2003年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)



<<解剖学(山科単位)>>

[学術論文]

110001. [原著] SEM observation of the insect prepared by microwave irradiation. Daisuke Koga1, Masaki Ueno2, 山科正平3 (1形態系研究科. 2医衛. 3解): J Electron, 52 (5): 477-484, 2003.

110002. [原著] Visualization of “water secretion” by confocal microscopy in rat salivary glands: Possible distinction of para-and transcellular pathway. 瀬川彰久1, 山科正平1, Masataka Murakami2 (1解. 2岡崎生理研): Europ J Morphol., 40 (4): 241-246, 2002.

110003. [原著] Effects of liver-supplemented food on the development of embryos in mice. Tomoko Akase1, 山科正平2, Tomohide Akase1, Satoshi Onodera1, Hirokazu Okuda1, Shin-ichi Tashiro1 (1昭和薬大. 2解): Biol Pharmaceut Bull., 26 (4): 553-556, 2003.

110004. [原著] Cleavage-like cell division and explosive increase in cell number of neonatal gonocytes. 酒井康弘1, Toshiaki Noce2, 山科正平1 (1解. 2三菱化成): Develop Growth Differ., 46: 15-21, 2004.

110005. [原著] Role for laminin-α5 chain LG4 module in epithelial branching morphogenesis. 門谷裕一1, M. Mochizuki2, M. Nomizu2, L. Sorokin3, 山科正平1 (1解. 2北海道大. 3Lund University): Developmental Biology, 263: 153-164, 2003.

110006. [原著] The expression of pancreatic endocrine markers in centroacinar cells of the normal and regenerating rat pancreas: their possible transformation to endocrine cells. 鈴木哲太郎1, 門谷裕一2, Y. Satoh3, K. Hanada1, T. Takahashi1, 柿田 章1, 山科正平2 (1外. 2解. 3Department of Molecular Diagnostics, Kitasato University School of Allied Health Sciences): Archives of Histology and Cytology, 66 (4): 347-358, 2003.

110007. [原著] Laminin-1 peptide-conjugated chitosan membranes as a novel approach for cell engineering. M. Mochizuki1, 門谷裕一2, Y. Wakabayashi1, K. Kato1, I. Okazaki1, M. Yamada1, T. Sato1, N. Nishi1, M. Nomizu1 (1北海道大. 2解): FASEB J, 17: 875-877, 2003.

110008. [原著] Biological activities of homologous loop regions in the laminin α chain G domains. N. Suzuki1, H. Nakatsuka1, M. Mochizuki1, N. Nishi1, 門谷裕一2, A. Utani3, S. Oishi4, N. Fujii4, HK. Kleinman5, M. Nomizu1 (1北海道大. 2解. 3千葉大. 4京都大. 5Craniofacial Developmental Biology and Regeneration Branch, NIDR, National Institute of Health): J Biological Chemistry, 278 (46):45697-45705, 2003.

110009. [原著] Multifunctional Peptide fibrils for Biomedical Materials. S. Kasai1, Y. Ohga1, M. Mochizuki1, N. Nishi1, 門谷裕一2, M. Nomizu1, (1北海道大. 2解): Biopolymers (Peptide Science), 76:27-33, 2004.

510001. [総説] Buds of the Golgi apparatus in parotid acinar cells. 玉木英明, 瀬川彰久, 山科正平 (解): European J Morphol., 40 (4): 247-251, 2002.

[著 書]

620001. [その他の著書] (分担執筆) 組織細胞化学2003−分子と情報の局在を見る; 抗体に頼らない細胞の標識法, p.77-84. 山科正平 (解), 編集 日本組織細胞化学会, 学際企画 (株), 東京, 2003/07/10発行.

[学会・研究会等]

722001. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「本シンポジウムのねらい」. 山科正平1, 妹尾春樹2 (1解. 2秋田大): 日本解剖学会第108回総会・全国学術集会 (2003/4/1), 福岡. 解剖学雑誌, 78 ( Suppl.): p.149, 2003.

722002. [学会 (全国)] (シンポジウム) ゴルジ装置形成の場. 玉木英明, 瀬川彰久, 山科正平 (解): 日本解剖学会第108回総会・全国学術集会 (2003/4/1), 福岡. 解剖学雑誌, 78 (Suppl.): p.126, 2003.

722003. [学会 (全国)] (シンポジウム) Role for laminin-α chain LG4 module in epithelial branching morphogenesis. 門谷裕一, 山科正平 (解): 第76回日本生化学会大会 (2003/10/16), 横浜. 生化学, 76: p.699, 2003.

722004. [学会 (全国)] (シンポジウム) 顎下腺上皮形態形成とラミニンα鎖. 門谷裕一, 山科正平 (解): 第109回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2003/4/3), 福岡. Acta Anatomica Nipponica, 78 (Suppl.): p.173, 2003.

722005. [学会 (全国)] (シンポジウム) 細分筋節のAFM観察とトロポニンの局在. 勝又 修1, 中村 健2, 山科正平3 (1形態系. 2微・寄. 3解): 日本顕微鏡学会第59回学術講演会 (2004/6/7), 札幌. 日本顕微鏡学会第59回学術講演会発表要旨集, p.27, 2003.

723001. [学会 (全国)] (ポスター) 水分泌を直視する−共焦点レーザー顕微鏡による解析. 瀬川彰久1, 山科正平1, 村上政隆2 (1解. 2生理学研究所): 日本解剖学会第108回総会・全国学術集会 (2003/4/1), 福岡. Acta Anaomica Nipponica, 78 (Suppl.): p.299, 2003.

723002. [学会 (全国)] (ポスター) マウス精巣に起こる細胞死の定量的観察. 酒井康弘, 山科正平 (解): 日本解剖学会第108回総会・全国学術集会 (2003/4/1), 福岡. Acta Anaomica Nipponica, 78 (Suppl.): p.228, 2003.

723003. [学会 (全国)] (一般講演) 組織細胞の細胞分裂時におけるゴルジ装置の変化. 玉木英明1, 吉田真由美2, 山科正平1 (1解. 2理学部): 第44回日本組織細胞化学会・第35回日本臨床電子顕微鏡学会合同学術集会 (2003/10/29), 東京. 講演プログラム・予稿集, p.61, 2003.

723004. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮形態形成に関わるラミニンα5鎖GドメインLG4モジュール由来のLVLFLNHGH配列. 門谷裕一1, 望月麻友美2, 野水基義2, 山科正平1 (1解. 2北海道大): 日本発生生物学会第36回大会 (2003/6/11-13), 札幌. 予稿集, 2P083.

723005. [学会 (全国)] (一般講演) 顎下腺上皮形態形成に関わるラミニンα5鎖GドメインLG4モジュール由来のLVLFLNHGH配列について. 門谷裕一1, 望月麻友美2, 野水基義2, 山科正平1 (1解. 2北海道大): 第109回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2003/4/1), 福岡. Acta Anatomica Nipponica, 78 (Suppl.): p.235, 2003.

723006. [学会 (全国)] (一般講演) ラット背側膵・腹側膵における内分泌細胞系譜の解析. 原 朱美, 門谷裕一, 山科正平 (解): 第44回日本組織細胞化学会・第35回日本臨床電子顕微鏡学会合同学術集会 (2003/11/27), 東京. 予稿集, p.86, 2003.

723007. [学会 (全国)] (一般講演) 膵腺房のグルカゴン陽性細胞がインスリン陽性細胞へ分化する可能性. 鈴木哲太郎1, 門谷裕一2, 佐藤雄一3, 柿田 章1, 山科正平2 (1外. 2解. 3医衛): 第44回日本組織細胞化学会・第35回日本臨床電子顕微鏡学会合同学術集会 (2003/11/27), 東京. 予稿集, p.103, 2003.

723008. [学会 (全国)] (一般講演) Biological activities of homologous sequences in the laminin alpha chain G domain. Nobuharu Suzuki1, Hiroko Nakatsuka1, Toshio Yasui1, Mayumi Mochizuki1, Norio Nishi1, 門谷裕一2, Atsushi Utani3, Motoyoshi Nomizu1 (1北海道大. 2解. 3千葉大): 第76回日本生化学会大会 (2003/10/18), 横浜. 生化学, 76:p.1122, 2003.

723009. [学会 (全国)] (一般講演) Laminin-derived peptides on chitosan membrane affect integrin- and syndecan-mediated cell morphology. Mayumi Mochizuki1, 門谷裕一2, Norio Nishi1, Motoyoshi Nomizu1 (1北海道大. 2解): 第76回日本生化学会大会(2003/10/18), 横浜. 生化学, 76: p.1122, 2003.

732001. [学会 (地方)] (招待された講演) キトサン・ナノゴールド銀増感法を用いた免疫電顕法. 勝又 修1, 安達栄治郎2 (1形態系. 2医療系大学院): 日本顕微鏡学会関東支部講演会第28回講演会 (2004/3/13), 東京. 日本顕微鏡学会関東支部講演会第28回講演会予稿集, p.117-118, 2004.


<<解剖学(亀田単位)>>

[学術論文]

110010. [原著] Ultrastructural localization of vimentin immunoreactivity and gene expression in tanycytes and their alterations in hamsters kept under different photoperiods. 亀田芙子, 新井雄太, 西槇俊之 (解): Cell Tissue Res., 314: 251-262, 2003.

[学会・研究会等]

723010. [学会 (全国)] (ポスター) 甲状腺C細胞は内胚葉上皮由来であり神経堤からは生じない−Connexin43-LacZ マウスの解析. 亀田芙子1, 千坂 修2 (1解. 2京都大): 第56回日本細胞生物学会大会 (2003/5/14-16), 大津. Cell Struct. Funct., 28: p.342, 2003.

723011. [学会 (全国)] (ポスター) ハムスター視床下部 Tanycytes におけるビメンチン局在とmRNA発現および日照時間による変動. 亀田芙子, 新井雄太, 西槇俊之 (解): 第108回日本解剖学会全国学術集会 (2003/4/1-3), 福岡. Acta Anat. Nippon, 78 (Suppl.): p.260, 2003.

723012. [学会 (全国)] (ポスター) ニワトリ下垂体隆起部において発現する新たな遺伝子の単離と発現解析. 三浦正明, 亀田芙子 (解): 第108回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2004/4/3), 福岡. 解剖学雑誌第108回総会・全国学術集会抄録号, p.294, 2004.

723013. [学会 (全国)] (ポスター) 下垂体隆起部における糖タンパクα鎖mRNAの発現量と日周リズム. 新井雄太, 西槇俊之, 亀田芙子 (解): 第108回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2003/4/3), 福岡. 解剖学雑誌 第108回総会・全国学術集会抄録号, 78: p.293, 2003.


<<生理学(川上単位)>>

[学術論文]

110011. [原著] Peptidergic innervation in the rat Carotid body after 2, 4, and 8weeks of hypocapnic hypoxic exposure. Kusakabe T1, Hirakawa H.1, Matsuda H.1, 川上 倫2, Takenaka T.1, Hayashida Y.1 (1国士舘大. 2生理): Histol Histopathol, 18 (2): 409-418, 2003.

110012. [原著] Fatty acids as an energy source for the operation of axoplasmic transport. Takenaka T1, 比留間弘美2, Hori H.3, Hashimoto Y.3, 市川尊文4, 川上 倫2 (1国士舘大. 2生理. 3横浜市大. 4代謝蛋白): Brain Research, 972 (1-2): 38-43, 2003.

110013. [原著] Effects of extracellular ATP on axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. Sakama R, 比留間弘美, 川上 倫 (生理): Neuroscience, 121 (3): 531-535, 2003.

110014. [原著] Glutamate and amyloid B-protein rapidly inhibit fast axonal transport in cultured rat hippocampal neurons by diffeent mechanisma. 比留間弘美1, 片倉 隆1, 高橋早苗3, 市川尊文2, 川上 倫1 (1生理. 2代謝蛋白. 3生物物理系): Journal of Neuroscience, 23(26): 8967-8977, 2003.

120001. [原著] 人体CT画像を利用した三次元可視化−没入型バーチャルリアリティシステムの仮想立体モデル構築とその将来性. 博田竜史1, 長谷川建治2, 菅 信一3, 平本嘉助4, 大野暢亮5, 田村裕一5, 陰山 聡6, 掘内利得5, 佐藤哲也6 (1医療系大学院. 2生理. 3放. 4医療衛生. 5文部科学省核融合科学研究所. 6海洋科学技術センター横浜研究所): 形態科学, 6 (2): 67-74, 2003.

220001. [準原著] 医学教育用動的人体臓器の立体視の実例. 博田竜史1, 長谷川建治2, 菅 信一3, 鈴木直二3, 秦 博文3, 永野幸一4, 平本嘉助5, 堀内利得6 (1医療系大学院. 2生理. 3放. 4眼. 5医療衛生. 6文部科学省核融合科学研究所): 形態科学 人類形態科学研究会第7回総会資料 講演, 1要旨: 75-76, 2004.

220002. [準原著] テクスチャマッピング, ボリュームレンダリングを利用した人体CT画像の没入型VR三次元表示. 博田竜史1, 長谷川建治2, 菅 信一3, 大野暢亮4, 田村裕一4, 陰山 聡5, 堀内利得4 (1医療系大学院. 2生理. 3放. 4文部科学省核融合科学研究所. 5海洋科学技術センター横浜研究所): 第6回 「シミュレーション・サイエンス・シンポジウム」及び核融合科学研究所共同研究「大型シミュレーション」 Ploceeding, 34-39, 2003.

[著 書]

610001. [学術書] (共著) Circadian docks in eukaryofic microbes; Circadian behavioral rlythms in Paramecium and Caenorhabditis elegans. 長谷川建治1, 石崎茂生2, 三枝 徹2, Tukahara Y.2 (1生理. 2医療系大学院). 編集 Kippert F. Landes Bioscience, Goorgetow, TX, USA. 2003発行.

620002. [学術書] (単著) 脳研究への出発, 脳のフィジックス. 長谷川建治 (生理), 編集 日本神経科学学会, 共立出版, 東京, 2004/05発行.

[学会・研究会等]

713001. [学会 (国際)] (ポスター) The circadian rhythm in the repair activity of damaged DNA in nuclear and mitochonaria in Paramecium. 田中千貴1, 石崎茂生1, 三枝 徹1, Hakata T1, Yamamoto M1, Tsukahara Y1, Tamai Y1, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): Ist World Congr chronobiol. 10th Annual Meeting of Japanese society for Chronobiology (2003/9/12), 札幌. Comp, Biochem, Physiol, 136B p.550, 2003.

713002. [学会 (国際)] (ポスター) Looking for the novel molecular core of circadian clock system in C,elegans. 三枝 徹1, 田中舘明博1, Kimura Y1, Hagiwata M1, Ishii N1, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): Ist World Congr chronobiol. 10th Annual Meeting of Japanese society for Chronobiology (2003/9/9), 札幌. 予稿集, Abstract p.102, 2003.

713003. [学会 (国際)] (ポスター) C, elegans as a novel system for the molecular study of circadian clock. 三枝 徹1, 田中舘明博1, Kimura Y1, Hagiwata M1, Ishii N1, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): 14th International C,elegans Meeting (2003/6/29), カルフォルニア. 予稿集, Abstract p.204, 2003.

722006. [学会 (全国)] (招待された講演) 遺伝子の彼方の時間軸. 長谷川建治 (生理): 第6回光生物学シンポジウム (2003/9/15), 函館.

723014. [学会 (全国)] (一般講演) ゾウリムシDNA中の8-0HdG濃度の概日変動. 田中千貴1, 石崎茂生1, 三枝 徹1, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): 日本比較生理生化学学会第25回大会 (2003/7/18), 仙台. 予稿集, p.31, 2003.

723015. [学会 (全国)] (一般講演) 没入型投影ディスプレイを使用した医学教育用アプリケーション開発. 博田竜央1, 長谷川建治2, 菅 信一3, 鈴木直二3, 秦 博文3, 永野幸一4, 平本嘉助5, 堀内利得, 田村祐一, 陰山 聡, 大野暢亮, 荒井潤一, 岡本一男, 佐藤哲也 (1医療系大学院. 2生理. 3放. 4眼. 5医療衛生): 第8回日本バーチャルリアリティ学会 (2003/9/19), 岐阜. 予稿集, p.549-550, 2003.

731001. [研究会] (特別講演) 人体の概日時計と時間秩序. 長谷川建治 (生理): はこだて未来大学複雑系科学学科(2003/6/18), 函館.

732002. [研究会] (招待された講演) 時間生物学の最新事情. 長谷川建治 (生理): 第12回城南クリニカルニューロサイエンス研究会 (2004/2/13), 東京.

733001. [研究会] (一般講演) 医学教育用動的人体臓器の立体視の実例. 博田竜史1, 長谷川建治2, 菅 信一3, 鈴木直二3, 秦 博文3, 永野幸一4, 平本嘉助5, 堀内利得 (1医療系大学院. 2生理. 3放. 4眼. 5医衛): 人類形態科学研究会第7回総会 (2003/9/27), 相模原.

733002. [研究会] (ポスター) 時計遺伝子Perの背後にあるもの. 長谷川建治1, 三枝 徹2, 田中千貴2 (1生理. 2医療系大学院): 日本化学会, 第13回「非線形反応と協同現象」研究会 (2003/12/6), 京都.


<<生理学(河原単位)>>

[学術論文]

110015. [原著] Hypotonicity-induced ATP release is potentiated by intracellular Ca2+ and cyclic AMP in cultured human bronchial cells. 竹村尚志1, Yasuhiro Takamura1, Kazuo Isono2, JunTamaok2, Atsushi Nagai2, 河原克雅1 (1生理, 2First Department of Medicine, Tokoyo Womens, Medicical University School of Medicine): Japanese Journal of Physiology, 53 (5): 319-326, 2003.

520001. [総説] ホメオスタシス維持の分子機構−K+. 河原克雅, 安岡有紀子, 鈴木喜郎 (生理): 小児内科, 53 (11):1777-1782, 2003.

520002. [総説] 水の節約と尿濃縮. 河原克雅 (生理): 腎臓, 26 (1): 112-114, 2003.

520003. [総説] 過ぎ足るは猶及ばざるがごとし: 高アルドステロン血症. 河原克雅 (生理): 腎臓, 26 (2): 194-195, 2003.

520004. [総説] 食塩と高血圧. 河原克雅 (生理): 腎臓, 26 (3): 288-289, 2003.

[学会・研究会等]

713004. [学会 (国際)] (一般講演) Functional analysis of NBC1 mutants related to proximal renal tubular acidosis on xenopus oocytes. Shoko Horita1, Hideomi Yamada1, 鈴木喜郎2, Jun Inatomi3, Takashi Sekine3, 河原克雅2, Toshiro Fujita1, Takashi Igarashi3, George Seki1 (1Internal Medicine, Tokyo University. 2生理. 3Pediatrics, Tokyo University): World Congress of Nephrology (2003/6/8-12), Berlin. Nephrology Dialysis Transplantation, 18 (Suppl.): 3, 2003.

722007. [学会 (全国)] (シンポジウム) Potassium channels in kidney tubule cells:Verification of the pump-leak hypothesis. 河原克雅1, Kubokawa M2 (1生理. 2岩手医大): 日本生理学会 (2003/3/24-26), 福岡. Japanese Journal of Physiology, 53 (Suppl): S45, 2003.

722008. [学会 (全国)] (シンポジウム) A history of the pump-leak hypothesis: a new aspect. 河原克雅 (生理): 日本生理学会 (2003/3/24-26), 福岡. Japanese Journal of Physiology, 53 (Suppl): S46, 2003.

722009. [学会 (全国)] (シンポジウム) Functional roles of the inward rectifier K+ channel Kir7.1 in renal tubules. 鈴木喜郎1, 安岡有紀子1, Nakamura N2, Hirose S2, Endou H3, 河原克雅1 (1生理. 2東工大. 3杏林大): 日本生理学会 (2003/3/24-26), 福岡. Japanese Journal of Physiology, 53 (Suppl): S47, 2003.

723016. [学会 (全国)] (ポスター) Intercellular propagation of calcium waves induced by mechanical stimulation in cultured bronchial cells. 安岡有紀子, 鈴木喜郎, 河原克雅 (生理): 日本生理学会 (2003/3/24-26), 福岡. Japanese Journal of Physiology, 53 (Suppl): S207, 2003.

723017. [学会 (全国)] (ポスター) 心臓循環系におけるATP感受性K+チャネルの発現. 周 明1, 河原克雅2, 阿部 寛1 (1秋田大. 2生理): 日本解剖学会 (2003/4/1-3), 福岡. Acta Anatomica Nipponica, 78 (Supple): 251, 2003.

723018. [学会 (全国)] (ポスター) 内向き整流性カリウムチャネルKir7.1の遠位部尿細管由来新規培養細胞における発現. 鈴木喜郎1, 安岡有紀子1, 細山田 真2, 遠藤 仁2 , 河原克雅1 (1生理. 2杏林大): 日本腎臓学会 (2003/5/22-24), 東京. Jpn. J. Nephrology, 45 (3): 288, 2003.

723019. [学会 (全国)] (ポスター) 近位尿細管性アシドーシス症例で同定されたKNBC1変異体の機能解析−KNBC1変異体の機能解析−. 堀田晶子1, 山田秀臣1, 鈴木喜郎2, 関根孝司1, 森山信男1, 河原克雅2, 藤田敏郎1, 五十嵐 隆1, 関 常司1 (1東京大. 2生理): 日本腎臓学会 (2003/5/22-24), 東京. Jpn. J. Nephrology, 45(3): 226, 2003.

723020. [学会 (全国)] (ポスター) 眼球異常を伴う純型永続性近位尿細管性アシドーシスにおけるKNBC1遺伝子変異の機能. 稲富 淳1, 関根孝司1, 堀田晶子1, 山田秀臣1, 鈴木喜郎2, 関 常司1, 五十嵐 隆1 (1東京大. 2生理): 日本腎臓学会 (2003/5/22-24), 東京. Jpn. J. Nephrology, 45 (3): 309, 2003.

723021. [学会 (全国)] (ポスター) セキセイインコ脳でのC-junとZENK遺伝子の発現とクローニング. 別所親房1, 藤原宏子2, 宮本武典2, 佐藤亮平3 (1京都産業大. 2日本女大. 3生理): 日本分子生物学会 (2003/12/10), 神戸. 予稿集 プログラム講演要旨集, p.640 (1PC-043), 2003.


<<代謝・蛋白学>>

[学術論文]

110016. [原著] IgA1 molecules produced by tonsilar lymphocytes are under-O-glycosylated in IgA nephropathy. Akemi Horie1, Yoshiyuki Hiki1, Hiroko Odani1, Yoshinari Yasuda1, Mami Takahashi1, Masashi Kato1, 岩瀬仁勇2, 小林 豊3, Izumi Nakashima1, Kenji Maeda1 (1Department of In-Home Medicine and Immnology, Nagoya University School of Medicine. 2代謝蛋白. 3あけぼの病院): American Journal of Kidney Disease, 42: 486-496, 2003.

110017. [原著] Characterization of rat gastric mucins using a monoclonal antibody, RGM23, recognizing surface mucous cell-type mucins. 五艘行信1, 池澤智明2, 栗原 誠3, 遠藤雅樹4, 堀田恭子5, 石原和彦6 (1代謝蛋白. 2内. 3関東化学. 4医療系大学院. 5生化学. 6医衛): J Biochem., 133 (4): 453-460, 2003.

110018. [原著] Detection of gender difference and epitope specificity of IgG antibody activity against IgA1 hinge portion in IgA nephropathy patients by using synthetic hinge peptide and glycopeptide probes. 中村郁子1, 岩瀬仁勇2, Kenji Arai3, Yoko Nagai3, Kazunori Toma4, Tadashi Katsumata, 比企能之5, Tohru Kokubo1, 佐野 隆1, 小林 豊6 (1内. 2代謝蛋白. 3旭化成. 4The Noguchi Institute. 5藤田保健衛生大医学部腎臓内科. 6あけぼの病院): Nephrology 9: 26-30, 2004. 

110019. [原著] Convenient Analytical Methods for Endo-type Glycosidase that Acts on Glycoconjugates and Their Application in Glycotechnology. 石井-傘 郁子 (代謝蛋白): ANALYTICAL SCIENCES, 19 (1): 93-97, 2003.  

510002. [総説] Application of Mass Spectrometry to IgA Nephropathy: Structure and Biological Analyses of Underglycosylated IgA1 Molecules. Yoshinari Yasuda1, Akemi Horie2, Hiroko Odani1, 岩瀬仁勇3, 比企能之2 (1名古屋大. 2藤田保健衛生大医学部腎臓内科. 3代謝蛋白): Contribution Nephrology, 141: 170-188, 2003. 

510003. [総説] New aspects of neurotransmitter release and exocytosis: Regulation of neurotransmitter release by phosphoryllation. 高橋正身1, 板倉 誠1, Kataoka M.2 (1代謝蛋白. 2信州大): J Pharmacol Sci, 93:41-45, 2003.

520005. [総説] 神経伝達物質の放出機構. 板倉 誠1, 青柳共太2, 高橋正身1 (1代謝蛋白. 2東京大院): 実験医学 21:2357-2360, 2003.

520006. [総説] IgA1ヒンジ部位ムチン型糖鎖の不全とIgA腎症. 岩瀬仁勇1, 比企能之2 (1代謝蛋白. 2藤田保健衛生大医学部腎臓内科): 医学のあゆみ, 207: 376-380, 2003.

520007. [総説] IgA腎症研究における最近の進歩. 岩瀬仁勇1, 比企能之2 (1代謝蛋白. 2藤田保健衛生大医学部腎臓内科): 北里医学, 32: 421-428, 2004.

520008. [総説] (ミニレビュー) 神経発生におけるSSEA-1の発現. 柳澤 亮1, 中村和生2, 田賀哲也3 (1熊本大発生医学研究センター21紀COEプログラム「細胞系譜制御研究教育ユニットの構築」, 2代謝蛋白, 3熊本大発生医学研究センター転写制御部門): 生化学, 75 (9): 1247-1250, 2003. 

[著 書] 

620003. [その他の著書] (分担執筆) 油化学辞典; 辞書の33項. 中村和生 (代謝蛋白), 編集 日本油化学会, 丸善, 東京, 2004/3/25発行.

[学会・研究会等]

712001. [学会 (国際)] (招待された講演) Regulation of neurotransmitter release by phosphorylation. 高橋正身 (代謝蛋白): 第6回フランス神経科学会大会 (2003/5/15), Rouen, France. 予稿集, p.35 (S09-3), 2003.

712002. [学会 (国際)] (招待講演) Regulation of Neurotransmitter Release by Phosphorylation. 高橋正身 (代謝蛋白): First COE International Symposium Gunma University "Molecular Mechanisms of Vesicle Trafficking and Membrane Fusion" (2003/11/21), 前橋. 予稿集, p.15, 2003.

712003. [学会 (国際)] (招待された講演) Convenient Analytical Methods for Endo-type Glycosidase that Acts on Glycoconjugates. 石井-傘 郁子 (代謝蛋白): Eurotron Glycobiology Towns Meeting (EGTM)-4 'Innovations in Carbohydrate Analysis' (2003/4/ 9), Eurotron Net Conferences.

712004. [学会 (国際)] (招待された講演) Synthesis of O-Glycosidic Linkage Glycopeptide Using Glycosidase. 石井-傘 郁子 (代謝蛋白): Electronic Glycoscience Conference (EGC)-5 'Synthesis of Biologically Important Carbohydrates and Analogues' (2003/6/6), Eurotron Net Conferences.

713005. [学会 (国際)] (ポスター) Phosphatidylinositol-4,5-bisphosphate microdomains and the sites of neurotransmitter release. Aoyagi Kyota1, 高橋正身2 (1東京大院. 2代謝蛋白): First COE International Symposium Gunma University "Molecular Mechanisms of Vesicle Trafficking and Membrane Fusion" (2003/11/21-22), 前橋. 予稿集, p.42, 2003.

713006. [学会 (国際)] (ポスター) Isolation and characterization of GluR2-containing intracellular vesicles from rat brain. 板倉 誠, 山森早織, 高橋正身 (代謝蛋白): First COE International Symposium Gunma University "Molecular Mechanisms of Vesicle Trafficking and Membrane Fusion" (2003/11/21-22), 前橋. 予稿集, p.41, 2003.

713007. [学会 (国際)] (ポスター) Abnormal behavior of mice having a mutation in Snap-25 gene. Masakazu Kataoka1, 山森早織2, Shiro Ikegami3, Reiko Kuwahara1, Sadahiro Azuma1, Kaoru Inokuchi1, 高橋正身2 (1信州大. 2代謝蛋白. 3三菱化学生命研): New Horizons in Molecular Sciences and Systems: An Integrated Approach (2003/10/16-18), 沖縄. 予稿集, p.110, 2003.

713008. [学会 (国際)] (ポスター) Isolation and characterization of GluR2-containing intracellular vesicles from rat brain. 板倉 誠1, Tsujimura J.2, Kudo Y.2, 山森早織1, 高橋正身1 (1代謝蛋白. 2東京薬大): The 33rd Annual Meeting of the Society of Neuroscience(2002/11/8-12), New Orleans, USA.

713009. [学会 (国際)] (ポスター) Phosphatidylinositol-4,5-bisphosphate microdomain and site of neurotransmitter release. Aoyagi K.1, Sugaya T.2, Umeda M.1, Yamamoto S.1, Terakawa S.1, 高橋正身2 (1東京大院. 2代謝蛋白): The 33rd Annual Meeting of the Society of Neuroscience (2003/11/8-12), New Orleans, USA.

713010. [学会 (国際)] (ポスター) SNAP-25 cleavage inhibits glu release in cerebellar granule cell. Ando K.1, Kudo Y.1, 高橋正身2 (1東京薬大. 2代謝蛋白): The 33rd Annual Meeting of the Society of Neuroscience(2003/11/8-12), New Orleans, USA.

713011. [学会 (国際)] (ポスター&オーラル発表) Overproduction of hypoglycosylated IgA1 due to the disordered balance of IgA- and IgG-production and of IgA1- and IgA2-production in the tonsillar tissue of IgA nephropathy patient. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 高谷 徹3, 岡本牧人1, 比企能之4, 中村郁子3, 小林 豊5 (1耳鼻. 2代謝蛋白. 3内. 4藤田保健衛生大学医学部腎臓内科. 5あけぼの病院): 10th International Symposium on IgA Nephropathy (2004/5/26), Saint-Etienne, France. 第10回国際IgA腎症シンポジウム予稿集, p.51, 2003.

713012. [学会 (国際)] (ポスター&オーラル発表) Similarity between serum proteins binding to hypoglycosylated IgA1-Sepharose and the serum proteins including IgA deposited in glomeruli of IgA nephropathy patients. 高谷 徹1, 岩瀬仁勇2, 伊藤昭彦3, 東原正明1, 比企能之4, 中村郁子1, 小林 豊5 (1内. 2代謝蛋白. 3耳鼻. 4藤田保健衛生大学医学部腎臓内科. 5あけぼの病院): 10th International Symposium on IgA Nephropathy (2004/5/26), Saint-Etienne, France. 第10回国際IgA腎症シンポジウム予稿集, p.52, 2003.

722010. [学会 (全国)] (招待講演) StargazinファミリーのNMDA依存的なプロテアーゼによる切断. 稲村実穂子1, 板倉 誠2, 辻村 淳3, 工藤佳久3, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1, 山森早織2, 高橋正身2 (1麻, 2代謝蛋白. 3東京薬大): 第46回日本神経化学会・第41回日本生物物理学会合同年会 (2003/9/24-26), 新潟. 神経化学, 42: p.247, 2003.

722011. [学会 (全国)] (招待された講演) PtdINs (4,5) P2 microdomains and the sites of neurotransmitter release. 青柳共太1, 菅谷津貴子2, 梅田真郷1, 山本清二1, 寺川 進1, 高橋正身3 (1東京大院. 2生物化学系. 3代謝蛋白): 第76回日本生化学会大会 (2003/10/15-18), 横浜. 生化学, 75:p.706, 2003. 

722012. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 胃粘膜防御機構における粘液の役割−粘液の魅力を探る−生化学的見地から. 市川尊文 (代謝蛋白): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/4/25), 大宮.

722013. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 胃粘液を視る−映像で捉えた粘液放出の瞬間−. 市川尊文 (代謝蛋白): 第66回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/10/16), 大阪.

723022. [学会 (全国)] (ポスター) 神経伝達物質放出抑制機構におけるカルパイン特異的なSNAP-25切断. 安藤公祐1, 工藤佳久1, 高橋正身2 (1東京薬大. 2代謝蛋白): 第46回日本神経化学会・第41回日本生物物理学会合同年会 (2003/9/24-26), 新潟. 神経化学, 42: p.304, 2003.

723023. [学会 (全国)] (ポスター) Isolation and characterization of GluR2-containing intracellular vesicles from rat brain. 板倉 誠1, 辻村 淳2, 工藤佳久2, 山森早織1, 高橋正身1 (1代謝蛋白. 2東京薬大): 第76回日本生化学会大会 (2003/10/15-18), 横浜. 生化学, 75:p.851, 2003. 

723024. [学会 (全国)] (ポスター) Snap-25S187A変異マウスの特徴と行動異常. 山森早織1, 池上司郎2, 片岡正和2, 東 貞宏, 井ノ口 馨2, 高橋 正身1 (1代謝蛋白. 2三菱化学生命研. 3実動): 第26回日本分子生物学会年会 (2003/12/11), 神戸. 予稿集, p.768, 2003.

723025. [学会 (全国)] (ポスター) HPLC separation of IgA1-binding protein from human serum and its characterization. 岩瀬仁勇1, 伊藤昭彦2, 高谷 徹3, 中村郁子3, 林みゆき1, 比企能之4, 小林 豊5 (1代謝蛋白. 2耳鼻. 3内. 4藤田保健衛生大学医学部腎臓内科. 5あけぼの病院): 第76回日本生化学会大会 (2003/10/16), 横浜. 生化学, 75: p.901, 2003.

723026. [学会 (全国)] (ポスター) IgA腎症患者摘出扁桃由来IgAの等電点電気泳動による解析. 岩瀬仁勇1, 伊藤昭彦2, 高谷 徹3, 中村郁子3, 林みゆき1, 大庭和人1, 比企能之4, 小林 豊5, 岡本牧人2 (1代謝蛋白. 2耳鼻. 3内. 4藤田保健衛生大学医学部腎臓内科. 5あけぼの病院): 第24回日本糖質学会年会 (2003/7/30), 横浜. 第24回日本糖質学会年会要旨集, p.96, 2003.

723027. [学会 (全国)] (ポスター) Effects of neonatal exposure of endocrine disruptors on ratmyelin membranes. Yoshiko Tokuyama1, 小嶋久子2, 中村和生2, Tsugumi Ogitani1, 桑田正広2, Yoichi Tamai3 (1医学部学生, 2代謝蛋白, 3人間総合科学大学): 第46回日本神経化学会・第41回日本生物物理学会合同年会(2004/9/24), 新潟. 神経化学, 42 (2, 3合同号) p.296, 2003.

723028. [学会 (全国)] (ポスター) Neonatal exposure to endocrine disruptors, tributyltin,supresses myelination in rat brain. Tsugumi Ogitani1, 小嶋久子2, Yoshiko Tokuyama1, Yuko Takahisa1, 桑田正広2, 中村和生2, Sachiko Sugano3 (1医学部学生. 2代謝蛋白. 3宮崎県立看護大): 第76回日本生化学会大会 (2004/10/16), 横浜. 生化学, 75 (8): p.900, 2003.

723029. [学会 (全国)] (一般演題/口頭発表) Neonatal exposure to androgenic endocrine disruptors, synthetic estrogens or estrogen-receptor inhibitorssupressesjyuvenilesteroidgenesis, and further supresses irreversiblesteroidgenesis at puberty. 桑田正広1, Rei Kawashima1, 中村和生1, 小嶋久子1, 牧 純2 (1代謝蛋白学. 2微・寄): 76第回日本生化学会大会 (2004/10/16), 横浜. 生化学, 75 (8): p.893, 2003.

723030. [学会 (全国)] (一般講演) Characterization of epitope oligosaccharides recognized by monoclonal antibody RGM21. 五艘行信1, 遠藤雅樹2, 栗原 誠3, 石原和彦4 (1代謝蛋白. 2医療系大学院. 3関東化学. 4医衛): 第76回日本生化学会大会 (2004/10/17), 横浜. 生化学, 75 (8): p.901, 2003.

723031. [学会 (全国)] (一般講演) Roxatidine 7日間連続投与によるラット胃粘液産生細胞の変動−坑ムチンモノクローナル抗体による免疫組織化学的検討−. 坪川大悟1, 池澤智明2, 五艘行信3, 市川尊文3, 玉置 賢4, 堀田恭子5, 石原和彦6 (1医療系大学院. 2内. 3代謝蛋白. 4帝国臓器製薬. 5北里大名誉教授. 6医衛): 第31回日本実験潰瘍学会 (2003/11/29), 名古屋. 予稿集, p.44, 2003.

723032. [学会 (全国)] (ポスター) Age-related changes of CGRP-distribution and its effects on mucus metabolism in rat gastric mucosa. 市川尊文1, 五野由香里2, 川上 倫3, 竹中敏文4, 日下部辰三4 (1代謝蛋白. 2内. 3生理. 4国士舘大): 第108回日本解剖学会総会 (2003/4/2), 福岡. 解剖学雑誌, 78 (抄録号): 301, 2003.

723033. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト胃粘液ゲル層に対するラフチジンの影響. 杉山 敦1, 村上真基1, 丸田福門2, 太田浩良1, 赤松泰次1, 市川尊文2, 石 原和彦3, 勝山 努1, 堀田恭子4 (1信州大学. 2代謝蛋白. 3医衛. 4北里大名誉教授): 第31回日本実験潰瘍学会 (2003/11/28), 名古屋. 予稿集, p.45, 2003.

723034. [学会 (全国)] (一般講演) Detection of rat gastric MUC6 (rMuc6). 小原 進1, 玉木英明2, 吉田麻友美3, 蓮見英世1, 浜崎秀明4 (1代謝蛋白. 2解. 3理学部・生体機能学. 4生物): 日本生化学会 (2003/10/18), 横浜. 生化学, l75 (8): p.1046, 2003.

723035. [学会 (全国)] (一般講演) ラット系統による幽門洞潰瘍発症の比較検討−第2報−. 小原 進 (代謝蛋白): 日本実験潰瘍学会 (2003/11/28), 名古屋.

723036. [学会 (全国)] (ポスター) Neonatal exposure to androgenic disruptors, synthetic estrogens or estrogen-receptor inhibitors suppresses juvinile steroidogenesis, and further suppresses irreversible steroidogenesis at puberty. 桑田正広1, Rei Kawashima1, 中村和生1, 小嶋久子1, 牧 純2 (1代謝蛋白. 2微・寄): 日本生化学会大会 (2003/10/16), 横浜. 生化学, 75 (8): 2P-703, 2003.

723037. [学会 (全国)] (ポスター) Neonatal exposure to endocrine disruptors, trubutyltin, suppresses myelination in rat brain. Tugumi Ogitani1, 小嶋久子2, Yoshiko Tokuyama1, Yuko Takahisa1, 桑田正広2, 中村和生2, Sachiko Sugano3 (1医学部学生. 2代謝蛋白. 3宮崎県立看護大): 日本生化学会大会 (2003/10/16), 横浜. 生化学, 75 (8): 2P-745, 2003.

723038. [学会 (全国)] (ポスター) Neonatal exposure to endocrine disruptors on rat myelin membranes. Yoshiko Tokukyama1, 小嶋久子1, 中村和生1, Tugumi Ogitani1, 桑田正広1, Yoichi Tamai2 (1代謝蛋白. 2University of Human Arts and Sciences): 日本神経化学会大会 (2003/9/24), 新潟. 神経化学, 42 (2, 3号): N121, 2003.

723039. [学会 (全国)] (ポスター) AMPA受容体含有小胞に含まれる蛋白質の同定と解析. 板倉 誠1, 小寺義男2, 前田忠計2, 中村和生1, 高垣洋太郎3, 高橋正身1 (1代謝蛋白. 2物理. 3遺伝): 日本神経科学会 (2003/7), 名古屋. Neuroscience Research, 46: S.175, 2003.

733003. [研究会] (ポスター) カルパインによるSNAP-25の切断を介した神経伝達物質放出の抑制制御機構. 安藤公祐1, 工藤佳久1, 高橋正身2 (1東京薬大. 2代謝蛋白): CREST「脳を知る」シンポジウム (2003/10/30), 東京. 予稿集, p.42, 2003.

733004. [研究会] (ポスター) 細胞外プロテアーゼを介したシナプス伝達の非可逆的制御. 稲村実穂子1, 板倉 誠2, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1, 高橋正身2 (1麻, 2代謝蛋白): CREST「脳を知る」シンポジウム (2003/10/30), 東京. 予稿集, p.43, 2003.

733005. [研究会] (ポスター) シナプトゾーム中に存在する細胞内AMPAレセプター含有小胞の解析. 西宮聖一朗, 板倉 誠, 高橋正身 (代謝蛋白): CREST「脳を知る」シンポジウム (2003/10/30), 東京. 予稿集, p.43, 2003.

733006. [研究会] (ポスター) PI (4,5) P2マイクロドメインと神経伝達物質の開口放出部. 青柳共太1, 菅谷津貴子2, 梅田真郷1, 山本清二1, 寺川 進1, 高橋正身3 (1東京大院. 2生物化学系. 3代謝蛋白): CREST「脳を知る」シンポジウム (2003/10/30), 東京. 予稿集, p.42, 2003.


<<遺伝子学>>

[学術論文]

110020. [原著] Genomic Structure around Joining Segments and constant Regions of Swine T-cell Receptor alpha/delta (TRA/TRD) locus. Uenishi H.1, Hiraiwa H.2, Yamamoto R.1, Yasue H.1, 高垣洋太郎3, Shiina T.1, Kikkawa E.1, Iaoko H.4, Awata T.1 (1農業生物資源研究所. 2農林水産先端技術研究所. 3遺伝. 4東海大): Immunology, 109 (4): 515-526, 2003.

510004. [総説] Myocarditogenic epitopes and autoimmune myocarditis. 和泉 徹1, Kohno K.1, 猪又孝元1, 高垣洋太郎2 (1内. 2遺伝): Internal Medicine, 42 (1): 3-6, 2003.

[著 書]

620004. [辞典] (共著 34名) バイオ・ゲノムを読む辞典. 高垣洋太郎 (遺伝), 編集 三菱総合研究所+三菱化学生命科学研究所, 東洋経済新報社, 東京, 2004.03.04発行.

[学会・研究会等]

723040. [学会 (全国)] (一般講演) ブタT細胞レセプターr鎖ゲノム構造の解説. 亀山孝三1, 上西博英2, 高垣洋太郎1 (1遺伝. 2農業生物資源研・ゲノム): 第26回日本分子生物学会年会 (2003/12/12), 神戸. 講演要旨集, p.863, 2003.


<<薬理学>>

[学術論文]

110021. [原著] Role of thromboxane derived from COX-1 and -2 in hepatic microcirculatorydysfunction during endotoxemia in mice. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 末松 誠3, 山科正平4, 村田隆彦3, 成宮 周5, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3慶応大. 4解. 5京大): Hepatology, 39 (1): 139-150, 2004.

110022. [原著] Mild irritant prevents ethanol-induced gastric mucosal microcirculatorydisturbances through actions of calcitonin gene-related peptide and PGI2 in rats. 佐伯威男1, 大野 隆1, 鎌田一寿3, 新井勝春1, 水口澄人1, 鹿取正道2, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆3 (1内. 2外. 3薬理): Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol., 286 (1): G68-75, 2004.

110023. [原著] COX-2/VEGF-dependent facilitation of tumor-associated angiogenesis and tumorgrowth in vivo. Yoshida S1, 天野英樹1, 林 泉2, 北里英郎3, Kamata M2, Inukai M2, 吉村博邦1, 馬嶋正隆2 (1胸外. 2薬理. 3微・寄): Lab Invest., 83 (10): 1385-1394, 2003.

110024. [原著] Prostanoid receptor signaling relevant to tumor growthandangiogenesis. 馬嶋正隆1, 天野英樹2, 林 泉1 (1薬理. 2胸外): Trends Pharmacol Sci., 24(10): 524-529, 2003.

110025. [原著] Effects of selectiv cyclooxygenase inhibitors on ischemia/reperfusion-inducedhepatic microcirculatory dysfunction in mice. Ito Y1, 片桐寛之3, Ishii K1, 柿田 章3, 林 泉2 馬嶋正隆2 (1アリゾナ大. 2薬理. 3外): Eur Surg Res., 35 (5): 408-416, 2003.

110026. [原著] Endogenous prostaglandin I2 regulates the neural emergency system throughrelease of calcitonin gene related peptide. 新井勝春1, 大野 隆1, 佐伯威男1, 水口澄人1, 鎌田一寿2, 林 泉2, 西元寺克禮1, 村田隆彦3, 成宮 周4, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理. 3慶応大. 4京大): OGut., 52 (9): 1242-1249, 2003.

110027. [原著] Amelioration of hyperalgesia by kinin receptor antagonists or kininogendeficiency in chronic constriction nerve injury in rats. Yamaguchi-Sase S2, 林 泉1, Okamoto H2, Nara Y2, Matsuzaki S2, 外 須美夫2, 馬嶋正隆1 (1薬理. 2麻): Inflamm Res, 52 (4): 164-169, 2003.

110028. [原著] Retrovirally introduced prostaglandin D2 synthase suppresses lung injuryinduced by bleomycin. 安藤みゆき1, 村上洋介2, 小島時昭1, Endo H, 北里英郎2, 橋本 篤1, Kobayashi H, 馬嶋正隆3, 井上松久2, 近藤啓文1, Kawai S, 林 泉3 (1内. 2微・寄. 3薬理): Am J Respir Cell Mol Biol, 28 (5): 582-591, 2003.

110029. [原著] Strategies against high blood pressure in the early morning. 熊谷雄治 (薬理): Clinical and Experimental Hypertension, 26 (2): 107-118, 2004.

120002. [原著] CRCが現実に直面している問題点−全国243施設におけるCRCアンケート調査の結果から−. 飯島 肇1, 須田芳衛2, 武部雅人3, 井上真砂恵4, 伊藤忠雄5, 駒崎啓吾6, 桜井久仁子6, 福嶋邦昭1, 横山錬蔵7, 長 茂8, 佐藤 浩9, 入江 伸10, 月川 洋1, 千代田健司10, 谷内 豊11, 熊谷雄治12 (1北里研究所. 2東京臨床薬理研究所. 3アイ・ディー・ディー. 4エヌ・エスクリニック. 5大阪臨床薬理研究所. 6観音台クリニック. 7赤坂臨床検査センター. 8新日本科学臨床薬理研究所. 9関野研究所. 10相生会臨床薬理センター. 11富士バイオメディックス. 12薬理): 臨床薬理, 35 (1): 29-36, 2003.

210001. [準原著] What Gesell wished, Hellbrige accomplished:Chronomics of child development. Cornelissen G, Halberg F, Schwartzkopff O, Katnas G, Johnson D, Otsuka K, Watanabe Y, Wang ZR, Wan CW, Perfetto F, Tarquini R, Maggioni C, Syutkina EV, Masalov A, Siegelova J, Zhao ZY, Singh RB, Singh RK, Delyukov A, Gorgo Y, Zaslavskaya RM, Gubin GD, 熊谷雄治1, Uezono K, Wilson D, Weydahl A, Bakken E. (1薬理): Neuroendocrinol Lett, 24 (S.1): 14-24, 2003.

210002. [準原著] Circaseptan axillary temperature rhythm development in a chronomic and familial context. 熊谷雄治1, Kumagai Eu, Kumagai Er, Cornelissen G, Halberg E, Halberg Francine, Schwartzkopff O, Halberg F. (1薬理): Neuroendocrinol Lett, 24 (S.1): 145-151, 2003.

210003. [準原著] Can society afford not to follow a chronobiological approach to blood pressure screening, diagnosis and treatment? Cornelissen G, Halberg F, Bakken E, Wang ZR, Tarquini R , Perfetto F, Laffi G, Maggioni C, 熊谷雄治1, Prikry P, Homolka P, Dusek J, Siegelova J, Fiser (1薬理): Proceedings of Chronobiological Analysis in Pathophysiology of Cardiovascular System, pp.75-90, 2003.

220003. [準原著] 健常人における心電図QT間隔の個体間, 個体内変動. 熊谷雄治1, 尾崎真智子2, 大内浩子3, 蓮沼智子4, 飯島 肇4, 安野智子4, 山本ゆうや4 (1薬理. 2薬剤部. 3共立薬科大. 4北里研究所): 日本薬理学会誌, 123(1): 32 (D-2), 2003.

220004. [準原著] CYP3A5遺伝的多型がDiltiazemの体内動態に及ぼす影響. 山本武人1, 大関健志1, 久保田隆廣1, 澤田実花2, 横田愼一2, 熊谷雄治3, 伊賀立二1 (1東大薬剤. 2薬剤. 3薬理): 臨床薬理, 35 (1): 214, 2003.

220005. [準原著] 高血圧患者におけるクレアチニン・クリアランスの予測性. 有沢紀子1, 高附真樹子1, 安野智子1, 西村貴子1, 飯島 肇1, 蓮沼智子1, 澤田実花2, 熊谷雄治3, 大須賀恵美子4, 玉地寛光4, 早川弘一4 (1北里研究所. 2薬剤. 3薬理. 4久我山病院): 臨床薬理, 35 (1): 240, 2003.

520009. [総説] 診療ガイドラインとくすり. 熊谷雄治1, 渡邊裕司2 (1薬理. 2浜松医大): EBMジャーナル, 4 (6):116-120, 2003.

520010. [総説] 癌血管新生を増強する宿主AT1a受容体シグナリングの役割と癌治療への応用. 馬嶋正隆 (薬理): 医学の歩み, 207 (1): 35-40, 2003.

[著 書]

620005. [学術書] (分担執筆) 疾患からみた臨床薬理学; 各論 循環器5. 高脂血症, p.163-172. 熊谷雄治 (薬理), 編集 大橋京一 (浜松医大), 藤村昭夫 (自治医科大), (株) じほう, 東京, 2003/8/15発行.

620006. [学術書] (分担執筆) 高齢者薬物療法; 高齢者における薬物動態と薬力学. 熊谷雄治 (薬理), 編集 村崎光邦 (CNS薬理研究会), 大谷義夫 (医療衛生), (株) ワールドプランニング, 東京, in press, 2003.

620007. [その他の著書] (共著) 臨床試験・治験 用語・用例集. 熊谷雄治 (薬理), 編著 内田英二 (昭和大), 熊谷雄治, 浦江明憲, 月川 洋 (医療法人相生会), (株) じほう, 東京, 2004/3/31発行.

[学会・研究会等]

712005. [学会 (国際)] (シンポジウム) Host stromal prostaglandin E2-EP3 singnaling facilitates tumor-associated angiogenesis and tumor growth. 馬嶋正隆1, 天野英樹2, 林 泉1, 成宮 周3 (1薬理. 2胸外. 3京都大): Keystone Symposia meetings Angiogenesis: Novel Basic Science Insights and Human Therapy (2004/1/13-18), New Mexico.

713013. [学会 (国際)] (一般講演) A consideration of bioequivalence study. 熊谷雄治1, 尾崎真智子2, 横田愼一2, 澤田実花2, 大谷義夫3, 森山哲司4 (1薬理. 2薬剤. 3,医療衛生. 4大洋薬品工業): The 9th Southeast Asian-Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists (2003/8/19-23), Busan, Korea. The Korean Journal of Physiology & Pharmacology Abstracts, 7 (S.1):95, 2003.

713014. [学会 (国際)] (一般講演) Circaseptan development of body temperature rhythm in two Japanese girls. 熊谷雄治1, 熊谷友梨香1, 熊谷衣瑠菜1, Germaine Cornelissen2, Othild Schwartzkopff2, Franz Halberg2 (1薬理. 2Halberg Chronobiology Center, University of Minnesota): 1st World Congress of Chronobiology(2003/9/9-12), 札幌. 予稿集 1st World Congress of Chronobiology Program & Abstracts, p.164, 2003.

713015. [学会 (国際)] (一般講演) Circadian and ultradian thythm of gastric motility in Japanese healthy ambulatory subjects. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 横田愼一1, 藤田朋恵2, 黒山政一1, 矢後和夫1, 大谷義夫3, 田辺 聡4, 小泉和三郎4 (1薬剤. 2薬理. 3医療衛生. 4内): 1st World Congress of Chronobiology (2003/9/9-12), 札幌. 予稿集 1st World Congress of Chronobiology Program & Abstracts, p.160, 2003.

713016. [学会 (国際)] (一般講演) Circadian and ultradian rhythm of gastric motility in Japanese healthy ambulatory subjects. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 横田慎一1, 藤田朋恵2, 黒山政一1, 矢後和夫1, 大谷義夫3, 田辺 聡4, 小泉和三郎4 (1薬剤. 2薬理. 3医療衛生. 4内): 1st World Congress of Chronobiology (2003/10/9-12), Sapporo, Japan. 予稿集, 学会プログラムA3-12.

713017. [学会 (国際)] (一般講演) Endogenous prostaglandins and capsaicin suppress myoelectrical activity of gastric smooth muscle and mucasal injury. 水口澄人1, 大野 隆1, 鎌田一寿2, 新井勝春1, 佐伯威男1, 林 泉2, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理): The 10th Taisho International Symposium on Gastroenterology (2003/4/11-12), Shimoda, Japan.

713018. [学会 (国際)] (一般講演) Platelet aggregation in the microcirculation enhanced the ethanol-induced mucosal damage in rat stomach. 大野 隆1, 佐伯威男1, 鎌田一寿2, 水口澄人1, 新井勝春1, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理): The 10th Taisho International Symposium on Gastroenterology (2003/4/11-12), Shimoda, Japan.

713019. [学会 (国際)] (口頭発表) Suppression of dextran sulfate sodium-induced colitis in kininogen-deficient rats. 鎌田一寿1, 林 泉1, 水口澄人2, 新井勝春2, 佐伯威男2, 大野 隆2, 西元寺克禮2, 馬嶋正隆1 (1薬理. 2内): The 10th Taisho International Symposium on Gastroenterology (2003/4/11-12), Shimoda, Japan.

713020. [学会 (国際)] (一般講演) Roles of calcitonin gene-related peptide and prostaglandin I2 in prevention of ethanol-induced gastric mucosal microcirculatory disturbances by mild irritant in rats. 佐伯威男1, 大野 隆1, 鎌田一寿2, 新井勝春1, 水口澄人1, Makoto Katori, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理): The 14th Keio University International Symposium for Life Science and Medicine Organ Microcirculation: A Gateway to Diagnostic and Therapeutic Interventions (2003/11/11-13), Tokyo. 予稿集 The Keio journal of Medicine, Vol.52 Suppl.2, p.47.

713021. [学会 (国際)] (一般講演) Role of endogenous thromboxane in hepatic microcirculatory dysfunction during endotoxemia in mice. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 林 泉2, 末松 誠3, 成宮 周4, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3慶応大. 4京都大): The 14th Keio University International Symposium for Life Science and Medicine Organ Microcirculation: A Gateway to Diagnostic and Therapeutic Interventions (2003/11/11-13), Tokyo. 予稿集 The Keio journal of Medicine, Vol.52 Suppl.2, p.57.

713022. [学会 (国際)] (一般講演) Prostaglandin receptor signalings relevant to tumor angiogenesis. 馬嶋正隆 (薬理): Gordon Research Conference Angiogenesis & Microcirculation 2003 (2003/8/10-15), Newport.

713023. [学会 (国際)] (一般講演) Angiotensin II type Ia reseptors regulate angiogenses in vivo. 馬嶋正隆1, M Fujita2, 糸満盛憲2, 林 泉1 (1薬理. 2整外): Gordon Research Conference Angiogenesis & Microcirculation 2003 (2003/8/10-15), Newport.

722014. [学会 (全国)] (シンポジウム) エビデンスに基づく診療ガイドラインとEssential Medicine. 熊谷雄治 (薬理): 第24 回日本臨床薬理学会年会 (2003/12/11), 横浜. 第24回日本臨床薬理学会年会プログラム・要旨集, p.88, 2003.

722015. [学会 (全国)] (シンポジウム) 臨床試験における統計の実践. 熊谷雄治 (薬理): 第124年会日本薬学会(2004/3/30), 大阪. 第124年会日本薬学会 要旨集-1, p.189, 2004.

722016. [学会 (全国)] (ワークショップ) プロスタグランジンと痛み−選択的COX-2 阻害薬の有効性とその限界−. 馬嶋正隆, 林 泉 (薬理): 第24回日本炎症学会(2003/11/26-27), 京都. 抄録集, p.413, 2003.

723041. [学会 (全国)] (一般講演) クレアチニンクリアランス予測式の問題点. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 横田愼一1, 黒山政一1, 矢後和夫1, 大谷義夫3, 飯島 肇4 (1薬剤. 2薬理. 3医衛. 4北里研究所): 第20回日本TDM学会学術大会 (2003/6/27), 横浜. TDM研究, 21 (2): 157-158, 2004.

723042. [学会 (全国)] (一般講演) CYP3A5遺伝的多型がDiltiazemの体内動態に及ぼす影響. 山本武人1, 大関健志1, 久保田隆廣1, 澤田実花2, 熊谷雄治3, 伊賀立二1 (1東大薬剤. 2薬剤. 3薬理): 第24回日本臨床薬理学会年会 (2003/12/12), 横浜. 臨床薬理, 35 (1): 214, 2004.

723043. [学会 (全国)] (一般講演) 高血圧患者におけるクレアチニン・クリアランスの予測性. 有沢紀子1, 高附真樹子1, 安野智子1, 西村貴子1, 飯島 肇1, 蓮沼智子1, 澤田実花2, 熊谷雄治3, 大須賀恵美子4, 玉地寛光4, 早川弘一4 (1北里研究所. 2薬剤. 3薬理. 4久我山病院): 第24回日本臨床薬理学会年会 (2003/12/12), 横浜. 臨床薬理, 35 (1): 240, 2004.

723044. [学会 (全国)] (一般講演) 先発医薬品と後発医薬品の比較−プラバスタチンについて−. 常田愛子1, 浅井美由紀1, 椎 崇1, 平山武司1, 小川幸雄1, 黒山政一1, 熊谷雄治2 (1薬剤. 2薬理): 第124年会日本薬学会 (2004/3/29), 大阪. プログラム, p.140, 2004.

723045. [学会 (全国)] (一般講演) 内因性プロスタグランジン及びカプサイシンによる胃平滑筋活動電位の変化. 水口澄人1, 大野 隆1, 鎌田一寿2, 新井勝春1, 佐伯威男1, 林 泉2, 馬嶋正隆2, 西元寺克禮1 (1内. 2薬理): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/4/24-26), 埼玉.

723046. [学会 (全国)] (一般講演) マウス胃粘膜微小循環観察法-高調食塩水による胃粘膜傷害抑制メカニズムの解析. 鎌田一寿1, 大野 隆2, 水口澄人1, 新井勝春2, 佐伯威男2, 林 泉1, 馬嶋正隆1, 西元寺克禮2 (1薬理. 2内): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/4/24-26), 埼玉.

723047. [学会 (全国)] (一般講演) プロスタグランジンE2の胃平滑筋活動電位抑制作用とエタノール誘発胃粘膜傷害に対する保護作用. 水口澄人1, 大野 隆1, 鎌田一寿2, 新井勝春1, 佐伯威男1, 林 泉2, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理): 第77回日本薬理学会年会 (2004/3/10), 大阪. プログラム, p.151, 2004.

723048. [学会 (全国)] (一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害における内因性トロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 末松 誠3, 村田隆彦3, 成宮 周4, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3慶応大. 4京都大): 第77回日本薬理学会年会 (2004/3/8), 大阪. プログラム, p.108, 2004.

723049. [学会 (全国)] (一般講演) ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおける15-deoxy-Δ12,14prosutaglandinJ2の抑制効果. 林 泉1, 安藤みゆき2, 遠藤平仁2, 北里英郎3, 馬嶋正隆1 (1薬理. 2内, 3微・寄): 第77回日本薬理学会年会 (2004/3/10), 大阪. プログラム, p.147, 2004.

723050. [学会 (全国)] (一般講演) 急性炎症モデルにおける全身の誘導型一酸化窒素合成酵素の発現. 藤澤秀行1, 川村道子2, 畑中 公2, 原田芳照1 (1医療系大学院. 2薬理): 第77回日本薬理学会年会 (2004/3/10), 大阪. Jpn J Pharmacol, 94 (S.I): 201, 2004.

723051. [学会 (全国)] (一般講演) 急性炎症モデルにおける誘導型NO合成酵素の発現とNOの役割の特徴. 藤澤秀行1, 川村道子2, 畑中 公2, 原田芳照1 (1医療系大学院. 2薬理): 第24回日本炎症学会 (2003/11/26-27), 京都. 抄録集, p.481, 2003.

723052. [学会 (全国)] (一般講演) LPS誘発肝微小循環障害時の白血球接着における内因性トロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 柿田 章1, 成宮 周3, 林 泉2, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京都大): 第24回日本炎症学会 (2003/11/26-27), 京都. 抄録集, p.439, 2003.

723053. [学会 (全国)] (一般講演) ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおける15-deoxy-Δ12,14-prosutaglandinJ2の抑制効果. 林 泉1, 安藤みゆき2, 村上洋介3, 遠藤平仁2, 橋本 篤2, 近藤啓文2, 馬嶋正隆1, 小島史章4, 川合眞一4, 北里英郎3 (1薬理. 2内. 3微・寄, 4聖マリアンナ医大): 第24回日本炎症学会 (2003/11/26-27), 京都. 抄録集, p.478, 2003.

723054. [学会 (全国)] (一般講演) レトロウィルスを用いたプロスタグランジンD2合成酵素の発現によるブレオマイシン誘発実験的肺線維症モデルの抑制. 安藤みゆき1, 林 泉2, 村上洋介3, 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 近藤啓文1, 馬嶋正隆2, 小島史章4, 川合眞一4, 北里英郎3 (1内. 2薬理. 3微・寄, 4聖マリアンナ医大): 第24回日本炎症学会 (2003/11/26-27), 京都. 抄録集, p.478, 2003.

723055. [学会 (全国)] (一般講演) ブレオマイシン投与強皮症様皮膚硬化モデルにおけるPGJ2の効果. 河野 静1, 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 村上洋介2, 北里英郎2, 林 泉3, (川合眞一4), 近藤啓文1 (1内. 2微・寄. 3薬理. 4聖マリアンナ医大): 第24回日本炎症学会 (2003/11/26-27), 京都. 抄録集, p.479, 2003.

723056. [学会 (全国)] (一般講演) 肥満細胞キマーゼの血管新生増強作用. 馬嶋正隆, 村松理子, 片田 淳, 林 泉(薬理): 第29回日本微小循環学会総会 (2004/02/19-20), 熊本. 抄録集, p.48, 2004.

723057. [学会 (全国)] (一般講演) マウス肝虚血再灌流惹起性微小循環障害におけるトロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 柿田 章1, 林 泉2, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理): 第29回日本微小循環学会総会 (2004/02/19-20), 熊本. 抄録集, p.60, 2004.

723058. [学会 (全国)] (一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害における好中球エラスターゼの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 松本 豊1, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理): 第18回日本Shock学会総会 (2003/5/10), 東京. 抄録集, p.43, 2003.

731002. [研究会] (特別講演) 早期臨床試験立案の仕事−非臨床データをどのように反映させるか−. 熊谷雄治 (薬理): 大分統計談話会 (2003/10/2), 大分.

732003. [研究会] (教育講演) 薬物誘発性QT延長症候群の臨床試験における問題点−ICH E14の現状−. 熊谷雄治 (薬理): QTシンポジウム (2004/11/1), 東京.

733007. [学会 (地方)] (一般講演) 健常成人における心電図QT間隔の個体間, 個体内変動. 熊谷雄治1, 尾崎真智子2, 大内浩子3, 蓮沼智子4, 飯島 肇4, 安野智子4, 山本ゆうや4 (1薬理. 2北里大東病院. 3共立薬科大大学院. 4北里研究所): 日本薬理学会関東部会 (2003/10/4), 東京. 日本薬理学会誌, 123 (1): 32 (D-2), 2003.

733008. [研究会] (一般講演) リウマチ病のPlacebo効果. 有沢紀子1, 熊谷雄治2 (1北里大東病院. 2薬理): 第15回中乃島リウマチセミナー (2003/12/13), 大阪.

733009. [研究会] (一般講演) FUNCTIONAL ANALYSIS OF GENETIC VARIANTS OF HUMAN RENAL TRANSPORTERS, SLC22A2 AND SLC22A6. Leabman MK1, 藤田朋恵2, Giacomini KM1 (1カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校. 2薬理): Cold Spring Harbor/Welcome Trust Pharmacogenetics Conference (2003/9/24-28), Cambridge, UK. 研究会プログラム, 2003.

733010. [研究会] (一般講演) Functional Analysis of Polymorphisms in the Organic Anion Transporter, SLC22A6 (OAT1). 藤田朋恵1, Elaine J. Carlson2, Travis Taylor2, Melanie de la Cruz2, Susan J. Johns3, Doug Stryke3, Michiko Kawamoto3, Thomas E. Ferrin3, Esteban Gonzalez Burchard4, Richard Castro5, Claire M. Brett6, Maya K. Leabman5, Kathleen M. Giacomini5 (1薬理. 2Genomics Core Facility, Program in Human Genetics, University of California, San Francisco, San Francisco, CA, USA 94143-0984. 3Department of Pharmaceutical Chemistry, University of California, San Francisco, San Francisco, CA, USA 94143-0446. 4Lung Biology Center, University of California, San Francisco, San Francisco, CA, USA 94143-0833. 5Department of Biopharmaceutical Sciences, University of California, San Francisco, San Francisco, CA, USA 94143-0446. 6Department of Anesthesia, University of California, San Francisco, San Francisco, CA, USA 94143-0648): The annual public meeting of the NIH Pharmacogenetics research network (2004), Los Angeles, US. 研究会プログラム, 2004.

733011. [学会 (地方)] (一般講演) 内因性プロスタグランジンI2による胃粘膜ニューラルエマージェンシーシステムの増強. 新井勝春1, 大野 隆1, 佐伯威男1, 水口澄人1, 林 泉2, 成宮 周3, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理. 3京都大): 第108回日本薬理学会関東地方会 (2003/6/14), 千葉.

733012, [研究会] (一般講演) 肝微小循環障害における内因性トロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 高橋 穀1, 林 泉2, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京大): 第9回肝循環懇話会 (2004/3/13), 東京. 抄録集, p.24, 2004.

733013. [研究会] (一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害における内因性トロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2, (1外. 2薬理. 3京都大): 第7回東京プロスタノイド研究会 (2003/5/17), 東京. 抄録集, p.4, 2003.

733014. [研究会] (一般講演) 難治療性炎症疾患モデルにおけるプロスタグランジンD2合成酵素発現の効果. 林 泉1, 村上洋介2, 小島史章3, 安藤みゆき4, 橋本 篤4, 河野 静, 遠藤平仁4, 近藤啓文4, 川合眞一3, 北里英郎2, 馬嶋正隆1 (1薬理. 2微・寄. 3聖マリアンナ医大. 4内): 第8回東京プロスタノイド研究会 (2003/11/22), 東京. 抄録集, p.12, 2003.


<<微生物・寄生虫学>>

[学術論文]

110030. [原著] PROTEKT 1999-2000: a multicentre study of the antibiotic susceptibility of respiratory tract pathogens in Hong Kong,Japan and South Korea. 井上松久1, N. Y. Lee, S. W. Hong, K. Lee, D. Felmingham (1微・寄): Int J Antimicrobial Agents, 23: 44-51, 2004.

110031. [原著] Pretreatment of Pseudomonas aeruginosa with a sub-MIC of imipenem enhances bactericidal activity of neutrophils. 笹原武志1, 佐藤義則1, 関口朋子1, Kaoruko Suzuki1, Kazunori Irinoda1, 高山陽子2, Ayako Sakamoto3, 北里英郎1, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄. 2感染症. 3Banyu Pharmaceutical Co., Ltd.): Journal of Infection and Chemotherapy, 9(4): 297-303, 2003.

110032. [原著] Evidence of GATA-3 dependent Th2 commitment during the in vivo immune response. 玉内秀一1, Masazumi Terashima2, Mamoru Ito3, Hiroko Maruyama4, Nobunao Ikewaki5, 井上松久1, Xiuhua Gao6, Katsuto Hozumi6, 垣生園子6 (1微・寄. 2住友製薬. 3Division of Immunology, Central Institute for Experimental Animals. 4医衛. 5九州大. 6東海大): Int Immunol, 16 (1): 179-187, 2004. 

110033. [原著] NK1.1+ cell depletion in vivo fails to prevent protection against infection with the murine nematode parasite Trichuris muris. 小山浩一(微・寄): Parasite Immunol., 24 (11/12): 527-533, 2002.

110034. [原著] Comparison of cytotoxicity and radical scavenging activity between tea extracts and Chinese medicins. Okayasu H, Suzuki F, Satoh K, Shioda S, Dohi K, Ikeda Y, Nakashima H, Komatsu N, Fujimaki M, Hashimoto K1, 牧 純2, Sakagami H1 (1明海大歯. 2微・寄): In Vivo 17: 577-582, 2003.

110035. [原著] The Rinx1 transcription factor inhibits the differentiation of naive CD4+ T cells into the Th2 lineage byrepressing GATA3 expression. Okiru Komine1, Keitaro Hayashi2, Waka Natsume2, Toshio Watanabe2, Youichi Seki1, Noriyasu Yai1, Wataru Suzuki1, 玉内秀一3, Katsuto Hozumi4, 垣生園子4, Masato Kubo1, Masanobu Satake (1東京大. 2東北大. 3微・寄. 4東海大): J Exp Med, 469: 159-163, 2003.

120003. [原著] 新規ケトライド系抗菌薬の細菌学的検討−telithromycinを中心に−. 井上松久1, 賀来満夫, 西野武志, 平潟洋一, 河野 茂 (1微・寄): 日本化学療法学会雑誌, 51: 278-288, 2003.

120004. [原著] 水系汚染Legionella属菌に対する感染防止対策法の確立−セラミック触媒による殺菌作用に関する評価−. 笹原武志1, 菊野理津子2, 関口朋子1, 佐藤義則1, 高山陽子3, 高橋 晃4, 青木正人2, 北里英郎1, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3内. 4実験動物センター): 感染症学雑誌, 78 (1): 22-31, 2004.

210004. [準原著] Production of macrophages inflammatory protein 3α (MIP-3α) (CCL20) and MIp-3β(CC L19) by human peripheral blood neurtropils in response to microbial pathogens. 赤星 透1, 笹原武志2, 生井世雄3, 松井俊通3, 渡部洋行3, 北里英郎2, 井上松久2, 近藤啓文3 (1臨検学. 2微・寄. 3内): Infect Immunity, 71: 524-526, 2003.

210005. [準原著] Retrovirally introduced prostaglantin D2 synthetase suppresses lung injury induced by bleomycin. 安藤みゆき1, 村上洋介2, Fumiaki Kojima, 遠藤平仁1, 北里英郎2, 橋本 篤1, 小林弘祐, 馬嶋正隆3, 井上松久2, 近藤啓文1, Shinichi Kawai, 林 泉3 (1内. 2微・寄. 3薬理): Am J Resp cell and Mol Biol, 28: 582-591, 2003.

210006. [準原著] Characteristic expression of three genes,msr (A), mph (C) and erm (Y) that confer resistance to macrolide antibiotics on Staphylococcus aureu. Mayumi Matsuoka, 井上松久1, Y. Endo, Y. Nakajima (1微・寄): FEMS microbial Lett, 220: 287-293, 2003.

210007. [準原著] Induction of telithromycin resistance in Streptococcus pneumoniae. S. Kaieda, N. Okitsu, H. Yano, H. Hosaka, R. Nakano, 岡本了一1, H. Takahashi, 井上松久1 (1微・寄): J Antimicrob Chemother, 50: 736-737, 2003.

210008. [準原著] Moraxella lacunata endocarditis in an infant with Fallot's Tetrad. Noriyuki Nagano, Junichi Sato, Christophe Cordevant, Yukiko Nagano, Fumiaki Taguchi, 井上松久1 (1微・寄): Journal of Clinical Microbiology, 41: 5310-5312, 2003.

210009. [準原著] Inhibition of monosodium urate monohydrate crystal-induced transfected acute inflammation by retrovirally tansfected prostaglandin D synthetase. 村上洋介1, 赤星 透2, 林 泉3, 遠藤平仁4, A. Hashimoto4, S. Kono4, 近藤啓文4, S. Kawai, 井上松久1, 北里英郎1 (1微・寄. 2臨検学. 3薬理. 4内): Arthritis & Rheumatism, 48: 2931-2941, 2003.

210010. [準原著] Combination effect of clarithromycin and imipenem/cirastatin against urinary biofilm infection after pyeloplasty. M. Furuhata1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1, 井上松久2 (1泌. 2微・寄): Int J Urol, 10: 228-230, 2003.

210011. [準原著] In vitro actibities of panipenem against clinical isolates of aerobic and anaerobic bacteria. Lee, K.W., H. Lee, D., Young, J., H. Yum, Y. Song, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄): Infect Chemother, 35: 423-433, 2003.

210012. [準原著] Th2 immune response in GATA-3-transgenic mice infected with Heligmosomoides polygyrus. Naohiro Watanabe1, 玉内秀一2, Hideyuki Ozawa3, Mamoru Ito4, Zoltan Ovary5, Sonoko Habu3 (1Derpartment of Tropical Medicine, Jikei University, School of Medicine. 2微・寄. 3Division of Host Defense Mechanism, Department of Immunology, Tokai University School of Medicine. 4Division of Immunology, Central Institute for Experimental Animals. 5Department of Pathology, New York University Medical Center): Int. Ach Allergy Immunol., 131 (S1): 11-14, 2003.

210013. [準原著] Nematocidal effects of Mexican medicinal plants. 牧 純1, Fumiko Abe, Tatsuo Yamauchi, Hiraku Okabe, Ricarde Reyes Chilpa, Manuel Jimenez Estrada, Miguel A. Martinez Alfaro, Abigail Aguilar. C, Hiroshige Akahane (1微・寄): 福岡大学研究部論集, p.193-197, 2003.

210014. [準原著] Apoptosis of intestinal crypt epithelium after Cryptosporidium parvum infection. 笹原武志1, 丸山弘子2, 青木正人3, 菊野理津子3, 関口朋子1, 佐藤義則1, 北里英郎1, 高山陽子4, 井上松久1 (1微・寄. 2医療衛生. 3北里環境科学センター. 4感染症): Journal of Infection and Chemotherapy, 9 (3): 278-281, 2003.

220006. [準原著] カルバペネム系薬に対する緑膿菌の薬剤感受性比較〔2〕. 疋田宗生, 寺島清香, 佐藤優子, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄): Jpn J Antibiotics, 56: 674-680, 2003.

220007. [短報] 銅イオンのCryptosporidium parvumオーシスト感染性に対する不活化効果. 菊野理津子1, 笹原武志2, 関口朋子2, 高橋 晃3, 曽我英久1, 青木正人1, 佐藤義則2, 高山陽子4, 北里英郎2, 井上松久2 (1北里環境科学センター. 2微・寄. 3実験動物センター. 4内): 感染症学雑誌, 78 (2): 138-14, 2004.

220008. [準原著] メキシコ産薬用植物の抗寄生虫効果. 牧 純 (微・寄): 福岡大学研究部論集, p.61-64, 2003.

520011. [解説] ケトライド系抗菌薬テリスロマイシン. 井上松久 (微・寄): 検査と技術, 32 (1): 2004.

520012. [解説] 新規ケトライド系抗菌薬Telithromycinの抗菌作用. 井上松久 (微・寄): 化学療法の領域, 20 (2): 2004.

520013. [総説] 耐性菌の現状と対策-グラム陰性桿菌. 岡本了一 (微・寄): 臨床医, 29: 1292-1294, 2003.

[著 書]

620008. [教科書] (分担執筆) 新版 臨床免疫学; 感染症と免疫, p.111-118, p.124-129. 笹原武志 (微・寄), 編集 宮坂信之 (東京医歯大医学部付属病院), 烏山 一 (東京医歯大大学院医歯学総合研究科), 浅川英男 (九段坂病院), 戸沢秀樹 (北里大), (株) 講談社サイエンティフィク, 東京, 2004/2/10発行.

620009. [学術書] (分担執筆) 新世紀の感染症学 (上・下)−ノム・グローバル時代の感染症アップデート−; 感染症特論 β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗菌薬, p.221-226. 中野竜一, 岡本了一 (微・寄), 編集 山口惠三 (東邦大医学部), 岩本愛吉 (東京大医科学研究所), 日本臨床社, 東京, 2003/3/28発行.

620010. [教科書] (分担執筆) 「社会薬学」; アフリカの薬剤師, p.250-254. 牧 純 (微・寄), 編集 遠藤浩良 (帝京大), 奥田 潤 (名城大), 中村 健 (日大), 南江堂, 東京, 2003/5/20発行.

620011. [学術書] (分担執筆) 「魔女の文明史」; ヨーロッパの民間伝承薬と魔女狩り, p.159-180. 牧 純 (微・寄), 編集 安田喜憲 (総合大学院大・国際日本文化研究センター), 八坂書房, 東京, 2004/1/30発行.

[学会・研究会等]

721001. [学会 (全国)] (特別講演) 今日の薬剤耐性菌の諸問題. 井上松久, 兼子謙一, 北里英郎, 岡本了一 (微・寄): 第15回臨床微生物学会 (2004/1/24), つくば市.

722017. [学会 (全国)] (招待された講演) 耐性菌の現状と展望−基礎細菌学の立場から−. 岡本了一 (微・寄): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6), 東京. 感染症学雑誌, 78 (臨): 66, 2004.

722018. [学会 (全国)] (招待された講演) 第17回ICD講習会「病院対策に必要な知見」耐性菌の現状. 岡本了一 (微・寄): 第23回日本歯科薬物療法学会総会 (2004/2/28), 東京. プログラム集, 2004.

723059. [学会 (全国)] (ポスター) ケニアの医療に関する史的考察. 牧 純1, 久米 光2, 桑田正広3 (1微・寄. 2病理. 3代謝蛋白): 日本薬学会 第124年会 (2004/3/29), 大阪. 要旨集3, p.212, 2004.

723060. [学会 (全国)] (一般講演) 国内で新たに検出されたプラスミド性AmpC β-lactamaseの解析. 中野竜一, 兼子謙一, 中野百実子, 沖津尚弘, 佐藤優子, 岡本了一, 井上松久 (微・寄): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜. 日本化学療法学会雑誌, 51巻S-A: 126, 2003.

723061. [学会 (全国)] (一般講演) 肺炎球菌におけるマクロライド耐性遺伝子の検討. 沖津尚弘, 中野竜一, 中野百実子, 兼子謙一, 佐藤優子, 岡本了一, 井上松久 (微・寄): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜. 日本化学療法学会雑誌, 51巻S-A: 91, 2003.

723062. [学会 (全国)] (一般講演) AmpC β-lactamase CFE-1遺伝子をコードするプラスミドの遺伝学的解析. 中野竜一, 中野百実子, 兼子謙一, 岡本了一, 井上松久 (微・寄): 第76回日本細菌学会総会 (2003/4/2), 熊本. 日本細菌学雑誌, 58 (1): 360, 2003.

723063. [学会 (全国)] (一般講演) AmpC β-lactamase 多量産生菌のClass C型酵素を調製する遺伝子の解析 (1). 兼子謙一1, 小松洋子2, 中野百実子1, 岡本了一1, 井上松久1 (1微生・寄. 2予防医学系): 第76回日本細菌学会総会 (2003/4/2), 熊本. 日本細菌学雑誌, 58 (1): 359, 2003.

723064. [学会 (全国)] (一般講演) 緑膿菌の上皮細胞間隙侵入機構に関する解析. 笹原武志1, 佐藤義則1, 岡本了一1, 北里英郎1, 青木正人2, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター): 第76回日本細菌学会総会 (2003/4/1), 熊本. 第76回日本細菌学雑誌, 58 (1): 315, 2003.

723065. [学会 (全国)] (一般講演) Miox溶液のBacillus subtilis芽胞に対する殺菌効果の基礎的検討. 青木正人1, 笹原武志2, 佐藤義則2, 北里英郎2, 井上松久2 (1北里環境科学センター. 2微・寄): 第76回日本細菌学会総会(2003/4/1), 熊本. 第76回日本細菌学雑誌, 58 (1): 261, 2003.

723066. [学会 (全国)] (一般講演) 実験的Cryptosporidium parvum oocysts汚染貝中のオーシストの変動と感染性に関する検討. 笹原武志1, 中村 健1, 青木正人2, 佐藤義則1, 高山陽子3, 北里英郎1, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3内): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/18), 福岡. 感染症学雑誌, 77 (臨): 268, 2003.

723067. [学会 (全国)] (一般講演) Miox溶液のCryptosporidium parvum oocystsオーシストの感染性に対する不活化効果 (第2報). 青木正人1, 笹原武志2, 関口朋子2, 佐藤義則2, 高山陽子3, 北里英郎2, 井上松久2 (1北里環境科学センター. 2微・寄. 3内): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/18), 福岡. 感染症学雑誌, 77 (臨):268, 2003.

723068. [学会 (全国)] (一般講演) Cryptosporidium parvum感染における腸上皮細胞アポトーシスの意義. 笹原武志1, 青木正人2, 佐藤義則1, 高山陽子3, 北里英郎1, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3内): 第50回日本化学療法学会総会 (2003/5/30), 横浜. 日本化学療法学会雑誌, 51巻S-A: 134, 2003.

723069. [学会 (全国)] (一般講演) GATA-3トランスジェニックマウスを用いた接触皮膚炎モデルにおけるTh2型免疫反応の関与と治療効果の検討. 玉内秀一1, 天羽康之2, 伊藤 守3, 寺島正純4, 浜田祐子5, 増澤幹男2, 勝岡憲生2, 穂積勝人6, 垣生園子6 (1微・寄. 2皮膚. 3実中研. 4住友製薬. 5生物化学系. 6東海大): 第33回日本免疫学会総会・学術集会(2003/12/8), 福岡. 総会・学術集会記録 33:66, 2003.

723070. [学会 (全国)] (一般講演) CTX-M-2型β-ラクタマーゼ産生Proteus mirabilisによる院内感染事例. 斉藤優子, 長野則之, 長野由紀子, 岡本了一1, 柴田尚宏, 荒川宜親 (1微・寄): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜. 日本化学療法学会雑誌, 51巻S-A: 124, 2003.

723071. [学会 (全国)] (一般講演) CTX-M-2型β-ラクタマーゼ及びAmpβ-ラクタマーゼ同時産生性Acinetobacter baumanniiの解析. 長野則之, 長野由紀子, 岡本了一 (微・寄), 柴田尚宏, 荒川宜親: 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜. 日本化学療法学会雑誌, 51巻S-A: 124, 2003.

723072. [学会 (全国)] (一般講演) メカブ由来フコイダンのTh2依存的気管支アレルギーに対する効果. 丸山弘子1, 玉内秀一2, 橋本 実3, 仲野隆久3 (1医療衛生. 2微・寄. 3理研ビタミン): 第57回日本栄養・食糧学会 (2003/5/18), 福岡. 講演要旨集, p.73, 2003.

723073. [学会 (全国)] (一般講演) 気道過敏性発現におけるTh2細胞の役割の解析−GATA-3とOVA TCRダブルトランスジェニックマウスでの解析−. 田下浩之1, 山下直美1, 石田博文1, 長瀬洋之1, 中野純一1, 玉内秀一2, 垣生園子3, 大田 健1 (1帝京大. 2微・寄. 3東海大): 第53回日本アレルギー学会総会 (2003/10/24), 岐阜. アレルギー 総会号, 52 (8・9): 888, 2003.

723074. [学会 (全国)] (ポスター) 細菌性スーパー抗原TSST-1を用いた妊娠末期マウス子宮内胎児仔死亡モデルの確立. 武井恵里子, 亀谷美恵, 玉内秀一1, 石川雅一2, 西島正博2, 垣生園子3 (1微・寄. 2産婦. 3東海大): 第33回日本免疫学会総会・学術集会 (2003/12/9), 福岡. 総会・学術集会記録, 33: 192, 2003.

731003. [研究会] (特別講演) 薬剤耐性菌をめぐる現状と問題点. 井上松久 (微・寄): 日本医師会生涯教育講座(2003/11/26), つくば市.

733015. [学会 (地方)] (一般講演) 臨床分離株から検出されたプラスミド性AmpC β-lactamaseの解析. 中野竜一, 長野則之, 岡本了一, 井上松久 (微・寄): 第55回神奈川県感染症医学会 (2004/3), 横浜.

733016. [研究会] (一般講演) Citrobacter freundii 由来プラスミド性AmpC β-lactamaseの解析. 中野竜一, 長野則之, 兼子謙一, 須田和美, 岡本了一, 井上松久 (微・寄): 第1回薬剤耐性菌研究会 (2003/11/14), 伊香保.

733017. [研究会] (一般講演) Class C β-lactamaseを多量産生する臨床分離Enterobacter cloacaeの遺伝子解析. 兼子謙一, 中野竜一, 中野百実子, 須田和美, 岡本了一, 井上松久 (微・寄): 第32回薬剤耐性菌シンポジウム(2003/8/29), 東京.

733018. [学会 (地方)] (一般講演) 水系汚染Legionella属菌に対するセラミック触媒の殺菌効果. 笹原武志1, 菊野理津子2, 関口朋子1, 佐藤義則1, 高山陽子3, 高橋 晃4, 青木正人2, 北里英郎1, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3内. 4実験動物センター): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会・第50回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会・第86回日本細菌学会関東支部総会 (2003/10/30), 横浜. 感染症学雑誌, 78 (2): 218, 2004.

733019. [学会 (地方)] (一般講演) Cryptosporidium parvum感染に対するメカブ由来フコダインの予防効果. 丸山弘子1, 笹原武志2, 菊野理津子3, 仲野隆久4, 井上松久2 (1医療衛生. 2微・寄. 3北里環境科学センター. 4理研ビタミン): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会・第50回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会・第86回日本細菌学会関東支部総会 (2003/10/30), 横浜. 感染症学雑誌, 78 (2): 228, 2004.


<<病理学>>

[学術論文]

110036. [原著] High epithelial and stromal genetic instability of chromosome 17 in ulcerative colitis-associated carcinogenesis. Naoko Matsumoto, 吉田 功, 岡安 勲 (病理): Cancer Research 63: 6158-6161, 2003.

110037. [原著] Possible alterative carcinogenesis pathway featuring microsatellite instability in colorectal cancer stroma. Naoko Matsumoto, 吉田 功1, 山下和也2, 沼田賀子3. 岡安 勲1 (1病理. 2東病院病理. 3形態系): British Journal of Cancer, 89:707-712, 2003.

110038. [原著] Diversity in expression and prognostic significance of G1/S cyclins in human primary lung carcinomas. 土橋 洋1, 蒋 世旭1, 荘司光彦2, 森永正二郎3, 亀谷 徹1 (1病理. 2脳外. 3済生会中央病院): Journal of Pathology, 199 (2): 208-220, 2003.

110039. [原著] PTEN immunohistochemical expression is suppressed in G1 endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus. F. Kimura1, 渡辺 純2, 秦 宏樹3, T. Fujisawa1, 鎌田裕子1, Y. Nishimura3, 上坊敏子3, 蔵本博行1,3 (1医療系大学院臨床細胞学. 2病理. 3産婦): J Cancer Res Clin Oncol., 130: 161-168, 2003.

110040. [原著] Microsatellite Instability in Chronic Cholecystitis Is Indicative of an Early Stage in Gallbladder Carcinogenesis. 柳澤信之1, 三上哲夫1, 山下和也2, 岡安 勲1 (1病理. 2東病院病理): American Journal of Clinical pathology, 120 (3): 413-417, 2003.

110041. [原著] Quantitative study on the correlation between p53 gene mutation and its expression in endometrial carcinoma cell lines. 鎌田裕子1, 渡辺 純2, 秦 宏樹4, 浜野美恵子3, 蔵本博行1,4 (1医療系大学院臨床細胞学. 2病理. 3培養センター. 4産婦): Eur J Gynaec Oncol., 25: 55-60, 2003.

110042. [原著] hASH1 expression is closely correlated with endocrine phenotype and differentiation extent in pulmonary neuroendocrine tumors. 蒋 世旭1, 亀谷 徹2, 浅村尚生3, 梅沢敦子1, 佐藤雄一4, 品田 純5, 川久保安朗1, 五十嵐 徹1, 永井完治6, 岡安 勲1 (1病理. 2静岡がんセンター. 3国立がんセンター. 4医療衛生. 5胸外. 6国立がんセンター東病院): Modern Pathology, 17 (2): 222-229, 2004.

110043. [原著] Effect of p53 gene transfection on vascular endothelial growth factor expression in endometrial cancer cells. T. Fujisawa1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 浜野美恵子3, 秦 宏樹4, 蔵本博行1,4 (1医療系大学院臨床細胞学. 2病理. 3培養センター. 4産婦): Exp Mol Pathol., 74: 276-281, 2003.

110044. [原著] Increase in aspergillosis and severe mycotic infection in patients with leukemia and MDS: Comparison of the data from the Annual of the Pathological Autopsy Cases in Japan in 1989, 1993 and 1997. 久米 光1, T. Yamazaki2, M. Abe3, H. Tanuma4, M. Okudaira1, 岡安 勲1 (1病理. 2Nippon Roche Research Center. 3Faculty of Hygienic Technology, Kitasato University School of Allied Health Sciences. 4皮膚): Pathology International, 53 (11): 744-750, 2003.

110045. [原著] Apoptosis Regulation Differs Between Ulcerative Colitis-Associated and Sporadic Colonic Tumors. 三上哲夫1, 吉田 功, 秋野史幸1, 本告 匡2, 矢島美穂子3, 岡安 勲1 (1病理. 2北里研究所北本メディカルセンター病院. 3市立酒田病院): An J Clin Pathol, 119 (5): 723-730, 2003.

110046. [原著] Immunohistochemical expression of cyclin E in endometrial adenocarcinoma (endometrioid type) and its clinicopathological significance. N. Kato1, 渡辺 純2, 上坊敏子3, Y. Nishimura1, T. Fujisawa1, 鎌田裕子1, 蔵本博行1,3 (1医療系大学院. 2病理. 3産婦): J Cancer Res Clin Oncol., 129: 222-226, 2003.

110047. [原著] Helicobacter pylori infection induces duodenitis and superficial duodenal ulcer in Mongolian gerbils. T. Ohkusa1, 岡安 勲2, H. Miwa1, K. Ohtaka1, S. Endo1, N. Sato1 (1順天堂大医消化器内科. 2病理): GUT, 52 (6): 797-803, 2003.

110048. [原著] Role of group UA phospholipase A2 in rat colitis induced by dextran sulfate sodium. (Y. Tomita, H. Jyoyama, M. Kobayashi, K. Kuwabara, S. Furue, M. Ueno, K. Yamada, T. Ono, I. Tesirogi, K. Nomura, H. Arita1, 岡安 勲2, Y. Hori1 (1塩野義製薬. 2病理): Eur J Pharmacol, 472: 147-150, 2003.

110049. [原著] Unique characteristics of rectal carcinoma cell lines derived from invasive carcinomas in ulcerative colitis patients. 山下和也1, S. Yasuda2, T. Kuba1, Y. Otani3, M. Fujiwara4, 岡安 勲1 (1病理. 2実験動物センター. 3医衛. 4日赤医療センター): Cancer Science, 95 (3): 211-217, 2004.

520014. [総説] 深在性真菌症の病態と診断のポイント−真菌症の病理診断−. 久米 光 (病理): 臨床医, 29 (2):184-187, 2003.

520015. [総説] 特集2. 深在性真菌症治療の現状と今後の展望 4. 深在性真菌症における病理組織診断の役割. 久米 光1, 村上王宗明2 (1病理. 2生命科学研究所): 医薬ジャーナル, 39 (12): 174-180, 2003.

520016. [総説] 子宮内膜癌と細胞周期関連遺伝子発見. 蔵本博行1, 鎌田裕子1, 西村由香里1, 新井 努1, 川口美和1, 宮本朋幸1, 斎藤まゆみ1, 小保方亜光1, 渡辺 純2 (1医療系大学院臨床細胞学. 2病理): 癌の臨床, 49 (12): 1579-1586, 2003.

520017. [総説] 肺の大細胞神経内分泌癌 (LCNEC) の診断. 亀谷 徹1, 蒋 世旭2 (1静岡がんセンター. 2病理): Annual Review 呼吸器 2004, 191-201, 2004.

[著 書]

610002. [学術書] (分担執筆) Cell and Molecular Biology of Endometrial Carcinoma; Expression of Cell Cycle Regulators in Endometrial Adenocarcinoma, p.93-106. 渡辺 純1, 鎌田裕子2, T. Kanai2, N. Seo2, T. Fujisawa2, 西村由香里2, 浜野美恵子3, 上坊敏子4, 蔵本博行2,4 (1病理. 2医療系大学院臨床細胞学, 3培養センター, 4産婦): 編集 蔵本博行, M. Nishida (筑波大), Springer-Verlag, 東京, 2003発行.

620012. [学術書] (分担執筆) 病理医のための組織学の基礎; 大腸・肛門・虫垂, p.299-307. 柳澤信之, 岡安 勲 (病理), 文光堂, 東京, 2003発行.

620013. [その他の著書] (分担執筆) 薬物療法学; 真菌感染症, p.480-487. 久米 光1, 望月真弓2 (1病理. 2薬学部), 編集 石崎高志 (熊本大), 鎌滝哲也 (北大), 望月真弓, 南江堂, 東京, 2003/12/1発行.

[学会・研究会等]

722019. [学会 (全国)] (招待された講演) in situ RT-PCR 法とin situ hybuijation法による細胞内発現mRNAの検出感度の比較検討. 渡辺 純1, 岡安 勲1, 蔵本博行2 (1病理. 2医療系大学院臨床細胞学): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 42 (Suppl. 1): 93, 2003.

723075. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎関連癌上皮及び間質におけるマイクロサテライト不安定性解析: 17番染色体上の不安定性の関与. 吉田 功1, 松本奈穂子1, 三上哲夫1, 沼田賀子2, 石黒香代1, 岡安 勲1 (1病理. 2形態系): 第92回日本病理学会総会 (2003/4/23), 福岡. 日本病理学会会誌, 92: 211, 2003.

723076. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎関連腫瘍発生におけるp53-p53R2系破綻の関与. 芳賀しおり, 吉田 功, 山下和也, 柳下弘子, 岡安 勲 (病理): 第92回日本病理学会総会 (2003/4/23), 福岡. 日本病理学会会誌, 92: 393, 2003.

723077. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮体部明細胞癌における細胞周期及び細胞接着因子の発現. 新井 努1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 藤澤武志1, 川口美和1, 上坊敏子3, 蔵本博行1,3 (1医療系大学院臨床細胞. 2病理. 3産婦): 第62回日本癌学会総会 (2003/9/25), 名古屋. Cancer Sci., 94(Suppl.): 342, 2003.

723078. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮内膜腺癌におけるAngiopoietin-1,2およびTie2発現の免疫組織学的検討. 斎藤まゆみ1, 鎌田裕子1, 藤澤武志1, 宮本朋幸1, 新井 努1, 渡辺 純2, 上坊敏子3, 蔵本博行1,3 (1医療系大学院臨床細胞. 2病理. 3産婦): 第62回日本癌学会総会 (2003/9/26), 名古屋. Cancer Sci., 94 (Suppl.): 429, 2003.

723079. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮体部類内膜腺癌におけるProgesterone Receptor-A, B発現の意義. 宮本朋幸1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 川口美和1, 藤澤武志1, 斎藤まゆみ1, 泰 宏樹3, 上坊敏子, 蔵本博行1,3 (1医療系大学院臨床細胞. 2病理. 3産婦): 第62回日本癌学会総会 (2003/9/26), 名古屋. Cancer Sci., 94 (Suppl.): 443, 2003.

723080. [学会 (全国)] (ポスター) エストロゲン受容体遺伝子導入子宮体癌細胞株におけるエストロゲン効果. 渡辺 純1, 岡安 勲1, 瀬尾典久2, 蔵本博行2 (1病理. 2医療系大学院臨床細胞学): 第92回日本病理学会総会 (2003/4/24), 福岡. 日本病理学会会誌, 92 (1): 312, 2003.

723081. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮体癌の分化度診断におけるスコアリングの有用性. 西村由香里1, 渡辺 純2, 藤澤武志1, 横山 大, 服部 学1, 豊永真澄, 上坊敏子3, 蔵本博行1 (1医療系大学院臨床細胞. 2病理. 3産婦人科): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 42 (Suppl.1): 176, 2003.

723082. [学会 (全国)] (一般講演) β-カテニン/p53系による子宮内膜癌細胞の形態変化増殖抑制作用. 三枝 信1, 桑田 健2, 浜野美恵子3, 橋村美紀1, 岡安 勲1 (1病理. 2癌研. 3培養センター): 第92回日本病理学会総会 (2003/4/23), 福岡. 日本病理学会会誌, 92 (1): 201, 2003.

723083. [学会 (全国)] (ポスター) COX-2/iNOSの活性化による血管新生促進からみたグリオーマの進展機構の解明. 原 敦子, 一戸昌明, 岡安 勲 (病理): 第92回日本病理学会総会 (2003/4/23), 福岡. 日本病理学会会誌, 92(1): 267, 2003.

733020. [研究会] (ポスター) 肉眼的血尿で発症した巨大前立腺腫瘍の一例. 原 敦子, 岩渕啓一 (病理): 第78回 神奈川県病理医会 (2004/1/10), 相模原.


<<衛生学・公衆衛生学>>

[学術論文]

110050. [原著] Magnetometric evaluation of cadmium oxide-induced oxicity to pulmonary alveolar macrophages of syrian golden hamsters. 新津谷真人1, 渡辺光康1, 岡田充史1, 進士永子1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1, Cho YC2, 小谷 誠3 (1衛. 2Chuan Univ. 3東京電機大): J Toxicol Environ Health A., 66 (4): 365-378, 2003.

110051. [原著] Comparative cytotoxicity study of rock wool and chrysotile by cell magnetometric evaluation. 工藤雄一朗1, 渡辺光康1, 岡田充史1, 進士永子1, 新津谷真人1, 佐藤敏彦1, 酒井康弘2, 神山宣彦3, 小谷 誠4, 相澤好治1 (1衛. 2解剖. 3産業医学総合研究所 4東京電機大): Inhalation Toxicology, 15 (13): 1275-1295, 2003.

110052. [原著] Standardized indices of mortality among persons with spinal cord injury:accelerated aging process. 今井香織1, 門脇武博2, 相澤好治3 (1群馬大. 2医衛. 3衛): Industiral Health, 42: 213-218, 2004.

120005. [原著] 出張定期健康診断の受診者における全体的な満足度に影響する要因について. 工藤安史, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 総合健診, 31: 381-387, 2004/3.

510005. [総説] Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (part one). 渡辺光康, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): Environmental Health and Preventive Medicine, 7 (6): 264-272, 2003.

510006. [総説] Multiple chemical sensitivity and idiopathic environmental intolerance (part two). 渡辺光康, 遠乗秀樹, 相澤好治 (衛): Environmental Health and Preventive Medicine, 7 (6): 273-282, 2003.

520018. [総説] 労働衛生における嗅覚検査の意義とその手法. 尾島正幸, 相澤好治 (衛): 産業医学ジャーナル, 26(2): 95-98, 2003.

520019. [監訳] ILO 2000年版じん肺X線写真国際分類使用のガイドライン. 日下幸則1, 相澤好治2, 志田寿夫3, 細田 裕4 (1福井大. 2衛. 3珪肺労災病院. 4放射線影響協会): 健康管理, 593: 5-38, 2003/11.

520020. [翻訳] 簡略分類 (Abbreviated Classification)使用の具体的指針. 相澤好治 (衛): 健康管理, 593: 13, 2003/11.

520021. [総説] 空気環境と健康. 相澤好治 (衛): ビルと環境, 103: 5-15, 2003/12.

520022. [解説] 許容基準設定において主観的健康影響をどのように評価するべきか? 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 産業医学ジャーナル, 27: 90-95, 2004/3.

520023. [解説] 細胞磁界測定法による繊維状物質の有害性評価. 工藤雄一朗 (衛): かもめ, 24: 9-11, 2004/3.

520024. [総説] 空気環境と健康分野 (リスク管理). 相澤好治 (衛): ビルと環境, 104: 36-38, 2004/3.

521001. [研究報告書] (厚生労働省) 職域の健康障害における作業因子の寄与について−背景・目的および方法論. 佐藤敏彦 (衛生): 平成14年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書, p.5-11, 2003.

521002. [研究報告書] (厚生労働省) 労働衛生統計からみる作業関連疾患研究の必要性とその背景. 相澤好治1, 石橋美生2, 坂本泰理2 (1衛. 2大学院): 平成14年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書, p.21-30, 2003.

521003. [研究報告書] (厚生労働省) シックビル症候群における作業関連性; 文献紹介. 相澤好治, 遠乗陽子 (衛): 平成14年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書, p.63-67, 2003.

521004. [研究報告書] (厚生労働省) 水質基準の見直し等について. 眞柄靖基1, 相澤好治2, 赤川正和3, 安藤正典4, 池田耕一5, 遠藤誠作6, 大井田隆7, 大垣眞一郎8, 岡部信彦9, 沖 幸子10, 岸 玲子1, 坂上恭助11, 佐々木弘12, 佐野真理子13, 澤 節子14, 竹花恭二15, 田中恒子16, 原 隆之17, 松井三郎18, 矢口雅彦19 (1北海道大. 2衛. 3日本水道協会. 4国立医薬品食品衛生研究所. 5国立保健医療科学院. 6三春町. 7日本大. 8東京大. 9国立感染症研究所. 10フラオグルッペ株式会社. 11明治大. 12放送大. 13主婦連合会. 14全国保健所長会. 15全日本自治団体労働組合. 16大阪教育大. 17日本ビルヂング協会連合会. 18京都大学. 19全国ビルメンテナンス協会): 水質基準の見直し等について (答申), p.1-204, 2003.

521005. [研究報告書] (厚生労働省) 水質基準の見直しにおける検討概要. 眞柄靖基1, 相澤好治2, 赤川正和3, 安藤正典4, 池田耕一5, 遠藤誠作6, 大井田隆7, 大垣眞一郎8, 岡部信彦9, 沖 幸子10, 岸 玲子1, 坂上恭助11, 佐々木弘12, 佐野真理子13, 澤 節子14, 竹花恭二15, 田中恒子16, 原 隆之17, 松井三郎18, 矢口雅彦19 (1北海道大. 2衛. 3日本水道協会. 4国立医薬品食品衛生研究所. 5国立保健医療科学院. 6三春町. 7日本大. 8東京大. 9国立感染症研究所. 10フラオグルッペ株式会社. 11明治大. 12放送大. 13主婦連合会. 14全国保健所長会. 15全日本自治団体労働組合. 16大阪教育大. 17日本ビルヂング協会連合会. 18京都大学. 19全国ビルメンテナンス協会): 水質基準の見直しにおける検討概要, p.1-418, 2003.

521006. [研究報告書] ((社) 日本私立医科大学協会) 文部科学省が進めている機構改革についての理解と提言. 堀江孝至1, 伊東 洋2, 小川節郎1, 垣内史堂3, 高桑雄一4, 藤澤順一5, 宮崎瑞夫6, 相澤好治7, 香山浩二8, 佐々木和彦9, 芝崎 保10, 馬詰良樹11, 岡田保典12, 久光 正13, 宮崎東洋14, 赤須 崇15, 神谷 茂16, 調 輝男17, 岩本晃明18, 梅田 隆19, 野村隆英20, 伊藤 元21, 柏村征一22, 富永眞一23, 渡辺修一24, 勝田省吾25, 福田 健26, 青木矩彦27, 中江太 治28, 笹栗靖之29 (1日大. 2東京医大. 3東邦大. 4東京女子医大. 5関西医大. 6大阪医大. 7衛. 8兵庫医大. 9岩手医大. 10日本医大. 11東京慈恵医大. 12慶応大. 13昭和大. 14順天堂大. 15久留米大. 16杏林大. 17川崎医大. 18聖マリアンナ医大. 19帝京大. 20藤田保健衛生大. 21愛知医大. 22福岡大. 23自治医大. 24埼玉医大. 25金沢医大. 26獨協医大. 27近畿大. 28東海大. 28産業医大): 文部科学省が進めている機構改革についての理解と提言, p.1-81, 2003.

521007. [研究報告書] (厚生労働省) 室内空気環境における健康影響因子; 個体側因子 (素因). 相澤好治 (衛): 室内空気質健康影響研究会報告書−シックハウス症候群に関する医学的知見の整理−, p.145-149, 2003.

521008. [研究報告書] (厚生労働省) 室内環境に関連する病態; ホルムアルデヒド中毒. 相澤好治 (衛): 室内空気質健康影響研究会報告書−シックハウス症候群に関する医学的知見の整理−, p.225-232, 2003.

521009. [研究報告書] (厚生労働省) 室内環境に関連する病態; 室内環境と心理社会的問題 (室内空気汚染物質の行動学的影響). 相澤好治 (衛): 室内空気質健康影響研究会報告書−シックハウス症候群に関する医学的知見の整理−, p.270-273, 2003.

521010. [研究報告書] (厚生労働省) 「職域におけるシックハウス対策事業」に関する報告. 高田 勗1, 櫻井治彦1, 相澤好治2, 川本俊弘3, 菅野誠一郎4, 坂井 公5, 坂部 貢6, 田中和明7, 永田直一5, 寺岡忠嗣8, 塚本勝利8, 松下高志8 (1中災防. 2衛. 3産業医大. 4産業医学研究所. 5東京労災病院. 6北里研究所病院. 7日本化学工業会. 8厚生労働省): 「職域におけるシックハウス対策事業」に関する報告書, p.1-76, 2003.

521011. [研究報告書] (厚生労働省) 石綿及び繊維状物質等の有害性に関する調査研究. 高田 勗1, 相澤好治2, 神山宣彦3, 高橋保治4, 富田雅行5, 東 敏昭6, 森永謙二7, 矢野栄二8, 森本泰夫6, 寺岡忠嗣9, 角元利彦9, 樋口清高9, 塚本勝利9, 増川菜穂9 (1中災防. 2衛. 3産業医学総合研究所. 4日本無線. 5ニチアス. 6産業医大. 7大阪府立成人病センター. 8帝京大. 9厚生労働省): 平成14年度 石綿及び繊維状物質等の有害性に関する調査研究委員会報告書, p.1-178, 2003.

521012. [研究報告書] (厚生労働省) 働く女性の健康に関する実態調査結果. 坂元正一1, 相澤好治2, 麻生武志3, 内山寛子4, 木下勝之5, 清川 尚6, 長井聡里7, 中林正雄8, 森 晃爾9 (1日本産婦人科医会. 2衛. 3東京医科歯科大. 4JR東日本健康推進センター. 5順天堂大. 6船橋市立医療センター. 7松下電工. 8愛育病院. 9産業医大): 働く女性の身体と心を考える委員会報告書, p.1-178, 2004/3.

521013. [研究報告書] ((社) 日本私立医科大学協会) かかりつけ医を中心とした地域医療提供体制のあり方. 相澤好治 (衛): 公衆衛生委員会答申, p.1-43, 2004/3.

521014. [研究報告書] (厚生労働省) DALYs (Disability-adjusted Life Years, 障害調整生存年数) を指標とした就労年齢における疾病負担の推定. 佐藤敏彦1, 平尾智広2 (1衛. 2香川大): 平成15年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成15年度総括・分担研究報告書, p.7-16, 22003.

521015. [研究報告書] (厚生労働省) 作業因子指標としての残業時間と作業関連疾患による疾病負担との関連について. 三宅 仁1, 佐藤敏彦2 (1富士通. 2衛): 平成15年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成15年度総括・分担研究報告書, p.17-23, 2003.

521016. [研究報告書] (厚生労働省) 有機溶剤健康診断結果における個人要因の寄与に関する研究. 相澤好治1, 石橋美生2, 北原佳代3 (1衛. 2大学院. 3三菱重工業): 平成15年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成15年度総括・分担研究報告書, p.24-36, 2003.

521017. [研究報告書] (厚生労働省) 特殊健康診断有所見率上昇の要因調査 (1)−特殊健康診断 (法定・指導勧奨によるもの) の結果判定についてのアンケート集計結果−. 相澤好治1, 古河 泰2, 和田耕治3, 荒武 優4, 田中克俊5 (1衛. 2味の素. 3荏原製作所. 4こうかん会. 5大学院): 平成15年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成15年度総括・分担研究報告書, p.37-45, 2003.

521018. [研究報告書] (厚生労働省) 特殊健康診断有所見率上昇の要因調査 (2) 特殊健康診断における有所見者の判定基準について−企業外労働衛生機関の医師と専属産業医による判定の違い. 相澤好治1, 荒武 優2, 古河 泰3, 和田耕治4, 田中克俊5 (1衛. 2こうかん会. 3味の素. 4荏原製作所. 5大学院): 平成15年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成15年度総括・分担研究報告書, p.46-53, 2003.

521019. [研究報告書] (厚生労働省)] 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究. 相澤好治 (衛): 平成15年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成15年度総括・分担研究報告書, p.1-6, 2003.

521020. [研究報告書] (厚生労働省) 作業関連疾患としての睡眠時無呼吸症候群−某大手私鉄会社の動力車 (電車) 運転士全員を対象とした睡眠時無呼吸症候群に関する疫学的調査・研究−. 阿部 直1, 横場正典2, 高田信和, 片桐真人3, 益田典幸2, 相澤好治4 (1医学教育. 2内. 3医衛. 4衛): 平成15年度厚生労働科学研究補助金 労働安全衛生総合研究事業 職域の健康障害における作業因子の寄与と予防に関する研究 平成15年度総括・分担研究報告書, p.94-96, 2003.

[著 書]

610003. [概説書] (分担執筆) Origins of occupational health associations in the world; Origins of occupational health in Japan with special reference to the Japan society for occupational health, p.107-111. 相澤好治1, S. Nomura2, T. Matsushita3 (1衛. 2労働科学研究所. 3鹿児島産業推進センター), 編集 A. Grieco1, D. Fano1, T. Carter2, S. Iavicoli3 (1Milan Univ. 2Birmingham Univ. 3National Institute for Occupational Safety and Prevention), Elsevier Science, Amsterdam, 2003発行.

620014. [概説書] (分担執筆) 内科学 (第8版); VDTによる障害, p.94-95. 相澤好治 (衛), 編集 伊藤貞嘉1, 岡 芳知1, 萩原俊男, 押味和夫2, 木村 哲3, 曽根三郎4, 永井良三3, 中尾一和5, 日比紀文6, 山本一彦3 (1東北大. 2順天堂大. 3東京大. 4徳島大. 5京都大. 6慶応大), 編集 杉本恒明, 小俣政男 (東京大), 総編集 水野美邦, 朝倉書店, 東京, 2003/3/1発行.

620015. [概説書] (共著) アンチ・ドーピングマニュアル. 新津谷真人1, 進士永子1, 笠師久美子2, 坂本陽一3 (1衛. 2北海道大. 3東北学院大), 日本自転車競技連盟, 東京, 2003/3/20発行.

620016. [概説書] (分担執筆) ミネラルの事典; 必須微量元素 鉄, p.220-230. 渡辺光康, 相澤好治 (衛), 編集 糸川嘉則 (京都大), 朝倉書店, 東京, 2003/6/25発行.

620017. [概説書] (分担執筆) 産業医の職務Q&A (第7版); 事務職場の労働衛生管理, p.315-326. 相澤好治 (衛), 編集 高田 勗1, 市堰英之2, 埋忠洋一3, 輿 重治1, 荘司榮徳4, 中林圭一5, 羽生田俊6, 堀江正知7, 和田 攻8 (1中央労働災害防止協会. 2富山県医師会. 3UFJ銀行. 4日本労働安全衛生コンサルタント会. 5厚生労働省. 6日本医師会. 7産業医大. 8埼玉医大): 産業医学振興財団, 東京, 2003/10発行.

620018. [概説書] (監訳) ILO 2000年版 じん肺X線写真国際分類使用のガイドライン. 編集 日下幸則1, 相澤好治2, 志田寿夫3, 細田 裕4 (1福井大. 2衛. 3珪肺労災病院. 4放射線影響協会), 保健文化社, 東京, 2003/11/10発行.

620019. [概説書] (翻訳) ILO 2000年版 じん肺X線写真国際分類使用のガイドライン; 簡略分類 (Abbreviated Classification) 使用の具体的指針 p.13. 相澤好治 (衛), 保健文化社, 東京, 2003/11/10発行.

620020. [概説書] (分担編集) 今日の治療方針2004年版; 環境・職業性因子による疾患, p.697-706. 編集 相澤好治 (衛), 医学書院, 東京, 2004/1/1発行.

620021. [概説書] (分担編集) 今日の治療方針2004年版; 環境・職業性因子による疾患の動向, p.697. 編集 相澤好治 (衛), 医学書院, 東京, 2004/1/1発行.

620022. [概説書] (分担執筆) 室内空気質と健康影響−解説シックハウス症候群−; 室内空気環境における健康影響因子; 個体側因子 (素因), p.145-149. 相澤好治 (衛), ぎょうせい, 東京, 2004/2/20発行.

620023. [概説書] (分担執筆) 室内空気質と健康影響−解説シックハウス症候群−; 室内環境に関連する病態; ホルムアルデヒド中毒, p.225-232. 相澤好治 (衛), ぎょうせい, 東京, 2004/2/20発行.

620024. [概説書] (分担執筆) 室内空気質と健康影響−解説シックハウス症候群−; 室内環境に関連する病態;室内環境と心理社会的問題−室内空気汚染物質の行動学的影響−, p.270-273. 相澤好治 (衛). ぎょうせい, 東京, 2004/2/20発行.

620025. [概説書] (分担執筆) 建築物の環境衛生管理 (上巻); 室内空気の性状と健康, p.274-292. 相澤好治 (衛), 編集 紀谷文樹1, 野崎貞彦, 三橋博巳2, 田中正敏3, 池田耕一4, 山田賢次5, 興膳慶三6, 田中生男7, 小峯裕己8 (1神奈川大. 2日本大. 3福島学院大. 4保健医療科学院. 5西原衛生工業所. 6全国ビルメンテナンス協会. 7日本環境衛生センター. 8千葉工業大): ビル管理教育センター, 東京, 2004/3/31発行.

[学会・研究会等]

722020. [学会 (全国)] (シンポジウム) 環境空気中粒子状・繊維状物質の健康影響. 相澤好治, 工藤雄一朗, 進士永子 (衛): 第12回日本臨床環境医学会総会 (2003/6/20), 東京.

722021. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「生活衛生対策の新しい動向」−シックハウス症候群. 相澤好治 (衛): 第62回日本公衆衛生学会総会 (2003/10/23), 京都. 日本公衆衛生雑誌, 50 (10): 94, 2003.

722022. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「突然死・過労死・過労自殺の予知予防」−過労勤務による健康障害に対する健康診断. 相澤好治 (衛): 第32回日本総合健診医学会(2004/1/31), 東京. 総合健診, 31 (1): 168-170, 2004.

723084. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県における傷病休業統計−第5報−. 新津谷真人1, 佐藤信一2, 遠乗秀樹1, 遠乗陽子1, 杉浦由美子3, 相澤好治1 (1衛. 2神奈川労務安全衛生協会. 3予防医学系): 第76回日本産業衛生学会 (2003/4/24), 山口. 産業衛生学雑誌, 45 (臨): 506, 2003.

723085. [学会 (全国)] (ポスター) 細胞磁界測定により観察される緩和の機序に関する研究. 工藤雄一朗1, 渡辺光康1, 進士永子1, 岡田充史1, 井上葉子2, 杉浦由美子2, 小松裕美1, 新津谷真人1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛. 2予防医学系): 第76回日本産業衛生学会 (2003/4/24), 山口. 産業衛生学雑誌, 45 (臨): 655, 2003.

723086. [学会 (全国)] (ポスター) NIOSH職業性ストレス調査票を用いた仕事のストレス判定図. 原谷隆史1, 川上憲人2, 小林章雄3, 石崎昌夫4, 林 剛5, 藤田 定6, 相澤好治7, 宮崎彰吾8, 廣 尚典9, 桝元 武9, 荒記俊一10 (1産業医学総合研究所. 2岡山大. 3愛知医大. 4金沢医大. 5日立. 6愛知教育大. 7衛. 8NKK. 9三菱化学. 10産業医学総合研究所): 76回日本産業衛生学会 (2003/4/24), 山口. 産業衛生学雑誌, 45 (臨): 282, 2003.

723087. [学会 (全国)] (ポスター) 血清脂質の職種差. 高尾総司1, 川上憲人1, 大津忠弘1, 原谷隆史2, 小林章雄3, 林 剛4, 石崎昌夫5, 藤田 定6, 相澤好治7, 宮崎彰吾8, 桝元 武9, 廣 尚典9, 荒記俊一10 (1岡山大. 2産業医学総合研究所. 3愛知医大. 4日立. 5金沢医大. 6愛知教育大. 7衛. 8NKK. 9三菱化学. 10産業医学総合研究所): 第76回日本産業衛生学会 (2003/4/24), 山口. 産業衛生学雑誌, 45(臨): 453, 2003.

723088. [学会 (全国)] (一般講演) オルトフタルアルデヒドの測定法の検討及び医療現場での測定について. 山本哲士1, 片桐裕史1, 鈴木利雄1, 相澤好治2, 門脇武博1 (1医療衛生. 2衛): 第76回日本産業衛生学会 (2003/4/24), 山口. 産業衛生学雑誌, 45 (臨): 614, 2003.

723089. [学会 (全国)] (一般講演) 化学物質化敏症 (MCS:Multiple Chemical Sensitivity) 患者における嗅覚特性. 尾島正幸1, 遠乗秀樹1, 小松裕美1, 杉浦由美子2, 佐藤敏彦1, 坂部 貢3, 宮田幹夫3, 石川 哲3, 相澤好治1 (1衛. 2予防医学系. 3北里研究所病院): 第12回日本臨床環境医学会総会 (2003/6/21), 東京. 抄録集, p.69, 2003.

723090. [学会 (全国)] (一般講演) 職場での中毒から発症した多種類化学物質過敏症患者の長期治療経過. 尾島正幸1, 松井孝子2, 佐々木恵子2, 安岡友子, 坂部 貢2, 宮田幹夫2, 相澤好治1 (1衛. 2北里研究所病院): 第12回日本臨床環境医学会総会 (2003/6/21), 東京.

723091. [学会 (全国)] (ポスター) 磁界測定による繊維状物質の細胞有害性評価. 工藤雄一朗1, 渡辺光康1, 進士永子1, 岡田充史1, 井上葉子2, 杉浦由美子2, 小松裕美1, 新津谷真人1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛. 2予防医学系): 第51回日本職業・災害医学会/学術大会 (2003/11/19), 横浜. 日本職業・災害医学会会誌, 51 (臨): 146, 2003.

732004. [研究会] (招待講演) 化学物質過敏症における嗅覚と心理特性. 相澤好治 (衛): 第4回東京シックハウス症候群・化学物質過敏症研究会 (2003/8/29), 東京.

733021. [研究会] (一般講演) 本態性環境不寛容状態, いわゆる化学物質過敏症に関する文献的調査. 相澤好治 (衛): 第2回日本化学工業協会LRI研究報告会 (2003/8/22), 東京.

733022. [学会 (地方)] (一般講演) 定期健康診断の受診者における満足度の構成要因. 工藤安史, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第49回神奈川県公衆衛生学会総会 (2003/11/14), 神奈川. 神奈川県公衆衛生学会誌, 49: 27, 2003.

733023. [学会 (地方)] (一般講演) 出張定期健康診断受診者の全体的満足度に影響する要因について−既往歴の有群と無群における比較から−. 工藤安史, 佐藤敏彦, 相澤好治 (衛): 第4回医療マネジメント学会東京地方会学術集会−これからのクリティカルパス, これからの患者医療安全管理−(2004/2/7), 東京. 講演集, p.24, 2004.


<<法医学>>

[学術論文]

120006. [原著] SNPsによるABO式血液型遺伝子解析. 橋本千香子, 中村茂基, 竹下裕史, 佐々木千寿子, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): DNA多型学会誌, 11: 10-12, 2003.

[学会・研究会等]

713024. [学会 (国際)] (ポスター) Population Genetics of Y Chromosomal STR Haplotypes in Japanese Population. 橋本千香子, 中村茂基, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): ISFG (2003/9/9-13), フランス, アルカション. ISFG Proceedings, p.38, 2003.

713025. [学会 (国際)] (ポスター) Drug screening in an unexpected death - a case of poisoning suspected. 佐々木千寿子, 杉江秀明, 橋本千香子, 竹下裕史, 永井智紀, 中村茂基, 古川理孝, 栗原克由 (法医): International academy of legal medicine (2003/9/3-6), イタリア, ミラノ. Proceedings, p.38, 2003.

713026. [学会 (国際)] (ポスター) Three cases of sudden death due to butane or propane gas inhalation: analysis of tissues for gas components. 杉江秀明1, 佐々木千寿子1, 橋本千香子1, 竹下裕史1, 永井智紀1, 中村茂基1, 古川理孝1, T. Nishikawa2, 栗原克由1 (1法医. 2共立薬科大): TIAFT (2003/11/15-20), オーストラリア, メルボルン. Proceedings, p.38, 2003.

722023. [学会 (全国)] (シンポジウム) 病理解剖における法医学的視点 法医解剖における病理解剖 CPAOAの死因究明. 栗原克由, 永井智紀 (法医): 日本病理学会(2003/4/23-25), 福岡. 日本病理学会会誌, 92 (1): 175, 2003.

723092. [学会 (全国)] (ポスター) SNPsによるABO遺伝子解析とその法医学的応用. 橋本千香子, 中村茂基, 永井智紀, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 阿部法子, 杉江秀明, 古川理孝, 栗原克由 (法医): 日本法医学会 (2003/4/23-25), 富山. 日法医誌, 57 (1): 78, 2003.

723093. [学会 (全国)] (ポスター) Y-STRのハプロタイプ解析. 橋本千香子, 中村茂基, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝 (法医): 日本DNA多型学会第12回学術集会 (2003/11/27-28), 東京. 要旨集, p.70, 2003.

723094. [学会 (全国)] (ポスター) 有機リン剤中毒死例−抽出法の検討−. 佐々木千寿子, 杉江秀明, 永井智紀, 古川理孝, 橋本千香子, 竹下裕史, 阿部法子, 中村茂基, 栗原克由 (法医): 日本法医学会 (2003/4/23-25), 富山. 日法医誌, 57 (1): 91, 2003.

723095. [学会 (全国)] (一般講演) SIDSの解釈が判決に与えた影響とその問題点について. 谷口友則, 永井智紀, 古川理孝, 栗原克由 (法医): 日本法医学会 (2003/4/23-25), 富山. 日法医誌, 57 (1): 67, 2003.

