2004年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)



<<解剖学(山科単位)>>

[学術論文]

110001. [原著] Developmental delay and unstable state of the testes in the rdw rat with congenital hypothyroidism. 酒井康弘1, 山科正平1, 古館専一2 (1解剖. 2実動): Development Growth & Differentiation, 46: 327-334. 2004.

110002. [原著] Co-expression of de novo DNA methyltransferases Dnmt3a2 and Dnmt3L in gonocytes of mouse embryos. 酒井康弘1, Isao Suetake2, Fuminori Shinozaki2, 山科正平1 (1解剖. 2大阪大・蛋白研): Gene Expression Patterns, 5: 231-237, 2004.

520001. [総説] 人工基底膜の創製−ラミニン活性ペプチドの新たなチャレンジ−. 望月麻友美1,2, 門谷裕一3, 野水基義1 (1東京薬科大. 2北海道大大学院. 3解剖): 蛋白質・核酸・酵素, 50: 374-382, 2005.

[学会・研究会等]

712001. [学会 (国際)] (シンポジウム) Intercalated duct cells as a possible progenitor of endocrine cells in the rat pancreas. 山科正平1, 勝又 修2, 原 朱美1, 鈴木哲太郎3, 林 京子3, 玉木英明1, 門谷裕一1 (1解剖. 2形態系. 3外): 第7回日中組織細胞化学セミナ−, 国際シンポジウム (2004/10/21-24), 中国・武漢市. Chinese Journal of Histochemistry and Cytochemistry, 13 (3): 346, 2004.

713001. [学会 (国際)] (ポスター) 3-Dimentional organization of the centroacinar cells in rat pancreas acini. 勝又 修1, 門谷裕一2, 山科正平2 (1形態系. 2解剖): 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy (8APEM) (2004/6/8), 金沢. Program and Summaries 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy, p.92, 2004.

713002. [学会 (国際)] (ポスター) Multiple origin of endocrine cells of rat pancreatic islet. 原 朱美, 門谷裕一, 山科正平 (解剖): 16th International Congress of the IFAA (2004/8/22-27), 京都. Anatomical Science International, 79 (Suppl): 421, 2004.

713003. [学会 (国際)] (ポスター) Clevage-like cell division in mouse gonocytes. 酒井康弘, 山科正平 (解剖): 16th International Congress of the IFAA (2004/8/22-27), 京都. Anatimical Sciencs International, 79(Suppl): 259, 2004.

713004. [学会 (国際)] (ポスター) Dynamics of the Golgi apparatus during mitosis of rat parotid acinar cells. 玉木英明, 山科正平 (解剖): 12th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry (2004/7/27), San Diego. J Histochem Cytochem, 52 (Suppl.1): S54, 2004.

713005. [学会 (国際)] (ポスター) Three-dimensional structure of the Golgi apparatus in rat parotid acinar cells as revealed by electron tomography. 玉木英明, 山科正平 (解剖): 16th International Congress of the IFAA (2004/8/26), 京都. Anatomical Science International, 79 (Suppl): 406, 2004.

713006. [学会 (国際)] (ポスター) Role of laminin-α5 chain LG4 module in epithelial branching morphogenesis. 門谷裕一1, 望月麻友美2,3, 野水基義3, L. Sorokin4, 山科正平1 (1解剖. 2北海道大大学院. 3School of Pharmacy, Tokyo University of Pharmacy and Life Science. 4Department of Experimantal Pathology, Lund University): 16th international congress of the IFAA and 109th annual meeting of Japanese Association of Anatomists (2004/8/22-27), 京都. Anatomical Science International, 79 (Supple.): 401, 2004.

723001. [学会 (全国)] (一般講演) 胎生期ラット膵内分泌部の形態形成. 原 朱美, 門谷裕一, 山科正平 (解剖): 第45回日本組織細胞化学会 (2004/10/29-30), 鹿児島. 予稿集, p.74, 2004.

723002. [学会 (全国)] (一般講演) 電子線トモグラフィーによる立体細胞化学の試み. 玉木英明, 山科正平 (解剖): 第45回日本組織細胞化学会全国学術集会 (2004/10/29), 鹿児島. 予稿集, p.47, 2004.

723003. [学会 (全国)] (ポスター) ラットにおける膵島組織の形態形成. 原 朱美, 門谷裕一, 山科正平 (解剖): 第110回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2005/3/29-31), 富山. Acta Anatomica Nipponica, 80 (Suppl): 166, 2005.

723004. [学会 (全国)] (一般講演) AG-73 peptide conjugated chitosan membraneの有用性について. 池本繁弘1, 望月麻友美2, 山田真路2, 野水基義2, 武田 啓3, 内沼栄樹1, 山科正平4, 門谷裕一4 (1形外. 2北海道大大学院. 3横浜市港湾病院. 4解剖): 第47回日本形成外科学会学術集会 (2004/4/7-8), 東京.

732001. [研究会] (招待された講演) 免疫電顕の基礎テクニック. 勝又 修1, 玉木英明2, 安達栄治郎3, 山科正平2 (1形態系. 2解剖. 3医療系大学院分子形態科学): 日本顕微鏡学会関東支部講演会第29回講演会 (2005/3/5), 東京. 予稿集, p.140-141, 2005.

733001. [研究会] (一般講演) インテグリンとシンデカンに作用するBifunctionalペプチドの生物活性. 横山史晴1. 門谷裕一2, 鈴木喜晴1, 宇谷厚志3, 春木雅寛1, 野水基義4 (1東京薬大. 2解剖. 3京都大医. 4北海道大大学院): 第52回マトリックス研究会 (2005/3/19-20), 大分県湯布院町.

733002. [研究会] (口頭) 出生前後におけるマウスゴノサイトの増殖. 酒井康弘 (解剖): 精子形成・精巣毒性研究会 (2004/10/31), 大阪.


<<解剖学(亀田単位)>>

[学術論文]

110003. [原著] The role of Hoxa3 gene in parathyroid gland organogenesis of the mouse. 亀田芙子1, 新井雄太1, 西槇俊之1, 千坂 修2 (1解剖. 2京都大大学院): J. Histochem. Cytochem, 52 (5): 641-651, 2004.

110004. [原著] Diurnal rhythms of common α-subunit mRNA expression in the pars tuberalis of hamsters and chickens. 新井雄太, 亀田芙子 (解剖): Cell and Tissue Research, 317 (3): 279-288, 2004.

[学会・研究会等]

713007. [学会 (国際)] (ポスター) Molecular mechanishms for the third arch artery development revealed by Hoxa3-deficient mice. 亀田芙子1, 新井雄太1, 千坂 修2 (1解剖. 2京都大大学院): 12th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry (2004/7/26), San Diego La Jolla, California. J Histochem Cytochem, 52 (Suppl. 1): S47, 2004.

713008. [学会 (国際)] (ポスター) Mash1 is required for development of the carotid body glomus cells. 亀田芙子1, 西槇俊之1, 三浦正明1, SX. Jiang2 (1解剖. 2病理): 16th International Congress of the IFAA (2004/8/25), Anat. Sci. Intern., 79 (Suppl): 371, 2004.

713009. [学会 (国際)] (ポスター) Long-term survival and neuronal differentiation of cultured chick C cells after nicotinamide treatment. 三浦正明, 亀田芙子 (解剖): 第109回日本解剖学会総会・全国学術集会および第16回国際解剖学会議 (国際解剖学会合同開催) (2004/8/26), 京都. 解剖学雑誌第109回総会・全国学術集会抄録号, p.425, 2004.

713010. [学会 (国際)] (ポスター) Decrease of VEGF and Endothelin-1 Expressions in the Third Arch Artery of Hoxa3 Null Mutant Mice. 新井雄太1, 千坂 修2, 亀田芙子1 (1解剖. 2京都大大学院): 第109回日本解剖学会総会・全国学術集会および第16回国際解剖学会議 (国際解剖学会) (2004/8/25), 京都. 解剖学雑誌第109回総会・全国学術集会抄録号, p.370, 2004.

732002. [研究会] (招待された講演) 咽頭派生体内分泌器官の形成と分化. 亀田芙子 (解剖): 第9回静岡大大学院理工学研究科シンポジュウム (2005/3/11), 静岡. 生命科学の最前線, p.3-4, 2005.


<<生理学(川上単位)>>

[学術論文]

110005. [原著] Morphological changes in the rat carotid body 1, 2, 4, and 8 weeks after the termination of chronically hypocapnic hypoxia. Kusakabe T1, Hirakawa H2, Oikawa S2, Matsuda H2, 川上 倫3, Takenaka T1, Hayashida Y4 (1国士舘大. 2横浜市大. 3生理. 4産業医大): Histology and Histopathology 19: 1133-1140, 2004.

120001. [原著] 線虫が示す行動の概日リズムの時間生物学上の意義. 三枝 徹1, 岩井榮一1, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): 北里医学, 35 (1): 2004.

520002. [総説] 臨床に必要な神経化学 A. βによる神経軸索輸送の抑制. 比留間弘美 (生理): Clinical Neuroscience, 22 (7): 748-749, 2004.

[著 書]

620001. [学術書] (分担執筆) 脳の熱力学; 脳のフィジックス, p.51-101. 長谷川建治 (生理), 監修 長谷川建治, 共立出版, 東京, 2004発行.

620002. [学術書] (単著) 生体の時間秩序発現機構, 新分野開拓記. 総合研究大学院大学・グループ研究「新分野の開拓」, 長谷川建治 (生理), 監修 湯川哲之, 2004/6発行.

[学会・研究会等]

713011. [学会 (国際)] (一般講演) Clonidine prevents neurotoxic effects of lidocaine in cultured DRG neurons. 清水 要2, 川上 倫1, 外 須美夫2, 比留間弘美1 (1生理. 2麻酔): Society for Neuroscience 34th Annual Meeting Abstract (2004/10/27), サンディエゴ, 米国.

713012. [学会 (国際)] (一般講演) Membrane mechanisms of neurotoxicity of lidocaine in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 竹浪民江1, 比留間弘美2, 外 須美夫1, 川上 倫2 (1麻酔. 2生理): Society for Neuroscience 34th Annual Meeting Abstract (2004/10/27), サンディエゴ, 米国.

722001. [学会 (全国)] (シンポジウム) もう一つのサーカディアンクロックを求めて. 長谷川建治 (生理): 第7回光生物シンポジウムプログラム (2004/7/17-18), 浜松.

723005. [学会 (全国)] (一般講演) リドカインの軸索輸送抑制作用の細胞膜メカニズム. 新井民江1, 比留間弘美2, 外 須美夫1, 川上 倫2 (1麻酔. 2生理): 第81回日本生理学会大会プログラム (2004/6/2), 札幌. The Japanese Journal of Physiology, 54 (Suppl): S70, p.77, 2004.

723006. [学会 (全国)] (一般講演) 4-アミノピリジンは細胞内オルガネラのブラウン運動に続く空胞形成を引き起こす. 比留間弘美1, 片倉 隆1, 島田純一, 高橋早苗1, 川上 倫1 (1生理): 第81回日本生理学会大会プログラム (2004/6/2), 札幌. The Japanese Journal of Physiology, 54 (Suppl): S78, p.82, 2004.

723007. [学会 (全国)] (一般講演) 線虫に見る新しい概日時計機構. 三枝 徹1, 田中千貴1, 山本基栄1, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): 第42回日本生物物理学会 (2004/12), 京都.

723008. [学会 (全国)] (一般講演) ゾウリムシの核・ミトコンドリアDNAにおける損傷修復の概日変動. 田中千貴1, 三枝 徹1, 博田竜史1, 山本基栄1, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): 第27回日本神経科学学会 (2004/9/21-23), 大阪.

723009. [学会 (全国)] (一般講演) 線虫Caenorhabditis elegansによる新たな概日時計機構の解析. 三枝 徹1, 田中舘明博, 岡村 均, 長谷川建治2 (1医療系大学院. 2生理): 第27回日本神経科学学会 (2004/9/21-23), 大阪.

731001. [研究会] (特別講義) 生物における時間の話. 長谷川建治 (生理): はこだて未来大学複雑系科学学科 (2004.10.14〜15, 函館.

732003. [研究会] (招待講演) 時間軸上を生きるということ. 長谷川建治 (生理): 北海道大学, 上田研セミナー (2005/3/2), 札幌.

732004. [研究会] (招待講演) 生物における重力と時間の問題. 長谷川建治 (生理): 情報生物物理学懇談会 (2004), 弁天島.


<<生理学(河原単位)>>

[学術論文]

110006. [原著] Mutational and functional analysis of SLC4A4 in a patient with proximal renal tubular acidosis. Jun Inatomi1, Shoko Horita1, Nancy Braverman2, Takashi Sekine1, Hideomi Yamada1, 鈴木喜郎3, 河原克雅3, Nobuo Moriyama1, Akihiko Kudo1, Hayato Kawakami1, Mitsunobu Shimadzu4, Hitoshi Endo5, Toshiro Fujita, George Seki1, Takashi Igarashi1 (1東京大. 2Mckusick-Nathans Institute for Genetic Medicine. 3生理. 4三菱油化. 5杏林大): Pfl ugers Archiv-European Journal of Physiology, 448: 438〜444, 2004.

520003. [総説] アルドステロン エスケープ現象. 河原克雅, 安岡有紀子 (生理): 腎と透析, 57 (5): 583〜586, 2004.

520004. [総説] K+チャネル. 河原克雅, 安岡有紀子 (生理): 腎と透析, 57 (4): 474〜477, 2004.

520005. [総説] カリウムの危険性. 河原克雅 (生理): 腎臓, 27 (2): 120〜121, 2004.

520006. [総説] 代謝性アシドーシス. 河原克雅 (生理): 腎臓, 27 (1): 42〜44, 2004.

520007. [総説] 複雑系の構造改革. 河原克雅 (生理): 腎と透析, 56 (5): 579〜580, 2004.

520008. [総説] 組織間液の容量調節機構. 河原克雅, 安岡有紀子, 川田英明 (生理): 日本臨床, 63 (1): 31〜36, 2005.

520009. [総説] 鳥のさえずり 音声学習・知覚の脳内神経機構. 藤原宏子1, 佐藤亮平2, 宮本武典1 (1日本女子大・理. 2生理): 比較生理生化学 21: 80-89, 2004.

[著 書] 

620003. [学術書] (編集) カラー図解人体の正常構造と機能[神経系 (1). 河田光博 (京都府立医大), 稲瀬正彦 (近畿大), 編集 坂井健雄 (順天堂大), 河原克雅 (生理), 日本医事新報社, 2004/11/25発行.

620004. [学術書] (編集) カラー図解人体の正常構造と機能IX神経系 (2). 久野みゆき (大阪市大), 安藤啓司 (神戸大), 杉原 泉, 秋田恵一 (東京医歯大), 編集 坂井健雄 (順天堂大), 河原克雅 (生理), 日本医事新報社, 2005/3/16発行.

[学会・研究会等]

713013. [学会 (国際)] (ポスター) Song-induced ZENK gene expression in the brain of female budgerigars. Yamazaki, S1, 藤原宏子2, 佐藤亮平3, 宮本武典2, Ohi, S1 (1岐阜大・教育. 2日本女大・理. 3生理): 28th International Congress of Psychology (2004/8/8-13), 北京. Int. J. Psychology, 39 (5-6): 197, 2004.

713014. [学会 (国際)] (ポスター) Habituation to male song by female budgerigars. 藤原宏子1, Kobayashi, S1, 佐藤亮平2, Kimura, T1, 宮本武典1, Miyamoto, T1 (1日本女大・理. 2生理): Joint European Conference on Behavioural Biology (The meeting of The Association for the Study of Animal Behaviour) (2004/7/29), オランダ. Abstract, p.206, 2004.

713015. [学会 (国際)] (ポスター) TNF-αdown-regulates transient outward K+ current (Ito) by reducing the expression of Kv4.2 and KchiP2 in cultured neonatal rat cardiomyocytes. A possible cause of arrythmia in acute myocardial inflammation. 川田英明1, 庭野慎一2, 庭野裕恵2, 湯本佳宏2, 弓削 大2, 和泉 徹2 (1生理. 2内U): Heart Rhythm 2004 (2004/5/17), サンフランシスコ.

723010. [学会 (全国)] (ポスター) ヒト気道上皮細胞における低浸透圧刺激感受性ATP放出機構. 河原克雅, 安岡有紀子 (生理): 日本腎臓学会 (2004/5/27), 栃木県. The Japanese Journal of Nephrology, 46 (3): 302, 2004.

723011. [学会 (全国)] (ポスター) Mechanical stress-induced ATP releasefrom human bronchial cells. 河原克雅1, 竹村尚志1, Yasuhiro Takamura2, 安岡有紀子1, 川田英明1, Jun Tamaoki2,, Atsushi Nagai (1生理. 2,東京女医大): The Japanese Journal of Physiology (日本生理学会) (2004/6/2), 札幌. The Japanese Journal of Physiology, 54 (Suppl): S87, 2004.

723012. [学会 (全国)] (ポスター) 腎緻密斑細胞の樹立と機能解析. 安岡有紀子1, 川田英明1, 佐藤正宏2, 河原克雅1 (1生理. 2東海大総医研): 第27回分子生物学会 (2004/12/10), 神戸市. プログラム・講演要旨集, p.228, 2004.

723013. [学会 (全国)] (ポスター) 雌セキセイインコのさえずり知覚領域. 佐藤亮平1, 藤原宏子2, 海部 舞2, 宮本武典2 (1生理. 2日本女大・理): 第75回日本動物学大会 (2004/9/10-12), 神戸市. Zoological Sci., in press, 2004.

733003. [研究会] (一般講演) 腎K+分泌能の発達における内向き整流性K+チャネル (ROMK、Kir7.1) の発現. 鈴木喜郎1, 安岡有紀子1, 中村信大2, 広瀬茂久2, 河原克雅1 (1生理. 2東京工大): 発達腎研究会. 発達腎研究会誌 (Journal of Developmental Nephrology), 12 (1): 13-14, 2004.

733004. [研究会] (一般講演) nNOS-GFP transgenicマウスの作製による腎マクラデンサ細胞機能の研究. 安岡有紀子, 鈴木喜郎, 河原克雅 (生理): 生理学研究所研究会 (2004/10/7), 東岡崎.

733005. [研究会] (一般講演) Meniere's disease (内リンパ水腫) の病態生理と新しい治療法の開発. 河原克雅1, 川田英明1, 長沼英明2, 岡本牧人2 (1生理. 2耳鼻): 生理学研究所研究会 (2004/11/16), 東岡崎.


<<代謝・蛋白学>>

[学術論文]

110007. [原著] Differential Localization of SHPS-1 and CD47 and Its Molecular Mechanism in Cultured Hippocampal Neurons. Hiroshi Ohnishi1, Yuka Kaneko1, Hideki Okazawa1, Motoaki Miyashita1, Ryuji Sato1, Akiko Hayashi1, Kazutoshi Tada2, Shigekazu Nagata2, 高橋正身3, Takashi Matozaki1 (1群馬大. 2大阪大. 3代謝・蛋白): J Neuroscience, 25: 2702-2711, 2005.

110008. [原著] Quantal size of catecholamine release from rat chromaffin cells is regulated by tonic activity of protein kinase A. Koga T1, 高橋正身2 (1東京大. 2代謝・蛋白): Neuroscience Letters, 360: 145-148, 2004.

110009. [原著] Appearance of specific mucins recognized by monoclonal antibodies in the rat gastric mucosa healing from HCl-induced gastric mucosal damage. 池澤智明1, 五艘行信2, 市川尊文2, 林田浩明1, 栗原 誠3, 岡安 勲4, 西元寺克禮1, 石原和彦5 (1内T. 2代謝・蛋白. 3関東化学. 4病理. 5医衛): J Gastroenterol, 39(2): 113-119, 2004.

110010. [原著] Roles of lipid rafts in integrin-dependent adhesion and gp130 signalling pathway in mouse embryonic neural precursor cells. Makoto Yanagisawa1,2, 中村和生3, Tetsuya Taga1,2 (1The 21st Century COE program 'Cell Fate Regulation Research and Education Unit', 2熊本大, 3代謝・蛋白): Genes to Cells, 9 (9): 801-809, 2004.

110011. [原著] Kinetic Study on Conformational Change in a Single Molecular Species, β3, of β-Conglycinin in an Acidic Ethanol Solution. Kazunobu Tsumura1, Wataru Kugimiya1, 桑田正広2, Yuki Shimura2, 蓮見英世2 (1New Ingredients Research Institute, Tsukuba R&D Center, Fuji Oil Co. Ltd. 2代謝・蛋白): The Protein Journal, 23 (6): 361-369, 2004.

210001. [準原著] IgA nephropathy and tonsils-An approach from the structure of IgA1 produced by tonsillar lymphocytes. 比企能之1, Akeyo Horie2, Yoshinari Yasuda2, 岩瀬仁勇3, Satoshi Sugiyama1 (1藤田保健衛生大. 2名古屋大. 3代謝・蛋白): Acta Otolaryngologica, 555: 28-31, 2004.

220001. [準原著] Roxatidine 7日間連続投与によるラット胃粘液産生細胞の変動−坑ムチンモノクローナル抗体による免疫組織化学的検討−. 坪川大悟1, 池澤智明2, 五艘行信3, 市川尊文3, 玉置 賢4, 堀田恭子5, 石原和彦6 (1医療系大学院. 2内T. 3代謝・蛋白. 4帝国臓器製薬. 5生化学. 6医衛): Ulcer Res, 31 (2): 145-147, 2004.

220002. [準原] ラット系統による幽門洞潰瘍発症の比較検討. 小原 進 (代謝・蛋白): 実験潰瘍, 31 (1): 67-70, 2004.

520010. [総説] IgA腎症とIgA1ヒンジ部ムチン型糖鎖不全. 比企能之1, 杉山 敏1, 岩瀬仁勇2 (1藤田保健衛生大. 2代謝・蛋白): 腎と透析, 58 (3): 331-338, 2005.

[著 書]

620005. [学術書] (分担執筆) 遺伝子制御による「選択的シナプス強化・除去」機構の解明; AMPA型受容体の数の調節によるシナプス可塑性機構, p.177-202. 板倉 誠, 高橋正身 (代謝・蛋白), 編集 狩野方伸 (金沢大), クバプロ, 2005/3/10発行.

620006. [学術書] (共著/6名) 胃粘液バリアー. 石原和彦1, 市川尊文2, 五艘行信2, 太田浩良3, 中山 淳3 (1医衛. 2代謝・蛋白. 3信州大), 監修 堀田恭子1, 石原和彦2 (1名誉教授. 2医衛), メジカルビュー社, 東京, 2004/12/6発行.

[学会・研究会等]

712002. [学会 (国際)] (招待された講演) Recent development in IgA nephropathy research. 岩瀬仁勇1, 伊藤昭彦2, 高谷 徹3, 比企能之4 (1代謝・蛋白. 2耳鼻. 3内W. 4藤田保健衛生大): Human Disease Glycomics/Proteome Initiative (HGPI) 1st Workshop 2004: Functional Glycomics in Disease (2004/8/24), 大阪. Abstract of Human Disease Glycomics/Proteome Initiative.

713016. [学会 (国際)] (一般講演) Continuous administration of human underglycosylated IgA1 causes its mesangial deposition in KM mouse having entire human Ig Loci. 比企能之1, Makoto Tomita1, Isao Ishida2, 岩瀬仁勇3, Satoru Sugiyama1 (1藤田保健衛生大. 2キリンビール. 3代謝・蛋白): 第37回アメリカ腎臓学会総会 (2004/10/30), セントルイス. J Am Soc Nephrol, 15: 224A, 2004. 予稿集 Abstract of Human Disease Glycomics/Proteome Initiative.

722002. [学会 (全国)] (招待された講演) AMPA受容体を含有したさまざまな小胞の解析. 板倉 誠1, 山森早織1, 稲村美穂子2, 西宮聖一朗1, 高橋正身1 (1代謝・蛋白. 2麻酔): 第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 (2004/9/22), 大阪. 神経化学, 43: p.345, 2004.

723014. [学会 (全国)] (ポスター) 神経伝達物質放出におけるカルモジュリン阻害剤の影響. 安藤公祐1, 工藤佳久1, 高橋正身2 (1東京薬大大学院. 2代謝・蛋白): 第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 (2004/9/21), 大阪. 神経化学, 43: 417, 2004.

723015. [学会 (全国)] (ポスター) PI (4,5) P2マイクロドメインと開口放出部位. 青柳共太1, 菅谷津貴子2, 梅田真郷3, 山本清二4, 寺川 進4, 高橋正身2 (1東京大大学院・総合文化. 2代謝・蛋白. 3京都大. 4浜松医大): 第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 (2004/9/21), 大阪. 神経化学, 43: 418, 2004.

723016. [学会 (全国)] (ポスター) VAMPファミリー含有小胞の解析. 西宮聖一朗1, 板倉 誠1, 小寺義男2, 前田忠計2, 高橋正身1 (1代謝・蛋白. 2理学部): 第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 (2004/9/22), 大阪. 神経化学, 43: 469, 2004.

723017. [学会 (全国)] (ポスター) 大脳皮質の神経細胞にみられるStargazin familyの異なったフォスファターゼの制御. 稲村美穂子1, 板倉 誠2, 岡村浩嗣1, 外 須美夫1, 高橋正身2 (1麻酔. 2代謝・蛋白): 第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 (2004/9/22), 大阪. 神経化学, 43: 474, 2004.

723018. [学会 (全国)] (ポスター) Characterization of mAb HIK1083-recognizing oligosaccharides obtained from porcine and rat gastric mucins. 五艘行信1, 坪川大悟2, 栗原 誠3, 石原和彦4 (1代謝・蛋白. 2医療系大学院. 3関東化学. 4医衛): 第77回日本生化学会大会(2004/10/1), 横浜. 生化学, 76 (8): 749, 2004.

723019. [学会 (全国)] (一般講演) Analysis of N-glycan glycoform of IgA1 in IgA1-binding protein prepared from human serum. 岩瀬仁勇1, 高橋禮子2, 加藤晃一2, 伊藤昭彦3, 高谷 徹4, 比企能之5 (1代謝・蛋白. 2名古屋市大, 3耳鼻. 4内IV. 5藤田保健衛生大): 第77回日本生化学会大会 (2004/10/14), 横浜. 生化学, 7: 749, 2004.

723020. [学会 (全国)] (ポスター) Detection of Mouse MUC6 (mMuc6) Apomucin Using Anti-Peptide Antibody. 小原 進1, 玉木英明2, 板倉 誠1, 蓮見英世1, 浜崎秀明3 (1代謝・蛋白. 2解剖. 3生物): 日本生化学会 (2004/10/16), 横浜. 生化学, 76 (8): 1033, 2004.

723021. [学会 (全国)] (ポスター) 胃粘膜傷害・再生過程における粘液細胞の動態に関する検討. 市川尊文1, 池澤智明2, 石原和彦3 (1代謝・蛋白. 2内T. 3医衛): 第46回日本消化器病学会大会 (2004/10/21), 福岡. 日本消化器病学会雑誌, 101: A703, 2004.

731002. [研究会] (特別講演) 情動異常の分子的理解をめざして. 高橋正身 (代謝・蛋白): 第34回山口Neuroscience研究会 (2005/2/10), 宇部.

732005. [研究会] (招待された講演) 神経伝達物質放出におけるカルシウム・センシングの分子機構. 安藤公祐1, 工藤佳久1, 高橋正身2 (1東京薬大大学院. 2代謝・蛋白): 第8回活性アミンに関するワークショップ (2004/8/27), 東京. 第8回活性アミンに関するワークショップ予稿集.

732006. [研究会] (招待された講演) 様々な細胞内分泌小胞の単離と構成分子決定から明らかにする開口放出の多様性. 板倉 誠1, 山森早織1, 西宮聖一朗1, 稲村美穂子2, 高橋正身1 (1代謝・蛋白. 2麻酔): 第8回活性アミンに関するワークショップ (2004/8/27), 東京. 第8回活性アミンに関するワークショップ予稿集.

732007. [研究会] (招待された講演) PI (4,5) P2マイクロドメイン形成による開口放出部位の活性化. 青柳共太1, 菅谷津貴子2, 梅田真郷3, 山本清二4, 寺川 進4, 高橋正身2 (1東京大大学院・総合文化. 2代謝・蛋白, 3京都大, 4浜松医大): 第8回活性アミンに関するワークショップ (2004/8/27), 東京. 第8回活性アミンに関するワークショップ予稿集.

733006. [研究会] (一般講演) IgA1結合蛋白質 (IgA1-BP) の分析及び腎沈着血清蛋白質との比較. 高谷 徹1, 東原正明1, 岩瀬仁勇2, 伊藤昭彦3, 中村郁子4, 小林 豊4, 比企能之5 (1内IV. 2代謝・蛋白. 3耳鼻. 4あけぼの病院. 5藤田保健衛生大): IgA腎症研究会 (2005/1/29), 東京. 抄録, p.5, 2005.

733007. [研究会] (一般講演) ヒト免疫グロブリン産生マウス (KMマウス) への持続的投与によるヒト糖鎖不全IgA1の糸球体沈着性. 比企能之1, 伊藤美由紀1, 井上和子1, 堀江明世1, 富田 亮1, 村上和隆1, 長谷川みどり1, 鍋島邦浩1, 杉山 敏1, 岩瀬仁勇2, 石田 功2 (1藤田保健衛生大. 2代謝・蛋白. 3キリンビール): IgA腎症研究会 (2005/1/29), 東京. 抄録, p.2, 2005.


<<遺伝子学>>

[学術論文]

110012. [原著] Characterization of new monoclonal antibodies against porcine lymphocytes:molecular characterization of clone 7G3, an antibody reactive with the constant region of the T-cell receptor δ-chains. Tang WR, Shioya N, Eguchi T, Ebata T, Matsui J, Takenouchi H, Honma D, Yasue H, 高垣洋太郎1, Enosawa S, Itagaki M, Taguchi T, Kiyokawa N, Amemiya H, Fujita J (1遺伝子): Veterinary Immunology and Immunopathology, 103: 113-127, 2005.

[学会・研究会等]

713017. [学会 (国際)] (一般講演) Cloning and comparative analysis of swinepre-T cell receptor a-chain gene. Yamamoto R, Sato E, 高垣洋太郎1, Yasue H (1遺伝子): 29th International Conference on Animal Genetics B023 (2004/9), 東京.

713018. [学会 (国際)] (一般講演) Genomic organization and generation of diversity of the porcine TCRα/δ Chain gene. 上西博英1, Toki D, Morozumi T, Yamamoto R, Tanaka M, Shinkai H, Eguchi-Ogawa T, 高垣洋太郎1, 粟田 崇 (1遺伝子): 29th International Conference on Animal Genetics B024 (2004/9), 東京.

713019. [学会 (国際)] (一般講演) The genomic structure of porcine T-cell receptor gamma locus: involvement of exon-shuffling in creating the Cγ3 gene. 亀山孝三, 上西博英, 粟田 崇, 高垣洋太郎 (遺伝子): 29th International Conference on Animal Genetics B025(2004/9), 東京.

713020. [学会 (国際)] (一般講演) Porcine T cell receptor genes: the genomic structure and expression in piglets. 高垣洋太郎1, Hatsuse H, Watanabe M, Yamamoto R, 亀山孝三1, Akiyama M, Omori T, Yamada S, Shimizu M, 上西博英1, 粟田 崇1, Yasue H (1遺伝子): 29th International Conference on Animal Genetics B026 (2004/9), 東京.

723022. [学会 (全国)] (一般講演) エキソン-シャフリングによりつくられたブタT細胞レセプターCγ3遺伝子の解析. 亀山孝三, 上西博英, 栗田 崇, 高垣洋太郎 (遺伝子): 第27回日本分子生物学会年会 (2004), 神戸.


<<薬理学>>

[学術論文]

110013. [原著] Roles of thromboxane A (2) and prostacyclin in the development of atherosclerosis in apoE-deficient mice. Kobayashi T, Tahara Y, Matsumoto M, Iguchi M, Sano H, Murayama T, Arai H, Oida H, Yurugi-Kobayashi T, Yamashita JK, 片桐寛之1, 馬嶋正隆2, Yokode M, Kita T, 成宮 周3 (1外. 2薬理. 3京都大大学院): J Clin Invest, 114 (6): 784-794, 2004.

110014. [原著] Nitric oxide generated by iNOS reduces deformability of Lewis lung carcinoma cells. 井川 聡1, 林 泉2, 田中直彦1, 馬嶋正隆2, 川上貴敏, 小林弘祐1 (1内X. 2薬理): Cancer Sci, 95 (4): 342-347, 2004.

110015. [原著] Role of thromboxane derived from COX-1 and -2 in hepatic microcirculatory dysfunction during endotoxemia in mice. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 末松 誠, 山科正平3, 村田隆彦, 成宮 周4, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3解剖. 4京都大大学院): Hepatology, 39 (1): 139-150, 2004.

110016. [原著] Mild irritant prevents ethanol-induced gastric mucosal microcirculatory disturbances through actions of calcitonin gene-related peptide and PGI2 in rats. 佐伯威男1, 大野 隆1, 鎌田一寿1, 新井勝春1, 水口澄人1, 鹿取 信2, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内T. 2薬理): Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 286 (1): G68-75, 2004.

110017. [原著] Roles of the renal kallikrein-kinin system in salt-sensitive hypertension. 鹿取 信, 馬嶋正隆 (薬理): Hypertension, 44 (6): e12, 2004.

110018. [原著] Prevention of Ethanol-induced Gastric Mucosal Microcirculatory Disturbances by Mild Irritant Through the Actions of Calcitonin Gene-Related Peptide and Prpstaglandin I2 in Rats. 佐伯威男1, 大野 隆1, 鎌田一寿1, 新井勝春1, 水口澄人1, 服部庸一郎1, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1内T. 2薬理): Organ Microcircuration Springer-Verlag Tokyo, 13: 93-97, 2005.

110019. [原著] Roles of Thromboxane in Lipopolysaccharide-Induced Hepatic Microcirculatory Dysfunction in Mice. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林 泉2, 末松 誠, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京都大大学院): Organ Microcircuration Springer-Verlag Tokyo, 13: 165-173, 2005.

110020. [原著] Pharmacokinetics of the active metabolites of ethyl loflazepate in elderly patients who deied of asphyxia associated with benzodiazepine-related toxicity. 上條吉人1, 林 泉2, Nishikawa T, Yoshimura K, 相馬一亥1 (1救命. 2薬理): J Anal Toxicol. 29(2):140-144, 2005.

110021. [原著] Down-regulation of lipoxin A4 recepter by thromboxane A2 signaling in RAW246.7 cells in vitro and bleomycin-induced lung fibrosis in vivo. 佐藤優子1, 北里英郎1, 村上洋介1, 橋本 篤2, 遠藤平仁2, 近藤啓文2, 井上松久1, 林 泉3 (1微・寄. 2内X. 3薬理): Biomed Pharmacother, 58 (6-7): 381-387, 2004.

110022. [原著] Effect of milk on intestinal fluid accumulation and renal injury following mercuric chloride ingestion in rats. 上條吉人1, 林 泉2, Yoshimura K, 相馬一亥1 (1救命. 2薬理): J Appl Toxicol, 24 (2): 129-134, 2004.

110023. [原著] The effects of cholesterol-3-sulfate(CH-3S) on the phosphorylation of human C3a (hC3a) in vitro and on the ability of hC3a to induce vascular permeability in rats. Kawakami F, Ito M, Matsuda Y, 林 泉1, Ohtsuki K (1薬理): Biol Pharm Bull, 27 (3): 282-287, 2004.

120002. [原著] 臨床薬理試験におけるプラセボ投与時の自覚症状発現に関する検討−過去13年間における集計−. 有沢紀子1, 蓮沼智子1, 福嶋邦昭1, 高附真樹子1, 清水智子1, 飯島 肇1, 高柳 博2, 間渕靖夫2, 武部雅人2, 山田好則1, 竹内正弘3, 熊谷雄治4 (1北里研究所. 2(株) アイ・ディー・ディー. 3医療系大学院. 4薬理): 臨床薬理, 36 (1): 29-34, 2005.

210002. [準原著] Chronoastrobiology: proposal, nine conferences, heliogemagne- ics, transyears, near-weeks, near-decades, phylogenetic and ontogenetic memories. Franz Halberg1, Germaine Cornelissen, Philip Regal, Kuniaki Otsuka, Zhengrong Wang, George S Katinas, Jarmila Siegelova, Pavel Homolka, Pavel Prikryl, Sergey M Chibisov, Daniel C Holley, Hans W Wendt, Chriatopher Bingham, Sally L Palm, Robert P Sonkowsky, Robert B Sothern, Emil Pales, Miroslav Mikulecky, Roberto Tarquini, Federico Perfetto, Roberto Salti, Cristina Maggioni, Rita Jozsa, Alexander A Konradov, Elena V Kharlitskaya, Miguel Revilla, Chaomin Wan, Manfred Herold, Elena V Syutkina, Anatoly V. Masalov, Piero Faraone, Ram B Singh, RK Singh, Adarsh Kumar, Ranjana Singh, Sakikumar Sundaram, Tina Sarabandi, Giancarlo Pantaleoni, Yoshihiko Watanabe, 熊谷雄治2, Denis Gubin, Keiko Uezono, Andras Olah, Katarina Borer, Eugene A Kanabrocki, Srilakshmi Bathina, Erhard Haus, Dewayne Hillman, Othils Schwartzkopff, Earl E Bakken, Michal Zeman. (1ミネソタ大. 2薬理): Biomedicine and Pharmacotherapy, 58 (Supl.1): S150-S187, 2004.

210003. [準原著] Chronomic blood pressure (BP) and heart rat (HR) monitoring for lasting pain? George S Katinas1, Germaine Cornelissen, RB Singh, Kuniaki Otsuka, Jarmila Siegelova, Pavel Homolka, Boumil Fiser, 熊谷雄治2, Othild Schwartzkopff, Franz Halberg (1ミネソタ大. 2薬理): The 5th International Symposium Workshop on Chronoastro-biology and Chronotherapy Proceedings, 64-68, 2004.

210004. [準原著] Chronomics:Circadian amplitude of blood pressure, ethanol, natureal history of mesor-hypertension and treatments. 熊谷雄治1, Germaine Cornelissen, Othild Schwartzkopff, Franz Halberg (1薬理): International Journal of Cardiology, 97(Supl.2): S14-S15, 2004.

520011. [総説] エビデンスに基づく診療ガイドラインとEssential Medicine. 熊谷雄治 (薬理): 臨床医薬, 20 (4): 395-400, 2004.

520012. [総説] 臨床薬理試験の現状と今後. 熊谷雄治 (薬理): ファルマシア, 40 (12): 1113-1117, 2004.

520013. [総説] キニノゲンの遺伝子, 生合成, 機能. 藤田朋恵, 馬嶋正隆 (薬理): 日本臨床, 63 (増3): 357-362, 2005.

520014. [総説] ロイコトリエンとロイコトリエン受容体. 馬嶋正隆 (薬理): アレルギー科, 17 (5): 414-421, 2004.

[著 書]

620007. [学術書] (分担執筆) 精神科 必須薬を探る; A. 必須薬の考え方, p.1-10. 熊谷雄治 (薬理), 編集 宮岡 等 (精神), 中外医学社, 東京, 2004/11.20発行.

620008. [学術書] (分担執筆) くすりとエビデンス; 診療ガイドラインとくすり, p.208-215. 熊谷雄治1, 渡邊裕司2 (1薬理. 2浜松医大), 編集 津谷喜一郎1, 内田英二2 (1東京大. 2昭和大), 中山書店, 東京, 2005/3発行.

620009. [学術書] (分担執筆) 21世紀の胃の炎症学; 炎症と血管内皮細胞, p.103-118. 馬嶋正隆 (薬理), 編集 浅香正博 (北海道大), メディカルレビュー社, 東京, 2004/10/10発行.

620010. [学術書] (分担執筆) 酸化ストレスナビゲーター; COX-2 阻害薬. 馬嶋正隆 (薬理), 編集 山岸昌一 (久留米大), 監修 倉林正彦 (群馬大), メディカルレビュー社, 2005/3/15発行.

[学会・研究会等]

712003. [学会 (国際)] (シンポジウム) Chronomic blood pressure (BP) and heart rat (HR) monitoring for lasting pain? George S Katinas1, Germaine Cornelissen, RB Singh, Kuniaki Otsuka, Jarmila Siegelova, Pavel Homolka, Boumil Fiser, 熊谷雄治2, Othild Schwartzkopff, Franz Halberg (1ミネソタ大. 2薬理): The 5th International Symposium Workshop on Chronoastro- biology and Chronotherapy (2004/11/6), 東京. The 5th International Symposium Workshop on Chronoastrobiology and Chronotherapy Proceedings, 64-68, 2004.

712004. [学会 (国際)] (シンポジウム) Chronomics: Circadian amplitude of blood pressure, ethanol, natureal history of mesor-hypertension and treatments. 熊谷雄治1, Germaine Cornelissen, Othild Schwartzkopff, Franz Halberg (1薬理): The Third International Congress on Cardiovascular Disease (2004/11/26-28), Taipei, Taiwan. The Third International Congress on Cardiovascular Disease Abstract Book, p.64, 2004.

712005. [学会 (国際)] (シンポジウム) Adverse event report Issues from Investigator (and IRB Member). 熊谷雄治 (薬理): 5th workshop in Japan for Progress in Clinical Trials (2005/2/18-19), 東京.

713021. [学会 (国際)] (一般講演) ECG QT interval variation by physiologyical load in healthy ale volunteer- Exploration for substitutional positive control, considering ICH-E14 guideline. 尾崎真智子1, 藤田朋恵2, 佐橋邦彦1, 横田慎一3, 澤田実花3, 黒山政一3, Atsushi Sugiyama4, 大谷義夫1, 熊谷雄治2 (1治験管理センター. 2薬理. 3薬剤部. 4山梨大): 2nd Japan-China Joint Meeting of Basic and Clinical Pharmacology (2004/9/19), 静岡. Jpn J Clin Pharmacol Ther, 35(Suppl): S262, 2004.

713022. [学会 (国際)] (一般講演) Pharmacokinetics of mosapride citrate in patients with gastrictomy. 熊谷雄治1, 藤田朋恵1, 尾崎真智子2, 大谷義夫2, 馬嶋正隆1 (1薬理. 2治験管理センター): American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics (2005/3/2-6), Orland, Florida, USA. Clinical Pharmacology and Therapeutics, 77 (2): 51, 2005.

713023. [学会 (国際)] (一般講演) Pharmacokinetics of cefdinir in healthy subjects after high protein diet and L-phenylalanine load. 藤田朋恵1, 山崎 晃2, 尾崎真智子2, 馬嶋正隆1, 大谷義夫2, 熊谷雄治1 (1薬理. 2治験管理センター): American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics (2005/3/2-6), Orland, Florida, USA. Clinical Pharmacology and Therapeutics, 77 (2): 81, 2005.

713024. [学会 (国際)] (一般講演) Pharmacokinetics of cefdinir in healthy subjects after high protein diet and l-phenylalanine load. 藤田朋恵1, Yamazaki M, 尾崎真智子2, 馬嶋正隆1, 大谷義夫2, 熊谷雄治1 (1薬理. 2治験管理センター): 106th Annual Meeting of the American Society for Clinical Pharmacology (ASCPT)(2005/3/5), オーランド, 米国. Clinical Pharmacology & Therapeutics, 77 (2): 81, 2005.

722003. [学会 (全国)] (シンポジウム) TDM研究の問題点. 熊谷雄治 (薬理): 第21回日本TDM学会・学術大会(2004/6/5-6), 大阪. 第21回TDM学会・学術大会−TDMが支えるもの−プログラム要旨集, p.39, 2004.

723023. [学会 (全国)] (一般講演) 第1相試験における初回投与量設定根拠としての最大無毒性量の体表面積補正の妥当性の検討. 藤田朋恵1 , 尾崎真智子2, 横田慎一3, 澤田実花3, 中村智美2, 藤田忠和2, 中原いちみ2, 野村今日子2, 馬嶋正隆1, 黒山政一3, 大谷義夫2, 熊谷雄治1 (1薬理. 2治験管理センター. 3薬剤部): 第25回日本臨床薬理学会年会(2004/9/17-18), 静岡. 臨床薬理, 35 (Suppl.): S122, 2004.

723024. [学会 (全国)] (一般講演) 薬物吸収の日内変動と胃運動性. 大内浩子1, 熊谷雄治2, 藤田朋恵2, 尾崎真智子3, 横田慎一4, 澤田実花4, 大谷義夫3, 吉山友二1, 菅谷甫子1 (1共立薬大. 2薬理. 3治験管理センター. 4薬剤部): 第25回日本臨床薬理学会年会 (2004/9/17-18), 静岡. 臨床薬理, 35(Suppl.): S163, 2004.

723025. [学会 (全国)] (一般講演) 心電図QT間隔の個体内・個体間及び日内変動に関する検討−健康成人男子を対象とした予備的検討−. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 佐橋邦彦3, 野村今日子3, 中村智美3, 横田慎一1, 永松紀子3, 尾崎真智子3, 藤田朋恵2, 黒山政一1, 大谷義夫1 (1薬剤部. 2薬理. 3治験管理センター): 第25回日本臨床薬理学会年会(2004/9/17-18), 静岡. 臨床薬理, 35 (Suppl.): S168, 2004.

723026. [学会 (全国)] (一般講演) 初回投与量設定に関するレトロスペクティブな検討. 尾崎真智子1, 藤田朋恵2, 横田慎一3, 澤田実花3, 永松紀子1, 佐橋邦彦1, 小林真美1, 七條久美子1, 入戸野和代3, 黒山政一3, 熊谷雄治2, 大谷義夫1 (1治験管理センター. 2薬理. 3薬剤部): 第25回日本臨床薬理学会年会 (2004/9/17-18), 静岡. 臨床薬理, 35(Suppl.): S171, 2004.

723027. [学会 (全国)] (一般講演) 血清ビリルビン値に影響を及ぼすUGT1A1遺伝子多型の臨床的意義. 田邊智子1, 大野雅子1, 松本京子1, 安永実沙1, 窪田竜二1, 蓮沼智子2, 飯島 肇2, 有沢紀子2, 高附真樹子2, 武部雅人3, 熊谷雄治4, 東 純一1 (1大阪大大学院. 2北里研究所. 3(株) アイ・ディー・ディー. 4薬理): 第25回日本臨床薬理学会年会 (2004/9/17-18), 静岡. 臨床薬理, 35 (Suppl.): S181, 2004.

723028. [学会 (全国)] (一般講演) 第1相試験における初回投与量設定根拠としての最大無毒性量の体表面積補正の妥当性の検討. 藤田朋恵1, 尾崎真智子2, 横田慎一3, 澤田実花3, 中村智美2, 藤田忠和2, 中原いちみ2, 野村今日子2, 馬嶋正隆1, 黒山政一3, 大谷義夫2, 熊谷雄治1 (1薬理. 2治験管理センター. 3薬剤部): 第25回日本臨床薬理学会年会(2004/9/17), 静岡. 臨床薬理, 35 (Suppl.): S122, 2004.

