2002年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)



<<解剖学(山科単位)>>

[学術論文]

1. [原著] Structural integrity of the Golgi stack is essential for normal secretory functions of rat parotid acinar cells: Effects of brefeldin A and okadaic acid. 玉木英明, 山科正平 (解): J. Histochem, Cytochem, 50 (12): 1611〜1623, 2002.

2. [原著] GBF1, a guanine nucleotide exchange factor for ADP-ribosylation factors, is localized to the cis-Golgi and involved in membrane association of the COPI coat. Kazumasa Kawamoto, Yusaku Yoshida (筑波大), 玉木英明 (解), Seiji Torii, Chisa Shinotsuka (筑波大), 山科正平 (解), Kazuhisa Nakayama (筑波大): Traffic, 3: 483〜495, 2002.

3. [原著] Ile-Lys-Val-Ala-Val (IKVAV)-containing laminin alpha1 chain peptides form amyloid-like fibrils. Yamada. M. (北大大学院地球環境), 門谷裕一(解), Kasai, S., Kato, K., Mochizuki, M., Nishi, N. (北大大学院地球環境), Watanabe, N. (北大理), Kleinman, H.K., Yamada. Y. (NIH), Nomizu. M. (北大大学院地球環境): FEBS Lett., 530:48〜52, 2002.

4. [原著] Cyclic AMP has distinct effects from Ca2+ in evoking priming and fusion/exocytosis in parotid amylase secretion. Yoshimura, K., Fujita, Yoshigaki, J., Murakami, M., 瀬川彰久 (解): Pflugers. Arch-Eur J Physiol., 444: 586〜596, 2002.

5. [原著] Constitutive secretion of immunoglobulin A and other proteins into lumina of unstimulated submandibular glands in anaesthetised rats. Proctor, G.B., Carpenter, G.H., 瀬川彰久 (解), Garrett, J.R., Ebersole, L.: Exp Physiol., 88 (1): 7〜12, 2003.

6. [原著] Calcium signalling in tessue: diversity and domain-specific integration of individual cell response in salivary glands. 瀬川彰久 (解), Takemura, H., 山科正平 (解): Journal of Cell Science., 115 (Pt9): 1869〜1876, 2002.

7. [総説] The stack of the Golgi apparatus. 玉木英明, 山科正平 (解): Arch. Histol, Cytol, 65: 209〜218, 2002.

[著 書]

8. [学術書] (分担執筆) 組織細胞化学2002; 免疫組織化学のストラテジー, pp7〜13. 山科正平 (解), 編集 日本組織細胞化学会, 学際企画, 東京, 2002.07.10発行

[学会・研究会等]

9. [学会 (国際)] (一般講演) The localization of laminin-chains in the submandibular gland of adult and developing mice, and the Inhibition of its branching morphogenesis by laminin-α5 G domain peptide, lvlflnhgh. 門谷裕一 (解), Mochizuki, M., Nomizu, M. (北大大学院), Sorokin, L. (ルンド大), 山科正平 (解): 第11回国際基底膜会議 (2003.03.07), 木更津市. Abstract, 2003.

10. [学会 (国際)] (ポスター) 3-D relation of endocrine cells with capillary in the developing regenerating rat pancreatic islets. 勝又 修 (形態系・細胞生物), 半田喜美也, 鈴木哲太郎 (外), 山科正平 (解): Sixth Joint Meeting of The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry and The Histochemical Society (2002.07.18〜21), Seattle USA. Acta Histochem Cytochem., 35 (3): p240, 2002.

11. [学会 (国際)] (ポスター) The Golgi apparatus of rat parotid acinar cells is consisted of the basic and functional elements. 玉木英明, 山科正平 (解): The sixth joint meeting of The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry and The Histochemical Society (2002.7.18〜7.21), Seattle. Acta Histochem. Cytochem., 35 (3): 232, 2002.

12. [学会 (国際学会)] (ポスター) Laminin α5 chain G-domain peptide, lvlflnhghfva, inhibits epithelial branching morphogenesis. 門谷裕一 (解), Mochizuki, M., Nomizu, M. (北大大学院), 山科正平 (解): ゴードン会議 (2002.06.10〜14), プリマス, ニューハンプシャー, 米国. Abstract, 2002.

13. [学会 (国際学会)] (ポスター) Laminin-derived peptides-cojugated to chitosan membrane shows enhanced multireceptor-mediated biological activity. Mochizuki, M. (北大大学院), 門谷裕一 (解), Nishi, N., Nomizu, M. (北大大学院): 第11回国際基底膜会議(2003.03.07), 木更津市. Abstract, 2003.

14. [学会 (国際学会)] (ポスター) Biologically active sequences in the laminin alpha chain G domains. Suzuki, N., Nakatsuka, H., Yashui, T., Mochizuki, M., Nishi. N. (北大大学院), Utani, A. (千葉大医), 門谷裕一(解), Nomizu, M. (北大大学院): 第11回国際基底膜会議(2003.03.07), 木更津市. Abstract, 2003.

15. [学会 (国際)] (シンポジウム) Inhibition of hair follicle growth by a laminin-1 G-domain peptide, rkrlqvqlsirt, in an organ culture of isolated mouse vibrissal rudiment. 門谷裕一 (解), 林 和弘 (形外), Mochizuki, M., Nomizu, M. (北大大学院), 内沼栄樹 (形外), 山科正平 (解): 第3回アジア太平洋解剖学会議(2002.3.31), 浜松. Abstract, 26, 2002.

16. [学会 (国際)] (シンポジウム) Buds of the Golgi apparatus in the parotid acinar cells. 山科正平, 玉木英明, 瀬川彰久 (解): XVII International Symposium on Morphological Sciences (2002.09.11〜15), Timisoara (Romania). 2002.

17. [学会 (国際)] (シンポジウム) Biogenesis of epithelial cell polarity: roles of Golgi apparatus in salivary acinar cells. 瀬川彰久, 玉木英明, 山科正平 (解): The Third Asian Pacific International Congress of Anatomists (2002.03.31), 浜松. Acta Anatomica Nipponica, 77 (Suppl Apica): 26, 2002.

18. [学会 (国際学会)] (シンポジウム) Morpho-functional changes in cellular junctions during secretroy stimulation in the perfused rat submandibular gland. Hashimoto, S., Murakami, M., Kanaseki, T., Kobayashi, S., Matsuki, M., Shimono, M., 瀬川彰久 (解): XVIIth International Symposium on Morphological Sciences Symposium "Cytomorphology of salivary glands" (2002.9.12), Timisoara (ルーマニア). Abstracts Book: 143〜144, 2002.

19. [学会 (国際学会)] (シンポジウム) Visualization of "water secretion" by confocal microscopy in rat salivary glands. 瀬川彰久 (解), 山科正平 (解), Murakami, M.: XVIIth International Symposium on Morphological Sciences Symposium "Cytomorphology of salivary glands" (2002.9.12), Timisoara (ルーマニア). Abstracts Book: 143〜144, 2002.

20. [学会 (全国)] (一般講演) ラミニン活性ペプチドを固定化したキトサン膜の生物活性. 望月麻友美, 加藤こずえ, 岡崎郁子 (北大大学院), 門谷裕一 (解), 力丸智史, 佐藤 琢, 坂入信夫, 西 則雄, 野水基義 (北大大学院): マトリックス研究会第49回大会 (2002.04.04〜05), 浜松市. Abstract, 2002.

21. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮形態形成に関わるラミニンα5鎖Gドメイン由来ペプチド. 門谷裕一 (解), 望月麻友美, 野水基義 (北大大学院), 山科正平 (解): マトリックス研究会第49回大会 (2002.04.04〜05), 浜松市. Abstract, 2002.

22. [学会 (全国大会)] (一般講演) ゴルジ装置の萌芽. 玉木英明, 瀬川彰久, 山科正平 (解): 第107回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2002.03.29〜03.31), 浜松市. 解剖学雑誌, 77 (suppl.): 39, 2002.

23. [学会 (全国)] (ポスター) アミロイド様線維を形成するペプチドを用いた機能性ゲル. 大賀有希子, 葛西晋吾, 望月麻友美, 西 則雄 (北大大学院), 門谷裕一 (解), 野水基義 (北大大学院): マトリックス研究会第50回大会(2003.03.21〜22), 神奈川県葉山町. Abstract, 2003.

24. [学会 (全国)] (シンポジウム) 走査電顕と共焦点レーザー顕微鏡法の接点. 瀬川彰久 (解): 日本電子顕微鏡学会第58回学術講演会 (2002.05.14〜16), 大阪. 電子顕微鏡 発表要旨集, 37 (suppl.1): 115, 2002.

25. [学会 (全国)] (ワークショップ) 筋収縮に伴うZ帯の構造変化の原子間力顕微鏡による解析. 勝又 修 (形態系細胞生物), 中村 健 (微), 山科正平 (解): 日本電子顕微鏡学会第58回学術講演会 (2002.05.15), 大阪. 日本電子顕微鏡学会第58回学術講演会発表要旨集, 2002.

26. [研究会 (全国)] (一般講演) ラット発生過程及び膵切除後のラ氏島再生過程におけるランゲルハンス島内分泌細胞と血管の3次元構築による解析. 勝又 修 (形態系細胞生物), 半田喜美也 (外), 鈴木哲太郎 (外), 山科正平 (解): 第4回解剖・組織技術研修研究会 (2002.03.28), 浜松市. 第4回解剖・組織技術研修研究会抄録集, 2002.

[学術論文]

27. [原著] Skeletal Abnormalities and ultrastructural changes of articular cartilage in transgenic mice expressing a type II collagen gene (COL2A1) with a Cys for Arg-a1-519 Substitution. Arita Machiko, Li Shi-Wu, Kopen C. Gene, 安達栄治郎 (解), Jimenez A. Sergio, and Fertala, Andzrej: Osteoarthritis Cartilage, 10 (10): 808〜815, 2002.

28. [原著] Targeted disruption of dermatopontin causes abnormal collagen fibrillogenesis. Takeda Ushio, Utani Atsushi, Wu Jinghai., 安達栄治郎 (解), Koseki Haruhiko, Taniguchi Masaru, Matsumoto Takeo, Ohashi Toshiro, Sato Masaki, Shinkai HIroshi: J. Invest. Dermatol., 119 (3): 678〜683, 2002.

29. [原著] Enhancement of high potassium-induced catecholamine release in PC12D cell clones overexpressing V-1, a catecholamine biosynthesis regulatory protein. Yamakuni Tohru, Yamamoto Toshifumi, Ishida Yukisato, Yamamoto Hideko, Song Si-Young, 安達栄治郎 (解), Hiwatashi Yasuke, and Ohizumi Yasushi: FEBS letter, 530 (1-3): 94〜98, 2002.

30. [原著] Prospects and limitations of the rational engineering of fibrillar collagens. Majsterek I., Mcadasms E., 安達栄治郎 (解), Dhume S.T., Fertala A: Protein Science 12: 2063〜2072, 2003.

[著 書]

31. [学術書] (共著) 腱のマトリックス生物学; トレーニングによる体の適応, pp.54〜62. 水野一乗, 安達栄治郎(解), 中里浩一, 柴山 明, 編集 平野裕一, 加賀谷淳子, 杏林書院, 東京, 2002発行.

32. [学術書] (共著) Regulation of human aorta endothelial cells and smooth muscle cells in culture by type IV collagen aggregates: Toshihiko Hayashi, Motohiro Hirose, p.39〜54. Hiroko Yamano, Yasushi Takeda, Hiroaki Kosugi, Takanori Kihara, Yasutada Imamura, Kazunori Mizuno, Koichi Nakazato, Kiwamu Yoshikawa, Daisuke Kajimura, Seiichiro Takahashi, 安達栄治郎 (解), in Extracellular Matrix and the Liver ed. by I Okazaki, et al. Elsevier Science, 2003発行.

[学会・研究会等]

33. [学会 (国際)] (一般講演) Impairment of basement membrane formation in embryoid bodies lacking the gene of HSP47 during to the maturation of type IV collagen. Mtsuoka Y., 安達栄治郎 (解), Nagai N., Hosokawa N., Kubota H., Nagata K.: The 11th international symposium on basement membranes(2003.03.06〜07), Kisarazu Chiba, Japan. Abstract p.17.

34. [学会 (全国)] (一般講演) 人工皮膚における基底膜形成過程の解析と合成マトリックスプロテアーゼ阻害剤によるその形成促進作用. 安達栄治郎 (解), 天野 聡, 圷 信子, 松永由起子, 石渡美紀, 西山敏夫 ((株) 資生堂ライフサイエンス研究所): 第107回日本解剖学会総会(2002.03.29), 浜松市. Acta Anat NIpp, 77 (suppl): 31, 2002.

35. [学会 (全国)] (一般講演) 再構成1 α1 (V) α2 (V) α3 (V)と [α1 (V)] 2 α2 (V) の組織を持つV型コラーゲン細線維の形態. 安達栄治郎 (解), 水野一乗, 今村保忠, 林 利彦 (東大): 第49回マトリックス研究会, 第34回日本総合組織学会合同大会 (2002.04.05), 浜松市. Connective Tissue, 34 (1): 43, 2002.

36. [学会 (全国)] (一般講演) ウシ角膜のコラーゲン線維の単離. 竹村幸敏, 村澤祐介 (東大), 安達栄治郎 (解), 今村保忠, 林 利彦 (東大): 第49回マトリックス研究会, 第35回日本結合組織学会合同大会 (2002.04.05), 浜松市. Connective Tissue, 34 (1): 75, 2002.

37. [学会 (全国)] (一般講演) Embrioid bodies derived from HSP47-knockout embryonic stem cells are deficient in basement membrance formation during embryonic development. Matsuoka, Y. (京大), 安達栄治郎 (解), Nagai, N. (愛知学院大), Hosokawa, N., Kubota, H., Nagata, K. (京大): 第49回マトリックス研究会, 第35回日本結合組織学会合同大会 (2002.04.05), 浜松市. Connective Tissue, 34 (1): 46, 2002.

38. [学会 (全国)] (一般講演) Reorgahization of type X collagen fibrils on cellular surface depends on cell origin. Kihara, T., Takemura, Y. (東大), 安達栄治郎 (解), Imamura, Y., Mizuno, K., Hayashi, T. (東大): 第49回マトリックス研究会, 第34回日本結合組織学会合同大会 (2002.04.05), 浜松市. Connective Tissue, 34(1): 44, 2002.

39. [学会 (全国)] (一般講演) ヒトIV型コラーゲンを認識するモノクローナル抗体JK-199のエピトープの性状の検討. 武田 康, 今村保忠, 安達栄治郎 (解), 佐渡義一, 林 利彦: 第34回日本結合組織学会学術大会, 第49回マトリックス研究会大会合同会議 (2002.04.04〜05), 浜松. Connective Tissue 34 (1): p.44, 2002.


<<解剖学(亀田単位)>>

[学術論文]

40. [原著] Homeobox gene Hoxa3 is essential for the formation of the carotid body in the mouse embryos. 亀田芙子, 西槇俊之 (解), Takeichi, M. (京大), Chisaka, O. (京大): Dev. Biol., 247 (1): 197〜209, 2002.

41. [原著] Carotid body and glomus cells distributed in the wall of the common carotid artery in the bird. 亀田芙子 (解): Micr. Res. Techn., 59 (3): 196〜206, 2002.

42. [原著] Disruption of the Hoxa3 homeobox gene results in anomalies of the carotid artery system and the arterial baroreceptors. 亀田芙子 (解), Watari-Goshima, N. (京大), 西槇俊之 (解), Chisaka, O. (京大): Cell Tissue Res., 311 (3): 343〜352, 2003.

[学会・研究会等]

43. [学会 (全国)] (一般講演) Hoxa3 ホモ変異型マウスにおける頸動脈小体の欠損と頸動脈系異常について. 亀田芙子, 西槇俊之 (解), 千坂 修 (京大): 第107回日本解剖学会総会 (2002.3.29〜31), 浜松市. 解剖学雑誌, 77(Suppl): 43, 2002.

44. [学会 (全国)] (一般講演) 鳥類鰓後体C細胞における長期培養と神経分化. 三浦正明, 亀田芙子 (解): 第2回日本再生医療学会総会 (2003.03.11〜12), 神戸市. 日本再生医療学会雑誌, 2: 120, 2002.

45. [学会 (全国)] (ワークショップ) Hoxa3 変異マウスに見られる大血管系の異常. 千坂 修 (京大), 五島夏子(京大), 西槇俊之, 亀田芙子 (解): 第25回日本分子生物学会年会 (2002.12.11〜13), 横浜. 第25回日本分子生物学会年会講演要旨集, 420, 2002.


<<生理学(川上単位)>>

[学術論文]

46. [原著] Fatty acids as an energy source for the operation of axoplasmic transport. 竹中敏文 (国士館大), 比留間弘美 (生理), Hori, H. (横浜市大), Hashimoto, Y. (医衛), 市川尊文 (代謝蛋白), 川上 倫(生理): Brain Research, 972 (1〜2): 38〜43, 2003.

47. [原著] Neuropeptide Y inhibits axonal transport of particles in neurites of cultured adult mouse dorsal root ganglion cells. 比留間弘美, 斉藤綾子 (生理), 日下部辰三, 竹中敏文 (国士館大), 川上 倫 (生理): Jounal of Physiology (Lond.), 543 (1): 85〜97, 2002.

48. [原著] Changes in the peptidergic innervation in the carotid body of rats chronically exposed to hypercapnic hypoxia: an effect of arterial CO2 tension. 日下部辰三 (国士館大), Hirakawa, H., Matsuda, H. (横浜市大), Yamamoto, Y. (岐阜大), 永井智紀 (法医), 川上 倫(生理), 竹中敏文(国士舘大), Hayashida, Y.: Histol Histopathol, 17: 21〜29, 2002.

49. [原著] 佐藤哲也, 人体CT画像を利用した三次元可視化−没入型バーチャルリアリティーシステムの仮想立体モデル構築とその将来性−. 博田竜史, 長谷川建治 (生理), 管 信一 (放), 平本嘉助, 大野暢亮, 田村祐一, 陰山 聡, 堀内利得 (生理): 形態科学, 6 (2): 67〜74, 2003.

[著 書]

50. [学術書] (共著) In: Circadian clocks in eukaryotic microbes (Ed. Fred Kippert), Landes Bioscience, Georgetown, 2003 in press. Circadian behavioural rhythms in Paramecium and Caenorhabditis elegans, 長谷川建治 (生理), 石崎茂生, 三枝 徹, Tsukahara, Y. 編集 Fred Kippert, Landes Bioscience, Georgetown, 2003発行.


[学会・研究会等]

51. [学会 (全国)] (一般講演) ミトコンドリアと概日リズム. 長谷川建治, 石崎茂生, 三枝 徹, 博田竜史, 石田正樹 (生理): 第9回日本時間生物学会 (2002.11.14〜15), 名古屋市. 予稿集, p.79, 2002.

52. [学会 (全国)] (ポスター) グルタミン酸とβ-アミロイドは異なるメカニズムで海馬軸索輸送を速やかに抑制する. 比留間弘美, 片倉 隆, 高橋早苗 (生理), 島田潤一 (医衛・音声言語), 川上 倫 (生理): 第80回日本生理学会大会 (2003.03.24), 福岡. Program, p.193, 2003.

53. [学会 (全国)] (ポスター) 概日リズムが夜に大きな位相シフトを起こす源としてのcAMP-PKA複合体. 石崎茂生, 三枝 徹, 博田竜史, 田中千貴, 井樋慶一, 塚原保夫, 長谷川建治 (生理): 第9回日本時間生物学会 (2002.11.14〜15), 名古屋. 予稿集, p.87, 2002.

54. [学会 (全国)] (ポスター) 線虫変異体の概日リズム. 三枝 徹, 山本基栄, 石崎茂生 (生理), 田中舘明博 (医療工学), 木村芳滋, 荻原正敏, 石井直明, 長谷川建治 (生理): 第9回日本時間生物学会 (2002.11.14〜15), 名古屋. 予稿集, p.87, 2002.

55. [学会 (全国)] (ポスター) 線虫における概日時計機構. 三枝 徹, 山本基栄, 石崎茂生 (生理), 田中舘明博(医療工学), 木村芳滋, 荻原正敏, 石井直明, 長谷川建治 (生理): 第40回日本生物物理学会年会 (2002.11.02〜04), 名古屋. 予稿集, S199, 2002.

56. [学会 (全国)] (ポスター) 概日リズム発現におけるミトコンドリアの役割. 博田竜史, 石崎茂生, 三枝 徹, 田中千貴, 山本基栄, 井樋慶一, 塚原保夫, 長谷川建治 (生理): 第40回日本生物物理学会年会 (2002.11.02〜04), 名古屋. 予稿集, S199, 2002

57. [学会 (全国)] (ポスター) 線虫の行動の概日リズム同時多チャンネル測定装置とその応用. 三枝 徹, 石崎茂生, 博田竜史, 山本基栄, 田中千貴 (生理), 田中舘明博 (医療工学), 木村芳滋, 荻原正敏, 石井直明, 石井榮一, 長谷川建治 (生理): 第25回日本神経科学大会 (2002.07.07〜09), 東京. 2002.

58. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 生体におけるエネルギー流と時間秩序-softnon-equilibrium thermodynamics. 長谷川建治 (生理): 第40回日本生物物理学会年会 (2002.11.02〜04), 名古屋. 予稿集, P.S8, 2002.

59. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 生体におけるエネルギー流と時間秩序. 長谷川建治 (生理): 日本生物物理学第40回大会シンポジウム, 生体におけるエネルギー流と時間秩序 (2002.11.02〜03), 名古屋. 2002.

60. [学会 (全国)] (ポスター) 概日時計は光パルスによって何故夜大きな位相シフトを示すか. 石崎茂生, 三枝 徹, 博田竜史, 田中千貴, 山本基栄, 井樋慶一, 塚原保夫, 岩井榮一, 長谷川建治 (生理): 第25回日本神経科学大会 (2002.07.07〜09), 東京. 2002.

61. [研究会 (全国)] (一般講演) Circadian behavioral rhythm in C. elegans. 三枝 徹, 山本基栄, 木村芳滋(生理), 田中舘明博 (医療工学), 荻原正敏, 石井直明, 長谷川建治 (生理): 第3回C. elegans 日本集会 (2002.08.06〜08), 名古屋. 2002.

62. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 生体の時間秩序発現機構. 長谷川建治 (生理): 生物物理学プレシンポジウム (2002.10.29), 京都. 2002.

63. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 生体の時間秩序発現機構. 長谷川建治 (生理): 生物物理学シンポジウム(2002.11.04〜06), 名古屋. 2002.

64. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 生体における時間の矢と活性酸素. 長谷川建治 (生理): 横浜市立大学木原研究所セミナー (2003.03.24〜25), 横浜. 2002.

65. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) テクスターマッピング・ボリュームレンダリングを利用した人体CT画像の没入型VR三次元表示. 博田竜史, 長谷川建治, 菅 信一, 大野暢亮, 田村祐一, 陰山 聡, 堀内利得 (生理): 第6回シミュレーション・サイエンス・シンポジウム及び核融合科学研究所共同研究「大型シミュレーション研究」合同研究会 (2003.02.19), 名古屋. 集録, p.34〜39, 2002.

66. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) The Application of Virtual Reality. Hakata, T., 長谷川建治, 管 信一, Hiramoto, Y., 大野暢亮, 田村祐一, 陰山 聡, 堀内利得, Sato, T. (生理): Technology to the Medical Education and Diagnosis, The Eighth International Symposium on Simulation Science-New Methodology of Science in the 21st Century (2003.03.06). Abstract, Sougou Kenkyu Daigakuinndaigaku, 2003.

67. [研究会 (地方)] (特別講演) ヒトの概日時計の話. 長谷川建治 (生理): 大森精神神経科学会研究会 (2002.11.08), 東京. 2002.

68. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 線虫に託す新しい概日時計機構の研究. 長谷川建治 (生理): 線虫友の会・東京地区勉強会 (2002.07.27), 東京. 2002.


<<生理学(河原単位)>>

[学術論文]

69. [原著] Localization of pore-forming subunit of the ATP-sensitive K+-channel, kir6.2, in rat brain neurons and glial cells. 周 明 (秋田大), 田中 理 (東海大), 鈴木雅一 (静岡大), 関口雅樹 (東海大), 高田邦昭(群馬大), 河原克雅 (生理), 阿部 寛 (秋田大): Molecular Brain Research, 101: 23〜32, 2002.

70. [原著] Relationships between obesity and metabolic hormones in the “cobalt” variant of rainbow trout. 矢田 崇 (養殖研), 森山俊介 (水産学部), 鈴木喜郎 (生理), 東 照雄 (養殖研), 高橋明義 (水産学部), 広瀬茂久 (東工大), 内藤延子 (昭和大): General and Comparative Endocrinology, 128: 36〜43, 2002.

71. [原著] Decreased expression of Na+/H+ exchanger isoform 1 (NHE1) in non-infarcted myocardium after acute myocardial infarction. 下浜孝朗 (内), 鈴木喜郎 (生理), 野田千春, 庭野裕恵 (内), 増田 卓 (医衛), 河原克雅 (生理), 和泉 徹 (内): Jpn. Heart. J., 43 (3): 273〜282, 2002.

72. [原著] Expression of the K+ channel Kir7.1 in the developing rat kidney: Role in K+ excretion. 鈴木喜郎, 安岡有紀子 (生理), 下浜孝朗 (内), 錦谷まりこ (生理), 中村信大, 広瀬茂久 (東工大), 河原克雅 (生理): Kidney. Int., 63: 969〜975, 2003.

73. [原著] Neuronal activation in female budgerigars is localized and related to male song complexity. 藤原宏子 (日本女子大), 佐藤亮平 (生理), Johan J. Bolhuis (ユートレヒト大), 木村武二 (日本女子大): Eur. J. Neurosci, 17: 149〜154, 2003.

74. [原著] Oxidative modulation of the glutathione-redox couple enhances lipopolysaccharide-induced interleukin 12 P40 production by a mouse macrophage cell line, J774, A.1. 小松博義 (医衛), 星野亜紀 (大学院), 船山 学 (大学院), 河原克雅 (生理), 小幡文弥 (医衛): Free. Radical. Research., 37: 293〜299, 2003.

75. [総説] 血尿. 河原克雅 (生理): 腎臓, 25: 3, 2002.

76. [総説] クリアランス. 河原克雅 (生理): 腎臓, 25: 44〜45, 2002.

77. [総説] 利尿薬=腎尿細管 Na+輸送の阻害薬. 河原克雅 (生理): 腎臓, 25: 252〜254, 2003.

78. [総説] 分子レベルからみた尿細管機能. 河原克雅, 安岡有紀子 (生理): 腎と透析, 53: 19〜24, 2002.

[著 書]

79. [学術書] (分担執筆) トレーニング生理学; 腎臓とトレーニング, p.309〜315, 河原克雅 (生理). 編集 芳賀脩光, 大野秀樹, 杏林書院, 東京, 2003.01.20発行.

80. [学術書] (編集) 人体の正常構造と機能T: 呼吸器: 著者 牛木辰男 (新潟大), 小林弘祐 (内). 編集 坂井建雄 (順天堂大), 河原克雅 (生理), 日本医事新報社, 東京, 2002.06.01発行.

81. [学術書] (編集) 人体の正常構造と機能Z: 血液・免疫・内分泌; 著者 山本一彦 (東大), 松村譲兒 (杏林大), 多久和 陽 (金沢大). 編集 坂井建雄 (順天堂大), 河原克雅(生理), 日本医事新報社, 東京, 2002.11.28発行.

[学会・研究会等]

82. [学会 (全国)] (一般講演) 腎カリウム分泌能の生後発達. 河原克雅, 安西尚彦, 鈴木喜郎, 錦谷まりこ (生理), 泉田-森口いぶき, 小久保麻子 (大学院生): 第10回日本発達腎研究会 (2001.09.29), 東京. 日本発達腎研究会誌, 10 (1): 26〜29, 2002.

83. [学会 (全国)] (一般講演) さえずりの複雑さに関わる神経活動は終脳聴覚領NCMに局在している. 藤原宏子, 木村武二 (日本女子大), 佐藤亮平 (生理), J.J., Bolhuis (ユトレヒト大): 第73回日本動物学会 (2002.09), 金沢. Zoological. Sci. 19: 120, 2002.

84. [学会 (全国)] (一般講演) 脱水環境下実験的内リンパ水腫動物モデルの聴覚の経時的変化. 長沼英明 (耳鼻), 河原克雅, 鈴木喜郎 (生理), 徳増厚二 (耳鼻), 山科正平 (解), 岡本牧人, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 栗原里佳 (耳鼻), 米田 敏 (生物物理): 第61回日本めまい平衡医学会総会(2002.10.31〜11.01), 富山. Equilibrium Research., 61(5): 359, 2002.

85. [学会 (全国)] (ポスター) ヒト気道上皮細胞 (16HBE) における物理刺激感受性ATP放出とシグナル伝播. 河原克雅, 竹村尚志, 錦谷まりこ, 安岡有紀子, 鈴木喜郎 (生理), 玉置 淳, 永井厚志 (東京女子医大): 第45回日本腎臓学会総会 (2002.05.23〜25), 大阪. 日本腎臓学会誌, 44 (3): 262, 2002.

86. [学会 (全国)] (ポスター) Vasoactive intestinal polypeptide (VIP) restored bethanechol-induced chloride secretion blocked by TTX in guinea pig distal colon. 河原克雅 (生理), 小久保麻子 (大学院生), 錦谷まりこ (帝京大), 安岡有紀子, 鈴木喜郎 (生理): 第79回日本生理学会総会 (2002.03.28〜30), 広島. Jpn. J. Physiol., 52 (Suppl): S64, 2002.

87. [学会 (全国)] (ポスター) Distribution of the inward rectifier K+channel (Kir7.1) mRNA in rat nephron. 鈴木喜郎 (生理), Sun D., 谷口茂夫 (東大), 広瀬茂久 (東工大), 河原克雅 (生理): 第79回日本生理学会総会 (2002.03.28〜30), 広島. Jpn. J. Physiol., 52 (Suppl): s93, 2002.

88. [学会 (全国)] (ポスター) Induction of ZENK protein in the brain of budgerigars (Melopsittacus undulates), V. 佐藤亮平 (生理), 藤原宏子, 川辺裕可子, 篠原 翠, 木村武二 (日本女子大), 山崎捨夫 (岐阜大): 第79回日本生理学会総会 (2002.03.28〜30), 広島. Jpn. J. Physiol., 52 (Suppl): S150, 2002.

89. [学会 (全国)] (ポスター) Induction of ZENK protein in the brain of budgerigars (Melopsittacus undulates), U. 佐藤亮平 (生理), 藤原宏子, 木村武二 (日本女子大), 山崎捨夫 (岐阜大): 第25回日本神経科学会(2002.07.00), 東京. Neurosci. Res., 26 (Suppl): S155, 2002.

90. [学会 (全国)] (ポスター) さえずりの複雑さに感受性を持つ雌セキセイインコの終脳聴覚領. 藤原宏子 (日本女子大), 佐藤亮平 (生理), J.J., Bolhuis (ユトレヒト大), 木村武二 (日本女子大): 第21回日本動物行動学会(2002.10.00), 東京. 第21回日本動物行動学会予稿集, p.50, 2002.


<<代謝蛋白学>>

[学術論文]

91. [原著] Detection of enriched Thomsen-Friedenreich antigen on IgA1 from IgA nephropathy patient. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 勝又 忠 (理学部), 伊藤昭彦 (耳鼻), 比企能之 (名古屋大), 中村郁子, 佐野 隆, 高谷 徹, 小林 豊 (内): Journal of Nephrology, 15: 703〜708, 2003.

92. [原著] Quantitative analysis of IgA1 binding protein prepared from human serum by hypoglycosylated IgA1/Sepharose affinity chromatography. 中村郁子 (内), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), Yukichi Ohba, 比企能之 (名古屋大), 勝又 忠 (理学部), 小林 豊 (内): Journal of Chromatography B, 776: 101〜-106, 2002.

93. [原著] Tonsillar IgA1 as a possible source of hypoglycosylated IgA1 in the serum of IgA nephropathy patient. 伊藤昭彦 (耳鼻), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 高谷 徹, 中村郁子 (内), Miyuki Hayashi, Kazuhito Oba, 比企能之 (名古屋大), 小林 豊 (内), 岡本牧人 (耳鼻): Nephrol. Dial. Transplant, 18: 1108〜1114, 2003.

94. [原著] Chemical structures and immunolocalization of glycosphingolipids isolated from Dihyllobothrium hottai adult worms and plerocercoids. Iriko, H. (代謝蛋白), 中村和生 (代謝蛋白), 小嶋久子 (代謝蛋白), Iida-T, N. (帝京大), Ishizuka, I. (帝京大), Kasama, T. (東京医歯大), Kawakami, Y., Uchida, A., Murata, Y., Tamai, Y.: European Journal of Biochemistry, 269: 3549〜3559, 2002.

95. [原著] Neonatal exposure to endocrine disruption suppresses juvenile testis weight and stereoidogenesis but spermatogenesis is considerably restored during puberty. 桑田正広 (代謝蛋白), 川島 麗 (代謝蛋白), 中村和生 (代謝蛋白), 小嶋久子 (代謝蛋白), 蓮見英世 (代謝蛋白), 牧 純 (微), 菅野幸子 (看護学部): Biochemistry Biophysics Research Communication, 295: 193〜197, 2002.

96. [原著] Immunohistochemical localization in rat gastrointestinal tract of a sialomucin species recognized by HCM31, a new anti-mucin monoclonal antibody. 池沢智明 (内), 五艘行信, 市川尊文 (代謝蛋白), 林田浩明 (内), 中村 健 (微), 栗原 誠 (関東化学), 岡安 勲 (病理), 西元寺克禮 (内), 石原和彦 (医衛): Biomed. Res., 23 (2): 63〜68, 2002.

97. [原著] Convenient Analytical Methods for Endo-type Glycosidase that Act on Glycoconjugates and Their Application in Glycotechnology. 石井郁子 (代謝蛋白): Analytical Sciences, 19 (1): 93〜97, 2003.

98. [準原著] 環境ホルモンと精巣の男性ホルモン生合成酵素並びに受容体との結合. 桑田正広, 川島 麗, 小嶋久子, 中村和生 (代謝蛋白), 古舘専一 (実動), 牧 純 (微), 菅野幸子 (看護学部): 北里医学, 32 (6): 452〜456, 2002.

99. [準原著] アルコールと胃粘膜防御機構. 市川尊文 (代謝蛋白学): 適応医学, 6 (2): 47〜50, 2002.

100. [総説] 胃粘液分泌. 五艘行信 (代謝蛋白), 石原和彦 (医衛): 日本臨床, 60 (Suppl. 2): 240〜244, 2002.

【著 書】

101. [学術書] (分担執筆) サイトプロテクション; 胃ムチン (粘液糖蛋白質). 市川尊文 (代謝蛋白), 石原和彦 (医衛), 監修 井上正康 (大阪市立大大学院), 癌と化学療法社, 東京, 2002.03.30.

【学会・研究会等】

102. [学会 (国際)] (一般講演) Gender difference and epitope specificity of IgG antibody against IgA1 hinge portion in IgA nephropathy patients. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 中村郁子 (内), Kenji Arai (旭化成), Yoko Nagai, Kazunori Toma, 勝又 忠 (理学部), 佐野 隆, 小林 豊 (内): XXIst International Carbohydrate Symposium (2002.07.07), Cairns, Australia. Abstract of XXIst International Carbohydrate Symposium, 239, 2002.

103. [学会 (国際)] (一般講演) Biological activity of O-glycans of IgA1 hinge on human mesangial cells: A comprehensive gene expression profiling analysis using a cDNA array. Yoshinari Yasuda, Akeyo Horie, Satoshi Nakai (名古屋大), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 小林 豊 (内), 比企能之 (名古屋大): The American Society of Nephrology (2002.11.02), Philadelphia, America. Journal of the American Society of Nephrology, 13: 123A, 2002.

104. [学会 (国際)] (一般講演) Detection of gender difference and epitope specificity of immunoglobulin G antibody activity against immunoglobulin A hinge portion in immunoglobulin A nephropathy patients using synthetic hinge peptide and glycopeptide probes. 中村郁子 (内), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), Kenji Arai (旭化成), Kazunori Toma, 比企能之 (名古屋大), 佐野 隆, 小林 豊 (内): The American Society of Nephrology (2002.11.02), Philadelphia, America. Journal of the American Society of Nephrology, 13: 660A, 2002.

105. [学会 (国際)] (一般講演) Chemical structures and immunolocalization of glycosphingolipids isolated from Dihyllobothrium hottai adult worms and plerocercoids. Iriko, H., 中村和生, 小嶋久子 (代謝蛋白), Kawakami, Y., Uchida, A., Murata, Y., Tamai, Y.: 10th Int. Cong. Parasitology (第10回国際寄生虫学会)(2002.08), Vancouver, Canada. Abstracts of 10th Int. Cong. Parasitology.

106. [学会 (国際)] (一般講演) Expression and the possible function of SSEA-1 in the developing. 柳澤 亮 (熊本大), 中村和生 (代謝蛋白), Tanaka, H., 田賀哲也 (熊本大): Society for Neuroscience 32nd Annual Meeting, U.S.A. (2002.11).

107. [学会 (全国)] (招待された講演) アルコールと胃にまつわる研究余話. 市川尊文 (代謝蛋白): 第6回日本適応医学会 (2002.06.22), 相模原. 適応医学, 6 (1): p.17, 2002.

108. [学会 (全国)] (招待された講演) 神経発生におけるSEEA-1の発現とその機能の解析. 柳澤 亮 (熊本大), 中村和生 (代謝蛋白), 田賀哲也 (熊本大): 第75回日本生化学会大会 (2002.10.16), 京都. 生化学, 74 (8): p.859, 2002.

109. [学会 (全国)] (一般講演) 合成IgA1ヒンジ糖ペプチドによるGal転移酵素の受容体特異性の検討. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 勝又 忠 (理学部), 伊藤昭彦 (耳鼻), 中村郁子, 小林 豊 (内), 戸澗一孔 (野口研), 岩崎裕産, 工藤 崇, 成松 久 (産総研): 第75回日本生化学会大会(2002.10.16), 京都. 生化学, 74: p.856, 2002.

110. [学会 (全国)] (一般講演) IgA腎症患者血清IgA1はアシアロ型TF抗原に富む. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 勝又 忠 (理学部), 中村郁子 (内), 伊藤昭彦 (耳鼻), 比企能之 (名古屋大), 小林 豊 (内): 第23回日本糖質学会年会 (2002.08.23), 横浜. 第23回日本糖質学会抄録集, p.100, 2002.

111. [学会 (全国)] (一般講演) IgA腎症患者における血中抗ヒンジ抗体の特異性と性差−合成ヒンジ糖ペプチドプローブを用いた検討−. 中村郁子 (内科), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 比企能之 (名古屋大), 小林 豊 (内科): 日本腎臓学会 (2002.05.23), 大阪. 日本腎臓学会誌, 44: p.283, 2002.

112. [学会 (全国)] (一般講演) 環境ホルモン被曝による精巣重量と精子形成とに対する影響. 桑田正広, 川島 麗, 中村和生, 小嶋久子, 蓮見英世 (代謝蛋白), 菅野幸子 (看護学部),牧 純 (微): 第75回日本生化学会大会(2002.10), 京都.

113. [学会 (全国)] (一般講演) 未分化神経上皮細胞におけるSSEA-1の発現とその機能の解析. 柳澤 亮 (熊本大), 中村和生 (代謝蛋白), 田賀哲也 (熊本大): 第25回日本分子生物学会年会 (2002.12), 横浜.

114. [学会 (全国)] (一般講演) マウス胎仔神経上皮細胞におけるSSEA-1の発現とその機能の解析. 柳澤 亮 (熊本大), 中村和生 (代謝蛋白), 田賀哲也 (熊本大): 第23回日本糖質学会年会 (2002.08), 横浜.

115. [学会 (全国)] (一般講演) 糖タンパク質の結合部分に作用する糖質分解酵素の有用性. 傘 郁子 (代謝蛋白), Bhavanandan, V.P. (The Pennsylvania State University): 第75回日本生化学会大会 (2002.10.15), 京都. 生化学, 74 (8): p.729, 2002.

116. [学会 (全国)] (一般講演) 糖鎖の1H-NMR スペクトルの簡易解析法; 機能性糖鎖の高次構造解明をめざして. 傘 郁子 (代謝蛋白): 日本分析化学会第51年会(2002.09.19), 札幌. 講演要旨集, p.210, 2002.

117. [学会 (全国)] (ポスター) ブタMUC6胃ムチンの検討. 小原 進 (代謝蛋白), 玉木英明 (解), 平山弘人 (理学部), 蓮見英世 (代謝蛋白), 久保田敏彦 (内): 日本生化学会 (2002.10.16), 京都. 生化学, 74 (8): p.859, 2002.

118. [学会 (全国)] (ポスタ−) 坑ムチンモノクローナル抗体 が認識する糖鎖エピトープ構造の解析. 遠藤雅樹 (医療系大学院), 五艘行信 (代謝蛋白), 池澤智明 (内), 高野裕子 (医療系大学院), 石原和彦 (医衛): 第75回日本生化学会大会 (2002.10.15), 京都. 生化学, 74 (8): p.725, 2002.

119. [学会 (全国)] (ポスター) Localization of selenium-dependent glutathione peroxidase-GI in rat stomach. 市川尊文 (代謝蛋白), 川上 倫 (生理), 竹中敏文, 日下部辰三 (国士舘大): 第107回日本解剖学会総会(2002.03.30), 浜松. 解剖学雑誌, 77 (抄録号): 90, 2002.

120. [学会 (全国)] (ポスター) 消化管型グルタチオンペルオキシダーゼの胃粘膜における局在の検討. 市川尊文 (代謝蛋白), 小幡文弥, 石原和彦 (医衛), 日下部辰三 (国士舘大): 第75回日本生化学会大会 (2002.10.15), 京都. 生化学, 74: p.829, 2002.

121. [研究会 (全国)] (一般講演) 複合糖質分解酵素の簡易分析法の開発と応用. 傘 郁子 (代謝蛋白): 第15回バイオメディカル分析化学シンポジウム (2002.08.21), 金沢. 講演要旨集, 139〜142, 2002.

122. [研究会 (地方)] (一般講演) IgA腎症患者血清IgA1はアシアロ型Thomsen-Friedenreich (TF) 抗原に富む. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 勝又 忠 (理学部), 高谷 徹, 中村郁子, 小林 豊 (内), 伊藤昭彦 (耳鼻), 比企能之 (名古屋大): IgA腎症研究会 (2003.01.25), 東京. 第26回IgA腎症研究会抄録, p.2, 2003.

123. [研究会 (地方)] (一般講演) IgA腎症における扁桃摘出術後ステロイドパルス療法の血清IgA1ヒンジ部糖鎖構造への影響. 堀江明世, 安田宜成, 小谷博子, 比企能之 (名古屋大),中村郁子, 小林 豊 (内), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白): IgA腎症研究会 (2003.01.25), 東京. 第26回IgA腎症研究会抄録, p.8, 2003.

124. [研究会 (地方)] (一般講演) IgA腎症患者扁桃IgAの量的, 質的解析. 伊藤昭彦 (耳鼻), 岩瀬仁勇 (代謝蛋白), 高谷 徹, 中村郁子, 小林 豊 (内), 比企能之 (名古屋大), 岡本牧人 (耳鼻): IgA腎症研究会 (2003.01.25), 東京. 第26回IgA腎症研究会抄録, p.3, 2003.


<<遺伝子学>>

[学術論文]

125. [原著] Assignment of swine TNFRSF6 (Fas) to chromosome 14q25→q27 and TNFSF6 (FasL) to chromosome 9q14→q22 by FISH and radiation hybrid mapping. Yamamoto, R., Muneta, Y., Hiraiwa, H,. Kiuchi, S., Yasue, H., 高垣洋太郎 (遺伝), Awata, T., Uenishi, H.: Cytogenetic & Genome Research. 97 (3〜4): 276D, 2002.

126. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (1) 21世紀は遺伝子の時代. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 615: 76〜78, 2002.

127. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (2) 遺伝子は, メンデルが出発である. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 616: 66〜68, 2002.

128. [講座] 臨床医のための遺伝学講座 (3) 染色体と非メンデル遺伝. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 617: 86〜89, 2002.

129. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (4) DNAと組換え技術. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 618: 88〜91, 2002.

130. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (5) 塩基配列と遺伝情報. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 619: 78〜81, 2002.

131. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (6) RNAとウィルス. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 620: 68〜71, 2002.

132. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (7) DNAの修復. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 621: 70〜73, 2002.

133. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (8) がんは遺伝子の病気 (1) −oncogene−. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 622: 60〜63, 2002.

134. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (9) がんは遺伝子の病気 (2) −がん抑制遺伝子と多段階説−. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 623: 84〜87, 2002.

135. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (10) 家計図と遺伝子診断. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 624: 96〜100, 2002.

136. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (11) 免疫学と遺伝子 その1. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 625: 80〜84, 2002.

137. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (12) 免疫学と遺伝子 その2. T細胞とMHC. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 626: 56〜60, 2003.

138. [講座] 臨床医のための遺伝子学講座 (13) 生物の人為的改変. 高垣洋太郎 (遺伝): 神奈川県医師会報, 628: 64〜68, 2003.

139. [学会 (国際)] (一般講演) Porcine T cell receptor genes: the genomic structure and expression in piglet thymus. 高垣洋太郎, Watanabe, M., 初瀬洋美, 亀山孝三 (遺伝), Yang, Y-G., Iwasaki, Y., Mita, Y., Kawamura, H., Matsuoka, K., Ota , S. (Mitsubishi kasei Int.Life Science), Akiyama, M., Omori, T., Yamada, S., Shimizu, M., Hiraiwa, H., Uenishi, H., Kuie, S., Yasue, H. (National Inst of Agrobiological Sciences): Kyoto T cell Conference (2002.04.05), Kyoto. KTCC (2rd International Wrokshop), S10: 7, 2002.

140. [学会 (国際)] (一般講演) Binding motif of PEA-3 ETS Transcription factor expressed in murine thymus. 中島洋一, Ishida, R. (遺伝), Matsuoka, K. (Tokyo Metropolitan Institute of Med), 高垣洋太郎 (遺伝): Kyoto T cell Conference (2002.04.03), 京都. KTCC (3rd International Workshop), p.53〜58, 2002.

141. [学会 (全国)] (ポスター) 豚T細胞抗原受容体δ鎖に対する単クローン性抗体7G3の樹立とその解析. 唐巍然, 塩谷順彦, 清河信敬, 田口智子, 竹野内寿美, 松井 淳, 板垣当子, 江端智彦, 片桐洋子, 江口智子, 安江 博, 高垣洋太郎 (遺伝), 藤本淳一郎: 第32回日本免疫学会総会 (2002.12.04〜06), 東京. 2002.

142. [学会 (全国)] (ポスター) ブタT細胞レセプターα鎖遺伝子の解析: 一ヶ月齢, 5ヶ月齢ブタ胸腺cDNAの多様性. 山本竜司 (遺伝), 上西博美 (農業生物資源研), 初瀬洋美, 高垣洋太郎 (遺伝), 佐藤英明 (東北大), 安江 博 (農業生物資源研): 第25回日本分子生物学会年会(2002.12.11), 横浜. 2002.

143. [学会 (地方)] (一般講演) ブタT細胞レセプターγ鎖ゲノム構造の解析. 亀山孝三 (遺伝), 上西博美 (農業生物資源研), 高垣洋太郎 (遺伝): Kyoto T cell Conference (2003.06.27), 京都. 抄録集, p.7, 2003.


<<薬理学>>

[学術論文]

144. [原著] Bradykinin inhibits development of myocardial infaraction through B2 receptor signaling by increment of regional blood flow around the ischaemic lesions in rats. 伊藤浩嗣 (内), 林 泉 (薬理), 和泉 徹 (内), 馬嶋正隆 (薬理): British Journal of Pharmacology, 138: 225〜233, 2003.

145. [原著] Significance of Vascular Endothelial Cell Growth Factor Up-Regulation Mediated via a Chymase-Angiotensis-Dependent Pathway during Angiogenesis in Humster Sponge Granulomas. 片田 淳, 村松理子, 林 泉 (薬理), 堤 正弘, 小西陽一 (奈良県立医大), 馬嶋正隆 (薬理): Jounal of pharmacology and Experimental Therapeutics, Vol.302. No.3: 949〜956, 2002.

146. [原著] AT2 receptor-dependent vasodilation is mediated by activation of vascular kinin generation under flow conditions. 片田 淳, 馬嶋正隆 (薬理): British Journal of Pharmacology, 136: 484〜491, 2002.

147. [原著] Cyclooxygenase-2 Inhibitors Attenuate Increased Blood Pressurein Renovascular Hypertensive Model, but Not in Deoxycorticosterone-SaltHypertension. 奥村俊明, 林 泉 (薬理), 池澤智明, 山中真理子, 高田哲秀, 藤田芳邦, 西元寺克禮 (内), 山科正平 (解), 馬嶋正隆 (薬理): Hypertens Res 25 (6): 2002.

148. [原著] Blockade of angiotensin AT1a receptor signaling reduces tumor growth, angiogenesis, and metastasis. 藤田 護 (整外), 林 泉 (薬理), 山科正平(解), 糸満盛憲 (整外), 馬嶋正隆 (薬理): Biochem Biophys Res Commun, Jun 7; 294 (2): 441〜7, 2002.

149. [原著] Role of kinin and prostaglandin in cutaneous thermal nociception. 松崎重之, 林 泉 (薬理), 奈良佳洋 (生物物理系), 鎌田一寿 (薬理), 山中真理子 (内), 岡本浩嗣(麻酔), 外 須美夫 (麻酔), 馬嶋正隆 (薬理): Int Immunopharmacol, 2002 Dec; 2 (13-14): 2005〜12, 2002.

150. [原著] Potassium-induced increase in renal kallikrein secretion is attenuated in dissected renal connecting tubles of young spontaneously hypretensive rats. 山中真理子 (内), 林 泉 (薬理), 藤田朋恵 (薬理), Cha SH, 遠藤平仁, 東原正明 (内), 馬嶋正隆 (薬理): Int Immunopharmacol, 2002 Dec; 2 (13〜14): 1957〜64, 2002.

151. [原著] Suppressed angiogenesis in kininogen-deficiencies. 林 泉 (薬理), 天野英樹, 吉田聡子 (胸外), 鎌田一寿, 鎌田真理子, 犬飼 円, 藤田朋恵, 馬嶋正隆 (薬理): Lab Invest, 2002 Jul; 82 (7): 871〜80, 2002.

152. [原著] Expression of the interleukin-8 recepters CXCR1 and CXCR2 on cord-blood-derived cultured human mast cells. 稲村弘明, 黒沢元博, 岡野 昭, 萱場広之, 馬嶋正隆 (薬理): Int Arch Allergy Immunol., 128 (2): 142〜150, 2002.

153. [原著] Effect of FR167653, a novel inhibitor of tumor necrosis factor-alpha and interleukin-1bata synthesis on lipopolysaccharide-induced hepatic microvascular dysfunction in mice. 松本 豊, 伊藤義也, 林 泉 (薬理), 馬嶋正隆 (薬理), 石井健一郎, 片桐寛之, 柿田 章 (外科): Shock, 17 (5): 411〜415, 2002.

154. [原著] Expreimental study on hepatic reinnervation after orthotopic liver transplantation in rats. 坂本いずみ, 高橋 毅 (外), 柿田 章 (外), 林 泉 (薬理), 馬嶋正隆 (薬理): J Hepatol, 2002 Dec; 37 (6): 814〜23, 2002.

155. [原著] Suppression of dextran sulfate sodium-induced colitis in kininogen-deficient rats and non-peptide B2 receptor antagonist-treated rats. 鎌田一寿, 林 泉 (薬理), 水口澄人, 新井勝春, 佐伯威男, 大野 隆, 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): Jpn J Pharmacol. Sep: 90 (1): 59〜66, 2002.

156. [原著] Neutrophill elastase inhibitor attenuates microvascular dysfunction in mice. 石井健一郎, 伊藤義也, 片桐寛之 (薬理), 松本 豊, 柿田 章 (外), 馬嶋正隆 (薬理): Shock, Aug; 18 (2): 163〜8, 2002.

157. [原著] Enhanced exudation of fibrinogen into the preivascular space in acute inflammation triggered by neutrophil migration. 斉藤真希, 島 千賀子, 高木美和子, 荻野三智子, 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): Inflamm. Res., Jul; 51 (7): 324〜32, 2002.

158. [原著] Nitric oxide released from iNOS in polumorphonuclear leukocytes makes them deformable in an autocrine manner. 小林弘祐, Cui T, 安藤みゆき, 畑石隆治, 今崎貴生, 三藤 久 (内), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理): Nitric Oxide., Nov; 7 (3): 221〜7, 2002.

159. [原著] Release of a new vascular permeability enhancing peptide from kininogens by human neutrophil elastase. 今村 隆寿, 棚瀬純男, 林 泉 (薬理), Potenpa J, Kozik A, Travis J: Biochem Biophys Res Commun, Jun 7; 294 (2): 423〜8, 2002.

160. [原著] Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of TF-505, a novel nonsteroidal 5α-reductase inhibitor, in normal subjects treated with single or multiple doses. 藤田朋恵, 松本宣明, 木村利実, 横田愼一, 澤田実花, 馬嶋正隆 (薬理), 大谷義夫, 熊谷雄治 (薬理): Bri J Clin Pharmacol, 54: 283〜294, 2002.

161. [原著] チボロン (KB-889) およびその代謝物の閉経後女性および高齢女性における薬物動態の検討. 熊谷雄治, 藤田朋恵 (薬理), 横田愼一, 澤田実花, 井澤志名野, 鈴木勇一, 立岡和弘, 庄田 隆, 矢後和夫: 臨床薬理, 33(5): 205〜213, 2002.

162. [原著] 朝の昇圧に対する治療戦略. 熊谷雄治 (薬理): 循環器科, 53 (3):194〜199, 2003.

163. [準原著] HMG-CoA 還元酵素阻害薬投与後の肝機能検査値の変動. 澤田実花, 熊谷雄治 (薬理), 横田愼一, 永松紀子, 藤田朋恵 (薬理), 黒山政一, 矢後和夫, 海老原昭夫, 大石正平: 臨床薬理, 33 (1): 33〜34s, 2002.

164. [準原著] 入院患者におけるクレアチニン・クリアランスの予測性. 飯島 肇, 横山錬蔵, 熊谷雄治 (薬理), 大石正平: 臨床薬理, 33 (1): 191s〜192s, 2002.

165. [準原著] 臨試協における学術教育部会の活動とその成果. 飯島 肇, 武部雅人, 伊藤忠雄, 浦江明憲, 稲田健一, 斉藤 孝, 須田芳衛, 小川勝利, 桜井久仁子, 横山錬蔵, 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理, 33 (1): 193s〜194s, 2002.

166. [準原著] 健常成人を対象とした臨床薬理試験の外来通院における服薬コンプライアンスの検討. 野村今日子, 横田愼一, 澤田実花, 野口佳代子, 七条久美子, 入戸野和代, 熊谷雄治 (薬理), 大谷義夫, 黒山政一, 矢後和夫: 臨床薬理, 34 (1): 209s〜210s, 2003.

167. [準原著] 健常成人女性を対象とした臨床試験 (治験)参加に関するアンケート調査. 横田愼一, 澤田実花, 野中美和, 塙 久美子, 永松紀子, 野口佳代子, 野村今日子, 熊谷雄治 (薬理), 大谷義夫, 黒山政一, 矢後和夫: 臨床薬理, 34 (1): 211s〜212s, 2003.

168. [総説] The Renal Kallikrein-Kinin System: Its Role as a Safety Valve for Excess Sodium Intake, and Its Attenuation as a Possible Etiologic Factor in Salt-Sensitive Hypertension. 鹿取 信, 馬嶋正隆(薬理): Critical Reviews in Clinical Laboratory Sciences, 40 (1): 43〜115, 2003.

169. [総説] 治験カルテの見方. 熊谷雄治 (薬理): Pharmstage, 2 (1): 16〜21, 2002.

170. [総説] 新薬開発におけるヒト投与での安全試験. 熊谷雄治 (薬理): 臨床化学, 31 (2): 69〜75, 2002.

[著 書]

171. [教育書] 医薬品研究開発とMRの倫理. MR継続教育用テキストU倫理. 熊谷雄治 (薬理), 野中美和, 監修 西 三郎, エルゼビア・サイエンス (株), 東京, p109〜129, 2003.

[学会・研究会等]

172. [学会 (国際)] (教育講演) Chronopharmacological approach to blood pressure disorders as a model for children. 熊谷雄治 (薬理), 渡辺義彦, Germaine Cornelissen, Othild Schwartzkopff, Franz Halberg: International and interdisciplinary Conference (2002.11.29〜30), Munich, Germany.

173. [学会 (国際)] (ポスター) Circaseptan core temperature rhythm development in a chronomic and familial context (Poster). 熊谷雄治 (薬理), 熊谷友梨香, 熊谷衣瑠菜, Germaine Cornelissen, Erna Halberg, Francine Halberg, Othild Schwartzkopff, Franz Halberg: International and interdisciplinary Conference (2002.11.29〜30), Munich, Germany.

174. [学会 (国際)] (シンポジウム) The current situation of clinical trials in Japanese hospitals. 熊谷雄治: 日中医学大会-日中薬理, 臨床薬理 Joint Meeting(2002. 11.03〜06), 北京.

175. [学会 (全国)] (シンポジウム) 誘導型サイクロオキシゲナーゼと炎症反応. 馬嶋正隆, 林 泉 (薬理): 第76回日本薬理学会年会 (2003.03.24〜26), 福岡.

176. [学会 (全国)] (シンポジウム) がん依存血管新生におけるアンギオテンシン受容体シグナリングの役割. 藤田 護 (整外), 林 泉 (薬理), 片田 淳 (薬理), 村松理子(薬理), 馬嶋正隆 (薬理): 第76回日本薬理学会年会 (2003.03.24〜26), 福岡.

177. [学会 (全国)] (一般演題) 腫瘍血管新生を増強する宿主プロスタグランジン E2-EP3受容体シグナリングの役割. 林 泉 (薬理), 天野英樹 (胸外), 杉本幸彦, 村田隆彦, 成宮 周, 馬嶋正隆 (薬理): 第76回日本薬理学会年会(2003.03.24〜26), 福岡.

178. [学会 (全国)] (一般演題) 内因性プロスタグランジンおよびカプサイシンによる胃平滑筋活動電位の変化. 水口澄人, 大野 隆 (内), 鎌田一寿 (薬理), 新井勝春, 佐伯威男 (内), 林 泉 (薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 第76回日本薬理学会年会 (2003.03.24〜26), 福岡.

179. [学会 (全国)] (シンポジウム) 時間薬物治療学の現状と今後の展開. 熊谷雄治 (薬理): 日本薬学会 (2002. 03.28), 千葉.

180. [学会 (全国)] (シンポジウム) 時間薬理を考えた高血圧治療の戦略? 朝の血圧に対する戦略. 熊谷雄治 (薬理): 時間循環血圧研究会 (2002.07.13), 東京.

181. [学会 (全国)] (シンポジウム) 医療機関の立場から. 熊谷雄治 (薬理): 第23回日本臨床薬理学会年会(2002.12.10〜11), 大阪.

182. [学会 (全国)] (一般講演) 熊谷雄治 (薬理): 太陽・地球・生態系研究会 (2002.11.09), 東京.

183. [学会 (全国)] (ポスター) 健常成人を対象とした臨床薬理試験の外来通院における服薬コンプライアンスの検討. 野村今日子, 横田愼一, 澤田実花, 野口佳代子, 七条久美子, 入戸野和代, 熊谷雄治 (薬理), 大谷義夫, 黒山政一, 矢後和夫: 第23回日本臨床薬理学会年会(2002.12.10〜11), 大阪.

184. [学会 (全国)] (ポスター) 健常成人女性を対象とした臨床試験(治験)参加に関するアンケート調査. 横田愼一, 澤田実花, 野中美和, 塙 久美子, 永松紀子, 野口佳代子, 野村今日子, 熊谷雄治 (薬理), 大谷義夫, 黒山政一, 矢後和夫: 第23回日本臨床薬理学会年会 (2002.12.10〜11), 大阪.

185. [学会] (一般演題) Angiotgensin II AT1 受容体拮抗薬による腫瘍血管新生および増殖の抑制. 藤田 護 (整外), 糸満盛憲 (整外), 林 泉 (薬理), 馬嶋正隆 (薬理): 第106回日本薬理学会関東部会 (2002.06.08), 東京.

186. [学会] (一般演題) Angiotgensin II AT1 a受容体遮断による腫瘍血管新生および増殖の抑制. 藤田 護 (整外), 糸満盛憲 (整外), 林 泉 (薬理), 馬嶋正隆 (薬理): 第23回日本炎症・再生医学会 (2002.07.02), 東京.

187. [学会] (一般演題) ラットカラゲニン胸膜炎における誘導型NO合成酵素の発現. 藤澤秀行, 川村道子 (薬理), 畑中 公 (薬理), 原田芳照 (医衛): 第76回日本薬理学会年会 (2003.03.24〜26), Jpn. J. harmacol., 91 (suppl. I): 285p, 2003.

188. [学会] (一般演題) 炎症巣における白血球のアポトーシスとその後のマクロファージによる貪食の時間経過. 村井直樹, 藤澤秀行, 川村道子 (薬理), 畑中 公 (薬理), 原田芳照 (医衛): 第23回日本炎症学会 (2002.07.02〜03), 東京. 抄録集 p.384, 2002. 

189. [研究会] (一般講演) 腎血管性高血圧症に対する選択的COX-2 阻害薬の抑制作用. 奥村俊明 (内), 林 泉(薬理), 馬嶋正隆 (薬理): 第6回東京プロスタノイド研究会 (2002.12.07), 東京.


<<微生物・寄生虫学>>

[学術論文]

190. [原著] What can PROTEKT tell us at a local level? 井上松久 (微): J Chemotherapy, 14 (S3): 17〜24, 2002.

191. [原著] Characterization of pKU701, a 2.5kb plasmid, in a Japanese Helicobacter pylori isolate. 保坂美生 (医療系研究科), 岡本了一, 入野田一彦 (医療系研究科), 海江田 哲, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内), 井上松久(微): Plasmid, 47: 193〜200, 2002.

192. [原著] Investigation of extended-sspectrum β-lactamase in Klebsiella pneumoniae and Escherichia coli from China. Xiong Z, Zhu D, Wang F, Zhang Y, 岡本了一, 井上松久 (微): Diagn Microbiol Infect, Dis., 44: 195〜200, 2002.

193. [原著] Antagonism between aminoglycosides and β-lactams in a methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolates involved induction of an aminoglycoside-modifying enzyme. 井田孝志 (微生物学専攻生), 岡本了一 (微), 野々山勝人 (感染症), 入野田一彦 (医療系研究科), 蔵園瑞代 (明治製菓), 井上松久 (微): Antimicrob Agents Chemother, 46: 1516〜1521, 2002.

194. [原著] Helicobacter pylori may survive ampicillin treatment in the remnant stomach. 保坂美生 (医療系研究科), 岡本了一 (微), 入野田一彦 (医療系研究科), 海江田 哲 (微), 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内), 井上松久 (微): J Antibiotics, 55: 495〜498, 2002.

195. [原著] Characteristic expression of three genes, msr (A), mph (C) and erm (Y), that confer resistance to macrolide antibiotics on Staphylococcus aureus. Mayumi Matsuoka, K. Endho, Y. Nakajima, T. Watanabe (北海道薬大), 井上松久 (微): FEMS Microbiology Letters, 220 (2003): 287〜293, 2002.

196. [原著] Antiinflammatory effect of retrovirally transfected interleukin-10 on monosodium urate monohydrate crystal-induced acute inflammation in murine air pouches. 村上洋介 (医療系研究科), 赤星 透 (臨検学), 川合眞一 (聖マリアンナ医大), 井上松久, 北里英郎 (微): Arthritis & Rheumatism, 46 (9): 2504〜2513, 2002.

197. [原著] Production of MIP-3 α (CCL20) and MIP-3 β (CCL19) by human peripheral blood neutrophils in response to microbial pathogens. 赤星 透 (臨検学), 笹原武志 (微), 生井理恵, 松井俊通, 渡部洋行 (内), 北里英郎, 井上松久 (微), 近藤啓文 (内): Infec Immun., 71 (1), 524〜526, 2003.

198. [原著] 基礎の立場から−PharmacokineticsとPharmacodynamicsに基づいた経口β-ラクラム薬の評価−. 沖津尚弘, 井上松久 (微): Antibiotics & Chemotherapy, 18 (9): 25〜35, 2002.

199. [原著] 抗菌薬の評価パラメーター−新たな知見−(カルバペネム系薬登場から15年が経過して). 松田耕二, 井上松久 (微): Antibiotics & Chemotherapy, 18 (S-2): 12〜17, 2002.

200. [原著] MRSAの疫学的動向と各種抗菌薬の活性について. 蔵園瑞代, 山田恵子, 平井洋子, 井田孝志 (明治製菓), 井上松久 (微): 日本化学療法学会雑誌 50 (8): 487〜, 2002.

201. [原著] 上気道感染症とそれに伴う急性結膜炎の起炎の解析. 坂本則敏, 清水公也 (眼), 井上松久, 生方公子 (微): 藤沢市内科医学会雑誌, 14: 42〜50, 2002.

202. [原著] 複合酸化剤溶液のCryptosporidiumparvumオーシスト感染性に対する不活化効果. 笹原武志, 青木正人, 関口朋子, 高橋 晃, 佐藤義則, 北里英郎, 井上松久 (微): 感染症誌, 77 (2): 75〜82, 2003.

[著 書]

203. [教科書] (共著) 細菌学; 細菌の化学療法. 井上松久, 岡本了一 (微), 朝倉書店, 東京, 2002.05発行.

204. [学術書] (分担執) 臨床と微生物; ペニシリン系抗菌薬の再評価, 29: p.3〜11. 久我明男, 井上松久 (微), 近代出版, 東京, 2002発行.

205. [学術書] (分担執筆) 岡山県病院薬剤師会会報; β-ラクタム系薬耐性菌の現状とその背景, 44 (1); p.3〜5, 井上松久 (微). 岡山県病院薬剤師会, 岡山, 2003発行.

206. [学術書] (分担執筆) 月刊薬事44巻; 「新世紀の耐性菌対策」グラム陰性菌におけるβ-ラクタム薬耐性
−ESBL産生菌を中心に−, p.1269〜1273. 岡本了一, 佐藤優子, 中野竜一 (微), じほう, 東京, 2002発行.

207. [学術書] (分担執筆) 日本臨床 61巻 (増刊号3) 新世紀の感染症学 (下)−ゲノム・グローバル時代の感染症アップデート−; 感染症特論 β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗菌薬, P.221〜226. 中野竜一, 岡本了一 (微), 日本臨床社, 大阪, 2003.03.28発行.

208. [学術書] (分担執筆) アレルギー科 (Allergology); GATA-3トランスジェニックマウスにおけるアレルギー反応. 玉内秀一 (微), 編集 アレルギー科編集委員会, 科学評論社, 2002.08.28発行.

209. [学術書] (分担執筆) 感染・炎症・免疫; GATA-3と炎症. 玉内秀一 (微), 編集 感染・炎症・免疫編集委員会, 医薬の門社, 2002.03.15発行.

[学会・研究会等]

210. [学会 (国際) ](一般講演) In vitro Isolation of a Streptococcus pneumoniae Mutant Constitutively Resistant to Macrolides-Lincosamide (ML) and Characterization of Its Altered Attenuaator of the erm(B) Gene. 海江田 哲, 矢野寿一, 沖津尚弘, 保坂美生 (医療系研究科), 岡本了一, 井上松久 (微): 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agent and Chemotherapy (2002.10.06), サンディエゴ. 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agent and Chemotherapy Abstracts, p72.

211. [学会 (国際)] (一般講演) Characterization of a Novel Plasmid-Mediated AmpC β-lactamase Genes with an ampR Gene Originated from Citrobacter freundii. 中野竜一, 兼子謙一, 中野百実子, 岡本了一, 井上松久 (微): 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agent and Chemotherapy (2002.10.06), サンディエゴ. 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agent and Chemotherapy Abstracts, p82.

212. [学会 (国際)] (ポスター) Absent of HPV5 infection in Japanese psoriasis vulgaris. 村上洋介 (微), 江川清文 (熊大医), 迫田絵衣, 鈴木章代 (微), 小野友道 (熊大医), 井上松久, 北里英郎 (微): 20th International Papillomavirus Conference (2002.10.06), パリ. HPV 20th International Papillomavirus Conference Abstract, p109, No.P003.

213. [学会 (国際)] (ポスター) A case of HPV 60 infected epidermoid cyst without inclusion body. 北里英郎, 鈴木章代, 村上洋介, 迫田絵衣, 井上松久 (微), 小野友道 (熊大医), 東原正明(内), 江川清文 (熊大医): 20th International Papillomavirus Conference (2002.10.06), パリ. HPV 20th International Papillomavirus Conference Abstract, P109, No.P002.

214. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肺炎の難治性起炎菌に対する最新の知見−β-ラクタム薬を中心に−. 井上松久 (微): 第53回日本吸器学会総会 (2002.03.1), 福岡.

215. [学会 (全国)] (一般講演) Yersinia enterocolitica感染初期における好中球アポトーシスの制御. 笹原武志, 佐藤義則, 北里英郎, 井上松久 (微): 第75回日本細菌学会総会 (2002.04.04〜06), 横浜. 日本細菌学雑誌, 57(1): 318, 2002.

216. [学会 (全国)] (一般講演) Cryptosporidium parvum oocystsのMiox電解水による感染性不活効果. 青木正人, 笹原武志, 関口朋子, 高橋 晃, 北里英郎, 井上松久 (微): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸. 日本化学療法学会雑誌, 50 (suppl-A): 150, 2002.

217. [学会 (全国)] (一般講演) Imipenem subMIC処理Pseudomonas aeruginosaに対する好中球のPALE効果. 笹原武志, 佐藤義則, 関口朋子, 入野田一彦, 井上松久 (微): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸. 日本化学療法学会雑誌, 50 (suppl-A): 152, 2002.

218. [学会 (全国)] (一般講演) Pseudomonas aeruginosa の細胞侵入性に対するImipenem subMIC効果. 佐藤義則, 笹原武志, 北里英郎, 岡本了一, 井上松久 (微): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸. 日本化学療法学会雑誌, 50(suppl-A): 160, 2002.

219. [学会 (全国)] (一般講演) β-ラクタマーゼを中心とした抗菌薬に対する臨床分離菌の薬剤感受性. 佐藤優子, 岡本了一, 井上松久 (微): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸. 日本化学療法学会雑誌, 50(suppl-A): 201, 2002.

220. [学会 (全国)] (一般講演) CTX-M型β-ラクタマーゼ産生遺伝子の検出法について. 岡本了一, 佐藤優子, 中野竜一, 井上松久 (微): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜-11), 神戸. 日本化学療法学会雑誌, 50(suppl-A): 202, 2002.

221. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床分離大腸菌から検出されたセフェム耐性プラスミドがコードするampR-ampC調節機構の解析. 中野竜一, 中野百実子, 兼子謙一, 岡本了一, 井上松久 (微): 第50回日本化学療法学会総会(2002.05.09〜11), 神戸. 日本化学療法学会雑誌, 50(suppl-A): 202, 2002.

222. [学会 (全国)] (一般講演) class C型β-lactamaseの調節遺伝子ampDの変異とセフェム系薬の耐性化について. 小松洋子, 久我明男, 兼子謙一, 中野百実子, 北里英郎, 井上松久 (微): 第50回日本化学療法学会総会(2002.05.09〜11), 神戸. 日本化学療法学会雑誌, 50(suppl-A): 202, 2002.

223. [学会 (全国)] (一般講演) PGDS遺伝子導入による抗炎症作用の検討. 村上洋介 (微), 赤星 透 (臨検学), 川合眞一 (聖マリアンナ医大), 北里英郎 (微): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2002.04.21), 神戸. 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 抄録集 p.368, No. F21-4.

224. [学会 (全国)] (一般講演) ラットアジュバンド関節炎滑膜病変のトロンボキサンA2, プロスタグランジンI2 受容体の解析. 橋本 篤, 遠藤平仁, 栗原夕子 (内), 北里英郎 (微), 浅沼ゆう, 川合眞一 (聖マリアンナ医大), 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会(2002.04.22), 神戸. 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 抄録集 p.368, No. F31-3.

225. [学会 (全国)] (一般講演) ネズミ鞭虫 (Trichuris muris) の異なる株を感染させた感受性B10.BRマウスにおける血清IgG1及びIgG2aレベルの比較. 小山浩一,三上房子 (微): 第72回日本寄生虫学会大会 (2003.03.28〜30), 久留米. 第72回日本寄生虫学会大会&日本住血吸虫発見100年記念国際シンポジウムプログラム・抄録集,p.121, 2003.

226. [学会 (全国)] (一般講演) Nippostrongylus brasiliensis感染GATA-3トランスジェニックマウスにおける免疫応答の検討. 玉内秀一 (微), 小沢秀行 (慈恵大), 伊藤 守 (実中研), 寺島正純 (住友製薬), 高 秀華, 穂積勝人, 垣生園子 (東海大), 渡辺直煕 (慈恵大): 第32回日本免疫学会総会・学術集会 (2002.12.06), 東京. 第32回日本免疫学会総会・学術集会記録, 32: p.284, 2002.

227. [学会 (全国)] (一般講演) 細菌性スーパー抗原TSST-1が妊娠マウスに及ぼす影響. 武井恵里子 (産婦), 亀谷美恵 (東海大), 玉内秀一 (微), 石川雅一, 西島正博 (産婦), 垣生園子 (東海大): 第32回日本免疫学会総会・学術集会(2002.12.05), 東京. 第32回日本免疫学会総会・学術集会記録, 32: p.122, 2002.

228. [学会 (全国)] (一般講演) メカブ由来フコイダン経口摂取が免疫反応に及ぼす影響−Th1由来免疫反応を介したNK活性増強効果−. 丸山弘子 (医衛), 仲野隆久, 橋本 実 (理研ビタミン), 玉内秀一 (微): 第56回日本栄養・食糧学会大会 (2002.07.21), 札幌. 第56回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集, 56: p.278, 2002.

229. [学会 (全国)] (ポスター) 接触皮膚炎誘導における転写因子GATA-3 の役割. 天羽康之, 浜田祐子 (皮), 伊藤 守 (実中研), 高 秀華, 穂積勝人 (東海大), 寺島正純 (住友製薬), 垣生園子 (東海大), 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮), 玉内秀一 (微): 第32回日本免疫学会総会・学術集会(2002.12.05), 東京. 第32回日本免疫学会総会・学術集会記録, 32: 196, 2002.

230. [学会 (全国)] (ポスター) 急性骨髄性白血病原因遺伝子AML-1のサイトカイン発現制御における役割. 小峯 起 (理科大), 林啓太郎 (東北大), 関 陽一 (理科大), 玉内秀一 (微), 穂積勝人, 垣生園子 (東海大), 佐竹正延 (東北大), 久保充人 (理科大): 第32回日本免疫学会総会・学術集会 (2002.12.06), 東京. 第32回日本免疫学会総会・学術集会記録, 32: p.232, 2002.

231. [全国 (学会)] (一般講演) GATA-3トランスジェニックマウスにおけるTh2免疫応答. 渡辺直煕 (慈恵大), 玉内秀一 (微), 小沢秀行 (慈恵大), 垣生園子 (東海大): 第52回日本アレルギー学会総会 (2002.11.29), 横浜. アレルギー, 51: p.983, 2002.

232. [学会 (地方)] (レクチャー) 院内感染のABC-MRSA, VRE, MDRP, ESBLsとは? 岡本了一 (微): 第49回日本化学療法学会東日本支部総会 (2002.10.31〜11.1), 仙台. 第49回日本化学療法学会東日本支部総会プログラム・講演抄録集, p.19, 2002.

233. [学会 (地方)] (特別セミナー) 耐性菌出現とその背景. 井上松久 (微): 第15回循環器内科・外科フォ−ラム(2002.02.22), 大阪.

234. [学会 (地方)] (一般講演) TEM型およびSHV型ESBLsの検出法について. 佐藤優子, 中野竜一, 兼子謙一, 保坂美生, 沖津尚弘, 井上松久, 岡本了一 (微): 第49回日本化学療法学会東日本支部総会 (2002.10.31〜11.01), 仙台. 第49回日本化学療法学会東日本支部総会プログラム・講演抄録集, p.88, 2002.

235. [学会 (地方)] (一般講演) 緑膿菌の上皮細胞侵入性に対するカルバペネム系抗菌薬のsubMIC効果. 佐藤義則, 笹原武志, 関口朋子, 鈴木薫子, 北里英郎, 岡本了一, 井上松久 (微): 第49回日本化学療法学会東日本支部総会(2002.10.31〜11.01), 仙台. 第49回日本化学療法学会東日本支部総会プログラム・講演抄録集, p.119, 2002.

236. [学会 (地方)] (一般講演) 上皮細胞感染緑膿菌の各種抗菌薬に対するparacellular resistance. 笹原武志, 佐藤義則, 関口朋子, 鈴木薫子, 北里英郎, 岡本了一, 井上松久 (微): 第49回日本化学療法学会東日本支部総会(2002.10.31〜11.01), 仙台. 第49回日本化学療法学会東日本支部総会プログラム・講演抄録集, p.120, 2002.

237. [学会 (地方)] (一般講演) Cryptosporidium parvum oocysts感染症に及ぼす中温度から低温度域の処理効果. 青木正人, 笹原武志, 関口朋子, 佐藤義則, 高橋 晃, 北里英郎, 井上松久 (微): 第49回日本化学療法学会東日本支部総会 (2002.10.31〜11.01), 仙台. 第49回日本化学療法学会東日本支部総会プログラム・講演抄録集, p.145, 2002.

238. [学会 (地方)] (シンポジウム) 耐性菌の現状および抗菌力. 井上松久 (微): ケトライド系抗菌薬シンポジウム (2002.02.22), 大阪.

239. [学会 (地方)] (特別講演) β-ラクタム薬耐性菌出現の背景. 井上松久 (微): 宮城県耳鼻咽喉科医会(2003.03.06), 仙台.

240. [学会 (地方)] (特別セミナー) 薬剤耐性機構. 井上松久 (微): 神奈川県眼科集談会 (2002.10.03), 神奈川. 神奈川県眼科集談.

241. [学会 (地方)] (特別セミナー) β-ラクタム薬耐性菌の現状とその問題点. 井上松久 (微): 大腸外科検討(2002.10.11), 大阪.

242. [研究会 (全国)] (一般講演) OVA誘発気管支喘息モデルにおけるGATA-3転写因子の役割−GATA-3遺伝子導入トランスジェニックマウスを用いて−. 玉内秀一 (微), 寺島正純 (住友製薬), 山下直美 (帝京大), 伊藤 守 (実中研), 丸山弘子 (医衛), 穂積勝人, 高 秀華 (東海大), 大田 健 (帝京大), 垣生園子 (東海大): 第11回Airway Club in Sendai (2002.09.21), 仙台. Airway Club in Sendai 第11回研究会プログラム 抄録集, 11: p.24, 2002.

243. [研究会 (全国)] (一般講演) 寄生虫感染による免疫応答におけるGATA-3. 渡辺直煕 (慈恵大), 玉内秀一 (微), 小沢秀行 (慈恵大), 垣生園子 (東海大): 第14回アレルギー・好酸球研究会 (2002.06.16), 東京.

244. [研究会 (地方)] (一般演題) AmpCβ-lactamase CFE-1遺伝子をコードするプラスミドの遺伝学的解析. 中野百実子, 中野竜一, 兼子謙一, 沖津尚弘, 岡本了一, 井上松久 (微): 第31回薬剤耐性菌シンポジウム (2002.08.30〜31), 群馬. 第31回薬剤耐性菌シンポジウム講演記録, p.44, 2002.

245. [研究会 (地方)] (一般演題) 緑膿菌のβ-ラクタマーゼ量とβ-ラクタム系薬に対するMICについて. 柿沼祐子, 井田孝志, 兼子謙一, 小松洋子, 佐藤優子, 岡本了一, 井上松久 (微): 第37回緑膿菌感染症研究会 (2003.01.31), 沖縄. 第37回緑膿菌感染症研究会プログラム抄録集, p.46, 2003.

246. [研究会 (地方)] (一般演題) 緑膿菌の上皮細胞間隙侵入による多剤耐性化について. 笹原武志, 岡本了一, 佐藤義則, 関口朋子, 鈴木薫子, 北里英郎, 井上松久 (微): 第37回緑膿菌感染症研究会 (2003.01.31), 沖縄. 第37回緑膿菌感染症研究会プログラム抄録集, p.43, 2003.

247. [研究会 (地方)] (一般講演) 尿酸結晶誘発性炎症に及ぼすProstaglandin D synthase (PGDS) 遺伝子導入における作用の検討. 村上洋介 (微), 小島史章 (薬学部), 林 泉 (薬理), 赤星 透 (臨検学), 橋本 篤, 安藤みゆき, 遠藤平仁 (内), 川合眞一 (聖マリアンナ医大), 井上松久, 北里英郎 (微): 「遺伝子とその周辺」研究会 (2002.08), 東京. 遺伝子とその周辺抄録集. 2002.


<<病理学>>

[学術論文]

248. [原著] Squamous cell carcinoma arising from a seminal vesicular cyst: Possible relation between chronic inflammation and tumor development. 柳沢信之, 三枝 信, 吉田 功, 岡安 勲 (病理): Pathol. Int., 52: 249〜253, 2002.

249. [原著] Age-dependent differences in tumor cell polarity in endometrial carcinomas. 三枝 信, 町田大輔, 岡安 勲 (病理): J. Cancer Res. Clin. Oncol., 128: 205〜213, 2002.

250. [原著] Up-regulation and nuclear localization of β-catenin in endometrial carcinoma in response to progesterone therapy. 三枝 信 (病理), 浜野美恵子 (培養センター), 桑田 健, 吉田 功, 橋村美紀, 秋野史幸, 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛), 岡安 勲 (病理): Cancer Sci., 94: 103〜111, 2003.

251. [原著] Up-Regulation of Cyclooxygenase-2 Expression in Lymphocytic Thyroiditis and Thyroid Tumors. 能勢富佐子, 市川つわ (病理), 藤原睦憲(日赤), 岡安 勲 (病理): Am. J. Clin. Pathol., 117: 546〜551, 2002.

252. [原著] Significant Increase of Colonic Mutated Crypts in Ulcerative Colitis Correlatively with Duration of Illness. 岡安 勲, 花樹代美, 吉田 功, 三上哲夫 (病理), 菅野 純 (NIH Sciences), 藤原睦憲 (日赤): Cancer Res., 62: 2236〜2238, 2002.

253. [原著] Fusobacterium varium localized in the colonic mucosa of patients with ulcerative colitis stimulates species-specific antibody. 大草敏史, 佐藤信紘, 荻原達雄 (順天堂), 森田耕司 (杏林), Ogawa, M. (Kawasaki City Institute for Public Health), 岡安 勲 (病理): J. Gastroenterol. Hepatol., 17: 849〜853, 2002.

254. [原著] Dysplasia and carcinoma development in a repeated dextran sulfate sodium-induced colitis model. 岡安 勲 (病理), Yamada, M. (山田クリニック), 三上哲夫, 吉田 功 (病理), 菅野 純 (NIH Sciences), 大草敏史 (順天堂): J. Gastroenterol. Hepatol., 17: 1078〜1083, 2002.

255. [原著] The More an Ulcerative Colitis is Repeated, the More the Risk of Colorectal Carcinogenesis is Increased in Mice. Mitamura, T., 坂本 忍, Sassa, S., Suzuki, S., 工藤秀機 (医科歯科), 岡安 勲 (病理): Anticancer. Research, 22: 3955〜3962, 2002.

256. [原著] High Apoptotic Activity and Low Epithelial Cell Proliferation With Underexpression of p21 (WAF1/CIP1) and p27 (Kip1) of Mucinous Carcinomas of the Colorectum. 秋野史幸, 三富弘之 (病理), 中村隆俊, 大谷剛正 (外), 一戸昌明, 岡安 勲 (病理): Am. J. Clin. Pathol., 117: 908〜915, 2002.

257. [原著] Diverse p53 alterations in ulcerative colitis-associated low-grade dysplasia:full-length gene sequencing in microdissected single crypts. 吉田 功, 三上哲夫, 三富弘之, 岡安 勲 (病理): J. Pathol., 199: 166〜175, 2003.

258. [原著] Induction of experimental ulcerative colitis by Fusobacterium varium isolated from colonic mucosa of patients with ulcerative colitis. 大草敏史(順天堂), 岡安 勲 (病理), 荻原達雄, 森田耕司 (順天堂), Ogawa, M. (Kawasaki City Institute for Public Health), 佐藤信紘 (順天堂): GUT, 52: 79〜83, 2003.

259. [原著] Effect of Anti-Helicobacter pylori IgG Antibody Titer Following Eradication of Helicobacter pylori Infection. 小泉和三郎, 田邊 聡, 今泉 弘, 日比謙一, 木田光広, 大井田正人 (内T), 岡安 勲 (病理), 西元寺克禮 (内T): Hepato-Gastroenterology, 50: 293〜296, 2003.

260. [原著] Frequent Ki-ras Mutations and Transforming Growth Factor-α Expression in Adenocarcinomas of the Small Intestine. 三富弘之 (病理), 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 佐田美和, 五十嵐正広 (内), 秋野史幸, 一戸昌明 (病理), Ojima,T., Mori, A. (国立相模原), 岡安 勲 (病理): Dig. Dis. Sci., 48: 203〜209, 2003.

261. [原著] Mucosal high apoptotic activity and low p21 (WAF1/CIP1) expression and submucosal low proliferative activity in superficially spreading early gastric cancers: Comparison with the penetrating growth type. 一戸昌明, 三富弘之 (病理), 菊池史郎 (外), 田邊 聡 (内T), 秋野史幸, 岡安 勲 (病理): Pathol. Int., 53: 81〜89, 2003.

262. [原著] Expression of cyclin A in endometrial adenocarcinoma and its correlation with proliferative activity and clinicopathological variables. 久嶋則行 (北里メディカル), 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 亀谷 徹 (病理), 蔵本博行 (医衛): J. Cancer Res. Clin. Oncol., 128: 307〜312, 2002.

263. [原著] Paradoxical expression of cell cycle inhibitor p27 in endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus correlation with proliferation and clinicopathological parameters. 渡辺 純 (病理), 佐藤妃映, 金井督之, 鎌田裕子 (大学院), 上坊敏子, 秦 宏樹 (産婦), 藤澤武志 (大学院), 大野英治, 亀谷 徹 (病理), 蔵本博行 (医衛): Brit. J. Cancer, 87: 81〜85, 2002.

264. [原著] Enhanced expression of Mcm proteins in cancer cells derived from uterine cervix. Ishimi, Y. (三菱化学生命研), 岡安 勲 (病理), Kato, C., Kwon, H. (三菱化学生命研), Kimura, H. (医科歯科), Yamada, K., Song, S. (三菱化学生命研): Eur. J. Biochem., 270: 1089〜1101, 2003.

265. [原著] Cdk4/Cyclin D1 kinase, a universal and critical regulator of apoptosis. 片山和浩, 土橋 洋 (病理), Kitagawa, M. (浜松医大), Kawai, M. (病理), 門谷裕一 (解), 亀谷 徹 (病理): Anticancer Res., 23: 235〜244, 2002.

[学会・研究会等]

266. [学会 (全国)] (一般講演) プロゲステロンによる子宮内膜癌細胞の核内β-カテニン蛋白集積の誘導. 三枝 信 (病理), 浜野美恵子 (培養センター), 桑田 健, 吉田 功, 秋野史幸, 橋村美紀, 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛), 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 193, 2002.

267. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎関連腫瘍におけるアポトーシス: dysplasiaでのBcl-2, 浸潤癌でのsurvivinによる抑制. 三上哲夫, 吉田 功, 原 敦子, 三富弘之, 柳沢信之, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.26), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 166, 2002.

268. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性胆嚢炎からの胆嚢発癌: 慢性胆嚢炎粘膜におけるマイクロサテライト不安定性の証明. 柳沢信之, 三上哲夫, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.26), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 169, 2002.

269. [学会 (全国)] (一般講演) H. Pylori関連胃炎及び胃腫瘍性病変における消化管型グルタチオンパーオキシダーゼ (GI-GPX) 発現の亢進. 谷川一志, 岡安 勲 (病理), 小松博義, 小幡文弥 (医衛): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.27), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 184, 2002.

270. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎炎症巣におけるDNA修復にはp53-p53依存性リボヌクレオチド還元酵素 (p53R2) 系が関与する. 吉田 功, 三上哲夫, 沼田賀子, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会(2002.03.27), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 185, 2002.

271. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌間質細胞におけるゲノム不安定性の証明: 上皮細胞との比較. 松本奈穂子, 吉田 功, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会(2002.03.26), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 209, 2002.

272. [学会 (全国)] (一般講演) 病理長期保存材料を用いたIL-8およびPDECGF発現の検討-IHC法とISH法の比較. 土屋紅緒, 佐藤雄一 (医衛), 岡安 勲, 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.26), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 252, 2002.

273. [学会 (全国)] (一般講演) 食道粘膜反応性異型−異型成−粘膜内浸潤癌におけるアポトーシスおよび関連タンパク発現の変動. 大部 誠 (医衛), 小林伸行 (外), 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会 (2002.03.27), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 268, 2002.

274. [学会 (全国)] (一般講演) 表層拡大型と小型深部浸潤型早期胃癌の比較: 小型深部浸潤型胃癌におけるp21 (WAF1/CIP1) の発現の亢進. 一戸昌明, 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.27), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 271, 2002.

275. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸粘膜癌の接着因子カドヘリン,カテニン発現は有意に低下している: 癌の進展との関連. 秋野史幸, 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.27), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 282, 2002.

276. [学会 (全国)] (一般講演) stageT子宮体癌症例の進行における特殊なα-tubulin発現の生物学的役割の検討. 程 春美, 村井嘉寛, 林 伸一 (富山医科薬科大・病理), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理), 高野康雄 (富山医科薬科大・病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 322, 2002.

277. [学会 (全国)] (一般講演) 胸腺カルチノイド3例の臨床病理学的検討. 岩渕啓一, 三枝 信, 三上哲夫, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 332, 2002.

278. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌における細胞周期抑制因子の発現と増殖能および臨床病理学的因子との相関. 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (医衛), 上坊敏子 (産婦), 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.26), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 163, 2002.

279. [学会 (全国)] (一般講演) 肺癌におけるG1/S Cyclin発現の多様性と予後因子としての有用性. 土橋 洋, 蒋 世旭, 亀倉聡一郎, 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.27), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 163, 2002.

280. [学会 (全国)] (一般講演) 樹状細胞の分化に対するGM-CSFおよびTNFαの関与. 川久保安朗 (看護), 蒋 世旭 (病理), 佐藤雄一 (医衛), 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.26), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 216, 2002.

281. [学会 (全国)] (一般講演) 膵臓における免疫染色とin situ hybridization法に適したホルマリンを基本とした固定法の検討. 佐藤雄一 (医衛), 鈴木哲太郎 (外), 土屋紅緒 (医衛), 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会(2002.03.26), 横浜. 日本病理学会会誌,91 (1): 252, 2002.

282. [学会 (全国)] (一般講演) 吸引細胞診で診断し得た肝のMixed carcinoid-adenocarcinomaの一例. 柳本邦雄 (川崎病院), 桑尾定仁 (病理), 杉浦 仁 (川崎病院), 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 353, 2002.

283. [学会 (全国)] (ワークショップ) Interferon Regulatory Factor (IRF)を介した TEL/ETV6の転写活性制御機構. 桑田 健, 岡安 勲 (病理): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 130, 2002.

284. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺の神経内分泌腫瘍における神経分化決定遺伝子hASH1の発現. 蒋 世旭, 梅沢敦子 (病理), 佐藤雄一 (医衛), 川久保安朗 (看護), 渡辺 純, 亀谷 徹 (病理): 第91回日本病理学会総会(2002.03.28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 135, 2002.

285. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺の神経内分泌腫瘍におけるsurvivin (SVV), 3, Ki-67, TERTの発現. 西尾裕子, 廣井禎之, 河合俊明, 鳥潟親雄, 尾関雄一, 中西邦明 (防衛医大), 向井萬起男 (慶応大), 蒋 世旭, 亀谷 徹(病理), 蛇澤 晶 (国立療養所東京病院): 第91回日本病理学会総会 (2002.03 28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 135, 2002.

286. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺神経内分泌腫瘍の病理診断−病理医間診断較差評価の試み. 松野吉宏 (国立がんセンター), 亀谷 徹 (病理), 石井雄一 (癌研), 井上 健 (大阪市立総合医療センター), 野口雅之 (筑波大), 横瀬智之 (茨城県立中央病院): 第91回日本病理学会総会 (2002.03.28), 横浜. 日本病理学会会誌, 91 (1): 136, 2002.


<<衛生学・公衆衛生学>>

[学術論文]

287. [原著] Negative effect of photocopier toner on alveolar macrophages determined by in vitro magnetometric evaluation. 古河 靖, 相澤好治, 岡田充史, 渡邉光康, 新津谷真人 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): Industrial Health, 40: 214〜221, 2002.

288. [原著] Differences in the effects of fibrous and particulate titanium dioxide on alveolar macrophages of Fischer 344 rats. 渡邉光康, 岡田充史, 工藤雄一朗, 遠乗陽子, 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): Journal of Toxicology and Environmental Health, Part A, 65: 1047〜1060, 2002.

289. [原著] 自転車競技における薬物の使用状況. 新津谷真人 (衛), 坂本陽一 (東北学院大学東北産業経済研究所), 笠師久美子 (北海道大学歯学部付属病院), 杉浦由美子 (予防医学系), 相澤好治 (衛): 日本臨床スポーツ医学会誌, 10 (3): 471〜478, 2002.

290. [原著] Magnetometric evaluation for the cytotoxicity of potassium octatitanate whisker on alveolar macrophages of Fischer 344 rats. 渡邉光康 (衛), 柴田香織 (大学院・医療系研究科), 岡田充史, 工藤雄一朗, 新津谷真人, 佐藤敏彦 (衛), 小谷 誠 (東京電機大), 相澤好治 (衛): Journal of Occupational Health, 44: 321〜328, 2002.

291. [原著] Odor perception in patients with multiple chemical sensitivity. 尾島正幸, 遠乗秀樹, 佐藤敏彦 (衛), 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 相澤好治 (衛): Tohoku J. Exp. Med., 198: 163〜173, 2002.

292. [原著] In vitro toxicity of indium arsenide to alveolar macrophages evaluated by magnetometry, cytochemistry and morphological analysis. 岡田充史, 渡邉光康 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子 (予防医学系), 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): Toxicology Letter, 134 (1-3): 185〜94, 2002.

293. [原著] Magnetometric evaluation of cadmium oxide-induced toxicity to pulmonary alveolar macrophages of syrian golden hamsters. 新津谷真人, 渡邉光康, 岡田充史, 進士永子, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛), Cho YC, 小谷 誠 (東京電機大): J. Toxicol. Environ. Health A., 66 (4): 365〜378, 2003.02.

294. [準原著] 磁界測定法を用いた塩化ガリウム及び塩化砒素混合溶液の肺胞マクロファージ評価. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 渡邉光康, 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): マグネティックス研究会資料, p.65〜69, 2002.

295. [準原著] New factors and measures for occupational safety and health for small-scale enterprises in Japan. 武藤孝司 (順天堂大), 相澤好治 (衛): ]Yth World Congerss on Safety and Health at Work, 2002.

296. [講座] 傷病休業統計報告 (平成14年2月分). 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (6): 18〜21, 2002.

297. [講座] 神奈川県における傷病休業の動向−感冒と精神障害・がん対策の重要性について−. 新津谷真人(衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (7): 18〜20, 2002.

298. [講座] 健康12カ月−体力−. 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (7): 26〜27, 2002.

299. [講座] 神奈川県における傷病休業の動向 (2)−全体像および事業所の規模別統計−. 新津谷真人 (衛): 労務安全衛生かながわ, 47 (8): 30〜32, 2002.

300. [総説] Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (part one). 渡邉光康, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): Environmental Health and Preventive Medicine, 7 (6): 264〜272, 2003.

301. [総説] Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (part two). 渡邉光康, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): Environmental Health and Preventive Medicine, 7 (6): 273〜282, 2003.

302. [総説] 労働衛生における嗅覚検査の意義とその手法. 尾島正幸, 相澤好治 (衛): 産業医学ジャーナル, 26 (2): 95〜98, 2003.

303. [研究報告 (厚生労働省)] 化学物質過敏症の診断に関する研究. 相澤好治, 佐藤敏彦, 新津谷真人, 遠乗秀樹(衛), 石川 哲, 宮田幹夫, 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 土本寛二 (北里研究所病院), 尾島正幸 (衛): 平成13年度委託研究報告書「化学物質過敏症の診断に関する研究」, p.1〜39, 2002.

304. [研究報告 (文部科学省)] 細胞磁界測定による石綿代替品の細胞障害性評価. 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大), 苅部ひとみ, 新津谷真人, 岡田充史, 渡邉光康(衛): 平成11年〜平成13年度科学研究費補助金基盤研究 (B) (2) 研究成果報告書, p.1〜103, 2002.

305. [研究報告 (その他公的な報告; 日本医師会公衆衛生委員会)] 生涯保健事業の概念に基づく地域医療推進の具体策. 菊池辰夫 (福島県医師会), 多田羅浩三 (大阪大学), 村山博良 (高知県医師会), 相澤好治 (衛), 榎 光義 (大阪府医師会), 大木 勲 (茨城県医師会), 角田 均 (三重県医師会), 堺 春美 (東海大), 西村亮一 (兵庫県医師会), 羽鳥雅之 (埼玉県大宮医師会), 八木剛志 (熊本県医師会), 柳内 統 (北海道医師会), 湯藤 進 (東京都医師会), 吉田勝美 (聖マリアンナ医大): 公衆衛生委員会答申, p.1〜5, 2002.

306. [研究報告 (厚生労働省)] シックハウス症候群における嗅覚検査の意義に関する研究及び客観的評価法の確立−環境中ホルムアルデヒド曝露の嗅覚器影響−. 相澤好治, 佐藤敏彦, 尾島正幸, 工藤雄一朗, 遠乗秀樹 (衛), 井口芳明, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 平成13年度 厚生科学研究費補助金生活安全総合研究事業 シックハウス症候群の病態解明, 診断治療法に関する研究報告書, p.153〜182, 2002.

307. [研究報告 (その他公的な報告; 中災防)] 「じん肺有所見者に対する健康管理教育のためのガイドライン」の普及啓発に係る講習会等実施結果報告. 高橋 誠 (東北労災病院), 相澤好治 (衛), 小林英之 (長野産業保健推進センター), 松井祐佐公 (京都市伏見保健所), 青野裕士 (大分医大), 辻村信正 (厚生労働省), 櫻井治彦, 市川正明 (中央労働災害防止協会・労働衛生調査分析センター): 結果報告書, p.1〜42, 2002.

308. [研究報告 (その他公的な報告; 日本公衆衛生協会)] 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告. 大井 玄(国立環境研), 相澤好治 (衛), 荒記俊一 (産医研), 安藤正典 (国立医薬品食品衛生研究所), 浦野紘平 (横浜国立大), 久保木富房 (東大), 竹中 洋 (大阪医大), 土屋悦輝 (工学院大), 西岡 清 (東京医科歯科大), 橋本信也 (国際学院埼玉短期大), 藤巻秀和 (国立環境研), 吉村健清 (産業医大), 鈴木達夫 (北里研究所病院医療環境科学センター), 宮田幹夫 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 遠乗秀樹 (衛), 嵐谷奎一 (産業医大): 平成13年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告書, p.1〜399,2002.

309. [研究報告 (厚生労働省)] 職域の健康障害における作業因子の寄与について−背景・目的および方法論−. 佐藤敏彦 (衛): 平成14年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書, 5〜11, 2003.03.

310. [研究報告 (厚生労働省)] 労働衛生統計からみる作業関連疾患研究の必要性とその背景. 相澤好治 (衛), 石橋美生, 坂本泰理 (大学院): 平成14年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書, 21〜30, 2003.03.

311. [研究報告 (厚生労働省)] シックビル症候群における作業関連性;文献紹介. 相澤好治, 遠乗陽子 (衛): 平成14年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書 63〜74, 2003.03.

[著 書]

312. [その他の著書 (啓蒙書)] (編集) 溶接安全衛生マニュアル. 編集 相澤好治 (衛), 産報出版, 東京, 2002.04.30発行.

313. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 酸素欠乏症, p.1978〜1979, 相澤好治 (衛): 編集 高久史麿 (自治医大), 尾形悦郎 (癌研究会付属病院), 黒川 清 (東海大), 矢崎義雄 (国立国際医療センター) 監修 池田康夫 (慶大), 伊藤貞嘉 (東北大), 沖田 極 (山口大), 春日雅人 (神戸大), 西元寺克禮 (内), 齋藤 厚 (琉球大), 辻 省治 (東大), 中尾一和 (京大), 貫和敏博 (東北大), 福井次矢 (京大), 堀 正二 (大阪大), 山本一彦 (東大), 和田 攻 (埼玉医大): 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

314. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 家庭における化学物質過敏症, p.2004〜2005, 相澤好治 (衛): 編集 高久史麿 (自治医大), 尾形悦郎 (癌研究会付属病院), 黒川 清 (東海大), 矢崎義雄 (国立国際医療センター) 監修 池田康夫 (慶大), 伊藤貞嘉 (東北大), 沖田 極 (山口大), 春日雅人 (神戸大), 西元寺克禮 (内), 齋藤 厚 (琉球大), 辻 省治 (東大), 中尾一和 (京大), 貫和敏博 (東北大), 福井次矢 (京大), 堀 正二 (大阪大), 山本一彦 (東大), 和田 攻 (埼玉医大): 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

315. [その他の著書 (啓蒙書)] (分担執筆) 内科学 第8版; VDTによる障害, p.94〜95, 相澤好治 (衛): 編集 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

316. [その他の著書 (啓蒙書)] アンチ・ドーピングマニュアル. 新津谷真人, 進士永子 (衛), 笠師久美子 (北海道大), 坂本陽一 (東北学院大): 日本自転車競技連盟 (東京), 1〜29, 2003.03.20.

[学会・研究会等]

317. [学会 (国際)] (一般講演) New factors and measures for occupational safety and health for small-scale enterprises in Japan. 武藤孝司 (順天堂大), 相澤好治 (衛): ]Yth World Congerss on Safety and Health at Work (2002.05.26), Austria. 抄録集, 2002.

318. [学会 (国際)] (ポスター) Cytotoxic evaluation of mixed solution of gallium trichloride and arsenic trichloride to alveolar macrophages of hamsters. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 渡邉光康, 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): 13th International Conference on Biomagnetism (2002.08.13), Germany. Proceedings, p.1121〜1126, 2002.

319. [学会 (国際)] (ポスター) Comparison between cytotoxicity of rock wool and chrysotile evaluated by cytomagnetometry. 工藤雄一朗, 渡邉光康, 岡田充史, 進士永子, 尾島正幸, 新津谷真人, 佐藤敏彦 (衛), 小谷 誠 (東京電機大), 相澤好治 (衛): International Symposium on Bioelectromagnetics (2002.10.08), Kyoto, Japan. Proceedings, p.154〜157, 2002.

320. [学会 (全国)] (シンポジウム) 化学物質過敏症−化学物質過敏症の治療と対策 環境対策−. 相澤好治 (衛): 第52回日本アレルギー学会総会 (2002.11.30), 横浜. アレルギー, 51 (9.10): 808, 2002.

321. [学会 (全国)] (一般講演) 細胞磁界測定法を用いたロックウールの細胞毒性評価. 工藤雄一朗, 渡邉光康, 岡田充史, 尾島正幸 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美(予防医学系), 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 452, 2002.

322. [学会 (全国)] (一般講演) 最近の労働衛生史研究の国際動向. 相澤好治 (衛), 松下敏夫 (鹿児島産業保健推進センター), 藤木幸雄 (松下産業衛生科学センター), 野村 茂 (労働科学研究所): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 462, 2002.

323. [学会 (全国)] (一般講演) 化学物質過敏症患者に有効な環境改善について. 佐々木恵子, 高橋昌代, 佐藤加須美, 近江晶子 (北里研究所病院), 遠乗秀樹 (衛), 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.47, 2002.

324. [学会 (全国)] (一般講演) MCS患者への導入を目標とした嗅覚識別検査による嗅覚識別の検討 (第2報). 尾島正幸, 遠乗秀樹, 岡田充史, 渡邉光康 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子 (予防医学系), 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.49, 2002.

325. [学会 (全国)] (一般講演) Multiple chemical sensitivity の病歴調査 (第1報). 遠乗秀樹, 相澤好治, 尾島正幸, 佐藤敏彦, 新津谷真人, 工藤雄一朗, 進士永子 (衛), 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 土本寛二, 松井孝子, 佐々木恵子, 高橋昌代(北里研究所病院): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.50, 2002.

326. [学会 (全国)] (一般講演) 低用量フタル酸の一次免疫中枢に対する影響. 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 相澤好治 (衛), 吉田貴彦 (旭川医大), 相川浩幸, 永倉貢一, 赤塚 明 (東海大): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.52, 2002.

327. [学会 (全国)] (一般講演) クリーンルーム内で嗅覚識別検査を実施する意義についての検討. 尾島正幸, 遠乗秀樹, 工藤雄一朗 (衛), 小松裕美, 杉浦由美子 (予防医学系), 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 坂部 貢, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.56, 2002.

328. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺C細胞におけるエストロゲン受容体beta型の意義−環境エストロゲンの作用と関連させて−. 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 國松佳奈, 角田隆俊, 斉藤 明, 相川浩幸(東海大), 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会 (2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.66, 2002.

329. [学会 (全国)] (一般講演) 環境ホルモンは前立腺癌細胞の増殖にどう影響するか? 坂部 貢 (北里研究所病院臨床環境医学センター), 島 正則, 徳永正俊, 勝岡洋治 (東海大), 吉田貴彦 (旭川医大), 香山不二雄 (自治医大), 相澤好治 (衛), 宮田幹夫, 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 第11回日本臨床環境医学会総会(2002.07.05), 北海道. 抄録集, p.66, 2002.

330. [学会 (全国)] (一般講演) 職業性ストレス項目別にみた抑うつと喫煙習慣の関連性について. 遠乗秀樹, 相澤好治, 尾島正幸 (衛), 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史 (産医研), 小林章雄 (愛知医大), 林 剛司 (日立), 橋本修二(東大), 石崎昌夫 (金沢医大), 藤田 定 (刈谷総合病院), 宮崎彰吾, 廣 尚典 (NKK), 荒記俊一 (産医研), 桝元 武 (NKK): 第18回日本ストレス学会学術総会 (2002.11.21), 東京. ストレス科学, 17 (2): 115, 2002.

331. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト尿中BPA濃度の生物学的モニタリング (第2報). 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 花岡瑞恵 (医衛), 相澤好治 (衛): 第5回日本内分泌攪乱化学物質学会研究発表会 (2002.11.26), 広島. 要旨集, p.386, 2002.

332. [学会 (全国)] (一般講演) 科学的根拠に基づく医療(EBM) 推進のための医療情報サービス事業の展開. 佐藤敏彦 (衛), 佐藤康仁 (東女医大), 星 佳芳 (医療情報サービスセンター), 中山健夫 (京大), 江口成美 (日本医師会総合政策研究機構), 岡本高宏 (東女医大), 伊賀六一 (財団法人日本医療機能評価機構), 山口直人 (東女医大): 第13回日本疫学会 (2003.01.24), 福岡. 日本疫学会雑誌, 13(1): p.48, 2003.

333. [学会 (全国)] (一般講演) 患者サイドから見た診療方針決定に際しての医師に望むべき態度とそれに関連する因子について. 細井 香, 佐藤敏彦, 吉川晶子, 相澤好治 (衛): 第13回日本疫学会 (2003.01.24), 福岡. 日本疫学会雑誌, 13 (1): p.222, 2003.

334. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡消毒室におけるグルタルアルデヒド濃度と健康影響. 鈴木利雄, 片桐裕史, 仲座政宏, 山本哲士 (医衛), 相澤好治 (衛), 門脇武博 (医衛): 第73回日本衛生学会総会 (2003.03.27), 大分. 日本衛生学雑誌, 58 (1): p.173, 2003.

335. [学会 (全国)] (ポスター) 某保健福祉事務所におけるエイズ検査の利用状況 (第5報). 岡田充史, 相澤好治 (衛): 第61回日本公衆衛生学会総会 (2002.10.24), 埼玉. 日本公衆衛生雑誌, 49 (10): 873, 2002.

336. [学会 (全国)] (ポスター) NIOSH職業性ストレス調査票の短縮版の開発. 原谷隆史, 荒記俊一 (産医研), 川上憲人 (岡山大), 小林章雄 (愛知医大), 石崎昌夫 (金沢医大), 林 剛司 (日立), 藤田 定 (愛知教育大), 相澤好治 (衛), 宮崎彰吾, 廣 尚則 ((NKK), 桝元 武 (三菱化学): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 527, 2002.

337. [学会 (全国)] (ポスター) 職業性ストレスと生活習慣病の発生. 宮崎彰吾 (NKK), 川上憲人 (岡山大), 原谷隆史 (産医研), 小林章雄 (愛知医大), 石崎昌夫 (金沢医大), 相澤好治 (衛), 林 剛司 (日立), 桝元 武 (三菱化学), 廣 尚則 (NKK), 荒記俊一 (産医研): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 542, 2002.

338. [学会 (全国)] (ポスター) 粉じん作業者の肺機能の追跡調査 第2報−1秒量における15年間の推移−. 田口明子 (医衛), 新津谷真人 (衛), 杉浦由美子 (予防医学系), 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第75回日本産業衛生学会(2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 627, 2002.

339. [学会 (全国)] (ポスター) 職業性ストレス, 職場の支援および栄養摂取; 職業性ストレスと健康コホート研究ベースラインデータの解析. 川上憲人 (岡山大), 石崎昌夫 (金沢医大), 林 剛司 (日立), 宮崎彰吾, 廣 尚則(NKK), 桝元 武 (三菱化学), 小林章雄 (愛知医大), 藤田 定 (愛知教育大), 相澤好治 (衛), 原谷隆史, 荒記俊一 (産医研): 第75回日本産業衛生学会 (2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 674, 2002.

340. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県における傷病休業統計−第4報−. 新津谷真人 (衛), 佐藤信一 (神奈川労務安全衛生協会), 遠乗陽子, 遠乗秀樹 (衛), 杉浦由美子(予防医学系), 相澤好治 (衛): 第75回日本産業衛生学会(2002.04.09), 神戸. 産業衛生学雑誌, 44 (臨増): 751, 2002.

341. [学会 (全国)] (ポスター) 細胞磁界測定法を用いたロックウールとクリソタイルの細胞毒性評価の比較. 工藤雄一朗, 渡邉光康, 岡田充史, 進士永子, 尾島正幸 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美 (予防医学系), 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第50回日本職業・産業医学会 (2002.10.25), 北九州. 日本職業・産業医学会会誌, 50 (臨増): 143, 2002.

342. [学会 (全国)] (ポスター) 腸管粘膜系免疫機構 (GALT) に及ぼす各種環境ホルモンの影響−微細構造変化とアポトーシスを中心として−. 川上智史 (医衛), 坂部 貢 (大学院), 門脇武博 (医衛), 相澤好治 (衛), 池田真紀 (医衛), 吉田貴彦 (旭川医大), 香山不二雄 (自治医大): 第5回日本内分泌攪乱化学物質学会研究発表会 (2002.11.25), 広島. 要旨集, p.349, 2002.

343. [学会 (全国)] (ポスター) ヒト尿中ビスフェノールA濃度の生物学的モニタリング. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 花岡瑞恵 (医衛), 進士永子, 相澤好治 (衛): 第73回日本衛生学会総会 (2003.03.28), 大分. 日本衛生学雑誌, 58 (1): p.189, 2003.

344. [学会 (全国)] (ポスター) 細胞磁界測定法を用いたマイクログラスファイバーの細胞毒性評価. 進士永子, 工藤雄一朗, 岡田充史, 渡邉光康 (衛), 井上葉子, 杉浦由美子, 小松裕美 (予防医学系), 新津谷真人, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第73回日本衛生学会総会 (2003.03.28), 大分. 日本衛生学雑誌, 58 (1): p.193, 2003.