733024. [学会 (地方)] (一般講演) 異状死体と剖検システム (9) 推定診断とは異なる原因で生じた高齢者の心タンポナーデ2例. 永井智紀, 古川理孝, 阿部法子, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 橋本千香子, 杉江秀明, 中村茂基, 栗原克由, 今井 寛 (法医): 日本法医学会北日本地方会 (2003/10/11-12), 青森県鰺ヶ沢町. 法医学の実際と研究, 46:246-247, 2003.

733025. [学会 (地方)] (一般講演) 法医解剖と死後経過時間. 竹下裕史, 橋本千香子, 佐々木千寿子, 永井智紀, 古川理孝, 栗原克由, 三戸聖也, 丹野高三, 池松和哉 (法医): 日本法医学会北日本地方会 (2003/10/11-12), 青森県鰺ヶ沢町. 法医学の実際と研究, 46: 244. 2003.

733026. [学会 (地方)] (一般講演) 医学教育における法医解剖の役割−学生の立場から−. 北村由美子, 谷口友則, 天野真理子, 緒方ルミ子, 本田 萌, 栗原克由 (法医): 日本法医学会関東地方会 (2003/10/26), 東京. 日法医誌, 57 (2): 153-154, 2003.

733027. [学会 (地方)] (一般講演) 卒前教育における法医解剖の意義. 永井智紀, 古川理孝, 杉江秀明, 中村茂基, 阿部法子, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 橋本千香子, 栗原克由 (法医): 日本法医学会関東地方会 (2003/10/26), 東京. 日法医誌, 57 (2): 160, 2003.


実験動物

[学術論文]

210015. [準原著] Mosaic expression of the thyroid gland in the heterozygote (rdw/+) of the rdw rat with congenital hypothyroidism. 古舘専一1, 根本典子2, 宮沢七郎2 (1実動. 2Electron Microscopy Laboratory Center): The Foundation for Growth Science, 26: 333-344 2002.

[学会・研究会等]

713027. [学会 (国際)] (ポスター) Proteome analysis of experimental animal models with hereditary dwarfism and hypothyroidism. 大石正道1, 佐藤 守1, 大阪眞紀子1, 前田 忠1, 古舘専一2 (1理学部生体分子動力学. 2実動): The Fifth Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (2004/3/28), 奈良. Proceedings of the Fifth Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology, p279-281, 2004.

723096. [学会 (全国)] (ポスター) 甲状腺機能低下症ラットrdw副腎のプロテオーム解析. 大阪眞紀子1, 佐藤 守1, 大石正道1, 前田忠計1, 酒井康弘2, 古舘専一3 (1理学部生体分子動力学. 2解剖. 3実動); 第50回日本実験動物学会総会 (2003/5/29-31), 大宮. 第50回日本実験動物学会総会 講演要旨集, p107, 2003.

723097. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺機能低下症ラットrdwにおける精巣の発育遅延と早期退行. 古舘専一1, 東 貞宏1, 酒井康弘2 (1実動, 2解); 日本繁殖生物学会大会 (2004/9/12), 帯広. The Journal of Reproduction and Development, 49: 72, 2003,.

723098. [学会 (全国)] (一般講演) 非ガラス化溶液によるマウス胚の超急速凍結保存について. 中村忠治, 古舘専一, 東 貞宏 (実動); 日本繁殖生物学会大会 (2004/9/12), 帯広. The Journal of Reproduction and Development, 49: 49, 2003.


<<免疫学>>

[学術論文]

110053. [原著] CD154-CD40-independent up-regulation of B7-2 on splenic antigen-presenting cells and efficient Tcell priming by staphylococcal enterotoximA. 江島耕二1,2, Yongwon Choi3, Richard A. Flavell2 (1免疫. 2エール大学医学部. 3ペンシルバニア大学・医学部); International Immunology, 15 (7): 817-826, 2003.

110054. [原著] Full Reconstitution of Hematopoietic System by Murin Umbilical Cord Blood. F. Migishima, A. Oikawa, S. Kondo, H. Ema, Y. Morita, H. Nakauchi, M. Yokoyama, Song, S.Y., Nishijima, M., M. Okabe, M, 篠原信賢 (免疫); Transplantation, 75: 1820-1826, 2003.

110055. [原著] Cell-Mediated Fas-Dependent Lysis of Dendritic Cel Which Are Appearently Resistant to an Anti-Fa Monoclonal Antibody. 横田 彩1, A. Oikawa, C. Matsuda, 篠原信賢1, 江島耕二1 (1免疫); Microbiol. Immunol., 47: 285-293, 2003.

110056. [原著] DNA immunization via intramuscular and intradermal routes using a gene gun provides different magnitudes andurations on immune response. K. Ito, 篠原信賢1, S. Kato (1免疫); Mol Immunol., 39: 847-854, 2003.

[学会・研究会等]

723099. [学会 (全国)] (ポスター) TCR トランスジェニックマウスにおける, 両クラスの選択的MHC分子存在下でのT細胞のポジティブセレクション. 江島耕二1, 鈴木春己2, 篠原信賢1 (1免疫. 2山口大); 第33回日本免疫学会総会・学術集会 (2003/12/8), 福岡.

723100. [学会 (全国)] (一般講演) 自己交叉反応性抗体のFas依存的制御. 片桐晴夏, 横田 彩, 篠原信賢 (免疫); 第33回日本免疫学会 (2003/12/8), 福岡. 予稿集 p.99, 2003.

723101. [学会 (全国)] (ポスター) CO-receptor非依存的MHC認識におけるTCRシグナル伝達に関わるチロシンキナーゼ. 松野有希子, 江島耕二, 篠原信賢 (免疫); 第33回日本免疫学会 (2003/12/8), 福岡. 予稿集 p.35, 2003.


<<生物学>>

[学会・研究会等]

723102. [学会 (全国)] (一般講演) 南信濃地方に生息するタゴガエルのMating Callの分析について. 龍崎正士1, 瀧沢直定2 (1生物. 2一般教育・情報科学); 日本両生類研究会 (2003/8/25), 上越市. 両生類誌, 11: 30, 2003.


<<内科学T>>

[学術論文]

110057. [原著] Phase I/II study of S-1 combined with cisplatin in patients with advanced gastric cancer. 小泉和三郎1, 田辺 聡1, 西元寺克禮1, Ohtsu A, N. Boku, F. Nagashima, K. Shirao, Y. Matsumura, M. Gotoh (1内): Br J Cancer, 89 (12): 2207-2212, 2003.

110058. [原著] A double-blind, crossover, randomized comparison of granisetron and ramosetron for the prevention of acute and delayed cisplatin-induced emesis in patients with gastrointestinal cancer: is patient preference a better primary endpoint? 小泉和三郎1, 田辺 聡1, 長場静香1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 西元寺克禮1, 野中美和2, 矢後和夫2 (1内. 2薬剤部): Chemotherapy, 49 (6): 316-323, 2003.

110059. [原著] Phase I dose-escalation trial of ZD9331 in Japanese patients with refractory, solid malignancies. 小泉和三郎1, K. Aiba, 佐々木 徹1, A. Sato, N. Horikoshi (1内): Anticancer Drugs, Suppl 1:S1-5, 2003.

110060. [原著] Inhibition of peptic ulcer relapse by ranitidine and ecabet independently of eradication of Helicobacter pylori: a prospective, controlled study versus ranitidine. 小泉和三郎1, 田辺 聡1, 今泉 弘1, 木田光広1, M. Ohida, 越田容子1, 三富弘之2, Y. Hosaka, 長場静香1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 西元寺克禮1 (1内. 2国立相模原病院検査科): Hepatogastro-enterology, 50 (50): 577-581, 2003 Mar-Apr.

110061. [原著] A pilot phase II study of capecitabine in advanced or recurrent gastric cancer. 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, S. Ujiie, M. Terashima, Y. Sakata, T. Taguchi; Clinical Study Group of Capecitabine. (1内): Oncology, 64 (3): 232-236, 2003.

110062. [原著] Effect of anti-Helicobacter pylori IgG antibody titer following eradication of Helicobacter pylori infection. 小泉和三郎1, 田辺 聡1, 今泉 弘1, K. Hibi, 木田光広1, M. Ohida, 岡安 勲2, 西元寺克禮1 (1内. 2病理): Hepatogastroenterology, 50 (49): 93-96. 2003 Jan-Feb.

110063. [原著] Questionnaire for early detection of occult anemia. 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): Hepatogastroenterology, 50 (49): 121-125, 2003 Jan-Feb.

110064. [原著] Severe chronic active Epstein-Barr virus infection associated with multiple necrotic lesions in the liver. 渋谷明隆1, 土橋 健1, 渡邊真彰1, 中沢貴秀1, Atsuko Takeuchi1, 櫻井慶造2, 三富弘之3, 西元寺克禮1 (1内. 2東病院検体検査. 3国立相模原病院検査科): Hepatology Reserch, 25: 447-454, 2003.

110065. [原著] Urinary albumin as an indicator of diabetic nephropathy lesions in Japanese type 2 diabetic patients. 守屋達美1, 守屋利佳1, Y. Yajima1, Steffes M.W.2, Mauer M.3 (1内. 2ミネソタ大臨床病理. 3ミネソタ大小児腎臓学): Nephron, 91 (2): 292-299, 2002.

110066. [原著] Clinical role of endoscopic ultrasonography for the diagnosis of early colorectal cancer and selecting the treatment procedure. 小林清典, 木田光広, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 横山 薫, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内): Digestive Endoscopy, 15 (4):298-305, 2003.

110067. [原著] Endogenous prostaglandin I2 regulates the neural emergency system through release oh calcitonin gene related peptide. 新井勝春1, 大野 隆1, 佐伯威男1, 水口澄人1, 鎌田一寿2, 林 泉2, 西元寺克禮1, Takahiro Murata3, 成宮 周3, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理. 3京都大): GUT, 52 (9): 1242-1249, 2003.

110068. [原著] Mild irritant prevents ethanol-induced gastric mucosal microcirculatory disturbances through action of calcitonin gene-related peptide and PGI2 in rats. 佐伯威男1, 大野 隆1, 鎌田一寿2, 新井勝春1, 水口澄人, Makoto Katori, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理): Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol., 286: G68-G75, 2004.

110069. [原著] Appearance of Specific Mucins Recognized by Monoclonal Antibodies in the Rat Gastric Mucosa Healing from HCl-induced Gastric Mucosal Damage. 池澤智明1, 五艘行信2, 市川尊文2, 林田浩明1, 栗原 誠3, 岡安 勲4, 西元寺克禮1, 石原和彦5 (1内. 2代謝蛋白. 3関東化学. 4病理. 5医衛): Journal of Gastroenterology, 39 (2): 113-119, 2004.

110070. [原著] The influence of endoscopic papillary balloon dilation and endoscopic sphincterotomy on sphincter of Oddi function: a controlled randomized trial. 竹澤三代子, 木田芳樹, 木田光広, 西元寺克禮 (内): Endoscopy (in press), 2003.

110071. [原著] Spraying of phenol red dye as a screening test for Helicobacter pylori infection in surgically resected stomach. 三橋 淳1,2, 三富弘之3, 小泉和三郎1, 菊池史郎4, 岡安 勲3, 西元寺克禮1 (1内. 2医療系大学院. 3国立相模原病院検査科. 4外): J Gastroenterol., 38: 1049-1052, 2003.

120007. [原著] 内視鏡からみた挿入理論とその応用. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内): 早期大腸癌, 7 (5): 408-412, 2003.

120008. [原著] 直腸粘膜脱症候群の内視鏡所見. 五十嵐正広, 奥野順子, 佐田美和, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 消化器内視鏡, 16 (2): 189-195, 2004.

120009. [原著] 食事療法の体験学習は糖尿病患者の血糖コントロールに有効か. 人見麻美子1, 佐藤照子1, 加藤チイ2, 町田 充3, 田中啓司4, 守屋達美4, 藤田芳邦4 (1栄養部. 2東大医学部付属病院. 3薬学部. 4内): 病態栄養学会雑誌, 6 (1): 59-65, 2003.

120010. [原著] 慢性反復性肝性脳症に対する門脈大循環短絡路−塞栓治療についての検討. 中沢貴秀, 國分茂博, 小野弘二1, 穴澤康志1, 佐々木 徹1, 渡邊真彰1, 土橋 健1, 浅野 朗1, 日高 央1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1, 磯部義憲2 (1内. 2放): 薬理と治療, 31 (S.1): S29-S33, 2003.

120011. [原著] 大きさからみた早期大腸癌のEMR適応の検討. 張 斌1, 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁1, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮1, 三富弘之2, 岡安 勲2 (1内. 2国立相模原病院検査科); 北里医学, 33 (2): 139-147, 2003.

120012. [原著] Generatorの違いによるRITAmodel70電極の熱壊死凝固範囲. 渡邊真彰, 國分茂博, 小野弘二, 玉真俊平, 日高 央, 土橋 健, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 医学と薬学, 50 (3): 283-285, 2003.

120013. [原著] NSAIDによる下部消化管障害の診断と治療. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内): クリニカ, 31 (1): 63-68, 2004.

210016. [準原著] Nitric oxide involvement in depression during interferon-alpha therapy. 鈴木映二1, 吉田芳子1, 渋谷明隆2, 宮岡 等1 (1精神. 2内): International Journal of Neuropsychopharmacology, 6: 415-419, 2003.

210017. [準原著] Assessment of 287 Japanese cases of drug induced liver injury by the diagnostic scale of the International Consensus Meeting. Hajime Takikawa1, Yoriyuki Takamori1, Teru Kumagi2, Morikazu Onji2, 邊邉真彰3, 渋谷明隆3, Akiko Hisamochi4, Ryukichi Kunashiro4, Tadashi Ito5, Yasuhide Mitsumoto5, Atsushi Nakamura6, Takashi Sakaguchi6 (1帝京大. 2愛媛大. 3内. 4久留米大. 5JR西大阪病院. 6横浜市大): Hepatology Reserch., 27: 192-195, 2003.

220009. [準原著] 大腸ポリープに対するendoscopic day surgery. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内); 臨床消化器内科, 19 (4): 445-451, 2004.

220010. [準原著] EUS下FNAにおけるドプラ観察の意義. 木田光広, 荒木正雄, 安藤 豪, 森木弘子, 前澤 寧, 菊地秀彦, 山崎好樹, 竹澤三代子, 宇津木恭子, 鹿間伸明, 木田芳樹, 今泉 弘, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 15 (8): 1099-1105, 2003.

220011. [準原著] 肝内胆管・悪性胆道閉塞に対する経乳頭的Stenting. 木田光広, 山崎好樹, 安藤 豪, 森木弘子, 中谷研斗, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 鹿間伸明, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 15 (9): 1213-1220, 2003.

220012. [準原著] 胃疾患に対する超音波内視鏡診断. 木田光広, 渡辺摩也, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 近藤一英, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 老年消化器病, 15 (3): 191-199, 2003.

220013. [準原著] 新しい薬物性肝障害診断基準の提案−国際コンセンサス会議による診断基準の改定をもとに−. 滝川 一1, 高森頼雪2, 久持顕子3, 伊藤 正4, 熊木天児4, 渡邊真彰5, 中村篤志6 (1帝京大. 2久留米大. 3大阪鉄道病院. 4愛媛大. 5内. 6杏雲堂平塚病院): 肝臓, 44 (4): 176-179, 2003.

220014. [準原著] 自己免疫生萎縮性胃炎. 佐々木 徹, 小泉和三郎, 中山昇典, 樋口勝彦, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): 臨床消化器内科, 18 (13): 1735-1741, 2003.

310001. [症例報告] Endoscopic mucosal resection (EMR) for the management ofpoorly differentiated adenocarcinoma of the stomach: a patient who had recurrence and died 4 years after EMR. 村上 秩1, 田辺 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木 徹1, 田原久美子1, 北村 匡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 嶋尾 仁2, 三富弘之3 (1内. 2外. 3国立相模原病院検査科): Gastric Cancer, (6): 113-116, 2003.

320001. [症例報告] 胃癌におけるTS-1の臨床成績. 小泉和三郎 (内): TS-1症例報告集, 神奈川胃癌研究会.

320002. [症例報告] 門脈血流障害により急激な肝不全に陥った肝細胞癌の1症例. 渋谷明隆1, 奥野順子1, 佐々木真弓2, 磯部憲義2 (1内. 2放): 肝胆膵, 47 (6): 819-825, 2003.

320003. [症例報告] 2度の妊娠時に増悪・緩解を繰り返し, その後顕性化した1a型糖尿病の1例. 鎌田裕二, 守屋達美, 望月まどか, 田中啓司, 藤田芳邦 (内): 糖尿病と妊娠, 2 (2): 92-95, 2002.

320004. [症例報告] 肝生検により経過観察している非アルコール性脂肪肝 (NASH) の1例. 玉真俊平, 渋谷明隆 (内): 医学と薬学, 49 (6): 880-882, 2003.

320005. [症例報告] 直腸癌に対する経肛門的減圧チューブ挿入術で起こった穿孔. 小林清典1, 勝又伴栄1, 国場幸均2 (1内. 2外): 消化器内視鏡, 15 (10): 1538-1539, 2003.

320006. [症例報告] Expandable Metallic Stent (EMS) 挿入時にインナーシャフトがウエッジし抜去が困難になった胆管癌の1例. 森野文敏1, 大野 隆2, 川添一哉1, 蓮見桂三1, 北村 匡2, 中野史郎2 (1伊勢原協同病院. 2内): Progress of Digestive Endoscopy, 62 (2): 146-147, 2003.

320007. [症例報告] 血液浄化療法, 免疫抑制剤での救命後に再燃した肝炎に対しラミブジン投与が有効であった劇症肝炎の一例. 巽 洋1, 北村 匡2, 川添一哉2, 森野文敏2, 大野 隆2, 高谷 徹1, 青山東五2, 梶原 博3, 鎌田貢壽2, 東原正明2 (1伊勢原協同病院. 2内. 3病理): 日本透析学会誌, 37 (1): 85-90, 2004.

320008. [症例報告] 特殊な形態を呈した胃脂肪腫の1例. 奥脇裕介1, 中野史郎1, 穴澤康志1, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 大野 隆1, 武田尚一郎2, 中安邦夫2, 篠田政幸2, 梶原 博3 (1内. 2伊勢原協同病院. 3病理): Progress of Digestive Endoscopy, 63 (2): 88-89, 2003.

510007. [総説] Gastric cancer: advances in adjuvant and adjunct therapy. 樋口勝彦1, Phan A2, Ajani JA2 (1内. 2Department of Gastrointestinal Oncology, MD Anderson Cancer Center, USA): Curr Treat Options Oncol., 4: 413-419, 2003.

520025. [総説] 胃癌発見のための陥凹性病変鑑別の基本−悪性サイクルを含めて−. 西元寺克禮1, 大井田正人2, 今泉 弘1, 田辺 聡1, 三橋 淳1,3, 勝又伴栄1 (1内. 2社会保険相模野病院. 3医療系大学院): 消化器内視鏡, 15 (4): 509-516, 2003.

520026. [総説] 消化器2 胃癌 内視鏡所見. 西元寺克禮1, 田辺 聡1, 三橋 淳1,2 (1内. 2医療系大学院); 最新医学別冊・新しい診断と治療のABC, p.81-90, 2003.

520027. [総説] これだけは知っておきたい臨床医の画像診断 食道癌. 西元寺克禮, 田辺 聡 (内): 臨床医, 29 (増): 1094-1095, 2003.

520028. [総説] これだけは知っておきたい臨床医の画像診断 胃潰瘍. 西元寺克禮 (内): 臨床医, 29 (増): 1098-1099, 2003.

520029. [総説] これだけは知っておきたい臨床医の画像診断 十二指腸潰瘍. 西元寺克禮 (内): 臨床医, 29 (増): 1102-1103, 2003.

520030. [総説] これだけは知っておきたい臨床医の画像診断 食道癌. 西元寺克禮, 五十嵐正広 (内): 臨床医, 29 (増): 1104-1105, 2003.

520031. [総説] 大腸の診断・治療をめぐる偶発症とその対策. 勝又伴栄1, 吉澤 繁1, 横山 薫2, 佐田美和1, 小林清典1, 五十嵐正広1, 西元寺克禮1 (1内, 2小田原市立病院): 消化器内視鏡, 15 (10): 1518-1522, 2003.

520032. [総説] 血便時の大腸内視鏡. 勝又伴栄, 吉澤 繁, 五十嵐正広 (内): 消化器内視鏡, 16 (3): 485-487, 2004.

520033. [総説] 安全で苦痛の少ない大腸内視鏡挿入法−用手圧迫と体位変換のコツ−. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内): 消化器内視鏡, 15 (11): 1609-1614, 2003.

520034. [総説] 大腸内視鏡検査. 五十嵐正広 (内): Medicina, 40 (12): 268-273, 2003.

520035. [総説] Sweet病. 五十嵐正広, 勝又伴栄, 小林清典, 佐田美和, 吉澤 繁, 西元寺克禮 (内): 胃と腸, 38 (4)(臨増): 486-490, 2003.

520036. [総説] 大腸腫瘍の治療としてEMRが必要な病変. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 消化器の臨床, 7 (1): 43-47, 2004.

520037. [総説] 大腸癌検診. 五十嵐正広, 勝又伴栄, 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 西元寺克禮 (内): 神奈川県医師会がん検診研究会論文集, 2003.

520038. [総説] 胃の前癌病変. 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): 消化器診療, 60: 2003.

520039. [総説] 胃がん. 小泉和三郎, 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 東 瑞智, 西元寺克禮 (内): 血液・腫瘍科, 47 (6): 519-525, 2003.

520040. [総説] 切除不能進行胃癌化学療法のControversy. 小泉和三郎, 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 北村 匡, 東 瑞智, 西元寺克禮 (内): 癌と化学療法, 30 (9): 1249-1255, 2003.

520041. [総説] 2型糖尿病における糖尿病性腎症の病態. 守屋達美, 田中啓司, 青柳祥夫, 守屋利佳 (内): 内分泌・糖尿病科, 15 (4): 317-322, 2002.

520042. [総説] 末梢循環障害としての糖尿病性腎症. 守屋達美, 田中啓司, 青柳祥夫, 守屋利佳 (内): Angiology Frontier, 2 (1): 35-40, 2003.

520043. [総説] 尿中アルブミン, IV型コラーゲンの測定と結果の解釈. 守屋達美, 田中啓司, 守屋利佳 (内): 診断と治療, 91 (9): 1539-1544, 2003.

520044. [総説] Endoscopic mucosal resection for gastric cancer: Necessity of "Incision and Stripping method" and present status. 木田光広, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): Digestive Endosc, 15 (Suppl): s15-118, 2003.

520045. [総説] Crohn病長期経過例での腸管病変に対する栄養療法の治療効果−薬物療法との比較を中心に−. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 佐田美和, 西元寺克禮 (内): 胃と腸, 39 (2): 145-154, 2004.

520046. [総説] 早期大腸癌の超音波内視鏡による深達度診断. 小林清典1, 勝又伴栄1, 木田光広1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 西元寺克禮1, 横山 薫2 (1内科. 2小田原市立病院消化器科): 消化器科, 36 (4): 330-337, 2003.

520047. [総説] 大腸病変の超音波内視鏡診断. 小林清典, 勝又伴栄, 木田光広 (内): 消化器内視鏡, 16 (3): 482-484, 2004.

520048. [総説] 大腸内視鏡治療後の遺残・再発を防ぐためのテクニック−分割摘除の立場から−. 佐田美和, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 西元寺克禮 (内): 消化器内視鏡, 15 (7): 939-944, 2003.

520049. [総説] 大腸癌の診断と治療−最新の研究動向−XIV 特論 内視鏡治療後の再発治療. 佐田美和, 勝又伴栄, 五十嵐正広 (内): 日本臨床, 61 (増7): 584-588, 2003.

520050. [総説] 大腸癌内視鏡的治療後のサーベイランス法. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 早期大腸癌, 8 (2): 109-114, 2004.

520051. [総説] 膵臓癌を対象とした5FU経静脈投与・UFT経口投与併用療法 (PMC療法). 木田芳樹, 竹澤三代子, 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 胆と膵, 24(9): 633-639, 2003.

520052. [総説] 膵臓癌を対象とした5FU経静脈投与・UFT経口投与併用療法 (PMC療法). 木田芳樹, 竹澤三代子, 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 消化器科, 37 (3): 302-308, 2003.

520053. [総説] C型肝炎に対するインターフェロン療法の継続治療と管理. 土橋 健 (内): 看護技術, 50 (1): 2004.

520054. [総説] 肝細胞癌の内科的治療法 経皮的ラジオ波熱凝固療法. 小野弘二, 國分茂博 (内): 医学と薬学, 50 (1): 45-49, 2003.

520055. [総説] 食道胃静脈瘤破裂. 村上匡人1, 國分茂博2 (1村上記念病院. 2内): 救急医学, 27 (4) (S.1): 776, 2003.

520056. [総説] 原発性胆汁性肝硬変の予後 (1) 肝癌の合併. 渋谷明隆, 土橋 健, 渡邊真彰, 中沢貴秀 (内): 臨床消化器内科, 18 (5): 595-599, 2003.

520057. [総説] 自己免疫性肝疾患からの肝発癌. 渋谷明隆, 中沢貴秀, 土橋 健, 渡邊真彰 (内): Modern Physician, 23 (4): 548-551, 2003.

520058. [総説] 脂肪肝は肝硬変になるか−肝硬変になるとする立場から−. 渋谷明隆 (内): Frontiers in Gastroenterology, 8 (3): 198-202, 2003.

520059. [総説] 肝表面血管拡大像と肝疾患. 渋谷明隆, 中沢貴秀, 土橋 健 (内): 細胞, 35 (6): 225-227, 2003.

520060. [総説] 原発性胆汁性肝硬変 (PBC). 渋谷明隆 (内): 今月の治療, 11 (10): 1099-1101, 2003.

520061. [特別報告] 尿中IV型コラーゲン濃度の正常値についての検討−糖尿病性腎症の診断指針の作成を目指して−. 堺 秀人1, 冨野康日己1, 槇野博史1, 荒川正昭1, 黒川 清1, 羽田勝計2, 守屋達美3, 猪股茂樹2, 片山茂裕2, 岩本安彦2 (1日本腎臓学会. 2日本糖尿病学会. 3内): 日本腎臓学会誌, 44 (5): 427-431, 2002.

520062. [委員会報告] 尿中IV型コラーゲン濃度の正常値についての検討−糖尿病性腎症の診断指針の作成を目指して−. 堺 秀人1, 冨野康日己1, 槇野博史1, 荒川正昭1, 黒川 清1, 羽田勝計2, 守屋達美3, 猪股茂樹2, 片山茂裕2, 岩本安彦2 (1日本腎臓学会. 2日本糖尿病学会. 3内): 糖尿病, 46 (10): 829-832, 2003.

[著 書]

620026. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療2肝・胆・膵; 癌治療におけるQOL, p.209-213. 小泉和三郎 (内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治弥, 医学書院, 東京, 2003/11/1発行.

620027. [学術書] (分担執筆) 超音波内視鏡Up to Now; 3D-IDUS (3D-ERUS), p.184-189. 木田光広, 渡辺摩也 (内), 編集 村田洋子 (ムラタクリニック), 峯 徹哉 (東海大), メジカルビュー, 東京, 2004/3/10発行.

620028. [学術書] (分担執筆) 消化器病セミナー92 消化管超音波診断−最近の進歩; 造影超音波検査, 超音波ドプラ検査下部消化管, p.161-167. 木田光広, 小林清典, 西元寺克禮 (内), 編集 中村哲也, 寺野 彰, へるす出版, 東京, 2003/9発行.

620029. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療; 胆管細胞癌 (肝内胆管癌の機能的診断, 画像診断), p.81-88. 木田光広 (内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治弥, 医学書院, 東京, 2003/11発行.

620030. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療; 胆嚢癌の臨床と画像診断, p.103-109. 伊藤 均, 木田光広 (内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治弥, 医学書院, 東京, 2003/11発行.

620031. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療; 胆嚢癌の鑑別診断, p.114-118. 伊藤 均, 木田光広 (内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治弥, 医学書院, 東京, 2003/11発行.

620032. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療; 胆嚢癌・胆管癌治療の実際と成績, p.193-196. 伊藤 均, 木田光広1 (1内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治弥, 医学書院, 東京, 2003/11発行.

620033. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療2 肝・胆・膵; 肝外胆管癌の機能的診断, 画像診断, p.120-128. 山田至人, 宇津木恭子 (内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治弥, 医学書院, 東京, 2003/11/1発行.

620034. [学術書] (分担執筆) 内視鏡室のリスクマネージメント; 下部消化管内視鏡検査に伴う偶発症の予防と対策, p.87-95. 五十嵐正広 (内), 編集 赤松泰次 (群馬大), 南江堂, 東京, 2003/5/10発行.

620035. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡治療のコツとポイント; 大腸穿孔に対する処置, p.152-153. 五十嵐正広1, 横山 薫2 (1内. 2小田原市立市民病院), 編集 田中信治 (広島大), 小山恒男 (佐久病院), 山野泰穂 (秋田赤十字病院), 日本メヂカルセンター, 東京, 2003/6/1発行.

620036. [学術書] (分担執筆) 日本のコロノスコピー; 五十嵐正広のコロノスコピー, p.92-111. 五十嵐正広 (内). 編集 日比紀文 (慶応大), 光島 徹, 上野文昭 (大船中央病院), 医学書院, 東京, 2003/10/1発行.

620037. [学術書] (分担執筆) 日本のコロノスコピー; ホットバイオプシー, ポリペクトミー, EMR, p.178-185. 五十嵐正広 (内), 編集 日比紀文 (慶応大), 光島 徹, 上野文昭 (大船中央病院), 医学書院, 東京, 2003/10/1発行.

620038. [学術書] (分担執筆) 下部消化管疾患を探る; 海外渡航後の粘血便, p.159-162. 五十嵐正広 (内), 編集 日比紀文 (慶応大), 永井書店, 東京, 2004/2/10発行.

620039. [学術書] (分担執筆) 基本からわかる大腸のEMR; EMRの今後, p.119-123. 五十嵐正広 (内), 編集 五十嵐正広, 中山書店, 東京, 2003/10/22発行.

620040. [学術書] (分担執筆) 基本からわかる大腸内視鏡の前処置と挿入; UPDによる挿入法, p.45-47. 五十嵐正広 (内), 編集 神保勝一 (神保クリニック), 中山書店, 東京, 2003/10/22発行.

620041. [学術書] (分担執筆) 一目でわかる肝臓病学; 門脈圧亢進症と食道静脈瘤, p.48-49. 國分茂博 (内), 監修 与芝 真, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2003/11/27発行.

620042. [学術書] (分担執筆) 一目でわかる肝臓病学; 閉塞性黄疸, p.58-59. 渋谷明隆 (内), 監修 与芝 真, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2003/11/27発行.

620043. [学術書] (分担執筆) 一目でわかる肝臓病学; 脂肪肝, p.68-69. 渋谷明隆 (内), 監修 与芝 真, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2003/11/27発行.

620044. [学術書] (分担執筆) 一目でわかる肝臓病学; 体質性黄疸, p.70-71. 渋谷明隆 (内), 監修 与芝 真, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2003/11/27発行.

620045. [学術書] (分担執筆) 病理と臨床; 早期胃癌におけるEMR後の遺残・再発とその対応, p.1092-1098. 田辺 聡1, 村上 秩1, 市川順子1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2, 三富弘之3 (1内. 2病理. 3国立相模原病院検査科). 文光堂, 東京, 2003発行.

620046. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡; 境界不明瞭のため診断に難渋した表層拡大型早期胃癌−診断のコツ, どこに注目すべきか−, p.610-613. 田辺 聡1, 小泉和三郎1, 中山昇典1, 西元寺克禮1, 大井田正人2, 三富弘之3 (1内. 2相模野病院. 3国立相模原病院検査科). 東京医学社, 東京, 2003/4発行.

620047. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡; 肝硬変症例の早期胃癌に対するAPC法による穿孔, p.1402-1403. 田辺 聡, 北村 匡 (内), 東京医学社, 東京, 2003/10発行.

620048. [学術書] (分担執筆) 基本からわかる大腸のEMR; EMR困難例に対する工夫, p.63-68. 小林清典, 五十嵐正広 (内), 編集 五十嵐正広 (内), 中山書店, 東京, 2003/10/22発行.

620049. [学術書] (分担執筆) 超音波内視鏡Up to Now; 大腸癌の3D-EUS診断, p.136-139, 小林清典, 木田光広 (内), 編集 村田洋子, 峯 徹哉, メジカルビュー社, 東京, 2004/3/10発行.

620050. [学術書] (分担執筆) ダイナミックメディシン; 腸の血管性病変, 14-p.170-181. 小林清典, 西元寺克禮 (内), 西村書店, 新潟, 2003/7/17発行.

620051. [学術書] (分担執筆) 基本からわかる大腸のEMR; サーベイランス, p.109-115. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内), 編集 五十嵐正広 (内), 中山書店, 東京, 2003/10/22発行.

620052. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療2 肝・胆・膵; 肝癌に対するPMCT (経皮的マイクロ波凝固療法), p.180-183. 渡邊真彰, 國分茂博 (内). 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治彌, 医学書院, 東京, 2003発行.

620053. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科的治療2 肝・胆・膵; 肝癌の化学療法, p.186-188. 日高 央, 國分茂博 (内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治彌, 医学書院, 東京, 2003発行.

620054. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科的治療2 肝・胆・膵; 肝癌に対するRFA, p.183-185. 小野弘二, 國分茂博, 日高 央 (内), 編集 西元寺克禮 (内), 監修 岡部治彌, 医学書院, 東京, 2003発行.

620055. [学術書] (分担執筆) エンドスコピストとラパロスコピストのための最新消化器内視鏡治療; 内視鏡的静脈瘤硬化療法, p.183-185. 日高 央, 國分茂博 (内), 編集 熊井浩一郎, 幕内博康, 北野正剛, 峰 徹哉, 渡邊昌彦, 監修 北島政樹, 先端医療技術研究所, 東京, 2003発行.

[学会・研究会等]

711001. [学会 (国際)] (特別講演) Endoscopic diagnosis of IBD. 五十嵐正広 (内): The confarence on Bowel ulcerative lewsions in Southeran Provinces of RR China (2003/12/1), 広州.

712006. [学会 (国際)] (招待された講演) Clinical studies of S1 in gastric cancer. 小泉和三郎 (内): 第5回国際胃癌学会 (2003/5/4), ローマ. 抄録集, p.321-323, 2003.

712007. [学会 (国際)] (シンポジウム) Endoscopic diagnosis and treatment of early gastric cancer. 木田光広 (内): 国際胃癌学会 分科会 (2003/5/25), ミュンヘン (ドイツ).

713028. [学会 (国際)] (ライブデモンストレーション) Three-dimensinal Endoscopic ultrasonography for esophageal cancer. 木田光広 (内): Endo Club Nord (北ドイツ内視鏡学会主催) (2003/10/24), ハンブルク (ドイツ).

713029. [学会 (国際)] (一般講演) A prospective, Controlled Study of Peptic Ulcer Relapse in the of ecabet and Ranitidine Versus Ranitidine Alone in Helicobacter Positive patients. 小泉和三郎1, 田辺 聡1, 今泉 弘1, 木田光広1, M. Oida, 越田容子1, 三富弘之2, Y. Hosaka, 長場静香1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 西元寺克禮1 (1内. 2国立相模原病院): 11th UEGW (2003/11/5), マドリード. Gut Sup., 35: 203, 2003.

713030. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical usefulness of three-dimensional endoscopic ultrasonography for the diagnosis of colorectal cancer. 小林清典, 木田光広, 横山 薫, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 11th United European Gastroenterology Week (2003/11/3), マドリード (スペイン). Gut, supple., 4 (52)/Endoscopy, supple., 2 (35): A15, 2003.

713031. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical usefulness of colonoscopic insertion of a decompression tube for obstructive colorectal cancer. 小林清典, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): Endoscopy Forum Japan 2003 (2003/8/9), 淡路島.

713032. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical outcome of endoscopic aspiration mucosectomy for early gastric cancer. 田辺 聡1, 小泉和三郎1, 村上 秩1, 北村陽子1, 田原久美子1, 市川順子1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 北村 匡1, 長場静香1, 西元寺克禮1, 三富弘之2 (1内. 2国立相模原病院): 第5回国際胃癌学会 (2003/5/6), ローマ (イタリア).

713033. [学会 (国際)] (一般講演) Efficacy of continuous regional arterial infusion of a protease inhibitor and antibiotic for severe acute pancreatitis in patients admitted to an intensive care unit. 今泉 弘1, 木田光広1, 西巻 博2, 奥野順子1, 片岡祐一2, 相馬一亥2, 西元寺克禮1 (1内. 2救命): 11th united european gastoenterology week (2003/11/3), Madrid, Spain. Gut, 52 supp.1.Y, 2003.

713034. [学会 (国際)] (一般講演) Usefullness of Tegafur-Uracil (trade name:UFT) in the prevention of recurrence after RFA for primary single HCC: based on a randomized control study. 日高 央1, 國分茂博1, 村上匡人2 (1内. 2村上記念病院): 11th United European Gastroenterology Week (2003/11/5), 地 Madrid, Spain. GUT, 35: S.2, 217, 2003.

713035. [学会 (国際)] (一般講演) Diagnosis of invasion depth of the esophageal cancer using three-dimensional endoscopic ultrasonography. 菊地秀彦, 木田光広, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): USA-DDW 2003 (2003/5/21), Orlando, USA.

713036. [学会 (国際)] (一般講演) Usefulness of the new three-Dimensional Endoscopic Ultrasonography (XUM-DG20-35R) for evaluating Bilio-pancreatic Disease. 渡辺摩也, 木田光広, 荒木正雄, Hideaki Kikuchi, 今泉 弘, 山田至人, 西元寺克禮 (内): 第11回欧州消化器病学会週間 (2003/11/5), スペイン. GUT, 35: S.2, 2003.

713037. [学会 (国際)] (一般講演) Platelet Aggregation in the microcirculation enhanced the ethanol-induced mucosal damage in rat stomach. 大野 隆1, 佐伯威男1, 新井勝春1, 鎌田一寿1, 水口澄人2, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆3 (1内. 2医療系大学院. 3薬理): The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology (2003/4/11-12), Shimoda Japan. The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology Abstracts, p.58, 2003.

713038. [学会 (国際)] (一般講演) Endogenous Prostaglandin I2 Modulates Neural Emergency System Through The Release of Calcitonin Gene-Related Peptide. 新井勝春1, 大野 隆1, 佐伯威男1, 水口澄人2, 鎌田一寿1, 林 泉3, 西元寺克禮1, 成宮 周4, 馬嶋正隆3 (1内. 2医療系大学院. 3薬理. 4京都大): The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology (2003/04/11-12), Shimoda Japan. The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology Abstracts, p.26, 2003.

713039. [学会 (国際)] (一般講演) Endogenous Prostaglandins and Capsaicin Suppress Myoelectrical Activity of Gastric Smooth Muscle and Mucosal Injury. 水口澄人1, 新井勝春2, 佐伯威男2, 鎌田一寿2, 大野 隆2, 西元寺克禮2, 馬嶋正隆3 (1医療系大学院. 2内. 3薬理): The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology (2003/4/11-12), Shimoda Japan. The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology Abstracts, p.53, 2003.

713040. [学会 (国際)] (一般講演) Suppression of Dextran Sulfate Sodium-Induced Colitis in Kininogen-Deficient Rats. 鎌田一寿1, 林 泉2, 水口澄人3, 新井勝春1, 佐伯威男1, 大野 隆1, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内. 2薬理. 3医療系大学院): The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology (2003/4/11-12), Shimoda Japan. The 10th Taisyo International Symposium on Gastroenterology Abstracts, p.64, 2003.

713041. [学会 (国際)] (一般講演) Roles of calcitonin gene-related peptide and prostaglandin I2 in prevention of ethanol-induced gastric mucosal microcirculatory disturbances by mild irritant in rats. 佐伯威男1, 大野 隆1, 鎌田一寿1, 新井勝春1, 水口澄人2, Makoto Katori, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆3 (1内. 2医療系大学院. 3薬理): The 14th Keio University International Symposium for Life Science and Medicine Organ Microcirculation: A Gateway to Diagnostic and Therapeutic Interventions (2003/11/11-13), Tokyo Japan. The Keio Journal of Medicine, 52 (S.2): 47, 2003.

713042. [学会 (国際)] (一般講演) Renal Ultrastructural Changes in Normo- and Microalbuminuric Japanese Type 2 Diabetic Patients Revealed by the Quick-Freezing and Deep-Etching Method. 守屋達美1, 大野伸一2, 田中啓司1, 青柳祥夫1, 守屋利佳1, 藤田芳邦1 (1内. 2信州大): 米国腎臓学会 (2003/11/12-17), サンディエゴ, アメリカ. J Am Soc Nephrol, 14: 398A, 2003.

713043. [学会 (国際)] (一般講演) Renal histological Heterogeneity and Clinical parameters in Japanese Type 2 Diabetic Patients. 守屋利佳, 守屋達美, 青柳祥夫, 田中啓司, 藤田芳邦, 東原正明 (内): 米国腎臓学会 (2003/11/12-17), サンディエゴ, アメリカ. J Am Soc Nephrol, 14: 398A, 2003.

713044. [学会 (国際)] (一般講演) Clinicopathologic and colonoscopic features of serrated adenomas of the colorectum. 佐田美和1, 三富弘之2, 吉澤 繁1, 小林清典1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1内. 2国立相模原病院): 11th United European Gastroenterology Week (2003/11/3), マドリード (スペイン). Gut, supple., 4 (52)/ Endoscopy, supple., 2 (35): A7, 2003.

713045. [学会 (国際)] (ポスター) Endoscopic retrograde ultrasonography for diagnosing bile duct stone. 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): アメリカDDW (2003/5/20), オーランド (アメリカ). Gastrointestinal Endoscopy Suppl, 2003.

713046. [学会 (国際)] (ポスター) Randamized control trial of EST with either endocut mode orconventinal pure cut current. 木田光広, 菊地秀彦, 荒木正雄, 竹澤三代子, 山崎好喜, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): ヨーロッパ消化器病週間 (2003/11/3), マドリード (スペイン). Endoscopy, 52 (S): A83, 2003.

713047. [学会 (国際)] (ポスター) Evaluation of esophageal varises using three-dimensional endoscopic ultrasonography. 村上匡人, 木田光広, 國分茂博, 渡辺隆司, 小野弘二, 日高 央, 渡辺摩也, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): ヨーロッパ消化器病週間 (2003/11/3), マドリード (スペイン). Endoscopy, 52 (S): A85, 2003.

713048. [学会 (国際)] (ポスター) Endoscopic retrograde ultrasonography for diagnosing bile duct stone. 木田光広, 菊地秀彦, 白須恭子, 国東幹夫, 渡辺摩也, 今泉 弘, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): ヨーロッパ消化器病週間 (2003/11/3), マドリード (スペイン). Endoscopy, 52 (S): A86, 2003.

713049. [学会 (国際)] (誌上発表) The Kidney Hypertrophy and Glomerular Hyperfiltration Were Present in Japanese Impaired Glucose Tolerance or Impaired Fasting Glucose Patients. 田中啓司, 守屋達美, 守屋利佳, 青柳祥夫, 藤田芳邦 (内): 米国腎臓学会 (2003/11/12-17), サンディエゴ, アメリカ. J Am Soc Nephrol 14: 803A, 2003.

721002. [学会 (全国)] (特別講演) 虚血性腸疾患の診断と治療. 西元寺克禮 (内): 第26回日本医学会総会 (2003/4/4), 福岡.

721003. [学会 (全国)] (特別講演) 上部消化管の内視鏡治療の現状と展望. 西元寺克禮 (内): 17回日本臨床内科医学会 (2003/9/14), 横浜. 日本臨床内科医会会誌, 18 (3): 274, 2003.

722024. [学会 (全国)] (教育講演) 症例から学ぶ診断・治療方針−胃−. 木田光広 (内): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/30), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (S), 2003.

722025. [学会 (全国)] (シンポジウム) 総胆管結石症に対する内視鏡的治療 (EPBD, EST) の比較検討−Retrospective studyとRandomized control studyについて−. 国東幹夫, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/29), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (S), 2003.

722026. [学会 (全国)] (シンポジウム) 活動期Crohn病に対する副腎皮質ステロイド併用療法の無作為比較試験. 奥野順子, 小林清典, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/8), 名古屋. 日本大腸肛門病会誌, 56 (9):465, 2003.

722027. [学会 (全国)] (シンポジウム) 高齢者早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術の有用性と問題点. 田辺 聡, 村上 秩, 西元寺克禮 (内): 第66回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/10/4), 大阪.

722028. [学会 (全国)] (シンポジウム) 臨床治療成績及び動物実験より見た早期胃癌症例に対するアルゴンプラズマ凝固法 (APC) の有用性について. 北村 匡, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): 第66回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/10/18), 大阪. 日本消化器内視鏡学会誌, 45 (S.2): 1560, 2003.

722029. [学会 (全国)] (シンポジウム) 食道癌に対する三次元超音波プローブ (3D-EUS) の局所進展度診断−CT, MRIとの比較, 臨床的位置づけについて−. 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 日本消化器内視鏡学会 (2003/5/30), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌 (0387-1207), 45 (S.1): 467, 2003/4.

722030. [学会 (全国)] (ワークショップ) colitic cancer 早期発見のための拡大観察の有用性の検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 第66回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW-Japan 2003) (2003/10/15), 大阪. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (臨増): S.2, p.1635, 2003.

722031. [学会 (全国)] (ワークショップ) 進行肝細胞癌に対する動注・門注併用化学療法の有用性−動注単独療法とのRandomized Control Study−. 日高 央1, 國分茂博1, 西元寺克禮1, 磯部義憲2 (1内. 2放): 第39回日本肝癌研究会 (2003/6/20), 金沢.

722032. [学会 (全国)] (ワークショップ) 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) の長期経過. 村上 秩, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): 第11回日本消化器関連学会週間 第66回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/10/18), 大阪. 抄録集, p.1671, 2003.

723103. [学会 (全国)] (一般講演) 虚血性大腸炎 (狭窄型) の内視鏡診断. 安達 滋, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第66回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/10/18), 大阪. Gastroenterological Endoscopy, 45 (S.2): 1757, 2003.

723104. [学会 (全国)] (一般講演) Crohnn病の大腸腸管合併症についての臨床的検討. 東 瑞智1, 小林清典2, 吉澤 繁2, 佐田美和2, 五十嵐正広2, 勝又伴栄2, 西元寺克禮2 (1医療系大学院. 2内): 第45回日本消化器病学会大会 (2003/10/16), 大阪. 日本消化器病学会雑誌, 100 (臨増): A695, 2003.

723105. [学会 (全国)] (一般講演) 小腸疾患に対する新型小腸内視鏡 (SIF-Q240) の臨床的有用性. 小川大志, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/29), 福岡. Gastroenterological Endoscopy, 45 (S.1): 642, 2003.

723106. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌の深達度診断における3次元超音波内視鏡の有用性についての検討. 横山 薫1, 小林清典2, 木田光広2, 吉澤 繁2, 佐田美和2, 五十嵐正広2, 勝又伴栄2, 西元寺克禮2, 大谷剛正3, 岡安 勲4 (1小田原市立病院. 2内. 3外. 4病理): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/30), 福岡. Gastroenterological Endoscopy, 45 (S.1): 708, 2003.

723107. [学会 (全国)] (一般講演) ICUにおける重症急性膵炎に対する膵酵素阻害剤・抗生剤持続動注療法. 今泉 弘, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第45回日本消化器病学会大会 (2003/10/16), 大阪. 抄録集, p.77, 2003.

723108. [学会 (全国)] (一般講演) 鈍的肝損傷後のbilomaに対する内視鏡的胆管塞栓術の試み. 今泉 弘1, 木田光広1, 木田芳樹1, 西元寺克禮1, 西巻 博2, 片岡祐一2, 国東幹夫2, 相馬一亥2, 田村幸穂3, 菊野隆明3 (1内. 2救命. 3国立病院東京医療センター): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/29), 福岡. 抄録集, p.401, 2003.

723109. [学会 (全国)] (一般講演) 初発単発肝細胞癌<4 cm以下>に対するRFA後の再発予防におけるTegafur(商品名UFT) 投与の有用性−Randomized Control Studyに基づく検討から−. 日高 央, 國分茂博, 小野弘二, 渡邊真彰, 土橋 健, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第39回日本肝臓学会総会 (2003/5/23), 福岡. 日本肝臓学会雑誌, 44 (S.1): 242, 2003.

723110. [学会 (全国)] (一般講演) 進行肝細胞癌に対する動注・門注併用化学療法の有用性−動注単独療法とのRandomized Control Study−. 日高 央1, 國分茂博1, 西元寺克禮1, 磯部義憲2 (1内. 2放): 第39回日本肝臓学会総会 (2003/5/23), 福岡. 日本肝臓学会雑誌, 44 (S.1): 242, 2003.

723111. [学会 (全国)] (一般講演) 薬物性肝障害の診断基準の臨床的評価. 渡邊真彰, 渋谷明隆, 小野弘二, 土橋 健, 中沢貴秀, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第7回日本肝臓学会大会 (2003/10/16), 大阪. 肝臓, 44 (S.2): A463, 2003.

723112. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡的分割粘膜切除術 (EPMR) 施行例の臨床病理学的検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/8), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9): 658, 2003.

723113. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の切除不能膵癌に対するGemcitabineの治療成績. 菊地秀彦, 木田光広1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 白須恭子1, 山崎好喜1, 鹿間伸明1, 国東幹夫2, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1内. 2救命): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/4/26), 埼玉. 日本消化器病学会雑誌, Vol.100 Supplement: A242, 2003.

723114. [学会 (全国)] (一般講演) 胆膵領域における最近の超音波内視鏡の進歩−@三次元超音波プローブ (3D-EUS), A超音波内視鏡下穿刺法(EUS-FNA)について−. 菊地秀彦1, 木田光広1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 竹澤三代子1, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第12回クリニカルビデオフォーラム (2004/2/14), 東京.

723115. [学会 (全国)] (一般講演) Chemotherapy is More Active against Proximal than Distal Gastric Carcinoma. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 中山昇典, 佐々木 徹, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10/23), 札幌. 総会プログラム号, p.83, 2003.

723116. [学会 (全国)] (一般講演) 非アルコール性肝炎 (NASH) による肝硬変症例に関する検討. 土橋 健, 渋谷明隆, 中沢貴秀 (内): 日本消化器集団検診学会 (2003). 日本消化器集団検診学会雑誌, 41 (5): 138, 2003.

723117. [学会 (全国)] (一般講演) 切除不能膵臓癌を対象としたPMC (Pharmacokinetic modulating chemotherapy) とGemcitabine (GEM) 療法の比較検討. 木田芳樹, 竹澤三代子, 菊地秀彦, 西元寺克禮 (内): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10), 札幌.

723118. [学会 (全国)] (一般講演) 散発性胆嚢癌, 総胆管結石, 正常例における胆汁中膵酵素値の検討. 竹澤三代子, 木田芳樹, 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第39回日本胆道学会学術集会 (2003/9), 金沢.

723119. [学会 (全国)] (一般講演) Ciprofloxacin注の胆汁移行性に関する臨床的検討. 木田芳樹, 竹澤三代子, 服部庸一郎, 星野弘樹, 西元寺克禮 (内): 第39回日本胆道学会学術集会 (2003/9), 金沢.

723120. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における肝外胆管癌の臨床的検討. 森木弘子, 木田光広, 安藤 豪, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第39回日本胆道学会学術集会 (2003/9), 金沢.

723121. [学会 (全国)] (一般講演) ガイドワイヤー式三次元超音波プローブXUM-DG20-35Rの使用経験. 渡辺摩也, 木田光広, 荒木正雄, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 白須恭子, 国東幹夫, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 西元寺克禮 (内): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/29), 福岡. Gastroenterological Endoscopy,Vol.45, 2003.

723122. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡的大腸ポリープにおけるクリニカルパスについて. 横山 薫1, 高橋裕之2 (1内. 2高橋内科クリニック): 第21回日本大腸検査学会総会 (2003/11/8), 大津. 総会プログラム.

723123. [学会 (全国)] (一般講演) 純粋胆汁中ムチンの分析−特にモノクローナル抗体との反応性−. 鹿間伸明1, 木田芳樹2, 石原和彦3, 竹澤三代子2, 池澤智明2, 国東幹夫2, 今泉 弘2, 木田光広2, 西元寺克禮2 (1東芝林間病院. 2内. 3医療系大学院): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/4/26), 埼玉. 日本消化器病学会雑誌, 100 (臨増):A251, 2003.

723124. [学会 (全国)] (一般講演) Roxatidine 7日間連続投与によるラット胃粘液産生細胞の変動−抗ムチンモノクローナル抗体による免疫組織化学的検討−. 坪川大悟1, 池澤智明2, 五艘行信3, 市川尊文3, 玉置 賢4, 堀田恭子3, 石原和彦1 (1医療系大学院. 2内. 3代謝蛋白. 4帝国臓器製薬): 第31回日本実験潰瘍学会 (2003/11/28), 名古屋. プログラム・抄録集, 2003.

723125. [学会 (全国)] (一般講演) 13年間の経過観察中に発生し, EMRし得たBarrett食道癌の一例. 田原久美子1, 田辺 聡2, 樋口勝彦2, 佐々木 徹2, 中山昇典2, 村上 秩2, 北村 匡2, 木田芳樹2, 今泉 弘2, 木田光広2, 小泉和三郎2, 三橋利温2, 西元寺克禮2, 三富弘之3 (1相模原協同病院. 2内. 3国立相模原病院): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/30), 福岡. Gastroenterological Endoscopy, 45 (S.1): 677, 2003.

723126. [学会 (全国)] (一般講演) 早期胃癌に対する大口径ムコゼクターによる内視鏡粘膜切除法 (EAM) の有用性. 北村陽子, 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 田原久美子, 市川順子, 村上 秩, 北村 匡, 木田芳樹, 今泉 弘, 木田光広, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克禮 (内): 65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/30), 福岡. Gastroenterological Endoscopy, 45 (S.1): 583, 2003.

723127. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における肝外胆管癌の臨床的検討. 森木弘子, 木田光広, 安藤 豪, 北村陽子, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 田辺 聡, 小泉和三郎, 三橋利温, 西元寺克禮 (内): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/29), 福岡.

723128. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における嚢胞性膵腫瘍の臨床病理学的特徴. 前澤 寧1, 木田光広1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 白須恭子1, 山崎好喜1, 国東幹夫1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1, 三富弘之2 (1内. 2国立相模原病院): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/29), 福岡.

723129. [学会 (全国)] (一般講演) 内因性プロスタグランジン及びカプサイシンによる胃平滑筋活動電位の変化. 水口澄人1, 大野 隆2, 鎌田一寿2, 新井勝春2, 佐伯威男2, 林 泉3, 西元寺克禮2, 馬嶋正隆3 (1医療系大学院. 2内. 3薬理): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/04/24-26), さいたま. 日本消化器病学会雑誌, 100 (Suppl.): A209, 2003.

723130. [学会 (全国)] (一般講演) 肝嚢胞穿刺ドレナージチューブが肝内で裂断するも経皮的に回収し得た1例. 穴澤康志1, 大野 隆1, 奥脇裕介1, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 中野史郎1 (1内. 2伊勢原協同病院): 第17回日本臨床内科医学会 (2003/9/13-15), 横浜. 日本臨床内科医学会会誌, 18 (3): 322, 2003.

723131. [学会 (全国)] (一般講演) 繰り返す下血に対してアルゴンプラズマ凝固法が有用であった小腸angiectasisの1例. 森野文敏1, 北村 匡2, 中野史郎2, 蓮見桂三1, 穴澤康志2, 奥脇裕介2, 大野 隆2 (1伊勢原協同病院. 2内): DDW Japan 2003 (第66回日本消化器内視鏡学会総会) (2003/10/15-18), 大阪. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (2): 1801, 2003.

723132. [学会 (全国)] (一般講演) 術前に診断しえた胆嚢原発悪性リンパ腫の1例. 蓮見桂三1, 大野 隆2, 奥脇裕介2, 穴澤康志2, 森野文敏1, 北村 匡2, 中野史郎2, 鈴木 亮1, 篠田政幸1, 梶原 博1 (1伊勢原協同病院. 2内): DDW Japan 2003 (第66回日本消化器内視鏡学会総会)(2003/10/15-18), 大阪. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (2): 1771, 2003.

723133. [学会 (全国)] (一般講演) プロスタグランジンE2の胃平滑筋活動電位抑制作用とエタノール誘発胃粘膜傷害に対する保護作用. 水口澄人1, 大野 隆2, 鎌田一寿2, 新井勝春2, 佐伯威男2, 林 泉3, 西元寺克禮2, 馬嶋正隆3 (1医療系大学院. 2内. 3薬理): 第89回日本薬理学会年会(2004/3/24-26), 大阪. J Pharmacol Sci, 94 (S.I): 257, 2004.

723134. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸腫瘍におけるCD10の免疫組織学的検討. 佐藤嘉洋1, 梶原 博1, 内藤早苗1, 鍛代久美子1, 小俣芳彦1, 熊木伸枝1, 大野 隆2, 篠田政幸1, 別所 隆1 (1伊勢原協同病院. 2内): 第52回日本農村医学会総会 (2003/10/9-10), 広島. 日本農村医学会雑誌, 52: 589, 2003.

723135. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) の臨床的検討. 田邊裕明, 里道哲彦1, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 宮澤志朗1, 鎌田一寿1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 玉真桂子1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第17回日本臨床内科学会 (2003/9/13), 横浜.

723136. [学会 (全国)] (一般講演) 急速な呼吸不全で死亡した後天性免疫不全症候群と思われる1剖検例. 玉真桂子1, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 宮澤志朗1, 酒井太郎, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明, 長島洋治2, 松島孝雄3 (1内. 2横浜市大. 3八重咲診療所): 第17回日本臨床内科学会 (2003/9/13), 横浜.

723137. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者悪性腫瘍による消化管狭窄に対する食道用Covered EMS (Expandable metallic stent) 挿入の有用性. 山崎好喜1, 外山久太郎, 宮澤志朗1, 櫻井紀子1, 神山太郎1, 鎌田一寿1, 酒井太郎1, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 三輪亘, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第52回共済医学会 (2003/10/22), 広島. プログラム・抄録集, p.92, 2003.

723138. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症3期B〜4期患者における腎症教室の食事療法に対する効果. 吉田朋子1, 人見麻美子1, 佐藤照子1, 青柳祥夫2, 田中啓司2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1栄養部. 2内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-251, 2003.

723139. [学会 (全国)] (一般講演) 下肢動脈硬化症および重症末梢神経障害を有する糖尿病患者の臨床的特徴−糖尿病足病変の発症危険因子についての検討−. 金森 晃, 鎌田裕二, 青柳祥夫, 田中啓司, 守屋達美, 藤田芳邦 (内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-248, 2003.

723140. [学会 (全国)] (一般講演) 境界型糖尿病と2型糖尿病正常アルブミン尿期における腎サイズとGFR. 田中啓司, 守屋達美, 青柳祥夫, 鎌田裕二, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-118, 2003.

723141. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病における腎組織障害パターンと臨床的特徴との関連. 青柳祥夫, 守屋達美, 田中啓司, 鎌田裕二, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-120, 2003.

723142. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症の早期と顕性期との間の重要な組織学的差異はメサンギウムの拡大である. 守屋達美, 田中啓司, 青柳祥夫, 鎌田裕二, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-120, 2003.

723143. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における嚢胞性膵腫瘍の臨床病理学的特徴. 前澤 寧1, 木田光広1, 竹澤三代子1, 荒木正雄2, 山崎好樹1, 国東幹夫1, 白須恭子1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1, 三富弘之3 (1内. 2相模原協同病院. 3国立相模原病院): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/30), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (S), 2003.

723144. [学会 (全国)] (ポスター) EUSFNAの適応と禁忌. 荒木正雄1, 木田光広2, 森木弘子2, 安藤 豪2, 前澤 寧2, 菊地秀彦2, 竹澤三代子2, 白須恭子2, 山崎好喜2, 国東幹夫2, 渡辺摩也2, 木田芳樹2, 今泉 弘2, 山田至人2, 坂口哲章2, 西元寺克禮2 (1相模原協同病院. 2内): DDW Japan 2003 (2003/10/17), 大阪. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (S.2), 2003.

723145. [研究会] (ポスター) 肝細胞癌に対する局所療法後の遠隔再発危険因子の検討. 玉真俊平, 渋谷明隆, 小野弘二, 渡邊真彰, 土橋 健, 中沢貴秀, 國分茂博, 西元寺克禮 (内): 第39回日本肝癌研究会 (2003/6/19), 金沢.

723146. [学会 (全国)] (ポスター) 肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法後の再発及び肝予備能に関する検討. 小野弘二1, 國分茂博1, 日高 央1, 渡邊真彰1, 土橋 健1, 中沢貴秀1, 西元寺克禮1, 倉岡 隆2 (1内. 2東邦大大橋病院): 第39回日本肝臓学会総会 (2003/5/23), 福岡. 日本肝臓学会雑誌, 44 (S.1): 239, 2003.

723147. [学会 (全国)] (ポスター) C型慢性肝炎に対するインターフェロン長期投与の有用性の検討. 横須賀 收, 進藤道子, 吉田晴彦, 泉 並木, 斉藤英胤, 渋谷明隆1, 藤山重俊, 森山光彦, 吉岡健太郎, 橋本悦子, 髭 修平, 久保木 真, 恩地森一, 小俣政男 (1内): 第7回日本肝臓学会大会 (2003/10/16), 大阪. 日本肝臓学会雑誌, 44 (S.2): A443, 2003.

723148. [学会 (全国)] (ポスター) 進行性肝細胞癌に対する動脈・門脈併用化学療法の有用性. 日高 央1, 國分茂博1, 小野弘二1, 渡邊真彰1, 土橋 健1, 中沢貴秀1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1, 三重野寛喜2 (1内. 2淵野辺総合病院): 第7回日本肝臓学会大会 (2003/10/15), 大阪. 日本肝臓学会雑誌, 44 (S.2): A402, 2003.

723149. [学会 (全国)] (ポスター) 腫瘍径40 mm以上の肝細胞癌に対するRFAの工夫と血清アルプミン値の変動に関する検討. 小野弘二1, 國分茂博1, 渡邊真彰1, 土橋 健1, 中沢貴秀1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1, 矢内原 久2, 佐々木真弓2, 磯部義憲2, 日高 央1 (1内. 2放): 第7回日本肝臓学会大会 (2003/10/15), 大阪. 肝臓, 44 (S.2): A404, 2003.

723150. [学会 (全国)] (パネル) 潰瘍性大腸炎のサーベイランスにおける拡大観察の有用性の検討. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 第21回日本大腸検査学会総会 (2003/11/9), 大津.

723151. [学会 (全国)] (ポスター) 散発性胆嚢癌, 総胆管結石, 正常例における胆汁中膵酵素値の検討. 竹澤三代子, 木田芳樹, 菊地秀彦, 山崎好喜, 白須恭子, 荒木正雄, 鹿間伸明, 渡辺摩也, 今泉 弘, 木田光広, 西元寺克禮 (内): DDW-Japan 2003 (2003/10), 大阪.

723152. [学会 (全国)] (ポスター) 切除不能膵臓癌を対象とした5FU経静脈投与・UFT経口投与併用療法PMC (Pharmacokinetic modulating chemotherapy) とGemcitabine単独療法の検討. 木田芳樹, 竹澤三代子, 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内): DDW-Japan 2003 (2003/10), 大阪.

723153. [学会 (全国)] (ポスター) 膵疾患に対する内視鏡的治療の有用性. 前澤 寧, 木田光広, 森木弘子, 安藤 豪, 竹澤三代子, 菊地秀彦, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第34回日本膵臓学会総会 (2003/7), 千葉.

723154. [学会 (全国)] (ポスター講演) 化学療法によりdownstagingが得られ, 手術が施行された切除不能進行胃癌症例の検討. 東 瑞智1, 小泉和三郎2, 樋口勝彦2, 佐々木 徹2, 下田拓也2, 西村 賢2, 中山昇典2, 田辺 聡2, 西元時克禮2 (1医療系大学院. 2内): 第76回日本胃癌学会総会 (2004/3/6), 米子. Gastric Cancer (抄録集), 2003.

723155. [学会 (全国)] (ポスター) マウス胃粘膜微小循環観察法−高調食塩水による胃粘膜傷害抑制メカニズムの解析−. 鎌田一寿1, 大野 隆1, 水口澄人2, 新井勝春1, 佐伯威男1, 林 泉3, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆3 (1内. 2医療系大学院. 3薬理): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/4/24-26), さいたま. 日本消化器病学会雑誌, 100 (Suppl.):A264, 2003.

723156. [学会 (全国)] (ポスター) 切除不能4型胃癌に対する化学療法. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 北村 匡, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): 第76回日本胃癌学会総会 (2004/3/5), 米子. 第76回日本胃癌学会総会 記事, p.190, 2004.

723157. [学会 (全国)] (ポスター) 経過中低蛋白血症とポリープの縮小, 消失を見たメネトリエ病の一例. 里道哲彦1, 外山久太郎2, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 玉真桂子1, 野登 誠2, 金山正明2 (1内. 2平塚共済病院): 第89回日本消化器病学会総会 (2003/4/26), 埼玉.

723158. [学会 (全国)] (ポスター) 生検後消失した十二指腸カルチノイド例. 酒井太郎1, 外山久太郎1, 宮澤志朗2, 櫻井紀子2, 神山太郎2, 鎌田一寿2, 里道哲彦2, 村上 秩2, 萬屋 基2, 山崎好喜2, 野登 誠1, 三橋利温2, 金山正明1 (1平塚共済病院. 2内): 第11回日本消化器関連学会週間 第45回日本消化器病学会大会 (2003/10/16), 大阪.

723159. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における悪性胆道狭窄に対する内視鏡的ドレナージ術の検討. 山崎好喜, 木田光広, 菊地秀彦, 萬屋 基, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第11回日本消化器関連学会週間 第66回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/10/18), 大阪. 抄録集, p.1741, 2003.

723160. [学会 (全国)] (ポスター) 血糖自己測定 (SMBG) についてのアンケート調査 (第2報)−問題点を有すると考えられる回答をした症例の検討−. 鈴木芳美1, 三石小百合1, 長澤恵子1, 金森 晃2, 鎌田裕二2, 青柳祥夫2, 松原まどか2, 高田哲秀2, 田中啓司2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1看護部. 2内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-329, 2003.

723161. [学会 (全国)] (一般講演) 血糖自己測定 (SMBG) についてのアンケート調査 (第1報). 長澤恵子1, 鈴木芳美1, 三石小百合1, 金 森晃2, 鎌田裕二2, 松原まどか2, 高田哲秀2, 青柳祥夫2, 田中啓司2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1看護部. 2内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-299, 2003.

723162. [学会 (全国)] (ポスター) 糖尿病生腎症教室における薬剤師の役割−薬物療法に対する患者の意識とアドヒアランスの向上について−. 勝呂美香1, 相沢政明1, 近藤留美子1, 佐川賢一1, 島田慈彦1, 青柳祥夫2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1薬剤部. 2内): 第46回日本糖尿病学会年次学術集会 (2003/5/22-24), 富山. 糖尿病, 46 (S.1): S-332, 2003.

731004. [研究会] (特別講演) 胃癌診療の現況と展望−オーダーメイド治療を目指して−. 西元寺克禮 (内): 第1回九州消化管疾患治療研究会 (2003/8/30), 福岡. プログラム, 2003.

731005. [研究会] (特別講演) 潰瘍性大腸炎のサーベイランス. 五十嵐正広 (内): 第12回腸疾患若手勉強会 (2003/10/3), 大阪.

731006. [研究会] (特別講演) 胃癌化学療法−現況と展望−. 小泉和三郎 (内): 神戸DIF講演会 (2003/6/30), 神戸.

731007. [研究会] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎 (内): 山陰胃癌化学療法研究会 (2003/11/7), 米子.

731008. [研究会] (特別講演) 胃癌化学療法−現況と展望−. 小泉和三郎 (内): 福島DIF講演会 (2003/4/25), 福島.

731009. [研究会] (特別講演) 胃癌化学療法−現況と展望−. 小泉和三郎 (内): 第28回制癌問題研究会 (2003/11/29), 金沢.

731010. [研究会] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と将来展望. 小泉和三郎 (内): 胃癌治療セミナー (2003/11/11), 室蘭.

731011. [研究会] (特別講演) 止血法のfirst choice second choice. 田辺 聡 (内): 第217回消化管研究会 (2003/5/15), 東京.

731012. [研究会] (特別講演) 早期胃癌に対するEMRの現況と展望−オーダーメイド治療をめざして−. 田辺 聡 (内): 第67回京都胃腸勉強会 (2003/7/11), 京都.

731013. [研究会] (特別講演) 外来診療における胃食道逆流症の診断と治療. 田辺 聡 (内): 相模原プライマリ・ケア研究会学術講演会 (2003/6/24), 相模原.

731014. [研究会] (特別講演) 早期胃癌に対する内視鏡治療−現況と最新治療−. 田辺 聡 (内): 第74回相模原胃と腸研究会 (2003/9/24), 相模原.

731015. [研究会] (特別講演) 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術の現況と今後の展望−従来法と切開剥離法の比較も含めて−. 田辺 聡 (内): 茅ヶ崎医師会消化器病研究会 (2004/2/10), 茅ヶ崎.

731016. [研究会] (特別講演) 2型糖尿病の正常〜微量アルブミン尿期における腎糸球体病変と機能異常. 守屋達美 (内): 第25回茨城県高血圧研究会学術講演会 (2002/11/28), 水戸.

732005. [研究会] (招待された講演) 消化性潰瘍の再発と有用性. 小泉和三郎 (内): ガストローム発売10周年記念講演会 (2003/12/13), 仙台.

732006. [研究会] (招待された講演) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎 (内): 胃癌治療セミナー (2003/10/7), 東海大学 (伊勢原).

732007. [研究会] (招待された講演) 胃のニューラルエマージェンシーシステムとプロスタグランジン−CGRPとPGI2−. 大野 隆 (内): 消化性潰瘍の基礎と臨床 (2003/7/10), 厚木.

732008. [学会 (地方)] (ビデオワークショップ) 胆膵疾患に対する超音波内視鏡の進歩. 渡辺摩也, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第74回日本消化器内視鏡学会関東地方会(2003/6/7), 東京. 予報集, 2003.

732009. [学会 (地方)] (シンポジウム) Jタイプおよび斜形ムコゼクターによる上部消化管癌に対するEAMの有用性. 田辺 聡, 樋口勝彦, 村上 秩, 北村陽子, 田原久美子, 市川順子, 佐々木 徹, 中山昇典, 北村 匡, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11/28), 東京.

732010. [学会 (地方)] (シンポジウム) 大腸腫瘍に対する治療法の検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11/28), 東京. Prog Dig Endosc., 64 (1): 45, 2003.

732011. [学会 (地方)] (シンポジウム) 胆膵疾患に於ける超音波内視鏡の進歩. 渡辺摩也, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 第64回日本消化器内視鏡関東地方会 (2003/11/28), 東京.

732012. [研究会] (シンポジウム) 高齢者早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術の有用性と問題点. 田辺 聡, 村上 秩, 北村陽子, 竹内一郎, 佐々木 徹, 樋口勝彦, 田原久美子, 市川順子, 北村 匡, 長場静香, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内): 第28回老年消化器病研究会 (2003/6/13), 東京.

733028. [研究会] (付置研究会EUSFNA) EUSFNAの適応と禁忌. 荒木正雄, 渡辺摩也, 木田光広, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内): 第65回日本消化器内視鏡学会総会 (2003/5/31), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (S), 2003.

733029. [学会 (地方)] (一般講演) 腫瘍切除の基本とコツ. 五十嵐正広 (内): 第15回日本消化器内視鏡学会甲信越支部セミナー (2004/1/24), 甲府.

733030. [学会 (地方)] (一般講演) 中毒性巨大結腸症を合併した偽膜性腸炎の1死亡例. 澁谷樹子, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11/29), 東京. Prog Dig Endosc., 64 (1): 87, 2003.

733031. [学会 (地方)] (一般講演) 発育進展が緩徐であった大腸癌の1例. 安藤 豪1, 小林清典1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 中沢貴秀1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2, 岡安 勲3 (1内. 2外, 3病理): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11/29), 東京. Prog Dig Endos., 64 (1): 90, 2003.

733032. [学会 (地方)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に合併したcolitic cancerの1手術例. 小川大志1, 小林清典1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2, 岡安 勲3 (1内. 2外. 3病理): 第76回日本消化器内視鏡学会関東地方 (2003/6/6), 東京. Prog Dig Endosc., 63 (1): 88, 2003.

733033. [学会 (地方)] (一般講演) 当院のMCT (mucinous cystic tumor) の臨床病理学的検討. 前澤 寧, 木田光広, 安藤 豪, 森木弘子, 竹澤三代子, 荒木正雄, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11), 東京.

733034. [学会 (地方)] (一般講演) 超音波内視鏡下ドレナージが著効した膵膿瘍と考えられる症例. 中谷研斗, 木田光広, 金塚陽一, 森木弘子, 安藤 豪, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 今泉 弘, 木田芳樹, 西元寺克禮 (内): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11), 東京.

733035. [学会 (地方)] (一般講演) 内因性プロスタグランジンI2による胃粘膜ニュウラルエマージェンシーシステムの増強. 新井勝春1, 大野 隆1, 佐伯威男1, 水口澄人2, 林 泉3, 成宮 周4, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆3 (1内. 2医療系大学院. 3薬理. 4京都大): 第108回日本薬理学会関東部会 (2003/6/14), 千葉. 日本薬理学雑誌 122 (4): 27, 2003.

733036. [学会 (地方)] (一般講演) 著明な粘液分泌により閉塞性黄疸を呈した膵管内乳頭腫瘍の1例. 氏家幸子1, 中野史郎1, 奥脇裕介1, 穴澤康志1, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 大野 隆1, 中安邦夫2, 篠田政幸2, 熊木伸枝2 (1内. 2伊勢原協同病院): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11/28-29), 東京. Prog Dig Endosc., 64 (1):101, 2003.

733037. [学会 (地方)] (一般演題) 好酸球性胆管炎の1例. 奥脇裕介1, 大野 隆1, 穴澤康志1, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 中野史郎1, 熊木伸枝2 (1内. 2伊勢原協同病院): 第36回神奈川県消化器病医学会総会 (2003/11/29), 横浜.

733038. [学会 (地方)] (一般講演) 悪性膵島細胞腫瘍の1剖検例. 里道哲彦1, 外山久太郎, 神山太郎1, 鎌田一寿1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 玉真桂子1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第508回日本内科学会関東地方会 (2003/5/10), 東京.

733039. [学会 (地方)] (一般講演) 広範な胃腺腫の経過中に合併した隆起型胃癌の一治験例. 里道哲彦1, (外山久太郎), 鎌田一寿1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 三輪 亘, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明 (1内): 第76回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/6/7), 東京.

733040. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡で粘膜切除し得た十二指腸 (第2部) 腺腫の1例. 櫻井紀子1, 外山久太郎, 三輪 亘, 宮澤志朗1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明, 長嶋洋治1 (1内): 第275回日本消化器病学会関東支部例会 (2003/7/12), 筑波.

733041. [学会 (地方)] (一般講演) 19歳女性に発症した進行胃癌の1例. 櫻井紀子1, 外山久太郎, 三輪 亘, 関川三四郎, 宮澤志朗1. 鎌田一寿1, 酒井太郎, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明1, 北村陽子1, 田辺 聡1, 西元寺克禮1, 佐野仁勇 (1内): 第35回神奈川県消化器病医学会総会 (2003/7/19), 川崎.

733042. [学会 (地方)] (一般講演) 化学療法 (5FU・MMC・CDDP) のみで短期間に消失した進行胃癌の一例. 宮澤志朗1, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1 (1内): 第510回日本内科学会関東地方会 (2003/7/19), 東京.

733043. [学会 (地方)] (一般講演) 切除可能であった巨大非機能性膵内分泌悪性腫瘍の一例. 村上 秩1, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 鎌田一寿1, 酒井太郎, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1 (1内):第511回日本内科学会関東地方会 (2003/9/12), 東京.

733044. [学会 (地方)] (一般講演) 十二指腸悪性狭窄に対し食道用metallic stent挿入がQOL改善に有用であった膵・胆道系悪性腫瘍の一例. 鎌田一寿1, 外山久太郎, 建持敦子, 櫻井紀子1, 宮澤志朗1, 酒井太郎, 萬屋 基1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第276回日本消化器病学会関東支部例会 (2003/9/13), 横浜.

733045. [学会 (地方)] (一般講演) 胃・十二指腸に多発潰瘍の形態で浸潤し, 大量の粘液産生を認めた膵臓癌の一例. 建持敦子, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 鎌田一寿1, 酒井太郎, 萬屋 基1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1 (1内): 第512回日本内科学会関東地方会 (2003/10/11), 東京.

733046. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性関節リウマチの経過中に腎不全, 腸閉塞, 下血をきたした全身性アミロイドーシスの1剖検例. 里道哲彦1, 外山久太郎, 鎌田一寿1, 酒井太郎, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1 (1内): 第513回日本内科学会関東地方会 (2003/11/8), 東京.

733047. [学会 (地方)] (一般講演) 十二指腸球部に陥頓し, 止血に留置スネアが有効であった胃穹窿部粘膜下腫瘍の一例. 関川三四郎, 外山久太郎, 建持敦子, 櫻井紀子1, 宮澤志朗1, 酒井太郎1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第77回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/11/28), 東京.

733048. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡的結紮術にて止血しえた急性出血性直腸潰瘍の2例. 宮澤志朗1, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 鎌田一寿1, 酒井太郎, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第36回神奈川県消化器病医学会総会 (2003/11/29), 横浜.

733049. [学会 (地方)] (一般講演) 日本住血吸虫卵が認められた直腸癌の一例. 村上 秩1, 外山久太郎, 宮澤志朗1, 櫻井紀子1, 鎌田一寿1, 酒井太郎, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第36回神奈川県消化器病医学会総会 (2003/11/29), 横浜.
   
733050. [学会 (地方)] (一般講演) 胃と小腸に同時性多発性病変を呈した非ホジキンリンパ腫の1例. 萬屋 基1, 外山久太郎, 宮澤志朗1, 酒井太郎, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第277回日本消化器病学会関東支部例会 (2003/12/6), 東京.

733051. [学会 (地方)] (一般講演) 初回内視鏡検査後に消失したA型胃炎に伴う胃カルチノイドの一例. 宮澤志朗1, 外山久太郎, 鎌田一寿1, 酒井太郎, 萬屋 基1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1 (1内): 第514回日本内科学会関東地方会 (2003/12/13), 東京.

733052. [学会 (地方)] (一般講演) H. pylori除菌治療後著明に縮小した胃腺種の1例. 宮澤志朗1, 外山久太郎, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明2, 川井保男2, 長嶋洋治3 (1内. 2川井内科医院. 3横浜市立大): 第278回日本消化器病学会関東支部例会 (2004/2/14), 東京.

733053. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡的ドレナージ術が有効であった傍乳頭憩室症候群 (Lemmmel症候群) の1例. 山崎好喜1, 外山久太郎, 宮澤志朗1, 櫻井紀子1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 野登 誠, 三橋利温1 (1内): 第515回日本内科学会関東地方会 (2004/2/14), 東京.

733054. [学会 (地方)] (一般講演) MD-CTにて診断しえた上腸管膜動脈性十二指腸閉塞の1例. 安達 滋, 今泉 弘, 和田達彦, 安藤 豪, 中山昇典, 吉澤 繁, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第277回日本消化器病学会関東支部例会 (2003/12/6), 東京. プログラム, p.77, 2003.

733055. [研究会] (一般講演) 下咽頭癌に合併して食道・胃・大腸に認められた同時性4重複癌の1例. 細谷聡子1,2, 鈴木秀明2, 新井勝春1,2, 林 弘美1,2, 高谷育男2, 松岡幹雄2 (1内. 2横須賀共済病院): 第48回神奈川消化器病研究会 (2003/7/5), 神奈川.

733056. [研究会] (一般講演) 2nd line Biweekly CPT-11+CDDPにて原発巣CR肝転移巣CRを達成した1例. 東 瑞智1, 小泉和三郎2, 田辺 聡2, 樋口勝彦2, 佐々木 徹2, 中山昇典2, 西村 賢2, 下田拓也2, 西元寺克禮2 (1医療系大学院. 2内): 第24回神奈川胃癌治療研究会 (2003/12/20), 横浜.

733057. [学会 (地方)] (一般講演) 特殊な形態を呈した巨大胃前庭部粘膜下腫瘍 (脂肪腫) の1例. 奥脇裕介1, 中野史郎1, 穴澤康志1, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 北村 匡1, 大野 隆1, 武田尚一郎2, 中安邦夫2, 篠田政幸2, 梶原 博2 (1内. 2伊勢原協同病院): 第76回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/6/6-7), 東京. Prog Dig Endosc., 63 (1): 72, 2003.

733058. [研究会] (一般講演) Groove Pancreatitisの2例. 穴澤康志1, 大野 隆1, 奥脇裕介1, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 中野史郎1, 鵜川邦夫3, 鵜川四郎3 (1内. 2伊勢原協同病院. 3鵜川医院): 第48回神奈川県消化器病研究会(2003/7/5), 川崎.

733059. [研究会] (一般講演) 肝嚢胞穿刺ドレナージチューブが肝内で裂断するも経皮的に回収し得た1例. 穴澤康志1, 大野 隆1, 奥脇裕介1, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 中野史郎1, 中井賢二3 (1内. 2伊勢原協同病院. 3伊勢原石田内科クリニック): 第3回湘南西部肝疾患勉強会 (2003/9/25), 厚木.

733060. [研究会] (一般講演) 好酸球性胆管炎と考えられる1例. 奥脇裕介1, 森野文敏2, 穴澤康志1, 蓮見桂三2, 中野史郎1, 大野 隆1 (1内. 2伊勢原協同病院): 第23回臨床医のための神奈川肝臓病理研究会 (2003/9/27), 横浜.

733061. [研究会] (一般講演) 粘液産生性胆管癌の一切除例. 安藤 豪, 木田光広, 中谷研斗, 森木弘子, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 山崎好喜, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第21回北里肝胆膵疾患検討会 (2004/1/14), 相模原.

733062. [研究会] (一般講演) 全鑑別を要した一切除例. 森木弘子, 木田光広, 安藤 豪, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 山崎好喜, 鹿間伸明, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第11回BPクラブ (2004/03/02), 横浜.

733063. [研究会] (一般講演) 膵癌と鑑別が困難であった腫瘤形成性慢性膵炎の1例. 竹澤三代子, 木田芳樹, 森木弘子, 安藤 豪, 前澤 寧, 菊地秀彦, 荒木正雄, 山崎好喜, 白須恭子, 鹿間伸明, 渡辺摩也, 今泉 弘, 木田光広, 西元寺克禮 (内): 神奈川膵疾患セミナー (2003/6/12), 横浜.

733064. [研究会] (一般講演) 胆管内進展を来した胆管癌の1手術例. 安藤 豪, 木田光広, 森木弘子, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 第20回北里肝胆膵疾患検討会 (2003/7/9), 相模原.

733065. [研究会] (一般講演) Generatorの違いによるRITA model 70の熱凝固壊死範囲. 渡辺真彰, 國分茂博, 小野弘二, 玉真俊平, 日高 央, 土橋 健, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内): 第11回東京肝癌局所治療研究会 (2003/3/1), 東京. 医学と薬学, 50: 283-285, 2003.

733066. [研究会] (一般講演演) 化学療法により腫瘍マーカーが著明に減少した膵癌の一例. 菊地秀彦, 木田光広, 森木弘子, 安藤 豪, 前澤 寧, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明 , 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内): 神奈川膵癌研究会 (2003/7/8), 横浜.

733067. [研究会] (一般講演演) 早期胃癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM). 樋口勝彦1, 田辺 聡1, 三富弘之2 (1内. 2国立相模原病院): 第2回内視鏡的粘膜切除術研究会 (2003/7/19), 東京. プログラム・予稿集, p.25, 2003.

733068. [研究会] (一般講演) 切除不能4型胃癌に対する化学療法. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 北村 匡, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内): 第24回神奈川胃癌研究会 (2003/7/12), 横浜. プログラム/抄録集, p.62, 2003.

733069. [研究会] (一般講演) イマチニブが奏効した胃GISTの1例. 田辺 聡 (内): 神奈川GIST学術講演会 (2003/11/8), 横浜.

733070. [研究会] (一般講演) 食道表在癌に対する斜形ムコゼクター (Eタイプ) を用いたEAMの有用性. 田辺 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 田原久美子1, 北村 匡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 三富弘之2 (1内. 2国立相模原病院): 第3回内視鏡的粘膜切除研究会) (2003/12/20), 東京.

733071. [研究会] (一般講演) 薬剤性腸炎 (抗生物質, NSAIDs). 小林清典 (内): 第4回臨床消化器病研究会 (2003/7/26), 東京.

733072. [研究会] (一般講演) 炎症性腸疾患における注腸X線検査の役割. 小林清典, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内): 第32回神奈川大腸疾患研究会 (2003/6/19), 横浜.

733073. [研究会] (一般講演) Crohn病長期経過例における栄養療法の治療効果. 小林清典, 吉澤繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内): 第10回神奈川IBD研究会 (2003/11/27), 横浜.

733074. [研究会] (一般講演) 拡大内視鏡で経過観察したdysplasia合併潰瘍性大腸炎の1例. 小林清典1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 吉澤 繁1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2, 岡安 勲3 (1内. 2外. 3病理): 第3回大腸画像アカデミー (2004/1/31), 東京.

733075. [研究会] (一般講演) LCAP療法による潰瘍性大腸炎の治療戦略−自験例の解析から−. 小林清典, 春木聡美, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): LCAPセミナー (2003/11/29), 東京.

733076. [研究会] (一般講演) クローン病の大腸潰瘍に対するインフリキシマブの治療効果. 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内): 第2回神奈川クローン病治療研究会 (2003/10/24), 横浜.

733077. [研究会] (一般講演) 潰瘍性大腸炎サーベイランスにおける拡大観察の問題点. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄 (内): 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究斑 平成15年度第1回総会 (2003/8/1), 東京.

733078. [研究会] (一般講演) クローン病の長期経過と在宅経腸栄養療法の役割. 勝又伴栄 (内): 第3回クローン病治療法検討懇話会 (2003/4/26), 大宮. 第3回クローン病治療法検討懇話会議事録.

733079. [研究会] (一般講演) 胃体分を中心とした静脈瘤に対して, 広範な部分的脾動脈閉塞術 (PSE) が有効であった一例. 日高 央1, 國分茂博1, 小野弘二1, 渡邊真彰1, 土橋 健1, 中沢貴秀1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1, 磯部義憲2 (1内. 2放): 第1回 静脈瘤血行動態研究会 (2003/5/31), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 45 (S.1): 776, 2003.

733080. [研究会] (一般講演) 経過中低蛋白血症とポリープの縮小, 消失を見たメネトリエ病の一例. 里道哲彦1, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 関川三四郎, 酒井太郎, 鎌田一寿1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第36回平塚市消化器研究会 (2003/6/25), 平塚.

733081. [研究会] (一般講演) Ball valve syndromeを呈し, 出血を来たした胃穹窿部の巨大粘膜下腫瘍の止血例. 関川三四郎, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 宮澤志朗1, 鎌田一寿1, 酒井太郎, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第36回平塚市消化器研究会 (2003/6/25), 平塚.

733082. [研究会] (一般講演) 診断に苦慮した膵腫瘍の一例. 村上 秩1, 外山久太郎, 関川三四郎, 宮澤志朗1, 櫻井紀子1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 酒井太郎, 萬屋 基1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第20回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2003/7/16), 相模原.

733083. [研究会] (一般講演) C型慢性肝炎に対するインターフェロン+リバビリン併用療法による抗ウィルス効果の検討. 里道哲彦1, 外山久太郎, 櫻井紀子1, 萬屋 基1, 酒井太郎, 鎌田一寿1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 玉真桂子1, 野登 誠, 三橋利温1, 金山正明 (1内): 第2回湘南西部肝疾患勉強会 (2003/9/25), 厚木.

733084. [研究会] (一般講演) 全身性アミロイドーシスの1剖検例. 里道哲彦1, 外山久太郎, 鎌田一寿1, 酒井太郎1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山崎好喜1, 野登 誠, 三橋利温1 (1内): 第23回平塚共済病院・平塚市医師会合同臨床懇話会 (2003/11/10), 平塚.

733085. [研究会] (一般講演) 2型糖尿病における腎組織障害パターンと臨床的特徴および予後との関連. 青柳祥夫, 守屋達美, 田中啓司 (内), 鎌田裕二, 藤田芳邦 (内): 第15回日本糖尿病性腎症研究会 (2003/12/6), 東京.

733086. [学会 (地方)] (一般講演) 敗血症性肺塞栓症を合併した2型糖尿病の2例. 黒川智彦, 青柳祥夫, 守屋達美, 伊田春菜, 神山太郎, 平澤陽子, 鎌田裕二, 田中啓司, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第41回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2004/1/31), 東京. プログラム・抄録集, p.24, 2004.

733087. [研究会] (一般講演) 1卵性双生児1型糖尿病例における腎組織学的計測およびその他の慢性合併症の比較的検討. 平澤陽子, 田中啓司, 守屋達美, 黒川智彦, 神山太郎, 鎌田裕二, 青柳祥夫, 金森 晃, 藤田芳邦 (内): 第20回神奈川糖尿病研究会 (2003/7/12), 横浜.


<<内科学U>>

[学術論文]

110072. [原著] Bepridil Prevents Paroxysmal Atrial Fibrillation by a Class III Antiarrhythmic Drug Effect. 吉田 徹, 庭野慎一, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 小島時昭, 池田和子, 原 英幸, 和泉 徹 (内): PACE 2003, 26 (Pt. II): 314-317, 2003.

110073. [原著] The importance of the monitoring of the f-f interval with surface ECG in patients with paroxysmal atrial fibrillation. 湯本佳宏, 庭野慎一, 小島時昭, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 吉田 徹, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): Kitasato Med., 32: 329-335, 2003.

110074. [原著] Verapamil suppresses the inhomogeneity of electrical remodeling in a canine chronic rapid atrial stimulation model. 森口昌彦, 庭野慎一, 吉澤直人, 小島時昭, 犬尾公厚, T. Sasaoka, 和泉 徹 (内): PACE, 26: 2072-82, 2003.

110075. [原著] Bepridil block of recombinant human cardiac IKs currentshows a time-dependent unblock. 湯本佳宏, M. Horie, T. Kubota, T. Ninomiya, A. Kobori, K. Takenaka, M. Takano, 庭野慎一, 和泉 徹 (内): J Cardiovascular Pharmacology, 43: 178-182, 2004.

110076. [原著] Cost-Effectiveness Analysis of Carvedilol for the Treatment of Chronic Heart Failure in Japan. 猪又孝元 (内): Circulation Journal, 68 (1): 35-40, 2004.

110077. [原著] Inhibition of mTOR Signaling With Rapamycin regresses established cardiac hypertrophy induced by pressure overload. MuMullen JR, Sherwood MC, Tarnavski O, Zhang L, Dorfman AL, 塩井哲雄, 和泉 徹 (内): Circulation in press, 2003.

110078. [原著] The insulin-like growth factor 1 receptor induces physiological heart growth via the phosphoinositide 3-kinase (p110alpha) pathway. McMullen JR, 塩井哲雄1, Huang WY, Zhang L, Tarnavski O, Bisping E, Schinke M, Kong S, Sherwood MC, Brown J, Riggi L, Kang PM, 和泉 徹1 (1内): J Biol Chem., 279: 4782-4793, 2004.

110079. [原著] Reduced virus induced myocardial injury in AT1R knockout mice. K. Yamamoto, 塩井哲雄1, T. Miyamoto, A. Matsumori (1内): J Am Coll Cardiol., 42: 2000-2006, 2003.

110080. [原著] Phosphoinositide 3-kinase (p110alpha) plays a critical role for the induction of physiological, but not pathological, cardiac hypertrophy. McMullen JR, 塩井哲雄1, Zhang L, Tarnavski O, Sherwood MC, Kang PM, S. Izumo (1内): Proc Natl Acad Sci., 100: 12355-12360, 2003.

110081. [原著] Rapamycin attenuates load induced cardiac hypertrophy in mice. 塩井哲雄1, McMullen JR, Tarnavski O, Converso K, Sherwood MC, Manning WJ, S. Izumo (1内): Circulation, 107: 1664-1670, 2003.

110082. [原著] Carvedilol increases the production of interleukin-12 and interferon-gamma and improves the survival of mice infected with the encephalomyocarditis virus. R. Nishio, 塩井哲雄1, S. Sasayama, A. Matsumori (11内): J Am Coll Cardiol., 41: 340-345, 2003.

110083. [原著] E-Selection Polymorphism Associated With Myocardial Infarction Causes Enhanced Leukocyte-Endothelial Interactions Under Flow Conditions. Masayuki Yoshida, Yoshio Takano, Taishi Sasaoka, 和泉 徹1, Akinori Kimura (1内): Arterioscler Thromb Vasc Biol., 23: 783-788, 2003.

110084. [原著] Effect of Pilsicainide on Atrial Electrophysiologic Properties in the Canine Rapid Atrial Stimulation Model -A Possible Suppressive Effect on Atrial Electrical Remodeling-. 小島時昭, 庭野慎一, 森口昌彦, 池田和子, 犬尾公厚, 斉藤淳子, 和泉 徹 (内): Circulation Journal, 67 (4): 340-346, 2003.

110085. [原著] Vanadate Improves Cardiac Function and Myocardial Energy Metabolism in Diabetic Rat Hearts. Chiharu Noda, Takashi Masuda, Kiyotaka Sato, 池田和子1, Takao Shimohama, 松山斉久1, 和泉 徹1 (1内): Japanese Heart Journal, 44 (5): 745-0757, 2003.

120014. [原著] 心房細動を合併するT型通常型心房粗動症例に対する解剖学的狭路焼灼の有効性の検討. 犬尾公厚, 庭野慎一, 池田和子, 小島時昭, 江口麻里子, 吉澤直人, 斉藤淳子, 原 英幸, 吉田 徹, 北野義和, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): 臨床電気生理, 26: 181-188, 2003.

120015. [原著] 心房性ナトリウム利尿ペプチド (ANP) の心房電気的リモデリング抑制効果. 吉田 徹1, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, 小島時昭1, 原 英幸1, 池田和子1, 真崎義雄2, 和泉 徹1 (1内. 2実動センター): Therapeutic Research., 24: 754-758, 2003.

120016. [原著] 虚血再灌流心に対するメキシレチンの心筋保護作用と抗不整脈作用−非開胸ウサギ虚血再灌流モデルを用いて−. 庭野慎一 (内): J Electrocargiology, 23: S3-33-39, 2003.

120017. [原著] 心房細動のhybrid治療におけるT群抗不整脈薬とベプリジルの有用性の比較検討. 吉田 徹, 庭野慎一, 弓削 大, 平澤正次, 今木隆太, 佐藤大輔, 佐々木 毅, 脇坂裕子, 湯本佳宏, 原 英幸, 森口昌彦, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): 心臓, 36: 235-238, 2004.

310002. [症例報告] A Young Girl with Vasospastic Angina Asociated with Mutation in Endothelial Nitric Oxide Synthase Gene A Case Report. Naoto Fukuda, 黒川信悟1, 前田佳代1, Sae Iseki, Motoi Takahasi, 庭野裕恵1, Kazumi Nakazato, 庭野慎一1, 黒澤利郎1, 和泉 徹1 (1内): Angiologyn, 54 (2): 233-237, 2003.

310003. [症例報告] Recurrent Fulminant Viral Myocarditis With a Short Clinical Course. Hitoshi Takehana, 猪又孝元1, Sadahito Kuwano, 中畑潤一1, 佐々木 毅1, 西井基継1, 黒川信悟1, 和泉 徹1 (1内): Circulation Journal, 67: 646-648, 2003.

310004. [症例報告] Protective effect of urinary typsin inhibitor on myocardial mitochondria during hemorrhagic shock and reperfusion. Takashi Masuda, Kiyotaka Sato, Chiharu Noda, 池田和子1, Atsuhiko Matsunaga, Misao Ogura, Kazuhiko Shimizu, Hiroshi Nagasawa, 松山斉久1, 和泉 徹1 (1内): Crit Care Med, 31 (7): 1987-1992, 2003.

320009. [症例報告] 心サルコイドーシスのステロイド治療後, 房室結節伝導改善に伴って通常型房室結節性回帰性頻拍を呈した1症例. 松山斉久, 庭野慎一, 猪又孝元, 脇坂裕子, 斉藤淳子, 江口麻里子, 小島時昭, 湯本佳宏, 吉田 徹, 原 英幸, 和泉 徹 (内): 心臓, 35 (Suppl.) 4: 97-103, 2003.

320010. [症例報告] 原発性肺高血圧と生前診断され急性左心不全にて死亡した1例. 小板橋俊美, 猪又孝元, 成毛 哲, 北野義和, 江口麻里子, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): TherapeuticResearch, 24 (9): 1804-1806, 2003.

320011. [症例報告] 興味深いDIHSの症例 c. 臓器障害を伴ったDIHSの症例 B心筋炎を併発したDIHS. 猪又孝元 (内): アレルギー・免疫, 10 (7): 68-72, 2003.

510008. [総説] Role of phosphoinositide 3-kinase pathway in cardiac hypertrophy. 塩井哲雄1, McMullen JM, S. Izumo1 (1内): Pathophysiology of cardiovascular disease (Dhalla NS, Rupp H, Angel A, Pierce GN ed). Kluwer Academic Publishers, 2004.

520063. [総説] こんな症例, こんな画像. 吉田 徹1, 相馬一亥2 (1内. 2救命): 救急・集中治療, 12: 1250, 2003.

520064. [総説] 非持続性心室頻拍・心室性期外収縮の治療. 庭野慎一, 佐藤大輔 (内): 日獨医報, 48: 20-30, 2003.

520065. [総説] ペーシングモードの表記法とその意味. 庭野慎一, 弓削 大 (内): 治療学, 37: 691-694, 2003.

520066. [総説] 不整脈治療における植込型除細動器治療の位置づけ. 青沼和隆, 中沢 潔, 西崎光弘, 庭野慎一, 石川俊之 (内): 神奈川不整脈研究会誌, 1-18, 2003.

520067. [総説] 突然死高危険群の抽出法. 庭野慎一, 佐々木 毅 (内): Heart View, 7: 912-917, 2003.

520068. [総説] 心電図の基礎. 庭野慎一 (内): ハートナーシング, 24: 16-24, 2004.

520069. [総説] モニタ心電図で読む異常波形. 庭野慎一 (内): ハートナーシング, 24: 25-30, 2004.

520070. [総説] モニタ心電図で読む不整脈. 庭野慎一 (内): ハートナーシング, 24: 32-39, 2004.

520071. [総説] 慢性心不全と医療コスト「慢性心不全におけるカルベジロールの費用対効果分析にみる経済効果」. 猪又孝元 (内): 呼吸と循環, 51: 341-345, 2003.

520072. [総説] 心筋症患者数の変還. 猪又孝元 (内): 日本薬事新報, 130: 91-92, 2003.

520073. [総説] 劇症型心筋炎. 小板橋俊美, 和泉 徹 (内): 内科, 91 (6): 1192-1193, 2003.

520074. [総説] 心筋炎. 小板橋俊美, 和泉 徹 (内): クリニカ, 30 (3): 186-194, 2003.

520075. [総説] 慢性心不全治療におけるβ遮断薬carvedilolの費用対効果. 猪又孝元 (内): 循環器専門医, 12: 69-73, 2004.

520076. [総説] 心不全治療におけるBNP-guided therapyは有用か? 猪又孝元 (内): Cardiac practice, 15 (2): 33-36, 2004.

520077. [総説] ラパマイシンと循環器疾患. 塩井哲雄, 前田佳代 (内): 呼吸と循環, 52: 393-400, 2003.

520078. [総説] PI3K-Akt-GSK3bと心肥大・心不全. 塩井哲雄, 小杉理恵 (内): Heart View, 7 (12) (増): 144-149, 2003.

520079. [総説] PI3キナーゼ経路による心臓の大きさと機能の制御. 塩井哲雄 (内): 循環器専門医, 11: 69-74, 2003.

520080. [総説] 劇症型心筋炎. 中野浩成, 和泉 徹 (内): エレクトロニクスの臨床, 74: 1-7, 2003.

520081. [総説] 日本循環器学会における心臓移植適応評価. 和泉 徹 (内): 移植, 38 (4): 235-239, 2003.

520082. [総説] 急性心不全. 前田佳代, 和泉 徹 (内): medicina, 40 (8): 1294-1297, 2003.

520083. [総説] 心不全. 青山直善, 和泉 徹 (内): 内科, 92 (6): 1017-1025, 2003.

520084. [総説] 慢性心不全患者における不整脈の特徴と治療. 脇坂裕子, 和泉 徹 (内): 臨床医, 30 (1): 47-50, 2004.

520085. [総説] アンジオテンシンU受容体拮抗薬の心不全治療における意義. 西井基継, 和泉 徹 (内): Current Therapy, 22 (2): 39-43, 2004.

[著 書]

610004. [学術書] (分担執筆) Cardiomyopathies and Heart Failure; Myosin Autoreactive T cells and Autoimmune Myocarditis.Lessons from the Disease Caused by Cardiac Myosin Peptid CM2, p.59-66. 和泉 徹, 竹端 均, 河野 健, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 猪又孝元 (内), 編集 Akira Matsumori, Kluwer Academic Pablisher, Boston, 2003発行.

610005. [学術書] (分担執筆) Frontiers in cardiovascular health; Fluminant Myocarditis-From Lenthal Disease to Survival. 和泉 徹, 青山直善, 西井基継, 竹端 均, 松田千絵子, 河野 健, 中畑潤一, 猪又孝元 (内), 編集 N. Dhalla, PhD, MD (Univ. of Manitoba), Kluwer Academic Pablisher, Boston, 2003発行.

620056. [学術書] (分担執筆) ダイナミックメチシン1; 心カテーテル, 4-194-4-209. 庭野慎一 (内), 編集 下条文武, 斉藤 康, 西村書店, 新潟, 2003発行.

620057. [学術書] (分担執筆) 新不整脈学; 電気的リモデリングと心房細動−臨床−, p.295-297. 庭野慎一 (内), 編集 井上 博, 南江堂, 東京, 2003発行.

620058. [学術書] (分担執筆) 新不整脈学; 薬剤治療の評価−ホルター心電図と電気生理検査−, p.358-361. 庭野慎一 (内), 編集 井上 博, 南江堂, 東京, 2003発行.

620059. [学術書] (分担執筆) 心電図を読む; 心房粗動, p.50-51. 庭野慎一, 小島時昭 (内), 編集 相澤義房, メジカルビュー社, 東京, 2004発行.

620060. [学術書] (分担執筆) 心房細動; 心房細動の治療 リズムコントロール, p.154-171. 庭野慎一 (内), 編集 山下武志, メジカルビュー社, 東京, 2004発行.

620061. [学術書] (分担執筆) ダイナミック メディシン 2; 心エコー図法, p.150-151. 猪又孝元 (内), 西村書店, 新潟, 2003/6/18発行.

620062. [学術書] (分担執筆) 循環器疾患最新の治療; 心臓移植, p.270-283. 竹内一郎, 和泉 徹 (内), 東京, 2004発行.

620063. [学術書] (分担執筆) EBM循環器疾患最新の治療 2004-2005; ジキタリス急速飽和療法, p.412-417. 竹内一郎, 和泉 徹(内), 中外医薬社, 東京, 2003発行.

620064. [その他の著書] (分担執筆) Heart Failure Today No.47; 心不全におけるACE阻害剤長期療法の有用性. 小板橋俊美, 和泉 徹 (内), 2003発行.

620065. [その他の著書] (分担執筆) 医学のあゆみ; BNPガイドの治療戦略, p.767-770. 猪又孝元 (内), 2003/9/6発行.

620066. [その他の著著] (分担執筆) エクセルナース; 心筋症. 竹内一郎, 和泉 徹 (内), メジカルビュー社, 東京, 2003発行.

620067. [その他の著書] (分担執筆) 内科学キーワード2003; 心不全の在宅ケア, p.1197. 竹内一郎, 和泉 徹 (内), 南江堂, 東京, 2003/6/1発行.

620068. [その他の著書] (分担執筆) 心不全治療への挑戦; W−急性心不全の治療戦略 心筋炎の治療方針, p.108-115. 竹内一郎, 和泉 徹 (内), 編集 堀 正二 (大阪大), メディカルレビュー社, 東京, 2003/5/1発行.

620069. [その他の著書] (分担執筆) 循環器疾患最新の治療; 心臓移植, p.270-283. 竹内一郎, 和泉 徹 (内), 編集 山口 徹 (虎の門病院), 堀 正二 (大阪大), 南江堂, 東京, 2004/3/10発行.

620070. [その他の著書] (分担執筆) 内科キーワード2003; 循環器 機械的心臓補助, p.1194. 中野浩成, 和泉 徹 (内): 南江堂, 東京, 2003/6/1発行.

620071. [その他の著書] (分担執筆) 内科キーワード2003; 劇症型心筋炎, p.1192-1193. 小板橋俊美, 和泉 徹 (内), 南江堂, 東京, 2003/6/1発行.

620072. [その他の著書] (分担執筆) 新不整脈学; 心筋症・心筋炎と不正脈, p.461-464. 河野 健, 和泉 徹 (内), 編集 井上 博 (富山医薬大), 監修 杉本恒明 (関東中央病院), 南江堂, 東京, 2003/8/25発行.

620073. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療方針2004年版; うっ血性心不全, p.267-270. 和泉 徹 (内), 編集 山口 徹 (虎の門病院), 北原光夫 (済生会向島病院), 医学書院, 東京, 2004/1/1発行.

[学会・研究会等]

712008. [学会 (国際)] (Featured Poster Session and Reception) Atrial Natriuretic Peptide (ANP) Suppresses Atrial Electrical Remodeling in Canine Rapid Atrial Stimulation Model without the Change of mRNA Coding Ion Channels and Transporters. 吉田 徹, 庭野慎一, 庭野裕恵, 小島時昭, 和泉 徹 (内): NASPE (North American Society of Pacing and Electrophysiology) 2003, The 24th Annual Scientific Sessions (2003/5/14), Washington DC, USA. PACE 2003, 26 (Part II): 996, 2003.

713050. [学会 (国際)] (一般講演) The ventricular electrical remodeling in rat experimental autoimmune myocarditis (EAM). The difference between acute inflammatory phase and DCM like phase. 脇坂裕子, 庭野慎一, 斉藤淳子, 庭野裕恵, 吉田 徹, 和泉 徹 (内): ESC (European Society of Cardiology) (2003/8/29), Ween, Austria.

713051. [学会 (国際)] (ポスター) Brain Natriuretic Peptide-Guided Treatment Reduces Cardiovascular Events of Heart Failure in Outpatient Management. 猪又孝元, 西井基継, 竹端 均, 竹内一郎, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): American Heart Association (2003/10/28), アメリカ. Circulation, vol.108, No.17 W-446, 2003.

713052. [学会 (国際)] (一般講演) Rapamycin attenuates ventricular remodeling in a rat model of autoimmune myocarditis. 前田佳代, 塩井哲雄, 和泉 徹 (内): 20th Annual Meeting, Japanese Section of the International Society for Heart Research (2003/11/22-24), 東京. J Mol Cell Cardiol., 35: A25, 2003.

713053. [学会 (国際)] (一般講演) Rapamycin attenuates ventricular remodeling in a rat model of autoimmune myocarditis. 前田佳代, 塩井哲雄 (内): The 75th Scientific Sessions of American Heart Association (2003/11/9-12), Orland, USA. Circulation, 108: IV-59, 2003.

713054. [学会 (国際)] (一般講演) Central neurotrans-peptide, alpha-melanocyte-stimulating hormone (?-MSH) is upregulated in congestive heart failure. 山岡-東條美奈子1, 塩井哲雄1, T, Masuda, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1内): The 75th Scientific Sessions of American Heart Association (2003/11/9-12), Orland, USA. Circulation, 108: IV-412, 2003.

713055. [学会 (国際)] (一般講演) The mammalian Target of Rapamycin (mTOR): a new molecular target for heart failure. 塩井哲雄, 和泉 徹 (内): The International Symposium of Cardiology Frontiers: Cardiomyopathy and Heart Failure (2003/10/17-18), 札幌.

713056. [学会 (国際)] (一般講演) The role of phosphoinositide 3-kinase pathway in cardiac hypertrophy and failure. 塩井哲雄 (内): 12th International Symposium on Atherosclerosis (2003/9/28-10/2), 京都. Atherosclerosis, 4: 63, 2003.

722033. [学会 (全国)] (シンポジウム) 心房細動における電気的リモデリングとその治療. 庭野慎一 (内): 第68回日本循環器学会学術集会ランチョンセミナー (2004/3/28), 東京.

722034. [学会 (全国)] (シンポジウム) Chronic myocarditis induced by CM2 autoreactive T cells. 竹内一郎, 竹端 均, 猪又孝元, 西井基継, 中野浩成, 小板橋俊美, 和泉 徹 (内): 国際心不全心筋症シンポジウム (2003/10/18), 札幌.

722035. [学会 (全国)] (パネルディスカッション/再灌流障害) Swan-Ganzカテーテル一回心拍出量測定による急性心筋梗塞再灌流直後での気絶心筋の評価. 吉田 徹1, 今井 寛2, 町井正人3, 井上文子2, 小林 勲2, 浅利 靖2, 相馬一亥2, 和泉 徹1 (1内. 2救命. 3胸外): 日本集中治療医学会学術集会 (2004/3/5), 福岡. 日本集中治療医学会雑誌, 11 (S): 142, 2004.

723163. [学会 (全国)] (一般講演) 高血圧症における左質肥大と12誘導心電図QTパラメータの相関性の検討. 原 英幸, 庭野慎一, 松山斉久, 脇坂裕子, 湯本佳宏, 森口昌彦, 吉田 徹, 平澤正次, 江口麻里子, 佐藤大輔, 弓削 大, 佐々木 毅, 今木隆太, 池田憲昭, 和泉 徹 (内): 第20回日本心電学会学術集会 (2003/9/8), 東京. 心電図, 23 (5): 494, 2003.

723164. [学会 (全国)] (一般講演) 心房細動のhybrid治療におけるT群薬とbepridilの有用性の比較検討. 吉田 徹, 庭野慎一, 弓削 大, 平澤正次, 今木隆太, 佐藤大輔, 佐々木 毅, 脇坂裕子, 湯本佳宏, 原 英幸, 森口昌彦, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): 第1回不整脈薬物療法フォーラム (2003/10/18), 東京.

723165. [学会 (全国)] (一般講演) Swan-Ganzカテ連続心拍出量測定による急性冠症候群再灌流直後での心筋サルベージ効果予測−気絶心筋との関連−. 吉田 徹1, 今井 寛2, 町井正人3, 井上文子2, 浅利 靖2, 松山斉久1, 北野義和2, 相馬一亥2, 和泉 徹1 (1内. 2救命. 3胸外): 第31回日本救急医学会総会・学術集会 (2003/11/20), 東京. 日本救急医学会雑誌, 14 (10): 607, 2003.

723166. [学会 (全国)] (一般講演) 肺高血圧及び左室機能低下による心不全にて発症したCastleman病の一例. 宝田 茂, 猪又孝元, 松山斉久, 森口晶彦, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 心臓病学会 (2003/9/10), 東京. J Cardiology, p.369, 2003.

723167. [学会 (全国)] (一般講演) BNPを用いた心不全患者の管理. 猪又孝元 (内): 心臓病学会 (2003/9/10), 東京. J Cardiology, p.167, 2003.

723168. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性持続炎症を呈する自己免疫性心筋炎モデルの確立と病態解明の試み. 猪又孝元, 竹内一郎, 竹端 均, 西井基継, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 心臓病学会 (2003/9/10), 東京. J Cardiology, p.134, 2003.

723169. [学会 (全国)] (一般講演) Combination therapy of angiotensin-converting snzyme inhibitor and angiotensin-2 receptor blocker in patients with severe heart failure. 猪又孝元, 中野浩成, 竹内一郎, 小板橋俊美, 西井基継, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第7回日本心不全学会 (2003/10/24), 大阪. Journal of Cardiac Failure, s.155, 2003.

723170. [学会 (全国)] (一般講演) A comparison of rhythm control vs. rate control for the management of atrial fibrillation complicated with heart failure. 猪又孝元, 中野浩成, 竹内一郎, 西井基継, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第68回日本循環器学会総会・学術集会 (2004/3/28), 東京.

723171. [学会 (全国)] (一般講演) Experimental model of chronic autoimmune myocarditis induced by autoreactive myocarditogenic T cells. 竹内一郎, 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第68回日本循環器病学会総会 (2004/3/27), 東京. Circulation J, 68 (Suppl.1): 244, 2004.

723172. [学会 (全国)] (一般講演) The role of phosphoinositide 3-kinase pathway in cardiac hypertrophy and failure. 塩井哲雄 (内): 第7回日本心不全学会学術集会 (2003/10/23-25), 大阪.

723173. [学会 (全国)] (一般講演) Reduced virus-induced myocardial injury in AT1R knockout mice. K. Yamamoto, 塩井哲雄1, T. Miyamoto, A. Matsumori (1内): 第7回日本心不全学会学術集会 (2003/10/23-25), 大阪. J Cardi Fail, 9 (suppl.): S181, 2003.

723174. [学会 (全国)] (一般講演) 生理的な成長過程にみられる心肥大におけるPhosphoinositide 3-kinaseの役割. 塩井哲雄 (内): 第39回日本小児循環器学会学術集会(2003/7/16-7/18), 神戸.

723175. [学会 (全国)] (ポスター) Comparison of rhythm control vs rate control for the management of atrial frbrillation complicated with heart failure. 小板橋俊美, 猪又孝元, 中野浩成, 竹内一郎, 西井基継, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第68回日本循環器学会 (2004/3/28), 東京. Sirculation Juunal.

723176. [学会 (全国)] (ポスター) スピロノラクトンが右心不全に著効した肺性心の一例. 小板橋俊美, 猪又孝元, 井上信幸, 勝沼英太, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第7回日本心不全学会 (2003/10/24), 大阪.

723177. [学会 (全国)] (ポスター) Effect of Statins for Long-term Prognosis of Heart Failure: Stratified by C-Reactive Protein. 中野浩成, 猪又孝元, 西井基継, 竹内一郎, 小板橋俊美, 中畑潤一, 竹端 均, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第68回日本循環器学会総会・学術集会 (2004/3/28), 東京. Circulation J, 168.

723178. [学会 (全国)] (ポスター) Clinical significance of BNP-guided management in senile patients with chronic heart failure. Takayuki Inomata, Toshimi Koitabashi, Hironari Nakano, Ichirou Takeuchi, Mototugu Nishii, Hitoshi Takehana, Jun-ichi Nakahata, Shinngo Kurokawa, Tohru Izumi (内): 第68回日本循環器学会 (2004/3/28), 東京, Circulation Journal, vol.68 Supplement I, p.557.

732013. [研究会] (シンポジウム) 抗不整脈薬と副作用. 庭野慎一 (内): 神奈川臨床麻酔セミナー2003 (2003/6/21), 横浜.

732014. [研究会] (シンポジウム) 心房電気的リモデリングに対する心房性ナトリウム利尿ペプチドの効果. 庭野慎一 (内): HANPフォーラム2003 (2003/8/2), 東京.

733088. [学会 (地方)] (一般講演演) 特異な末梢神経障害を有し急性進行性の心機能障害により死亡した若年例. 今木隆太, 松山斉久, 猪又孝元, 渡辺昌文, 吉田 徹, 北野義和, 黒川信吾, 和泉 徹 (内): 第190回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2003/12/6), 東京.

733089. [学会 (地方)] (一般講演) 遠隔期にリウマチ熱様病態へと移行した感染性心内膜炎の一例. 和田達彦, 勝沼英太, 猪又孝元, 下浜孝郎, 野田千春, 北野義和, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 日本循環器学会関東甲信越地方会 (2003/9/20), 東京.

733090. [学術集会] (口述) 慢性心不全における心房細動合併の長期予後への影響と修飾要因. 小板橋俊美, 猪又孝元, 長田和之, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第51回日本心臓病学会学術集会 (2003/9/9), 東京. J Cardiology.

733091. [学術集会] (一般講演) アンジオテンシン受容体拮抗薬追加投与により心不全の著明改善を認めた難治性拡張型心筋症の一例. 中野浩成, 和泉 徹 (内): 第186回日本循環器学会・関東甲信越地方会・学術集会 (2002/12/7), 東京.

733092. [研究会] (一般講演) 心室頻拍の二次予防におけるEPSガイド治療の意義の検討. 森口昌彦, 庭野慎一, 弓削 大, 平澤正次, 今木隆太, 佐藤大輔, 佐々木 毅, 脇坂裕子, 湯本佳宏, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内): 第16回臨床不整脈研究会発 (2004/1/17), 東京. プログラム集.

733093. [研究会] (一般講演) β遮断薬導入の症例報告. 猪又孝元 (内): Cardiology Frontier (2003/5/12), 東京. Heart Failure.

733094. [研究会] (一般講演) 慢性心不全の治療と血漿BNP濃度. 猪又孝元 (内): Cardiology Frontier (2003/5/12), 東京. Heart Failure.

733095. [研究会] (一般講演) 心不全治療における血中BNP濃度. 猪又孝元 (内): 心不全の治療戦略 (2003/6/3), 心不全の治療戦略1 (1).

733096. [研究会] (一般講演) 神経液性因子とβ遮断薬 「BNP」. 猪又孝元 (内): 心不全診療の進歩 (2003/7/5), 横浜.

733097. [研究会] (一般講演) 慢性心不全疾患管理: BNPガイド下診療による心房細動と長期予後. 小板橋俊美, 猪又孝元, 竹内一郎, 中野浩成, 西井基継, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第10回心不全と不整脈フォーラム (2003/12/6), 東京.

733098. [研究会] (一般講演) 致死的不整脈を合併し著明な右室拡大に伴う心不全を繰り返した心Fabry病の1剖検例. 竹内一郎, 猪又孝元, 蒋 世旭, 中野浩成, 河野真紀子, 勝沼英太, 西井基継, 小板橋俊美, 黒川信吾, 和泉 徹 (内): 第25回心筋生検研究会 (2003/11/28), 久留米.

733099. [研究会] (口述) 急性左心不全にて死亡した原発性肺高血圧症の一例. 小板橋俊美, 猪又孝元, 成毛 哲, 北野義和, 江口麻里子, 西井基継, 竹内一郎, 中野浩成, 黒川信悟, 和泉 徹 (内): 第4回肺高血圧治療研究会 (2003/5/31), 東京. Therapeutic Research.

733100. [研究会] (一般講演) 遷延持続する自己免疫性心筋炎モデルを用いた拡張型心筋症の病態形成の検討. 竹内一郎, 猪又孝元, 竹端 均, 西井基継, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 和泉 徹 (内): 第25回心筋生検研究会 (2003/11/29), 久留米.

733101. [研究会] (一般講演) 致死的不整脈を合併し著明な右室拡大に伴う心不全を繰り返した心Fabry病の1剖検例. 竹内一郎, 猪又孝元, 蒋 世旭, 中野浩成, 河野真紀子, 勝沼英太, 西井基継, 小橋橋俊美, 黒川信吾, 和泉 徹 (内): 第25回心筋生検研究会 (2003/11/29), 久留米.

733102. [研究会] (一般講演) トランスジェニックマウスを用いた糖尿病性心筋障害の発症機序の解析. 塩井哲雄 (内): 第31回代謝異常治療研究基金研究成果報告会(2003/11/28), 大阪.

733103. [研究会] (一般講演) PI3キナーゼ経路による心臓の大きさと機能の制御. 塩井哲雄 (内): 第9回キロロMolecular Cardiovascular Conference (2003/9/5-7), 小樽.

733104. [研究会] (一般講演) 心肥大と心不全におけるPhosphoinositide 3-kinaseの役割. 塩井哲雄 (内): 第11回分子循環器研究会講演会 (2003/7/26) 東京.

733105. [研究会] (一般講演) PI3キナーゼ経路による心臓の大きさと機能の制御. 塩井哲雄 (内): 第26回心筋代謝研究会「私の研究」 (2003/7/19-20), 東京.

733106. [研究会] (一般講演) PI3キナーゼ経路による心臓の大きさと機能の調節. 塩井哲雄 (内): 横浜市立大学第一生理サイエンティクフロンティアセミナー (2003/5/16), 横浜.


<<内科学V>>

[学術論文]

110086. [原著] Detection of Serum Anti-ganglioside Antibodies by Latex Agglutination Assay in Guillain-Barre Syndrome: Comparison with ELISA. 入江幸子, 齋藤豊和, Naomi Kanazawa, 荻野美恵子, 荻野 裕, 坂井文彦 (内): Internal Medicine, 42 (6): 490-495, 2003.

110087. [原著] Response to sumatriptan in headache of MELAS syndrome. 飯塚高浩, 坂井文彦, 遠藤 基, 鈴木則宏 (内): Neurology, 61: 577-578, 2003.

110088. [原著] Reliability and Validity of the Japanese Migraine Disability Assessment (MIDAS) Questionnaire. 飯ヶ谷美峰1, 坂井文彦1, Kenneth B. Kolodner2, Richard B. Lipton3, Walter F. Stewart4 (1内. 2IMR-anadvance PCS Company. 3Albert Einstein College of Medicine. 4Johns Hopkins School of Public Health): Headache, 43: 343-352, 2003.

110089. [原著] Assessment of the effects of triptans on migraine in Japan using the MIDAS Questionnaire. 大塚紀子1, 坂井文彦1, 飯ヶ谷美峰1, 五十嵐久佳1, 白鷹増男2 (1内. 2一般教育): 2003.

110090. [原著] Eletriptan for the acute treatment of migraine: results of bridging a Japanese study to Western clinical trials. 坂井文彦1, Diener HC, Ryan R, Poole P (1内): Curr Med Res Opin., 20 (3): 269-277, 2004.

110091. [原著] Glutathione S-Transferase Polymorphisms: Susceptibility to Migraine without Aura. M. Kusumi, K. Ishizaki, 古和久幸1, Y. Adachi, T. Takeshima, 坂井文彦1, K. Nakashima (1内): Eur Neurol., 49: 218-222, 2003.

110092. [原著] Distinctive distribution of 5-HT1B receptor in trigeminovascular system in the rat - another implication for pharmacological action of triptans. 冨田愛美, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): Cephalalgia, 23: 648, 2003.

110093. [原著] Leukotriene increases upon trigeminovascular activation in the rat. 鈴木則宏1, 福田倫也1, 塚原信也1, 坂井文彦1, M. Fujita, Y. Yonemori (1内): Cephalalgia, 23: 651, 2003.

110094. [原著] Role of CGRP receptors in cerebral blood flow increase upon trigeminovascular activation in rats. 塚原信也1, 福田倫也1, 鈴木則宏1, 丸山茂善2, 坂井文彦 (1内. 2実動センター): Cephalalgia, 23: 651, 2003.