723029. [学会 (全国)] (一般講演) 健常成人における高蛋白, L-フェニルアラニン負荷後の小腸ペプチドトランスポータ基質薬物セフェム系抗生物質の吸収への影響の検討. 藤田朋恵1, 荻野三智子2, 山崎 晃2, 尾崎真智子2, 澤田実花3, 中村智美2, 佐橋邦彦2, 七條久美子2, 野村今日子2, 横田慎一3, 藤田忠和2, 黒山政一3, 大谷義夫2, 馬嶋正隆1, 熊谷雄治1 (1薬理. 2治験管理センター. 3薬剤部): 第125回日本薬学会年会 (2005/3/29), 東京. Journal of Pharmacological Sciences, 97 (Suppl.): 281P, 2005.

723030. [学会 (全国)] (一般講演) Functional analysis of genetic variants of the human organic anion transporter, OAT1 (SLC22A6). 藤田朋恵1, Maya K Leabman, Chaline Brown, Kazumi Fujita, Kathleen M Giacomini, 馬嶋正隆1 (1薬理): 第78回日本薬理学会年会 (2005/3/24), 横浜. 第78回日本薬理学会年会プログラム, p.179, 2005.

731003. [研究会] (特別講演) 医療における「うそ」の効用: プラセボ効果. 熊谷雄治 (薬理): 大分統計談話会・第31回記念大会 (2005/2/9-10), 大分.


<<微生物・寄生虫学>>

[学術論文]

110024. [原著] PROTEKT 1999-2000: a multicentre study of the antimicrobial susceptibility of respiratory tract pathogens in Japan. 井上松久1, Shigeru Kohno2, Mitsuo Kaku3, Keizo Yamaguchi4, Jun Igari5, Kiyoharu Yamanaka6 (1微・寄. 2長崎大. 3東北大. 4東邦大. 5順天堂大. 6大手前病院): International Journal of Infectious Diseases, 9: 27-36, 2005.

120003. [原著] Molecular analytical evaluation of macrolide-and ketolide-resistant Streptococcus pneumoniae. 井上松久, 兼子謙一, 中野竜一, 佐藤優子, Susumu Arai (微・寄): Jpn J Antibiot, 57: 425-437, 2004.

120004. [原著] 温泉水におけるLegionella属菌汚染と泉質に関する調査研究. 笹原武志1, 菊野理津子2, 奥田舜治2, 関口朋子1, 佐藤義則1, 高山陽子3, 曽我英久2, 青木正人2, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3臨検学): 感染症学雑誌, 78 (7): 545-553, 2004.

120005. [原著] 新規殺菌セラミックによるLegionella pneumophila殺菌効果に及ぼす温泉水泉質の影響. 笹原武志1, 奥田舜治2, 菊野理津子2, 佐藤義則1, 関口朋子1, 高山陽子3, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3臨検学): 感染症学雑誌, 79 (3): 157-160, 2005.

210005. [準原著] A Klebsiella pneumoniae producing three kinds of class A beta-lactamases encoded by one single plasmid isolated from a patient in Huashan Hospital, Shanghai, China. Xiong Z1, Zhu D1, Wang F1, Zhang Y1, 岡本了一2, 井上松久2 (1Fudan Univ. 2微・寄): Int J Antimicrob Agents, 23 (3): 262-267, 2004.

210006. [準原著] CFE-1, a Novel Plasmid-Encoded AmpCβ-Lactamase with an ampR Gene Originating from Citrobacter freundii. 中野竜一1, 岡本了一2, 中野百実子2, 兼子謙一2, 沖津尚弘2, 保坂美生3, 井上松久2 (1医療系大学院・微. 2微・寄. 3内T): Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 48 (4): 1151-1158, 2004.

210007. [準原著] A comparison of the microbiological characteristcs of Neisseria gonorrhoeae isolated from male and femalepatienta with gonorrhea. Takeshi Saika1, Intetsu Kobayashi1, 井上松久2 (1三菱化学BCL. 2微・寄): Chemotherapy, 50 (2): 92-97, 2004.

210008. [準原著] Down-regulation of lipoxin A4 receptor by thromboxane A2 signaling in RAW246.7 cells in vitro and bleomycin-induced lung fibrosis in vivo. 佐藤義則1, 北里英郎2, 村上洋介2, 橋本 篤3, 遠藤平仁3, 近藤啓文3, 井上松久2, 林 泉4 (1医療系大学院・微. 2微・寄. 3内X. 4薬理): Biomedicine & Pharmacotherapy, 58: 381-387, 2004.

210009. [準原著] Characterization of ermB Gene Transposition by Tn1545 and Tn917 in Macrolide-Resistant Streptococcus pneumoniae Isolates. 沖津尚弘1,3, Satoru Kaieda2, Hisakazu Yano3, 中野竜一1, 保坂美生4, 岡本了一1, Toshimitsu Kobayashi3, 井上松久1 (1微・寄. 2長崎大. 3東北大. 4内T): Journal of Clinical Microbiology, 43 (1): 168-173, 2005.

210010. [準原著] Use of the Restriction Enzyme EcoRI for Pulsed-Field Gel Electrophoretic Analysis of Helicobacter pylori. 保坂美生2, 入野田一彦1, 中野竜一1, 田辺 聡2, 小泉和三郎2, 西元寺克禮2, 井上松久1 (1微・寄. 2内T): Journal of Clinical Microbiology, 43 (2): 931-932, 2005.

210011. [準原著] Establishment of rat model of acute staphylococcal osteomyelitis: Relationship between inoculation dose and development of osteomyelitis. 福島宣明1, 横山一彦1, 笹原武志2, Yoh Dobashi3, 糸満盛憲1 (1整外. 2微・寄. 33山梨大): Arch. Orthop. Traum. Surg., 125 (3): 169-176, 2005.

210012. [準原著] Macrofilaricidal and microfilaricidal effects of Neurolaena lobata, a Guatemalan medicinal plant, on Brugia pahanngi. Fujimaki Y1, KamachiT1, Yanagi T1, Caceres A2, 牧 純3, Aoki Y1 (1長崎大熱帯異学研究所. 2グアテマラ・サンカルロス大. 3微・寄): Journal of Helminthology, 79: 23-28, 2004.

210013. [準原著] Inhibition of branching morphogenesis of mouse fetal submandibular gland by sodium fluoride-protection by epidermal growth factor. Naka T1, Maruyama S1, NagaoT1, Takayama F1, 牧 純2, Yasui T1, Sakagami H1, Ohkawa S1 (1明海大. 2微・寄): In Vivo, 19: 327-334, 2004.

210014. [準原著] The description and studies on parasitic endemic disease, “Katayama-byo” by traditional-herb and Westernized doctors in the 19-20th century in Japan. 牧 純1, 桑田正広2 (1微・寄. 2代謝・蛋白): AKTEN des fuenfunddreissigsten Internationalen Kongresses fuer Geschite der Pharmazie, P1-P11 (pp.900), published in CD-ROM.

220003. [準原著] β-ラクタム系抗菌薬の初期殺菌能. 松田耕二1, 井上松久2 (1万有製薬. 2微・寄): 日本化学療法学会雑誌, 53 (1): 2005.

220004. [準原著] アフリカでの国際医療協力における社会薬学的研究: 伝統医療と近代医療の併存と調和に関する予備的検討 (その1). 牧 純1, 大谷安子2, 桑田正広3 (1微・寄. 2国際文化研. 3代謝・蛋白): 社会薬学, 23 (1): 81〜83, 2004.

[著 書]

620011. [教科書] (分担執筆) 新版 臨床免疫学; 感染症と免疫, p.111-133. 笹原武志 (微・寄), 編集 宮坂信之1, 烏山 一1, 浅川英男2, 戸沢秀樹3 (1東京医歯大. 2九段坂病院. 3北里大名誉教授), 講談社サイエンティフィク, 東京, 2004/2/10発行.

620012. [辞書] (分担執筆) 医学英和大辞典 改訂12版; 免疫学用語の校閲/新規用語選定 (編集協力). 笹原武志 (微・寄), 編集 西元寺克禮 (内T), 監修 佐藤登志郎 (北里大), 南山堂, 東京, 2005/3/10発行.

620013. [学術書] (分担執筆) 感染と抗菌薬, 7 (2) 2004; 今後危惧される新たな耐性菌, p.216-221. 岡本了一 (微・寄), ヴァンメディカル, 東京, 2004/6発行.

620014. [学術書] (分担執筆) BIO Clinica, 20 (3) 2005; 基礎の立場からみた多剤耐性グラム陽性菌の現状と問題点, p.18-23. 岡本了一 (微・寄), 北隆館, 東京, 2005/3発行.

620015. [学術書] (分担執筆) 臨床免疫; GATA3はT細胞ではIFN-γの生成を抑えるがNK細胞ではそれを亢進する. 玉内秀一 (微・寄), 編集 臨床免疫編集委員会, 科学評論社, 東京, 2004/10/25発行.

[学会・研究会等]

721001. [学会 (全国)] (特別講演) Cryptosporidium腸管感染の仕組みと本邦河川の汚染状況について. 笹原武志 (微・寄): 第18回日本原虫病学会学術集会 (2004/4), 藤沢市. 講演抄録, p.1-2, 2004.

723031. [学会 (全国)] (一般講演) 貝類にみるCryptos-poridium parvumオーシストの汚染状況 第2報. 笹原武志1, 中村 健1, 佐藤義則1, 関口朋子1, 菊野理津子2, 青木正人2, 高山陽子3, 北里英郎4, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3臨検学. 4医衛・微生物): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6), 東京. 感染症学雑誌, 78(7): 653, 2004.

723032. [学会 (全国)] (一般講演) GATA3トランスジェニックマウスを用いたTNCB接触皮膚炎誘導におけるTh2型免疫反応の関与について. 玉内秀一1, 天羽康之2, 伊藤 守3, 寺島正純4, 増澤幹男2, 勝岡憲生2, 穂積勝人5, 垣生園子5 (1微・寄. 2皮. 3実中研・免疫. 4住友製薬. 5東海大医・免疫): 第16回日本アレルギー学会春期臨床大会(2004/5/13), 前橋. アレルギー, 53 (2,3): 360, 2004.

723033. [学会 (全国)] (一般講演) メカブ由来フコイダンのCryptosporidium parvum感染に対する予防効果. 丸山弘子1, 笹原武志2, 佐藤真弓2, 菊野理津子3, 橋本 実4, 仲野隆久4, 井上松久2 (1医衛・病理. 2微・寄. 3北里環境科学センター. 4理研ビタミン): 第58回日本栄養・食糧学会大会 (2004/5/23), 仙台. 講演要旨集, p.311, 2004.

723034. [学会 (全国)] (一般講演) AmpC多量産生によるセフェム薬耐性大腸菌の解析. 岡本了一1, 佐藤優子1, 中野竜一1, 兼子謙一1, 中野百実子1, 須田和美2, 井上松久1 (1微・寄. 2医療系大学院): 第52回日本化学療法学会総会(2004/6/3), 沖縄. 日本化学療法学雑誌, 52 (Supple. A): 139, 2004.

723035. [学会 (全国)] (一般講演) TEM型, CTX-M型およびbla-IMP型β-ラクタマーゼを同時に産生するE. cloacaeについて. 佐藤優子1, 中野竜一1, 中野百実子1, 兼子謙一1, 須田和美2, 井上松久1, 岡本了一1 (1微・寄. 2医療系大学院): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3), 沖縄. 日本化学療法学雑誌, 52 (Supple. A): 139, 2004.

723036. [学会 (全国)] (一般講演) Enterobacter cloacaeのAmpCβ-ラクタマーゼ遺伝子の多型性. 須田和美1, 中野竜一2, 中野百実子2, 佐藤優子2, 岡本了一2, 井上松久2 (1医療系大学院. 2微・寄): 第52回日本化学療法学会総会(2004/6/3), 沖縄. 日本化学療法学雑誌, 52 (Supple. A): 138, 2004.

723037. [学会 (全国)] (一般講演) BRO-1β-ラクタマーゼ産生Moraxella lacunataによる小児推定感染性心内膜炎. 斉藤優子1, 長野由紀子, 長野則之2, 兼子謙一3, 中野竜一3, 岡本了一3, 井上松久3 (1船橋市立医療センター. 2医療系大学院. 3微・寄): 第52回日本化学療法学会総会(2004/6/3), 沖縄. 日本化学療法学雑誌, 52 (Supple. A): 152, 2004.

723038. [学会 (全国)] (一般講演) 同一患者由来のgenotypeの異なる感性及びCTX-M-1, 新規missense mutation保有TEM-1β-ラクタマーゼ. 長野則之1, 斉藤優子2, 長野由紀子, 兼子謙一3, 中野竜一3, 岡本了一3, 井上松久3 (1医療系大学院. 2船橋市立医療センター. 3微・寄): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3), 沖縄. 日本化学療法学雑誌, 52 (Supple. A): 167, 2004.

723039. [学会 (全国)] (一般講演) PFGE解析から見た浴槽水のLegionella属菌の汚染分布. 笹原武志1, 菊野理津子2, 奥田舜治2, 高山陽子3, 北里英郎4, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター, 3臨検学, 4医衛・微生物): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3), 沖縄. 日本化学療法学会誌, 52 (Supple. A): 148, 2004.

723040. [学会 (全国)] (一般講演) Legionella属菌に対する銅イオンの抗菌効果. 笹原武志1, 菊野理津子2, 奥田舜治2, 高山陽子3, 北里英郎4, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3臨検学. 4医衛・微生物): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3), 沖縄. 日本化学療法学会誌, 52 (Supple. A): 159, 2004.

723041. [学会 (全国)] (一般講演) 銅イオンのCryptos-poridium parvumオーシスト感染性に対する不活化効果. 菊野理津子1, 笹原武志2, 関口朋子2, 高橋 晃3, 曽我英久1, 青木正人1, 佐藤義則2, 高山陽子4, 北里英郎5, 井上松久2 (1北里環境科学センター. 2微・寄. 3実験動物. 4臨検学. 5医衛・微生物): 第55回全国水道研究発表会 (2004/6/17), 京都. 講演集, p.344-345, 2004.

723042. [学会 (全国)] (一般講演) アフリカでの国際医療協力における社会薬学的研究 (1). 牧 純1, 大谷安子2, 桑田正広3 (1微・寄. 2国際文化研. 3代謝・蛋白): 日本社会薬学会第23年会 (2004/9/19), 北海道大学 (札幌). 講演要旨集, p.94, 2004.

723043. [学会 (全国)] (ポスター) GATA3誘発アトピー性皮膚炎モデルにおける薬剤効果の検討. 玉内秀一1, 天羽康之2, 伊藤 守3, 寺島正純4, 増澤幹男2, 勝岡憲生2, 穂積勝人5, 垣生園子5 (1微・寄. 2皮. 3実中研・免疫. 4住友製薬. 5東海大医・免疫): 第34回日本免疫学会総会・学術集会 (2004/12/1), 札幌. 日本免疫学会総会・学術集会記録アレルギー, 34: 102, 2004.

731004. [研究会] (特別講演) 薬剤耐性研究の展望. 井上松久 (微・寄): 第33回薬剤耐性菌シンポジウム (2004/7/30), 富山. 講演抄録集.

732008. [学会 (地方)] (シンポジウム) 薬剤耐性機構の新たな展開. 岡本了一, 中野竜一 (微・寄): 第87回日本細菌学会関東支部総会 (2004/11/6), 東京. 講演抄録集.

733008. [研究会] (一般講演) GATA-3誘発接触皮膚炎はアトピー性皮膚炎モデルと成りうるか? 玉内秀一1, 天羽康之2, 伊藤 守2, 寺島正純4, 丸山弘子5, 井上松久1, 増澤幹男2, 穂積勝人6, 垣生園子6, 勝岡憲生2 (1微・寄. 2皮. 3実中研・免疫. 4住友製薬. 5医衛・病理. 6東海大医・免疫): 第17回「遺伝子とその周辺」研究会 (2004/8/3), 相模原. 口演要旨集.

733009. [学会 (地方)] (一般演題) 水系汚染Legionella属菌に対する感染防止対策法の確立−循環式浴槽への殺菌セラミックの応用−. 笹原武志1, 奥田舜治2, 菊野理津子2, 丸山弘子3, 高山陽子4、井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター, 3医衛・病理. 4臨検学): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会・第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/22), 新潟市. 感染症学雑誌, 79 (1): 94, 2005.

733010. [学会 (地方)] (一般演題) メカブ由来フコイダンのCryptosporidium parvum感染に対する予防効果とその作用機序 第2報. 丸山弘子1, 笹原武志2, 嶋崎典子3, 仲野隆久4, 井上松久2 (1医衛・病理. 2微・寄. 3北里環境科学センター. 4理研ビタミン): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会・第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/22), 新潟市. 感染症学雑誌, 79(1): 103-104, 2005.

733011. [学会 (地方)] (一般演題) プラスミド性AmpCβ-lactamase CMY-4の発現機構解析. 中野竜一1, 長野則之2, 前山佳彦2, 石川直人, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄. 2医療系大学院): 第51回日本化学療法学会東日本支部総会 (2004/10), 新潟市. プログラム・講演抄録集.

733012. [学会 (地方)] (一般演題) 肺炎球菌における変異PBPs遺伝子相同組換え体の選択効率におよぼす各種β-ラクタム系薬の影響. 福島崇恵1, 前田久美子2, 井田孝志2, 米沢 実2, 生方公子2, 井上松久3 (1明治製菓. 2生命科研. 3微・寄): 第87回日本細菌学会関東支部総会 (2004/11/6), 東京. 講演抄録集.

733013. [研究会] (一般講演) プラスミド性AmpCβ-lactamaseの多量産生機構の解析. 中野竜一1, 長野則之2, 前山佳彦2, 石川直人, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄. 2医療系大学院): 第2回薬剤耐性菌研究会 (2004/11), 伊香保. 講演抄録集.

733014. [研究会] (研究助成報告) 糸球体IgA沈着におけるGATA-3依存的粘膜免疫の関与について. 山中貴博1, 玉内秀一2, 鈴 裕介1, 鈴木 仁1, 掘越 哲1, 垣生園子3, 富野康日己1 (1順天堂大医・腎内. 2微・寄. 3東海大医・免疫): 第28回IgA腎症研究会 (2005/1/29), 東京. 抄録, 28: 14, 2005.


<<病理学>>

[学術論文]

110025. [原著] High microvascular density is correlated with high VEGF, iNOS and COX-2 expression in penetrating growth-type early gastric carcinomas. 一戸昌明1, 三上哲夫1, Shiraishi H, 岡安 勲1 (1病理): Histopathology, 45 (6): 612-618, 2004.

110026. [原著] Multicenter evaluation of commercial frozen plates for microdijution broth antifungal susceptibility testing of yeasts and comparison of MIC limits recommended in NCCLS M27-A2. Koichi Makimura1, Toyoko Oguri2, Yuzuru Mikami3, 久米 光4, Ryo Hanazawa2, 阿部美知子5, Reiko Ikeda6, Takako Shinoda6 (1帝京大. 2順天堂大. 3千葉大. 4病理. 5医衛・臨床検査. 6明治薬大): Microbiology and Immunology, 49 (2): 97-106, 2005.

110027. [原著] Cyclooxygenase-2 and inducible nitric oxide synthase expression in human astrocytic gliomas: correlation with angiogenesis and prognostic significance. 原 敦子, 岡安 勲 (病理): Acta Neuropathologica, 108: 43-48, 2004.

110028. [原著] β-Catenin simultaneously induces activation of the p53-p21WAF1 pathway and overexpression of cyclin D1 during squamous differentiation of endometrial carcinoma cells. 三枝 信1, 橋村美紀2, 桑田 健2, 浜野美恵子3, 岡安 勲1 (1病理. 2癌研. 3組織培養センター): Am J Pathol, 164: 1739-1749, 2004.

110029. [原著] Divergent cyclin B1 expression and Rb/p16/cyclin D1 pathway aberrations among pulmonary neuroendocrine tumors. 五十嵐 徹1, 蒋 世旭1, 亀谷 徹2, 浅村尚生3, 佐藤雄一4, Kanji Nagai5, 岡安 勲1 (1病理. 2静岡県立静岡がんセンター・病理. 3国立がんセンター中央病院・胸外. 4医衛・遺伝子検査. 5国立がんセンター東病院・胸外): Modern Pathology, 17(10): 1259-1267, 2004.

110030. [原著] Expression of tumor suppressor gene product p14ARF in endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus. 渡辺 純1, Nishizaki R2, 上坊敏子3, 鎌田裕子2, 秦 宏樹3, 西村由香里2, Fujisawa T2, 岡安 勲1, 蔵本博行2 (1病理. 2医療系大学院・臨床細胞. 3産婦): Int J Gynecol Pathol, 23: 234-240, 2004.

110031. [原著] Cyclin D1 Expression in Endometrioid-type Endometrial Adenocarcinoma is Correlated with Histological Grade and Proliferative Activity, but not with Prognosis. 西村由香里1, 渡辺 純2, 上坊敏子3, Kato N1, Fujisawa T1, 鎌田裕子1, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理. 3産婦): Anticancer Res, 24: 2185-2192, 2004.

110032. [原著] Significance of progesterone receptor-A and -B expressions in endometrial adenocarcinoma. 宮本朋幸1, 渡辺 純2, 秦 宏樹3, 上坊敏子3, 川口美和1, 服部 学1, Saito M1, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理. 3産婦): J Seroid Biochem Mol Biol, 92: 111-118, 2004.

110033. [原著] Cytological scoring of endometrioid adenocarcinoma of the endometrium-correlation with histological grade and clinicopathological factors. 西村由香里1, 渡辺 純2, 上坊敏子3, 服部 学1, 新井 努1, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理. 3産婦): Cancer Cytopathol, 105: 8-12, 2004.

110034. [原著] Upregulation of p16INK4A and Bax in p53 wild/p53 overexpressing crypts in ulcerative colitis-associated tumors. 吉田 功, Matsutomo N, 三上哲夫, 岡安 勲 (病理): British Journal of Cancer, 91: 1081-1088, 2004.

320001. [症例報告] 腹水細胞診で肉腫成分の再発が示唆された卵巣癌肉腫の1例. 瀬尾典久1, 服部 学1, 豊永真澄2, 渡辺 純3, 新井 努1, 川口美和1, 上坊敏子4, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2大学病院細胞診. 3病理. 4産婦): 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (1): 56-60, 2004.

320002. [症例報告] 卵巣甲状腺腫性カルチノイドの1例. 宮本朋幸1, 西村由香里1, 服部 学1, 柿沼廣邦2, 渡辺 純3, 新井正秀4, 上坊敏子4, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2大学病院細胞診. 3病理. 4産婦): 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (2): 130-134, 2004.

320003. [症例報告] 胸壁に発生した多形型横紋筋肉腫の1例. 山田美保1, 服部 学1, 横山 大2, 柿沼廣邦2, 渡辺 純3, 品田 純4, 小中千守5, 蔵本博行1 (1医衛・臨床細胞. 2大学病院細胞診. 3病理. 4胸外. 5東京医大・外): 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (5): 321-326, 2004.

520015. [総説] 真菌症の免疫学的診断法 病原性真菌の今日的意味−真菌感染と生体防御−, 化学療法の領域. 久米 光 (病理): 化学療法の領域, 20 (1): 5-10, 2004.

520016. [総説] 糸状菌の薬剤感受性測定法. 阿部美知子1, 小川善資1, 久米 光2 (1医衛. 2病理): Medical Technology, 32 (12): 1285-1291, 2004.

[著 書]

610001. [学術書] (分担執筆) World Heath Organization Classification of Tumours. Pathology and Genetics of Tuomurs of the Lung, Pleura, Thymus and Heart; Large Cell carcinoma, p.45-50. E Brambilla1, B Pugatch2, K Geisinger3, A Gal4, MN Sheppard5, DG Guinee6, 蒋 世旭7, S Lantuejoul8, YL Chang9, I Petersen10, M Meyerson11, SM Hanash12, 野口雅之13 (1Department of anatomy and cytologic patology, Centre Hospitalier Universitaire, France. 2Department of Diasgnostic Radiology, University of Maryland Medical System, USA. 3Department of Pathology, Wake Forest University School of Medicine, USA. 4Department of Pathology, Emory University Hospital, USA. 5Department of Histopathology, Royal Brompton National Heart and Lung Hospital, USA. 6Department of Pathology, Virginia Mason Clinic, USA. 7病理. 8Department of Anatomy and Cytologic Pathology, Center Hospitalier Universitaire, France. 9Department of Pathology, National Taiwan University Hospital, Taiwan/China. 10Institute of Pathology, University Hospital Charite, Germany. 11Department of Adult Oncology, Harvard Medical School, USA. 12Department of Pediatrics, University of Michigan Medical Center, USA. 13筑波大医学専門学群・病理). 編集 WD Travis1, E Brambilla2, HK Muller-Hermelink3, CC Harris4 (1Department of Pulmonary and Mediastinal Pathology, Armed Forces Institute of Pathology, USA. 2Department of anatomy and cytologic patology, Centre Hospitalier Universitaire, France. 3Department of Pathology, University of Wurzburg, Germany. 4Laboratory of Human Carcinogenesis, National Institute of Health, USA), 監修 World Heath Organization, IARC Press (France), 2004.

620016. [学術書] (分担執筆) 臨床検査法提要; 真菌検査. 阿部美知子1, 久米 光2 (1医衛. 2病理), 編集 金井正光 (信州大), 金原出版, 2005/2/20発行.

620017. [学術書] (分担執筆) スタンダード 微生物学; 各論2 4. 真菌. 阿部美知子1, 久米 光2 (1医衛. 2病理), 編集 山本容正 (大阪大) 他, 文光堂, 2005/3/31発行.

[学会・研究会等]

713025. [学会 (国際)] (ポスター) Effect of estrogen on endometrial cancer cells stably-transfected with estrogen receptor gene. 渡辺 純1, 鎌田裕子2, 川口美和2, 西村由香里2, 新井 努2, 小保方 茜2, 岡安 勲1, 蔵本博行2 (1病理. 2医療系大学院・臨床細胞): 10th biennial international gynecologic cancer society meeting (2004/10/5), Edinburgh, Scotland, UK. Int J Gynecol Cancer, 14 (Suppl.1): 120, 2004.

713026. [学会 (国際)] (ポスター) Expressions of cell cycle reguratory proteins and E-cadherin in clear cell adenocarcinoma of the endometrium. 新井 努1, 渡辺 純2, 川口美和1, 鎌田裕子1, 西村由香里1, 金井督之3, 上坊敏子3, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理. 3産婦): 10th biennial international gynecologic cancer society meeting (2004/10/5), Edinburgh, Scotland, UK. Int J Gynecol Cancer, 14 (Suppl.1): 99, 2004.

713027. [学会 (国際)] (ポスター) Effect of medroxy-progesterone acetate on proteome expression of endometrial cancer cells. 鎌田裕子1, 渡辺 純2, 浜野美恵子3, Satoh M4, 小寺義男4, 大石茂郎4, 前田忠計4, 川口美和1, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理. 3組織培養センター. 4理学部): 10th biennial international gynecologic cancer society meeting (2004/10/5), Edinburgh, Scotland, UK. Int J Gynecol Cancer, 14(Suppl.1): 137, 2004.

713028. [学会 (国際)] (ポスター) Stimulatory effect of medroxyprogesterone acetate on p21 and p27 expression in Ishikawa endometrial carcinoma cells transfected with PRBcDNA. 川口美和1, 渡辺 純2, 浜野美恵子3, 新井 努1, 鎌田裕子1, 西村由香里1, 田村俊男4, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理. 3組織培養センター. 4産婦): 10th biennial international gynecologic cancer society meeting (2004/10/6), Edinburgh, Scotland, UK. Int J Gynecol Cancer, 14(Suppl.1): 140, 2004.

713029. [学会 (国際)] (ポスター) Immunohistochemical study on MMP-11 in the endometrium and endometrial carcinoma. 小保方 茜1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 西村由香里1, 新井 努1, 川口美和1, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理): 10th biennial international gynecologic cancer society meeting (2004/10/7), Edinburgh, Scotland, UK. Int J Gynecol Cancer, 14 (Suppl.1): 215, 2004.

723044. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎炎症巣におけるp53-p53R2系誘導と腫瘍化の関連. 吉田 功, 芳賀しおり, 沼田賀子, 岡安 勲 (病理): 第93回日本病理学会総会 (2004/4), 札幌. 日本病理学会誌.

723045. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎 (UC) 関連発癌に対する間質ゲノム不安定性の関与. 柳下弘子, 吉田 功, 沼田賀子, 石黒香代, 岡安 勲 (病理): 第93回日本病理学会総会 (2004/4), 札幌. 日本病理学会誌.

723046. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌細胞へのプロゲステロン受容体遺伝子導入とプロゲステロン効果およびその作用機序の解析. 川口美和1, 渡辺 純2, 鎌田裕子1, 浜野美恵子3, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理, 3組織培養センター): 第77回日本組織培養学会 (2004/5/27), 名古屋. 組織培養研究, 23 (1): 17, 2004.

723047. [学会 (全国)] (一般講演) エストロゲン受容体遺伝子導入子宮内膜癌細胞株におけるエストロゲン効果. 渡辺 純1, 鎌田裕子2, 蔵本博行2, 岡安 勲1 (1病理. 2医療系大学院・臨床細胞): 第93回日本病理学会総会 (2004/6/9), 札幌. 日本病理学会会誌, 93 (1): 218, 2004.

723048. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎関連異形成ではbottom up型細胞回転制御を受ける: 大腸腺腫との比較. 三上哲夫, 一戸昌明, 沼田賀子, 岡安 勲 (病理): 第93回日本病理学会総会 (2004/6/9), 札幌. 日本病理学会会誌, 93 (1): 215, 2004.

723049. [学会 (全国)] (一般講演) β-カテニンによる子宮内膜癌細胞分化誘導 (扁平上皮化生) 機序の解明. 三枝 信1, 橋村美紀2, 桑田 健2, 浜野美恵子3, 岡安 勲1 (1病理. 2癌研. 3組織培養センター): 第93回日本病理学会総会 (2004/6/10), 北海道. 日本病理学会誌, 93 (1): 233, 2004.

723050. [学会 (全国)] (ポスター) グリオーマの血管新生過程におけるβ-カテニンの果たす役割. 原 敦子, 三枝 信, 岡安 勲 (病理): 第93回日本病理学会総会 (2004/6/10), 北海道. プログラム, p.347, 2004.

723051. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺の神経内分泌腫瘍−大細胞性神経内分泌癌の組織診断とその鑑別診断を中心に−. 蒋 世旭1, 亀谷 徹2, 浅村尚生3, 石川雄一4, 井上 健5, 佐藤雄一6, 土屋紅緒6, 野口雅之7, 松野吉宏8, 横瀬智之9, 岡安 勲1 (1病理. 2静岡県立静岡がんセンター・病理. 3国立がんセンター中央病院・胸外. 4癌研・病理. 5大阪市立総合医療センター・病理. 6医衛・遺伝子検査. 7筑波大医学専門学群・病理. 8国立がんセンター中央病院・病理. 9サンリツ病理生物情報解析センター): 第93回日本病理学会 (2004/6/11), 札幌. 日本病理学会会誌, 93 (1): 197, 2004.

723052. [学会 (全国)] (ポスター) 正常子宮内膜, 子宮内膜癌におけるMatrix metalloproteinase-11の免疫組織化学的検討. 小保方 茜1, 渡辺 純2, 服部 学1, 西村由香里1, 新井 努1, 川口美和1, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理): 第45回日本臨床細胞学会総会 (2004/7/10), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (Suppl.1): 242, 2004.

723053. [学会 (全国)] (ワークショップ) 潰瘍性大腸炎と発がん. 岡安 勲 (病理): 第63回日本癌学会総会 (2004/10/1), 福岡. Cancer Sci, 95 (Suppl): 2004.

723054. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮内膜細胞診Thin layer法による子宮内膜癌の診断と予後判定2004. 西村由香里1, 渡辺 純2, 服部 学1, 鎌田裕子1, 新井 努1, 川口美和1, 小保方 茜1, 宮本朋幸1, 上坊敏子3, 蔵本博行1 (1医療系大学院・臨床細胞. 2病理, 3産婦): 第43回日本臨床細胞学会秋期大会 (2004/11/12), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (Suppl.1): 488, 2004.

723055. [学会 (全国)] (ポスター) 口蓋小唾液腺原発の clear cell adenocarcinomaの1例. 小林美保1, 服部 学1, 宮本朋幸1, 横山 大2, 豊永真澄2, 柿沼廣邦2, 渡辺 純3, 岩淵啓一3, 小中千守4, 蔵本博行1 (1医衛・臨床細胞. 2大学病院細胞診. 3病理. 4東京医大・外): 第43回日本臨床細胞学会秋期大会 (2004/11/13), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (Suppl.1): 414, 2004.

733015. [学会 (地方)] (一般講演) Endometrial stromal noduleの一例. 原 敦子 (病理): 神奈川県病理医会第80回例会 (2005/1/8), 神奈川.


<<衛生学・公衆衛生学>>

[学術論文]

110035. [原著] Altered metabolism of dopamine in the midbrain of mice treated with tributyltin chloride via subacute oral exposure. 角田正史1, 紺野信弘2, 中野 憲3, Yang Liu4 (1衛生. 2郡山女子大. 3福島衛生研究所. 4中国医大): Environ Sci, 11 (4): 209-219, 2004.

110036. [原著] Glucose intolerance and coronary artery disease in individuals with long-term spinal cord injury. 今井香織1, 新津谷真人2, 泉 唯史3, 正富千恵3, 池田 敏3, 中島昭夫4, 相澤好治2, 吉良尚平3 (1群馬大. 2衛生. 3岡山大. 4労災リハビリテーション愛知作業所): JJOMT, 52 (4): 219-223, 2004.

110037. [原著] Factors associated with satisfaction among participants in a periodical worksite health check-up in Japan. 工藤安史, 佐藤敏彦, 細井 香, 相澤好治 (衛生): J Occup Health, 46: 461-469, 2004.

110038. [原著] Occupational class and exposure to job stressors among employed men and women in Japan. 川上憲人1, 原谷隆史2, 小林章雄3, 石崎昌夫4, 林 剛5, 藤田 定6, 相澤好治7, 宮崎彰吾8, 廣 尚典9, 桝元 武10, 橋本修二11, 荒記俊一2 (1岡山大. 2産業医学総合研究所. 3愛知医大. 4金沢医大. 5日立. 6愛知教育大. 7衛生. 8明治大法科大学院. 9こうかん会. 10三菱化学. 11藤田保健衛生大): J Epidemiol, 14 (6): 204-211, 2004.

110039. [原著] Tributyltin(TBT) increases TNFα mRNA expression and induces apoptosis in the murine macrophage cell line in vitro. 中野 憲1, 角田正史2, 紺野信弘3 (1福島衛生研究所. 2衛生. 3郡山女子大): Environ Health Prev Med, 9 (6): 266-271, 2004.

110040. [原著] Decreased membrane fluidity and hyperpolarization in aluminum-treated PC-12 cells correlates with increases production of cellular oxidants. Johnson VJ1, 角田正史2, Muray TF3, Sharma RP3 (1National Institute for Occupational Safety and Health. 2衛生. 3University of Georgia): Environ Toxicol Pharmacol, 19: 221-230, 2005.

110041. [原著] The differences of the effects on serum cytokine levels among healthy men. 角田正史1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1, 角田文男2, Guevarra L3, Tollerud DJ4 (1衛生. 2岩手医大. 3Joseph Stokes Research Center of the Children's Hospital of Philadelphia. 4University of Louisville): Kitasato Med J, 34 (1): 13-20, 2004.

110042. [原著] Relationship between chest X-ray findings and pulmonary function tests in dust workers. 遠乗陽子1, 新津谷真人1, 佐藤敏彦1, 杉浦由美子2, 三宅 仁3, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系. 3富士通): Ind Health, 43 (1): 256-266, 2005.

110043. [原著] The cytotoxicity of microglass fibers on alveolar macrophages of Fischer 344 rats evaluated by cell magnetometry, cytochemistry and morphology. 進士永子1, 渡邊光康1, 工藤雄一朗1, 新津谷真人1, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 酒井康弘2, 小谷 誠3, 相澤好治1 (1衛生. 2解剖. 3東京電機大): Environ Health Prev Med, 10 (2): 111-119, 2005.

120006. [原著] 教職員の喫煙に関する意識と喫煙防止教育経験−質問紙票による調査から−. 鈴木礼子1, 鈴木恵子2, 七宮ひろみ2, 根本初江3, 草野つぎ4, 長澤脩一5, 上野文彌6, 角田正史7 (1福島学院大. 2福島県南保健福祉事務所. 3福島県総合衛生学院. 4福島県相双保健福祉事務所. 5福島県北保健福祉事務所. 6富士病院. 7衛生): 福島県保健衛生情報, 14 (1): 8-12, 2004.

120007. [原著] 精神保健福祉法改正施行直前の市区保健所における精神保健福祉活動の実施状況. 大井 照1, 佐々木昭子2, 竹島 正3, 南 龍一4, 高岡道雄5, 石下恭子6, 角田正史7, 上野文彌8 (1東京都千代田保健所. 2東京都精神保健福祉センター. 3国立精神神経センター. 4熊本県健康福祉部. 5兵庫県尼崎市保健所. 6福島県県南保健所. 7衛生. 8富士病院): 日本公衆衛生雑誌, 52 (1): 46-54, 2005.

220005. [準原著] 環境空気中粒子状・繊維状物質の健康影響. 相澤好治, 工藤雄一朗, 進士永子 (衛生): 臨床環境医学, 13 (1): 4-10, 2004.

520017. [解説] 特殊健康診断について@実施の意義と方法. 相澤好治 (衛生): 産業保健, 21 (36): 18-21, 2004.

520018. [解説] シックハウス症候群の総論. 相澤好治 (衛生): 生活と環境, 49 (6): 9-13, 2004.

520019. [解説] シックハウス症候群について. 相澤好治 (衛生): 安全衛生コンサルタント, 24 (72): 28-33, 2004.

520020. [総説] 特殊健康診断. 相澤好治 (衛生): 予防医学, 46: 77-79, 2004.

520021. [総説] 3種類のロックウールの肺内動態に関する研究の概要. 工藤雄一朗, 相澤好治 (衛生): ロックウール, 174: 8-13, 2005.

520022. [総説] シックビル症候群の概念と要因−シックハウス症候群との関連を考える−. 石橋美生, 和田耕治, 角田正史, 相澤好治 (衛生): 産業医学ジャーナル, 28 (2):75-78, 2005.

521001. [研究報告書 (環境省)] 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告. 大井 玄1, 相澤好治2, 荒記俊一3, 安藤正典4, 浦野紘平5, 久保木富房6, 竹中 洋7, 土屋悦輝8, 西岡 清9, 橋本信也10, 藤巻秀和1, 吉村健清11, 鈴木達夫12, 坂部 貢12,, 遠乗秀樹2 (1国立環境研. 2衛生. 3産医研. 4国立医薬品食品衛生研究所. 5横浜国立大. 6東京大. 7大阪医大. 8工学院大. 9東京医科歯科大. 10国際学院埼玉短期大. 11産業医大. 12,北里研究所病院臨床環境科学センター): 平成15年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告書, p.1-106, 2004.

521002. [研究報告書 (環境省)] 二重盲検法による微量化学物質曝露試験. 坂部 貢1, 遠乗秀樹2, 尾島正幸2, 齋藤麻里子3, 鈴木幸男4, 田中館明博5 (1北里研究所病院臨床環境科学センター. 2衛生. 3東京大大学院. 4北里研究所病院. 5医衛): 平成15年度 本態性多種化学物質過敏状態の調査研究報告書, p.3-32, 2004.

521003. [研究報告書] (厚労省) シックハウス症候群の臨床分類の試み. 相澤好治1, 尾島正幸1, 遠乗秀樹1, 石橋美生1, 遠乗陽子1, 坂部 貢2, 宮田幹生2, 石川 哲2 (1衛生. 2北里研究所病院): 平成15年度厚生労働科学研究費補助金がん予防等健康科学総合研究事業 微量化学物質によるシックハウス症候群の病態解明, 診断・治療対策に関する研究報告書, p.79-90, 2004.

521004. [研究報告書] (ロックウール工業会) 3種類のロックウールの肺内動態に関する研究. 相澤好治1, 工藤雄一朗1, 新津谷真人1, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 神山宣彦2, 小西淑人3, 田口訓弘4, 小西雅史4 (1衛生. 2産医研. 3日測協. 4環境測定技術研究所): 平成14年度, 15年度ロックウール工業会委託研究報告書 3種類のロックウールの肺内動態に関する研究, p.1-117, 2004.

521005. [研究報告書] 超音波による骨集団検診の有用性 −骨粗鬆検診10年後の追跡調査−. 佐藤敏彦1, 細井 香1, 園原康代2, 近藤東郎3 (1衛生. 2長野県阿智村保健センター. 3慶応大): 平成16年度阿智村骨検診調査結果報告書, p.1-15, 2004.

521006. [研究報告書] (厚労省) 精神保健福祉業務における危機介入に関する調査研究報告. 高岡道雄1, 山口靖明2, 佐々木昭子3, 大井 昭4, 能登隆元5, 酒井ルミ1, 石本寛子6, 中田榮治7, 竹島 正8, 角田正史9, 益子 茂10 (1兵庫県尼崎市保健所. 2福島県相双保健所. 3東京都立精神保健福祉センター. 4東京都千代田区保健所. 5石川県南加賀保健所. 6徳島県徳島保健所. 7熊本県天草保健所. 8国立精神神経センター精神保健研究所. 9衛生. 10東京都立多摩総合精神保健福祉センター): 平成16年度地域保健総合推進事業「精神保健対策のあり方に関する研究」報告書, p.1-46, 2004.

521007. [研究報告書] (厚労省) 総括研究報告書 室内空気質の健康影響に係る医学的知見の整理. 相澤好治 (衛生): 厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学特別研究事業 室内空気質の健康影響に係る医学的知見の整理 平成16年度総括・分担研究報告書, p.1-8, 2004.

521008. [研究報告書] (厚労省) 室内空気質の健康影響に係る医学的知見の整理 健康障害の概念の整理. 相澤好治, 和田耕治 (衛生): 厚生労働科学研究費補助金 厚生労働科学特別研究事業 室内空気質の健康影響に係る医学的知見の整理 平成16年度総括・分担研究報告書, p.27-39, 2004.

521009. [研究報告書] (厚労省) 産業医等産業保健スタッフのための働く女性の健康管理ハンドブック. 坂元正一1, 中林正雄2, 相澤好治3, 麻生武志4, 内山寛子5, 木下勝之6, 清川 尚7, 久保田俊郎4, 巽 あさみ8, 長井聡里9, 野原理子10, 百枝幹雄11, 森 晃爾9 (1日本産婦人科医会, 母子愛育会総合母子保健センター. 2母子愛育会総合母子保健センター愛育病院. 3衛生. 4東京医歯大. 5JR東日本健康推進センター. 6順天堂大. 7船橋市立医療センター. 8浜松医大. 9産業医大. 10東京女子医大. 11東京大): 厚生労働省委託事業 産業医等産業保健スタッフのための働く女性の健康管理ハンドブック, p.1-100, 2004.

521010. [研究報告書] (宇宙航空研究開発機構) 国際宇宙ステーション船内環境空気中の有害物質許容濃度・基準値提案理由書. 相澤好治, 角田正史1, 井上葉子2, 三木猛生1, 小林和也1 (1衛生. 2予防医学系): 平成16年度JAXA委託研究報告書 国際宇宙ステーションにおける船内環境空気中の有害物質許容濃度・基準値の検討, p.1-50, 2004.

521011. [研究報告書 (厚労省)] 熱中症の発生防止に係る調査研究. 相澤好治1, 加部 勇2, 澤田晋一3, 高橋信雄4, 栃原 裕5, 豊田文延6, 能勢 博7, 堀江正知8, 樋川弘之9 (1衛生. 2古河電気工業. 3産業医学総合研究所. 4JFEスチール. 5九州大大学院. 6五洋建設. 7信州大大学院. 8産業医科大. 9建設業労働災害防止協会): 熱中症の発生防止に係る調査研究報告書, p.1-60, 2004.

521012. [研究報告書 (厚労省)] シックハウス症候群の臨床分類. 相澤好治1, 石橋美生1, 遠乗秀樹1, 角田正史1, 和田耕治1, 三木猛生1, 坂部 貢2, 宮田幹生3, 石川 哲3 (1衛生. 2薬. 3北里研究所病院臨床環境医学センター): 平成16年度厚生労働科学研究費補助金健康科学総合研究事業 微量化学物質によるシックハウス症候群の病態解明, 診断・治療対策に関する研究報告書, p.53-61, 2004.

521013. [研究報告書 (厚労省)] シックハウス症候群の患者における微量トルエン吸入曝露によるfMRIを用いた脳血流変化についての検討. 相澤好治1, 和田耕治1, 三木猛生1, 石橋美生1, 小林和也1, 井上葉子2, 杉浦由美子2, 角田正史1, 菅 信一3, 坂部 貢4, 宮田幹生5, 石川 哲5 (1衛生. 2予防医学系. 3放. 4薬学部. 5北里研究所病院臨床環境医学センター): 平成16年度厚生労働科学研究費補助金健康科学総合研究事業 微量化学物質によるシックハウス症候群の病態解明, 診断・治療対策に関する研究報告書, p.62-72, 2004.

521014. [研究報告書 (厚労省)] エアロゾルの健康影響. 相澤好治 (衛生): 平成16年度厚生労働科学研究費補助金 (健康科学総合研究事業) 建築物における環境衛生に関する研究報告書, p.12-24, 2004.

521015. [研究報告書 (国土交通省航空局/(財) 航空交通管制協会) 航空管制官の適正検査に関する調査報告. 松田政男1, 垣本由紀子2, 石橋 明3, 相澤好治4, 堤 邦彦5, 飯田裕康6, 上野信吾7, 江原信太8, 古川義則8, 八澤明男8, 石森雅文9 (1航空保安研究センター. 2航空・鉄道事故調査委員会. 3日本ヒューマンファクター研究所. 4衛生. 5精. 6労働科学研究所. 7三菱総合研究所. 8国土交通省. 9航空保安大学校): 航空管制官の適正検査に関する調査報告, 航空管制官の適正検査に関する調査報告書, p.1-129, 2004.

[著 書]

620018. [その他の著書] (分担執筆・編集) 今日の治療指針2005年版−私はこう治療している−; 環境・職業性因子による疾患, p.709-717. 相澤好治 (衛生), 編集 相澤好治, 監修 山口 徹1, 北原光夫2 (1虎の門病院. 2東京都済生会向島病院), 医学書院, 東京, 2005/1/1発行.

