, 清水基弘(産婦), 松本玲子 (国立相模原病院産婦人科), 安藤正隆 (国立相模原病院麻酔科): 第102回分娩と麻酔研究会(2001.06.09), 東京.

1688. [研究会 (地方)] (特別講演) 選択的誘発・麻酔分娩の実際. 天野 完 (産婦): 埼玉県産婦人科医会 第13回周産期研究会 (2001.04.07), 浦和.

1689. [研究会 (地方)] (一般講演) 対応に苦慮した症例−生育血栓症−. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 第49回神奈川県周産期救急連絡会 (2001.11.15), 横浜.

1690. [研究会 (全国)] (一般講演)肥大型閉塞性心筋症合併妊娠の分娩験. 望月純子, 天野 完, 西島正博 (産婦), 奥富俊之 (麻): 分娩監視研究会 (2001.06.22), 東京.


<<20 婦人科学>>


1691. [原著] Treatment for complex atypical hyperplasia of the endometrium. 上坊敏子, 川口美和, 今井 愛 (産婦), 蔵本博行 (医衛): Eur. J. Gynecol. Oncol., 22 (5): 365〜368, 2001.

1692. [原著] Medroxyprogesterone acetate therapy for patients with adenocarinoma of the endomatrium who wish to preserve the uterus-usefulness and limitations. 今井 愛, 上坊敏子, 佐藤倫也, 川口美和 (産婦), 蔵本博行 (医衛): Eur. J. Gynecol. Oncol., 22 (3): 217〜220, 2001.

1693. [原著] Prognostic factors of stage W epithelial ovarian cancer: A multi center retrospective study. Akahira, J., Yoshikawa, M., Shimizu, Y., Tsunematsu, R., Hirakawa, T. (産婦), 蔵本博行 (医衛), Shinomizu, K., Kuzuya, K., Kamura, T., Kikuchi, Y., Kodama, S., Yamamoto, H., Sato, S. (産婦): Gynecol Oncol, 81: 398〜403, 2001.

1694. [原著] Growth and gene expression profile analyses of endometrial cancer cells expressing exogenous PTEN. Matsushima-Nishiu, M., Unoki, M., Ono, K., Tsunoda, T., Hirakawa, T., Kuramoto, H., Nishida, M., Satoh, T., Tanaka, T., Nakamura, Y. (産婦): Cancer Res., 61: 3741〜3749, 2001.

1695. [原著] Immunohistochemical study on VEGF expression in endometrial carcinoma-Comparison with p53 expression, angiogenesis and tumor histologic grade. 藤沢武志 (産婦), 渡辺 純 (病理), Akaboshi, M., 大野英治 (病院細胞診), 蔵本博行 (医衛): J. Cancer Res. Clin Oncol, 127: 668〜674, 2001.

1696. [原著] 子宮内膜増殖症の臨床病理学的検討. 佐藤倫也, 上坊敏子 (産婦), 大河原 聡 (相模野病院産婦人科), 蔵本博行 (医衛): 北里医学, 31: 16〜20, 2001.

1697. [原著] 子宮体癌のリンパ節転移ならびにその経路に関する検討. 佐藤倫也, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 北里医学, 31 (3): 204〜210, 2001.

1698. [準原著] 婦人科腫瘍と多重癌-北里大学病院における経験から. 蔵本博行 (医衛), 金井督之, 上坊敏子, 秦 宏樹, 新井正彦, 今井 愛, 田村俊男, 新井 努, 川口美和(産婦): Oncology & Chemotherapy, 17 (1): 33〜39, 2001.

1699. [症例報告] 車集検で発見された直径5 mmの卵巣癌の1例. 安座間 誠, 金井督之, 新井正秀, 田村俊男, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 日臨細胞神奈川会誌, 6(3): 105〜109, 2001.

1700. [症例報告] 子宮頸部腺癌と卵巣粘液性腺癌が同時重複した1例. 西井文乃, 上坊敏子, 新井正秀, 秦 宏樹, 望月純子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 日臨細胞神奈川会誌, 6 (3): 119〜123, 2001.

1701. [症例報告] 胸腺原発カルチノイドの1例. 西村由香里 (産婦), 大野英治, 服部 学 (病院細胞診), 横山 大, 豊永真澄, 渡辺 純 (病理), 品田 純 (胸外), 蔵本博行 (医衛): 日臨細胞神奈川会誌, 6 (1): 33〜37, 2001.

1702. [症例報告] 縦隔原発卵黄嚢腫瘍の1例. 加戸伸明, 大野英治, 服部 学, 横山 大, 柿沼廣邦 (病院細胞診), 須藤哲雄 (胸外), 蔵本博行 (医衛): 日臨細胞神奈川会誌, 6 (1): 28〜32, 2001.

1703. [症例報告] 診断に苦慮したVa期子宮体部腺癌の1例. 田村俊男, 新井正秀, 菊地信三, 上坊敏子 (産婦), 大野英治 (病院細胞診), 横山 大 (病理), 蔵本博行 (医衛): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 6 (1): 18〜22, 2001.

1704. [症例報告] 内膜細胞診で診断し得た直径8 mmの卵巣癌. 加藤千緒, 上坊敏子, 新井正秀, 今井 愛, 金井督之 (産婦), 豊永真澄 (病理), 蔵本博行 (医衛): 日本臨床細胞学会雑誌, 40 (3): 267〜271, 2001.

1705. [臨床治験] 子宮体癌切除標本の取扱い方. 上坊敏子, 新井正秀 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 臨床婦人科産科, 55 (7): 831〜835, 2001.

1706. [総説] 子宮内膜癌における細胞周期制御因子の発現とその意義. 渡辺 純 (病理), 西村由香里, 加戸伸明, 鎌田裕子, 藤沢武志, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 日婦腫瘍誌, 20 (1): 17〜21, 2002.

1707. [総説] 子宮頸癌合併妊娠の取り扱い. 蔵本博行 (医衛), 角田新平 (産婦): 産婦の実際, 50 (3): 315〜319, 2001.

[著 書]

1708. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系35 子宮体部の悪性腫瘍; 子宮内膜増殖症, p.37〜54, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛). 編集 武谷雄二, 蔵本博行, 中山書店, 東京, 2001.02.28発行.

1709. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系35 子宮体部の悪性腫瘍; 子宮内膜癌の治療法-手術療法, p.169〜186, 蔵本博行 (医衛), 上坊敏子, 新井正秀 (産婦). 編集 武谷雄二, 蔵本博行, 中山書店, 東京, 2001.02.28発行.

1710. [学術書] (分担執筆) 新女性医学大系43 婦人科腫瘍の手術療法; 卵巣腫瘍の手術-卵巣境界悪性腫瘍, p.246〜256, 蔵本博行 (医衛), 上坊敏子 (産婦). 編集 武谷雄二, 塚本直樹, 中山書店, 東京, 2001.02.05発行.

1711. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2002; 子宮体癌・子宮内膜癌, p.796, 蔵本博行 (医衛). 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

1712. [学術書] (分担執筆) 子宮体癌増殖因子とホルモン. 新女性医学大系41; 「婦人科腫瘍の分子・細胞生物学」, p.391〜406, 秦 宏樹 (産婦), 蔵本博行 (医衛). 中山書店, 東京, 2001.06.30発行.

1713. [学術書] (分担執筆) 大便失禁 (第4度陰裂傷治癒不全)の修復術; 「産婦人科手術のコツ」, p.216〜217, 西島正博 (産婦). 日本産婦人科手術学会編, メジカルビュー社, 2001.05.10発行.

[学会・研究会等]

1714. [学会 (国際)] (一般講演) Cyclic D1 expression in endometroid adenocarcinoma of the uterine corpus. 西村由香里 (産婦), 渡辺 純 (病理), 加戸伸明, Sato, M., 秦 宏樹 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 14th Int Congress of Cytology (2001.05.30), アムステルダム. Acta Cytol, 46 (suppl.1): 196〜197, 2002.

1715. [学会 (国際)] (一般講演) Immunohistochemical study on VEGF expression in endometrial carcinoma. 藤沢武志 (医衛), 渡辺 純 (病理), 鎌田裕子, Kimura, F., Ohno, E. (産婦), 蔵本博行 (医衛): 14th Int. Congress of Cytology (2001.05.30), アムステルダム. Acta Cytol, 41 (suppl.1): 120〜121, 2002.

1716. [学会 (国際)] (ポスター講演) Effectiveness of 0.5% bupivacaine in spinal anesthesia for cesarean section. Nobumi Ueno, 内野直樹 (産婦): 6th congress of Asian Oganic Society of Regional anesthesia(2001.10.06), Seoul Korea.

1717. [学会 (国際)] (ポスター講演) Lucited paper 「Endometrial cytology for detecting easly endometrial neoplasia. 蔵本博行 (医衛), 上坊敏子 (産婦), 大野英治, 豊永真澄 (病院細胞診), 金井督之, 今井雅夫 (産婦): 14th International Congress of cytology (2001.05.29), アムステルダム. Acta Cytol, 46 (suppl.1): 165, 2002.

1718. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮性卵巣癌に対するDocetaxel (DOC) とCarboplatin (CBDCA) 併用化学療法の検討-Feasibility phaseUstudy-(第1報). 安田 充, 小林重光 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 上坊敏子, 新井正秀 (産婦), 他: 第39回日本癌治療学会総会 (2001.11.07), 広島. 同会誌, 36 (2): 536, 2001.

1719. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮性卵巣癌に対するパクリタキセル (TAX) とカルボプラテン (CBDCA) 併用化学療法の検討-PhaseUstudy-(第2報). 木村英三, 上坊敏子, 新井正秀 (産婦), 他: 第39回日本癌治療学会総会(2001.11.07), 広島. 同会誌, 36 (2): 529, 2001.

1720. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における子宮体癌の手術療法. 特に子宮摘除術式についての検討. 新井正秀, 上坊敏子, 秦 宏樹 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 今井 愛, 大河原 聡 (産婦): 第30回日本婦人科腫瘍学会(2001.07.26), 横浜. 同会誌, 19 (1): 70, 2001.

1721. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部明細胞腺癌の臨床的検討. 新井 努, 上坊敏子, 新井正秀, 田村俊男, 秦 宏樹 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 金井督之 (産婦): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.26), 横浜. 同会誌, 19 (1): 71, 2001.

1722. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮頸部小細胞癌の病理組織学的検討. 角田新平, 新井正秀, 上坊敏子, 田村俊男, 金井督之, 佐藤倫也 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 渡辺 純 (病理): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.26), 横浜. 同会誌, 19 (1): 74, 2001.

1723. [学会 (全国)] (一般講演) Disseminated peritoneal leiomyomatosis の1例. 腰塚加奈子, 新井正秀, 田村俊男, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 佐藤倫也 (産婦): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.26), 横浜. 同会誌, 19 (1): 79, 2001.

1724. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜間質肉腫6例の検討. 川口美和, 上坊敏子, 加藤千緒, 池田泰裕, 鈴木 泉, 安藤宏美, 藤澤武志 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.27), 横浜. 同会誌, 19 (1): 84, 2001.

1725. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌における高危険因子の抽出. 岡村智佳子, 新倉 仁, 伊藤 潔, 八重樫伸生, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 青木大輔, 野沢志朗, 伊藤信二 (産婦): 第10回日本婦人科がん検診学会(2001.11.10), 東京.

1726. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性リンパ浮腫に対するシロスタゾールの長期治療効果. 増澤幹男 (皮), 前田亜希子 (産婦), 宮田聡子, 原 尚道, 勝岡憲生 (皮), 蔵本博行 (医衛): 第101回日皮総会 (2001.06.07), 熊本.

1727. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるcyclin E発現の検討. 加戸伸明, 藤澤武志, 佐藤妃映, 赤星 誠, 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第30回日婦腫瘍学会 (2001.07.26), 横浜. 日婦腫瘍誌, 19 (1), 71, 2001.

1728. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるcyclin D1の免疫組織化学的検討. 西村由香里, 藤澤武志, 赤星 誠, 佐藤妃映, 加戸伸明 (産婦), 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 大野英治 (病院病理部), 蔵本博行 (医衛): 第30回日婦腫瘍学会 (2001.07.26), 横浜. 日婦腫瘍誌, 19 (1): 71, 2001.

1729. [学会 (全国)] (一般講演) 多形黄色星膠腫の1例. 柿沼廣邦, 横山 大, 豊永真澄, 服部 学, 大野英治 (病院病理部), 蔵本博行 (医衛), 川野信之, 岡 秀宏 (胸外), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第15回日臨細胞学会関東連合会総会 (2001.09.29), 千葉. 日臨細胞学会関東連合プログラム, p.34, 2001.

1730. [学会 (全国)] (一般講演) ラット下垂体腫瘍細胞株 (PR1) におけるestrogenによる増殖機構の検討. 今井 愛, Simona Caporali (産婦), 蔵本博行 (医衛), Alessandro Weisz (産婦): 第39回日癌治学会総会(2001.11.09), 広島.

1731. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌細胞のp27発現に対するプロゲスチンの制御. 金井督之 (産婦), 渡辺 純 (病理), 鎌田裕子, 藤澤武志 (産婦), 浜野美恵子 (培養センター), 蔵本博行 (医衛): 第39回日癌治学会総会(2001.11.09), 広島.

1732. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌におけるp53遺伝子変異と同タンパク量の相関. 鎌田裕子(産婦), 渡辺 純 (病理), 浜野美恵子 (培養センター), 藤澤武志, 金井督之, 今井 愛, 秦 宏樹 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第60回日癌学会総会 (2001.09.26), 横浜.

1733. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌のおけるPTENタンパク発現の検討. 木村文一, 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹, 藤澤武志, 鎌田裕子, 加戸伸明, 西村由香里, 上坊敏子 (産婦), 大野英治 (病理), 蔵本博行 (医衛): 第40回日臨細胞学会秋期大会 (2001.11.23), 米子. 日臨細胞誌, 40 (suppl.2): 306, 2001.

1734. [学会 (全国)] (一般講演) 橋本病における瀰慢性腫大と結節様腫瘤の細胞像および抗甲状腺抗体との関係について. 横山 大, 豊永真澄, 柿沼廣邦, 高畑美也子, 服部 学, 大野英治 (病院病理部), 蔵本博行 (医衛), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第40回日臨細胞学会秋期大会(2001.11.23), 米子. 40 (suppl.2), 412, 2001.

1735. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌における細胞周期制御因子の発現と増殖能および臨床病理学的因子との相関. 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛), 上坊敏子 (産婦), 亀谷 徹 (病理): 第91回日病理学会 (2002.03.26〜28), 横浜.

1736. [学会 (全国)] (一般講演) DNAミスマッチ修復異常 (microsatellite instability) の子宮体癌リンパ節転移への関与. 高野高弘, 大和田倫孝, 鈴木光明, 嵯峨 泰, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 佐藤郁夫 (産婦): 第60回日癌学会総会 (2001.09.27), 横浜.

1737. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮内膜癌に対するホルモン療法の有用性と限界. 川口美和, 上坊敏子, 今井 愛, 金井督之, 新井正秀 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 西島正博 (産婦): 第53回日本産科婦人科学会学術集会(2001.05.14), 札幌. 同会誌, 53 (2): 392, 2001.

1738. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮内膜病変におけるサイクリンA発現の免疫組織学的検討. 久嶋則行, 源田辰雄, 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 浜野美恵子 (組織培養センター), 蔵本博行 (医衛): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.27), 横浜. 同会誌, 19 (1): 92, 2001.

1739. [学会 (全国)] (ポスター講演) 扁平上皮癌を伴う卵巣成熟嚢胞性奇形腫14例の検討. 西井文乃, 川口美和, 上坊敏子, 新井正秀, 田村俊男, 関本僚平 (産婦), 蔵本博行(医衛): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.11.08), 広島. 同会誌, 36 (2): 752, 2001.

1740. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮傍結合織転移は子宮体癌の予後因子か?. 佐藤倫也, 上坊敏子 (産婦), 白鷹増男 (医用情報学), 川口美和, 新井正秀, 久嶋則行, 秦 宏樹 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.11.09), 広島. 同会誌, 36 (2): 793, 2001.

1741. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮体部明細胞腺癌の臨床的検討. 新井 努, 上坊敏子, 金井督之, 今井 愛(産婦), 蔵本博行 (医衛): 第39回日本癌治療学会総会(2001.11.09), 広島. 同会誌, 36 (2): 791, 2001.

1742. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腹水中に肉腫由来の細胞を認めた卵巣癌肉腫の1例. 瀬尾典久, 大野英治, 服部 学, 豊永真澄 (病院病理部), 渡辺 純 (病理), 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第40回日本臨床細胞学会秋期大会 (2001.11.23), 米子. 同会誌, 40 (S2): 359, 2001.

1743. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮脱手術前の尿検査で発見された腎盂移行上皮癌の1例. 鈴木 泉, 新井正秀, 金井監之, 上坊敏子 (産婦), 服部 学 (医療衛生), 渡辺 純 (病理), 大川麻子 (泌), 蔵本博行 (医衛): 第40回日本臨床細胞学会秋期大会 (2001.11.23), 米子. 同会誌, 40(S2): 426, 2001.

1744. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮体部明細胞腺癌の細胞所見の検討. 新井 努, 上坊敏子, 金井督之, 秦 宏樹, 川口美和, 今井 愛 (産婦), 大野英治, 蔵本博行 (医衛): 第42回日本臨床細胞学会総会 (2001.06.30), 宇都宮. 同会誌, 40 (S1): 208, 2001.

1745. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮内膜間質肉腫の2例. 川口美和, 上坊敏子, 新井正秀, 新井 努, 藤沢武志(産婦), 横山 大, 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛): 第42回日本臨床細胞学会総会 (2001.06.30), 宇都宮. 同会誌, 40 (S1): 214, 2001.

1746. [学会 (全国)] (ポスター講演) 鼠径リンパ節に転移をきたした卵管癌の1例. 腰塚加奈子, 新井正秀, 田村俊男, 金井督之, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第42回日本臨床細胞学会総会 (2001.06.29), 宇都宮. 同会誌, 40(補1): 163, 2001.

1747. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮頸部小細胞癌7例の細胞所見の検討. 新井正秀, 角田新平, 佐藤倫也, 金井督之, 田村俊男, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第42回日本臨床細胞学会総会 (2001.06.30), 宇都宮. 同会誌, 40 (S1): 195, 2001.

1748. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮頸部 villoglandular papillary adenocarcinoma の1例. 田村俊男, 上坊敏子, 川口美和, 西井文乃 (産婦), 渡辺 純(病理), 蔵本博行 (医衛): 第40回日本臨床細胞学会秋期大会 (2001.11.23), 日本臨床細胞学会誌, 40 (補2): 323, 2001.

1749. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮体部G3類内膜腺癌の臨床病理学的検討. 田村俊男, 上坊敏子, 金井督之, 新井正秀, 川口美和, 腰塚加奈子 (産婦), 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛): 第30回日本婦人科腫瘍学会学術集会(2001.07.27), 横浜. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 19 (1): 93, 2001.

1750. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮体部G3類内膜腺癌の細胞診の検討. 田村俊男, 上坊敏子, 新井正秀, 金井督之 (産婦), 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛): 第42回日本臨床細胞学会総会 (2001.06.30), 宇都宮. 日本臨床細胞学会雑誌, 40 (補1): 209, 2001.

1751. [学会 (全国)] (ポスター講演) 子宮傍結合織転移は子宮体癌の予後因子か?. 佐藤倫也, 上坊敏子 (産婦), 白鷹増男 (医用情報学), 川口美和, 新井正秀 (産婦), 久嶋則行 (北里研究所メディカルセンター病理), 秦 宏樹 (東京遍信病理), 蔵本博行 (医衛): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.11.07〜09), 広島市. 日癌治学会誌, 36 (1): 265, 2001.

1752. [学会 (全国)] (教育講演) コルポスコピーと子宮頸部微小浸潤癌の管理. 上坊敏子 (産婦): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.27), 横浜. 同会誌, 19 (1): 27, 2001.

1753. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 子宮内膜癌の取扱いUpdate: 子宮内膜癌における細胞周期制御因子の発現と増殖能および臨床病理学的因子との相関. 渡辺 純 (病理), 西村由香里, 加戸伸明, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第30回日本婦人科腫瘍学会 (2001.07.27), 横浜. 同会誌, 19 (1): 31, 2001.

1754. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 「子宮頸癌検診は体癌発見を早めるか?」. 今井 愛, 上坊敏子, 新井正秀, 金井督之, 田村俊男 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 岡島弘幸 (産婦): 第10回日本婦人科がん検診学会 (2001.11.10), 東京.

1755. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 子宮頸部腫瘍に対するレーザー治療後の再生と機能温存. 金井督之, 今井 愛, 田村俊男, 新井正秀, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第13回日本レーザー治療学会 (2001.07.07), 横浜.

1756. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 婦人科領域におけるがん検診 シンポジウム「各科領域におけるがん検診の現状と展望」. 蔵本博行 (医衛): 第9回日がん検診・診断学会 (2001.10.07), 東京. 日がん検診・診断プログラム・抄録集, p.26, 2001.

1757. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 本邦における卵巣癌治療のガイドライン化に向けて. プレジデンシャルシンポジウム「癌治療の標準化に向けて. 卵巣癌」. 蔵本博行( 医衛): 第39回日癌治学会総会 (2001.11.07), 広島.

1758. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 尿路上皮異形成の臨床細胞学的検討. ワークショップ「尿路の上皮異成の病理と細胞診」. 服部 学, 大野英治, 横山 大, 豊永真澄, 柿沼廣邦 (病院病理部), 高畑美也子, 岩渕啓一 (病理), 蔵本博行 (医衛): 第40回日臨細胞学会秋期大会(2001.11.23), 米子. 日臨細胞誌, 40 (suppl.1,2): 297, 2001.

1759. [学会 (全国)] (ワークショップ) 「体癌の術後療法−その適応と選択−」当院における子宮体癌の術後療法の成績. 新井正秀, 佐藤倫也, 金井督之, 今井 愛, 田村俊男, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第31回日本婦人科腫瘍学会 (2001.11.29), 大坂. 同会誌, 19 (2): 198, 2001.

1760. [学会 (地方)] (一般講演) 大綱に発生したgastrointestinal stromal tumor (GIST) の1例. 田村俊男, 上坊敏子, 新井正秀, 新井 努(産婦), 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛): 第20回日本臨床細胞学会神奈川地方会(2001.09.01), 川崎. 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 6 (2): 81, 2001.

1761. [学会 (地方)] (一般講演) 肺の悪性繊維性組織球腫の1例. 西崎律子 (産婦), 大野英治, 柿沼廣邦, 服部 学(病院病理部), 渡辺 純 (病理), 品田 純 (胸外), 蔵本博行 (医衛): 第20回日臨細胞学会神奈川地方会(2001.09.01), 横浜. 日臨細胞神奈川会誌, 6 (2): 83, 2001.

1762. [学会 (地方)] (一般講演) 紡錘形細胞成分を伴った類内膜腺癌の1例. 豊永真澄, 横山 大, 柿沼廣邦, 高畑美也子, 服部 学, 大野英治 (病院病理部), 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第20回日本臨床細胞学会神奈川地方会 (2001.09.01), 川崎. 同会誌, 6 (2): 91, 2001.

1763. [学会 (地方)] (一般講演) α-fetoproteinが高値を示した子宮体癌の1例. 片岡由季, 本橋恵美子, 新井正秀, 上坊敏子 (産婦), 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛): 第15回日臨細胞学会関東連合会 (2001.09.29), 千葉.

1764. [学会 (地方)] (一般講演) 帝王切開麻酔時における0.5%ブピバカインの有用性の検討. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 第360回日産婦神奈川地方部会 (2001.12.15), 横浜.

1765. [学会 (地方)] (ポスター講演) 子宮体部G3類内膜腺癌のneuroendocrine differentiationに関する検討. 田村俊男 (産婦), 渡辺 純 (病理), 金井督之, 新井正秀, 新井 努, 川口美和, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛): 第103回日産婦関東連合地方部会 (2001.10.21), 横浜. 日本産婦人科学会関東連合地方部会会報, 38 (3): 320, 2001.

1766. [学会 (地方)] (特別講演) 子宮内膜細胞診-特にG1内膜腺癌の診断について. 上坊敏子 (産婦): 第18回日本臨床細胞学会富山県支部学術集会 (2001.03.10), 富山.

1767. [学会 (地方)] (特別講演) 子宮内膜増殖症と癌−その自然史と細胞診断の実際−. 蔵本博行 (医衛): 第27回日臨細胞学会 和歌山県支部総会 (2002.02.02), 海南市.

1768. [学会 (地方)] (教育講演) 卵巣癌治療のための基準. 上坊敏子 (産婦): 第102回日産婦関東連合地方部会(2001.10.21), 横浜.

1769. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 低異型度尿路上皮癌の細胞診-カテーテル尿オートスメア法を用いて. 服部 学, 大野英治, 横山 大, 豊永真澄, 柿沼廣邦, 高畑美也子 (病院病理部), 岩渕啓一 (病理), 内田豊昭 (泌), 蔵本博行 (医衛): 第15回日臨細胞学会関東連合会総会(2001.09.29), 千葉.

1770. [研究会 (全国)] (特別講演) 子宮体部腺癌. 蔵本博行 (医衛): 第26回日臨細胞学会細胞診断学セミナー(2001.08.11), 東京.

1771. [研究会 (全国)] (特別講演) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行 (医衛): 第110回日臨細胞学会細胞検査士養成講習会 (2001.07.03), 東京.

1772. [研究会 (地方)] (一般講演) 膀胱脱手術前の尿検査で発見された腎盂移行上皮癌の1例. 鈴木 泉, 新井正秀, 金井督之, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 服部 学 (病院病理部), 渡辺 純 (病理), 大川麻子 (泌): 第40回臨床細胞診学会秋季大会 (2001.11.23), 島根.

1773. [研究会 (地方)] (特別講演) 子宮体癌の手術療法. 蔵本博行 (医衛): 第7回岐阜婦人科癌治療研究会(2001.11.02), 岐阜.

1774. [研究会 (地方)] (特別講演) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行 (医衛): 群馬大学医学部保健学科 (2002.01.17), 前橋.

1775. [研究会 (地方)] (特別講演) がん検診. 蔵本博行 (医衛): 高座・海老名産婦人科医会・海老名医師会(2001.09.30), 海老名.

1776. [研究会 (地方)] (特別講演) 子宮内膜増殖症と子宮体癌の関係. 蔵本博行 (医衛): 相模原産婦人科医会(2001.08.22), 相模原.

1777. [研究会 (地方)] (教育講演) @子宮体部の良性病変の臨床細胞学 A子宮体部悪性病変の臨床細胞学. 蔵本博行 (医衛): 杏林大学保健学部細胞検査士養成課程(2001.05.18), 東京.

1778. [研究会 (地方)] (教育講演) 子宮内膜線癌. 蔵本博行 (医衛): 癌研附属細胞検査士養成所 (2001.04.25), 東京.

1779. [研究会 (地方)] (特別講演) 子宮体癌の手術療法. 蔵本博行 (医衛): 長野県婦人科癌治療セミナー(2001.06.22), 松本.

1780. [研究会 (地方)] (一般講演) 北里婦人科における終末医療の現状. 今井 愛, 金井督之, 新井正秀 ,田村俊男, 上坊敏子 (産婦), 蔵本博行 (医衛), 西島博行 (産婦): 第338回四水会 (2001.07.04), 2001.

1781. [研究会 (地方)] (特別講演) 子宮体癌の最近の話題−特に手術療法を中心に−. 蔵本博行 (医衛): 第21回栃木県婦人科癌治療懇話会 (2002.03.14), 宇都宮.


<<21 整形外科学>>


1782. [原著] Changes in nitric oxide, superoxide, and blood circulation in muscle over time after warm ischamic reperfusion rabbit rectus femoris muscle. 中村光伸, 横山一彦 (整外), 中村国衛 (分生), 糸満盛憲 (整外): Scand J Plast Hand Surg., 35: 13〜18, 2001.

1783. [原著] Treatment outcome of nonclostridial gas gangrene at a lavel 1 trauma center. 高平尚伸 (整外), 新藤正輝, 田中啓司, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 糸満盛憲 (整外): Journal of Orthopaedics Trauma, 16 (1): 12〜17, 2002.

1784. [原著] Flexor tendon rupture in the rheumatoid wrist caused by bony spurs in the carpal tunnel. 小林明正, 二見俊郎, 塚本行男 (整外): Mod Rheumatol, 11: 136〜139, 2001.

1785. [原著] Type V open tibial fractures in children. 藤田 護, 横山一彦, 塚本達郎, 青木信一, 能美 尚, 福島宣明, 糸満盛憲 (整外): Eur J Orhtop Surg Traumatol, 11: 169〜175, 2001.

1786. [原著]The role of calcium channels in osteocyte function. 高垣裕子 (神奈川歯科大), 成瀬康治 (整外), Azuma, Y. (帝人), Miyauchi, A. (国立兵庫中央病院): J Musculoskel Neuron Interact, 2 (3): 255〜258, 2002.

1787. [原著]Gluteal muscle necrosis following transcatheter angiographic embolisation for retroperitoneal haemorrhage associated with pelvic fracture. 高平尚伸 (整外), 新藤正輝, 田中啓司, 西巻 博, 大和田 隆 (救命), 糸満盛憲 (整外):Injury, Int. Care Injured, 32: 27〜32, 2001.

1788. [原著]Dupuytren拘縮に対する開放療法の有用性.小林明正, 二見俊郎, 遠藤太刀男, 藤田 護, 脇田隆司 (整外): 日本手の外科学会雑誌, 17 (6): 9〜12, 2001.

1789. [原著]感染を伴う股関節に対する二期的人工関節置換術.- 手術手技について-.渡辺哲哉, 糸満盛憲, 高平尚伸, 東 計, 関口昌和, 宮部 基 (整外): 北里医学, 31 (1): 29〜35, 2001.

1790. [原著]下肢に発生した外傷後MRSA深部感染症の治療経験.片野素昭, 横山一彦, 斉田康之, 新藤正輝, 青木信一, 福島宣明, 糸満盛憲 (整外):日本職業・災害医学会誌, 49 (5): 496〜500, 2001.

1791. [原著]上腕骨外上顆炎の原因についての検討.-手術例および解剖例から-.藤田 護, 小林明正, 二見俊郎, 糸満盛憲 (整外): 東日本整形外科学会雑誌, 13 (4): 385〜391, 2001.

1792. [原著]重度肘部管症候群の第一背側子骨間筋麻痺に対する移行腱の選択の検討.二見俊郎, 小林明正, 安達 公, 蛯原有男, 只野 功 (整外):日本末梢神経学会誌, 11(1): 121〜124, 2001.

1793. [準原著]マイクロ波照射による皮質骨および海面骨の内部温度均一化の検討. 内山勝文 (整外), 高畑芙美, 小林菜央, 氏平政伸, 石田 稔, 森実雅司, 馬渕清資 (医衛), 糸満盛憲 (整外): 日本機械学会2001年次大会講演論文集 (U), 397〜398, 2001.

1794. [準原著]多発外傷を伴った大腿骨顆部および顆上骨折の治療. -AO type C を中心に-. 高平尚伸 (整外), 新藤正輝, 田中啓司 (救命), 横山一彦, 糸満盛憲 (整外):骨折, 23 (2): 591〜594, 2001.

1795. [準原著]新しい tension band wiring system (AI-wiring system) の開発.糸満盛憲, 関口昌和, 泉 敏弘, 内山勝文, 本部純子, 高平尚伸, 脇田隆司 (整外): Hip Joint, 26: 57〜61, 2001.

1796. [準原著]骨折治癒過程のenhancement.糸満盛憲(整外): 北海道整形外科外傷研究会会誌, 17: 2〜13, 2001.

1797. [研究報告 (厚生労働省)] 厚生科学研究費補助金 ヒトゲノム・再生医療等研究事業平成12年度報告書. 自家修復能力を用いた軟骨欠損の修復法の確立に関する研究. 糸満盛憲, 占部 憲 (整外): 厚生科学研究費補助金 ヒトゲノム・再生医療等研究事業平成12年度報告書.

1798. [研究報告 (厚生労働省)] 骨系細胞の分化に伴う機械的刺激受容・伝達メカニズムの変化.成瀬康治, 糸満盛憲 (整外), 高垣裕子 (神奈川歯科大): 2002.

1799. [研究報告 (文部科学省)] 企業との連携について.糸満盛憲, 内山勝文, 高平尚伸 (整外), 馬渕清資, 氏平政伸, 小林菜央 (医衛), 姜 慶愛 ((株) アイメディック): 産学連携フォーラム-医学2002- 抄録集, p.66〜67, 2002.

1800. [研究報告 (文部科学省)] リーミング・非リーミングの肺障害に及ぼす影響の違いについて. 横山一彦 (整外): 平成12年度〜13年度科学研究費補助金「基盤研究C (2)」研究結果報告書1冊, 2002.

1801. [症例報告 (英文)] Persistent nonunion after grafted fibular fracture in congenital pseubarthrosis of the tibia. A case salvaged by repeated reconstructions. 横山一彦, 小宮宏一郎, 斉田康之 (整外), 芝原美由紀 (リハビリ), 糸満盛憲 (整外): European Journal of Orthopaedic Surgery & Traumatology, 11: 259〜263, 2001.

1802. [症例報告] 腰椎椎間板嚢腫の2手術例. 内野正隆(整外), 近藤総一, 大成克弘, 藤井英世, 三原久範, 竹口英文, 鈴木 俊, 蜂谷将史 (横浜南共済病院): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 13 (5): 151〜155, 2000.

1803. [症例報告] 若年者Kienbock病に対して一時的舟状骨・大菱形骨・小菱形骨固定術を行なった1例. 藤田 護, 小林明正, 二見俊郎, 糸満盛憲 (整外): 整形外科, 53(2): 186〜189, 2002.

1804. [症例報告(英文)] Technique for removing a bent intramedullary femoral nail: A case report. 大塚 宏, 横山一彦, 利根川雅俊, 東 計, 糸満盛憲 (整外): Journal of Orthopaedic Trauma, 15 (4): 299〜301, 2001.

1805. [症例報告] 大腿骨頭壊死により骨頭下骨折を起こしたMorphea Profunda の1例. 向井田智之, 宮部 基, 成瀬康治, 高平尚伸, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外), 関根敦子 (皮): 神奈川整・災誌, 14 (2): 27〜29, 2001.

1806. [症例報告] 悪性リンパを伴った両下腿脂肪織炎の1例. 只野 功, 北爪伸仁, 中澤俊之, 高木 淳, 笠井謙和, 宮下謙一, 関 忍, 二見俊郎 (整外): 神奈川整・災誌, 14 (2): 57〜59, 2001.

1807. [症例報告] 股関節後方脱臼骨折後に急速に股関節変形が進行した1例. 藤田 護, 関口昌和, 峰原宏昌, 糸満盛憲 (整外): 神奈川整・災誌, 14 (2): 61〜71, 2001.

1808. [総説] 日本骨折治療学会-この1年の進歩. 糸満盛憲 (整外): 臨床整形外科, 36 (9): 1030〜1033, 2001.

1809. [総説] 上腕骨骨折幹部骨折の保存療法と手術療法-それぞれの適応と利点. 脇田隆司, 糸満盛憲 (整外), 新藤正輝 (救命): 整形・災害外科, 44 (4): 371〜377, 2001.

1810. [総説] 上腕骨折のリハビリテーションのポイント. -リハを行なう際の注意事項. 横山一彦, 糸満盛憲, 青木信一 (整外): Journal of Clinical Rehabilitation, 10(12): 1056〜1063, 2001.

1811. [総説] 大腿骨顆部・顆上骨折の分類. 高平尚伸 (整外), 新藤正輝 (昭和大救急): MB Orthop, 14 (13): 1〜7, 2001.

1812. [総説] 関節の再生医学. 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): CLINICAL CALCIUM, 12 (2): 24〜28, 2002.

1813. [総説] 髄内釘・最近の進歩と課題. 新藤正輝 (昭和大救急), 糸満盛憲 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 15 (1): 9〜15, 2002.

1814. [総説] Reamed nailing と unreamed nailing が骨皮質血流に及ぼす影響(家兎大腿骨髄内釘後の骨皮質血流の低下とその回復−微小血管造影による組織学的分析手法を用いて). 中村聡明, 糸満盛憲, 横山一彦 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 15 (1): 16〜20, 2002.

1815. [総説] RA手関節に対する関節形成術. 小林明正, 二見俊郎 (整外): リウマチ科, 26 (4): 307〜312, 2001.

1816. [総説] 特集/変形性股関節症リハビリテーション実践マニュアル. 人工股関節再置換術. 糸満盛憲 (整外), 辺土名 隆 (リハビリ): MB Med Reha, 11: 63〜69, 2001,

1817. [総説] 橈骨頸部骨折の経皮的整復法. 二見俊郎, 小林明正 (整外): 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, 18: 26〜29, 2001.

1818. [総説] 舟状骨偽関節に対するcriss-cross法の手術手技および術後X線評価を中心に. 二見俊郎 (整外): 臨床整形外科, 36 (2): 133〜137, 2001.

1819. [総説] ニューロパチーの外科的治療. 二見俊郎 (整外): Cnilial Neuroscience, 19 (1): 70〜72, 2001.

1820. [総説] SLAC (SNAC) に対する部分関節固定術. 二見俊郎, 小林明正, 安達 公, 笠井謙和, 中澤俊之, 只野 功 (整外): 関節外科, 20 (8): 47〜54, 2001.

1821. [総説] しびれに関する臨床的考察. 二見俊郎 (整外): ペインクリニック, 22 (9): 1245〜1250, 2001.

1822. [総説] テニス肘-発生のメカニズムと診断−治療のポイント−. 二見俊郎 (整外): Arthro-Care, 2 (3): 18〜20, 2001.

1823. [総説] 母指・指関節の脱臼(関節脱臼の非観血的整復手技のコツ). 小林明正, 二見俊郎 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 15 (2): 1〜5, 2002.

1824. [総説] 上肢骨折のリハビリテーション−リハを行う際の注意事項−. 横山一彦, 糸満盛憲, 青木信一 (整外): Journal of Clinical Rehabilitation, 10 (12): 1056〜1063, 2001.

1825. [総説] 感染人工関節に対する二期的再置換術. 糸満盛憲, 高平尚伸, 成瀬康治 (整外): 新OS NOW, 11: 192〜199, 2001.

1826. [総説] 同種骨とWagnerステムを用いた大腿骨インプラントの再置換術. 糸満盛憲, 高平尚伸 (整外): 別冊整形外科, 39: 129〜136, 2001.

1827. [講座] 変形性股関節症の治療−考え方と付き合い方−. 糸満盛憲 (整外): 変形性股関節症友の会のぞみ会会誌, 22: 2〜13, 2001.

1828. [教育研修講座] 同種骨移植とボーンバンクマニュアル. 糸満盛憲, 那須野秀二, 高平尚伸, 成瀬康治, 小宮宏一郎 (整外): 日本整形外科学会雑誌, 75 (11): 603〜613, 2001.

1829. [講座] Anabolic response of mouse bone marrow-derived stromal cell clone ST2 cells to low intensity pulsed ultrasound. 成瀬康治 糸満盛憲 (整外): Biochemical and biophysical research communications, Feb 5, 268 (1): 216〜220, 2000.

1830. [講座] The Role of Calcium Channels in Osteocyte Function. Yuko Mikuni-Takagaki, 成瀬康治(整外): Journal of Musculoskeletal and Neuronal Interactions, 2 (3): 255〜258, 2002.

1831. [講座] Distinct anabolic response of osteoblast to low-intensity pulsed ultrasound. 成瀬康治, 糸満盛憲 (整外): Journal of bone and mineral research, 18(2): 360〜369, 2001.

1832. [講座] Treatment outcome of two-stage revesion total hip arthroplasty for infected hip arthroplasty using antibiotic-impregnated cement spacer. 高平尚伸, 糸満盛憲, 成瀬康治 (整外): Journal of Orthopaedic science, 8: 26〜31, 2001.

1833. [講座] 骨髄間質細胞に及ぼす低出力超音波パルスの作用. 成瀬康治, 糸満盛憲 (整外): 災害・整形外科, 43(3): 259〜264, 2000.

1834. [講座] Egr-1 遺伝子(メカニカルストレス応答遺伝子). 成瀬康治 (整外): 関節外科, 21 (8): 94〜95, 2002.

1835. [講座] 感染人工関節に対する二期的再置換術. 糸満盛憲, 成瀬康治 (整外): 新 OS NOW 11股関節疾患 (小児・成人) の手術療法, p.192〜199, 2001.

1836. [講座] 同種骨移植とボーンバンクマニュアル. 糸満盛憲, 成瀬康治 (整外): 日本整形外科学会雑誌, 75 (11): 603〜613, 2001.

[著 書]

1837. [学術書] (分担執筆) 組織移植−採取・保存・使用技術マニュアル−; 4 骨・軟骨・靭帯, 糸満盛憲, 泉 敏弘, 那須野秀二 (整外). 編集 北村惣一郎 (国立循環器病センター), 鞄本医学館, 東京, 2001.12.12発行.

1838. [学術書] (分担執筆) 整形外科のDay Surgery; テニス肘 (Boyd手術), 二見俊郎 (整外). 監修 林 浩一郎, 落合直之 (筑波大), Medical View社, 東京, 2001.08発行.

1839. [学術書] (分担執筆) 整形外科専門医を目指すケースメソッド・アプローチ.-手の外科-; Case method approach (右手関節部に運動時痛と可動域制限を訴える症例), 二見俊郎 (整外). 監修 堀内行雄 (川崎市立川崎病院), 日本医時新報社, 東京, 2001.10発行.

1840. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2002; 神経痛(肋間神経痛, 坐骨神経痛), p.583〜584, 二見俊郎 (整外). 監修 西元寺克禮 (内), 医学書院, 東京, 2001.01発行.

1841. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 5. 上腕骨骨折, p.391〜392, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁 (千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1842. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 6. 肘関節骨折, p.393〜397, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁 (千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1843. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 9. 骨盤骨折, p.403〜407, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁 (千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1844. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 10. 大腿骨頸部骨折, p.407〜411, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁(千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1845. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 11. 大腿骨骨幹部骨折, p.412〜415, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁 (千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1846. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 12. 膝関節部骨折, p.416〜419, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁(千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1847. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 13. 脛骨骨幹部骨折, p.420〜422, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁(千葉大) 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1848. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 14. 足関節果部骨折, p.422〜426, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁(千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1849. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 15. 踵骨骨折, p.427〜430, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁 (千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1850. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 16. 距骨骨折, p.430〜432, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁 (千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

1851. [教科書] (分担執筆) TEXT整形外科学 第2版; 11 (外傷) 17. 足部の骨折・脱臼, p.432〜435, 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲 (整外), 早乙女鉱一 (獨協医大), 守屋秀繁 (千葉大), 南江堂, 東京, 2001.06.15発行.

[学会・研究会等]

1852. [学会 (国際)] (一般講演) Treatment out come of noncostridial gas gangrene in a level trauma center. 高平尚伸 (整外), 新藤正輝, 田中啓司, 相馬一亥, 大和田 孝 (救命), 糸満盛憲 (整外): Asia Pacific Orthoaedics Association (APOA 2001) (2001.04.01〜06), オーストラリア (アデレード). 抄録集, p.230, 2001.

1853. [学会 (国際)] (特別講演) 同種骨移植と併用した人工股関節再置換術. 糸満盛憲 (整外): 吉林大学中日友好病院講演会 (2001.09.18〜19), 中国.

1854. [学会 (国際)] (特別講演) 感染人工股関節再置換術の工夫. 糸満盛憲(整外): 吉林大学日中友好病院講演会(2001.09.18〜19), 中国.

1855. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Treatment outcome of two stage revision total hip arthoplasty for infected hip arthoplasty using temporary antibiotic impregnanted cement space. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 内山勝文, 宮部 基 (整外): The 14th annual symposium of the International Society for Technoogy in Arthroplasty (2001.09.26〜29), マウイ島. 抄録集, p.35, 2001.

1856. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Development of new prosthesis for DDH hip i Orient physques (Duetto). 糸満盛憲, 高平尚伸, 東 計, 占部 憲, 宮部 基, 峰原宏昌 (整外): The art & science of joint replacement surgery (2001.10.31〜11.02), 韓国 (ソウル). 抄録集, p.71, 2001.

1857. [学会 (国際)] (シンポジウム等) New tension band wiring system for trochanter fixation in rivision THR. 糸満盛憲, 高平尚伸, 東 計, 占部 憲, 宮部 基, 峰原宏昌 (整外): The art & science of joint replacement surgery (2001.10.31〜11.02), ソウル. 抄録集, p.106, 2001.

1858. [学会 (国際)] (シンポジウム等) New tension band wiring for fixaction for greater trochanter in revision THR. 糸満盛憲 (整外). 1st national meeting Italian socerty of revision surgery (2001.10.04〜06), ジェノバ(イタリア).

1859. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Current status of Bone-Bnking in Japan. 糸満盛憲 (整外): 1st national meeting Italian socerty of revision surgery(2001.10.04〜06), ジェノバ(イタリア).

1860. [学会 (国際)] (Quest Speaker9 Elbow trauma reconstruction, trauma, and upper extremity reconstruction. 二見俊郎 (整外): 8th congress of the International Federation of Societies for Surgery of the Hand, Istanbul (2001.06.10〜14), Turlkey(トルコ).

1861. [学会 (全国)] (一般講演) RA手における長母指屈筋腱断裂の原因−舟状骨骨変化を中心に−. 小林明正, 二見俊郎, 藤田 護, 只野 功, 遠藤太刀男 (整外): 第44回日本手の外科学術集会 (2001.05.10〜12), 大阪. 抄録集, p.177, 2001.

1862. [学会 (全国)] (一般講演) Kienbock病に対する舟状骨・大菱形骨・小菱形骨固定術. 藤田 護, 小林明正, 遠藤太刀男, 二見俊郎 (整外): 第44回日本手の外科学術集会 (2001.05.10〜12), 大阪. 抄録集, p.316, 2001.

1863. [学会 (全国)] (一般講演) RA膝Dynamic MRIと滑膜病理所見について. 河合光正, 西村明人 (整外), ラナ美代子, 遠藤平仁 (内), 池田俊昭 (放), 糸満盛憲 (整外): 第45回日本リウマチ学会総会 (2001.05.14〜16), 東京. 抄録集, p.403, 2001.

1864. [学会 (全国)] (一般講演) 手指伸筋腱皮下断裂を来たしたMCTDの1例. 小林明正, 二見俊郎, 藤田 護, 塚本行男 (整外): 第45回日本リウマチ学会総会 (2001.05.14〜16), 東京. 抄録集, p.569, 2001.

1865. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における上腕骨骨幹部骨折に対する非リーミングズ髄内釘使用経験. 宮部 基, 糸満盛憲, 横山一彦, 塚本達郎, 新藤正輝 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市. 抄録集, p.79, 2001.

1866. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい骨端部骨接合法. Pin-sleeve systemの使用経験. 原 洋, 高平尚伸, 内山勝文, 松本 晃, 糸満盛憲 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市. 抄録集, p.96, 2001.

1867. [学会 (全国)] (一般講演) 骨格筋虚血後再潅流障害におけるischemic preconditioning (IPC) の予防効果について. ラットによる実験的研究. 斉田康之, 横山一彦, 中村光伸, 青木信一, 糸満盛憲 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市. 抄録集, p.103, 2001.

1868. [学会 (全国)] (一般講演) Bennett脱臼骨折の治療経験. 鈴木 俊, 二見俊郎, 小林明正 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市. 抄録集, p.107, 2001.

1869. [学会 (全国)] (一般講演) 難治性骨折に対する低出力超音波骨折治療器の使用経験. 堤 葵実, 横山一彦, 成瀬康治, 脇田隆司, 那須野秀二, 糸満盛憲 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市. 抄録集, p.140, 2001.

1870. [学会 (全国)] (一般講演) 脛骨顆部骨折の治療成績. 片野素昭, 高木 淳, 北爪伸仁, 安達 公, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市. 抄録集, p.146, 2001.

1871. [学会 (全国)] (一般講演) Fraser U型 floating knee骨折の治療経験. 青木信一, 横山一彦, 塚本達郎, 斉田康之, 糸満盛憲, 脇田隆司 (整外): 第27回日本骨折治療学会(2001.07.06〜07), 横浜市. 抄録集, p.148, 2001.

1872. [学会 (全国)] (一般講演) Gustilo VB型頸骨開放骨折に対する短縮後骨延長法による治療成績. 横山一彦, 塚本達郎, 青木信一, 斉田康之, 糸満盛憲 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市. p.151, 2001.

1873. [学会 (全国)] (一般講演) マイクロ波照射による皮質骨および海面骨の内部温度均一化の検討. 内山勝文 (整外), 石田 稔, 氏平政伸, 小林菜央, 高畑芙美, 馬渕清資(医衛), 糸満盛憲 (整外): 日本機械学会2001年度年次大会 (2001.08.27〜28), 福井県.

1874. [学会 (全国)] (一般講演) 低出力超音波パルスに対するラット骨芽細胞および骨髄細胞の反応. 成瀬康治 (整外), 高垣裕子 (神奈川歯科大), 宮部 基, 向井田智之 (整外), 東 由明 (帝人), 泉 敏弘, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 第16回日本整形外科学会基礎学術集会 (2001.10.18〜19), 広島. 抄録集, p.1088, 2001.

1875. [学会 (全国)] (一般講演) マイクロ波加温による海面骨および皮質骨の内部温度平均化の検討. 内山勝文 (整外), 高畑芙美, 内平政伸, 馬渕清資 (生体工学), 糸満盛憲(整外): 第28回日本臨床バイオメカニクス学会(2001.11.16〜17), 大阪. 抄録集, p.125, 2001.

1876. [学会 (全国)] (一般講演) 皮弁再建を要した重度足部外傷のQOL. 青木信一, 横山一彦, 脇田隆司, 斉田康之, 糸満盛憲 (整外): 第49回日本職業・災害医学会(2001.11.21〜22), 大阪. 抄録集, p.153, 2001.

1877. [学会 (全国)] (一般講演) 多変量解析によるFloating Knee骨折の機能予後因子の検討. 横山一彦, 糸満盛憲, 新藤正輝, 田中啓司, 塚本達郎, 青木信一, 斉田康之(整外): 第74回日本整形外科学会学術集会 (2001.04.19〜22), 千葉. 日整会誌, 75 (3): 605, 2001.

1878. [学会 (全国)] (一般講演) 人体内におけるPLLA pinの強度変化−抜去材料の分子量測定−. 中澤俊之, 笠井謙和, 安達 公, 二見俊郎 (整外): 第9回日本腰痛学会(2001.11.23), 神戸. 抄録集, p.73, 2001.

1879. [学会 (全国)] (一般講演) 同種骨移植を用いた骨巨細胞腫の治療成績. 那須野秀二, 大西 太, 大野 司, 糸満盛憲 (整外), 土橋 洋 (病理): 第34回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会 (2001.07.19〜20), 宇都宮. 日本整形外科学会雑誌, 75 (6): 720, 2001.

1880. [学会 (全国)] (一般講演) Support ring を用いた人工臼再置換術の成績−2年以上経過例について−. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 内山勝文, 宮部 基 (整外): 第32回日本人工関節学会 (2002.01.30〜02.01), 名古屋. 抄録集, p.161, 2001.

1881. [学会 (全国)] (一般講演) U型コラーゲンスポンジ内における軟骨細胞培養の検討. 向井田智之, 占部 憲, 成瀬康治, 宮部 基, 大貫裕子, 高平尚伸 (整外), 玄 丞烋 (京都大学再生医科学研究所), 糸満盛憲 (整外): 第15回日本軟骨代謝学会 (2002.03.08〜09), 群馬.

1882. [学会 (全国)] (一般講演) 低出力超音波パルスによる骨形成−分化段階と共に変化する骨髄細胞の応答−. 成瀬康治, 宮部 基, 大貫裕子, 泉 敏弘, 糸満盛憲 (整外), 宮内章光 (国立療養所兵庫中央病院内科), 高垣裕子(神奈川歯科大): 第19回日本骨代謝学会 (2001.08.08〜11), 名古屋.

1883. [学会 (全国)] (一般講演) 下腿骨折におけるハイブリッド創外固定器の有用性. 内野正隆, 横山一彦, 脇田隆司, 青木信一, 塚本達郎, 糸満盛憲 (整外), 新藤正輝 (昭和大救急): 第15回日本創外固定・骨延長学会 (2002.03.22〜23), 大阪. 抄録集, p.31, 2002.

1884. [学会 (全国)] (一般講演) 特発性手根管症候群発症原因の検討−虫様筋筋腹の関与−. 小林明正, 二見俊郎, 藤田 護, 只野 功, 脇田隆司 (整外): 第44回日本手の外科学術集会 (2001.05.10〜12), 大阪. 抄録集, p.297, 2001.

1885. [学会 (全国)] (特別講演) 骨折治療−最近の動向−. 糸満盛憲 (整外): 第38回日本リハビリテーション医学会学術集会 (2001.06.15), 横浜市.

1886. [学会 (全国)] (教育講演) 同種骨移植とボーンバンクマニュアル. 糸満盛憲(整外): 第74回日本整形外科学会学術集会 (2001.04.19〜22), 千葉. 日整会誌, 75 (3): 407, 2001.

1887. [学会 (全国)] (教育講演) A1-ワイアリングシステムの開発と大転子部における臨床成績. 高平尚伸 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (イブニングセミナー)(2001.07.06),

1888. [学会 (全国)] (会長講演) 骨折治療・最近の話題. 糸満盛憲 (整外): 第27回日本骨折治療学会 (2001.07.06〜07), 横浜市.

1889. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 外反屈曲骨切り術の手技と長期成績. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 本部純子, 内山勝文, 宮部 基 (整外): 第28回日本股関節学会(2001.11.08〜09), 大宮. 抄録集, p.158, 2001.

1890. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) THR再置換術のコンセプトと成績 (股臼側)−同種骨による再建とSupport ring併用する手技について−. 糸満盛憲, 高平尚伸, 東 計, 内山勝文, 宮部 基, 那須野秀二 (整外): 第32回日本人工関節学会 (2002.01.30〜02.01), 名古屋. 抄録集, p.205, 2002.

1891. [学会 (全国)] (ビデオ講演) 腰部脊椎管狭窄症に対する椎弓環納式脊柱管拡大術. −当院における手術法の実際と成績−. 安達 公, 蛯原有男, 山屋智康, 田辺賀則, 笠井謙和, 中澤俊之, 二見俊郎 (整外): 第74回日本整形外科学会学術集会 (2001.04.19〜22), 千葉. 日整会誌, 75 (2): 266, 2001.

1892. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における膝前十字靭帯再建術の術後成績. 関 忍, 北爪伸仁, 片野素昭, 宮下謙一, 高木 淳, 二見俊郎 (整外): 第112回神奈川整形災害外科医会 (2001.06.02), 横浜市. 神奈川整・災誌, 14 (1): 10, 2001.

1893. [学会 (地方)] (一般講演) 腰部脊柱管狭窄症に対する椎由美還納式脊柱管拡大術−術後2年以上経過例の検討−. 安達 公, 蛯原有男, 山屋智康, 笠井謙和, 中澤俊之, 二見俊郎 (整外): 第50回東日本整形災害外科学会(2001.10.11〜12), 静岡県熱海市. 抄録集, p.304, 2001.

1894. [学会 (地方)] (一般講演) 腸腰筋膿瘍の治療経験. 塚本達郎, 那須野秀二, 西村明人, 糸満盛憲 (整外): 第50回東日本整形災害外科学会 (2001.10.11〜12), 静岡県熱海市. 抄録集, p.362, 2001.

1895. [学会 (地方)] (一般講演) de Quervain病における隔壁の検討. 小林明正, 只野 功, 藤田 護, 井村貴之, 新田浩史, 二見俊郎 (整外): 第50回東日本整形災害外科学会 (2001.10.11〜12), 熱海市. 抄録集, p.373, 2001.

1896. [学会 (地方)] (一般講演) 小指末節骨裂離骨折を伴った深指屈筋腱皮下断裂の1例. 只野 功, 小林明正, 片野素昭, 二見俊郎 (整外): 第41回関東整形災害外科学会(2001.05.26), 東京. 関東整災誌, 32 (臨増): 82, 2001.

1897. [学会 (地方)] (一般講演) 脊髄髄膜瘤による麻痺性内半凹足に対し踵骨骨切り術と腱移行をおこなった成人の1例. 井村貴之 (整外), 斉藤英彦, 長野純二, 井上善也, 小林良充, 高橋勇二, 大井宏之, 近藤 尚, 森谷浩治, 田中淳也, 岩田 憲, 尾藤晴彦, 高野玲子 (聖隷浜松病院整形外科): 第41回関東整形災害外科学会 (2001.05.26), 東京.

1898. [学会 (地方)] (一般講演) 辺縁切除縁で摘出した摘出しえた再発椎体巨細胞腫の1例. 日野勝利, 安達 公, 笠井謙和, 中澤俊之, 二見俊郎 (整外): 第113回神奈川整形災害外科医会 (2001.11.10), 横浜. 神奈川整災誌 抄録集, 14 (3): 100, 2001.

1899. [学会 (地方)] (一般講演) 高位脱臼股に発生した色素性絨毛結節性滑膜円 (PVS) の1例. 森口尚生, 宮部 基, 高平尚伸, 蛯原宏昌, 駒田朋秀, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第610回整形外科集談会東京地方会 (2001.11.24), 東京.

1900. [学会 (地方)] (一般講演) 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓環納式脊柱管拡大術−脊柱管・硬膜管拡大率の検討−. 笠井謙和, 安達 公, 中澤俊之, 二見俊郎 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.58, 2002.

1901. [学会 (地方)] (一般講演) 内反肘に伴う遅発性尺骨神経麻痺の2例. 新田浩史, 小林明正, 笠井謙和, 只野 功, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.99, 2002.