110095. [原著] Vasogenic leakage on the mechanism of migraine with prolonged aura in Sturge-Weber syndrome. 飯塚高浩, 坂井文彦, 山川貴久子, 鈴木康輔, 鈴木則宏 (内): Cephalalgia (in press), 2004.

110096. [原著] MIDAS-assessment of migraine management including the use of triptan in Japan. 大塚紀子1, 坂井文彦1, 飯ヶ谷美峰1, 五十嵐久佳1, 白鷹増男2 (1内. 2一般教育): Headache Care, 1 (2):1-7, 2004.

110097. [原著] Slowly progressive spread of the stroke-like lesions in MELAS. 飯塚高浩1, 坂井文彦1, 菅 信一2, 鈴木則宏1 (1内. 2放): Neurology, 61: 1238-1244, 2003.

120018. [原著] 自己免疫疾患を背景にもつ辺縁系脳炎. 井出俊光, 飯塚高浩, 鈴木則宏 (内): 神経内科, 59 (1): 31-37, 2003.

120019. [原著] 再発性ギランバレー症候群の免疫学的検討. 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和 (内): Neuro-immunology, 11 (1): 135, 2003.

120020. [原著] トリプタンによる片頭痛支障度・QOL改善評価−MIDAS・HIT-6スコアを用いて−. 大塚紀子1, 坂井文彦1, 飯ヶ谷美峰1, 五十嵐久佳1, 白鷹増男2 (1内. 2一般教育): 北里医学, 33 (2): 149-157, 2003.

120021. [原著] 三叉神経電気刺激によるラット脳血流増加現象におけるCGRP受容体の役割について. 塚原信也, 鈴木則宏, 福田倫也, 坂井文彦 (内): 脳循環代謝, 15: 81-82, 2003.

120022. [原著] 急性期脳血管障害における胆嚢炎の合併についての検討. 小泉健三, 阿久津二夫, 久保田 毅, 笹野まり, 中島 麓, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 脳卒中, 25: 101, 2003.

120023. [原著] MELASの脳卒中様発作間欠期の脳血流量とacetazolamide反応性. 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 脳卒中, 25: 107, 2003.

120024. [原著] ラット三叉神経血管系における5-HT1B受容体の分布および急性期片頭痛治療薬トリプタンの影響について. 冨田愛美, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 北里医学, 32: 173-178, 2003.

210018. [準原著] New insight in the mechanism of headache in MELAS syndrome. A possible association with trigeminovascular activation. 飯塚高浩, 坂井文彦, 遠藤 基, 鈴木則宏 (内): Neurology, 60 (S.1):A497-498, 2003.

210019. [準原著] Role of CGRP receptor in trigeminal cerebrovascular neurogenic vasodilatation. 福田倫也1, 鈴木則宏1, 塚原信也1, 丸山茂善2, 坂井文彦1 (1内. 2実動センター): J Cereb Blood Flow Metab., 23(S.1): 18, 2003.

320012. [症例報告] 一側性の急性眼球運動障害を呈し, 抗GQ1b抗体が陽性であった女性例. 岡宮 聡1, 荻野美恵子1, 入江幸子1, 石川 均2, 坂井文彦1 (1内. 2国際医療福祉大付属熱海病院): 神経眼科, 20 (2): 214-219, 2003.

320013. [症例報告] Sjogren症候群を合併した急性辺縁系脳炎の2例. 井出俊光, 飯塚高浩, 塚原信也, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 神経内科, 59 (2): 121-127, 2003.

320014. [症例報告] 更年期に頭痛が悪化し, ホルモン補充療法が有効であった片頭痛の1例. 五十嵐 (淺倉) 久佳 (内): こころの臨床, 22 (増): 157-159, 2003.

320015. [症例報告] ステロイド治療が著効したAcute HAMの男性例. 門前達哉, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): Neuroinfection, 8 (1): 2003.

320016. [症例報告] 悪性腫瘍を合併し, 重度の神経症状を残した神経Sweet病の一例. 滝山容子, 荻野美恵子, 荻野 裕, 大木由美子, 坂井文彦 (内): Neuroimmunology, 12 (1): 82, 2004.

320017. [症例報告] ステロイド治療が著効したacute HTLV-1-associated myelopathyの男性例. 門前達哉, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): Neuro Infection, 8: 105, 2003.

320018. [症例報告] ATLに合併したPMLの男性例. 門前達哉, 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): Neuro Infection, 7: 105-106, 2003.

320019. [症例報告] こんな症例, こんな画像“メタンフェタミン中毒による小脳出血“. 秋山久尚 (内): 救急・集中治療, 16 (1): 1, 2004.

320020. [症例報告] 誌上討論“咽喉頭痛, 微熱, 頭痛, 胸苦感, 左背部痛を訴えた若年女性の1例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (1): 96-112, 2003.

320021. [症例報告] 臨床クイズ“座位, 立位で誘発される頭痛の中年女性例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (1): 115-131, 2003.

320022. [症例報告] 求む!お助けマンコーナー“ステロイド治療中, 急な呼吸困難を生じたMCTDの一症例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (1): 134-148, 2003.

320023. [症例報告] 誌上討論“好酸球増加症例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (2): 280-296, 2003.

320024. [症例報告] 臨床クイズ“激しい咳嗽, 喀痰, 咽頭痛を主訴に受診した初老女性”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (2): 300-312, 2003.

320025. [症例報告] 求む!お助けマンコーナー“遷延する無菌性髄膜炎の1症例. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (2): 315-326, 2003.

320026. [症例報告] 誌上討論“脾腫を伴う不明熱精査中に痙攣を生じステロイド大量投与も奏効せず低酸素血症を来した56歳女性”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15(3): 466-479, 2003.

320027. [症例報告] 臨床クイズ“低カルシウム血症をきたしたサルコイドーシスの症例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (3): 482-492, 2003.

320028. [症例報告] 誌上討論“発熱, 悪寒戦慄を呈し, レプトスピラ症を疑われた1例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (4): 622-629, 2003.

320029. [症例報告] 臨床クイズ“眼球運動障害とパーキンソニズムを呈した1例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 15 (4): 633-645, 2003.

320030. [症例報告] 誌上討論“関節リウマチ治療経過中に胸部X線写真上, 抗生剤抵抗性の浸潤影を認めた77歳男性”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 16 (1): 81-95, 2004.

320031. [症例報告] 臨床クイズ“激しい胸痛発作を呈した冠危険因子が重積する66歳女性”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 16 (1): 99-109, 2004.

320032. [症例報告] 求む!お助けマンコーナー“低蛋白血症にて全身性浮腫, 胸腹水をきたした1例”. 秋山久尚 (内): 内科専門医会誌, 16 (1): 112-120, 2004.

320033. [症例報告] プロフォール持続投与による著明な横紋筋触解症が疑われた1成人例. 品川弥人1, 秋山久尚1, 相馬一亥2, 大和田 隆2 (1内. 2救命): 日本臨床救急医学会雑誌, 6 (4): 402-407, 2003.

320034. [症例報告] 重度の嚥下障害で発症し対照的な経過を辿った延髄外側症候群の2例. 笹原 隆, 小山祐司, 出江紳一, 秋山久尚1, 古川俊明, 栗原由佳, 角谷直彦 (1内): 日本リハビリテーション医学, 41 (8): 555-560, 2003.

520086. [解説] 労働者の体の症状の訴えへの対応「頭痛」. 五十嵐久佳 (内): 治療 特集「産業医業務のコツ」, 86(3): 107-109, 2004.

520087. [解説] 片頭痛の予防戦略. 五十嵐 (淺倉) 久佳 (内): 脳21, 6: 74-78, 2003.

520088. [解説] 慢性頭痛治療ガイドライン. 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内): からだの科学増刊「EBM診療ガイドライン解説集」(増): 70-78, 2003.

520089. [総説] 特集 神経疾患治療の進歩 (2002年) 機能性疾患の治療の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 神経治療学, 20: 435-445, 2003.

520090. [総説] 医療と医療の最前線 片頭痛の治療: 最近の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 日本内科学会雑誌, 93 (2): 198-205, 2004.

520091. [総説] 脳血管障害の最近の進歩−脳血管疾患の発症予防に関する高血圧治療のEBM−. 福田倫也, 鈴木則宏 (内): 北里医学, 33: 1-6, 2003.

[著 書]

620074. [その他の著書] (分担執筆) ベッドサイドの神経の診かた 改訂16版; 筋萎縮の診かた, p.431-443. 荻野美恵子 (内), 南山堂, 東京, 2004/2/05発行.

620075. [その他の著書] (分担執筆) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 神経疾患 第3版; CASE 21. 荻野美恵子 (内), 日本医事新報社, 東京, 2003/10/5発行.

620076. [その他の著書] (分担執筆) からだの科学; 神経難病の在宅ケア. 荻野美恵子 (内), 編集 黒川 清, 谷亀光則, 日本評論社, 東京, 2003/9/1発行.

620077. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針2004; 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー. 荻野美恵子 (内), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2004/1発行.

620078. [その他の著書] (分担執筆) 保健医療ソーシャルワーク実践; 慢性疾患とソーシャルワーク 慢性疾患とは. 荻野美恵子 (内), 中央法規, 東京, 2003/4/20発行.

620079. [その他の著書] (分担執筆) 頭痛診療のコツと落とし穴; 片頭痛発作頓挫薬の種類と重症度別, ステージ別の使用法, p.136-137. 五十嵐久佳 (内), 編集 坂井文彦, 中山書店, 東京, 2003発行.

620080. [その他の著書] (分担執筆) 頭痛診療のコツと落とし穴; 群発頭痛の急性期治療と予防療法, p.152-153. 五十嵐久佳 (内), 編集 坂井文彦, 中山書店, 東京, 2003発行.

620081. [その他の著書] (分担執筆) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 神経疾患第3版; 右眼奥の激しい痛みをきたした53歳女性, p.102-114. 五十嵐久佳 (内), 編集 鈴木則宏, 日本医事新報社, 東京, 2003発行.

620082. [その他の著書] (分担執筆) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 神経疾患第3版; 右視野のきらきらと失語, 頭痛を呈した28歳女性, p.256-266. 五十嵐久佳 (内), 編集 鈴木則宏, 日本医事新報社, 東京, 2003発行.

620083. [その他の著書] (分担執筆) 日経DIクイズ 服薬指導・実践篇5; 頭痛, p.256-266. 五十嵐久佳 (内). 日経BP社, 東京, 2003発行.

620084. [その他の著書] (分担執筆) 新しい診断・治療のABCシリーズ21「頭痛」; 職場, 学校での頭痛対策, p.51-54. 五十嵐久佳 (内), 編集 坂井文彦, 最新医学社, 東京, 2004発行.

620085. [その他の著書] (分担執筆) 片頭痛へのアプローチ; 頭痛日記のつけ方の指導と服薬指導への応用, p.320-329. 五十嵐久佳 (内), 編集 坂井文彦, 先端医学社, 東京, 2003発行.

620086. [その他の著書] (分担執筆) 痛みのレディスクリニック分; 頭痛のクリニック, p.135-243. 五十嵐久佳 (内), 編集 上坊敏子 (産婦), 五十嵐久佳, 講談社, 東京, 2003発行.

620087. [学術書] (分担執筆) 片頭痛の疫学; 片頭痛へのアプローチ, p.22-30. 坂井文彦 (内), 編集 坂井文彦, 先端医学社, 東京, 2003発行.

620088. [学術書] (共著) ベットサイドの神経の診かた分, 坂井文彦 (内), 田崎義昭, 斎藤佳雄, 南山堂, 東京, 2003発行.

620089. [学術書] (単著) 頭痛診療のコツと落とし穴. 坂井文彦 (内), 中山書店, 東京, 2003発行.

620090. [学術書] (単者) 新しい診断・治療のABCシリーズ21「頭痛」. 坂井文彦 (内), 最新医学社, 東京, 2004発行.

620091. [学術書] (分担執筆) 神経疾患治療の進歩 (2002年); 機能性疾患の治療の進歩 神経治療学, 20 (4): 435-445. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内). 日本神経治療学会, 東京, 2003発行.

620092. [学術書] (分担執筆) 役に立つ頭痛の鑑別と治療; 新しい国際頭痛分類 (ICHD-II) クリニシアン, 50: 9-10, 849-855, 坂井文彦 (内), エーザイ (株), 東京, 2003発行.

620093. [その他の著書] (分担執筆) EBM診療ガイドライン解説集; 脳神経系疾患 慢性頭痛治療ガイドライン からだの科学EBM診療ガイドライン解説集, 増刊 p.70-78. 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内). 日本評論社, 東京, 2003発行.

620094. [学術書] (分担執筆) 神経疾患の治療とquality of life (QOL); QOL向上を目指した慢性頭痛患者の治療 神経治療学, 20 (2): 23-130. 坂井文彦 (内), 日本神経治療学会, 東京, 2003発行.

620095. [学術書] (分担執筆) 頭痛の臨床; 頭痛の臨床へのアプローチ 頭痛の分類と頻度 Medical Practice, 20 (6): 914-919. 冨田愛美, 坂井文彦 (内), 文光堂, 東京, 2003発行.

620096. [その他の著書] (分担執筆) 慢性頭痛の治療 ガイドラインを中心に; 治療レビュー 慢性頭痛治療ガイドライン 成立の経緯 今月の治療, 11 (6): 645-648, 坂井文彦 (内), 総合医学社, 東京, 2003発行.

620097. [その他の著書] (分担執筆) 内科医のための神経内科 Minimum Essential; 新しい片頭痛薬とその使い方 内科, 91 (4): 703-707, 坂井文彦 (内), 南江堂, 東京, 2003発行.

620098. [その他の著書] (分担執筆) 脳卒中診療のコツと落とし穴; 特殊な臨床徴候を示す脳卒中の責任病巣, p.52-53. 秋山久尚 (内), 中山書店, 東京, 2003発行.

620099. [その他の著書] (分担執筆) 脳卒中のコツと落とし穴; 脳卒中に類似する疾患の鑑別, p.99-101, 秋山久尚 (内), 中山書店, 東京, 2003発行.

620100. [その他の著書] (分担執筆) 治療増刊号; 速やかな判断と対応が必要なもの D)-3 痙攣, 86: 965-969. 秋山久尚 (内), 南山堂, 2004発行.

620101. [その他の著書] (分担執筆) 今月の治療 特集: 慢性頭痛の治療−ガイドラインを中心に−; 経口トリプタンが著効した片頭痛症例, 11 (6): 683-689. 飯ヶ谷美峰, 鈴木則宏 (内), 編集 平田幸一 (獨協医大), 総合医学社, 東京, 2003/5/20発行.

620102. [学術書] (分担執筆) 神経疾患Neurological diseases, 第3版; 慢性硬膜下血腫術後, 血小板減少症を伴い急速に神経症状が出現した82歳女性, p.13-24, 頭蓋内占拠性病変, 多発性脳神経麻痺で発症した50歳男性, p.244-255, 飯塚高浩 (内), 編集 鈴木則宏 (内), 日本医事新報社, 東京, 2003/10/5発行.

620103. [学術書] (分担執筆) トリプタンの使い方−新しい片頭痛治療薬のさじ加減−; 片頭痛の前兆, 片頭痛の病態, 片頭痛の治療戦略, 片頭痛の急性期治療, 片頭痛の予防療法, p.52-61. 飯塚高浩 (内), 編集 間中信也 (温知会間中病院), 喜多村孝幸 (日本医大), フジメヂイカル出版, 大阪, 2004/1/10発行.

620104. [その他の著書] (分担執筆) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ; 頭痛・意識障害にて救急搬送された62歳女性. 福田倫也 (内), 編集 鈴木則宏 (内), 日本医事新報社, 東京, 2003/10/5発行.

620105. [その他の著書] (分担執筆) 内科学レビュー2004−最新主要文献と解説−; 機能性疾患. 福田倫也, 鈴木則宏 (内), 監修 酒井 紀 (慈恵医大), 早川弘一 (日本医大), 西崎 統 (聖路加国際病院), 小林祥泰 (島根大), 福井次矢 (京都大), 総合医学社, 東京, 2004/3/30発行.

[学会・研究会等]

713057. [学会 (国際)] (一般講演) Introduction of the scheduled periodical respite admission program in patients with ALS on home mechanical ventilation(ALS-HMV). 荻野 裕, 荻野美恵子, 遠藤 基, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 14th international symposium on ALS/MND (2003/11/18), Milan, Italy. Amyotrophic Lateral Sclerosis and other Motor Neuron disorders, 4 (Supl.1): 197, 2003.

713058. [学会 (国際)] (一般講演) Home Mechanical ventilation of patients with ALS (ALS-HMV) in Japan-Summary of 16 years practice in our hospital. 荻野美恵子, 荻野 裕, Reiko Otani, Mako Kamijo, 坂井文彦 (内): 14th international symposium on ALS/MND (2003/11/18), Milan, Italy. Amyotrophic Lateral Sclerosis and other Motor Neuron disorders, 4 (Supl.1): 197, 2003.

713059. [学会 (国際)] (一般講演) New insight in the mechanism of headache in MELAS syndrome - A possible association with trigeminovascular activation -. 飯塚高浩, 坂井文彦, 遠藤 基, 鈴木則宏 (内): The 55th Annual Meeting of the American Academy of Neurology (2003/4/3), Honolulu, USA. Neurology, Suppl.1, 60 (5): A497, 2003.

713060. [学会 (国際)] (一般講演) Molecular analysis of Japanese familial migraine with aura. 飯ヶ谷美峰, N. Kanazawa, 坂井文彦, 五十嵐久佳 (内): XI Congress of the International Headache Society (2003/9/14), Rome, Italy. Cephalalgia, 23 (7): 664, 2003.

713061. [学会 (国際)] (一般講演) A comparative study of sumatriptan 50 mg, zolmitriptan 2.5 mg and eletriptan 20 mg in Japanese patients with migraine. 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内): 11th International Headache Congress (2003/9), Roma, Italy.

713062. [学会 (国際)] (一般講演) Role of CGRP receptor in trigeminal cerebrovascular neurogenic vasodilatation. 福田倫也1, 鈴木則宏1, 塚原信也1, 丸山茂善2, 坂井文彦1 (1内. 2実動センター): Canada XXIInd International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function (2003/6), Calgary. J Cereb Blood Flow Metab., 23 (S.1): 18, 2003.

713063. [学会 (国際)] (一般講演) Role of CGRP receptors in cerebral blood flow increase upon trigemino-vascular activation in rats. 塚原信也1, 福田倫也1, 鈴木則宏1, 丸山茂善2, 坂井文彦1 (1内. 2実動センター): 11th Congress of the International Headache Society(2003/9), Rome. Cephalalgia, 23: 651, 2003.

713064. [学会 (国際)] (一般講演) Leukortiene increases upon trigeminovascular activation in the rat. 鈴木則宏1, 福田倫也1, 塚原信也1, 坂井文彦1, M. Fujita, Y Yonemori (1内): 11th Congress of the International Headache Society (2003/9), Rome. Cephalalgia, 23: 651, 2003.

722036. [学会 (全国)] (招待された講演) 急性期診療・DPCにおける神経難病QOL小委員会 神経学会より各論ほか. 荻野美恵子 (内): 特定疾患の生活の質 (Quality of Life, QOL) の向上に資するケアの在り方に関する研究班構成員会議 (2003年度) (2003/9/20), 東京. 追加報告書.

722037. [学会 (全国)] (招待された講演) 免疫性神経疾患治療の最前線におけるアフェレシスの役割. 荻野美恵子 (内): 第23回日本アフェレシス学会学術大会 (2003/10/3), 東京.

723179. [学会 (全国)] (一般講演) 本邦におけるノカルジア脳膿瘍症例の変遷. 阿久津二夫1, 小泉健三2, 飯塚高浩2, 坂井文彦2 (1小田原市立病院. 2内): 第44回日本神経学会総会 (2003/5/17), 横浜.

723180. [学会 (全国)] (一般講演) 疼痛を伴うGuillain-Barre症候群におけるステロイドパルス療法の有用性について. 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第21回日本神経治療学会総会 (2003/6/13), 東京. 神経治療, 20 (3): 318, 2003.

723181. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性腫瘍を合併し, 重度の神経症状を残した神経Sweet病の一例. 滝山容子, 荻野美恵子, 荻野 裕, 大木由美子, 坂井文彦 (内): 第16回日本神経免疫学会学術集会 (2004/1/30), 東京. Neuroimmunology, 12 (1): 82, 2004.

723182. [学会 (全国)] (一般講演) 5-HT受容体刺激のラットcortical spreading depressionおよび随伴する脳血流増加反応に与える影響. 福田倫也1, 鈴木則宏1, 小泉健三1, 塚原信也1, 坂井文彦1, 太田晃一2 (1内. 2水戸赤十字病院): 第15回日本脳循環代謝学会総会 (2003/10/24), 千里. 脳循環代謝, 16: 64-65, 2004.

723183. [学会 (全国)] (一般講演) sumatriptanのラットcortical spreading depressionに及ぼす影響について. 福田倫也1, 鈴木則宏1, 小泉健三1, 塚原信也1, 坂井文彦1, 太田晃一2 (1内. 2水戸赤十字病院): 第31回日本頭痛学会総会 (2003/11/14), 宇部. 日本頭痛学会誌, 31 (2): 105-107, 2004.

723184. [学会 (全国)] (一般講演) ラット三叉神経脳血管枝電気刺激における血中LeukotrieneD4の変動. 塚原信也, 鈴木則宏, 福田倫也, 坂井文彦 (内): 第31回日本頭痛学会総会 (2003/11/14), 宇部. 日本頭痛学会誌, 31 (2): 44-46, 2004.

723185. [学会 (全国)] (一般講演) 本邦における片頭痛患者のCACNA1Aの遺伝子解析. 飯ヶ谷美峰1, 金澤直美2, 坂井文彦1, 五十嵐久佳1 (1内. 2生物化学系): 第44回日本神経学会総会 (2003/5/15) 横浜.

723186. [学会 (全国) (一般講演) 統合失調症様症状で発症した亜急性脳炎の3症例. 井出俊光, 飯塚高浩, 飯ヶ谷美峰, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第44回日本神経学会総会 (2003/5/15) 横浜.

723187. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で作成した正常データベースを用いた3D-SSP法の臨床応用. 井出俊光, 飯塚高浩, 小泉健三, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第15回日本脳循環代謝学会総会 (2003/10/23), 大阪.

723188. [学会 (全国)] (一般講演) 視床ラクナ梗塞における3D-SSP法を用いた脳表血流分布の検討. 井出俊光, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第29回日本脳卒中学会総会 (2004/3/18), 名古屋.

723189. [学会 (全国)] (一般講演) ラット三叉神経脳血管枝電気刺激における血中Cysteinyl Leukotvieuesの変動. 塚原信也, 鈴木則宏, 福田倫也, 坂井文彦 (内): 日本頭痛学会 (2003/11/14), 宇部.

723190. [学会 (全国)] (一般講演) MIDAS質問票によるトリプタン系薬剤の客観的評価. 大塚紀子, 飯ヶ谷美峰, 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内): 日本頭痛学会 (2003/11/14), 宇部.

723191. [学会 (全国)] (一般講演) トリプタン経口薬服用のタイミングと臨床効果. 五十嵐久佳, 坂井文彦, 鈴木則宏 (内): 第21回日本神経治療学会総会 (2003/6/11), 福島.

723192. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛に対するsumatriptan, zolmitriptan, eletriptanの効果と副作用. 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内): 第44回日本神経学会総会 (2003/5/15), 横浜.

723193. [学会 (全国)] (一般講演) 看護士・薬剤師における慢性頭痛実態調査. 五十嵐久佳 (内): 第31回日本頭痛学会総会 (2003/11/14), 山口.

723194. [学会 (全国)] (一般講演) 「トリプタン系薬物の比較とその分析」−副作用からの比較−. 五十嵐久佳 (内): 第31回日本頭痛学会総会 (2003/11/14), 山口.

723195. [学会 (全国)] (一般講演) 診断の契機となった無菌性髄膜炎の1症例. 長田高志, 秋山久尚1, 早川 功, 竜崎宗和, 関田恒二郎 (1内): 第17回日本神経救急学会学術集会 (2003/6/14), 東京.

723196. [学会 (全国)] (一般講演) Zolmitriptan (Zomig) 内服にて誘発された冠攣縮性狭心症の1例. 神山美香, 秋山久尚1, 有馬 博, 麻薙美香 (1内): 第31回日本頭痛学会総会 (2003/11/14), 山口.

723197. [学会 (全国)] (一般講演) 当職員における頭痛の実態調査について. 秋山久尚 (内): 第31回日本頭痛学会総会 (2003/11/15), 山口.

723198. [学会 (全国)] (一般講演) 遷延性前兆を伴った片頭痛におけるvasogenic leakageの関与について. 飯塚高浩, 山川貴久子, 鈴木康輔, 五十嵐久佳, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第31回日本頭痛学会総会 (2003/11/15), 山口.

723199. [学会 (全国)] (ポスター) 多系統萎縮症における橋クロスサインと被殻外側T2高信号の出現時期の検討. 荻野 裕, 荻野美恵子, 小川果林, 坂井文彦 (内): 第44回日本神経学会総会 (2003/5/16), 横浜.

723200. [学会 (全国)] (ポスター) ALSの告知のありかたについて−患者アンケート調査より−. 荻野美恵子, 荻野 裕, 川波 文, 坂井文彦 (内): 第44回日本神経学会総会 (2003/5/16), 東京.

723201. [学会 (全国)] (ポスター) ALS在宅人工呼吸療法15年間12例のまとめ. 遠藤 基, 荻野美恵子, 梁 正淵, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第44回日本神経学会総会 (2003/5/16), 東京.

723202. [学会 (全国)] (一般講演) 神経難病の事前指示書−当院のとりくみ−. 大谷玲子, 上条眞子, 荻野美恵子1, 高橋葉子, 野沢かほる, 吉原千恵 (1内): 特定疾患の生活の質 (Quality of Life, QOL) の向上に資するケアの在り方に関する研究班 平成15年度研究報告会 (2003/12/14), 東京. 研究班報告書.

723203. [学会 (全国)] (一般講演) 神経疾患における包括医療. 荻野美恵子 (内): 特定疾患の生活の質 (Quality of Life, QOL) の向上に資するケアの在り方に関する研究班 平成15年度研究報告会 (2003/12/14), 東京. 研究班報告書.

723204. [学会 (全国)] (一般講演) Lewis rat EANに対するFK506の投与効果. 齋藤豊和, 荻野 裕, 荻野美恵子 (内): 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成15年度班会議 (2004/2/28), 東京. 班会議報告書.

733107. [学会 (地方)] (一般講演) 長期に再発性髄膜炎の病像を呈した後, 皮疹の出現により診断したNeuroSweet病の一例. 大木由美子, 荻野美恵子, 荻野 裕, 滝山容子, 坂井文彦 (内): 第165回日本神経学会関東地方会 (2003/6/7), 東京.

733108. [学会 (地方)] (一般講演) 原発性進行性失語症の2症例. 荻野 裕, 山川貴久子, 滝山容子, 荻野美恵子, 坂井文彦 (内): 第168回日本神経学会関東地方会 (2003/9/13), 東京.

733109. [学会 (地方)] (一般講演) 球麻痺と錘体路徴候のみを呈した斜台部髄膜腫の一例. 滝山容子1, 荻野美恵子1, 荻野 裕1, 岡 秀宏2, 坂井文彦1 (1内. 2脳外): 第167回日本神経学会関東地方会 (2003/11/29), 東京.

733110. [学会 (地方)] (一般講演) 一側下腿筋萎縮症を合併したハンチントン病の1例. 荻野 裕, 荻野美恵子, 坂井文彦 (内): 第168回日本神経学会関東地方会発 (2004/3/6), 東京.

733111. [学会 (地方)] (一般講演) Migraine with prolonged auraを反復したSturge-Weber症候群の一例. 飯塚高浩, 山川貴久子, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第165回日本神経学会関東地方会 (2003/6/7), 東京.

733112. [学会 (地方)] (一般講演) 前兆遷延期に局所脳血流増加を認めたhemiplegic migraineの一例. 飯塚高浩, 山川貴久子, 五十嵐久佳, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第166回日本神経学会関東地方会 (2003/9/13), 東京.

733113. [学会 (地方)] (一般講演) 肺炎球菌とアスペルギルスの混合感染による髄膜脳炎の一例. 門前達哉1, 飯塚美香1, 阪本奈美子1, 由井進太郎2, 鈴木康輔2, 飯塚高浩2, 坂井文彦2, 相馬一亥1 (1救命. 2内):第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3), 東京.

733114. [学会 (地方)] (一般報告) 皮膚掻痒感で発症した急速進行性HAMの一例. 門前達哉, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第167回神経学会関東地方会(2003/11/9), 東京.

733115. [学会 (地方)] (一般演題) 長期にわたり球麻痺と錐体路徴候のみを呈した斜台部髄膜腫の一例. 滝山容子1, 荻野美恵子1, 荻野 裕1, 坂井文彦1, 岡 秀宏2 (1内. 2脳外): 第167回日本神経学会関東地方会 (2003/11/29), 東京.

733116. [学会 (地方)] (一般講演) 一側の上下肢麻痺にて発症した脊髄血管奇形の一例. 米倉純子1, 阿久津二夫1, 山田 勝2 (1小田原市立病院. 2脳外): 第168回日本神経学会関東地方会 (2004/3/6), 東京.

733117. [学会 (地方)] (一般講演) 切迫早産治療後に発症したGuillain-Barre症候群の1例. 米倉純子, 阿久津二夫 (小田原市立病院): 第166回日本神経学会関東地方会 (2003/9/13): 東京. 臨床神経.

733118. [学会 (地方)] (一般講演) 急性肺血栓寒栓症を同時に発症した奇異性脳寒栓症の1例. 有馬 博, 秋山久尚1, 神山美香, 早川 功 (1内): 第166回日本神経学会関東地方会 (2003/9/13), 東京.

733119. [学会 (地方)] (一般講演) 片側舞踏様運動で発症したもやもや病の一例. 井出俊光, 鈴木康輔, 飯塚高浩, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 第168回日本神経学会関東地方会 (2004/3/6), 東京.

733120. [研究会] (一般講演) MELASの脳卒中様発作慢性期の局所脳血流と脳血管反応性−脳卒中様発作は虚血性発作か?−. 飯塚高浩, 坂井文彦, 井出俊光 (内): 第3回日本ミトコンドリア研究会 (2003/12/20), 福岡.

733121. [研究会] (一般講演) 一側下腿筋萎縮および感覚障害を呈し, 血管炎の関与を疑った男性例. 飯ヶ谷美峰, 荻野美恵子, 荻野 裕, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第50回Neuro Muscular Conference (2003/7/19), 東京.

733122. [研究会] (一般講演) 強い疼痛を伴う下肢の不随意運動を呈した1例. 荻野 裕, 荻野美恵子, 川浪 文, 楠 淳一, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内): 第27回運動障害研究会 (2003/1/24), 東京.

733123. [研究会] (一般講演) MELASの脳卒中様発作間欠期の局所脳血流とacetazolamide反応性. 飯塚高浩, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内):第12回神奈川SPECT研究会 (2003/6/28), 横浜.

733124. [研究会] (一般講演) Migraine with prolonged auraが反復したSturge-Weber症候群の一例. 飯塚高浩, 山川貴久子, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 北里ブレインアタック (2003/7/3), 東京.

733125. [研究会] (一般講演) 成人発症のMELASの脳卒中様発作の臨床症状とその病態について. 飯塚高浩, 坂井文彦, 鈴木則宏 (内): 第10回ストロークフォーラム (2003/9/26), 横浜.

733126. [研究会] (一般講演) 感冒様症状後に精神症状で発症し, 意識障害と不随意運動が遷延した脳炎の一例. 由井進太郎, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 井出俊光, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 神奈川Visual Neurology (2003/11/7), 横浜.

733127. [研究会] (一般講演) MELASにおける脳卒中様発作急性期の病態− neuronal hyperexcitabilityとcapillary angiopathyの関与について−. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内): 第11回県央ストロークカンファレンス (2004/2/20), 神奈川.

733128. [研究会] (一般講演) Hemi-ballism-choreoathetoid movementで急性発症した一例. 門前達哉, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内): 県央ストロークカンファレンス (2004/2/20), 神奈川.

733129. [研究会] (一般講演) 左視床後頭部出血 (右片麻痺) の神経心理学的検査の読み方. 石丸治男, 秋山久尚1 (1内): 第6回横浜心理リハビリテーション研究会 (2003/6/14), 横浜.

733130. [研究会] (一般講演) 胆嚢摘出術後, 呼吸困難と意識障害を同時に発症した奇異性脳寒栓症の一例. 有馬 博, 秋山久尚1 (1内): 第305回神奈川神経談話会 (2003/6/19), 横浜.

733131. [研究会] (一般講演) 高齢で発見された孔脳症の1例. 平岡裕子, 秋山久尚1 (1内): 第307回神奈川神経談話会 (2003/9/18), 横浜.

733132. [研究会] (一般講演) 高齢で発見された孔脳症の1例. 平岡裕子, 竜崎宗和, 関田恒二郎, 秋山久尚1, 森井誠二, 石丸治男 (1内): 平成15年度神奈川県内科集談会 (2003/11/15), 横浜.

733133. [研究会] (一般講演) 急性散在性脳脊髄炎の1例. 小川裕子, 秋山久尚1 (1内): 第309回 神奈川神経談話会(2003/12/18), 横浜.

733134. [研究会] (一般講演) エイズ脳症の1例. 秋山久尚1, 緒方謙太郎, 鈴木華樹 (1内): 職員合同症例検討会(2004/1/22), 川崎.

733135. [研究会] (一般講演) 質問に奇妙な応答をするパーキンソン症例. 石丸治男, 秋山久尚1 (1内): 第12回横浜心理リハビリテーション研究会 (2004/2/28), 横浜.

733136. [研究会] (一般講演) 痴呆. 秋山久尚1, 中村久美子 (1内): ケアハウスすえなが研修会 (2004/3/10), 川崎.

733137. [研究会] (一般講演) 片頭痛−最近のトピックスと治療−. 秋山久尚 (内): 頭頸部機能再建外科研究会 (2004/3/18), 東京.


<<内科学W>>

[学術論文]

110098. [原著] AP-1 mediated relief of repressive activity of the CD30 promoter microsatellite in Hodgkin and Reed-Sternberg cells. 渡辺真理子1, 小川裕司1, K. Ito2, 東原正明1, Kadin ME3, Abraham LJ4, T. Watanabe5, 堀江良一1,5 (1内. 2東邦大. 3Harvard Medical School and Beth Israel Deaconess Medical Center. 4School of Biomedical and Chemical Sciences, University of Western Australia. 5東京大): Am J Pathol, 163: 633-641, 2003.

110099. [原著] Rapid tumor death model for evaluation of new therapeutic agents for adult T-cell leukemia. T. Ohsugi1, K. Yamaguchi1, T. Kumasaka2, T. Ishida3, 堀江良一3,4, T. Watanabe3, N. Sakio1, T. Fujimoto1, N. Sakamoto1, T. Urano1 (1熊本大. 2順天堂大. 3東京大. 4内): Lab Invest, 84 (2): 263-266, 2004/2.

110100. [原著] Mixed hematopoietic chimerism allows cure of autoimmune diabetes through allogeneic tolerance and reversal of autoimmunity. Boris Nikolic, 竹内康雄1, Leykin I, Fudaba Y, Smith RN, Sykes M (1内): Diabetes., 53 (2): 376-383, 2004.

110101. [原著] Earlier low-dose TBI or DST overcomes CD8 T cell-mediated alloresistance to allogeneic marrow in recipients of anti-CD40L. 竹内康雄1, Hiroshi Ito, Joseph Kurtz, Sykes Megan (1内): Am J Transplant, 4 (1): 31-40, 2004.

110102. [原著] Local irradiation enhances congenic donor pluripotent hematopoietic stem cell engraftment similarily in irradiated and nonirradiated sites. Hiroshi Ito, 竹内康雄1, (Juanita Shaffer, Sykes Megan) (1内): Blood, 103 (5): 1949-1954, 2003.

110103. [原著] Japan. (The Adult Lymphoma Treatment Study Group: ALTSG). Expression of nm23-H1 is associated with poor prognosis in peripheral T-cell lymphoma. 新津 望1, H. Nakamine2, M. Okamoto3, H. Akamatsu2, Y. Honma4, 東原正明1, J. Okabe-Kado4, M. Hirano3 (1内. 2和歌山医大. 3藤田保健衛生大. 4埼玉がんセンター): Br J Haematol, 123 (4): 621-630, 2003.

110104. [原著] Juxtaglomerular Apparatus T cell infiltration affects glomerular structure in Type 1 diabetic patietnts. 守屋利佳1, Manivil C2, Mauer M2 (1内. 2ミネソタ大): Diabetologia, 2004 Jan; 47 (1): 82-88, Epub 2003.

210020. [準原著] Adult Lymphoma Treatment Study Group (ALTSG): Serum levels of the nm23-H1 protein and their clinical implication in extranodal NK/T-cell lymphoma. 新津 望1, M. Okamoto2, Y. Honma3, H. Nakamine4, Tamaru JI5, S. Nakamura6, T. Yoshino7, 東原正明1, M. Hirano2, J. Okabe-Kado3 (1内. 2藤田保健衛生大. 3埼玉がんセンター. 4和歌山医大, 5埼玉医大. 6愛知がんセンター. 7岡山医大): Leukemia, 17 (5): 987-990, 2003.

310005. [症例報告] Primary gastric T-cell lymphoma not associated with human T-lymphotropic virus type I: a case report and review of the literature. 新津 望1, H. Nakamine2, 郡 美佳1, 羽山弥亭1, J. Tamaru3, 岩淵啓一4, 田辺 聡1, 堀江良一1, 東原正明1 (1内. 2和歌山医大. 3埼玉医大. 4病理): Ann Hematol, 82(3): 197-202, 2003.

320035. [症例報告] 感染症治療により軽快したMRSA関連腎炎の1例. 長場 泰1, 青山東五2, 佐野 隆1, 松尾孝俊1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 小林 豊1 (1内. 2医療系大学院): 日腎会誌, 45 (1): 37-41, 2003.

320036. [症例報告] 11β水酸化酵素の新たなCYP11B1遺伝子変異を高齢になり診断し得た低K血症の1症例. 松尾孝俊, 坂本尚登, 岸 由美子, 牧野武志, 小林 豊, 東原正明 (内): 臨床体液, 30: 67-72, 2003.

320037. [症例報告] 経時的腎生検で高度の半月体と血管炎の改善が見られたANCA関連腎炎の1例. 岸 由美子1, 牧野武志1, 高谷 徹1, 藤田和己1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 小林 豊1, 重松秀一 (1内): 腎炎症例研究, 19: 29-40, 2003.

320038. [症例報告] 血液浄化療法, 免疫抑制剤での救命後に再燃した肝炎に対しラミブジン投与が有効であった劇症肝炎の1例. 巽 洋1, 北村 匡, 川添一哉, 森野文敏, 大野 隆, 高谷 徹1, 青山東五2, 梶原 博, 鎌田貢壽1, 東原正明1 (1内. 2医療系大学院): 透析会誌, 37 (1): 85-90, 2004.

320039. [症例報告] 膜性増殖性糸球体腎炎 (MPGN) に血管病変を伴った1例. 牧野武志1, 和田達彦, 橋本ヒロコ1, 岸 由美子1, 長場 泰1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 小林 豊1, 重松秀一 (1内): 腎炎症例研究, 20: 1-16, 2004.

510009. [総説] The biological basis of Hodgkin's lymphoma. 堀江良一1,2, T. Watanabe2 (1内. 2東京大): Drug News Perspect, 16 (10): 649-656, 2003.

520092. [総説] 生物学的予後因子の臨床的意義−血清および細胞表面nm23-H1蛋白の検討を中心に−. 新津 望 (内): 臨床血液, 44: 211-218, 2003.

520093. [総説] びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の予後因子に関する最近の研究動向. 新津 望 (内): 血液・腫瘍科, 47: 327-334, 2003.

520094. [総説] 序−抗血小板減少・抗凝固療法−. 東原正明 (内): 血液フロンティア, 13889: 9-14, 2003.

520095. [総説] 巻頭言: 癌緩和ケアの最近の動向. 東原正明 (内): Modern Physician, 23 (3): 299, 2003.

520096. [総説] Thrombopoietin-producing tumor. 東原正明, 宮崎浩二 (内): Internal Medicine, 42 (8): 632-633, 2003.

[著 書]

620106. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; I 症候からのアプローチ 出血傾向, p.13-19. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620107. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; I 症候からのアプローチ 血栓傾向, p.20-25. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620108. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際 B貧血 溶血性貧血, p.205-214. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620109. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際 B貧血 鉄欠乏性貧血, p.215-219. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620110. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際 B貧血 巨赤芽球性貧血, p.220-225. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620111. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際C止血血栓 特発性血小板減少性紫斑病, p.226-237. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620112. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際C止血血栓 DIC, p.238-243. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620113. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V治療の実際C止血血栓 先天性血栓性素因, p.255-259. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620114. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際C止血血栓 血友病 フォンビレブランド病 獲得性凝固因子阻止物質, p.260-268. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620115. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; X 治療による合併症, 処置中のトラブルへの対応 抗癌薬の血管外漏出への対応, p.322-323. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620116. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; X 治療による合併症, 処置中のトラブルへの対応 抗癌薬の誤注, p.324-325. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620117. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; Y 補助療法 症状緩和のための対処療法, p.361-368. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620118. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; Y 補助療法 腫瘤および播種性病変による合併症と対応, p.369-372. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620119. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; Z インフォームドコンセントに必要な治療成績, 統計 特発性血小板減少性紫斑病の治療成績, p.398-400. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620120. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; [ 巻末付録 併用禁忌 (注意) の薬剤, p.427-429. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620121. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; [ 巻末付録 公的医療費助成申請の実際, p.430-432. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620122. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; [ 巻末付録 血液内科疾患領域における保険適用 未適用薬品および検査, p.433-436. 東原正明 (内), 編集 東原正明, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620123. [学術書] (分担執筆) ダイナミックメディシン; 感染性心内膜炎の腎障害, (20): p.123-124. 鎌田貢壽 (内), 監修 下条文武, 齋藤 康, 西村書店, 東京, 2003/7/23発行.

620124. [学術書] (分担執筆) 外来診療の全て; 多尿・乏尿, p.136-137. 鎌田貢壽 (内), 監修 高久史麿, メディカルビュー社, 東京, 2003/4/10発行.

620125. [学術書] (分担執筆) 透析療法のコツと落とし穴; 腎不全患者の妊娠管理のコツ, p.89. 鎌田貢壽 (内), 中山書店, 東京, 2003/3/28発行.

620126. [学術書] (分担執筆) 透析療法のコツと落とし穴; 維持透析患者の脳出血・脳梗塞への対処, p.127. 鎌田貢壽 (内), 中山書店, 東京, 2003/3/28発行.

620127. [学術書] (分担執筆) 血液内科クリニカルスタンダード; 血栓性血小板減少性紫斑病, 溶血性尿毒症症候群, p.245-250. 鎌田貢壽 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司, 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620128. [学術書] (分担執筆) 血液内科クリニカルスタンダード; 電解質異常への対応, p.329-334. 鎌田貢壽 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620129. [学術書] (分担執) 血液内科クリニカルスタンダード; 輸液調節の基本, p.358-360. 鎌田貢壽 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620130. [学術書] (分担執) 血液内科クリニカルスタンダード; 腎不全時の抗癌薬の投与法, p.406. 鎌田貢壽 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620131. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; I 症候からのアプローチ 汎血球減少, p.8-12. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620132. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダー; V 治療の実際 A造血器悪性腫瘍 多発性骨髄腫, p.165-176. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620133. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際 Dその他 血球貪食症候群, p.269-272. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620134. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際 Dその他 真性赤血球増加症, p.273-276. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620135. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際 Dその他 本態性血小板増加症, p.277-279. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620136. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V 治療の実際 Dその他 特発性骨髄線維症, p.280-282. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620137. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; V治療の実際 Dその他 壊死性リンパ節炎, p.283-284. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620138. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; W 化学療法中の支持療法 腫瘍崩壊症候群, p.306-307. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620139. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; W 化学療法中の支持療法 Regimen-related toxicity, p.308-311. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620140. [学術書] (分担執筆) 血液クリニカルスタンダード; W Z インフォームドコンセントに必要な治療成績, 統計 多発性骨髄腫の治療成績, p.389-391. 堀江良一 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620141. [学術書] (分担執筆) B細胞非ホジキンリンパ腫治療のストラテジー; B細胞非ホジキンリンパ腫に対する新たな分子標的治療. モノクローナル抗体治療, p.218-223. 新津 望 (内), 編集 堀田知光, 先端医学社, 東京, 2003発行.

620142. [学術書] (分担執筆) 悪性リンパ腫治療マニュアル; I. 治療の前に. 6. 予後予測因子と予後予測モデル, p.60-63. 新津 望 (内), 編集 平野正美, 飛内賢正, 堀田知光, 南江堂, 東京, 2003発行.

620143. [学術書] (分担執筆) 悪性リンパ腫治療マニュアル; III.悪性リンパ腫−治療の実際. 3.治療レジメンと治療遂行上の注意点. A.非ホジキンリンパ腫, p.215-218. 新津 望 (内), 編集 平野正美, 飛内賢正, 堀田知光, 南江堂, 東京, 2003発行.

620144. [学術書] (分担執筆) 悪性リンパ腫治療マニュアル; IV. 高齢者, 小児の悪性リンパ腫. 1.高齢者の悪性リンパ腫, p.273-277. 新津 望 (内), 編集 平野正美, 飛内賢正, 堀田知光, 南江堂, 東京, 2003発行.

620145. [学術書] (分担執筆) 血液内科クリニカススタンダード; III. 治療の実際. 5. 慢性リンパ性白血病, p.132-136. 新津 望 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京大), 文光堂, 東京, 2003発行

620146. [学術書] (分担執筆) 血液内科クリニカススタンダード; III. 治療の実際. 5. Hodgkinリンパ腫, p.147-164, 新津 望 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京大), 文光堂, 東京, 2003発行.

620147. [学術書] (分担執筆) 血液内科クリニカススタンダード; VII. インフォームドコンセントに必要な治療成績, 統計. 3. 悪性リンパ腫, 慢性リンパ性白血病の治療成績, p.385-388. 新津 望 (内), 編集 東原正明 (内), 須永真司 (東京大), 文光堂, 東京, 2003発行.

620148. [その他の著書] (分担執筆) Mebio Vol.19 No.6; ステロイド剤/免疫抑制剤の適応とその推奨される使い方は? p.71-78. 鎌田貢壽 (内), メジカルビュー社, 東京, 2002/6/10発行.

620149. [その他の著書] (分担執筆) より良いインフォームド・コンセント (IC) のために; ネフローゼ症候群 (膜性腎症) の治療, p.242-243. 鎌田貢壽 (内), 編集 社団法人日本内科学会認定内科専門医会, 日本内科学会, 東京, 2003/9/20発行.

620150. [その他の著書] (分担執筆) 医学大辞典; 健常ネフロン仮説, 糸球体尿細管均衡, 糸球体尿細管不均衡, 糸球体微小灌流, 高血圧自動調節理論 全5頁. 坂本尚登 (内), 医学書院, 東京, 2003/4発行.

620151. [その他の著書] (分担執筆) Medical Practice; 低K血症と高K血症の診断と治療の進め方, p.1329-1336. 坂本尚登, 松尾孝俊 (内), 文光堂, 東京, 2003/8発行.

[学会・研究会等]

713065. [学会 (国際)] (一般講演) Expression of nm23-H1 is Associated with a poor Prognosis in diffuse large B-cell lymphoma. 新津 望1, H. Nakamine, M. Okamoto, Y. Honma, 東原正明1, J. Okabe-Kado, M. Hirano (1内): Pan-pacific lymphoma conference(2003/7), Hawaii.

713066. [学会 (国際)] (一般演題) Renal Histologiacl Heterogeneity and Clinical Parameters in Japanese Type 2 Diabetic Patients. 守屋利佳, 守屋達美, S. Aoyagi, 藤田芳邦 (内): 36th Annual Meeting of ASN(2003/11), USA.

713067. [学会 (国際)] (ポスター) Induction of Histamine 2 Receptor (H2R) in the Infiltrating Cells Derived from Bone Marrow into Inflamed Renal Tissue of Unilateral Ureteral Obstruction (UUO) Model. 清水健史, 坂本尚登, 松尾孝俊, 佐野 隆, 東原正明 (内): Annual Meeting of American Society of Nephrology (2003/11/16), San Diego, CA, USA. J Am Soc Nephrol., 14: 640A, 2003.

713068. [学会 (国際)] (ポスター) Gradual Decrease in Plasma Pentosidine (Pen) Level Following Initiation of On-Line (O-) Hemodiafiltration (HDF) Using Polysulfone Membrane Known To Cause Poor Albumin Excretion into Dialysate. 竹内康雄1, Naoyuki Kobayashi, 田村雅人1, 坂本尚登1, Setsuko Sugawara1, 石原和彦1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, Michihito Okubo (1内): Annual Meeting of American Society of Nephrology (2003/11/16), San Diego, CA, USA. J Am Soc Nephrol., 14: 735A, 2003.

713069. [学会 (国際)] (ポスター) Proteomic Identification of Specific Proteins modulating the Intracellular Sorting of ClC-5 Chloride Channel. 松尾孝俊1, 坂本尚登1, Satoko Inoue, Ichiro Naito, 清水健史1, 東原正明1 (1内): Annual Meeting of American Society of Nephrology (2003/11/16), San Diego, CA, USA. J Am Soc Nophrol., 14: 776A, 2003.

722038. [学会 (全国)] (ワークショップ) びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の細分類: 中心芽細胞亜型・免疫芽球亜型に関する新診断基準の臨床的意義. 中峯寛和, 赤松裕子, 田丸淳一, 新津 望1, 岡本昌隆, 平野正美 (1内): 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時開催 (2003/8/30), 大阪.

722039. [学会 (全国)] (ワークショップ) 細胞質内nm23-H1陽性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者の予後は不良である. 新津 望1, 中峯寛和, 岡本昌隆, 角 純子, 東原正明1, 本間良夫, 平野正美 (1内): 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時開催 (2003/8/30), 大阪.

723205. [学会 (全国)] (一般講演) メシル酸ナファモスタットに対するアレルギー発現は予知できるか? 小山 誠2, 坂本尚登1, 藤原康作2, 野川隆一郎2, 東 賢一2, 南部正人2, 草刈修一2, 鎌田貢壽1 (1内, 2腎センター): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/21), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 36 (S.1): 798, 2003.

723206. [学会 (全国)] (一般講演) オンライン (O-) HDFによるによる血清ペントシジン (Pent) 減少効果. 小林直之, 田村雅人1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 小林 豊1, 石原和彦, 酒井 糾, 大久保充人, 東原正明1 (1内): 第46回日本腎臓学会学術総会 (2003/5/22-24), 東京. 日本腎臓学会誌, 45 (3): 297, 2003.

723207. [学会 (全国)] (一般講演) 開腹術施行後CAPDを再開した拡張型心筋症 (DCM) の1例. 橋本ヒロコ1, 守屋利佳1, 牧野武志1, 長場 泰1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 小川恭史2, 片田夏也2 (1内. 2外): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 36 (S.1): 879, 2003.

723208. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者のQuality of Lifeと身体活動量. 岸間由芙, 赤堀美智子, 吉田 煦, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 齊藤正和, 松永篤彦 (1内): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 36 (S.1): 897, 2003.

723209. [学会 (全国)] (一般講演) オンライン (O-) HDF施行後1年間における血清ペントシジン (Pent) の変動について. 田村雅人, 小林直之, 竹内康雄1, 長場 泰1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 菅原節子, 石原和彦, 酒井 糾, 大久保充人, 東原正明1 (1内): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 36 (S.1): 902, 2003.

723210. [学会 (全国)] (一般講演) Entropyによる透析中低血圧の予知・予防の可能性. 山中 望1, 青山東五1, 阪 聡, 鎌田貢壽2, 東原正明2 (1医療系大学院. 2内): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/21), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 36 (S.1): 992, 2003.

723211. [学会 (全国)] (一般講演) 急速進行性腎炎症候群の経過を呈した悪性関節リウマチ (MRA) の1例. 羽村素子, 佐野 隆, 橋本ヒロコ, 牧野武志, 岸 由美子, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊, 東原正明 (内): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 36 (S.1): 1059, 2003.

723212. [学会 (全国)] (一般講演) 腹膜透析患者のCandida parapsilosisによる重症腹膜炎にミカファンギンの投与が奏効した1例. 橋本ヒロコ1, 守屋利佳1, 羽村素子1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 吉田一成2, 久米 光3 (1内. 2泌. 3病理): 第47回日本医真菌学会総会 (2003/10/17), 東京.

723213. [学会 (全国)] (一般講演) 成人T細胞性白血病 (ATL) に対する新規NF-κB阻害剤による分子標的療法の基礎的検討. 渡辺真理子1, 大杉剛生3, 石田尚臣2, 東原正明1, 宇都宮 與5, 山口一成3, 梅澤一夫4, 渡邉俊樹2, 堀江良一1,2 (1内. 2東京大. 3熊本大. 4慶応大. 5慈愛会今村病院分院): 日本分子標的治療学会 (2003/6/2), 東京.

723214. [学会 (全国)] (一般講演) Hodgkin, Reed-Sternberg細胞におけるCD30過剰発現機構の解析. 堀江良一1,2, 渡辺真理子1, 小川裕司1, 伊藤金次3, 東原正明1, 渡邉俊樹2 (1内. 2東京大. 3東邦大): 日本リンパ網内系学会 (2003/6/6) 福岡. 日本リンパ網内系学会, 43: 80, 2003.

723215. [学会 (全国)] (一般講演) CLCN5突然変異によるチャネルソーティング障害機構の多様性. 松尾孝俊1, 坂本尚登1, 井上聡子2, 内藤一郎2, 小林 豊1, 東原正明1 (1内. 2重井医学研究所): 第46回日本腎臓学会学術総会 (2003/5/22), 東京. 日腎会誌, 45 (3): 204, 2003.

723216. [学会 (全国)] (一般演題) 非ホジキンリンパ腫における細胞表面および血清nm23-H1タンパクの臨床的検討. 新津 望1, 本間良夫2, 東原正明1, 角 純子2 (1内. 2埼玉がんセンタ-): 第100回日本内科学会講演会 (2003/4), 福岡.

723217. [学会 (全国)] (一般演題) t (14;18) (q32;q21), t (8;22) (q24;q11) を有したCD10+, BCL-2+, diffuse large B-cell lymphomaの1例. 新津 望1, 田丸淳一2, 三浦偉久男3, 東原正明1 (1内. 2埼玉医大. 3秋田大): 第43回日本リンパ網内系学会総会 (2003/6/6), 福岡.

723218. [学会 (全国)] (一般演題) Valacyclovirの投与により腎不全の悪化と意識障害を来し, 血液透析によって改善した2症例. 守屋利佳1, 伊田春菜, 牧野武志1, 鎌田貢壽1, 東原正明1 (1内): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/20-22), 大阪. 日透会誌, 36 (Suppl.): 801, 2003.

723219. [学会 (全国)] (一般講演) 平滑筋収縮時におけるミオシンのリン酸化に対するRhoシグナルの時空間的関与の検討. 宮崎浩二, 池辺光男, 東原正明 (内): 第45回日本平滑筋学会総会 (2003/7/16-18), 富士吉田市. J Smooth Muscle Res. (Japanese), 7 (1): J-23, 2003.

723220. [学会 (全国)] (一般講演) MYH-9関連巨大血小板減少症の分子機構の検討. 宮崎浩二, 池辺光男, 東原正明 (内): 第26回日本血栓止血学会学術集会 (2003/11/27-29), 東京.

723221. [学会 (全国)] (ポスター) 血小板減少症の鑑別診断における網血小板測定の有用性の検討. 平 美也子1, 大坂 学2, 宮崎浩二2, 東原正明2, 檀原幹生3, 秋山 暢4, 小池由佳子5 (1形態系. 2内. 3臨検学. 4都立墨東東病院. 5東京大): 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時開催 (2003/8/30), 大阪.

723222. [学会 (全国)] (ポスター) 結膜原発非ホジキンリンパ腫. 大坂 学1, 竹内康雄1, 東原正明1, 片倉知博2, 清水公也2, 須永真司3 (1内. 2眼. 3東京日立病院): 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時開催 (2003/8/30), 大阪.

723223. [学会 (全国)] (ポスター) 先天性第7因子欠損症の1例. 梶原耕一, 宮崎浩二, 渡辺真理子, 堀江良一, 東原正明 (内): 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会同時開催 (2003/8/30), 大阪.

723224. [学会 (全国)] (ポスター) 大量液置換On-line HDFは何をもたらすか? 伊藤太輔, 乙津文夫, 石井文雄, 幸松直樹, 石井亜弥, 高木 裕, 吉田 煦, 南部正人, 鎌田貢壽 (内): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/21), 大阪. 日本透析医学会雑誌, 36 (S.1): 979, 2003.

723225. [その他] (一般講演) 緻密斑に特異的に局在するクロライドチャネルの分子生物学的特性. 坂本尚登1, 松尾孝俊1, 内藤一郎2, 長場 泰1, 清水健史1 (1内. 2重井医学研究所): 第15回平成14年度助成研究発表会 (2003/8/1), 東京. 要旨集, p.48, 2003.

723226. [その他] (一般講演) 未治療進行期低悪性度リンパ腫に対するR-CHOP-G療法の第I相試験−FcγRI (CD64) およびADCC活性の検討. 新津 望1, 岡本昌隆2 (1内. 2藤田保健衛生大): 平成15年度厚生省がん助成金「分子基盤に基づく難治性リンパ系腫瘍の診断及び治療法の開発に関する研究」班 第二回中村班班会議 (2003/11), 名古屋.

731017. [研究会] (特別講演) びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (DLBCL) の最近の治療. 新津 望 (内): 第12回岐阜血液症例検討会 (2003/3), 岐阜.

731018. [研究会] (特別講演) nm23の非ホジキンリンパ腫における臨床的意義. 新津 望 (内): 第1回先端血液学セミナー (2003/5), 東京.

731019. [研究会] (特別講演) ホジキンリンパ腫 (ホジキンリンパ腫様ALCLも含む), AILTおよびその類似病変. 新津 望 (内): 2nd Meeting of Asian Hematopathology リンフォーマセミナー (2003/6), 福岡.

731020. [研究会] (特別講演) 瀰漫性大細胞型B細胞性リンパ腫の治療の進歩. 新津 望 (内): 難治性リンパ腫治療学術講演会 (2003/6), 大宮.

731021. [研究会] (特別講演) 中・高悪性度リンパ腫, Mantel cell lymphoma. 新津 望 (内): 第5回造血器腫瘍治療フォーラム (2003/9), 京都.

731022. [研究会] (特別講演) びまん性大細胞型リンパ腫の治療戦略. 新津 望 (内): 埼玉医科大学卒後教育委員会後援学術集会 (2004/1), 毛呂山.

733138. [学会 (地方)] (一般講演) 胸膜炎で発症したANCA関連急速進行性腎炎の1例. 佐野 隆, 牧野武志, 羽村素子, 橋本ヒロコ, 長場 泰, 守屋利佳, 竹内康雄, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 東原正明 (内): 第33回日本腎臓学会東部学術大会 (2003/9/25-26), 旭川. 日腎会誌, 45 (6): 533, 2003.

733139. [学会 (地方)] (一般講演) 血球貪食症候群を合併し, 経気管支肺生検にて生前診断したintravascular large B-cell lymphoma (IVL) の一例. 大坂 学, 杉山友彦, 宮崎浩二, 郡 美佳, 羽山弥亨, 梶原耕一, 竹内康雄, 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内): 第147回日本臨床血液学会例会 (2003), 東京.

733140. [学会 (地方)] (一般講演) アミロイドーシスによる脾出血を起こした多発性骨髄腫の1例. 大木由美子, 梶原耕一1, 大坂 学1, 郡 美佳1, 羽山弥亨1, 宮崎浩二1, 新津 望1, 堀江良一1, 東原正明1, 岩渕啓一2 (1内. 2病理): 第148回日本臨床血液学会例会 (2003/10/18), 東京.

733141. [学会 (地方)] (一般講演) 随外造血巣よりなる皮下腫瘤を多発性に認めた原発性骨髄線維症の一例. 片山卓爾, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 新津 望1, 堀江良一1, 東原正明1, 宮田聡子2, 濱松奈々子2, 勝岡憲生2, 岩渕啓一3 (1内. 2皮膚. 3病理): 第514回日本内科学会関東地方会 (2003/12), 東京.

733142. [学会 (地方)] (一般講演) IgA腎症の経過中にmulticentric Castleman's disease (MCD) 病を発症した1例. 高倉 晃, 大坂 学1, 梶原耕一1, 羽山弥亨1, 郡 美佳1, 宮崎浩二1, 新津 望1, 堀江良一1, 東原正明1, 佐野 隆1, 鎌田貢壽1, 森 茂郎2 (1内. 2東京大): 第149回日本臨床血液学会例会 (2004/2), 東京.

733143. [学会 (地方)] (一般講演) 糸球体基底膜異常を認めた遺伝性腎疾患の2例. 田村浩三, 飯高喜久雄, 小野田 登, 鎌田貢壽1, 東原正明1 (1内): 第33回日本腎臓学会東部学術大会 (2003/9/25), 旭川. 日本腎臓学会誌, 45(6): 560, 2003.

733144. [学会 (地方)] (一般講演) シェーグレン症候群 (SjS), 慢性肝疾患 (CH), 糸球体腎炎 (GN), 自己免疫性溶血性貧血 (AIHA), 血小板減少性紫斑病 (ITP) を合併した1例. 橋本ヒロコ, 羽村素子, 牧野武志, 守屋利佳, 竹内康雄, 佐野 隆, 長場 泰, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 東原正明 (内): 第511回日本内科学会関東地方会 (2003/9/13), 東京.

733145. [学会 (地方)] (一般講演) Vibrio vulnificus感染症による敗血症にて死亡した1例. 西 和男1, 守屋利佳1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 冨田昌宏2 (1内. 2皮膚): 第514日本内科学会関東地方会 (2003/12/14), 東京.

733146. [学会 (地方)] (一般講演) 低K血症を呈しCYP11B1遺伝子にミスセンス変異を同定した11β水酸化酵素欠損症の1例. 松尾孝俊, 坂本尚登, 岸 由美子, 牧野武志, 鎌田貢壽, 東原正明 (内): 第33回日本腎臓学会東部学術大会 (2003/9/26), 旭川. 日腎会誌, 45 (6): 526, 2003.

733147. [学会 (地方)] (一般講演) 腎機能正常者に発症したバルトレックスによる急性腎不全の2例. 竹内康雄, 橋本ヒロコ, 羽村素子, 牧野武志, 佐野 隆, 長場  泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 鎌田貢壽, 小林 豊 (内): 日本腎臓学会東部学術大会 (2003/9/25), 旭川.

733148. [学会 (地方)] (一般講演) May-Hegglin異常症 の1症例とその遺伝子解析. 宮崎浩二1, 渡辺真理子1, 平 美也子2, 大坂 学1, 郡 美佳1, 羽山弥亨1, 梶原耕一1, 新津 望1, 堀江良一1, 東原正明1, 中舘尚也3, 毛利 博4 (1内. 2形態系. 3児. 4東海大): 第148回日本臨床血液学会例会 (2003/10/18), 東京.

733149. [研究会] (一般講演) 乳房原発非ホジキンリンパ腫の一例. 小野真理子, 梶原耕一, 大坂 学, 郡 美佳, 羽山弥亨, 宮崎浩二, 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内): 第8回湘南血液セミナー (2003/6/12), 厚木.

733150. [研究会] (一般講演) 橋本病, シェーグレン症候群の経過中に血小板減少症をきたした1症例−網血小板率測定による血小板減少の動態解析の意義−. 石井隆司1, 郡 美佳1, 大坂 学1, 平 美也子2, 宮崎浩二1, 東原正明1 (1内. 2形態系): 神奈川血液研究会 (2003/9), 横浜.

733151. [研究会] (一般講演) ATLに対する新規NF-κB阻害剤による分子標的療法の基礎的検討. 堀江良一1, 渡辺真理子1, 大杉剛生2, 石田尚臣3, 宇都宮與4, 渡邊俊樹3, 梅澤一夫5, 東原正明1 (1内. 2熊本大. 3東京大. 4今村病院分院. 5慶応大): 第6回北里腫瘍フォーラム (2004/1/30), 北里.

733152. [研究会] (一般講演) 膜性増殖性糸球体腎炎 (MPGN) に血管病変を伴った1例. 牧野武志1, 和田達彦, 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 岸 由美子1, 長場 泰1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 小林 豊1, 重松秀一 (1内): 第39回神奈川腎炎研究会 (2003/2/22), 横浜.

733153. [研究会] (一般講演) AMAPで導入した腹膜透析 (CAPD) 患者のCandida (C) paraspsilosisによる重症腹膜炎で救命し得た一例. 橋本ヒロコ1, 守屋利佳1, 羽村素子1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 田岡佳憲2, 吉田一成2, 久米 光3 (1内. 2泌尿. 3病理): 第9回日本腹膜透析研究会 (2003/10/4), 横浜.

733154. [研究会] (一般講演) 両側水腎症を契機に発見された急速進行性糸球体腎炎. 牧野武志1, 竹内康雄1, 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 南田 諭, 奧野紀彦2 (1内. 2泌): 第66回神奈川腎研究会合同研究会, 第19回神奈川県透析施設連絡協議会 (2003/11/30), 横浜.

733155. [研究会] (一般講演) 糸球体メサンギウムならびに係蹄壁に広範な沈着物を示した糸球体腎炎の1例. 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 守屋利佳1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 小林 豊1, 重松秀一 (1内): 第41回神奈川腎炎研究会 (2004/2/7), 横浜.

733156. [研究会] (一般講演) 潰瘍性大腸炎 (UC) の術後に発症した被嚢性腹膜硬化症 (EPS) の1例. 羽村素子1, 守屋利佳1, 橋本ヒロコ1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 土田繭美2, 吉田一成2 (1内. 2泌): 第18回神奈川県CAPD研究会 (2004/3/6), 横浜.

733157. [学会地] (一般演題) 抗基底膜抗体とXPR3-ANCAが共に陽性であった急速進行性腎炎の一例. 長場 泰, 羽村素子, 佐野 隆, 牧野武志, 橋本ヒロコ, 竹内康雄, 守屋利佳, 坂本尚登, 小林 豊, 鎌田貢壽, 東原正明 (内): 日本腎臓学会東部部会 (2003/10), 東京. 日本腎臓学会誌, 45 (6): 533, 2003.

733158. [研究会] (一般演題) 左胃動脈瘤破裂により死亡した多発性嚢胞腎の一例. 長場 泰 (内): 神奈川腎不全セミナー (2003/5), 横浜.


<<内科学X>>

[学術論文]

110105. [原著] Geniohyoid muscle function in awake canines. 横場正典1, Harvey G Hawes2, Paul A Easton2 (1内. 2カルガリー大): Journal of Applied Physiology, 95 (2): 810-817, 2003.

110106. [原著] Nitric Oxide generated by inos reduces deformability of Lewis lung carcinoma cells. 井川 聡1, 林 泉2, 田中直彦3, 比留間弘美4, 馬嶋正隆2, 川上 倫4, 廣瀬 稔5, 益田典幸3, 小林弘祐5 (1医療系大学院, 2薬理, 3内, 4生理, 5医衛): Cancer Science, 95: 342-347, 2004.

110107. [原著] Randomised phase V trial of irinotecan combined with cisplatin for advanced non-small-cell lung cancer. S. Negoro, 益田典幸1, Y. Takada, T. Sugiura, S. Kudoh, N. katakami, Y. Ariyoshi, Y. Ohashi, H. Niitani, M. Fukuoka (1内): British Journal of Cancer, 88 (3): 335-341, 2003.

110108. [原著] A phase II Study of Topotecan in Patients with Relapsed Small-Cell Lung Cancer. Koji Takeda, Shunichi Negoro, Toshiyuki Sawa, Kazuhiko Nakagawa, Masaaki Kawahara, Takeshi Isobe, Shinzoh Kudoh, 益田典幸1, Hisanobu Niitani, Masahiro Fukuoka (1内): Clinical Lung Cancer January, 4: 224-230, 2003.

110109. [原著] Evaluation of functional disability using the Health Assesment Questionaire in Japanese patients with systemic sclerosis. M. Kuwana, S. Sato , K. Kikuchi, Y. Kawaguchi, A. Fujisaku, Y. Misaki, A. Hatomochi, 近藤啓文1, K. Takehara (1内): J Rheumatol, 30: 1253-1258, 2003.

110110. [原著] Differential expression of leukotoriene B4 Receptor subtype (BLT1 and BLT2) in human synovial tissues and synovial fluid leukocytes of patients with rheumatoid arthritis. 橋本 篤1, 遠藤平仁1, 林 泉2, 村上洋介3, 北里英郎3, 河野 静1, 松井俊道1, 田中住明1, 西村明人4, 占部 憲4, 糸満盛憲4, 近藤啓文1 (1内. 2薬理. 3微・寄. 4整外): J Rheumatol, 30: 1712-1718, 2003.

110111. [原著] Inhibition of monosodium urate monohydrate crystal-induced acute inflammation by retrovirally trausfected prostagrandin D synthase. 村上洋介4, 赤星 透1, 林 泉2, 遠藤平仁3, 橋本 篤3, 河野 静3, 近藤啓文3, S. Kawai, 井上松久4, 北里英郎4 (1臨検学. 2薬理. 3内. 4微・寄): Arthritus Rheum., 48: 2931-2941, 2003.

110112. [原著] Retrovirally introduced prostagrandin D2 syntase suppresses lung injury induced by bleomycin. M. Ando, 村上洋介2, F. Kojima, 遠藤平仁1, 北里英郎2, 橋本 篤1, 小林弘祐4, 近藤啓文1, S. Kawai, 林 泉3 (1内. 2微・寄. 3薬理. 4医衛): Am J Respr cell Moe Biol., 28: 582-591, 2003.

110113. [原著] Assessment of inflmed synovial membrane in the knee joint by dynamic magnetic resonance imaging. M. Kawai, A. Nishimura, T. Ikeda, 遠藤平仁1, ラナ美代子1, 糸満盛憲2 (1内, 2整外): Mod Rheum., 13: 227-230, 2003.

110114. [原著] R.P.: FcγRIIIb allele-sensitive release of ?-defensins: anti-neutrophil cytoplasmic antibody-induced release of chemotaxins. 田中住明1, Edberg JC, Chatham W, Fassina G Kimberly (1内): J. Immunol., 171: 6090-6096, 2003.

110115. [原著] Prospective study of high-dose intravenous immunoglobulin for the treatment of steroid-resistant polymyositis and dermatomyositis. M. Hara, M. Kinoshita, E. Saito, H. Hashimoto, N. Miyasaka, T. Yoshida, Y. Ichikawa, T. Koike, 岡田 純 (内): Modern Rheumatol, 13: 319-325, 2003.

110116. [原著] Efficacy and safety of Tacrolimus (FK506) in treatment of rheumatoid arthritis: a randomizcd, donble blind , placebo controlled dose-finding study. 近藤啓文1, T. Abe1, M. Hashimoto, S. Uchida, S. Irimajiri, M. Hara, S. Sugawara (1内): J Rheumatol, 31: 243-251, 2004.

110117. [原著] Anti-U1RNP antibody and aseptic meningitis in connective tissue disease. 岡田 純1, 浜名俊也, 近藤啓文1 (1内): Scan J Rheumatol, 32: 247-252, 2003.

120025. [原著] 人工呼吸管理された成人重症呼吸不全例における一酸化窒素吸入療法の効果に関する検討. 三藤 久1, 今井 寛2, 廣瀬 稔3, 田中直彦1, 相馬一亥2, 小林弘祐3 (1内. 2救命. 3医衛): 北里医学, 33: 199-206, 2003.

120026. [原著] プロスタグランジD2合成酵素CDNAの強制発現による実験的ブレオマイシン誘発肺障害モデルの抑制効果. 安藤みゆき1, 井川 聡1, 今崎貴生1, 三藤 久1, 小林弘祐2, 益田典幸1 (1内. 2医衛): 臨床呼吸生理, 35: 47-50, 2003.

120027. [原著] 早期関節リウマチの診療のコツ. 近藤啓文, 田中住明, 石川 章, 岡田 純 (内): 臨床リウマチ, 16: 68-73, 2004.

320040. [症例報告] 好酸球疾患:歩行障害を伴い神経組織周囲に好酸球浸潤を認めた好酸球増多症候群の1例. 三藤 久1, 田中直彦2 (1北里研究所メディカルセンター病院, 2内): 北里医学, 33: 101-104, 2003.

320041. [症例報告] 脳幹脳炎を合併した再発性多発軟骨炎の1例−関東リウマチ興味ある症例とその問題点−. 河野 静, 内山真主美, 吉田 秀, 鈴木園子, 橋本 篤, 松井俊道, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 関東リウマチ研究会編, 36: 135-142, 2003.

320042. [症例報告] SAPHO症候群を合併したSLE-RA重複症候群の一例. 橋本 篤, 石川 章, 近藤啓文 (内): 臨床リウマチ, 16: 61-67, 2004.

410001. [臨床治験] PhaseUdose rangins study of Leflunomido in Japan. 市川陽一1, 鎌谷直之, 後藤 眞, 近藤啓文1, 斎藤輝信, 鈴木康夫1, 鳥飼勝隆, 他 (1内): J New Rem & Clin, 52: 891-931, 2003.

510010. [総説] Editorial: Autoimmune aspects of pulmonary hypertevsion in collagen vascular diseases. 近藤啓文 (内): Internal Med., 42: 1163-1164, 2003.

520097. [総説] 最新のインフルエンザ対策: インフルエンザに続発する肺炎・気道感染症とその対策. 三藤 久1, 阿部 直2 (1北里研究所メディカルセンター病院・内. 2医学教育): Medical Practice, 20 (12): 2039-2043, 2003.

520098. [総説] 進展型小細胞癌の化学療法発表者. 益田典幸 (内): 癌の臨床, 49 (10): 1347-1354, 2003.

520099. [総説] 新しい細胞傷害性抗悪性腫瘍薬. 益田典幸 (内): 日本医師会誌, 130 (7): 1020-1025, 2003.

520100. [総説] 標準的治療のための臨床試験の進め方. 福井朋也1, 益田典幸2, 西篠長宏3 (1医療系大学院. 2内. 3国立がんセンター中央病院): 最新医学, 58: 2543-2548, 2003.

520101. [総説] 非小細胞肺癌に対する上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤, ゲフィチニブ (イレッサ) について. 矢那瀬信雄, 益田典幸 (内): 北里医学, 33 (3): 189-194, 2003.

520102. [総説] 強皮症の予後. 近藤啓文, 吉田 秀 (内): リウマチ科, 30: 43-48, 2003.

520103. [総説] 関節リウマチとロイコトリエン受容体. 橋本 篤, 河野 静, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 日本炎症・再生医学会誌, 23: 231-236, 2003.

520104. [総説] シクロスポリン (Cyclosporin A) とFK506. 近藤啓文, 石川 章 (内): Rheumatology clinical update, 10: 20-22, 2003.

520105. [総説] 肺高血圧とエンドセリン・レセプター拮抗薬. 近藤啓文, 田中住明 (内): リウマチ科, 30: 158-162, 2003.

520106. [総説] 抗リウマチ薬・免疫抑制薬. 近藤啓文, 石川 章 (内): 医薬ジャーナル, 39: 3218-3222, 2003.

520107. [総説] ガイドラインに基づく関節リウマチの心薬物療法戦略: タクロリムス水和物 (Fk506). 近藤啓文, 田中住明 (内): 臨床と薬物治療, 22: 1107-1109, 2003.

520108. [総説] 全身性疾患と腎 強皮症. 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 腎と透析, 55 (増): 359-362, 2003.

520109. [総説] 診断のポイントとベストの治療ガイドライン: 混合性結合組織病. 近藤啓文, 岡田 純 (内): 内科, 93: 272-276, 2004.

520110. [総説] 新しい抗リウマチ薬の効果と問題点 1)免疫抑制薬−FK506, シクロスポリン. 近藤啓文, 石川 章 (内): リウマチ科, 31: 34-39, 2004.

520111. [総説] 関節リウマチの薬物療法. 近藤啓文, 石川 章 (内): 臨床と研究, 81: 212-216, 2004.

520112. [総説] 早期関節リウマチの考え方. 近藤啓文, 河野 静 (内): 現代医療, 36: 713-717, 2004.

520113. [総説] 混合性結合組織病の肺病変. 岡田 純, 近藤啓文 (内): 呼吸器科, 5: 228-235, 2004.

520114. [総説] 膠原病にみられる腎病変の病態と治療: 強皮症. 遠藤平仁, 吉田 秀, 飯塚進子, 近藤啓文 (内): リウマチ科, 31: 248-252, 2004.

520115. [総説] 炎症病巣におけるロイコトリエン受容体の発現. 遠藤平仁, 橋本 篤, 河野 静, 近藤啓文 (内): 臨床免疫, 39: 671-677, 2003.

520116. [総説] 強皮症, 急速に腎機能低下をきたす疾患の診かた. 遠藤平仁, 吉田 秀, 飯塚進子, 近藤啓文 (内): 腎と透析, 56: 353-356, 2004.

520117. [総説] 消化管にみられる線維症と治療, 線維化の分子医学−基礎と臨床−. 遠藤平仁, 河野 静, 近藤啓文 (内): 現代医療, 35: 117-121, 2003.

520118. [総説] エビデンスでわかる体温管理のキホン Part 2 体温管理の実際, 一般病棟での体温管理のコツ. 田中住明 (内): Expert Nurse, 10: 40-45, 2003.

520119. [講座] DMARDs−step-upか step-downか. 近藤啓文, 石川 章 (内): 関節外科, 22 (Suppl): 44-48, 2003.

520120. [講座] 高齢発症のRA患者の治療法. 近藤啓文 (内): Prog Med., 23: 1852-1853, 2003.

520121. [講座] Rheumatologistの処方箋 高齢発症のRA患者の治療法. 近藤啓文 (内): Progress med, 23: 1852-1853, 2003.

521021. [研究報告 (厚労省)] 混合性結合組織病の病態, 治療と関連する遺伝的因子, 自己抗体の研究. 近藤啓文 (内): 厚生労働科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 混合性結合組織秒に関する研究−混合性結合組織病の病態, 治療と関連する遺伝的因子, 自己抗体の研究− 平成14年度 総括・分担研究報告書, p.1-5, 2003.

521022. [研究報告 (厚労省)] 抗U1RNP抗体陽性奨励の臨床経過に関するプロスペクティブ他施設共同研究-2. 岡田 純, 近藤啓文 (内): 厚生労働科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 混合性結合組織秒に関する研究−混合性結合組織病の病態, 治療と関連する遺伝的因子, 自己抗体の研究− 平成14年度 総括・分担研究報告書, p.7-9, 2003.

521023. [研究報告 (厚労省)] 抗U1RNP抗体陽性例におけるBMPR2遺伝子の変異と抗BMPR2に関する検討. 岡田 純1, 石川 章1, 近藤啓文1, 北里英郎2 (1内. 2医衛): 厚生労働科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 混合性結合組織秒に関する研究−混合性結合組織病の病態, 治療と関連する遺伝的因子, 自己抗体の研究− 平成14年度 総括・分担研究報告書, p.44-47, 2003.

521024. [研究報告 (厚労省)] 肺病変に関する小委員会報告. 近藤啓文1, 猪熊茂子, 亀田秀人, 戸叶嘉明, 長坂憲治, 針谷正祥, 槙野博史, 吉田雅治 (1内): 厚生労働科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業 免疫疾患の合併症とその治療法に関する研究 平成14年度総括研究報告書, p.7-9, 2003.

521025. [研究報告 (厚労省)] 全身性硬化症の重症腸管病変の病状と治療に関する臨床的解析. 遠藤平仁 (内): 厚生労働科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業 全身性硬化症自己免疫疾患における難治性病態の診断と治療に関する研究 平成14年度総括・分担研究報告書, p.49-51, 2003.

521026. [研究報告 (厚労省)] 重症腸管病変を合併した在宅中針状脈栄養法の導入を必要とした全身性硬化症強皮症の臨床的特徴の解析. 遠藤平仁, 橋本 篤 (内): 厚生労働科学研究研究費補助金 特定疾患対策研究事業 強皮症における病因解明と根治的治療法の開発 平成14年度 総括・分担研究報告書, p.190-194, 2003.

521027. [研究報告 (厚労省)] 膠原病に合併する間質性肺病変 (Interstitial Lung Disease:ILD) の肺高血圧 (Pulmonary Hypertension:PH) に及ぼす影響に関する研究. 近藤啓文, 田中住明, 坂井美保, 岡田 純 (内): 免疫疾患の合併症とその治療法に関する研究・平成15年度総括研究報告書 H15年度総括研究報告書, p.33-35, 2003.

[著 書]

620152. [学術書] (分担執筆) 臨床腫瘍学; トポイソメラーゼ阻害剤, p.212-223. 益田典幸 (内), 編集 日本臨床腫瘍学会, 癌と化学療法社, 東京, 2003発行.

620153. [学術書] (単著・編集) 肺がん診療と化学療法. 益田典幸 (内), 編集 益田典幸, ヴァンメディカル, 東京, 2003発行.

620154. [学術書] (分担執筆) MOOK肺癌の臨床; 再発無効小細胞癌の治療, p.171-180. 矢那瀬信雄, 益田典幸 (内), 篠原出版新社, 東京, 2003発行.

620155. [学術書] (分担執筆) 医学のあゆみ『膠原病−診断治療の進歩』; 混合性結合組織病, p.73-77. 近藤啓文, 石川 章 (内), 編集 三森経世, 医歯薬出版, 東京, 2003発行.

620156. [学術書] (分担執筆) 強皮症; 腎, よくわかる強皮症のすべて, p.219-223. 遠藤平仁 (内), 編集 竹原和彦, 永井書店, 東京, 2003/12発行.

620157. [教科書] (分担執筆) ダイナミックメディスン5; 強皮症, 19: p.84-87. 近藤啓文 (内), 監修 下条文武, 斎藤 康, 西村書店, 新潟, 2003発行.

620158. [教科書] (分担執筆) ダイナミックメディスン5; CREST症候群, 19: p.88-89. 近藤啓文 (内), 監修 下条文武, 斎藤 康, 西村書店, 新潟, 2003発行.

620159. [教科書] (分担執筆) ダイナミックメディシン5; 好酸球性筋膜炎, 19: p.90. 近藤啓文, 石川 章 (内), 監修 下条文武, 斎藤 康, 西村書店, 新潟, 2003発行.

620160. [教科書] (分担執筆) 喘息, アレルギー, リウマチ疾患 治療薬ハンドブック; 全身性強皮症 (SSc), p.125-134, 近藤啓文, 遠藤平仁 (内), 編集 伊賀立二他, メディカルビュー社, 東京, 2003/10発行.

620161. [概説書] (分担執筆) NSADの一般的な副作用について教えてください; COX-2阻害薬Q&A, p.90-91. 近藤啓文 (内), 編集 川合眞一, 医薬ジャーナル, 大阪, 2003/12発行.

620162. [概説書] (分担執筆) 今日の治療指針; 全身性硬化症 (強皮症), p.571-572, 近藤啓文 (内), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医薬書院, 東京, 2004/1発行.

620163. [概説書] (分担執筆) 混合性結合組織病; 外来診療のすべて 改訂第3版, p.894-895, 近藤啓文, 石川 章 (内), 監修 高久史麿, メディカルビュー, 東京, 2003/4発行.

620164. [その他] (分担執筆) Medical Tribune; アトピー性皮膚炎のツベルクリン反応試験に対する影響, 36 (46): p.65, 樋川志織 (健康管理センター). メディカルトリビューン, 東京, 2003/11/13発行.

[学会・研究会等]

713070. [学会 (国際)] (一般講演) Triangularis Sterni muscle function in humans. 横場正典1, (Harvey G Hawes2), 生井世雄1, 小林千里1, 片桐真人3, 阿部 直4, Paul A Easton2 (1内. 2カルガリー大. 3医衛. 4医学教育): 107th ALA/ATS international conference (2003/5/19), Seattle, U.S.A. Am J Respir Crit Care Med., 167 (7): 417, 2003.

713071. [学会 (国際)] (一般講演) Inhaled Salmeterol increases parasternal EMG activity in awake canines. Harvey G Hawes2, 横場正典1, Paul A Easton2 (1内. 2カルガリー大): 107th ALA/ATS international conference (2003/5/19), Seattle, U.S.A. Am J Respir Crit Care Med., 167 (7): 413, 2003.

713072. [学会 (国際)] (一般講演) Anti-MBPR2 antibody in patients with pulmonary hypertension. 岡田 純, 石川 章, 近藤啓文 (内): American College of Rheumatology 67th Annual Scientific Meeting (2003/10/23-28), Orland.

713073. [学会 (国際)] (一般講演) Association between peripheral newropathy and circulating level of eosinaphil derived neurotoxin in Chary-Strauss syndrome. 田中住明, 近藤啓文 (内): American College of Rheumatology 67th Annual Scientific Meeting (2003/10/23-28), Orland.

713074. [学会 (国際)] (ポスター) Inhaled salmeterol increases parasternal EMG activity. 横場正典1, Harvey G Hawes2, 片桐真人3, 阿部 直4, Paul A Easton2 (1内. 2カルガリー大. 3医衛. 4医学教育): 13th European Respiratory Society Annual Congress (2003/9/30), Vienna, Austria. Eur Resp J, 22 (Suppl. 45): 469s, P2965, 2003.

713075. [学会 (国際)] (ポスター) Salbutamol effects on parasternal intercostal activity at maximum sniff in humans. 横場正典1, 片桐真人2, 生井世雄1, 小林千里1, 益田典幸1, Harvey G Hawes3, Paul A Easton3, 阿部 直4, (1内. 2医衛. 3カルガリー大. 4医学教育): 13th European Respiratory Society Annual Congress(2003/9/30), Vienna, Austria. Eur Resp J, 22 (Suppl. 45): 469s, P2966, 2003.

713076. [学会 (国際)] (ポスター) Inhaled Salmeterol increases parasternal EMG activity. Harvey G. Hawes1, 横場正典2, 片桐真人3, 阿部 直4, Malcom Johnson, Paul A. Easton1 (1カルガリー大. 2内. 3医衛. 4医学教育): European Respiratory Journal (2003/9/30), Vienna Austria.

713077. [学会 (国際)] (ポスター) Salbutamol effects on parasternal activity at maximum sniff in humans. 片桐真人1, 横場正典2, 生井世雄2, 小林千里2, 益田典幸2, Harvey G. Hawes3, Paul A. Easton3, 阿部 直4, (1医衛. 2内. 3カルガリー大. 4医学教育): European Respiratory Journal (2003/9/30), Vienna Austria.

713078. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical, serological, and immunogenetic features in 120 Japanese patients with idiopathic in flammatory myopathy. T. Furuya, S. Kotake, M. Hakoda, M. Ichikawa, Y. Nanke, M. Takeuchi, M. Nishinarita, 近藤啓文1, 他 (1内): American College of Rheumatology 67th Annual Scientific Meeting (2003/10/23-28), Orland.

722040. [学会 (全国)] (シンポジウム) FK506 (タクロリムス) の有用性. 近藤啓文 (内): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/25), 東京.

722041. [学会 (全国)] (シンポジウム) 膠原病性肺高血圧症治療の進歩「膠原病の新しい展開」. 近藤啓文, 田中住明, 岡田 純 (内): 第15回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2003/5/12-14), 横浜.

722042. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「スポンサードシンポジウム膠原病に伴う肺高血圧症」 膠原病に伴う肺高血圧症に対するプロスタサイクリン製剤による治療. 田中住明, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第18回日本臨床リウマチ学会 (2003/10/2-3), 札幌.

722043. [学会 (全国)] (シンポジウム) 全身性強皮症の皮膚線維化, 肺線維症とプロスノイド受容体, リウマチ性疾患の病因と治療の新展開. 遠藤平仁 (内): 第13回日本リウマチ学会 (2003/19/6), 大阪.

722044. [学会 (全国)] (シンポジウム) 自己免疫疾患の薬物治療における最近の進歩; 新しい免疫抑制薬. 近藤啓文 (内): 第53回日本アレルギー学会 (2003/10/23-25), 岐阜.

723227. [学会 (全国)] (ワークショップ) Leflunomide (HWA486) の第・相用量反応性試験. 市川陽一1, 鎌谷直之, 後藤 眞, 近藤啓文1, 斎藤輝信1, 鈴木康夫1, 鳥飼勝隆, 橋本博史, 宮坂信之, 山中 寿, 山本一彦, 深尾 彰, 水島 裕 (1内): 第47回日本リウマチ学会 (2003/4/24), 東京. リウマチ43.

723228. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗U1RNP抗体陽性肺高血圧症におけるBMP受容体の関与. 岡田 純1, 石川 章1, 坂井美保1, 北里英郎2, 近藤啓文1 (1内. 2微・寄): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/24), 東京. リウマチ43.

723229. [学会 (全国)] (ワークショップ) MPO-ANCA陽性microscopic polyangiitis (MPA) における血清中α-defensinsの検討. 田中住明1, 赤星 透2, 近藤啓文1 (1内. 2臨検学): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/24), 東京. リウマチ43.

723230. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗リン脂質抗体症候群における性差と臓器病変. 岡田 純, 坂井美保, 石川 章, 近藤啓文 (内): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/24), 東京. リウマチ43.

723231. [学会 (全国)] (ワークショップ) 膠原病患者におけるperindoprilによる血管内皮細胞障害保護作用の検討. 石川 章, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/25), 東京. リウマチ43.

723232. [学会 (全国)] (ワークショップ) 皮膚筋炎に合併した微小血管障害性溶血性貧血の2症例の検討. 内山真主美, 鈴木園子, 飯塚進子, 吉田 秀, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 鈴木康夫, 近藤啓文 (内): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/25), 東京. リウマチ43.

723233. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗リウマチ薬の脂質代謝に及ぼす影響. 渡部洋行, 近藤啓文1, 赤星 透2 (1内. 2臨検学): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/25), 東京. リウマチ43.

723234. [学会 (全国)] (ワークショップ) 関節リウマチとLipoxinA4 (・): 滑膜病変からの産生と受容体発現の解析. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 村上洋介2, 北里英郎2, 河野 静1, 西村明人3, 占部 憲3, 糸満盛憲3, 近藤啓文1 (1内. 2微・寄. 3整外): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/26), 東京. リウマチ43.

723235. [学会 (全国)] (ワークショップ) 関節リウマチとLipoxinA4 (・): 制御機序とその役割の解析. 橋本 篤1, 遠藤平仁1, 田中住明1, 河野 静1, 村上洋介2, 北里英郎2, 近藤啓文1 (1内. 2微・寄): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/26), 東京. リウマチ43.

723236. [学会 (全国)] (ワークショップ) プレオマイシン投与マウス皮膚硬化モデルにおけるPGJ2の効果. 河野 静1, 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 村上洋介2, 北里英郎2, 近藤啓文1 (1内. 2微・寄): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/26), 東京. リウマチ43.

723237. [学会 (全国)] (ワークショップ) リウマトイド血管炎による皮膚潰瘍を合併した関節リウマチの解析. 吉田 秀, 遠藤平仁, 橋本 篤, 河野 静, 近藤啓文 (内): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/26), 東京. リウマチ43.

723238. [学会 (全国)] (一般講演) アトピー性皮膚炎のツベルクリン反応試験に対する影響. 樋川志織, 矢那瀬信雄, 岡田 純 (内・健康管理センター): 日本感染症学会 (2003/4/18), 福岡.

723239. [学会 (全国)] (一般講演) 人間ドック受診者における便中H. pylori 抗原測定の検討. 奥野順子, 樋川志織, 松田唯史, 山辺さをり, 岡田 純 (健康管理センター): 日本総合健診学会 (2004/1/30), 東京.

723240. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で経験したAIDS関連悪性リンパ腫4例の検討. 石川 章1, 岡田 純1, 近藤啓文1, 高山陽子2, 砂川慶介2 (1内. 2感染症): 第77回日本感染症学会 (2003/4), 福岡.

723241. [学会 (全国)] (一般講演) Salbutamol投与による最大Sniff鼻腔内圧と傍胸骨肋間筋の筋活動の変化. 横場正典1, 片桐真人2, 小林千里1, 山本倫子1, 井川 聡1, 矢内原智子1, 今崎貴生1, 高田信和2, 矢那瀬信雄1, 阿部 直3, 益田典幸1 (1内. 2医衛. 3医学教育): 第44回日本呼吸器学会学術講演会 (2004/4/1), 東京. 日本呼吸器学会雑誌, 42: 227, 2004.

723242. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチにおけるリポキシンA4の産成と抗炎症作用に関する検討. 遠藤平仁, 橋本 篤, 近藤啓文 (内): 第15回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2003/5/12-14), 横浜

723243. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ滑膜病変におけるリポキシゲナーゼ系の解析. 遠藤平仁, 橋本 篤, 近藤啓文 (内): 第31回日本臨床免疫学会 (2003/10/9-10/10), 東京.

723244. [学会 (全国)] (一般講演) ブレオマイシン投与強皮症様皮膚硬化モデルにおけるPGJ2の効果. 河野 静1, 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 村上洋介2, 北里英郎2, 林 泉3, 川合眞一, 近藤啓文1 (1内. 2微・寄. 3薬理): 第24回日本炎症・再生医学会 (2003/11/26-27), 京都.

723245. [学会 (全国)] (一般講演) レトロウィルスを用いたプロスタグランジンD2合成酵素の発現によるブレオマイシン誘発実験的肺線維症モデルの抑制. 安藤みゆき1, 林 泉2, 村上洋介3, 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 近藤啓文1, 馬嶋正隆2, 小島史章, 川合眞一, 北里英郎3 (1内. 2薬理. 3微・寄): 第24回日本炎症・再生医学会 (2003/11/26-27), 京都.

723246. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ関節病変におけるLipoxin A4の解析. 橋本 篤1, 遠藤平仁1, 河野 静1, 村上洋介2, 北里英郎2, 林 泉3, 近藤啓文1 (1内. 2微・寄. 3薬理): 第24回日本炎症・再生医学会 (2003/11/26-27), 京都.

723247. [学会 (全国)] (一般講演) 全身血栓症を呈し, 血中ECP濃度が高値であった好酸球増多症候群の1例. 飯塚進子, 西 正大, 田中住明1, 橋本 篤1, 石川 享, 遠藤平仁1, 岡田 純1, 近藤啓文1 (1内): 第53回日本アレルギー学会 (2003/10/23-25), 岐阜.

723248. [学会 (全国)] (一般講演) マウス皮膚硬化モデルのおけるPPARγアゴニストの肥満細胞に及ぼす効果. 遠藤平仁, 橋本 篤, 近藤啓文 (内): 第53回日本アレルギー学会 (2003/10/23-25), 岐阜.

723249. [学会 (全国)] (一般講演) アトピー性皮膚炎のツベルクリン反応試験に対する影響. 樋川志織, 矢那瀬信雄, 岡田 純 (内): 第77回日本感染症学会 (2003/4/18), 福岡.

723250. [学会 (全国)] (ポスター) SLEの各種病態に対するシクロホスファミドパルス (Cy) 療法の有用性の検討. 坂井美保, 吉田 秀, 鈴木園子, 石川 章, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/24), 東京. リウマチ43.

723251. [学会 (全国)] (ポスター) Atypical Cogan症候群の1例. 吉田 秀, 石川 章, 渡部洋行, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第18回日本臨床リウマチ学会 (2003/10/2-3), 札幌.

723252. [学会 (全国)] (公開講座) 新しい抗炎症薬COX-2阻害薬の特徴と有用性. 近藤啓文 (内): 第47回日本リウマチ学会総会 (2003/4/26), 東京. リウマチ43.

731023. [学会 (地方)] (特別講演) 関節リウマチの新規治療薬の利点と問題点. 近藤啓文 (内): 第27回九州リウマチ学会 (2004/2/28), 長崎.

731024. [研究会] (特別講演) 混合性結合組織病の診断と治療の考え方. 近藤啓文 (内): 第28回広島膠原病症例検討会 (2003/5/15), 広島.

731025. [研究会] (特別講演) 混合性結合組織病 (MCTD) に関する最新の知見. 近藤啓文 (内): 第13回千葉膠原病セミナー (2003/10/4), 千葉市.

731026. [研究会] (教育講演) 混合性結合組織病に関する最新の知見. 近藤啓文 (内): ステロイド治療研究会 (2003/11/15), 東京.

732015. [研究会] (招待された講演) 呼吸管理に必要な胸部レントゲン写真の読み方. 高田信和 (内): 神奈川県臨床工学技士会 人工呼吸器セミナー (2004/2/29), 横浜. 人工呼吸器セミナーテキスト, 2: 1-10, 2004.

733159. [学会 (地方)] (ワークショップ) RA疾患修飾薬としてのステロイド薬. 近藤啓文 (内): 第14回日本リウマチ学会関東地方会 (2003/12/6), さいたま市.

733160. [学会 (地方)] (一般講演) 強皮症の難治性消化管病変の管理. 遠藤平仁, 橋本 篤, 河野 静, 吉田 秀, 飯塚進子, 坂井美保, 原嶋真主美, 田中住明, 石川 章, 近藤啓文 (内): 第14回日本リウマチ学会関東地方 (2003/12/3), さいたま市.

733161. [学会 (地方)] (一般講演) 偽性腸閉塞症を合併した著しい皮下石灰化症を伴うMCTDの1例. 飯塚進子, 坂井美保, 吉田 秀, 橋本 篤, 河野 静, 原嶋真主美, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第14回日本リウマチ学会関東地方会 (2003/12/6), さいたま市.

733162. [学会 (地方)] (一般講演) 家庭用24時間風呂が感染源と考えられるレジオネラ肺炎の1成人例. 石川 章1, 遠藤平仁1, 岡田 純1, 高山陽子2, 砂川慶介2, 近藤啓文1 (1内. 2感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会 (2003/10/30-31), 横浜.

733163. [研究会] (一般講演) Salbutamol投与による最大Sniff鼻腔内圧と傍胸骨肋間筋の筋活動の変化. 横場正典 (内): 第11回北里胸部疾患研究会 (2004/3/13), 神奈川. 抄録集, p.2, 2004.

733164. [研究会] (一般講演) 抗真菌薬の併用療法が有効と考えられたWegner肉芽腫の一例. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 近藤啓文1, 阿部美智子, 久米 光2 (1内. 2病理): 第5回真菌フォーラム (2004/1/31), 東京.

733165. [研究会] (一般講演) 関節リウマチ滑膜病変におけるLTB4受容体サブタイプの発現. 橋本 篤1, 遠藤平仁1, 村上洋介2, 林 泉3, 北里英郎2 (1内. 2微・寄. 3薬理): 東京プロスタノイド研究会 (2003/11/22) 東京.

733166. [研究会] (一般講演) 横紋筋肉腫の一例. 今崎貴生 (内): 第90回神奈川呼吸器研究会 (2003/6/13), 横浜.

733167. [研究会] (一般講演) 肺野に複数の結節影と中間幹にEndobronchial tumorを認めたAdenosquamous cell carcinomaの1手術例. 横場正典1, 生井世雄1, 山本博之2, 本間和夫2, 谷村繁雄2, 相田芳夫2 (1内. 2相模原協同病院): 第91回神奈川呼吸器研究会 (2003/11/14), 横浜. 抄録集, p.3, 2003.

733168. [研究会] (一般講演) 肺硝子化肉芽腫の1例. 山本倫子, 今崎貴生 (内): 第91回 神奈川呼吸器研究会(2003/11/14), 横浜.

733169. [研究会] (一般講演) ヒト胸横筋の姿勢に関する活動と呼吸に関する活動の相互作用. 小林千里1, 阿部 直2, 生井世雄1, 横場正典1, 片桐真人3, 斉藤 菜, 安藤みゆき1, 小野田清香, 田中直彦1, 久保田 勝, 小林弘祐3, 益田典幸1 (1内. 2医学教育. 3医衛): 第11回北里胸部疾患研究会 (2004/3/13), 相模原. 抄録集, p.2, 2004.

733170. [研究会] (一般講演) イレッサについて. 矢内原智子, 益田典幸 (内): 北里腫瘍フォーラム (2004/1/30), 北里.

733171. [研究会] (公開講座) 関節リウマチの薬物療法. 遠藤平仁 (内): 相模原医薬学セミナー後援会 (2003/9/26), 相模原.

733172. [研究会] (一般講演) ペニシリン耐性肺炎球菌 (PRSP) 敗血症を合併して重症Overlap (SLE-DM) 症候群の1例. 坂井美保, 近藤啓文 (内): 第10回県央・県西地区感染症フォーラム (2003/5/9), 相模原.

733173. [研究会] (一般講演) 最近経験した敗血症合併SLEの4例. 飯塚進子, 石川 章, 坂井美保, 河野 静, 橋本 篤, 吉田 秀, 渡部洋行, 原嶋真主美. 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 48回神奈川リウマチ医会 (2003/7/12), 横浜.

733174. [研究会] (一般講演) 前立腺炎で発症し, MRSA感染を契機に増悪し, スティーブンス・ジョンソン症候群様の皮膚粘膜症状を呈したWegener肉芽腫症の1例. 飯塚進子, 石川 章, 坂井美保, 河野 静, 橋本 篤, 吉田 秀, 渡部洋行, 原嶋真主美, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第6回相模原リウマチ研究会 (2003/7/17), 相模原.

733175. [研究会] (一般講演) ミュンヒハウゼン症候群の1例. 吉田 秀, 飯塚進子, 坂井美保, 橋本 篤, 河野 静, 原嶋真主美, 渡部洋行, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 神奈川県内科集談会 (2003/11/15), 横浜.

733176. [研究会] (一般講演) 心筋病変をきたした皮膚筋炎の1例. 橋本 篤, 石川 章, 飯塚進子, 坂井美保, 吉田 秀, 河野 静, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内): 第3回リウマチ性疾患研究会 (2004/1/17), 東京.

733177. [研究会] (一般講演) MPO-ANCA陽性を呈した古典的結節性多発動脈炎の1例. 河野 静, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内): 第7回相模原リウマチ研究会 (2004/1/22), 相模原.

733178. [研究会] (一般講演) 関節リウマチ関節病変におけるリポキシゲナーゼ系生成物受容体の発現とその役割の解析. 遠藤平仁, 橋本 篤, 近藤啓文 (内): 第4回COX2研究会 (2004/2/14), 東京.

733179. [研究会] (一般講演) PPARγを標的とする強皮症マウスモデル治療の試み. 遠藤平仁, 橋本 篤, 河野 静, 近藤啓文 (内): 強皮症研究会 (2004/1/17), 東京.

733180. [研究会] (厚労省研究報告) 13C脂肪酸呼気試験を用いた強皮症腸管病変の評価. 遠藤平仁 (内): 全身性自己免疫疾患における難治性病態の診断法と治療関する研究会班会議 (2004/1/30), 東京.

733181. [研究会] (厚労省研究報告) 消化管病変, 全身性強皮症重症度分類と治療ガイドライン. 遠藤平仁 (内): 強皮症研究会 (2004/1/17), 東京.

733182. [その他] (一般講演) 強皮症について. 近藤啓文 (内): 静岡地区リウマチ教育研修会 (日本リウマチ財団)(2003/11/30), 三島.

733183. [その他] (公開講座) 全身性強皮症・多発性筋炎・皮膚筋炎の最新の治療と日常生活の留意点について. 遠藤平仁 (内): 講演と患者相談 (2004/3/29), 横浜.


<<外科学>>

[学術論文]

110118. [原著] First Drainage Lymph Node(s) in Gastric Cancer: Analysis Based on Topographical Pattern of Lymph Node Metastasis in Patients with pN-1 Stage Tumors. 菊池史郎, A. Kurita, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): Anticancer Res., 23: 601-604, 2003.

110119. [原著] Efficacy of Endoscopic Surveillance of the Upper Gastrointestinal Tract after Distal Gastrectomy for Early Gastric Cancer. 菊池史郎1, 佐藤光史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 嶋尾 仁1, 柿田 章1, 大井田正人2, 西元寺克禮2 (1外. 2内): Hepatogastroenterology, 50: 1704-1707, 2003.

110120. [原著] Factors Associated with pN3-stage Tumors in Advanced Gastric Cancer. 菊池史郎, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 榊原 譲, 柿田 章 (外): Hepatogastroenterology, 50: 1723-1726, 2003.

110121. [原著] Survival after surgical treatment of early gastric cancer: surgical techniques and long-term survival. 菊池史郎, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦, 比企能樹 (外): Langenbeck`s Arch Surg., 389: 69-74, 2004.

110122. [原著] Expression of HER2/new Does not Correlate with survival in Soft Tissue Sarcoma. 佐藤武郎1, M. Peiper, A. Heinecke, D. Zurakowski, C.F. Eisenberger, S. Hosch, W.T. Knoefel, J.R. Izbicki (1外): Onkologie, 26: 268-271, 2003.

110123. [原著] Different apoptotic activity and p21WAF1/CIP1, but not p27KIP1, expression in serrated adenomas as compared with traditional adenomas and hyperplastic polyps of the colorectum. 三富弘之1, 佐田美和2, 小林清典2, 五十嵐正広2, Akio Mori, 金澤秀紀3, 西山保比古3, 大谷剛正3 (1病理. 2内. 3外): J Cancer Res Clin Oncol., 129: 449-455, 2003.

110124. [原著] Unique characterstics of rectal carcinoma cell lines derived from invasive carcinomas in ulcerative colitis patients. Kazuya Yamashita, Shuichi Yasuda, Tatsuru Kuba, 大谷剛正1, Mutsunori Fujiwara, 岡安 勲2 (1外. 2病理): Cancer Sci, 95 (3): 211-217, 2004.

110125. [原著] NF-κB-dependent induction of cyclin D1 by retinoblastoma protein (pRB) family proteins and tumor-derived pRB mutants. 竹林徹朗1, 東 秀明1, Hideki Sudo, 小澤平太1, Etsu Suzuki, Osamu Shirado, Hiroyuki Katoh, Masanori Hatakeyama (1外): Journal of Biological Chemistry, 278 (17): 14897-14905, 2003.

110126. [原著] Thermostability Gradient in the Collagen Triple-Helix Reveals its Multi-Domain Structure. (S. Andrzej, M. Ireneusz, M. Erin, R. Eileen, JB. Raymond), H. Ito, 平井和弥1, A. Adachi, AJ. Sergio, F. Andrzej (1外): J Molecular Biology, 2004 (in press).

110127. [原著] Dendritic cells stimulated with a bacterial product, OK-432, efficiently induce cytotoxic T lymphocytes specific to tumor rejection peptide. 中原さおり1, T. Tsunoda, T. Baba, S. Asabe, H. Tahara (1外): Cancer Res., 63 (14): 4112-4118, 2003.

110128. [原著] Differentiation and Proliferation of Endocrine Cells in the Regenerating Rat Pancreas after 90% Pancreatectomy. 林 京子1, Hidiaki Tamaki, 半田喜美也1, 高橋 毅1, 柿田 章1, 山科正平2 (1外. 2解): Arch Histol Cytol., 66 (2): 163-174, 2003.

110129. [原著] Pharmacokinetics of capecitabine (Xeloda) in Japanese and caucasian patients with breast cancer. B. Reigner, T. Watanabe, J. Schuller, H. Lucraft, Y. Sasaki, J. Bridgewater, T. Saeki, J. McAleer, 蔵並 勝1, C. Poole, M. Kimura, J. Monkhouse, C. Yorulmaz, E. Weidekamm, S. Grange (1外): Cancer Chemother Pharmacol, 52: 193-201, 2003.

110130. [原著] Interleukin-13 gene transfer protects rat livers from antigen-independent injury induced by ischemia and reperfusion. Ke B, Shen XD, Lassman CR, Gao F, 鹿取正道1, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW (1外): Transplantation, 75 (8): 1118-1123, 2003.

110131. [原著] Heavy chain ferritin acts as an antiapoptotic gene that protects livers from ischemia reperfusion injury. 鹿取正道1, Berberat PO, Kaczmarek E, Anselmo D, Lassman C, Ke B, Shen X, Busuttil RW, 山下健一郎1, Csizmadia E, Tyagi S, Otterbein LE, Brouard S, Tobiasch E, Bach FH, Kupiec-Weglinski JW, Soares MP (1外): FASEB J., 17 (12): 1724-1726, 2003.

110132. [原著] Early and late stroke after mitral valve replacement with a mechanical prostehsis: Risk factoranalysis of a 24-year experience. Ko Bando, Junjiro Kobayashi, 平田光博1, 佐藤敏彦2, Kazuo Niwaya, Osamu Tagusari, Satoshi Nakatani, Toshikatsu Yagihara, Soichiro Kitamura (1外. 2衛): The Journal of Thracic and Cardiovascular Surgery, 126 (2): 358-364, 2003.

110133. [原著] Effect of cholecystokinin-A receptor antagonist on the rat pancreas after partial pancreatectomy. 半田喜美也1, 鈴木哲太郎1, 林 京子1, 高橋 毅1, 柿田 章1, 山科正平2 (1外. 2解): Acta Histochemica et Cytochemica, 37 (1): 31-38, 2004.

110134. [原著] Enzyme histochemical analysis of lymphatic vessels in colon carcinoma: Occurrence of lymphangiogenesis within the tumor. 黒山信一1, 小林伸行1, 大部 誠2, 大谷剛正1, 岡安 勲3, 柿田 章1 (1外. 2医衛. 3病理): Hepato-Gastroenterology, (in press) 2003.

110135. [原著] Evaluation of usefulness of tumor budding on the prediction of metastasis to the lung and liver after curative excision of colorectal cancer. 中村隆俊1, 三富弘之2, 大谷剛正1, 菊池史郎1, 佐藤光史1 (1外. 2病理): Hepato-Gastroenterology, (in press) 2003.

110136. [原著] Pyrrolidine dithiocarbamate provides protection against hypothermic preservation and transplantation injury in the rat liver: The role of heme oxygenase-1. 土橋誠一郎1, T. Tamaki2, M. Tanaka2, A. Kawamura2, 海津貴史1, 池田 篤1, 柿田 章1 (1外. 2Sapporo Hokuyu Hospital): Surgery, 133(5): 556-567, 2003.

110137. [原著] Preconditioning with tin-protoporphyrin IX attenuates ischemia/reperfusion injury in the rat kidney. 海津貴史1, T. Tamaki2, M. Tanaka2, Y. Uchida, 土橋誠一郎1, A. Kawamura2, 柿田 章1 (1外. 2Sapporo Hokuyu Hospital): Kidney International, 63: 1393-1403, 2003.

110138. [原著] Induction of specific stress response increases resistance of rat liver allografts to cold ischemia and reperfusion injury. Y. Uchida1, T. Tamaki2, M. Tanaka2, 海津貴史1, 土橋誠一郎1, A. Kawamura2, 柿田 章1 (1外. 2Sapporo Hokuyu Hospital): Transpl Int, 16: 396-404, 2003.

110139. [原著] Involvement of thromboxane derived from cyclooxygenase-1 and -2 in hepatic Microcirculatory dysfunction during endotoxemia in MICE. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, Makoto Suematsu3, 山科正平4, Takahiko Murata5, Shuh Narumiya5, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3慶応大. 4解. 5京都大): Hepatology, 39 (1): 139-149, 2004.

120028. [原著] 小児外科手術におけるプロトラクターの有用性について. 小高哲郎1, 金森 豊1, 田仲裕次郎1, 伊東充宏1, 杉山正彦1, 田中 潔2, 橋都浩平1 (1東京大. 2外): 日本小児外科学会雑誌, 39 (2): 163-167, 2003.

120029. [原著] 腹腔鏡下手術における血栓予防としての高濃度ヘパリンの有用性. 古田一徳, 土橋誠一郎, 根本祐太 (外): 北里医学, 33: 17-24, 2004.

120030. [原著] 肝切除周術期における血清ヒアルロン酸および血清α1-アンチトリプシンの変動の意義−術後合併症との関連−. 木村 徹, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 日消外会誌, 37 (1): 21-30, 2004.

120031. [原著] 当院で施行された胸腔鏡手術例の検討. 神谷紀輝, 八十川要平, 西 八嗣, 竹田 潤, 近藤康史, 岸本一郎1, 櫻井雅之1, 升水康二, 森谷宏光, 山梨真里2 (1外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 埼玉県医学会雑誌, 38 (3): 264-265, 2003.

220015. [準原著] 腹腔鏡補助下大腸亜全摘 回腸嚢肛門管吻合術のコツ. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 臨床外科 58 (4): 513-518, 2003.

220016. [準原著] 消化器吻合術後における腹腔内ドレナージ−膵頭十二指腸切除後の膵腸吻合を中心に−. 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 島田 謙, 板橋浩一, 星野弘樹, 鹿取正道 (外): 日本腹部救急医学会雑誌, 23 (7): 1033-1037, 2003.

220017. [準原著] 当院における小腸悪性腫瘍手術症例の検討. 中熊尊士1, 上野聡一郎, 宮内邦浩, 平野 進, 小八木紳一, 川崎徳仁2, 二渡信江1, 中村秀夫 (1外. 2上尾中央総合病院): 埼玉県医学会雑誌, 38 (3): 279-281, 2003.

310006. [症例報告] Fibrosing cholestatic hepatitis in a liver transplant recipient with hepatitis C virus infection. 古田一徳, 高橋 毅, 朝長哲弥, 石田和夫, 星野弘樹, Kazunori Aso, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): Transplant Proc eedings, 35: 389-391, 2003.

310007. [症例報告] Multifocal granular cell tumors of the gastrointestinal tract: Immunohistochemical findings compared with those of solitary Tumors. 三富弘之1, 松本 豊2, Akio Mori1, Nobuyasu Arai2, Keita Ishii2, 田辺 聡3, 小林清典3, 佐田美和3, Hiroyoshi Mieno3 (1国立相模原病院. 2津久井赤十字病院. 3内): Pathology International, 54: 47-51, 2004.

320043. [症例報告] 急速に進行した膵内分泌癌の一例. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 膵臓学会誌 (in press) 2003.

320044. [症例報告] 奇形腫を伴ったhuman tail (true tail) の1例. 川島憲子1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 田中 潔2, 森川信行1, 北野良博1, 松田博光 (1国立成育医療センター. 2外): 日本小児外科学会雑誌, 40 (1): 37-42, 2004.

320045. [症例報告] 長期にわたりコントロール良好な有症状多発骨転移の一症例. 仙石紀彦, 蔵並 勝, 越田佳朋, 石田和夫 (外): herapiv Research, 24: 1940-1944, 2003.

320046. [症例報告] 誤嚥したバターナイフによる胃穿孔の1手術例. 小坂愉賢, 雨宮明文1, 木村 徹1, 西山保比古1, 金田悟郎1, 高橋俊毅1 (1外): 日臨外会誌, 64: 1370-1373, 2003.

320047. [症例報告] 超高齢者の原発性小腸軸捻転症の2例. 松澤克典1, 笹本信幸2, 松澤信五1, 関根智久3, 板橋浩一2, 柿田 章2 (1至誠堂総合病院. 2外. 3高野せきね外科眼科クリニック): 日本消化器外科学会雑誌, 36 (5): 417-421, 2003.

320048. [症例報告] 腰椎固定手術後, 腹痛とイレウス様症状を呈した1症例. 久木田和丘1, 中尾康夫1, 沼澤理絵1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外): 臨床透析, 19 (3): 333-338, 2003.

320049. [症例報告] 75歳以上の高齢者ドナーからの生体腎移植. 田中三津子2, 玉置 透2, 池田 篤1, 後藤順一2, 村井紀元2, 土橋誠一郎1, 増子佳弘2, 飯田潤一2, 堀江 卓2, 久木田和丘2, 目黒順一2, 米川元樹2, 川村明夫2 (1外. 2札幌北楡病院): 移植, 38 (3): 209-215, 2003.

320050. [症例報告] 腎不全患者に合併した肺癌症例の検討. 増子佳弘1, 久木田和丘1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外): 腎と透析, 54 (別冊): 58-60, 2003.

320051. [症例報告] 大量出血をきたし緊急腹腔鏡下手術で救命しえた空腸pyogenic granuloma の1例. 中村隆俊1, 三富弘之2, 大谷剛正1, 國場幸均1, 井原 厚1, 佐藤武郎1, 根本一彦1, 佐田美和3, 佐藤光史1 (1外. 2病理. 3内): 日本大腸肛門病学会会誌, 59 (1): 39-42, 2004.

520122. [総説] コンビネーションアプローチによる腹腔鏡下大腸手術. 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 佐藤光史 (外): 手術, 58 (3): 395-402, 2004.

520123. [総説] 腹腔鏡補助下大腸亜全摘. 回腸嚢肛門管吻合術のコツ. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 臨床外科, 58 (4): 513-518, 2003.

520124. [総説] 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡補助下手術. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 柿田 章 (外): 手術, 57 (10): 1223-1228, 2003.

520125. [総説] 腎保存の現況: 常温下灌流による腎保存, およびConditioningと機能判定. 川村明夫1, 池田 篤2, 目黒順一1, 久木田和丘1, 玉置 透1, 米川元樹1, (1札幌北楡病院. 2外): 低温医学, 29 (2): 29-31, 2003.

520126. [総説] シャッター型ダブルルーメンカテーテルの開発. 米川元樹1, 久木田和丘1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外): ICUとCCU, 27 (別冊): S192-S193, 2003.

520127. [総説] 腹腔鏡下大腸癌手術−腹腔鏡補助下直腸切除術. 渡邊昌彦 (外): 外科治療, 90 (Suppl.): 515-520, 2004.

520128. [総説] クローン病に対する腹腔鏡下手術. 渡邊昌彦 (外): 消化器病セミナー, 94: 165-175, 2004.

520129. [総説] 逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術−Toupet法, Dor法. 片田夏也 (外): 消化器内視鏡, 15 (12): 1745-1751, 2003.

520130. [総説] 特集: 癌の内視鏡手術up to date 大腸癌. 國場幸均, 渡邊昌彦, 大谷剛正, 井原 厚, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎 (外): Pharma Medica, 22 (3): 43-46, 2004.

520131. [総説] 吻合部潰瘍の病態と治療. 黒田達夫1, 本名敏郎1, 田中 潔2, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1, 佐伯守洋1 (1国立成育医療センター. 2外): 小児外科, 35 (12): 1499-1504, 2003.

520132. [総説] 新しい分子標的治療薬: Herceptin. 蔵並 勝, 越田佳朋, 仙石紀彦, 渡邊昌彦 (外): 北里医学, 33: 170-177, 2003.

520133. [総説] テンポラリーブラッドアクセスとしてのダブルルーメンカテーテル (DLC) の役割と改良. 久木田和丘1, 米川元樹1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外): 医工学治療, 15 (3): 144-146, 2003.

520134. [総説] ラット肝虚血再灌流傷害に対するatrial naturiuretic peptide (ANP) の効果. 池田 篤1, 玉置 透2, 江川宏寿2, 増子佳弘2, 田中三津子2, 宮下麻美子2, 川村明夫2 (1外. 2札幌北楡病院): 札医通信, 増刊No.217, 第28回札幌市医師会医学会誌, 247-248, 2003.

520135. [総説] Cryofiltrationによる免疫調節. 川村明夫1, 飯田潤一1, 今村恵美1, 池田 篤2, 江川宏寿1, 津田一郎1 (1札幌北楡病院. 2外): ICUとCCU, 27 (12): 1027-1031, 2003.

[著 書]

620165. [学術書] (分担執筆) 専門医をめざすための経験すべき鏡視下消化器手術; 経験すべき鏡視下消化器手術−潰瘍性大腸炎−, p.104-113. 大谷剛正 (外), 編集 跡見 裕 (杏林大), 上西紀夫 (東京大), 杉原健一 (東京医歯大), メジカルビュー社, 東京, 2003発行.

620166. [学術書] (分担執筆) Medicina; 内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) の安全性, 40 (9): 1511-1514. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 黒山信一 (外), 2003発行.

620167. [その他の著書] (分担執筆) メディチーナ 臨床研修コアスキル; 創部消毒とガーゼ交換, 包帯法, p.423-427. 池永 誠1, 田所文彦2, 西 八嗣2 (1済生会向島病院. 2外): 編集 medicina編集委員会, 医学書院, 東京, 2003/11/30発行.

620168. [その他の著書] (分担執筆) 乳腺・甲状腺外科 Practical Discussion 13: 乳癌臨床におけるセーフテイーマネージメント−診断から治療まで; 乳癌と鑑別が困難であった肉芽腫性乳腺炎の検討, p.21-26. 仙石紀彦, 蔵並 勝, 越田佳朋, 石田和夫, 柿田 章 (外), 編集 神奈川乳腺甲状腺外科研究会, インターメルク, 東京, 2004/3/13発行.

[学会・研究会等]

711002. [学会 (国際)] (特別講演) Duodenum preserving pancreatic head resection (DPPHR) for intrapapillary mucinous tumor (IPMT). 佐藤光史, 板橋浩一, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀 (外): 20th-PPSA, JP (2003/10/31), Guam.USA. Abst. of 20th-PPSA JP, p.35, 2003.

713079. [研究会 (国際)] (ワークショップ) Endoscopic and surgical treatments; Japan case. 片田夏也 (外): Europe / Japan GERD Expert Meeting (2003/9/22), London, UK.

713080. [学会 (国際)] (一般講演) Neoadjuvant chemotherapy of CPT-11, 5-fluorouracil and Leucovorin for Advanced Rectal Cancer. 渡邊昌彦1, Hirotoshi Hasegawa2, Hideki Nishibori2, Yoshiyuki Ishii2, Hiroki Ochiai2, Makio Mukai2, Masaki Kitajima2 (1外. 2慶応大): 15th International Congress on Anti-Cancer Treatment (2004/2/12), Paris. 15th International Congress on Anti-Cancer Treatment, p.262, 2004.

713081. [学会 (国際)] (一般講演) Super-cooling preservation under high-pressure of rat livers. 上野琢哉, 大村孝志, 松本春美, 高橋禎人, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 第5回世界肝膵胆道学会欧州学術大 (2003/5/28-31), イスタンブール・トルコ.

713082. [学会 (国際)] (一般講演) Focal segmental glomerulosclerosis in patients with complete deletion of one WT1 gene allele (WAGR syndrome). Kazumoto Iijima1, Rika Fujimaru1, Jun Inatomi1, Teruaki Suzuki1, Kentaro Matuoka1, Jun Miyauchi1, 田中 潔1,2, Satoshi Sasaki3 (1国立成育医療センター. 2外. 3北海道大): 36th Annual Meeting of American Society of Nephrology (2003/11/12-17), San Diego, USA.

713083. [学会 (国際)] (一般講演) Surgical manifestations and problems of HSAN-IV. 田中 潔1,2, Tosiro Honna1 (1国立成育医療センター. 2外): International Symposium on CIPA 2003 (2003/11/23-24), Tokyo. International Symposium on CIPA 2003 Program and Abstracts, p.42, 2003.

713084. [学会 (国際)] (一般講演) Indications for and Outcomes of Mitral Valve Repair or Valve Replacement in Patients Aged 60 Years or Older: A Single Institutional Study of a 25-year Experience. 平田光博1,2, Ko Bando1, Junjiro Kobayashi1, Kazuo Niwaya1, Osamu Tagusari1, Hiroyuki Nakajima1, Toshikatsu Yagihara1, Soichiro Kitamura1 (1National Cardiovascular Center. 2外): The Soceiety for Heart Valve Disease 2nd Biennial Meeting(2003/6/1), Paris France.