620019. [概説書] (分担執筆) 産業保健ハンドブック VDT作業と健康障害−臨床・予防管理・補償のすべて−; VDT作業と関連する健康障害, p.22-30. 相澤好治 (衛生), 監修 和田 功 (東京大), 産業医学振興財団, 東京, 2005/3/11発行.

620020. [その他の著書] (共著) 精神保健福祉法第34条に基づく移送にかかるマニュアル. 高岡道雄1, 山口靖明2, 佐々木昭子3, 大井 昭4, 中田榮治5, 竹島 正6, 角田正史7, 上野文彌8, 桑原 寛9 (1兵庫県尼崎市保健所. 2福島県相双保健所. 3東京都立精神保健福祉センター. 4東京都千代田区保健所. 5熊本県天草保健所. 6国立精神神経センター精神保健研究所. 7衛生. 8富士病院. 9神奈川県精神保健福祉センター): 編集 全国保健所長会精神保健福祉研究班, 日本公衆衛生協会, 東京, 2004/9発行.

[学会・研究会等]

712006. [学会 (国際)] (シンポジウム) High job demands, and its combination with low superviser support ato work predict acute myocardial infraction in Japanese men: A prospective cohort study. 小林章雄1, 川上憲人2, 原谷隆史3, 石崎昌夫4, 林 剛5, 藤田 定6, 相澤好治7, 宮崎彰吾8, 廣 尚典8, 桝元 武9, 橋本修二10, 荒記俊一3 (1愛知医大. 2岡山大. 3産業医学総合研究所. 4金沢医大. 5日立. 6愛知教育大. 7衛生. 8こうかん会. 9三菱化学. 10藤田保健衛生大): Fourth international conference on work environment and cardiovascular diseases (2005/3/9), Los Angeles.

713030. [学会 (国際)] (一般講演) Fifteen year follow-up study of VC and FEV1 in dust-exposed workers. 田口明子1, 遠乗陽子2, 杉浦由美子3, 遠乗秀樹2, 新津谷真人2, 佐藤敏彦2, 相澤好治2 (1医衛. 2衛生. 3予防医学系): The 15th Japan-China-Korea Joint Conference on Occupational Health (2004/5/21), 北九州. Abstracts, 178, 2004.

713031. [学会 (国際)] (ポスター) Cell magnetometry for an evaluation of toxicity of man-made mineral fibers. 相澤好治1, 工藤雄一朗1, 進士永子1, 岡田充史1, 杉浦由美子2, 小松裕美2, 小谷 誠3 (1衛生. 2予防医学系. 3東京電機大): BIOMAG 2004 (2004/8/8), Boston. Proceedings of the 14th International Conference on Biomagnetism, 248-249, 2004.

713032. [学会 (国際)] (ポスター) Development of a magnetic field measurement system for small animal lungs. 小谷 誠1, Zheng Y1, 相澤好治2, 工藤雄一朗2 (1東京電機大. 2衛生): BIOMAG 2004 (2004/8/8), Boston. Proceedings of the 14th International Conference on Biomagnetism, 263-264, 2004.

713033. [学会 (国際)] (一般講演) Safety evaluation of new artificial dura mater (GM972) and its tin compounds constituents using ex vivo striatal slices. Filipov N1, 角田正史2 (1Mississippi State Univ. 2衛生): Society for Neuroscience 34th Annual Meeting (2004/10/23), San Diego. Abstract Viewer/Itinerary Planner, Program No. 345, 13, 2004, Online.

713034. [学会 (国際)] (ポスター) The increase in total IgE in serum of female mice after intranasal exposure of carbon black particles with pollen. 小林和也1, 伊藤京子2, 井上葉子2, 工藤雄一朗1, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 八代千恵3, 小西良子3, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系. 3国立医薬品食品衛生研究所): Society of Toxicology 44th Annual Meeting (2005/3/7), New Orleans. Toxicol SCI (Suppl), 93, 2005.

713035. [学会 (国際)] (ポスター) The effects of tributyltin (TBT) chloride on dopamine metabolism in brain tissues of female mice after subacute oral exposure. 角田正史1, 工藤雄一朗1, 中野 憲2, 紺野信弘3, 小西良子4, 相澤好治1 (1衛生. 2福島県県北保健福祉事務所. 3郡山女子大. 4国立医薬品食品衛生研究所): Society of Toxicology 44th Annual Meeting (2005/3/7), New Orleans. Toxicol SCI (Suppl), 124, 2005.

713036. [学会 (国際)] (ポスター) Effect of tributyltin chloride on natural immunodefences in the F1 generation in mice. 小西良子1, 木村希実子2, 小林一夫1, 角田正史3, 鈴木嘉彦2 (1国立医薬品食品衛生研究所. 2麻布大. 3衛生): Society of Toxicology 44th Annual Meeting (2005/3/7), New Orleans. Toxicol SCI (Suppl), 181, 2005.

713037. [学会 (国際)] (一般講演) Biopersistence of rock wool (RW) in the rat lung after short-term inhalation via nose. 工藤雄一朗1, 杉浦由美子2, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系): Society of Toxicology 44th Annual Meeting (2005/3/7), New Orleans. Toxicol SCI (Suppl), 193, 2005.

722004. [学会 (全国)] (シンポジウム) 本態性多種化学物質過敏症 (MCS) とシックハウス症候群の概念の変遷. 相澤好治 (衛生): 第34回後実績生涯教育シンポジウム−環境と皮膚: 衣食住に関わる皮膚疾患− (2004/8/29), 東京. 講演集, 19, 2004.

722005. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肺胞マクロファージ由来MH-S細胞を用いた細胞毒性試験法について. 角田正史1, 相澤好治1, 小西良子2, 小坂忠司3, 山野優子4, 市野智子4, 中館俊夫4 (1衛生. 2国立医薬品食品衛生研究所. 3残留農薬研究所. 4昭和大): 2004年免疫毒性・アレルギー学会 (2004/9/11), 福井. 日本職業・環境アレルギー学会雑誌, 12 (1): 37, 2004.

722006. [学会 (全国)] (会長講演) 環境ストレス要因とその影響. 相澤好治 (衛生): 第20回日本ストレス学会 (2004/11/25), 横浜. ストレス科学, 19 (2): 17, 2004.

722007. [学会 (全国)] (シンポジウム) 情動を介する環境ストレスによる健康影響の評価. 佐藤敏彦 (衛生): 第20回日本ストレス学会 (2004/11/25), 横浜. ストレス科学, 19 (2): 18, 2004.

722008. [学会 (全国)] (シンポジウム) 室内環境水準の低下と健康影響. 相澤好治 (衛生): 第32回建築物環境衛生管理全国大会・シンポジウム「業務用建築物の衛生管理と省エネルギー対策の融合」 (2005/1/21), 東京. 抄録集, 66-71, 2005.

723056. [学会 (全国)] (ポスター) 男性勤労者のコホートにおける血清総コレステロール値とがん罹患. 川上憲人1, 原谷隆史2, 小林章雄3, 石崎昌夫4, 橋本修二5, 荒記俊一2, 相澤好治6 (1岡山大. 2産業医学総合研究所. 3愛知医大. 4金沢医大. 5東京大. 6衛生): 第74回日本衛生学会総会 (2004/3/25), 東京. 日本衛生学雑誌, 59 (臨増): 181, 2004.

723057. [学会 (全国)] (ポスター) 粉じん作業者の胸部エックス線所見と肺機能検査結果の関係. 遠乗陽子1, 新津谷真人1, 佐藤敏彦1, 杉浦由美子2, 三宅 仁3 (1衛生. 2予防医学系. 3富士通): 第74回日本衛生学会総会 (2004/3/25), 東京. 日本衛生学雑誌, 59 (臨増): 198, 2004.

723058. [学会 (全国)] (ポスター) ロックウールの鼻部曝露吸入試験における肺内滞留性の検討. 工藤雄一朗1, 進士永子1, 坂本泰理1, 中島好人1, 小松裕美2, 小山美智代2, 杉浦由美子2, 井上葉子2, 新津谷真人1, 佐藤敏彦1, 田口訓弘3, 小西淑人4, 神山宣彦5, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系. 3環境測定技術研究所. 4日本作業環境測定協会. 5産業医学総合研究所): 第77回日本産業衛生学会 (2004/4/14), 名古屋. 産業衛生学雑誌, 46 (臨増): 304, 2004.

723059. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県における産業保健活動調査 (1)−在職者死亡の調査−. 古河 泰1, 千葉宏一2, 新津谷真人3, 仲村 準4, 廣 尚典5, 谷口志穂6, 鈴木英孝7, 宮崎彰吾5, 三廻部 肇8 (1味の素. 2ビクター. 3衛生. 4ブリジストン. 5こうかん会. 6相模鉄道. 7エリクソンモービル. 8日産): 第77回日本産業衛生学会 (2004/4/14), 名古屋. 産業衛生学雑誌, 46 (臨増): 351, 2004.

723060. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県における産業保健活動調査 (2)−産業医活動の調査−. 仲村 準1, 千葉宏一2, 宮崎彰吾3, 廣 尚典3, 鈴木英孝4, 谷口志穂5, 新津谷真人6, 古河 泰7, 三廻部 肇8 (1ブリジストン. 2ビクター. 3こうかん会. 4エリクソンモービル. 5相模鉄道. 6衛生. 7味の素. 8日産): 第77回日本産業衛生学会 (2004/4/14), 名古屋. 産業衛生学雑誌, 46 (臨増): 351, 2004.

723061. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県における産業保健活動調査 (3)−健康確保対策の調査−. 谷口志穂1, 千葉宏一2, 廣 尚典3, 鈴木英孝4, 三廻部 肇5, 仲村 準6, 新津谷真人7, 古河 泰8, 宮崎彰吾3 (1相模鉄道. 2ビクター. 3こうかん会. 4エリクソンモービル. 5日産. 6ブリジストン. 7衛生. 8味の素): 第77回日本産業衛生学会 (2004/4/14), 名古屋. 産業衛生学雑誌, 46 (臨増): 352, 2004.

723062. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県における傷病休業統計 第6報. 新津谷真人1, 佐藤信一2, 遠乗陽子1, 遠乗秀樹1, 杉浦由美子3, 相澤好治1 (1衛生. 2神奈川労務安全衛生協会. 3予防医学系): 第77回日本産業衛生学会 (2004/4/14), 名古屋. 産業衛生学雑誌, 46 (臨増): 367, 2004.

723063. [学会 (全国)] (ポスター) マウスマクロファージ系細胞, J774.1細胞を用いた免疫毒性の検討について. 角田正史1, 山野優子2, 中館俊夫2, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生. 2昭和大): 第77回日本産業衛生学会 (2004/4/16), 名古屋. 産業衛生学雑誌, 46 (臨増): 381, 2004.

723064. [学会 (全国)] (ポスター) NIOSH職業性ストレス調査票の対人葛藤尺度短縮版の開発. 原谷隆史1, 川上憲人2, 小林章雄3, 石崎昌夫4, 林 剛5, 藤田 定6, 相澤好治7, 宮崎彰吾8, 廣 尚典8, 桝元 武9, 荒記俊一1 (1産業医学総合研究所. 2岡山大. 3愛知医大. 4金沢医大. 5日立. 6愛知教育大. 7衛生. 8こうかん会. 9三菱化学): 第77回日本産業衛生学会 (2004/4/16), 名古屋. 産業衛生学雑誌, 46 (臨増): 417, 2004.

723065. [学会 (全国)] (一般講演) 小動物肺磁界計測システムの開発. 小谷 誠1, 増田隆裕1, 三木眞也1, 高橋克明1, 鄭 以勤1, 相澤好治2, 工藤雄一朗2 (1東京電機大. 2衛生): 第19回日本生体磁気学会大会 (2004/6/5), 徳島. 日本生体磁気学会誌, 17 (特別): 208-209, 2004.

723066. [学会 (全国)] (ワークショップ) シックハウス症候群の臨床分類の試み. 石橋美生1, 遠乗秀樹1, 尾島正幸1, 遠乗陽子1, 坂部 貢2, 宮田幹夫2, 石川 哲2, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生. 2北里研究所病院): 第13回日本臨床環境医学会総会 (2004/7/2), 旭川. 講演集, p.34, 2004.

723067. [学会 (全国)] (ワークショップ) 臨床環境医学センター受診患者における重心動揺検査の有効性について. 松井孝子1, 佐々木恵子1, 安岡友子1, 尾島正幸2, 遠乗秀樹2, 坂部 貢1, 相澤好治2, 宮田幹夫1, 石川 哲1 (1北里研究所病院. 2衛生): 第13回日本臨床環境医学会総会 (2004/7/2), 旭川. 講演集, p.38, 2004.

723068. [学会 (全国)] (一般講演) 環境化学物質の破骨細胞への影響−内分泌攪乱化学物質を中心として−. 川上智史1, 池田真紀1, 門脇武博1, 相澤好治2, 坂部 貢1 (1医療系大学院. 2衛生): 第13回日本臨床環境医学会総会 (2004/7/3), 旭川. 抄録集 60, 2004.

723069. [学会 (全国)] (ポスター) 精神保健福祉法改正に伴う法34条移送について 第1報−移送実施体制について−. 角田正史1, 大井 昭2, 佐々木昭子3, 竹島 正4, 中田榮治5, 山口靖明6, 桑原 寛7, 高岡道雄8, 上野文彌9 (1衛生. 2東京千代田区保健所. 3東京都精神保健福祉センター. 4国立精神保健福祉センター. 5熊本県天草保健所. 6福島県相双保健福祉事務所. 7神奈川県精神保健福祉センター. 8兵庫県尼崎市保健所. 9富士病院): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/27), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 751, 2004.

723070. [学会 (全国)] (ポスター) 精神保健福祉法改正に伴う法34条移送について 第2報−移送マニュアルについて−. 高岡道雄1, 佐々木昭子2, 竹島 正3, 中田榮治4, 大井 昭5, 角田正史6, 桑原 寛7, 上野文彌8 (1兵庫県尼崎市保健所. 2東京都精神保健福祉センター. 3国立精神保健福祉センター. 4熊本県天草保健所. 5東京千代田区保健所. 6衛生. 7神奈川県精神保健福祉センター. 8富士病院): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/27), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 752, 2004.

723071. [学会 (全国)] (ポスター) 大病経験の有無を考慮した職域定期健康診断受診者の満足度に関する研究. 工藤安史, 佐藤敏彦, 細井 香, 相澤好治 (衛生): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/27), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 912, 2004.

723072. [学会 (全国)] (ポスター) 世界健康調査 (WHS) で用いた主観的回答を個人の価値基準により補正する方法. 佐藤敏彦1, 池田奈由2, 細井 香1, 長谷川敏彦2 (1衛生. 2国立保健医療科学院): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/28), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 319, 2004.

723073. [学会 (全国)] (ポスター) 某保健福祉事務所におけるエイズ検査の利用状況 第6報. 岡田充史, 相澤好治 (衛生): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/28), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 839, 2004.

723074. [学会 (全国)] (一般講演) シックハウス症候群の臨床分類と化学物質過敏症との関連. 石橋美生1, 和田耕治1, 小林和也1, 杉浦由美子2, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/28), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 916, 2004.

723075. [学会 (全国)] (一般講演) 「卒煙ネット」利用者の属性および禁煙傾向の分析. 阿部眞弓1,2, 尾崎哲則3, 上原裕美子3, 佐藤敏彦4 (1東京農工大, 2東京女医大. 3日本大. 4衛生): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/29), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 219, 2004.

723076. [全国 (学会)](ポスター) 普通食と宇宙食摂取時の尿中フッ素排泄動向. 堀内俊孝1, 板井一好2, 中村 隆3, 那須郁夫1, 角田正史4, 渡邉寿子1 (1日本大. 2岩手医大. 3統計数理研究所. 4衛生): 第63回日本公衆衛生学会総会 (2004/10/29), 島根. 日本公衆衛生雑誌, 51 (10): 909, 2004.

723077. [学会 (全国)] (一般講演) 神経症傾向と抑うつ・職業性ストレスの関連性について 第2報. 坂本泰理1, 遠乗秀樹1, 相澤好治1, 川上憲人2, 原谷隆史3, 小林章雄4, 林 剛5, 橋本修二6, 石崎昌夫6, 藤田 定7, 宮崎彰吾8, 廣 尚典8, 荒記俊一3, 桝元 武9 (1衛生. 2岡山大. 3産業医学総合研究所. 4愛知医大. 5日立. 6金沢医大. 7愛知教育大. 8こうかん会. 9三菱化学): 第20回日本ストレス学会 (2004/11/25), 横浜. ストレス科学, 19 (2): 40, 2004.

723078. [学会 (全国)] (一般講演) 抑うつ症状に対するライフスタイルと家族のサポートの影響について. 和田耕治1, 佐藤敏彦1, 田中克俊2, 相澤好治1 (1衛生. 2医療系大学院): 第20回日本ストレス学会 (2004/11/25), 横浜. ストレス科学, 19 (2): 43, 2004.

723079. [学会 (全国)] (一般講演) 在日ブラジル人労働者におけるストレス, 健康状況, 健康管理. 陳 霞芬1, 角田正史2, 相澤好治2 (1国際医療福祉大. 2衛生): 第20回日本ストレス学会 (2004/11/25), 横浜. ストレス科学, 19 (2): 39, 2004.

723080. [学会 (全国)] (一般講演) 超音波法による骨検診の有用性−10年後追跡調査−. 細井 香1, 園原康代2, 相澤好治1, 近藤東郎3, 佐藤敏彦1 (1衛生. 2長野県阿智村保健センター. 3慶応大): 第15回日本疫学会学術総会 (2005/1/21), 滋賀. 講演集, p.80, 2005.

723081. [学会 (全国)] (ポスター) 雌マウスにおける, 塩化トリブチルスズ亜急性経口投与による免疫系への影響. 角田正史1, 中野 憲2, 紺野信弘3, 相澤好治1 (1衛生. 2福島県県北保健福祉事務所. 3郡山女子大): 第75回日本衛生学会総会 (2005/3/29), 新潟. 日本衛生学雑誌, 60 (2): 244, 2005.

723082. [学会 (全国)] (ポスター) 鼻部吸入曝露実験によるロックウールの肺内動態に関する研究. 工藤雄一朗1, 坂本泰理1, 中島好人1, 新津谷真人1, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 田口訓弘2, 小西淑人3, 神山宣彦4, 相澤好治1 (1衛生. 2環境測定技術研究所. 3日本作業環境測定協会. 4産業医学総合研究所): 第75回日本衛生学会総会 (2005/3/29), 新潟. 日本衛生学雑誌, 60 (2): 253, 2005.

723083. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡洗浄消毒後のオルトフタルアルデヒド残留について. 片桐裕史1, 水野郁絵1, 山本哲士1, 相澤好治2, 門脇武博1 (1医衛. 2衛生): 第75回日本衛生学会総会 (2005/3/29), 新潟. 日本衛生学雑誌, 60 (2): 257, 2005.

723084. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡手術洗浄消毒作業における室内グルタールアルデヒド濃度. 水野郁絵1, 片桐裕史1, 山本哲士1, 相澤好治2, 門脇武博1 (1医衛. 2衛生): 第75回日本衛生学会総会 (2005/3/29), 新潟. 日本衛生学雑誌, 60 (2): 257, 2005.

723085. [学会 (全国)] (ポスター) グルタルアルデヒド, オルトフタルアルデヒド経気道曝露によるラット脳中ドーパミン濃度への影響. 山本哲士1, 片桐裕史1, 角田正史2, 水野郁絵1, 相澤好治2, 門脇武博1 (1医衛. 2衛生): 第75回日本衛生学会総会 (2005/3/29), 新潟. 日本衛生学雑誌, 60 (2): 257, 2005.

723086. [学会 (全国)] (ポスター) カーボンブラック鼻腔内曝露によるマウス血中ヒスタミン濃度の変化について. 小林和也1, 伊藤京子2, 井上葉子2, 工藤雄一朗1, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 小西良子3, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系. 3国立医薬品食品衛生研究所): 第75回日本衛生学会総会 (2005/3/29), 新潟. 日本衛生学雑誌, 60 (2): 297, 2005.


<<法医学>>

[学術論文]

110044. [原著] Three cases of sudden death due to butane or propane gas inhalation: analysis of tissues for gas components. 杉江秀明1, 佐々木千寿子1, 橋本千香子1, 竹下裕史1, 永井智紀1, 中村茂基1, 古川理孝1, Nishikawa T2, 栗原克由1 (1法医. 2Division of Medico-chemical Analysis, Kyoritsu College of Pharmacy): Forensic Science International, 143: 211-214, 2004.

220006. [準原著] Y-STRのハプロタイプ解析. 橋本千香子, 中村茂基, 佐々木千寿子, 竹下裕史, 永井智紀, 杉江秀明, 古川理孝 (法医): DNA多型, 12: 257-260, 2004.

320004. [症例報告] 胸部自傷後, 橋から川に飛び降り溺死した1剖検例. 山崎健太郎1,2, 永井智紀2,3, 阿部伸幸2, 土井幹雄4, 大橋教良2,5,本田克也2,6, 菊池和徳3, 福永龍繁2 (1筑波剖検センター. 2東京都監察医務院. 3法医. 4茨城県衛生研究所. 5筑波メデカルセンター. 6筑波大学社会学系): 法医病理, 10: 64-68,2004.

[学会・研究会等]

723087. [学会 (全国)] (ポスター) Y-STRのハプロタイプ解析とその法医学的応用. 橋本千香子1, 中村茂基1, 佐々木千寿子1, 竹下裕史1, 阿部法子2, 永井智紀1, 杉江秀明1, 古川理孝1 (1法医. 2保健衛生専門学院): 日本法医学会 (2004/6/3), 旭川. 日本法医学雑誌, 58 (1): 97, 2004.

723088. [学会 (全国)] (ポスター) LPガス吸引による中毒死例. 佐々木千寿子1, 杉江秀明1, 竹下裕史1, 橋本千香子1, 阿部法子2, 永井智紀1, 中村茂基1, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医. 2保健衛生専門学院): 日本法医学会 (2004/6/3), 旭川. 日本法医学雑誌, 58 (1): 102, 2004.

723089. [学会 (全国)] (一般講演) 冠動脈造影で全く描出されなかったびまん性狭窄が解剖時に判明し, 所見が大きく乖離した心臓突然死例. 吉田 徹2, 今井 寛1, 町井正人1, 山本信行1, 浅利 靖1, 相馬一亥1, 和泉 徹2, 永井智紀3, 栗原克由3 (1救命. 2内U. 3法医): 日本臨床救急医学会 (2004/5/15), 横浜. 日本臨床救急医学会雑誌, 7 (2): 200, 2004.

723090. [学会 (全国)] (ポスター) 親子鑑定で見い出されたY-STRの突然変異. 橋本千香子1, 中村茂基1, 堀切康代1, 阿部法子2, 永井智紀1, 杉江秀明1, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医. 2保健衛生専門学院): 日本DNA多型学会(2004/12/2), 横浜. 日本DNA多型学会第13回学術集会予稿集, p.77, 2004.

733016. [学会 (地方)] (一般講演) 異状死体と剖検システム (10) 食道穿破を来した胸部大動脈瘤の一例. 永井智紀1, 橋本千香子1. 古川理孝1, 杉江秀明1, 中村茂基1, 阿部法子2, 堀切康代1, 今井 寛3, 栗原克由1 (1法医. 2保健衛生専門学院. 3救命): 日本法医学会九州地方会 (2004/10/9), 宮崎. 予稿集, p.15, 2004.

733017. [学会 (地方会)] (一般講演) DYS389に認められた突然変異の1例. 橋本千香子1, 中村茂基1, 永井智紀1, 堀切康代1, 阿部法子2, 杉江秀明1, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医. 2保健衛生専門学院): 日本法医学会関東地方会 (2004/11/20), 東京. 予稿集, p.45, 2004.


<<実験動物学>>

[学術論文]

110045. [原著] Unfolded protein response is involved in the pathology of human congenital hypothyroid goiter and rat non-goitrous congenital hypothyroidism. M Baryshev1, E Sargsyan1, G Wallin2, A Lejniek3, 古舘専一4, A Hishinuma5, S Mkrtchian1 (1カロリンスカ研究所. 2カロリンスカ病院. 3ストランジェジャ大. 4実動. 5獨協医大): J Mol Endocrinol, 32 (3): 903-920, 2004.

110046. [原著] Effect of thyroxine on abnormal pancreatic proteomes of the hypothyroid rdw rat. Satoh M1, Haruta-Satoh E1, Omori A2, Oh-Ishi M1, Kodera Y1, 古舘専一3, Maeda T1 (1理学部. 2三菱化学生命研. 3実動): Proteomics, 5: 113-1124, 2005.

210015. [短報] Delayed persistent estrus induced by continuous lighting after inadequate acclimation in rats. 古舘専一1, Akira Takahashi1, Mamoru Takagi1, 桑田正広2 (1実動. 2代謝・蛋白): Exp Anim, 54 (1): 93-95, 2005.

[著 書]

620021. [学術誌] (分担執筆) 遺伝子医学MOOK 2号「疾患プロテオミクスの最前線−プロテオミクスで病気を治せるか」; 第6章 動物疾患モデル 4. 疾患モデル動物によるプロテオミクスの有用性, p.70-75. 大石正道1, 小寺義男1, 前田忠計1, 古舘専一2 (1理学部. 2実動): 編集 戸田年総, 荒木令江, (株) メディカルドウ, 大阪, 2005/2発行.

[学会・研究会等]

723091. [学会 (全国)] (ポスター) 遺伝性甲状腺機能低下症ラットrdw膵臓のプロテオーム解析. 古舘専一1, 佐藤 守2, 大石正道2 (1実動, 2理学部): 第51回日本実験動物学会総会 (2004/5/21-22), 長崎. Exp. Anim., 53 (3): 272, 2004.

723092. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺機能不全モデルラットrdwの副腎における疾患プロテオーム解析. 大石正道1, 大坂真起子1, 佐藤 守1, 小寺義男1, 前田忠計1, 酒井康弘2, 古舘専一3 (1理学部, 2解剖, 3実動): 第2回ヒトプロテオーム学会 (2004/5/19), 東京.

733018. [研究会] (ポスター) 甲状腺機能低下の膵臓への影響. 佐藤 守1, 佐藤 (春田) 恵里1, 大森 彬2, 大石正道1, 小寺義男1, 古舘専一3, 前田忠計1 (1理学部. 2三菱化学. 3実動): 第2回疾患プロテオーム研究会 (2004/8/2), 北里大学理学部.

733019. [研究会] (ポスター) 甲状腺機能不全モデルラットrdw副腎における疾患プロテオーム解析. 大石正道1, 大坂真起子1, 佐藤 守1, 小寺義男1, 前田忠計1, 酒井康弘2, 古舘専一3 (1理学部. 2解剖. 3実動): 第2回疾患プロテオーム研究会 (2004/8/2), 北里大学理学部.

733020. [研究会] (一般講演) プロテオームによる糖尿病の病態解析法の開発. 前田忠計1, 大石正道1, 馬場志郎2, 古舘専一3, 松崎尹雄4, 大森 彬4, 河野俊之4 (1理学部. 2泌尿. 3実動. 4三菱化学): 文部省科学研究費補助金, 特定研究C「ゲノム」4領域合同班会議 (2004/8/20), 神戸.


<<免疫学>>

[学術論文]

110047. [原著] Clonality analysis of Tcells mediating acute and chronic rejection in kidey allografts. Obata F, Yoshida K, Ikeda Y, Ohkubo M, Saito T, Takeuchi Y, 篠原信賢1, Endo T, Baba S (1免疫) : Transplant Immunol, 13: 233-237, 2004.

110048. [原著] Prominent dominant negative effect of a mutant Fas molecule lacking death domain on cell-mediated induction of apoptosis. 横田 彩1, Takeuchi E, Iizuka M, Ikegami Y, Takayama H, 篠原信賢1 (1免疫) : Mol Immunol, 42: 71-78, 2005.

110049. [原著] Anti-Fas antibody-induced maturation of dendritic cell is mediated through Fcγreceptor. Oikawa A, 江島耕二1, 篠原信賢1 (1免疫): Kitasato Med J, 34: 21-26, 2005.

110050. [原著] Contribution of CD4+ and CD8+ T cells and interferon-gamma to the progress of chronic rejection of kidney allografts: the Th1 response mediates both acute and chronic rejection. Obata F, Yoshida K, Ohkubo M, Ikeda Y, Taoka Y, Takeuchi Y, 篠原信賢1, Endo T, Baba S (1免疫): Transplant Immunmol, 14: 21-25, 2005.


<<生物学>>

[学会論文]

723093. [学会 (全国)] (一般講演) 日本に分布しているツチガエルRana rugosaの核型・性染色体について. 龍崎正士1, 瀧沢直定2 (1生物. 2一般教育部): 日本両生類研究会 (2004/7/31), 新潟市. 両生類誌, 13: 36, 2004.


医学原論研究部門

[学術論文]

520023. [総説] ヒトクローン胚の人為的作成と着床前診断: 人がヒトを利用・治療・選別すること. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌, 58 (4): 6-7, 2004.

520024. [総説] 生殖医療をめぐる倫理問題: 不妊治療と出生前診断をめぐる価値の相克. 齋藤有紀子 (医学原論): 成人病と生活習慣病, 34 (5): 706-707, 2004.

520025. [総説] 患者としての新生児・その2. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌, 58 (6): 6-7, 2004.

520026. [総説] 患者さまとお医者さま: 御机下・御侍史と記す文化の中で. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌, 58(8): 6-7, 2004.

520027. [総説] 中絶胎児廃棄, クローン胚容認, 着床前診断容認. 2004年夏のはじめに. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌, 58 (10): 6-7, 2004.

520028. [総説] 卵子凍結, 卵巣移植, 卵子提供: 自分のために, 他人のために, 医学のために. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌, 58 (12): 6-7, 2004.

520029. [総説] 医学研究の“包括同意”について考える. 齋藤有紀子 (医学原論): 公衆衛生, 69 (1): 55-58, 2005.

520030. [総説] TDM研究と薬物動態試験における科学と倫理性TDM研究と生命倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): TDM研究, 22 (2): 61-62, 2005.

521016. [研究報告] (厚生労働省) ヒト胚の研究体制に関する研究: 配偶子・胚の提供候補者に対するヒアリング調査. 齋藤有紀子 (医学原論): 厚生労働科学特別研究事業分担研究報告書, p.38-45, 2005.

[学会・研究会等]

722009. [学会 (全国)] (シンポジウム) TDM研究と生命倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 第21回日本TDM学会シンポジウム (2004), 千里.

722010. [学会 (全国)] (シンポジウム) 人工妊娠中絶と法:胎児・ヒト胚が“医療資源”となる時代に. 齋藤有紀子 (医学原論): 第23回日本医学哲学・倫理学会シンポジウム (2004), 東京.

722011. [学会 (全国)] (シンポジウム) 倫理審査委員会の現状, 仮題, 未来. 齋藤有紀子 (医学原論): 日本生命倫理学会第16回年次大会ワークショップ (2004), 鳥取.

722012. [学会 (全国)] (シンポジウム) 医学研究倫理審査の実際. 齋藤有紀子 (医学原論): 第42回日本癌治療学会倫理委員会フォーラム (2004), 京都.

723094. [学会 (全国)] (ポスター) 臨床実習における医の倫理教育. 東原正明1, 齋藤有紀子2 (1内W. 2医学原論): 第63回日本癌学会 (2004), 福岡.

731005. [研究会] (特別講演) 臨床研究における個人情報保護と倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): NPO法人西日本胸部腫瘍研究機構 (WJTOG) (2005), 大阪.

732009. [研究会] (シンポジウム) 医療・医学研究における倫理指針と個人情報保護. 齋藤有紀子 (医学原論): 慈恵大学附属4病院合同リスクマネジメントシンポジウム (2005), 東京.

733021. [学会 (地方)] (一般講演) 人工妊娠中絶をめぐる医療・倫理・制度. 齋藤有紀子 (医学原論): 日本医学哲学・倫理学会関東支部例会 (2004), 東京.

733022. [研究会] (一般講演) 出生前検査と女性の自己決定. 齋藤有紀子 (医学原論): 21世紀日本の重要諸課題の総合的把握を目指す社会哲学的研究会 (2004), 京都.

733023. [研究会] (一般講演) 臨床研究の倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 日本学術振興会プロジェクト研究事業(2005), 仙台.

733024. [研究会] (基調講演) 人の脳は, 人の脳に, どこまで自己言及できるのか 脳科学と法・倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): JST第1回「脳神経科学と倫理」ワークショップ (2005), 東京.

733025. [研究会] (一般講演) 婦人科をめぐる生命倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 婦人科文化論研究会 (2005), 東京.

733026. [研究会] (一般講演) 臨床研究の倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 日本学術振興会プロジェクト研究事業 (2005), 仙台.


<<内科学T(消化器内科学)

[学術論文]

110051. [原著] Serum alanine transferase and survival after hepatectomy in patients with hepatocellular carcinoma and hepatitis C virus-associated liver cirrhosis. Kazuo Tarao, Yasushi Rino, Shioji Takemiya, Shinichi Ohkawa, Kaoru Miyakawa, Setsuo Tamai, 吉田宗紀2, 國分茂博1, 柿田 章2 (1内T. 2外): Cancer Sci, 94: 1083-1090, 2004.

110052. [原著] Profile and clinical significance of anti-nuclear envelope antibodies found in patients with primary biliary cirrhosis: a multicenter study. Miyachi K, Hankins RW, Matsushima H, Kikuchi F, Inomata T, Horigome T, Shibata M, Onozuka Y, Ueno Y, Hashimoto E, Hayashi N, 渋谷明隆1, Miyakawa H (1内T): Journal of Autoimmunity, 20 (3): 247-254, 2004.

110053. [原著] Randomized Phase II Study Comparing Mitomycin, Cisplatin Plus Doxifluridine with Cisplatin Plus Doxifluridine in Advanced Unresectable Gastric Cancer. 小泉和三郎1, Fukuyama Y2, Fkuda T3, Akiya T3, Hasegawa K4, Kojima Y5, Ohno N6, Kurihara M7 (1内T. 2Kimitsu Chuo Hospital. 3群馬がんセンター病院. 4Tsuboi Hospital. 5東邦大・大森病院. 6中外製薬. 7昭和大・豊洲病院): Anticancer Reserch, 24: 2465-2470, 2004.

110054. [原著] Melanodin, a Food protin-Derived Advanced Maillard Reaction Product, Suppresses Helicobacter pylori in vitro and in vivo. Hiromoto S, Itoh K, Shizuuchi Y, Morishita Y, Nagase M, Suzuki Y, Nobuta Y, Sudou Y, Nakamura O, Kagaya I, Gosima H, Kodama Y, Icatro FC, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, Miura S, Sugiyama T, Kimura N. (1内T): Helicobacter, 9 (5): 429-435, 2004.

110055. [原著] Sequence-dependence of cisplatin and 5-fluorouracil in advanced and recurrent gastric cancer. 小泉和三郎1, Minoru Kurihara2, Koichi Hasegawa3, Akimiti Chonan4, Yasuhiko Kubo5, Ryuichiro Maekawa6, Ryozo Iwasaki7, Tadashi Sasai8, Yoshio Fukuyama9, Kunitsugu Ishikawa10, Kazuo Miyoshi11, Koichi Yasutake12, Makoto Hayakawa13 (1内T. 2昭和大・豊洲病院. 3Tsuboi Hospital. 4Sendai open Hospital. 5大牟田市立病院. 6Shakai-Hoken Tagawa Hospital. 7順天堂大. 8National Okayama Hospital. 9君津中央病院. 10東札幌病院. 11さいたま赤十字病院. 12Hyogo Medical Center for Adults. 13Meitetsu Hospital); Oncology Reports, 12: 557-561, 2004.

110056. [原著] Efficacy and Tolerability of Cancer Pain Management with Controlled-release Oxycodone Tablets in Opioid-naive Cancer Pain Patients, Starting with 5 mg Tablets. 小泉和三郎1, Hiroshi Toma2, Ken-ichi Watanabe3, Kanji Katayama4, Masaaki Kawahara5, Kaoru Matsui6, Hiroya Takiuchi7, Kunitoshi Yoshino8, Nobuhito Araki9, Ken Kodama10, Hideyuki Kimura11, Ichiro Kono12, Hiroyasu Hasegawa13 , Kaoru Hatanaka14, Kazuaki Hiraga15, Fumikazu Takeda16 (1内T. 2東京女医大. 3日本大. 4福井医大. 5National Kinki Central Hospital for Chest Diseases. 6Osaka Prefectural Habikkino Hospital. 7大阪医大. 8Department of Otolaryngology, 9Department of Orthopedic Surgery and 10Department of Thoracic Surgery, Osaka Medical Center and Cardiovascular Diseases, Osaka, 11Okayama Saiseikai General Hospital. 12川崎医大. 13Tokuyama Central Hospital. 14塩野義製薬. 15National Cancer Center Hospita. 16埼玉医大): Jpn J Clin Oncol, 34 (10): 608-614, 2004.

110057. [原著] Phase I/II Study of Bi-weekly Irinotecan plus Cisplatin in the Treatment of Advanced Gastric Cancer. 小泉和三郎1, M Kurihara2, A Satoh3, H Takiuchi4, 田辺 聡1, K Shimada, R Iwasaki5, 西元寺克禮1 (1内T. 2The Tokyo Cooperative Oncology Study Group, 3Northern Yokohama Hospital, 4大阪医大. 5Iwasaki Internal Medicine Clinic): Anticancer Research, 25: 1257-1262, 2005.

110058. [原著] A Japanese phase I study of continuous oral capecitabine in patients with malignant solid tumors. T. Saeki1, S. Takashima1, M. Terashima2, A. Satoh3, M. Toi, A. Osaki4, T. Toge4, S. Ohno5, N. Nomura6, Y. Fukyama7, 小泉和三郎8, T. Taguchi9 (1Department of Clinical Research and Surgery, National Hospital Organization Shikoku Cancer Center. 2福島医大. 3昭和大・横浜北部病院. 4広島大. 5National Hospital Organization Kyusyu Cancer Center. 6北広島病院. 7Kimitsu Cancer Hospital. 8内T. 9Japan Society for Cancer Chemotherapy): International Journal of Clinical oncology, 10 (1): 51-57, 2005/2.

110059. [原著] Usefulness of EMR with an oblique aspiration mucosectomy device compared with strip biopsy in patients with superficial esophageal cancer. 田辺 聡1, 小泉和三郎1, 三富弘之2, 北村 匡1, 田原久美子1, 市川順子1, 樋口勝彦1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1内T. 2国立相模原病院): Gastrointestinal Endoscopy, 59 (4): 558-563, 2004.

110060. [原著] Indication of endoscopic polypectomy for rectal carcinoid tumors and clinical usefulness of endoscopic ultrasonography. 小林清典1, 勝又伴栄1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2 (1内T. 2外): Diseases of the Colon and Rectum, 48 (2): 285-291, 2005.

110061. [原著] Clinical usefulness of colonoscopic insertion of a decompression tube for obstructive colorectal cancer. 小林清典, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): Digestive Endoscopy, 16(Suppl.): S70-72, 2004.

110062. [原著] Efficacy of continuous regional arterial infusion of a protease inhibitor and antibiotic for severe acute pancreatitis in patients admitted to an intensive care unit. 今泉 弘1, 木田光広1, 西巻 博2, 奥野順子1, 片岡祐一2, 相馬一亥2, 西元寺克禮1 (1内T. 2救命): Pancreas, 28 (4): 369-373, 2004.

110063. [原著] Dye spraying and magnifying endoscopy for dysplasia and cancer surveillance in ulcerative colitis. 佐田美和1, 五十嵐正広1, 吉澤 繁1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2, 岡安 勲3, 三富弘之4 (1内T. 2外. 3病理. 4国立相模原病院): Diseases of the Colon & Rectum, 47 (11): 816-1823, 2004.

110064. [原著] Chemotherapy is More Active against Proximal than Distal Gastric Carcinoma. 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 田辺 聡1, 西元寺克禮1, Ajani JA2 (1内T. 2Department of Gastrointestinal Medical Oncology, University of Texas M.D. Anderson Cancer Center, Houston, Tex., USA): Oncology, 66: 269-74, 2004.

110065. [原著] Influence of Endoscopic Papillary Balloon Dilation and Endoscopic Sphincterotomy on Sphincter of Oddi Function: A Randomized Controlled Trial. 竹澤三代子, 木田芳樹, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): Endoscopy, 36 (7): 631-637, 2004.

110066. [原著] Validity study of a new diagnostic scale for drug -induced liver injury in Japan-comparison with two Previous scales. 渡邊真彰, 渋谷明隆 (内T): Hepatology Research, 30: 148-154, 2004.

110067. [原著] Risk factors of delay in restoration of hepatic reserve capacity and local recurrence: after radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma. 小野弘二, 國分茂博, 日高 央, 渡邊真彰, 中沢貴秀, 西元寺克禮 (内T): Hepatology Resarch, 31: 172-177, 2005.

110068. [原著] Difference in Clinicopathological Findings, Cell Kinetics and p53 Expression between Early Gastric Cancers With and Without Helicobacter pylori infection. 三橋 淳1,2, 三富弘之3, 田辺 聡1, 小泉和三郎1, 菊池史郎4, T. Ojima3, 岡安 勲2, 西元寺克禮1 (1内T. 2病理. 3国立相模原病院. 4外): Hepato-Gastroenterology, 51: 1636-1640, 2004.

110069. [原著] Argon Plasma Coagulation for the Treatment of Early Gastric Cancer. 村上匡人1,2, K Nishino1, A Inoue1, Y Takaoka1, K Iwasaki1, B Murakami1, 田辺 聡2 (1Murakami Memorial Hospital. 2内T): Hepato-Gastroenterology, 51: 1658-1661, 2004.

110070. [原著] Measuring Tumor Volume with Three-Dimensional Endoscopic Ultrasonography: an Experrimental and Clinical Study. 渡辺摩也, 木田芳樹, 山田至人, 西元寺克禮 (内T): Endoscopy, 36: 972-975, 2004.

110071. [原著] Characterization of ermB gene transposition by TN1545 and TN917 in macrolide-resistant streptococcus pneumoniae isolates. 沖津尚弘1, S Kaieda1, H Yano1, 中野竜一1, 保坂美生2, 岡本了一1, T Kobayashi3, 井上松久1 (1微・寄. 2内T. 3東北大): Journal of clinical microbiology, 43 (1): 168-173, 2005.

110072. [原著] Effect of argon plasma coagulation in patients with upper Gastrointestinal active hemorrhage. H Komatsu1, Y Hara1, Y Naito1, 保坂美生2, S yamanaka1, H Masuda1, K Imamura1 (1Department of Gastroenterology and cancer Examnation Center, Yokohama Municipal Citizens Hospital, 2内T): Digestive Endoscopy, 17 (1): 13-16, 2005.

120008. [原著] シドニーシステムの評価に必要な胃生検材料の大きさについての検討. 平嶋麻里1, 田辺 聡1, 三富弘之2, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1内T. 2国立相模原病院): Gastroenterological Endoscopy, 46 (10): 2261-2266, 2004.

120009. [原著] 緊急大腸内視鏡における直視下大量洗浄法の有用性の検討. 吉澤 繁, 勝又伴栄, 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内T): 日本大腸検査学会雑誌, 21 (1): 40-44, 2004.

210016. [準原著] Pulsed-Field gel electrophoretic analysis of helicobacter pylori using restricton enzyme ECORT. 保坂美生1, 入野田一彦2, 中野竜一2, 田辺 聡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 井上松久2 (1内T. 2微・寄): Journal of Clinical Microbiology, 43 (2): 931-932, 2005.

210017. [準原著] What is the standard of EUS guided FNA in Japan? 木田光広1, Y Saito2 (1内T. 2オリンパス): Digestive Endoscopy, 16 (Suppl.): S100-S103, 2004.

210018. [準原著] Stent therapy for malignant esophago-gastroestinal stricture. 木田光広1, 嶋尾 仁2, 西元寺克禮1 (1内T. 2外): Digestive Endoscopy, 16 (Suppl.): S22-S23, 2004.

210019. [短報] Hepatocellular carcinoma associated with idiopathic portal hypertension: Review of large nodules in seven non-cirrhotic portal hypertensive livers. 日高 央1, 大部 誠2, 國分茂博1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1, 岡安 勲3 (1内T. 2医衛. 3病理): Journal of Gastroenterology and Hepatology, 20: 493-495, 2005.

220007. [準原著] Crohn病長期経過例での腸管病変に対する栄養療法の治療効果−薬物療法との比較を中心に−. 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 佐田美和, 西元寺克禮 (内T): 胃と腸, 39 (2別刷): 145-154, 2004.

220008. [準原著] 内視鏡的大腸ポリープ摘除術におけるクリニカルパスの試みについて. 横山 薫1, 高橋裕之2 (1内T. 2高橋内科クリニック): 日本大腸検査学会雑誌, 21 (2): 140-145, 2004.

220009. [準原著] 展開型電極針によるRFAの注意点および工夫−大型展開針RITA model 90の使用経験−. 小野弘二, 國分茂博, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 中沢貴秀, 西元寺克禮 (内T): 医学と薬学, 52 (2): 203-205, 2004.

310001. [症例報告] An extensive metabolizer with recurrent ulcer responding to high dose of lansoprazole. 樋口勝彦1, 田辺 聡1, 中山昇典1, 佐々木 徹1, 長場静香1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 片田夏也2 (1内T. 2外): Hepatogastroenterology, 51: 774-776, 2004.

310002. [症例報告] Reply to Baiocchi et al. 市川順子, 田辺 聡 (内T): Endoscopy, 5 (36): 460-461, 2004.

320005. [症例報告] 腸管嚢腫様気腫症 (pneumatosis cystoids intestinalis). 小林清典, 勝又伴栄, 五十嵐正広 (内T): Gastoroenterological Endoscopy, 46 (11): 2436-2437, 2004.

320006. [症例報告] Second Line Chemotherapyにて著効が得られた多発性肝転移を伴う切除不能進行胃癌の1例. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 田辺 聡, 佐々木 徹, 中山昇典, 西元寺克禮 (内T): 消化器内視鏡, 16 (12): 1850-1853, 2004.

320007. [症例報告] 膵管総胆管瘻を形成し, 著明な粘液分泌により閉塞性黄疸を呈した膵管内乳頭腫瘍の1例. 氏家幸子1,4, 中野史郎1,4, 奥脇裕介1,4, 穴澤康志1,4, 蓮見桂三1, 森野文敏1, 大野 隆1,4, 中安邦夫2, 篠田政幸2, 熊木伸枝3 (1伊勢原協同病院消内. 2同外. 3同病理. 4内T): Progress of Digestive Endoscopy, 64 (2): 142-143, 2004.