1902. [学会 (地方)] (一般講演) 正常成人の頸骨における骨軸と機能軸の比較. 峰原宏昌, 占部 憲, 宮部 基, 大川 孝, 駒田朋秀, 糸満盛憲 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.84, 2002.

1903. [学会 (地方)] (一般講演) リーミング・非リーミング髄内釘刺入による健常肺への影響の違いについての実験的研究. 青木信一, 横山一彦, 斉田康之, 塚本達郎, 糸満盛憲 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.127, 2002.

1904. [学会 (地方)] (一般講演) U型コラーゲンスポンジ内における軟骨細胞培養の検討. 向井田智之, 占部 憲法, 宮部 基, 大貫裕子, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外), 玄 丞烋 (京都大): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.130, 2002.

1905. [学会 (地方)] (一般講演) 胎児血由来未分化間葉系幹細胞の多分化能の検討. 向井田智之, 占部 憲, 宮部 基, 大貫裕子, 糸満盛憲 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.130, 2002.

1906. [学会 (地方)] (一般講演) 手の高圧注入損傷の2例. 井村貴之, 小林明正, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 第16回東日本手の外科研究会 (2002.02.01), 札幌. 抄録集, p.134, 2002.

1907. [学会 (地方)] (教育講演) 髄内釘による骨折の治療とピットフォール. 糸満盛憲 (整外): 第98回東北整形災害外科学会 (2001.09.28〜29), 福島県.

1908. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 同種骨移植を用いた腫瘍切除術後広範囲骨欠損の修復. 那須野秀二, 塚本達郎, 大西 太, 大野 司, 糸満盛憲 (整外), 土橋 洋 (病理): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.41, 2002.

1909. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 全人工股関節置換術におけるクリテイカルパスの活用効果. 東 計, 高平尚伸, 峰原宏昌, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.71, 2002.

1910. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 抗生剤含有セメントスペーサーを用いた感染人工股関節に対する二期的再置換術の成績. 高平尚伸, 東 計, 内山勝文, 峰原宏昌, 宮部 基, 成瀬康治, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.74, 2002.

1911. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 当科における感染人工膝関節に対する治療. 宮部 基, 占部 憲, 大西 太, 相川 淳, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第42回関東整形災害外科学会 (2002.03.29〜30), 東京. 抄録集, p.76, 2002.

1912. [研究会 (国際)] (特別講演) Fractur treatment in Japan. 糸満盛憲 (整外): 5th AO compact course -Principles of fracture management- (2001.05.27〜29), 仙台.

1913. [研究会 (全国)] (一般講演) 超音波パルスに対するラット骨髄細胞, 骨芽細胞, 骨細胞の反応. 成瀬康治 (整外), 高垣裕子 (神奈川歯科大), 向井田智之, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 第5回超音波骨折治療研究会 (2002.01.19), 東京. 抄録集, p.18, 2002.

1914. [研究会 (全国)] (一般講演) 経皮的整復を行なった橈骨頸部骨折の成績. 只野 功, 小林明正, 井村貴之, 鈴木 俊, 二見俊郎 (整外): 第14回日本肘関節研究会(2002.02.02), 札幌. 抄録集, p.65, 2002.

1915. [研究会 (全国)] (一般講演) 肘関節屈側に発生した軟部腫瘍と誤認された上腕二頭筋遠位端断裂の1例. 鈴木 俊 (整外), 蜂谷将史, 三原久範 (横浜南共済), 二見俊郎, 小林明正 (整外): 第14回日本肘関節研究会 (2002.02.02), 札幌. 抄録集, p.65, 2002.

1916. [研究会 (全国)] (特別講演) 手の外科の基本診療法と手術手技. 二見俊郎 (整外): 第7回日本手の外科学会秋季講習会 (2001.09.01), 名古屋.

1917. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 人工股関節再置換術における骨欠損およびその対策−support ringを用いた人工臼再置換術の成績−. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 宮部 基, 朴 晃正, 森口尚生 (整外): 第9回Hip Forum 2001 (2001.07.28), 北海道. 抄録集, p.6, 2001.

1918. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 治療に難渋した人工股関節置換術後感染の1例. 東 計, 糸満盛憲, 高平尚伸, 宮部 基 (整外): 第9回Hip Forum 2001(2001.07.28), 北海道. 抄録集, p.16, 2001.

1919. [研究会 (全国)] (一般講演) 企業との連携について. 糸満盛憲, 内山勝文, 高平尚伸 (整外), 馬渕清資, 氏平政伸, 小林菜央 (医衛), 姜 慶愛 ((株) アイメディック): 文部科学省 産学連携フォーラム-医学2002- (2002.03.22), 東京. 抄録集, p.66〜67, 2002.

1920. [研究会 (全国)] (公開講座) 実地医家のための上肢の診かたと代表的疾患の治療. 二見俊郎 (整外): 第1154回最新医療セミナー (2001.11.11), 東京.

1921. [研究会 (全国)] (公開講座) 実地医家のための下肢(膝)の診かたと代表的疾患の治療. 小林明正 (整外): 第1154回最新医療セミナー (2001.11.11), 東京.

1922. [研究会 (全国)] (公開講座) 実地医家のための脊椎(腰痛) の診かたと代表的疾患の治療. 安達 公 (整外): 第1154回最新医療セミナー (2001.11.11), 東京.

1923. [研究会 (地方)] (一般講演) 鎖骨遠位端骨折に対する新しいplate固定法. 高崎純孝, 高平尚伸, 那須野秀二, 東 計, 相川 淳, 善平哲夫, 糸満盛憲 (整外): 第33回神奈川関節外科研究会 (2001.09.08), 横浜市.

1924. [研究会 (地方)] (一般講演) 高位脱臼股に対する原脱臼拡大人工股関節全置換術の1例. 森口尚生, 高平尚伸, 東 計, 塚本達郎, 峰原宏昌, 宮部 基, 糸満盛憲 (整外): 第33回神奈川関節外科研究会 (2001.09.08), 横浜市.

1925. [研究会 (地方)] (一般講演) Gaucher病に併発した変形性股関節症の1例. 相川 淳, 高平尚伸, 那須野秀二, 高崎純孝, 朴 晃正, 善平哲夫, 糸満盛憲 (整外): 第34回神奈川関節外科研究会 (2002.02.16), 横浜.

1926. [研究会 (地方)] (一般講演) 多発性骨髄腫に合併した両側手根管症候群の1例. 只野 功, 小林明正, 森口尚生, 鈴木 俊, 二見俊郎 (整外): 第34回神奈川関節外科研究会 (2002.02.16), 横浜.

1927. [研究会 (地方)] (特別講演) 骨折治癒過程のEnhancement. 糸満盛憲 (整外): バイオペックス発売1周年記念講演会 (2001.05.12), 福岡.

1928. [研究会 (地方)] (特別講演) 髄内釘による骨折手術とピットフォール. 糸満盛憲 (整外): 学術講演会(2001.05.14), 沖縄県.

1929. [研究会 (地方)] (特別講演) 骨折治療・最近の話題. 糸満盛憲(整外): 第1回香川骨ペースト研究会(2001.06.22), 香川県.

1930. [研究会 (地方)] (特別講演) 同種骨移植と骨バンク. 糸満盛憲 (整外): 第3回岐阜大学整形外科教育研修会(2001.06.02), 岐阜県.

1931. [研究会 (地方)] (特別講演) 変形性股関節症の治療法−考え方とつきあい方−. 糸満盛憲 (整外): のぞみ会平成13年度総会 (2001.05.19), 横浜市.

1932. [研究会 (地方)] (特別講演) 同種骨移植と骨バンク. 糸満盛憲 (整外): 第10回昭和大学整形外科合同カンファレンス (2001.05.24), 昭和大学医学部.

1933. [研究会 (地方)] (特別講演) 同種骨移植を併用した人工股関節再置換術. 糸満盛憲 (整外): 第13回新潟下肢関節研究会 (2002.02.16), 新潟.

1934. [研究会 (地方)] (特別講演) 手・肘のスポーツ障害の治療. 二見俊郎 (整外): 第33回山梨整形外科合同カンファレンス (2001.07.13), 甲府市.

1935. [研究会 (地方)] (特別講演) 上肢スポーツ障害の最近の知見. 二見俊郎 (整外): 第2回島根整形外科スポーツ医学フォーラム (2001.08.30), 出雲市.

1936. [研究会 (地方)] (特別講演) 手の機能解剖と診察上のピットホール. 二見俊郎 (整外): 第3回オール北里リハビリテーション研究会 (2001.09.22), 相模原.

1937. [研究会 (地方)] (特別講演) 実地医家のための上肢・下肢 (膝)・脊椎 (腰痛)の診かたと代表的疾患の治療. 二見俊郎 (整外): 第1154回最新医学セミナー(2001.11.11), 東京.

1938. [研究会 (地方)] (特別講演) 外来診療で最低限必要な整形外科疾患の診断法. 二見俊郎 (整外): 画像診断技術者集団テクノネット主催講演会 (2002.01.27), 東京.

1939. [研究会 (地方)] (特別講演) 手・肘のスポーツ障害の治療. 二見俊郎 (整外): 第32回埼玉手の外科研究会(2002.03.09), 埼玉.

1940. [研究会 (地方)] (教育講演) 舟状偽関節に対するcriss-cross型骨移植術. 小林明正 (整外): 第17回神奈川整形手術手技研究会 (2001.06.28), 横浜市.

1941. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 治療に難渋した外傷後母趾基節骨欠損の1例. 横山一彦, 脇田隆司, 斉田康之, 大塚 宏, 原 洋, 糸満盛憲 (整外): 第2回神奈川難治性骨折研究会 (2001.06.09), 横浜市.


<<22 形成外科学>>


1942. [原著] われわれの行っている脂肪注入法 第2報−その手技の詳細. 市田正成 (いちだクリニック), 南條昭雄 (いちだクリニック・形外出向): 日本美容外科学会会報, 22 (3): 19〜27, 2000.

1943. [原著] われわれの行っている脂肪注入法 第3報−下眼瞼下部〜頬上部に対する脂肪注入術による若返り効果について. 南條昭雄 (いちだクリニック・形外出向), 市田正成 (いちだクリニック): 日本美容外科学会会報, 23(3): 9〜19, 2001.

1944. [原著] Scanning Electron Microscopic Study on Double and Single Eyelids. 森川一彦, 山本 博, 内沼栄樹 (形外), 山科正平 (解): Aesthetic Plastic Surgery, 25 (1): 20〜24, 2001.

1945. [原著] The Using of Thin Abdominal Flap in Degloving Finger Injuries. 山田直人, 宇井謙二, 内沼栄樹 (形外): Br. J. Plaast. Surg., 54 (5): 434〜438, 2001.

1946. [原著] An Anatomical Study of the Medical Cauthus Using a Three-Dimensional Model. 山本 博, 森川一彦, 内沼栄樹 (形外), 山科正平 (解): Aesthetic Plastic Surgery, 25 (3):189〜193, 2001.

1947. [原著] 自傷による頭頂部頭皮頭蓋骨欠損の治療経験. 柴田裕達 (横浜市立市民病院・形外), 肝付康子 (形外): 日本職業・災害医学会会誌, 49 (3): 255〜259, 2001.

1948. [原著] 幼児の広範囲な外傷性頭蓋骨〜硬膜欠損に対する再建. 柴田裕達 (横浜市立市民病院・形外), 鳥飼勝行 (横浜市大付属市民総合医療センター), 橋本信子, 内沼栄樹 (形外), 竹本安範, 関野典美 (横浜市民病院・脳外): 形成外科, 44 (11): 1077〜1084, 2001.

1949. [原著] 鼻中隔に発生したsolitary fibras fumon の1例. 柴田裕達, 毛利麻里 (横浜市立市民病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 74 (2): 148〜150, 2002.

1950. [原著] 皮膚科医に必要な形成外科的知識 レーザー治療とケミカルピーリグの現状. 山下理絵 (形外・湘南鎌倉総合病院): Monthly Book Derma, 48: 25〜38, 2001.

1951. [原著] 最近15年間の重症熱傷患者の変化−60歳以上の受傷機転と対策−. 山田直人, 高瀬 税 (形外), 堤 邦彦, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 内沼栄樹 (形外): 熱傷, 27 (3): 121〜126, 2001.

1952. [原著] 重症熱傷患者の生存例と死亡例の比較検討. 山田直人, 島倉康人, 一氏俊世 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 内沼栄樹 (形外): 北里医学, 31 (4): 232〜236, 2001.

1953. [症例報告] 乳房異物摘出標本の全体検索の重要性を痛感した乳房再建の1例. 深井孝郎, 中村 健, 福田理絵子, 内沼栄樹 (形外): 日形会誌, 21 (8): 491〜494, 2001.

1954. [症例報告] 両上腕に発生した特異なMadelung病の1例. 深井孝郎 (形外), 山本 博 (茅ヶ崎徳洲会病院), 内沼栄樹 (形外): 日形会誌, 21 (6): 366〜370, 2001.

1955. [症例報告] 除去に苦慮したコールタール熱傷の1例. 深井孝郎, 大谷津恭之 (佐久総合病院形成外科), 岡田邦彦 (同救命センター), 内沼栄樹 (形外): 日本熱傷学会会誌, 27 (5): 267〜270, 2001.

1956. [症例報告] 難治性尿道腔瘻に対する陰部会陰膜皮弁の経験. 島倉康人 (形外),大竹尚之 (横浜南共済病院・形外), 山山竒安晴 (形外), 内沼栄樹 (形外): 形成外科, 44 (11): 1135〜1141, 2001.

1957. [症例報告] 潰瘍性大腸炎の肛門腔中隔変形に対してgluteal fold flap を用いて再建した2例. 柴田裕達 (横浜市立市民病院・形外), 小金井一隆, 福島恒男 (同外科): 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (2): 82〜87, 2002.

1958. [症例報告] Mucinous Caranoma of the Slcin の2例. 山本 博,内沼栄樹 (形外), 鈴木敏彦, 大竹尚之 (横浜南共済病院・形外): 北里医学, 31 (6): 407〜410, 2001.

1959. [症例報告] レーザー脱毛. 島倉康人, 内村栄樹 (形外), 石川修一 (横浜ベイクリニック): 形成外科, 44 (12): 1211〜1216, 2001.

1960. [症例報告] ニキビ痕. 瀬山竒晃一郎 (形外), 山下理絵(湘南鎌倉病院・形外), 松倉知之 (松倉クリニック), 内沼栄樹 (形外): 形成外科, 44 (増): 265〜269, 2001.

1961. [症例報告] 外傷の50年後に母指に発症した巨大な異物肉芽腫の1例. 中野香代子 (形外), 谷本 真, 本田 淳, 沼崎 伸, 小林 昭 (国立横浜病院整形外科): 整形外科, 13 (10): 1320〜1321, 2001.

[著 書]

1962. [学術書] (共著) 褥瘡のCureとCare−予防, 治療から在宅介護まで−; p.1〜55, 深井孝郎, 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外). 佐久総合病院, 臼田町, 2001.03.23発行.

1963. [学術書] (共著) 美容外科手術プラクティス 1; U. 眼瞼の美容外科/5. 上眼瞼陥凹症 3)上眼瞼陥凹症 脂肪注入術, 1 p.82〜84, 市田正成 (いちだクリニック), 南條昭雄 (いちだクリニック出向, 形外): 編集 市田正成 (市田クリニック), 谷野隆三郎 (東海大学医学部・形外), 保阪善昭 (昭和大学医学部・形外), 文光堂, 東京, 2000.05.23発行.

1964. [学術書] (共著) 美容外科手術プラクティス 2; X. 乳房の美容外科/2. 豊胸術 4) 脂肪注入法による豊胸術 2 p.369〜370, 市田正成 (いちだクリニック), 南條昭雄(いちだクリニック出向, 形外). 編集 市田正成 (いちだクリニック), 谷野隆三郎 (東海大医学部・形外), 保坂善昭(昭和大医学部・形外): 文光堂, 東京, 2000.05.23発行.

1965. [学術書] (分担執筆) 唇裂鼻の治療, 臨床像と手術; 思春期以後における両側唇裂鼻形成術, 私たちの行ってきた手術法とその意義@, p.185〜199, 中北信昭 (形外). 編集 荻野洋一 (聖マリアンナ医科大名誉教授), 西村善彦(京都大教授), 高戸 毅 (東京大教授), 克誠堂出版, 東京, 2001.11.15発行.

1966. [学術書] (共著, 24名) 唇裂鼻の治療; 上顎の顎裂に対する骨移植および外鼻形態の関連性について, p.224〜232, 山山竒安晴 (形外). 編集 荻野洋一 (聖マリアンナ医科大), 西村善彦 (京大), 高戸 毅 (東大), 克誠堂出版, 東京, 2001.11.15発行.

1967. [学術書] (共著, 26名) 皮膚科診療プラクティス 1)ケミカルピーリングとコラーゲン注入のすべて 美容皮膚科最前線; 2. ケミカルピーリング施術前の注意点, 2)施術前の注意点 3)合併症副作用 11, p.19〜27, 山下理絵 (湘南鎌倉病院・形外): 編集 松永佳世子 (藤田保健衛生大), 宮地良樹 (京大), 瀧川雅浩 (浜松医科大), 文光堂, 東京, 2001.04.02発行.

1968. [教科書] (共著, 27名) 形成外科ADVANCE シリーズU-8 : Facial Rejavenation 最近の進歩; U. Chemical peeling 3. Chemical peeling 概論, U−8, p.21〜28, 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院・形外). 編集 谷野隆三郎 (東海大医学部), 克誠堂出版, 東京, 2001.06.15発行.

1969. [教科書] (共著, 15名) トータルアンチエイジング−最新抗老化療法の実際; 老人性色素斑に対するレーザー治療: 皮膚冷却装置との組み合わせ, p.41〜52, 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院・形外). 日本医学中央会, 東京, 2001.04.20発行.

1970. [教科書] (共著, 9名) 実践 皮膚レーザー療法: 上手な使い方と治療法のコツ; Skin resurfacing ウルトラパルス炭酸ガスレーザーの適応と実際, p.110〜128, 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院・形外). 編集 久保田潤一郎 (杏林大医学部), 永井書店, 東京, 2001.02.10発行.

1971. [啓蒙書] (共著) 最新美容医療ガイ; 眼瞼, 外鼻, リフティング, p.90〜110, 森川一彦 (大和徳洲会病院), 高梨真教 (タカナシクリニック), 安田克己 (共立美容外科), 平井 隆 (日本医科大学) 他. 編集 MLI Co. ltd. 青木淳子 (青山ミルクリニック)), 監修 高梨真教 (タカナシクリニック), 現代書大木, 東京, 2001.07.26発行.

[学会・研究会等]

1972. [学会 (国際)] (ポスター講演) The usefulness of the auto iliac cancellous bone chip and ompact bone combined graft to an alveolar part. 山山竒安晴, 中北信昭, 瀬山竒晃一郎, 府川俊彦, 石渡靖夫, Kuroda, T., 内沼栄樹 (形外): The 9th international congress on cleft palate and related craniofacial anomalies (2001.06.25〜29), スウェーデン. The 9th international congress on cleft palate and related craniofacial anomalies, p.165, 2001.

1973. [学会 (国際)] (一般講演) Laser veswrfacing. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院・形外): Annual Meeting of ASAPS&ASERF The Aesthetic Meeting (2001.05.03), New York.

1974. [学会 (全国)] (一般講演) 各種軟膏基剤を用いたコールタールの除去について (コールタール熱傷の経験から). 深井孝郎 (佐久総合病院・形外), 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外), 井内 学 (佐久総合病院薬剤部), 内沼栄樹 (形外): 第27回日本熱傷学会 (2001.06.14〜15), 2001.

1975. [学会 (全国)] (一般講演) 除去に苦慮したコールタール熱傷の一例. 深井孝郎, 大谷津恭之, 松尾あおい (佐久総合病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 第27回日本熱傷学会 (2001.06.14〜15), 2001.

1976. [学会 (全国)] (一般講演) 肥厚性瘢痕治療の客観的評価. 深井孝郎, 大谷津恭之, 松尾あおい (佐久総合病院・形外), 山本 博 (茅ケ崎徳州会病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会 (2001.04.11〜13), 大阪市.

1977. [学会 (全国)] (一般講演) しわに対するウルソール酸誘導体配合クリームの効果. 田中早苗, 大竹尚之, 鈴木敏彦 (横浜南済病院・形外, 美容外科), 杉山清治, 作山 秀 (ポーラ化成工業): 第24回日本美容外科学会総会(2001.10.07), 那覇市.

1978. [学会 (全国)] (一般講演) われわれの行っている脂肪注入法-第4報-長期結果からみた整容的効果. 市田正成(いちだクリニック), 南條昭雄 (いちだクリニック・形外出向), 清水隆司 (いちだクリニック): 第23回日本美容外科学会総会 (第79回日本美容外科学会学術集会)(2001.09.21), 東京・有明. 第23回日本美容外科学会総会(第79回日本美容外科学会学術集会)抄録集, p.128, 2001.

1979. [学会 (全国)] (一般講演) 脂肪注入法の実験的研究-第1報-.南條昭雄 (いちだクリニック・形外出向), 市田正成, 清水隆司 (いちだクリニック): 第23回日本美容外科学会 (第79回学術集会) (2001.09.21), 東京・有明. 第23回日本美容外科学会総会 (第79回学術集会)抄録集, p.128, 2001.

1980. [学会 (全国)] (一般講演) 頬骨弓部を固定源としたLe Fort Uおよび Le Fort V型骨延長法. 池本繁弘, 鳥飼勝行 (横浜市立大医学部附属市民総合医療センター・形外), 小林眞司, 中村佳代 (神奈川県立こども医療センター・形外), 高橋嗣明, 深井孝郎, 高瀬 税, 根本 充, 毛利麻里 (形外), 府川俊彦 (ふかわ矯正外科): 第19回日本頭蓋顎顔面外科学会・学術集会 (2001.11.16), 大阪.

1981. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Non-Ablative Skin veguvenetion nd: YAG レーザー (クールタッチ)の使用経験. 山下理絵, 石黒匡史 (形成・湘南鎌倉総合病院): 日本レーザー学会 (2001.01.25), 金沢.

1982. [学会 (全国)] (一般講演) 全指欠損症例に対する再建方法について. 佐藤史郎 (済生会下関病院・形外), 根本 充,新沢博子 (形外): 第28回日本マイクロサージャリー学会 (2001.11.00), 甲府.

1983. [学会 (全国)] (一般講演) 縦隔気管孔造設術2例の検討. 毛利麻里 (横浜市立市民病院・形外), 柴田裕達 (横浜市立市民病院・形外), 中野香代子,肝付康子 (形外): 第49回日本職業・災害医学会学術大会 (2001.11.00), 大阪.

1984. [学会 (全国)] (一般講演) 陰茎のヒト咬創の1例. 柴田裕達, 毛利麻里 (横浜市立病院・形外), 中野香代子, 肝付康子 (形外): 第49回日本職業・災害医学会学術大会(2001.11.00), 大阪.

1985. [学会 (全国)] (一般講演) 初回片側上唇形成術時における vermilion-mucosal junction いわゆるred line 形成術に関する検討. 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 山山竒安晴, 松尾あおい, 岩城啓修, 増田竜児, 内沼栄樹 (形外), 鳥飼勝行 (横浜市立大・形外): 第19回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (2001.11.15), 横浜. プログラム, 抄録集, p.72, 2001.

1986. [学会 (全国)] (一般講演) 胎生期毛包の無血清単離培養法. 林 和弘, 福田理絵子, 武田 啓, 内沼栄樹 (形外): 第10回日本形成外科学会基礎学術集会 (2001.10.19), 東京.

1987. [学会 (全国)] (一般講演) 表皮化を抑制した肉芽組織の治癒経過. 新沢博子, 武田 啓, 曽根由美子, 内沼栄樹 (形外): 第10回形成外科基礎学術集会 (2001.10.19), 東京.

1988. [学会 (全国)] (一般講演) クールタッチ・ケミカルピーリングによる尋常性ざ瘡, ざ瘡後瘢痕の消床. 山下理絵, 石黒匡史, 有馬裕子 (形外・湘南鎌倉総合病院), 内沼栄樹 (形外): 第24回日本美容外科学会総会(2001.10.09), 沖縄.

1989. [学会 (全国)] (一般講演) コンタクトレンズが原因と思われる眼瞼下垂5例の検討. 石黒匡史, 山下理絵, 有馬裕子 (形外・湘南鎌倉総合病院), 内沼栄樹 (形外): 第24回日本美容外科学会総会学術集会 (2001.10.08), 沖縄.

1990. [学会 (全国)] (一般講演) 脂肪注入法の実験的研究 第2報−経時的にみたCT画像による注入脂肪に対する評価. 南條昭雄 (形外), 市田正成 (いちだクリニック), 林 和弘, 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 第24回日本美容外科学会 (第82回学術集会) (2001.10.08), 那覇. 第24回日本美容外科学会 (第82回学術集会) 抄録集, p.179, 2001.

1991. [学会 (全国)] (一般講演) Georgiade変法による乳房縮小術 -inferiory based dermal pyramidal frap-. 鈴木敏彦, 安田吉宏, 大竹尚之 (横浜南共済病院・形外), 池本繁弘 (横浜市立大医学部附属市民総合医療センター・形外): 第24回日本美容外科学会学術総会(2001.10.08), 那覇.

1992. [学会 (全国)] (一般講演) 美容外科患者における精神医学的特性に関する統計的検討. 林 和弘 (形外), 宮地英雄 (精), 島倉康人, 大竹尚之, 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 第24回日本美容外科学会総会 (2001.10.07), 沖縄.

1993. [学会 (全国)] (一般講演) 骨格性顔面非対称に対する治療方針と問題点. 中北信昭, 山山竒安晴, 林 和弘, 松尾あおい, 増田竜児, 内沼栄樹 (形外), 石渡靖夫 (いしわた矯正歯科): 第24回日本美容外科学会総会 (2001.10.07), 那覇. 予稿集, p.133, 2001.

1994. [学会 (全国)] (一般講演) 小児重症熱傷の最近15年間の変化. 山田直人 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 内沼栄樹 (形外): 第27回日本熱傷学会総会 (2001.06.15), 岡山.

1995. [学会 (全国)] (一般講演) 各軟膏基剤を用いたコールタールの除去について. 深井孝郎 (形外), 井内 学 (佐久総合病院薬剤部), 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 第27回日本熱傷学会総会 (2001.06.15), 岡山. 熱傷, 27 (4): 219〜220, 2001.

1996. [学会 (全国)] (一般講演) 除去に苦慮したコールタール熱傷の1例. 深井孝郎 (形外), 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外), 松尾あおい, 内沼栄樹 (形外): 第27回日本熱傷学会総会 (2001.06.15), 岡山. 熱傷, 27 (4): 219, 2001.

1997. [学会 (全国)] (一般講演) 同種培養真皮と自家網状皮膚の混合植皮. 山下理絵, 石黒匡史, 橋本信子 (湘南総合病院・形外), 内沼栄樹 (形外), 黒柳能光 (医療衛生): 第27回日本熱傷学会 (2001.06.14), 岡山.

1998. [学会 (全国)] (一般講演) 骨移植された顎裂部に歯牙移植を用いて咬合再建を行った3例の検討. 山山竒安晴, 石渡靖夫, 中北信昭, 瀬山竒晃一郎 (形外), 鳥飼勝行 (横浜市大・形外), 内沼栄樹 (形外): 日本口蓋裂学会(2001.05.29), 軽井沢. 日口蓋誌, 26 (2): 243, 2001.

1999. [学会 (全国)] (一般講演) 血管吻合を付加した有茎結腸による食道再建術−形成外科の役割−. 柴田裕達, 毛利麻里 (横浜市立市民病院・形外), 高山敦子, 橋本信子, 中野香代子, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会集会 (2001.04.13), 大阪.

2000. [学会 (全国)] (一般講演)熱傷患者の最近の動向. 増田竜児, 山田直人, 一氏俊世, 秋本峰克, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会学術集会 (2001.04.13), 大阪.

2001. [学会 (全国)] (一般講演) 遊離空腸および胃管吊り上げによる頚部〜胸部食道再建手術の検討. 中野香代子, 柴田裕達, 鴻池奈津子, 吉津康子, 馬場香子, 徳田真紀子, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会(2001.04.13), 大阪.

2002. [学会 (全国)] (一般講演) 北信総合病院におけるスノーボード外傷の治療の現状 第2報・過去2シーズンにおけるスキー外傷との比較を中心に. 田中正英, 高橋嗣明, 根本 充, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会学術集会 (2001.04.12), 大阪.

2003. [学会 (全国)] (一般講演) 同種培養真皮による熱傷および外傷性皮膚欠損創の治療後の経過. 山下理絵, 石黒匡史, 橋本信子 (湘南鎌倉総合病院・形外), 内沼栄樹(形外), 黒柳能光 (医衛): 第44回日本形成外科学会総会(2001.04.12), 大阪.

2004. [学会 (全国)] (一般講演) Multiple craniosynostosis に対する複数方向の同時骨延長. 池本繁弘 (横浜市立大医学部付属病院・形外), 河野克之 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外), 中村佳代, 小林眞司 (神奈川県立こども医療センター・形外), 鳥飼勝行 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外), 関戸謙一, 佐藤博信 (神奈川県立こども医療センター・脳神経外科): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会(2001.04.12), 大阪.

2005. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋骨骨延長術における固定法と抜釘を容易にする工夫. 鳥飼勝行 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外), 小林眞司 (神奈川県立こども医療センター・形外), 池本繁弘 (横浜市立大医学部付属病院・形外), 木下浩二, 三上太郎 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外), 中村佳代 (神奈川県立こども医療センター・形外), 河野克之 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 (2001.04.12), 大阪.

2006. [学会 (全国)] (一般講演) 咽頭側吻合径拡大遊離空腸頚部食道径拡大 -Folding Fan Technique- . 吉田豊一 (横浜市立大医学部付属病院・形外), 清水 調 (神奈川県立がんセンター・形外), 池本繁弘 (横浜市立大医学部付属病院・形外), 酒井直彦 (形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 (2001.04.12), 大阪.

2007. [学会 (全国)] (一般講演) 片側唇裂の赤唇部正巾縫合法について. 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 山山竒安晴, 秋本峰克, 永井美奈子, 内沼栄樹 (形外), 小林眞司 (神奈川県立こども医療センター・形外), 鳥飼勝行 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 (2001.04.11), 大阪. 抄録集, p.95, 2001.

2008. [学会 (全国)] (一般講演) 集学的治療により咬合回復を行った陳旧性顎骨骨折症例. 山山竒安晴, 中北信昭, 柴田裕達, 府川俊彦, 石渡靖夫, 瀬山竒晃一郎, 山田直人, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会 (2001.04.11), 大阪. 第44回日本形成外科学会総会・学術集会プログラム, p.102, 2001.

2009. [学会 (全国)] (一般講演) 超音波MRIを用いた肥厚性瘢痕の客観的評価. 深井孝郎 (形外), 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外), 山本 博 (茅ヶ崎徳洲会病院・形外), 松尾あおい, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会 (2001.04.11), 大阪.

2010. [学会 (全国)] (一般講演) raw surface を生じない口唇口蓋裂早期同時手術. 鳥飼勝行 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外), 小林眞司 (神奈川県立こども医療センター・形外), 三上太郎, 木下浩二 (横浜市立大医学部付属市民総合医療センター・形外), 池本繁弘 (横浜市立大医学部付属病院・形外), 中村佳代 (神奈川県立こども医療センター・形外), 河野克之 (横浜市立大学医学部付属市民総合医療センター・形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 (2001.04.11), 大阪.

2011. [学会 (全国)] (一般講演) 1320nm Nd: YAG レーザー (Cool Touch) の使用経験. 鈴木敏彦, 池本繁弘, 田中早苗, 大竹尚之 (横浜南共済病院・形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 (2001.04.11), 大阪.

2012. [学会 (全国)] (一般講演) Non-oblative fccial vejuvenation クールタッチ 1レーザーの使用経験. 山下理絵, 石黒匡史, 橋本信子 (湘南鎌倉総合病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会(2001.04.11), 大阪.

2013. [学会 (全国)] (一般講演) 遊離組織移植による再建術後の舌口腔底画像評価−前腕皮弁と腹直筋皮弁の違いについて−. 前川二郎 (横浜市立大附属病院・形外), 荻野浩希 (関東労災病院・形外), 三上太郎 (横浜市立大医学部附属市民医療センター・形外), 中村佳代 (神奈川県立こども医療センター・形外), 池本繁弘, 吉田豊一 (横浜市立大医学部附属病院・形外),鳥飼勝行 (横浜市立大医学部附属市民医療センター・形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 (2001.04.13), 大阪.

2014. [学会 (全国)] (一般講演) 皮膚欠損創にみる同種培養真皮の使用経験. 山田直人, 内沼栄樹 (形外), 黒柳能光(医衛): 第44回日本形成外科学会総会 (2001.04.13), 大阪.

2015. [学会 (全国)] (一般講演) 頸部刺創18例の検討. 山田直人, 一氏俊世, 安田吉宏 (形外), 熊谷 謙, 片岡祐一, 新藤正輝, 西巻 博, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第4回日本臨床救急学会総会 (2001.04.27), 名古屋. 抄録集, p.142, 2001.

2016. [学会 (全国)] (一般講演) 壊死性筋膜炎の臨床学的検討 (2報). 石黒匡史, 山下理絵, 橋本信子 (湘南鎌倉病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 (2001.04.11), 大阪. 第44回日本形成外科学会総会・学術集会 プログラム・抄録集, p.142, 2001.

2017. [学会 (全国)] (一般講演) 硬軟口蓋裂に対する粘膜移植口蓋粘膜弁変法. 中北信昭, 瀬山竒晃一郎, 高橋嗣明, 中村 健, 高山敦子, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会 (2001.04.11), 大阪. 予稿集, p.99, 2001.

2018. [学会 (全国)] (ポスター講演) Chronic Expanding Hematomd の2例. 松尾あおい, 大谷津恭之, 深井孝郎 (佐久総合病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会 (2002.04.11〜13), 大阪市.

2019. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当施設における最近5年間の広範囲熱傷患者の治療成績. 島倉康人, 一氏俊世(形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07〜09), 東京. 日本救急医学会雑誌, 12 (10): 563, 2001.

2020. [学会 (全国)] (ポスター講演) 炎症性腸疾患患者における整容面を考慮した人工肛門閉鎖. 柴田裕達 (横浜市立市民病院・形外), 小金井一隆, 福島恒男 (横浜市立市民病院・外科): 第56回日本大腸肛門病学会 (2001.10), 東京.

2021. [学会 (全国)] (ポスター講演) 視機能の障害を併発したBlow-in Fracture の治療経験. 一氏俊世, 山田直人(形外), 増田竜児, 秋本峰克 (救命), 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会 (2001.04), 大阪.

2022. [学会 (全国)] (ポスター講演) 急激な体重減少のため全身の除皺術を要した1例. 高山敦子, 瀬山竒晃一郎, 池本繁弘, 高橋嗣明, 南條昭雄, 山本 博, 大竹尚之, 内沼栄樹 (形外): 第44回日本形成外科学会総会・学術集会(2001.04.11), 大阪.

2023. [学会 (全国)] (シンポジウム等) パネルディスカッション「いわゆるしわ・たるみ治療の現状」 われわれが行っている Face lift 手術〜SMAS縫縮による低侵襲手術と皮下脂肪弁による temporal lift〜. 中北信昭, 林 和弘, 内沼栄樹 (形外), 伊藤雄康 (白金クリニック), 松倉知之 (マツクラクリニック): 第83回日本美容外科学会学術集会 (2002.01.16), 東京.

2024. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Anti-aging に対するレーザー治療. 山下理絵, 石黒匡史, 有馬裕子 (湘南鎌倉総合病院・形外), 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 第83回日本美容外科学会 (2002.01.26), 東京.

2025. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 脂肪吸引の合併症とその対策 「皮下脂肪の役割」. 内沼栄樹 (形外): 第24回日本美容外科学会総会 (2001.10.08), 沖縄. 日美外報, 2001.

2026. [学会 (全国)] (シンポジウム等) ニキビに対するクミカルピーリング. 山下理絵, 石黒匡史 (湘南鎌倉総合病院・形外): 日本美容皮膚科学会 (2001.08.23), 東京.

2027. [学会 (地方)] (一般講演) 当科において下腿切断を行った症例の検討. 田中正英, 高橋嗣明, 秋本峰克, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会43回例会 (2001.12.01), 飯田市.

2028. [学会 (地方)] (一般講演) 限局性強皮症にともなって生じた乳房変形の一例. 工藤俊哉, 林 和弘, 内田繕博, 増田竜児, 橋本信子, 内沼栄樹 (形外): 神奈川症例検討会(2001.12.08), 横浜.

2029. [学会 (地方)] (一般講演) マフラーとの接触による熱傷の3例. 一氏俊世, 島倉康人 (救命), 橋本信子, 松尾あおい, 内田繕博, 工藤俊哉, 真玉佳香, 内沼栄樹 (形外): 日本熱傷学会関東地方会 (第10回) (2002.02.07), 東京.

2030. [学会 (地方)] (一般講演) 耳介全体に炎症が波及した耳前瘻孔の1例. 茅野真子, 中野貴明, 岩城啓修, 田中早苗, 武田 啓, 内沼栄樹 (形外): 神奈川県症例検討会(2001.12.08), 昭和大学藤ヶ丘病院.

2031. [学会 (地方)] (一般講演) 足底部の滑膜嚢腫より非クロスハリジウム性ガス壊疽を生じた高齢者の1例. 三好 宏, 山本 博 (形外), 上田晃子 (上尾中央総合病院・形外), 中村康彦 (同内科): 第39回埼玉県医学会総会(2002.01.27), さいたま市.

2032. [学会 (地方)] (一般講演) われわれの行っている脂肪注入法 (第3報) 下眼瞼下部に対する脂肪注入術による若返り効果. 南條昭雄 (いちだクリニック, 形外出向), 市田正成 (いちだクリニック): 第78回日本美容外科学会・学術集会 (2001.07.22), 小樽. 第78回日本美容外科学会・学術集会抄録集, p.2, 2001.

2033. [学会 (地方)] (一般講演) 当科における過去3年間の熱傷患者の検討. 秋本峰克, 高橋嗣明, 田中正英, 内沼栄樹 (形外): 第14回日本熱傷学会信州地方会(2001.07.14), 長野県臼田町.

2034. [学会 (地方)] (一般講演) 放射線治療後に生じた顔面萎縮治療経験. 内田繕博, 松尾あおい, 山山竒安晴, 中北信明, 内沼栄樹 (形外): 神奈川形成外科症例検討会(2001.06.09), 厚木 (東海大学病院).

2035. [学会 (地方)] (一般講演) 診断に苦慮した顔面腫瘍の2症例の検討. 有馬裕子, 橋本信子, 石黒匡史, 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院・形外): 神奈川形成外科症例検討会 (2001.06.09), 厚木 (東海大学病院).

2036. [学会 (地方)] (一般講演) 当科における過去3年間の皮膚良性腫瘍の検討. 上田晃子, 高橋嗣明, 田中正英, 内沼栄樹 (形外): 第21回日本形成外科学会中部支部信州地方会42回例会 (2001.05.26), 松本市.

2037. [学会 (地方)] (一般講演) 枯れ草焼却中両下肢熱傷を負った事例−アドバイザー−. 中村 健 (佐久総合病院・形外): 第14回日本熱傷学会信州地方会 (2001.07.14), 臼田町.

2038. [学会 (地方)] (一般講演) 集中治療室管理を要した熱傷患者の検討. 永井美奈子, 中村 健, 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外): 第14回日本熱傷学会信州地方会(2001.07.14), 臼田町.

2039. [学会 (地方)] (一般講演) Peut2-Jeghers syndrome の口唇色素斑に対するレーザー治療の2例. 中村 健, 大谷津恭之 (形外): 日本形成外科学会信州地方会第42回例会 (2001.05.00), 松本市.

2040. [研究会 (全国)] (一般講演) ケロイド, 肥厚性瘢痕における線維化関連増殖因子の動態. 武田 啓, 曽根由美子, 新沢博子, 内沼栄樹 (形外): 第8回ケロイド研究会(2002.03.16), 東京.

2041. [研究会 (全国)] (一般講演) 重篤な心疾患を併発した高齢者熱傷の1例. 一氏俊世, 島倉康人, 橋本信子, 内田繕博, 内沼栄樹 (形外): 第9回四施設熱傷研究会(2001.09.00), 東京.

2042. [研究会 (地方)] (一般講演) 術後皮弁壊死, 感染を起こした咽頭−食道前壁再建症例の反省点. 毛利麻里 (形外), 柴田裕達 (横浜市立市民病院・形外): 第4回北里形成外科フォーラム (2001.11.17), 横浜.

2043. [研究会 (地方)] (一般講演) 前腕に発生した仮性動脈瘤の一例. 中野貴明, 茅野真子, 岩城啓修, 山田直人, 武田 啓, 内沼栄樹 (形外). 北里フォーラム(2001.11.17), 横浜.

2044. [研究会 (地方)] (一般講演) 長掌筋腱にて下顎骨を連動させた遊離前腕皮弁による軟口蓋の動的再建. 上田晃子, 山本 博 (形外), 三好 宏 (上尾中央総合病院・形外), 柴田裕達 (横浜市立市民病院・形外): 第4回北里形成外科フォーラム (2001.11.17), 横浜.

2045. [研究会 (地方)] (一般講演) 進行性皮膚悪性腫瘍の治療経験. 有馬裕子, 橋本信子, 石黒匡史 (形外), 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院・形外): 北里フォーラム(2001.11.17), 横浜.

2046. [研究会 (地方)] (一般講演) 手の熱圧挫創の一治療例. 大谷津恭之 (形外), 中村 健 (佐久総合病院・形外): 第3回東北信形成外科懇話会 (2001.11), 長野市.

2047. [研究会 (地方)] (一般講演) 毛包の再構築における基礎研究と臨床での試み. 中村 健, 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外): 第3回東北信形成外科懇話会 (2001.11), 長野市.

2048. [研究会 (地方)] (一般講演) 鼡皮弁を用いて皮膚潰瘍,蜂窩織炎の改善をみた下肢リンパ浮腫の1例. 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外): 第4回北里形成外科フォーラム (2001.11.17), 横浜市.

2049. [研究会 (地方)] (一般講演) 後脛骨動脈穿通技皮弁によりプレート露出部を被覆した開放性下腿骨折の1例. 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外): 第4回北里形成外科フォーラム (2001.11.17), 横浜市.

2050. [研究会 (地方)] (一般講演) 褥瘡・慢性潰瘍に対するフィブラストスプレーの効果について. 大谷津恭之, 中村 健 (形外), 永井美奈子 (佐久総合病院・形外), 井内 学 (同薬剤部): 第3回北信創傷治癒懇話会 (2002.02), 長野市.

2051. [研究会 (地方)] (一般講演) 母指悪性黒色腫の治療方針. 佐藤史郎 (済生会下関病院・形外), 根本 充, 新沢博子 (形外): 第4回北里フォーラム (2001.11.17), 横浜.

2052. [研究会 (地方)] (教育講演) 床ずれのこと 褥瘡の Cure と Care 〜予防治療から介護まで〜. 深井孝郎 (形外): 佐久総合病院教育招待講演 (2001.04.24), 長野県臼田町・佐久総合病院.


<<23 皮膚科学>>


2053. [原著] Evaluation of recombinant interleukin-2 immunotherapy for human hemangiosarcome in a SCLD mice model (WB-SELD). 増澤幹男, Mochida, N., 藤村響男, 浜田祐子 (皮), 玉内秀一 (微), Sakurai, Y.(武蔵野免疫研), 新山史朗, 勝岡憲生 (皮): J. Dermatol. Sci, 27 (2): 88〜94, 2001.

2054. [原著] The feasibility of quautitative analysis of androgen metabolism by use of single dermal papillae from human hair fallicles. 新山史朗 (皮), Happle, R., Hoffmann, R. (Department of Dermatology, Philipp University): 2001.

2055. [原著] Influence of estrogens on the androgen metabolism in different suburits of human hair follicles. 新山史朗 (皮), Happle Rudolf, Hoffmann Rolf (Department of Dermatology Philipp University): 2001.

2056. [原著] Expression of vascular endothelial growth factor in a human hemangiosarcoma cell line (ISO-HAS). 天羽康之, 増澤幹男, 浜田祐子, 勝岡憲生 (皮): Archives of Dermatological Research, 293: 296〜301, 2001.

2057. [原著] CD56-positive cutaneous Lymphoma with Multicentric Castleman's disease-like systemic manifestations. 天羽康之, 小方冬樹, 岡部省吾, 米元康蔵, 勝岡憲生 (皮): Journal of Dermatology, 28: 746〜752, 2001.

2058. [原著] Clinical significance of enzyme-linked immunosorbent assay for the detection of circulating anti-BP180 autoantibodies in patients with bullows pemphigoid. 天羽康之, 大川 司, Tatsuta Manako, 浜田祐子, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮), Hashimoto Takashi (久留米大皮膚科): Journal of Dermatological science, 26: 14〜18, 2001.

2059. [原著] UVB-irradiated dendritic cells are impaired in their APC function and tolerize primed Th1 cells but not naive CD4 +T cells. Denfeld W. Ralf (Department of Dermatology, Afbert-Ludwigs-University Freibury, Germany), 原 尚道 (皮), Tesmann P. Jens, Martin Stefan, Simon C. Jan (Department of Dermatology, Albert-Ludwigs-University Freibury, Germany): Jurnal of Leukocyte Biology, 69: 548〜554, 2001.

2060. [原著] Recombinant Mycobacterium tuberculosis Protein associated with mammalian cell entry. Chitale Sadhana (Weill Medical College of Cornell University), Ehrt Sabine, Kawamura Ikuo, 藤村響男(皮), Shimono Nobuyuki(University of California), Anand Naveen (Pasteur-Merieux-Conraught), Lu Sangwei, Cohen-Gould Leona and Riley W. Lee (University of California): Cellular Microbiology, 3(4): 247〜254, 2001.

2061. [原著] Expression of IL-18 in psoriasis. 太田幸則, 浜田祐子, 勝岡憲生 (皮): Arch Dermatol Res, 293: 334〜342, 2001.

2062. [原著] 高齢者anaphylactoid purpuraの臨床的検討. 中野敏明, 山口京美, 山上美江, 原田晴美 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 日本皮膚科学会雑誌, 111 (8): 1237〜1242, 2001.

2063. [原著] 高齢者のanaphylactoid purpura. 中野敏明, 原田晴美 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 皮膚病診療, 23 (6): 579〜582, 2001.

2064. [準原著] Serum levels of interleukin-18 (IL-18) are increased in cutaneous T cell and NK cell lymphoma patients. 天羽康之, 太田幸則, 浜田祐子, 勝岡憲生 (皮): British Journal of Dermatology, 145: 674〜676, 2001.

2065. [準原著] 膿疱性乾癬患者に生じた多型滲出性紅斑型薬疹. 前島英樹 (聖路加国際病院), 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介, 越後貫理香 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第16回日本乾癬学会記録集, 16:126〜127, 2001.

2066. [症例報告] 悪性黒色腫. 冨田昌宏 (皮), 向井秀樹(横浜労災病院皮膚科), 葛西邦博 (千歳皮膚科): 皮膚病診療, 24 (3): 293〜296, 2002.

2067. [症例報告] Merkel 細胞癌. 冨田昌宏 (皮), 向井秀樹 (横浜労災病院皮膚科), 河村俊治 (横浜労災病院病理部): 皮膚病診療, 23 (11): 1095〜1098, 2001.

2068. [症例報告] 頭部に生じた乳頭状汗腺腫の1例. 前島英樹 (聖路加国際病院), 松本京子, 飯田美佐, 金子 聡, 平松正浩 (皮), 向井秀樹 (横浜労災病院): 皮膚科の臨床, 43 (9): 1140〜1141, 2001.

2069. [症例報告] 痛風結節. 前島英樹 (聖路加国際病院), 市川 薫 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 皮膚病診療, 24 (2): 157〜160, 2002.

2070. [症例報告] 腋窩に生じた毛巣瘻. 前島英樹 (聖路加国際病院), 原田晴美 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 皮膚病診療, 24 (1): 47〜50, 2002.

2071. [症例報告] 穿掘性潰瘍を伴う皮膚筋炎. 小中理会, 新井 達 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 皮膚病診療, 23 (7): 701〜704, 2001.

2072. [症例報告]Multiple disseminated dermatofibromas in a woman with systemic lupus erythematosus. 新山史朗 (皮), Happle Rudolf, Hoffmann Rolf (Department of Dermatology Philipp University): 2001.

2073. [症例報告] Acrodermatitis acidemica secondary to malnutrition in glutaric aciduria typeT. 新山史朗 (皮), Koelker Stefan, Degen Ingrid, Hoffmann F. Georg, Happle Rudolf, Hoffman Rolf (Department of Dermatology Philipp University): 2001.

2074. [症例報告] Hypotrichosis congenita of Marie Unna. 新山史朗 (皮), Freyschmidt-Paul Pia, Happle Rudolf, Hoffmann Rolf (Department of Dermatology Philipp University): 2001.

2075. [症例報告] 外科的切除術と術後放射線照射を行ったMerkel細胞癌の1例. 天羽康之, 田辺和美, 矢口 厚, 高須 博, 勝岡憲生 (皮), 宮澤七郎 (病理): 2001.

2076. [症例報告] 外陰部穿掘性潰瘍を初発症状とした不全型Behcet病. 佐藤直哉, 勝岡憲生 (皮): 皮膚科診療, 23(7): 693〜696, 2001.

2077. [症例報告]卵巣癌の病勢と一致してKL-6値が上昇した皮膚筋炎の1例. 新井 達, 勝岡憲生 (皮), 関根敦子 (北研メディカル), 新井春枝 (大和市立病院), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 臨床皮膚科, 55 (10): 759〜762, 2001.

2078. [症例報告] atypical fibroxanthoma. 斉藤和美 (皮), 種井良二 (東京都老人医療センター皮膚科): 皮膚病診療, 23 (11): 1115〜1118, 2001.

2079. [総説] 超音波メス. 饗場伸作 (皮), 向井秀樹 (横浜労災), 大谷謙太 (相模原市): 皮膚病診療, 23 (7): 736〜739,

2080. [総説] 毛をみてわかること. 佐藤直哉, 勝岡憲生(皮): 臨床看護, 28 (3): 379〜383, 2002.

2081. [総説] 円形脱毛症の治療. 佐藤直哉 (皮): 日本医事新報, 4033: 21〜27, 2001.

2082. [編集者への手紙] Angio lymphoid hyperplasia with eosinophilia in the oral mucosa. 坪井廣美, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮): British Journal of Dermatology, 145: 674〜676, 2001.

[著 書]

2083. [学術書] (共著) 小児の皮膚疾患生活指導マニュアル; 爪の疾患に対する生活指導, p.126〜132, 勝岡憲生 (皮). 編集 宮地良樹 (京都大), 森川照廣 (群馬大), 診断と治療社, 東京, 2001.04.20発行.

2084. [学術書] (共著) ドクターサロン; 円形脱毛症の治療, 45: p.31〜34, 勝岡憲生 (皮). 杏文堂, 東京, 2001.05.20発行.

2085. [学術書] (共著) 看護のための最新医学講座 19巻; 脱毛症, p.260〜263, 勝岡憲生 (皮). 編集 中川秀巳 (自治医科大学), 監修 日野原重明 (聖路加国際病院), 中山書店, 東京, 2001.12.10発行.

2086. [概説書] (単著) 健保だより; 夏の紫外線から肌を守る, p.14, 勝岡憲生 (皮). 健康保険組合, 東京, 2001.06.15発行.

[学会・研究会等]

2087. [学会 (国際)] (一般講演) UVB-irradiated dendritic cells induce non-proliferating, regulatory type T cells. 原 尚道 (皮), Denfeld R. W., Martin S., Simon J.C.: 62nd Annual Meeting of the Society for Investigative Dermatology (2001.05.10〜12), Washington DC, USA.

2088. [学会 (国際)] (一般講演) Hypotrichosis congenita of Marie Unna. 新山史朗 (皮), Hoffman Rolf, Happle Rudolf (Department of Dermatology Philipp University), 勝岡憲生 (皮): The 12th Japan-kanea Joint Meeting of Dematology (2001.11.08〜09), 東京.

2089. [学会 (国際)] (ポスター講演) High Efficiency Gene Therapy of Growing Hair Shafts. Saito Norimitsu (皮), Zhao Ming, Li Lingna, Baranow Eugene, Yang Meng (ANTICANCER Inc.), 太田幸則, 勝岡憲生 (皮), Hoffman M. Robert (ANTICANCER Inc.): Third Intercontinental Meeting of Hair Research Societies (2001.06.15), Tokyo.

2090. [学会 (全国)] (一般講演) レーザー照射後に生じた悪性黒色腫. 饗場伸作, 佐藤勘治, 中村和哉, 冨田昌宏, 金子 聡 (皮), 向井秀樹 (横浜労災): 日本皮膚外科学会(2001.10.14), 広島.

2091. [学会 (全国)] (一般講演) シロスタゾールによる慢性リンパ浮腫治療. 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮), 蔵本博行 (産婦): 第100回日本皮膚科学会学術大会 (2001.04.06〜08), 東京.

2092. [学会 (全国)] (一般講演) タキソテールの血管肉腫に対する抗腫瘍効果−マウス血管肉腫モデルISOS-Iを用いた検討−. 姜 日花, 増澤幹男, 浜田祐子, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮): 第17回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会(2001.05.12), 東京.

2093. [学会 (全国)] (一般講演) 脈管肉腫に検出されたSimian Virus 40 DNA. 増澤幹男, 浜田祐子, 天羽康之, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮): 第26回日本研究皮膚科学会年次学術大会 (2001.09.07〜08), 松山.

2094. [学会 (全国)] (一般講演) 肛囲Paget病の1例. 金子 聡, 饗場伸作, 佐藤勘治, 中村和哉, 松本京子, 冨田昌宏(皮), 向井秀樹 (横浜労災病院皮膚科), 稲村 舞 (皮): 第16回日本皮膚外科学会総会: 学術集会 (2001.10.13), 広島.

2095. [学会 (全国)] (一般講演) アトピー性皮膚炎 (AD) 患者を対象にIgE抗体スクリーニングパネルの臨床的有用性の検討. 冨田昌宏, 松本京子, 金子 聡 (皮), 向井秀樹 (横浜労災病院皮膚科), 林 晃 (ヤトロン): 第51回日本アレルギー学会総会 (2001.10.30), 福岡. アレルギー, 50 (9010): p777, p955, 2001.

2096. [学会 (全国)] (一般講演) 膠原病患者における光線過敏について−アンケート調査による検討−. 稲村 舞, 小中理会, 中野敏明, 原 尚道, 白井京美, 新井 達, 勝岡憲生 (皮), 新井春枝 (大和市立病院), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第25回皮膚脈管・膠原病研究会 (2002.02.01), 鹿児島県.

2097 [学会 (全国)] (一般講演) 拘束ストレスで誘導される血中グルココルチコイドの上昇を介した免疫記憶への影響. 宮田聡子, 藤村響男 (皮), 岸原健二 (九州大), 野本亀久雄 (臓器移植ネットワーク), 勝岡憲生 (皮): 日本研究皮膚科学会第26回年次学術大会 (2001.09.07〜08), 松山.

2098. [学会 (全国)] (一般講演) 膿疱性乾癬患者に生じた多型滲出性紅斑型薬疹. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第16回日本乾癬学会学術大会 (2001.09.02), 千葉. 第16回日本乾癬学会学術大会プログラム, 抄録集, 16: 100, 2001.

2099. [学会 (全国)] (一般講演) ステロイド外用剤による接触皮膚炎. 斉藤和美, 高須 博, 中村美夏, 新井 達, 大川 司, 勝岡憲生 (皮): 第31回日本皮膚アレルギー学会総会 (2001.07.13〜14), 浜松.

2100. [学会 (全国)] (ポスター講演) クロモミコーシス病変部におけるTh1型サイトカインの局所発現とその意義. 佐藤直哉, 藤村響男, 土井希文, 田沼弘文, 勝岡憲生 (皮), 久米 光 (病理): 第100回日本皮膚科学会総会(2001.04.08), 東京.

2101. [学会 (全国)] (ポスター講演) メルケル細胞癌の1例. 龍野佐和子 (皮), 安芸良一 (国立栃木): 第56回国立病院療養所総合医学会 (2001.11.08), 仙台.

2102. [学会 (全国)] (ポスター講演) 穿孔型石灰化上皮腫の1例. 前島英樹, 嶋村祐美, 白井京美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香 (聖路加国際病院): 第100回日本皮膚科学会総会 (2001.04.07), 東京. 日本皮膚科学会雑誌, 111 (3): 470〜471, 2001.

2103. [学会 (全国)] (ポスター講演) 基底細胞母斑症候群の1例. 小中理会, 坪井廣美, 矢口 厚, 勝岡憲生 (皮): 第100回日本皮膚科学会総会 (2001.04.07), 東京.

2104. [学会 (全国)] (ポスター講演) メフェナム酸(ポンタール)によるnonpigmenting fixed drug er uptionの1例. 斉藤典充, 前田亜希子, 松井矢寿恵, 脇田加惠 (皮), 太田幸則 (国立横浜病院皮膚科): 第56回国立病院療養所総合医学会 (2001.11.08), 仙台.

2105. [学会 (全国)] (ポスター講演) High Effeciency Gene Therapy of Growing Hair Shafts. 齊藤典充 (皮), Zhao Ming, Li Lingna, Baranov Eugene, Yang Meng (ANTICANCER Inc.), 太田幸則, 勝岡憲生 (皮), Hoffman M. Robert(ANTICANCER Inc.): 日本研究皮膚科学会第26回年次学術大会 (2001.09.08), 松山.