345. [研究会 (全国)] (一般講演) 磁界測定法を用いた塩化ガリウム及び塩化砒素混合溶液の肺胞マクロファージ評価. 岡田充史 (衛), 井上葉子 (予防医学系), 渡邉光康, 工藤雄一朗, 進士永子, 相澤好治 (衛), 小谷 誠 (東京電機大): マグネティックス研究会 (2002.04.19), 東京. 電気学会研究会資料, p.65〜69, 2002.

346. [学会主催 (その他: 研究会)] 第75回日本産業衛生学会・職業性呼吸器疾患研究会世話人 (2002.04.09), 相澤好治 (衛).

347. [学会主催 (その他: 研究会)] 日本産業衛生学会第48回労働衛生史研究会 (2002.10.05), 相澤好治 (衛).

348. [学会主催 (その他: 研究会)] 日本学術会議・日本公衆衛生学会主催日本学術会議公開セミナー (2003.01.22), 相澤好治 (衛).


<<法医学>>

[学術論文]

349. [原著] Morphological Study on the Circle of Willis in Japanese. 永井智紀, 栗原克由, 古川理孝 (法医), Yoshihiro Matsuo (Tokyo Medical Examiner's Office, Tokyo Metropolitan Government), Aya Takada (Department of Forensic Medicine, Saitama Medical School), Naohito Kuroda (Department of Forensic Medicine, Hirosaki University School of Medicine), Kazuyuki Saito (Department of Forensic Medicine, Saitama Medical School), Tatsuya Murai (Department of Legal Medicine, School of Medicine, Keio University): 北里医学, 32 (1): 64〜75, 2002.

350. [原著] Allele frequencies of dinucleotide repeat marker loci on the X chromosome in the Japanese population. 松下浩和, 中村茂基, 永井智紀 (法医), 中村美穂 (日本大学歯学部法医学教室), 杉江秀明, 古川理孝 (法医), 小室歳信 (日本大学歯学部法医学教室), 栗原克由 (法医): Forensic Science International, 129 (2): 134〜136, 2002.

351. [準原著] Genetic analysis of 18 STR loci on the X chromosome in a Japanese population. 松下浩和, 中村茂基, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): Progress in Forensic Genetics, 9: 331〜333, 2003.

352. [準原著] DNA analysis of ABO blood group system detected by single-base nucleotide substitutions in a paternity case. 中村茂基, 松下浩和, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): Progress in Forensic Genetics, 9: 925〜927, 2003.

[学会・研究会等]

353. [学会 (全国)] (一般講演) 心臓性突然死症例の遺伝子解析. 中村茂基, 松下浩和, 永井智紀, 杉江秀明, 橋本千香子, 竹下裕史, 佐々木千寿子 (法医): 第86次日本法医学会総会 (2002.04.19), 岡山市. 日法医誌, 56 (1): 76, 2002.

354. [学会 (全国)] (ポスター) ブタンガス吸引による急死2症例. 杉江秀明, 永井智紀, 佐々木千寿子, 橋本千香子, 竹下裕史, 荒木尚美, 阿部法子, 中村茂基, 古川理孝, 栗原文男, 栗原克由 (法医): 第86次日本法医学会総会 (2002.04.18), 岡山. 日法医誌, 56 (1): 56, 2002.

355. [学会 (全国)] (ポスター) 高速道路における長距離トラックの運転手のシンナー中毒死例. 佐々木千寿子, 杉江秀明, 橋本千香子, 竹下裕史, 永井智紀, 中村茂基, 古川理孝, 栗原克由 (法医): 法中毒 (2002.07.05), 大阪. 法中毒, 20 (2): 200〜201, 2002.

356. [学会 (全国)] (ポスター) SNPsによるABO式血液型遺伝子解析. 橋本千香子, 中村茂基, 竹下裕史, 佐々木千寿子, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): 日本DNA多型学会第11回学術集会 (2002.10.17), 旭川市. 抄録集, p.61, 2002.

357. [学会 (全国)] (ポスター) 医療・理化学器具洗浄剤によるヒト骨標本作製の試み. 荒木尚美, 古川理孝, 永井智紀, 阿部法子 (法医), 諸星康雄 (実動), 小林英樹, 中丸尚美 (法医), 内田晴吉 (北里学院), 栗原克由 (法医): 第86次日本法医学会総会 (2002.04.18), 岡山.日法医誌, 56 (1): 109, 2002.

358. [学会 (地方)] (一般講演) 医学教育における法医解剖の役割−学生の立場から−. 北村由美子, 谷口友則, 天野真理子, 緒方ルミ子, 本田 朋, 栗原克由 (法医): 日本法医学会関東地方会 (2002.10.26), 東京. 要旨集, p.26, 2002.

359. [学会 (地方)] (一般講演) 法医解剖と死後経過時間. 竹下裕史, 橋本千香子, 佐々木千寿子, 永井智紀, 古川理孝, 栗原克由 (法医), 三戸聖也, 丹野高三 (弘前大), 池松和哉 (長崎大): 第3回日本法医学会北日本地方会 (法医学談話会第89回例会) (2002.10.11), 青森県. プログラム・抄録集, p.8, 2002.

360. [学会 (地方)] (ポスター) 卒前教育における法医解剖の意義. 永井智紀, 古川理孝, 杉江秀明, 中村茂基, 阿部法子, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 橋本千香子, 栗原克由 (法医): 日本法医学会関東地方会 (2002.10.26), 東京. 要旨集, p.44, 2002.

361. [学会 (地方)] (ポスター) 異状死体と剖検システム (a) 推定診断とは異なる原因で生じた高齢者の心タンポナーデ2例. 永井智紀, 古川理孝, 阿部法子, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 橋本千香子, 杉江秀明, 中村茂基, 栗原克由 (法医), 今井 寛 (救命): 第3回日本法医学会北日本地方会 (2002.10.11), 青森県. 抄録集, p.13, 2002.


<<実験動物学>>

[学術論文]

362. [原著] rdw小人症ラットに認められたサイログロブリン遺伝子変異G2320Rと細胞内輸送異常. 菱沼 昭(獨協医大・臨床検査学), 古舘専一 (実動), 大石正道 (理学部), 長久保成美 (住金バイオサイエンス), 生田目 貴(獨協医大・総合研究所), 家入蒼生夫 (獨協医大・臨床検査学): ホルモンと臨床, 2002.

363. [準原著] Proteome analysis of adrenal gland in the rdw rat with congenital hypothyroidism. 大坂真起子, 佐藤 守, 大石正道, 前田忠計 (理学部), 酒井康弘 (解), 古舘専一 (実動): Proc Japan Soc Comp Endocrinol, 17: 63, 2002.

364. [準原著] Biochemical analysis of thyroglobulin in the thyroid from the rdw rat with hereditary hypothyroidism. 古舘専一 (実動), 大石正道 (理学部): Exp Anim, 51 (3): 242, 2002.

365. [研究報告] 甲状腺機能低下症ラットrdw膵臓におけるプロテオーム解析. 古舘専一 (実動), 佐藤 守, 大石正道 (理学部): 成長科学協会年報 研究年報 第25号平成13年度, 25: 433〜448, 2001.

[学会・研究会等]

366. [学会 (全国)] (一般講演) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdw甲状腺におけるサイログロブリンの生化学的解析. 古舘専一 (実動), 大石正道 (理学部): 第49回日本実験動物学会総会 (2002.05.23〜25), 講演要旨集, p150, 2002.

367. [学会 (全国)] (ポスター) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdwの副腎のプロテオーム解析. 大坂真起子, 佐藤 守, 大石正道, 前田忠計 (理学部), 酒井康弘 (解), 古舘専一 (実動): 第27回日本比較内分秘学会 (2002.11.29〜30), 岡山. 第27回日本比較内分秘学会及びシンポジウム, 講演要旨集, p45, 2002.

368. [学会 (全国)] (シンポジウム) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdwの特性. 古舘専一 (実動): 胎盤:その機能と組織工学的再構築 (2002.08.28〜29), 東京. プログラム・講演要旨集, 2002.

369. [研究会 (地方)] (一般講演) 甲状腺機能低下症ラットrdw膵臓におけるプロテオーム解析. 佐藤 守, 大石正道, 小寺義男, 前田忠計 (理学部), 大森 彬 (三菱化学生命研), 石黒博樹 (協和発酵東京研), 古舘専一 (実動): 第15回「遺伝子とその周辺」研究会 (2002.08.02〜03), 東京. 講演要旨集, p.42, 2002.

370. [研究会 (地方)] (一般講演) 遺伝性甲状腺機能低下症モデルrdwラットの副腎におけるプロテオーム解析. 大坂真起子, 大石正道 (理学部), 古舘専一 (実動), 前田忠計 (理学部): 第15回「遺伝子とその周辺」研究会 (2002.08.02〜03),東京. 講演要旨集, p.43, 2002.

371. [研究会 (地方)] (一般講演) 糖尿病モデルラットOLETF各臓器のプロテオーム解析. 大石正道, 小寺義男, 前田忠計, 土橋香織, 佐藤 守, 上野 剛 (理学部), 古舘専一 (実動): 第15回「遺伝子その周辺」研究会(2002.08.02〜03), 東京. 講演要旨集, p.45, 2002.

372. [研究会 (地方)] (一般講演) 肥満・糖尿病モデルOLETFラットの消化管のプロテオーム解析. 土橋香織, 大石正道, 前田忠計 (理学部), 古舘専一 (実動): 第15回「遺伝子その周辺」研究会 (2002.08.02〜03), 東京. 講演要旨集, p.46, 2002.

373. [研究会 (地方)] (一般講演) ペプチドの網羅的解析手法の開発とその応用. 福富俊之, 古後富久 (理学部), 古舘専一 (実動), 小寺義男, 前田忠計 (理学部): 第15回「遺伝子その周辺」研究会 (2002.08.02〜03), 東京. 講演要旨集, p.48, 2002.


<<内科学T>>

[学術論文]

374. [原著] Helicobacter pylori除菌療法の現況−アンケート調査による検討−. 高木敦司, 西元寺克禮 (内), 与芝 真, 工藤進英, 田口 進, 遠藤 徹, 鈴木 博, 永井孝三, 峰 徹哉, 杉山 貢, 三輪 剛: Helicobacter Research, 7 (1): 81〜91, 2003.

375. [原著] 胃潰瘍に対するパリエット錠10 mgの臨床評価. 西元寺克禮 (内): 薬理と治療, 30 (9): 675〜693, 2002.

376. [原著] 直腸粘膜脱症候群とcap polyposisの内視鏡所見の異同に関する検討−経過観察例を中心に−. 五十嵐正広, 奥野順子, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理), 本間二郎, 外山久太郎 (内): 胃と腸, 37 (5): 683〜693, 2002.

377. [原著] Value of adapted type index of hemoglobin color enhancement for the diagnosis of colorectal disease. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 西元寺克禮 (内): Digestive Endoscopy, 14(suppl): s48〜50, 2002.

378. [原著] 大腸浸潤癌の見落とし予防を含めた効率的な内視鏡検査計画. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内): 消化器内視鏡, 14 (4): 459〜465, 2002.

379. [原著] 潰瘍性大腸炎に伴うdysplasiaとcolitic cancerの内視鏡診断に関する検討−特に拡大内視鏡の有用性に関して−. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 胃と腸, 37 (7): 925〜935, 2002.

380. [原著] 大腸sm癌の内視鏡的摘除後の再発, 転移例の検討. 五十嵐正広, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和 (内): 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (10): 878〜883, 2002.

381. [原著] Restoration of thrombopoietin production after partial splenic emboliza-tion leads to resolution of thrombocytopenia in liver cirrhosis. 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内), 磯部義憲 (放), 前田忠朗 (臨検学): Hepatology Reserch, 23: 265〜273, 2002.

382. [原著] Effect of anti-Helicobacter pylori IgG antibody titer following eradication of Helicobacter pylori infection. 小泉和三郎, 田辺 聡, 今泉 弘, Hibi, K., 木田光広, 大井田正人 (内), 岡安 勲 (病理), 西元寺克禮 (内): Hepatogastroenterology, 50 (49): 293〜6 2003 Jan-Feb.

383. [原著] Questionnaire for early detection of occult anemia. Koizumi, W., Saigenji, K. (内): Hepatogastroenterology, 50 (49): 121〜5, 2003 Jan〜Feb.

384. [原著] Phase II study of paclitaxel with 3-h infusion in patients with advanced gastric cancer. Yamaguchi, K., Tada, M., Horikoshi, N., Otani, T., Takiuchi, H., Saitoh, S., Kanamaru, R., Kasai, Y., 小泉和三郎 (内), Sakata, Y., Taguchi, T.: Gastric Cancer, 5(2): 90〜5, 2002.

385. [原著] A novel mutant allele of the CYP2A6 gene (CYP2A6*11) found in a cancer patient who showed poor metabolic phenotype towards tegafur. Daigo, S., Takahashi, Y., Fujieda, M., Aryoshi, N., Yamazaki, H., 小泉和三郎, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内), Nagayama, S., Ikeda, K., Nishioka, Y., Kamataki, T.: Pharmacogenetics, 12 (4): 299〜306, 2002 Jun.

386. [原著] A phase II study of doxifluridine in elderly patients with advanced gastric cancer: the Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG 9410). Ikeda, N., Shimada, Y., Ohtsu, A., Boku, N., Tsuji, Y., Saito, H., 小泉和三郎 (内), Iwase, H., Yoshida, S., Fukuda, H.: Jpn J Clin Oncol, 32 (3): 90〜4, 2002 Mar.

387. [原著] High serum glyceraldehydes-3-phosphate dehydrogenase level in patients with liver cirrhosis. 渋谷明隆 (内), Nobunao Ikewaki: Hepatol Res, 22: 74〜179, 2002.

388. [原著] Hepatocellular carcinoma and survival in patients with primary biliary cirrhosis. 渋谷明隆(内), Katsuaki Tanaka, Hiroshi Miyakawa, Minoru Shibata, Masao Takatori, Kazuhiko Sekiyama, Naoaki Hashimoto, Shuuichi Amaki, Tatsuji Komatsu, Toshio Morizane: Hepatology, 35: 1172〜1178, 2002.

389. [原著] Accurate prediction of fulminant hepatic failure in severe acute viral hepatitis: multicenter study. Yoshiba M, Sekiyama K, Inoue K, Yamada M, Kako M, Nagai K, Takatori M, Iwabuchi M, Sumino Y, Tanaka K, Hakozaki Y, Hasegawa K, 渋谷明隆 (内): J Gastroenterolm, 37: 916〜921, 2002.

390. [原著] 糖尿病患者に対する足用保湿剤「プリノバTMフットミスト」の有用性. 金森 晃 (内): Practice, 19 (6): 715〜720, 2002.

391. [原著] Endoscopic Mucosal Resection for Gastric Cancer Necessity of "Incision and Stripping Method" & present status. 木田光広, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): Digestive Endoscopy Suppl: in press, 2002.

392. [原著] 腸型Behcet病と単純性潰瘍の長期経過−腸管合併症を中心に−. 小林清典, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 大谷剛正 (外): 胃と腸, 38 (2): 217〜227, 2003.

393. [原著] Clinical significance of adaptive index of hemoglobin color enhancement for endoscopic diagnosis of superficial type colorectal tumors. 小林清典, 五十嵐正広, 佐田美和, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): Digestive Endoscopy, 14 (Suppl.): S51〜S53, 2002.

394. [原著] Clinical outcome of endoscopic aspiration mucosectomy for early stage gastric cancer. 田辺 聡, 小泉和三郎 (内), 三富弘之 (病理), 中井久雄, 村上 秩, 長場静香, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克禮(内): Gastrointestinal Endoscopy, 56 (5): 708〜713, 2002.

395. [原著] Endoscopic mucosal resection in the management of gastric carcinoid tumors. 市川順子, 田辺 聡, 小泉和三郎, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): Endoscopy, 35 (3): 203〜206, 2003.

396. [原著] Suppression of Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis in Kininogen-Deficient Rats and Non-peptide B2 Receptor Antagonist-Treated Rats. 鎌田一寿 (内), 林 泉 (薬理), 水口澄人 (内), 新井勝春 (内), 佐伯威男 (内), 大野 隆 (内), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆(薬理): Jap J Pharmacol, 90 (1): 59〜66, 2002.

397. [原著] 糖尿病と食生活. 高田哲秀, 藤田芳邦 (内): 予防医学, 44: 59〜64, 2002.

398. [原著] Helicobacter pylori May Survive Ampicillin Treatment in the Remnant Stomach. 保坂美生 (内), R. Okamoto, K. Irinoda, S. Kaieda, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内), M. Inoue: The Journal of Antibiotics, 55 (5): 495〜498, 2002.

399. [原著] Characterrization of pKU701, a 2.5-kb plasmid, in a Japanese Helicobacter pylori isolate. 保坂美生 (内), R. Okamoto, K. Irinoda, S. Kaieda, 小泉和三郎, 西元寺克禮, M. Inoue: Plasmid, 47:193〜200, 2002.

400. [原著] Immunohistochemical Localisation in Rat Gastrointestinal tract of a Sialomucin Species Recognized by HCM31, a New Anti-Mucin Monoclonal antibody. 池沢智明 (内), Y. Goso, T. Ichikawa, H. Hayashida, T. Nakamura, M. Kurihara, 岡安 勲 (病理), 西元寺克禮 (内), K. Ishihara: Biomedical Research, 23 (2): 63〜68, 2002.

401. [原著] Cyclooxygenase-2 Inhibitors Attenuate Increased Blood Pressure in Renovascular Hypertensive Models, but Not in Deosycorticosterone-Salt Hypertension. T. Okumura (内), I. Hayashi, 池沢智明, M. Yamanaka, T. Takata, Y. Fujita, 西元寺克禮(内), 山科正平 (解): Hypertesn Res, 25 (6): 927〜938, 2002.

402. [準原著] IIa+IIc型とIIc+IIa型大腸表面型腫瘍の内視鏡的区別は必要か. 五十嵐正広, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁 (内): 消化器内視鏡, 14 (12): 1865〜1870, 2002.

403. [準原著] US・CT・MRIによる転移性肝癌の診断. 木田光広, 森木弘子, 北村陽子, 前澤 寧, 玉真俊平, 竹内 一, 萬屋 基, 菊地秀彦, 荒木正雄, 竹澤三代子, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 消化器の臨床, 5 (3): 265〜269, 2002.

404. [準原著] 遺残結石を残さないIDUS (ERUS) のコツ. 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 白須恭子, 荒木正雄, 山山竒好喜, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 14 (4): 504〜508, 2002.

405. [準原著] 三次元超音波内視鏡による胃疾患の病期診断. 木田光広, 菊地秀彦, 荒木正雄, 竹澤三代子, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 14(5): 624〜632, 2002.

406. [準原著] 消化管疾患に対する三次元超音波内視鏡の進歩. 木田光広, 渡辺摩也, 菊地秀彦, 荒木正雄, 竹澤三代子, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫, 木田芳樹, 村上正人, 今泉 弘, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮(内): 映像情報MEDICAL, 34 (5): 616〜621, 2002.

407. [準原著] 胆管胆石の治療−EST or EPBD−. 木田光広, 国東幹夫, 森木弘子, 前澤 寧, 北村陽子, 竹内 一, 菊地秀彦, 萬屋 基, 竹澤三代子, 荒木正雄, 山山竒好喜, 白須恭子, 鹿間伸明, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 消化器画像, 4 (5): 569〜577, 2002.

408. [準原著] 食道・胃EUS下穿刺. 木田光広, 荒木正雄, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 14 (9): 1275〜1276, 2002.

409. [準原著] EPBD. 木田光広, 国東幹夫, 西元寺克禮(内): 消化器内視鏡, 14 (9): 1384〜1385, 2002.

410. [準原著] 非腫瘍性大腸ポリープの臨床での取り扱い. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 早期大腸癌 6 (5): 443〜448, 2002.

411. [準原著] 大腸の内視鏡治療に伴う穿孔の予防と治療. 横山 薫, 比企能樹, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 小林清典, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 14 (2): 199〜203, 2002.

412. [症例報告] 内視鏡的に切除しえた十二指腸過誤腫の1例. 張 斌, 田辺 聡, 加藤恵美, 佐々木 徹, 樋口勝彦, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内),三富弘之 (病理), 田辺由美: 北里医学, 32 (2): 151〜155, 2002.

413. [症例報告] Helicobacter pylori除菌療法にて改善した胃巨大皺襞症の1例. 樋口勝彦, 田辺 聡, 市川順子, 佐々木 徹, 木田光広, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内), 大井田正人 (相模野病院): 胃と腸, 37 (13): 1741〜1746, 2002.

414. [症例報告] 最近経験した腸管出血性大腸菌O-157感染腸炎の2例. 三橋 淳, 五十嵐正広, 安達 滋, 吉澤 繁, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 三富弘之, 岡安 勲 (病理): Progress of Digestive Endoscopy, 60 (2): 66〜67, 2002.

415. [症例報告] 肝原発性非上皮性悪性腫瘍の1例. 浅野 朗, 國分茂博 (内): 映像情報(時増刊号:コンセンサス造影超音波: 39〜42, 2002.

416. [症例報告] Hepatitis A Virus Associated with Hemophagocytic Syndrome: Report of Two Cases. 渡辺摩也, 渋谷明隆, 奥野順子 (内), Maeda, T. (臨検学), 玉真俊平, 西元寺克禮 (内): Internal Medicine, 41: 1188〜1192,2002.

417. [症例報告] 長径6 mmの大腸進行癌の1手術例. 安達 滋, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 国場幸均, 大谷剛正 (外), 岡安 勲 (病理): Progress of Digestive Endoscopy, 61 (2): 122〜123, 2002.

418. [症例報告] 化学療法が奏功した直腸悪性リンパ腫の1例. 穴沢康志, 佐田美和, 奥野順子, 吉澤 繁, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 三富 弘之(病理): Progress of Digestive Endoscopy, 60 (2): 70〜71, 2002.

419. [症例報告] 経皮内視鏡的胃瘻造設術 (Push法) における内視鏡再挿入の工夫−ガイドワイヤーを用いた内視鏡挿入法−. 大野 隆 (内), 川添一哉 (伊勢原協同病院), 蓮見桂三 (伊勢原協同病院), 森野文敏 (伊勢原協同病院), 北村 匡 (内), 中野史郎 (内): Progress of Digestive Endoscopy, 61 (2): 66〜67, 2002.

420. [症例報告] TS-1+シスプラチン併用科学療法が有効であった切除不能胃癌の3症例. 北村 匡 (内), 川添一哉 (勢原協同病院), 中野史郎 (内), 大野 隆 (内), 橘田輝雄 (内), 小泉和三郎 (内), 田辺 聡 (内), 西元寺克禮(内): TS-1症例報告集−胃癌に対する臨床使用−: 16, 2003.

421. [症例報告] 内視鏡的に結石を回収した胆嚢胃瘻合併胆石症の1例. 朴 (新井) 勝春 (内, 横須賀共済病院内科), 鈴木秀明, 菅原 崇, 斉藤聖磨, 里田 誠, 香山秀之(横須賀共済病院内科), 林 弘美 (内, 横須賀共済病院内科), 高谷育男, 松岡幹雄 (横須賀共済病院内科), 深澤信悟, 細井英雄 (横須賀共済病院外科), 大原 毅 (横須賀共済病院院長): Progress of Digestive Endoscopy, 60(2): 82〜83, 2002.

422. [症例報告] Is型早期大腸癌が9ヶ月間で2型進行癌に進展した1例. 小川大志, 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 早期大腸癌, 7: 69〜72, 2003.

423. [総説] 消化器1消化性潰瘍 維持療法. 西元寺克禮 (内): 最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC, 6: 184〜191, 2002.

424. [総説] 内科医が使う薬の副作用・相互作用消化器薬 H2受容体拮抗薬. 西元寺克禮 (内), 黒山政一 (薬剤部): medicina, 39 (11): 80〜82, 2002.

425. [総説] 胃・十二指腸潰瘍. 西元寺克禮, 田辺 聡 (内): 臨床と研究, 79 (11): 62〜66, 2002.

426. [総説] 消化性潰瘍の自己管理. 西元寺克禮 (内): 日本薬剤師会別冊, 54 (4): 141〜146, 2002.

427. [総説] 電子カルテとMST「Crohn病」. 勝又伴栄, 小林清典, 五十嵐正広 (内): 消化器内視鏡, 14 (10): 1639〜1643, 2002.

428. [総説] 虚血性腸炎をめぐる最近の話題. 勝又伴栄(内): Tama symposium Journal of Gastroenterology, 17 (1): 5〜9, 2003.

429. [総説] 隆起型sm癌のポリペクトミー. 五十嵐正広(内): 消化器セミナー, 86: 109〜118, 2002.

430. [総説] 慢性便秘-緩下薬の使い方. 五十嵐正広 (内): 消化器の臨床, 5 (4): 453〜457, 2002.

431. [総説] UPD (コロナビ) を併用した大腸内視鏡挿入法. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内): 早期大腸癌, 6: 105〜111, 2002.

432. [総説] 大腸癌スクリーニング. 五十嵐正広, 若林健司, 勝又伴栄 (内): medicina, 39 (5): 788〜789, 2002.

433. [総説] 隆起型sm癌のポリペクトミー. 五十嵐正広(内): 消化器セミナー, 86: 109〜118, 2002.

434. [総説] 切除標本回収装置. 五十嵐正広 (内): 消化器内視鏡, 14 (9): 1507, 2002.

435. [総説] 虚血性大腸炎・薬剤性大腸炎. 五十嵐正広, 小林清典, 勝又伴栄 (内): medicina, 39 (10): 1796〜1800, 2002.

436. [総説] What’s going on 門脈圧亢進症学会. 國分茂博 (内): 日本門脈圧亢進症学会誌, 8: 81〜86, 2002.

437. [総説] 糖尿病と足病変. 金森 晃 (内): 骨・関節・靱帯, 15 (7): 771〜773, 2002.

438. [総説] 閉塞性動脈硬化症の疫学とリスクファクター. 金森 晃 (内): Angiology Frontier, 1 (1): 24〜29, 2002.

439. [総説] Endoscopic Tumor Diagnosis and Treatment. 木田光広 (内): Endoscopy. 34 (11): 860〜870, 2002.

440. [総説] 大腸内異物の内視鏡的除去. 小林清典, 勝又伴栄 (内): 消化器内視鏡, 14 (9): 1510〜1511, 2002.

441. [総説] 大腸Angiectasiaの出血. 小林清典,勝又伴栄,五十嵐正広 (内): 消化器内視鏡, 15 (2): 302〜304, 2002.

442. [総説] 消化器内視鏡検査・治療におけるインフォームド・コンセントのあり方. 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 14 (4): 509〜514, 2002.

443. [総説] 早期大腸癌に対する内視鏡治療. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 診断と治療, 90(10): 1774〜1779, 2002.

444. [総説] 経腸・静脈栄養の適正使用のポイント−消化管疾患と栄養管理−. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内), 嶋尾 仁 (外): 月刊薬事, 44 (9): 1681〜1685, 2002.

445. [総説] 非腫瘍性大腸ポリープ−炎症性線維性ポリープ (inflmmatory fibroid polyp; IFP)−. 小林清典, 五十嵐正広 (内): 早期大腸癌, 6 (5): 438〜439, 2002.

446. [総説] 上部消化管出血:幽門前庭部のGAVEからの多発性Oozing. 田辺 聡, 北村 匡, 市川順子, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 15 (2): 240〜241, 2003.

447. [総説] Mallory-Weiss症候群. 田辺 聡, 中山昇典, 佐々木 徹, 樋口勝彦, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): 臨床消化器内科, 17 (4): 467〜471, 2002.

448. [総説] キャップ法 (吸引法). 田辺 聡 (内): 消化器内視鏡, 14 (9): 1263〜1264, 2002.

449. [総説] 最近話題の感染性腸炎と治療の進めかた. 佐田美和, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内): Medical Practice, 20 (2): 275〜278, 2002.

450. [総説] 虚血性大腸炎. 佐田美和, 勝又伴栄 (内): 消化器疾患最新の治療, 2003〜2004, 220〜222, 2003.

451. [総説] 経皮的局所腫瘍除去法. 渡邊真彰, 國分茂博, 小野弘二, 日高 央, 土橋 健, 渋谷明隆 (内): 臨床消化器内科, 17 (7): 1082〜1094, 2002. (臨床消化器内科6月増刊号 間疾患診療のチェックポイント, 日本メディカルセンター, 東京, 2002, 298〜310項)

【著 書】

452. [学術書] (分担執筆) 胃と腸用語辞典; 巨大ひだ. 西元寺克禮 (内), 編集 胃と腸編集委員会, 監修 八尾恒良, 医学書院, 東京都, 2002.11.01発行.

453. [学術書] (分担執筆) プロトンポンプ阻害薬のすべて; 今日におけるプロトンポンプ阻害薬の臨床的意義. 西元寺克禮 (内), 編集 浅香正博 (北海道大学), 千葉勉, 先端医学社, 東京都, 2002.09.10発行.

454. [学術書] (分担執筆) 消化性潰瘍; 維持療法. 西元寺克禮 (内), 編集者 浅香正博 (北海道大学), 最新医学社, 大阪市, 2002.7.25発行.

455. [その他の著書] (分担執筆) 今日の消化器疾患治療指針第2版; 大腸の悪性リンパ腫, MALToma, p.541-543. 勝又伴栄 (内), 編集 多賀須幸男(多賀須消化器内科クリニック), 医学書院, 東京, 2002.10.15発行.

456. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学第8版U; 腸間膜血管機能不全, p.739〜742. 勝又伴栄 (内), 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

457. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学第8版U; 非特異性腸管潰瘍, p.729〜730. 勝又伴栄 (内), 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

458. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針; 便秘, p.398〜399. 五十嵐正広 (内), 医学書院, 東京, 2002.11.1発行.

459. [学術書] (分担執筆) 大腸の治療内視鏡; 安全な治療内視鏡のための挿入法, p.2〜7. 五十嵐正広 (内), 編集 山中恒夫, 原田容治, Medical view, 東京, 2002.07.20発行.

460. [学術書] (分担執筆) 最新消化器内視鏡治療: 大腸ポリペクトミー, p.130〜133. 五十嵐正広 (内), 編集 北島政樹 (慶應大外科) 先端医療技術研究所, 東京, 2002.07.15発行.

461. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; メッケル憩室, p.725〜726. 五十嵐正広(内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

462. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 小腸腫瘍, p.765〜767. 五十嵐正広 (内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

463. [学術書] (分担執筆) テキスト大腸癌; 治療後のフォローアップ, p.179〜182. 五十嵐正広 (内), 監修 武藤徹一郎, 日本メヂカルセンター, 東京, 2002,11.01発行.

464. [学術書] (分担執筆) 今日の消化器疾患治療指針; 腸結核, p.489〜492. 五十嵐正広 (内), 編集 多加須幸男, 三田村圭二, 幕内雅敏, 医学書院, 東京, 2002発行.

465. [学術書] (編集及び分担執筆) 「肝癌に対するラジオ波熱凝固療法」; 序文 第5章穿刺法のコツと工夫3. CT (CT下、CTA/CTAP下), p.90〜97. 第6章適応拡大と併用療法1. 肝動脈バルーン閉塞下, p109〜115. 第6章適応拡大と併用療法3. 肝動脈遮断, p.122〜127. 第8章 今後の展開, p.169〜172. 國分茂博 (内), 編集 國分茂博(内), 森安史典 (東京医大第4内科教授), 南江堂, 東京, 2002.05.10発行.

466. [学術書] (分担執筆) 「消化器Navigator」; BRTO・TIPS, p.312〜313. 國分茂博 (内), 編集 滝川 一 (帝京大学内科教授), メディカルレビュー社, 東京, 2002.07.10発行.

467. [学術書] (分担執筆) 「今日の治療指針2003」; 門脈圧亢進症 (食道胃静脈瘤を含む), p.355〜357. 國分茂博 (内), 編集 山口 徹 (虎ノ門病院院長), 北原光夫 (済生会向島病院院長), 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

468. [学術書] (分担執筆) 最新消化器内視鏡治療; 内視鏡的静脈瘤硬化療法. 日高 央 (内科), 國分茂博 (内), 編集 北島政樹 (慶應大学外科), 東京, 2002.

469. [学術書] (分担執筆) 内科学書; 胃悪性リンパ腫・平滑筋肉腫, p.1709〜1711. 小泉和三郎 (内), 編集 島田 馨, 中山書店, 東京, 2002.10.10発行.

470. [学術書] (分担執筆) 外来診療のすべて; 進行再発胃癌大腸癌の化学療法, p.396〜397. 小泉和三郎 (内), 監修 高久史麿, メヂカルレビュー社, 東京, 2002,04.10発行.

471. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 消化器癌の化学療法, p.286〜287. 小泉和三郎 (内), 編集 山口 徹, 監修 多賀須幸男, 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

472. [学術書] (分担執筆) 胆道・膵の治療内視鏡; 総胆管結石に対するEPBD, p.44〜49. 木田光広, 国東幹夫 (内), 編集 山中桓夫, 辻忠夫, Medical View, 東京, 2002.10発行.

473. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡ガイドライン 第2版; 超音波ガイド下穿刺術ガイドライン, p.327〜336. 山雄健次, 小澤壮治, 木田光広 (内), 編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 医学書院, 東京, 2002.12発行.

474. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学; 急性胃炎, p.683〜684. 田辺聡 (内), 監修 高久史麿, 医学書院, 東京, 2003.03発行.

475. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学, 急性胃粘膜病変, p.684〜686. 田辺 聡 (内), 監修 高久史麿, 医学書院, 東京, 2003.03発行.

476. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学; 胃アニサキス症, p.723〜724. 田辺 聡 (内), 監修 高久史麿, 医学書院, 東京, 2003.03発行.

477. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学; 肥厚性幽門狭窄症, p.724〜724. 田辺 聡 (内), 監修 高久史麿, 医学書院, 東京, 2003.03発行.

478. [学術書] (分担執筆) 食道・胃の治療内視鏡; 異物除去術, p.20〜23. 田辺 聡 (内), 編集 山中恒夫 (自治医大非常勤講師), メジカルビュー社, 東京, 2002.09発行.

479. [学術書] (分担執筆) 胃と腸用語事典; long filling defect. 小林清典, 西元寺克禮 (内), 編集「胃と腸」編集委員会, 監修 八尾恒良 (福岡大), 医学書院, 東京, 2002.11.01発行.

480. [学術書] (分担執筆) 胃と腸用語事典; non-lifting sign. 小林清典, 西元寺克禮 (内), 編集「胃と腸」編集委員会, 監修 八尾恒良 (福岡大), 医学書院, 東京, 2002.11.01発行.

481. [学術書] (分担執筆) 胃と腸用語事典; multiple lymphomatous polyposis (MLP). 小林清典, 西元寺克禮 (内), 編集「胃と腸」編集委員会, 監修 八尾恒良 (福岡大), 医学書院, 東京, 2002.11.01発行.

482. [学術書] (分担執筆) LiSA, VOL.9, No.07; 肝細胞癌に対する内科的治療, p.678〜682. 土橋 健 (内), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2002.07.01発行.

483. [学術書] (共著)JJPEN輸液栄養, Vol.24, No.3; 大腸Crohn病の閉塞性動脈炎では内皮細胞におけるnitric oxide synthaseとHLA-DRの過剰発現を伴っている, p.185〜187. 横山 薫, 三富弘之, 岡安 勲, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), メディカル・コア, 東京, 2002.03発行.

484. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; 黄疸, p.75〜77. 村上 秩 (内), 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002,12.15発行.

485. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; 急性閉塞性化膿性胆管炎, p.302〜303. 村上 秩 (内), 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002.12.15発行.

486. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; 食中毒, p.312〜314. 村上 秩 (内). 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002.12.15発行.

487. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; 薬物中毒, p.489〜493. 村上 秩 (内), 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002.12.15発行.

488. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; Sengstaken-Blakemoreチューブ, p.543〜545. 村上 秩 (内), 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002.12.15発行.

489. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; 誤飲, p.493〜496. 安藤 豪 (内), 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002.12.15発行.

490. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; 経鼻胃管, p.538〜540. 小川大志(内), 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002.12.15発行.

491. [その他の著書] (分担執筆) 研修医・当直医のための急患対応マニュアル; 胃洗浄, p.541〜542. 小川大志(内), 編集 外山久太郎 (平塚共済病院), 監修 金山正明 (平塚共済病院), 長井書店, 2002.12.15発行.

[学会・研究会等]

492. [学会 (国際)] (一般講演) Study of Balloon Occluded Retrograde Transvenous Obliteration in solitary gastric varices complicated liver cirrhosis. 國分茂博, 日高 央 (内), 磯部義憲 (放): Biennial Meeting of the International Association for the Study of the Liver 2002 (2002.04.15〜16), Madrid, Spain. Journal of Hepatology, 36 (suppl I); 238, 2002.

493. [学会 (国際)] (一般講演) Histological improvement after interferon therapy in patients with chronic hepatitis C, incomplete responder. 土橋 健, 渋谷明隆 (内): 10th UEGW 2002 (2002.10.21〜23), Geneva, Switzerland. Gut; 51 (suppl III): A117, 2002.

494. [学会 (国際)] (一般講演) Endoscopic papillary balloon dilation (EPBD) preserves sphincter of ODDI function, but no more than endoscopic sphincterotomy (EST). Takezawa, M., Kida, Y., 木田光広, 西元寺克禮 (内): 10th United European Gastroenterology week (2002.10.23), Geneva, Switzerland. Gut Supplement, NoIII, Vol.51-Endoscopy Supplement, No.II, Vol.34.

495. [学会 (国際)] (ポスター) The difference of response and survival accoding to the localization of primary site after chemotherapy for inoperable gastric cancer patients. 小泉和三郎, 樋口勝彦, 田辺 聡, 長場静香, 西元寺克禮 (内): ASCO (2002.05.18), オーランド (USA). Proceeding of ASCO, Vol.21, 2002.

496. [学会 (国際)] (ポスター) Japanese phase I trial of ZD9331-comparison of pharmacodynamic/pharmacokinetic profiles with a UK phase I trial. K. Aiba, 小泉和三郎, T. Sasaki (内), A. Sato, Y. Tanigawa, N. Horikoshi: ASCO (2002.5.18), オーランド (USA). Proceeding of ASCO, Vol.21, 2002.

497. [学会 (国際)] (ポスター) Significance of vascular endothelial growth factor (VEGF) in gastric cancer (GC) patients (pts) treated with S-1, a neworal fluoropyrimidine, with/without cisplatin (CDDP). S. Hironaka, N. Boku, A. Ohtsu, 小泉和三郎, 田辺 聡 (内), K. Shirao: ASCO (2002.05.18), オーランド (USA). Proceeding of ASCO, Vol.21, 2002.

498. [学会 (国際)] (ポスター) A phase Ustudy of CPT-11 plus cisplatin in patients with advanced gastric cancer (AGC). A. Sato, M. Kurihara, 小泉和三郎, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内), H. Takiuchi, R. Iwasaki, K. Shimada: ASCO (2002.5.18), オーランド (USA). Proceeding of ASCO, Vol.21, 2002.

499. [学会 (国際)] (ポスター) New Generation Probe of Three Dimensional Endoscopic Ultrasonography for Gastrointestinal Diseases. 木田光広, 渡邊真彰, 菊地秀彦, 荒木正雄, 竹澤三代子, Y. Yamazaki, 白須恭子, 国東幹夫, 木田芳樹, 今泉 弘, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 第13回国際超音波内視鏡シンポジウム (10.05.2002), ニュ-ヨーク. Gastrointestinal Endoscopy, 56 (suppl): s138, 2002.

500. [学会 (国際)] (ポスター) Usefulness of new technique (endoscopic oblique aspiration mucosectomy) as compared with strip biopsy for the treatment of superficial esophageal cancer. 田辺 聡, 小泉和三郎, 北村 匡, 樋口勝彦, 田原久美子, 村上 秩, 竹澤三代子, 今泉 弘, 木田芳樹, 木田光広, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 片田夏也, 小林伸行 (外), 三富弘之 (病理): 2002DDW (2002.05.20), サンフランシスコ.

501. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical usefulness of endoscopic ultrasonography for diagnosing rectal carcinoid tumors and determining therapeutic methods. 小林清典, 木田光広, 横山 薫, 吉澤 繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 13th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (2002.10.04〜06), ニューヨーク. Gastrointestinal Endoscopy, 56 (Suppl): S133, 2002.

502. [学会 (国際)] (ポスター) Study of magnifying examination for the surveillance of ulcerative colitis. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 10th United European Gastroenterology Week (2002.10.21), スイス・ジュネーブ. Gut, suppl. 3 (51)/Endoscopy, suppl. 2 (34): A97, 2002.

503. [学会 (国際)] (ポスター) IS Endoscopic Ultrasonography useful for Diagnosis of early Colorectal Cancer Invasion with usual Colonoscopic Examination? 横山 薫, 小林清典, 木田光広, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 13th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (2002.10), ニューヨーク. Gastrointestinal Endoscopy, suppl. 56 (4): p135, 2002.

504. [学会 (国際)] (ポスター) Follow up study of Upper Gastrointestinal Stromal Tumor by Endoscopic Ultrasonography. Yoshiki Yamazaki, Mitsuhiro Kida, Hidehiko Kikuchi, Motoi Yorozuya, Miyoko Takezawa, Masao Araki, Kyoko Shirasu, Nobuaki Shikama, Mikio Kokuto, Maya Watanabe, Yoshiki Kida, Hiroshi Imaizumi, Hiroyuki Mitomi, Yukihito Yamada, Tetsuaki Sakaguchi, Katsunori saigenji (内): EUS 2002 Endoscopic Ultrasonograpy 13th Inernational Symposium (Oct. 2002), New York, USA. GASTROINTRSTINAL ENDOSCOPY, 56 (No.4): S101, 2002.

505. [学会 (国際)] (ポスター) Endoscopic Ultrasound Fine-Needle Aspiration for Diagnosing Gastoenterological Disease. Masao Araki (内), Mitsuhiro Kida, Hidehiko Kikuchi, Miyoko Takezawa, Yoshiki Yamazaki, Kyoko Shirasu, Mikio Kokuto, Nobuaki Shikama, Maya Watanabe, Yoshiki Kida, Hiroshi Imaizumi, Hiroyuki Mitomi, Yukihito Yamada, Tetsuaki Sakaguchi, Katsunori Saigenji: EUS 2002 Endoscopic Ultrasonograpy 13th Inernational Symposium (Oct. 2002), New York, USA. GASTROINTRSTINAL ENDOSCOPY, 56 (No.4): S145, 2002.

506. [学会 (国際)] (教育講演) 超音波内視鏡下穿刺術ライブデモンストレーション. 木田光広 (内): 第2回国際消化器内視鏡セミナー (2003.02.22), 横浜.

507. [学会 (国際)] (教育講演) 超音波内視鏡ライブデモンストレーション. 木田光広 (内): 第3回国際超音波内視鏡・治療内視鏡ワークショップ (2003.03.07), ソウル(韓国).

508. [学会 (国際)] (教育講演) 超音波内視鏡下穿刺術. 木田光広 (内): 第7回中国超音波内視鏡セミナー (2002.04.16), ソウル (韓国).

509. [学会 (国際)] (教育講演) 超音波内視鏡ライブデモンストレーション. 木田光広 (内): 第7回中国超音波内視鏡セミナー (2002.04.15〜16), ソウル (韓国).

510. [学会 (国際)] (シンポジウム) Three Dimensional Endoscopic Ultrasonography in Evaluating Candidate of Gastric Cancer for Endoscopic Mucosal Resection. M. Kida, M. Watanabe, H. Kikuchi, M. Takezawa, K. Shirasu, M. Araki, Y. Yamazaki, M. Kokuto, K. Saigenji (内): アメリカ消化器病週間 (05.20.2002), サンフランシスコ. Gastrointestinal Endoscopy, 2002.

511. [学会 (全国)] (一般講演) 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法後の血清アルブミン値低下に関する検討. 小野弘二, 國分茂博, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第38回日本肝臓学会総会 (2002.06.13〜14), 大阪. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.1): p.213, 2002.

512. [学会 (全国)] (一般講演) CAとEOを用いた内視鏡的硬化療法により週3回のアミノレバン点滴静注が不要となった胃穹窿部静脈瘤合併肝性脳症の一例〜BRTOとの対比を含めて. 倉岡 隆, 國分茂博, 日高 央, 小野弘二, 渡邊真彰, 土橋 健, 中澤貴秀, 西元寺克禮 (内), 佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義憲 (放): 第9回日本門脈圧亢進症学会 (2002.09.12), 名古屋. 日本門脈圧亢進症学会誌, 8 (1): 27, 2002.

513. [学会 (全国)] (一般講演) 肝性脳症におけるB-RTOの検討. 佐々木 徹, 國分茂博, 小野弘二, 日高 央, 渡邊真彰, 土橋 健, 中澤貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 磯部義憲 (放): 第9回日本門脈圧亢進症学会 (2002.09.13), 名古屋. 日本門脈圧亢進症学会誌, 8 (1): 51, 2002.

514. [学会 (全国)] (一般講演) Stoma Varicesに対しDual balloon occluded embolotherapyが奏効した1例. 氏家幸子, 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 渡邊真彰,土橋 健, 中澤貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 佐々木真弓, 磯部義憲 (放), 大谷剛正 (外): 第9回日本門脈圧亢進症学会 (2002.09.13), 名古屋. 日本門脈圧亢進症学会誌, 8 (1): 45, 2002.

515. [学会 (全国)] (一般講演) 良性消化管狭窄に対する内視鏡的拡張術の有用性について. 小川大志, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第20回日本大腸検査学会総会 (2002.11.09〜10), 東京.予稿集, p.87, 2002.

516. [学会 (全国)] (一般演題) 大腸憩室炎の内視鏡診断についての検討. 竹内 一, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.24〜27), 横浜. Gastroenterological Endoscopy, 44 (Suppl.2): 1507, 2002.

517. [学会 (全国)] (一般講演) Crohn病穿孔例の臨床的検討. 服部庸一郎, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 大谷剛正 (外), 三富弘之, 岡安 勲 (病理): 88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 旭川. 日本消化器病学会雑誌, 99 (臨増): A181, 2002.

518. [学会 (全国)] (一般講演)ドイツにおける内視鏡洗浄消毒の状況. 今泉 弘: 第63回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.04.20), 山梨.

519. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸serrated adenomaの臨床病理学的およびp21WAF1/CIP1, p27Kip1蛋白発現に関する検討. 佐田美和 (内), 三富弘之 (病理), 吉澤 繁, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.26), 旭川. 日本消化器病学会雑誌, 99 (臨時増刊号): A233, 2002.

520. [学会 (全国)] (一般講演) 肝癌に対するラジオ波焼灼療法 (RFA) 後の異所性再発に関する検討. 渋谷明隆, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 中澤貴秀, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第38回日本肝臓学会総会 (2002.06.13〜14), 大阪. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.1): O-179, 2002.

521. [学会 (全国)] (一般講演) 原発性胆汁性肝硬変におけるirregular regenerationと肝細胞癌の発症. 藤川博敏 (帝大), 渋谷明隆 (内), 菊地健太郎 (帝大), 川島由美 (帝大), 北澤絵里子 (帝大), 宮川 浩 (帝大): 第38回日本肝臓学会総会 (2002.06.13〜14), 大阪. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.1): D-238, 2002.

522. [学会 (全国)] (一般講演) C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法後の不完全著効群における病理組織および血清ヒアルロン酸濃度の改善. 土橋 健, 渋谷明隆, 渡邊真彰, 小野弘二, 中澤貴秀, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第34回日本肝臓学会東部会 (2002.11.29〜30), つくば市. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.3): A466〜9, 2002.

523. [学会 (全国)] (一般講演) 難治性胃穹隆部静脈瘤成因とその治療. 小野弘二, 國分茂博 (内), 磯部義憲 (放): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.4.24〜26), 旭川. 日本消化器病学会誌, 99 (Suppl): W7〜09, 2002.

524. [学会 (全国)] (一般講演) 孤立性胃静脈瘤に対する治療法の選択−B-RTOとCAを用いた内視鏡的な治療との対比−. 日高 央, 國分茂博 (内), 高田正博 (高田消化器内科クリニック): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.27), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44 (Suppl.2): p.1291, 2002.

525. [学会 (全国)] (一般講演) 急性A型肝炎における血小板減少の実態とウイルス関連血球貪食症候群 (VAHS) の関与. 渡邊真彰, 渋谷明隆, 里道哲彦, 小野弘二, 土橋 健, 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第88回日本消化器病学会 (2002.4.24〜26), 旭川. 日本消化器病学会雑誌, 99: 243, 2002.

526. [学会 (全国)] (一般講演) Crohn病と潰瘍性大腸炎における粘膜固有層内Tリンパ球サブセットの比較. 横山 薫 (内), 三富弘之 (病理), 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04), 旭川. 日本消化器病学会雑誌, Vol.99 (suppl): A120, 2002.

527. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡的胃瘻増設術 (PEG) における合併症−当院で経験した2症例−. 高橋裕之, 横山 薫 (内), 池内 哲, 鵜梶 実, 星野和彦 (小田原市立病院消化器科), 井上育夫 (同外科), 一原 亮 (小田原銀座クリニック): 第17回在宅静脈栄養 (HPN) 研究会・第25回在宅経腸栄養 (HEN) 研究合同集会 (2002.09), 横浜. プログラム・抄録集, 45, 2002.

528. [学会 (全国)] (一般講演) 切除不能膵臓癌を対象とした5FU経静脈投与・UFT経口投与併用療法 (PMC療法) の有用性の検討. 木田芳樹, 竹澤三代子, 菊地秀彦, 山田至人, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第38回日本胆道学会学術集会 (2002.09.04〜05), 仙台. 膵臓, 17: 3〜2, 2002.

529. [学会 (全国)] (一般講演) 総胆管結石の経乳頭的内視鏡治療に伴う乳頭機能の評価. 竹澤三代子, 木田芳樹, 国東幹夫, 山田至人, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第44回日本消化器病学会大会 (2002.10.24〜26), 横浜. 日本消化器病学会誌, 99: A692, 2002.

530. [学会 (全国)] (一般講演) FNAを施行した壁内転移と考えられる胃粘膜下腫瘍の1例. 荒木正雄 (相模原協同病院), 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫 (内), 渡辺摩也(相模原協同病院), 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.24〜27), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44: 1642, 2002.

531. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における膵IPMTの臨床的病理学的検討. 前澤 寧, 木田光広, 佐々木 徹, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 旭川. 日本消化器病学会誌, 99: A217, 2002.

532. [学会 (全国)] (一般講演) 切除不能膵臓癌を対象とした5FU経静脈投与・UFT経口投与併用療法 (PMC療法) の有用性の検討. 木田芳樹, 竹澤三代子, 菊地秀彦, 山田至人, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第38回日本胆道学会学術集会 (2002.09.04〜05), 仙台. 膵臓, 17: 3〜2, 2002.

533. [学会 (全国)] (一般講演) 回盲部単純性潰瘍出血の二例. 里道哲彦 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 萬屋 基, 村上 秩, 山山竒好喜, 高田雅博, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第51回共済医学会 (2002.10), 横浜. 共済医報, 51: 90, 2002.

534. [学会 (全国)] (一般講演) 出血を繰り返している胃毛細血管拡張症にAPC (Argon Plasma Coaguration) が有効であった一例. 萬屋 基 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 小川大志, 里道哲彦, 村上 秩, 山山竒好喜, 高田雅博, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第51回共済医学会 (2002.10), 横浜. 共済医報, 51: 90, 2002.

535. [学会 (全国)] (一般講演) 内因性プロスタグランジンおよびカプサイシンによる胃平滑筋電位の変化. 水口澄人 (内), 大野 隆 (内), 鎌田一寿 (内), 新井勝春 (内), 佐伯威男 (内), 林 泉 (薬理), 西元寺克禮 (内), 馬嶋正隆 (薬理): 第76回日本薬理学会年会 (2003.3.24〜26), 福岡. J. Pharmacolo. Sci., 91 (Suppl. I): p.262, 2003.

536. [学会 (全国)] (ポスター) Lipiodol-PEITにより12年生存中のA-Pshunt合併, 腫瘍径4 cmの肝細胞癌の1例. 小野弘二, 國分茂博, 玉真俊平, 渡邊真彰, 土橋 健, 中澤貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第34回日本肝臓学会東部会 (2002.11.30), 大阪. 肝臓, 43 (Suppl.3): P-A500, 2002.

537. [学会 (全国)] (ポスター) CTガイド下Radio-frequency Ablation (RFA) の検討. 倉岡 隆, 國分茂博, 日高 央, 玉真俊平, 里道哲彦, 渡邊真彰, 小野弘二, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義憲 (放): 第38回日本肝臓学会総会 (2002.06.13〜14), 大阪. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.1): p216, 2002.

538. [学会 (全国)] (ポスター) SPIO-MRIによるRFAの治療効果判定. 倉岡 隆, 國分茂博, 玉真俊平, 里道哲彦, 渡邊真彰, 小野弘二, 土橋 健, 中澤貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義憲 (放): 第6回日本肝臓学会大会 (2002.10.24〜25) 横浜. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.2): p237, 2002.

539. [学会 (全国)] (ポスター) 複雑な血行動態を有する非隆起型胃静脈瘤の再出血に対し, 経皮経肝静脈瘤塞栓術 (PTO) を応用し, 完全止血を得たアルコール性肝硬変の1例. 安藤 豪, 渡邊真彰, 國分茂博 (内), 瀧川政和, 磯部義憲 (放): 第34回日本肝臓学会東部会 (2002.9.13), つくば. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.3): P-A517, 2002.

540. [学会 (全国)] (ポスター) 糖尿病入院患者における足白癬の実態. 金森 晃 (内), 新井 達 (皮), 小中理会 (皮), 鎌田裕二 (内), 平澤陽子 (内), 青柳祥夫 (内), 長澤恵子 (病院病棟看護部), 勝岡憲生 (皮), 藤田芳邦 (内): 第45回日本糖尿病学会年次学術集会 (2002.05.17〜19), 東京. 糖尿病, 45 (Suppl2): S127, 2002.

541. [学会 (全国)] (ポスター) 上部消化管出血に対する内視鏡的止血法の検討−特に止血不能例を中心に−. 前澤 寧, 田辺 聡, 樋口勝彦, 中山昇典, 北村 匡, 国東幹夫, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第63回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.4.20), 甲府.

542. [学会 (全国)] (ポスター) 当院におけるBarrett食道癌の検討. 安達 滋, 田辺 聡, 中山昇典, 田原久美子, 北村 匡, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行 (外), 三富弘之 (病理), 松本 豊: 第88回日本消化器病学会総会 (2002,04.24), 旭川.

543. [学会 (全国)] (ポスター) 食道表在癌に対する斜形ムコゼクターを用いた内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM) の有用性−2チャンネル法との比較−. 田辺 聡, 小泉和三郎, 北村 匡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.26), 横浜.

544. [学会 (全国)] (ポスター) 食道表在癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) 後の局所再発例の検討. 田辺 聡 (内), 小林伸行 (外), 三富弘之 (病理): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.26), 横浜.

545. [学会 (全国)] (ポスター) 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法後の血清アルブミン値低下に関する検討. 小野弘二, 國分茂博, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第38回日本肝臓学会総会 (2002.06.13〜14), 大阪. 日本肝臓学会誌, 43 Suppl.(1): p.213, 2002.

546. [学会 (全国)] (ポスター) 新しい三次元超音波プローブ (XUM-DP20-25R, DP12-25R) の使用経験. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元時克禮 (内): 第63回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.04.18〜20), 甲府. Gastroenterological Endoscopy, VOL.44 (Supplement 1): 496, March, 2002.

547. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における膵癌 (通常型膵癌) 155症例の検討−特に腫瘍径別, 治療法別の予後について−. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元時克禮 (内): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 旭川. 日本消化器病学会誌, Vol.99 (Supplement): A337, March, 2002.

548. [学会 (全国)] (ポスター) Gemcitabineの切除不能膵癌に対する治療効果の検討. 菊地秀彦, 木田光広, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元時克禮 (内): 第44回日本消化器病学会大会 (DDW-Japan 2002) (2002.10.24〜26), 横浜. 日本消化器病学会誌, Vol.99 (Supplement): A705, September, 2002.

549. [学会 (全国)] (ポスター) 早期胃癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM) の有用性. 村上 秩, 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 北村 匡, 田原久美子, 中山昇典, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.24〜27), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44: 1540, 2002.

550. [学会 (全国)] (ポスター) 食道表在癌に対する斜型ムコゼクターを用いた内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM) の有用性−2チャンネル法との比較−. 田辺 聡, 小泉和三郎, 北村 匡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.24〜27), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44: 1494, 2002.

551. [学会 (全国)] (ポスター) 新しい細径三次元超音波プローブ (XUM-DP20-25R, DP12-25R) の使用経験. 渡辺摩也 (相模原協同病院), 木田光広(内), 荒木正雄 (相模原協同病院), 菊地秀彦, 萬屋 基, 竹澤三代子, 山山竒好喜, 白須恭子, 国東幹夫, 近藤一英, 今泉 弘, 木田芳樹, 田辺 聡, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.24〜27), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44: 1542, 2002.

552. [学会 (全国)] (ポスター) 当院におけるBarret食道癌の検討. 安達 滋, 田辺 聡, 中山昇典, 田原久美子, 北村 匡, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行 (外), 三富弘之 (病理), 松本 豊 (津久井日赤病院): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44: A253, 2002.

553. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における胆嚢癌の臨床病理学的検討. 北村陽子, 木田光広, 佐々木 徹, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44: A310, 2002.

554. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における膵管癒合不全の30例の検討. 竹内 一, 木田光広, 佐々木 徹, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44: A340, 2002.

555. [学会 (全国)] (ポスター) 超音波内視鏡下穿刺の検討−その適応と問題点を含めて−. 荒木正雄, 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第63回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.04), 甲府. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 44 (Sup.2): 495, 2002.

556. [学会 (全国)] (ポスター) 早期胃癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM) の有用性. 村上 秩, 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 北村 匡, 田原久美子, 中山昇典, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第10回目本消化器関連学会週間 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10), 横浜. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 44(Sup.2): 1540, 2002.

557. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における胆嚢癌の臨床病理学的検討. 北村陽子, 木田光広, 佐々木 徹, 中山昇典, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡邊摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04), 旭川. 日本消化器病学会雑誌, 991: 117, 2002.

558. [学会 (全国)] (ポスター) ERCP後の合併症である膵炎に対するウリナスタチン (ミラクリッド) の投与時期による予防効果の検討. 萬屋 基, 木田光広, 北村陽子, 奥野順子, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 渡違摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04), 旭川. 日本消化器病学会雑誌, 991: 118, 2002.

559. [学会 (全国)] (ポスター) ポリスチレンスルホン酸カルシウムと甲状腺ホルモンの相互作用. 中嶋真一, 金森 晃, 青柳祥夫, 神 康之, 田中啓司, 守屋達美, 藤田芳邦 (内), 松本孝治, 城森孝仁 (三和化学研究所総合研究所): 第75回日本内分泌学会学術総会 (2002.06.28), 大阪. 日本内分泌学会誌, 78 (1): 151, 2002.

560. [学会 (全国)] (特別講演) RFAによる肝癌の最新治療と背景肝への影響−肝予備能を含めて−. 國分茂博 (内): 第38回日本肝臓学会総会ランチョンセミナー (2002.06.13),大阪. 肝臓, 43 (Supple (1): 61, 2002.

561. [学会 (全国)] (教育講演) 孤立性胃静脈瘤, 肝性脳症に対するB-RTO (ビデオ). 國分茂博 (内): 第9回日本門脈圧亢進症学会 (2002.09.12), 名古屋. 日本門脈圧亢進症学会誌, 8 (1): 8, 2002.

562. [学会 (全国)] (教育講演) 糖尿病と足病変. 金森 晃 (内): 第98回中部日本整形外科災害外科学会 (2002.04.04〜05), 四日市市.

563. [学会 (全国)] (宿題報告) B-RTO研究会・門脈圧亢進症学会合同アンケート報告: BRTO2002. 小野弘二, 國分茂博 (内): 第9回日本門脈圧亢進症学会総会 (2002.09.13), 名古屋. 日本門脈圧亢進症学会誌, 8 (1): 28, 2002.

564. [学会 (全国)] (シンポジウム) clean colonの定義. 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 第20回日本大腸検査学会 (2002.11.09), 東京.

565. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法-この症例をどうするか? 病変が十二指腸に浸潤している症例. 中谷研斗, 國分茂博 (内): 第6回日本肝臓学会大会サテライトシンポジウム (2002.04.24), 横浜. 肝臓, 43 (Suppl.2): 95, 2002.

566. [学会 (全国)] (シンポジウム) 進行肝細胞癌に対する動注・門注併用化学療法の有用性−動注単独療法とのRandomized Control Study−. 日高 央, 國分茂博 (内), 磯部義憲(放): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 旭川.日本消化器病学会誌, 99 (Supp.l): S02〜07, 2002.

567. [学会 (全国)] (シンポジウム) 孤立性胃静脈瘤に対する治療法の選択−B-RTOとCAを用いた内視鏡的な治療との対比−. 日高 央, 國分茂博 (内), 高田正博 (高田消化器内科クリニック): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (2002.10.27), 横浜. 日本消化器内視鏡学会誌, 44(Suppl.2): p.1291, 2002.

568. [学会 (全国)] (シンポジウム) 胃癌化学療法における新規抗癌剤の位置付け. 小泉和三郎 (内): 第75回日本胃癌学会総会 (2003.02.07), 東京. 抄録集.

569. [学会 (全国)] (シンポジウム) 早期胃癌に対するEMR後の遺残・再発の特徴とその対策. 田辺 聡, 村上 秩, 小泉和三郎, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第75回胃癌学会総会 (2003.02.07), 東京.

570. [学会 (全国)] (シンポジウム) 大腸ポリープの内視鏡的摘除後偶発症に対する対策. 小林清典,五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 第20回日本大腸検査学会総会 (2002.11.09〜10), 東京. 予稿集, p.57, 2002.

571. [学会 (全国)] (シンポジウム) 潰瘍性大腸炎のサーベイランスにおける拡大観察の有用性の検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 第64回日本消化器内視鏡学会総会 (DW-Japan 2002.10.27), 横浜. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 44 (臨増, supple.2): 1391, 2002.

572. [学会 (全国)] (シンポジウム) 現行の薬物性肝障害の診断基準の問題点−Dananの診断基準を中心に−. 渡邊真彰, 渋谷明隆, 土橋 健 (内): 6回日本肝臓学会大会シンポジウム「薬物性肝障害の現状の問題点と診断基準」(2002.10.24〜27), 横浜. 肝臓, 43 (suppl.2): 286, 2002.

573. [学会 (全国)] (シンポジウム) 進行肝細胞癌に対する動注・門注併用化学療法の有用性−動注単独療法とのRandomized Control Study−. 日高 央, 國分茂博 (内), 磯部義憲 (放): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 旭川. 日本消化器病学会誌, 99 (Suppl): S02〜07, 2002.

574. [学会 (全国)] (ワークショップ) 難治性胃穹隆部静脈瘤成因とその治療. 小野弘二、 國分茂博 (内), 磯部義憲 (放): 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24〜26), 旭川. 日本消化器病学会誌, 99 (Suppl): W7〜09, 2002.

575. [学会 (全国)] (ワークショップ) 糖尿病患者における足皮膚角層水分量の測定と足用保湿剤プリノバフットミストの有効性. 金森 晃 (内): 第17回日本糖尿病合併症学会 (2002.10.11), 東京. 糖尿病合併症, 16 (Suppl1): 64, 2002.

576. [学会 (全国)] (ワークショップ) 重症急性膵炎の治療戦略−膵酵素阻害剤・抗生物質持続動注療法を中心として−. 今泉 弘, 奥野順子, 木田光広: 第88回日本消化器病学会総会 (2002.04.24), 旭川. 日本消化器病学会雑誌, 99 (Suppl): W4〜10, 2002.

577. [学会 (全国)] (ワークショップ) 切除不能膵臓癌を対象とした5FU経静脈投与・UFT経口投与併用療法 (PMC:Pharmacokinetic modulating chemotherapy) の検討. 木田芳樹, 竹澤美代子, 西元寺克禮 (内): 第44回日本消化器病学会大会 (2002.10.24〜26), 横浜. 日本消化器病学会誌, 99: A513, 2002.

578. [学会 (全国)] (教育セミナー) 早期胃癌の内視鏡診断. 田辺 聡 (内): 第75回日本胃癌学会 (2003.02.06), 東京.

579. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 早期大腸癌に対する超音波内視鏡診断の臨床的意義. 小林清典, 勝又伴栄, 木田光広 (内): DDW-Japan 2002 (2002.10.24〜27), 横浜. Gastroenterological Endoscopy, 44(Suppl.2): 1421, 2002.

580. [学会 (全国)] (ラウンドテーブルディスカッション) Crohn病の在宅経腸栄養療法における製剤別治療効果の比較検討. 横山 薫 (内), 高橋裕之, 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮: 第17回在宅静脈栄養 (HPN) 研究会・第25回在宅経腸栄養 (HEN) 研究合同集 (2002.09), 横浜. プログラム・抄録集, 31, 2002.

581. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) UPDを用いた大腸挿入法の実際. 五十嵐正広 (内): 第20回日本大腸検査学会 (2002.10.09), 東京.

582. [学会 (全国)] (シンポジウム) 隆起型癌から2型進行癌への発育進展を観察できた直腸癌の1例. 小川大志, 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 大谷剛正 (外): 第57回日本大腸肛門病学会総会 (2002,10.04), 神奈川県横浜市.

583. [学会 (地方)] (一般講演) RFA後のSPIO-MRIで熱凝固範囲内に淡いhigh density areaを呈した肝細胞癌の1例. 倉岡 隆, 小野弘二, 中澤貴秀, 國分茂博 (内), 佐々木真弓, 矢内原 久, 瀧川政和, 磯部義憲 (放): 第21回Yokohama Imaging Conference (2002.11.15), 横浜.

584. [学会 (地方)] (一般講演) Helicobacter Pylori除菌により血小板増加を認めたステロイド抵抗性特発性血小板減少性紫斑病の2例. 北村陽子, 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 今泉 弘, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克禮 (内): 第271回日本消化器病学会関東支部例会 (2002.09.28), 東京.

585. [学会 (地方)] (一般講演) 長径6 mmの大腸進行癌の1手術例. 安達 滋, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 国場幸均, 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理): 第74回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2002.06.07〜08), 宇都宮. Progress of Digestive Endoscopy, 61 (1): 71, 2002.

586. [学会 (地方)] (一般講演) A型肝炎ウイルス (HAV) 感染により血清C型肝炎ウイルス (HCV) の著明な減少を認めた1例. 宮川沙織, 渡邊真彰, 渋谷明隆, 土橋 健, 中澤貴秀, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第270回日本消化器病学会関東支部例会 (2002.07.13), 横浜.

587. [学会 (地方)] (一般講演) 経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) における工夫-内視鏡のワイヤーガイド下挿入. 大野 隆 (内), 川添一哉 (伊勢原協同病院), 北村 匡 (内), 中野史郎 (内), 橘田輝雄 (内): 第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2002.06.07〜08), 宇都宮.

588. [学会 (地方)] (一般講演) 針生検でも診断し得なかった肝類上皮性血管内皮腫の1例. 奥脇祐介 (内), 大野 隆 (内), 蓮見桂三 (伊勢原協同病院), 森野文敏 (伊勢原協同病院), 北村 匡 (内), 中野史郎 (内), 大川伸一 (伊勢原協同病院), 梶原 博 (伊勢原協同病院), 上野秀樹 (国立がんセンター中央病院): 第29回関東農村医学会学術総会 (2002.07.13), 前橋.

589. [学会 (地方)] (一般講演) アルゴンプラズマ凝固法 (APC) で加療し長期観察が出来たa型早期胃癌の一症例 . 北村 匡 (内), 森野文敏 (伊勢原協同病院), 蓮見桂三 (伊勢原協同病院), 中野史郎 (内), 大野 隆 (内): 第35回神奈川県消化器病医学会総会 (2002.11.09), 横浜.

590. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡的Expandable Metallic Stent (EMS) 挿入にて先端がウエッジしてインナーシャフト (内筒) が抜けなくなった2例. 森野文敏 (伊勢原協同病院), 大野 隆 (内), 蓮見桂三 (伊勢原協同病院), 北村 匡 (内), 川添一哉 (伊勢原協同病院), 中野史郎 (内): 第76回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2002.12.06〜07), 横浜.

591. [学会 (地方)] (一般講演) 食道表在癌に対するargon plasma coagulation (APC) の有用性. 田原久美子 (内), 田辺 聡, 北村 匡, 北村陽子, 中山昇典, 佐々木 徹, 樋口勝彦, 村上 秩, 木田芳樹, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克禮: 第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2002.12.06), 神奈川県横浜市 パシィフィコ横浜. Progress of Digestive Endoscopy, Vol.62 (No.1): p.88, 2002.

592. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡的に切除した十二指腸hamartomaの1例. 加藤恵美, 田辺 聡, 奥野順子, 佐々木 徹, 中山昇典, 樋口勝彦, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 大井田正人, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第268回日本消化器病学会関東支部例会 (2002.02.16), 群馬.

593. [学会 (地方)] (一般講演) 初発より下口唇に発生した, desmoplastic malignant melanomaの一例: 病理組織診断としての特徴. 三橋 淳 (内), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第75回神奈川県病理医会, 2002, 神奈川.

594. [学会 (地方)] (一般講演) アメーバ赤痢大腸炎の1例. 山山竒好喜 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 里道哲彦, 萬屋 基、村上 秩, 三輪 亘, 高田雅博, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第270回日本消化器病学会 関東支部例会 (2002.07), 横浜.

595. [学会 (地方)] (一般講演) アルカリ誤飲による腐食性食道炎に対し内視鏡的拡張術が有効であった1例. 山山竒好喜 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 里道哲彦, 萬屋 基, 村上 秩, 三輪 亘, 高田雅博, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第271回日本消化器病学会 関東支部例会 (2002.09), 東京.

596. [学会 (地方)] (一般講演) 狭窄を来たした手術不能の進行大腸癌に対し食道用Covered EMS (Expandable metallic stent) 挿入が有効であった1例. 山山竒好喜 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 玉真俊平, 鎌田一寿, 里道哲彦, 萬屋 基, 村上 秩, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第273回日本消化器病学会 関東支部例会 (2003.02), 東京.

597. [学会 (地方)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に合併した直腸癌の1例. 里道哲彦 (内), 外山久太郎, 小川大志, 萬屋 基, 村上 秩, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 神山太郎, 玉真俊平: 第505回日本内科学会 関東地方会 (2002.12), 東京.

598. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡的に切除した乳頭部上皮内癌の1例. 森木弘子, 木田光広, 渡辺摩也, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内), 三富弘之, 岡安勲 (病理): 第74回日本消化器内視鏡学会 関東地方会 (2002.06), 宇都宮.

599. [学会 (地方)] (一般講演) FNAが鑑別診断に有用であった胃原発GISTの1例. 森木弘子, 木田光広, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫, 今泉 弘, 木田芳樹, 西元寺克禮 (内): 第75回日本消化器内視鏡学会 関東地方会 (2002.12), 横浜.

600. [学会 (地方)] (一般講演) 再発を繰り返した一過性虚性腸炎の1例. 萬屋 基 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 里道哲彦, 村上 秩, 山山竒好喜, 高田雅博, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第269回日本消化器病学会 関東支部例会 (2002.05), 東京.

601. [学会 (地方)] (一般講演) 大腸癌に合併した閉塞性腸炎の1例. 玉真俊平 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 里道哲彦, 萬屋 基, 村上 秩, 山山竒好喜, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第272回日本消化器病学会 関東支部例会 (2002.12), 東京.

602. [学会 (地方)] (一般講演) 肺化膿症で発症した食道・気管支ろうに食道ステントが有効であった食道癌の1例. 萬屋 基 (内), 高田雅博, 外山久太郎, 神山太郎, 里道哲彦, 村上 秩, 山山竒好喜, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第35回神奈川消化器病医学会総会 (2002.11), 横浜.

603. [学会 (地方)] (特別講演) 早期胃癌診断の現状と問題点. 西元寺克禮 (内): 第89回日本消化器内視鏡学会四国地方会 (2002.11.09), 松山.

604. [学会 (地方)] (教育講演) 上部消化管疾患の超音波内視鏡診断・治療. 木田光広 (内): 第1回北陸消化器内視鏡講演会 (2003.02.16), 金沢.

605. [学会 (地方)] (シンポジウム) 外来患者への情報提供−医師の立場から−. 田辺 聡 (内): 第32回日本病院薬剤師会関東ブロック (2002.8.18).

606. [学会 (地方)] (シンポジウム) 悪性胆道狭窄に対するEBDの選択と実際. 山山竒好喜 (内), 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 西元寺克禮: 第74回日本消化器内視鏡学会 関東地方会 (2002.06), 宇都宮.

607. [学会 (地方)] (シンポジウム) 当院における悪性胆道狭窄に対する内視鏡的ドレナージ術の検討. 山山竒好喜, 木田光広, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第75回日本消化器内視鏡学会 関東地方会 (2002.12), 横浜.

608. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 穹隆部胃静脈瘤に対するシアノアクリレート (CA) を用いた内視鏡的治療の新展開. 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 渡邊真彰, 土橋 健, 中澤貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第74回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2002.06.08), 宇都宮市.

609. [研究会 (地方)] (特別講演) 炎症性腸疾患の内視鏡診断. 五十嵐正広 (内): 第532回福井県胃腸疾患懇話会 (2003.03.15), 福井市.

610. [研究会 (地方)] (特別講演) 表層型胃悪性リンパ腫−内視鏡診断を中心に−. 今泉 弘: 第1回消化管病変を考える若手臨床医の会 (2002.07.06), 広島.

611. [研究会 (地方)] (教育講演) コロナビを用いた大腸鏡挿入法. 五十嵐正広 (内): 第9回長崎大腸フォーラム (2002.05.18), 長崎.

612. [研究会 (地方)] (教育講演) 大腸癌検診と大腸早期癌の内視鏡診断. 五十嵐正広 (内): 鳥取県東部医師会大腸癌検診懇話会 (2003.03.07), 鳥取市.

613. [研究会 (地方)] (教育講演) 超音波内視鏡ライブデモンストレーション. 木田光広 (内): 第6回熊本EUS (2003.03.01), 熊本.

614. [研究会 (地方)] (教育講演) 膵疾患治療の病診連携. 木田光広 (内): 神奈川内科医学会学術講演会 (2002.07.25), 横浜.

615. [研究会 (全国)] (教育講演) 超音波内視鏡ライブデモンストレーション. 木田光広 (内): 第4回上部消化管治療内視鏡フォーラム (2002.06.22), 長崎.

616. [研究会 (全国)] (シンポジウム) EMRの適応と限界. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 勝又伴栄 (内): 第4回EFJ研究会 (2002.07.27), 淡路市.

617. [研究会 (全国)] (シンポジウム) 胃ガンに対する安全・確実・迅速なEMR法の確立を目指して. 木田光広 (内): 第4回Endoscopy Forum Japan (2002.07.27〜28), 淡路市.

618. [研究会 (国際)] (一般講演) Prediction of response to 5'-DFUR in patients with inoperable advanced gastric cancer by immunostaining of thymidine phosphorylase/platelet-derived endotherial cell grouth factor. 小泉和三郎 (内): International clinical update meeting on gastrointestinal cancer (2002.09.22), 韓国. 研究会抄録集, 2002.

619. [研究会 (国際)] (一般講演) Clinicalstudies of S-1 in gastric cancer. 小泉和三郎 (内): Investigater meeting and consemsus conference for oral anticancer drugs (2002.05.17), オーランド. 研究会抄録集. 2002.

620. [研究会 (国際)] (一般講演) Clinicalstudies of S-1 in gastric cancer. 小泉和三郎 (内): A Step Foward to the TX. of Gatric Cancer (2002.05.17), 韓国. 研究会抄録集. 2002.

621. [研究会 (全国)] (一般講演) 経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) Push法における内視鏡のガイドワイヤー下2回目挿入. 大野 隆 (内), 川添一哉 (伊勢原協同病院), 蓮見桂三 (伊勢原協同病院), 森野文敏 (伊勢原協同病院), 北村 匡 (内), 中野史郎 (内): 第25回在宅経長栄養 (HEN)研究会 (2002.09.28), 横浜.

622. [研究会 (全国)] (一般講演) FNAを施行した壁内転移と考えられる胃粘膜下腫瘍の1例. 荒木正雄, 渡辺摩也, 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 白須恭子, 山山竒好喜, 国東幹夫, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内), 三富弘之 (病理): 第10回日本消化器関連学会週間 第1回超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS, FNA) の臨床応用に関する研究会 (2002.10), 横浜. 日本消化器内視鏡学会雑, 44 (Sup.2): 1642, 2002.

623. [研究会 (全国)] (ポスター) 肝細胞癌に対する3機種のRFA (Single Ablation) の治療効果. 小野弘二, 國分茂博, 倉岡 隆, 玉真俊平, 渡久山哲男, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義憲 (放): 第38回日本肝癌研究会 (2002.06.13〜14), 東京. 日本肝臓学会誌, 43 (Suppl.1): p.213, 2002.

624. [研究会 (全国)] (特別講演) 胃癌化学療法−現況と展望−. 小泉和三郎 (内): 第4回臨床薬理試験研究会 (2002.06.22), 浜松市. 抄録集, 2002.

625. [研究会 (全国)] (教育講演) 肝臓がん, 胆嚢がん, 膵臓がん. 國分茂博 (内): 第6回生活習慣病指導専門職セミナー (日本健康文化振興会) (2002.09.30), 東京.

626. [研究会 (全国)] (シンポジウム) 当院における内視鏡的痩造設術 (PEG) の臨床的検討−特に注意すべき合併症について−. 里道哲彦 (内), 田邊裕明, 外山久太郎, 萬屋 基, 村上 秩, 山山竒好喜, 玉真桂子, 高田雅博, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第7回在宅静脈栄養 (HPN) 研究会・第25回在宅経腸栄養 (HEN) 研究会・合同集会 (2002.09), 横浜.

627. [研究会 (全国)] (ラウンドテーブルディスカッション) Crohn病に対する在宅経管経腸栄養療法の導入と継続に向けての工夫. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広 (内), 嶋尾 仁 (外), 毛塚由美子, 真野登喜子 (看護部), 野口球子 (栄養部): 第17回在宅静脈栄養 (HPN) 研究会. 第25回在宅経腸栄養 (HEN) 研究会合同集会 (2002.09.28), 横浜. 予稿集, p.14, 2002.

628. [研究会 (地方)] (一般講演) 肝細胞癌に対するRFA (RITA社) 生食注入法の治療成績. 小野弘二, 國分茂博, 倉岡 隆, 玉真俊平, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第9回東京肝癌局所療法研究会 (2002.03.09), 東京. 医学と薬学, 48 (5): 825, 2002.

629. [研究会 (地方)] (一般講演) generatorの違いによるRITA model 70の熱凝固壊死範囲. 渡邊真彰, 國分茂博, 小野弘二, 土橋 健, 中澤貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 日高 央 (淵野辺総合病院内科): 第11回東京肝癌局所治療研究会 (2003.03.01), 東京. 医学と薬学 (in press). 2003.

630. [研究会 (地方)] (一般講演) 胃癌化学療法におけるMultimodarity Therapyの有用性. 小泉和三郎 (内): 財団法人がんの集学的治療研究会 (2002.12.06), 東京. 抄録集, 2003.

631. [研究会 (地方)] (一般講演) 北里大学病院におけるSMBGの現状と今後の課題. 金森 晃 (内): アークレイスタイルセミナー (2002.09.20), 東京.

632. [研究会 (地方)] (一般講演) 肝硬変に合併し、内視鏡的拡張術にて軽快した食道アカラシアの1例. 高田樹一, 田辺 聡, 土橋 健, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 渡邊真彰, 渋谷明隆, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克禮 (内): 第503回日本内科学会関東地方会 (2002.10.12), 東京.

633. [研究会 (地方)] (一般講演) 腸管子宮内膜症と大腸癌の鑑別診断. 小林清典,勝又伴栄,吉澤 繁,佐田美和, 五十嵐正広 (内): 第30回神奈川大腸疾患研究会 (2002.06.20), 横浜.

634. [研究会 (地方)] (一般講演) PSEを施行し, 100万/mm3以上の血小板増多が持続した非硬変性門脈圧亢進症の一例. 渡邊真彰, 國分茂博, 小野弘二, 土橋 健, 中澤貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内), 日高 央 (淵野辺総合病院内科): 第8回Portal Hemodynamics Forum (2002.05.17), 東京.

635. [研究会 (地方)] (一般講演) 薬物性肝障害の診断基準について. 渡邊真彰, 渋谷明隆 (内): 第29回神奈川若手肝臓勉強会 (2002.03.14), 横浜.

636. [研究会 (地方)] (一般講演) 診断困難であった多発性肝腫瘍 (31歳女性). 奥脇祐介, 大野 隆 (内): 第14回湘南Open Conference (2002.07.13), 大磯.

637. [研究会 (地方)] (一般講演) EMS: どうする? インナーシャフト (内筒) が抜けなくなった. 森野文敏 (伊勢原協同病院), 大野 隆 (内), 蓮見桂三 (伊勢原協同病院), 北村 匡 (内), 川添一哉 (伊勢原協同病院), 中野史郎 (内): 第15回湘南Open Conference (2003.02.01), 藤沢.

638. [研究会 (地方)] (一般講演) 興味ある画像所見を呈した胆道疾患の1例. 山山竒好喜 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 玉真俊平, 里道哲彦, 村上 秩, 萬屋 基, 三輪 亘, 高田雅博, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第113回肝胆膵疾患研究会 (2002.11), 横浜.

639. [研究会 (地方)] (一般講演) 上部消化管のGIST (gastrointestinal stromal tumor) に対する超音波内視鏡 (EUS) の有用性. 山山竒好喜 (内), 外山久太郎, 里道哲彦, 村上 秩, 萬屋 基, 高田雅博, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明, 木田光広: 第20回平塚共済病院・平塚市医師会合同臨床懇話会 (2002.05), 平塚.

640. [研究会 (地方)] (一般講演) 悪性胆道狭窄に対する各種ステントの有用性. 山山竒好喜 (内), 外山久太郎, 里道哲彦, 村上 秩, 萬屋 基, 高田雅博, 三輪 亘, 渡遠隆司, 野登 誠, 金山正明: 第33回平塚市消化器研究会 (2002.06), 平塚.

641. [研究会 (地方)] (一般講演) 狭窄を来たした手術不能の進行大腸癌に対し食道用Covered EMS (Expandable metallic stent) 挿入が有効であった1例. 山山竒好喜 (内), 外山久太郎, 神山太郎, 玉真俊平, 鎌田一寿, 里道哲彦, 萬屋 基, 村上 秩, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第13回平塚市医師会臨床医学会 (2003.02), 平塚.

642. [研究会 (地方)] (一般講演) ヘリコバクター・ピロリ除菌後に消失した胃ポリープの1例. 里道哲彦 (内), 外山久太郎, 萬屋 基, 村上 秩, 山山竒好喜, 玉真桂子, 高田雅博, 三輪 亘, 渡邊隆司, 野登 誠, 金山正明: 第47回神奈川県消化器病研究会 (2002.06), 大和.

643. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃・食道静脈瘤の治療と適応. 國分茂博 (内): 第4回肝疾患合併症研究会 (2002.10.04), 仙台.

644. [研究会 (地方)] (特別講演) 肝癌ラジオ波熱凝固療法について. 國分茂博 (内): 第25回茨城県消化器病懇話会 (2003.01.25), 土浦.

645. [研究会 (地方)] (特別講演) 肝硬変における脾腫・血小板減少症に対する部分的脾動脈塞栓術の効果. 國分茂博 (内): 第5回肝疾患合併症研究会 (2003.02.28), 仙台.

646. [研究会 (地方)] (特別講演) 肝癌に対するラジオ波熱凝固療法−Single Ablationの検討による適応拡大と肝予備能−. 國分茂博 (内): 9回大分県肝疾患治療研究会 (2003.03.25), 大分.

647. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望.発表者. 小泉和三郎 (内): S−1 symposium in Hiroshima (2002.10.11), 広島. 研究会抄録集.

648. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎 (内): 三重消化器癌化学療法セミナー (2002.11.15), 津. 抄録集.

649. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎 (内): 第3回山形県TS-1勉強会 (2002.07.13), 山形市. 抄録集.

650. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌の化学療法. 小泉和三郎 (内): 胃癌化学療法研究会 (2002.06.08), 沼津市. 抄録集.

651. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法−現況と展望−. 小泉和三郎 (内): 自治医科大学学術講演会(2002.06.20), 宇都宮市. 抄録集.

652. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃癌化学療法−現況と展望−. 小泉和三郎 (内): 会津DIF研究会 (2003.01.31), 会津若松市. 抄録集.

653. [研究会 (地方)] (特別講演) 糖尿病性足病変 (内科の立場から). 金森 晃 (内): 第1回北陸HD合併症フォーラム (2002.09.28), 金沢市.

654. [研究会 (地方)] (特別講演) 糖尿病足病変の発症メカニズムを考える. 金森 晃 (内): 第4回糖尿病と末梢循環障害研究会 (2002.10.31), 大阪.

655. [研究会 (地方)] (特別講演) 糖尿病足病変の病態と治療. 金森 晃 (内):第1回沖縄病態治療研究会 (2003.02.08), 那覇市.

656. [研究会 (地方)] (教育講演 (ランチョンセミナー)) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎 (内): 第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2002.12.07), 横浜. 抄録集.

657. [研究会 (地方)] (教育講演) 内分泌疾患のみかた. 金森 晃 (内): 海老名市医師会講演会 (2002.06.21), 海老名市.

658. [研究会 (地方)] (教育講演) 糖尿病の食事療法 (食事処方の基本的な考え方). 金森 晃 (内): 第22回さがみ糖尿病カンファレンス (2002.07.19), 相模原.

659. [研究会 (地方)] (教育講演) EMR後の遺残・再発に対する追加治療. 田辺 聡 (内): 本消化器内視鏡学会第12回重点卒後教育セミナー (2002.09.21), 東京.

660. [研究会 (地方)] (シンポジウム) 経口血糖降下薬の使い分け (教育入院患者での使用経験から). 金森 晃(内): 第7回相模糖尿病懇話会 (2002.09.12), 厚木.

661. [研究会 (地方)] (ビデオシンポジウム) 治療困難部位に対するEMRのコツ. 田辺 聡 (内): 第9回神奈川消化器内視鏡懇談会プログラム (2002.08.29), 横浜.

662. [研究会 (地方)] (シンポジウム) GERDの治療戦略−ガイドラインとその根拠−. 田辺 聡 (内): GERD Forum in 横浜 (2002.11.20), 横浜.

663. [研究会 (地方)] (シンポジウム) 早期胃癌, 食道表在癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM) の基本手技とコツ. 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 中山昇典, 田原久美子, 北村 匡, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克禮 (内): 第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2002.12.06), 横浜.

664. [研究会 (地方)] (教育講演) 経腸栄養剤の有用性について. 横山 薫 (内): 津久井郡医師会学術講演 (2002.11), 津久井町.

665. [研究会 (地方)] (一般講演) 膵嚢胞に対するアプローチ−IVEの立場から−. 今泉 弘, 木田光広: 第4回胆膵治療懇話会 (2003.03.01), 東京.

666. [研究会 (地方)] (一般講演) 直腸癌と直腸カルチノイド腫瘍を合併した1例. 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内), 中村隆俊, 大谷剛正 (外), 岡安 勲 (病理): 第31回神奈川大腸疾患研究会 (2003.02.13), 横浜. プログラム・抄録集: 3, 2003.

667. [研究会 (地方)] (一般講演) C型慢性肝炎不完全著効例の経過. 土橋 健, 渋谷明隆 (内): 第28回神奈川若手肝臓勉強会 (2002.09.27), 横浜.

668. [研究会 (地方)] (一般講演) ウイルス性肝硬変と発癌. 土橋 健, 渋谷明隆 (内): 第4回ウイルス肝炎セミナー (2002.09.05),横浜.

669. [研究会 (全国)] (一般講演) 4 cm以上の肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法の工夫. 渡久山哲男, 國分茂博, 日高 央, 小野弘二, 渡邊真彰, 土橋 健, 中澤貴秀, 西元寺克禮 (内): 第38回日本肝癌研究会 (2002.05.23〜24), 東京.


<<内科学U>>

[学術論文]

670. [原著] Cardioprotective Effect of Mexiletine in Acute Myocardial Ischemia -Studies in the Rabbit Closed Chest Ischemia Model-. 犬尾公厚, 庭野慎一, Yasuo Morohoshi, Shigenobu Nakayama, 池田和子, 小島時昭, 斉藤淳子, 増田 卓, 和泉 徹 (内): Circulation Journal, 66 (4): 403〜410, 2002.

671. [原著] Immunomodulatory Effect of Pentoxifylline in Suppressing Experimental Autoimmune Myocarditis. 竹端 均, 猪又孝元, 庭野裕恵, 西井基継, 松田千絵子, 河野 健, 町田陽二, 和泉 徹 (内): Circulation Journal, 66 (5): 499〜504, 2002.

672. [原著] 虚血性心疾患におけるアンギオテンシン阻害薬療法−適応と治療効果−. 和泉 徹 (内): 心臓, 34 (4): 381, 2002.

673. [原著] Polymorphisms in the Platelet-Endothelial Cell Adhesion Molecule-1 (PECAM-1) Gane, Asn 563 Ser and Gly 670 Arg, Associated with Myocardial Infarction in the Japanese. 笹岡大史, Akinori Kimura, Sigeru Hohta, Naoto Fukuda, 黒沢利郎, 和泉 徹 (内): Annals New York A Cademy of Siences, 947: 259〜270, 2002.

674. [原著] Sympathetic Nervous Activity and Myocardial Damage Immediately After Subarachnoid Hemorrhage in a Unique Animal Model. 増田 卓, 佐藤清貴, Shin-ichiro Yamamoto, Narihisa Matuyama, 下浜孝朗, Atsuhiko Matsunaga, Shuichi Obuchi, Yoshitaka Shiba, Shinobu Shimizu, 和泉 徹 (内): Stroke, 33: 1671〜1676, 2002.

675. [原著] 心原性ショックの原因疾患 急性心筋炎, その他. 河野 健, 和泉 徹 (内): Heart View, 6 (7): 994〜998 2002.

676. [原著] 発作性心房細動の臨床的予防におけるフレカイニドとベプリジルの比較検討. 吉田 徹, 庭野慎一, 池田和子, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 吉澤直人, 原 英幸, 和泉 徹 (内): Therapeutic Research, 23 (5): 5〜9, 2002.

677. [原著] Arrhythmogenic giant submitral left ventricular diverticulum. 吉田 煦, 庭野慎一, 和泉 徹 (内): Heart, 88 (52): 52, 2002.

678. [原著] 心臓移植をめぐる今後の展望 A further view around heart transplantation in Japan. 和泉 徹, 竹端 均 (内): 総合臨牀, 2002.

679. [原著] Decreased Expression of Na+/H+ Exchanger Isoform 1 (NHE1) in Non-infarcted Myocardium after Acute Myocardial Infarction. 下浜孝朗, Yoshihiro Suzuki, 野田千春, 庭野裕恵, 佐藤清貴, 増田 卓 (内), 河原克雅 (生理), 和泉 徹 (内): Japanese Heart Journal, 51 (8): 2477〜2479, 2002.

680. [原著] 乳び心膜症に対する胸腔鏡手術治療例. 井関砂絵, 川口竹男, 大野安実, 小久保義和, 田中英穂, 安野憲一, 和泉 徹 (内): 呼吸と循環, 50 (10): 1063〜1067, 2002.

681. [原著] Effect of Mexilentine on Ischemic Heart -Studies in the Closed Chest Rabbit Acute Ischemia Model-. 犬尾公厚, 庭野慎一, Yasuo Morohoshi, Shigenobu Nakayama, 和泉 徹 (内): 北里医学, 32 (1): 55〜63, 2002.

682. [原著] Animal Models of Autoimmune Myocarditis. Makoto Kodama, Yuji Okura, Yoshifusa Aizawa, 和泉 徹 (内): Mayo Academic Press Leslie Cooper編, 2002.

683. [原著] Measurement of Body Surface Energy Leakage of Defibrillation Shock by an Implantable Cardioverter Defibrillator. 庭野慎一, Jisho Kodama, 犬尾公厚, 斉藤淳子, Tetsuo Kashiwa, Makoto Suyama, Takeshi Toyoshima, Yoshifusa Aizawa, 和泉 徹 (内): Pacing and Clinical Electrophysilogy, 25 (8): 1212〜1218, 2002.

684. [原著] Extremely Prolonged Elimination of Cibenzoline at Toxic Plasma Concentrations in Patients with Renal Impairments. Masaaki Takahashi, Hirotoshi Echizen, Keiko Takahashi, Shigehiro Shimada, Naoyoshi Aoyama, 和泉 徹 (内): Therapeutic Drug Monitoring, 24 (4): 492〜496, 2002.

685. [原著] Myocarditogenic Epitopes and Autoimmune Myocarditis. 和泉 徹, 河野 健, 猪又孝元 (内), 高垣洋太郎 (遺伝子): Internal Medicine, 42 (1): 3〜6, 2003.

686. [原著] Evaluation of the Effect of Bepridil on Paroxysmal Atrial Fibrillation -Relationship Between Efficacy and the f_f Interval in Surface ECG Recordings-. 吉田 煦, 庭野慎一, 犬尾公厚, 斉藤淳子, Jisyo Kojima, 池田和子, 村上和子, 原 英幸, 和泉 徹 (内): Circulation Journal, 67 (1): 11〜15, 2003.

687. [原著] Event Rates of Acute Myocardial Infarction and Coronary Deaths in Niigata and Nagaoka Cities in Japan. Naohito Tanabe, Reiko Saito, Tadashi Sato, Senji Hayashi, Hideaki Toyoshima, Nao Seki, Kunio Miyahashi, 和泉 徹, Hiroshi Suzuki, Yoshifusa Aizawa, Tsukasa Namekata (内): Circulation Journal, 67 (1): 40〜45, 2003.

688. [原著] Monitoring the Progression of the Atrial Electrical Remodeling in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation -Analysis of the f_f Interval During Ambulatory ECG Monitoring-. 庭野慎一, Yuko Wakisaka, Jisho Kojima, 湯本佳宏, 犬尾公厚, 原 英幸, 斉藤淳子, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): Circulation Journal, 67 (2): 133〜138, 2003.

689. [原著] 慢性心不全のβ-blocker治療. 和泉 徹 (内): Therapeutic Reserch, 2002.

690. [原著] Bradykinin inhabits development of myocardial infarction through B2 receptor signalling by increment of regional blood flow around the ischaemic lesions in rats. Hiroshi Ito, 林 泉 (薬理), 和泉 徹 (内), 馬嶋正隆 (薬理): British Journal of Pharmacology, 138 (1): 2002.

691. [原著] 99m Tc-Hynic-annexin V imaging to evaluate inflammation and apoptosis in rats with autoimmune myocrditis. 鴇田尚樹, Shinji Hasegawa, Kaoru Maruyama, 和泉 徹 (内), Francis G. Blankenberg, Jonathan F. Tait, H. William Strauss, Tsunehiko Nisimura: European Journal of Nuclear and Molecular Imaging, 30 (2): 232〜238, 2003.

692. [原著] 劇症型心筋炎の臨床. 和泉 徹 (内): 日本内科学会雑誌, 2002.

693. [原著] 入退院を繰り返す慢性心不全. 和泉 徹, 長田和之, 猪又孝元 (内): 心臓リハビリテーション, 2002.

[著 書]

694. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 2003年版; 6.循環器系疾患 心筋炎, p.280〜281. 和泉 徹 (内), 2002.

695. [学術書] (分担執筆) 激しい胸痛; 外来診療のすべて, p.24〜27. 中畑潤一 (内), 和泉 徹 (内), 監修 高久史磨, メディカルレビュー社, 2002.

696. [学術書] (共著) 検査計画法; 急性心筋炎と慢性心筋炎. 西井基継 (内), 編集 和泉 徹 (内), 永井書店, 東京, 2002.05.25発行.

697. [学術書] (共著) 入退院を繰り返す慢性心不全の臨床; 高BNP血症を伴う慢性心不全の治療. 猪又孝元 (内), 編集 和泉 徹 (内), 医学書院, 東京, 2002.04.15発行.

698. [学術書] (共著) 劇症型心筋炎の臨床; 特異的病態を示した劇症型心筋炎例 心筋細胞が消失した劇症型心筋炎例. 猪又孝元 (内), 編集 和泉 徹 (内), 医学書院, 東京, 2002.04.15発行.

699. [学術書] (共著) 劇症型心筋炎の臨床; 劇症型心筋炎の治療 慢性期治療のプロトコール. 猪又孝元 (内), 編集 和泉 徹 (内), 医学書院, 東京, 2002.04.15発行.

700. [学術書] (分担執筆) 内科医が使う薬の副作用・相互作用; カテコールアミン. 小板橋俊美 (内), 編集 和泉 徹 (内), 医学書院, 東京, 2002.10.30発行.

701. [学術書] (分担執筆) 内科医が使う薬の副作用・相互作用; ジギタリス. 竹内一郎 (内), 編集 和泉 徹 (内), 医学書院, 東京, 2002.10.30発行.

702. [学術書] (分担執筆) 呼吸と循環; 日本人の慢性心不全の臨床像. 猪又孝元 (内), 編集 和泉 徹 (内), 医学書院, 東京, 2002.10.15発行.

[学会・研究会等]

703. [学会 (国際)] (ポスター) How can we predict fulmination of acute myocarditis? -The gradient of the cTnT rise is a useful marker-. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 中畑潤一, 松田千恵子, 町田陽二, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): International Congress on Cardiomyopathies and Heart Failure(2002.05.30), 京都. International Congress on Cardiomyopathies and Heart Failure, 2002.

704. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性心不全管理における血漿BNP濃度の有用性と限界性. 猪又孝元, 長田和之, 竹端 均, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第50回日本心臓病学会学術集会 (2002.09.10), 名古屋. Journal of Cardiology 抄録集, 2002.

705. [学会 (全国)] (一般講演) 心不全治療におけるBNP測定の実際. 猪又孝元 (内): 第50回日本心臓病学会学術集会 (2002.09.09), 名古屋. Journal of Cardiology 抄録集, 2002.

706. [学会 (全国)] (一般講演) 血漿BNP値持続高値を示しながらも心事故歴のない心疾患症例の特徴. 竹内一郎, 猪又孝元, 中畑潤一, 西井基継, 竹端 均, 中野浩成, 小板橋俊美, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第50回日本心臓病学会学術集会 (2002.09.09), 名古屋. Journal of Cardiology 抄録集, 2002.

707. [学会 (全国)] (一般講演) 外来診療期における血中BNP値およびトロポニンT値の組み合わせによる慢性心不全層別化の有用性の検討. 中野浩成, 猪又孝元, 中畑潤一, 西井基継, 竹内一郎, 小板橋俊美, 竹端 均, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第50回日本心臓病学会学術集会(2002.09.10), 名古屋. Journal of Cardiology 抄録集, 2002.

708. [学会 (全国)] (一般講演) Increased plasma levels of brain natriuretic peptide on the early stage of sudden-onset acute heart failure. 猪又孝元, 小板橋俊美, 西井基継, 竹端 均, 竹内一郎, 中野浩成, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第6回日本心不全学会学術集会(2002.10.04), 東京. Jurnal of Cardiac Failure vol.8 No.5 (Supple): 2002.

709. [学会 (全国)] (一般講演) Selective Bata-2 Adrenergic Stimulation Inbibits Autoimmune Myocarditis. 西井基継, 猪又孝元, 中野浩成, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第6回日本心不全学会学術集会 (2002.10.04), 東京. Jurnal of Cardiac Failure, 2002.

710. [学会 (全国)] (一般講演) Rat myocarditogenic T cell lines can induce myocarditis in SCID mice by cell transfer. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第65回日本循環器学会学術集会 (2002.04.02), 札幌. Circulation Journal, 66 (SuppleT): 2002.

711. [学会 (全国)] (一般講演) Experimental Model of Chronic Myocarditis by Transfer of Myocarditogenic T Cell Line. 竹内一郎 (内): 第67回日本循環器学会 (2003.03.30), 福岡.

712. [学会 (全国)] (一般講演) C-Reactive Protein Is a Predictor of Prognosis in Heart Failure with Ischemic Heart Disease, but not with Non-Ischemic Heart Disease. 中野浩成 (内): 第67回日本循環器学会(2003.03.28), 福岡.

713. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性心不全の治療. 和泉 徹 (内): 日本心臓病学会第9回教育セミナー (2003.02.02), 大阪.

714. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性心不全の臨床像と疫学. 和泉 徹 (内): 第122回日本医学会シンポジウム(2002.12.05), 東京. 第122回日本医学会シンポジウム記録集 心不全治療の最前線, 2002.

715. [学会 (全国)] (ポスター) The pattern of heart rate reduction during up-titration of beta-blockers and clinical efficacy in patients with chronic heart failure. 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第65回日本循環器学会学術集会 (2002.04.25), 札幌. Circulation Journal, 66 (suppleT), 2002.

716. [学会 (全国)] (ポスター) Cardiac-myosin-specific T cell lines with an identical repertoire to the infiltrating cells in myocarditis cannot induce myocarditis by adoptive transfer. 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第66回日本循環器学会学術集会 (2002.04.26), 札幌. Circulation Journal, 66 (suppleT), 2002.

717. [学会 (全国)] (ポスター) 亜急性肺高血圧をきたし死亡した胃印鑑細胞癌の一若年例. 竹内一郎, 猪又孝元, 中畑潤一, 竹端 均, 西井基継, 中野浩成, 小板橋俊美, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第50回日本心臓病学会学術集会 (2002.09.09), 名古屋. Journal of Cardiology 抄録集, 2002.

718. [学会 (全国)] (ポスター) Clinical significance of serial measurements of plasma BNP level to predict subsequent cardiac events in out patients with heart failure. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第65回日本循環器学会学術集会 (2002.04.02), 札幌. Circulation Journal, 66 (SuppleT), 2002.

719. [学会 (全国)] (ポスター) The significance in the measurement of serum cytokines in fulminant myocarditis. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): International Congress on Cardiomyopathies and Heart Failure (2002), 京都.

720. [学会 (全国)] (ポスター) 本邦における急性心筋炎症例の長期予後. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第50回日本心臓病学会学術集会 (2002.09.09), 名古屋.

721. [学会 (全国)] (ポスター) Advansce in Heart Failure Therapy Alter the Prognostic Significance of Atrial Fibrillation. 小板橋俊美 (内): 第67回日本循環器学会 (2003.03.30), 福岡.

722. [学会 (全国)] (ポスター) Serum Interleukin-10 as a Prognostic Predictor in Fulminant Myocarditis. 西井基継 (内): 第67回日本循環器内科学会 (2003.03.29), 福岡.

723. [学会 (全国)] (ポスター) 急性心筋炎症例の長期予後−劇症型・非劇症型における慢性期臨床所見の比較−. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第99回日本内科学会講演会一般演題 (2002), 名古屋.

724. [学会 (全国)] (ポスター) 急性心不全時の第3世代心筋トロポニンT血清値による病態解明−心筋虚血由来病態の除外は可能か−. 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹(内): 第99回日本内科学会講演会一般演題(2002), 名古屋.

725. [学会 (全国)] (ポスター) 心エコー図所見と血漿BNP値の関連−左室収縮障害と拡張障害における差異について−. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第99回日本内科学会講演会一般演題 (2002), 名古屋.

726. [学会 (全国)] (ワークショップ) 炎症と心筋疾患−拡張型心筋症の原因に迫る−. 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第65回日本適応医学会 (シンポジウム) (2002.06.22), 相模原. Journal of Adaptation Medicine, 2002.

727. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Cost Effectiveness of Beta Blockade for Heart Failure in Japan. 猪又孝元 (内): 第67回日本循環器学会 (2003.03.29), 福岡.

728. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Brain Natriutetic Peptide (BNP) Is a Powerful and Practically Available Tool to Evaluate Adequate Control of Chronic Heart Failure. 猪又孝元 (内): 第67回日本循環器内科学会 (2003.03.29), 福岡.

729. [学会 (地方)] (一般講演) 自然経過中炎症の軽減と憎悪を認めた心サルコイドーシスの一例. 土屋晶子, 鴇田尚樹, 猪又孝元, 櫻井紀子, 江口麻里子, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 日本内科学会関東地方会 (2002.10.12), 東京.

730. [学会 (地方)] (一般講演) 拡張型心筋症様病態を呈した網膜色素変性症の一例. 脇坂裕子, 松山斎久, 猪又孝元, 中畑潤一, 西井基継, 下浜孝朗, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 日本内科学会関東地方会 (2002.10.12), 東京.

731. [学会 (地方)] (一般講演) 全周性肥厚と左室収縮機能低下を呈した慢性進行性外眼筋麻痺 (CPEO) の一例. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内):日本循環器学会関東甲信越地方会 第184回学術集会 (2002), 東京.

732. [学会 (地方)] (一般講演)放射線照射による心不全憎悪に対しミルリノン・コルホルシン併用療法が著効した拡張型心筋症の一例. 安野仲子, 中畑潤一, 猪又孝元, 吉田 徹, 江口麻里子, 下浜孝朗, 黒澤利郎, 黒川信悟, 和泉 徹 (内):日本循環器学会関東甲信越地方会 第185回学術集会 (2002), 東京.

733. [学会 (地方)] (一般講演) ステロイド投与による房室伝導障害の改善が房室結節回帰性頻拍をもたらした心サルコイドーシスの一例. 脇坂裕子, 松山斎久, 猪又孝元, 庭野慎一, 下浜孝朗, 斉藤淳子, 東條大輝, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 日本循環器学会関東甲信越地方会 第187回学術集会 (2003.02.08), 横浜.

734. [学会 (地方)] (一般講演) カルシウム拮抗薬投与開始から極めて短時間に発症した急性薬剤中毒症心筋炎と思われる1例. 大坂 勤, 勝沼英太, 猪又孝元, 中畑潤一, 下浜孝朗, 北野義和, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 日本循環器学会関東甲信越地方会 第187回学術集会(2003.02.08), 横浜.

735. [研究会 (全国)] (一般講演) 心筋ミオシン特異的T細胞クローン作成の試みと心筋炎惹起能の検討. 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 平成14年度文部科学省特定疾患特発性心筋症調査研究班第1回班会議 (2002.10.18), 北海道.

736. [研究会 (全国)] (一般講演) 心筋炎惹起性T細胞移入による実験的持続活動性心筋炎の解析. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 特発性心筋症調査研究班, 東京. H13年度研究報告集, 2002.

737. [研究会 (全国)] (一般講演) SCIDマウスを用いたラット自己免疫性心筋炎惹起性T細胞株の異種間細胞移入. 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 松田千絵子, 河野 健, 町田陽二, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 特発性心筋症調査研究班, 東京. H13年度研究報告集, 2002.

738. [研究会 (全国)] (一般講演) β2受容体刺激による実験的自己免疫性心筋炎の臨床修飾効果. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 小板橋俊美, 竹内一郎, 中野浩成, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第25回心筋代謝研究会 (2002.07.02), 札幌.

739. [研究会 (全国)] (一般講演) 拡張型心筋症様病態を呈した (LGMD) 肢体型筋ジストロフィーの一例. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第23回心筋生検研究会 (2002), 相模原.

740. [研究会 (全国)] (一般講演) 慢性進行性外眼筋麻痺 (CPEO) に左室壁厚増加とびまん性収縮能低下を認めた一例. 竹内一郎, 中畑潤一, 猪又孝元, 荻野美恵子, 山縣 仁, 西井基継, 中野浩成, 小板橋俊美, 竹端 均, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第24回心筋生検研究会 (2002.11.29), 東京.

741. [研究会 (全国)] (一般講演) 安静時心筋シンチグラムと心筋生検組織像の対比: 拡張型心筋症での検討. 中畑潤一, 猪又孝元, 勝沼英太, 西井基継, 竹内一郎, 竹端 均, 小板橋俊美, 和泉 徹 (内): 第24回心筋生検研究会(2002.11.30), 東京.

742. [研究会 (全国)] (一般講演) 慢性心不全の診療と血漿BNP濃度. 猪又孝元 (内): 慢性心不全と交感神経系シンポジウム (2002.09.28), 東京.

743. [研究会 (全国)] (一般講演) 慢性心不全管理における血漿BNP値測定の具体的活用法の検討. 猪又孝元, 西井基継, 中野浩成, 竹内一郎, 小板橋俊美, 和泉 徹 (内): 第8回心血管病研究助成金発表会 (2003.01.03), 京都.

744. [研究会 (全国)] (一般講演) 導入可否と有効性の予測は可能か? 猪又孝元 (内): 慢性心不全とβ遮断薬 シンポジウム (2003.01.25), 東京.

745. [研究会 (地方)] (一般講演) 当科における慢性心不全心房細動合併例の病態と予後. 猪又孝元, 長田和之, 竹端 均, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 神奈川県心不全研究会(2002.07.06), 神奈川県. 第10回神奈川心不全研究会プログラム・抄録集, 2002.

746. [研究会 (地方)] (一般講演) アンジオテンシンU受容体拮抗薬 (ARB) の追加投与が著効を示した難治性重症心不全の一例. 猪又孝元 (内): 第46回神奈川県循環器講演会 (2002.12.21), 神奈川県.


<<内科学V>>

[学術論文]

747. [原著] Zolmitriptan is effective and well tolerated in Japanese patients with migraine: a dose-response study. 坂井文彦 (内), 岩田 誠 (東女医大), 田代邦雄 (北大), 糸山泰人 (東北大), 辻 省次 (新潟大), 福内靖男 (慶大), 祖父江元 (名古屋大), 中島健二 (鳥取大), 森松光紀 (山口大): Cephalalgia, 22 (5): 376〜383, 2002.

748. [原著] Neuronal hyperexcitability in stroke-like episodes of MELAS syndrome. Neurology. 飯塚高浩, 坂井文彦, 鈴木則宏 (内), 畑 隆志 (横浜市脳血管センター), 塚原信也, 福田倫也, 滝山容子 (内): Neurology, 59: 816〜824, 2002.

749. [原著] Neurokinin-1 receptors in the cerebrovascular vasoactive intestinal polypeptide-containing nerves in the rat. 鈴木則宏 (内), Shimizu T, Takao M, Koto A, Fukuuchi Y (慶大): Auton Neurosci, 95: 103〜111, 2002.

750. [原著] 鼻毛様体神経電気刺激によるラット脳血流変化に及ぼすNK1受容体阻害および5−HT1B/1D受容体刺激の影響. 塚原信也, 鈴木則宏, 福田倫也, 土橋かおり, 坂井文彦 (内): 脳循環代謝, 14: 8〜17, 2002.

751. [原著] Evidence against tight correlation between chest oppression symptoms and ischemic coronary changes after subcutaneous sumatriptan injection. 冨田愛美, 鈴木則宏, 五十嵐久佳, 遠藤 基, 坂井文彦 (内): Internal Med, 41: 622〜625, 2002.

752. [原著] Effects of sumatriptan on cerebral blood flow under normo- and hypercapnia in rats. 福田倫也, 鈴木則宏, 丸山茂善, 土橋かおり, 北村 明, 坂井文彦 (内): Cephalagia, 22: 468〜473, 2002.

753. [原著] 深部脳静脈血栓症で発症した家族性アンチトロンビンV欠損症とその遺伝子解析. 塚原信也, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 臨床神経, 42: 207〜211, 2002.

754. [原著] 三叉神経電気刺激によるラット脳血流変化に及ぼすNK1受容体阻害および5-HT1B/1D受容体刺激の影響. 塚原信也, 鈴木則宏, 福田倫也, 土橋かおり, 坂井文彦 (内): 脳循環代謝, 14: 140〜141, 2002.

755. [原著] 5-HT1B/1D受容体作動薬sumatriptanのラット脳循環に与える影響について. 福田倫也, 鈴木則宏 (内), 丸山茂善 (実験動物センター): 北里医学, 32: 20〜26, 2002.

756. [原著] 変性性神経疾患患者における微量元素・ビタミンA欠乏について−特に銅・ビタミンA欠乏を中心に−. 楠 淳一, 齋藤豊和, 荻野美恵子, 坂井文彦 (内), 前田忠朗 (臨検学): 北里医学, 32 (2): 119〜131, 2002.

757. [原著] Reliability and Validity of Japanese Migraine Disability Assessment (MIDAS) questionnaire. 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦 (内), KB Kolodner (IMR-an AdvancePCS Company), RB Lipton(Albert Einstein College of Medicine), WF Stewart (Johns Hopkins School of Public Health): Headache, 2002.

758. [準原著] Imaging synchronization and propagation of intracellular calcium oscillation during non-synaptic seizure-like neuronal activity in rat. 滝山容子 (内): Kunio Kato (ERATO), Takafumi Inoue((東大医科研), 坂井文彦 (内), Katsuhiko Mikoshiba (東大医科研, 理研): Excerpta Medica International Congress Series, 1235: 515〜524, 2002.