320008. [症例報告] 経皮経肝的乳頭括約筋切開術の1例. 大野 隆1,2, 奥脇裕介1,2, 前澤 寧1,2, 穴澤康志1,2, 蓮見桂三1, 森野文敏1, 中野史郎1,2 (1伊勢原協同病院消内. 2内T): Progress of Digestive Endoscopy, 65 (2): 114-115, 2004.

320009. [症例報告] 内視鏡下に大網充填術を施行し得た高齢者穿孔性胃潰瘍の1例. 荒川健太郎1, 小松弘一1, 原 由里子1, 内藤吉隆2, 山中 茂1, 保坂美生2, 増田英明1, 今村清子1 (1横浜市立市民病院. 2内T): 老年消化器病, 16 (2): 123-126, 2004.

420001. [臨床治験] 早期大腸癌の深達度診断および治療法選択における超音波内視鏡診断の臨床的意義. 小林清典, 木田光広, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 横山 薫, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内T): Gastoroenterological Endoscopy, 46 (9): 2132-2140, 2004.

510001. [総説] The state-of-the-art of endoscopic treatment of colorectal stenosis in Japan: survey of participating institutions in endoscopy forum Japan. Shinji Tanaka1, 五十嵐正広2 (1広島大. 2内T): Digestive Endoscopy, 16 (Suppl.): S64-S65, 2004.

510002. [総説] Endoscopic treatment of lower gastrointestinal strictures. 五十嵐正広 (内T): Digestive Endoscopy, 16 (Suppl.): S62-S63, 2004.

510003. [総説] Available options in chemotherapy for advanced gastric cancer: the current developments in Japan. 小泉和三郎 (内T): Ashley Publications Ltd ISSN, 1465-1566, 2005.

520031. [総説] これからの胃癌の診断と治療. 西元寺克禮1, 渡辺英伸, 牛尾恭輔, 吉田茂昭, 熊井浩一郎, 愛甲 孝, 山口俊晴, 前原喜彦, 北島政樹 (1内T): 胃と腸, 40 (1): 119-138, 2004.

520032. [総説] 序説 なぜ, いま Colitic Cancerなのか. 勝又伴栄 (内T): 消化器内視鏡, 16 (7): 1118-1119, 2004.

520033. [総説] 感染性腸炎疑い症例における一般診断法と注意点. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内T): 臨牀消化器内科, 19 (8): 1101-1107, 2004.

520034. [総説] 消化管粘膜下腫瘍のX線診断. 五十嵐正広, 小林清典, 佐田美和, 奥野順子, 吉澤 繁, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): 胃と腸, 39 (4): 429-445, 2004.

520035. [総説] 炎症性腸疾患に対する拡大内視鏡の意義 (2) Dysplasia (DALM) に対する意義. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 勝又伴栄 (内T): Early Colorectal Cancer, 9 (2): 175-180, 2005.

520036. [総説] 門脈圧亢進症 診療・研究の新たな展開 B-RTOの適応と効果. 國分茂博, 日高 央 (内T): 肝胆膵, 49 (1): 79-86, 2004.

520037. [総説] 食道静脈瘤 (門脈圧亢進症). 村上匡人, 國分茂博 (内T): 肝胆膵, 49 (5): 791-795, 2004.

520038. [総説] 喫煙は肝癌再発の危険因子である. 渋谷明隆 (内T): 医学のあゆみ, 210 (12): 1013, 2004.

520039. [総説] 5’-ヌクレオチダーゼ. 竹内敦子, 渋谷明隆 (内T): 日本臨床, 62 (増11) 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査−その数値をどう読むか−第6版, 2004.

520040. [総説] V. 治療と予防の可能性 6. 胃癌科化学療法の進歩. 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内T): 日本内科学会雑誌, 94 (1): 85-91, 2005/1.

520041. [総説] 消化作用 (口から食道まで). 小泉和三郎 (内T): からだの不思議 21世紀の健康マガジン, 1 (7): 1-4, 2004.

520042. [総説] 再発・進行胃癌に対する新しい多剤併用療法 TS-1を含む胃癌の多剤併用療法 1) 胃癌に対するTS-1+CDDP療法. 小泉和三郎, 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 東 瑞智, 下田拓也, 西村 賢, 中谷研斗, 西元寺克禮 (内T): Japan Journal of Cancer and Chemotherapy, 31 (12): 1957-1961, 2004.

520043. [総説] EUS-FNAによる粘膜下腫瘍の鑑別. 木田光広, 荒木正雄, 宮澤史朗, 奥脇裕介, 安藤 豪, 森木弘子, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 渡辺摩也, 近藤一英, 木田芳樹, 今泉 弘, 小林清典, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内T): 消化器内視鏡, 16 (8): 1267-1273, 2004.

520044. [総説] 診断的ERCP−ERCP下細胞診・生検−. 木田光広, 今泉 弘, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 宮澤史朗, 岩井知久, 奥脇裕介, 安藤 豪, 森木弘子, 前澤 寧, 荒木正雄, 渡辺摩也, 近藤一英, 木田芳樹, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内T): 消化器内視鏡, 17 (2): 148-156, 2005.

520045. [総説] 超音波内視鏡診断 今後の展開. 木田光広, 小林清典, 荒木正雄, 森木弘子, 安藤 豪, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 近藤一英, 渡辺摩也, 村上匡人, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内T): 胃と腸, 39 (12): 1651-1660, 2004.

520046. [総説] アルゴンプラズマ凝固 (APC) による焼灼治療の現況と展望. 田辺 聡, 北村 匡, 西元寺克禮 (内T): Gastroenterrological Endoscopy, 46 (11): 2391-2398, 2004.

520047. [総説] 小腸動静脈奇形. 小林清典, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内T): 消化器外科, 28 (1): 75-81, 2005.

520048. [総説] よくみる疾患の効率的な臨床検査−大腸癌−. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内T): medicina, 41 (5): 818-820, 2004.

520049. [総説] 特集: 内視鏡これが基本だ 大腸病変の超音波内視鏡診断. 小林清典, 勝又伴栄, 木田光広 (内T): 消化器内視鏡, 16 (3): 482-484, 2004.

520050. [総説] 炎症性腸疾患−診療の問題点 腸結核−. 小林清典, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): 月刊 臨牀と研究 別冊, 81 (9): 45-50, 2004.

520051. [総説] 病像を変えやすい・壁の伸展度が保たれる・耳介状腫瘍はlymphoma. 今泉 弘1, 日比謙一1, 田辺 聡1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 比企能樹2 (1内T. 2外): 消化器内視鏡, 16 (6): 増大号 983-984, 2004.

520052. [総説] ICUにおける重症急性膵炎に対する膵酵素阻害剤・抗生剤持続動注療法. 今泉 弘1, 木田光広1, 森木弘子1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 西巻 博2, 相馬一亥2, 西元寺克禮1 (1内T. 2救命): 消化器科, 39 (3): 294-299, 2004.

520053. [総説] 大腸癌内視鏡的治療後のサーベイランス法. 佐田美和, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 小林清典, 勝又伴栄 (内T): 早期大腸癌, 8 (2): 109-114, 2004.

520054. [総説] 大腸の血管像が消えたら色素をかけよ. 佐田美和, 勝又伴栄 (内T): 消化器内視鏡, 16 (6): 1083, 2004.

520055. [総説] Colitic CancerとDysplasiaの効率的な見つけ方. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 吉澤 繁, 小林清典, 西元寺克禮 (内T): 消化器内視鏡, 16 (7): 1171-1180, 2004.

520056. [総説] 食道癌・胃癌・大腸癌に対する薬とその使い方. 樋口勝彦, 小泉和三郎 (内T): クリニカ, 31 (4別冊): 262-265, 2004.

520057. [総説] 胃癌の進行度診断 原発巣の進行度診断. 樋口勝彦, 木田光広, 田辺 聡, 佐々木 徹, 中山昇典, 菊地秀彦, 今泉 弘, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内T): 臨床消化器内科, 19 (7): 815-824, 2004.

520058. [総説] いま, 一般科と精神科がとり得る連携方法を提案します. 渡邊真彰 (内T): 精神看護, 8 (1): 49-55, 2004.

[著 書]

620022. [学術書] (分担執筆) 消化性潰瘍−最新の治療−; 消化性潰瘍治療に残された21世紀の課題, p.236-243. 西元寺克禮, 田辺 聡 (内T), 編集 浅香正博, へるす出版, 東京, 2004/6/20発行.

620023. [学術書] (分担執筆) 医学のあゆみ−消化性潰瘍UPDATE−; 消化性潰瘍の維持療法−除菌療法との比較−, p.435-439. 西元寺克禮 (内T), 編集 藤田勝治, 医歯薬出版 (株), 東京, 2004/7/31発行.

620024. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡止血術; 緊急内視鏡検査と治療法の選択: 小腸・大腸・肛門部, p.36-39. 勝又伴栄, 吉澤 繁 (内T), 編集 浅木 茂 (仙台簡易保険総合健診センター), メディカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620025. [学術書] (分担執筆) 肝疾患レジデントマニュアル; 腹腔鏡, p.161-165. 渋谷明隆 (内T), 編集 柴田 実, 関山和彦, 山田春木, 医学書院, 東京, 2004/5発行.

620026. [学術書] (分担執筆) 肝疾患レジデントマニュアル; 薬物性肝障害, p.313-319. 渋谷明隆 (内T), 編集 柴田 実, 関山和彦, 山田春木, 医学書院, 東京, 2004/5発行.

620027. [学術書] (分担執筆) 肝疾患レジデントマニュアル; アルコール性肝障害, p.307-312. 渋谷明隆 (内T), 編集 柴田 実, 関山和彦, 山田春木, 医学書院, 東京, 2004/5発行.

620028. [学術書] (分担執筆) 疾患別最新処方; 胃癌, p.288-289. 小泉和三郎 (内T), メジカルビュー社, 東京, 2005/3/30発行.

620029. [学術書] (分担執筆: 3頁) 消化器病診療 良きインフォームド・コンセントに向けて; 消化器癌の化学療法, p.386-388. 小泉和三郎 (内T), 編集 「消化器病診療」編集委員会, 医学書院, 東京, 2004/5/1発行.

620030. [その他の著書] (巻頭言・監修) カンプト注 有効例集, 小泉和三郎 (内T). 監修 小泉和三郎, (株) ヤクルト本社, 東京, 2004/3発行.

620031. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡NOW; 第U章 胃・十二指腸 2. 胃疾患に対する超音波内視鏡, p.74-79. 木田光広, 菊地秀彦, 西元寺克禮 (内T), 編集 田尻久雄, 松井敏幸, 藤田直孝, 北野正剛, 日本メディカルセンター, 東京, 2004/5/25発行.

620032. [学術書] (分担執筆) 超音波内視鏡 UP TO NOW; 3D-IDUS (3D-ERUS), p.184-189. 木田光広, 渡辺摩也 (内T), 編集 村田洋子1, 峯 徹哉2 (1ムラタクリニック. 2東海大・内科学系), メジカルビュー社, 東京, 2004発行.

620033. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡 NOW; 第U章 胃・十二指腸 5. 内視鏡的止血術, p.91-95. 田辺 聡, 西元寺克禮 (内T), 編集 田尻久雄, 松井敏幸, 藤田直孝, 北野正剛, 日本メディカルセンター, 東京, 2004/5/25発行.

620034. [学術書] (分担執筆) 消化器治療内視鏡の基本手技 改訂第2版; 初期治療と止血法の選択, p.158-165. 田辺 聡, 西元寺克禮 (内T), 編集 藤田力也, 金原出版, 東京, 2004/5/28発行.

620035. [学術書] (分担執筆) GERD治療の新たなストラテジー; GERDにおける胃酸分泌能および胃排出能からみた胃機能評価, p.36-41. 田辺 聡1, 片田夏也2, 西元寺克禮1 (1内T. 2外), 編集 本郷道夫 (東北大病院), 先端医学社, 東京, 2004発行.

620036. [学術書] (分担執筆) 超音波内視鏡 UP TO NOW; 大腸癌の3D-EUS診断, p.136-139. 小林清典, 木田光広 (内T), 編集 村田洋子1, 峯 徹哉2 (1村田クリニック. 2東海大・内科学系), メジカルビュー社, 東京, 2004発行.

620037. [学術書] (分担執筆) 上部消化管疾患を探る; 総論C 上部消化管疾患の問診と身体所見のとり方, p.15-17. 今泉 弘, 西元寺克禮 (内T), 編集 峯 徹哉 (東海大・内科学系), 永井書店, 大阪, 2004/11/8発行.

620038. [その他の著書] (分担執筆) ワンポイントアドバイス 消化器内視鏡のトラブル防止マニュアル; 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法後に縦隔炎が発症した, p.191. 日高 央, 國分茂博 (内T), 編集 幕内博康, 熊井浩一郎, 澤田俊夫, 峯 徹哉, 藤森孝博, 監修 鈴木博昭, 日本メディカルセンター, 東京, 2004/10発行.

620039. [学術書] (分担執筆) 消化器の臨床 (1344-3070); 食道癌に対する三次元超音波プローブの局所進展度診断, 7 (3): p.297-303. 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内T), ヴァンメディカル, 2004/6発行.

620040. [学術書] (分担執筆) 疾患別最新処方; 転移性肝癌, p.350-351. 樋口勝彦 (内T), メジカルビュー社, 東京, 2005/3/30発行.

[学会・研究会等]

711001. [学会 (国際)] (特別講演) Chemotherapy for Advanced Gastric Cancer in Japan. 小泉和三郎 (内T): 19th WC-ISDS (2004/12/9), 横浜.

711002. [学会 (国際)] (特別講演) Present status and future prospects of EUS-FNA technique. 木田光広 (内T): 第4回台湾超音波内視鏡シンポジウム (2004/12/19), 台南.

712007. [学会 (国際)] (シンポジウム) What is the Second-line Therapy of MCRC? 小泉和三郎 (内T): International Society of Gastrointestinal Oncology (2004/7/9), 米国.

712008. [学会 (国際)] (シンポジウム) Should Gastric Cancer be Done in the Community? 小泉和三郎 (内T): International Society of Gastrointestinal Oncology (2004/7/9), 米国.

712009. [学会 (国際)] (ライブデモンストレーション) EUS Live Demonstration for colorectal cancer. 小林清典 (内T): 14th International Symposium on Endoscopic Ultrasonography (2004/11/13), 東京.

713038. [学会 (国際)] (一般講演) Prospective study of magnifying colonoscopy for the surveillance of ulcerative colitis. 五十嵐正広, 佐田美和, 小林清典, 吉澤 繁, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): 12th United European Gastroenterology week (2004/9/28), Prague.

713039. [学会 (国際)] (ポスター) Habitual smoking as a risk factor for distant recurrence of hepatocellular carcinoma after Radiofrequency Ablation therapy. 渋谷明隆, 中沢貴秀, 渡邊真彰 (内T): The American Association for the Study of Liver Diseases 55th Annual Meeting and Postgraduate Corses(2004/10/30), Boston. Hepatology, 40 (4 S.1): 2004.

713040. [学会 (国際)] (一般講演) Randomized control trial of EST with either endocut mode or conventional pure cutting current. 木田光広, 菊地秀彦, 荒木正雄, 竹澤三代子, 山崎好喜, 白須恭子, 国東幹夫, 渡邊真彰, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内T): アメリカ消化器病週間 (2004/5/18), ニューオリンズ.

713041. [学会 (国際)] (一般講演) Three-dimensional endoscopic ultrasonography for diagnosing the local staging of esophageal cancer. 木田光広, 菊地秀彦, 荒木正雄, 渡邊真彰, 近藤一英, 今泉 弘, 坂口哲章, 山田至人, 西元寺克禮 (内T): ヨーロッパ消化器病週間 (2004/9/28), プラハ.

713042. [学会 (国際)] (ポスター) Risk factors and the mode for recurrence after radiofrequency ablation against primary single hepatocellular carcinoma. 中沢貴秀, 國分茂博, 渋谷明隆, 小野弘二, 土橋 健, 渡邊真彰, 日高 央, 西元寺克禮 (内T): 12th UEGW (2004/9/25-29), チェコ. Endscopy, 36 (S.1): A255, 2004.

713043. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical usefulness of endoscopic ultrasonography for the diagnosis of intestinal endometriosis. 横山 薫, 小林清典, 木田光広, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): 14th International symposium on endoscopic ultrasonography (2004/11/13), 東京. Digestive Endoscopy, 16 (S.2): 66, 2004.

713044. [学会 (国際)] (一般講演) Chemotherapy is More Active against Proximal than Distal Gastric Carcinoma. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内T): 12th UEGW (2004/9/25-29), Prague. Gut, 53 (S.6): A277, 2004.

722013. [学会 (全国)] (ワークショップ) 小腸疾患の診断と治療における小腸電子内視鏡の臨床的有用性. 小林清典, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内T): 第90回日本消化器病学会総会 (2004/4/22), 仙台. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 101 (臨増): A125, 2004.

722014. [学会 (全国)] (招待された講演) 胆・膵領域での偶発症とその対策. 今泉 弘 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都.

722015. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 回転式針先調節機構付穿刺針−リボルバーを使った内視鏡的硬化療法−. 國分茂博 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都. Gastroenterological Endoscopy, 46 (S.1): 801, 2004.

722016. [学会 (全国)] (パネルディスカッション・指定) 肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法後の肝予備能回復遅延因子と腫瘍径別再発率に関する検討. 國分茂博, 小野弘二, 日高 央, 渡邊真彰, 中沢貴秀 (内T): 第40回日本肝癌研究会 (2004/6/25), つくば. 抄録集, p.55, 2004.

722017. [学会 (全国)] (シンポジウム) 活動性潰瘍性大腸炎に対する血球成分吸着除去療法の治療効果. 横山 薫, 小林清典, 勝又伴栄 (内T): 第46回日本消化器病学会大会 (DDW-Japan 2004) (2004/10/21), 福岡. 日本消化器病学会雑誌, 101 (臨増 S.): A415, 2004.

722018. [学会 (全国)] (シンポジウム) 三次元超音波内視鏡による食道癌の深達度診断. 木田光広, 菊地秀彦, 西元寺克禮 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/22), 福岡.

722019. [学会 (全国)] (シンポジウム) 切開剥離法における新しい高周波電源装置VIOの有用性. 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/23), 福岡.

722020. [学会 (全国)] (シンポジウム) 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術の治療戦略−従来法と切開剥離法によるテーラーメイド治療−. 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹 (内T): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27), 京都.

722021. [学会 (全国)] (ワークショップ) 虚血性大腸炎発病早期の病型診断についての検討. 小林清典, 勝又伴栄, 佐田美和, 吉澤 繁, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内T): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2004/11/6), 久留米. 日本大腸肛門病学会雑誌, 57 (9): 541, 2004.

722022. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 大腸憩室出血に対する緊急内視鏡下止血術の有用性と問題点. 吉澤 繁, 勝又伴栄, 春木聡美, 佐田美和, 小林清典, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内T): 第22回日本大腸検査学会総会 (2004/11), 東京. プログラム・抄録集, 87, 2004.

723095. [学会 (全国)] (一般講演) 切除不能4胃癌に対する化学療法. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 佐々木 徹, 中山昇典, 長場静香, 北村 匡, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内T): 第76回日本胃癌学会総会 (2004/3/5), 米子.

723096. [学会 (全国)] (一般講演) 顆粒球除去療法が有効だった妊娠時発症の潰瘍性大腸炎の1例. 横山 薫1, 池内 哲2, 鈴木功一2, 鵜梶 実2, 星野和彦2 (1内T. 2小田原市立病院): 第90回日本消化器病学会総会 (2004/4/22), 仙台. 日本消化器病学会雑誌, 101 (臨増 S.): 120, 2004.

723097. [学会 (全国)] (一般講演) 当院において化学療法を行った外科的切除不能な悪性膵内分泌腫瘍の4例. 菊地秀彦, 木田光広, 安藤 豪, 中谷研斗, 森木弘子, 前澤 寧, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内T): 第90回日本消化器病学会総会 (2004/4/22), 仙台. 日本消化器病学会雑誌, 101 (S.): A333, 2004.

723098. [学会 (全国)] (一般講演) 化学療法における胃癌原発巣の再生粘膜出現の意義. 小泉和三郎, 山崎いずみ, 近藤一英 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都.

723099. [学会 (全国)] (一般講演) 3D-EUSとEUS-FNAの臨床的有用性と位置づけ. 木田光広, 荒木正雄, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都.

723100. [学会 (全国)] (一般講演) 早期胃癌のEMRにおける内視鏡的吸引粘膜切除法 (EAM法) とITナイフ法の位置づけ. 田辺 聡1, 樋口勝彦1, 三富弘之2 (1内T. 2国立相模原病院): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都.

723101. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) colitic cancer/dysplasia発見のための拡大内視鏡の有用性の検討. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (臨増 S.1): 506, 2004.

723102. [学会 (全国)] (一般講演) 食道表在癌に対するEMR適応拡大の可能性−m3sm1食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) の適応拡大−. 樋口勝彦1, 田辺 聡1, 小林伸行2 (1内T. 2外): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (S.): 1526, 2004.

723103. [学会 (全国)] (一般講演) 胃のSMTにおけるEUS-FNAの役割. 荒木正雄, 木田光広, 中谷研斗, 森木弘子, 安藤 豪, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 宇津木恭子, 山崎好喜, 国東幹夫, 渡辺摩也, 近藤一英, 木田芳樹, 今泉 弘, 山田至人, 坂口哲章, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都.

723104. [学会 (全国)] (一般講演) ガイドワイヤー式三次元超音波プローブXUM-DG20-35Rの使用経験. 渡辺摩也, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/26), 京都.

723105. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸内視鏡挿入困難例の原因と対策について. 吉澤 繁, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/27), 京都.

723106. [学会 (全国)] (一般講演) 3Dオプション (MAJ-1330) 搭載超音波観測装置EU-M60/2000を用いた通常型超音波内視鏡による三次元超音波内視鏡 (3D-EUS) の使用経験. 菊地秀彦, 木田光広, 安藤 豪, 中谷研斗, 森木弘子, 前澤 寧, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/27), 京都.

723107. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における膵内分泌腫瘍の検討. 安藤 豪, 木田光広, 中谷研斗, 森木弘子, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/27), 京都.

723108. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡的乳頭括約筋切開術 (EST) におけるエンドカット法と高周波電流切開法によるrandomized control study. 中谷研斗, 木田光広, 森木弘子, 安藤 豪, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 鹿間伸明, 山崎好喜, 渡辺摩也, 今泉 弘, 木田芳樹, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/27), 京都.

723109. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における悪性胆道狭窄に対する内視鏡的ドレナージ術の検討. 山崎好喜, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/27), 京都.

723110. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における上部消化管出血に対する内視鏡的止血法の成績と治療法について. 北村 匡, 田辺 聡, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/27), 京都.

723111. [学会 (全国)] (ビデオシンポジウム) 胃底部静脈瘤治療の標準化−B-RTOの術前評価におけるMR-angiographyの有用性−. 日高 央, 國分茂博1, 磯部義憲2 (1内T. 2放): 第67回日本消化器内視鏡学会 (2004/5/28), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (2): 1854, 2004.

723112. [学会 (全国)] (一般講演) 腸管子宮内膜症の画像所見の特徴と鑑別診断についての検討. 横山 薫1, 小林清典1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1内T. 2病理): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/28), 京都. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (臨増 S.1): 685, 2004.

723113. [学会 (全国)] (一般講演) 閉塞性左側大腸癌に対する経肛門的滅圧チューブ挿入術の臨床的有用性. 春木聡美, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): 第67回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/5/28), 京都.

723114. [学会 (全国)] (ポスター) C型肝硬変症 (Child A) ではALT80単位未満を意識した多剤併用療法をも含む抗炎症療法は本当に肝発癌予防に有効か (1) 剤投与療法との比較検討. 多羅尾和郎, 渋谷明隆1, 利野 靖, 宮川 薫, 政木隆博, 上野 誠, 天野歩学 (1内T): 第40回日本肝臓学会総会 (2004/6/3), 浦安. 肝臓, 45 (S.): A202, 2004.

723115. [学会 (全国)] (一般講演) 肝癌遠隔再発に対する喫煙の影響. 渋谷明隆, 玉真俊平, 穴澤康志, 小野弘二, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 中沢貴秀, 國分茂博, 西元寺克禮 (内T): 第40回日本肝臓学会総会 (2004/6/3), 浦安. 肝臓, 45 (S.): A49, 2004.

723116. [学会 (全国)] (一般講演) 肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法後の腫瘍径別再発及び肝予備能回復遅延因子に関する検討. 小野弘二, 國分茂博, 渡邊真彰, 土橋 健, 中沢貴秀, 渋谷明隆, 日高 央, 西元寺克禮 (内T): 第40回日本肝臓学会総会 (2004/6/3), 浦安. 肝臓, 45 (S.1): A59, 2004.

723117. [学会 (全国)] (ポスター) 代償性肝硬変における肝発癌の危険因子. 穴澤康志, 渋谷明隆, 玉真俊平, 小野弘二, 渡邊真彰, 日高 央, 土橋 健, 中沢貴秀, 國分茂博, 西元寺克禮 (内T): 第40回日本肝癌研究会 (2004/6/24), つくば. 抄録集, p.121, 2004.

723118. [学会 (全国)] (一般講演) m3sm1食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) の検討. 樋口勝彦1, 田辺 聡1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 北村 匡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 小林伸行2 (1内T. 2外): 第58回日本食道学会 (2004/6/24), 東京. プログラム・抄録集, p.172, 2004.

723119. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における肝門部胆管癌に対する内視鏡的ドレナージ術の臨床的検討. 森木弘子, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/21), 福岡.

723120. [学会 (全国)] (一般講演) PTCDルートからESTを行った2例. 大野 隆1,2, 奥脇裕介1,2, 前澤 寧1,2, 穴澤康志1,2, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 中野史郎1,2 (1内T. 2伊勢原協同病院): DDW Japan 2004 (第46回日本消化器病学会大会) (2004/10/21-24), 博多. 日本消化器内視鏡学会雑, 46 (S.2): 1995, 2004.

723121. [学会 (全国)] (一般講演) 根治手術不能例の消化管間葉系腫瘍 (GIST) 分子標的治療薬イマチニブの臨床的治療効果の検討. 内藤吉隆1, 原 由里子2, 小松弘一2, 山中 茂2, 保坂美生1, 増田英明2, 今村清子2, 鬼頭文彦2 (1内T. 2横浜市立市民病院): 第46回日本消化器病学会 (2004/10/21), 福岡.

723122. [学会 (全国)] (一般講演) 小肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法後の局所再発危険因子, 再発様式の検討. 中沢貴秀, 國分茂博, 渋谷明隆, 小野弘二, 渡邊真彰, 土橋 健, 日高 央, 西元寺克禮 (内T): 第8回日本肝臓学会大会 (2004/10/22), 福岡. 肝臓, 45 (S.2): A494, 2004.

723123. [学会 (全国)] (一般講演) 薬物性肝障害の診断基準作成に向けての提案. 渡邊真彰, 渋谷明隆, 西元寺克禮 (内T): 第8回日本肝臓学会大会 (2004/10/22), 福岡. 肝臓, 45 (S.2): A416, 2004.

723124. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるEUS-FNAの現況. 荒木正雄, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/22), 福岡.

723125. [学会 (全国)] (ワークショップ) 食道静脈瘤治療におけるEVLとEISの使い分け−Vp3肝細胞癌症例の食道胃静脈瘤に対する内視鏡治療の検討 EIS vs EVL−. 日高 央, 國分茂博, 西元寺克禮 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会 (2004/10/23), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (2): 1854, 2004.

723126. [学会 (全国)] (一般講演) 検診で発見された0-T型胃癌の3例. 保坂美生1, 今村清子2, 増田英明2, 山中 茂2, 小松弘一2, 内藤吉隆1, 原 由里子2, 堂森興一郎1 (1内T. 2横浜市立市民病院): 第42回日本消化器集団検診学会大会 (2004/10/23), 福岡.

723127. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設の超音波検診で発見された胆嚢がん症例の検討. 増田英明2, 山中 茂2, 保坂美生1, 今村清子2, 堂森興一郎1, 原 由里子2, 内藤吉隆1 (1内T. 2横浜市立市民病院): 第42回日本消化器集団検診学会大会 (2004/10/23), 福岡.

723128. [学会 (全国)] (シンポジウム) 大腸結節集簇様病変に対する治療法の選択と粘膜切除術の評価. 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW-Japan 2004) (2004/10/24), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (臨増 S.2): 1764, 2004.

723129. [学会 (全国)] (一般講演) 総胆管結石の内視鏡治療におけるESTとEPBDの長期予後. 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/24), 福岡.

723130. [学会 (全国)] (一般講演) m3sm1食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) エビデンスの確立に向けて. 樋口勝彦1, 田辺 聡1, 小林伸行2 (1内T. 2外): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/24), 福岡. 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46 (S.2): 1954, 2004.

723131. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における膵管内ステントの検討. 安藤 豪, 木田光広, 森木弘子, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 宇津木恭子, 山崎好樹, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/24), 福岡.

723132. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における中部・下部悪性胆道狭窄に対するEBDの検討. 山崎好喜, 木田光広, 安藤 豪, 森木弘子, 前澤 寧, 萬屋 基, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 宇津木恭子, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 今泉 弘, 西元寺克禮 (内T): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/24), 福岡.

723133. [学会 (全国)] (一般講演) 直腸カルチノイド腫瘍に対する内視鏡的摘除の有用性と問題点. 小林清典1, 五十嵐正広1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2, 渡邊昌彦2, 岡安 勲3 (1内T. 2外. 3病理): 第62回大腸癌研究会 (2005/1/21), 東京.

723134. [学会 (全国)] (一般講演) Crohn病の在宅経腸栄養療法における経皮内視鏡的胃瘻造設術 (PEG) の有用性と問題点. 細谷聡子1, 小林清典1, 春木聡美1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 野口球子2 (1内T. 2栄養部): 第20回日本静脈経腸栄養学会 (2005/2/18), 名古屋.

723135. [学会 (全国)] (ポスター) 肝癌に対するRVS (Real-time Virtual Sonography) の施行経験. 小野弘二, 國分茂博, 渡邊真彰, 土橋 健, 中沢貴秀, 木田光弘, 西元寺克禮 (内T): 日本超音波医学会第77回学術集会 (2004), 宇都宮. 超音波医学, 31 (S.1): S338, 2004.

731006. [その他] (特別講演) 胃癌化学療法の現状と将来. 小泉和三郎 (内T): CPT-11学術講演会 (2004/4/2), 横浜.

731007. [その他] (特別講演) ラジオ波熱凝固療法の現況と適応拡大−Model90の果たす役割−. 國分茂博 (内T): 中四国最新ラジオ波熱凝固療法講演会 (2004/4/10), 岡山.

731008. [その他] (特別講演) RFAは肝癌の予後に貢献したか? 國分茂博 (内T): 北海道D.D club (2004/5/8), 札幌.

731009. [その他] (特別講演) 知ってて得する胃腸の病気. 西元寺克禮 (内T): 大牟田市民講座 (2004/5), 九州.

731010. [その他] (特別講演) 潰瘍治療の流れと残された課題. 西元寺克禮 (内T): 消化性潰瘍懇話会 (2004/6/11), 札幌.

731011. [研究会] (特別講演) 消化性潰瘍の再発とエカベトの有用性. 小泉和三郎 (内T): 日本医師会生涯教育講座学術講演会 (2004/7/1), 旭川.

731012. [研究会] (特別講演) 進行胃癌に対する化学療法の現況. 小泉和三郎 (内T): 第118回千葉市医師会胃腸疾患研修会 (2004/7/16), 千葉.

731013. [研究会] (特別講演) 肝癌に対する最新ラジオ波熱凝固療法−適応拡大と背景肝への影響−. 國分茂博 (内T): 順天堂大消化器内科セミナー (2004/7/16), 東京.

731014. [研究会] (特別講演) 肝硬変・肝癌の治療と栄養. 國分茂博 (内T): 第3回栄養・治療セミナー (2004/9/14), 横浜.

731015. [その他] (特別講演) 虚血性大腸炎の臨床. 小林清典 (内T): 第166回仙台いちょう会 (2004/9/16), 仙台.

731016. [研究会] (特別講演) 胃・食道逆流症における内科的治療. 今泉 弘 (内T): 第17回相模原医療薬学フォーラム (2004/9/16), 相模原.

731017. [研究会] (特別講演) 肝癌治療の展望−RFAを中心として−. 國分茂博 (内T): 第6回九州肝癌研究会 (2004/9/25), 福岡.

731018. [研究会] (特別講演) 消化性潰瘍の再発予防−最近の知見−. 小泉和三郎 (内T): 岡崎内科医師会 (2004/9/27), 岡崎.

731019. [研究会] (特別講演) NSAIDによる大腸病変の実態とその対策. 五十嵐正広 (内T): Hokkaido GI Fronter (2004/10/8), 札幌.

731020. [研究会] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と将来. 小泉和三郎 (内T): 第4回胃癌化学療法研究会 (2004/11/2), 盛岡.

731021. [研究会] (特別講演) RFAを中心とした肝細胞癌治療の展望. 國分茂博 (内T): 第33回京都肝癌セミナー (2004/11/19), 京都.

731022. [研究会] (特別講演) 予後から見た胃癌治療戦略. 小泉和三郎 (内T): 第9回消化器癌フォーラム (2004/11/20), 大阪.

731023. [研究会] (特別講演) RFAを中心とした肝細胞癌治療の展望. 國分茂博 (内T): 第39回大阪肝穿刺生検治療研究会 (2004/11/26), 大阪.

731024. [学会 (地方)] (特別講演) IBDの内視鏡診断. 五十嵐正広 (内T): 第84回日本消化器内視鏡学会北陸地方会 (2004/11/28), 金沢.

731025. [研究会] (特別講演) 消化性潰瘍の再発予防−最近の知見−. 小泉和三郎 (内T): 平塚市医師会内科部会講演会 (2004/12/13), 平塚.

731026. [研究会] (特別講演) RFAを中心とした肝癌治療の展望. 國分茂博 (内T): 第31回北摂肝癌研究会 (2005/1/26), 大阪.

731027. [その他] (特別講演) 大腸疾患に対する超音波内視鏡診断の意義. 小林清典 (内T): 第15回鶴屋町懇話会 (2005/2/18), 横浜.

732010. [研究会] (ライブデモンストレーション) 大腸癌に対する超音波内視鏡診断. 小林清典 (内T): 第1回北里EUSセミナー (2004/6/19), 神奈川.

732011. [研究会] (シンポジウム) TS-1+CDDP. 小泉和三郎 (内T): DIF Meeting 2004 (2004/6/26), 東京.

732012. [学会 (地方)] (ランチョンセミナー) 門脈圧亢進症の治療戦略2004〜胃食道静脈瘤を含めて. 國分茂博 (内T): 第133回日本消化器内視鏡学会東北地方会 (2004/7/10), 山形.

732013. [研究会] (招待された講演) 切除不能進行胃癌化学療法. 小泉和三郎 (内T): 第5回臨床腫瘍夏期集中セミナー (2004/7/23), 東京.

732014. [研究会] (シンポジウム) Study on magnifying observation for dysplasia and colitic cancer. 小林清典, 佐田美和, 五十嵐正広, 勝又伴栄 (内T): Endoscopy Forum Japan 2004 (2004/8/9), 箱根.

732015. [学会 (地方)] (ランチョンセミナー) RFAを中心とした肝細胞癌治療の展望. 國分茂博 (内T): 第82回日本消化器病学会四国支部例会 (2004/11/27), 松山.

732016. [学会 (地方)] (シンポジウム) 当院における膵癌TS1症例の検討. 菊地秀彦, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): 第79回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/12/3), 東京. Progress of Digestive Endoscopy (消化器内視鏡の進歩), 66 (1): 50, 2004.

732017. [学会 (地方)] (ビデオシンポジウム) 内視鏡的分割粘膜切除術 (EPMR) の適応と予後. 佐田美和1, 五十嵐正広1, 吉澤 繁1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1内T. 2病理): 第79回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/12/4), 東京. Prog Dig Endosc, 66 (1): 45, 2004.

732018. [学会 (地方)] (招待された講演) 肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法と肝予備能. 國分茂博 (内T): 第35回日本肝臓学会東部会 (2004/12/11), 東京.

732019. [研究会] (パネルディスカッション) 内視鏡的分割粘膜切除術 (EPMR) の合併症と長期予後. 佐田美和1, 五十嵐正広1, 吉澤 繁1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1内T. 2病理): 第35回神奈川大腸疾患研究会 (2005/2/3), 横浜. プログラム・抄録集, 5, 2005.

733027. [研究会] (一般講演) 上部消化器癌における内視鏡治療の最前線−テーラーメイド治療の確立をめざして−. 田辺 聡 (内T): 第2回消化器内視鏡勉強会 (2004/4/27), 聖マリアンナ医大.

733028. [学会 (地方)] (一般講演) 粘膜産生胆管癌の1切除例. 安藤 豪1, 木田光広1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 白須恭子1, 山崎好喜1, 鹿間伸明1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1, 星野弘樹2, 島田 謙2, 吉田宗紀2, 一戸昌明3, 大部 誠4 (1内T. 2外. 3病理. 4医衛): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/11), 東京.

733029. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡で治療効果を評価し得たCronkhite-Canada症候群の1例. 下田拓也1, 小林清典1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1内T. 2病理): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/11), 東京.

733030. [学会 (地方)] (一般講演) 術前に小腸内視鏡で確認し得た小腸GISTの2例. 菊地正臣1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 小林清典1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 渡邊昌彦2, 岡安 勲3 (1内T. 2外. 3病理): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/11), 東京.

733031. [学会 (地方)] (一般講演) 膵管ステントが有用であった膵性胸腹水を伴った慢性膵炎の1例. 森木弘子, 今泉 弘, 安藤 豪, 前澤 寧, 菊地秀彦, 竹澤三代子, 荒木正雄, 白須恭子, 山崎好喜, 鹿間伸明, 国東幹夫, 渡辺摩也, 木田芳樹, 木田光広, 西元寺克禮 (内T): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/11), 東京.

733032. [学会 (地方)] (一般講演) 開口障害でERCP困難なためPTCDルートからESTを行った1例. 大野 隆1,2, 氏家幸子1,2, 奥脇裕介1,2, 穴澤康志1,2, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 中野史郎1,2 (1内T. 2伊勢原協同病院): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2003/6/11-12), 東京. Progress of Digestive Endoscopy, 65 (1): 89, 2004.

733033. [学会 (地方)] (一般講演) 治療開始短時間で直腸狭窄を生じたアメーバ性大腸炎の一例. 長久保秀一2, 小松弘一2, 原 由里子2, 内藤吉隆1, 保坂美生1, 山中 茂2, 増田英明2, 今村清子2 (1内T. 2横浜市立市民病院): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/11), 東京.

733034. [学会 (地方)] (一般講演) イレウス症状により発症した静脈硬化症の2例. 春木聡美, 五十嵐正広, 吉澤 繁, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/12), 東京.

733035. [学会 (地方)] (一般講演) 内視鏡的粘膜切除術 (EMR) 後に追加手術を行った早期胃癌症例の検討. 佐々木 徹, 田辺 聡, 樋口勝彦, 中山昇典, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内T): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/12), 東京.

733036. [研究会] (一般講演) 肝不全をきたすも救命しえた脾原発と考えられる悪性リンパ腫の1例. 穴澤康志1,2, 奥脇裕介1,2, 前澤 寧1,2, 蓮見桂三2, 森野文敏2, 中野史郎1,2, 大野 隆1,2, 清水 透2 (1内T. 2伊勢原協同病院): 第49回神奈川県消化器病研究会 (2004/7/3), 鎌倉市.

733037. [研究会] (一般講演) 早期胃癌に対する切開剥離法の有用性とPitfalls−従来法との比較を含めて−. 田辺 聡, 樋口勝彦, 佐々木 徹, 中山昇典, 北村 匡, 木田光広, 小泉和三郎, 西元寺克禮 (内T): 北里腫瘍フォーラム (2004/7/30), 相模原市.

733038. [研究会] (一般講演) 術前に深達度を過大評価したS状結腸癌の1例. 小林清典1, 佐田美和1, 小川大志1, 吉澤 繁1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2, 岡安 勲3 (1内T. 2外. 3病理): 第14回大腸Uc研究会 (2004/9/18), 新横浜.

733039. [研究会] (一般講演) 伊勢原協同病院におけるRFAによる肝細胞癌治療の現状. 穴澤康志1,2, 前澤 寧1,2, 中野史郎1,2, 大野 隆1,2 (1内T. 2伊勢原協同病院): 第4回湘南西部肝疾患勉強会 (2004/9/25), 厚木.

733040. [学会 (地方)] (一般講演) 原因不明の発熱にて発症し, 肝内血腫, 腹腔内出血を呈した結節性多発動脈炎の1例. 井上 賢1, 長久保秀一1, 原 由里子1, 小松弘一1, 保坂美生2, 山中 茂1, 増田英明1, 今村清子1 (1横浜市立市民病院. 2内T): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/9/25), 東京.

733041. [研究会] (一般講演) 後腹膜腔に発生した気管支原性嚢胞の一切除例. 竪月順也1, 小松弘一1, 保坂美生2, 吉沢茂雄1, 原 由里子1, 山中 茂1, 長久保秀一1, 熊崎博一1, 今村清子1 (1横浜市立市民病院. 2内T): 第19回横浜病院消化器フォーラム (2004/11/12), 横浜.

733042. [研究会] (一般講演) クローン病に対する短期栄養評価. 吉澤 繁, 勝又伴栄, 春木聡美, 小川大志, 小林清典, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内T): 第34回神奈川IBD (2004/11), 横浜. プログラム・抄録集, 2, 2004.

733043. [学会 (地方)] (一般講演) 肝細胞癌からの総胆管内落下腫瘍塊による急性膵炎の1例. 星 健太1,2, 大野 隆1,2, 前澤 寧1,2, 穴澤康志1,2, 中野史郎1,2 (1内T. 2伊勢原協同病院): 第79回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/12/3-4), 東京. Progress of Digestive Endoscopy, 66 (1): 93, 2004.

733044. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 内視鏡的大腸ポリープ摘除術における入院用クリニカルパスの使用経験について. 横山 薫 (内T): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/12/4), 東京. Prog Dig Endosc, 65 (1): 69, 2004.

733045. [研究会] (一般講演) 血球成分除去療法の治療早期における効果判定について. 横山 薫, 勝又伴栄, 小林清典, 吉澤 繁, 佐田美和, 五十嵐正広, 西元寺克禮 (内T): 神奈川サイタフェレーシス研究会第2回研究報告会 (2004/12/9), 横浜.

733046. [学会 (地方)] (一般講演) HCV陽性肝硬変におけるOccult HBV感染と発癌. 安達 滋, 渋谷明隆, 玉真俊平, 穴澤康志, 渋谷樹子, 渡邊真彰, 中沢貴秀, 竹内敦子, 西元寺克禮 (内T): 第35回日本肝臓学会東部会 (2004/12/11), 東京. 肝臓, 45 (S.3): A574, 2004.

733047. [研究会] (一般講演) 上部胃癌は下部胃癌よりも化学療法に奏功する. 樋口勝彦, 小泉和三郎, 田辺 聡, 佐々木 徹, 中山昇典, 西元寺克禮 (内T): 第27回神奈川胃癌治療研究会 (2004/12/20), 横浜. プログラム・抄録集, 26, 2004.

733048. [研究会] (一般講演) 食道静脈瘤合併門脈圧亢進症における一酸化窒素 (No) 代謝産物の検討. 日高 央 (内T): 第23回サイトプロテクション研究会 (2005/2/4), 京都.

733049. [学会 (地方)] (一般講演) 広範な転移をきたした大腸扁平上皮癌の1例. 石戸謙次1, 安達 滋1, 和田由美子1, 玉真 俊平1, 菅野 聡1, 三富 弘之2 (1内T. 2国立相模原病院): 第283回日本消化器病学会関東支部例会 (2005/2/19), 東京.

733050. [研究会] (一般講演) 大腸憩室出血に対する緊急内視鏡下止血術の有用性と問題点. 吉澤 繁, 五十嵐正広, 春木聡美, 佐田美和, 小林清典, 勝又伴栄, 西元寺克禮 (内T): 第13回クリニカル・ビデオフォーラム (2005/2), 東京. プログラム・抄録集, 53, 2005.

733051. [学会 (地方)] (一般講演) 腹部CT検査にて特徴的所見を呈したFitz-Hugh-Curtis syndromeの1例. 和田由美子1, 安達  滋1, 石戸謙次1, 玉真俊平1, 菅野 聡1, 大森智子2, 瀧川政和2, 三富 弘之3 (1内T. 2放. 3病理): 日本内科学会関東地方会 (2005/3/12), 東京.


<<内科学T(内分泌代謝内科学)>>

[学術論文]

110073. [原著] Renal ultranstructural changes in normo-and microalbuminuric Japanese type 2 diabetic patients revealed by quick-freezing and deep-etching methods. 守屋達美, 田中啓司, 藤田芳邦 (内T): 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy Proceeding, 1242-1243, 2004.

120010. [原著] 糖尿病を合併した虚血性心疾患患者のQOL特性. 岩村貴美1, 高橋由美1, 岩松秀樹1, 廣瀬真純1, 増田沙織2, 齋藤正和3, 神谷健太郎3, 米澤隆介3, 坂本純子3, 松永篤彦3, 増田 卓2,5, 守屋達美4, 田中啓司4, 町田千絵子4, 和泉 徹5 (1心臓リハビリテーション室. 2医衛. 3医療系大学院. 4内T. 5内U): 心臓リハビリテーション, 98 (1): 96-100, 2004.

520059. [総説] 生活習慣病とプロテオミクス. 高田哲秀1, 松原まどか, 小寺義男2, 大石正道2, 前田忠計2, 藤田芳邦1 (1内T. 2理学部): 遺伝医学MOOK (in press), 2004.

520060. [総説] 細小血管障害としての糖尿病性腎症と大血管障害としての動脈硬化症. 田中啓司, 守屋達美 (内T): 血管外科, 23 (1): 23-26, 2004.

[学会・研究会等]

712010. [学会 (国際)] (一般講演) Renal ultranstructural changes in normo-and microalbuminuric Japanese type 2 diabetic patients revealed by quick-freezing and deep-etching methods. 守屋達美, 田中啓司, 藤田芳邦 (内T): 8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy (2004/6/7-11), 金沢. 8th APEM Program and Summaries, 62, 2004.

723136. [学会 (全国)] (一般講演) JDCSにおけるライフスタイル介入の糖尿病腎症の発症・進展に及ぼす効果−6年次解析より−. 横田千津子, 守屋達美1, 山田研一, 水野佐智子, 大橋靖雄, 山田信博, 赤沼安夫, 矢島義忠, 片山茂裕 (1内T): 第47回日本糖尿病学会年次学術集会 (2004/5/13-15), 東京. 糖尿病, 47: S-162, 2004.