2106. [学会 (全国)] (ポスター講演) 組織学的に唾液腺腫瘍との鑑別が問題となった粘液嚢腫?の1例. 天羽康之, 矢口 厚, 高須 博, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第100回日本皮膚科学会総会 (2001.04.06〜08), 東京.

2107. [学会 (全国)] (ポスター講演) アイトロール投与後に光線過敏を生じ, 皮膚筋炎を判明した1例. 松井矢寿恵, 菅谷和江 (皮), 藤井幹久 (国立横須賀病院): 第56回国立病院療養所総合医学会 (2001.11.08), 仙台.

2108. [学会 (全国)] (ワークショップ) AIDA法を用いた結核菌mce領域の組み換え発現と抗体による侵入抑制効果の検討. 藤村響男 (皮), 河村伊久雄 (京大院, 医, 微生物感染症学), Riley Lee W. (U.C.Berkeley), 宮田聡子, 松浦智寛, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 日本免疫学会(2001.12.12), 大阪. 日本免疫学会総会学術集会記録, 31: 130, 2001.

2109. [学会 (地方)] (一般講演) 形質細胞増多症の1例. 宮田聡子, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2002.02.16〜17), 2002.

2110. [学会 (地方)] (ポスター講演) Eosinophilic cellulitis (Wells' syndrome). 中野敏明, 宮田聡子, 坪井廣美, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第53回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2001.10.27〜28), 長崎.

2111 [学会 (地方)] (ポスター講演) 乳児のSweet病. 斉藤和美, 渡邊祐美, 前島英樹, 白井京美, 原田晴美 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院), 河野正恒 (江東区): 第65回日本皮膚科学会東部支部総会 (2001.09.29), 札幌.

2112. [学会 (地方)] (ポスター講演) 同種培養真皮と抗菌剤含有創傷被覆材 (ミカキュア)併用による難治性下腿潰瘍の治療効果. 中野敏明, 宮田聡子, 佐藤直哉, 増澤幹男, 勝岡憲生, 黒柳能光 (皮): 第65回日本皮膚科学会東部支部学術大会 (2001.09.29〜30), 札幌. 皮膚の科学, 1 (2), 2001.

2113. [学会 (地方)] (一般講演) 多臓器転移を生じた原発巣不明の平滑筋肉腫. 原 尚道, 斎藤大吾, 稲村 舞, 白井京美, 高須 博, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮), 梶田咲美乃(病理), 川野信子 (稲田登戸病院): 第52回日本皮膚科学会中部支部総会・学術大会 (2001.11.03〜04), 京都.

2114. [学会 (地方)] (一般講演) 救命し得た重症TEN型薬疹の2例. 嶋村祐美, 前島英樹, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第52回日本皮膚科学会中部支部総会・学術大会(2001.11.03), 京都.

2115. [学会 (地方)] (ポスター講演) 本邦におけるCHILD症候群. 新山史朗, 勝岡憲生, 田中隆義, 臼田俊和, 笹岡健哉 (皮), Happle Rudolf (マールブルグ大皮膚科): 第53回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2001.10.27〜28), 長崎.

2116. [学会 (地方)] (ポスター講演) メフェナム酸 (ポンタール) によるnonpigmenting fixed drug eruptionの1例. 斉藤典充, 前田亜希子, 松井矢寿恵, 脇田加惠 (皮), 太田幸則 (国立横浜病院皮膚科): 第65回日本皮膚科学会東部支部総会・学術大会 (2001.09.30), 札幌.

2117. [学会 (地方)] (一般講演) 肛囲Paget病を伴った皮膚筋炎の1例. 金子 聡, 饗場伸作, 佐藤勘治, 中村和哉, 冨田昌宏 (皮), 向井秀樹 (横浜労災皮膚科), 保元明彦 (横浜労災外科): 第65回日本皮膚科学会東京支部学術大会(2002.02.17), 東京.

2118. [学会 (地方)] (一般講演) 耳垂に生じた悪性黒色腫の1例. 冨田昌宏, 金子 聡, 饗場伸作 (皮), 向井秀樹 (横浜労災病院皮膚科), 大気誠道 (横浜労災病院耳鼻科), 堀 茂 (横浜労災病院形成外科), 葛西邦博 (横浜市): 日本皮膚科学会第770回東京地方会神奈川地区 (2002.01.19), 川崎. 皮膚病診療, 24 (3): 293〜296, 2002.

2119. [学会 (地方)] (一般講演) 大腸菌を用いたMyobacterium leprae mcelA領域の組み換え発現とその機能解析. 佐藤直哉, 藤村響男, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第771回日本皮膚科学会東京地方会 (2002.03.16), 東京.

2120. [学会 (地方)] (一般講演) collagenomaの1例. 中村和哉, 佐藤勘治, 冨田昌宏, 金子 聡, 饗場伸作 (皮), 向井秀樹 (横浜労災), 浅井俊弥 (横浜市): 日本皮膚科学会第767回東京地方会神奈川地区 (2001.10.20), 川崎.

2121. [学会 (地方)] (一般講演) 無顆粒球症を伴った惨出性紅斑の1例. 安芸良一, 斎藤大吾 (皮), 龍野佐和子 (国立栃木病院): 第33回日本皮膚科学会栃木地方会(2001.07.12), 宇都宮.

2122. [学会 (地方)] (一般講演) 乾癬性紅皮症の1例. 安芸良一 (皮), 龍野佐和子 (国立栃木病院): 第34回日本皮膚科学会栃木地方会 (2001.10.11), 宇都宮.

2123. [学会 (地方)] (一般講演) スピッツ母斑を考えた1例. 安芸良一 (皮), 龍野佐和子 (国立栃木病院): 第35回日本皮膚科学会栃木地方会 (2001.12.06), 栃木市.

2124. [学会 (地方)] (一般講演) 背部に生じた特異な形状の基底細胞上皮腫の1例. 安芸良一, 宮田聡子, 増澤幹男, 勝岡憲生, 高山敦子 (皮): 日本皮膚科学会第763回東京地方会 (2001.05.19), 横浜.

2125. [学会 (地方)] (一般講演) 胸部に皮下硬結を併発した巨細胞性動脈炎. 稲村 舞, 白井京美, 宮田聡子, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第767回東京地方会(2001.10.20), 神奈川県.

2126. [学会 (地方)] (一般講演) 汎発性枯液水腫の1例. 稲村 舞, 白井京美, 新井 達, 坪井廣美, 勝岡憲生, 米元康蔵 (皮): 日本皮膚科学会第766回東京地方会 (2001.09.22), 神奈川県.

2127. [学会 (地方)] (一般講演) 腋窩に生じた毛巣瘻の1例. 前島英樹, 渡邊祐美, 白井京美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 日本皮膚科学会第763回東京地方会 (2001.05.19), 東京.

2128. [学会 (地方)] (一般講演) 成人型アトピー性皮膚炎患者に対するnarrw band UVB治療効果に対する検討. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): (2002.03.16), 東京.

2129. [学会 (地方)] (一般講演) 粉瘤から生じた有棘細胞癌の1例. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第770回日本皮膚科学会東京地方会 (2002.01.19), 東京.

2130. [学会 (地方)] (一般講演) 皮膚サルコイドの2例. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第767回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.10.20), 東京.

2131. [学会 (地方)] (一般講演) 浮腫結合性肉芽腫の2例. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第766回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.09.21), 東京.

2132. [学会 (地方)] (一般講演) 腋窩に生じた毛巣瘻の2例. 前島英樹, 嶋村祐美, 白井京美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第763回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.05.19), 東京. 日本皮膚科学会雑誌, 112 (2): 172, 2001.

2133. [学会 (地方)] (一般講演) 手に生じた乳癌の皮膚転移. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介(皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第764回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.06.17), 東京.

2134. [学会 (地方)] (一般講演) 成人still病の2例. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第768回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.11.17), 東京.

2135. [学会 (地方)] (一般講演) 成人still病の4例. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第30回日本皮膚科学会香川地方会 (2001.12.08), 高松.

2136. [学会 (地方)] (一般講演) 先天性カンジダ症の1例. 嶋村祐美, 小中理会, 前島英樹, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 衛藤 光, 草川 功 (聖路加国際病院): 第770回東京地方会 (2002.01.19), 東京.

2137. [学会 (地方)] (一般講演) 骨髄異形成症候群を合併したAnaplylactoid Purpura. 渡邊祐美, 前島英樹, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第763回東京地方会 (2001.05.19), 東京.

2138. [学会 (地方)] (一般講演) 多発性皮下結節を認めた木村病の1例. 渡邊祐美, 前島英樹, 山口京美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第761回東京地方会, 東京.

2139. [学会 (地方)] (一般講演) 線状扁平苔癬Linear Lichen Planus (LLP) の3例. 嶋村祐美, 前島英樹, 白井京美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第766回東京地方会 (2001.09.21), 東京.

2140. [学会 (地方)] (一般講演) シリコン肉芽腫の1例. 小中理会, 白井京美, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮), 田中早苗 (形外), 新津谷 哲 (相模原市): 日本皮膚科学会. 第768回東京地方会 (2001.11.17), 神奈川.

2141. [学会 (地方)] (一般講演) 顔面肉芽腫と考えた1例. 小中理会, 坪井廣美, 矢口 厚, 勝岡憲生 (皮), 刀弥 穀(相模原市): 日本皮膚科学会第764回東京地方会(2001.06.16), 神奈川.

2142. [学会 (地方)] (一般講演) Dermal duct tumorの1例. 小中理会, 嶋村祐美, 前島英樹, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第770回日本皮膚科学会東京地方会 (2002.01.19), 東京.

2143. [学会 (地方)] (一般講演) 下肢の浮腫をきたした乳房外Paget病の1例. 斉藤典充, 脇田加惠, 太田幸則 (皮): 日本皮膚科学会東京地方会 第768回例会 (2001.11.17), 藤沢.

2144. [学会 (地方)] (一般講演) サルコイドーシスの1例. 百瀬葉子, 白井京美, 宮田聡子, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 第766回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.09.22), 神奈川.

2145. [学会 (地方)] (一般講演) Lichen purpuricus/aureusの2例. 脇田加惠, 斉藤典充 (皮), 太田幸則 (国立横浜), 太田幸宏 (藤沢市): 日本皮膚科学会第770回東京地方会 (2002.01.19), 神奈川.

2146. [学会 (地方)] (一般講演) 胃癌に伴う摂食不良により生じたペラグラの1例. 脇田加惠, 斉藤典充 (皮), 太田幸則 (国立横浜), 松島昭三 (国立横浜臨床研究部): 日本皮膚科学会第766回東京地方会 (2001.09.22), 神奈川.

2147. [学会 (地方)] (一般講演) 新生児エリテマトーデス( NLE) の2例. 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第764回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.06.16), 神奈川.

2148. [学会 (地方)] (一般講演) 敗血症に至った大腸菌による壊死性筋膜炎の1例. 江藤宏光, 白井京美, 宮田聡子, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 第766回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.09.22), 横浜.

2149. [学会 (地方)] (一般講演) 頭部リンパ管肉腫の1例. 中野敏明, 清野みき, 原 尚道, 坪井廣美, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮), 竹崎伸一郎 (日医大第2病院): 日本皮膚科学会第770回東京地方会 (2002.01.19), 川崎.

2150. [学会 (地方)] (一般講演) シリコン肉芽腫の1例. 小中理会, 白井京美, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮), 田中早苗 (形外), 新津谷 哲 (相模原市): 日本皮膚私学会第768回東京地方会 (2001.11.07), 神奈川.

2151. [学会 (地方)] (一般講演) パルボウィルスB19感染が考えられた中毒疹 (出血性丘疹). 長瀬宏子, 白井京美, 佐藤直哉, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第767回東京地方会 (2001.10.20), 神奈川.

2152. [学会 (地方)] (一般講演) リウマチ性多発筋痛症を合併した巨細胞性血管炎. 稲村 舞, 白井京美, 宮田聡子, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第767回東京地方会 (2001.10.20), 神奈川.

2153. [学会 (地方)] (一般講演) 汎発性粘液水腫の1例. 稲村 舞, 白井京美, 新井 達, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第766回東京地方会 (2001.09.22), 神奈川.

2154. [学会 (地方)] (一般講演) 蕁麻疹様紅斑で発症したSLEとSjogren症候群 (SJS) の合併例. 西山浩美, 宮田聡子, 白井京美, 坪井廣美, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第763回東京地方会 (2001.05.19), 神奈川.

2155. [学会 (地方)] (一般講演) Munchausen症候群が疑われた1例. 清野みき, 白井京美, 坪井廣美, 勝岡憲生(皮), 神山太郎 (内), 岡田秀俊 (精): 日本皮膚科学会第768回東京地方会 (2001.11.17), 藤沢市.

2156. [学会 (地方)] (一般講演) 頭部脈管肉腫患者における血清中VEGF濃度とP53癌抑制遺伝子の点突然変異の検討. 天羽康之, 増澤幹男, 浜田祐子, 藤村響男, 勝岡憲生(皮): 第769回日本皮膚科学会東京地方会 (2001.12.15), 東京.

2157. [学会 (地方)] (一般講演) 角化が著明であった掌蹠膿瘍症の1例. 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮), 大橋修一郎 (相模原協同): 第767回日本皮膚科学会東京地方会(2001.10.20), 神奈川.

2158. [学会 (地方)] (一般講演) 糖尿病患者にみられたperforating disorder. 坪井廣美, 新中浩之, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第765回日本皮膚科学会東京地方会(2001.07.21), 東京.

2159. [学会 (地方)] (一般講演) Hydroxyureaによる下腿潰瘍. 斉藤和美, 嶋村祐美, 前島英樹, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 越後貫理香, 衛藤 光 (聖路加国際病院皮膚科), 岡田 定 (聖路加国際病院血液内科): 日本皮膚科学会東京地方会第767回例会 (2001.10.20), 東京.

2160. [学会 (地方)] (ポスター講演) 非典型的な臨床像を呈した基底細胞上皮腫. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第51回日本皮膚科学会西部支部総会 (2001.10.28), 長崎.

2161. [学会 (地方)] (シンポジウム) 当科における脈管肉腫のインターロイキン-2 (IL-2) 療法指針. 増澤幹男, 前田亜希子, 原 尚道, 宮田聡子, 浜田祐子, 勝岡憲生 (皮): 第65回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2002.02.17), 東京.

2162. [研究会 (全国)] (一般講演) 無症候性視床梗塞と四肢の動脈内腔の狭小化を合併した難知性指趾壊死. 中野敏明, 清野みき, 宮田聡子, 坪井廣美, 増澤幹男, 勝岡憲生(皮): 第25回皮膚脈管・膠原病研究会 (2002.01.31〜02.01), 鹿児島.

2163. [研究会 (全国)] (一般講演) 当科開院以来30年に渡る皮膚筋炎患者の年次別検討. 新井 達, 稲村 舞, 中野敏明, 原 尚道, 白井京美, 勝岡憲生, 小中理会 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院), 新井春枝 (大和市立病院): 第25回皮膚脈管・膠原病研究会 (2002.01.31〜02.01), 鹿児島.

2164. [研究会 (全国)] (一般講演) 大量ガンマグロブリン静注療法を施行した皮膚筋炎の2例. 前島英樹, 嶋村祐美, 斉藤和美, 原田晴美, 番場圭介 (皮), 衛藤 光 (聖路加国際病院): 第25回皮膚脈管・膠原病研究会 (2002.02.01), 鹿児島. 第25回皮膚脈管・膠原病研究会プログラム, 25: 100, 2002.

2165. [研究会 (全国)] (一般講演) Livedo with summer ulcerationの夏季潰瘍に対する"かんぽう茶"の予防効果: 2年目平成13年度の評価. 増澤幹男, 中村和哉, 前田亜希子, 宮田聡子, 勝岡憲生 (皮), 桜井美典 (武蔵野免疫研): 第25回皮膚脈管・膠原病研究会 (2001.01.31), 鹿児島.

2166. [研究会 (地方)] (一般講演) 単純疱疹ウィルスが原因と考えた多形惨出性糸斑の1例. 小中理会, 白井京美, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 神奈川県ウィルス研究会 第2回(2001.11.22), 神奈川.

2167. [研究会 (地方)] (一般講演) 肥満細胞腫症の1例. 安芸良一 (皮), 龍野佐和子 (国立栃木病院): 第3回ファイアサイドセミナー (2001.11.18), 宇都宮.

2168. [研究会 (地方)] (一般講演) 毛髪の基礎と臨床−主に脱毛症について−. 勝岡憲生 (皮): 山梨県皮膚科医学学術講演会 (2002.03.27), 甲府市.

2169. [研究会 (地方)] (一般講演) 脱毛症の病態と治療. 勝岡憲生 (皮): 東海地区合同皮膚科医会 (2002.02.10), 津市.

2170. [研究会 (地方)] (一般講演) 血管炎. 勝岡憲生 (皮): 浦安皮膚臨床懇話会 (2001.10.11), 浦安市.

2171. [研究会 (地方)] (一般講演) 難治性皮膚疾患の病態と治療. 勝岡憲生 (皮): 津久井医師会学術講演会(2001.09.05), 津久井郡.

2172. [研究会 (地方)] (一般講演) かゆみ−その原因と対応について−. 勝岡憲生 (皮): 岩手県医師会, 岩手かゆみ学術講演会 (2001.06.28), 盛岡市.

2173. [研究会 (地方)] (一般講演) かゆみ−その原因と対応について−. 勝岡憲生 (皮): 日医生涯教育講座, 郡山医師会学術講演会 (2001.05.24), 郡山市.

2174. [研究会 (地方)] (一般講演) かゆみ−その原因と対応について−. 勝岡憲生 (皮): 日医生涯教育講座, 長野学術講演会 (2001.05.16), 長野市.

2175. [研究会 (地方)] (一般講演) 湿疹・皮膚炎群とその治療. 勝岡憲生 (皮): 多摩地区アレルギー疾患学術講演会 (2001.05.12), 立川市.

2176. [研究会 (地方)] (一般講演) 糖尿病入院患者における皮膚症状の検討. 新井 達, 小中理会, 高須 博, 勝岡憲生 (皮), 金森 晃 (内): 第7回糖尿病フットケア研究会(2001.11.17), 東京.

2177. [研究会 (地方)] (一般講演) 糖尿病入院患者を対象とした皮膚症状の検討. 足白癬を中心に (第一報). 新井 達, 小中理会, 高須 博, 勝岡憲生 (皮), 金森 晃 (内): 第50回神奈川医真菌懇話会, 横浜.

2178. [研究会 (地方)] (一般講演) 単純疱疹ウィルス感染が原因と考えられた多形惨出性紅斑の1例. 小中理会, 白井京美, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 第8回神奈川ウィルス研究会 (2001.11.22), 神奈川.

2179. [研究会 (地方)] (公開講座) 乳房部の皮膚疾患. 脇田加惠 (皮): 市民公開講座 (2001.07.22), 神奈川.


<<24 泌尿器科学>>


2180. [原著] 血液透析患者に腸溶性ビフィズス菌製剤を使用した際の栄養評価-urea kinetikcsを用いる試み. 具志堅夏子, 兵藤 透 (横浜第一), 杉本美貴, 大山トヨ子, 山本スミ子 (厚木クリニック), 平良隆保, 千葉哲男 (横浜第一), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 日台英雄 (横浜第一): 透析会誌, 34 (2): 119〜124, 2001.

2181. [原著] Kidney disease Quality of Life Short Form (KDQOL-SFTM) を用いた血液透析患者の精神状態に影響を及ぼす関連要因. 岡 美智代, 梶浦尚美, 山本スミ子 (山形大), 佐藤和佳子 (厚木クリニック), 兵藤 透 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 透析会誌, 34 (10): 1299〜1305, 2001.

2182. [原著] β2-microglobulin吸着器リクセルと併用血液浄化法の検討. 有住香織 (横浜第一), 兵藤 透 (泌), 近藤光洋, 斉藤孝雄 (横浜第一), 武藤勝寿 (厚木クリニック), 山本スミ子, 本間 崇, 有井達郎, 平良隆保 (横浜第一), 吉田一成, 内田豊昭 (泌), 遠藤忠雄 (埼玉県央), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 腎と透析, 51 (別冊HDF療法'01): 165〜169, 2001.

2183. [原著] 週始め透析前血清カリウム値からの1日カリウム蓄積量の予測. 杉本美貴, 具志堅夏子 (横浜第一), 山本スミ子 (厚木クリニック), 兵藤 透 (泌): 透析ケアー, 7 (11): 77〜79, 2001.

2184. [原著] Prognostic Significance of the Diameter of Perineural Invasion in Radiccal Prostatectomy Specimens. 丸 典夫, 大堀 理 (泌), Michael W. Kattan, Peter T. Scardino, Thomas M. Wheeler (ベイラー医大): Human Pathology, 32: 828〜833, 2001.

2185. [原著] High-intensity focused ultrasound for patients with stage T1b-2bN0M0 localized prostate cancer. 内田豊昭, 石井大輔, 嶺井定紀, 佐藤威文, 黄 英茂, 志村 哲, 兵藤 透, 入江 啓, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): Jpn J Endourol ESWL, 14: 163〜168, 2001.

2186. [原著] p53 Mutation in Bladder Cancer Patients in Japan and Inhibition of Growth by in Vitvo Adenovirus-Mediated Wild-Type p53 Transduction in Bladder Cancer Cells. 入江 啓, 内田豊昭, 石田裕則, 松本和将, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): mol Urol, 5 (2): 53〜58, 2001.

2187. [原著] AntitumorEeffct of bcl-2 Antisence Phosphorothioate Oligodeoxynucleotides on Human Renal Cell Carcinoma Cells in Vitro and in Mice. 内田豊昭, Jiang-Ping Gao, Chunxi Wang, 佐藤威文, 伊東一郎, 村本将俊, 兵藤 透, 入江 啓 (泌), 赤星 透 (臨検学), Shi Jiang, 亀谷 徹 (病理), 馬場志郎 (泌): Mol Urol, 5 (2): 71〜78, 2001.

2188. [原著] 限局性前立腺癌に対する高線量率小線源治療 (第一報). 北野雅史, 西口 郁, 磯部義憲 (放), 入江 啓, 頴川 晋 (泌), 早川和重 (放): 日放腫会誌, 13: 145〜149, 2001.

2189. [原著] Retroperitoneosopic Radical Nephrectomy by the Posterior Lumber Approach for Renal-Cell Carcinoma Associated with Chronic Renal Faiure. 岩村正嗣, 黄 英茂, 宋 成浩, 入江 啓, 頴川 晋 (泌), 村井 勝 (慶大), 馬場志郎(泌): J of Endourol, 15: 729〜734, 2001.

2190. [原著] Toxicity and Health-related Quality of Life During and After High Dose Rate Brachythrapy Followed by External Beam Radiotherapy for Prostate Cancer. 頴川 晋, 志村 哲, 入江 啓 (泌), 北野雅史, 西口 郁 (放), 桑尾定仁 (病理), 早川和重 (放), 馬場志郎 (泌): Jpn J Clin oncol, 31: 541〜547, 2001.

2191. [原著] Secreted caveolin-stimulates cell survival/clonal growth and contributes to metastasis in androgen-insensitive prostate cancer. Tahir, S.A., Yang, G., Ebara, S., Timme, T.L. (ベイラー医大), 佐藤威文 (泌), Li, L., Goltsov, A., Ittmann, M., Morrisett, J.D., Thompson, T.C.: Cancer Res, 19: 3882〜3885, 2001.

2192. [原著] Caveolin-1 mediates testosterone-stimulated survival/clonal growth and promotes metastatic activities in prostate cancer cells. li, l., Yang, G., Ebara, S. (ベイラー医大), 佐藤威文 (泌), 那須保友(岡山大), Timme, T.L., Ren, C., Wang, J., Tahir, S.A., Thompson, T.C. (ベイラー医): Cancer Res, 61: 4386〜4392, 2001.

2193. [原著] Rostaste-Specific Antigen Response and Systemic T Cell Activation After In Situ Gene Therapy in Prostate Cancer Patients Failing Radiotherapy. Miles, B.J., Shalev, M., Aguilar-Cordova, E., Timme, T.L., Lee, H.M., Yang, G., Adler, H.L., Kcrnen, K., Pramudji, C.K. (ベイラー医大), 佐藤威文 (泌), Gdor, Y., Ren, C., Ayala, G., Wheeler, T.M., Butler, E.B., Kadomon, D., Thompson, T.C. (ベイラー医大): Hum Gene Ther, 12: 1955〜1967, 2001.

2194. [原著] Euro-Collins液の浸透圧調整にTrehaloseを添加した腎保存液に関する実験的検討. 真崎義彦 (実動), 遠藤忠雄, 大川麻子, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): OrganBiology, 8 (3): 189〜196, 2001.

2195. [原著] 腎瘻造設患者における腎盂バルーン・カテーテル自然抜去の要因と予防. 菊池直美, 井出口八寿子, 望月喜美子 (看), 志村 哲, 大川麻子, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): Urologocal Nursing, 6 (10): 947〜952, 2001.

2196. [原著] Combination gene therapy with adenoviral vector-mediated HSV-tk +GCV and IL-12 in an orthotopic mouse model for prostate cancer. 那須保友 (岡山大), Bangma, C.H., Hull, G.W., Yang, G., Wang, J. (ベイラー医大), 志村 哲 (泌), McCurdy, M.A., Ebara, S., Lee, H.-M., Timme, T.L., Thompson, T.C.(ベイラー医大): Prostate Cancer Prostatic Disease, 4: 44〜45, 2001.

2197. [原著] 後方到達法による後腹膜鏡下根治的腎摘除術:透析患者に発生した腎細胞に対して. 菊地栄次, 大東貴志, 大家基嗣, 中島 淳, 朝倉博孝, 中川 健 (慶大), 馬場志郎 (泌), 村井 勝 (慶大): Jpn Endourol, 14: 84〜87, 2001.

2198. [原著] クエン酸シルデナフィル処方時の性感染症検査の重要性. 志村 哲, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌), 澤村正之 (新宿さくらクリニック): 日本性機能学会雑誌, 16(3): 315〜319, 2001.

2199. [原著] Treatment outcome by risk group after radical prostatectomy in Japanese men. 頴川 晋, 須山一穂, 荒井陽一, Chohtatsu Tsukayama (倉敷中央), 松本和将 (泌), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): International Journal of Urology, 8: 295〜300, 2001.

2200. [原著] 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術−血液透析患者における経験−. 松本和将, 頴川 晋, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 北里医学 31 (2): 86〜96, 2001.

2201. [原著] Early Complication and Morbidity after Radical Prostatectomy in Japan -The Kitasato Experience-. 松本和将, 頴川 晋, 奥野紀彦, 宋 成浩, 馬場志郎 (泌): 北里医学, 31 (2): 84〜92, 2001.

2202. [原著] Excluding Prostate Cancer in Men Presenting with Lower Urinary Tract Symptomatology (LUTS). Brawer, M.K, Abrahamsson, P.A., 馬場志郎 (泌), Bostwick, D.G., Djavan, B., Von A. Eschenbach, Foster, C.S., Lilja, H., McLeod,D.G., Nakamura, R., Partin, A.W., Sakr, W., Schulze, H.: Benign Prostatic Hyperplasia, Folts c chatelain, Health Publication Ltd Plymouth, pp.285-293, 2001.

2203. [原著] 北里大学における腎移植時ミゾリビンの使用方法−ミゾリビンのクリアランスと腎機能について−. 吉田一成 (泌), 木村利美 (薬), 斎藤 毅, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 今日の移植, 14 (6): 824〜826, 2001.

2204. [原著] クローン病による消化管膀胱瘻の検討. 石井大輔, 入江 啓, 藤城貴教, 田畑健一, 嶺井定紀, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 日本泌尿器学会雑誌, 93 (1): 14〜19, 2001.

2205. [原著] Clinical significance of p53, MDM2 and bcl-2 expression in ransitional cell carcinoma of the bladder. 内田豊昭, 嶺井定紀 (泌), Jiang-Ping Gao, Chunyi Wang, 佐藤威文, 馬場志郎 (泌): Oncology Reports, 9: 253〜259, 2002.

2206. [原著] Intravesical instillation of bacille calmetteguerin for carcinoma in situ of the urothelium involving the upper urinary tract using vesicoureteral reflux created by a double-pigtail catheter. 入江 啓, 岩村正嗣 (泌), 門脇和臣 (北里研究所), 大川麻子, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): Urology, 59 (1): 53〜57, 2002.

2207. [原著] Prospective evaluation of prostate cancer detection by prostate specific antigen related parameters: comparison in serum and plasma samples. 頴川 晋, 須山一穂, 松本和将 (泌), 桑尾定仁(病理), 馬場志郎 (泌): J. of Urology, 167: 97〜102, 2002.

2208. [原著] 血液透析患者の国際勃起機能スコアー5 (IIEF5) による勃起機能の評価とクエン酸シルデナフィル (バイアグラメ) の投与経験. 兵藤 透 (泌), 平良隆保, 山本スミ子 (横浜第一, 厚木クリニック), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 馬場志郎 (泌): 透析会誌, 34 (11): 1421〜1426, 2001.

2209. [原著] 高密度焦点式超音波 (high-intensity focusedultrasound: HIFU) の基礎的検討−鶏肉における温度変化とPC-3前立腺癌に対する増殖抑制効果−. 嶺井定紀, 陳 偉強, 内田豊昭 (泌): 北里医学, 31 (5): 319〜326, 2001.

2210. [原著] Vancomycinが奏功しなかったMethicillin Resistant Staphylococcus aureusによる感染性心内膜炎の細菌学的検討. 高山陽子 (感染症), 吉田一成 (泌), 山口禎夫, 野々山勝人 (感染症), 遠藤忠雄 (埼玉県央), 砂川慶介 (感染症): 感染症学雑誌, 75 (6): 473〜479, 2001.

2211. [原著] Transrectal high-intensity focused ultrasound for treatment of patients with stage T1b-2 nonolocalized prostate cancer: preliminary report. 内田豊昭 (泌), Narendra, T.Sanghvi., Thomas, A.Gardner., Michael, O.Koch., 石井大輔, 嶺井定紀, 佐藤威文, 兵藤 透, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): Urology, 59(3): 394〜399, 2002.

2212. [原著] Cause of Death in Renal Transplant Patients: A Comparison Between Azathioprine and Ciclosporin. Surg. 佐藤光史, 小川憲章, 大沼田 治, 阿曽和臣, 中山義介 (外), 吉田一成 (泌), 遠藤忠雄 (泌), 柿田 章 (外): Today, 31: 681〜687, 2001.

2213. [原著] A Study of Pretreatment Nomograms to Predict Pathological Stage and Biochemical Recurrence After Radical Prostatectomy for Clinically Resectable Prostate Cancer in Japanese Men. 頴川 晋, 須山一穂 (泌), 荒井陽一 (倉敷中央), 松本和将 (泌), Chotatsu Tsukayama (倉敷中央), 桑尾定仁 (病), 馬場志郎 (泌): Jpn J Clin Oncol, 31 (2): 74〜81, 2001.

2214. [原著] Use of pretreatment prostate specific antigen doubling time to predict outcome after radical prostatectomy. 頴川 晋 (泌), 荒井陽一 (倉敷中央), 鳶巣賢一 (国立癌センター), 桑尾定人 (病), Kamoto, T.(京大病院), Kakehi, Y. (京大), 馬場志郎 (泌): Prostate Cancer and Prostatic Diseases, 3: 269〜274, 2001.

2215. [原著] In Situ Prostate Cancer Gene Therapy Using a Novel Adenoviral Vector Regulated by the Caveolin-1 Promoter. Christina Pramudji, 志村 哲(泌), Shin Ebara, Guang Yang, Jianxiang Wang, Changzhen Ren, Yunfei Yuan, Salahaldin A. Tahir, Terry, L. TImme, Timothy C. Thompson: Clinical Cancer Research, 7: 4272〜4279, 2001.

2216. [原著] 長期腹膜透析患者における硬化性被嚢性腹膜炎の発生と腹膜機能試験結果の検討. 石井淳一郎, 吉田一成, 斎藤 毅, 黄 英茂, 嶺井定紀 (泌), 鎌田貢壽 (内), 横田眞二 (相模台病院腎センター), 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 腹膜透析 2001, 腎と透析, 51: 51〜53, 2001.

2217. [準原著] Comparative Study of Population Pharmacokinetics Upon Switching of Cyclosporine Formulation From Sandimune to Neoral in Stable Renal Transplant Patients. 吉田一成 (泌), 木村利美(薬), Y. Hamada, 斎藤 毅, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 島田慈彦 (薬剤): Transplantation Proceedings, 33: 3146〜3147, 2001.

2218. [準原著] The Immediate Effect of Shakuyaku-Kanzo-to, Traditional Japanese Herbal Medicine, for Muscular Cramps during Maintenance Hemodialysis. 兵藤 透 (泌), Taira, T., Kumakura, M. (横浜第一), Yamamoto, S. (厚木クリニック), 吉田一成, 内田豊昭, 酒井 糾, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): Nephron, 90: 240, 2002.

2219. [準原著] Peritoneal. Irrigation for at least one year after cessation of long-term capd prevents eps. 吉田一成 (泌), 横田眞二 (相模台), 兵藤 透, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): Peritoneal. Diai. Ysis International, 21(2): 26, 2001

2220. [準原著] 尿失禁とその治療. 大川麻子 (泌): 都薬雑誌, 23 (9): 10〜14, 2001.

2221. [準原著] Performance on the newer type(Lixelle Type S-15)on direct hemoperfusion Beta-2-Microglobulin adsorption column for dialysis-related amyloidosis. Emi Hiyama (厚木クリニック), 兵藤 透 (泌), Mitsuhiro Kondo, Kaori Otsuka, Takashi Honma (厚木クリニック), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄 (泌), 酒井 糾 (横浜第一), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): Nephron, 856: 1〜5, 2001.

2222. [準原著] 排泄ケアの質の向上と「障害を恥じる必要のない社会づくり」を. 葛西義憲, 西村かおる (日本コンチネンス協会), 大川麻子 (泌), 神山剛一: Gpnet, 47: 6〜8, 2001.

2223. [準原著] TVT手術−長所と落とし穴−. 近藤厚生, 木村恭裕, 磯部安朗, 弓場 宏, 上平 修 (小牧市民), 大川麻子 (泌): 臨床泌尿器科, 55 (8): 687〜691, 2001.

2224. [準原著] Histological characteristics and clinical significance of Japanese prostate cancer with low levels of prostate specific antigen of 4.0 ng/ml or lower. 佐藤威文, 頴川 晋, 大堀 理, 松本和将 (泌), 桑尾定仁 (病理), Yanagimoto, K., 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 4th Seminar of the international cooperative study of diagnostic ultrasound and prostate cancer., p.113〜117, 2000.

2225. [研究報告 (文部省)] 前立腺癌特異遺伝子同定の試み. 頴川 晋 (泌): 平成11〜13年度化学研究費補助金 (基盤研究C) 結果成果報告書, 2002.

2226. [研究報告(文部省)] 抗癌遺伝子リボザイムとp53同時発現アデノウイルスベクターの抗腫瘍効果の検討. 入江 啓 (泌): 平成11〜13年度科学研究費補助金 (基盤研究C) 研究成果報告書, 2002.

2227. [症例報告] A cystic ureteric diverticulum which enlarged with time and caused colic. 入江 啓, 溝口秀之, 馬場志郎 (泌): BJU Int, 87: 1〜3, 2001.

2228. [症例報告] 腎肉腫様集合管癌の1例. 高嶋力弥 (泌), 呉 幹純, 門脇和臣, 折笠秀紀 (北里研究所), 福永真治 (慈恵医大), 馬場志郎 (泌): 北里医学, 31 (6): 411〜415, 2001.

2229. [症例報告] 腎盂内に発生した炎症性偽腫瘍. 勝田真行, 岩村正嗣, 松本和将, 藤城貴教 (泌), 久保星一 (相模台), 馬場志郎 (泌): 臨床泌尿器科, 55 (13): 1201〜1203, 2001.

2230. [症例報告] Primary Squamous Cell Carcinoma of the SeminaL Vesicle. 田畑健一, 入江 啓, 石井大輔(泌), 柳沢信之 (病理), 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): Urology, 59 (3): 1〜3, 2002.

2231. [症例報告] 尿管瘻を利用してBCG灌流療法を施行した上部尿路上皮内癌の1例. 呉 幹純, 望月英樹 (北里研究所), 塩川英史, 高嶋力弥 (泌), 門脇和臣 (北里研究所): 西日泌尿, 63: 45〜48, 2001.

2232. [症例報告] 精巣・精索転移を来した腎盂尿管腫瘍の1例. 藤田哲夫 (泌), 本田直康 (国立横浜): 泌尿器外科, 14 (6): 671〜673, 2001.

2233. [症例報告] インターフェロン療法後に甲状腺機能低下症を来した腎細胞癌の1例. 藤田哲夫 (泌), 本田直康(国立横浜), 馬場志郎 (泌): 日泌尿会誌, 92 (5): 583〜585, 2001.

2234. [症例報告] 画像診断-急性腹症との鑑別に苦慮した尿膜管膿瘍の2例. 藤田哲夫 (泌), 青 輝昭 (北里研究所メディカルセンター), 小柴 健 (埼玉県央): 臨床泌尿器科, 55 (9): 773〜775, 2001.

2235. [症例報告] 腹膜透析カテーテル挿入部より腹壁ヘルニヤ嵌頓をきたした1例. 藤田哲夫 (泌), 藤田眞二, 佐藤 茂 (相模台), 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 腎と透析, 51 別刷腹膜透析 2001, p.220〜222, 2001.

2236. [症例報告] 妊娠中に発症し治療に難渋した尿管結石の1例. 藤田哲夫 (泌), 荒川 孝, 久保星一 (相模台), 設楽敏也 (淵野辺総合), 馬場志郎 (泌): 臨床泌尿器科, 56(3): 269〜272, 2002.

2237. [症例報告] 前立腺平滑筋肉腫との鑑別が困難であった直腸原発 gastrointestinal stromal tumor の1例. 車 英俊, 青 輝昭, 須山一穂, 奥野紀彦, 溝口秀之(泌), 村山雅一, 小柴健, 本告 匡 (北里研究所メディカルセンター): 日泌尿会誌, 92 (6): 624〜627, 2001.

2238. [症例報告]尿路結核の治療に続発した暴行回腸瘻の1例. 車 英俊 (泌), 青 輝昭, 須山一穂 (北里研究所メディカルセンター), 奥野紀彦, 溝口秀之 (泌), 村山雅一, 小柴 健 (埼玉県央), 本告 匡 (北里研究所メディカルセンター): 泌尿器外科, 15 (2): 163〜166, 2001.

2239. [症例報告] 二次性副甲状腺機能亢進症による両側同時大腿四頭筋腱断裂を発症した1例−種々の合併症を克服社会復帰している1症例について−. 松本和将 (泌), 横田眞二, 海老名千賀子, 金子一也, 笠井謙和 (相模台), 吉田一成 (泌), 岩渕啓一 (病理), 馬場志郎 (泌): 透析会誌, 34 (2): 137〜141, 2001.

2240. [症例報告] 巨大な嚢胞を形成した褐色細胞腫の1例. 嶺井定紀, 山下英之, 黄 英茂, 佐藤威文, 小林聖二, 古畑誠之, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 泌尿紀要, 47: 561〜563, 2001.

2241. [総説] In situ gene therapy for prostate cancer: immunomodulatory approaches. Thompson, T.C., Timme T.L. Ebara (ベイラー医大), 佐藤威文 (泌), Yang, G., Wang, J., Miles, B.J., Ayala, G., Wheeler, T.M., Kadomon, D. (ベイラー医大): Exp. Opin. Biol. Ther, 1: 481〜495, 2001.

2242. [総説] 特集“前立腺疾患-内科医の疑問に答える”前立腺肥大症に対する高温度療法と各種内視鏡手術. 内田豊昭 (泌): 腎と透析, 51 (6): 783〜786, 2001.

2243. [総説] 特集: 癌の低侵襲治療-膀胱癌・前立腺癌. 内田豊昭, 大堀 理, 頴川 晋 (泌): 癌と化学療法, 28: 1094〜1098, 2001.

2244. [総説] 生活習慣病と腎・泌尿器科領域のがん. 内田豊昭 (泌), 兵藤 透(厚木クリニック), 相澤好治 (衛): 腎と透析, 50: 65〜70, 2001.

2245. [総説] 特集: 薬剤性排尿障害の予防と治療〔薬剤と排尿障害〕. 尿閉・排尿困難を起こしうる消化器疾患療薬, 鎮痛・鎮痙薬. 大川麻子, 内田豊昭 (泌): 臨床と薬物治療, 21 (3): 240〜242, 2001.

2246. [総説] 特集: 腹圧性尿失禁の手術療法. Tension-free Vaginal Tape (TVT) 手術 −術式のコツと合併症対策−. 大川麻子, 馬場志郎 (泌), 横山英二 (よこやま泌尿器・内科クリニック): 排尿障害プラクティス, 9 (4): 40〜46, 2001.

2247. [総説] Recent advances in gene therapy for bladder cancer. 入江 啓, 頴川 晋 (泌): Research Advances in Cancer, p.139〜148, 2001.

2248. [総説] 特集“泌尿器における腫瘍全般 -血管処理のコツ-” Laparoscopic radical prostatectomy の基本手技. 頴川 晋, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 腎移植・血管外科, 12 (2): 115〜119, 2000.

2249. [総説] Detection of prostate cancer by prostate-specific antigen. 頴川 晋 (泌): Biomed Pharmacother, 55: 130〜134, 2001.

2250. [総説] 特集1: 腹腔鏡手術の新展開: 腹腔鏡下腎盂形成術 (laparoscopic pyelo-plasty). 馬場志郎, 陳 偉強, 岩村正嗣, 岩井淳一郎, 高嶋力弥 (泌), 門脇和臣 (北里研究所), 村井 勝 (慶大): Jpn J Endourol ESWL, 14: 2〜8, 2001.

2251. [総説] 泌尿器科手術における合併症管理の全て U. 術式別にみた術中・術後合併症の管理−後腹膜腔鏡下副腎摘除術−. 荒川 孝 (相模台), 馬場志郎 (泌): 臨床泌尿器科, 55 (4): 72〜75, 2001.

2252. [総説] 特集: 腹腔鏡下手術は現在どこまで可能か−腹腔鏡下副腎摘除術の対応と限界−. 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 泌尿器外科, 14 (3): 213〜220, 2001.

2253. [総説] 泌尿器科手術における合併症管理の全てW. 術後合併症とその管理−不整脈−. 岩村正嗣 (泌): 臨床泌尿器科, 55 (4): 263〜266, 2001.

2254. [総説] 特集: 最新の手術器械を使いこなす-バイポーラシザーズの使い方. 岩村正嗣 (泌): 臨床泌尿器科, 55 (10): 833〜836, 2001.

2255. [総説] 限局性前立腺癌に対する低鍼侵襲療法-経直腸的高密度焦点式超音波 (high-intensity focused ultrasound: HIFU) 療法. 内田豊昭 (泌): 臨床泌尿器科, 55 (13): 1169〜1178, 2001.

2256. [総説] 今月の主題 腎・尿路系疾患を診る-よくみる尿路疾患-「前立腺疾患の診かた」. 内田豊昭 (泌): Medicina, 38 (12): 1898〜1900, 2001.

2257. [総説] 今, 求められる尿閉・尿失禁への対応-尿閉・尿失禁はなぜ起こるか. 馬場志郎 (泌): JIM, 11 (5): 400〜405, 2001.

2258. [総説] 透析医療の今後. 透析医療の国際比較. 日台英雄 (横浜第一), 兵藤 透 (泌): 透析会誌, 34: 91〜93, 2001.

[著 書]

2259. [その他の著書] (分担執筆) 腎癌および上部尿路癌に対する手術; 「V. 腎盂・尿管癌に対する手術」腎盂癌・尿管癌に対する内視鏡的および腹腔鏡下手術, p.111〜117, 馬場志郎 (泌). 編集 村井 勝, 山口 脩, 松田公志, メジカルビュー社, 東京, 2001.04.20発行.

2260. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針−私はこう治療している−; 泌尿器科疾患「副腎腫瘍」, 44: 694, 岩村正嗣 (泌). 編集 山口 徹 (東邦大), 北原光夫 (東京都済生会中央病院), 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

2261. [その他の著書] (共著) QOL評価法マニュアル 評価の現状と展望; 人工透析とQOL, p.324〜339, 日台英雄 (横浜第一), 兵藤 透 (泌), 山本スミ子, 佐藤芳子, 岡 美智代 (横浜第一). 監修 萬代 隆 (横浜第一), インターメディカ, 東京, 2001.09.25発行.

2262. [その他の著書] (共著) 腎移植と血管外科; 「Y. 腎移植の合併症に対する手術」リンパ嚢種に対する処置, p.90〜96, 吉田一成, 遠藤忠雄 (泌). 編集 村井 勝, 山口 脩, 松田公志, メジカルビュー社, 2001.09.20発行.

2263. [その他の著書] (共著) Growth factors and their Receptors in Cancer Metastasis; Therapeutic Potential of Adenovirus Mediated Interleukin-12 Gene Therapy for Prostate Cancer, p.79〜91, 江原 伸, 那須保友 (岡山大), 佐藤威文, 志村 哲 (泌), Chris H. Bangma, Gerald W. Hull, Mark A. McCurdy, Jianxiang Wang, Guang Yang, Terry L. Timme, Timothy C. Thompson (ベイラー医大). Kluwer Academic Publishers, 2001発行.

[学会・研究会等]

2264. [学会 (国際)] (一般講演) The Immediate Effect of Shakuyaku-kanzo-to, Traditional Japanese Herbal Medicine, for Muscular Cramps during Maintenance Hemodialysis. 兵藤 透 (泌), 平良隆保, 熊倉美幸, 山本スミ子 (横浜第一), 吉田一成, 内田豊昭 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第34回アメリカ腎臓学会 (2001.10.14〜17), サンフランシスコ. Nephron, 90: 240, 2002.

2265. [学会 (国際)] (一般講演) Prospective longitudinal 18 Months folow-up study of individual application of KDQOL to monitor health stausof the dialysis patients. 兵藤 透, 山本スミ子, Michiyo, Oka., 平良隆保 (横浜第一), 馬場志郎 (泌), 酒井 糾, 日台英雄 (横浜第一): 34th annual meeting of American Society of Nephrology (2001.10.14〜17), San Francisco, USA.

2266. [学会 (国際)] (一般講演) The clinical study on the newer type (Lixelle Type S-15) of the direct hemoperfusion α2-MG adsorption column. 兵藤 透 (泌), Hiyama, E., Kondo, M., Arizumi, K., Honma, T., 平良隆保 (横浜第一), 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌), 酒井 糾, Takada, S., 日台英雄 (横浜第一): 34th annual meeting of American Society of Nephrology (2001.10.14〜17), San Francisco, USA.

2267. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical significance of Vitamin D3 withdrawal in hemodialysis patients with adynamic bone disease: Two year prospective study. 兵藤 透 (泌), Mitsuhiro Kondo, Takashi Honma, 平良隆保, 酒井 糾 (横浜第一), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 34th annual meeting of American Society of Nephrology (2001.10.14〜17), San Francisco, USA.

2268. [学会 (国際)] (一般講演) The characteristics of KDQOL of hemodialysis (HD) patients who hope Sildenafil. 兵藤 透 (泌), 平良隆保, 山本スミ子, Michiyo Oka (横浜第一), 吉田一成, 遠藤忠雄, 酒井 糾 (横浜第一), 馬場志郎 (泌): 19th annual meeting of international society of blood purification (2001.09.08〜09), Tokyo.

2269. [学会 (国際)] (一般講演) Intratumoral injection of AdmIL-12 or AdmIL-12/B7-1 gene-modified macrophages has therapeutic activities in pre-clinical models of prostatee cancer. 佐藤威文 (泌), Saika, T., Ebara, S., Cao, G., Wang, J., Yang, G., Timme, T.L., Thompson, T.C.: American Society of Gene Therapy 4th annual meeting (2001.05.31), Seattle WA. USA. Mol Ther. 3: 77, 2001.

2270. [学会 (国際)] (一般講演) Caveolin-1 Expression in Japanese Prostate Cancer: Association with Cancer Progression. 佐藤威文 (泌), Yang, G., 頴川 晋 (泌), Addai, J., Frolov, A., 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌), Tompson, T.C. (ベイラー医大): AUA 2001 Annual meeting (2001.06.03), Anaheim, CA. USA.

2271. [学会 (国際)] (一般講演) Adenoviral vector-mediated IL-12+B7-1 gene therapy for prostate cancer: in situ transduction and gene-modified, cell-based vaccines. 佐藤威文 (泌), Ebara, S., Krishinappa, I.K., Wang, J., Hull, G.W., Shimura, S., Saika, T., Park, S.H., Yang, G., Timme, T.L., Thompson, T.C. (ベイラー医大): AUA 2001 Annual meeting (2001.06.05), Anaheim, CA. USA. J Urol., 165: 46, 2001.

2272. [学会 (国際)] (一般講演) Hatwig Huland Andreas Erbersdobler. Features of Cancer in Systematic Biopsies (SYSBX) Improve the Prediction of Clinical indolent Prostate Cancer (PCA) in Patients Undergoing Radical Prostatectomy (RP). 大堀 理 (泌), Markus Graefen, Young Mu Hwang, Michael W Kattan, Peter T Scardino, 丸 典夫 (泌), Tomas M Wheeler, Kevin Slawin, Shariat Shahrkh, John L Gore, Peter G Hammerer. American Urological Association 96th Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2273. [学会 (国際)] (一般講演) Development of an Improved Nomogram Including Features of Systematic Biopsies to Predict Organ Confined (OC) Prostate Cancer in Patients Undergoing Radical Prostatectomy (RP). 大堀 理 (泌), Markus Graefen, Peter T. Scardino, Young Mu Hwang, Sayali Kher, Michael W. Kattan, Hatwig Huland, Peter G. Hammerer, 丸 典夫 (泌), Thomas M. Wheeler, Kevin Slawin, Shahrokh Shariat, John L. Gore.: American Urlogical Asociation, 96th Annual Meeting(2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2274. [学会 (国際)] (一般講演) Features of Cancer Systematic Biopsies (Sysbx) Improve the Prediction of Clinical Indolent Prostate Cancer (PCA) in Patients Undergoing Radical Prostatectomy (RP). 大堀 理(泌), Markus Graefen, Yong Mu Hwang, Micheal W. Kattan, Peter T. Scardino; 丸 典夫 (泌), Thomas M. Wheeler, Kevin Slawin, Shariat Shahrokh, John L. Gore, Peter G. Hammerer, Hartwig Huland, Andreas Erbersdobler.; Hamburg, Germany.: 96TH Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2275. [学会 (国際)] (一般講演) Comparative study of population pharmacokinetics upon switching cyclosporine formulation from sandimun to neural in stable renal transdlat patiens. 吉田一成 (泌), 木村利美, Hamada, H. (薬剤部), 斎藤 毅, 遠藤忠雄 (泌), 島田慈彦 (薬剤): 2001 A Transplant Odyssey The Future is here (2001.08.22), イスタンブール.

2276. [学会 (国際)] (一般講演) Cadaveric renal transplantation from non heart beating donor with graft survival of more than 10 years. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斎藤 毅, 池田成江 (泌), 鎌田貢壽 (内), 馬場志郎 (泌): Kitasato University International Conference on Transplantation in Nagoya 2001 (2001.07.22〜27), 名古屋.

2277. [学会 (国際)] (一般講演) Peritoneal irrigation for at least one year after Cessation of long-term capd prevents eps. 吉田一成, 横田眞二, 兵藤 透, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): IX Congress of the International Society for Peritoneal Dialysis (2001.06.26〜29), モントリオール.

2278. [学会 (国際)] (一般講演) Prognostic Factors Pathologically Organ Confined Prostate Cancer after Radical Prostatectomy. 1st. 丸 典夫, 村本将俊, 大堀 理 (泌), Peter T. Scardino, Thomas M. Wheeler(ベイラー大学), 馬場志郎 (泌): Asia-Pacific Congress on Uro-Oncology, (2002.01.11〜13), Singapore.

2279. [学会 (国際)] (一般講演) Prope ctive evaluation of prostate cancer detection by prostate specific antigen-related parameters: comparis on in serum and plasma samples. 頴川 晋 (泌): US/Japan Urology Seminar in Hokkaido (2001.09.06), 小樽.

2280. [学会 (国際)] (一般講演) TVT Japan TVT trialgroup.: Tvtoperation: Is it effective for those patients suffered fromtype V incontinence? 大川麻子, Kondo A, 馬場志郎 (泌): International Contineces Society 31st Annual Meeting (2001.0919), ソウル.

2281. [学会 (国際)] (一般講演) Japan TVT study Group: TVT operation: Is it effective for those patients suffered from TYPE V incontinence? 大川麻子, Kondo A, 馬場志郎 (泌): 第31回国際尿禁制学会 (2001.09.20), ソウル.

2282. [学会 (国際)] (一般講演) High-Intensity Focused Ultrasound for Localized Prostate Cancer. 内田豊昭, 嶺井定紀, 佐藤威文,入江 啓, 小俣二也, 馬場志郎 (泌): 第19回世界 Endourology ESWL 学会 (2001.11.14〜17), バンコク.

2283. [学会 (国際)] (一般講演) Raparoscopic Pyeloplasty. 岩村正嗣, 頴川 晋, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第19回世界 Endourology ESWL 学会 (2001.11.14〜17), バンコク.

2284. [学会 (国際)] (一般講演) Vascular endothelial growth factor (VEGF) and transforming growth factor-β (TGF-β) are closely associeted with angiogenesis of aquired cystic kidney desease (ACKD) -related neoplasm in long-term dialysis patients. 平良隆保, Ashio Yoshimura, Kiyoko Inui, Hiroyuki Morita, Terukuni Ideura (横浜第一), 兵藤 透 (泌), 千葉哲男, 日台英雄 (横浜第一): 34th annual meeting of American Society of Nephrology (2001.10.14〜17), San Francisco, USA.

2285. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical Stage T2 Prostate Cancer Treated with Radical Prostatectomy has the same outcome Across its Substages. Ilias Agiannos, Pierre Karakiewicz, Makus Graefen, James A. Eastham, Bernard Bochner, 大堀 理 (泌), Farhang Rabbani, William Fair, Peter T. Scardino, Micheal W. Kattan. Newyork, NY; Gary Lieskovsky, Donald G. Skinner. Los Angeles, CA; Peter G. Hammerer, Hartwing Hamburg, Germany. 96th Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2286. [学会 (国際)] (一般講演) Cavernous Nerve Graft Reconstruction Following Radical Prostatectomy in 77 Patients Feasibility, Safety and Early Results. James M. Mckieran, 大堀 理 (泌), Claudia Gerigk, Paul Cozzi, Farhang Rabbani, Joseph Disa, Peter Cordeiro, Peter T. Scardino: American Urological Association, 96th Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2287. [学会 (国際)] (一般講演) A Pre-operative Nomogram Predicting Positive Surgical Margins after Radical Prostatectomy. American Urological Association. Ilias Cagiannos, Markus Graefen, James A. Eastham, 大堀 理 (泌), Peter T. Scardino, Michael W. Kattan, Christopher Poter, Elizabeth Genega, 丸 典夫 (泌), Thomas M. Wheeler, Peter G. Hammerer, Andreas Erbesdobler, Hartwig Huland: 96th Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2288. [学会 (国際)] (一般講演) Improved Prediction of Extracapsular Extension (ECE) using Individually Labelled Systematic Biopsies (SYSBX) in Patients Undergoing Radical Prostatectomy (RP). Yong Mu Hwang, 大堀 理 (泌), Sayali Kher, Michael W. Kattan, Peter T. Scardino, 丸 典夫, 村本将俊 (泌), Thomas M. Wheeler, Kevin Slawin, Shahrokh Shariat, John Gore: American Urological Association. 96th Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2289. [学会 (国際)] (一般講演) Percentage of Gleason Pattern 4/5 in Radical Prostatectomy (RP) Specimen is The Sronges Predictor of PSA Failure After Radical. Makus Graefen, Pierre I. Karakiewicz, 大堀 理 (泌), Alexander Hease, Juri Palisaar, Peter T. Scardino, Peter G. Hammerer, Andreas Erbersdobler, Rolf-Peter Henke, Hartwig Huland, Hartwig Huland: 96th Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anaheim California USA.

2290. [学会 (国際)] (一般講演) Cross-Cultural Assessment of Disease Recurrence After Radical prostatectomy: A Popled Analysis of 9256 Cases. Markus Graefen, Pierre I. Karakiewicz, Michael W. Kattan, Farhang Rabbani, 大堀 理 (泌), Ilias Gagiannos, Bernard Boehner, James A. Esatham, William Fair, Victor Reuter, Peter T. Scardino, Jean B. Dekernion, Thomas Cangiano, Gary Lievskovsky, Donald G. Skinner, losangels, C.A.; Patric Kupelian, Eric A. Klein, Cleverland, O.H.; David I. Quinn, Phillip D. Stricker, Darlinghurst Australia, Hartwig Huland, Rolfpeter Henke, Peter G. Hammerer, Hamburg Germany, Fritz H. Schoroeder, Mark Wildhagen, Rotterdam Netherlands, Thomasu M. Wheleer: 96th annual meeting (2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2291. [学会 (国際)] (一般講演) The Role Volume-Weighted Mean Nuclear Volme in Prediction of Tumor Biology and Clinical Behavior in Prosatte Cancer Patients Subjected to Watchful Waiting. 荒井陽一 (倉敷中央), Keiji Ogura, 頴川 晋 (泌), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): 96th Annual Meeting(2001.06.02〜07), Anaheim, California, USA.