713085. [学会 (国際)] (一般講演) Late stroke after mitral valve repair or valve replacement: risk factor analysis of A 25-year experience. K. Bando1, J. Kobayashi1, 平田光博1, K. Niwaya2, O. Tagusari2, H. Nakajima2, T. Yagihara2, S. Kitamura2 (1外. 2National Cardiovascular Center): 2nd. The EACTS (European association for Cardio-thoracic Surgery) / ESTS Joint Meeting (2003/10/12-15): Vienna Austria.

713086. [学会 (国際)] (一般演題) Role of endogenous thromboxane in hepatic microcirculatory dysfunction during endotoxemia in mice. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 林 泉2, Makoto Suematsu3, 成宮 周4, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3慶応大. 4京都大): 第17回慶応大学国際シンポジウム (2003/12), 東京.

713087. [学会 (国際)] (ポスター) The Laparoscopic Combination Approach For Colon Cancer. 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): SAGES (Denver, Colorado. Sages 2004 Final Program p.134.

713088. [学会 (国際)] (ポスター) Evaluation of the usefulness of tumor budding on the prediction of metastasis to the lung and liver after curative excision of colorectal cancer. 中村隆俊1, 三富弘之2, 菊池史郎1, 大谷剛正1 (1外. 2病理): 13th world congress of IASG (2003/12/4), ポルトガル.

721004. [学会 (全国)] (特別講演) Barrett食道の病態. 片田夏也 (外): 第65回日本消化器内視鏡学会ランチョンセミナー (2003/5/30), 福岡.

721005. [学会 (全国)] (特別講演) 上部胃癌に対する手術術式の検討. 菊池史郎 (外): 第65回日本臨床外科学会総会, イブニングプログラム (2003/11/13), 福岡.

721006. [学会 (全国)] (特別講演) 大腸癌に対する内視鏡外科. 渡邊昌彦 (外): 2003年度後期 日本消化器外科学会教育集会 (2004/2/1), 浜松. 日本消化器外科学会教育集会誌, p.131-138, 2004.

721007. [学会 (全国)] (特別講演) 腹腔鏡下大腸手術におけるアプローチ法の工夫−より安全な剥離・授動を目指して−. 國場幸均 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会ランチョンセミナー (2003/11/7), 名古屋.

721008. [学会 (全国)] (特別講演) 安全に腹腔鏡下大腸手術を行うために−コツと問題点を語り合う−. 國場幸均 (外): 第16回日本内視鏡外科学会総会ランチョンセミナー (2003/12/4-5), 岡山.

722045. [学会 (全国)] (招待講演) 固形腫瘍治療後の二次がん症例の経験: 成育医療としての小児がん治療. 黒田達夫1, 本名敏郎1, 田中 潔1,2, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1, 恒松由記子1, 熊谷昌明1, 正木英一1, 宮内 潤1, 松岡健太郎1, 佐伯守洋1 (1国立成育医療センター. 2外): 第19回日本小児がん学会総会 (2003/11/27-28), 東京. 小児がん, 40 (3): 373, 2003.

722046. [学会 (全国)] (招待された講演:ビデオパネルディスカッション): 腹腔鏡下手術導入による潰瘍性大腸炎手術適応と術式の変化. 大谷剛正, 根本一彦, 佐藤武郎, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤光史 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/8), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9): 492, 2003.

722047. [学会 (全国)] (シンポジウム) 当院における食道閉鎖症long gap症例の検討. 森川信行1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔1,2, 北野良博1, 渕本康史1 (1国立成育医療センター. 2外): 第19回日本小児外科学会秋季シンポジウム (2003/11/22), 兵庫. 日本小児外科学会雑誌, 398 (6): 734, 2003.

722048. [学会 (全国)] (シンポジウム) 上部胃癌に対する噴門側胃切除, 食道残胃吻合術. 菊池史郎, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): 第28回日本外科系連合学会学術集会 (2003/6), 東京.

722049. [学会 (全国)] (シンポジウム) 術後吻合部合併症 (気管食道瘻再発を除く) に対する再手術. 田中 潔1,2, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1 (1国立成育医療センター. 2外): 第19回日本小児外科学会秋季シンポジウム (2003/11/22), 兵庫. 日本小児外科学会雑誌, 39 (6): 728, 2003.

723253. [学会 (全国)] (パネルデイスカッション) 成人小児の胃食道逆流症に対する逆流防止手術. 片田夏也, 小林伸行, 桜本信一, 中原さおり, 黒山信一, 根本祐太, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 石田和夫 (外): 第57回日本食道学会学術集会 (2003/6/28), 京都.

723254. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 大腸疾患領域から見た隣接臓器合併症対策. 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 佐藤武郎, 根本一彦, 井原 厚, 佐藤光史 (外): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/4-5), 岡山. 日本内視鏡外科学会雑誌, 8 (7): 148, 2003.

723255. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 小児悪性腫瘍の集学的治療における放射線治療. 正木英一1, 北村正幸1, 野坂俊介1, 岡田良行1, 堤 義之1, 宮嵜 治1, 宮坂実木子1, 鹿島恭子1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 北野良博1, 森川信行1, 田中 潔1,2 (1国立成育医療センター. 2外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/4-6), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 138, 2003.

723256. [学会 (全国)] (要望演題) 胆嚢, 胆管結石に対する治療方針とその成績. 古田一徳, 星野弘樹, 板橋浩一, 鹿取正道, 高橋禎人, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第39回日本胆道学会学術集会 (2003/9/19), 金沢. 日本胆道学会雑誌, 17 (3): 113, 2003.

723257. [学会 (全国)] (一般講演) Sigmoid typeアカラシア症例に対する腹腔鏡下手術. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 菊池史郎, 嶋尾 仁 (外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/6), 札幌.

723258. [学会 (全国)] (一般講演) 成人小児の胃食道逆流症に対する逆流防止手術の手技と問題点. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 中原さおり, 根本祐太, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 石田和夫 (外): 第58回日本消化器外科学会総会 (2003/7/16), 東京.

723259. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌に対する腹腔鏡下手術の適応と成績. 桜本信一, 黒山信一, 根本祐太, 片田夏也, 菊池史郎, 小林伸行, 嶋尾 仁, 佐藤光史 (外): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/4), 岡山. 日本内視鏡外科学会雑誌, 8 (7): 2003.

723260. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌と他臓器重複癌症例の検討. 小林伸行, 片田夏也, 黒山信一, 根本祐太, 桜本信一, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 柿田 章 (外): 第57回日本食道学会 (2003/6/27), 京都. プログラム・抄録集, p.150, 2003.

723261. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎腹腔鏡下手術の手術適応と評価および手術手技. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 相原成昭, 井原 厚, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/4-6), 北海道. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 295, 2003.

723262. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌に対する鏡視下手術の工夫と手術成績. 國場幸均, 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 井原 厚, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/4-6), 北海道. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 324, 2003.

723263. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌に対する腹腔鏡下手術の郭清・授動の工夫. 國場幸均, 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第58回日本消化器外科学会総会 (2003/7/16), 東京. 日本消化器外科学会雑誌, 36 (7): 285, 2003.

723264. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における高齢者 (75歳以上) 大腸癌手術術式の変遷. 井原 厚, 大谷剛正, 櫻井裕恵, 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 柿田 章 (外): 第58回日本消化器外科学会総会 (2003/716), 東京. 日本消化器外科学会雑誌, 36 (7): 342, 2003.

723265. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における結腸癌手術の推移. 中村隆俊, 大谷剛正, 國場幸均, 根本一彦, 佐藤武郎, 井原 厚 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/8), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9):644, 2003.

723266. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者 (75歳以上) 大腸癌症例の手術術式の変遷. 井原 厚, 佐藤武郎, 根本一彦, 中村隆俊, 國場幸均, 大谷剛正 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/8), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9): 628, 2003.

723267. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における高齢者患者の傾向と治療. 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/8), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9): 628, 2003.

723268. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌への腹腔鏡下combination approach. 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 井原 厚, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田章 (外): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/3), 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (増): 328, 2003.

723269. [学会 (全国)] (一般講演) DukesA, B結腸癌症例の再発因子についての検討. 中村隆俊, 大谷剛正, 國場幸均, 根本一彦, 佐藤武郎, 井原 厚 (外): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/3), 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (増): 423, 2003.

723270. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下内肛門括約筋切除結腸肛門吻合術の手術術式と適応. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 井原 厚 (外): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/4-5), 岡山. 日本内視鏡外科学会雑誌, 8 (7): 243, 2003.

723271. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術 (Lac-APR) の現況. 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/4-5), 岡山. 日本内視鏡外科学会雑誌, 8 (7): 244, 2003.

723272. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除術におけるリンパ節郭清. 大谷剛正, 國場幸均, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 井原 厚, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第28回日本外科系連合学会学術集会 (2003/6/21), 東京. 日本外科系連合学会誌, 28 (3): 475, 2003.

723273. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸手術におけるトレーニング. 國場幸均, 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 佐藤光史, 比企能樹, 柿田 章 (外): 第28回日本外科系連合学会学術集会 (2003/6/20), 東京. 日本外科系連合学会誌, 28 (3): 406, 2003.

723274. [学会 (全国)] (一般講演) 当院に於ける胆管ステントの選択の方針. 星野弘樹1, 板橋浩一1, 鹿取正道1, 島田 謙1, 古田一徳1, 高橋 毅1, 吉田宗紀1, 佐藤光史1, 柿田 章1, 山崎好喜2, 木田芳樹2, 木田光広2 (1外. 2内): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/13), 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (増): 294, 2003.

723275. [学会 (全国)] (一般講演) 進行胆嚢癌のリンパ節郭清の意義と胆道癌取扱い規約の問題点. 吉田宗紀, 柿田 章, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史 (外): 日本肝胆膵外科関連会議・金沢 (2003/5/15), 金沢. プログラム, p.82, 2003.

723276. [学会 (全国)] (一般講演) 肝細胞癌における肝切除術式の検討. 古田一徳, 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章(外): 日本肝胆膵外科関連会議・金沢(2003/5/15), 金沢. プログラム p.251, 2003.

723277. [学会 (全国)] (一般講演) CA19-9, CEAの上昇を伴い術前に診断困難であったenteric cystの1例. 安部美寛, 星野弘樹, 西宮洋史, 三木猛生, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第28回日本外科系連合学会学術集会 (2003/6/20), 東京. 日本外科系連合学会プログラム, p.360, 2003.

723278. [学会 (全国)] (一般講演) 肝門部胆管癌における術式の再検討. 古田一徳, 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第58回日本消化器外科学会 (2003/5/17), 東京. 日本消化器外科学会雑誌, 36: 470, 2003.

723279. [学会 (全国)] (一般講演) 肝門部胆管癌における術式の再検討. 古田一徳, 板橋浩一, 星野弘樹, 高橋禎人, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第39回日本肝臓学会総会 (2003/5/23), 福岡. 肝臓学会雑誌, 44: 233, 2003.

723280. [学会 (全国)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除術後の膵腸吻合における腹腔内ドレナージ. 古田一徳, 板橋浩一, 島田 謙, 高橋禎人, 星野弘樹, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第39回日本腹部救急医学会総会 (2003/4/17), 岩手. 日本腹部救急医学会雑誌, 23 (2):p.252, 2003.

723281. [学会 (全国)] (一般講演) 肝胆膵疾患術後に発症した肝外門脈閉塞の検討. 板橋浩一1, 吉田宗紀1, 磯部義憲2, 星野弘樹1, 島田 謙1, 古田一徳1, 高橋 毅1, 佐藤光史1, 柿田 章1 (1外. 2放): 第39回日本腹部救急医学会総会 (2003/4/18), 岩手. 日本腹部救急医学会雑誌, 23 (2): p.339, 2003.

723282. [学会 (全国)] (一般講演) 進展と予後からみた十二指腸乳頭部癌の治療の選択. 吉田宗紀, 星野弘樹, 柿田 章 (外): 第39回日本胆道学会学術集会 (2003/9/18), 金沢. 日本胆道学会雑誌, 17 (3): 219, 2003.

723283. [学会 (全国)] (一般講演) 他の消化器癌を合併した胆嚢癌の現状と治療の問題点. 鹿取正道, 吉田宗紀, 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第39回日本胆道学会学術集会 (2003/9/19), 金沢. 日本胆道学会雑誌, 17 (3): 158, 2003.

723284. [学会 (全国)] (一般講演) 小児の巨脾に対する腹腔鏡下脾摘出術. 根本昌之, 古田一徳, 中原さおり, 石田和夫, 高橋 毅, 鹿取正道, 星野弘樹, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第16回日本内視鏡外科学会 (2003/12/4), 岡山.

723285. [学会 (全国)] (一般講演) 再発鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術の有用性. 古田一徳, 高橋 毅, 鹿取正道, 高橋禎人, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第16回日本内視鏡外科学会(2003/12/5), 岡山.

723286. [学会 (全国)] (一般講演) 超高齢者の胆嚢, 胆管結石の治療戦略. 古田一徳, 高橋 毅, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第40回日本腹部救急医学会総会 (2004/3/19), 東京. 日本腹部救急医学会雑誌, 20 (2): 294, 2004.

723287. [学会 (全国)] (一般講演) ferritin遺伝子導入による肝虚血再灌流障害の制御. 鹿取正道, 高橋禎人, 高橋 毅, 山下健一郎, JW. Kupiec-Weglinski, 柿田 章 (外): 日本外科学会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会誌, 104 (Suppl.): 368, 2003.

723288. [学会 (全国)] (一般講演) 臓器冷保存におけるHeme Oxygenase-CO系の細胞保護効果 (遺伝子導入の観点から). 鹿取正道, 土橋誠一郎, 高橋禎人, 高橋 毅, 玉置 透, JW. Kupiec-Weglinski, 柿田 章 (外): 日本生物保存生物医学会総会 (2002/5/24), 仙台. Organ Biology, 10 (2): 143, 2003.

723289. [学会 (全国)] (一般講演) 鉄キレートの低温保存肝虚血際灌流傷害に対する抑制効果. 鹿取正道, 高橋禎人, 土橋誠一郎, 高橋 毅, JW. Kupiec-Weglinski, 柿田 章 (外): 日本低温医学会総会 (2003/11/28), 札幌. 低温医学, 29 (3): 95, 2003.

723290. [学会 (全国)] (一般講演) ラット肝移植における加圧過冷却保存の検討. 上野琢哉, 大村孝志, 松本春美, 高橋禎人, 高橋 毅, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/4-6), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 431, 2003.

723291. [学会 (全国)] (一般講演) 他院で生体肝移植を予定した患者へのレシピエントコーディネーターの役割. 中島節子1, 油谷和子1, 村上絵麻1, 松内圭子1, 田中彰子1, 古田一徳2, 高橋 毅2, 佐藤光史2, 柿田 章2 (1看護部. 2外): 第39回日本移植学会総会 (2003/10/26-28), 大阪. 移植, 38 (総臨): 354, 2003.

723292. [学会 (全国)] (一般講演) Tumor boardの機能; 神経芽細胞腫に関する術中照射併用手術の成績. 黒田達夫1, 本名敏郎1, 中野美和子1, 田中 潔1,2, 森川信行1, 北野良博1, 正木英一1, 恒松由記子1, 熊谷晶明1, 宮内 潤1, 佐伯守洋1 (1国立成育医療センター. 2外): 第40回日本小児外科学会総会 (2003/5/28-30), 京都. 日本小児外科学会雑誌, 39 (3): 353, 2003.

723293. [学会 (全国)] (一般講演) 小児外鼠径ヘルニアの術後再発: 吸収糸による高位結紮は再発率を高めない. 田中 潔1,2, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 森川信行1, 北野良博1, 松田博光1, 田中圭一朗1, 川島憲子1 (1国立成育医療センター. 2外): 第40回日本小児外科学会総会 (2003/5/28-30), 京都. 日本小児外科学会雑誌, 39 (3):373, 2003.

723294. [学会 (全国)] (一般講演) A case of triple gastrointestinal anomalies of imperforate anus, malrotation, and Hirschsprung’s disease associated with holoprosencephaly. 森川信行1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 田中 潔1,2, 北野良博1, 松田博光1, 田中圭一朗1, 川島憲子1 (1国立成育医療センター. 2外): 第40回日本小児外科学会総会 (2003/5/28-30), 京都. 日本小児外科学会雑誌, 39 (3): 433, 2003.

723295. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における乳房温存療法の現状と乳房内再発症例の検討. 越田佳朋, 蔵並 勝, 仙石紀彦, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/12), 新潟. プログラム抄録集, p.126, 2003.

723296. [学会 (全国)] (一般講演) コンピューター支援仮想乳房モデル作成の試み. 蔵並 勝, 越田佳朋, 仙石紀彦, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/12), プログラム抄録集, p.134, 2003.

723297. [学会 (全国)] (一般講演) MR-M腫瘍血管分類による血行性転移予測の検討. 斉藤公一郎1, 蔵並 勝1, 越田佳朋1, 仙石紀彦1, ウッドハムス玲子2, 原 英3, 石田和夫1, 榎本拓茂1, 柿田 章1 (1外. 2放. 3津久井日赤病院): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/12), 新潟. プログラム抄録集, p.138, 2003.

723298. [学会 (全国)] (一般講演) パテントブルーを用いた色素法単独でのセンチネルリンパ節生検の検討. 仙石紀彦, 蔵並 勝, 越田佳朋, 榎本拓茂, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/13) 新潟. プログラム抄録集, p.147, 2003.

723299. [学会 (全国)] (一般講演) 腫瘍浸潤・増殖に対する間質細胞の役割: 大腸癌-間質繊維芽細胞共存培養モデルを用いた血管新生因子VEGF発現の調節. 越田佳朋, 蔵並 勝, 野沢直史, 榎本拓茂, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/4), 札幌.

723300. [学会 (全国)] (一般講演) PCPSを用いた重症肺動脈塞栓症の治療経験. 美島利昭1, 川人宏次2, 村田聖一郎2, 安達秀雄2, 井野隆史2 (1外. 2自治医大付属大宮医療センター): 第31回日本血管外科学会総会 (2003/7/10), 金沢. 日本血管外科学会雑誌, 12: 176, 2003.

723301. [学会 (全国)] (一般講演) ステントグラフト (passager) が有効であった鎖骨下動脈瘤の3症例. 田村幸穂1, 西巻 博2, 斉藤公一郎1, 山本伸一郎2, 林 宗博3, 町井正人2, 平田光博1 (1外. 2救命. 3昭和大): 第34回日本心臓血管外科学会 (2004/2/19), 福岡.

723302. [学会 (全国)] (一般講演) 再発鼠径ヘルニアに対する術式検討と我々の治療方針. 金田悟郎1, 岸本一郎1, 井上準人2, 金澤秀紀1, 木村 徹1, 西山保比古1, 秋山憲義1, 高橋俊毅1, 雨宮明文1 (1外. 2胸外): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/13), 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (抄録集): 252, 2003.

723303. [学会 (全国)] (一般講演) 再発鼠径ヘルニアに対する術式選択の検討. 金田悟郎1, 金澤秀紀1, 井上準人2, 木村 徹1, 平田光博1, 西山保比古1, 雨宮明文1, 秋山憲義1, 高橋俊毅1 (1外. 2胸外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (抄録集):329, 2003.

723304. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における鼠径ヘルニアタイプ別術式選択について. 金田悟郎1, 岸本一郎1, 井上準人2, 金澤秀紀1, 木村 徹1, 西山保比古1, 秋山憲義1, 雨宮明文1 (1外. 2胸外): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/15), 岡山. 日本内視鏡外科学会雑誌, 8 (7): 102, 2003.

723305. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡補助下に手術した同時性多発癌 (直腸, 上行結腸) の1例. 西山保比古1, 金澤秀紀1, 金田悟郎1, 木村 徹1, 井上準人2, 岸本一郎1, 秋山憲義1 (1外. 2胸外): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/15), 岡山. 日本内視鏡外科学会雑誌, 8 (7): 320, 2003.

723306. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における腹腔鏡下手術の現状と手術手技. 西山保比古, 金澤秀紀, 金田悟郎 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/7), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9): 526, 2003.

723307. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における腹腔鏡補助下大腸切除術のクリニカルパスの現状. 金澤秀紀1, 西山保比古1, 金田悟郎1, 井上準人2, 木村 徹1, 平田光博1, 秋山憲義1, 高橋俊毅1 (1外. 2胸外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (抄録集): 654, 2003.

723308. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における腹腔鏡補助下大腸切除術のクリニカルパスの現状. 金澤秀紀1, 西山保比古1, 金田悟郎1, 井上準人2, 木村 徹1, 秋山憲義1, 高橋俊毅1 (1外. 2胸外): 第5回医療マネージメント学会学術総会 (2003/6/13), 仙台. 医療マネージメント学会雑誌, 4 (1): 254, 2003.

723309. [学会 (全国)] (一般講演) 盲腸進行癌重積症例に対する腹腔鏡下手術の経験と成績. 金澤秀紀1, 西山保比古1, 金田悟郎1, 藁谷美奈1, 香取玲美1, 鎌田弘樹1, 岸本一郎1, 井上準人2, 木村 徹1, 秋山憲義1 (1外. 2胸外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/7), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9): 561, 2003.

723310. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の腹腔鏡下大腸切除の成績とクリティカルパスのもたらすメリットについて. 金澤秀紀1, 西山保比古v, 金田悟郎1, 岸本一郎1, 井上準人2, 木村 徹1, 秋山憲義1 (1外. 2胸外): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/15), 岡山. 日本内視鏡外科学会雑誌, 8 (7): 319, 2003.

723311. [学会 (全国)] (一般講演) 画像上癌を疑わせる所見を呈し術中迅速にて癌と診断されたRadial sclerosing lesionの1例. 井上準人1, 秋山憲義2, 雨宮明文2, 金田悟郎2, 高橋俊毅2 (1胸外. 2外): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/12), 新潟. 抄録集, p.259, 2003.

723312. [学会 (全国)] (一般講演) 診断に苦慮したエルシニア腸炎の一例. 坂本友見子1, 西山保比古1, 金澤秀紀1, 高橋俊毅1, 三富弘之2 (1外. 2病理): 第39回日本腹部救急医学会総会 (2003/4/17), 弘前.

723313. [学会 (全国)] (一般講演) 右乳癌術後5年で胃転移を来した1症例. 近藤康史, 八十川要平1, 西 八嗣1, 竹田 潤, 鹿取正道2, 岸本一郎2, 櫻井雅之, 升水康二, 森谷宏光, 本告 匡1 (1北里研究所メディカルセンター病院. 2外): 第11回日本乳癌学会 (2003/6/13), 新潟. 講演プログラム・抄録集, p.297, 2003.

723314. [学会 (全国)] (一般講演) 術前化学療法としてWeekly Taxol+TS-1投与が有効であった進行胃癌の2例. 櫻井雅之1, 竹田 潤, 小川恭史1, 小野里 航1, 升水康二, 平井俊男, 近藤康史, 高橋禎人1,2, 神谷紀輝2, 本告 匡2, 西 八嗣2, 八十川要平2 (1外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 第65回日本臨床外科学会 (2003/11/13), 福岡. 講演プログラム・予稿集, p.712, 2003.

723315. [学会 (全国)] (一般講演) 肝虚血再灌流傷害におけるNF-Bの役割と傷害抑制への応用. 高橋禎人1,2,3, 西 八嗣1, 八十川要平1, 高橋 毅2, David A. Geller3, 村瀬紀子3 (1北里研究所メディカルセンター病院. 2外. 3Starzl Institute, Univ of Pitt): 第30回日本低温医学会総会 (2003/11/28), 札幌. プログラム・抄録集, p.68, 2003.

723316. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢血幹細胞 (CD34陽性細胞) を用いた血管再生治療. 堀江 卓1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 日本医工学治療学会第19回学術大会 (2003/5/17), 札幌. 医工学治療, 15 (Suppl.): 47, 2003.

723317. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植high risk症例に対するimmunomodulationとその効果. 池田 篤1, 玉置 透2, 米川元樹2, 川村明夫2 (1外. 2北楡会札幌北楡病院): 日本医工学治療学会第19回学術大会 (2003/5/17), 札幌. 医工学治療, 15 (Suppl.): 55, 2003.

723318. [学会 (全国)] (一般講演) 肝不全に対する血液浄化療法. 増子佳弘1, 目黒順一1, 後藤順一1, 池田 篤2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 日本医工学治療学会第19回学術大会 (2003/5/18), 札幌. 医工学治療, 15 (Suppl.): 74, 2003.

723319. [学会 (全国)] (一般講演) Heme oxygenase (HO) 活性阻害剤tin-protoporphyrin IX (SnPP) による肝虚血再灌流傷害抑制の試み. 池田 篤1, 玉置 透2, 内田泰至1, 田中三津子2, 土橋誠一郎1, 柿田 章1, 川村明夫2 (1外. 2北楡会札幌北楡病院): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 366, 2003.

723320. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢血幹細胞 (CD34陽性細胞) を用いた血管再生治療. 堀江 卓1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/6), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 673, 2003.

723321. [学会 (全国)] (一般講演) 後腹膜鏡視補助下ドナー腎摘出術の成績. 増子佳弘1, 目黒順一1, 玉置 透1, 後藤順一1, 池田 篤2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 461-462, 2003.

723322. [学会 (全国)] (一般講演) Rho特異的グアニンヌクレオチド交換促進因子ECT2の細胞回転における機能解析. 坂田博美1, 玉置 透1, 池田 篤2, 江川宏寿1, 後藤順一1, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会人工臓器・移植・遺伝子治療研究所. 2外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/5), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 494, 2003.

723323. [学会 (全国)] (一般講演) NF-κB活性阻害剤pyrrolidine dithiocarbamate (PDTC) の肝虚血再灌流傷害に対する抑制効果. 玉置 透1, 土橋誠一郎2, 田中三津子1, 池田 篤2, 柿田 章2, 川村明夫1 (1北楡会人工臓器・移植・遺伝子治療研究所. 2外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 364, 2003.

723324. [学会 (全国)] (一般講演) 脱送血孔ともに開閉可能なダブルルーメンカテーテルの開発. 坂田博美1, 久木田和丘1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第48回日本透析医学会学術集会 (2003/6/22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, S.1: 872, 2003.

723325. [学会 (全国)] (一般講演) 保存的に軽快し得た維持透析患者の感染性多発肝嚢胞の2例. 江川宏寿1, 久木田和丘1, 後藤順一1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第48回日本透析医学会学術集会・総会 (2003/6/22), 大阪. 日本透析医学会雑誌, Suppl.: 1061, 2003.

723326. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植high risk症例に対するapheresis治療. 玉置 透1, 池田 篤2, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第23回日本アフェレシス学会学術大会発 (2003/10/3), 東京. 日本アフェレシス学会雑誌, 22 (Suppl.): 56, 2003.

723327. [学会 (全国)] (一般講演) cGMP投与によるラット肝虚血再灌流傷害に対する効果. 池田 篤1, 玉置 透2, 江川宏寿2, 田中三津子2, 太田美沙2, 宮下麻美子2, 川村明夫2, 柿田 章1 (1外. 2北楡会人工臓器・移植・遺伝子治療研究所. 3三愛クリニック): 第39回日本移植学会総会 (2003/10/28), 大阪. 移植, 38 (総会臨): 244, 2003.

723328. [学会 (全国)] (一般講演) 肝虚血再灌流傷害に対するカルニチンの効果. 江川宏寿1,2, 玉置 透2, 池田 篤3, 坂田博美2, 太田美沙2, 宮下麻美子2, 草野満夫1. 川村明夫2 (1昭和大. 2北楡会人工臓器・移植・遺伝子治療研究所. 3外): 第39回日本移植学会総会 (2003/10/28), 大阪. 移植, 38 (総会臨): 249, 2003.

723329. [学会 (全国)] (一般講演) ブラッドアクセストラブル頻発例に対するアフェレシス治療の試み. 米川元樹1, 久木田和丘1, 江川宏寿1, 今村恵美1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 津田一郎1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第41回日本人工臓器学会大会 (2003/11/1), 仙台. 人工臓器, 32 (2): S-158, 2003.

723330. [学会 (全国)] (一般講演) カッティングバルーンを用いた内シャント狭窄の治療. 久木田和丘1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第41回日本人工臓器学会大会 (2003/10/31), 仙台. 人工臓器, 32 (2): S-113, 2003.

723331. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢血幹細胞 (CD34陽性細胞) を用いた血管再生治療. 堀江 卓1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第41回日本人工臓器学会大会 (2003/11/1), 仙台. 人工臓器, 32 (2): S-37, 2003.

723332. [学会 (全国)] (一般講演) 心房性ナトリウム利尿ペプチドおよびcyclic GMP投与によるラット肝虚血再灌流傷害に対する抑制効果. 池田 篤1, (玉置 透2, 江川宏寿2, 川村明夫2), 柿田 章1 (1外. 2北楡会札幌北楡病院): 第30回日本低温医学会総会 (2003/11/28), 札幌. 低温医学, 29 (3): 95, 2003.

723333. [学会 (全国)] (一般講演) ラット肝凍結療法後の組織免疫学的検討. 池田 篤1,2, 玉置 透2, 江川宏寿2, 今村恵美2, 飯田潤一2, 津田一郎2, 坂田博美2, 堀江 卓2, 久木田和丘2, 目黒順一2, 米川元樹2, 川村明夫2, 柿田 章1 (1外. 2北楡会札幌北楡病院): 第30回日本低温医学会総会 (2003/11/29), 札幌. 低温医学, 29 (3): 101, 2003.

723334. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮頚がん (CIS) 術後に肺肝再発をきたした生体腎移植症例. 池田 篤1, 玉置 透2, 江川宏寿2, 今村恵美2, 飯田潤一2, 津田一郎2, 坂田博美2, 堀江 卓2, 久木田和丘2, 目黒順一2, 米川元樹2, 川村明夫2 (1外. 2北楡会札幌北楡病院): 第37回日本臨床腎移植学会 (2004/1/30), 宮城.

723335. [学会 (全国)] (一般講演) 後腹膜鏡視補助下ドナー腎摘出術の成績. 池田 篤1, 玉置 透2, 今村恵美2, 江川宏寿2, 飯田潤一2, 津田一郎2, 堀江 卓2, 坂田博美2, 久木田和丘2, 目黒順一2, 米川元樹2, 川村明夫2 (1外. 2北楡会札幌北楡病院): 第37回日本臨床腎移植学会 (2004/1/29), 宮城.

723336. [学会 (全国)] (一般講演) 腹部手術を繰り返した腎再移植症例. 江川宏寿1, 玉置 透1, 池田 篤2, 今村恵美1, 飯田潤一1, 津田一郎1, 坂田博美1, 堀江卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第37回日本臨床腎移植学会 (2004/1/30), 宮城.

723337. [学会 (全国)] (一般演題) エンドトキシン誘発肝微小循環障害における好中球エラスターゼの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 松本 豊1, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理): 第18回日本Shock学会 (2003/5/10), 東京.

723338. [学会 (全国)] (一般演題) LPS誘発肝微小循環障害時の白血球接着における内因性トロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京都大): 第24回炎症再生医学会 (2003/11/27), 京都.

723339. [学会 (全国)] (一般演題) エンドトキシン誘発肝微小循環障害ににおけるシクロオキシゲナーゼ-1, および-2の関与: 内因性トロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京都大): 第29回日本微小循環学会 (2004/2/19-20), 熊本.

723340. [学会 (全国)] (ポスター) 繰り返す術後再発に対し化学療法と放射線療法を併用し長期生存が得られた胆嚢癌の一例. 田島 弘, 星野弘樹, 西宮洋史, 三木猛生, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/14), 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (増): 83, 2003.

723341. [学会 (全国)] (ポスター) 中結腸動脈右枝動脈瘤破裂から小腸出血, 小腸壊死をきたした一例. 二渡信江, 宮内邦浩, 小八木紳一, 平野 進, 中熊尊士, 上野聡一郎 (外): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/15), 福岡. 日本臨床学会雑誌, 64 (増), 第65回総会日程・抄録, p.1000, 2003.

723342. [学会 (全国)] (ポスター) 小腸・大腸の良性疾患に対する鏡視下手術の検討. 根本一彦, 國場幸均, 中村隆俊, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 大谷剛正, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/4-6), 北海道. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 649, 2003.

723343. [学会 (全国)] (ポスター) 下部直腸癌 (Rb) の側方リンパ節郭清の意義. 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/5), 北海道. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 472. 2003.

723344. [学会 (全国)] (ポスター) Functional end to end Anastomosisの有用性の検討. 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/4-6), 北海道. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 647, 2003.

723345. [学会 (全国)] (ポスター) 直腸癌に対する鏡視下内肛門括約筋切除結腸肛門吻合. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 佐藤光史, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第58回日本消化器外科学会総会 (2003/7/16), 東京. 日本消化器外科学会雑誌, 36 (7): 557, 2003.

723346. [学会 (全国)] (ポスター) インフリキシマブ (レミケードR) 使用後イレウスを併発したクローン病の1例. 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 大谷剛正, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 58回日本消化器外科学会総会 (2003/7/16), 東京. 日本消化器外科学会雑誌, 36 (7): 413, 2003.

723347. [学会 (全国)] (ポスター) 当院におけるStage 3結腸癌症例の検討 (転移陽性リンパ節転移個数と予後との関係). 中村隆俊, 大谷剛正, 國場幸均, 根本一彦, 佐藤武郎 (外): 第58回日本消化器外科学会総会発 (2003/7/16), 東京. 日本消化器外科学会雑誌, 36 (7): 466, 2003.

723348. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における進行・再発大腸癌に対する化学療法の現況. 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 櫻井裕恵, 大谷剛正, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第58回日本消化器外科学会総会 (2003/7/16), 東京. 日本消化器外科学会雑誌, 36 (7): 506, 2003.

723349. [学会 (全国)] (ポスター) インフリキシマブ (レミケードR) 使用後イレウスを併発したクローン病の1例. 根本一彦, 大谷剛正, 中村隆俊, 佐藤武郎, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤光史 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2003/11/8), 名古屋. 日本大腸肛門病学会雑誌, 56 (9): 755, 2003.

723350. [学会 (全国)] (ポスター) 鋼線吊り上げ法による腹腔鏡下胆嚢摘出術の有用性の検討. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増):375, 2003.

723351. [学会 (全国)] (ポスター) 膵IPMTを合併し術前に鑑別し得なかった十二指腸壁内血腫の一緊急手術例. 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳. 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 日本肝胆膵外科関連会議・金沢 (2003/5/16), 金沢. プログラム, p.447, 2003.

723352. [学会 (全国)] (ポスター) 原発性十二指腸癌切除例の予後と予後規定因子からみた治療方針の検討. 星野弘樹, 吉田宗紀, 鹿取正道, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第45回日本消化器病学会大会 (2003/10/16), 大阪. 日本消化器病学会雑誌, 100 (臨増): 658, 2003.

723353. [学会 (全国)] (ポスター) 自然破裂を呈した巨大肝血管腫の1例. 坂本友見子, 古田一徳, 高橋 毅, 島田 謙, 鹿取正道, 星野弘樹, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第40回日本腹部救急医学会総会 (2004/3/18), 東京. 日本腹部救急医学会雑誌, 20 (2): 399, 2004.

723354. [学会 (全国)] (ポスター) 当科における小児術後癒着性イレウスの検討. 中原さおり1, 朝長哲弥2, 石田和夫1 (1外. 2東京大): 第40回日本小児外科学会総会 (2003/5/30), 京都. 日本小児外科学会雑誌, 39 (3): 552, 2003.

723355. [学会 (全国)] (ポスター) 小児Fibrolamellar hepatocellular carcinomaの1例. 田中圭一朗1, 本名敏郎1, 北野良博1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 田中 潔1,2, 森川信行1, 松田博光1, 川島憲子1, 宮内 潤1, 松岡健太郎1 (1国立成育医療センター. 2外): 第40回日本小児外科学会総会 (2003/5/28-30), 京都. 日本小児外科学会雑誌, 39 (3): 419, 2003.

723356. [学会 (全国)] (ポスター) 膵胸腔瘻を合併し, 治療に難渋した乳児膵炎の一例. 川島憲子1, 本名敏郎1, 北野良博1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 田中 潔1,2, 森川信行1, 松田博光1, 田中圭一朗1, 亀岡一裕3 (1国立成育医療センター. 2外. 3愛媛県立中央病院): 第40回日本小児外科学会総会 (2003/5/28-30), 京都. 日本小児外科学会雑誌, 39 (3): 481, 2003.

723357. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における妊娠・授乳期乳癌の検討. 飯塚美香, 仙石紀彦, 蔵並 勝, 越田佳朋, 石田和夫, 柿田 章 (外): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/13), 新潟. プログラム抄録集, p.223, 2003.

723358. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における男性乳癌5症例の臨床病理学的検討. 加藤 弘, 越田佳朋, 仙石紀彦, 蔵並 勝, 中熊尊士, 上野聡一郎, 柿田 章 (外): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/13), 新潟. プログラム抄録集, p.283, 2003.

723359. [学会 (全国)] (ポスター) CCK-antagonistのラット部分切除後膵再生への効果. 半田喜美也1, 鈴木哲太郎1, 林 京子1, 高橋 毅, 柿田 章1, 山科正平2 (1外. 2解): 第103回日本外科学会・定期学術集会 (2003/6/4), 札幌. 日本外科学会雑誌, 104 (臨増): 467, 2003.

723360. [学会 (全国)] (ポスター) 多発肝転移, リンパ節転移にTS-1/CDDP併用療法が有効であったAFP産生胃癌の一手術例. 中熊尊士1, 上野聡一郎2, 宮内 邦浩2, 平野 進1, 小八木 紳一1, 二渡信江1 (1外. 2上尾中央総合病院): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/15), 福岡.

723361. [学会 (全国)] (ポスター) 急性腹症で発症した好酸球性胃腸炎の1例. 上野聡一郎1, 宮内邦浩1, 中熊尊士2, 平野 進2, 小八木紳一2, 二渡信江2, 川崎徳仁1, 長田宏巳1 (1上尾中央総合病院. 2外): 第40回腹部救急医学会総会 (2004/3/19), 東京.

723362. [学会 (全国)] (ポスター) 重症膵炎の保存的集中治療の成績. (細谷 智1, 長谷川 健1, 稲木英治1, 伊藤 徹1, 木川三四郎1), 柿田 章2 (1札幌東徳洲会病院, 2外): 第103回日本外科学会定期学術集会 (2003/6/5), 札幌.

723363. [学会 (全国)] (ポスター) 消化器癌手術における予防的抗菌薬投与についての検討. 古川祐介1, 野沢直史1, 佐藤かおり2, 佐藤直夫2, 今西宏明2, 上妻達也2 (1外. 2東京大): 第41回日本社会保険医学会総会 (2003/10/20), 仙台. 抄録集, p.263, 2003.

723364. [学会 (全国)] (ポスター) 胃癌手術における予防的抗生剤投与についての検討. 古川祐介1, 野沢直史1, 佐藤かおり2, 佐藤直夫2, 今西宏明2, 上妻達也2 (1外. 2東京大): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/14), 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (増): 798, 2003.

723365. [学会 (全国)] (ポスター) 膵悪性型Solid-pseudopapillary tumorの1例. 大木 暁1, 木村 純2, 長渕英介2, 増子佳弘2, 栗林 弘2, 浜田弘巳3 (1外. 2中標津病院. 3)日鋼記念病院): 第65回日本臨床外科学会総会 (2003/11/14): 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (増): 819, 2003.

723366. [学会 (全国)] (ポスター) 外傷性腹壁ヘルニアの1例. 細田 桂1, 大木 暁1, 増子佳弘2, 長渕英介2, 栗林 弘2 (1外, 2町立中標津病院): 第40回日本腹部救急医学会総会 (2004/3/18), 東京. 日本腹部救急医学会雑誌, 24 (2): 512, 2004.

723367. [学会 (全国)] (ポスター) 肝虚血再灌流傷害におけるNF-Bの役割に関する実験的検討. 高橋禎人1,2, 高橋 毅1, 柿田 章1, David A. Geller2, 村瀬紀子2 (1外. 2Starzl Institute, Univ of Pitt): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/4), 札幌. 抄録集, p.364, 2003.

723368. [学会 (全国)] (ポスター) 脊椎麻酔下, 虫垂炎手術中に心停止を来した若年女性の1例. 松澤克典1, 笹本信幸2, 松澤信五1, 関根智久3, 板橋浩一2 (1小白川至誠堂病院. 2外. 3高野せきね外科眼科クリニック): 第40回日本腹部救急医学会総会 (2004/3/17), 東京. 講演プログラム, 24 (2): 391, 2004.

723369. [学会 (全国)] (ポスター) エンドトキシン誘発肝微小循環障害ににおけるシクロオキシゲナーゼ-1, および-2の関与: 内因性トロンボキサンの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京都大): 第103回外科学会総会 (2003/6/4-6), 札幌.

731027. [学会 (地方)] (特別講演) 大腸疾患に対する腹腔鏡下手術の工夫−アポローチ法を中心に−. 國場幸均 (外): 第7回山形内視鏡外科学会学術集会 (2003/8), 山形.

731028. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の現状と展望. 渡邊昌彦 (外): 第19回高度先進医療研究会総会 (2004/3/19), 東京. 第19回高度先進医療研究会誌, 57, 2004.

731029. [研究会] (特別講演) 食道良性疾患の内視鏡下手術. 片田夏也 (外): 第8回内視鏡下手術手技研修会 (2003/7/27), 須賀川.

731030. [研究会] (特別講演) GERDおよびBarrett食道の病態と治療法. 片田夏也 (外): 第11回香川GERD研究会 (2003/9/22), 高松.

731031. [研究会] (特別講演) 胃食道逆流症の病態と治療法. 片田夏也 (外): 津久井郡医師会学術講演会 (2003/11/5), 津久井.

731032. [研究会] (特別講演) 逆流性食道炎の外科的治療法. 片田夏也 (外): 逆流性食道炎を考える神奈川の会(2004/2/5), 横浜.

731033. [研究会] (特別講演) 大腸癌の診断と治療の最前線. 大谷剛正 (外): 第72回Pharmaceutical care研修会 (2003/5/18), 海老名.

731034. [研究会] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の手術療法のタイミングと手術方法. 大谷剛正 (外): 第218回消化管研究会 (2003/6/19), 東京 (慈恵医大).

731035. [研究会] (特別講演) 大腸癌に対する新しい治療戦略. 渡邊昌彦 (外): 消化器悪性腫瘍研究会 (2004/3/19), 大阪.

731036. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する腹腔鏡下手術の現状. 渡邊昌彦 (外): 第3回別府癌治療懇話会 (2004/3/16), 別府.

731037. [研究会] (特別講演) 大腸癌の腹腔鏡下手術はここまで進んだ. 渡邊昌彦 (外): GI Frontiers Club in Tokyo (2004/3/13), 東京.

731038. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の現況と展望. 渡邊昌彦 (外): 第109回神奈川県臨床外科医学会集談会 (2004/2/28), 横浜.

731039. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の現状. 渡邊昌彦 (外): 第20回札幌消化管研究会 (2004/2/6), 札幌.

731040. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の現状と展望. 渡邊昌彦 (外): 第15回日本消化器内視鏡学会東北セミナー (2004/1/25), 秋田. セミナー誌, p.62-66, 2004.

731041. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の進歩. 渡邊昌彦 (外): 第15回日本消化器内視鏡学会関東セミナー (2004/1/18), 東京. セミナー誌, 05-108, 2004.

731042. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科. 渡邊昌彦 (外): 第4回フォーラム (2004/1/10), 千葉.

731043. [研究会] (特別講演) 腹腔鏡下大腸切除術その合理的アプローチを探る. 國場幸均 (外): 腹腔鏡下大腸切除研究会 (2003/7), 京都.

731044. [研究会] (特別講演) 大腸疾患に対する腹腔鏡下大腸手術の工夫と現状. 國場幸均 (外): 第14回長野内視鏡外科研究会 (2003/9), 松本.

731045. [研究会] (特別講演) 腹腔鏡下胃癌・大腸癌手術を極める. 國場幸均 (外): 第7回大阪腹腔鏡下大腸手術セミナー (2003/11), 大阪.

731046. [研究会] (特別講演) 大腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状と展望. 國場幸均 (外): 平成15年度相模原市医師会外科医会 (2003/11), 相模原.

732016. [その他] (招待された講演) 市民公開講座: 乳がん. 蔵並 勝, 越田佳朋 (外): 市民公開講座 (2003/11/30), 相模大野.

732017. [研究会] (招待された講演) Computer simulating volume rendering breast operation model. 蔵並 勝 (外): LS-DYANセミナー2004 (2004/2/14), 幕張.

733184. [学会 (地方)] (一般講演) 検診発見肺癌の切除症例の検討. 神谷紀輝1, 八十川要平1, 西 八嗣1, 高橋禎人1, 近藤康史1, 平井俊男1, 櫻井雅之1, 升水康二1, 小野里 航1, 升水康二1, 小川恭史2 (1北里研究所メディカルセンター病院. 2外): 埼玉県医学会総会 (2004/1/25), 浦和.

733185. [学会 (地方)] (一般講演) 透析患者における末梢血幹細胞を用いた血管再生治療. 堀江 卓1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第63回北海道透析療法学会 (2003/5/25), 札幌.

733186. [学会 (地方)] (一般講演) 右外腸骨静脈狭窄に対して, ステント留置を行った長期透析患者の一症例. 坂田博美1, 久木田和丘1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第63回北海道透析療法学会 (2003/5/25), 札幌.

733187. [学会 (地方)] (一般講演) 術後腸閉塞を発症した腸間膜脂肪織炎に対し, ステロイド投与が著効した1例. 江川宏寿1, 目黒順一1, 今村恵美1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第93回日本消化器病学会北海道支部例会 (2003/9/6), 札幌.

733188. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における高齢者透析患者に対する血液浄化法の選択. 坂田博美1, 久木田和丘1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第64回北海道透析療法学会 (2003/10/19), 札幌.

733189. [学会 (地方)] (一般講演) 末梢血幹細胞 (CD34陽性細胞) を用いた血管再生治療. 堀江 卓1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第23回日本アフェレシス学会北海道地方会 (2003/11/8), 札幌.

733190. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性腎不全の維持血液透析中に発症した男性乳癌の一例. 坂田博美1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第80回北海道外科学会 (2004/2/8), 札幌.

733191. [学会 (地方)] (一般講演) 肝虚血再灌流傷害に対するカルチニンの効果. 江川宏寿1, 玉置 透1, 池田 篤1,2, 飯田潤一1, 坂田博美1, 太田美沙1, 宮下麻美子1, 川村明夫1 (1北楡会人工臓器・移植・遺伝子治療研究所. 2外): 第29回札幌市医師会医学会 (2004/2/15), 札幌.

733192. [学会 (地方)] (一般講演) 経過中横行結腸狭窄をきたした潰瘍性大腸炎の1例. 安部美寛, 佐藤武郎, 小倉直人, 山梨高広, 中村隆俊, 國場幸均, 大谷剛正, 根本一彦, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第278回日本消化器病学会関東支部例会 (2004/2), 東京.

733193. [学会 (地方)] (一般講演) 原発性早期十二指腸癌にて幽門輪温存膵頭十二指腸切除術をおこなった1例. 別宮絵美真, 古田一徳, 根本祐太, 高橋 毅, 高橋禎人, 鹿取正道, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第275回日本消化器病学会関東支部例会 (2003/7/12), 茨城.

733194. [学会 (地方)] (一般講演) 繰り返す術後再発に対し集学的治療を行い長期生存が得られた胆嚢癌の一例. 大久保博世, 星野弘樹, 田島 弘, 三浦啓寿, 安部美寛, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第36回神奈川消化器病医学総会 (2003/11/29), 横浜.

733195. [学会 (地方)] (一般講演) 移植後Gilbert症候群を呈したと思われる成人肝移植症例. 古田一徳, 高橋 毅, 鹿取正道, 島田 謙, 星野弘樹, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第15回神奈川移植医学会 (2003/6/14), 横浜.

733196. [学会 (地方)] (一般講演) 自己免疫疾患を有し, 透析中の患者に併発した巨脾に対し脾摘術を施行した一例. 中原さおり1, 中舘尚也2, 石田和夫1 (1外. 2児): 第38回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2003/10/25), 千葉.

733197. [研究会] (一般講演) エンドトキシン誘発肝微小循環障害における好中球エラスターゼの役割. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京都大): プロスタノイド研究会 (2003/5), 東京.

733198. [研究会] (一般講演) 小開腹創より切除 (腹腔鏡補助下) した同時性多発癌 (直腸、上行結腸) の1例. 西山保比古1, 金澤秀紀1, 坂本友見子1, 金田悟郎1, 井上準人2, 木村 徹1, 平田光博1, 秋山憲義1 (1外. 2胸外): 第1回ミニラパ研究会 (2003/5/10), 横浜. p.45, 2003.

733199. [研究会] (一般講演) 慢性膵炎の急性増悪を繰り返した膵嚢胞性疾患の1例. 岸本一郎1, 金田悟郎1, 秋山憲義1, 西山保比古1, 木村 徹1, 井上準人2, 金澤秀紀1, 鎌田弘樹1, 香取玲美1, 藁谷美奈1, 松井啓夫, 平山貴博3, 別所英治 (1外. 2胸外. 3泌): 第20回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2003/7/9), 相模原.

733200. [研究会] (一般講演) TS-1投与により奏効度CRの結果を得て切除を行った高度進行胃癌の1例. 岸本一郎1, 秋山憲義1, 金田悟郎1, 西山保比古1, 木村 徹1, 井上準人2, 金澤秀紀1, 鎌田弘樹1, 香取玲美1, 藁谷美奈1, 三富弘之3, 雨宮明文1 (1外. 2胸外. 3病理): 第24回神奈川胃癌治療研究会 (2003/7/12), 横浜.

733201. [研究会] (一般講演) 高度進行胃癌のTS-1著効例. 岸本一郎1, 秋山憲義1, 金田悟郎1, 西山保比古1, 三富弘之2, 雨宮明文1 (1外. 2病理): 相模原外科集談会 (2003), 相模原.

733202. [研究会] (一般講演) Pouch内再発がTS-1投与により消失した胃癌切除後の一例. 岸本一郎1, 秋山憲義1, 金田悟郎1, 西山保比古1, 木村 徹1, 井上準人2, 金澤秀紀1, 鎌田弘樹1, 香取玲美1, 藁谷奈美1, 三富弘之3, 雨宮明文1 (1外. 2胸外. 3病理): 第25回神奈川胃癌治療研究会 (2003/12/20), 横浜.

733203. [研究会] (一般講演) 絞扼性イレウスにより発見された腸間膜Cystic lymphangiomaの1例. 香取玲美1, 西山保比古1, 佐藤寿一, 阪本奈美子, 松下一仁, 小坂愉賢, 坂本友見子1, 小林真理子2, 金澤秀紀1, 井上準人2, 木村 徹1, 平田光博1, 雨宮明文1, 金田悟郎1, 秋山憲義1, 高橋俊毅1, 三富弘之3, 名越和夫 (1外. 2胸外. 3病理): 第32回神奈川県消化器外科研究会 (2003/4/19), 横浜.

733204. [研究会] (一般講演) 肝転移巣を切除しえた十二指腸乳頭部癌術後の1例. 藁谷美奈1, 木村 徹1, 平山貴博2, 別所英治, 松井啓夫, 香取玲美1, 鎌田弘樹1, 岸本一郎1, 金澤秀紀1, 井上準人3, 西山保比古1, 金田悟郎1, 秋山憲義1 (1外. 2泌. 3胸外): 第791回外科集談会 (2003/12/6), 東京.

733205. [研究会] (一般講演) 総胆管癌による胆道狭窄に対してメタリックステントによる黄疸が改善した1例. 松井啓夫, 金田悟郎1, 別所英治, 平山貴博2, 藁谷美奈1, 香取玲美1, 鎌田弘樹1, 岸本一郎1, 金澤秀紀1, 井上準人3, 木村 徹1, 西山保比古1, 秋山憲義1, 三富弘之4, 雨宮明文1 (1外. 2泌. 3胸外. 4病理): 第107回神奈川臨床外科医会 (2003/9/6), 横浜.

733206. [研究会] (一般講演) 乳腺のadenolipomaの1例. 別所英治, 秋山憲義1, 平山貴博2, 藁谷美奈1, 松井啓夫, 香取玲美1, 鎌田弘樹1, 岸本一郎1, 金澤秀紀1, 井上準人3, 木村 徹1, 西山保比古1, 金田悟郎1 (1外. 2泌. 3胸外): 第49回東京地区国立病院外科研究会 (2003/9/20): 東京.

733207. [研究会] (一般講演) ラット肝移植・虚血再灌流傷害におけるNF-κBの役割に関する実験的検討. 高橋禎人1,2,3, 古田一徳2, 高橋 毅2, 西 八嗣1, 八十川要平1, David A. Geller3, 村瀬紀子3 (1北里研究所メディカルセンター病院. 2外. 3Starzl Institute, Univ of Pitt): 第21回肝移植研究会 (2003/4/11), 長崎.

733208. [研究会] (一般講演) 高齢者小腸イレウスの2例. 小川恭史1, 八十川要平, 西八嗣, 神谷紀輝, 高橋禎人, 近藤康史, 平井俊男, 櫻井雅之, 小野里 航, 升水康二 (1北里研究所メディカルセンター病院外科): 第15回北足立郡市医師会医学会 (2003/10/4), 北本市

733209. [研究会] (一般講演) 腫瘤形成性膵炎術後に自己免疫性膵炎を発症しステロイド治療が奏効した1例. 羽廣健仁1, 佐藤一喜1, 堀川誠也2, 真喜屋実之2 (1外. 2中条中央病院): 第78回新潟消化器病研究会 (2003/7/5), 新潟.

733210. [研究会] (一般講演) 腹腔鏡下胆嚢摘出術における胆管損傷の2例. 佐藤一喜, 羽廣健仁 (外): 第12回新潟内視鏡外科研究会 (2003/6/28), 新潟.

733211. [研究会] (一般講演) ホルモン補充療法中に発症した乳癌症例の検討. 関根智久1, 高野良介1, 松澤克典2, 笹本信幸3, 松澤信五2 (1高野せきね外科眼科クリニック. 2至誠堂総合病院. 3外): 第27回山形乳腺疾患研究会学術集会 (2003/9/6), 山形市.

733212. [研究会] (一般講演) 乳腺および甲状腺手術でのオクチルシアノアクリレート (ダーマボンド) の使用経験. 関根智久1, 高野良介1, 松澤克典2, 笹本信幸3, 松澤信五2 (1高野せきね外科眼科クリニック. 2至誠堂総合病院. 3外): 第21回山形外科談話会 (2003/7/5), 山形市.

733213. [研究会] (一般講演) 盲腸原発悪性リンパ腫と横行結腸癌の同時重複の1例. 松澤克典1, 笹本信幸2, 松澤信五1, 関根智久3, 高野良介3 (1至誠堂病院. 2外. 3高野せきね外科眼科クリニック): 第21回山形外科談話会 (2003/7/5), 山形市.

733214. [研究会] (一般講演) 急性肝不全に対する血液浄化療法の適応と限界についての検討. 目黒順一1, 増子佳弘1, 今村恵美1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第29回日本急性肝不全研究会 (2003/5/21), 福岡.

733215. [研究会] (一般講演) 肝腫瘍に凍結手術を併施した2症例の検討. 目黒順一1, 後藤順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 増子佳弘1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 大泉弘子1, 川村直之1, 齋藤雅雄1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第39回日本肝癌研究会 (2003/6/19), 金沢.

733216. [研究会] (一般講演) DICを併発した維持透析患者の十二指腸腫瘍の1例. 久木田和丘1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, (津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第12回腎不全外科研究会 (2003/7/5), 高松.

733217. [研究会] (一般講演) 腹膜部位別による病理組織変化の違い. 久木田和丘1, 平野 宏2, 工藤靖夫3, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤4, (津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2岩藤クリニック腎臓病医療センター. 3南一条病院. 4外): 第14回北海道腹膜透析研究会 (2003/8/2), 札幌.

733218. [研究会] (一般講演) 遺残あるいは再発上皮小体機能亢進症とビタミンDパルス療法. 堀江 卓1, 久木田和丘1, 加納剛史1, 今村恵美1, 池田 篤2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第12回北海道透析骨関節障害談話会 (2003/9/6), 札幌.

733219. [研究会] (一般講演) 塩酸セベラマー投与においてPTH分泌は抑制されるか. 津田一郎1, 久木田和丘1, 今村恵美1, 池田 篤2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第12回北海道透析骨関節障害談話会 (2003/9/6), 札幌.

733220. [研究会] (一般講演) 胸骨斜切開を併用した経皮的血管形成術. 久木田和丘1, 米川元樹1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 川村明夫 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第7回アクセス研究会 (2003/10/26), 東京.

733221. [研究会] (一般講演) 子宮頸がん (CIS) 術後に肺肝再発をきたした生体腎移植症例. 池田 篤1, 玉置 透2, 江川宏寿2, 今村恵美2, 飯田潤一2, 津田一郎2, 坂田博美2, 堀江 卓2, 久木田和丘2, 目黒順一2, 米川元樹2, 川村明夫2 (1外. 2北楡会札幌北楡病院): 第19回北海道腎移植談話会 (2003/11/1), 札幌.

733222. [研究会] (一般講演) 腹部手術をくり返した腎再移植症例. 江川宏寿1, 玉置 透1, 今村恵美1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第19回北海道腎移植談話会 (2003/11/1), 札幌.

733223. [研究会] (一般講演) Basiliximabを併用した腎移植症例の検討−末梢血リンパ球サブセットの動向を中心に−. 佐藤 壯1, 玉置 透1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第19回北海道腎移植談話会 (2003/11/1), 札幌.

733224. [研究会] (一般講演) 維持透析症例における腹部大動脈石灰化の検討. 米川元樹1, 久木田和丘1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, (津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第6回腎と筋・エネルギー研究会, (2003/11/22), 京都.

733225. [研究会] (一般講演) 維透析症例における腹部大動脈瘤石灰化の検討. 米川元樹1, 久木田和丘1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第6回腎と筋・エネルギー研究会 (2003/11/22), 京都.

733226. [研究会] (一般講演) 札幌北楡病院における血管再生医療. 堀江 卓1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 再生医療技術を用いた循環器疾患に対する組織移植および血管新生に関する研究 最終報告会 (2004/2/7), 東京.

733227. [研究会] (一般講演) ステント留置と外腸骨静脈狭窄からの考察. 久木田和丘1, 今村恵美1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第9回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 (2004/3/6), 東京.

733228. [研究会] (一般講演) 血液透析患者における血管再生治療. 堀江 卓1, 今村恵美1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 津田一郎1, 坂田博美1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1北楡会札幌北楡病院. 2外): 第19回ハイパフォーマンスメンブレン/次世代人工腎研究会 (2004/3/13), 東京.

733229. [研究会] (一般講演) 短食道を伴う巨大食道裂孔ヘルニアに対し腹腔鏡下Collis-Nissen手術を施行した1例. 安部美寛, 片田夏也, 小林伸行, 桜本信一, 黒山信一, 根本祐太, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第57回神奈川食道疾患懇話会 (2003/12/20), 横浜.

733230. [研究会] (一般講演) 腹腔鏡下胃切除術におけるコスト, 手術時間を意識した手技の工夫. 桜本信一, 菊池史郎, 根本祐太, 黒山信一, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁 (外): 第4回関東腹腔鏡下胃切除研究会 (2003/11/8), 横浜.

733231. [研究会] (一般講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡補助下胃全摘術. 桜本信一, 菊池史郎, 根本祐太, 黒山信一, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁 (外): 神奈川手術手技研究会 (2003/11/28), 横浜.

733232. [研究会] (一般講演) 腹腔鏡補助下胃切除術における手技の工夫. 桜本信一, 菊池史郎, 根本祐太, 黒山信一, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁 (外): 神奈川胃癌研究会 (2003/12/20), 横浜.

733233. [研究会] (一般講演) 早期胃癌に対する幽門側胃切除の術後経口摂取について−腹腔鏡と開腹術の比較−. 黒山信一, 桜本信一, 根本祐太, 片田夏也, 菊池史郎, 小林伸行, 大谷剛正, 嶋尾 仁, 佐藤光史 (外): 第5回神奈川臨床外科代謝栄養研究会 (2003/9/17), 横浜.

733234. [研究会] (一般講演) 内視鏡的胃瘻造設術後の瘻孔周囲炎についての検討. 黒山信一1, 嶋尾 仁1, 森瀬昌樹1, 根本祐太1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 小林伸行1, 松原康美2 (1外. 2看護部): 第8回HEQ研究会 (2003/9/27), 大分. 抄録集, p.48, 2003.

733235. [研究会] (一般講演) 幽門下リンパ節に転移を認めた胃体下部IIc (m癌) の一例. 河又 寛, 菊池史郎, 黒山信一, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第792回外科集談会 (2004/3), 東京.

733236. [研究会] (一般講演) 当院における直腸癌に対する側方リンパ節郭清の現況. 佐藤武郎, 國場幸均, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第9回神奈川大腸肛門手術手技研究会 (2003/10), 神奈川.

733237. [研究会] (一般講演) 低侵襲手術を目指して・当院における腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術 (Lac-APR) の現況. 佐藤武郎 (外): 第8回神奈川外科感染侵襲懇話会 (2004/2), 神奈川.

733238. [研究会] (一般講演) 潰瘍性大腸炎患者に対し腹腔鏡下手術を施行し術後門脈塞栓症を呈した1例. 佐藤武郎, 大谷剛正, 國場幸均, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第33回神奈川大腸疾患研究会 (2004/2), 神奈川.

733239. [研究会] (一般講演) 右側結腸症例の肝彎曲剥離の工夫. 佐藤武郎, 國場幸均, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第9回神奈川大腸肛門手術手技研究会 (2004/3), 神奈川.

733240. [研究会] (一般講演) 大腸癌における術後化学療法の検討. 佐藤武郎, 井原 厚, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 第8回神奈川BCM研究会 (2003), 神奈川.

733241. [研究会] (一般講演) 食道癌小腸転移の1例. 中村隆俊, 大谷剛正, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第8回神奈川癌転移外科研究会 (2003/1/25), 横浜.

733242. [研究会] (一般講演) 大腸癌の治療戦略・現況. 佐藤武郎, 井原 厚, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 大谷剛正, 柿田 章 (外): 第4回北里腫瘍フォーラム (2003), 神奈川.

733243. [研究会] (一般講演) 腹腔鏡下大腸切除における腹膜修復の必要性についての検討. 根本一彦, 國場幸均, 中村隆俊, 佐藤武郎, 櫻井裕恵, 大谷剛正, 井原 厚, 柿田 章 (外): 第58回大腸癌研究会 (2003), 東京.

733244. [研究会] (一般講演) 術前に診断し得た小腸癌の2症例. 小倉直人, 井原 厚, 中村隆俊, 佐藤武郎, 國場幸均, 大谷剛正 (外): 第18回神奈川大腸肛門疾患懇話会 (2003/11/25), 横浜.

733245. [研究会] (一般講演) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー (TEM) の経験と筋層損傷後の修復のコツ. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤光史 (外): 第8回経肛門的内視鏡下手術研究会 (2003/12/5), 岡山.

733246. [研究会] (一般講演) 大腸癌における腹腔鏡補助下手術の適応拡大の検討. 國場幸均, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 井原 厚, 大谷剛正, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第60回大腸癌研究会 (2004/1/23), 大阪. プログラム, p.40, 2003.

733247. [研究会] (一般講演) 粘液産生性胆管癌の一切除例. 安藤 豪, 木田光広, 西元寺克禮, 星野弘樹, 吉田宗紀 (外): 第21回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2004/1/21), 相模原.

733248. [研究会] (一般講演) 特異な肝内胆管の著明な数珠状拡張を呈した1例. 小山知秀, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第21回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2004/1/21), 相模原.

733249. [研究会] (一般講演) 移植後27ヶ月で胆管空腸再吻合術を施行した小児肝移植の1例. 古田一徳, 高橋禎人, 高橋 毅, 中原さおり, 星野弘樹, 板橋浩一, 島田 謙, 吉田宗紀, 石田和夫, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第21回日本肝移植研究会 (2003/4/10), 長崎.

733250. [研究会] (一般講演) 肝細胞癌における手術成績からみた術式の選択. 古田一徳, 星野弘樹, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第39回日本肝癌研究会 (2003/6/19-20), 金沢.

733251. [研究会] (一般講演) 胆管空腸吻合部狭窄を呈し再手術を施行した小児肝移植症例 (1症例目)/胆管空腸吻合部狭窄を呈し内瘻化している小児肝移植症例 (2例目). 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 鹿取正道, 高橋禎人, 星野弘樹, 島田 謙, 吉田宗紀, 柿田 章 (外): 第6回肝移植臨床検討会 (2003/7/5), 東京.

733252. [研究会] (一般講演) ラット肝過冷却保存における加圧の意義について. 上野琢哉, 高橋禎人, 高橋 毅, 柿田 章, 大村孝志, 松本春美 (外): 第21回日本肝移植研究会 (2003/4/10-11), 抄録集, p.93, 2003.

733253. [研究会] (一般講演) 重症心身障害児30例に施行した24時間pHモニタリングの解析. 中原さおり1, 片田夏也1, 砂押 渉2, 石田和夫1 (1外. 2児): 第92回東京小児外科研究会 (2003/6/17), 東京.

733254. [研究会] (一般講演) 結節性硬化症に合併する腎血管筋脂肪腫. 北野良博1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 田中 潔1,2, 森川信行1, 二瓶健次1, 長澤哲朗1, 宮内 潤1 (1国立成育医療センター. 2外): 第9回家族性腫瘍研究会 (2003/6/13-14), 東京.

733255. [研究会] (一般講演) ビンクリスチン投与後のSIADHにより, 低ナトリウム血症をきたした神経芽腫の1例. 川島憲子1, 本名敏郎1, 森川信行1, 黒田達夫1, 中野美和子1, 田中 潔1,2, 北野良博1, 松田博光1, 田中圭一朗1 (1国立成育医療センター. 2外): 第25回小児体液研究会 (2003/9/6), 東京. プログラム・抄録集, p.13, 2003.

733256. [研究会] (一般講演) 一側WT1 allele完全欠損 (WAGR症候群) は巣状分節性糸球体硬化症 (FSGS) の原因となる. 飯島一誠1, 藤丸李可1, 稲富 淳1, 鈴木輝明1, 松岡健太郎1, 宮内潤1, 田中 潔1,2, 本名敏郎3, 佐々木聡4 (1国立成育医療センター腎臓科. 2同検査科病理. 3外科. 4北海道大学小児科): 第12回発達腎研究会 (2003/9/20), 東京

733257. [研究会] (一般講演) 下腹部小切開創からの卵巣嚢腫手術−腹腔鏡 (補助) 手術との比較−. 田中 潔1,2, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1 (1国立成育医療センター. 2外): 第23回日本小児手術手技・小児内視鏡手術研究会 (2003/11/20-21), 兵庫.

733258. [研究会] (一般講演) 術中所見で手術方針を変更した重症膵炎. 川島憲子1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 北野良博1, 田中 潔1,2, 森川信行1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター. 2外): 第93回東京小児外科研究会 (2003/12/9), 東京.

733259. [研究会] (一般講演) 術前CITA4cycles, ITEC1cycle施行したPRETEXT4肝芽腫2症例−ITECは必要であったか?−. 田中 潔1,2, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター. 2外): JPLT研究会2004 (2004/1/30), 東京.

733260. [研究会] (一般講演) resectabilityの診断に苦慮したPRETEXT IV肝芽腫2症例. 田中 潔1,2, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター. 2外): 関東甲信越小児がん登録研究会 (2004/2/7), 東京.

733261. [研究会] (一般講演) 両側Wilms腫瘍? 右Wilms・左腎芽腫症? 診断・治療方針決定に苦慮した1例. 田中 潔1,2, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1, 恒松由記子1, 熊谷昌明1, 飯島一誠1, 藤丸李可1, 宮内 潤1, 松岡健太郎1 (1国立成育医療センター. 2外): 第1回日本ウイルムス腫瘍スタディー (JwiTS) 研究会 (2004/2/21), 東京.

733262. [研究会] (一般講演) 傍髄膜横紋筋肉腫治療における放射線治療の役割. 北村正幸1, 正木英一1, 岡田良行1, 野坂俊介1, 堤 義之1, 宮嵜 治1, 宮坂実木子1, 鹿島恭子1, 加藤麻子1, 大楠郁子1, 黒崎仁寛1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 北野良博1, 森川信行1, 田中 潔1,2, 渕本康史1, 川島憲子1, 川城信子1, 泰地秀信1, 守本倫子1, 恒松由記子1, 熊谷昌明1, 塩田曜子1, 清谷知賀子1, 宮内 潤1, 松岡健太郎1 (1国立成育医療センター, 2外): 第4回日本横紋筋肉腫研究グループ (JRSG) 研究会 (2004/1/24), 東京.

733263. [研究会] (一般講演) 手術治療を行わなかった甲状腺High-risk分化癌の1例. 榎本拓茂, 仙石紀彦, 越田佳朋, 蔵並 勝, 石田和夫, 渡邊昌彦 (外): 第20回神奈川県乳腺甲状腺外科研究会/横浜カンファレンス (2004/3/13), 横浜.

733264. [学会 (地方)] (一般講演) 腹部大動脈瘤術後の末梢側吻合部瘤破裂に対しグラフト内ステント挿入を試みた一症例. 斉藤公一郎1, 平田光博1, 田村幸穂1, 西巻 博2, 金城正佳1, 石田和夫1 (1外. 2放): 血管外科関東地方会 (2003/11/22), 東京.

733265. [研究会] (一般講演) 急性腹部大動脈分枝部閉塞を呈した腹部大動脈限局性解離の一例. 平田光博1, 斉藤公一郎1, 田村幸穂1, 金城正佳1, 渡邊昌彦1, 西巻 博2 (1外. 2放): 第13回東京血管外科画像診断治療懇話会(2004/2/13), 東京.

733266. [学会 (地方)] (一般講演) 産褥期に腸骨静脈圧迫症候群を発症しステント留置術が有用であった一例. 田村幸穂1, 西巻 博2, 斉藤公一郎1, 平田光博1 (1外. 2放): 関東IVR学会 (2003/7/12), 東京.

733267. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における内痔核に対する外来痔核結紮術について. 平野 進1,2, 二渡信江1, 小八木紳一3, 中熊尊士1, 宮内邦浩1,2, 上野聡一郎1, 中村秀夫2 (1外. 2上尾中央総合病院. 3川崎徳仁): 第41回埼玉県医学会総会 (2004/1/25), 埼玉.

733268. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) の検討. 宮内邦浩1,2, 上野聡一郎1, 中熊尊士1, 平野 進1,2, 小八木紳一3, 二渡信江1,2 (1上尾中央総合病院. 2外. 3川崎徳仁): 第41回埼玉県医学会総会 (2004/1/25), 埼玉.

733269. [学会 (地方)] (一般講演) 術前に小腸癌が疑われた虫垂癌の1例. 細田 桂1, 大木 暁1, 増子佳弘2, 長渕英介2, 栗林 弘2 (1外. 2町立中標津病院): 第79回北海道外科学会 (2003/9/13), 札幌. 北海道外科雑誌, 48 (2): 191, 2003.

733270. [研究会] (ポスター) 痔瘻原発と思われる肛門管癌の1例. 中村隆俊, 大谷剛正, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤武郎, 根本一彦 (外): 第59回大腸癌研究会 (2003/7/4), 東京.


胸部外科

[学術論文]

110140. [原著] Host Prostaglandin E2-EP3 Signaling Regulates Tumor-Associated Angiogenesis and Tumor Growth. 天野英樹1, 林 泉2, 遠藤平仁3, 北里英郎4, 山科正平5, Takayuki Maruyama, Michiyashi Kobayashi, Kazutoyo Satoh, Masami Narita, Yukihiko Sugimoto, Takahiko Murata, 吉村博邦1, 成宮 周6, 馬嶋正隆2 (1胸外. 2薬理. 3内. 4医衛. 5解. 6京都大): J Exp Med Volume., 197829: 221-232, 2003.

110141. [原著] Modified Dor's Operation of Left Ventricular Inferior Wall Aneurysm Following Old Myocardial Infarction. 三好 豊, 小原邦義, 贄 正基, 須藤恭一, 鳥井晋三, 吉村博邦 (胸外): Kitasato Medicine, 33 (5): 321-326, 2003.

110142. [原著] COX-2/VEGF-Dependent Facilitation of Tumor-Associatad Angiogenesis and Tumor growth in Vivo. 吉田聡子1, 天野英樹1, 林 泉2, 北里英郎3, Mariko Kamata, Madoka Inukai, 吉村博邦1, 馬嶋正隆2 (1胸外. 2薬理. 3医衛): Laboratory Investgation, 83 (10): 1385, 2003.

120032. [原著] 気管食道領域の再建 気管・気管支の再建 良性疾患および低悪性度腫瘍. 品田 純, 原 英則, 後藤尚美, 吉村博邦 (胸外): 日本気管食道科学会会報, 54 (2): 79-81, 2003.

120033. [原著] Trehalose-albumin又はNystoseを添加したEuro-Collins液の腎, 心, 肺の保存効果. 真崎義彦, 後藤尚美, 贄 正基, 吉村博邦 (胸外): 低温医学, 30 (2):41-45, 2004.

310008. [症例報告] Successful Fontan procedure for asplenia with pulmonary atresia and major aortopulmonary collateral arteries. 宮地 鑑1, N. Nagata, H. Matsui, T. Miyamoto, K. Kitahori (1胸外): J Thorac Cardiovasc Surg., 126: 1648-50, 2003.

310009. [症例報告] Total cavopulmonary connection in a bedridden patient with Sotos syndrome. T. Miyamoto, K. Kitahori, 宮地 鑑1, N. Nagata, S. Yasui (1胸外): Asian Cardiovasc Thorac Ann., 11: 342-343, 2003.

520136. [総説] 陳旧性下壁心筋梗塞に伴った左心室瘤−手術適応と術式−. 小原邦義, 贄 正基, 三好 豊, 須藤恭一, 鳥井晋三, 吉村博邦 (胸外): 冠疾患誌, 9: 165-170, 2003.

520137. [総説] 無脾症候群に対するFontan型手術. 宮地 鑑 (胸外): 胸部外科, 56: 304-7, 2003.

520138. [総説] 動脈管開存症の胸腔鏡手術. 宮地 鑑 (胸外): Annual Review循環器, p.234-237, 2004.

520139. [総説] 質疑応答冠動脈疾患に対する手術療法の現況について. 小原邦義 (胸外): 循環制御, 24: 279-284, 2003.

520140. [総説] 心筋梗塞の機械的合併症に対する外科治療−心室中隔穿孔 (VSP) を中心に−. 小原邦義 (胸外): 第7回九州心臓血管外科セミナー Proceeding, p.4-5, 2003.

520141. [解説] ステント療法最前線 薬剤コーティングステント. 長谷部光泉1, 橋本 統, 中塚誠之, 松本一宏, 島田 厚2, 吉村博邦2, 栗林幸夫 (1慶応大. 2胸外): 日独医報, 48 (3): 435-446, 2003.

520142. [解説] これだけは知っておきたい臨床医の画像診断−胸部 縦隔 縦隔気腫−. 原 英則, 品田 純, 吉村博邦 (胸外): 臨床医, 29 (増): 926-928, 2003.

520143. [解説] 呼吸器疾患 state of arts 2003-2005 主要疾患 病態・診断・治療 気管支肺カルチノイド その診断と治療. 品田 純, 吉村博邦 (胸外): 医学のあゆみ 別刷呼吸器疾患, p.587-759, 2003.

[著 書]

620169. [その他の著書] (分担執筆) 系統看護学講座, 成人看護学 [3] 循環器疾患の看護; 第2章 循環器の構造と機能, p.20-30. 小原邦義 (胸外), 医学書院, 東京, 2003/2/15発行.

620170. [その他の著書] (分担執筆) 系統看護講座, 成人看護講座 [3] 循環器疾患の看護; 第4章 検査と治療・処置 2. 外科治療について, p.77-99. 小原邦義 (胸外), 医学書院, 東京, 2003/2/15発行.

620171. [その他の著書] (分担執筆) 系統看護学講座, 成人看護学 [3] 循環器疾患の看護; 第5章 疾患の理解 弁膜症, 先天性心疾患, 動脈系疾患, 静脈系疾患, リンパ系疾患, p.160-164, p.171-189, 小原邦義 (胸外), 医学書院, 東京, 2003/2/15発行.

620172. [その他の著書] (分担執筆) 虚血性心疾患 治療ガイダンス Part 9; 患者さんのために, 16. 手術後は普通の生活が送れる? p.227, 小原邦義 (胸外), メジカルビュー社, 東京, 2003/7/10発行.

620173. [その他の著書] (分担執筆) 虚血性疾患 治療ガイダンス Part 9; 患者さんのために, 17. ふたたび手術することはある? p.228, 小原邦義 (胸外), メジカルビュー社, 東京, 2003/7/10発行.

[学会・研究会等]

711003. [学会 (国際)] (特別講演) Surgical treatment for T4 lung cancer invading the heart or great vessels. 吉村博邦 (胸外): 17th Acian Pacific Congress for Diseases of the Chest (2003/8/30), トルコ・イスタンブール.

711004. [学会 (国際)] (特別講演) Management of tracheal stenosis with Silicone T tube. 吉村博邦 (胸外): 9th National Conference of Indian Association for Bronchology (2004/2/29), インド・ラクノウ.

712009. [学会 (国際)] (招待された講演) Tracheobrondhial reconstruction for benign or low-grade malignant tumor. 吉村博邦 (胸外): 17th Acian Pacific Congress for Diseases of the Chest (2003/8/30), トルコ・イスタンブール.

722050. [学会 (全国)] (特別パネルディスカッション) 外科専門医と関連外科専門医制度の整合性−呼吸器外科専門医. 吉村博邦 (胸外): 第103回日本外科学会総会 (2003/6/6), 札幌.

722051. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 10 kg未満乳幼児に対するロボットを使用した胸腔鏡下動脈管閉鎖術. 宮地 鑑1, 村上 新2, 高崎泰一1, 縄田 寛2, 高本眞一2 (1胸外. 2東京大): 第16回日本内視鏡外科学会総会 (2003/12/5), 岡山. 抄録集, p.145, 2003.

723370. [学会 (全国)] (一般講演) 乳児に対する内視鏡下動脈管閉鎖術の検討. 宮地 鑑1, 高崎泰一1, 小原邦義1, 吉村博邦1, 村上 新2, 縄田 寛2, 高本眞一2 (1胸外. 2東京大): 第34回日本心臓血管外科学会総会 (2004/2/18), 福岡. 日本心臓血管外科学会雑誌, 33 (Suppl.): 254, 2003.

723371. [学会 (全国)] (一般講演) 脳血管病変を合併した感染性心内膜炎に対する外科治療の検討−病変の評価と治療方針−. 鳥井晋三,小原邦義, 麻生俊英, 贄 正基, 須藤恭一, 三好 豊, 武田裕子, 山本信行, 小川史洋, 田崎尋美, 友保貴博, 町井正人, 吉村博邦 (胸外): 第33回日本心臓血管外科学会 (2003/5/16), 札幌. 日本心臓血管外科学会誌, 32 (Suppl.): 316, 2003.

723372. [学会 (全国)] (一般講演) 川崎病冠動脈後遺症に対する冠動脈バイパス術の術後グラフト評価をマルチスライスCTにて行った2例. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 麻生俊英1, 贄 正基1, 須藤恭一1, 三好 豊1, 井上伸幸1, 友保貴博1, 吉村博邦1, 竹内靖夫2 (1胸外. 2東京女医大): 第8回日本冠動脈外科学会 (2003/7/3), 京都. 抄録集, p.74, 2003.

723373. [学会 (全国)] (一般講演) 三尖弁位感染性心内膜炎に対して外科治療を行った3例の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第65回日本臨床外科学会 (2003/11/13), 福岡. 日本臨床外科学会雑誌, 64 (増): 388, 2003.

723374. [学会 (全国)] (一般講演) 右上葉切除後の気管支変形の一例. 品田 純, 原 英則, 後藤尚美, 後藤 毅, 吉村博邦 (胸外): 第55回日本気管支食道科学会総会(2003/10/31), 福岡.

723375. [学会 (全国)] (一般講演) 神経内分泌腫瘍の臨床像と治療成績. 品田 純1, 原 英則1, 後藤 毅1, 益田典幸2, 片桐真人2, 矢那瀬信雄2, 早川和重3, 蒋 世旭4, 岩渕啓一4, 吉村博邦1 (1胸外. 2内. 3放. 4病理): 第44回日本肺癌学会総会 (2003/11/6), 東京.

723376. [学会 (全国)] (一般講演) 非小細胞肺癌における遺伝子解析と臨床的有用性に関する検討. 原 英則1, 山下和也2, 品田 純1, 吉村博邦1 (1胸外. 2病理): 第56回日本胸部外科学会総会 (2003/11/20), 東京. Jpn J Thorac Cardiovasc Surg., 51 (Suppl.): 449, 2003.

723377. [学会 (全国)] (一般講演) Euro-Collins 液にalbuminを添加した膠質浸透圧液とEuro-Collins液に nystoseを添加した腎, 心, 肺の冷却保存効果の比較検討. 真崎義彦, 後藤尚美, 贄 正基, 吉村博邦 (胸外): 第30回日本低温医学会総会 (2003/11/28), 札幌.

723378. [学会 (全国)] (一般講演) 気管・気管支原発悪性腫瘍の病態. 品田 純, 原 英則, 後藤 毅, 吉村博邦 (胸外): 第14回日本気管食道科学会認定医大会 (2004/2/22), 東京.

723379. [学会 (全国)] (ポスター) 感染弁位からみた感染性心内膜炎に対する外科治療症例の検討. 鳥井晋三, 小原邦義, 贄 正基, 須藤恭一, 三好 豊, 友保貴博, 中島裕康, 町井正人, 山本信行, 宮地 鑑, 高崎泰一, 七海美和, 吉村博邦 (胸外): 第34回日本心臓血管外科学会 (2004/2/19), 福岡. 日本心臓血管外科学会誌, 33 (Suppl.): 396, 2004.

731047. [研究会] (特別講演) 心筋梗塞の機械的合併症に対する外科治療−心室中隔穿孔 (VSP) を中心に−. 小原邦義 (胸外): 第7回九州心臓血管外科セミナー (2003/11/8), 福岡. 予稿集, p.4-5, 2003.

733271. [学会 (地方)] (一般講演) 右上葉入口部に発生したFibroepithelial polypの一手術例. 原 英則1, 品田 純1, 蒋 世旭2, 岩渕啓一2, 益田典幸3, 吉村博邦1 (1胸外. 2病理. 3内): 第55回日本肺癌学会関東部会 (2003/10/31), 福岡.

733272. [学会 (地方)] (一般講演) 胸腔鏡下肺生検にて診断のついたPulmonary hyalinizing granulomaの一例. 原 英則1, 品田 純1, 後藤尚美1, 蒋 世旭2, 岩淵啓一2, 今崎貴生3, 益田典幸3, 早川和重4, 吉村博邦1 (1胸外. 2病理. 3内. 4放): 第137回日本肺癌学会関東部会 (2003/7/5), 東京. プログラム抄録集, p.13, 2003.


<<脳神経外科学>>

[学術論文]

110143. [原著] Importance of re-examination for medulloblastoma and atypical teratoid/rhabdoid tumo. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 藤井清孝 (脳外): Acta Neurochir (Wien), 145: 663-666, 2003.

110144. [原著] Dissecting aneurysm of the intracranial vertebral arery asssociated with proximal focal degeneration of the elastica. A comparative pathological study of the vertebral artery in patients with and without aneurysms. 山田 勝1, 宮坂佳男1, 柳下三郎2, 藤井清孝1 (1脳外. 2神奈川県リハビリテーションセンター病理): Surg Neurol, 60: 431-437, 2003.

110145. [原著] Chronic cerebral venous hypertension model in rats. 山田 勝, 湯澤 泉, 藤井清孝, 宮坂佳男 (脳外): Neurol Res, 25: 694-696, 2003.

110146. [原著] Regulation of cell growth and expression of 7B2, PC2, and PC1/3 by TGFbeta and sodium bytyrate in a human pituitary cell line (HP75). 小林郁夫1, L. Jin2, KH. Ruebel2, JM. Bayliss2, 岡 秀宏1, RV. Lloyd2 (1脳外. 2Mayo Clinic): Endocrine, 22: 258-292, 2003.

120034. [原著] 胚細胞性腫瘍の治療成績−北里大学におけるPE療法導入前後の治療成績比較−. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 近藤宏治, 谷崎義徳, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): Neuro-Oncology (Tokyo), 13: 2-5, 2003.

120035. [原著] 不随意運動に対するガンマ視床手術. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 坐間 朗1, 佐藤澄人2 (1日高病院. 2脳外): 機能的脳神経外科, 42 (1): 32-35, 2003.

210021. [準原著] Iodoamphetamine (IMP) uptake in the brain is increased after experimental cerebral venous hypertension in the rat. 山田 勝, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外): Acta Neurochir (Suppl), 86: 209-212, 2003.

210022. [準原著] Strategy for the treatment of acute thromboembolic stroke involving an internal carotid artery. 大桃丈知, 倉田 彰, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): Intervent Neuroradiol, 10 (suppl.1): 77-82, 2004.

210023. [準原著] Top of the basilar syndrome. 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): Clinical Neiroscience, 21 (11): 1272-1273, 2003.

220018. [準原著] 頭蓋咽頭腫の長期予後. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 日本内分泌学会誌, 79 (Suppl.): 102-103, 2003.

220019. [準原著] 入院中に急激に対麻痺が完成したspinal AVFの2例. 石渡雅男, 橘 滋国 (脳外): 日本脊髄障害医学会雑誌, 17 (1): 166-167, 2004.

220020. [短報] PDD研究用紫色半導体レーザーを用いた術中脳腫瘍蛍光診断. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 岩本和久, 藤井清孝 (脳外): 脳神経外科ジャーナル, 12 (9): 647-649, 2003.

220021. [短報] 視床腹中間核内の運動感覚性ニューロンの分布とガンマ視床手術. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2, 蔡 曉東1 (1日高病院. 2脳外): 機能的脳神経外科, 42 (2): 108-109, 2003.

220022. [短報] Vim thalamotomyによりmuscle pain (deep pain) が消失した4例. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 蔡 曉東2 (1脳外. 2日高病院): 機能的脳神経外科, 42 (2): 64-65, 2003.

310010. [症例報告] Ischemic Optic Neuropathy Associated with Subarachnoid Hemorrhage agter Rupture of Anterior Communicating Artery Aneurysm. 原 直人2, 向野和雄2, 大高弘稔1, 清水公也2 (1脳外. 2眼): Ophthalmologica KARGER, 217: 79-84, 2003.

310011. [症例報告] Pineal parenchymal tumor with marked retinoblastic differentiation: case report. 宇津木 聡1, 川野信之1, 岡 秀宏1, 福島 浩1, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 安井美江2, 藤井清孝1, 柳下三郎3 (1脳外. 2形態系. 3神奈川リハビリテーションセンター病理): Brain Tumor Pathol, 20: 33-37, 2003.

310012. [症例報告] Prolactinoma with a high adrenocorticotropic hormone level caused by meningitis -case report-. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 田中 聡1, 岩本和久1, 長谷川ひとみ2, 廣瀬隆一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院): Neurol Med Chir (Tokyo), 44 (2): 86-89, 2004.

310013. [症例報告] Idiopathic Spinal Cord Herniation Associated With Calcified Thoracic Disc Extrusion -Case report-. 鷺内隆雄, 飯田秀夫, 橘 滋国, 宇津木 聡, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): Neurol Med Chir (Tokyo), 43 (7): 364-368, 2003.

310014. [症例報告] Diffusion-weighted MRI in Anterior Soinal Artery Stroke of the Cervical Spinal Cord -Case report-. 鷺内隆雄1, 飯田秀夫1, 橘 滋国1, 久須美真理1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): J Comput Assist Tomogr, 27 (3): 410-414, 2003.

310015. [症例報告] Sinus thrombosis probably resulting from a dural arteriovenous fistula development in the superior sagittal sinus. 清水 暁1, 佐藤澄人1, 飯田秀夫1, 三富哲郎2, 藤井清孝1 (1脳外. 2国際親善総合病院): Acta Neurochir, 145: 719-721, 2003.

310016. [症例報告] Successful stent placement for cervical artery dissection associated with the Ehlers-Danlos syndrome. Case report and review of the literature. 倉田 彰1, 岡 秀宏1, 大桃丈知1, 小澤 仁2, 鈴木祥生1, 藤井清孝1, 菅 信一3, 宮坂佳男1, 新井春枝4 (1脳外. 2汐田総合病院. 3放. 4大和市立病院): J Neurosurg, 99: 1077-1081, 2003.

320052. [症例報告] トルコ鞍内海綿状血管腫の1例. 近藤宏治, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 谷崎義徳, 清水 暁, 鈴木祥生, 森井誠二, 藤井清孝 (脳外): 日本内分泌学会誌, 79 (Suppl.): 166-67, 2003.

320053. [症例報告] 小開頭ドレナージにより治療した, 興味ある感染経路によると思われる硬膜外・硬膜下膿瘍の1例. 佐藤澄人1, 飯田秀夫1, 石川明道2, 藤井清孝1 (1脳外. 2国際親善総合病院): 日本救急医学会誌, 14 (7):348-354, 2003.

320054. [症例報告] 定視床手術が有効であり特異な歩行障害を呈したパーキンソン病の1例. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 坐間 朗2, 蔡 曉東2 (1脳外. 2日高病院): 運動障害, 13 (2): 45-51, 2003.

320055. [症例報告] 脊髄疾患における拡散強調画像. 鷺内隆雄, 飯田秀夫, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): 日本脊髄障害医学会雑誌, 16 (1): 62-63, 2003.

320056. [症例報告] 血管内手術後IQの改善を認めた小児cerebral arteriovenous fistuls (CAVF) の1例. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 大桃丈知1, 萩原宏之1, 中原邦晶1, 鷺内隆雄1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 小児の脳神経, 28 (4): 286-291, 2003.

520144. [総説] 脳血管障害の最近の進歩−脳血管内手術−. 倉田 彰 (脳外): 北里医学, 33 (1): 12-17, 2003.

520145. [解説] 中大脳動脈瘤の外科解剖. 田中柳水1, 藤井清孝1, アルバート・ロートン2 (1脳外. 2University of Florida): 脳神経外科速報, 13 (5): 486-487, 2003.

520146. [解説] テント上脈絡叢動脈. 田中柳水1, 藤井清孝1, アルバート・ロートン2 (1脳外. 2University of Florida): 脳神経外科速報, 13 (3): 258-259, 2003.

520147. [解説] 「患者中心の医療」のために. 藤井清孝 (脳外): 脳神経外科, 31 (10): 1057-1058, 2003.

520148. [その他] (教科書) Atypical teratoid/rhabdoid tumor. 岡 秀宏1, Bernd W. Scheithauer2, 藤井清孝1 (1脳外. 2Mayo Clinic): Clinical Neuroscience, 21 (5):508-509, 2003.

521028. [研究報告] 神奈川県におけるモヤモヤ病のアンケート調査 平成15年度総括・分担研究報告書. 山田 勝, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外): モヤモヤ病 (ウィリス動脈輪閉塞症) に関する調査研究, p.19-21, 2003.

521029. [研究報告] (厚生労働省) 当施設における出血性もやもや病の調査. 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): モヤモヤ (ウィリス動脈輪閉塞症)に関する調査研究報告書, p.31-35, 2003.

521030. [研究報告] (厚生労働省) 脳死下での臓器移植の社会基盤に向けての研究. 北原孝雄1, 有賀 徹2, 横田裕行3, 唐澤秀治4, 山田 勝5, 星ゆかり1 (1救命. 2昭和大. 3日医大. 4船橋市立医療センター. 5脳外): 平成15年度分担研究報告書, p.51-58, 2003.

[著 書]

620174. [学術書] (分担執筆) 頭蓋咽頭腫に対する視機能および内分泌機能温存手術の評価. 脳腫瘍の外科−手術による根治性と神経機能−, p.170-171. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 編集 坂井 昇, メディカ出版, 大阪, 2003発行.

620175. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科学体系 脳腫瘍U; 大脳鎌髄膜腫, p.74-83. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外), 中山書店, 東京, 2004/4/7発行.

620176. [学術書] (分担執筆) Year Note内科外科等; 脳血管疾患, p.70-93, 宮坂佳男 (脳外), MEDIC MEDIA, 東京, 2004/4/16発行.

620177. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科学体系8 出血性脳血管障害; もやもや病の病態, p.397-405. 藤井清孝, 山田 勝 (脳外). 中山書店, 東京, 2004/4/23発行.

[学会・研究会等]

713089. [学会 (国際)] (一般講演) Recurrence type of germinomas with detectable HCG in only cerebrospinal fluid. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 岩本和久, 藤井清孝 (脳外): The First International Symposium on CNS Germ cell tumors (2003/9/19), 京都.

713090. [学会 (国際)] (ポスター) Clear Cell Ependy-momas: They may be more aggresive than ordinary ependymomas. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 藤井清孝, 川野信之 (脳外): 2nd Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology (2003/12/5), 韓国.

713091. [学会 (国際)] (ポスター) Mild hypothermia attenuates the endothelium-dependent pial arteriole dilatation but not the endothelium-independent response in rats. 湯澤 泉, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): International Brain Hypothermia Symposium 2004 (2004/2/5), 東京.

713092. [学会 (国際)] (ポスター) Radiological Features of Intracranial Grmioma. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 岩本和久, 小林郁夫, 藤井清孝 (脳外): 2nd Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology (2003/12/5), 韓国.

721009. [学会 (全国)] (特別講演) 当施設における脳・頭蓋底手術. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/2), 仙台.

721010. [学会 (全国)] (特別講演) 大学病院におけるリスクマネジメント. 藤井清孝 (脳外): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/2), 仙台.

722052. [学会 (全国)] (シンポジウム) 頭蓋底腫瘍手術におけるアースロケアマルチエレクトロードシステム2000の有用性. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第8回日本脳腫瘍の外科学会 (2003/11/7), 沖縄.

722053. [学会 (全国)] (教育講演) WHO2000に含まれた小児中枢神経系新腫瘍概念−Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor (AT/RT) を中心に−. 岡 秀宏1, Bernd W. Scheithauer2, 藤井清孝1 (1脳外. 2Mayo Clinic): 第31回日本小児神経外科学会 (2003/7/4), 新潟.

722054. [学会 (全国)] (シンポジウム) Ciliated Craniopharyngiomaとラトケ嚢胞の病理組織学的関係. 岡 秀宏1, 川野信之1, 宇津木 聡1, 安井美江2, 藤井清孝1, 柳下三郎3 (1脳外 2形態系. 3神奈川県リハビリテーションセンター病院病理): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/1), 東京.

722055. [学会 (全国] (シンポジウム) 頸椎椎間板ヘルニアの自然経過. 橘 滋国, 清水 暁, 石渡雅男 (脳外): 第32回日本脊椎髄病学会 (2003/4/5), 福岡.

722056. [学会 (全国)] (シンポジウム) 神経内視鏡併用による間脳下垂体腫瘍手術の微小解剖と実際. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第14回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2004/2/3), 金沢.

722057. [学会 (全国)] (シンポジウム) 脊髄髄内腫瘍の診断と治療法. 橘 滋国, 石渡雅男 (脳外): 第23回日本脳神経外科コングレス (2003/5/17), 大阪.

722058. [学会 (全国)] (シンポジウム) 2次救急病院における意識障害患者の現状について. 高野 誠, 大高弘稔, 岡田卓郎, 小泉寛之 (脳外): 第17回日本神経救急学会学術集会 (2003/6/14), 東京.

722059. [学会 (全国)] (シンポジウム) 破裂脳動脈瘤急性期managementに関する全国アンケート調査. 山田 勝1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 田中柳水1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第17回日本神経救急学会学術集会 (2003/6/14), 東京.

722060. [学会 (全国)] (シンポジウム) Intensive chemotherapyを前提としたeloquent gliomaの手術. 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 佐藤澄人, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第8回日本脳腫瘍の外科学会 (2003/11/8), 沖縄.

722061. [学会 (全国)] (シンポジウム) リアルタイムRT-PCRによるグリオーマにおける薬剤耐性遺伝子発現の検討とIndivisual sdjuvant therapy (IAT). 田中 聡1, 宇津木 聡1, 岩本和久1, 安井美江2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 板橋由佳3, 松本英郎3 (1脳外. 2形態系. 3三菱科学BCL): 第4回日本分子脳神経外科学会 (2003/9/3), 東京.

723380. [学会 (全国)] (一般講演) 半導体レーザー装置を用いた術中脳腫瘍蛍光診断とその組織学的検討. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 岩本和久, 佐藤澄人, 萩原宏之, 本告 匡, 藤井清孝 (脳外): 第8回日本脳腫瘍の外科学会 (2003/11/8), 沖縄.

723381. [学会 (全国)] (一般講演) 松果体・鞍上部以外に発生したgerminomaの画像上の特徴. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 田中 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 藤井清孝 (脳外): 第31回日本小児神経外科学会 (2003/7/3), 新潟.

723382. [学会 (全国)] (一般講演) 初回手術23年後再手術を行ったoligodendrogliomaの一例. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 田中 聡1, 岩本和久1, 安井美江2, 本告 匡3, 藤井清孝1, 川野信之1 (1脳外. 2形態系. 3北本メディカルセンター病院): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/2), 東京.

723383. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性脳腫瘍に対する術中脳腫瘍蛍光診断の有用性. 宇津木 聡1, 田中 聡1, 岩本和久1, 廣瀬隆一2, 長谷川ひとみ2, 辻 俊一2, 本告 匡2 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 第41回埼玉医学会総会 (2004/1/25), さいたま.

723384. [学会 (全国)] (一般講演) reversible encephalopathyの像を呈したSheehan症候群の一例. 宇津木 聡1, 田中 聡1, 岩本和久1, 廣瀬隆一2, 長谷川ひとみ2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 第14回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2004/2/4), 金沢.

723385. [学会 (全国)] (一般講演) Neurofubromatosis type1に合併したtrabecular cell hyperplasia: 画像上くも膜嚢胞と鑑別が困難な新疾患概念. 岡 秀宏1, 川野信之1, 柳下三郎2, 藤井清孝1 (1脳外. 2神奈川リハビリテーションセンター病理): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/2), 東京.

723386. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋底腫瘍手術におけるアースロケアマルチエレクトロードシステム2000の使用経験. 岡 秀宏, 清水 暁, 宇津木 聡, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第15回日本頭蓋底外科学会 (2003/6/11), 東京.

723387. [学会 (全国)] (一般講演) 脳腫瘍手術におけるアースロケアマルチエレクトロードシステム2000の使用経験. 岡 秀宏, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第12回脳神経外科手術と機器学会 (2003/4/12), 東京.

723388. [学会 (全国)] (一般講演) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumors:多施設臨床共同研究への提案. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 小林郁夫1, 藤井清孝1, Scheithauer Bernd W.2 (1脳外. 2Mayo Clinic病理): 第21回日本脳腫瘍学会 (2003/11/17), 兵庫.

723389. [学会 (全国)] (一般講演) 第3脳室内に局限した原発性頭蓋内悪性リンパ腫の一例. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/2), 東京.

723390. [学会 (全国)] (一般講演) 蝶形骨洞に発生した腫瘍の一例. 近藤宏治1, 岡 秀宏1, 川野信之1, 藤井清孝1, 柳下三郎2 (1脳外. 2神奈川県リハビリテーション病理): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/1), 東京.

723391. [学会 (全国)] (一般講演) カベルゴリンが有効であった男性プロラクチノーマの2例. 近藤宏治, 岡 秀宏, 小林郁夫, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第14回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2004/2/4), 金沢.

723392. [学会 (全国)] (一般講演) 二次救急病院における意識障害患者の現状について. 高野 誠, 大高弘稔, 岡田卓郎, 小泉寛之 (脳外): 第17回日本神経救急学会学術集会 (2003/6/4), 東京.

723393. [学会 (全国)] (一般講演) Low grade astrocytomaへの放射線照射後にpolar spongioblastic patternを呈したgliosarcomaの一例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 田中 聡1, 藤井清孝1, 岩渕啓一2, 柳下三郎3, 川野信之1 (1脳外. 2病理. 3神奈川リハビリテーションセンター病院病理): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/1), 東京.

723394. [学会 (全国)] (一般講演) Olfactory neuroepi-theliomaと考えられた1例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 安井美江2, 藤井清孝1, 原 敦子3, 岩渕啓一3, 川野信之1 (1脳外. 2形態系. 3病理): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/2), 東京.

723395. [学会 (全国)] (一般講演) Vim thalamotomyによりmuscle pain (deep pain) が消失した4例. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 蔡 暁東2 (1脳外. 2日高病院): 第42回日本定位・機能神経外科学会 (2003/9/29), 仙台.

723396. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内腫瘍摘出における脊髄血管の温存. 三井公彦, 諏訪知也, 三島大徳, 清水 暁 (脳外): 第10回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会 (2003/9/26), 東京.

723397. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋骨早期癒合症における段階的distravtionを用いた頭蓋骨remodeling. 山田 勝1, 宮島良輝1, 今野慎吾1, 中原邦晶1, 藤井清孝1, 瀬山竒晃一郎2 (1脳外. 2形外): 第31回日本小児神経外科学会 (2003/7/3), 新潟.

723398. [学会 (全国)] (一般講演) もやもや病にたいする直接間接血行再建術. 山田 勝, 田中柳水, 萩原宏之, 湯澤 泉, 倉田 彰, 佐藤澄人, 藤井清孝 (脳外): 第22回Mt. Fuji Workshop on CVD (2003/8/30), 長崎.

723399. [学会 (全国)] (一般講演) 出血性頭蓋内解離性椎骨動脈瘤 (DVA) −保存的治療24例の転帰不良因子の検討−. 山田 勝1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝2, 大和田 隆2 (1脳外. 2救命): 第17回日本神経救急学会学術集会 (2003/6/14), 東京.

723400. [学会 (全国)] (一般講演) HP75におけるTGFbや酪酸塩による7B2, PC1, PC2の発現の制御. 小林郁夫1, Long Jin2, 岡 秀宏1, 安井美江2, 藤井清孝1, Ricardo V. Lloyd3 (1脳外. 2形態系. 3Mayo Clinic): 第14回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2004/2/3), 金沢.

723401. [学会 (全国)] (一般講演) 視床腹中間核内の運動感覚性ニューロンの分布とガンマ視床手術. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2, 蔡 暁東1 (1日高病院. 2脳外): 第42回日本定位・機能神経外科学会 (2003/9/30), 仙台.

723402. [学会 (全国)] (一般講演) 不随意運動に対するガンマ視床手術. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2, 蔡 曉東1, 新井洋記1 (1日高病院. 2脳外): 第9回日本ガンマナイフ学会 (2004/1/31), 東京.

723403. [学会 (全国)] (一般講演) Secondary glioblastomaに対する遺伝子診断に基づいた個別化補助療法の効果: 突然死による法医解剖所見から. 大澤成之1, 岡 秀宏1, 田中 聡1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1, 栗原克由2 (1脳外. 2法医学): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/1), 東京.

723404, [学会 (全国)] (一般講演) 悪性転化を認めた脊髄星細胞腫の剖検所見. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 橘 滋国1, 宇津木 聡1, 中山賢司1, 藤井清孝1, 原 敦子2, 川野信之1 (1脳外. 2病理): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/2), 東京.

723405. [学会 (全国)] (一般講演) Intensive chemotherapyを前提としたeloquent gliomaの手術. 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 佐藤澄人, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第8回日本脳腫瘍の外科学会 (2003/11/8), 沖縄.

723406. [学会 (全国)] (一般講演) グリオーマにおける薬剤耐性遺伝子発現のリアルタイムRT-PCRによる検討とIndivisual adjuvant therapy (IAT). 田中 聡1, 宇津木 聡1, 岩本和久1, 岡 秀宏1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/2), 東京.

723407. [学会 (全国)] (一般講演) 誘発筋電計MEB-2200による術中マッピング・モニタリング. 田中 聡1, 岩本和久1, 宇津木 聡1, 高梨淳子2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 堀 智勝3 (1脳外. 2北本メディカルセンター. 3東京女医大): 第12回脳神経外科手術と機器学会 (2003/4/11), 福岡.

723408. [学会 (全国)] (一般講演) グリオーマに対するMGMTの定量的RT-PCRに基づいたIATの多施設臨床共同研究の提案. 田中 聡1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 岩本和久1, 安井美江2, 藤井清孝1, 堀 智勝3 (1脳外. 2形態系. 3東京女医大): 第21回日本脳腫瘍学会 (2003/11/8), 兵庫.

723409. [学会 (全国)] (一般講演) Pilomyxoid astrocytomaの1例. 萩原宏之, 岡 秀宏, 久須美真理, 宇津木 聡, 小林郁夫, 藤井清孝 (脳外): 第14回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2004/2/4), 金沢.

723410. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋骨原発のMalignant lymphomaの一例. 福島 浩1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 安井美江2, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/2), 東京.

723411. [学会 (全国)] (一般講演) Chordoid meningiomaの一例. 福島 浩1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/1), 東京.

723412. [学会 (全国)] (一般講演) クモ膜下出血で発症した脊髄動脈瘤の一例. 平山 寿1, 高野 誠1, 岡田卓郎1, 大高弘稔1, 桑尾定仁2, 三井公彦1 (1脳外. 2東大和病院): 第17回日本神経救急学会学術集会 (2003/6/14), 東京.

723413. [学会 (全国)] (一般講演) 直達手術不成功脳動脈瘤に対する脳血管内手術の有用性について. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 大桃丈知1, 田中柳水1, 山田 勝1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第19回日本脳血管内治療学会 (2003/11/17), 横浜.

723414. [学会 (全国)] (ポスター) 半導体レーザー装置を用いた術中脳腫瘍蛍光診断. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/3), 仙台.

723415. [学会 (全国)] (ポスター) 術中脳腫瘍蛍光診断−その病理組織学的検討−. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 佐藤澄人, 萩原宏之, 藤井清孝 (脳外): 第21回日本脳腫瘍学会 (2003/11/17), 兵庫.

723416. [学会 (全国)] (ポスター) 脳静脈洞血栓症に慢性硬膜下血腫を合併した抗リン脂質抗体症候群の一例. 近藤宏治1, 田中 洋2 (1脳外. 2茅ヶ崎市立病院): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/1), 仙台.

723417. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県におけるモヤモヤ病のアンケート調査. 山田 勝, 田中柳水, 倉田 彰, 鷺内隆雄, 萩原宏之, 望月崇弘, 佐藤公俊, 藤井清孝 (脳外): 第29回日本脳卒中学会 (2003/3/19), 名古屋.

723418. [学会 (全国)] (ポスター) 虚血発症もやもや病に対する直接間接複合血行再建術の効果−間接血行再建術との比較−. 山田 勝, 田中柳水, 萩原宏之, 湯澤 泉, 倉田 彰, 望月崇弘, 藤井清孝 (脳外): 第33回日本脳卒中の外科学会 (2004/3/20), 名古屋.

723419. [学会 (全国)] (ポスター) 脳室内海綿状血管腫の一手術例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 清水 暁, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第8回日本脳腫瘍の外科学会 (2003/11/7), 沖縄.

723420. [学会 (全国)] (ポスター) 脊髄手術の術中経頭蓋刺激運動誘発電位の有用性 (定量的評価法の検討). 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/3), 仙台.

723421. [学会 (全国)] (ポスター) 破裂脳動脈瘤急性期managementに関する全国アンケート調査. 山田 勝1, 田中柳水1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝2, 大和田 隆2 (1脳外. 2救命): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/1), 仙台.

723422. [学会 (全国)] (ポスター) Multicentric gliomaの一例. 仁木 淳, 岡 秀宏, 小林郁夫, 宇津木 聡, 田中 聡, 佐藤澄人, 藤井清孝 (脳外): 第21回日本脳腫瘍学会 (2003/11/17), 兵庫.

723423. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋内原発T-cell lymphomaの一症例. 諏訪知也1, 三島大徳1, 三井公彦1, 三富弘之2, 菅 信一3, 柳下三郎4 (1脳外. 2病理. 3放. 4神奈川リハビリテーションセンター病理): 第21回日本脳腫瘍病理学会 (2003/5/1), 東京.

723424. [学会 (全国)] (ポスター) Telangiectasia様所見を伴った急性脳幹障害の一例. 諏訪知也1, 三島大徳1, 三井公彦1, 長谷川一子2, 三富弘之2, 柳下三郎3 (1脳外. 2国立相模原病院. 3神奈川リハビリテーションセンター病理): 第44回日本神経病理学会総会 (2003/5/29), 名古屋.

723425. [学会 (全国)] (ポスター) Transcervical approachで良好な結果を得た舌下神経腫瘍の一手術. 清水 暁, 岡 秀宏, 大澤成之, 中原邦晶, 佐藤澄人, 藤井清孝 (脳外): 第8回日本脳腫瘍の外科学会 (2003/11/7), 沖縄.

723426. [学会 (全国)] (ポスター) 椎骨静脈の外科解剖. 清水 暁, 三井公彦, 田中柳水, 橘 滋国, 石渡雅男, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本脊椎脊髄病学会 (2003/4/6), 福岡.

723427. [学会 (全国)] (ポスター) 顔面打撲により片側顔面痙攣を生じた一例. 清水 暁, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): 第27回日本神経外傷学会 (2004/3/26), 東京.

723428. [学会 (全国)] (ポスター) 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の放射線学的検討とその治療戦略. 倉田 彰1, 萩原宏之1, 湯澤 泉1, 小澤 仁2, 藤井清孝1, 鈴木祥生1, 大桃丈知1 (1脳外. 2汐田総合病院): 第19回日本脳神経血管内治療学会総会 (2003/11/17), 横浜.

723429. [学会 (全国)] (ポスター) 解離性椎骨動脈瘤に対するステント併用コイル塞栓術. 荘司光彦1, 倉田 彰1, 萩原宏之1, 湯澤 泉1, 小澤 仁2, 藤井清孝1, 鈴木祥生1, 大桃丈知1 (1脳外. 2汐田総合病院): 第19回日本脳神経血管内治療学会総会 (2003/11/17), 横浜.

723430. [学会 (全国)] (ポスター) プラチナボール: 新しい塞栓物質. 小澤 仁1, 倉田 彰2, 菅 信一3, 大桃丈知2, 鈴木祥生2, 藤井清孝2 (1汐田総合病院. 2脳外. 3放): 第19回日本脳神経血管内治療学会総会 (2003/11/17), 横浜.

723431. [学会 (全国)] (ポスター) Tentorial arteryをmain feeding arteryとしたpetroclival meningiomaの一手術例−腫瘍栄養動脈塞栓術の併用−. 大桃丈知, 倉田 彰, 岡 秀宏, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脳神経血管内治療学会総会 (2003/11/17), 横浜.

723432. [学会 (全国)] (ポスター) くも膜下出血を伴わない破裂脳動脈瘤による脳内出血の検討. 大澤成之1, 田中柳水1, 飯田秀夫1, 中原邦晶1, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第33回日本脳卒中の外科学会 (2004/3/20), 名古屋.

723433. [学会 (全国)] (ポスター) 脳神経外科術中MEPモニタリングの解析. 田中 聡1, 岩本和久1, 宇津木 聡1, 高梨淳子2, 佐藤澄人1 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院検査科): 第33回日本臨床神経生理学会 (2003/10/2), 旭川.

723434. [学会 (全国)] (ポスター) グリオーマに対する定量的PCRに基づいたindividual adjuvant therapy (IAT). 田中 聡1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 岩本和久1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/3), 仙台.

723435. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学脳神経外科における顔面痙攣に対する神経血管内減圧術の長期成績. 田中柳水, 萩原宏之, 佐藤澄人, 山田 勝, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/2), 仙台.

723436. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者脳動脈瘤塞栓術とその有用なアプローチ. 湯澤 泉1, 倉田 彰1, 小澤 仁2, 大桃丈知1, 鈴木祥生1, 萩原宏之1, 藤井清孝, 菅 信一3, 北原孝雄4 (1脳外. 2汐田総合病院. 3放. 4救命): 第19回日本脳血管内治療学会 (2003/11/17), 横浜.

723437. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者手術への挑戦と限界−脳動脈瘤塞栓術について−. 湯澤 泉1, 倉田 彰1, 小澤 仁2, 大桃丈知1, 鈴木祥生1, 萩原宏之1, 藤井清孝1, 北原孝雄3, 菅 信一4 (1脳外. 2汐田総合病院. 3救命. 4放): 第19回日本脳神経血管内治療学会 (2003/11/17), 横浜.

723438. [学会 (全国)] (ポスター) cilostazolによる脳血管拡張反応−常温・低体温における検討−. 湯澤 泉, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝, 入倉克巳 (脳外): 第62回日本脳神経外科学会総会 (2003/10/2), 仙台.

723439. [学会 (全国)] (ポスター) 血管造影時におけるヘパリン加生食/造影剤の供給及び排液処理の工夫. 湯澤 泉, 倉田 彰, 大桃丈知, 鈴木祥生 (脳外): 第12回脳神経外科手術と機器学会 (2003/4/12), 福岡.

723440. [学会 (全国)] (ポスター) 中等度低体温における各種酸塩基平衡管理によるラット脳軟膜血管反応性. 湯澤 泉, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝 (脳外): 第29回日本脳卒中学会 (2004/3/18), 名古屋.

723441. [学会 (全国)] (ポスター) 高位内頸動脈狭窄症に対する自己拡張型ステント留置が有効であった1例. 萩原宏之, 倉田 彰, 佐藤澄人, 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脳神経血管内治療学会総会 (2003/11/17), 横浜.

723442. [学会 (全国)] (ポスター) くも膜下出血で発症した若年者の後大脳動脈解離性動脈瘤に対するGDCの有用性. 萩原宏之1, 倉田 彰1, 宮坂佳男1, 高木 宏1, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第33回日本脳卒中の外科学会 (2004/3/20), 名古屋.

723443. [学会 (全国)] (ポスター) 解離性椎骨動脈瘤に対するステント併用コイル塞栓術. 平山 寿1, 倉田 彰1, 大桃丈知1, 小澤 仁2, 藤井清孝1, 菅 信一3, 北原孝雄4 (1脳外. 2汐田総合病院. 3放. 4救命): 第19回日本脳神経血管内治療学会総会 (2003/11/17), 横浜.

731048. [研究会] (特別講演) 末梢神経障害の手術. 橘 滋国 (脳外): 第11回釧路脳神経外科手術手技研究会 (2003/5/9), 釧路.

731049. [研究会] (特別講演) シビレの発生機序と鑑別診断. 橘 滋国 (脳外): 第28回福島脊椎脊髄疾患研究会 (2004/2/7), 福島.

731050. [研究会] (特別講演) 脳神経外科医はいかにあるべきか. 藤井清孝 (脳外): 三鷹脳神経セミナー (2003/9/13), 横浜.

731051. [研究会] (特別講演) 脳神経外科医はどうあるべきか. 藤井清孝 (脳外): 第11回杏林大学脳神経外科夏期セミナー (2003/9/13), 横浜.

731052. [研究会] (特別講演) 脳室系の外科解剖と手術. 藤井清孝 (脳外): 第7回藤沢脳神経外科懇話会 (2004/3/25), 藤沢.

732018. [研究会] (教育講演) グリオーマの集学的治療. 田中 聡 (脳外): 第7回Waterfront Neurosurgical Conference (2003/7/6), 箱根.

732019. [研究会] (教育講演) 動脈瘤手術に必要な微小外科解剖. 藤井清孝 (脳外): 第11回県央ストロークカンファレンス (2004/2/20), 相模原.

732020. [研究会] (教育講演) 下垂体性腫瘍手術の実際. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): ノバルティスファーマ学術研究会 (2003/7/16), 横浜.

732021. [研究会] (教育講演) 下垂体腫瘍に対する手術と管理. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): かながわ間脳下垂体疾患カンファレンス設立会議 (2003/9/24), 横浜.

732022. [研究会] (教育講演) しびれと脊髄・末梢神経疾患. 橘 滋国 (脳外): 第46回神経内科懇話会 (2003/8/2), 東京.

732023. [研究会] (教育講演) 間脳下垂体手術に必要な微小解剖と実際−eanssphenoidal approachの基本と応用−. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 横浜市立大学脳神経外科カンファレンス (2004/1/23), 横浜.

732024. [研究会] (教育講演) Regulation of cell growth and expression of 7B2, PC2, PC1 by TGFb and sodium butyrate in human pituitary cell line. 小林郁夫1, 岡 秀宏1, Long Jin, 藤井清孝1, Ricardo V. Lloyd (1脳外): 第1回メイヨーニューロサイエンスフォーラム (2004/3/19), 名古屋.

733273. [学会 (地方)] (一般講演) 滑車神経鞘腫の診断でγナイフ施行3年後に増大を示した脳幹部腫瘍の一例. 岩本和久, 宇津木 聡, 田中 聡, 岡 秀宏 (脳外): 第92回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003/11/29), 東京.

733274. [学会 (地方)] (一般講演) 希な硬膜動静脈瘻の1例. 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第90回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003/6/14), 東京.

733275. [学会 (地方)] (一般講演) PDD研究用紫色半導体レーザー装置を用いた術中蛍光診断. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第90回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003/6/14), 東京.

733276. [学会 (地方)] (一般講演) Multicentric gliomaの1例. 仁木 淳, 岡 秀宏, 佐藤澄人, 萩原宏之, 小林郁夫, 藤井清孝, 宇津木 聡, 田中 聡 (脳外): 第91回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003/9/20), 東京.

733277. [学会 (地方)] (一般講演) Ehlas-Danlos syndromeに対するステント留置術の有用性について. 中原邦晶1, 倉田 彰1, 山崎友也1, 藤井清孝1, 西巻 博2, (1脳外. 2放): 第90回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003/6/14), 東京.

733278. [学会 (地方)] (一般講演) 後天的に発生した多発性脳動静脈奇形の一例. 福島 浩, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第92回日本脳神経外科学会関東地方会 (2003/11/29), 東京.

733279. [研究会] (一般講演) 脳腫瘍蛍光診断とその分裂像との関係. 宇津木 聡, 田中 聡, 岩本和久, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第4回5ALA研究会 (2003/11/15), 岐阜.

733280. [研究会] (一般講演) 胚細胞性腫瘍の治療成績−北里大学におけるPE療法導入前後の治療成績の比較−. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 近藤宏治, 谷崎義徳, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第25回ニューロ・オンコロジィの会 (2003/4/12), 東京.

733281. [研究会] (一般講演) 5-Aminolevulinicを用いた脳腫瘍術中蛍光診断. 宇津木 聡1, 田中 聡1, 岩本和久1, 本告 匡2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院病理): 第161回北里研究会 (2004/3/11), 東京.

733282. [研究会] (一般講演) 頭蓋外伸展を示す舌下神経鞘腫に対する手術法. 岡 秀宏, 清水 暁, 藤井清孝 (脳外): 第7回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2003/12/19), 東京.

733283. [研究会] (一般講演) Eloquent areaに発生したグリオーマに対する覚醒下開頭術と遺伝子解析による補助療法. 岡 秀宏1, 田中 聡1, 宇津木 聡1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1, 外 須美夫2, 早川和重3 (1脳外. 2麻. 3放): 第6回北里腫瘍フォーラム (2004/1/30), 相模原.

733284. [研究会] (一般講演) 術前診断に苦慮した若年性脳多発病変の一例. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 佐藤公俊, 鷺内隆雄, 藤井清孝 (脳外): 第7回脳神経外科疾患の臨床と病理のJOINT CONFERENCE (2004/2/21), 東京.

733285. [研究会] (一般講演) 運動および言語機能温存目的で覚醒下脳腫瘍摘出術を施行した2症例. 久須美真理, 岡 秀宏, 佐藤澄人, 仁木 淳, 萩原宏之, 宇津木 聡, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第1回日本Awake Surgery研究会 (2003/11/6), 沖縄.

733286. [研究会] (一般講演) 画像上描出困難な末端肥大症の治療. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 鷺内隆雄, 小林郁夫, 藤井清孝 (脳外): 第1回かながわ間脳下垂体疾患カンファレンス (2003/12/10), 横浜.

733287. [研究会] (一般講演) クモ膜嚢胞との鑑別に苦慮したTrabecular cell hyperplasiaの一例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 小林郁夫, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第6回学術集会 (2003/9/12), 神奈川.

733288. [研究会] (一般講演) Acute multiple screlosisの一例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 小林郁夫, 鷺内隆雄, 藤井清孝 (脳外): 第12回相模若手脳神経外科懇話会 (2004/3/9), 相模原.

733289. [研究会] (般講演) 運動機能温存を目的とした覚醒下開頭術の有用性. 佐藤澄人1, 岡 秀宏1, 萩原宏之1, 久須美真理1, 宇津木 聡1, 田中 聡1, 藤井清孝1, 岡本浩嗣2, 外須美夫2 (1脳外. 2麻): 第1回日本Awake Surgery研究会 (2003/11/6), 沖縄.

733290. [研究会] (一般講演) 視床手術で改善したジストニアの1例. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 蔡 曉東2 (1脳外. 2日高病院): 第27回運動障害研究会 (2004/1/24), 東京.

733291. [研究会] (一般講演) 経頭蓋刺激運動誘発電位の定量的評価. 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第26回脊髄機能診断研究会 (2004/2/14), 東京.

733292. [研究会] (一般講演) 急性硬膜下血腫を来したモヤモヤ病の1例. 小泉寛之, 高野 誠, 岡田卓郎, 大高弘稔 (脳外): 第24回多摩地区脳卒中研究会 (2003/11/8), 多摩.

733293. [研究会] (一般講演) 若年成人に発症した脳多発性病変の一例. 小林郁夫1, 岡 秀宏1, 鷺内隆雄1, 佐藤公俊1, 藤井清孝1, 原 敦子2, 岩渕啓一2, 菅 信一3, 柳下三郎4 (1脳外. 2病理. 3放. 4神奈川県リハビリテーションセンター病理): 第86回東京脳腫瘍研究会 (2004/2/28), 八王子.

733294. [研究会] (一般講演) 椎骨静脈および吻合枝の外科解剖. 清水 暁, 田中柳水, 三井公彦, 藤井清孝 (脳外): 第17回微小脳神経外科解剖セミナー (2003/5/19), 大阪.

733295. [研究会] (一般講演) 大動脈における体節動脈の解剖. 清水 暁1, 田中柳水1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第9回北里微小脳神経外科解剖セミナー (2004/2/14), 相模原.

733296. [研究会] (一般講演) 画像上鑑別診断に苦慮した小脳腫瘍の1例. 荘司光彦, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 萩原宏之, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第7回学術集会 (2004/2/13), 横浜.

733297. [研究会] (一般講演) 中脳・松果体・視床巨大グリオーマの1例. 田中 聡, 宇津木 聡, 岩本和久, 高梨淳子, 岡 秀宏 (脳外): 第7回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2003/12/9), 東京.

733298. [研究会] (一般講演) 後天的に発生した多発性脳動静脈奇形の1例. 福島 浩, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第10回県央ストロークカンファレンス (2003/9/3), 相模原.