723137. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病における腎組織像と臨床的特徴および予後との関連. 田中啓司1, 守屋達美1, 青柳祥夫, 黒川智彦1, 神山太郎, 平澤陽子1, 鎌田裕二1, 高田哲秀1, 藤田芳邦1 (1内T): 第47回日本糖尿病学会年次学術集会 (2004/5/13-15), 東京. 糖尿病, 47: S-206, 2004.

723138. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病の正常〜微量アルブミン尿期の腎生研後3年間の経過観察. 守屋達美1, 田中啓司1, 青柳祥夫, 高田哲秀1, 藤田芳邦1 (1内T): 第47回日本糖尿病学会年次学術集会 (2004/5/13-15), 東京. 糖尿病, 47: S-206, 2004.

723139. [学会 (全国)] (一般講演) 外来糖尿病性腎症教室参加による食事療法および腎症進展防止の効果. 吉田朋子, 人見麻美子, 佐藤照子, 青柳祥夫, 田中啓司1, 守屋達美1, 藤田芳邦1 (1内T): 第47回日本糖尿病学会年次学術集会 (2004/5/13-15), 東京. 糖尿病, 47: S-221, 2004.

723140. [学会 (全国)] (一般講演) 外来における糖尿病性腎症の患者教育に薬剤師の関与は有効である−薬物療法に対する患者の意識とアドヒアランスの向上について−. 勝呂美香, 木村利美, 松原 肇, 佐川賢一1, 矢後和夫1, 青柳祥夫, 田中啓司2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1薬剤部. 2内T): 第47回日本糖尿病学会年次学術集会 (2004/5/13-15), 東京. 糖尿病, 47: S-162, 2004.

723141. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病ラットのプロテオーム解析. 高田哲秀1, 松原まどか, 平澤陽子1, 鎌田裕二1, 大石正道2, 前田忠計2, 藤田芳邦1 (1内T. 2理学部): 第47回日本糖尿病学会年次学術集会 (2004/5/13-15), 東京.


<<内科学U(循環器内科学)>>

[学術論文]

110074. [原著] Prediction of ClinicalRecurrence of Atrioventricular-Nodal Reentrant Tachycardia (AVNRT) After Succeessful Slow Pathway Ablation. 原 英幸, 庭野慎一, 吉田 徹, 松山斉久, 脇坂裕子, 佐々木 毅, 北野義和, 和泉 徹 (内U): Circulation Journal, 686: 558-562, 2004.

110075. [原著] Structual and electrical ventricular remodeling in rat acute myocarditis and subsequent heart failure. 脇坂裕子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 斉藤淳子, 吉田 徹, 平澤正次, Hideaki Kawada, 和泉 徹 (内U): Cardiovascular Reseach, 63: 689-699, 2004.

110076. [原著] Serum Levels of Interleukin-10 on Admission as a Prognostic Predictor of Human Fulminant Myocarditis. 西井基継, 猪又孝元, 竹端 均, 竹内一郎, 中野浩成, 小板橋俊美, 中畑潤一, 青山直善, 和泉 徹 (内U): Journal of the America College of Cardiology, 44 (6): 1297-1298, 2004.

110077. [原著] Effects of the Endothelin Receptor Antagonist Bosentan on Hemodynamics, Symptoms and Functional Capacity in Japanese Patients With Severe Pulmonary Hypertention. 笹山重武1, Takeyoshi Kuneida, Hitonobu Tomoike, Masunori Matsuzaki, Takayuki Kuriyama, 和泉 徹1, Hideki Origasa, Paul LM van Giersbergen, Jasper Dingemanse, Satoshi Tanaka (1内U): Circulation Journal, 69 (2): 131-137, 2005.

110078. [原著] Clinical Characteristics of Heart Disease Patients With a Good Prognosis in Spite of Markedly Increased Plasma Levels of Type-B Natriuretic Peptide (BNP) -Anomalous Behavior of Plasma BNP in Hypertrophic Cardiomyopathy-. 竹内一郎1, 猪又孝元1, 西井基継1, 小板橋俊美1, 中野浩成1, 品川弥人2, 竹端 均1, 和泉 徹1 (1内U. 2内V): Circulation Journal, 69 (3): 277-282, 2005.

310003. [症例報告] Vasospams of the Radial Artery After the Transradial Approach for Coronary Angiography and Angioplasty. 福田直人1, Shin-ichiro Iwahara, Atushi Harada, Shinya Yokoyama, Kouichi Akutsu, Masamichi Takano, Akiyoshi Kobayashi, 黒川信悟1, 和泉 徹1 (1内U): Japanese Heart Journal, 45 (5): 723-731, 2004.

320010. [症例報告] アンジオテンシンU受容体拮抗薬の追加併用投与により劇的改善を認めた難治性心不全の1例. 中野浩成, 猪又孝元, 仁木 淳, 東條大輝, 竹内一郎, 小板橋俊美, 西井基継, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内U): 呼吸と循環, 52 (7): 755〜758, 2004.

520061. [総説] カテコラミン心筋症・心筋炎. 西井基継, 和泉 徹 (内U): Heart View, 8 (6): 74-78, 2004.

520062. [総説] BNPによる重症度診断. 小板橋俊美, 和泉 徹 (内U): Pharma Medica, 22 (6): 29-33, 2004.

520063. [総説] 慢性心不全の治療. 小板橋俊美, 和泉 徹 (内U): 医学と薬学, 51 (6): 790-798, 2004.

[著 書]

620041. [学術書] (共著) 心臓ナビゲーター; 急性心筋炎・急性心外膜炎. 中野浩成, 和泉 徹 (内U), 編集 浅田祐士郎1, 江頭健輔2, 甲斐久史3, 古森公浩4, 佐田政隆5, 室原豊明4 (1宮崎大. 2九州大. 3久留米大. 4名古屋大学大学院. 5東京大大学院), メディカルレビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620042. [学術書] (分担執筆) 心臓の外来診療; 心筋炎, S192-193. 和泉 徹 (内U), 編集 矢崎義雄, 大林完二, 小林 聡, 堀 正二, 松崎益徳, 永井良三, 日本医師会, 東京, 2004/10/15発行.

[学会・研究会等]

713045. [学会 (国際)] (一般講演) TNF-alfa down-regulates transient outward K+ current (Ito) by reducing the expressions of Kv4.2 and KChIP2 in cultured newborn rat cardiomyocytes. A Kawada H, 庭野慎一, 庭野裕恵, 湯本佳宏, 弓削 大, 和泉 徹 (内U): Heart & Rhythm Society Annual Sicentific Meeting (2004/5), San Francisco, USA. possible cause of arrhythmia in acute myocardial inflammation- Heart Rhythm, 1: S220-221, 2004.

713046. [学会 (国際)] (一般講演) Heterogenic process of the appearance of the atrial electrical remodeling in canine rapid stimulation model. 佐藤大輔, 庭野慎一, 小島時昭, 森口昌彦, 脇坂裕子, 池田和子, 犬尾公厚 (内U): The 31st International Congress on Electrocardiology (2004/7), Kyoto. The 31st International Congress on Electrocardiology, p.144, 2004.

713047. [学会 (国際)] (一般講演) Acute myocarditis causes structural and electrical ventricular remodeling -The role of reduction of Ito related molecules in experimental autoimmune myocarditis rat-. 脇坂裕子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 斉藤淳子, 吉田 徹, 平澤正次, 和泉 徹 (内U): The 31st International Congress on Electrocardiology (2004/7), Kyoto. The 31st International Congress on Electrocardiology, p.173, 2004.

713048. [学会 (国際)] (一般講演) Evaluation of the T-wave during exercise-testing in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy (DCM) with and without beta-blockades. 原 英幸, 庭野慎一, 平澤正次, 佐々木 毅, 池田和子, Miyahara H, 和泉 徹 (内U): The 31st International Congress on Electrocardiology (2004/7), Kyoto. The 31st International Congress on Electrocardiology, p.187, 2004.

713049. [学会 (国際)] (一般講演) Exceptions of the diagnostic value for heart failure of plasma B-type natriuretic peptide levels-Disproportion between BNP and norepinephrine levels implies constrictive pericarditis. 猪又孝元, 和泉 徹 (内U): European Society of Cardiology Congress 2004 (2004/8/28-9/1), Munich.

713050. [学会 (国際)] (一般講演) B-type-natriuretic-peptide-guided management reduces the impact of atrial fibrillation on the prognosis of patients with heart failure. 小板橋俊美, 猪又孝元 (内U): European Society of Cardiology Congress 2004 (2004/8/28-9/1), Munich.

713051. [学会 (国際)] (一般講演) Evaluation of long-term prognosis of ventricular arrhythmias originating from right ventricular outflow tract (RVOT). 脇坂裕子, 庭野慎一, 佐々木 毅, 平澤正次, 佐藤大輔, 今木隆太, 弓削 大, 森口昌彦, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内U): Scientific Sessions of American Heart Association (2004/11), New Orleans, USA. Circulation, 110: III-694-695, 2004.

713052. [学会 (国際)] (一般講演) Role of IQGAPI in Racl and reactive oxygen species-dependent VEGF signaling linked to angiogenesis. 山岡 (東條) 美奈子1, 東條大輝1, Satoshi I, Hilenski L, Patrushev NA, Alexander RW, Ushio-Fukai M (1内U): Scientific Sessions of American Heart Association (2004/11), New Orleans, USA. Circulation, abstrct, 110: IV, 2004.

713053. [学会 (国際)] (一般講演) Role of reactive oxygen species derived from NAD (P) H oxidase in postnatal angiogenesis in response to hindlimb ischemia. 東條大輝1, Ushio-Fukai M, 山岡 (東條) 美奈子1, Satoshi I, Patrushev NA, Alexander RW (1内U): Scientific Sessions of American Heart Association (2004/11), New Orleans, USA. Circulation, abstrct, 110: IV, 2004.

713054. [学会 (国際)] (ポスター) Immunomodulatory Effects of beta-Adrenergic Stimulation Through G-Protein Signaling Pathway on the Development of Myocarditis. 中野浩成, 猪又孝元, 西井基継 (内U): American College of Cardiology Scientific Session 2005 (2005/3/6-9), J Am Coll Cardiol, 45 (Suppl A): 165A, 2005.

713055. [学会 (国際)] (一般講演) Dual role of antioxidant-1 in modulating the activity and expression of extracellular superoxide dismutase. Viktoria Jeney, Shinichi Ito, Zhenyu Qin, 東條大輝1, Francis J Miller Jr, Masuko Ushio-Fukai, Tohru Fukai (1内U): AHA scientific essions (2004/11), New Orleans, USA.

713056. [学会 (国際)] (一般講演) B type natriuretic peptide guided management reduces the impact of atrial fibrillation on the prognosis of patients with heart failure. 小板橋俊美, 猪又孝元, 竹内一郎, 中野浩成, 西井基継, 竹端 均, 中畑潤一, 黒川信悟, 和泉 徹 (内U): ESC congress (2004/8/28/-9/1), Munich, Germany.

713057. [学会 (国際)] (一般講演) Comparison of FDG-PET and Tc-99m-Flolate-spect to detect infiltration of inflammatory cells as a marker for atherosclerosis. 鴇田尚樹1, Pat Zanzonico2, Mark Dunphy2, Yuliya Jhanwar2, Gregor J. Forster2, Elmer B. Santos2, Peter M. Smith-Jones2, Steven M. Larson2, Harry W. Strauss2 (1Internal Medicine and Cardiology, Kitasato University School of Medicine, Sagamihara, Kanagawa, Japan. 2Nuclear Medicine Laboratory, Memorial Sloan-Kettring Cancer Center, New York, NY): Society of Nuclear Medicine Annual Meeting (2004/6/19), Toronto, Canada

722023. [学会 (全国)] (シンポジウム) Effects of combined administration of angiotensin-II receptor blocker in patients with refractory heart failure treated with angiotensin-converting enzyme inhibitor. 猪又孝元, 和泉 徹 (内U): 第52回日本心臓病学会学術集会 (2004/9/13-15), 京都. J Cardiol, 44 (SupplI): 122, 2004.

722024. [学会 (全国)] (シンポジウム) Immunomodu-latory Effects of beta-Adrenergic Stimulation Through G-Protein Signaling Pathway on the Development of Myocarditis. 猪又孝元, 中野浩成, 西井基継 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会(2005/3/19-21), 神奈川. Circ J, 69 (Suppl I): 35, 2005.

722025. [学会 (全国)] (シンポジウム) Tailored B-Type-Natriuretic-Peptide-Guided Strategy for Heart Failure Management. 猪又孝元 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. Circ J, 69 (Suppl I): 48, 2005.

723142. [学会 (全国)] (コメディカルセッション・教育講演) 慢性心不全治療の最前線−薬物療法. 猪又孝元 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. プログラム, p.189, 2005.

723143. [学会 (全国)] (一般講題) 慢性心不全β遮断薬療法における血中マーカー測定の意義. 猪又孝元, 竹内一郎, 中野浩成 (内U): 第101回日本内科学会講演会 (2004/4/4), 東京. 日本内科学会雑誌, 93 (Suppl): 170, 2004.

723144. [学会 (全国)] (一般講演) 植え込み型除細動器 (ICD) 植え込み症例の臨床経過における作動状況. 弓削 大, 庭野慎一, 今木隆太, 平澤正次, 佐藤大輔, 佐々木 毅, 脇坂裕子, 原 英幸, 森口昌彦, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内U): 第19回日本心臓ペーシング・電気生理学会学術大会 (2004/5/27-29), 新潟. 不整脈, 20: 264, 2004.

723145. [学会 (全国)] (一般講題) 心不全症例における心機能変化と不整脈発生の相関の検討. 平澤正次, 庭野慎一, 猪又孝元, 弓削 大, 今木隆太, 佐藤大輔, 佐々木 毅, 脇坂裕子, 原 英幸, 森口昌彦, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内U): 第19回日本心臓ペーシング・電気生理学会学術大会 (2004/5/27-29), 新潟. 不整脈, 20: 224, 2004.

723146. [学会 (全国)] (一般講題) ブルガダ型心電図症例におけるVF誘発性と臨床的危険予測因子の比較検討. 今木隆太, 庭野慎一, 弓削 大, 平澤正次, 佐藤大輔, 佐々木 毅, 脇坂裕子, 湯本佳宏, 庭野裕恵. 原 英幸, 森口昌彦, 和泉 徹 (内U): 第19回日本心臓ペーシング・電気生理学会学術大会 (2004/5/27-29), 新潟. 不整脈, 20: 196. 2004.

723147. [学会 (全国)] (一般講題) 拡張型心筋症患者における運動負荷時T波形態変化の観察. 原 英幸, 庭野慎一, 平澤正次, 和泉 徹 (内U): 第19回日本心臓ペーシング・電気生理学会学術大会 (2004/5/27-29), 新潟. 不整脈, 20: 212 2004.

723148. [学会 (全国)] (一般講題) 心房細動周期長の日内変動に影響する因子の検討. 細動周波数解析による検討. 佐々木 毅1, 庭野慎一1, 今木隆太1, 弓削 大1, 平澤正次1, 佐藤大輔1, 脇坂裕子1, 原 英幸1, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 和泉 徹, 藤木 明 (1内): 第19回日本心臓ペーシング・電気生理学会学術大会 (2004/5/27-29), 新潟. 不整脈, 20: 244, 2004.

723149. [学会 (全国)] (一般講題) 慢性心不全に合併する心房細動の層別化〜心不全予後規定因子としての発作性心房細動の意義. 小板橋俊美, 猪又孝元, 庭野慎一 (内U): 第52回日本心臓病学会学術集会 (2004/9/13-15), 京都. J Cardiol, 44 (Suppl I): 305, 2004.

723150. [学会 (全国)] (一般講題) BNPガイドによる心不全患者の管理. 猪又孝元 (内U): 第52回日本心臓病学会学術集会 (2004/9/13-15), 京都. J Cardio, 44 (Suppl I): 180, 2004.

723151. [学会 (全国)] (一般講題) 心室頻拍の二次予防におけるEPSガイド治療の意義の検討. 弓削 大, 庭野慎一, 森口昌彦, 平澤正次, 今木隆太 ,佐藤大輔 ,佐々木 毅, 和泉 徹 (内U): 第21回心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 大阪. 心電図, 24: 334, 2004.

723152. [学会 (全国)] (一般講題) 心筋炎ラットにおけるニコランジルとメキシレチンの心筋保護作用の検討. 平澤正次, 庭野慎一, 脇坂裕子, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内U): 第21回心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 大阪. 心電図, 24: 356, 2004.

723153. [学会 (全国)] (一般講題) 特発性拡張型心筋症 (DCM) 患者における運動負荷時T波形態変化の観察. 原 英幸1, 庭野慎一1, 守田憲崇, 岡山 智, 池田憲昭1, 伊藤浩嗣, 犬尾公厚1, 和泉 徹1 (1内U): 第21回心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 大阪. 心電図, 24: 329, 2004.

723154. [学会 (全国)] (一般講題) 心筋炎における左室の構造的・電気的リモデリングの経時的評価. 脇坂裕子, 庭野慎一, 庭野裕恵, 斉藤淳子, 吉田 徹, 平澤正次, 和泉 徹 (内U): 第21回心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 大阪. 心電図, 24: 354, 2004.

723155. [学会 (全国)] (一般講題) ヒト心房利尿ペプタイド (hANP) 代謝阻害薬は短期的電気的リモデリングを抑制する. 今木隆太, 庭野慎一, 佐藤大輔, 吉田 徹, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内U): 第21回心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 大阪. 心電図, 24: 354, 2004.

723156. [学会 (全国)] (一般講題) 心房細動波周期長に対する左室機能障害の影響についての検討−細動波周波数解析による検討−. 佐々木 毅1, 庭野慎一1, 今木隆太1, 弓削 大1, 平澤正次1, 佐藤大輔1, 脇坂裕子1, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1, 藤木 明 (1内U): 第21回心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 大阪. 心電図, 24: 358, 2004.

723157. [学会 (全国)] (一般講題) The Role of Phosphoinositie 3-kinase in Thyroid Hormone Induced Cardiac Hypertrophy in Mice. 小杉理恵 (内U): 第8回日本心不全学会学術集会 (2004/9/30-10/2), 岐阜.

723158. [学会 (全国)] (一般講題) Clinical significance of serial measurements of cardiactroponin T level to predict fulmination of acute myocarditis. 猪又孝元, 竹端 均, 竹内一郎 (内U): 第8回日本心不全学会学術集会 (2004/9/30-10/2), 岐阜. 抄録集, p.122, 2004.

723159. [学会 (全国)] (一般講題) 左室ペーシングの併用により著明な心機能改善が得られた弁置換術後の一例. 品川弥人, 猪又孝元1, 森口昌彦1 (1内U): 第8回日本心不全学会学術集会 (2004/9/30-10/2), 岐阜. 抄録集, p.206, 2004.

723160. [学会 (全国)] (一般講題) Conflicting Effects on Experimental Autoimmune Myocarditis by Disrupting of Gi Protein Signal. 中野浩成, 猪又孝元, 西井基継 (内U): 第8回日本心不全学会学術集会 (2004/9/30-10/2), 岐阜. 抄録集, p.149, 2004.

723161. [学会 (全国)] (一般講題) 催不整脈性心筋症様の臨床経過をとり心筋に脂質沈着を認め組織学的に心Fabry病が疑われた一剖検例. 竹内一郎, 猪又孝元, 勝沼英太 (内U): 第8回日本心不全学会学術集会 (2004/9/30-10/2), 岐阜. 抄録集, p.221, 2004.

723162. [学会 (全国)] (一般講題) Angiotensin II Receptor Antagonist Suppressed The Expression of Aging Markers in Diabetic Mouse Heart. 小杉理恵 (内U): ISHR The 21st Annual Meeting of the Japanese Section (2004/11/24-25), 山梨.

723163. [学会 (全国)] (一般講題) Swan-Ganzカテーテル一回心拍出量測定による急性心筋梗塞再灌流直後での気絶心筋の評価. 吉田 徹1, 今井 寛2, 町井正人3, 井上文子2, 小林 勲3, 浅利 靖, 相馬一亥3, 和泉 徹1 (1内U. 2救命. 3胸外): 第31回日本集中治療医学会学術集会 (2004/3/4-6), 福岡. 日本集中治療医学会雑誌, 11 (Suppl): 142, 2004.

723164. [学会 (全国)] (一般講演) 冠動脈造影で全く描出されなかったびまん性狭窄が剖検時に判明し, 所見が大きく乖離した心臓突然死例. 吉田 徹1, 今井 寛2, 町井正人3, 山本信行2, 浅利 靖2, 相馬一亥2, 和泉 徹1, 永井智紀4, 栗原克由4 (1内U. 2救命. 3胸外. 4法医): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/14-16), 横浜. 日本臨床救急医学会雑誌, 7 (2): 200, 2004.

723165. [学会 (全国)] (一般講演) 当院救命救急センターに搬送された心疾患患者数の季節変動−ストレスとの関連から−. 吉田 徹1, 片岡祐一2, 今井 寛2, 佐藤千恵2, 小林 勲2, 北野義和2, 上條吉人2, 北原孝雄2, 相馬一亥2 (1内U. 2救命): 第32回日本救急医学会総会・学術集会 (2004/10/27-29), 千葉. 日救急医会誌, 15: 404, 2004.

723166. [学会 (全国)] TNF-alfa induced Ion Channel (Ito) Down Regulation in Myocyte is not Mediated by Reactive Oxygen Species (ROS). 弓削 大, 庭野慎一, 庭野裕恵, Kawada H, 湯本佳宏, 脇坂裕子, Sasaki S, 和泉 徹 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. Circ J, 69 (1): 273, 2005.

723167. [学会 (全国)] Neutralendopeptide Inihbitor (NEPI) Suppresses Early Phase of Atrial Electrical Remodeling in Canine Rapid Atrial Stimulation Model. 今木隆太, 庭野慎一, 佐藤大輔, 吉田 徹, 庭野裕恵, 和泉 徹 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. Circ J, 69 (1): 367, 2005.

723168. [学会 (全国)] Bepridil Inhibits Sub-acute Phase of the Atrial Electrical Remodeling in Canine Rapid Atrial Stimulation Model. 佐藤大輔, 庭野慎一, 庭野裕恵, 今木隆太, 小島時昭, 和泉 徹 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. Circ J, 69 (1): 609, 2005.

723169. [学会 (全国)] (一般演題・口述) Clinical Significance of Aggressive Intervension with Defibrillation and Pharmacological Maintenance of Sinus Rhythm for Persistent Atrial Fibrillation with Heart Failure. 小板橋俊美1, 猪又孝元1, 庭野慎一1, 中野浩成1, 竹内一郎1, 品川弥人, 西井基継1, 竹端 均1, 黒川信悟1, 和泉 徹1 (1内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. Circ J, 69 (1): 189, 2005.

723170. [学会 (全国)] (学術委員会報告) 「急性および慢性心不全の診断・治療に関するガイドライン」解説−総論・急性心筋炎. 猪又孝元 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. プログラム, p.680, 2005.

723171. [学会 (全国)] (一般演題・口述) Clinical Characteristics of Heart Disease Patinets with a Good Prognosis in spite of Markedly Increased BNP. 竹内一郎, 猪又孝元, 西井基継 (内U): 第69回日本循環器学会総会・学術集会 (2005/3/19-21), 神奈川. Circ J, 69 (Suppl): 233, 2005.

723172. [学会 (全国)] (一般講題) Cardiac Aging - Angiotensin II Receptor Antagonist Suppressed the Expression of Senescence Markers in Diabetic Mouse Hear. 小杉理恵 (内U): 第69回日本循環器学会 (2005/3/19〜21), 神奈川.

732020. [学会 (地方)] (教育講演) 症例提示・解説−BNPガイドの心不全治療. 猪又孝元 (内U): 第13回日本心臓病学会教育セミナー・アドバンスコース (2005/3/6), 大阪.

733052. [学会 (地方)] (一般講演) 特異な末梢神経障害を有し急性進行性の心機能障害により死亡した若年例. 今木隆太, 猪又孝元 (内U): 第190回関東甲信越地方会 (2004/6/18), 東京.

733053. [学会 (地方)] 慢性心不全に合併する心房細動の層別化−心不全予後規定因子としての発作性心房細動の意義. 小板橋俊美1, 猪又孝元1, 庭野慎一1, 中野浩成1, 竹内一郎1, 品川弥人, 西井基継1, 和泉 徹1 (1内U): 心不全と不整脈フォーラム (2004/11), 東京. Jpn J Cardiol, 44: 305, 2004.

733054. [学会 (地方)] (一般講演) 血漿BNPが低値にも関わらずβ遮断薬導入が困難であった重症心不全の一例. 品川弥人, 猪又孝元1, 渡辺昌文1 (1内U): 第194回関東甲信越地方会 (2004/12/4), 東京. Circ J, 69 (Suppl II): 838, 2004.

733055. [学会 (地方)] (一般演題・口述) 心不全増悪期の臨床指標に基づく慢性心不全の予後予測−右心不全徴候に着目して. 品川弥人, 猪又孝元1, 中野浩成1 (1内U): 第17回神奈川心不全研究会 (2005/2/19), 横浜.

733056. [学会 (地方)] (一般講演) 救急隊による直流除細動にて救命に成功した非特異的心電図のBrugada症候群の一例. 前川恵美, 森口昌彦1, 品川弥人, 弓削 大1, 西井基継1, 北野義和2, 吉田 徹1, 福田直人1, 庭野慎一1, 和泉 徹1 (1内U. 2救命): 第194回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2004), 東京. Circulation J, 69 (Suppl II): 844, 2004.

733057. [学会 (地方)] (一般講演) 僧帽弁置換術が奏功した閉塞性肥大型心筋症の僧帽弁狭窄症合併例. 成毛 崇, 勝沼英太, 猪又孝元 (内U): 第195回関東甲信越地方会 (2005/2/5), 東京.

733058. [学会 (地方)] 診断に苦慮した2次性心アミロイドーシスの1例. 山本憲子, 原 英幸1, 加藤伸太郎, 町谷公美恵, 伊藤浩嗣, 橋本淑子, 若林良則, 江口正信 (1内U): 第195回日本内科学会東海地方会 (2005/2), 三重.

733059. [学会 (地方)] (一般講演) 減圧症と診断された急性大動脈解離の一例. 吉田 徹1, 服部 潤, 小林 勲2, 島田 謙3, 片岡祐一2, 西巻 博4, 山本紳一郎2, 佐藤千恵2, 引田俊一2, 今井 寛2, 北原孝雄2, 相馬一亥2 (1内U. 2救命. 3外. 4放): 第4回日本高気圧環境医学会関東地方会・第6回潜水医学講座小田原セミナー合同学術集会 (2005), 小田原. 日本高気圧環境医学会関東地方会誌, 3 (3): 35, 2005.

733060. [学会 (地方)] (一般講演) 当初, 減圧症との判別が困難であった急性大動脈解離の一例. 服部 潤, 吉田 徹1, 小林 勲2, 島田 謙3, 片岡祐一2, 西巻 博4, 山本紳一郎2, 佐藤千恵2, 引田俊一2, 今井 寛2, 北原孝雄2, 相馬一亥2 (1内U. 2救命. 3外. 4放): 第55回日本救急医学会関東地方会 (2005), 千葉.

733061. [研究会] (一般講演) 甲状腺ホルモンによる心肥大におけるPI3K経路の関与. 小杉理恵 (内U): 第8回Molecular Cardiovascular Conference (2004), 北海道.

733062. [研究会] (一般講演) 特異な血中バイオマーカー所見が診断の契機となり, 心膜切開術にて軽快した収縮性心膜炎の一例. 猪又孝元, 勝沼英太 (内U): 第16回神奈川心不全研究会 (2004/8/7), 神奈川.

733063. [研究会] (一般講演) 右心不全所見の改善にもかかわらず著明な腹水貯留が持続した原発性肺高血圧症の一死亡例. 小板橋俊美, 猪又孝元 (内U): 第5回肺高血圧症治療研究会 (2004/5/29), 東京.

733064. [研究会] (一般講演) 抑制性G蛋白シグナル阻害による実験的自己免疫性心筋炎の両方向性修飾効果とその機序の解明. 猪又孝元, 中野浩成 (内U): 特発性心筋症に関する調査研究班 平成16年度第1回班会議 (2004/6/12), 北海道.

733065. [研究会] (一般講演) 褐色細胞腫破裂に伴い急性発症したカテコラミン心筋症の一剖検例. 品川弥人, 猪又孝元1, 松山斉久 (1内U): 第26回心筋生検研究会 (2004/11/26-27), 千葉. 抄録集, p.49, 2004.

733066. [研究会] (一般講演) 抑制性G蛋白シグナル阻害による実験的自己免疫性心筋炎の両方向性修飾効果とその機序の解明. 猪又孝元, 中野浩成, 西井基継 (内U): 特発性心筋症に関する調査研究班 平成16年度第2回班会議 (2005/2/4), 札幌. 抄録集, p.6, 2005.


<<内科学V(神経内科学)>>

[学術論文]

110079. [原著] Eletriptan for the treatment of migraine: results of bridging a Japanese study to Western clinical trials. 坂井文彦1, Diener HC, Ryan R, Poole P (1内V): Current Medical Research and Opinion 2004.

110080. [原著] MIDAS-assessment of migraine management including the use of triptans in Japan. 大塚紀子, 坂井文彦, 飯ヶ谷美峰 (内V): Headache Care, 1 (2): 2004: in press.

110081. [原著] Triptophan-immobilized Column-based Immunoadsorption as the Chpice Method for Plasmapheresis in Guillan-Barr Syndrome. 岡宮 聡, 荻野美恵子, 荻野 裕, 入江幸子, 金澤直美, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内V): Therapeutic Apheresis and Dialysis, 8 (3): 248-253, 2004.

110082. [原著] Serotonin 2C receptor gene Cys23er polymorphism: a candidate genetic risk factor of migraine with aura in Japanese population. Kusumi M, Ijiri T, Kowa H, Adachi Y, Takeshima T, 坂井文彦1, Nakashima K (1内V): Acta Neurologica Scandinavica, 109: 407-409, 2004.

110083. [原著] Predicting Long-term Functional Outcome of Stroke Using Multivariate Analysis. Sugimoto S, Kanda T, 坂井文彦1 (1内V): Journal of Physiological Therapuic Science, 16 (2): 129-135, 2004.

110084. [原著] FK506 abrogates delayed neuronal death via suppression of nitric oxide production in rats. Sasaki T1, 濱田潤一1,2, Shibata M1, Gotoh J1, 福内靖男1 (1慶応大. 2内V): Brain Res, 1009: 34-39, 2004.

110085. [原著] Current status of diagnosis and treatment of migraine headache in Japanese women. 五十嵐久佳1,2, 坂井文彦1 (1内V. 2富士通鞄多摩工場健康推進センター): Headache care, 1: 1-7, 2004.

110086. [原著] SNCA multiplication is not a common cause of Parkinson disease or dementia with Lewy bodies. J Johnson, SM Hague, M Hanson, A Gibson, KE Wilson, EW Evans, AA Singleton, A McInerney-Leo, RL Nussbaum, DG Hernandez, M Gallardo, IG McKeith, DJ Burn, 梁 正淵1, O Hellstrom, B Ravina, J Eerola, RH Perry, E Jaros, P Tienari, R Weiser, K Gwinn-Hardy, CM Morris, J Hardy, AB Singleton (1内V): Neurology, 63 (3): 554〜556, 2004.

120011. [原著] 日本語版片頭痛用quality of life調査書の信頼性と妥当性の検討. 坂井文彦1, 福内靖男, 岩田 誠, 西村周三, 濱田潤一1, 鈴木則宏1, 五十嵐久佳1, 清水利彦, 橋本しおり, 望月温子 (1内V): 神経治療学, 21 (49): 449-458, 2004.

120012. [原著] 日本語版片頭痛用quality of life調査書の言語的妥当性の検討. 濱田潤一1, 清水利彦, 福内靖男, 坂井文彦1, 岩田 誠, 西村周三 (1内V): 神経治療, 21: 443-447, 2004.

120013. [原著] 日本語版Headache Impact Test (HIT-6) の信頼性の検討. 坂井文彦1, 福内靖男, 岩田 誠, 濱田潤一1, 五十嵐久佳1 , 清水利彦, 陶山和明, 影山 聡, 荒川一郎, 井尻章悟, 植地泰之, 永田 傳 (1内V): 臨床医薬, 20 (10): 1045-1054, 2004.

120014. [原著] 当院職員における頭痛の実態調査について. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 日本頭痛学会誌, 31 (2): 89-91, 2004.

120015. [原著] 片頭痛症状の訴え方−肩こりと頭痛の部位・性状−. 竹島多賀夫1, 五十嵐久佳2,3, (1鳥取大. 2内V. 3富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 診断と治療, 92: 1075〜1080, 2004.

120016. [原著] 5-HT受容体刺激のラットcortical spreading depressionおよび随伴する脳血流増加反応に与える影響. 福田倫也1, 鈴木則宏1, 小泉健三1, 塚原信也2, 坂井文彦1, 太田晃一3 (1内V. 2七沢リハビリテーション病院. 3水戸赤十字病院): 脳循環代謝, 16: 64-65, 2004.

210020. [短報] The International Classification of Headache Disorders, 2nd Edition (ICHD-II)- revision of criteria for 8.2 Medication-overuse headache. SD Silberstein, J Olesen, M-G Bousser, H-C Diener, D Dodick, M First, PJ Goadsby, H Gobel, MJA Lainez, JW Lance, RB Lipton, G Nappi, 坂井文彦1, J Schoenen, TJ Steiner (1内V): Cephalalgia, 25: 460-465, 2005.

220010. [短報] sumatriptanのラットcortical spreading depressionに及ぼす影響について. 福田倫也1, 鈴木則宏1, 小泉健三1, 塚原信也2, 坂井文彦1, 太田晃一3 (1内V. 2七沢リハビリテーション病院. 3水戸赤十字病院): 日本頭痛学会誌, 31 (2): 105-107, 2004.

220011. [短報] ラット三叉神経脳血管枝電気刺激における内頸静脈血中Cysteinyl leukotrienesの変動. 塚原信也1, 鈴木則宏2, 福田倫也2, 小泉健三2, 丸山茂善3, 坂井文彦2 (1七沢リハビリテーション病院. 2内V. 3実動): 日本頭痛学会誌, 31 (2): 44-46, 2004.

220012. [短報] MIDAS質問票によるトリプタン系薬剤の客観的評価. 大塚紀子, 飯ヶ谷美峰, 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内V): 日本頭痛学会会誌, 31 (2): 95-97, 2004.

310004. [症例] Vasogenic leakage on the mechanism of migraine with prolonged aura in Sturge-Weber syndrome. 飯塚高浩, 坂井文彦, 山川貴久子, 鈴木康輔, 鈴木則宏 (内V): Cephalalgia, 24: 767-770, 2004.

320011. [症例報告] 重度の嚥下障害で発症し対照的な経過を辿った延髄外側症候群の2例. 笠原 隆1, 小山祐司1, 出江紳一1, 秋山久尚2,3, 古川俊明1, 栗原由佳1, 角谷直彦1, 石田 暉1 (1東海大. 2内V. 3川崎市立井田病院): 日本リハビリテーション医学, 41 (8): 555-560, 2004.

320012. [症例報告] 誌上討論“リスクファクターを伴わず再発性多発性脳梗塞を呈した高齢者例”. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 内科専門医会誌, 16 (2): 263-273, 2004.

320013. [症例報告] 誌上討論“腹痛・高血圧で発症し腹部CTで両側腎梗塞, 左副腎腫大, 両側腎動脈狭窄を認めた44歳女性”. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 内科専門医会誌, 16 (3): 502-513, 2004.

320014. [症例報告] 誌上討論“急性腎不全を呈した60歳の男性”. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 内科専門医会誌, 16 (4): 697-703, 2004.

320015. [症例報告] Progressing strokeで発症し, 主幹動脈高度侠窄が短期間し消失した片側性境界領域梗塞の一例. 鈴木康輔, 宮川沙織, 飯塚高浩, 門前達哉, 鈴木則宏, 坂井文彦 (内V): 分子脳血管病, 3 (2): 236-239, 2004.

320016. [症例報告] 肺炎球菌とアスペルギルスの混合感染による髄膜脳炎の一例. 門前達哉1, 飯塚美香1, 阪本美奈子1, 由井進太郎1, 鈴木康輔1, 飯塚高浩1, 坂井文彦1, 相馬一亥2 (1内V. 2救命): 分子脳血管病, 3 (2): 2004.

320017. [症例報告] Zolmitriptan (Zomig) 内服にて誘発された冠攣縮性狭心症の1例. 秋山久尚1,2, 神山美香2 (1内V. 2川崎市立井田病院): 日本頭痛学会誌, 31 (2): 114-116, 2004.

510004. [総説] Pathogenesis of stroke-like episodes in MELAS: Analysis of neurovascular cellular mechanisms. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内V): Current Neurovascular Research, 2: 29-45, 2005.

520064. [総説] プライマリケアにおける片頭痛の見分け方. 坂井文彦 (内V): Pharma Medica, 22 (1): 75-85, 2004.

520065. [総説] 医学と医療の最前線. 片頭痛の治療. 最近の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内V): 日本内科学会雑誌, 93 (2): 198-205, 2004.

520066. [総説] 機能性疾患の治療の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内V): 神経治療学, 21 (4): 427-436, 2004.

520067. [総説] 頭痛に関する国際的動向. 坂井文彦 (内V): カレントテラピー, 22 (10): 85, 2004.

520068. [総説] Migraine-QUESTの有用性と活用法. 坂井文彦 (内V): Medical Tribute, 55, 2004.

520069. [総説] 脳血管障害と頭痛. 濱田潤一 (慶応大・内V): 治療, 86 (4): 1541-1547, 2004.

520070. [総説] 内科コモンプロブレム 頭痛. 濱田潤一 (慶応大・内V): Medicina, 41 (4): 592-596, 2004.

520071. [総説] 痛みの分子メカニズムと臨床 片頭痛. 濱田潤一 (慶應大・内V): Molecular Medicine, 41 (6): 729-735, 2004.

520072. [総説] 妊娠中 (時) における片頭痛. 濱田潤一 (慶応大・V): 神経内科, 61 (1): 34-39, 2004.

520073. [総説] 特集 神経疾患治療の進歩 (2003年) 機能性疾患の治療の進歩. 飯塚高浩, 坂井文彦 (内V): 神経治療学, 21 (4): 427-436, 2004.

520074. [総説] 労働者の体の症状の訴えへの対応 頭痛. 五十嵐久佳 (内V・富士通鞄多摩工場健康推進センター): 治療, 86 (3): 507-509, 2004.

520075. [総説] プライマリーケアの実際−臨床研修マニュアル−「頭痛」. 五十嵐久佳 (内V・富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 臨床医, 30 (増): 827-828, 2004.

520076. [総説] 高血圧の急性増悪. 阿久津二夫 (内V): 救急医学, 26 (9): 1019-1022, 2004.

520077. [総説] 妊娠に伴う高血圧性脳症, 脳出血. 阿久津二夫 (内V): 神経内科, 61 (1): 30-33, 2004.

520078. [総説] α-シヌクレイン遺伝子重複とレヴィ−小体病. 梁 正淵 (内V・伊勢原協同病院): Dementia Japan, 18 (3): 235-244, 2004.

520079. [総説] 片頭痛の診断ポイント. 大塚紀子1, 鈴木則宏1,2 (1内V. 2慶応大): 治療, 31 (4): 1471-1476, 2004.

520080. [講座] 緊急を要するしびれと痛み. 福田倫也 (内V): Medicina 8. 内科医が診るしびれと痛み, p.1287-1289, 2004.

520081. [講座] 慢性頭痛の最新薬物療法. 福田倫也, 坂井文彦 (内V): 月刊ナーシング, 11: Nursing Lecture 6-14, 2004.

520082. [解説] 新しい国際頭痛分類. 頭痛をめぐる最近の話題, 特集. 坂井文彦 (内V): 脳と神経, 56 (8): 639-643, 2004.

520083. [解説] 臨床クイズ“血液透析療法導入後に著明な血小板減少を来たした慢性腎不全の1例”. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 内科専門医会誌, 16 (2): 277-287, 2004.

520084. [解説] 臨床クイズ“左上腹部痛を認めた一例”. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 内科専門医会誌, 16 (3): 516-524, 2004.

520085. [解説] 臨床クイズ“皮疹,関節痛で来院した28歳の女性”. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 内科専門医会誌, 16 (4): 704-710, 2004.

520086. [解説] 脳血管性痴呆の特殊型−家族性片麻痺性片頭痛−. 飯ヶ谷美峰1, 鈴木則宏1,2 (1内V. 2慶応大): 日本臨床, 3 (増): 186-191, 2004.

520087. [解説] 臨床クイズ“3カ月の経過で亜急性に痴呆が発現・進行した48歳男性例”. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 内科専門医会誌, 17 (1): 100-107, 2005.

[著 書]

620043. [学術書] (分担執筆) 新しい診断と治療のABC (21) 神経2「頭痛」; 第4章 セロトニンの役割, p.119-126. 濱田潤一 (慶応大・内V), 編集 坂井文彦 (内V), 最新医学社, 大阪, 2004/5/31発行.

620044. [学術書] (分担執筆) 別冊最新医学 新しい診断と治療のABC (21) 神経2「頭痛」; 問診アシストパッケージ, p.81-92. 飯ヶ谷美峰 (内V), 編集 坂井文彦 (神経内), 最新医学社, 大阪, 2004/5/31発行.

620045. [その他の著書] (分担執筆) 分子脳血管病7; 海外論文紹介 閉経後女性におけるエストロゲン+プロゲステロン併用療法の脳卒中発症に及ぼす影響, p.344-346. 福田倫也, 鈴木則宏 (内V), 先端医学社, 東京, 2004/7/1発行.

620046. [その他の著書] (分担執筆) Clinical neuroscience 22 (8); 頭位変換眼球反射, 頭位眼反射掲, p.940-942. 飯塚高浩1. 鈴木則宏2 (1内V. 2慶応大), 編集 青木三千雄, 中外医学社, 2004/8/1発行.

620047. [解説書] (分担執筆) 新編 百科 家庭の医学; 慢性頭痛. 坂井文彦 (内V), 監修 緒方悦郎, 小林 登, 主婦と生活社, 東京, 2004/9/17発行.

620048. [解説書] (分担執筆) カレントテラピー別冊, 特集「頭痛診療最前線」−よりよき頭痛診療を目指して− 22 (10); 頭痛の問診票・支障度票, 頭痛日記, p.22-28. 飯ヶ谷美峰 (内V), 編集 間中信也 (温知会間中病院), ライフメディコム, 東京, 2004/9/25発行.

620049. [解説書] (分担執筆) 健康百科; 頭痛, p.4-15. 坂井文彦 (内V), 集英社, 東京, 2004/11/18発行.

620050. [学術書] (分担執筆) ファブリー病 基礎から臨床までの最近の知見; 3. ファブリー病の臨床症状 6) 精神・神経症状, p.58-62. 佐藤秀樹1, 濱田潤一1,2 (1慶応大. 2内V), 監修 衛藤義勝 (東京慈恵会医大), ブレーン出版, 東京, 2004/11/30発行.

620051. [学術書] (改訂) ベッドサイドの神経の診かた 改訂16版. 田崎義昭, 斉藤佳雄, 坂井文彦1 (1内V), 南山堂, 東京, 2004発行.

620052. [学術書] (分担執筆) 新しい診断・治療のABC (21) 神経2「頭痛」; 職場, 学校での頭痛対策, p.51-55. 五十嵐久佳 (内V・富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター), 編集 坂井文彦 (神経内), 最新医学社, 大阪, 2004/5/31発行.

[学会・研究会等]

713058. [学会 (国際)] (ポスター) New Insight in the Mechanism of Prolonged Migraine Aura - Augmented Vasogenic Leakage Associated with Trigemionovascular Activation? 飯塚高浩, 坂井文彦, 山川貴久子, 鈴木康輔, 五十嵐久佳, 鈴木則宏 (内V): The 56th Annual Meeting of the American Academy of Neurology (2004/4/27), San Francisco, USA. Neurology Supplement 5, 62 (7): A81, 2004.

713059. [学会 (国際)] (ポスター) Impact of migraine among company workers in Japan. 五十嵐久佳1,2, 坂井文彦1 (1内V. 2富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 第15回Migraine Trust International Symposium (2004/9), London.

713060. [学会 (国際)] (ポスター) Assessment of regional cerebral blood flow with Three-Dimensional Stereotactic Surface Projection (3D-SSP) analysis in Migraine with Aura. 井出俊光1, 飯塚高浩1, 坂井文彦1, 五十嵐久佳1,2 (1内V. 2富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 15th Migraine Trust international symposium (2004/9/21), ロンドン. Cephalalgia, 24: 778, 2004.

713061. [学会 (国際)] (ポスター) Neuroprotective effect of D-β-hydroxybutyrate against hypoxia in serum free hippocampal primary culture. 増田 励1, Monahan JW2, Fukuhara Y3, Leonard PJ2, Takeshima T3, 坂井文彦1, Veech RL4, Kashiwaya Y (1内V. 2Cell and Molecular Biology Laboratory, Department of Natural Science, DeSales University. 3鳥取大. 4Laboratory of Metabolic Control/National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism/National Institutes of Health): Neuroscience 2004 (2004/10/25), San Diego, CA, USA. J Neurosci Res, 15; 80 (4): 501-509, 2005.

721002. [学会 (全国)] (特別講演) 頭痛診療のコツと落とし穴. 坂井文彦 (内V): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

721003. [学会 (全国)] (特別講演) 日韓の頭痛診療の具体的な問題点. 坂井文彦1, Chin-Sang Chung (1内V): 第32回日本頭痛学会 (2004/11/13), 鹿児島.

722026. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 職場の頭痛実態調査−産業医としての取り組み−. 五十嵐久佳 (内V・富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 第77回日本産業衛生学会総会 (2004/4/16), 名古屋.

722027. [学会 (全国)] (招待された講演) 片頭痛以外の頭痛. パネルディスカッション2 日常よく遭遇する頭痛 鑑別ととっておきの処方. 濱田潤一 (慶応大・内V): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/12), 東京.

722028. [学会 (全国)] (招待された講演) 頭痛診療における薬剤師の役割. 五十嵐久佳 (内V・富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 医療薬学フォーラム2004 (2004/7/17), 札幌.

722029. [学会 (全国)] (招待された講演) 自己免疫疾患関連性辺縁系脳炎について. 井出俊光 (内V): 第9回日本神経感染症学会 (2004/10/8), 弘前. Neuroinfection, 9: 102, 2004.

722030. [学会 (全国)] (シンポジウム) 国際頭痛分類第2版の特徴と注意点−薬物乱用頭痛−. 五十嵐久佳 (内V・富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/12), 鹿児島.