2292. [学会 (国際)] (一般講演) Year of Radical Prostatectomy is an Independent Perdictor of Outcome in Prostate Cancer. Ilias Cagiannos, Pierre Karakiewicz, Markus Graefen, James Eastham, Bernard Bochner, 大堀 理 (泌), Farhang Robbani, Claudia Gerigk, Victor Reuter, William Fair Peter, Scardino, T., Michael W. Kattan, Thomas M. Wheeler, 丸 典夫 (泌), Fritz H. Schroeder, Mark Wildhagen Rotterdam, Phillip D. Stricker, David I. Quinn, Gary Lieskovsky, Don, 96th Annual Meeting (2001.06.02〜07), Anahein, California, USA.

2293. [学会 (国際)] (一般講演) A novel biomarker and therapeutic target for clinically significant prostate cancer. Tahir S.A., Yang G., Ebara S., Timme, T.L.(ベイラー医大), 佐藤威文 (泌), Li L., Goltsov, A., Ittmann, M,. Morrisett, J.D., Thompson, T.C. (ベイラー医大), Caveolin-1: Prostate Spore 2001 Research Seminar (2001.04.20), Houstonm, Texas, USA.

2294. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺全摘標本においてGleason score 7を示す前立腺癌の予後に関する検討. 丸 典夫, 松本将俊, 宇都宮拓治, 大堀 理 (泌), Scardino Peter T. (スローンケタリング癌センター), Wheeler Thomas M. (ベイラー医大), 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.17), 神戸.

2295. [学会 (全国)] (一般講演) Systematic biopsy内に含まれる低分化前立腺癌 (Gleason score4或いは5) の予後における意義の検討. 松本将俊, 丸 典夫, 黄 英茂, 須山一穂 (泌), Scardino Peter T. (スローンケタリング癌センター), Wheeler Thomas M. (ベイラー医大), 大堀 理 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.17), 神戸.

2296. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌の病理学的病期および根治術後のPSA failure予測におけるモノグラム作成のこころみ. 頴川 晋, 須山一穂, 松本将俊 (泌), 桑尾定仁 (病理), 荒井陽一, 津嘉山朝達 (倉敷中央), 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04,17), 神戸.

2297. [学会 (全国)] (一般講演) 根治的前立腺全摘術における臨床的意義のない前立腺癌の頻度とその予測に関する検討. 大堀 理, 丸 典夫, 宇都宮拓治, 須山一穂 (泌), 後藤康樹 (ベイラー医大), 黄 英茂, 村本将俊 (泌), Wheeler Thomas M. (ベイラー医大), Scardino Peter T. (スローンケタリング癌センター): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.17), 神戸.

2298. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性腎細胞癌の術後再発予見因子の検討. 岩村正嗣, 佐藤絵理奈, 陳 偉強, 石井淳一郎, 村本将俊, 入江  啓, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2299. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における献腎移植10年以上生着者の検討. 吉田一成, 遠藤忠雄, 池田成江 (泌), 鎌田貢壽 (内), 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2300. [学会 (全国)] (一般講演) TUL適応の変遷−5年前, 10年前との比較. 荒川 孝, 久保星一 (相模台), 藤田哲夫, 丸 典夫, 設楽敏也, 真下節夫, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2301. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対するHIFU療法の臨床成績. 内田豊昭, 黒坂真二, 藤城貴教, 石井大輔, 平井祥司, 石井淳一郎, 佐藤威文 (泌), 向井信哉(向井医院), 兵藤 透 (横浜第一), 志村 哲, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2302. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床病期T3前立腺癌における根治的前立腺全摘術の成績と予後因子の検討. 黄 英茂, 村本将俊, 丸 典夫, 宇都宮拓治 (泌), Wheeler Thomas M. (ベイラー医大), Scardino Peter T. (スローンケタリング癌センター), 大堀 理 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2303. [学会 (全国)] (一般講演) 腎細胞癌に対するnephron sparing surgeryの臨床的検討. 田畑健一, 岩村正嗣, 中条弘隆, 藤城貴教, 奥野紀彦, 山下英之, 松田大介, 石井大輔, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会(2001.04.14〜17), 神戸.

2304. [学会 (全国)] (一般講演) 膀胱癌細胞に対するアデノウイルスベクターの感染効率とp53導入による抗腫瘍効果の検討. 入江 啓, 松本将俊, 志村 哲, 岩村正嗣, 設楽敏也, 六角 周, 原野裕司, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2305. [学会 (全国)] (一般講演) 膀胱癌治療後に発生した腎盂尿管癌の臨床的検討. 車 英俊, 青 輝昭, 村山雅一(北里研究所), 溝口秀之 (泌), 小柴 健 (北里研究所): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2306. [学会 (全国)] (一般講演) リスクグループにおける根治的前立腺摘徐術後再発の検討. 勝田真行, 頴川 晋, 松本和将, 須山一穂 (泌), 荒井陽一, 津嘉山朝達 (倉敷中央), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2307. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌: 病理病期予測ノモグラムの前立腺生検を用いた再構築の試み. 大堀 理, 丸 典夫, 黄 英茂, 村本将俊, 須山一穂 (泌), Wheeler Thomas M. (ベイラー医大), Scardino Peter T. (スローンケタリング癌センター): 第89回日本泌尿器科学会総会(2001.04.14〜17), 神戸.

2308. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌における1992年と1997年版TNM臨床病期T2分類の意義の検討. 黄 英茂, 丸 典夫, 宇都宮拓治, 須山一穂, 村本将俊 (泌), Wheeler Thomas M. (ベイラー医大), Scardino Peter T. (スローンケタリング癌センター), 大堀 理 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.14〜17), 神戸.

2309. [学会 (全国)](一般講演) Transition zone由来とNon-Transition zone由来の前立腺癌における予後の検討. 村本将俊, 丸 典夫, 黄 英茂, 大堀 理 (泌), Scardino Peter, T. (スローンケタリング癌センター), Wheeler, Thomas, M. (ベイラー医大): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2310. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院におけるLaparoscopic radical prostatectomyの経験. 頴川 晋, 岩村正嗣, 入江 啓, 志村 哲, 石井淳一郎, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2311. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌に対するHigh Dose Rate (HDR) brachytherapyの経験. 頴川 晋, 石井大輔, 入江 啓, 志村 哲 (泌), 北野雅史, 西口 郁 (放), 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2312. [学会 (全国)] (一般講演) Stapylococcus aureusに対する新しい抗菌作用. 古畑誠之 (泌), 岡本了一, 久我明男, 佐藤優子, 井上松久 (微), 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2313. [学会 (全国)] (一般講演) 精巣腫瘍転移例の治療効果判定におけるMRIの有用性. 宋 成浩 (泌), 池田俊昭(放), 平井祥司, 塩川英史, 竹川勝治, 原野裕司, 馬場志郎(泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2314. [学会 (全国)] (一般講演) 尿失禁外来における患者動向. 大川麻子, 丸 典夫, 藤城貴教, 田畑健一, 吉田一成, 横山英二, 真下節夫, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2315. [学会 (全国)] (一般講演) Piezolith 2500による上部尿路結石の治療成績. 呉 幹純, 高嶋力弥 (泌), 門脇和臣 (北里研究所泌), 川上達央 (東大和), 荒川 孝 (相模台): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2316. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除の長期成績. 石井大輔, 津村秀康, 勝田真行, 佐藤威文, 斎藤 毅, 六角 周, 本田直康, 青 輝昭, 小俣二也, 吉沢一彦, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2317. [学会 (全国)] (一般講演) 透析用長期留置カテーテルの使用経験. 斎藤 毅, 吉田一成, 石井淳一郎, 平井祥司, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2318. [学会 (全国)] (一般講演) 腎の肉腫様集合管癌の一例. 高嶋力弥, 呉 幹純, 門脇和臣, 高橋裕一郎 (北里研究所), 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会(2001.04.14〜17), 神戸.

2319. [学会 (全国)] (一般講演) Interferon-αの腎細胞癌再発予防効果についてのprospective study. 平井祥司, 岩村正嗣, 津村秀康, 松田大介, 黒坂真二, 設楽敏也, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会(2001.04.14〜17), 神戸.

2320. [学会 (全国)] (一般講演) HIFUによる前立腺癌治療の基礎的検討. 嶺井定紀, 陳 偉強, 佐藤威文, 入江 啓, 志村 哲, 渋谷宗則, 古畑誠之, 宋 成浩, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2321. [学会 (全国)] (一般講演) 高線量率組織内照射 (HDR) 治療経過中のアプリケーター針の移動. 志村 哲, 頴川 晋, 石井大輔, 藤城貴教, 竹川勝治, 宇都宮拓治, 入江 啓, 馬場志郎 (泌), 西口 郁, 北野雅史, 八木誠一, 村山 弘 (北里東病院): 第89回日本泌尿器科学会総会(2001.04.14〜17), 神戸.

2322. [学会 (全国)] (一般講演) バイアグラ処方希望血液透析患者の性機能およびその投与経験. 兵藤 透, 平良隆保, 森 隆司, 高木 裕, 千葉哲男, 日台英雄 (横浜第一病院), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 斎藤 毅, 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2323. [学会 (全国)] (一般講演) 腎盂尿管腫瘍に対する腹腔鏡的腎尿管全摘術の経験−開放手術との比較成績−. 田岡佳憲, 長倉和彦 (西窪), 宇都宮拓治 (湘南東部総合), 林 暁 (立川共済), 山藤政夫 (西窪): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2324. [学会 (全国)] (一般講演) クローン病による消化管膀胱瘻の検討. 石井大輔, 入江 啓, 大草 洋, 藤城貴教, 田畑健一, 大川麻子, 志村 哲, 吉田一成, 馬場志郎 (泌), 相原成明 (北里東外科), 小林清典 (北里東内科): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.14〜17), 神戸.

2325. [学会 (全国)] (一般講演) SandimunからNeoralへの切替えにおけるシクロスポリンの薬物動態の比較. 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 木村利美 (薬剤部), 遠藤忠雄 (泌), 島田慈彦 (薬剤部), 馬場志郎 (泌): 第37回日本移植学会(2001.12.15〜16), 東京.

2326. [学会 (全国)] (一般講演) EC液に浸透圧物質として三糖類を添加した腎保存液の検討. 真崎義彦 (実動), 吉田一成, 斎藤 毅, 大川麻子, 志村 哲 (泌), 三国克彦 (横浜国際バイオ研究所), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第37回日本移植学会 (2001.12.15〜16), 東京.

2327. [学会 (全国)] (一般講演) 移植腎の慢性および急性拒絶反応に関わるT細胞の比較解析. 小幡文弥 (医衛), 吉田一成, 斎藤 毅, 遠藤忠雄 (泌), 大久保みどり, 篠原信賢 (免疫), 馬場志郎 (泌): 第37回日本移植学会(2001.12.15), 東京.

2328. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法. 内田豊昭, 津村秀康, 石井大輔, 石井淳一郎, 嶺井定紀, 佐藤威文, 宋 成浩, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第15回日本Endourology・ESWL学会総会 (2001.11.30), 名古屋.

2329. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下根治的前立腺摘徐術時のピットフォールと対処法. 頴川 晋, 志村 哲, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第15回日本Endourology・ESWL学会総会 (2001.11.29), 名古屋.

2330. [学会 (全国)] (一般講演) 尿失禁に対する意識調査−神奈川県相模原地区−. 大川麻子, 横山英二, 丸 典夫, 藤城貴教, 真下節夫, 岩村正嗣, 入江 啓, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科東部総会 (2001.10.12), 東京.

2331. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における尿禁性型尿路変更術の治療成績. 平井祥司, 溝口秀之, 石井大輔, 車 英俊, 須山一穂, 村山雅一, 青 輝昭 (北里研究所メディカルセンター), 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2332. [学会 (全国)] (一般講演) MAB療法により肺塞栓症状が軽快したと考え得る病期D2前立腺癌の1例. 高嶋力弥, 石井淳一郎, 呉 幹純, 門脇和臣, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2333. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する低侵襲的治療法:高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法の経験. 内田豊昭, 津村秀康, 石井大輔, 佐藤威文, 田畑健一, 志村 哲, 嶺井定紀, 兵藤 透, 渋谷宗則, 入江 啓, 小俣二也, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2334. [学会 (全国)] (一般講演) 12ヶ所前立腺針生検の有効性. 志村 哲, 松本和将, 古畑誠之, 丸 典夫, 岩村正嗣, 入江 啓, 藤田哲夫, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2335. [学会 (全国)] (一般講演) Adrenocortical oncocytomaの一例. 藤城貴教, 岩村正嗣, 津村秀康, 山下英之, 田畑健一, 松本和将, 藤田哲夫, 内田豊昭, 馬場志郎(泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2336. [学会 (全国)] (一般講演) BCG膀胱内注入療法 (40 mg vs 80 mg) の再発予防効果と副作用の比較検討. 入江 啓, 内田豊昭 (泌), 設楽敏也 (淵野辺総合), 田畑健一, 嶺井定紀, 志村 哲, 六角 周, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2337. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における腎盂腫瘍の臨床統計. 山下英之, 志村 哲, 内田豊昭, 岩村正嗣, 入江 啓 (泌), 本田直康 (国立横浜), 中條弘隆 (牛久愛和総合), 竹川勝治 (協和), 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2338. [学会 (全国)] (一般講演) 経尿道的前立腺切除術を施行したBCG膀胱内注入療法後の症候性肉芽腫性前立腺炎の2症例. 大草 洋, 入江 啓 (泌), 設楽敏也 (淵野辺総合), 須藤利雄, 山下英之, 石井大輔, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2339. [学会 (全国)] (一般講演) 屍体腎移植後13年目に左複斜筋断裂を生じた1例. 勝田真行, 吉田一成, 松本和将, 斎藤 毅, 津村秀康, 黒坂真二, 松田大介, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会(2001.10.11〜13), 東京.

2340. [学会 (全国)] (一般講演) 神経節神経腫の2例. 藤田哲夫, 丸 典夫, 藤城貴教, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2341. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する低侵襲治療:高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法の経験. 内田豊昭, 入江 啓, 本田直康, 小俣二也, 宋 成浩, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 志村 哲, 馬場志郎 (泌): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.10.08), 広島.

2342. [学会 (全国)] (一般講演) 腎細胞癌に対する腹腔鏡下手術の適応と限界. 岩村正嗣, 入江 啓, 頴川 晋, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第39回日本癌治療学会総会(2001.10.08), 広島.

2343. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下副腎摘徐術の臨床的検討. 丸 典夫, 岩村正嗣, 入江 啓, 平井祥司, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第14回日本内視鏡外科学会総会(2001.09.20〜21), 札幌.

2344. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下根治的前立腺摘徐術時のビットフォールとその対処法. 頴川 晋, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第14回日本内視鏡外科学会(2001.09.20〜21), 札幌.

2345. [学会 (全国)] (一般講演) 腎細胞癌に対する腹腔鏡下手術の有用性. 岩村正嗣, 藤田哲夫, 丸 典夫, 入江 啓, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第14回日本内視鏡外科学会(2001.09.20〜21), 札幌.

2346. [学会 (全国)] (一般講演) 尿失禁に対する意識調査. 藤城貴教, 大川麻子, 丸 典夫, 横山英二, 馬場志郎 (泌): 第8回神経因性膀胱学会 (2001.09.15), 東京.

2347. [学会 (全国)] (一般講演) TVT手術の多施設共同研究: Type別臨床成績. 大川麻子, 丸 典夫, 横山英二, 馬場志郎 (泌), 近藤厚生, 中田真木, 武井実根雄, 大橋輝久, 加藤久美子, 後藤百万, 小澤秀夫, 高橋 悟, 小林真也 (TVT研究会), 他: 第8回神経因性膀胱学会 (2001.09.15), 東京.

2348. [学会 (全国)] (一般講演) AMS800人工尿道括約筋の長期成績についての検討. 山下英之, 丸 典夫, 大川麻子, 頴川 晋, 内田豊昭 (泌), 藤野淡人 (高木病院): 第8回神経因性膀胱学会 (2001.09.14), 東京.

2349. [学会 (全国)] (一般講演) 膠質浸透圧保存液を用いた腎保存の保存効果に関する実験的検討. 真崎義彦 (実動), 遠藤忠雄, 吉田一成, 斎藤 毅, 佐藤絵里奈, 馬場志郎 (泌): 第8回日本臓器保存生物医学会総会 (2001.07.24), 名古屋.

2350. [学会 (全国)] (一般講演) 停留精巣術後,精巣サイズの変化についての検討. 藤城貴教, 宋 成浩 (泌), 守屋俊介 (児), 大川麻子, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第10回日本小児泌尿器科学会総会 (2001.07.12), 東京.

2351. [学会 (全国)] (一般講演) 短期入院で行う尿道下裂の形成手術について. 宋 成浩 (泌): 第26回外科系連合学会 (2001.06.29), 東京.

2352. [学会 (全国)] (一般講演) Tension-free Vaginal Tape (TVT) sling手術の経験. 大川麻子, 宋 成浩, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第26回日本外科系連合学会学術集会 (2001.06.28), 東京.

2353. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者に合併した膀胱癌の臨床的検討. 丸 典夫, 平井祥司, 志村 哲, 斎藤 毅, 吉田一成, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2354. [学会 (全国)] (一般講演) アクセストラブルに対する血管造影とPTAの検討. 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 瀧川政和, 池田俊昭 (放), 櫻井健治 (橋本クリニック), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2355. [学会 (全国)] (一般講演) インフルエンザワクチン接種後にEPOによるflu-like syndrome様の症状を呈した1例. 吉田一成 (泌), 櫻井健治 (橋本クリニック), 斎藤 毅, 馬場志郎 (泌): 第46回日本透析医学会学術総会(2001.06.22〜24), 大阪.

2356. [学会 (全国)] (一般講演) 透析患者における主観的全身栄養状態評価法 (SGA, Subjective Global Assesment) の使用経験−第2報−. 具志堅夏子, 兵藤 透, 杉本美貴 (横浜第一), 山本スミ子 (厚木クリニック), 平良隆保, 桑田有希子, 尼ヶ崎安紘, 千葉哲男 (横浜第一), 酒井 糾 (小児疾患総合管理研究所), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2357. [学会 (全国)] (一般講演) 小型α2-MG吸着器リクセルS-15の短期使用報告. 檜山英己, 近藤光洋 (厚木クリニック), 兵藤 透 (横浜第一), 大塚香織 (厚木クリニック), 赤石 仁, 本間 崇, 千葉哲男 (横浜第一), 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 酒井 糾 (小児疾患総合管理研究所), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2358. [学会 (全国)] (一般講演) 透析後半に巣告げんする血管痛に対してのグリセオール使用の試み. 筒本康代, 近藤光洋 (厚木クリニック), 兵藤 透 (横浜第一), 檜山英己, 大塚香織, 八木和子, 山本スミ子 (厚木クリニック), 本間 崇, 平良隆保 (横浜第一), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会学術総会(2001.06.22〜24), 大阪.

2359. [学会 (全国)] (一般講演) HD患者のKDQOL経年推移. 山本スミ子 (厚木クリニック), 兵藤 透 (横浜第一), 岡村智代 (山形大), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2360. [学会 (全国)] (一般講演) バイアグラ希望HD患者と非希望患者でのKDQOLスコア-の相違. 山本スミ子 (厚木クリニック), 兵藤 透, 平良隆保, 谷口哲也, 島田 貴 (横浜第一), 富満江梨子, 熊倉美由貴 (厚木クリニック), 大山トヨ子, 岡美智代 (山形), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2361. [学会 (全国)] (一般講演) α2-MG吸着リクセルS-15の臨床性能評価. 檜山英己, 近藤光洋 (厚木クリニック), 兵藤 透 (横浜第一), 大塚香織 (厚木クリニック), 赤石 仁, 本間 崇, 有井達朗, 千葉哲男 (横浜第一), 遠藤忠雄 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2362. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者に合併した腎細胞癌の臨床的検討. 丸 典夫, 石井淳一郎, 村本将俊, 斎藤 毅, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2363. [学会 (全国)] (一般講演) 原疾患がセルフケア能力に及ぼす影響の検討. 東平里美, 佐藤美千代, 冨塚昭子, 木須淳子, 高橋裕一郎 (腎健クリニック), 吉田一成, 斎藤 毅, 馬場志郎 (泌), 門脇和臣, 呉 幹純 (北里研究所病院): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2364. [学会 (全国)] (一般講演) バイアグラ処方希望血液透析患者の性機能およびその治療効果と副作用. 兵藤 透 (横浜第一), 山本スミ子 (厚木クリニック), 平良隆保, 森 隆司 (横浜第一), 吉田一成 (泌), 尼ヶ崎安紘, 千葉哲男 (横浜第一), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 日台英雄 (横浜第一), 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎(泌): 第46回日本透析医学会 (2001.02.22〜24), 大阪.

2365. [学会 (全国)] (一般講演) 経尿道的前立腺切除術後の勃起機能について. 志村 哲, 澤村正之, 頴川 晋, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第12回日本性機能学会総会(2001.09.06〜08), 大宮.

2366. [学会 (全国)] (一般講演) 男性ホルモン温存のため片側精巣皮下に固定したフルニエ症候群の1症例. 平井祥司, 津村秀康, 石井淳一郎, 勝田真行, 石井大輔, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第13回日本内分泌外科学会総会(2001.05.24〜25), 名古屋.

2367. [学会 (全国)] (一般講演) 週始めの血清 K値からの一日 K蓄積の予測−毎週の簡易的栄養指導への応用の可能性−.杉本美貴, 兵藤 透, 具志堅夏子, 山本スミ子, 平良隆保, 小川裕美, 高木 裕 (横浜第一), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 千葉哲男 (横浜第一), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2368. [学会 (全国)] (一般講演) Body composition aalyzer (InBody 3.0)に表示される骨量とDIP法および各種骨代謝マーカーとの相関. 杉本美貴, 兵藤 透, 具志堅夏子, 山本スミ子, 高橋映子, 薬師寺融, 小野博文, 渋谷宗則 (横浜第一), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第46回日本透析医学会学術総会 (2001.06.22〜24), 大阪.

2369. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法. 内田豊昭, 石井大輔, 佐藤威文, 志村 哲, 大川麻子, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第26回日本外科系連合学会学術集会 (2001.06.28), 東京.

2370. [学会 (全国)] (ポスター講演) 精巣腫瘍転移例の治療効果判定におけるMRIの有用性.宋 成浩 (泌): 第39回日本癌治療学会 (2001.10.08), 広島.

2371. [学会 (全国)] (ポスター講演) BCG膀胱内注入療法における1回注入量40 mgと80 mgとの再発予防効果に関する比較検討. 入江 啓, 内田豊昭, 宋 成浩, 岩村正嗣, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.10.08), 広島.

2372. [学会 (全国)] (ポスター講演) 多発性嚢胞腎に合併した腎細胞癌の3例. 斎藤 毅, 吉田一成, 真下節夫, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第31回日本腎臓学会東部学術大会 (2001.10.26〜27), 山梨.

2373. [学会 (全国)] (ポスター講演) Piezolith 2500による上部尿管結石 (10 mm以下) の治療成績-外来と入院治療での比較検討. 石井淳一郎, 門脇和臣, 呉 幹純, 高嶋力弥 (北里研究所), 川上達央, 田岡佳憲, 鎌田里子 (東大和), 荒川 孝 (相模台), 馬場志郎 (泌): 第15回日本Endourology・ESWL学会総会 (2001.11.29), 名古屋.

2374. [学会 (全国)] (ポスター講演) 日帰りESWLにおけるPiezolith 2300およびPiezolith 2500Jの有用性−当院における比較検討−. 田岡佳憲, 川上達央, 鎌田里子 (東大和), 石井淳一郎 (北里研究所), 荒川 孝 (相模台), 門脇和臣 (北里研究所), 馬場志郎 (泌): 第15回日本Endourology・ESWL学会総会 (2001.11.29), 名古屋.

2375. [学会 (全国)] (ポスター講演) スパーク800による尿路結石治療効果. 藤田哲夫, 岩村正嗣, 勝田真行, 志村 哲, 荒川 孝, 馬場志郎 (泌): 第15回日本Endourology・ESWL学会総会 (2001.11.29), 名古屋.

2376. [学会 (全国)] (特別・教育講演)最小侵襲手術の展望. 馬場志郎 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会(2001.04.17), 神戸.

2377. [学会 (全国)] (シンポジウム等)ホルミウム・ヤグレーザーを用いた経尿道的尿管砕石術の治療経験. 藤田哲夫, 岩村正嗣, 宋 成浩, 丸 典夫, 志村 哲, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第22回日本レーザー医学会総会(2001.11.25), 金沢.

2378. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 腎細胞癌に対する腹腔鏡下手術の有用性. 岩村正嗣, 藤田哲夫, 丸 典夫, 入江 啓, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第14回日本内視鏡外科学会 (2001.09.20〜21), 札幌.

2379. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 尿道下裂に対する形成術後に再手術要した2症例. 宋 成浩, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第10回小児泌尿器科総会(2001.07.12), 東京.

2380. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Laparoscopic radical prostatectomyの基本手技 (ビデオ). 頴川 晋 (泌): 第89回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.16), 神戸.

2381. [学会 (地方)] (一般講演)敗血症性ショックにて発症, 陰茎摘除術を施行された陰茎壊疽の1例. 西 盛宏, 志村 哲, 石川 弥, 坪井俊樹, 松下一仁, 大草 洋, 須藤利雄, 山下英之, 藤田哲夫, 宋 成浩, 入江 啓, 岩村正嗣, 頴川 晋, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第24回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2001.09.13), 横浜.

2382. [学会 (地方)] (一般講演) 鈍的外傷による尿管破裂の1例. 横山英二 (よこやま泌尿器・内科クリニック), 川上達央 (東大和): 第24回日本泌尿器科学会神奈川地方会(2001.09.13), 横浜.

2383. [学会 (地方)] (一般講演)酸性尿酸アンモニウム結石の臨床的検討. 車 英俊, 馬場志郎 (泌), 久保星一, 荒川 孝 (相模台): 第24回日本泌尿器科学会神奈川地方会(2001.09.13), 横浜.

2384. [学会 (地方)] (特別・教育講演) 泌尿器科の保険診療についての諸問題. 荒川 孝 (相模台): 日本臨床泌尿器科医会神奈川部会 (2001.11.10), 伊勢原.

2385. [学会 (地方)] (特別・教育講演) Brachytherapy: permanent seed implantationの実際と将来. 篠原克人(カリフォルニア大): 第66回日本泌尿器科学会東部総会(2001.10.11〜13), 東京.

2386. [学会 (地方)] (特別・教育講演) 前立腺癌における神経内分泌細胞の意義. 岩村正嗣 (泌): 第15回新潟泌尿器腫瘍セミナー (2001.07.27), 新潟.

2387. [学会 (地方)] (シンポジウム等)腹腔鏡下腎盂形成術. 岩村正嗣 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会(2001.10.11〜13), 東京.

2388. [学会 (地方)] (ワークショップ) 献腎移植長期生着に寄与する因子 (北里大学病院における献腎移植10年以上生着者の検討). 吉田一成, 遠藤忠雄, 斎藤 毅, 池田成江 (泌), 鎌田貢壽 (内科): 第31回日本腎臓学会東部学術大会 (2001.10.26〜27), 山梨.

2389. [学会 (地方)] (ビデオ)短期入院での尿道形成術の試み. 宋 成浩, 藤城貴教, 田畑健一, 塩川英史, 竹川勝治(協和), 須山一穂, 原野裕司, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第66回日本泌尿器科学会東部総会 (2001.10.11〜13), 東京.

2390. [研究会 (全国)] (一般講演) IL-12遺伝子組み込み樹状細胞腫瘍内投与のmouse前立腺癌モデルにおける抗腫瘍効果の検討. 雑賀隆史, 日下信行, 佐藤威文 (泌), Yang, G., Timme, T.L., Thompson, T.C. (ベイラー医大): 第3回泌尿器科遺伝子治療研究会 (2001.11.00), 岡山.

2391. [研究会 (全国)] (一般講演) 人工血管シャント動脈瘤に対し, ヒストアクリルブルーでの塞栓術が有効であった一例. 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 矢内原久, 瀧川政和 (放), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第17回腎移植・血管外科研究会 (2001.06.15〜16), 奈良.

2392. [研究会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討. 丸 典夫, 岩村正嗣, 入江 啓, 平井祥司, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第2回内視鏡下内分泌手術研究会(2001.06.28), 京都.

2393. [研究会 (全国)] (一般講演) IL-12遺伝子組み込み樹状細胞皮下投与のmouse前立腺癌モデルにおける抗腫瘍効果の検討. 雑賀隆史, 日下信行, 佐藤威文 (泌), Yang, G., Timme, T.L., Thompson, T.C. (ベイラー医大): 第3回泌尿器科遺伝子治療研究会 (2001.11.00), 岡山.

2394. [研究会 (全国)] (一般講演) 腎移植後の骨パラメーターの検討. 斎藤 毅, 吉田一成, 藤田哲夫, 勝田真行, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第35回日本臓器移植臨床研究会(2001.02.06〜07), 箱根.

2395. [研究会 (全国)] (一般講演) 腎移植医療チームの取り組み-献腎移植患者に精神科医の積極的な参加により早期対応が出来た症例. 甘利悦子, 田口綾子, 田中美千代, 藤木くに子 (看), 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 岡田英俊 (精): 第35回日本臓器移植臨床研究会 (2001.02.06〜07), 箱根.

2396. [研究会 (全国)] (一般講演) 腎移植懇談会をとおして透析施設への腎移植啓蒙活動の必要性. 池田成江, 吉田一成, 斎藤 毅, 藤田哲夫, 馬場志郎 (泌), 藤木くに子(看), 遠藤忠雄 (埼玉県央), 堀越由紀子 (総合相談): 第35回日本臓器移植臨床研究会 (2001.02.06〜07), 箱根.

2397. [研究会 (全国)] (特別・教育講演) 北里大学における腹腔鏡下手術の現状. 馬場志郎 (泌): KPUM泌尿器科臨床研究会 (2001.01.19), 京都.

2398. [研究会 (全国)] (特別・教育講演) 前立腺全摘除術の手技とコツ-腹腔鏡下前立腺全摘除術-. 頴川 晋 (泌): 第2回前立腺癌臨床課題研究会 (2001.09.08), 東京.

2399. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 『尿路悪性腫瘍治療の現状と将来』「前立腺癌の現状と将来」−組織内照射による治療−(ビデオ). 頴川 晋 (泌): 第28回尿路悪性腫瘍研究会 (2001.07.14), 東京.

2400. [研究会 (地方)] (一般講演) 特発性血小板減少性紫斑病に対し免疫グロブリン製剤を使用し,TUL及びESWLを施行した2例. 坪井俊樹, 丸 典夫, 松下一仁, 石川 弥, 西 盛宏, 大草 洋, 山下英之, 須藤利雄, 藤田哲夫, 勝田真行, 竹川勝治, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第25回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2002.02.14), 横浜.

2401. [研究会 (地方)] (一般講演) クラミジア尿道炎におけるアンブリコアSTD-1PCRを用いた尿道スメアと初尿の検出精度の比較検討. 勝田真行, 内田豊昭, 岩村正嗣(泌), 豊岡祐子, 赤星 透, 山辺晴美 (臨検), 馬場志郎 (泌): 第51回神奈川県感染症医学会-第2回神奈川県STD研究会 (2002.02.16), 伊勢原.

2402. [研究会 (地方)] (一般講演) シャント開存率に及ぼす薬剤の効果について. 吉田一成(泌): 第9回相模原およびその周辺地区透析談話会 (2002.10.07), 相模大野.

2403. [研究会 (地方)] (一般講演) 長期CAPD後HDに移行し2年後に腹膜生検が施行された2症例−腹膜休息と腹膜再生について−. 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 阪 聡 (阪クリニック), 横田眞二 (相模台センター), 馬場志郎 (泌): 第7回日本腹膜透析研究会 (2001.11.11), 広島.

2404. [研究会 (地方)] (一般講演) 動注化学療法にて寛解をきたした膀胱悪性腫瘍. 松下一仁, 志村 哲, 津村秀康, 松田大介, 勝田真行, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第61回神奈川泌尿器科医会 (2001.11.10), 伊勢原.

2405. [研究会 (地方)] (一般講演) 多彩な合併症を伴った,長期透析患者の心理状態を振り返って. 坂口 円, 藤木くに子, 田中美千代 (看), 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 横山正宗, 佐藤喜一郎 (精): 第12回日本サイコネフロロジー研究会 (2001.06.10), 新潟.

2406. [研究会 (地方)] (一般講演) 透析患者に合併した仁細胞癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術の検討. 嶺井定紀, 丸 典夫, 平井祥司, 斎藤 毅, 吉田一成, 入江 啓, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第10回腎不全外科研究会 (2001.06.09), 鎌倉.

2407. [研究会 (地方)] (一般講演) 置換再建術を要した人工血管シャント仮性動脈瘤. 平井祥司, 斎藤 毅, 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第10回腎不全外科研究会(2001.06.09), 鎌倉.

2408. [研究会 (地方)] (一般講演) 北里大学における腎移植時ミゾリビンの使用方法−ミゾリビンのクリアランスと腎機能について−. 吉田一成 (泌), 木村利美 (薬剤部), 斎藤 毅, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第7回日本ミゾリビン移植研究会 (2001.06.02), 東京. 今日の移植, 14 (6): 824〜826, 2001.

2409. [研究会 (地方)] (一般講演) 献腎移植における10年以上の長期生着例の検討. 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 鎌田貢壽 (内), 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第13回神奈川移植医学会 (2001.06.02), 横浜.

2410. [研究会 (地方)] (一般講演) 萎縮膀胱による頻尿に対して塩酸oxybutinin膀胱内注入が有効だった1例. 大川麻子, 丸 典夫, 志村 哲, 宋 成浩, 入江 啓, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第7回神奈川排尿障害フォーラム(2001.05.12), 横浜.

2411. [研究会 (地方)] (一般講演) 80歳以上の高齢者で発見された腎細胞癌の特徴. 山下英之, 岩村正嗣, 大川麻子, 丸 典夫, 入江 啓, 宋 成浩, 頴川 晋, 馬場志郎(泌): 第14回老人泌尿器科研究会 (2001.05.19), 東京.

2412. [研究会 (地方)] (一般講演) 腎瘻造設患者における腎盂バルーンカテーテル自然抜去の要因と予防. 井手口八寿, 菊池直美, 望月喜美子 (看), 大川麻子, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第7回神奈川排尿障害フォーラム(2001.05.12), 横浜.

2413. [研究会 (地方)] (一般講演) On-lineHDFで早期にQOLの上がった30年目の長期透析例. 斎藤 毅, 吉田一成, 馬場志郎 (泌), 櫻井健治 (橋本クリニック): 第61回神奈川腎研究会 (2001.06.01), 横浜.

2414. [研究会 (地方)] (一般講演) パクリタキセルとリン酸エストラムスチンナトリウムの併用化学療法を施行したホルモン抵抗性前立腺癌の4例. 藤田哲夫, 頴川 晋, 丸 典夫, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第18回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (2001.07.0), 横浜.

2415. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 停留精巣について.宋 成浩 (泌): 県央泌尿器科 (2001.11.22), 厚木.

2416. [研究会 (地方)] (公開講座) 「前立腺の検査について」. 前立腺がんセミナー「前立腺肥大症と前立腺癌」はどう違うのか? 馬場志郎 (泌): 市民公開講座 (2001.09.01), 海老名.


<<25 眼科学>>


2417. [原著] 老人性下眼瞼内反症に対する手術例の検討−Wheeler 変法-久冨法併用術−. 平山さをり, 西本浩之, 伊藤裕子, 天野理絵 (相模原協同病院), 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 18 (12): 1543〜1546, 2001.

2418. [原著] 第105回日本眼科学会総会 宿題報告T 目と神経保護 「網膜視神経障害に対する予防的神経保護治療へ向けての実験的研究」. 若倉雅登 (眼・済安堂井上眼科病院): 日本眼科学会雑誌, 105 (12): 843〜865, 2001.

2419. [原著] Morpholoical Study of Iodoacetic Acid-Induced Cataract by Intravitreal Injection. 松本美保, 森田哲也, 平山さをり (眼), 宇賀茂三 (医衛), 清水公也 (眼): 北里医学, 31 (3): 188〜193, 2001.

2420. [原著] Stromal Keratitis and Anterior Uveitis Due to Herpes Simplex Virus-2 in a Young Child. 猪田さをり, 若倉雅登, 平田 丞, 中里宣幸 (眼), 豊岡裕子 (臨床検査部): Japanese Journal of Ophthalmology, 45 (6): 618〜621, 2001.

2421. [原著] LASIK後の眼圧とORBSCANによる補正眼圧. 伊藤美沙絵, 杉山由紀子, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 魚里 博 (医衛): 日本視能訓練士協会誌, 29: 227〜231, 2001.

2422. [原著] LASIK術後の低コントラスト視力. 中島純子, 杉山由紀子, 神垣久美子, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 魚里 博 (医衛): 日本視能訓練士協会誌, 29: 177〜183, 2001.

2423. [原著] レーザー角膜内切削形成術 (LASIK) の術前屈折別の術後3ヶ月目の成績. 松本美保, 鈴木雅信, 春野 功, 中西 基, 井上俊洋, 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 19 (2): 217〜221, 2002.

2424. [原著] レーザー干渉による非接触型眼軸長測定の検討. 嶺井利沙子, 清水公也 (眼), 亀里 博 (医衛), 矢野 隆, 鈴木博子 (眼): あたらしい眼科, 19 (1): 121〜124, 2002.

2425. [原著] Localization of Post-traumatic Trochlear Nerve Palsy Associated with Hemorrhage at the Subarachnoid Space by Magnetic Resonance Imaging. 原 直人 (東大和病院), 菅 信一 (放), 清水公也 (眼): American Journal of Ophthalmology, 132 (3): 443〜445, 2001.

2426. [原著] IOL MasterTM. 嶺井利沙子, 清水公也 (眼), 魚里 博 (医衛): 眼科手術, 15 (1): 49〜51, 2002.

2427. [原著] 共焦点レーザー走査検眼鏡 (SLO) による眼底撮影の臨床的有用性 第6報 連続移動による立体的観察法. 福井勝彦 (旭川医大), 永野幸一 (眼), 磯部裕成, 石子智士 (旭川医大), 五十嵐弘昌 (釧路赤十字病院), 吉田晃敏 (旭川医大): 日本医学写真学会雑誌, 39 (4): 105〜113, 2001.

2428. [原著] レーザー角膜内切削形成術 (LASIK) の短期術後経過−術前から角膜内皮細胞数が著しく減少していた症例−. 松本美保, 清水公也, 天野理恵, 大野晃司, 鈴木雅信 (眼), 春野 功 (大和徳洲会病院): あたらしい眼科, 18 (9): 1183〜1186, 2001.

2429. [原著] 屈折矯正手術前後の視神経乳頭形状の比較. 有本あこ (武蔵野赤十字病院), 清水公也 (眼), 庄司信行(医衛), 小原真樹夫 (武蔵野赤十字病院): 眼科手術, 14 (4): 521〜523, 2001.

2430. [原著] LASIK後の上皮迷入例の治療と病理. 久保祐輔, 林 瑛理, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 宇賀茂三 (医療衛生): IOL&RS, 15 (2):131〜136, 2001.

2431. [原著] LASIKによる角膜後面の形状変化. 田中俊一, 清水公也, 岡本直之 (眼), 小原真樹夫 (武蔵野赤十字病院): 眼科手術, 14 (3): 405〜407, 2001.

2432. [原著] 屈折矯正手術後の白内障手術における眼内レンズパワー決定方法. 村中公正 (東大), 小松真理 (山王病院), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 臨床眼科, 55 (4): 448〜453, 2001.

2433. [原著] 白色, 有色家兎瞳孔括約筋, 散大筋およびその神経効果器接合部におけるボツリヌスA型毒素の作用. 石川 均, 三井義久 (眼), 吉富健志 (和歌山医大), 真下紀美代, 青木 繁, 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 日本眼科学会雑誌, 105 (4): 218〜222, 2001.

2434. [原著] 若年者における白内障術後の有効角膜多焦点性について. 藤澤邦俊, 清水公也, 嶺井利沙子, 井上俊洋, 田中俊一 (眼): 眼科手術, 14 (2): 231〜234, 2001.

2435. [原著] 乱視矯正効果を有する紫外線吸収 プレートハプティックシリコーン後房眼内レンズの治験成績. 谷口重雄, 西原 仁 (昭和大藤が丘病院), 小松真理, 清水公也 (眼): 眼科手術, 14 (2): 225〜230, 2001.

2436. [原著] 真菌血症に伴う真菌性眼内炎の検討. 松本美保, 佐藤美菜子, 平山さをり, 長山祐二 (眼), 青木 繁(医衛), 白川慎爾, 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 18 (2): 265〜269, 2001.

2437. [短報・速報] AAo 2000 レポート. 岡本直之 (眼): VISION TIMES, 8 (1): 19〜20, 2001.

2438. [症例報告] 不完全型網膜動脈閉塞症にプロスタグランディンE1が奏効した1例. 三井義久, 中原悦子, 石川 均, 清水公也 (眼): 眼科臨床医報, 95 (8): 819〜821, 2001.

2439. [症例報告] 間歇性外斜視の術式別術後経過観察. 榊原七重 (森下記念病院), 中島純子 (眼), 松井孝子 (北里研究所病院), 三井義久 (森下記念病院), 石川 均 (眼), 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 眼科臨床医報, 95 (6): 74〜77, 2001.

2440. [症例報告] Laser in situ keratomileusis 後の眼圧過小評価. 有本あこ (武蔵野赤十字病院), 清水公也 (眼), 庄司信之 (医衛), 榎本喜久子 (東大), 小原真樹夫 (武蔵野赤十字病院): 日本眼科学会雑誌, 105 (11): 771〜775, 2001.

2441. [症例報告] 屈折性調節性内斜視に遠視矯正LASIK (laser in situ keratomileusis)を施行した1例. 神垣久美子, 中島純子, 藤澤邦俊, 井上俊洋, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 臨床眼科, 55 (11): 1797〜1801, 2001.

2442. [症例報告] 虫体断裂後に自然脱落をみたマダニ眼瞼刺症. 阿曽香子, 若倉雅登, 天野理恵, 清水公也 (眼): 臨床眼科, 55 (11): 1729〜1733, 2001.

2443. [総説] Wavefront-Guided LASIKの実際. 鈴木雅信, 相澤大輔 (眼): あたらしい眼科, 18 (11): 1375〜1380, 2001.

2444. [総説] Wavefront-Guided LASIKは今後どのようになるのでしょう. 相澤大輔 (眼・山王病院), 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 18 (臨時増刊): 197〜200, 2001.

2445. [総説] 後房レンズにはどのようなものがありますか?. 鈴木雅信 (眼): あたらしい眼科, 18 (臨時増刊): 215〜217, 2001.

2446. [総説] A Global Report on Zyoptix Experience. 清水公也 (眼): EUROTIMES, 2001 (9suppl): 13〜14, 2001.

2447. [総説] LASIKの現状 (3). 大野晃司 (眼): 眼科手術, 14 (4): 451〜456, 2001.

2448. [総説] 乳頭ドルーゼの診断法. 市邉義章 (眼): 神経眼科, 18 (2): 204〜206, 2001.

2449. [総説] センタリングでは瞳孔中央を見ることが大切. 清水公也 (眼): OCULAR SURGERY NEWS: 33〜34, 2001.

2450. [総説] 第14回 International Congress Of Eye Research 報告. 石川 均 (眼): 日本白内障学会誌, 13 (1): 80〜81, 2001.

2451. [総説] 中枢性眼球運動−動的運動障害−. 向野和雄, 新井田孝弘 (医衛), 松崎廣栄 (眼): 日本の眼科, 72 (4): 435〜438, 2001.

2452. [講座] 質疑応答Q&A 放射線状角膜切開術 (PK)後の単眼性複視. 清水公也 (眼): 日本医事新報, (4008): 111〜112, 2001.

[著 書]

2453. [教科書] (分担執筆) 国試マニュアル100%シリーズ小児科; 第1章 成長と発達 第1項 妊娠周期と発育期, p4〜5, 岡本直之 (眼): 編集 岡本直之 (眼), 秋本正行, 浅井康一, 角谷 寛, 佐武晃幸, 医学教育出版, 2001.

[学会・研究会等]

2454. [学会 (国際)] (一般講演) Internal Limiting Membrane (ILM) stained with Indocyanine green (ICG). 岡本直之, 熊谷和之, 田中俊一, 萩野誠周, 清水公也 (眼), 宇賀茂三 (医衛): [ Congress European Society of Ophthalmology (2001.06.03〜07), Istanbul, Turkey.

2455. [学会 (国際)] (一般講演) Petinal Thickness Analysis After the Epiretinal Membrane (ERM) Surgery with Internal Limiting Membrane (ILM) Peeling. 岡本直之 (眼), 熊谷和之, 出水誠二 (新城眼科), 萩野誠周 (眼・新城眼科): ARVO Annual Meeting 2001(2001.04.29〜05.04), Fort Lauderdale.

2456. [学会 (国際)] (一般講演) 3-d Imaging Of The Retinal Diseases Using Optical Coherent Tomography (OCT). 岡本直之, 田中俊一, 市邉義章, 清水公也 (眼): The 2001 Annual Meeting of the American Academy of Ophtalmology (AAO) (2001.11.11〜14), New Orleans, LA.

2457. [学会 (国際)] (ポスター講演) Accommodative Esotropia with High Hyperopia Treated by LASIK. 鈴木雅信 (眼): American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) (2001.04.28〜05.02), San Diego, USA.

2458. [学会 (全国)] (一般講演) 新しく開発されたプリセットIOLインジェクター. 藤澤邦俊, 清水公也, 嶺井利沙子 (眼), 菊池敏一, 小林研一 (キャノンスター株式会社): 第25回日本眼科手術学会総会 (2001.01.25〜27), 広島.

2459. [学会 (全国)] (一般講演) 光学式非接触による眼軸長測定の検討. 嶺井利沙子 (眼), 魚里 博 (医衛), 鈴木博子, 疋田明子, 清水公也 (眼): 第55回日本臨床眼科学会(2001.10.11〜14), 京都.

2460. [学会 (全国)] (一般講演) 偽水晶体眼の眼軸長測定における眼内レンズの影響−光学式 VS 超音波式−. 嶺井利沙子 (眼), 魚里 博 (医衛), 鈴木博子, 清水公也 (眼): 第25回日本眼科手術学会総会 (2002.01.25〜27), 広島.

2461. [学会 (全国)] (一般講演) ボリュームレンダリングを用いたOCTの3Dイメージの構築についての試み. 中西 基, 岡本直之, 柳田智彦, 田中俊一, 市邉義章, 清水公也(眼), 東江美津子 (カールツァイス社), 中村圭吾, あべ木順一 (三菱プレシジョン社): 第25回日本眼科手術学会総会 (2002.01.25〜27), 広島.

2462. [学会 (全国)] (一般講演) 強度近視眼におけるWavefront-guided LASIK術後の評価. 相澤大輔 (眼・山王病院), 大熊恵子, 小松真理 (山王病院), 伊藤美沙絵(医衛), 天野理恵, 大野晃司, 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第25回日本眼科手術学会総会(2001.01.25〜27), 広島.

2463. [学会 (全国)] (一般講演) 波面収差に対するコンタクトレンズの影響. 大熊恵子, 伊藤美沙絵, 須長 桂, 谷藤真弓 (山王病院), 相澤大輔 (眼・山王病院), 小松真理(山王病院), 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第42回日本視能矯正学会 (2001.11.17〜18), 名古屋.

2464. [学会 (全国)] (一般講演) 不同視弱視における視野闘争を用いた眼優位性の検討. 堀部 円, 新田任里江, 清水公也 (眼), 半田知也 (医療系研究科), 新井田孝裕, 向野和雄 (医衛): 第42回日本視能矯正学会 (2001.11.17〜18), 名古屋.

2465. [学会 (全国)] (一般講演) 角膜裂傷後に弱視治療を行った1例. 筒井健太, 中島純子, 大野晃司, 清水公也 (眼), 向野和雄 (医衛), 樋口倫子 (筑波大), 宇津見義一 (宇津見眼科医院): 第42回日本視能矯正学会 (2001.11.17〜18), 名古屋.

2466. [学会 (全国)] (一般講演) 眼軸長測定に及ぼす瞳孔径の影響〜超音波式と光学式の比較〜. 矢野 隆, 鈴木博子, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼), 根本 徹 (海老名総合病院), 魚里 博 (医衛): 第42回日本視能矯正学会(2001.11.17〜18), 名古屋.

2467. [学会 (全国)] (一般講演) Nipradilol, Sodium nitroprussideの家兎瞳孔括約筋, 散大筋に対する作用. 石川 均, 中西 基, 清水公也 (眼), 吉富健志 (和歌山県医大): 第39回日本神経眼科学会総会 (2001.10.26〜28), 倉敷.

2468. [学会 (全国)] (一般講演) 初期老視眼における瞳孔の役割. 中川里絵, 松崎廣栄, 土屋邦彦, 石川 均, 清水公也 (眼), 向野和雄 (医衛): 第39回日本神経眼科学会総会(2002.10.26〜28), 倉敷.

2469. [学会 (全国)] (一般講演) レーベル遺伝性視神経症における視野異常発現様式. 和田茂明 (井上眼科病院), 若倉雅登, 林 良子 (眼), 清澤源弘 (東京医科歯科大): 第39回日本神経眼科学会総会 (2001.10.26〜28), 倉敷.

2470. [学会 (全国)] (一般講演) 片眼性の加齢黄斑変性症と頸動脈ドップラー. 伊藤裕子, 市邉義章, 田中俊一, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第55回日本臨床眼科学会(2001.10.11〜14), 京都.

2471. [学会 (全国)] (一般講演) 視覚障害者に対するトーキングサイン・システムの有用性について. 岡本直之, 堀部 円, 筒井健太, 神垣久美子, 市邉義章, 清水公也 (眼), 松崎廣栄 (北里大東病院), 藤田純子 (医衛): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2472. [学会 (全国)] (一般講演) 3次元ボリュームレンダリングによる, OCT網膜断層画像の3D化の試み. 岡本直之, 永野幸一, 柳田智彦, 宮崎茂則, 中西 基, 田中俊一, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第55回日本臨床眼科学会(2001.10.11〜14), 京都.

2473. [学会 (全国)] (一般講演) 3次元ボリュームレンダリングによる, 眼窩疾患の3D化の試み. 柳田智彦, 岡本直之, 永野幸一, 宮崎茂則, 中西 基, 田中俊一, 市邉義章(眼), 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2474. [学会 (全国)] (一般講演) 中期開放隅角緑内障眼における視神経乳頭形状・神経線維層厚と視野との相関. 森田哲也, 菊池裕美, 林 良子, 中原悦子, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2475. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided LASIK術後早期の評価. 相澤大輔, 大熊恵子, 小松真理 (山王病院), 清水公也 (眼), 魚里 博 (医衛), 鈴木雅信, 大野晃司 (眼): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2476. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内コンタクトレンズの術後成績−術後2年−. 鈴木雅信 (眼), 富岡敏也 (武蔵野赤十字病院), 大野晃司, 中西 基, 清水公也 (眼), 小松真理 (山王病院), 宇賀茂三 (医衛): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2477. [学会 (全国)] (一般講演) LASIK術後眼圧の過小評価と角膜形状因子の影響. 魚里 博 (医衛), 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第16回日本眼内レンズ屈折手術学会(2001.06.15〜17), 福岡.

2478. [学会 (全国)] (一般講演) 光干渉による非接触眼軸長測定. 魚里 博 (医衛), 嶺井利沙子, 清水公也, 鈴木博子 (眼): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2479. [学会 (全国)] (一般講演) 角膜屈折検査における角膜屈折力. 根崎健吾, 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第67回日本中部眼科学会 (2001.09.21〜23), 金沢.

2480. [学会 (全国)] (一般講演) 三叉神経由来ペプチドの瞳孔平滑筋に対する効果. 吉富健志, 山地一禎 (和歌山県医大), 石川 均 (眼), 大西克尚 (和歌山県医大): 第21回日本眼薬理学会・第13回 国際眼研究会議日本部会 合同会議 (2001.09.14〜15), 東京.

2481. [学会 (全国)] (一般講演) IOL Masterの小児に対する使用経験. 神垣久美子 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第37回日本眼光学学会・第16回眼科ME学会 合同学会総会 (2001.09.08〜09), 名古屋.

2482. [学会 (全国)] (一般講演) 摘出ウサギ毛様動脈に対するニプラジロールの作用. 吉富健志 (和歌山県医大), 石川 均 (眼), 大西克尚 (和歌山県医大): 第12回日本緑内障学会 (2001.08.31〜09.02), 広島.

2483. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学東病院におけるロービジョンクリニックの現状. 藤田純子, 松崎廣栄 (眼), 青木 繁 (青木眼科), 市邉義章, 清水公也 (眼): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2484. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront guided LASIKによる不正乱視眼の治療. 鈴木雅信, 相澤大輔, 中西 基, 井上俊洋, 大野晃司, 小松真理 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第16回日本眼内レンズ屈折手術学会(2001.06.15〜17), 福岡.

2485. [学会 (全国)] (一般講演) 低線量X線照射におけるラット水晶体への影響. 森田哲也, 平山さをり, 松本美保(眼), 宇賀茂三 (医衛), 清水公也 (眼), 中山茂信 (実動): 第40回日本白内障学会 (2001.06.15〜17), 福岡.

2486. [学会 (全国)] (一般講演) 前房深度予測と光線追跡法による術後屈折誤差の検討. 上田哲生 (町立大淀病院), 名和良晃, 原 嘉昭 (奈良県医大), 飯田英史 (済生会中和病院), 魚里 博 (医衛): 第40回日本白内障学会, 第16回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2001.06.15〜17), 福岡.

2487. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障術後の満足度と術後の屈折値の関係について. 飯田英史 (済生会中和病院), 名和良晃, 原 嘉昭 (奈良県医大), 上田哲生 (町立大淀病院), 魚里 博 (医衛): 第40回日本白内障学会, 第16回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2001.06.15〜17), 福岡.

2488. [学会 (全国)] (一般講演) モノビジョン法による両眼視機能の検討−第2報 眼優位性による検討−. 新田任里江, 井上俊洋, 嶺井利沙子, 新井田孝裕, 清水公也 (眼): 日本弱視斜視学会 (2001.06.22〜23), 静岡.

2489. [学会 (全国)] (ポスター講演) 糖尿病患者の調節・瞳孔. 中川里絵, 市邉義章, 石川 均, 清水公也 (眼): 第8回日本糖尿病眼学会 (2002.03.01〜03), 大阪.

2490. [学会 (全国)] (ポスター講演) 術後後期にみられたdiffuse lamellar keratitis (DLK). 大野晃司, 天野理恵, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 相澤大輔, 小松真理 (山王病院): 第25回日本眼科手術学会総会 (2001.01.25〜27), 広島.

2491. [学会 (全国)] (ポスター講演) Preset foldable IOL. 清水公也, 嶺井利沙子, 藤澤邦俊 (眼), 菊池敏一, 小林研一 (キャノンスター株式会社): 第25回日本眼科手術学会総会 (2002.01.25〜27), 広島.

2492. [学会 (全国)] (ポスター講演) インドシアニングリーン (ICG) による内境界膜(ILM)の染色について. 岡本直之, 丸山裕子, 藤澤邦俊, 林 瑛理, 田中俊一, 庄司治代, 市邉義章, 萩野誠周, 清水公也 (眼), 熊谷和之 (新城眼科), 宇賀茂三 (医衛): 第105回日本眼科学会総会(2001.04.19.〜21), 横浜.

2493. [学会 (全国)] (ポスター講演) 術中インドシアニングリーン (ICG) 染色により網膜硝子体境界面の多重構造が確認できた一例. 岡本直之, 柳田智彦, 中西 基, 宮崎茂則, 田中俊一, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第25回日本眼科手術学会総会 (2002.01.25〜27), 広島.

2494. [学会 (全国)] (ポスター講演) LASIKへのモノビジョン法の応用. 中島純子, 新田任里江, 神垣久美子, 大野晃司, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 新井田孝裕 (医衛): 第42回日本視能矯正学会 (2001.11.17〜18), 名古屋.

2495. [学会 (全国)] (ポスター講演) レーザー干渉非接触眼軸長測定装置によるコンタクトレンズ装用眼の測定. 鈴木博子, 矢野 隆, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼), 魚里 博 (医衛): 第42回日本視能矯正学 (2001.11.17〜18), 名古屋.

2496. [学会 (全国)] (ポスター講演) Wavefromt guided LASIK後のコントラスト感度. 伊藤美沙絵, 相澤大輔, 鈴木雅信, 神垣久美子, 大野晃司, 清水公也 (眼), 大熊恵子, 小松真理 (山王病院), 魚里 博 (医衛): 第42回日本視能矯正学会 (2001.11.17〜18), 名古屋.

2497. [学会 (全国)] (ポスター講演) 両眼性の外転神経麻痺と水平注視麻痺を呈した小児MSの一例. 伊藤美沙絵, 新井田孝裕 (眼), 向野和雄 (医衛), 永野幸一, 清水公也 (眼): 第39回日本神経眼科学会総会 (2001.10.26〜28), 倉敷.

2498. [学会 (全国)] (ポスター講演) 可動性義眼台とP-EOG. 星 太, 伊藤彩子, 河井信一郎, 関谷治久, 河井克仁 (埼玉医大医療セ), 藤田純子, 藤山由紀子, 向野和雄 (医衛): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2499. [学会 (全国)] (ポスター講演) 網膜静脈分枝閉塞症を合併したポリープ状脈絡膜血管症. 市邉義章, 田中俊一, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第55回日本臨床眼科学会(2001.10.11〜14), 京都.