733299. [研究会] (一般講演) 興味ある画像所見を呈した脳梗塞の一例. 望月崇弘, 岡 秀宏, 鷺内隆雄, 小林郁夫, 藤井清孝 (脳外): 第11回相模若手脳神経外科懇話会 (2003/12/2), 相模原.

733300. [研究会] (一般講演) 急性硬膜外血腫に対する血管内手術について. 鈴木祥生, 大桃丈知, 遠藤昌孝, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第79回多摩医学会講演会 (2003/11/29), 東京.

733301. [研究会] (一般講演) 調布病院におけるPerfusion CTの活用例ー慢性硬膜下血腫の手術適応決定への活用. 鈴木祥生, 大桃丈知, 森田泰章, 森 健一, 長谷川 彰, 梶原伸二, 佐藤智仁, 杉崎美奈子, 中原邦晶, 沼畑孝志, 高木 宏, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第1回CT Perfusion研究会 (2004/1/24), 東京.


<<小児科学>>

[学術論文]

110147. [原著] A functional polymorphism in the promoter/enhancer region of the FOXP3/Scurfin gene associated with type 1 diabetes. WM. Bassuny1, K. Ihara1, Y. Sasaki1, R. Kuromaru1, H. Kohno2, 松浦信夫3, T. Hara1 (1九州大. 2福岡こども. 3児): Immunogenetics, 55: 149-156, 2003.

110148. [原著] Association study between interleukin-12 receptor b1/b2 genes and type 1 diabetes or asthma in the Japanese population. WM. Bassuny1, K. Ihara1, J. Kimura1, S. Ichikawa1, R. Kuromaru1, K. Miyako1, K. Kusuhara1, Y. Sasaki1, H. Kohno2, 松浦信夫3, S. Nishima4, T. Hara1 (1九州大. 2福岡こども. 3児. 4南福岡病院): Immunogenetics, 55: 189-192, 2003.

110149. [原著] Interleukin-13 production by peripheral blood mononuclear cells from pediatric asthma patients and its modulation by regulatory cytokines. 佐伯敏亮, 石川義人, 川野 豊, 松浦信夫 (児): Kitasato Medicine, 32 (4): 319-327, 2002.

110150. [原著] Dissociation between pulmonary capillaries and alveoli in congenital diaphragmatic hernia complicated with persistent pulmonary hypertension and pulmonary hypoplasia. 三須陽子1, SX. Jiang2, 野渡正彦1, 桑尾定仁3, 亀谷 徹2, 松浦信夫1 (1児. 2病理. 3東大和病院): Kitasato Medicine, 32 (4): 337-342, 2002.

110151. [原著] Focal segmental membranoprolifera-tive glomerulonehritis in children. 飯高喜久雄1,2, 守屋俊介2, 中村信也2, 本山 治3, 酒井 糾4 (1大和市立病院, 2児. 3東邦大. 4小児腎疾患総合管理研究所): Pediatr Nephrol, 18 (10): 1000-1004, 2003.

110152. [原著] Significant Reduction of WT1 Gene expression, Possibly Due to Epigetic Alterration in Wilms' Tumors. Y. Satoh1, T. Nakagawachi1, 中舘尚也2, Y. Kaneko3, Z. Masaki1, T. Mukai1, H. Soejima1 (1佐賀医大. 2児. 3埼玉がんセンター): J Biochem, 133: 303-308, 2003.

110153. [原著] Cryptic insertion and translocation or non-dividing leukemic cells disclosed by FISH analysis in infant acute leukemia with discrepant molecular and cytogenetic findings. N. Watanabe1, H. Kobayashi1, O. Ichiji2, M. Yoshida3, A. Kikuta4, Y. Komada5, I. Sekine6, Y. Ishida7, Y. Horikoshi8, Y. Tsunematsu9, M. Yano10, 中舘尚也11, Y. Kaneko1 (1埼玉がんセンター. 2鹿児島大. 3九州がんセンター. 4福島医大. 5三重大. 6防衛医大. 7愛媛大. 8静岡こども病院. 9国立小児. 10秋田大. 11児): Leukemia, 17: 876-882, 2003.

110154. [原著] Williams syndrome deficits in visual spatial processing linked to GTF2IRD1 and GTF2I on chromosome 7q11.23. 広田浜夫1,2,3, R. Matsuoka2, XN. Chen3, LS. Salandanan3, A. Lincoln4, FE. Rose5, M. Sunahara2, M. Osawa2, U. Bellugi5, JR. Korenberg3 (1児. 2東京女医大. 3カリフォルニア大. 4アライアンド国際大. 5ソーク生物学研究所): Genet Med, 5 (4): 311-321, 2003.

110155. [原著] Roxithromycin promotes lymphocyte apoptosis in Dermatophagoides-sensitive asthma patients. 小川倫史, 菅原陽子, 藤原幸子, 野間 剛 (児): European Journal of Pharmacology, 474: 273-281, 2003.

120036. [原著] 養護学校通学中でインスリン療法を行っている小児糖尿病の現状と問題点. 宮本茂樹1, 染谷知宏2, 菊池信行3, 三木裕子4, 森 哲夫5, 加治正行6, 川村智行7, 河野 斉8, 増田英成9, 岩谷典学10, 杉原茂孝11, 松浦信夫12 (1千葉こども. 2千葉大. 3横浜市大. 4東京大. 5国立長野. 6静岡こども. 7大阪市大. 8福岡こども. 9国療三重. 10熊本大. 11女子医大第二. 12児): 小児科臨床, 56 (8): 1767-1769, 2003.

120037. [原著] PCR-SBT法によるHLA遺伝子タイピング; 小児期発症1型糖尿病の多様性との関連について. 野元けい子1, 大津成之2, 田久保憲行2, 横田行史2, 松浦信夫2 (1生物化学系. 2児): 糖尿病, 47 (1): 27-34, 2004.

120038. [原著] 先天性甲状腺機能低下症ラットrdw大脳組織中のα-tubulinの発現の検討. 柴山啓子, 横田行史, 松浦信夫, 大津成之 (児): 成長科学協会研究年報, 26: 227-236, 2002.

120039. [原著] 小児1型糖尿病に対する超速効型インスリンの至適治療法に関する検討. 浦上達彦1, 宮本茂樹2, 川村智行3, 杉原茂孝4, 雨宮 伸5, 佐々木 望6, 松浦信夫7 (1駿河台日大. 2千葉こども. 3大阪市大. 4女子医大第二. 5山梨大. 6埼玉医大. 7児): ホルモンと臨床, 51 (11): 967-971, 2003.

120040. [原著] 小児1型糖尿病における超速効型インスリン使用の実態調査. 浦上達彦1, 宮本茂樹2, 川村智行3, 杉原茂孝4, 雨宮 伸5, 佐々木 望6, 松浦信夫7 (1駿河台日大. 2千葉こども. 3大阪市大. 4女子医大第二. 5山梨大. 6埼玉医大. 7児): 日本小児科学会雑誌, 107 (11): 1491-1496, 2003.

120041. [原著] 溶血性尿毒症症候群28例の臨床的検討. 守屋俊介1, 三須陽子1, 中村信也1, 河西紀昭2, 飯高喜久雄3 (1児. 2相模野病院. 3大和市立病院): 日本小児科学会雑誌, 106 (10): 1445-1450, 2002.

210024. [準原著] Roxithromycin enhances lymphocyte apoptosis in Dermatophagoides-sensitive childhood asthma. 野間 剛, 小川倫史 (児): J Allergy Clin Immunol, 111: 646-647, 2003.

220023. [準原著] けいれん重積に対するmidazolamの血中濃度測定に関する検討 (予報)−測定法を中心に−. 岩崎俊之1, 三浦寿男1,2, 砂押 渉1, 武井研二1, 小舘慎哉3 (1児. 2相模原療育園. 3(株) SBS研究): TDM研究, 21 (2): 191-192, 2004.

220024. [準原著] 当院で経験した超低出生体重児の腹膜透析に対する検討. 中村信也1, 三須陽子1, 越野浩江1, 岩波直美1, 野渡正彦1, 守屋俊介1, 隅越 誠2, 飯高喜久雄1,3, 河西紀昭1,4 (1児. 2星総合病院. 3大和市立病院. 4相模野病院): 小児腎不全学会雑誌, 24: 221-222, 2004.

310017. [症例報告] IgA-associaed glomerulonephritis with membranoproliferative glomerulonephritis-like pattern in two children. 飯高喜久雄1,2, 山本麻子1, 玉井伸哉1, 小川夏子1,2, 関根 徹1,2, 本山 治3 (1大和市立病院. 2児. 3東邦大): Clin Exp Nephrol, 7 (4): 284-289, 2003.

320057. [症例報告] Clobazamの投与により笑い発作が誘発された難治てんかんの1例. 岩崎俊之, 三浦寿男, 砂押 渉, 細田のぞみ, 武井研二, 片山文彦 (児): 脳と発達, 35 (5): 406-410, 2003.

320058. [症例報告] CD20低発現B細胞悪性リンパ腫の1男児例. 小川倫史, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 日本小児血液学会雑誌, 17 (6): 481-486, 2003.

320059. [症例報告] 潜在性シェーグレン症候群を合併した混合性結合組織病の1女児例. 佐伯敏亮, 大西優子, 隅越 誠, 石川義人, 川野 豊, 野間 剛 (児): 小児科臨床, 56: 1737-1743, 2003.

320060. [症例報告] 自覚症状及びピークフローによる喘息評価が過小であった思春期喘息の一男児例. 青木国輝1, 向山徳子1, 野間 剛2 (1同愛記念病院. 2児): 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌, 2 (1): 58-60, 2004.

520149. [総説] インスリンアナログの使用法は? 松浦信夫 (児): 肥満と糖尿病, 2 (2): 46-48, 2003.

520150. [総説] 「小児の肥満と糖尿病」小児1型糖尿病の現状は? 松浦信夫 (児): 肥満と糖尿病, 2 (3): 56-58, 2003.

520151. [総説] 「小児の肥満と糖尿病」臨床症状のはっきりしている場合は? 横田行史 (児): 肥満と糖尿病, 2 (3): 80-82, 2003.

520152. [総説] 学校検尿による糖尿病スクリーニングの現状と問題点. 横田行史1, 菊池信行2, 松浦信夫1 (1児. 2横浜市大): 日本マス・スクリーニング学会誌, 13 (1): 7-13, 2003.

520153. [総説] 「思春期慢性疾患児への対応」糖尿病. 横田行史, 松浦信夫 (児): 小児科, 44 (10): 1504-1509, 2003.

520154. [総説] 「小児疾患診療のための病態生理」代謝栄養性疾患 異常インスリン血症/異常プロインスリン血症. 横田行史 (児): 小児内科, 35 (増): 533-537, 2003.

520155. [総説] 「小児糖尿病UPDATE」糖尿病合併症の診断と治療. 横田行史 (児): 小児内科, 34 (11): 1658-1665, 2002.

520156. [総説] 1. NICUでよく使用する薬剤 2. 必修略語集. この1冊からはじめるNICU看護のすべて. 野渡正彦 (児): Neonatal Care, 春季増刊号: 276-283, 2004.

520157. [総説] 「呼吸器感染のそこが知りたい」麻疹肺炎. 上田康久 (児): 小児内科, 36 (1): 162-165, 2004.

520158. [総説] 「エビデンスでわかる体温管理のキホン」体温管理の実際 小児 (新生児,乳児) での体温管理のコツ. 上田康久 (児): エキスパートナース, 19 (12): 46-49, 2003.

520159. [総説] 「小児救急看護に必要な基礎知識と処置技術」症候・症状別対応 無呼吸発作・呼吸異常. 上田康久 (児): 小児看護, 26 (9): 1136-1141, 2003.

520160. [総説] 「フローチャート小児救急初期対応」主要症候 呼吸因難. 梅原 実 (児, 神奈川県立こども医療センター): 救急・集中治療, 15 (11): 1153-1155, 2003.

520161. [総説] 「小児救急医療の現状と問題点」クループ症候群の救急医療. 神前泰希1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター, 2児): 小児外科, 35 (10): 1229-1234, 2003.

520162. [総説] 「小児救急看護に必要な基礎知識と処置技術」症候・症状別対応 呼吸困難・クループ. 梅原 実 (児, 神奈川県立こども医療センター): 小児看護, 26 (9): 1131-1135, 2003.

520163. [総説] 小児外来の検査の要領と診断への活かし方/リンパ球幼若化テスト. 野間 剛 (児): 小児科臨床, 56 (増): 1335-1342, 2003.

521031. [研究報告] 小児1型糖尿病の病因−素因・環境・免疫の関連における内因性レトロウイルスの意義. 松浦信夫1, 横田行史1, 風張幸司1, 陣野吉廣2 (1児. 2琉球大): 平成14年度〜平成15年度科学研究費補助金 (基盤研究B) 研究成果報告書, p.1-59, 2004.

521032. [研究報告] アレルギー疾患における新しい感受性遺伝子の解明. 野間 剛 (児): 平成13年度〜平成15年度科学研究費補助金 (基盤研究(C) (2)) 研究成果報告書, 2004.

521033. [研究報告] 母乳中のダイオキシンが乳児の甲状腺機能に及ぼす影響に関する研究−第4報 第2子の甲状腺機能−(分担研究報告). 松浦信夫1, 柴山啓子1, 福士 勝2, 藤田晃三2 (1児. 2札幌市衛研): 厚生科学研究研究費補助金 (食品・化学物質安全総合研究事業) 母乳中のダイオキシン類と乳児への影響に関する研究. 平成14年度総括・分担研究報告書, p.59-62, 2003.

521034. [研究報告] 軽症クレチン症の病態−特に有機化障害の多様性−(分担研究:マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究). 松浦信夫, 大津成之, 柴山啓子 (児): 厚生労働科学研究 (子ども家庭総合研究事業) マススクリーニングの効率的実施及び開発に関する研究. 平成14年度研究報告書, p.57-59, 2003.

521035. [研究報告] 糖尿病疫学に関する研究−医療意見書の解析とその問題点−(分担研究:小児慢性特定疾患の登録・評価に関する研究). 松浦信夫, 大津成之, 横田行史 (児): 厚生労働科学研究 (子ども家庭総合研究事業) 小児慢性特定疾患治療研究事業の登録・管理・評価に関する研究. 平成14年度研究報告書, p.151-154, 2003.

521036. [研究報告] 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究 (主任研究報告). 松浦信夫 (児): 厚生労働科学研究 (子ども家庭総合研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成14年度研究報告書, p.465-467, 2003.

521037. [研究報告] 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究 (分担研究報告). 松浦信夫 (児): 厚生労働科学研究 (子ども家庭総合研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成14年度研究報告書, p.469-471, 2003.

521038. [研究報告] 小児1型糖尿病児のインスリン療法と平均HbA1c値の我が国現状に関する研究 (分担研究: 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究). 松浦信夫1, 横田行史1, 三宅 泉1, 佐々木 望2, 雨宮 伸3 (1児. 2埼玉医大. 3山梨大): 厚生労働科学研究 (子ども家庭総合研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成14年度研究報告書, p.493-496, 2003.

521039. [研究報告] 呼吸器疾患の既往とアトピー性皮膚炎に関するコホート設定・アトピー性皮膚炎増悪因子の解析に関する検討. 野間 剛 (児): 厚生科学研究研究費補助金 (免疫アレルギー疾患予防治療研究事業) アトピー性皮膚炎の有症率調査法の確立および有症率 (発症率) 低下・症状悪化防止対策における生活環境整備に関する研究. 平成14年度総括・分担研究報告書, p.44, 2003.

521040. [研究報告] アレルギー疾患の発症に関する疫学的研究. 野間 剛 (児): 厚生科学研究研究費補助金 (免疫アレルギー疾患予防治療研究事業) アレルギー疾患に係わる胎内・胎外因子の同定に関する研究. 平成14年度総括・分担研究報告書, p.19, 2003.

521041. [研究報告] (平成12年度/ 北里大学大学院医療系研究科教員プロジェクト研究) アレルギー疾患感受性遺伝子に関する研究. 野間 剛1, 佐伯敏亮1, 石川義人1, 松浦信夫1, 川野 豊2 (1児. 2横浜赤十字病院): 北里医学, 32: 462-468, 2002.

[著 書]

620178. [学術書] (分担執筆) 小児疾患のとらえかた. 眼でみるベットサイドの病態生理; おしっこは甘いか?−子どもの糖尿病−, p.266-279. 松浦信夫 (児), 編集 別所文雄, 水谷修紀, 松井 陽, 榊原洋一, 文光堂, 東京, 2003発行.

620179. [学術書] (共著) 新・学校検尿のすべて−計画から事後措置まで−, p.1-139. 飯高喜久雄1,9, 上原建夫2, 梅島功至3, 柏光佐子4, 菊池敏夫5, 原田研介6, 馬場礼三7, 本田 悳8, 松浦信夫9, 村上睦美10, 山内邦昭11, 五十嵐 隆12, 市川家國13, 北川照男14, 大竹輝臣15, 森光敬子15 (1大和市立病院. 2中野区立北野中学校. 3埼玉県立杉戸高校. 4ひたちなか市立那珂湊第3小学校. 5神奈川県医師会. 6日本大. 7愛知医大. 8福岡市立こども病院. 9児. 10日本医大. 11予防医学事業中央会. 12東京大. 13東海大. 14東京都予防医学協会. 15文部科学省), 日本学校保健会, 東京, 2003/3/31発行.

620180. [学術書] (共著) 新・学校心臓検診の実際−スクリーニングから管理まで−, p.1-164. 飯高喜久雄1,9, 上原建夫2, 梅島功至3, 柏光佐子4, 菊池敏夫5, 原田研介6, 馬場礼三7, 本田 悳8, 松浦信夫9, 村上睦美10, 山内邦昭11, 淺井利夫12, 浦 清13, 北田實男14, 長嶋正實15, 馬場國蔵16, 大竹輝臣17, 森光敬子17 (1大和市立病院. 2中野区立北野中学校. 3埼玉県立杉戸高校. 4ひたちなか市立那珂湊第3小学校. 5神奈川県医師会. 6日本大. 7愛知医大. 8福岡市立こども病院. 9児. 10日本医大. 11予防医学事業中央会. 12東京女医大. 13東京都予防医学協会. 14元大阪府立成人病センター. 15あいち小児保健医療センター. 16西神戸医療センター. 17文部科学省), 日本学校保健会, 東京, 2003/3/31発行.

620181. [学術書] (分担執筆) 糖尿病の治療マニュアル第5版; 特別な配慮を必要とする糖尿病. 1. 小児・ヤング糖尿病, p.230-237. 松浦信夫 (児), 医歯薬出版出版社, 東京, 2003/5/25発行.

620182. [学術書] (分担執筆) ダイナミックメディシン; 体重と身長の異常, p.3-14〜3-16. 松浦信夫 (児), 監修 下条文武, 齋藤 康, 西村書店, 東京, 2003発行.

620183. [学術書] (分担執筆) 療養指導士を育てるために. 第37回糖尿病学の進歩, ライフステージ別の糖尿病の療養指導; 小児糖尿病, p.87-89. 松浦信夫 (児), 編集 日本糖尿病学会, 診断と治療社, 東京, 2003発行.

620184. [学術書] (分担執筆) よくわかる甲状腺疾患のすべて. 甲状腺の臨床応用編; 新生児バセドウ病 (新生児甲状腺機能亢進症), p.146-150. 松浦信夫 (児), 監修 伴 良雄, 永井書店, 東京, 2003/10/10発行.

620185. [学術書] (分担執筆) 小児喘息診療/小児科外来診療のコツと落とし穴; 気道炎症マーカーの選択のコツ/基本的知識と留意点, 病態と非侵襲的的検査方法, p.19-21. 野間 剛 (児), 編集 森川昭広, 柳沢正義他, 中山書店, 東京, 2003/5/1発行.

620186. [学術書] (分担執筆) 小児喘息診療/小児科外来診療のコツと落とし穴; RTC療法のサイトカインへの影響と臨床応用の拡大, p.86-87. 野間 剛 (児), 編集 森川昭広, 柳沢正義他, 中山書店, 東京, 2003/5/1発行.

620187. [学術書] (分担執筆) 分子生物学免疫学キーワード辞典 第2版; atopy, p.36-38. 野間 剛 (児), 編集 長野 敬, 永田和宏, 宮坂昌之, 宮坂信之, 医学書院, 東京, 2003発行.

620188. [学術書] (分担執筆) 分子生物学免疫学キーワード辞典 第2版; contrasuppressor T cell, p.370. 野間 剛 (児), 編集 長野 敬, 永田和宏, 宮坂昌之, 宮坂信之, 医学書院, 東京, 2003発行.

620189. [学術書] (分担執筆) 分子生物学免疫学キーワード辞典 第2版; anergy, p.39-40. 野間 剛 (児), 編集 長野 敬, 永田和宏, 宮坂昌之, 宮坂信之, 医学書院, 東京, 2003発行.

[学会・研究会等]

713093. [学会 (国際)] (一般講演) Insulin regimen and metabolic control in Japanese children with type 1 diabetes mellitus. Lesson from a multicenter collaborative study in Japan. 松浦信夫1, 横田行史1, N. Sasaki2, S. Amemiya3, for the Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes (JSGIT) (1児. 2埼玉医大. 3山梨大): 29th Annual Meeting of the ISPAD (2003/9/3-6), Saint-Malo, France. J Pediatr Endocrinol metab, 16 (S.4): 924, 2003.

713094. [学会 (国際)] (ポスター) Persistent differences in glycemic control among JSGIT centers in two cohorts over 4 years for the first and 2 years for the second. Y. Uchigata1, 松浦信夫2, N. Sasaki3, S. Amemiya4, for the Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes (JSGIT) (1女子医大. 2児. 3埼玉医大. 4山梨大): 29th Annual Meeting of the ISPAD (2003/9/3-6), Saint-Malo, France. J Pediatr Endocrinol metab, 16 (S.4): 939, 2003.

722062. [学会 (全国)] (シンポジウム) 今, できることを考える=神奈川・横浜における小児救急医療体制の試みを中心として=. 梅原 実 (児, 神奈川県立こども医療センター): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

722063. [学会 (全国)] (シンポジウム) 神奈川県立こども医療センターにおける小児救急医療の現状と整備の方向性について. 梅原 実 (児, 神奈川県立こども医療センター): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

723444. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院におけるPICU (Pediatric Intensive Care Unit) 運用とその課題. 上田康久1, 梅原 実1,2, 平石 聰1, 松浦信夫1 (1児. 2神奈川県立こども医療センター): 第106回日本小児科学会総会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 245, 2003.

723445. [学会 (全国)] (一般講演) 小児1型糖尿病に対する超速効型インスリンの有用性についての検討. 浦上達彦1, 川村智行2, 杉原茂孝3, 宮本茂樹4, 雨宮 伸5, 佐々木 望6, 松浦信夫7 (1駿河台日大. 2大阪市大. 3女子医大第二. 4千葉こども. 5山梨大. 6埼玉医大. 7児): 第46回日本糖尿病学会総会 (2003/5/22-24), 富山市. 糖尿病, 46(Suppl.): s140, 2003.

723446. [学会 (全国)] (一般講演) 小児思春期発症1型糖尿病患者初期入院の歴史的変遷と長期初期入院患者の問題点. 横田行史, 田久保憲行, 大津成之, 風張真由美, 柴山啓子, 大山宜秀, 松浦信夫 (児): 第46回日本糖尿病学会総会 (2003/5/22-24), 富山市. 糖尿病, 46 (Suppl.): s140, 2003.

723447. [学会 (全国)] (一般講演) 低補体血症を呈した小児血管性紫斑病の検討. 本山 治1, 飯高喜久雄2,3 (1東邦大. 2大和市立病院. 3児): 第46回日本腎臓学会学術総会 (2003/5/22), 東京. 日腎会誌, 45 (3): 194, 2003.

723448. [学会 (全国)] (一般講演) けいれん重積に対するmidazolamの血中濃度測定に関する検討 (予報)−測定法を中心に−. 岩崎俊之1, 三浦寿男1, 砂押 渉1, 武井研二1, 小舘慎哉2 (1児. 2(株) SBS研究): 第20回日本TDM学会学術大会 (2003/6/27-28), 横浜. プログラム要旨集.

723449. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児聴覚screeningの検討 第1報 正常新生児におけるstep screeningの試み. 野渡正彦1, 渡辺智子1, 長谷川 豪1, 三須陽子1, 松浦信夫1, 岡本牧人2 (1児. 2耳鼻): 第39回日本新生児学会総会 (2003/7/13-15), 郡山市. 日本新生児学会雑誌, 39 (2): 241, 2003.

723450. [学会 (全国)] (一般講演) 早産児に対するパリビズマブ投与に関する検討−(第1報) 初年度投与の安全性と有効性−. 渡辺智子, 長谷川 豪, 三須陽子, 野渡正彦, 松浦信夫 (児): 第39回日本新生児学会総会 (2003/7/13-15), 郡山市. 日本新生児学会雑誌, 39 (2): 292, 2003.

723451. [学会 (全国)] (一般講演) 小児治験現場の問題点と対策−新GCP施行前後の比較を通して−. 砂押 渉1, 横田行史1, 岩崎俊之1, 野溝裕子2, 工藤しとみ3 (1児. 2薬剤部. 3看護部): 第30回日本小児臨床薬理学会 (2003/9/26), 高槻市. プログラム抄録集.

723452. [学会 (全国)] (一般講演) 母体バセドウ病児への抗甲状腺剤・1-T4同時投与の有用性の検討. 下浜真里子1, 横田行史1, 田久保憲行1, 大津成之1, 風張真由美1, 松浦信夫1, 百渓尚子2, 三上 篤3 (1児. 2東京都予防医学協会. 3札幌市衛生研究所): 第37回日本小児内分泌学会(2003/10/1-3), 札幌. Clinical Pediatr Endocrinol, 12(2): 118, 2003.

723453. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性腎性尿崩症 (NDI) 4家系5症例におけるV2受容体遺伝子およびAQP-2遺伝子解析. 田久保憲行1, 横田行史1, 大津成之1, 下浜真里子1, 松村一弘1, 山田 哲2, 野元けい子3, 松浦信夫1 (1児. 2医学部学生. 3生物化学系): 第37回日本小児内分泌学会 (2003/10/1-3), 札幌. Clinical Pediatr Endocrinol, 12 (2): 121, 2003.

723454. [学会 (全国)] (一般講演) 抗てんかん薬clonazepamの主代謝物7-aminoclonazepamの血中濃度測定 (続報). 武井研二, 三浦寿男, 砂押 渉, 細田のぞみ, 岩崎俊之 (児): 第37回日本てんかん学会 (2003/10/31), 仙台. プログラム予稿集.

723455. [学会 (全国)] (一般講演) 頭部MRI上静脈内血栓を認めたメチルマロン酸血症の1男児例. 下浜真里子1, 横田行史1, 田久保憲行1, 狐崎雅子1, 緒方昌平1, 大津成之1, 松浦信夫1, 高柳正樹2, 但馬 剛3, 佐倉伸夫3 (1児. 2千葉こども. 3広島大): 第46回日本先天代謝異常学会 (2003/11/20-22), 松江. 日本先天代謝異常学会雑誌, 19 (1): 171, 2003.

723456. [学会 (全国)] (一般講演) 両側尿路結石により腎後性急性腎不全をきたした一男児例. 岩波直美1, 神前泰希1, 越野浩江1, 中村信也1, 守屋俊介1, 飯高喜久雄1,2, 河西紀昭1,3 (1児. 2大和市立病院. 3社会保険相模野病院): 第38回小児腎臓病学会 (2003/7/4), 東京.

723457. [学会 (全国)] (一般講演) 全身性エリトマトーデスに血栓性血小板減少性紫斑病 (TTP) の合併が疑われた1女児例. 緒方昌平1, 岩波直美1, 越野浩江1, 中村信也1, 守屋俊介1, 野間 剛1, 河西紀昭1,2 (1児. 2社会保険相模野病院): 第38回小児腎臓病学会 (2003/7/4), 東京.

723458. [学会 (全国)] (一般講演) 胎児超音波検査によりVURを発見できるかの検討. 越野浩江1, 守屋俊介1, 中村信也1, 岩波直美1, 望月純子2, 天野 完2, 宋 成浩3, 飯高喜久雄1,4, 河西紀昭1,5 (1児. 2産婦. 3泌尿. 4大和市立病院. 5社会保険相模野病院): 第38回小児腎臓病学会 (2003/7/4), 東京.

723459. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で経験した超低出生体重児の腹膜透析に対する検討. 中村信也1, 三須陽子1, 越野浩江1, 岩波直美1, 野渡正彦1, 守屋俊介1, 隅越 誠2, 飯高喜久雄1,3, 河西紀昭1,4 (1児. 2星総合病院. 3大和市立病院. 4社会保険相模野病院): 第25回小児腎不全学会 (2003/9/12), 群馬県.

723460. [学会 (全国)] (一般講演) 反復する弛張熱に巨大脾腫を合併した一男児例. 坂東由紀1, 赤星 透2 (1児. 2臨検学): 第47回日本リウマチ学会 (2003/4/26), 東京. リウマチ, 43 (2): 331, 2003.

723461. [学会 (全国)] (一般講演) 経胸壁ドプラ法を用いた肺血管抵抗の新しい評価法 肺高血圧症例の検討. 広田浜夫, 平石 聰, 堀口泰典, 中畑弥生, 武田信裕, 藤野宣之, 小川夏子 (児): 第39回日本小児循環器学会総会 (2003/7/16-18), 神戸. 日本小児循環器学会雑誌, 19 (3): 283, 2003.

723462. [学会 (全国)] (一般講演) Critical ASに対するBAVの治療効果判定基準の検討. 堀口泰典, 平石 聰, 広田浜夫, 藤野宣之, 武田信裕, 中畑弥生, 小川夏子 (児): 第39回日本小児循環器学会総会 (2003/7/16-18), 神戸. 日本小児循環器学会雑誌, 19 (3): 259, 2003.

723463. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院におけるPICU (Pediatric Intensive Care Unit) 運用とその課題. 上田康久, 梅原 実, 平石 聰, 松浦信夫 (児): 第106回日本小児科学会学術集会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 245, 2003.

723464. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸器核医学検査を用いた新生児慢性肺疾患の長期予後の検討. 原 真人, 梅原 実, 箕浦克則, 関根 徹, 上田康久, 福島崇義 (児): 第36回日本小児呼吸器疾患学会 (2003/11/22-23), 徳島市. プログラム・抄録集, p.85, 2003.

723465. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院小児科における“小児呼吸療法チーム”の試み. 上田康久1, 梅原 実1,2, 箕浦克則1, 関根 徹1, 原 真人1, 福島崇義1, 横山美佐子2, 小池朋孝2, 遠藤真一2 (1児. 2神奈川県立こども医療センター): 第36回日本小児呼吸器疾患学会 (2003/11/22-23), 徳島市. プログラム・抄録集, p.92, 2003.

723466. [学会 (全国)] (一般講演) 小児肺理学療法の影響〜換気力学的観点から〜. 横山美佐子1, 小池朋孝1, 遠藤真一1, 梅原 実1,2, 箕浦克則2, 関根 徹2, 原 真人2, 上田康久2, 福島崇義2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第36回日本小児呼吸器疾患学会 (2003/11/22-23), 徳島市. プログラム・抄録集, p.92, 2003.

723467. [学会 (全国)] (一般講演) ARDSを合併した難治性膿気胸に対し肺葉切除を要した重症肺炎の一例. 石原健一1, 梅原 実1,2, 永渕弘之1, 内田祐司1, 神前泰希1, 奥山伸彦1, 赤城邦彦1, 福里吉充1 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第36回日本小児呼吸器疾患学会 (2003/11/22-23), 徳島市. プログラム・抄録集, p.95, 2003.

723468. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸管理に難渋した気管狭窄を伴う右肺無形成の1男児例. 林 初香, 梅原 実, 箕浦克則, 原 真人, 上田康久, 藤武義人, 松浦由希子 (児): 第36回日本小児呼吸器疾患学会 (2003/11/22-23), 徳島市. プログラム・抄録集, p.113, 2003.

723469. [学会 (全国)] (一般講演) 相模原市小児救急医療体制の設立. 上田康久, 梅原 実 (児): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

723470. [学会 (全国)] (一般講演) 乳幼児の蘇生後低酸素性虚血性脳症における超急性期の頭部CT所見の検討. 内田祐司1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

723471. [学会 (全国)] (一般講演) 頭痛で発症した急性糸球体腎炎に伴う高血圧性脳症の一例. 内田祐司1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

723472. [学会 (全国)] (一般講演) 小児急性心不全症例に対する薬物治療に関する考察. 永渕弘之1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

723473. [学会 (全国)] (一般講演) 小児乏尿例に対する利尿薬の使用法における治療戦略. 永渕弘之1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第17回日本小児救急医学会 (2003-6/21-22), さいたま市.

723474. [学会 (全国)] (一般講演) 低血圧症例に対する血液浄化療法の工夫. 永渕弘之1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第17回日本小児救急医学会 (2003-6/21-22), さいたま市.

723475. [学会 (全国)] (一般講演) 急性上気道閉塞関連肺水腫の一男児例. 神前泰希1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

723476. [学会 (全国)] (一般講演) 高アンモニア血症において血液浄化療法が奏効した新生児例. 神前泰希1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第17回日本小児救急医学会 (2003/6/21-22), さいたま市.

723477. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設における小児循環補助・急性血液浄化療法の現状. 永渕弘之1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第31回日本集中治療医学会学術集会 (2004/3/4-6), 福岡市. 日本集中治療医学会雑誌, 11 (S): 216, 2004.

723478. [学会 (全国)] (一般講演) 気管支喘息発作における呼吸器困難の解析 (1) 息苦しさの程度. 青木国輝1, 向山徳子1, 山口公一1, 川野 豊2, 佐伯敏亮3, 小川倫史3, 野間 剛3 (1同愛記念病院. 2横浜赤十字病院. 3児): 第15回日本アレルギー学会春季大会 (2003/5/12-14), 横浜. アレルギー, 52 (2〜3): 388, 2003.

723479. [学会 (全国)] (一般講演) CD47のIL-4産生増強作用の解析. 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 田中里佳1, 野間 剛1 (1児. 2横浜赤十字病院): 第15回日本アレルギー学会春季大会 (2003/5/12-14), 横浜. アレルギー, 52 (2〜3): 308, 2003.

723480. [学会 (全国)] (一般講演) 生後1年間の病歴とアレルギー疾患の発症に関する検討 (第2報). 森川みき1, 渡邊美砂2, 大柴晃洋3, 川野 豊4, 野間 剛5, 小田嶋博6 (1JR仙台病院. 2東邦大. 3東京医歯大. 4横浜赤十字病院. 5児. 6国立療養所南福岡病院): 第15回日本アレルギー学会春季大会 (2003/5/12-14), 横浜. アレルギー, 52 (2〜3): 378, 2003.

723481. [学会 (全国)] (一般講演) 自覚症状およびピークフローをもとに喘息治療を施行したところ過少評価であることが判明した思春期喘息の一男児例についての解析. 青木国輝1, 山口公一1, 弓田 武1, 中園宏樹1, 向山徳子1, 野間 剛2 (1同愛記念病院. 2児): 第20回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会 (2003/6/5-6), 津市.

723482. [学会 (全国)] (一般講演) CSFE色素染色リンパ球を用いた鶏卵アレルギーの抗原診断. 小川倫史1, 川野 豊2, 佐伯敏亮1, 伊藤京子1, 野間 剛1 (1児. 2横浜赤十字病院): 第40回日本小児アレルギー学会 (2003/10/3-4), 岐阜市. 日本小児アレルギー学会誌, 17 (4): 485, 2003.

723483. [学会 (全国)] (一般講演) 小児アレルギー疾患の発症の予知に関する検討 (第3報): 乳児期の要因について. 川野 豊1, 森川みき2, 渡邊美砂3, 大柴晃洋4, 野間 剛5, 小田嶋博6 (1横浜赤十字病院. 2JR仙台病院. 3東邦大. 4東京医歯大. 5児. 6国立療養所南福岡病院): 第40回日本小児アレルギー学会 (2003/10/3-4), 岐阜市. 日本小児アレルギー学会誌, 17 (4): 495, 2003.

723484. [学会 (全国)] (一般講演) 混合性結合組織病の1女児例〜検査成績の解析〜. 佐伯敏亮1, 小川倫史1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1児. 2横浜赤十字病院): 第13回日本小児リウマチ学会 (2003/10/11-12), 神奈川県葉山町.

723485. [学会 (全国)] (一般講演) 低補体血症が継続したシェーグレン症候群の1女児例. 緒方昌平1, 林 初香1, 阿部泰子1, 越野浩江1, 中村信也1, 川野 豊2, 小川倫史1, 石川義人1, 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1児. 2横浜赤十字病院): 第13回日本小児リウマチ学会 (2003/10/11-12), 神奈川県葉山町.

723486. [学会 (全国)] (一般講演) 蛋白漏出性胃腸症を伴った血管性紫斑病の一例. 針谷法子1, 山口公一1, 荒井崇彦1, 弓田 武1, 許 重治1, 青木国輝1, 向山徳子1, 湯沢ひとみ2, 中西理子2, 佐伯敏亮3, 野間 剛3 (1同愛記念病院. 2東邦大. 3児): 第13回日本小児リウマチ学会 (2003/10/11-12), 神奈川県葉山町.

723487. [学会 (全国)] (一般講演) CSFE染色リンパ球を用いたダニ抗原誘発気管支喘息のDf特異的リンパ球増殖反応の解析. 小川倫史, 川野 豊, 佐伯敏亮, 伊藤京子, 野間 剛 (児): 第53回日本アレルギー学会 (2003/10/23-25), 岐阜市. アレルギー, 52 (8〜9): 834, 2003.

723488. [学会 (全国)] (一般講演) 小児アレルギー疾患の発症の予知に関する検討 (第4報): 出生前の要因について. 川野 豊1, 森川みき2, 渡邊美砂3, 大柴晃洋4, 野間 剛5, 小田嶋博6 (1横浜赤十字病院. 2JR仙台病院. 3東邦大. 4東京医歯大. 5児. 6国立療養所南福岡病院): 第53回日本アレルギー学会 (2003/10/23-25), 岐阜市. アレルギー, 52 (8〜9): 928, 2003.

723489. [学会 (全国)] (ポスター) ヒトMTH1 (MutT homologue 1) 遺伝子の1型糖尿病における関連解析. 都 研一1, 井原健二1, 黒丸龍一1, 原 寿郎1, 河野 斉2, 松浦信夫3 (1九州大. 2福岡こども. 3児): 第106回日本小児科学会総会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 283, 2003.

723490. [学会 (全国)] (ポスター) ジクロル酢酸が有効な間歇的高乳酸血症の1例. 林 拓也1, 河野一樹1, 玉井伸哉1, 飯高喜久雄1,2, 小川夏子2, 関根 徹2, 高橋孝雄3 (1大和市立病院. 2児. 3慶応大): 第106回日本小児科学会総会 (2003/4/25), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 324, 2003.

723491. [学会 (全国)] (ポスター) 反復する弛張熱に巨大脾腫を合併した一男児例. 林 初香1, 下浜真里子1, 根本文子1, 三宅 泉1, 佐伯敏亮1, 三須陽子1, 坂東由紀1, 石田和夫2, 岩淵啓一3, 玉井伸哉4 (1児. 2外. 3病理. 4大和市立病院): 第106回日本小児科学会総会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 292, 2003.

723492. [学会 (全国)] (ポスター) 原因不明の低身長に免疫不全を合併した男児例; B細胞分化障害の解析. 木村純人1, 下浜真理子1, 根本文子1, 坂東由紀1, 高田史男1, 金兼弘和2, 宮脇利男2, 烏山 一2 (1児. 2富山医薬大): 第106回日本小児科学会学術集会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 298, 2003.

723493. [学会 (全国)] (ポスター) 反復する弛張熱に巨大脾腫を合併した一男児例. 林 初香1, 下浜真理子1, 根本文子1, 三宅 泉1, 佐伯敏亮, 三須陽子, 坂東由紀1, 石田和夫2, 岩渕啓一3, 玉井伸哉4 (1児. 2外. 3病理. 4大和市立病院): 第106回日本小児科学会学術集会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 292, 2003.

723494. [学会 (全国)] (ポスター) 出生直後より喘鳴を認めた喉頭嚢腫の一例. 伊藤尚志, 三須陽子, 長谷川 豪, 渡辺智子, 野渡正彦, 松浦信夫 (児): 第39回日本新生児学会総会 (2003/7/13-15), 郡山市. 日本新生児学会雑誌, 39 (2): 400, 2003.

723495. [学会 (全国)] (ポスター) 胎児期より管理し救命しえた巨大肺葉外肺分画症の一例. 諏訪まゆみ1, 長谷川 豪1, 渡辺智子1, 三須陽子1, 野渡正彦1, 松浦信夫1, 中原さおり2, 石田和夫2, 麻生俊英3, 天野 完4 (1児. 2外. 3胸外. 4産婦): 第39回日本新生児学会総会 (2003/7/13-15), 郡山市. 日本新生児学会雑誌, 39 (2): 465, 2003.

723496. [学会 (全国)] (ポスター) 新生児期にショックで発症したAllgrove症候群を伴う未熟児例. 釼持 学1, 北島博之2, 藤村正哲2 (1児. 2大阪府立母子保健総合医療センター): 第39回日本新生児学会総会 (2003/7/13-15), 郡山市. 日本新生児学会雑誌, 39 (2): 364, 2003.

723497. [学会 (全国)] (ポスター) 出胎児期より管理し救命しえた巨大肺葉外肺分画症の一例. 諏訪まゆみ1, 長谷川 豪1, 渡辺智子1, 三須陽子1, 野渡正彦1, 松浦信夫1, 中原さおり2, 石田和夫2, 麻生俊英3, 天野 完4 (1児. 2外. 3胸外. 4産婦): 第39回日本新生児学会総会 (2003/7/13-15), 郡山市. 日本新生児学会雑誌, 39 (2): 465, 2003.

723498. [学会 (全国)] (ポスター) 乳幼児1型糖尿病治療の実態調査. 横田一郎1, 黒田泰弘1, 雨宮 伸2, 佐々木 望3, 貴田嘉一4, 松浦信夫5 (1徳島大. 2山梨大. 3埼玉医大. 4愛媛大. 5児), 小児インスリン治療研究会: 第37回日本小児内分泌学会 (2003/10/1-3), 札幌. Clinical Pediatr Endocrinol, 12 (2): 132, 2003.

723499. [学会 (全国)] (ポスター) 遺伝性原発性甲状腺機能低下症ラットrdwの仔ラット脳組織におけるα-tubulin mRNAの発現の検討. 柴山啓子, 松浦信夫 (児): 第37回日本小児内分泌学会 (2003/10/1-3), 札幌. Clinical Pediatr Endocrinol, 12 (2): 154, 2003.

723500. [学会 (全国)] (ポスター) Congenital malignant langerhans cell histiocytosisの1例. 伊藤尚志, 野渡正彦, 三須陽子, 剱持 学, 三宅 泉, 松浦信夫 (児): 第48回日本未熟児新生児学会 (2003/11/28-30), 前橋. 日本未熟児新生児学会雑誌, 15 (3): 518, 2003.

723501. [学会 (全国)] (ポスター) 極低出生体重児で出生し止血困難を契機に診断しえた先天性胆管拡張症の一例. 長谷川 豪, 野渡正彦, 渡辺智子, 三須陽子, 剱持 学 (児): 第48回日本未熟児新生児学会 (2003/11/28-30), 前橋. 日本未熟児新生児学会雑誌, 15 (3): 486, 2003.

723502. [学会 (全国)] (ポスター) TSH不応症の病態と知能障害を伴った軽症クレチン症の兄妹例. 松浦信夫1, 柴山啓子1, 横田行史1, 大山宜秀1, 菱沼 昭2 (1児. 2獨協医大): 第46回日本甲状腺学会 (2003/11/19-21), 名古屋. 日本内分泌学会雑誌, 79 (2): 323, 2003.

723503. [学会 (全国)] (ポスター) 好中球減少を来した亜鉛中毒症の検討. 中舘尚也, 古川真祐, 林 初香, 三宅 泉, 松浦信夫 (児): 第45回日本小児血液学会 (2003/10/17), 金沢. 日本小児血液学会雑誌, 17 (4): 319, 2003.

723504. [学会 (全国)] (ポスター) 大量腹水にて発症しインターフェロンαが奏効した後腹膜原発血管腫の一男児例. 開田美保1, 下浜真理子1, 三宅 泉1, 中舘尚也1, 中原さおり2, 石田和夫2 (1児. 2外): 第19回日本小児がん学会総会 (2003/11/28), 横浜. 小児がん, 40 (3): 516, 2003.

723505. [学会 (全国)] (ポスター) JPLT-2病理登録症例の病理組織学的検討−肝芽腫との鑑別が困難であった肝原発良性腫瘍の1例. 堀江 弘1, 小林庸次2, 松永正訓3, 大沼直躬3, 中舘尚也4, 三宅 泉4, 石田和夫5, 蒋 世旭6, 岩淵啓一6 (1千葉県こども. 2大阪市立総合医療センター. 3千葉大. 4児. 5外. 6病理): 第19回日本小児がん学会総会 (2003/11/28), 横浜. 小児がん, 40 (3): 492, 2003.

723506. [学会 (全国)] (ポスター) ウイルムス腫瘍におけるゲノム異常の検討とIGF2アレル発現分析. 渡辺直樹1, 小林泰文1, 中舘尚也2, 小林良二3, 佐々木文章3, 遠藤幹也4, 恒松由記子5, 豊田恭徳6, 堀越泰雄7, 見須英雄8, 水田祥代9, 江口春彦10, 金子安比古11, 福澤正洋12 (1埼玉県立がんセンター. 2児. 3北海道大. 4岩手医大. 5国立小児. 6神奈川県立こども. 7静岡県立こども. 8兵庫県立こども. 9九州大. 10久留米大. 11埼玉県立がんセンター. 12日本大), 日本ウイルムス腫瘍スタディーグループ: 第19回日本小児がん学会総会 (2003/11/28), 横浜. 小児がん, 40 (3):406, 2003.

723507. [学会 (全国)] (ポスター) Infantile cardiac hemangioendotheliomaの1例. 古川真祐, 広田浜夫, 平石 聰, 堀口泰典, 中畑弥生, 武田信裕, 小川夏子, 藤野宣之 (児): 第39回日本小児循環器学会総会 (2003/7/16-18), 神戸. 日本小児循環器学会雑誌, 19 (3): 328, 2003.

723508. [学会 (全国)] (ポスター) 当院で経験した心臓腫瘍 (横紋筋腫) 4例の臨床像. 林 初香, 広田浜夫, 平石 聰, 堀口泰典, 中畑弥生, 武田信裕, 藤野宣之, 小川夏子 (児): 第39回日本小児循環器学会総会 (2003/7/16-18), 神戸. 日本小児循環器学会雑誌, 19 (3): 328, 2003.

723509. [学会 (全国)] (ポスター) 胎便吸引症候群における血清SP-D値の検討. 原 真人, 梅原 実, 箕浦克則, 関根 徹, 上田康久, 福島崇義, 佐藤雅彦 (児): 第106回日本小児科学会学術集会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 410, 2003.

723510. [学会 (全国)] (ポスター) DSCG療法により症状の回復と血清IgGの正常化を示した腸リンパ管拡張症の一男児例. 小川倫史1, 田中里佳1, 石川義人1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1児. 2横浜赤十字病院): 第106回日本小児科学会総会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 296, 2003.

723511. [学会 (全国)] (ポスター) 急性腎不全, 巨大脾腫を示したシェーグレン症候群の1女児例. 佐伯敏亮, 野々田 豊, 阿部泰子, 越野浩江, 中村信也, 野間 剛 (児): 第106回日本小児科学会総会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 293, 2003.

723512. [学会 (全国)] (ポスター) 川崎病既往児の冠動脈石灰化と成人の冠動脈石灰化は異なる意義を有する. 堀口泰典, 平石 聰, 広田浜夫, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 中畑弥生 (児): 第106回日本小児科学会学術集会 (2003/4/25-27), 福岡市. 日本小児科学会雑誌, 107 (2): 337, 2003.

732025. [研究会] (ワークショップ) 呼吸器系の救急疾患−その実践的対応−. 梅原 実 (児, 神奈川県立こども医療センター): 第11回小児集中治療ワークショップ (2003/11/15), 横浜市. 資料集, p.49-69, 2003.

733302. [学会 (地方)] (一般講演) 学校検尿で蛋白尿を指摘されその後SLEと診断された1例. 野々田 豊, 中村信也, 岩波直美, 越野浩江, 守屋俊介, 松浦信夫 (児): 日本小児科学会神奈川地方会 (2003/6/21), 横浜.

733303. [学会 (地方)] (一般講演) 巨大腫瘤を形成した眼瞼原発横紋筋肉腫Stage IIIの臨床経過について. 松浦由希子1, 油井亜紀子1, 緒方昌平1, 下浜真里子1, 藤武義人1, 三宅 泉1, 中舘尚也1, 松浦信夫1, 倉知 隆2, 大平睦郎2 (1児. 2国立がんセンター): 日本小児科学会神奈川地方会 (2002/4/13), 横浜. 神奈川医学会雑誌, 30 (1): 53, 2003.

733304. [学会 (地方)] (一般講演) 腹部症状を主訴に発見された遅発性横隔膜ヘルニア (Bochdalek) の2男児例. 中村公則1,2, 白井宏幸1,2, 藤野宣之1,2, 坂東由紀1,2, 佐藤雅彦1,2, 藤武義人1,2, 高野靖悟1, 河野 悟1, 大浜用克1, 武 浩志1, 村上 徹1 (1協同病院. 2児): 日本小児科学会神奈川県地方会 (2003/4/13), 横浜.

733305. [学会 (地方)] (一般講演) インフルエンザウイルス感染が否定された急性壊死性脳症の男児例. 古川真祐, 砂押 渉, 岩崎俊之, 下浜真里子, 阿部泰子, 中村公則 (児): 第266回日本小児科学会神奈川県地方会 (2004/2/21), 横浜.

733306. [学会 (地方)] (一般講演) 神奈川県立こども医療センターにおける小児救急医療の現状 (開設後1年を振り返って). 梅原 実1,2, 永渕弘之2, 内田祐司2, 神前泰希2 (1児. 2神奈川県立こども医療センター): 日本小児科学会神奈川県地方会 (2004/3/4-6), 横浜.

733307. [研究会] (一般講演) 当院におけるPDAコイル閉鎖術. 堀口泰典, 平石 聰, 広田浜夫, 中畑弥生, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子 (児): 第15回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会 (2004/1/23), 東京.

733308. [研究会] (一般講演) 出胎児期より管理し救命しえた巨大肺葉外肺分画症の一例. 諏訪まゆみ, 長谷川 豪, 渡辺智子, 三須陽子, 野渡正彦 (児): 第11回神奈川県新生児未熟児連絡会−神奈川県RDS・サーファクタント関連検討会 (2003), 横浜.

733309. [研究会] (一般講演) 小児がんの子どもの権利と意思決定. 中舘尚也 (児): 第1回日本小児がん看護研究会 (2004/2/8), 相模原.

733310. [研究会] (一般講演) 特異な臨床経過をたどった転移性ウイルムス腫瘍. 中舘尚也1, 三宅 泉1, 松浦信夫1, 中原さおり2, 石田和夫2, 岩渕啓一3 (1児. 2外. 3病理): 第40回神奈川小児腫瘍研究会 (2004/3/6), 横浜.

733311. [研究会] (一般講演) 初診時にJH再構成を認めた小児急性骨髄性白血病の検討. 中舘尚也, 三宅 泉, 松浦信夫 (児): 第8回日本小児がん登録研究会 (2004/2/7), 東京.

733312. [研究会] (一般講演) 発症時に血小板輸注不応性の血小板減少を来した肝芽腫瘍. 中舘尚也1, 三宅 泉1, 中原さおり2, 石田和夫2, 三須陽子1, 岩渕啓一3 (1児. 2外. 3病理): 日本小児肝癌スタディグループ (JPLT) 研究会 (2004/1/30), 東京.

733313. [研究会] (一般講演) 発症時に胸腔内転移を認めたウイルムス腫瘍. 中舘尚也1, 三宅 泉1, 松浦信夫1, 中原さおり2, 石田和夫2 (1児. 2外): 第1回JWiTS研究会 (2004/2/21), 東京.

733314. [研究会] (一般講演) 超大量化学療法のみで長期寛解を維持している扁桃原発横紋筋肉腫の検討. 中舘尚也1, 三宅 泉1, 松浦信夫1, 畑江芳郎2, 山城勝重2 (1児. 2国立札幌病院): 第4回日本横紋筋肉腫研究会 (2004/1/24), 東京.

733315. [研究会] (一般講演) 長期の慢性気管支炎の経過後に喉頭摘出術を施行して経過良好であった一女児例. 砂押 渉, 三浦寿男, 岩崎俊之, 白井宏幸, 細田のぞみ, 武井研二, 島貫 郁, 片桐智也, 片山文彦 (児): 第32回神奈川小児神経懇話会 (2003/7/5), 横浜市.

733316. [研究会] (一般演題) けいれん重積に対するmidazolamの血中濃度測定に関する検討 (予報)−測定法を中心に−. 岩崎俊之1, 三浦寿男1, 砂押 渉1, 武井研二1, 小舘慎哉2 (1児. 2(株) SBS研究): 第52回神奈川てんかん懇話会 (2003/7/19), 横浜.

733317. [研究会] (一般演題) West症候群自然寛解例の長期予後. 岩崎俊之, 三浦寿男, 白井宏幸, 砂押 渉, 細田のぞみ, 武井研二, 片山文彦 (児): 第53回神奈川てんかん懇話会 (2004/1/17), 横浜.

733318. [研究会] (一般講演) 県立肢体不自由養護学校での医療的ケア実施上の新たな課題 (ビデオ供覧). 細田のぞみ, 三浦寿男, 岩崎俊之, 武井研二, 片山文彦, 片桐智也, 島貫 郁, 砂押 渉, 白井宏幸 (児): 第33回神奈川小児神経懇話会 (2004/2/21), 横浜.

733319. [研究会] (一般講演) あせって引くな!−PDAコイル抜去困難の一例−. 堀口泰典, 平石 聰, 広田浜夫, 中畑弥生, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子 (児): 第15回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会 (2004/1/23), 東京.


<<産婦人科学>>

[学術論文]

110156. [原著] Full reconstitution of hematopoietic system by murine umbilical cord blood. 右島富士男1, A. Oikawa, S. Kondo, H. Ema, Y. Morita, H. Nakauchi, M. Yokoyama, SY. Song, 西島正博1, M. Okabe, 篠原信賢2 (1産婦. 2免疫): Transplantation, 75: 1820-1826, 2003.

110157. [原著] Successful cryopreservation of mouse ovaries by vitrification. 右島富士男1, R. Suzuki-Migishima, SY. Song, T. Kuramochi, S. Azuma, 西島正博1, M. Yokoyama (1産婦): Biology of Reproduction, 68: 881-887, 2003.

110158. [原著] Up-regulation and nuclear localization of β-catenin in endometrial carcinoma in response to progesterone therapy. M. Saegusa, M. Hamano, T. Kuwata, T. Yoshida, M. Hashimura, F. Akino, 渡辺 純1, 蔵本博行2, 岡安 勲3 (1医衛. 2産婦. 3病理): Cancer Sci., 94: 103-111, 2003.

110159. [原著] Expression of CD44 in primary lung carcinomas using histological and cytological nalysis. M. Shimbori, H. Kijima, S. Sato, H. Yoshida, T. Sato, Y. Terasaki-Fukuzawa, N. Onoda, K. Kanabuchi, Y. Abe, 中村未緒1, 服部 学2, 大野英治2, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): Anticancer Res, 23: 115-122, 2003.

110160. [原著] Effect of p53 transfection on vascular endothelial growth factor expression in endometrial cancer cells. 藤澤武志1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, M. Hamano, 秦 宏樹1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): Exper Molecul Pathol, 74 (3): 276-281, 2003.

110161. [原著] Immunohistochemical expression of cyclin E in endometrial adenocarcinoma (endometrioid type) and its clinicopathological significance. N. Kato, 渡辺 純1, 上坊敏子2, 西村由香里2, 藤澤武志2, 鎌田裕子2, 蔵本博行2 (1医衛. 2産婦): J Ca Res Clin Oncol, 129: 222-226, 2003.

110162. [原著] Parametrial spread is a prognostic factor in endometrial carcinoma. 佐藤倫也1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦): Eur J Gynaec Oncol, 26 (3-4): 241-245, 2003.

110163. [原著] Clinicopathologic relevance of asymptomatic endometrial carcinoma. 上坊敏子1, 新井 努1, 佐藤倫也1, 蔵本博行1 (1産婦): Acta Cytol, 47 (4): 611-615, 2003.

110164. [原著] Diagnostic findings of bronchial brush cytology for pulmonary large cell neuroendocrine carcinomas. 柿沼廣邦1, T. Mikami, 岩渕啓一2, M. Yokoyama, 服部 学3, 大野英治3, 蔵本博行1, S. Jiang, 岡安 勲1 (1産婦. 2病理. 3医衛): Cancer Cytopathol, 99 (4): 247-254, 2003.

110165. [原著] Quantitative study on the correlation between p53 gene mutation and its expression in endometrial carcinoma cell lines. 鎌田裕子1, 渡辺 純2, 秦 宏樹1, M. Hamano, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): Eur J Gynaec Oncol, 25 (1): 55-60, 2004.

110166. [原著] PTEN immunohistochemical expression is suppressed in G1 endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus. F. Kimura, 渡辺 純1, 秦 宏樹2, 藤澤武志2, 鎌田裕子2, 西村由香里2, 上坊敏子2, 蔵本博行2 (1医衛. 2産婦): J Cancer Res Clin Oncol, 130: 161-168, 2004.

110167. [原著] Establishment and characterization of two different types of new human endometrial adenocarcinoma cell lines (HEC-251 end HEC-265). 藤澤武志1, M. Hamano, 秦 宏樹1, 鎌田裕子1, 渡辺 純2, R. Sekimoto, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): Eur J Gynaecol Oncol, 25 (3): 299-304, 2004.

110168. [原著] A comparative study of the usefulness of Toki-shakuyaku-san and oral iro preparation in the teatment of hypochromatic anemia in cases of uterine myoma. T. Akase, S. Onodera, 上坊敏子1, R. Matsushita, M. Kaneko, S. Tashiro (1産婦): Yakugaku Zasshi, 123: 817-824, 2003.

110169. [原著] Distinct Signaling Pathways Mediate Stimulation of cell Cycle Progression and Prevention of Apoptotic Cell Death by Estrogen in Rat Tumor PR1 Cells. Simona Caporati, 今井 愛1, Lucia Altucci2, Massimo Carcemi2, Silana Caristi2, Luigi Cicatieiio2, Filomena Matarese2, Roberta Penta2, Dipak K Sarkar2, Francesco Bresciani2, Alessandro Weisz2 (1産婦. 2Dipatimento di Patologia generale, Seconda Universita degli Studi di Napoli): Molecular Biology of the csll, 14: 5051-5059, 2003.

120042. [原著] 「分娩管理」−分娩に際しての諸問題とその解決−帝王切開既往のある産婦の分娩. Management of labor after previous cesarean delivery. 金井雄二 (産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 40 (1): 33-36, 2003.

120043. [原著] 北里大学病院産婦人科家族計画外来における不妊専門電話相談の現状. 中村未緒1, 遊佐浩子2, 川内博人1 (1産婦. 2看護部): 日本不妊カウンセリング学会誌, 2 (2): 21-25, 2003.

120044. [原著] ガラス化法による卵巣凍結保存の検討. 右島富士男1, 西島正博1, 横山峯介 (1産婦): 産婦の実際, 52: 2379-2382, 2003.

120045. [原著] 子宮頸部扁平上皮癌に対するNedaplatin, ifosfamide, Peplomycinを用いた術前化学療法. 向 梅, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦): 日婦腫瘍誌, 21 (2): 93-100, 2003.

210025. [準原著] Is conservative treatment possible for adenocarcinoma of the uterine cervix? 金井督之, 上坊敏子, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井 努, 蔵本博行 (産婦): 9th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society. CX20C0150, p.33, 2002.

220025. [準原著] 特集; 女性性器癌の臨床−2002年のトピックス−子宮頸部進行腺癌に対する治療法の選択. 蔵本博行, 金井督之, 上坊敏子, 新井 努, 川口美和 (産婦): 産婦人科の世界, p.425, 2003.

320061. [症例報告] 腹水細胞診で肉腫成分の再発が示唆された卵巣癌肉腫の1例. 瀬尾典久1, 服部 学2, 豊永真澄, 渡辺 純3, 新井 努1, 川口美和1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛. 3病理): 日臨細胞誌, 43 (1): 56-60, 2004.

320062. [症例報告] 卵巣甲状腺腫セイカルチノイドの1例. 宮本朋幸1, 西村由香里1, 服部 学2, 柿沼廣邦1, 渡辺 純3, 新井正秀1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛. 3病理): 日臨細胞誌, 43 (2): 130-134, 2004.

510011. [総説] VEGF expression and its regulation by p53 gene transfection in endometrial carcinoma cells. 藤澤武志1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, M. Hamano, 秦 宏樹1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): Human Cell, 16 (1): 47-54, 2003.

520164. [総説] 子宮留膿腫の原因と対策. 蔵本博行, 新井 努 (産婦): 産婦の世界, 55 (3): 291-293, 2003.

520165. [総説] 子宮頸部進行腺癌に対する治療法の選択. 蔵本博行, 金井督之, 上坊敏子, 新井 努, 川口美和 (産婦): 産婦の世界, 55 (4): 425-429, 2003.

520166. [総説] 子宮内膜癌におけるVEGFの発現とその調節. 蔵本博行, 藤澤武志, 鎌田裕子 (産婦): Medical Science Digest, 29 (5): 170-171, 2003.

520167. [総説] がん検診−子宮がん検診の最近の動向とその成果−. 蔵本博行 (産婦): 逓信医学, 55 (4): 217-232, 2003.

520168. [総説] 婦人科がんは若年化しているか? 上坊敏子, 金井督之, 蔵本博行 (産婦): 産と婦, 70 (9): 1165-1172, 2003.

520169. [総説] 子宮体癌の治療 初期癌の保存療法−ホルモン療法の有効性と危険性は? 上坊敏子, 川口美和, 蔵本博行 (産婦): 産婦の実際, 52 (12): 1697-1704, 2003.

520170. [総説] 腫瘍マーカーの新しい展開 婦人科系・乳腺の腫瘍マーカー. 上坊敏子, 佐藤倫也, 蔵本博行 (産婦): 臨床病理, 51 (12): 1188-1194, 2003.

520171. [総説] 子宮体がんの術式は? 蔵本博行, 新井 努 (産婦): 臨婦産, 57 (12): 1505-1507, 2003.

520172. [総説] ホルモン療法の適応と限界. 上坊敏子, 今井 愛, 蔵本博行 (産婦): 産と婦, 71 (2): 196-200, 2004.

520173. [総説] 子宮内膜癌と細胞周期制御遺伝子発現. 蔵本博行1, 鎌田裕子1, 西村由香里1, 新井 努1, 川口美和1, 宮本朋幸1, 斉藤まゆみ, 小保方亜光, 渡辺 純2 (1産婦. 2医衛): 癌の臨床, 49 (12): 1579-1586, 2003.

520174. [総説] 胎児卵巣のう腫の取り扱い. 天野 完, 金井雄二 (産婦): 産婦人科の実際, 52: 1493-1497, 2003.

520175. [総説] 胎児心拍異常. 天野 完 (産婦): 産科と婦人科, 70: 1722-1726, 2003.

520176. [総説] IUGRの分娩時ケア. 天野 完 (産婦): 周産期医学, 33: 1359-1362, 2003.

520177. [総説] 分娩の管理 無痛・和痛分娩−静脈麻酔か硬膜外麻酔か−. 天野 完 (産婦): 産婦人科の実際, 52: 1913-1918, 2003.

520178. [総説] IgA腎症と妊娠. 池田泰裕, 鴨下詠美, 天野 完 (産婦): 北里医学, 32: 429-433, 2003.

[著 書]

610006. [学術書] (分担執筆) Cell and molecular biology of endometrial carcinoma; HEC-1 cells - Establishment of in vitro experimental system in endometrial carcinoma, p.3-34. 蔵本博行, M. Hamano, 今井 愛, 藤澤武志, 鎌田裕子, 新井 努, 川口美和 (産婦), Springer-Verlag, Tokyo, 2003発行.

610007. [その他の著書] (分担執筆) Cell and molecular biology of endometrial carcinoma; Expression of cell cycle regulators in endometrial adenocarcinoma, p.93-106. 渡辺 純1, 鎌田裕子2, 金井督之2, 瀬尾典久2, 藤澤武志2, 西村由香里2, M. Hamano, 上坊敏子2, 蔵本博行2 (1医衛. 2産婦), Springer-Verlag, Tokyo, 2003発行.

620190. [その他の著書] (単著) がん検診研究会論文集; 子宮体がん検診の精度向上を目指して−子宮内膜細胞診疑陽性の再検討−, p.16-18. 蔵本博行 (産婦), 編集・発行 神奈川県医師会, 神奈川県, 2003/3発行.

620191. [その他の著書] (分担執筆) 医学大事典; 子宮内膜異型増殖症, p.1011, 子宮内膜癌の分化度, p.1011, 子宮内膜増殖症, p.1012, 子宮内膜増殖症の組織型分類, p.1012. 蔵本博行 (産婦), 編集 伊藤正男, 井村裕夫, 高久史麿, 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620192. [その他の著書] (分担執筆) 臨床エビデンス 婦人科学; 子宮体がん, p.378-383. 蔵本博行, 今井 愛 (産婦), Medical View, 東京, 2003/4/1発行.

620193. [その他の著書] (分担執筆) 人間ドックマニュアル; 癌を見つける 8. 婦人科頸癌, p.227-260. 蔵本博行 (産婦), 編集 田村政紀, 田島基男, 医学書院, 東京, 2003/9/1発行.

620194. [その他の著書] (分担執筆) 内科鑑別診断学; 性器出血, p.648-652. 今井 愛, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦), 朝倉書店, 2003/12発行.

620195. [その他の著書] (分担執筆) ダイナミックメディシン7; 29章 妊産婦・女性生殖器疾患. B婦人科疾患, 1性感染症と骨盤内炎症性疾患, 2子宮脱, 3子宮筋腫, 4子宮内膜症, 5子宮頸癌, 6子宮体癌・子宮内膜癌, 7卵巣腫瘍, 8更年期障害, p.29-4〜29-24. 蔵本博行 (産婦), 西村書店, 新潟, 2003/8/14発行.

620196. [その他の著書] (分担執筆) リスクマネジメントの実際 産婦人科領域〜医療安全管理のポイント〜; 陣痛誘発・促進処置. 天野 完 (産婦), 編集 杉本充弘, 医薬ジャーナル社, 東京, 2003/9/1発行.

[学会・研究会等]

713095. [学会 (国際)] (ワークショップ) Usefulness of endometrial cytology in the detection of early endometrial neoplasia. 蔵本博行1, 上坊敏子1, 服部 学2, 新井 努1, 川口美和1, 鎌田裕子1, 渡辺 純2 (1産婦. 2医衛): The 10th Thai-Japanese Workshop (2004/1/8), Chiang Mai, Thailand. Programme and Abstracts, p.8, 2004.

713096. [学会 (国際)] (一般講演) Surgical treatment for adenocarcinoma of the cervix. 蔵本博行, 上坊敏子, 金井督之, 佐藤倫也, 田村俊男, 新井 努, 川口美和 (産婦): 17th world Congress of FIGO (2003/12/6), Santiago, Chile. Abstract, p.43, 2003.

713097. [学会 (国際)] (一般講演) A poor prognostic case of uterine cervical cancer with complex histological types including small cell carcinoma. 小保方亜光1, 藤澤武志1, 服部 学2, 豊永真澄1, 渡辺 純2, 腰塚加奈子1, 角田新平1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): The 10th Thai-Japanese Workshop (2004/1/7-9), Chiang Mai, Thailand. Programme and Abstracts, p.37, 2004.

713098. [学会 (国際)] (一般講演) Angiopoietin-1, -2 and Tie2 expressions in endometrial adenocarcinoma - Correlation with tumor angiogenesis. 斉藤 克1, 渡辺 純2, 藤澤武志1, 鎌田裕子1, 西村由香里1, 新井 努1, 宮本朋幸1, 小保方亜光1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): The 10th Thai-Japanese Workshop (2004/1/7-9), Chiang Mai Thailand. Programme and Abstracts, p.47, 2004.

713099. [学会 (国際)] (一般講演) Significance of progesterone receptor-A and -B expressions in endometrial adenocarcinoma. 宮本朋幸1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 川口美和1, 藤澤武志1, 斉藤 克1, 小保方亜光1, 服部 学2, 秦 宏樹1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): The 10th Thai-Japanese Workshop (2004/1/7-9), Chiang Mai, Thailand. Programme and Abstracts, p.51, 2004.

713100. [学会 (国際)] (一般講演) Lymphoepithelioma-like carcinoma of the uterine cervix with multiple lymph node metastases. A case report. 新井 努, 上坊敏子, 渡辺 純, 蔵本博行 (産婦): The 10th Thai-Japanese Workshop (2004/1/7-9), Chiang Mai, Thailand. Programme and Abstracts, p.52, 2004.

713101. [学会 (国際)] (ポスター) Is conservative treatment possible for adenocarcinoma of the uterine cervix? 金井督之, 上坊敏子, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井 努, 蔵本博行 (産婦): 第9回世界婦人科腫瘍学会 (2002/10/20-24), 韓国.

721011. [学会 (全国)] (特別講演) 子宮内膜細胞診の新たな展開. 上坊敏子 (産婦): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/5/31), 東京.

721012. [学会 (全国)] (特別講演) 会長講演「内膜癌細胞と共に」. 蔵本博行 (産婦): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.1): 70, 2003.

722064. [学会 (全国)] (シンポジウム) 子宮頚癌の治療とハイパワーレーザー. 金井督之, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井 努, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第14回日本レーザー治療学会総会 第4回世界レーザー治療学会 (2002/6/27-30), 筑波.

722065. [学会 (全国)] (シンポジウム) 迅速細胞診の新たな展開−子宮体癌における腹腔細胞診の意義−. 今井 愛, 佐藤倫也, 金井督之, 田村俊男, 新井 努, 川口美和, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日臨細胞会誌, 42 (S1): 88, 2003.

722066. [学会 (全国)] (シンポジウム) 内膜細胞診の評価基準の統一を目指して−子宮内膜増殖症を中心とした子宮内膜細胞診の評価基準−. 豊永真澄1, 横山 大, 柿沼廣邦1, 河合美也子1, 服部 学2, 大野英治2, 上坊敏子1, 蔵本博行1, 岩淵啓一3, 岡安 勲3 (1産婦. 2医衛. 3病理): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/6/1), 東京. 日臨細胞会誌, 42 (S1): 90, 2003.

722067. [学会 (全国)] (シンポジウム) in situ RT-PCR法とin situ hybridization法による細胞内発現mRNAの検出感度の比較検討 秋期大会ジョイントワークショップ「細胞診による遺伝子診断」. 渡辺 純1, 岡安 勲2, 蔵本博行3 (1医衛. 2病理. 3産婦): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.1): 93, 2003.

722068. [学会 (全国)] (シンポジウム) 泌尿器における境界病変 (尿路上皮異形成) の細胞所見 教育シンポジウム「境界病変における組織と細胞診」. 服部 学1, 山田美保, 大野英治1, 横山 大, 豊永真澄2, 柿沼廣邦2, 河合美也子2, 町田大輔, 岩渕啓一3, 蔵本博行2 (1医衛. 2産婦. 3病理): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.1): 97, 2003.

722069. [学会 (全国)] (シンポジウム) 産婦人科領域におけるレーザーの新しい試み シンポジウム「レーザーの新しい試み」. 金井督之, 菊池信三, 内野直樹, 上坊敏子, 西島正博, 蔵本博行 (産婦): 第15回日レーザー治療学会 (2003/7/5), 秋田. プログラム・抄録集, p.28, 2003.

722070. [学会 (全国)] (シンポジウム) 周産期領域における低出力レーザーの応用 シンポジウム「レーザー医学の新たな展開を求めて−産婦人科−」. 菊地信三, 内野直樹, 本橋恵美子, 金井督之, 天野 完, 蔵本博行 (産婦): 第24回日レーザー医学会総会 (2003/11/15), 岐阜. 日レーザー医誌, 24 (3): 255, 2003.

722071. [学会 (全国)] (シンポジウム) 上皮内癌の取り扱い−当科における上皮内癌に対するレーザー治療の成績−. 金井督之, 上坊敏子, 角田新平, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井 努, 蔵本博行 (産婦): 第35回日婦腫瘍学会 (2003/11/27), 山口. 日婦腫瘍誌, 21 (4): 299, 2003.

722072. [学会 (全国)] (シンポジウム) preterm”胎児ジストレス”診断と対応. 望月純子 (産婦): 第22回日本周産期学会 (2004/1/23-24), 名古屋.

723513. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院における出生前診断の現状. 望月純子 (産婦): 第27回日本遺伝カウンセリング学会 (2003/6/5-6), 東京.

723514. [学会 (全国)] (一般講演) Fetal pulse oximetryによる胎児監視の有用性. 天野 完, 金井雄二, 望月純子, 斉藤 克, 谷 昭博, 西島正博 (産婦): 第55回日本産婦人科学会 (2003/4/14), 福岡. 日本産婦人科学会誌, 55 (2): 466 (S-448), 2003.

723515. [学会 (全国)] (一般講演) 頸管縫縮術は有害か? 頸管縫縮術後の頸管粘液中サイトカイン濃度とその予後の検討. 菊池信三, 谷 昭博, 斉藤真希, 吉村千緒, 金井雄二, 望月純子, 右島富士男, 斉藤 克, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第55回日本産婦人科学会総会 (2003/4/17), 福岡.

723516. [学会 (全国)] (一般講演) マウス臍帯動物実験系の確立. 右島富士男1, 吉村千緒1, 望月純子1, 金井雄二1, 斉藤真希1, 斉藤 克1, 谷 昭博1, 天野 完1, 西島正博1, 篠原信賢2, 吉原 一, 横山峯介 (1産婦. 2免疫): 第55回日本産婦人科学会総会 (2003/4/17), 福岡.

723517. [学会 (全国)] (一般講演) 致死量放射線照射後に臍帯血移植を行い, その後凍結−融解卵巣移植を行ったキメラマウスの妊孕性の検討. 右島富士男1, 西島正博1, 横山峯介 (1産婦): 第48回日本不妊学会 (2003/10/1-2), 東京.

723518. [学会 (全国)] (一般講演) マウス臍帯血の可塑性に関する検討. 右島富士男, 安藤宏美, 池田泰裕, 金井雄二, 望月純子, 斉藤真希, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第56回日本産婦人科学会総会 (2003/4/10), 東京.

723519. [学会 (全国)] (一般講演) 近年の当科における子宮外妊娠の治療. 藤田一博, 川内博人, 本橋恵美子, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第43回日本産科婦人科内視鏡学会 (2003/7/25-26), 京都.

723520. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下子宮筋腫核出術後のESLL (early second look laparoscopy) における術後癒着の検討. 今村庸子, 川内博人, 本橋恵美子, 藤田一博, 武井英理子, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第43回日本産科婦人科内視鏡学会 (2003/7/25-26), 京都.

723521. [学会 (全国)] (一般講演) 2種類の培養液に関する検討. 中村未緒, 本橋恵美子, 藤田一博, 石川雅一, 川内博人, 西島正博 (産婦): 日本受精着床学会 (2003/10), 東京.

723522. [学会 (全国)] (一般講演) 不妊女性への健康支援 ライフスタイルコントロールモニタリングノートの開発. 中村未緒1, 川内博人1, 西島正博1, 上澤悦子2 (1産婦. 2看護学部): 第48回日本不妊学会 (2003/10/1-2), 東京. 日本不妊学会誌, 48 (3-4): 350, 2003.

723523. [学会 (全国)] (一般講演) ライフスタイルコントロールモニタリングノートの開発2. 中村未緒1, 遊佐浩子2, 上澤悦子2, 川内博人1 (1産婦. 2看護学部): 日本不妊カウンセリング学会 (2003/5/9), 東京. 日本不妊カウンセリング学会誌, 2 (1): 49-50, 2003.

723524. [学会 (全国)] (一般講演) 助産院からの母体搬送, 新生児搬送の実態 (1998〜2002). 池田泰裕1, 斉藤 克1, 金井雄二1, 望月純子1, 右島富士男1, 天野 完1, 西島正博1, 野渡正彦2, 渡辺智子2 (1産婦. 2児): 第39回日本新生児学会総会及び学術集会 (2003/7/15), 郡山. 日本新生児学会雑誌, 39 (2): 307, 2003.

723525. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮頸部小細胞癌11例の細胞所見の検討. 沼尾彰子1, 上坊敏子1, 佐藤倫也1, 角田新平1, 新井 努1, 服部 学2 (1産婦. 2医衛): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/6/1), 東京. 日臨細胞会誌, 42S1: 113, 2003.

723526. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部原発癌肉腫の細胞学的・臨床病理学的検討. 新井 努, 上坊敏子, 佐藤倫也, 田村俊男, 今井 愛, 宮本朋幸, 斉藤まゆみ, 横山 大, 蔵本博行 (産婦): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/5/30), 東京. 日臨細胞会誌, 42S1: 119, 2003.

723527. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌の分化度診断におけるスコアリングの有用性. 西村由香里1, 渡辺 純2, 藤澤武志1, 横山 大, 服部 学2, 豊永真澄1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/5/30), 東京. 日臨細胞会誌, 42S1: 176, 2003.

723528. [学会 (全国)] (一般講演) 広汎な腹膜播種を認めた卵巣未熟奇形腫の1例. 田村俊男, 上坊敏子, 川口美和, 金井督之, 佐藤倫也, 今井 愛, 蔵本博行 (産婦): 第44回日本臨床細胞学会総会 (2003/5/30), 東京. 日臨細胞会誌, 42S1: 186, 2003.

723529. [学会 (全国)] (一般講演) 高容量MPA療法が奏効した体癌症例の長期予後. 川口美和, 上坊敏子, 今井 愛, 新井 努, 鎌田裕子, 藤澤武志, 蔵本博行 (産婦): 第34回日本婦人科腫瘍学会 (2003/7/11), 京都. 日本婦人科腫瘍学会誌, 21: 216, 2003.

723530. [学会 (全国)] (一般講演) Gastrointestinal stromal tumor (GIST) の3例. 新井 努1, 田村俊男1, 金井督之1, 大河原 聡1, 上坊敏子1, 渡辺 純2, 岩渕啓一3, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛. 3病理): 第34回日本婦人科腫瘍学会 (2003/7/11), 京都. 日本婦人科腫瘍学会誌, 21: 216, 2003.

723531. [学会 (全国)] (一般講演) 胎盤に発生した絨毛癌の1例. 小野重満, 今井 愛1, 望月純子1, 長谷川 豪2, 田口 明, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2児): 第34回日本婦人科腫瘍学会 (2003/7/11), 京都. 日本婦人科腫瘍学会誌, 21: 231, 2003.

723532. [学会 (全国)] (一般講演) Docetaxel-Carboplatin療法で病理学的CRが得られた原発不明癌の1例. 二井美津穂, 新井 努, 田村俊男, 佐藤倫也, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第34回日本婦人科腫瘍学会 (2003/7/11), 京都. 日本婦人科腫瘍学会誌, 21: 231, 2003.

723533. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌におけるリンパ節郭清の意義と諸問題. 上坊敏子, 佐藤倫也, 金井督之, 蔵本博行 (産婦): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10/23), 札幌.

723534. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌に対する妊孕能温存療法の長期予後に関する検討. 川口美和, 上坊敏子, 今井 愛, 蔵本博行 (産婦): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10/23), 札幌.

723535. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部漿液性腺癌の臨床病理学的検討. 新井 努1, 上坊敏子1, 川口美和1, 角田新平1, 菊地信三1, 沼尾彰子1, 二井美津穂, 渡辺 純2, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10/23), 札幌.

723536. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体癌IVb期における治療成績の検討. 田村俊男, 上坊敏子, 佐藤倫也, 金井督之, 今井 愛, 新井 努, 川口美和, 蔵本博行 (産婦): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10/23), 札幌.

723537. [学会 (全国)] (一般講演) エストロゲン受容体遺伝子導入子宮体癌細胞株におけるエストロゲン効果. 渡辺 純1, 岡安 勲2, 瀬尾典久3, 蔵本博行3 (1医衛. 2病理. 3産婦): 第92回日病理学会総会 (2003/4/23-25), 福岡.

723538. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮性卵巣腫瘍に対するPaclitaxel (PTX) 180 mg/m2とCarboplatin (CBDCA) AUC5の併用化学療法100例の検討. 安田 充, 木村英三, 野澤志朗, 菊池義公, 吉川裕之, 落合和徳, 古川隆正, 落合和彦, 蔵本博行1, 長塚正晃, 斉藤 薫, 岩田正範 (1産婦): 第55回日産婦学会総会 (2003/4/15), 福岡. 日産婦誌, 55 (2): S-360, 2003.

723539. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるAdenoma Malignumの5例. 川口美和, 上坊敏子, 金井督之, 藤澤武志, 鎌田裕子, 西村由香里, 和泉 滋, 横山 大, 蔵本博行 (産婦): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 112, 2003.

723540. [学会 (全国)] (一般講演) 化学療法の効果判定に子宮内膜吸引細胞診が有効であったnormal-sized ovary carcinoma syndromeの一例. 金井督之, 上坊敏子, 安藤宏美, 鴨下詠美, 蔵本博行 (産婦): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/5/31) 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 186, 2003.

723541. [学会 (全国)] (一般講演) 細胞診による甲状腺乳糖癌の分化度判定−日常診断の現状について. 横山 大, 豊永真澄1, 柿沼廣邦1, 河合美也子1, 町田大輔, 服部 学2, 蔵本博行1, 岩渕啓一3, 岡安 勲3 (1産婦. 2医衛. 3病理): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 197, 2003.

723542. [学会 (全国)] (一般講演) 乳腺線維腺腫内に発生した原発悪性線維性組織球腫の一例. 池畑浩一, 鈴木忠男, 松永英人, 山岡美奈, 須賀恵美子, 山本雅博, 坂田一美, 蔵本博行1 (1産婦): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/5/31), 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 217, 2003.

723543. [学会 (全国)] (一般講演) 術中細胞診が悪性の診断に有用であった卵巣癌の一例. 菊池信三, 上坊敏子, 佐藤倫也, 新井 努, 田村俊男, 金井督之, 柿沼廣邦, 蔵本博行 (産婦): 第44回日臨細胞学会総会 (2003/6/1), 東京. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 188, 2003.

723544. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部明細胞腺癌における細胞周期及び細胞接着因子発現. 新井 努1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 藤澤武志1, 川口美和1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第62回日癌学会総会 (2003/9/1), 横浜.

723545. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌におけるAngiopoietin-1, 2およびTie2発現の免疫組織学的検討. 斉藤まゆみ1, 鎌田裕子1, 藤澤武志1, 宮本朋幸1, 新井 努1, 渡辺 純2, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第62回日癌学会総会 (2003/9/2), 横浜.

723546. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌のおけるProgesterone Receptor-A, B発現の意義. 宮本朋幸1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 川口美和1, 藤澤武志1, 斉藤まゆみ1, 秦 宏樹1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第62回日癌学会総会 (2003/9/2), 横浜.

723547. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌におけるProgesterone Receptor-A, Bの免疫組織化学的検討. 宮本朋幸1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 川口美和1, 藤澤武志1, 斉藤まゆみ1, 服部 学2, 秦 宏樹1, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第42回日臨細胞学会秋期大会 (2003/10/25), 横浜. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 368, 2003.

723548. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部類内膜腺癌のAngiopoietin-1, 2およびtie2発現と腫瘍血管新生. 斉藤まゆみ1, 鎌田裕子1, 藤澤武志1, 宮本朋幸1, 小保方亜光1, 新井 努1, 渡辺 純2, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第42回日臨細胞学会秋期大会 (2003/10/25), 横浜. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 368, 2003.

723549. [学会 (全国)] (一般講演) 肺癌におけるTTF-1の細胞診標本での発現についての検討. 柿沼廣邦1, 横山 大, 豊永真澄1, 町田大輔, 山口優美子, 服部 学2, 蔵本博行1, 品田 純3, 岩渕啓一4, 岡安 勲4 (1産婦. 2医衛. 3胸外. 4病理): 第42回日臨細胞学会秋期大会 (2003/10/2), 横浜. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 385, 2003.

723550. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮頸部原発印環細胞癌の1例. 佐藤勝巳, 森下明博, 佐々木 毅, 高山慶一郎, 磯西成治, 服部 学1, 蔵本博行2 (1医衛. 2産婦): 第42回日臨細胞学会秋期大会 (2003/10/25), 横浜. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 413, 2003.

723551. [学会 (全国)] (一般講演) 腎細胞癌術後子宮転移の一例. 鴨下詠美, 金井督之, 新井 努, 豊永真澄, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第42回日臨細胞学会秋期大会 (2003/10/25), 横浜. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 438, 2003.

723552. [学会 (全国)] (一般講演) 胸壁に発生した横紋筋肉腫の1例. 山田美保, 服部 学1, 横山 大, 豊永真澄2, 柿沼廣邦2, 山口優美子, 町田大輔, 渡辺 純1, 品田 純3, 蔵本博行2, 小中千守 (1医衛. 2産婦. 3胸外): 第42回日臨細胞学会秋期大会 (2003/10/25), 横浜. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 461, 2003.

723553. [学会 (全国)] (一般講演) 卵巣原発を疑った小細胞癌の1例. 腰塚加奈子, 上坊敏子, 金井督之, 今井 愛, 新井 努, 沼尾彰子, 横山 大, 蔵本博行 (産婦): 第42回日臨細胞学会秋期大会 (2003/10/25), 横浜. 日臨細胞誌, 42 (S.2): 523, 2003.

723554. [学会 (全国)] (一般講演) 93歳に発生した膣癌の1例. 沼尾彰子, 上坊敏子, 田村俊男, 金井督之, 今井 愛, 佐藤倫也, 角田新平, 蔵本博行 (産婦): 第42回日本臨床細胞学会秋期大会 (2003/10/26), 横浜.

723555. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮内癌の取り扱い『当科における上皮内癌に対するレーザ一治療の成績』. 金井督之, 上坊敏子, 角田新平, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 川口美和, 新井 努, 蔵本博行 (産婦): 第35回日本婦人科腫瘍学会 (2003/10/27), 山口.

723556. [学会 (全国)] (一般講演) 重症子宮内膜症に対するGnRHa, 嚢胞穿刺, 腹腔鏡下手術併用療法の効果. 武井英理子, 川内博人, 石川雅一, 藤田一博, 本橋恵美子, 西島正博 (産婦): 第43回日本産科婦人科内視鏡学会 (2003/7/24), 京都.

723557. [学会 (全国)] (ポスター) 細菌性スーパー抗原TeeT-1を用いた妊娠後期マウス子宮内仔死亡モデルの確立. 武井英理子1, 亀谷美恵2, 玉内秀一3, 丸山弘子4, 石川雅一1, 垣生園子2, 西島正博1 (1産婦. 2東海大. 3微・寄. 4医衛): 第33回日本免疫学会 (2003/12/8-10), 福岡.

731053. [研究会] (特別講演) 子宮内膜癌のホルモン療法. 蔵本博行 (産婦): 相模原産科婦人科医会学術講演会 (2003/12/10), 相模原.

731054. [その他] (特別講演) 子宮内膜癌の自然史の解明と診断・治療法の開発. 蔵本博行 (産婦): 北里研究所第16回北里柴三郎記念賞受賞講演 (2004/1/15), 白金.

732026. [学会 (地方)] (シンポジウム) 早産と子宮内感染. 右島富士男 (産婦): 日本産婦人科神奈川県地方部会 (2003/10/26), 川崎.

732027. [研究会] (招待された講演) 妊娠分娩中の胎児管理. 天野 完 (産婦): 第10回茨城県水戸周産期懇話会 (2003/12/7), 水戸.

732028. [研究会] (ワークショップ) 内膜細胞診がPSTTの診断のきっかけとなった1例. ワークショップ「placental site trophoblast (PSTT)」. 鴨下詠美, 今井 愛, 新井正秀, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第21回日絨毛性疾患研究会 (2003/11/20), 東京. プログラム・抄録集, p.16, 2003.

733320. [学会 (地方)] (一般講演) 当科におけるタイミング療法の有用性の検討. 本橋恵美子, 川内博人, 藤田一博, 武井英理子, 中村未緒, 石川雅一, 西島正博 (産婦): 第336回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2003/10/26), 相模原.

733321. [学会 (地方)] (一般講演) 最近経験した癒着胎盤の1例. 金井雄二, 沼尾彰子, 菊地信三, 望月純子, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第366回日本産科婦人科学会地方部会 (2003/10/26), 相模原.

733322. [学会 (地方)] (一般講演) 助産院から当院への母体搬送の実態 (1998〜2002). 池田泰裕, 斉藤 克, 右島富士男, 安藤宏美, 望月純子, 金井雄二, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第105回日産婦関東連合地方部会 (2003/6/8), 東京.

733323. [学会 (地方)] (一般講演) IgA腎症合併妊娠の周産期予後. 腰塚加奈子, 池田泰裕, 金井雄二, 望月純子, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第367回日本産婦人科学会神奈川地方部会 (2004/3/6), 横浜.

733324. [学会 (地方)] (一般講演) 娩出時期に苦慮した汎血球減少症の一例. 沼尾彰子, 菊地信三, 池田泰裕, 右島富士男, 安藤宏美, 望月純子, 金井雄二, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第365回日本産婦人科学会神奈川地方部会 (2003/9/7), 川崎.

733325. [学会 (地方)] (一般講演) 小細胞癌の成分を含む多彩な形態を伴った予後不良子宮頸癌の1例. 小保方亜光1, 藤澤武志1, 服部 学2, 豊永真澄1, 渡辺 純2, 腰塚加奈子, 上坊敏子1, 蔵本博行1 (1産婦. 2医衛): 第22回日本臨床細胞学会神奈川地方会 (2003/9/6), 横浜.

733326. [学会 (地方)] (一般講演) 最近経験した抗がん剤の副作用について. 二井美津穂, 今井 愛, 新井 努, 川口美和, 田村俊男, 金井督之, 角田新平, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第349回四水会 (2003/3/24), 東京.

733327. [学会 (地方)] (一般講演) 卵巣原発の濾胞性リンパ腫の1例. 町田大輔, 横山 大, 豊永真澄1, 柿沼廣邦1, 山口優美子, 服部 学2, 蔵本博行1, 上坊敏子1, 岩渕啓一3, 岡安 勲3 (1産婦. 2医衛. 3病理): 第22回日臨細胞学会神奈川地方会 (2003/9/6), 横浜. 日臨細胞神奈川会誌, 8 (2): 83, 2003.

733328. [学会 (地方)] (ポスター) 出生前に診断された11,12部分トリソミーの一例. 今村庸子, 望月純子, 金井雄二, 天野 完, 西島正博 (産婦): 第106回日本産婦人科学会関東連合地方部会総会・学術集会 (2003/10/5), 浜松.

733329. [学会 (地方)] (ポスター) 羊水染色体分析6301例の検討. 沼尾彰子, 望月純子, 金井雄二, 右島富士男, 池田泰裕, 安藤宏美, 天野 完, 西島正博, 前田 徹 (産婦): 第106回日本産婦人科学会関東連合地方部会総会・学術集会 (2003/10/5), 浜松.

733330. [学会 (地方)] (ポスター) TOPS (twin oligohydramnios/polyhydramnios seqence) に対するamnioreductionの効果. 池田泰裕, 金井雄二, 望月純子, 右島富士男, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第106回日本産婦人科学会関東連合地方部会総会・学術集会 (2003/10/5), 浜松.

733331. [研究会] (一般講演) 子宮頸部初期癌の妊孕性温存手術. 金井督之, 上坊敏子, 今井 愛, 田村俊男, 佐藤倫也, 角田新平, 川口美和, 新井 努, 蔵本博行 (産婦): 第5回北里腫瘍フォーラム (2003/7/25), 相模原. プログラム・抄録集, p.4, 2003.

733332. [研究会] (一般講演) 当院で経験したGISTの2例. 新井 努, 田村俊男, 金井督之, 今井 愛, 佐藤倫也, 角田新平, 上坊敏子, 蔵本博行 (産婦): 第5回神奈川婦人科腫瘍研究会 (2003/6/21), 横浜.

733333. [研究会] (一般講演) 北里大学病院化療センターの現状と展望. 金井督之, 上坊敏子, 今井 愛, 田村俊男, 角田新平, 蔵本博行 (産婦): 第17回神奈川三大学オンコロジストの会 (2003/6/27), 相模原.

733334. [研究会] (一般講演) 双胎1児無心体の内視鏡下手術. 金井雄二, 天野 完 (産婦): 第1回日本胎児治療研究会 (2003/11/15), 福岡.

733335. [研究会] (一般講演) 子宮頸部腺癌に対する子宮温存療法の試み. 金井督之, 上坊敏子, 新井 努, 川口美和, 角田新平, 蔵本博行 (産婦): 第18回神奈川三大学オンコロジストの会 (2003/6/27), 相模原.

733336. [その他] (一般講演) 胎児エコーのみかた. 金井雄二 (産婦): 神奈川県看護協会助産師職能研修会 (2003/11/21), 横浜.

733337. [その他] (一般講演) @子宮体部良性病変の臨床細胞学 A子宮体部悪性病変の臨床細胞学. 蔵本博行 (産婦): 平成15年度杏林大学保健学部細胞検査士養成課程 (2003/4/22), 八王子.

733338. [研究会] (一般講演) 子宮内膜癌細胞と共に. 蔵本博行 (産婦): 高座・海老名産婦人科医会 (2002/6/24), 厚木.

733339. [その他] (一般講演) 子宮内膜の細胞診. 蔵本博行 (産婦): 第112回日臨細胞学会細胞検査士養成講習会 (2003/7/8), 東京.

733340. [その他] (一般講演) がん検診の有用性を見直そう. 蔵本博行 (産婦): 市民大学北里コース (主催・相模原市, 座間市, 北里大学) (2003/10/1), 相模原.

733341. [その他] (一般講演) 胎児エコーのみかた パート2. 金井雄二 (産婦): 神奈川県看護協会助産師職能研修会 (2004/3/12), 横浜.


<<整形外科学>>

[学術論文]

110170. [原著] Contributing factors affecting initial bony healing in interlocking nailing for femoral shaft fractures. 横山一彦, 糸満盛憲, 中村光伸, 脇田隆司, 内野正隆, 能美 尚 (整外): Eur J Orthop Surg Traumatol, 13: 33-37, 2003.

110171. [原著] Assessment of inflamed synovial membrane in the knee joint by dynamic magnetic resonance imaging. 河合光正1, 西村明人2,4, 池田俊昭1, 遠藤平仁3, ラナ美代子3, 糸満盛憲4, 桜井清子1 (1放. 2中伊豆温泉病院. 3内. 4整外): Mod Rheumatol, 13: 227-230, 2003.

110172. [原著] Spinal canal enlargement procedure by restorative laminoplasty for the treatment of lumbar canal stenosis. 安達 公, 二見俊郎, 蛯原有男, 山屋智康, 笠井謙和, 中澤俊之, 井村貴之 (整外): The Spinal Journal, 3: 471-478, 2003.

110173. [原著] Differential expression of leukotriene B4 receptor subtypes (BLT1 and BLT2) in human synovial tissues and synovial fluid leukocytes of patients with rheumatoid arthritis. A. Hashimoto, 遠藤平仁1, 林 泉2, 村上洋介3, 北里英郎3, 河野 静1, 松井俊道1, 田中住明1, 西村明人4, 占部 憲4, 糸満盛憲4, 近藤啓文1 (1内. 2薬理. 3微・寄. 4整外): The Journal of Rheumatology 30(8):1712-1718, 2003.

110174. [原著] Status of bone allografting in Japan-Nation-wide survey of bone grafting performed from 1995 through 1999. 小宮宏一郎, 那須野秀二, 内山勝文, 高平尚伸, 小林菜央, 峰原宏昌, 渡辺森久, 糸満盛憲 (整外): Cell and Tissue Banking, 4: 217-220, 2003.

110175. [原著] Tibial fractures associated with crush injuries to the soft tissue of the dorsal foot in children. 藤田 護, 横山一彦, 中村光伸, 内野正隆, 脇田隆司, 糸満盛憲 (整外): Injury, 35: 272-277, 2004.

110176. [原著] Muscle fiber conduction velocity estimation by using normalized peak-averaging technique. Ken Nishimura1, Kazuho Hosoda1, 二見俊郎2 (1医衛. 2整外): J Electoromyography and Kinesiology, 13: 499-507, 2003.

120046. [原著] 下腿骨骨折におけるハイブリッド創外固定の有用性. 内野正隆1, 横山一彦1, 脇田隆司1, 青木信一1, 塚本達郎1, 新藤正輝2, 糸満盛憲1 (1整外. 2昭和大): 日本職業・災害医誌, 51: 30-34, 2003.

120047. [原著] 皮弁再建を要した重度足部外傷患者のQOL. 青木信一, 横山一彦, 中村光伸, 斉田康之, 内野正隆, 福島宣明, 脇田隆司, 糸満盛憲 (整外): 日本職業・災害医誌, 51: 215-219, 2003.

120048. [原著] 高負荷レジスタンストレーニングを中心とした運動プログラムに対する虚弱. 高齢者の身体機能改善効果とそれに対する身体体力要素の検討. 新井武志, 大渕修一, 柴 喜崇2, 島田裕之, 後藤寛司, 大福幸子, 二見俊郎1 (1整外. 2リハビリテーション部): 理学療法学, 30 (7): 377-385, 2003.

120049. [原著] 介護サービスにおける福祉用具使用時の安全に関する研究−印旛村における疫学調査から−. 縄井清志, 田辺勇人, 土屋美恵子, 菅沼一男, 南 和文, 二見俊郎1 (1整外): 理学療法学, 31 (1): 51-55, 2004.

120050. [原著] 特発性手根管症候群に合併した弾発指の臨床像. 小林明正, 只野 功, 中澤俊之, 井村貴之, 禹 雅誉, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科雑誌, 15: 579-582, 2003.

120051. [原著] 分子量190万のヒアルロン酸は, 兎培養軟骨細胞におけるIL-1α存在下での細胞外基変化および一酸化窒素生産を変化させた. 高平尚伸1, 西村明人1,2, 成瀬康治1, 相川 淳1, 向井田智之1, 内山勝文1, 糸満盛憲1 (1整外. 2中伊豆温泉病院): 骨・関節・靭帯, 16 (5): 523-528, 2003.

120052. [原著] 橈骨頭骨折の機能成績. 朴 晃正, 横山一彦, 中村光伸, 大塚 宏, 中村聡明, 糸満盛憲 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 16 (1): 1-7, 2004.

120053. [原著] 抗生剤含有セメントスペーサーの全身的安全性に関する検討−抗生剤の血中濃度測定−. 高橋里奈1, 内山勝文2, 高平尚伸2, 高橋賢成1, 島田慈彦1, 糸満盛憲2 (1薬剤部. 2整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 15: 583-589, 2004.

210026. [準原著] Elastohydrodynamic squeezu-film lubrication of ceramic-on-ceramic total hip prostheses. K. Mabuchi, M. Ota, Rina Sasaki, Tadashi Sasada1, 糸満盛憲2 (1医衛. 2整外): Fukuoka International Forum: Biotribology, 2003.

220026. [準原著] 脛骨顆間隆起骨折に対する関節鏡視下手術. 片野素昭1, 渡辺哲哉1, 高木 淳1, 安達 公1, 小林明正1, 二見俊郎1, 北爪伸仁2 (1整外. 2きたづめ整形外科クリニック): 骨折, 25 (1): 301-305, 2003.

220027. [準原著] 我々の肩鎖関節脱臼に対する烏口肩峰靭帯移行法の検討. 新田浩史1, 安達 公1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 笠井謙和1, 二見俊郎1, 山瀬 隆2 (1整外. 2山瀬整形外科): 骨折, 25 (2): 598-601, 2003.

220028. [準原著] 肘部管症候群に対するElbow flexion testの試み (健常例と手術例との比較). 駒田朋秀, 小林明正, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 日本肘関節研究会雑誌, 10 (1): 39-40, 2003.

220029. [準原著] 感染性人工関節に対する再置換術の工夫−抗生剤含有セメントスペーサーとビーズの使用−. 高平尚伸, 内山勝文, 宮部 基, 占部 憲, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 15: 313-317, 2003.

220030. [準原著] Gustilo VB型脛骨開放骨折の初期治療から再建まで. 中村光伸, 横山一彦, 脇田隆司, 糸満盛憲 (整外): 臨床整形外科, 38 (8): 1023-1032, 2003.

220031. [準原著] 人体におけるPLLA pinの強度変化−抜去材料の分子量変化−. 中澤俊之, 安達 公, 笠井謙和, 二見俊郎 (整外): 日本腰痛会誌, 9 (1): 107-110, 2003.

220032. [準原著] 肘部管症候群の診断法としてelbow flexion test. 只野 功, 小林明正, 駒田朋秀, 禹 雅誉, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 16 (1): 42-45, 2004.

220033. [準原著] 下腿骨開放骨折における偽関節発生に関与する危険因子の検討. 内野正隆1, 糸満盛憲1, 横山一彦1, 菊池恭太1, 中村光伸1, 新藤正輝2 (1整外. 2昭和大): 東日本整形災害外科学会雑誌, 16: 2003.

220034. [準原著] 難治性骨折の治療−その現状と展望−. 糸満盛憲, 横山一彦, 脇田隆司, 中村光伸 (整外): 第26回日本医学会総会雑誌, 1: 199-200, 2004.

220035. [準原著] 進行期・末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術後のX線学的経過観察. 内山勝文, 高平尚伸, 東 計, 大川 孝, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): Hip Joint, 29: 207-212, 2003.

220036. [準原著] 人工股関節における固定部接触面積に依存する応力分布のゆらぎ. 酒井利奈1, 糸満盛憲2, 高平尚伸2, 内山勝文2, 雨尾公暁1, 馬渕清資1 (1医衛. 2整外): 日本人工関節学会誌, 33: 155-156, 2003.

220037. [準原著] 股関節手術の周術期おける凝固線溶系マーカーの変動−THAと骨切り術の比較−. 高平尚伸1, 内山勝文1, 峰原宏昌1, 大川 孝1, 高崎純孝1, 東 計1, 本部純子1, 糸満盛憲1, 矢内原 久2 (1整外. 2放): Hip Joint, 29: 606-608, 2003.

220038. [準原著] 高齢者の橈骨遠位端骨折に対する中国式固定装具療法. 小林明正, 中澤俊之, 只野 功, 井村貴之, 脇田隆司, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (2): 179-182, 2003.

220039. [準原著] 下肢長管骨骨折に対するinterlocking nailingの手術手技. 内野正隆, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 16 (7):1-6, 2003.

320063. [症例報告] kienbock病に手根管症候群, 手指伸筋腱皮下断裂を合併した1例. 駒田朋秀, 小林明正, 森口尚生, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 整形外科, 54 (2): 188-189, 2003.

320064. [症例報告] 足部軟部組織欠損に対するdistally based superficial sural artery island flapによる2再建例. 横山一彦, 向井田智之, 斉田康之, 小宮宏一郎, 青木信一, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 日本マイクロサージャリ−学会会誌, 16 (1): 62-67, 2003.

320065. [症例報告] 簡便な創外固定で治療した指骨骨髄炎の1例. 井村貴之, 小林明正, 只野 功, 中澤俊之, 二見俊郎 (整外): 整形外科, 55 (2): 177-179, 2004.

320066. [症例報告] 小指末節骨裂離骨折を伴った深指屈筋腱皮下断裂の1例. 只野 功, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 34 (6): 389-391, 2003.

320067. [症例報告] 肘内側に軟部腫瘤を呈したネコ引っかき病の1例. 只野 功, 小林明正, 藤田 護, 二見俊郎 (整外): 整形外科, 54 (11): 1416-1418, 2003.

320068. [症例報告] 局所皮弁を併用したPapineau法にて治療した頑固な慢性下腿骨骨髄炎の1例. 小沼賢治, 横山一彦, 中村光伸, 峰原宏昌, 大塚 宏, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 35 (1): 35-38, 2004.

320069. [症例報告] 鎖骨遠位端切除術を行った有痛性変形性鎖肩骨関節症の2例. 中澤俊之, 小林明正, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 北里医学, 32 (4): 353-355, 2002.

320070. [症例報告] 小児大腿骨頸部骨折後の大腿骨頭壊死に対して大腿骨頭回転骨切り例を施行した2例. 山本豪明, 内山勝文, 高平尚伸, 峰原宏昌, 宮部 基, 大川 孝, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 34 (5): 356-361, 2003.

320071. [症例報告] 第一楔状骨に発生した平滑筋肉腫の1例. 福島健介1, 小林明正1, 只野 功1, 井村貴之1, 渡辺哲哉1, 安達 公1, 二見俊郎1, 三上哲夫2 (1整外. 2病理): 神奈川整形災害外科研究会雑誌, 16 (3): 69-72, 2003.

320072. [症例報告] 辺緑切除緑にて摘出した胸椎部骨肉腫の1例. 朴 晃正, 安達 公, 蛯原有男, 那須野秀二, 笠井謙和, 片野素昭, 藤田 護, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 神奈川整形災害外科研究会雑誌, 16 (3): 73-76, 2003.

520179. [総説] 外側型ヘルニアの手術法. 安達 公 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 16 (9): 167-171, 2003.

520180. [総説] 下肢長管骨骨幹部遷延癒合・偽関節に対する治療. 斉田康之, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 16 (7): 67-72, 2003.

520181. [総説] 同一下肢大腿骨・下腿骨複合骨折 (floating knee) の治療戦略. 横山一彦、糸満盛憲 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 16 (10): 50-59, 2003.

520182. [総説] 関節内骨折治療の要諦. 糸満盛憲 (整外): 新OS NOW, 18: 2-3, 2003.

520183. [総説] 大腿骨頸部骨折に対するリハビリテーション. 高平尚伸, 糸満盛憲, 内山勝文 (整外): 関節外科, 22 (4月増刊号): 110-117, 2003.

520184. [総説] 股および股周囲の扼性末梢神経障害. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 16 (6): 55-59, 2003.

520185. [総説] 橈骨遠位端骨折に対する改良型中国式外固定法. 小林明正, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 骨・関節・靭帯, p.449-453, 2003.

520186. [総説] Tension band wiringのK-wireの位置・方向. 中村光伸 (整外): 臨床整形外科, 39 (3): 328-330, 2004.

520187. [総説] 変形性股関節症にはセルフケアが欠かせない. 糸満盛憲 (整外): 笑顔12月号, 2003.

520188. [総説] 透析患者の骨量について. 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 全腎協, 198: 20, 2003.

520189. [総説] 骨・関節軟骨の保存. 占部 憲, 小宮宏一郎, 内山勝文, 糸満盛憲 (整外): Organ Biology, 10 (4): 35-41, 2003.

520190. [総説] RSDを含む頑固なneuropathic painの病態と治療. 二見俊郎 (整外): 臨床整形外科, 38 (11): 1356-1357, 2003.

520191. [総説] 幻肢痛の臨床症状. 二見俊郎 (整外): ペインクリニック, 25 (3): 295-298, 2004.

520192. [講座] 専門医トレーニング講座 (画像篇)・62. 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 臨床整形外科, 38 (12): 1513-1516, 2003.

[著 書]

620197. [学術書] (分担執筆) アトラス四肢骨折治療基本手技マニュアル下; 〈大腿骨骨幹部骨折〉 1. 髄内固定法 2. 髄内釘横止め法 (reamed nail法), p.100-107. 横山一彦, 糸満盛憲 (整外), 編集 糸満盛憲, 戸山芳昭 (慶応大), 全日本病院出版会, 東京, 2003/5/23発行.

620198. [学術書] (分担執筆) アトラス四肢骨折治療基本手技マニュアル下; 〈脛骨近位端骨折〉 1. 顆間隆起骨折に対する鏡視下骨接合法, p.147-151. 占部 憲, 糸満盛憲 (整外), 編集 糸満盛憲, 戸山芳昭 (慶応大), 全日本病院出版会, 東京, 2003/5/23発行.

620199. [学術書] (分担執筆) 今日の整形外科治療指針第5版; 内固定材使用後の骨髄炎, p.146-148. 糸満盛憲 (整外), 編集 二ノ宮節夫 (埼玉医大), 冨士川恭輔 (防衛医大), 越智隆弘 (国立相模原), 国分正一 (東北大), 岩谷 力 (国立身障者リハビリセンター), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620200. [学術書] (分担執筆) 今日の整形外科治療指針第5版; 内固定材使用後の骨髄炎, p.148-149. 糸満盛憲 (整外), 編集 二ノ宮節夫 (埼玉医大), 冨士川恭輔 (防衛医大), 越智隆弘 (国立相模原), 国分正一 (東北大), 岩谷 力 (国立身障者リハビリセンター), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620201. [学術書] (分担執筆) 今日の整形外科治療指針 私はこうして治療している; 肘部管症候群 (遅発性尺骨神経麻痺), p.705-706. 小林明正 (整外), 編集 山口 徹 (虎ノ門病院), 北原光夫 (東京都済生会向島病院), 医学書院, 東京, 2003/1/1発行.

620202. [学術書] (分担執筆) 痛み−基礎・診断・治療−; 手足痛・手根管症候群, p.204-205. 二見俊郎 (整外), 監修 花岡一雄, 朝倉書店, 東京, 2003発行.

620203. [学術書] (分担執筆) 肘関節・前腕; ゴールドスタンダード整形外科−診察・検査・画像診断−, p.112-116. 二見俊郎 (整外), 南江堂, 東京, 2003発行.

620204. [学術書] (分担執筆) 神経圧迫症候群; ゴールドスタンダード整形外科 外傷・救急, 1. 筋骨格系損傷と治療, c. 合併症, p.53-57. 高平尚伸 (整外), 南江堂, 東京, 2003発行.

[学会・研究会等]

713102. [学会 (国際)] (一般講演) Restorative laminoplasty for lumbar canal stenosis with degenerative scoliosis annd/or degenerative spondylolisthesis. 井村貴之, 安達 公, 中澤俊之, 新田浩史, 菊池恭太, 福島健介, 二見俊郎 (整外): Spine across the sea 2003 (2003/7/27-31), ハワイ (マウイ島).

713103. [学会 (国際)] (一般講演) Femoral revision total hip arthroplasty using Wagner stem with allograft bone. 高平尚伸, 内山勝文, 小宮宏一郎, 高崎純孝, 大川 孝, 糸満盛憲 (整外): 4th European Congress on Clinical and Economic Aspects of Osteoporosis and Osteoarthritis (2003/11/14-17), フランス (ニース).

713104. [学会 (国際)] (ポスター) Proximal phalangeal bony defect of the greator successfully reconstrycted by free vascularised bone graft from. 中村光伸, 横山一彦, 脇田隆司, 峰原宏昌, 新田浩史 (整外): 2nd The world society for Reconstructive microsurgery (2003/6/11-14), ドイツ (ハイデルベルグ).

713105. [学会 (国際)] (ポスター) Treatment outcome of two-stage revision surgery for infected arthroplasty using antibiotic-impregnated cement spacer and beads. 高平尚伸, 内山勝文, 宮部 基, 占部 憲, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): SICOT/SIROT 2003 (2003/9/10-13), エジプト (カイロ).

713106. [学会 (国際)] (ポスター) Exchange reamed nailing for aseptic nonunion of the femoral diaphysis. 中村光伸, 横山一彦, 峰原宏昌, 脇田隆司, 斉田康之, 糸満盛憲 (整外): SICOT/SIROT 2003 (2003/9/10-13), エジプト (カイロ).

722073. [学会 (全国)] (シンポジウム) 難治性骨折の治療−その現状と展望−. 糸満盛憲, 脇田隆司, 中村光伸 (整外): 第26回日本医学会総会 (2003/4/6), 福岡. 学術講演要旨, p.61, 2003.

722074. [学会 (全国)] (シンポジウム) ワグナーステムを用いた大腿骨側再置換術の成績. 高平尚伸, 内山勝文, 小宮宏一郎, 高崎純孝, 大川 孝, 糸満盛憲 (整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢. 日本整形外科学会雑誌, 77 (3): 7, 2003.

722075. [学会 (全国)] (シンポジウム) 不安定型骨盤輸骨折の初期治療. 鈴木 卓1, 新藤正輝2, 内野正隆3, 脇田隆司3, 西巻 博1, 相馬一亥1, 大和田 隆1, 糸満盛憲3 (1救命. 2昭和大. 3整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢. 日本整形外科学会雑誌, 77 (4): 440, 2003.

722076. [学会 (全国)] (シンポジウム) 骨折後の肺血塞栓症発症状況の現状. 高平尚伸1, 新藤正輝2, 塩田直史3, 橋本晋平4, 越智龍弥5, 糸満盛憲1 (1整外. 2昭和大. 3岡山大. 4愛知医大. 5公立玉名病院): 第29回日本骨折治療学会 (2003/8/1-2), 神戸. 抄録集, p.43, 2003.

722077. [学会 (全国)] (シンポジウム) 低出力超音波パルスにおける骨折治癒促進効果のメカニズム. 成瀬康治1, 高垣裕子2, 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外. 2神奈川歯科大): 第18回日本整形外科学会基礎学術集会 (2003/10/16-17), 北九州市. 日本整形外科学会雑誌, 77 (8): 1055, 2003.

722078. [学会 (全国)] (シンポジウム) 小児大腿骨頸部骨折の治療成績. 小宮宏一郎, 内山勝文, 山本豪明, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第30回日本股関節学術集会 (2003/10/30-31), 東京. 抄録集, p.158, 2003.

722079. [学会 (全国)] (シンポジウム) 人工股関節置換術における小切開と従来切開での疼痛に関する血液データの比較. 高平尚伸1, 内山勝文1, 引田俊一1, 高崎純孝1, 朴 晃正1, 新田浩史1, 善平哲夫1, 福島健介1, 森谷光俊1, 岩瀬 大1, 占部 憲1, 糸満盛憲1, 糸満香織2 (1整外. 2麻): 第34回日本人工関節学会 (2004/1/30-31), 千葉. 抄録集, p.225, 2004.

722080. [学会 (全国)] (シンポジウム) 整形外科周術期の DVT, PTE の診断と治療戦略. 新藤正輝1, 塩田直史2, 橋本晋平3, 越智龍弥4, 高平尚伸5, 糸満盛憲5 (1昭和大. 2岡山大. 3愛知医大. 4公立玉名病院. 5整外): 第31回日本リウマチ・関節外科学会 (2003/11/9), 東京. 抄録集, p.78, 2003.

722081. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「THA 術後感染の治療戦略」抗生剤含有セメントスペサーを用いた二期的再置換術. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 朴 晃正, 新田浩史, 糸満盛憲 (整外): 第31回日本リウマチ関節外科学会 (2003/11/9), 東京. 抄録集, p.179, 2003.

723558. [学会 (全国)] (ワークショップ) 関節リウマチとLipoxinA4 (I): 滑膜病変から産生と受容体発現の解析. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 村上洋介2, 北里英郎2, 河野 静1, 西村明人3, 占部 憲3, 糸満盛憲3 (1内. 2微・寄. 3整外): 第47回リウマチ学会総会・学術集会 (2003/4/24-26), 東京. 日本リウマチ学会雑誌, 43 (2): 405, 2003.

723559. [学会 (全国)] (ワークショップ) RA手関節形成術のX線学的検討. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 鈴木 俊, 藤田 護 (整外): 第47回リウマチ学会総会・学術集会 (2003/4/24-26), 東京. 日本リウマチ学会雑誌, 43 (2): 373, 2003.

723560. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 私の最小侵襲骨接合術. 横山一彦 (整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢.

723561. 学会 (全国)] (教育研修講演) 下腿骨骨折の治療−髄内釘−. 糸満盛憲 (整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢. 日本整形外科学会雑誌, 77 (3): 40, 2003.

723562. [学会 (全国)] (教育研修講演) 髄内釘にまつわる種々の問題. Various problems in IM nailing. 糸満盛憲 (整外): 第9回日本最小侵襲整形外科学会 (2003/12/6-7), 東京. 抄録集, p.32, 2003.

723563. [学会 (全国)] (一般講演) 月状骨に発生した嚢腫様骨透亮像−X線所見と臨床像について−. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 脇田隆司, 井村貴之 (整外): 第46回日本手の外科学会 (2003/4/18-19), 名古屋. 日本手の外科学会雑誌, 20 (1): 42, 2003.

723564. [学会 (全国)] (一般講演) キーンベック病女性例の検討. 只野 功, 二見俊郎, 小林明正, 藤田 護, 井村貴之 (整外): 第46回日本手の外科学会 (2003/4/18-19), 名古屋. 日本手の外科学会雑誌, 20 (1): 54, 2003.

723565. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内釘横止め法にて治療された非感染性大腿骨骨幹部偽関節・遷延癒合における手術手技の検討. 中村光伸, 横山一彦, 斉田康之, 脇田隆司, 内野正隆, 青木信一, 峰原宏昌, 糸満盛憲 (整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢. 日本整形外科学会雑誌, 77 (3): 35, 2003.

723566. [学会 (全国)] (一般講演) 橈骨頭骨折の機能成績. 朴 晃正, 横山一彦, 中村光伸, 相川 淳, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢. 日本整形外科学会雑誌, 77 (3): 102, 2003.

723567. [学会 (全国)] (一般講演) 寛骨臼骨折に伴った致死性肺血栓塞栓症の救命し得た1例. 小沼賢治, 高平尚伸, 内山勝文, 朴 晃正, 糸満盛憲, 脇田隆司 (整外): 第29回日本骨折治療学会 (2003/8/1-2), 神戸. 抄録集, p.44, 2003.

723568. [学会 (全国)] (一般講演) 小児大腿骨頸部骨折の治療成績. 小宮宏一郎, 内山勝文, 山本豪明, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第29回日本骨折治療学会 (2003/8/1-2), 神戸. 抄録集, p.47, 2003.

723569. [学会 (全国)] (一般講演) 共振周波数測定による仮骨強度の評価. 塚本達郎1, 横山一彦1, 青木信一1, 糸満盛憲1, 森田真史2 (1整外. 2医衛): 第29回日本骨折治療学会 (2003/8/1-2), 神戸. 抄録集, p.65, 2003.

723570. [学会 (全国)] (一般講演) 大腿骨転子下骨折におけるProximal Femoral Nailの折損の1例. 朴 晃正, 高平尚伸, 大川 孝, 内野正隆, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外): 第29回日本骨折治療学会 (2003/8/1-2), 神戸. 抄録集, p.71, 2003.

723571. [学会 (全国)] (一般講演) 橈骨遠位端骨折に対するLocking Compression Plateの使用経験. 中村光伸, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外), 多施設共同研究その他: 第29回日本骨折治療学会 (2003/8/1-2), 神戸. 抄録集, p.104, 2003.

723572. [学会 (全国)] (一般講演) 遊離複合組織移植を要したGustilo VB型脛骨開放骨折の検討. 朴 晃正, 横山一彦, 中村光伸, 内野正隆, 大塚 宏, 糸満盛憲 (整外): 第29回日本骨折治療学会 (2003/8/1-2), 神戸. 抄録集, p.107, 2003.

723573. [学会 (全国)] (一般講演) マイクロ波加温処理したウシ皮質骨の力学的強度の検討. 内山勝文1, 西かおり2, 長江祐吾2, 氏平政伸2, 馬渕清資2, 糸満盛憲1, 仙田和章3, 姜 慶愛4 (1整外. 2医衛. 3ミクロ電子. 4アイメディック): 日本機械学会2003年度年次大会 (2003/8/5-8), 徳島. 年次大会講演論文集, Z: 187-188, 2003.

723574. [学会 (全国)] (一般講演) ラット胎児血由来未分化間葉系細胞の生物学的細胞特性の検討. 相川 淳1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 向井田智之1, 高平尚伸1, 大貫裕子2, 糸満盛憲1 (1整外. 2生物化学系): 第18回日本整形外科学会基礎学術集会 (2003/10/16-17), 北九州市. 日本整形外科学会雑誌, 77 (8): 1106, 2003.

723575. [学会 (全国)] (一般講演) 骨格筋における阻血後再灌流障害に対するIschemic reconditioning (IPC) の有用性. 斉田康之, 横山一彦, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 第18回日本整形外科学会基礎学術集会 (2003/10/16-17), 北九州市. 日本整形外科学会雑誌, 77 (8): 1116, 2003.

723576. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性股関節症に対する外反骨切り術およびChiari骨盤骨切り術併用手術の成績. 内山勝文, 高平尚伸, 小宮宏一郎, 大川 孝, 高崎純孝, 山本豪明, 糸満盛憲 (整外): 第30回日本股関節学会学術集会 (2003/10/30-31), 東京. 抄録集, p.127, 2003.

723577. [学会 (全国)] (一般講演) 遊離複合組織移植を要したGustilo VB型脛骨開放骨折の深部感染症とQOLについて. 横山一彦1, 朴 晃正1, 中村光伸1, 内野正隆1, 鈴木 卓2, 大塚 宏1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第30回日本マイクロサージャリ−学会学術集会 (2003/11/13-14), 岡山. 抄録集, p.147, 2003.

723578. [学会 (全国)] (一般講演) マイクロ波照射による同種移植骨加温処理法−細菌効果および力学的強度の検討−. 内山勝文1, 氏平政伸2, 長江非祐吾2, 西かおり2, 柿沼祐子3, 井上松久3, 馬渕清資2, 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外. 2医衛. 3微・寄): 第30回日本臨床バイオメカニクス学会 (2003/11/27-28), 宇部市.

723579. [学会 (全国)] (一般講演) 小切開人工関節置換術は疼痛を抑制できたか? 引田俊一, 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 第9回日本最小侵襲整形外科学会 (2003/12/6-7), 東京.

723580. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学骨バンク運営費用について. 小宮宏一郎, 小林菜央, 引田俊一, 内山勝文, 高崎純孝, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第2回日本組織移植学会学術集会 (2003/8/9), 神戸.

723581. [学会 (全国)] (一般講演) IMCステムの短期成績 −X線学的評価−. 内山勝文1, 高平尚伸1, 酒井利奈2, 馬渕清資3, 高崎純孝1, 山本豪明1, 福島健介1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1 (1整外. 2医療系大学院. 3医衛): 第34回日本人工関節学会 (2004/1/30-31), 千葉. 抄録集, p.252, 2004.

723582. [学会 (全国)] (一般講演) 内反肘に伴う遅発性尺骨神経麻痺の3例. 藤田 護, 小林明正, 只野 功, 山本豪明, 二見俊郎 (整外): 第16回日本肘関節学会学術集会 (2004/2/21), 京都. 妙録集, p.90, 2004.

723583. [学会 (全国)] (一般講演) 肘部管症候群の診断法としてのElbow flexion testの試み. 只野 功, 小林明正, 森口尚生, 小沼賢治, 山本豪明, 二見俊郎 (整外): 第16回日本肘関節学会学術集会 (2004/2/21), 京都.