759. [準原著] 再発性ギラン・バレー症候群の免疫学的検討. 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和 (内): Neuroimmunolgy, 11: 135, 2003.

760. [症例報告] 随意的閉瞼障害を呈した運動ニューロン病の3例. 加藤知也, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 北里医学, 31 (6): 420〜422, 2001.

761. [総説] Headache and spontaneous vertebral artery dissection. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): Intern Med, 41 (12): 1094〜1095, 2002.

762. [総説] 特集 神経疾患治療の進歩 (2001年) 機能性疾患の治療の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 神経治療学, 19 (4): 401〜408, 2002.

763. [総説] 片頭痛−脳血管の神経支配面からの検討. 鈴木則宏 (内): 成人病と生活習慣病, 32: 733〜736, 2002.

764. [総説] エビデンスに基づく片頭痛の新しい治療戦略. 鈴木則宏 (内): Medicina, 39: 951〜955, 2002.

765. [総説] 片頭痛の痛みのメカニズム−三叉神経血管説を中心に−. 鈴木則宏 (内): 治療学, 36: 697〜7041, 2002.

766. [総説] 病巣診断部位の原則. 視床. 鈴木則宏 (内): Clinical Neuroscience, 21: 312〜315, 2003.

767. [総説] 片頭痛と脳血管障害. 鈴木則宏 (内): 神経内科, 58, Suppl 3: 400〜405, 2003.

768. [総説] 群発頭痛治療のEBM. 五十嵐久佳 (内): 治療学, 36: 729〜732, 2002.

769. [総説] 群発頭痛とその周辺. 五十嵐久佳 (内): 神経研究の進歩, 46 (3): 397〜405, 2002.

770. [総説] 片頭痛の予防戦略. 五十嵐 (淺倉) 久佳 (内): 脳, 21, 6: 74〜78, 2003.

771. [総説] 月経に伴う片頭痛. 五十嵐久佳 (内): 診断と治療, 90: 877〜882, 2002.

772. [総説] 頭痛患者への指導の重要性. 五十嵐久佳 (内): 日本医事新報, 4089: 17〜22, 2002.

773. [総説] Sumatriptan. 五十嵐久佳 (内): 成人病と生活習慣病, 32: 743〜749, 2002.

774. [総説] 日本における慢性頭痛患者の実態. 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内): 日本医師会雑誌, 128: 1611〜1614, 2002.

775. [総説] 片頭痛の疾病統計と疫学. 五十嵐久佳 (内): Pharma Medica, 20: 41〜46, 2002.

776. [総説] 慢性頭痛について−内科医の立場から−. 五十嵐久佳 (内): 大阪府内科医会会誌, 11: 21〜41, 2002.

777. [総説] 頭痛患者の病歴と鑑別診断: どのように何を聴くか. 五十嵐久佳 (内): medicina, 39: 919〜922, 2002.

778. [総説] 片頭痛. 実践 診断指針. 遠藤 基, 坂井文彦 (内): 日本医師会雑誌, 128 (8): 202〜203, 2002.

779. [総説] Guillain-Barre症候群・CIDP. 荻野 裕, 齋藤豊和 (内): CLINICAL NEUROSCIENCE, 20 (12): 1380〜1382, 2002.

780. [総説] 神経因性疼痛の病期と症状. 楠 淳一, 齋藤豊和 (内): 痛みと臨床, 3 (1): 18〜25, 2002.

781. [総説] 頭痛の疫学と医療経済学. 坂井文彦 (内): 神経研究の進歩, 46 (3): 343〜349, 2002.

782. [講座] こんな症例, こんな画像“非ヘルペス性辺縁系脳炎”. 滝山容子 (内), 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 14 (12): p.1199, 2002.

783. [講座] こんな症例, こんな画像“脳静脈洞血栓症”. 滝山容子 (内): 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (3): p.218, 2003.

784. [研究報告 (厚生労働省)] MAG関連ニューロパチーにおける臨床経過と抗MAG抗体価の変動. 加藤知也, 荻野美恵子, 荻野 裕, 金澤直美, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 免疫性神経疾患に関する調査研究班班会議, 2002.02.05.

785. [研究報告 (厚生労働省)] 家族歴を有する前兆を伴う片頭痛患者の遺伝子学的検討. 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦(内): 平成14年度厚生労働省科学研究費補助金「こころの健康科学研究事業」, 2003.03.15.

[著 書]

786. [学術書] (分担執筆) 神経研究の進歩; 頭痛の疫学と医療経済学, p.343〜349. 坂井文彦 (内), 医学書院, 東京, 2002.08.10発行.

787. [学術書] (分担執筆) 内科; トピックス 新しい片頭痛薬とその使い方, p.703〜707. 坂井文彦 (内), 南江堂, 東京, 2002発行.

788. [学術書] (分担執筆) 頭痛診療のコツと落とし穴; 医者の頭痛の種−chronic daily headache−, p.343〜349. 坂井文彦 (内), 中山書店, 東京, 2003.3月発行.

789. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学コンパクト版第3版; 慢性頭痛, p.661〜663. 坂井文彦 (内), 医学書院, 東京, 2003.03発行.

790. [学術書] (分担執筆) 日本臨牀9月号特集 サルコイドーシス−成因論・診断・治療最新動向−; VI 肺外サルコイドーシスの臨床. 1. 神経サルコイドーシス, p.1785〜1793. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内), 日本臨床社, 大阪, 2002.09発行.

791. [学術書] (分担執筆) 「Medicina」増刊号 (39巻11号)「内科医が使う薬の副作用・相互作用」神経・筋疾患; 片頭痛発作時治療薬 (エルゴタミン製剤とトリプタン), p.94. 飯塚高浩 (内), 医学書院, 東京, 2002.10発行.

792. [学術書] (分担執筆) 服薬指導Q&Aシリーズ, 慢性頭痛編; 慢性頭痛. I. 総論, p.10〜24. 鈴木則宏 (内), 編集 田代邦雄 (北海道大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2002.04発行.

793. [学術書] (分担執筆) 2003今日の治療指針−私はこう治療している−; めまい, p.629. 鈴木則宏 (内), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2003.01発行.

794. [学術書] (分担執筆) 脳卒中診療のコツと落とし穴; 高血圧性脳出血と見誤りやすい海綿状血管腫による脳内出血, p.94. 五野由佳理, 鈴木則宏 (内), 編集 峰松一夫(国立循環器病センター), 中山書店, 東京, 2003.04発行.

795. [学術書] (分担執筆) 頭痛診療のコツと落とし穴; 頭痛のみが主症状であった尾状核出血, p.89. 鈴木則宏 (内V), 編集 坂井文彦 (内), 中山書店, 東京, 2003.04発行.

796. [学術書] (分担執筆) Annual Review 神経2002; 群発頭痛とその近縁疾患, p.281〜290. 鈴木則宏 (内), 編集 柳澤信夫, 篠原幸人, 岩田 誠, 清水輝夫, 寺本 明, 中外医学社, 東京, 2002.01発行.

797. [学術書] (分担執筆) 認定医・専門医のための内科学レビュー2003, 最新主要文献と解説; 神経・筋, 8. 機能性疾患, p.287〜291. 阿久津二夫, 鈴木則宏 (内), 監修 酒井 紀, 早川弘一, 西崎 統, 小林祥泰, 福井次矢, 総合医学社, 東京, 2003.01発行.

798. [学術書] (分担執筆) ほんとうに困った症例集 [神経内科編]; 更年期に頭痛が悪化し, ホルモン補充療法が有効であった片頭痛の一例, p.157〜159. 五十嵐 (淺倉) 久佳 (内), 星和書店, 東京, 200302発行.

799. [学術書] (分担執筆) 頭痛診療のコツと落とし穴; 片頭痛発作頓挫薬の種類と重症度別, ステージ別の使用法, p.136〜137. 群発頭痛の急性期治療と予防療法, p.152〜153. 五十嵐久佳 (内), 編集 坂井文彦 (内), 中山書店, 東京, 2003.03発行.

800. [学術書] (分担執筆) 認定医・専門医のための内科学レビュー2002−最新主要文献と解説; 機能性疾患, p.273〜278. 福田倫也, 鈴木則宏 (内), 監修 酒井 紀, 早川弘一, 西崎 統, 小林祥泰, 福井次矢, 総合医学社, 東京, 2002発行.

801. [一般書 [(分担執筆) 痛みのレディスクリニック 生理痛・頭痛とじょうずにつきあう;頭痛のクリニック, p.135〜243. 五十嵐 (淺倉) 久佳 (内), 講談社, 東京, 2003.03.10発行.

802. [辞典] (分担執筆) 医学書院  医学大辞典, p.669〜670, p.1326, p.2247, 他. 五十嵐久佳 (内). 医学書院, 東京, 2003.03.01発行.

[学会・研究会等]

803. [学会 (国際)] (一般講演) New Insight in the Mechanism of Headache in MELAS Syndrome. -A Possible Association with Trigeminovascular Activation-. 飯塚高浩, 坂井文彦, 遠藤 基, 鈴木則宏 (内): 第55回Annual Meeting of American Acedemy of Neurology (2003.03.29〜04.05), Hawai, Neurology, Suppl. 1, 60 (5): A497, 2003.

804. [学会 (国際)] (一般講演) Prophylactic treatment of migraine with lomerizine hydrochloride. 日比洋子, 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内): International headache research seminar (2003.03.08), コペンハーゲン.

805. [学会 (国際)] (一般講演) A comparative study of sumatriptan 50 mg vs. zolmitriptan 2.5 mg in Japanese patients with migraine. 五十嵐久佳, 坂井文彦(内): 14th Migraine Trust International Symposium(2002.09.25), ロンドン. Cephalalgia, 22 (7): 603〜604, 2002.

806. [学会 (国際)] (ポスター) Reliability and Validity of the Japanese MIDAS Questionnaire. 飯ヶ谷美峰, 坂井文彦, 五十嵐久佳 (内): 26th International Congress of Internal Medicine (2002.05.28), 京都.

807. [学会 (全国)] (一般講演) Truncal lateropulsionの責任病巣とその発症機序に関する考察. 鈴木康輔, 阿久津二夫, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第27回日本脳卒中学会総会 (2002.04.24), 仙台. 脳卒中, 2002. 

808. [学会 (全国)] (一般講演) 自己免疫疾患関連性辺縁系脳炎の疾患概念とその位置づけ. 井出俊光, 飯塚高浩, 塚原信也, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第43回日本神経学会(2002.05.31), 札幌. 臨床神経, 2002.

809. [学会 (全国)] (一般講演) 脳回に沿うT1高信号域の臨床的意義. 塚原信也, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦(内): 第43回日本神経学会 (2002.05.31), 札幌. 臨床神経, 2002.

810. [学会 (全国)] (一般講演) 浮動性眩暈を呈する延髄外側梗塞の臨床的特徴. 阿久津二夫, 鈴木康輔, 飯塚高浩, 滝山容子, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第43回日本神経学会 (2002.05.31), 札幌. 臨床神経, 2002.

811. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛と気管支喘息の合併頻度に関する研究−Comorbidity of migraine and asthma−. 鈴木康輔, 飯塚高浩, 五十嵐久佳, 坂井文彦(内): 第30回日本頭痛学会 (2002.11.23), 横浜. 日本頭痛学会雑誌, 2002.

812. [学会 (全国)] (一般講演) MELASの頭痛発作におけるスマトリプタン反応性 (指定発言). 飯塚高浩 (内): 第30回日本頭痛学会 (2002.11.23), 横浜. 日本頭痛学会雑誌, 2002.

813. [学会 (全国)] (一般講演) 頭痛患者の生活支障度スコア (MIDAS質問表日本語版) の開発. 飯ヶ谷美峰. 五十嵐久佳, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 日本内科学会総会(2002.04), 名古屋. 日内会誌, 91 (Suppl): p.226, 2002.

814. [学会 (全国)] (一般講演) Truncal lateropulsionの責任病巣とその発症機序に関する考察. 鈴木康輔, 阿久津二夫, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 日本脳卒中学会 (2002.06), 仙台. 脳卒中, 24: 78, 2002.

815. [学会 (全国)] (一般講演) 急性期脳血管障害における胆嚢炎の合併についての検討. 小泉健三 (大学院), 阿久津二夫, 久保田 毅, 笹野まり, 中島 麓, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 日本脳卒中学会 (2003.03), 東京. 脳卒中, 25: 101, 2003.

816. [学会 (全国)] (一般講演) MELASの脳卒中様発作間欠期の脳血流量とacetazolamide反応性. 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 日本脳卒中学会(2003.03), 東京. 脳卒中, 25: 107, 2003.

817. [学会 (全国)] (一般講演) 運動麻痺を伴い髄液中のIgE高値を認めたアトピー性脊髄炎3症例についての検討. 日比洋子 (内), 藤沼邦彦 (大和市立病院): 第43回日本神経学会総会 (2002.05.29), 札幌. 臨床神経学, 2002.

818. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛に対するsumatriptan, zolmitriptanの臨床効果と副作用の検討. 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内): 第20回日本神経治療学会総会 (2002.06), 金沢. 神経治療学, 19 (3): p.291, 2002.

819. [学会 (全国)] (セミナー) 片頭痛の臨床的特徴と治療におけるトリプタン製剤の意義. 五十嵐久佳 (内): 日本臨床麻酔学会第22回大会 (2002.11.01), 甲府.

820. [学会 (全国)] (セミナー) 危ない頭痛と慢性頭痛の見分け方. 五十嵐久佳 (内): 第30回日本頭痛学会総会(2002.11.24), 横浜.

821. [学会 (全国)] (ポスター) 自己免疫疾患関連性辺縁系脳炎の疾患概念とその位置づけ. 井出俊光, 飯塚高浩, 塚原信也, 増田 励, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第43回日本神経学会総会 (2002.05.29〜31), 札幌. 臨床神経学, 2002.

822. [学会 (全国)] (ポスター) パーキンソン病及びパーキンソン症候群の姿勢反射・歩行障害に対するペルゴリドの効果. 滝山容子, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第43回日本神経学会総会 (2002.05.29〜31), 札幌.

823. [学会 (全国)] (ポスター) 陳旧性脳梗塞患者におけるシロスタゾールの脳血流に対する影響. 遠藤 基, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第43回日本神経学会総会(2002.05.29〜31), 札幌.

824. [学会 (全国)] (ワークショップ) 難病の在宅ケアの実際−パーキンソン病−. 荻野 裕 (内): 第5回日本在宅医学会大会 (2003.02.22), 東京. 第5回日本在宅医学会大会抄録集, p.45, 2003.

825. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における在宅人工呼吸療法16年間の変遷. 遠藤 基, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第5回日本在宅医学会大会 (2003.02.22), 東京. 第5回日本在宅医学会大会抄録集, p.52, 2003.

826. [学会 (地方)] (一般講演) 延髄に原発した横紋筋肉腫の一例. 五野由佳理, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第161回日本神経学会関東地方会(2002.06.22), 東京. 臨床神経, 2002.

827. [学会 (地方)] (一般講演) 成人発症metachromatic leukodystrophyの1例. 飯ヶ谷美峰, 飯塚高浩 (内), 高垣洋太郎 (遺伝), 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第162回日本神経学会関東地方会 (2002.09.07), 東京. 臨床神経, 2002.

828. [学会 (地方)] (一般講演) シェーグレン症候群に合併した辺縁系脳炎の1例. 井出俊光, 塚原信也, 増田 励, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第164回日本神経学会関東地方会 (2003.03.01), 東京. 臨床神経, 42: p.263, 2002.

829. [学会 (地方)] (一般講演) 延髄に原発した横紋筋肉腫の一例. 五野由佳理, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第164回日本神経学会関東地方会(2003.03.01), 東京. 臨床神経 42: 384, 2002.

830. [学会 (地方)] (一般講演) 成人発症metachromatic leukodystrophyの1例. 飯ヶ谷美峰, 飯塚高浩 (内), 高垣洋太郎 (遺伝), 鈴木則宏, 坂井文(内): 第164回日本神経学会関東地方会 (2003.03.01), 東京. 臨床神経, 42: 654, 2002.

831. [学会 (地方)] (一般講演) ATLに合併した進行性多巣性白質脳症の男性例. 門前達哉, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第163回日本神経学会関東地方会 (2002.11.30), 東京.

832. [学会 (地方)] (一般講演) Amyotrophic diplegiaで発症し, 首下がり, 腰曲がりを呈した運動ニューロン病の一例. 川浪 文, 荻野 裕, 荻野美恵子, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第160回日本神経学会関東地方会(2002.03.09), 東京.

833. [学会 (地方)] (一般講演) 両側内眼筋麻痺を主体とし抗GQ1b抗体陽性を示した一例. 滝山容子, 荻野美恵子, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内), 野村芳子, 瀬川昌也 (瀬川小児神経学クリニック): 第161回日本神経学会関東地方(2002.06.22), 東京.

834. [学会 (地方)] (一般講演) 成人発症metachromatic leukodystrophyの1例. 飯ヶ谷美峰, 飯塚高浩 (内), 高垣洋太郎 (遺伝), 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第162回日本神経学会関東地方会 (2002.09.07), 東京.

835. [学会 (地方)] (一般講演) 外傷後60年を経て亜急性のミエロパチーを呈した反応性肉芽腫の一例. 遠藤 基, 荻野 裕, 荻野美恵子, 安達 公, 坂井文彦 (内): 第163回日本神経学会関東地方会 (2002.11.30), 東京.

836. [学会 (地方)] (一般講演) 脳内血腫を合併した高血圧性脳症の一例. 加藤恵美, 滝山容子 (内), 今野慎吾, 遠藤昌孝, 新井正康, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第53回日本救急医学会関東地方会(2003.02.08), 東京.

837. [学会 (地方)] (一般講演) 進行性核上性麻痺の臨床像を呈したが剖検で疾患特異的所見を欠き循環障害などの関与が疑われた1例. 楠 淳一, 梁 正淵, 荻野美恵子, 荻野 裕, 坂井文彦 (内): 第164回日本神経学会関東地方会 (2003.03.01), 東京.

838. [研究会 (全国)] (一般講演) ATLに合併したPMLの一例. 門前達哉, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第7回日本神経感染症研究会 (2002.07.25), 札幌. 日本感染症学会雑誌, 2002.

839. [研究会 (全国)] (一般講演) Progressing strokeで発症し, 主幹動脈高度狭窄が短期間に消失した片側性境界領域梗塞の一例. 宮川沙織, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 門前達哉, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第11回ストロークフォーラム (2002.10.25), 横浜. 

840. [研究会 (全国)] (一般講演) シェーグレン症候群を合併した辺縁系脳炎の2 例. 井出俊光, 飯塚高浩, 塚原信也, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 所謂非ヘルペス性辺縁系脳炎と類縁疾患に関する緊急臨床検討会 (2002.11.02), 千葉.

841. [研究会 (全国)] (一般講演) MELASの脳卒中様発作におけるneuronal hyperexcitabilityの役割について. 飯塚高浩, 坂井文彦, 鈴木則宏, 塚原信也 (内): 第2回日本ミトコンドリア研究会 (2002.12.19), 東京. 第2回日本ミトコンドリア研究会年会要旨集, p.33, 2002.

842. [研究会 (全国)] (一般講演) MELASの脳卒中様発作間欠期の局所脳血流とacetazolamide反応性. 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第28回日本脳卒中学会総会 (2003.03.17), 東京. 脳卒中, 2002.

843. [研究会 (全国)] (一般講演) ATLに合併したPMLの男性例. 門前達哉, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 神経感染症研究会 (2002.07), 東京. Neuro Infection, 7: 105〜106, 2003.

844. [研究会 (全国)] (一般講演) ATLに合併した進行性多巣性白質脳症の男性例. 門前達哉, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第7回日本神経感染症研究会 (2002.10.05), 東京.

845. [研究会 (全国)] (一般講演9 発症時よりパーキンソン病様の病像を呈し, 画像診断で診断しえたMSAの一例. 遠藤 基, 荻野 裕, 荻野美恵子, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第24回運動障害研究会 (2002.07.27), 東京.

846. [研究会 (地方)] (一般講演) 一側上肢に粗大な振戦が出現した男性例. 飯塚高浩, 井出俊光, 氏家幸子, 海野裕美, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第19回Kanagawa Visual Neurology (2002.07.19), 横浜.

847. [研究会 (地方)] (一般講演) 危険な頭痛の診方. 飯塚高浩 (内): 薬剤師講演会 (2002.07.25), 立川.

848. [研究会 (地方)] (一般講演) MELASの脳卒中様発作の臨床的検討. 飯塚高浩 (内): 第29回関東地区脳血管障害懇話会 (2002.10.22), 東京.

849. [研究会 (地方)] (一般講演) ATLに合併した進行性多巣性白質脳症の男性例. 飯塚高浩, 門前達哉, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第163回日本神経学会関東地方会 (2002.11.30), 東京.

850. [研究会 (地方)] (一般講演) 髄膜炎を伴った抗GM1抗体陽性Acute Motor Axonal Neuropathyの一例. 鈴木康輔, 五野由佳理, 門前達哉, 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 第164回日本神経学会関東地方会 (2003.03.01), 東京. 臨床神経, 2002.

851. [研究会 (地方)] (一般講演) Hemi-ballism-choreoathetoid movementで急性発症した一例. 門前達哉, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 県央ストロークカンファレンス (2003.02.20), 神奈川.

852. [研究会 (地方)] (一般講演) 頭痛に対する漢方薬の評価. 花輪壽彦 (北里研究所東洋医学総合研究所), 五野由佳理 (内): 慢性頭痛診療ガイドライン作成に関する研究 (2003.03.15), 東京.

853. [研究会 (地方)] (一般講演) 局所脳血流低下を認めたFisher症候群の1例. 井出俊光, 鈴木則宏, 遠藤 基, 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 神奈川SPECT研究会(2002.06.0), 横浜.

854. [研究会 (地方)] (一般講演) 不快感を伴う下肢異常感覚と不随意運動を呈した59歳女性例. 楠 淳一, 荻野 裕, 荻野美恵子, 坂井文彦 (内): 第19回Kanagawa Visual Neurology (2002), 東京.

855. [研究会 (地方)] (一般講演) 発症時よりパーキンソン病様の病像を呈し, 画像診断で診断しえたMSAの一例. 遠藤 基, 荻野 裕, 荻野美恵子, 齋藤豊和, 坂井文彦(内): 第162回日本神経学会関東地方会 (2002.09.07), 東京.

856. [その他 (生涯教育講演会)] (招待講演) 片頭痛の新しい治療. 坂井文彦 (内): 日本内科学第38回生涯教育講演会 (2002.06.15), 仙台.

857. [その他 (医師会主催学術講演会)] (招待講演) 頭痛の臨床と薬物治療. 飯塚高浩 (内): 第143回救急医療研修会 (2002.04.11), 横浜. 救急医療研修会雑誌, 2002.


<<内科学W>>

[学術論文]

858. [原著] Myosin light chain phosphorylation is correlated with cold-induced changes in platelet shape. Kawakami, H. (杏林大解剖), 東原正明, 大坂 学, 宮崎浩二 (内), Ikebe, M., Hirano, H. (杏林大解剖): J Smooth Muscle Res., 37 (5〜6): 113〜122, 2001.

859. [原著] DNA methylation dominates transcriptional silencing of Pax5 in terminally differentiated B cell lines. 檀原幹生 (臨検学), Kameyama, K. (遺伝), 東原正明 (内), Takagaki, Y. (遺伝): Mol Immunol, 38(15): 1161〜1166, 2002.

860. [原著] Potassium-induced increase in renal kallikrein secretion is attenuated in dissected renal connecting tubules of young spontaneously hypertensive rats. 山中真理子 (内), 林 泉, 藤田朋恵 (薬理), Cha, S.H., Endou, H. (杏林大薬理), 東原正明 (内), 馬嶋正隆 (薬理): Int Immunopharmacol, (13〜14): 1957〜1964, 2002.

861. [原著] Relationship between therapeutic response to erythropoietin and implementation of serum ferritin monitoring, gastrointestinal work-up for occult bleeeding and iron supplementation. 門田佳子 (明治薬科大), 望月真弓 (薬剤部), 鎌田貢壽 (内), 加賀谷 肇, 島田滋彦 (薬剤部), 小林 豊 (内), 越前宏俊 (明治薬科大): Jpn J Drug Inform., 3: 31〜35, 2001.

862. [原著] Nomogram for individualizing supplementary iron doses during erythropoietin therapy in haemodaialysis patients. 門田佳子 (明治薬科大), 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 加賀谷 肇, 島田滋彦 (薬剤部), 古家 (吉本) 恵子 (明治薬科大), 越前宏俊 (明治薬科大): J Clin Pharm Therap., 27: 111〜119, 2002.

863. [原著] 血清中抗Chlamydia pneumoniae IgG/IgA 抗体検出試薬の基礎および臨床評価. 鎌田貢壽, 藤森亜希, 青山東五, 猿田貴之, 巽 洋, 竹内康雄, 守屋利佳 (内), 佐藤直之 (渕野辺総合病院), 小林直之 (ニーレンクリニック), 坂本尚登 (内), 東原正明 (内), 阿部明生, 成瀬 功 (住友バイオサイエンス): 医学と薬学, 45 (5): 923〜928, 2001.

864. [原著] ヘマトクリット値連続測定装置を用いた各種plasma refilling rate測定法の有用性と限界の検討. 山中 望 (医療系大学院), 藤森亜希 (内), 南部正人 (腎センター), 阪 聡 (阪クリニック), 櫻井健治 (橋本クリニック), 守屋利佳, 東原正明, 鎌田貢壽 (内): 透析会誌, 35 (2): 97〜107, 2002.

865. [原著] 献腎移植長期生着に寄与する因子. 北里大学病院における献腎移植10年以上生着者の検討. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斎藤 毅, 池田成江, 岩村正嗣 (泌), 鎌田貢壽 (内), 馬場志郎 (泌): 泌尿器外科, 15 (5): 549〜555, 2002.

866. [原著] Factors contributing to long graft survival in non-heart-beating cadaveric renal transplantation in Japan: a single-center study at Kitasato University. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斎藤 毅, 岩村正嗣, 池田成江 (泌), 鎌田貢壽 (内), 佐藤光史 (外), 馬場志郎 (泌): Clin Transplant, 16: 397〜404, 2002.

867. [原著] Effective Antibiotic Treatment of Methicillin-Resistant Staphylococcus Aureus-Associateed Glomerulonephritis. 長場 泰 (内), Hiki, Y. (名古屋大), 青山東五, 佐野 隆, 松尾孝俊, 清水健史 (内), 舘野純生 (あけぼの病院), 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), Shigematsu, H. (信州大), 東原正明, 小林 豊 (内): Nephron, 92: 297〜303, 2002.

868. [原著] 非糖尿病性腎障害患者に対する一日一回型ニフェジピン徐放性製剤の有用性. 長場 泰, 松尾孝俊, 高谷 徹, 岸由美子, 牧野武志, 羽村素子, 橋本ヒロコ, 佐野 隆, 小林 豊 (内): Therapeutic Research, 23 (7): 2002.

869. [原著] Ligand independent signaling by overexpressed CD30 drives NF-kB activation in Hodgkin and Reed-Sternberg cells. 堀江良一 (内), Ito, K., Morisita, Y., Watanabe, M. (東大), 東原正明 (内), Kadin, M., Watanabe, T. (東大): Oncogene, 21: 2493〜2503, 2002.

870. [原著] Cytoplasmic aggregation of TRAF2 and TRAF5 proteins in Hodgkin-Reed-Sternberg cells. 堀江良一 (内), Ito, K., Morisita, Y. (東大), 渡辺真理子, 東原正明 (内), Kadin, M., Watanabe, T. (東大): Am J Pathol, 160: 1647〜1654, 2002.

871. [原著] Simultaneous elevation of the serum concentrations of vascular endothelial growth factor and interleukin-6 as independent predictors of prognosis in aggressive non-Hodgkin's lymphoma. 新津 望 (内), Okamoto, M. (藤田保健衛生大内科), Nakamine, H. (和歌山県立医大病理), Yoshino, T. (岡山大病理), Tamaru, J.I. (埼玉医大病理), Nakamura, S. (愛知がんセンター), 東原正明 (内), Hirano, M. (藤田保健衛生大内科): Eur J Haematol, 68: 91〜100, 2002.

872. [原著] Human B-cell lymphoma cell lines are highly sensitive to apoptosis induced by all-trans retinoic acid and interferon-r. 新津 望, 東原正明 (内), Honma, Y. (埼玉ガンセンター): Leuk Res, 26: 745〜755, 2002.

873. [原著] The catalytic DNA topoisomerase II inhibitor ICRF-193 and all-trans retinoic acid cooperatively induce granulocytic differentiation of acute promyelocytic leukemia cells. Candidate drugs for chemo-differentiation therapy against acute promyelocytic leukemia. 新津 望, 東原正明 (内), Honma, Y. (埼玉ガンセンター): Exp Hematol, 30: 1273〜1282, 2002.

874. [原著] Clinical significance of nm23-H1 proteins expressed on cell surface in non-Hodgkin's lymphoma. 新津 望 (内), Honma, Y. (埼玉ガンセンター), Iijima, K. (東邦大第一内科), Takagi, T. (千葉がんセンター), 東原正明 (内), Sawada, U. (日大内科), Okabe-Kado, J. (埼玉ガンセンター): Leukemia, 17: 196〜202, 2003.

875. [原著] Expression of cutaneous lymphocyte antigen is associated with a poor outcome of nasal-type natural killer-cell lymphoma. Yoshino, T. (岡山大病理), Nakamura, S. (愛知がんセンター), Suzumiya, J. (福岡大学内科), 新津 望 (内), Ohshima, K. (福岡大病理), Tsuchiyama, J., Shinagawa, K., Tanimoto, M., Sadahira, Y., Harada, M., Kikuchi, M. (福岡大病理), Akagi, T. (岡山大病理): Br J Haematol., 118: 482〜487, 2002.

876. [準原著] 90Y ibritumomab tiuxetan. 新津 望 (内): Am J Cancer (Guest commentaries), 1: 349, 2002.

877. [症例報告] 感染症治療より軽快したMRSA関連腎炎の1例. 長場 泰, 青山東五, 佐野 隆, 松尾孝俊, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 東原正明, 小林 豊 (内): 日本腎臓学会誌, 45 (1): 37〜41, 2003.

878. [症例報告] 経時的腎生検で高度の半月体と血管炎の改善が見られたANCA関連腎炎の1例. 岸由美子, 牧野武志, 高谷 徹, 藤田和己, 佐野 隆, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 腎炎症例研究, 19: 29〜40, 2003.

879. [症例報告] MPO-ANCA-positive slowly progressive glomerulonephritis with focal tuft necrosis and crescents. 青山東五, 清水健史, 松尾孝俊, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 東原正明 (内), 辻 博 (横浜労災病院), 重松秀一 (信州大), 小林 豊 (内): Int Med, 41 (6): 458〜462, 2002.

880. [症例報告] 赤芽球癆を合併したT細胞性リンパ腫の一例. 堀江良一, 大和田 啓, 梶原耕一, 羽山弥亨, 大竹浩之, 郡 美佳, 萩原将太郎, 新津 望, 秋山 暢, 東原正明 (内): 北里医学, 32 (2): 139〜144, 2002.

881. [症例報告] Granulocytic sarcoma of the colon in chronic myelomonocytic leukaemia. 秋山 暢, 大和田 啓, 梶原耕一, 大竹浩之, 羽山弥亨, 郡 美佳 (内), 平 美也子 (検査部), 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内): 臨床血液, 43 (10): 937〜942, 2002.

882. [症例報告] Successful Management of Malignant Ascites by Intraperitoneal Carboplatin Injection in A Case with Adult T-cell Leukemia/Lymphoma. 秋山 暢, 大和田 啓, 大竹浩之, 梶原耕一, 羽山弥亨, 大坂 学, 堀江良一, 東原正明 (内): 北里医学, 32(2): 145〜150, 2002.

883. [症例報告] Ovarian follicular lymphoma: a case report and review of the literature. 新津 望 (内), Nakamine, H. (和歌山県立医大病理), 羽山弥亨 (内), Unno, Y., Nakamura, S. (愛知がんセンター病理), 堀江 一 (内), Iwabuchi, K., Nakamura, N. (福島県立医大病理), Miura, I. (秋田大第三内科), 東原正明 (内): Ann Hematol., 81: 654〜658, 2002.

884. [症例報告] Primary gastric T-cell lymphoma not associated with human T-lymphotropic virus type I: a case report and review of the literature. 新津 望 (内), Nakamine, H. (和歌山県立医大病理), 羽山弥亨, 郡 美佳 (内), Tamaru, J.I. (埼玉医大病理), Tanabe, S., Nakamura, S. (愛知がんセンター病理), Horie, R., Iwabuchi, K., Nakamura, N. (福島県立医大病理), Miura, I. (秋田大第三内科), 東原正明 (内): Ann Hematol., 81: 654〜658, 2002.

885. [総説] 癌緩和ケアの最近の動向. 東原正明 (内): Modern Physician, 23 (3): 299, 2003.

886. [総説] ステロイド剤/免疫抑制剤の適応とその推奨される使い方は? 変貌する腎疾患の概念,治療薬・治療法への期待と評価. 鎌田貢壽 (内): Mebio, 19 (6): 71〜78, 2002.

887. [総説] 特集/浮腫の診かたと治療 急性, 慢性腎不全にみられる浮腫. 長場 泰, 鎌田貢壽 (内): 診断と治療, 90 (5): 711〜716, 2002.

888. [総説] The biology of Hodgkinユs lymphpoma and CD30 signal transduction. 堀江良一, 東原正明 (内), Watanabe, T. (東大): Int J Hematol, 77: 37〜47, 2003.

889. [総説] 悪性リンパ腫-リンパ腫診療のstate of the art−びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫−. 新津 望(内): 内科, 90: 473〜477, 2002.

890. [総説] 高齢者造血器悪性腫瘍: 高齢者悪性リンパ腫の薬物療法. 新津 望 (内): 血液フロンティア, 13: 21〜30, 2003.

891. [講座] 急性・慢性腎不全にみられる浮腫. 長場 泰,鎌田貢壽 (内): 診断と治療, 90 (5): 711〜715, 2002.

[著 書]

892. [学術書] (分担執筆) 臨床検査ガイド; 凝固因子マーカー (フィブリンモノマー, フィブリノペプチドA・アンチトロンビンIII複合体, プロトロンビンフラグメントF1+2など) (ATIIIを含む), p.690〜694. 東原正明 (内), 編集 和田治虫 (埼玉医科大), 大久保昭行 (財務省印刷局東京病院), 分光堂, 東京, 2003.02.17発行.

893. [学術書] (分担執筆) がんの在宅医療; 在宅がん患者の水・電解質管理, p.257〜263. 小林直之 (ニーレンクリニック), 東原正明 (内), 編集 田代孝雄 (竹田綜合病院), 監修 坪井栄孝 (日本医師会), 中外医学社, 東京, 2002.12.10発行.

894. [学術書] (分担執筆) がんの在宅医療; 血液疾患の在宅医療, p.354〜361. 黒坂了正, 東原正明 (内), 編集 田代孝雄 (竹田綜合病院), 監修 坪井栄孝 (日本医師会), 中外医学社, 東京, 2002.12.10発行.

895. [学術書] (分担執筆) 外来診療の全て; 多尿・乏尿, p.136〜137. 鎌田貢壽 (内), 監修 高久史麿, Medical View社, 東京, 2003.04.10発行.

896. [学術書] (分担執筆) 透析療法のコツと落とし穴; 腎不全患者の妊娠管理のコツ, p.89. 鎌田貢壽 (内), 編集 浅野 泰, 中山書店, 東京, 2003.03.28発行.

897. [学術書] (分担執筆) 透析療法のコツと落とし穴; 維持透析患者の脳出血, p.127. 鎌田貢壽 (内), 編集 浅野 泰, 中山書店, 東京, 2003.03.28発行.

898. [学術書] (分担執筆) 予後の予測: その他の予後因子; みんなに役立つ悪性リンパ腫の基礎と臨床, p.121〜123. 新津 望 (内), 編集 押味和夫, 医薬ジャーナル, 2003.00.00発行.

899. [学術書] (分担執筆) 専門医を目指すめざす 腎臓疾患 [第3版]; 液性高カルシウム血症, p.26〜38. 坂本尚登 (内), 編集 北本清 (杏林大), 日本医事新報社, 東京, 2002.07.20発行.

900. [学術書] (分担執筆) Geriatric Medicine; 維持透析における管理のポイント−透析導入後の問題点−感染症, p.1325〜1330. 坂本尚登, 清水健史, 松尾孝俊 (内), 編集 近藤智善 (和歌山大), ライフ・サイエンス, 東京, 2002.09.20発行.

901. [その他の著書 (解説書)] (分担執筆) 「いまから学ぶリスクマネジメントの基礎と実例」;北里大学病院におけるリスクマネジメントへの取り組み, p38〜49. 鎌田貢壽 (内), 編集 藤井清孝, 小島恭子編, エルゼビア・サイエンス (株) ミクス, 東京, 2002.01.18発行.

[学会・研究会等]

902. [学会 (国際)] (一般講演) An on-line hemodiafilt-ration (O-HDF) method may cause an increase in both serum albumin (sAlb) and glycated albumin (GA), but diminish pentosidine level in non-diabetic hemodialysis (HD) patients (pts). 田村雅人 (内), 小林直之 (相武台ニーレンクリニック), 竹内康雄, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), 石原和彦 (医衛), 大久保充人 (佐野厚生総合病院), 東原正明 (内): 第35回アメリカ腎臓学会(2002.10.30〜11.04), Philadelphia. Am.Soc.Nephrol, 13: 238A, 2002.

903. [学会 (国際)] (一般講演) Long-Term Effect of 2-year Steroid Therapy in Progressive IgA Nephropathy: A 30-year Follow-Up Study Compared with a Non-Steroid Group. 小林 豊, 佐野 隆, 松尾孝俊, 清水健史, 岸由美子, 坂本尚登 (内), Hiki, Y. (名古屋大): 2002年米国腎臓学会年次総会 (2002.11.03), フィラデルフィア, 米国. J Am Soc Nephrol, 13: 666A, 2002.

904. [学会 (国際)] (ポスター) Incoordinate Down-Regulation of Heme Oxygenase-1 to Hemoglobin Scavenger Receptor (CD163) in Peripheral Blood Mononuclear Cells from Patients with ESRD. 長場 泰, 坂本尚登, 松尾孝俊, 岸由美子, 牧野武士, 青山東五, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 2002年米国腎臓学会年次総会 (2002.11.01), フィラデルフィア, 米国. J Am Soc Nephrol, 13: 218A, 2002.

905. [学会 (国際)] (ポスター) Dent's Disease-Associated CLCN5 Missense Mutations within Loop between the Putative Transmembrane Domains D5 and D6 Disrupt the Recycling of Channel to the Cell Surface. 松尾孝俊, 坂本尚登 (内), Inoue, S., Naito, I. (重井研), 長場 泰, 小林 豊, 東原正明 (内): 2002年米国腎臓学会年次総会 (2002.11.01), フィラデルフィア, 米国. J Am Soc Nephrol, 13: 73A, 2002.

906. [学会 (国際)] (ポスター) Predictive Factors Determining Long-Term Prognosis in IgA Nephropathy: A 30-year Follow-Up Study of 366 Patients. 小林 豊, 佐野 隆, 松尾孝俊, 清水健史, 岸由美子, 坂本尚登 (内), Hiki, Y. (名古屋大): 2002年米国腎臓学会年次総会 (2002.11.02), フィラデルフィア, 米国. J Am Soc Nephrol, 13: 450A, 2002.

907. [学会 (国際)] (ポスター) An On-Line Hemo-diafiltration (O-HDF) Method May Cause an Increase in Both Serum Albumin (sAlb) and Glycated Albumin(GA), but Diminish Pentosidine Level in Non-Diabetic Hemodialysis (HD) Patients (pts). 田村雅人 (内), Kobayashi, N. (ニーレンクリニック), 竹内康雄, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), Ishihara, K. (医衛), Okubo, M. (佐野厚生病院), 東原正明 (内): 2002年米国腎臓学会年次総会 (2002.11.01), フィラデルフィア, 米国. J Am Soc Nephrol, 13: 238A, 2002.

908. [学会(国際)] (ポスター) Responsible Factors Determining a Difference between 10-year Stable and 10-year Progressive Clinical Courses in IgA Nephropathy: A 10-year Follow-Up Study of 280 Patients. 小林 豊, 佐野 隆, 松尾孝俊, 清水健史, 岸由美子, 坂本尚登 (内), Hiki, Y. (名古屋大): 2002年米国腎臓学会年次総会 (2002.11.02), フィラデルフィア, 米国. J Am Soc Nephrol, 13: 455A, 2002.

909. [学会 (国際)] (ポスター) Serum nm23-H1 protein as a prognostic factor in aggressive lymphoma. 新津 望 (内), Masataka Okamoto (藤田保健衛生), Junko Okabe-Kado (埼玉がんセンター研究所), Yoshio Honma (埼玉がんセンター研究所), Sadao Aoki (新潟大内科), 東原正明 (内), Masami Hirano (藤田保健衛生大): 26th International Congress of Internal Medicine (2002.05.00), 京都.

910. [学会 (国際)] (ポスター) Serum levels of the nm23-H1 protein and their clinical implication in extranodal NK cell lymphoma. 新津 望 (内), Okamoto, M. (藤田保健衛生大), Nakamine, H. (和歌山県立医大), Tamaru, J. (埼玉医大), Nakamura, S. (愛知がんセンター), Yoshino, T. (岡山大学), Okabe-Kado, J. (埼玉がんセンター研究所), Honma, Y. (埼玉がんセンター研究所), 東原正明 (内), Hirano, M. (藤田保健衛生大): Eight International Conference on Malignant Lymphoma (2002.06.00), Lugano.

911. [学会 (全国)] (一般講演) クロライドチャネルClC-3/ClC-5発現局在の集合尿細管間在細胞のサブタイプにおける相違. 坂本尚登 (内), 井上聡子, 内藤一郎 (重井研), 遠藤健一 (東京医科歯科大), 松尾孝俊 (内), 佐々木 成 (東京医科歯科大), 小林 豊, 東原正明 (内): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.25), 大阪. 日腎会誌44(3): 262, 2002.

912. [学会 (全国)] (一般講演) 10年間継続して経過観察したIgA腎症366例の長期予後. 小林 豊, 佐野 隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子, 清水健史, 坂本尚登 (内), 比企能之 (名古屋大), 舘野純生 (あけぼの病院): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.25), 大阪. 日腎会誌, 44(3): 252, 2002.

913. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性IgA腎症の経時的腎生検所見の検討: ステロイド群と非ステロイド群の比較. 小林 豊, 佐野 隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子, 清水健史, 坂本尚登 (内), 比企能之 (名古屋大), 舘野純生 (あけぼの病院): 第45回日本腎臓学会学術総会(2002.05.24), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 221, 2002.

914. [学会 (全国)] (一般講演) cellular lesionを伴う巣状糸球体硬化症の免疫組織学的検討. 佐野 隆, 清水健史, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 江原孝史, 重松秀一 (信州大): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.24), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 230, 2002.

915. [学会 (全国)] (一般講演) 半月体形成性腎炎の腎死予測要因の検討. 橋爪健次郎, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.25), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 256, 2002.

916. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析 (HD) よりオンライン (O-) HDFに変換後の血清アルブミン値の変化. 田村雅人 (内), 小林直之 (ニーレンクリニック), 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 石原和彦 (医衛), 酒井 糾, 大久保充人 (佐野厚生病院), 東原正明 (内): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.23), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 210, 2002.

917. [学会 (全国)] (一般講演) IgA腎症における高度蛋白尿と腎機能低下を予測する組織学的要因. 清水健史, 佐野 隆, 松尾孝俊, 坂本尚登, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.24), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 224, 2002.

918. [学会 (全国)] (一般講演) ClC-5遺伝子変異による細胞内小胞輸送障害分子機構の遺伝子導入解析. 松尾孝俊, 坂本尚登 (内), 井上聡子, 内藤一郎 (重井研), 小林 豊, 東原正明 (内): 第8回分子腎臓研究会 (2002.09.07), 名古屋. 第8回分子腎臓研究会抄録, p.18, 2002.

919. [学会 (全国)] (一般講演) 11β-水酸化酵素の新たなCYP11B1遺伝子変異を高齢になり診断し得た低K血症の1例. 松尾孝俊, 坂本尚登, 岸由美子, 牧野武志, 小林 豊, 東原正明 (内): 第34回臨床体液学会 (2002.10.05), 東京.

920. [学会 (全国)] (一般講演) オンライン (O−) HDF施行時の血清アルブミン (sAlb) 値の変化. 田村雅人 (内), 小林直之 (ニーレンクリニック), 竹内康雄, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 石原和彦 (医衛), 酒井 糾, 大久保充人 (佐野厚生病院), 東原正明 (内): 第47回日本透析医学会学術集会・総会 (2002.07.21), 東京. 日本透析医学会雑誌, 35 (Supple): 846, 2002.

921. [学会 (全国)] (一般講演) NK細胞リンパ腫における血清nm23-H1蛋白の臨床的検討. 新津 望 (内), 岡本昌隆 (藤田保健衛生大), 東原正明 (内), 角 純子 (埼玉がんセンター研究所), 本間良夫 (埼玉がんセンター研究所), 平野正美 (藤田保健衛生大): 第99回日本内科学会講演会 (2002.03.00), 名古屋.

922. [学会 (全国)] (一般講演) 卵巣原発濾胞性リンパ腫の1例. 新津 望, 羽山弥亨 (内), 中峯寛和 (和歌山県立医大臨床検査), 中村栄男 (愛知がんセンタ-遺伝子・病理診断部), 中村直哉 (福島県立医大第一病理), 三浦偉久男 (秋田大学第三内科), 堀江良一, 東原正明 (内): 第42回日本リンパ網内系学会 (2002.07.00), 岡山.

923. [学会 (全国)] (一般講演) 非ホジキンリンパ腫におけるリンパ腫細胞表面nm23-H1蛋白の臨床的意義. 新津 望 (内), 本間良夫 (埼玉がんセンター研究所), 高木敏之 (千葉県がんセンター), 東原正明 (内), 澤田海彦 (日大内科), 角 純子 (埼玉がんセンター研究所): 第64回日本血液学会総会 (2002.9.00), 横浜.

924. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性透析症例に頻発性心室頻拍を合併し, ビルジカイニドの時間割内服によってコントロールし得た1症例−透析患者における腎排泄型抗不整脈薬投与の指標−. 松山斎久, 庭野慎一, 脇坂裕子, 池田和子, 湯本佳宏, 小島時昭, 江口麻里子, 原 英幸, 吉田 徹, 和泉 徹 (内): 第28回神奈川心臓ペーシング電気生理研究会 (2002.09.13), 横浜.

925. [学会 (全国)] (一般講演) 心サルコイドーシスのステロイド治療後, 房室結節伝導改善に伴って通常型房室結節回帰性頻拍を呈した1症例. 松山斎久, 庭野慎一, 猪又孝元, 脇坂裕子, 山崎友也, 杉山友彦, 下浜孝朗, 斉藤淳子, 江口麻里子, 小島時昭, 湯本佳宏, 池田和子,吉田 徹, 原 英幸, 和泉 徹 (内): 第15回臨床不整脈研究会(2003.01.18), 東京.

926. [学会 (全国)] (ポスター) ClC-5遺伝子変異による細胞内小胞輸送障害分子機構の遺伝子導入解析. 松尾孝俊, 坂本尚登 (内), 井上聡子, 内藤一郎 (重井研), 長場 泰, 小林 豊, 東原正明 (内): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.24), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 312, 2002.

927. [学会 (全国)] (ポスター) クリオグロブリン血症性腎炎の電子顕微鏡的検討. 牧野武志,佐野 隆,高谷 徹, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.23), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 288, 2002.

928. [学会 (全国)] (ポスター) WHO 1型と2型ループス腎炎における糸球体内皮細胞内virus-like particle (VLP) の診断的意義. 岸由美子, 長場 泰, 佐野 隆, 松尾孝俊, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 舘野純生 (あけぼの病院), 重松秀一 (信州大): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.23), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 284, 2002.

929. [学会 (全国)] (ポスター) WHO 1型および2型ループス腎炎の長期予後. 岸由美子, 長場 泰, 佐野 隆, 松尾孝俊, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内), 舘野純生 (あけぼの病院), 重松秀一 (信州大), 小林 豊 (内): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.23), 大阪. 日腎会誌, 44(3): 287, 2002.

930. [学会 (全国)] (ポスター) 巣状分節性膜性腎症の臨床像. 高谷 徹, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.23), 大阪. 日腎会誌, 44 (3): 284, 2002.

931. [学会 (全国)] (ポスター) 腎不全教育入院における薬剤師の参入. 岡崎美代子, 本橋 茂, 高橋賢成, 佐川賢一, 島崎慈彦 (薬剤), 藤木くに子 (看護), 坂本尚登 (内): 第12回日本医療薬学会 (2002.11.19), 福岡.

932. [学会 (全国)] (ポスター) 巨大子宮筋腫摘出後, 軽快したヘパリン起因性血小板減少症の一透析例. 高谷 徹, 長場 泰, 牧野武志, 岸由美子, 岡村信良, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 第47回日本透析医学会学術集会・総会 (2002.07.19), 東京. 日本透析医学会雑誌, 35 (Suppl): 955, 2002.

933. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 生物学的予後因子の臨床的意義−血清および細胞表面nm23-H1蛋白の検討を中心に−. 新津 望 (内): 第44回日本臨床血液学会総会 (2002.09.00), 神奈川.

934. [学会 (全国)] (ワークショップ) B細胞性リンパ腫細胞に対するATRAとinterferon-γの併用効果の検討. 新津 望, 東原正明 (内), 本間良夫 (埼玉がんセンター研究所): 第61回日本癌学会総会 (2002.10), 東京.

935. [学会 (総会)] (一般講演) 血液透析導入患者の起立性低血圧に及ぼす因子を明らかにする. 斉藤 恵, 木脇厚子 (腎センター), 守屋利佳, 鎌田貢壽 (内): 第47回 (社)日本透析医学会学術集会・総会 (2002.07.19〜21), 東京. 日透会誌, 35 (Suppl.1): 825, 2002.

936. [学会 (総会)] (一般講演) 維持透析患者に発症し救命し得た劇症肝炎の1例. 牧野武志, 守屋利佳 (内), 品川弥人, 渡邊真彰, 国東幹夫 (救命), 鎌田貢壽 (内): 第47回 (社) 日本透析医学会学術集会・総会 (2002.07.19〜21), 東京. 日透会誌, 35 (Suppl.1): 861, 2002.

937. [学会 (総会)] (一般講演) 巨大子宮筋腫摘出後, 軽快したヘパリン起因性血小板減少症の一透析例. 高谷 徹, 長場 泰, 牧野武志, 岸由美子, 岡村信良, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 第47回 (社)日本透析医学会学術集会・総会 (2002.07.19〜21), 東京. 日透会誌, 35 (Suppl.1): 955, 2002.

938. [学会 (総会)] (一般講演) エンドトキシンの低減化と今後の展望. 藤原康作, 小山 誠, 南部正人, 野川隆一郎, 東 賢一, 草刈修一 (腎センター), 鎌田貢壽 (内), 五十嵐洋行, 松澤政彦 (あけぼの病院): 第47回 (社) 日本透析医学会学術集会・総会 (2002.07.19〜21), 東京. 日透会誌, 35 (Suppl.1): 878, 2002.

939. [学会 (総会)] (一般講演) CRIT-LINE (CLM) を用いたplasma refilling rate (PRR) 推定法の比較検討. 山中 望, 藤森亜希 (内), 南部正人 (腎センター), 阪 聡 (阪クリニック), 櫻井健治 (橋本クリニック), 鎌田貢壽 (内): 第47回 (社) 日本透析医学会学術集会・総会 (2002.07.19〜21), 東京. 日透会誌, 35 (Suppl.1): 891, 2002.

940. [学会 (地方)] (一般講演) 新たなCLCN5遺伝子変異を同定した特発性尿細管性蛋白尿症の1例. 森口いぶき, 坂本尚登, 松尾孝俊 (内), 森口昌彦, 竹田定生, 遠藤雄策, 窪田 都 (清水厚生病院), 小林 豊, 東原正明 (内): 第32回日本腎臓学会東部学術大会 (2002.10.18), 東京, 日腎会誌, 44 (6): 610, 2002.

941. [学会 (地方)] (一般講演) Mantle cell lymphoma を合併したIgA腎症の1症例. 高谷 徹, 坂本尚登, 佐野 隆, 長場 泰, 守屋利佳, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第32回日本腎臓学会東部学術大会(2002.10.18), 東京. 日腎会誌, 44 (6): 614, 2002.

942. [学会 (地方)] (一般講演) 急性腎不全の利尿期にST合剤によるNa再吸収障害を合併した微小変化型ネフローゼ症候群の1例. 石井佳緒里, 坂本尚登, 守屋利佳, 清水健史, 長場 泰, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 第497回日本内科学会関東地方会 (2002.02.09), 東京. 抄録: p25, 2002.

943. [学会 (地方)] (一般講演) 経時的腎生検で高度の半月体形成と血管炎の改善が見られたANCA関連腎炎の1例. 岸由美子, 牧野武志, 高谷 徹, 藤田和己, 佐野 隆, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第37回神奈川腎炎研究会(2002.02.16), 横浜. 腎炎症例研究, 19: 29〜40, 2003.

944. [学会 (地方)] (一般講演) 高度のるい痩に伴う血液異常を呈した4症例. 梶原耕一, 秋山 暢, 羽山弥亨, 郡 美佳, 大和田 啓 (内), 平 美也子 (検査部), 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内): 第143回臨床血液学会例会, 東京.

945. [学会 (地方)] (一般講演) 先天性第VII因子欠損症の1例. 梶原耕一, 大竹浩之, 大坂 学, 大和田 啓, 羽山弥亨, 郡 美佳 (内), 平 美也子 (検査部), 秋山 暢, 新津 望, 堀江良一 (内), 檀原幹生 (臨検学), 東原正明 (内): 第145回日本臨床血液学会例会 (2002.11.09), 東京.

946. [学会 (地方)] (ポスター) 感染性心内膜炎 (IE) 後糸球体腎炎の4例. 橋本ヒロコ, 守屋利佳, 田村雅人, 長場 泰, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内), 重松秀一 (信州大): 第32回日本腎臓学会東部学術大会 (2002.10.19), 東京. 日腎会誌, 44 (6): 653, 2002.

947. [学会 (地方)] (ポスター) 経口避妊薬による溶血性尿毒症症候群の1例. 羽村素子, 牧野武志, 岸由美子, 高谷 徹, 藤田和己, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 第32回日本腎臓学会東部学術大会 (2002.10.19), 東京. 日腎会誌, 44 (6): 657, 2002.

948. [研究会 (全国)] (一般講演) 10年間継続して経過観察し得たIgA腎症366例の長期予後. 小林 豊, 佐野 隆, 橋爪健次郎, 松尾孝俊, 中村郁子, 清水健史, 坂本尚登 (内), 比企能之 (名古屋大), 舘野純生 (あけぼの病院): 第25回IgA研究会 (2003.01.26), 東京.

949. [研究会 (全国)] (特別講演) 悪性リンパ腫におけるnm23-H1の臨床的意義. 新津 望 (内): 第17回悪性リンパ腫治療研究会 (2002.03.00), 名古屋.

950. [研究会 (全国)] (特別講演) 非ホジキンリンパ腫−変遷する分類と新しい治療戦略−高齢者非ホジキンリンパ腫の治療. 新津 望 (内): 第5回造血器腫瘍シンポジウム (2002.06.00), 東京.

951. [研究会 (地方)] (一般講演) 脾臓低形成症例における赤血球奇形率および免疫能の評価. 大坂 学, 高石雅章, 東原正明 (内): 第47回神奈川血液研究会 (2003.02.01), 神奈川.

952. [研究会 (地方)] (特別講演) 造血器悪性腫瘍における血清nm23-H1の臨床的意義. 新津 望 (内): 第15回多摩造血因子研究会 (2002.03.00), 東京.

953. [研究会 (地方)] (特別講演) 非ホジキンリンパ腫の生物学的予後因子とcDNA Microarray. 新津 望 (内): 第22回岐阜血液疾患談話会 (2002.6.00), 岐阜.

954. [研究会 (地方)] (特別講演) Hodgkin Lymphomaの治療の現状と問題点. 新津 望 (内): 第1回basic and advanced lymphoma seminar (2002.07.00), 神奈川.

955. [研究会 (地方)] (特別講演) 非ホジキンリンパ腫の生物学的予後因子−血清nm23-H1蛋白の検討を中心に−. 新津 望 (内): 九大第一内科最新医学セミナー(2002.10.00), 福岡.

956. [研究会 (地方)] (特別講演) 悪性リンパ腫の最近の知見. 新津 望 (内): 第9回北里耳鼻咽喉科研究会(2002.10.00), 神奈川.

957. [研究会 (地方)] (特別講演) びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (DLBCL) の治療の進歩. 新津 望 (内): 第2回 Basic and Advanced Lymphoma Seminar(2002.11.00), 神奈川.


<<内科学X>>

[学術論文]

958. [原著] Retrovirally introduced prostaglandin D2 Synthase Suppresses lung injury induced by bleomycin. 安藤みゆき (内), 村上洋介 (微), 小島史章(聖マリアンナ医大), 遠藤平仁 (内), 北里英郎 (微), 橋本 篤 (内), 小林弘祐 (内), 馬嶋正隆 (薬理), 井上松久 (微), 近藤啓文 (内), 川合眞一 (聖マリアンナ医大), 林 泉 (薬理): American Journal of Respiratory cell and Molecular Biology, 28 (5): 582〜591, 2003.

959. [原著] Intravascular inhomogeneous distribution of oxygen in arterioles of rat cremaster muscle. 小林弘祐 (内), 瀧澤直定 (一般教育), 谷下一夫 (慶大理工): Japanese Journal of Physioligy, 52: 579〜583, 2002.

960. [原著] Nitric oxide released from iNOS in polymorphonuclear leukocytes makes them deformable in an autocrine manner. 小林弘祐, 崔 泰林, 安藤みゆき, 畑石隆治, 今崎貴生, 三藤 久 (内), 林 泉, 冨田友幸 (内): Nitric Oxide: Biology and Chemistry, 7: 221〜227, 2002.

961. [原著] Imaging of oxygen transfer among microvessels of rat cremaster muscle. 小林弘祐 (内), 瀧澤直定 (一般教育): Ciruclation, 105: 1713〜1719, 2002.

962. [原著] Intravascular inhomogeneous oxygen distribution in microvessels: theory. 小林弘祐 (内), 瀧澤直定 (一般教育), 根岸とも子, 谷下一夫 (慶大理工): Respiratory Physiology & Neurobiology, 133: 271〜275, 2002.

963. [原著] Myeloperoxidase-associated Tyrosine Nitration after Intratracheal Administration of Lipopolysaccharide in rats. 畑石隆治, 小林弘祐, 高橋裕子 (内), 平野靖史郎 (国立環境研究所), Zapol W.H., Jones R.C. (マサチュセッツ総合病院): Anesthesiology, 97: 887〜895, 2002.

964. [原著] Expression of neurotrophins and their receptors in peripheral lung cells of mice. 樋川志織, 小林弘祐 (内), 樋川直司 (横浜市大医・生理), 日下部辰三 (国士舘大スポーツ医学), 比留間弘美 (生理), 冨田友幸 (内), 川上 倫 (生理): Histochemistry and Cell Biology, 118: 51〜58, 2002.

965. [原著] プロスタグランジンD2合成酵素CDNAの強制発現による実験的ブレオマイシン誘発肺障害モデルの抑制効果. 安藤みゆき, 井川 聡, 今崎貴生, 三藤 久, 小林弘祐, 益田典幸 (内): 臨床呼吸生理, 35 (別1): 47〜50, 2002.

966. [原著] ヒト胸横筋の体幹回旋時における電気的活動. 小林千里, 生井世雄 (内), 片桐真人 (医衛), 横場正典, 阿部 直 (内): 日本呼吸器学会雑誌, 42 (2): 138〜143, 2003.

967. [原著] 月経随伴性気胸に対するホルモン療法の適応と問題点. 谷村繁雄, 田中直彦 (内), 山本博之, 本間和夫, 河野 匡 (相模原協同病院): 気胸, 5: 13〜16, 2002.

968. [原著] Prolongetion of functional life-span of neutoophis by recombinant verotoxin 2. Liu J, He T, He Y, Zhang Z, 赤星 徹 (臨検学), 近藤啓文 (内), Zhong S. Chin Med J. 115: 900〜903, 2002.

969. [臨床治験] 慢性関節リウマチに対するFK506の臨床的検討. 原まさ子, 菅原幸子, 廣瀬俊一, 内田詔爾, 入交昭一郎, 近藤啓文 (内), 柏崎禎夫: 炎症・再生, 22: 213〜226, 2002.

970. [症例報告] Pulmonary epithelioid hemangioendthelioma−本邦の報告例を含めた臨床的検討−花田伸英, 生井世雄, 小林千里, 井川 聡, 小澤剛久, 小林弘祐, 矢那瀬信雄, 阿部 直 (内), 高田信和, 片桐真人 (医衛): 日本呼吸器学会雑誌, 41 (2): 144〜149, 2003.

971. [総説] ARDS (成人呼吸窮迫症候群). 今崎貴生, 小林弘祐 (内): JNNスペシャル No.71 実践呼吸器科, 201〜207, 2002.

972. [総説] 診療ガイドライン−わが国における現状と使い方−気管支喘息の診療ガイドライン: 本多研也, 吉村尚高 (国際親善総合病院): JIM, 13 (1): 25〜28, 2003.

973. [総説] NO吸入療法. 今崎貴生, 佐藤和己, 小林弘祐 (内): 救急医学, 26 (11): 1553〜1556, 2002.

974. [総説] 全身性強皮症. 近藤啓文, 濱名俊也: 内科, 89: 1369〜1372, 2002.

975. [総説] 関節リウマチへのアプローチ, 予後改善に結びつく最新の薬物療法の実際. 近藤啓文, 濱名俊也 (内): Medical Practice, 19: 1086〜1093, 2002.

976. [総説] LE細胞現象. 岡田 純, 近藤啓文: 臨床医, 28 (Suppl): 1145〜1146, 2002.

977. [総説] 診療ガイドラインレビュー, 関節リウマチ(ACRコアセット). 近藤啓文 (内): 日内会誌, 91: 2728〜2737, 2002.

978. [総説] 全身性強皮症患者の評価法. 桑名正隆, 佐藤伸一, 近藤啓文 (内), 竹原和彦: 日本リウマチ学会誌, 42: 654〜665, 2002.

979. [総説] 可溶性TNFαレセプター, 関節リウマチにおける有用性と問題点. 近藤啓文, 石川 章: 治療学, 36: 1249〜1252, 2002.

980. [総説] 炎症性疾患とPGE受容体サブタイプ. 遠藤平仁 (内): リウマチ科, 27: 292〜297, 2002.

981. [総説] 消化管にみられる線維症と治療. 遠藤平仁: 現代医療, 35: 117〜121, 2002.

982. [総説] 続発性骨粗鬆症-診断と治療の実際. 岡田 純 (内): Progress in Medicine, 22: 8791, 2002.08.

983. [総説] 検査の意義と検査成績の読み方・考え方. 岡田 純 (内): リウマチ科, S27: 368〜373, 2002.02.

984. [講座] 胸部運動の異常. 三藤 久, 阿部 直 (内): 呼吸器科, 2 (6): 488〜491, 2002.

985. [講座] 低/高体温時の血液ガスデータの解釈. 阿部 直 (内): 臨床医, 29 (3): 380〜381, 2003.

986. [研究報告 (厚労省)] 作業と睡眠時無呼吸に関する研究. 横場正典, 阿部 直, 益田典幸 (内): 平成14年度厚生労働省労働科学補助金 (労働安全衛生総合研究事業) 総括研究報告書, 53〜55, 2003.

987. [研究報告 (厚労省)] 膠原病合併肺高血圧症におけるプロスタサイクリン (Prostacyclin) 製剤の治療効果に関する研究. 田中住明, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 厚生科学研究費補助金免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業免疫疾患の合併症とその治療に関する平成14年報告, 29〜34, 2002.03.

988. [研究報告 (厚労省)] 厚生科学研究費 特定疾患対策研究事業研究報告 混合性結合組織病. 近藤啓文, 岡田 純 (内): 日臨免誌, 25: 215〜226, 2002.

989. [研究報告 (その他)] 日本リウマチ財団委員会報告メトトレキサートおよびサラソ・スルファピリジンの慢性関節リウマチ患者における臨床用量調査. 川合眞一, 越智隆弘, 近藤啓文 (内), 西岡久寿樹, 宮坂信之, 吉野槙一: リウマチ, 42: 76〜79, 2002.

990. [講座] 関節リウマチの早期診断. 近藤啓文, 鈴木園子 (内): Vita, 19 (4): 3538, 2002.

991. [その他] 誌説:関節リウマチの薬物療法−グローバルスタンダードとわが国の事情−. 近藤啓文 (内): 臨床リウマチ, 14: 127〜128, 2002.

[著 書]

992. [学術書] (分担執筆) 食道疾患; 膠原病と逆流性食道炎 図説消化器病シリーズ5, p.237〜241. 片岡夏也, 柿田 章 (外), 近藤啓文 (内), 編集 本郷道夫, メジカルビュー社, 東京, 2002.02発行.

993. [学術書] (分担執筆) Expert膠原病・リウマチ; 強皮症/全身性硬化症, p.272〜282. 近藤啓文 (内), 編集 住田孝之, 診断と治療社, 東京, 2002.01発行.

994. [学術書] (分担執筆) 最新皮膚科学大系9; 皮膚以外の臓器病変, p.17〜28. 近藤啓文 (内), 編集 玉置邦彦 他, 中山書店, 東京, 2002.07発行.

995. [学術書] (分担執筆) “カラーで見る 新・膠原病”; 強皮症と消化管病変, p.172〜173. 近藤啓文 (内), 編集 竹原和彦 他, 診断と治療社, 東京, 2002.10発行.

996. [学術書] (分担執筆) “カラーで見る 新・膠原病”; 膠原病に伴う肺高血圧症, p.212〜213. 近藤啓文 (内), 編集 竹原和彦 他, 診断と治療社, 東京, 2002.10発行.

997. [学術書] (分担執筆) “カラーで見る 新・膠原病”; 消化管病変の治療, p.268〜269. 近藤啓文 (内), 編集 竹原和彦 他, 診断と治療社, 東京, 2002.10発行.

998. [学術書] (分担執筆) 関節リウマチ; 関節リウマチの診断活動性の評価と薬効判定 新しい診断と治療のABC (8), p.143〜150. 近藤啓文, 内山真主美 (内), 編集 宮坂信之, 最新医学社, 大阪, 2002発行.

999. [学術書] (分担執筆) “カラーで見る 新・膠原病”診断と治療の最新ポイント−皮膚から内臓へ; 強皮症腎クリーゼ−, p.166〜167. 遠藤平仁 (内), 編集 竹原和彦, 宮地良樹, 桑名正隆, 診断と治療社, 東京, 2002.10発行.

1000. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針−2002年版; 高山病, p.634〜635. 阿部 直 (内), 医学書院, 東京, 2002発行.

1001. [学術書] (共著) CDによるナースのための聴診トレーニング−呼吸音編−. 川城丈夫, 阿部 直 (内), 菊池功次, 米丸 亮, 編集 米丸 亮, 櫻井利江, 医学書院, 東京, 2002発行.

1002. [教科書] (共著) 人体の正常構造と機能:第T巻 呼吸器. 小林弘祐 (内), 牛木辰夫 (新潟大医), 編集 坂井建雄 (順天堂大), 河原克雅 (生理), 日本医事新報社, 東京, 2002.06.01発行.

1003. [教科書] (分担執筆) 新臨床内科学8版; 全身性硬化症 (強皮症), p.1864〜1868. 近藤啓文 (内), 編集 高久文麿 他, 医学書院, 東京, 2002.07発行.

1004. [教科書] (分担執筆) 内科学 第8版; 混合性結合組織とオーバーラップ症候群, p.1245〜1248. 近藤啓文 (内), 編集 杉本恒明 他, 朝倉書店, 東京, 2003.01発行.

1005. [概説書] (分担執筆) シェーグレン症候群へのStrategy; シェーグレン症候群の鑑別 診断のポイント, p.8〜13. 近藤啓文 (内), 編集 住田孝之 他, 先端医学社, 東京, 2002.07発行.

1006. [啓蒙書] (分担執筆) 今日の処方 改訂3版; リウマチ性多発筋痛症, 若年関節リウマチ, リウマチ熱, シェーグレン症候群, フェルティ症候群, p533〜538. 近藤啓文 (内), 監修 高久文麿, 水島 裕, 南江堂, 東京, 2002.01発行.

1007. [啓蒙書] (分担執筆) 膠原病・リウマチ第3版; ケース10: 咳と腹部症状を主訴に来院した42歳女性, p.109〜121. 近藤啓文 (内), 編集 橋本博史, 日本医事新報社, 東京, 2002発行.

1008. [啓蒙書] (分担執筆) 膠原病・血管炎の腎障害Up to Date; 混合性結合組織病とはどんな膠原病か, p.32〜40. 近藤啓文, 濱名俊也 (内), 編集 長澤俊彦, 東京医学書, 東京, 2002.10発行.

1009. [啓蒙書] (分担執筆) 全身性強皮症に伴う腎病変; 別冊 医学のあゆみ 腎疾患, state of arts 2003-2005, p.340〜342. 近藤啓文, 遠藤平仁 (内), 編集 浅野 泰, 小山哲夫, 医歯芽出版, 東京, 2003.02発行.

1010. [啓蒙書] (分担執筆) アレルギーリウマチ膠原病の最新医療; 混合性結合組織病, p.309〜313. 近藤啓文, 石川 章 (内), 編集 狩野庄吾, 中川武正, 先端医療技術研究所, 東京, 2003.02発行.

1011. [啓蒙書] (分担執筆) 治療薬ガイド2003-2004; 非ステロイド抗炎症薬, p.783〜789. 近藤啓文 (内), 編集 Medical Practice編集委員会, 文光堂, 東京, 2003.03発行.

1012. [その他の著書] (分担執筆) 別冊医学のあゆみ 呼吸器疾患, state of arts 2003-2005; 横隔膜弛緩症−疾患の理解と治療の進歩−, p.734〜737. 小林千里, 阿部 直 (内), 編集 北村 論 (自治医大), 福地義之助 (順天堂大), 石井芳樹 (獨協医大), 医歯薬出版 (株), 東京, 2003.03.10発行.

[学会・研究会等]

1013. [学会 (国際)] (一般講演) The significance of CRP elevations in APS. 岡田 純, 石川 章, 近藤啓文 (内): International Antiphospholipid symposium(2002.09.29〜10.04), Taormina.

1014. [学会 (国際)] (ポスター) Enhansment of α-Defensin relearl from human neutrophils by MPO-ANCA derived from microscopic polyaugitis (MDA). 田中住明 (内), 赤星 透 (臨検学), Edberg JC, Kimbery RP, 近藤啓文 (内): American College of Rheumatology Annual Scientofic Meeting 66th (2002.10.24〜29), New Orleans.

1015. [学会 (国際)] (ポスター) Interaction between postural and respiratory activities of human triangularis sterni muscles. 小林千里, 生井世雄, 横場正典 (内), 片桐真人 (医衛), 阿部 直 (内): 12th European Respiratory Society Annual Congress (2002.09.17), Stockholm, Sweden. European Respiratory J, 20(Suppl 38): 498 S, 2002.09.

1016. [学会 (国際)] (ポスター) Myeloperoxidase associated tyrosine nitration after intratracheal administration of lippopolysaccaride in the lungs of rats. R. Hatashi, 小林弘祐, Y. Takahashi, S. Hirano, F. Ichinose, R.C. Jones, W.M. Zapol (HMS/MGH): 98th American Thoracic Society International Conference (2002.05.19), アトランタ.

1017. [学会 (全国)] (一般講演) Hepatocyte growth tactor (HGF) によるヒト気道上皮細胞のムチン合成の活動性の検討. 佐藤和己 (内), 市川尊文 (代謝蛋白), 金子直裕, 矢那瀬信雄 (内), 片桐真人, 高田信和 (医衛), 阿部 直, 小林弘祐 (内): 第42回日本呼吸器学会 (2002.04.06), 仙台. 日本呼吸器学会雑誌, 40 (増): p.172, 2002.

1018. [学会 (全国)] (ポスター) ヒト胸横筋の安静換気時と体幹回旋時の電気的活動の検討. 小林千里, 阿部 直, 生井世雄, 嶋根正樹, 横場正典 (内), 高田信和, 片桐真人 (医衛), 小林弘祐, 矢那瀬信雄 (内): 第42回日本呼吸器学会総会 (2002.04.06), 仙台. 日本呼吸器学会雑誌, 40 (増): p.250, 2002.

1019. [学会 (全国)] (ポスター) ヒト傍胸骨肋間筋の電気的活動に対する体位変換の影響. 生井世雄, 阿部 直, 小林千里, 矢内原智子, 横場正典 (内), 高田信和, 片桐真人 (医衛), 小林弘祐, 矢那瀬信雄 (内): 第42回日本呼吸器学会総会 (2002.04.06), 仙台. 日本呼吸器学会雑誌, 40 (増): p.250, 2002.

1020. [学会 (全国)] (ポスター) Lewis lung tumor cellの変形能における一酸化窒素の役割と肺転移能への影響についての検討. 井川 聡 (内): 日本呼吸器学会総会(2003.03.14), 福岡.

1021. [学会 (全国)] (ポスター) 実験的ブレオマイシン誘発肺傷害モデルにおけるPGD2合成酵素cDNAの強制発現および15-deoxy-Δ12,14-prostagrand: rJ2投与による抑制効果. 安藤みゆき, 小林弘祐, 安部 直, 矢那瀬信雄 (内), 片桐真人, 高田信和 (医衛), 三藤 久, 今崎貴生, 生井世雄, 小林千里, 益田典幸 (内): 日本呼吸器学会総会(2003.03.13〜15), 福岡.

1022. [学会 (全国)] (シンポジウム) NOの現状と今後の課題−在宅用NO吸入装置の試作−. 広瀬 稔, 渡辺 敏 (医衛), 小林弘祐 (内): 日本医療ガス学会 (2002.08.31), 札幌. 抄録集, 2002.

1023. [学会 (全国)] (シンポジウム) NOは善玉か悪玉か? −NOアイソフォームから見た光と影−誘導型一酸化窒素合成酵素の抗炎症効果. 小林弘祐 (内): 第2回日本NO学会 (2002.05.25), 東京.

1024. [学会 (全国)] (シンポジウム) 月経随伴性気胸に対するホルモン療法の適応と問題点. 谷村繁雄, 田中直彦 (内), 山本博之, 本間和夫, 河野 匡 (相模原協同病院): 第6回日本気胸学会総会 (2002.09.06), 東京.

1025. [学会 (全国)] (一般講演) 長期の発熱経過で, 血液培養にて多数の菌が繰り返し検出されたmunchausen症候群と考えられる1例. 石川 章, 橋本 篤, 内山真主美, 濱名俊也, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第76回日本感染症学会 (2002.04.11〜12), 東京.

1026. [学会 (全国)] (一般講演) ARSにおける各種抗リン脂質抗体とその臨床的意義. 岡田 純, 内山真主美, 濱名俊也, 石川 章, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.22), 神戸.

1027. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性関節リウマチ関節炎病変におけるロイコトリエン受容体サブタイプBLT2の発現とその意義. 遠藤平仁, 橋本 篤, ラナ美代子 (内), 河野 静, 西村明人 (整外), 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.22), 神戸.

1028. [学会 (全国)] (一般講演) 早期RAの診断基準とその意義. 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会(2002.04.22), 神戸.

1029. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性大動脈周囲炎を伴った特発性後腹膜線維症の解析. 鈴木園子, 遠藤平仁, 吉田 秀, 内山真主美, 高橋道雄, 石川 章, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.22), 神戸.

1030. [学会 (全国)] (一般講演) 好中球上のANCAにより誘発される好中球脱顆粒の量的関係についての検討. 田中住明, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会(2002.04.22), 神戸.

1031. [学会 (全国)] (一般講演) 尿管腫瘍の併発にシクロフォスファミドの関与が疑われたSLEの1例. 河野 静, 渡部洋行 (内), 吉井昭夫: 第46回日本リウマチ学会総会(2002.04.22), 神戸.

1032. [学会 (全国)] (一般講演) ラットアジュバント関節炎滑膜病変のトロンボキサンA2プロスタグランジンI2受容体の解析. 橋本 篤, 遠藤平仁, 栗原夕子 (内), 北里英郎 (微), 浅野ゆう, 川合眞一, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.23), 神戸.

1033. [学会 (全国)] (一般講演) 成人Still病の臨床像の検討. 石川 章, 坂井美保, 鈴木園子, 内山真主美, 濱名俊也, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.23), 神戸.

1034. [学会 (全国)] (一般講演) MXTによるCD36発現誘導と炎症制御機序の解析. 渡部洋行, 渡邊 恵, 松井俊通, 近藤啓文 (内), 赤星 透 (臨検学): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.23), 神戸.

1035. [学会 (全国)] (一般講演) 抗セントロメア抗体陽性シェーグレン症候群 (SjS) の臨床的検討. 濱名俊也, 鈴木園子, 吉田 秀, 内山真主美, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.23), 神戸.

1036. [学会 (全国)] (一般講演) TTP/HUSを合併した全身性エリテマトーデス, 強皮症の臨床的解析. 吉田 秀, 遠藤平仁, 鈴木園子, 赤星 透 (臨検学), 菅田文彦, 鈴木康夫, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会(2002.04.24), 神戸.

1037. [学会 (全国)] (一般講演) 多発性筋炎 (PM)/皮膚筋炎 (DM) における抗SRP抗体の多様性と臨床的特徴. 佐藤隆司, 松井俊通 (内), 岡野哲郎 (医衛), 小笠原 孝, 赤星 透 (臨検学), 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.24), 神戸.

1038. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性関節リウマチ滑膜病変におけるロイコトリエン受容体サブタイプの解析. 橋本 篤, 遠藤平仁, 河野 静, 林 泉 (薬理), 村上洋介, 北里英郎 (微), 西村明人 (整外), 糸満盛憲 (整外), 近藤啓文 (内): 第23回日本炎症・再生医学会 (2002.07.02〜03), 東京.

1039. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症・アレルギー病変におけるロイコトリエンB4受容体サブタイプの発根に関する検体. 遠藤平仁, 橋本 篤, 近藤啓文 (内): 第52回日本アレルギー学会総会 (2002.11.28〜30), 横浜.

1040. [学会 (全国)] (一般講演) 膠原病肺高血圧症における血漿BNP値, ANP値の有用性に関する研究. 石川 亨, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第30回日本臨床免疫学会(2002.12.03〜04), 東京.

1041. [学会 (全国)] (一般講演) 興味ある経過のSAPHO症候群の3例. 橋本 篤, 吉田 秀, 鈴木園子, 内山真主美, 渡部洋行, 田中住明, 石川 亨, 遠藤平仁 (内), 赤星 透 (臨検学), 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第17回日本臨床リウマチ学会総会 (2002.11.15〜16), 西宮市.

1042. [学会 (全国)] (一般講演) 早期RAの臨床像と診断のコツ. 近藤啓文 (内): 第17回日本臨床リウマチ学会総会 (2002.11.15〜16), 西宮市.

1043. [学会 (全国)] (一般講演) MTX投与慢性関節リウマチ患者に発症した悪性リンパ腫の2例. 橋本 篤, 遠藤平仁, 吉田 秀, 鈴木園子, 河野 静, 渡部洋行, 内山真主美, 田中住明, 石川 章, 近藤啓文 (内): 第30回日本臨床免疫学会総会 (2002.12.03〜04), 東京.

1044. [学会 (全国)] (一般講演) 脳MRIと血清CRP値との関連. 岡田 純, 矢那瀬信雄 (内): 日本人間ドック学会(2002.08.28), 長野.

1045. [学会 (全国)] (ワークショップ) 心筋障害を合併した強皮症の臨床的並びに病理学的解析. 内山真主美, 遠藤平仁, 鈴木園子, 吉田 秀 (内), 赤星 透 (臨検学), 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.23), 神戸.

1046. [学会 (全国)] (ワークショップ) 強皮症におけるHAQ (Health Assessment Questionnaire) の有効性の検討. 桑名正隆, 佐藤伸一, 藤咲 淳, 菊地かな子, 三崎義堅, 川口慎司, 籏持 淳, 近藤啓文 (内), 竹原和彦: 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.23), 神戸.

1047. [学会 (全国)] (ワークショップ) RAにおけるT細胞浸潤に関与するケモカインの検討. 松井俊通 (内), 赤星 透 (臨検学), 中山保典, 東 由明, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.24), 神戸.

1048. [学会 (全国)] (ワークショップ) RA患者及びマウスコラーゲン関節炎 (CIA) 滑膜組織への機状細胞浸潤におけるMIP-3α, CCR6の関与. 中山保典, 松井俊通, 佐藤裕明, 荻野恭浩, 山下ちづる, 東 由明, 宇野 洋, 上村 孝, 近藤啓文 (内), 赤星 透 (臨検学): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.24), 神戸.

1049. [学会 (全国)] (ワークショップ) 強皮症腎の多様性の解析. 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.24), 神戸.

1050. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗U1RNP抗体陽性例のプロジェクト多施設共同研究. 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.24), 神戸.

1051. [学会 (全国)] (教育講演) 混合性結合組織病に関する研究班; 混合性結合組織病の病態, 治療と抗U1RNP抗体に関する研究. 近藤啓文, 岡田 純 (内): 第30回日本臨床免疫学会 (2002.12.03〜04), 東京.

1052. [学会 (地方)] (一般講演) Gastric antral vasjcular ectasiaにより重症貧血を呈した強皮症の2例. 石黒康浩, 石川 章, 坂井美保, 河野 静, 鈴木園子, 内山真主美, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第499回日本内科学会関東地方会 (2002.05.11), 東京.

1053. [学会 (地方)] (一般講演) 静注ciprofloxacin(CPFX) が無効であった腸チフスの1例. 鈴木園子, 坂井美保, 河野 静, 吉田 秀, 橋本 篤, 内山真主美, 渡部洋行, 田中住明, 石川 亨, 遠藤平仁, 赤星 透 (臨検学), 岡田 純, 近藤啓文 (内), 砂川慶介 (感染症), 鈴木俊郎, 進藤 敦, 鈴木研欽: 第52回神奈川県感染症医学会(2002.09.28), 川崎.

1054. [学会 (地方)] (一般講演) ループス腎炎, 溶血性貧血に溶血性尿毒症症候群を合併した全身性エリテマトーデスの一例. 坂井美保, 田中住明, 河野 静, 鈴木園子, 吉田 秀, 石川 章, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第13回日本リウマチ学会・関東支部学術集会 (2002.12.14), 東京.

1055. [学会 (地方)] (一般講演) 化学療法で手術可能となった肺癌の1例. 谷村繁雄, 堤 浩二, 大蔵幹彦 (相模原協同病院), 田中直彦 (内), 山本博之, 本間和夫, 相田芳夫 (相模原協同病院): 第128回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2002.09.14), 東京.

1056. [学会 (地方)] (一般講演) 両側肺門リンパ節腫脹と気管支に多発性隆起性病変を呈した炎症性疾患の1例. 田中直彦 (内), 山本博之, 本間和夫, 谷村繁雄 (相模原協同病院). 第101回日本気管支学会関東地方会 (2002.06.29), 東京. 気管支学, 24 (5): 419, 2002.

1057. [研究会 (全国)] (一般講演) ウィルス抗体の陽性率と予防接種の安全な実施について. 篠原美也子, 藤田恵子 (看護部), 岡田 純 (内): 全国大学保険管理研究会 (2002.10.16〜17), 東京.

1058. [研究会 (全国)] (一般講演) プロスタグランジンD2合成酵素CDNAの強制発現による実験的ブレオマイシン誘発肺障害モデルの抑制効果. 安藤みゆき, 井川 聡, 今崎貴生, 三藤 久, 小林弘祐, 益田典幸 (内): 臨床呼吸生理研究会 (2002.11.23), 東京. 臨床呼吸生理, 35 (別1): 47〜50, 2002.

1059. [研究会 (地方)] (一般講演) 膠原病患者における重症内臓真菌感染症に関する検討. 遠藤平仁, 内山真主美, 近藤啓文 (内): 第23回関東医真菌懇談会 (2002.06.01), 東京.

1060. [研究会 (地方)] (教育講演) COX-U選択的阻害薬の臨床的意義. 近藤啓文 (内): 第2回千葉リウマチ医の会 (2002.05.25), 千葉市.

1061. [研究会 (地方)] (一般講演) 脳幹脳炎を合併した再発性多発軟骨炎の1例. 河野 静, 内山真主美, 吉田 秀, 鈴木園子, 橋本 篤, 松井俊通, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第43回関東リウマチ研究会 (2002.06.22), 東京.

1062. [研究会 (地方)] (一般講演) 気胸など重篤な肺病変を呈したヴェケナー肉芽腫症の1例. 鈴木園子, 石川 章, 橋本 篤, 吉田 秀, 河野 静, 内山真主美, 渡部洋行, 田中住明, 遠藤平仁, 赤星 透 (臨検学), 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第46回神奈川県リウマチ医会 (2002.08.03), 横浜.

1063. [研究会 (地方)] (特別講演) 膠原病・リウマチの治療戦略. 近藤啓文 (内): 第8回オホーツクリウマチ研究会 (2002.09.13), 北見市.

1064. [研究会 (地方)] (特別講演) 混合性結合組織病(MCTD) の病態と治療. 近藤啓文 (内): 第26回東海プロスタグランディン研究会 (2002.10.05), 名古屋.

1065. [研究会 (地方)] (特別講演) 関節リウマチに対するステロイド両方の是非. 近藤啓文 (内): 第3回神奈川ステロイドカンファレンス (2002.10.15), 横浜.

1066. [研究会 (地方)] (教育講演) 膠原病治療のコツ−膠原病を疑う症状とチェックポイント−. 近藤啓文 (内): Four Season’s Conference (2002.11.13), 相模原.

1067. [研究会 (地方)] (一般講演) クリプトコッカス肺炎を呈したSLEの1例. 渡部洋行, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 県央・県西地区感染症フォーラム (2002.11.15), 本厚木.

1068. [研究会 (地方)] (特別講演) 早期RAの診断と治療. 近藤啓文 (内): 第33回信州リウマチ膠原病懇談会(2002.11.23), 長野.

1069. [研究会 (地方)] (一般講演) SAPHO症候群を合併したSLEの1例. 橋本 篤, 吉田 秀, 鈴木園子, 内山真主美, 渡部洋行, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第47回神奈川リウマチ医会 (2002.11.30), 横浜.

1070. [研究会 (地方)] (一般講演) 海外から帰国後の発熱とデング熱. 鈴木園子, 田中住明, 河野 静, 吉田 秀, 石川 章, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 平成14年度神奈川県内科集談会 (2002.12.07), 横浜.

1071. [研究会 (地方)] (一般講演) 実験的ブレオマイシン誘発肺傷害モデルにおけるPGD2合成酵素cDNAの強制発現および15-deoxy-Δ12,14-PGJ2投与による抑制効果. 安藤みゆき (内): 第10回北里胸部疾患研究会 (2003.02.22), 相模原.

1072. [研究会 (地方)] (一般講演) Diffevential Activation of Inspiratory Muscles Acting on The Upper Ribcage in Humans (ヒト上位胸部における吸息筋の差動的筋活動). 生井世雄 (内): 第10回北里胸部疾患研究会 (2003.02.22), 相模原.

1073. [研究会 (地方)] (一般講演) Lewis lung tumor cellの変形能における一酸化窒素の役割と肺転移能への影響についての検討. 井川 聡 (内): 第10回北里胸部疾患研究会 (2003.02.22), 相模原.

1074. [その他] (公開講座) 全身性エリテマトーデス (SLE)とは. 近藤啓文(内): 第48回難病研研修会 (2002.06.12), 川崎.

1075. [その他] (公開講座) リウマチ性疾患とステロイド. 近藤啓文 (内): 第28回リウマチ中央教育研修会(2002.07.27〜28), 東京.


<<外科学>>

[学術論文]

1076. [原著] Clinical evaluation of pN-stage (TNM) in gastric cancer: an analysis of distribution of regional nodes in node-positive patients. 菊池史郎, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): Anticancer Res., 22: 1141〜1144, 2002.

1077. [原著] Immunohistochemical study on collagen synthesis in an in-vitro model of scirrhous carcinoma of the stomach. 栗田 淳, 菊池史郎, 柿田 章 (外): Hepatogastroenterology, 49: 1235〜1238, 2002.

1078. [原著] First drainage lymph node (s) in gastric cancer: analysis based on topographical pattern of lymph node metastasis in patients with pN-1 stage tumors. 菊池史郎, 栗田 淳, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): Anticancer Res., 23: 601〜604, 2003,

1079. [原著] Evaluation of the morphology of submucosal invasion and its volume in early gastric cancer. 松崎博行, 菊池史郎, 柿田 章 (外): In Vivo, 17: 41〜44, 2003.

1080. [原著] ラット胃酸逆流性食道炎慢性期モデルの検討. 渋谷慈郎, 片田夏也, 柿田 章 (外), 山科正平 (解): 実験潰瘍, 29 (1): 64〜67, 2002.

1081. [原著] Which patients with advanced, proximal gastric cancer benefit from complete clearance of spleno-pancreatic lymph nodes? 菊池史郎, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): Anticancer Research, 22: 3513〜3518, 2002.

1082. [原著] 腹腔鏡補助下大腸亜全摘. 回腸嚢肛門管吻合術のコツ. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 国場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 臨床外科, 58 (4): 513〜518, 2003.

1083. [原著] 大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討; 充実型, 非充実型低分化腺癌の分類法の予後因子としての重要性. 中村隆俊, 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理), 金澤秀紀, 根本一彦, 国場幸均 (外), 佐田美和 (内), 井原 厚, 柿田 章 (外): 日本大腸肛門病学会誌, 55 (1): 16〜21, 2002.

1084. [原著] 大腸癌肺転移切除 非切除例の臨床病理学的検討; 原発巣における簇出の肺転移切除予測因子としての重要性. 中村隆俊 (外), 三富弘之 (病理), 品田 純, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 日本大腸肛門学会誌, 55 (6): 287〜292, 2002.

1085. [原著] Cytotoxic T Lymphocyte mediated recognition of human pancreatic cells. Peiper, M., 佐藤武郎 (外), Streichert, T., Eisenberger, C.F., Knoefel, W.T., Izbicki, J.R.: International Journal of Cancer. 99 (1): 88〜92, 2002.

1086. [原著] 膵空腸密着吻合術の手技とコツ. 吉田宗紀, 柿田 章 (外): 手術, 56 (8): 1065〜1069, 2002.

1087. [原著] Protective Effects of Urinary Trypsin Inhibitor (UTI) on Hepatic Microvasculature in Hypotensive Brain-Dead Rats. 板橋浩一, 伊藤義也, 高橋 毅, 石井健一郎, 佐藤光史, 柿田 章 (外): Eur Surg Res, 34: 330〜338, 2002.

1088. [原著] Ex-vivo exposure to carbon monoxide prevents hepatic ischemia/reperfusion injury through p38 mitogen-activated protein kinase pathway. Amersi, F., Shen, X., Anselmo, D., Melinek, J., Iyer, S., Southard, D.J., 鹿取正道 (外), Volk, H.D., Busuttil, R.W., Buelow, R., Kupiec-Weglinski, J.W. (The Dumont UCLA Transplant Center, School of Medicine, UCLA): Hepatology 35 (4): 815〜823, 2002.

1089. [原著] FTY720 pretreatment reduces warm hepatic ischemia reperfusion injury through inhibition of T-lymphocyte infiltration. Anselmo, D.M., Amersi, F.F., Shen, X.D., Gao, F., 鹿取正道 (外), Lassman, C., Ke, B., Coito, A.J., Ma, J., Brinkmann, V., Busuttil, R.W., Kupiec-Weglinski, J.W., Farmer, D.G. (The Dumont UCLA Transplant Center, School of Medicine, UCLA): Am J Transplant, 2 (9): 843〜9, 2002.

1090. [原著] Gene transfer-induced local heme oxygenase-1 overexpression protects rat kidney transplants from ischemia/reperfusion injury. 鹿取正道 (外), Blydt-Hansen, T.D., Lassman, C., Ke, B., Coito, A.J., Iyer, S., Buelow, R., Ettenger, R., Busuttil , R.W., Kupiec-Weglinski, J.W. (The Dumont UCLA Transplant Center, School of Medicine, UCLA): J Am Soc Nephrol, 2003 Mar; 14 (3): 745〜754, 2003.

1091. [原著] Effects of cortisol administration on hepatic circulation during brain death in rabbits. 小川憲章, 伊藤義也, 高橋 毅, 大沼田 治, 佐藤光史, 柿田 章 (外): Surgery 131 (4): 450〜462, 2002.

1092. [原著] Effect of FR167653, A novel Inhibitor of Tumor Necrosis Factor-α and Interleukin-1β Synthesis on Lipopolysaccharide-Induced Hepatic Microvascular Dysfunction in Mice. Yutaka Matsumoto, 伊藤義也 (外), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理), Ken-Ichiro Ishii, Hiroyuki Katagiri, 柿田 章 (外): Shock, 17 (5): 411〜415, 2002.

1093. [原著] Neutrophil elastase inhibitor attenuates lipopolysaccharide-induced hepatic microvascular dysfunction in mice. Ken-Ichiro Ishii, 伊藤義也, Hiroyuki Katagiri, Yutaka Matsumoto, 柿田 章 (外), 馬嶋正隆 (薬理): Shock, 18 (2): 163〜168, 2002.

1094. [原著] 乳癌骨転移マーカーとしての血清ICTPの有効性. 仙石紀彦, 蔵並 勝, 越田佳朋, 原 英, 榎本拓茂, 石田和夫, 柿田 章 (外): Therapiv Research, 23: 1847〜1850, 2002.

1095. [原著] アメリカにおける乳癌治療の現状. 蔵並 勝 (外): 日本癌病態治療研究会誌, 8: 39〜41, 2002.

1096. [原著] 肝右葉切除術. 高橋 毅, 柿田 章 (外): 消化器外科, 25 (7): 1060〜1067, 2002.

1097. [原著] Experimental study on hepatic reinnervation after orthotopic liver transplantation in rats. 坂本いづみ, 高橋 毅, 柿田 章 (外), 林 泉, 馬嶋正隆 (薬理), 山科正平 (解): Journal of Hepatology, 37 (6): 814〜823, 2002.

1098. [原著] 腹部救急疾患における急性血液浄化法の終了・離脱条件について. 上野琢哉, 杉野三千男, 細野紫麻子, 中村考伸, 内藤 修, 根本 晋, 柿田 章 (外): 日本腹部救急医学会, 23: 27〜36, 2003.

1099. [準原著] 胃瘻造設術−適応と管理. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太 (外科): 外科, 64 (4): 383〜388, 2002.

1100. [準原著] 胃瘻 (PEG) のケア. 嶋尾 仁 (外科), 松原康美 (看護): 臨床透析, 18 (12): 71〜77, 2002.

1101. [準原著] 内視鏡的胃瘻造設術の偶発症と対策. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太 (外科): 臨床消化器内科, 17(8): 1225〜1233, 2002.

1102. [準原著] 食道アカラシアの拡張型分類からみた病態の検討. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 根本祐太, 菊池史郎, 柿田 章 (外), 田辺 聡 (内): 消化器科, 34 (6): 490〜496, 2002.

1103. [準原著] Hypertensive lower esophageal sphincterの臨床的意義の検討. 片田夏也, 渋谷慈郎, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 根本祐太, 菊池史郎, 柿田 章 (外), 田辺 聡 (内), Hinder, R.A.: クリニカ, 29: 16〜20, 2002.

1104. [準原著] Fibrosing cholestatic hepatitis in a liver transplant recipient with hepatitis C virus infection. 古田一徳, 高橋 毅, 阿曽和哲, 星野弘樹, 佐藤光史, 柿田 章 (外): Transplant, 35: 389〜391, 2003.

1105. [準原著] Protective Effect of Urinary Trypsin Inhibitor on Hepatic Microvascular Injury in Hypotensive Brain-Dead Rats. 板橋浩一, 高橋 毅, 伊藤義也, 石井健一郎, 佐藤光史, 柿田 章 (外): Transplant Proc, in press, 2002.

1106. [準原著] Urinary Trypsin Inhibitor Exerts Protective Effects on the Hepatic Microvasculature in Hypotensive Brain-dead Rats. 高橋 毅, 板橋浩一, 伊藤義也, 上野琢哉, 柿田 章 (外): Proceedings of 37th Congress of the European Society for Surgical Research, pp.257〜260, 2002. Monduzzi Editore, Bologna/Itary (proccedings).

1107. [準原著] ウォータージェットの医療応用の歴史的経緯と現況. 吉田宗紀, 柿田 章 (外): 日本ウォータージェット学会創立20周年記念CD-ROM, 2002.

1108. [準原著] 当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) の現状と今後の問題点. 宮内邦浩, 上野聡一郎, 平野 進, 仙石紀彦, 熊坂英雄, 平井俊男, 小八木紳一, 似鳥純一, 中村秀夫 (外): 埼玉県医学会雑誌, 37 (4): 429〜431, 2002.

1109. [準原著] 電子カルテとMST 食道癌. 小林伸行, 嶋尾 仁 (外): 消化器内視鏡, 14 (10): 1583〜1588, 2002.

1110. [速報] ラット同所性肝移植後の肝神経再生. 高橋 毅, 坂本いづみ, 林 泉 (薬理), 山科正平 (解), 柿田 章(外): 外科治療, 87 (2): 212〜213, 2002.

1111. [症例報告] 回盲部腫瘍を先進部とする成人発症腸重積症の2例. 黒山信一, 野沢直史, 加藤康行, 柿田 章 (外): 北里医学, 32: 203〜206, 2002.

1112. [症例報告] 腹腔鏡補助下に手術した食道癌小腸転移によるイレウスの1例. 中村隆俊, 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理), 金澤秀紀, 根本一彦, 国場幸均 (外), 田辺 聡 (内), 井原 厚, 柿田 章 (外): Gastroenterological Endscopy, 44 (4): 755〜760, 2002.

1113. [症例報告] 膵頭十二指腸切除術後に出血をきたした挙上空腸静脈瘤の1例. 板橋浩一, 高橋 毅, 島田 謙, 星野弘樹, 高橋禎人, 古田一徳, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 静脈学, 14: 37〜41, 2003.

1114. [症例報告] 異時性に発生した原発不明両側鼠径リンパ節転移癌の1例. 木村 徹, 金澤秀紀, 西山保比古, 金田悟良, 秋山憲義, 高橋俊毅 (外), 三富弘之 (病理): 日本臨床外科学会誌, 63: 2815〜2817, 2002.

1115. [症例報告] 憩室炎に起因したS状結腸子宮瘻の一例. 古川祐介, 中山伸一 (外), 河田光弘, 佐藤直夫, 今西宏明, 上妻達也 (東大): 日本消化器外科学会雑誌, 35 (2): 209〜213, 2002.

1116. [症例報告] 胃原発小細胞癌の1例. 渡辺佳代子 (医療系研究科), 大野英治, 服部 学, 横山 大 (医衛), 渡辺 純 (病理), 小林伸行 (外), 蔵本博行 (医衛): 日本臨床細胞学会雑誌, 42 (1): 39〜44, 2002.

1117. [症例報告] 新生児Hirshsprung病に伴う多発性結腸穿孔の1女児例. 川島憲子, 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 池田 篤, 柿田 章 (外), 石川文子, 佐藤雅彦, 野渡正彦 (児): 日本小児外科会誌, 38 (6): 833〜837, 2002.

1118. [症例・臨床治験報告] 肺癌の小腸転移によると思われた高齢者腸重積症の1例. 松澤克典, 笹本伸幸, 松澤信五, 関根智久, 板橋浩一, 柿田 章 (外): 消化器外科, 25: 519〜523, 2002.

1119. [症例報告] CHDF, PMXを併用したDIC併発の大腸穿孔性汎発性腹膜炎の2例. 上野琢哉, 杉野三千男, 細野紫麻子, 中村考伸, 内藤 修, 根本 晋, 柿田 章 (外): 北里医学, 32 (3): 221〜226, 2002.

1120. [総説] 癌性狭窄. 嶋尾 仁 (外): 消化器内視鏡, 14(9): 1269, 2002.

1121. [総説] 瘢痕性狭窄. 嶋尾 仁 (外): 消化器内視鏡, 14 (9): 1272, 2002.

1122. [総説] レーザー凝固法: YAG, Diode. 嶋尾 仁 (外): 消化器内視鏡, 14 (9), 1311, 2002.

1123. [総説] 特集電子カルテとMST 「食道癌」. 小林伸行, 嶋尾 仁 (外): 消化器内視鏡, 14 (10): 1583〜1588, 2002.

1124. [総説] 悪性食道狭窄のステント療法, 特集「消化器疾患の内視鏡治療−最新の進歩」. 嶋尾 仁 (外): 日本内科学会雑誌, 92 (1): 92〜98, 2003.

1125. [総説] PEG時の術中出血, 特集; 止血法のfirst choice, second choice. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太 (外): 消化器内視鏡, 15 (2): 254〜255, 2003.

1126. [総説] 食道・胃・十二指腸ブジー時の術中出血, 特集; 止血法のfirst choice, second choice. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太 (外): 消化器内視鏡, 15 (2): 258〜259, 2003.

1127. [総説] 腹腔鏡下胆嚢摘出術に伴う合併症. 吉田宗紀, 柿田 章 (外): 肝胆膵, 45 (2): 173〜180, 2002.

1128. [総説] A novel strategy against ischemia and reperfusion injury: cytoprotection with heme oxygenase system. 鹿取正道 (外), Anselmo, D., Busuttil, R., Kupiec-Weglinski, J. (The Dumont UCLA Transplant Center, School of Medicine, UCLA): Transplant Immunology, 9 (2〜4): 227〜33, 2002.

1129. [総説] Heme Oxygenase-1 System in Organ Transplantation. 鹿取正道 (外), Busuttil, R.W., Kupiec-Weglinski, J.W. (The Dumont UCLA Transplant Center, School of Medicine, UCLA): Transplantation, 74 (7): 905〜912, 2002.

1130. [講座] 膵癌外科治療の現況と限界. 吉田宗紀 (外): 北海道医師会認定生涯教育講座 第4回クリニカルカンファレンス (2003.11.9), 旭川.

1131. [Proceedings] Fibrosing cholestatic hepatitis developing after liver transplantation: Case report of a patient with HCV-related cirrhosis. 高橋 毅, 芦澤 敏, 松本春美, 古田一徳, 大村孝志, 佐藤光史, 柿田 章 (外): Transplantation Proceedings, 35 (1): 392〜393, 2003.

1132. [Proceedings] Regeneration of Schwann cells during extrinsic hepatic reinnervation following liver transplantation in rats. 坂本いづみ, 高橋 毅, 上野琢哉, 柿田 章 (外), 林 泉 (薬理), 山科正平 (解): Transplantation Proceedings, 35: 573〜574, 2003.

[著 書]

1133. [学術書] (分担執筆) ステント挿入術, 消化器内視鏡臨床手技シリーズ; 食道・胃の治療内視鏡, p.162〜167. 嶋尾 仁 (外), 編集 山中恒夫, 片山 修, メディカルビュー社, 2002.09.10発行.

1134. [学術書] (分担執筆) 緩和内視鏡治療; 癌性狭窄に対するPEG, p.128〜136. 嶋尾 仁 (外), 編集 鈴木博昭, 鈴木 裕, 医学書院, 2002.10.15発行.

1135. [学術書] (分担執筆) 今日の消化器疾患治療指針−第2版; 良性食道狭窄・術後食道狭窄, p.313〜315. 嶋尾 仁 (外), 編集 多賀須幸男, 三田村圭三, 幕内雅敏, 医学書院, 2002.10.15発行.

1136. [学術書] (分担執筆) 今日の消化器疾患治療指針−第2版; 食道拡張術・ステント挿入法, p.290〜292. 嶋尾 仁 (外). 編集 多賀須幸男, 三田村圭三, 幕内雅敏, 医学書院, 2002.10.15発行.

1137. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡ガイドライン−第2版; 経皮内視鏡的胃瘻造設術ガイドライン, p.295〜309. 上野文昭 (大船中央病院内科), 鈴木 裕 (東京慈恵医科大外科), 嶋尾 仁 (外), 編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 監修 日本消化器内視鏡学会, 医学書院, 東京, 2002.12.1発行.

1138. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡ガイドライン−第2版; 消化管のブジー拡張・ステント挿入ガイドライン, p.225〜243. 嶋尾 仁 (外), 増田勝紀 (聖路加国際病院), 森瀬昌樹 (外), 編集 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 監修 日本消化器内視鏡学会, 医学書院, 東京, 2002.12.1発行.

1139. [学術書] (編集) 胃瘻造設患者のケア・マニュアル−改訂版; 編集 嶋尾 仁 (外), 医学芸術社 診断と治療社, 東京, 2002.12.10発行.

1140. [教科書] (共著; 13名) 腹腔鏡下大腸手術アプローチ&スタンダードテクニック; 後腹膜アプローチ, 国場幸均 (外), 山田英夫 (国立佐倉病院外科), 宗像康博 (長野市民病院外科), 他, 編集 腹腔鏡下大腸切除研究会, 監修 小西文雄 (自治医科大, 大宮医療センター), 医学書院, 東京, 2002.04.01発行.

1141. [学術書] (分担執筆) 専門医をめざすための経験すべき肝・胆・膵・脾手術; 膵空腸吻合術. 吉田宗紀, 柿田 章 (外), 編集 兼松隆之 (長崎大第2外科), メディカルビュー社, 東京, 2001.07.30発行.

1142. [学術書] (分担執筆) Pancreaticobiliary Maljuncion; The long-term Prognosis of Pancreaticobiliary Maljunction: Postoperative Carcinogenesis and the Extrahepatic Bile Duct Preserving Operation in Patients without Dilated Choledochus. 柿田 章, 吉田宗紀, 板橋浩一 (外), 編集 小柳泰久, 青木達哉 (東大外科), 医学図書, 東京, 2002.11.13発行.

1143. [学術書] (分担執筆) 乳腺・甲状腺外科 Practical Discussion (11); <副甲状腺機能亢進症>2. 当科における副甲状腺機能亢進症の治療成績, p.54〜58. 榎本拓茂, 蔵並 勝, 石田和夫, 柿田 章 (外), インターメルク, 東京, 2002.5.10発行.

1144. [学術書] (分担執筆) 乳腺・甲状腺外科 Practical Discussion (12); <甲状腺手術と反回神経>1. アンケート報告, p.62〜63, 108〜109. 榎本拓茂 (外), インターメルク, 東京, 2003.03.08発行.

1145. [学術書] (分担執筆) 乳腺・甲状腺外科 Practical Discussion (12); <甲状腺手術と反回神経>2. 甲状腺手術における反回神経麻痺例の検討, p.64〜68. 榎本拓茂, 梶田咲美乃, 石田和夫, 柿田 章 (外), インターメルク, 東京, 2003.03.08発行.

1146. [学術書] (分担執筆) 腎と透析2002 Vol 53増刊号 腎疾患治療マニュアル2002〜2003; 腎不全におけるくすりの使い方 抗癌剤. 井原 厚 (外), 編集 小山哲夫, 北岡建樹, 飯野靖彦, 五十嵐隆, 監修 二瓶 宏, 東京医学社, 2002発行.

1147. [学術書] (分担執筆) 乳腺・甲状腺外科 Practical Discussion (12); 乳房温存療法に対する術後放射線照射の局所再発予防効果, p.27〜32. 越田佳朋, 蔵並 勝, 原 英, 榎本拓茂, 石田和夫, 柿田 章 (外), インターメルク, 東京, 2002.6.20発行.

1148. [学術書] (翻訳) 血栓予防の実際. 高橋 毅, 荒井義孝 (外), 監修 柿田 章, テルモピーエスエス (株), 東京, 2002.12発行.

1149. [学術書] (分担執筆) 今日の消化器疾患治療指針−第2版; 肝嚢胞, p.708〜710. 高橋 毅, 柿田 章 (外), 編集 多賀須幸男, 三田村圭二, 幕内雅敏, 医学書院, 東京, 2002.10.15発行.

1150. [学術書] (分担執筆) 今日の消化器疾患治療指針−第2版; 嚢胞腺癌・腺癌, p.710〜711. 高橋 毅, 柿田 章 (外), 編集 多賀須幸男, 三田村圭二, 幕内雅敏, 医学書院, 東京, 2002.10.15発行.

[学会・研究会等]

1151. [学会 (国際)] (一般講演) Supercooling preservation under high of rat livers. 上野琢哉, 大村孝志, 松本春美, 高橋禎人, 高橋 毅, 柿田 章 (外): The 5th European Congress of the International Hepatopancreatobiliary Association (IHPBA)(2003.04.28〜31), Istanbul, Turkey.

1152. [学会 (国際)] (シンポジウム) PEG in digestive surgery. Video Symposium "Minimally Invasive Surgery and Others. 嶋尾 仁, 比企能樹, 森瀬昌樹, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 柿田 章(外): 18th World Congress of International Society for Digestive Surgery (2002.12.10), Hong Kong. Asian Journal of Suegery s20., 26 (Suppl 1 ), 2003.

1153. [学会 (国際)] (シンポジウム) Esophageal Stenting for Malignant Stenosis in the Stand point of Quality of Life. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太 (外): The 2nd Korea-Japan Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy (2003.03.29), Seoul Korea. The Program and Abstracts of The 2nd Korea-Japan Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy, p.91〜93, 2003.

1154. [学会 (国際)] (シンポジウム) Outcome of laser therapy for early gastric cancer according to the depth of invasion and the size of lesions. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 比企能樹, 柿田 章 (外): The 9th Congress of Asian-Pacific Association for Laser Medicine and Surgery, 13th Congress of International YAG laser Society, Symposium "New topics of laser in general surgery" (2002.10.20), Pattaya, Thailand. The Program and Abstracts of The 9th Congress of Asian-Pacific Association for Laser Medicine and Surgery, 13th Congress of International YAG laser Society: 99, 2002.

1155. [学会 (国際)] (ポスター) For which type or what size of early gastric cancer is the laser therapy effective? 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 柿田 章 (外): 12th World Congress of International Association of Surgeons and Gastroenterologist (2002.11.02), Istanbul, Turkey. CCXLII (P322), Hepato-Gastroenterology, 49 (Suppl II), 2002.

1156. [学会 (国際)] (ポスター) Dose the self-expandable metallic stent improve the quality of life for the patients with malignant upper gastrointestinal stenosis? 森瀬昌樹, 嶋尾 仁, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 菊池史郎, 小林伸行, 柿田 章 (外): 12th World Congress of International Association of Surgeons and Gastroenterologist (2002.11.02), Istanbul, Turkey. CCXLIII (P323 ), Hepato-Gastroenterology, 49 (Suppl II), 2002.

1157. [学会 (国際)] (ポスター) Indication of laparoscopic assisted distal gastrectomy for gastric cancer and the results. 桜本信一, 嶋尾 仁, 比企能樹 (外): 第18回世界消化器外科学会 (2002.12.09), 香港.

1158. [学会 (国際)] (ポスター) A symptomatic and manometric evaluation of laparoscopic surgery for patients with achalasia. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 根本祐太, 菊池史郎, 比企能樹, 柿田 章 (外): 18th. World Congress of Digestive Surgery(2002.12.08〜11), 香港.

1159. [学会 (国際)] (シンポジウム) The Usefulness of Retroperitoneal Approach for Laparoscopic Colorectal Cancer Surgery -Intra-abdominal adhesion case-. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 2002 ELSA (2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, l7 (7): 2002.

1160. [学会 (国際)] (ポスター) A case of the ectopic gastric fundal glands in the gallbladder mimicking a malignant tumor. 星野弘樹, 吉田宗紀, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 5th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Bilialy Association (2002), 東京. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 9 (Suppl 1): 305, 2002.

1161. [学会 (国際)] (ポスター) An Exisional Case of Intraductal Papillary Mucinous Tumor (IPMT) of the Pancreas Consisting of Various Cellular Components. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): The 19th Congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter (2002), Hawaii. The 19th Congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter: p.92, 2002.

1162. [学会 (国際)] (ポスター) A follow-up study on surgical treatments of patients with pancreticobiliary maljunction. 板橋浩一, 高橋 毅, 古田一徳, 星野弘樹, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 5th World Congress of The International Hepato-Pancreato-Bilialy Association (2002), 東京. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 9(Suppl 1): 308, 2002.