2500. [学会 (全国)] (ポスター講演) 白色家兎水晶体におけるメラトニンの日差の特異性. 阿部充志, 亀谷理香, 清水公也 (眼): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2501. [学会 (全国)] (ポスター講演) 黄斑円孔手術における内境界膜剥離後の視力経過. 熊谷和之, 萩野誠周, 出水誠二 (新城眼科), 渥美一成 (上飯田第一病院), 栗原秀行(栗原眼科), 岩城正佳 (愛知医大), 石郷岡 均 (京都桂病院), 舘 奈保子 (富山病院), 岡本直之 (眼): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2502. [学会 (全国)] (ポスター講演) パーキンソン病における反射性および随意性衝動性眼球運動. 吉田 寛, 山田徹人 (都立神経病院), 松崎廣栄 (眼): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2503. [学会 (全国)] (ポスター講演) レーザー角膜屈折矯正 (PRK) 術後の長期経過 (術後8年). 中西 基 (武蔵野赤十字病院), 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 小松真理 (山王病院): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2504. [学会 (全国)] (ポスター講演) 家兎瞳孔平滑筋のフィールド刺激による収縮に対するニプラジロールの作用. 石川 均, 清水公也 (眼), 吉富健志 (和歌山県医大): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22) 横浜.

2505. [学会 (全国)] (ポスター講演) 早期開放隅角緑内障眼における視神経乳頭形状と神経繊維層厚. 菊池裕美, 森田哲也, 庄司信行, 清水公也 (眼), 冨岡敏也 (武蔵野日赤): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2506. [学会 (全国)] (ポスター講演) 武蔵野赤十字病院におけるLASIK術後2年間の経過. 相澤大輔, 小松真理 (山王病院), 中西 基 (武蔵野赤十字病院), 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2507. [学会 (全国)] (ポスター講演) 健常者を用いたモノビジョンにおける視機能の検討〜眼優位性との関連について〜. 新井田孝裕 (医療衛生), 新田任里江, 井上俊洋, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼): 第105回日本眼科学会総会(2001.04.19〜22), 横浜.

2508. [学会 (全国)] (ポスター講演) 摘出ウサギ瞳孔平滑筋に対するpituitary adenylate cyclase activating peptideの効果. 吉富健志, 山地一禎 (和歌山県医大), 石川 均 (眼), 大西克尚 (和歌山県医大): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2509. [学会 (全国)] (ポスター講演) 緑内障治療点眼用薬物の実験的毒性アミノ酸誘発網膜神経細胞障害に対する影響. 壷内鉄郎 (東大, 井上眼科病院), 真下紀美代, 阿曽香子, 岩倉雅登 (眼): 第105回日本眼科学会総会(2001.04.19〜22), 横浜.

2510. [学会 (全国)] (ポスター講演) 心因性視覚障害のコントラスト感度. 樋口倫子, 向野和雄, 新井田孝裕 (医衛), 清水公也 (眼), 宗像恒次 (筑波大学体育科学系): 日本弱視斜視学会 (2001.06.22〜23), 静岡.

2511. [学会 (全国)] (ポスター講演) Radial keratotomy術後の非球面ハードコンタクトレンズ装用の1例. 井上俊洋, 宇津見義一, 林 瑛理, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第44回日本コンタクトレンズ学会総会 (2001.06.29〜07.01), 東京.

2512. [学会 (全国)] (ポスター講演) ディスポーザブルソフトコンタクトレンズ装用下眼圧値に影響する要因. 中村明美 (南青山アイクリニック大阪), 松本拓也, 牧野弘之 (星ヶ丘厚生年金病院), 魚里 博 (眼), 原 嘉昭 (奈良県医大): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2513. [学会 (全国)] (教育講演) 術後の問題点・合併症. 鈴木雅信 (眼): 第26回角膜カンファランス (屈折矯正手術講習会) (2002.02.21〜23), 横浜.

2514. [学会 (全国)] (教育講演) 波面光学の臨床結果. 鈴木雅信 (眼): 第37回日本眼光学学会・第16回眼科ME学会 合同学会総会 (2001.09.08〜09), 名古屋.

2515. [学会 (全国) (宿題報告) 網膜視神経障害に対する予防的神経保護治療へ向けての実験的研究. 若倉雅登(眼・済安堂井上眼科病院): 第105回日本眼科学会総会(2001.04.19〜22), 横浜.

2516. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 有水晶体眼内レンズによる屈折矯正手術−LASIKと比較した利点と欠点−. 清水公也 (眼): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2517. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Wavefront Customized LASIKの臨床結果. 清水公也 (眼): 白内障・IOL・角膜屈折手術セミナーAPPIクリスタル倶楽部2002 (2002.02.22〜24), 安比.

2518. [学会 (全国)] (シンポジウム等) LASIKって本当に大丈夫なの? 調節の問題. 鈴木雅信 (眼): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2519. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 視神経への血管の薬理と循環障害. 石川 均 (眼): 第105回日本眼科学会総会専門別研究会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2520. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 点眼薬の眼内移行とメラニン親和性. 石川 均 (眼), 吉富健志 (和歌山県医大): 第21回日本眼薬理学会 第13回国際眼研究会議日本部会 合同会議 (2001.09.14〜15), 東京.

2521. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Customized LASIK術後のコントラスト感度. 相澤大輔 (山王病院), 清水公也 (眼), 魚里 博 (医衛), 小松真理 (山王病院), 鈴木雅信 (眼): 第37回日本眼光学学会・第16回眼科ME学会 合同学会総会 (2001.09.08〜09), 名古屋.

2522. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 21世紀の屈折矯正と視機能評価. 魚里 博 (医衛): 第105回日本眼科学会総会 (2001.04.19〜22), 横浜.

2523. [学会 (全国)] (ワークショップ) 眼底疾患の画像診断とその手術適応への応用. 清水公也 (眼), 飯島裕幸 (山梨医大), 大谷倫裕 (群馬大), 高橋寛二 (関西医大), 岡本直之, 金上貞夫 (眼): 第55回日本臨床眼科学会 (2001.10.11〜14), 京都.

2524. [学会 (全国)] (ワークショップ) 上気道感染症と急性結膜炎 (冬季). 坂本則敏, 清水公也 (眼), 井上松久, 生方公子 (微生物化学研): 第38回日本眼感染症学会(2001.06.29〜07.01), 東京.

2525. [学会 (地方)] (一般講演) モノヨード酢酸(Monoiodoacetic acid) 投与による白内障の形態学的検討. 松本美保, 森田哲也, 平山さをり (眼), 宇賀茂三 (医衛), 清水公也 (眼): 第71回九州眼科学会 (2001.06.01〜03), 福岡.

2526. [学会 (地方)] (一般講演) mini-RK後の残余近視に対するLASIKによる追加矯正. 井上俊洋 (高千穂町立病院), 中西 基, 大野晃司 (眼), 小松真理 (山王病院), 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第71回九州眼科学会 (2001.06.01〜03), 福岡.

2527. [学会 (地方)] (一般講演) 高齢者における角膜乱視とひき運動範囲. 森 郁子 (眼), 半田知也, 魚里 博, 向野和雄, 新井田孝裕, 藤山由紀子 (医衛), 西本浩之, 小林純子 (相模原協同病院), 清水公也 (眼): 第71回九州眼科学会 (2001.06.01〜03). 福岡.

2528. [学会 (地方)] (一般講演) レーザー干渉による非接触眼軸長測定. 嶺井利沙子 (眼), 魚里 博 (医療衛生), 矢野 隆, 疋田朋子, 清水公也 (眼): 第18回関東眼科学会(2001.07.07〜08), 東京.

2529. [学会 (地方)] (一般講演) レーザー光干渉による非接触型眼軸長測定は有効か, その利点と問題点. 魚里 博 (医衛), 嶺井利沙子, 清水公也, 鈴木博子 (眼): 第18回関東眼科学会 (2001.07.07〜08), 東京.

2530. [学会 (地方)] (一般講演) チモプトールXEとリズモンTGの使用経験. 林 良子, 庄司信行, 森田哲也, 中原悦子, 清水公也 (眼): 第18回関東眼科学会 (2001.07.07〜08), 東京.

2531. [学会 (地方)] (一般講演) 自然閉鎖したサッカーボールによる外傷性黄斑円孔の一例. 宮崎茂則, 田中俊一, 大野晃司, 市邉義章, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第18回関東眼科学会 (2001.07.07〜08), 東京.

2532. [学会 (地方)] (一般講演) コンタクトレンズ装用前後の波面収差の解析. 相澤大輔, 大熊恵子, 小松真理 (山王病院), 大野晃司, 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第18回関東眼科学会 (2001.07.07〜08), 東京.

2533. [学会 (地方)] (一般講演) 複数回のPRK後にmini-RKを施行した1例. 長山裕二, 大野晃司, 井上俊洋, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第18回関東眼科学会 (2001.07.07〜08), 東京.

2534. [学会 (地方)] (一般講演) 乳頭腫脹を呈した外眼筋炎の一例. 小川美幸, 石川 均, 清水公也 (眼): 第37回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2002.02.28), 相模大野.

2535. [学会 (地方)] (一般講演) 栗のイガによる眼外傷. 田野貴俊, 大野晃司, 天野理恵, 鈴木雅信, 宮崎茂則, 清水公也 (眼): 第37回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2002.02.28), 相模大野.

2536. [学会 (地方)] (一般講演) SLO・OCTを利用した黄斑部疾患の術前術後の評価. 宮崎茂則, 藤村芙佐子, 中西 基, 柳田智彦, 市邉義章, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第37回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2002.02.28), 相模大野.

2537. [学会 (地方) (一般講演) 強膜炎合併症例の白内障手術. 森田保彦, 嶺井利沙子, 疋田朋子, 藤澤邦俊, 中西 基, 清水公也 (眼): 第37回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2002.02.28), 相模大野.

2538. [学会 (地方)] (一般講演) FDT測定結果に対する矯正度数の影響. 庄司信行, 兒玉安代, 林 良子, 森田哲也, 後閑利明, 清水公也 (眼): 第37回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2002.02.28), 相模大野.

2539. [研究会 (国際)] (特別講演) 今後の白内障手術の展望. 清水公也 (眼): 中国白内障セミナー (2001.11.03), 山東省青島市.

2540. [研究会 (全国)] (一般講演) インドシアニングリーン (ICG) 染色による剥離内境界膜 (ILM) の組織学的検討とその術式の是非. 岡本直之, 中西 基, 柳田智彦, 宮崎茂則, 田中俊一, 市邉義章, 萩野誠周, 清水公也 (眼), 熊谷和之 (新城眼科), 宇賀茂三 (医衛): 第12回日本ICG蛍光造影研究会 (2001.07.27〜28), 名古屋.

2541. [研究会 (全国)] (一般講演) 流行性角結膜炎の院内感染予防の検討−4M-4Eマトリックス表を用いた分析より−. 島田潤子, 荒川和子, 堀江美由紀, 吉田幸子, 林 良子, 岡本直之 (眼): 第17回日本眼科看護研究会(2001.07.14〜15), 大阪.

2542. [研究会 (全国)] (一般講演) マウス水晶体穿孔性外傷における損傷部修復過程の形態学的検討. 平山さをり, 若杉安希乃 (眼), 酒井康弘 (解), 宇賀茂三 (医衛), 清水公也 (眼): 第28回水晶体研究会 (2002.01.11〜12), 松山.

2543. [研究会 (全国)] (一般講演) 穿孔性外傷による白内障発症機序. 若杉安希乃, 松本美保, 平山さをり (眼), 宇賀茂三 (医衛), 清水公也 (眼): 第28回水晶体研究会(2001.01.11〜12), 松山.

2544. [研究会 (全国)] (一般講演) IOL Masterの使用方法とその注意点. 神垣久美子 (眼): 第2回眼科臨床機器研究会 (2001.11.24), 横浜.

2545. [研究会 (全国)] (一般講演) IOL Master-臨床的経験. 藤澤邦俊 (眼): 第2回眼科臨床機器研究会 (2001.11.24), 横浜.

2546. [研究会 (全国)] (ポスター講演) ICG染色により確認できた腔内の多重構造. 岡本直之 (眼): 第3回硝子体手術CLINIC (2001.10.11), 京都.

2547. [研究会 (全国)] (特別講演) これからの白内障手術について−更なる視機能向上を目指して−. 清水公也(眼): 第18回眼病理セミナー (2001.09.15〜16), 和歌山.

2548. [研究会 (地方)] (一般講演) Wavefront-guided LASIK術後早期の評価. 相澤大輔, 小松真理 (山王病院), 天野理恵, 大野晃司, 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第36回北里大学・神奈川県眼科医会 合同リサーチカンファレンス (2001.10.04), 相模原.

2549. [研究会 (地方)] (一般講演) Wavefront-guided LASIK術後6ヶ月の評価. 相澤大輔, 小松真理 (山王病院), 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第723回東京眼科集談会(2002.02.14), 東京.

2550. [研究会 (地方)] (一般講演) 初期老視における瞳孔の役割−老視の克服をめざして−. 中川里絵, 松崎廣栄, 土屋邦彦, 石川 均, 清水公也 (眼), 向野和雄 (医衛): 第90会神奈川県眼科集談会 (2001.06.28), 横浜.

2551. [研究会 (地方)] (一般講演) 初期老視における瞳孔の役割−交感神経系の関与について−. 中川里絵, 松崎廣栄, 土屋邦彦, 石川 均, 清水公也 (眼), 向野和雄 (医衛): 第36回北里大学・神奈川県眼科医会 合同リサーチカンファレンス (2001.10.04), 相模原.

2552. [研究会 (地方)] (一般講演) 視力が改善している若年発症レーベル病の1例. 中西 基, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第90回神奈川県眼科集談会 (2001.06.28), 横浜.

2553. [研究会 (地方)] (一般講演) ボリューム・レンダリングを用いた眼科画像の3Dイメージの構築についての試み. 中西 基, 岡本直之, 柳田智彦, 宮崎茂則, 田中俊一, 市邉義章, 清水公也 (眼), 中村圭吾, d木順一 (三菱プレシジョン株式会社): 第36回北里大学・神奈川県眼科医会 合同リサーチカンファレンス (2001.10.04), 相模原.

2554. [研究会 (地方)] (一般講演) 2.5mm角膜耳側切開白内障手術. 疋田朋子, 森田保彦, 藤澤邦俊, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼): 第36回北里大学・神奈川県眼科医会 合同リサーチカンファレンス (2001.10.04), 相模原.

2555. [研究会 (地方)] (一般講演) 眼瞼下垂で見つかった悪性腫瘍の2例. 杉本和久, 岡本直之, 市邉義章 (眼), 向野和雄 (医療衛生), 清水公也 (眼), 柏木広哉 (津久井赤十字病院), 荒木誉達 (荒木眼科), 大西宏司 (三ツ境眼科クリニック): 第36回北里大学・神奈川県眼科医会 合同リサーチカンファレンス (2001.10.04), 相模原.

2556. [研究会 (地方)] (一般講演) 中期開放隅角緑内障眼における視神経乳頭形状・神経繊維層厚と視野との相関. 森田哲也, 菊池裕美, 林 良子, 中原悦子, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第36回北里大学・神奈川県眼科医会 合同リサーチカンファレンス (2001.10.04), 相模原.

2557. [研究会 (地方)] (一般講演) 複数回のPRK後にmini-RKを施行した1例. 長山裕二, 大野晃司, 井上俊洋, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第90回神奈川県眼科集談会(2001.06.28), 横浜.

2558. [研究会 (地方)] (一般講演) 0.5%チモプトールXE, 0.5%リズモンTGの使用経験. 林 良子, 庄司信行, 林 瑛理, 森田哲也, 中原悦子, 清水公也 (眼): 第90回神奈川県眼科集談会 (2001.06.28), 横浜.

2559. [研究会 (地方)] (一般講演) 硝子体手術を施行した網膜過誤腫の1例. 柏木広哉, 岡本直之, 竹内友子, 伊藤裕子, 市邉義章, 清水公也, 萩野誠周 (眼): 第90回神奈川県眼科集談会 (2001.06.28), 横浜.

2560. [研究会 (地方)] (一般講演) 硝子体手術により黄斑浮腫が著明軽減した網膜静脈分枝閉塞症の1例. 宮崎茂則, 柳田智彦, 中西 基, 岡本直之, 田中俊一, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第90回神奈川県眼科集談会 (2001.06.28), 横浜.

2561. [研究会 (地方)] (特別講演) 老視を治す. 清水公也 (眼): 武蔵野市医師会講演会 (2001.10.24), 武蔵野.

2562. [研究会 (地方)] (特別講演) 緑内障点眼薬の併用治療. 庄司信行 (眼): 相模原眼科医会学術講演会 (2001.07.28), 相模原.

2563. [研究会 (地方)] (特別講演) 加齢黄斑変性 (AMD)の診断と治療の選択. 岡本直之 (眼): 第6回湘西眼科臨床フォーラム (2001.07.05), 厚木.

2564. [研究会 (地方)] (教育講演) 網膜剥離裂孔部の立体映像と蛍光眼底所見. 金上貞夫 (眼): 第90回神奈川県眼科集談会 (2001.06.28), 横浜.

2565. [研究会 (地方)] (公開講座) 目の健康講座. 岡本直之 (眼): 目の愛護デー行事「目の健康講座」(2001.09.30), 相模原.


<<26 耳鼻咽喉科学>>


2566. [原著] An Immunohistological Study of the Localization Characteristics of Thymus and Activation-Regulated Chemokine in the Allergic Inference Turbinate Mucosa with Reference to the Effectivness of Trishloroacetic Acid Treatment. 八尾和雄, 井口芳明, 佐藤賢太郎, 西山耕一郎, 鈴木立俊, 山本一博, 岡本牧人 (耳鼻): American Journal of Rhinology, 15 (6): 395〜402, 2001.

2567. [原著] スギ花粉症に対する手術療法による予防. 八尾和雄 (耳鼻): アレルギー・免疫, 9: 332〜336, 2001.

2568. [原著] 急性乳様突起炎の臨床的検討. 井口芳明, 岡本牧人, 佐野 肇, 小野雄一, 新田光邦, 鐵田晃久 (耳鼻): Otology Japan, 11 (5): 577〜283, 2001.

2569. [原著] 下鼻甲介化学剤手術後症例の鼻腔冷水刺激に対する鼻粘膜反応性. 井口芳明, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本鼻科学会報, 40 (4): 229〜303, 2001.

2570. [原著] 当科における補聴器フィッティングの現状−擬似音場検査システムを用いた評価法−. 佐野 肇 (耳鼻), 新田光邦 (国立相模原耳鼻咽喉科), 竹内義夫 (医衛), 鐵田晃久 (耳鼻), 鈴木恵子 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻), 原 由紀 (医衛), 岡本朗子 (病院), 松平登志正 (医衛): Audiology Japan, 44: 107〜113, 2001.

2571. [原著] Expression of p75NTR and Its Associated Protein NADE in the Rat Cochlea. 佐野 肇 (耳鼻), Jun Mukai (コロンビア大), 桃生勝巳 (秋田大), Lanny G. Close, Takaaki Sato (コロンビア大): Larygoscope, 111: 535〜538, 2001.

2572. [原著] 補聴器評価のための質問紙の作成. 鈴木恵子 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻), 原 由紀, 松平登志正 (医衛), 佐野 肇, 岡本朗子 (耳鼻): Audiology Japan, 45: 89〜101, 2002.

2573. [原著] A technical revision of transplantion of fascin into the vocal fold. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 山中 盾, 廣島屋孝, 横堀 学, 竹田昌彦, 平山方俊 (耳鼻): Bronchology and Bronchoesophagology: State of the Art, p.631〜632, 2001.

2574. [原著] Change in Tissue Kallikrein Level in Nasal Wash after the Administation of Oxatomide in Patients with Nasal Allergy. 西山耕一郎, 岡本牧人, 八尾和雄 (耳鼻), 馬嶋正隆 (薬理), 井口芳明, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎 (耳鼻): American Journal of Rhinology, 15 (2): 105〜108, 2001.

2575. [原著] 顕微鏡下咽頭手術支援内視鏡の適用について. 西山耕一郎, 正来 隆 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 平山方俊 (横須賀市民病院), 井口芳明 (耳鼻), 山中 盾 (東京都), 山本一博, 八尾和雄, 廣島屋孝 (耳鼻), 高橋廣臣 (神奈川歯科大), 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 日本気管食道科学会報, 52 (4): 313〜318, 2001.

2576. [原著] 声帯溝症に対する声帯内自家脂肪・筋膜移植術. 西山耕一郎, 平山方俊 (東京都), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人, 井口芳明, 山本一博 (耳鼻), 山中 盾 (東京都), 鈴木立俊 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会報, 104 (12): 1151〜1155, 2001.

2577. [原著] 北里大学病院めまい外来の最近3年間のまとめ (診断名と患者の年令について): 落合 敦, 徳増厚二, 長沼英明 (耳鼻), 星野 功 (国立相模原病院耳鼻咽喉科), 橋本晋一郎 (耳鼻), 米田 敏 (生物物理系), 岡本牧人 (耳鼻): Equilibrium Res, 60 (2): 78〜85, 2001.

2578. [原著] MRIとSPECTを用いた高齢めまい患者の脳血流量の検討-末梢前庭性めまいと中枢性めまい患者の比較. 新井基洋, 樋口彰宏, 伊藤能成 (横浜赤十字病院耳鼻咽喉科), 持松泰彦 (横浜赤十字病院脳神経外科), 林 洋 (横浜赤十字病院内科), 伊藤邦泰 (横浜赤十字病院放射線科): Res, 60 (3): 169〜176, 2001.

2579. [原著] めまい患者における椎骨脳低動脈系のMRA所見と動脈硬化. 新井基洋, 樋口彰宏, 伊藤能成 (横浜赤十字病院耳鼻咽喉科), 林 洋 (横浜赤十字病院脳神経外科), 持松泰彦 (横浜赤十字病院放射線科), 伊藤邦泰 (横浜赤十字病院内科): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 73 (2): 157〜162, 2001.

2580. [原著] めまい患者におけるMRAの有用性-椎骨脳低動脈循環不全を中心に-. 新井基洋, 樋口彰宏 (横浜赤十字病院耳鼻咽喉科), 梅川淳一, 持松泰彦 (横浜赤十字病院脳神経外科), 伊藤邦泰 (横浜赤十字病院放射線科): 日本耳鼻咽喉科学会報, 102: 925〜931, 2001.

2581. [原著] Teree-Dimension Alanaysis of Morphological Aspects of the Human Saccular Macula. 長沼英明, 徳増厚二, 岡本牧人, 橋本晋一郎 (耳鼻), 山科正平 (解): Annals of Otology, Phinology & Laryngology, 11: 1017〜1024, 2001.

2582. [原著] 咽頭癌に対するCricohyoidoepiglottopexy後の嚥下機能の検討. 中山明仁, 岡本牧人, 八尾和雄 (耳鼻), 渡瀬 肇 (医衛), 西山耕一郎, 永井浩巳, 伊藤昭彦, 横堀 学 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会報, 105 (1): 8〜13, 2001.

2583. [原著] 視神経管開放術が奏功した視神経損傷例. 石井豊太, 新田光邦, 中山貴子 (耳鼻): 耳鼻臨床, 95 (3): 265〜267, 2002.

2584. [原著] 固定時聴力からみた突発性難聴の層別分類. 新田光邦, 岡本牧人, 佐野 肇, 小野雄一 (耳鼻): Audiology Japan, 12 (1): 15〜20, 2002.

2585. [症例報告] 中耳真珠腫による脳膿腫例. 井口芳明, 平山方俊, 山本一博, 落合 敦 (耳鼻), 小川克二 (横須賀市民病院): 耳鼻臨床, 94 (5): 411〜416, 2001.

2586. [症例報告] 声帯内自家側頭筋膜移植術施行後の移植後に発生した肉芽腫の1例. 井口芳明, 平山方俊, 山本一博 (耳鼻): 咽頭, 13 (1): 32〜34, 2001.

2587. [症例報告] 耳下腺乳頭状嚢胞腺癌の副咽頭間隙進展例. 井口芳明, 平山方俊, 山本一博, 橋本大門 (横須賀市民病院), 中山明仁, 落合 敦 (耳鼻): 耳鼻臨床, 94 (12): 1099〜1104, 2001.

2588. [症例報告] 咽頭直達鏡下に摘出し粘膜縫合した下咽頭脂肪腫の一症例. 西山耕太郎, 佐藤賢太郎 (耳鼻), 高橋廣臣 (神奈川歯科大学耳鼻咽頭科), 竹田昌彦, 井口芳明, 正来 隆, 山本一博 (耳鼻), 平山方俊 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 山中 盾 (東京都), 八尾和雄, 廣島屋孝(耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛): 日本耳鼻咽喉科学会報, 104: 1044〜1047, 2001.

2589. [症例報告] 気管内挿管後に生じた声門下肉芽腫の1症例. 落合 敦 (東京大耳鼻咽喉科), 平山方俊, 西山耕一郎, 山中 盾, 廣島屋孝 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛): 日本気管食道科学会報, 52 (4): 346〜350, 2001.

2590. [症例報告] 右橋被蓋出血後に出現したocular myoclonusno一例. 落合 敦 (東京大耳鼻咽喉科), 徳増厚二 (耳鼻), 藤野明人 (藤沢市民病院耳鼻咽喉科), 長沼英明, 橋本晋一郎, 岡本牧人 (耳鼻): Equilibrium Res, 60(4): 227〜233, 2001.

2591. [症例報告] ポリープ様声帯に合併した声帯嚢胞の1症例. 落合 敦 (財務省診療所耳鼻咽喉科), 平山方俊, 井口芳明, 山本一博 (横須賀市立市民病院耳鼻咽喉科), 肥田 修, 木原圭一 (防衛医科大学耳鼻咽喉科学講座), 小川克二 (横須賀市立市民病院耳鼻咽喉科): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 73 (11): 764〜766, 2001.

2592. [症例報告] 低悪性度の鼻腔血管内皮腫の1症例. 落合 敦 (東京大学耳鼻咽喉科), 藤野明人 (藤沢市民病院耳鼻咽喉科), 小野雄一 (耳鼻), 中 英男 (聖マリアンナ医科大学医学部病理学教室): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 73 (11): 921〜923, 2001.

2593. [症例報告] めまいを初発症状とした椎骨動脈解離性動脈瘤の1症例. 新井基洋, 樋口彰宏, 伊藤能成 (横浜赤十字病院耳鼻咽喉科), 持松泰彦 (横浜赤十字病院脳神経外科), 川崎 隆 (横浜赤十字病院内科), 伊藤邦泰 (横浜赤十字病院放射線科), 林 洋 (横浜赤十字病院内科): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 73 (8): 496〜501, 2001.

2594. [症例報告] 多発性声帯嚢胞の1例. 平山方俊, 山中 盾, 新田光邦, 廣島屋孝, 山山竒公義 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 日本気管食道科学会報, 53 (1): 33〜36, 2002.

2595. [症例報告] 頸部外切開を要した下咽頭魚骨異物の1例. 石井豊太, 中山貴子, 新田光邦, 正来 隆, 星野 功(国立相模原病院耳鼻咽喉科): 日本気管食道科学会報, 52(4): 351〜354, 2001.

2596. [総説] 聴覚障害Hearing impairment. 岡本牧人(耳鼻): medicina, 38: 600〜602, 2001.

2597. [総説] 各科領域での非ステロイド性抗炎症薬の選び方・使い方の実際 耳鼻咽喉科領域の疾患. 西山耕一郎, 八尾和雄 (耳鼻): 別冊・治療薬, p.86〜90, 2002.

2598. [総説] 頸動脈置換を必要とした頸部リンパ節転移症例. 中山明仁, 岡本牧人(耳鼻): 根本 日晋 (あそか病院外科): Johns, 17 (12): 1807〜1811, 2001.

2599. [総説] 平衡訓練の実際とその成績. 長沼英明 (耳鼻): Johns, 17 (E): 867〜872, 2001.

2600. [総説] 下咽頭癌におけるelF4E, p.53, Ki-67, cyclin A, cyclinB1の発現と臨床的意義.越野樹典 (耳鼻), 蒋 世旭, 梅沢敦子, 亀谷 徹 (病理), 岡本牧人 (耳鼻): 北里医学, 31: 385〜391, 2001.

2601. [総説] 花粉症の薬物治療の有効性と患者のQOR. 石井豊太 (国立相模原病院耳鼻咽喉科): 医療ジャーナル, 37 (1): 129〜133, 2001.

2602. [総説] 今話題の花粉症4. キク科花粉症. 石井豊太(国立相模原病院耳鼻咽喉科): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 73 (2): 113〜115, 2001.

2603. [総説] 日本における花粉症発生の地域特性. 石井豊太 (国立相模原病院耳鼻科): アレルギー科, 11 (2): 142〜147, 2001.

2604. [総説] アレルギー性鼻炎に対するEBMに基づいた薬物治療−抗ヒスタミン薬を中心に−. 石井豊太 (国立相模原病院耳鼻咽喉科): アレルギーの臨床, 21 (6): 36〜41, 2001.

2605. [総説] アレルギー性鼻炎-花粉症, 疾患別処方解説. 石井豊太 (国立相模原病院耳鼻咽喉科): クラヤ三省堂, p.1〜6, 2001.

[著 書]

2606. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針・私はこう治療している; 突発性難聴, p.934〜935, 岡本牧人 (耳鼻). 編集 山口 徹, 北原光夫, 監修 多賀須幸男, 尾形悦郎, 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

2607. [学術書] (分担執筆) アトピー疾患用語ハンドブック; トリクロール酢酸, p.149, 八尾和雄 (耳鼻). メディカルビュー社, 東京, 2001発行.

2608. [学術書] (分担執筆) 再現医師国家試験問題解説書; 一般/臨床編, 八尾和雄 (耳鼻). 医学評論社, 東京, 2001発行.

2609. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科診療プラクテス 5 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域のShort Stay; アレルギー性鼻炎に対する化学灼熱法, p.84〜88, 八尾和雄 (耳鼻). 文光堂, 東京, 2001発行.

2610. [学術書] (分担執筆) CLIENT21 7. 補聴器と人工内耳; 補聴器, 4・実耳測定, p.101〜104, 佐野 肇 (耳鼻). 編集 野田 寛, 中山書店, 東京, 2001発行.

2611. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科Q&A; 中枢性聴覚障害におけるひずみ語音検査, p.272〜273, 佐野 肇 (耳鼻). 六法出版, 東京, 2001発行.

[学会・研究会等]

2612. [学会 (国際)] (一般講演) E-cadherin and β-catenin expressions in hypopharyngel cancer. 中山明仁, 高橋廣臣, 岡本牧人, 馬越智浩, 八尾和雄 (耳鼻): 2001 Annual Meeting &OTO EXPO (2001.09.09〜12), デンバー.

2613. [学会 (国際)] (一般講演) Nasopharyngeal hamartoma: report of a cace and review. 中島正巳(耳鼻), 稲本勝英, 鈴木立俊, 上條貴裕 (北里研究所メディカルセンター病院耳鼻咽喉科), 本居 匡 (北里研究所メディカルセンター病院病理学): 2001 Annual Meeting &OTO EXPO (2001.09.09〜12), デンバー.

2614. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症への下甲介化学剤手術−鼻汁洗浄液ヒスタミン, ECP量と誘発試験での検討−. 八尾和雄, 西山耕一郎, 井口芳明, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第102回耳鼻咽喉科学会 (2000.05.17〜19), 福岡.

2615. [学会 (全国)] (一般講演) 両側感音性難聴症例における前庭機能の検討. 長沼英明, 岡本牧人, 徳増厚二, 橋本晋一郎 (耳鼻): 第102回耳鼻咽喉科学会 (2000.05.17〜19), 福岡.

2616. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における咽頭・下咽頭癌のlimited surgery. 中山明仁, 高橋廣臣, 八尾和雄, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻), 稲木勝英 (北里研究所メディカルセンター病院耳鼻咽喉科): 第25回日本頭頸部腫瘍学会 (2001.06.20〜22), 札幌.

2617. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における傍神経節腫症例の検討. 宮本俊輔, 高橋廣臣, 八尾和雄, 中山明仁, 上越智浩, 永井浩巳, 伊藤昭彦, 横堀 学, 岡本牧人 (耳鼻): 第25回日本頭頸部腫瘍学会 (2001.06.20〜22), 札幌.

2618. [学会 (全国)] (一般講演) 視神経開放術が秦効した視神経損傷症例. 石井豊太, 新田光邦, 中山貴子 (国立相模原病院耳鼻咽頭科): 第63回耳鼻咽喉科臨床学会(2001.06.29〜30), 沖縄.

2619. [学会 (全国)] (一般講演) 転移性甲状腺腫瘍の一例. 佐藤賢太郎, 八尾和雄, 中山明仁, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): 第63回耳鼻咽喉科臨床学会 (2001.06.29〜30), 沖縄.

2620. [学会 (全国)] (一般講演) 難治性口腔・咽頭・咽頭潰瘍の病理組織的検討−第5報−. 稲木勝英, 上條貴裕 (北里研究所メディカルセンター病院耳鼻咽喉科): 第63回耳鼻咽喉科臨床学会 (2001.06.29〜30), 沖縄.

2621. [学会 (全国)] (一般講演) 咽頭に発生したoncocytic cystの1症例. 上條貴裕 (北里研究所メディカルセンター病院耳鼻咽喉科), 西山耕一郎 (耳鼻), 稲木勝英 (北里研究所メディカルセンター病院耳鼻咽喉科), 岡本牧人 (耳鼻): 第63回耳鼻咽喉科臨床学会 (2001.06.29〜30), 沖縄.

2622. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト上咽頭の組織学的検討 樹状細胞の分布. 永井浩巳 (耳鼻), 馬越智浩 (清水市), 中山明仁 (耳鼻), 稲木勝英 (北里研究所メディカルセンター病院), 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 口腔・咽頭科学会 (2001.09.14〜15), 王子.

2623. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症下甲介粘膜の色彩の変化. 佐藤賢太郎 (横須賀市民病院), 八尾和雄, 井口芳明, 西山耕一郎 (耳鼻), 山本一博 (横須賀市民病院), 鈴木立俊, 岡本牧人 (耳鼻): 第40回日本鼻科学会(2001.09.27〜29), 宇都宮.

2624. [学会 (全国)] (一般講演) トリクロール酢酸下甲介化学剤手術のアレルギー性鼻炎治療−TARCの発現変化からの考察−. 八尾和雄 (耳鼻), 佐藤賢太郎 (横須賀市民病院), 西山耕一郎, 井口芳明 (耳鼻), 山本一博 (横須賀市民病院), 鈴木立俊, 岡本牧人 (耳鼻): 第40回日本鼻科学会 (2001.09.27〜29), 宇都宮.

2625. [学会 (全国)] (一般講演) パワーインストルメントの新しい流れ. −bendタイプおよびreusableタイプカッターとナビゲーションPowerd ESSの有用性の検討−. 樋口彰宏 (耳鼻咽喉科田中病院), 新井基洋, 伊藤能成 (横浜赤十字病院): 第40回日本鼻科学会 (2001.09.27〜29), 宇都宮.

2626. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻性頭蓋内合併症の1例. 山本一博, 平山方俊, 佐藤賢太郎, 橋本大門 (横須賀市民病院): 第40回日本鼻科学会 (2001.09.27〜29), 宇都宮.

2627. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻アレルギーにおけるカリクレイン・キニン系の検討. 西山耕一郎, 八尾和雄, 井口芳明 (耳鼻), 山本一博 (横須賀市民病院), 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第40回日本鼻科学会(2001.09.27〜29), 宇都宮.

2628. [学会 (全国)] (一般講演) ピロカルピン刺激に対するアレルギー性鼻炎鼻腔の反応性. 井口芳明, 八尾和雄, 西山耕一郎 (耳鼻), 山本一博 (横須賀市民病院), 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第40回日本鼻科学会(2001.09.27〜29), 宇都宮.

2629. [学会 (全国)] (一般講演) 急性低音障害感音難聴の全国疫学調査. 佐藤宏昭, 村井和夫 (岩手医科大学耳鼻咽喉科), 岡本牧人 (耳鼻), 星野知之 (浜松医科大学耳鼻咽喉科): 第46回日本聴覚医学会 (2001.10.04〜05), 盛岡.

2630. [学会 (全国)] (一般講演) 語音明瞭度検査による補聴効果の評価. 佐野 肇, 小野雄一 (耳鼻), 松平登志正, 鈴木恵子 (医衛), 岡本朗子, 原 由紀 (医衛), 竹内義夫 (耳鼻), 新田光邦 (国立相模原病院), 鐵田晃久 (藤沢市民病院), 岡本牧人 (耳鼻): 第46回日本聴覚医学会 (2001.10.04〜05), 盛岡.

2631. [学会 (全国)] (一般講演) 急性低音障害型感音難聴, 単発例の検討. 小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻), 鐵田晃久 (藤沢市民病院), 新田光邦 (国立相模原病院): 第46回日本聴覚医学会 (2001.10.04〜05), 盛岡.

2632. [学会 (全国)] (一般講演) 補聴器装用時のラウドネスについて. 松平登志正 (医衛), 岡本朗子 (病院), 鈴木恵子, 原 由紀 (医衛), 井上理恵 (大学院医療系研究科), 小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 第46回日本聴覚医学会 (2001.10.04〜05), 盛岡.

2633. [学会 (全国)] (一般講演) 67-S語表による音場語音聴力検査の基準値. 井上理絵 (大学院医療系研究科), 松平登志正, 鈴木恵子, 原 由紀 (医衛), 岡本朗子 (病院), 小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 第46回日本聴覚医学会 (2001.10.04〜05), 盛岡.

2634. [学会 (全国)] (一般講演) 急性乳様突起炎の臨床的検討. 井口芳明, 岡本牧人, 佐野 肇 (耳鼻), 新田光邦 (国立相模原病院), 鐵田晃久 (藤沢市民病院): 第11回日本耳科学会 (2001.10.11〜13), 神戸.

2635. [学会 (全国)] (一般講演) ラット蝸牛有毛細胞におけるNADEの発現. 佐野 肇, 米田 敏 (耳鼻), 鐵田晃久(藤沢市民病院), 岡本牧人 (耳鼻), 佐藤孝明 (コロンビア学): 第11回日本耳科学会 (2001.10.11〜13), 神戸.

2636. [学会 (全国)] (一般講演) 最近経験した外耳道腺癌の1例. 鐵田晃久, 藤野明人, 正来 隆 (藤沢市民病院耳鼻科), 小野雄一 (耳鼻): 第11回日本耳科学会 (2001.10.11〜13), 神戸.

2637. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴に対する加齢の影響. 小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 第11回日本耳科学会 (2001.10.11〜13), 神戸.

2638. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症患者の有症状期における尿コントロールエンE4 (LTE4) 濃度. 東 憲孝, 谷口正実, 石井豊太, 中山貴子, 新田光邦, 三田晴久, 河岸由紀男, 釣木澤尚美, 森 晶夫, 関根健太郎, 橋本直方, 前田裕二, 長谷川直紀, 秋山一男 (国立相模原病院): 日本アレルギー学会 (2001.10.29), 福岡.

2639. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症大量飛散時の治療について. 石井豊太, 中山貴子 (耳鼻): 国立病院学会(2001.11.09), 仙台.

2640. [学会 (全国)] (一般講演) 直達咽頭顕微鏡下手術における屈曲型内視鏡の有用性−側方照射レーザーの併用−. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 中山明仁, 井口芳明 (耳鼻), 山本一博 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 鈴木立俊 (耳鼻), 佐藤賢太郎 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 正来 隆 (耳鼻), 平山方俊 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 岡本牧人 (耳鼻): 第53回日本気管食道科学会 (2001.11.29〜30), 東京.

2641. [学会 (全国)] (一般講演) 前連合の癒着に対して側方照射型CO2レーザーを使用した1例. 佐藤賢太郎 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 西山耕一郎, 井口芳明 (耳鼻), 山本一博, 平山方俊 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第53回日本気管食道科学会(2001.11.29〜30), 東京.

2642. [学会 (全国)] (一般講演) 過去10年間のOrai Allergy Syndromeについて. 石井豊太, 新田光邦, 中山貴子 (国立相模原病院耳鼻科): 第53回日本気管食道科学会(2001.11.29〜30), 東京.

2643. [学会 (全国)] (一般講演) リチウム電池による食道異物の1例. 都川知之, 中山明仁, 西山耕一郎, 和田昌興(耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第53回日本気管食道科学会 (2001.11.29〜30), 東京.

2644. [学会 (全国)] (一般講演) 赤外線テレビカメラによる頭位眼振記録の集計. 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 中島正巳, 岡本牧人 (耳鼻), 山根雅昭 (虎の門病院耳鼻咽喉科): 第60回日本めまい平衡医学会 (2001.11.30〜12.01), 東京.

2645. [学会 (全国)] (一般講演) 実験的内リンパ水腫動物モデル作成の試み. 長沼英明, 岡本牧人, 徳増厚二, 橋本晋一郎, 中島雅巳 (耳鼻), 河原克雅, 鈴木善郎 (生理), 山科正平, 勝又 修 (解), 米田 敏 (生物物理系): 第60回日本めまい平衡医学会 (2001.11.30〜12.01), 東京.

2646. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト半規管迷路の三次元立体構築とその計測. 橋本晋一郎, 徳増厚二, 長沼英明, 岡本牧人 (耳鼻): 第60回日本めまい平衡医学会 (2001.11.30〜12.01), 東京.

2647. [学会 (全国)] (一般講演) 続発性BPPVについて−当科10年間の検討−. 中島正巳, 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第60回日本めまい平衡医学会 (2001.11.30〜12.01), 東京.

2648. [学会 (全国)] (一般講演) ニューラルネットを用いた健康成人の重心動揺の分類とその利用. 時田 喬, 伊藤八次 (岐阜大学耳鼻咽喉科), 徳増厚二 (耳鼻), 山本昌彦 (東邦大学佐倉病院耳鼻咽喉科), 今岡 薫, 村瀬 仁, 福原美穂 (アニマ株式会社): 第60回日本めまい平衡医学会 (2001.11.30〜12.01), 東京.

2649. [学会 (全国)] (一般講演) 咽頭肉芽腫の臨床的検討. 井口芳明 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 西山耕一郎, 岡本牧人(耳鼻): 第14回日本咽頭科学会 (2002.03.22〜23), 東京.

2650. [学会 (全国)] (一般講演) ポリープ様声帯に対するYAGレーザー照射・粘膜縫合手術. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 井口芳明 (耳鼻), 山本一博 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 鈴木立俊 (耳鼻), 平山方俊 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 小林範子 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第46回日本音声言語医学会 (2001.11.08〜09), 東京.

2651. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当科における頸部リンパ節結核の検討. 横堀 学, 中山明仁, 山中 盾 (耳鼻), 新田光邦 (国立相模原病院耳鼻咽喉科), 岡本牧人 (耳鼻): 第63回耳鼻咽喉科臨床学会 (2001.06.29〜30), 沖縄.

2652. [学会 (全国)] (ポスター講演) 甲状腺手術時に確認したNon-recurrent laryngeal nerveの2症例. 臼井大祐, 八尾和雄, 中山明仁, 永井浩巳, 横堀 学, 竹田昌彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第63回耳鼻咽喉科臨床学会 (2001.06.29〜30), 沖縄.

2653. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 舌癌におけるインターロイキン6 (IL-6) の発現の検討. 永井浩巳, 高橋廣臣, 八尾和雄 (耳鼻), 稲木勝英 (北里研究所メディカルセンター病院耳鼻咽喉科), 中山明仁, 馬越智浩, 岡本牧人 (耳鼻): 第25回日本頭頸部腫瘍学会 (2001.06.20〜22), 札幌.

2654. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム等) 舌癌の治療成績−高齢者と非高齢者の比較−. 稲木勝英 (北里研究所メディカルセンター病院耳鼻咽喉科), 高橋廣臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): 第25回日本頭頸部腫瘍学会 (2001.06.20〜22), 札幌.

2655. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 小児の声帯結節. 西山耕一郎 (耳鼻): 第14回日本咽頭科学会 (2002.03.22〜23), 東京.

2656. [学会 (全国)] (ビデオ) 反回神経麻痺に対する声帯内自家側頭筋膜移植術の効果. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 山中 盾, 井口芳明, 山本一博 (耳鼻), 平山方俊 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 高橋廣臣, 岡本牧人(耳鼻): 第102回耳鼻咽喉科学会 (2000.05.17〜19), 福岡.

2657. [学会 (全国)] (ビデオ) 声門下狭窄に対する硬性内視鏡下YAGレーザーの有用性. 佐藤賢太郎, 西山耕一郎, 山中 盾 (耳鼻), 平山方俊 (横須賀市民病院耳鼻咽喉科), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第102回耳鼻咽喉科学会 (2000.05.17〜19), 福岡.

2658. [学会 (全国)] (ビデオ) 喉頭亜全摘術Cricohyoid-ocpiglotto-pexy: 術後嚥下機能の検討. 中山明仁, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 馬越智浩, 永井浩巳, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第102回耳鼻咽喉科学会(2000.05.17〜19), 福岡.

2659. [学会 (全国)] (ビデオ) 喉頭亜全摘術Cricohyoid-ocpiglotto-pexy: 術後音声機能の検討. 伊藤昭彦 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 西山耕一郎, 馬越智浩, 永井浩巳, 山中 盾, 岡本牧人 (耳鼻): 第102回耳鼻咽喉科学会 (2000.05.17〜19), 福岡.

2660. [学会 (全国)] (臨床セミナー) 補聴器適合-補聴器装用効果の評価法. 岡本牧人 (耳鼻): 第102回耳鼻咽喉科学会 (2000.05.17〜19), 福岡.

2661. [学会 (地方)] (一般講演) めまいの集団リハビリテーション−当院の平衡訓練法の紹介−. 新井基洋, 伊藤能成 (横浜赤十字病院耳鼻咽喉科), 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 岡本牧人 (耳鼻), 藤野明人 (藤沢市民病院耳鼻咽喉科): 第3回神奈川めまいフォーラム(2002.01.31), 横浜.

2662. [学会 (地方)] (一般講演) 実験的内リンパ水腫動物モデルの聴覚の検討. 長沼英明, 岡本牧人, 徳増厚二, 橋本晋一郎, 中島正巳 (耳鼻), 河原克雅, 鈴木善郎 (生理), 山科正平, 勝又 修 (解), 米田 敏 (生物物理系): 第3回神奈川めまいフォーラム (2002.01.31), 横浜.

2663. [学会 (地方)] (一般講演) 髄膜炎を伴ったラムゼイ・ハント症候群の1例. 都川知之, 西山耕一郎, 井口芳明, 竹田昌彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第117回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2001.10.13), 横浜.

2664. [学会 (地方)] (一般講演) 深頸部膿瘍の1例. 佐藤賢太郎, 平山方俊, 山本一博, 橋本大門 (横須賀市民病院): 第117回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会(2001.10.13), 横浜.

2665. [学会 (地方)] (一般講演) 咽頭皮弁形成にて嚥下障害の改善を認めたワレンベルグ症候群の1例. 横堀 学, 西山耕一郎, 鈴木立俊, 岡本牧人 (耳鼻), 伊藤祐之 (神奈川リハビリテーション病院): 第117回日本耳鼻咽喉科学会神奈川地方部会 (2001.10.13), 横浜.

2666. [学会 (地方)] (一般講演) 耳下腺に発生したBasal cell adenomaの1症例. 猪 健志, 八尾和雄, 中山明仁, 竹田昌彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第118回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2001.12.15), 相模原.

2667. [学会 (地方)] (一般講演) 頸部・縦隔膿瘍を来たした幼児下咽頭瘻孔の1症例. 正来 隆, 藤野明人, 籾山安弘, 鐵田晃久 (藤沢市民病院耳鼻咽喉科), 岩崎志保 (藤沢市民病院小児科): 第118回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2001.12.15), 相模原.

2668. [学会 (地方)] (一般講演) 反回神経麻痺が先行したラムゼイハイト症候群の1症例. 栗原里佳, 石井豊太, 新田光邦, 中山貴子 (国立相模原病院耳鼻咽喉科): 第118回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2001.12.15), 相模原.

2669. [学会 (地方)] (一般講演) 扁桃周囲膿瘍から深頸部縦隔膿瘍をきたした一例. 臼井大祐, 佐野 肇, 西山耕一郎, 永井浩巳, 中島正巳, 岡本牧人 (耳鼻): 第119回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.03.30), 横浜.

2670. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡下に摘出し得た頭蓋低箸異物の一例. 鐵田晃久, 藤野明人, 籾山安弘, 正来 隆 (耳鼻): 第119回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.03.30), 横浜.

2671. [研究会 (全国)] (一般講演) 最近のムンプス難聴について. 小野雄一, 岡本牧人, 佐野 肇, 竹田昌彦 (耳鼻), 鐵田晃久 (藤沢市民病院), 新田光邦 (国立相模原病院): 第1回耳鳴りと難聴の研究会 (2001.07.13), 東京.

2672. [研究会 (全国)] (一般講演) 音場語音聴力検査による補聴効果の評価法について. 松平登志正, 井上理絵, 鈴木恵子, 原 由紀 (医衛), 岡本朗子, 小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 平成13年度厚生科学研究班発表会(2001.12.08), 東京.

2673. [研究会 (全国)] (一般講演) 急性低音障害型感音難聴再発例の検討. 岡本牧人 (耳鼻), 村井和夫 (岩手医科大学耳鼻咽喉科): 平成13年度厚生科学研究, 急性高度難聴調査研究分科会 (2001.12.23), 東京.

2674. [研究会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴の治療成績. 新田光邦 (国立相模原病院), 岡本牧人, 佐野 肇, 小野雄一 (耳鼻): 平成13年度厚生科学研究, 急性高度難聴調査研究分科会 (2001.12.23), 東京.

2675. [研究会 (全国)] (一般講演) 手術を要した橋本病の一例. 宮本俊輔, 中山明仁, 鈴木立俊, 伊藤昭彦, 岡本牧人(耳鼻): 平成13年度厚生科学研究, 急性高度難聴調査研究分科会 (2001.12.23), 東京.

2676. [研究会 (全国)] (一般講演) シックハウス症候群の病態解明, 診断治療に関する研究. 井口芳明 (耳鼻): 平成13年度厚生科学研究班第2回研究班会議 (2002.03.11), 東京.

2677. [研究会 (地方)] (一般講演) 急性汎発性膿疱性細菌疹を伴った声門下喉頭炎の一症例. 正来 隆, 藤野明人, 籾山安弘 (耳鼻), 鐵田晃久 (横須賀市民病院), 小林早由美 (横須賀市民病院皮膚科): 第116回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2001.06.09), 横浜.

2678. [研究会 (地方)] (一般講演) 再発性多発軟骨炎にて呼吸困難をきたした一例. 中島正巳, 西山耕一郎, 井口芳明, 山本一博, 横堀 学, 竹田昌彦, 岡本牧人 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛): 第116回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2001.06.09), 横浜.

2679. [研究会 (地方)] (一般講演) 咽頭サルコイドーシスの一例. 和田昌興, 八尾和雄, 西山耕一郎, 山本一博, 越野樹典, 佐藤賢太郎, 都川知之, 岡本牧人 (耳鼻): 第116回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2001.06.09), 横浜.

2680. [研究会 (地方)] (一般講演) 最近のムンプス難聴について. 小野雄一, 岡本牧人 (耳鼻): 第58回相武耳鼻科研究会 (2001.06.16), 厚木.

2681. [研究会 (地方)] (一般講演) 両側性感音難聴における前庭機能. 長沼英明 (耳鼻): 第58回相武耳鼻科研究会(2001.06.16), 厚木.

2682. [研究会 (地方)] (一般講演) 当科補聴器外来におけるフィッティング法について. 佐野 肇, 竹内義夫, 岡本牧人 (耳鼻): 第58回相武耳鼻科研究会 (2001.06.16), 厚木.

2683. [研究会 (地方)] (一般講演) 当科における口蓋扁桃摘出術. 臼井大祐 (耳鼻): 第14回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術手技研究会 (2001.07.13), 横浜.

2684. [研究会 (地方)] (特別講演) アレルギー性鼻炎に対するトリクロール酢酸治療効果に関する研究. 八尾和雄(耳鼻): 第59回相武耳鼻科研究会 (2001.11.24), 町田.

2685. [研究会 (地方)] (特別講演) 21世紀の国民病-睡眠時無呼吸症候群 耳鼻科医の立場から. 西山耕一郎, 小野雄一, 岡本牧人, 佐野 肇 (耳鼻), 新田光邦 (国立相模原病院): 第12回神奈川在宅呼吸管理研究会, 横浜.

2686. [研究会 (地方)] (一般講演) OAEによる新生児聴覚スクリーニング検査. 小野雄一, 岡本牧人, 佐野 肇 (耳鼻), 松平登志正 (医衛): 第7回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2001.11.10), 北里.

2687. [研究会 (地方)] (一般講演) 新生児聴覚スクリーニング検査の現在までの経緯と今後の動向. 岡本牧人 (耳鼻): 第7回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2001.11.10), 北里.

2688. [研究会 (全国)] (一般講演) 補聴効果評価のための質問紙: 班員データのまとめ. 鈴木恵子, 原 由紀, 松平登志正 (医衛), 岡本朗子, 小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人(耳鼻): 平成13年度厚生科学研究班発表会 (2001.12.08), 東京.

2689. [研究会 (地方)] (一般講演) 花粉症の薬物治療について. 石井豊太 (国立相模原病院耳鼻咽喉科): 札幌耳鼻科医師会 (2001.08.31), 札幌.

2690. [研究会 (地方)] (一般講演) 花粉症の発症と治療・予防. 石井豊太 (国立相模原病院耳鼻咽喉科): 平成13年度地域福祉活動推進研修 (2001.10.10), 横浜市保健センター.

2691. [研究会 (地方)] (一般講演) 花粉症〜2002年花粉症対策. 石井豊太 (国立相模原病院耳鼻咽喉科): 県央地区薬剤師会 (2002.01.20), 海老名.

2692. [研究会 (地方)] (一般講演) アレルギー鼻炎に対するトリクロール酢酸を用いた下甲介化学剤手術. 八尾和雄 (耳鼻): 津久井郡医師会特別講演会 (2001), 津久井市.

2693. [研究会 (地方)] (一般講演) スギ花粉症に対するトリクロール酢酸治療効果に関する研究. 八尾和雄 (耳鼻): 川崎市耳鼻咽喉科医会講演会 (2001), 川崎市.

2694. [研究会 (地方)] (一般講演) 花粉症に対するトリクロール酢酸の治療経験. 八尾和雄 (耳鼻): 足柄上郡医師会学術講演会 (2002), 足柄上郡開成町.

2695. [研究会 (地方)] (一般講演) トリクロール酢酸を用いた下甲介化学剤手術. 八尾和雄(耳鼻): 津久井郡医師会特別講演会 (2002), 津久井郡.


<<27 精神科学>>


2696. [原著] Preliminary Psychologic Survey of Orofacial Outpatients. Part1: Predictors of Anxiety or Depression. キノコウジ, スギサキマサシ, イシカワタカユキ, シブヤトモアキ, アマガサテルオ, 宮岡 等 (精): Journal of Orofacial Pain, 3: 235〜244, 2001.

2697. [原著] 味覚閾値と抑うつの程度. 角田博之, 上島国利, 宮岡 等, 永井哲夫 (精): 心身医学, 42 (3): 218〜224, 2002.

2698. [原著] Enhancement of delayed release of dopamine in the amygdale induced by conditioned fear stress in methamphetamine-sensitized rats. 鈴木隆晴, 石郷岡純, 渡部 滋, 宮岡 等 (精): European Journal of Pharmacology, p.59〜65, 2002.

2699. [原著] The association between intravenous haloperidol and prolonged QT interval. 八田耕太郎(精), 高橋丈夫 (伊那神経科病院), 中村裕之 (金沢大), 山城尚人 (都立墨東病院), 飛鳥井 望 (東京都精神医学総合研究所), 松崎一葉 (筑波大), 米澤洋介 (都立墨東病院): Journal of Clinical Psychopharmacology, 21: 257〜261, 2001.

2700. [原著] 精神科救急事業における多言語・多文化医療サービスの現状と課題−第1報−. 鈴木 満, 智田文徳 (岩手医大), 白石弘己 (東京都精神医学総合研究所), 平田豊明 (千葉県精神科医療センター), 星 克仁 (岩手医大), 三角純子 (都立松沢病院), 八田耕太郎 (精), 守屋裕文 (埼玉県立精神保健センター): 精神科救急, 4: 74〜82, 2001.

2701. [原著] 精神分裂病のクオリティ・オブ・ライフ-困難感を指標に用いた検討-. 鈴木勇一, 吉邨善孝, 久村正樹, 宮岡 等 (精): 北里医学, 31 (5): 309〜318, 2001.

2702. [原著] パニック障害の6年転帰-retrospective study-. 渡邉壮一郎, 大坪天平, 田中克俊, 中込和幸, 上島国利, 鳥居成夫, 吉邨善孝, 宮岡 等 (精): 昭和医会誌, 61: 340〜350, 2001.

2703. [原著] うつ病患者の甲状腺機能と治療反応性についての検討-ロジスチック回帰分析を用いて-. 鳥居成夫, 大坪天平, 田中克俊, 中込和幸, 上島国利, 渡邉壮一郎, 吉邨善孝, 宮岡 等 (精): 昭和医会誌, 61: 306〜312, 2001.

2704. [原著] 総合病院における精神障害者の身体合併症対応. 稲田 健, 小林一広, 堤 邦彦, 中島節夫, 米澤洋介, 飛鳥井 望, 金子晃一, 山田堅一, 市村 篤, 高野 晶 (精): 総合病院精神医学, 14 (1): 54〜62, 2002.