722031. [学会 (全国)] (ランチョンワークショップ演題) 日本における片頭痛診断の実態および片頭痛医療に関するアンケート調査. 五十嵐久佳 (内V・富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/13), 鹿児島.

723173. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛患者のリンパ球におけるセロトニン放出機構について. 永田栄一郎1, 清水利彦1, 後藤京子1, 加登有紀1, 濱田潤一1,2, 棚橋紀夫1, 鈴木則宏1,2 (1慶応大. 2内V): 第101回日本内科学会総会 (2004/4/8), 東京.

723174. [学会 (全国)] (ポスター) MIDAS質問票におけるトリプタン系薬剤の客観的評価. 大塚紀子, 飯ヶ谷美峰, 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内V): 第102回日本内科学会総会 (2004/4/8), 東京. 日本内科学会雑誌, 93: 145, 2004.

723175. [学会 (全国)] (一般講演) 多発性硬化症の臨床的解析−再発寛解型と一次進行型の比較を中心に−. 田中耕太郎1, 棚橋紀夫1, 濱田潤一1,2, 野川 茂1, 武田英孝1, 鈴木重明1, 久住呂友紀1, 鈴木則宏1,2 (1慶応大. 2内V): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/12), 東京.

723176. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛患者リンパ球の5-HT1B/1D受容体アゴニストに対する反応. 永田栄一郎1, 濱田潤一1,2, 清水利彦1, 後藤京子1, 加登有紀1, 棚橋紀夫1, 鈴木則宏1,2 (1慶応大. 2内V): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/13), 東京.

723177. [学会 (全国)] (一般講演) 発作間欠期の片頭痛患者における自律神経機能の検討. 清水利彦1, 後藤京子1, 加登有紀1, 永田栄一郎1, 濱田潤一1,2, 棚橋紀夫1, 鈴木則宏1 (1慶応大. 2内V): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/13), 東京.

723178. [学会 (全国)] (ポスター) 精神症状で発症し意識障害と異常運動が遷延した難治性脳炎の臨床的検討. 飯塚高浩1, 井出俊光1, 由井進太郎1, 鈴木康輔1, 鈴木則宏2, 坂井文彦1 (1内V. 2慶応大): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/14), 東京.

723179. [学会 (全国)] (一般講演) 職場における片頭痛の実態調査. 五十嵐久佳1,2, 坂井文彦2 (1富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター. 2内V): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/14), 東京.

723180. [学会 (全国)] (ポスター) 多系統萎縮症におけるMRI上の延髄の変化. 阿久津二夫1, 米倉純子2 (1内V. 2小田原市立病院): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/14), 東京.

723181. [学会 (全国)] (ポスター) Brachial amyotrophic diplegiaと頚椎症の関連性について. 滝山容子, 荻野美恵子, 荻野 裕, 冨田愛美, 福田倫也, 坂井文彦 (内V): 第45回日本神経学会総会 (2004/5/14), 東京. プログラム, p.146, 2004.

723182. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛発作治療に対するsumatriptan, zolmitriptanおよびeletriptanの効果の比較検討. 濱田潤一1,2, 永田栄一郎1, 清水利彦1, 後藤京子1, 加登有紀1, 棚橋紀夫1, 鈴木則宏1 (1慶応大. 2内V): 第22回日本神経治療学会総会 (2004/6/24), 札幌.

723183. [学会 (全国)] (一般講演) 多発性硬化症患者におけるinterferon-β-1bの治療効果. 田中耕太郎1, 棚橋紀夫1, 濱田潤一1,2, 野川 茂1, 武田英孝1, 鈴木重明1, 久住呂友紀1, 鈴木則宏1 (1慶応大. 2内V): 第22回日本神経治療学会総会 (2004/6/25), 札幌.

723184. [学会 (全国)] (一般講演) ロイコトリエン受容体阻害は三叉神経脳血管枝 (鼻毛様体神経) 電気刺激による脳血流増加に影響を及ぼすか. 福田倫也1, 塚原信也2, 鈴木則宏3, 小泉健三1, 坂井文彦1 (1内V. 2七沢リハビリテーション病院. 3慶応大): 第16回日本脳循環代謝学会総会 (2004/9/24), さいたま市. プログラム・抄録集, p.68, 2004.

723185. [学会 (全国)] (一般講演) 精神症状で発症し, 意識障害, 異常運動が遷延した難治性脳炎の一例 (その1). 門前達哉1, 飯塚高浩1, 井出俊光1, 菅 信一2, 坂井文彦1 (1内V. 2放): 第9回日本神経感染症学会 (2004/10/8), 弘前. 神経感染症, 9 (2): 49, 2004.

723186. [学会 (全国)] (一般講演) 精神症状で発症し, 意識障害, 異常運動が遷延した難治性脳炎の一例 (その2) −PET及びIMP-SPECTによる検討−. 飯塚高浩, 井出俊光, 由井進太郎, 鈴木康輔, 坂井文彦 (内V): 第9回日本神経感染症学会 (2004/10/8), 弘前. 神経感染症, 9 (2): 50, 2004.

723187. [学会 (全国)] (一般講演) ジェットコースター乗車後に低髄液圧症候群を呈した一例. 飯ヶ谷美峰, 荻野美恵子, 荻野 裕, 坂井文彦 (内V): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/11), 鹿児島.

723188. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛患者末梢血リンパ球における発現遺伝子プロファイリング. 服部英典1, 永田栄一郎1, 加藤 護1, 小笠原彩子1, 鈴木重明1, 清水利彦1, 濱田潤一1,2, 角田達彦1, 相磯貞和1, 鈴木則宏1 (1慶応大. 2内V): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/12), 鹿児島.

723189. [学会 (全国)] (一般講演) 職場における一次性頭痛調査. 五十嵐久佳 (内V・富士通 (株) 南多摩工場健康推進センター): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/12), 鹿児島.

723190. [学会 (全国)] (一般講演) ラット三叉神経脳血管枝電気刺激による脳血流増加現象に及ぼすPranlukast の影響. 塚原信也1, 福田倫也2, 鈴木則宏3, 小泉健三2, 坂井文彦2 (1七沢リハビリテーション病院. 2内V. 3慶応大): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/12), 鹿児島. プログラム・抄録集, p.53, 2004.

723191. [学会 (全国)] (一般講演) ラット中脳水道周囲灰白質に分布するニューロトランスミッターについて. 小泉健三1, 鈴木則宏2, 坂井文彦1, 福田倫也1 (1内V. 2慶応大): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/12). 鹿児島. プログラム・抄録集, p.53, 2004.

723192. [学会 (全国)] (一般講演) A型ボツリヌス毒素局所注射による片頭痛予防効果と安全性に関する検討. 鈴木康輔, 飯塚高浩, 氏家幸子, 五十嵐久佳, 坂井文彦 (内V): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/12-13), 鹿児島.

723193. [学会 (全国)] (一般講演) 多発性硬化症の初発症状としての頭痛. 久住呂友紀1, 田中耕太郎1, 鈴木重明1, 濱田潤一1,2, 鈴木則宏1 (1慶応大. 2内V): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/13), 鹿児島.
 
723194. [学会 (全国)] (一般講演) 左後頭部痛の原因として左後頭下筋群の炎症が疑われた1症例. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 第32回日本頭痛学会総会 (2004/11/13), 鹿児島. 日本頭痛学会誌, 31 (3): 112, 2004.

723195. [学会 (全国)] (ポスター及び口演) 神経Sweet病の一剖検例. 滝山容子, 荻野美恵子, 荻野 裕, 白石廣照, 柳下三郎, 齋藤豊和, 坂井文彦 (内V): 第17回日本神経免疫学会学術集会 (2005/3/4), 福岡. Official Journal of Japanese Society for Neuroimmunology, 13 (1): 2005.

731028. [研究会] (特別講演) 頭痛の診断と治療−新国際頭痛分類を使って−. 坂井文彦 (内V): 第85回広島神経疾患研究会 (2004/4/2), 広島.

731029. [研究会] (特別講演) 『パーキンソン病』−診断と治療−. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 井田病院・住吉支部病診連携勉強会 (2004/4/22), 川崎市.

731030. [研究会] (特別講演) 片頭痛の病態と治療−最近の考え方−. 坂井文彦 (内V): 第7回痛みの研究会 (2004/6/18), 愛知医大.

731031. [研究会] (特別講演) 新国際頭痛分類−片頭痛と群発頭痛をめぐって−. 坂井文彦 (神経内): 第3回学術講演会宮城頭痛研究会 (2004/7/2), 仙台.

731032. [研究会] (特別講演) 片頭痛の病態と新しい治療. 坂井文彦 (内V): 第20回滋賀神経疾患研究会学術研修会 (2004/7/12), 滋賀.

731033. [研究会] (特別講演) 片頭痛の病態と治療−最近の考え方−. 坂井文彦 (内V): 第4回広島頭痛研究会 (2004/7/15), 広島.

731034. [その他] (特別講演) 片頭痛の新しい治療. 坂井文彦 (内V): 日田群市医師会学術講演会 (2004/7/22), 大分県日田市.

731035. [その他] (特別講演) 頭痛の診断と治療−新国際頭痛分類を使って−. 坂井文彦 (内V): 学術講演会「片頭痛を考える」八戸講演会 (2004/7/30), 青森県八戸市.

731036. [研究会] (特別講演) 片頭痛の臨床−最近の進歩−. 坂井文彦 (内V): なにわ脳神経内科懇話会 (2004/10/16), 大阪.

731037. [研究会] (特別講演) 大規模臨床試験の結果をふまえて脳卒中の危険因子治療にどう結びつけるか. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 住吉地区勉強会 生活習慣病シリーズJ (2004/11/25), 川崎市.

731038. [その他] (特別講演) 神経内科より見た頭痛−片頭痛・緊張型頭痛を中心に−. 濱田潤一 (慶応大・内V): 第12回慶応医師会・市民公開講座 (2005/2/8), 東京.

732021. [その他] (招待された講演) 今から出来る脳梗塞の予防. 阿久津二夫 (内V): 市民健康づくり講演会 町田医師会 (2004/7/31), 町田.

732022. [研究会] (招待された講演) ハイリスク高血圧患者の治療戦略−脳血管障害専門医の立場から−. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): VALUE Expert Meeting in Oiso (2004/11/5), 大磯町.

733067. [学会 (地方)] (一般講演) 淡蒼球黒質ルイ体萎縮症の一剖検例. 飯ヶ谷美峰1, 荻野美恵子1, 川浪 文1, 坂井文彦1, 柳下三郎2 (1内V. 2神奈川リハビリテーションセンター病院): 第169回日本神経学会関東地方会 (2004/6), 東京.

733068. [研究会] (一般講演) 免疫グロブリン間欠投与が有効であったCIDPの1例. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 第1回中原区神経リハビリ懇話会 (2004/7/20), 川崎市.

733069. [研究会] (ポスター) 首下がりに対して cabergoline (Cabaser) 投与が有効であったパーキンソン病の1例. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): Parkinson's Disease Forum 2004 第4回パーキンソン病フォーラム (2004/8/28), 浦安市.

733070. [学会 (地方)] (一般講演) 特発性頭蓋内圧亢進症で発症したヘモグロビン異常の一例. 由井進太郎, 飯塚高浩, 矢野貴久子, 鈴木康輔, 坂井文彦 (内V): 第170回日本神経学会関東地方会 (2004/9/4), 東京.

733071. [学会 (地方)] (一般講演) AIDSの1剖検例. 秋山久尚1,2, 冨田愛美1,2, 緒方謙太郎2, 高尾昌樹2 (1内V. 2川崎市立井田病院): 第170回日本神経学会関東地方 (2004/9/4), 東京. 臨床神経学, 45 (2): 143, 2005.

733072. [研究会] (一般講演) 放射線照射16年後に発症した遅発性両側大腿神経障害の1例. 冨田愛美, 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 第316回神奈川神経談話会 (2004/9/9), 横浜市.

733073. [学会 (地方)] (一般講演) 多発性脳神経麻痺の経過中に脳幹出血をきたし転移性前立腺癌が疑われた一症例. 米田武史1, 大塚邦之1, 後藤 淳1, 濱田潤一2,3 (1国立埼玉病院. 2内V. 3慶応大): 第170回日本神経学会関東地方会 (2004/9/4), 東京.

733074. [学会 (地方)] (一般講演) 65歳で初めて診断された先天性孔脳症の一例. 冨田愛美, 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 第40回日本老年医学会関東甲信越地方会 (2004/10/2), さいたま市.

733075. [研究会] (一般講演) D-β-ヒドロキシ酪酸のミトコンドリアを介する低酸素障害に対する保護作用−無血清培養初代海馬細胞をモデルを用いた研究−. 増田 励 (内V): 第31回関東脳血管障害懇話会 (2004/10/12), 東京.

733076. [研究会] (一般講演) 約20年前の女性化乳房が初発症状と考えられたKennedy-Alter-Sung diseaseの1例. 秋山久尚1,2, 竜崎崇和2, 関田浩二郎2 (1内V. 2川崎市立井田病院): 平成16年度神奈川内科集談会 (2004/11/20), 横浜市.

733077. [学会 (地方)] (一般講演) 頸髄腫脹を呈し, 亜急性ミエロパチーで発症したHAM疑いの一例. 矢野貴久子, 福田倫也, 荻野美恵子, 荻野 裕, 坂井文彦 (内V): 第171回日本神経学会関東地方会 (2004/11/27), 東京.

733078. [研究会] (一般講演) MELASの脳卒中様発作の発症機序に関する考察−Neurovascular Cellular Mechanisms−. 飯塚高浩, 井出俊光, 滝山容子, 坂井文彦 (内V): 第4回日本ミトコンドリア研究会 (2004/12/18), 東京.

733079. [研究会] (一般講演) 顔面上肢に粗大なぴくつきが出現した女性. 氏家幸子, 飯塚高浩, 鈴木康輔, 由井進太郎, 阿久津二夫, 坂井文彦 (内V): 第23回Kanagawa Visual Neurology (2005/2/18), 横浜.

733080. [研究会] (一般講演) 左片麻痺で発症し, 頭部画像上, 多彩な病像変化を認めた39歳男性剖検例. 秋山久尚 (内V・川崎市立井田病院): 第4回Neuro CPC (2005/2/25), 東京.

733081. [学会 (地方)] (一般講演) 脳主幹動脈狭窄を合併しReversible posterior leukoencephalopathy syndromeを呈した高血圧性脳症の51歳男性. 大塚邦之1, 米田武史1, 石津暢隆1, 後藤 淳1, 濱田潤一2,3 (1国立埼玉病院. 2慶応大. 3内V): 第172回日本神経学会関東地方会(2005/3/5), 東京.

733082. [学会 (地方)] (一般講演) 腎細胞癌による腫瘍随伴性運動ニューロン疾患と考えられた一例. 服部英典1, 多田敬典1, 岡野 James 洋尚1, 濱田潤一1,2, 鈴木則宏1 (1慶応大. 2内V): 第172回日本神経学会関東地方会 (2005/3/5), 東京.

733083. [学会 (地方)] (一般講演) 脳幹原発胚細胞腫の一例. 宮川沙織, 飯塚高浩, 由井進太郎, 阿久津二夫, 坂井文彦 (内V): 第172回日本神経学会関東地方会 (2005/3/5), 東京.

733084. [学会 (地方)] (一般講演) 中脳原発胚細胞腫の一例. 宮川沙織, 飯塚高浩, 由井進太郎, 阿久津二夫, 坂井文彦 (内V): 第172回日本神経学会関東地方会 (2005/3/5), 東京.

733085. [研究会] (一般講演) 内頸動脈閉塞症を発症したミトコンドリア脳筋症の一例−MELASにおける脳卒中様発作との違い−. 三瀬麻弓, 飯塚高浩, 宮川沙織, 由井進太郎, 鈴木康輔, 阿久津二夫, 荻野美恵子, 坂井文彦 (内V): 第16回Stroke Forum (2005/3/18), 横浜.

733086. [研究会] (一般講演) 内頚動脈閉塞症を発症したミトコンドリア脳筋症の一例. 三瀬麻弓, 飯塚高浩, 宮川沙織, 由井進太郎, 鈴木康輔, 阿久津二夫, 荻野美恵子, 坂井文彦 (内V): 第16回神奈川Stroke Forum (2005/3/18), 横浜.


<<内科学W(血液内科学)>>

[学術論文]

110087. [原著] Protein kinase C ε and the antiadrenergic action of adenosine in rat ventricular myocytes. 宮崎浩二1, Satoshi Komatsu2, Mitsuo Ikebe2, Richard A Fenton2, James G Dobson Jr2 (1内W. 2Department Physiology, University of Massachusetts Medical Shcool): Am J Physiol Heart Circ Physiol, 287 (4): H1721-1729, 2004.

110088. [原著] Clinical Significance of Intracytoplasmic nm23-H1 Expression in Diffuse Large B-Cell Lymphoma. 新津 望1, 中峯寛和2, 岡本昌隆3, 赤松裕子2, 東原正明1, Honma Y2, Okabe-Kado J4, Hirano M3 (1内W. 2和歌山県立医大. 3藤田保健衛生大. 4埼玉がんセンター): Clin Cancer Res, 10: 2482-2490, 2004.

110089. [原著] Phase I study of rituximab-CHOP regimen in combination with granulocyte colony-stimulating factor in patients with follicular lymphoma - effects on ADCC activity and FcγRI (CD64) expression on neutrophils. 新津 望1, 羽山弥亭1, 岡本昌隆2, 郡 美佳1, 東原正明1, Tamaru J3, Hirano M2 (1内W. 2藤田保健衛生大. 3埼玉医大): Clin Cancer Res, 10: 4077-4082, 2004.

110090. [原著] Development of hepatosplenic gammadelta T-cell lymphoma with pancytopenia during early pregnancy: a case report and review of the literature. 新津 望1, 郡 美佳1, 栂野富輝1, 中峯寛和2, 中村栄男3, 岩淵啓一4, 東原正明1 (1内W. 2和歌山県立医大. 3愛知がんセンター. 4病理): Eur J Haematol, 73: 367-371, 2004.

110091. [原著] Phase I/II Study of the Rituximab-EPOCT Regimen in Combination with Granulocyte Colony-Stimulating Factor in Patients with Relapsed or Refractory Follicular Lymphoma Including Evaluation of Its Cardiotoxicity Using B-Type Natriuretic Peptide and Troponin T Levels. 新津 望1, 郡 美佳1, 羽山弥亭1, 梶原耕一1, 東原正明1, Tamaru J2 (1内W. 2埼玉医大): Clin Cancer Res, 11: 697-702, 2005.

110092. [原著] Granulocytic differentiation of leukemic cells with t (9; 11) (p22; q23) induced by all-trans-retinoic acid. 飯島喜美子1, Honma Y2, 新津 望3 (1東邦大. 2和歌山県立医大. 3内W): Leuk Lymphoma, 45: 1017-1024, 2004.

110093. [原著] Rabid tumor death model for evaluation of new therapeutic agents for adult T-cell leukemia. Takeo Ohsugi1, Kazunari Yamaguchi2, Toshio Kumasaka3, Takaomi Ishida4, 堀江良一4,5, 渡邊俊樹4, Noboru Sako1, Toshio Fujimoto1, Noriyuki Sakamoto1, Toru Urano1 (1Division of Microbiology and Genetics, Center for Animal Resources and Development, Institute of Resource Development and Analysis. 2熊本大. 3順天堂大. 4東京大医科研. 5内W): Laboratory Investigation, 54: 263-266, 2004.

110094. [原著] Prompt tumor formation and maintenance of constitutive NF-κB activity of multiple myeloma cells in NOD/SCID/γcnull mice. Zahidunabi Dewan1, 渡辺真理子2, Kazuo Terashima1, Mizuho Aoki1, Tetsutaro Sata3, Mitsuo Honda4, Mamoru Ito5, Shoji Yamaoka1, 渡邊俊樹6, 堀江良一2, Naoki Yamamoto1,4 (1東京医歯大. 2内W. 3Department of Pathology and 4AIDS Research Center, National Institute of Infectious Disease, 5Central Institute for Experimental Animals. 6東京大医科研): Cancer Sci, 95 (7): 561-568, 2004.

110095. [原著] The NPM-AML oncoprotein abrogates CD30 signaling and constitutive NF-κB activation in anaplastic large cell lymphoma. 堀江良一1,2, 渡辺真理子2, Takamori Ishida1, Tsukasa Koiwa1, Shigemi Aizawa1, Kinji Itoh1, 東原正明2, Marshall E Kadin3, 渡邊俊樹1,4 (1東京大医科研. 2内W. 3Department of Pathology, Harvard Medical School and 4Beth Israel Deaconess Medical Center): Cancer Cell, 5: 353-364, 2004.

110096. [原著] A novel NF-κB inhibitor DHMEQ selectively targets constitutive NF-κB activity and induces apoptosis of multiple myeloma cells in vitro and in vivo. 渡辺真理子1, Md. Zahidunnabi2, Takamitu Okamura2, Masataka Sasaki2, Kinji Itoh5,7, 東原正明1, 溝口秀昭4, Mitsuo Honda3, Testutaro Sata6, 渡邊俊樹7, Naoki Yamamoto2,3, 梅澤一夫7, 堀江良一1,7 (1内W. 2東京医歯大. 3AIDS Research Center, National Institute of Infectious Disease. 4東京女医大. 5東邦大. 6Department of Pathology National Institute of Infectious Diseases. 7東京大医科研): Int J Cancer, 114: 32-38, 2005.

320018. [症例報告] 橋本病, シェーグレン症候群の経過中に血小板減少症をきたした1症例−網血小板測定による血小板減少症の病態解析の意義−. 石井隆司, 大坂 学, 郡 美佳, 平 美也子, 宮崎浩二, 東原正明 (内W): 神奈川血液研究会誌, 24: 125-126, 2004.

320019. [症例報告] 点突然変異 (Thr359Met) を伴う第VII因子欠乏症の軽症例. 宮崎浩二1, 梶原耕一1, 渡辺真理子1, 大坂 学1, 毛利 博2, 東原正明1 (1内W. 2藤枝市立総合病院): 日本血栓止血学会誌, 16: 98-103, 2005.

320020. [症例報告] 橋本病, 臓器欠損や免疫学的機能異常を認めない特発性脾臓低形成の症例. 大坂 学, 高石雅章, 堀江良一, 東原正明 (内W): 神奈川血液研究会誌, 24: 9-11, 2004.

520088. [総説] 出血時間. 宮崎浩二, 東原正明 (内W): 内科, 93 (6): 1180, 2004.

520089. [総説] 全凝固時間. 宮崎浩二, 東原正明 (内W): 内科, 93 (6): 1181, 2004.

520090. [総説] 毛細血管抵抗試験. 宮崎浩二, 東原正明 (内W): 内科, 93 (6): 1182, 2004.

520091. [総説] ホジキンリンパ腫の分子病態. 堀江良一 (内W): 血液フロンティア, 14: 17-26, 2004.

520092. [総説] 新規NF-κB阻害剤によるATL分子標的療法の可能性. 堀江良一 (内W): 血液腫瘍科, 49: 257-265, 2004.

520093. [総説] Hodgkinリンパ腫. 堀江良一 (内W): 血液腫瘍科, 49: 141-148, 2004.

520094. [総説] プリン誘導体による骨髄単球性白血病治療の可能性−基礎的検討を中心−. 新津 望 (内W): 血液腫瘍科, 49: 383-390, 2004.

520095. [総説] nm23-H1発現と末梢T細胞リンパ腫患者の予後. 新津 望 (内W): 血液腫瘍科, 49: 221-228, 2004.

[学会・研究会等]

712011. [学会 (国際)] (招待講演) Ligand-independent signaling by overexpressed CD30 drives NF-κB activation in Hodgkin-Reed Sternberg cells. 堀江良一 (内W): 第6回Hodgkinリンパ腫国際学会 (2004), ドイツ, ケルン. Eur J Haematol, 73 (S.): 65, (B11), 2004.

712012. [学会 (国際)] (招待講演) Interactions between AP-1, NF-κB and CD30 signaling. 堀江良一 (内W): 第6回Hodgkinリンパ腫国際学会 (2004), ドイツ, ケルン. Eur J Haematol, 73 (S.): 65, (WH04), 2004.

713062. [学会 (国際)] (一般演題) The E1841K Mutation in MYH-9 of a Patient With May-Hegglin Anomaly Inhibits the Disassembly of Non-Muscle Myosin IIA (MYH-9) Responsible for the Phenotype of the Disease. 宮崎浩二1, Komatsu S2, 渡辺真理子1, Nakadate H2, Ikebe M2, 東原正明1 (1内W. 2マサチューセッツ医大): 46th Annual Meeting of the American Society of Hematology (2004/12/4-7), San Diego, CA, USA. Blood, 104 (11), Pt1 of 2, 210a-211a, #736, 2004.

722032. [学会 (全国)] (シンポジウム) 悪性リンパ腫から学んだこと−発症機序から分子標的治療まで−分子基盤に基づく悪性リンパ腫の理解と治療 Hodgkinリンパ腫と未分化大細胞性リンパ腫とHF-κBを中心として. 堀江良一 (内W): 第63回日本癌学会学術総会 (2004/9/29-10/1), 福岡. Jpn J Cancer Res, 95 (S.): 61, 2004.

723196. [学会 (全国)] (一般演題) 非ホジキンリンパ腫における細胞質内nm23-H1発現の検討. 新津 望1, 中峯寛和2, 岡本昌隆3, 赤松裕子2, 東原正明1, 平野正美3 (1内W. 2和歌山県立医大. 3藤田保健衛生大): 第101回日本内科学会総会 (2004/4/7-10), 東京.

723197. [学会 (全国)] (一般演題) 新規NF-κB阻害剤DHMEQを用いたATL治療と発症予防の可能性. 渡邊俊樹1, 渡辺真理子2, 正田桃子1, 相澤繁美, 石田尚臣, 宇都宮 與, 山口一成, 梅澤一夫, 堀江良一2 (1東京大医科研, 2内W): 第8回がん分子標的治療研究会総会 (2004/5/13-14), 鹿児島. プログラム・抄録集, p.52, 2004.

723198. [学会 (全国)] (一般演題) 多発性骨髄腫 (MM) に対する新規NF-κB阻害剤による分子標的療法の基礎的検討. 堀江良一1, 渡辺真理子1, Zaidunabi Dewan2, 岡村隆光3, 溝口秀昭3, 東原正昭1, 山本直木4, 梅澤一夫4, 渡邊俊樹4 (1内W. 2東京医歯大. 3東京女医大. 4東京大医科研): 第8回がん分子標的治療研究会総会 (2004/5/13-14), 鹿児島. プログラム・抄録集, p.52, 2004.

723199. [学会 (全国)] (一般演題) IgA型自己免疫性溶血性貧血の経過中に小腸原発と思われる濾胞性リンパ腫を発症した1例. 羽山弥亨, 新津 望, 田苗 健, 平 美也子, 大坂 学, 梶原耕一, 郡 美佳, 宮崎浩二, 堀江良一, 東原正明 (内W): 第150回日本臨床血液学会例会 (2004/5/22), 東京.

723200. [学会 (全国)] (一般演題) メソトレキセート低用量長期投与中の慢性関節リウマチ患者に発症した瀰漫性大細胞性B細胞リンパ腫の2例. 郡 美佳1, 新津 望1, 梶原耕一1, 大坂 学1, 羽山弥亨1, 宮崎浩二1, 堀江良一1, 東原正明1, 岩淵啓一2, 遠藤平仁3, 近藤啓文3 (1内W. 2病理. 3内X): 第150回日本臨床血液学会例会 (2004/5/22), 東京.

723201. [学会 (全国)] (一般演題) May-Hegglin異常症と非筋ミオシン変異. 宮崎浩二1, 池辺光男2, 渡辺真理子1, 中舘尚也3, 平 美也子1, 東原正明1 (1内W. 2マサチューセッツ大学. 3児): 第46回日本平滑筋学会総会 (2004/7/8), 東京.

723202. [学会 (全国)] (一般演題) NPM-ALKによるCD30-NFκB経路阻害に基づくH-RS細胞とALCL細胞の分子基盤の解析. 堀江良一1, 渡辺真理子1, 石田尚臣, 小岩 司, 相澤繁美, 伊藤金次, 東原正明1, Marshall E Kadin, 渡邊俊樹2 (1内W. 2東京大医科研): 第44回日本リンパ網内系学会 (2004/7/14-16), 京都. 第44回日本リンパ網内系学会誌, 44: 118, 2004.

723203. [学会 (全国)] (一般演題) 著明な高IgG血症を伴った肺原発“形質細胞腫”の1例. 新津 望1, 羽山弥亨1, 郡 美佳1, 中村直哉2, 中峯寛和2, 東原正明1 (1内W. 2和歌山県立医大): 第44回日本リンパ網内系学会 (2004/7/14〜16), 京都.

723204. [学会 (全国)] (ワークショップ) 多施設共同研究における治療の有用性評価のための全症例登録と病理中央診断. 岡本昌隆1, 吉野 正, 新津 望2, 三浦偉久男3, 平野正美 (1和歌山県立医大. 2内W. 3秋田大): 第44回日本リンパ網内系学会 (2004/7/14-16), 京都.

723205. [学会 (全国)] (一般演題) 遺伝性楕円赤血球症を合併したCD5+CD10+びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 (DLBCL) の一例. 羽山弥亨1, 新津 望1, 平 美也子1, 大坂 学1, 梶原耕一1, 郡 美佳1, 宮崎浩二1, 堀江良一1, 東原正明1, 中峯寛和2, 三浦偉久男3 (1内W. 2和歌山県立医科大. 3秋田大): 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都.

723206. [学会 (全国)] (一般演題) CD30によるICAMI遺伝子発現誘導機構. 内原潤之介, 松田竹弘, 堀江良一1, 渡邊俊樹2, 森 直樹 (1内W. 2東京大医科研): 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都.

723207. [学会 (全国)] (一般演題) パーキンソン病の治療により血小板数が正常化したITPの一例. 大坂 学, 平 美也子, 梶原耕一, 宮崎浩二, 東原正明 (内W): 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都.

723208. [学会 (全国)] (一般演題) 妊娠初期に汎血球減少症で発症した肝脾型γσT細胞リンパ腫の一例. 郡 美佳1, 新津 望1, 栂野富輝1, 大坂 学1, 羽山弥亨1, 梶原耕一1, 宮崎浩二1, 堀江良一1, 東原正明1, 中峯寛和2, 中村栄男3 (1内W. 2和歌山県立医大. 3愛知県がんセンター病院): 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都.

723209. [学会 (全国)] (一般演題) IgE型M蛋白血症の一例と文献的考察. 宮崎浩二, 大坂 学, 羽山弥亨, 堀江良一, 東原正明 (内W): 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都.

723210. [学会 (全国)] (ワークショップ) 未治療進行期濾胞性G-CSF, キンリンパ腫に対するR-CHOP-G療法の第U相試験−FcγRI (CD64) およびADCC活性の検討−. 新津 望1, 羽山弥亨1, 岡本昌隆2, 郡 美佳1, 梶原耕一1, 東原正明1, 平野正美 (1内W. 2和歌山県立医大): 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都.

723211. [学会 (全国)] (一般演題) 臨床実習における医の倫理教育. 東原正明 (内W): 第63回日本癌学会学術総会 (2004/9/29-10/1), 福岡.

723212. [学会 (全国)] (一般演題) IFN治療中に非ホジキンリンパ腫を発症した慢性骨髄性白血病の1例. 北村英二, 栂野富輝, 羽山弥亨, 大坂 学, 郡 美佳, 宮崎浩二, 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内W): 第151回日本臨床血液学会例会 (2004/10/16), 東京.

723213. [学会 (全国)] (一般演題) EBウイルス感染を契機として脾梗塞を来した先天性溶血性貧血. 渡会 晃, 角田裕子1, 平 美也子1, 栂野富輝1, 大坂 学1, 羽山弥亨1, 郡 美佳1, 宮崎浩二1, 新津 望1, 堀江良一1, 東原正明1, 中西秀和2 (1内W. 2川崎医大): 第152回日本臨床血液学会例会 (2005/2/26), 東京.

731039. [研究会] (特別講演) 止血血栓領域の最新の話題. 東原正明 (内W): 第13回川崎血栓止血懇話会 (2004/6/10), 川崎.

731040. [研究会] (特別講演) 未治療進行期中高悪性度リンパ腫に対するCyclOBEAP療法; 第U相試験. 新津 望 (内W): Lymphoma meeting in Shinagawa (2004/4), 品川.

731041. [研究会] (特別講演) 未治療進行期低悪性度リンパ腫に対するR-CHOP-G療法の第T相試験−FcγRI(CD64) およびADCC活性の検討−. 新津 望 (内W): Lymphoma meeting in Shinagawa (2004/5), 品川.

733087. [研究会] (一般演題) 再発・治療抵抗性低悪性度B細胞性悪性リンパ腫に対するR-EPOCT療法 Rituximab, VP-16, PDN, VCR, CPA, THPの臨床第U相試験. 新津 望 (内W): 第19回悪性リンパ腫治療研究会 (2004/4), 横浜.

733088. [学会 (地方)] (一般演題) 骨髄腫細胞にアウエル小体様構造物を認めた多発性骨髄腫の1例. 村田 東, 梶原耕一1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 東原正明1 (1内W): 第518回日本内科学会関東地方会 (2004/6/12), 東京. プログラム, p.16, 2004.

733089. [研究会] (一般演題) May-Hegglin異常症の2家系とその分子機構の検討. 宮崎浩二 (内W): 第9回湘南血液セミナー (2004/6/17), 川崎.

733090. [学会 (地方)] (一般演題) t (7; 9; 22)がみられた初発時急性転化CML (lymphoid crisis) の1例. 坂間玲子, 宮崎浩二, 栂野富輝, 大坂 学, 梶原耕一, 郡 美佳, 羽山弥亨, 新津 望, 堀江良一, 東原正明 (内W): 第520回日本内科学会関東地方会 (2004/9/11), 東京. プログラム, p.8, 2004.

733091. [学会 (地方)] (一般演題) ブドウ膜炎を合併し急激な転帰をとったNK/Tリンパ腫の1例. 東野俊洋, 栂野富輝1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 郡 美佳1, 羽山弥亨1, 新津 望1, 堀江良一1, 東原正明1 (1内W): 第523回日本内科学会関東地方会 (2004/12/12), 東京. プログラム, p.13, 2004.

733092. [研究会] (一般演題) パルポウイルスB19感染により一過性の汎血球減少をきたした一症例. 中目哲平, 宮崎浩二1, 渡会 晃, 入江 渉, 栂野富輝1, 大坂 学1, 角田裕子1, 東原正明1 (1内W): 第51回神奈川血液研究会 (2005/2/5), 横浜.


<<内科学W(腎臓内科学)>>

[学術論文]

110097. [原著] Compositional similarity between immunoglobulins binding to asialo-,agalacto-IgA1-Sepharose and those deposited in glomeruli in IgA nephropathy. 高谷 徹1, 岩瀬仁勇2, 伊藤昭彦3, Ikuko Nakamura4, 林 みゆき2, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 小林 豊4, Yoshiyuki Hiki5, 岡本牧人3, 東原正明1 (1内W. 2代謝・蛋白. 3耳鼻. 4あけぼの病院. 5藤田保健衛生大): Journal of Nephrology, 17 (5): 679-686, 2004.

110098. [原著] Functional analysis of polymorphisms in the organic anion transporter, SLC22A6 (OAT1). 藤田朋恵1, Chaline Brown4, Elaine J Carlson2, Travis Taylor2, Melanie de la Cruz2, Susan J Johns3, Doug Stryke3, Michiko Kawamoto3, 藤田和己7, Richard Castro4, Chung-Wen Chen4, Emil T Lin4, Claire M Brett5, Esteban Gonzalez Burchard6, Thomas E Ferrin3, Conrad C Huang4, Maya K Leabman4, Katheleen M Giacomini4 (1薬理. 2Genomics Core Facility, Program in Human Genetics, University of California, Departments of 3Pharmaceutical Chemistry, 4Biophamaceutical Sciences, 5Anesthesia, University of California, 6Lung Biology Center,University of California. 7内W): Pharmacogenetics and Genomics, 15 (4): 201-209, 2005.

110099. [原著] Local irradiation enhances congenic donor pluripotent hematopoietic stem cell engraftment similarity in irradiated and nonirradiated sites. Hiroshi Ito1, 竹内康雄2, Shaffer Juanita3, Sykes Megan3 (1山口大外科. 2内W. 3Massachusetts General Hospital): Blood, 103 (5): 1949-1954, 2004.

110100. [原著] Clonality analysis of T cells mediating acute and chronic rejection in kidney allografts. Obata Fumiya1, 吉田一成2, 大久保充人3, 竹内康雄4, 篠原信賢5, Endo Tadao6, 馬場志郎2 (1Department of Immunology, School of Allied Health Sciences. 2泌. 3佐野康生総合病院. 4内W. 5免疫. 6Saitama Keno Hospital): Transpl Immunol, 13 (3): 233-237, 2004.

110101. [原著] Contribution of CD4 and CD8 T cells and interferon-gamma to the progress of chronic rejectiion of kidney allografts; the Th1 response mediates both acute and chronic rejection. Obata Fumiya1, 吉田一成2, 大久保充人3, 田岡佳憲2, 竹内康雄4, 篠原信賢5, Endo Tadao6, 馬場志郎2 (1Department of Immunology, School of Allied Health Sciences. 2泌. 3Sano Kosei Hospital. 4内W. 5免疫. 6Saitama Keno Hospital): Transpl Immunol, 14 (1): 21-25, 2005.

110102. [原著] Cooperative Induction of Histidine Decarboxylase (HDC) and Histamine H2 Receptor in the Infiltrating Cells Participates in the Regulation of Inflammation Induced by Unilateral Ureteral Obstruction (UUO). 清水健史, 坂本尚登, 松尾孝俊, 東原正明 (内W): The Kitasato Medical Journal, 34 (2): 2004.

110103. [原著] Juxtaglomerular Apparatus T cell infiltration affects glomerular structure in Type 1 diabetic patients. 守屋利佳1, Manivil C, Mauer M (1内W): Diabetologia Jan, 47 (1): 82-88, 2004.

110104. [原著] Regular hemodialysis reverses gastric mucosal atrophy of patients with chronic renal failure. Ohara T, Suzuki H, 狩野有作1, 守屋利佳2, 岡安 勲3, Morishita T, Ishii H (1臨検学. 2内W. 3病理): Hepatogastroenterology, 51 (57): 679-683, 2004.

110105. [原著] Diversity in the Sorting Disorder Induced by the Mutant ClC-5 Chloride Channels Responsible for Dent's Disease. 松尾孝俊1, 坂本尚登1, Satoko Inoue2, Ichiro Naito2, 小林 豊1, 東原正明1 (1内W. 2Shigei Medical Research Institute): Kitasato Med, 33: 233〜244, 2003.

310005. [症例報告] Spontaneous rupture of a left gastroepiploic artery aneurysm in a patient with autosomal-dominant polycystic kidney disease. 長場 泰1, 西巻 博2, 一戸昌明3, 奥脇裕介2, 羽村素子1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 東原正明1, 鎌田貢壽1, 相馬一亥2 (1内W. 2救命. 3病理): Clinical Nephrology, 63 (2): 163-166, 2005.

320021. [症例報告] Candida parapsilosisによる重篤なCAPD関連腹膜炎にミカファンギンの投与が奏功した透析患者の1例. 橋本ヒロコ1, 守屋利佳1, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 吉田一成2, 久米 光3 (1内W. 2泌. 3病理): 感染症学雑誌 (J. J. A. Inf. D.), 79 (3): 195-200, 2005.

520096. [総説] 特集: 腎炎惹起関連分子 膜性糸球体腎炎の病因分子. 鎌田貢壽 (内W): 腎と透析, 57 (6): 777〜780, 2004.

520097. [講座] 特集: 症例とQ & Aで水・電解質,輸液がわかる! Q & A 代謝性アシドーシスの鑑別診断と炭酸水素ナトリウムの使い方を教えて下さい. 長場 泰, 鎌田貢壽 (内W): 今月の治療, 13 (2): 79〜83, 2005.

[著 書]

620053. [解説書] (分担執筆) 根拠がわかる ナースのための透析ケアQ&A; 3. 血液透析の実際, p.52-54. こういう患者さんにはこう対応しよう, p.110. 鎌田貢壽 (内W), 南江堂, 東京, 2004/7/1発行.

620054. [教科書] (分担執筆) 講義録 腎臓学; 全身疾患に伴う糸球体疾患, p.200〜219. 鎌田貢壽 (内W), MEDICAL VIEW社, 東京, 2004/11/20発行.

620055. [学術書] (分担執筆) 血液浄化療法−基礎理論と最新臨床応用−; 尿毒症の病態論 微量元素 (Disturbances of trace elements), p.101-107. 坂本尚登, 清水健史 (内W), 日本臨床, 大阪, 2004/6/28発行.

620056. [学術書] (分担執筆) Medical Practice 22 (1); 高齢者の低ナトリウム血症−SIADHとMRHEの病態の違い−, p.151. 坂本尚登 (内W), 文光堂, 東京, 2005/1/1発行.

[学会・研究会等]

713063. [学会 (国際)] (ポスター) Analysis of cytokines and anti-HLA antibodies in kidney transplantation: Transforming growth factor-beta1 exhibited a protective effect on choronic rejection. Obata Fumiya1, 吉田一成2, Ohkubo Michihito3, 竹内康雄4, 田岡佳憲2, 篠原信賢5, Endo Tadao6, 馬場志郎2 (1Department of Immunology, School of Allied Health Sciences. 2泌. 3Sano Kosei Hospital. 4内W. 5免疫. 6Saitama Keno Hospital): 第20回国際移植学会 (2004/9/8), ウイーン.

713064. [学会 (国際)] (ポスター) T cell-depleted allogeneic bone marrow transplantation induces mixed chimerism and donor-specific tolerance and prevents diabetes in NOD mice receiving low-dose (4 Gy) total body irradiation, CD8 T cell depletion, and anti-CD40L mAb. 竹内康雄1, Nikolic Bolis2, Sykes Megan2 (1内W. 2Massachusetts General Hospital): 第20回国際移植学会 (2004/9/8), ウイーン.

713065. [学会 (国際)] (ポスター) CD8 T cell tolerance after bone marrow transplantation using non-myeloablative conditioning with TBI and anti-CD154 mAb: importance of signal 1, CD4 T cells and CTLA4, but no evidence for long-term regulation. Fehr Thomas1, 竹内康雄2, Kurtz Josef1, Sykes Megan1 (1Massachusetts General Hospital. 2内W): 第20回国際移植学会 (2004/9/8), ウイーン.

713066. [学会 (国際)] (ポスター) Cooperative Induction of Histidine Decarboxylase (HDC) and Histamine H2 Receptor in the Infiltrating Cells Participate in the Regulation of Inflammation Induced by Unilateral Ureteral Obstruction (UUO) in Autocrine/Paracrine Manner. 清水健史, 坂本尚登, 松尾孝俊, 東原正明 (内W): 第37回アメリカ腎臓学会学術集会 (2004/10/30), セントルイス, USA. Journal of the American Society of Nephrolgy, 15: Abstracts Issue, 478A, 2004.

713067. [学会 (国際)] (ポスター) Prediction of Hypotension during a Hemodialysis Session by the Entropy of the Heart Rate Variability. 山中 望1, 鎌田貢壽1, 青山東五1, 池田憲昭2, 坂本尚登1, 東原正明1 (1内W. 2医衛): 37th Annual Meeting of American Society of Nephrology (2004/10/31), St. Louis, Missouri, USA. Journal of the American Society of Nephrology, 15: 611A, 2004.

713068. [学会 (国際)] (ポスター) Proteomic Analysis Reveals Alteration in Galectin-1 in a Novel Mutant in C-Terminus of ClC-5 Channel-Induced Sorting Disorder from Endoplasmic Reticulum. 坂本尚登, 松尾孝俊, 清水健史, 東原正明 (内W): Annual Meeting of American Society of Nephrology (2004/10/31), St. Louis, MO, USA. J Am Soc Nephrol, 15: 542A, 2004.

723214. [学会 (全国)] (一般講演) ANCA関連腎炎に対するプレドニン中等量投与の治療成績. 鎌田貢壽1, 牧野武志1, 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 竹内康雄1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 小林 豊2 (1内W. 2あけぼの病院): 第47回日本腎臓学会学術集会 (2004/5/27), 宇都宮. 日本腎臓学会誌, 46 (3): 196, 2004.

723215. [学会 (全国)] (ポスター) ヒトネフリンcDNA投与により誘導される抗ヒトネフリン抗体の解析. 青山東五1, 山中 望1, 竹内恵美子1, 竹内康雄2, 東原正明2, 鎌田貢壽2 (1医療系大学院. 2内W): 第47回日本腎臓学会学術集会 (2004/5/27), 宇都宮. 日本腎臓学会誌, 46 (3): 251, 2004.

723216. [学会 (全国)] (ポスター) 遺伝子免疫によるネフリン抗体の作成と蛋白尿の誘導. 山中 望1, 青山東五1, 竹内恵美子1, 竹内康雄2, 東原正明2, 鎌田貢壽2 (1医療系大学院. 2内W): 第47回日本腎臓学会学術集会 (2004/5/27), 宇都宮. 日本腎臓学会誌, 46 (3): 251, 2004.

723217. [学会 (全国)] (一般講演) レクチンファミリー蛋白によるCIC-5クロライドチャネルのソーティング制御. 松尾孝俊1, 坂本尚登1, 清水健史1, 井上聡子2, 内藤一郎2, 東原正明1 (1内W. 2重井医学研究所): 第47回日本腎臓学会学術総会 (2004/5/28), 宇都宮. 日本腎臓学会誌, 46 (3): 215, 2004.

723218. [学会 (全国)] (ポスター) 腎間質線維化に伴う浸潤性単球/マクロファージへのヒスタミンH2受容体の誘導型発現. 清水健史, 坂本尚登, 松尾孝俊, 佐野 隆, 東原正明 (内W): 第47回日本腎臓学会学術総会 (2004/5/28), 宇都宮. 日本腎臓学会誌, 46 (3): 272, 2004.

723219. [学会 (全国)] (ポスター) オンライン (O−) HDF施行後1年間におけるセッション前後のペントシジン (Pent) の変動について. 竹内康雄1, 小林直之2, 田村雅人1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 石原和彦3, 酒井 糾4, 大久保充人5, 東原正明1 (1内W. 2相武台ニーレンクリニック. 3医衛. 4小児腎疾患総合管理研究所. 5佐野厚生総合病院): 第47回日本腎臓学会学術集会 (2004/5/28), 宇都宮. 日本腎臓学会誌, 46 (3): 267, 2004.