1163. [学会 (国際)] (一般講演) The Clinical Benefits of Continuous Intra-Arterial 5fu/CDDP Infusion Therapy for The Patients with Unresectable Pancreatic Cancer. 吉田宗紀, 柿田 章, 佐藤光史, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅 (外): 5th World Congress of The International Hepato-Pancreato-Bilialy Association (2002), 東京. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 9 (Suppl 1): 276, 2002.

1164. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical Role of Secretin loading Magnetic Resonance Cholangiopancreatography in the Patients undergoing Pancreatic Resection. 島田 謙, 柿田 章, 高橋 毅, 吉田宗紀, 星野弘樹, 板橋浩一, 芦澤 敏, 古田一徳, 佐藤光史 (外): 5th World Congress of The International Hepato-Pancreato-Bilialy Association. (2002), 東京. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 9 (Suppl 1): 268, 2002.

1165. [学会 (国際)] (ポスター) NF-kappa B inhibtion by adenoviral I-kappa B gene transfection ameliorates inflammation cascade during hepatic ischemia /reperfusion injury. 鹿取正道 (外), Dean Anselmo, Lassman, C., Bibo Ke, Kaczmarek, E., Busuttil, R.W., Bach, F.H., Soares, M.P., Kupiec-Weglinski, J.W. (The Dumont UCLA Transplant Center, School of Medicine, UCLA): Transplant 2002 (2002.05.14), Washington D.C. Am J. Transplant, 3 (Suppl 3): 444, 2002.

1166. [学会 (国際)] (ポスター) Laparoscopic Pancreatic Cystgastrostomy. 古田一徳, 柿田 章, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史(外): 5th World Congress of The International Hepato-Pancreato-Bilialy Association (2002), 東京. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 9 (Suppl 1): 259, 2002.

1167. [学会 (国際)] (ポスター) Extrahepatic bile duct and partial hepatic resection in the management of bile duct injury following laparoscopic cholecystectomy. 佐藤光史, 星野弘樹, 板橋浩一, 芦澤 敏, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 柿田 章 (外): 5th World Congress of The International Hepato-Pancreato-Bilialy Association (2002), 東京. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 9 (Suppl 1): 45, 2002.

1168. [学会 (国際)] (一般講演) Intracellular iron chelation by adenoviral heavy ferritin gene transfection attenuates rat hepatic ischemia / reperfusion injury. 鹿取正道 (外), Dean Anselmo, Lassman, C., Bibo Ke, Kaczmarek, E., Busuttil, R.W., Bach, F.H., Soares, M.P., Kupiec-Weglinski, J.W. (The Dumont UCLA Transplant Center, School of Medicine, UCLA): Transplant 2002 (2002.05.14), Washington D.C. Am J. Transplant, 3 (Suppl 3): 367, 2002.

1169. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical Study on The Results of Surgical Treatment of Hepatocellular Carcinoma. 佐藤光史, 古田一徳, 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 柿田 章 (外): The 19th Congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter (2002), Hawaii. The 19th Congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter, p.42, 2002.

1170. [学会 (国際)] (ポスター) Experimental Study on The Role of The Pancreas to Liver Regeneration after Simultaneous Resection of The Liver and The Pancreas. 吉田宗紀, 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): The 19th Congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter (2002), Hawaii. The 19th Congress of Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter, p.89, 2002.

1171. [学会 (全国)] (教育講演) 癌性腹膜炎に対する内視鏡的胃瘻造設術. 嶋尾 仁 (外): 日本消化器外科学会ランチョンセミナー (2002.07.28), 京都.

1172. [学会 (全国)] (一般講演) 腫瘍体積値に基づいた新しい胃癌の進行度分類の検討. 菊池史郎, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第102回日本外科学会定期学術大会 (2002.04.11), 京都.

1173. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術の成績. 桜本信一, 菊池史郎, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会総会 (2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌. 7 (2): 76, 2002.

1174. [学会 (全国)] (ポスター) リンパ節郭清の安全域を考慮した胃癌に対する腹腔鏡下手術の適応と成績. 桜本信一, 菊池史郎, 片田夏也, 根本祐太, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): 第57回日本消化器外科学会総会 (2002.07.28), 京都. 日本消化器外科学会雑誌, 35 (7): 353, 2002.

1175. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下食道アカラシア手術における筋層切開の際の注意点−術後合併症に学ぶ−. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 根本祐太, 菊池史郎, 柿田 章 (外): 第57回日本消化器外科学会総会 (2002,07.29), 京都.

1176. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡補助下手術. 大谷剛正, 中村隆俊, 佐藤武郎, 金澤秀紀, 根本一彦, 相原成昭, 旗手和彦, 国場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第57回日本消化器外科学会総会(2002.07.28), 京都. 日本消化器外科学会雑誌, 35 (7): 237, 2002.

1177. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡補助下回腸嚢肛門管吻合術. 大谷剛正, 金澤秀紀, 根本一彦, 中村隆俊, 相原成昭, 国場幸均, 井原 厚, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第102回日本外科学会定期学術集会(2002.04.11), 京都. 日本外科学会雑誌, 103 (1): 666, 2002.

1178. [学会 (全国)] (一般講演) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー (TEM) の経験と今後の展望. 大谷剛正, 佐藤武郎, 中村隆俊, 相原成昭, 根本一彦, 金澤秀紀, 国場幸均, 井原 厚, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第57回日本大腸肛門病学会総会 (2002.10.04), 横浜. 日本大腸肛門病会雑誌, 55 (9): 617, 2002.

1179. [学会 (全国)] (一般講演) SSS (septic severity score) の急性血液浄化法の終了・離脱条件における有用性. 上野琢哉, 杉野三千男, 細野紫麻子, 根本 晋, 柿田 章 (外): 第13回日本急性血液浄化学会学術集会(2002.09.26〜27), 東京. ICUとCCU, 27: 152, 2003.

1180. [学会 (全国)] (一般講演) 食道ステント留置直後に縦隔気腫を来たした2例. 阪本奈美子, 佐藤一喜, 雨宮明文, 松田大介, 山本信行, 飯塚美香, 小坂愉賢, 坂本友見子, 金澤秀紀, 平田光博, 井上準人, 木村 徹, 西山保比古, 金田悟良, 秋山憲義, 高橋俊毅 (国立相模原病院外科): 第24回日本癌局所療法研究会 (2002.07.12), 横浜.

1181. [学会 (全国)] (一般講演) クローン病に対する腹腔鏡補助下手術の適応と問題点. 根本一彦, 大谷剛正 (外): 第57回日本消化器外科学会総会 (2002.07.28), 京都.

1182. [学会 (全国)] (一般講演) 合流形態別にみた膵管胆道合流異常症の術式の検討. 板橋浩一, 吉田宗紀, 古田一徳, 星野弘樹, 島田 謙, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第57回日本消化器外科学会総会 (2002.07.28), 京都. 日本消化器外科学会雑誌, 35 (7): 644, 2002.

1183. [学会 (全国)] (一般講演) 胆管細胞癌の切除後の予後と術前画像診断における腫瘍血管増生との関係. 古田一徳, 高橋 毅, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第57回日本消化器外科学会総会 (2002.07.28), 京都. 日本消化器外科学会雑誌, 35 (7): 226, 2002.

1184. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌原発巣における簇出の肺転移切除予測因子としての重要性. 中村隆俊, 大谷剛正, 根本一彦, 佐藤武郎, 国場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第57回日本大腸肛門病学会 (2002.10.04), 横浜. 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (2): 598, 2002.

1185. [学会 (全国)] (一般講演) 確定診断困難な小腸疾患に対する腹腔鏡の有効例. 中村隆俊, 大谷剛正, 根本一彦, 佐藤武郎, 国場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会 (2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 7 (2): 253, 2002.

1186. [学会 (全国)] (一般講演) 不凍結領域での肝保存, 肝移植について. 上野琢哉, 井村孝志, 松本春美, 高橋禎人, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 第9回日本保存生物医学会総会 (2002.04.23〜25), 東京. Organ Biology, 9: 179, 2002.

1187. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における小腸大腸良性疾患に対する腹腔鏡下手術. 根本一彦, 国場幸均, 中村隆俊, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 金澤秀紀, 大谷剛正, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会総会(2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 7 (2): 179, 2002.

1188. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下手術後門脈血栓症を呈した症例. 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 中村隆俊, 根本一彦, 国場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会総会 (2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 7 (2): 180, 2002.

1189. [学会 (全国)] (一般講演) 当院当科における上腸間膜静脈血栓症患者の検討. 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 中村隆俊, 根本一彦, 国場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第57回日本大腸肛門病学会総会(2002.10.04), 横浜. 日本大腸肛門病学会雑誌, 5 (2): 644, 2002.

1190. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の大腸癌に対する腹腔鏡下手術の検討. 根本一彦, 国場幸均, 中村隆俊, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 大谷剛正, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第57回日本大腸肛門病学会総会 (2002.10.04), 横浜. 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (2): 567, 2002.

1191. [学会 (全国)] (一般講演) 下部胆管に限局した硬化性胆管炎の2手術例. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第38回日本胆道学会学術集会 (2002), 名古屋. 胆道, 16: 78, 2002.

1192. [学会 (全国)] (一般講演) 再発巣が急速に増大し急な転帰をとった若年者の膵islet cell carcinomaの一例. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第33回日本膵臓学会大会 (2002), 仙台. 膵臓, 17 (4): 165, 2002.

1193. [学会 (全国)] (一般講演) 胆嚢, 胆管結石の治療方針. 古田一徳, 高橋 毅, 高橋禎人, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会総会 (2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 7 (2): 300, 2002. 

1194. [学会 (全国)] (一般講演) 胆管細胞癌における腫瘍血流と予後との関係. 古田一徳, 高橋 毅, 島田 謙, 板橋浩一, 星野弘樹, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第38回日本肝臓学会総会 (2002), 大阪. 肝臓, 43: A225, 2002.

1195. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における腹腔鏡補助下大腸切除術の検討と成績. 金澤秀紀, 西山保比古, 金田悟良, 井上準人, 木村 徹, 平田光博, 秋山憲義, 高橋俊毅 (外): 第15回内視鏡外科学会総会 (2002.09.19), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 7: 242, 2002.

1196. [学会 (全国)] (一般講演) TEMにて切除した直腸全周性腫瘍 (LST) の1例. 西山保比古, 金平永二, 金田悟良, 金澤秀紀, 井上準人, 木村 徹, 平田光博, 阪本奈美子, 秋山憲義, 高橋俊毅 (外): 第15回内視鏡外科学会総会(2002.09.19), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 7: 246, 2002.

1197. [学会 (全国)] (一般演題) ラット脳死下低血圧状態におけるドナー肝障害に対するウリナスタチンの効果. 板橋浩一, 伊藤義也, 高橋 毅, 片桐寛之, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第38回日本移植学会総会 (2002), 東京. 日本移植学会雑誌, 37 (臨): 270, 2002.

1198. [学会 (全国)] (ポスター) 直腸癌術後再発高危険群の設定とその重要性. 中村隆俊, 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理), 根本一彦, 国場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第64回日本臨床外科学会総会 (2002.11.14), 東京. 日本臨床外科学会雑誌, 63 (増): 821, 2002.

1199. [学会 (全国)] (ポスター) 大腸癌肺転移・非切除例の臨床病理学的検討; 原発巣簇出の肺転移予測因子の重要性. 中村隆俊, 大谷剛正 (外科), 三富弘之 (病理), 根本一彦, 佐藤武郎, 国場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第57回日本消化器外科学会 (2002.07.29), 京都.

1200. [学会 (全国)] (ポスター) 神経内分泌腫瘍様の形態を呈した肛門管低分化腺癌の一例. 櫻井裕恵, 井原 厚, 櫻井雅之, 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 国場幸均, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 第57回日本大腸肛門病学会総会 (2002.10.04), 横浜. 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (2): 766, 2002.

1201. [学会 (全国)] (ポスター) 如何に治療すべきか難渋した101歳の下部 (Rb) 直腸癌の1例. 井原 厚, 大谷剛正, 櫻井裕恵, 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 国場幸均, 柿田 章 (外): 第57回日本大腸肛門病学会総会(2002.10.04), 横浜. 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (2): 763, 2002.

1202. [学会 (全国)] (特別講演) ライブ企画 Lap Pelvic Surgery-Cross the boundary- 骨盤腔の展開・リンパ節郭清はこうやる−腹腔鏡下大腸癌・婦人科悪性腫瘍手術三元中継ライブ!−. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 金澤秀紀, 櫻井裕恵, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会 (2002.09.19), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 17 (7): 26, 2002.

1203. [学会 (全国)] (シンポジウム) 腹腔鏡下大腸手術におけるリンパ節郭清の工夫. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 金澤秀紀, 櫻井裕恵, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会 (2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 17 (7): 135, 2002.

1204. [学会 (全国)] (シンポジウム) 腹腔鏡下直腸前方切除における視野展開, 腸洗浄の工夫. 西山保比古, 宮島伸宜, 金田悟良, 金澤秀紀, 井上準人, 木村 徹, 平田光博, 秋山憲義, 高橋俊毅 (外): 第57回日本大腸肛門病学会総会 (2002.10.05), 横浜. 日本大腸肛門病学会雑誌, 55: 487, 2002.

1205. [学会 (全国)] (ビデオセッション) 腹腔鏡下大腸手術における標準化へのアプローチ法の工夫. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 金澤秀紀, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 榊原 譲, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会 (2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 17 (7): 361, 2002.

1206. [学会 (全国)] (ビデオセッション) 直腸癌に対する腹腔鏡下手術の工夫. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 金澤秀紀, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第57回日本大腸肛門病学会 (2002.10.05), 横浜. 日本大腸肛門病学会雑誌, 55 (9): 715, 2002.

1207. [学会 (全国)] (ビデオセッション) 腹腔鏡下大腸手術の安全確実なアプローチ法の工夫. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第64回日本臨床外科学会 (2002.11.15), 東京. 日本臨床学会雑誌, 63 (増): 341, 2002.

1208. [学会 (全国)] (ビデオセッション) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡補助下手術. 大谷剛正, 中村隆俊, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第15回日本内視鏡外科学会総会(2002.09.20), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌, 7 (2): 307, 2002.

1209. [学会 (地方)] (教育講演) 安全なPEGの手技と管理. 嶋尾 仁 (外): 日本消化器内視鏡学会東海セミナー(2003.02.01), 名古屋.

1210. [学会 (地方)] (一般講演) 胃癌に対する噴門側胃切除後の間空腸に発生した潰瘍の検討. 藁谷美奈, 菊池史郎, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): 第272回日本消化器病学会関東支部会(2002), 東京.

1211. [学会 (地方)] (一般講演) 手術・ステロイド治療により軽快し得た, 十二指腸狭窄を呈した後腹膜線維症の1症例. 山梨高弘, 佐藤武郎, 古田一徳, 久保任史, 高橋禎人, 高橋 毅, 井原 厚, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第35回神奈川県消化器病医学会 (2002.11), 横浜.

1212. [学会 (地方)] (一般講演) 術後亜型悪性高熱症を呈した, 4歳児急性虫垂炎手術症例. 筒井敦子, 佐藤武郎, 根本昌之, 井原 厚, 久保任史, 白石廣照, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第105回神奈川臨床外科医学会集談会(2002.11), 神奈川・大和.

1213. [学会 (地方)] (一般講演) 糖尿病性ケトアシドーシス合併上腸間膜静脈血栓症の1症例. 三浦啓壽, 佐藤武郎, 高橋 毅, 井原 厚, 小倉直人, 平井和弥, 岩本寛人, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第272回日本消化器病学会関東支部例会 (2002.12), 東京.

1214. [学会 (地方)] (一般講演) 総胆管嚢腫術後18年経過後, 腸石イレウスをきたした1症例. 和田 治, 佐藤武郎, 小倉直人, 小川恭史, 平井和弥, 井原 厚, 高橋 毅, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第273回日本消化器病学会関東支部例会 (2003.02), 東京.

1215. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における腹腔鏡下胆嚢摘出術の検討−気腹法と鋼線吊り上げ法を比較して−. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第35回神奈川県消化器病医学会総会 (2002.11), 横浜.

1216. [学会 (地方)] (シンポジウム) 当院における標準的腹腔鏡下直腸前方切除, D3郭清術. 西山保比古, 金田悟良, 金澤秀紀, 井上準人, 平田光博, 木村 徹, 秋山憲義, 高橋俊毅 (外): 第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2002), 横浜. Prog.Diag.Endosc., 62: 57, 2002.

1217. [学会 (地方)] (ワークショップ) 肝腫瘍に対する腹腔鏡下ラジオ波焼灼療法 (RFA) の現況と今後の展望. 板橋浩一 (外), 国分茂博, 小野弘二, 西元寺克禮 (内), 柿田 章 (外): 第75回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2002), 横浜.

1218. [研究会 (全国)] (一般講演) Hypertensive lower esophageal sphincterの臨床的意義の検討. 片田夏也, 渋谷慈郎, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 根本祐太, 菊池史郎, 柿田 章 (外), 田辺 聡 (内), Hinder, R.A.: 第16回E-G Club例会 (2002.96.01), 東京.

1219. [研究会 (全国)] (一般講演) 逆流性食道炎に対する腹腔鏡下噴門形成術−食道運動機能評価による術式の特性と問題点−. 片田夏也, 小林伸行, 桜本信一, 森谷宏光, 小倉直人, 根本祐太, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 柿田 章(外): 第56回日本食道疾患研究会 (2002.06.27), 広島.

1220. [研究会 (全国)] (一般講演) 胃癌術後にEBviralによる2次性血球貧食症候群を起こした1例. 黒山信一, 荒井義孝, 原 英 (外), 山田亮二 (津久井赤十字病院): 第38回日本赤十字社医学会総会 (2002.09.26), 横浜. 日赤医学, 54 (1): 204, 2002.

1221. [研究会 (全国)] (一般講演) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー (TEM) の経験と今後の展望. 大谷剛正, 佐藤武郎, 中村隆俊, 相原成昭, 根本一彦, 金澤秀紀, 国場幸均, 井原 厚, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第7回経肛門的内視鏡下手術研究会 (2002.09.14), 東京.

1222. [研究会 (全国)] (一般講演) 大腸sm癌の臨床病理学的検討と治療方針. 根本一彦, 大谷剛正 (外): 外科集団会 (2002.03), 東京.

1223. [研究会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下大腸切除における腹膜修復の必要性についての検討. 根本一彦, 国場幸均, 中村隆俊, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 大谷剛正, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第58回大腸癌研究会 (2003.01), 東京.

1224. [研究会 (全国)] (一般講演) 大腸切除術における腸間膜修復の必要性についての検討. 根本一彦, 国場幸均 (外): 第58回大腸癌研究会 (2003.01), 東京.

1225. [研究会 (全国)] (ポスター) 大腸癌血行性転移の危険性に関する検討. 中村隆俊, 大谷剛正 (外), 三富弘之 (病理), 根本一彦, 国場幸均, 佐藤武郎, 井原 厚, 柿田 章 (外): 大腸癌研究会 (2002.07.12), 仙台.

1226. [研究会 (全国)] (一般講演) 鋼線吊り上げ法による腹腔鏡下胆嚢摘出術の有用性−気腹法と比較して−. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第13回腹腔鏡的治療研究会 (2002), 沖縄. プログラム, p.4, 2002.

1227. [研究会 (全国)] (一般講演) 膵管胆道合流異常症の合流形態における複雑合流型の2例. 板橋浩一, 吉田宗紀, 古田一徳, 星野弘樹, 高橋禎人, 島田 謙, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第25回日本膵管胆道合流異常研究会 (2002), 大阪. 第25回日本膵管胆道合流異常研究会プロシーディング, 25: 92〜93, 2002.

1228. [研究会 (全国)] (一般講演) 高齢者巨大肝細胞癌の1例. 坂本友見子, 古田一徳, 高橋 毅, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第38回日本肝癌研究会 (2002), 東京. 抄録集, p.230, 2002.

1229. [研究会 (全国)] (一般講演) 胆管細胞癌の術前画像診断による腫瘍血流と予後の検討. 古田一徳, 高橋 毅, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第38回日本肝癌研究会 (2002), 東京. 抄録集, p.139, 2002.

1230. [研究会 (全国)] (一般講演) 内視鏡的胃ろう造設困難例に対する経皮経食道胃管挿入術: PTEGの経験. 阪本奈美子, 金田悟良, 金澤秀紀, 山本信行, 松下一仁, 香取玲美, 小坂愉賢, 坂本友見子, 小林真理子, 井上準人, 木村 徹, 平田光博,西山保比古,秋山憲義,高橋俊毅 (国立相模原病院外科): 第17回在宅静脈栄養研究会, 第25回採択経腸栄養研究会合同集会 (2002.09.28), 横浜.

1231. [研究会 (地方)] (一般講演) 腹腔鏡下生検にて診断し得た結核性腹膜炎の一例. 阪本奈美子, 金田悟良 (国立相模原病院外科), 菅野 聡 (同内科), 松下一仁, 香取玲美, 小坂愉賢, 坂本友見子, 金澤秀紀, 平田光博, 井上準人, 木村 徹, 西山保比古, 秋山憲義, 高橋俊毅 (国立相模原病院外科): 第786回外科集談会 (2002.09.14), 東京.

1232. [研究会 (全国)] (教育講演) 腹腔鏡下S状結腸切除術, 右半結腸切除術. 西山保比古 (外): 第11回腹腔鏡下大腸切除講習会 (2002), 福島.

1233. [研究会 (全国)] (一般演題) ラット脳死肝ドナーpreconditioningとしてのウリナスタチン投与の効果. 板橋浩一, 伊藤義也, 高橋 毅, 片桐寛之, 大沼田 治, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第20回日本肝移植研究会 (2002), 東京. プログラム・抄録集, p.70, 2002.

1234. [研究会 (全国)] (シンポジウム) 食道内視鏡下手術の偶発症, 食道損傷. 片田夏也 (外): 第10回食道内視鏡外科勉強会 (2002.09.21), 東京.

1235. [研究会 (全国)] (シンポジウム) 胃切除後の逆流性食道炎における食道炎の重症下のメカニズムの検討−食道運動機能と逆流物質に注目して−. 片田夏也, 小林伸行, 柿田 章 (外): 第44回日本消化器病学会大会(2002.10.26), 横浜.

1236. [研究会 (全国)] (シンポジウム) GERD患者に対する治療の実際. 片田夏也 (外): GERDフォーラムイン横浜 (2002.11.20), 横浜.

1237. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 内視鏡的胃ろう造設困難例に対する経皮経食道胃管挿入術: PTEGの経験と若干の工夫. 阪本奈美子, 金田悟良, 金澤秀紀, 松下一仁, 香取玲美, 小坂愉賢, 坂本友見子, 小林真理子, 井上準人, 木村 徹, 平田光博, 西山保比古, 秋山憲義, 高橋俊毅 (国立相模原病院外科): 第2回日本PTEG研究会(2003.02.01), 東京.

1238. [研究会 (地方)] (特別講演) Combination approach techniques -for colorectal cancer -. 国場幸均, 根本一彦, 佐藤武郎, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第6回大阪腹腔鏡下大腸手術セミナー (2002.12.07), 大阪. 講演集, p5,

1239. [研究会 (地方)] (一般講演) 診断に難渋し組織学的に迷入膵と診断された胃SMTの一切除例. 田島 弘, 菊池史郎, 桜本信一, 根本祐太, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): 第47回神奈川消化器病研究会 (2002), 大和.

1240. [研究会 (地方)] (一般講演) 再発胃癌症例に対するUFT+レンチナン療法の検討. 栗田 淳, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 小林伸行, 桜本信一, 片田夏也, 根本祐太, 柿田 章 (外): 第23回神奈川胃癌治療研究会 (2002), 横浜.

1241. [研究会 (地方)] (一般講演) 腹腔鏡下胃切除術D1+α, βにおける手技の工夫. 桜本信一, 根本祐太, 片田夏也, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): 第2回関東腹腔鏡下胃切除研究会 (2002.11.02), 東京.

1242. [研究会 (地方)] (一般講演) ストーマ周囲に深い潰瘍を形成した腸管型ベーチェット病患者の管理. 川村美紀子, 高井佳代, 五島陽子, 松原康美 (東・看護部), 大谷剛正 (外): 第25回神奈川ストーマ研究会 (2002.12.07), 藤沢. プログラム抄録集, p.6, 2002.

1243. [研究会 (地方)] (一般講演) 開腹手術と腹腔鏡下手術における栄養状態の比較. 根本一彦, 国場幸均, 中村隆俊, 金澤秀紀, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 大谷剛正, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第4回神奈川臨床外科代謝栄養研究会(2002.09.25), 横浜.

1244. [研究会 (地方)] (一般講演) 右側結腸癌に対する腹腔鏡下手術の工夫. 根本一彦, 国場幸均 (外): 第4回神奈川大腸疾患腹腔鏡下手術セミナー (2003.03), 横浜.

1245. [研究会 (地方)] (一般講演) 大腸癌の治療戦略・現況. 佐藤武郎, 井原 厚, 中村隆俊, 根本一彦, 国場幸均, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 第4回北里腫瘍フォーラム(2003.01), 神奈川.

1246. [研究会 (地方)] (一般講演) 大腸癌における術後化学療法の検討. 佐藤武郎, 井原 厚, 中村隆俊, 根本一彦, 国場幸均, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 第8回神奈川BCM研究会 (2003.02), 神奈川.

1247. [研究会 (地方)] (一般講演) 多彩な病理組織を呈した膵IPMTの一切除例. 星野弘樹, 吉田宗紀, 小野里 航, 岩本寛人, 小川恭史, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第112回神奈川消化器疾患研究会 (2002), 横浜.

1248. [研究会 (地方)] (一般講演) 術前に診断困難であったCA19-9, CEAの上昇を伴ったenteric cystの一例. 小野里 航, 星野弘樹, 岩本寛人, 小川恭史, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第47回神奈川消化器病研究会 (2002), 大和.

1249. [研究会 (地方)] (一般講演) 異なる疾患でありながら極めて類似した画像を呈し, 術前の鑑別診断に苦慮した巨大胆嚢ポリープの3切除例. 星野弘樹, 吉田宗紀, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第19回北里肝・胆・膵疾患検討会(2003), 相模原.

1250. [研究会 (地方)] (教育講演) 腹腔鏡下手術における外側アプローチのポイント. 西山保比古 (外): 第3回神奈川大腸疾患腹腔鏡下手術セミナー (2002), 静岡.

1251. [研究会 (地方)] (特別講演) PEGを安全に造設・管理するために. 嶋尾 仁 (外): 第4回ISE GI Evening Conference (2002.10.10), 伊勢.

1252. [研究会 (地方)] (特別講演) 安全なPEGの造設と管理. 嶋尾 仁 (外): 第185回大曲医師会集談会学術講演会 (2003.02.28), 秋田県大曲.

1253. [研究会 (地方)] (特別講演) 胃食道逆流症の外科的治療. 片田夏也 (外): 相模原市外科医会総会 (2002.11.11), 相模原.

1254. [研究会 (地方)] (特別講演) 消化器疾患に対する内視鏡下手術. 片田夏也 (外): 霜仁会関東支部平成14年度総会 (2002.12.14), 東京.

1255. [研究会 (地方)] (特別講演) 大腸疾患に対する腹腔鏡下大腸手術−アプローチ法を中心として−. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第4回福岡内視鏡研究会 (2002.06.14), 福岡.

1256. [研究会 (地方)] (特別講演) 大腸疾患に対する腹腔鏡下大腸手術−アプローチ法を中心として−. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第13回沖縄県内視鏡外科手術研究会 (2003.03.14), 沖縄.

1257. [研究会 (地方)] (特別講演) 大腸疾患に対する腹腔鏡下大腸手術−アプローチ法を中心として−. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第5回阪神内視鏡手術勉強会 (2003.02.17), 神戸.

1258. [研究会 (地方)] (教育講演) 偶発症の少ない胃瘻造設術. 嶋尾 仁 (外): 千葉県内視鏡技師研究会インフェクションコントロール情報交換会 (2002.07.06), 千葉市.

1259. [研究会 (地方)] (教育講演) 腹腔鏡下大腸手術におけるcombination approachの工夫. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第31回神奈川消化器外科研究会 (2002.05.18), 神奈川.

1260. [研究会 (地方)] (教育講演) 腹腔鏡下大腸手術における安全なアプローチ法の工夫. 国場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第7回神奈川大腸肛門手術手技研究会 (2002.10.11), 神奈川.


<<胸部外科学>>

【学術論文】

1261. [原著] Open Surgical Intervention to recurrent Aortic Dissection after Endovascular Stent Grafting. 町井正人, 小原邦義 (胸外), 今井 寛 (救命), 林 宗博, 須藤恭一, 吉村博邦 (胸外): Ann Thorac Surg., 74(6): 2186〜2189, 2002.

1262. [原著] Host Prostaglandin E2-EP3 Signaling Regulates Tumor-Associated Angiogenesis and Tumor growth. 天野英樹 (胸外), 林 泉 (薬理), 山科正平 (解), Y. Sugimoto, T. Murata, 吉村博邦 (胸外), S. Narumiya, 馬嶋正隆 (薬理): J Exp Med., 197 (2): 221〜232, 2003.01.

1263. [原著] Successful Fontan Procedure for Asplenia with Pulmonary Atrasia and Major Aortopulmonary Collateral Arteries. Kagami Miyaji (胸外), Nobuhiro Nagata, Hikoro Matsui, Takashi Miyamoto, Kazuhiko Kitahori (東大・胸外): J Thoras & Cardiovasc Surg., 126 (2): 1648〜1650, 2003.

1264. [原著] ヘリウムによる吸入一酸化窒素の血管拡張作用増強効果に関する研究 低酸素による肺高血圧犬モデルにおいて. 贄 正基, 須藤恭一, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外), 小林弘祐 (内): 臨床呼吸生理, 34 (1): 9〜13, 2002.

1265. [原著] 肺葉切除の肺循環に及ぼす影響: 新たなる指標としてのWave intensityによる評価. 須藤恭一, 贄 正基, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外), 小林弘祐 (内): 臨床呼吸生理, 34 (1): p.7, 2002.

1266. [原著] ステントの基礎及び最新技術について(Metallic Stent基礎からup dateまで). 長谷部光泉 (慶大・放), 島田 厚 (胸外), 橋本 統, 中塚誠之, 松本一宏 (慶大・放), 吉村博邦 (胸外), 栗林幸夫 (慶大・放): Jpn J Intervent Radiol, 17: 102〜110, 2002.

1267. [原著] 胸部大動脈疾患に対するステントグラフト治療と問題点−胸部大動脈領域におけるステントグラフト治療の問題点−. 林 宗博 (胸外), 西巻 博 (放), 町井正人, 磯部義憲 (放), 小原邦義 (胸外): 医工学治療, 14 (4): 221〜226, 2002.

1268. [原著] PCPS回路における血栓発生部位の検討. 藤井正実 (北里大学病院MEセンター部), 東條圭一, 新保年弘, 安見 衛, 佐藤正憲, 西川 温 (北里大学病院MEセンター部), 小原邦義 (胸外): 体外循環技術, 29 (3): 285〜288, 2002.

1269. [症例報告] Double-patch closure using gelatin resorcine formol glue of a ventricular septal perforation following acute myocardial infarction. 山本信行, 小原邦義, 贄 正基, 鳥井晋三 (胸外), 今井 寛 (救命), 吉村博邦 (胸外): Jpn J Thorac Cardivovasc Surg., 50 (7): 294〜297, 2002.

1270. [症例報告] Total Cavopulmonary Connection via a Thoracotomy. 七海美和, 麻生俊英, 武田裕子, 林 宗博, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): Ann Thorac Surg., 74: 917〜919, 2002.

1271. [症例報告] New Surgical Technique of Left Ventricular Free Wall Rupture: Double Patch Sealing Method. 天野英樹, 小原邦義, 贄 正基, 鳥井晋三, 三好 豊, 吉村博邦 (胸外): Ann Thorac Cardiovasc Surgery, 8 (6): 389〜392, 2002.

1272. [総説] ステントの基礎及び最新技術について (Metallic Stent基礎からup dateまで). 長谷部光泉 (慶應大・放), 島田 厚 (胸外), 橋本 統, 中塚誠之, 松本一宏 (慶應大・放), 吉村博邦 (胸外), 栗林幸夫 (慶應大・放): Jpn J Intervent Radiol, 17: 102〜110, 2002.

1273. [総説] 気管支カルチノイド その診断と治療. 品田 純, 吉村博邦 (胸外): 医学のあゆみ 別冊呼吸器疾患−State of arts 2003〜2005, p.587〜589, 2003.

[著 書]

1274. [学術書] (分担執筆) 入退院を繰り返す慢性心不全の臨床; 第V章具体例で示す対処法. C. 高齢者における治療 2. 外科治療, p.169〜174. 小原邦義, 山本信行, 贄 正基, 鳥井晋三 (胸外), 編集 和泉 徹 (内), 麻野井英次 (富山医薬大), 小玉 誠 (新潟大), 医学書院, 東京, 2002.04.15発行.

1275. [学術書] (分担執筆) 心臓外科ナースの疾患別ケアハンドブック; 虚血性心疾患とその手術@狭心症A心筋梗塞B心筋梗塞の合併症, p.192〜209. 小原邦義 (胸外), 監修 杉村修一郎 (藤田保健衛生大), メディカ出版, 大阪, 2003.01.01発行.

1276. [教科書] (共著) 系統看護学講座, 成人看護学 (3) 循環器疾患患者の看護. 小原邦義 (胸外), 阿部光樹 (榊原クリニック), 上塚芳郎 (東女医大), 工藤 啓 (宮城大), 田村富美子 (聖路加), 吉田敏子 (宮城大), 医学書院, 東京, 2003.02.15発行.

1277. [解説書] (分担執筆) 今日の治療指針2003; 胸膜腫瘍, p.228. 吉村博邦 (胸外), 編集 山口 徹, 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

[学会・研究会等]

1278. [学会 (国際)] (特別講演) Surgery for Advanced Lung Cancer. 吉村博邦 (胸外): 12th World Congress for Bronchology (2002.06.18), ボストン. 12th World Congress for Bronchology-Program & Abstracts, p.124, 2002.

1279. [学会 (国際)] (特別講演) Tracheobronchial Reconstruction for benign and low-grade malignant tumor. 吉村博邦 (胸外): 8th National Conference for Bronchology in India (2002.03.08), インド・ジャランダー.

1280. [学会 (国際)] (一般講演) Experience of extracardiac Fontan operation. 麻生俊英, 武田裕子, 須藤恭一, 山本信行, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 4th THIC International Symposium in Pediatric Cardiolory(2002.06.30), Bali, Indonesia.

1281. [学会 (国際)] (一般講演) Clinicopathological Study of Early Adenocarcinoma of the Lung. 品田 純, 原 英則, 吉村博邦 (胸外): 12th World Congress for Bronchology (2002.06.18), ボストン.

1282. [学会 (国際)] (一般講演) Clinicopathologic Significance of Telomerase Activity and HTERT mRNA Expression in Non-amall Cell Lung Cancer. 原 英則, 山下和也 (病理), 品田 純, 吉村博邦 (胸外): 12th World Congress for Bronchology(2002.06.18), ボストン. 12th World Congress for Bronchology-Program & Abstracts, p.78, 2002.

1283. [学会 (国際)] (一般講演) Surgical Resection for T4 Lung Cancer Invading The Heart and/or Great Vessels. 吉村博邦 (胸外): 15th Annual Meeting of the International Society of Cardio-Thoracic Surgeons (2002.07.10), 韓国・チェジュ島.

1284. [学会 (全国)] (シンポジウム) 下壁梗塞に合併した心室中隔穿孔に対する右室切開アプローチによる, GRFグルーを用いた二重パッチ閉鎖術の二症例の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 麻生俊英, 贄 正基, 三好 豊, 小林真理子, 渡邊一正, 吉村博邦 (胸外): 第7回日本冠動脈外科学会学術総会 (2002.07.18), 予稿集, p.81, 2002.

1285. [学会 (全国)] (シンポジウム) 心筋梗塞後左室瘤に対するDor手術−VT予防のための凍結凝固治療ならびに術後の左室容量温存に関する工夫−. 贄 正基, 小原邦義, 渡邊一正, 小林真理子, 三好 豊, 須藤恭一, 武田裕子, 鳥井晋三, 麻生俊英, 吉村博邦 (胸外): 第7回日本冠動脈外科学会学術総会 (2002.07.19), 予稿集, p.81, 2002.

1286. [学会 (全国)] (一般講演) 気管・気管支悪性腫瘍の検討. 品田 純, 原 英則, 後藤尚美, 宮永茂樹, 吉村博邦 (胸外): 第25回日本気管支学会総会 (2002.05.10), 札幌.

1287. [学会 (全国)] (一般講演) 胸腺上皮性腫瘍におけるTNM分類試案. 品田 純, 吉村博邦, 原 英則, 後藤尚美 (胸外): 第50回日本胸部外科学会総会 (2002.10.10), 福岡.

1288. [学会 (全国)] (一般講演) 多変量解析による小児無輸血開心術の阻害因子の検討. 武田裕子, 麻生俊英, 須藤恭一, 松井啓夫, 三好 豊, 贄 正基, 鳥井晋三, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第50回日本胸部外科学会総会(2002.10.11), 福岡. 日胸外会誌, 50 (suppl): p.296, 2002.

1289. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における大動脈弁人工弁置換術症例の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 麻生俊英, 贄 正基, 武田裕子, 三好 豊, 須藤恭一, 小林真理子, 渡邊一正, 松井啓夫, 吉村博邦 (胸外): 第50回日本胸部外科学会総会 (2002.10.11), 福岡. 日胸外会誌, 50 (suppl): p.409, 2002.

1290. [学会 (全国)] (一般講演) 心外導管を用いたフォンタン手術の早期成績lateral tunnel法との比較. 須藤恭一, 麻生俊英, 武田裕子, 三好 豊, 贄 正基, 鳥井晋三, 中江世明, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第50回日本胸部外科学会総会 (2002.10.11), 福岡. 日胸外会誌, 50 (suppl): p.332, 2002.

1291. [学会 (全国)] (一般講演) 肺循環での新しい心循環系の指標wave intensityの応用. 贄 正基 (胸外), 小林弘祐 (内), 須藤恭一, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第41回日本ME学会学術総会 (2002.05), 京都. 予稿集, 2002.

1292. [学会 (全国)] (一般講演) 感染性心内膜炎に対する人工弁置換術症例の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 麻生俊英, 贄 正基, 三好 豊, 須藤恭一, 井上信幸, 江間 玲, 田崎尋美, 吉村博邦 (胸外): 第40回日本人工臓器学会大会 (2002.10.04), 札幌. 人工臓器, 31 (2): S-200, 2002.

1293. [学会 (全国)] (一般講演) ステント用コーティング材Diamond-like Carbon (DLC) の改良にフッ素を導入したフッ素添加DLC (F-DLC) の血液適合性評価. 島田 厚 (胸外), 長谷部光泉 (慶大・放), 鳥井晋三, 町井正人, 贄 正基, 木村加奈子, 鈴木哲也 (胸外), 栗林幸夫 (慶大・放), 吉村博邦 (胸外): 第40回日本人工臓器学会大会 (2002.10.04), 札幌. 人工臓器, 31 (2): S-171, 2002.

1294. [学会 (全国)] (一般講演) 心臓外傷の臨床的検討. 三好 豊, 小原邦義, 町井正人 (胸外), 今井 寛 (救命), 林 宗博, 鳥井晋三, 贄 正基, 佃 和彦, 小林真理子, 渡邊一正 (胸外): 第55回日本胸部外科学会総会 (2002.10.10), 福岡. 日本胸部外科学会雑誌, 50 (増, Abstract): p.280, 2002.

1295. [学会 (全国)] (一般講演) 心筋梗塞後心室中隔穿孔に対する外科治療: Double patch closure法の有用性について. 贄 正基, 小原邦義, 山本信行, 三好 豊, 須藤恭一, 武田裕子, 鳥井晋三, 麻生俊英, 吉村博邦 (胸外): 第16回日本冠疾患学会学術集会 (2002.12.13), 大阪. 日本冠疾患学会雑誌, 8 (4): p.146, 2002.

1296. [学会 (全国)] (ポスター) 大血管外傷の臨床的検討. 三好 豊, 小原邦義, 町井正人, 林 宗博, 今井 寛 (救命), 鳥井晋三, 贄 正基, 佃 和彦, 町田浩志, 松井啓夫, 井上信幸, 吉村博邦 (胸外): 第102回日本外科学会定期学術集会 (2002.04.13), 京都. 日本外科学会雑誌, 103 (臨): p.662, 2002.

1297. [学会 (全国)] (ポスター) 右大動脈弓を合併した単心室症に対するノーウッド手術の経験. 小林真理子, 麻生俊英, 武田裕子, 須藤恭一, 井上信幸, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外), 広田浜夫, 堀口泰典, 平石 聰 (児): 第38回日本小児循環器学会総会 (2002.07.10), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 18 (2): p.210, 2002.

1298. [学会 (全国)] (ポスター) 小児心臓外科における在院日数短縮の試み. 麻生俊英, 武田裕子, 須藤恭一, 贄 正基, 鳥井晋三, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外), 平石 聰, 岡本浩嗣 (児): 第38回日本小児循環器学会総会 (2002.07.11), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 18 (2): p.347, 2002.

1299. [学会 (地方)] (一般講演) 術後再発肺癌に対するGefitinib (イレッサ) の臨床経験. 田崎尋美, 品田 純, 原 英則, 小川史洋, 吉村博邦 (胸外): 第136回日本肺癌学会関東部会 (2002.03.08), 千葉.

1300. [学会 (地方)] (一般講演) 下壁梗塞に合併した心室中隔穿孔 (VSP)・左室自由壁破裂に対し右室切開・GRFを用いた二重パッチ閉鎖術にて救命し得た一例. 渡邊一正, 小原邦義, 麻生俊英, 鳥井晋三, 贄 正基, 三好 豊, 小林真理子, 吉村博邦 (胸外): 第122回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2002.06.22), 軽井沢. 予稿集, 2002.

1301. [学会 (地方)] (一般講演) ファロー四徴症に合併したPA slingの一例. 武田裕子, 麻生俊英, Jusuf Rachmat, Dicky Fahkly, Anna Rahayoe, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 日本胸部外科学会九州地方会 (2002.07.26), 福岡. 予稿集, 2002.

1302. [学会 (地方)] (一般講演) 末梢肺動脈形成を要したファンタン症例. 山本信行, 麻生俊英, 武田裕子, 田崎尋美, 友保貴博, 贄 正基, 鳥井晋三, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第124回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2002), 東京.


<<脳外科学>>

[学術論文]

1303. [原著] Histologically classified venous angiomas of the brain: a controversy. 阿部政光, 荻原直司, 田渕和雄 (佐賀医大脳外), 内野 晃 (佐賀医大放), 宮坂佳男 (脳外): Neurologia medico-chirurgica, 43 (1): 1〜11, 2002.

1304. [原著] Long-Term Outcome of Intracranial Germinoma with hCG Elevation in Cerebrospinal Fluid but not in Serum. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 谷崎義徳, 宮坂佳男 (脳外): Acta Neurochir (Wien), 144 (11): 1151〜1155, 2002.

1305. [原著] Relationship between the expression of E-, N-cadherins and beta-catenin and tomor grade in astrocytomas. 宇津木 聡 (脳外), 佐藤雄一 (病理), 岡 秀宏 (脳外), 土屋紅緒 (病理), 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): J Neuro-Oncol, 57 (3): 187〜192, 2002.

1306. [原著] Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumorと Medulloblastomaの予後: 組織診断の再評価の重要性. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology, 12 (1): 95〜100, 2002.

1307. [原著] 長期経過観察からみた頭蓋咽頭腫の手術成績. 岡 秀宏, 藤井清孝, 川野信之 (脳外): 日本内分泌代謝学会雑誌, 78 (Suppl.): 26〜30, 2002.

1308. [原著] 脳腫瘍診断における捺印, 圧挫細胞診の有用性: 術中迅速組織診断, 最終組織診断との比較. 柿沼廣邦, 川野信之 (脳外), 横山 大, 服部 学, 大野英治 (病理部細胞診), 宇津木 聡, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 病理と臨床, 20 (2): 213〜218, 2002.

1309. [原著] 機能性下垂体腺腫と不顕性下垂体腫瘍におけるPit-1と成長ホルモン放出ホルモン受容体のmRNAの発現. 小林郁夫, 岡 秀宏 (脳外), 成高平治 (病理), 田中 聡, 近藤宏治, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外), 亀谷 徹 (病理): 日本内分泌代謝学会雑誌, 78 (Suppl): 50〜53, 2002.

1310. [原著] Expression of Pit-1 and Growth Hormone-Releasing Hormone Receptor mRNA in Human Pituitary Adenomas: Difference Among Endoc Pathol. 小林郁夫, 岡 秀宏 (脳外), 成高平治 (病理), 佐藤雄一 (医衛), 藤井清孝 (脳外), 亀谷 徹 (病理): Endoc Pathol, 13 (2): 83〜98, 2002.

1311. [原著] 下位頸椎の椎骨動脈とその周囲の手術解剖. 清水 暁, 三井公彦, 諏訪知也, 三島大徳, 藤井清孝(脳外): 脊椎・脊髄神経手術手技, 4 (1): 95〜99, 2002.

1312. [原著] 高度意識障害を伴う椎骨脳低動脈瘤閉塞症に対する, 超選択的血栓溶解療法の適応について. 中原邦晶, 鈴木祥生, 倉田 彰, 平山 寿, 宇津木 聡, 宮坂佳男, 藤井清孝 (脳外), 福田倫也 (内), 北原孝雄 (救命), 遠藤昌孝 (脳外), 大和田 隆 (救命), 菅 信一 (放): Journal of Japanese Congress on Neurological Emergency, 15: 82〜85, 2002.

1313. [原著] Microsurgical anatomy and operative approaches to the lateral ventricles. 藤井清孝, 田中柳水, 岡 秀宏 (脳外), 詠田眞治, Rhoton. A.L., Jr.: Developments in Neuroscience, Proceedings of the 2nd: International Mt. Bandai Symposium for Neuroscience, p.19〜27, 2002.

1314. [原著] Superselective Arterial Chemotherapy for Inoperable Metastases in the Dura Mater and Cranium. 鈴木祥生, 倉田 彰, 高木 宏, 中原邦晶, 岡 秀宏, 宮坂佳男, 藤井清孝 (脳外): Intervent Neuroradiol, 8: 121〜125, 2002.

1315. [原著] Japan Adult Moyamoya (JAM) Trial in 2002. 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 脳卒中の外科, 31: 13〜17, 2003.

1316. [原著] Development of multiple cerebral arteriovenous malformations documented in an adult by serial angiography. 宮坂佳男, 中原邦晶, 高木 宏, 萩原宏之 (脳外): J Neurosurg, 98: 190〜193, 2003.

1317. [原著] Resting and Acetazolamide-Activated Tc-99m HMPAO Brain SPECT for Congenital Bilateral Absence of the Internal Carotid Arteries. 鷺内隆雄 (放), 石井かつみ, 菅 信一 (放), 大森智子, 浅野雄二, 早川和重 (放): Clinical Nuclear Medicine, 28 (1): 66〜67, 2003.

1318. [原著] O6-methylguanine-DNA methyltrans-pherase gene expression in gliomas by quantitative real-time RT-PCR and clinical response to. 田中 聡, 小林郁夫, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 渡辺高志, 長島 正 (鳥取大脳外), 堀 智勝 (東女医大脳外): Int J Cancer, 103: 67〜72, 2003.

1319. [原著] Tissue Compatibility of Aneurysm Clip with Scaled Blade Made by Different Methods of Surface Scalin Technique: in-vivo and in-vitro Experimental Studies. 鄭 庚, 山田 勝, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外), 藤原 茂 (藤原脳神経外科クリニック): 北里医学, 32 (5): 307〜410, 2002.

1320. [準原著] 破裂解離性椎骨動脈瘤に対するコイル塞栓術の有用性について−直達手術例, バルーン近位閉塞治療例と比較して−. 倉田 彰, 鈴木祥生, 小澤 仁, 山田 勝, 平山 寿, 宮坂佳男, 入倉克巳, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 大桃丈知 (脳外): The Mt. Fuji Workshop on CVD, 20: 37〜44, 2002.

1321. [準原著] 側頭骨の外科解剖. 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), Albert L. Rhoton Jr (Florida University): 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XV−機能温存のための脳神経外科解剖−: pp.119〜128, 2002.

1322. [短報] 手術記録の書き方と私のポイント. 藤井清孝 (脳外): 脳神経外科速報, 13 (2): 150〜153, 2003.

1323. [症例報告] Multiple arteriovenous maiforma-tions with hemorrage. 宇津木 聡, 倉田 彰, 宮坂佳男, 高野 誠, 大高弘稔, 藤井清孝 (脳外): Acta Neurochir (Wien), 144 (1): 97〜101, 2002.

1324. [症例報告] 第三脳室に限局した稀な原発性頭蓋内悪性リンパ腫の一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 石渡雅男, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology, 12 (1): 101〜103, 2002.

1325. [症例報告] Cystic Germinoma Arising from the Right Temporal Lobe. 今野慎吾, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): Acta Neurochir (Wien), 144: 847〜848, 2002.

1326. [症例報告] Germinoma with a granulomatous reaction, Problems of differential diagnosis. 今野慎吾, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外), 柳下三郎: Clin Neuropathol, 21: 248〜251, 2002.

1327. [症例報告] Diffusion-weighted MRI of the Cervical Cord in Acute Spinal Cord Injury with Type U Odontoid Fracture. 鷺内隆雄 (放), 橘 滋国, 遠藤昌孝 (脳外), 早川和重 (放): Journal Computer Assisted Tomography, 26 (4): 654〜656, 2002.

1328. [症例報告] Increased uptake of technetium-99m-hexamethy lpropyleneamine oxime related primary leptomeningeal melanoma. 鷺内隆雄 (放), 石井鋭尚, 宇津木 聡 (脳外), 浅野雄一, 塚原信也 (内), 菅 信一 (放), 藤井清孝 (脳外), 早川和重 (放): Am J Neuroradiol, 23 (8): 1404〜1406, 2002.

1329. [症例報告] Huge Chronic Subdural Hematoma Mimicking Cerebral Infarction on Computed Tomography -Case Report-. 清水 暁, 小澤達也, 入倉克巳 (脳外), 鷺内隆雄, 菅 信一 (放), 藤井清孝 (脳外): Neurologia medico-chirurgica, 42 (9): 380〜382, 2002.

1330. [症例報告] Visual Field Defects due to a Shunt Valve Migrating into the Cranium. 清水 暁, 望月崇弘, 中山賢司, 藤井清孝 (脳外): Acta Neurochir, 144: 1055〜1056, 2002.

1331. [症例報告] Multicentric gliomaと考えられた2症例. 田中 聡, 小林郁夫 (脳外), 長谷川ひとみ, 廣瀬隆一 (内), 河野 宏: 埼玉県医学会雑誌, 36 (5): 500〜504, 2002.

1332. [症例報告] Unusual Accessory Cranial Sutures in Pediatric Head Trauma -Case Report-. 中原邦晶, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外), 菅 信一 (放), 藤井清孝 (脳外): Neurologia medico-chirurgica, 43 (2): 80〜81, 2003.

1333. [総説] 絞扼性末梢神経障害の手術治療. 橘 滋国 (脳外): 脳神経外科, 30 (8): 809〜821, 2002.

1334. [総説] 予後評価とインフォームドコンセント−脳血管障害−. 山田 勝 (脳外): 救急・集中治療, 14 (4): 339〜348, 2002.

1335. [編集者への手紙] Lumbar Drain. 清水 暁 (脳外): J Neurosurg, 98: 442〜443, 2003.

[著 書]

1336. [学術書] (分担執筆) ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療; Low grade astrocytomaに対する術後放射線単独療法: 長期経過観察例からみた転帰, p.409〜412. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外), 九州大学出版, 九州, 2002発行.

1337. [学術書] (分担執筆) ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療; 頭蓋咽頭腫におけるcadherinおよびcateninの発現, p.277〜281, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外), 九州大学出版, 九州, 2002発行.

1338. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科臨床指針; 末梢神経疾患の診断と治療, p.608〜616, 橘 滋国 (脳外), 編集 橋本信夫, 中外医学社, 東京, 2002発行.

1339. [学術書] (分担執筆) ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療; 定量的RT-PCRによる脳腫瘍の個別化補助療法, p.361〜365. 田中 聡, 小林郁夫 (脳外), 渡辺高志 (鳥取大脳外), 堀 智勝 (東女医大脳外), 宇津木 聡, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 九州大学出版, 九州, 2002発行.

1340. [学術書] (分担執筆) 脊椎脊髄の手術; 後正中溝進入法, pp.71〜76. 三井公彦, 清水 暁 (脳外), 編集 戸山芳昭, 阿部俊昭, 三輪書店, 東京, 2002発行.

1341. [学術書] (分担執筆) 整形外科インフォームドコンセントとパス; 脊髄腫瘍, pp.168〜172. 三井公彦 (脳外), 編集 松井宣雄, 出沢 明, 中外医学社, 東京, 2003発行.

1342. [学術書] (共著) いまから学ぶ「リスクマネジメントの基礎と実例」. 藤井清孝 (脳外), 小島恭子, エルゼビア サイエンス ミクス, 東京, 2002発行.

1343. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針; 脊髄腫瘍, p.599〜600. 橘 滋国 (脳外), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2003発行.

1344. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針; 頸部椎間板症候群, p.588〜589. 橘 滋国 (脳外), 大日本印刷, 東京, 2002発行.

1345. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針2002; 馬尾腫瘍, p.653. 三井公彦 (脳外), 医学書院, 東京, 2002発行.

[学会・研究会等]

1346. [学会 (国際)] (ポスター) Invasive meningioma is associated with a low expression of E-cadherin and beta-catenin. 宇津木 聡, 岡 秀宏 (脳外), 佐藤雄一 (病理), 鈴木祥生, 川野信之, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): AANS (2002.04.06), Chicago.

1347. [学会 (国際)] (ポスター) Significance of glioma surgery and Chemotherapy. 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 渡辺高志 (鳥取大脳外), 堀 智勝 (東女医大脳外): 4th Asian Conference of Neurological Surgeons (2002.11.28), 香港.

1348. [学会 (国際)] (ポスター) Efficacy of endovascular surgery for treatment of acute epidural hematoma. 鈴木祥生, 遠藤昌孝, 倉田 彰, 大桃丈知, 岡 秀宏 (脳外), 北原孝雄, 大和田 隆 (救命), 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): AANS (2002.04.06), Chicago.

1349. [学会 (国際)] (ポスター) Radical removal of craniopharyngiomas: long-term functional outcome. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): AANS annual meeting (2002.04.06), Chicago.

1350. [学会 (国際)] (一般講演) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumors. A new malignant pediatric brain tumor to be distinguished from medulloblastoma/PNET. 岡 秀宏, B.W., Scheithauer, 宇津木 聡, 田中 聡, 近藤宏治, 藤井清孝 (脳外): 1st Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology (2002.11.19), 熊本.

1351. [学会 (国際)] (特別講演) Microsurgical anatomy of the lateral and third ventricles. 藤井清孝 (脳外): 第6回江西省脳神経外科学会 (2002.10.28), 江西省南昌市江西医学.

1352. [学会 (全国)] (一般講演) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumorとmedulloblastoma: その組織診断の再評価. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第23回ニューロ・オンコロジィの会 (2002.04.13), 東京.

1353. [学会 (全国)] (一般講演) Medulloblastomaにおける接着因子の発現意義. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 川野信之, 藤井清孝(脳外): 第20回日本脳腫瘍病理学会 (2002.05.11), 広島.

1354. [学会 (全国)] (一般講演) Atipical Teratoid/Rhabdoid Tumorとmedullpblastomaの予後: 組織診断の再評価の重要性. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第30回日本小児神経外科学会 (2002.06.07), 旭川.

1355. [学会 (全国)] (一般講演) 小児神経膠芽腫の手術アプローチと個別化補助療法. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 今野慎吾, 中原邦晶, 藤井清孝 (脳外): 第30回日本小児神経外科学会 (2002.06.08), 旭川.

1356. [学会 (全国)] (一般講演) 脳血管撮影中に再破裂をきたした脳動脈瘤症例の検討. 久須美真理, 山田 勝(脳外), 北原孝雄 (救命), 遠藤昌孝, 石渡雅男, 荻原宏之, 藤井清孝 (脳外): 第16回日本神経救急学会 (2002.05.11), 東京.

1357. [学会 (全国)] (一般講演) 第三脳室内悪性リンパ腫の一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 石渡雅男, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第23回ニューロ・オンコロジィの会 (2002.04.13), 東京.

1358. [学会 (全国)] (一般講演) 脊髄疾患における拡散強調画像. 鷺内隆雄 (放), 飯田秀夫, 橘 滋国, 藤井清孝(脳外): 第37回日本脊髄障害医学会 (2002.11.09), 和歌山.

1359. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内腫瘍摘出における中心血管の解剖と臨床. 三井公彦, 三島大徳, 諏訪知也, 清水 暁 (脳外): 第9回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会 (2002.09.14), 名古屋.

1360. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内腫瘍摘出における中心血管の解剖と臨床. 三井公彦, 諏訪知也, 三島大徳, 清水 暁 (脳外): 第37回日本脊髄障害医学会 (2002.11.09), 和歌山.

1361. [学会 (全国)] (一般講演) 馬尾に発生したと考えられた髄膜腫の1例. 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第88回日本脳神経外科学会総会 (2002.11.23), 東京.

1362. [学会 (全国)] (一般講演) 後頭蓋窩AVMの治療成績の検討−radiosurgery導入後の−. 山田 勝, 倉田 彰, 田中柳水, 藤井清孝, 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 宮坂佳男 (脳外): 第31回日本脳卒中外科学会(2002.04.25), 仙台.

1363. [学会 (全国)] (一般講演) Treatment outcome of cerebral AVM in the posterior cranial fossa -Influence of induction of radiosurgery-. 山田 勝, 倉田 彰, 田中柳水, 藤井清孝, 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 宮坂佳男 (脳外): The 4th International Symposium on Cerebral and Spinal Cord AVM (2002.09.06), 京都.

1364. [学会 (国際)] (一般講演) Rebleeding of the pontine AVM after radiosurgery from the residual AV fistula: Case report. 望月崇弘, 山田 勝, 倉田 彰, 谷崎義徳, 中山賢司, 藤井清孝 (脳外): The 4th International Symposium on Cerebral and Spinal Cord AVM (2002.09.06), 京都.

1365. [学会 (全国)] (一般講演) Microsurgical Anatomy of the Supratentorial Choroidal Arteries. 藤井清孝, 詠田眞治, 田中柳水 (脳外), Rhoton A.L. Jr.: 1st International Symposium on the Microsurgical Anatomy(2002.10.05), 松本.

1366. [学会 (全国)] (一般講演) 血管撮影にて描出されなかった脊髄硬膜動静脈瘻の2例. 石渡雅男, 橘 滋国(脳外): 第37回日本脊髄障害医学会 (2002.11.09), 和歌山.

1367. [学会 (全国)] (一般講演) Ependymoma におけるmicrolumenの光学顕微鏡における検出−抗原賦活EMAとCD99 (MIC-2) 免疫染色の有用性−. 川野信之, 宇津木 聡, 岡 秀宏, 谷崎義徳, 近藤宏治, 藤井清孝, 安井美江, 根本典子, 宮沢七郎 (脳外): 第20回日本脳腫瘍病理学会 (2002.05.11), 広島.

1368. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対する解離部位でのコイル塞栓術の有用性について. 倉田 彰, 小澤 仁, 山田 勝, 田中柳水, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 鈴木祥生 (脳外): 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.02), 松本.

1369. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対する解離部位でのコイル塞栓術の有用性について−直達手術例, バルーン近位閉塞治療例と比較して−. 倉田 彰, 小澤 仁, 中原邦晶, 藤井清孝 (脳外), 北原孝雄(救命), 鈴木祥生, 大桃丈知 (脳外): 第18回日本脳神経血管内治療学会 (2002.12.04), 沖縄.

1370. [学会 (全国)] (一般講演) 不随意運動に対するガンマ視床手術. 大江千廣, 柴崎 徹, 坐間 朗 (日高病院脳外), 佐藤澄人 (脳外): 第41回日本定位・機能神経外科学会 (2002.10.01), 松本.

1371. [学会 (全国)] (一般講演) A1M1を含む内頸動脈本幹部の血栓塞栓性急性閉塞に対する治療戦略. 大桃丈知, 倉田 彰, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): 第18回日本脳神経血管内治療学会 (2002.12.04), 沖縄.

1372. [学会 (全国)] (一般講演) リアルタイムPCRに基づいたindividual adjuvant therapy (IAT). 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 渡辺高志 (鳥取大脳外), 堀 智勝 (東女医大脳外): 第20回日本脳腫瘍学会 (2002.11.16), 熊本.

1373. [学会 (全国)] (一般講演) 経頭蓋高電圧刺激による術中MEPモニタリングの有用性. 田中 聡, 岩本和久, 宇津木 聡, 高梨淳子 (北里研究所メディカルセンター病院中央検査), 佐藤隆博 (脳外): 第32回日本臨床神経生理学会学術集会 (2002.11.15), 福島.

1374. [学会 (全国)] (一般講演) Middle cranial fossa approach の microsurgical anatomy. 田中柳水, 清水 暁, 岡 秀宏, 山田 勝, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外), Rhoton A.L. Jr.: 第11回脳神経外科手術と機器学会(2002.04.12), 山梨.

1375. [学会 (全国)] (一般講演) 顔面神経の外科解剖. 田中柳水, 井上琢哉 (九大脳外), 清水 暁, 藤井清孝 (脳外), Albert L. Rhoton Jr.: 第14回日本頭蓋底外科学会 (2002.06.21), 福岡.

1376. [学会 (全国)] (一般講演) 頸髄神経鞘腫−当施設で経験した22例−. 田中柳水, 橘 滋国, 石渡雅男, 清水 暁, 飯田秀夫, 藤井清孝 (脳外): 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.04), 松本.

1377. [学会 (全国)] (一般講演) 画像上短時間で消失が確認された急性硬膜下血腫の3乳幼児例. 萩原宏之, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第88回日本脳神経外科学会総会 (2002.11.23), 東京.

1378. [学会 (全国)] (一般講演) Isolated type transverse-sigmoid sinus dural AVFにおけるTAEの有用性について. 萩原宏之, 鈴木祥生, 倉田 彰, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第18回日本脳血管内治療学会(2002.12.05), 沖縄.

1379. [学会 (全国)] (一般講演) Medulloblastomaと meningiomaを合併したGorlin syndromeの一例. 福島 浩, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 岩本和久, 石渡雅男, 宮島良輝, 藤井清孝 (脳外): 第30回日本小児神経外科学会(2002.06.08), 旭川.

1380. [学会 (全国)] (一般講演) 電気的血栓化による血管閉塞の実験的研究. 鈴木祥生, 倉田 彰, 大桃丈知 (脳外), 中山茂信 (実動), 平山 寿, 安井美江, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脳血管内治療学会 (2002.12.04), 沖縄.

1381. [学会 (全国)] (一般講演) ACTHが高値であったprolactinomaの一例. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久(脳外), 廣瀬隆一, 長谷川ひとみ (内), 岡 秀宏, 藤井清孝(脳外): 第13回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2003.02.05), 島根.

1382. [学会 (全国)] (一般講演) 視神経への炎症波及により視力障害を主訴として発した下垂体腫瘍の一例. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久(脳外), 廣瀬隆一, 長谷川ひとみ (内), 本告 匡 (病理), 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第13回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2003.02.05), 島根.

1383. [学会 (全国)] (一般講演) 小脳視床膠芽腫の手術アプローチと個別化学補助療法. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 佐藤公俊, 宮島良輝, 清水 暁, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): 第13回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2003.02.05), 島根.

1384. [学会 (全国)] (一般講演) 第三脳室内に限局した稀な原発性頭蓋内悪性リンパ腫の一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 佐藤公俊, 藤井清孝 (脳外): 第13回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2003.02.05), 島根.

1385. [学会 (全国)] (一般講演) トルコ鞍内海綿状血管腫の1例. 近藤宏治, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 谷崎義徳, 佐藤公俊, 宮島良輝, 清水 暁, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): 第13回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2003.02.05), 島根.

1386. [学会 (全国)] (一般講演) 症候性ラトケ嚢胞に合併したciliated craniopharyngiomaの一例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 宮島良輝, 清水 暁, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): 第13回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2003.02.04), 島根.

1387. [学会 (全国)] (一般講演) Low grade astrocytomaへの放射線照射後にpolar spongioblastic patternを呈したgliosarcomaの一例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外), 岩淵啓一 (病理), 柳下三郎, 川野信之: 第26回日本脳神経CI学会総会(2003.02.08), 名古屋.

1388. [学会 (全国)] (ポスター) ACNU耐性細胞におけるIn vitro薬剤感受性. 宇津木 聡, 田中 聡, 岡 秀宏, 近藤宏治, 谷崎義徳, 岩本和久, 藤井清孝 (脳外): 第20回日本脳腫瘍学会 (2002.11.16), 熊本.

1389. [学会 (全国)] (ポスター) Pineocytomaとの鑑別が困難であったependymomaの一例. 宇津木 聡, 川野信之, 岡 秀宏, 福島 浩, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝 (脳外), 柳下三郎 (神奈川リハビリテーションセンター病理): 第20回日本脳腫瘍病理学会 (2002.05.10), 広島.

1390. [学会 (全国)] (ポスター) 術中経頭蓋MEPモニタリングの有用性. 岩本和久, 宇津木 聡, 小林郁夫, 田中 聡 (脳外): 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.02), 松本.

1391. [学会 (全国)] (ポスター) Hyalin inclusionを伴った脈絡叢乳頭腫の一例. 久須美真理, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 安井美江, 藤井清孝, 川野信之 (脳外), 鷺内隆雄 (放), 飯田秀夫 (脳外): 第20回日本脳腫瘍病理学会 (2002.05.11), 広島.

1392. [学会 (全国)] (ポスター) 小児期に神経膠芽腫を発症し, その後類もやもや病とglioblastomaを合併したNeurofibromatosis type Tの一例. 久須美真理, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 安井美江 (脳外), 鷺内隆雄 (放), 飯田秀夫, 藤井清孝 (脳外): 第30回日本小児神経外科学会 (2002.06.06), 旭川.

1393. [学会 (全国)] (ポスター) 脳幹に発生したthabdomyosarcomaの一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 石渡雅男, 福島 浩, 安井美江, 藤井清孝 (脳外), 岩渕啓一 (病理), 川野信之 (脳外), 柳下三郎 (神奈川リハビリテーションセンター病理): 第20回日本脳腫瘍病理学会 (2002.05.10), 広島.

1394. [学会 (全国)] (ポスター) 出血発症inferior petrosal sinus AVFの稀な一例. 宮島良輝, 倉田 彰, 鈴木祥生, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第18回日本脳神経血管内治療学会 (2002.12.04), 沖縄.

1395. [学会 (全国)] (ポスター) 硬膜動静脈奇形57例の検討−海綿静脈洞部例と横静脈洞部例の比較−. 山田 勝, 倉田 彰, 鈴木祥生, 田中柳水, 望月崇弘, 入倉克巳, 藤井清孝, 宮坂佳男 (脳外): 第27回日本脳卒中学会(2002.04.24), 仙台.

1396. [学会 (全国)] (ポスター) ラット慢性全脳静脈圧亢進モデルにおけるIodoamphetamine (IMP) uptakeの上昇. 山田 勝, 湯澤 泉 (脳外), 鷺内隆雄 (放), 田中柳水, 藤井清孝, 入倉克巳, 宮坂佳男 (脳外): 第14回日本脳循環代謝学会総会 (2002.11.05), 大宮.

1397. [学会 (全国)] (ポスター) Iodoamphetamine (IMP) uptake in the brain is increased after experimental cerebral venous hypertension in the rat. 山田 勝, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外): The 12th International Symposium on Brain Edema and Brain Tissue Injury (2002.11.11), 箱根.

1398. [学会 (全国)] (ポスター) 老年期に発症したmalignant glio-neuronal tumorの一例. 小泉寛之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 福島 浩, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝, 川野信之 (脳外), 柳下三郎: 第20回日本脳腫瘍病理学会 (2002.05.11), 広島.

1399. [学会 (全国)] (ポスター) 新しい塞栓物質材料プラチナボール. 小澤 仁, 倉田 彰, 大桃丈知, 鈴木祥生 (脳外), 菅 信一 (放), 藤井清孝 (脳外): 第18回日本脳神経血管内治療学会 (2002.12.04), 沖縄.

1400. [研究会 (全国)] (ポスター) 横突起間・横突孔内の静脈の外科解剖. 清水 暁, 三井公彦, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脊髄外科研究会 (2002.06.13), 静岡.

1401. [学会 (全国)] (ポスター) 頸椎横突起間・横突孔内の静脈の外科解剖. 清水 暁, 三井公彦, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.02), 松本.

1402. [研究会 (全国)] (ポスター) 血管撮影にて描出されなかった脊髄硬膜AVFの2例. 石渡雅男, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脊髄外科研究会 (2002.06.14), 静岡.

1403. [学会 (全国)] (ポスター) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor (AT/RT) の一例. 大澤成之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 安井美江, 藤井清孝, 川野信之(脳外): 第20回日本脳腫瘍病理学会(2002.05.10), 広島.

1404. [学会 (全国)] (ポスター) Ehlers-Danlos syndromeによる, 頸動脈解離に対するステント留置術の有用性について. 中原邦晶, 倉田 彰, 山崎友也, 藤井清孝(脳外), 西巻 博 (放), 宮坂佳男, 鈴木祥生, 大桃丈知 (脳外): 第18回日本脳神経血管内治療学会 (2002.12.04), 沖縄.

1405. [学会 (全国)] (ポスター) Sprague-Dawley ratにおける塞栓糸一過性中大脳動脈閉塞モデルの梗塞再現性の検討. 湯澤 泉, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝, 入倉克巳 (脳外): 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.02), 松本.

1406. [学会 (全国)] (ポスター) Sprague-Dawley ratにおける塞栓糸一過性中大脳動脈閉塞モデルの梗塞再現性の検討. 湯澤 泉, 山田 勝, 田中柳水 (脳外), 鷺内隆雄 (放), 入倉克巳, 藤井清孝 (脳外): 第14回日本脳循環代謝学会総会 (2002.11.05), 大宮.

1407. [学会 (全国)] (ポスター) 動静脈奇形・硬膜動静脈瘻. 萩原宏之, 鈴木祥生, 宮坂佳男, 高木 宏, 藤井清孝 (脳外): 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.04), 松本.

1408. [学会 (全国)] (ポスター) 血管内手術とガンマナイフによって治療した脳幹AVMの一例. 望月崇弘, 山田 勝, 倉田 彰, 田中柳水, 岩本和久, 藤井清孝 (脳外): 第31回日本脳卒中の外科学会 (2002.04.25), 仙台.

1409. [学会 (全国)] (ポスター) 血管内手術後IQの改善を認めた小児AVFの1例. 鈴木祥生, 倉田 彰, 大桃丈知, 萩原宏之, 中原邦晶 (脳外), 鷺内隆雄 (放), 藤井清孝 (脳外): 第30回日本小児神経外科学会 (2002.06.06), 旭川.

1410. [学会 (全国)] (ポスター) 非典型的な画像を呈した下垂体腫瘍の一例. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久 (脳外), 廣瀬隆一, 長谷川ひとみ (内), 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第26回日本脳神経CI学会総会 (2003.02.08), 名古屋.

1411. [学会 (全国)] (ポスター) 急性硬膜下血腫を伴った脳動静脈奇形の一例. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久 (脳外), 廣瀬隆一, 長谷川ひとみ (内), 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第26回日本脳神経CI学会総会 (2003.02.08), 名古屋.

1412. [学会 (全国)] (ポスター) 脳血管造影中に再破裂をきたした破裂脳動脈瘤13例の検討. 久須美真理, 山田 勝 (脳外), 北原孝雄 (救命), 遠藤昌孝, 飯田秀夫 (脳外), 鷺内隆雄 (放), 藤井清孝 (脳外): 第32回日本脳卒中の外科学会 (2003.03.15), 東京.

1413. [学会 (全国)] (ポスター) 石灰化慢性硬膜下血腫内腫瘍の一例. 佐藤公俊, 山田 勝, 清水 暁, 今野慎吾, 藤井清孝 (脳外), 菅 信一 (放): 第26回日本脳神経CI学会総会 (2003.02.08), 名古屋.

1414. [学会 (全国)] (ポスター) 出血性もやもや病の検討. 山田 勝, 倉田 彰, 田中柳水, 湯澤 泉, 藤井清孝, 宮坂佳男 (脳外): 第28回日本脳卒中学会 (2003.03.13), 東京.

1415. [学会 (全国)] (ポスター) 非典型的な画像所見を示した頭蓋内悪性リンパ腫の一例. 諏訪知也, 三島大徳, 三井公彦 (脳外), 三富弘之 (病理), 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 菅 信一 (放), 柳下三郎: 第26回日本脳神経CI学会総会 (2003.02.08), 名古屋.

1416. [学会 (全国)] (ポスター) 脳動脈瘤の血管内塞栓術の合併症の検討. 鈴木祥生, 倉田 彰, 大桃丈知, 平山 寿, 宮坂佳男, 田中柳水, 入倉克巳, 山田 勝, 岡 秀宏, 遠藤昌孝 (脳外), 北原孝雄 (放), 藤井清孝 (脳外): 第32回日本脳卒中の外科学会 (2003.03.15), 東京.

1417. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋骨発現の悪性リンパ腫の一例. 福島 浩, 岡 秀宏, 清水 暁, 中原邦晶, 今野慎吾, 山崎友也, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第26回日本脳神経CI学会総会 (2003.02.08), 名古屋.

1418. [学会 (全国)] (教育講演) 側頭骨の外科解剖. 田中柳水 (脳外), アルバート・ロートン Jr.: 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.03), 松本.

1419. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumors (AT/RTs): Medulloblastoma/PNETと鑑別を要する新腫瘍概念. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 安井美江, 藤井清孝, 川野信之 (脳外): 第20回日本脳腫瘍病理学会 (2002.05.11), 広島.

1420. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 頭蓋咽頭腫に対する視機能および内分泌機能温存手術の評価. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第7回日本脳腫瘍の外科学会(2002.11.01), 岐阜.

1421. [学会 (全国)] (シンポジウム等) グリオーマ治療における手術と化学療法の意義. 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第7回日本脳腫瘍の外科学会 (2002.11.01), 岐阜.

1422. [学会 (全国)] (シンポジウム等) グリオーマに対するリアルタイムPCRに基づいたIndividual adjuvand therapy (ITA). 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 渡辺高志 (鳥取大脳外), 堀 智勝 (東女医大脳外): 第61回日本脳神経外科学会総会 (2002.10.02), 松本.

1423. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 頭蓋咽頭腫の機能予後. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 佐藤公俊, 宮島良輝, 清水 暁, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): 第13回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2003.02.04), 島根.

1424. [学会 (全国)] (ワークショップ) 破裂解離性椎骨動脈瘤の臨床像及びコイル塞栓術の有用性について. 倉田 彰, 大桃丈知, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外), 北原孝雄(救命), 菅 信一 (放): 第8回日本脳神経外科救急医学会(2003.01.17), 大阪.

1425. [学会 (地方)] (一般講演) 視神経への炎症波及による視力障害にて発症した下垂体腫瘍の1例. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第88回日本脳神経外科学会関東地方会 (2002.11.23), 東京.

1426. [学会 (地方)] (一般講演) 経頭蓋高電圧刺激MEPが有用であった高齢者髄膜腫の2例. 岩本和久, 宇津木 聡, 小林郁夫, 田中 聡 (脳外): 第86回日本脳神経外科学会関東地方会 (2002.06.01), 東京.

1427. [学会 (地方)] (一般講演) 出血発症inferior petrosal sinus dural AVFの稀な1例. 宮島良輝, 倉田 彰, 鈴木祥生, 藤井清孝, 宇津木 聡 (脳外): 第86回日本脳神経外科学会関東地方会 (2002.06.01), 東京.

1428. [学会 (地方)] (一般講演) Ciliated craniopharyngiomaの1例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 今野慎吾, 藤井清孝(脳外): 第87回日本脳神経外科学会関東地方会(2002.09.14), 東京.

1429. [学会 (地方)] (一般講演) 星細胞腫治療後の放射線誘発肉腫に対するメトトレキセート大量療法とロイコボリン救助療法. 小泉寛之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 上笹 航, 今野慎吾, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第4回学術集会 (2002.09.13), 横浜.

1430. [学会 (地方)] (一般講演) Pupil sparing oculomotor nerve palsy due to IC-PC aneurysm. 荻原宏之, 宮坂佳男, 高木 宏, 中原邦晶, 田中柳水 (脳外): 第87回日本脳神経外科学会関東地方会 (2002.09.14), 東京.

1431. [学会 (地方)] (一般講演) 画像上経時変化が確認できたくも膜嚢胞に合併した慢性硬膜下血腫の1例. 荘司光彦, 田中千彦 (脳外), 菅 信一 (放), 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): 第87回日本脳神経外科学会関東地方会(2002.09.14), 東京.

1432. [学会 (地方)] (一般講演) GDCを用い治癒しえたPCA dissecting aneurysmの1例. 萩原宏之, 宮坂佳男, 高木 宏, 倉田 彰 (脳外): 第89回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003.03.01), 東京.

1433. [学会 (地方)] (一般講演) 当院脳神経外科における脳血栓症塗料の現状について. 大高弘稔 (脳外): Brain Attack Forum 2003 in Tokyo (2003.03.01), 東京.

1434. [学会 (地方)] (一般講演) クモ膜下出血で発症した脊髄動脈瘤の1例. 平山 寿, 高野 誠, 岡田卓郎, 大高弘稔, 三井公彦 (脳外): 第89回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003.03.01), 東京.

1435. [学会(地方)] (一般講演) Primary central nervous system T-cell lymphomaの1例. 諏訪知也, 三島大徳, 三井公彦 (脳外), 菅 信一 (放), 柳下三郎 (神奈川リハビリテーションセンター病理): 第89回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003.03.01), 東京.

1436. [研究会 (国際)] (一般講演) Aneurysm rerupture during angiography -significance of the timing of examination-. 久須美真理, 山田 勝 (脳外), 北原孝雄(救命), 遠藤昌孝, 飯田秀夫 (脳外), 鷺内隆雄 (放), 藤井清孝 (脳外): The 7th International Workshop on Cerebrovasucular surgery (2002.09.05), 京都.

1437. [研究会 (全国)] (一般講演) 頸椎椎間板障害の自然経過. 橘 滋国 (脳外): 第43回日本神経学会総会(2002.05.30), 札幌.

1438. [研究会 (全国)] (一般講演) 棘間靭帯を温存した骨形成的椎弓切除術. 橘 滋国, 石渡雅男, 久須美真理(脳外): 第17回日本脊髄外科研究会 (2002.06.14), 静岡.

1439. [研究会 (全国)] (一般講演) MRI画像で診断困難であった胸髄mobile neurinoma. 望月崇弘, 田中柳水, 仁木 淳, 小泉寛之, 荘司光彦, 岩本和久, 山田 勝, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脊髄外科研究会(2002.06.13), 静岡.

1440. [研究会 (全国)] (一般講演) 血管内手術とガンマナイフによって治療した脳幹AVMの一例. 望月崇弘, 山田 勝, 倉田 彰 (脳外): 第10回脳卒中フォーラム(2002.04.12), 横浜.

1441. [研究会 (全国)] (一般講演) 中頭蓋窩に進展した聴神経腫瘍の一例. 小谷承子, 菅 信一, 矢内原 久, 早川和重 (放), 岡 秀宏 (脳外): 第11回日本聴神経腫瘍研究会 (2002.06.01), 東京.

1442. [研究会 (全国)] (ポスター) 頸髄拡散強調画像が診断に有用であった急性期脊髄梗塞の1例. 鷺内隆雄 (放), 飯田秀夫, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本脊髄外科研究会 (2002.06.14), 静岡.

1443. [研究会 (全国)] (ポスター) 頸椎症性術後脊髄浮腫を来した2例. 三井公彦, 三島大徳, 諏訪知也 (脳外): 第17回日本脊髄外科研究会 (2002.06.14), 静岡.

1444. [研究会 (全国)] (一般講演) 中頭蓋窩に進展した聴神経腫瘍の一例. 小谷承子, 菅 信一, 矢内原 久, 早川和重 (放), 岡 秀宏 (脳外): 第11回日本聴神経腫瘍研究会 (2002.06.01), 東京.

1445. [研究会 (全国)] (一般講演) 血管内手術とガンマナイフによって治療した脳幹AVMの一例. 望月崇弘, 山田 勝, 倉田 彰 (脳外): 第10回脳卒中フォーラム(2002.04.12), 横浜.

1446. [研究会 (地方)] (一般講演) ガンマナイフによる定位的視床手術の至適目標点の間接的・神経生理学的検討. 佐藤澄人 (脳外), 大江千廣, 柴崎 徹, 坐間 朗 (日高病院脳外): 第15回関東機能的脳外科カンファランス (2002.09.07), 東京.

1447. [研究会 (地方)] (一般講演) 頭蓋低腫瘍手術におけるパルーIおよびアースロケアマルチエレクトロードシステム2000の有用性. 岡 秀宏, 清水 暁, 中原邦晶, 福島 浩, 佐藤公俊, 宮島良輝, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第5回学術集会 (2003.01.31), 横浜.

1448. [研究会 (地方)] (一般講演) Spongioblastic patternを呈した再発腫瘍の1例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝, 川野信之 (脳外), 柳下三郎 (神奈川リハビリテーションセンター病理): 第83回東京脳腫瘍研究会 (2002.07.06), 東京.

1449. [研究会 (地方)] (一般講演) 前頭蓋低とethmoid sinusに主座を置く腫瘍の1例. 佐藤公俊, 宇津木 聡, 岡 秀宏, 安井美江, 藤井清孝, 川野信之 (脳外), 柳下三郎 (神奈川リハビリテーションセンター病理): 第84回東京脳腫瘍研究会 (2002.11.09), 東京.

1450. [研究会 (地方)] (一般講演) 脳出血と間違われた転移性脳腫瘍の一例. 上笹 航, 岡 秀宏, 田中 聡, 今野慎吾, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第4回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2002.05.31), 東京.

1451. [研究会 (地方)] (一般講演) EC-ICバイパスを用いて治療した血栓化後下小脳動脈瘤の1例. 大澤成之, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): 第4回北里ブレインアタックセミナー (2002.07.10), 相模原.

1452. [研究会 (地方)] (一般講演) 若年成人に発症した眼窩内腫瘍の一手術例. 福島 浩, 岡 秀宏, 清水 暁, 藤井清孝 (脳外): 第5回東京若手脳腫瘍治療会懇話会(2002.12.20), 東京.

1453. [研究会 (地方)] (一般講演) 診断に苦慮した小脳海綿状血管腫の一例. 宮島良輝, 山田 勝, 倉田 彰, 中原邦晶, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), 菅 信一 (放): 第9回県央ストロークカンファレンス (2003.02.20), 相模原.

1454. [研究会 (地方)] (一般講演) 脳出血と間違われた転移性脳腫瘍の一例. 上笹 航, 岡 秀宏, 田中 聡, 今野慎吾, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第4回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2002.05.31), 東京.

1455. [研究会 (地方)] (一般講演) Spongioblastic patternを呈した再発腫瘍の1例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝, 川野信之 (脳外), 柳下三郎: 第83回東京脳腫瘍研究会 (2002.07.06), 東京.

1456. [研究会 (地方)] (一般講演) EC-ICバイパスを用いて治療した血栓化後下小脳動脈瘤の1例. 大澤成之, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): 第4回北里ブレインアタックセミナー (2002.07.10), 相模原.

1457. [研究会 (地方)] (一般講演) ガンマナイフによる定位的視床手術の至適目標点の間接的・神経生理学的検討. 佐藤澄人 (脳外), 大江千廣, 柴崎 徹, 坐間 朗: 第15回関東機能的脳外科カンファランス (2002.09.07), 東京.

1458. [研究会 (地方)] (一般講演) 痙攣重積を呈した原因不明のクモ膜下出血の1例. 高野 誠, 平山 寿, 岡田卓郎, 大高弘稔 (脳外): 第23回多摩地区脳卒中研究 (2002.11.09), 立川.

1459. [研究会 (地方)] (一般講演) 前頭蓋低とethmoid sinusに主座を置く腫瘍の1例. 佐藤公俊, 宇津木 聡, 岡 秀宏, 安井美江, 藤井清孝, 川野信之 (脳外), 柳下三郎: 第84回東京脳腫瘍研究会 (2002.11.09), 東京.

1460. [研究会 (地方)] (一般講演) 縫合線離開をきたした斜頭症骨延長の1例. 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 山山竒安晴, 橋本信子, 増田竜児, 山田 勝 (脳外): 第5回北里形成外科フォーラム (2002.11.23), 横浜.

1461. [研究会 (地方)] (一般講演) グリオーマに対するリアルタイムPCRに基づいたindividual adjuvant therapy (IAT). 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 安井美江, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第4回北里腫瘍フォーラム (2003.01.24), 相模原.

1462. [研究会 (地方)] (一般講演) 頭蓋低腫瘍手術におけるパルーIおよびアースロケアマルチエレクトロードシステム2000の有用性. 岡 秀宏, 清水 暁, 中原邦晶, 福島 浩, 佐藤公俊, 宮島良輝, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第5回学術集会 (2003.01.31), 横浜.

1463. [研究会 (地方)] (一般講演) 診断に苦慮した小脳海綿状血管腫の一例. 宮島良輝, 山田 勝, 倉田 彰, 中原邦晶, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外), 菅 信一 (放): 第9回県央ストロークカンファレンス (2003.02.20), 相模原.

1464. [研究会 (地方)] (一般講演) 小脳挫傷を伴った頭部外傷の一例. 高野 誠, 大高弘稔, 平山 寿, 岡田卓郎 (脳外): 第7回多摩神経外科カンファレンス (2003.02.28), 東京.

1465. [研究会 (地方)] (一般講演) GDCを用い治療しえたPCA dissecting aneurysmの1例. 萩原宏之, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第22回神奈川脳血管内手術懇話会(2003.03.10), 横浜.

1466. [研究会 (地方)] (教育講演) 小脳橋角部腫瘍に対する手術アプローチ−その微小解剖と実際−. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第4回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2002.05.31), 東京.

1467. [研究会 (地方)] (教育講演) 脳血管障害の手術とリスクマネジメント. 藤井清孝 (脳外): 第10回鹿児島脳神経外科セミナー (2002.11.26), 鹿児島.

1468. [研究会 (地方)] (特別講演) ウィリス輪閉塞症 (もやもや病)−病気の理解と療養生活について−. 藤井清孝 (脳外): ウィリス輪閉塞症 (もやもや病) 講演会(2002.07.09), 福生.

1469. [研究会 (地方)] (特別講演) もやもや病−病気の理解と療養生活について−. 藤井清孝 (脳外): 神経系難病講演会 (2002.09.26), 東京.

1470. [セミナー (国際)] (特別講演) Microsurgical anatomy of the lateral and third ventricles. 藤井清孝 (脳外): 北里大学学術交流団特別講演会 (2002.10.24), 上海, 華山病院.


<<小児科学>>

[学術論文]

1471. [原著] Association study between CD30 and CD30 ligand genes and type 1 diabetes in the Japanese population. Ahmed, S., Ihara, K. (九大), Bassuny, R.K., Kohno, H. (福岡こども), Miyako, K. (九大), 松浦信夫 (児), Iwasa, I., Nagafuchi, S., Hara, T. (九大): Genes Immunity, 3: 96〜101, 2002.

1472. [原著] Association study of the NRAMP1 gene polymorphism and early-onset type 1 diabetes. Bassuny, W.M., Ihara, K. (九大), 松浦信夫 (児), Ahmed, S., Kohno, H. (福岡こども), Kuromaru, R., Miyako, K., Hara, T. (九大): Immunogenetics, 54: 282〜285, 2002.

1473. [原著] Effect of captopril or imidapril on the progression of diabetic nephropathy in Japanese with type 1 diabetes mellitus: a randomized controlled study (JAPAN-IDDM). Katayama, S. (埼玉医大), Kikkawa, R. (滋賀医大), Isogai, S. (東邦大), Sasaki, N. (埼玉医大), 松浦信夫 (児), Tajima, N. (慈恵医大), Urakami, T. (日本大), Uchigata, Y. (女子医大), Ohashi, Y. (東大): Diabetes Res. Clin. Pract., 55: 113〜121, 2002.

1474. [原著] Insulin Injection Regimens and Metabolic Control in an International Survey of Adolescents with Type-1-Diabetes over 3 years: Results from the Hvidore Study Group. Holl, R.W., Swift, P.G.F., Mortensen, H.B., Lynggaard, H., Hougaard, P., Aanstoot, H.J., Chiarelli, F., Daneman, D., Danne, T., Dorchy, H., Garandeau, P., Greene, S., Hoey, H.M.C.V., Kaprio, E.A., Kocova, M., Martul, P., 松浦信夫 (児), Robertson, K.J., Schoenle, E.J., Sovik, O., Tsou, R.M., Vanelli, M., Aman, J.: Eur. J. Pediatr., 162: 22〜29, 2003.

1475. [原著] Transthoracic doppler assessment of coronary flow velocity reserve in children with Kawasaki disease. 平石 聰, 広田浜夫, 堀口泰典, 武田信裕, 藤野宣之, 小川夏子, 中畑弥生 (児): J. Am. Coll. Cardiol., 40: 1816〜1824, 2002.

1476. [原著] Bland-White-Garland syndrome with well developed collateral arterial vessels. 広田浜夫, 平石 聰, 中畑弥生 (児): Cardiol Young, 12: 177〜178, 2002.

1477. [原著] Long-term follow-up of type III membranoproliferative glomerulonephritis in children. 飯高喜久雄, 守屋俊介, 中村信也, 朝長 香 (児), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所): Pediatr. Nephrol., 17 (5): 373〜378, 2002.

1478. [原著] Induction of peripheral mononuclear cell apoptosis in asthmatic patients in remission. 野間 剛, 菅原陽子 (児), 青木国輝 (同愛記念病院), 川野 豊, 石川義人, 松浦信夫 (児): J. Asthma, 39: 591〜601, 2002.

1479. [原著] Activation of anaplastic lymphoma kinase is responsible for hyperphosphorylation of ShcC in neuroblastoma cell lines. 三宅 泉 (児), Hakomori, Y., Shinohara, A., Gamou, T., Saito, M., Iwamatsu, A., Sakai, R. (国立がんセンター): Oncogene, 21: 5823〜5834, 2002.

1480. [原著] 1型糖尿病患者の突然死−本邦における"dead in bed syndrome" について−. 宮本茂樹, 佐藤浩一 (千葉こども), 今田 進 (こんだこども医院), 岡田泰助 (高知医大), 清野弘明 (太田西ノ内), 松浦信夫 (児): 小児科臨床, 33 (3): 369〜371, 2002.

1481. [原著] Carbamazepineとzonisamide併用時の薬物動態学的相互作用. 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押 渉, 細田のぞみ, 武井研二 (児): 日本小児科学会雑誌, 106 (10): 1434〜1439, 2002.

1482. [原著] Long-term effectiveness and side effects of acetazolamide as an adjunct to other anticonvulsants in the treatment of refractory epilepsies. 片山文彦, 三浦寿男, 高梨 栄 (児): Brain & Development, 24 (3): 150〜154, 2002.

1483. [原著] 難治てんかんに対するclobazamの効果とclobazamならびに活性代謝物N-desmethylclobazamの血中濃度. 武井研二, 三浦寿男, 砂押 渉, 片山文彦, 岩崎俊之 (児): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 15 (1): 138〜141, 2002.

1484. [原著] 大和市立病院における医療事故防止活動. 飯高喜久雄 (児), 高木 宏, 木藤京子 (大和市立): 病院管理, 39 (2): 89〜95, 2002.

1485. [原著] 大和市立病院における医療事故防止活動−第2報 報告書の到達度と重要度の検討−. 飯高喜久雄(児),高木 宏,木藤京子 (大和市立): 病院管理, 40 (1): 45〜52, 2003.

1486. [原著] 標準化プロトコールによる日本人小児腹膜平衡試験 (PET) の基準値と腹膜透過性に影響する諸因子の解析. 郭 義胤 (鹿児島市立), 本田雅敬 (都立清瀬小児), 飯高喜久雄 (児) 他: 腎と透析, 53 (別冊): 91〜93, 2002.

1487. [原著] 新生児呼吸窮迫症候群における酸素化障害と気管内吸引液中メディエーターの推移. 原 真人, 梅原 実, 上田康久, 関根 徹, 福島崇義 (児): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 13 (1): 7〜12, 2002.

1488. [原著] 新生児における硫酸アルベカシンの薬物動態の検討. 佐藤雅彦 (児), 木村利美 (薬剤), 野渡正彦, 柏木 好 (児), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症), 久保博昭 (薬学部), 松浦信夫 (児): 日本新生児学会雑誌, 38: 46〜51, 2002.

1489. [原著] NRN多施設共同試験 超低出生体重児の超早期授乳に関する研究−極低出生体重児における身体発育と予後について−. 市橋 寛 (県立岐阜病院), 藤村正哲 (大阪府立母子センター), 野渡正彦 (児), 犬飼和久 (聖隷浜松), 田中敏博 (水戸協同), 氏家二郎 (福島県立医大), 石田明人 (加古川市民), 西久保敏也 (奈良県立医大), 青谷裕文 (滋賀医大), 平野慎也 (大阪大), 清水俊明 (順天堂大): 日本新生児学会雑誌, 38: 513〜519, 2002.

1490. [原著] 小児におけるarbekacinの母集団パラメータ解析. 木村利美, 国分秀也 (薬剤), 野々山勝人 (感染症), 島田慈彦 (薬剤), 松浦信夫 (児), 砂川慶介 (感染症): 日本化学療法学会, 51 (1): 18〜23, 2003.

1491. [準原著] 難治てんかんに対するclobazamの効果−血中濃度測定の意義−. 武井研二, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 岩崎俊之, 片山文彦, 冨加津雅巳 (児): TDM研究, 19 (2): 111〜112, 2002.

1492. [準原著] 新生児診療に役立つ動脈管開存症の見方−心エコードプラ検査の役割−. 平石 聰 (児): 日本未熟児新生児学会雑誌, 14 (2): 35〜42, 2002.

1493. [短報] 肢体不自由養護学校での児童・生徒の給食の摂食状況およびこれに関する教師の意識調査. 細田のぞみ, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 島貫 郁 (児): 脳と発達, 34 (5): 439〜441, 2002.

1494. [短報] 超音波からみた胎児・新生児の心機能. 平石 聰 (児): 日本未熟児新生児学会雑誌, 14 (2): 33〜34, 2002.

1495. [研究報告 (文部科学省)] アレルギー疾患における新しい感受性遺伝子の解明. 野間 剛 (児): 平成12年度−平成14年度科学研究補助金 (基盤研究C2) 研究成果報告書, 2002.

1496. [研究報告 (厚生労働省)] 分担研究報告書: 母乳中のダイオキシンが乳児の甲状腺機能に及ぼす影響に関する研究. 松浦信夫, 柴山啓子 (児), 福士 勝, 藤田晃三 (札幌市衛研): 厚生労働科学研究費補助金 (生活安全総合研究事業) 母乳中のダイオキシン類に関する研究. 総括・分担研究報告書, p.29〜32, 2002.

1497. [研究報告 (厚生労働省)] てんかんの薬物治療の標準化に関するガイドライン研究−潜因性局在関連性てんかんに対するzonisamide単剤1日1回投与法の長期効果. 三浦寿男, 細田のぞみ (児): (精神・神経疾患研究委託費)てんかんの診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究報告書, 2003.

1498. [研究報告 (厚生労働省)] 小児のけいれん重積に対する薬物療法のエビデンスに関する臨床研究. 三浦寿男, 岩崎俊之 (児), 小舘慎哉 (SBS (株) 研究開発課): 厚生労働科学研究費補助金 (効果的医療技術の確立推進臨床研究事業) 小児のけいれん重積に対する薬物療法のエビデンスに関する臨床研究報告書, 2003.

1499. [研究報告 (厚生労働省)] 分担研究報告書: β2刺激薬の免疫系に及ぼす作用に関する研究. 野間 剛 (児): 厚生労働科学研究費補助金 (感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業) 気管支喘息急性期治療における薬物の科学的根拠に関する研究. 平成14年度研究報告書, 2003.

1500. [研究報告 (厚生労働省)] 喘息・アレルギー疾患の発症に関する疫学的研究. 野間 剛 (児): 厚生労働科学研究費補助金 (免疫アレルギー疾患予防治療研究事業) アレルギー疾患に係わる胎内・胎外因子の同定に関する研究. 平成14年度研究報告書, 2003.

1501. [研究報告 (厚生労働省)] アトピー性皮膚炎の患者数の実態及び発症・悪化に及ぼす環境因子の調査に関する研究. 野間 剛 (児): 厚生労働科学研究費補助金 (免疫アレルギー疾患予防治療研究事業) アトピー性皮膚炎の患者数の実態及び発症・悪化に及ぼす環境因子の調査に関する研究. 平成14年度研究報告書, 2003.

1502. [研究報告 (厚生省)] 分担研究報告書: 母乳栄養児における免疫機能, アレルギーに関する検討. 近藤直実(岐阜大), 多田 裕 (東大), 中村好一 (自治医大), 松浦信夫 (児), 森田昌敏 (国立環境研究所): 厚生科学研究費補助金 (生活安全総合研究事業) 母乳中のダイオキシン類に関する研究. 総括・分担研究報告書, p.33〜39, 2002.

1503. [研究報告 (厚生省)] 軽症クレチン症の病因, 分類へ向けての事実の積み重ね: TSH受容体機能喪失性遺伝子変異の病態を中心に (分担研究: マススクリーニングの効率的実施に関する研究). 松浦信夫, 柴山啓子 (児), 原田正平 (池田町立): 厚生科学研究費補助金 (子ども家庭総合研究事業) マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究. 平成13年度研究報告書 (第4/7), p.130〜132, 2002.

1504. [研究報告 (厚生省)] 糖尿病疫学に関する研究−医療意見書の解析とその問題点− (分担研究:小児慢性特定疾患の登録・評価に関する研究). 松浦信夫, 大津成之, 横田行史 (児): 厚生科学研究費補助金 (子ども家庭総合研究事業) 小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究. 平成13年度研究報告書 (第4/7), p.198〜202, 2002.

1505. [研究報告 (厚生省)] 主任研究者報告; 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 松浦信夫 (児): 厚生科学研究費補助金 (子ども家庭総合研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成13年度研究報告書 (第4/7), p.403〜405, 2002.

1506. [研究報告 (厚生省)] 分担研究者報告; 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究. 松浦信夫 (児): 厚生科学研究費補助金 (子ども家庭総合研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成13年度研究報告書 (第4/7), p.407〜409, 2002.

1507. [研究報告 (厚生省)] 血糖コントロールとQOLに関する国際共同研究 (分担研究: 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究). 松浦信夫, 横田行史, 三宅 泉 (児), 菊池信行 (横浜市大), 立花克彦, 安達昌功 (神奈川こども), 小池明美 (小池こども): 厚生科学研究費補助金 (子ども家庭総合研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成13年度研究報告書 (第4/7), p.432〜434, 2002.

1508. [症例報告] Bland-White-Garland syndrome with well developed collateral arterial vessels. 広田浜夫, 平石 聰, 中畑弥生 (児): Cardiol Young, 12: 177〜178, 2002.

1509. [症例報告] Long-term follow-up of type II membranoproliferative glomerulonephritis in two children. 飯高喜久雄, 中村信也, 守屋俊介, 越野浩江, 岩波直美 (児): Clin. Exp. Nephrol., 7 (1): 58〜62, 2003.

1510. [症例報告] A boy with recurrent hemorragic cyctitis during treatment with Chinese herbal medicine. Motoyama, O., Shigetomi, Y., Ohara, A. (東邦大), 飯高喜久雄 (児): Clin. Exp. Nephrol., 6 (2): 121〜124, 2002.

1511. [症例報告] HNF-1α遺伝子異常によるMODY母子例の臨床的検討. 松浦信夫, 大津成之, 田久保憲行, 風張真由美 (児), 小池明美 (小池こども): 糖尿病と妊娠, 2 (1): 89〜91, 2002.

1512. [症例報告] 遷延する無気肺で発見された気管支カルチノイドの一女児例. 福島崇義, 梅原 実, 箕浦克則, 関根 徹, 原 真人, 上田康久 (児), 品田 純 (胸外): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌, 13 (1): 26〜31, 2002.

1513. [症例報告] 新生児Hirschsprung病に伴う多発性結腸穿孔の1女児例. 川島憲子, 石田和夫, 朝長哲弥, 梶田咲美乃, 榎本拓茂, 池田 篤, 柿田 章 (外), 石川文子, 佐藤雅彦, 野渡正彦 (児): 日本小児外科学会雑誌, 38: 833〜837, 2002.

1514. [総説] 低血糖症候群. 松浦信夫 (児): 日本医師会雑誌, 特別号「内分泌疾患診療マニュアル」, 127 (12): s262〜s265, 2002.

1515. [総説] 新生児・小児甲状腺機能低下症の診断と治療. 原田正平 (池田町立), 松浦信夫 (児): ホと臨床, 50 (7): 707〜711, 2002.

1516. [総説] 小児糖尿病治療の原則. 新時代の糖尿病学(3). 松浦信夫 (児): 日本臨床, 60 (増9): 707〜711, 2002.

1517. [総説] 小児内分泌疾患のクリニカルパス. 先天性甲状腺機能低下症. 原田正平 (池田町立), 松浦信夫 (児): ホと臨床, 50 (10): 949〜960, 2002.

1518. [総説] 臨床から見た動脈管の開閉制御. 平石 聰(児): 日本小児循環器学会雑誌, 18 (3): 372〜373, 2002.

1519. [総説] 学校検尿−腎臓病管理指導表の改訂にあたって−. 飯高喜久雄 (児): 神奈川県学校・腎疾患管理研究会誌, じん, 23・24: 9〜14, 2002.

1520. [総説] 血友病と遺伝カウンセリング. 三宅 泉, 中舘尚也 (児): 小児看護, 25 (11): 1486〜1490, 2002.

1521. [総説] 特集;妊娠とアレルギー疾患. 野間 剛 (児): アレルギーの臨床, 22: 16〜50, 2002.

1522. [総説] 気管支拡張症. 呼吸器疾患9. 小児疾患診療のための病態生理1. 関根 徹 (児): 小児内科, 34 (増): 74〜78, 2002.

1523. [総説] 過敏性肺炎. 呼吸器疾患12. 小児疾患診療のための病態生理1. 原 真人 (児): 小児内科, 34 (増): 88〜93, 2002.

1524. [総説] 急性呼吸窮迫症候群 (ARDS). 呼吸器疾患16. 小児疾患診療のための病態生理1. 上田康久 (児): 小児内科, 34 (増): 110〜116, 2002.

1525. [総説] 糖尿病合併妊娠・妊娠糖尿病の管理−新生児のケア−. 野渡正彦, 佐藤雅彦, 松浦信夫 (児): 臨床婦人科産科, 56: 154〜157, 2002.

1526. [総説] アレルギーと抗原 IgE抗体H鎖可変部領域遺伝子のレパートリー. 坂東由紀 (児), 羅 智靖 (協同病院): 医学のあゆみ, 別冊「アレルギーの分子医学的究明と克服」, p.49〜54, 2002.

1527. [講座] 抗てんかん薬の発達薬理. 三浦寿男 (児): 小児内科, 34 (5): 743〜747, 2002.

1528. [講座] 覚醒時大発作てんかん. 武井研二, 三浦寿男 (児): 小児内科, 34 (6): 947〜950, 2002.

1529. [講座] ジアゼパムの使用法と注意点. 白井宏幸, 三浦寿男 (児): 小児内科, 35 (2): 172〜174, 2003.

1530. [講座] 抗てんかん薬の薬理作用と臨床薬理. 三浦寿男 (児): 神経内科, 58 (2): 133〜138, 2003.

1531. [講座] 神経症候−てんかん症候群−新生児けいれん. 三浦寿男 (児): 日本臨床 領域別症候群シリーズ, 37: 201〜204, 2002.

1532. [講座] 神経症候群−てんかん症候群−乳児重症ミオクロニーてんかん. 三浦寿男 (児): 別冊 日本臨床 領域別症候群シリーズ, 37: 205〜208, 2002.

[著 書]

1533. [学術書] (共著) お母さんのためのやさしい小児糖尿病の自己管理. 松浦信夫 (児), 菊池信行 (横浜市大), 医薬ジャーナル社, 大阪市, 2002.05.01発行.

1534. [学術書] (共著) 心臓手帳−児童・生徒用−. 飯高喜久雄 (児), 上原健夫 (中野中学校), 梅嶋功至 (杉戸高等学校), 柏光佐子 (那珂湊第三小学校), 菊池敏夫 (相模原市学校医), 原田研介 (東邦大), 馬場礼三 (愛知医大), 本田 悳 (福岡こども), 松浦信夫 (児), 村上睦美 (日本大), 山内邦昭 (東京都予防医学協会), 森光敬子 (文部科学省), 編集 日本学校保健会−心臓・腎臓等管理指導小委員会, 2002発行.

1535. [学術書] (共著) 腎疾患児. 新・学校生徒管理指導のしおり−学校・学校医用−. 飯高喜久雄 (児), 上原健夫 (中野中学校), 梅嶋功至 (杉戸高等学校), 柏光佐子(那珂湊第三小学校), 菊池敏夫 (相模原市学校医), 原田研介 (東邦大), 馬場礼三 (愛知医大), 本田 悳 (福岡こども), 松浦信夫 (児), 村上睦美 (日本大), 山内邦昭 (東京都予防医学協会), 池田延行, 森光敬子 (文部科学省), 編集 日本学校保健会−心臓・腎臓等管理指導小委員会, 2002発行.

1536. [学術書] (共著) 尿糖陽性児童生徒の事後措置ガイドブック. 学童糖尿病検診研究会; 一色 玄, 伊藤善也, 大和田 操, 北川照男, 貴田嘉一, 河野 斉, 新美仁男, 松浦信夫 (児), 山内邦昭, ノボノルディスクファーマ (株), 東京, 2002発行.

1537. [学術書] (共著) 腎臓疾患・糖尿病の子どもの学校生活, 「養護教諭−毎日の執務とその工夫−」. 村上睦美(日本大), 松浦信夫 (児), 編集 吉田瑩一郎 (日本体育大),第一法規出版, 東京, 2002発行.

1538. [学術書] (分担執筆) 糖尿病診療ガイダンス; 小児糖尿病患者の治療ポイント@〜B, p.131〜139. 横田行史, 松浦信夫 (児), 編集 片山茂裕 (埼玉医大), 河盛隆造(順天堂大), Medical View社, 2002発行.

1539. [学術書] (分担執筆) 小児科学 (第2版); 糖尿病, p.1382〜1393. 松浦信夫 (児), 編集 伊藤克己 (女子医)他, 監修 白木和夫 (鳥取大), 前川喜平 (慈恵医大), 医学書院, 東京, 2002.06.01発行.

1540. [学術書] (分担執筆) 糖尿病学の進歩2002; インスリン治療の新しい展開: 超速効型インスリン導入を迎えて (3. 小児1型糖尿病における有用性), p.185〜188. 松浦信夫 (児), 編集 日本糖尿病学会, 2002発行.

1541. [学術書] (分担執筆) 小児科学 (第2版); 先天性心疾患の疫学と病因, p.906〜908, 平石 聰 (児), 編集 伊藤克己 (女子医)他, 監修 白木和夫 (鳥取大), 前川喜平 (慈恵医大), 医学書院, 東京, 2002.06.01発行.

1542. [学術書] (分担執筆) year note, selected articles 2003; 重症心奇形の診断と治療, p.395〜409. 平石 聰(児), 編集 山口真紀 等, MEDIC MEDIA, 東京, 2002.06.25発行.

1543. [教科書] (分担執筆) 臨床薬理学 第2版; 抗てんかん薬, p.416〜420. 三浦寿男 (児), 編集 日本臨床薬理学会 中野重行 (大分医科大学), 安原 一 (昭和大学), 中野真帆 (静岡県立大学), 医学書院, 東京, 2003.04.01発行.

1544. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) 治療薬Up to Date 2003; てんかん薬, p.55〜56. 三浦寿男 (児), 編集 松澤佑次 (大阪大学), 永井良三 (東京大学), 奥村勝彦 (神戸大学), 監修 矢崎義雄 (国立国際医療センター), メディカルレビュー社, 大阪, 2003.01.20発行.

1545. [その他の著書] (分担執筆) 小児の治療指針 小児科診療65巻増刊号; 紫斑病性腎炎, p.493〜495. 守屋俊介 (児), 編集 藤実彰一 (診断と治療社), 監修 斉藤博久(国立成育医療センター) 他, 診断と治療社, 東京, 2002発行.

1546. [その他の著書] (分担執筆) 研修ノート66「新生児のプライマリーケア」; 異常の早期発見, p.20〜33, 野渡正彦 (児), 社団法人日本母性保護産婦人科医会, 東京, 2002発行.

[学会・研究会等]

1547. [学会 (国際)] (一般講演) Screening for type 1 diabetes mellitus by urine glucose testing at school. 横田行史, 松浦信夫, 大津成之 (児), Kikuchi, N. (横浜市大): 5th Meeting of the International Society for Neonatal Screening (2002.06.26〜29), Genova, Italy.

1548. [学会 (国際)] (一般講演) Etiology and classifications of congenital hypothyroidism detected by slightly elevated TSH in neonatal screening. 松浦信夫, 大山宜秀, 横田行史, 柴山啓子, 大津成之 (児), Harada, S. (池田町立): 5th Meeting of the International Society for Neonatal Screening (2002.06.26〜29), Genova, Italy.

1549. [学会 (国際)] (一般講演) Dead bed syndrome in young diabetic patients in Japan. Miyamoto, S. (千葉こども), Someya, T., Sato, H., Sasaki, N. (埼玉医大), 松浦信夫 (児): 28th Annual Meeting of the ISPAD (2002.09.18〜21), Graz, Austria, J. Pediatr. Endocrinol. metab., 15 (suppl 4): 1065, 2002.

1550. [学会 (国際)] (一般講演) Residual insulin secretion during the first year after diagnosis. Mortensen, H.B., Hougaad, P., Holl, R., Swift, P. (for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes), 松浦信夫 (児): 28th Annual Meeting of the ISPAD (2002.09.18〜21), Graz, Austria, J. Pediatr. Endocrinol. metab., 15(suppl 4): 1065, 2002.

1551. [学会 (国際)] (一般講演) Standard bicarbonate rather than PH is associated with contenuing endogenous insulin secretion at 12 months after the onset. Swift, P., Hougaad, P., Holl, R., Mortensein, H.B. (for the Hvidore Study Group on Childhood Diabetes), 松浦信夫 (児): 28th Annual Meeting of the ISPAD (2002.09.18〜21), Graz, Austria, J. Pediatr. Endocrinol. metab., 15 (suppl 4): 1069, 2002.

1552. [学会 (国際)] (一般講演) Initial effect and long-term outcome of the combination therapy of ACTH and clonazepam for patients with West syndrome: a further study. 片山文彦, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 武井研二, 岩崎俊之 (児): 第4回アジア太平洋てんかん学会議・第36回日本てんかん学会合同会議 (The 4th Asian and Oceanian Epilepsy Congress organized in collaboration with The 36th Annual Congress of the Japan Epilepsy Society)(2002.09.12), 軽井沢. The 4th Asian and Oceanian Epilepsy Congress organized in collaboration with The 36th Annual Congress of the Japan Epilepsy Society -Program & Abstracts-, 170 てんかん研究, 24 (1): 55, 2002.

1553. [学会 (国際)] (一般講演) A case of a 15-year-old patient with intractable epilepsy who frequently showed gelasma after the introduction of clobazam. 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押 渉, 細田のぞみ, 武井研二, 片山文彦 (児): 第9回国際小児神経学会・第7回アジア・オセアニア小児神経学会合同会議 (The 9th International Child Neurology Congress and the 7th Asian & Oceanian Congress of Child Neurology) (2002.09.24〜25), Beijing. Brain & Development, 24 (6): 528, 2002.

1554. [学会 (国際)] (ポスタ−) Cardiac function in Children under treatment with peritoneal Dialysis. 守屋俊介, 中村信也, 越野浩江, 岩波直美, 飯高喜久雄, 河西紀昭 (児): 8th Asian Congress of Pediatric Nephrology (2003.09.00), 韓国.

1555. [学会 (国際)] (教育講演) Therapeutic drug monitoring: Developmental and therapeutic pharmacology of antiepileptic drugs. 三浦寿男 (児): 第9回国際小児神経学会・第7回アジア・オセアニア小児神経学会合同会議 (The 9th International Child Neurology Congress and the 7th Asian & Oceanian Congress of Child Neurology) (2002.09.25), Beijing. Brain & Development 24 (6): 380, 2002.