2705. [準原著] 精神科治療薬の処方ガイドライン; モーズレイ2001年版. 鈴木映二, 八木剛平 (精): 星和書店, 2001.

2706. [症例報告] 味覚異常を主訴に来科したうつ病症例. 角田博之, 永井哲夫, 高森康次, 岩渕博史, 角田和之, 酒向 淳, 若林 類, 新里知佳, 宮岡 等, 海老原 務, 藤野雅美, 片山義郎 (精): 日歯心身, 16 (1): 71〜73, 2001.

2707. [研究報告 (その他公的な報告)] 摂食障害の病像と転帰に関する研究. 桜井弘乃, 吉邨善孝 (精), 後藤美野 (芹香病院), 宮岡 等 (精): 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費 平成13年度研究報告会, 2001.

2708. [総説] いわゆる心因性疼痛の病態. 鈴木志麻子, 宮岡 等 (精): 関節外科-基礎と臨床-, 20: 128〜132, 2001.

2709. [総説] 心のくすりはどこまで病気を治すのか. 宮岡 等 (精): 暮らしと健康, 7: 12〜19, 2001.

2710. [総説] 今後のリエゾン精神医学とサイコネフロロジーの課題. 宮岡 等 (精): 臨牀透析, 5: 108〜110, 2001.

2711. [総説] 精神療法 (心理療法)−歯科医顎関節症患者に行う場合−. 和気裕之, 小林明子, 宮地英雄, 宮岡 等(精): 歯科展望/別冊, p.124〜131, 2001.

2712. [総説] 強迫性障害. 宮地英雄, 宮岡 等 (精): 健康教室, 7: 30〜31, 2001.

2713. [総説] 精神疾患と高血圧症. 宮岡 等 (精): HUMAN SCIENCE, 4: 23〜25, 2001.

2714. [総説] 精神医学から顎関節症を診る. 宮岡 等 (精): Dental Diamond, 10: 28〜49, 2001.

2715. [総説] 高齢者における向精神薬の使い方の実際. 上田聖子, 吉邨善孝, 宮岡 等 (精): 臨牀と研究, 10: 85〜88, 2001.

2716. [総説] 顎関節症の鑑別診断−特に精神的問題との関連−. 宮岡 等 (精): 日本顎関節学会雑誌, 13 (1): 171, 2001.

2717. [総説] 新しい薬は精神病理学を変化させたか. 宮岡 等, 鈴木勇一, 吉邨善孝 (精): 精神科治療学, 16 (12): 1237〜1242, 2001.

2718. [総説] 成熟期・熟年期のレディース・クリニック うつ. 後藤美野, 鈴木勇一, 宮岡 等 (精): medicina, 38 (13): 2053〜2056, 2001.

2719. [総説] Serotonin1A受容体アゴニスト「tando-spirone」について. 鈴木勇一, 鈴木映二, 宮岡 等(精): 最新精神医学, 7 (1): 75〜80, 2001.

2720. [総説] 不安と抑うつ. 鈴木志麻子, 轟 慶子, 宮岡 等 (精): ターミナルケア, 11: 291〜297, 2001.

2721. [総説] 精神科救急における身体合併症. 八田耕太郎 (精): 精神科救急, 4: 52〜54, 2001.

2722. [総説] 臨床現場の総合的判断としての措置要件: 精神科救急の現場における複合的事情. 八田耕太郎 (精), 高橋丈夫 (伊那神経科病院): 精神科治療学, 16: 649〜653, 2001.

2723. [総説] 非自発性医療: 精神科救急医療と救命救急医療のアナロジー. 高橋丈夫 (伊那神経科病院), 八田耕太郎 (精): 精神科治療学, 16: 775〜778, 2001.

2724. [総説] 精神科救急における鎮静法と身体管理およびその臨床薬理学的背景. 八田耕太郎 (精): 臨床精神薬理, 4: 1275〜1281, 2001.

2725. [総説] 救急医療. 八田耕太郎 (精): 精神科臨床サービス, 1: 555〜557, 2001.

2726. [総説] 精神科医療における隔離・身体拘束. 八田耕太郎 (精): 総合病院精神医学, 13: 186〜193, 2001.

2727. [総説] 救急医療と精神科救急. 八田耕太郎 (精): 救急医学, 26: 1〜4, 2002.

2728. [総説] 高齢者における不眠症の治療. 杉山健志, 石郷岡純 (精): 臨床精神薬理, 4 (増): 63〜70, 2001.

2729. [総説] 特集 抗うつ薬 9. 臨床上重要な副作用−実例に学ぶ検査値等の見方−. 杉山健志, 石郷岡純 (精): 薬のサイエンス, 8: 70〜73, 2001.

2730. [総説] 老年期精神障害の薬物療法No.18; 高齢者の睡眠時無呼吸症候群と薬物療法. 杉山健志 (精): 老年精神医学雑誌, 12: 1309〜1313, 2001.

2731. [総説] 最近のうつ病診断と分類. 鈴木映二 (精): こころの科学, 97: 14〜21, 2001.

2732. [総説] セロトニン1A受容体アゴニスト「タンドスピロン」について. 鈴木勇一, 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 最新精神医学, 7 (1): 75〜80, 2001.

2733. [総説] 向精神薬の使い方の実際−高齢者−. 上田聖子, 吉邨善孝, 宮岡 等 (精): 臨床と研究, 78 (10): 85〜88, 2001.

2734. [総説] Serotonin IA受容体アゴニスト「tando-spirone」について. 鈴木勇一, 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 最新精神医学, 7 (1): 75〜80, 2002.

2735. [総説] 内分泌代謝疾患におけるうつ病. 吉邨善孝(精): 今日の治療, 9 (10): 1133〜1135, 2001.

[著 書]

2736. [教科書] (分担執筆) 標準精神医学; 精神医学的診察と診断, p.69〜79, 宮岡 等 (精). 編集 野村総一郎, 樋口輝彦, 医学書院, 東京, 2001.10.01発行.

2737. [教科書] (分担執筆) 標準精神医学; コンサルテーション・リエゾン精神医学, 宮岡 等 (精). 編集 野村総一郎, 樋口輝彦, 医学書院, 東京, 2001.10.01発行.

2738. [教科書] (分担執筆) 職場のメンタルヘルスケア; 望まれる職場のメンタルヘルス確立のために, p.375〜384, 中村 賢 (医衛), 宮岡 等 (精). 編集 高田 勗, 筒井末春, 南山堂, 東京, 2001.10.10発行.

2739. [教科書] (分担執筆) 精神科治療薬ハンドブック 改訂3版; 睡眠薬, p.78〜82, 357, 371, 380〜391, 466〜469, 吉邨善孝 (精). 編集 上島国利 (昭和大医学部精神医学), 中外医学社, 東京, 2002.02.20発行.

2740. [教科書] (分担執筆) 精神科処方ノート; あれこれ身体の症状を訴える (心気症状), p.220〜227, 吉邨善孝(精). 編集 上島国利 (昭和大医学部精神医学), 中外医学社, 東京, 2001.05.25発行.

2741. [翻訳] (分担執筆) 緩和医療における精神医学ハンドブック; 鈴木映二, 宮岡 等 (精). 星和書店, 東京, 2001.11.06発行.

2742. [その他 (雑誌)] (分担執筆) 精神科治療学; 措置要件: 自傷他害のおそれをどう診立てるか, p.791〜805, 八田耕太郎, 平田豊明, 宮岡 等, 山口直彦 (精): 星和書店, 2001.08.00発行.

2743. [その他 (書評)] (分担執筆) 心身医学; 家族のための精神分裂病入門, 宮岡 等 (精): 三輪書店, 東京, 2001.12.00発行.

[学会・研究会等]

2744. [学会 (国際)] (一般講演) Involvement Between Interferon-Induced Nitric Oxide and Depresion. 鈴木映二, 吉田芳子 (精), 渋谷明隆 (内), 宮岡 等 (精): Collegium internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP) Asia-Pasific Regional Meeting in Hiroshima (2001.10.02〜05), Hiroshima.

2745. [学会 (国際)] (一般講演) Memory and cognitive functiuon of the rats the received NMDA-R1 hippocampal knockdown by anitisense technique. 稲田 健, 石郷岡純, 渡部 滋, 鈴木隆晴, 杉山健志, 横山正宗, 丸太修史 (精): 2001 CINP Regional Meeting Hiroshima (2001), Hiroshima.

2746. [学会 (国際)] (一般講演) Memory and cognitive function of the rats received NMDA-R1 hippocampal knockdown by antisense technique. 稲田 健, 石郷岡純, 渡部 滋, 鈴木隆晴, 杉山健志, 横山正宗, 丸太修史, 鈴木映二, 宮岡 等, 佐治真理 (精): Collegium internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP) Asia-Pacific Regional Meeting in Hiroshima(2001.10.02〜05), Hiroshima.

2747. [学会 (国際)] (一般講演) Sucrose-diet feeding induces nitric oxide production in response to stress. 鈴木映二, 影山晴秋, 井上修二, Toshio Nakaki, 宮岡 等 (精): 7th World Congress of Biological Psychiatry (2001.07.01〜06), Berlin, Germany.

2748. [学会 (国際)] (一般講演) Memory and congnitive function of the rats that received NMDA-R1 hippocampal knockdown by antisense technique. 稲田 健, 石郷岡純, 渡部 滋, 鈴木隆晴, 杉山健史, 横山正宗, 丸太修史, 鈴木映二, 宮岡 等, 佐治真理 (精): 7th World Congess of Biological Psychiatry (2001.07.01〜06), Berlin, Germany.

2749. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科医療における行動制限の実態とその最小化 (1). 八田耕太郎 (精), 五十嵐良雄 (秩父中央病院), 昆 啓之 (千葉県精神科医療センター), 久保田 巌 (八千代病院), 澤 温 (さわ病院), 関 健 (城西病院), 野木 渡 (浜寺病院), 益子 茂 (都立多摩総合精神保健福祉センター), 松岡 浩 (赤木・松岡法律事務所), 分島 徹 (都立墨東病院), 浅井邦彦 (浅井病院): 第22回日本社会精神医学会 (2002.03.08), 千葉.

2750. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科医療における行動制限の実態とその最小化 (2). 八田耕太郎 (精), 五十嵐良雄 (秩父中央病院), 昆 啓之 (千葉県精神科医療センター), 久保田 巌 (八千代病院), 澤 温 (さわ病院), 関 健 (城西病院), 野木 渡 (浜寺病院), 益子 茂 (都立多摩総合精神保健福祉センター), 松岡 浩 (赤木・松岡法律事務所), 分島 徹 (都立墨東病院), 浅井邦彦 (浅井病院): 第22回日本社会精神医学会 (2002.03.08), 千葉.

2751. [学会 (全国)] (一般講演) 「精神科医療における行動制限の最小化に関する研究」の調査と結果概要. 野木 渡 (浜寺病院), 八田耕太郎 (精), 五十嵐良雄 (秩父中央病院), 久保田 巌 (八千代病院), 昆 啓之 (千葉県精神科医療センター), 澤 温 (さわ病院), 関 健 (城西病院), 益子 茂 (都立多摩総合精神保健福祉センター), 分島 徹(都立墨東病院), 松岡 浩 (赤木・松岡法律事務所), 浅井邦彦 (浅井病院): 第22回日本社会精神医学会 (2002.03.08), 千葉.

2752. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症健診受診者のアレルギー日記症状の分析. 小笹晃太郎 (京都府立医大), 遠藤朝彦 (慈恵医大), 今井 透 (聖路加病院), 本田 靖 (筑波大), 松崎一葉 (筑波大) 八田耕太郎 (精), 笹原信一朗 (筑波大), 井手 武 (奈良医大), 本橋 豊 (秋田大), 中村裕之 (金沢大), 烏帽子田 彰 (広島大): 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2002.03.22), 千葉.

2753. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症健診受診者の精神・心身医学的危険因子に関する検討. 松崎一葉 (筑波大), 小笹晃太郎 (京都府立医大), 遠藤朝彦 (慈恵医大), 今井 透 (聖路加病院), 本田 靖 (筑波大), 八田耕太郎(精), 笹原信一朗 (筑波大), 井手 武 (奈良医大), 本橋 豊 (秋田大), 中村裕之 (金沢大), 烏帽子田 彰 (広島大): 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2002.03.22), 千葉.

2754. [学会 (全国)] (一般講演) 強迫性障害の受診状況の推移. 上田聖子, 吉邨善孝, 宮岡 等 (精): 日本精神科診断学会 (2001.10.19), 富山.

2755. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性腫瘍における精神症状変化について−精神科患者に関する検討−. 轟 慶子, 吉田芳子, 鈴木志麻子, 轟 純一, 宮岡 等 (精): 第14回サイコオンコロジー学会 (2001.06.22), 甲府.

2756. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学東病院におけるインターフェロン療養中の精神症状について. 吉田芳子(精), 渋谷明隆 (内), 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 第97回日本精神神経学会 (2001.05.26), 大阪.

2757. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科外来におけるBGMの有用性の検討 (1). 久保田牧子, 北島正人 (東病院), 吉田芳子 (精): 第33回日本芸術療法学会 (2001.10.26), 東京.

2758. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 精神科医療における行動制限とその最小化. 八田耕太郎 (精): 第97回日本精神神経学会総会 (2001.05.17), 大阪. 精神神経学雑誌, 103: 938〜943, 2001.

2759. [学会 (全国)] (ワークショップ) 鎮静法と身体管理(精神科研修コース12: 精神科救急). 八田耕太郎 (精): 第97回日本精神神経学会総会 (2001.05.18), 大阪.

2760. [学会 (全国)] (ワークショップ) 精神科救急における薬物療法. 八田耕太郎 (精): 第14回日本総合病院精神医学会総会 (2001.11.30), 新潟. 総合病院精神医学, 13 (suppl.): S65, 2001.

2761. [学会 (全国)] (一般講演) ショ糖を慢性投与されたラットではストレスによって脳内にHSP遺伝子の発現が誘導される. 鈴木映二, 影山晴秋, 井上修二, 柏 隆之, 金沢真雄, 小坂寿華, 木村修一, 南場義夫, 宮岡 等 (精): 第23回日本生物学的精神医学会 (2001.04), 長崎.

2762. [学会 (全国)] (一般講演) アンチセンス法で海馬のNMDA-R1受容体をノックダウンしたラットの行動特性. 稲田 健, 石郷岡純, 鈴木映二, 宮岡 等, 佐治真理 (精): 第23回日本生物学的精神医学会 (2001.04), 長崎,

2763. [学会 (全国)] (一般講演) フルボキサミンの躁転に関する研究. 金 恵英, 宮地伸吾, 鈴木映二, 石井秀典, 浜中聡子, 長坂 良, 桜井弘乃, 宮岡 等, 中川敦夫 (精): 第97回日本精神神経学会総会 (2001.05), 大阪.

2764. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学東病院におけるインターフェロン療養中の精神症状について. 吉田芳子(精), 渋谷明隆 (内), 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 第97回日本精神神経学会総会 (2001.05), 大阪.

2765. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 「RSDを含む頑固なneurophthic painの病態と治療」, 精神科医の立場から. 吉邨善孝 (精): 第42回関東整形災害外科学会(2002.03.30), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌, 33 (臨増): 47, 2002.

2766. [学会 (地方)] (一般講演) 口外ジスキネジアを呈した症例 短期間のリスペリドン投与中. 小幡経行, 塚原敦子, 高橋恵理, 嘉納明子, 新井綾子, 吉田芳子, 八田耕太郎, 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 神奈川精神医学会 (2002.02.09), 横浜.

2767. [研究会 (全国)] (一般講演) 強迫性障害の受診・治療状況の推移〜フルボキサミン導入の影響について〜. 上田聖子, 吉邨善孝, 櫻井弘乃, 宮岡 等 (精): 第3回OCD研究会 (2001.12.08), 福岡市.

2768. [研究会 (全国)] (ワークショップ) ターミナルケアの心理教育−サイコオンコロジー外来での対応−. 吉田芳子 (精): 第5回心理教育・家族教室ネットワーク研究集会 (2002.03.16), 前橋.

2769. [研究会 (全国)] (一般講演) インターフェロン投与によって誘導されるNO産生はうつ状態の出現と関係しているかもしれない. 鈴木映二, 吉田芳子 (精), 渋谷明隆(内), 鈴木勇一, 丸太修史, 稲田 健, 宮岡 等 (精): 第20回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 (2001.05.24〜25), 小樽.

2770. [研究会 (地方)] (特別講演) 精神科救急における技術論およびシステム論. 八田耕太郎 (精): 第147回高知県精神科医会 (2001.11.13), 高知.

2771. [研究会 (地方)] (特別講演) 精神科救急における技術論およびシステム論. 八田耕太郎 (精): 第1回長野精神科救急研究会 (2001.12.01), 長野.

2772. [研究会 (地方)] (特別講演) 精神科救急における技術論およびシステム論. 八田耕太郎 (精): 第2回兵庫精神科救急研究会 (2002.03.09), 神戸.

2773. [研究会 (地方)] (一般講演) 脳のメカニズムと心. 鈴木映二 (精): 第7回相模原医師会精神科医会講演会(2001.11.21), 相模原市.

2774. [研究会 (地方)] (一般講演) こころの科学; 悩みや記憶違いはどうしておこるのか. 鈴木映二 (精): 神奈川県内陸工業団地協同組合主催・健康管理講演会(2001.11.06), 神奈川県愛川郡.

2775. [研究会 (地方)] (一般講演) 精神病へのアプローチ: 精神科学の視点から. 鈴木映二 (精): 神奈川県精神神経科診療所協会総会 (2002.03.30), 横浜市.


<<28 放射線科学>>


2776. [原著] 急性心内膜下梗塞の発症を契機に確認された123I-BMIPP心筋無集積とI型CD36欠損の1例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄 (放), 鴇田尚樹 (内), 青木由紀, ウッドハムス玲子 (放), 勝沼英太, 和泉 徹 (内), 早川和重 (放): 核医学, 39 (1): 29〜35, 2002.

2777. [原著] 限局性前立腺癌に対する高線量率小線源治療−第一報−. 北野雅史, 西口 郁, 磯部義憲 (放), 入江 啓, 頴川 晋 (泌), 早川和重 (放): 日放腫会誌, 13: 145〜149, 2001.

2778. [原著] 脳血栓症急性期におけるargatrobanの効果−sodium ozagrelとの比較臨床試験−. 福内靖男, 東儀英夫, 篠原幸人, 小林祥泰, 藤島正敏, 田崎義昭, 小川暢也, 菅 信一 (放): 神経治療学, 18 (3): 273〜282, 2001.

2779. [原著] 子宮頸部扁平上皮癌に対する放射線治療の指針の再検討. 高橋満弘, 三橋紀夫, 桜井英幸, 塩島和美, 山川通隆, 秋元哲夫, 村田 修, 村松博之, 早川和重, 新部英男 (放): 日放腫会誌, 13 (1): 15〜20, 2001.

2780. [原著] High-dose radiation therapy for elderly patients with inoperable or unresectable non-small cell lung cancer. 早川和重 (放), 三橋紀夫, Katano S, Saito Y, 中山優子, 桜井英幸, 秋元哲夫, 長谷川正俊, 山川通隆, 新部英男 (放): Lung Cancer, 32 (1): 81〜88, 2001.

2781. [原著] Biological cell survival mapping for radio frequency intracavitary hyperthermia combined with simultaneous high dose-rate intracavitary irradiation. Kurosaki, H., 桜井英幸 (放), 三橋紀夫, Tamaki Y, 秋元哲夫 (放), Takahashi T, Furuta M, 斉藤淳一, 早川和重, 新部英男 (放): Jpn. J. Cancer Res., 92 (1): 95〜102, 2001.

2782. [原著] Clinical application of low dose-rate brachytherapy combined with simultaneous mild temperature hyperthermia. 桜井英幸, 三橋紀夫, Tamaki Y, Kurosaki H, 秋元哲夫, Ishikawa H, 斉藤淳一, 村松博之, 山川通隆, 早川和重, 新部英男 (放): Anticancer Res., 21 (1B): 679〜684, 2001.

2783. [原著] Toxicity and health-related quality of life during and after high dose rate brachytherapy followed by external beam radiotherapy for prostate cancer. 頴川 晋, Shimura S, 入江 啓 (泌), 北野雅史, 西口 郁 (放), Kuwao S, 早川和重 (放), 馬場志郎(泌),: Jpn. J. Clin. Oncol., 31 (11): 541〜547, 2001.

2784. [原著] Pahse U study of twice-daily high-dose thoracic radiotherapy alternating with cisplatin and vindesine for unresectable stage V non-small-cell lung cancer: Japan Clinical Oncology Group study. Sekine I, Nishiwaki Y, Ogino T, Yokoyama A, Saito M, Mori K, Tsukiyama I, Tsuchiya S, 早川和重 (放), Yoshimura K, Ishizuka N, Saijo N,: J. Clin. Oncol., 20(3): 797〜803, 2002.

2785. [準原著] 脊髄疾患の画像診断. -What's New- Preface. 菅 信一 (放): 日独医報, 46 (2): 99, 2001.

2786. [短報・速報] Localization of Post-traumatic Trochlear Nerve Palsy Associated With Hemorrhage at the Subarachnoid Space by Magnetic Resonance Imaging. 原 直人 (眼), 菅 信一 (放), 清水公也 (眼): Briff Reports, 132 (3): 443〜445, 2001.

2787. [症例報告] Interictal crossed crebellar hyperperfusion on Tc-99m ECD SPECT. 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, 青木由紀, 菊池 敬, 神宮寺公二, 矢内原久, ウッドハムス玲子, 早川和重 (放): Ann Nucl Med., 15 (4): 369〜372, 2001.

2788. [症例報告] Transient seizure activity demonstrated by Tc-99m HMPAO SPECT and diffusion-weighted MR imaging. 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, 青木由紀, ウッドハムス玲子, 矢内原久, 菅 信一, 早川和重 (放): Ann Nucl Med., 15 (3): 267〜270, 2001.

2789. [症例報告] Bilateral crossed cerebello-cerebral diaschisis and mutism after surgery for cerebellar medulloblastoma. 鷺内隆雄, 石井勝己, 青木由紀, 菅 信一 (放), 宇津木聡, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), 早川和重 (放): Annals of Nuclear Medicine, 15 (2): 157〜160, 2001.

2790. [症例報告] Three-Dimensional CT in Isolated Dissecting Aneurysm of the Superior Mesenteric Artery: A Case Report. 鷺内隆雄, 浅野雄二, 矢内原久, 青木由紀, ウッドハムス玲子, 早川和重 (放): Radiation Medicine, 19 (5): 271〜273, 2001.

2791. [症例報告] Endovascular Stent-graft Placement for Thoracic Aortic Injury: Case Report. Yamashita S, 西巻 博 (放), Lin Z B, Imai H, Kumagai K, Shindo M, 磯部義憲 (放), 相馬一亥 (救命), 小原邦義 (胸外), 大和田 隆 (救命): J Trauma, 51: 587〜590, 2001.

2792. [症例報告] Small cell lung cancer with a brain metastasis controlled for 5 years: a case report. Imai, R., 早川和重, 桜井英幸, Nakayama, Y., 三橋紀夫, 新部英男 (放): Jpn. J. Clin. Oncol., 31 (3): 116〜118, 2001.

2793. [症例報告] 99mTc-HSADを用いた出血シンチグラフィが出血部位の固定に有用であった回腸capillary hemangiomaの1例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 青木由紀, 矢内原久, 早川和重 (放): 核医学, 38 (3): 219〜222, 2001.

2794. [症例報告] たこつぼ型心筋症の病態把握に心臓核医学診断が有用であった1例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 青木由紀 (放), 勝沼英太, 鴇田尚樹, 和泉 徹 (内), 早川和重 (放): 核医学, 38 (3): 241〜247, 2001.

2795. [症例報告] 111In-oxine標識白血球シンチグラフィが開頭術後の皮下膿瘍の治療評価に有用であった1例. 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, 矢内原久, 菊池 敬, 神宮寺公二, 徳重尊宣, 早川和重 (放): 臨床核医学, 149(1): 2〜4, 2002.

2796. [症例報告] 99mTc-HSADを用いた血液プールシンチグラフィが全身軟部組織内に多発する海綿状血管腫の局在診断に有用であった1例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, ウッドハウス玲子, 菊池 敬, 神宮司公二, 丸尾秀樹, 早川和重 (放): 臨床核医学, 35 (2): 19〜21, 2002.

2797. [総説] 画像で見るバイタルサイン. 菅 信一 (放): ブレインナーシング, 17 (10): 32〜37, 2001.

2798, [総説] 脊椎, 脊髄の発達による変化. 菅 信一 (放): 臨床画像, 17 (4増): 40〜50, 2001.

2799. [総説] 鈍的外傷におけるIVRの適応. 西巻 博 (放), 相馬一亥 (救命), 早川和重 (放), 大和田 隆 (救命): 現代医療, 33: 829〜838, 2001.

2800. [総説] EBMをめざすわが国における肺癌放射線治療臨床試験のあり方. 早川和重, 西口 郁 (放): EBMジャーナル, 2 (6): 760〜763, 2001.

2801. [総説] A challenge for non-small cell lung cancer using hyperthermia. 桜井英幸, 早川和重, Tamaki Y, Nakayama Y, Ishikawa H, 三橋紀夫 (放): Jpn. J. Hyperthermic Oncol., 17 (1): 23〜31, 2001.

2802. [総説] 小細胞癌・非小細胞癌に対するPCI (予防的全頭蓋照射) の意義. 早川和重, 西口 郁, 北野雅史, 鷺内隆雄, 菅 信一 (放): 肺癌の臨床, 4 (1): 93〜97, 2001.

2803. [総説] 呼吸器がんに対する緩和的放射線治療〜気道閉塞, 切除不能例, 上大静脈症候群〜. 早川和重, 西口 郁, 北野雅史 (放): がん看護, 7 (1): 33〜35, 2002.

2804. [総説] 非小細胞肺癌に対するハイパーサーミア併用放射線療法. 桜井英幸, 早川和重, 中山優子, 新部英男(放): 肺癌の臨床, 4 (2): 215〜219, 2001.

2805. [総説] 周産期出血のTAE. 瀧川政和, 磯部義憲, 佐々木真弓, 矢内原久, 西巻 博 (放): IVR学会誌, 16: 238〜241, 2001.

2806. [総説] 特発性門脈圧亢進症に伴う結節性病変. 瀧川政和, 磯部義憲, 吉田暢元, 佐々木真弓 (放): 画像診断, 21 (1): 59〜64, 2001.

2807. [講座] 神経放射線: 血管, 血管障害. 菅 信一 (放): 画像診断, 21 (7): 780〜781, 2001.

2808. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放): 画像診断, 21(12): 1360〜1361, 2001.

[著 書]

2809. [学術書] (分担執筆) 救急看護へのサポート; 画像診断のための看護の原則 (3) 血管造影法と外傷時のIVR., p.21〜23, 川畑理奈, 西巻 博 (放). 編集 杉本勝彦, 南山堂, 東京, 2002発行.

2810. [学術書] (分担執筆) 救急看護へのサポート; 画像診断のための看護の原則 (2) X線検査 (単純撮影, ポータブル撮影, CT) とMRI., p.18〜20, 石井美恵子, 西巻 博 (放). 編集 杉本勝彦, 南山堂, 東京, 2002発行.

2811. [学術書] (分担執筆) 救急看護へのサポート; 画像診断のための看護の原則 (1) 心臓カテーテルとPTCA, p.16〜17, 石井美恵子, 西巻 博 (放). 編集 杉本勝彦, 南山堂, 東京, 2002発行.

2812. [著書] (分担執筆) 第5回大動脈ステントグラフト症例検討会症例集; A型 (3D) 大動脈解離に対するステントグラフト留置直後に新たなentryが出現した1例, p.22〜27, 西巻 博, 磯部義憲, 矢内原久, 佐々木真弓 (放), 田村幸穂 (救命), 瀧川政和, 早川和重 (放), 林 宗博, 小原邦義 (胸外), 今井 寛, 相馬一亥 (救命). 編集 打田日出夫, 隈崎達夫, 株式会社メディカルトリビューン, 2001発行.

[学会・研究会等]

2813. [学会 (国際)] (一般講演) Signal transduction pathway to radiation-induced apoptosis in radiosensitive human primitive neuroectodermal tumor (PNET) cell line. 石川 仁, 三橋紀夫, 秋元哲夫, 斉藤淳一, 桜井英幸, 村松博之, 長谷川正俊, 早川和重, 新部英男(放): 6th International Congress of Radiation Oncology (2001.01.30〜02.02), Melbourne, Australia.

2814. [学会 (国際)] (一般講演) Radiation therapy for patients with stage V inoperable squamous cell lung carcinoma. 中山優子, 早川和重, 秋元哲夫, 桜井英幸, 石川 仁, 野中哲生, 三橋紀夫, 新部英男 (放): 6th International Congress of Radiation Oncology (2001.01.30〜02.02), Melbourne, Australia.

2815. [学会 (国際)] (一般講演) Spiro-analyzer to control respiratory tumor motion for conformal radiotherapy. Uemae, M., 西口 郁 (放), Egawa, T., Shutou, N., 北野雅史, 早川和重 (放): The 3rd S. Takahasi memorial international workshop on 3 dimensional conformal radiotherapy (2001), Proceedings, p.58, 2001.

2816. [学会 (国際)] (教育講演9 Diagnosis of intracrauial trauma. 菅 信一 (放): Asian-Oceamian Seminars on diagnosis and interventional Radiology (2001.06.02), 札幌.

2817. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Current status of chemoradiotherapy for non-small cell lung cancer and its goals in the new millennium. 早川和重(放): 6th International Society for Radiation Oncology (2001.02.02), メルボルン. Radiother. Oncol., 58(Suppl.1): 53, 2001.

2818. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Economic scale of utilization of radiation in Japan-Medicine. 早川和重 (放): Takasaki Symposium on Radiation Proceeding of Natural Polymers (2001.10.02), Takasaki, Gunma, Japan.

2819. [学会 (全国)] (一般講演) 進行肝細胞癌に対する動注, 門注併用化学療法の検討−CDDP血中濃度を含めて−. 佐々木真弓 (放), 日高 央 (内), 磯部義憲 (放), 國分茂博 (内), 鵜飼 勲, 瀧川政和 (放): 第30回日本血管造影IVR学会総会 (2001.05.00), 福岡.

2820. [学会 (全国)] (一般講演) 肝腫瘍に対するRadio-frequency ablation (RFA) 後の治療効果判定におけるSPIO-MRIの有用性の検討. 佐々木真弓, 磯部義憲, 瀧川政和, 早川和重 (放): 第60回日本医学放射線学会総会 (2001.04), 神戸.

2821. [学会 (全国)] (一般講演) 一回採血法による虚血性心疾患患者の局所肺血液量の測定−左心室基準法との比較検討−. 中澤圭治, 石井勝己, 西巻 博, 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利 (放), 依田一重 (医衛), 早川和重 (放): 第41回日本核医学会 (2001.10.18), 金沢. 核医学, 38 (5): 615, 2001.

2822. [学会 (全国)] (一般講演) 民間航空機搭乗中の宇宙線による被曝線量の測定 (第5報)−被曝線量に影響を与える要素について−. 中澤圭治, 岡野眞治, 青木勝己, 早川和重 (放): 第60回日本医学放射線学会 (2001.04.07), 神戸. 日本医学放射線学会雑誌, 61 (2): ps189, 2001.

2823. [学会 (全国)] (一般講演) 民間航空機搭乗中の宇宙線による被曝線量の測定 (第6報)−中緯度飛行と高緯度飛行との比較検討−. 中澤圭治, 岡野眞治, 青木勝己, 早川和重 (放): 第81回日本医学物理学会 (2001.04.07), 神戸. Jpn. J. Med. Phys., 21 (Suppl.): 99〜100, 2001.

2824. [学会 (全国)] (一般講演) 腋窩リンパ節転移を来した乳癌症例のMRI画像. ウッドハムス玲子, 池田俊昭, 青木由紀, 鷺内隆雄, 早川和重 (放): 第60回日本医学放射線学会総会 (2001.04.07), 神戸. 日本医学放射線学会雑誌, 61: 160, 2001.

2825. [学会 (全国)] (一般講演) T1, T2声門癌の放射線治療の総治療期間が局所制御に及ぼす影響−週6回法と5回法の比較−. 北野雅史, 西口 郁, 早川和重 (放), 中山明仁, 永井浩巳, 高橋廣臣 (耳鼻): 第60回日本医学放射線学会学術発表会 (2001.04.06), 神戸. 日本医放会誌, 61 (2): 137, 2001.

2826. [学会 (全国)] (一般講演) ZnCl2投与LECラット肝臓CuのPIXE分析. 大田顕成, 早川和重, 卜 桂蘭 (放), 曽根由美子 (生化学), 中山茂信, 三原春枝 (実動): 第18回PIXEシンポジウム (2001.11.20), 千葉. 要旨集, p.19, 2001.

2827. [学会 (全国)] (一般講演) 声門上癌N0症例の放射線治療成績及び照射野の検討. 西口 郁, 北野雅史, 松林 隆, 早川和重 (放), 中山明仁, 永井浩巳, 高橋廣臣 (耳鼻): 第60回日本医学放射線学会総会 (2001.04.06), 神戸.

2828. [学会 (全国)] (一般講演) 頭頸部非ホジキンリンパ腫の病理組織型と治療開始時期に関する検討. 青木由紀, 早川和重, 北野雅史, 西口 郁 (放): 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会 (2001.11.22〜24), 豊中.

2829. [学会 (全国)] (一般講演) 頭頸部非ホジキンリンパ腫の治療開始時期と予後に関する検討. 青木由紀, 早川和重, 松林 隆, 北野雅史, 西口 郁 (放), 馬越智浩, 高橋廣臣 (耳鼻): 第60回日本医学放射線学会総会 (2001.04.06), 神戸.

2830. [学会 (全国)] (一般講演) 脳ドックMRA診断における無症候性中大脳動脈狭窄・閉塞症例での脳血流SPECTの臨床的意義. 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, 青木由紀, 菊池 敬, 神宮司公二, 早川和重 (放): 第41回日本核医学会総会 (2001.10.18), 金沢. 核医学, 38 (5): 588, 2001.

2831. [学会 (全国)] (一般講演) 131I-MIBGを用いた副腎髄質シンチグラフィによる副腎腫瘍の検討. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 青木由紀, 矢内原久, ウッドハムス玲子, 早川和重 (放): 第60回日本医学放射線学会(2001.04.07), 神戸.

2832. [学会 (全国)] (一般講演) 123I-MIBGによる心筋交感神経機能シンチグラフィでの心疾患の病態変動の経過観察. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利, 早川和重 (放): 第41回日本核医学総会(2001.10.18), 金沢.

2833. [学会 (全国)] (一般講演) 精巣腫瘍のリンパ節転移に対するMRIの臨床的有用性の検討. 矢内原久, 池田俊昭, 青木由紀, 浅野雄二, 鷺内隆雄, ウッドハムス玲子, 菅 信一, 早川和重 (放), 宋 成浩 (泌): 第60回日本医学放射線学会総会 (2001.04.07), 神戸.

2834. [学会 (全国)] (一般講演) DBOEを用いた静脈瘤塞栓術が有効であった直腸静脈瘤症例. 瀧川政和, 磯部義憲, 西巻 博, 佐々木真弓 (放): 第30回日本血管造影・IVR学会総会 (2001.05), 福岡.

2835. [学会 (全国)] (一般講演) 胃静脈に対する治療法選択のための血行動態評価法としての3D造影MRAの有用性. 瀧川政和, 磯部義憲, 佐々木真弓 (放): 第60回日本医学放射線学会 (2001.04.07), 神戸.

2836. [学会 (全国)] (一般講演) 胃静脈瘤に対する難治例の検討. 瀧川政和, 磯部義憲, 佐々木真弓 (放): 第60回日本医学放射線学会 (2001.04.07), 神戸.

2837. [学会 (全国)] (一般講演) 透析シャント不全に対するPTA後の静脈破綻に対するWallstent留置により治療し得た一例. 瀧川政和, 磯部義憲, 矢内原久, 西巻 博, 佐々木真弓 (放): 第7回日本血管内治療学会 (2001.06.18〜19), 大阪.

2838. [学会 (全国)] (ポスター講演) 肝内門脈静脈短絡に伴う肝性脳症に対するshunt閉塞術の有用性. 佐々木真弓, 磯部義憲, 瀧川政和, 鵜飼 勲, 西巻 博 (放): 第30回日本血管造影IVR学会総会 (2001.05), 福岡.

2839. [学会 (全国)] (ポスター講演) 上部消化管出血に対しIVRを施行した症例の検討. 佐々木真弓, 磯部義憲 (放), 田辺 聡 (内), 瀧川政和 (放): DDW-JAPAN 2001(2001.10), 京都.

2840. [学会 (全国)](ポスター講演) Tl心筋SPECT像の3次元表示による虚血部位の評価.中澤圭治, 石井勝己, 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利, 早川和重 (放): 第20回日本医用画像工学会 (2001.07.13), 名古屋. 抄録用CD, PA3-12, 2001.

2841. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腋窩リンパ節転移を来した乳癌症例. ウッドハムス玲子, 早川和重 (放), 蔵並 勝 (外): 第9回日本乳癌学会総会 (2001.06.08), 前橋. 第9回日本乳癌学会総会, p.239, 2001.

2842. [学会 (全国)] (ポスター講演) 早期声門癌の放射線治療−照射野が局所制御に及ぼす影響−. 北野雅史, 西口 郁, 青木由紀, 早川和重 (放), 永井浩巳, 中山明仁, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会 (2001.11.24), 大阪. 日放腫会誌報文集, p.121, 2001.

2843. [学会 (全国)] (ポスター講演) 99mTc-HM-PAOによる脳血流SPECT MRAならびにMRIで経時的に観察しえた左片麻痺性片頭痛の1例. 大森智子, 菅 信一, 鷺内隆雄, 石井勝己, ウッドハムス玲子, 浅野雄二, 矢内原久, 渡辺裕文, 大沼雄一郎, 早川和重 (放): 第31回日本神経放射線学会 (2002.02.21), 秋田.

2844. [学会 (全国)] (ポスター講演) 劇症肝炎による急性肝性脳症の1例 −I-123 IMPによる脳血流SPECTと拡散強調画像による経時的変化の検討−. 鷺内隆雄, 石井勝己, 菅 信一, 渡辺裕文 (放), 秋山久尚, 国東幹夫 (救命), 早川和重 (放): 第31回日本神経放射線学会 (2002.02.21), 秋田.

2845. [学会 (全国)] (ポスター講演) Transient global amnesiaの脳血流SPECT. −99mTc-ECDによるdynamicおよびstatic SPECTの1経験例−. 鷺内隆雄, 石井勝己, 菅 信一, 浅野雄二, 早川和重 (放): 第21回日本画像医学会 (2002.02.28〜03.01), 東京. Jpn, Imaging, 20(5): 303, 2001.

2846. [学会 (全国)] (ポスター講演) 201Tlclで異常集積を呈した慢性期出血性脳梗塞の1例. 浅野雄二, 菅 信一, 鷺内隆雄, 石井勝己, ウッドハムス玲子, 矢内原久, 早川和重 (放): 第31回日本神経放射線学会 (2002.02.21), 秋田.

2847. [学会 (全国)] (一般講演) 123I専用ファンビームコリメータの性能評価. 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利, 鷺内隆雄, 浅野雄二, 中澤圭治, 石井勝己, 早川和重 (放): 第41回日本核医学会総会 (2001), 金沢. 核医学, 38 (5): 623, 2001.

2848. [学会 (全国)] (一般講演) 胸部X腺写真陰性の肺門部扁平上皮癌に対する高線量率192Ir腔内照射法の検討. 中山優子, 早川和重, 桜井英幸, 北本佳住, 村松博之, 石川 仁, 三橋紀夫, 中野隆史 (放): 第39回日本癌治療学会(2001.11.07), 広島.

2849. [学会 (全国)] (一般講演) 小型肺野病変に対する多門照射の初期経験. 北本佳住, 中山優子, 村松博之, 石川 仁, 三橋紀夫, 早川和重, 中野隆史 (放): 第39回日本癌治療学会 (2001.11.09), 広島.

2850. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者非小細胞癌の放射線治療成績. 中山優子, 北本佳住, 石川 仁, 中野隆史, 早川和重, 三橋紀夫 (放): 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会(2001.11.24), 大阪. 日放腫会誌, 13 (Suppl.1): 92, 2001.

2851. [学会 (全国)] (一般講演) 肺門部扁平上皮癌に対する高線量率腔内照射の初期経験. 北本佳住, 中山優子, 桜井英幸, 石川 仁, 中野隆史, 早川和重, 三橋紀夫 (放): 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会 (2001.11.23), 大阪. 日放腫会誌, 13 (Suppl.1): 143, 2001.

2852. [学会 (全国)] (ポスター講演) 肺扁平上皮癌の放射線治療. 石川 仁, 中山優子, 北本佳住, 斉藤吉弘, 早川和重, 三橋紀夫 (放): 第42回日本肺癌学会 (2001.11.01〜02), 大阪.

2853. [学会 (全国)] (ポスター講演) V期肺扁平上皮癌の放射線治療成績. 石川 仁, 中山優子, 北本佳住, 中野隆史, 早川和重, 三橋紀夫 (放): 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会 (2001.11.23), 大阪. 日放腫会誌, 13 (Suppl.1): 126, 2001.

2854. [学会 (全国)] (ポスター講演) C arm linacを用いた肺癌SRSの初期経験. 西口 郁, 北野雅史, 青木由紀, 上前峰子, 江川俊幸, 早川和重 (放): 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会 (2001.11.23), 大阪. 日放腫会誌, 13(Suppl.1): 126, 2001.

2855. [学会 (全国)] (ワークショップ) 高齢者肺癌の放射線療法. 中山優子, 北本佳住, 石川 仁 (郡馬大・放), 古田雅也 (獨協医大越谷病院), 早川和重 (放): 第42回日本肺癌学会 (2001.11.02), 大阪.

2856. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺癌に対するスパイロメータを利用した呼吸モニターによる定位放射線照射の試み: 初期治療効果. 早川和重, 西口 郁, 北野雅史(放), 吉村博邦 (胸外): 第42回日本肺癌学会 (201.11.01〜02), 大阪.

2857. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺門部扁平上皮癌に対する高線量率腔内照射の経験.北本佳住, 中山優子, 桜井英幸 (放), 石川 仁 (群馬大・放), 早川和重 (放), 三橋紀夫 (東京女子医大・放): 第42回日本肺癌学会(2001.11.01〜02), 大阪.

2858. [学会 (全国)] (一般講演) 腹部外傷における外傷学会分類と画像診断のdiscrepancy−賢損傷. 西巻 博 (放): 日本画像医学会 (2002.02.28〜03.01), 東京. 日本画像医学誌, 20 (5): 282, 2002.

2859. [学会 (地方)] (一般講演) 甲状腺乳頭腺癌術後に発症した全身サルコイドーシスの診断に核医学検査が有用であった1例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, ウッドハムス玲子, 矢内原久, 青木由紀, 北野雅史, 菅 信一, 早川和重 (放): 第420回日本医学放射線学会関東地方会(2001.12.08), 東京.

2860. [学会 (地方)] (一般講演) 123I-BMIPP 心筋無集積の一例. 浅野雄二, 鷺内隆雄 (放), 鴇田尚樹 (内), 早川和重 (放): 第42回神奈川県放射線学会 (2001.09.22), 東京.

2861. [学会 (地方)] (一般講演) 99mTC-HSADを用いたリンパ管シンチグラフィが診断に有用であったリンパ浮腫3症例. 浅野雄二, 石井勝己, 鷺内隆雄, 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利, 早川和重 (放): 第55回日本核医学会関東甲信越地方会 (2001.07.07), 東京.

2862. [学会 (地方)] (一般講演) 99mTc-HMPAOによる脳血流SPECTが病態把握に有用であった軟膜原発悪性黒色腫の一剖検例. 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利, 早川和重 (放): 第55回日本核医学関東甲信越地方会 (2001.07.07), 東京都.

2863. [学会 (地方)] (一般講演) 脳ドックMRA診断で発見された無症候性中大脳動脈異常例での脳血流SPECTの有用性. 鷺内隆雄, 浅野雄二, 矢内原久, 菅 信一, 早川和重 (放): 第42回神奈川県放射線医学会 (2001.09.22), 横浜.

2864. [学会 (地方)] (一般講演) 99mTC-HM-PAOによる脳血流SPECT MRAならびにMRIで経時的に観察しえた左片麻痺性片頭痛の1例. 大森智子, 菅 信一, 鷺内隆雄, 石井勝己, 浅野雄二, ウッドハムス玲子, 矢内原久, 青木由紀, 大沼雄一郎, 小谷承子, 早川和重 (放): 第420回日本放射線医学会関東地方会 (2001.12.08), 東京.

2865. [学会 (地方)] (一般講演) 肺癌で興味ある骨シンチグラムを呈した症例の検討. ウッドハムス玲子, 石井勝己, 鷺内隆雄, 浅野雄二, 大森智子, 菊池 敬, 神宮寺公二, 早川和重 (放): 第56回日本核医学会関東甲信越地方会(2002.02.23), 東京.

2866. [学会 (地方)] (一般講演) 脳ノカルジア症の一例. 大沼雄一郎, 菅 信一, 鷺内隆雄, ウッドハムス玲子, 浅野雄二, 矢内原久, 青木由紀, 大森智子, 小谷承子, 早川和重 (放): 第420回日本医学放射線医学会関東地方会(2001.12.08), 東京.

2867. [学会 (地方)] (ポスター講演) 中頭蓋窩に進展した聴神経腫瘍の一例. 小谷承子, 菅 信一, 池田俊昭, 矢内原久, ウッドハムス玲子, 鷺内隆雄, 浅野雄二, 青木由紀, 大沼雄一郎, 大森智子, 早川和重 (放): 第420回日本医学放射線学会関東地方会 (2001.12.08), 東京.

2868. [学会 (地方)] (教育講演) 神経放射線領域のMRI診療のために. 菅 信一 (放): 神奈川県放射線医学会例会(2001.09.22), 横浜.

2869. [学会 (地方)] (一般講演)術後早期に脳転移にて死亡し, Large cell neuroendocrine carcinoma (LCNEC) の成分を伴った小細胞癌の1例. 後藤尚美, 品田 純, 阿部能明, 原 英則, 町田浩志, 吉村博邦(胸外), 早川和重(放), 蒋 世旭, 亀谷 徹 (病理): 第130回日本肺癌学会関東部会 (2001.03.17), 東京.

2870. [学会 (地方)] (一般講演) Conjoined twinの1例. 大沼雄一郎, 菅 信一, 池田俊昭, 鷺内隆雄, 浅野雄二, 矢内原久, ウッドハムス玲子, 大森智子, 小谷承子, 早川和重 (放): 第42回神奈川県放射線医学会 (2001), 横浜.

2871. [学会 (地方)] (一般講演) 多発性脳転移で発症し, 8年生存した原発性肺癌の一例. 清塚 誠, 中山優子, 桜井英幸, 北本佳住, 石川 仁, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 瀬川篤記, 中島 孝, 早川和重 (放): 第133回日本肺癌学会関東部会 (2002.03.16), 横浜.

2872. [研究会 (国際)] (シンポジウム等) Imaging Study of Craniovertebral Junction non congenital lesion. 菅 信一 (放): The 3rd Biennial Japan-Korea conference on Spinal Surgery (2001.06.22), 横浜.

2873. [研究会 (全国)] (一般講演) 肝炎症性偽腫瘍の3例. 佐々木真弓, 瀧川政和, 鵜飼 勲, 磯部義憲 (放): 第15回腹部放射線研究会 (2001.05), 神戸.

2874. [研究会 (全国)] (一般講演) 大動脈内ステントグラフト留置術が奏効した内科的降圧治療に難渋したStanford B型大動脈解離の2例. 瀧川政和, 西巻 博 (放), 田村幸穂 (救命), 佐々木真弓 (放), 林 宗博, 町井正人 (胸外), 今井 寛 (救命), 磯部義憲, 早川和重 (放), 相馬一亥(救命), 小原邦義 (胸外): 第18回日本Metalic Stents & Grafts研究会 (2001.02.10), 鹿児島. プログラム, 抄録集, p.36, 2001.

2875. [研究会 (全国)] (特別講演) 肺癌治療におけるcontroversies: 非小細胞肺癌. 早川和重 (放): 第325回放射線治療談話会 (2001.11.08), 東京.

2876. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 放射線化学療法(肺がん): 早川和重 (放): 平成13年度がん研究助成金によるシンポジウム「がん診療における放射線治療の役割」(2002.01.08), 東京. プログラム・抄録集, p.22, 2002.

2877. [研究会 (地方)] (特別講演) 北里大学病院における放射線治療. 早川和重 (放): 第22回「千葉県放射線治療の会」 (2001.01.25), 千葉.

2878. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺癌放射線治療の現状と展望. 早川和重 (放): 近畿がん治療合同カンファレンス (2001.06.08), 堺.

2879. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺癌放射線療法の進歩と展望. 早川和重 (放): 第27回北里医学会総会(2001.09.29), 相模原.

2880. [研究会 (地方)] (一般講演) CTAPがB-RTO施行前の排血路同定に有用であったmeso-caval shuntの2例. 佐々木真弓, 瀧川政和, 鵜飼 勲, 磯部義憲 (放): 第6回 Portal hemodynamics forum (2001.06), 東京.

2881. [研究会 (地方)] (一般講演) 肺癌の放射線治療の現状と将来. 早川和重 (放): 第5回北里画像診断セミナー(2002.11.13), 相模原.

2882. [研究会 (地方)] (一般講演) 肺癌の新しい放射線治療について. 早川和重 (放): 「木曜に肺癌を読む会」 (横浜市立病院) (2001.04.12), 横浜

2883. [研究会 (地方)] (一般講演) 放射線治療と核医学. 早川和重 (放): 日本メジフィジックス株式会社横浜営業所開設記念講演会 (2001.06.30), 横浜.

2884. [研究会 (地方)] (一般講演) MRIにて経過観察し得た頭蓋内結核腫4例の検討. 片桐科子 (放), 柯 偉傑, 冨永紳一 (さいたま市立病院・放): 第8回埼玉画像フォーラム (2001.06.23), 埼玉.

2885. [研究会 (地方)] (一般講演) 脳腫瘍に対するMRI診療. 菅 信一 (放): 第7回つくばMRI懇話会 (2001.11.16), つくば.

2886. [研究会 (地方)] (一般講演) 67Gaシンチにて心筋異常集積を認め経過観察中の2症例.渋江竜馬, 姫野秀朗, 梅津雅夫 (国立相模原内科), 松永敬二, 小島里央 (放), 石橋章彦: 第9回神奈川SPECT研究会 (2001.11.24), 横浜.

2887. [研究会 (地方)] (一般講演) 手術不能肝門部胆管癌経過観察中に認められた門脈狭窄およびアンモニア血症を伴う門脈-体循環シャントに対する一治療例. 瀧川政和, 磯部義憲, 矢内原久, 西巻 博, 佐々木真弓 (放): 第13回関東IVR研究会 (2001),

2888. [研究会 (地方)] (ポスター講演) PTA後の中心静脈破綻に対しWallstent留置により治療し得た1例. 矢内原久, 瀧川政和, 佐々木真弓, 西巻 博, 磯部義憲, 早川和重 (放), 斉藤 毅, 吉田一成 (泌): ブラッドアクセス研究会 (2002.03.02), 東京.

2889. [研究会 (地方)] (一般講演) 肺癌の放射線治療の最新情報. 早川和重 (放): 第106回神奈川肺癌研究会(2001.11.15), 横浜.

2890. [研究会 (地方)] (一般講演) 胸壁浸潤型肺癌に対する温熱併用放射線療法の初期成績. 桜井英幸, 三橋紀夫, 中山優子, 黒崎弘正, 那須佐知子, 石川 仁, 山川通隆, 秋元哲夫, 長谷川正俊, 新部英男, 早川和重 (放): 第5回関東ハイパーサーミア研究会 (2001.02.17), 横浜.

2891. [研究会 (地方)] (一般講演) 123I専用ファンビームコリメータの検討. 菊池 敬, 徳重尊宣, 丸尾秀樹, 神宮司公二, 太田幸利, 鷺内隆雄, 浅野雄二, 早川和重 (放): 第8回神奈川SPECT研究会 (2001), 横浜.

2892. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺癌治療と核医学診断. 早川和重 (放): 第229回神奈川核医学研究会 (2001.03.02), 横浜.

2893. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺癌放射線治療の進歩と展望. 早川和重 (放): 第25回新潟肺癌研究会総会(2001.09.01), 新潟.

2894. [研究会 (地方)] (一般講演) 他院に学ぶ検査中のケア. 西巻 博 (放): 第28回神奈川IVRカンファレンス(2001.06.30), 横浜.


<<29 麻酔科学>>


2895. [原著] The effects of single and fractionated doses of mepivacaine on the extent of thoracic epidural block. 奥富俊之, 橋場麻希子, 橋場伸一郎, 増渕 彩 (麻), 森島久代 (コロンビア大麻酔科): Reg Anesth Pain Med, 26 (5): 450〜455, 2001.

2896. [原著] The disposition of benzoylecgonine in maternal and fetal rats. 森島久代 (コロンビア大麻酔科), 奥富俊之 (麻), 石崎淳朗, Y., Zhang, T.B., Cooper(コロンビア大麻酔科): Neurotoxicol Teratol, 23 (3 May Jun): 247〜253, 2001.

2897. [原著] Porcine Fas-ligand gane: genomic sequence analysis and comparison with human gene. 石山由香里 (麻), 中島洋一 (遺伝), 外 須美夫 (麻), 高垣洋太郎 (遺伝): Molecular Immunology, 38: 581〜586, 2001.

2898. [原著] Intrathecal lidocaine canses posterior root axonal degeneration near enthy into the spinal cord in rats. 竹浪民江 (麻), Saburo Yagishita (神奈川リハビリセンター神経病理), 新井正康, 安里文雄, 外 須美夫 (麻): Resional Anesthesia and Pain Medicine, 27: 58〜67, 2002.

2899. [原著] Low-concentration Lidocaine Rapidly lnhibits Axonal Transport in cultured Mouse Dorsal Root Ganglion Neurons. 金井昭文 (麻), 比留間弘美, 片倉 隆 (生理), 佐瀬寿美 (麻), 川上 倫 (生理), 外 須美夫 (麻): Anesthesiology, 95 (3): 675〜680, 2001.

2900. [原著] Participation of cyclooxygenases in cutaneous thermal nociception under non-inflamed and inflamed conditions. 鈴木正子, 林 泉 ((薬理), 奈良佳洋 (麻), 熊谷雄治 (臨床薬理), 奥富俊之, 外 須美夫(麻), 馬嶋正隆 (薬理): Inflammation Research, 50: 283〜287, 2001.

2901. [原著] Changes in the current perception threshold (CPT) due to artificial high concentration CO2 water warine bathing. 前田真治, 佐々木 麗, 長澤 弘, 清水 忍, 田中かつら, 大渕修一, 柴 喜崇 (リハビリテーション部), 外 須美夫 (麻): 日湿気物医誌, 64(4): 191〜198, 2001.

2902. [原著] 気管チューブ抜管困難症例の臨床症状とファイバースコープによる咽頭所見の関連, および対策に関する検討. 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日集中医誌, 9: 23〜28, 2002.

2903. [症例報告] Continuous spinal analgesia for labar and delivery in a parturient with hypertrophic obstructive cardiomyopathy. 奥富俊之 (麻), 菊地信三, 天野 完 (産婦), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): Acta Anaesthesiologica Scandinavica, 46 (3): 329〜331, 2001.

2904. [総説] コンサルテーションチームによる緩和医療. 的場元弘, 伊藤美由紀 (麻): 今日の緩和医療, 3 (3): 18〜19, 2001.

2905. [総説] がん看護専門看護師の緩和チームへの協力. 的場元弘 (麻): 日本がん看護学会誌, 15 (2): 37〜40, 2001.

2906. [総説] 誰でもできるWHOがん疼痛治療法の実際. 磯野雅子, 的場元弘 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 38〜42, 2001.

2907. [総説] B. 第2段階の薬 リン酸コデイン. 磯野雅子, 的場元弘 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 43〜45, 2001.

2908. [総説] C. 第3段階へのステップアップとモルヒネのはじめ方. 村上敏史, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 47〜55, 2001.

2909. [総説] D. 痛みがとれるまでのプロセス. 村上敏史, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 60〜62, 2001.

2910. [総説] E. モルヒネの副作用対策. 伊藤美由紀, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 63〜71, 2001.

2911. [総説] F. モルヒネによる傾眠とその対策. 村上敏史, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 72〜75, 2001.

2912. [総説] G. モルヒネに対する誤解を解く. 三谷浩之, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 76〜78, 2001.

2913. [総説] H. モルヒネの注射剤の使い方. 三谷浩之, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 79〜82, 2001.

2914. [総説] I. モルヒネの代替薬. 三谷浩之, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 83〜87, 2001.

2915. [総説] J. 誤薬・過量投与について. 伊藤美由紀, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 89〜91, 2001.

2916. [総説] 硫酸モルヒネ徐放性細粒剤 (モルペス細粒). 的場元弘, 村上敏史, 外 須美夫 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 56〜59, 2001.

2917. [総説] がん患者の痛み以外の症状緩和. 的場元弘, 外 須美夫 (麻): ペインクリニック, 22 (6): 829〜833, 2001.

2918. [総説] 呼吸困難感の緩和への試み. 的場元弘, 外 須美夫, 村上敏史, 伊藤美由紀 (麻): ターミナルケア, 11 (10月増): 156〜159, 2001.

2919. [総説] 癌疼痛の管理と課題-在宅患者の疼痛を含めて-. 的場元弘, 村上敏史, 外 須美夫 (麻): 日本臨牀, 59(9): 1823〜1828, 2001.