723584. [学会 (全国)] (一般講演) 大腿骨転子部骨折に対する治療成績. 高崎純孝, 高平尚伸, 内山勝文, 岩瀬 大, 糸満盛憲 (整外): 第30回日本股関節学会 (2003/10/30), 東京.

723585. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者に対するセメントレス全人工股関節置換術の成績. 福島健介, 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 峰原宏昌, 宮部 基, 糸満盛憲 (整外): 第34回日本人工関節学会 (2004/1/30-31), 千葉. 抄録集, p.191, 2004.

723586. [学会 (全国)] (ポスター) 髄内釘横止め法にて治療された大腿骨開放骨折における深部感染および偽関節に影響する諸因子の検討. 横山一彦, 脇田隆司, 中村光伸, 内野正隆, 青木信一, 塚本達郎, 大塚 宏, 糸満盛憲 (整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢. 日本整形外科学会学術集会, 77 (3): 66, 2003.

723587. [学会 (全国)] (ポスター) U型コラーゲンスポンジを用いた培養が軟骨細胞におよぼす影響についての検討. 向井田智之1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 相川 淳1, 大貫裕子2, 玄 丞烋3, 糸満盛憲1 (1整外. 2生物化学系. 3京都大): 第18回日本整形外科学会基礎学術集会 (2003/10/16-17), 北九州市. 日本整形外科学会雑誌, 77 (8): 1132, 2003.

723588. [学会 (全国)] (ポスター) 同種保存骨およびサポートリングを用いた人工臼再置換術の成績. 高平尚伸, 内山勝文, 小宮宏一郎, 峰原宏昌, 相川 淳, 大塚 宏, 高崎純孝, 大川 孝, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/22-25), 金沢. 日本整形外科学会雑誌, 77 (3): 147, 2003.

723589. [学会 (全国)] (ポスター) マイクロ波照射による同種移植骨の加温処理−殺菌効果の検討−. 内山勝文1, 長江祐吾2, 柿沼祐子3, 西かおり2, 氏平政伸2, 井上松久3, 馬渕清資2, 糸満盛憲1 (1整外. 2医衛. 3微・寄): 第42回エム・イー学会大会 (2003/6/3-5), 札幌. 生体工学, 41 (特別号): 576, 2003.

723590. [学会 (全国)] (ポスター) リーミング・非リーミング髄内針刺入による健常肺への影響の違いについての実験的研究: 羊非骨折モデルを用いて. 青木信一, 横山一彦, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 第18回日本整形外科学会基礎学術集会 (2003/10/16-17), 北九州市. 日本整形外科学会雑誌, 77 (8): 1181, 2003.

723591. [学会 (全国)] (ポスター) U型コラーゲンスポンジを用いた培養が軟骨細胞に及ぼす影響についての検討. 向井田智之1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 綱川慎一郎1, 大貫裕子2, 高平尚伸1, 糸満盛憲1, 玄 丞烋3 (1整外. 2生物化学系. 3京都大): 第25回日本バイオマテリアル学会 (2003/12/16-17), 大阪.

723592. [学会 (全国)] (ポスター) ラット大腿骨器管培養法を用いたLIPUSの骨形成作用の検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 高垣裕子2, 向井田智之1, 相川 淳1, 片野素昭1, 糸満盛憲1 (1整外. 2神奈川歯科大): 第17回日本軟骨代謝学会 (2004/3/12-13), 東京. 抄録集, p.142, 2004.

723593. [学会 (全国)] (ポスター) 軟骨細胞における接着メカニズムの検討. Alexander Mehlhorn1, Schmal Hagen1, 峰原宏昌2, Fahrenbach Miriam1, Murller Cristof1, Stark Bjoern1, Suedkamp Nobert1 (1フライブルグ大学. 2整外): 第17回日本軟骨代謝学会 (2004/3/12-13), 東京. 抄録集, p.112, 2004.

731055. [研究会] (特別講演) 髄内釘による骨接合術のpitfall. 糸満盛憲 (整外): 第3回茨城県・関節フォーラム (2003/11/7), つくば.

731056. [研究会] (特別講演) 髄内釘による骨接合術−最近の話題−. 糸満盛憲 (整外): 第1回高知骨折治療研究会 (2004/2/7), 高知.

731057. [研究会] (特別講演) 末期変形性股関節症に対する外反屈曲骨切り術. 糸満盛憲 (整外): 第7回五月セミナー (2003/5/16), 福岡.

731058. [研究会] (特別講演) 手および肘の最近の知見. 二見俊郎 (整外): 第6回長整会 (2003/9/26-27), 長岡市.

731059. [研究会] (教育講演) 末期変形性股関節症に対する外反−屈曲骨切り術の意義−. 糸満盛憲 (整外): 第27回東海地区整形外科教育研修会 (2003/5/10), 名古屋.

731060. [研究会] (教育講演) 変形性股関節症に対する外反・Chiari合併手術. 糸満盛憲 (整外): 第19回神奈川整形手術手技研究会 (2003/6/6), 横浜.

731061. [研究会] (教育講演) 人工股関節再置換術における同種骨の利用. 糸満盛憲 (整外): 東海炎症研究会夏季セミナー (2003/8/30), 名古屋.

731062. [研究会] (教育研修講演) 整形外科からみた上肢のしびれについて. 小林明正 (整外): 平成15年度第4回 Four Season's Conference (2004/2/18), 相模原.

733342. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 有鉤骨鉤骨折の診断と治療. 二見俊郎, 小林明正, 中澤俊之, 井村貴之, 只野 功, 禹 雅誉 (整外): 第52回東日本整形災害外科学会 (2003/9/26-27), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (3): 494, 2003.

733343. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 40歳以下の末期および進行期変形性股関節症に対する関節温存手術の長期成績. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 朴 晃正, 新田浩史, 善平哲夫, 糸満盛憲 (整外): 第44回関東整形災害外科学会 (2004/3/27), 東京. 抄録集, p.41, 2004.

733344. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 高齢者の橈骨遠位端骨折の保存療法−中国式簡易固定法による−. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 中澤俊之, 井村貴之, 禹 雅誉 (整外): 第44回関東整形災害外科学会 (2004/3/27), 東京. 抄録集, p.45, 2004.

733345. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 髄内釘Unreamed Compression Humeral Rodsによる上腕骨骨幹部骨折の治療経験. 中村光伸, 糸満盛憲, 横山一彦, 内野正隆, 大塚 宏 (整外): 第52回東日本整形災害外科学会 (2003/9/26-27), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (3): 513, 2003.

733346. [学会 (地方)] (一般講演) 治療に難渋したプレート固定後に再骨折した脛骨近位端骨折の1例. 善平哲夫, 横山一彦, 内野正隆, 内山勝文, 中村光伸, 高崎純孝, 大塚 宏, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第619回整形外科集談会東京地方会 (2003/6/28), 東京.

733347. [学会 (地方)] (一般講演) 大腿外側皮神経障害の治療経験. 禹 雅誉, 小林明正, 中澤俊之, 只野 功, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 第52回東日本整形災害外科学会 (2003/9/26-27), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (3): 418, 2003.

733348. [学会 (地方)] (一般講演) 肘部管症候群におけるElbow flexion test. 只野 功1, 小林明正1, 駒田朋秀2, 禹 雅誉1, 二見俊郎1 (1整外. 2小林病院): 第52回東日本整形災害外科学会 (2003/9/26-27), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (3): 420, 2003.

733349. [学会 (地方)] (一般講演) 日本人女性と米国女性の大腿骨遠位部側面における形状の相違. 占部 憲1, 峰原宏昌1, 塚本達郎1, 宮部 基1, Mahoney Ormonde2, 糸満盛憲1 (1整外. 2Athens Orthopedic Clinic, Ga, U.S.A): 第52回東日本整形災害外科学会 (2003/9/26-27), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (3): 484, 2003.

733350. [学会 (地方)] (一般講演) 下腿骨開放骨折における難治性骨折に関与する危険因子の検討. 内野正隆1, 糸満盛憲1, 横山一彦1, 菊池恭太1, 中村光伸1, 新藤正輝2 (1整外. 2昭和大): 第52回東日本整形災害外科学会 (2003/9/26-27), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (3): 557, 2003.

733351. [学会 (地方)] (一般講演) 末端肥大症に併発した両側変形性股関節症の1例. 福島健介, 内山勝文, 高平尚伸, 大川 孝, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第620回整形外科集談会東京地方会 (2003/9/27), 東京.

733352. [学会 (地方)] (一般講演) 術後CRPの変動−primary セメントレスTHA−. 森谷光俊, 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 新田浩史, 福島健介, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 第622回関東整形災害外科学会月例会 (2003/12/13), 東京.

733353. [学会 (地方)] (一般講演) ラット大腿骨器官培養法を用いたLEPUSの骨形成作用の検討. 向井田智之, 占部 憲, 宮部 基, 綱川慎一郎 (整外): 第44回関東整形災害外科学会 (2004/3/27), 東京. 抄録集, p.65, 2004.

733354. [学会 (地方)] (一般講演) 多発性外傷を伴った脛骨近位端骨折の治療経験−AO type C について−. 上野正喜1, 内野正隆1, 横山一彦1, 中村光伸1, 糸満盛憲1, 鈴木 卓2, 新藤正輝3 (1整外. 2救命. 3昭和大): 第44回関東整形災害外科学会 (2004/3/27), 東京. 抄録集, p.104, 2004.

733355. [学会 (地方)] (一般講演) 創外固定後髄内釘横止め法にて治療された下腿骨開放骨折における深部感染に影響する因子の検討−計画的に行われた症例を中心に−. 大塚 宏1, 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1, 鈴木 卓2 (1整外. 2救命): 第44回関東整形災害外科学会 (2004/3/27), 東京. 抄録集, p.115, 2004.

733356. [学会 (地方)] (一般講演) 上肢症状を主訴とした Pancoast 腫瘍の3例. 小沼賢治, 小林明正, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 第44回関東整形災害外科学会 (2004/3/27), 東京. 抄録集, p.123, 2004.

733357. [学会 (地方)] (一般講演) 膝前十字靭帯再建術のクリニカルパスに期待される薬剤経済学的効果. 斉藤由美子1, 横井信子1, 平山武司1, 矢後和夫1, 渡辺哲哉2, 二見俊郎2 (1薬剤部. 2整外): 第52回東日本整形災害外科学会(2003/9/26-27), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌, 15 (3): 436, 2003.

733358. [研究会] (一般講演) 大腿骨側再置換術の工夫−同種骨とワグナーステムを用いて−. 高平尚伸, 内山勝文, 小宮宏一郎, 高崎純孝, 大川 孝, 新田浩史, 糸満香織, 森田光俊, 糸満盛憲 (整外): 2003 Hip Forum (2003/7/26), 神戸.

733359. [研究会] (一般講演) 尺骨神経前方移行術後ガングリオンにより再発を来たした内反肘を伴う肘部管症候群の1例. 山本豪明, 小林明正, 只野 功, 井村貴之, 森口尚生, 小沼賢治, 二見俊郎 (整外): 第37回神奈川関節外科研究会 (2003/9/20), 横浜.

733360. [研究会] (一般講演) 北里大学骨バンク運営費用についての検討. 引田俊一, 小宮宏一郎, 内山勝文, 小林菜央, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 第37回神奈川関節外科研究会 (2003/9/20), 横浜.

733361. [研究会] (一般講演) 脛骨近位部重度開放骨折に対する膝関節架橋型創外固定にて治療した1例. 新田浩史, 大塚 宏, 横山一彦, 高崎純孝, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 第37回神奈川関節外科研究会 (2003/9/20), 横浜.

733362. [研究会] (一般講演) 最近経験した膝滑膜軟骨腫症2例の治療経験. 禹 雅誉, 渡辺哲哉, 小沼賢治, 森口尚生, 安達 公, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第37回神奈川関節外科研究会 (2003/9/20), 横浜.

733363. [研究会] (一般講演) U型コラーゲンスポンジ内培養が軟骨細胞に及ぼす影響についての検討. 向井田智之1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 綱川慎一郎1, 大貫裕子2, 高平尚伸1, 玄 丞烋3, 糸満盛憲1 (1整外. 2生物化学系. 3京都大): 第22回日本運動器移植・再生医学研究会 (2003/10/25), 大阪.

733364. [研究会] (一般講演) リン酸カルシウム骨ペーストを充填したセメントレスステムの中期成績. 内山勝文1, 高平尚伸1, 塚本達郎1, 小宮宏一郎1, 糸満盛憲1, (整外)、関口昌和2 (1整外. 2せきぐち整形外科): 第4回バイオアクティブペースト研究会 (2003/11/1), 東京.

733365. [研究会] (一般講演) 緩徐な経過で膝蓋骨高位を呈してきた脛骨粗面裂離骨折の1例. 塚本達郎, 占部 憲, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第621回整形外科集談会 (2003/11/22), 東京.

733366. [研究会] (一般講演) COX-2ノックアウトマウス骨折治療過程における提出力超音波刺激の効果. 成瀬康治1, 占部 憲1, 宮部 基1, 糸満盛憲1, 高垣裕子2 (1整外. 2神奈川歯科大): 第7回超音波骨折治療研究会 (2004/1/17), 大阪. 抄録集, p.16, 2004.

733367. [研究会] (一般講演) 弾発指における正中神経知覚伝導速度の検討. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 井村貴之, 森口尚生 (整外): 第18回東日本手の外科研究会 (2004/1/31), 山形.

733368. [研究会] (一般講演) 手関節での軟部腫瘍により正中神経障害を生じたサルコイドーシスと思われる1例. 児嶋慶明, 只野 功, 小林明正, 井村貴之, 森口尚生, 二見俊郎 (整外): 第18回東日本手の外科研究会 (2004/1/31), 山形.

733369. [研究会] (一般講演) 鎮静に10年を要し抗生剤入りセメント髄内釘で治療した下腿骨骨髄炎の1例. 河村 直, 中村光伸, 大塚 宏, 高崎純孝, 山本豪明, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第623回整形外科集談会 (2004/2/28), 東京.

733370. [研究会] (一般講演) 一期的に全摘出を行った胸椎巨細胞腫の1例. 上野正喜, 安達 公, 中澤俊之, 井村貴之, 禹 雅誉, 二見俊郎 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第623回整形外科集談会 (2004/2/28), 東京.

733371. [ 研究会] (一般講演) 尺骨神経前方移行術後ガングリオンにより再発を来たした内反肘を伴う肘部管症候群の1例. 山本豪明, 小林明正, 只野 功, 森口尚生, 二見俊郎 (整外): 第15回日本肘関節研究会 (2004/2/15), 東京.

733372. [研究会] (一般講演) 大腿骨頸部外側骨折の術後に生じた大腿骨頭壊死症の1症例. 菊池恭太, 小宮宏一郎, 大塚 宏, 高崎純孝, 朴 晃正, 岩瀬 大, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外): 第38回神奈川関節外科研究会 (2004/2/7), 横浜.

733373. [研究会] (一般講演) 高度骨欠損に対し骨移植と金属補填ブロックを併用した人工膝関節置換術の2例. 齋藤勝義, 渡辺哲哉, 禹 雅誉, 児嶋慶明, 安達 公, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第38回神奈川関節外科研究会 (2004/2/7), 神奈川.

733374. [研究会] (一般講演) 大腿骨頸部内側骨折に対するハンソンピンシステムの使用経験. 日野勝利, 片野素昭, 小澤 隆 (整外): 第119回神奈川整形災害外科研究会 (2003/11/1), 横浜.

733375. [その他] (教育講演) 整形外科領域の深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症. 高平尚伸 (整外): 開発担当者講演 (山之内製薬) (2003/9/3), 東京.

733376. [その他] (教育講演) 整形外科領域の感染症 (抗生剤セメントについて). 高平尚伸 (整外): 製薬会社厚木営業所勉強会 (明治製薬株式会社) (2003/9/17), 厚木.


<<形成外科学>>

[学術論文]

110177. [原著] Experimental Study on Bone Formation Potential of Cryopreserved Human Bone Marrow Mesenchymal Cell/Hydroxyapatite Complex in the Presence of recombinant human bone morphogenetic protein-2. 島倉康人, 山山竒安晴, 内沼栄樹 (形外): Journal of Craniofacial Surgery, 14 (1): 108-116, 2003.

110178. [原著] FGF-4 and titanium implants: a pilot study in rabbit bone. VF. Stenport1, CB. Johansson1, T. Sawase2, 山山竒安晴3, S. Oida4 (1イエテボリ大. 2長崎大. 3形外. 4鶴見大): Clinical Oral Implants Research, 14 (3): 363-368, 2003.

120054. [原著] 褥瘡対策に伴うクリニカルパスの活用. 望月 環1, 佐々木由美子1, 飯島良子1, 大谷津恭之1,2 (1佐久総合病院. 2形外): Progress in Medicine, 25 (5): 1389-1395, 2003.

120055. [原著] ケミカルピーリングによるにきび治療. 山下理絵 (形外): 形成外科, 46 (3): 271-278, 2003.

120056. [原著] 上眼瞼除皺術−適応と術式の選択−. 宇津木龍一1,3, 松尾 清2, 内沼栄樹3 (1北里研究所. 2信州大. 3形外): 形成外科, 46 (2): 129-137, 2003.

120057. [原著] 新旧F (深井) スケールによる褥瘡治療評価について. 深井孝郎1,2, 今井サチ子2, 中田正幸2 (1形外. 2埼玉県中央病院): 埼玉県医学会雑誌, 38 (6): 597-602, 2003.

120058. [原著] 特集プライマリケア医のための創傷治癒ガイド「にきび治療」. 山下理絵 (形外): 治療 (J.Therap.), 85 (10): 141-143, 2003.

220040. [準原著] F (深井) スケール−簡便な褥瘡重症度分類と治療効果の評価法について−. 深井孝郎1,2, 中田正幸2, 今井サチ子2, 武田 啓3 (1形外. 2埼玉県中央病院. 3横浜市立港湾病院): 日本褥瘡学会誌, 6 (1): 81-87, 2004.

220041. [短報] Skin-sparing mastectomy−乳腺MRIの活用と手技の工夫−. 草間 律1, 高山文吉1, 土屋眞一1, 宮本英雄1, 藤森芳郎1, 沖田浩一1, 山岸喜代文1, 田中正英1,2 (1北信総合病院. 2形外): 乳癌の臨床, 19 (2): 185-190, 2004.

310018. [症例報告] Reconstruction of the Umbilicus using a Reverse Fan-shaped Flap. 増田竜児1,2, 武田 啓1, 杉本孝之1, 石黒匡史2, 内沼栄樹1 (1形外. 2上尾中央): Aesthetic plastic surgery, 27 (5): 349-353, 2003.

320073. [症例報告] 著明な皮下気腫を認めた犬咬傷の1例. 柏木慎也1, 浅利 靖2, 熊谷 謙2, 今井 寛2, 北原孝雄2, 相馬一亥2, 大和田 隆2 (1形外. 2救命救急医学): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 24: 218-219, 2003.

320074. [症例報告] 鼠径部に発生した毛包癌の1例. 毛利麻里1, 柴田裕達2, 毛利 忍2, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜市民病院): 日本形成外科学会会誌, 23 (5): 320-323, 2003.

320075. [症例報告] 局所持続洗浄法を併用した仙骨部褥瘡治療の1例. 毛利麻里1, 柴田裕達1,2, 中野香代子1, 内沼栄樹1 (1形成. 2横浜市民病院): 日本職業・災害医学会会誌, 51 (5): 2003.

320076. [症例報告] 術後合併症による胸部食道欠損に対し前胸壁皮弁を用いた食道再建術を施行した1例. 宮本英雄1, 斎藤 学1, 藤森芳郎1, 西村博行1, 田中正英1,2, 細田 裕1 (1北信総合病院. 2形外): 日本臨床外科学会雑誌, 64 (11): 78-82, 2003.

320077. [症例報告] 悪性変化を示した顎下部solid cystic hidradenomaの1例. 高橋卓也1, 柴田裕達1,2, 毛利麻里1,2, 富田俊樹2, 新田清一2, 毛利 忍2, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜市民病院): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 75 (7): 478-481, 2003.

320078. [症例報告] 大腿部脂肪吸引術後に壊死性筋膜炎を生じた1例. 柴田裕達1,2, 毛利麻里1,2, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜市民病院): 日本職業・災害医学会会誌, 51 (3): 232-235, 2003.

320079. [症例報告] Brown-Sequard型神経症状を呈した胸椎部脊髄梗塞が疑われた1例. 秋本峰克1,2, 三原久範2, 青田洋一2, 竹口英文2, 近藤総一2, 峰谷將史2, 山田勝久2 (1形外. 2横浜南共済病院): 神奈川整形災害外科医会雑誌, 16 (3): 47-49, 2003.

520193. [総説] 形成外科の治療指針Update II. 皮膚疾患 20. 麦粒腫/霰粒腫. 酒井直彦, 内沼栄樹 (形外): 形成外科, 46 (増): S40-41, 2003.

520194. [総説] 形成外科の治療指針Update II. 皮膚疾患 21. 黄色腫. 酒井直彦, 内沼栄樹 (形外): 形成外科, 46 (増): S42-43, 2003.

520195. [総説] 熱傷の最新の治療とケアのポイント: 知っておきたい知識 (後遺症に対する治療). 山田直人, 内沼栄樹 (形外): 小児看護, 27 (1): 48-52, 2004.

520196. [総説] 炎症性腸疾患に合併した肛門膣瘻. 柴田裕達1,2, 毛利麻里1,2, 小金井一隆2, 鬼頭文彦2, 福島恒男2 (1形外. 2横浜市民病院): 外科 65(7):809-813, 2003.

[著 書]

620205. [教科書] (分担執筆) ケミカルピーリング, これが私のコツと技; 座瘡・グリコール酸, p.27-30. 山下理絵 (形外), 編集 古川福実1, 船坂陽子2, 上田説子3 (1和歌山県立医大. 2神戸大. 3上田説子クリニック), 南山堂, 東京, 2003/4/28発行.

620206. [その他の著書] (分担執筆) TEXT 形成外科学; 皮膚表面外科, p.66-70. 山田直人, 内沼栄樹 (形外), 編集 森口隆彦1, 鳥居修平2, 中塚貴志3 (1川崎医大. 2名古屋大. 3埼玉医大), 監修 波利井清紀 (杏林大), 南山堂, 東京, 2004/3/12発行.

[学会・研究会等]

713107. [国際学会] (一般講演) Non-ablative laser treatment: long pulse Nd:YAG laser. 山下理絵 (形外): 3th Anti-aging Meeting 2004 (2004/1/6), Paris.

713108. [国際学会] (一般講演) Non-ablative laser rejuvenation. 山下理絵 (形外): Anti-aging meeting 2003(2003/3/12), Paris.

713109. [国際学会] (一般講演) Comparative study of solvents Ey pe dite Remove of Asphoiz. M. Iuchi, M. Sugiyama, 大谷津恭介1, 深井孝郎1 (1形外): Burn and Wound Care Symposium (2003/8/10), Hawaii state U.S.A.

721013. [学会 (全国)] (特別講演) 皮膚若返り治療の現状. 山下理絵 (形外): 第21回日本美容皮膚科学会発(2003/8/9), 品川.

722082. [学会 (全国)] (招待された講演) コラーゲンとボトックス治療. 宇津木龍一 (形外, 北里研究所病院美容医学センター): 第21回日本美容皮膚科学会総会 (2003/8/9), 品川.

722083. [学会 (全国)] (招待された講演) 褥瘡の外科的治療 パネルディスカッション「褥瘡ケアの最前線」. 柴田裕達 (形外, 横浜市民病院): 第51回日本職業・災害医学会 (2003/11/19-20), 横浜.

722084. [学会 (全国)] (招待された講演) しわ治療: ケミカルピーリング・レチン・Nor-ablative レーザーによる治療. 山下理絵 (形外): 第21回日本美容皮膚科学会 (2003/8/10), 東京.

722085. [学会 (全国)] (招待された講演) Non-surgical rejuvenation (AGING 治療のプランニング). 山下理絵, 高橋嗣明, 田中早苗, 石黒匡史, 中北信昭, 内沼栄樹 (形外): 第86回日本美容外科学会 (2003/2/8), 東京.

722086. [学会 (全国)] (招待された講演) 救命救急センターにおける人工真皮使用の現状. 島倉康人 (形外): 第29回日本熱傷学会総会・学術集会 (2003/6/6), 大阪.

723594. [学会 (全国)] (一般講演) 乳房異物摘出例の検討. 林 和弘, 中北信昭, 馬場香子, 柏木慎也, 安田吉宏, 橋本信子, 岩城啓修, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会・学術集会 (2003/4/9), 神戸.

723595. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻形成術における自家組織移植材料の検討. 中北信昭1, 林 和弘1, 柏木慎也1, 馬場香子1, 内沼栄樹1, 松倉知之2, 伊藤雄康3 (1形外. 2松倉クリニック. 3白金クリニック): 第26回日本美容外科学会総会・第88回学術集会 (2003/10/12), 愛媛.

723596. [学会 (全国)] (一般講演) 前後2カ所で骨延長を行った水頭症を合併した斜頭症の一例. 瀬山竒晃一郎1, 中北信昭1, 山山竒安晴1, 柏木慎也1, 青柳和也1, 斉藤智尋1, 内沼栄樹1, 山田 勝2 (1形外. 2脳外): 第21回日本頭蓋顎顔面外科学会 (2003/11/16), 東京.

723597. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻腔内評価を併用した鼻骨骨切手術の検討. 青柳和也1, 大竹尚之1,2, 鈴木敏彦1, 内沼栄樹2, 河野栄治1 (1横浜南共済. 2形外): 第46回日本形成外科学会総会 (2003/4/11), 神戸.

723598. [学会 (全国)] (一般講演) 遊離空腸弁を用いた頸部食道再建における空腸モデルの工夫. 酒井直彦1, 橋本信子1, 安田吉宏1, 内沼栄樹1, 中山明仁2, 山本一博2, 岡本牧人2, 小林伸行3 (1形外. 2耳鼻. 3外): 第27回日本頭頚部腫瘍学会 (2003/6/26-27), 金沢.

723599. [学会 (全国)] (一般講演) リンパ浮腫およびリンパ漏を伴ったフィラリア症の治療経験. 酒井直彦, 馬場香子, 橋本信子, 柏木慎也, 内沼栄樹 (形成): 日本マイクロサージャリー学会 (2003/11/13-14), 岡山.

723600. [学会 (全国)] (ポスター) 当科における尿膜管遺残症の検討. 柏木慎也, 酒井直彦, 橋本信子, 石川心介, 熊澤憲一, 櫻井梨江, 柴田知義, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会・学術集会 (2003/4/11), 神戸. プログラム, p.59, 2004.

723601. [学会 (全国)] (一般講演) 尾椎を有するHuman tailの2例. 安田吉宏, 林 和弘, 中北信昭, 杉本孝之, 高野知子, 櫻井梨江, 熊澤憲一, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会・学術集会 (2003/4/9), 神戸.

723602. [学会 (全国)] (一般講演) 自殺企図による頸部刺創4例の検討. 安田吉宏1, 島倉康人1, 片岡祐一2, 上條吉人2, 西巻 博2, 相馬一亥2 (1形外. 2救命): 第31回日本救急医学会総会・学術集会 (2003/11/21), 東京.

723603. [学会 (全国)] (一般講演) 6回以上グリコー酸ケミカルピーリングを行った50例の効果について. 岩屋聖子1, 宇津木龍一1,2, 南條昭雄1,2 高山敦子1,2 (1北里研究所病院美容医学センター. 2形外): 第26回日本美容外科学会総会 (2003/10/12), 松山.

723604. [学会 (全国)] (一般講演) OHP (高圧酸素) を用いた褥瘡の治療経験. 深井孝郎1,2, 中田正幸2, 武田 啓3 (1形外. 2埼玉県央病院. 3横浜市立港湾病院): 第33回日本創傷治癒学会 (2003/12/9), 千葉.

723605. [学会 (全国)] (一般講演) 独自の新旧 F (深井) スケールによる褥瘡予防と治療評価の検討. 深井孝郎1,2, 武田 啓3 (1形外. 2埼玉県央病院. 3横浜市立港湾病院): 第5回日本褥瘡学会 (2003/8/29), さいたま市. 日本褥瘡学会誌, 5 (2): 289, 2003.

723606. [学会 (全国)] (一般講演) OHP (高圧酸素) を用いた褥瘡の保存的治療について. 深井孝郎1,2, 木村芳伸2, 中田正幸2 (1形外. 2埼玉県央病院): 第5回日本褥瘡学会 (2003/8/30), さいたま市. 日本褥瘡学会誌 5 (2): 365, 2003.

723607. [学会 (全国)] (一般講演) ヘルニア臍絞扼症の1例. 工藤俊哉1,2, 柴田裕達1,2, 毛利麻里1, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜市民病院): 第51回日本職業・災害医学会 (2003/11/19-20), 横浜.

723608. [学会 (全国)] (一般講演) 膣口辺縁切開による肛門膣瘻閉鎖手術症例の検討. 柴田裕達1,2, 小金井一隆2, 鬼頭文彦2, 福島恒男2 (1形外. 2横浜市民病院): 第58回日本大腸肛門病学会 (2003/11/7), 名古屋.

723609. [学会 (全国)] (一般講演) Kirner変形の2症例. 中村 健1, 大谷津恭之1,2, 高野知子1, 杉本佳香1, 杉本孝之1, 松尾あおい1,2 (1佐久総合病院. 2形外): 第46回日本形成外科学会学術集会 (2003/4/9-10), 神戸.

723610. [学会 (全国)] (一般講演) 2本の長掌筋腱と遊離前腕皮弁による軟口蓋再建の1例. 徳永英吉1, 柴田裕達2,3, 原 睦子1, 肥田 修1, 肥田利恵1, 関 博之1, 馬場道忠1, 曽爾信行1 (1上尾中央総合病院. 2形外. 3横浜市民病院): 第16回日本口腔咽頭科学会 (2003/9/12), 東京.

723611. [学会 (全国)] (一般講演) Skin-Sparing Mastectomy後に一期的乳房再建を行った症例の検討. 松尾あおい, 田中正英, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会・学術集会 (2003/4/11), 神戸.

723612. [学会 (全国)] (一般講演) 広範囲熱傷に対する持続的血液濾過 (CHF) 持続緩徐式血液透析濾過 (CHDF) の治療経験. 田中正英, 松尾あおい, 工藤俊哉, 高橋嗣明, 秋元峰克, 内沼英樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会・学術集会 (2003/4/9), 神戸.

723613. [学会 (全国)] (一般講演) 乳房異物が原因と考えられるネフローゼ症候群の一例. 田中早苗, 山下理絵, 杉本孝之, 石黒匡史, 内沼栄樹 (形外): 第86回日本美容外科学会 (2003/10/13), 愛媛.

723614. [学会 (全国)] (一般講演) ロングパルス1064 nm Nol: YAGレーザー (xeo) による毛細血管拡張症およびスキンリジュヴィネーション治療. 山下理絵, 田中早苗, 杉本孝之 (形外): 第24回日本レーザー医学会 (2003/11/14), 岐阜.

723615. [学会 (全国)] (一般講演) 肝斑の治療経験: ケミカルピーリング・内服・外用剤を用いた混合治療. 山下理絵, 田中早苗, 高橋嗣明, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会 (2003/4/10), 神戸.

723616. [学会 (全国)] (一般講演) 扁平母斑に対するレーザー治療の経験. 山下理絵, 田中早苗, 高橋嗣明, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会 (2003/4/9), 神戸.

723617. [学会 (全国)] (一般講演) 皮膚老化に対するレーザー治療の現状. 山下理絵, 田中早苗, 杉本孝之, 内沼栄樹 (形外): 第26回日本美容外科学会 (2003/10/11), 愛媛.

723618. [学会 (全国)] (一般講演) 日本人のskin typeの検討: New Japanese skin type. 山下理絵, 田中早苗, 杉本孝之, 内沼栄樹 (形外): 第26回日本美容外科学会 (2003/10/12), 愛媛.

723619. [学会 (全国)] (一般講演) 自殺企図熱傷患者の検討. 山下理絵, 田中早苗, 杉本孝之, 内沼栄樹 (形外): 第29回日本熱傷学会 (2003/6/5), 大阪.

723620. [学会 (全国)] (一般講演) 眼瞼手術術後における不自然なふたえの要因についての検討. 南條昭雄1,2, 宇津木龍一1,2 , 高山敦子1,2, 岩屋聖子2 (1形外. 2北里研究所病院美容医学センター): 第26回日本美容外科学会総会 (2003/10/12), 愛媛. プログラム抄録集, p.128, 2003.

723621. [学会 (全国)] (一般講演) ビデオマイクロスコープで母斑細胞を確認しながら進める黒子のレーザー治療法の検討. 南條昭雄1,2, 宇津木龍一1,2, 高山敦子1,2, 岩屋聖子2 (1形外. 2北里研究所病院美容医学センター): 第21回日本美容皮膚科学会・学術大会 (2003/8/9), 東京. プログラム抄録集, p.54, 2003.

723622. [学会 (全国)] (一般講演) 乳房異物が原因と考えられるネフローゼ症候群の一例. 田中早苗1, 山下理絵1, 杉本孝之2, 石黒匡史3, 内沼栄樹1 (1形外. 2湘南鎌倉総合病院. 3上尾中央総合病院): 第26回日本美容外科学会総会 (2003/10/13), 愛媛. 日本美容外科学会会報, 25 (4): 82 (228)-83 (229), 2003.

723623. [学会 (全国)] (一般講演) Face Lift手術における耳介周囲の問題点について. 佐藤英明1, 内沼栄樹1, 宇津木龍一2 (1形外. 2北里研究所病院美容医学センター): 第26回日本美容外科学会総会 (2003/10/11), 愛媛. 抄録集, p.136, 2003.

723624. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるskin dock の治療体系について. 林 圭子1, 田宮エリー1, 上原 清1, 古山登 隆2, 佐藤英明2 (1自由が丘クリニック. 2形外): 第22回日本臨床皮膚外科学会 (2004/2/28), 大阪. 抄録集, p.28, 2004.

723625. [学会 (全国)] (一般講演) Cutis Lax’aの症例より学んだ老化変形に対する治療. 佐藤英明1, 稲本伸子, 宇津木龍一1,2, 山口麻子2, 矢沢慶史2, 内沼栄樹1 (1形外. 2北里研究所病院美容医学センター): 第46回日本形成外科学会総会 (2003/4/9), 神戸. 抄録集, p.116, 2003.

723626. [学会 (全国)] (一般講演) Face lift手術の効果と持続性を高める手術手技の検討. 宇津木龍一1,2, 佐藤英明1,2, 山口麻子2, 矢沢慶史2, 内沼栄樹1 (1形外. 2北里研究所病院美容医学センター): 日本美容外科学会第86回学術集会 (2003/2/8), 新宿.

723627. [学会 (全国)] (一般講演) アスファルト除去に用いる溶剤の比較検討. 井上 学1, 杉山昌秀1, 大谷津恭之1,2, 深井孝郎1,2, (1佐久総合病院. 2形外): 第29回日本熱傷学会学術集会 (2003/6/5-6), 大阪. 予稿集, p.93, 2003.

723628. [学会 (全国)] (ポスター) 中足骨短縮症に対する創内延長器を用いた仮骨延長法の経験. 山田直人, 安田吉宏, 橋本信子, 岩城啓修, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会 (2003/4/10), 神戸.

723629. [学会 (全国)] (ポスター) 再発, 転移をきたした鼻翼部Basosquamous Cell Carcinomaの一例. 増田竜児1,2, 石黒匡史1,2, 徳田真紀子2, 徳永英吉2, 長田宏巳2, 内沼栄樹1 (1形外. 2上尾中央総合病院): 第46回日本形成外科学会学術総会 (2003/4/9), 神戸.

723630. [学会 (全国)] (ポスター) 局所皮弁を用いた人工肛門修正術の一例. 柴田裕達1,2, 小金井一隆2, 鬼頭文彦2, 福島恒男2 (1形外. 2横浜市民病院): 第58回日本大腸肛門病学会 (2003/11/7-8), 名古屋.

723631. [学会 (全国)] (ポスター) 太田母斑に対するダウンタイムの短いQ-Switch Ruby laser照射法の検討. 高山敦子1,2, 宇津木龍一1,2, 南條昭雄1,2, 岩屋聖子2 (1形外. 2北里研究所病院美容医学センター): 日本美容外科学会 (2003/10/11), 松山.

723632. [学会 (全国)] (ポスター) 術前患者に対する鼻腔MRSA検査. 田中早苗, 山下理絵, 高橋嗣明, 内沼栄樹 (形外): 第46回日本形成外科学会総会 (2003/4/10), 神戸.

723633. [学会 (全国)] (ポスター) Skin-sparing Mastectomy後に一期的乳房再建を行った症例の検討. 松尾あおい1, 田中正英1, 工藤俊哉1, 草間 律2, 内沼栄樹1, 高橋嗣明1, 秋元峰克1 (1形外. 2北信総合病院): 第46回日本形成外科学会総会 (2003/4/11), 神戸.

723634. [学会 (全国)] (ポスター) 術前患者に対する鼻腔MRSA検査. 田中早苗1, 山下理絵1, 高橋嗣明2, 内沼栄樹1 (1形外. 2湘南鎌倉総合病院): 第46回日本形成外科学会総会・学術集会 (2003/4/11), 神戸. プログラム抄録集, 236: 102, 2003.

732029. [研究会] (招待された講演) 褥瘡チームにおける医師に役割. 柴田裕達 (形外, 横浜市民病院): 第11回神奈川住宅医療研究会 (2003/7/10), 横浜.

733377. [学会 (地方)] (一般講演) 診断・治療に難渋した背部腫瘍の1例. 遠藤あかね, 酒井直彦, 馬場香子, 安田吉宏, 青柳和也, 内沼栄樹 (形成): 第237回日本形成外科学会関東支部東京地方会 (2004/3/6), 東京.

733378. [学会 (地方)] (一般講演) 新旧F (深井) スケールによる褥瘡治療評価. 深井孝郎1,2, 中田正幸2, 内沼栄樹1 (1形外. 2埼玉県央病院): 第41回埼玉県医学会総会 (2004/1/25), さいたま市.

733379. [学会 (地方)] (一般講演) 膝窩動脈損傷を伴ったCrush症候群の2症例. 工藤俊哉1,2, 服部麻倫2, 村上博則2, 栗林秀樹2, 山本浩一郎2, 湯本一彦2, 熊木昇二1 (1形外. 2北信総合病院): 第43回関東整形災害外科学会 (2003/3), 名古屋.

733380. [学会 (地方)] (一般講演) 右腸腰筋膿瘍と水腎症を合併したクローン病の1例. 永井美奈子1,2, 荒井勝彦2, 木村英明2, 赤谷美奈子2, 鬼頭文彦2, 福島恒男2 (1形外. 2横浜市民病院): 第109回神奈川県臨床外科医学会集談会 (2004/2/28), 横浜.

733381. [学会 (地方)] (一般講演) 洗浄用アルカリによる化学熱傷 (全身30パーセント) の1例. 田中正英, 橋本信子, 熊澤憲一, 内沼栄樹 (形外): 第16回日本熱傷学会信州地方会 (2003/7/19), 長野.

733382. [学会 (地方)] (一般講演) 当科にて経験したDupuytren拘縮の2例. 熊澤憲一, 田中正英, 橋本信子, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外学会中部支部信州地方会第23回例会 (2003/6/7), 松本.

733383. [学会 (地方)] (一般講演) 低温熱傷を防ぐ温罨法の検討. 岩井美咲1, 古市雅登1, 大谷津恭之1,2, 中村 健1, 岡田邦孝1 (1佐久総合病院. 2形外): 第16回日本熱傷学会信州地方会学術集会 (2003/7/19), 上田.

733384. [学会 (地方)] (一般講演) 滅菌紙オムツを用いた熱傷手術時の体液洗浄液の処理法. 新井恵美子1, 油井律子1, 中嶋浩美1, 大谷津恭之1,2, 中村 健1, 柴田和義1, 今井秀一1 (1佐久総合病院. 2形外): 第16回日本熱傷学会信州地方会学術集会 (2003/7/19), 上田.

733385. [学会 (地方)] (一般講演) アスファルト除去に用いる溶剤の比較検討. 井内 学1, 杉山昌秀1, 大谷津恭之1,2, 深井孝郎1,2 (1佐久総合病院. 2形外): 第16回日本熱傷学会信州地方会学術集会 (2003/7/19), 上田.

733386. [学会 (地方)] (一般講演) 眼窩下神経開放術を施行した頬骨骨折術度神経痛の一例. 柴田知義1, 大谷津恭之1,2, 中村 健1 (1佐久総合病院. 2形外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会第47例会 (2003/12/20), 飯山.

733387. [学会 (地方)] (一般講演) 肺大細胞癌に合併した小腸悪性リンパ腫の一例. 秋本峰克1,2, 舛井秀宜2, 福島忠男2, 茂垣雅俊2, 深沢伸吾2, 長堀 優2, 長堀 薫2, 細井英雄2 (1形外. 2横須賀共済病院): 第36回神奈川消化器病医学会総会 (2003/11/29), 横浜.

733388. [学会 (地方)] (一般講演) ハンセン病の兎眼に対する治療経験. 中村 健1, 大谷津恭之1,2, 柴田知義1, 永井美奈子1,2 (1佐久総合病院. 2形外): 第38回日本形成外科学会中部支部学術集会 (2003/7/5), 長久手.

733389. [研究会] (一般講演) 診断・治療に難渋した背部腫瘍の1例. 澤井建互, 酒井直彦, 馬場香子, 青柳和也, 京谷樹子, 山田直人, 徳田真紀子, 内沼栄樹 (形外): 平成15年度 第1回神奈川症例検討会 (2003/6/14), 神奈川.

733390. [研究会] (一般講演) 特異な全身症状と顎骨骨切り後の著明な骨吸収を呈した一例. 斉藤智尋, 中北信昭, 山山竒安晴, 柏木慎也, 瀬山竒晃一郎, 高橋洋輔, 石川心介, 林 和弘, 内沼栄樹 (形外): 平成15年度 第1回神奈川症例検討会 (2003/6/14), 神奈川.

733391. [研究会] (一般講演) 両側涙腺腫大および脱臼を来した1例. 高橋洋輔, 酒井直彦, 柏木慎也, 遠藤あかね, 山田直人, 内沼栄樹 (形成): 平成15年度 第2回神奈川症例検討会 (2003/11/29), 神奈川.

733392. [研究会] (一般講演) 回腸に発生したneuroendocrine carcinomaの1例. 有馬裕子1, 小松茂治2, 黒沢治樹2, 石部敦士2, 茅野真子2, 松本千鶴2, 和田博雄2, 名取志保2, 木村英明2, 荒井勝彦2, 望月康久2, 石山 暁2, 高橋正純2, 鬼頭文彦2, 福島恒男2, 中村宣生2 (1形外. 2横浜市民病院): 神奈川県消化器病研究会 (2003/7/5), 神奈川.

733393. [研究会] (一般講演) 手掌に生じたデスモイド腫瘍の1例. 柳英 之1, 児島忠雄1, 平瀬雄一1, 福本恵三1, 三須秀明1, 根本 充2 (1埼玉手の外科研究所. 2形外): 第35回埼玉手の外科研究会 (2003/9/20), さいたま市.

733394. [研究会] (一般講演) 総掌側指神経の高位分岐をみた手根管症候群の1例. 根本 充1, 児島忠雄2, 平瀬雄一2, 福本恵三2, 三須秀明2, 柳 英之2 (1形外. 2埼玉手の外科研究所): 第36回埼玉手の外科研究会 (2004/3/13), さいたま市.

733395. [研究会] (一般講演) 全身に多発する有棘細胞癌及びボーエン病の治療について. 村下一晃1, 古谷康代1, 内沼栄樹2 (1茅ヶ崎徳洲会. 2形成): 第5回北里フォーラム (2003/11/22), 横浜.

733396. [研究会] (一般講演) 眼瞼下垂が引き起こす交感神経激症状および顔の老化のメカニズムと治療法. 宇津木龍一 (形外, 北里研究所病院美容医学センター): 眼科学会レディスサージョンの会主催 講演会 (2004/1/31), 東京.

733397. [研究会] (一般講演) 形成外科開設一年の患者動向について. 武田 啓 (形外): 第2回横浜形成外科フォ-ラム (2003/5/31), 横浜.

733398. [研究会] (一般講演) 頬骨骨折後強度の眼窩下神経痛に発展した一症例. 柴田知義1, 大谷津恭之1,2, 中村 健1 (1佐久総合病院. 2形外): 第6回北里形成外科フォーラム (2003/11/22), 横浜.

733399. [研究会] (一般講演) 急性肺障害を発症した重症熱傷の2例. 柴田知義1, 大谷津恭之1,2, 中村 健1, 有馬裕子1 (1佐久総合病院. 2形外): 第5回東北信形成外科懇話会 (2004/1/16), 長野.

733400. [研究会] (一般講演) 再発した耳下腺脂肪腫の1例. 松尾あおい1, 鈴木敏彦1, 大竹尚之1,2, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜南共済病院): 神奈川症例検討会 (2003/6/14), 北里.

733401. [研究会] (一般講演) 液体窒素による手指凍傷の1例. 松尾あおい1, 鈴木敏彦1, 大竹尚之1,2, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜南共済病院): 神奈川症例検討会 (2003/11/29), 東海大学.

733402. [研究会] (一般講演) 自家血清培養下におけるヒト骨髄由来間葉系細胞の増殖. 一氏俊世1, 山山竒安晴1, 島倉康人1, 曽根由美子2, 内沼栄樹1 (1形外. 2生物化学系): 北里フォーラム (2004/2/6), 横浜.

733403. [その他] (一般講演) 医学部6年生合同講義 美容外科の基礎. 宇津木龍一 (形外, 北里研究所病院美容医学センター): 横浜市立医科大学形成外科講義 (2003/12), 横浜.

733404. [その他] (一般講演) 住宅介護の褥瘡ケアー床ずれの予防と治療. 三好 宏 (形外, 大和徳洲会病院): 横浜高島屋友の会医療講演 (2003/10/23), 横浜.

733405. [その他] (一般講演) まぶたのたるみ. 三好 宏 (形外, 大和徳洲会病院): 小田急町田友の会医療講演 (2003/5/15), 町田.

733406. [その他] (一般講演) まぶたのたるみ. 三好 宏 (形外, 大和徳洲会病院): 小田急町田友の会医療講演(2004/2/24), 町田.


<<皮膚科学>>

[学術論文]

120059. [原著] 内臓症状を伴わない悪性萎縮性丘疹症−本邦報告例の集計と考察を加えて−. 新井 達1, 高須 博1, 勝岡憲生1, 志賀 剛2 (1皮. 2町田市): 日本皮膚科学会誌, 113 (9): 1423-1430, 2003.

120060. [原著] 水疱形成を伴った多型滲出性紅斑型薬疹. 前島英樹1, 嶋村祐美2, 齊藤和美2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加国際病院): 日本皮膚科学会誌, 113 (9): 1399-1405, 2003.

120061. [原著] 脱毛症の免疫応答. 藤村響男 (皮): 日本皮膚科学雑誌, 113 (13): 1927-1928, 2003.

210027. [短報] Serum concentrations of vascular endothelial growth factor-D in angiosarcoma patients. 天羽康之1, 増澤幹男1, 浜田祐子2, 勝岡憲生1 (1皮. 2生物化学系): Br J Dermatol, 50 (1): 160-161, 2004.

320080. [症例報告] Sweet病疑いで経過観察中に発症したMDSの特異疹の1例. 田辺健一, 新山史朗, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 臨床皮膚科, 58 (1): 74-76, 2004.

320081. [症例報告] 日光角化症と思われた紅斑性天疱瘡. 新井 達1, 勝岡憲生1, 浅谷雅文2 (1皮. 2相模原市): 皮膚病診療, 25 (増2): 85-88, 2003.

320082. [症例報告] 結節性紅斑より発見されたCrohn病. 鈴木理華, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 25 (12): 1351-1354, 2003.

320083. [症例報告] 皮膚サルコイド. 百瀬葉子1, 徳永千春1, 新井春枝2, 向井千珈子3 (1皮. 2大和市立病院. 3大和市): 皮膚病診療, 25 (9): 1015-1018, 2003.

320084. [症例報告] 生検後に自然消褪したcutaneous B cell pseudolymphoma. 冨田昌宏1, 前島英樹1, 金子 聡1, 饗場伸作1, 向井秀樹2 (1皮. 2横浜労災病院): 皮膚病診療, 25 (7): 751-754, 2003.

320085. [症例報告] 手に生じた乳癌の皮膚転移. 前島英樹1, 嶋村祐美2, 齊藤和美2, 原田晴美2, 番場圭介2, 越後貫理香2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加国際病院): 皮膚科の臨床, 45 (6): 743-746, 2003.

320086. [症例報告] Polyarteries nodosa cutanea. 前島英樹1, 勝岡憲生1, 浅谷雅文2 (1皮. 2あさや皮膚科): 皮膚科病診療, 25 (12): 1379-1382, 2003.

320087. [症例報告] 粉瘤から生じた有棘細胞癌の1例. 前島英樹1, 嶋村祐美2, 齊藤和美2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加国際病院): 皮膚科の臨床, 46 (3): 415-418, 2004.

520197. [総説] 二つの脱毛症: 円形脱毛症と男性型脱毛の病態と対処法. 勝岡憲生 (皮): Aesthetic Dermatology, 13 (2): 70-76, 2003.

520198. [総説] 好酸球疾患−好酸球機能と組織エオジノフィリー. 宮田聡子, 勝岡憲生 (皮): 北里医学, 33 (2): 109-112, 2003.

520199. [総説] 小児に多い脱毛症の病態. 勝岡憲生 (皮): 日本小児皮膚科学会雑誌, 22 (2): 50-53, 2003.

520200. [総説] 重症な足病変に有効なフットケア 潰瘍・壊疽. 齊藤典充 (皮): EBNURSING, 4 (1): 48-52, 2004.

520201. [講座] 血管肉腫の治療戦略−北里大学病院皮膚科2003年度版−. 増澤幹男 (皮): 日本皮膚科学会雑誌, 113 (10): 1523-1533, 2003.

520202. [解説] 術後肥厚性瘢痕・ケロイドの予防と治療. 増澤幹男 (皮): 日本医師会雑誌, 129 (9): 1446, 2003.

520203. [解説] 特集/皮膚悪性腫瘍治療最前線−血管肉腫の治療. 増澤幹男 (皮): Monthly Book Derma., 77: 57-63, 2003.

520204. [解説] 日本をとり巻く Hansen 病の現状. 伊崎誠一1, 藤村響男2, 宮田聡子2, 間山真美子3 (1埼玉医大. 2皮. 3三沢市立三沢病院): 皮膚病診療, 26 (4): 477-488, 2004.

[著 書]

620207. [学術書] (分担執筆) 最新皮膚科学大系C紅斑, 滲出性紅斑, 紫斑, 脈管系の疾患; 持久性隆起性紅斑, p.26-32. 勝岡憲生 (皮), 編集 玉置邦彦 (東京大) 他, 中山書店, 東京, 2003/4/5発行.

620208. [学術書] (分担執筆) 血液内科クリニカルスタンダード; 血液疾患と皮膚所見, p.81-89. 勝岡憲生 (皮), 編集 東原正明 (内) 他, 須永真司 (東京日立病院), 文光堂, 東京, 2003/8/26発行.

620209. [学術書] (分担執筆) 今日の小児治療指針; 円形脱毛症, p.573. 勝岡憲生 (皮), 編集 大関武彦 (浜松医大) 他, 医学書院, 東京, 2003/3/25発行.

620210. [学術書] (分担執筆) 最新皮膚科学大系Q全身疾患と皮膚疾患; 口腔粘膜病変, 18: p.230-235. 勝岡憲生 (皮), 編集 玉置邦彦 (東京大) 他, 中山書店, 東京, 2003/5/9発行.

620211. [教科書] (分担執筆) 図解, 皮膚科学テキスト; 粘膜疾患, p.149-151. 勝岡憲生 (皮), 編集 石川 治 (群馬大), 宮地良樹 (京都大), 中外医学社, 東京, 2003/7/1発行.

620212. [その他の著書] (共著: 多数) 今日の治療指針2004年度版; 脱毛症-特に円形脱毛症, p.843. 勝岡憲生 (皮), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2004/1/1発行.

620213. [その他の著書] (共著: 2名) Dermatofile No.33 対談「舌と皮膚科診療」. 勝岡憲生 (皮), 永井哲夫 (慶応大), 編集 協和企画, エスエス製薬, 東京, 2003/12/25発行.

620214. [その他の著書 (視聴覚出版物)] (単著) ヘルシーメモ; しみ, そばかすの対策. 勝岡憲生 (皮), 編集 勝岡憲生, NHKサービスセンター, 東京, 2003/6/15発行.

620215. [その他の著書] (分担執筆) ステロイド外用剤の使い方 Key Point; サルコイドーシス, p.44-45. 勝岡憲生 (皮), 編集 勝岡憲生, 監修 川島 眞 (東京女医大), 鳥居薬品, 東京, 2004/1/10発行.

620216. [その他の著書] (分担執筆) AHCCの基礎と臨床; 皮膚脈管肉腫に対するAHCCの使用経験, p.225-232. 増澤幹男 (皮), 編集 細川益眞澄男, 山崎正利, 上山泰男, ライフ・サイエンス (株), 東京, 2003/7/15発行.

[学会・研究会等]

712010. [学会 (国際)] (招待された講演) IMMUNE RESPONSE IN ALOPECIA AREATA. 勝岡憲生 (皮): 11th Annual Meeting of SHSR Joint with KHRS (2003/11/29), Korea.

712011. [学会 (国際)] (招待された講) Recent experiences and discoveries at Kitasato, Japan. 増澤幹男 (皮): The 19th International Congress of Lymphology (2003/9/5), Freiburg, Germany. XIX Internatinal Congress of Lymphology Abstract Book, p.98, 2003.

713110. [学会 (国際)] (一般講演) A new drug treatment for lymphedema. 増澤幹男 (皮): The 19th International Congress of Lymphology (2003/9/2), Freiburg, Germany. XIX Internatinal Congress of Lymphology program, p.29, 2003.

713111. [学会 (国際)] (一般講演) Strategy of treatment for angiosarcoma in Kitasato University. 増澤幹男 (皮): The 19th International Congress of Lymphology (2003/9/2), Freiburg, Germany. XIX Internatinal Congress of Lymphology program, p.29, 2003.

713112. [学会 (国際)] (一般講演) Preliminary experiments of in vitro culture mycobacterium lepra in a slow growing endothelium. 増澤幹男 (皮): The 19th International Congress of Lymphology (2003/9/2), Freiburg, Germany. XIX Internatinal Congress of Lymphology program, p.29, 2003.

713113. [学会 (国際)] (一般講演) T helper type 2-dominated response in lck-GATA-3-transgenic mice up-regulates the contact hypersensitivity reaction. 天羽康之1, 玉内秀一2, 浜田祐子3, 穂積勝人2, 垣生園子4, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮. 2微・寄. 3生物化学系. 4東海大): International Investigative Dermatology 2003 (2003/4/30-5/4), Maiami, USA. J Invest Dermatol 121 (1) Abstract No.880, International Investigative Dermatology 2003 Meeting Program, p.111, 2003.

713114. [学会 (国際)] (一般講演) Recombinant expression and functional analysis of the protein encorded by mce1A region of Mycobacterium leprae. 佐藤直哉1, 藤村響男1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 狩野真帆1, 輿儀ヤス子2, M. Matsuoka2 (1皮. 2国立感染研, ハンセン病研究センター): International Investigative Dermatology 2003 (2003/4/30-5/4), Maiami, USA. J Invest Dermatol 121 (1) Abstract No.1018, International Investigative Dermatology 2003 Meeting Program, p.117, 2003.

713115. [学会 (国際)] (一般講演) CD4+ KILLER T CELLS ARE INVOLVED IN THE OCCURRENCE OF ALOPECIA AREATA. 向野 哲1, 坪井廣美1, 藤村響男1, 浜田祐子2, 前島英樹1, 齊籐典充1, 長瀬彰夫1, 勝岡憲生1 (1皮. 2生物化学系): 11th Annual Meeting of the SHSR Joint with KHRS by Society for Hair Science Research and Korean Hair Research Society (2003/11/29), 韓国済洲島.

713116. [学会 (国際)] (ポスター) Localization of Myc/Mad1 protein in the hair follicle during hair cycle. 齊藤典充1, 浜田祐子2, 太田幸則1, 勝岡憲生1 (1皮. 2生物化学系): International Investigative Dermatology 2003 (2003/5/4), Miami beach.

721014. [学会 (全国)] (特別講演) 血管炎と循環障害. 勝岡憲生 (皮): 第33回日本皮膚アレルギー学会・学術大会 (2003/7/5), 東京.

722087. [学会 (全国)] (招待された講演) 小児に多い脱毛症の病態. 勝岡憲生 (皮): 日本小児皮膚科学会 (2003/6/28), 東京.

722088. [学会 (全国)] (シンポジウム) 脱毛症の免疫応答. 藤村響男 (皮): 第102回日本皮膚科学会総会 (2003/5/23), 東京. 日本皮膚科学会雑誌, 1135 (臨増): 718, 2003.

723635. [学会 (全国)] (一般講演演) 動注化学療法およびX線照射療法併用が奏功した頭部血管肉腫の頭蓋内浸潤例. 前田亜希子1, 前島英樹1, 新山史朗1, 清野みき1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 倉田 彰2, 西口 郁3, 市川 薫4 (1皮. 2脳外. 3放. 4昭和大藤が丘病院): 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2003, 6/13-14), 札幌. プログラム抄録集, p.81, 2003.

723636. [学会 (全国)] (一般講演) GATA-3遺伝子導入トランスジェニックマウスを用いた接触性皮膚炎モデルにおけるTh2型免疫反応の関与と治療効果の検討. 玉内秀一1, 天羽康之2, 伊藤 守1, 寺島正純1, 浜田祐子3, 増澤幹男2, 勝岡憲生2, 穂積勝人1, 垣生園子4 (1微・寄. 2皮. 3生物化学系. 4東海大): 第33回日本免疫学会 (2003/12/8), 福岡. 日本免疫学会総会・学術集会記録, 33: 65, 2003.

723637. [学会 (全国)] (一般講演) バイスペシフィック抗体標識LAK養子免疫療法による血管肉腫の臨床治験. 増澤幹男1, 前田亜希子1, 濱松奈々子1, 森 朱世1, 宮田聡子1, 浜田祐子2, 藤村響男1, 塚本秀雄3 (1皮. 2生物化学系. 3東海大): 第102回日本皮膚科学会総会 (2003/5/23-25), 東京. 日本皮膚科学会雑誌, 113 (5): 831, 2003.

723638. [学会 (全国)] (一般講演) エトポシドによる化学療法が奏効した頭部血管肉腫の一例. 山本文平1, 藤井紀和1, 山本尚子1, 桐山桂子1, 桐山貴至1, 段野貴一郎1, 上原正己1, 増澤幹男2 (1滋賀医大. 2皮): 第19回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2003/6/13-14), 札幌. プログラム抄録集, p.84, 2003.

723639. [学会 (全国)] (一般講演) リンパ浮腫およびリンパ漏を伴ったフィラリア症の治療経験. 酒井直彦1, 馬場香子1, 橋本信子1, 柏木慎也1, 内沼栄樹1, 増澤幹男2 (1形外. 2皮): 日本マイクロサージャリー学会学術集会 (2003/11/13-14), 岡山.

723640. [学会 (全国)] (一般演題) Mce欠損BCG変異株マウスにおける肺内の菌の消長と宿主応答. 滝本博明1, 前田美紀1, 藤村響男2, 熊沢義雄1 (1理学部. 2皮): 第76回日本細菌学会総会 (2003/4/2), 熊本. 日本細菌学雑誌, 58 (1): 303, 2003.

723641. [学会 (全国)] (一般演題) Mce1A蛋白によるらい菌の上皮細胞への侵入とアポトーシスノ誘導. 藤村響男1, 佐藤直哉1, 與儀ヤス子2, 狩野真帆1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮. 2国立感染研, ハンセン病研究センター): 第33回日本免疫学会総会学術大会 (2003/12/9), 福岡. 日本免疫学会総会学術集会記録, 33: 189, 2003.

731063. [学会 (地方)] (特別講演) 毛髪の基礎と臨床. 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会 第325回福岡地方会 (2003/7/13), 久留米.

731064. [研究会] (特別講演) 血管炎の病態と治療. 勝岡憲生 (皮): 第3回皮膚治療セミナー (2003/7/12), 名古屋.

731065. [研究会] (特別講演) 血管炎と循環障害. 勝岡憲生 (皮): 第9回弘前皮膚科セミナー (2003/7/14), 弘前.

732030. [学会 (地方)] (特別セッション) 煎剤中の黄耆による扁平苔癬型薬疹. 百瀬葉子, 徳永千春, 新井春枝 (大和市立病院): 第67回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2004/2/14-15), 東京.

732031. [研究会] (招待された講演) ヘルペス治療の展望−これからの治療にはなにが必要か−. 勝岡憲生 (皮): 第10回神奈川ウィルス研究会 (2003/11/20), 横浜.

732032. [研究会] (シンポジウム) 慢性皮膚粘膜カンジダ症と皮膚カンジダ症−その生体防御機構の違い−. 藤村響男 (皮): 第24回関東医真菌懇話会 (2003/6/7), 東京. 講演抄録, p.20, 2003.

732033. [その他] (招待された講演) 最近のスキンケアに対する考え方. 勝岡憲生 (皮): 北里大学同窓会講演会 (2004/2/29), 相模原.

733407. [学会 (地方)] (一般講演) BCG結核の1例. 稲村 舞1, 増澤幹男1, 藤村響男1, 勝岡憲生1, 竹内瑞恵2 (1皮. 2児): 日本皮膚科学会第784回東京地方会 (2003/9/20), 伊勢.

733408. [学会 (地方)] (一般講演) 線状IgA/IgG水疱性皮膚症. 江藤宏光1, 冨田昌宏1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 橋本 隆2 (1皮. 2久留米大): 日本皮膚科学会第788回東京地方会 (2004/1/17), 横浜.

733409. [学会 (地方)] (一般講演) 第1趾則爪郭部に生じた無色素性悪性黒色腫. 山本都美, 冨田昌宏, 天羽康之, 新井 達, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第786回東京地方会 (2003/11/15), 東京.

733410. [学会 (地方)] (一般講演) レスプレン (塩酸エプラジノン) による固定薬疹の1例. 田辺健一, 新井 達, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 第781回日本皮膚科学会東京地方会 (2003/4/19), 神奈川.

733411. [学会 (地方)] (一般講演) Vibrio vulnificus感染症の1例. 冨田昌宏1, 齊藤典充1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 西 和男2, 守屋利佳2 (1皮. 2内): 第788回日本皮膚科学会東京地方会神奈川地区 (2004/1/17), 横浜.

733412. [学会 (地方)] (一般講演) CD4+キラーT細胞の円形脱毛症発症への関与. 向野 哲, 坪井廣美, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第787回東京地方会 (2003/12/20), 東京.

733413. [学会 (地方)] (一般講演) 皮膚症状に対して桔梗石膏が奏効した皮膚筋炎の3例. 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第782回東京地方会 (2003/6/21), 神奈川.

733414. [学会 (地方)] (一般講演) 当科における小児皮膚筋炎長期観察例の検討. 新井 達1, 濱松奈々子1, 田辺みどり1, 稲村 舞1, 白井京美1, 勝岡憲生1, 衛藤 光2, 新井春枝3 (1皮. 2聖路加国際病院. 3大和市立病院): 日本皮膚科学会第785回東京地方会 (2003/10/15), 神奈川.

733415. [学会 (地方)] (一般講演) Crohn病の経過中に発症した皮膚結節性多発動脈炎. 白井京美, 齊藤典充, 前島英樹, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第788回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/1/17), 神奈川.

733416. [学会 (地方)] (一般講演) Microvenular Hemangiomaの1例. 齊藤典充, 濱松奈々子, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第784回東京地方会 (2003/9/20), 伊勢原.

733417. [学会 (地方)] (一般講演) 頭部人工植毛膿皮症の1例. 齊藤典充, 向野 哲, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第785回東京地方会 (2003/10/18), 横浜.

733418. [学会 (地方)] (一般講演) 粟粒肺結核患者に生じた膝膕の皮膚結発. 前島英樹1, 新井 達1, 津村奈々, 江間 聡1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 竹田 宏 (1皮): 第786回日本皮膚科学会東京地方会 (2003/11/15), 東京.

733419. [学会 (地方)] (一般講演) 頭部悪性血管内皮細胞腫による血胸への積極的治療. 長橋和矢1, 冨田昌宏1, 前田亜希子1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 西口 郁2, 原 英則3, 後藤尚美3, 内藤静夫3 (1皮. 2放. 3胸外): 第66回皮膚科学会第67回東京支部総会 (2004/2/14), 東京. プログラム抄録集, p.120, 2004.

733420. [学会 (地方)] (一般講演) 頬部のArteriovenous hemangiomaに発症したKasabach-Merritt症候群. 増澤真実子1, 増澤幹男1, 冨田昌宏1, 前田亜希子1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 三宅 泉2 (1皮. 2児): 第55回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2003/10/25), 松山. プログラム抄録集, p.148, 2003.

733421. [学会 (地方)] (一般講演) 巨大S状結腸潰瘍を伴った壊疽性膿皮症. 田辺健一, 田辺みどり, 冨田昌宏, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第67回日本皮膚科学会東部支部総会 (2003/9/28), 北海道.

733422. [学会 (地方)] (一般講演) らい菌Mce1A蛋白の各種細胞に対する侵入能の検討. 佐藤直哉, 藤村響男, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会第780回東京地方会 (2004/3/15), 東京. 日本皮膚科学会雑誌, 114 (2): 195, 2004.

733423. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性骨髄炎に生じた有棘細胞癌の1例−疣贅状癌との鑑別に苦慮した症例−. 鈴木理華, 江藤宏光, 長瀬彰夫1,2, 西垣浩光2 (1皮. 2鹿島労災病院): 日本皮膚科学会東部支部 (2004/2/14), 東京.

733424. [学会 (地方)] (症例報告) 結節性黄色腫を疑った嚢腫. 百瀬葉子1, 徳永千春1, 矢口 厚2, 新井春枝1 (1大和市立病院. 2大和市): 日本皮膚科学会第788回東京地方会神奈川支部 (2004/1/17), 神奈川.

733425. [学会 (地方)] (症例報告) 顔面に限局した皮膚サルコイド. 百瀬葉子1, 徳永千春1, 新井春枝1, 向井千珈子2 (1大和市立病院. 2大和市): 日本皮膚科学会第782回東京地方会神奈川支部 (2003/6/21), 神奈川.

733426. [学会 (地方)] (症例報告) 尋常性乾癬に併発した太藤病: 大腸癌術後に軽快した一例. 百瀬葉子, 徳永千春, 新井春枝, 上出辰弘, 橋本 修 (大和市立病院): 第55回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2003/10/25-26), 愛媛.

733427. [学会 (地方)] (症例報告) 全身性血管炎の2例. 百瀬葉子1, 徳永千春1, 新井春枝1, 田村浩三1, 椿原裕美2 (1大和市立病院. 2大和市): 日本皮膚科学会第783回東京地方会合同臨床地方会 (2003/7/19), 東京.

733428. [学会 (地方)] (症例報告) 下肢に紫斑を伴った潰瘍性大腸炎. 百瀬葉子1, 新井春枝1, 反町仁一1, 矢口 厚2 (1大和市立病院. 2大和市): 日本皮膚科学会第781回東京地方会神奈川支部 (2003/4/19), 神奈川.

733429. [学会 (地方)] (症例報告) プロブコールにより軽快した深在性エリテマトーデス. 徳永千春, 百瀬葉子, 新井春枝 (大和市立病院): 日本皮膚科学会第788回東京地方会神奈川支部 (2004/1/17), 神奈川.

733430. [研究会] (一般講演) 乳児顔面の苺状血管腫を伴った動静脈奇形. 増澤真実子1, 楠 舞1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 中館尚也2, 早川和重3 (1皮. 2児. 3放): 第27回皮膚脈管膠原病研究会 (2004/1/29), 奈良.

733431. [研究会] (一般講演) 当科における小児皮膚筋炎の臨床的検討. 新井 達1, 濱松奈々子1, 田辺みどり1, 稲村 舞1, 白井京美1, 勝岡憲生1, 衛藤 光2, 新井春枝3 (1皮. 2聖路加国際病院. 3大和市立病院): 第27回皮膚脈管膠原病研究会 (2004/1/31-2/1), 奈良.

733432. [研究会] (一般講演) 血管肉腫斑状病変に対する簡易液体窒素凍結療法の有用性. 増澤幹男, 前田亜希子, 増澤真実子, 長橋和矢, 宮田聡子, 勝岡憲生 (皮): 第27回皮膚脈管・膠原病研究会 (2004/1/29), 奈良.

733433. [研究会] (一般講演) うっ滞性皮膚炎に伴った難治性下腿潰瘍の1例. 齊藤典充1, 江間 聡1, 増澤真実子1, 勝岡憲生1, 金城正佳2 (1皮. 2湘南東部総合病院): 第17回リム・サルベージ研究会 (2003/7/12), 金沢.


<<泌尿器科学>>

[学術論文]

110179. [原著] Sufficient prophylactic efficacy with minor adverse effects by intravesical instillation of low-dose bacillus Calmette-Guerin for superficial bladder cancer recurrence. 入江 啓1, 内田豊昭2, 山下英之1, 松本和将1, 佐藤威文1, 黄 英茂1, 志村 哲1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2東海大八王子病院): Int J Urol, 10: 183-189, 2003.

110180. [原著] Delayed recovery of urinary continence after laparoscopic radical prostatectomy. 頴川 晋1, 車 英俊1, 須山一穂2, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2衣笠病院): Int J Urol, 10: 207-212, 2003.

110181. [原著] Surgical outcome of laparoscopic radical prostatectomy: summary of early multiinstitu-tional experience in Japan. 頴川 晋1, 荒井陽一2, 川喜田睦司3, 松田公志3, 田中正利4, 内藤誠二4, 奥村和弘5, 寺地敏郎5, 速水慎介6, 鈴木和雄6, 後藤百万7, 小野佳成7, 馬場志郎1 (1泌. 2倉敷中央病院. 3関西医科. 4九州大. 5天理病院. 6浜松大. 7名古屋大): Int J Clin Oncol, 8: 97-103, 2003.

110182. [原著] Proteomic analysis of urological malignancies. 車 英俊1, 大石正道2, 小寺義男2, 前田忠計2, 馬場志郎1, 頴川 晋1 (1泌. 2理学部): Recent Res Devel Cancer, 4: 643-652, 2002.

110183. [原著] A nomogram to predict seminal vesicle Invasion by the extent and location of cancer in systematic biopsy results. 黄 英茂1, Michael W. Kattan, Peter T. Scardino2, 須山一穂1, 丸 典夫1, Kevin Slawin3, Thomas M. Wheeler3, 大堀 理1 (1泌. 2メモリアルスロンケタリング. 3ベイラ−大): J of Urology, 170: 1203-1208, 2003.

110184. [原著] Changes in prostate-specific antigen and hormone levels following with drawal of prolonged androgen ablation for prostate cancer. 頴川 晋, 大草 洋, 松本和将, 須山一穂, 馬場志郎 (泌): Prostate Cancer and Prostatic Disease, 6: 245-249, 2003.

110185. [原著] Weekly paclitaxel plus estramustine combination therapy in hormone-refractory prostate cancer: A pilot study. 車 英俊1, 藤田哲夫1, 設楽敏也2, 頴川 晋1, 横山英二3, 馬場志郎1 (1泌. 2淵野辺病院. 3よこやま泌尿器・内科クリニック): Int J Urol, 10: 470-475, 2003.

110186. [原著] Sufficient prophylactic efficacy with minor adverse effects by intravesical instillation of low-dose bacillus Calmette-Guerin for superficial bladder cancer recurrence. 入江 啓, 内田豊昭, 山下英之, 松本和将, 佐藤威文, 黄 英茂, 志村 哲, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): Int J Urol, 10 (4): 183-189, 2003.

110187. [原著] Disruption of the Caveolin-1 Gene Impairs Renal Calcium Reabsorption and Leads to Hypercalciuria and Urolithiasis. G. Cao1, TL. Timme1, 雑賀隆史2, Truong LD1, 佐藤威文3, A. Goltsov1, SH. Park, T. Men1, 日下信行2, W. Tian, C. Ren1, H. Wang1, D. Kadmon1, WW. Cai1, AC. Chinault, TB. Boone1, A. Bradlet1, TC. Thompson1 (1ベイラ−大. 2岡山大. 3泌): Am J Pathol, 162: 1241-1248, 2003.

110188. [原著] Macrophages Transduced with an Adenoviral Vector Expressing Interleukin 12 Suppress Tumor Growth and Metastasis in a Preclinical Metastatic Prostate Cancer Model. 佐藤威文1, 雑賀隆史2, , 江原 伸2, 日下信行2, TL. Timme3, G. Yang3, J. Wang3, V. Mouraviev3, G. Cao3, EM. Abdel Fattah3, TC. Thompson3 (1泌. 2岡山大. 3ベイラ−大): Cancer Res, 63: 7853-7860, 2003.

120062. [原著] 内シャント不全に対するMR angiography の有用性. 藤田哲夫1, 吉田一成1, 矢内原 久2, 斎藤 毅1, 宇治橋善勝3, 瀧川政和2, 西巻 博2, 池田俊昭4, 馬場志郎1 (1泌. 2放. 3臨床検査部. 4医衛): 透析会誌, 36 (8): 1307-1313, 2003.

120063. [原著] 維持血液透析糖尿病患者における至適HbA1c値の検討: 既知の非腎不全例での報告のエビデンスと血液透析症例でのHbA1c値とグリコアルブミン値の相関からの推定. 兵藤 透1, 杉本美貴2, 具志堅夏子2, 竹村 徹2, 平良隆保2, 千葉哲男2, 酒井 糾3, 車 英俊1, 田岡佳憲1, 遠藤忠雄4, 吉田一成1, 内田豊昭5, 日台英雄2, 馬場志郎1 (1泌. 2横浜第一病院. 3小児腎疾患総合管理研究所. 4埼玉県央病院. 5東海大八王子病院): 泌尿器外科, 16 (8): 873-877, 2003.

120064. [原著] 外来維持血液透析患者に対するインフルエンザワクチン接種の回数別の抗体価および臨床症状に対する効果: SARS流行に備えたインフルエンザワクチン接種の必要性について. 兵藤 透1, 吉田一成1, 藤城貴教1, 車 英俊1, 田岡佳憲1, 志村 哲1, 竹川勝治1, 渡辺京子2, 山本スミ子2, 竹村 徹2, 平良隆保2, 千葉哲男2, 内田豊昭3, 遠藤忠雄4, 酒井 糾5, 日台英雄2, 馬場志郎1 (1泌. 2横浜第一病院. 3東海大八王子病院. 4埼玉県央病院. 5小児腎疾患総合管理研究所): 透析会誌, 36 (12): 1719-1723, 2003.

220042. [準原著] E & E時代における結石再発予防 3. 結石再発予防を考えた積極的治療−珊瑚状結石における破砕治療後の再発と増大についての検討−. 荒川 孝1, 藤田哲夫1, 馬場志郎1, 平井祥司1, 須山一穂2, 久保星一2 (1泌. 2相模台病院): 泌尿器外科, 16 (臨増): 345-347, 2003.

310019. [症例報告] Histopathologic and biologic characterristics of a transitional cell carcinoma with inverted papilloma-like endophytic growth pattern. 須藤利雄1, 入江 啓1, 石井大輔1, 佐藤絵里奈1, 三富弘之2, 馬場志郎1 (1泌. 2国立相模原病院): Urolojy, 61 (4): 837Xii-837Xiv, 2003.

310020. [症例報告] Port site recurrence of renal cell carcinoma following retroperitoneoscopic radical nephrectomy with manual extraction without using entrapment SAC or wound protector. 岩村正嗣, 津村秀康, 松田大介, 黒坂眞二, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): J Urol, 171: 1234-1235, 2003.

320088. [症例報告] 腎細胞癌との鑑別が困難であった右腎嚢胞内血腫を発症した維持血液透析患者の1例. 藤田哲夫1, 吉田一成1, 斎藤 毅1, 吉田 煦2, 馬場志郎1 (1泌. 2さがみ循環器クリニック): 透析会誌, 36 (10): 1573-1577, 2003.

420001. [臨床治験] 尿閉患者に対する永久留置型尿道ステント (メモサ−ムメ) の治療経験. 丸 典夫1, 設楽敏也1, 山下英之1, 嶺井定紀1, 志村 哲2, 浜島寿充2, 馬場志郎1 (1泌. 2横浜総合病院): 日本泌尿器科学会雑誌, 94 (4): 481-486, 2003.

420002. [臨床報告] 血液透析患者の皮膚?痒症に対する塩酸フェキソフェナジン (アレグラ錠) の有用性および安全性の検討. 兵藤 透1, 吉田一成2, 溝口秀之2, 車 英俊2, 田岡佳憲2, 筒本康代3, 近藤光洋3, 山本スミ子3, 平良隆保1, 内田豊昭4, 酒井 糾5, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌. 3厚木クリニック. 4東海大八王子病院. 5小児腎疾患総合管理研究所): Pharma Medica, 21 (10): 157-162, 2003.

420003. [臨床報告] 血液透析患者の皮膚?痒症に対する塩酸フェキソフェナジン (アレグラ錠) の投与経験. 兵藤 透1, 吉田一成2, 溝口秀之2, 車 英俊2, 田岡佳憲2, 筒本康代3, 近藤光洋3, 山本スミ子3, 平良隆保1, 内田豊昭4, 酒井 糾5, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌. 3厚木クリニック. 4東海大八王子病院. 5小児腎疾患総合管理研究所): 皮膚アレルギーフロンティア, 1 (1): 62-64, 2003.

420004. [臨床報告] 慢性血液透析患者の高脂血症に対するアトルバスタチンの改善効果. 平良隆保1, 兵藤 透1, 馬場志郎2, 竹村 徹1, 具志堅夏子1, 千葉哲男1, 日台英雄1, 村山 悟3, 池尻礼子3, 平野 勉3 (1横浜第一病院. 2泌. 3昭和大): 皮膚アレルギーフロンティア, 16 (11): 1201-1207, 2003.

420005. [臨床報告] 外来維持血液透析患者に対するインフルエンザワクチン接種の回数別の抗体価および臨床症状に対する効果: SARA流行に備えたインフルエンザワクチン接種の必要性について. 兵藤 透1, 吉田一成2, 藤城貴教2, 車 英俊2, 田岡佳憲2, 志村 哲2, 竹川勝治2, 渡辺京子3, 山本スミ子3, 竹村 徹1, 平良隆保1, 千葉哲男1, 内田豊昭4, 遠藤忠雄5, 酒井 糾6, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌. 3厚木クリニック. 4東海大八王子病院. 5埼玉県央病院. 6小児腎疾患総合管理研究所): 透析会誌, 36 (12): 1719-1723, 2003.

510012. [総説] Therapeutic targets for metastatic prostate cancer. TL. Timme1, 佐藤威文2, SA. Tahir1, W. Hogyu1, EB. Butler1, BJ. Miles1, RJ. Amato1, D. Kadmon1, TC. Thompson1 (1ベイラ−大. 2泌): Current Drug Targets, 4 (3): 251-261, 2003.

520205. [総説] 小径腎癌の治療戦略−腹腔鏡下腎部分切除術の適応と有用性−. 岩村正嗣 (泌): 泌尿器外科, 16 (臨増): 401-403, 2003.

520206. [総説] 特集: 高齢者の排尿障害−前立腺肥大症と前立腺癌−. 岩村正嗣 (泌): Medico, 34 (10): 370-372, 2003.

520207. [総説] 特集: 触知不能 (T1c) 前立腺癌−新しいとらえ方−3D mappingからみたT1c前立腺癌の局在. 頴川 晋1, 高嶋力弥2, 桑尾定仁3, 馬場志郎1 (1泌. 2高嶋医院. 3病理): Urology View, 1 (2): 17-22, 2003.

520208. [総説] 特集: 触知不能 (T1c) 前立腺癌−新しいとらえ方−Peripehral zoneとTransition zoneに分布する前立腺癌の生物学的悪性度の違い: 臨床病期T1cに関連して. 大堀 理 (泌): Urology View, 1 (2): 24-27, 2003.

520209. [総説] 特集: 触知不能 (T1c) 前立腺癌−新しいとらえ方−T1c前立腺癌の臨床的重要性. 車 英俊, 頴川 晋 (泌): Urology View, 1 (2): 67-71, 2003.

520210. [総説] 特集: 触知不能 (T1c) 前立腺癌−新しいとらえ方−触知不能・触知可能癌およびvisible・invisible tumorの臨床的・生物学的な違い. 鈴木啓悦1, 頴川 晋2, 中島 淳3, 大山 力4, 出村孝義5, 深貝隆志6, 黒川公平7, 新井陽一4, 吉田英機6 (1千葉大. 2泌. 3慶応大. 4東北大. 5北海道大. 6昭和大. 7群馬大): Urology View, 1 (2): 60-66, 2003.

520211. [総説] 特集: ここまで知っておきたい癌の薬物療法各−臓器癌における薬物療法の実際「前立腺癌の薬物療法」−. 宋 成浩 (泌): 臨床と研究, 80 (7): 48-51, 2003.

520212. [総説] 特集: いま尿路結石症を考える−尿管ステント留置について: 腎結石のESWL−. 荒川 孝 (泌): Urology View, 1 (3): 78-83, 2003.

520213. [総説] 特集: ステント療法の現状と展望−低侵襲性治療を支える新技術−尿路系ステント. 丸 典夫, 馬場志郎 (泌): カレントテラピ, 21 (9): 64-67, 2003.

520214. [総説] T1c前立腺癌の腺内分布とその生物学的特性. 頴川 晋1, 高嶋力弥2, 桑尾定仁3, 馬場志郎1 (1泌. 2高嶋医院. 3病理): 泌尿器外科, 16 (臨増): 329-331, 2003.

520215. [総説] 前立腺癌 (前立腺全摘除術の適応とテクニック)−恥骨後式根治的前立腺摘除術−. 頴川 晋 (泌): 臨床泌尿器科, 57 (4): 211-216, 2003.

520216. [総説] 外科領域におけるステント療法 8. メタリックステントを用いた尿路狭窄に対する治療法. 丸 典夫, 馬場志郎 (泌): 日本外科学会雑誌, 104 (8): 567-570, 2003.

520217. [総説] 水腎症の治療−Laparoscopic−. 宋 成浩 (泌): 小児外科, 35 (9): 1086-1090, 2003.

[著 書]

610008. [学術著] (分担執筆) RENAL ADRENAL TUMORS; Laparoscopic adrenalectomy by the posterior lumbar approach, p.598−602. 馬場志郎, 岩村正嗣 (泌), 編集 Arie Belldegrun, Alastair WS Ritchie, Robert A Figlin, RTD Oliver, Edwin Darracott Vaughan, Jr. Oxford, 2003/5発行.

620217. [学術書] (分担執筆) 内分泌外科標準手術アトラス (改訂版); 副腎−腹腔鏡下手術術式− 経後腹膜後方アプロ−チ, p.255-259. 馬場志郎 (泌), 編集 日本内分泌外科学会, (株) インターメルク, 東京, 2003/5/30発行.

620218. [その他の著書] (分担執筆) 2003年卒後・生涯教育テキスト (第8巻1号); 第2章「泌尿器科腫瘍」泌尿器科癌に対する体腔鏡手術の適応と限界 2. 上部尿路腫瘍, p.64-76. 岩村正嗣 (泌), 編集 守殿貞夫, 日本泌尿器科学会, 東京, 2003/3/10発行.

620219. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器科 57 (9); 手術手技 泌尿器科 体腔鏡下手術 7 腹腔鏡下腎盂形成術, p.697-706. 岩村正嗣 (泌), 医学書院, 東京, 2003/8/20発行.

620220. [その他の著書] (分担執筆) 臨床泌尿器科 58 (1); 手術手技 泌尿器科 体腔鏡下手術12 腹腔鏡下膀胱全摘除術, p.43-52. 入江 啓, 頴川 晋 (泌), 医学書院, 東京, 2004/1/20発行.

620221. [その他の著書] (分担執筆) 泌尿器科ナースの疾患別ケアハンドブック; 泌尿器科における内分泌疾患 @副腎・後腹膜の疾患, p.324-339. 岩村正嗣 (泌), 監修 林正健二, MCメディカ出版, 大阪, 2003/4/1発行.

620222. [その他の著書] (分担執筆) 泌尿器科ナースの疾患別ケアハンドブック; 泌尿器科における内分泌疾患 A性分化異常, p.340-346. 宋 成浩 (泌), 監修 林正健二, MCメディカ出版, 大阪, 2003/4/1発行.

620223. [その他の著書] (分担執筆) 泌尿器科ナースの疾患別ケアハンドブック; 泌尿器科における内分泌疾患 B精巣および性機能障害, p.347-363. 入江 啓 (泌), 監修 林正健二, MCメディカ出版, 大阪, 2003/4/1発行.

620224. [学術書] (分担執筆) 内科鑑別診断学 (第二版); ]II 性・泌尿器の異常7 排尿困難・尿道痛, p.670-676. 馬場志郎 (泌), 編集 杉本恒明, 小俣政男, 朝倉書店, 東京, 2003/11/1発行.

[学会・研究会等]

713117. [学会 (国際)] (一般講演) Proteome analysis of androgen independent prostate cancer. 車 英俊1, 頴川 晋1, 石 正道2, 小寺義男2, 前田忠計2, 馬場志郎1 (1泌. 2理学部): AUA 2003 Annual Meeting (2003/4/27), シカゴ.

713118. [学会 (国際)] (一般講演) Adenoviral Vector-Mediated In Situ Gene Therapy for Prostate Cancer: mRTVP-1 Suppresses Tumor Growth and Metastasis through Pro-Apoptotic and Immunostimulatory Activities. 佐藤威文1, Terry L. Timme2, 雑賀隆史3, 江原 伸3, Guang Yang2, Jianxiang Wang2, Chengzhen Ren2, 日下信行3, Vladimir B. Mouraviev2, Timothy C. Thompson2 (1泌. 2ベイラ−大. 3岡山大): AUA 2003 Annual Meeting (2003/4/28), シカゴ.

713119. [学会 (国際)] (一般講演) Anti-tumor effect of a dual gene-expressing adenovirus, which expresses wild-type P53 and anti-erbb2-ribozyme simultaneously, against bladder cancer cell lines. 入江 啓, 佐藤威文, 岩村正嗣, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): AUA 2003 Annual Meeting (2003/4/28), シカゴ.

713120. [学会 (国際)] (一般講演) Adoptive transfer of splenocytes from mice treated in situ with AdIL-12 results in suppression of tumor growth and metastasis and increased survival in a model for residual tumor after neo-adjuvant in-situ gene therapy for prostate cancer. 雑賀隆史1, 日下信行1, 佐藤威文2, Mouraviev V.B3, Timme T.L3, Thompson T.C3 (1岡山大. 2泌. 3ベイラ−大): AUA 2003 Annual Meeting (2003/4/28), シカゴ.

713121. [学会 (国際)] (一般講演) Targeted inactivation of caveolin-1 impairs renal calcium reabsorption and leads to hypercalciuria and urolithiasis. G. Cao1, TL. Timme1, 雑賀隆史2, LD. Truong1, 佐藤威文3, A. Goltsov1, SH. Park1, T. Men1, 日下信行2, W. Tian1, C. Ren1, H. Wang1, D. Kadmon1, WW. Cai1, AC. Chinault1, TB. Boone1, A. Bradlet1, TC. Thompson1 (1ベイラ−大. 2岡山大. 3泌): AUA 2003 Annual Meeting (2003/4/28), シカゴ.

713122. [学会 (国際)] (一般講演) Phase I/II Trial Evaluating Combined Radiotherapy and In-Situ Gene-Therapy; Interim Results. BS. Teh1, LK. Aguilar1, MT. Vlachaki1, G. Ayala1, TM. Wheeler1, WY. Mai1, 佐藤威文2, TL. Timme1, J. Caillouet1, M. Davis1, LS. Carpenter1, HH. Lu1, JK. Chiu1, SY. Woo1, BJ. Miles1, D. Kadmon1, TC. Thompson1, EB. Butler1, EA. Cordova1 (1ベイラ−大. 2泌): 6th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (2003/6/6), ワシントン.

713123. [学会 (国際)] (一般講演) Antimetastatic Effects of IL-12 Gene-Modified Bone Marrow Cells in a Mouse Model of Metastatic Prostate Cancer. H. Wang1, G. Yang1, 佐藤威文2, 日下信行3, X. Ji1, TL. Timme1, 藤田哲夫2, T. Men1, TC. Thompson1 (1ベイラ−大. 2泌. 3岡山大): 6th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (2003/6/6), ワシントン.

713124. [学会 (国際)] (一般講演) Enhanced Systemic T-cell responses following combination In Situ Gene Therapy + Radiotherapy or Hormonal Therapy for Prostate Cancer. 佐藤威文1, BS. Teh2, TL. Timme2, WY. Mai2, MT. Vlachaki2, 日下信行3, 藤田哲夫1, EM. El Fattah2, Y. Gdor2, D. Kadmon2, EB. Butler2, TC. Thompson2 (1泌. 2ベイラ−大. 3岡山大): 6th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (2003/6/6), ワシントン.

713125. [学会 (国際)] (一般講演) High Molecular Mass proteome of Prostate Cancer ls Rich in Proteins Belonging to Gene/Protein Expression Group. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大石正道2, 佐藤まもる2, 小寺義男2, 前田忠計2 (1泌, 2理学部): 国際ヒトプロテオーム学会第2回年次大会 第19回国際生化学分子生物学学会 合同国際会議 (2003/10/8-11), モントリオール.

713126. [学会 (国際)] (一般講演) Antimetastatic effects of IL-12 gene-modified bone marrow cells in a mouse model of metastatic prostate cancer. H. Wang1, G. Yang1, 佐藤威文2, 日下信行3, X. Ji1, TL. Timme1, 藤田哲夫2, T. Men1, MK. Brenner1, D. Kadmon1, TC. Thompson1 (1ベイラー大. 2泌. 3岡山大): 1st Annual Cancer Center Retreat & Symposium (2003/11/7), ヒューストン.

713127. [学会 (国際)] (一般講演) Enhanced therapeutic effect of adenoviral vector-mediated RTVP-1 gene therapy in combination with irradiation for prostate cancer. 藤田哲夫1, MT. Vlachaki2, X. Zhu2, 佐藤威文1, K. Naruishi2, 日下信行3, TL. Timme2, BS. Teh2, EB. Butler2, TC. Thompson2 (1泌. 2ベイラー大. 3岡山大): 1st Annual Cancer Center Retreat & Symposium (2003/11/7), ヒューストン.

713128. [学会 (国際)] (ポスター) High Molecular Mass Proteome of Prostate Cancer Is Rich in Proteins Belonging to Gene/Protein Expression Group. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大石正道2, 小寺義男2, 佐藤 守2, 陳 偉強1, 馬場志郎1, 前田忠計2 (1泌. 2理学部): 第5回国際ゲノム会議 (2003/6/26), 横浜.

722089. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) RALS & 永久刺入による前立腺癌密封小線源治療. 頴川 晋 (泌): 日本E & E学会 (2003/11/21), 福岡.

722090. [学会 (全国)] (シンポジウム) 高エネルギー焦点式超音波 (HIFU) を用いた腹腔鏡下腎部分擬固術. 岩村正嗣, 石井大輔, 奥野紀彦, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 日本E & E学会 (2003/11/21), 福岡.

722091. [学会 (全国)] (シンポジウム) 前立腺癌における長期にわたる内分泌療法を中断した後のPSAおよびホルモンレベルの変化. 頴川 晋1, 大草 洋1, 松本和将1, 須山一穂2, 馬場志郎1 (1泌. 2衣笠病院): 第19回前立腺シンポジウム 「内分泌療法の新戦略−その適応基準と施行時期−」 (2003/12/7), 東京.

722092. [学会 (全国)] (特別企画) 前立腺癌に対するシード線源による永久挿入密封小線源治療の安全管理に関するガイドライン. 頴川 晋 (泌): 日本E & E学会 (2003/11/20), 福岡.

723642. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 泌尿器科におけるクリニカルパスの現状と問題点. 岩村正嗣, 松田大介, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723643. [学会 (全国)] (ディベート) 腹腔鏡下腎盂形成術. 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723644. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡による逆流防止手術. 及能久隆, 宋 成浩, 大川麻子, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

723645. [学会 (全国)] (一般講演) Snodgrass 変法による尿道下裂の尿道形成手術. 宋 成浩1, 宇都宮拓治2, 塩川英史3, 竹川勝治4, 遠藤忠雄5, 馬場志郎1 (1泌. 2東名厚木病院. 3日本鋼管病院. 4協和病院. 5埼玉県央病院): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

723646. [学会 (全国)] (一般講演) 「排尿障害患者の管理とその介護」<膀胱鏡と疼痛緩和>男性の膀胱鏡における疼痛緩和のための前処置について (第一報)〜多施設における前処置についての実態把握〜. 菊地直美1, 青木有加里1, 渡辺きぬ子1, 松田大介2, 大川麻子2, 入江 啓2, 馬場志郎2 (1看護部. 2泌): 第16回老年泌尿器学会 (2003/5/17), 長野.

723647. [学会 (全国)] (一般講演) 「排尿障害患者の管理とその介護」<膀胱鏡と疼痛緩和>男性の膀胱鏡における疼痛緩和のための前処置について (第二報)〜尿道内局所麻酔剤ゼリー注入の有用性の検討〜. 青木有加里1, 菊地直美1, 渡辺きぬ子1, 松田大介2, 大川麻子2, 入江 啓2, 馬場志郎2 (1看護部. 2泌): 第16回老年泌尿器学会 (2003/5/17), 長野.

723648. [学会 (全国)] (一般講演) 「排尿障害患者の管理とその介護」<管理と在宅医療>泌尿器科病棟における転倒事故要因についての検討. 永井眞美1, 山本由希子1, 猪井章子1, 久保瑞恵1, 大川麻子2, 及能久隆2, 馬場志郎2 (1看護部. 2泌): 第16回老年泌尿器学会 (2003/5/17), 長野.

723649. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植安定期におけるシクロスポリン投与と腎機能評価. 佐々木寿子1, 木村利美2, 吉田一成3, 国分秀也2, 村瀬勢津子2, 佐川賢一2, 島田慈彦2, 田岡佳憲3, 馬場志郎3 (1薬局. 2薬剤部. 3泌): 第20回日本TDM学会・学術大会 (2003/6/27), 横浜.

723650. [学会 (全国)] (一般講演)] シクロスポリンにおけるACUQ-4モニタリングの推定性の評価. 青山隆彦1, 木村利美2, 吉田一成3, 国分秀也2, 村瀬勢津子2, 佐川賢一2, 島田慈彦2, 田岡佳憲3, 馬場志郎3, 松本宜明1, 清水万紀子1, 福岡正道1 (1昭和薬大. 2薬剤部. 3泌): 第20回日本TDM学会・学術大会 (2003/6/27), 横浜.

723651. [学会 (全国)] (一般講演) 小児における腹腔鏡下腎盂形成術の検討. 宋 成浩 (泌): 第12回日本小児泌尿器科学会総会 (2003/7/2-4), 神戸.

723652. [学会 (全国)] (一般講演) Agarose Two Dimensional Differential Gel Electrophoresis法によるアンドロゲン非依存性前立腺癌のプロデオーム解析. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大石正道2, 小寺義男2, 前田忠計2 (1泌. 2理学部): 第62回日本癌学会 (2003/9/26), 名古屋.

723653. [学会 (全国)] (一般講演) バイアグラ希望血液透析患者のQOL, 性機能およびその投与治療経験. 兵藤 透1, 溝口秀之1, 田岡佳憲1, 吉田一成1, 遠藤忠雄1, 馬場志郎1, 平良隆保2, 山本スミ子3, 内田豊昭4 (1泌. 2横浜第一病院. 3厚木クリニック. 4東海八王子病院): 第14回日本性機能学会 (2003/9/26), 東京.

723654. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌に対する各種治療法における男性性機能の変化. 志村 哲1, 頴川 晋2, 津村秀康2, 馬場志郎2 (1横浜総合病院. 2泌): 第14回日本性機能学会 (2003/9/26), 東京.

723655. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌における術前補助療法としてのin-situ IL-12および IL-12/B7-1遺伝子治療の抗腫瘍効果について. 雑賀隆史1, 日下信行1, 佐藤威文2, TC. Thompson3 (1岡山大. 2泌. 3ベイラ−大): 第62回日本癌学会総会 (2003/9/27), 札幌.

723656. [学会 (全国)] (一般講演) 移植腎の慢性拒絶反応におけるT細胞および関連サイトカインの解析. 小幡文弥1, 吉田一成2, 大久保みどり1, 田岡佳憲2, 竹内康雄3, 篠原信賢1, 遠藤忠雄4, 馬場志郎2 (1医衛. 2泌. 3内. 4埼玉県央病院): 第39回日本移植学会総会 (2003/10/28), 大阪.

723657. [学会 (全国)] (一般講演) New Piezolith 2500によるESWLとCoherent Versa PulseによるTULを併用した尿路結石破砕治療の経験. 荒川 孝, 津村秀康, 佐藤威文, 大草 洋, 藤城貴教, 須山一穂, 馬場志郎 (泌): 日本E & E学会 (2003/11/20), 福岡.

723658. [学会 (全国)] (一般講演) 局限性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波 (HIFU) の療法の臨床成績. 内田豊昭1, 大草 洋2, 長田恵弘1 (1東海大八王子病院. 2泌): 日本E & E学会 (2003/11/20), 福岡.

723659. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下前立線全摘術と恥骨後式前立腺全摘術におけるQOLの比較: 多施設共同前向き研究. 並木俊一1, 斎藤誠一1, 伊藤明宏1, 荒井陽一1, 頴川 晋2, 馬場志郎2, 寺地敏郎3, 吉村耕治4, 寺井章人4, 庵谷尚正5 (1東北大. 2泌. 3東海大. 4倉敷中央病院. 5仙台社会保険病院): 日本E & E学会 (2003/11/20), 福岡.

723660. [学会 (全国)] (一般講演) 後腹膜鏡下腎摘除後にport-site recurrenceを来たした腎細胞癌. 石川 弥, 岩村正嗣, 藤城貴教, 溝口秀之, 奥野紀彦, 馬場志郎 (泌): 第16回日本内視鏡学会総会 (2003/12/4), 岡山.

723661. [学会 (全国)] (ポスター) 高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法はStage T1b-2NOMO限局性前立腺癌に対する治療法として有望か? 内田豊昭1, 長田恵弘1, 佐藤威文2, 嶺井定紀2, 兵藤 透2, 六角 周2, 原野祐司2, 入江 啓2, 西村清志2, 五十嵐正道2, 本田直康2, 小俣二也2, 渋谷宗則2 (1東海大八王子病院. 2泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

723662. [学会 (全国)] (ポスター) Rough neural network を用いた根治的前立腺全摘術後のpathological stage予測モデル. 須山一穂1, 頴川 晋2, 大草 洋2, 田崎栄一郎3, ハッサン ヤセール3, 荒井陽一4, 桑尾定仁5 (1相模台病院. 2泌. 3横浜桐蔭大. 4東北大. 5東大和病院): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

723663. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺全摘標本における percent Gleason pattem4/5 (%GP4/5) の臨床的意義. 村本将俊1, 大堀 理1, 黄 英茂1, スカルディ−ノ ピ−タ−2, M. ウイラ− ト−マス3, 門脇和臣4, 馬場志郎1 (1泌. 2ベイラー大. 3メモリアルスロンケタリング. 4北里研究所): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

723664. [学会 (全国)] (ポスター) カウンセリングのための臨床的意義のない前立腺癌の予測のノモグラム. 大堀 理1, M. ウィラ− ト−マス2, 丸 典夫1, スカルディ−ノ ピ−タ−3, アンドレアス ア−バ−スドブラ−4, グラフェン マ−カス4, フ−ランド ハ−トビッヒ4, 黄 英茂1, シャリアット シャ−ロック2, スレイワン ケビン2, イ−ストハム ジェイムス2, カタン マイケル2 (1泌. 2ベイラ−大. 3メモリアルスロンケタリング. 4ハンブルグ大): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723665. [学会 (全国)] (ポスター) アンドロゲン非依存性前立腺癌組織のプロテオーム解析. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大石正道2, 小寺義男2, 前田忠計2, 馬場志郎1 (1泌. 2理学部): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723666. [学会 (全国)] (ポスター) Systemic T-cell activation following in situ gene therapy in prostate cancer patients. 佐藤威文1, 雑賀隆史2, 江原 伸2, 日下信行2, Terry L. Timme3, Yehoshua Gdor3, Bin S. Teh3, Maria T. Vlachaki3, Thomas M. Wheeler4, Edward B. Butler3, Brian J. Miles3, Dov Kadmon3, Timothy C. Thompson3 (1泌. 2岡山大. 3スコット大. 4ベイラー大): 第91回日本泌尿器科学会 (2003/4/3), 徳島.

723667. [学会 (全国)] (ポスター) Basiliximab併用免疫抑制療法を施行した腎移植の経験. 田岡佳憲1, 吉田一成1, 奥野紀彦1, 溝口秀之1, 斎藤 毅2, 池田成江1, 岩村正嗣1, 遠藤忠雄3, 馬場志郎1 (1泌. 2橋本クリニック. 3埼玉県央病院): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

723668. [学会 (全国)] (ポスター) 上部尿路上皮内癌に対して尿管ステントによる逆流を利用したBCG療法の検討. 山下英之1, 入江 啓1, 設楽敏也1, 門脇和臣2, 大川麻子3, 嶺井定紀3, 岩村正嗣3, 内田豊昭3, 馬場志郎3 (1淵野辺総合病院. 2北里研究所. 3泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

723669. [学会 (全国)] (ポスター) 二次性副甲状腺機能亢進症を呈する血液透析患者に対するオキサロールの投与経験: intact-Osteocalcinの測定は必須である. 兵藤 透1, 平良隆保1, 吉田一成2, 遠藤忠雄2, 内田豊昭3, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌. 3東海大八王子病院): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723670. [学会 (全国)] (ポスター) 浸潤性膀胱癌に対する腹腔鏡下膀胱全摘と開腹尿路変向・リンパ節郭清の併用術式の検討. 入江 啓, 頴川 晋, 岩村正嗣, 丸 典夫, 奥野紀彦, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723671. [学会 (全国)] (ポスター) 膀胱頸部支持用具 (イントロール) の膀胱癌への適応. 石井大輔1, 黄 英茂1, 村本将俊1, 門脇和臣2, 大川麻子3, 川上達央3, 横山英二4, 馬場志郎1 (1泌. 2北里研究所. 3東大和病院. 4よこやま泌尿器・内科クリニック): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723672. [学会 (全国)] (ポスター) Overactive bladder 合併腹圧性尿失禁におけるTVT sling手術の成績. 大川麻子1, 川上達央1, 横山英二2, 吉澤一彦3, 田岡佳憲4, 馬場志郎4 (1東大和病院. 2よこやま泌尿器・内科クリニック. 3ちの泌尿器. 4泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723673. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下手術における3Dビデオモニタ−システムの有用性について. 奥野紀彦, 岩村正嗣, 平山貴博, 津村秀康, 溝口秀之, 宋 成浩, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/4), 徳島.

723674. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮及び尿道周囲軟部組織に転移を認めた腎細胞癌の一例. 松田大介, 丸 典夫, 平山貴博, 津村秀康, 黒坂眞二, 奥野紀彦, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723675. [学会 (全国)] (ポスター) 80歳以上の高齢者で発見された腎細胞癌の特徴. 黒坂眞二, 岩村正嗣, 松田大介, 津村秀康, 丸 典夫, 宋 成浩, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723676. [学会 (全国)] (ポスタ−) 当院における系統的前立腺生検の臨床的検討. 田畑健一1, 須藤利雄1, 村山雅一2, 青 輝昭2 (1泌. 2北里研究所メディカルセンター) 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723677. [学会 (全国)] (ポスタ−) 前立腺癌による精嚢腺浸潤の予測ノモグラムの作成. 黄 英茂1, 大堀 理1, 村本将俊1, 丸 典夫1, ウイラー トーマス2, スカルディーノ ピーター3, 馬場志郎1, 須山一穂4, 門脇和臣5, カタン マイケル3 (1泌. 2ベイラー大. 3メモリアルスロンケタリング癌センター. 4衣笠病院. 5北里研究所): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723678. [学会 (全国)] (ポスタ−) 前立腺左右葉それぞれの癌被膜外浸潤の予測ノモグラムの作成. 黄 英茂1, 大堀 理1, 村本将俊1, 丸 典夫1, ウイラー トーマス2, スカルディーノ ピーター3, 馬場志郎1, 門脇和臣4, カタン マイケル3 (1泌. 2ベイラー大. 3メモリアルスロンケタリング癌センター. 4北里研究所): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723679. [学会 (全国)] (ポスター) Systematic prostate biopsy (SysBx) のGleason score (GS) の評価法の違いによる検討. 村本将俊1, 大堀 理1, 丸 典夫1, スカルディーノ ピーター2, ウイラー トーマス3, 門脇和臣4, 馬場志郎1 (1泌. 2メモリアルスロンケタリング癌センター. 3ベイラ−大. 4北里研究所): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723680. [学会 (全国)] (ポスター) T1c前立腺癌に対する理想的生検法のシミュレーションの検討. 奥野紀彦, 頴川 晋, 平山貴博, 及能久隆, 高嶋力弥, 宋 成浩, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723681. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺癌に対する長期内分泌療法中断後のPSA, ホルモン値, ヘモグロビン, 骨塩量変化の検討. 頴川 晋, 大草 洋, 奥野紀彦, 須山一穂, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723682. [学会 (全国)] (ポスター) Peyronie, s Disease の保存的治療の検討. 丸 典夫, 大草 洋, 津村秀康, 黒坂眞二, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723683. [学会 (全国)] (ポスター) 腎珊瑚状結石における再発・増大の検討. 荒川 孝1, 藤城貴教1, 勝田真行1, 大草 洋1, 平井祥司1, 須山一穂2, 久保星一2, 真下節男3, 馬場志郎1 (1泌. 2相模台. 3真下クリニック): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723684. [学会 (全国)] (ポスター) 硬性膀胱鏡前処置としての尿道内局所麻酔薬ゼリー注入の有用性に関する検討. 松田大介1, 入江 啓1, 平山貴博1, 津村秀康1, 丸 典夫1, 志村 哲1, 原野祐司3, 六角 周1, 馬場志郎1 (1泌. 1横浜総合. 3小沢病院): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/5), 徳島.

723685. [学会 (全国)] (ポスタ−) Probasin標的−複製可能レトロウイルスの前立腺への遺伝子導入の確立. 大堀 理1, 菊地栄次2, メネンデス シルビア2, ログ クリストファー2, カサハラ ノリユキ3, ボクナー ベルナルド3 (1泌. 2メモリアルスロンケタリング癌センター. 3南カリフォルニア): 第91回日本泌尿器科学会総会 (2003/4/3), 徳島.

731066. [研究会] (特別講演) 腎尿管摘除術」体腔鏡手術. 岩村正嗣 (泌): 第33回泌尿器科手術手技関東地区研究会 (2003/8/30), 東京.

732034. [研究会] (シンポジウム) 高周波電気凝固装置 (Microtase) を用いた腹腔鏡下腎部分切除術の有用性と適応. 岩村正嗣, 石川 弥, 田畑健一, 石井大輔, 奥野紀彦, 馬場志郎 (泌): 第22回Microwave Surgery研究会 (2003/9/27), 横浜.

732035. [学会 (地方)] (ビデオシンポジウム) 前立腺癌に対する小線源治療の実際. 頴川 晋, 大草 洋, 佐藤威文, 荒川 孝, 馬場志郎 (泌): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

732036. [学会 (地方)] (シンポジウム) 長期透析患者への腎移植症例. 吉田一成1, 田岡佳憲1, 斎藤 毅1, 馬場志郎1, 遠藤忠雄2 (1泌. 2埼玉県央病院): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

732037. [学会 (地方)] (シンポジウム) 進行性腎細胞癌におけるIL-2/IFN-alpha/tegafur uracil併用療法. 谷川俊貴1, 若月俊二1, 西山 勉1, 高橋公太1, 富田善彦2, 武田正之3, 馬場志郎4 (1新潟大. 2山形大. 3山梨大. 4泌): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733434. [学会 (地方)] (一般講演) 後腹膜節芽神経腫の1例. 大野芳正1, 秦野 直1, 畠山直樹1, 古賀祥嗣1, 坂本 昇1, 権藤立男1, 青柳定一朗1, 吉岡邦彦1, 並木一典1, 黄 英茂2, 松本一宏1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第562回日本泌尿器科学会東京地方会 (2003/7/17), 京橋.

733435. [学会 (地方)] (一般講演) Purple Urine Bag Syndromeに関する検討. 津村秀康1, 佐藤威文1, 荒川 孝1, 古澤英明2, 馬場志郎1 (1泌. 2さがみ緑風園): 第28回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2003/9/11), 横浜.

733436. [学会 (地方)] (一般講演) 日本人前立腺癌におけるCaveolin-1発現の検討. 佐藤威文1, 頴川 晋1, 馬場志郎1, 桑尾定仁2, Guang Yang3, Josephine Addai3, Anna Frolov3, Terry L. Timme3, Timothy C. Thompson3 (1泌. 2病理. 3ベイラ−医大): 第28回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2003/9/11), 横浜.

733437. [学会 (地方)] (一般講演) 直腸癌の陰茎海綿体浸潤の一例. 池田勝臣, 宋 成浩, 土田繭美, 西 盛宏, 石川 弥, 奥野紀彦, 車 英俊, 陳 偉強, 田岡佳憲, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第28回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2003/9/11), 横浜.

733438. [学会 (地方)] (一般講演) 診断困難であった転移性尿管癌の1例. 松本一宏1, 吉岡邦彦1, 青柳貞一朗1, 中神義弘1, 坂本 昇1, 松井善一1, 黄 英茂2, 大野芳正1, 古賀祥嗣1, 並木一典1, 秦野 直1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第563回日本泌尿器科学会東京地方会 (2003/10/23), 京橋.

733439. [学会 (地方)] (一般講演) 診断困難であった転移性尿管癌の1例. 内田豊昭1, 黄 英茂2, 佐藤威文2, 宋 成浩2, 入江 啓2, 本田直康3, 小俣二也4, 遠藤忠雄5, 馬場志郎2 (1東海大八王子病院. 2泌. 3国立病院横浜医療センター. 4富士厚生クリニック. 5埼玉県央病院): 第563回日本泌尿器科学会東京地方会 (2003/10/23), 京橋.

733440. [学会 (地方)] (一般講演) 膀胱癌小腸転移により穿孔をきたした症例. 星 昭夫1, 臼井幸男1, 佐々木 裕1, 小林泰之1, 山下英之2, 島 正則1, 徳永正俊1, 宮北英司1, 寺地敏郎1 (1東海大. 2泌): 第65回神奈川県泌尿器科医会 (2003/11/8), 横浜.

733441. [学会 (地方)] (一般講演) 脳腫瘍を契機に発見された副腎原発小細胞癌の一例. 笹本治子, 松下一仁, 田畑健一, 石井大輔, 石川 弥, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第29回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2004/2/12), 新横浜.

733442. [学会 (地方)] (一般講演) 選択的腎動脈コイル塞栓術を施行した右腎動脈瘤破裂の1例. 森田恒太郎1, 五十嵐智博2, 嶺井定紀2, 吉川哲夫1, 平野大作1, 吉田利夫1, 滝本至得1, 氷見和久1, 竹本明子1 (1日本大. 2泌): 第566回日本泌尿器科学会東京地方会 (2004/2/19), 京橋.

733443. [学会 (地方)] (一般講演) 精巣類表皮嚢胞の一例. 松本一宏1, 吉岡邦彦1, 権藤立男1, 中神義弘1, 坂本 昇1, 松本真由子1, 黄 英茂2, 大野芳正1, 古賀祥嗣1, 青柳貞一朗1, 大堀 理2, 秦野 直1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第566回日本泌尿器科学会東京地方会 (2004/2/19), 京橋.

733444. [学会 (地方)] (ポスター) 治療が奏効した精巣腫瘍骨転移症例. 津村秀康, 宋 成浩, 平山貴博, 松田大介, 藤城貴教, 奥野紀彦, 丸 典夫, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733445. [学会 (地方)] (ポスター) Adenoviral Vector-Mediated mRTVP-1 Gene Therapy for Prostate Cancer. 佐藤威文1, Terry L. Timme2, 雑賀隆史3, 江原 伸3, Guang Yang2, Jianxiang Wang2, Chengzhen Ren2, 日下信行3, Vladimir Mouraviev2, Timothy C. Thompson2 (1泌. 2ベイラ−大. 3岡山大): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733446. [学会 (地方)] (ポスター) 前立腺癌におけるレボビスト使用パワードップラー超音波検査の有用性についての検討. 村本将俊1, 石井大輔1, 黄 英茂1, 川上達夫2, 門脇和臣3, 馬場志郎1 (1泌. 2東大和病院. 3北里研究所): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733447. [学会 (地方)] (ポスター) BCG膀胱内注入療法後に発症した関節炎の検討. 嶺井定紀, 入江 啓, 陳 偉強, 田畑健一, 黄 英茂, 原野祐司, 志村 哲, 内田豊昭, 馬場志郎 (泌): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733448. [学会 (地方)] (ポスター) 集学的治療により寛解を認めた進行性膀胱原発淡明細胞腺癌の1例. 黒坂眞二1, 入江 啓1, 石川 弥1, 溝口秀之1, 六角 周1, 設楽敏也2, 丸 典夫1, 馬場志郎1 (1泌. 2淵野辺総合病院): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733449. [学会 (地方)] (ポスター) 日本人前立腺癌におけるCaveolin-1発現の検討. 佐藤威文1, Guang Yang2, 頴川 晋1, Josephine Addai2, Anna Frolov2, 桑尾定仁3, Terry L.Timme2, 馬場志郎1, Timothy C. Thompson2 (1泌. 2ベイラ−大. 3病理): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733450. [学会 (地方)] (ポスター) 限局性全立腺癌に対する高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法. 内田豊昭1, 大草 洋2, 長田恵弘3, 渋谷宗則3, 嶺井定紀2, 佐藤威文2, 入江 啓2, 小俣二也2, 青 輝昭3, 馬場志郎2 (1東海大八王子病院. 2泌. 3北里研究所メディカルセンター): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10) 弘前.

733451. [学会 (地方)] (ポスター) Rodiation-induced Prostatic sarcoma の一例. 石井大輔1, 高嶋力弥1, 黄 英茂1, 村本将俊1, 吉田一成1, 森永征二郎2, 門脇和臣3, 馬場志郎1 (1泌. 2病理. 3北里研究所): 第68回日本泌尿器科学会東部総会 (2003/10/10), 弘前.

733452. [研究会] (ワークショップ) アンドロゲン非依存性前立腺癌のプロテオーム解析. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大石正道2, 小寺義男2, 前田忠計2, 馬場志郎1 (1泌. 2理学部): 第14回前立腺がんワークショッププログラム (2003/9/5), 東京.

733453. [研究会] (一般講演) 前立腺癌に対する腹腔鏡下前立腺全摘除術術後の健康関連QOL;SF-36を用いた検討. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大草 洋1, 馬場志郎1, 並木俊一2 (1泌. 2東北大): 第20回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (2003/7/12), 横浜.

733454. [研究会] (一般講演) 前立腺癌に対しCombined radiation therapy (high-dose-rate brachytherapy and external beam radiotherapy) を施行した症例の合併症と患者のQOLについての検討. 大草 洋1, 頴川 晋1, 車 英俊1, 須山一穂1, 馬場志郎1, 北野雅史2 (1泌. 2放): 第20回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (2003/7/12), 横浜.

733455. [研究会] (一般講演) 「排尿障害患者の管理とその介護」<膀胱鏡と疼痛緩和>男性の膀胱鏡における疼痛緩和のための前処置について (第一報)〜多施設における前処置についての実態把握〜. 菊地直美1, 青木有加里1, 渡辺きぬ子1, 松田大介2, 大川麻子2, 入江 啓2, 馬場志郎2 (1看護部. 2泌): 第9回「排尿障害研究会・神奈川フォ−ラム」 (2003/5/10), 横浜.

733456. [研究会] (一般講演) 「排尿障害患者の管理とその介護」<膀胱鏡と疼痛緩和>男性の膀胱鏡における疼痛緩和のための前処置について (第二報)〜剤ゼリー注入の有用性の検討〜. 青木有加里1, 菊地直美2, 渡辺きぬ子2, 松田大介2, 大川麻子2, 入江 啓2, 馬場志郎2 (1看護部. 2泌): 第9回「排尿障害研究会・神奈川フォ−ラム」 (2003/5/10), 横浜.

733457. [研究会] (一般講演) 「排尿障害患者の管理とその介護」<管理と在宅医療>泌尿器科病棟における転倒事故要因についての検討. 永井眞美1, 山本由希子1, 猪井章子1, 久保瑞恵1, 大川麻子2, 及能久隆2, 馬場志郎2 (1看護部. 2泌): 第9回「排尿障害研究会・神奈川フォ−ラム」 (2003/5/10), 横浜.

733458. [研究会] (一般講演) 尿失禁を主訴とした動静脈奇形の1例. 溝口秀之, 大川麻子, 及能久隆, 入江 啓, 岩村正嗣, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第9回「排尿障害研究会・神奈川フォ−ラム」 (2003/5/10), 横浜.

733459. [研究会] (一般講演) ABO不適合腎移植の急性期にシクロスポリン腎毒性を起こした症例: 血流障害によると思われる尿管のリークを起こした症例. 溝口秀之, 田岡佳憲, 吉田一成, 土田繭美 (泌): 第3回神奈川・移植腎病理を勉強する会 (2003/5/31), 横浜.

733460. [学会 (地方)] (一般講演) 気腫性腎盂腎炎の1例. 松田大介, 入江 啓, 南田 諭, 別所英治, 黒坂眞二, 藤城貴教, 奥野紀彦, 馬場志郎 (泌): 第64回神奈川県泌尿器科医会 (2003/6/7), 横浜.

733461. [研究会] (一般講演) 内シャントトラベルの低侵襲評価法としての3D-CT撮影の有用性についての検討. 田岡佳憲1, 吉田一成1, 奥野紀彦1, 溝口秀之1, 馬場志郎1, ウッドハムス玲子2, 松永敬二2, 遠藤忠雄3 (1泌. 2放. 3埼玉県央病院): 第19回腎移植・血管外科研究会 (2003/6/14), 岩手.

733462. [研究会] (一般講演) 腹腔鏡下生体腎移植ドナー腎摘除術の経験. 田岡佳憲1, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 奥野紀彦1, 溝口秀之1, 斎藤 毅2, 遠藤忠雄3, 馬場志郎1 (1泌. 2橋本クリニック. 3埼玉県央病院): 第12回腎不全外科研究会 (2003/7/5), 高松.

733463. [研究会] (一般講演) 繰り返し症状を呈する嚢胞腎の腎摘出術について. 藤城貴教, 吉田一成, 真下節夫, 田岡佳憲, 須山一穂, 岩村正嗣, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第11回嚢胞性腎疾患研究会 (2003/9/13), 東京.

733464. [研究会] (一般講演) 腹腔鏡下手術「腹腔鏡下手術に踏み切れない理由」腹腔鏡下手術の欠点. 頴川 晋 (泌): 第10回東京前立腺癌フォーラム「前立腺癌治療〜最近の論点〜」 (2003/10/4), 東京.

733465. [研究会] (一般講演) 正所制マウス前立腺癌モデルを用いた IL-12 遺伝子組み込みマクロファージ (IL-12 gene-modified macrophages) を用いた抗腫瘍効果の検討. 佐藤威文1, 雑賀隆史2, 江原 伸2, 日下信行2, Guang Yang3, Jianxiang Wang3, Vlandimir Mouraview3, Guangwen Cao3, Terry L. Timme3, 馬場志郎1, Timothy C.Thompson3 (1泌. 2岡山大. 3ベイラ−大): 第5回泌尿器遺伝子・細胞治療研究会 (2003/10/18), 岡山.

733466. [研究会] (一般講演) RTVP-1 発現アデノウイルスベクターを用いたマウス前立腺癌に対する遺伝子治療と放射線治療の相乗効果. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 日下信行2, 成石浩司2, Xiaohong Zhu3, Maria T Vlachaki3, Terry L.Timme3, Timothy C.Thompson3 (1泌. 2岡山大. 3ベイラ−大): 第5回泌尿器遺伝子・細胞治療研究会 (2003/10/18), 岡山.

733467. [研究会] (一般講演) 内シャント, 腎移植血管吻合トラブルの低侵襲評価法としての3D-CT撮影の有用性と限界. 田岡佳憲1, 吉田一成1, 藤城貴教1, 奥野紀彦1, 岩村正嗣1, ウッドハムス玲子2, 松永敬二2, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 第3回3次元画像解析・レーザー・衝撃波フォーラム (2003/10/19), 久留米.

733468. [研究会] (一般講演) 興味ある経過を示した献腎移植15年目の症例. 田岡佳憲, 吉田一成 (泌): 第4回神奈川・移植腎病理を勉強する会 (2003/11/29), 福岡

733469. [研究会] (一般講演) Basilixmab併用免疫抑制療法による腎移植の経験. 田岡佳憲1, 吉田一成1, 藤城貴教1, 石井大輔1, 溝口秀之1, 奥野紀彦1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1, 遠藤忠雄2 (1泌. 2埼玉県央病院): 第19回神奈川透析施設連絡協議会 第66回神奈川腎研究会合同研究会 (2003/11/30), 横浜.

733470. [研究会] (一般講演) 「根治的前立腺摘除術−機能温存 (尿禁性) をめざした手術手技−」根治的前立腺摘除術でのDorsal vein complex無結紮切断法と尿禁性. 頴川 晋 (泌): 第34回泌尿器科手術手技関東地区研究会 (2003/1/24), 東京.

733471. [研究会] (一般講演) 正所性マウス前立腺癌モデルを用いた IL-12 遺伝子組み込みマクロファ−ジ (IL-12 gene modified-macrophages) による抗腫瘍効果の検討. 佐藤威文1, 雑賀隆史2, 江原 伸2, 日下信行2, Guang Yang3, Jianxiang Wang3, Vlandimir Mouraview3, Guangwen Cao3, Terry L. Timme3, 馬場志郎1, Timothy C.Thompson3 (1泌. 2岡山大. 3ベイラ−大): 第6回北里腫瘍フォーラム (2004/1/30), 神奈川.

733472. [研究会] (教育講演) ヒトにおける腎移植について (レビュー). 吉田一成, 田岡佳憲, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 医学と獣医学フォーラム (2003/8/24), 札幌.

733473. [その他] (公開講座) 前立腺がんの最新の治療法. 頴川 晋 (泌): 北里大学病院[公開講座] (2003/9/6), 相模原.

733474. [その他] (一般講演) 刺入技術 その1. 頴川 晋 (泌): ヨウ素125シード線源による前立腺癌永久挿入密封小線源治療の安全取扱講習会 (2003/9/20), 新大阪.