1556. [学会 (全国)] (一般講演) Natural resistance associated macrophage protein-1 (NRAMP1) 遺伝子プロモーターの新しい体系と日本人1型糖尿病との関連. 高橋和眞 (東北大学), 佐藤 譲 (関東労災), 鈴木千登世(東北大学), 松浦信夫 (児), 岡 芳知 (山口大学): 第45回日本糖尿病学会総会 (2002.05.17〜19), 東京. 糖尿病, 45(supple 2): S-93, 2002.

1557. [学会 (全国)] (一般講演) NICUにおけるMRSA感染対策−ビフィズス菌投与はMRSA感染予防となるか?. 山田俊彦, 荻野純代, 内野直樹 (相模野病院), 三須陽子, 渡辺智子, 佐藤雅彦, 野渡正彦, 釼持 学 (児): 第38回日本新生児学会 (2002.07.15〜17), 神戸. 日本新生児学会雑誌, 38 (2): 294, 2002.

1558. [学会 (全国)] (一般講演) 胎児期腎盂拡大例の新生児予後. 望月純子, 天野 完, 金井雄二 (産婦), 野渡正彦, 中村信也, 守屋俊介 (児), 宋 成浩 (泌): 第38回日本新生児学会 (2002.07.15〜17), 神戸. 日本新生児学会雑誌, 38(2): 487, 2002.

1559. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病患児における, ヒトMTH1 (MutThomologue 1) 遺伝子Val83Met多型の解析. 都 研一, 井原健二, 黒丸龍一 (九大), 松浦信夫(児), 河野 斉 (福岡こども), 原 寿郎 (九大): 第36回日本小児内分泌学会 (2002.10.02〜04), 広島市. Clinical Pediatr. Endocrinol., 11 (2): 113, 2002.

1560. [学会 (全国)] (一般講演) 軽症クレチン症の診断−本症の病態と小児内分泌学会評議委員の診断方法−. 大津成之, 田久保憲行, 風張幸司, 風張真由美, 横田行史, 大山宜秀, 松浦信夫 (児), 原田正平 (池田町立): 第36回日本小児内分泌学会 (2002.10.02〜04), 広島市. Clinical Pediatr. Endocrinol., 11 (2): 112, 2002.

1561. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児・乳児期にThrifty phenotypeを有し, 思春期耐糖能異常を呈した2症例. 横田行史, 田久保憲行, 大津成之, 松浦信夫 (児), 守屋達美, 田中啓司 (内): 第36回日本小児内分泌学会 (2002.10.02〜04), 広島市. Clinical Pediatr. Endocrinol., 11 (2): 114, 2002.

1562. [学会 (全国)] (一般講演) 軽症クレチン症には基質的な異常が存在する. 松浦信夫, 柴山啓子, 大山宜秀 (児), 菱沼 昭 (獨協医大), 原田正平 (池田町立): 第45回日本甲状腺学会 (2002.11.20〜22), 浜松市. 日本内分泌学会雑誌, 78 (2): 247, 2002.

1563. [学会 (全国)] (一般講演) 冠動脈病変を有する川崎病症例の管理−冠血流速予備能評価の意義−. 平石 聰, 広田浜夫, 堀口泰典, 藤野宣之, 小川夏子, 武田信裕, 中畑弥生 (児): 第38回日本小児循環器学会総会 (2002.07.11), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 18 (2): 265, 2002.

1564. [学会 (全国)] (一般講演) 右大動脈弓, mirror image branching右側動脈管を伴った22q11.2欠失症候群の一新生児例. 松浦由希子, 平石 聰, 広田浜夫, 堀口泰典, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児): 第38回日本小児循環器学会総会 (2002.07.10), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 18 (2): 225, 2002.

1565. [学会 (全国)] (一般講演) 神経芽腫細胞におけるALKキナーゼ活性化の生物学的意義. 箱守裕子 (国立がんセンター), 三宅 泉 (児), 中川原章, 堺 隆一 (国立がんセンター): 第25回日本分子生物学会総会 (2002.12.00), 横浜市.

1566. [学会 (全国)] (一般講演) 急性リンパ球性白血病に併発したカンジダ性腎膿瘍例−(1→3)-β-Dグルカン測定の有用性. 阿部美知子, 鉢村和男, 内山幸信 (医衛), 中舘尚也 (児), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症), 久米 光 (病), 豊岡裕子, 染谷洋子 (検査部): 第48回日本臨床検査医学会 (旧:日本臨床病理学会) (2001.08.26〜29), 横浜市. 第48回日本臨床検査医学会抄録集, 2001.

1567. [学会 (全国)] (一般講演) 保存的に観察し得た気管内病変を伴う多発性血管腫の1女児例. 梅原 実, 関根 徹, 原 真人, 上田康久 (児): 第25回日本気管支学会 (2002.05.09〜10), 札幌. 気管支学, 24 (3): 253, 2002.

1568. [学会 (全国)] (一般講演) 抗てんかん薬clonazepamの主代謝物7-aminoclonazepamの血中濃度測定 (予報). 武井研二, 三浦寿男, 砂押 渉, 岩崎俊之(児): 第19回日本TDM学会学術大会 (2002.05.11), 熊本. 第19回日本TDM学会学術大会プログラム要旨集, p.90, 2002.

1569. [学会 (全国)] (一般講演) Clonazepamの体内動態モニタリングに関する新たな展開 (予報): 主代謝物7-aminoclonazepamの血中濃度測定. 武井研二, 三浦寿男, 砂押 渉, 岩崎俊之 (児): 第44回日本小児神経学会総会 (2002.06.28), 仙台. 脳と発達, 34 (総会号): S133, 2002.

1570. [学会 (全国)] (一般講演) 抗原誘発気管支喘息患児末梢血単核細胞亜群のアポトーシスに与えるIL-2及びIL-4の作用. 野間 剛, 藤原幸子, 小川倫史, 川野 豊, 青木国輝 (同愛記念病院), 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫(児): 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2002.04.21〜23), 幕張市. アレルギー, 51 (2,3): 287, 2002.

1571. [学会 (全国)] (一般講演) 病因抗原刺激により誘導される食物アレルギー患児単核細胞のTh2細胞特異抗原, CRTH2の発現と臨床経過についての検討. 田中里佳, 野間 剛, 藤原幸子, 小川倫史, 石川義人, 佐伯敏亮, 川野 豊, 松浦信夫 (児), 永田欽也 (ビ・エム・エル): 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2002.04.21〜23), 幕張市. アレルギー, 51 (2,3): 320, 2002.

1572. [学会 (全国)] (一般講演) ロキシスロマイシン (RXM) のアポトーシス誘導機能の解析. 小川倫史, 藤原幸子, 田中里佳, 川野 豊, 石川義人, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2002.04.21〜23), 幕張市. アレルギー, 51 (2,3): 277, 2002.

1573. [学会 (全国)] (一般講演) 生後1年間の病歴とアレルギー疾患の発症に関する検討. 森川みき (JR仙台病院), 渡邊美砂 (東邦大学大森病院), 川野 豊, 野間 剛(児), 小田嶋博 (南福岡病院): 第14回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2002.04.21〜23), 幕張市. アレルギー, 51(2,3): 268, 2002.

1574. [学会 (全国)] (一般講演) 食物アレルギー患者における食物の除去と開始における基準についての検討 (1報) 経口負荷試験とTh2リンパ球反応の応用. 大谷真美, 石井匠子, 桜井奈津江, 野崎裕子 (看護), 小川倫史, 藤原幸子, 田中里佳, 石川義人, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第39回日本小児アレルギー学会 (2002.11.01〜02), 盛岡市. 日本小児アレルギー学会誌, 16 (4): 450, 2002.

1575. [学会 (全国)] (一般講演) ARDSを呈したInfluenza virus A肺炎の一女児例. 林 初香, 梅原 実, 箕浦克則, 関根 徹, 原 真人, 上田康久, 福島崇義 (児): 第35回日本小児呼吸器疾患学会 (2002.11.15〜16), 千葉市. 第35回日本小児呼吸器疾患学会プログラム・抄録集, p.75, 2002.

1576. [学会 (全国)] (一般講演) 人工呼吸管理中の肺炎併発例の臨床的検討. 上田康久, 梅原 実, 箕浦克則, 関根 徹, 原 真人, 福島崇義 (児): 第35回日本小児呼吸器疾患学会 (2002.11.15〜16), 千葉市. 第35回日本小児呼吸器疾患学会プログラム・抄録集, p.77, 2002.

1577. [学会 (全国)] (一般講演) 胎便吸引症候群における血清SP-D値の検討. 原 真人, 梅原 実, 箕浦克則, 関根 徹, 上田康久, 福島崇義, 佐藤雅彦 (児): 第35回日本小児呼吸器疾患学会 (2002.11.15〜16), 千葉市. 第35回日本小児呼吸器疾患学会プログラム・抄録集, p.82, 2002.

1578. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における小児集中治療室 (PICU) 運用とその問題点. 上田康久, 梅原 実, 岩波直美, 守屋俊介, 平石 聰, 松浦信夫 (児): 第16回日本小児救急医学会 (2002.06.21〜22), 神戸市. 日本小児救急医学会雑誌, 1 (1): 90, 2002.

1579. [学会 (全国)] (一般講演) CD47分子のアナジー誘導作用. 小川倫史, 藤原幸子, 石川義人, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第32回日本免疫学会 (2002.12.04〜06), 東京都. 第32回日本免疫学会総会・学術総会記録, 2002.

1580. [学会 (全国)] (ポスター) 小児糖尿病性ケトアシドーシス (DKA) 発症時のナトリウム (Na) 代謝異常についての検討. 田久保憲行, 横田行史, 大津成之, 風張真由美, 風張幸司, 大山宜秀, 松浦信夫 (児): 第45回日本糖尿病学会総会 (2002.05.17〜19), 東京. 糖尿病, 45(supple.2): S-221, 2002.

1581. [学会 (全国)] (ポスター) 養護学校通学中でインスリン療法を行っている小児糖尿病の現状と問題点. 宮本茂樹 (千葉こども), 菊池信行 (横浜市大), 三木裕子 (東大), 森 哲夫 (国立長野), 加治正行 (静岡こども), 川村智行 (大阪市立), 河野 斉 (福岡こども), 杉原茂孝 (女子医第二), 松浦信夫 (児): 第45回日本糖尿病学会総会 (2002.05.17〜19), 東京. 糖尿病, 45 (supple 2): S-221, 2002.

1582. [学会 (全国)] (ポスター) Natural resistance associated macrophage protein 1 (NRAMP1) 遺伝子プロモーターの新しい多型と日本人1型糖尿病との関連. 高橋和眞, 佐藤 譲, 鈴木千登世 (東北大), 松浦信夫 (児), 岡 芳知(東北大): 第45回日本糖尿病学会総会 (2002.05.17〜19), 東京. 糖尿病, 45 (supple 2): S-93, 2002.

1583. [学会 (全国)] (ポスター) 低形成を伴う重症横隔膜ヘルニア13例の病理組織学的特徴−毛細血管を中心に−. 三須陽子, 野渡正彦, 渡辺智子, 柏木 好, 釼持 学, 荻野純代, 山田俊彦, 佐藤雅彦, 松浦信夫 (児): 第38回日本新生児学会総会 (2002.07.14〜16), 神戸. 日本新生児学会雑誌, 38 (2): 343, 2002.

1584. [学会 (全国)] (ポスター) Krukenberg腫瘍を合併した母胎より出生し, 陰核肥大を認めた女児の1例. 下浜真里子, 大津成之, 佐藤雅彦, 星野裕子, 釼持 学, 野渡正彦, 横田行史 (児), 天野 完, 西島正博 (産婦), 松浦信夫 (児): 第38回日本新生児学会総会 (2002.07.14〜16), 神戸. 日本新生児学会雑誌, 38 (2): 395, 2002,

1585. [学会 (全国)] (ポスター) T-bet遺伝子のゲノム構造の同定と1型糖尿病の疾患感受性に関する研究. 佐々木由佳, 井原健二, 黒丸龍一, 原 寿郎 (九大), 河野 斉 (福岡こども), 松浦信夫 (児), 住本英樹 (九大): 第30回日本臨床免疫学会総会 (2002.12.03〜04), 東京都. 日本臨床免疫学会会誌, 25 (5): 431, 2002.

1586. [学会 (全国)] (ポスター) FOXP3/Scufin遺伝子多型と1型糖尿病の疾患感受性に関する研究. 佐々木由佳 (九大), Bassuny, W.M., 井原健二, 黒丸龍一, 原 寿郎 (九大), 河野 斉 (福岡こども), 松浦信夫 (児): 第30回日本臨床免疫学会総会 (2002.12.03〜04), 東京都. 日本臨床免疫学会会誌, 25 (5): 430, 2002.

1587. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋咽頭腫 (CP) 術後の中枢性過食による肥満と清涼飲料水 (PD) 多飲により非ケトン性高浸透圧性昏睡 (NKHC) を呈し, 成長ホルモン (GH) 療法を断念した男児例. 田久保憲行, 横田行史, 大津成之, 風張真由美, 風張幸司, 松浦信夫 (児): 第75回日本内分泌学会総会 (2002.06.28〜30), 大阪市. 日本内分泌学会誌, 78 (1): 163, 2002.

1588. [学会 (全国)] (ポスター) 当院NICUで経験した予後の異なった先天性神経芽細胞腫2例. 狐崎雅子, 越野浩江, 三須陽子, 三宅 泉, 渡辺智子, 守屋俊介, 野渡正彦, 松浦信夫 (児): 第47回日本未熟児新生児学会 (2002.12.16〜18), 大阪市. 日本未熟児新生児学会雑誌14 (3): 503, 2002.

1589. [学会 (全国)] (ポスター) 遺伝性原発性甲状腺機能低下症ラットrdwの脳組織中α-tubulin mRNAの発現量の検討. 柴山啓子, 松浦信夫 (児): 第45回日本甲状腺学会 (2002.11.20〜22), 浜松市. 日本内分泌学会雑誌, 78 (2): 260, 2002.

1590. [学会 (全国)] (ポスター) ウイルムス腫瘍における11番染色体長腕LOH解析と新しい癌抑制遺伝子 (WT3). 楠木亜希子, 三宅 泉, 中舘尚也 (児), 金子安比古 (埼玉がんセンター): 第61回日本癌学会総会 (2002.10.03), 東京.

1591. [学会 (全国)] (ポスター) ALKの活性化した神経芽腫細胞株におけるドッキング分子ShcCの造腫瘍性への影響. 三宅 泉 (児), 箱守裕子 (国立がんセンター), 中舘尚也, 松浦信夫 (児), 坂元亨宇, 堺 隆一 (国立がんセンター): 第61回日本癌学会総会 (2002.10.03),
東京.

1592. [学会 (全国)] (ポスター) ウイルムス腫瘍における新しい癌抑制遺伝子 (WT3) の検討. 楠木亜希子, 三宅 泉, 中舘尚也 (児), 恒松由記子, 堀越泰雄, 畑江芳郎, 遠藤幹也, 駒田美弘, 菊田 敦, 金子安比古: 第18回日本小児がん学会総会 (2002.11.28〜29), 福岡市. 小児がん, 39 (3): 396, 2002.

1593. [学会 (全国)] (ポスター) VATER association 4例の臨床像と予後の検討. 林 初香, 平石 聰, 広田浜夫, 堀口泰典, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児): 第38回日本小児循環器学会総会 (2002.07.11), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 18 (2): 313, 2002.

1594. [学会 (全国)] (ポスター) CT三次元画像による右側下行大動脈を伴った大動脈縮窄, 離断症例の形態評価. 堀口泰典, 平石 聰, 広田浜夫, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児): 第38回日本小児循環器学会総会 (2002.07.10), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 18(2): 317, 2002.

1595. [学会 (全国)] (ポスター) フォンタン型手術術後の血行動態−プロタノール負荷による検討− (第1報). 堀口泰典, 平石 聰, 広田浜夫, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児): 第38回日本小児循環器学会総会 (2002.07.11), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 18 (2): 334, 2002.

1596. [学会 (全国)] (ポスター) 左腎無形成に間質異常を伴った巣状糸球体硬化症の一女児例. 阿部泰子, 中村信也, 岩波直美, 守屋俊介, 越野浩江 (児), 林 拓也 (大和市立), 飯高喜久雄, 河西紀昭 (児), 岩渕啓一 (病理), 桑尾定仁 (東大和): 第37回日本小児腎臓病学会 (2003.07.04〜06), 神戸. 日本小児腎臓病学会雑誌, 15 (suppl.1): 190, 2002.

1597. [学会 (全国)] (ポスター) 自己免疫性肝炎に合併した間質性腎炎の1女児例. 岩波直美, 中村信也, 阿部泰子, 越野浩江, 佐伯敏亮, 守屋俊介, 野間 剛, 河西紀昭 (児), 岩渕啓一 (病理), 桑尾定仁 (東大和): 第37回日本小児腎臓病学会 (2003.07.04〜06), 神戸. 日本小児腎臓病学会雑誌, 15 (suppl.1): 204, 2002.

1598. [学会 (全国)] (ポスター) 短腸症候群にみられたD-lactic acidosisの解析−経年経過による腸内細菌叢の変動−. 大津成之, 坂東由紀, 横田行史, 松浦信夫 (児), 石田和夫 (外), 北條研一, 竹友直生 (明治乳業): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106 (2): 313, 2002.

1599. [学会 (全国)] (ポスター) 日本人集団におけるCD28, CTLA-4, ICOS遺伝子多型と1型糖尿病の疾患関連研究. 井原健二 (九大), Ahmed, S., 中尾 太, 黒丸龍一 (九大), 河野 斉 (福岡こども), 都 研一 (九大), 松浦信夫 (児), 原 寿郎 (九大): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106 (2): 234, 2002.

1600. [学会 (全国)] (ポスター) Zonisamideの発達薬理学的検討−至適投与量を求めて−. 島貫 郁, 三浦寿男, 砂押 渉 (児): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋. 日本小児科学会雑誌, 106 (2): 259, 2002.

1601. [学会 (全国)] (ポスター) 多彩な症状を示したYersinia pseudotuberculosis感染症の1女児例. 根本文子, 坂東由紀, 藤野宣之, 佐伯敏亮 (児), 金子誠二 (都立衛研), 阿部 淳 (国立小児): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106 (2): 222, 2002.

1602. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院小児科における長期人工呼吸管理症例の臨床的検討. 福島崇義, 梅原 実, 箕浦克則, 関根 徹, 原 真人, 上田康久, 松浦信夫 (児):第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106(2): 232, 2002.

1603. [学会 (全国)] (ポスター) 間質性腎炎を合併した自己免疫性肝炎の1女児例. 佐伯敏亮, 神前泰希, 阿部泰子, 岩波直美, 石川義人, 中村信也, 野間 剛 (児): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106 (2): 213, 2002.

1604. [学会 (全国)] (ポスター) 肺炎球菌特異的IgG2低下症における抗原特異的インターフェロンーγ (IFN-γ) 産生の解析. 小川倫史, 野間 剛, 西迫 真, 根本文子, 川野 豊, 田中里佳, 石川義人, 佐伯敏亮, 松浦信夫 (児): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106 (2): 320, 2002.

1605. [学会 (全国)] (ポスター) 自己免疫性肝炎及びシェーグレン症候群を発症し多発性硬化症類似疾患を併発した1女児例. 田中里佳, 武田良淳, 小川倫史, 石川義人, 佐伯敏亮, 野間 剛, 松浦信夫 (児): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106 (2): 213, 2002.

1606. [学会 (全国)] (ポスター) 再発時治療に苦慮した血球貪食症候群 (HPS) の1男児例. 神前泰希, 石川義人, 岩波直美, 小川倫史, 田中里佳, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛, 松浦信夫 (児): 第105回日本小児科学会学術集会 (2002.04.19〜21), 名古屋市. 日本小児科学会雑誌, 106(2): 325, 2002.

1607. [学会 (全国)] (ポスター) 川崎病に対する初回ガンマグロブリン療法不応例5例の検討. 藤武義人, 坂東由紀, 白井宏幸, 原 真人, 佐藤雅彦, 藤野宣之 (児): 第51回日本農村医学会学術総会 (2002.10.10〜11), 帯広市. 日本農村医学会雑誌, 51 (3): 326, 2002.

1608. [学会 (全国)] (ポスター) Pseudochondroplasia-like disorder with late onset immune deficiency. 根本文子, 坂東由紀 (児), Kanegane, H., Miyawaki, T., Karasuyama H.: 第32回日本免疫学会総会・学術総会 (2002.12.04〜06), 東京都. 第32回日本免疫学会総会・学術総会記録, 2002.

1609. [学会 (全国)] (公開講座) 「臨床糖尿病学のすべて」小児・思春期1型糖尿病のコントロール. 松浦信夫 (児): 第45回日本糖尿病学会総会 (2002.05.17〜19), 東京. 糖尿病, 45 (supple 2): S-78, 2002.

1610. [学会 (地方)] (一般講演) 脊髄性筋萎縮症T型 (Werdnig-Hoffmann disease) の姉弟例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押 渉, 武井研二 (児): 第37回日本小児神経学会関東地方会 (2002.09.28), 千葉. 第37回日本小児神経学会関東地方会プログラム・抄録集, 18, 2002.

1611. [学会 (地方)] (一般講演) 難治な治療経過中に突発性発疹感染を契機として寛解したWest症候群の1例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 武井研二, 片山文彦 (児): 第38回日本小児神経学会関東地方会 (2003.03.08), 東京. 第38回日本小児神経学会関東地方会プログラム・抄録集, 8, 2002.

1612. [学会 (地方)] (一般講演) 先天性腎性尿崩症における新たなV2受容体遺伝子変異. 山田 哲, 松村一弘, 野元けい子, 大津成之, 高田史男, 横田行史, 松浦信夫 (児): 第3回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2003.02.14), 東京.

1613. [学会 (地方)] (一般講演) 先天性腎性尿崩症における新たなアクアポリン2遺伝子変異. 松村一弘, 山田 哲, 野元けい子, 大津成之, 高田史男, 横田行史, 松浦信夫 (児): 第3回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2003.02.14), 東京.

1614. [学会 (地方)] (一般講演) 市中病院におけるダウン症児の包括医療. 玉井伸哉, 尾崎裕彦, 河野一樹, 林 拓也 (大和市立病院), 小川夏子, 関根 徹, 飯高喜久雄 (児): 日本小児科学会神奈川県地方会 (2002.09.21), 横浜.

1615. [学会 (地方)] (ポスター) 発症23年後に巣状糸球体硬化症の組織所見を認めたステロイド依存性頻回再発型ネフローゼ症候群の1例. 本山 治, 武藤篤彦, 柴 潤一郎, 水入苑生, 長谷川昭, 川村貞夫 (東邦大学病院), 飯高喜久雄 (児): 第32回日本腎臓学会東部部会 (2002.10.18), 東京. 日腎会誌, 44 (6): 618, 2002.

1616. [学会 (地方)] (特別講演) 小児の熱性けいれんについて. 三浦寿男 (児): 第261回日本小児科学会神奈川県地方会・第20回神奈川小児科医会総会 (2003.03.15), 横浜. 神奈川医学会雑誌, 30 (2): 1993.

1617. [研究会 (全国)] (一般講演) 小児の抗てんかん薬物単剤治療. 三浦寿男, 細田のぞみ (児): 平成14年度厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 (13指-1): てんかんの診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班会議 (2002.12.13), 東京. 平成14年度厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 (13指-1): てんかんの診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班会議プログラム・抄録集, 13, 2002.

1618. [研究会 (全国)] (一般講演) 間質性腎炎を合併した自己免疫性肝炎の1女児例. 佐伯敏亮, 小川倫史, 川野 豊, 石川義人, 野間 剛 (児): 第12回日本小児リウマチ研究会 (2002.04.19〜21), 軽井沢市.

1619. [研究会 (全国)] (一般講演) 反復する弛張熱に巨大脾腫を合併した一男児例. 林 初香, 下浜真理子, 根本文子, 三宅 泉, 佐伯敏亮, 三須陽子, 坂東由紀 (児), 石田和夫 (外), 吉田 功, 岩渕啓一 (病), 玉井伸哉 (市立大和): 第12回日本小児リウマチ研究会 (2002.04.19〜21), 軽井沢市.

1620. [研究会 (全国)] (一般講演) 大動脈縮窄に対するBAP治療後に妊娠, 分娩を経験した1例. 堀口泰典, 平石 聰, 広田浜夫, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児): 第14回Japan Pediatric Interventional Cardiology 研究会 (2003.01.18), 大阪府吹田市.

1621. [研究会 (全国)] (一般講演) 肝芽腫瘍との鑑別が困難であった肝原発良性腫瘍. 中舘尚也, 三宅 泉, 阿部泰子, 三須陽子 (児), 中原さおり, 石田和夫 (外), 岩淵啓一 (病): 日本小児肝癌スタディグループ (JPLT) 研究会 (2003.01.17), 東京.

1622. [研究会 (全国)] (一般講演) 肝芽腫との鑑別診断が困難であったFocal nudular hyperplasia of the liver (FNH) の乳児例. 中舘尚也, 三宅 泉, 阿部泰子, 三須陽子 (児), 中原さおり, 石田和夫 (外), 岩淵啓一 (病): 第38回神奈川小児腫瘍研究会 (2003.03.15), 横浜市.

1623. [研究会 (全国)] (一般講演) 小児の化学療法患者のクオリティー・オブ・ライフを考える−リザーバー・カテーテルの挿入例の報告−. 松下良子, 竹内久恵 (看), 三宅 泉, 中舘尚也, 松浦信夫 (児), 石田和夫 (外): 第25回リザーバー研究会 (2003.02.14), 横浜市. 第25回リザーバー研究会抄録集, 2003.

1624. [研究会 (全国)] (一般講演) 塩酸リトドリンの経母体投与にて効果を認めた胎児完全房室ブロックの一例. 長谷川 豪, 広田浜夫, 平石 聰, 堀口泰典, 中畑弥生 (児): 第9回日本胎児心臓病研究会 (2003.02.15), 兵庫県淡路町. 第9回日本胎児心臓病研究会抄録集, 15, 2002.

1625. [研究会 (全国)] (一般講演) 当院NICUで経験した予後の異なる新生児神経芽腫2例. 三宅 泉, 狐崎雅子, 三須陽子, 渡辺智子, 中舘尚也 (児): 2002年度関東甲信越地区小児がん登録研究会 (2003.03.08), 東京.

1626. [研究会 (全国)] (一般講演) 学校検尿の問題点−新学校生活管理指導表のアンケート結果のまとめ−. 飯高喜久雄 (児), 村上睦美 (日本医大病院), 山内邦昭 (予防医学事業中央会): 第5回学童腎臓病研究会 (2003.02.22), 東京.

1627. [研究会 (全国)] (教育講演) てんかん治療とTDM: てんかんとTDM. 三浦寿男 (児): 第33回薬物治療モニタリング研究会特別ゼミナール (2002.10.13), 東京. 講義録: 小児内科, 34 (5): 743〜747, 2002.

1628. [研究会 (全国)] (ワークショップ) 北里大学病院小児PICUの導入と運用. 上田康久 (児): 第5回小児集中治療ワークショップ (2002), 東京.

1629. [研究会 (全国)] (公開講座) てんかんとはどんな病気か? 細田のぞみ (児): 第4回保育士セミナー (2002.08.23), 東京.

1630. [研究会 (地方)] (一般講演) インフルエンザウイルス感染が否定された急性壊死性脳症の2症例. 砂押 渉, 三浦寿男, 岩崎俊之, 古川真祐, 野々山勝人 (児): 第31回神奈川小児神経懇話会 (2003.01.25), 横浜. 第31回神奈川小児神経懇話会抄録集, p.5, 2002.

1631. [研究会 (地方)] (一般講演)難治な治療経過中に突発性発疹感染を契機として寛解したWest症候群の1例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 島貫 郁, 武井研二, 片山文彦 (児): 第51回神奈川てんかん懇話会 (2003.01.18), 横浜. 神奈川県精神医学会誌, p.53, 2003.

1632. [研究会 (地方)] (一般講演) 脊髄性筋萎縮症T型 (Werdnig-Hoffmann disease) の姉弟例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押 渉, 武井研二 (児): 第30回神奈川小児神経懇話 (2002.07.27), 横浜. 第30回神奈川小児神経懇話会抄録集, p.6, 2002.

1633. [研究会 (地方)] (一般講演) 溺水後著明な発作症状の改善をみた点頭てんかん既往の1例. 武井研二, 三浦寿男, 砂押 渉, 細田のぞみ, 岩崎俊之 (児): 第50回神奈川てんかん懇話会 (2002.07.13), 横浜. 神奈川県精神医学会誌, 52: 92, 2002.

1634. [研究会 (地方)] (一般講演) 当院における症候性PDAとCLDについて. 長谷川 豪, 三須陽子, 渡辺智子, 野渡正彦 (児): 第10回神奈川県新生児未熟児連絡会−神奈川県RDS・サーファクタント関連検討会 (2002.06.04), 横浜.

1635. [研究会 (地方)] (特別講演) 熱性けいれんの指導・管理. 三浦寿男 (児): 相模原市小児科医会総会特別講演会 (2003.03.19), 相模原.

1636. [研究会 (地方)] (教育講演) 抗てんかん薬の発達薬理と血中濃度モニタリング. 三浦寿男 (児): 第51回神奈川てんかん懇話会 (2003.01.18), 横浜. 神奈川県精神医学会誌, p.53, 2003.


<<産科学>>

[学術論文]

1637. [原著] アンケート調査からみた麻酔分娩の満足度. 斉藤 克, 望月純子, 金井雄二, 谷 昭博, 天野 完, 西島正博 (産婦): 分娩と麻酔, 83: 1〜6, 2002.

1638. [原著] 硬膜外麻酔における精神疾患合併妊婦の分娩管理. 斉藤 克, 望月純子, 前原大介, 田口雅之, 天野 完, 西島正博 (産婦): 日本臨床麻酔学会誌, 22 (4): 163〜166, 2002.

1639. [原著] 産科領域における低出力レーザーの応用 産褥会陰創痛に対する応用. 本橋恵美子 (産婦), 内野直樹 (相模野病院), 西島正博 (産婦): 産婦人科の実際, 51 (10): 1451〜1454, 2002.

1640. [原著] 遷延分娩が母児に与える影響. 西島正博, 吉村千緒 (産婦): 産科と婦人科, 70 (7): 855〜859, 2002.

1641. [原著] 帝王切開麻酔時における高比重0.5%ブプバカインの有用性に関する検討. 菊地信三, 大河原 聡, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 分娩と麻酔, 83: 14〜17, 2002.

1642. [準原著] 特発性血小板減少性紫斑病妊娠に対する分娩時麻酔を傍脊椎ブロックにより行った1症例. 奥富俊之 (麻), 田口雅之, 天野 完 (産婦), 外 須美夫 (麻): 麻酔, 51 (10): 1123〜1126, 2202.

1643. [症例報告] 内視鏡下臍帯血流遮断を行った一児無心体双胎の一例. 鴨下詠美, 天野 完, 川内博人, 望月純子, 西島正博 (産婦): 日本産科婦人科学会誌, 54: 1515〜1523, 2002.

1644. [症例報告] 出生前診断された1 q部分モノソミー3 q部分トリソミーの1例. 望月純子, 前田 徹, 天野 完, 金井雄二, 西島正博 (産婦): 日本産科婦人科学会誌, 54 (5): 809〜813, 2002.

1645. [総説] 過期妊娠は反復しやすいか? 西島正博, 斉藤 克, 玉城英子 (産婦): 産婦人科の実際, 51 (5): 687〜690, 2002.

1646. [総説] 産科救急疾患とその初期治療: 母体弛緩出血. 西島正博, 星野裕子 (産婦): 産婦人科医療, 84 (増): 828〜831, 2002.

1647. [総説] 産褥会陰創痛に対する低出力レーザーの応用. 本橋恵美子, 内野直樹, 西島正博 (産婦): 産婦世界, 51 (10): 1451〜1454, 2002.

1648. [総説] 頸管熟化不全例に対する物理的処置. 斉藤 克(産婦): 周産期医学, 32(12): 1627〜1630, 2002.

1649. [総説] VBACの心理過程をのぞく. 斉藤 克 (産婦): 産婦人科の実際, 5 (2): 207〜212, 2002.

1650. [講座] 子宮復古不全. 天野 完 (産婦): 産婦人科の実際, 51: 1919〜1923, 2002.

1651. [講座] 分娩監視の方法. 天野 完 (産婦): 周産期医学, 32: 202〜206, 2002.

1652. [講座] 無痛分娩の際のバースプラン. 天野 完 (産婦): Perinatal Care, 21: 19〜23, 2002.

1653. [講座] 計画分娩. 天野 完 (産婦): 臨床婦人科産科, 56: 1439〜1441, 2002.

1654. [講座] 胎児心拍数図の読み方. 天野 完 (産婦): 日産婦神奈川地方部会誌, 39: 63〜68, 2003.

1655. [講座] NST (non stress test) の意義と実際. 天野 完 (産婦): 産婦人科の実際, 52: 431〜436, 2003.

1656. [講座] 無痛分娩の実際とわが国の現状. 天野 完 (産婦): 日本医事新報, 4116: 25〜30, 2003.

1657. [講座] 産婦人科における合併症のすべて V 麻酔にかかわる合併症 区域麻酔. 天野 完 (産婦): 臨床婦人科産科, 56: 514〜519, 2002.

1658. [講座] 〈特集: これからの分娩管理〉 胎児ジストレスとその対策. 西島正博, 金井雄二 (産婦): 産婦人科治療, 86 (1): 32〜36, 2003.

1659. [講座] 産婦人科における超音波診断のポイント 〔産科領域〕. 妊娠初期. 3. 子宮外妊娠. 金井雄二, 谷 昭博 (産婦): 産科と婦人科, 69 (11): 1526〜1631, 2002.

[著 書]

1660. [概説書] (分担執筆) 看護学生; 1 Graphic Guide 病態生理「子宮筋腫」 2 疾患編「子宮筋腫とは」, 50 (13): p.2〜7. 秦 宏樹 (東京逓信病院産婦人科), メジカルフレンド社, 東京, 2003.03.15発行.

1661. [概説書] (分担執筆) 改訂第2版 産婦人科医のための社会保険ABC; 産科救急, p.143〜154. 斉藤 克 (産婦), 編集 日本産科婦人科学会, メジカルビュー, 東京, 2003.01.10発行.

1662. [概説書] (分担執筆) 新しい産科学 [ 異常分娩; 西島正博, 編集 鈴森 薫, 吉村泰典, 堤 治, 名古屋大学出版会, 2002.05.20発行.

1663. [概説書] (分担執筆) 今日の診断指針第5版・子宮内胎児発育遅延 (不全). 西島正博, 編集 亀山正邦, 高久史麿, 医学書院, 2002.11.01発行.

[学会・研究会等]

1664. [学会 (全国)] (一般講演) 品胎の周産期管理に関する検討. 池田泰裕, 天野 完, 西島正博 (産婦), 佐藤雅彦, 野渡正彦 (児): 第38会日本新生児学会 (2002.07.14〜16), 神戸.

1665. [学会 (全国)] (一般講演) 胎児卵巣嚢腫の取り扱いに関する検討. 金井雄二, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第54回日本産科婦人科学会総会 (2002.04.08), 東京. 日本産科婦人科学会誌, 54: 273 (S-187), 2002.

1666. [学会 (全国)] (一般講演) 後産期出血例に対する選択的子宮動脈塞栓術の効果. 前原大介, 西井文乃, 斉藤 克, 谷 昭博, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第54回日本産婦人科学会総会 (2002.04.08), 東京. 日本産科婦人科学会, 54: 269 (S183), 2002.

1667. [学会 (全国)] (一般講演) 分娩時の子宮収縮剤に関する検討. 内野直樹 (産婦): 第53回日本東洋医学会 (2002.06.02), 名古屋.

1668. [学会 (全国)] (一般講演) NICUにおけるMRSA対策. 山田俊彦, 荻野純代, 内野直樹 (産婦): 第38回日本新生児学会 (2002.07.15), 神戸.

1669. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい経皮ビリルビン測定器の有用性の検討. 大河原 聡, 前原大介, 望月愛郎, 内野直樹 (産婦): 第40回日本社会保険医学会 (2002.11.14), 横浜.

1670. [学会 (全国)] (ポスター) 胎児期腎盂拡大例の新生児予後. 望月純子, 天野 完, 金井雄二 (産婦), 野渡正彦, 中村信也, 守屋俊介 (児), 宋 成浩 (泌): 日本新生児学会 (2002.07.14〜16), 神戸. 日本新生児学会誌, 38(2): 487, 2002.

1671. [学会 (全国)] (ポスター) 胎児腔水症および胎児水腫の臨床的検討. 金井雄二, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第38回日本新生児学会総会・学術集会 (2002.07.14), 神戸.

1672. [学会 (全国)] (ポスター) 臍帯脱出例の新生児予後. 望月純子, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第54回日本産科婦人科学会 (2002.04.08), 東京. 日本産科婦人科学会誌, 54: 451(S-365), 2002.

1673. [学会 (全国)] (ポスター) 帝王切開麻酔の現況と0.5%ブピバカインの使用経験. 前原大介, 内野直樹 (産婦): 第22回日本臨床麻酔学会 (2002.11.02), 甲府.

1674. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 再生医療を支えるもの−考え方と現実と私たち研究者にできること−. 増井 徹 (国立医薬品食品衛生研究所細胞バンク), 秦 宏樹 (東京逓信病院): 日本組織培養学会第75回大会 (2002.05.17), 東京. 織培養研究, 21 (1): 30〜31, 2002.

1675. [学会 (全国)] (シンポジウム等) “正常分娩”分娩誘発について. 天野 完 (産婦): 第43回日本母性衛生学会 (2002.09.05), 旭川.

1676. [学会 (全国)] (ワークショップ) 「疼痛管理の最前線」無痛分娩の現状と問題点. 天野 完 (産婦): 第49回日本麻酔学会 (2002.04.18), 福岡.

1677. [学会 (地方)] (一般講演) 双胎−児無心体の臨床経過. 吉村千緒, 鴨下詠美, 星野裕子, 望月純子, 金井雄二, 斉藤 克, 谷 昭博, 川内博人, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第104回日本産科婦人科学会 関東連合地方部会総会 (2002.10.20), 山梨県. 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報, 39 (3): 214, 303, 2002.

1678. [学会 (地方)] (一般講演) 最近経験した急性腹症の一例. 今村康子, 池田泰裕, 吉村千緒, 望月純子, 金井雄二, 斉藤 克, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第364回神奈川地方部会 (2003.03.02), 横浜.

1679. [学会 (地方)] (一般講演) 妊娠29週で消化管潰瘍穿孔をきたした1例. 本橋恵美子, 望月純子, 斉藤 克, 天野 完, 西島正博 (産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2002.07), 神奈川, 日産婦神奈川地方部会誌, 39(1): 47, 2002.

1680. [学会 (地方)] (一般講演) 超緊急帝切の現状. 鴨下詠美, 金井雄二, 斉藤 克, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第104回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2002.10.20), 山梨.

1681. [学会 (地方)] (ポスター) 常位胎盤早期剥離を連続4回くり返した1例. 沼尾彰子, 金井雄二, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第103回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2002.06.09), 東京.

1682. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 分娩管理−分娩に際しての諸問題とその解決法. 6. 帝王切開既往のある妊婦の分娩. 金井雄二 (産婦): 第362回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2002.09.29), 川崎.

1683. [学会 (地方)] (一般講演) 予定日・超過妊娠の取り扱い. 西島正博 (産婦): 奈良県産婦人科医会平成14年度学術講演会 (2002.06.01), 2002.

1684. [研究会 (全国)] (一般講演) 最近経験した胎児心臓腫瘍2例. 菊地信三, 金井雄二, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第9回日本胎児心臓病研究会学術集会 (2003.02.15), 淡路島.

1685. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 常位胎盤早期剥離−診断と管理− 常位胎盤早期剥離既往妊婦の管理. 金井雄二 (産婦): 第20回分娩監視研究会 (2002.11.16), 東京.

1686. [研究会 (地方)] (一般講演) ハイリスク分娩の今日的管理. 西島正博 (産婦): 東京女子医科大学産婦人科同門会総会 (2002.06.08), 2002.

1687. [研究会 (地方)] (特別講演) ハイリスク分娩の取り扱い. 西島正博 (産婦): 第6回山陰周産期セミナー (2002.11.21).

1688. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 「周産期医療をとりまく環境整備: よりよい医療提供のために」 (1) 産婦人科医の立場から. 西島正博 (産婦): 平成14年度家族計画・母体保護法指導者講習会 (2002.12.07).


<<婦人科学>>

[学術論文]

1689. [原著] 子宮内膜機能性出血の細胞診−内膜細胞診疑陽性例の検討から−. 林 玲子 (国立相模原病院産婦人科), 蔵本博行 (産婦): 日臨細胞誌, 41 (3): 201〜208, 2002.

1690. [原著] Effectiveness of mass screening for endometrial cancer. 中川 - 岡村智佳子, 佐藤信二, 辻 一郎 (東北大), 蔵本博行 (産婦), 坪野義孝 (東北大), 青木大輔 (慶大), 上坊敏子 (産婦), 大村峯夫, 久道 茂, 矢嶋 聡 (東北大): Acta Cytcol, 46 (2): 277〜283, 2002.

1691. [原著] Involvement of microstellite instability in lymph node metastasis of endometrial carcinoma. 大和田倫孝, 鈴木光明, 河野隆弘, 佐賀靖史, 武井祐治 (自治医大), 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦), 佐藤郁夫 (自治医大): Ca. Gen. Cytogen., 132: 152〜155, 2002.

1692. [原著] Expression of cyclin A protein in normal endometrum, endometrial hyperplasia and adenocarcinoma-Its correlation with proliferative activity and clinicopathological variables. 久嶋則行 (北里メディカルセンター病院), 渡辺 純 (病理), 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 亀谷 徹 (病理), 蔵本博行 (産婦): Cancer Res. Clin. Oncol., 128: 307〜312, 2002.

1693. [原著] Paradoxical expression of cell cycle inhibitor p27 in endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus. 渡辺 純 (病理), Sato, H., 金井督之, 鎌田裕子, 上坊敏子, 秦 宏樹, 藤澤武志 (産婦), 大野英治 (医衛), 蔵本博行 (産婦): British J. Cancer, 87: 81〜85, 2002.

1694. [原著] Comparative image analysis cells in voidedl and catheterized urine. 服部 学, 大野英治, 柿沼廣邦 (医衛), Uchida, T., 蔵本博行 (産婦): Analyt. Quant. Cytol. Histol., 24 (3): 154〜158, 2002.

1695. [原著] Up-regulation and nuclear localization of β-catenin in endometrial carcinoma in response to progesterone therapy. Saegusa, M., 浜野美恵子, Kuwata, T., Yoshida, T., Hashimura, M., Akino, F., 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (産婦), 岡安 勲 (病理): Cancer Sci., 94: 103〜111, 2003.

1696. [原著] Expression of CD44 in primary lung carcinomas using histological and cytological analysis. Shimbori, M., Kijima, H., Sato, S., Yoshida, H., Sato, T., Terasaki-Fukuzawa, Y., Onoda, N., Kanabuchi, K., Abe, Y., Nakamura, M., 服部 学, 大野英治 (医衛) 蔵本博行 (産婦): Anticancer Res., 23: 115〜122, 2003.

1697. [原著] 妊娠が成立した早発閉経の3症例. 西島正博, 藤田一博, 川内博人 (産婦): 産婦人科の実際, 51 (3): 415〜420, 2002.

1698. [原著] 産科領域における低出力レーザーの応用−産褥会陰創痛に対する応用−. 本橋美恵子, 内野直樹, 西島正博 (産婦): 産婦人科の実際, 51 (10): 1451〜1454, 2002.

1699. [準原著] Outcome of patients with recurrent endometrial cancer. 上坊敏子, 新井正秀, 佐藤倫也, 今井 愛, 川口美和, 蔵本博行 (産婦): Proceeding of 9th Biennial Meeting of the Internatinal Gynecologic Cancer Society, p.195〜198, 2002.

1700. [準原著] Clinicopathological analysis of endometrial carcinoma without myometrial invasion. 佐藤倫也, 上坊敏子, 新井正秀, 金井督之, 田村俊男, 蔵本博行 (産婦): Proceeding of 9th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society, p.209〜211, 2002.

1701. [準原著] Significance of neuroendocrine feature in poorly differentiated endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus. 田村俊男 (産婦), 渡辺 純 (病理), 金井督之, 佐藤倫也, 上坊敏子, 蔵本博行(産婦): Proceeding of 9th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society, p.227〜230, 2002.

1702. [準原著] Is conservative treatment possible for adenocarcinoma of the uterine cervix? 金井督之, 上坊敏子, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井正秀, 蔵本博行 (産婦): Proceeding, 9th Biennial meeting of the International Gynecologic Cancer Society, p.33〜36, by Monduzzi Italy, 2002.

1703. [症例報告] 癌腫成分が扁平上皮癌であった子宮頸部癌肉腫の1例. 池田泰裕, 上坊敏子, 新井 努, 蔵本博行, 金井督之 (産婦), 渡辺 純 (病理): 日婦腫瘍誌, 20 (2): 286〜291, 2002.

1704. [症例報告] リンパ節転移を伴った子宮頸部リンパ上皮腫様癌の1例. 新井 努, 上坊敏子, 鈴木 泉 (産婦), 渡辺 純, 岩渕啓一 (病理), 蔵本博行 (産婦): 日本臨細胞誌, 41 (6): 443〜447, 2002.

1705. [症例報告] 肺悪性繊維性組織球腫の1例. 西崎律子 (産婦), 大野英治, 柿沼廣邦 (医衛), 渡辺 純 (病理), 品田 純 (胸外), 蔵本博行 (産婦): 日臨細胞神奈川会誌, 7 (1): 14〜19, 2002.

1706. [症例報告] 胃原発小細胞癌の1例. 渡辺佳代子 (産婦), 大野英治, 服部 学, 横山 大 (医衛), 渡辺 純 (病理), 小林伸行 (外), 蔵本博行 (産婦): 日臨細胞誌, 42 (1): 39〜44, 2003.

1707. [総説] 子宮内膜増殖症・内膜癌の細胞診. 上坊敏子, 佐藤倫也, 蔵本博行 (産婦): 産婦治療, 85 (1): 47〜54, 2002.

1708. [総説] 子宮がん検診の有用性を再認識しよう. 蔵本博行 (産婦): 平成14年度神奈川県医師会がん検診研究論文集, 18〜21, 2002.

1709. [総説] 増えてきた子宮体癌とその対策. 蔵本博行, 川口美和, 新井 努, 上坊敏子, 佐藤倫也, 金井督之(産婦): 産婦治療, 85 (6): 607〜611, 2002.

1710. [総説] 子宮内膜掻爬術の診断法上のPitfall. 上坊敏子, 佐藤倫也, 蔵本博行 (産婦): 産婦の実際, 51 (7): 913〜919, 2002.

1711. [総説] 子宮体癌のリスクファクターと予防. 上坊敏子, 新井 努, 蔵本博行 (産婦): 産と婦, 69 (9): 1167〜1171, 2002.

1712. [総説] 子宮内膜増殖症. 上坊敏子, 今井 愛, 佐藤倫也, 蔵本博行 (産婦): 52 (1): 79〜86, 2003.

1713. [総説] 婦人科がん検診の現状と将来展望. 蔵本博行, 新井 努, 川口美和, 藤澤武志, 鎌田裕子, 西村由香里(産婦): 臨婦産, 57 (1): 16〜20, 2003.

1714. [総説] 婦人科領域におけるがん検診. 蔵本博行, 藤澤武志, 鎌田裕子, 西村由香里, 新井 努, 川口美和 (産婦): 日がん検診・診断学会誌, 10 (2): 43〜46, 2003.

1715. [総説] HEC-1 cells. 蔵本博行, 浜野美恵子, 今井 愛 (産婦): Human Cell, 15 (2): 81〜95, 2002.

1716. [その他の著書] (分担執筆) 子宮体癌・子宮内膜癌; 今日の治療指針, 2002, p.796. 蔵本博行 (産婦). 医学書院, 東京, 2002.01.01発行.

1717. [その他の著書] (分担執筆) A phase U study of combination chemotherapy with Docetaxel and Carboplatin for epithelial ovarian cancer-Interim report-; Gynecol. Cancer Soc., 177〜181, Proceedings of 9th Biennial Meeting of the Int., Yasuda, M., Kobayashi, S., 菊池義公 (産婦), 蔵本博行, Ohta, Y., Tsunoda, H., Inaba, N., 秦 宏樹, Kimura, E. (産婦), Monduzzi Editore, Italy, 2002発行.

[学会・研究会等]

1718. [学会 (国際)] (一般講演) Clinicopathological and immunohistochemical study on small cell carcinoma of the uterine cervix. 角田新平, 上坊敏子, 金井督之, 新井正秀, 佐藤倫也 (産婦), 渡辺 純 (病理), 蔵本博行 (産婦): 11th World Congress of Cervical Pathology and Colposcopy (2002.06.11〜13), Barcelona.

1719. [学会 (国際)] (一般講演) Carcinosarcoma of the uterine cervix with a squamous cell carcinoma component: A case report. 池田泰裕, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 11th World Congress of Cervical Pathology and Colposcopy (2002.06.11〜13), Barcelona.

1720. [学会 (国際)] (一般講演) Adenoma malignum of the uterine cervix: A report of 5 cases. 川口美和, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 11th World Congress of Cervical Pathology and Colposcopy (2002.06.11〜13), Barcelona.

1721. [学会 (国際)] (一般講演) Secondary malignacies following radiation hterapy for carcinoma of the Uterine csrvix. 新井 努, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 11th World Congress of Cervical Pathology and Colposcopy (2002.06.11〜13), Barcelona.

1722. [学会 (国際)] (一般講演) Cyclin D1 expression on endometrioid carcinoma of the uterine corpus. 西村由香里 (産婦), 渡辺 純 (病理), 藤澤武志, 鎌田裕子, Miyamoto, T., Saito, Y., 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): The 15th Int. Symposium on cell and molecular biology of endometrial carcinoma (2002.08.30〜31), Tokyo. Human Cell, 15 (2): 53, 2002.

1723. [学会 (国際)] (一般講演) Immunohistochemical expression of sky2 in endometrial adenocarcinoma. The 15th Int. Symposium on cell and molecular biology of endometrial carcinoma. 鎌田裕子 (産婦), 渡辺 純 (病理), 藤澤武志, 西村由香里, 金井督之 新井 努, 川口美和, 秦 宏樹, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): The 15th Int. Symposium on cell and molecular biology of endomerial carcinoma (2002.08.30〜31), Tokyo. Human Cell, 15 (2): 53, 2002.

1724. [学会 (国際)] (一般講演) VEGF expression and its regulation by p53 gene transfection in endometrial carcinoma cells. 藤澤武志 (産婦), 渡辺 純 (医衛), 鎌田裕子, Watanabe, K., 西崎律子, 浜野美恵子, 秦 宏樹, 蔵本博行 (産婦): The 15th Int. Symposium on cell and molecular biology of endometrial carcinoma (2002.08.30〜31), Tokyo. Human Cell, 15 (2): 53, 2002.

1725. [学会 (国際)] (一般講演) Is conservative treatment possible for adenocarcinoma of the uterine cervix? 金井督之, 上坊敏子, 今井雅夫, 田村俊男, 佐藤倫也, 蔵本博行 (産婦): 9th Biennial Meeting of the Int. Gynecol. Cancer Soc. (2002.10.20〜24), Seoul. Int. J Gynecol Cancer, 12 (5): 598, 2002.

1726. [学会 (国際)] (一般講演) Clinicopathological analysis of endometrial carcinoma without myometrial invasion. 佐藤倫也, 上坊敏子, 新井正秀, 金井督之, 田村俊男, 蔵本博行 (産婦): 9th Biennial Meeting of the Int. Gynecol. Cancer Soc. (2002.10.20〜24), Seoul. Int. J Gynecol Cancer, 12 (5): 638, 2002.

1727. [学会 (国際)] (一般講演) Outcome of the patients with recurrent endometrial cancer. 上坊敏子, 新井正秀, 佐藤倫也, 今井雅夫, 川口美和, 蔵本博行 (産婦): 9th Biennial Meeting of the Int. Gynecol. Cancer Soc. (2002.10.20〜24), Seoul. Int. J Gynecol Cancer, 12 (5): 644, 2002.

1728. [学会 (国際)] (一般講演) Significance of neuroendocrine feature in poorly differentiated endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus. 田村俊男 (産婦), 渡辺 純 (病理), 金井督之, 佐藤倫也, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 9th Biennial Meeting of the Int. Gynecol. Cancer Soc. (2002.10.20〜24), Seoul. Int. J Gynecol Cancer, 12 (5): 644, 2002.

1729. [学会 (国際)] (一般講演) A phase U trial of weekly Paclitaxel/Carboplatin (TJ), administered as a second line chemotherapy in patients with recurrent epithelial ovarian cancer (REOC): GOGkanagawa. Miyamoto, T., Murakami, M., Hayashi, K., Saito, K., Kigushi, K., Nakayama, H., Hirahara, F., 蔵本博行, Shinozuka, T. (産婦): 9th Biennial Meeting of the Int. Gynecol. Cancer Soc. (2002.10.20〜24), Seoul. Int. J Gynecol Cancer, 12 (5): 526, 2002.

1730. [学会 (国際)] (一般講演) A study of combination chemotherapy with Docetaxel (DOC) and Carboplatin (CBDA) for epithelial ovarian cancer-Interim report. Yasuda, M., Kobayashi, S., 菊池義公, 蔵本博行, Ohta, Y., Tsunoda, H., Inaba, N., Hata, T., Kimura, E. (産婦): 9th Biennial Meeting of the Int. Gynecol. Cancer Soc. (2002.10.20〜24), Seoul. Int. J Gynecol Cancer, 12 (5): 526, 2002.

1731. [学会 (国際)] (一般講演) Early detaction of cervical cancer in Japan. 上坊敏子, 金井督之, 新井正秀, 蔵本博行 (産婦): China-Japan Medical Conference 2002 (2002.11.05), 北京. 予稿集, p.210, 2002.

1732. [学会 (国際)] (シンポジウム等) (Invited Paper) Endometrial cytology for detecting early endometrial neoplasia. 蔵本博行, 上坊敏子 (産婦), 大野英治(医衛), 豊永真澄 (病理), 金井督之, 今井雅夫 (産婦): 14th Int.Congress of Cytol. (2001.05.29), Amsterdam. Acta Cytol., 46 (suppl.1): 165, 2002.

1733. [学会 (国際)] (シンポジウム等) HEC-1 cells-Establishment of in vitro experimental system in endometrial carcinoma. 蔵本博行, Hamano, M., 今井雅夫 (産婦): The 15th International symposium on Cell and molecular biology of endometrial carcinoma (2002.08.30), Tokyo. Human Cell, 15 (2): 62, 2002.

1734. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Expression of cell cycle regulators in endometrial carcinoma. 渡辺 純 (病理), 鎌田裕子, 金井督之, 瀬尾典久, 藤澤武志, 蔵本博行 (産婦): The 15th International symposium on Cell and molecular biology of endometrial carcinoma (2002.08.30), Tokyo. Human Cell, 15 (2): 68, 2002.

1735. [学会 (国際)] (ワークショップ) A case of pulmonary atypical carcinoid tumor diagnosed by intraoperative imprint cytology. Saito, M., Nishimura, Y., Miyamoto, T., Hattori, M., Yokoyama, M., 柿沼廣邦, 渡辺 純 (病理), 品田 純 (胸外), 蔵本博行 (産婦): The 9th Thai-Japanese Workshop (2003.01.25), Hia-Hin Thailand. Abstract, 14, 2003.

1736. [学会 (国際)] (ワークショップ) Cytology of early carcinoma of the cervix and its clinical benefit. 蔵本博行 (産婦), 服部 学 (医衛), 金井督之, Miyamoto, T., 角田新平 (産婦): The 9th Thai-Japanese Workshop (2003.01.25), Hua-Hin, Thailand. Abstract, 1, 2003.

1737. [学会 (国際)] (ワークショップ) Adenocarcinoma of the cervix-Treatment of high risk adenocarcinoma. 上坊敏子 (産婦): 11th World Congress of CervicalPatholog and Colposcopy (2002.06.09), Barcelona.

1738. [学会 (国際)] (ワークショップ) Treatment and follow-up of endocervical neoplasia-Advanced and early adenocarcinomas. Debate Session-Endocervical neoplasia. 蔵本博行 (産婦): 11th World Congress of Cervical Pathology and Colposcopy (2002.06.11), Barcelona.

1739. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌のp27発現に対するプロゲスチンの制御. 金井督之, 渡辺 純, 鎌田裕子, 藤澤武志, 浜野美恵子, 今井 愛, 田村俊男, 新井正秀, 佐藤倫也, 上坊敏子, 藤本博行 (産婦): 第54回日産婦総会 (2002.04.08), 東京. 日産婦誌, 54 (2): 389 (s-303), 2002.

1740. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌培養細胞株へのエストロゲン受容体遺伝子導入とその発現. 瀬尾典久 (産婦), 渡辺 純, 亀谷 徹 (病理), 蔵本博行 (産婦): 第75回日組織培養学会大会 (2002.05.16), 東京.

1741. [学会 (全国)] (一般講演) 心嚢液中に腫瘍細胞が認められた前縦隔原発脱分化型脂肪肉腫の一例. 清水香織, 鈴木恵子, 高橋 剛, 山崎志寿子, 岸田由希子, 薬丸一洋, 蔵本博行 (産婦): 第43回日臨細胞学会総会 (2002.05.31), 大阪. 日臨細胞誌, 41 (suppl.1): 153, 2002.

1742. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺未分化癌と鑑別困難であった鎖骨下発生の類上皮型平滑筋肉腫と考えられた一例. 横山 大, 豊永真澄, 柿沼廣邦 (病理), 高畑美也子 (産婦), 服部 学, 大野英治 (医衛), 蔵本博行 (産婦), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第43回日臨細胞学会総会 (2002.05.31), 大阪. 日臨細胞誌, 41 (suppl.1): 212, 2002.

1743. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮性卵巣癌に対するDocetaxel (DOC) とCarboplatin (CBDCA) 併用化学療法の検討. 小林重光, 安田 充, 菊池義公, 喜多恒和, 蔵本博行, 上坊敏子 (産婦), 大蔵健義, 太田順子, 吉川裕之, 角田 肇 (北九州): 第32回日婦腫瘍学会 (2002.07.25), 北九州. 日婦腫瘍誌, 20 (3): 367, 2002.

1744. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌におけるskp2発現の意義. 鎌田裕子 (産婦), 渡辺 純 (病理), 藤澤武志, 西村由香里, 金井督之, 新井 努, 川口美和, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第61回日癌学会総会 (2002.10.01), 横浜. 同総会記事, p.271〜272, 2002.

1745. [学会 (全国)] (一般講演) p53遺伝子導入による子宮内膜癌のVEGF発現およびその制御. 藤澤武志 (産婦), 渡辺 純 (病理), 大野英治, 服部 学 (医衛), 鎌田裕子, 今井 愛, 秦 宏樹, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第61会日癌学会総会 (2002.10.03), 横浜. 同窓会記事, p.329, 2002.

1746. [学会 (全国)] (一般講演) 肺腺癌におけるTTF-1の細胞診標本での有用性についての検討. 柿沼廣邦, 横山 大, 豊永真澄 (病理), 高畑美也子, 町田大輔, 服部 学, 大野英治 (医衛), 蔵本博行 (産婦), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第41回日臨焼細胞学会秋期大会 (2002.11.01), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 403, 2002.

1747. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるAdenoma Malignumの5例. 今村庸子, 上坊敏子, 川口美和, 金井督之, 藤澤武志, 鎌田裕子, 西村由香里, 和泉 滋, 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨焼細胞学会秋期大会 (2002.11.01), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 197, 2002.

1748. [学会 (全国)] (一般講演) 印鑑細胞癌の成分を伴う子宮頸部微小浸潤腺癌. 安藤宏美, 上坊敏子, 小野重満, 川口美和, 田村俊男, 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨細胞学会秋期大会 (2002.11.01), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 485, 2002.

1749. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌細胞株へのエストロゲン受容体遺伝子導入とエストロゲン効果. 瀬尾典久, 渡辺佳代子, 鎌田裕子, 西村由香里, 浜野美恵子, 川口美和, 新井 努, 斉藤まゆみ, 宮本朋幸, 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨焼細胞学会秋期大会 (2002.11.01),下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2), 508, 2002.

1750. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるp14ARF発現の意義. 西崎律子, 渡辺 純, 鎌田裕子, 藤澤武志, 西村由香里, 瀬尾典久, 宮本朋幸, 斉藤まゆみ, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨焼細胞学会秋期大会 (2002.11.01), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 509, 2002.

1751. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌の組織分化度判定における細胞周期制御因子の意義. 西村由香里, 渡辺 純, 藤澤武志, 鎌田裕子, 新井 努, 川口美和, 秦 宏樹, 上坊敏子 (産婦), 大野英治 (医衛), 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨焼細胞学会秋期大会 (2002.11.01), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 197, 2002.

1752. [学会 (全国)] (一般講演) p27はプロゲスチン療法の治療効果判定因子となりうるか. 渡辺佳代子 (産婦), 渡辺 純 (病理), 今井 愛, 金井督之, 川口美和, 上坊敏子 (産婦), 服部 学, 大野英治 (医衛), 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨細胞学会秋期大会 (2002.11.01), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 510, 2002.

1753. [学会 (全国)] (一般講演) 分泌期変化を伴う子宮内膜増殖症の細胞診断. 豊永真澄, 横山 大, 柿沼廣邦 (病理), 高畑美也子 (産婦), 服部 学, 大野英治 (臨床細胞学), 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第41回日臨細胞学会秋期大会 (2002.11.01), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2), 510, 2002.

1754. [学会 (全国)] (一般講演) 嫌色素腎細胞癌の一例. 山口由美子 (産婦), 横山 大, 豊永真澄, 柿沼廣邦 (病理), 高畑美也子 (産婦), 服部 学, 大野英治 (医衛), 蔵本博行 (産婦), 岩渕啓一, 岡安 勲 (病理): 第41回日臨細胞学会秋期大会 (2002.11.02), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 459, 2002.

1755. [学会 (全国)] (一般講演) 尿路 (移行) 上皮癌における膀胱カテーテル尿を用いたgrade分類. 服部 学, 大野英治 (医衛), 横山 大, 豊永真澄, 柿沼廣邦 (病理), 高畑美也子, 町田大輔, 岩渕啓一 (病理), 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨細胞学会秋期大会 (2002.11.02), 下関. 日臨細胞誌, 41 (suppl.2): 467, 2002.

1756. [学会 (全国)] (一般講演) リンパ節転移を伴った子宮頸部リンパ上皮腫様癌の1例. 新井 努, 上坊敏子, 鈴木 泉, 佐藤倫也, 今井 愛, 金井督之, 藤澤武志, 西村由香里, 蔵本博行 (産婦): 第41回日臨細胞学会秋期大会 (2002.11.02), 下関. 臨細胞誌, 41 (suppl.2): 498, 2002.

1757. [学会 (全国)] (一般講演) 胎児心拍動陽性子宮外妊娠の検討. 藤田一博, 川内博人, 本橋恵美子, 武井英理子, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第42回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (2002.08.01〜02), 東京. 日本産科婦人科内視鏡学会誌, 18 (1), 62, 2002.

1758. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮外妊娠に対するMethotorexate局注療法の成績. 藤田一博, 川内博人, 武井英理子, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第54回日本産科婦人科学会総会 (2002.04.08〜10), 東京. 日本産科婦人科学会雑誌, 54 (2): 423, 2002.

1759. [学会 (全国)] (一般講演) 基礎体温が二相性を呈した子宮外妊娠の3例. 藤田一博, 川内博人, 本橋恵美子, 武井英理子, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第47回日本不妊学会学術講演会 (2002.10.02〜04), 岐阜. 日本不妊学会雑誌, 47 (4): 289, 2002.

1760. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮腺筋症合併不妊例の妊娠. 本橋恵美子, 川内博人, 武井英理子, 藤田一博, 石川雅一, 中村水緒, 西島正博 (産婦): 第47回日本不妊学会学術講演会 (2002.10.02〜04), 岐阜. 日本不妊学会雑誌, 47 (4): 258, 2002.

1761. [学会 (全国)] (一般講演) 重症子宮内膜症に対するGnRHの嚢胞穿刺, 腹腔鏡下手術併用療法の効果−エタノール固定の有無による比較−. 武井英理子, 川内博人, 藤田一博, 本橋恵美子, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第15回内視鏡外科学会 (2002.09.19〜20), 東京都.

1762. [学会 (全国)] (一般講演) 重症子宮内膜症に対するGnRHa, −嚢胞穿刺−腹腔鏡下手術併用療法の効果−エタノール固定の有無による比較. 武井英理子, 川内博人, 藤田一博, 本橋恵美子, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第42回日本産科婦人科内視鏡学会 (2002.08.01〜02), 東京都.

1763. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮頸癌の治療とハイパワーレーザー. 金井督之, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井 努, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第14回日本レーザー治療学会 (2002.06.29〜30), 茨城 (つくば市).

1764. [学会 (全国)] (特別講演) 子宮内膜癌と内膜増殖症の治療. 蔵本博行 (産婦): 第8回北陸婦人科腫瘍講演会 (2002.09.07), 金沢.

1765. [学会 (全国)] (ポスター) 細菌性スーパー抗原TSST-1が妊娠マウスに及ぼす影響. 武井英理子 (産婦), 亀谷美恵 (東海大・免疫学教室), 玉内秀一 (微), 石川雅一, 西島正博 (産婦), 垣生園子 (東海大・免疫学教室): 第32回免疫学会総会 (2002.12.04), 東京.

1766. [学会 (全国)] (ポスター) 早期閉経を呈しながら生児を得た46, xx1xYの1例. 武井英理子, 川内博人, 藤田一博, 本橋恵美子, 石川雅一, 西島正博 (産婦), 前田 徹 (看護学部): 第54回日本産科婦人科学会総会 (2002.04.08), 東京都.

1767. [学会 (全国)] (教育講演) 子宮体癌−特に再発癌, ハイリスク群の取り扱い−. 上坊敏子 (産婦): 第54回日本産科婦人科学会 (2002.04.07), 東京. 同会誌, 54: 193, 2002.

1768. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 子宮内膜癌におけるVEGF発現およびp53遺伝子の導入とそのVEGF発現への効果. 「癌の浸潤・転移に関する最近の知見−その基礎と臨床−」. 藤澤武志 (産婦), 渡辺 純 (病理), 浜野美恵子, 秦 宏樹, 蔵本博行 (産婦): 第75回日組織培養学会大会 (2002.05.16), 東京. 組織培養研究, 21 (19): 29, 2002.

1769. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 細胞診による子宮体部類内膜腺癌の分化度判定. 大野英治, 服部 学 (医衛), 豊永真澄 (病理), 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第43回日臨細胞学会総会 (2002.05.31), 大阪. 日臨細胞誌, 41(suppl.1): 82, 2002.

1770. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 子宮頸癌の治療とハイパワーレーザー「レーザー治療の展望」. 金井督之, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井 努, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第14回日本レーザー治療学会 (2002.06.29), つくば. 日本レーザー治療誌, 1 (1): 7, 2002.

1771. [学会 (全国)] (ワークショップ) 子宮頸部進行がんの治療選択−特に子宮頸部腺癌に関して−「子宮頸部進行がんの治療選択」. 金井督之, 上坊敏子, 角田新平, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 新井 努, 川口美和, 蔵本博行 (産婦): 第40回日癌治学会総会 (2002.10.17), 東京. 日癌治誌, 37 (2): 242, 2002.

1772. [学会 (地方)] (一般講演) 卵巣甲状腺腫性カルチノイド1例. 宮本朋幸, 西村由香里 (産婦), 大野英治, 服部 学 (病理), 横山 大, 柿沼廣邦, 渡辺 純 (病理), 新井正秀, 本橋美恵子, 片岡由紀, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第21回日臨細胞学会神奈川地方会 (2002.09.07), 横浜. 日臨細胞神奈川会誌, 7 (2): 71, 2002.

1773. [学会 (地方)] (一般講演) 腎細胞癌術後子宮転移の1例. 鴨下詠美, 金井督之, 上坊敏子, 田村俊男, 今井 愛, 佐藤倫也, 蔵本博行 (産婦): 第21回日臨細胞学会神奈川地方会 (2002.09.07), 横浜. 日臨細胞神奈川会誌, 7 (2): 72, 2002.

1774. [学会 (地方)] (一般講演) 肺非定型的カルチノイドの一例. 斉藤まゆみ, 西村由香里 (産婦), 大野英治, 服部 学 (医衛), 横山 大, 柿沼廣邦, 渡辺 純 (病理), 品田 純 (胸外), 蔵本博行 (産婦): 第16回日臨細胞学会関東連合会 (2002.09.21), 前橋. 同プログラム, p.27, 2002.

1775. [研究会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるskp2の免疫組織化学的検討. 鎌田裕子 (産婦), 渡辺 純 (病理), 藤澤武志, 西村由香里, 秦 宏樹, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第1回日婦がん分子標的研究会 (2002.07.12), 石川. 同抄録集, 2002.

1776. [研究会 (地方)] (一般講演) 子宮頸癌に対するNeoadjuvant Chemotherapyの試み. 向梅 (吉林大学), 上坊敏子, 佐藤倫也, 金井督之, 今井 愛, 新井 努, 川口美和, 田村俊男, 蔵本博行, 西島正博 (産婦): 第342回四水会 (2002.06.19), 東京.

1777. [研究会 (地方)] (特別講演) がん検診-特に子宮がん検診の最近の動向とその成果. 蔵本博行 (産婦): 東京逓信病院学術講演会 (2002.09.12), 東京. 逓信医学, 2002.

1778. [研究会 (地方)] (公開講座) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行 (産婦): 群馬大学医学部保健学科 (2002.01.17), 前橋.

1779. [研究会 (地方)] (公開講座) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行 (産婦): 第111回日臨細胞学会細胞検査士養成講習会 (2002.07.02), 東京.

1780. [研究会 (地方)] (公開講座) 子宮体部腺癌. 蔵本博行 (産婦): 第27回日臨細胞学会細胞診断学セミナー(2002.08.24), 東京.

1781. [研究会 (地方)] (公開講座) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行 (産婦): 群馬大学医学部保健学科 (2002.12.19), 前橋.

1782. [研究会 (地方)] (公開講座) 子宮頸癌の保存療法に対する細胞診の役割. 蔵本博行 (産婦): 平成14年度第3回細胞検査士講習会 (2003.01.31), 東京・荒川区.


<<整形外科学>>

[学術論文]

1783. [原著] Treatment Outcome of Nonclostridial Gas Gangrene in A Level 1 Trauma Center. 高平尚伸 (整外), 新藤正輝, 田中啓司, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 糸満盛憲 (整外): J Orthop Trauma, 16 (1): 12〜17, 2002.

1784. [原著] Blockade of angiotensin ATla receptor signaling reduces tumor growth, angiogenesis, and metastasis. 藤田 護 (整外), 林 泉 (薬理), 山科正平 (解), 糸満盛憲 (整外), 馬嶋正隆 (薬理): Biochemical and Biophysical Research Communications, 294: 441〜447, 2002.

1785. [原著] Protective effect of ischaemic preconditiong against ischaemia-induced reperfusion injury of skeltal muscle: how many preconditioning cycles are appropriate? 斉田康之, 横山一彦, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): British Journal of Plastic Surgery, 55: 241〜245, 2002.

1786. [原著] Evaluation of functional outcome of the floating knee injury using multivariate analysis. 横山一彦, 塚本達郎, 青木信一, 脇田隆司, 内野正隆, 能美 尚, 福島宣明, 糸満盛憲 (整外): Arch Orthop Trauma Surg, 122: 432〜435, 2002.

1787. [原著] Orthopedic managements of skeletal trauma in multiple-injury patients: a retrospective review of 7years of patients in a Japanese level 1 hospital. 横山一彦, 糸満盛憲, 高平尚伸, 脇田隆司, 青木信一, 能美 尚, 内野正隆 (整外): Eur J Orthop Surg Traumatol, 12: 20〜25, 2002.

1788. [原著] Temporary Intercarpal Fixation. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 井村貴之, 脇田隆司 (整外): 日本手の外科学会雑誌, 19 (6): 656〜660, 2002.

1789. [原著] Distinct anabolic response of osteoblast to low-intensity pulsed ultrasound. 成瀬康治 (整外), ミヤウチアキミツ (国立兵庫中央病院内科), 糸満盛憲 (整外), 高垣裕子 (神奈川歯科大学): Journal of Bone and Mineral Research, 18 (2): 360〜369, 2003.

1790. [原著] Treatment outcome of two-stage revision total hip arthroplasty for infected hip using antibiotic-impregnant cement spacer. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 内山勝文, 宮部 基, 成瀬康治 (整外): Journal of Orthopaedic Science, 8: 26〜31, 2003.

1791. [原著] 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術−術後2年以上経過例の検討−. 安達 公, 蛯原有男, 山屋智康, 笠井謙和, 中澤俊之, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 14 (2): 155〜161, 2002.

1792. [原著] 下腿骨骨折におけるハイブリッド創外固定器の有用性. 内野正隆, 横山一彦, 脇田隆司, 中村光伸, 青木信一, 塚本達郎 (整外), 新藤正輝 (昭和大救急), 糸満盛憲 (整外): 日本職業・災害医学会雑誌, 51 (1): 30〜34, 2003.

1793. [準原著] Support ringを用いた人工臼再置換術の成績−2年以上経過例について−. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 内山勝文, 宮部 基 (整外): 日本人工関節学会誌, 32: 155〜156, 2002.

1794. [準原著] Legal situation of tissue transplantion in Japan. 糸満盛憲, 泉 敏弘, 高平尚伸, 成瀬康治, 富永俊行, 峰原宏昌 (整外): Advance in tissue banking 6: 45〜55, 2002.

1795. [準原著] The influence of sterilisation on the osteoinductive of bone in rat bone marrow cell culture. 富永俊行, 泉 敏弘, 糸満盛憲 (整外), 伊藤 均 (日本原子力研究所高崎研究所): Advance in tissue banking, 6: 129〜145, 2002.

1796. [準原著] 脛骨顆部骨折の治療経験. 片野素昭, 高木 淳, 北爪伸仁, 安達 公, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 骨折, 24 (1): 303〜307, 2002.

1797. [準原著] 当科における上腕骨骨幹部骨折に対する非リーミング髄内釘の使用経験. 宮部 基, 糸満盛憲, 横山一彦, 高平尚伸, 成瀬康治, 塚本達郎 (整外), 新藤正輝(昭和大学救急): 骨折, 24 (2): 526〜529, 2002.

1798. [準原著] マイクロ波加温による海綿骨および皮質骨の内部温度均一化の検討. 内山勝文, 糸満盛憲 (整外), 氏平正伸, 馬渕清資 (医衛): 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 23: 81〜86, 2002.

1799. [準原著] マイクロ波照射による皮質骨および海綿骨を含むウシ中足骨の内部温度均一化の検討. 内山勝文(整外), 長江祐吾, 氏平政伸, 西 かおり, 馬渕清資 (医衛), 糸満盛憲 (整外), 仙田和章 (ミクロ電子), 姜 慶愛 (アイメディック): 日本機械学会2002年度年次大会講演論文集 (Y), 19〜20, 2002.

1800. [準原著] マイクロ波による同種移植骨の加温処理法の開発−移植骨の加温処理条件の検討−. 内山勝文 (整外), 氏平政伸 (医衛), 高平尚伸, 峰原宏昌, 小宮宏一郎 (整外), 馬渕清資 (医衛), 仙田和章 (ミクロ電子), 姜 慶愛 (アイメディック), 糸満盛憲 (整外): マイクロ波効果・応用国際シンポジウム講演要旨集, p.60〜61, 2002.

1801. [準原著] 下腿骨折におけるハイブリッド創外固定器の有用性. 内野正隆, 横山一彦, 脇田隆司, 青木信一, 塚本達郎, 糸満盛憲 (整外), 新藤正輝 (昭和大学救急): 日本創外固定・骨延長学会雑誌, 14: 166, 2003.

1802. [準原著] Bennett骨折に対する経皮的鋼線固定術. 鈴木 俊, 二見俊郎, 小林明正 (整外): 骨折, 24 (2): 739〜741, 2002.

1803. [準原著] 新しいTensin band wiring法−Pin sleeve systemの使用経験−. 原 洋, 高平尚伸, 内山勝文, 松本 晃, 糸満盛憲 (整外): 骨折, 24 (2): 605〜609, 2002.

1804. [症例報告] Spontaneous rupture of extensor tendons at the wrist in a patient with mixed connective tissue disease. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 藤田 護 (整外): Mod Rheumatol, 12: 256〜258, 2002.

1805. [症例報告] 多発性骨髄腫に合併したアミロイドーシスによる手根管症候群の1例. 森口尚生, 小林明正, 藤田 護, 二見俊郎 (整外): 整形外科, 53 (6): 665〜668, 2002.

1806. [症例報告] SLEに合併した上腕骨頭壊死に対して支持骨柱移植をおこなった1例. 宮部 基, 西村明人, 成瀬康治, 高岸憲二, 糸満盛憲 (整外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 14 (5): 133〜136, 2001.

1807. [症例報告] 辺縁切除縁で摘出した再発椎体骨巨細胞腫の1例. 日野勝利, 安達 公, 蛯原有男, 笠井謙和, 中澤俊之, 二見俊郎 (整外), 金城正佳 (外): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 14 (5): 145〜149, 2001.

1808. [症例報告] 大腿骨顆部, 顆上骨折に手術成績. 内山勝文 (整外), 蜂谷将史, 大成克弘, 藤井英世, 大久保俊彦, 近藤総一, 竹口英文, 瀧 直也, 斉藤 元, 山田光高, 田中正宏 (横浜南共済), 中澤俊之 (整外), 山田勝久 (南共済): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 14 (5): 159〜162, 2001.

1809. [症例報告] 肘関節屈側に発生した軟部腫瘍と誤認された上腕二頭筋腱遠位端断裂の1例. 鈴木 俊, 二見俊郎, 小林明正 (整外): 日本肘関節研究会誌, 9 (1): 153〜154, 2002.

1810. [症例報告] 胸椎椎間板ヘルニアと胸椎黄色靭帯骨化症を合併した1例. 大川 孝, 安達 公, 河合光正, 蛯原有男, 笠井謙和, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 14 (4): 552〜557, 2002.

1811. [症例報告] 右中指DIP関節変形性関節症に合併した反射性交感神経性ジストロフィーの1例. 佐藤俊博, 遠藤太刀男, 小林明正, 二見俊郎, 塚本行男 (整外), 荒川真之 (麻): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 15 (3): 47〜49, 2002.

1812. [症例報告] 脛骨顆部骨折を伴った膝複合靭帯損傷の1例. 小沼賢治, 片野素昭, 高木 淳, 渡辺哲哉, 北爪伸仁, 安達 公, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 関東膝を語る会会誌, 18 (1): 32〜36, 2002.

1813. [症例報告] Kienbock病に手根管症候群, 手指伸筋腱皮下断裂を合併した1例. 駒田朋秀, 小林明正, 森口尚生, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 整形外科, 54 (2): 188〜189, 2003.

1814. [総説] 手根管症候群の外科的治療−従来法と鏡視下法との比較−. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功 (整外): 整形・災害外科, 45 (11): 1117〜1120, 2002.

1815. [総説] マイクロ波による骨加温処理. 内山勝文 (整外): 臨床整形外科, 37 (8): 940〜942, 2002.

1816. [総説] 変形性股関節症. 高平尚伸 (整外): Pharma medica, 20 (5): 121〜128, 2002.

1817. [総説] 同種骨移植と骨銀行. 小宮宏一郎, 那須野秀二, 小林菜央, 糸満盛憲 (整外): 医学と薬学, 48 (6): 921〜926, 2002.

1818. [総説] 母指・指関節の脱臼 (関節脱臼の非観血的整復手技のコツ). 二見俊郎, 小林明正 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 15 (2): 1〜5, 2002.

1819. [総説] 関節の再生医学. 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): Clinical calcium, 12 (2): 22〜28, 2002.

1820. [総説] 強固なアキレス腱縫合と早期運動療法. 占部 憲 (整外): 新OS NOW, 15: 210〜214, 2002.

1821. [総説] 手のしびれ. 二見俊郎 (整外): ゆほびあ, 9: 60〜63, 2002.

1822. [総説] 腱鞘炎. 二見俊郎 (整外): くらしと健康, 3: 81, 2003.

[著 書]

1823. [学術書] (分担執筆) Legal situation of tissue transplantation in Japan. Advance inTissue Banking Vol.6, p45〜55. 糸満盛憲 (整外), 和泉 徹 (内), 高平尚伸, 成瀬康治, 富永俊之, 峰原宏昌 (整外), Editor-in-Chief G.O. Phillips, World Scientific Publishing Co. Pte. Ltdc, Singapore, 2002.

1824. [学術書] (分担執筆) アトラス四肢骨折治療基本手技マニュアル. 上巻; 鎖骨遠位端骨折の接合方法−鎖骨遠位端骨折固定プレートscorpionを用いて−, p.34〜40. 糸満盛憲, 高崎純孝 (整外). 編集 糸満盛憲, 戸山芳昭 (慶大整形外科), (株) 全日本病院出版会, 東京, 2003.03.25発行.

1825. [学術書] (分担執筆) アトラス四肢骨折治療基本手技マニュアル. 上巻; 髄内釘固定法, p.66〜69, 宮部 基, 糸満盛憲 (整外), 編集 糸満盛憲, 戸山芳昭 (慶大整形外科), (株) 全日本病院出版会, 東京, 2003.03.25発行.

1826. [学術書] (分担執筆) アトラス四肢骨折治療基本手技マニュアル. 上巻; 顆間隆起骨折に対する鏡視下骨接合法, p.145〜151. 占部 憲 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), 戸山芳昭 (慶大整外), (株) 全日本病院出版会, 東京, 2003.03.25発行.

1827. [学術書] (分担執筆) アトラス四肢骨折治療基本手技マニュアル. 上巻; 舟状骨偽関節手術, p.177〜181. 二見俊郎, 小林明正 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), 戸山芳昭 (慶大整形外科), (株) 全日本病院出版会, 東京, 2003.03.25発行.

1828. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 肘部管症候群 (遅発性尺骨神経麻痺), 小林明正 (整外), (株) 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

1829. [研究報告書] (文部科学省) 企業との連携について. 糸満盛憲, 内山勝文, 高平尚伸, 馬渕清資 (整外), 氏平政伸 (医衛), 小林菜央 (整外), 姜 慶愛: 産学連携フォーラム−医学2002−抄録集, 66〜67, 2002.

[学会・研究会等]

1830. [学会 (国際)] (一般講演) Application of structural allograrft to the extensive bone defect for femoral reconstruction in revision hip arthroplasty. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 相川 淳 (整外): The 9th International Conference onTissue Banking (APASTB) (2002.09.28〜30), 韓国.

1831. [学会 (国際)] (一般講演) Investigation in the histological and biochemical characteristics of the cultured chondrocytes seeded in type U collagen sponge. 向井田智之, 占部 憲, 成瀬康治 (整外): The 9th International Conference on Tissue Banking (APASTB) (2002.09.28〜30), 韓国.

1832. [学会 (国際)] (一般講演) Mesenchymal progenitor cells in fetal circulation. 成瀬康治, 占部 憲, 向井田智之 (整外): The 9th International Conference on Tissue Banking (APASTB) (2002.09.28〜30), 韓国.

1833. [学会 (国際)] (一般講演) Development of new tension band wiring system (AI pin-sleeve system). 糸満盛憲, 高平尚伸, 内山勝文, 東 計, 占部 憲, 宮部 基, 峰原宏昌 (整外): 第24回タイ整形外科学会(2002.10.20〜22), タイ (パタヤ).

1834. [学会 (国際)] (一般講演) Historical review and current status of fracture treatment in Japan -With special regard to intramedullary nailing-. 糸満盛憲, 横山一彦, 中村光伸, 脇田隆司, 内野正隆 (整外): 日中医学大会2002 (2002.11.03〜06), 中国 (北京). 抄録集, p.199, 2002.

1835. [学会 (国際)] (一般講演) The effect on pulmonary function of reamed or unreamed intramedullary nailing for the femur in sheep; Under non-damaged conditions. 横山一彦, 青木信一, 塚本達郎, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 49th Orthopaedic reserch society (2003.02.02〜05), アメリカ (ニューオリンズ).

1836. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical results of reattachment of greater trochanter using pin-sleeve system in hip. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 内山勝文, 宮部 基 (整外): Deutsch-Japanesche orthopden Taugung (2002.05.16), 岡山.

1837. [学会 (国際)] (一般講演) Investigation in the histological and biochemical characteristics of the cultured chondrocytes seeded in type U collagen sponge. 向井田智之, 占部 憲, 成瀬康治, 大貫裕子, 糸満盛憲 (整外): The 9th International Conference on Tissue Banking (APASTB) (2002.09.28〜30), 韓国.

1838. [学会 (国際)] (ポスター) Time course of superoxide radidals in two ischemia-reperfusion models: Comparison between hindlimb replant model and isolated muscle model. 横山一彦, 中村光伸, 斉田康之, 糸満盛憲 (整外): SICOT/SIROT 2002 (2002.08.23〜30), アメリカ (サンディエゴ). 抄録集, p.113, 2002.

1839. [学会 (国際)] (ポスター) The protective effect of ischemic pre-condition against muscle injury induced by reperfusions: An experimental study in rats. 斉田康之, 横山一彦, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): SICOT/SIROT 2002 (2002.08.23〜30), アメリカ (サンディエゴ). 抄録集, p.113, 2002.

1840. [学会 (国際)] (ポスター) Development of microwave low heating method for bone allografts-investigation for heating condition of various bone allgrafts during microwave heating. 内山勝文, 高平尚伸 (整外), 氏平政伸 (医衛), 馬渕清資, 小林菜央, 糸満盛憲 (整外): The 9th International Conference on Tissue Banking (APASTB) (2002.09.28〜30), 韓国.

1841. [学会 (国際)] (ポスター) Status of bone allgrafting in Japan and management of Kitasato University Hospital Bone Bank (KUBB). 小宮宏一郎, 中村光伸, 高平尚伸, 小林菜央, 糸満盛憲 (整外): The 9th International Conference on Tissue Banking (APASTB) (2002.09.28〜30), 韓国.

1842. [学会 (国際)] (ポスター) Resonant frequency measurements for fracture healing. 塚本達郎, 横山一彦 (整外), 森田真史 (医衛), 青木信一, 糸満盛憲 (整外): The 8th meeting of the International society for fracture repair (2002.10.09〜11), カナダ (トロント).

1843. [学会 (国際)] (ポスター) Two-stage revision total hip arthroplasty for infected hip arthroplasty using antibiotic-impregnated cement spacer. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 小宮宏一郎, 糸満盛憲 (整外): 日中医学大会2002 (2002.11.03〜06), 中国 (北京). 抄録集, p.203, 2002.

1844. [学会 (国際)] (ポスター) Treatment outcome of two-stage revision total hip arthroplasty for infected hip arthroplasty using antibiotic-impregnated cement spacer. 高平尚伸, 内山勝文, 東 計, 成瀬康治, 糸満盛憲 (整外): The 13th Korean-Japanese combined orthopaedic symposium (KJCOS 2002) (2002.07.04), 韓国.

1845. [学会 (国際)] (特別講演) Valgus-flexion osteotomy for advanced osteoarthiritis in middle aged patients. 糸満盛憲, 高平尚伸, 内山勝文, 占部 憲, 宮部 基, 峰原宏昌 (整外): 第24回タイ整形外科学会(2002.10.20〜22), タイ (パタヤ).

1846. [学会 (国際)] (特別講演) Allograft reconstruction of acetabular bone defect in revision THR. 糸満盛憲, 高平尚伸, 内山勝文, 占部 憲, 宮部 基, 峰原宏昌 (整外): 第24回タイ整形外科学会 (2002.10.20〜22), タイ (パタヤ).

1847. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Current status of Tissue Banking in Japan. 糸満盛憲, 小宮宏一郎, 小林菜央, 占部 憲, 高平尚伸 (整外): The 9th International Conference on Tissue Banking (APASTB) (2002.09.28〜30), 韓国.

1848. [学会 (国際)] (シンポジウム等) マイクロ波による同種移植骨の加温処理法の開発−移植骨の加温処理条件の検討−. 内山勝文 (整外), 氏平政伸 (医衛), 高平尚伸, 峰原宏昌, 小宮宏一郎 (整外), 馬渕清資 (医衛), 仙田和章 (ミクロ電子), 姜 慶愛 (アイメデイック), 糸満盛憲 (整外): マイクロ波効果・応用国際シンポジウム(2002.11.21〜22), 奈良. 講演要旨集, p.60〜61, 2002.

1849. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Clinical result of reattachment of greater trochanter using pin-sleeve system in hip arthroplasty. 高平尚伸, 内山勝文, 峰原宏昌, 相川 淳, 大塚 宏, 高崎純孝, 大川 孝, 糸満盛憲(整外): The 15th Annual Symposium of the International Society for Technology in Arthroplasty(2002.09.25〜28), イギリス (オックスフォード). 抄録集, p.32, 2002.

1850. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Analysis by three-dimensional computed tomography images of resected femur according to the theory for total knee arthroplasty. 占部 憲 (整外), 三浦裕正, 長峰隆二, 松田秀一 (九大), 糸満盛憲 (整外), 岩本幸英 (九大): The German-Japanese combined Orthopaedic Symposium (2002.05.06), 岡山.

1851. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Difference between anatomical and machanichal axis of normal tibia in TKA. 峰原宏昌, 占部 憲, 宮部 基, 大川 孝, 駒田朋秀, 糸満盛憲 (整外): The 13th Korean-Japanese Combined Orthopaedic Simposium (2002.07.04〜06), 韓国.

1852. [学会 (全国)] (一般講演) 橈骨頭骨折の機能成績. 朴 晃正, 横山一彦, 青木信一, 塚本達郎, 相川 淳, 糸満盛憲 (整外): 第28回日本骨折治療学会 (2002.07.12〜13), 福岡. 抄録集, p.98, 2002.

1853. [学会 (全国)] (一般講演) 我々の肩鎖関節脱臼に対する烏口肩峰靭帯移行法の検討. 新田浩史, 安達 公, 井村貴之, 中澤俊之, 笠井謙和, 二見俊郎 (整外), 山瀬 隆(山瀬整形外科): 第28回日本骨折治療学会 (2002.07.12〜13), 福岡. 抄録集, p.93, 2002.

1854. [学会 (全国)] (一般講演) 脛骨顧問隆起骨折に対する関節鏡視下手術. 片野素昭, 渡辺哲哉, 高木 淳, 安達 公, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第28回日本骨折治療学会 (2002.07.12〜13), 福岡. 抄録集, p.135, 2002.

1855. [学会 (全国)] (一般講演) ハイブリッド創外固定器にて加療された脛骨開放骨折の検討. 内野正隆, 横山一彦, 脇田隆司 (整外), 鈴木 卓 (救命), 糸満盛憲 (整外), 新藤正輝 (昭和大): 第28回日本骨折治療学会 (2002.07.12〜13), 福岡. 抄録集, p.140, 2002.

1856. [学会 (全国)] (一般講演) リーミング・非リーミング髄内釘刺入による健常肺への影響の違いについての実験的研究−hemodynamic dataを中心に−. 青木信一, 横山一彦, 斉田康之, 塚本達郎, 内山勝文, 糸満盛憲 (整外): 第28回日本骨折治療学会 (2002.07.12〜13), 福岡. 抄録集, p.143, 2002.

1857. [学会 (全国)] (一般講演) ラット脛骨近位端近傍の皮質骨において, 軽度の運動はPTHのアナボリックな作用に対して相乗的に働く. 高垣裕子 (神奈川歯科大), 青木和広, 大谷啓一 (東京医科歯科大), 糸満盛憲 (整外): 第20回日本骨代謝学会 (2002.07.25〜27), 岡山. 抄録集, p.39, 2002.

1858. [学会 (全国)] (一般講演) 日本における同種骨移植の現状と北里大学骨バンクについて. 小宮宏一郎, 那須野秀二, 塚本達郎, 峰原宏昌, 糸満盛憲 (整外): 第1回日本組織移植学会・学術集会 (2002.08.02), 東京. 日本組織移植学会雑誌, 1: 27 (抄録集), 2002.

1859. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節ステム固定部の不規則応力振動を励起する因子の推定. 酒井利奈, 馬渕清資 (大学院医療系研究科), 糸満盛憲, 高平尚伸 (整外), 雨尾公暁 (千葉大大学院自然学研究科): 第29回日本臨床バイオメカニクス学会 (2002.09.28〜29), 千葉 (幕張). 抄録集, p.69, 2002.

1860. [学会 (全国)] (一般講演) 皮質骨と海面骨を含むウシ中足骨のマイクロ波加熱における内部温度均一化のための検討. 内山勝文 (整外), 森實雅司 (大学院医療系研究科), 氏平政伸, 石田 稔, 馬渕清資 (医衛), 糸満盛憲 (整外): 日本機械学会2002年度年次大会 (2002.09.25〜27), 東大. 日本機械学会2002年度年次大会講演論文集, p.19〜20, 2002.

1861. [学会 (全国)] (一般講演) 重度脛骨開放骨折に対する短縮後骨延長法による治療経験. 横山一彦, 中村光伸, 脇田隆司, 塚本達郎, 内野正隆, 青木信一, 糸満盛憲 (整外): 第50回日本職業・災害医学会 (2002.10.25〜26), 北九州市. 日本職業・災害医学会会誌, 50 (臨増): 167, 2002.

1862. [学会 (全国)] (一般講演) 進行期・末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術後のX線学的経過観察. 内山勝文, 高平尚伸, 東 計, 大川 孝, 高崎純孝, 小沼賢治, 糸満盛憲 (整外): 第29回日本股関節学会 (2002.09.12〜13), 札幌. 抄録集, p.149, 2002.

1863. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節手術の周術期における凝固線溶系マーカーの変動−THAと骨切り術の比較−. 高平尚伸, 内山勝文, 峰原宏昌, 大川 孝, 高崎純孝, 東 計, 本部純子, 糸満盛憲 (整外): 第29回日本股関節学会 (2002.09.12〜13), 札幌. 抄録集, p.215, 2002.

1864. [学会 (全国)] (一般講演) 血管柄付き大腿骨内上顆部骨移植にて左足第1基節骨欠損の再建を行った1例. 中村光伸, 横山一彦, 脇田隆司, 斉田康之, 大塚 宏, 糸満盛憲 (整外): 第29回日本マイクロサージャリー学会学術集会 (2002.11.21〜22), 沖縄県. 抄録集, p.87, 2002.

1865. [学会 (全国)] (一般講演) 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術−中期成績の検討−. 安達 公, 蛯原有男, 笠井謙和, 中澤俊之, 山屋智康, 二見俊郎(整外): 第75回日本整形外科学会学術集会 (2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.96, 2002.

1866. [学会 (全国)] (一般講演) 脛骨プラトー骨折の治療成績. 片野素昭, 渡辺哲哉, 高木 淳, 北爪伸仁, 安達 公, 二見俊郎 (整外): 第75回日本整形外科学会学術集会(2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.443, 2002.

1867. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内釘横止め法にて加療した大腿骨骨幹部骨折における骨癒合に影響する諸因子の検討−多変量解析を用いて−. 横山一彦, 糸満盛憲, 脇田隆司, 塚本達郎, 青木信一 (整外): 第75回日本整形外科学会学術集会 (2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.462, 2002.

1868. [学会 (全国)] (一般講演) 整形外科における組織移植の現状−日整会認定研修施設を対象としたアンケート調査結果−. 神宮司誠也 (九大), 糸満盛憲 (整外), 清水克時 (岐阜大), 松下 隆 (帝京), 泉 敏弘 (整外), 垣内雅明 (大阪警察病院), 長野 昭 (浜松医), 蜂谷裕道 (はちや整形), 越智光夫 (島根), 野口康男 (九大), 松崎浩巳 (日大), 松末吉隆 (滋賀), 富士川恭輔 (防衛医): 第75回日本整形外科学会学術集会 (2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.362, 2002.

1869. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節における固定部接触面積に依存する応力分布のゆらぎ. 酒井利奈, 糸満盛憲, 高平尚伸, 内山勝文, 雨尾公暁, 馬渕清資 (整外): 第33回日本人工関節学会 (2002.02.21), 別府.

1870. [学会 (全国)] (ポスター) 一時的経皮固定法による部分手関節固定術の試み. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 藤田 正, 脇田隆司 (整外): 第45回日本手の外科学会学術集会 (2002.04.11〜12), 新潟市. 日本手の外科学会雑誌 (抄録集), 19 (1): 5, 2002.

1871. [学会 (全国)] (ポスター) ラット胎児血由来未分化幹細胞の多分化能の検討. 成瀬康治, 占部 憲, 向井田智之, 大貫裕子, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第17回日本整形外科学会基礎学術集会 (2002.10.11〜12), 青森. 日本整形外科学会雑誌, 76 (8): 1106, 2002.

1872. [学会 (全国)] (ポスター) U型コラーゲンスポンジ内における軟骨細胞培養の検討. 向井田智之, 占部 憲, 成瀬康治, 大貫裕子, 高平尚伸 (整外), 玄 烋 (京大), 糸満盛憲 (整外): 第17回日本整形外科学会基礎学術集会 (2002.10.11〜12), 青森. 日本整形外科学会雑誌, 76 (8): 1107, 2002.

1873. [学会 (全国)] (ポスター) 人工関節におけるpin-sleeve systemを用いた大転子再接合術の臨床成績. 高平尚伸, 糸満盛憲, 東 計, 内山勝文, 宮部 基 (整外): 第75回日本整形外科学会学術集会 (2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.216, 2002.

1874. [学会 (全国)] (ポスター) 人工膝関節における大腿骨コンポーネントのステム長及び径の検討−レントゲン正面像における大腿骨骨髄腔幅との検討−. 占部 憲, 峰原宏昌, 宮部 基, 相川 淳, 高崎純孝, 朴 晃正, 善平哲夫, 渡辺哲哉, 糸満盛憲 (整外): 第75回日本整形外科学会学術集会 (2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.447, 2002.

1875. [学会 (全国)] (ポスター) Multicentric Reticulohistiocytosisの長期観察例. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 鈴木 俊 (整外): 第46回日本リウマチ学会総会 (2002.04.22〜24), 神戸.

1876. [学会 (全国)] (ポスター) 人工関節再置換術における大腿骨側の広範な骨欠損への対応−Segemental cortical allograftを用いて−. 高平尚伸, 内山勝文, 小宮宏一郎, 相川 淳, 高崎純孝, 砂辺完治, 樽原秀之, 佐藤俊博, 糸満盛憲 (整外): 第33回日本人工関節学会(2003.02.21), 別府.

1877. [学会 (全国)] (特別講演) 上肢スポーツ障害の最近の知見. 二見俊郎 (整外): 第15回骨・関節シンポジウム(2003.01.25), 福岡.

1878. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 前および後骨間神経症候群の治療−保存的療法−. 二見俊郎, 小林明正, 只野 功, 脇田隆司, 大塚 宏 (整外): 第45回日本手の外科学会学術集会 (2002.04.11〜12), 新潟. 日本手の外科学会雑誌 (抄録集), 19 (1): 5, 2002.

1879. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 人工股関節再置換術における同種骨移植の意義. 小宮宏一郎, 那須野秀二, 高平尚伸, 内山勝文, 糸満盛憲 (整外): 第17回日本整形外科学会基礎学術集会 (2002.10.11〜12), 青森. 日本整形外科学会雑誌, 76 (8): 1088, 2002.

1880. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 整形外科における組織移植の現状−日整会認定研修施設を対象としたアンケート調査結果−. 神宮司誠也 (九大), 糸満盛憲 (整外), 清水克時 (岐阜大), 松下 隆 (帝京大), 富士川恭輔 (防衛医大): 第17回日本整形外科学会基礎学術集会(2002.10.11〜12), 青森. 日本整形外科学会雑誌, 76 (8): 1089, 2002.

1881. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 髄内釘手術と肺脂肪塞栓. 新藤正輝, 田中啓司, 有賀 徹 (昭和大), 相馬一亥, 西巻 博 (救命), 糸満盛憲 (整外): 第75回日本整形外科学会学術集会 (2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.278, 2002.

1882. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 寛骨臼骨折の治療−救命救急センターでの経験−. 新藤正輝, 田中啓司, 有賀 徹 (昭和大), 大和田 隆 (救命), 脇田隆司, 糸満盛憲(整外): 第75回日本整形外科学会学術集会 (2002.05.16〜19), 岡山. 抄録集, p.282, 2002.

1883. [学会 (全国)] (サテライトセッション) 人工関節再置換術における大腿骨側の骨欠損への対応−Segmental cortical allograftを用いて−. 内山勝文, 高平尚伸, 東 計, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第10回Hip forum(2002.07.20), 長野県.

1884. [学会 (全国)] (サテライトセッション) 人工股関節における固定部接触面積に依存する応力分布のゆらぎ. 酒井利奈 (医衛), 糸満盛憲, 高平尚伸, 内山勝文 (整外), 雨尾公暁, 馬渕清資 (医衛): 第33回日本人工関節学会(2003.02.21), 別府.

1885. [学会 (全国)] (一般講演) ラット胎児血に含まれる間葉系細胞の軟骨細胞分化能の検討. 成瀬康治, 占部 憲, 向井田智之, 相川 淳, 大貫裕子, 小林菜央, 糸満盛憲 (整外): 第2回日本再生医療学会総会 (2003.03.11〜12), 神戸.

1886. [学会 (全国)] (一般講演) ラット胎児血由来未分化間葉系細胞の軟骨細胞分化能の検討. 成瀬康治, 占部 憲, 向井田智之, 相川 淳, 宮部 基, 糸満盛憲 (整外): 第16回日本軟骨代謝学会 (2003.03.07〜08), 岡山.

1887. [学会 (地方)] (一般講演) 脛骨顆間隆起骨折術後の関節鏡所見の検討. 朴 晃正, 占部 憲, 宮部 基, 相川 淳, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第51回東日本整形災害外科学会 (2002.10.24〜25), 郡山. 東日本整災誌, 14 (3): 430 (抄録号), 2002.

1888. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 高齢者の橈骨遠位端骨折の保存療法. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 井村貴之, 安達 公, 渡辺哲哉 (整外): 第51回東日本整形災害外科学会 (2002.10.24〜25), 郡山. 東日本整災誌 (抄録号), 14 (3): 304, 2002.

1889. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 感染性人工関節に対する再置換術の工夫−抗生剤含有セメントスペーサーとビーズの使用−. 高平尚伸, 内山勝文, 宮部 基, 占部 憲, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第51回東日本整形災害外科学会 (2002.10.24〜25), 郡山. 東日本整災誌 (抄録号), 14 (3): 445, 2002.

1890. [学会 (地方)] (サテライトセッション) 抗生剤含有骨セメントスペーサーの適正使用−抗生剤の血中濃度測定−. 高橋里奈, 高橋賢成, 島田慈彦 (薬剤部), 内山勝文, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第51回東日本整形災害外科学会 (2002.10.24〜25), 郡山. 東日本整災誌 (抄録号), 14(3): 437, 2002.

1891. [研究会 (国際)] (特別講演) Diagnosis and management of the entrapment neuropathies in the upper extremnity. 二見俊郎 (整外): Jilin University講演会 (2002.10.22), Changchin 中国.

1892. [研究会 (国際)] (特別講演) Management of sports injuries around the hand and elbow. 二見俊郎 (整外): Jilin University講演会 (2002.10.22), Changchin 中国.

1893. [学会 (全国)] (一般講演) 人工関節再置換術における大腿骨側の骨欠損への対応−Segmental cortical allograftを用いて−. 内山勝文, 高平尚伸, 東 計, 大川 孝, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第10回Hip forum (2002.07.20), 富山.

1894. [研究会 (全国)] (一般講演) 胎児血由来未分化間葉系幹細胞の多分化能の検討. 成瀬康治, 占部 憲, 向井田智之, 小林菜央, 大貫裕子, 小宮宏一郎, 糸満盛憲 (整外): 第21回日本運動器移植・再生医学研究会(2002.10.19), 東京. 抄録集, p.49, 2002.

1895. [研究会 (全国)] (一般講演) リン酸カルシウム骨ペーストを使用した9症例の短期経過. 塚本達郎, 糸満盛憲, 小宮宏一郎, 脇田隆司, 那須野秀二 (整外): 第3回バイオアクティブペースト研究会 (2002.11.30), 東京. 抄録集, p.40, 2002.

1896. [研究会 (全国)] (一般講演) 肘部管症候群に対するElbow flexion testの有用性 (罹患例と健常例との比較). 駒田朋秀, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第15回日本肘関節研究会 (2003.02.15), 東京. 抄録集, p.32, 2003.

1897. [研究会 (全国)] (一般講演) 超音波パルスによるCOX2およびオステオカルシン発現増加の機序. 成瀬康治 (整外), 高垣裕子 (神奈川歯科大), 向井田智之, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 第6回超音波骨折治療研究会(2003.01.18), 東京. 抄録集, p.14, 2003.

1898. [研究会 (地方)] (一般講演) 脛骨顆間隆起骨折後の関節鏡所見の検討. 朴 晃正, 占部 憲, 内山勝文, 相川 淳, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第613回整形外科集談会東京地方会(2002.05.25), 東京.

1899. [研究会 (地方)] (一般講演) 骨髄炎骨折後の難治例. 横山一彦, 糸満盛憲, 脇田隆司, 中村光伸, 高平尚伸, 塚本達郎, 大川 孝 (整外): 第3回神奈川難治性骨折研究会 (2002.06.08), 横浜.

1900. [研究会 (地方)] (一般講演) 膝蓋骨直上の軟部組織欠損に対し, 局所皮弁にて治療した1例. 大川 孝, 中村光伸, 横山一彦, 塚本達郎, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第614回整形外科集談会東京地方会(2002.06.22), 東京.

1901. [研究会 (地方)] (一般講演) 骨病変が初発症状であった小児急性リンパ性白血病の1例. 引田俊一, 小宮宏一郎, 高平尚伸, 峰原宏昌, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第35回神奈川関節外科研究会 (2002.09.14), 横浜.

1902. [研究会 (地方)] (一般講演) 局所皮弁を併用したPapineau法にて治療した頑固な慢性下腿骨骨髄炎の1例. 小沼賢治, 横山一彦, 中村光伸, 大塚 宏, 相川 淳, 峰原宏昌, 高崎純孝, 塚本達郎, 糸満盛憲 (整外), 東 計(渕野辺総合病院): 関東整形災害外科学会月例会 第615回整形外科集談会東京地方会 (2002.09.28), 東京.

1903. [研究会 (地方)] (一般講演) リン酸カルシウム骨ペーストを使用した9症例の短期経過. 塚本達郎, 那須野秀二, 小宮宏一郎, 脇田隆司, 糸満盛憲 (整外): 第116回神奈川整形災害外科学会 (2002.11.02), 横浜. 神奈川整・災誌, 15 (2): 37, 2002.

1904. [研究会 (地方)] (一般講演) 小児大腿骨頸部骨折後に生じた大腿骨頭壊死に対し骨頭回転骨切り術を施行した2例. 山本豪明, 内山勝文, 高平尚伸, 峰原宏昌, 大川 孝, 高崎純孝, 小沼賢治, 糸満盛憲 (整外), 関口昌和 (せきぐち整形外科): 関東整形災害外科学会月例会 第616回整形外科集談会東京地方会 (2002.11.30), 東京.

1905. [研究会 (地方)] (一般講演) 犬猫咬傷による手指骨髄炎. 只野 功, 小林明正, 井村貴之, 森口尚生, 二見俊郎 (整外): 第17回東日本手の外科研究会 (2003.02.14), 東京. 抄録集, p.146, 2003.

1906. [研究会 (地方)] (一般講演) 非定型抗酸菌により右中指屈筋腱腱鞘炎の1例. 森口尚生, 小林明正, 只野 功, 二見俊郎, 塚本達郎 (整外): 第17回東日本手の外科研究会 (2003.02.14), 東京. 抄録集, p.147, 2003.

1907. [研究会 (地方)] (一般講演) 寛骨臼骨折に伴った致死的肺血栓塞栓症の救命しえた1例. 小沼賢治, 高平尚伸, 内山勝文, 相川 淳, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外), 脇田隆司, 内野正隆 (救命): 第36回神奈川関節外科研究会(2003.02.01), 横浜.

1908. [研究会 (地方)] (一般講演) 手掌部に発生した尺骨動脈瘤の1例. 善平哲夫, 小林明正, 日野勝利, 只野 功, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 第117回神奈川整形災害外科研究会 (2003.03.08), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会誌, 15 (4): 94, 2003.

1909. [研究会 (地方)] (一般講演) EF後髄内釘によって治療されたGustilo Type VB下腿骨開放骨折における治療経験−早期皮弁と同時に行われたPrimary nailingの有用性について−. 上野正喜, 中村光伸, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外), 鈴木 卓, 内野正隆, 脇田隆司 (救命): 第117回神奈川整形災害外科研究会 (2003.03.08), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会誌, 15 (4): 101, 2003.

1910. [研究会 (地方)] (一般講演) 頸胸椎移行部に生じた広範囲OPLL, OYL症例の手術経験. 菊池恭太, 安達 公, 蛯原有男, 中澤俊之, 井村貴之, 駒田朋秀, 日野勝利, 二見俊郎 (整外): 第117回神奈川整形災害外科研究会(2003.03.08), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会誌, 15 (4): 104, 2003.

1911. [研究会 (地方)] (一般講演) 大腿骨頭壊死が疑われた下垂体性小人症の1例. 宮部 基, 高平尚伸, 引田俊一, 峰原宏昌, 内山勝文, 成瀬康治, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第618回整形外科集団会東京地方会 (2003.02.22), 東京.

1912. [研究会 (地方)] (一般講演) 第一楔状骨より発生した平骨筋肉腫の1例. 福島健介, 只野 功, 井村貴之, 渡辺哲哉, 安達 公, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第36回神奈川関節外科研究会 (2003.02.01), 横浜. 抄録集, p.3, 2003.

1913. [研究会 (地方)] (一般講演) 犬猫咬傷による手指骨髄炎. 只野 功, 小林明正, 井村貴之, 駒田朋秀, 日野勝利, 新田浩史, 森口尚生, 善平哲夫, 福島健介, 菊池恭太, 二見俊郎 (整外): 第8回神奈川手・肘の外科研究会(2002.10.19), 横浜.

1914. [研究会 (地方)] (一般講演) 人工股関節再々置換術後感染例の広範な骨欠損に対して同種骨を用いて二期的再置換術を施行した1例. 高崎純孝, 高平尚伸, 朴 晃正, 相川 淳, 内山勝文, 小宮宏一郎 (整外): 第115回神奈川整形災害外科医会 (2002.06.10), 横浜.

1915. [研究会 (地方)] (特別講演) 北里大学骨バンク. 小宮宏一郎 (整外): 港北医師会学術講演会 (2002.09.25), 横浜.

1916. [研究会 (地方)] (特別講演) 小児整形外科最近の動向. 小宮宏一郎 (整外): 相模原市整形外科医会学術講演会 (2002.10.17), 相模原.

1917. [研究会 (地方)] (特別講演) 腰痛疾患の診断と治療. 安達 公 (整外): 葛飾医師会整形外科集談会(2002.10.08), 葛飾.

1918. [研究会 (地方)] (特別講演) 上肢におけるスポーツ障害. 二見俊郎 (整外): 関西医科大整形外科春季セミナー(2002.06.08), 大阪.

1919. [研究会 (地方)] (特別講演) 上肢外科に関する最近の知見. 二見俊郎 (整外): 上尾中央総合病院講演会(2002.07.14), 上尾市.

1920. [研究会 (地方)] (特別講演) 上肢および下肢の痛みの対処法. 二見俊郎 (整外): 第1189回最新医学セミナー(2002.11.10), 東京.

1921. [その他)] (公開講座) 腰痛. 安達 公 (整外): 北里大学公開講座 (2003.02.01), 北里大学.

1922. [その他] (セミナー) 日本における骨折治療の歴史と現状. 糸満盛憲 (整外): 第14回AOコース (2002.10.24〜27), 新横浜.

1923. [その他] (一般講演) 同種移植骨のウイルス不活化を目的としたマイクロ波誘電加熱技術の確立. 内山勝文 (整外), 馬渕清資 (医衛): 厚生労働科学研究費補助金ヒトゲノム・再生医療等研究事業平成14年度班会議(2002.11.09), 北里大学病院.