2920. [講座] 無痛分娩に対する妊婦の意識. 奥富俊之 (麻): ペインクリニック, 23 (2): 154〜159, 2002.

2921. [講座] 呼吸管理へのステップ 人工呼吸器の種類と機能. 新井正康 (麻), 相馬一亥 (救命): 臨床医, 27 (7): 14〜17, 2001.

2922. [その他:新著紹介] 呼吸・循環のダイナミズム 学生から臨床医まで呼吸・循環の体系的理解のために. 外 須美夫 (麻): 循環制御, 23 (1): 72〜73, 2002.

2923. [その他:新著紹介] IT医療革命-病院ビックバンによる医療地図激変のパラダイム・シフト-. 外 須美夫(麻): 循環制御, 22 (3): 241〜242, 2001.

2924. [その他:印象記] 日本麻酔科学会第48回大会. 外 須美夫 (麻): 循環制御, 22 (2): 139〜140, 2001.

2925. [その他:Editorial ] The effect of thoracic sympathectomy on baroreflex control of circulation. 外 須美夫 (麻): Journal of Anesthesia, 16: 3, 2002.

2926. [総説] 母体投与薬と妊産婦麻酔. 奥富俊之 (麻): 臨床麻酔, 26 (3), 2002.

2927. [総説] Use of morphine and adjuvant drugs according to the condition. 的場元弘(麻): European Journal of Pain, 5 (Suppl. A): 59〜62, 2001.

[著 書]

2928. [学術書] (分担執筆) 専門医のための麻酔科学レビュー; 心・血管作動薬, 外 須美夫.監修 天羽敬祐 (東京医科歯科大), (株) 総合医学社, 2002.03.23発行.

2929. [学術書] (分担執筆) 麻酔のHow to診断編; 循環系 貧血, p.74〜75, 小川 龍 (日本医科大学)他, 編集 小川 龍 (日本医科大学), 克誠堂出版株式会社, 東京, 2001.11.01発行.

2930. [学術書] (分担執筆) 麻酔のHow to; 片肺喚気, p.98〜99, 奥富俊之 (麻). 編集 小川 龍 (日本医大麻酔科), 克誠堂, 東京, 2001.11.01発行.

2931. [教科書] (単著) 呼吸・循環のダイナミズム; 外 須美夫 (麻). 真興交易(株), 東京, 2001.11.15発行.

2932. [教科書] (共著) NEW 麻酔科学 改訂第3版; 外傷・熱傷の麻酔, p.323〜331, 新井正康, 外 須美夫 (麻). 編集 剣物 修 (北大), 花岡一雄 (東大), 南江堂, 東京, 2001.10.15発行.

2933. [教科書] (共著) 呼吸器病 New Approach 呼吸器疾患の長期管理と緊急処置; 呼吸管理, 5: p.195〜202, 新井正康, 外 須美夫 (麻). 編集 大田 健 (帝京), 永井厚志(女子医), 飛田 渉 (東北大), メジカルビュー, 東京, 2001.10.10発行.

2934. [教科書] (分担執筆) 「New 麻酔科学]; 眼科の麻酔, p.339〜340, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻). 編集 剱物 修(北大), 花岡一雄 (東大), 南江堂, 東京, 2001.10.15発行.

2935. [教科書] (分担執筆) NEW 麻酔科学 改訂第3版; 外傷・熱傷の麻酔, 新井正康, 外 須美夫 (麻): 剱物 修(北大), 花岡一雄 (東大), (株) 南江堂, 東京, 2001.10.15発行.

2936. [教科書] (分担執筆) 呼吸器疾患の長期管理と緊急処置; 呼吸管理, p.195〜202, 外 須美夫(麻). 編集 大田 健 (帝京大), 永井厚志 (東女医大), 飛田 渉 (東北大), 栢A済堂, 東京, 2001.10.10発行.

2937. [概説書] (分担執筆) ターミナルケア; A. 呼吸困難を感じるメカニズム, 11: p.142〜145, 外 須美夫 (麻). 三輪書店, 東京, 2001.

[学会・研究会等]

2938. [学会 (国際)] (ポスター講演) Comparision of neurotoxicity of spinal mepivacaire, plirocaine, and liobcane. 竹浪民江 (麻), Saburo Yagishita (神奈川リハビリセンター), 奈良佳洋 (生物物理系), 外 須美夫 (麻): American society of Regional anesthesia and Pain Medicine (2001.05), Varcouver in Canada.

2939. [学会 (国際)] (ポスター講演) Spinal procaine is less neurotoxic than mepiracaine, Prilocane and bupivacaine on rats. 竹浪民江 (麻), Saburo Yagishita (神奈川リハビリセンター), 奈良佳洋 (生物物理系), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American society of Anesthesiologists (2001.10.16), New Orleans (USA).

2940. [学会 (国際)] (ポスター講演) Spinal bupivacane is less nehrotoxic than lidocane in rats. 竹浪民江 (麻), Saburo Yagishita (神奈川リハビリセンター), 奈良佳洋 (生物物理系), 新井正康, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologists (2001.10.16), New Orleans (USA).

2941. [学会 (国際)] (ポスター講演) Antinociceptive Effect of Bradykinin 1 and 2 Receptor Antagonists in Neuropathic Pain (Chronic Constriction injury). 佐瀬寿美, 岡本浩嗣 (麻), 奈良佳洋 (生物物理系), 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologists(2001.10.16), New Orleans.

2942. [学会 (国際)] (ポスター講演) The effect of intrathecal epinephrine with bupiuacaine-fentanyl combination on the following epidural analgesia during labor. 奥富俊之, 斉藤美和子 (麻), 天野 完 (産婦), 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiology (2001.10.15), New Orleans, Lauisiana USA. Anesthesiology, A1030, 2001.

2943. [学会 (国際)] (ポスター講演) The effect of MgSO4 on bupivacaine pharwacokinetics in rats. 奥富俊之(麻), 本山正岩 (九大), 松本宜明, 福岡正道 (昭和薬科大), 外 須美夫 (麻): 76th International Anesthesia Research Society (2002.03.18), San Diego, CA, USA. Anesth Analg, S199, 2002.

2944. [学会 (国際)] (ポスター講演)Effect of Gabapentin on Excitability of Injured and Control Sensory Neurons. 金井昭文, Constantine Sarantopoulos, Bruce McCallum, Quinn Hogan: American Society of Anesthesiologist (2001.10.15), New Orleans.

2945. [学会 (全国)] (一般講演) Brugada syndromeの心電図所見と麻酔管理上の注意点. 兵頭亜紀子, 稲村実穂子, 黒岩政之, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第21回日本臨床麻酔学会学術総会 (2001.10.21), 横浜市. Journal of JSCA, 21 (8): 387, 2001.

2946. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術中のヘパリン静脈内投与が血栓マーカーに及ぼす影響. 黒岩政之, 奥富俊之, 新井正康, 岡本浩嗣, 外 須美夫, 三紫絵里 (麻): 第48回日本麻酔科学会総会 (2001.04), 神戸市. Journal of Anesthesia, 15 (Suppl.): P2G17, 2001.

2947. [学会 (全国)] (一般講演) 周術期肥大型心筋症合併症例の検討. 黒岩政之, 新井正康, 上野哲生, 小坂康晴, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第6回日本心臓血管麻酔学会学術大会総会 (2001.10.15), 札幌市. Journal of the Japanese Gardiorascular Anesthesiologists, 5 (Suppl.), p.95, 2001.

2948. [学会 (全国)] (一般講演) 軽度低体温下人工心肺における血漿フェノタニルの濃度の推移. 稲村実穂子, 黒岩政之, 清水 要, 竹中智昭, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第48回日本麻酔科学会総会 (2001.04), 神戸市. Journal of Anesthesia, 15 (Suppl.): P2H05, 2001.

2949. [学会 (全国)] (一般講演) プリロカイン, メピバカイン, ブピバカインの神経毒性効果の比較. 竹浪民江, 奈良佳洋, 村瀬勢津子, 石川玲子, 稲村実穂子, 外 須美夫(麻): 第48回日本麻酔学会総会 (2001.04), 神戸.

2950. [学会 (全国)] (一般講演) 頚髄損傷症例に対する非侵襲的局道内陽圧換気 (NPPV) を用いた呼吸管理の有用性. 新井正康 (麻), 熊谷 謙 (救命), 河村砂織 (麻), 上條吉人 (救命), 遠藤昌孝 (脳外), 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 外 須美夫 (麻): 第29回日本救急医学会 (2001.11.08), 東京. 日救急会誌, 12 (10): 653, 2001.

2951. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における外傷初療時の鎮痛方法の検討. 新井正康 (麻), 熊谷 謙 (救命), 河村砂織 (麻), 片岡祐一, 今井 寛, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 外 須美夫 (麻): 29回日本救急医学会(2001.11.08), 東京. 日救急医会誌, 12 (10), 2001.

2952. [学会 (全国)] (一般講演) 人工鼻の加温加湿およびバクテリアルフィルター機能の臨床的検討. 新井正康 (麻), 熊谷 謙 (救命), 伊藤美由紀 (麻), 片岡祐一, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 外 須美夫 (麻): 第28回日本集中治療医学会 (2001.03.09), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 8 (Suppl.): 199, 2001.

2953. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の内因性心肺停止症例の解剖例からの検討. 今井 寛, 浅利 靖, 熊谷 謙, 片岡祐一 (救命), 新井正康 (麻), 大和田 隆 (救命), 永井智紀, 山本紳一郎, 栗原克由 (法医): 第29回日本救急医学会(2001.11.07), 東京. 日本医会誌 (JJAAM), 12: 572, 2001.

2954. [学会 (全国)] (一般講演) 小児低侵襲心臓手術 (MICS) における早期抜管の検討. 諏訪潤子, 岡本浩嗣, 木下 伸, 竹中智昭, 外 須美夫 (麻): 第48回日本麻酔学会(2001.04.27), 神戸. Journal of Anesthesia, 15 (Suppl.): p.9, 2001.

2955. [学会 (全国)] (一般講演) 「後腹膜腫瘍」「腹腔内腫瘍」で申し込まれた手術の出血量の検討. 伊藤壮平, 黒岩政之, 新井正康, 小坂康晴, 上野哲生, 外 須美夫 (麻): 第21回日本臨床麻酔学会学術総会 (2001.10.21), 横浜市. Journal of JSCA, 21 (8): p.261, 2001.

2956. [学会 (全国)] (一般講演) 「腹腔内腫瘍」という診断で申し込まれた手術の出血量の検討. 伊藤壮平, 黒岩政之, 新井正康, 小坂康晴, 小村賢洋, 外 須美夫 (麻): 第21回日本臨床麻酔学会 (2001.10.18), 東京. 日本臨床麻酔学会誌, 21 (8): S261, 2001.

2957. [学会 (全国)] (一般講演) 気管内挿管時のチューブ位置確認法の検討. 井上文子, 熊谷 謙 (救命), 河村砂織, 新井正康 (麻), 片岡祐一, 上條吉人, 今井 寛, 浅利 靖, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会 (2001.11.07), 東京. 日救医会誌, 12: 569, 2001.

2958. [学会 (全国)] (一般講演) ARDS層別化における胸部CTの有用性の検討. 熊谷 謙 (救命), 河村砂織, 新井正康 (麻), 片岡祐一, 上條吉人, 今井 寛, 浅利 靖, 北原孝雄, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会(2001.11.09), 東京. 日救医会誌 (JJAAM), 12: 614, 2001.

2959. [学会 (全国)] (ポスター講演) 麻酔分娩における硬膜外麻酔単独法と脊椎麻酔 硬膜外麻酔併用法とでの必要麻酔薬量の比較検討. 近藤 洋, 増渕 彩, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 第48回日本麻酔学会 (2001.04.27), 神戸.

2960. [学会 (全国)] (ポスター講演) 先天性疾患に対する心臓手術 (Fast Track Surgery) における塩酸オルプリノンの使用経験. 伊藤美由紀, 岩垣潤子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第21回日本臨床麻酔学会 (2001.10.19), 横浜.

2961. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腎不全合併の腹部大動脈手術中の放射線照射血急速輸血によって引き起こされる高カリウム血症とその対処法. 小坂康晴, 岡本浩嗣, 松山竒重之, 戸田雅也, 安斉 健, 三柴絵里, 上野哲生, 外 須美夫 (麻): 第21回日本臨床麻酔学会 (2001.10.18), 横浜.

2962. [学会 (全国)] (ポスター講演) くも膜下フェンタニル投与とブピバカイン投与の循環動態に与える影響の比較. 安斉 健, 岡本浩嗣, 外 須美夫, 肝付 洋, 小坂康晴(麻): 第21回日本臨床麻酔学会 (2001.10.20), 横浜.

2963. [学会 (全国)] (ポスター講演) プロポフォール麻酔下における脳微小血管の血圧の変化に対する対応. 肝付 洋, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第48回日本麻酔学会(2001.04.26), 神戸.

2964. [学会 (全国)] (ポスター講演) ニューロパシックペインにおけるブラジキニン受容体拮抗薬の効果. 佐瀬寿美, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第48回日本麻酔学会(2001.04.27), 神戸.

2965. [学会 (全国)] (ポスター講演) Pig Fas-ligand gene; genomic sequence analysis and comparison with human gene. 中島洋一 (遺伝), 石山由香里 (麻), 外 須美夫 (麻), 高垣洋太郎 (遺伝): 第24回日本分子生物学会年会 (2001.12.10), 横浜市. プログラム・講演要旨集, p.482, 2001.

2966. [学会 (全国)] (ポスター講演) 脊椎麻酔硬膜外麻酔併用法 (CSE) を用いた麻酔分娩におけるクモ膜下エピネフリンの鎮痛増強併用について. 奥富俊之 (麻), 望月純子, 天野 完 (産婦), 外 須美夫 (麻): 第48回日本麻酔科学会 (2001.04.27), 神戸. J. Anesth, 15: Pd2K04, 2001.

2967. [学会 (全国)] (ポスター講演) Eptazosine in the treatment of post-anaesthetic sivering. 松山竒重之, 安斉 健, 外 須美夫, 石川玲子, 藤田和明, 田島英雄, 加藤秀一 (麻): 第21回日本臨床麻酔学会 (2001.10.20), 横浜.

2968. [学会 (全国)] (ポスター講演) 上腹部手術における術後鎮痛薬としてのオキシコドンとモルヒネの比較検討. 松山竒重之, 藤田和明, 田島英雄, 加藤秀一, 安斉 健, 外 須美夫 (麻): 第48回日本麻酔科学会 (2001.04.27), 神戸.

2969. [学会 (全国)] (ポスター講演) 疼痛管理に苦慮した糖尿病性有痛性末梢神経障害の一症例. 戸田雅也, 的場元弘, 安里文雄, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第35回日本ペインクリニック学会 (2001.07.14), 岐阜. 日本ペインクリニック学会誌, 8 (3): 326, 2001.

2970. [学会 (全国)] (ポスター講演) 術中経食道心エコー (TEE) にて2方向性ジェットを呈したバルサルバ洞動脈瘤破裂の1症例. 戸田雅也, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第6回日本心臓血管麻酔学会 (2001.10.06), 札幌.

2971. [学会 (全国)] (ポスター講演) ビスホスフォネート製剤の長期投与による骨転移巣の骨硬化. 三谷浩之, 磯野雅子, 伊藤美由紀, 的場元弘, 外 須美夫 (麻), 国分秀也 (薬剤部): 第6回日本緩和医療学会 (2001.06.08), 東京. プログラム・講演抄録集, p.143, 2001.

2972. [学会 (全国)] (ポスター講演) がん性腹膜炎の疼痛に対するリドカインとオピオイドの併用効果. 伊藤美由紀, 村上敏史, 石川玲子, 三谷浩之, 的場元弘, 岡本弘嗣, 外 須美夫 (麻): 第6回日本緩和医療学会 (2001.06.09), 東京. プログラム・講演抄録集, p.201, 2001.

2973. [学会 (全国)] (ポスター講演) オピオイドによる難知性便秘に対するクエン酸モサプリドの効果. 磯野雅子, 村上敏史, 三谷浩之, 的場元弘, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻), 高橋賢成 (薬剤部): 第6回日本緩和医療学会 (2001.06.08), 東京. プログラム・講演抄録集, p.152, 2001.

2974. [学会 (全国)] (ポスター講演) 癌性疼痛患者におけるフェンタニルの胸水移行. 国分秀也, 木村利美, 佐川賢一, 村瀬勢津子, 島田慈彦 (薬剤部), 磯野雅子, 伊藤美由紀, 的場元弘, 外 須美夫 (麻), 小林昌宏 (薬学部): 第6回日本緩和医療学会 (2001.06.09), 東京. プログラム・講演抄録集, p.199, 2001.

2975. [学会 (全国)] (ワークショップ) TEEセミナー 心筋症. 新井正康 (麻): 第6回日本心臓血管麻酔学会(2001.10.06), 札幌. 抄録集, 2001.

2976. [学会 (全国)] (ワークショップ) フェノバルビタールの持続皮下注による苦痛症状の緩和. 村上敏史, 的場元弘, 外 須美夫, 伊藤美由紀 (麻): 第39回日本癌治療学会 (2001.11.08), 広島. 日本癌治療学会誌, 36 (2): 518, 2001.

2977. [学会 (全国)] (ワークショップ) がん疼痛の初期治療から終末期まで. 的場元弘 (麻): 第39回日本癌治療学会 (2001.11.07), 広島.

2978. [学会 (地方)] (一般講演) 小顎症, 睡眠時無呼吸・慢性気管支喘息を合併し, レーザー下舌腫瘍切除術術後に換気困難となった一症例. 小林瑞佳, 新井民江, 新井正康, 上野哲生, 小坂康晴, 三柴絵里, 岡本浩嗣, 外 須美夫(麻): 第41回日本麻酔学会関東甲信越地方会 (2001.09.29), 大宮市.

2979. [学会 (地方)] (一般講演) 経口的に挿管された気管チューブの走行の検討. 上野哲生, 新井正康(麻), 熊谷 謙 (救命), 木下 伸, 伊藤壮平, 伊藤美由紀, 黒岩政之 (麻), 浅利 靖, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2001.08.25), 宇都宮. プログラム・抄録集, 2001.

2980. [学会 (地方)] (一般講演) ショックから多臓器不全に陥ったアルコール性ケトアシドーシスの2例. 木下 伸, 新井正康, 森谷宏光 (麻), 浅利 靖, 熊谷 謙, 片岡祐一, 上條吉人, 今井 寛, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会(2001.08.25), 宇都宮. プログラム・抄録集, 2001.

2981. [学会 (地方)] (一般講演) 原因不明で診断に難渋した多臓器不全の一例. 村上恵子, 浅利 靖, 国東幹夫, 河村砂織, 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 上條吉人, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第52回日本救急医学会関東地方会 (2002.02.23), 東京. プログラム・抄録, p.35, 2001.

2982. [学会 (地方)] (一般講演) 集中治療室におけるフルニエ壊疽に対する鎮痛方法の検討. 伊藤美由紀, 新井正康 (麻), 熊谷 謙, 木下 伸, 伊藤壮平, 浅利 靖, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2001.08.25), 宇都宮. プログラム・抄録集, 2001.

2983. [学会 (地方)] (一般講演) 重度精神発達遅滞と病的肥満 (BMI39) を伴う成人女性の開腹手術の麻酔経験. 伊藤壮平, 黒岩政之, 近藤 洋, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 第41回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2001.09.29), さいたま市.

2984. [学会 (地方)] (一般講演) 術中心停止から周産期心筋症を疑った帝王切開術後症例. 伊藤壮平, 新井正康 (麻), 山岸高宏, 福田倫也 (内), 熊谷 謙, 今井 寛 (救命), 黒岩政之 (麻), 浅利 靖, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会(2001.08.25), 宇都宮. プログラム・抄録集, 2001.

2985. [学会 (地方)] (一般講演) 小顎症, 睡眠時無呼吸, 慢性気管支喘息を合併し, レーザー下舌腫瘍切除術後に換気困難となった一症例. 小林瑞香, 新井民江, 新井正康, 上野哲生, 小坂康晴, 三柴絵里, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第41回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2001.09.30),さいたま市.

2986. [学会 (地方)] (一般講演) 穿頭中に空気塞栓を生じたと思われる症例. 蒔本亜紀, 三柴絵里, 黒岩政之, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第41回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2001.09.29), さいたま市.

2987. [学会 (地方)] (教育講演) 外傷や手術後に発生する神経因性疼痛の病態生理と治療. 外 須美夫 (麻): 第42回関東整形災害外科学会 (2001.03.30), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌, 33 (臨増号外): 35, 2001.

2988. [研究会 (全国)] (一般講演) Pig Fas-L gene seqence and comparison with human gene. 中島洋一 (遺伝), 石山由香里, 外 須美夫 (麻), 高垣洋太郎 (遺伝): 第5回日本異種移植研究会 (2002.02.23), 仙台市. プログラム・抄録集, p.4, 2002.

2989. [研究会 (全国)] (教育講演) 緩和医療とファーマシューティカル・ケア-医師の立場から. 的場元弘 (麻): 第4回日本ファーマシューティカル・ケア研究会(2001.09.08), 東京.

2990. [研究会 (地方)] (一般講演) 非A群レンサ球菌の子宮内感染により分娩後ショックをきたした1例. 新井正康, 稲村実穂子 (麻), 西巻 博 (放), 熊谷 謙, 片岡祐一, 浅利 靖, 相馬一亥 (救命), 黒岩政之 (麻), 天野 完 (産婦): 神奈川県感染症研究会 (2001), 川崎. プログラム・抄録集, 2001.

2991. [研究会 (地方)] (教育講演) 麻酔科医に求められる緩和ケアの実際. 的場元弘 (麻): 東京麻酔専門医会(2001.07.07), 東京.

2992. [研究会 (地方)] (教育講演) 山あり谷ありのがん疼痛治療. 的場元弘 (麻): 第4回愛知がん疼痛緩和勉強会(2002.01.26), 名古屋.

2993. [研究会 (地方)] (教育講演) 困った場面での薬剤と投与経路の選択. 的場元弘 (麻): 第2回モルヒネによる癌の痛み治療臨床研究会 (2002.03.08), 新潟


臨床検査診断学

【学術論文】

4066. [原著] Characterization of secretory typeUphospholipase A2 (sPLA2-UA) as aglycyrrhizin(GL)-binding protein and the GL-induced inhibition of the CK-U-mediated stimulation of sPLA2-UA activity in vitro. Shimoym, Y., Sakamoto, R., 赤星 透(臨検学), Tanaka, M., Ohtsuki, K.: Biol. Pharm. Bull., 24: 1004〜1008, 2001.

4067. [原著] Levels of α2 macroglobulin can predict bone metastases in Prostate Cancer. 狩野有作 (臨検学), 大谷伸久 (順天大), 益子貴臣, 大谷慎一 (臨検学), 頴川 晋, 馬場志郎 (泌), 大谷英樹 (総泉病院): Anticancer Res., 21 (1): 551〜556, 2001.

4068. [原著] Progression of Prostate Cancer: diagnostic and prognostic utility of prostate-specific antigen, α2 macroglobulin and their complexes. 狩野有作 (臨検学), 大谷伸久 (順天大), 大原正志 (東歯科大), 益子貴臣, 大谷慎一 (臨検学), 頴川 晋, 馬場志郎 (泌), 大谷英樹 (総泉病院): Oncology Rep., 8: 515〜519, 2001.

4069. [準原著] Examination of cytotoxic T lymphocyte mediated apoptopsis pathway in peptic ulcer formation with or without H. pylori infection. 大原正志 (東歯科大), 狩野有作 (臨検学), 西元寺克禮 (内): Trends in Gastroenterology and Hepatology, 35〜42, 2001.

4070. [臨床治験] Crescentic glomerulonephritis with anti-myeloperoxidase antibodies developing during the course of IgA nephropathy in a patient with rheumatoid arthritis. 内山真主美, 赤星 透 (臨検学), 松井俊通, 渡部洋行, Koredo, K., Tanaka, S., Matsuo, T., Tatsumi, H., Kamata, K., Kobayashi, Y., Kondo, H.: Modern Rheumatol., 11: 76〜79, 2001.

4071. [総説] アポトーシスとサイトカイン. 赤星 透 (臨検学): 臨床検査, 45: 67〜68, 2001.

4072. [総説] RA患者に対するNSAIDs投与の実際. 赤星 透 (臨検学): Medicina, 38: 428〜429, 2001.

4073. [総説] リウマチ性疾患とケモカイン. 赤星 透 (臨検学): 現代医療, 33: 103〜107, 2001.

4074. [講座] マウスB cell lymphoma細胞に対する抗生物質の影響能. 大原正志 (東歯科大), 狩野有作 (臨検学): Progerss Medicine, 21, 2056〜2061, 2001.

4075. [研究報告書] 慢性関節リウマチにおけるケモカインの発現とケモカイン制御による関節炎治療. 赤星 透 (臨検学): 厚生化学研究費補助金 (感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業) 「慢性関節リウマチの早期治療指針の確立に関する研究班」平成12年度, 40〜43, 2001.

[著 書]

4076. [学術書] (分担執筆) 認定医・専門医のための内科学レビュー; 慢性関節リウマチならびに膠原病類縁疾患, p.275〜279. 赤星 透 (臨検学), 監修 酒井 紀, 早川弘一, 西崎 統, 小林祥泰, 福井次矢, 総合医学社, 2001発行.

4077. [学術書] (分担執筆) リウマチ・膠原病の治療と看護; 多彩なリウマチ・膠原病の臨床症状, p.10〜18. 赤星 透 (臨検学), 編集 川合眞一, 森脇美登里, 南江堂, 東京, 2001発行.

4078. [学術書] (分担執筆) 基準値と異常値の間; 血清補体価とC3, C4, p.432〜434. 狩野有作 (臨検学), 大谷英樹 (総泉病院), 中外医学社, 東京, 2001.10.15発行.

4079. [学術書] (分担執筆) 基準値と異常値の間; α2マクログロブリン, p.426〜427. 大谷英樹 (総泉病院), 狩野有作 (臨検学), 中外医学社, 東京, 2001.10.15発行.

4080. [学術書] (分担執筆) 基準値と異常値の間; ハプトグロビン, p.428〜429. 大谷英樹 (総泉病院), 狩野有作 (臨検学), 中外医学社, 東京, 2001.10.15発行.

4081. [学術書] (分担執筆) 基準値と異常値の間; セルロプラスミン, p.430〜431. 大谷英樹 (総泉病院), 狩野有作 (臨検学), 中外医学社, 東京, 2001.10.15発行.

[学会・研究会等]

4082. [学会 (全国)] (一般講演) SLEに見られた肺出血例の検討. 内山真主美, 岡田 純, 坂井美保, 玉真桂子, 遠藤平仁 (内), 赤星 透 (臨検学), 近藤啓文 (内): 第45回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2001), 東京. リウマチ, 42: 380, 2001.

4083. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性関節リウマチ滑膜におけるトロンボキサンA2受容体の発現とその役割. 浅沼ゆう, 遠藤平仁 (内), 赤星 透 (臨検学), 北里英郎 (微), 岡本連三, 腰野富久, 川合眞一: 第45回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2001), 東京. リウマチ, 42: 400, 2001.

4084. [学会 (全国)] (一般講演) 膠原病患者血清中に認められる抗U1PNP抗体の多様性と出現様式について. 佐藤隆司, 岡野哲郎, 小笠原 孝, 佐藤 実, 赤星 透 (臨検学), 近藤啓文, 岡田 純 (内): 第29回日本臨床免疫学会(2001), 大阪. 日本臨床免疫学会雑誌, 24: 236, 2001.

4085. [学会 (全国)] (一般講演) マクロファージのp21発現と分化誘導に及ぼすメソトレキサートの作用. 渡邊 恵, 松井俊通, 近藤啓文 (内), 赤星 透 (臨検学): 第29回日本臨床免疫学会 (2001), 東京. 日本臨床免疫学会雑誌, 24: 239, 2001.

4086. [学会 (全国)] (一般講演) 肺癌, 胃癌, 前立腺癌におけるgalactose欠損IgG糖鎖の臨床的意義について. 狩野有作, 益子貴臣, 大谷慎一, 赤星 透 (臨検学): 第48回日本臨床検査医学会総会 (2001.08.27), 横浜. 臨床病理, 49 (補): 196, 2001.

4087. [学会 (全国)] (一般講演) 癌腫の進展におけるgalactose欠損IgG糖鎖の臨床的意義について. 狩野有作 (臨検学), 大原正志 (東歯科大): 第62回日本消化器内視鏡学会総会 (2001.05.10), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 43 (2): 1716, 2001.

4088. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性関節リウマチおよび固形癌におけるガラクトース欠損IgG糖鎖ならびに抗ガラクトース欠損IgG抗体の検討. 益子貴臣, 狩野有作, 〆谷恵子, 赤星 透 (臨検学): 第48回日本臨床検査医学会総会 (2001.05.10), 横浜. 臨床病理, 49 (補): 162, 2001.

4089. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における末梢血幹細胞採取の現状ならびに末梢血CD34陽性細胞数測定の有用性について. 大谷慎一, 益子貴臣, 狩野有作, 赤星 透 (臨検学): 第48回日本臨床検査医学会総会 (2001.05.10), 横浜. 臨床病理, 49 (補): 232, 2001.

4090. [学会 (全国)] (一般講演) ヘリコバクターピロリの除菌療法薬物の血中濃度の検討. 西川 隆, 狩野有作 (臨検学), 大原正志 (東歯科大): 第18回日本TDM学会(2001.06.18), 東京.

4091. [学会 (全国)] (シンポジウム) リウマチ性疾患と性差, シンポジウム「ストレスと性差」. 赤星 透 (臨検学): 日本薬学会フォーラム2001 衛生薬学・環境トキシコロジー (2001), 金沢.

4092. [学会 (全国)] (ワークショップ) RA関節滑膜組織内の樹状細胞浸潤に関与するケモカインとその受容体発現の検討. 松井俊通 (内), 赤星 透 (臨検学), 近藤啓文 (内): 第29回日本臨床免疫学会・第31回日本免疫学会総会・学術集会 (2001), 大阪. 総会・学術集会記録, 31: 56, 2001.

4093. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性腎不全透析患者の胃底腺粘膜再生における臨床病理学的検討. 狩野有作, 益子貴臣, 大谷慎一, 赤星 透 (臨検学): 第12回神奈川県臨床検査医学会 (2001.06.16), 相模原.


<<31 救命救急医学>>


2994. [原著] Effect of neutral endopeptidase inhibitor on bradykinin-juduced bronchoconstriction. 上條吉人 (救命), 林 泉 (薬理), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 馬嶋正隆 (薬理): Life Sciences, 70 (1): 1〜15, 2001.

2995. [原著] 重症熱傷患者の生存例と死亡例の比較検討. 山田直人, 島倉康人, 一氏俊世 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 内沼栄樹 (形外): 北里医学, 31: 232〜236, 2001.

2996. [原著] 最近15年間の重症熱傷患者の変化. 山田直人, 高瀬 悦 (形外), 堤 邦彦 (精), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 内沼栄樹 (形外): 熱傷, 27 (3): 11〜16, 2001.

2997. [原著] 医療機関が行う「小児の誤飲事故予防」に関する検討. 近藤留美子 (薬理), 梅原 実 (児), 村上裕美子, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 小児保健研究, 59 (6): 718〜724, 2001.

2998. [原著] 気管チューブ抜管困難症例の臨床症状とファイバースコープによる咽頭所見の関連, および対策に関する検討. 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日集中医誌, 9: 23〜28, 2002.

2999. [原著] Reanalysis of Unruptured Intracranial Aneurysm Management-Effect of a New International Study on the Threshold Probabilities. 青木則明 (救命), J Robert Beck, 北原孝雄, Sadayoshi Ohbu, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), Richard Cone, Tsuguya Fukui: Medical Decision Making, 21 (2): 87〜96, 2001.

3000. [原著] Time course of the apoptotic cascade and effects of caspase inhibitors in adult rat ventricular cardiomocytes. 鈴木啓介 (救命), Kostin S, Person V, Elsasser A, Schaper J: J.MOL CELL CARDIOL, 33: 983〜994, 2001.

3001. [原著] 交通外傷による骨盤骨折の検討. 新藤正輝, 田中啓司, 有賀 徹, 脇田隆司, 西巻 博, 相馬一亥 (救命): 日本交通科学協議会誌, 1 (1): 23〜28, 2001.

3002. [原著] Midazolam for continuous sedation in Japanese patients in the critical care setting: phaseUstudy. Tsutsumi, K., 青山直善, 北原孝雄 (救命), Endo, M., 高橋 功 (救命), Kashiwa, M., Imai, Y., 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): Journal of International Medical Reseach. 29 (4): 335〜341, 2001.

3003. [準原著] 不安定型骨盤環骨折の治療. 新藤正輝, 田中啓司 (救命), 高平尚伸 (整外), 大和田 隆 (救命), 糸満盛憲 (整外): 骨折, 23 (1): 74〜77, 2001.

3004. [準原著] 骨盤環骨折の急性期治療. 新藤正輝, 田中啓司 (救命), 高平尚伸 (整外), 西巻 博, 大和田 隆 (救命), 糸満盛憲 (整外): 日本職業・災害医学会会誌, 48 (4): 309〜312, 2001.

3005. [症例報告] Acute mercuric choloride poisoning: Effect of co-ingested milk on outcome and continued hyperamylasemia. 上條吉人, 相馬一亥 (救命), 吉村久仁子 (生物化学系), 大和田 隆 (救命): Vet Human Toxicol, 43: 277〜279, 2001.

3006. [症例報告] 心肺停止後心電図検査を繰り返すことにより診断し得たBrugada症候群の1例. 上田聖子 (救命), 山岸高宏 (内), 熊谷 謙, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 22: 126〜127, 2001.

3007. [症例報告] 脳梗塞で発症し著明な低フィブリノーゲン血症を認めた1症例. 井上文子 (救命), 秋山久尚 (内), 河村砂織, 熊谷 謙, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 22: 282〜283, 2001.

3008. [症例報告] アジ化ナトリウム急性中毒による1死亡例. 泉田知子, 西尾和三, 堀 寧, 馬場彰泰, 鈴木幸男(北里研究病院内科), 浅利 靖 (救命), 土本寛二 (北里研究所病院内科): 中毒研究, 14: 339〜342, 2001.

3009. [症例報告] Alkaline Esophagitis Evaluated by Endoscopic Ultrasound. 上條吉人, 近藤一英, 相馬一亥, 今泉 弘, 大和田 隆 (救命): Journal of Toxicology, Clinical Toxicology, 39 (6): 623〜625, 2001.

3010. [症例報告] Endovascular stent-graft placement for thoracic aortic injury. S Yamashita, 西巻 博 (放), Z B Lin, 今泉 弘, 熊谷 謙 (救命), 新藤正輝, 磯部義憲(放), 相馬一亥, K Ohhara, 大和田 隆 (救命): J Trauma, 51: 57〜590, 2001.

3011. [症例報告] 鈍的肝損傷後生じた巨大bilomaに対して内視鏡的胆管塞栓術が有効であった1例. 片岡祐一, 今泉 弘 (救命), 西巻 博 (放), 島田 謙, 浅利 靖, 今井 寛, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日外傷会誌, 16 (1): 30〜34, 2002.

3012. [症例報告] 特発性縦隔気腫4症例の臨床的検討. 平澤俊行, 今井 寛, 熊谷 謙, 新井正康, 片岡祐一, 河村砂織, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 22: 44〜45, 2001.

3013. [総説] 救急医からみた成人病 救命救急センターに送るまでの救急処置. 浅利 靖, 大和田 隆 (救命): 臨床成人病, 31 (3): 288〜292, 2001.

3014. [総説] 救急・集中治療Key ward, anion gapとosmolar gap. 浅利 靖 (救命): 救急・集中治療, 13: 135〜138, 2001.

3015. [総説] 災害現場におけるトリアージ 現場トリアージ. 浅利 靖 (救命): 救急医療ジャーナル, 52 (9): 17〜20, 2001.

3016. [総説] 偶発性低体温症-病態と治療-. 上條吉人, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 13 (12): 1227〜1234, 2001.

3017. [総説] 向精神薬過量服用の治療の際に見逃してはならない合併症. 上條吉人 (救命):臨床精神薬理, 4: 1283〜1288, 2001.

3018. [総説] 精神科的疾患をもつ外傷患者. 上條吉人 (救命): 救急医学, 25 (8): 947〜949, 2001.

3019. [総説] 開頭血腫除去術と血腫吸引術の優劣. 北原孝雄 (救命): Modern Physician, 21: 977〜980, 2001.

3020. [総説] Hunt&Kosnik. 北原孝雄 (救命): 救急集中医療, 13 (臨増): 164〜167, 2001.

3021. [総説] 脳圧モニター. 北原孝雄(救命): 救急医学, 25: 1298〜1302, 2001.

3022. [総説] 救急患者への対応. ナースのための脳神経外科 (改訂第2版). 北原孝雄 (救命):メディカ出版 (編集-橋本信夫), p.294〜299, 2001.

3023. [総説] 特発性縦隔気腫. 今井 寛, 相馬一亥 (救命): 呼吸と循環, 49: 271〜274, 2001.

3024. [総説] 小児胸部外傷の検討. 今井 寛, 大和田 隆 (救命): 小児外科, 33: 599〜604, 2001.

3025. [講座] ARDSに対するステロイド療法. 相馬一亥(救命): ICUとCCU, 25 (12): 917〜923, 2002.

3026. [講座] 救急患者のセデーション. 熊谷 謙 (救命): 救急医学, 26 (1): 39〜42, 2002.

3027. [講座] こんな症例, こんな画像 著明なQRS幅の開大を認めた三環系抗うつ薬中毒の1例. 上條吉人, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 13 (10): 1011, 2001.

3028. [講座] 消化管除染4 活性炭. 浅利 靖 (救命): 中毒研究, 14: 251〜257, 2001.

3029. [講座] 気管内吸引と体位ドレナージ. 熊谷 謙, 相馬一亥 (救命): 救急医学, 25 (10): 1328〜1332, 2001.

3030. [講座] 鈍的外傷におけるIVRの適応. 西巻 博 (放), 相馬一亥 (救命), 早川和重 (放), 大和田 隆 (救命): 現代医療, 33 (3): 145〜154, 2001.

3031. [講座] 人口呼吸器の種類と機能. 新井正康 (麻), 相馬一亥 (救命): 臨床医, 27 (7): 14〜17, 2001.

3032. [講座] 慢性疾患による急性呼吸不全. 相馬一亥 (救命): 救急医学, 25 (9): 1059〜1064, 2001.

3033. [講座] 気胸-特に緊張性気胸. 今井 寛, 相馬一亥(救命): 臨床医, 27 (11): 38〜39, 2001.

3034. [講座] 救急・集中治療Key word. 「グルタミン」. 片岡祐一 (救命): 救急・集中治療, 13 (臨増): 42〜44, 2001.

3035. [その他] 感染症回診における薬剤師の役割. 引地 文, 木村利美, 国文秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一 (薬剤部), 島田慈彦 (薬学), 野々山勝人, 高山陽子, 砂川慶介 (感染症), 相馬一亥 (救命): 医薬ジャーナル, 37 (10): 296〜303, 2001.

3036. [その他] Reanalysis of unruptured intracranial aneurysm management: Effect of a new international study on threshold probabilities. 青木則明, Beck J R, 北原孝雄, Ohbu S, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), Cone R W, Fukui, T.: Med Decis Making, 21: 87〜96, 2001.

[著 書]

3037. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2002; 1. 救急治療. B. 手技. 電解質異常補正法, p94〜95, 浅利 靖 (救命). 編集 山口 徹 (東邦大内科学第3), 北原光夫 (済世会中央病院), 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

3038. [学術書] (分担執筆) 救急現場のピットフォール (2) 外因性疾患; 4 精神疾患合併患者外傷, p.132〜138, 上條吉人 (救命). 編集 有賀 徹 (昭和大), 監修 山本保博 (日本医科大), 荘道社, 東京, 2001.03.20発行.

3039. [教科書] (分担執筆) プレホスピタル外傷学; 第5部 多救傷病者, p.278〜285, 浅利 靖 (救命). 編集 石原 晋 (県立広島病院救命救急センター), 永井書店, 大阪市, 2002.02.01発行.

3040. [教科書] (分担執筆) 社会福祉基礎シリーズNソーシャルワーカーのための医学; 5章 医学的検査と治療-基本的な意味と考え方 1医学的検査 2治療 3手術などの医学的処置, p.180〜194, 上條吉人 (救命). 編集 奥山眞紀子 (埼玉県立小児医療センター内科, 精神科), 田宮菜奈子 (帝京大医学部衛生学公衆衛生学), 野中 猛 (日本社会福祉大福祉学部社会福祉学科), 有斐閣, 東京, 2002.02.10発行.

3041. [教科書] (分担執筆) 脳神経疾患; 新看護学 10成人看護, p.103〜110, 北原孝雄 (救命).医学書院, 2002発行.

3042. [教科書] (分担執筆) 脳神経疾患; 新看護学 10成人看護, p.120〜123, 北原孝雄 (救命). 医学書院, 2002発行.

3043. [教科書] (分担執筆) ;救急現場のピットフォール (2) (外因性疾患). 慢性疾患合併患者外傷, 2: p.139〜141, 片岡祐一 (救命). 編集 有賀 徹 (昭和大医学部救急医学), 監修 山本保博 (日本医科大救急医学), 荘通社, 東京都, 2001.03.20発行.

3044. [教科書] (分担執筆) 老年呼吸器病学; ガス中毒, p.520〜525, 相馬一亥 (救命). 編集福地義之, 2001発行.

3045. [教科書] (分担執筆) 老年呼吸病学; 窒息, p.513〜519, 相馬一亥 (救命). 編集 福地義之, 2001発行.

3046. [教科書] (分担執筆) 呼吸器疾患最新の治療2001〜2003; 気道熱傷, p.167〜169, 相馬一亥 (救命). 編集 工藤翔二, 中田紘一郎, 貫和敏博, 2001発行.

3047. [教科書] (分担執筆) 救急現場のピットフォール (2); 慢性疾患合併患者外傷, p.139〜141, 相馬一亥 (救命). 編集 山本保博, 有賀 徹, 荘道社, 2001発行.

3048. [教科書] (単著) 救急隊員標準テキスト; 相馬一亥(救命). 編集 救急隊員用教本作成委員会編, へるす出版, 2001発行.

3049. [教科書] (分担執筆) 基礎から学ぶ呼吸法; 胸部X線写真とCTのみかた, p.42〜49, 相馬一亥 (救命). 編集 磨田 祐, メジカルフレンド社, 東京, 2001.06.28発行.

3050. [教科書] (分担執筆) 今日の治療指針; 酸・アルカリ中毒, p.108, 相馬一亥 (救命). 編集山口 徹, 北原光夫, 監修 多賀須幸男, 尾形悦郎, 医学書院, 2002発行.

3051. [教科書] (分担執筆) チーム医療のための呼吸循環管理マニュアル; 呼吸管理, p.40〜50, 64〜70, 72〜76, 82〜96, 144〜158, 相馬一亥 (救命). 編集 塚本玲三, 相馬一亥, 監修 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

3052. [教科書] (分担執筆) 今日の処方改訂第3版; 脂肪塞栓症候群, p.49, 相馬一亥 (救命).監修 高久史磨, 水島 祐, 南江堂, 東京, 2001.01.20発行.

[学会・研究会等]

3053. [学会 (国際)] (ポスター講演) Effects of caspase inhibitors on apoptosis induced in rat cardiomyocytes in culture (ARC). 鈴木啓介 (救命), Kostin S, Person V, Shaper J: International Society for Heart Research(2001.07.06), Winnipeg. J. Mol Cell Cardiol, 33 (6): A117, 2001.

3054. [学会 (全国)] (一般講演) 一時的フィルター留置が有用であったがフィルター回収に難渋した1症例. 田村幸穂 (救命), 西巻 博 (放), 香取玲美, 矢内原久, 羽廣健仁, 瀧川政和 (放), 大沼田 治, 荒井義孝, 金城正佳, 柿田 章 (外): 第42回日本脈管学会総会 (2001.11.21), 大阪.

3055. [学会 (全国)] (一般講演) 閉塞性動脈硬化症 (ASO)に対するステント療法. 田村幸穂 (救命), 西巻 博, 矢内原久, 羽廣健仁, 瀧川政和 (放), 大沼田 治, 荒井義孝, 金城正佳, 早川和重 (放), 柿田 章 (外): 第29回日本血管外科学会学術総会 (2001.05.24), 福岡.

3056. [学会 (全国)] (一般講演) 脳動脈瘤血管内塞栓術における合併症の検討. 鈴木祥生, 倉田 彰 (脳外), 大桃丈知 (調布病院脳神経外科), 平山 寿 (東大和病院脳神経外科), 宮坂佳男 (大和市立病院脳神経外科), 田中柳水, 山田 勝, 入倉克己, 岡 秀宏, 高木 宏 (脳外), 大高弘稔(東大和病院脳神経外科), 北原孝雄, 遠藤昌孝, 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.24〜26), 岡山市.

3057. [学会 (全国)] (一般講演) 脳低温療法は小児重症頭部外傷の予後を改善する. 高橋 功 (手稲渓仁会病院救急部), 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07〜09), 東京. 日本救急医学会雑誌, 12 (10): 536, 2001.

3058. [学会 (全国)] (一般講演) 重症くも膜下出血(GRADE5) に対する治療戦略と成績. 北原孝雄 (救命), 遠藤昌孝, 石渡雅男, 倉田 彰 (脳外), 宮坂佳男, 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会 (2001.10.24〜26), 岡山.

3059. [学会 (全国)] (一般講演) 脳死下臓器提供における提供側主治医の態度, 役割, 義務に関する国際比較. 北原孝雄, 大和田 隆, 有賀 徹, 横田裕行, 唐澤秀治, 野村知子, 加藤 治 (救命): 第14回日本脳死脳蘇生学会(2001.06.22), 久留米.

3060. [学会 (全国)] (一般講演) 鈍的外傷による後腹膜水腫様所見を呈した4症例の検討. 田村幸穂 (救命), 西巻 博 (放), 片岡祐一, 内藤剛彦, 武田信裕, 瀧島常雅, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第4回日本臨床救急医学会総会(2001.04.26), 名古屋.

3061. [学会 (全国)] (一般講演) 正常免疫患者に発症したCandida krusei敗血症の一例. 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 遠藤昌孝 (脳外), 片岡祐一, 上條吉人, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第4回日本臨床救急医学会総会 (2001.04.26), 名古屋.

3062. [学会 (全国)] (一般講演) 鈍的肝損傷後生じた巨大Bilomaに対して内視鏡的逆行性胆管塞栓術が有効であった1例. 片岡祐一, 今泉 弘 (救命), 西巻 博 (放), 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第15回日本外傷学会 (2001.05.26), 東京. 日本外傷学会雑誌, 15 (2): 170, 2001.

3063. [学会 (全国)] (一般講演) 緊張性気胸より心肺停止に至った突発性食道破裂の2例. 片岡祐一, 相馬一亥, 浅利 靖, 大和田 隆 (救命): 第4回日本臨床救急医学会総会 (2001.04.27), 名古屋. 日本臨床救急医学会雑誌, 4 (2): 233, 2001.

3064. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性食道破裂12例の臨床的検討. 片岡祐一, 相馬一亥, 島田 謙, 田村幸穂 (救命), 国東幹夫 (内), 山本紳一郎 (法医), 町井正人 (胸外), 今井 寛, 大和田 隆 (救命): 第37回日本腹部救急医学会総会 (2001.09.13), 札幌. 日本腹部救急医学会雑誌, 21(6): 1057, 2001.

3065. [学会 (全国)] (一般講演) 気管内挿管時のチューブ位置確認法の検討. 井上文子, 熊谷 謙, 河村砂織 (救命), 新井正康 (麻), 片岡祐一, 上條吉人, 今井 寛, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07〜09), 東京. 日本救急医学会雑誌, 12 (10): 569, 2001.

3066. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔内出血で発症した横行結腸間膜由来GISTの1症例. 加藤 弘, 島田 謙, 田村幸穂, 片岡祐一 (救命), 古田一徳 (外), 西巻 博 (放), 高橋 毅 (外), 相馬一亥 (救命), 柿田 章 (外), 大和田 隆(救命): 第37回日本腹部救急医学会総会 (2001.09.13〜14), 札幌市.

3067. [学会 (全国)] (ポスター講演) 北里大学救命救急センターにおける過去5年間の急性心筋梗塞患者の治療内容と成績について. 鈴木啓介 (救命), 藤田英雄 (内), 長田和之, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 和泉 徹 (内): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07), 東京. 日本救急学会誌 (JJAAM), 12: 548, 2001.

3068. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 重症頭部外傷に対する治療戦略「重症頭部外傷に対する急性期・亜急性期の治療戦略」. 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 石渡雅男 (脳外), 萩原宏之, 久須美真理, 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第60回日本脳神経外科学会総会(2001.10.24〜26), 岡山市.

3069. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 膵損傷診断におけるERPの有用性について. 討論セッション「膵損傷における早期ERP」 Pros. 片岡祐一, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第15回日本外傷学会 (2001.05.26), 東京. 日本外傷学会雑誌, 15 (2): 158, 2001.

3070. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 鈍的肝損傷後Vb型に対する非手術的治療の検討. 田村幸穂 (救命), 西巻 博 (放), 河村沙織 (救命), 山本紳一郎 (法医), 瀧川政和(放), 片岡祐一 (救命), 平田光博, 島田 謙 (外), 瀧島常雅, 磯部義憲 (放), 杉本勝彦, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第37回日本腹部救急医学会総会 (2001.09.14), 札幌.

3071. [学会 (全国)] (一般講演) くも膜下出血の治療成績の検討. 北原孝雄 (救命), 遠藤昌孝, 石渡雅男, 岩本和久, 鈴木祥生, 河村砂織, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外), 宮坂佳男, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07〜09), 東京.

3072. [学会 (全国)] (一般講演) 急性硬膜外血腫に対する血管内治療. 遠藤昌孝 (救命), 鈴木祥生 (脳外), 西巻 博(放), 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第4回日本臨床救急医学会 (2001.04.26〜27), 名古屋.

3073. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の内因性心肺機能停止症例の解剖例からの検討. 今井 寛 (救命), 永井智紀, 山本紳一郎 (法医), 浅利 靖, 熊谷 謙, 片岡祐一, 新井正康, 相馬一亥 (救命), 栗原克由 (法医), 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07), 東京.

3074. [学会 (全国)] (一般講演) ARDS層別化における胸部CTの有用性の検討. 熊谷 謙, 相馬一亥, 河村砂織, 新井正康, 片岡祐一, 上條吉人, 今井 寛, 浅利 靖, 北原孝雄, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会(2001.11.09), 東京.

3075. [学会 (全国)] (教育講演) 救急医療に必要な臨床検査. 相馬一亥 (救命): 第4回日本臨床救急医学会(2001.04.26〜28), 名古屋.

3076. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Veutilator-Induced lung Inging (VILI) の予防 一酸化窒素吸入療法の臨床的検討. 今井 寛, 相馬一亥, 熊谷 謙, 新井正康, 大和田 隆 (救命): 第5回日本医療ガス学会 (2001.09.07), 東京.

3077. [学会 (全国)] (一般講演) 手足口病による無菌性髄膜炎, 脳炎の2症例. 剣持 学(児), 武田信裕 (救命), 田久保憲行, 古川真祐, 武井研二 (児), 野々山勝人, 砂川慶介(感染症), 相馬一亥 (救命), 松浦信夫 (児): 第4回日本臨床救急医学会 (2001.04.26〜27), 名古屋.

3078. [学会 (全国)] (一般講演) 気管支肺胞洗浄液におけるadenosine deaminase (ADA) 活性およびADA isoenzyme活性の基礎的検討. 久保田 勝 (伊勢原協同病院内科), 相馬一亥 (救命), 矢那瀬信雄 (内), 高田信和, 片桐真人 (医衛): 第24回日本気管支学会総会 (2001.05.02〜24), 千葉県幕張.

3079. [学会 (全国)] (一般講演) 小児重症熱傷の最近15年間の変化. 山田直人 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 内沼栄樹 (形外): 第27回日本熱傷学会総会(2001.06.14〜15), 岡山市.

3080. [学会 (全国)] (一般講演) DHPによる急速な血中濃度の低下の後に痙攣発作, 遷延する意識の変容が認められた急性アモバルビタール中毒の1例. 田中里佳 (内), 上條吉人, 熊谷 謙 (救命), 福田倫也 (内), 吉村久仁子 (生物化学系), 近藤留美子 (薬剤部), 西川 隆, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第23回日本中毒学会総会(2001.07.27〜28), 相模原.

3081. [学会 (全国)] (一般講演) シンポジウム: 21世紀の急性中毒の展開. 相馬一亥 (救命): 第23回日本中毒学会総会 (2001.07.27〜28), 相模原.

3082. [学会 (全国)] (一般講演) 肺傷害 (2). 相馬一亥 (救命): 第41回日本呼吸器学会 (2001.04.04〜06), 東京.

3083. [学会 (全国)] (一般講演) 急性呼吸不全・凝固障害 (1). 相馬一亥 (救命): 第29回日本救急医学会総会(2001.11.07〜09), 東京.

3084. [学会 (全国)] (一般講演) 頸髄損傷症例に対する非侵襲的気道内陽圧換気 (NPPV) を用いた呼吸管理の有用性. 新井正康 (麻), 熊谷 謙, 河村砂織, 上條吉人 (救命), 遠藤昌孝 (脳外), 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 外 須美夫 (麻): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07〜09), 東京.

3085. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設における最近5年間の広範囲熱傷患者の治療成績. 島倉康人, 一氏俊世 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会 (2001.11.07〜09), 東京.

3086. [学会 (全国)] (一般講演) 鈍的外傷による内胸動脈損傷に経カテーテル的動脈塞栓術を施行した4例. 河村砂織 (救命), 西巻 博, 瀧川政和 (放), 今井 寛, 山本紳一郎 (救命), 林 宗博, 町井正人 (外), 田村幸穂, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第29回日本救急医学会総会(2001.11.07〜09), 東京.

3087. [学会 (全国)] (一般講演) 頸部刺創17例の検討. 山田直人, 一氏俊世, 安田吉宏, 熊谷 謙, 片岡祐一, 新藤正輝 (救命), 西巻 博 (放), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第4回日本臨床救急医学会 (2001.04.26〜27), 名古屋.

3088. [学会 (全国)] (一般講演) 経過観察にて治癒した右房流入部下大静脈周囲血腫の2症例. 河村砂織 (救命), 西巻 博 (放), 大川 孝, 田村幸穂, 片岡祐一, 林 宗博, 瀧島常雅, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第4回日本臨床救急医学会 (2001.04.26〜27), 名古屋.

3089. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における外傷初療時の鎮痛方法の検討. 新井正康 (麻), 熊谷 謙, 河村砂織, 片岡祐一, 今井 寛, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 外 須美夫 (麻): 第29回日本救急医学会総会(2001.11.07〜09), 東京.

3090. [学会 (地方)] (一般講演) Von Recklinghausen病に合併した膵頭部癌の一例. 阪本奈美子 (救命), 木村 徹, 津村秀康, 山本信行, 飯塚美香, 小坂愉賢, 坂本友見子, 井上準人, 佐藤一喜, 西山保比古, 雨宮明文, 金田梧郎, 秋山憲義, 高橋俊毅 (国立相模原病院外科): 第34回神奈川県消化器病医学会総会 (2001.12.01), 横浜市.

3091. [学会 (地方)] (一般講演) 心肺停止後心電図検査を繰り返すことにより診断し得たBrugada症候群の1例. 上田聖子, 山岸高宏, 熊谷 謙, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第51回日本救急医学会関東地方会 (2001.06.23), 前橋市.

3092. [学会 (地方)] (一般講演) 特発性縦隔気腫4症例の臨床的検討. 平澤俊行, 今井 寛, 熊谷 謙, 新井正康, 片岡祐一, 河村砂織, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第51回日本救急医学会関東地方会 (2001.06.23), 前橋市.

3093. [学会 (地方)] (一般講演) 鈍的外傷による胃破裂の3例. 加藤 弘, 片岡祐一, 島田 謙, 新井正康, 今井 寛, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第51回日本救急医学会関東地方会 (2001.06.23), 前橋. プログラム・抄録: p.14, 2001.

3094. [学会 (地方)] (一般講演) 脳梗塞で発症した著明な低フィブリノーゲン血症を認めた1症例. 井上文子, 秋山久尚 (内), 河村砂織, 熊谷 謙, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第51回日本救急医学会関東地方会 (2001.06.23), 前橋市.

3095. [学会 (地方)] (一般講演) 縦隔リンパ節腫大から急激な肺高血圧症を来した1例. 山岸高宏, 竹内一郎, 中畑潤一 (内), 鈴木啓介, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 和泉 徹 (内): 第51回日本救急医学会関東地方会 (2001.06.23), 前橋市.

3096. [学会 (地方)] (一般講演) 経口的に挿管された気管チューブの走行の検討. 上野哲生 (救命), 新井正康 (麻), 熊谷 謙, 木下 伸, 伊藤荘平, 伊藤美由紀 (救命), 黒岩政之 (麻), 浅利 靖, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会(2001.08.25), 宇都宮.

3097. [学会 (地方)] (一般講演) 術中心停止から周産期心筋症を疑った帝王切開術後症例. 伊藤荘平 (救命), 新井正康 (麻), 山岸高宏, 福田倫也 (内), 熊谷 謙, 今井 寛(救命), 黒岩政之 (麻), 浅利 靖, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会(2001.08.25), 宇都宮.