723220. [学会 (全国)] (ポスター) 抗基底膜抗体型腎炎10例の臨床的検討. 長場 泰1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 守屋利佳1, 橋爪健次郎, 牧野武志1, 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 坂本尚登1, 小林 豊1, 鎌田貢壽1, 東原正明1 (1内W): 第47回日本腎臓学会学術集会 (2004/5/29), 宇都宮. 日本腎臓学会誌, 46 (3): 285, 2004.

723221. [学会 (全国)] (一般講演) 内部濾過は透析除水中に起きるのだろうか? 南部正人1, 東 賢一1, 藤原康作1, 野川隆一郎1, 小山 誠1, 草刈修一1, 松澤政彦3, 坂本尚登2, 鎌田貢壽2 (1腎センター. 2内W. 3あけぼの病院): 第49回 (社) 日本透析医学会学術集会 (2004/6/18), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 767, 2004.

723222. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析が妊娠出産に及ぼす影響. 青山東五1, 右島富士男3, 牧野武志2, 山中真理子2, 長場 泰2, 守屋利佳2, 佐野 隆2, 竹内康雄2, 坂本尚登2, 天野 完3, 鎌田貢壽2 (1医療系大学院. 2内W. 3産婦): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/18), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 799, 2004.

723223 [学会 (全国)] (ポスター) 糖尿病性と非糖尿病性腎不全との透析導入期相違点〜第2報. 田村浩三1, 野々村弥生2, 鎌田貢壽3 (1町田市民病院. 2大和市立病院. 3内W): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/18), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 998, 2004.

723224. [学会 (全国)] (ポスター) 塩酸セベラマー投与によるintact PTHおよびwhole PTHへの影響. 長場 泰1, 松尾孝俊1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 東原正明1, 鎌田貢壽1, 高木 裕2, 吉田 煦2, 永岡 隆3, 櫻井健治4, 齋藤 毅4 (1内W. 2さがみ循環器. 3相模原クリニック. 4橋本クリニック): 第49回日本透析医学会 (2004/6/18), 神戸. 日本透析医学会雑誌, 37 (S.1): 1016, 2004.

723225. [学会 (全国)] (一般講演) 透析中の血圧調節因子のentropy解析. 笹野友美1, 山中 望3, 佐藤栄治1, 廣瀬 稔1, 小林弘祐1, 永岡 隆2, 鎌田貢壽4 (1医衛. 2相模原クリニック. 3医療系大学院. 4内W): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/19), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 869, 2004.

723226. [学会 (全国)] (一般講演) ソノクロットACT測定法における凝固活性剤の検討. 東 賢一1, 南部正人1, 藤原康作1, 野川隆一郎1, 小山  誠1, 草刈修一1, 坂本尚登2, 鎌田貢壽2 (1腎センター. 2内W): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/19), 神戸. 日本透析学会誌, 37(S.1): 855, 2004.

723227. [学会 (全国)] (ポスター) 透析患者における脳血管障害の発症特性. 羽村素子, 坂本尚登, 橋本ヒロコ, 牧野武志, 佐野 隆, 長場 泰, 竹内康雄, 守屋利佳, 鎌田貢壽, 東原正明 (内W): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/19), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 1047, 2004.

723228. [学会 (全国)] (一般講演) エンドトキシン吸着, 持続血液濾過透析にて救命されたフルニエ症候群の1例. 青山雅則1, 巽 洋2, 鎌田貢壽1, 東原正明1 (1内W. 2あけぼの病院): 第49回 (社) 日本透析医学会学術集会 (2004/6/20), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 925, 2004.

723229. [学会 (全国)] (一般講演) CAPDからHDへ移行し6年後に発症した潰瘍性大腸炎手術後に被嚢性硬化性腹膜症 (EPS) を発症した一例. 守屋利佳1, 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 土田繭美2, 吉田一成2, 井原 厚3, 阪 聡4 (1内W. 2泌. 3外. 4阪クリニック): 第49回日本透析医学会 (2004/6/20), 神戸. 日本透析医学会雑誌, 37 (S.1): 977, 2004.

723230. [学会 (全国)] (ポスター) 超音波高速3次元表示の有効性の検討. 巽 洋1, 鎌田貢壽2, 青山東五2, 藤森亜希1, 中村郁子1, 舘野純生1, 南郷英明1 (1あけぼの病院. 2内W): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/20), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 1121, 2004.

723231. [学会 (全国)] (ポスター) 血液透析患者におけるセルフ・エフィカシーと身体機能の関連. 赤堀美智子1, 高木 裕1, 吉田 煦1, 竹内康雄2, 東原正明2, 鎌田貢壽2, 坂本純子3, 齊藤正和3, 松永篤彦3, 増田 卓4 (1さがみ循環器クリニック. 2内W. 3医療系大学院. 4医衛): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/20), 神戸. 日本透析学会誌, 37 (S.1): 1141, 2004.

723232. [学会 (全国)] (一般講演) 感染症が疑われ, 多彩な臨床所見を示したlate onset acute rejectionの1例. 竹内康雄1, 内藤正吉1, 金光峰子1, 青山雅則1, 羽村素子1, 土田繭美2, 吉田一成2, 鎌田貢壽1, 東原正明1, 馬場志郎2 (1内W. 2泌): 第38回日本腎移植臨床学会 (2005/1/26), 東京.

731042. [研究会] (特別講演) 腎機能障害と薬剤の副作用. 鎌田貢壽 (内W): 大和薬剤師会 (2004/7/8), 大和市.

732023. [研究会] (招待講演) 腎疾患と高血圧−降圧療法の現状と問題点−. 坂本尚登 (内W): 相模原市医師会内科医会 Four Season's Conference (2004/5/12), 相模原.

732024. [学会 (地方)] (教育講演) 学生・研修医のための腎臓セミナー (尿異常でのアプローチ). 鎌田貢壽 (内W): 日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/6), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 558, 2004.

732025. [研究会] (招待講演) 尿の異常所見と取り扱いについて. 坂本尚登 (内W): 神奈川保険医協会月例研究会 (2005/3/17), 横浜.

732026. [研究会] (招待講演) 血液浄化治療における最近の知見. 坂本尚登 (内W): 相州透析技師懇話会 (2005/3/27), 町田市.

733093. [研究会] (一般講演) ANCA関連腎炎に対するプレドニン中等量投与の治療成績. 鎌田貢壽1, 牧野武志1, 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 竹内康雄1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 小林 豊2 (1内W. 2あけぼの病院): 第5回東京腎炎・ネフローゼ研究会 (2004/7/17), 東京.

733094. [研究会] (一般講演) 近位尿細管のエンドサイトーシス障害を伴った偽性副甲状腺機能低下症の1例. 竹内康雄1, 坂本尚登1, 坂間玲子, 羽村素子1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 守屋利佳1, 鎌田貢壽1, 東原正明1 (1内W): 第36回臨床体液研究会 (2004/10/16), 東京.

733095. [学会 (地方)] (一般講演) 抗糸球体基底膜 (GBM) 抗体とMPO-ANCAが陽性を示した急速進行性糸球体腎炎の一例. 金光峰子, 佐野  隆, 羽村素子, 青山雅則, 内藤正吉, 長場 泰, 竹内康雄, 守屋利佳, 坂本尚登, 東原正明, 鎌田貢壽 (内W): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/5), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 599, 2004.

733096. [学会 (地方)] (一般講演) ネフローゼ症候群加療中に原因不明の四肢, 呼吸麻痺を示した1例. 田村浩三1, 田村雅人2, 鎌田貢壽3 (1町田市民病院. 2大和市立病院. 3内W): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/5), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 602, 2004.

733097. [学会 (地方)] (一般講演) 選択的セロトニン再取込み阻害薬 (SSRI) により低K血症を伴うSIADHをきたした一例. 羽村素子, 坂本尚登, 佐野 隆, 青山雅則, 金光峰子, 内藤正吉, 長場 泰, 竹内康雄, 守屋利佳, 鎌田貢壽, 東原正明 (内W): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/5), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 613, 2004.

733098. [学会 (地方)] (一般講演) 運動後急性腎不全を反復した腎性低尿酸血症の一例. 長場 泰. 佐野 隆, 竹内康雄, 守屋利佳, 猿田貴之, 羽村素子, 坂本尚登, 東原正明, 鎌田貢壽 (内W): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/ 11/5), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 609, 2004.

733099. [学会 (地方)] (一般講演) 両側水腎症の経過中に発見された抗糸球体基底膜抗体型半月体形成性糸球体腎炎の一例. 内藤正吉, 竹内康雄, 牧野武志, 羽村素子, 佐野 隆, 長場 泰, 守屋利佳, 坂本尚登, 東原正明, 鎌田貢壽 (内W): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/6), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 626, 2004.

733100. [学会 (地方)] (一般講演) MRSA感染症とPR3-ANCA陽性を合併した急速進行性糸球体腎炎の一例. 青山雅則, 守屋利佳, 内藤正吉, 金光峰子, 羽村素子, 佐野 隆, 長場 泰, 竹内康雄, 坂本尚登, 東原正明, 鎌田貢壽 (内W): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/6), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 62, 2004.

733101. [学会 (地方)] (一般講演) PR3-ANCA陽性, ぶどう膜炎を伴うMRSA関連腎炎の1例. 青山雅則, 守屋利佳, 内藤正吉, 金光峰子, 羽村素子, 佐野 隆, 長場 泰, 竹内康雄, 坂本尚登, 東原正明, 鎌田貢壽 (内W): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/6), 東京. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 628, 2004.

733102. [研究会] (一般講演) MRSA感染症を伴うANCA関連血管炎の一例. 青山雅則, 守屋利佳, 内藤正吉, 金光峰子, 羽村素子, 佐野 隆, 長場 泰, 竹内康雄, 坂本尚登, 東原正明, 鎌田貢壽 (内W): 第68回神奈川腎研究会 (2004/11/28), 横浜.

733103. [研究会] (一般講演) 膜性腎症の長期経過後にCrow-Fukase症候群を発症し, 新たな糸球体病変を認めた一例. 金光峰子1, 長場 泰1, 佐野 隆1, 羽村素子1, 内藤正吉1, 青山雅則1, 竹内康雄1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 小林 豊2, 鎌田貢壽1 (1内W. 2あけぼの病院): 第43回神奈川腎炎研究会 (2005/2/12), 横浜.

733104. [研究会] (一般講演) 重症心機能低下を伴う末期腎不全患者の維持透析療法. 羽村素子, 橋本ヒロコ, 守屋利佳, 金光峰子, 内藤正吉, 青山雅則, 佐野 隆, 長場 泰, 坂本尚登, 鎌田貢壽 (内W): 第19回神奈川県CAPD研究会 (2005/3/19), 横浜.


<<内科学X(呼吸器内科学)>>

[学術論文]

120017. [原著] びまん性肺疾患における気管支肺胞洗浄液中の亜硝酸/硝酸濃度の検討. 増渕隆之1, 久保田 勝2, 井川 聡2, 田中直彦2, 益田典幸2, 小林弘祐2,3 (1相模原協同病院. 2内X. 3医衛): 北里医学, 34 (1): 1-6, 2004.

120018. [原著] 赤外線電子瞳孔計による慢性肺気腫患者の自律神経機能評価. 須藤哲雄1, 田中直彦1, 石川 均2, 清水公也2, 益田典幸1, 小林弘祐1,3 (1内X. 2眼. 3医衛): 北里医学, 34 (1): 7-12, 2004.

320022. [症例報告] 脊椎側彎症に対する脊椎前方固定術後に発症した気管支狭窄の1例. 井川 聡1, 高田信和1, 横場正典1, 矢内原智子1, 今崎貴生1, 三藤 久1, 久保田 勝1, 片桐真人1,2, 小林弘祐1,2, 矢那瀬信雄1,2, 益田典幸1 (1内X. 2医衛): 気管支学, 26 (7): 654-658, 2004.

320023. [症例報告] 中高齢者 (40歳以上) の気胸手術例の検討. 谷村繁雄1, 生井世雄2, 横場正典2, 本間和夫2 (1相模原協同病院. 2内X): 日気嚢疾会誌 6: 40〜43, 2004.

320024. [症例報告] 抗HTLV-I抗体陽性で両側肺野に結節影とびまん性陰影が混在したB細胞型悪性リンパ腫の1例. 須藤哲雄1, 三藤 久1, 高田信和1,2, 佐藤和己1, 蒋 世旭3, 片桐真人1,2, 矢那瀬信雄1,2, 益田典幸1 (1内X. 2医衛. 3病理): 呼吸 (0286-9314), 23 (11): 910-915, 2004.

320025. [症例報告] 透析患者に発症した夏型過敏性肺臓炎の1例. 増渕隆之1, 山本博之2, 須藤哲雄1, 田中直彦1, 谷村繁雄2, 本間和夫1 (1内X. 2相模原協同病院): 北里医学, 34 (1): 29-32, 2004.

520098. [総説] NPPVの合併症, 問題点. 久保田 勝1, 相馬一亥2 (1内X. 2救命): ICUとCCU, 29 (3): 215-220, 2005.

520099, [解説] 肺癌の治療−化学療法を中心として−. 三藤 久, 益田典幸 (内X): 呼吸と循環 (0452-3458), 52 (8): 847-852, 2004.

520100. [講座] 塩酸ノギテカン (topotecan: INN). 矢那瀬信雄1,2, 三藤 久1, 益田典幸1 (1内X. 2医衛): 呼吸, 23 (11): 896-901, 2004.

520101. [総説] 特別企画: 分子標的治療薬−非小細胞肺癌に対する上皮成長因子受容体チロシンキナ−ゼ阻害剤, ゲフィチニブ (イレッサ) について−. 矢那瀬信雄1,2, 益田典幸1 (1内X. 2医衛): 北里医学, 33 (3): 189-194, 2003. 

[著 書]

620057. [その他の著書] (分担執筆) 医学生のための基礎臨床技能 (ICM) シリーズ 第4巻 臨床推論−EBMと病態生理−; [. 症候・病態からのアプローチ 18. 呼吸困難, p.230-237. 横場正典1, 阿部 直2 (1内X. 2医学教育部門), 編集 後藤英司, メジカルビュー社, 東京, 2004/8発行.

620058. [その他の著書] (分担執筆) 医学生のための基礎臨床技能 (ICM) シリーズ 第4巻 臨床推論−EBMと病態生理−: [. 症候・病態からのアプローチ 19. 咳, 痰, p.238-244. 小林千里1, 阿部 直2 (1内X. 2医学教育部門), 編集 後藤英司, メジカルビュー社, 東京, 2004/8発行.

620059. [その他の著書] (分担執筆) 内科学レビュ 2005 −最新主要文献と解説−; 肺腫瘍. 三藤 久1, 矢那瀬信雄1,2, 益田典幸1 (1内X. 2医衛), 監修 酒井 紀, 早川弘一, 西崎 統, 小林祥泰, 福井次矢. 総合医学社, 東京, 2005/3/19発行.

620060. [その他の著書] (分担執筆) 救急・集中治療 16(11) 2004; COPD急性増悪の対応−呼吸機能検査−, p.1277〜1281. 西井康人1, 横場正典1, 阿部 直2 (1内X. 2医学教育研究部門), 編集 相馬一亥 (救命), 総合医学社, 東京, 2004/10/10発行.

620061. [その他の著書] (分担執筆) 肺癌治療症例集; 症例24 ゲフィチニブ再投与例. 矢内原智子1, 益田典幸1, 片桐真人1,2 (1内X. 2医衛), 監修 田村友秀(国立がんセンター), 医薬ジャーナル社, 東京, 2004/7/1発行.

620062. [その他の著書] (分担執筆) MOOK 肺癌の臨床 Annual Review 2003; 再発無効小細胞癌の治療, p.171-177. 矢那瀬信雄1,2, 益田典幸1 (1内X. 2医衛), 監修 加藤治文1, 西條長宏2, 福岡正博3, 小林紘一4, 新部英男5, 海老原善郎1 (1東京医大. 2国立がんセンター中央病院. 3近畿大. 4慶応大. 5群馬大), 篠原出版新社, 東京, 2003/10/31発行.

[学会・研究会等]

723233. [学会 (全国)] (ポスター) Nitric oxide generated by iNOS reduces deformability of Lewis lung carcinoma cells. 井川 聡 (内X): 第3回国際NO学会 (2004/5/24-28), 奈良.

723234. [学会 (全国)] (ポスター) Salbutamol投与による最大sniff鼻腔内圧と傍胸骨肋間筋の筋活動の変化. 横場正典1, 片桐真人1,2, 小林千里1, 山本倫子1, 井川 聡1, 矢内原智子1, 今崎貴生1, 高田信和1,2, 矢那瀬信雄1,2, 阿部 直3, 益田典幸1 (1内X. 2医衛. 3医学教育部門): 第44回日本呼吸器学会学術講演会 (2004/4/1), 東京. 日本呼吸器学会雑誌, 42: 227, 2004.

723235. [学会 (全国)] (ワークショップ) ワークショップ3「びまん性肺疾患の確定診断」好酸球性肺炎における気管支肺胞洗浄液免疫グロブリンの検討. 山本倫子1, 久保田 勝1, 小野田清香1, 矢内原智子1, 今崎貴生1, 田中直彦1, 高田信和1,2, 片桐真人1,2, 小林弘祐1,2, 矢那瀬信雄1,2, 益田典幸1, 相馬一亥3 (1内X. 2医衛. 3救命): 第27回日本呼吸器内視鏡学会総会 (2004/6/2), 大阪. 気管支学, 26 (3): 223, 2004.

723236. [学会 (全国)] (一般演題) 健診における梅毒血清反応の臨床的意義に関する検討. 樋川志織1, 藤田恵子, 松田唯史, 山辺さおり3, 矢那瀬信雄1,2, 岡田 純3 (1内X. 2医衛. 3健康管理センター): 日本総合健診医学会第33回大会 (2005/1/28-29), 大阪.

723237. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における結核接触者検診に関する検討. 矢那瀬信雄1,3, 樋川志織1, 岡田 純2, 片桐真人1,3 (1内X. 2健康管理センター. 3医衛): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/7), 東京. 感染症学雑誌, 78 (8): 749, 2004.

733105. [学会 (地方)] (一般講演) 後縦隔に腫瘤を形成したintravascular large B-cell lymphomaの1例. 羽切慎太郎1, 三藤 久1, 西井康人1, 和田真由子1, 山本倫子1, 井川 聡1, 横場正典1, 高田信和1,2, 小林弘祐1,2, 矢那瀬信雄1,2, 益田典幸1 (1内X. 2医衛): 第140回日本肺癌学会関東部会 (2004/7/3), 相模原. 肺癌, 44 (4): 280-281, 2004.

733106. [学会 (地方)] (一般講演) 両側肺門リンパ節腫脹を伴った慢性好酸球性肺炎の1例. 加藤恵美1, 久保田 勝1, 矢内原智子1, 西井康人1, 龍華慎一郎1, 羽切慎太郎1, 小野田清香1, 三藤 久1, 田中直彦1, 高田信和1,2, 矢那瀬信雄1,2, 阿部 直3, 益田典幸1 (1内X. 2医衛. 3医学教育部門): 161回日本呼吸器学会関東地方会 (2004/9/11), 東京.

733107. [学会 (地方)] (一般講演) 単発性肺硝子化肉芽腫の1例. 石井佳緒里1, 矢内原智子1, 加藤恵美1, 龍華慎一郎1, 小野田清香1, 田中直彦1, 久保田 勝1, 片桐真人1,2, 阿部 直3, 益田典幸1, 品田 純4, 吉村博邦4 (1内X. 2医衛. 3医学教育部門. 4胸外): 第160回日本呼吸器学会関東地方会 (2004/7/10), 東京.

733108. [学会 (地方)] (一般講演) Gefitinib内服によりwarfarin投与量の変更を要した非小細胞肺癌患者の2例. 龍華慎一郎1, 小野田清香1, 羽切慎太郎1, 横場正典1, 三藤 久1, 久保田 勝1, 高田信和1,2, 片桐真人1,2, 矢那瀬信雄1,2, 小林弘祐1,2, 阿部 直3, 益田典幸1 (1内X. 2医衛. 3医学教育部門): 第141回日本肺癌学会関東部会 (2004/12/18), 東京. 肺癌, 45 (1): 85, 2005.

733109. [学会 (地方)] (一般講演) 原発性胆汁性肝硬変に合併した限局性気管支アミロイドーシスの1例. 和田真由子1, 久保田 勝1, 矢内原智子1, 石井佳緒里1, 山本倫子1, 井川 聡1, 横場正典1, 片桐真人1,2, 小林弘祐1,2, 益田典幸1 (1内X. 2医衛): 第521回日本内科学会関東地方会 (2004/10/9), 東京.


<<内科学X(膠原病・感染内科学)>>

[学術論文]

110106. [原著] Efficacy and safety of Facrolimus (FK506) in treatment of rheumatoid arthritis : a randomizcd, double blind , placebo controlled dose-finding study. 近藤啓文1, Abe T, Hashimoto H, Uchida S, Irimajiri S, Hara M, Sugawara S (1内X): J Rheumatol, 31: 243-251, 2004.

110107. [原著] Immunogenetic features in 120 Japanese patients with idispathic inflammatory nuyopathy. Furuya T, Hakoda M, Tsuchiya N, Kotake S, Ichikawa N, Nanke Y, Nakajima A, Takeuchi M, Nishinarita M, 近藤啓文1, Kawasaki A, Kobayashi S, Mimori T, Tokunaga K, Kamatani N (1内X): J Rheumatol, 31: 1768-1774, 2004.

110108. [原著] Host Stromal Bradykinin B2 receptor Signaling facilitates Tumor- Associated angiogenesis and Tumor growth. Ikeda Y, 林 泉1, Kamoshita E, 遠藤平仁2, Ishihara K, 山科正平3, Tsutsumi Y, Matsubara H, 馬嶋正隆1 (1病理. 2内X. 3解剖): Cancer Res, 64: 5178-5185, 2004.

120019. [原著] 早期関節リウマチの診療のコツ. 近藤啓文1, 田中住明1, 石川 章1, 岡田 純1,2 (1内X. 2健康管理センター): 臨床リウマチ, 16: 68〜73, 2004.

120020. [原著] 水系汚染Legionella属菌に対する感染防止対策法の確立−セラミック触媒の殺菌作用に関する評価−. 笹原武志1, 菊野理津子2, 曽我英久2, 関口朋子1, 佐藤義則1, 高山陽子3, 高橋 晃4, 青木正人2, 北里英郎5, 井上松久1 (1微・寄. 2北里環境科学センター. 3内X. 4実験動物. 5医衛): 感染症学雑誌, 78 (1): 22-31, 2004.

120021. [原著] 抗リン脂質抗体症候群の診断における抗ホスファチジルセリン・プロトロンビン複合体抗体測定の臨床的意義−多施設間成績−. 鏑木淳一, 桑名正隆, 亀田秀人, 竹内 勤, 岡田 純1, 片山雅夫, 吉田俊治, 池田康夫 (1内X): 日本臨床血液学会誌, 46: 19-21, 2005.

220013. [準原著] 膠原病の難治性病態, 肺高血圧症. 遠藤平仁, 田中住明, 坂井美保, 近藤啓文 (内X): 日本臨床免疫学会誌, 27: 127-135, 2004.

220014. [準原著] SLE・SLE疑診例におけるループスアンチコアグラント測定の臨床的意義. 鏑木淳一, 桑名正隆, 亀田秀人, 竹内 勤, 岡田 純1, 片山雅夫, 吉田俊治, 池田康夫 (1内X): 日本醫亊新報, 4208: 25-28, 2004.

320026. [症例報告] SAPHO症候群を合併したSLE-RA重複症候群の一例. 橋本 篤, 石川 章, 近藤啓文 (内X): 臨床リウマチ, 16: 61〜67, 2004.

320027. [症例報告] 家庭用24時間風呂が感染源と特定できたレジオネラ肺炎の1例. 石川 章1, 岡田 純1, 近藤啓文1, 高山陽子1, 砂川慶介2, 江成唯子, 石 良和 (1内X. 2感染症): 感染症誌, 78: 898〜904, 2004.

520102. [総説] 診断のポイントとベストの治療ガイドライン: 混合性結合組織病. 近藤啓文, 岡田 純 (内X): 内科, 93: 272〜276, 2004.

520103. [総説] 新しい抗リウマチ薬の効果と問題点 1)免疫抑制薬-FK506, シクロスポリン. 近藤啓文, 石川 章 (内X): リウマチ科, 31: 4〜39, 2004.

520104. [総説] 関節リウマチの薬物療法. 近藤啓文, 石川 章 (内X): 臨床と研究, 81: 212〜216, 2004.

520105. [総説] 早期関節リウマチの考え方. 近藤啓文, 河野 静 (内X): 現代医療, 36: 713〜717, 2004.

520106. [総説] 混合性結合組織病の肺病変. 岡田 純, 近藤啓文 (内X): 呼吸器科, 5: 228〜235, 2004.

520107. [総説] 膠原病にみられる腎病変の病態と治療: 強皮症. 遠藤平仁, 吉田 秀, 飯塚進子, 近藤啓文 (内X): リウマチ科, 31: 248〜252, 2004.

520108. [総説] 強皮症, 急速に腎機能低下をきたす疾患の診かた. 遠藤平仁, 吉田 秀, 飯塚進子, 近藤啓文 (内X): 腎と透析, 56: 353〜356, 2004.

520109. [総説] 血管病変に対するボセンタンの適応と使用上の注意. 近藤啓文, 田中住明 (内X): リウマチ科, 31: 542〜547, 2004.

520110. [総説] 混合性結合組織病に関する最新の知見. 近藤啓文 (内X): 炎症と免疫, 12: 504〜508, 2004.

520111. [総説] 早期診断の進歩. 近藤啓文, 坂井美保 (内X): 日本臨床, (S.): 289〜292, 2004.

520112. [総説] 膠原病性肺高血圧症治療の展開−PGI2ポンプ治療を含む−. 田中住明, 近藤啓文 (内X): Ther Res, 25: 2013-2015, 2004.

520113. [総説] リウマチ・膠原病にみられる腎病変の病態と治療. 遠藤平仁, 吉田 秀, 飯塚進子. 近藤啓文 (内X): リウマチ科, 31: 248-252, 2004.

520114. [総説] 混合性結合組織病の診断. 岡田 純, 近藤啓文 (内X): 診断と治療, 92: 282-287, 2004.

520115. [総説] D-ペニシラミンによる間質性肺炎. 岡田 純, 樋川志織, 矢那瀬信雄 (内X): リウマチ科, 33: 30-34, 2005.

520116. [総説] 自己免疫疾患の治療概略. 岡田 純 (内X): 臨床看護, (臨増): 786-790, 2004.

520117. [総説] 膠原病における肺高血圧症の実態とその対策. 岡田 純 (内X): 内科, 95: 43-48, 2005.

520118. [総説] 膠原病肺高血圧症の治療: エポプレステノール ボセンタン, シデルナフィル. 岡田 純, 近藤啓文 (内X): Mebio, 22: 45-51, 2005.

520119. [総説] 関節リウマチ患者におけるCOX-2選択的阻害剤メロキシカムの腎機能に対する影響. 岡田 純, 鈴木園子, 樋川志織, 石川 章 (内X): Pharma Medica, 157-160, 2005.

520120. [総説] リウマチ類縁疾患 好酸球性筋膜炎. 岡田 純, 近藤啓文 (内X): NEW MOOK 整形外科, 147-152, 2004.

520121. [講座] MCTDとオーバーラップ症候群. 岡田 純 (内X): 内科診療Q&A, 124-127, 2004.

521017. [研究報告書] (厚労省) 全身性自己免疫疾患における難治性病態の診療ガイドライン 全身性自己免疫疾患における難治性病態の診断と治療法に関する研究. 遠藤平仁 (内X): 厚生労働科学研究費補助金免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業平成16年度作成治療ガイドライン 2004.

521018. [研究報告書] (厚労省) 3C標識脂肪酸吸収呼気試験を用いた強皮症の重症腸管病変の定量的解析. 遠藤平仁, 橋本 篤, 河野 静, 吉田 秀, 飯塚進子, 坂井美保, 近藤啓文 (内X): 厚生労働科学研究費補助金免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業平成16年度報告書, p.46-48, 2004.

521019. [研究報告書] (厚労省) 混合性結合組織病の病態, 治療と関連する遺伝的因子, 自己抗体の研究. 近藤啓文 (内X): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業混合性結合組織病に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.1-6, 2005/3/31.

521020. [研究報告書] (厚労省) 抗U1RNP抗体陽性症例のプロスペクティブ多施設共同研究−MCTD診断の手引きの検証−. 岡田 純1, 近藤啓文1, 佐藤敏彦, 岡野哲郎 (1内X): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業混合性結合組織病に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.7-10, 2005/3/31.

521021. [研究報告書] (厚労省) U1-snRNP・A遺伝子のSingle Nucleotide Polymorphism (SNP) 解析 (3年間のまとめ). 大久保光夫, 今井厚子, 関 さおり, 平田蘭子, 前田平生, 岡田 純1, 近藤啓文1 (1内X): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業混合性結合組織病に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.22-25, 2005/3/31.

521022. [研究報告書] (厚労省) Prostaglandin E2によるTriggering receptor expressed on myeloid cells-1 (TREM) の発現制御に関する研究. 北里英郎1, 村上洋介2, 遠藤平仁3, 近藤啓文3, 林 泉4 (1医衛. 2微・寄. 3内X. 4薬理): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業混合性結合組織病に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.51-54, 2005/3/31.

521023. [研究報告書] (厚労省) 混合性結合組織病合併肺高血圧症の自然経過に関する研究. 吉田俊治, 深作修作, 岡田 純1, 近藤啓文1 (1内X): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業混合性結合組織病に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.55-58, 2005/3/31.

521024. [研究報告書] (厚労省) 肺高血圧症合併混合性結合組織病 (MCTD) におけるNOS2遺伝子多型の関与. 原 まさ子, 川口鎮司, 岡田 純1, 近藤啓文1, 大久保光夫 (1内X): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業混合性結合組織病に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.59-63, 2005/3/31.

521025. [研究報告書] (厚労省) 膠原病合併肺高血圧症治療ガイドライン (案). 近藤啓文1, 岡田 純1, 吉田俊治 (1内X): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業混合性結合組織病に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.75-77, 2005/3/31.

521026. [研究報告書] 混合性結合組織病の治療ガイドライン MCTDの疾患概要. 近藤啓文 (内X): 混合性結合組織病の治療ガイドライン, p.1-6, 2005/3/31.

521027. [研究報告書] 混合性結合組織病の治療ガイドライン MCTDの自然経過. 岡田 純 (内X): 混合性結合組織病の治療ガイドライン, p.7, 2005/3/31.

521028. [研究報告書] 全身性自己免疫疾患における難治性病態の診療ガイドライン 難治性消化管症状. 遠藤平仁 (内X): 全身性自己免疫疾患における難治性病態の診療ガイドライン, p.44-49, 2005/3/31.

521029. [研究報告書] (厚労省) 肺病変に関する小委員会報告. 近藤啓文1, 猪熊茂子, 亀田秀人, 金井美紀, 窪田哲朗, 原 まさ子, 槇野博史 (1内X): 厚生労働科学研究費補助金免疫アレルギー疾患予防・研究事業免疫疾患の合併症とその治療法に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.9-11, 2005/3/31.

521030. [研究報告書] (厚労省) 膠原病性肺動脈性肺高血圧症における肺循環動態と「ステロイド治療の有効性」に関する研究. 近藤啓文, 田中住明, 岡田 純 (内X): 厚生労働科学研究費補助金免疫アレルギー疾患予防・研究事業免疫疾患の合併症とその治療法に関する研究班平成16年度総括・分担研究報告書, p.39-41, 2005/3/31.

[著 書]

620063. [その他の著書] (分担執筆) よくわかる強皮症のすべて; 麻痺性イレウス, p.199-203. 近藤啓文 (内X), 編集 竹原和彦, 永井書店, 東京, 2004発行.

620064. [その他の著書] (分担執筆) よくわかる強皮症のすべて; 消化管, p.117-121. 近藤啓文 (内X), 編集 竹原和彦, 永井書店, 東京, 2004発行.

620065. [その他の著書] (分担執筆) New Mook 整形外科14; 多発性筋炎・皮膚筋炎, p.143-147. 岡田 純, 近藤啓文 (内X), 編集 越智隆弘, 菊地臣一, 金原出版, 東京, 2004/4発行.

620066. [その他の著書] (分担執筆) New Mook 整形外科14; 好酸球性筋膜炎, p.148-152. 岡田 純, 近藤啓文 (内X), 編集 越智隆弘, 菊地臣一, 金原出版, 東京, 2004/4発行.

620067. [その他の著書] (編集) インフォームドコンセントのための図説シリーズ; 膠原病,1〜3. 編集 竹原和彦, 近藤啓文1 (1内X), 医薬ジャーナル, 東京, 2004/9発行.

620068. [その他の著書] (分担執筆) インフォームドコンセントのための図説シリーズ; 2. 全身性強皮症 6. 消化管症状, p.30〜33. 近藤啓文 (内X), 医薬ジャーナル, 東京, 2004/9発行.

620069. [その他の著書] (分担執筆) インフォームドコンセントのための図説シリーズ; 1. 混合性結合組織病その他の膠原病 1) 病態・病因, p.6-9. 近藤啓文 (内X), 医薬ジャーナル, 東京, 2004/9発行.

620070. [その他の著書] (分担執筆) インフォームドコンセントのための図説シリーズ; 1. 混合性結合組織病その他の膠原病 1) 病状・診断, p.10-15. 岡田 純 (内X), 医薬ジャーナル, 東京, 2004/9発行.

620071. [その他の著書] (分担執筆) インフォームドコンセントのための図説シリーズ; 全身性強皮症 その他の症状, p.34-37. 遠藤平仁 (内X), 医薬ジャーナル, 東京, 2004/9発行.

620072. [その他の著書] (分担執筆) 混合性結合組織病 強皮症におけるステロイドの使い方; 実地医家のためのステロイドの上手な使い方, p.91-98. 遠藤平仁 (内X), 永井書店, 東京, 2004発行.

620073. [その他の著書] (分担執筆) 混合性結合組織病; Guideline 膠原病・リウマチ−治療ガイドラインをどう読むか−, p.58-69. 近藤啓文 (内X), 編集 小池隆夫, 住田孝之, 診断と治療社, 東京, 2005発行.

620074. [その他の著書] (分担執筆) インフォームドコンセントのための図説シリーズ; 膠原病, 強皮症, p.36-38. 遠藤平仁 (内X), 医歯薬ジャ−ナル, 東京, 2004発行.

620075. [その他の著書] (分担執筆) 疾患別最新処方改定第4版; 強皮症, p.500-501. 遠藤平仁 (内X), 編集 矢崎義雄, 菅野健太郎, メジカルビュー社, 東京, 2005発行.

620076. [その他の著書] (分担執筆) 疾患別最新処方改定第4版; 好酸球性筋膜炎, p.501-502. 遠藤平仁 (内X), 編集 矢崎義雄, 菅野健太郎, メジカルビュー社, 東京, 2005発行.

[学会・研究会等]

713069. [学会 (国際)] (一般講演) Differential expression of Leukotoviene B4 receptor subtypes in human synovial tissues and synovial fluid leukocytes patients with rheumatoid arthritis. 橋本 篤, 松井俊道1, 遠藤平仁1, 近藤啓文1 (1内X): American college of Rheumatology 68th annual seientific meeting (2004/10/6-21), San Antonio.

713070. [学会 (国際)] (一般講演) Novel auto antibodies agoinst 7SL RNA in patients with polymyositisl dermatomyositis (PM/DM). Satoh T, Okano T, 松井俊道1, Watabe H, Ogasawara T, Kubo K, Kuwana M, Fertig N Dddis CV, 近藤啓文1, 赤星 透2 (1内X. 2臨検学): American college of Rheumatology 68th annual seientific meeting (2004/10/6-21), San Antonio.

713071. [学会 (国際)] (一般講演) Inhibition of skin Sclerosis by 15deoxy Δ12,14-prostaglaudin J2 and retro Virally transfected prostaglaudin D synthase in a mouse model bleonycininduced scleroderma. 河野 静1, 橋本 篤, 松井俊道1, 林 泉2, 北里英郎3, 近藤啓文1 (1内X. 2薬理. 3医衛): American college of Rheumatology 68th annual seientific meeting (2004/10/6-21), San Antonio.

722033. [学会 (全国)] (シンポジウム) 抗リウマチ薬のシンポ: 免疫抑制薬・免疫調節薬の臨床開発. 近藤啓文 (内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/16), 岡山.

723238. [学会 (全国)] (一般講演) 肺血症における迅速診断法の応用. 高山陽子1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 北里英郎2, 赤星 透3, 砂川慶介4, 近藤啓文1 (1内X. 2医衛. 3臨検学. 4感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723239. [学会 (全国)] (一般講演) 好酸球増多症候群に合併したStregtococcus a galactiae感染性心内膜炎の1例. 和田達彦, 西 正大, 飯塚進子, 坂井美保, 渡部洋行, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内X): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723240. [学会 (全国)] (ワークショップ) 膠原病に伴う間質性肺病変 (Interstitial Lung Disease: ILD) の肺高血圧 (Pulmonary Hypertension: PH) に及ぼす影響. 坂井美保, 田中住明, 西 正大, 石川 章, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/15), 岡山.

723241. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗SRP抗体陽性筋炎患者における抗7SL-RNA抗体と人種的背景との関連. 佐藤隆司, 岡野哲郎, 渡部洋行1, 近藤啓文1, 赤星 透2 (1内X. 2臨検学): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/15), 岡山.

723242. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗リン脂質抗体陽性例の治療に関する検討. 岡田 純, 坂井美保, 鈴木園子, 石川 章, 近藤啓文 (内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/15), 岡山.

723243. [学会 (全国)] (ワークショップ) Churg-Strauss Syndrome (CSS) における好酸球顆粒蛋白質eosinophil derived neurotoxin (EDN) およびeosinophil cationic protein (ECP) の検討. 田中住明, 飯塚進子, 石川 章, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/15), 岡山.

723244. [学会 (全国)] (ワークショップ) 関節リウマチ関節病変のリポキシゲナーゼ系制御機序の解析. 遠藤平仁1, 橋本 篤, 田中住明1, 村上洋介2, 北里英郎3, 西村明人, 占部 憲, 近藤啓文1 (1内X. 2微・寄. 3医衛): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/15), 岡山.

723245. [学会 (全国)] (ワークショップ) 線維化, 炎症病変におけるプロスタノイドによる肥満細胞制御機序の解析. 河野 静1, 遠藤平仁1, 橋本 篤, 村上洋介2, 北里英郎3, 西村明人, 近藤啓文1 (1内X. 2微・寄. 3医衛): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/15), 岡山.

723246. [学会 (全国)] (ワークショップ) 早期関節リウマチに対するメトトレキサート (MTX) 及びブシラミン (BUC) 併用療法の二重盲検比較試験による検討 (厚労省: 関節リウマチ早期治療指針の確立に関する研究班). 市川陽一, 斉藤輝信, 秋月正史, 近藤啓文1, 小林茂人, 大島久二, 川合 眞一 (1内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/16), 岡山.

723247. [学会 (全国)] (ワークショップ) 成人Still病における血清IL-18値著増例の臨床像. 石川 章1, 熊倉礼子, 田中淳一, 飯塚進子1, 坂井美保1, 渡部洋行1, 田中住明1, 遠藤平仁1, 岡田 純1, 近藤啓文1 (1内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/16), 岡山.

723248. [学会 (全国)] (ワークショップ) 免疫疾患治療に伴うステロイド骨粗鬆症の実態調査報告 (厚労省: 免疫疾患の合併症とその治療法に関する研究班). 河野誠司, 熊谷俊一, 渥美達也, 猪熊茂子, 岡田洋右, 金井美紀, 鏑木淳一, 亀田秀人, 近藤啓文1, 諏訪 昭, 萩山裕之, 原 まさ子, 広畑俊成, 槙野博史, 吉田雅治, 橋本博史 (1内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/16), 岡山.

723249. [学会 (全国)] (ワークショップ) MTXのPPARγ, LXRα発現誘導を解した抗動脈硬化抗炎症作用. 渡部洋行1, 赤星 透2, 近藤啓文1 (1内X. 2臨検学): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/16), 岡山.

723250. [学会 (全国)] (ワークショップ) 再発性多発軟骨炎 (Relapsing Polychondritis: RP) 症例の臨床像の検討. 飯塚進子1, 西 和夫, 星 健太, 和田達彦1, 石川 章1, 坂井美保1, 田中住明1, 遠藤平仁1, 岡田 純1, 近藤啓文1 (1内X): 第48回日本リウマチ学会総会 (2004/4/17), 岡山.

723251. [学会 (全国)] (ワークショップ) 全身性強皮症の重症腸管病変の病態と管理に関する検討. 吉田 秀, 遠藤平仁, 坂井美保, 飯塚進子, 田中住明, 石川 章, 近藤啓文 (内X): 第48回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2004/4/17), 岡山.

723252. [学会 (全国)] (一般講演) キノロン耐性肺炎様菌の薬剤感染性と遺伝子変異の関連. 高山陽子1, 北里英郎2, 笹原武志3, 砂川慶介4, 沖津尚弘, 近藤啓文1 (1内X. 2医衛. 3微・寄. 4感染症): 第52回日本化学療法学会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723253. [学会 (全国)] (一般講演) テイコプラニンの透析時の投与方法. 小林昌宏, 木村利美1, 国分秀也1, 村瀬勢津子1, 佐川賢一1, 島田慈彦1, 高山陽子2, 野々山勝人3, 砂川慶介3 (1薬剤部. 2内X. 3感染症): 第21回日本TDM学会 (2004/6), 大阪.

723254. [学会 (全国)] (一般講演) 肺高血圧症におけるプロスタグランジン (PG) の役割. 北里英郎1, 林 泉2, 遠藤平仁3, 村上洋介4, 橋本 篤, 河野 静3, 高山陽子3, 馬嶋正隆2, 小島史章, 川合眞一, 近藤啓文3 (1医衛. 2病理. 3内X. 4微・寄): 第25回日本炎症・再生医学会 (2004/7/13-14), 東京.

723255. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症病変におけるLXA4受容体制御機序. 遠藤平仁1, 橋本 篤, 林 泉2, 村上洋介3, 北里英郎4, 近藤啓文1 (1内X. 2薬理. 3微・寄. 4医衛): 第25回日本炎症・再生医学会 (2004/7/13-14), 東京.

723256. [学会 (全国)] (ワークショップ) 抗ホスファチジルセリン・プロトロンピン複合体 (PS-PT) 抗体の抗リン脂質抗体症候群 (APS) に対する臨床的意義. 鏑木淳一, 桑名正隆, 亀田秀人, 竹内 勤, 岡田 純1, 片山雅史, 吉田俊治, 池田康夫 (1内X): 第32回日本臨床リウマチ学会 (2004/10/8-9), 東京.

723257. [学会 (全国)] (ワークショップ) Bone morphogenetic proten-II (BMP-E) と膠原病の肺高血圧症との関連. 岡田 純, 石川 章, 近藤啓文 (内X): 第32回日本臨床リウマチ学会 (2004/10/8-9), 東京.

723258. [学会 (全国)] (一般講演) 横断性脊髄炎を合併した全身性エリテマトーデス3症例の臨床的解析. 吉田 秀, 遠藤平仁, 飯塚進子, 西 正大, 田中住明, 石川 章, 岡田 純, 近藤啓文 (内X): 第32回日本臨床リウマチ学会 (2004/10/8-9), 東京.

723259. [学会 (全国)] (ワークショップ) 膠原病に合併する肺高血圧症に対する治療戦略. 田中住明, 坂井美保, 近藤啓文 (内X): 第19回日本臨床リウマチ学会総会 (2004/11), 東京.

723260. [学会 (全国)] (一般演題) 強皮症の心筋障害の診断に, 心筋99mTc標識ピロリン酸 (PYP) シンチが有用であった一例. 西 正大, 飯塚進子, 遠藤平仁, 田中住明, 近藤啓文 (内X): 第19回日本臨床リウマチ学会総会 (2004/11), 東京.

723261. [学会 (全国)] (一般演題) 抗リン脂質抗体症候群 (APS) に合併した肺高血圧症 (PH). 鈴木園子, 岡田 純, 坂井美保, 田中住明, 石川 章, 近藤啓文 (内X): 第19回日本臨床リウマチ学会総会 (2004/11), 東京.

731043. [学会 (地方)] (教育講演・ランチョンセミナー) 強皮症治療の最前線強皮症における臓器別治療指針. 近藤啓文 (内X): 第55回日本皮膚科学会中部支部学術大会 (2004/9/11-12), 金沢.

731044. [研究会] (特別講演) 全身性強皮症の臨床. 近藤啓文 (内X): 秋田地区リウマチ教育研修会 (2004/11/28), 秋田市.

731045. [研究会] (特別講演) 関節リウマチにおける抗TNF-α抗体の位置付け. 近藤啓文 (内X): 三浦半島リウマチ懇談会 (2004/12/8), 横須賀市.

731046. [研究会] (特別講演) 関節リウマチの薬物療法の進歩. 近藤啓文 (内X): 第6回神奈川リウマチのリバケア研究会 (2005/1/22), 相模原.

732027. [研究会] (シンポジウム) 「肺高血圧症治療の新しい展開」膠原病性肺高血圧症治療の展開−PGI2ポンプ治療を含む−. 田中住明 (内X): 第5回肺高血圧症治療研究会 (2004/5/29), 東京.

732028. [学会 (地方)] (シンポジウム) 膠原病の活動性の評価5: MCTD. 近藤啓文 (内X): 第55回日本皮膚科学会中部支部学術大会 (2004/9/11-12), 金沢.

732029. [研究会] (シンポジウム) 「13C呼気試験の消化管への応用」13C脂肪酸吸収呼気試験を用いた強皮症の重症腸管病変重症腸管の評価. 遠藤平仁 (内X): 3C医学応用研究会 (2004), 千葉.

732030. [研究会] (教育講演) 内科医が診る関節炎 RA, NonRA. 遠藤平仁 (内X): 相模原リウマチ研究会 (2005/1/18), 相模原.

732031. [研究会] (招待講演) 全身性エリテマトーデスの療養と治療. 遠藤平仁 (内X): 多摩保健所健康講座 (2005/2/7), 多摩市.

733110. [研究会] (一般講演) 大量シクロホスファミド間欠静注療法 (1VCY) が有効であった膠原病合併肺高血圧症 (PH) の1例. 飯塚進子, 坂井美保, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内X): 第5回肺高血圧症治療研究会 (2004/5/29), 東京.

733111. [研究会] (一般講演) 縦隔気腫, 人為性腸閉塞を合併した皮膚筋炎の1例. 西 正大, 石川 章, 飯塚進子, 坂井美保, 吉田 秀, 渡部洋行, 田中住明, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (内X): 第45回関東リウマチ研究会 (2004/6/26), 東京.