1924. [その他] (一般講演) 自家修復能を用いた骨軟骨欠損治療の確立. 成瀬康治, 糸満盛憲 (整外): 厚生労働科学研究費補助金ヒトゲノム・再生医療等研究事業平成14年度班会議 (2002.11.09), 北里大学病院.

1925. [その他] (公開講座) 人工股関節置換術. 高平尚伸 (整外): 日本ストライカー (株) 主催公開講座(2002.06.15), 品川.


<<形成外科学>>

[学術論文]

1926. [原著] 小児重症熱傷の最近15年間の変化. 山田直人, 島倉康人, 一氏俊世 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆(救命), 内沼栄樹 (形外): 熱傷, 28 (1):1〜8, 2002.

1927. [原著] 頸部刺創18例の臨床的検討. 山田直人, 一氏俊世, 安田吉宏 (形外), 熊谷 謙 (救命), 片岡祐一, 新藤正輝, 西巻 博 (放), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本臨床救急医学会誌, 5 (3): 305〜309, 2002.

1928. [原著] 上腕二頭筋に認めた筋肉内血管腫の一例. 石黒匡史, 橋本信子, 山下理絵 (形外・湘南鎌倉総合病院), 内沼栄樹 (形外): 整形・災害外科, 45 (5): 595〜599, 2002.

1929. [原著] 壊死性筋膜炎の臨床学的検討. 石黒匡史, 山下理絵 (形外・湘南鎌倉総合病院), 橋本信子, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会誌, 22 (6): 421〜427, 2002.

1930. [原著] ニキビのケミカルピーリング療法. 山下理絵 (形外・湘南鎌倉総合病院): 日本美容皮膚科学会誌, 12: 15〜17, 2002.

1931. [原著] ケミカルピーリングの現状: ケミカルピーリングによるにきび治療. 山下理絵 (形外・湘南鎌倉総合病院): 形成外科, 46: 271〜278, 2002.

1932. [原著] ケミカルピーリング: 色素性病変 (肝斑・老人斑). 山下理絵 (形外・湘南鎌倉総合病院): 皮膚科の臨床, 44 (11): 1207〜1211, 2002.

1933. [原著] 美容外科でのレーザー治療: anti-aging治療. 山下理絵, 石黒匡史 (形外・湘南鎌倉総合病院), 内沼栄樹 (形外): 日本美容外科学会誌, 24 (3): 127〜136, 2002.

1934. [原著] 深下腹壁動脈穿通枝皮弁 (DIEP flag) を用いた乳房再建術の経験. 佐武利彦, 鳥飼勝行, 高橋卓也, 前川二郎 (横浜市大医・形外), 古谷康代 (川口市立医療センター・形外), 高野知子 (形外): 日本形成外科学会誌, 23: 28〜37, 2003.

1935. [原著] デジタルマイクロスコープによるくすみの診断と一評価法について. 佐藤英明, 宇津木龍一, 山口麻子, 矢沢慶史 (北里研究所病院): 日本美容皮膚科学会誌, 11: 51〜55, 2002.

1936. [原著] 鼻中隔に発生したsolitary fibrous tumorの1例. 柴田裕達, 毛利麻里, 内沼栄樹 (形外): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 74 (2): 148〜150, 2002.

1937. [原著] 後頸部に認めた成人嚢胞状リンパ管腫の1例. 毛利麻里, 柴田裕達, 中野香代子, 内沼栄樹 (形外): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 74 (9): 630〜632, 2002.

1938. [原著] 咬筋内血管腫の1例. 高橋卓也, 柴田裕達, 毛利麻里, 佐藤英明, 内沼栄樹 (形外): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 75 (1): 39-43, 2003.

1939. [原著] Pericranial flapを用いた前頭蓋底再建術における工夫. 柴田裕達 (形外), 竹本安範 (横浜市立市民病院・脳神経外科), 田中一仁 (横浜市立市民病院・耳鼻科), 内沼栄樹 (形外): 形成外科, 45 (7): 638〜641, 2002.

1940. [原著] 縦隔気管孔造設術2例の検討. 毛利麻里, 柴田裕達, 肝付康子, 中野香代子, 内沼栄樹 (形外): 日本職業・災害医学会会誌, 50 (6): 459-463, 2002.

1941. [原著] Sequence Analysis of Fibroblast Growth Factor Receptor 2 (FGFR2) in Japanese Patients with Craniosynostosis. 酒井直彦 (形外), Tokunaga, K. (東大), 山山竒安晴 (形外), Shida, H., Sakata, Y., Susami, T. (東大), 中北信昭 (形外), Takato, T. (東大), 内沼栄樹 (形外): J Craniofac Surg, 12: 580〜585, 2001.

1942. [原著] 皮膚悪性黒色腫におけるsentinel node biopsyの経験. 酒井直彦 (形外), Yoshida, T., Nagatani, T., Okumura, H.., Okano, E. (横浜市大): 形成外科, 45: 27〜33, 2002.

1943. [原著] 表皮化を抑制した皮膚全層欠損創の治癒過程とVEGFの発現. 新沢博子 (形外), 武田 啓 (横浜市立港湾病院・形外), 曽根由美子 (生化系), 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会会誌, 23 (3): 177〜184, 2002.

1944. [原著] 自然発症型糖尿病ラットを用いた肉芽形成過程における新生血管の評価法. 村下一晃, 武田 啓, 松倉知之, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会会誌, 22 (3): 175〜181, 2002.

1945. [原著] Experimental Study on Bone Formation Potential of Cryopreserved Human Bone Marrow Mesenchymal Cell/Hydroxyapatite Complex in the Presence of recombinant human bone morphogenetic protein-2. 島倉康人, 山山竒安晴, 内沼栄樹 (形外): Journal of Craniofacial Surgery, 14 (1): 108〜116, 2002.

1946. [原著] Fingertip Reconstruction by Nail Bed Grafting Using Thenar Flap. 武田 啓, 福田理絵子, Tsuguharu Takahashi, 中村 健, 宇井謙二, 内沼栄樹(形外): Aesth. Plast. Surg., 26: 142〜145, 2002.

1947. [原著] ケロイド,肥厚性瘢痕におけるCTGFmRNAの発現. 曽根由美子, 武田 啓, 新沢博子, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会誌, 22 (8): 560〜565, 2002.

1948. [原著] 形成外科領域と精神科との接点−美容外科患者とのかかわりを中心に−. 林 和弘 (形外), 宮地英雄 (精神神経科), 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 臨床精神医学, 31 (4): 389〜392, 2002.

1949. [準原著・Proceedings] 潰瘍性大腸炎の肛門膣中隔変形に対してgluteal fold flapを用いて再建した2例. 柴田裕達 (形成), 小金井一隆, 福島恒男 (横浜市立市民病院外科): Bibliography in Gastroenterology, 16 (3): 44, 2002.

1950. [準原著] ケロイド, 肥厚性瘢痕における線維化関連増殖因子の動態. 武田 啓, 曽根由美子, 新沢博子, 内沼栄樹 (形外): 第8回ケロイド・肥厚性瘢痕研究会記録集, 9〜14, 2003.

1951. [症例報告] 潰瘍性大腸炎の肛門膣中隔変形に対してgluteal fold flapを用いて再建した2例. 柴田裕達 (形成), 小金井一隆, 福島恒男 (横浜市立市民病院外科): 日本大腸肛門病学会誌, 55 (2): 82〜87, 2002.

1952. [症例報告] 陰茎のヒト咬創の1例. 柴田裕達, 中野香代子, 毛利麻里, 肝付康子, 内沼栄樹 (形外): 日本職業・災害医学会会誌, 50 (3): 235〜237, 2002.

1953. [症例報告] Ideal skin grafting for Pyodermia Chronica. 山田直人, 松尾あおい, 増田竜児, 林 和弘, 内沼栄樹 (形外): Br. J. Plast. Surg., 55 (4): 358〜361, 2002.

1954. [症例報告] Le Fort V型骨延長後に上下顎移動術を施行したCrouzon 症の1例. 田中英子, 府川俊彦 (ふかわ矯正歯科), 小林真司 (横浜市大医・形外), 山山竒安晴(形外), 鳥飼勝行 (横浜市大医・形外): 日本顎変形症学会雑誌, 12 (3): 103〜112, 2002.

1955. [症例報告] Skin-Sparing Mastectomyと広背筋及弁を用いた一期乳房再建術を行った乳房Paget 病の1例. 草間 律, 宮本英雄, 藤森芳郎, 五十嵐 淳, 斉藤 学, 山岸喜代文, 西村博行, 田中正英, 高橋嗣明, 篠原直宏, 高山文吉, 土屋眞一: 乳癌の臨床, 17 (4): 349〜353, 2002.

1956. [症例報告] bFGF製剤 (フィブラストスプレー) で著効を示した慢性腎不全及び糖尿病を伴う褥瘡の症例. 安田吉宏, 鈴木敏彦, 大竹尚之, 三橋 洋 (横浜南共済病院): 新薬と臨床, 51 (6): 514〜516, 2002.

1957. [症例報告] 外傷性視神経損傷を併発した頬骨骨折の1症例. 一氏俊世, 山田直人, 増田竜児, 秋本峰克, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会誌, 22: 301〜305, 2002.

1958. [症例報告] 外傷性瘢痕による鼻孔狭窄の2例. Okumura, H., Yoshida, T. (横浜市大), 酒井直彦 (形外): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 74 (2): 153〜156, 2002.

1959. [症例報告] Oral-facial-digital syndrome type II (Mohr syndrome): Clinical and genetic manifestations. 酒井直彦, 中北信昭, 山山竒安晴, 宇井謙二, 内沼栄樹 (形外): J Craniofac Surg, 13 (2): 321〜326, 2002.

1960. [症例報告] A Case of Japanese Patient with Cleidocranial Dysplasia Possessing a Mutation of CBFA1 Gene. 酒井直彦 (形外), Hasegawa, H. (北里メディカルセンター病院), 山山竒安晴, 宇井謙二 (形外), Tokunaga, T. (東大), Ryuichi Hirose (北里メディカルセンター病院), 内沼栄樹 (形外), Takafumi Susami, Takato, T. (東大): J Craniofac Surg, 13 (1): 32〜34, 2002.

1961. [症例報告] 7趾を有する中央列多趾症の1例. 酒井直彦, 大竹尚之, 島倉康人, 田中早苗, 内沼栄樹 (形外): 日形会誌, 21 (5): 310〜313,2001.

1962. [症例報告] Distal plantar reconstruction using a flexor digitorum brevis muscle flap with reverse-flow lateral plantar artery. 酒井直彦 (形外), Yoshida, T., Okumura, H. (横浜市大): Br J Plast Surg, 54 (2): 170〜173, 2002.

1963. [症例報告] 下顎窩骨折の3例. 池本繁弘, 山山竒安晴, 山田直人, 林 和弘, 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 内沼栄樹(形外), 山山竒公義 (耳鼻): 日本頭蓋顎顔面外科学会誌, 18(3): 272〜278, 2002.

1964. [総説] 最近の小児形成外科 (熱傷の治療). 山田直人, 島倉康人, 内沼栄樹 (形外): 小児外科, 34 (6): 725〜729, 2002.

1965. [総説] 男性型脱毛症の治療 (2) 植毛術. 武田 啓, 石川修一 (形外): Monthly Book Derma, 67: 63〜66, 2002.

[著 書]

1966. [その他の著書] (共著3名) エステティックサロンにおける消費者身体危害防止とサロン内衛生管理のポイント, p.1〜75. 山下理絵 (形外), 編集 日本エステティック研究財団, 監修 大原國章 (虎ノ門病院・皮膚科), 日本エステティック研究財団, 東京, 2003.03.10発行

[学会・研究会等]

1967. [学会 (国際)] (一般講演) Non-ablative laser rejuvenation. 山下理絵 (形外): Aesthetic Meeting 2002 (2002.04.29), Las vegas.

1968. [学会 (国際)] (一般講演) Comparative Study of Solvents to Expedite Removal of Asphalt. Iuchi, M., Sugiyama, M., Nagami, H., Oyatsu, Y., 深井孝郎 (形外): Burn and Wound Care Symposium (2003.02.17〜21), Maui, Hawaii State, USA.

1969. [学会 (国際)] (ポスター) Occlusal reconstruction by tooth autotransplantatoin into the bone-grafted alveolar cleft. Report of three cases. 山山竒安晴, 瀬山竒晃一郎, 石渡靖夫, 内沼栄樹 (形外): Cleft Congress (2002.09.18), Germany. 2nd World Cleft Congress, p.248, 2002.

1970. [学会 (国際)] (ポスター) Two cases of Blow-in Fracture which concurred with the disturbance of visual acuity and abnormal visual field. 一氏俊世, 山田直人, 内沼栄樹 (形外): 第13回日中形成外科学術交流会 (2002.09.00), 南京.

1971. [学会 (全国)] (一般講演) 顎裂部二次骨移植の早期手術 (6歳前後) の検討 (第一報). 山山竒安晴, 瀬山竒晃一郎, 林 和弘, 中北信昭, 内沼栄樹, 石渡靖夫, 府川俊彦 (形外): 日本形成外科学会 (2002.04.17), 長崎. 第45回日本形成外科学会学術集会, p103, 2002.

1972. [学会 (全国)] (一般講演) 顎裂骨移植部へのDental Implantの適応とその問題点. 山山竒安晴, 尾関雅彦, 石渡靖夫, 府川俊彦, 瀬山竒晃一郎, 中北信昭 (形外), 鳥飼勝行 (横浜市大・形外): 日本口蓋裂学会 (2002.05), 岡山. 日本口蓋裂学会雑誌, 27 (2): 163, 2002.

1973. [学会 (全国)] (一般講演) 毛細血管拡張症−下肢静脈瘤に対するレーザー治療−. 山下理絵, 石黒匡史, 有馬裕子 (形外・湘南鎌倉病院), 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会 (2002.04〜19), 長崎.

1974. [学会 (全国)] (一般講演) 下眼瞼に対するskin rejuvenation. :ablative: non-ablativeの検討. 山下理絵, 石黒匡史, 有馬裕子 (形外・湘南鎌倉病院), 内沼栄樹(形外): 第45回日本形成外科学会 (2002.04.17〜19), 長崎.

1975. [学会 (全国)] (一般講演) コンタクトレンズが原因と思われる目瞼下垂の検討. 石黒匡史, 山下理絵, 有馬裕子 (形外・湘南鎌倉病院), 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会・学術集会 (2002.04.18), 長崎. 第45回日本形成外科学会総会・学術集会プログラム, 抄録集, p.153, 2002.

1976. [学会 (全国)] (一般講演) 巨大色素性母斑切除後の移植床形成を目的とした同種培養真皮の使用経験. 山田直人, 内沼栄樹 (形外), 黒柳能光, 久保健太郎, 加川志津子, 松井宏道: 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.17), 長崎.

1977. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における初回口唇口蓋同時形成術. 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 山山竒安晴, 橋本信子, 杉本孝之, 内沼栄樹 (形外), 小林眞司 (神奈川県立こども医療センター・形外), 鳥飼勝行 (横浜市大・形外): 第45回日本形成外科学会総会・学術集会 (2002.04.17), 長崎. 第45回日本形成外科学会学術集会プログラム・抄録集, p.100, 2002.

1978. [学会 (全国)] (一般講演) 皮下脂肪弁を用いたtemporal lift 法. 中北信昭 (形外), 伊藤雄康 (白金クリニック), 林 和弘, 内沼栄樹 (形外), 松倉知之 (松倉クリニック): 第25回日本美容外科学会総会 (2002.10.12), 京都.

1979. [学会 (全国)] (一般講演) 韓国人医師?による「自宅出張手術」を受けた3症例の経験. 中北信昭, 林 和弘, 岩城啓修, 安田吉宏, 橋本信子, 内沼栄樹 (形外): 第86回日本美容外科学会学術集会 (2003.02.08), 東京.

1980. [学会 (全国)] (一般講演) Buggy lower eyelidに対する眼窩隔膜縫縮法の実際と, 同アプローチによる mid face lift法の検討. 中北信昭, 林 和弘, 南條昭雄, 内沼栄樹 (形外), 松倉知之 (松倉クリニック): 第25回日本美容外科学会総会 (2002.10.12), 京都.

1981. [学会 (全国)] (一般講演) 長期女性ホルモン剤投与後中止により来した皮膚変化について. 田中早苗, 内沼栄樹 (形外): 第25回日本美容外科学会 (2002.10.14), 京都.

1982. [学会 (全国)] (一般講演) 下口唇瘻を合併した口唇口蓋裂症例の検討. 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 山山竒安晴, 安田吉宏, 柏木慎也, 桜井梨江, 内沼栄樹 (形外): 第20回日本頭蓋顎顔面外科学会総会・学術集会 (2002.11.08), 東京. 第20回日本頭蓋顎顔面外科学会総会プログラム 抄録集, p.111, 2002.

1983. [学会 (全国)] (一般講演) 卵巣癌の膀胱浸潤に対し腹直筋弁を用いて再建した一症例. 中村 健, 大谷津恭之, 永井美奈子 (佐久総合病院・形外), 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会 (2002.04.17〜19), 長崎. 予稿集, p.84, 2002.

1984. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性膿皮症に病変部皮膚を分層植皮した3症例. 松尾あおい, 林 和弘, 山田直人, 秋本峰克, 内田繕博, 工藤俊哉, 真玉佳香, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.17〜19), 長崎.

1985. [学会 (全国)] (一般講演) 手袋状剥皮損傷再建後に知覚再建を要した1例. 根本 充, 南條昭雄, 新沢博子, 内沼栄樹 (形外), 佐藤史郎 (済生会下関総合病院・形外): 日本マイクロサージャリ−学会 (2002.11.22), 沖縄県宜野湾市. 日本マイクロサージャリ−学会誌, 2002.

1986. [学会 (全国)] (一般講演) 上眼瞼内側脂肪隆起のメカニズム. 佐藤英明, 宇津木龍一, 山口麻子, 矢沢慶史 (北里研究所病院), 内沼栄樹 (形外): 第83回日本美容外科学会学術集会 (2002.01.26), 東京. 日本美容外科学会誌, 24: 60〜61, 2002.

1987. [学会 (全国)] (一般講演) 眼瞼下垂手術後の変形と改善の程度について. 佐藤英明, 宇津木龍一, 山口麻子, 矢沢慶史 (北研), 松尾 清 (信大), 内沼栄樹 (形成): 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.17〜19), 長崎. 抄録集, 2002.

1988. [学会 (全国)] (一般講演) 上眼瞼術中の起坐位での結果確認の必要性. 佐藤英明, 宇津木龍一, 山口麻子, 矢沢慶史 (北研), 松尾 清 (信大), 内沼栄樹 (形外): 第25回日本美容外科学会総会 (2002.10.14〜15), 京都. 日本美容外科学会誌, 24: 153〜154, 2002.

1989. [学会 (全国)] (一般講演) 耳垂ケロイドの治療経験. 新沢博子 (形外), 武田 啓 (横浜市立港湾病院), 村下一晃, 根本 充 (茅ケ崎徳洲総合病院・形外), 内沼栄樹(形外): 第45回形成外科学会総会 (2002.04.17〜19), 長崎.

1990. [学会 (全国)] (一般講演) 当院独自のスケールによる褥瘡治療評価について. 深井孝郎 (形外), 武田 啓 (横浜市立港湾病院), 内沼栄樹 (形外): 第4回日本褥瘡学会学術集会 (2002.08.30〜31), 金沢. 日本褥瘡学会会誌, 4(2): 296, 2002.

1991. [学会 (全国)] (一般講演) ラットを用いた脱神経領域並びに健常神経支配領域における創傷治癒の比較評価. 深井孝郎 (形外), 武田 啓 (横浜市立港湾病院), 内沼栄樹 (形外): 第11回日本形成外科学会基礎学術集会(2002.10.03〜04), 仙台.

1992. [学会 (全国)] (一般講演) タール除去に用いる容剤選択に関する研究. 井内 学, 村山昌秀 (佐久総合病院・薬剤部), 永美大志 (日本農村医学研究所), 大谷津恭之, 深井孝郎 (佐久総合病院・形外), 廣岡佑三郎, 跡部 治 (佐久総合病院・薬剤部): 第12回日本医療薬学会年会(2002.10.19〜20), 福岡.

1993. [学会 (全国)] (一般講演) 創傷被覆材を用いたラットの肉芽形成過程における新生血管の評価. 村下一晃, 新沢博子, 武田 啓, 内沼栄樹 (形外): 第32回日本創傷治癒学会 (2002.12.06), 福岡.

1994. [学会 (全国)] (一般講演) 下鼻甲介からの一次顎裂部骨移植. 鳥飼勝行 (横浜市大・形外), 小林眞司, 中村佳代 (神奈川県立こども医療センター・形外), 池本繁弘, 三上太郎, 奥村 仁, 前川二郎 (横浜立大・形外): 第45回日本形成外科学会総会・学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎.

1995. [学会 (全国)] (一般講演) 腹直筋皮弁と再建プレートによる口腔下顎再建−筋皮弁によるプレートラップアラウンド法について−. 河野克之, 前川二郎, 中村佳代, 池本繁弘, 奥村仁, 広富浩一, 鳥飼勝行, 三上太郎, 吉田豊一 (横浜市大・形外): 第45回日本形成外科学会総会・学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎.

1996. [学会 (全国)] (一般講演) 涙腺腫瘍に対するlateral orbitotomyの工夫について. 山本 康, 前川二郎, 池本繁弘, 河野克之, 広富浩一, 鳥飼勝行 (横浜市大・形外): 第45回日本形成外科学会総会・学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎.

1997. [学会 (全国)] (一般講演) わたしたちの小耳症に対する耳介形成術−6年間64例の経験から−. 前川二郎, 荻野洋一, 荻野浩希, 三上太郎, 中村佳代, 山本 康, 奥村 仁, 広富浩一, 池本繁弘, 鳥飼勝行 (横浜市大・形外): 第45回日本形成外科学会総会・学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎.

1998. [学会 (全国)] (一般講演) 唇顎口蓋裂一期手術における下鼻甲介からの顎裂部一次骨移植. 鳥飼勝行 (横浜市大・形外), 小林眞司, 中村佳代, 真鍋 剛, 松本 亨 (神奈川県立こども医療センター・形外), 三島木節, 池本繁弘, 奥村 仁, 三上太郎, 山本 康 (横浜市大・形外): 第26回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2002.05.30〜31), 岡山.

1999. [学会 (全国)] (一般講演) 片側完全唇顎口蓋裂に対する口蓋床による顎誘導. 三島木節, 鳥飼勝行 (横浜市大・形外), 小林眞司, 松本 亨, 中村佳代, 真鍋 剛 (神奈川県立こども医療センター・形外), 小澤知倫, 大村 進, 福山英治 (横浜市大・口腔外科), 池本繁弘 (横浜市大・形外): 第26回日本口蓋裂学会総会・学術集会(2002.05.30〜31), 岡山.

2000. [学会 (全国)] (一般講演) 顎裂部骨移植術術後の3D-CT (SIM/Plant) を用いた骨密度による評価. 小澤知倫 (横浜市大・口腔外科), 大村 進, 福山英治 (横浜市大医学部附属市民総合医療センター・歯科口腔外科矯正歯科), 三島木節, 池本繁弘, 木下浩二, 河野克之, 三上太郎, 山本 康 (横浜市大・形外), 藤田浄秀 (横浜市大・口腔外科), 鳥飼勝行 (横浜市大・形外): 第26回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2002.05.30〜31), 岡山.

2001. [学会 (全国)] (一般講演) 表皮細胞組込み型創傷被覆材の有用性について (第1報). 池本繁弘 (形外), 望月麻友美, 山田真路, 野水基義 (北海道大大学院・球環境科学), 武田 啓, 林 和弘, 内沼栄樹 (形外), 山科正平, 門谷裕一 (解): 第11回日本形成外科学会基礎学術集会(2002.10.03), 仙台.

2002. [学会 (全国)] (一般講演) 凍結保存培養骨髄間葉系幹細胞/ハイドロキシアパタイト/BMP複合体の骨形成能. 島倉康人, 山山竒安晴, 曽根由美子, 内沼栄樹 (形外): 第27回日本外科系連合学会学術集会 (2002.06.20〜22), 岡山. 日本外科系連合学会誌, 27 (3): 427, 2002.

2003. [学会 (全国)] (一般講演) 人体脂肪のヌードマウスへの移植による脂肪注入法の有用性の評価−移植脂肪の形態差による生着状態の組織学的検討−. 南條昭雄, 内沼栄樹 (形外): 第11回日本形成外科学会基礎学術集会(2002.10.03), 仙台. 抄録集, p.122, 2002.

2004. [学会 (全国)] (一般講演) Buggy lower eyelidに対する眼窩隔膜縫縮法の実際と, 同アプローチによるmidface lift法の検討. 中北信昭, 林 和弘, 南條昭雄, 内沼栄樹 (形外), 松倉知之 (松倉クリニック): 第25回日本美容外科学会総会 (第85回学術集会) (2002.10.12〜14), 京都. 抄録集, p.117, 2002.

2005. [学会 (全国)] (一般講演) 脂肪注入法の実験的研究(第3報) 人体脂肪のヌードマウスへの移植による移植脂肪の経時的変化の評価. 南條昭雄 (形外), 市田正成 (市田クリニック), 内沼栄樹 (形外): 第25回日本美容外科学会総会 (第85回学術集会) (2002.10.12〜14), 京都. 抄録集, p.116, 2002.

2006. [学会 (全国)] (一般講演) 私たちの行っている脂肪注入法におけるリスク管理法 (第1報) 術前, 術後の電解質 (Na,K,Cl) による検討. 南條昭雄 (形外), 松下洋二, 伊藤雄康 (白金クリニック): 第25回日本美容外科学会総会(第85回学術集会) (2002.10.12〜14), 京都. 抄録集, p.117, 2002.

2007. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻部の人工埋入剤料摘出例の検討. 林 和弘, 中北信昭, 南條昭雄, 内沼栄樹 (形外): 第25回日本美容外科学会総会 (第85回学術集会)(2002.10.12〜14), 京都. 抄録集, p.117, 2002.

2008. [学会 (全国)] (一般講演) 手袋状剥皮損傷 再建後に知覚再建を要した1例. 根本 充, 南條昭雄, 新沢博子, 内沼栄樹, 佐藤史郎 (形外): 第29回日本マイクロサージャリィー学会学術集会 (2002.11), 沖縄. 抄録集, p.121, 2002.

2009. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻部注入異物摘出例の検討. 林 和弘, 中北信昭, 南條昭雄, 内沼栄樹 (形外): 第25回日本美容外科学会総会 (第85回学術集会) (2002. 10.12〜14), 京都.

2010. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性膿皮症に病変皮膚を分層植皮した3例. 松尾あおい, 林 和弘, 山田直人, 秋本峰克, 内田繕博, 工藤俊哉, 真玉佳香, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.17〜19), 長崎.

2011. [学会 (全国)] (一般講演) Tissue expanderを用いた乳房1期再建の治療経験. 福田理絵子, 武田 啓, 南條昭雄, 林 和弘, 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.17〜19), 長崎.

2012. [学会 (全国)] (一般講演) 食道再建後の合併症による胸部食道欠損に対し, 皮膚ロール再建を行った1例. 宮本英雄, 斉藤 学, 草間 律, 五十嵐 淳, 藤森芳郎, 山岸喜代文, 西村博行, 田中正英 (形外): 第64回日本臨床外科学会総会 (2002.11.14), 東京.

2013. [学会 (全国)] (ポスター) 我々の骨移植時期の選択基準. 石渡靖夫 (いしわた矯正歯科), 中北信昭 (形外), 高橋滋樹 (高橋矯正歯科), 内沼栄樹 (形外), 鳥飼勝行 (横浜市大・形外), 山山竒安晴, 瀬山竒晃一郎 (形外): 第26回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2002.05.31), 岡山. 日本口蓋裂学会雑誌, 27 (2): p.251, 2002.

2014. [学会 (全国)] (ポスター) 骨移植が遅かったと考えられる二症例. 高橋滋樹 (高橋矯正歯科), 石渡靖夫 (いしわた矯正歯科), 鳥飼勝行 (横浜市大・形外), 山山竒安晴, 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 第26回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2002.05.31), 岡山. 日本口蓋裂学会雑誌, 27 (2): p.253, 2002.

2015. [学会 (全国)] (ポスター) Rothman-Makai症候群と思われる1症例. 田中早苗, 増田竜児, 酒井直彦, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会・学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎.

2016. [学会 (全国)] (ポスター) 皮下脂肪と外傷のかかわり. 橋本信子, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.17〜19), 長崎.

2017. [学会 (全国)] (ポスター) 乳房部に発生した巨大メルケル細胞癌の1例. 山下理絵, 石黒匡史, 有馬裕子(形外・湘南鎌倉病院), 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会 (2002.04.17〜19), 長崎.

2018. [学会 (全国)] (ポスター) 再発時にmyoepithelioma様変化と悪性像を呈したpleomorphie adenoma の1症例. 石黒匡史, 山下理絵, 有馬裕子 (形外・湘南鎌倉病院), 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎. 第45回日本形成外科学会総会・学術集会プログラム・抄録集, p.211, 2002.

2019. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における巨口症に対する検討. 岩城啓修, 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 茅野真子, 工藤俊哉, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会・学術集会 (2002.04.17), 長崎. 第45回日本形成外科学会・学術集会プログラム・抄録集, p.202, 2002.

2020. [学会 (全国)] (ポスター) 臍欠損に対する局所皮弁を用いた造臍術. 増田竜児, 武田 啓, 杉本孝之, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.17), 長崎.

2021. [学会 (全国)] (ポスター) 眼窩内壁骨折に対する肋軟骨移植2例の検討. 高橋嗣明 (北信総合病院・形外), 秋本峰克, 田中正英, 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会総会 (2002.04.18), 長崎.

2022. [学会 (全国)] (ポスター) 眼窩内側壁再建の2症例. 柴田裕達, 毛利麻里, 内沼栄樹 (形成): 第45回日本形成外科学会学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎.

2023. [学会 (全国)] (ポスター) 鼠径部に発生した外毛根鞘癌の1例. 毛利麻里, 柴田裕達 (形外), 毛利 忍 (横浜市立市民病院皮膚科), 内沼栄樹 (形外): 第45回日本形成外科学会学術集会 (2002.04.17〜19), 長崎.

2024. [学会 (全国)] (ポスター) 2本の長掌筋腱と遊離前腕皮弁による軟口蓋再建の1例. 柴田裕達 (形外), 徳永英吉 (上尾中央総合病院耳鼻科), 山本 博 (形外): 第26回日本頭頸部腫瘍学会 (2002.06.13〜14), 千葉.

2025. [学会 (全国)] (ポスター) 大腿部脂肪吸引術後に広範囲な皮膚皮下組織の壊死を生じた1例. 柴田裕達, 毛利麻里, 内沼栄樹 (形外): 第50回日本職業・災害医学会学術大会 (2002.10.25〜26), 北九州.

2026. [学会 (全国)] (ポスター) 治療に難渋した仙骨部褥瘡の1例. 毛利麻里, 柴田裕達, 中野香代子, 内沼栄樹 (形外): 第50回日本職業・災害医学会学術大会 (2002.10.25〜26), 北九州.

2027. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 非手術によるfacial rejuvenation. 山下理絵 (形外・湘南鎌倉病院), 高橋嗣明 (北信総合病院・形外), 田中早苗, 内沼栄樹 (形外): 第25回日本美容外科学会 (2002.10.14), 京都.

2028. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Non-ablativeレーザーの副作用. 山下理絵 (形外・湘南鎌倉病院), 高橋嗣明 (北信総合病院・形外), 田中早苗 (形外): 日本レーザー医学大会 (2002.11.29), 大阪.

2029. [学会 (全国)] (シンポジウム等) レーザー治療 過去から未来へ: Aestletic laser surgerg: あざ治療から美容治療へ. 山下理絵 (形外・湘南鎌倉総合病院): 第20回日本臨床皮膚外科学会 (2002.11.30), 金沢.

2030. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Anti-aging治療のプランニング. 山下理絵 (形外・湘南鎌倉病院), 高橋嗣明 (北信総合病院・形外), 田中早苗, 石黒匡史, 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 日本美容外科学会 (2003.01), 東京.

2031. [学会 (全国)] (シンポジウム) 美容ドックの実際1. 佐藤英明, 宇津木龍一, 矢沢慶史, 山口麻子, 二橋大介, 島倉康人 (北研): 第20回日本美容皮膚科学会 (2002.09.01), 東京. 日本美容皮膚科学会誌, 12 (2): 35, 2002.

2032. [学会 (地方)] (一般講演) 先天性回腸狭窄症による絞扼性イルウスの一例. 内田繕博, 山本雅由, 熊本宜文, 山本晴美, 武田和永, 浜口洋平, 志澤良一, 福島忠男, 茂垣雅俊, 深澤信悟, 長堀 優, 江口和哉, 洞原正樹, 長堀 薫, 細井英雄 (横須賀共済外科): 第104回神奈川県臨床外科医学会集談会 (2002.09.28), 神奈川総合医療会館.

2033. [学会 (地方)] (一般講演) 爪下及び爪外グロムス腫瘍についての考察. 永井美奈子, 大谷津恭之, 中村 健(佐久総合病院・形外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会 (2002.06.15), 松本.

2034. [学会 (地方)] (一般講演) 陰部壊死性筋膣炎の2症例. 中村 健, 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外): 第37回日本形成外科学会中部支部学術集会 (2002.07.13), 高岡市.

2035. [学会 (地方)] (一般講演) S状結腸原発扁平上皮癌の一例. 青柳和也 (横須賀共済病院・形外より出向), 茂垣雅俊, 舛井秀宣, 熊本宜文, 高倉秀樹, 金谷剛志, 神谷紀之, 浜口洋平, 志澤良一, 福島忠男, 山本雅由, 深沢信悟, 江口和哉, 長堀 優, 長堀 薫, 細井英雄 (横須賀共済病院・外科), 赤羽久昌 (病理): 第34回神奈川県消化器病医学会総会 (2002.12.01), 横浜.

2036. [学会 (地方)] (一般講演) 当院に於ける鼻腔内処置を併用した鼻骨々切手術の検討. 青柳和也, 大竹尚之, 鈴木敏彦 (横浜南共済病院・形外): 神奈川症例検討会(2002.11.00), 横浜市大.

2037. [学会 (地方)] (一般講演) X線上著明な皮下気腫像を認めた犬咬傷の一例. 馬場香子, 根本 充 (形外), 熊沢憲一, 向山 勲, 熊谷 謙 (救命), 島倉康人 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 神奈川県感染症学会(2002.09.28), 川崎市.

2038. [学会 (地方)] (一般講演) 持続的血液濾過を行った広範囲熱傷の2例. 工藤俊哉, 田中正英, 松尾あおい, 内沼栄樹 (形外): 第15回日本熱傷学会信州地方会(2002.09.28), 松本.

2039. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性膿皮症に病変皮膚を分層移植した3症例. 松尾あおい, 田中正英, 秋本峰克, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会44回例会 (2002.06.15), 松本.

2040. [学会 (地方)] (一般講演) 独自のF (深井) スケールによる褥瘡治療評価について. 深井孝郎 (形外), 中田正幸 (埼玉県央病院), 今井サチ子 (埼玉県央病院), 武田 啓 (横浜市立港湾病院): 第14回埼玉県北足立郡医師会医学会 (2002.10.19), 北本市. 埼玉県北足立郡医師会会誌, 206: 20, 2002.

2041. [学会 (地方)] (一般講演) 新旧F (深井) スケールによる褥瘡治療評価について. 深井孝郎 (形外), 中田正幸 (埼玉県央病院), 内沼栄樹 (形外): 第40回埼玉県医学会総会 (2003.02.23), さいたま市.

2042. [学会 (地方)] (一般講演) 診断に難渋した頬部腫瘤の1例. 高野知子, 橋本信子, 林 和弘, 山田直人, 内沼栄樹 (形外): 第231回日本形成外科学会東京地方会(2002.12.07), 東京.

2043. [学会 (地方)] (一般講演) 外歯瘻による左鼻翼基部腫瘤の一例. 馬場香子, 林 和弘, 橋本信子, 岩城啓修, 安田吉宏, 山山竒安晴, 内沼栄樹 (形外): 第232回日本形成外科学会東京地方会 (2003.03.01), 東京.

2044. [学会 (地方)] (一般講演) 著明な皮下気腫像を認めた犬咬傷の1例. 柏木慎也, 根本 充, 島倉康人, 馬場香子, 石川心介, 浅利 靖, 熊谷 謙, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本救急医学会関東地方会 (2003.02.08), 幕張.

2045. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 化学熱傷の治療. 田中正英, 松尾あおい, 工藤俊哉, 内沼栄樹 (形外): 第15回日本熱傷学会信州地方会 (2002.09.28), 松本.

2046. [研究会 (地方)] (一般講演) 車両火災による熱傷の4例. 馬場香子, 熊澤憲一, 根本 充 (形外), 島倉康人 (救命), 内沼栄樹 (形外): 第10回四施設熱傷研究会(2002.09.06), 東京.

2047. [研究会 (地方)] (一般講演) 亜急性期の術後血流障害に薬物療法が奏効した手指剥脱損傷の1例. 石川心介, 根本 充, 馬場香子, 柏木慎也, 島倉康人, 内沼栄樹 (形外): 北里フォーラム (2002.12), 横浜.

2048. [研究会 (地方)] (一般講演) 胎生期毛包形成におけるラミニン合成ペプチドの役割. 林 和弘, 武田 啓, 内沼栄樹 (形外): 第5回北里形成外科フォーラム(2002.11.23), 横浜.

2049. [研究会 (地方)] (一般演題) Brown-Sequard型神経症状を呈した胸髄脊髄梗塞が疑われた一例. 秋本峰克(形外), 三原久範, 青田洋一, 竹口英文, 近藤総一, 蜂谷將史, 山田勝久 (南共済整形外科): 第117回神奈川整形災害外科研究会 (2002.03.08), 横浜.

2050. [研究会 (地方)] (一般講演) 出血性ショックをきたしたVon Recklinghauzen病の一例. 石川心介, 橋本信子, 林 和弘, 山田直人, 内沼栄樹 (形外): 神奈川県症例検討会 (2002.06), 神奈川.

2051. [研究会 (地方)] (一般講演) Skin Sparing Mastectomyと広背筋皮弁を用いた, 一期的乳房再建術を行った乳房Paget病の一例. 草間 律, 宮本英雄, 藤森芳郎, 五十嵐 淳, 斉藤 学, 山岸喜代文, 西村博行, 田中正英, 高橋嗣明, 篠原直宏, 高山文吉, 土屋眞一 (形外): 第24回長野県乳腺疾患懇話会 (2002.06.15), 松本.

2052. [研究会 (地方)] (一般講演) Kirner 変形の2例. 中村 健, 大谷津恭之 (佐久総合病院・形外): 第4回東北信形成外科懇話会 (2002.11.15), 長野市.

2053. [研究会 (地方)] (一般講演) Kirner変形の治療経験. 高野知子, 大谷津恭之, 中村 健, 松尾あおい (佐久総合病院・形外): 第5回北里形成外科フォーラム(2002.11.23), 横浜.

2054. [研究会 (地方)] (一般講演) 下肢血行不全・壊死に対する切断部位の検討. 田中早苗, 高橋嗣明, 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院・形外): 北里大学フォーラム(2002.11.23), 横浜.

2055. [研究会 (地方)] (一般講演) フィラリア症によるリンパ浮腫の一例. 柴田知義, 橋本信子, 柏木慎也, 酒井直彦, 内沼栄樹 (形外): 神奈川症例検討会 (2002.12), 横浜.

2056. [学会 (地方)] (一般講演) Experimental study on bone formation potential of cryopreserved human bone marrow mesenchymal cell/hydroxyapatite complex in the presence of rhBMP-2. 島倉康人, 山山竒安晴, 内沼栄樹 (形外): 第5回北里形成外科フォーラム(2002.11.23), 神奈川.

2057. [研究会 (地方)] (特別講演) レーザー治療とケミカルピーリングの現況. 山下理絵 (湘南鎌倉病院・形外): 滋賀皮フ科病理研究会 (2002.10), 滋賀.


<<皮膚科学>>

[学術論文]

2058. [原著 (英文)] Ductal apocrine carcinoma of the left axilla with tubular apocrine adenoma of the right axilla. 天羽康之 (皮), 川野信子 (稲田登戸病院皮膚科): Journal of Dermatology, 30 (1): 72〜75, 2003.

2059. [原著] 熱傷瘢痕上に発生した有棘細胞癌の2例. 斉藤大吾, 天羽康之, 饗場伸作, 大川 司, 勝岡憲生 (皮): 皮膚科の臨床, 44 (4): 465〜468, 2002.

2060. [原著] 粘液嚢腫に対するトリアムシノロンアセトニド局注後にみられたムチン貪食反応. 天羽康之, 高須 博, 新井 達, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会誌, 112 (7): 979〜984, 2002.

2061. [原著] 結核菌のマクロファージ内での生存機構. 藤村響男 (皮): 臨床免疫, 39 (2): 116〜120, 2003.

2062. [原著] 同種培養真皮の適応が奏功した難治性皮膚潰瘍の1例. 中野敏明, 宮田聡子, 佐藤直哉, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮), 黒柳能光 (医衛): 皮膚の科学, 1 (2): 91〜96, 2002.

2063. [準原著 (英文)] Serum concentrations of vascular endotherial growth factor with and without alterations of the p53 gene in angiosarcoma. 天羽康之, 増澤幹男, 浜田祐子, 勝岡憲生 (皮): ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA, 82: 373〜374, 2002.

2064. [準原著] One case of lymphangiosarcoma of the scalp. 中野敏明, 清野みき, 原 尚道, 坪井廣美, 増澤幹男, 勝岡憲生, 竹崎伸一郎 (皮): 6th meeting of the German-Japanese society of Darmatology, 2002.

2065. [症例報告] 指趾壊死をきたしたSneddon症候群疑診例. 中野敏明, 増澤幹男, 村木良一 (皮): 皮膚病診療, 24 (9): 959〜962, 2002.

2066. [症例報告] 忘れえぬ症例Leriche症候群が変えた人生. 増澤幹男 (皮); 皮膚病診療, 24 (9): 1046〜1047, 2002.

2067. [総説] 脱毛症. 勝岡憲生 (皮): ドクターサロン, 46: 36〜39, 2002.

2068. [総説] 血管炎の診断と治療. 勝岡憲生 (皮): 日本臨床皮膚科学会雑誌, 73: 29〜34, 2002.

2069. [総説] 肉芽腫反応. 勝岡憲生 (皮): 西日本皮膚科学会誌, 64: 149〜153, 2002.

2070. [総説] 下腿潰瘍の治療−全身療法 自験例を中心にして−. 増澤幹男 (皮): 皮膚病診療, 24 (9): 1018〜1024, 2002.

2071. [総説] 持久性隆起性紅斑. 前田亜希子, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 24 (11): 1251〜1254, 2002.

[著 書]

2072. [学術書] (共著) 最新皮膚科学大系17; 口腔粘液疾患 (舌の疾患), 17, p.214〜223. 勝岡憲生 (皮), 編集 玉置邦彦 (東大) 他, 中山書店, 東京, 2002.12.25発行.

2073. [学術書] (共著) 今日の皮膚疾患治療指針; 毛髪の見方 2) 先天性脱毛症, 3, p.98〜99. 勝岡憲生 (皮), 編集 斎田俊明 (信州大) 他, 医学書院, 東京, 2002.06.01発行.

2074. [学術書] (共著) 最新皮膚科大系4; 脈管系の疾患(持久性隆起性紅斑), 4, p.26〜32. 勝岡憲生 (皮), 編集 玉置邦彦 (東大) 他, 中山書店, 東京, 2003.02.05発行.

2075. [学術書] (共著) Derma. 頭部皮膚疾患マニュアル; 毛髪異常−先天性の毛髪異常, 特に遺伝性症候群の1症状としての脱毛−. 勝岡憲生 (皮), 編集 近藤慈夫 (山形大), 全日本病院出版会, 東京, 2002.10発行.

2076. [学術書] (共著) 皮膚疾患最新の治療2003〜2004; 多発性汗腺膿瘍, p.133. 勝岡憲生 (皮), 編集 新村眞人(慈恵医大) 他, 南江堂, 東京, 2003.02.01発行.

2077. [学術書] (共著) 今日の治療指針−私はこうして治療している−; サルコイドーシス, p.798〜799. 勝岡憲生 (皮), 編集 山口 徹 他, 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

2078. [学術書] (共著9) やさしい皮膚免疫学−免疫学からみた皮膚疾患−; 脱毛の免疫機構 (脱毛症), p.211〜219. 勝岡憲生, 藤村響男 (皮), 編集 西岡 清 (医科歯科大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2002.06.01発行.

2079. [学術書] (共著) 皮膚疾患診療実践ガイド; 脱毛症, p.686〜688, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮), 真興社, 東京, 2002.00.00発行.

2080. [学術書] (共著) 皮膚疾患診療実践ガイド; p.689〜690. 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮), 真興社, 東京, 2002.04.10発行.

2081. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患診療実践ガイド; 血栓性静脈炎, p.322〜323. 増澤幹男 (皮), 宮地良樹 (京大), 古川福実 (和歌山医大). 文光堂, 東京, 2002.04.10発行.

2082. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患最新の治療 2003-2004; 血栓性静脈炎, p.43. 増澤幹男 (皮), 編集 新村真人 (慈恵医大), 瀧川雅浩 (浜松医大), 南光堂, 東京, 2003.02.01発行.

2083. [学術書] (分担執筆) 最新皮膚科学大系13; 悪性血管系腫瘍, p.186〜201. 増澤幹男 (皮), 監修 玉置邦彦 (東大), 中山書店, 東京, 2002.08.30発行.

2084. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患診療実践ガイド; Buerger病, p.323〜324. 増澤幹男 (皮), 編集 宮地良樹(京大), 古川福実 (和歌山医大), 文光堂, 東京, 2002.04.10発行.

2085. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患診療実践ガイド; 悪性血管内皮細胞腫, p.609〜610. 増澤幹男 (皮), 編集 宮地良樹 (京大), 古川福実 (和歌山医大), 文光堂, 東京, 2002.04.10発行.

2086. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患診療実践ガイド; 閉塞性動脈硬化症 (ASO), p.325〜327. 増澤幹男 (皮), 編集 宮地良樹 (京大), 古川福実 (和歌山医大), 文光堂, 東京, 2002.04.10発行.

2087. [学術書] (分担執筆) やさしい皮膚免疫学; 頭部血管肉腫, (編), p.281〜288. 増澤幹男 (皮), 編集 西岡 清(東京医科歯科大), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2002.06.01発行.

[学会・研究会等]

2088. [学会 (国際)] (宿題報告) One case of lymphangioasrcoma of the scalp. 中野敏明, 清野みき, 原 尚道, 坪井廣美, 増澤幹男, 勝岡憲生, 竹崎伸一郎 (皮): 6th meeting of the German-Japanese society of Dermatology (2002.11.01), 奈良.

2089. [学会 (全国)] (一般講演) 腋窩に生じたapocrine adenomaを伴うapocrine carcinoma. 天羽康之 (皮), 川野信子 (稲田登戸病院皮膚科): 第8回日本皮膚悪性腫瘍学会学術集会 (2002.06.21〜22), 米子.

2090. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性リンパ浮腫に対するシロスタゾールの長期治療効果. 増澤幹男, 前田亜希子, 宮田聡子, 原 尚道, 勝岡憲生 (皮), 蔵本博行 (医衛): 第101回日本皮膚科学会総会 (2002.06.07〜09), 熊本. 日本皮膚科学会誌, 112 (5): 670, 2002.

2091. [学会 (全国)] (ポスター) カニューレを用いたBCG経気道感染に対するマウス肺の防御応答. 前田美紀, 滝本博明 (生体防御学), 藤村響男 (皮), 熊沢義雄 (生体防御学): 第32回日本免疫学会総会・学術集会 (2002.12.05), 東京. 日本免疫学会総会・学術集会記録, 32: 129, 2002.

2092. [学会 (全国)] (ポスター) 接触皮膚炎誘導における転写因子GATA-3の役割. 天羽康之, 浜田祐子 (皮), 伊藤 守 (実中研・免疫), 高 秀華, 穂積勝人 (東海大免疫), 寺島正純 (住友製薬), 垣生園子 (東海大免疫), 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮), 玉内秀一 (微): 第32回日本免疫学会総会・学術大会 (2002.12.04〜06), 東京.

2093. [学会 (全国)] (教育講演) 血管炎の診断と治療. 勝岡憲生(皮): 第18回日本臨床皮膚科医学会総会(2002.04.14), 仙台. 日本臨床皮膚科学会雑誌, 73: 29〜34, 2002.

2094. [学会 (全国)] (ワークショップ) らい菌mce1A領域の組み換え発現とその機能解析. 藤村響男, 佐藤直哉(皮), 與儀ヤス子 (感染研・ハンセン病研究センター), 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第32回日本免疫学会総会・学術集会 (2002.12.05), 東京. 日本免疫学会総会・学術集会記録, 32: 117, 2002.

2095. [学会 (地方)] (一般講演) Genistein conientrated polysaccharide (GCP) によるマウス血管肉腫抑制効果. 前田亜希子, 浜田祐子, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第780回日本皮膚科学会東京地方会 (2003.03.15), 神奈川.

2096. [学会 (地方)] (宿題報告) 全身に播種したカポジ水痘様発疹症の1例. 中野敏明, 清野みき, 宮田聡子, 藤村響男, 増澤幹男, 勝岡憲生, 橋場伸一郎 (皮): 第66回日本皮膚科学会 東部支部学術大会 (2002.10.27), 筑波.

2097. [学会 (地方)] (一般講演) かんぽう茶が著効したLivedo with ulcerの重症例. 増澤幹男, 宮田聡子, 前田亜希子, 勝岡憲生 (皮): 第54回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2002.11.09〜10), 松江. 西日本皮膚科, 2002.

2098. [学会 (地方)] (一般講演) Genistein conientrated polysaccharide (GCP) によるマウス血管肉腫抑制効果. 前田亜希子, 浜田祐子, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第780回日本皮膚科学会東京地方会 (2003.03.15), 神奈川.

2099. [学会 (地方)] (一般講演) Indeterminate cell histiocytosisの1例. 天羽康之 (皮), 川野信子 (稲田登戸病院皮膚科), 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第66回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2003.02.15〜16), 東京.

2100. [学会 (地方)] (一般講演) Desmoplastic Malignant Melanomaの1例. 前田亜希子, 清野みき, 高須 博, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮), 岩城啓修 (形外): 第772回日本皮膚科学会東京地方会 (2002.04.20), 神奈川.

2101. [学会 (地方)] (一般講演) 家族性高コレステロール血症の1例. 坪井廣美, 脇田加恵, 勝岡憲生 (皮), 中嶋真一 (内), 那須野秀二 (整外), 木山 保 (中央林間病院): 第775回日本皮膚科学会東京地方会 (2002.09.21), 神奈川.

2102. [学会 (地方)] (一般講演) “かんぽう茶”によるLivedo reticularis with summer ulceration (LRSU) の潰瘍予防治療. 増澤幹男, 前田亜希子, 宮田聡子, 勝岡憲生 (皮), 桜井美典 (武蔵野免疫研): 日本皮膚科学会第353回北海道地方会 (2003.02.08), 札幌. 日本皮膚科学会誌, 2002.

2103. [研究会 (全国)] (特別講演) 「夏に多い皮膚病」−紫外線と皮膚癌・がんこな水虫−. 勝岡憲生 (皮): 日本鍼灸師会主催厚生労働省後援学術講習会 (2002.07.28), 東京.

2104. [研究会 (地方)] (特別講演) 血管炎とその類縁疾患. 勝岡憲生 (皮): 県央地区皮膚科講演会 (2002.04.25), 海老名市.

2105. [研究会 (地方)] (特別講演) 気にかかる症例. 勝岡憲生 (皮): 第29回湯島皮膚科談話会 (2002.12.14), 東京.

2106. [研究会 (地方)] (特別講演) かゆみ〜その特徴的臨床症状と対策〜. 勝岡憲生 (皮): 北九州市皮膚科医会研修会 (2002.06.20), 小倉市.

2107. [研究会 (地方)] (特別講演) 毛髪の基礎と臨床−主に脱毛症について−. 勝岡憲生 (皮): 山梨皮膚科医会(2002.03.27), 甲府.

2108. [研究会 (地方)] (一般講演) 「痒み,  破皮膚炎」. 勝岡憲生 (皮): 藤沢市医師会講演会 (2002.07.28), 藤沢市.


<<泌尿器科学>>

[学術論文]

2109. [原著] 腎細胞癌におけるImmunosuppressive Acidic Protein (IAP) の予後予見因子としての有用性について. 松本和将, 岩村正嗣, 村本将俊, 須山一穂, 田畑健一, 嶺井定紀, 平井祥司, 馬場志郎 (泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 93 (4): 548〜554, 2002.

2110. [原著] MRSAをはじめとする黄色ブドウ球菌におけるバクテリオファージと殺菌効果の関係. 古畑誠之(泌), 岡本了一, 久我明男, 島内千恵子 (微), 馬場志郎 (泌): 北里医学, 32 (1): 44〜54, 2002.

2111. [原著] 泌尿器科病棟管理マニュアル, V. 術前・術後1週間の患者管理, 体腔鏡下手術. 岩村正嗣 (泌): 臨床泌尿器科, 56 (4): 299〜304, 2002.

2112. [原著] 前立腺癌をめぐるコンセンサスと論点−PSAおよび関連パラメータの取り扱い−. 車 英俊, 頴川 晋 (泌): 癌と化学療法, 30 (1): 11〜15, 2002.

2113. [原著] 膀胱癌術後に発生した上部尿路上皮癌の臨床的検討. 車 英俊, 青 輝昭, 村山雅一, 溝口秀之, 小柴 健 (泌): 泌尿紀要, 48: 199〜202, 2002.

2114. [原著] Cadaveric renal transplantation from non-heart-beating donors with graft survival for more than 10 years. 吉田一成, 遠藤忠雄 (泌), et al.: Transplantation Proceedings, 34 (7): 2604〜2607.

2115. [原著] Factors contributing to long graft survival in non-heart-beating cadaveric renal transplantation in Japan: a single-center study Kitasato University. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斎藤 毅, 岩村正嗣, 池田成江 (泌), 鎌田貢寿 (内), 佐藤光史 (外), 馬場志郎 (泌): Clin Tranplant, 16: 397〜404, 2002.

2116. [原著] 11歳以下の小児腎ドナーからの献腎移植術. 吉田一成, 遠藤忠雄, 斎藤 毅, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌): 腎移植・血管外科, 13 (2): 170〜175, 2001.

2117. [原著] 献腎移植長期生着に寄与する因子 (北里大学病院における献腎移植10年以上生着者の検討). 吉田一成 (泌), 遠藤忠雄 (埼玉県央病院), 斎藤 毅, 池田成江, 岩村正嗣 (泌), 鎌田貢寿 (内), 馬場志郎 (泌): 泌尿器外科, 15 (5): 549〜555, 2002.

2118. [原著] Clinical significance of p53, mdm2, and bc1-2 proteins in renal cell caecinoma. 内田豊昭 (泌), Jiang-Ping, Gao., Chunxi, Wang., Shi-Xu, Jiang., 村本将俊, 佐藤威文, 嶺井定紀, 志村 哲, 入江 啓 (泌), 亀谷 徹 (病理), 馬場志郎 (泌): Urology, 59 (4), 615〜620, 2002.

2119. [原著] 限局性前立腺癌 (Stage T1b-2NOMO) に対する経直腸的高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法. 内田豊昭 (東海大八王子), 津村秀康, 山下英之, 勝田真行, 藤田哲夫, 佐藤威文, 大川麻子, 宋 成浩, 馬場志郎 (泌): 泌尿器外科, 15 (8): 887〜890, 2002.

2120. [原著] Anterior distribution of nonpalpable tumors in radical prostatectomy specimens. 高嶋力弥, 頴川 晋 (泌), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): Urology, 59 (5): 693〜697, 2002.

2121. [原著] Prospective evaluation of prostate cancer detection by prostate specific antigen-related parameters: comparison in serum and plasma samples. 頴川 晋 (泌), 須山一穂 (相模台), 松本和将(泌), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): J Urol, 167: 97〜102, 2002.

2122. [原著] PSAによる診断法の意義と評価−failure 予測を含めて−. 頴川 晋 (泌): 日本臨床, 60 (11増刊号): 100〜106, 2002.

2123. [原著] 前立腺限局癌治療の最前線, 現状と今後の展望. デイベイト「無治療経過観察療法」. 頴川 晋 (泌): 泌尿器外科, 15 (8): 960〜974, 2002.

2124. [原著] 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術−われわれの方法とコツ−. 頴川 晋, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 臨床泌尿器科, 56 (7): 479〜483, 2002.

2125. [原著] Probability of prostate cancer at various levels of percent free prostate specific antigen in Japanese men with total PSA of 4.1-10.0 ng/ml. 頴川 晋, 須山一穂, 高嶋力弥 (泌), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): Prostate Cancer and Prostatic Diseases, 5: 115〜118, 2002.

2126. [原著] 前立腺疾患の臨床−良性疾患から前立腺癌まで−U前立腺癌. 再発評価, 術後再発評価と血清・尿中PSA. 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 日本臨床, 60 (11): 284〜288, 2002.

2127. [原著] Correlation of Initial PSA Level and Biopsy Features with PSA-Doubling Time in Early Stage Prostate Cancers in Japanese Men. Kakehi Y, Kamoto T, Shiraishi T, Kato T, Tobisu K, Akakura K, 頴川 晋 (泌), Maeda O, Sumiyoshi Y, Arai Y, Ogawa O: Eur Urol, 41: 47〜53, 2002.

2128. [原著] The Dynamics of Prostate Specific Antigen during Watchful Waiting of Prostate Cancer. Vollmer, R.T., 頴川 晋 (泌), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): A study of 94 Japanese men. Cancer, 94: 1692〜1698, 2002.

2129. [原著] Expression of Matrix Metalloproteinase-2 and Prostate-specific Antigen in Localized and Metastatic Prostate Cancer. Kanoh Y, Akahoshi T, Ohara T, Ohtani N, Mashiko T, Ohtani S, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): Anticancer Res, 22: 1813〜1818, 2002.

2130. [原著] Artificial neural network analysis for predicting pathological stage of clinically localized prostate cancer in the Japanese population. Matsui Y, 頴川 晋 (泌), Tsukayama C, Terai A, 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): Jpn J Clin Oncol, 32: 530〜535, 2002.

2131. [原著] 前立腺肥大症の治療法. 患者様にどういう治療法がいいのかと聞かれたら? 志村 哲, 頴川 晋(泌): ウロナーシング, Urological Nursing, 7: 25〜30, 2002.

2132. [原著] 血液透析患者に合併した膀胱癌6例の検討. 丸 典夫, 吉田一成, 平井祥司, 斎藤 毅, 志村 哲, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 透析会誌, 35 (10): 1327〜1331, 2002.

2133. [原著] 透析患者に合併した腎細胞癌の臨床的検討. 丸 典夫, 岩村正嗣, 石井淳一郎, 嶺井定紀, 斎藤 毅, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 94 (3): 434〜438, 2002.

2134. [原著] Adrenal Retroperitoneal laparoscopic adrenalectomy. 馬場志郎 (泌), 岩村正嗣 (泌): Biomed Pharmacother, 56: 113〜119, 2002.

2135. [原著] Caveolin-1 Expression is a Predictor of Recurrence-Free Survival in pT2NO Prostate Carcinoma Diagnosed in Japanese Patients. 佐藤威文(泌), Yang, G., 頴川 晋 (泌), Addai, J., Frolov, A., 桑尾定仁 (病理), Timme, TL., 馬場志郎 (泌), Thompson, T.C.: Cancer 97 (5), 1225〜1233, 2003.

2136. [原著] Adenoviral Vector-Mediated mRTVP-1 Gene Therapy for Prostate Cancer. 佐藤威文 (泌), Timme, T.L., 雑賀隆史, 江原 伸, Yang, G., Wang, J., Ren, C., Kusaka N, Mouraviev, V., Thompson, T.C.: Hum Gene Ther, 14: 91〜101, 2003.

2137. [原著] The role of caveolin-1 in androgen insensitive prostate cancer. Viadimir Mouraviev, Likun Li, Salahaldin A. Tahir, Guang Yang, Terry L. Timme, Alexei Goltsov, Chengzhen Ren, 佐藤威文 (泌), Thomas M. Wheeler, Michael M. Ittmann, Brian J. Miles, Robert J. Amato, Dov Kadmon, Timothy C. Thimoson.: cancer growth. J Urol, 168: 1589〜1596, 2002.

2138. [原著] 前立腺癌臨床病期T2 亜分類による病理病期と予後の予測能力−1992年版TNM分類は1997年版より優れている−. 黄 英茂, 丸 典夫, 村本将俊 (泌), Wheeler, T.M., Scardino, P.T., 大堀 理 (泌): 日泌尿会誌, 93 (5): 595〜601, 2002.

2139. [原著] 軟性プローブ (Flexible Probe) による空圧式結石破砕の経験. 荒川 孝 (泌), 久保星一 (相模台), 真下節夫 (ましも・腎泌尿器クリニック), 馬場志郎 (泌): 北里医学, 32: 103〜109, 2002.

2140. [原著] Decision making using hybrid rough sets and neural networks. Hassan, Y., Tazaki E, 頴川 晋 (泌), 須山一穂 (相模台): Int J Neural Syst, Dec; 12 (6): 435〜446, 2002.

2141. [準原著] 前立腺癌の早期診断と手術〜目の前の患者さんをどうするか? 前立腺癌の早期診断. 非触知症例の生検. 頴川 晋, 田岡佳憲, 馬場志郎 (泌): The 9th Tokyo Prostate Cancer, Forum proceeding: 4〜6, 2002.

2142. [準原著] Effect of nystose, a new saccharide to adjust osmolarity of euro-collins solution, on cold preservation of rat kidney. 吉田一成 (泌), 真崎義彦(病), 遠藤忠雄, 斎藤 毅 (泌), 鎌田貢寿 (内), 馬場志郎(泌): XIX Internactional Congress of Transplantation Society-Miami, FL, USA-August. 2002.

2143. [準原著] Performance of the Newer Type (Lixelle TypeS-15) on Direct Hemoperfusion Beta-2-Microglobulin Adsorption Column for Dialysis-Related Amyloidosis. Emi Hiyama (厚木クリニック), 兵藤 透 (泌), Mitsuhiro Kondo, Kaori Otsuka (厚木クリニック), Takashi Honma, Takayasu Taira(横浜第一), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄 (泌), 酒井 糾(横浜第一), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): Nephron, 92: 501〜502, 2002.

2144. [準原著] 神奈川県相模・県央地区の男子尿道の現状. 田代和也 (厚木病院), 馬場志郎 (泌), 河村信夫, 木下英親 (東海大), 近藤直弥 (町田市民病院), 村山鉄郎 (国立相模原病院), 設楽敏也 (淵野辺総合病院), 高橋裕一郎 (腎健クリニック), 鈴木正泰 (厚木病院), 岩村正嗣 (泌): 泌尿器外科, 16 (2): 173〜177, 2003.

2145. [症例報告] 頻尿を主訴とした腹腔内デスモイド腫瘍の1例. 奥野紀彦 (泌), 村山雅一, 須山一穂, 青 輝昭, 小柴 健 (北里研究所メディカルセンター): 泌尿器外科, 15 (3): 247〜250, 2002.

2146. [症例報告] 小さな工夫−細径硬性尿管鏡を用いた尿道内バルーンカテーテルの留置−. 藤田哲夫, 志村 哲 (泌): 臨床泌尿器科, 56 (5): 369, 2002.

2147. [症例報告] 神経節神経腫の2例. 藤田哲夫, 丸 典夫, 岩村正嗣, 藤城貴教, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 泌尿紀要, 49: 107〜110, 2003.

2148. [症例報告] Immediate Improvement of a Persistent Cough after Tumor Embolization for Renal Cell Carcinoma. 藤川 章 (放), 大道有一郎 (自衛隊中央病院), 田岡佳憲 (泌), 中村昌平 (自衛隊中央病院): Scand J Urol Nephrol, 36: 393〜395, 2002.

2149. [症例報告] 大伏在静脈garaft を用いて修復した移植腎動脈にできた血管瘤に対してWallstent留置とcoilによる塞栓術により加療した1例. 矢内原 久 (放射線), 吉田一成 (泌), 西巻 博, 瀧川政和, 佐々木真弓 (放), 藤田哲夫, 斎藤 毅 (泌), 遠藤忠雄 (埼玉県央病院), 磯部義憲, 早川和重 (放), 馬場志郎 (泌): 腎移植・血管外科, 14 (1): 49〜53, 2002.

2150. [総説] 男性性機能不全−ED 関連の基礎・臨床研究の進歩−. 男性性機能不全一般身体疾患にみられる勃起障害, 外科手術後勃起障害, 前立腺肥大症と勃起障害−経尿道的前立腺切除術後の勃起機能について−. 志村 哲, 馬場志郎 (泌): 日本臨床, 60 (6): 388〜391, 2002.

2151. [総説] 特集 泌尿器科腹腔鏡手術の最前線−腹腔鏡下腎盂形成術−. 馬場志郎, 岩村正嗣 (泌): Urology View, 1 (1): 60〜64, 2002.

2152. [総説] Advances in Gene Therapy for Bladder Cancer. 入江 啓(泌): Gurrent Gene Therapy, 3(1): 1〜11, 2002.

[著 書]

2153. [その他の著書] (分担執筆) 日常診療のための泌尿器科診療学; 前立腺肥大症の検査, p.219〜237. 馬場志郎(泌). 監修 吉田 修, (株) インターメディカ, 東京, 2002.04.01発行.

2154. [その他の著書] (分担執筆) 前立腺肥大症患者の治療法とその対策の実際; 1. 前立腺肥大症の発症機序, 2. 前立腺肥大症における治療の考え方, 5. 一般医から専門医への紹介. 馬場志郎 (泌), 編集 馬場志郎, トーア総合企画社, 大阪, 2002.11.30発行.

2155. [その他の著書] (分担執筆) Therapeutic potential of adenovirus medeiated interleukin-12 gene therapy for prostate cacer. 江原 伸, 那須保友, 佐藤威文, 志村 哲 (泌), Chris, H. Bangma., Gerald, W. Hull., Mark, A. McCurdy., Jianxiang, G. Wang., Guang, Yang., Terry, L. Timme., Timothy, C. Thompson. Growth Factor and their Receptors in Cancer Metastasis, Kluwer Academic Publishers, London. 2002.

2156. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針第5版; 尿路の内視鏡診断, 5: p.457〜461. 岩村正嗣 (泌), 編集 亀山正邦, 高久史麿, 医学書院, 東京, 2002.11.01発行.

2157. [その他の著書] (分担執筆) 今日の診断指針第5版; −水腎症−, 5: p.1536〜1537. 宋 成浩 (泌), 編集 亀山正邦, 高久史麿, 医学書院, 東京, 2002.11.01発行.

[学会・研究会等]

2158. [学会 (国際)] (一般講演) Adenoviral Vector-Mediated In Situ Gene Therapy for Prostate Cancer: mRTVP-1 Suppreses Tumor Growth and Metastasis through Pro-Apoptotic and Immunostimulatory Activities. 佐藤威文 (泌), Terry L.Timme, 雑賀隆史, 江原 伸, Guang Yang, Jianxiang Wang, Chengzhen Ren, 日下信行, Vladimir B. Mouraviev, Timothy C. Thompson: Prostate Spore 2002 Research Seminar(2002.05.17), Houston, Texas, USA.

2159. [学会 (国際)] (一般講演) Systemic T-cell activation following in situ gene therapy in prostate cancer patients. 佐藤威文 (泌), Hon-Man Lee, Christina K. Pramudji, Terry L.Timme, Moshe Shalev, Yehoshua Godor, Wei-Yuan Mai, Bin Ten, Maria T.Vlachaki, 雑賀隆史, 日下信行, Gustavo Ayala, Thomas M. Wheeler, Edward B. Butler, Brian J. Miles, Dov Kadmon, Timothy C. Thompson: Prostate Spore 2002 Research Seminar (2002.05.17), Houston, Texas, USA.

2160. [学会 (国際)] (一般講演) Enhanced Therapeutic Effect of mRTVP-1 Gene Therapy in Combination with Irradiation for Prostate Cancer. 佐藤威文(泌), Maria T. Vlachaki, Xiaohong Zhu, 日下信行, 雑賀隆史, Terry L. Timme, Guang Yang, Vladimir B. Mouraviev, Jianxiang Wang, Bin Teh2, Brian Butler E., Timothy C. Thompson: Spore 2002 Research Seminar (2002.05.17), Houston, Texas, USA.

2161. [学会 (国際)] (一般講演) Sub-cutaneous injection of bone marrow derived dendritic cells engineered to produce interleukin-12 induces anti-tumor activities in an orthotopic mouse prostate cancer model, #214. 雑賀隆史, 日下信行, 佐藤威文 (泌), Mouraviev V.B., Yang G., Timme T.L., Thompson T.C.: American Urological Association 97th Annual Meeting (2002.05.25〜30), Orlando, Florida.

2162. [学会 (国際)] (一般講演) High-intensity focused ultrasound (HIFU) for localized prostate cancer. 内田豊昭 (東海大), 嶺井定紀, 佐藤威文, 志村 哲, 入江 啓 (泌), 兵藤 透 (横浜第一), 小俣二也 (富士厚生クリニック), 馬場志郎 (泌), Sanghvi T. Naredra, Gardner A. Thomas, Koch O. Michael (インデイアナポリス): 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2163. [学会 (国際)] (一般講演) Macrophages transduced with adenoviral vectors to express IL-12 suppress tumor growth and metastasis in pre-clinical models of prostate cancer. 佐藤威文 (泌), Takasi Saika, Shin Ebara, Nobuyuki Kusaka, Guang Yang, Jianxiang Wang, Vladimir Mouraviev, Guangwen Cao, Terry L. Timme, Timothy C. Thompson, Houston T.X.: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2164. [学会 (国際)] (一般講演) Presence of cancer in the base of the prostate on systematic biopsy predicts of seminal vesicle invasion (SVI). 黄 英茂 (泌), 須山一穂 (相模台), 丸 典夫 (泌), Micheal W. Kattan, 村本将俊 (泌), Shahrokh F. Shariat, Kevin Slawin, Peter T. Scardino, Victor E. Reuter, Thomas M. Wheeler, 大堀 理 (泌): 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2165. [学会 (国際)] (一般講演) Bladder neck involvement in radical prostatectomy specimens-is it appropriate to be staged as PT4? Ofer Yossepowitch, 大堀 理 (泌), Kanishka Sircar, Michael W. Kattan, Peter T.Scardino, Thomas M. Wheeler: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2166. [学会 (国際)] (一般講演) Significance of perineural invasion (PNI) by prostate cancer in systematic needle biopsy. 大堀 理, 丸 典夫 (泌), Peter T. Scardino, 黄 英茂 (泌), Kevin Slawin, Shahrokh F. Shariat, 村本将俊 (泌), Thomas M. Wheeler: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2167. [学会 (国際)] (一般講演) Relationship between the number of prostate biopsies sessions and pathologic features of prostate cancer (PCA) after retropubic radical prostatectomy (RRP). Ernestro Lopez-Corona, 大堀 理 (泌), Thomas M. Wheeler, Victor E. Reuter, Peter T. Scardino, James Eastham: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2168. [学会 (国際)] (一般講演) Systemic T-CELL activation following in situ gane therapy in prostate cancer patients. 佐藤威文 (泌), Hon-Man Lee, Christina K. Pramudji, Terry L. Timme, Moshe Shalev, Yehoshua Godor, Wei-Yuan Mai, Bin Teh, Maria T. Vlachaki, Takasi Saika, Nobuyuki Kusaka, Gustavo Ayala, Thomas M.Wheeler, Edward B. Butler, Brian J. Miles, Dov Kadmon, Timothy C. Thompson: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2169. [学会 (国際)] (一般講演) Which parameters predict a positiev repeat prostate biopsy in patients sispected of having prostate cancer? Ernestro, Lopez-Corona., 大堀 理 (泌), Victor E. Reuter, Mithat Gonen, Peter T. Scardino, Michael W. Kattan: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2170. [学会 (国際)] (一般講演) Comparison of two different methods for assigning gleason score (GS) in systematic biopsy (SYSBX) of the prostate. 村本将俊, 大堀 理, 丸 典夫, 黄 英茂 (泌), Peter T. Scardino, Shahrokh F. Shariat, Kevin M. Slawin, Thomas M. Wheeler: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2171. [学会 (国際)] (一般講演) Does the largest cancer in radical prostatectomy (RP) specimens have the worst pathological features? 黄 英茂, 丸 典夫(泌), Micheal W. Kattan, Sharokh F. Shariat, Grigorios Raptidis, Kevin Slawin, 村本将俊 (泌), Peter T. Scardino, Thomas M. Wheeler, 大堀 理 (泌): 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2172. [学会 (国際)] (一般講演) Peripheral zone and transition zone prostate cancers have a different prognosis. 大堀 理 (泌), Peter T. Scardino, Michael W. Kattan, 黄 英茂 (泌), James A. Eastham, Shahrokh F. shariat, Grigorios Raptidis, Kevin Slawin, 村本将俊 (泌), Thomas M. Wheeler: 第97回米国泌尿器科学会 (2002.05.29), オーランド.

2173. [学会 (国際)] (一般講演) Adoptive transfer of splenocytes from mice treated in situ with ADIL-12 results in supperssion of tumor growth and metastasis and increased survival in a model for residual tumor after neo-adjuvant in situ gene therapy for prostate cancer, #332. 雑賀隆史, 日下信行, 佐藤威文 (泌), Mouraview V.B., Kumon H., Timme T.L., Thompson T.C.: American Society of Gene Therapy 5th Annual Meeting (2002.06.05〜09), Boston, Maine.

2174. [学会 (国際)] (一般講演) Enhanced Therapeutic Effect of mRTVP-1 Gene Therapy in Combination with Irradiation for Prostate Cancer. 佐藤威文(泌), Maria T. Vlachaki, Xiaohong Zhu, 日下信行, 雑賀隆史 (泌), Terry L. Timme, Guang Yang, Vladimir B. Mourviev, Jianxiang Wang, Bin Teh2, Brian Butler E., Timothy C. Thompson: 5th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy(2002.06.06), Boston Maine.

2175. [学会 (国際)] (一般講演) Adenoviral Vector-Mediated In Situ Gene Therapy for Prostate Cancer: mRTVP-1 Suppresses Tumor Growth and Metastasis through Pro-Apoptotic and Immunostimulatory Activities. 佐藤威文 (泌), Terry L. Timme, 雑賀隆史, 江原 伸, Guang Yang, Jianxiang Wang, Chengzhen Ren, 日下信行, Vladimir B. Mouraviev, Timothy C. Thompson: 5th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (2002.06.07), Boston Maine.

2176. [学会 (国際)] (一般講演) Sucide gene therapy for bladder cancer using a novel Ad5/F35 chimeric adenovirus vector. 松本和将 (泌), Jian W., Freund C.T., Davis A.R., Yotnda P., Olmsted E.A., Lerner S.P.: 11th Annual Oncology Research Seminar & Poster Session, The Methodist Hospital Cancer Committee & Baylor College of Medicine (2002.06.20), Houston, TX.

2177. [学会 (国際)] (一般講演) Systemic T cell activation following in situ gene therapy in prostate cancer patients. 佐藤威文 (泌), Gdor Y., Mai W.Y., Timme T.L., Lee H.M., Pramudji C.K., 日下信行, Teh B.S., Vlachaki M.T., Shalev M., Ayala G., Wheeler T.M., Butler E.B., Miles B.J., Kadmon D., Thompson T.C.: 10th SPORE Investigators' Workshop (2002.07.13〜16), Chantilly, VA.

2178. [学会 (国際)] (一般講演) Enhanced therapeutic effect of mRTVP-1 gene therapy in combination with irradiation for prostate cancer. Timme T.L., 佐藤威文 (泌), Vlachaki M.T., Zhu X., 日下信行, 雑賀隆史, Yang G., Mouraviev V.B., Wang J., Teh B., Butler E.B., Thompson T.C.: 10th SPORE Investigators' Workshop (2002.07.13〜16), Chantilly, VA.

2179. [学会(国際)](一般講演) Experience with the Memotherm stent in high-risk urinary retention patients. 丸 典夫 (泌), 設楽敏也 (淵野辺総合病院), 山下英之, 嶺井定紀, 志村 哲, 浜島寿充 (横浜総合病院), 馬場志郎 (泌): The international urological conference of Republic of China, The 12th annual meeting, 口演 (2002.08.24), 台湾.

2180. [学会 (国際)] (一般講演) Laparoscopic pyeloplasy for ureteropelvic junction obstruction. 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): Congress of Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia 2002 (ELSA, 2002) -Striving for the Future of Excellence- (2002.09.20), 東京.

2181. [学会 (国際)] (一般講演) Adenoviral vector-mediated in situ gene therapy for prostate cancer: mRTVP-1 suppresses tumor growth and metastasis through pro-apoptotic and immunostimulatory activities. 佐藤威文 (泌), Timme T.L., 雑賀隆史, 江原 伸, Yang G., Wang J., Ren C., 日下信行, Mouraviev V.B., Thompson T.C.: Cap CURE Ninth Annual Scientific Retreat (2002.09.20〜22), Washington, DC.

2182. [学会 (国際)] (一般講演) Anterrior distribtion of stage tic nonpalpable tumorsin radical prostatectomy specimens. 頴川 晋, 高嶋力弥, 車 英俊 (泌), 桑尾定仁 (東大和), 馬場志郎 (泌): 第19回日韓泌尿器学会 (2002.09.28), 福岡.

2183. [学会 (国際)] (一般講演) A pilot stody of weekly paclitaxel plus estramustine combination therapy in hormone-refractory prostate cancer. 車 英俊, 頴川 晋, 藤田哲夫 (泌), 設楽敏也 (淵野辺), 横山英二 (よこやま泌尿器科・内科クリニック), 馬場志郎 (泌): 第19回日韓泌尿器学会 (2002.09.28), 福岡.

2184. [学会 (国際)] (一般講演) Enhanced Therapeutic Effect of mRTVP-1 Gene Therapy in Combination with Irradiation for Prostate Cancer. 佐藤威文(泌), Maria T. Vlachaki, Xiaohong Zhu, 日下信行, 雑賀隆史, Terry L. Timme, Guang Yang, Vladimir B. Mouraviev, Jianxiang Wang, Bin Teh., Brian Butler E., Timothy C. Thompson: 44th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (2002.10), New orleans LA.

2185. [学会 (国際)] (一般講演) Systemic T-cell activation following in situ gene therapy in prostate cancer patients. 佐藤威文 (泌), Hon-Man Lee, Christina K. Pramudji, Terry L. Timme, Moshe Shalev, Yehoshua Godor, Wei-Yuan Mai, Bin Teh, Maria T. Vlachaki, 雑賀隆史, 日下信行, Gustavo Ayala, Thomas M. Wheeler, Edward B. Butler, Brian J. Miles, Dov Kadmon, Timothy C. Thompson: 44th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (2002.10), New orleans LA.

2186. [学会 (国際)] (一般講演) Cox-2 Expression is Associated with Bladder Cancer Grade and Stage and other Molecular Alterations. 松本和将 (泌), Shariat S., Kim J., Tokunaga H., Ayala G., Benedict W.F.: 81st Annual Meeting the South Central Section of the American Urological Association (2002.10.05〜09), Colorado Springs, CO.

2187. [学会 (国際)] (一般講演) Association of p53, pRb, p21, and p16 Expression with Pathologic Parameters and Clinical Outcome of Patients with Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder. 松本和将 (泌), Shariat S., Kim J., Tokunaga H., Ayala G., Benedict W.F., Lerner S.: 81st Annual Meeting the South Central Section of the American Urological Association (2002.10.05〜09), Colorado Springs, CO.

2188. [学会 (国際)] (一般講演) Urinary Level Urokinase-type Plasminogen Activator and its Receptor in the Detectim of Bladder Carcinoma. Lener S.P., Shariat S.F., 松本和将 (泌), Monoski M.A., Casella R.: 81st Annual Meeting the South Central Section of the American Urological Association (2002.10.05〜09), Colorado Springs, CO.

2189. [学会 (国際)] (一般講演) Combination of adenovirus mediated suicide gene therapy with the histon deacethlase inhibitors, butyrate, phenylbutyrate and electroporation in bladder cancer in vitro and in vivo. Jian W., Li L., 松本和将, Freund C.T., Chen S.Y., Davis A., Lerner S.P.: 4th Annual Retreat of Cell and Gene Therapy(2002.11.21〜22), Galveston TX.

2190. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Correlation of Cycloxygenase-2 Expression with Molecular and Pathologic Characteristics, and Clinical Outcome of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder. Shariat S., Kho K., Kim J., Ayala G., 松本和将(泌), Lerner S.: The Third James K. Alexander Research Symposium (2002.02.21), Baylor Colloege of Medicine, Houston, TX USA.

2191. [学会 (全国)] (一般講演) 膀胱癌細胞に対するp53と抗erbB2リボザイム同時発現アデノウイルスベクターの抗腫瘍効果. 入江 啓, 陳 偉強, 松本和将, 田畑健一, 須藤利雄, 六角 周, 設楽敏也, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.18), 東京.

2192. [学会 (全国)] (一般講演) Peripheral zone 12ヵ所による前立腺針生検の有効性. 志村 哲, 松本和将, 丸 典夫, 藤田哲夫, 竹川勝治, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.19), 東京.

2193. [学会 (全国)] (一般講演) コンピューターグラフィックスによる前立腺Tlc癌の全摘標本における腫瘍分布に関する臨床的検討. 高嶋力弥, 頴川 晋 (泌), 桑尾定仁 (病理), 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.19), 東京.

2194. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法の臨床成績. 内田豊昭, 嶺井定紀, 佐藤威文, 入江 啓, 本田直康, 青 輝昭, 小俣二也, 吉沢一彦, 渋谷宗則, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.19), 東京.

2195. [学会 (全国)] (一般講演) Laparoscopic rodical prostatectomy 時の尿禁制回復の経時的検討. 頴川 晋, 勝田真行, 志村 哲, 入江 啓, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌): 第90回日本泌尿器科学会 (2002.04.19), 東京.

2196. [学会 (全国)] (一般講演) 停留精巣術後, 精巣サイズの変化についての検討. 宋 成浩, 藤城貴教, 竹川勝治, 塩川英史, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会 (2002.04.19), 東京.

2197. [学会 (全国)] (一般講演) ホルモン抵抗性前立腺癌に対瀬売るpaclitaxel/estramustine併用療法の臨床的検討. 車 英俊, 頴川 晋, 横山英二, 藤田哲夫, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2198. [学会 (全国)] (一般講演) 血清, 血漿におけるPSA関連パラメーターのプロスペクティブな評価検討. 頴川 晋, 高嶋力弥, 松本和将, 須山一穂, 桑尾定仁, 馬場志郎(泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2199. [学会 (全国)] (一般講演) 血清 total PSA4. 1-10.0 ng/ml の領域における%freePSAレベルによる前立腺癌存在確立の予測. 大草 洋, 頴川 晋, 勝田真行, 藤田哲夫, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会(2002.04.20), 東京.

2200. [学会 (全国)] (一般講演) 透析導入後早期の積極的透析は患者のBMIを増加させる. 兵藤 透, 渡津聡子, 具志堅夏子, 杉本美貴 (横浜第一), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 酒井 糾, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.18), 東京.

2201. [学会 (全国)] (一般講演) 根治的前立腺全摘除術の臨床的検討. 石井大輔, 村山雅一, 平井祥司, 車 英俊, 青 輝昭 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.18), 東京.

2202. [学会 (全国)] (一般講演) 腎細胞癌術後再発例における予後因子の検討. 藤田哲夫, 岩村正嗣, 西 盛宏, 松下一仁, 大川麻子, 丸 典夫, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.19), 東京.

2203. [学会 (全国)] (一般講演) 高密度焦点式超音波 (HIFU) の基礎的検討: 鶏肉における温度変化とPC-3前立腺癌細胞に対する増殖抑制効果. 嶺井定紀, 内田豊昭, 陳 偉強, 佐藤威文, 佐藤絵里奈, 入江 啓, 石井大輔, 溝口秀之, 山下英之, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.19), 東京.

2204. [学会 (全国)] (一般講演) Tension-free Vaginal Tape (TVT) sling手術における尿道の位置変化に対する検討. 大川麻子, 横山英二, 丸 典夫, 石川 弥, 坪井俊樹, 藤田哲夫, 入江 啓, 吉田一成, 吉沢一彦, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会(2002.04.20), 東京.

2205. [学会 (全国)] (一般講演) クラミジア尿道炎におけるアンプリコアSTD-1PCRを用いた尿道スメアと初尿の検出精度の比較検討. 勝田真行, 内田豊昭, 岩村正嗣, 山下英之, 松下一仁, 西 盛宏 (泌), 豊岡裕子, 山辺晴美, 赤星 透 (臨床検査), 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2206. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者に合併した腎細胞癌の臨床的特徴. 丸 典夫, 岩村正嗣, 嶺井定紀, 斎藤 毅, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2207. [学会 (全国)] (一般講演) 上部尿路結石に対するDornier Lithotripter Dによる単独治療成績. 田畑健一, 長倉和彦, 山藤正夫 (西窪病院), 田岡佳憲 (東大和病院), 中野間 隆 (埼玉医大), 菊地栄次, 大木隆弘 (慶大), 宇都宮拓治 (東名厚木病院): 第90回日本泌尿器科学会総会(2002.04.20), 東京.

2208. [学会 (全国)] (一般講演) 胸腔鏡下経胸的左副腎再発腫瘍摘除の1例. 頴川 晋, 勝田真行, 山下英之, 馬場志郎 (泌), 加勢田 静 (神奈川済生会病院): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2209. [学会 (全国)] (一般講演) Laparoscopic Anderson-Hynes pyeloplasty for ureteropelvic junction obstruction. 岩村正嗣, 大草 洋, 須藤利雄, 勝田真行, 藤田哲夫 (泌), 石井淳一郎 (北里研究所), 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2210. [学会 (全国)] (一般講演) 根治的膀胱摘除術後, 腹腔鏡下にStuder pouchを造設した1例. 頴川 晋, 勝田真行, 志村 哲, 入江 啓, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2211. [学会 (全国)] (一般講演)清潔間欠自己導尿 (CIC) の「清潔」に対する意識改革の必要性について−全科看護婦への勉強会を試みての考察−. 菊地直美, 井手口八寿子, 渡辺きぬ子 (看), 西村かおる (日本コンチネンス協会), 大川麻子, 馬場志郎 (泌): 第15回老人泌尿器科学会(2002.05.18), 米子.

2212. [学会 (全国)] (一般講演) 無形成骨を呈する血液透析患者への活性型ビタミンD3製剤投与中止効果2年間の断続的観察. 兵藤 透, 平良隆保 (横浜第一), 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第45回日本腎臓学会学術総会 (2002.05.25), 大阪.

2213. [学会 (全国)] (一般講演) 左再発性副腎癌に対し経胸的後腹膜鏡下摘出術を施行した1例. 山下英之, 黒坂眞二, 松下一仁, 勝田真行, 頴川 晋, 岩村正嗣, 馬場志郎(泌): 第14回日本内分泌外科学会総会 (2002.06.25), 大阪.

2214. [学会 (全国)] (一般講演) Percutaneous Oxacalcitriol Injection Therapy (POIT) が著効した一例. 兵藤 透 (横浜第一), 角田隆俊 (東海大), 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第14回日本内分泌外科学会総会(2002.06.26), 大阪.

2215. [学会 (全国)] (ビデオ講演) 小児における腹空鏡下逆流防止術の経験. 宋 成浩, 大川麻子, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第11回日本小児泌尿器科学会 (2002.07.10〜12), 倉敷.

2216. [学会 (全国)] (ポスター講演) 小児泌尿器科疾患に対する腹腔鏡手術の検討. 宋 成浩, 岩村正嗣 (泌), 遠藤忠雄 (埼玉県央), 馬場志郎 (泌): 第11回日本小児泌尿器科学会 (2002.07.10〜12), 倉敷.

2217. [学会 (全国)] (一般講演) 二次性副甲状腺機能亢進症に対するOCTの効果: i-Osteocalcin を指標として. 兵藤 透, 平良隆保, 竹村 徹, 薬師川融, 森 隆司, 高木 裕, 小野博文, 有井達郎 (横浜第一), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第47回日本透析医学会 (2001.07.19), 品川.

2218. [学会 (全国)] (一般講演) アトルバスタチンの慢性血液透析患者における脂質代謝異常に対する改善効果. 平良隆保, 兵藤 透, 竹村 徹, 具志堅夏子, 杉本美貴, 千葉哲男, 日台英雄 (横浜第一), 平野 勉 (昭和大医): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2219. [学会 (全国)] (一般講演) 透析量が少ない施設の患者は痩せている. 渡津聡子, 兵藤 透, 具志堅夏子, 杉本美貴, 平良隆保, 千葉哲男 (横浜第一), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第47回日本透析医学会(2002.07.19), 品川.

2220. [学会 (全国)] (一般講演) 透析量が少ない施設の患者は痩せている−その2: 透析量増加の効果−. 渡津聡子, 兵藤 透, 具志堅夏子, 杉本美貴, 有井達郎, 平良隆保(横浜第一), 千葉哲男, 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 日台英雄 (横浜第一): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2221. [学会 (全国)] (一般講演) 透析患者にける主観的全身栄養状態評価法 (SGA, Sabjective global assessment) の使用経験−第3報: 経年変化−. 具志堅夏子, 兵藤 透, 渡津聡子, 杉本美貴, 平良隆保, 千葉哲男(横浜第一), 吉田一成, 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2222. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症透析患者におけるHbAlc およびグリコアルブミンの検討. 杉本美貴, 兵藤 透, 渡津聡子, 具志堅夏子 (横浜第一), 山本スミ子 (厚木クリニック), 平良隆保, 千葉哲男 (横浜第一), 吉田一成, 遠藤忠雄 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 馬場志郎 (泌), 日台英雄 (横浜第一): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2223. [学会 (全国)] (一般講演) 異時性に三重複癌を発症した血液透析患者の一例. 井上恭子 (横浜第一), 泉 博一 (いずみ泌尿器科皮膚科), 小川裕美, 兵藤 透, 平良隆保 (横浜第一): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2224. [学会 (全国)] (一般講演) 安定維持血液透析患者のKDQOL: 42ヶ月間の維持的推移. 山本スミ子 (厚木クリニック), 兵藤 透, 平良隆保, 千葉哲男 (横浜第一), 内田豊昭, 遠藤忠雄 (泌), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 岡 美智代 (山形医大), 馬場志郎 (泌), 日台英雄(横浜第一): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2225. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析施行時の高感度CRP測定はHt 補正が必要である. 日比加奈子 (株式会社メコム), 兵藤 透, 龍谷雅俊, 平良隆保, 千葉哲男 (横浜第一), 酒井 糾 (小児腎疾患総合管理研究所), 日台英雄 (横浜第一), 馬場志郎 (泌), 五十嵐すみ子 (株式会社メコム): 第47回日本透析医学会 (2001.07.19), 品川.

2226. [学会 (全国)] (一般講演) 副甲状腺オキサロール直接注入療法 (POIT) が著効した一例. 兵藤 透 (横浜第一), 角田隆俊 (東海大腎センター), 平良隆保 (横浜第一), 志村 哲, 竹川勝治, 吉田一成, 内田豊昭, 遠藤忠雄 (泌), 斎藤 明 (東海大腎センター), 馬場志郎 (泌): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2227. [学会 (全国)] (一般講演) アスピリン加ワセリン軟膏の皮膚そう痒に対しての有効性について. 富塚昭子, 佐藤美千代, 木須淳子, 高橋雄一郎 (腎健クリニック), 吉田一成, 斎藤 毅, 馬場志郎 (泌), 門脇和臣, 呉 幹純 (北里研究所): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2228. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者の足病変に対する抗菌炭酸足温剤 (AS ケア) の使用経験. 加来素美, 吉本美枝子, 佐藤善枝, 佐藤節子, 上石かおり, 敷内育子, 小山千賀子 (湘南クリニック), 山本スミ子 (厚木クリニック), 兵藤 透, 平良隆保 (横浜第一): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2229. [学会 (全国)] (一般講演) 内シャント不全に対するMR angiographyの有用性. 藤田哲夫, 吉田一成, 斎藤 毅, 丸 典夫 (泌), 矢内原 久, 瀧川政和, 西巻 博 (放射線科), 竹川勝治, 馬場志郎 (泌): 第47回日本透析医学会 (2002.07.19), 品川.

2230. [学会 (全国)] (一般講演) Peyronie's Diseaseの保存的治療の検討. 丸 典夫, 大草 洋 (泌), 志村 哲(横浜総合), 頴川 晋 (泌), 青 輝昭 (北里研究所), 馬場志郎 (泌): 第13回日本性機能学会 (2002.09.07), 大阪.

2231. [学会 (全国)] (一般講演) 生体腎移植後, 透析再導入となる患者の受容プロセスの介入. 都鹿野敏子, 田口綾子, 田中美千代, 高橋由美子, 藤木くに子 (内), 田岡佳憲, 吉田一成 (泌), 佐藤喜一郎 (精): 第36回日本臨床腎移植学会 (2003.01.30), 下呂.

2232. [学会 (全国)] (一般講演) 生体腎移植手術直前でなし得なかった1例−長期待機登録者の諸問題−. 池田成江, 吉田一成, 田岡佳憲, 奥野紀彦, 馬場志郎 (泌), 藤木くに子, 田中美千代, 遠藤忠雄 (泌): 第36回日本臨床腎移植学会 (2003.01.30), 岐阜県下呂.

2233. [学会 (全国)] (一般講演) 近年の腎移植における免疫抑制療法による日和見感染症についての検討. 田岡佳憲, 吉田一成, 奥野紀彦, 斎藤 毅, 池田成江, 竹内康雄, 岩村正嗣 (泌), 遠藤忠雄 (埼玉県央), 馬場志郎 (泌): 第36回日本臨床腎移植学会 (2003.01.30), 岐阜県下呂.

2234. [学会 (全国)] (教育講演) 難渋症例に学ぶ尿路結石症の基本. 荒川 孝 (泌): 第90回日本泌尿器科学会 2002年卒後・障害教育プログラム (2002.04.18), 幕張.

2235. [学会 (全国)] (Debate) 尿路結石治療をめぐるDebate. 荒川 孝 (泌), 東 義人, 奴田原紀久雄 (杏林大), 山口秋人 (原三信病院): 第90回日本泌尿器科学会総会(2002.04.19), 東京.

2236. [学会 (全国)] (特別サテライトシンポジウム) 総会を振り返って. 明日への展望. 入江 啓 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.20), 東京.

2237. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 安定した腎移植患者におけるミゾリビン血中濃度の母集団解析. 吉田一成(泌), 木村利美, 門倉千恵 (薬剤), 斎藤 毅, 遠藤忠雄 (泌), 島田慈彦 (薬剤), 馬場志郎 (泌): 第38回日本移植学会総会 (2002.10.18), 東京.

2238. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 四種類hystoseを添加したEuro-collins液の腎保存効果の検討. 真崎義彦(実動), 吉田一成, 遠藤忠雄, 斎藤 毅 (泌), 鎌田貢寿 (内), 馬場志郎 (泌): 第38回日本移植学会総会 (2002.10.18), 東京.

2239. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 腹腔鏡下前立腺摘除術 (手術中継). 頴川 晋, 岩村正嗣 (泌), 寺地敏郎 (東海大): 第16回日本E・E学会 (2002.11.27), 台場.


2240. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 腹空鏡各手術手技の実際. 頴川 晋, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2001.04.19), 東京.

2241. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 前立腺癌におけるノモグラムの現状と問題点. 大堀 理 (泌): 第90回日本泌尿器科学会総会 (2002.04.19), 東京.

2242. [学会 (地方)] (一般講演) 高密度焦点式超音波(HIFU) 療法の基礎的検討−鶏肉における温度変化とpc-3前立腺に対する増殖抑制効果−. 嶺井定紀, 内田豊昭, 入江 啓, 黒坂眞二, 志村 哲, 溝口秀之, 丸 典夫, 馬場志郎 (泌): 第54回日本泌尿器科学会西日本総会 (2002.12.13), 沖縄.

2243. [学会 (地方)] (一般講演) 子宮及び尿道周囲軟部組織に転移を認めた腎細胞癌の1例. 松田大介, 丸 典夫, 黒坂眞二, 津村秀康, 平山貴博, 奥野紀彦, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第54回日本泌尿器科学会西日本総会(2002.12.13), 沖縄.

2244. [学会 (地方)] (一般講演) 巨大動静脈瘻の形成により心不全を呈した腎細胞癌の1例. 田岡佳憲 (泌), 川上達央 (東大和), 桑尾定仁 (東大和), 門脇和臣, 石井淳一郎(北里研究所), 荒川 孝, 馬場志郎 (泌): 第54回日本泌尿器科学会西日本総会 (2002.12.13) 沖縄.

2245. [学会 (地方)] (一般講演) MRSAをはじめとする黄色ブドウ球菌におけるバクテリオファージと殺菌効果の関係. 古畑誠之 (泌), 岡本了一, 久我明男, 島内千恵子(微), 馬場志郎 (泌): 第54回日本泌尿器科学会西日本総会(2002.12.13), 沖縄.

2246. [学会 (地方)] (一般講演) ホルモン抵抗性前立腺癌に対するPC-SPESの治療経験. 藤田哲夫, 頴川 晋, 須藤利雄, 奥野紀彦, 横山英二, 馬場志郎 (泌): 第19回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (2002.07.06), 横浜.

2247. [学会 (地方)] (一般講演) 腎移植患者における骨塩量と骨パラメーターおよびステロイド投与量の検討. 丸 典夫, 斎藤 毅, 藤田哲夫, 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第14回神奈川県移植医学会 (2002.06.01), 横浜.

2248. [学会 (地方)] (一般講演) 難治性尿路感染を繰り返した尿道憩室の1例. 石川 弥, 大川麻子, 山下英之, 大草 洋, 奥野紀彦, 宋 成浩, 馬場志郎 (泌): 第62回神奈川県泌尿器科医会 (2002.05.18), 横浜.

2249. [学会 (地方)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法. 内田豊昭 (東海大), 津村秀康, 山下英之, 溝口秀之, 佐藤威文, 六角 周, 原野祐司, 入江 啓, 兵藤 透, 小俣二也, 渋谷宗則, 馬場志郎(泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2250. [学会 (地方)] (一般講演) ホルモン不応性前立腺癌におけるPC-SPRESの使用経験.須藤利雄, 頴川 晋, 藤田哲夫 (泌), 横山英二 (よこやま泌尿器), 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2251. [学会 (地方)] (一般講演) 尿閉患者に対する永久留置型尿道ステント (メモサーム) の治療成績. 山下英之, 丸 典夫, 松下一仁 (泌), 設楽敏也 (淵野辺総合病院), 浜島寿充, 志村 哲 (横浜総合病院), 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2252. [学会 (地方)] (一般講演) 診断に苦慮した術後腎細胞癌の対側腎への単独転移の一例. 平山貴博, 岩村正嗣, 黒坂眞二, 奥野紀彦, 宋 成浩, 馬場志郎 (泌): 第26回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2002.09.12), 新横浜.

2253. [学会 (地方)] (一般講演) 膀胱扁平上皮癌の一例. 石井大輔, 黄 英茂, 村本将俊 (泌), 高橋裕一郎, 門脇和臣, 森永正二郎 (北里研究所), 馬場志郎 (泌): 第556回日本泌尿器学会東京地方会 (2002.10.24), 京橋.

2254. [学会 (地方)] (一般講演) 後腹膜腔に認められたThread granuloma の1例. 津村秀康, 岩村正嗣, 平山貴博, 黒坂眞二, 松田大介, 溝口秀之, 馬場志郎 (泌): 第63回神奈川県泌尿器科医会 (2002.11.16), 横浜.

2255. [学会 (地方)] (一般講演) 膀胱回腸瘻により発見された浸潤性膀胱癌の1例. 嶺井定紀, 志村 哲 (泌), 須山一穂 (相武台), 久保博嗣 (横浜総合): 第63回神奈川県泌尿器科医会 (2002.11.16), 横浜.

2256. [学会 (地方)] (一般講演) 後腹膜繊維症と鑑別が困難であったChlamydia性骨盤内感染症の一例. 平山貴博, 宋 成浩, 津村秀康, 黒坂眞二, 松田大介, 溝口秀之, 奥野紀彦, 丸 典夫, 馬場志郎 (泌): 第27回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2003.02.13), 新横浜.

2257. [学会 (地方)] (一般講演) 近位型類上皮肉腫の一例. 石井大輔, 村本将俊 (泌), 中條弘隆, 高橋裕一郎, 門脇和臣 (北里研究所), 森永正二郎 (病理), 馬場志郎 (泌): 第560回日本泌尿器科学会東京地方会 (2003.03.20), 京橋.

2258. [学会 (地方)] (ポスター) BCG膀胱内注入療法後に高熱および多発性関節炎を発症した2症例. 嶺井定紀, 入江 啓, 松下一仁, 津村秀康, 須藤利雄, 田畑健一, 黄 英茂 (泌), 内田豊昭 (東海大八王子), 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2259. [学会 (地方)] (ポスター) インターフェロン療法により腫瘍塞栓の著名な縮小を認めた腎細胞癌の1症例. 平井祥司, 入江 啓, 石井淳一郎, 勝田真行, 大草 洋, 石川 弥 (泌), 設楽敏也 (淵野辺総合病院), 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2260. [学会 (地方)] (ポスター) Inverted papilloma (IP) とIP-like TCCに関する検討. 入江 啓, 須藤利雄, 山下英之 (泌), 設楽敏也 (淵野辺), 西 盛宏, 坪井俊樹, 六角 周, 宋 成浩 (泌), 三富弘之 (病理), 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2261. [学会 (地方)] (ポスター) 外傷性陰茎切断の1例. 津村秀康, 丸 典夫, 黒坂眞二, 松田大介, 勝田真行, 藤田哲夫, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2262. [学会 (地方)] (ポスター) 後腹膜腔に発生した Malignant fibrous histiocytomaの1例. 奥野紀彦, 岩村正嗣, 山下英之, 勝田真行, 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2263. [学会 (地方)] (ポスター) 原発性膀胱上皮内癌に対するBCG膀胱内注入療法の治療成績. 田畑健一, 石井大輔, 車 英俊, 平井祥司, 村山雅一, 青 輝昭 (北里研究所メディカルセンター): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2264. [学会 (地方)] (ビデオ講演) 小児における腹腔鏡下逆流防止術の経験. 宋 成浩, 岩村 正嗣 (泌), 藤城貴教 (国立磯浜), 塩川英史 (日本鋼管), 竹川勝治 (愛育病院), 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会(2002.09.20), 幕張.

2265. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 「根治的前立腺全摘術におけるED予防法」腹腔鏡下前立腺全摘術とED (神経温存の手術手技も含む). 志村 哲 (泌): 第13回日本性機能学会東部総会 (2003.03.01), 東京.

2266. [学会 (地方)] (イブニングシンポジウム) 小径腎癌の治療戦略−腹腔鏡下腎部分切除術の適応と有用性−. 岩村正嗣, 藤田哲夫, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.19), 幕張.

2267. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 触知不能 (Tlc) 前立腺癌をめぐる諸問題−Tic 前立腺癌の腺内分布とその生物学的特性−. 頴川 晋 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2268. [学会 (地方)] (シンポジウム等) E & E時代における結石再発予防−結石再発予防を考えた積極的治療−珊瑚状結石における波砕治療後の再発と増大についての検討. 荒川 孝, 藤田哲夫 (泌), 久保星一, 須山一穂 (相模台病院), 平井祥司, 馬場志郎 (泌): 第67回日本泌尿器科学会東部総会 (2002.09.20), 幕張.

2269. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) Percutaneous Surgery: Stones, Tumors. Endopyelotomy, Endopyeloplasty. Ureteroscopic Diagnosis and Treatment. 馬場志郎, 頴川 晋 (泌): 第182回日本泌尿器科学会関西地方会特別プログラム (1st World Summit on Kidney Surgery in Japan) (2003.02.07〜08), 大阪.

2270. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) Laparoscopic Live-Donner Nephrectomy. Laparoscopic Pyeloplasty. 岩村正嗣 (泌): 第182回日本泌尿器科学会関西地方会特別プログラム (1st World Summit on Kidney Surgery in Japan) (2003.02.06〜07), 大阪.

2271. [研究会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡手術における3次元モニターシステムの有用性. 奥野紀彦, 岩村正嗣, 津村秀康, 松田大介, 黒坂眞二, 馬場志郎 (泌): 第2回3次元画像解析・レーザーフォーラム (2002.10.26), 仙台.

2272. [研究会 (全国)] (一般講演) 移植腎動脈 (大伏在静脈 graft ) にできたgraft瘤に対してWallstent留置とcoil による塞栓術が有用だった1例. 矢内原 久, 西巻 博, 瀧川政和, 佐々木真弓, 磯部義憲, 菅 信一, 早川和重 (放), 藤田哲夫, 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 遠藤忠雄 (埼玉県央病院), 馬場志郎 (泌): 第18回腎移植・血管外科研究会 (2002.06.21), 登別.

2273. [研究 (全国)] (一般講演) 巨大動静脈瘻の形成により心不全を呈した腎細胞癌患者の1例. 田岡佳憲, 川上達央 (東大和病院), 桑尾定仁 (病理), 石井淳一郎 (泌), 門脇和臣 (北里研究所): 第6回泌尿器病理勉強会(2002.06.22), 西新橋.

2274. [研究会 (全国)] (一般講演) 腎移植医療チームの取組み−献腎移植患者に精神科医の積極的な参加により早期対応ができた症例−. 甘利悦子, 田口綾子, 田中美千代, 藤木くに子 (看護), 斎藤 毅, 吉田一成 (泌), 岡田秀俊: 第35回日本腎移植臨床研究会 (2002.02.06〜07), 箱根.

2275. [研究会 (全国)] (一般講演) 腎移植後の骨パラメータの検討. 斎藤 毅, 吉田一成, 藤田哲夫, 勝田真行, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第35回日本腎移植臨床研究会(2002.02.06〜07), 箱根.

2276. [研究会 (全国)] (一般講演) 腎移植懇談会をとおして透析施設への腎移植啓蒙活動の必要性. 池田成江, 吉田一成, 斎藤 毅, 藤田哲夫, 馬場志郎 (泌), 藤木くに子(看護), 遠藤忠雄 (埼玉県央), 堀越由紀子 (看護): 第35回日本腎移植臨床研究会 (2002.02.06〜07), 箱根.

2277. [研究会 (全国)] (一般講演) ヒト膀胱癌細胞に対するwild-type p53と抗erbB2リボザイム同時発現アデノウイルスベクターの抗腫瘍効果の検討. 入江 啓, 陳 偉強, 佐藤威文, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第4回泌尿器遺伝子・細胞治療研究会 (2002.11.23), 岡山.

2278. [研究会 (全国)] (一般講演) Systemic activation of the immune system following GM CSF treatment in prostate cancer patients. 佐藤威文 (泌), 日下信行, Robert J. Amato, Terry Timme, Yehoshua Gdor: 第4回泌尿器遺伝子・細胞治療研究会 (2002.11.23), 岡山.

2279. [研究会 (全国)] (一般講演) 術前補助療法としてin-situ IL-12およびIL-12/B7-1 遺伝子治療を行った前立腺癌の術後残存腫瘍のマウスモデルにおける同遺伝子治療における脾細胞の抗腫瘍効果について. 雑賀隆史, 日下信行, 佐藤威文 (泌), Vladimir B. Mouraviev, 公文裕巳, Terry L. Timme, Timothy C. Thompson: 第4回泌尿器遺伝子・細胞治療研究会 (2002.11.23), 岡山.

2280. [研究会 (全国)] (ワークショップ) 「小径腎癌に対する腎部分切除」 (Case Study & Debate). 近藤恒徳 (東女医大), 岩村正嗣 (泌), 奥村和弘 (天理よろず相談所病院): 第18回腎移植・血管外科研究会 (2002.06.21), 登別.

2281. [研究会 (地方)] (一般講演) 神奈川移植腎病理を勉強する会の趣旨について. 吉田一成 (泌): 第1回神奈川移植腎病理を勉強する会 (2002.11.30), 横浜.

2282. [研究会 (地方)] (一般講演) FGSにより腎不全になった18歳女性に移植した腎臓が2年目に再発し廃絶した症例. 田岡佳憲, 吉田一成 (泌), 三上哲夫, 岩淵啓一 (病理), 竹内康雄, 鎌田貢寿 (内), 桑尾定仁 (東大和): 第1回神奈川移植腎病理を勉強する会 (2002.11.30), 横浜.

2283. [研究会 (地方)] (一般講演) 進行性前立腺癌に対するHSV-t k+GCVを用いた遺伝子治療: 米国における現状と北里の取り組みについて. 佐藤威文, 入江 啓, 頴川 晋, 岩村正嗣, 丸 典夫, 宋 成浩 (泌), Terry L. Timme, Moshe Shalev, Yehoshua Gdor, Wei-Yuan Mai, Bin Teh, Maria T. Vlachaki, Gustavo Ayala, Thomas M. Wheeler, Edward B. Butler, Brian J. Miles, Dov Kadmon, Timothy C. Thompson, 馬場志郎 (泌): 第4回北里腫瘍フォーラム (2003.01.24), 神奈川.

2284. [研究会 (地方)] (一般講演) SMAP法における手術手技の工夫と6症例の経験. 奥野紀彦, 吉田一成, 津村秀康, 田岡佳憲 (泌), 牧野武志, 鎌田貢寿 (内), 馬場志郎 (泌): 第1回SMAP研究会 (2003.02.15〜16), 三重.

2285. [研究会 (地方)] (一般講演) 生体腎移植後, 透析再導入の予期不安を抱えた患者にSMAP法が有効だった1例. 田中美千代, 都鹿野敏子, 高橋由美子, 田口綾子, 藤木くに子 (看護), 吉田一成 (泌): 第17回神奈川県CAPD研究会 (2003.03.08), 横浜.

2286. [研究会 (地方)] (一般講演) 北里大学病院におけるSMAP法−手術方法およびカテーテルの工夫と6症例の経験について−. 田岡佳憲, 奥野紀彦, 吉田一成, 津村秀康 (泌), 牧野武志, 鎌田貢寿 (内), 馬場志郎 (泌): 第17回神奈川県CAPD研究会 (2003.03.08), 横浜.

2287. [研究会 (地方)] (一般講演) 慢性的な過伸展のために溢流性尿失禁をきたした1例. 大草 洋, 大川麻子, 藤田哲夫, 宋 成浩, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第8回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (2002.05.11), 東京.

2288. [研究会 (地方)] (教育講演) 尿路ストーマを要する疾患: 術式・合併症. 入江 啓 (泌): 第18回神奈川リハビリテーション講習会 (2002.06.22), 相模原.

2289. [研究会 (地方)] (市民公開講座) 「前立腺肥大症とは?前立腺癌とは?」「前立腺肥大症と前立腺癌」はどう違うのか? 馬場志郎 (泌): 前立腺がんセミナー (2002.08.24), 橋本.

2290. [研究会 (地方)] (市民公開講座) 「前立腺癌はこうして治す」「前立腺肥大症と前立腺癌」はどう違うのか? 頴川 晋 (泌): 前立腺がんセミナー (2002.08.24), 橋本.


<<眼科学>>

[学術論文]

2291. [原著] 瞳孔異常−Pupillary signs in various diseases−. 石川 均 (眼), 吉富健志 (和歌山県立医大): 眼科, 44 (4): 439〜446, 2002.

2292. [原著] Pharmacological effects of latanoprost, prostaglandin E2, and F2α on isolated rabbit ciliary artery. 石川 均 (眼), 吉富健志 (和歌山県立医大), 真下紀美代, 中西 基, 清水公也 (眼): Graef's Arch Clin Exp Ophthalmol, 240: 120〜125, 2002.

2293. [原著] LASIK (Laser In Situ keratomileusis) 術後の乱視の検討. 相澤大輔 (山王病院), 井上俊洋, 大野晃司 (眼), 小松真理 (山王病院), 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 眼科手術, 15 (2): 263〜266, 2002.

2294. [原著] Effects of a New Excitotoxic Amino Acid, Dysiherbaine, on Cultured Muller Cells. 嶺井利沙子 (眼): Japanese Journal of Ophthalmology, 46(2): 153〜159, 2002.

2295. [原著] パーキンソン病における反射性および随意性衝動性眼球運動. 吉田 寛, 山田徹人 (東京都立神経病院), 松崎廣栄 (眼): 日本眼科学会雑誌, 106 (5): 281〜286, 2002.