733475. [その他] (一般講演) 前立腺癌における長期にわたる内分泌療法を中断した後のPSAおよびホルモンレベルの変化. 吉田一成 (泌): 神奈川ブラッドアクセス講演会 (2003/12/18), 横浜.


<<眼科学>>

[学術論文]

110189. [原著] Pupillary funcion in early-stage presbyopia and effects of an adrenergic agent on accommodation. 中川里絵1, 石川 均2, 清水公也1, 向野和雄1 (1眼. 2国際医療福祉大): 自律神経, 40: 36-42, 2003.

110190. [原著] Repair and Reconstruction of the Mouse Lens after Perforating Injury. 平山さをり1, 若杉安希乃1, 森田哲也1, 酒井康弘 向野和雄1, 宇賀茂三2, 清水公也1 (1眼. 2国際医療福祉大): Jpn J Ophthalmol, 47: 338-346, 2003.

110191. [原著] The Effect of Continuous Low Doses of X-ray Irradiation on the Rat Lens. 森田哲也1, 平山さをり1, 宇賀茂三2, 清水公也1, 若杉安希乃1, 中山茂信3 (1眼. 2国際医療福祉大. 3実動センター): Jpn J Ophthalmolo, 47: 427-436, 2003.

110192. [原著] Central Corneal Haze Increased by Radial Keratotomy Following Photorefaractive Keratectomy. 庄司信行1, 林 瑛理1, 清水公也1, 宇賀茂三2, 杉田潤太郎3 (1眼. 2国際医療福祉大. 3眼科杉田病院): Journal of Refractive Surgery, 19: 560-565, 2003.

110193. [原著] Late-onset Diffuse Lameller Keratitis. 天野理恵1, 大野晃司1, 清水公也1, 鈴木雅信1, 相澤大輔2, 小松真理1,2 (1眼. 2山王病院): Japanese Journal of Ophthalmology, 47 (5): 463-468, 2003.

120065. [原著] 遅発発症したdiffuse lameller keratitis. 天野理恵1, 大野晃司1, 清水公也1, 鈴木雅信1, 相澤大輔2, 小松真理2 (1眼. 2山王病院): 日本眼科学会誌, 107: 202-207, 2003.

120066. [原著] 遠視 Laser In Situ Keratomileusis (LASIK) 施行眼における眼圧の変化. 上田哲生1, 名和良晃2, 桝田浩三2, 石橋秀俊2, 原 嘉昭2, 魚里 博3 (1町立大淀病院. 2奈良県医大. 3眼): IOL & RS, 17: 51-55, 2003.

120067. [原著] 先天性Double depressor palsyの2例. 羽角智美1, 新田任里江2, 角田亮子1, 藤田純子2, 田野貴俊2, 中里宣幸1, 石川 均2, 市邉義章2, 向野和雄2 (1太田総合病院眼科. 2眼): 眼科臨床医報, 97: 31-34, 2003.

120068. [原著] 白内障手術患者における視覚障害原因の調査. 森田保彦1, 小原真樹夫1, 嶺井利沙子2, 疋田朋子2, 藤澤邦俊2, 清水公也2 (1武蔵野赤十字病院眼科. 2眼): 眼科臨床医報, 97: 582-584, 2003.

120069. [原著] 線維柱帯切除術における結膜切開部位の比較検討. 平山さをり, 庄司信行, 森田哲也, 河合裕美, 林 良子, 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 20: 999-1003, 2003.

120070. [原著] 白内障術後の創口閉鎖不全から続発した緑内障. 庄司信行 (眼): Frontiers in Glaucoma, 4: 48-49, 2003.

120071. [原著] 健常眼の高次波面収差の定量解析. 伊藤美沙絵, 大野晃司, 清水公也, 相澤大輔, 鈴木雅信, 魚里 博, 向野和雄 (眼): 臨床眼科, 57: 1203-1207, 2003.

120072. [原著] Laser in situ keratomileuseis施行後の網膜感度の低下. 王 帆1, 庄司信行1, 清水公也1, 河合裕美1, 長山裕二1, 長田さやか2 (1眼. 2八尾総合病院眼科): 日本眼科学会雑誌, 107: 356-362, 2003.

120073. [原著] カルテオロールとラタノプロストの併用による眼圧下降効果. 河合裕美, 林 良子, 庄司信行, 森田哲也, 平山さをり, 根本 徹, 兒玉安代, 清水公也 (眼): 臨床眼科, 57: 709-713, 2003.

120074. [原著] 先天性Double depressor palsyの2例. 羽角智美1, 新田任里江2, 角田亮子1, 藤田純子2, 田野貴俊2, 中里宣幸1, 石川 均2, 市邉義章2, 向野和雄3 (1太田総合病院眼科. 2眼. 3医衛): 日本弱視斜視学会雑誌, 30: 53-56, 2003.

120075. [原著] 調節性眼内レンズの初期経過. 嶺井利沙子, 清水公也, 魚里 博, 疋田朋子, 新田任里江 (眼): 眼科手術, 17: 79-82, 2003.

120076. [原著] 白内障手術後の近見時眼球運動, 瞳孔反応, 立体視. 石川 均, 陶山秀夫, 石川 哲, 清水公也, 袴田直俊 (眼): 眼科手術, 17: 89-92, 2003.

120077. [原著] 液晶ディスプレイ用フィルター使用による疲労緩和効果. 川守田拓志, 半田知也, 魚里 博 (眼): 視覚の科学, 24: 85-89, 2003.

320089. [症例報告] 両側性の外転神経麻痺と水平注視麻痺を呈した小児MSの一例. 伊藤美沙絵, 新井田孝裕, 向野和雄, 永野幸一, 清水公也 (眼): 神経眼科, 20: 178-185, 2003.

320090. [症例報告] 両側性MLF症候群の1例−被蓋分水嶺領域の虚血病変−. 武藤芳徳, 松崎廣栄, 向野和雄 (眼): 眼科臨床医報, 97: 34-36, 2003.

320091. [症例報告] 眼虚血症候群. 庄司信行 (眼): Frontiers in Glaucoma, 4: 50-51, 2003.

320092. [症例報告] 上気道感染症に伴う急性結膜炎の起炎菌: 薬剤耐性化したモラキセラ・カタラーリスの解明 (続報). 坂本則敏1, 清水公也1, 井上松久2, 生方公子3 (1眼. 2微・寄. 3微生物研究所): 藤沢市内科医学会雑誌, 2003.

320093. [症例報告] 白内障手術を施行した先天性血液凝固第12因子欠乏症の1例. 陶山秀夫1, 清水公也2, 石川 均1, 和田眞紀夫3 (1国際医療福祉大熱海病院. 2眼. 3山王病院): 眼科, 46: 349-353, 2003.

320094. [臨床報告] 調節性内斜視に対する遠視矯正laser in situ keratomileusisの効果. 伊藤美沙絵, 大野晃司, 高崎恵理子, 神垣久美子, 相澤大輔, 鈴木雅信, 向野和雄, 清水公也 (眼): 臨床眼科, 57: 357-362, 2003.

320095. [臨床報告] 各種病態時の神経診断プロセス 視覚障害. 向野和雄 (眼): Clinincal Neuroscience別冊, 21: 434-437, 2003.

320096. [臨床報告] ハードコンタクトレンズによる障害. 宇津見義一 (宇津見眼科医院, 眼): 眼科診療プラクティス 6 (5): 141-145, 2003.

510013. [総説] Clinical Outcomes of wavefront-guided laser in sutu keratomileusis: 6-month follow-up. 相澤大輔, 清水公也, 小松真理, 伊藤美沙絵, 鈴木雅信, 大野晃司, 魚里 博 (眼): J Cataract Refract Surg, 29: 1508-1513, 2003.

510014. [総論] Accommodation obtained per 1.0 mm forward movement of a posterior chamber intraocular lens. 名和良晃1, 上田哲生2, Mieko Nakatsuka, Hideyuki Tsuji, Hiroshi Marutani, 原 嘉昭2, 魚里 博3 (1町立大淀病院. 2奈良県医大. 3眼): Journal of Cataract & Refractive Surgery, 29: 2069-2072, 2003.

520218. [総説] LASIKの立場から. 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 日本コンタクトレンズ学会誌, 44: 247-250, 2003.

520219. [総説] スペシャリスト時代の連携のありかた. 市邉義章 (眼): 臨床眼科, 57: 336-337, 2003.

520220. [総説] Phakic IOL. 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 20: 459-464, 2003.

520221. [総説] プレゼンテーションのための画像加工−Microsoft PowerPointの素材として−. 永野幸一 (眼): 眼科写真, 19: 20-28, 2003.

520222. [総説] (学会印象記) ICOP2002に参加して. 金上貞夫 (眼): 眼科写真, 19: 46-47, 2003.

520223. [総説] シリコーン眼内レンズの最新情報. 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 2003.

520224. [総説] [見るを考える」−脳の視覚機能. 清水公也 (眼): 視覚の科学, 24: 2-3, 2003.

520225. [総説] Hutchinson瞳孔. 向野和雄 (眼): Clinincal Neuroscience, 21: 110, 2003.

520226. [総説] LASIK (laser in keraomileusis) 術後の眼軸長変化〜光学式眼軸長測定装置IOLマスターによる測定〜. 矢野 隆, 魚里 博, 清水公也, 鈴木雅信, 伊藤美沙江, 相澤大輔, 天野理恵 (眼): 日本視能訓練士協会誌, 32: 169-174, 2003.

520227. [総説] 調節に伴う光化学眼軸長の変化. 鈴木博子, 魚里 博, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼): Japanese Orthoptic Journal, 32: 145-150, 2003.

520228. [総説] CAT2000での低コントラスト視力. 野上かおり, 魚里 博, 藤山由紀子, 嶺井利沙子, 高橋慶子, 清水公也 (眼): Japanese Orthoptic Journal, 32: 115-119, 2003.

520229. [総説] 薬剤性網膜視神経障害. 市邉義章 (眼): あたらしい眼科, 20: 1075-1079, 2003.

520230. [総説] 複数点眼症例におけるラタノプロスト単剤への変更の有用性. 小川美幸, 庄司信行, 林 良子, 林 瑛理, 西本浩之, 根本理香, 阿部充志, 根本 徹, 平山さをり, 森田哲也, 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 20: 1011-1014, 2003.

520231. [総説] 北里大学病院眼科における裂孔原性網膜剥離の手術成績. 中西 基, 高野雅彦, 田野貴俊, 柳田智彦, 宮崎茂則, 市邉義章, 岡本直之, 清水公也 (眼): 眼科臨床医報, 97: 40-42, 2003.

520232. [総説] 正常若年者における眼軸長日内変動と眼圧の関連. 庄司信行, 筒井健太, 新田任里江, 向野和雄, 清水公也1 (1眼): あたらしい眼科, 20: 991-994, 2003.

520233. [総説] 波面収差解析と眼光学. 魚里 博 (眼): 臨床眼科, 57: 1165-1169, 2003.

520234. [総説] モノビジョン. 清水公也, 嶺井利沙子 (眼): 眼科手術, 16: 481-484, 2003.

520235. [総説] 白内障・小瞳孔・続発緑内障. 庄司信行 (眼): 眼科, 45: 1159-1167, 2003.

520236. [総説] 近視矯正LASIK術前術後の眼位及び両眼視機能の検討. 西 泰枝, 清水公也, 神垣久美子, 伊藤美沙絵, 鈴木雅信, 向野和雄 (眼): 日本弱視斜視学会雑誌, 30: 118-120, 2003.

520237. [総説] シリコーン眼内レンズの最新情報. 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 20 (5): 571-575, 2003.

520238. [総論] インジェクター. 小松真理 (眼): IOL & RS, 17: 259-262, 2003.

520239. [総論] Customized Ablation. 相澤大輔, 小松真理 (眼): IOL & RS, 17: 271-274, 2003.

520240. [総論] C型慢性肝炎によるインターフェロン+リバビリン併用療法による網膜症の検討. 鈴木宏昌, 清水公也1, 冨岡敏也, 高瀬正郎, 泉 並木, 小原真樹夫 (1眼): 眼科臨床医報, 98: 6-8, 2003.

520241. [講座] Wavefront-guided LASIK. 清水公也 (眼): 眼科診療Q&A, 32: 164-167, 2003.

520242. [講座] Phakic IOL後房型レンズの利点と問題点. 藤澤邦俊 (眼): あたらしい眼科, 21: 57-58, 2003.

520243. [講義] 外斜視と定位の誤認. 播磨優貴子1, 榊原七重, 松井孝子, 向野和雄1, 清水公也1 (1眼): 日本弱視斜視学会雑誌, 30: 145, 2003.

520244. [講義] 視野闘争の時間的定量と刺激領域による影響. 堀部 円1, 新井田孝裕1, 新田任里江1, 向野和雄2, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 日本弱視斜視学会雑誌, 30: 150, 2003.

520245. [講義] 調節性内斜視に対する遠視矯正LASIKの効果. 伊藤美沙絵, 神垣久美子, 高崎恵理子, 相澤大輔, 大野晃司, 鈴木雅信, 向野和雄, 清水公也 (眼): 日本弱視斜視学会雑誌, 30: 151, 2003.

520246. [研究報告] 高齢者の上下斜視. 近藤裕美, 小原真樹夫 (眼): 眼科臨床医報, 98: 16-18, 2003.

520247. [研究報告] 神経突起再生促進因子〜Neurite Promoting Factor〜. 高野雅彦 (眼): 神経眼科, 20: 298-303, 2003.

520248. [その他 (One Point Advice)] 屈折矯正手術後の矯正法の選択. 小松真理 (眼): 眼科診療プラクティス, 6: 69, 2003.

520249. [その他 (コメント)] 『Biopticsで最高の結果を得る方法』におけるコメント. 鈴木雅信 (眼): ヴィションタイムズ, 10: 16, 2003.

520250. [その他 (コメント)] 老視矯正法. 魚里 博 (眼): Tomey Ophthalmological News, 32: 2003.

520251. [その他 (ONE POINT ADVICE)] ドライアイに対するコンタクトレンズ処方. 宇津見義一 (宇津見眼科医院, 眼): 眼科診療プラクティス, 6 (5): 80-81, 2003.

520252. [その他 (ONE POINT ADVICE)] 屈折矯正手術後の矯正法の選択. 小松真理 (山王病院, 眼): 眼科診療プラクティス, 6 (6): 69, 2003.

520253. [その他 (Q&A)] オルソケラトロジーにおける網膜剥離のリスク. 清水公也 (眼): 日本医事新報, 4152: 92-93, 2003.

520254. [その他 (トピックス)] 視神経乳頭形状と神経線維の解析における問題点. 庄司信行 (医衛, 眼): 湘西の眼科, 8: 13, 2003.

[著 書]

620225. [その他の著書] (共著) 眼科検査メモ Aモード: 眼軸長測定・眼内レンズの度数計算. 嶺井利沙子, 清水公也 (眼), 南江堂, 東京, 2002/5発行.

[学会・研究会等]

713129. [学会 (国際)] (一般講演) To display ophthalmic digital images on PC monitors. 金上貞夫 (眼): AAO (2003/11/14), アメリカ.

713130. [学会 (国際)] (一般講演) Biocular Function in Pseudophakic Monovision. 疋田朋子 (眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) 2003年 (2003/4/12-16), サンフランシスコ.

713131. [学会 (国際)] (一般講演) Preloaded Injector. 清水公也 (眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) 2003年 (2003/4/12-16), サンフランシスコ.

713132. [学会 (国際)] (一般講演) Treatment of irregular Astigmatism with Wavefront-Guided Ablation. 小松真理1, 鈴木雅信2 (1山王病院. 2眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) 2003年 (2003/4/12), サンフランシスコ.

713133. [学会 (国際)] (一般講演) All-Distance Visual Acuity in Pseudopjakic Monovision. 嶺井利沙子 (眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) 2003 (2003/4/13), サンフランシスコ.

713134. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of Accommodation on Axial Length Measurement in Optical Coherence Biometry. 魚里 博1, 清水公也2, 嶺井利沙子2, 鈴木宏昌2 (1医衛. 2眼): ARVO Annual Meeting 2003 (2003/5/4〜9), フロリダ.

713135. [学会 (国際)] (一般講演) The Effects of Dominant and Nondominant Eye in Binocular Rivalry. 半田知也1, 魚里 博1, 向野和雄1, 清水公也2 (1医衛. 2眼): ARVO Annual Meeting 2003 (2003/5/4〜9), フロリダ.

713136. [学会 (国際)] (一般講演) Diurnal variation of axial length and intraocular pressure in young adults. 筒井健太1, 魚里 博2, 半田知也2, 庄司信行2, 向野和雄2, 清水公也1 (1眼. 2医衛): ARVO Annual Meeting 2003 (2003/5/4〜9), フロリダ.

713137. [学会 (国際)] (ポスター) A Case of Orbital Rhabdomyosarcoma. 柏木広哉1,2, 陶山秀夫1,3, Akihiro Kaneko, Masato Wakakura, Mutuo Ohira, 清水公也1 (1眼. 2静岡県立がんセンター. 3国際医療福祉大学附属熱海病院): International Congress of Ocular Oncology(2004/1/27), インド.

713138. [学会 (国際)] (ビデオ) Preloaded Injector. 清水公也 (眼): ESCRS (欧州白内障・屈折手術会議) 2004 (2003/9/6-10), ドイツ.

713139. [学会 (国際)] ( ビデオ) International Video Symposium of Challenging Cases and Complication Management. 清水公也 (眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) 2003年 (2003/4/12-16), サンフランシスコ.

713140. [学会 (国際)] (ビデオ) Preloaded Injector. 清水公也 (眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) 2003年 (2003/4/12-16), サンフランシスコ.

721015. [学会 (全国)] (特別講演) 老視の克服”カスタムモノビジョン”. 清水公也 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/29), 京都.

722093. [学会 (全国)] (シンポジウム) Wavefront LASIK 日本の経験. 鈴木雅信 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

722094. [学会 (全国)] (シンポジウム) Phakic IOLの登場−世界は変わるのか?−. 清水公也 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/27), 京都.

722095. [学会 (全国)] (シンポジウム) 屈折矯正手術としての眼内レンズ手術−収差と調節−. 清水公也 (眼): 第39回日本眼光学学会 第18回眼科ME学会 (2003/9/14), 大阪.

722096. [学会 (全国)] (シンポジウム) 病因論−神経眼科的立場から−. 向野和雄 (眼): 第69回日本中部眼科学会 第100回中国四国眼科学会 合同眼科学会 (2003/10/11), 岡山.

722097. [学会 (全国)] (シンポジウム) 屈折矯正手術の進歩と評価“Bi-Optics”. 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

722098. [学会 (全国)] (シンポジウム) 薬事法改正と行政との対応. 宇津見義一 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/2), 名古屋.

722099. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼光学における最近の展望. 魚里 博 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/2), 名古屋.

722100. [学会 (全国)] (シンポジウム) 老視とその克服に関する近見反応からの検討. 原 直人 (眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/30), 新潟.

722101. [学会 (全国)] (シンポジウム) 水晶体病理組織標本作製ポイントと形態学的変化の解釈. 宇賀茂三 (国際医療福祉大, 眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/27), 京都.

722102. [学会 (全国)] (シンポジウム) 外傷性白内障の発症機序に関する基礎研究−穿孔性外傷による白内障−. 宇賀茂三 (国際医療福祉大, 眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

722103. [学会 (全国)] (シンポジウム) 小切開シリコーンレンズ. 小松真理 (山王病院, 眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/27), 京都.

722104. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 多焦点眼内レンズによるモノビジョン法の検討. 疋田朋子, 嶺井利沙子, 新田任理江, 金子とよみ, 藤澤邦俊, 比留間美穂, 新井田孝裕, 魚里 博, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

722105. [学会 (全国)] (教育講演) 瞳孔異常の診かたとその意義. 向野和雄 (眼): 第107回日本眼科学会総会の第38回専門医制度講習会 (2003/4/19), 福岡.

722106. [学会 (全国)] (教育講演) シックハウス症候群と健康安全. 石川 哲 (眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/31), 新潟.

722107. [学会 (全国)] (教育講演) 色覚検査改正のポイント. 宇津見義一 (眼): 第46回日本産業・労働・交通眼科学会 第24回産業医科大学眼科研究会 (2003/11/22), 北九州.

723686. [学会 (全国)] (一般講演) 光干渉眼軸長測定における調節の影響. 魚里 博, 鈴木博子, 嶺井利沙子, 清水公也 (眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/17), 福岡.

723687. [学会 (全国)] (一般講演) 遠視LASIKでの矯正量と波面収差. 名和良晃1, 桝田浩三1, 上田哲生1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/18), 福岡.

723688. [学会 (全国)] (一般講演) 緑内障における視野異常と立体視機能の検討. 山川弥生, 河合裕美, 森田哲也, 平山さをり, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/18), 福岡.

723689. [学会 (全国)] (一般講演) 簡易型視神経乳頭形状解析装置の比較検討. 森田哲也, 庄司信行, 西 泰枝, 高橋慶子, 播磨優貴子, 清水公也 (眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/18), 福岡.

723690. [学会 (全国)] (一般講演) SRK/T式のA定数に対するIOL度数の影響. 辻 英之1, 名和良晃2, 原 嘉昭2, 魚里 博3 (1榛原町立榛原総合病院. 2奈良県医大. 3眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/19), 福岡.

723691. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズによるモノビジョン法における非適応症例の検討. 新田任里絵1, 嶺井利沙子1, 清水公也1, 魚里 博1, 新井田孝裕2 (1眼. 2国際医療福祉大): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/19), 福岡.

723692. [学会 (全国)] (一般講演) 光学式眼軸長測定装置による眼屈折系日内変動の連動. 庄司信行1, 筒井健太1, 魚里 博1, 向野和雄2, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/19), 福岡.

723693. [学会 (全国)] (一般講演) RMB神経眼科勉強会. 向野和雄 (医衛): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/18), 福岡.

723694. [学会 (全国)] (一般講演) 視神経切断モデルにおける, 網膜神経節細胞へのGDNF, CNTF遺伝子導入と生存効果. 石川裕人1, 高野雅彦2, 出澤真理3, 三村 治1 (1兵庫医大. 2眼. 3横浜市大): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/17), 福岡.

723695. [学会 (全国)] (一般講演) 11778塩基変異を持つ日本人男性のレーベル遺伝性視神経症の視力予後に関する検討. 林 恵子1, 嶺井利沙子2, 山田秀之1, 藤江和貴3, 若倉雅登3 (1東京大. 2眼. 3井上眼科): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/17), 福岡.

723696. [学会 (全国)] (一般講演) モノビジョン法における動的立体視機能. 新田任里江1, 新井田孝裕2, 嶺井利沙子1, 清水公也1 (1眼. 2国際医療福祉大): 第59回日本弱視斜視学会総会 第28回日本小児眼科学会総会合同学会 (2003/6/27), 神戸.

723697. [学会 (全国)] (一般講演) 半側視野刺激を用いた眼優位性の時間的定量と電機生理学的検討. 藤田純子1, 新井田孝裕1, 堀部 円1, 向野和雄2 (1国際医療福祉大. 2医衛): 第59回日本弱視斜視学会総会 第28回日本小児眼科学会総会合同学会 (2003/6/28), 神戸.

723698. [学会 (全国)] (一般講演) 低調節制輻輳 過剰内斜視が疑われる一症例. 藤村芙佐子1, 向野和雄2, 新田任里江1, 高橋慶子1, 松林修子1, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 第59回日本弱視斜視学会総会 第28回日本小児眼科学会総会合同学会 (2003/6/28), 神戸.

723699. [学会 (全国)] (一般講演) Limbalrelaxing incision (LRI) とphotoastigmatics keratectomy (PAK) の比較検討. 金子とよみ1, 清水公也1, 相澤大輔1, 藤澤邦俊1, 嶺井利沙子1, 鈴木雅信1, 大野晃司2 (1眼. 2神奈川歯大): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723700. [学会 (全国)] (一般講演) 遅発性DLKに眼圧上昇を伴ったsterpid responderの1例. 飯田嘉彦1, 小松真理1, 清水公也2, 鈴木雅信2, 相澤大輔2 (1山王病院. 2眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723701. [学会 (全国)] (一般講演) 調節前後の光学的眼軸長変化. 魚里 博, 鈴木博子, 清水公也 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723702. [学会 (全国)] (一般講演) 水晶体屈折率分布の変化が眼屈折に及ぼす影響. 魚里 博, 桝田浩三, 川守田拓志 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723703. [学会 (全国)] (一般講演) 武蔵野赤十字病院におけるLASIK術後乱視の検討. 鈴木宏昌1, 金 成愛1, 冨岡敏也, 小原真樹夫1, 清水公也2 (1武蔵野赤十字. 2眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723704. [学会 (全国)] (一般講演) Monovision患者の術後満足度における眼優位性の影響. 半田知也, 向野和雄, 魚里 博, 嶺井利沙子, 新田任里江, 清水公也 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都

723705. [学会 (全国)] (一般講演) 強度の近視性乱視に対しICL挿入及びPARKを行った一症例. 相澤大輔1, 清水公也1, 鈴木雅信1, 飯田嘉彦2, 冨岡敏也3 (1眼. 2山王病院. 3武蔵野赤十字病院): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/27), 京都.

723706. [学会 (全国)] (一般講演) 上下斜視に対する眼内レンズ偏心術. 西元久晴, 清水公也, 魚里 博, 矢野 隆, 金子とよみ, 藤澤邦俊, 嶺井利沙子 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723707. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズによるモノビジョン法の動的両眼視機能. 嶺井利沙子1, 清水公也1, 新田任里江1, 魚里 博1, 新井田孝裕2 (1眼. 2国際医療福祉大): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723708. [学会 (全国)] (一般講演) LASIK後のkeratectasiaに対する非球面HCL装用例. 西元久晴, 宇津見義一, 相澤大輔, 熊埜御堂隆, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第46回日本コンタクトレンズ学会総会 (2003/7/6), 大阪.

723709. [学会 (全国)] (一般講演) 中脳・橋背側びまん性虚血病変にみられた眼球運動障害−分水嶺症候群−. 松崎廣栄, 西元久晴, 成瀬涼子, 清水公也, 佐藤弥生, 向野和雄 (眼): 第69回日本中部眼科学会 第100回中国四国眼科学会 合同眼科学会 (2003/10/10), 岡山.

723710. [学会 (全国)] (一般講演) 上下斜視に対する眼内レンズ偏心術. 西元久晴, 清水公也, 魚里 博, 矢野 隆, 金子とよみ, 藤澤邦俊, 嶺井利沙子 (眼): 第69回日本中部眼科学会 第100回中国四国眼科学会 合同眼科学会 (2003/10/11), 岡山.

723711. [学会 (全国)] (一般講演) 第4回角膜屈折手術講習会 5.術後の問題点, 合併症. 清水公也 (眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/26), 京都.

723712. [学会 (全国)] (一般講演) カリジノゲナーゼの白色家兎毛様動脈における薬理学的性質. 石川 均1, 林 泉2, 吉冨健志, 真下紀美代, 清水公也1 (1眼. 2薬理): 第23回日本眼薬理学会 第14回国際眼研究会議日本部会 (2003/9/19), 金沢.

723713. [学会 (全国)] (一般講演) PSFアナライザーによる単焦点および二重焦点ソフトコンタクトレンズ装着眼の視機能評価. 川守田拓志, 半田知也, 魚里 博 (眼): 第39回日本眼光学学会 第18回眼科ME学会 (2003/9/13), 大阪.

723714. [学会 (全国)] (一般講演) SRK/T式のA定数に対するIOL度数の影響: 特にレンズデザインによる相違. 魚里 博 (眼): 第39回日本眼光学学会 第18回眼科ME学会 (2003/9/13), 大阪.

723715. [学会 (全国)] (一般講演) 眼瞼下垂・上眼瞼皮膚弛煖症手術前後における上方視野障害の評価. 小川美幸, 西本浩之, 林 瑛理, 平山さをり, 魚里 博, 向野和雄, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

723716. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided LASIKの長期評価−Convention LASIKとの比較検討−. 飯田嘉彦, 清水公也, 小松真理, 相澤大輔, 鈴木雅信, 魚里 博 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

723717. [学会 (全国)] (一般講演) 緑内障患者における両眼開放視野のSummation. 山川弥生, 河合裕美, 森田哲也, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/2), 名古屋.

723718. [学会 (全国)] (一般講演) 屈折矯正手術が瞳孔計測に及ぼす影響. 魚里 博, 桝田浩三, 川守田拓志 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/2), 名古屋.

723719. [学会 (全国)] (一般講演) 近見負荷に対する瞳孔径・輻湊の年齢変化. 高橋慶子, 新田任里江, 清水公也, 石川 均, 堀部 円, 庄司信行 (眼): 第44回日本視能矯正学会 (2003/11/15), 倉敷.

723720. [学会 (全国)] (一般講演) 小児における調節麻痺薬点眼前後での高次収差の変化. 矢野 隆, 鈴木雅信, 魚里 博, 伊藤美沙絵, 清水公也 (眼): 第44回日本視能矯正学会 (2003/11/15), 倉敷.

723721. [学会 (全国)] (一般講演) 調節負荷に伴う光学式眼軸長の変化. 鈴木博子, 守屋華奈子, 清水公也, 魚里 博 (眼): 第44回日本視能矯正学会 (2003/11/15), 倉敷.

723722. [学会 (全国)] (一般講演) 多焦点眼内レンズによるモノビジョン法の早期視機能評価. 比留間美穂, 伊藤美沙絵, 疋田朋子, 新田任里江, 嶺井利沙子, 新井田孝裕, 清水公也 (眼): 第44回日本視能矯正学会 (2003/11/15), 倉敷.

723723. [学会 (全国)] (一般講演) 視覚入力が重心動揺に及ぼす影響. 浅川 賢. 川守田拓志1, 藤山由紀子, 濱崎麻衣子 (1眼): 第44回日本視能矯正学会 (2003/11/16), 倉敷.

723724. [学会 (全国)] (一般講演) 視野闘争の時間的定量と電気生理学的検討その2. 藤田純子, 新井田孝裕, 堀部 円, 向野和雄 (眼): 第44回日本視能矯正学会 (2003/11/16), 倉敷.

723725. [学会 (全国)] (一般演題) 瞳孔対光反応を用いた自律神経緊張度測定装置の改良. 大石幸子, 永嶋義直, 左達秀敏, 矢田幸博, 鈴木敏幸 (眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/30), 新潟.

723726. [学会 (全国)] (一般演題) 漢方薬が瞳孔反応に及ぼす影響について〜香蘇散を用いて〜. 若杉安希乃1, 小田口浩、花輪嘉彦 (1眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/30), 新潟.

723727. [学会 (全国)] (一般演題) 若年者におけるフェニレフリン・トロピカミド点眼前後の近方視力・瞳孔反応・輻輳. 浅川 賢, 石川 均, 堀部 円, 陶山秀夫, 清水公也 (眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/30), 新潟.

723728. [学会 (全国)] (一般演題) トライイリスコーダを用いた調節刺激に対する瞳孔径・輻湊の年齢変化. 石川 均, 陶山秀夫, 堀部 円, 浅川 賢, 清水公也 (眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/30), 新潟.

723729. [学会 (全国)] (一般演題) 眼内レンズ挿入前後の瞳孔反応, 眼球運動, 立体視. 陶山秀夫, 石川 均, 堀部 円, 浅川 賢, 清水公也 (眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/30), 新潟.

723730. [学会 (全国)] (一般演題) 携帯電話メール使用前後の瞳孔反応−瞳孔振動による検討−. 内山仁志, 原 直人, 大野晃司, 田中舘明博, 向野和雄, 清水公也 (眼): 第56回日本自律神経学会総会 (2003/10/30), 新潟.

723731. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided LASIKの術後2年の評価. 飯田嘉彦1, 清水公也2, 小松真理2, 鈴木雅信2, 魚里 博2, 相澤大輔1 (1山王病院. 2眼): 第27回日本眼科手術学会総会 (2004/1/30), 東京.

723732. [学会 (全国)] (一般講演) アトピー白内障の臨床経過. 後関利明, 清水公也, 嶺井利沙子, 藤澤邦俊 (眼): 第27回日本眼科手術学会総会 (2004/1/31), 東京.

723733. [学会 (全国)] (一般講演) 単焦点IOLと多焦点IOLにおける空間波数特性 (MTF) の比較. 川守田拓志, 魚里 博 (眼): 第27回日本眼科手術学会総会 (2004/1/31), 東京.

723734. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズによるモノビジョンのこれまでの問題点. 嶺井利沙子1, 清水公也1, 新田任里江1, 魚里 博1, 新井田孝裕2 (1眼. 2国際医療福祉大): 第27回日本眼科手術学会総会 (2004/1/31), 東京.

723735. [学会 (全国)] (一般講演) アトピー白内障手術患者の特徴. 後関利明, 清水公也, 嶺井利沙子, 藤澤邦俊 (眼): 第43回日本白内障学会 第30回水晶体研究会 (2004/3/6), 東京.

723736. [学会 (全国)] (一般講演) 静岡県立静岡癌センター眼科の現状と課題. 柏木広哉1, 呉竹恵子2, 陶山秀夫2, 石川 均2, 清水公也3 (1静岡県立がんセンター. 2国際医療福祉大. 3眼): 第21回日本眼腫瘍研究会 (2003/10/9), 岡山.

723737. [学会 (全国)] (一般講演) 眼部悪性腫瘍における眼窩内容全摘に対するエピテーゼ治療による容貌回復の試み. 大田洋二郎1, 柏木広哉1,2, 鬼塚哲郎1, 清原祥夫1, 中川雅裕1 (1県立静岡がんセンタ. 2眼): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10/23), 札幌.

723738. [学会 (全国)] (一般講演) 黄斑剥離のある網膜剥離眼の眼内レンズパワー決定について. 筒井健太1, 中西 基1, 高野雅彦1, 柳田智彦1, 杉本和久1, 岸原紘子1, 成瀬涼子1, 西元弘晴1, 藤村芙佐子1, 藤澤邦俊1, 岡本直之2, 清水公也1 (1眼. 2北野病院): 第42回日本網膜硝子体学会総会 第20回眼病理セミナー (2003/12/12), 福岡.

723739. [学会 (全国)] (専門別研究会) 診断治療に苦慮した, びまん性眼瞼脂腺癌の1例. 柏木広哉1, 鬼塚哲郎2, 清原祥夫2, 中川雅裕2, 大田洋二郎2, 山村 陽3, 中村泰久4, 清水公也1, (1眼. 2静岡がんセンター. 3京都府医大. 4聖隷浜松病院): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/10/31), 名古屋.

723740. [学会 (全国)] (専門別研究会) 老人性下眼瞼内反症に対する手術例の検討−Wheeler変法-久冨法併用術−. 西本浩之, 平山さをり, 伊藤裕子, 天野理恵, 向野和雄, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/10/31), 名古屋.

723741. [学会 (全国)] (専門別研究会) 視力の光学的側面とスーパービジョン. 魚里 博 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/10/31), 名古屋.

723742. [学会 (全国)] (スキルトランスファー) 白内障手術よろず相談承ります−超基本CCCマスターコース−. 小松真理1, 中泉裕子2, 藤本可芳子3, 新藤裕実子4, 須藤史子5, 小林美帆6 (1眼. 2金沢医大. 3フジモト眼科. 4ユノクリニック. 5済生会栗橋病院. 6名古屋大): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

723743. [学会 (全国)] (インストラクションコース) これからの学校保健. 宇津見義一1, 鈴木 稔2, 鈴木一作2, 矢沢興司2, 宮浦 徹2, 千葉次郎2 (1眼. 2日本眼科医会): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

723744. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 術後視力の質をとことん追及する白内障手術. 福山会里子1, 藤本可芳子2, 嶺井利沙子3, 飽浦淳介4 (1福山眼科. 2フジモト眼科. 3眼. 4串本リハビリテーションセンター): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/2), 名古屋.

723745. [学会 (全国)] (学術展示) 興味深い視覚野性の視野障害を呈した3症例. 松崎廣栄, 堀部 円, 播磨優貴子, 向野和雄, 清水公也 (眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/17), 福岡.

723746. [学会 (全国)] (学術展示) 北里大学における片眼性眼球突出の検討. 岸原紘子, 市邉義章, 向野和雄, 清水公也 (眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/18), 福岡.

723747. [学会 (全国)] (学術展示) 片眼に遠視LASIKを行った3例での波面収差の検討. 桝田浩三1, 名和良晃1, 上田哲生1, 増田紀子1, 竹谷 太1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/18), 福岡.

723748. [学会 (全国)] (学術展示) 健常眼における高次収差の加齢変化. 伊藤美沙絵, 田村千春, 藤澤邦俊, 相澤大輔, 鈴木雅信, 清水公也, 魚里 博 (眼): 第107回日本眼科学会総会 (2003/4/18), 福岡.

723749. [学会 (全国)] (学術展示) SRK/T式の個別A定数に対する角膜曲率半径, 眼軸長, 術前前房深度等の影響. 辻 英之1, 園田良英1, 名和良晃2, 原 嘉昭2, 魚里 博3 (1榛原町立榛原総合病院. 2奈良県医大. 3眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/27), 京都.

723750. [学会 (全国)] (学術展示) 眼内レンズの前進と偽調整の関係. 名和良晃1, 上田哲生1, 辻 英之1, 中塚三恵子1, 丸岡真治1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/28), 京都.

723751. [学会 (全国)] (学術展示) 遠視LASIK施行眼における角膜後面変化. 上田哲生1, 名和良晃1, 桝田浩三1, 石原秀俊1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2眼): 第42回日本白内障学会 第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2003/6/27), 京都.

723752. [学会 (全国)] (学術展示) 屈折矯正手術としての眼内レンズ手術−収差と調節−. 疋田朋子, 庄司信行, 鈴木宏昌, 森田哲也, 中川里絵, 河合裕美, 清水公也 (眼): 第14回日本緑内障学会 (2003/9/6), 東京.

723753. [学会 (全国)] (ポスター) 正常眼圧緑内障における眼軸長日内変動と眼圧の関連. 筒井健太, 庄司信行, 向野和雄, 清水公也 (眼): 第14回日本緑内障学会 (2003/9/6), 東京.

723754. [学会 (全国)] (ポスター) 目標眼圧の設定方法と視野進行. 疋田朋子, 庄司信行, 鈴木宏昌, 森田哲也, 中川里絵, 河合裕美, 清水公也 (眼): 第14回日本緑内障学会 (2003/9/6), 東京.

723755. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における過去2年間の特発性黄斑円孔手術の成績. 柳田智彦, 高野雅彦, 藤村芙佐子, 杉本和久, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

723756. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学東病院における黄斑上膜の手術成績. 杉本和久, 柳田智彦, 高野雅彦, 宮崎茂則, 石井恵美, 西元久晴, 山川弥生, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/1), 名古屋.

723757. [学会 (全国)] (ポスター) Wavefront guided LASIK術後の薄暮視の検討. 小手川泰枝, 大野晃司, 魚里 博, 向野和雄, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/2), 名古屋.

723758. [学会 (全国)] (ポスター) 初期白内障眼における愁訴と高次波面収差. 高崎恵理子, 伊藤美沙絵, 相澤大輔, 鈴木雅信, 魚里 博, 清水公也 (眼): 第57回日本臨床眼科学会 (2003/11/3), 名古屋.

723759. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学における硝子体出血の原因と経過の検討. 岸原紘子, 高野雅彦, 柳田智彦, 中西 基, 杉本和久, 藤澤邦俊, 成瀬涼子, 小林桃子, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第42回日本網膜硝子体学会総会 第20回眼病理セミナー (2004/12/13), 福岡.

723760. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における特発性黄班円孔手術の成績. 柳田智彦, 高野雅彦, 藤村芙佐子, 杉本和久, 成瀬涼子, 中西 基, 岡本直之, 清水公也 (眼): 第27回日本眼科手術学会総会 (2004/1/31-2004/2/1), 東京.

723761. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院眼科における裂孔原性網膜剥離1年間の手術成績. 成瀬涼子, 高野雅彦, 中西 基, 岸原紘子, 西元久晴, 杉本和久, 柳田智彦, 宮崎茂則, 清水公也 (眼): 第27回日本眼科手術学会総会 (2004/1/31-2004/2/1), 東京.

723762. [学会 (全国)] (ポスター) 涙液が角膜収差の時間的変化に与える影響. 川守田拓志, 魚里 博 (眼): 第28回角膜カンファランス 第20回日本角膜移植学会 (2004/2/19-21), 鳥取.

731067. [学会 (地方)] (特別講演) より安全な緑内障治療を目指して. 庄司信行 (眼): 第39回関東甲信越眼科学会 (2003/5/17-18), 横浜. 神奈川県眼科医会会報.

731068. [学会 (地方)] (特別講演) 網膜色素変性症と治療研究. 高野雅彦 (眼): 近畿支部第7回定期総会 (解散) 及び6支部設立総会 (2003/6/1), 京都.

731069. [学会 (地方)] (特別講演) 近視の手術. 鈴木雅信 (眼): 相模原市眼科医会芽の愛護デー講座 (2003/10/15), 相模原.

731070. [研究会] (特別講演) 病院における保険請求時の留意事項. 鈴木雅信 (眼): 平成15年度神奈川県眼科医会健保懇話会 (2003/10/25), 神奈川.

731071. [研究会] (特別講演) 視神経乳頭形状と神経線維の解析における問題点. 庄司信行 (眼): 第12回湘西眼科臨床フォーラム (2003/7/3), 厚木.

731072. [研究会] (特別講演) 白内障手術時における老視対応. 清水公也 (眼): 第74回南大阪眼科勉強会 (2003/5/24), 近畿大.

732038. [研究会] (教育講演) 小瞳孔に対する超音波乳化吸引術. 嶺井利沙子 (眼): Pfizer Ophthalmology Seminar (2003/12/6), 横浜.

732039. [研究会] (教育講演) ここまできたLASIK〜WavefrontLASIK基礎と臨床. 大野晃司 (眼, 神奈川歯科大): 第101回神奈川県眼科集談会 (2004/2/12), 神奈川.

732040. [研究会] (教育講演) 薬事法改正とCL販売. 宇津見義一 (眼, 宇津見眼科): 第101回神奈川県眼科集談会 (2004/2/12), 神奈川.

733476. [学会 (地方)] (一般講演) Wavefront-guided LASIK術後1年の結果 (修正後ノモグラム検討). 飯田嘉彦1, 大熊恵子1, 小松真理1, 相澤大輔2, 伊藤美沙絵2, 天野理恵2, 鈴木雅信2, 魚里 博2, 清水公也2, 大野晃司3 (1山王病院. 2眼. 3神奈川歯科大): 第20回関東眼科学会 (2003/5/31), 東京.

733477. [学会 (地方)] (一般講演) 放射状角膜切開術と緑内障の管理. 鈴木宏昌, 庄司信行, 森田哲也, 河合裕美, 疋田朋子, 清水公也 (北里大): 第20回関東眼科学会 (2003/5/31), 東京.

733478. [学会 (地方)] (一般講演) 北里大学病院眼科における裂孔原性網膜剥離の手術成績. 石井恵美, 中西 基, 高野雅彦, 柳田智彦, 宮崎茂則, 西元久晴, 神蔵陽子, 山川弥生, 清水公也 (眼): 第20回関東眼科学会 (2003/5/31), 東京.

733479. [学会 (地方)] (一般講演) 偽膜性結膜炎と流行性角結膜炎, 咽頭結膜熱. 坂本則敏 (眼): 第17回藤沢市内科学会 (2004/2/29), 神奈川.

733480. [学会 (地方)] (一般講演) 治療に苦慮している巨大化した結膜扁平上皮癌の1例. 柏木広哉1,2, 村松知幸3, 亀谷 徹2 (1眼. 2静岡県立がんセンター. 3むらまつ眼科医院): 平成15年度第1回静岡県東部眼科医会放談会 (2003/4/24), 沼津.

733481. [学会 (地方)] (一般講演) 側頭筋腱弁及びエピテーゼにより再建した眼瞼脂腺癌の1例. 井上啓太1, 中川雅裕1, 石田 彩1, 清原祥夫1, 柏木広哉1,2 (1静岡県立がんセンター. 2眼): 第12 (18) 回日本皮膚外科学会 (2003/8/23), 岐阜.

733482. [学会 (地方)] (一般講演) 複視と耳鳴りで発症した硬膜動静脈瘻の一症例. 緒方博子1, 冨岡敏也1,2, 峰村建司1, 富田博樹1, 戸根 修1, 小原真樹夫1,2 (1武蔵野赤十字病院. 2眼): 第40回東京多摩地区眼科集談会 (2003/10/18), 東京.

733483. [研究会] (一般講演) 静岡県立がんセンター眼科の紹介. 柏木広哉 (県立静岡がんセンター, 眼): 静岡県ファルマバレーセンター交流会 (2003/8/28), 静岡.

733484. [研究会] (一般講演) 眼窩脂腺癌の1例. 柏木広哉1,2, 鬼塚哲郎2, 清原祥夫2, 中川雅裕2, 清水公也1 (1眼. 2静岡県立がんセンター): 第18回眼窩疾患シンポジウム (2003/11/29), 東京.

733485. [研究会] (一般講演) モノビジョン, phakic IOL. 清水公也 (眼): 眼科診療アップデートセミナー2004 (2004/3/7), 京都.

733486. [研究会] (一般講演) モノビジョン症例における両眼視機能と眼精疲労の関連について. 新井田孝裕1, 清水公也2, 新田任里江2, 嶺井利沙子2 (1国際医療福祉大. 2眼): 「IT眼症と環境因子」第2回研究会 (2003/4/20), 福岡.

733487. [研究会] (一般講演) 携帯電話メール使用前後の瞳孔反応−その1 若年者での検討−. 内山仁志1, 原 直人2, 大野晃司2, 田中舘明博1, 向野和雄1, 清水公也1 (1眼. 2神奈川歯大): 「IT眼症と環境因子」第2回研究会 (2003/4/20), 福岡.

733488. [研究会] (一般講演) 携帯電話を用いた電子メール作成前後の瞳孔反応, 輻輳眼球運動. 石川 均1, 陶山秀夫1, 堀部 円1, 石川 哲2, 清水公也3, 袴田直俊4 (1国際医療福祉大. 2北里研究所. 3眼. 4浜松ホトニクス): 「IT眼症と環境因子」第2回研究会 (2003/4/20), 福岡.

733489. [研究会] (一般講演) 8日間光覚弁なしから回復した両眼性視神経症の1例. 後関利明, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第18回真鶴セミナーin蓼科プログラム (2003/8/24), 真鶴.

733490. [研究会] (一般講演) 環境医学と神経眼科. 石川 哲 (北里研究所): 第18回真鶴セミナーin蓼科プログラム (2003/8/24), 真鶴.

733491. [研究会] (一般講演) 難治性黄班浮腫に対するトリアムシノロンテノン嚢下注射の効果と問題点. 成瀬涼子, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第101回神奈川県眼科集談会 (2004/2/12), 神奈川.

733492. [研究会] (一般講演) 網膜硝子体界面症候群 (黄斑上膜, 黄斑円孔) の手術成績. 柳田智彦, 高野雅彦, 杉本和久, 清水公也 (眼): 第101回神奈川県眼科集談会 (2004/2/12), 神奈川.

733493. [研究会] (一般講演) 涙液層の安定性が角膜収差に及ぼす影響. 魚里 博, 川守田拓志 (眼): 第101回神奈川県眼科集談会 (2004/2/12), 神奈川.

733494. [研究会] (一般講演) 突然電子カルテに出会って 県立静岡がんセンター眼科の現状. 柏木広哉1, 陶山秀夫2, 石川 均2, 原 直人3, 大野晃司3, 清水公也4 (1静岡県がんセンター. 2国際医療福祉大熱海病院. 3神奈川歯大. 4眼): 第101回神奈川県眼科集談会 (2004/2/12), 神奈川.

733495. [研究会] (一般講演) フリッカー視野計とFrequency Doubling Technologyの比較. 鈴木宏昌, 成瀬涼子, 根本理香, 河合裕美, 森田哲也, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第20回神奈川県緑内障談話会 (2004/2/14), 神奈川.

733496. [研究会] (一般講演) Laser in situ keratomileusis施行後1年経過した症例の網膜感度. 西元久晴, 根本理香, 鈴木宏昌, 河合裕美, 森田哲也, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第20回神奈川県緑内障談話会 (2004/2/14), 神奈川.

733497. [研究会] (一般講演) ベーチェット病による視神経障害が疑われた一症例. 五十嵐章史, 鈴木宏昌, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第39回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003/10/9), 神奈川.

733498. [研究会] (一般講演) 緑内障患者における両眼開放視野. 山川弥生, 河合裕美, 森田哲也, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第39回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003/10/9), 神奈川.

733499. [研究会] (一般講演) 45歳で急激な両眼の視力低下をきたした円錐角膜の一例. 白谷 徹1, 宇津見義一2, 根本理香1, 市邉義章1, 嶺井利沙子1, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 清水公也1 (1眼. 2宇津見眼科): 第39回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003/10/9), 神奈川.

733500. [研究会] (一般講演) 若年者におけるフェニレフリン・トロピカミド点眼前後の近方視力・瞳孔反応・輻湊. 浅川 賢1, 堀部 円1, 石川 均1, 陶山秀夫1, 清水公也2 (1国際医療福祉大熱海病院. 2眼): 第39回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003/10/9), 神奈川.

733501. [研究会] (一般講演) アトピー白内障の臨床経過. 後関利明, 嶺井利沙子, 藤澤邦俊, 清水公也 (眼): 第39回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2003/10/9), 神奈川.

733502. [研究会] (症例検討会) 脱臼例に対する手術計画. 藤澤邦俊 (眼): Pfizer Ophthalmology Seminar (2003/12/6), 横浜.


<<耳鼻咽喉科学>>

[学術論文]

110194. [原著] Effect of single-drug treatment on idiopathic sudden sensorineural hearing loss. 神崎 仁1, 井上泰宏1, 小川 郁1, 福田 諭2, 福島邦博3, 暁 清文4, 柳原尚明4, 星野知之5, 石戸谷淳一6, 鳥山 稔6, 喜多村 健7, 村井和夫8, 中島 務9, 丹羽英人9, 野村恭也10, 小林一女10, 小田 恂11, 岡本牧人12, 設楽哲也12, 阪上雅史13, 東野哲也14, 宇佐美真一15 (1慶応大. 2北海道大. 3岡山大. 4愛媛大. 5浜松医大. 6国立医療センター. 7東京医歯大. 8岩手医大. 9名古屋大. 10昭和大. 11東邦大. 12耳鼻. 13兵庫大. 14宮崎医大. 15信州大): Auris Nasus Larynx, 30 (2): 123-127, 2003.

110195. [原著] Relationship with Dynamic Balance Funcion During Standing and Walking. 島田裕之1, 大渕修一2, 上出直人1, 柴 義崇2, 岡本牧人3, 加倉井周一2 (1医療系大学院. 2医衛. 3耳鼻): Am J Physical Medicine & Rehabilitation, 82 (7): 511-516, 2003.

110196. [原著] Tonsillar IgA1 as a possible source of hypoglycosylated IgA1 in the serum of IgA1 nephropathy patients. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 高谷 徹3, 中村郁子3, 林みゆき2, 大庭和人2, 比企能之4, 小林 豊3, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2代謝蛋白. 3内. 4名古屋大): Nephrology Dialysis Transplantation, 18: 1108-1114, 2003.

110197. [原著] Three-dimensional analysis of morphological aspects of the human utricular macula. 長沼英明1, 徳増厚二1, 岡本牧人1, 橋本晋一郎1, 山科正平2 (1耳鼻. 2解): Annals of otology, Rhinology & Laryngology, 112 (5): 419-424, 2003.

110198. [原著] Visual observations of glottal sonfiguration and vocal outsomes in arytenoid adduction. 稲木勝英1, NP. Connor, 鈴木立俊1, DM. Bless, 上條貴裕1 (1耳鼻): Am J Otolaryngol, 24 (5): 290-296, 2003.

120078. [原著] 喉頭気管領域でのレーザー治療−喉頭白斑祥−. 平山方俊, 岡本牧人 (耳鼻): ENTONI 耳鼻咽喉科レザー治療マニュアル.

120079. [原著] 急性低音障害型感音難聴再発例の平成12, 13年度全国疫学調査. 中島正己1, 岡本牧人1, 佐野 肇1, 村井和夫2, 佐藤宏昭2, 星野知之3 (1耳鼻. 2岩手医大. 3浜松医大): Audiology Japan, 46: 241-248, 2003.

120080. [原著] 補聴器の実耳測定法に関する基礎的検討−実耳カプラ差法の精度について−. 萩原超子1, 松平登志正2, 佐野 肇3, 鈴木恵子2, 原 由紀2, 岡本朗子4, 鐵田晃久3, 岡本牧人3 (1医療系大学院. 2医衛. 3耳鼻. 4北里大学病院): Audiology Japan, 46: 227-234, 2003.

120081. [原著] 頭頸部清潔手術対する術後感染発症予防抗生剤の使用基準−抗生剤を使用しなくても問題ないか−. 鈴木立俊, 横堀 学, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌, 21 (1): 140-144, 2003.

120082. [原著] 手術治療を必要とした鼻出血症例の臨床的検討. 井口芳明, 八尾和雄, 西山耕一郎, 佐藤賢太郎 (耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床学会誌, 96 (6): 541-547, 2003.

120083. [原著] 両側喉頭麻痺症例の臨床的検討. 井口芳明, 西山耕一郎, 正来 隆, 岡本牧人 (耳鼻): 日本気管食道科学会報, 54 (6): 387-393, 2003.

120084. [原著] 喉頭異物の臨床的検討. 正来 隆1, 廣瀬 肇2, 井口芳明1, 山本一博1, 竹田昌彦1, 中島正己1, 臼井大祐1, 猪 健志1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 日本気管食道科学会報, 54 (6): 394-400, 2003.

120085. [原著] 良性発作性頭位めまい症の回旋性眼振の垂直成分. 徳増厚二1, 長沼英明1, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 栗原里佳1, 岡本牧人1, 山根雅昭2 (1耳鼻. 2虎ノ門病院): Equilibrium Res, 62 (4): 331-338, 2003.

120086. [原著] 上顎洞癌の治療 (北里方式) に用いた術前8 Gy照射による間質反応の変化と予後. 八尾和雄, 岡本牧人, 中山明仁, 竹田昌彦, 正来 隆, 橋本大門, 上條貴裕 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 107: 139-144, 2004.

120087. [原著] 難聴患者におけるミトコンドリア遺伝子変異の検討. 宮本俊輔, 佐野 肇, 小野雄一, 新田光邦, 岡本牧人 (耳鼻): Audiology Japan, 46: 595-599, 2003.

120088. [原著] 側方照射レーザーと縫合手技を用いた声帯癒着症の手術. 西山耕一郎1, 廣瀬 肇2, 井口芳明1, 正来 隆1, 竹田昌彦1, 橋本大門1, 臼井大祐1, 堀口利之2, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 頭頸部外科, 13 (1): 23-28, 2003.

220043. [準原著] 喉頭微細手術用持針器と声帯縫合用針曲げ器の試作. 西山耕一郎1, 廣瀬 肇2, 井口芳明1, 永井浩巳1, 正来 隆1, 猪 健志1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 日本気管食道科学会報, 54 (3): 223-228, 2003.

220044. [短報] 急性気道狭窄とその対策−急性喉頭蓋炎を中心に−. 西山耕一郎 (耳鼻): 日本気管食道科学会報, 54 (3): 238-239, 2003.

320097. [症例報告] 急性中耳炎に続発した化膿性髄膜炎の1例. 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 75 (8): 563-565, 2003.

320098. [症例報告] 術後性声帯癒着症に対する1治療方法−顕微鏡下喉頭手術支援内視鏡の使用と粘膜縫合−. 佐藤賢太郎1, 岡本牧人1, 西山耕一郎1, 平山方俊1, 廣瀬 肇2 (1耳鼻. 2医衛): 日本気管食道科学会報, 54 (3): 214-218, 2003.

320099. [症例報告] 外耳道有生異物 (カクマダニ属) 例. 正来 隆, 星野 功, 岡本牧人 (耳鼻): 耳鼻臨床, 97 (1): 21-24, 2004.

320100. [症例報告] 喉頭サイコイドーシスの1例. 和田昌興1, 八尾和雄1, 西山耕一郎1, 山本一博1, 越野樹典1, 佐藤賢太郎1, 都川知之1, 廣瀬 肇2 (1耳鼻. 2医衛): 日本気管食道科学会報, 54 (5): 365-369, 2003.

320101. [症例報告] 舌に発生した神経鞘腫の4例. 橋本大門, 西山耕一郎, 永井浩巳, 伊藤昭彦, 正来 隆, 猪 健志, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 口腔・咽頭科, 16 (2): 243-249, 2004.

320102. [症例報告] 好酸球疾患−好酸球性中耳炎−. 橋本晋一郎 (耳鼻): 北里医学, 33: 93-96, 2003.

520255. [総説] 外来診療における嚥下障害の評価法. 西山耕一郎 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会報, 16 (4): 39-43, 2003.

520256. [総説] 小児声帯結節に対する保存的治療の適応と実際. 西山耕一郎 (耳鼻): JOHNS, 19 (11): 1605-1608, 2003.

520257. [総説] 喉頭 音声検査. 西山耕一郎1, 堀口利之2 (1耳鼻. 2医衛): JOHNS, 20 (3): 410-414, 2003.

520258. [総説] 喉頭 アレルギー. 西山耕一郎, 八尾和雄 (耳鼻): 耳鼻咽喉科診療 QUESTIONS & ANSWERS 追録, (37): 997ノ6-997ノ7の3, 2003.

520259. [総説] 好酸球疾患−耳鼻咽喉科領域において−. 八尾和雄 (耳鼻): 北里医学, 33: 89-92, 2003.

520260. [総説] 鼻アレルギー診療ガイドライン第12回ガイドライン 私はこう使う−第一選択としての手術治療 トリクロール酢酸下甲介化学剤手術−. 八尾和雄 (耳鼻): 鼻アレルギーフロンティア, 14: 58-62, 2003.

520261. [総説] 特集 上気道アレルギーを診る 鼻アレルギーの治療 外科的治療−適応と術式薬物による焼灼−. 八尾和雄 (耳鼻): 耳喉頭頸, 76 (増): 77-84, 2004.

520262. [総説] 言語聴覚士と聴覚検査. 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 臨床検査, 47 (10): 1157-1160, 2003.

520263. [解説] 補聴器の評価−フィッティングされた補聴器は役に立つのか−. 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): ENTONI, 30: 26-34, 2003.

520264. [解説] UPPP−われわれの方法−. 竹田昌彦, 西山耕一郎, 岡本牧人 (耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 75 (9): 611-615, 2003.

[著 書] 

620226. [学術書] (分担執筆) 長寿科学辞典; 聴覚リハビリテーション, p.772-P773. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 井形昭弘1, 上田 敏2, 大谷 明3, 折茂 肇4, 金川克子5, 寺澤捷年6, 戸川達男7, 前田大作8, 渡邊 昌9 (1名古屋学芸大. 2前東京大. 3国立感染症研究所. 4健康科学大. 5石川県立看護大. 6富山医薬大. 7早稲田大. 8ルーテル学院大. 9東京農大), 監修 祖父江逸郎 (名古屋大学・愛知医大), 医学書院, 東京, 2003/4/1発行.

620227. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科薬物療法マニュアル; 急性低音障害型感音難聴, p.202-206. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 神崎 仁1, 小川 郁2 (1国際医療福祉大. 2慶応大), 金原出版 (株), 東京, 2003/5/25発行.

620228. [学術書] (分担執筆) 今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 (第2版); 頭頸部領域の悪性リンパ腫, p.470-471. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 森山 寛1, 岸本誠司2, 小林俊光3, 川内秀之4 (1東京慈恵会医大. 2東京医歯大. 3東北大. 4島根医大), 医学書院, 東京, 2003/5/15発行.

620229. [学術書] (分担執筆) 今日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科治療指針 (第2版); 鼻骨骨折, p.272-274. 西山耕一郎 (耳鼻), 編集 森山 寛1, 岸本誠司2, 小林俊光3, 川内秀之4 (1東京慈恵会医大. 2東京医歯大. 3東北大. 4島根医大), 医学書院, 東京, 2003/5/15発行.

620230. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 診療に必要な頭頸部の解剖・生理学, p.17-24. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620231. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 手術療法, p.92-99. 中山明仁 (耳鼻), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620232. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 化学療法・免疫療法, p.114-117. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620233. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 上咽頭癌, p.122-128. 八尾和雄1, 早川和重2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620234. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 中咽頭癌, p.129-139. 稲木勝英1, 西口 郁2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620235. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 下咽頭・頸部食道, p.141-148. 岡本牧人1, 西口 郁2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620236. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 鼻・副鼻腔悪性腫瘍, p.150-157. 八尾和雄1, 北野雅史2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620237. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 聴器癌, p.160-164. 永井浩巳1, 西口 郁2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620238. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 口腔・舌癌, p.167-175. 稲木勝英1, 早川和重2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620239. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 唾液腺腫瘍, p.177-180. 永井浩巳1, 早川和重2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620240. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 喉頭癌, p.182-189. 中山明仁1, 北野雅史2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620241. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 甲状腺癌, p.191-197. 中山明仁1, 早川和重2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620242. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 原発不明頸部リンパ節移転, p.209-213. 中山明仁1, 早川和重2 (1耳鼻. 2放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620243. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 全身管理, p.231-235. 伊藤昭彦1, 堀田彩子2 (1耳鼻. 2看護部), 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放): 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620244. [学術書] (分担執筆) ENT耳鼻咽喉科・頭頸部外科−処置・手術シリーズ−7; 第一選択治療としての放射線療法, p.77-83. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 森山 寛1, 佃 守2, 高橋 姿3, 岡本美孝4 (1東京慈恵会医大. 2横浜市大. 3新潟大. 4千葉大): メジカルビュー社, 東京, 2003/7/20発行.

620245. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の機能検査−何がどこまで分かるか−; IV補聴器フィッティング. 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻), 医学書院, 東京, 2003発行.

620246. [学術書] (分担執筆) Pharma Medica; 睡眠時無呼吸症候群 (SAS) をめぐって: 閉塞型SAS (OSAS): 治療 手術療法, p.51-55. 竹田昌彦, 岡本牧人 (耳鼻), (株) メディカルレビュー社, 東京, 2003/10/10発行.

620247. [学術書] (分担執筆) Chemosurgery新しい診断と治療のABC12, アレルギー性鼻炎, p.213-224. 八尾和雄 (耳鼻), 編集 今野昭義, 最新医学社, 大阪, 2003発行.

620248. [学術書] (分担執筆) 耳鼻咽喉科・頭頸部外科=処置・手術シリーズ7; ENT Now耳鼻咽喉科処置・手術のControversy, 上顎癌治療における3者併用療法の使い分け 北里方式, p.100-107. 八尾和雄 (耳鼻), 編集 岡本美孝, Medical View, 東京, 2003発行. 

620249. [学術書] (分担執筆) イラスト手術手技のコツ耳鼻咽喉科・頭頸部外科; 鼻腔手術, 化学的下甲介焼灼術の実際, p.297-298. 八尾和雄 (耳鼻), 編集 飯沼壽孝, 監修 村上 泰, 東京医学社, 東京, 2003発行. 

620250. [学術書] (分担執筆) これだけは知っておきたい, DON'T & DO−してはいけないこと, すべきこと−, 鼻出血, p.18-109. 八尾和雄 (耳鼻), 編集 増田重三, 新興医学出版社, 東京, 2004発行. 

[学会・研究会等]

713141. [学会 (国際)] (一般講演) Overproduction of Asialo IgA1 in Tonsil of IgA Nephropathy Patient. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 高谷 徹3, 中村郁子3, 比企能之4, 小林 豊3, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2代謝蛋白. 3内. 4名古屋大): 第5回国際扁桃・粘膜免疫シンポジウム (2003/4/9-11), 和歌山. 第5回国際扁桃・粘膜免疫シンポジウム抄録集, p.73, 2003.

722108. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 下咽頭癌における Laminin-5 2鎖の発現亢進と予後の関係. 中山明仁, 上條貴裕, 橋本大門, 竹田昌彦, 山本一博, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/25-27), 金沢. 頭頸部腫瘍 予稿集, 29 (2): 293, 2003.

722109. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 頭頸部腫瘍の肺転移に対するstereotactic radiosurgery (SRS) 治療. 栗原里佳1, 中山明仁1, 八尾和雄1, 山本一博1, 竹田昌彦1, 上條貴裕1, 岡本牧人1, 西口 郁2, 北野雅史2, 早川和重2 (1耳鼻. 2放): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/25-27), 金沢. 頭頸部腫瘍 予稿集, 29 (2): 294, 2003.

722110. [学会 (全国)] (ビデオシンポジウム) ポリープ様声帯に対するYAGレーザー・粘膜縫合手術の検討−従来法との音響分析の比較−. 西山耕一郎1, 井口芳明1, 山本一博1, 正来 隆1, 和田昌興1, 堀口利之2, 八尾和雄1, 廣瀬 肇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第55回日本気管食道科学会 (2003/10/30-31), 福岡. 予稿集, p.57, 2003.

722111. [学会 (全国)] (シンポジウム) 喉頭微細手術における側方照射レーザーの有用性. 西山耕一郎1, 井口芳明1, 正来 隆1, 堀口利之2, 八尾和雄1, 廣瀬 肇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第24回日本レーザー医学会総会 (2003/11/14-15), 岐阜. 予稿集, p.145, 2003.

722112. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) メニエール病の長期治療成績. 宮田英雄1, 徳増厚二2, 矢沢代四郎3, 大貫純一4, 高橋正紘4 中山明峰5 (1一宮西病院. 2耳鼻. 3滋賀医大. 4東海大. 5愛知医大): 第62回日本めまい平衡医学会 (2003/11/27-28), 横浜.

723763. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭癌に対するCricohyoigepiglottopexy後嚥下機能の検討−第2報−. 横堀 学, 中山明仁, 八尾和雄, 山本一博, 鈴木立俊, 竹田昌彦, 上條貴裕, 岡本牧人 (耳鼻): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/25-27), 金沢. 頭頸部腫瘍 予稿集, 29 (2): 329, 2003.

723764. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭癌治療不能の臨床経過. 牧 敦子, 中山明仁, 八尾和雄, 山本一博, 竹田昌彦, 上條貴裕, 岡本牧人 (耳鼻): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/25-27), 金沢. 頭頸部腫瘍 予稿集, 29 (2): 333, 2003.

723765. [学会 (全国)] (一般講演) 両側上顎洞癌異時発症例の検討. 八尾和雄, 岡本牧人, 中山明仁, 永井浩巳, 山本一博, 竹田昌彦, 橋本大門, 上條貴裕 (耳鼻): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/25-27), 金沢. 頭頸部腫瘍 予稿集, 29 (2): 352, 2003.

723766. [学会 (全国)] (一般講演) 舌弁により再建した口腔底癌症例の検討. 山本一博1, 中山明仁1, 八尾和雄1, 上條貴裕1, 岡本牧人1, 岡本朗子2, 廣瀬 肇3 (1耳鼻. 2北里大学病院. 3医衛): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/25-27), 金沢. 頭頸部腫瘍 予稿集, 29 (2): 367, 2003.

723767. [学会 (全国)] (一般講演) 両側咽頭麻痺の臨床的検討. 井口芳明1, 廣瀬 肇2, 西山耕一郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第15回日本喉頭科学会総会・学術講演会 (2003/4/25-26), 秋田. 予稿集, p.131, 2003.

723768. [学会 (全国)] (一般講演) 「アレルギー性鼻炎のエビデンスに基づいた治療」手術治療−化学剤手術−. 八尾和雄 (耳鼻): 第15回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2003/5/12-13), 横浜. 抄録集, 52 (2, 3): 259, 2003.

723769. [学会 (全国)] (一般講演) 正弦波直線加速度刺激による耳石−動眼反射の検討−. 長沼英明1, 徳増厚二1, 岡本牧人1, 河原克雅2, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 伊保清子3, 浅野和江3, 村山真弓3 (1耳鼻. 2生理. 3検査室): 第104回日本耳鼻咽喉科学会 (2003/5/22), 東京. 予稿集, 106 (4): 437, 2003.

723770. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴聴力不変例の検討. 佐野 肇1, 新田光邦2, 小野雄一3, 鐵田晃久1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2国立相模原病院. 3津久井赤十字病院): 第104回日本耳鼻咽喉科学会 (2003/5/22-24), 東京. 予稿集, 106 (4): 459, 2003.

723771. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト半規管膜迷路の三次元再構築とその計測−頭蓋基準平面との関係−. 橋本晋一郎, 長沼英明, 徳増厚二, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第104回日本耳鼻咽喉科学会 (2003/5/22-24), 東京. 予稿集, 106 (4): 484, 2003.

723772. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症の下甲介粘膜の色彩変化と重症度の関係. 佐藤賢太郎, 八尾和雄, 井口芳明, 西山耕一郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第104回日本耳鼻咽喉科学会 (2003/5/22-24), 東京. 予稿集, 106 (4): 435, 2003.

723773. [学会 (全国)] (一般講演) 糖鎖不全IgA結合蛋白質 (IgA1-BP) と扁桃IgAについて. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2代謝蛋白): 第16回日本口腔・咽頭科学会 (2003/9/12), 東京. 抄録集, p.59, 2003.

723774. [学会 (全国)] (一般講演) DNA・Not1染色を用いたEBウイルス感染症と悪性リンパ腫の鑑別診断. 栗原里佳, 八尾和雄, 中山明仁, 岡本牧人 (耳鼻): 第16回日本口腔・咽頭科学会 (2003/9/12), 東京. 抄録集, p.87, 2003.

723775. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴の対側聴力と予後. 佐野 肇, 新田光邦, 小野雄一, 岡本牧人 (耳鼻): 第48回日本聴覚医学会 (2003/9/25-26), 東京. 予稿集, 46 (5): 315-318, 2003.

723776. [学会 (全国)] (一般講演) 質問紙を活用した補聴器の試聴評価. 鈴木恵子1, 原 由紀1, 佐野 肇2, 岡本牧人2, 松平登志正1, 井上理絵3, 河瀬敦子3 (1医衛. 2耳鼻. 3北里大学病院): 第48回日本聴覚医学会 (2003/9/25-26), 東京. 予稿集, 46 (5): 363-364, 2003.

723777. [学会 (全国)] (一般講演) アレルギー性鼻炎に対する下甲介化学剤手術の有用性−Th2細胞浸潤数での検討−. 八尾和雄, 佐藤賢太郎, 栗原里佳, 上條貴裕, 井口芳明, 西山耕一郎, 鈴木立俊, 岡本牧人 (耳鼻): 第42回日本鼻科学会 (2003/10/11-12), 東京. 予稿集, 42 (3): 141, 2003.

723778. [学会 (全国)] (一般講演) ゲンタマイシンによる蝸牛有毛細胞障害に対するテプレノンの効果. 佐野 肇, 米田 敏, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第13回日本耳科学会発 (2003/10/16-18), 千葉. 予稿集, 13 (4): 346, 2003.

723779. [学会 (全国)] (一般講演) 実験的内リンパ水腫動物モデルにおける蝸牛内リンパ電位 (EP) の検討. 長沼英明1, 河原克雅2, 鈴木善郎2, 徳増厚二1, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第13回日本耳科学会 (2003/10/18), 千葉. 予稿集, 13 (4): 564, 2003.

723780. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児喉頭嚢胞の一例. 和田昌興, 西山耕一郎, 正来 隆, 竹田昌彦, 中島正己, 橋本大門, 牧 敦子, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第55回日本気管食道科学会 (2003/10/30-31), 福岡. 予稿集, p.103, 2003.

723781. [学会 (全国)] (一般講演) 当科で施行した小児の気管切開術症例の臨床的検討. 正来 隆, 西山耕一郎, 橋本大門, 和田昌興, 牧 敦子, 平山方俊, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第55回日本気管食道科学会 (2003/10/30-31), 福岡. 予稿集, p.106, 2003.

723782. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭血管腫症例の検討. 牧 敦子, 西山耕一郎, 永井浩巳, 正来 隆, 上條貴裕, 和田昌興, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第55回日本気管食道科学会 (2003/10/30-31), 福岡. 予稿集, p.138, 2003.

723783. [学会 (全国)] (一般講演) 急性喉頭蓋炎の臨床的検討−気道確保症例について−. 橋本大門, 西山耕一郎, 井口芳明, 正来 隆, 和田昌興, 牧 敦子, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第55回日本気管食道科学会 (2003/10/30-31), 福岡. 予稿集, p.146, 2003.

723784. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭直達鏡下被裂軟骨内転術 (声帯内自家側頭筋膜移植術の応用). 西山耕一郎1, 正来 隆1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 堀口利之2, 八尾和雄1, 廣瀬 肇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第48回日本音声言語医学会 (2003/11/7), つくば. 予稿集, p.75, 2003.

723785. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト半規管膜迷路の頭蓋基準平面に対する平面方程式. 橋本晋一郎, 長沼英明, 徳増厚二, 伊藤昭彦, 橋本大門, 和田昌興, 岡本牧人 (耳鼻): 第62回日本めまい平衡医学会 (2003/11/27-28), 横浜. 予稿集, 62 (5): 2003.

723786. [学会 (全国)] (一般講演) 正弦波直線加速刺激による耳石−動眼反射の検討 -第2報-. 長沼英明1, 徳増厚二1, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 橋本大門1, 岡本牧人1, 河原克雅2, 伊保清子3 (1耳鼻. 2生理. 3検査部): 第62回日本めまい平衡医学会 (2003/11/27-28), 横浜. 予稿集, 62 (5): 2003.

723787. [学会 (全国)] (一般講演) 健常者のAir caloric testにおける左右差について. 伊保清子1, 下河ナオミ1, 浅野和江1, 村山真弓1, 芳田ひとみ1, 長沼英明2, 徳増厚二2, 岡本牧人2 (1検査部. 2耳鼻): 第62回日本めまい平衡医学会 (2003/11/27-28), 横浜. 予稿集, 62 (5): 2003.

723788. [学会 (全国)] (一般講演) 健常者のAir caloric testにおける最大緩徐相速度の分布と当施設における正常範囲の検討. 下河ナオミ1, 伊保清子1, 浅野和江1, 村山真弓1, 芳田ひとみ1, 長沼英明2, 徳増厚二2, 岡本牧人2 (1検査部. 2耳鼻): 第62回日本めまい平衡医学会 (2003/11/27-28), 横浜. 予稿集, 62 (5): 2003.

723789. [学会 (全国)] (一般講演) メニエール病と気象因子との関係について. 伊藤昭彦, 長沼英明, 橋本晋一郎, 橋本大門, 和田昌興, 徳増厚二, 岡本牧人 (耳鼻): 第62回日本めまい平衡医学会 (2003/11/27-28), 横浜. 予稿集, 62 (5): 2003.

723790. [学会 (全国)] (一般講演) メニエール病を疑った小脳橋角部嚢胞症例. 橋本大門, 長沼英明, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 和田昌興, 徳増厚二, 岡本牧人 (耳鼻): 第62回日本めまい平衡医学会 (2003/11/27-28), 横浜. 予稿集, 62 (5): 2003.

723791. [学会 (全国)] (一般講演) 声帯内自家側頭筋膜移植による披裂軟骨内方移動の検討. 西山耕一郎1, 廣瀬 肇2, 堀口利之2, 正来 隆1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 臼井大祐1, 角田晃一3, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛. 3国立感覚器センター人工臓器): 第19回西日本音声外科研究会 (2004/1/10), 名古屋.

723792. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症における下甲介粘膜の色彩変化 -第3報-. 佐藤賢太郎, 八尾和雄, 井口芳明, 山本一博, 西山耕一郎 (耳鼻): 第22回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 (2004/3/25-27), 札幌.

723793. [学会 (全国)] (ポスター) TS-1単独投与が著効した下咽頭癌の一例. 上條貴裕1, 中山明仁1, 山本一博1, 竹田昌彦1, 八尾和雄1, 岡本牧人1, 西口 郁2, 北野雅史2, 早川和重2 (1耳鼻. 2放): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/25-27), 金沢. 頭頸部腫瘍 予稿集, 29 (2): 400, 2003.

723794. [学会 (全国)] (ビデオ) 喉頭直達鏡下手術の適応拡大について. 西山耕一郎1, 廣瀬 肇2, 八尾和雄1, 正来 隆1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第104回日本耳鼻咽喉科学会 (2003/5/22-24), 東京. 予稿集, 106 (4): 369, 2003.

723795. [学会 (全国)] (ビデオセッション) 声帯内自家側頭筋膜移植術の誤嚥防止効果の検討. 西山耕一郎1, 正来 隆1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 堀口利之2, 八尾和雄1, 廣瀬 肇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第55回日本気管食道科学会 (2003/10/30-31), 福岡. 予稿集, p.65, 2003.

732041. [研究会] (シンポジウム) 扁桃周囲膿瘍の臨床 1.大学病院の症例 2.市民病院の症例. 臼井大祐, 新田光邦 (耳鼻): 第11回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2003/10/25), 北里.

732042. [研究会] (シンポジウム) 検出菌からみる咽頭炎・扁桃炎 1.近年の検出菌の動向 2.細菌検査室のデータ解析. 鈴木立俊, 横堀 学 (耳鼻): 第11回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2003/10/25), 北里.

732043. [研究会] (シンポジウム) 扁桃炎・咽頭炎臨床症状遷延例に対するLVFXの投与経験. 鈴木立俊 (耳鼻): 第11回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2003/10/25), 北里.

732044. [研究会] (実技講習パネル) 睡眠時無呼吸症候群の診断−耳鼻咽喉科的所見を中心に−. 上條貴裕 (耳鼻): 第11回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2003/10/25), 北里.

732045. [研究会] (実技講習パネル) 経鼻持続陽圧呼吸療法 (n-CPAP) について. 竹田昌彦 (耳鼻): 第11回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2003/10/25), 北里.

733503. [学会 (地方)] (一般講演) 周期性交代性眼振の一症例. 猪 健志, 長沼英明, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 橋本大門, 上條貴裕, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第124回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2003/5/31), 横浜.

733504. [学会 (地方)] (一般講演) 北里大学病院における新生児聴覚スクリーニング. 牧 敦子, 佐野 肇, 上條貴裕, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第124回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2003/5/31), 横浜.

733505. [学会 (地方)] (一般講演) 当教室で経験した喉頭カルチノイドの検討. 和田昌興, 中山明仁, 八尾和雄, 竹田昌彦, 宮本俊輔, 上條貴裕, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第125回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2003/9/20), 横浜.

733506. [学会 (地方)] (一般講演) 鼻腔結核の1例. 林 政一, 橋本晋一郎, 橋本大門, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第126回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2003/12/6), 横浜.

733507. [学会 (地方)] (一般講演) 副鼻腔真菌症の臨床的検討. 大橋健太郎, 橋本大門, 伊藤昭彦, 宮本俊輔, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第126回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2003/12/6), 横浜.

733508. [学会 (地方)] (一般講演) 動眼神経麻痺を認めた副鼻腔のう胞の1例. 猪 健志, 新田光邦, 横堀 学, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第126回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2003/12/6), 横浜.

733509. [学会 (地方)] (一般講演) 突発性難聴の治療成績. 中島正己, 稲木勝英, 蓮見恵子, 原田広一 (耳鼻): 埼玉医師医学会総会 (2004/1/21), 埼玉.

733510. [学会 (地方)] (一般講演) 口蓋扁桃に転移した肝細胞癌の1例. 清野由輩, 中山明仁, 竹田昌彦, 橋本大門, 宮本俊輔, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第127回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/3/27), 横浜.

733511. [研究会] (一般講演) ヒト内耳前庭系の三次元形態. 橋本晋一郎 (耳鼻): 第10回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2003/5/22), 東京.

733512. [研究会] (一般講演) いびき・睡眠時無呼吸の診断と治療. 竹田昌彦 (耳鼻): 第62回相武耳鼻科研究会 (2003/6/14), 相模大野.

733513. [研究会] (一般講演) 外来診療における嚥下障害の診断法. 西山耕一郎 (耳鼻): 第62回相武耳鼻科研究会 (2003/6/14), 相模大野.

733514. [研究会] (一般講演) 当科における耳下腺腫瘍手術−神経温存わを中心に−. 横堀 学 (耳鼻): 第16回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術手技研究会 (2003/6/20), 横浜.

733515. [研究会] (一般講演) ミトコンドリア遺伝子変異による難聴. 佐野 肇 (耳鼻): 第94回難聴言語障害研究会 (2003/6/21), 横浜.

733516. [研究会] (一般講演) 低音障害型感音難聴再発例の耳閉塞感. 中島正己1, 佐野 肇1, 牧 敦子1, 岡本牧人1, 佐藤宏明2, 村井和夫2 (1耳鼻. 2岩手医大): 日本聴覚医学会第8回耳閉塞感研究会 (2003/7/4), 東京. 予稿集, p.4, 2003.

733517. [研究会] (一般講演) メニエール病と急性低音障害型感音難聴の耳閉塞感. 猪 健志, 長沼英明, 佐野 肇, 岡本牧人 (耳鼻): 日本聴覚医学会第8回耳閉塞感研究会 (2003/7/4), 東京. 予稿集, p.5, 2003.

733518. [研究会] (一般講演) 地域支援型病院における突発性難聴の治療. 稲木勝英, 中島正己, 蓮見恵子 (耳鼻): 埼玉プロスタデランディン研究会 (2003/7/19), 埼玉.

733519. [研究会] (一般講演) 喉頭癌に対する喉頭亜全摘術Cricohyoidoepiglottopexyによる音声・嚥下機能の温存. 中山明仁 (耳鼻): 第5回北里腫瘍フォーラム (2003/7/25), 北里.

733520. [研究会] (一般講演) 急性感音難聴の治療成績. 稲木勝英, 中島正己 (耳鼻): 第161回北里研究所会 (2004/3/11), 埼玉.

733521. [研究会] (一般講演) 放射線口内炎の治療について. 中島正己, 稲木勝英, 蓮見恵子, 田所克己 (耳鼻): 第161回北里研究所会 (2004/3/11), 埼玉.

733522. [研究報告 (厚生労働省)] ゲンタマイシンによる外毛細胞傷害に対するテプレノンの効果. 佐野 肇, 米田 敏, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業) 急性高度難聴に関する調査研究 平成15年度第2回研究報告会 (2004/2/7), 東京.

733523. [研究報告 (厚生労働省)] 突発性難聴性難聴. 岡本牧人1, 佐野 肇1, 橋本大門1, 小野雄一2 (1耳鼻. 2津久井赤十字病院): 厚生労働科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業) 急性高度難聴に関する調査研究 平成15年度第2回研究報告会 (2004/2/7), 東京.

733524. [研究報告 (厚生労働省)] パゾプレッシン投与動物モデルの蝸牛形態. 長沼英明1, 河原克雅2, 山科正平3, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理. 3解): 厚生労働科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業) 急性高度難聴に関する調査研究 平成15年度第2回研究報告会 (2004/2/7), 東京.

733525. [研究報告 (厚生労働省)] 急性低音障害型感音難聴の都市部および郡部での有病率調査. 川島慶之1, 井原一成1, 佐藤宏昭2, 岡本牧人3, 中島 務4 (1東邦大. 2岩田医大. 3耳鼻. 4名古屋大): 厚生労働科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業) 急性高度難聴に関する調査研究 平成15年度第2回研究報告 (2004/2/7), 東京.


<<精神科学>>

[学術論文]

110199. [原著] Antisense hippocampal knockdown of NMDA-NR1 by HVJ-liposome vector induces deficit of prepulse inhibition but not of spatial memory. 稲田 健1, 石郷岡 純1, 安斉 健2, 鈴木映二1, 宮岡 等1, 佐治真理3 (1精. 2麻. 3医衛): Neuroscience research, 45: 473-481, 2003.

110200. [原著] Overexpression of Ca2+-permeable AMPA receptor promotes delayed cell death of hippocampal CA1 neurons following transient forebrain ischemia. 安斉 健1, Keisuke Tsuzuki2, Nobuaki Yamada2, Tomoyo Hayashi2, Miwa Iwakuma3, 稲田 健4, Kimihiko Kameyama5, 外 須美夫1, 佐治真理3 (1麻. 2群馬大. 3医衛. 4精. 5National Institute of Advanced Industrial Science and Technology): Neuroscience research, 46: 41-51, 2003.

110201. [原著] Sleep-onset rapid eye movement period during hypoactive delirium. 齋藤正範1, Junko Suzuki2, Kumi Himeda2, Yoshimi Oshida2, 宮岡 等1 (1精. 2Clinical Laboratory, Kitasato University East Hospital): Sleep and biological rhythms, 1 (3): 199-202, 2003.

110202. [原著] Efficacy of open-system social skills training in inpatients with mood, neurotic and eating disorders. 高橋 恵1, Kenji Kosaka2 (1精. 2横浜市大): Psychiatry and clinical neurosciences, 57: 295-302, 2003.

110203. [原著] Plasma nitrate levels in deficit vs. non-deficit forms of schizophrenia. 鈴木映二1, Toshio Nakaki2, Makoto Nakamura2, 宮岡 等1 (1精. 2慶応大): Journal of Psychiatry & Neuroscience, 28 (4): 288-292, 2003.

110204. [原著] Nitric Oxide Induced Heat Shock Protein 70 mRNA in Rat Hypothalamus during Acute Restraint Stress under Sucrose Diet. 鈴木映二1, Haruaki Kageyama2, Toshio Nakaki3, Shigenobu Kanba4, Shuji Inoue5, 宮岡 等1 (1精. 2昭和大. 3帝京大. 4山梨大. 5共立女子大): Cellular and Molecular Neurobiology, 23 (6): 907-915, 2003.

110205. [原著] Long-Term Imipramine Treatment Increases Nitrate Levels in the Rat Hypothalamus. 鈴木映二1, Toshio Nakaki2, 神庭重信3, Futoshi Shintani4, 宮岡 等1 (1精. 2帝京大. 3山梨大. 4埼玉医大): Cellular and Molecular Neurobiology, 23 (6): 953-962, 2003.

110206. [原著] Nitric oxide involvement in depression during interferon-alpha therapy. 鈴木映二1, 吉田芳子1, 渋谷明隆2, 宮岡 等1 (1精. 2内): Journal of Neuropsychopharmacology, 6 (4): 415-419, 2003.

120089. [原著] 「医療分野における心理職の資格問題」に関する学会員アンケート結果報告. 森岡由起子, 本城秀次, 佐藤喜一郎 (精): 児童青年精神医学とその近接領域 2003.

210028. [Letter] Plasma nitrate and nitrite levels of patients with eating disorders. 鈴木映二1, Hiroko Mizushima2, Yutaka Ono2, 横山正宗1, 宮岡 等1 (1精. 2慶応大): Psychiatry and Clinical Neurosciences, 57 (3): 343-344. 2003.

210029. [短報] Cytochrome P450 2D6 Polymorphism and Character Traits. 鈴木映二1, Yoshie Kitao2, Yutaka Ono2, Yoshimi Iijima2, Toshiya Inada2 (1精. 2慶応大): Psychiatry Genetics, 13 (2): 111-113. 2003.

520265. [講座] 薬物による痴呆 抗不安薬. 稲田 健, 石郷岡 純 (精): 日本臨床, 62 (増1): 461-465, 2004.

520266. [講座] 親子のストレス. 佐藤喜一郎 (精): ストレス科学, 18: 114-121, 2003.

520267. [講座] 成人のADHDの薬物療法−効用と限界−. 佐藤喜一郎 (精): 精神治療学, 19: 571-578, 2003.

520268. [講座] RSDを含む頑固なneuropathic painの病体と治療. 吉邨善孝 (精): 臨床整形外科, 38: 1381-1385, 2003.

[著 書]

620251. [学術書] (分担執筆) Key Word 精神 第3版; 医療面接. 宮岡 等 (精), 編集 樋口輝彦1, 神庭重信2, 染矢俊幸3, 宮岡 等4 (1国立精神・神経センター. 2山梨大. 3新潟大. 4精), 先端医学社, 東京, 2003/4/10発行.

620252. [学術書] (分担執筆) Key Word 精神 第3版; ベンゾジアゼピン受容体, p.224-225. 稲田 健, 鈴木映二, 宮岡 等 (精), 編集 樋口輝彦1, 神庭重信2, 染矢俊幸3, 宮岡 等4 (1国立精神・神経センター. 2山梨大. 3新潟大. 4精), 先端医学社, 東京, 2003/4/10発行.

620253. [学術書] (分担執筆) Key Word 精神 第3版; 精神科リハビリテーション, p.94-96. 高橋 恵 (精), 編集 樋口輝彦1, 神庭重信2, 染矢俊幸3, 宮岡 等4 (1国立精神・神経センター. 2山梨大. 3新潟大. 4精), 先端医学社, 東京, 2003/4/10発行.

620254. [学術書] (分担執筆) Key Word 精神 第3版; SLE精神病, p.28-29. 齋藤正範 (精), 編集 樋口輝彦1, 神庭重信2, 染矢俊幸3, 宮岡 等4 (1国立精神・神経センター. 2山梨大. 3新潟大. 4精), 先端医学社, 東京, 2003/4/10発行.

620255. [学術書] (分担執筆) 身体疾患と背景の心理; 子どもと思春期の精神医学. 佐藤喜一郎 (精), 金剛出版, 東京, 2003発行.

620256. [教科書] (編集) よくわかる うつ病のすべて−早期発見から治療まで−. 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620257. [教科書] (分担執筆) よくわかる うつ病のすべて; 双極T型障害, p.139-153. 早馬 俊, 鈴木映二 (精), 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620258. [教科書] (分担執筆) よくわかる うつ病のすべて; 気分変調性障害, p.172-185. 早馬 俊 (精), 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620259. [教科書] (分担執筆) よくわかる うつ病のすべて; 気分循環症 (気分循環性障害), p.186-197. 田野尻俊郎 (精), 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620260. [教科書] (分担執筆) よくわかる うつ病のすべて; 混合状態, p.220-227. 齋藤正範 (精), 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620261. [教科書] (分担執筆) よくわかる うつ病のすべて; ラピッド・サイクラー, p.228-237. 吉邨善孝 (精), 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620262. [教科書] (分担執筆9 よくわかる うつ病のすべて; 産褥・性周期・更年期とうつ状態, p.283-291. 吉田芳子 (精), 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620263. [教科書] (分担執筆) よくわかる うつ病のすべて; 難治性うつ病, p.292-299. 宮岡 等 (精), 編集 鹿島晴雄1, 宮岡 等2 (1慶応大. 2精), 永井書店, 東京, 2003/12/5発行.

620264. [教科書] (分担執筆) 心の治療薬ハンドブック2003年; メレリル. 鈴木映二 (精), 編集 青葉安里, 諸川由美代, 星和書店, 東京, 2003/4発行.

620265. [教科書] (共著) 薬の相互作用ポケットブック−精神科編. 鈴木映二1, 木下玲子1, 椎 崇2 (1精. 2薬剤部), 編集 鈴木映二 (精), 星和書店, 東京, 2003/11発行.

620266. [教科書] (分担執筆) 症例で学ぶ臨床薬学; うつ病, 統合失調症, p.22-29. 田野尻俊郎1, 宮岡 等1, 阿部和穂2 (1精. 2星薬科大), 編集 三澤美和, 吉田 正 (星薬科大), 丸善, 東京, 2003/9発行.

620267. [教科書] (分担執筆) 精神科治療薬ハンドブック 第4版; 睡眠薬 他, p.359, p.373-374, p.382-392. 吉邨善孝 (精), 編集 上島国利 (昭和大), 中外医学社, 東京, 2003/11/1発行.

620268. [教科書] (分担執筆) 精神科処方ノート 第2版; 心気症状, p.228-235. 吉邨善孝 (精), 編集 上島国利 (昭和大), 中外医学社, 東京, 2003/4/20発行.

620269. [教科書] (分担執筆) 高齢者薬物療法; ターミナルケアにおける薬物療法, p.62-78. 吉田芳子 (精), ワールドプランニング, 東京, 2004発行.

620270. [その他の著書 (辞典)] (分担執筆) 精神医学文献事典; 脳幹の神経細胞体内にモノアミンが存在する. 鈴木映二 (精), 編集 松下正明1, 中谷陽二2, 加藤 敏3, 大野 裕4, 神庭重信5 (1都立松沢病院. 2筑波大. 3自治医大. 4慶応大. 5山梨大), 弘文堂, 東京, 2003/5/1発行.

620271. [翻訳] (監修) 高齢者うつ病診療のガイドライン. 監修 鈴木映二1, 藤澤大介2, 大野 裕3 (1精. 2桜ヶ丘記念病院. 3慶応大), 南江堂, 東京, 2003/12/10発行.

620272. [翻訳] (分担執筆) 高齢者うつ病診療のガイドライン; 第6章, 第7章. 稲田 健 (精), 南江堂, 東京, 2003/12/10発行.

[学会・研究会等]

713142. [学会 (国際)] (一般講演) Conditioned Stimulus and Amygdalic Amino Acids. 横山正宗, 鈴木映二, 佐藤 拓, 丸田修史, 稲田 健, Shigeru Watanabe, 宮岡 等 (精): 7th International Congress of Biological Psychiatry (2004/2/10), シドニー.

713143. [学会 (国際)] (一般講演) Effects of Fear Conditioned Stress on Nitrate Levels in Amygdala. Taku Sato, 鈴木映二, 横山正宗, 稲田 健, 丸田修史, Shigeru Watanabe, 宮岡 等 (精): 7th International Congress of Biological Psychiatry (2004.2.10), シドニー.

721016. [学会 (全国)] (特別講演) サイコオンコロジー臨床に思うこと. 宮岡 等 (精): 第16回日本サンコオンコロジー学会総会 (2003/6/12), 相模原.

722113. [学会 (全国)] (シンポジウム) 精神科的対応. 吉邨善孝 (精): 第37回ペインクリニック学会大会 (2003/7/26), 仙台.

723796. [学会 (全国)] (一般講演) Codon 200の点突然変異とCodon 219G/K遺伝子多型を示した家族性Creutzfeldt-Jakob病の1例. 高橋 恵1, 勝瀬大海2, 井関栄三2, 小阪憲司2 (1精. 2横浜市大): 第44回日本神経病理学会 (2003/5/30), 名古屋. Neuropathology, l23 (Ssupp): IID-10, 2003.

723797. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科救急における高齢者の実態. 高橋 恵, 中島啓介, 増山浩一, 宮岡 等 (精): 第18回日本老年精神医学会 (2003/6/18), 名古屋.

723798. [学会 (全国)] (一般講演) 神経性無食欲症の行動療法. 高橋恵理, 宮岡 等 (精): 日本心身医学会 (2003/5/8), 那覇.

723799. [学会 (全国)] (一般講演) 痛み感受閾値とパーソナリティーおよび精神症状の関連性に関する検討. 山口聖子1, 渡辺裕子2, 宮岡 等1 (1精. 2日本医歯大): 日本心身医学会 (2003/5/8), 那覇.

723800. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科救急における高齢者の実態. 中島啓介, 高橋 恵, 大石 悟, 宮岡 等, 小田原俊成, 立澤敏子, 与那覇 恵 (精): 第11回日本精神科救急学会 (2003/10/2), 千葉市.

723801. [学会 (全国)] (一般講演) 神奈川県基幹病院の精神科救急の現状−24時間24条通報対応が与えた影響−. 大石 智, 高橋 恵, 中島啓介, 増山浩一, 石井和久, 池田太一郎, 一青良太, 星野俊弥, 宮岡 等 (精): 第11回日本精神科救急学会 (2003/10/3), 千葉市.

723802. [学会 (全国)] (一般講演) 醜形恐怖症の診断と美容外科手術の適否. 田野尻俊郎, 久村正樹, 濱中聡子, 宮地英雄, 宮岡 等 (精): 第26回日本精神病理学会大会 (2003/11/19), つくば.

723803. [学会 (全国)] (一般講演) 著しい低ナトリウム血症をきたして搬送され昏睡状態が遷延した水中毒の1症例. 木下玲子1, 小熊魅香1, 上條吉人2, 井上文子2, 小林 勲2, 熊谷 謙2, 浅利 靖2, 北原孝雄2, 相馬一亥2 (1精. 2救命): 第31回日本救急医学会 (2003/11/19), 東京.

723804. [学会 (全国)] (一般講演) 非定型抗精神病薬服用患者における体重増加, 耐糖能異常, 脂質代謝異常に関する研究. 増山浩一, 宮岡 等, 吉邨善孝, 高橋 恵, 松井麗樹, 佐藤 拓 (精): 第16回日本総合病院精神医学会総会 (2003/11/22), 京都. 総合病院精神医学, 15 (suppl.1): S110, 2003.

723805. [学会 (全国)] (ポスター) 過呼吸賦活による脳波背景活動の変化と呼気終末炭酸ガス濃度との関係. 新井龍義1, 武井茂樹1, 石田哲浩1, 齋藤正範2 (1慶応大. 2精): 第33回日本臨床神経生理学会学術大会 (2003/10/1), 旭川.

732046. [学会 (地方)] (招待講演) てんかん. 齋藤正範 (精): 相模原医師会第10回精神科医会 (2003/11/9), 相模原.

732047. [研究会] (招待講演) 痴呆の早期発見. 高橋 恵 (精): 老人性痴呆疾患治療研究センター講演会 (2003/11/12), 横浜.

732048. [研究会] (招待講演) 内科医のための精神症状の見方と対応. 宮岡 等 (精): 新潟県医師会生涯教育講座, 大学院特別講座 第9回新潟心身医学セミナー (2003/12/2), 新潟市.

732049. [研究会] (招待講演) プライマリケアに求められる心身医療. 宮岡 等 (精): 第52回青森心身医学懇話会 (2003/12/5), 弘前市.

732050. [研究会] (招待講演) 娘が被害を受けたと訴える母親三例. 齋藤正範 (精): 第2回臨床精神病理研究会 (2003/4/5), 横浜.

732051. [研究会] (シンポジウム) 解離性健忘 (吉益症例のパネル討論). 齋藤正範 (精): 第3回臨床精神病理研究会 (2003/10/18), 横浜.

733526. [学会 (地方)] (一般講演) mECT直後に心電図上VTを呈した一例. 井上 彩, 稲田 健1, 高橋 恵1, 新井民江2, 佐々木 毅, 宮岡 等1 (1精. 2麻): 第141回神奈川県精神医学会例会 (2003/7/19), 横浜.

733527. [学会 (地方)] (一般講演) 血清Na値の補正後に昏睡状態となりMRIにてCPMが疑われたが数週間の経過で後遺症を残さず回復した水中毒の一例. 木下玲子1, 上條吉人2, 小熊魅香1, 井上文子2, 阪本奈美子2, 熊谷 謙2, 浅利 靖2, 相馬一亥2 (1精. 2救命): 日本中毒学会東日本地方会 (2004/1/24), 新潟.

733528. [学会 (地方)] (一般講演) クエチアピンによりケトアシドーシスをきたした高齢者の一例. 勝見千晶, 大石 智, 高橋 恵, 宮岡 等 (精): 第143回神奈川県精神医学会例会 (2004/3/13), 横浜.

733529. [学会 (地方)] (一般講演) 北里大学精神科におけるmECTの現状. 小林喜和, 高橋恵理, 齋藤正範, 宮岡 等 (精): 神奈川心身医学会例会 (2004.3.13), 横浜.

733530. [研究会] (一般講演) 強迫性障害の外来受診者の動向. 山口聖子, 鈴木勇一, 田野尻俊郎, 吉邨善孝, 宮岡 等 (精): 第5回OCD研究会 (2003/11/29), 長崎市.


<<放射線科学>>

[学術論文]

110207. [原著] Clinical investigation; Reliability and validity of the Japanese version of quality of life radiation therapy instrument (QOL-RTI) for Japanese patients with head and neck malignancies. Kumiko Karasawa, Takehito Sasaki, Tomohiko Okawa, Takeo Takahashi, 早川和重1 (1放): J Oncol Manag, 12 (2): 18-24, 2003.

110208. [原著] Retrospective study of treatment results for limited-stage small-cell lung cancer in National Nishigunma Hospital. Yoshizumi Kitamoto, Yuko Nakayama, Masana Matsuura, 中野隆史1, Satoshi Tsuchiya, Ryusei Saito, 早川和重1, 新部英男1 (1放): J Jpn Soc Ther Radiol Oncol, 15 (2): 145-150, 2003.

110209. [原著] Comparable Outcomes of Radiation Therapy without High-dose Methotrexate for Patients with Primary Central Nervous System Lymphoma. 石川 仁1, 長谷川正俊1, Yoshio Tamaki, 早川和重1, Tetsuo Akimoto, 桜井英幸1, Norio Mitsuhashi, 新部英男1, Masaru Tamura, 中野隆史1 (1放): Jpn J Clin Oncol, 33 (9): 443-449, 2003.

110210. [原著] Slowly progressive spread of the stroke-like lesions in MELAS. Takehiro Iizuka, Fumihiko Sakai, 菅 信一1, Norihiro Suzuki (1放): Neurology, 61: 1238-1244, 2003.

110211. [原著] Survival benefit of stereotactic radiosurgery for metastatic brain tumors in patients with controlled primary lesions and no other distant metastases. 新部 譲1, 唐澤克之2, 中村 治2, Nobusada Shinoura2, Kouichiou Okamoto2, Ryoji Yamada2, Kouichi Fukino2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): Anticancer Research 23: 4157-4160, 2003.

110212. [原著] Prognostic significance of c-erbB-2/HER2 expression in advanced uterine cervical carcinoma with paraaortic lymphnode metastasis treated with radiation therapy. 新部 譲1,2, 中野隆史2,3, Tatsuya Ohono2, Yoshiyuki Suzuki3, Kuniyuki Oka4, Hirohiko Tsujii3 (1放. 2Division of Radiation Medicine, National Institute of Radiological Sciences. 3群馬大. 4水戸済生会病院): International Journal of Gynecological Cancer, 13: 849-855. 2003.

110213. [原著] Hyperfractionated radiation therapy for hypopharygeal carcinoma compared with conventional radiation therapy: local control, laryngeal preservation, and overall survival. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, Toshio Mitsuhashi2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): Japanese Journal of Clinical Oncology, 33: 450-455, 2003.

110214. [原著] Three-dimensional conoformal radiation therapy for lung tumors using a middle fraction size: preliminary results. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, Toshihide Kaizu2, 家城隆次2, 石川 仁3, 田中良明4 (1放. 2都立駒込病院. 3群馬大. 4日本大): Journal of Japanese Society of Therapeutic Radiology and Oncology, 15: 17-21, 2003.

110215. [原著] Rotational 3D-conformal radiation therapy (conformation therapy) conbined with hormone therapy for the treatment of Stage B2/C prostate cancer in Japanease men. Katsuyuki Karasawa1, Toshihide Kaizu1, 新部 譲1,2, 井垣 浩1, Mitsuru Shinohara2, 田中良明3, Tadayoshi Matsuda1 (1都立駒込病院. 2放. 3日本大): International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 56: 208-212, 2003.

110216. [原著] Comparison of dose distribution by means of intensity-modulated radiation therapy with coplanar beams for prostate cancer: An analysis as a treatment planning. 石川 仁1,2, 唐澤克之2, Toshihide Kaizu2, 新部 譲2,3, 田中良明4 (1群馬大. 2都立駒込病院. 3放. 4日本大): Austral-Asian Journal of Cancer 2:209-213, 2003.

120090. [原著] 下咽頭癌放射線治療成績−分割法による比較−. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 井垣 浩2, 宮下久夫2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 日本医学放射線学会雑誌, 63: 103-107, 2003.

120091. [原著] T2強調fast recovery FSE (T2 FRFSE)の臨床的有用性−T2強調像として利用可能か?−. 松永敬二1, 佐々木真弓1, ウッドハムス玲子1, 池田俊昭1, 磯部義憲1, 菅 信一1, 早川和重1, 吉田暢元1, 瀧川政和1, 木村元一2 (1放. 2東病院放射線部): 臨床放射線, 48 (11): 1433-1439, 2003.

120092. [原著] Tc-99m標識glucosamineによる腫瘍画像化の試み. 行廣雅士1, DJ. Yang2, A. Azhdarinia2, D-F. Yu2, EE. Kim2 (1放. 2テキサス大): 群馬県核医学研究会会誌, 18: 15-17, 2003.

120093. [原著] 当院で術後照射を行った乳房温存療法の治療成績. 石山博條1, 新野恵司2, 濱本 泰3, 細矢貴亮2 (1放. 2山形大. 3今治済生会病院): 臨床放射線, 48 (5): 613-616, 2003.

220045. [準原著] 肝腫瘍に対するradiofrequency ablation (RFA) 後の治療効果判定におけるSPIO-MRIの有用性の検討. 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 瀧川政和2, 松永敬二1, 國分茂博3 (1放. 2国立相模原病院・放. 3内): 臨床放射線, 48: 915-920, 2003.

220046. [短報] 肺癌の集学療法に占める標準的放射線療法の確立に関する臨床的・病理組織学的研究 (文部科学省科学研究費課題). 早川和重, 西口 郁, 青木由紀 (放): Innervision, 18 (8): 56, 2003.

310021. [症例報告] Emergent endovascular stent-graft placement to treat ruptured Stanford B acute aortic dissection. Kawamura Saori, 西巻 博1, Zong-Bo Lin, 町井正人2, 磯部義憲1, 早川和重1, 相馬一亥2 (1放. 2救命): J Vasc Surg, 39: 668-671, 2004.

310022. [症例報告] Increment of platelet of during radiation therapy in malignant neoplasm patients injected subcutaneously with a mycobacterium tuberculosis-derived arabinomanan (Z-100): Report of two cases. 新部 譲1,2, Katsuyuki Karasawa2, Yoshiaki Tanaka3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): Biotherapy, 18: 59-62, 2004.

320103. [症例報告] 噴水状にわき上がる胃静脈瘤出血. 瀧川政和1, 磯部義憲2, 矢内原 久2, 佐々木真弓2, 日高 央3, 國分茂博4 (1国立相模原病院・放. 2放. 3淵野辺総合病院. 4内): 消化器内視鏡, 15 (2): 198-199, 2003.

320104. [症例報告] 111In-oxineによる標識血小板シンチグラフィおよび99mTC-HSA-Dシンチグラフィが有用であったkasabach-Meritte Syndromeを呈した前縦隔内血管腫の1例. 浅野雄二1, 石井勝己1, 鷺内隆雄2, 菊池 敬3, 神宮司公二3, 太田幸利3, 早川和重1 (1放. 2脳外. 3放射線部): 核医学, 40 (4): 445-449, 2003.

320105. [症例報告] 大伏在静脈graftを用いて修復した移植腎動脈にできた血管瘤に対してWallstent留置とcoilによる塞栓術により加療しえた1例. 矢内原 久1, 吉田一成2, 西巻 博1, 瀧川政和3, 佐々木真弓1, 藤田哲夫2, 斉藤 毅, 遠藤忠雄, 磯部義憲1, 早川和重1, 馬場志郎2 (1放. 2泌. 3国立相模原病院・放): 腎移植・血管外科, 14 (1): 49-53, 2003.

320106. [症例報告] 脳ノカルジア症の1剖検例. 大沼雄一郎1, 菅 信一1, 鷺内隆雄2, 浅野雄二1, ウッドハムス玲子1, 矢内原 久1, 早川和重1 (1放. 2脳外): 臨床放射線, 48 (5): 617-621, 2003.

320107. [症例報告] 前立腺癌に対し高線量を投与した内分泌療法併用放射線治療4例の経験. 石山博條1, 新野恵司2, 濱本 泰3, 細矢貴亮2 (1放. 2山形大. 3今治済生会病院): 臨床放射線, 48 (6): 780-784, 2003.

510015. [総説] Radiation Therapy in the Treatment of Lung Cancer. 早川和重 (放): Japan Medical Association Journal, 46 (12): 537-541, 2003.

520269. [総説] 最近の肺癌治療−essential minimum (放射線治療の立場から)−. 早川和重, 北野雅史 (放): 臨床画像, 19 (4): 440-447, 2003.

520270. [総説] 小細胞肺癌に対する放射線療法. 早川和重, 北野雅史 (放): 呼吸器科, 3 (6): 485-493, 2003.

520271. [総説] 肺癌に対する放射線治療. 早川和重 (放): 日本医学放射線学会雑誌, 63 (9): 533-538, 2003.

520272. [総説] 肺癌に対する放射線治療の原則. 早川和重, 北野雅史 (放): 癌の臨床, 49 (10): 1265-1273, 2003.

520273. [総説] 肺癌の放射線治療. 早川和重 (放): 日本医師会雑誌, 130 (9): 1198-1202, 2003.

520274. [総説] 肺癌における臨床試験. 早川和重 (放): 臨床放射線, 48 (12): 1507-1512, 2003.

520275. [総説] DPC導入と運用の実際. 早川和重, 熊澤豊彦 (放): 月刊薬事, 46 (1): 53-59, 2004.

520276. [総説] 肺癌の放射線療法. 早川和重 (放): 呼吸器ケア, 1 (6): 684-690, 2003.

520277. [総説] 放射線療法のQuality Assurance. 早川和重 (放): 肺癌の臨床, 5 (3): 315-318, 2002.

520278. [総説] 肺がん診断・治療の最前線: 放射線治療. 早川和重 (放): 毎日ライフ2003年5月, p.41-44. 2003.

520279. [総説] 脳ヘルニア. 菅 信一 (放): 臨床放射線, 48 (6): 685-694, 2003.

520280. [総説] 脳血管造影検査. 菅 信一 (放): Brain Nursing, 19 (12): 1209-1213, 2003.

520281. [総説] Blood access interventional radiologyの諸問題. 西巻 博1, ウッドハムス玲子1, 矢内原 久1, 瀧川政和2, 松永敬二1, 田岡佳憲3, 吉田一成3, 早川和重1 (1放. 2国立相模原病院・放. 3泌): 腎移植・血管外科, 15: 107-113, 2003.

520282. [総説] 下咽頭癌に対する放射線治療−多分割照射法の有効性−. 新部譲1,2, 唐澤克之2, 三橋敏雄2 (1放. 2都立駒込病院): Jhons, 19: 1070-1074, 2003.

520283. [総説] 肺癌に対する定位的放射線治療. 唐澤克之1, 新部 譲1,2 (1都立駒込病院. 2放): 呼吸器科, 4: 249-256, 2003.

520284. [総説] 知らないとこんなに危険! 脳の検査の落とし穴; CT, MRI, 核学検査. 蓮尾金博, 志田由孝, 窪田和雄, 行廣雅士1 (1放): Brain Nursing, 19: 16-24, 2003.

520285. [総説] 非小細胞肺癌: 放射線療法. 早川和重 (放): MOOK 肺癌の臨床 Annual Review 2003.

520286. [総説] 特別企画「脳血管障害の最近の進歩」−脳血管障害の画像診断−. 菅 信一 (放): 北里医学, 33: 7-11, 2003.

520287. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放): 画像診断, 23 (12): 1482-1483, 2003.

520288. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放): 画像診断, 23 (6): 668-669, 2003.

520289. [講座] 実例から学ぶ! この画像をどう読むか. 菅 信一 (放): 脊椎脊髄, 17 (3): 237, 2004.

[著 書]

620273. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の診断と内科治療 2. 肝, 胆, 膵; 肝癌の放射線治療, p.189-191. 北野雅史, 早川和重 (放), 編集 西元寺克禮 (内), 医学書院, 東京, 2003/11/1発行.

620274. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; MRI, p.36-42. 菅 信一 (放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放), 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620275. [学術書] (分担執筆) 肝疾患のインターベンション治療; 経皮経肝的門脈側副血行路塞栓術 (PTP), p.72-80. 磯部義憲, 瀧川政和, 佐々木真弓, 矢内原 久 (東病院・放), 編集 藤田直孝 (仙台市医療センター仙台オープン病院), (株) メディカルビュー社, 東京, 2004/3/20発行.

620276. [学術書] (分担執筆) 肺癌の最新医療; V期非小細胞癌の治療戦略, p.160-165. 早川和重 (放), 編集 江口研二, 加藤冶文, 西條長宏 他, 監修 末舛恵一, 先端医療技術研究所, 東京, 2003発行.

620277. [学術書] (分担執筆) プラクティカル内科シリーズ1「肺癌−患者へのアプローチから治療の最前線まで−」改訂第2版; 胸部照射, 脳照射, p.96-104. 早川和重 (放), 編集 福岡正博, 西條長宏, (株) 南江堂, 東京, 2003発行.

620278. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 悪性リンパ腫. 上咽頭癌, p.199-207. 馬越智浩, 早川和重1, 青木由紀1 (1放). 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重 (1名誉教授. 2耳鼻), 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620279. [学術書] (分担執筆) EBMの手法による肺癌診療ガイドライン; 肺癌の放射線治療, p.39-70. 有吉 寛, 西村恭昌, 斎藤 博, 早川和重1 (1放), 編集 Evidence-based Medicine (EBM) の手法による肺癌の診療ガイドライン策定に関する研究班 (主任:藤村重文), 金原出版, 東京, 2003発行.

620280. [学術書] (分担執筆) EBMの手法による肺癌診療ガイドライン; 限局型小細胞肺癌 (T期小細胞肺癌を除く), p.161-166. 有吉 寛, 西村恭昌, 斎藤 博, 早川和重1 (1放), 編集 Evidence-based Medicine (EBM) の手法による肺癌の診療ガイドライン策定に関する研究班 (主任: 藤村重文), 金原出版, 東京, 2003発行.

620281. [学術書] (分担執筆) 臨床腫瘍学; 放射線療法, p.155-162. 平岡真寛 (レビュアー: 早川和重), 編集 日本臨床腫瘍学会編 (編集幹事: 有吉 寛, 上田龍三, 西條長宏, 峠 哲哉, 福岡正博), 癌と化学療法社, 東京, 2003発行.

620282. [学術書] (分担執筆) インフォームドコンセントキット「肺がんの治療」; 8. 非小細胞肺がんの治療, C放射線治療. 早川和重1, 上前峰子 (1放), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2003発行.

620283. [教科書] (分担執筆) 小児神経放射線診断; 脊椎・脊髄の発達による変化, p.52-63. 菅 信一 (放), 編集 土屋一洋 (杏林大), (株) メジカルビュー社, 東京, 2004/3/10発行.

620284. [教科書] (分担執筆) 脊椎・脊髄のMRI; 脊髄梗塞, p.292-300. 菅 信一 (放), 編集 前原忠行 (順天堂大), (株) 南行堂, 東京, 2003/6/10発行.

620285. [教科書] (分担執筆) 脊椎・脊髄のMRI; 脊髄出血, p.301-303. 菅 信一 (放), 編集 前原忠行 (順天堂大), (株) 南行堂, 東京, 2003/6/10発行.

620286. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; CT, p.27-36. 菅 信一 (放), 編集 高橋廣臣, 岡本牧人1, 早川和重2 (1耳鼻. 2放), 真興交易 (株) 医書出版部, 2003/7/25発行.

620287. [教科書] (分担執筆) 消化器内視鏡臨床手技シリーズ4 消化器内視鏡止血術; 胃静脈瘤出血 (Lg-cとLg-cf) に対するB-RTO, p.125-127. 瀧川政和1, 磯部義憲2 (1国立相模原病院・放. 2東病院・放), 編集 浅木 茂(仙台簡易保険総合検診センター), (株) メディカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620288. [教科書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 頭頸部腫瘍の特徴・自然史, p.12-15. 早川和重1, 高橋廣臣2 (1放. 2名誉教授), 編集 高橋廣臣, 岡本牧人1, 早川和重 (1耳鼻), 真興交易 (株) 医書出版部, 2003/7/25発行.

620289. [教科書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 頭頸部腫瘍の画像診断: 核医学, p.43-48. 早川和重, 浅野雄二 (放), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重 (1名誉教授. 2耳鼻), 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

[学会・研究会等]

713144. [学会 (国際)] (一般講演) Prospective study of three-dimensional radiation therapy (3D-CRT) using a middle fraction size for small-sized lung tumor in elderly patients. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 家城隆次2, 渋谷昌彦2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): Thirty-Ninth Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) (2003/5/30), Chicago, USA. Proceedings of American Society of Clinical Oncology, 22: 672, 2003.

713145. [学会 (国際)] (一般講演) A prospective study of three-dimensional conformal radiaotion therapy for small-sized lung tumors in elderly patients. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 家城隆次3, 渋谷昌彦3, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 6th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress (2003/6), Kyoto, Japan. Program & Abstracts of 6th International Stereotactic Radiosurgery Congress 2002.

713146. [学会 (国際)] (一般講演) The effectiveness of SPIO-MRI for evaluation of the therapeutie effect after radiofrequency ablation against liver tumors: comparison with CT. 佐々木真弓1, 瀧川政和2, 矢内原 久1 (1放. 2国立相模原病院・放): ECR (2003/3/7), ウィーン.

713147. [学会 (国際)] (一般講演) A Assessment of tumor growth with 99mTc-EC-glucosamine. 行廣雅士1, DJ. Yang, A. Azhdarinia, D-F. Yu, C. Kim, S. Kohanim, JL. Bryant, EE. Kim, DA. Podoloff (1放): The 50th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine (2003/6/23), New Orleans. J Nucl Med, 44: 299, 2003.

722114. [学会 (全国)] (教育講演) 肺癌に対す放射線治療. 早川和重 (放): 第62回日本医学放射線学会総会(2003/4/12), 横浜. 日本医放会誌, 63 (2): S33-34, 2003.

722115. [学会 (全国)] (教育講演) 局所進行非小細胞肺癌に対する放射線治療. 早川和重 (放): 第44回日本肺癌学会総会 (2003/11/7), 東京. 肺癌, 43 (5): 429, 2003.

722116. [学会 (全国)] (教育講演) これだけは知っておきたいシリーズ−脳・脊髄−. 菅 信一 (放): 第31回日本磁気共鳴医学会大会 (2003/9/25), 山梨. 日本磁気共鳴医学会雑誌, 23 (suppl): 16, 2003.

722117. [学会 (全国)] (教育講演) 重症外傷におけるIVRの適応と限界. 西巻 博 (放): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/21), 東京.

723806. [学会 (全国)] (ワークショップ) 高齢者小型肺腫瘍に対する三次元放射線治療の有効性. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 家城隆次2, 渋谷昌彦2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 第41回日本癌治療学会総会 (2003/10/22-24), 札幌. 日本癌治療学会誌, 38: 237, 2003.

723807. [学会 (全国)] (一般講演) 一回採血法による虚血性心疾患患者の局所腎血液量の測定−左心室基準法との比較検討−. 中澤圭治, 石井勝己, 西巻 博, 早川和重 (放): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/4/11), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2): S113, 2003.

723808. [学会 (全国)] (一般講演) TS-1単独投与が著効した下咽頭癌の一例. 上條貴裕1, 中山明仁1, 山本一博1, 竹田昌彦1, 八尾和雄1, 岡本牧人1, 西口 郁2, 北野雅史2, 早川和重2 (1耳鼻. 2放): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/26-27), 金沢. プログラム抄録集, p.400, 2003.

723809. [学会 (全国)] (一般講演) 放射線治療を施行した原発性肺癌症例に対する治療後FDG-PETを用いた局所制御予測. 中山優子, 北本佳住, 石川 仁, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 早川和重 (放): 第44回日本肺癌学会総会 (2003/11/6-7), 東京. 肺癌, 45 (5): 484, 2003.

723810. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療. 北本佳住, 中山優子, 石川 仁, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 片野 進, 早川和重 (放): 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 (2003/11/21-23), 東京. 15 (Suppl.1): 78, 2003.

723811. [学会 (全国)] (一般講演) 側頭骨原発Ewing's Sarcomaの1例. 穂鷹雄介, 池田 誠, 池田 聡1, 菅 信一2, 池田俊昭2, 松永敬二2, ウッドハムス玲子2, 早川和重2 (1池田病院. 2放): 第33回日本神経放射線学会 (2004/2/5-7), 大阪.

723812. [学会 (全国)] (一般講演) 小型肺腫瘍に対する三次元放射線治療成績. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 井垣 浩2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/4/12-13), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63: S255, 2003.

723813. [学会 (全国)] (一般講演) 中咽頭癌に対する過分割照射治療成績. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 宮下久夫2, 鈴木一雅2, 笹村佳美2, 西嶋文美2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/26-27), 金沢. 日本頭頸部腫瘍学会誌, 29: 313, 2003.

723814. [学会 (全国)] (一般講演) 下咽頭癌過分割放射線治療成績−通常分割法との比較−. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 梅沢朋子2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 (2003/11/21-23), 東京. 15 (Suppl.1): 97, 2003.

723815. [学会 (全国)] (一般講演) 転移性脳腫瘍に対する Stereotactic Radiosurgeryの治療成績−原発制御・他部位転移を伴わない症例での検討−. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 中村 治2, 篠浦伸禎2, 岡本幸一郎2, 山田良治2, 吹野晃一2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 第12回日本定位放射線治療学会 (2003/6/21), 京都.

723816. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者局所進行非小細胞肺癌に対するCDDP気管支動脈動注併用放射線療法. 唐澤克之1, 新部 譲1,2, 井垣 浩1, 田中良明3 (1都立駒込病院. 2放. 3日本大): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/4/12-13), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63: S251, 2003.

723817. [学会 (全国)] (一般講演) 下咽頭癌多分割放射線治療成績: 通常分割法との比較. 唐澤克之1, 新部 譲1,2, 宮下久夫1, 田中良明3 (1都立駒込病院. 2放. 3日本大): 第27回日本頭頸部腫瘍学会 (2003/6/26-27), 金沢. 頭頸部腫瘍, 29: 338, 2003.

723818. [学会 (全国)] (一般講演) III期非小細胞肺癌に対するCDDP気管支動脈動注併用放射線治療成績. 唐澤克之1, 新部 譲1,2, 梅沢朋子1, 阿部克己1, 家城隆次1, 渋谷昌彦1, 田中良明3 (1都立駒込病院. 2放. 3日本大): 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 (2003/11/21-23), 東京. 15 (Suppl.1): 104, 2003.

723819. [学会 (全国)] (一般講演) T1-3N0M0前立腺癌の放射線治療成績. 梅沢朋子1, 唐澤克之1, 新部 譲1,2, 田中良明3, 安藤正夫4, 篠原 充1 (1都立駒込病院. 2放. 3日本大. 4東京都保健医療公社東部地域病院): 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 (2003/11/21-23), 東京. 15 (Suppl.1): 133, 2003.

723820. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌の高線量率小線源治療期間中におけるアプリケータ針の移動について. 北野雅史1, 西口 郁1, 志村 哲2, 入江 哲2, 頴川 晋2, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放. 2泌): 第62回日本医学放射線学会学術発表会 (2003/4/11-13), 横浜. 日本医放会誌, 63 (2): S109-110, 2003.

723821. [学会 (全国)] (一般講演) 直接造影によるMR venograhyの有用性. 松永敬二, 池田俊昭, ウッドハムス玲子, 矢内原 久, 青木由紀, 菅 信一, 早川和重, 秦 博文, 塙 宏典, 相澤 真 (放): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/4/13), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2): S208, 2003.

723822. [学会 (全国)] (一般講演) 肝門部胆管癌による門脈閉塞に対するstent留置の有用性の検討. 瀧川政和1, 磯部義憲2, 大森智子1, 矢内原 久2, 佐々木真弓2, 西巻 博3, 早川和重3 (1国立相模原病院・放. 2東病院・放. 3放): 第10回日本門脈圧亢進症学会総会 (2003/9/11), 横浜.