3098. [学会 (地方)] (一般講演) 急性脳底動脈閉塞に対する選択的血栓溶解療法. 中原邦昌, 北原孝雄 (救命), 倉田 彰, 遠藤昌孝 (脳外), 河村砂織, 熊谷 謙, 石渡雅男, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第51回日本救急医学会関東地方会 (2001.06.23), 前橋市.

3099. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における外傷初療時の鎮痛方法の検討. 新井正康, 熊谷 謙, 脇田隆司, 片岡祐一, 今井 寛, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 外 須美夫 (麻): 第51回日本救急医学会関東地方会(2001.06.23), 前橋市.

3100. [学会 (地方)] (一般講演) 集中治療室におけるフルニエ壊疽に対する鎮痛方法の検討.伊藤美由紀 (救命), 新井正康 (麻), 木下 伸, 熊谷 謙, 片岡祐一, 黒岩政之, 浅利 靖, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2001.08.25), 宇都宮.

3101. [学会 (地方)] (一般講演) ショックから多臓器不全に陥ったアルコール性ケトアシドーシスの2例. 木下 伸(救命), 新井正康 (麻), 森谷宏光, 浅利 靖, 熊谷 謙, 片岡祐一, 上條吉人, 今井 寛, 相馬一亥 (救命), 外 須美夫 (麻), 大和田 隆 (救命): 第10回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2001.08.25), 宇都宮.

3102. [学会 (地方)] (一般講演) 原因不明で診断に難渋した多臓器不全の一例. 村上恵子, 浅利 靖 (救命), 国東幹夫 (内), 熊谷 謙, 新井正康, 上條吉人, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第52回日本救急医学会関東地方会 (2002.02.23), 東京.

3103. [学会 (地方)] (一般講演) スプレーカテーテルによる抗生剤併用血栓溶解療法が有用であった感染性下大静脈血栓症の1例. 山本紳一郎 (法医), 西巻 博 (放), 岸 由美子 (内), 矢内原久 (放), 田村幸穂 (救命), 守屋利佳(内), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第52回日本救急医学会関東地方会 (2002.02.23), 東京.

3104. [学会 (地方)] (一般講演) 急激な経過をとったVibrio vulnificus敗血症の1例. 久野亜希子, 片岡祐一, 熊谷 謙 (救命), 山本紳一郎 (法医), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第52回日本救急医学会関東地方会(2002.02.23), 東京.

3105. [学会 (地方)] (一般講演) 敗血症ショックで発症したAcinetobactor lwoffiによる感染性心内膜炎と診断された稀な一例. 長坂 良 (救命), 橋場伸一郎 (麻), 藤田英雄 (内), 長田和之, 鈴木啓介 (救命), 山本紳一郎 (麻), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第52回日本救急医学会関東地方会 (2002.02.23), 東京.

3106. [学会 (地方)] (一般講演) 著明なアミノトランスフェラーゼの上昇をきたしたクレゾール中毒の1例. 引田俊一, 上條吉人, 熊谷 謙 (救命), 国東幹夫 (内), 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第52回日本救急医学会関東地方会 (2002.02.23), 東京.

3107. [学会 (地方)] (一般講演) 特異な頭部MRI画像を呈した劇症肝炎の1例. 井上文子 (救命), 秋山久尚, 国東幹夫 (内), 山本紳一郎, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第52回日本救急医学会関東地方会 (2002.02.23), 東京.

3108. [研究会 (全国)] (一般講演) 感染性血栓症に対し, 経口カテーテル的治療を選択した一例. 田村幸穂 (救命), 西巻 博 (放), 山本紳一郎 (法医), 矢内原久, 岸 由美子 (救命), 羽廣健仁 (胸外), 大沼田 治, 金城正佳 (外), 磯部義憲 (放): 血管外科画像診断研究会 (2002.02.08), 東京.

3109. [研究会 (全国)] (一般講演) 急性硬膜外血腫に対する血管内治療の有効性. 鈴木祥生, 遠藤昌孝, 倉田 彰, 谷崎義徳, 中原邦晶, 上笹 航 (脳外), 北原孝雄 (救命), 西巻 博 (放), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 藤井清孝 (脳外): 第15回日本神経救急研究会 (2001.05.12), 鹿児島市.

3110. [研究会 (全国)] (一般講演) 後頭蓋窩虚血性脳血管障害の治療戦略-選択的血栓溶解療法の適応. 中原邦晶 (脳外), 福田倫也 (内), 倉田 彰, 鈴木祥生, 宇津木 聡, 上笹 航, 今野慎吾, 荻原宏之, 谷崎義徳, 近藤宏治 (脳外), 五野由佳理 (内), 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 孝, 野末果林, 門前達哉 (救命), 飯塚高浩, 鈴木則宏 (内), 宮坂佳男 (救命), 藤井清孝 (脳外), 坂井文彦(内), 菅 信一 (放): 第15回日本神経救急研究会(2001.05.12), 鹿児島市

3111. [研究会 (全国)] (教育講演) 急性肺塞栓症. 相馬一亥 (救命): 第87回臨床呼吸生理研究会 (2001.11.17), 東京.

3112. [研究会 (地方)] (一般講演) 癌再発による腸閉塞に対する小腸人工肛門造設症例の検討. 阪本奈美子, 西山保比古, 津村秀康, 小坂愉賢, 山本信行, 飯塚美香, 阪本友見子, 井上準人, 木村 徹, 佐藤一喜, 雨宮明文, 金田梧郎, 秋山憲義, 高橋俊毅 (救命): 第24回神奈川県ストーマ研究会 (2001.12.15), 相模原市.


<<33 臨床薬理学・薬剤学>>


3113. [原著] Pharmacoepidemiological study of the clinical efficacy of Sho-saiko-to (Xiao-Chai-Hu-Tang) in chronic liver disease patients. Tomohide Akase, Shin-ichi, Tashiro (Depeartment of Clinical and Biomedical Sciences. Showa Pharmacentical University), Akira Ishibashi (泌), Tomoko Akase (Department of Clinical and Biomedical Sciences. Showa Pharmacentical University), Masakazu Kaneko (Medical Support Busines Unit, BELLYSYSTEM24, Inc.), Yasuhiro Komatsu (Department of Serology Kanazawa Medical University), 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): Journal of Traditional Medicines, 18: 95〜106, 2001.

3114. [原著] 注射用ビアペネムキットの有用性に関する実験的研究. 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤): 新薬と臨牀, 50(4): 395〜406, 2001.

3115. [原著] セフメタゾンキット点滴静注用1gの有用性に関する実験的研究. 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤): 新薬と臨牀, 50 (10): 1006〜1026, 2001.

3116. [原著] NAS-HFの有用性に関する研究. 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤): 新薬と臨牀, 50 (12): 1247〜1262, 2001.

3117. [原著] 高カロリー輸液中での安定性. 松原 肇, 島田慈彦, 佐川賢一 (薬剤): JJPEN, 23 (5): 281〜286, 2001.

3118. [原著] 脂肪乳剤用輸液フィルターの除菌性能および脂肪粒子に与える影響に関する研究. 松原 肇, 島田慈彦, 佐川賢一 (薬剤): 外科と代謝・栄養, 35 (5): 323〜332, 2001.

3119. [原著] アネステジン含嗽液の品質試験および有用性の評価. 松原 肇, 鷲津千絵, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): Pharm Tech Japan, 18 (1): 95〜102, 2002.

3120. [原著] 添付文書に基づくバンコマイシンの新生児投与について. 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 島田慈彦 (薬剤), 石川文子, 野渡正彦, 佐藤雅彦, 松浦信夫 (児), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 14 (1): 31〜34, 2001.

3121. [原著] Predictability of Serum Concentrations in Patients Treated with Lithium. 椎 崇 (東薬剤), 竹内尚子 (かもめ薬局北里健康館), 廣瀬美紀, 今井伸恵(東薬剤), 尾鳥勝也, 矢後和夫 (東薬剤, 北里大学薬学部), 篠崎公一 (薬学), 若田部博文 (湘南さくら病院), 村崎光邦 (精): TDM研究, 18 (4): 355〜361, 2001.

3122. [準原著] HMG-CoA還元酵素阻害薬投与後の肝機能検査値の変動. 澤田実花, 熊谷雄治, 横田愼一, 永松紀子, 藤田朋恵 (東・治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤), 海老原昭夫 (上三川病院), 大石正平 (科研製薬臨床管理部): 臨床薬理, 33 (1): 33S〜34S, 2002.

3123. [準原著] モノバイアルスパイクを適用したメシル酸ナファモスタットキット注射剤の品質比較試験に関する検討. 尾鳥勝也, 平山武司, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 新薬と臨床, 38 (10): 905〜917, 2001.

3124. [準原著] メシル酸ナファモスタットキット (モノバイアルスパイク) 注射剤の有用性に関する研究− (T)作業効率試験および調製制度の検討−. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学): 新薬と臨床, 38(5): 431〜438, 2001.

3125. [準原著] メシル酸ナファモスタットキット (モノバイアルスパイク) 注射剤の有用性に関する研究− (U)アンケート調査による有用性の検討−. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学): 新薬と臨床, 38(5): 439〜446, 2001.

3126. [研究報告] 病院薬剤師の業務集計調査報告T−処方せん疑義照会件数 (割合)−. 小坂好男, 木村利美, 佐川賢一 (薬剤), 他10名 (神奈川県病院薬剤師会, 学術情報委員会). 日本病院薬剤師会雑誌, 37 (8): 1047〜1049, 2001.

3127. [症例報告] “マンガ病院薬剤師物語”に対する一般県民からの評価. 黒山政一, 岩田陽子, 大内文伸, 桜井民雄, 佐藤康信, 渡邊美智留, 三溝和男, 根津良幸, 町田 充, 山田英紀, 添田真司, 矢後和夫, 永倉初江, 菊地有道, 酒井英洋, 小林輝明 (東薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 37: 1171〜1174, 2001.

3128. [症例報告] 神奈川県病院薬剤師会 一般紙に掲載された後の“マンガ病院薬剤師物語”に対する反響. 黒山政一 (東薬剤): 日病薬誌, 37 (9): 1230〜1231, 2001.

3129. [症例報告] 神奈川県病院薬剤師会 第6回“一般市民のためのくすり講座”を開催して. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 97: 21〜24, 2001.

3130. [症例報告] 「くすり Get the Answers かながわ推進委員会」の活動について. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 97: 39〜40, 2001.

3131. [症例報告] 神奈川県病院薬剤師会における県民への啓発活動. 黒山政一, 桜井民雄, 渡邊美智留, 岩田陽子, 相沢政明, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 神奈川県薬剤師会雑誌, 284: 2〜5, 2002.

3132. [症例報告] 病院薬剤師の“看護の日及び看護週間の催し”への参加に関するアンケート調査結果. 黒山政一, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 渡邊美智留, 相沢政明, 菊地有道 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 97: 45〜47, 2001.

3133. [症例報告] 湯河原町民大学における薬相談. 桜井民雄, 黒山政一, 岩田陽子, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 町田 充, 山田英紀, 渡邊美智留, 菊地有道 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 97: 43〜44, 2001.

3134. [症例報告] 電話による“お薬相談”の現状 (2000年度). 山田英紀, 岩田陽子, 添田真司, 黒山政一, 桜井民雄, 佐藤康信, 渡邊美智留, 三溝和男, 根津良幸, 町田 充, 菊地有道 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 97: 42〜43, 2001.

3135. [症例報告] 第34回日本薬剤師会学術大会“くすり・なんでも・フェア”におけるパネル展示, くすり相談の実施. 黒山政一, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 渡邊美智留, 相沢政明, 菊地有道, 小坂好男 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 98: 27〜28, 2001.

3136. [症例報告] 一般紙に掲載された後の“マンガ病院薬剤師物語”の配布状況. 黒山政一, 町田 充, 渡邊美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 相沢政明, 菊地有道 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 98: 25〜26, 2001.

3137. [症例報告] 第6回神奈川県病院薬剤師会「市民講座」-アンケート集計結果-.相沢政明, 黒山政一, 岩田陽子, 渡邊美智留, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 根津良幸, 山田英紀, 添田真司, 菊地有道 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 98: 34〜36, 2001.

3138. [症例報告] 湯河原町“産業祭”におけるお薬相談の実施. 黒山政一, 桜井民雄, 三溝和男, 根津良幸, 渡邊美智留, 岩田陽子, 佐藤康信, 添田真司, 山田英紀, 相沢政明, 町田 充, 菊地有道 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 97: 53〜55, 2001.

3139. [症例報告] 平成13年度“くすりと化粧すかやかフェア”の開催および“くすり相談”の実施. 黒山政一, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 相沢政明, 渡邊美智留, 菊地有道 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 98: 38〜40, 2001.

3140. [総説] 北里大学病院のリスクマネジメントにおける薬剤師の役割. 高橋賢成, 島田慈彦 (薬剤): 医薬ジャーナル, 37 (12): 132〜137, 2001.

3141. [総説] 眼科領域におけるクリニカル・パス〜白内障クリニカル・パスの実際と患者アンケート〜. 田村和敬, 伊東俊雅, 高橋賢成, 島田慈彦 (薬剤): 医薬ジャーナル, 37 (9): 178〜185, 2001.

3142. [総説] 薬剤師のための糖尿病説明ガイド. 厚田幸一郎, 町田 充 (北里研究所病院薬剤部), 相沢政明, 勝呂美香, 守屋夏美 (薬剤), 北岡 晃 (北里研究所病院薬剤部): 薬局 別冊・2002年3月臨時増刊号, 53, 2002.

3143. [総説] 輸注液の調製法. 小川幸雄 (東薬剤), 寺田 淳 (聖マリアンナ医科大付属病院): 日本臨牀 静脈・経腸栄養, 59 (782): 206〜214, 2001.

3144. [総説] 医療事故を防ぐ注射薬供給システム. 小川幸雄, 矢後和夫 (東薬剤): 調剤と情報, 7 (9): 93〜98, 2001.

3145. [総説] 在宅における高カロリー輸液療法の注意点−器具の取り扱いと輸液の管理−.小川幸雄 (東薬剤): PHARM TECH JAPAN, 18 (2): 117〜123, 2002.

3146. [総説] 外来患者における癌性疼痛治療への関わりとその評価.発表者. 伊藤直子, 平山武司 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学): 医薬ジャーナル, 37 (4): 1391〜1397, 2001.

3147. [総説] 緩和ケアと薬剤師の役割 −モルヒネの体内動態−. 平山武司 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学部): 医薬ジャーナル, 37 (9): 2609〜2613, 2001.

3148. [講座] 静脈・経腸栄養-TPN基本液. 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤): 日本臨牀, 59 (増5): 155〜158, 2001.

3149. [講座] 静脈・経腸栄養-高カロリー輸液用総合ビタミンキット製剤. 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤): 日本臨牀, 59 (増5): 902〜905, 2001.

3150. [講座] 静脈・経腸栄養-院内特殊TPN製剤. 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤): 日本臨牀, 59 (増5): 202〜205, 2001.

3151. [講座] 医薬品をめぐるリスクマネジメント. 佐川賢一 (薬剤): 医学のあゆみ, 198 (6〜7): 473〜478, 2001.

3152. [講座] 頭痛の薬 (NHK きょうの健康). 坂井文彦 (内), 佐川賢一 (薬剤): NHK きょうの健康, 2月号: 161〜168, 2002.

3153. [講座] 感染症回診における薬剤師の役割. 引地 文, 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤), 野々山勝人, 高山陽子, 砂川慶介 (感染症), 相馬一亥 (救命): 医薬ジャーナル, 37 (10): 296〜303, 2001.

3154. [講座] 薬剤師による手術室内のリスクマネジメント. 富樫敦子, 島田慈彦 (薬剤): 調剤と情報, 7 (13): 2011〜2015, 2001.

3155. [講座] 手術室におけるリスクマネジメントへの薬剤師の関与. 富樫敦子, 新井万理子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 月刊薬事, 43 (12): 2655〜2661, 2001.

3156. [講座] 「市販後・市販直後調査における医療機関の体制整備と薬剤師業務」GPMSPモデル病院の立場から. 佐川賢一, 木村利美, 島田慈彦 (薬剤): 「月刊薬事」じほう, 43 (11): 2379〜2385, 2001.

3157. [講座] 病院 (薬剤部) における薬の安全性・有効性の評価とリスクマネジメント「市販後・市販直後調査」. 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): 南山堂, 53 (1): 82〜90, 2002.

3158. [講座] 静脈栄養ラインへの経腸栄養ライン・注入器の誤接続防止対策. 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤): 静脈経腸栄養, 16 (4): 41〜44, 2001.

3159. [講座] 患者情報の共有化−臨床業務における患者情報−. 木村利美, 島田慈彦 (薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 53 (2): 291〜294, 2001.

3160. [講座] DI実例集 (133). 尾鳥勝也 (東薬剤): カレントテラピー, 19 (10): 1235〜1237, 2001.

[著 書]

3161. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 注射薬調剤業務の概要, p.38〜45, 小川幸雄 (東薬剤). 編集 黒山政一 (東薬剤), (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3162. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 処方鑑査, p.46〜57, 小川幸雄, 塙 久美子 (東薬剤).編集 黒山政一 (東薬剤), (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3163. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 計数調剤 −注射薬の取り揃え, 患者個別セット−, p.58〜62, 平山武司 (東薬剤). 編集 黒山政一 (東薬剤), 監修 矢後和夫 (東薬剤, 薬学). (株) じほう, 東京, 2001.03.31発行.

3164. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 計量調剤 −注射薬の混合− p.69〜81, 平山武司 (東薬剤). 編集 黒山政一(東薬剤), 監修 矢後和夫 (東薬剤, 薬学), (株) じほう, 東京, 2001.03.31発行.

3165. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 鑑査 (最終鑑査), p.82〜88, 平山武司 (東薬剤). 編集黒山政一 (東薬剤), 監修 矢後和夫 (東薬剤, 薬学), (株) じほう, 東京, 2001.03.31発行.

3166. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 注射薬調剤に必要な作業環境, p.112〜125, 矢後和夫 (東薬剤). 編集 黒山政一 (東薬剤), (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3167. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 注射薬調剤時の微生物汚染・異物汚染, p.126〜136, 矢後和夫 (東薬剤, 薬学), 編集 黒山政一 (東薬剤), (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3168. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 調製に用いる器材, 投与に用いる器材, p.282〜293, 尾鳥勝也 (東薬剤). 編集 黒山政一 (東薬剤), (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3169. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 注射薬の特徴, 黒山政一 (東薬剤). 編集 黒山政一,監修 矢後和夫 (東薬剤, 薬学), (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3170. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 注射薬調剤とは, 黒山政一 (東薬剤). 編集 黒山政一, 監修 矢後和夫, (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3171. [学術書] (分担執筆) 注射薬調剤; 注射薬の投与方法, 黒山政一 (東薬剤). 編集 黒山政一, 監修 矢後和夫, (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3172. [学術書] (分担執筆) 注射薬製剤; 注射用キット製剤の有用性, 黒山政一 (東薬剤). 編集 黒山政一, 監修 矢後和夫, (株) じほう, 東京, 2002.03.31発行.

3173. [学術書] (分担執筆) 薬の事典; 抗結核薬, p.529〜534, 黒山政一 (東薬剤). 編集 宮崎利夫, 朝長文弥, 朝倉書店, 東京, 2001.05.20発行.

3174. [学術書] (分担執筆) 薬の事典; 抗生物質・抗菌薬 (3), p.520〜529, 黒山政一 (東薬剤). 編集 宮崎利夫, 朝長文弥, 朝倉書店, 東京, 2001.05.20発行.

3175. [学術書] (分担執筆) 先端医学シリーズ13; 腎臓病の最新医療腎性貧血治療薬; エポエチンベーチ・プレフィルドシリンジ製剤 (エポジンS) の有用性, p.299〜301, 黒山政一, 平山武司, 午後和夫 (東薬剤). 監修 荒川正明, 小磯謙吉, 浅野 泰, 先端医療技術研究所, 東京, 2001発行.

3176. [学術書] (分担執筆) 必携講座薬剤師国家試験対策; 医療薬学W; 注射剤・輸液の取り扱い, p.171〜p.187, 黒山政一 (東薬剤). 監修 矢後和夫, 安生紗枝子, 日本コンサルタントグループ, 東京, 2001.06.27発行.

3177. [学術書] (分担執筆) 必携講座薬剤師国家試験対策; 医療薬学W; 医薬品情報, p.109〜133, 黒山政一 (東薬剤). 監修 矢後和夫, 安生紗枝子, 日本コンサルタントグループ, 東京, 2001.06.27発行.

3178. [教科書] (分担執筆) 第十一版改訂 「調剤指針」; 剤形と調剤上の注意 (1) 内服薬の調剤[錠剤・カプセル剤], p.70〜86, 佐川賢一, 他9名 (薬剤). 編集 佐川賢一, 他9名(薬剤). 薬事日報社, 東京, 2001.04.20発行.

3179. [その他の著書] (共著) 重大な副作用回避のための服薬指導情報集; 失神 (抗不整脈薬, プロブコール), 意識障害 (タクロリムス, シクロスポリン), 代謝性アシドーシス, 4巻, p.1〜7, 53〜55, 92〜94, 121〜123, 189〜191, 露崎浩子 他. 編集 日本病院薬剤師会, (株) じほう, 2001.07.10発行.

3180. [概説書] (分担執筆) 経静脈・経腸栄養のすべて; 経静脈・経腸栄養法を理解する 経静脈・経腸栄養法の方法 経静脈・経腸栄養管理の基本: 栄養剤の調製, p.72〜75, 松原 肇, 島田慈彦 (薬剤). 編集 城谷典保 (東京女子医科大医学部第2外科), メヂカルフレンド社, 東京, 2001.04.27発行.

3181. [辞典] (分担執筆) 薬の事典; 皮膚科用剤, p.649〜666, 佐川賢一, 他103名. 編集 宮崎利夫 (東京薬科大名誉教授), 朝長文弥 (北里大名誉教授), 朝倉書店, 東京, 2001.05.20発行.

3182. [その他の著書 (概説書)] (共著) 精神神経科の薬剤管理指導業務解説とQ&A[改訂版]; 竹内尚子 (かもめ薬局北里健康館), 阿部宏子 (恩方病院薬剤部), 吉尾 隆(桜ヶ丘記念病院薬剤部), 馬場寛子 (常盤病院), 大倉豊子(神奈川県立精神医療センター芹香病院薬剤科), 嵯峨黎子(相州病院薬剤部), 大庭秀樹 (秦野厚生病院薬局), 椎 崇(東薬剤). 編集 竹内尚子 (かもめ薬局北里健康館), エルゼビア・サイエンス株式会社ミクス, 東京, 2001.10.25発行.

3183. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 薬のサイエンス; 特集/抗うつ薬 服薬指導の実際, 8 (8): 75〜79, 椎 崇 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学). 有限会社フジメディカル出版, 大阪, 2001.04.01発行.

[学会・研究会等]

3184. [学会 (国際)] (ポスター講演) Population Pharmacokinetics (PPK) of Arbekacin (ABK), Vancomycin (VCM) and Panipenem (PAPM) in Neonates. 木村利美, 島田慈彦 (薬剤), 野々山勝人 (感染症), 佐藤雅彦, 野渡正彦, 松浦信夫 (児), 砂川慶介 (感染症), 久保博昭 (薬学): 41st Interscience conference on aitimicrobial agents and chemotherapy (2001.12.22), シカゴ. 講演要旨集, p.24, 2001.

3185. [学会 (国際)] (ポスター講演) Pharmacokinetics analysis with enterohepatic circulation of indomethacin in the low birth body weight neonates. 木村利美, 嶋田美樹, 島田慈彦 (薬剤), 佐藤雅彦, 松浦信夫 (児): 2001 American Society of Health System Pharmacists (ASHP) Mid-Year Clinical Meeting(2001.12.04), ニューオリンズ.

3186. [学会 (国際)] (ポスター講演) Impacts of Pharmacist's intervention on the management of Ambulatory Patients with Heart Failure. 高橋賢成, 島田慈彦 (薬剤), 三浦千文 (大学院臨床薬学センター), 猪又孝元, 和泉 徹 (内): 36th Annual ASHPMidyear Clinical Meeting (2001.12.03), New Orleans in USA.

3187. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Evaluation of the Effectiveness and Functional Influence of the Filter for Lipid Emulsion to Bacterial Contamination and Transformation of Lipid Emulsion. 松原 肇, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): 第1回日韓注射薬臨床情報学シンポジウム (2002.03.23), Seoul.

3188. [学会 (国際)] (ポスター講演) Single dose pharmacokinetics of theophylline dry syrup in elderly healthy Japanese in strictly controlled circumstances. 沢田実花, 熊谷雄治 (東薬剤), 藤田朋恵 (東・治験管理センター), 横田慎一, 黒山政一 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤・薬学),Takamatsu Y, Kobayashi Y, Hirokawa T, Sakai K (Mitsubishi-Tokyo Pharmaceuticals, Inc.): 5th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics (2001.09.13), Odense, Denmark. Pharmacology & Toxicology, 89 (1): 91, 2001.

3189. [学会 (全国)] (一般講演) 癌性疼痛患者におけるフェンタニルの胸水移行. 国分秀也 (薬剤), 小林昌宏 (薬学), 木村利美, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 磯野雅子, 伊藤美由紀, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): 第6回日本緩和医療学会 (2001.06.09), 東京. 第6回日本緩和医療学会抄録集, 2001.

3190. [学会 (全国)] (一般講演) rhG-CSF製剤投与時の吸着に関する検討; 與世平一起 (昭和薬科大), 尾鳥勝也(東薬剤), 渡辺善照 (昭和薬科大), 矢後和夫 (東薬剤): 日本薬剤学会第17年会 (2002.03.29), 静岡.

3191. [学会 (全国)] (一般講演) 癌患者を対象とした臨床試験におけるCRCの評価. 野中美和, 塙 久美子, 横田慎一, 黒山 政一, 矢後和夫 (東薬剤), 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): 第39回日本癌治療学会総会 (2001.11.07), 広島. 日本癌治療学会誌, 36 (2): 558, 2002.

3192. [学会 (全国)] (一般講演) HMG-CoA還元酵素阻害薬投与後の肝機能検査値の変動. 沢田実花, 熊谷雄治, 横田愼一, 永松紀子, 藤田朋恵 (東・治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤), 海老原昭夫 (上三川病院), 大石正平 (科研製薬・臨床管理部): 第22回日本臨床薬理学会年会 (2001.12.14), 横浜. プログラム・要旨集, p.128, 2001.

3193. [学会 (全国)] (ポスター講演) 薬剤師による禁煙指導−指導方法の検討と効果−. 相沢政明, 椎野水香, 浜田幸宏, 高橋賢成, 松原 肇, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 阿部 直 (内): 第41回日本呼吸器学会 (2001.04.06), 東京. 総合プログラム, p.264, 2001.

3194. [学会 (全国)] (ポスター講演) 北里大学病院における市販後調査データの信頼性確保に関する検討. 相沢政明, 佐川賢一, 勝呂美香, 守屋夏美, 浜田幸宏, 佐久間政彦, 島田慈彦 (薬剤): 第34回日本薬剤師会学術大会(2001.10.07), 横浜. 講演要旨集, p.340, 2001.

3195, [学会 (全国)] (ポスター講演) 感染性心内膜炎におけるペニシリンG投与方法の検討. 田口祐子, 国分秀也, 木村利美, 高橋賢成, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 長田和之, 和泉 徹 (内), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 日本TDM学会学術大会 (2001.06.01〜02), 東京.

3196. [学会 (全国)] (ポスター講演) PMSに関する医療機関への要望−製薬企業アンケートより−. 佐川賢一 (薬剤), 古川雅子, 葛山晴子 (薬学), 島田慈彦 (薬剤): 日本薬学会第122年会 (2002.03.28), 幕張メッセ (千葉). 講演要旨集, 2002.

3197. [学会 (全国)] (ポスター講演) 抗悪性腫瘍剤混合の現状と問題点. 梶山順子, 塚本英恵, 西田 文, 東野真美, 富樫敦子, 麓 幸市朗, 松原 肇, 佐久間政彦, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): 日本薬学会第122年会 (2002.03.28), 幕張メッセ (千葉). 要旨集, 2002.

3198. [学会 (全国)] (ポスター講演) 医療機関における医薬品市販直後調査システムの検討. 東野真美, 佐川賢一, 木村利美, 板倉智子, 和田彩子, 佐々木 愛, 村瀬勢津子, 島田慈彦 (薬剤): 第11回日本医療薬学会年会 (2001.09.23), 東京. 講演要旨集, p.191, 2001.

3199. [学会 (全国)] (ポスター講演) 塩酸アンブロキソールドライシロップ製剤における物性比較と使用性の評価. 菅原充広, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): 日本医療薬学会年会 (2001.09.22), 東京.

3200. [学会 (全国)] (ポスター講演) P-70甘草に起因する偽アルドステロン症発症頻度に関する薬剤疫学的研究. 伊東俊雅 (薬剤), 赤瀬朋秀 (日大大学院グローバルビジネス研究科), 高橋賢成, 佐川賢一 (薬剤), 田代真一 (昭和薬科大病態科学研究室), 島田慈彦 (薬剤): 第11回日本医療薬学会 (2001.09.22〜23), 東京.

3201. [学会 (全国)] (ポスター講演) 心不全患者におけるenalaprilおよびlosartanによる副作用の回避症例. 高橋賢成, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 長田和之, 黒澤利郎, 和泉 徹 (内): 第9回クリニカルファーマシーシンポジウム・医療薬学フォーラム2001 (2001.05.12〜13), 熊本市.

3202. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当院呼吸器センターでの抗がん剤投与に対する薬剤師の関与. 高橋里奈, 本橋 茂, 小池美恵子, 高橋賢成, 新井万理子, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): 第11回日本医療薬学会 (2001.09.22), 東京.

3203. [学会 (全国)] (ポスター講演) 治験審査委員会 (IRB) における審議内容の分析とIRBの効率化へ. 露崎浩子, 石原睦月, 野溝裕子, 柴田恵子, 工藤しとみ, 近藤啓文 (治験管理室), 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 三浦寿男 (児): 第22回日本臨床薬理学会 (2001.12.15), 横浜パシフィコ.

3204. [学会 (全国)] (ポスター講演) チーム医療における外科病棟乳癌患者への薬剤師の関与. 藤木清江, 田口祐子, 守屋夏美, 菅原充広, 伊東俊雅, 高橋里奈, 岡崎美代子, 本橋 茂, 小池美恵子, 高橋賢成, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 鈴木美枝子 (看護), 蔵並 勝 (外): 日本薬学会第122年会 (2002.03.28), 幕張メッセ (千葉). 要旨集, 4: 143, 2002.

3205. [学会 (全国)] (ポスター講演) 腎移植患者におけるネオーラルの母集団パラメータの評価. 有馬三佐代, 木村利美 (薬剤), 吉田一成 (泌), 浜田幸宏, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 斉藤 毅, 馬場志郎(泌): 日本薬学会第122年会 (2002.03.27), 幕張メッセ (千葉).

3206. [学会 (全国)] (ポスター講演) オンラインでの副作用チェックシステムの構築. 佐々木 愛, 木村利美, 坂倉智子, 東野真美, 和田彩子, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤): 日本薬学会第122回年会 (2002.03.26), 幕張メッセ (千葉). 要旨集, 4: 98, 2002.

3207. [学会 (全国)] (ポスター講演) 錠剤・カプセル剤PTP誤飲の現状−1996年から実施されている誤飲防止対策の評価−. 松本香織, 黒山政一 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学): 第11回日本医療薬学会年会 (2001.09.22), 東京国際フォーラム. 講演要旨集, p.160, 2001.

3208. [学会 (全国)] (ポスター講演) 北里大学東病院における市販直後調査実施体制の構築. 廣瀬美紀, 尾鳥勝也, 黒山政一, 平山武司, 小川幸雄, 矢後和夫 (東薬剤): 日本薬学会第122年会 (2002.03.28), 幕張メッセ (千葉). 要旨集 (4), p.146, 2002.

3209. [学会 (全国)] (ポスター講演) 癌性疼痛に対するモルヒネ製剤導入時の制吐薬予防投与の有用性に関する研究. 平山武司 (東薬剤), 岩田浩実 (済生会横浜市南部病院薬剤部), 伊藤直子 (東薬剤), 小川幸雄 (薬剤部), 黒山政一 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学部), 石井文由 (明治薬科大学), 緒方宏泰 (明治薬科大学): 第11回日本医療薬学会年会 (2001.09.22), 東京国際フォーラム. 講演要旨集 p.114, 2001.

3210. [学会 (全国)] (ポスター講演) 癌患者における腹水・胸水排液前後のモルヒネの体内動態. 谷口知郷 (薬学), 平山武司 (東薬剤), 尾鳥勝也 (薬学), 伊藤直子, 沢田実花, 小原美江 (東薬剤), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学), 国分秀也, 村瀬勢津子 (薬剤), 島田慈彦 (薬剤, 薬学), 的場元弘 (麻): 日本薬学会第122回年会 (2002.03.27), 幕張メッセ (千葉). 会誌, p.70, 2002.

3211. [学会 (全国)] (ポスター講演) 術後疼痛に対するモルヒネ投与により誘発される嘔気・嘔吐の予防薬物療法に関する研究: システマティックレビュー. 平山武司 (東薬剤), 石井文由 (明治薬科大), 矢後和夫 (東薬剤, 薬学), 緒方宏泰 (明治薬科大): 日本薬学会第122回年会 (2002.03.28), 幕張メッセ (千葉). 会誌, p.150, 2002.

3212. [学会 (全国)] (ポスター講演) “マンガ病院薬剤師物語パート2”に対する反響と一般市民からの評価. 黒山政一, 町田 充, 渡邊美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 相沢政明, 永倉初江, 矢後和夫, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 第11回日本医療薬学会年会 (2001.09.22〜23), 東京.

3213. [学会 (全国)] (ポスター講演) 関東地区私立医科大学病院薬剤部のリスクマネージメントについて. 鷲見政宏, 奥山 清, 黒山政一, 南 武夫, 片山志郎, 伊東明彦, 川井龍美, 月村正史, 村山純一郎, 菊野史豊, 細田順一 (東薬剤): 第11回日本医療薬学会年会 (2001.09.22〜23), 東京.

3214. [学会 (全国)] (ポスター講演) 医薬品の回収における医療機関側の対応とその業務量. 黒山政一, 尾鳥勝也, 椎 崇, 小川幸雄, 矢後和夫 (東薬剤): 第34回日本薬剤師会学術大会 (2001.10.07〜08), 2001.

3215. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県病院薬剤師会による地域社会への情報提供活動; くすり Get the Answer かながわ推進委員会の5年間のあゆみ. 三溝和男, 黒山政一, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 添田真司, 根津良幸, 町田 充, 山田英紀, 渡邊美智留, 相沢政明, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 日本社会薬学会第20年会(2001.10.20〜21),

3216. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県病院薬剤師会における県民への啓発活動 [T]. 桜井民雄, 岩田陽子, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 町田 充, 山田英紀, 渡邊美智留, 相沢政明, 黒山政一, 永倉初江, 矢後和夫, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 第34回日本薬剤師会学術大会 (2001.10.07〜08), 横浜.

3217. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県病院薬剤師会における県民への啓発活動 [U]−くすり市民講座とくすり相談の現状−. 渡邊美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 町田 充, 山田英紀, 相沢政明, 黒山政一, 永倉初江, 矢後和夫, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 第34回日本薬剤師会学術大会(2001.10.07〜08), 横浜.

3218. [学会 (全国)] (ポスター講演) 神奈川県病院薬剤師会における県民への啓発活動 [V]−“マンガ病院薬剤師物語の発行とその評価”−. 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 町田 充, 山田英紀, 渡邊美智留, 相沢政明, 黒山政一, 永倉初江, 矢後和夫, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 第34回日本薬剤師会学術大会 (2001.10.07〜08), 横浜.

3219. [学会 (全国)] (シンポジウム等) セーフテイマネジメントから見た栄養管理の実際−薬剤師の立場から−. 松原 肇 (薬剤): 第17回日本静脈経腸栄養学会(2002.02.01), 熊本.

3220. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 専門シンポジウム(薬剤) 「精神科における開かれた薬物治療」いかに薬剤情報提供を行うか? 椎 崇, 黒山政一 (東薬剤), 矢後和夫(東薬剤, 薬学): 第30回日本精神科病院協会 精神医学会(2002.03.07), 金沢市文化ホール (石川県). 会誌, p.69, 2002.

3221. [学会 (地方)] (一般講演) 腹水および胸水貯留のある患者におけるモルヒネの体内動態. 谷口知郷 (薬学), 平山武司 (東薬剤), 国分秀也, 村瀬勢津子 (薬剤), 矢後和夫, 島田慈彦 (薬剤, 薬学), 的場元弘 (麻): 神奈川県病院薬剤師会第9回学術大会 (2001.10.28), 横浜. 講演要旨集, p.19〜20, 2001.

3222. [学会 (地方)] (ポスター講演) 関東地区私立医科大学病院における薬剤部のリスクマネージメント−新聞報道された医薬品が関与する医療事故に対する防止対策−. 奥山 清, 鷲見正宏, 黒山政一, 南 武夫, 片山志郎, 伊東明彦, 川井龍美, 月村正史, 村山純一郎, 菊野史豊, 細田順一 (東薬剤): 第34回日本薬剤師会学術大会 (2001.10.07〜08), 横浜.

3223. [学会 (地方)] (ポスター講演) 神奈川県病院薬剤師会における一般市民への啓発活動 [T]−全国紙掲載後の“マンガ病院薬剤師物語”に対する反響−. 町田 充, 黒山政一, 渡邊美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 相沢政明, 永倉初江, 矢後和夫, 土田節男, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第31回学術大会 (2001.08.25〜26), さいたま市.

3224. [学会 (地方)] (ポスター講演) 神奈川県病院薬剤師会における一般市民への啓発活動 [U] −“マンガ病院薬剤師物語パート2”に対する一般市民からの評価−. 黒山政一, 町田 充, 渡邊美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀, 相沢政明, 永倉初江, 矢後和夫, 土田節男, 菊地有道, 酒井英洋 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第31回学術大会(2001.08.25〜26), さいたま市.

3225. [研究会 (国際)] (一般講演) Survey of appropriate use of antiseptic agents in the Kitasato University Hospital. 松原 肇, 富樫敦子, 佐川賢一, 島田慈彦(薬剤): 4th Asian Pacific Congres on Antisepsis(2001.07.18), Vancouver.

3226. [研究会 (全国)] (特別講演) 新生児におけるインドメタシンの薬物動態. 木村利美 (薬剤): 第46回日本未熟児新生児学会学術集会 PDA研究会 (2001.11.29), 横浜.

3227. [研究会 (全国)] (一般講演) 無菌製剤処理加算に関するアンケート調査U. 小川幸雄 (東薬剤): 第18回中心静脈栄養経腸栄養研究会 (2002.01.30), 熊本.

3228. [研究会 (全国)] (ポスター講演) CRC業務から見た治験実施上の問題点〜北里大学東病院の現状〜. 塙 久美子, 野中美和, 横田慎一, 永松紀子, 沢田実花, 七條久美子, 黒山政一, 矢後和夫 (東・治験管理センター): 第1回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 (2001,10.07), 別府.

3229. [研究会 (地方)] (一般講演) フェンタニルの体内動態. 国分秀也 (薬剤): 第2回神奈川県緩和医療研究会(2002.02.23), 横浜. 抄録集,

3230. [研究会 (地方)] (公開講座) 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」−小児科領域; てんかん, 気管支喘息を中心に. 木村利美 (薬剤): 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」研修会 日本薬剤師研修センター主催(2001.10.14), 東京.

3231. [研究会 (地方)] (公開講座) 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」−小児科領域; てんかん, 気管支喘息を中心に. 木村利美 (薬剤): 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」研修会 日本薬剤師研修センター主催(2001.11.04), 仙台.

3232. [研究会 (地方)] (公開講座) 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」−小児科領域; てんかん, 気管支喘息を中心に. 木村利美 (薬剤): 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」研修会 日本薬剤師研修センター主催(2001.11.11), 大阪.

3233. [研究会 (地方)] (公開講座) 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」−小児科領域; てんかん, 気管支喘息を中心に. 木村利美 (薬剤): 「病態生理と薬効薬理から処方せんを見る」研修会 日本薬剤師研修センター主催(2002.02.17), 広島.

3234. [研究会 (地方)] (一般講演) 関東地区の私立医科大学病院における薬剤師のリスクマネージメントアンケート集計報告. 鷲見正宏, 奥山 清, 黒山政一, 南 武夫, 片山志郎, 伊東明彦, 川井龍美, 月村正史, 村山純一郎, 菊野史豊, 細田順一 (東薬剤): 第83回関東私立医大薬剤部研究会 (2001.05.19), 東京.

3235. [研究会 (地方)] (教育講演) くすり Get the Answers かながわ活動 (教育講演). 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会主催病院診療所薬局実務者研修会(2002.02.23), 横浜.

3236. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 散薬調剤の過誤防止対策. 難波昭雄, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第83回関東私立医科大学病院薬剤部研究会 (2001.05.19), 東京.


<<35 医学原論>>


3237. [研究報告 (厚生省)] 小児期発症の筋ジストロフィーの保因者診断をめぐる諸問題 (1); 研究の概要. 白井泰子, 丸山英二, 土屋貴志, 斎藤有紀子, 佐藤恵子, 玉井真理子, 掛江直子, 中井博史, 大澤真木子 (医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3238. [研究報告 (厚生省)] 小児期発症の筋ジストロフィーの遺伝子検査をめぐる諸問題 (2): 問題状況の把握と論点の整理. 土屋貴志, 白井泰子, 丸山英二, 斎藤有紀子, 佐藤恵子, 玉井真理子, 掛江直子, 中井博史 大澤真木子 (医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3239. [研究報告 (厚生省)] 小児期発症の筋ジストロフィーの遺伝子検査をめぐる諸問題 (3); 保因者診断とインフォームド・コンセント. 丸山英二, 白井泰子, 土屋貴志, 斎藤有紀子, 佐藤恵子, 玉井真理子, 掛江直子, 中井博史, 大澤真木子 (医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3240. [研究報告 (厚生省)] 筋ジストロフィーの保因者診断意思決定支援プログラム (1); 医師用マニュアルとクライエント用文書. 佐藤恵子, 白井泰子, 丸山英二, 土屋貴志, 斎藤有紀子, 玉井真理子, 掛江直子, 中井博史, 大澤真木子 (医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3241. [研究報告 (厚生省)] 筋ジストロフィーの保因者診断意思決定支援プログラム (2); 患者用文書の作成をとおして. 斎藤有紀子, 白井泰子, 丸山英二, 土屋貴志, 佐藤恵子, 玉井真理子, 掛江直子, 中井博史, 大澤真木子 (医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3242. [研究報告 (厚生省)] 小児期発症筋ジストロフィー患者の遺伝子検査における留意事項; 姉妹の保因者診断のために遺伝子検査・情報提供をおこなう患者のインフォームド・コンセント, 人権, 倫理. 白井泰子, 斎藤有紀子, 土屋貴志, 丸山英二, 佐藤恵子, 玉井真理子, 掛江直子, 中井博史, 大澤真木子 (医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3243. [研究報告 (厚生省)] 保因者女性の心理と遺伝カウンセリング. 玉井真理子, 白井泰子, 丸山英二, 土屋貴志, 佐藤恵子, 斎藤有紀子, 掛江直子, 中井博史, 大澤真木子(医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3244. [研究報告 (厚生省)] 小児期発症筋ジストロフィーの遺伝子検査をめぐる問題状況の把握と論点の整理. 白井泰子, 土屋貴志, 丸山英二, 斎藤有紀子, 佐藤恵子, 玉井真理子, 掛江直子, 中井博史, 大澤真木子 (医学原論): 平成13年度厚労省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集, 2002.03.

3245. [総説] 写真掲載と患者のプライバシー. 斎藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (3): 6〜7, 2002.

3246. [総説] 性と向き合うとき. 斎藤有紀子 (医学原論): 難病と在宅ケア, 7 (10): 7〜9, 2002.

3247. [総説] 病名変更・呼称変更. 斎藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (1): 6〜7, 2002.

3248. [総説] 「狂牛病」報道に思うこと. 斎藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 55 (12): 6〜7, 2001.

3249. [総説] 障害をもつ人の性を考えること. 斎藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 55 (10): 6〜7, 2001.

3250. [総説] 人格条項の見直し−障害を持つ助産婦を迎える社会−. 斎藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 55 (8): 6〜7, 2001.

3251. [総説] 妊婦の「善意の組織提供」を考える−臍帯血, 胎盤提供の可能性を見すえて−. 斎藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 55 (6): 6〜7, 2001.

3252. [総説] 生殖補助医療の議論から見えること.−生殖機能の拡大を求められる人と放棄を求められる人−. 斎藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 55 (4): 6〜7, 2001.

[学会・研究会等]

3253. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト由来資料を用いる医学研究の倫理的課題. 斎藤有紀子 (医学原論): 日本法医学会 (2001.04.13), 久留米市.

3254. [学会 (全国)] (一般講演) 疫学研究における個人情報保護とインフォームド・コンセント. 斎藤有紀子 (医学原論): 日本生命倫理学会 (2001.11.03), 旭川市.

3255. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 医学教育における倫理の位置づけ. 斎藤有紀子 (医学原論): 日本医学教育学会 (2001.07.28), 東京.

3256. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 遺伝子診断の倫理的、社会的、法律的側面. 斎藤有紀子 (医学原論): DDW-JAPAN「第9回日本消化器関連学会週間」2001医療(2001.10.19), 京都市.

3257. [学会 (全国)] (ワークショップ) 疫学研究における個人情報保護とインフォームド・コンセント. 斎藤有紀子 (医学原論): 日本衛生学会 (2001.04.28), 福島県.

3258. [学会 (地方)] (ワークショップ) 職域における個人情報の取扱いについて. 斎藤有紀子 (医学原論): 日本産業衛生学会 (2001.08.03), 相模原市.

3259. [研究会 (地方)] (一般講演) 生命倫理と法. 斎藤有紀子 (医学原論): 東京法哲学研究会 (2001.11.28), 東京.


<<41 生物学>>


3260. [学会 (国際)] (ポスター講演) XX/XY and ZZ/ZW sex chromosomes in Rana rugosa (Anura: Ranidae). 龍崎正士 (生物), 滝沢直定 (基礎教育センター), Nishioka, M. (Yab. for Amphibism biology Hiroshima Univ.), Schmid, M.(Dept of Human genetics univ. of Wurzburg. Germany): 国際染色体学会 (2001.09.07), ドイツ. Chronosome Research, 9 (Supplement 1): 36, 2001.

3261. [学会 (国際)] (ポスター講演) Heteromorphic sex chromosomes of Rana tagoi and Rana sakuraii. 龍崎正士 (生物), 滝沢直定 (基礎教育センター), 中本 直(解), Nishioka, M. (Yab for Amphibian biology, Hiroshima Univ.): 国際発生生物学会 (2001.07.10), 京都. Development Growth and Differentiation, 43(Supplement): 134, 2001.

3262. [学会 (全国)] (ポスター講演) 日本産4種のカエル胃部域の酸性プロテアーゼの解析. 山縣 基, 井口智文, 角屋堯英 (宇都宮大, 教育・生物), 小林健一郎 (上智大・生命研), 龍崎正士 (生物): 日本動物学会 (2001.10.07), 福岡市. 日本動物学会第72回大会予稿集, p.121, 2001.

3263. [学会 (全国)] (ポスター講演) マウス精巣上体管上皮細胞の三次元的観察. 中本 直 (解), 龍崎正士 (生物): 日本動物学会 (2001.10.08), 福岡市. 日本動物学会第72回大会予稿集, p.147, 2001.

3264. [研究会 (全国)] (一般講演) 韓国産スズガエル (Bombina orientalis) の飼育下での観察メモ. 龍崎正士(生物), 滝沢定直 (基礎教育センター), 野口達也, 笹森耕二, 光岡伸昌 (実動): 日本両生類研究会 (2001.08.04), 新潟県上越市. 両生類誌, 7: 59, 2001.


<<42 感染症学>>


3265. [原著] Association of amino acid substitution in penicillin-binding protein 3 with β-lactam resistance in β-lactamse-negative ampicillin-resistant Haemophilus influenzae. 生方公子, 柴崎由美, 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 砂川慶介 (感染症), 井上松久 (微): Antimicrob. Agents Chemother., 45 (6): 1693〜1699, 2001.

3266. [原著] Inhibitory effect of bifidobacteria on the in vitro production of verotoxins by escherichia coli 0157: H7・bioscinece Microflora. 小林寅吉吉, 秋田博伸, 岩田敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介 (感染症): Biosci. Microflora, 20 (3): 81〜84, 2001.

3267. [原著] Vancomycinが奏効しなかったMethicillin Resistant Staphylococcus aureusによる感染性心内膜炎の細菌学的検討. 高山陽子 (感染症), 吉田一成 (泌), 山口禎夫, 野々山勝人 (感染症), 遠藤忠雄 (泌), 砂川慶介 (感染症): 感染症学雑誌, 75 (6): 473〜479, 2001.

3268. [原著] 当院における過去25年間に分離された真菌の検査動向. 小幡 進, 平田泰良, 砂川慶介 (感染症), 井上松久 (微): 感染症学雑誌, 75 (10): 863〜869, 2001.

3269. [原著] 本邦における1997年7月以降3年間の小児化膿性髄膜炎の動向. 砂川慶介, 野々山勝人, 高山陽子 (感染症), 山口禎夫, 大石智洋, 岩田敏, 佐藤吉壮, 秋田博伸, 生方公子, 千葉菜穂子, 長谷川恵子: 感染症学雑誌, 75 (11): 931〜939, 2001.

3270. [原著] 麻疹・風疹二混ワクチンの野外接種試験. 武内可潤, 富樫武弘, 砂川慶介 (感染症), 加藤達夫, 神谷斎, 中山哲夫: 感染症学雑誌, 76 (1): 56〜62, 2002.

3271. [準原著] Investigation of infective endocarditis cinical isolataes of methicillin resistant Staphylococcus aureus non-responsive to vancomycin. 高山陽子 (感染症), 吉田一成 (泌), 山口禎夫, 野々山勝人 (感染症), 遠藤忠雄 (泌), 砂川慶介 (感染症): Int. J. Antimicrobiol. Agents, 17 (Suppl.1): 30, 2001.

3272. [準原著] In vitro binding of teicoplanin to proteins in serum of human neonates.佐藤吉壮, 山口禎夫, 大石智洋, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介 (感染症): Int. J. Antimicrobiol. Agents, 17 (Suppl.1): 32, 2001.

3273. [準原著] Symposium on clinical trials-drug development guidelines for clinical trials of anti-infective drugs in Japan. 砂川慶介 (感染症): Int. J. Antimicrobiol. Agents, 17 (Suppl.1): 53, 2001.

3274. [総説] 細菌検査を依頼する際の留意点−細菌検査室から医師へ−. 平田泰良, 井上松久 (微), 砂川慶介 (感染症): 救急医学, 24 (6): 689〜695, 2001.

3275. [総説] 新世紀の院内感染対策−ICPの役割, ICD. 砂川慶介 (感染症): 臨床と微生物, 28 (増): 615〜617, 2001.

3276. [総説] 特集: 感染性髄膜炎 2) 肺炎球菌性髄膜炎. 砂川慶介 (感染症): 科学療法の領域, 17 (7): 1266〜1273, 2001.

3277. [総説] 第6回奈良県医師会生涯教育集中セミナー「感染症」; 小児感染症. 砂川慶介 (感染症): 奈良県医師会医学会年報, 14 (1): 111〜112, 2001.

3278. [総説] 小児における抗菌薬の歴史. 砂川慶介 (感染症): 小児科臨床, 55 (2): 207〜215, 2001.

3279. [総説] 感染症回診における薬剤師の役割. 引地文, 木村利美, 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤), 野々山勝人, 高山陽子, 砂川慶介 (感染症), 相馬一亥(救命): 医薬ジャーナル, 37 (10): 296〜303, 2001.

3280. [総説] 抗菌薬適正使用の最前線; 小児感染症−化膿性髄膜炎の治療指針−. 砂川慶介 (感染症): 医薬ジャーナル, 37 (11): 15〜121, 2001.

3281. [総説] 小児感染症における輸液管理. 大石智洋, 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 綜合臨床, 50 (11): 3008〜3013, 2001.

3282. [総説] 保育園児における耐性菌感染症−肺炎球菌・インフルエンザ菌について−. 大石智洋, 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症), 岩田敏: チャイルドヘルス, 55 (1): 61〜65, 2002.

3283. [総説] 小児期の抗菌薬の選び方. 砂川慶介 (感染症): レジデントノート, 3 (686): 92, 2001.

[著 書]

3284. [学術書] (分担執筆) 抗菌薬選び方と使い方; 抗菌薬使用時の注意−小児への抗菌薬使用時の注意; p.170〜175, 砂川慶介 (感染症). 編集 木村哲 (東大), 小林芳夫(慶大), 羊土社, 東京, 2001.04.01発行.

3285. [学術書] (分担執筆) 新・抗菌薬の使い方−選択理論とその実際; 抗菌薬療法の副作用とその対策, p.209〜224, 砂川慶介 (感染症). 編集 清水喜八郎 (北研), 祥美印刷, 東京, 2001.04発行.

3286. [学術書] (分担執筆) 抗菌薬使用の手引き; 抗菌薬使用の原則, 基礎疾患, 合併症への注意−小児, 新生児への注意, p.23〜24, 砂川慶介 (感染症). 協和企画, 東京, 2001.11発行.

3287. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 百日咳, 44: 139, 砂川慶介 (感染症). 編集 多賀須幸男, 尾形悦郎, 医学書院, 東京, 2002.01発行.

[学会・研究会等]

3288. [学会 (国際)] (一般講演) Long term follow-up of serum antibodies in patients with Chiamdia trachomatis and Chlamydia pneumoniae infection using EIA kits and the micro IF. 板内久一, 弧田照子, 松井清彦, 岩田敏, 砂川慶介 (感染症): 101st General Meeting American Society for Microbiology(2001.05.20〜24), Florida.

3289. [学会 (全国)] (一般講演) MRSA感染症患者におけるテイコプラニン薬物動態のNONMEM解析. 山口禎夫, 野々山勝人, 高山照子, 砂川慶介 (感染症): 第49回日本化学療法学会総会 (2001.05.30〜31), 横浜.

3290. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎から検出された肺炎球菌の細菌学的解析. 野々山勝人 (感染症), 長谷川恵子, 千葉菜穂子, 生方公子, 砂川慶介 (感染症): 第49回日本化学療法学会総会 (2001.05.30〜31), 横浜.

3291. [学会 (全国)] (一般講演) MRSAに対するpanipenemとcephem系抗菌薬のin vitro併用効果. 佐藤壮吉, 大石智洋, 岩田 敏, 秋田博伸, 山口禎夫, 砂川慶介 (感染症): 第49回日本化学療法学会総会 (2001.05.30〜31), 横浜.

3292. [研究会 (全国)] (一般講演) マイクロニュビュレーターを用いたクラミジア株のクローニング. 弧田照子, 坂内久一, 佐藤 梢, 岩田 敏, 秋田博伸, 佐藤吉壮, 砂川慶介 (感染症): 第19回クラミジア研究会 (2001.06.16), 東京.

3293. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Symposium on clinical trials-drug development guidelines for clinical trials of anti-infective drugs in Japan. 砂川慶介(感染症): 22nd International Congress of Chemotherapy (2001.06.30〜July 03), Amsterdam.

3294. [学会 (国際)] (ポスター講演) Investigation of infective endocarditis cinical isolataes of methicillin resistant Staphylococcus aureus non-responsive to rencomycin. 高山陽子 (感染症), 吉田一成 (泌), 山口禎夫, 野々山勝人 (感染症), 遠藤忠雄 (泌), 砂川慶介 (感染症): 22nd International Congress of Chemotherapy(2001.06.30〜July 03), Amsterdam.

3295. [学会 (国際)] (ポスター講演) In vitro binding of teicoplanin proteins in serum of human neonates. 佐藤吉壮, 山口禎夫, 大石智洋, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介 (感染症): 22nd International Congress of Chemotherapy (2001.06.30〜July 03), Amsterdam.

3296. [学会 (全国)] (一般講演) MRSA感染により脊髄硬膜外膿瘍をきたした新生児例. 金井雄二, 佐藤雅彦, 野々山勝人 (感染症), 中畑弥生, 野渡正彦 (児), 砂川慶介 (感染症), 松浦信夫 (児): 第37回日本新生児学会 (2001.07.15〜17), 横浜.

3297. [学会 (地方)] (一般講演) 小児化膿性髄膜炎由来インフルエンザ菌の耐性遺伝子解析と患者背景因子. 生方公子, 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 小林玲子, 柴崎有美, 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第50回日本感染症学会東日本地方会総会・第48回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2001.11.01〜02), 東京.

3298. [学会 (地方)] (一般講演) 経口β-ラクタム系薬投与時の下痢発現に関する検討. 岩田敏, 佐藤吉壮, 秋田博伸, 砂川慶介 (感染症): 第50回日本感染症学会東日本地方会総会・第48回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2001.11.01〜02), 東京.

3299. [学会 (国際)] (ポスター講演) Population pharamacokinetics (PPK) of arbekacin (ABK), vancomycin (VCM) and panipenem (PAPM) in neonates. 木村利美, 島田慈彦 (薬剤), 野々山勝人 (感染症), 野渡正彦, 松浦信夫 (児), 砂川慶介 (感染症): 41st Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2001.12.16〜19), Chicago.

3300. [学会 (国際)] (ポスター講演) Prevalence of β-lactam antibiotics resistant isolates among Streptococcus pneumoniae (sp) and Haemophilus influenzae (HI) strains from patients with meningitis. 柴崎有美, 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症), 岩田 敏, 生方公子 (感染症): 41st Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2001.12.16〜19), Chicago.