2296. [原著] 睫毛乱生症に続発した角膜アミロイドーシス第2報−臨床像および慢性刺激によるアミロイドーシス−. 阿曽香子 (眼), 古野久美子 (サードアイ眼科), 若倉雅登 (眼): 日本眼科紀要, 53 (3): 225〜229, 2002.

2297. [原著] Binocular function of the patient with the refractive multifocal intraocular lens. 庄司信行, 清水公也 (眼): Journal of Cataract Refractive Surgery, 28 (6): 1012〜1017, 2002.

2298. [原著] Diurnal Variation of Human Corneal Curvature in Young Adults. 半田知也, 向野和雄, 新井田孝裕, 魚里 博 (医衛), 田中俊一, 清水公也 (眼): Journal of Refractive Surgery, 18 (1): 58〜62, 2002.

2299. [原著] Response of the Mouse Lens to Varying Sizes of Injured Area. 若杉安希乃, 宇賀茂三 (医衛), 酒井康弘 (解), 松本美保, 平山さをり, 清水公也 (眼): Japanese Journal of Ophthalmology, 46 (4): 391〜400, 2002.

2300. [原著] Effect of a Latanoprost, Prostaglandin F2α and Nipradilol on Isolated Bovine Ciliary Muscle. 吉富健志, 山地和網 (和歌山県立医大), 石川 均 (眼), 大西克尚 (和歌山県立医大): Japanese Journal of Ophthalmology, 46 (4): 401〜405, 2002.

2301. [原著] 北里大学東病院におけるロービジョンクリニックの現状. 藤田純子, 松崎廣栄, 市邉義章 (眼), 青木 繁 (青木眼科), 向野和雄 (医療衛生), 清水公也 (眼): 日本眼科紀要, 53 (7): 542〜547, 2002.

2302. [原著] X線照射ラット水晶体の形態学的研究. 森田哲也, 平山さをり (眼), 宇賀茂三 (医衛), 清水公也, 若杉安希乃 (眼), 中山茂信 (実動): あたらしい眼科, 19 (8): 1081〜1090, 2002.

2303. [原著] 眼軸長測定における眼内レンズの影響−光学式 VS 超音波式−. 嶺井利沙子, 清水公也 (眼), 魚里 博 (医療衛生), 鈴木博子, 疋田朋子 (眼): 眼科手術, 15(4): 545〜548, 2002.

2304. [原著] 加齢に伴う角膜乱視の推移における外眼筋の影響. 森 郁子 (眼), 半田知也, 向野和雄, 魚里 博 (医衛), 新井田孝裕 (国際医療福祉大), 西本浩之 (相模原協同病院), 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 19 (10): 1345〜1347, 2002.

2305. [原著] 角膜屈折検査における正確な角膜の屈折力. 根山竒健吾, 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 日本眼科紀要, 53 (9): 695〜698, 2002.

2306. [原著] 二次角膜移植片拒絶反応モデルにおけるドナー角膜へのultraviolet-B前処置による効果. 片見睦夫(眼), 皆本 敦 (広島大): 日本眼科学会雑誌, 106 (11): 689〜693, 2002.

2307. [原著] Underestimation of Intraocular Pressure in Eyes After Laser In Situ Keratomileusis. 有本あこ (武蔵野赤十字病院), 清水公也, 庄司信行 (眼), 榎本喜久子, 小原真樹夫 (武蔵野赤十字病院): Japanese Journal of Ophthalmology, 46 (6): 645〜649, 2002.

2308. [原著] 視神経乳頭異常を伴う鉄欠乏性貧血に伴う貧血性網膜症の1例. 疋田朋子, 川崎いづみ, 市邉義章, 柳田智彦, 長山裕二, 若倉雅登, 清水公也 (眼): 眼科臨床医報, 97 (1): 16〜19, 2003.

2309. [原著] 角膜屈折矯正手術と眼位異常. 清水公也, 伊藤美沙絵 (眼): 日本弱視斜視学会報, 39 (3): 23〜27, 2003.

2310. [原著] レーザー屈折矯正角膜切除術後の長期経過 (術後8年). 中西 基, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 日本眼科学会雑誌, 107 (2): 94〜98, 2003.

2311. [原著] Ischemic Optic Neuropathy Associated with Subarachnoid Hemorrhage after Rupture of Anterior Communicating Artery Aneurysm. 原 直人 (神奈川歯科大), 向野和雄 (医衛), 大高弘稔 (東大和病院), 清水公也 (眼): Ophthalmologica, 217: 79〜84, 2003.

2312. [原著] 眼軸長測定に及ぼす瞳孔径の影響〜超音波式と光学式の比較〜. 矢野 隆 (眼), 魚里 博 (医衛), 鈴木博子, 嶺井利沙子 (眼), 根本 徹 (海老名総合病院), 清水公也 (眼): 日本視能訓練士協会誌, 31: 95〜102, 2002.

2313. [原著] レーザー干渉非接触眼軸長測定装置によるコンタクトレンズ装用眼の測定. 鈴木博子 (眼), 魚里 博 (医衛), 矢野 隆, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼): 日本視能訓練士協会誌, 31: 219〜224, 2002.

2314. [原著] ETDRS分類における改訂7方向立体眼底撮影の工夫. 福井勝彦 (旭川医大), 永野幸一 (眼), 吉田晃敏(旭川医大): 日本眼科写真協会誌, 18: 30〜37, 2002.

2315. [短報・速報] 研修医日記. 林 永欣 (眼): 眼科, 44: 341〜342, 2002.

2316. [短報・速報] 第55回日本臨床眼科学会「網膜硝子体2, 3」. 岡本直之 (眼): 眼科, 44 (4): 565〜567, 2002.

2317. [短報・速報] 印象記 (第58回日本弱視斜視学会総会) 一般講演9. 屈折・調節. 向野和雄 (医衛): 日本弱視斜視学会報, 39 (2): 34〜35, 2002.

2318. [研究報告] 中期開放隅角緑内障眼における視神経乳頭形状と神経線維層厚. 河合裕美 (眼), 庄司信行 (医衛), 清水公也, 森田哲也, 林 良子, 根本理香 (眼): 北里医学, 32 (1): 76〜84, 2002.

2319. [研究報告] 層間に残ったdebris対策. 久保祐輔(眼): 眼科診療プラクティス, 83 (5): 38, 2002.

2320. [研究報告] epithelial ingrowth. 久保祐輔 (眼): 眼科診療プラクティス, 83 (5): 46〜47, 2002.

2321. [研究報告] Morphological Analysis of Iodoacetic Acid-Induced Cataract in the Rat. 松本美保, 森田哲也, 平山さをり (眼), 宇賀茂三 (医衛), 清水公也 (眼): Ophthalmic Pesearch 34: 119〜127, 2002.

2322. [総説] プリセットIOLインジェクター. 清水公也(眼): IOL&RS, 16 (1): 79〜81, 2002.

2323. [総説] 特集: 新しいFoldable IOL「論点」. 清水公也 (眼): 眼科手術, 15 (3): 197〜198, 2002.

2324. [総説] phakic refractive lens (PRL). 清水公也(眼): 眼科診療プラクティス, 83 (5): 98〜99, 2002.

2325. [総説] A: Combination of both. 清水公也 (眼): OCULAR SURGERY NEWS, 13 (5): 22, 2002.

2326. [総説] 屈折矯正手術との関係. 鈴木雅信 (眼): 眼科診療プラクティス, 5 (11): 38〜39, 2002.

2327. [総説] 未来の屈折矯正手術. 鈴木雅信 (眼): 眼科ケア, 4 (6): 37〜40, 2002.

2328. [総説] シリコーンIOL. 嶺井利沙子 (眼): 眼科手術, 15 (3): 317〜321, 2002.

2329. [総説] 非接触型眼軸長測定装置 (IOLマスターTM). 嶺井利沙子 (眼): IOL&RS, 16 (4): 483〜485, 2002.

2330. [講座] 白内障手術によるモノビジョン法. 嶺井利沙子 (眼): 湘西の眼科 (Journal of Shosei), 7 (11): 11〜13, 2002.

[著 書]

2331. [その他の著書] (共著) Phacoemulsification Principles and Techniques; Second Edition, p.452〜453. 清水公也 (眼), Slack Incorated, U.S.A, 2003発行.

[学会・研究会等]

2332. [学会 (全国)] (一般講演) イソプロピルウノプロストンの家兎毛様動脈平滑筋に対する弛緩機序. 吉富健志, 山地一禎 (和歌山県立医大), 石川 均 (眼), 大西克尚 (和歌山県立医大): 第106回日本眼科学会総会(2002.05.23〜26), 仙台.

2333. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性Double depressor palsyの2例. 羽角智美 (太田総合病院), 新田任里江(眼), 角田亮子 (太田総合病院), 藤田純子 (眼), 中里宣幸(太田総合病院), 田野貴俊, 石川 均, 市邉義章 (眼), 向野和雄 (医衛): 第58回日本弱視斜視学会総会 (2002.06.21〜22), 倉敷.

2334. [学会 (全国)] (一般講演) 外斜視と定位の誤認. 播磨優貴子 (眼), 榊原七重 (森下記念病院), 松井孝子 (北里臨床環境医センター), 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 第58回日本弱視斜視学会総会 (2002.06.21〜22), 倉敷.

2335. [学会 (全国)] (一般講演) 視野闘争の時間的定量と刺激領域による影響. 堀部 円, 新井田孝裕, 新田任里江, 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 第58回日本弱視斜視学会総会 (2002.06.21〜22), 倉敷.

2336. [学会 (全国)] (一般講演) 近視矯正LASIK術前・術後の両眼視機能及び眼位の検討. 西 泰枝, 神垣久美子, 伊藤美沙絵, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第58回日本弱視斜視学会総会 (2002.06.21〜22), 倉敷.

2337. [学会 (全国)] (一般講演) 健常人の高次波面収差の定量解析. 伊藤美沙絵, 相澤大輔, 大野晃司, 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第56回日本臨床眼科学会 (2002.09.26〜29), 盛岡.

2338. [学会 (全国)] (一般講演) 調節性内斜視に対する遠視矯正LASIKの効果. 伊藤美沙絵, 神垣久美子, 中島純子, 高崎恵理子, 相澤大輔, 大野晃司, 鈴木雅信 (眼), 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 第58回日本弱視斜視学会総会 (2002.06.21〜22), 倉敷.

2339. [学会 (全国)] (一般講演) 手持ち角膜形状解析装置による仰臥位測定. 魚里 博, 内山仁志, 野上かおり (医衛), 清水公也 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会(2003.01.31), 京都. 眼科手術, 2003.

2340. 学会 (全国)] (一般講演) レースカット製法アクリル眼内レンズの光学特性. 魚里 博 (医衛), 塩川安彦 (千葉大工学部), 谷口重雄 (昭和大藤ヶ丘病院): 第17回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2002.06.21〜23), 東京.

2341. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学における円錐角膜用コンタクトレンズの臨床評価. 天野理恵, 宇津見義一, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 三宅由利子 (レインボーオプチカル研究所): 45th日本コンタクトレンズ学会総会(2002.07.06〜07), 愛媛.

2342. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided ablationによる不正乱視治療. 小松真理, 相澤大輔 (山王病院), 清水公也, 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2343. [学会 (全国)] (一般講演) 先天眼振症例におけるactive eye tracker systemを用いた角膜屈折矯正手術. 相澤大輔 (山王病院), 伊藤美沙絵, 大野晃司 (眼), 小松真理(山王病院), 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第56回日本臨床眼科学会 (2002.09.26〜29), 盛岡.

2344. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided LASIK術後の長期評価 (術後1年). 相澤大輔, 小松真理(山王病院), 伊藤美沙絵, 天野理恵, 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼), 大野晃司 (神奈川歯大): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2345. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズによるモノビジョン法の視機能評価. 嶺井利沙子, 清水公也 (眼), 魚里 博 (医衛), 新井田孝裕 (国際医療福祉大), 新田任里江, 藤澤邦俊, 疋田朋子 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2346. [学会 (全国)] (一般講演) 調節性眼内レンズの初期経過. 嶺井利沙子, 清水公也, 疋田朋子, 藤澤邦俊, 金子とよみ, 後関利明 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会(2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2347. [学会 (全国)] (一般講演) 網膜剥離眼の眼軸長測定−超音波式 vs. 光学式−. 中西 基, 岡本直之, 筒井健太, 柳田智彦, 片倉知博, 高野雅彦, 嶺井利沙子 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第26回日本手術学会総会(2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2348. [学会 (全国)] (一般講演) シリコーンオイル注入眼の眼軸長測定−超音波式 vs. 光学式−. 岡本直之, 鈴木博子, 柳田智彦, 成瀬涼子, 疋田朋子, 嶺井利沙子 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2349. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内コンタクトレンズの術後成績〜術後3年〜. 藤澤邦俊, 鈴木雅信, 西元久晴 (眼), 富岡敏也 (武蔵野赤十字), 小松真理, 相澤大輔 (山王病院), 清水公也 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会(2003.01.31), 京都. 眼科手術, 2003.

2350. [学会 (全国)] (一般講演) 眼球運動, 瞳孔反応両眼同時記録が可能な近見反応測定装置. 石川 均, 陶山秀夫 (国際医療福祉大), 石川 哲 (北里研究所病院), 清水公也, 西 泰枝, 堀部 円 (眼), 袴田直俊 (浜松ホトニクス): 第56回日本臨床眼科学会 (2002.09.26〜29), 盛岡.

2351. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい近見反応測定装置. 石川 均, 陶山秀夫 (眼), 榊原七重 (国際医療福祉大), 石川 哲 (北里研究所病院), 清水公也 (眼), 袴田直俊 (浜松ホトニクス): 第40回日本神経眼科学会総会(2002.10.18〜20), 東京.

2352. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術前後の眼球運動, 立体視, 瞳孔反応. 石川 均, 陶山秀夫 (眼), 榊原七重(国際医療福祉大), 清水公也 (眼), 石川 哲 (北里研究所病院), 袴田直俊 (浜松ホトニクス): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2353. [学会 (全国)] (一般講演) 屈折型多焦点眼内レンズの視機能評価. 疋田朋子, 清水公也, 庄司信行, 嶺井利沙子, 藤澤邦俊, 金子とよみ, 後関利明 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2354. [学会 (全国)] (一般講演) 正常者における眼軸長日内変動と眼圧日内変動. 庄司信行, 筒井健太, 新田任里江, 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 第13回日本緑内障学会 (2002.09.20〜22), 横浜.

2355. [学会 (全国)] (一般講演) 線維柱帯切除術における結膜切開部位の比較検討. 平山さをり, 森田哲也, 河合裕美, 林 良子 (眼), 庄司信行 (医衛), 清水公也 (眼): 第13回日本緑内障学会 (2002.09.20〜22), 横浜.

2356. [学会 (全国)] (一般講演) GDx-NとGDxAccessの比較. 森田哲也, 播磨優貴子, 西 泰枝, 高橋慶子 (眼), 庄司信行 (医衛), 清水公也 (眼): 第13回日本緑内障学会 (2002.09.20〜22),横浜.

2357. [学会 (全国)] (一般講演) 複数点眼併用症例におけるラタノプロスト単剤への変更の有用性. 小川美幸 (眼), 西本浩之 (相模原協同病院), 阿部充志 (東芝林間病院), 根本 徹 (海老名総合病院), 林 良子 (眼), 庄司信行 (医衛), 清水公也 (眼): 第13回日本緑内障学会(2002.09.20〜22), 横浜.

2358. [学会 (全国)] (一般講演) カルテオロールとラタノプロストの併用による眼圧下降効果と副作用. 河合裕美(眼), 庄司信行 (医衛), 林 良子, 平山さをり, 森田哲也, 清水公也 (眼), 根本 徹, 兒玉安代 (海老名総合病院): 第56回日本臨床眼科学会 (2002.09.26〜29), 盛岡.

2359. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障術後の残余乱視に対するPRK. 大野晃司, 天野理恵, 疋田朋子, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第56回日本臨床眼科学会 (2002.09.26〜29), 盛岡.

2360. [学会 (全国)] (一般講演) 偽水晶体眼におけるPRKのレーザー一括照射とフライングスポット方式の比較. 大野晃司, 原 直人 (神奈川歯科大), 天野理恵, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 相澤大輔, 小松真理 (山王病院): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.01.31), 京都. 眼科手術, 2003.

2361. [学会 (全国)] (ポスター) 可動性義眼台とP-EOG. 星 太, 河井信一郎, 関谷治久, 河井克仁 (埼玉医大医療センター), 藤田純子, 藤山由紀子 (眼), 向野和雄 (医衛): 第106回日本眼科学会総会 (2002.05.23〜26), 仙台.

2362. [学会 (全国)] (ポスター) Wavefront-guided LASIK (Laser in situ Keratomileusis) 術前後の収差変化. 相澤大輔 (眼・山王病院), 小松真理 (山王病院), 鈴木雅信 (眼), 魚里 博 (医衛), 清水公也 (眼): 第106回日本眼科学会総会 (2002.05.23〜26), 仙台.

2363. [学会 (全国)] (ポスター) 初期老視眼における瞳孔の役割および交感神経刺激薬の効果. 中川里絵, 石川 均, 清水公也 (眼), 向野和雄 (医衛): 第106回日本眼科学会総会 (2002.05.23〜26), 仙台.

2364. [学会 (全国)] (ポスター) Preset foldable IOL (第2報). 藤澤邦俊, 清水公也, 嶺井利沙子 (眼), 菊池敏一, 小林研一 (キャノンスター): 第41回日本白内障学会 (2002.06.21〜23), 東京.

2365. [学会 (全国)] (ポスター) 遠視矯正LASIK後の角膜内皮細胞評価. 名和良晃, 上田哲生, 桝田浩三, 石橋秀俊, 杉江祐子, 増田紀子, 原 嘉昭 (奈良県医大), 魚里 博 (医衛): 第41回日本白内障学会 (2002.06.21〜23), 東京.

2366. [学会 (全国)] (ポスター) 角膜内皮減少症例における白内障手術の検討. 金子とよみ, 清水公也, 嶺井利沙子, 疋田朋子, 藤澤邦俊, 後関利明 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.01.31〜02.02), 京都. 眼科手術, 2003.

2367. [学会 (全国)] (ポスター) レーザー付き内視鏡の開発とその臨床応用. 岡本直之, 柳田智彦, 宮崎茂則(眼), 仁平崇宣 (ファイバーテック (株)), 清水公也 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.01.31〜02.02), 京都. 眼科手術, 2003.

2368. [学会 (全国)] (ポスター) ボリュームレンダリング手法によるOCT網膜断層画像の3D化の試み. 岡本直之, 中西 基, 柳田智彦, 宮崎茂則, 市邉義章 (眼), 田中俊一 (町田市民病院), 清水公也 (眼): 第41回日本網膜硝子体学会総会 (2002.11.08〜10), 東京.

2369. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における過去3年間の特発性黄斑円孔手術の成績. 柳田智彦, 岡本直之, 中西 基, 宮崎茂則, 高野雅彦 (眼), 白川慎爾 (湘南みやび眼科), 荻野誠周, 清水公也 (眼): 第41回日本網膜硝子体学会総会 (2002.11.08〜10), 東京.

2370. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における裂孔原性網膜剥離の手術成績. 中西 基, 高野雅彦, 田野貴俊, 柳田智彦, 宮崎茂則, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第41回日本網膜硝子体学会総会 (2002.11.08〜10), 東京.

2371. [学会 (全国)] (ポスター) 硝子体内ガス注入による黄斑下血腫移動の適応について. 柳田智彦, 岡本直之, 市邉義章, 高野雅彦, 林 瑛理, 杉本和久, 後関利明, 清水公也 (眼): 第56回日本臨床眼科学会 (2002.09.26〜29), 盛岡.

2372. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 有水晶体眼内レンズ vs 強度近視LASIK. 鈴木雅信 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都. 眼科手術, 2003.

2373. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Wavefront-guided LASIKと収差. 鈴木雅信 (眼): 第56回日本臨床眼科学会 (2002.09.26〜29), 盛岡.

2374. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 「新しい非接解型レーザー眼軸測定装置について」IOL Master. 嶺井利沙子 (眼): 第41回日本白内障学会 (2002.06.21), 東京.

2375. [学会 (全国)] (シンポジウム等) レーザー光干渉による眼軸長測定の利点と問題点. 嶺井利沙子 (眼): 第17回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2002.06.21〜23), 東京.

2376. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 屈折矯正手術の未来, 光学的立場から. 魚里 博 (医衛): 第17回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2002.06.21〜23), 東京.

2377. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 角膜屈折矯正手術と眼位異常. 清水公也 (眼): 第18回日本弱視斜視学会講習会 (2002.06.23), 倉敷.

2378. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 白内障, 屈折矯正手術とQOV. 清水公也 (眼): 第56回日本臨床眼科学会(2002.09.26〜29), 盛岡.

2379. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 角膜耳側切開手術の利点とポイント. 清水公也 (眼): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.02), 京都. 眼科手術, 2003.

2380. [学会 (全国)] (ワークショップ) 白内障手術の基本からモノビジョンまで. 清水公也 (眼), 庄司信行 (医衛), 嶺井利沙子, 藤澤邦俊, 新田任里江 (眼), 田中俊一 (町田市民病院), 小松真理 (山王病院), 新井田孝裕 (国際医療福祉大), 小原真樹夫 (武蔵野赤十字病院), 不二門 尚 (大阪大): 第26回日本眼科手術学会総会 (2003.02.01), 京都.

2381. [学会 (全国)] (ワークショップ) 内視鏡を利用しよう−網膜硝子体および前眼部の手術, 観察への応用−. 岡本直之 (眼), 桐生純一 (京大), 平形明人 (杏林大), 鳥井秀雄 (浮之城眼科), 寺崎浩子 (名古屋大): 第26回日本眼科学会総会 (2003.02.02), 京都. 眼科手術, 2003.

2382. [学会 (地方)] (一般講演) 北里大学病院で白内障手術を行った患者における視覚障害原因の調査. 森田保彦(武蔵野赤十字病院), 嶺井利沙子, 疋田朋子, 藤澤邦俊, 清水公也 (眼): 第19回関東眼科学会, 第38回関東甲信越眼科学会合同学会 (2002.07.13〜14), 横浜.

2383. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 3D-Wavefront guided LASIK. 清水公也 (眼), 小松真理 (山王病院): 第19回関東眼科学会, 第38回関東甲信越眼科学会合同学会(2002.07.13〜14), 横浜.

2384. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 確実なトラベクレクトミーを行うためのコツ. 庄司信行 (医衛): 第19回関東眼科学会, 第38回関東甲信越眼科学会合同学会(2002.07.13〜14), 横浜.

2385. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 硝子体手術の諸問題−To do or not to do するべきか, せざるべきか−. 岡本直之 (眼): 第19回関東眼科学会, 第38回関東甲信越眼科学会合同学会 (2002.07.13〜14), 横浜.

2386. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 屈折矯正手術Wavefront guided LASIK. 鈴木雅信 (眼): 第99回中国四国眼科学会, 第14回中国四国ブロック講習会(2002.07.20〜21), 島根.

2387. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 眼内レンズ: IOLによる老視対応: 単焦点? 多焦点?モノビジョン? 清水公也 (眼): 第56回日本臨床眼科学会専門別研究会屈折調節研究会 (2002.09.26), 盛岡.

2388. [研究会 (地方)] (一般講演) 外傷後に頭部MRIにて両側滑車神経麻痺が示された一例. 山川弥生, 松崎廣栄, 金城 愛, 河合裕美 (眼), 向野和雄 (医衛), 清水公也 (眼): 第38回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003.02.13), 神奈川.

2389. [研究会 (地方)] (一般講演) 甲状腺眼症精査中に偶然に発見された視神経鞘髄膜腫と思われる一例. 片倉知博, 中西 基, 市邉義章 (眼), 向野和雄 (医衛), 清水公也(眼): 第38回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003.02.13), 神奈川.

2390. [研究会 (地方)] (一般講演) 白内障手術の難治例へのアプローチ. 藤澤邦俊, 嶺井利沙子, 疋田朋子, 金子とよみ, 清水公也 (眼): 第38回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003.02.13), 神奈川.

2391. [研究会 (地方)] (一般講演) 僚眼にも異常所見を認めたMEWDSの1症例. 金成 愛 (眼), 鈴木宏昌, 富岡敏也, 中澤伸子, 小原真樹夫 (武蔵野赤十字病院): 第39回東京多摩地区眼科集談会 (2003.03.08), 三鷹市.

2392. [研究会 (地方)] (一般講演) MEWDS (Multiple Evanescent White Dot Syndrome) の3例. 金 成愛(武蔵野赤十字病院), 市邉義章, 清水公也 (眼): 第38回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2003.02.13), 神奈川.

2393. [研究会 (地方)] (一般講演) 神奈川歯科大学附属横浜クリニック眼科におけるWavefront guided refractive surgeryの経験. 大野晃司, 原 直人 (神奈川歯科大), 天野理恵, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 相澤大輔, 小松真理 (山王病院): 第95回神奈川県眼科集談会 (2002.10.03), 横浜.

2394. [研究会 (地方)] (一般講演) 片側顔面痙攣を伴う症例へのLASIKに対するボツリヌス毒素療法の一例. 大野晃司, 原 直人, 有本あこ (神奈川歯科大), 相澤大輔, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第38回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003.02.13), 神奈川.

2395. [研究会 (地方)] (一般講演) 癌転移による眼窩先端部症候群の1例. 戸田桃子, 飯島康仁, 渡辺洋一郎, 水木信久 (横浜市大), 高野雅彦 (眼), 湯田兼次 (きくな湯田眼科): 第67回横浜市大・神奈川県眼科医会研修会(2002.12.12), 横浜.

2396. [研究会 (地方)] (一般講演) 眼窩内腫瘍が疑われた後部ぶどう腫の1例. 岸原紘子, 河合裕美, 森田哲也 (眼), 庄司信行 (医衛), 高野雅彦, 清水公也 (眼): 第95回神奈川県眼科集談会 (2002.10.03), 横浜.

2397. [研究会 (地方)] (一般講演) 進行性網膜外層壊死 (Progressive Outer Retinal Necrosis: PORN) が考えられた1例. 佐藤裕美, 河合裕美, 市邉義章, 高野雅彦, 清水公也 (眼): 第95会神奈川県眼科集談会 (2003.10.03), 横浜.

2398. [研究会 (地方)] (一般講演) 北里大学病院眼科における裂孔原性網膜剥離の手術成績. 中西 基, 高野雅彦, 田野貴俊, 柳田智彦, 宮崎茂則, 市邉義章, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第95回神奈川県眼科集談会 (2002.10.03), 横浜.

2399. [研究会 (地方)] (一般講演) 調節性眼内レンズの検討. 疋田朋子, 後関利明, 金子とよみ, 藤澤邦俊, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼): 第95回神奈川県眼科集談会(2002.10.03), 横浜.

2400. [研究会 (地方)] (一般講演) 円錐角膜用に対する特殊コンタクトレンズの装用評価. 宇津見義一 (宇津見眼科医院), 天野理恵, 鈴木雅信, 清水公也 (眼), 三宅由利子(レインボーオプチカル研究所): 第95回神奈川県眼科集談会 (2002.10.03), 横浜.

2401. [研究会 (地方)] (一般講演) 形状解析装置によるPOAGとNTGの比較. 森田哲也 (眼):第2回神奈川県眼科セミナー (2002.06.27), 横浜.

2402. [研究会 (地方)] (一般講演) 白内障手術によるモノビジョン法. 嶺井利沙子 (眼): 第9回湘西眼科臨床フォーラム (2002.07.04), 厚木.

2403. [研究会 (地方)] (特別講演) Super LASIKへの道−屈折矯正手術の歴史−. 清水公也 (眼): 第1回神奈川歯科大学附属横浜クリニック眼科セミナー (2003.03.15), 神奈川歯科大学附属横浜研修センター.

2404. [研究会 (地方)] (一般講演) 緑内障性視野障害と立体視機能. 河合裕美, 山川弥生, 森田哲也, 平山さをり, 白谷 徹, 片倉知博, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第19回神奈川県緑内障談話会 (2003.02.15), 横浜. プログラム抄録.

2405. [研究会 (地方)] (一般講演) 緑内障画像解析装置の比較. 庄司信行, 森田哲也, 西 泰枝, 高橋慶子, 播磨優貴子, 清水公也 (眼): 第19回神奈川県緑内障談話会 (2003.02.15), 横浜. プログラム抄録.

2406. [研究会 (地方)] (特別講演) 眼疾患治療としての屈折矯正手術 (Wavefront-guided LASIK). 清水公也 (眼): 第134回大分眼科集談会 (2002.12.08), 大分.

2407. [研究会 (地方)] (特別講演) 眼疾患治療としての屈折矯正手術 (Wavefront-guided LASIK). 清水公也 (眼): 第96回神奈川県眼科集談会 (2002.10.27), 横浜.

2408. [研究会 (地方)] (特別講演) 眼疾患治療としての屈折矯正手術 (Wavefront-guided LASIK). 清水公也 (眼): 第66回福島眼科集談会 (2002.10.27), 郡山.

2409. [研究会 (地方)] (特別講演) 裂孔原性網膜剥離. 高野雅彦 (眼): 第4回横浜眼科臨床フォーラム (2002.09.07), 横浜.

2410. [研究会 (地方)] (教育講演) 神経再生による視機能回復の試み. 高野雅彦 (眼): 第38回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003.02.13), 神奈川.

2411. [研究会 (地方)] (教育講演) 裂孔原性網膜剥離の治療方針. 高野雅彦 (眼): 第11回湘西眼科臨床フォーラム(2003.03.29), 厚木.


耳鼻咽喉科

[学術論文]

2412. [原著] スギ花粉症に対する下鼻甲介化学剤手術長期治療効果. 西山耕一郎, 八尾和雄, 井口芳明, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 日本鼻科学会誌, 41 (1): 36〜40, 2002.

2413. [原著] スギ花粉症に対する手術療法による予防−トリクロール酢酸下甲介化学剤手術の場合−. 八尾和雄 (耳鼻): アレルギー・免疫, 9 (3): 100〜104, 2002.

2414. [原著] A characteric protein in nasal discharge differentiating non-allergic chronic rhinosinusitis from allergic rhinitis. 井口芳明, 八尾和雄, 岡本牧人(耳鼻): Rhinology, 40: 18〜23, 2002.

2415. [原著] 多発性声帯嚢胞の1例. 平山方俊, 山中 盾, 新田光邦, 廣島屋 孝, 山山竒公義 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 日本気管食道科学会, 53 (1): 3〜36, 2002.

2416. [原著] 固定時聴力からみた突発性難聴の層別分類. 新田光邦, 岡本牧人, 佐野 肇, 小野雄一 (耳鼻): Otology Japan, 12 (1): 15〜20, 2002.

2417. [症例報告] Stevens-Johnson症候群の2症例. 橋本大門, 平山方俊 (横須賀市民病院), 井口芳明, 山本一博(耳鼻), 佐藤賢太郎 (横須賀市民病院), 木原圭一 (防衛医大): 口腔・咽頭科, 14 (3): 313〜319, 2002.

2418. [原著] ヒト舌エブネル腺の3次元解析. 廣島屋 孝 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会報, 105: 240〜248, 2002.

2419. [原著] 音場における67-S語表の語音了解域値−静寂下および雑音負荷時の検査結果−. 井上理絵 (大学院), 松平登志正, 鈴木恵子, 原 由紀 (医衛), 岡本朗子 (大学病院),小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): Audiology Japan, 45: 216〜224, 2002.

2420. [原著] 早期声門癌の照射期間と局所制御の関係−週6回法と5回法の比較−. 北野雅史, 西口 郁, 青木由紀 (放), 中山明仁, 永井浩巳, 高橋廣臣, 岡本牧人 (耳鼻), 松林 隆, 早川和重 (放): 日本医学放射線学会雑誌, 62 (7): 366〜369, 2002.

2421. [原著] 肉芽腫性口唇炎の2例. 正来 隆, 石井豊太, 中山貴子 (国立相模原病院), 星野 功 (行田総合病院), 伊藤能成 (横浜赤十字病院): 耳鼻咽喉科臨床, 95 (7): 731〜734, 2002.

2422. [原著] 喉頭肉芽腫の臨床的検討. 井口芳明 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 西山耕一郎, 永井浩巳 (耳鼻): 日本気管食道科学会報, 53 (4): 319〜327, 2002.

2423. [原著] 小児声帯結節−全国医療機関へのアンケート調査結果を中心に−. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 井口芳明, 永井浩巳, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 喉頭, 14 (2): 64〜68, 2002.

2424. [原著] 難聴者による聴覚障害の自己評価−「きこえについての質問紙」の解析−. 鈴木恵子, 原 由紀 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): Audiology Japan, 45 (6): 704〜714, 2002.

2425. [原著] Sweet病例. 正来 隆 (耳鼻), 石井豊太, 中山貴子 (国立相模原病院), 星野 功 (行田総合病院): 耳鼻咽喉科臨床, 96 (2): 147〜150, 2003.

2426. [原著] 良性発作性頭位めまい症候群の耳石置換法後に残る浮遊感について−重心動揺検査による検討−. 橋本晋一郎, 徳増厚二, 長沼英明, 岡本牧人 (耳鼻): Equilibrium Res, 61 (3): 160〜164, 2002.

2427. [原著] ヒト半規迷路の三次元再構築とその計測. 橋本晋一郎 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会誌, 106: 1〜6, 2003.

2428. [原著] 喉頭癌に対するCricohyoidepigottopexy後の嚥下機能の検討. 中山明仁, 八尾和雄, 井口芳明, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会報, 105: 8〜13, 2002.

2429. [原著] 視神経管開放術が奏功した視神経損害例. 石井豊太, 新田光邦, 中山貴子 (国立相模原病院): 耳鼻臨床, 95 (3): 265〜267, 2002.

2430. [原著] 肉芽腫性口唇炎の2例. 正来 隆, 石井豊太, 中山貴子, 星野 功, 伊藤能成 (国立相模原病院): 耳鼻臨床, 95 (7): 731〜734, 2002.

2431. [原著] ポリープ様声帯に対するYAGレーザー照射・粘膜縫合手術の検討. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇(医衛), 井口芳明, 山本一博, 正来 隆, 上條貴裕, 猪 健志 (耳鼻), 山中 盾 (東京都), 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会誌, 106: 220〜225, 2003.

2432. [原著] めまいのストレス緩和プライマリケアとめまいの集団リハビリテーション. 新井基洋 (耳鼻): 総合臨床, 51 (8): 2493〜2497, 2002.

2433. [原著] Structure-function analysis of NADE:Identificatin of region the mediate NGF-indused apoptosis. 向井 淳 (コロンビア大), 庄司示子, 木村 真 (理化学研究所), 大久保秀一 (コロンビア大), 佐野 肇 (耳鼻), Petro Suvanto, Yin Li, 入江新司 (理化学研究所), 佐藤孝明 (コロンビア大): J Biol Chem, 277 (16): 13973〜13982, 2002.

2434. [原著] Autologous Transplantation of Fascia Into the Vocal Fold as a Treatment for Recurrent Nerve Paralysis. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 井口芳明, 永井浩巳, 山中 盾, 岡本牧人 (耳鼻): Laryngoscope, 112: 1420〜1425, 2002.

2435. [原著] Neuromuscular junction changes in aged rat thyroarytenoid muscle. Nadine P. Connor(ウィスコンシン大), 鈴木立俊 (耳鼻), Kyungah Lee, Gregory K. Sewall, Dennis M. Heisey (ウィスコンシン大): Annals of otology, Rhinolory&Laryngol, 111(7): 579〜586, 2002.

2436. [原著] Laryngeal-respiratory kinematics arepaired in aged rats. 鈴木立俊 (耳鼻), Nadine P. Connor, Kyungah Lee, Glen Leverson, Charles N. Ford (ウィスコンシン大): Annals of otology, Rhinolory & Laryngol, 111 (8): 684〜689, 2002.

2437. [原著] Glottal configuration,acoustic,and aerodynamic shanges induced by variation in suture direction in arytenoids adduction procedures. 稲木勝英 (北里メディカルセンター), Nadine P. Connor(ウィスコンシン大), 鈴木立俊 (耳鼻), Charles N. Ford, Diane M. Bles (ウィスコンシン大), 中島正己 (耳鼻): Annals of otology, Rhinolory&Laryngol, 111(10): 841〜870, 2002.

2438. [原著] Age-related alteration in myosin heavy chain isoforms in rat intrinsic laryngeal muscles. 鈴木立俊 (耳鼻), Nadine P. Connor, Kyungah Lee, Diane M. Bles, Charles N. Ford (ウィスコンシン大), 稲木勝英 (北里メディカルセンター病院): Annals of otology, Rhinolory&Laryngol, 111 (11): 962〜967, 2002.

2439. [原著] Head and Neck Malignancy Statistics at Kitasato University. 岡本牧人, 高橋廣臣, 八尾和雄, 中山明仁, 永井浩巳 ,米田 敏 (耳鼻):Acta OTO-LARYNGOLOGICA,547: 6〜10, 2002.

2440. [原著] Clinical Impact of Using Chemoradiotherapy as a Primary Treatment for Hypopharyngeal Cancer. 岡本牧人, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 永井浩巳 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 11〜14, 2002.

2441. [原著] Treatment of Maxillary Sinus Carcinoma: Clinical Results Using the Kitasato Modality. 八尾和雄, 高橋廣臣, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 15〜19, 2002.

2442. [原著] Carcinoma of the Nasopharynx:Analysis of Treatment Results in 91 Patients. 八尾和雄, 高橋廣臣, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 20〜24, 2002.

2443. [原著] Treatment Effects in Patients with Squamous Cell Carcinoma of the Oral Cavity. 稲木勝英, 高橋廣臣, 岡本牧人, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 25〜29, 2002.

2444. [原著] Assessment of Oropharyngeal Cancer. 稲木勝英, 高橋廣臣, 岡本牧人, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 30〜34, 2002.

2445. [原著] Three-dimensional Analysis of Supracricoid Hemilaryngopharyngectomized Hypopharygeal Cancer. 中山明仁, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 35〜40, 2002.

2446. [原著] Limited Surgery for Cancer of the Larynx Hypopharynx:Options and Consequences. 中山明仁, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 41〜45, 2002.

2447. [原著] Detection of Epstein-Barr Virus in Nasal T-cell Lymphoma. 馬越智浩, 高橋廣臣 (耳鼻), 亀谷 徹 (病理), 八尾和雄 (耳鼻), 佐藤雄一 (医衛), 中山明仁 (耳鼻), 土屋紅緒 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 46〜49, 2002.

2448. [原著] Clinical Review of Wegener's Granulomatosis. 永井浩巳, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 50〜53, 2002.

2449. [原著] A Case of Multiple Neurofibroma of the Larynx and Cervical Esophagus. 石井豊太, 新田光邦, 正来 隆, 中山貴子 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 54〜56, 2002.

2450. [原著] Cephalometric and Fiberoptic Evaluation as a Case-selection Technique for Obstructive Sleep Apnea Syndrome (OSAS). 長沼英明, 岡本牧人(耳鼻), B. Tucker Woodson (ウィスコンシン大), 廣瀬 肇 (医衛): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 57〜63, 2002.

2451. [原著] Clinical Review of Autopsy Cases that Succumbed to Head and Neek Malignancies. 佐野 肇, 新田光邦, 中山明仁, 八尾和雄, 永井浩巳, 馬越智浩, 稲木勝英, 高橋廣臣, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547 :64〜66, 2002.

2452. [原著] Clinical Study of T1a Glottic-type Cancer. 平山方俊, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 67〜71, 2002.

2453. [原著] A Comparative Study of Suturing Techniques in Microlayngosurgery. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 井口芳明, 山本一博, 鈴木立俊 (耳鼻), 山中 盾 (東京都), 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 72〜74, 2002.

2454. [原著] Malignant Fibrous Histiocytoma of the Nasal Cavity and Paranasal Sinuses: Review of the Last 30 Years. 井口芳明, 高橋廣臣, 八尾和雄, 中山明仁, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 75〜78, 2002.

2455. [原著] Clinical Study of Benign Lesions in the Oral Cavity. 小野雄一, 高橋廣臣, 稲木勝英, 中山明仁, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 79〜84, 2002.

2456. [原著] Cilinical Review of Thyroid Malignant Tumor. 廣島屋 孝, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 85〜87, 2002.

2457. [原著] Multiple Primary Malignancies in the Hrad and Neak:AClinical Reniew of 121 Patients. 鈴木立俊, 高橋廣臣, 八尾和雄, 稲木勝英, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人(耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 88〜92, 2002.

2458. [原著] Prognostic Factors of Head and Neek Adenoid Cysic Carcinoma: Quantitative Morpholigical Analysis of 19 Cases. 橋本晋一郎, 高橋廣臣, 岡本牧人, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩 (耳鼻), 岩渕啓一 (病理): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 93〜96, 2002.

2459. [原著] Cancer of the Ear: A Report of 22 Patients. 佐藤賢太郎, 高橋廣臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 97〜99, 2002.

2460. [原著] Hypopharyngeal Neurinoma:Report of Two Cases. 落合 敦, 高橋廣臣, 平山方俊, 中山明仁, 西山耕一郎, 永井浩巳, 山中 盾, 廣島屋 孝, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 100〜103, 2002.

2461. [原著] A Case of Extramedullary Plasmacytoma od the Laryux. 上條貴裕, 稲木勝英, 中島正己(耳鼻), 本居 匡 (北里メディカルセンター・病理), 田所克巳 (北里メディカルセンター・放射線), 西山正吾 (湘南東部病院・放射線): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 104〜106, 2002.

2462. [原著] Expression of Epstein-Berr Virus-encoded Small Nuclear RNA 1 in Japanese Nasopharyngeal Carcinomas. 井上隼人 (国立相模原), 佐藤雄一, 土屋紅緒 (医衛), 永井浩巳, 高橋廣臣 (耳鼻), 亀谷 徹 (病理): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 113〜117, 2002.

2463. [原著] Cemento-ossifying Fibroma of Maxillary and Sphenoid Sinuses: Case Report and Literature Review. 程 春美, 高橋廣臣, 八尾和雄, 中山明仁, 馬越智浩, 永井浩巳, 岡本牧人 (耳鼻): Acta OTO-LARYNGOLOGICA, 547: 118〜122, 2002.

2464. [研究報告] 急性低音障害型感音難聴の平成12年全国疫学調査の結果. 佐藤宏昭, 村井和夫 (岩手医大), 岡本牧人 (耳鼻), 星野知之 (浜松医大): Audiology Japan, 45: 161〜166, 2002.

2465. [研究報告] 騒音職場従事者の難聴に関する研究. 岡本牧人, 佐野 肇 (耳鼻), 西田 陽 (新キャタピラー三菱 (株)): 平成14年度厚生労働科学研究補助金, 労働安全衛生総合研究事業 職場の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書, p.75〜76, 2003.

2466. [研究報告] 花粉症に対する各種治療法に関する科学的根拠を踏まえた評価研究−花粉症に対する各種薬物治療の有効性−. 石井豊太 (国立相模原病院): 感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業研究報告書, p.186〜188, 2002.

2467. [研究報告] 内リンパ水腫の発生メカニズムに関する研究. 長沼英明 (耳鼻), 山科正平 (解), 河原克雅 (生理): 平成14年度科学研究費補助金実績報告書: 基盤研究(C), (2), 課題番号13671797, 2002.

2468. [総説] めまい・ふらつきとは何か. 徳増厚二 (耳鼻): JOHNS, 18 (7): 1170〜1177, 2002.

2469. [総説] 感覚障害のリハビリテーションの現状・総合リハビリテーション. 長沼英明 (耳鼻): 平衡覚障害のリハビリテーション, p.707〜712, 2002.

2470. [総説] いびきと睡眠時無呼吸症候群の診断と治療選択. 西山耕一郎, 岡本牧人 (耳鼻): ENTONI, 16: 13〜22, 2002.

2471. [総説] 正中頸嚢胞, 側頸嚢胞の手術. 岡本牧人 (耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頸部: 74 (5): 191〜193, 2002.

2472. [総説] 口腔白板症のレーザー治療. 中山明仁 (耳鼻): Practical Otolaryngology1, 18: 114〜118, 2002.

2473. [総説] 頭頸部外科手術における栄養管理の注意点. 中山明仁 (耳鼻): JOHNS, 19 (3): 299〜302, 2003.

2474. [総説] 鼓室形成術−鼓室形成術を受けた患者の看護−. 竹平智恵子, 江村千佳子, 猪又綾子 (北里メディカルセンター), 稲木勝英 (耳鼻): 術式事例から理解する手術患者の看護. ナース専科 (増): 145〜149, 2002.

[著 書]

2475. [学術書] (分担執筆) 暮らしと健康; めまいの原因としくみ, p.72. 長沼英明 (耳鼻). 健康同人社, 2002発行.
2476. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科診療Q&A; 高齢者の平衡機能について, p.363. 長沼英明 (耳鼻), 六法出版社, 東京, 2002.10.02発行.

2477. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科診療Q&A; 中枢性聴覚障害検査法, p.270〜271. 佐野 肇 (耳鼻), 六法出版社, 東京, 2002.10.02発行.

2478. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科; 声門閉鎖不全に対する側頭筋膜移植術, p.44〜49. 西山耕一郎 (耳鼻). 編集 佃 守 (横浜市大), 森山 寛 (東京慈恵会医大), 高橋 姿 (新潟大), 岡本美孝 (千葉大), メジカルビュー社, 東京, 2002発行.

2479. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科74(5); 正中頸嚢胞, 側頸嚢胞の手術, p.191〜193. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 小田 恂 (東邦大), 八木聡明 (日本医大), 竹中 洋 (大阪医大), 医学書院, 東京, 2002.04.30発行.

2480. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科オフィスクリニック−主訴への対応編−; 下白色病変, p.146〜148. 八尾和雄 (耳鼻), 医学書院, 東京, 2002発行.

[学会・研究会等]

2481. [学会 (国際)] (一般講演) Change in reactivity of the nasal mucosa to sold saline stimulus in cases with allergic rhinitis. 井口芳明, 八尾和雄, 西山耕一郎, 佐藤賢太郎 (耳鼻): 第19回国際鼻科学会 (2002.06.16〜19), ドイツ.

2482. [学会 (国際)] (ポスター) Effectiveness of trichloroacetic for allergic rhinitis. 八尾和雄, 西山耕一郎, 佐藤賢太郎, 山本一博, 岡本牧人 (耳鼻): 第19回国際鼻科学会 (2002.06.16〜19), ドイツ.

2483. [学会 (国際)] (ポスター) Change in Tissue kalikrein level in nasal wash after the administation of oxatomide in patients with nasal allergy. 西山耕一郎, 八尾和雄, 井口芳明, 山本一博, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第19回国際鼻科学会 (2002.06.16〜19), ドイツ.

2484. [学会 (国際)] (ポスター) Objective evaluation of the color of the inferior turbinate in ceder pollen allergic rhinitis. 佐藤賢太郎, 八尾和雄, 西山耕一郎, 井口芳明 (耳鼻): 第19回国際鼻科学会 (2002.06.16〜19), ドイツ.

2485. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症に対するトリクロール酢酸下甲介化学剤手術の効果. 八尾和雄, 西山耕一郎, 井口芳明, 山本一博, 鈴木立俊, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会 (2002.05.16〜18), 東京. 日本耳鼻咽喉科学会会報, 予稿集: 471, 2002.

2486. [学会 (全国)] (一般講演) ポリープ様声帯のYAGレーザー照射・粘膜縫合手術. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 山本一博, 井口芳明 (耳鼻), 平山方俊 (横須賀市民病院), 岡本牧人 (耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会 (2002.05.16〜18), 東京. 日本耳鼻咽喉科学会会報,予稿集: 481, 2002.

2487. [学会 (全国)] (一般講演) 固定時難聴からみた突発性難聴の層別分類. 新田光邦, 石井豊太 (国立相模原病院), 岡本牧人, 佐野 肇 (耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会 (2002.05.16〜18), 東京. 日本耳鼻咽喉科学会会報,予稿集: 534, 2002.

2488. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭亜全摘術CHEPとCHPの問題点と対策. 中山明仁, 八尾和雄, 山本一博, 和田昌興, 岡本牧人 (耳鼻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会(2002.06.13〜14), 千葉. 頭頸部腫瘍学会誌, 28 (2): 390, 2002.

2489. [学会 (全国)] (一般講演) 入院を必要としたUFT腸炎の3症例. 栗原里佳, 八尾和雄, 中山明仁, 山本一博, 竹田昌彦 (耳鼻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会 (2002.06.13〜14), 千葉. 頭頸部腫瘍学会誌, 28 (2): 424, 2002.

2490. [学会 (全国)] (一般講演) 前頭洞癌の3症例. 和田昌興, 八尾和雄, 中山明仁, 山本一博, 中島正己, 岡本牧人(耳鼻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会 (2002.06.13〜14), 千葉. 頭頸部腫瘍学会誌, 28 (2): 459, 2002.

2491. [学会 (全国)] (一般講演) 半回神経麻痺に対する声帯内自家側頭筋膜移植術の検討. 西山耕一郎, 井口芳明, 永井浩巳, 佐藤賢太郎, 猪 健志, 岡本牧人 (耳鼻): 第64回耳鼻咽喉科臨床学会 (2002.06.28), 大阪. 耳鼻臨床 (補), 108: 5, 2002.

2492. [学会 (全国)] (一般講演) 両側ムンプス難聴の1症例. 竹田昌彦, 小野雄一, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 第64回耳鼻咽喉科臨床学会 (2002.06.28), 大阪. 耳鼻臨床 (補), 108: 50, 2002.

2493. [学会 (全国)] (一般講演) 頸部放射菌症の3症例. 中島正己, 中山明仁, 西山耕一郎, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第64回耳鼻咽喉科臨床学会 (2002.06.28), 大阪. 耳鼻臨床 (補), 108: 56, 2002.

2494. [学会 (全国)] (一般講演) 上頸部腫瘤で発見された食道癌の検討. 臼井大祐, 中山明仁, 伊藤昭彦, 山本一博, 井口芳明, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第64回耳鼻咽喉科臨床学会 (2002.06.28), 大阪. 耳鼻臨床 (補), 108: 85, 2002.

2495. [学会 (全国)] (一般講演) 口蓋扁桃IgAと血清IgAの糖鎖構造についての研究−等電点電気泳動を用いて−. 伊藤昭彦 (耳鼻), 岩瀬仁勇 (代謝・蛋白学), 岡本牧人 (耳鼻): 第15回日本口腔・咽頭科学会 (2002.09.14〜15), 金沢. 口腔・咽頭科, 15 (1): 58, 2002.

2496. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性腫瘍との鑑別を要したEBウイルス感染症の2症例. 栗原里佳, 八尾和雄, 中山明仁, 井口芳明, 山本一博, 中島正己, 岡本牧人 (耳鼻): 第15回日本口腔・咽頭科学会 (2002.09.14〜15), 金沢. 口腔・咽頭科, 15 (1): 79, 2002.

2497. [学会 (全国)] (一般講演) 舌・口腔の白板症: 切除か保存的治療か. 中山明仁, 山本一博, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第15回日本口腔・咽頭科学会 (2002.09.14〜15), 金沢. 口腔・咽頭科, 15 (1): 115, 2002.

2498. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における鼻中隔良性腫瘍. 横堀 学, 八尾和雄, 永井浩巳, 山本一博, 岡本牧人 (耳鼻): 第41回日本鼻科学会 (2002.09.21), 広島. 日本鼻科学会誌予稿集, 41 (3): 95, 2002.

2499. [学会 (全国)] (一般講演) 花粉飛散初期におけるスギ花粉症の鼻汁中蛋白質の特徴. 井口芳明, 八尾和雄, 佐藤賢太郎, 西山耕一郎 (耳鼻): 第41回日本鼻科学会(2002.09.21), 広島. 日本鼻科学会誌予稿集, 41 (3): 113, 2002.

2500. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症下甲介粘膜の色彩の変化−第2報−. 佐藤賢太郎, 八尾和雄, 井口芳明, 西山耕一郎, 山本一博, 岡本牧人 (耳鼻): 第41回日本鼻科学会 (2002.09.21), 広島. 日本鼻科学会誌予稿集, 41 (3): 125, 2002.

2501. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における鼻腔悪性リンパ腫症例の臨床的検討. 山本一博, 八尾和雄, 中山明仁, 岡本牧人 (耳鼻): 第41回日本鼻科学会 (2002.09.21), 広島. 日本鼻科学会誌予稿集, 41 (3): 130, 2002.

2502. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴に対する単剤療法の効果. 石戸谷淳一 (国立国際医療センター), 宇佐美真一 (信州大), 岡本牧人 (耳鼻), 小田 恂 (東邦大), 神崎 仁 (慶大),喜多村 健 (東京医歯大), 曉 清文 (愛媛大), 阪上雅史 (兵庫医大), 東野哲也 (宮崎医大), 中島 務 (名古屋大), 丹羽英人 (国立名古屋病院), 野村恭也 (昭和大), 福島邦博 (岡山大), 福田 諭 (北大), 星野知之 (浜松医大), 村井和夫 (岩手医大), 小川 郁, 井上泰宏 (慶大): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 363, 2002.

2503. [学会 (全国)] (一般講演) 当科におけるミトコンドリア遺伝子変異症例の検討. 宮本俊輔, 鐵田晃久, 佐野 肇, 小野雄一, 新田光邦, 岡本牧人 (耳鼻): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 391〜392, 2002.

2504. [学会 (全国)] (一般講演) 補聴器装用域値と語音明瞭度との関係について. 佐野 肇 (耳鼻), 松平登志正, 鈴木恵子, 原 由紀 (医衛), 岡本朗子 (北里大病院), 竹内義夫 (耳鼻), 浅野和江 (北里大病院), 小野雄一, 鐵田晃久, 岡本牧人 (耳鼻): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 449〜450, 2002.

2505. [学会 (全国)] (一般講演) 補聴器の実耳挿入利得測定法に関する基礎的検討−実耳カプラ差法による実耳挿入利得推定の精度について−. 萩原超子 (大学院), 松平登志正 (医衛), 佐野 肇 (耳鼻), 鈴木恵子, 原 由紀 (医衛), 岡本朗子 (北里大病院), 鐵田晃久, 岡本牧人 (耳鼻): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 471〜472, 2002.

2506. [学会 (全国)] (一般講演) 「きこえについての質問紙−装用前」の分析−聴力との関係を中心に−. 鈴木恵子 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻), 原 由紀, 松平登志正 (医衛), 佐野 肇 (耳鼻), 岡本朗子 (北里大病院): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 495〜496, 2002.

2507. [学会 (全国)] (一般講演) SRT検査の検討1−測定法について−. 村山真弓, 浅野和江 (検査部), 竹内義夫, 岡本牧人 (耳鼻): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 501〜502, 2002.

2508. [学会 (全国)] (一般講演) SRT検査の検討2. 浅野和江, 村山真弓 (臨床検査部), 竹内義夫, 岡本牧人 (耳鼻): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 503〜504, 2002.

2509. [学会 (全国)] (一般講演) 57語表明瞭度検査の検討. 竹内義夫 (耳鼻), 浅野和江, 村山真弓 (臨床検査部), 岡本牧人 (耳鼻): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 505〜506, 2002.

2510. [学会 (全国)] (一般講演) 急性低音障害型感音難聴再発例 平成12, 13年全国疫学調査. 中島正己, 岡本牧人, 佐野 肇 (耳鼻), 村井和夫 (岩手医大), 星野知之 (浜松医大): 第47回日本聴覚医学会 (2002.10.03〜04), 仙台. 日本聴覚医学会誌予稿集, 45 (5): 513〜514, 2002.

2511. [学会 (全国)] (一般講演) 実験的内リンパ水腫動物モデルにおける聴覚の経時的変化の検討, 長沼英明 (耳鼻), 河原克雅, 鈴木善郎 (生理), 岡本牧人, 徳増厚二(耳鼻), 山科正平 (解), 橋本晋一郎 (耳鼻): 第12回日本耳科学会 (2002.10.10〜12), 東京. 日本耳科学会予稿集, 12(4): 402, 2002.

2512. [学会 (全国)] (一般講演) ラット蝸牛コルチ器におけるミトコンドリアおよび関連蛋白の局在. 佐野 肇, 米田 敏, 鐵田晃久 (耳鼻), 佐藤孝明 (コロンビア大), 岡本牧人 (耳鼻): 第12回日本耳科学会 (2002.10.10〜12), 東京. 日本耳科学会予稿集, 12 (4): 405, 2002.

2513. [学会 (全国)] (一般講演) 小児声帯結節に対する音声訓練の効果. 小林範子, 廣瀬 肇 (医衛), 西山耕一郎(耳鼻), 山口宏也 (専売病院): 第47回日本音声言語医学会(2002.10.24〜25), 大阪. 第47回日本音声言語医学会予稿集, p.34, 2002.

2514. [学会 (全国)] (一般講演) 抗精神薬による嚥下障害症例. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 安田菜穂 (東病院), 小野雄一, 永井浩巳 (耳鼻), 福島由美 (東病院), 猪 健志 (耳鼻): 第47回日本音声言語医学会 (2002.10.24〜25), 大阪. 第47回日本音声言語医学会予稿集, p.61, 2002.

2515. [学会 (全国)] (一般講演) 痙攣性発生障害に対する甲状披裂筋切除術の一工夫. 渡邊雄介 (大阪大大学院), 西山耕一郎 (耳鼻), 牟田 弘 (国立大阪病院), 久保 武(大阪大): 第47回日本音声言語医学会 (2002.10.24〜25), 大阪. 第47回日本音声言語医学会予稿集, p.36, 2002.

2516. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト半規管膜迷路の三次元立体構築とその計測 (第2報). 橋本晋一郎, 長沼英明, 徳増厚二, 伊藤昭彦, 栗原里佳, 岡本牧人 (耳鼻): 第61回日本めまい平衡医学会 (2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61 (5): 302, 2002.

2517. [学会 (全国)] (一般講演) 脱水環境下実験的内リンパ水腫動物モデルの聴覚の経時的変化. 長沼英明, 徳増厚二, 岡本牧人, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 栗原里佳 (耳鼻), 河原克雅, 鈴木善郎 (生理), 山科正平 (解), 米田 敏 (生物物理): 第61回日本めまい平衡医学会 (2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61(5): 359, 2002.

2518. [学会 (全国)] (一般講演) 当科におけるめまい患者のComputerizet Dynamic Posturography (CDP) を用いた評価について. 伊藤昭彦, 長沼英明, 橋本晋一郎, 栗原里佳, 徳増厚二, 岡本牧人 (耳鼻): 第61回日本めまい平衡医学会 (2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61 (5): 354, 2002.

2519. [学会 (全国)] (一般講演) 誘導運動発現時の体平衡機能の検討. 村山真弓, 伊保清子, 浅野和江 (臨床検査部), 星野 功 (行田病院), 徳増厚二 ,岡本牧人 (耳鼻): 第61回日本めまい平衡医学会 (2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61 (5): 355, 2002.

2520. [学会 (全国大会)] (一般講演) 扁桃周囲膿瘍から深頸部縦隔膿瘍・心タンポナーデをきたした1例. 臼井大祐, 西山耕一郎, 井口芳明, 永井浩巳, 正来 隆, 中島正己, 竹田昌彦 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第54回日本気管食道科学会 (2002.11.07〜08), 大阪. 日本気管食道科学会予稿集, p.71, 2002.

2521. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭異物の2例. 正来 隆 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 西山耕一郎, 井口芳明, 山本一博, 中島正己, 臼井大祐, 猪 健志, 岡本牧人 (耳鼻): 第54回日本気管食道科学会 (2002.11.07〜08), 大阪. 日本気管食道科学会予稿集, p.108, 2002.

2522. [学会 (全国)] (一般講演) ポリープ様声帯に対するYAGレーザー・粘膜縫合手術の検討−従来法との比較−. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 井口芳明, 山本一博, 正来 隆, 猪 健志, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第54回日本気管食道科学会 (2002.11.07〜08), 大阪. 日本気管食道科学会予稿集, p.123, 2002.

2523. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭直達鏡下に咽頭縫合した頸部刺創の1例. 竹田昌彦, 西山耕一郎, 永井浩巳, 山本一博, 猪 健志 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第54回日本気管食道科学会 (2002.11.07〜08), 大阪. 日本気管食道科学会予稿集, p.127, 2002.

2524. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における下咽頭梨状窩瘻の臨床的検討. 猪 健志, 西山耕一郎, 井口芳明, 山本一博, 正来 隆, 竹田昌彦, 中島正己, 八尾和雄 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第54回日本気管食道科学会 (2002.11.07〜08), 大阪. 日本気管食道科学会予稿集, p.149, 2002.

2525. [学会 (全国)] (一般講演) 局所麻酔下の声帯手術症例の検討−音響分析お結果より−. 上條貴裕 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 西山耕一郎, 井口芳明, 正来 隆, 竹田昌彦, 牧 敦子, 岡本牧人 (耳鼻): 第13回日本頭頸部外科学会 (2003.01.24〜25), 仙台. 日本頭頸部外科予稿集, p.116, 2003.

2526. [学会 (全国)] (一般講演) トラヘルパーによる声門下狭窄の一例. 猪 健志, 西山耕一郎, 永井浩巳, 正来 隆, 宮本俊輔 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛): 第13回日本頭頸部外科学会 (2003.01.24〜25), 仙台. 日本頭頸部外科予稿集, p.117, 2003.

2527. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における顎下腺悪性腫瘍症例の検討. 山本一博, 中山明仁, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第13回日本頭頸部外科学会 (2003.01.24〜25), 仙台. 日本頭頸部外科予稿集, p.121, 2003.

2528. [学会 (全国)] (一般講演) 手術治療を必要とした鼻出血症例の臨床的検討. 井口芳明, 八尾和雄, 西山耕一郎, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第13回日本頭頸部外科学会 (2003.01.24〜25), 仙台. 日本頭頸部外科予稿集, p.147, 2003.

2529. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症の下甲介粘膜の色彩変化. 佐藤賢太郎, 八尾和雄, 井口芳明, 西山耕一郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第21回耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 (2003.02.13〜14), 鹿児島.

2530. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 三者併用療法 (北里方式) による上顎洞癌の治療. 八尾和雄 (耳鼻): 第41回日本鼻科学会 (2002.09.21), 広島. 日本鼻科学会誌予稿集, 41 (3): 39, 2002.

2531. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 中咽頭前壁癌の治療成績. 稲木勝英 (北里研究所メディカルセンター病院), 岡本牧人, 八尾和雄, 中山明仁, 永井浩巳, 山本一博(耳鼻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会 (2002.6.13〜14), 千葉. 頭頸部腫瘍学会誌, 28 (2): 360, 2002.

2532. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 食道癌を重複した頭頸部癌症例の検討. 山本一博, 八尾和雄, 中山明仁, 和田昌興, 岡本牧人 (耳鼻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会(2002.6.13〜14), 千葉. 頭頸部腫瘍学会誌, 28 (2): 363, 2002.

2533. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) チーム医療による終末期患者へのアプローチ. 宮本俊輔, 八尾和雄, 中山明仁, 山本一博, 岡本牧人 (耳鼻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会 (2002.6.13〜14), 千葉. 頭頸部腫瘍学会誌, 28 (2): 370, 2002.

2534. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 頭頸部がん患者のセカンドオピニオン. 岡本牧人, 八尾和雄, 中山明仁, 永井浩巳, 山本一博 (耳鼻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会(2002.06.13〜14), 千葉. 頭頸部腫瘍学会誌, 28 (2): 370, 2002.

2535. [学会 (全国)] (臨床セミナー) 変動する感音難聴−鑑別診断と治療−. 岡本牧人 (耳鼻): 第103回日本耳鼻咽喉科学会 (2002.05.16〜18), 東京. 日本耳鼻咽喉科学会会報, 予稿集: 362, 2002.

2536. [学会 (全国)] (ビデオ) 乳児オプソクローヌスの1例. 藤野明人 (耳鼻): 第61回日本めまい平衡医学会(2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61 (5): 289, 2002.

2537. [学会 (全国)] (ビデオ) Spinocerebellar ataxia type 6の懸垂頭位時の下眼瞼向き眼振の1症例. 栗原里佳, 長沼英明, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 正来 隆, 徳増厚二, 岡本牧人 (耳鼻): 第61回日本めまい平衡医学会(2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61 (5): 289, 2002.

2538. [学会 (全国)] (ビデオ) 良性発作性頭位めまい症回旋性眼振の垂直要素. 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 栗原里佳, 岡本牧人 (耳鼻), 山根雅昭 (虎ノ門病院): 第61回日本めまい平衡医学会 (2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61 (5): 345, 2002.

2539. [学会 (全国)] (ビデオ) めまい集団リハビリテーション−当科の平衡訓練法の紹介−. 新井基洋 (横浜赤十字病院), 長沼英明, 橋本晋一郎, 徳増厚二, 岡本牧人 (耳鼻), 藤野明人 (藤沢市民病院): 第61回日本めまい平衡医学会 (2002.10.31〜11.01), 富山. 第61回日本めまい平衡医学会抄録集, 61 (5): 348, 2002.

2540. [学会 (全国)] (ビデオセミナー) 喉頭亜全摘術CHEP: 適応と手術のコツ. 中山明仁, 橋本大門, 山本一博, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第13回日本頭頸部外科学会 (2003.01.24〜25), 仙台. 日本頭頸部外科予稿集, p.62, 2003.

2541. [学会 (全国)] (ビデオ) 小児声帯癒着症の一症例. 西山耕一郎 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 井口芳明, 竹田昌彦, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第13回日本頭頸部外科学会(2003.01.24〜25), 仙台. 日本頭頸部外科予稿集, p.77, 2003.

2542. [研究会 (地方)] (一般講演) 下咽頭癌の予後因子としてのEIF4Eの有用性について. 越野樹典 (耳鼻): 第8回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2002.05.16), 東京.

2543. [研究会 (地方)] (一般講演) ヒトエブネル腺の立体構造と加齢変化. 廣島屋 孝 (耳鼻): 第8回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2002.05.16), 東京.

2544. [研究会 (地方)] (一般講演) 突発性難聴の層別分類とその有用性. 新田光邦 (耳鼻): 第8回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2002.05.16), 東京.

2545. [学会 (地方)] (一般講演) 鼻腔spindle cell sarcomaの1例. 中島正己, 廣島屋 孝, 竹田昌彦, 中山明仁, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第120回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.06.01), 横浜. 神奈川県医学会雑誌, 30 (1): 37, 2003.

2546. [学会 (地方)] (一般講演) 緊急気管切開を要した睡眠時無呼吸症候群の1例. 竹田昌彦, 井口芳明, 西山耕一郎, 中島正己, 岡本牧人 (耳鼻): 第120回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.06.01), 横浜. 神奈川医学会雑誌, 30 (1): p.44, 2003.

2547. [学会 (地方)] (一般講演) 舌に発生した神経鞘腫の1例. 橋本大門, 西山耕一郎, 伊藤昭彦, 正来 隆, 猪 健志, 岡本牧人 (耳鼻): 第121回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.09.21), 相模大野. 神奈川医学会雑誌, 30 (1): 46, 2003.

2548. [学会 (地方)] (一般講演) 小児舌根部嚢胞の1例. 上條貴裕, 西山耕一郎, 正来 隆 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第122回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.12.07), 横浜.

2549. [学会 (地方)] (一般講演) 開口障害を主訴とした破傷風の1例. 牧 敦子, 中山明仁, 西山耕一郎, 井口芳明, 中島正己, 正来 隆, 岡本牧人 (耳鼻): 第122回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.12.07), 横浜.

2550. [学会 (地方)] (一般講演) インターフェロン治療中に発症した頬部サルコイドーシスの1例. 臼井大祐, 藤野明人, 越野樹典 (耳鼻), 籾山安弘 (相模原市): 第122回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2002.12.07), 横浜.

2551. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における急性喉頭蓋炎の検討. 橋本大門, 西山耕一郎, 井口芳明, 正来 隆 (耳鼻), 廣瀬 肇 (医衛), 岡本牧人 (耳鼻): 第123回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2003.03.22), 横浜.

2552. [学会 (地方)] (一般講演) 対側感音難聴を伴った外リンパ瘻症例. 栗原里佳, 長沼英明, 佐野 肇, 正来 隆, 猪 健志, 岡本牧人 (耳鼻): 第123回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2003.03.22), 横浜.

2553. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 当科における睡眠時障害の取り扱い. 岡本牧人 (耳鼻): 睡眠時無呼吸症候群学術講演会 (2002.04.24), 名古屋,

2554. [研究会 (全国)] (一般講演) 難聴者のコミュニケーション障害の実態「きこえにについての質問紙」による調査から. 鈴木恵子, 原 由紀, 松平登志正 (医衛), 佐野 肇, 小野雄一 (耳鼻), 岡本朗子 (北里大病院), 岡本牧人 (耳鼻): 第11回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会(2002.04.19),東京.

2555. [研究会 (全国)] (一般講演) 藤沢市民病院における言語リハビリテーションの実際. 古川美恵子 (藤沢市民病院), 藤野明人 (耳鼻): 第11回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会 (2002.04.19), 東京.

2556. [研究会 (全国)] (一般講演) 最近経験した気管食片異物. 伊藤裕之 (神奈川リハビリテーション病院), 横堀 学 (耳鼻): 第11回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会 (2002.04.19), 東京.

2557. [研究会 (全国)] (一般講演) 抗精神病薬における嚥下障害の3例. 安田菜穂 (東病院), 廣瀬 肇 (医衛), 西山耕一郎, 小野雄一, 永井浩巳 (耳鼻), 福島由美 (東病院): 第11回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会(2002.04.19), 東京.

2558. [研究会 (全国)] (一般講演) リハビリテーション専門3施設における入院患者の食事に関する共同調査. 横堀 学 (耳鼻), 伊藤裕之 (神奈川リハビリテーション病院), 中澤 操 (秋田リハビリテーションセンター), 田内 光, 熊田政信 (国立リハビリテーション病院), 岡本牧人 (耳鼻): 第11回耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会 (2002.04.19), 東京.

2559. [研究会 (全国)] (一般講演) 頭頸部清潔・準清潔手術に対する術後感染発症抗生剤の使用基準. 鈴木立俊, 横堀 学, 岡本牧人 (耳鼻): 第32回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 (2002.09.05), 広島. 日本耳鼻咽喉科感染症研究会抄録集, p.45, 2002.

2560. [研究会 (全国)] (一般講演) IgA腎症患血清IgA1はアシアロ型Thomsen-Friedenreich (TF) 抗原に富む. 岩瀬仁勇, 勝又 忠 (代謝蛋白), 高谷 徹, 中村郁子, 小林 豊 (内), 伊藤昭彦 (耳鼻), 比企能之 (名古屋大): 第26回IgA腎症研究会 (2003.01.25), 東京. 第26回IgA腎症研究会抄録, p.2, 2003.

2561. [研究会 (全国)] (一般講演) IgA腎症患者扁桃IgAの量的, 質的解析. 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻), 岩瀬仁勇(代謝蛋白), 高谷 徹, 中村郁子, 小林 豊 (内), 比企能之 (名古屋大): 第26回IgA腎症研究会 (2003.01.25), 東京. 第26回IgA腎症研究会抄録, p.3, 2003.

2562. [研究会 (全国)] (一般講演) 実験的内リンパ水腫動物の聴覚に対する脱水負荷の影響. 長沼英明 (耳鼻), 河原克雅, 鈴木善郎 (生理), 山科正平 (解), 岡本牧人 (耳鼻): 厚生労働省急性高度難聴調査研究班 平成14年度合同総会 (2003.02.08), 東京. 平成14年度総括・分担研究報告書, p.44〜45, 2003.

2563. [研究会 (全国)] (一般講演) 老齢マウスにおけるミトコンドリア遺伝子変異の出現. 鐵田晃久, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 厚生労働省急性高度難聴調査研究班 平成14年度合同総会 (2003.02.08), 東京. 平成14年度総括・分担研究報告書, p.50〜51, 2003.

2564. [研究会 (地方)] (一般講演) 当科における耳硬化症の手術治療. 佐野 肇 (耳鼻): 第15回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術手技研究会 (2002.06.21), 横浜.

2565. [研究会 (地方)] (一般講演) 口腔咽頭所見と全身疾患. 正来 隆, 栗原里佳, 中山明仁, 西山耕一郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第60回相武耳鼻科研究会 (2002.07.13), 町田.

2566. [研究会 (地方)] (一般講演) 当院で行っている喉頭手術. 西山耕一郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第60回相武耳鼻科研究会 (2002.07.13), 町田.

2567. [研究会 (地方)] (一般講演) 軽・中等度難聴者の補聴器装用. 佐野 肇 (耳鼻), 原 由紀, 鈴木恵子 (医衛), 岡本朗子, 井上理絵, 河瀬敦子 (北里大病院): 第92回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会難聴言語障害研究会 (2002.10.26), 横浜.

2568. [研究会 (地方)] (一般講演) 「耳鼻咽喉科と血液疾患」診断に苦慮したEBウイルス感染症. 栗原里佳 (耳鼻): 第9回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2002.10.26), 北里大.

2569. [研究会 (地方)] (一般講演) 「耳鼻咽喉科と血液疾患」耳鼻咽喉科におけるHIV感染症. 正来 隆 (耳鼻): 第9回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2002.10.26), 北里大.

2570. [研究会 (地方)] (一般講演) 喉頭癌の放射線科学療法 (UFG). 中山明仁 (耳鼻): 第2回神奈川頭頸部癌フォーラム (2003.02.11), 横浜.

2571. [研究会 (地方)] (一般講演) 睡眠時無呼吸症候群の診療−ガイドライン作成に向けて−. 岡本牧人 (耳鼻): 南西多摩耳鼻咽喉科研究会 (2003.03.15), 八王子.

2572. [研究会 (地方)] (パネルディスカッション) めまい患者の治療に関して困っていること. 長沼英明 (耳鼻): 第4回めまいフォーラム (2003.02.27), 横浜.

2573. [研究会 (地方)] (特別講演) 一般診療所における睡眠時無呼吸症候群の取り扱い. 岡本牧人 (耳鼻): 第6回医療連携耳鼻咽喉科カンファレンス (2002.04.18), 東京.

2574. [研究会 (地方)] (実技講習パネル) 内視鏡の種類と操作法・保管法および曇り止めの工夫. 西山耕一郎 (耳鼻): 第9回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2002.10.26), 北里大.

2575. [研究会 (地方)] (実技講習パネル) 内視鏡の消毒法. 猪 健志 (耳鼻): 第9回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2002.10.26), 北里大.

2576. [研究会 (地方会)] (実技講習パネル) 内視鏡臨床のビデオ. a. 喉頭の観察法, b. 咽頭の観察法, c. 気管支異物摘出術, d. 反回神経麻痺に対するコラーゲン注入法. 西山耕一郎 (耳鼻): 第9回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2002.10.26), 北里大.

2577. [講習会 (地方)] (一般講演) 保険診療における補聴器適合検査. 佐野 肇 (耳鼻): 補聴器相談医講習会(2003.01.25), 横浜.


<<精神科学>>

[学術論文]

2578. [原著] Antipsychotic, antidepressant, anxiolytic, and anticonvulsant drugs induce type U nitric oxide synthase mRNA in rat brain. 鈴木映二 (精), Nakaki, T. (帝京大), Shintani, F. (埼玉医大), Kanba, S. (山梨医大), 宮岡 等 (精): Neurosci Lett, 333: 217〜219, 2002.

2579. [原著] Association of a polymorphism of the serotonin 1B receptor gene and alcohol dependence with inactive aldehyde dehydrogenase-2. 長谷川吉生 (精), Higuchi, S., Matsushita, S. (国立久里浜療養所), 宮岡 等 (精): J. Neural Transm, 109: 513〜521, 2002.

2580. [原著] Cognitive resource model for the information-processing of task-irrelevant visual stimuli. 齋藤正範 (精), Ishida,T. (慶大): Psychiatr Clin. Neurosci, 56: 145〜151, 2002.

2581. [原著] Factors affecting the occurrence of high-frequency positive occipital sharp transients of sleep. 齋藤正範 (精), Ishida, T., Nakamura, M. (慶大), Ihara, M., Murase, I. (済生会宇都宮病院): Keio J. Med., 52: 25〜29, 2003.

2582. [原著] 妄想性うつ病と非妄想性うつ病の比較研究. 葉室 篤, 大坪天平, 田中克俊, 秋元洋一, 秋庭秀紀, 平井里江子 (昭和大), 宮岡 等(精), 上島国利 (昭和大): 精神医学, 44 (5): 513〜520, 2002.

2583. [原著] 総合病院における精神障害者の身体合併症対応. 稲田 健, 小林一広, 堤 邦彦 (精), 中島節夫 (ゆたかクリニック), 米沢洋介 (都立墨東病院), 飛鳥井望 (都精研), 金子晃一 (新潟県立小出病院), 山田堅一 (国立名古屋病院), 市村 篤 (東海大), 高野 晶 (公立昭和病院): 総合病院精神医学, 14 (1): 54〜62, 2002.

2584. [準原著] 遺伝改変による精神分裂病のモデル動物. 稲田 健, 丸田修史, 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 精神科治療学, 17 (8): 1077〜1081, 2002.

2585. [症例報告] Early-onset tardive dyskinesia induced by co-administration of risperidone and anticholinergic agent. 鈴木映二, 小幡径行, 吉田芳子, 宮岡 等 (精): Am. J. Psychiatry, 159 (11): 1948, 2002.

2586. [症例報告] 多彩な精神症状を呈した辺縁系脳症の1例. 新井綾子, 八田耕太郎 (精), 滝山容子 (内), 宮岡 等 (精): 総合病院精神医学, 14 (2): 208〜214, 2002.

2587. [総説] 気分障害の亜型と治療に対する意義. 宮岡 等, 吉邨善孝, 増山浩一 (精): 精神科治療学, 17 (増): 21〜29, 2002.

2588. [総説] 統合失調症 (精神分裂病). 田野尻俊郎, 宮岡等 (精): 救急・集中治療, 14 (臨増): e232〜e233, 2002.

2589. [総説] せん妄. 宮岡 等 (精): 救急・集中治療, 14(臨増): e110〜e111, 2002.

2590. [総説] Serotonin1A受容体アゴニスト「tandospirone」について. 鈴木勇一, 鈴木映ニ, 宮岡 等 (精): 最新精神医学, 7: 2002.

2591. [総説] 注目される新しい抗不安薬. 鈴木映ニ (精): 分子精神医学, 2 (2): 55〜62, 2002.

2592. [総説] タンドスピロン. 早馬 峻, 鈴木映ニ (精): 最新精神医学, 7 (3): 223〜231, 2002.

2593. [総説] 慢性疼痛への各種アプローチ 精神療法とその周辺. 久村正樹, 鈴木勇一, 稗田圭一郎, 宮岡 等 (精): Medica Rehabilitation, 23: 51〜56, 2002.

2594. [総説] 醜形恐怖. 濱中聡子, 宮地英雄, 宮岡 等(精): 精神科治療学, 17 (7): 843〜848, 2002.

2595. [総説] てんかん. 齋藤正範 (精): クリニカ, 29 (5): 346〜351, 2002.

2596. [総説] てんかんの診断−脳波の読み方−. 齋藤正範 (精): 精神科, 2: 6〜10, 2003.

2597. [総説] ベッドサイドの脳波記録. 石田哲浩, 山口 巌, 寺田裕美子, 村野和枝 (慶大), 齋藤正範 (精): 検査と技術, 30 (9): 858〜861, 2002.

2598. [総説] RSDの病態と治療 精神医学的アプローチ. 吉邨善孝, 増山浩一, 宮岡 等 (精): 整形・災害外科, 45: 1357〜1364, 2002.

2599. [講座] 飽食の時代−学会, 雑誌, 向精神薬の数. 宮岡 等 (精): 精神医学, 44 (10): 1042〜1043, 2002.

2600. [講座] 痛みの心身医学−現状と課題−. 宮岡 等(精): 神奈川医学会雑誌, 29 (2): 148〜151, 2002.

2601. [講座] 心身医学からみた腰痛. 宮岡 等 (精): マルホ整形外科セミナー, 152: 17〜20, 2002.

[著 書]

2602. [学術書] (共著) 今日の治療指針 (ポケット版); 身体化障害, 疼痛性障害, 心気症, p.663〜554. 宮岡 等(精), 編集 山口 徹 (虎の門病院), 北原光夫 (済生会向島病院), 他, 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

2603. [学術書] (分担執筆) 顎関節症; 顎関節症の心身医学, p.297〜304. 宮岡 等, 和気裕之 (精), 編集 日本顎関節学会, 永末書店, 京都, 2003.03.01発行.

2604. [学術書] (分担執筆) 心因性疼痛の診断と治療; 痛みの心因−精神医学の立場から−, p.23〜28. 宮岡 等, 吉邨善孝 (精), 編集 土井永史, 真興貿易医書出版部, 東京, 2003.02.25発行.

2605. [学術書] (分担執筆) 心因性疼痛の診断と治療; DSMにおける「いわゆる心因性疼痛」診断の変遷, p.43〜48. 宮岡 等, 鈴木志麻子 (精), 編集 土井永史, 真興貿易医書出版部, 東京, 2003.02.25発行.

2606. [教科書] (分担執筆) 今日の治療指針2003; 精神疾患 (一般身体疾患による気分障害), p.643〜644. 吉邨善孝 (精), 編集 山口 徹 (虎ノ門病院), 北原光夫 (東京済生会向島病院), 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

[学会・研究会等]

2607. [学会 (国際)] (ポスター) Oral administration of imipramine increased nitrate in rat hypothalamus. 鈴木映二 (精), Nakaki, T. (帝京大), Kanba, S. (山梨医大), 稲田 健, 横山正宗, 丸田修史, 宮岡 等 (精): XXIII C.I.N.P. Congress (2002.06.23〜27), Montreal.

2608. [学会 (国際)] (ポスター) Early onset tardive dyskinesia caused by risperidone? 鈴木映二, 小幡径行, 吉田芳子, 宮岡 等 (精): XXIII C.I.N.P. Congress(2002.06.23〜27), Montreal.

2609. [学会 (国際)] (ポスター) Recovery from defective PPI by haloperidol in NMDA-R1 receptor antisense knockdown rats. 稲田 健, 横山正宗, 丸田修史, 杉山健志, 鈴木映二, 石郷岡 純, 宮岡 等 (精), 佐治真理 (医衛・生理): XXIII C.I.N.P. Congress (2002.06.23〜27), Montreal.

2610. [学会 (国際)] (ポスター) Social skills training for inpatients of a psychiatric ward at a general hospital in Japan. 高橋 恵 (精), Kosaka, K. (横浜市大): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2611. [学会 (国際)] (ポスター) Induction by nitric oxide of HSP70 mRNA in the rat brain during restraint stress under sucrose diet. 鈴木映二 (精), Kageyama, H., Nakaki, T. (帝京大), Inoue, S., Kanba, S. (山梨医大), 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2612. [学会 (国際)] (ポスター) Chronic treatment with imipramine raises nitrate levels in the rat hypothalamus, hippocampus, cortex and cerebellum. 鈴木映二 (精), Nakaki, T. (帝京大), 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2613. [学会 (国際)] (ポスター) Comparison of fluvoxamine- and amoxapine-induced manic switch. 金 恵英, 鈴木映二, 宮地伸吾 (精), Nakagawa, A. (慶大), 濱中聡子 (精), Yagi, G., Watanabe, K. (慶大), 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry(2002.08.24〜29), 横浜.

2614. [学会 (国際)] (ポスター) Eating disorder and nitric oxide. 横山正宗, 鈴木映二 (精), Mizushima, H., Ono, Y. (慶大), 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2615. [学会 (国際)] (ポスター) Tandspirone treatment on post-cardiovascular operation depression: 3 case report. 丸田修史, 鈴木映二, 稲田 健, 横山正宗(精), Watanabe, T., Tsukada, O., 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2616. [学会 (国際)] (ポスター) Interferon-induced mental symptoms in the case of Japanese patients undergoing hepatitis C treatment. 吉田芳子 (精), 渋谷明隆 (内), 鈴木映二, 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2617. [学会 (国際)] (ポスター) Plasma nitrate levels in deficit syndrome of schizophrenia lower than those in non-deficit syndrome. Nakamura, M. (慶大), 鈴木映二, 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2618. [学会 (国際)] (ポスター) Sociodemographic characteristics and mental disorders related to suicide. 濱中聡子, 横山正宗, 鈴木映二, 吉邨善孝 (精), 上条吉人 (救命), 宮岡 等 (精): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2619. [学会 (国際)] (ポスター) Cytochrome P450 2D6 gene polymorphism and character traits. Kitao,Y. (慶大), 鈴木映二 (精), Ono, Y. (慶大), Iijima, Y., Inada, T. (名古屋大): XII World Congress of Psychiatry (2002.08.24〜29), 横浜.

2620. [学会 (全国)] (一般講演) インターフェロン療法によって誘導されるNOとうつ状態の関係. 鈴木映二, 吉田芳子 (精), 渋谷明隆 (内), 渡辺 滋 (生物物理系), 稲田 健, 横山正宗, 丸田修史, 金 恵英, 宮岡 等 (精): 第24回日本生物学的精神医学会 (2002.04.10〜12), さいたま市.

2621. [学会 (全国)] (一般講演) NMDA-R1受容体アンチセンスノックダウンラットのPPIに対する抗精神病薬の効果. 稲田 健, 石郷岡 純, 鈴木映二, 丸田修史, 横山正宗, 宮岡 等 (精), 佐治真理 (医衛・生理): 第24回日本生物学的精神医学会 (2002.04.10〜12), さいたま市.

2622. [学会 (全国)] (一般講演) PRIME-MD Patient Health Questionnaire (PHQ) 日本語版の妥当性・有用性の検討. 村松公美子 (新潟大), 宮岡 等 (精), 上島国利(昭和大), 村松芳幸 (新潟大), 布施克也 (新潟県立十日町病院), 吉峯文敏 (新潟県立六日町病院), 片桐敦子, 真島一郎, 村上修一, 須佐理津子, 佐々木夏恵, 下条文武 (新潟大), 大坪天平 (昭和大), 櫻井浩治 (新潟医療福祉大): 第43回日本心身医学会 (2002.5.23〜24), 東京. 心身医学, 42 (増): 2002.

2623. [学会 (全国)] (一般講演) 海馬NR1受容体発現抑制ラットの空間記憶とプレパルスインヒビションについての検討. 稲田 健, 石郷岡 純, 鈴木映二, 宮岡 等 (精), 佐治真理 (医衛・生理): 第11回海馬と高次機能学会 (2002), 浜松.

2624. [学会 (全国)] (一般講演) 操作的診断基準と記述精神病理. 久村正樹, 久村磨美, 田野尻俊郎, 宮岡 等 (精): 第25回日本精神病理学会 (2002.10.03〜04), 宇都宮. 臨床精神病理, 2003.

2625. [学会 (全国)] (一般講演) 痴呆患者介護者の介護負担と抑うつ状態, QOLとの関連. 高橋 恵 (精): 第17回日本老年精神医学会 (2002.06.28), 金沢. Psychogeriatrics, 2: 230, 2002.

2626. [学会 (全国)] (一般講演) 小規模デイケアの基本会話モジュール導入体験. 高橋 恵 (精), 奧野英美, 篠竹利和, 古賀秀子 (横浜市大): 第7回SST学術集会(2003.11.08〜09), 札幌.

2627. [学会 (全国)] (ポスター) 過呼吸賦活による脳波背景活動の変化と終末呼気炭酸ガス濃度との関連. 石田哲浩 (慶大), 齋藤正範 (精), 武井茂樹, 新井龍義 (慶大): 第32回日本臨床神経生理学会学術大会 (2002.11.12〜14), 福島市. 臨床神経生理学, 31 (2): 148〜149, 2003.

2628. [学会 (全国)] (教育講演) 持続する痛みと抑うつ. 宮岡 等 (精): 第32回日本慢性疼痛学会 (2003.02.21), 京都.

2629. [学会 (全国)] (シンポジウム) 自覚症状と他覚症状の解離 歯科・口腔外科の問題点. 和気裕之 (医歯大), 宮岡 等, 宮地英雄 (精), 石川高行, 天笠光雄 (東京医歯大), 大峰浩隆, 鈴木邦夫 (日大): 第43回日本心身医学会(2002.05.23〜24), 東京. 心身医学, 43 (1): 44, 2003.

2630. [学会 (全国)] (シンポジウム) 自覚症状と他覚症状の解離 呼吸困難について. 真島一郎, 片桐敦子, 田中 裕, 斎藤 功, 村松公美子 (新潟大), 宮岡 等 (精), 村松芳幸, 下条文武 (新潟大): 第43回日本心身医学会(2002.05.23〜24), 東京. 心身医学, 43 (1): 42, 2003.

2631. [学会 (全国)] (シンポジウム) SSRIとSNRI. 鈴木映二 (精): 第2回日本外来精神医療学会 (2002.07.19〜20), 東京.

2632. [学会 (全国)] (シンポジウム) 精神科医からみた心療内科への期待と課題. 宮岡 等 (精): 第43回日本心身医学会 (2002.05.23〜24), 東京. 心身医学, 43 (1): 37, 2003.

2633. [学会 (地方)] (一般講演) 精神科受診まで長期間を要した心気症の一例. 中橋勇典 (藤沢市民病院), 久村正樹 (精), 小泉 文, 光岡英之 (藤沢市民病院), 吉邨善孝, 宮岡 等 (精): 第96回日本心身医学会関東地方会(2002.12.21), 東京.

2634. [学会 (地方)] (一般講演) 躁状態から急速に昏迷状態に至った気分障害の1例. 秋澤千春, 三浦祥子, 新井綾子, 高橋 恵, 吉田芳子, 宮岡 等 (精): 東京精神医学会(2003.03.01),東京.

2635. [学会 (地方)] (一般講演) 遅発性dyskinesiaの重症型としてのchorea-athetosisの一例. 中島啓介, 高橋 恵, 正村謙二, 宮岡 等 (精): 神奈川県精神医学会第140回例会 (2003.03.15), 横浜.

2636. [学会 (地方)] (一般講演) 短期間のリスペリドン投与中に後部ジスキネジアを呈した3症例. 小幡径行, 塚原敦子, 高橋恵理, 嘉納明子, 新井綾子, 吉田芳子 (精), 八田耕太郎 (順大), 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 神奈川精神神経学会 (2002.07), 横浜.

2637. [学会 (地方)] (一般講演) くも膜のう胞の手術後に易怒性・暴力行為が顕現した症候性てんかんの1例. 山本宏明, 小幡径行, 高橋恵理, 齋藤正範, 宮岡 等 (精): 神奈川県精神医学会第139回例会 (2002.11.09), 横浜.

2638. [学会 (地方)] (一般講演) 横浜市におけるハード救急の「反復受診者」について. 勝島聡一郎 (横浜市衛生局), 早馬 俊 (精): 神奈川県精神医学会第139回例会(2002.11.09), 横浜.

2639. [研究会 (全国)] (一般講演) リチウムの腹腔内投与がラット扁桃体における硝酸イオン濃度に与える影響. 鈴木映二, 丸田修史, 宮岡 等 (精), 渡辺 滋 (生物物理系): 第22回リチウム研究会 (2002.04.20), 東京.

2640. [研究会 (全国)] (一般講演) アンチセンス法を用いたNMDA受容体と記憶学習機構・認知機能の検討. 稲田 健, 石郷岡 純, 鈴木映二, 宮岡 等 (精), 佐治真理 (医衛・生理): 第35回精神神経系薬物治療研究報告会 (2002.12.06), 大阪. 第35回精神神経系薬物治療研究報告書, 2002.

2641. [研究会 (全国)] (一般講演) アンチセンス法を用いたNMDA-R1受容体の機能解析. 稲田 健, 石郷岡 純, 鈴木映二, 宮岡 等 (精), 佐治真理 (医衛・生理): 第21回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 (2002.06.06〜07), 東京.

2642. [研究会 (全国)] (一般講演) リチウム単回投与がラット扁桃体における硝酸イオン濃度に与える影響. 丸田修史, 鈴木映二 (精), 渡辺 滋 (生物物理系), 稲田 健, 横山正宗, 宮岡 等 (精): 第21回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 (2002.06.06〜07), 東京.

2643. [研究会 (地方)] (特別講演) 難治性うつ病をめぐって. 宮岡 等 (精): 第3回神奈川セロトニン研究会(2002.04.22), 横浜.

2644. [研究会 (地方)] (特別講演) 医療面接について. 宮岡 等 (精): 中部気分不安障害研究会 (2002.06.06), 名古屋.

2645. [研究会 (地方)] (特別講演) 心気症を考える. 宮岡 等 (精): 歯科学術研究会 (2002.07.28), 名古屋.

2646. [研究会 (地方)] (特別講演) 「パニック障害」から考えること. 宮岡 等 (精): 岡山不安障害研究会 (2003.03.13), 岡山市.

2647. [研究会 (地方)] (教育講演) 口腔領域の心身医学とリエゾン診療. 宮岡 等 (精): 第31回山形心身医学研究会 (2002.11.09), 山形市.

2648. [研究会 (地方)] (教育講演) 痴呆疾患の診断と治療−痴呆はどこまで治るのか−. 高橋 恵 (精): 津久井医師会講演会 (2003.01.08), 神奈川県津久井.

2649. [研究会 (地方)] (教育講演) 痴呆患者介護者の介護負担について. 高橋 恵 (精): 横浜市痴呆疾患センター地域連絡会 (2003.03.13), 横浜.

2650. [研究会 (地方)] (公開講座) 難病とストレス. 高橋 恵 (精): 津久井保健所公開講座 (2002.11.17), 神奈川県津久井.


<<放射線科学>>

[学術論文]

2651. [原著] QOL-RTI日本語版 (全般用及び頭頸部用モジュール) の開発に関する研究−臨床試用及び最終改訂版−. 唐澤久美子, 佐々木武仁, 大川智彦, 高橋健夫, 早川和重 (放), 大泉幸雄, 玉木義雄, 牧野正興, 小林雅夫, 柴山千秋, 齋藤 勉: 日本放射線腫瘍学会誌, 13: 185〜193, 2002.

2652. [原著] 放射線治療におけるQOL評価法の確立に関する研究 (最終報告) −頭頸部腫瘍について−. 佐々木武仁, 大川智彦, 唐澤久美子, 高橋健夫, 早川和重 (放), 大泉幸雄, 玉木義雄, 牧野正興, 小林雅夫, 柴山千秋, 齋藤 勉 (放): 日本放射線腫瘍学会誌, 13: 181〜184, 2002.

2653. [原著] Economic Scale of Utilization of Radiation(III): Medicine. Comparison between Japan and the U.S.A . Inoue, T., 早川和重 (放), Shiotari, H., Takada, E., Torikoshi, M., Nagasawa, K., Hagiwara, K., Yanagisawa, K.: Journal of Nuclear Science and Technology, 39 (10): 1114〜1119, 2002.

2654. [原著] Effect of hyperthermia combined with external radiation therapy in primary non-small cell lung cancer with direct bony invasion. 桜井英幸, 早川和重 (放), Mitsuhashi, N., 玉木義雄, 中山優子, Kurosaki, H., Nasu, S., 石川 仁, 斎藤淳一, 秋元哲夫, 新部英男: Int J Hyperthermia, 18 (5): 472〜483, 2002.

2655. [原著] 早期声門癌の照射期間と局所制御の関係−週6回法と5回法の比較−. 北野雅史, 西口 郁, 青木由紀 (放), 中山明仁, 永井浩巳, 高橋廣臣, 岡本牧人 (耳鼻), 松林 隆, 早川和重 (放): 日本医学放射線学会誌, 62 (7), 366〜369, 2002.

2656. [準原著] Economic Scale of Utilization of Radiation in Japan -Medical Field-. 早川和重, Inoue, T., Shiotari, H., Takada, E., Torikoshi, M., Nagasawa, K., Hagiwara, K. (放): Proceedings of the Takasaki symposium on radiation application of natural polymers in Asia (JAERI-Conf 2002-2003), 193〜206, 2002.

2657. [症例報告] Redevelopment of small cell lung cancer after a long disease-free period: a case report. 北本佳住, 早川和重, Mitsuhashi, N., Tsuchiya, S., Saito, R. (放): Jpn J Clin Oncol, 32 (1): 30〜32, 2002.

2658. [症例報告] Small Cell Lung Cancer with Brain Metastasis Controlled for 5 Years: a Case Report. Imai Reiko, 早川和重, 桜井英幸, 中山優子, Mitsuhashi N., 新部英男 (放): Jpn J Clin Oncol, 31 (3): 116〜118, 2001.

2659. [症例報告] 全身性クリプトコッカス感染症患者に67Gaシンチグラフィを施行した1症例. 浅野雄二, 石井勝己 (放), 鷺内隆雄 (脳外), 大沼雄一郎, 大森智子, 小谷承子, 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利, 早川和重 (放): 臨床核医学, 36 (2): 18〜20, 2003.

2660. [症例報告] A case of malignant fibrous histiocytoma (MFH) in the skull bone presenting extensive permeative osteolysis. ウッドハムス玲子, 菅 信一 (放), 岩渕啓一 (病理), 岡 秀宏, 鷺内隆雄 (脳外), 早川和重 (放): Radiat Med., 20 (3): 141〜145, 2002.

2661. [症例報告] A Case of a Gastrointestinal Stromal Tumour (GITST) Derived from the Jejunum: An Unusual Blood Supply from the Inferior Mesenteric Artery (IMA). ウッドハムス玲子 (放), 岩渕啓一(病理), 早川和重 (放): Clinical Radiology Extra, 57: 17〜20, 2002.

2662. [症例報告] 胆汁排泄の評価に99mTc-PMTを用いた肝胆道シンチグラフィが有用であった常染色体優性遺伝多発性嚢胞腎 (ADPKD) に伴う多発性胆嚢法の1例: MRCPとの比較. ウッドハムス玲子, 石井勝己 (放), 鷺内隆雄 (脳外), 浅野雄二, 菊池 敬, 神宮司公二, 早川和重 (放): 臨床核医学, 35 (3): 41〜43, 2002.

2663. [症例報告] Diffusion-weighted MRI of the Cervical Cord in Acute Spinal Cord Injury With Type II Odontoid Fracture. 鷺内隆雄, 橘 滋国, 遠藤昌孝(脳外), 早川和重 (放): Journal of Computer Assisted Tomography, 26 (4): 654〜656, 2002.

2664. [症例報告] Increased Uptake of Technetium-99m-Hexamethylpropyleneamine Oxime Related to Primary Leptomeningeal Melanoma. 鷺内隆雄 (脳外), 石井勝己 (放), 宇津木 聡 (脳外), 浅野雄二 (放), 塚原信也 (内), 菅 信一 (放), 藤井清孝 (脳外), 早川和重(放): American Journal of Neuroradiology, 23: 1404〜1406, 2002.

2665. [症例報告] Resting and Acetazolamide-Activated Tc-99m HMPAO Brain SPECT for Congenital Bilateral Absence of the Internal Carotid Arteries. 鷺内隆雄 (脳外), 石井勝己, 菅 信一, 大森智子, 浅野雄二, 早川和重 (放): Clinical Nucler Medicine, 28 (1): 66〜67, 2003.

2666. [症例報告] 大伏在静脈graftを用いて修復した移植腎動脈にできた血管瘤に対してWallstent留置とcoilによる塞栓術により加療しえた1例. 矢内原 久 (放), 吉田一成 (泌), 西巻 博, 瀧川政和, 佐々木真弓 (放), 藤田哲夫, 斎藤 毅 (泌), 遠藤忠雄 (埼玉県央病院泌), 磯部義憲, 早川和重 (放), 馬場志郎 (泌): 腎移植・血管外科, 14(1): 49〜53, 2003.

2667. [総説] 治療の実際: 小細胞肺癌. 早川和重 (放), 新部英男 (群馬大): 臨床と研究 別冊, 79 (5): 769〜773, 2002.

2668. [総説] 肺癌の放射線療法. 早川和重 (放): 呼吸器科, 1 (4): 281〜287, 2002.

2669. [総説] 21世紀の放射線診療を担うために. 早川和重 (放): 新医療, 2002年4月号, (328): 79〜81, 2002.

2670. [総説] 肺癌治療における放射線療法の役割. 早川和重 (放): 日医雑誌, 128 (3): 396〜399, 2002.

2671. [総説] 新しい治療: 放射線増感剤, 防護剤. 早川和重 (放): 治療学, 36 (10): 1077〜1078, 2002.

2672. [総説] 肺癌の放射線治療. 早川和重, 西口 郁, 北野雅史 (放): コンセンサス癌治療, 1: 136〜139, 2002.

2673. [総説] 肺癌における放射線治療の新展開. 早川和重 (放): 呼吸, 22 (2): 128〜133, 2003.

2674. [総説] EBMに基づく放射線治療「肺癌」−放射線治療のガイドライン作成について−. 早川和重 (放), 西村恭昌 (近畿大), 斉藤 博, 有吉 寛 (県立愛知病院): 癌と化学療法, 30 (3): 343〜347, 2003.

2675. [総説] 最近の肺癌治療: essential minimum (放射線治療の立場から). 早川和重, 北野雅史 (放): 臨床画像, 19 (4): 440〜447, 2003.

2676. [総説] 神経感染症の画像診断 序論. 菅 信一(放): 日獨医報, 47 (3): 259〜260, 2002.

2677. [総説] 前立腺癌の高線量率小線源治療. 北野雅史, 西口 郁, 早川和重 (放), 頴川 晋 (泌): 臨床放射線, 47 (9): 1184〜1185, 2002.

2678. [総説] 噴水状にわき上がる胃静脈瘤出血. 瀧川政和, 磯部義憲, 矢内原 久, 佐々木真弓 (放), 日高 央, 國分茂博 (内): 消化器内視鏡, 15 (2): 198〜199, 2003.

2679. [総説] 呼吸器がんに対する緩和的放射線治療−気道閉塞・切除不能例・上大静脈症候群−. 早川和重, 西口 郁, 北野雅史: がん看護, 7 (1): 33〜35, 2002.

2680. [講座] 特集 放射線治療. 早川和重 (放): 毎日ライフ−肺がん診断・治療の最前線−, 5: 41〜44, 2003.

2681. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放): 画像診断, 22(12): 1388〜1389, 2002.

2682. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放): 画像診断, 22(6): 668〜669, 2002.

[著 書]

2683. [学術書] (分担執筆) 癌・放射線療法2002; 肺・縦隔, p.615〜628. 早川和重 (放), 編集 大川智彦, 田中良明, 篠原出版新社, 東京. 2002発行.

2684. [学術書] (分担執筆) EBM呼吸器疾患の治療; 肺癌の脳転移の治療は局所療法を優先すべきか, およびラディオサージェリーの役割はどこまであるのか? p.422〜427. 早川和重 (放), 編集 永井厚志, 吉澤靖之, 大田 健, 江口研二, 中外医学社, 東京, 2003発行.

2685. [学術書] (分担執筆) Emergency Radiology−救急の画像診断とIVR−; 肝損傷, p.103〜106. 西巻 博(放), 編集 救急放射線研究会 ERセミナー運営委員会, 南江堂, 東京, 2002発行.

2686. [学術書] ( 分担執筆) Emergency Radiology−救急の画像診断とIVR−; 腎損傷, p.111〜115. 西巻 博 (放), 編集 救急放射線研究会 ERセミナー運営委員会, 南江堂, 東京, 2002発行.

2687. [学術書] ( 分担執筆) Emergency Radiology−救急の画像診断とIVR−; 脾損傷, p.107〜110. 西巻 博 (放), 編集 救急放射線研究会 ERセミナー運営委員会, 南江堂, 東京, 2002発行.

2688. [学術書] (共著) 肺癌の診断と治療; 肺癌の治療: 放射線療法, p.404〜407. 早川和重, 西口 郁 (放), 日本臨牀社, 東京, 2002発行.

2689. [学術書] (共著) 肺癌の診断と治療; 放射線肺臓炎に対する治療法, p.546〜549. 早川和重, 矢内原 久 (放), 日本臨牀社, 東京, 2002発行.

2690. [学術書] (共著) 救急看護へのサポート; 画像診断のための看護の原則 (1) 心臓カテーテルとPTCA, p.16〜17. 石井美恵子, 西巻 博 (放), 編集 杉本勝彦, 南山堂, 東京, 2002発行.

2691. [学術書] (共著) 救急看護へのサポート; 画像診断のための看護の原則 (2) X線検査 (単純撮影, ポータブル撮影, CT) とMRI, p.18〜20. 石井美恵子, 西巻 博(放), 編集 杉本勝彦, 南山堂, 東京, 2002発行.

2692. [学術書] (共著) 看護へのサポート; 画像診断のための看護の原則 (3) 血管撮影法と外傷時のIVR, p.21〜23. 川畑理奈, 西巻 博 (放), 編集 杉本勝彦, 南山堂, 東京, 2002発行.

[学会・研究会等]

2693. [学会 (国際)] (ポスター) Demonstration of Wallerian Degencration of the Corticospinal Tract and Corpus Callosum on Diffusion-Weighted Imaging. 菅 信一, 早川和重 (放): 米国神経放射線学会(2002.05.13〜17), バンクーバ. 予稿集, p.292, 2002.

2694. [学会 (国際)] (ポスター) The effectiveness of SPIO-MRI for evaluation of the therapeutic effect after radiofrequency ablation against liver tumors: - comparison with CT -. 佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義憲, 矢内原 久 (放): ECR (2003.03), Wiena.

2695. [学会 (国際)] (シンポジウム等) Radiation therapy in the treatment of lung cancer. 早川和重(放): International Symposium of Radiation Oncology -China, Japan, Korea- (2002.09.18), 石家庄, 河北省, 中国.

2696. [学会 (全国)] (一般講演) 放射線単独療法を施行したIII期肺扁平上皮癌の治療成績・予後因子 (プレナリーセッション). 石川 仁, 中山優子, 早川和重, 新部英男, 北本佳住, 桜井英幸, 齋藤淳一, 秋元哲夫, 長谷川正俊, 中野隆史 (放): 第40回日本癌治療学会総会 (2002.10.16〜18), 東京.

2697. [学会 (全国)] (一般講演) Multislice CTによるVirtual bronchoscopy−気管支瘻を併発したWegener肉芽腫の1例−. 品田 純, 秦 博文, 鈴木直二, 原 英則, 後藤尚美, 吉村博邦 (脳外), 早川和重 (放): 第2回3次元画像解析・レーザーフォーラム (2002.10.27), 仙台.

2698. [学会 (全国)] (一般講演) 浸潤型胸腺腫の術後放射線治療. 中山優子, 北本佳住, 石川 仁, 桜井英幸, 斎藤淳一, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 大谷嘉巳, 田中司玄文, 斉藤吉弘, 早川和重 (放): 第43回日本肺癌学会総会(2002.11.21〜22), 福岡.

2699. [学会 (全国)] (一般講演) 限局型小細胞肺癌の治療成績−国立療養所西群馬病院における50例の検討−. 北本佳住, 中山優子, 松浦正名, 中野隆史, 土屋 智, 斉藤龍生, 早川和重, 三橋紀夫, 新部英男 (放): 第43回日本肺癌学会総会 (2002.11.21〜22), 福岡.

2700. [学会 (全国)] (一般講演) 非小細胞肺癌非完全切除例に対する術後放射線治療. 石川 仁, 中山優子, 北本佳住, 桜井英幸, 斎藤淳一, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 田中司玄文, 大谷嘉巳, 斉藤吉弘, 早川和重 (放): 第43回日本肺癌学会総会 (2002.11.21〜22), 福岡.

2701. [学会 (全国)] (一般講演) 救急医療における緊急血管造影, IVRに関する全国アンケート調査結果. 西巻 博 (放), 杉本勝彦 (昭和大), 山本紳一郎,相馬一亥,大和田 隆 (救急): 第16回日本外傷学会 (2002.06.16〜17), 東京. 日本外傷学会雑誌, 16 (2): 169, 2002.

2702. [学会 (全国)] (一般講演) 外傷性総腸骨静脈, 下大静脈損傷に対するステント, ステントグラフトを用いた治療. 西巻 博 (放), 片岡祐一, 脇田隆司, 内野正隆, 町井正人, 山本紳一郎, 田村幸穂, 相馬一亥, 大和田 隆 (救急): 第16回日本外傷学会 (2002.05.16〜17), 東京. 日本外傷学会雑誌, 16 (2): 158, 2002.

2703. [学会 (全国)] (一般講演) C arm linacを用いた肺癌SRSの初期経験. 西口 郁, 北野雅史, 早川和重 (放): 第61回日本医学放射線学会学術発表会 (2002.04.04), 神戸. 日本医学放射線学会雑誌臨時増刊号, 2002.

2704. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌根治術後biochemical failureに対する放射線治療. 西口 郁, 北野雅史, 松林 隆, 早川和重 (放), 頴川 晋 (泌), 上前峰子(放): 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会 (2002.11.22), 東京. 日本放射線腫瘍学会誌, 14 (suppl.1): 86, 2002.

2705. [学会 (全国)] (一般講演) Fe(III), Fe(II), Ca+, Zn+投与LEC肝臓CuのPIXE分析. 太田顕成, 卜 桂蘭, 早川和重 (放), 曽根由美子 (生化学系), 中山茂信 (実動): 第13回日本微量元素学会 (2002.07.05), 千葉. 抄録集, p.108, 2002.

2706. [学会 (全国)] (一般講演) IVRで治療困難な肝細胞癌の放射線治療の初期成績. 北野雅史, 西口 郁, 磯部義憲 (放), 渋谷明隆, 國分茂博 (内), 早川和重 (放): 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会 (2002.11), 東京. 日本放射線腫瘍学会誌, 14 (suppl.1): 91, 2002.

2707. [学会 (全国)] (一般講演) 門脈体循環シャントによる肝性脳症に対するB-RTOの有用性−血管解剖学的検討を中心に−. 瀧川政和, 磯部義憲, 織田 順, 佐々木真弓 (放): 第61回日本医学放射線学会学術発表会(2002.04.04), 神戸.

2708. [学会 (全国)] (一般講演) 急性大動脈解離に伴う下肢虚血に対する緊急ステント留置術の有用性に関する検討. 瀧川政和, 磯部義憲, 佐々木真弓, 西巻 博 (放): 第30回日本血管外科学会総会 (2002.05.16〜17), 沖縄.

2709. [学会 (全国)] (一般講演) 門脈血栓症に対してTIPSルートにて血栓除去を施行した2例. 瀧川政和, 磯部義憲, 佐々木真弓 (放), 倉岡 隆, 渡邊真彰, 小野弘二, 土橋 健, 國分茂博 (内): 第9回日本門脈圧亢進症学会総会(2002.09.12〜13), 名古屋.

2710. [学会 (全国)] (一般講演) 肝炎症性偽腫瘍の画像所見の検討. 佐々木真弓, 磯部義憲, 織田 順, 瀧川政和 (放): 第61回日本医学放射線学会学術発表会 (2002.04.05), 神戸.

2711. [学会 (全国)] (一般講演) 腹部大動脈瘤患者における術前のジピリダモール負荷心筋血流SPECTの有用性について. 浅野雄二, 石井勝己 (放), 鷺内隆雄 (脳外), 大沼雄一郎, 大森智子, 小谷承子, 菊池 敬, 神宮司公二 (放), 鴇田尚樹 (内), 西巻 博, 早川和重 (放): 第42回日本核医学学会総会 (2002.11.04〜06), 大阪.

2712. [学会 (全国)] (一般講演) 骨シンチグラムにて乳房への集積をみとめた乳癌症例の検討. ウッドハムス玲子, 早川和重 (放), 蔵並 勝 (外): 第10回日本乳癌学会総会(2002.07.05〜06), 名古屋. 予稿集, p.207, 2002.

2713. [学会 (全国大会)] (ポスター) 拡散強調画像を施行したメチルマロン酸血症の一例. 穂鷹雄介 (池田病院), 菅 信一, ウッドハムス玲子, 青木由紀, 池田俊昭, 早川和重 (放): 日本神経放射線学会 (2003.02.26), つくば. 予稿集, p.100, 2003.

2714. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 肺癌−放射線治療のガイドライン作成について−. 早川和重, 西村恭昌, 斉藤 博, 有吉 寛 (放): 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会 (2002.11.21), 東京. 日本放射線腫瘍学会誌, 14 (suppl.1): 54, 2002.

2715. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肝損傷における非手術的治療の有用性に関する検討. 西巻 博 (放), 田村幸穂 (救急), 瀧川政和 (放), 山本紳一郎, 片岡祐一, 島田 謙, 国東幹夫, 相馬一亥, 大和田 隆 (救急): 第30回日本救急医学会総会 (2002.10.09〜11), 札幌. 日本救急医学会雑誌, 13 (9): 506, 2002.

2716. [学会 (全国)] (ワークショップ) 限局型小細胞肺がんに対する放射線療法の役割. 早川和重, 西口 郁, 北野雅史 (放): 第40回日本癌治療学会総会 (2002.10.16〜18), 東京.