723823. [学会 (全国)] (一般講演) HCCに対するRFA後のSPIO-MRIおける高信号域の意義について. 佐々木真弓1, 矢内原 久1, 磯部義憲1, 瀧川政和2 (1東病院・放. 2国立相模原病院・放): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/4/11), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2): S82, 2003.

723824. [学会 (全国)] (一般講演) 肝特異性造影剤フェルカルボトランDynamic studyにおける血管描出の検討(2: 臨床例での検討). 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 矢内原 久1, 瀧川政和2, 久保田勝巳3, 本多栄嗣3, 峯 健次3, 尾崎正則4 (1放. 2国立相模原病院・放. 3東病院放射線部. 4医衛): 第31回日本磁気共鳴医学会 (2003/9/25), 山梨.

723825. [学会 (全国)] (一般講演) 肝特異性造影剤フェルカルボトランDynamic studyにおける血管描出の基礎的検討. 久保田勝巳1, 本多栄嗣1, 峯 健次1, 尾崎正則2, 佐々木真弓3, 磯部義憲3, 矢内原 久3, 瀧川政和4 (1東病院放射線部. 2医衛. 3放. 4国立相模原病院・放): 第31回日本磁気共鳴医学会 (2003/9/25), 山梨.

723826. [学会 (全国)] (一般講演) 腹部大動脈瘤患者の術前dipyridamole負荷心筋血流SPECT所見の有用性について. 浅野雄二1, 石井勝己1, 早川和重1, 菊池 敬2, 神宮司公二, 太田幸利1, 荒井義孝3, 鷺内隆雄4, 鴇田尚樹5, 勝沼英太5 (1放. 2放射線部. 3外. 4脳外. 5内): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/10/29), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2): S239, 2003.

723827. [学会 (全国)] (一般講演) マルチディテクターCTにおける乳癌の診断: 造影剤濃度と造影効果の関係. ウッドハムス玲子1, 松永敬二1, 早川和重1, 秦 博文, 鈴木直二1, 蔵並 勝2, 岩渕啓一3 (1放. 2外. 3病理): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/4/12), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2): S145, 2003.

723828. [学会 (全国)] (一般講演) 乳房精査におけるMRIの有用性の検討; MMG, 超音波との比較. ウッドハムス玲子1, 早川和重1, 蔵並 勝2, 岩渕啓一3 (1放. 2外. 3病理): 第11回日本乳癌学会総会 (2003/6/12-13), 新潟. 抄録集, p.189, 2003.

723829. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈解離に対する血管内Stent-Graft留置術の中期成績. 矢内原 久1, 西巻 博1, 磯部義憲1, 早川和重1, 佐々木真弓1, 瀧川政和2, 町井正人3, 山本紳一郎4, 相馬一亥4, 林 宗博5 (1放. 2国立相模原病院・放. 3胸外. 4救命. 5昭和大横浜北部病院): 第62回日本医学放射線学会総会 (2003/4/13), 横浜. 日本医学放射線学会雑誌, 63 (2): S226, 2003.

723830. [学会 (全国)] (一般講演) 対症照射をおこなった肺癌骨転移患者におけるモルヒネ投与量の検討. 石山博條1, 新野恵司2, 細矢貴亮2 (1放. 2山形大): 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会 (2003/11/21-23), 東京. 日本放射線腫瘍学会誌, 15 (Suppl.1): 95, 2003.

723831. [学会 (全国)] (ポスター) 骨盤骨折における骨盤内静脈造影−意義と方法−. 大沼雄一郎1, 西巻 博1, 磯部義憲1, 早川和重1, 片岡祐一2, 山本紳一郎2, 鈴木 卓2, 内野正隆2, 相馬一亥2, 田村幸穂3, 瀧川政和4 (1放. 2救命. 3外. 4国立相模原病院・放): 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2003/10/11), 神戸.

723832. [学会 (全国)] (ポスター) T期非小細胞肺癌に対する放射線治療成績. 石川 仁, 中山優子, 北本佳住, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 片野 進, 早川和重 (放): 第44回日本肺癌学会総会 (2003/11/6-7), 東京. 肺癌, 43 (5): 565, 2003.

723833. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療. 北本佳住, 中山優子, 石川 仁, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部英男, 片野 進, 早川和重 (放): 第44回日本肺癌学会総会 (2003/11/6-7), 東京. 肺癌, 43 (5): 565, 2003.

731073. [研究会] (特別講演) 肺癌治療における放射線療法の役割と進歩. 早川和重 (放): トポテシン学術講演会 (2003/6/21), 島根.

731074. [研究会] (特別講演) 小型肺癌に対する定位放射線治療. 早川和重 (放): Forum 2003「肺・癌・治療の動向」 (2003/12/5), 千葉.

731075. [研究会] (特別講演) EBMに基づく肺がん放射線治療と今後の展望. 早川和重 (放): 第11回山梨放射線治療研究会 (2004/2/27), 甲府.

731076. [研究会] (特別講演) 進行がん患者の疼痛緩和に対する放射線科の役割. 早川和重 (放): 第4回神奈川緩和医療研究会 (2004/2/28), 横浜.

731077. [研究会] (特別講演) 多発性硬化症をKeyWord として. 菅 信一 (放): 第45回Neuro-imaging conference筑後・佐賀 (2003/10/15), 久留米市.

732052. [研究会] (教育講演) 大血管ステントグラフトの現状と問題点. 西巻 博 (放): 循環器IS研究会7月定例会 (2003/7/19), 東京.

732053. [研究会] (教育講演) 治療に役立つ脳腫瘍の画像診断. 菅 信一 (放): 第5回放射線腫瘍学夏季セミナー (2003/8/2), 神奈川.

732054. [研究会] (教育講演) 副腎静脈サンプリングにおける手技的問題点. 磯部義憲 (放): 副腎静脈サンプリング研究会 (2004/1/19), 東京.

733531. [学会 (地方)] (一般講演) 前大脳動脈に限局した動脈解離の1例. 大沼雄一郎, 菅 信一, ウッドハムス玲子, 浅野雄二, 松永敬二, 小谷承子, 穴村 聡, 高屋麻美子, 柿田聡子, 池田俊昭, 早川和重 (放): 平成15年度神奈川県放射線医会学術総会 (2003/9/27), 横浜.

733532. [学会 (地方)] (一般講演) 前大脳動脈に限局した動脈解離の1例. 大沼雄一郎, 菅 信一, ウッドハムス玲子, 浅野雄二, 松永敬二, 小谷承子, 穴村 聡, 高屋麻美子, 柿田聡子, 池田俊昭, 早川和重 (放): 第423回日本医学放射線学会関東地方会 (2003/6/28), 東京.

733533. [学会 (地方)] (一般演題) 卵巣腫瘍を契機に診断された下行結腸癌の一例. 大森智子1, 瀧川政和1, 三富弘之2, ウッドハムス玲子3, 矢内原 久3, 佐々木真弓3, 松永敬二3, 池田俊昭3, 磯部義憲3, 菅 信一3, 早川和重3 (1国立相模原病院・放. 2国立相模原病院・病理. 3放): 第423回日本医学放射線学会関東地方会 (2003/6/28), 東京.

733534. [学会 (地方)] (一般講演) 全身性アミロイドーシスの核医学検査で興味ある所見を呈した1症例. 穴村 聡1, 石井勝己1, 浅野雄二1, 早川和重1, 菊池 敬2, 神宮司公二2, 太田幸利1 (1放. 2放射線部): 第59回日本核医学会関東甲信越地方会 (2003/7/12), 東京. 核医学, 41 (1): 65, 2003.

733535. [学会 (地方)] (一般講演) 亜急性連合性脊髄変性症の2例. 高屋麻美子, 菅 信一, 穴村 聡, 大沼雄一郎, ウッドハムス玲子, 松永敬二, 池田俊昭, 早川和重 (放): 第424回日本医学放射線学会関東地方会 (2003/12/13), 東京.

733536. [学会 (地方)] (ポスター) 多発性骨髄腫経過中に脾臓破裂を発見されたアミロイドーシスの一例. 柿田聡子1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 大沼雄一郎1, 穴村 聡1, 浅野雄二1, 菅 信一1, 古田一徳2, 岩渕啓一3, 早川和重1 (1放. 2外. 3病理): 第424回日本医学放射線学会関東地方会 (2003/12/13), 東京.

733537. [研究会] (一般講演) PIXEによる肝臓癌のCa測定. 大田顕成1, 卜 桂蘭1, 早川和重1, 曽根由美子2, 中山重信3 (1放. 2生物化学系. 3実験動物系): 第10回仁科記念サイクロトロンセンター共同利用研究成果発表会 (2003/5/10), 盛岡. 要旨集, p.5, 2003.

733538. [研究会] (一般講演) 胃静脈瘤に対する治療選択のため血行動態評価法としての3D造影MRAの有用性. 瀧川政和1, 磯部義憲2, 大森智子1, 矢内原  久2, 佐々木真弓2, 西巻 博2, 早川和重2 (1国立相模原病院・放. 2放): 静脈瘤血行動態研究会 (2003/10/18), 大阪.

733539. [研究会] (一般講演) A prospective study of three-dimensional conromal radiation therapy using a middle fraction size for small-sized lung tumors in elderly patients. 新部 譲1,2, 唐澤克之2, 梅沢朋子2, 家城隆次2, 渋谷昌彦2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 第8回日本高精度放射線外部照射研究会 (2003/7), 千葉.

733540. [研究会] (一般講演) 腫瘍血栓を伴う肝細胞癌に対する放射線治療. 北野雅史1, 早川和重1, 矢内原 久1, 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 瀧川政和2 (1放. 2国立相模原病院・放): 第1回神奈川肝がん研究会 (2003/11/1), 横浜.

733541. [研究会] (一般講演) 腸骨動脈ステント留置前後の股関節屈曲による腸骨動脈の変形−MDCTによる3次元的評価−. 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 高屋麻美子1, 西巻 博1, 早川和重1, 秦 博文1, 田村幸穂2, 平田光博2 (1放. 2外): 第14回医用デジタル動画像研究会 (2003/10/25), 熊本.

733542. [研究会] (一般講演) 長期経過観察したBudd-Chiari sydrome (肝静脈閉塞症) の1例. 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 矢内原 久1, 瀧川政和2 (1放. 2国立相模原病院・放): 第15回関東IVR研究会 (2003/7/12), 東京.

733543. [研究会] (一般講演) SPIO-MRIを用いた肝がんRFA後の治療効果判定. 佐々木真弓1, 矢内原 久1, 磯部義憲1, 早川和重1, 瀧川政和2 (1放. 2国立相模原病院・放): 第1回神奈川肝がん研究会 (2003/11/1), 横浜.

733544. [研究会] (一般講演) ステロイドが著効した自己免疫関連性膵炎に伴う胆管炎の一例. 佐々木真弓1, 矢内原 久1, 磯部義憲1, 瀧川政和2 (1放. 2国立相模原病院・放): 腹部放射線研究会 (2003/5), 神戸.

733545. [研究会] (一般講演) 経過観察しえた胆管内進展を伴う腫瘤形成型胆管細胞癌の一例. 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 大沼雄一郎1, 矢内原 久1, 瀧川政和2, 中澤貴秀, 鹿取正道3, 吉田宗紀3, 大部 誠4 (1放. 2国立相模原病院・放. 3外. 4医衛): 北里胆胆膵研究会 (2003/7), 相模原.

733546. [研究会] (一般講演) 肺腫瘍の診断および治療における核医学検査の役割−北里大学病院最近の症例から−. 浅野雄二 (放): 第11回レイクサイドカンファレンス (2003/5/17), 群馬.

733547. [研究会] (一般講演) クモ膜下出血後に一過性左左心室壁運動障害を呈した1症例の心臓核医学検査所見について. 浅野雄二1, 石井勝己1, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 穴村 聡1, 早川和重1, 鷺内隆雄2, 北原孝雄3, 菊池 敬4, 神宮司公二4, 徳重尊宣4, 丸尾秀樹4, 伊藤喜弘4, 田上聡美4, 山東真由美4, 石川涼子4, 太田幸利1 (1放. 2脳外. 3救命. 4放射線部): 第13回神奈川PET・SPECT研究会 (2003/11/1), 横浜.

733548. [研究会] (一般講演) 乳癌に対する拡散強調画像の有用性の検討. ウッドハムス玲子1, 松永敬二1, 早川和重1, 岩渕啓一2, 秦 博文1, 田上浩一1, 尾崎正則3 (1放. 2病理. 3東病院放射線部): 第13回日本乳癌画像研究会 (2004/2/7-8), 京都.

733549. [研究会] (一般講演) びまん性の肝内A-P shuntに対しアイパロンによる塞栓術が有用だった1例. 矢内原 久1, 磯部義憲1, 佐々木真弓1, 西巻 博1, 國分茂博2, 瀧川政和3 (1放. 2内. 3国立相模原病院・放): 第15回関東IVR研究会 (2003/7/12), 東京.

733550. [研究会] (一般講演) 豚生体を用いたラジオ波凝固療法の実験中, 心室細動が誘発された1事例. 小谷承子1, 西巻 博1, ウッドハムス玲子1, 松永敬二1, 磯部義憲1, 早川和重1, 田村幸穂2 (1放. 2外): 第15回関東IVR研究会 (2003/7/12), 東京. プログラム抄録集, p.5, 2003.


<<麻酔科学>>

[学術論文]

120094. [原著] 術後持続腰部硬膜外鎮痛におけるロピバカインとブピバカインの比較. 金井昭文, 中原絵里, 小坂康晴, 上野哲生, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 麻酔 52 (8): 832-839, 2003.

120095. [原著] 麻酔法の違いによる後陣痛・会陰切開痛の比較検討. 齋藤美和子1, 奥富俊之1, 新井陽子2, 天野 完2, 外 須美夫1 (1麻. 2産婦): 分娩と麻酔, 84: 10-16, 2003.

210030. [準原著] Prophylactic epidural naloxone reduces the incidence and severity of neuraxial fentanyl-induced pruritus during labour analgesia in primiparous parturients. 奥富俊之1, 齋藤美和子1, 望月純子2, 天野 完2 (1麻. 2産婦): Can J Anesth, 50: 961-962, 2003.

210031. [準原著] Altered Bupivacaine Pharmacokinetics by MgSO4 in Rats. 奥富俊之1, 齋藤美和子1, 松本宣明2, 清水万紀子2, 福岡正道2, 外 須美夫1 (1麻. 2昭和薬大): Can J Anaesth, 51 (1): 93-94, 2004.

220047. [準原著] 肥大型心筋症を有する患者の周術期心血管系合併症の検討. 黒岩政之, 新井正康, 竹中智昭, 上野哲生, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 52 (7): 733-739, 2003.

320108. [症例報告] パロキセチンが著効した難治性慢性疼痛の1例. 金井昭文 (麻): Pharma Medica, 22 (3): 223-226, 2004.

320109. [症例報告] スキサメトニウム投与後に咬筋硬直を起こし術後に亜型悪性高熱症を発症した成人食道アカラシア根治術の1症例. 荒川有理子, 黒岩政之, 安斉 健, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 53 (3): 287-290, 2004.

320110. [症例報告] 先天性疾患に対するfast track cardiac surgeryにおけるオルプリノンの効果−血行動態と抜管時間に対するクロルプロマジンとの比較−. 伊藤美由紀, 岡本浩嗣, 諏訪潤子, 麻生俊英, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 53 (3): 258-263, 2003.

320111. [症例報告] 硬膜外麻酔時に局所麻酔中毒による意識消失発作をおこした1症例. 新井民江, 蒔本亜紀, 工藤祐子, 木下 伸, 伊藤壮平, 外 須美夫 (麻): 北里医学, 32: 349-351, 2002.

420006. [臨床治験] 静脈血栓症の既往を有する患者の周術期管理の検討. 黒岩政之, 新井正康, 中原絵里, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 52 (7): 744-749, 2003.

520290. [総説] 特集 産婦人科医に必要な麻酔の知識 麻酔前投薬, 筋弛緩薬, 心・血管作動薬. 奥富俊之 (麻): 産科と婦人科, 70 (4): 17-23, 2003.

520291. [総説] 「臨床麻酔誌上セミナー’04」 〈麻酔法〉 D最近の妊娠中毒症の考え方と麻酔法最近の妊娠中毒症. 奥富俊之 (麻): 臨床麻酔, 28 (増): 367-381, 2004.

520292. [総説] 呼吸困難. 新井正康1,2, 相馬一亥2 (1麻. 2救命): 診断と治療, 91 (増): 227-233, 2003.

520293. [総説] 人工呼吸の進歩と最新の機能. 新井正康 (麻): 最新医学, 58 (6月増): 1350-1357, 2003.

520294. [総説] 気管支ファイバースコピーによる気管挿管のコツ. 新井正康 (麻): 救急・集中治療, 15 (増): E22-E28, 2003.

520295. [総説] ARDSの診断 ARDSの診断と重症度判定. 新井正康1,2, 相馬一亥2 (1麻. 2救命): 医学のあゆみ, 別(3月): 221-225, 2004.

520296. [総説] フェンタニルパッチとわが国のがん疼痛治療の転換. 的場元弘1, 国分秀也2, 伊藤伸大1, 木下 伸1, 清水 要1, 小坂康晴1, 村上敏史1, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤部): 緩和医療学, 6 (1): 3-10, 2004.

520297. [総説] オピオイドの使い方. 的場元弘1, 国分秀也2, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤部): 臨床麻酔, 28(3): 545-554, 2004.

520298. [総説] がん疼痛治療薬. 的場元弘1, 国分秀也2 (1麻. 2薬剤部): 医薬ジャーナル, 39 (S1): 177-183, 2003.

520299. [解説] 肺塞栓症の予防と治療. 黒岩政之, 外 須美夫 (麻): 臨床麻酔, 27 (増): 377-389, 2003.

520300. [解説] 周術期肺塞栓の予防法−ACCP ガイドラインの紹介−. 黒岩政之, 外 須美夫 (麻): 呼吸, 6号, 2003.

[著 書]

620290. [学術書] (分担執筆) 頭頸部腫瘍学; 疼痛管理, p.216-223. 的場元浩 (麻), 編集 高橋廣臣1, 岡本牧人2, 早川和重3 (1名誉教授. 2耳鼻. 3放), 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2003/7/25発行.

620291. [教科書] (分担執筆) 現代 心療内科学; ペインクリニック科医による緩和ケア, p.570-582. 的場元弘 (麻), 編集 久保千春1, 中居吉英2, 野添新一3 (1九州大. 2関西医大. 3鹿児島大), 永井書店, 大阪, 2003/10/25発行.

620292. [概説書] (分担執筆) ペインマネジメント−痛みの評価と診療手順−; がん性疼痛, p.205-213. 的場元弘 (麻), 編集 後藤文夫1, 小川節郎2, 宮崎東洋3 (1群馬大. 2日本大. 3順天堂大), 南江堂, 東京, 2004/3/10発行.

620293. [概説書] (単著) がん疼痛治療のレシピ (2004年版), 的場元弘 (麻), 春秋社, 東京, 2004/2/1発行.

620294. [その他の著書] (分担執筆) レジデントノートVol.5 No.7, ローテート研修医のための麻酔科診療; 全身麻酔, 中原絵里, 外 須美夫 (麻), 編集 槇田浩史 (東京医歯大), 羊土社, 東京, 2003/10/1発行.

[学会・研究会等]

713148. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of Artificial Dxygen Carrier on Neutrophil Movement in the Microvasculature of Hamster Cheek pouch. 小澤章子1, 奈良佳洋1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1, Eishun Tsuchida2 (1麻. 2早稲田大): ASA 2003 Annual Meeting (2003/10/15), San Francisco, California. ASA 2003.

713149. [学会 (国際)] (一般講演) Spinal ropivacaine is extremly less neurotoxic than levobupivacaine and procaine in rats. 竹浪 (新井) 民江, Saburo Yagishita, Setuko Murase, 奈良佳洋, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologists (ASA) (2003/1014), San Francisco.

713150. [学会 (国際)] (一般講演) Epinephrine dose not increase neurotoxicity of spinal lidocaine in the rats. 竹浪 (新井) 民江, Sabro Yagishita, 上野哲生, 中原絵里, 小坂康晴, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologists (ASA) (2003/1014), San Francisco.

713151. [学会 (国際)] (一般講演) Neurotoxicity of intrathecal midazolum in rats. 竹浪 (新井) 民江, Saburo Yagishita, Setuko Murase, Yumiko Sugiura, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologists (ASA) (2003/1014), San Francisco.

713152. [学会 (国際)] (ポスター) The Advantage of Ropivacaine for Epidural Postoperative Analgesia after Gynecological Abdominal Surgery. 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologist (2003/10/15), San Francisco.

713153. [学会 (国際)] (ポスター) Ropivacaine is superior to lidocaine for continuous postoperative epidural analgesia because of the less tachyphylaxis. 森 沙夜乃, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologist (2003/10/15), San Francisco.

713154. [学会 (国際)] (ポスター) The Effect of Intravenous Low-Dose heparin on Thrombogenesis during laparoscopic Cholecystectomy. 黒岩政之, 中原絵里, 上野哲生, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): American Society of anesthesiologists, annual meeting 2003(2003/10/13), San Francisco.

713155. [学会 (国際)] (ポスター) The Effect of Hydroxyethylated Starch Infusion on Bupivacaine Pharcamokinetics. 奥富俊之1, 松本宣明2, 清水万紀子2, 外 須美夫1 (1麻. 2昭和薬大): American Society of Anesthesiology (2003/10/15), USA.

713156. [学会 (国際)] (ポスター) Tetrodotoxin-Resistant Sodium Currents Are Preferentially Inhibited by Dexmedetomidine. 丸山美由紀, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American society of Anesthesiologists(2003/10/14), San Francisco.

721017. [学会 (全国)] (教育講演) がん疼痛治療の考え方とオピオイド鎮痛薬の選択. 的場元弘 (麻): 第103回日本外科学会 (2003/6/4), 札幌.

721018. [学会 (全国)] (教育講演) 癌疼痛治療におけるオピオイドの種類と剤型の選択. 的場元弘 (麻): 第8回日本緩和医療学会 (2003/6/27), 千葉.

721019. [学会 (全国)] (教育講演) モルヒネ・オキシコドン・フェンタニル−投与経路と投与量, ローテーションを考える−. 的場元弘 (麻): 日本臨床麻酔学会第23回大会 (2003/10/24), 下関.

721020. [学会 (全国)] (教育講演) がん疼痛治療の考え方とモルヒネ・フェンタニル・オキシコドン製剤の使い方. 的場元弘 (麻): がん疼痛緩和と医療用麻薬の適正使用推進のための講習会 (2004/1/24), 高知.

722118. [学会 (全国)] (招待講演)痛み&カ化的言語的考察. 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会(2003/5/31), 横浜. 麻酔, 52 (増): S47-54, 2003.

722119. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 温故知新のパネルディスカッション 周術期肺血栓塞栓症「欧米の予防ガイドラインの紹介」. 黒岩政之, 外 須美夫 (麻): 第50回日本麻酔学会総会 (2003/5/29), 横浜.

722120. [学会 (全国)] (ラウンドテーブルディスカッション) 左心低形成に対するノーウッド手術時の経食道心エコーの有用性. 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第8回日本心臓血管麻酔学会学術大会・総会 (2003/9/27), 奈良.

722121. [学会 (全国)] (シンポジウム) 日本麻酔科学会2002年度周術期肺血栓症塞栓症 (PTE) 発症調査報告. 古家 仁1, 黒岩政之2, 巌 康秀3, 佐々木順司4, 伊藤 誠5, 謝 宗安6, 森田 潔7 (1県立奈良医大. 2国立相模原病院, 3杏林大, 4東邦大. 5山口県医師会病院. 6帝京大. 7岡山大): 第26回日本血栓止血学会総会・学術集会 (2003/11/23), 東京.

722122. [学会 (全国)] (シンポジウム) 今こそモルヒネ. モルヒネの適応, 各投与法の実際. 的場元弘, 村上敏史, 木下 伸, 丸山美由紀, 外 須美夫 (麻): 日本ペインクリニック学会第37回大会 (2003/7/26), 仙台.

722123. [学会 (全国)] (シンポジウム) がん疼痛マネジメントにおけるフェンタニルパッチの使用経験と課題−換算比とレスキューをどのように考えるか−. 的場元弘1, 村上敏史1, 小坂康晴1, 国分秀也2, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤部): 日本ペインクリニック学会第37回大会 (2003/7/25), 仙台.

722124. [学会 (全国)] (シンポジウム) 欧米の静脈血栓塞栓症予防ガイドライン. 黒岩政之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/31), 横浜.

723834. [学会 (全国)] (一般講演) TUR-P術後の尿道留置カテーテルの違和感に対する術後持続静脈内投与の検討. 松崎重之1, 外 須美夫1, 田島英雄2, 浦野博秀2, 石川玲子3, 加藤秀一4 (1麻. 2伊勢原病院. 3相模台病院. 4かとうクリニック): 日本麻酔学会50回大会 (2003/5/29), 横浜.

723835. [学会 (全国)] (一般講演) 胸筋温存乳房切除術後鎮痛におけるオキシコドン使用の試み. 松崎重之1, 外 須美夫1, 田島英雄2, 浦野博秀2, 石川玲子3, 加藤秀一4, 伊藤壮平1, 中原絵里1 (1麻. 2伊勢原病院. 3相模台病院. 4かとうクリニック): ペインクリニック37回大会 (2003/7/25), 仙台.

723836. [学会 (全国)] (一般講演) 脊椎手術術後鎮痛におけるオキシコドンの有用性. 松崎重之1, 外 須美夫1, 田島英雄2, 浦野博秀2, 石川玲子3, 加藤秀一4 (1麻. 2伊勢原病院. 3相模台病院. 4かとうクリニック): 日本臨床麻酔学会23回大会 (2003/10/26), 下関.

723837. [学会 (全国)] (一般講演) 術後中心静脈カテーテル血栓症をきたした4症例の検討. 鈴木麻葉, 中原絵里, 小澤章子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第23回日本臨床麻酔学会 (2003/10/23), 下関.

723838. [学会 (全国)] (一般講演) 産科麻酔ディベイト「帝王切開の脊髄麻酔前に急速輸液負担は必要か?」. 奥富俊之 (麻): 第23回日本臨床麻酔学会総会 (2003/10/23), 下関. 

723839. [学会 (全国)] (一般講演) 術前に拡張食道による気管狭窄で呼吸管理を要した重症食道アカラジアの麻酔経験. 齋藤裕子, 小澤章子, 小坂康晴, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第23回日本臨床麻酔学会総会 (2003/10/24), 下関. 

723840. [学会 (全国)] (一般講演) 手術中のイオン化マグネシウム濃度変化の輸液剤による相違. 戸田雅也, 黒岩政之, 吉井由布子, 川中紀子, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回大会 (2003/5/29), 横浜.

723841. [学会 (全国)] (一般講演) アンケートから見た学生の無痛分娩に対する認識度. 奥富俊之, 齋藤美和子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回大会 (2003/5/29), 横浜.

723842. [学会 (全国)] (一般講演) PCEAは分娩時麻酔において有用か? 齋藤美和子, 奥富俊之, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回大会 (2003/5/31), 横浜.

723843. [学会 (全国)] (一般講演) ラット及びヒト肝ミクロソームを用いたbupivacaine代謝におけるmagnesium sulfateの影響. 青山隆彦1, 清水万紀子1, 松本宣明1, 齋藤美和子2, 奥富俊之2,, 外 須美夫2, (1昭和薬大. 2,麻): 第124年会 日本薬学会 (2004/3/30), 大阪.

723844. [学会 (全国)] (一般講演) 頭頸部腫瘍によるがん疼痛の部位と原因の検討. 高良麻紀子, 的場元弘, 木下 伸, 村上敏史, 磯野雅子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/2), 横浜.

723845. [学会 (全国)] (一般講演) フェンタニルパッチで管理した小児がん疼痛患者の1症例. 木下 伸1, 的場元弘1, 磯野雅子1, 近藤尚子1, 冨安志郎2, 外 須美夫1 (1麻. 2長崎大): 日本麻酔科学会題50回学術集会 (2003/5/29), 横浜.

723846. [学会 (全国)] (一般講演) 人工酸素運搬体による血液置換時の微小循環動態. 小澤章子, 奈良佳洋, 肝付 洋, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第24回日本循環制御医学会総会 (2003/5/16), 大阪.

723847. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における緊急事態 (エマージェンシー) コールの分析. 清水 洋, 森 沙夜乃, 近藤尚子, 小澤章子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/29), 横浜.

723848. [学会 (全国)] (一般講演) 過去3回のアナフィラキラキシーショックに陥った症例の皮内反応の経験. 小林瑞佳, 小澤章子, 小坂康晴, 岡本浩嗣, 外 須美夫, 野見山 延 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/30), 横浜.

723849. [学会 (全国)] (一般講演) VIMA導入時のセボフルラン濃度の違いと導入時間, 循環変動, BIS値および心拍変動. 中野貴明1, 小澤章子1, 元村紋子2, 小坂康晴1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻. 2町田市民病院): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/31), 横浜.

723850. [学会 (全国)] (一般講演) Rho-kinase阻害薬による好中球の血管外遊走抑制作用−微小循環における好中球動態. 小澤章子1, 奈良佳洋1, 肝付 洋1, 岡本浩嗣1, 元村紋子2, 外 須美夫1 (1麻. 2町田市民病院): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/31), 横浜.

723851. [学会 (全国)] (一般講演) 高濃度セボフルランの反復深呼吸法により急速導入を行った重症筋無力症患者3症例の検討. 久保秀通, 小澤章子, 伊藤伸大, 小磯伸太郎, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第23回日本臨床麻酔学会総会 (2003/10/24), 下関.

723852. [学会 (全国)] (一般講演) 脳腫瘍摘出術にWake Up Testを行った4例. 大澤 了, 小澤章子, 戸田雅也, 鈴木麻葉, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第23回日本臨床麻酔学会誌総会 (2003/10/23), 下関.

723853. [学会 (全国)] (一般講演) 胸部大動脈癌に対するステントグラフト内挿術における短時間β1選択的ブロッカーの使用経験. 荒川有理子, 岡本浩嗣, 糸満香織, 小林瑞佳, 小澤章子, 外 須美夫 (麻): 日本臨床麻酔学会第23回大会 (2003/10/24), 下関.

723854. [学会 (全国)] (一般講演) ラット脊椎麻酔モデルにおけるブピバカイン, レボブピバカイン, ロピバカイン神経毒性効果の比較. 新井民江, 高良麻紀子, 益田英理子, 糸満香織, 元村紋子, 外 須美夫 (麻): 第50回日本麻酔学会総会 (2003/5/30), 横浜.

723855 [学会 (全国)] (一般講演) バチスタ手術後患者の出血性胃粘膜腫瘍切除術の麻酔経験. 蒔本亜紀, 新井民江, 鮫島千恵子, 清水 要, 木下 伸, 外 須美夫 (麻): 第50回日本麻酔学会総会 (2003/5/31), 横浜.

723856. [学会 (全国)] (一般講演) ミダゾラムのくも膜下腔投与による組織学的検討. 新井民江, 石丸理恵, 小磯伸太郎, 近藤尚子, 外 須美夫 (麻): 第37回ペインクリニック学会 (2003/7/25), 仙台.

723857. [学会 (全国)] (ポスター) 整形外科下肢手術患者に対するPCA付き術後持続硬膜外鎮痛におけるロピバカインとブピバカインの比較. 恩田和範, 金井昭文, 大澤 了, 清水 要, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回大会 (2003/5/29), 横浜.

723858. [学会 (全国)] (ポスター) 婦人科開腹手術患者に対するPCA付き術後持続硬膜外鎮痛におけるロピバカインとブピバカインの比較. 鈴木麻葉, 金井昭文, 木下 伸, 元村紋子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回大会 (2003/5/30), 横浜.

723859. [学会 (全国)] (ポスター) 脊椎疾患に対するクロナゼパムの鎮痛効果の検討. 森 沙夜乃, 中野貴明, 小磯伸太郎, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第37回日本ペインクリニック学会 (2003/7/25), 仙台.

723860. [学会 (全国)] (ポスター) 整形外科下肢手術を対象としたPCA付き持続硬膜外鎮痛におけるロピバカインの有効性の検討. 石丸理恵, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第37回日本ペインクリニック学会 (2003/7/25), 仙台.

723861. [学会 (全国)] (ポスター) 片側下肢手術後の持続腰部硬膜外鎮痛におけるロピバカインとリドカインのタキフィラキシーの比較. 齋藤裕子, 小林瑞佳, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第37回日本ペインクリニック学会 (2003/7/25), 仙台.

723862. [学会 (全国)] (ポスター) 帯状疱疹後神経痛に対するプランルカスト水和物の鎮痛効果の検討. 森 沙夜乃, 近藤尚子, 石丸理恵, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第37回日本ペインクリニック学会 (2003/7/25), 仙台.

723863. [学会 (全国)] (ポスター) 特発性三叉神経痛に対するコハク酸スマトリプタンの鎮痛効果の検討. 金井昭文, 大澤 了, 恩田和範, 外 須美夫 (麻): 第37回日本ペインクリニック学会 (2003/7/25), 仙台.

723864. [学会 (全国)] (ポスター) フェンタニルパッチにおける血中濃度の実測値と理論値との比較. 伊東雅俊1, 国分秀也1, 的場元弘2, 外 須美夫2, 佐川賢一1, 島田慈彦1 (1薬剤部. 2麻): 第8回日本緩和医療学会 (2003/6/27), 千葉.

723865. [学会 (全国)] (ポスター) フェンタニルパッチの貼付量と血中濃度の関係. 村上敏史1, 的場元弘1, 国分秀也2, 伊東雅俊2, 石丸理恵1, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤部): 第8回日本緩和医療学会 (2003/6/27), 千葉.

723866. [学会 (全国)] (ポスター) フェンタニルパッチによる鎮痛に難渋した症例と血中濃度のばらつき. 伊藤伸大1, 的場元弘1, 国分秀也2, 村上敏史1, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤部): 第8回日本緩和医療学会 (2003/6/27), 千葉.

723867. [学会 (全国)] (ポスター) 複方オキシコドン (パビナール注) の持続静注で疼痛治療を行った1例. 近藤尚子1, 的場元弘1, 国分秀也2, 伊藤雅俊2, 村上敏史1, 大木麻巳子3, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤部. 3薬学): 第8回日本緩和医療学会 (2003/6/28), 千葉.

723868. [学会 (全国)] (ポスター) オキシコドン注射薬のがん疼痛治療への応用の検討. 木下 伸1, 的場元弘1, 冨安志郎2, 近藤尚子1, 荒川有理子1, 国分秀也3, 外 須美夫1 (1麻. 2長崎大. 3薬剤部): 日本ペインクリニック学会第37回大会 (2003/7/26), 仙台. 

723869. [学会 (全国)] (ポスター) デキサメデトミジンがラット後根神経節のNaチャネルに与える影響. 伊藤美由紀, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第50回日本麻酔学会 (2003/5/29), 横浜.

723870. [学会 (全国)] (ポスター) 強オピオイド鎮痛薬の開始薬としてのフェンタニルパッチの検討. 伊藤美由紀1, 的場元弘1, 石丸理恵1, 外 須美夫1, 国分秀也2 (1麻. 2薬剤部): 第8回日本緩和医療学会 (2003/6/27), 千葉.

723871. [学会 (全国)] (ポスター) モルヒネによるレスキュードーズの投与量の検討. 近藤尚子, 丸山美由紀, 的場元弘, 外 須美夫 (麻): 日本臨床麻酔学会第23回大会 (2003/10/25), 下関.

723872. [学会 (全国)] (ポスター) モルヒネによるレスキュードーズの代替薬としてのオキシコドン注射の検討. 丸山美由紀, 的場元弘, 木下 伸, 近藤尚子, 外 須美夫 (麻): 日本臨床麻酔学会第23回大会 (2003/10/25), 下関.

723873. [学会 (全国)] (ポスター) フェンタニルパッチ半面貼付の有効性の検討. 泉 薫1, 木下 伸2, 冨安志郎3, 的場元弘2, 外 須美夫2 (1飯塚病院. 2麻. 3長崎大): 日本臨床麻酔学会第23回大会 (2003/10/25), 下関.

723874. [学会 (全国)] (ポスター) フェンタニルパッチ貼付後の効果と排便状態の検討. 村上敏史, 的場元弘, 外 須美夫, 伊藤美由紀 (麻): 日本臨床麻酔学会第23回大会 (2003/10/25), 下関.

723875. [学会 (全国)] (ポスター) 左心バイパス法による胸部下行・胸腹部大動脈瘤の麻酔管理. 元村紋子, 鮫島千恵子, 星野真里子, 新美能成, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/30), 横浜.

723876. [学会 (全国)] (ポスター) エピネフリン添加は局所麻酔薬クモ膜下腔投与の神経毒性を増悪させなかった. 新井民江, 奈良佳洋, 村瀬勢津子, 戸田雅也, 元村紋子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/30), 横浜.

723877. [学会 (全国)] (ポスター) 新生児心臓外科手術における経食道心エコーの有用性. 糸満香織, 岡本浩嗣, 鮫島千恵子, 吉井由布子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第50回学術集会 (2003/5/31), 横浜.

723878. [学会 (全国)] (ポスター) 不変電流通電の種々の痛みに対する鎮痛効果の検討. 大澤 了, 蒔本亜紀, 高良麻紀子, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 日本ペインクリニック学会第37回大会 (2003/7/26), 仙台.

723879. [学会 (全国)] (ポスター) ミダゾラムのくも膜下腔投与による組織学的検討. 新井民江, 荒川有理子, 小磯伸太郎, 近藤尚子, 外 須美夫 (麻): 日本ペインクリニック学会第37回大会 (2003/7/26), 仙台.

723880. [学会 (全国)] (ポスター) 高圧注射器を用いた椎間板内加圧注射が著効した腰椎椎間板ヘルニアの3症例. 清水 要, 糸満香織, 荒川有理子, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 日本ペインクリニック学会第37回大会 (2003/7/24), 仙台.

723881. [学会 (全国)] (ポスター) キセノン光照射が著効した長期透析患者のアミロイド関節炎の3症例. 清水 要, 高良麻紀子, 蒔本亜紀, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 日本ペインクリニック学会第37回大会 (2003/7/24), 仙台.

723882. [学会 (全国)] (ポスター) 重症呼吸機能障害患者の下腹部開腹手術における硬膜外併用脊髄くも膜下麻酔による術中管理. 益田英理子, 鮫島千恵子, 元村紋子, 星野真里子, 桜本千恵子, 外 須美夫 (麻): 日本臨床麻酔学会第23回大会 (2003/10/24), 下関.

731078. [学会 (地方)] (教育講演) がん疼痛治療におけるNSAIDsの役割と選択. 的場元弘 (麻): 第28回日本口腔外科学会中部地方会 (2003/6/14), 名古屋.

731079. [研究会] (特別講演) 癌疼痛治療におけるオピオイドの種類と剤型の選択. 的場元弘 (麻): 第2回山梨緩和医療懇話会 (2003/8/8), 甲府.

731080. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの種類と投与経路の選択. 的場元弘 (麻): 埼玉県東部地区緩和医療講習会 (2003/11/27), 埼玉.

731081. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドと投与経路の選択. 的場元弘 (麻): 日立内科医会学術講演会 (2003/9/18), 茨城.

731082. [研究会] (特別講演) こんなとき, このオピオイド. 的場元弘 (麻): 新潟県病院薬剤師学術講演会 (2003/9/19), 新潟.

731083. [研究会] (特別講演) 癌疼痛治療におけるオピオイドの選択−こんな時どのオピオイド−. 的場元弘 (麻): 第11回福島緩和医療懇話会 (2003/9/27), 福島.

731084. [研究会] (特別講演) どんな時どのオピオイド. 的場元弘 (麻): 長崎緩和ケアセミナー (2003/9/22), 長崎.

731085. [研究会] (特別講演) こんな時どのオピオイド. 的場元弘 (麻): 第6回がん患者QOL研究会-兵庫 (2003/10/10), 神戸.

731086. [研究会] (教育講演) がん疼痛治療における問題点. 的場元弘 (麻): 和歌山がん疼痛治療懇話会 (2003/4/19), 和歌山.

731087. [研究会] (教育講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの選択と使い方. 的場元弘 (麻): ひたちなか地区緩和医療研究会 (2003/4/24), 茨城.

731088. [研究会] (教育講演) どんな時にどのオピオイド. 的場元弘 (麻): 徳島緩和ケア研究会 (2003/7/18), 徳島.

731089. [研究会] (教育講演) 産科麻酔の最近の動向. 奥富俊之 (麻): 第106回分娩と麻酔研究会 (2003/12/20), 横浜.

731090. [研究会] (教育講演) がん性疼痛における効果的な鎮痛補助薬の使い方. 的場元弘 (麻): 第2回がん性疼痛看護研究会 (2003/10/18), 神奈川.

731091. [研究会] (教育講演) どこでもできる癌疼痛治療. 的場元弘 (麻): 在宅医療研究会 (2003/11/12), 神奈川。

731092. [研究会] (教育講演) 痛みについて考える−がんの痛みからの開放−. 的場元弘 (麻): メディアセミナー (2003/11/20), 東京.

731093. [研究会] (教育講演) 医療用麻薬の適正使用について. 的場元弘 (麻): 第7回緩和ケア学術講演会 (2003/11/21), 東京.

731094. [研究会] (教育講演) がん患者にみられる疼痛とモルヒネの上手な使い方. 的場元弘 (麻): 平成15年度末期医療患者のOL推進事業講習会プログラム (がん研究振興財団主催) (2003/11/28), 東京.

731095. [研究会] (教育講演) オピオイドローテーションの適応を考える. 的場元弘 (麻): 第7回多施設緩和ケア研究会 (2003/12/20), 東京.

732055. [学会 (地方)] (シンポジウム) 麻酔科と緩和医療−大学病院の立場から−. 的場元弘 (麻): 日本麻酔科学会 東京・関東甲信越支部第43回合同学術集会 (2003/9/20), 東京.

732056. [研究会] (シンポジウム) 21世紀に慢性痛の治療はどうあるべきか. 的場元弘 (麻): 京都健康フォーラム2003 (2004/1/31), 京都.

732057. [研究会] (シンポジウム) がんの痛みの個別性とオピオイド鎮痛薬の選択. 的場元弘 (麻): 星薬科大学・文部科学省 学術フロンティア推進事業 平成15年度特別講演および特別シンポジウム (2004/2/12), 東京.

733551. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性期高位脊髄損傷患者における開腹手術の2症例. 小磯伸太郎, 中原絵里, 金井昭文, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第43回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2003/9/20), 東京.

733552. [学会 (地方)] (一般講演) 気道異物摘出術の麻酔管理の検討. 伊藤伸大, 小澤章子, 小磯伸太郎, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会東京・関東甲信越支部第43回合同学術集会 (2003/9/20), 東京.

733553. [学会 (地方)] (一般講演) 声門下気管腫瘍患者のレーザー摘出術の麻酔. 高良麻紀子, 新井民江, 伊藤伸大, 兵頭亜紀子, 伊藤壮平, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2003/9/20), 横浜.

733554. [学会 (地方)] (一般講演) 周術期における一時的下大静脈フィルター使用症例の検討. 中原絵里, 黒岩政之, 小澤章子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 神奈川専門医会 (2004/2), 横浜.

733555. [学会 (地方)] (ポスター) 硬膜外麻酔後に生じた頭蓋内硬膜下出血の1症例. 森 沙夜乃, 兵頭亜紀子, 秋山麻紀, 高良麻紀子, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会 東京・関東甲信越支部 第43回合同学術集会 (2003/9/20), 東京.

733556. [学会 (地方)] (ポスター) 高血圧合併患者で術後肺水腫を呈した症例. 兵頭亜紀子, 新井民江, 外 須美夫 (麻): 第43回日本麻酔科学会関東甲信越地方会 (2003/9/20), 東京.

733557. [研究会] (一般講演) 本邦における周術期肺血栓塞栓症の特徴. 黒岩政之1, 古家 仁2, 巖 康秀3, 佐々木順司4, 伊藤 誠5, 謝 宗安6, 森田 潔7 (1国立相模原病院. 2県立奈良医大. 3杏林大. 4東邦大. 5山口県医師会病院. 6帝京大. 7岡山大): 第10回肺塞栓症研究会学術集会 (2002/11/15), 仙台.

733558. [研究会] (一般講演) 周術期における一時型下大静脈フィルタ使用症例の検討. 中原絵里, 黒岩政之, 外 須美夫 (麻): 第10回肺塞栓研究会 (2003/11/1), 仙台.


<<臨床検査診断学>>

[学術論文]

110217. [原著] Inhibition of monosodium urate monohydrate crystal-induced acute inflammation by retrovirally trarsfected prostaglandin D synthase. 村上洋介1, 狩野有作2, 赤星 透2, 近藤啓文3, 林 泉4, 河合眞一5, 遠藤平仁3, 井上松久6, 橋本 篤3, 北里英郎6 (1医療系大学院. 2臨検学. 3内. 4薬理. 5聖マリアンナ医大. 6微・寄): Arthritis Rheum, 48: 2931, 2003.

110218. [原著] Eradication aatherapy of Helicobacter pylori directly indures apoptosis in inflammation-related immunocytes inthe Gastric mucosa-Possible mechanism for cure of Peptic uloer disease and MALT lymphoma with a low-grode malignancy. T. Ohara1, 狩野有作2, K. Higuchi, T. Arakawa, T. Morishita (1東歯大. 2臨検学): Hepato-gastroenterology, 50: 607-609, 2003.

310023. [症例報告] Meningitis caused by Enterococcus gallinarum in patients with ventriculoperitoneal shunts. 高山吉永1, 砂川慶介2, 赤星 透1 (1臨検学. 2感染症): J Infect Chemother, 4: 348, 2003.

520301. [総説] 検診で抗核抗高値を指摘された症例への対応. 赤星 透 (臨検学): 今月の治療, 11: 119, 2003.

520302. [総説] 通風関節炎のメカニズム−通風と尿酸代謝異常・新がイドラインに基づいた最新の実地診療−. 赤星 透 (臨検学): Medical Practice, 20: 1855, 2003.

520303. [総説] 臨床検査部の創造的構造改革. 赤星 透 (臨検学): 検査と技術, 31: 402, 2003.

520304. [総説] 関節リウマチにおける治療戦略−step-upかstep-downか−. 赤星 透 (臨検学): 臨床リウマチ, 15: 249, 2003.

[著 書] 

620295. [その他の著書] (分担執筆) 検査・検査値まるわかり事典; 血清尿素 (BUN, UN), p.146-147. 大谷慎一 (臨検学), (株) 西東社, 東京, 2004/2/10発行.

620296. [その他の著書] (分担執筆) 臨床検査項辞典; 寒冷凝集反応, p.782. 大谷慎一 (臨検学), 医歯薬出版 (株), 東京, 2003/5/20発行.

620297. [その他の著書] (分担執筆) 検査・検査値まるわかり事典; 血清クレアチニン (Cr), p.148-149. 大谷慎一 (臨検学), (株) 西東社, 東京, 2004/2.10発行.

620298. [その他の著書] (分担執筆) 臨床検査項辞典; ポール・バンネル反応/ダビットソン吸収試験, p.775. 大谷慎一 (臨検学), 医歯薬出版 (株), 東京, 2003/5/20発行.

620299. [その他の著書] (分担執筆) 臨床検査項事典; 妊娠特異性β, 糖蛋白/α2糖蛋白, p.768. 大谷慎一 (臨検学), 医歯薬出版 (株), 東京, 2003/5/20発行.

620300. [その他の著書] (分担執筆) 検査・検査値まるわかり事典; 尿酸 (VA), p.150-151. 大谷慎一 (臨検学), (株)西東社, 東京, 2004/2/10発行.

620301. [その他の著書] (分担執筆) 検査・検査値事典; C3, C4 (補体第3成分, 補体第4成分), p.199. 狩野有作 (臨検学), 監修 森 三樹雄 (独協医大), (株) 西東社, 東京, 2004/2/10発行.

620302. [その他の著書] (分担執筆) 検査・検査値辞典; CH50 (血清補体価), p.198. 狩野有作 (臨検学), 監修 森 三樹雄 (独協医大), (株) 西東社, 東京, 2004/2/10発行.

620303. [その他の著書] (分担執筆) 検査・検査値辞典; 直接・間接クームス試験, p.185. 狩野有作 (臨検学), 監修 森 三樹雄 (独協医大), (株) 西東社, 東京, 2004/2/10発行.

620304. [その他の著書] (分担執筆) 医学大辞典; 赤血球型検査, p.1400. 狩野有作 (臨検学), 編集 高久史麿 (自治医大), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620305. [その他の著書] (分担執筆) 医学大辞典; 骨髄細胞, p.871. 狩野有作 (臨検学), 高久史麿 (自治医大), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620306. [その他の著書] (分担執筆) 医学大辞典; ライト染色, p.2486. 狩野有作 (臨検学), 高久史麿 (自治医大), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620307. [その他の著書] (分担執筆) 医学大辞典; 骨髄液塗抹染色, p.870. 狩野有作 (臨検学), 編集 高久史麿 (自治医大), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620308. [その他の著書] (分担執筆) 医学大辞典; 骨髄液, p.870. 狩野有作 (臨検学), 編集 高久史麿 (自治医大), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620309. [その他の著書] (分担執筆) 医学大辞典; 白血球型検査, p.1975. 狩野有作 (臨検学), 編集 高久史麿 (自治医大), 医学書院, 東京, 2003/3/1発行.

620310. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針−私はこう治療している−; 抗リン脂質抗体症候群, p.580-581. 赤星 透 (臨検学), 医学書院, 2004発行.

620311. [学術書] (分担執筆) ハリソン内科学 (原書版15版, 日本語版); 第312章 関節リウマチ, 第318章 サルコイドーシス, 第323章 感染症関節炎, p.1975-1983, p.2014-2019, p.2045-2048. 赤星 透 (臨検学), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2003発行.

[学会・研究会等]

723883. [学会 (全国)] (一般講演) リウマウド (RF) 因子測定におけるフィブリノーゲンの影響について. 遠藤留美子1, 大場雄吉1, 赤星 透2 (1臨床検査部. 2臨検学): 第50回日本臨床検査医学会 (2003/10/30), 広島. 臨床病理, 51: 157, 2003.

723884. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性血小板減少性斑病における炎症性サイトカインの−塩基遺伝子多型 (SNP) 解析−. 佐藤隆司1, 赤星 透2, 池田康夫3, 桑名正隆3 (1医療系大学院. 2臨検学. 3慶応大): 第50回日本臨床検査医学会 (2003/10/30), 広島. 臨床病理, 51: 198, 2003.

723885. [学会 (全国)] (一般講演) HCV感染患者における補体Cold Activationのカ価の違いについて. 大場雄吉1, 遠藤留美子1, 赤星 透2 (1臨床検査部. 2臨検学): 第50回日本臨床検査医学会 (2003/10/30), 広島. 臨床病理, 51: 280, 2003.

723886. [学会 (全国)] (一般講演) 低IgD血症と疾患との関連性. 鉢村和男1, 阿部美知子1, 谷川絋三1, 小川善資1, 大場雄吉2, 赤星 透3 (1医衛. 2臨床検査部. 3臨検学): 第50回日本臨床検査医学会 (2003/10/30), 広島. 臨床病理, 51: 330, 2003.

723887. [学会 (全国)] (一般講演) 尿酸誘発性炎症におけるPrustaglandin D synthose (PGDS) の作用の検討. 村上洋介1, 川野 静, 北里英郎2, 赤星 透3, 遠藤平仁4, 橋本 篤, 河合眞一5 (1医療系大学院. 2医衛. 3臨検学. 4内. 5聖マリアンナ医大): 第47回日本リウマチ学会 (2003/5), 東京. 学術集会抄録集巻2003号, 2003.

723888. [学会 (全国)] (一般講演) MPO陽性microscopic polyangiitis (NPA) における血清中α-defensis. 田中住明1, 赤星 透2, 近藤啓文1 (1内. 2臨検学): 第47回日本リウマチ学会 (2003/5), 東京. 学術集会抄録集巻2003号, 2003.

723889. [学会 (全国)] (一般講演) 抗リウマチ薬の脂質代表に及ぼす影響. 渡部洋行1, 近藤啓文1, 赤星 透2 (1内. 2臨検学): 第47回日本リウマチ学会 (2003/5), 東京. 学術集会抄録集巻2003号, 2003.

723890. [学会 (全国)] (一般講演) 反復する弛張熱に巨大脾腫を合併した一男児例. 坂東由紀1, 赤星 透2 (1児. 2臨検学): 第47回日本リウマチ学会 (2003/5), 東京. 学術集会抄録集巻2003号, 2003.

723891. [学会 (全国)] (一般講演) 動脈硬化性大動脈疾患における非侵襲性動脈硬化診断法の有用性について. 狩野有作1, 檀原幹生1, 高山吉永1, 大谷慎一1, 宇治橋善勝2, 棟方伸一2, 赤星 透1 (1臨検学. 2臨床検査部): 第50回日本臨床検査医学 (2003/10/30), 広島. 臨床病理, 51: 265, 2003.

723892. [学会 (全国)] (ポスター) フローサイトメトリーを用いた肺小細胞癌骨髄転移例の診断に関する基礎的検討. 芳田 貢, 檀原幹生1, 原田真紀子, 狩野有作1, 大谷慎一1, 高山吉永1, 管原健一, 東原正明2 (1臨検学. 2内): 第50回日本臨床検査医学会総会 (2003/10/29), 広島.

723893. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における自己血輸血の現状と問題点−DPC導入における影響−. 大谷慎一1, 高山吉永1, 檀原幹生1, 狩野有作1, 赤星 透1, 三浦芳典2, 小本美奈2, 高野波留美2, 風間あきみ2, 八木和代2, 平田泰良2, 小原邦義3 (1臨検学. 2輸血センター. 3胸外): 第50回日本臨床検査医学会総会 (2003/10/29), 広島. 臨床病理, 51 (補): 308, 2003.


<<救急救命学>>

[学術論文]

110219. [原著] Effect of milk on intestinal fluid accumulation and renal injury following mercuric chloride ingestion in rats. 上條吉人1, 林 泉2, 吉村久仁子3, 相馬一亥1 (1救命. 2薬理. 3生物化学系): Journal of Applied Toxicology, 24 (2): 129-134, 2004.

110220. [原著] Changes in the hemodynamic state of patients with acute lethal organophosphate poisoning. 浅利 靖, 上條吉人, 相馬一亥 (救命): Veterinary and Human Toxicology, 46 (1): 5-9, 2004.

120096. [原著] 頸椎側面単純X線写真に追加すべき頸部CT撮影の頻度に関する検討. 鈴木 卓1, 山本俊郎2, 鈴木範行2, 安瀬正紀2, 杉山 貢2 (1救命. 2横浜市大救命救急センター): 日本救急医学会雑誌, 14: 731-8, 2003.

120097. [原著] 当院ICUにおける呼吸器関連肺炎 (VAP) の疫学的調査. 熊谷 謙, 相馬一亥 (救命): 臨床呼吸生理, 35 (1): 7-10, 2003.

120098. [原著] 急性薬物中毒治療の質の向上に向けて. 相馬一亥1, 坂本哲也 (1救命): 中毒研究, 17: 11-15, 2004.

120099. [原著] 呼吸器内視鏡医と関連他科の連携−救急医療での特殊性−. 相馬一亥 (救命): 気管支学, 25 (8): 652-655, 2003.

220048. [準原著] 急性呼吸促迫症候群 (ARDS) に対する一酸化酸素 (NO) 吸入療法の臨床検討. 今井 寛, 相馬一亥, 熊谷 謙, 新井正康, 大和田 隆 (救命): Medical Gases, 4 (1): 39-40, 2002.

310024. [症例報告] Dural sinus thrombosis with severe hypernatremia developing in a patient on long-term lithium therapy. 上條吉人1, 相馬一亥1, 濱中聡子2, 永井智紀3, 栗原克由3 (1救命. 2精. 3法医): Journal of Toxicology-Clinical Toxicology, 41 (4): 359-362, 2003.

310025. [症例報告] Acute respiratory distress syndrome following asthma-like symptoms from massive ingestion of a monoethanolamine-containing detergent. 上條吉人1, 相馬一亥1, 井上文子1, 永井智紀2, 栗原克由2 (1救命. 2法医): Veterinary and Human Toxicology, 46 (2): 79-80, 2004.

310026. [症例報告] Ipsilateral femoral neck shaft and supracondylar fractures:acase report. 鈴木 卓, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): Eur J Orthop Surg Traumatol, 13: 118-120, 2003.

320112. [症例報告] 著明な皮下気腫を認めた犬咬傷の1例. 柏木慎也, 浅利 靖, 熊谷 謙, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 24: 218-219, 2003.

320113. [症例報告] 経カテーテル動脈塞栓術後殿筋壊死・直腸粘膜壊死・下肢神経障害をおこした骨盤骨折の一例. 鈴木 卓1, 河合孝誠2, 安瀬正紀2, 杉山 貢2 (1救命. 2横浜市大救命救急センター): 臨床整形外科, 38: 989-92, 2003.

320114. [症例報告] プロポフォール持続投与による著明な横紋筋融解症が疑われた1成人例. 品川弥人, 秋山久尚, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 日本臨床救急医学会雑誌, 6 (4): 2003.

320115. [症例報告] 来院後心肺停止となり原因診断に苦慮した薬物中毒の1症例. 井上文子, 上條吉人, 相馬一亥, 大和田 隆, 鈴木 亮, 菊野隆明 (救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 24: 316-317, 2003.

320116. [症例報告] Micafunginが有効であったCandida kruseiによる真菌血症の1例. 野々山勝人1, 久米 光2, 熊谷 謙3, 相馬一亥3, 大和田 隆3 (1感染症部. 2病理部. 3救命): 感染症学雑誌, 77 (11): 982-985, 2003.

520305. [総説] 熱中症III度症候群: 重症型熱中症の診断基準. 安岡正蔵, 有賀 徹, 豊田 泉, 北原孝雄1, 坂本哲也, 奥寺 敬, 富田博樹, 上田守三, 井上徹英, 木村祐介, 八木下敏志行, 佐藤 章, 小林士郎, 斉藤 勇, 川原 貢, 渡會公治, 赤居正美 (1救命): J Japanese Congress on Neurological Emergencies, 16: 5-9, 2003.

520306. [総説] 精神症状を有する救急・集中治療患者の後方施設への紹介とその問題点. 上條吉人 (救命): 救急・集中治療, 15 (5): 529-532, 2003.

520307. [総説] 大量服薬の場合. 上條吉人 (救命): 精神科治療学, 15 (増): 182-186, 2003. 

520308. [総説] 各科領域の救急−精神科−. 上條吉人 (救命): Emergency Nursing, 17 (3): 37-43, 2004.

520309. [講座] 脳動脈瘤には血管内治療か? 外科治療か?−外科治療の立場から−. 北原孝雄 (救命): 救急・集中治療, 16: 487-490, 2004.

520310. [講座] 横隔膜損傷. 今井 寛 (救命): 臨床医, 29 (増): 886-888, 2003.

520311. [講座] 肺実質損傷. 今井 寛 (救命): 臨床医, 29 (増): 895-897, 2003.

520312. [講座] こんな症例, こんな画像. 今井 寛, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (8): 778, 2003.

520313. [講座] こんな症例, こんな画像. 今井 寛, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (11): 1125, 2003. 

520314. [講座] こんな症例, こんな画像. 片岡祐一, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (7): 662, 2003. 

520315. [講座] こんな症例, こんな画像. 鈴木 卓. 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (6): 547, 2003.

520316. [講座] こんな症例, こんな画像. 山本紳一郎, 引田俊一, 相馬一亥, 西巻 博 (救命): 救急・集中治療, 16 (2): 137, 2004.

520317. [講座] 救命救急センターにおける呼吸管理. 橋場伸一郎, 相馬一亥 (救命): 別冊医学のあゆみ 呼吸器疾患, 2003-2005: 340-343, 2003.

520318. [講座] 救命救急室における結核症. 相馬一亥 (救命): 呼吸, 22 (3): 250-256, 2003.

520319. [講座] 呼吸困難. 新井正康, 相馬一亥 (救命): 診断と治療, 91 (Suppl): 227-233, 2003.

520320. [講座] 内分泌障害. 相馬一亥 (救命): 救急医学, 27 (8): 954-957, 2003.

520321. [講座] こんな症例, こんな画像. 樫見文枝, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (4): 326, 2003.

520322. [講座] こんな症例, こんな画像. 服部 潤, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (5): 433, 2003.

520323. [講座] こんな症例, こんな画像. 佐藤千恵, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (9): 894, 2003.

520324. [講座] こんな症例, こんな画像. 吉田 徹, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (12): 1250, 2003.

520325. [講座] こんな症例, こんな画像. 秋山久尚, 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 16 (1): 1, 2003.

520326. [講座] 喀血. 相馬一亥 (救命): 救急医学, 27 (10): 1368-1371, 2003.

520327. [講座] 急性肺傷害における低容量換気法の臨床的有用性. 相馬一亥 (救命): 治療学, 37 (11): 19-22, 2003.

520328. [講座] 急性呼吸不全. 相馬一亥 (救命): Medicina臨床研修コアスキル, 増40 (12): 562-564, 2003.

520329. [講座] PECLA. 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 15 (臨増): 184-188, 2003.

520330. [講座] 重症急性肺塞栓の治療にフィルターは必要か? NOの立場から. 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 16 (1): 125-128, 2003.

520331. [講座] 新しい診断と治療のABC 17. 人工呼吸器関連肺炎 (VAP). 相馬一亥 (救命): 呼吸器, 4: 218-223, 2003.

520332. [講座] 人工呼吸器関連肺炎 (VAP). 相馬一亥 (救命): メディチーナ, 40 (13): 2040-2043, 2003.

[著 書]

620312. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 救急医療: 腰椎穿刺, 髄液採取法. 上條吉人 (救命), 編集 山口 徹 (虎の門病院), 医学書院, 東京, 2004/1/1発行.

620313. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針; 中毒性疾患: 循環器官用薬中毒. 上條吉人 (救命), 編集 山口 徹 (虎の門病院), 医学書院, 東京, 2004/1/1発行.

620314. [その他の著書] (分担執筆) 研修医必携 救急医療実践マニュアル; 症例10, p.55-56. 北原孝雄 (救命), 監修 堤 晴彦, 小野一之: 日経BP社, 東京, 2003/12/26発行.

620315. [その他の著書] (分担執筆) 呼吸器疾患; 吸入療法, p.258-262. 相馬一亥 (救命), 監修 木村謙太郎, 松尾ミヨ子, 学習研究社, 東京, 2003/4/20発行.

620316. [その他の著書] (分担執筆) 呼吸器疾患; 気管内吸引, p.263-266. 相馬一亥 (救命), 監修 木村謙太郎, 松尾ミヨ子, 学習研究社, 東京, 2003/4/20発行.

620317. [その他の著書] (分担執筆) 呼吸器疾患; 酸素療法, p.267-273. 相馬一亥 (救命), 監修 木村謙太郎, 松尾ミヨ子, 学習研究社, 東京, 2003/4/20発行.

620318. [その他の著書] (分担執筆) 呼吸器疾患; 人工呼吸, p.274-279. 相馬一亥 (救命), 監修 木村謙太郎, 松尾ミヨ子, 学習研究社, 東京, 2003/4/20発行.

620319. [その他の著書] (分担執筆) 呼吸器疾患; 救急処置, p.280-283. 相馬一亥 (救命), 監修 木村謙太郎, 松尾ミヨ子, 学習研究社, 東京, 2003/4/20発行.

620320. [その他の著書] (編集) トキシコロジー用語辞典. 編集 相馬一亥 (救命). (株) じほう, 東京, 2003/7/20発行.

620321. [その他の著書] (分担執筆) 救急診療指針; 喀血, p.147-148. 相馬一亥 (救命), (株) へるす出版, 東京, 2003/8/7発行.

620322. [その他の著書] (分担執筆) 救急診療指針; 呼吸器系の急性疾病, p.209-216. 相馬一亥 (救命), (株) へるす出版, 東京, 2003/8/7発行.

620323. [その他の著書] (分担執筆) 救急診療指針; 気管支鏡, p.417-419. 相馬一亥 (救命), (株) へるす出版, 東京, 2003/8/7発行.

620324. [その他の著書] (分担執筆) 救急ケアマニュアル; 呼吸困難, p.140-144. 相馬一亥 (救命), (株) 照林社, 東京, 2004/2/10発行.

620325. [その他の著書] (分担執筆) 呼吸器疾患の最新の治療2004-2006; 化学物質の吸入, p.170-173. 相馬一亥 (救命), (株) 南江堂, 東京, 2004/2/15発行.

620326. [その他の著書] (分担執筆) SIRSの病態と治療; ALI/ARDSの治療戦略 全身管理と治療のオーバービュー, p.166-173. 相馬一亥 (救命), (株) 医薬ジャーナル, 2004/2/5発行.

620327. [その他の著書] (分担執筆) 入門・呼吸療法 改訂第2版; 感染の防止, p.137-147. 相馬一亥 (救命), 克誠堂出版 (株), 2004/3/3発行.

620328. [その他の著書] (監訳) ひと目でわかる救急初期診療ガイド. 相馬一亥 (救命), 監修 岡元和文, 相馬一亥, 行岡哲男, 山科 章: 綜合医学社, 2003/10/26発行.

[学会・研究会等]

722125. [学会 (全国)] (シンポジウム) 不安定型骨盤輪骨折の初期治療. 鈴木 卓1, 新藤正輝2, 内野正隆3, 脇田隆司3, 西巻 博4, 相馬一亥1, 大和田 隆1, 糸満盛憲3 (1救命. 2昭和大. 3整外. 4放): 第76回日本整形外科学会学術集会 (2003/5/23), 金沢. 日本整形外科学会雑誌, 77 (4): S440, 2003.

722126. [学会 (全国)] (シンポジウム) 呼吸器内視鏡医と関連各科との連携. 相馬一亥 (救命): 第26回日本気管支学会総会 (2003年5/29-30), 東京. 日本気管支学会雑誌, 25 (3): 155, 2003.

722127. [学会 (全国)] (シンポジウム) 旧相模海軍工廠跡地 (神奈川県寒川町) で発生したマスタードガス中毒による染色体異常. 浅利 靖1, 児玉喜明2, 高須 博2, 小林 勲1, 阪本奈美子1, 井上文子1, 上條吉人1, 宮田聡子2, 鈴木 元1, 相馬一亥1 (1救命. 2皮): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/19-21),  東京.

722128. [学会 (全国)] (シンポジウム) Swan-Ganzカテーテル一回心拍出量測定による急性心筋梗塞再灌流直後での気絶心筋の評価. 吉田 徹1, 今井 寛1, 町井正人1, 井上文子1, 小林 勲1, 浅利 靖1, 相馬一亥1, 和泉 徹2 (1救命. 2内): 第31回日本集中治療医学会学術集会 (2004/3/4-6), 福岡.

723894. [学会 (全国)] (一般講演) 重症急性心筋梗塞亜急性期に出現した治療抵抗性心室性不整脈に対し, IABP補助下β遮断薬治療が有効であった一例. 安野仲子1, 北野義和2 (1内. 2救命): 第6回日本臨床救急医学会 (2003/4/23), 横浜.

723895. [学会 (全国)] (一般講演) 塩化第二水銀を牛乳とともに服用した場合の生体に及ぼす影響. 吉村久仁子1, 上條吉人1, 井上文子1, 引地 文2, 近藤留美子2, 浅利 靖1, 相馬一亥1 (1救命. 2薬剤): 第25回日本中毒学会総会 (2003/7/12), 福島. プログラム抄録集, p.77, 2003.

723896. [学会 (全国)] (一般講演) 抗精神病薬に関連した肺動脈血栓塞栓症剖検例. 浜中聡子1, 上條吉人2, 永井智紀3, 栗原克由3, 相馬一亥2 (1精. 2救命. 3法医): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/20), 東京. 日本救急医学会雑誌, 14 (10): 688, 2003.

723897. [学会 (全国)] (一般講演) 骨盤骨折後の殿筋壊死症例の臨床的検討. 鈴木 卓1, 片岡祐一1, 西巻 博2, 山本紳一郎1, 相馬一亥1, 内野正隆3, 高平尚伸3, 糸満盛憲3, 新藤正輝4 (1救命. 2放. 3整外. 4昭和大): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/19), 東京. 日本救急医学会雑誌, 14 (10): 544, 2003.

723898. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈遮断バルーンカテーテル (IABO) を使用した外傷性ショック症例の検討. 阪本奈美子, 片岡祐一, 新井正康, 今井 寛, 島田 謙, 西巻 博, 山本紳一郎, 鈴木 卓, 小林 勲, 井上文子, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/21), 東京. 日本救急医学会雑誌14 (10): 624, 2003.

723899. [学会 (全国)] (一般講演) 重症骨盤骨折ショック症例の急性期治療に関する検討. 片岡祐一, 鈴木 卓, 西巻 博, 内野正隆, 山本紳一郎, 島田 謙, 新井正康, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第17回日本外傷学会 (2003/5/16), 京都. 日本外傷学会雑誌, 17 (2): 183, 2003.

723900. [学会 (全国)] (一般講演) 外科治療と血液浄化法が有効であった劇症型A群溶連菌感染によるフルニエ症候群の1例. 片岡祐一, 小林 勲, 阪本奈美子, 井上文子, 上條吉人, 相馬一亥 (救命): 第14回日本血液浄化学会学術集会 (2003/9/12), 横浜. ICUとCCU, 28 (別): 195-196, 2004.

723901. [学会 (全国)] (一般講演) 重症骨盤骨折後に生じた骨盤周囲膿瘍による敗血症症例の検討. 片岡祐一, 相馬一亥 (救命): 第16回日本外科感染症学会学術集会 (2003/11/27), 横浜. 抄録集, p.105, 2003.

723902. [学会 (全国)] (一般講演) 重症・急性期栄養管理マニュアルおよび栄養管理シートの作成と導入. 林 佳織1, 引地 文5, 松原 肇1, 片岡祐一2, 宮下佳子3, 市嶋裕香里3, 上山亜起4, 平 幸恵4, 阪本奈美子2, 神應知道2, 桑原 稔2, 矢後和夫5 (1薬学部. 2救命. 3栄養部. 4看護部. 5薬剤部): 第19回日本静脈経腸栄養学会 (2004/1/30), 大阪. 抄録集, p.140, 2004.

723903. [学会 (全国)] (一般講演) 総腸骨動脈消化管ろうに対してステントグラフト内挿術にて止血救命した1例. 山梨高広, 国東幹夫, 西巻 博, 島田 謙, 片岡祐一, 山本紳一郎, 向山 勲, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): 第6回日本臨床救急医学会総会 (2003/4/23), 横浜.

723904. [学会 (全国)] (一般講演) 鈍的重症IIIb型肝損傷後に生じた胆汁種に対して, 内視鏡的胆管塞栓術が有効であった2例. 山本紳一郎, 西巻 博, 片岡祐一, 国東幹夫, 今泉 弘, 向山 勲, 島田 謙, 田村幸穂, 相馬一亥, 大和田 隆 (救命): IVR学会総会 (2003/5/17), 神戸.

723905. [学会 (全国)] (一般講演) 旧相模海軍工廠跡地 (神奈川県寒川町) で発生したマスタードガス中毒. 浅利 靖1, 小林 勲1, 阪本奈美子1, 井上文子1, 上條吉人1, 高須 博2, 宮田聡子2, 相馬一亥1 (1救命. 2皮膚): 第25回日本中毒学会総会 (2003/7/11-12), 福島.

723906. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院を中心とした小児救急体制の構築. 守屋俊介, 井上文子, 小林 勲, 新井正康, 浅利 靖, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/19-21), 東京.

723907. [学会 (全国)] (一般講演) Swan-Ganzカテ連続心拍出量測定による急性冠症候群再灌流直後での心筋サルベージ効果予測−気絶心筋との関連−. 吉田 徹1, 今井 寛1, 町井正人1, 井上文子1, 浅利 靖1, 松山斉久1, 北野義和1, 相馬一亥1, 和泉 徹2 (1救命. 2内): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/19-21), 東京.

723908. [学会 (全国)] (一般講演) 自殺企図による頸部刺創4例の検討. 安田吉宏, 島倉康人, 片岡祐一, 上條吉人, 西巻 博, 相馬一亥 (救命): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/19-21), 東京.

723909. [学会 (全国)] (一般講演) 集中治療室に必要な電源容量の検討. 東條圭一1, 藤井正実1, 木下春奈1, 田口元健1, 明神哲也2, 相馬一亥3 (1MEセンター部. 2看護部. 3救命): 第31回日本集中治療医学会学術集会 (2004/3/4-6), 福岡.

723910. [学会 (全国)] (一般講演) 喀痰の喀出を目的とした去痰薬入りネブライザーの効果検討. 坂脇 淳1, 新堀 愛1, 森安恵実1, 榑松久美子1, 上山亜紀1, 明神哲也1, 新井正康2, 相馬一亥2 (1看護部. 2救命): 第31回日本集中治療医学会学術集会 (2004/3/4-6), 福岡.

723911. [学会 (全国)] (ポスター) 鈍的重症IIIb型肝損傷後に生じた胆汁種に対して, 内視鏡的胆管塞栓術が有効であった2例. 山本紳一郎1, 西巻 博1, 片岡祐一1, 国東幹夫1, 今泉 弘2, 向山 勲1, 島田 謙1, 田村幸穂1, 相馬一亥1, 大和田 隆1 (1救命. 2内): 第17回日本外傷学会総会 (2003/5/16), 京都. 日本外傷学会雑誌 第17回日本外傷学会抄録号, p.197, 2003.

723912. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における15〜39歳の内因性CPA症例の検討. 小林 勲1, 浅利 靖1, 井上文子1, 山本紳一郎1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1, 永井智紀2, 栗原克由2 (1救命. 2法医): 第31回日本救急医学会総会・学術集会 (2003/11/19), 東京.

723913. [学会 (全国)] (ポスター) 心臓外傷の臨床的検討. 今井 寛, 町井正人, 井上文子, 小林 勲, 小坂康晴, 片岡祐一, 新井正康, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第31回日本救急医学会総会 (2003/11/21), 東京. 日本救急医学会雑誌 第31回日本救急医学会総会号, p.698, 2003.

733559. [学会 (地方)] (一般講演) 非定型抗精神病薬の投与により重度の糖尿病性ケトアシドーシスをきたした一例. 小熊魅香1, 上條吉人2, 井上文子2, 木下玲子1, 阪本奈美子2, 浅利 靖2, 相馬一亥2 (1精神. 2救命): 第18回日本中毒学会東日本地方会 (2003/1/24), 新潟. 第18回日本中毒学会東日本地方会プログラム・抄録集, p.25, 2004.

733560. [学会 (地方)] (一般講演) 腐食性食道炎により著明な食道狭窄を来した一例−超音波内視鏡所見との関連から−. 井上文子1, 上條吉人1, 阪本奈美子1, 近藤留美子2, 引地 文2, 浅利 靖1, 相馬一亥1 (1救命. 2薬剤部): 第18回日本中毒学会東日本地方会 (2003/1/24), 新潟. プログラム抄録集, p.28, 2003.

733561. [学会 (地方)] (一般講演) 中心静脈カテーテル関連敗血症に対してIVR治療が有効であった1例. 神應知道, 片岡祐一, 山本紳一郎, 西巻 博, 小林 勲, 阪本奈美子, 相馬一亥 (救命): 第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3/6), 東京. 抄録集, p.90, 2004.

733562. [学会 (地方)] (一般講演) 鈍的脾損傷におけるtransient responderの治療選択. 山本紳一郎, 西巻 博, 片岡祐一, 小林 勲, 島田 謙, 阪本奈美子, 相馬一亥 (救命): 第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3/6), 東京. 抄録集, p.61, 2004.

733563. [学会 (地方)] (一般講演) 気道の管理において気管支ファイバーが重要と思われた1症例. 桑原 稔, 新井正康, 熊谷 謙, 井上文子, 橋場伸一朗, 小坂康晴, 今井 寛, 浅利 靖, 相馬一亥 (救命): 第12回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2003/8/30), 東京.

733564. [学会 (地方)] (一般講演) 当院ICUでの重症産科症例12例の臨床的検討. 小坂康晴1, 新井正康1, 橋場伸一朗1, 熊谷 謙1, 井上文子1, 今井 寛1, 浅利 靖1, 相馬一亥1, 天野 完2, 外 須美夫3 (1救命. 2産婦. 3麻): 第12回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2003/8/30), 東京.

733565. [学会 (地方)] (一般講演) Group Cによる大葉性肺炎, 膿胸から多種類のCandida感染症に移行した1例. 山崎友也1, 井上文子2, 小坂康晴2, 新井正康2, 今井 寛2, 野々山勝人1, 相馬一亥2, 砂川慶介1 (1感染症. 2救命): 第54回神奈川県感染症医学会 (2003/9/27), 横浜.

733566. [学会 (地方)] (一般講演) 特異な末梢神経障害と急性進行性の心機能障害より衝心脚気が疑われた若年症例. 松山斉久1, 吉田 徹1, 北野義和1,今木隆太2, 今井 寛1, 阪本奈美子1, 新井正康1, 片岡祐一1, 和泉 徹2, 相馬一亥1 (1救命. 2内): 第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3/6), 東京.

733567. [学会 (地方)] (一般講演) 熱傷亜急性期に発症した・度房室ブロックに対し体外式ペーシングを施行した一症例. 成毛 哲1, 吉田 徹2, 島倉康人2, 安田吉宏2, 相馬一亥2, 和泉 徹1 (1内. 2救命): 第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3/6), 東京.

733568. [学会 (地方)] (一般講演) 法医解剖によって診断された3歳女児絞扼性イレウスの1例. 松浦由希子3, 島田 謙1, 守屋俊介3, 野々田 豊3, 阪本奈美子1, 小林 勲1, 片岡祐一1, 永井智紀2, 栗原克由2, 相馬一亥1 (1救命. 2法医. 3児): 第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3/6), 東京.

733569. [学会 (地方)] (一般講演) 肺炎球菌とアスペルギルスの混合感染による髄膜脳炎の一例. 門前達哉1, 飯塚美香2, 阪本奈美子1, 鈴木康輔2, 飯塚高浩2, 由井進太郎2, 坂井文彦2, 相馬一亥1 (1救命. 2内): 第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3/6), 東京.

733570. [学会 (地方)] (一般講演) 経鼻腔穿通性脳損傷により髄膜炎, 脳浮腫をきたした一例. 久須美真理1, 萩原宏之1, 荘司光彦1, 仁木 淳, 荒川有里子, 松浦由希子2, 遠藤昌孝3, 北原孝雄3, 守屋俊介2, 相馬一亥3 (1脳外. 2児. 3救命): 第54回日本救急医学会関東地方会 (2004/3/6), 東京.

733571. [研究会] (一般講演) 下肢のdegloving injury の治療に難渋し骨髄炎を併発した1例. 鈴木 卓1, 内野正隆2, 中村光伸2, 大川 孝2, 朴 晃正2, 上野正喜2, 相馬一亥1 (1救命. 2整外): 第10回救急整形外傷シンポジウム (2004/2/14), 沖縄.

733572. [研究会] (一般講演) 救急NSTによる急性期重症患者の栄養管理体制の確立と問題点. 神應知道, 片岡祐一, 阪本奈美子, 相馬一亥 (救命): 第8回CCM輸液・栄養研究会 (2004/2/28), 大阪.


医学原論

[学術論文]

120100. [原著] デュシェンヌ型筋ジストロフィーの遺伝子診断を受けたクライエントは着床前遺伝子診断についてどう考えているか. 片山 進, 白井泰子, 齋藤有紀子1, 吉野佳子 (1医学原論): 日本遺伝カウンセリング学会誌, 24 (2): 93-99, 2004/2.

520333. [総説] 女性がん患者のリプロダクション. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 57 (6): 6-7, 2003.

520334. [総説] 中絶胎児の研究利用の是非. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (8): 6-7, 2003.

520335. [総説] 中絶の予防と, 中絶の施策. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (10): 6-7, 2003.

520336. [総説] がん患者の性. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 56 (12): 6-7, 2003.

520337. [総説] 癌遺伝カウンセリングにおけるコミュニケーション. 村上好恵, 武田祐子, 恒松由記子, 菅野康吉, 小杉眞司, 権藤延久, 田村智英子, 横山士郎, 田村和朗, 齋藤有紀子1 (1医学原論): 家族性腫瘍, 4 (1): 33-38, 2003.

520338. [総説] 中絶胎児の研究利用の是非 (その2). 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 57 (2): 6-7, 2004.

520339. [総説] 医療の場におけるセクシュアル・ハラスメント. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産婦雑誌, 57 (4): 6-7, 2004.

[著 書]

620329. [その他の著書] (編集) 母体保護法とわたしたち. 編集 齋藤有紀子 (医学概論), 明石書店, 2003/9発行.

[学会・研究会等]

721021. [学会 (全国)] (特別講演) 生殖医療をめぐる倫理問題. 齋藤有紀子 (医学原論): 第38回日本成人 (生活習慣) 病学会 (2004/1/11), 東京.

723914. [学会 (全国)] (一般講演) ジェンダー/セクシュアリティと法. 齋藤有紀子 (医学原論): 日本法哲学会 (2003/11/21), 東京・法政大.

733573. [学会 (地方)] (一般講演) 先端医療をめぐる法, フェミニズム, 障害者運動. 齋藤有紀子 (医学概論): 東京法哲学会 (2003/10/18), 東京・東洋大.


医学教育研究部門

[学術論文]

110221. [原著] Respiratory Muscle Electromyogram and Mouth Pressure during Isometric Contraction. 横場正典1, 阿部 直2, 片桐真人3, T. Tomita1, PA. Easton4 (1内. 2医学教育研究部門. 3医衛. 4カルガリー大): Respiratory Physiology and Neurobiology, 137: 51-60, 2003.

110222. [原著] Neck and abdominal muscle activity during a sniff. 片桐真人1, 阿部 直2, 横場正典3, Y. Dobashi3, T. Tomita3, PA. Easton4 (1医衛. 2医学教育研究部門. 3内. 4カルガリー大): Respiratory Medicine, 97: 1027-1035, 2003.

[著 書]

620330. [学術書] (分担執筆) 呼吸筋疲労; 分子の目で見た骨格筋の疲労, p.246-249. 山田拓実1, 阿部 直2 (1都立保健科学大. 2医学教育研究部門). 編集 山田 茂1, 後藤勝正2 (1東京大. 2聖マリアンナ医大), 監修 吉岡利忠 (青森県立保健大), ナップ, 東京, 2003/6/20発行.

620331. [解説書] (分担執筆) 呼吸器診療二頁の秘訣; 呼吸器の聴診, p.20-21. 阿部 直 (医学教育研究部門), 編集 福地義之助 (順天堂大), 金原出版, 東京, 2003/10/25発行.


感染症

[学術論文]

110223. [原著] In vitro activities of new ketolide, telithromycin, and eight other macrolide antibiotics against Streptococcus pneumoniae having mefA and ermB genes that mediate macrolide resistance. 生方公子1, 岩田 敏, 砂川慶介2 (1北里生命科学研. 2感染症): J Infect Chemother, 9: 221-226, 2003.

110224. [原著] Investigation of Methicillin-resistant Staphylococcus aureus showing reduced vancomycin susceptibility isolated from a patient with infective endocarditis. 高山陽子1, 花木秀明1, Kazuhiko Irinoda, Hideya Kokubun, Kazunari Yoshida, 砂川慶介1 (1感染症): International Journal of Antimicrobial Agents, 22: 567-573, 2003.

110225. [原著] Meningitis caused by Enterococcus gallinarum in patients with ventriculoperitoneal shunts. 高山陽子1, 砂川慶介1, 赤星 透2 (1感染症. 2臨研学): J Infect Chemother, 9: 348-350, 2003.

110226. [原著] Rapid detection and differentiation method of VanA, VanB and VanC phenotypes in vancomycin-resistant enterococci. 花木秀明1, Yoshio Yamaguchi, Syuichi Nomura, Ariaki Nagayama, 砂川慶介1 (1感染症): Int J Antimicrob Agents, 23: 502-505, 2003.

110227. [原著] Characterization of HMRZ86; novel chemical compound for detecting extended spectrum beta-lactamases. 花木秀明1, Ryoichi Kubo, Rinta Nakano, Makoto Kurihara, 砂川慶介1 (1感染症): J Antimicrob Chemother, 53: 888-889, 2004.

110228. [原著] Method of detecting -lactam antibiotic induced vancomycinresistant MRSA (BIVR). 花木秀明, Yoshio Yamaguchi, Syuichi Nomura, Isao Haraga, Ariaki Nagayama, 砂川慶介1 (1感染症): International Journal of Antimicrobial Agents, 23: 1-5, 2004/1.

110229. [原著] Improved method of detection of -lactam antibiotic-induced VCM-resistant MRSA (BIVR). 花木秀明, Yoshio Yamaguchi, K. Barata, H. Sakai , 砂川慶介1 (1感染症): International Journal of Antimicrobial Agents, 23: 311-313, 2003.

120101. [原著] Mycoplasma pneumoniaeの迅速検索を目的としたPCR−小児呼吸器感染症検体を用いて−. 諸角美由紀1, 岩田 敏, 遠藤廣子, 大石智洋, 大成 滋, 川村尚久, 黒木春郎, 小林正明, 斎藤洪太, 酒井律子, 砂川慶介2, 田島 剛, 新田雅彦, 野々山勝人2, 小林玲子, 千葉菜穂子1, 生方公子3 (1大学院感染制御科. 2感染症. 3北里生命科学研): 日化療会誌, 51 (5): 289-299, 2003.

120102. [原著] 化膿性髄膜炎例から分離されたStreptococcus pneumoniaeの疫学解析−1993年から2002年の分離株について−. 千葉菜穂子1, 長谷川恵子1, 小林玲子, 鈴木悦子, 岩田 敏, 砂川慶介2, 生方公子3 (1大学院感染制御科. 2感染症. 3北里生命科学研): 日化療会誌, 51 (9): 551-560, 2003.

120103. [原著] バンコマイシンとβ-lactam薬が拮抗するMRSAの疫学調査. 山口禎夫1, 花木秀明2, 茨田一成3, 稲松孝思, 砂川慶介2 (1北里研究所. 2感染症. 3大学院感染制御科): 感染症誌, 77: 661-666, 2003.

120104. [原著] Chlamydia trachomatis感染細胞抽出液に見出されたC. trachomatis感染患者血清と反応する抗原の解析. 佐藤 梢, 菰田照子, 坂内久一, 秋田博伸, 岩田 敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介1 (1感染症): 感染症誌, 77 (10): 830-838, 2003.

120105. [原著] Micafunginが有効であったCandida kruseiによる真菌血症の1例. 野々山勝人1, 久米 光2, 熊谷 謙3, 相馬一亥3, 砂川慶介1 (1感染症. 2医衛. 3救命): 感染症学雑誌, 77: 982-985, 2003.

120106. [原著] バンコマイシンとβ-ラクタム薬が拮抗するMRSAによるマウス全身感染に対するバンコマイシンとテイコプラニン単剤とβ-ラクタム薬併用時の治療効果. 花木秀明, 波多野和男, 横田好子, 砂川慶介1 (1感染症): 感染症学会誌, 78: 290-292, 2003.

220049. [準原著] 多剤耐性化と抗菌治療の変化−ペニシリン耐性肺炎球菌の増加に伴う化膿性髄膜炎の治療法の変化−. 砂川慶介, 野々山勝人 (感染症): 小児科臨床, 10: 1955-1962, 2003.

220050. [準原著] 肺炎球菌感染症up to date髄膜炎. 砂川慶介, 野々山勝人 (感染症): 化学療法の領域, 19: 1934-1940, 2003.

420007. [臨床治験] 小児科領域感染症におけるmeropenemの臨床的検討. 豊永義清, 砂川慶介1, 本廣 孝, 岩井直一, 谷川原祐介, 遠藤廣子, 佐藤吉壮, 黒木晴郎, 皆川真規, 石和田稔彦, 田島 剛, 岩田 敏, 長 秀男, 砂押 渉2, 加藤達夫, 番場正博, 若宮英司, 杉田久美子, 山崎 剛, 河村尚久, 春田恒和, 古川正強, 岡田隆滋, 藤本 保, 石原高信, 安藤昭和, 津村直幹 (1感染症. 2児): 日化療会誌, 51 (12): 762-781, 2003.

520340. [総説] 抗菌・抗ウイルス薬の使い方. 砂川慶介 (感染症): 小児外科, 35: 1382-1388, 2003.

520341. [解説] 耐性菌感染者への薬物療法の実際. 花木秀明1, 砂川慶介2 (1大学院感染制御科. 2感染症学): 月刊薬事, 2003. 

[著 書]

620332. [学術書] (分担執筆) 改訂第3版 外来診療のすべて; 百日咳, p.942-943. 砂川慶介 (感染症), 監修 高久史麿, メジカルビュー社, 東京, 2003/4/1発行.

620333. [辞典] (分担執筆) 長寿科学事典; 川崎病, p.680-681. 砂川慶介 (感染症), 監修 祖父江逸郎, 医学書院, 東京, 2003/4/1発行.

620334. [辞典] (分担執筆) 長寿科学事典; 食中毒, p.690-691. 砂川慶介 (感染症), 監修 祖父江逸郎, 医学書院, 東京, 2003/4/1発行.

620335. [辞典] (分担執筆) 長寿科学事典; O-157感染症, p.691-692. 砂川慶介 (感染症), 監修 祖父江逸郎, 医学書院, 東京, 2003/4/1発行.

620336. [辞典] (分担執筆) 長寿科学事典; マイコプラズマ感染症, p.692. 砂川慶介 (感染症), 監修 祖父江逸郎, 医学書院, 東京, 2003/4/1発行.

620337. [その他の著書] (分担執筆) 小児科研修医ノート; 基本的な薬剤の使い方-抗菌薬, p.389-391. 砂川慶介 (感染症), 編集 五十嵐 隆, 渡辺 博, 田原卓浩, 診断と治療社, 東京, 2003/4/15発行.

620338. [その他の著書] (分担執筆) コ・メディカルのための臨床医学; 小児の疾患 3) 感染症 a. 細菌感染症, p.917-921. 砂川慶介 (感染症), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2003/5/20発行.

620339. [その他の著書] (分担執筆) 臨床試験2003; 小児の臨床試験, p.79-90. 砂川慶介 (感染症), 編集 内藤周幸, 薬事日報社, 東京, 2003/6/30発行.

620340. [その他の著書] (分担執筆) ダイナミック メディシン; グラム陰性球菌感染症, p.44-45. 砂川慶介 (感染症), 監修 下条文武, 齋藤 康, 西村書店, 東京, 2003/8/26発行.

620341. [その他の著書] (分担執筆) 小児感染症マニュアル 2003-2004; 肺炎球菌, p.15-20. 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症), 編集 日本小児感染症学会, 東京医学社, 東京, 2003/11/1発行.

620342. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針 2004; 流行性耳下腺炎, p.155-156. 砂川慶介 (感染症), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2004/1/1発行.

[学会・研究会等]

713157. [学会 (国際)] (ポスター) Prospective Surveillance for Mycoplasma pneumoniae and Chlamydia pneumoniae in Acute Pneumonia in Children. 砂川慶介 (感染症): 43rd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2002/9/14-17), Chicago.

713158. [学会 (国際)] (ポスター) Surveillance Study of Causative Streptococcus pneumoniae from Patient with Meningitis in Japan. 千葉菜穂子1, 小林玲子, 長谷川恵子1, A. Ono, E. Suzuki, 砂川慶介2, 岩田 敏, 生方公子3 (1大学院感染制御科. 2感染症. 3北里生命科学研): 43rd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2003/9/14-17), Chicago.

713159. [学会 (国際)] (ポスター) Molecular Identification of Type b β-lactamase-Nonproducing Ampicillin (AMP)-Resistant (BLNAR) Haemophilus influenzae (H. flu) in Patients with Meningitis. 長谷川恵子1, 小林玲子, 千葉菜穂子1, E. Suzuki, A. Ono, 砂川慶介2, 岩田 敏, 生方公子3 (1大学院感染制御科. 2感染症. 3北里生命科学研): 43rd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2003/9/14-17), Chicago.

722129. [学会 (全国)] (招待講演) 小児化膿性髄膜炎の現状と今後の展望. 砂川慶介 (感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

722130. [学会 (全国)] (招待された講演) シンポジウム「抗菌薬の皮内反応は必要か」. 砂川慶介 (感染症): 第30回日本小児臨床薬理学会 (2003/9/26-27), 高槻市.

723915. [学会 (全国)] (一般講演) 小児科領域における肺炎球菌およびインフルエンザ菌耐性化−遺伝子解析およびMICと関連を中心に−. 野々山勝人1, 佐藤吉壮, 坂田 宏, 遠藤廣子, 中村 明, 磯畑栄一, 岩田 敏, 城 裕之, 秋田博伸, 大石智洋, 豊永義清, 植野悦司, 岩井直一, 春田恒和, 岡田隆滋, 尾内一信, 山口 覚, 砂川慶介1, 生方公子2 (1感染症. 2北里生命科学研): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723916. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における外来および入院患者由来MRSAの比較. 大石智洋, 野々山勝人1, 砂川慶介1 (1感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723917. [学会 (全国)] (一般講演) β-ラクタム薬とバンコマイシンが拮抗するMRSA (BIVR) の疫学調査及び臨床検討. 山口禎夫, 花木秀明1, 茨田一成, 砂川慶介1 (1感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723918. [学会 (全国)] (一般講演) β-ラクタム薬とバンコマイシンが拮抗するMRSA (BIVR) の年次的検出率と症例紹介. 花木秀明1, 山口禎夫, 茨田一成, 高山陽子1, 原賀勇壮, 野村秀一, 永山在明, 稲松孝思, 砂川慶介1 (1感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/17/18), 福岡.

723919. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児由来のMRSAに対するTEICとβ-ラクタム系抗菌薬のin vitro併用効果. 佐藤吉壮, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723920. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で経験したAIDS関連悪性リンパ腫4例の検討. 石川 章1, 岡田 純2, 近藤啓文1, 高山陽子3, 砂川慶介3 (1内. 2健康管理センター. 3感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723921. [学会 (全国)] (一般講演) 国内17施設における2000-2001年の血液由来真菌197株の内訳と薬剤耐性調査. 菊池 賢, 戸塚恭一, 米山彰子, 奥住捷子, 猪狩 淳, 小栗豊子, 小林芳夫, 上遠野保裕, 町田勝彦, 保科定頼, 斧 康雄, 川上小夜子, 熊坂一成, 矢越美智子, 菅野治重, 久保勢津子, 宮本豊一, 砂川慶介1, 野々山勝人1, 佐藤智明, 大島利夫, 前崎繁文, 橋北義一, 伊藤 章, 住友みどり, 大塚喜人, 岡田 淳, 田沢康子, 田中美智男, 紺 泰枝 (1感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723922. [学会 (全国)] (一般講演) ゲンタマイシン耐性MRSAに対するアルベカシンの効果. 茨田一成, 花木秀明1, 山口禎夫, 砂川慶介1 (1感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723923. [学会 (全国)] (一般講演) 百日咳菌の新しい分離培地に関する研究−中間報告−. 大塚正之, 東出正人, 春藤和哉, 菊池 賢, 岡田賢司, 砂川慶介1 (1感染症): 第77回日本感染症学会総会 (2003/4/17-18), 福岡.

723924. [学会 (全国)] (一般講演) 小児分離A群溶連菌に対するTelithromycinの感受性. 野々山勝人1, 横田隆夫, 砂川慶介1 (1感染症): 第51回日本化学療法学会総会(2003/5/29-30), 横浜.

723925. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎・全国サーベイランス 2年間のまとめ−肺炎球菌性髄膜炎について−. 小林玲子, 千葉菜穂子1, 長谷川恵子1, 諸角美由紀1, 鈴木悦子, 生方公子2, 岩田 敏, 砂川慶介3 (1大学院感染制御科. 2北里生命科学研. 3感染症): 第51回日本化学療法学会総会(2003/5/29-30), 横浜.

723926. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床分離MRSAに対するテイコプラニンと各種β-ラクタム系薬とのin vitro 併用効果. 小川美保, 市村禎宏, 霧島正浩, 瀬戸勇, 花木秀明1, 砂川慶介1 (1感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723927. [学会 (全国)] (一般講演) 1978年から1999年に血液から分離されたMRSAの抗菌薬感受性推移の検討. 茨田一成, 花木秀明1, 山口禎夫, 稲松孝思, 砂川慶介1 (1感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723928. [学会 (全国)] (一般講演) 1978年から1999年に血液分離MRSAの抗菌薬感受性推移とβ-ラクタム薬とバンコマイシンが拮抗するMRSA (BIVR) の検出状況. 花木秀明1, 山口禎夫, 茨田一成, 稲松孝思, 砂川慶介1 (1感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29/30), 横浜.

723929. [学会 (全国)] (一般講演) BIVR (β-lactam antibiotic inducedd vancomycin resistant MRSA) の検出方法と疫学調査. 山口禎夫, 花木秀明1, 茨田一成, 砂川慶介1 (1感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723930. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院由来緑膿菌のカルバペネム系抗菌薬に対する薬剤感受性動向. 中崎信彦, 平田泰良, 赤星 透1, 砂川慶介2 (1臨検学. 2感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723931. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児におけるaztronam (AZT) の蛋白結合率. 佐藤吉壮, 山崎 満, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723932. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児における抗菌薬投与設定に関する文献的考察. 国分秀也1, 木村利美1, 野々山勝人2, 高山陽子2, 村瀬勢津子1, 佐川賢一1, 島田慈彦1, 砂川慶介2 (1薬剤部. 2感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723933. [学会 (全国)] (一般講演) アジスロマイシンの小児マイコプラズマ肺炎に対する有用性の検討. 大石智洋, 野々山勝人1, 砂川慶介1 (1感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723934. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎例より分離されたインフルエンザ菌の分子疫学. 長谷川恵子1, 千葉菜穂子1, 小林玲子, 諸角美由紀1, 村山そう明, 生方公子2, 砂川慶介3 (1大学院感染制御科. 2北里生命科学研. 3感染症): 第51回日本化学療法学会総会 (2003/5/29-30), 横浜.

723935. [学会 (全国)] (一般講演) テイコプラニン透析時の投与方法. 小林昌宏, 木村利美1, 国分秀也1, 村瀬勢津子1, 佐川賢一1, 島田慈彦1, 野々山勝人2, 砂川慶介2 (1薬剤部. 2感染症): 第20回日本TDM学会学術大会 (2003/6/27-28), 横浜.

723936. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児における抗菌薬の遊離ビリルビン濃度に与える影響. 佐藤吉壮, 山藤 満, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): 第30回日本小児臨床薬理学会 (2003/9/26-27), 大阪・高槻市.

723937. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児における抗菌薬蛋白結合率. 山藤 満, 佐藤吉壮, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): 第30回日本小児臨床薬理学会 (2003/9/26-27), 大阪・高槻市

723938. [学会 (全国)] (一般講演) 小児溶連菌感染症の治療におけるアジスロマイシンの検討. 大石智洋, 野々山勝人1, 内山 聖, 砂川慶介1 (1感染症): 第35回小児感染症学会 (2003/11/7-8), 富山.

723939. [学会 (全国)] (一般講演) ヒトヘルペスウイルス6型・7型遺伝子保有状況の検討. 藤武義人, 野々山勝人1, 根本文子, 板東由紀, 砂川慶介1 (1感染症): 第35回小児感染症学会 (2003/11/7-8), 富山.

723940. [学会 (全国)] (一般講演) カテキン含有製品の口腔ケアへの応用について. 花木秀明1, 小磯 剛, 砂川慶介1 (1感染症): 第19回日本環境感染学会総会 (2004/2/21-22), 横浜.

723941. [学会 (全国)] (一般講演) 各種A群レンサ球菌抗原検出キットの比較評価結果について. 茨田一成, 花木秀明1, 柳沢千恵, 細坂泰子, 酒井芙実子, 田中香織, 東出正人, 岩田 敏, 砂川慶介1 (1感染症): 第19回日本環境感染学会総会 (2004/2/21-22), 横浜.

723942. [学会 (全国)] (一般講演) 1979から2003年のβ-ラクタム薬とバンコマイシンが拮抗するMRS (BIVR) の検出状況. 酒井芙実子, 花木秀明1, 山口禎夫, 茨田一成, 柳沢千恵, 細坂泰子, 砂川慶介1 (1感染症): 第19回日本環境感染学会総会 (2004/2/21), 横浜.

723943. [学会 (全国)] (一般講演) β-ラクタム薬とバンコマイシンが拮抗するMRSA (BIVR) の検出状況と生物学的調査. 細坂泰子, 花木秀明1, 茨田一成, 酒井芙実子, 柳沢千恵, 砂川慶介1 (1感染症): 第19回日本環境感染学会総会 (2004/2/21-22), 横浜.

723944. [学会 (全国)] (一般演題) β-ラクタム薬とvancomycinが拮抗作用を示すMRSA (BIVR) 株に対するニューキノロン系薬pazufloxacinと各種抗菌薬の併用効果. 柳沢千恵, 花木秀明1, 茨田一成, 酒井芙実子, 田中香織, 細坂泰子, 砂川慶介1 (1感染症): 第19回日本環境感染学会総会 (2004/2/21-22), 横浜.

723945. [学会 (全国)] (一般講演) 腎疾患専門病棟における透析用血管内留置カテーテル関連血流感染サーベイランスとその評価. 高橋由美子, 藤木くに子, 田中彰子, 砂川慶介1 (1感染症): 第19回日本環境感染学会総会 (2004/2/21-22), 横浜.

723946. [学会 (全国)] (一般講演) ブラインドテストによる, 速乾性手指消毒剤 (ヒビソフト, ラビネット液) の皮膚に対する影響の検討. 水島ひとみ, 田邨信子, 丸山冨美子, 大石智洋, 野々山勝人1, 砂川慶介1 (1感染症): 第19回日本環境感染学会総会 (2004/2/21-22), 横浜.

723947. [学会 (全国)] (一般講演) 小児外来患者における, 感染症患者の頻度調査および呼吸器感染症由来の耐性菌の発現状況証拠−中間報告−. 砂川慶介 (感染症): 第35回小児感染症学会 (2003/11/7-8), 富山.

731096. [研究会] (特別講演) ペニシリン耐性肺炎球菌の最近の話題. 砂川慶介 (感染症): 第36回レンサ球菌感染症研究会学術講演会 (2003/6/21), 東京.

732058. [学会 (地方)] (招待された講演) ワークショップ5 周術期の抗菌化学療法の実際「外科領域における抗菌薬予防投与について」. 佐藤淳子, 竹末芳生, 草地信也, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会 (2003/10/30-31), 横浜.

732059. [学会 (地方)] (招待された講演) ワークショップ16小児感染症の問題点と新しい治療戦略「新生児由来のMRSAに対するTEIC・VCMとβーラクタム系抗菌薬のin vitro併用効果」. 佐藤吉壮, 山藤 満, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会 (2003/10/30-31), 横浜.

733574, [学会 (地方)] (一般演題) 健康学童児における咽頭細菌叢の検討. 橋口一弘, 花木秀明1, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会 (2003/10/30-31), 横浜.

733575. [学会 (地方)] (一般講演) MRSAが産生するヘモリジンに対する免疫グロブリンの中和作用. 田中香織, 花木秀明1, 茨田一成, 山口禎夫, 酒井芙実子, 漆原敏之, 田中晴雄, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会 (2003/10/30-31), 横浜.

733576. [学会 (地方)] (一般講演) 新しい発色基材HMRZ-86を用いたESBLsとメタロβ-ラクタマーゼの簡易・迅速検出法. 久保亮一, 花木秀明1, 中野倫太, 栗原 誠, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会 (2003/10/30-31), 横浜.

733577. [学会 (地方)] (一般講演) 家庭用24時間風呂が感染源と考えられるレジオネラ肺炎の1成人例. 石川 章1, 遠藤平仁1, 岡田 純2, 高山陽子3, 砂川慶介3, 近藤啓文1 (1内. 2健康管理センター. 3感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会 (2003/10/30-31), 横浜.

733578. [学会 (地方)] (一般講演) Chlamydia trachomatis子宮頚管炎患者血清にみる抗体応答について. 菰田照子, 大島俊文, 本村龍太郎, 坂内久一, 秋田博伸, 岩田 敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会発 (2003/10/30-31), 横浜.

733579. [学会 (地方)] (一講講演) 回虫症の1歳女児例. 大石智洋, 野々山勝人1, 関川弘雄, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本感染症学会東日本地方会総会 第50回日本化学療法学会東日本支部総会 第86回日本細菌学会関東支部総会 合同学会 (2003/10/30-31), 横浜.

733580. [研究会] (一般講演) 小児膿腎症の1例. 岩田 敏, 佐藤吉壮, 秋田博伸 , 砂川慶介1 (1感染症): 第14回尿路感染症研究会 (2003/10/25), 東京.


薬剤部

[学術論文]

120107. [原著] 医薬品の回収における医療機関側の対応とその業務量. 黒山政一, 尾鳥勝也, 矢後和夫 (東薬剤): 医療薬学, 29: 287-293, 2003.

120108. [原著] プレフィルドシリンジG-CSF製剤の有用性に関する検討. 尾鳥勝也, 平山武司, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 39: 973-976, 2003.

120109. [原著] “マンガ病院薬剤師物語パート3−中高年者編−”に対する一般市民からの評価. 黒山政一1, 渡邊美智留2, 相沢政明3, 岩田陽子2, 桜井民雄2, 佐藤康信2, 三溝和男2, 添田真司2, 根津良幸2, 山田英紀2, 町田 充2, 河野博充2, 鈴木美隆2, 田中恒明2, 菊池有道2, 酒井英洋2 (1東薬剤. 2神奈川県病院薬剤師会. 3薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 39: 873-877, 2003.

220051. [準原著] 本邦における服薬コンプライアンスの現状−1997年から2000年までの文献調査−. 増田奈美子1, 黒山政一2, 矢後和夫2 (1薬学部. 2東薬剤): 医薬ジャーナル, 39: 1558-1566, 2003.

220052. [準原著] ネオフィリン注点滴用バッグ250 mgの有用性に関する検討−医療過誤防止, 利便性および作業効率−. 黒山政一, 平山武司, 矢後和夫 (東薬剤): 医学と薬学, 51: 439-447, 2004.

320117. [症例報告] 病院薬剤師のための業務チェックリスト. 奥村勝彦1, 佐藤秀昭1, 佐藤健太郎1, 太田 伸1, 大谷道輝1, 黒山政一2, 土屋文人1, 藤井俊志1, 村井ユリ子1 (1日本病院薬剤師会. 2東薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 39: 1273-1287, 2003.

320118. [症例報告] 「くすり Get the Answers かながわ推進委員会」の紹介・活動予定. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 103: 19-20, 2003.

320119. [症例報告] 電話による薬相談の現状 (2002年度). 山田英紀1, 相沢政明2, 岩田陽子1, 黒山政一3, 河野博充1, 桜井民雄1, 佐藤康信1, 三溝和男1, 添田真司1, 鈴木真司1, 根津良幸1, 渡邊美智留1, 菊地有道1 (1神奈川県病院薬剤師会. 2薬剤. 3東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 103: 26-27, 2003.

320120. [症例報告] 神奈川県病院薬剤師会主催 第8回一般市民のためのくすり講座. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 104: 23-27, 2003.

320121. [症例報告] 湯河原町民大学における“お薬相談”. 桜井民雄1, 黒山政一2, 相沢政明3, 岩田陽子1, 河野博充1, 佐藤康信1, 三溝和男1, 添田真司1, 鈴木真司1, 田中恒明1, 山田英紀1, 渡邊美智留1, 菊地有道1 (1神奈川県病院薬剤師会. 2東薬剤. 3薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 104: 28-29, 2003.

320122. [症例報告] 全国紙掲載後の“マンガ病院薬剤師物語パート4−青少年編−”に対する反響.  黒山政一1, 相沢政明2, 岩田陽子3, 河野博充3, 桜井民雄3, 佐藤康信3, 三溝和男3, 添田真司3, 鈴木真司3, 田中恒明3, 山田英紀3, 渡邊美智留3, 菊地有道3 (1東薬剤. 2薬剤. 3神奈川県病院薬剤師会): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 104: 33-34, 2003.

320123. [症例報告] 病院薬剤師の“看護の日および看護週間の催し”への参加に関するアンケート調査結果. 黒山政一1, 相沢政明2, 岩田陽子3, 河野博充3, 桜井民雄3, 佐藤康信3, 三溝和男3, 添田真司3, 鈴木真司3, 田中恒明3, 山田英紀3, 渡邊美智留3, 菊地有道3 (1東薬剤. 2薬剤. 3神奈川県病院薬剤師会): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 104: 30-32, 2003.

320124. [症例報告] “薬と健康すこやかフェア”の開催および“くすり相談”の実施. 黒山政一1, 三溝和男2, 岩田陽子2, 田中恒明2, 鈴木美隆2, 相沢政明3, 渡邊美智留2, 河野博充2, 桜井民雄2, 佐藤康信2, 添田真司2, 根津良幸2, 山田英紀2, 菊池有道2 (1東薬剤. 2神奈川県病院薬剤師会. 3薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 105: 14-16, 2004.

520342. [総説] 薬剤師のもつ特殊な知識・技術をあらゆる病院業務の中で有効に活用する方策を考えていきたい. 黒山政一 (東薬剤): MEDICAL QOL, 108: 35-39, 2003.

520343. [総説] 外来診療におけるがん疼痛緩和治療への関わり. 平山武司, 伊藤直子, 矢後和夫 (東薬剤): Hospha, 13 (2): 16-17, 2003.

520344. [総説] 注射薬調剤における計量調剤 (無菌調製) の実践. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤): Hospha, 14 (1): 14-17, 2004.

520345. [総説] 特集: 注射薬の混合はナースの仕事?−感染リスク減は薬剤部との連携から−ここが違う!薬剤部が行う注射薬混合. 平山武司 (東薬剤): Nursing Today, 18 (10): 27-30, 2004.

520346. [総説] 統合失調症 (精神分裂病) 治療薬と患者への説明. 椎 崇, 矢後和夫 (東薬剤): 薬局2004年1月(増) 病気と薬の説明ガイド, 55: 135-149, 2004.

[著 書]

620343. [入門書] (共著) マンガ病院薬剤師物語. 黒山政一1, 三溝和男2, 相沢政明3, 渡邊美智留2, 岩田陽子2, 河野博充2, 桜井民雄2, 佐藤康信2, 鈴木美隆2, 添田真司2, 田中恒明2, 根津良幸2, 山田英紀2, 町田 充2, 大内文伸2 (1東薬剤. 2神奈川県病院薬剤師会. 3薬剤), 編集 (財) 神奈川県病院薬剤師会, 2004/3/1発行.

620344. [解説書] (共著) 服薬指導Q&Aシリーズ 精神科領域 改訂版. 竹内尚子1, 椎 崇2, 杉林智美2, 加藤知行1, 三浦敏秀1 (1かもめ薬局. 2東薬剤), 監修 村崎光邦1, 矢後和夫2 (1名誉教授. 2東薬剤), 医薬ジャーナル社, 大阪, 2003/4/10発行.

620345. [解説書] (分担執筆) だれでもできるTDMの実践−QflexとOptjp Winを利用した薬物投与設計−; テオフィリンのTDMを行った症例. 篠崎公一1, 中村智美2 (1薬学部. 2東薬剤), 監修 篠崎公一 (薬学部), (株) テクノミック, 2003発行.

620346. [解説書] (分担執筆) 必携講座薬剤師国家試験対策: 医療薬学W; 医薬品情報, p.125-148. 黒山政一 (東薬剤), 監修 矢後和夫1, 安生紗枝子2 (1東薬剤. 2東邦大): 評言社薬学教育センター, 東京, 2003/5/30発行.

620347. [解説書] (分担執筆) 必携講座薬剤師国家試験対策: 医療薬学W; 注射剤・輸液の取り扱い, p.207-223. 黒山政一 (東薬剤), 監修 矢後和夫1, 安生紗枝子2 (1東薬剤. 2東邦大), 評言社薬学教育センター, 東京, 2003/5/30発行.

620348. [解説書] (分担執筆) これからはじめる注射剤調剤; 一般注射剤の調製, p.90-98. 平山武司, 矢後和夫 (東薬剤), 編集 全田 浩 (日本病院薬剤師会), 監修 奥村勝彦1, 黒田和夫2, 内野克喜3 (1神戸大. 2宝塚市立病院. 3東京逓信病院): 南江堂, 2003発行.

[学会・研究会等]

713160. [学会 (国際)] (ポスター) Circadian and ultradian rhythm of gastric motility in Japanese healthy ambulatory subjects. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 横田愼一1, Tomoe Fujita2, 黒山政一1, 矢後和夫1, 大谷義夫2, 田辺 聡3, 小泉和三郎3 (1東薬剤. 2治験管理センター. 3内): 1st World Congress of Chronoviology (2003/9/9-12), Sapporo, Japan.

723948. [学会 (全国)] (ポスター) テオフィリンの母集団薬物動態モデリング. 中村智美1, 篠崎公一2, 佐古兼一2, 木村信之2, 佐藤美紀2, 鈴木幸男3, 竹下 啓3 (1東薬剤. 2薬学部. 3北里研究所病院): 第20回TDM学会学術大会 (2003/6/27-28), 横浜.

723949. [学会 (全国)] (ポスター) クレアチニンクリアランス予測式の問題点. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 横田愼一1, 黒山政一1, 矢後和夫1, 大谷義夫2, 飯島 肇3 (1東薬剤. 2治験管理センター. 3北里研究所病院): 第20回TDM学会学術大会 (2003/6/27-28), 横浜.

723950. [学会 (全国)] (ポスター) 胸水・腹水の貯留とモルヒネの体内動態. 平山武司1, 本谷倫子2, 伊藤直子1, 矢後和夫1, 国分秀也3, 村瀬勢津子3, 島田慈彦3, 大谷剛正4 (1東薬剤. 2薬学部. 3薬剤. 4外): 第8回日本緩和医療学会総会 (2003/6/27-28), 千葉.

723951. [学会 (全国)] (ポスター) 胸水・腹水の穿刺廃液前後におけるモルヒネの体内動態. 伊藤直子1, 平山武司1, 谷口知郷2, 矢後和夫1, 国分秀也3, 村瀬勢津子3, 島田慈彦3, 大谷剛正4 (1東薬剤. 2薬学部. 3薬剤. 4外): 第8回日本緩和医療学会総会 (2003/6/27-28), 千葉.

723952. [学会 (全国)] (ポスター) 関東地区私立医科大学病院における治験関連業務の現状. 黒山政一1, 川井龍美2, 鷲見正宏2, 奥山 清2, 片山志郎2, 川久保 孝2, 川村俊一2, 竹ノ内敏孝2, 月村正史2, 土屋隆紀2, 横山恵美子2, 藤井美恵子2, 柳川忠二2, 村山純一郎2, 菊野史豊2 (1東薬剤. 2関東私立医大病院薬局研究会): 第13回日本医療薬学会年会 (2003/9/27-28), 神戸.

723953. [学会 (全国)] (ポスター) 関東地区私立医科大学病院における院内感染対策とTDM業務の現状. 土屋隆紀1, 片山志郎2, 奥山 清1, 横山恵美子1, 月村正史1, 鷲見正宏1, 竹ノ内敏孝1, 川村俊一1, 黒山政一2, 川井龍美1, 藤井美恵子1, 柳川忠二1, 村山純一郎1, 菊野史豊1 (1関東私立医大病院薬局研究会. 2東薬剤): 第13回日本医療薬学会年会 (2003/9/27-28), 神戸.

723954. [学会 (全国)] (ポスター) 関東地区私立医科大学病院の薬品管理に関するアンケート調査. 川村俊一1, 黒山政一2, 竹ノ内敏孝1, 鷲見正宏1, 月村正史1, 横山恵美子1, 奥山 清1, 川井龍美1, 土屋隆紀1, 片山志郎1, 藤井美恵子1, 柳川忠二1, 村山純一郎1, 菊野史豊1 (1関東私立医大病院薬局研究会. 2東薬剤): 第13回日本医療薬学会年会 (2003/9/27-28), 神戸.

723955. [学会 (全国)] (ポスター) 関東地区私立医科大学病院における注射薬無菌調製の現象. 片山志郎1, 月村正史1, 川井龍美1, 黒山政一2, 奥山 清1, 鷲見正宏1, 川村俊一1, 横山恵美子1, 土屋隆紀1, 竹ノ内敏孝1, 藤井美恵子1, 柳川忠二1, 村山純一郎1, 菊野史豊1 (1関東私立医大病院薬局研究会. 2東薬剤): 第13回日本医療薬学会年会 (2003/9/27-28), 神戸.

723956. [学会 (全国)] (ポスター) 腎機能の経時的推移とモルヒネの体内動態. 平山武司1, 本谷倫子2, 国分秀也3, 村瀬勢津子3, 矢後和夫1 (1東薬剤. 2薬学部. 3薬剤): 第13回日本医療薬学会年会 (2003/9/27-28), 神戸.

723957. [学会 (全国)] (ポスター) アレビアチン細粒から10%散への切り替えに伴う血中フェニトイン濃度の変動に関する検討. 椎 崇1, 常田愛子1, 廣瀬美紀1, 尾鳥勝也1, 黒山政一1, 篠崎公一2, 矢後和夫1 (1東薬剤. 2薬学部): 第13回日本医療薬学会年会 (2003/9/27-28), 神戸.

723958. [学会 (全国)] (ポスター) 抗MRSA薬バンコマイシン, アルベカシンの使用評価. 小原美江, 平山武司, 齋藤由美子, 伊藤直子, 廣瀬美紀, 椎 崇, 尾鳥勝也, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 第13回日本医療薬学会年会 (2003/9/27-28), 神戸.

723959. [学会 (全国)] (ポスター) 化学療法リスクマネージメントへの取り組み. 志田瑞枝1, 横田愼一1, 岡本恵美子1, 浅井美由紀1, 伊藤直子1, 平山武司1, 黒山政一1, 矢後和夫1, 佐々木 徹2, 樋口勝彦2, 田辺 聡2, 小泉和三郎2, 濱崎直子3, 難波理恵3, 真野登紀子3 (1東薬剤. 2内. 3看護部): 第41回日本癌治療学会 (2003/10/22-24), 札幌.

723960. [学会 (全国)] (ポスター) 外来患者用薬剤情報提供用紙に関する患者アンケート−副作用情報の充実−. 小川幸雄, 難波昭雄, 杉林智美, 黒田ちか江, 川口時彦, 黒山政一 (東薬剤): 日本薬学会第124年会 (2004/3/29-31), 大阪.

723961. [学会 (全国)] (ポスター) アルベカシンのTDM解析方法に関する検討. 小原美江, 平山武司, 椎 崇, 黒山政一 (東薬剤): 日本薬学会第124年会 (2004/3/29-31), 大阪.

723962. [学会 (全国)] (ポスター) 先発医薬品と後発医薬品の比較−プラバスタチンナトリウムについて−. 常田愛子1, 浅井美由紀1, 椎 崇1, 平山武司1, 小川幸雄1, 黒山政一1, 熊谷雄治2 (1東薬剤. 2治験管理センター): 日本薬学会第124年会 (2004/3/29-31), 大阪.

723963. [学会 (全国)] (ポスター) 消化器癌患者における各種クレアチニンクリアランス予測式の妥当性に関する研究. 平山武司1, 江口亜希子2, 黒山政一1, 矢後和夫1 (1東薬剤. 2薬学部): 日本薬学会第124年会 (2004/3/29-31), 大阪.

732060. [研究会] (招待された講演) 治験に関するアンケート報告. 黒山政一 (東薬剤): 第88回関東私立医大病院薬剤部研究会 (2003/11/15), 東京.

733581. [学会 (地方)] (一般講演) 膝前十字靭帯 (ACL) 再建術のクリニカルパスに期待される薬剤経済学的効果. 齋藤由美子1, 横井信子1, 平山武司1, 矢後和夫1, 渡辺哲哉2, 二見俊郎2 (1東薬剤. 2整外): 第52回東日本整形災害外科学会 (2003/9/26-27), 東京.

733582. [研究会] (一般講演) 北里大学東病院における麻薬・向精神薬・毒薬などの管理−手術室での薬品管理を中心に−. 常田愛子, 尾鳥勝也, 黒山政一, 矢後和夫 (東薬剤): 関東私立医科大学薬局研究会 (2003/5), 東京.

733583. [研究会] (一般講演) 薬剤師による注射薬調剤の実際−混合業務を中心に−. 小川幸雄 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会平塚, 寒川地区研修会 (2003/9/10), 平塚.

733584. [研究会] (一般講演) 疑義照会 (薬学的管理). 椎 崇 (東薬剤): 第22回地域精神病院薬剤師研究会 (2004/2/5), 町田.

733585. [研究会] (一般講演) 大学病院の現状と医療過誤防止対策に対する製薬企業への期待. 平山武司 (東薬剤): (社団法人) 日本包装協会主催日本包装専士会 第1回アカデミーキャンパス (2003/9/17), 東京.

733586. [研究会] (一般講演) 病院機能評価を受けて. 平山武司 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会主催第18回神奈川県病院薬剤師会業務検討委員会研修会 (2003/11/21), 横浜.

733587. [研究会] (一般講演) 病院薬剤師から見た医薬品包装. 平山武司 (東薬剤): (社団法人) 日本包装協会主催第87回医薬品包装懇話会 (2003/12/5), 東京.

733588. [研究会] (ポスター) 癌化学療法リスクマネージメントへの薬剤師の関わり. 志田瑞枝1, 横田愼一1, 岡本恵美子1, 浅井美由紀1, 伊藤直子1, 平山武司1, 黒山政一1, 矢後和夫1, 佐々木 徹2, 樋口勝彦2, 田辺 聡2, 小泉和三郎2, 濱崎直子3, 難波理恵3, 真野登紀子3 (1東薬剤. 2内. 3看護部): 医療薬学フォーラム2003 (2003/7/5-6), 広島.

733589. [研究会] (ポスター) 医薬品の体内動態に関する調査−食事による影響−. 常田愛子1, 板橋康子2, 廣瀬美紀1, 椎 崇1, 尾鳥勝也1, 黒山政一1, 矢後和夫1 (1東薬剤. 2薬学部): 医療薬学フォーラム2003 (2003/7/5-6), 広島.

733590. [学会 (地方)] (ポスター) 精神神経科閉鎖病棟入院患者における退院後の服薬状況調査. 杉林智美1, 小川幸雄1, 川口時彦1, 難波昭雄1, 矢後和夫1, 田辺有理子2, 坂上恵子2, 藤田幸世2, 桑水流美穂2 (1東薬剤. 2看護部): 日本病院薬剤師会関東ブロック第33回学術大会 (2003/8/30-31), 新潟.

733591. [研究会] (ポスター) 北里大学東病院における治験の継続審査方法の検討. 永松紀子1, 横田愼一1, 野中美和1, 塙 久美子1, 澤田実花1, 中村智美1, 黒山政一1, 熊谷雄治2, 大谷義夫2 (1東薬剤. 2治験管理センター): 第3回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 (2003/9/5-6), 東京.