2717. [学会 (全国)] (ワークショップ) 非小細胞肺癌非完全切除例に対する術後放射線治療. 中山優子, 早川和重, 新部英男, 桜井英幸, 北本佳住, 石川 仁, 斎藤淳一, 清原浩樹, 秋元哲夫, 長谷川正俊, 中野隆史 (放): 第40回日本癌治療学会総会 (2002.10.16〜18), 東京.

2718. [学会 (地方)] (一般講演) 多発性脳転移で発症し, 8年生存した原発性肺癌の1例. 清塚 誠, 中山優子, 桜井英幸, 北本佳住, 石川 仁, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 瀬川篤記, 中島 孝, 早川和重 (放): 第133回日本肺癌学会関東支部会 (2002.03.16), 横浜. 肺癌, 42 (3): 242, 2002.

2719. [学会 (地方)] (一般講演) 嚢胞壁内腔に見られた肺小細胞癌の1例. 原 英則 (胸外), 蒋 世旭, 岩渕啓一 (病理), 品田 純, 後藤尚美 (胸外), 阿部能明, 早川和重 (放), 吉村博邦 (胸外), 亀谷 徹 (病理): 第134回日本肺癌学会関東部会 (2003.07.06), 大宮. 肺癌,42 (4): 310, 2002.

2720. [学会 (地方)] (一般講演) 頸部リンパ節転移を認めたLarge cell neuroendocrine carcinoma (LCNEC) の1手術例. 井上信幸 (胸外), 蒋 世旭 (病理), 品田 純, 原 英則, 後藤尚美 (胸外), 岩渕啓一 (病理), 小林伸行 (外), 早川和重 (放), 吉村博邦 (胸外), 亀谷 徹 (病理): 第134回日本肺癌学会関東部会 (2002.07.06), 大宮. 肺癌, 42 (4): 310, 2002.

2721. [学会 (地方)] (一般講演) 気管支肺カルチノイドの臨床病理学的検討. 品田 純 (胸外), 蒋 世旭, 岩渕啓一 (病理), 原 英則, 後藤尚美 (胸外), 矢那瀬信雄, 片桐真人 (内), 早川和重 (放), 吉村博邦 (胸外), 亀谷 徹 (病理): 第134回日本肺癌学会関東部会 (2002.07.06), 大宮. 肺癌, 42 (4): 310, 2002.

2722. [学会 (地方)] (一般講演) 全身クリプトコッカス症の経過中67Gaシンチグラフィを行った1症例. 浅野雄二, 石井勝己, 大沼雄一郎, 大森智子, 小谷承子, 早川和重(放), 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利, 丸尾秀樹, 徳重尊宣, 伊藤喜弘 (放射線部), 鷺内隆雄 (脳外): 第57回日本核医学会関東甲信越地方会 (2002.07.13), 東京.

2723. [学会 (地方)] (一般講演) 67Gaシンチグラフィで経過観察された心筋サルコイドーシス4症例の検討. 浅野雄二, 石井勝己, 大森智子, 大沼雄一郎, 小谷承子, 早川和重 (放), 鷺内隆雄 (脳外), 勝沼英太 (内), 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利 (放射線部): 第58回日本核医学会関東甲信越地方会 (2002.01.18), 東京.

2724. [学会 (地方)] (一般講演) 両側内頸動脈形成不全の一例. 大森智子, 菅 信一 (放), 鷺内隆雄 (脳外), 大沼雄一郎, 小谷承子, 早川和重 (放): 第421回日本医学放射線学会関東地方会 (2002.06.22), 東京.

2725. [学会 (地方)] (一般講演) 頭部血管肉腫に対する回転照射の試み. 大沼雄一郎, 西口 郁, 北野雅史, 小谷承子, 大森智子, 早川和重 (放): 第421回日本医学放射線学会関東地方会 (2002.06.22), 東京.

2726. [学会 (地方)] (一般講演) 加齢横斑変性に対する放射線治療の初期経験. 小谷承子, 西口 郁, 北野雅史, 大沼雄一郎, 大森智子, 早川和重 (放), 市邊義章, 清水公也 (眼): 第421回日本医学放射線学会関東地方会(2002.06.22), 東京.

2727. [学会 (地方)] (一般講演) 静脈性血管腫に伴う一側性の脳室拡大を示した一例. 穴村 聡, 菅 信一, 池田俊昭, 大沼雄一郎, 大森智子, 小谷承子, ウッドハムス玲子, 青木由紀, 松永敬二, 早川和重 (放): 第422回日本医学放射線学会関東地方会 (2002.12.14), 東京.

2728. [学会 (地方)] (ポスター) 中頭蓋窩に進展した聴神経腫瘍の1例. 小谷承子, 菅 信一, 池田俊昭, 矢内原 久, ウッドハムス玲子 (放), 鷺内隆雄 (脳外), 浅野雄二, 大沼雄一郎, 大森智子, 青木由紀, 早川和重 (放): 第420回日本医学放射線学会関東地方会 (2001.12.08), 東京. 日本医放会誌, 62 (5): 57, 2002.

2729. [学会 (地方)] (教育講演) 救急医療における画像診断の進歩. 西巻 博 (放): 第6回日本救急学会九州地方会 (2002.05.11), 沖縄. 抄録集, p.29, 2002.

2730. [研究会 (全国)] (一般講演) ダイエットにより腫瘍の縮小を認めたFNHの一例. 佐々木真弓, 瀧川政和, 磯部義憲 (放): 腹部放射線研究会 (2002.05), 大阪.

2731. [研究会 (全国)] (一般講演) TIPS後の長期経過. 佐々木真弓, 瀧川政和, 織田 順, 磯部義憲 (放): Portal hemodynamics Forum (2002.06), 東京.

2732. [研究会 (全国)] (一般講演) HCCに対するRFA後のSPIO-MRIにおける高信号域の意義について. 佐々木真弓, 矢内原 久, 磯部義憲, 瀧川政和 (放): TCEL MR meeting (2002.11), 東京.

2733. [研究会 (全国)] (一般講演) 移植腎動脈 (大伏在静脈graft) にできたgraft瘤に対してWallstent留置とcoilによる塞栓術が有用だった1例. 矢内原 久, 西巻 博, 瀧川政和, 佐々木真弓, 磯部義憲, 早川和重 (放), 藤田哲夫, 斎藤 毅, 吉田一成, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第18回腎移植・血管外科研究会 (2002.06.21), 札幌.

2734. [研究会 (全国)] (ポスター) 妊娠を契機にみつかった, 下大静脈原発leiomyosarcomaの1例. 矢内原 久, 瀧川政和, 佐々木真弓, 西巻 博, 浅野雄二, ウッドハムス玲子, 磯部義憲, 菅 信一, 早川和重 (放): 第16回腹部放射線研究会 (2002.05.31〜06.01), 大阪.

2735. [研究会 (全国)] (特別講演) 肺癌の放射線治療−とくに高齢者肺癌に対する治療を中心に−. 早川和重 (放): 第16回進行肺癌治療懇話会 (2002.06.15), 東京.

2736. [研究会 (全国)] (教育講演) 腹部外傷. 西巻 博(放): 第12回救急放射線研究会ERセミナー (2002.10.25), 秋田. 日本医学放射線学会雑誌, 62 (11): s416, 2002.

2737. [研究会 (地方)] (一般講演) 肝内門脈末梢にまで達する門脈血栓に対するIVR. 瀧川政和, 磯部義憲, 矢内原 久, 佐々木真弓, 西巻 博 (放): 第14回関東IVR研究会 (2002.07.13), 東京.

2738. [研究会 (地方)] (一般講演) 頭部MRIにて異常所見が認められたRelapsing polychondritisの一例. 大森智子, 大沼雄一郎, 小谷承子, 穴村 聡, 矢内原 久, ウッドハムス玲子, 青木由紀, 池田俊昭, 菅 信一, 早川和重 (放): 神奈川県放射線医会 (2002.09.28), 横浜.

2739. [研究会 (地方)] (一般講演) MDCTが有用であった脊髄硬膜動静脈奇形の一例. 小谷承子, 大森智子, 大沼雄一郎, 穴村 聡, 矢内原 久, ウッドハムス玲子, 青木由紀, 池田俊昭, 菅 信一, 早川和重 (放): 神奈川県放射線医会 (2002.09.28), 横浜.

2740. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺癌の放射線治療. 早川和重 (放): 第4回北里大学医療衛生学部画像研究会(2002.09.26), 北里.

2741. [研究会 (地方)] (特別講演) 消化器癌の放射線治療. 早川和重 (放): 平成14年度第2回北里大学医学部内科学・拡大医局会議 (2002.11.11), 北里.

2742. [研究会 (地方)] (特別講演) 放射線療法のQuality assurance (QA). 早川和重 (放): 第28回群馬放射線腫瘍研究会 (2002.02.22), 前橋.

2743. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺がんの放射線治療の現状. 早川和重 (放): 第2回埼玉県放射線腫瘍研究会(2003.03.15), 大宮.

2744. [研究会 (地方)] (特別講演) 放射線腫瘍学に基づいた放射線治療計画. 早川和重 (放): 平成14年度神奈川県診療放射線技術講習会 (2002.08.04), 横浜.

2745. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺癌放射線治療の新展開. 早川和重 (放): 東北肺癌研究談話会 (2002.01.18), 仙台.

2746. [研究会 (地方)] (特別講演) 放射線腫瘍学と核医学. 早川和重 (放): 第33回群馬県核医学研究会 (2002.06.08), 前橋.

2747. [研究会 (地方)] (特別講演) 肺癌放射線治療の新展開. 早川和重 (放): 第19回東北肺癌研究談話会 (2003.01.18), 仙台.

2748. [研究会 (地方)] (特別講演) 頭部血管撮影 最近の動向. 菅 信一 (放): 第5回循環器I.S研究会 (2002.05.25), 東京.


<<麻酔科学>>

[学術論文]

2749. [原著] Intrathecal lidocaine causes posterior root axonal degeneration near entry into the spinal cord in rats. 竹浪民江, Saburo Yagishita, 新井正康, 安里文雄, 外 須美夫 (麻): Regional Anesthesia and Pain Medicine, 27: 58〜67, 2002.

2750. [原著] セボフルラン反復麻酔による血中及び尿中無機フッ素濃度の推移と術後腎機能の検討. 竹浪民江, 新井正康, 松崎重之, 上野哲生, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 51 (10): 1086〜1093, 2002.

2751. [原著] The effect of intrathecal epinephrine on epidural infused analgesics during labor. 奥富俊之 (麻), 望月純子, 天野 完 (産婦), Sanjay Datta: Reg Anesth Pain Med, 28: 108〜112, 2003.

2752. [原著] フェンタニル併用ブピバカインによる脊椎麻酔が循環動態に与える影響, ブピバカイン担当との比較. 安斉 健, 岡本浩嗣, 中原絵里, 稲村実穂子, 外 須美夫 (麻): 日本臨床麻酔学会誌, 22 (7): 281〜286, 2002.

2753. [原著] Over expression of Ca2+ permeable AMPA receptor promotes deleyed cell death of hippocampal CA1 neurons fllowing transient forebrain isohemia. 安斉 健 (麻): Neuro Science Research, 45: 285〜296, 2003.

2754. [原著] プロスタグランジンE1によるドラッグチャレンジテストの検討. 金井昭文, 伊藤壮平, 木下 伸, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): ペインクリニック, 23 (11): 1531〜1536,2002.

2755. [原著] キセノン光の種々の痛みに対する鎮痛効果の検討. 金井昭文, 清水 要, 村上敏史, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): ペインクリニック, 24 (1): 65〜71, 2003.

2756. [原著] Role of kinin and prostaglandin in cutaneous thermal nociception. 松崎重之 (麻), 林 泉(薬理), 奈良佳洋 (生物物理), 鎌田貢壽 (内), Yamanaka, M. (薬理), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻), 馬嶋正隆 (薬理): International. Immunopharmacol, 2: 2005〜2012, 2002.

2757. [原著] Amelioration of hyperagesia by kinin receptor antagonists or kininogen deficiency in chronic constriction nerve injury in rats. 山口寿美(麻), 林 泉 (薬理), 岡本浩嗣 (麻), 奈良佳洋 (生物物理), 松崎重之, 外 須美夫 (麻), 馬嶋正隆 (薬理): Inflammation Research, 52: 1〜6, 2003.

2758. [準原著] 周術期肺血栓塞栓症の発症要因の検討. 黒岩政之, 新井正康, 木下 伸, 竹中智昭, 三柴絵里, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 51 (9): 977〜982, 2002.

2759. [症例報告] Continuous spinal analgesia for labor and delivery in a parturient with hypertrophic obstructive cardiomyopathy. 奥富俊之 (麻), Sinzo Kikuchi, 天野 完 (産婦), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): Acta Anaesthesiologica Scandinavica, 46: 329〜331, 2002.

2760. [症例報告] Intrathecal fentanyl/meperidine combined with low dose epidural bupivacaine for cesarean section in a patient with advanced Krukenberg tumours. 奥富俊之 (麻), Yoko Hoshino, 天野 完 (産婦), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): Acta Anaesthesiologica Scandinavica, 46: 1272〜1275, 2002.

2761. [症例報告] 特発性血小板減少性紫斑病妊婦に対する分娩時麻酔を傍脊椎神経ブロックにより行った一例. 奥富俊之 (麻), 田口雅之, 天野 完 (産婦), 外 須美夫 (麻): 麻酔, 51 (10): 1123〜1126, 2002.

2762. [症例報告] Beware of Gastric Tube. 近藤 洋, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): Anesthesia and Analgesia, 95: 1122, 2002.

2763. [症例報告] A case of transient neurologic symptoms following epidural mepivacaine and spinal tetracaine. 竹浪民江, 近藤 洋, 肝付 洋, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): J Anesth, 16: 3386〜338, 2002.

2764. [症例報告] 硬膜外麻酔時に局所麻酔薬中毒による意識消失発作をおこした一症例. 新井民江, 蒔本亜季, 工藤裕子, 木下 伸, 伊藤壮平, 外 須美夫 (麻): 北里医学, 32: 349〜351, 2002.

2765. [症例報告] 高度肥満を伴う重症精神発達遅滞患者の開腹手術の麻酔経験. 黒岩政之, 伊藤壮平, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 臨床麻酔, 26: 1579〜1580, 2002.

2766. [症例報告] ヘパリン起因性血小板減少症を合併した慢性腎不全患者の開腹手術の麻酔経験. 黒岩政之, 岡本浩嗣, 佐佐木花代子, 外 須美夫 (麻): 臨床麻酔, 26: 1715〜1716, 2002.

2767. [症例報告] 持続硬膜外ブロックが奏効した糖尿病性肢端紅痛症 (ABC症候群). 金井昭文, 戸田雅也, 的場元弘, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): ペインクリニック, 23: 1159〜1164, 2002.

2768. [総説] 冠攣縮の基礎と臨床. 外 須美夫 (麻),下川宏明 (九大麻): 麻酔, 51 (増): s151〜157, 2002.

2769. [総説] 新しいオッシロメトリック法アルゴリズムによる心房細動症例での無侵襲自動血圧測定の検討. 杉町 勝, 砂川賢二 (国立循環器センター), 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 51: 784〜790, 2002.

2770. [総説] Critical Careにおけるリスクマネジメントの現状. 外 須美夫 (麻): 救急・集中治療, 15: 116〜122, 2003.

2771. [総説] 高血圧の病態生理. 小澤章子, 外 須美夫(麻): Anesthesia 21 Century, 5: 6〜11, 2003.

2772. [総説] 〔救急外来でよく出会う外傷患者の初期診療〕胸部外傷. 新井正康 (麻): レジデントノート, 4: 56〜63, 2002.

2773. [総説] 【呼吸管理 最新の知識とノウハウ】非侵襲的陽圧換気法 急患室におけるNPPVの意義と外科的疾患, 術後患者への応用. 新井正康 (麻): 救急医学, 26: 1595〜1598, 2002.

2774. [総説] 【新しい鎮痛・鎮静】救急における鎮痛. 新井正康 (麻): エマージェンシー・ナーシング, 15: 874〜879, 2002.

2775. [総説] 【新しい心肺蘇生と救急心血管治療】成人におけるBLSとACLS. 新井正康 (麻): 臨床麻酔, 26: 1328〜1333, 2002.

2776. [総説] 〔Critical Careにおけるリスクマネジメント〕循環のリスクマネジメント. 新井正康 (麻): 救急集中治療, 15: 133〜138, 2002.

2777. [総説] 〔SIRSの病態と治療, 血液凝固障害とARDS〕 ARDSの治療. 新井正康 (麻), 相馬一亥 (救急): Mebio, 20: 48〜51, 2002.

2778. [総説] 周術期循環破綻の原因と対策肺血栓塞栓症. 黒岩政之, 新井正康, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 循環制御, 23: 257〜262, 2002.

2779. [総説] 経皮吸収型フェンタニル 慢性がん疼痛コントロールにおける経皮吸収型フェンタニルの薬理作用および臨床効果に関する最新の総説. 的場元弘 (麻): エイディス インターナショナル リミテッド, 大阪, 2002.

2780. [総説] 痛みとその身体的ケア. 的場元弘 (麻): がん患者と対症療法, 13 (2): 11〜18, 2002.

2781. [総説] 《緩和ケアにおけるくすりの選び方と使い方》 がん疼痛におけるNSAIDs: ボルタレン, ナイキサン, ロピオン. 的場元弘, 吉井由布子, 鮫島千恵子, 小坂康晴, 外 須美夫 (麻): がん看護, 7 (3): 244〜246, 2002.

2782. [講座] 周術期管理におけるマグネシウムの役割. 外 須美夫 (麻): 臨床麻酔, 27: 49〜53, 2003.

2783. [講座] 新著紹介 呼吸・循環のダイナミズム. 外 須美夫 (麻): 循環制御, 23: 72〜73, 2002.

2784. [講座] 新著紹介 新運動生理学. 外 須美夫 (麻): 循環制御, 24: 82〜83, 2003.

2785. [講座] <特集>無痛分娩と神経ブロック法-無痛分娩に対する妊婦の意識. 奥富俊之 (麻): ペインクリニック, 23: 154〜159, 2002.

2786. [講座] <特集>産科麻酔はいま−母体投与薬と妊産婦麻酔−. 奥富俊之 (麻): 臨床麻酔, 26: 492〜498, 2002.

2787. [講座] 産科麻酔の現状と将来. 奥富俊之 (麻): 分娩と麻酔, 82: 9〜13, 2002.

2788. [講座] 前投薬, 筋弛緩薬, 心血管作動薬. 奥富俊之 (麻): 産科と婦人科, 70: 443〜449, 2003.

2789. [講座] 術後疼痛に対する薬物治療, 整形外科の薬物療法マニュアル. 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 骨・関節・靭帯, 15: 632〜638, 2002.

2790. [講座] フェンタニルパッチ (デュロテップパッチ). 的場元弘, 小坂康晴 (麻): 臨床麻酔, 26: 667〜669, 2002.

2791. [特集] 臨床麻酔誌上セミナー「肺塞栓症の予防と治療」. 黒岩政之, 外 須美夫 (麻): 臨床麻酔, 27 (臨増):377〜389, 2003.

[著 書]

2792. [学術書] (分担執筆) 麻酔のHow to, 治療編; 麻酔中に血圧が低下したら, p.74〜77. 新井正康 (麻), 編集 小川 龍, 克誠堂出版, 東京, 2002.07.01発行.

2793. [その他の著書] (概説) 麻酔科学レビュー2003; 心・血管作動薬, p.20〜26. 外 須美夫 (麻), 総合医学社, 東京, 2003.02.00発行.

2794. [その他の著書] (単著) 周産期医学; III. 快適なお産 陣痛乗り切り法 (リラクゼーションと和痛の工夫)我が国の麻酔分娩−硬膜外麻酔, 脊髄くも膜下硬膜外併用法を用いた方法を中心として−, p229〜233. 奥富俊之 (麻), 編集 「楽しくお産, 楽しく子育て」周産期医学から出産・育児を考える周産期医学編集委員会編, 周産期医学2002 Vol.32 増刊号, 東京医学社, 2002.10.31発行.

2795. [その他の著書] (単著) がん疼痛治療のレシピ. 的場元弘 (麻), 監修 的場元弘 (麻), 春秋社, 東京, 2002.12.20発行.

2796. [その他の著書] (分担執筆) 3. 選び方と使い方 非ステロイド性抗炎症薬の選び方と使い方. 的場元弘(麻), 南江堂, 東京, 2002.10.01発行.

2797. [その他の著書] (分担執筆) TECHNICALTeam KANWA 緩和医療; Management A. A. 疼痛 モルヒネ, p.108〜109. 的場元弘 (麻), 編集 下山直人, 向山雄人, 山脇成人, 先端医学者, 東京, 2002.08.01発行.

[学会・研究会等]

2798. [学会 (国際)] (一般講演) Cerebral spinal fluid changes in patients with neuropathic pain. 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiology (2002.10.14), Orlando.

2799. [学会 (国際)] (ポスター) Clonidine Induces Sustained Hypotension after Prone and Head-Up Positioning in Cervical Spine Surgery. Yoo J. Kondo, 奥富俊之, 黒岩政之, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiology (2002.10.14), Orlando, FL, U.S.A. Anesthesiology, 96: A200, 2002.

2800. [学会 (国際)] (ポスター) Species-Related Differences in Bupivacaine Metabolites during Pregnancy. Hisayo O. Morishima, 奥富俊之, Robert A. Whittington, Raymond F. Suckow, Thomas B. Cooper: American Society of Anesthesiology(2002.10.15), Orlando, FL, U.S.A. Anesthesiology, 96: A1038, 2002.

2801. [学会 (国際)] (ポスター) The Alleviative Effect of Epidural Naloxone Infusion on Itching from Intrathecal and Epidural Fentanyl during Labor. 奥富俊之 (麻), 望月純子, 天野 完 (産婦), 斎藤美和子, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiology(2002.10.16), Orlando, FL, U.S.A. Anesthesiology, 96: A1063, 2002.

2802. [学会 (国際)] (ポスター) Migration of Neutrophils Elicited by Leukotriene B4 Is Inhibited by Fasudil, a Rho-kinase Inhibitor, in the Microvasculature of Hamster Cheek Pouch. 小澤章子, 奈良佳洋, 肝付 洋, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologists 2002 Annual Meeting(2002.10), Florida. American Society of Anesthesiologists 2002 Annual Meeting, Abstract Book, p.264, 2002.

2803. [学会 (国際)] (ポスター) Disposition of Cocaine in Pre-and-Postnatally Cocaine Exposed Rat Offspring. Hisayo O. Morishima, Yi Zhang, Robert A. Whittington, 奥富俊之 (麻), Thomas B. Cooper: American Society of Anesthesiology (2002.10.14), Orlando, FL, U.S.A. Anesthesiology, 96: A1057, 2002.

2804. [学会 (全国)] (一般講演) ファロー四微症の麻酔管理 (亜型, 多型性の問題を中心に). 岡本浩嗣 (麻): 第7回日本心臓血管麻酔学会学術総会 (2002.09.21〜22), 神戸.

2805. [学会 (全国)] (一般講演) 日帰り腹腔鏡下胆嚢摘出術の周術期管理上の注意点. 小澤章子, 丸山 宏 (相模台病院), 村上敏史, 橋場麻希子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.00), 福岡.

2806. [学会 (全国)] (一般講演) 日帰り手術の周術期輸液管理. 清水 要, 丸山 宏, 小澤章子, 橋場麻希子, 村上敏史, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻), 野見山 延 (国立療養所西甲府病院): 第22回日本臨床麻酔学会 (2002.11), 甲府.

2807. [学会 (全国)] (一般講演) Rho-kinase阻害薬のfasudilによる好中球の血管外遊走抑制作用. 小澤章子(相模台病院), 奈良佳洋, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第23回日本循環制御医学会総会 (2002.05), 東京.

2808. [学会 (全国)] (一般講演) 輸血用製剤の有効利用について. 小澤章子, 加藤 彩, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻), 野見山 延 (国立療養所西甲府病院): 第22回日本臨床麻酔学会 (2002.11), 甲府.

2809. [学会 (全国)] (一般講演) 深部静脈血栓症を有する患者の周術期管理〜40症例の検討. 黒岩政之, 新井正康, 岡本浩嗣, 上野哲生, 三柴絵里, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会 (2002.04.18〜20), 福岡.

2810. [学会 (全国)] (一般講演) 周術期肺血栓塞栓症予防の検討. 三柴絵里, 黒岩政之, 新井正康, 小坂康晴, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会(2002.04.18), 福岡.

2811. [学会 (全国)] (一般講演) 拡張型心筋症を有する患者の周術期管理. 中原絵里, 黒岩政之, 新井正康, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第23回日本循環制御医学会総会(2002.05.17), 神奈川.

2812. [学会 (全国)] (一般講演) 超高齢者におけるオキシコドンの硬膜外腔持続注入による術後鎮痛法の検討. 松崎重之 (麻), 田島英雄 (伊勢原協同), 石川玲子 (伊勢原協同), 加藤秀一 (かとうクリニック), 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会 (2002.04.18〜20), 福岡.

2813. [学会 (全国)] (ポスター) 肺静脈還流異常をともなったPosterior type ASDの一例. 岡本浩嗣, 諏訪潤子, 外 須美夫 (麻): 第7回日本心臓血管麻酔学会学術総会 (2002.09.21〜22), 神戸.

2814. [学会 (全国)] (ポスター) 脊椎手術の麻酔法が術後合併症に及ぼす影響−吸入麻酔法と静脈麻酔法の違いについて−. 小村賢祥, 近藤 洋, 黒岩政之, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.19), 福岡.

2815. [学会 (全国)] (ポスター) 腕神経叢ブロックPlumb-Bob法 (鎖骨上垂直穿刺アプローチ) の成功率と合併症の検討. 渡辺理恵, 近藤 洋, 黒岩政之, 戸田雅也, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会(2002.04.19), 福岡.

2816. [学会 (全国)] (ポスター) 脊椎転移による非神経障害性疼痛に対する塩酸ケタミンの効果. 渡辺理恵, 的場元弘 (麻): 第70回日本緩和医療学会総会 (2002.06.29), 愛媛.

2817. [学会 (全国)] (ポスター) ジブカイン, テロラカイン, ブピバカインの神経毒性効果の比較. 小坂康晴, 新井民江, 秋山麻紀, 清水 要, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.20), 福岡.

2818. [学会 (全国)] (ポスター) on-pump CABGとoff-pump CABGにおける血小板凝集能の変化. 糸満香織, 黒岩政之, 岡本浩嗣, 沼澤華菜子, 戸田雅也, 増田英理子, 外 須美夫 (麻), 伊藤 修 (MEセンター): 第6回日本心臓血管麻酔学会総会 (2002.09.23), 兵庫.

2819. [学会 (全国)] (ポスター) 強直性脊椎炎合併患者の麻酔管理の検討. 工藤裕子, 黒岩政之, 近藤 洋, 渡辺理恵, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第22回日本臨床麻酔学会総会 (2002.10.30), 山梨.

2820. [学会 (全国)] (ポスター) 人工股関節置換術における静脈血栓塞栓症予防目的アスピリン及びヘパリン投与の安全性の検討. 高良麻紀子, 黒岩政之, 新井正康, 中原絵里, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第22回日本臨床麻酔学会総会 (2002.10.30), 山梨.

2821. [学会 (全国)] (ポスター) 右肺葉切除後に肺捻転をきたした一症例. 沼澤華菜子, 伊藤壮平, 木下 伸, 上野哲生, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第22回日本臨床麻酔科学会総会 (2002.10.30), 山梨.

2822. [学会 (全国)] (ポスター) セボフルラン麻酔後に褐色尿で発症した横紋筋融解症の1症例. 上野哲生, 新井民江, 米倉純子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第22回日本臨床麻酔科学会総会 (2002.10.30), 山梨.

2823. [学会 (全国)] (ポスター) 胸部硬膜外腔へのメピバカイン単回投与後, 持続投与の効果について. 近藤 洋, 奥富俊之, 黒岩政之, 伊藤寿美子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.19), 福岡.

2824. [学会 (全国)] (ポスター) 慢性疼痛患者に施行した持続硬膜外麻酔の局所麻酔薬の違いによる麻酔領域の比較. 上野哲生, 増田英理子, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会 (2002.04.19), 福岡.

2825. [学会 (全国)] (ポスター) 鍼治療が奏効し即座に歩行可能となった両下肢のComplex Regional Pain Syndromeの一例. 増田英理子, 小林瑞佳, 金井昭文 (麻), 安里文雄 (丘整形), 外 須美夫 (麻): 第36回日本ペインクリニック学会 (2002.07.19), 宮崎.

2826. [学会 (全国)] (ポスター) 全身麻酔導入後に顕在化したAdie瞳孔. 小林瑞佳, 肝付 洋, 稲村実穂子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第22回日本臨床麻酔学会(2002.11.02), 山梨.

2827. [学会 (全国)] (ポスター) 上行路遮断術施行後に激痛を訴え, 短期間に大量のオピオイドに鎮痛が必要となった一例. 小林瑞佳, 戸田雅也, 伊藤美由紀, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第7回日本緩和医療学会総会(2002.06.29), 松山.

2828. [学会 (全国)] (ポスター) モルヒネによるがん疼痛治療におけるレスキュードーズの有用性と安全性の検討. 的場元弘 (麻), 中山明仁 (耳鼻), 伊藤美由紀, 村上敏史, 伊藤壮平, 渡辺理恵, 外 須美夫 (麻): 第7回日本緩和医療学会総会 (2002.06.29), 松山.

2829. [学会 (全国)] (特別講演) 心臓外科手術における右心機能モニタリング. 岡本浩嗣 (麻):第7回日本心臓血管麻酔学会学術総会 (2002.09.21〜22), 神戸.

2830. [学会 (全国)] (教育講演) 経食道心エコー (TEE) の基礎知識. 岡本浩嗣 (麻): 第23回日本循環制御医学会総会 (2002.05.18), 横浜.

2831. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 周術期循環破綻の原因と対策「肺血栓塞栓症」. 黒岩政之, 新井正康, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第23回日本循環制御医学会総会(2002.05.18), 神奈川.

2832. [学会 (全国)] (ワークショップ) 小児開心術のTEE評価: 麻酔科医はどこまで診断できるか? (成人TEEからのextrapolationは可能か?). 岡本浩嗣 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.20), 福岡.

2833. [学会 (全国)] (リフレッシャーコース) 心臓麻酔, 人工心肺からのウイーニングを中心に. 岡本浩嗣 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.18), 福岡.

2834. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) オピオイド鎮痛薬の剤形と投与経路の選択. 的場元弘 (麻): 19回日本TDM学会学術大会 (2002.05.12), 熊本.

2835. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) がん疼痛治療の考え方と薬剤の選択. 的場元弘 (麻): 第26回日本頭頸部腫瘍学会 (2002.06.13), 千葉.

2836. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 各種モルヒネの製剤別特徴とその使い方. 的場元弘 (麻): 第7回日本緩和医療学会 (2002.06.29), 松山.

2837. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) がん疼痛治療におけるオピオイドと投与経路の自由自在. 的場元弘(麻): 第36回日本ペインクリニック学会 (2002.07.20), 宮崎.

2838. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) オピオイド鎮痛薬の剤形と投与経路の選択. 的場元弘 (麻): 第22回日本臨床麻酔学会 (2002.11.01), 甲府.

2839. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) モルヒネの増量, 減量, 剤形変更. 的場元弘 (麻): 第43回日本肺癌学会(2002.11.22), 福岡.

2840. [学会 (全国)] ( 一般講演) ラットにおいて硫酸マグネシウムがブピバカインの薬物動態に及ぼす影響. 奥富俊之, 本山正岩, 斎藤美和子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.19), 福岡.

2841. [学会 (全国)] ( 一般講演) 腕神経叢ブロックPlumb-Bob法 (鎖骨上アプローチ垂直穿刺法)の成功率と合併症の検討. 渡辺理恵, 近藤 洋, 黒岩政之, 戸田雅也, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.19), 福岡.

2842. [学会 (全国)] ( 一般講演) 当施設における周術期肺血栓塞栓症の予防法. 三柴絵里, 黒岩政之, 新井正康, 岡本浩嗣, 小坂康晴, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会 (2002.04.18), 福岡.

2843. [学会 (全国)] ( 一般講演) 脊椎手術における前投薬クロニジン, ジアゼパムの循環動態に対する体位別の比較検討. 近藤 洋, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.19), 福岡.

2844. [学会 (全国)] ( 一般講演) 麻酔分娩が後陣痛および会陰切開部痛に及ぼす影響. 斎藤美和子, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.20), 福岡.

2845. [学会 (全国)] ( 一般講演) 慢性疼痛患者に施行した持続硬膜外麻酔の局所麻酔薬の違いによる麻酔領域の比較. 上野哲生, 増田英理子, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会 (2002.04.20), 福岡.

2846. [学会 (全国)] ( 一般講演) 神経因性疼痛患者の脳脊髄液分析. 金井昭文, 村上敏史, 上野哲生, 蒔本亜季, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第49回大会(2002.04.20), 福岡.

2847. [学会 (全国)] ( 一般講演) 胸部硬膜外ブロックにより著明な両上肢皮膚温の低下と尿閉を認めた帯状疱疹後神経痛の一例. 小坂康晴, 吉井由布子, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第36回日本ペインクリニック学会(2002.07.19), 宮崎.

2848. [学会 (全国)] ( 一般講演) フェンタニルパッチの鎮痛効果及び副作用の検討. 小坂康晴, 吉井由布子, 鮫島千恵子, 伊藤美由紀, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): 第36回日本ペインクリニック学会 (2002.07.19), 宮崎.

2849. [学会 (全国)] ( 一般講演) 術後持続腰部硬膜外鎮痛におけるロピバカインとブピバカインの検討. 中原絵里, 鮫島千恵子, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第36回日本ペインクリニック学会 (2002.07.19), 宮崎.

2850. [学会 (全国)] ( 一般講演) キセノン光の種々の痛みに対する鎮痛効果の検討. 金井昭文, 工藤裕子, 沼澤華菜子, 村上敏史, 外 須美夫 (麻): 第36回日本ペインクリニック学会 (2002.07.19), 宮崎.

2851. [学会 (全国)] ( 一般講演) キセノン光照射が著効した透析アミロイド関節痛の一例. 清水 要, 中原絵里, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第36回日本ペインクリニック学会 (2002.07.19), 宮崎.

2852. [学会 (全国)] ( 一般講演) プロスタンジンE1によるドラッグチャレンジテストの検討. 木下 伸, 糸満香織, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第36回日本ペインクリニック学会 (2002.07.19), 宮崎.

2853. [学会 (全国)] ( 一般講演) ジブカイン, テトラカイン, ブピバカインの神経毒性効果の比較. 小坂康晴, 新井民江, 秋山麻紀, 清水 要, 岡元浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会 (2002.04.20), 福岡.

2854. [学会 (全国)] ( 一般講演) リドカインとブピバカインの神経毒性の比較. 新井民江, 奈良佳洋, 村瀬勢津子, 佐佐木花代子, 工藤裕子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会 (2002.04.20), 福岡.

2855. [学会 (全国)] ( 一般講演) 高比重ブピバカインを用いた硬脊麻の神経障害発症率の検討. 秋山麻紀, 新井民江, 糸満香織, 沼澤華菜子, 岡元浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔学会第49回大会 (2002.04.20), 福岡.

2856. [学会 (全国)] ( 一般講演) ラット脊椎痲酔モデルにおけるブピバカインとロピバカインの神経毒性. 新井民江, 鮫島千恵子, 清水 要, 木下 伸, 外 須美夫 (麻): 第36回ペインクリニック学会 (2002.07.19), 宮崎.

2857. [学会 (全国)] ( 一般講演) セボフルラン痲酔後に褐色尿で発祥した横紋筋融解症の1症例. 上野哲生, 新井民江, 米倉純子, 岡元浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第22回日本臨床麻酔学会 (2002.11.01), 甲府.

2858. [学会 (全国)] ( 一般講演) 前立腺癌の脊椎転移部位と発症時期. 村上敏史, 的場元弘, 伊藤美由紀, 渡辺理恵, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第7回日本緩和医療学会(2002.06.29), 松山.

2859. [学会 (全国)] ( 一般講演) 硫酸モルヒネ徐放性細粒を使用したがん性疼痛患者のモルヒネ体内動態. 工藤裕子, 的場元弘, 国分秀也, 小林端佳, 伊藤美由紀, 村上敏史, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第7回日本緩和医療学会(2002.06.29), 松山.

2860. [学会 (全国)] ( 一般講演) 硫酸モルヒネ徐放性細粒におけるシリンジおよび経管チューブへの付着. 国分秀也, 伊東利雅, 木村利美 (麻), 村瀬勢津子, 佐川賢一, 島田慈彦 (薬剤部), 工藤裕子, 戸田雅也, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): 第7回日本緩和医療学会 (2002.06.29), 松山.

2861. [学会 (地方)] (一般講演) 腎癌乳腺転移の超音波像. 磯野雅子 (麻), 関口隆三, 古瀬純司, 石井 浩, 竹内浩司, 井本 滋 (国立がんセンター東病院): 日本超音波医療学会関東甲信越地方会第14回学術集会 (2002.09.14), 東京.

2862. [学会 (地方)] (一般講演) 挿管困難が予想された小額症と口蓋裂を有する47XXY児の麻酔. 中野貴明, 小澤章子, 小坂康晴, 橋場伸一郎, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 神奈川麻酔医会平成14年度学術集会 (2003.02), 相模原.

2863. [学会 (地方)] (一般講演) 両側肺動脈血栓塞栓症患者の血栓除去術の麻酔経験. 蒔本亜季, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻), 星野真里子, 桜本千恵子 (町田市民病院): 第42回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2002.09.21), 山梨.

2864. [学会 (地方)] (教育講演) 局麻の神経毒性. 新井民江 (麻): 平成14年度神奈川麻酔医専門医会総会(2003.02.01), 相模原.

2865. [学会 (地方)] (ポスター) 術中高度低血圧を来した長期うつ薬内服患者の1例. 沼澤華菜子, 黒岩政之, 近藤 洋, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 平成14年度神奈川麻酔医専門医会総会 (2002.02.01), 相模原.

2866. [学会 (地方)] (ポスター) 終末期肺がん患者の呼吸困難への対応と鎮静. 磯野雅子 (麻), 坂下美彦, 志真泰夫 (国立がんセンター東病院): 第7回日本緩和医療学会総会 (2002.06.28), 松山.

2867. [学会 (地方)] (シンポジウム等) フェンタニル添加ブピバカインによる脊椎麻酔. 外 須美夫, 金井昭文, 岡本浩嗣, 安斉 健 (麻): 第42回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2002.09.21), 山梨.

2868. [研究会 (全国)] (一般講演) 癌疼痛の薬物治療について. 的場元弘 (麻): 第23回薬物治療研究会 (2002.10.16), 横浜.

2869. [研究会 (全国)] (一般講演) PCEAを使用した分娩時麻酔. 斎藤美和子, 奥富俊之, 吉村千緒 (麻), 望月純子, 金井雄二, 天野 完 (産婦): 第105回分娩と麻酔研究会(2002.11.30), 横浜.

2870. [研究会 (全国)] (一般講演) 麻酔法の違いによる後陣痛・会陰切開部痛の比較検討. 斎藤美和子, 奥富俊之, 新井陽子, 天野 完, 外 須美夫 (麻): 第104回分娩と麻酔研究会 (2002.06.22), 東京.

2871. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 本邦におけるPCAによる無痛分娩の現状と問題点. 斎藤美和子, 奥富俊之 (麻): 第3回PCA研究会 (2002.11.01), 山梨.

2872. [研究会 (地方)] (一般講演) 左心バイパス法による胸部下行・胸腹部大動脈瘤の麻酔管理. 元村紋子, 鮫島千恵子, 星野真里子, 桜本千恵子 (町田市民病院), 外 須美夫 (麻): 三多摩麻酔懇話会 (2003.02.22), 立川.

2873. [研究会 (地方)] (一般講演) 新しい症状緩和医療のための試行錯誤. 的場元弘 (麻): 第1回岡山がん疼痛研究会 (2002.07.12), 岡山.

2874. [研究会 (地方)] (LKカンファレンス) がん疼痛治療におけるオピオイド鎮痛薬の役割. 的場元弘 (麻): 肺癌地域医療懇話会合同研究会 (2003.02.15), 大阪.


<<臨床検査診断学>>

[学術論文]

2875. [原著] Anti-inflammatory effect of retrovirally transfected interleukin-10 (IL-10) on monosodium urate crystal-induced acute inflammation in murine air pouches. 村上洋介 (微), 赤星 透 (臨検学), 川合眞一 (聖マリ), 井上松久 (微), 北里英郎 (微): Arthritis Rheum, 46: 2504〜2513, 2002.

2876. [原著] Expression of matrix metalloproteinase-2 and prostate-specific antigen in localized and metastatic prostate cancer. 狩野有作 (臨検学), 赤星 透 (臨検学), 大原正志 (東歯科大), 益子貴臣 (臨検学), 大谷慎一 (臨検学), 頴川 晋 (泌), 馬場志郎 (泌): Anticancer Research, 22: 1813〜1818, 2002.

2877. [原著] Rapid induction of perixisome proliferator-activated receptor γ (PPARγ) expression in human monocytes by monosodium urate crystals. 赤星 透 (臨検学), 生井理恵 (内), 村上洋介 (微), 渡部洋行 (内), 松井俊通 (内), 西村明人 (整外), 北里英郎 (微), 井上松久 (微), 近藤啓文 (内): Arthritis Rheum, 48: 231〜239, 2003.

2878. [原著] Production of MIP-3α (CCL20) and MIP-3β (CCL19) by human peripheral blood neutrophils in response to microbial pathogens. 赤星 透 (臨検学), 笹原武志 (微), 生井理恵 (内), 松井俊通 (内), 渡部洋行 (内), 北里英郎 (微), 井上松久 (微), 近藤啓文 (内): Infect. Immun, 71: 524〜526, 2003.

2879. [原著] 関節リウマチおよび癌腫における血清IgG糖鎖構造の異常. 大谷伸久 (順天大), 〆谷恵子 (臨検学), 狩野有作 (臨検学), 大谷英樹 (総泉病院): 生物物理化学, 46 (4): 163〜167, 2002.

2880. [原著] Detection of a processed pseudogene of the human MBL-associated serine protease, MASP1. Mchihara, Y. (住金バイオ), Tazawa, H. (住金バイオ), Habuta, S. (SRL), Ohthubo, K. (SRL), Kozaki, T. (SRL), Ishihara, Y. (SRL), 高山吉永 (臨検学), 川上正也: Cytogenet Genome Res., 98 (108): A1〜4, 2002.

2881. [準原著] 正中神経刺激による短潜時SEPの頚部誘導の検討. 小野沢裕也 (臨検), 吉本紅子 (臨検), 阿部勇勝 (臨検), 河島江美 (臨検), 古木量一郎 (臨検), 赤星 透 (臨検学): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 37 (2): 21〜24, 2002.

2882. [研究報告] 慢性関節リウマチにおけるメソトレキサートの作用機序に関する研究 厚生科学研究費補助金 (感覚器障害及び免疫・アレルギー等研究事業). 赤星 透 (臨検学): 「慢性関節リウマチの早期治療指針の確立に関する研究班」平成13年度研究報告書, p.57〜61, 2002.

2883. [総説] ケモカインの関節炎における役割, 炎症とサイトカイン−病態から治療応用へ−. 赤星 透 (臨検学): 最新医学, 57: 40〜45, 2002.

2884. [総説] 薬物アレルギー, 検査値から読む病態と診断計画. 大谷慎一 (臨検学), 赤星 透 (臨検学): 臨床医増刊号, 28: 1568〜1570, 2002.

2885. [総説] 好中球、アポトーシスのすべて. 赤星 透(臨検学): 臨床免疫特別増刊号, 38 (Suppl.20): 215〜220, 2002.

2886. [総説] サリチル酸 (バイアスピリン, バッファリン), 内科医が使う薬の副作用・相互作用. 木村利美 (薬剤), 赤星 透 (臨検学): Medicina 増刊号, 39: 326〜328, 2002.

2887. [総説] Infliximab, 薬物療法に関する最近の進歩, 抗TNFα療法の有用性 関節リウマチ治療の進歩−最新の基礎・臨床研究−. 赤星 透 (臨検学), 渡部洋行 (内): 日本臨床, 60: 2378〜2383, 2002.

2888. [総説] 血中ジゴキシン濃度測定での異常高値, 検査データを考える. 安本龍馬 (臨検), 赤星 透 (臨検学), 鳥井晋三 (胸外): 検査と技術, 30: 1243〜1249, 2002.

2889. [総説] 臨床検査室の構造改革. 赤星 透(臨検学): 新医療, (2): 84〜86, 2002.

2890. [総説] 除菌後H.pylori陰性再発例に対するPPI維持療法の有用性. 大原正志 (東歯科大), 狩野有作 (臨検学): 消化器科, 35 (1): 96〜100, 2002.

2891. [総説] 遺伝子検査市場の現状. 大谷慎一 (臨検学): 臨床病理, 50: 1130〜1135, 2002.

[著 書]

2892. [著書] (分担執筆) 非ステロイド抗炎症薬の選び方と使い方; 発熱性疾患, a. 感染症におけるNSAIDsの使い方, b. 悪性腫瘍に伴う発熱に対するNSAIDsの使い方, p.48〜56. 赤星 透 (臨検学), 編集 川合眞一 (聖マリ), 南江堂, 東京, 2002.10.01発行.

2893. [著書] (分担執筆) 臨床に有用な遺伝子検査; クラミジア・淋菌感染症, p.57〜61. 狩野有作 (臨検学), 編集 渡辺直樹 (札幌医大), 臨床病理刊行会, 東京, 2002.11.30発行.

[学会・研究会等]

2894. [学会 (国際)] (一般講演) Whole Blood Filtration within thirty minutes has no influence on coagulation Factors of FFP and Cryoprecipitate. 大谷慎一 (臨検学), 狩野有作 (臨検学), 赤星 透 (臨検学), 小原邦義 (胸外), 柿田 章 (外): 27th Congress of the ISBT(2002.08.27), バンクーバー. Vox Sangunis, 83 (suppl.2): 177, 2002.

2895. [学会 (全国)] (一般講演) 心筋障害を合併した強皮症の臨床的並びに病理学的解析. 内山真主美 (内), 遠藤平仁 (内), 鈴木園子 (内), 吉田 秀 (内), 赤星 透 (臨検学), 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2002. 04.22〜24), 神戸. リウマチ, 2: 301, 2002.

2896. [学会 (全国)] (一般講演) RAにおけるT細胞浸潤に関与するケモカインの検討. 松井俊通 (内), 赤星 透 (臨検学), 中山保典 (内), 東 由明 (内), 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2002. 04.22〜24), 神戸. リウマチ, 42: 325, 2002.

2897. [学会 (全国)] (一般講演 RA患者及びマウスコラーゲン関節炎 (CIA) 滑膜組織への樹状細胞浸潤におけるMIP-3α, CCR6の関与. 中山保典 (内), 松井俊通 (内), 佐藤裕明 (内), 荻野恭浩 (内), 山下ちづる (内), 東 由明 (内), 宇野 洋 (内), 上村 考 (内), 近藤啓文 (内), 赤星 透 (臨検学): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会(2002. 04.22〜24), 神戸. リウマチ, 42: 326, 2002.

2898. [学会 (全国)] (一般講演) PGDSによる抗炎症作用の検討. 村上洋介 (微), 赤星 透 (臨検学), 川合眞一 (聖マリ), 北里英郎 (微): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2002. 04.22〜24), 神戸. リウマチ, 42: 368, 2002.

2899. [学会 (全国)] (一般講演) MTXによるCD36発現誘導と炎症制御機序の解析. 渡部洋行 (内), 渡辺 恵 (内), 松井俊通 (内), 近藤啓文 (内), 赤星 透 (臨検学): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2002. 04.22〜24), 神戸. リウマチ, 42: 392, 2002.

2900. [学会 (全国)] (一般講演) TTP/HUSを合併した全身性エリテマトーデス, 強皮症の臨床的解析. 吉田 秀 (内), 遠藤平仁 (内), 鈴木園子 (内), 赤星 透 (臨検学), 菅田文彦 (内), 鈴木康夫 (内), 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2002. 04.22〜24), 神戸. リウマチ, 42: 416, 2002.

2901. [学会 (全国)] (一般講演) 多発性筋炎 (PM)/皮膚筋炎 (DM) における抗SRP抗体の多様性と臨床的特徴. 佐藤隆司 (内), 松井俊通 (内), 岡野哲郎 (内), 小笠原孝 (内), 赤星 透 (臨検学), 岡田 純 (内), 近藤啓文 (内): 第46回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2002. 04.22〜24), 神戸. リウマチ, 42: 448, 2002.

2902. [学会 (全国)] (一般講演) 汎用型自動分析装置に対応した梅毒脂質抗体検査試薬の基礎的検討. 岩楯欽央 (臨検), 藤村善行 (臨検), 大場雄吉 (臨検), 三浦芳典 (臨検), 菅原健一 (臨検), 古木量一郎 (臨検), 赤星 透 (臨検学): 第34回日本臨床検査自動化学会 (2002.09.12〜13), 神戸. 日本臨床検査自動化学会誌, 27 (4): 390, 2002.

2903. [学会 (全国)] (一般講演) 頚部動脈硬化症の進展度の評価と脂質関連マーカーの変動に関する検討. 狩野有作 (臨検学), 壇原幹生 (臨検学), 高山吉永 (臨検学), 大谷慎一 (臨検学), 宇治橋善勝 (臨検), 菅原健一 (臨検), 北野壮一 (臨検), 赤星 透 (臨検学): 第49回日本臨床検査医学会総会 (2002.11.24〜24), 大阪. 臨床病理, 50: 151, 2002.

2904. [学会 (全国)] (一般講演) 筋炎特異的自己抗体の多様性と臨床的特徴. 佐藤隆司 (医療系大学院), 岡野哲郎 (医衛), 渡部洋行 (内), 近藤啓文 (内), 赤星 透 (臨検学): 第49回日本臨床検査医学会総会 (2002.11.24〜24), 大阪. 臨床病理, 50: 161, 2002.

2905. [学会 (全国)] (一般講演) 採血直後 (30分以内) ろ過における自己血製剤での保存前白血球除去の影響について. 大谷慎一 (臨検学), 高山吉永 (臨検学), 壇原幹生 (臨検学), 狩野有作 (臨検学), 赤星 透 (臨検学), 高野波留美 (臨検), 小本美奈 (臨検), 風間あきみ (臨検), 遠藤成子 (臨検), 八木和世 (臨検), 平田泰良 (臨検), 萩原将太郎 (内), 小原邦義 (胸外), 柿田 章 (外): 第49回日本臨床検査医学会総会 (2002.11.24〜24), 大阪. 臨床病理, 50: 265, 2002.

2906. [学会 (全国)] (一般講演) 頚部動脈硬化症と危険因子および生活習慣病との関連性について. 狩野有作 (臨検学), 壇原幹生 (臨検学), 高山吉永 (臨検学), 大谷慎一 (臨検学), 宇治橋善勝 (臨検), 染谷洋子 (臨検), 赤星 透 (臨検学): 第49回日本臨床検査医学会総会 (2002.11.24〜24), 大阪. 臨床病理, 50: 289, 2002.

2907. [学会 (全国)] (一般講演) 血漿成分採血方法の改良と検討. 大谷慎一 (臨検学), 益子貴臣 (臨検学), 狩野有作 (臨検学), 赤星 透 (臨検学), 高野波留美 (臨検), 小本美奈 (臨検), 風間あきみ (臨検), 遠藤成子 (臨検), 八木和世 (臨検), 平田泰良 (臨検), 小原邦義 (胸外), 柿田 章 (外): 第50回日本輸血学会総会 (2002.05.09), 東京. 日本輸血学会雑誌, 48 (3): 181, 2002.

2908. [学会 (全国)] (一般講演) 血小板製剤の使用状況と適正使用. 遠藤成子 (臨検), 小本美奈 (臨検), 高野波留美 (臨検), 風間あきみ (臨検), 八木和世 (臨検), 平田泰良 (臨検), 大谷慎一 (臨検学), 小原邦義 (胸外), 柿田 章 (外): 第50回日本輸血学会総会 (02.05.09), 東京. 日本輸血学会雑誌, 48 (3): 210, 2002.

2909. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における不規則抗体の検出状況. 小本美奈 (臨検), 高野波留美 (臨検), 風間あきみ (臨検), 遠藤成子 (臨検), 八木和世 (臨検), 平田泰良 (臨検), 大谷慎一 (臨検学), 小原邦義 (胸外), 柿田 章 (外): 第50回日本輸血学会総会 (2002.05.09), 東京. 日本輸血学会雑誌, 48 (3): 220, 2002.

2910. [学会 (全国)] (シンポジウム) 自己血の白血球除去について−当院における現状−. 大谷慎一 (臨検学): 第16回自己血輸血学会学術総会 (2003.03.07), 東京. 自己血輸血, 16: S9, 2003.

2911. [学会 (全国)] (ワークショップ) 関節リウマチの治療戦略−当院におけるステップアップ療法の現状と問題点−. 赤星 透 (臨検学): 第17回臨床リウマチ学会(2002.11.15〜16), 甲子園.

2912. [学会 (地方)] (特別講演) 動脈硬化症の危険因子および進展度の評価に点いて. 狩野有作 (臨検学): 神奈川県臨床衛生検査技師会 第26回臨床化学セミナー(2002.11.09), 熱海. 第26回臨床化学セミナー抄録集, p4〜9, 2002.


<<救命救急医学>>

[学術論文]

2913. [原著] 気管チューブ抜管困難症例の臨床症状とファイバースコープによる喉頭所見の関連, および対策に関する検討. 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本集中治療医学会雑誌, 9 (1): 23〜28, 2002.

2914. [原著] Treatment out come of Nonclostridial Gas Gangrene at a Level 1 Trauma Center. 高平尚伸 (整外), 新藤正輝, 田中啓司, 相馬一亥, 大和田 隆, Itoman, M. (救命): J Orthoped Trauma, 16: 12〜17, 2002.

2915. [原著] ConductionSystem AbnormalitiesIn Rat Embryos Induced by Maternal Hyperthermia. 青山直善 (救命), 山科正平 (解), Robert E. P, Adriana C. G, 和泉 徹 (内), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): The Anatomical Record, 267: 213〜219, 2002.

2916. [原著] Clinical trial of argatroban,a direct thrombin inhibitor,as an anticoagulant in cardiopulmonary support and apheresis in emergency patients:a preliminary report. Akashi K, Masui Y, 相馬一亥 (救命), Kawada T, Takahashi Y, Yamanaka I, Inokuchi S, Sugiyama M. (救命): J Artif Organs, 5: 223〜227, 2002.

2917. [原著] Blockade of bradykinin B2 receptor suppresses Acute pancreatitis induced by obstrution of the pancreaticobiliary duct in rats. 平田光博 (外), 林 泉 (薬理), Yoshimura K, Ishii K, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 柿田 章 (外), 馬嶋正隆 (薬理): British Journal of Pharmacology, 135: 29〜36, 2002.

2918. [原著] 特発性食道破裂症例の臨床的検討. 片岡祐一 (救命), 島田 謙 (外), 町井正人 (胸外), 相馬一亥, 今井 寛, 大和田 隆 (救命): 日本胸部救急医学会雑誌, 23(3): 447〜452,2003.

2919. [原著] Acute massive pulmonary thromboembolism associated with risperidone and conventional phenothiazines. 上條吉人, 相馬一亥 (救命), 永井智紀, 栗原克由 (法医), 大和田 隆 (救命): Circ. J., 67 (1): 46〜48, 2003.

2920. [原著] 頸部刺創における術前画像診断の有用性 180からの経験. 山田直人, 一氏俊世, 安田吉宏, 熊谷 謙 (救命), 片岡祐一, 新藤正輝, 西巻 博(放), 相馬一亥, 大和田 隆(救命): 日本臨床救急医学会雑誌, 5(3): 305〜309, 2002.

2921. [研究報告 (厚生省)] 心臓, 脳卒中の急性期における診療機能の向上およびその研修の在り方に関する研究. 北原孝雄 (救命), 島崎修次 (杏林大医): 厚生科学研究研究費補助金−平成13年度総括・分担報告書, p.43〜48, 2002.

2922. [症例報告] 鈍的肝損傷後生じた巨大bilomaに対して内視鏡的胆管塞栓術が有効であった1例. 片岡祐一 (救命), 今泉 弘 (内), 西巻 博 (放), 島田 謙 (外), 浅利 靖, 今井 寛, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日外傷会誌, 16 (1): 30〜34, 2002.

2923. [症例報告] 急激な経過をとったVibrio vulnificus 敗血症の1例. 久野亜希子, 片岡祐一, 熊谷 謙, 山本紳一郎, 今井 寛, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命), 吉田 功 (病理): 日救急医会関東誌, 23: 28〜29, 2002.

2924. [症例報告] Acute liver failure following intravenous methamphetamine. 上條吉人, 相馬一亥 (救命), Nishida M, Namera A. (広島大), 大和田 隆 (救命): Vet. Hum. Toxicol., 44 (4): 216〜217, 2002.

2925. [症例報告] Transient diffuse cerebral hypoperfusion in Tc-99m HMPAO SPECT of the brain during withdrawal syndrome following acute barbiturate poisoning. 上條吉人, 相馬一亥 (救命), 近藤留美子 (薬剤), 大和田 隆 (救命): Vet. Hum. Toxicol., 44 (6): 348〜350, 2002.

2926. [症例報告] Hepatocellular injury with hyperaminotransferasemia following cresol ingestion. 上條吉人, 相馬一亥 (救命), 国東幹夫 (内), 大部 誠 (医衛), Fuke, C. (琉球大), 大和田 隆 (救命): Archiv. Pathol. Lab. Med., 127 (3): 364〜366, 2003.

2927. [総説] 咳・痰・喘息発作. 相馬一亥 (救命): レジデントノート, 4 (3): 47〜53, 2002.

2928. [総説] 救急薬品とその用い方. 熊谷 謙, 相馬一亥 (救命): 産婦人科救急治療ガイド, 84: 453〜456, 2002.

2929. [総説] 外傷による気道損傷. 相馬一亥 (救命): 呼吸, 21 (2): 120〜124, 2002.

2930. [総説] 非薬物療法 人工呼吸・補助呼吸. 熊谷 謙, 相馬一亥 (救命): 救急医学 ERにおける循環器疾患の管理, 26 (10): 1301〜1304, 2002.

2931. [総説] 呼吸困難. 相馬一亥 (救命): ナース必携最新救急マニュアル, 18 (14): 130〜133, 2002.

2932. [総説] 院内肺炎の診療と予防. 相馬一亥 (救命): Medical Practice, 19 (11): 1788〜1793, 2002.

2933. [総説] ARDS. 相馬一亥 (救命): 救急医学 胸部外傷診断・治療の進歩, 26 (12): 1773〜1778, 2002.

2934. [総説] RCUのいま. 相馬一亥 (救命): 呼吸器ケア, 1 (1): 14〜20, 2003.

2935. [総説] 呼吸器感染Q & A. 相馬一亥 (救命): 消化器外科NURSING, 8 (2): 33〜39, 2003.

2936. [総説] 急性呼吸不全. 相馬一亥 (救命): 救急診療ガイドライン 救急・集中治療, 14 (臨増): 84〜85, 2003.

2937. [総説] 救命救急センターにおける呼吸管理. 橋場伸一郎 (麻), 相馬一亥 (救命): 別冊医学のあゆみ 呼吸器疾患, 2003-2005: 340〜343, 2003.

2938. [総説] 救命救急室における結核症. 相馬一亥 (救命): 呼吸, 22 (3): 250〜256, 2003.

2939. [総説] 脳血管障害急性期の鑑別診断のポイント. 北原孝雄 (救命): 救急医学, 26: 1005〜1008, 2002.

2940. [総説] 救急医療『頭痛』. 北原孝雄 (救命): 診断と治療, 91 (Suppl.): 205〜210, 2003.

2941. [総説] こんな症例, こんな画像. 今井 寛 (救命): 集中治療, 15: 102, 2003.

2942. [総説] 栄養評価・栄養療法における管理栄養士の役割と責務: NST活動における管理栄養士の役割−急性期重症患者の栄養管理−. 宮下佳子 (栄養部), 片岡祐一 (救命), 松原 肇 (薬剤): 静脈経腸栄養, 18 (1): 11〜14, 2003.

2943. [総説] SIRSの病態と治療 血液凝固障害とARDS ARDSの治療. 新井正康(麻), 相馬一亥 (救命): Medio, 20 (1): 4851, 2003.

2944. [総説] ARDSに対するステロイド療法. 相馬一亥 (救命): ACUとCCU, 25 (12): 917〜923, 2002.

2945. [総説] 院内肺炎診療の基本的考え方−人工呼吸器関連肺炎−. 相馬一亥 (救命): 呼吸器科, 2: 30〜35, 2002.

2946. [総説] 人工呼吸器関連肺炎 (VAP). 相馬一亥 (救命): Current concepts in infectious diseases, 21: 18〜19, 2002.

2947. [講座] こんな症例, こんな画像. 北原孝雄 (救命): 救急・集中治療, 15: 2, 2003.

[著 書]

2948. [学術書] (分担執筆) 救急看護への強い味方; 36. 不穏, p.202〜203, 37. 幻覚・妄想, p.204〜205, 38. 急性薬物中毒, p.206〜207, 40. 悪性症候群, p.210〜211. 上條吉人 (救命), 南山堂, 東京, 2002.04.10発行.

2949. [学術書] (分担執筆) 災害医学; 災害と精神医学, p.257〜268. 上條吉人 (救命), 南山堂, 東京, 2002.06.10発行.

2950. [学術書] (分担執筆) 最新救急マニュアル; 救急患者への対処 急性中毒. 浅利 靖 (救命), 編集 小林国男(帝京大), 照林社, 東京, 2002.11発行.

2951. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2003年版; 1.救急医療, B.手技, 胃洗浄法. 浅利 靖 (救命), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

2952. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2003年版; 脳震盪, p.33〜34. 北原孝雄 (救命), 編集 山口 徹,北原光夫, 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

2953. [教科書] (分担執筆) 救急救命士標準テキスト; 急性中毒学, B. 中毒各論. 浅利 靖 (救命). 編集 桂田 菊 (救急救命士教育研究会), へるす出版, 東京, 2002.04.01発行.

2954. [学術書] (分担執筆) 気管切開; 気管切開-呼吸器内科, p.162〜163. 相馬一亥 (救命), 編集 丸川征四郎, 医学図書出版株式会社, 東京, 2002.03.15発行.

2955. [学術書] (分担執筆) 救急看護へのサポート; 呼吸苦, 呼吸困難, 喘息発作, 咳嗽, 喀痰, 発熱, p.192〜199. 相馬一亥 (救命), 編集 杉本勝彦, 南山堂, 東京, 2002発行.

2956. [学術書] (分担執筆) 内視鏡による呼吸器疾患診療; 外傷, p.198〜203. 相馬一亥 (救命), 編集 太田 健, 永井厚志, 飛田 渉, メジカルビュー社, 東京, 2002.04.10発行.

2957. [学術書] (分担執筆) 呼吸器疾患の治療と看護; 気道熱傷, p.162〜165. 相馬一亥 (救命), 編集 工藤翔二, 南江堂, 東京, 2002.03.15発行.

2958. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針5; 循環器用薬中毒, p.1288〜1290. 相馬一亥 (救命), 編集 亀山正邦, 高久史麿, 医学書院, 東京, 2002.11.01発行.

2959. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 私はこう治療している; 慢性呼吸不全の急性増悪, p.21〜22. 相馬一亥 (救命), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2003.01.01発行.

2960. [学術書] (分担執筆) 内科学 第八版; 麻酔・覚醒剤中毒, p.115〜117. 相馬一亥 (救命), 編集 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

2961. [学術書] (分担執筆) 産婦人科治療 2002; 救急薬品とその用い方, 84, p.1069〜1072. 熊谷 謙, 相馬一亥 (救命), 2002.02.05発行.

2962. [学術書] (分担執筆) 救急医学; 人工呼吸・補助呼吸, 26 (10), p.1301〜1304. 熊谷 謙, 相馬一亥 (救命), 2002.09.25発行.

2963. [学術書] (分担執筆) 救急医学; 救急患者のセデーション, 26 (1), p.39〜42. 熊谷 謙 (救命), 2003.01.10発行.

2964. [学術書] (分担執筆) 人工呼吸器関連肺炎 (VAP). 日本呼吸器学会「呼吸器感染症に関するガイドライン」; 成人院内肺炎診療の基本的考え方, P.41〜46. 相馬一亥 (救命), 日本呼吸器学会, 東京, 2002.03.20発行.

2965. [学術書] (分担執筆) 人工呼吸器関連肺炎 (VAP); 感染と抗菌薬, ガイドラインを活かした院内肺炎診療の実際, P.127〜132. 相馬一亥 (救命), ヴァンメディカル, 東京, 2002.06.10発行.

2966. [学術書] (分担執筆) 専門医を目指すCASE METHOD APPROACH 9. 呼吸疾患(2); 発熱を主訴に受診した68歳女性, P.125〜136. 相馬一亥 (救命), 編集 工藤翔二, 中田紘一郎, 永井厚志, 日本医事新報社, 東京, 2002.06.25発行.

2967. [学術書] (分担執筆) 救命救急領域における肺炎の鑑別; 肺炎の鑑別診断−画像と検査を中心に−, p.40〜50. 相馬一亥 (救命), 編集 中田紘一郎, 監修 松本慶茂, 医療ジャーナル社, 大阪, 2002.07.10発行.

2968. [学術書] (分担執筆) 人工呼吸器関連性肺炎 (VAP); 重症院内肺炎の病態と治療, p.51〜59. 相馬一亥 (救命), 編集 原 耕平, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2002.09.01発行.

2969. [その他の著書 (辞典)] (分担執筆) 医学大事典. 浅利 靖 (救命), 編集 伊藤正男, 井村裕夫, 高久久麿, 医学書院, 東京, 2003.03.01発行.

[学会・研究会等]

2970. [学会 (全国)] (一般講演) 重症感染症患者の栄養状態と免疫能の臨床的検討. 片岡祐一, 熊谷 謙, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第76回日本感染症学会総会(2002.04.11〜12), 東京. 感染症学雑誌, 76: 176, 2002.

2971. [学会 (全国)] (一般講演) 相模原市における小児救急体制. 守屋俊介 (児), 引田俊一, 山本紳一郎, 熊谷 謙, 片岡祐一, 上條吉人, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会(2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 215, 2002.

2972. [学会 (全国)] (一般講演) 鈍的外傷による鎖骨下動脈損傷に対し緊急ステントグラフト留置術が有用だった1例. 田村幸穂 (救命), 西巻 博 (放), 山本紳一郎, 片岡祐一 (救命), 内野正隆, 脇田隆司 (整外), 町井正人 (胸外), 今井 寛, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 245, 2002.

2973. [学会 (全国)] (一般講演) 心拍再会し入院となった来院時心肺停止症例の検討. 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 上條吉人, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 220, 2002.

2974. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における救急救命士病院実習のプログラムとその検討. 新井正康 (麻), 若林靖久 (内), 橋場伸一郎 (麻), 脇田隆司, 内野正隆 (整外), 堤 邦彦 (精), 熊谷 謙, 浅利 靖, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 189, 2002.

2975. [学会 (全国)] (一般講演) バックボード使用によるX線CT画像への影響に関する検討. 古屋麻美子, 常木武士, 相沢義和, 前田 仁, 鈴木 慎, 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 西巻 博 (放), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 194, 2002.

2976. [学会 (全国)] (一般講演) 重傷骨盤骨折後に骨盤周囲膿瘍を合併した敗血症症例の検討. 片岡祐一 (救命), 脇田隆司, 内野正隆 (整外), 西巻 博 (放), 島田 謙 (外), 田村幸穂, 山本紳一郎, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 247, 2002.

2977. [学会 (全国)] (一般講演) 心肺機能停止に陥った肺塞栓症 (PE) に対するPCPSの効果. 今井 寛 (救命), 町井正人 (胸外), 鈴木啓介, 藤田英雄, 井上文子, 引田俊一, 山本紳一郎, 片岡祐一, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 225, 2002.

2978. [学会 (全国)] (一般講演) Circumferential wiring法で治療した下骨開放粉砕骨折の1例. 島倉康人 (形外), 山山竒安晴, 一氏俊世, 内沼栄樹, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 243, 2002.

2979. [学会 (全国)] (一般講演) 入浴中の突然死・一般市民への啓蒙効果についての検討. 秋山久尚, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 200, 2002.

2980. [学会 (全国)] (一般講演) プロポフォール持続投与により, 著明な横紋筋融解症を認めた1成人例. 品川弥人, 秋山久尚, 山本紳一郎, 熊谷 謙 (救命), 新井正康 (麻), 片岡祐一, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 253, 2002.

2981. [学会 (全国)] (一般講演) 緊張性膿気胸を生じた特発性食道破裂の3例. 向山 勲, 片岡祐一 (救命), 島田 謙 (外), 町井正人 (胸外), 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第30回日本救急医学会総会(2002.10.09〜11), 札幌. 日本救急医学会雑誌, 13 (9): 520, 2002.

2982. [学会 (全国)] (一般講演) 重症感染症患者の栄養状態と免疫能の臨床的検討. 片岡祐一, 熊谷 謙, 山本紳一郎, 浅利 靖 (救命), 新井正康, 橋場伸一郎 (麻), 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第30回日本集中治療医学会総会 (2003.02.04〜06), 札幌. 日本集中治療医学会雑誌, 10: 150, 2003.

2983. [学会 (全国)] (一般講演) 臓器移植における臓器提供病院医師の役割と問題点−アンケート調査結果からの検討−. 北原孝雄, 大和田 隆, 有賀 徹, 横田裕行, 唐澤秀治, 野村知子, 加藤 治 (救命): 第15回日本脳死脳蘇生学会 (2002.6.22), 大宮.

2984. [学会 (全国)] (一般講演) 臓器移植における臓器提供病院医師の役割と問題点. 北原孝雄, 大和田 隆, 有賀 徹, 横田裕行, 唐澤秀治, 野村知子, 加藤 治 (救命): 第30回日本救急医学会総会 (2002.10.9〜11), 札幌.

2985. [学会 (全国)] (一般講演) 常用量のベンゾジアピン系薬剤服用中に心肺機能停止で搬送された高齢3症例の検討. 井上文子, 上條吉人, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第30回日本救急医学会総会 (2002.10.11), 札幌.

2986. [学会 (全国)] (一般講演) 救命救急センターNST導入の実際と成果. 宮下佳子 (栄養部), 片岡祐一, 浅利 靖 (救命), 松原 肇 (薬剤), 五郎丸美紀 (栄養部), 島田慈彦 (薬剤): 第18回日本静脈経腸栄養学会 (2003.02.13〜14), 盛岡. 静脈経腸栄養, 18 (sup): 105, 2003.

2987. [学会 (全国)] (一般講演) 外傷性総腸骨静脈・下大静脈損傷に対するステント・ステントグラフトを用いた治療. 西巻 博 (放), 片岡祐一 (救命), 脇田隆司, 内藤正隆, 町井正人 (胸外), 山本紳一郎, 田村幸穂, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第16回日本外傷学会 (2002.05.16〜17), 東京. 日本外傷学会雑誌, 16 (2): 158, 2002.

2988. [学会 (全国)] (一般講演) 当院ICUにおける人工呼吸器関連肺炎 (VAP) の疫学的検討. 熊谷 謙, 向山 勲, 橋場伸一郎 (麻), 新井正康, 今井 寛, 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第30回日本集中治療医学会総会 (2003.02.04〜06), 札幌.

2989. [学会 (全国)] (ワークショップ) 急性中毒の標準治療: 消化管洗浄−活性炭−. 浅利 靖 (救命): 第24回日本中毒学会総会 (2002.07.13), 京都.

2990. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 救急対応における相違・スタッフの専門性と構成からみた問題−内科の立場から−. 相馬一亥 (救命): 第5回日本臨床救急医学会総会 (2002.04.25〜27), 東京. 日本臨床救急医学会雑誌, 5: 146, 2002.

2991. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 重傷骨盤骨折後に骨盤周囲膿を生じた9症例の臨床的検討. 片岡祐一 (救命), 脇田隆司, 内野正隆 (整外), 西巻 博 (放), 島田 謙 (外), 田村幸穂, 今井 寛, 山本紳一郎, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第16回日本外傷学会 (2002.05.16〜17), 東京. 日本外傷学会雑誌, 16 (2): 141, 2002.

2992. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 救急医療における緊急血管造影・IVRに関する全国アンケート調査結果. 西巻 博 (放), 杉本勝彦 (昭和大救急医学), 山本紳一郎, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第16回日本外傷学会 (2002.05.16〜17), 東京. 日本外傷学会雑誌, 16 (2): 169, 2002.

2993. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 外傷診療におけるピットフォール: 重症骨盤骨折後に骨盤周囲膿瘍を生じた9症例の臨床的検討. 片岡祐一 (救命), 脇田隆司, 内野正隆 (整外), 西巻 博 (放), 島田 謙 (外), 田村幸穂, 今井 寛, 山本紳一郎, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第16回日本外傷学会 (2002.05.16〜17), 東京. 日本外傷学会雑誌, 16 (2): 141, 2002.

2994. [学会 (全国)] (徹底討論) 鈍的肝損傷に対する非手術的治療の有用性に関する検討. 西巻 博, 瀧川政和 (放), 島田 謙 (外), 田村幸穂, 山本紳一郎, 片岡祐一, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第30回日本救急医学会総会(2002.10.9〜11), 札幌. 日本救急医学会雑誌, 13 (9): 506, 2002.

2995. [学会 (全国)] (一般講演) 喘息様症状で来院し, 重圧な肺障害をきたして死亡したモノエタノーラミン含有業務用洗浄剤の大量服用例. 小濱真理子 (放), 相馬一亥 (救命): 第24回日本中毒学会総会 (2002.07.13), 京都.

2996. [学会 (全国)] (一般講演) 臓器提供病院医師への臓器提供に対するアンケート調査. 野村知子 (移植コーディネーター), 大和田 隆, 北原孝雄, 有賀 徹, 横田裕行, 唐澤秀治, 加藤 治, 相馬一亥 (救命): 第36回日本臨床腎移植学会 (2003.01.29〜31), 岐阜.

2997. [学会 (全国)] (一般講演) 一般整形外来受診中に突然死を来した1例. 鈴木 卓, 今井 寛, 内野正隆, 脇田隆司 (整外), 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第9回救急整形外傷シンポジウム (2003.02.01).

2998. [学会 (地方)] (一般講演) 脳内血腫を合併した高血圧性脳症の一例. 加藤恵美, 滝山容子 (内), 今野慎吾, 遠藤昌孝 (外), 新井正康 (麻), 浅利 靖, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第53回日本救急医学会関東地方会 (2003.02.08), 幕張. 第53回日本救急医学会関東地方会プログラム・抄録集, p.19, 2003.

2999. [学会 (地方)] (一般講演) X線上著明な皮下気腫像を認めた犬咬傷の1例. 馬場香子, 根本 充, 熊谷憲一 (形外), 向山 勲, 熊谷 謙 (救命), 島倉康人 (形外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第52回神奈川感染症医学会(2002.09.28), 川崎. 第52回神奈川感染症医学会プログラム・抄録集, p.6, 2002.

3000. [学会 (地方)] (一般講演) 骨盤骨折における骨盤内静脈造影-意義と方法. 大沼雄一郎, 西巻 博 (放), 向山 勲, 山本紳一郎, 片岡祐一 (救命), 鈴木 卓, 内野正隆, 脇田隆司 (整外), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第53回日本救急医学会関東地方会 (2003.02.08), 幕張. 第53回日本救急医学会関東地方会プログラム・抄録集, p.17, 2003.

3001. [学会 (地方)] (一般講演) 静脈造影にてガーゼパッキングの有効性が証明できた重症骨盤骨折の一例. 向山 勲, 片岡祐一 (救命), 西巻 博 (放), 島田  謙 (外), 山本紳一郎, 鈴木 卓, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第53回日本救急医学会関東地方会(2003.02.08), 幕張. 第53回日本救急医学会関東地方会プログラム・抄録集, p.18, 2003.

3002. [学会 (地方)] (一般講演) 緊急手術を要し特異な経過を呈した急性硬膜外膿瘍の一例. 小泉健三, 脇田隆司, 内野正隆, 鈴木 卓 (整外), 島田 謙 (外), 遠藤昌孝 (脳外), 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第53回日本救急医学会関東地方会 (2003.02.08), 幕張. 第53回日本救急医学会関東地方会プログラム・抄録集, p.20, 2003.

3003. [学会 (地方)] (一般講演) 横紋筋融解症に併発したZieve症候群の一例. 青山雅則, 國東幹夫, 橋場伸一郎 (麻), 上條吉人 (救命), 羽村素子, 町井正人 (胸外), 新井正康 (麻), 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第53回日本救急医学会関東地方会 (2003.02.08), 幕張. 第53回日本救急医学会関東地方会プログラム・抄録集, p.34, 2003.

3004. [学会 (地方)] (一般講演) 来院後心肺停止となり原因診断に苦慮した薬物中毒の一症例. 井上文子, 上條吉人, 相馬一亥, 大和田 隆, 佐藤千恵 (救命), 鈴木 亮, 菊野隆明 (国立病院東京医療センター): 第53回日本救急医学会関東地方会 (2003.02.08), 幕張メッセ. 第53回日本救急医学会関東地方会プログラム・抄録集, p.47, 2003.

3005. [学会 (地方)] (一般講演) PCPS装置によるCO2除去 (ESSO2R) が著効した喘息重積発作の一例. 熊谷 謙 (救命), 和田真由子, 橋場伸一郎, 新井正康 (麻), 今井 寛, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第11回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2002.08.31), 東京.

3006. [学会 (地方)] (一般講演) 当院ICUにおける抗菌薬使用適正化に関する検討. 佐藤千恵 (救命): 第11回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2002.08.31), 東京.

3007. [学会 (地方)] (シンポジウム等) 心肺機能停止症例 (CPA) に対する経皮的心肺補助 (PCPS) の臨床的検討. 今井 寛, 町井正人, 河野 健, 北野義和, 東條大輝, 浅利 靖, 熊谷 謙, 片岡祐一, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第30回日本救急医学会総会学術集会 (2002.10.09〜11), 札幌.

3008. [学会 (地方)] (一般講演) 高ナトリウム血症を伴う硬膜静脈血栓症を生じた炭酸リチウム長期投与症例. 井上文子, 上條吉人, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第17回日本中毒学会東日本地方会 (2003.01.25), 郡山.

3009. [研究会 (全国)] (一般講演) 集中治療管理を要する重症感染症患者の栄養状態と免疫能の評価. 片岡祐一 (救命), 松原 肇 (薬剤), 宮下佳子 (栄養部): 第25回日本栄養アセスメント研究会 (2002.05.25), 福岡. 第25回日本栄養アセスメント研究室 プログラム・予稿集, p.29, 2002.

3010. [研究会 (地方)] (一般講演) 不安定型骨盤輸骨折の治療経験. 鈴木 卓, 新藤正輝, 内野正隆 (整外), 片岡祐一 (救命), 西巻 博 (放), 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第91回信州整形外科懇親会 (2003.02.15), 長野.

3011. [研究会 (全国)] (一般講演) 当院ICUにおける呼吸器関連肺炎 (VAP) の疫学的調査. 熊谷 謙, 新井正康, 橋場伸一郎, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第89回臨床呼吸生理研究会 (2002.11.16 ), 東京.

3012. [研究会 (地方)] (特別講演) 臓器提供の現状と問題点−救命救急センターの立場から−. 北原孝雄 (救命): 第4回腎移植懇話会 (2002.10.06), 相模原.

3013. [研究会 (地方)] (特別講演) 重症脳血管障害の救急治療. 北原孝雄 (救命): 第5回信州神経救急フォーラム(2002.05.25), 長野.

3014. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 頭部外傷患者における高次脳機能障害−北里大学救命救急センターの現状を中心に−. 北原孝雄 (救命): 高次脳機能障害シンポジウム「神奈川県における脳外傷などによる高次脳機能障害者への支援: 現状と課題」 (2002.08.17), 横浜.


<<生物学>>

[学術論文]

3015. [学会 (全国)] (シンポジウム等) カエル卵の卵割時の光放射の測定. 龍崎正士 (生物): 日本両生類研究会(2002.07.27), 富山. 両生類誌, 9: 48, 2002.


<<感染症学>>

[学術論文]

3016. [原著] 新生児における硫酸アルベカシンの薬物動態の検討. 佐藤雅彦 (児), 木村利美 (薬剤部), 野渡正彦, 柏木 好 (児), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症), 久保 博, 松浦信夫 (児): 日本新生児学会雑誌, 38: 46〜51, 2002.

3017. [原著] Ceftizoxime alapivoxilの腸内細菌叢に及ぼす影響−4菌種定着マウスにおける検討−. 岩田 敏 (国立東京医療センター), 佐藤吉壮 (総合太田病院), 秋田博伸 (聖マリアンナ医科大学), 砂川慶介 (感染症), 小林寅吉吉 (三菱化学BCL), 徳岡寛子, 矢野一男, 山路真也 (旭化成): 日本化学療法学会雑誌, 50: 323〜351, 2002.

3018. [原著] 小児・新生児におけるMRSA敗血症に対するTeicoplaninの薬物動態及び臨床的検討. 砂川慶介, 野々山勝人 (感染症), 沼崎 啓 (札幌医大), 他65名: Jpn. J. Antibiotics, 55: 656〜677, 2002.

3019. [原著] 小児におけるarbekacinの母集団パラメーター解析. 木村利美, 国分秀也 (薬剤部), 野々山勝人 (感染症), 島田慈彦 (薬剤部), 松浦信夫 (児), 砂川慶介 (感染症): 日本化学療法学会雑誌, 51: 18〜23, 2003.

3020. [原著] 小児科領域を対象とするarbekacin血漿中薬物濃度パラメーターの算出. 砂川慶介 (感染症), 坂田 宏 (旭川厚生病院), 佐藤吉壮 (総合太田病院), 他14名: 日本化学療法学会雑誌, 51: 91〜95, 2003.

[著 書]

3021. [学術書] (分担執筆) 抗菌薬の処方ガイド; 疾患別抗菌薬の使い方−小児への抗菌薬使用時の注意−, p.180〜184. 砂川慶介 (感染症), 編集 木村 哲 (東大医), 小林芳夫 (慶大医), 羊土社, 東京, 2002.04.01発行.

3022. [学術書] (分担執筆) 小児科学 第2版; 細菌感染症 抗菌薬の使い方, p.582〜589. 砂川慶介 (感染症), 監修 白木和夫, 前川喜平, 医学書院, 東京, 2002.06.01発行.

3023. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; アデノウイルス感染症, p.1772. 砂川慶介 (感染症), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

3024. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; RSウイルス感染症, p.1773. 砂川慶介 (感染症), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

3025. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 流行性耳下腺炎, p.1773〜1774. 砂川慶介 (感染症学), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

3026. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 麻疹, p.1774〜1775. 砂川慶介 (感染症), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

3027. [学術書] (分担執筆) 新臨床内科学 第8版; 風疹, p.1775〜1776. 砂川慶介 (感染症), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2002.06.15発行.

3028. [学術書] (分担執筆) 今日の診断指針 第5版; ジフテリア, p.1237〜1238. 砂川慶介 (感染症), 編集 亀山正邦, 高久史麿, 医学書院, 東京, 2002.11.01発行.

3029. [学術書] (分担執筆) 内科学 第8版; 麻疹, p.355〜357. 砂川慶介 (感染症), 編集 杉本恒明, 俣 政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

3030. [学術書] (分担執筆) 内科学 第8版; 風疹, p.357〜358. 砂川慶介 (感染症), 編集 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

3031. [学術書] (分担執筆) 内科学 第8版; 急性灰白髄炎およびポリオ様疾患, p.358〜359. 砂川慶介 (感染症), 編集 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

3032. [学術書] (分担執筆) 内科学 第8版; 水痘, p.359〜360. 砂川慶介 (感染症), 編集 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

3033. [学術書] (分担執筆) 内科学 第8版; 百日咳, p.400〜401. 砂川慶介 (感染症), 編集 杉本恒明, 小俣政男, 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003.03.01発行.

[学会・研究会等]

3034. [学会 (国際)] (一般講演) Current Situation of Childhood Purulent Meningitis in Japan. 岩田 敏 (国立東京医療センター), 佐藤吉壮 (総合太田病院), 秋田博伸 (聖マリアンナ医大), 生方公子 (北里研究所), 砂川慶介 (感染症): 1st Asian Congress of Pediatric Infectious Diseases (2002.11.10〜13), Pattaya Thailand.

3035. [学会 (国際)] (一般講演) Double-blinded Comparative Study on the Care of Neonatal Umbilical Cord by 80% Ethanol with or without Chlorhexidine. Tomohiro Oishi (新潟大医), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 野々山勝人 (感染症), Akiyoshi Tsuji (東邦大医療短大), 砂川慶介 (感染症): 5th. International Conference of the Hospital Infection Society (2002.09.15〜18), Edinburg, England.

3036. [学会 (国際)] (一般講演) A Multicenter, Cintrolled, Open Trial of a Novel Prodrug, Ceftizoxime-alapivoxil (CZX-AP), in Pediatrics: Efficacy, Safety and Palatability of Its Granular Formulation. 砂川慶介 (感染症), Tadafumi Nishimura (摂津総合病院), Takashi Motohiro (ゆうかり学園), Ryochi Fujii (帝京大): 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2002.09.27〜30),San Diego, California.

3037. [学会 (国際)] (一般講演) The Influence of Ceftizoxime-alapivoxil (CZX-AP) on Intestinal Bacterial Flora in Pediatrics Chemotherapy. 岩田 敏(国立東京医療センター), 豊永義清 (狭山病院), 佐藤吉壮 (総合太田病院), 秋田博伸 (聖マリアンナ医大), 砂川慶介 (感染症): 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2002.09.27〜30), San Diego, California.

3038. [学会 (国際)] (一般講演) Spread of Penicillin-Resistant Streptococcus pneumoniae (PRSP) and Beta-Lactamase-Negative Ampicillin-Resistant Haemophilus influenzae (BLNAR) in Pediatrics. 佐藤吉壮 (総合太田病院), 野々山勝人 (感染症), 豊永義清 (狭山病院), 砂川慶介 (感染症): 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and hemotherapy (2002 .09.27〜30), San Diego, California.

3039. [学会 (国際)] (一般講演) PFGE Typing Analysis and Antibiotic Resistance Patterns of Haemophilus influenzae (H. flu) from Meningitis Patients. 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 小林玲子 (北里研究所), 砂川慶介 (感染症), 生方公子 (北里研究所): 42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2002.09.27〜30), San Diego, California.

3040. [学会 (全国)] (一般講演) 蛍光ローションを用いた手洗いの実践. 水島ひとみ (上越総合病院), 大石智洋 (新潟大医), 長谷川照美, 丸山冨美子 (上越総合病院), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第18回日本環境感染症学会総会 (2003.02.14〜16), 横浜.

3041. [学会 (全国)] (一般講演) MRSAに対する in vitro のVCM+BIPMの併用効果の検討. 大石智洋 (新潟大医), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸.

3042. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎例から検出された肺炎球菌の分子疫学的解析. 小林玲子, 千葉菜穂子, 長谷川恵子 (北里研究所), 野々山勝人 (感染症), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 砂川慶介 (感染症), 生方公子 (北里研究所): 第50回日本化学療法学会総会(2002.05.09〜11), 神戸.

3043. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎由来のインフルエンザ菌に対する分子疫学的解析. 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 小林玲子 (北里研究所), 野々山勝人 (感染症), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 砂川慶介 (感染症), 生方公子 (北里研究所): 第50回日本化学療法学会総会(2002.05.09〜11), 神戸.

3044. [学会 (全国)] (一般講演) 母集団解析に基づいた新生児における硫酸アルベカシンの初期投与法の再評価. 木村利美 (薬剤部), 野々山勝人 (感染症), 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一 (薬剤部), 砂川慶介 (感染症), 島田慈彦 (薬剤部): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸.

3045. [学会 (全国)] (一般講演) 小児上気道感染症の重症度判定と臨床効果判定基準. 山中 昇, 保富宗城 (県立和歌山医大), 砂川慶介 (感染症): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸.

3046. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児臍部に対する消毒における, 80%エタノールと0.5%クロルヘキシジン含有80%エタノールとの, 二重盲検法による有効性の比較. 大石智洋 (新潟大医), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第34回日本小児感染症学会 (2002.11.08〜09), 札幌.

3047. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎例から分離された肺炎球菌の解析. 生方公子 (北里研究所), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第34回日本小児感染症学会 (2002.08〜09), 札幌.

3048. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎例から分離されたインフルエンザ菌の解析. 生方公子 (北里研究所), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第34回日本小児感染症学会 (2002.11.08〜09), 札幌.

3049. [学会 (全国)] (教育講演) 感染症化学療法の適正使用とガイドライン. 砂川慶介 (感染症): 第76回日本感染症学会総会 (2002.04.11〜12), 東京.

3050. [学会 (全国)] (委員会報告) 臨床試験委員会抗菌薬皮内反応検討特別部会報告 抗菌薬の皮内反応は必要か?−小児科−. 砂川慶介 (感染症): 第50回日本化学療法学会総会 (2002.05.09〜11), 神戸.

3051. [学会 (地方)] (一般講演) バンコマイシンとβ-ラクタム薬が拮抗するMRSAについて. 花木秀明 (北里研究所), 山口禎夫, 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.

3052. [学会 (地方)] (一般講演) β-ラクタム薬とバンコマイシンが拮抗するMRSA (BIVR) の疫学検討. 山口禎夫 (感染症学), 花木秀明 (北里研究所), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.

3053. [学会 (地方)] (一般講演) バンコマイシン治療に抵抗し, 錐体炎を合併した市中感染MRSA関節炎, 敗血症の1例. 高原野草, 青木泰子, 伊藤澄信 (国立東京医療センター), 花木秀明 (北里研究所), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.

3054. [学会 (地方)] (一般講演) 2002年夏に流行した無菌性髄膜炎に関する臨床的検討. 岩田 敏, 木内 英, 土橋仁保子, 青木泰子 (国立東京医療センター), 佐藤吉壮 (総合太田病院), 秋田博伸(聖マリアンナ医大), 中山哲夫 (北里研究所), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.

3055. [学会 (地方)] (一般講演) 小児分離肺炎球菌およびインフルエンザ菌に対するTelithromycinの感受性. 野々山勝人 (感染症), 佐藤吉壮 (総合太田病院), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(2002.10.31〜11.01), 仙台.

3056. [学会 (地方)] (一般講演)小児科領域におけるメロペネムの臨床的検討. 豊永義清 (狭山病院), 黒木春朗 (千葉大医), 田島 剛 (博慈会記念総合病院), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 古川正強, 岡田隆滋 (国立療養所香川小児病院), 岩井直一 (名鉄病院), 本廣 孝 (ゆうかり学園), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.

3057. [学会 (地方)] (一般講演) 小児におけるアルベカシンの薬物動態. 木村利美 (薬剤部), 野々山勝人 (感染症), 国分秀也, 村瀬勢津子, 佐川賢一 (薬剤部), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.

3058. [学会 (地方)] (一般講演) 小児の細菌性感染症に対する治療薬としての, スルバクタム/アンピシリン (SBT/ABPC) の見直し. 大石智洋 (新潟大医), 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(2002.10.31〜11.01), 仙台.

3059. [学会 (地方)] (一般講演) 小児科外来受診者の鼻咽腔由来の分離菌調査−急性上気道感染症患者と急性感染症を伴わない疾患患者との比較−. 佐藤吉壮 (総合太田病院), 岩田 敏 (国立東京医療センター), 秋田博伸 (聖マリアンナ医大), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.

3060. [学会 (地方)] (一般講演) クラミジア感染細胞抽出液中の感染特異的抗原の検出. 佐藤 梢, 岩田 敏 (国立東京医療センター), 秋田博伸 (聖マリアンナ医大), 佐藤吉壮 (総合太田病院), 砂川慶介 (感染症): 第51回日本感染症学会東日本地方会総会, 第49回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2002.10.31〜11.01), 仙台.


医学原論

【学術論文】

3061. [総説] 性と向き合うとき. 齋藤有紀子 (医学原論): 難病と在宅ケア, 7 (10): 7〜9, 2002.

3062. [総説] 病名変更・呼称変更. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (1): 6〜7, 2002.

3063. [総説] 写真掲載と患者のプライバシー. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (3): 6〜7, 2002.

3064. [総説] 女性がん患者のリプロダクション. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (5): 6〜7, 2002.

3065. [総説] 中絶胎児の研究利用の是非. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (7): 6〜7, 2002.

3066. [総説] 中絶の予防と中絶の施策. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (10): 6〜7, 2002.

3067. [総説] がん患者の性. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (12): 6〜7, 2002.

3068. [総説] 中絶胎児の研究利用の是非 (その2). 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦人誌, 57 (2): 6〜7, 2003.

3069. [研究報告 (厚生労働省)] 筋ジストロフィーの保因者診断意思決定支援プログラム (2) 患者用文書の作成を通して. 齋藤有紀子 (医学原論): 厚生省精神・神経疾患委託費研究報告書, 275〜276, 2002.

3070. [研究報告 (厚生労働省)] 小児期発症筋ジストロフィー患者の遺伝子検査における留意事項: 姉妹の保因者診断のために情報提供をおこなう患者のインフォームド・コンセント, 人権, 倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 厚生省精神・神経疾患委託費研究報告書, 475〜477, 2002.

3071. [研究報告 (厚生労働省)] 筋ジストロフィーの保因者診断意思決定支援プログラム (2) 姉妹の保因者診断のために情報提供をおこなう患者のインフォームド・コンセント, 人権, 倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 厚生省精神・神経疾患委託費研究報告書, 27〜33, 2003.

【著 書】

3072. [学術書] (分担執筆) 母体保護法とわたしたち, 母体保護法・人工妊娠中絶の現代的意味; 問題を共有していくために, p.1〜33. 齋藤有紀子 (医学原論), 編集 齋藤有紀子, 明石書店, 東京, 2002.9.10発行.

【学会・研究会等】

3073. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 人工妊娠中絶と胎児組織研究の今日的意味: 先端技術と個人, 社会, 倫理の問題を考える. 齋藤有紀子 (医学原論): 日本組織培養学会第75回大会シンポジウム (2002), 白金.

3074. [研究会 (国際)] (シンポジウム等) 日本における遺伝子疾患の医療と人権. 齋藤有紀子 (医学原論): 上智大学・コーネル大学ジョイントワークショップ (2003), 四谷.

3075. [研究会 (国際)] (シンポジウム等) 女性と障害者: 当事者グループの対話の可能性. 齋藤有紀子 (医学原論): 上智大学・コーネル大学ジョイントシンポジウムポストワークショップ (2003), 東京.

3076. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 遺伝性腫瘍の診療・登録・研究における倫理的問題. 齋藤有紀子 (医学原論): 第5回家族性腫瘍研究会家族性腫瘍カウンセラー養成セミナー (2002), 兵庫.

3077. [研究会 (全国)] (シンポジウム等) 遺伝子診断と法倫理. 齋藤有紀子 (医学原論), 全国大学保健管理研究集会 (2002), 代々木.

3078. [研究会 (地方)] (一般講演) 遺伝子検査と患者: 筋ジストロフィの確定診断, 保因者検査, 出生前検査. 齋藤有紀子 (医学原論): 遺伝子技術の社会的意味研究班(2002), 東京.

3079. [研究会 (地方)] (シンポジウム等) 診療情報のあり方: 情報公開に向けて. 齋藤有紀子 (医学原論): 東京慈恵会医科大学成医会 (2002), 新橋.


薬剤部

[学術論文]

3080. [原著] 全国紙掲載後の“マンガ病院薬剤師物語パート2”の送付状況−神奈川県病院薬剤師会における一般市民への啓発活動として−. 町田 充 (神奈川県病院薬剤師会), 黒山政一 (東薬剤), 渡邊美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀 (神奈川県病院薬剤師会), 相沢政明 (薬剤), 菊池有道, 矢後和夫 (東薬剤), 永倉初江, 酒井英洋 (神奈川県病院薬剤師会): 日本病院薬剤師会雑誌, 38: 715〜718, 2002.

3081. [原著] “マンガ病院薬剤師物語パート2−妊婦・小児編−”に対する一般市民からの評価. 黒山政一 (東薬剤), 町田 充, 渡邊美智留, 岩田陽子, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 添田真司, 根津良幸, 山田英紀 (神奈川県病院薬剤師会), 相沢政明 (薬剤), 矢後和夫 (東薬剤), 永倉初江, 菊池有道, 酒井英洋 (神奈川県病院薬剤師会): 医療薬学, 28: 373〜378, 2002.

3082. [準原著] プレフィルドシリンジの有用性の検討. 尾鳥勝也, 平山武司, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): PROGRESS IN MEDICINE, 22: 1047〜1053, 2002.

3083. [準原著] 健常成人女性を対象とした臨床試験 (治験) 参加に関するアンケート調査. 横田愼一, 澤田実花, 野中美和, 塙 久美子, 永松紀子 (東薬剤), 野口佳代子, 野村今日子, 熊谷雄治, 大谷義夫 (治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 臨床薬理, 34 (1):211S〜212S, 2003.

3084. [準原著] 健常成人を対象とした臨床薬理試験の外来通院における服薬コンプライアンスの検討. 野村今日子 (治験管理センター), 横田愼一, 澤田実花 (東薬剤), 野口佳代子, 七條久美子, 入戸野和代, 熊谷雄治, 大谷義夫 (治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 臨床薬理, 34 (1): 209S〜210S, 2003.

3085. [準原著] アセチルコリンエステラーゼ阻害剤・イピダクリンの臨床薬理試験−薬理学的パラメータ (コリン作動性指標) を用いた検討−. 澤田実花 (東薬剤), 熊谷雄治 (治験管理センター), 横田愼一 (東薬剤), 藤田朋恵 (治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 臨床薬理, 34 (2): 309S〜310S, 2003.

3086. [準原著] ピペラシリンナトリウムダブルバッグ製剤の有用性に関する研究. 平山武司, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 新薬と臨牀, 52: 31〜46, 2003.

3087. [症例報告] 平成13年度“くすりと化粧すこやかフェア”における医薬品に関するアンケート調査結果. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 100: 57〜61, 2002.

3088. [症例報告] 第2回話をしようよ!「さなぎ達」Festaにおけるくすり相談の実施. 黒山政一 (東薬剤), 渡邊美智留 (神奈川県病院薬剤師会), 相沢政明 (薬剤), 岩田陽子, 河野博充, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 鈴木美隆, 添田真司, 田中恒明, 根津良幸, 山田英紀 (神奈川県病院薬剤師会): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 100: 67〜68, 2002.

3089. [症例報告] 病院薬剤師の“看護の日および看護週間の催し”への参加に関するアンケート調査結果. 黒山政一 (東薬剤), 相沢政明 (薬剤), 岩田陽子, 河野博充, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 鈴木美隆, 添田真司, 田中恒明, 根津良幸, 山田英紀, 渡邊美智留, 菊池有道 (神奈川県病院薬剤師会): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 100: 70〜72, 2002.

3090. [症例報告] 平成14年度“くすりと化粧すこやかフェア”の開催および“くすり相談”の実施. 黒山政一 (東薬剤), 相沢政明 (薬剤), 岩田陽子, 河野博充, 桜井民雄, 佐藤康信, 三溝和男, 鈴木美隆, 添田真司, 田中恒明, 根津良幸, 山田英紀, 渡邊美智留, 菊池有道 (神奈川県病院薬剤師会): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 101: 23〜25, 2002.

3091. [症例報告] 平成14年度“くすりと化粧すこやかフェア”における医薬品に関するアンケート調査結果. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 102: 27〜31, 2003.

3092. [総説] 医療現場におけるキット製剤の評価−医療過誤軽減の可能性−. 平山武司 (東薬剤), 島田慈彦 (薬剤): 化学療法の領域, 18 (S-2): 28〜37, 2002.

3093. [総説] キット製剤 (医薬品)について−注射用キット製剤の現状とその有用性−. 平山武司, 矢後和夫 (東薬剤): ファルマシア, 38: 951〜955, 2002.

3094. [総説] H2受容体拮抗薬発表者. 西元寺克禮 (内), 黒山政一 (東薬剤): Medicina, 39 (増刊): 80〜82, 2002.

3095. [総説] 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会報告. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 101: 30〜34, 2002.

3096. [総説] 神奈川県病院薬剤師会における県民への啓発活動. 黒山政一 (東薬剤): とうやく 東京薬科大学東薬会会報, 365: 38〜44, 2002.

3097. [総説] 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会の報告. 黒山政一 (東薬剤): 日本薬剤学会会報「生命とくすり」, 18 (6): 10, 2002.

3098. [総説] 注射薬および抗悪性腫瘍薬の混合調製発表者. 平山武司 (東薬剤): 薬事新報, No.2247: 63〜68, 2003.

3099. [総説] 注射薬の混合への取り組み. 平山武司, 矢後和夫 (東薬剤): 月刊薬事, 45: 19〜24, 2003.

3100. [総説] 睡眠障害患者への服薬説明と情報提供. 廣瀬美紀, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 薬局, 53: 1715〜1721, 2002.

3101. [総説] 錠剤・カプセル剤ヒートシール (PTP) の誤飲の現状とその対策. 黒山政一, 松本香織, 矢後和夫 (東薬剤): PHARM TECH JAPAN, 18: 769〜773, 2002.

[著 書]

3102. [解説書] (分担執筆) 病診薬局ハンドブック; 臨床薬剤業務と薬剤管理指導業務, p.169〜211. 黒山政一 (東薬剤), 編集 日本病院薬剤師会, じほう, 東京, 2002.05発行.

3103. [解説書] (分担執筆) 薬剤管理指導業務マニュアル 改訂第4版 医療の質の向上に向けて; 副作用の指標となる症状と臨床データの読み方, p.111〜p123. 平山武司, 矢後和夫 (東薬剤), 編集 日本病院薬剤師会, 中小病院委員会, 監修 日本病院薬剤師会, ミクス, 東京, 2002.

3104. [教科書] (分担執筆) 薬剤学 改訂第6版; 重要医薬品一覧, p.375〜396, 尾鳥勝也, 矢後和夫 (東薬剤), 編集 花野学, 寺田勝英, 伊藤智夫, 南江堂, 東京, 2002.05.01発行.

[学会・研究会等]

3105. [学会 (国際)] (ポスター) The examination on the adsorption of rhG-CSF preparations. 尾鳥勝也 (東薬剤), 町田 充(薬学部), 矢後和夫 (東薬剤): 62nd Congress of FIP (2002.08.31〜09.05), Nice (France).

3106. [学会 (国際)] (ポスター) Evaluation of the Effective Drugs for the Prevention of Nausea and Vomiting Induced by Morphine Used for Postoperative Pain: A Quantitative Systematic Review. 平山武司 (東薬剤), Ishii F. (明治薬科大), 矢後和夫 (東薬剤), Ogata H. (明治薬科大): 62nd Congress of FIP (2002.08.31〜09.05), Nice (France).

3107. [学会 (全国)] (ポスター) 癌終末期患者におけるモルヒネの持続静脈内投与後の体内動態および傾眠に及ぼす腎機能の影響. 平山武司, 伊藤直子 (東薬剤), 谷口知郷, 本谷倫子 (薬学部), 矢後和夫 (東薬剤), 国分秀也, 村瀬勢津子, 島田慈彦 (薬剤), 谷剛正 (外): 第7回日本緩和医療学会総会 (2002.0.28〜29), 愛媛.

3108. [学会 (全国)] (ポスター) 本邦における服薬コンプライアンスの現状−1991年から2000年までの文献調査−. 増田奈美子 (薬学部), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第12回日本医療薬学会 (2002.10.19〜20), 福岡.

3109. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学東病院における炭酸リチウムの処方及び血中濃度モニタリングの現状. 椎 崇, 常田愛子, 廣瀬美紀, 松本香織, 尾鳥勝也, 黒山政一 (東薬剤), 篠崎公一 (薬学部), 矢後和夫 (東薬剤): 第12回日本医療薬学会 (2002.10.19〜20), 福岡.

3110. [学会 (全国)] (ポスター) 癌性疼痛に対する塩酸ケタミンの有用性. 西園美和子, 平山武司, 伊藤直子, 矢後和夫 (東薬剤): 第12回日本医療薬学会 (2002.10.19〜20), 福岡.

3111. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学東病院における市販直後調査実施体制の現状. 廣瀬美紀, 常田愛子, 松本香織, 椎 崇, 尾鳥勝也, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第12回日本医療薬学会 (2002.10.19〜20), 福岡.

3112. [学会 (全国)] (ポスター) 治験における有害事象情報の分析. 塙 久美子, 野中美和, 横田愼一, 永松紀子, 澤田実花, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第12回日本医療薬学会 (2002.10.19〜20), 福岡.

3113. [学会 (全国)] (ポスター) 癌患者を対象とした臨床試験におけるCRCの役割.野中美和 (東薬剤), 小泉和三郎 (内), 横田愼一, 塙 久美子, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤), 西元寺克禮 (内): 第40回日本癌治療学会 (2002.10.16〜18), 東京.

3114. [学会 (全国)] (ポスター) 健常成人女性を対象とした臨床試験(治験)参加に関するアンケート調査. 横田愼一, 澤田実花, 野中美和, 塙 久美子, 永松紀子 (東薬剤), 野口佳代子, 野村今日子, 熊谷雄治, 大谷義夫 (治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第23回日本臨床薬理学会年会 (2002.12.10), 大阪.

3115. [学会 (全国)] (ポスター) 健常成人を対象とする臨床薬理試験における外来通院による服薬コンプライアンスの検討. 野村今日子 (治験管理センター), 横田愼一, 澤田実花 (東薬剤), 野口佳代子, 七條久美子, 入戸野和代, 熊谷雄治, 大谷義夫 (治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第23回日本臨床薬理学会年会 (2002.12.10), 大阪.

3116. [学会 (全国)] (ポスター) アセチルコリンエステラーゼ阻害剤・塩酸イピダクリンの臨床薬理試験−薬理学的パラメータ (コリン作動性反応) を用いた検討−. 澤田実花 (東薬剤), 熊谷雄治 (治験管理センター), 横田愼一 (東薬剤), 藤田朋恵 (治験管理センター), 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第23回日本臨床薬理学会年会 (2002.12.10), 大阪.

3117. [学会 (全国)] (ポスター) 本邦における服薬コンプライアンスの現状−北里大学東病院における定量的調査−. 増田奈央子 (薬学部), 黒山政一, 尾鳥勝也, 矢後和夫 (東薬剤): 日本薬学会第123回年会 (2003.03.27〜29), 長崎.

3118. [学会 (全国)] (ポスター) 関東地区私立医科大学病院における薬剤管理指導業務の現況とその経済性. 鷲見正宏, 川井龍美 (関東私立医科大学病院薬局研究会), 黒山政一 (東薬剤), 奥山 清, 片山志郎, 土谷隆紀, 竹ノ内敏孝, 河村俊一, 横山美恵子, 月村正史, 藤井恵美子, 柳川忠二, 村山純一郎, 菊野史豊 (関東私立医科大学病院薬局研究会): 日本薬学会第123回年会 (2003.03.27〜29), 長崎.

3119. [学会 (全国)] (ポスター) 関東地区私立医科大学病院における薬剤業務の現状. 川井龍美, 鷲見正宏 (関東私立医科大学病院薬局研究会), 黒山政一 (東薬剤), 奥山 清, 片山志郎, 土谷隆紀, 竹ノ内敏孝, 河村俊一, 横山美恵子, 月村正史, 藤井恵美子, 柳川忠二, 村山純一郎, 菊野史豊 (関東私立医科大学病院薬局研究会): 日本薬学会第123回年会 (2003.03.27〜29), 長崎.

3120. [学会 (全国)] (ポスター) 手術室における毒薬・向精神薬等の管理システムの構築. 常田愛子, 松沢香織, 廣瀬美紀, 椎 崇, 尾鳥勝也, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤), 水橋恵子 (東手術部), 戸田雅也, 奥富俊之 (麻): 日本薬学会第123回年会 (2003.03.27〜29), 長崎.

3121. [学会 (全国)] (ポスター) モルヒネおよびその代謝物の体内動態−肝・腎の機能低下が及ぼす影響−. 本谷倫子 (薬学部), 平山武司 (東薬剤), 国分秀也, 村瀬勢津子, 島田慈彦 (薬剤), 尾鳥勝也, 矢後和夫 (東薬剤): 日本薬学会第123回年会 (2003.03.27〜29), 長崎.

3122. [学会 (全国)] (ポスター) 薬学生長期実務実習の実施に向けて−薬学教育実務実習・卒業実習カリキュラム (日本薬学会) に関するアンケート調査より−. 尾鳥勝也 (東薬剤), 岩田政則, 森田雅之, 酒井英洋 (神奈川県病院薬剤師会), 矢後和夫 (東薬剤), 全田 浩 (日本病院薬剤師会): 日本薬学会第123回年会 (2003.03.27〜29), 長崎.

3123. [学会 (全国)] (ポスター) がん患者における胸水・腹水の貯留とモルヒネの体内動態. 平山武司,伊藤直子 (東薬剤), 谷口知郷, 本谷倫子 (薬学部), 矢後和夫 (東薬剤): 医療薬学フォーラム2002 (2002.07.06〜07), 千葉.

3124. [学会 (全国)] (ポスター発表) 注射薬調剤の現状−処方鑑査と癌化学療法に対するリスクマネージメント−. 小原美江, 平山武司, 伊藤直子, 西園美和子, 志田瑞枝, 居原田智子, 斎藤由美子, 小川幸雄, 矢後和夫 (東薬剤): 医療薬学フォーラム2002 (2002.07.06〜07), 千葉.

3125. [学会 (地方)] (ポスター) 服薬コンプライアンスに関する文献調査−1997年から2000年−. 増田奈央子 (薬学部), 黒山政一, 尾鳥勝也, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3126. [学会 (地方)] (ポスター) 自動会計機による院外処方箋発行システムの構築. 川口時彦, 小川幸雄, 杉林智美, 常田愛子, 伊藤直子, 難波昭雄, 尾鳥勝也, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3127. [学会 (地方)] (ポスター) 北里大学東病院における麻薬・向精神薬・毒薬等に関する管理の現状. 松本香織, 常田愛子, 廣瀬美紀, 椎 崇, 尾鳥勝也, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3128. [学会 (地方)] (ポスター) 北里大学東病院における炭酸リチウムの処方及び血中濃度モニタリングの現状. 椎 崇, 常田愛子, 廣瀬美紀, 松本香織, 尾鳥勝也, 黒山政一 (東薬剤), 篠崎公一 (薬学部), 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3129. [学会 (地方)] (ポスター) 院内における医薬品・医療用具等安全性情報等の適正な提供方法の構築. 尾鳥勝也, 廣瀬美紀, 黒山政一, 椎 崇, 松本香織, 常田愛子, 平山武司, 伊藤直子, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3130. [学会 (地方)] (ポスター) 癌性疼痛患者へのモルヒネ導入時の薬剤師としての関わり−小冊子による指導と嘔気嘔吐の発現状況−. 伊藤直子, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3131. [学会 (地方)] (ポスター) 癌化学療法により誘発される口内炎に対するアロプリノール含嗽の予防効果に関するエビデンス. 岡本恵美子, 平山武司, 伊藤直子, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3132. [学会 (地方)] (ポスター) 北里大学東病院における注射薬調剤の現状−細胞毒性注射薬の無菌調製を中心に−. 居原田智子, 平山武司, 伊藤直子, 小原美江, 西園美和子, 齋藤由美子, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会(2002.08.17〜18), 横浜.

3133. [学会 (地方)] (ポスター) 整形外科病棟におけるプレアボイド事例−薬剤管理指導業務を通して−. 齋藤由美子, 平山武司, 伊藤直子, 小原美江, 小川幸雄, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3134. [学会 (地方)] (ポスター) 治験依頼者による被験者募集広告に対する意識調査. 澤田実花, 横田愼一, 永松紀子, 野中美和, 塙 久美子, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤), 七條久美子, 野口佳代子, 熊谷雄治, 大谷義夫 (治験管理センター): 日本病院薬剤師会関東ブロック第32回学術大会 (2002.08.17〜18), 横浜.

3135. [研究会 (全国)] (ポスター) 訪問看護師からみたHPN患者の支援体制の現状と課題. 高橋由香 (東総合相談), 小川幸雄 (東薬剤), 大谷剛正 (外): 在宅中心静脈栄養・経腸栄養研究会 (2002.09.28), 横浜.

3136. [研究会 (地方)] (一般講演) 北里大学東病院における炭酸リチウムの処方及び血中濃度測定の現状. 椎 崇, 尾鳥勝也, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第20回地域精神病院薬剤師研究会 (2002.06.22), 相模原. 第20回地域精神病院薬剤師研究会 プログラム・講演要旨集. 2002.