733112. [研究会] (一般講演) オーバーラップ症候群の1例. 吉田 秀, 近藤啓文 (内X): 相模原リウマチ研究会 (2004/7/6), 相模原.

733113. [学会 (地方)] (一般講演) 肺線維症治療によって急性憎悪したRAの1例. 西 正大1, 栗原夕子, 石川 章1, 飯塚進子1, 坂井美保1, 河野 静1, 吉田 秀1, 渡部洋行1, 田中住明1, 遠藤平仁1, 岡田 純1, 近藤啓文1 (1内X): 第50回神奈川リウマチ医会 (2004/7/17), 横浜.

733114. [学会 (地方)] (一般講演) 眼窩筋炎が先行し, 腸腰筋生検で確定診断に至った多発性筋炎の1例. 西 正大1, 飯塚進子1, 坂井美保1, 河野 静1, 吉田 秀1, 鈴木園子1, 高山陽子2, 渡部 洋行1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 岡田 純1, 近藤啓文1 (1内X. 2臨検学): 第15回日本リウマチ学会関東支部学術集会 (2004/12/4), 東京.

733115. [研究会] (一般講演) 13C呼気試験を用いた強皮症腸管病変の重症度評価. 遠藤平仁 (内X): 皮症研究会(2005/1/15), 東京.

733116. [研究会] (一般講演) 強皮症の心筋障害の診断に心筋99mTC標識ピロリン酸 (PYP) シンチが有用であった一例. 西 正大, 田中住明, 遠藤平仁, 近藤啓文 (内X): 強皮症研究会 (2005/1/15), 東京.

733117. [研究会] (一般講演) 発性筋炎 皮膚筋炎のとの付き合い方 治療方法と生活の工夫. 遠藤平仁 (内X): 特定疾患講演会 (2005/3/29), 横浜.


<<外科学>>

[学術論文]

110109. [原著] Spraying of phenol red dye as a screening test for Helicobacter pylori infection in surgically resected stomach specimens. 三橋 淳1, 三富弘之1, 小泉和三郎2, 菊池史郎3, 岡安 勲4, 西元寺克禮2 (1国立相模原病院検査科. 2内T. 3外. 4病理): J Gastroenterol, 38: 1049-1052, 2003.

110110. [原著] Paired-like homeodomain protein ESXR1 possesses a leavable C-terminal region that inhibits cyclin degradation. 小澤平太1, 芦澤 敏1, Masanori Naito, Masatomo Yanagihara, Naomi Ohnishi, Tatsuya Maeda, Yoichi Matsuda (1外): Oncogene, 23: 6590-6602, 2004.

110111. [原著] Role of Endoscopic Clipping for Determining the Resection Line for Tumors Located in the Middle or Upper Corpus of the Stomach: Experience with 100 Gastrectomies for Early Gastric Cancer. 菊池史郎, 平井和弥, 黒山信一, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行 (外): Anticancer Research, 24: 4163-4168, 2004.

110112. [原著] Survival after surgical treatmemt of early gastric cancer: surgical techniques and long term survival. 菊池史郎1, 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 嶋尾 仁1, 渡邊昌彦1, Y Hiki (1外): Langenbecks Arch Surg, 38: 69-74, 2004.

110113. [原著] Aberrant left hepatic artery in laparoscopic antireflux procedures. PJ. Klingler, MH. Seeling, NR. Floch, SA. Branton, MC. Freund, 片田夏也1, RA. Hinder (1外): Surg Endsc, 18: 807-811, 2004.

110114. [原著] Thermostability Gradient in the Collagen Triple Helix Reveals its Mult-domain Structure. Andrzei Steplewski, Lreneusz Majsterek, Erin McAdams, Eileen Rucker, Raymond J Brittingham, Hidetoshi Ito, 平井和弥1, 安達栄治郎2, Sergio A Jimenez, Andrzei Fertala. (1外. 2医療系大学院): JMB, 33: 989-998, 2004.

110115. [原著] Ethanol binging exacerbates sinusoidal endothelial and parenchymal injury elicited by acetaminophen. RS. McCuskey, NW. Bethea, J Wong, MK. McCuskey, ER. Abril, X. Wang, 伊藤義也1, LD. Deleve (1外・留学中): J Hepatol, 42: 371-377, 2005.

110116. [原著] Inhibition of matrix metalloproteinases minimizes hepatic microvascular injury in response to acetaminophen in mice. 伊藤義也1, ER. Abril, NW. Bethea, RS. McCuskey (1外・留学中): Toxicol Sci, 83:190-196, 2005.

110117. [原著] Ethanol binging enhances hepati microvascular responses to acetaminophen in mice. 伊藤義也1, ER. Abril, NW. Bethea, RS. McCuskey (1外・留学中): Microcirculation, 11: 625-632, 2004.

110118. [原著] Hepatic microvascular dysfunction during evolution of dietary steatohepatitis in mice. RS. McCuskey, 伊藤義也1, GR. Robertson, MK. McCuskey, M. Perry, GC. Farrell (1外・留学中): Hepatology, 40: 386-393, 2004.

110119. [原著] Randomized controlled trial of the efficacy of adjuvantimmunochemotherapy and adjuvant chemotherapy for colorectal cancer, using different combinations of the intracutaneous streptococcal preparation Ok-432 and the oral pyrimidines 1-hexylcarbamoyl-5-fluorouracil and uracil/tegafur. 渡邊昌彦1, Osamu Nishida, Yasuko Kunii, Susumu Kodaira,Takashi Takahashi, Takeshi Tominaga, Keiichi Hojo, Tomoyuki Kato, Minoru Niimoto, Kazufumi Kunitomo, Hiroyasu Isomoto, Yasuo Ohashi, Masayuki Yasutomi (1外): International Journal of Clinical Oncology, 9 (2): 98-106, 2004.

120022. [原著] DukesC大腸癌におけるリンパ節転移分類の検討: 日本大腸癌取扱い規約と TNM 分類の比較. 中村隆俊1, 三富弘之2, 菊池史郎1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 國場幸均1, 井原 厚1, 大谷剛正1, 渡邊昌彦1 (1外. 2国立相模原病院): 日本大腸肛門病学会誌, 58 (2): 2004.

120023. [原著] DNAのメチル化. 小澤平太, 渡邊昌彦 (外): コンセンサス癌治療, 11: 226, 2004.

210021. [準原著] Functional evaluation of laparoscopic fundoplication for GERD. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 二渡信江, 黒山信一, 菊池史郎, 渡邊昌彦 (外): J gastrointest Surg, 2004.

210022. [準原著] Effect of acetaminophen on hepatic microcirculation in mice. 伊藤義也1, Nancy W Machen, Edward R Abril, Robert S McCuskey (1外・留学中): Comparative Hepatology, 3 (S.1): S33, 2004.

220015. [準原著] 腸管虚血. 佐藤武郎, 大谷剛正, 小澤平太, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): Surgery Frontier, 11 (3): 54-60, 2004.

220016. [準原著] 肛門掻痒症. 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 臨床外科, 59 (11): 219-221, 2004.

220017. [準原著] 栄養補給または腸管減圧を目的とした内視鏡的治療. 嶋尾 仁, 森瀬昌樹, 黒山信一, 渡邊昌彦 (外): 臨床消化器内科, 19 (10): 1407-1412, 2004.

220018. [準原著] 急速に増大した若年者の非機能性膵内分泌癌の1例. 星野弘樹, 吉田宗紀, 板橋浩一, 高橋禎人, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 膵臓, 19 (5): 529-534, 2004.

220019. [準原著] 腫瘍性大腸・直腸疾患. 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 臨床雑誌「外科」, 66 (12): 1489-1496, 2004.

220020. [準原著] 毛巣洞(瘻). 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 臨床外科, 59 (11): 222-224, 2004.

220021. [準原著] 腹腔鏡補助下大腸亜全摘・回腸嚢肛門管吻合術のコツ. 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 國場幸均, 井原 厚, 柿田 章 (外): 臨床外科, 58 (4): 513-518, 2004.

220022. [準原著] 腸疾患の外科的治療. 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): Annual Review 消化器, 2005.

220023. [準原著] 大腸. 國場幸均, 渡邊昌彦 (外): 腹腔鏡下手術, 2004.

220024. [準原著] コンビネーションアプローチによる腹腔鏡下大腸手術. 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 佐藤武郎, 佐藤光史 (外): 手術, 58 (3): 395-402, 2004.

220025. [準原著] 大腸癌における腹腔鏡下手術の安全な郭清・授動の工夫. 國場幸均, 佐藤武郎, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 手術, 58 (11): 1883-1890, 2004.

220026. [準原著] 腹腔鏡下手術を安全に行うために. 國場幸均, 渡邊昌彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 臨床外科, 59 (6): 687-692, 2004.

220027. [準原著] 腹腔鏡下大腸切除術における再建. 國場幸均, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 消化器外科, 27 (10): 1575-1582, 2004.

220028. [準原著] 肛門部悪性腫瘍の診断・治療. 大谷剛正, 井原 厚, 國場幸均, 佐藤武郎, 根本一彦, 小澤平太, 中村隆俊, 渡邊昌彦 (外): 臨床外科, 59 (8): 1021〜1027, 2004.

220029. [準原著] 自動吻合器による再建−腹腔鏡下大腸切除術における再建−. 國場幸均, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 消化器外科9月号, 27 (10): 1575〜1582, 2004.

320028. [症例報告] 大量出血をきたし緊急腹腔鏡下手術で救命し得た空腸pyogenic granulomaの1例. 中村隆俊1, 三富弘之2, 大谷剛正1, 佐々木真弓3, 磯部義憲3, 佐田美和4, 佐藤武郎1, 根本一彦1, 國場幸均1, 井原 厚1, 佐藤光史1 (1外. 2国立相模原病院. 3放. 4内T) : 日本大腸肛門病学会誌, 57 (1): 39-42, 2004.

510005. [総説] Review article: surgical and endoscopic therapy of gastro-oesophageal reflux disease in Japan. 片田夏也 (外): Aliment Pharmacol Ther, 20: 28-31, 2004.

510006. [総説] Analysis of the role of negative Tcell costimulatory pathways in CD4 and CD8 mediated alloimmune responses in vivo. 上野琢哉1, Ito T, Yuan X, Clarkson NR, Yagita H, Azuma M, Auchincloss H Jr, Sayegh MH, Najafian N (Transplantation Unit, Surgical Services, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School) (1外・留学中): The Journal of Immunology, 174 (11): 6648-6656, 2005.

510007. [総説] Effect over time of endotoxin adsorption therapy (PMX-DHP) in sepsis. 上野琢哉1, Sugino M, 根本祐太1, Shoji H, 柿田 章1, 渡邊昌彦1 (1外): Therapeutic Apheresis and Dialysis, 9: 128-136, 2005.

510008. [総説] Heme oxygenase system in ischemia and reperfusion injury W Kupiec-Wglinski. 土橋誠一郎1, Constantion Fondevila, Jerzy W Kupiec-Weglinski (The Dumont-UCLA Transplant Center, Division of Liver and Pancreas Transplantation, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at University of California, LosAngeles, CA.) (1外・留学中): Ann Transplant, 9 (1): 84-87, 2004.

510009. [総説] Heme oxygenase-1 and heat shock proteins in ischemia/reperfusion injury. 土橋誠一郎1, Constantion Fondevila, Jerzy W Kupiec-Weglinski (The Dumont-UCLA Transplant Center, Division of Liver and Pancreas Transplantation, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at University of California, LosAngeles, CA.) (1外・留学中): Curr Opin Organ Transplant, 9: 145-152, 2004.

510010. [総説] Biliverdin Therapy Protects Rat Livers From Ischemia and Reperfusion Injury. Constantion Fondevila, Xiu-Da Shen, 土橋誠一郎1, Kenichiro Yamashita, Eva Csizmadia, Charles Lassman, Ronald W Busuttil, Jerzy W Kupiec-Weglinski, Fritz Bach (The Dumont-UCLA Transplant Center, Division of Liver and Pancreas Transplantation, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at University of California, LosAngeles, CA.) (1外・留学中): Hepatology, 40: 133-134, 2004.

520122. [総説] 肛門部悪性腫瘍の診断・治療. 大谷剛正, 井原 厚, 國場幸均, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 渡邊昌彦 (外): 臨床外科, 59 (8): 1021-1027, 2004.

520123. [総説] 胃癌に対する腹腔鏡補助下幽門側胃切除 D1+βおよび D2リンパ節郭清. 桜本信一, 菊池史郎, 黒山信一, 二渡信江, 片田夏也, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 癌の臨床, 50 (12): 999-1005, 2004.

520124. [総説] 胃切除例のGERD. 片田夏也, 渋谷滋郎, 渡邊昌彦 (外): メディチーナ, 42: 114-116, 2004.

520125. [総説] 腸疾患に対する低侵襲治療. 井原 厚, 國場幸均, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): G I Research, 12 (3): 21-29, 2004.

520126. [総説] 肝線腫様過形成 (Adenomatous Hyperplasia). 鹿取正道1, 國分茂博2 (1外. 2内T): 肝胆膵, 49 (5): 791-795, 2004.

520127. 総説] SSS (septic severity score) による急性腹症を伴う下部消化管疾患の重症度評価. 上野琢哉1 (留学中), 杉野三千男1, 根本 日普2, 柿田 章1, 渡邊昌彦1 (1外. 2あそか病院): 北里医学, 34: 59-66, 2004.

520128. [総説] 早期大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除の進歩. 渡邊昌彦 (外): 日本消化器病学会雑誌, 101 (5): 495-501, 2004.

520129. [総説] 腸疾患に対する内視鏡外科の進歩. 渡邊昌彦 (外): 慶應医学, 81 (2): 85-91, 2004.

520130. [総説] 炎症性腸疾患の腹腔鏡下手術の適応と限界. 渡邊昌彦 (外): 外科, 66 (7): 806-811, 2004.

520131. [総説] 大腸sm癌の治療, 腹腔鏡下手術の最先端. 渡邊昌彦 (外): モダンフィジシャン, 24 (7): 1169-1173, 2004.

520132. [総説] 接着基質としての細胞外マトリクスの孝三と組織再生への応用. 安達栄治郎1, 大橋しほ花, 平井和弥2, 竹村幸敏 (1医療系大学院. 2外): 遺伝子医学, mook1:75-81, 2004.

[著 書]

610002. [学術書] (分担執筆) Role of thromboxane in lipopolysaccharide-induced hepatic microcirculatory dysfunction in mice; Organ Microcirculation, Agateway to diagnostic and therapeutic interventions. Katagiri H, 伊藤義也1 (留学中), 石井健一郎1, 林 泉2, Suematsu M, 成宮 周3, 柿田 章1, 馬嶋正隆2 (1外. 2薬理. 3京都大), 編集 Ishii H, Suematsu M, Tanishita K, Suzuki H, Springer-Verlag Tokyo, 2004発行.

620077. [学術書] (分担執筆) 大腸癌炎症性腸疾患; 腸疾患に対する内視鏡外科, p.108-109. 渡邊昌彦 (外), 編集 落合武徳 (千葉大), メジカルビュー社, 東京, 2004発行.

620078. [学術書] (分担執筆) 大腸・肛門外科の要点と盲点; 大腸疾患に対する腹腔鏡下手術の適応, p.212-215. 渡邊昌彦 (外), 編集 杉原健一 (東京医歯大), 監修 幕内雅敏(東京大), 文光堂, 東京, 2004発行.

620079. [学術書] (分担執筆) 大腸・肛門外科の要点と盲点; 腹腔鏡下腸切除の基本操作, p.216-220. 渡邊昌彦 (外), 編集 杉原健一 (東京医歯大), 監修 幕内雅敏 (東京大), 文光堂, 東京, 2004発行.

620080. [学術書] (分担執筆) 大腸・肛門外科の要点と盲点; 回盲部切除・右結腸切除, p.221-225. 渡邊昌彦 (外), 編集 杉原健一 (東京医歯大), 監修 幕内雅敏 (東京大), 文光堂, 東京, 2004発行.

620081. [学術書] (分担執筆) 大腸・肛門外科の要点と盲点; 横行結腸切除, p.226-228. 渡邊昌彦 (外), 編集 杉原健一 (東京医歯大), 監修 幕内雅敏 (東京大), 文光堂, 東京, 2004発行.

620082. [学術書] (分担執筆) 大腸・肛門外科の要点と盲点; S状結腸切除, p.229-232. 渡邊昌彦 (外), 編集 杉原健一 (東京医歯大), 監修 幕内雅敏 (東京大), 文光堂, 東京, 2004発行.

[学会・研究会等]

712013. [学会 (国際)] (シンポジウム) Inhibition of matrix metaloproteonase attenuates liver injury elicited by acetaminophen in mice. 伊藤義也1, E Abril, NW Bethea, RS McCuskey (1外・留学中): Experimental Biology (2004/4/17-21), Washington DC.

712014. [学会 (国際)] (シンポジウム) Attenuation of hepatic microvascular injury in response to acetaminophen by matrix metalloproteinases inhibition. 伊藤義也1, E Abril, NW Bethea, RS McCuskey (1外・留学): 55th Annual meeting of the American association for the study of liver diseases (2004/10/29-11/2), Boston, Massachusetts, USA. Hepatology, 40 (S.): 698A, 2004.

712015. [学会 (国際)] (シンポジウム) Laparoscopic Surgery for Colorectal Cancer. 渡邊昌彦 (外): 2004 Annual Surgical Leaders' Summit (2004/10), Soul.

712016. [学会 (国際)] (シンポジウム) Laparoscois Rectal Surgery: The status of the art. 渡邊昌彦 (外): VI International Symposium on Rectal Cancer Milan (2004/11), Milan.

712017. [学会 (国際)] (シンポジウム) Laoaroscopic Surgery for Colorectal Cancer in Japan. 渡邊昌彦 (外): Masterclass Advanced Trainng Course (2004/12), Paris.

712018. [学会 (国際)] (シンポジウム) Landmark in laparoscopic Colectomy. 渡邊昌彦 (外): Adyanced Course in Laparoscopic Colorectal Surgery (2005/3/18), Strasbourg.

712019. [学会 (国際)] (シンポジウム) Clip-less laparoscopic total colectomy. 渡邊昌彦 (外): Adyanced Course in Laroscopic Colorectal Surgery (2005/3/18), Strasbourg.

712020. [学会 (国際)] (シンポジウム) How to perform laparoscopic TME. 渡邊昌彦 (外): Advanced Course in Laparoscopic Colorectal Surgery (2005/3/19), Strasbourg.

712021. [学会 (国際)] (シンポジウム) General Principles in laparoscopic colectomy-Lateral approach. 渡邊昌彦 (外): Advanced Course in Laparoscopic Colorectal Surgery (2005/3/19), Strasbourg.

712022. [学会 (国際)] (シンポジウム) Techniques-Landmarks of surgical for a safe left and right colectomy. 渡邊昌彦 (外): Advanced Course in Laparoscopic Colorectal Surgery (2005/3/19), Strasbourg.

713072. [国際 (学会)] (ポスター) The Laporascopic Combination Approach for Colon Cancer. 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 佐藤武郎, 根本一彦, 佐藤光史 (外): 2004 Scientific Session & Postgraduate Courses SAGES (2004/4/3), Denver, Colo.

713073. [学会 (国際)] (一般講演) HO-1 cytoprotective and anti-inflammatory effects in hepatic ischemia/reperfusion injury are toll-like receptor-4 independent. ischemia/reperfusion injury. 土橋誠一郎1, Constantion Fondevila, Bibo Ke, Yuan Zhai, Busuttil RW, Jerzy W Kupiec-Weglinski (The Dumont-UCLA Traansplant Center, Division of Liver and Pancreas Transplantation, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at University of California, LosAngeles, CA) (1外・留学中): American Society of Transplantation (2004/5/15-19), Boston, MA, USA. Am J Transplantation, (Suppl): 436, 2004.

713074. [学会 (国際)] (一般講演) A new mouse model of prolonged hepatic cold ischemia followed by orthotopic liver transplantation (OLT). Xiu-Da Shen, Bibo Ke, Yuan Zhai, 土橋誠一郎1, Lassman Charls, Douglas G Farmer, Busuttil RW, Jerzy W kupiec-Weglinski (The Dumont-UCLA Transplant Center, Division of Liver and Pancreas Transplantation, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at University of California, Los Angeles, CA) (1外・留学中): American Society of Transplantation (2004/5/15-19), Boston, MA, USA. Am J Transplantation, (Suppl): 437, 2004.

713075. [学会 (国際)] (一般講演) Activation of TLR4 is critical in the mechanism of extended cold ischemia/reperfusion injury after liver transplantation. Xiu-Da Shen, Bibo Ke, Yuan Zhai, 土橋誠一郎1, Lassman Charls, Douglas G Farmer, Busuttil RW, Jerzy W kupiec-Weglinski (The Dumont-UCLA Transplant Center, Division of Liver and Pancreas Transplantation, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at University of California, Los Angeles, CA) (1外・留学中): American Society of Transplantation (2004/5/15-19), Boston, MA, USA. Am J Transplantation, (Suppl): 539, 2004.

713076. [学会 (国際)] (一般講演) Strategy of the treatment for hepatocellular carcinoma. 佐藤光史1. 坂本友見子1, 星野弘樹1, 鹿取正道1, 古田一徳1, 高橋 毅1, 渡邊昌彦1, S Kokubo1, 渋谷滋郎1, 磯部義憲2, 吉田宗紀1 (1外. 2放) The 21th PPSA-JC太平洋外科系学会日本支部会 (2004/11/7), オーストラリア.

713077. [学会 (国際)] (一般講演) Ho-1 upregulation suppresses Type-1 IFN pathway in hepatic schemia/reperfusion injury. 土橋誠一郎1, Yuan Zhai, Constantion Fondevila, Busuttil RW, Jerzy W Kupiec-Weglinski (The Dumont-UCLA Transplant Center, Division of Liver and Pancreas Transplantation, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at University of California, LosAngeles, CA) (1外・留学中): The 3rd International Congress on Immunosuppression (2004/12/8-11), San Diego, California. USA. Program and Abstract, p.104, 2004.

713078. [学会 (国際)] (ポスター) Functional evaluation of laparoscopic fundoplication for GERD. 片田夏也, 桜本信一 (外): 19th World Congress of International society for Digestive Surgery (2004/12/9), 横浜.

713079. [学会 (国際)] (ポスター) Methods and esults of Laparoscopic Surgery for GIST of the Stomach. 桜本信一, 菊池史郎, 黒山信一, 二渡信江, 片田夏也, 渡邊昌彦 (外): 19th World Congress of International society for Digestive Surgery (2004/12/10), 横浜.

713080. [学会 (国際)] (Oral) Role of nfat transcription factors in skin and vascularized cardiac allograft rejection. 上野琢哉1, Nader Najafian, Akira Yamada, Laurie H Glimcher, Mohamed H Sayegy, Hugh Auchincloss Jr (Transplantation Unit, Surgical Services, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School) (1外・留学中): 2004 American Transplant Congress (2004), Boston, MA, U.S.A.

713081. [学会 (国際)] (Oral) Generation of regulatory CD8+ T cells by icos-B7H signal blockade in vivo. Atushi Izawa, Michael R. Clarkson, Alan D. Salama, 上野琢哉1 Hideo Yagita, Arlene H Sharpe, Gordon J Freeman, Mohamed H Sayegh, Nader Najafian(Transplantation research center, righam and Women's Hospital & Chidren's Hospital, Harvard Medical School) (1外・留学中): 2004 American Transplant Congress (2004), Boston, MA, U.S.A.

721004. [学会 (全国)] (特別講演) 結腸・結腸の腹腔鏡下外科解剖. 渡邊昌彦 (外): 第104回日本外科学会定期学術集会 (2004/4/7), 大阪.

721005. [学会 (全国)] (特別講演) Technique of Laparoscopic Surgery for Rectal Cancer. 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会定期学術総会 (2004/7/21-23), 鹿児島.

721006. [学会 (全国)] (特別講演) 直腸癌手術からみた骨盤内視鏡外科科の展開. 渡邊昌彦 (外): 第44回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (2004/8/5), 東京.

721007. [学会 (全国)] (特別講演) 大腸疾患における内視鏡外科の現状と展望. 渡邊昌彦 (外): 第66回日本外科学会卒後教育セミナー (2004.10.14), 盛岡.

721008. [学会 (全国)] (特別講演) 内視鏡外科の長所と欠点. 渡邊昌彦 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11), 横浜.

721009. [学会 (全国)] (特別講演) 大腸癌に対する補助化学療法の進歩. 渡邊昌彦 (外): 2004年度後期 日本消化器外科学会教育集会 (2004/12/12), 横浜.

722034. [学会 (全国)] (シンポジウム) 大腸低浸襲手術の工夫: 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術 (Lac-APR) の工夫. 佐藤武郎, 國場幸均, 大谷剛正, 小澤平太, 中村隆俊, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10), 京都. 日本癌治療学会誌 第42回日本癌治療学会総会プログラム号, p.123, 2004.

722035. [学会 (全国)] (シンポジウム) 鏡視下手術 (下部消化管)−右側結腸癌に対する腹腔鏡補助下手術の工夫−. 國場幸均, 佐藤武郎, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10), 京都. 日本癌治療学会誌 第42回日本癌治療学会総会プログラム号, p.82, 2004.

722036. [学会 (全国)] (シンポジウム) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術. 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎 (出向中), 小澤平太, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会総会 (2004/10), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65 (増): 231, 2003.

722037. [学会 (全国)] (シンポジウム) 内視鏡外科手術のpitfall (消化管)−安全な腹腔鏡下大腸切除のコツ−. 國場幸均, 渡邊昌彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第59回日本消化器外科学会定期学術総会 (2004/7/21-23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 37 (7): 34 (760), 2004.

722038. [学会 (全国)] (シンポジウム) 膵胆管合流異常症における共通管と癌合併について. 古田一徳, 鹿取正道, 星野弘樹, 坂本友見子, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 285, 2004.

722039. [学会 (全国)] (シンポジウム) 皮下網線吊り上げ法による腹腔鏡下胆嚢摘出術とその問題点. 星野弘樹, 古田一徳, 坂本友見子, 鹿取正道, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 232, 2004.

722040. [学会 (全国)] (シンポジウム) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術. 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 小澤平太, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 231, 2004.

723262. [学会 (全国)] (一般講演) 重症心身障害児の胃食道逆流症に対する逆流防止手術−手術成績からみた適応の考案−. 片田夏也, 中原さおり, 石田和夫, 桜本信一, 小林伸行, 黒山信一, 根本祐太, 菊池史郎, 嶋尾 仁 (外): 第104回日本外科学会 (2004/5/12), 大阪. 日本外科学会雑誌, 105: 187, 2004.

723263. [学会 (全国)] (一般講演) 肝細胞, 特に大きさ3 cm以下, 腫瘍個数2個までの切除例の検討. 古田一徳, 星野弘樹, 鹿取正道, 板橋浩一, 島田 謙, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第104回日本外科学会 (2004/5/12), 大阪. 日本外科学会雑誌, 105: 429, 2004.

723264. [学会 (全国)] (一般講演) 酵素化学染色法による腫瘍内リンパ管新生についての検討. 黒山信一1, 小林伸行1, 大部 誠2, 大谷剛正1, 根本祐太1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 嶋尾 仁1, 岡安 勲3, 佐藤光史1 (1外. 2医衛. 3病理): 第104回日本外科学会 (2004/5/12), 大阪. 日本外科学会雑誌, 105: 236, 2004.

723265. [学会 (全国)] (一般講演) 非切除膵癌に対する制癌剤持続聡脈注入療法の臨床成績と意義. 吉田宗紀, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 柿田 章 (外): 第104回日本外科学会 (2004/5/12), 大阪. 日本外科学会雑誌, 105: 213, 2004.

723266. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における原発性十二指腸癌の治療方針の検討. 星野弘樹, 吉田宗紀, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史 (外): 第104回日本外科学会 (2004/5/13), 大阪. 日本外科学会雑誌, 105: 553, 2004.

723267. [学会 (全国)] (一般講演) 胸部大動脈病変を合併する腹部大動脈瘤に対する同時手術. 斉藤公一郎1, 平田光博1, 西巻 博2, 田村幸穂1, 町井正人3, 小原邦義3, 渡邊昌彦1 (1外. 2救命. 3胸外): 第32回日本血管外科学会総会 (2004/5/14), 東京.

723268. [学会 (全国)] (一般講演) 下肢深部静脈血栓症に対する抗凝固線溶療法の検討. 田村幸穂1, 平田光博1, 西巻 博2, 斉藤公一郎1, 金城正佳3, 島田 謙2, 渡邊昌彦1 (1外. 2救命. 3湘南東部総合病院): 第24回日本静脈学会 (2004/6/3), 三重県.

723269. [学会 (全国)] (一般講演) 肝細胞癌における外科的切除後再発例に対する治療方法の検討. 古田一徳, 高橋 毅, 板橋浩一, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第40回日本肝臓学会総会 (2004/6/3), 東京.

723270. [学会 (全国)] (一般講演) 難治性腹水に対する腹腔−静脈シャント術症例の検討. 坂本友見子, 古田一徳, 高橋 毅, 星野弘樹, 鹿取正道, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦, 大村孝志 (外): 第40回日本肝臓学会総会 (2004/6/3), 東京.

723271. [学会 (全国)] (一般講演) 妊娠, 分娩を経験した胆道閉鎖症6例の検討. 田中 潔1, 本名敏郎2, 黒田達夫2, 森川信行2, 北野良博2, 渕本康史2, 田中圭一朗2, 川島憲子2, 町頭成郎2 (1外. 2国立成育医療センター・外): 第41回日本小児外科学会 (2004/6/4), 大阪市. 日本小児外科学会雑誌, 40 (3): 2004.

723272. [学会 (全国)] (一般講演) 胆道閉鎖症長期経過例の妊娠・出産と肝移植の役割. 渕本康史1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔2, 森川信行1, 北野良博1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター・外. 2外): 第41回日本小児外科学会 (2004/6/4), 大阪市. 日本小児外科学会雑誌, 40 (3): 346, 2004.

723273. [学会 (全国)] (一般講演) Cholestasis may contribute to a high mortality of congenital diaphragmatic hernia. 森川信行1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔2, 北野良博1, 渕本康史1, Satoshi Nakagawa1, Yasuyuki Suzuki1, Kenntaro Matsuoka1, Jun Miyachi1 (1国立成育医療センター. 2外): 第41回日本小児外科学会 (2004/6/4), 大阪市. 日本小児外科学会雑誌, 40 (3): 316, 2004.

723274. [学会 (全国)] (一般講演) 出生前診断における小児外科医の役割: 国立成育医療センターの現状. 北野良博1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔2, 森川信行1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1, 左合治彦1 (1国立成育医療センター. 2外): 第41回日本小児外科学会 (2004/6/5), 大阪市.

723275. [学会 (全国)] (一般講演) 重症心身障害児に対する胃食堂逆流防止手術の適応, 特に年長児の耐術性についての考察. 中原さおり1, 石田和夫1, 片田夏也1, 岩崎俊之2, 渡邊昌彦1 (1外. 2児): 第41回日本小児外科学会 (2004/6/5), 大阪市. 日本小児外科学会雑誌, 40 (3): 506, 2004.

723276. [学会 (全国)] (一般講演) Cine MRIを用いた消化管運動機能評価の試み. 田中 潔1, 本名敏郎2, 黒田達夫2, 森川信行2, 北野良博2, 渕本康史2, 田中圭一朗2, 川島憲子2, 町頭成郎2, 正木英一2 (1外. 2国立成育医療センター), 第41回日本小児外科学会 (2004/6/5), 大阪市. 日本小児外科学会雑誌, 40 (3): 465, 2004.

723277. [学会 (全国)] (一般講演) 成育医療におけるキャリーオーバー患者の外科的診療の実態. 川島憲子1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔2, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター. 2外): 第41回日本小児科外科学会 (2004/6/5), 大阪市. 日本小児科外科学会雑誌, 40 (3): 448, 2004.

723278. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における消化管異物に対する診断と外科的治療. 町頭成郎1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔2, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1 (1国立成育医療センター. 2外): 第41回日本小児外科学会 (2004/6/5), 大阪市. 日本外科学会雑誌, 40 (3): 451, 2004.

723279. [学会 (全国)] (一般講演) 小児外科的腹部疾患の出生前経過と治療の可能性についての検討. 黒田達夫1, 北野良博1, 左合治彦1, 本名敏郎1, 田中 潔2, 森川信行1, 渕本康史1, 田中圭一朗1, 川島憲子1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター. 2外): 日本小児外科学会総会 (2004/6/5), 大阪市. 日本小児外科学会雑誌, 40 (3): 469, 2004.

723280. [学会 (全国)] (一般講演) パッチ縫縮したCDH6例と直接縫合したCDH4例との比較. 田中圭一朗1, 本名敏郎1, 北野良博1, 黒田達夫1, 田中 潔2, 森川信行1, 渕本康史1, 川島憲子1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター. 2外): 日本小児外科学会総会 (2004/6/5), 大阪市. 日本小児外科学会雑誌, 40 (3): 476, 2004.

723281. [学会 (全国)] (一般講演) 乳癌化学療法施行患者に対するMulti-disciplinary careの試み. 蔵並 勝, 越田佳朋, 仙石紀彦, 林 京子, 石田和夫, 榎本拓茂 (外): 第12回日本乳癌学会総会 (2004/6/11), 北九州市. 検証に基づいた次代への展開, p.301, 2004.

723282. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるRI・色素併用センチネルリンパ節生検の検討. 仙石紀彦, 越田佳朋, 榎本拓茂, 石田和夫, 蔵並 勝 (外): 第12回日本乳癌学会総会 (2004/6/11), 北九州市. 検証に基づいた次代への展開, p.217, 2004.

723283. [学会 (全国)] (一般講演) 集学的治療によりQOL改善がはかられたstagelv両側乳癌の1症例. 飯塚美香, 仙石紀彦, 越田佳朋, 榎本拓茂, 石田和夫, 蔵並 勝 (外): 第12回日本乳癌学会総会 (2004/6/12), 北九州市. 検証に基づいた次代への展開, p.299, 2004.

723284. [学会 (全国)] (一般講演) 食道アカラシアに対する拡張術および腹腔鏡下手術の短期治療成績の比較検討. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 二渡信江, 黒山信一, 根本祐太, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第58回日本食道学会 (2004/6/25), 東京.

723285. [学会 (全国)] (一般講演) 膝窩動脈仮性瘤に対してバルーン閉塞下経皮的トロンビン注入術が有効であった一例. 田村幸穂1, 西巻 博2, 平田光博1, 斉藤公一郎1, 渡邊昌彦1 (1外. 2放): 第10回日本血管内治療学会 (2004/6/29), 大阪市.

723286. [学会 (全国)] (一般講演) 胃食道逆流症の治療方針決定における食道機能検査の重要性. 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 二渡信江1, 黒山信一1, 菊池史郎1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1, Hinder Ronald2 (1外. 2Creighton University): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/2), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 484, 2004.

723287. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 救急医療の標準化 (腹部)−潰瘍性大腸炎に対する緊急手術の実際. 佐藤武郎, 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/2), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 443, 2004.

723288. [学会 (全国)] (一般講演) 術前に鑑別が困難であった胃体上部後壁原発の巨大GISTの一切除例. 中村和徳, 星野弘樹, 坂本友見子, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史 (外): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/2), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 562, 2004.

723289. [学会 (全国)] (一般講演) stage 2大腸癌におけるtumor buddingの予後規定因子としての有用性. 中村隆俊1, 渡邊昌彦1, 三富弘之2, 大谷剛正1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 國場幸均1, 根本一彦1, 井原 厚1 (1外. 2国立相模原病院): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/2), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 563, 2004.

723290. [学会 (全国)] (ワークショップ) 内視鏡下手術: What's proven, What's not: 腹腔鏡下大腸手術における最新の知見. 國場幸均, 渡邊昌彦, 大谷剛正, 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 佐藤光史 (外): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/2), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 495, 2004.

723291. [学会 (全国)] (ビデオ) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー (TEM) の経験と筋層損傷の修復. 大谷剛正, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/3), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 546, 2004.

723292. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌術後腹膜播種症例に対する外科的治療の適応と限界. 黒山信一, 菊池史郎, 桜本信一, 二渡信江, 片田夏也, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/3), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 528, 2004.

723293. [学会 (全国)] (一般講演) 画像診断update: コンピューター画像解析を用いた新しい消化管腫瘍の診断とその意義. 菊池史郎, 矢野剛司, 黒山信一, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第29回日本外科系連合学会 (2004/7/3), 東京. 日本外科系連合学会雑誌, 29 (3): 462, 2004.

723294. [学会 (全国)] (ポスター) コラーゲン合成特異的シャペロン蛋白 (HSP47) によるキルス胃癌病状把握の可能性. 平井和弥1, 菊池史郎1, 栗田 淳1, 二渡信江1, 黒山信一1, 根本祐太1, 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 嶋尾 仁1, 松岡泰弘2, 永田和宏2 (1外. 2京都大): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/21), 鹿児島.

723295. [学会 (全国)] (一般講演) pN1胃癌症例におけるリンパ節転移形式の検討. 黒山信一, 菊池史郎, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/21), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1081, 2004.

723296. [学会 (全国)] (一般講演) スキルス胃癌培養モデル・組織におけるコラーゲン合成特異的シャベロン (HSP47) の発現. 平井和弥, 菊池史郎, 栗田 淳, 黒山信一, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/21), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1111, 2004.

723297. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡補助下胃切除術におけるD1+βリンパ節郭清の視野展開の工夫. 桜本信一, 菊池史郎, 片田夏也, 根本祐太, 黒山信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/21), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1134, 2004.

723298. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床病理学的検討からみた膵IPMTの治療方針. 鹿取正道, 坂本友見子, 星野弘樹, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/21), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1188, 2004.

723299. [学会 (全国)] (一般講演) 当院に於ける胆道ステントの適応と疾患別のステント選択方針. 星野弘樹, 坂本友見子, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/21), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1041, 2004.

723300. [学会 (全国)] (一般講演) 膵頭十二指腸切除における簡単で安全な膵消化管吻合の工夫−膵空腸密着吻合術の手技とコツ−. 坂本友見子, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/22), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1052, 2004.

723301. [学会 (全国)] (一般講演) 肝細胞癌の外科的切除後再発の治療法の検討−長期予後の向上をめざして−. 古田一徳, 高橋 毅, 板橋浩一, 星野弘樹, 鹿取正道, 高橋禎人, 島田 謙, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/22), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1272, 2004.

723302. [学会 (全国)] (一般講演) メチル酸イマチニブが奏功した播種性小腸GISTの1例. 四宮洋史, 古田一徳, 根本祐太, 高橋 毅, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/22), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1099, 2004.

723303. [学会 (全国)] (一般講演) 安全な腹腔下大腸切除のコツ. 國場幸均, 渡邊昌彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/22), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 953, 2004.

723304. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌腹膜播種症例にたいする術式の検討. 井原 厚, 大谷剛正, 小澤平太, 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会定期学術総会 (2004/7/22), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 37 (7): 505, 2004.

723305. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下直腸脱手術の経験. 根本一彦, 國場幸均, 中村隆俊, 佐藤武郎 (外): 第59回日本消化器外科学会定期学術総会 (2004/7/23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 37 (7): 589, 2004.

723306. [学会 (全国)] (一般講演) 食堂アカラシアに対する腹腔鏡下手術の長期治療成績. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 根本祐太, 黒山信一, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 中原さおり, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会定期学術総会 (2004/7/23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 37 (7): 385, 2004.

723307. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の大腸癌肝転移切除例の検討. 中村隆俊, 大谷剛正, 佐藤武郎, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 小澤平太, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会定期学術総会 (2004/7/23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 37 (7): 389, 2004.

723308. [学会 (全国)] (一般講演) 粘液産生性膵管内乳頭腫瘍に対する十二指腸温存膵頭切除術. 佐藤光史, 坂本友見子, 星野弘樹, 鹿取正道, 板橋浩一, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会定期学術総会 (2004/7/23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 37 (7): 405, 2004.

723309 [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 潰瘍性大腸炎の手術適応と手術タイミングおよび術式の検討. 大谷剛正, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 965, 2004.

723310. [学会 (全国)] (一般講演) 胆管炎を併発し術前に診断困難であった肝内胆管の著明な数珠状拡張を呈した Caroli 病の一例. 大久保博世, 星野弘樹, 坂本友見子, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1351, 2004.

723311. [学会 (全国)] (一般講演) 十二指腸乳頭部癌の外科治療成績からみた問題点と治療のあり方. 吉田宗紀, 坂本友見子, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本消化器外科学会 (2004/7/23), 鹿児島. 日本消化器外科学会雑誌, 137 (7): 1350, 2004.

723312. [学会 (全国)] (ポスター) クローン病術後吻合部再発における検討: Functional end to end anastmosis (FEE) と手縫い吻合の比較. 小澤平太, 佐藤武郎, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡.

723313. [学会 (全国)] (一般講演) 直腸癌に対する腹腔鏡下大腸手術の知見. 國場幸均, 渡邊昌彦, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 382, 2004.

723314. [学会 (全国)] (一般講演) 北里式Needle Capを用いた食道−空腸吻合術における新しい消化管吻合法−. 菊池史郎, 黒山信一, 根本祐太, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 357, 2004.

723315. [学会 (全国)] (一般講演) 治療成績向上を目指した進展と予後からみた進行胆嚢癌に対する適正な術式. 吉田宗紀, 坂本友見子, 星野弘樹, 鹿取正道, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 343, 2004.

723316. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるクリニカルパスの現況. 佐藤武郎, 大谷剛正, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 小澤平太, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 326, 2004.

723317. [学会 (全国)] (一般講演) 胆嚢癌術後再発に対し集学的治療を行い長期生存が得られた3症例の検討. 坂本友見子, 吉田宗紀, 星野弘樹, 鹿取正道, 古田一徳, 高橋 毅, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 617, 2004.

723318. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で経験した左腋交窩副乳癌の一例. 北村真樹, 仙石紀彦, 半田喜美也, 林 京子, 榎本拓茂, 蔵並 勝, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会総会 (2004/10/14), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 756, 2004.

723319. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下に切除し得た横行結腸動静脈奇形の一例. 筒井敦子, 中村隆俊, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会総会 (2004/10/14), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 501, 2004.

723320. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌と他臓器重複癌症例の検討. 二渡信江, 小林伸行, 片田夏也, 黒山信一, 桜本信一, 菊池史郎, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会総会 (2004/10/14), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 476, 2004.

723321. [学会 (全国)] (一般講演) 腫瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術. 大谷剛正, 根本一彦, 中村隆俊, 佐藤武郎, 小澤平太, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会総会 (2004/10/14), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 231, 2004.

723322. [学会 (全国)] (一般講演) Crohn病術後吻合部再発における検討: Functional end-to-end anastmosis (FEE) と手縫い吻合との比較. 小澤平太, 佐藤武郎, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会総会 (2004/10/14), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 497, 2004.

723323. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌と他臓器重複癌症例の検討. 二渡信江, 小林伸行, 片田夏也, 黒山信一, 桜本信一, 菊池史郎, 渡邊昌彦 (外): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/14), 盛岡. 日本臨床外科学会雑誌, 65: 476, 2004.

723324. [学会 (全国)] (一般講演) 則片リンパ節郭清の意義とその問題点. 井原 厚, 中村隆俊, 小澤平太, 佐藤武郎, 根本一彦, 國場幸均, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2004/10/14), 福岡. 日本大腸肛門病学会雑誌, 57 (9): 566, 2004.

723325. [学会 (全国)] (一般講演) 術前診断に難渋した管外発育型十二指腸GISTの2切除例. 星野弘樹, 坂本友見子, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第46回日本消化器病学会大会 (2004/10/22), 福岡.

723326. [学会 (全国)] (一般講演) 胆管炎を併発し術前に診断困難であった肝内胆管の著明な数珠状拡張を呈した Caroli病の一例. 坂本友見子, 星野弘樹, 鹿取正道, 島田 謙, 古田一徳, 高橋 毅, 吉田宗紀, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第46回日本消化器病学会大会 (2004/10/22), 福岡.

723327. [学会 (全国)] (一般講演) DukesaB大腸癌における予後規定因子としてのtumor buddingの有用性. 中村隆俊1, 渡邊昌彦1, 三冨弘之2, 大谷剛正1, 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 根本一彦1, 井原 厚1 (1外. 2国立相模原病院): 第68回日本消化器内視鏡学会総会 (2004/10/22), 福岡.

723328. [学会 (全国)] (一般講演) コンピューターグラフィックスを用いた進行胃癌に三次元立体構築と腫瘍体積値計測の意義. 菊池史郎, 矢野剛司, 黒山信一, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 第46回日本消化器病学会 (2004/10/22), 福岡. 日本消化器病学会雑誌, 101: 724, 2004.

723329. [学会 (全国)] (ポスター) コラーゲンゲル培養法を用いたスキルス胃癌移植モデルの開発について. 平井和弥1, 菊池史郎1, 栗田 淳1, 安達栄治郎2, 渡邊昌彦1 (1外. 2医療系研究科): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27), 京都.

723330. [学会 (全国)] (ポスター) コラーゲン合成特異的シャペロン蛋白 (HSP47) によるスキルス胃癌病状把握の可能性. 平井和弥, 菊池史郎, 栗田 淳, 二渡信江, 黒山信一, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/28), 京都.

723331. [学会 (全国)] (ポスター) 右側結腸癌に対する腹腔鏡補助下手術の工夫. 國場幸均, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/28), 京都.

723332. [学会 (全国] (ポスター) 腹腔鏡下腹会陰式直腸切除術 (Lac-APR) の工夫. 佐藤武郎, 國場幸均, 大谷剛正, 小澤平太, 中村隆俊, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/29), 京都.

723333. [学会 (全国)] (ワークショップ) 緩和ケアチームの現状と今後の方向性: 住宅ホスピス実施に向けた当院の現況. 大谷剛正, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/29), 京都.

723334. [学会 (全国)] (ポスター) DukesC大腸癌患者におけるリンパ節転移形式と予後との関係. 中村隆俊, 渡邊昌彦, 大谷剛正, 井原 厚, 國場幸均, 佐藤武郎, 小澤平太 (外): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/29), 京都.

723335. [学会 (全国)] (一般講演) 進行大腸癌Stage4症例の予後因子と治療. 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2004/11/5), 福岡. 日本大腸肛門病学会誌, 57 (9): 619, 2004.

723336. [学会 (全国)] (一般講演) 側方リンパ節郭清の意義とその問題点. 井原 厚, 中村隆俊, 小澤平太, 佐藤武郎, 根本一彦, 國場幸均, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2004/11/5), 福岡. 日本大腸肛門病学会誌, 57 (9): 566, 2004.

723337. [学会 (全国)] (一般講演) Crohn病術後吻合部再発における検討: Functional end to end anastmosis (FEE) と手縫い吻合との比較. 小澤平太, 佐藤武郎, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2004/11/5), 福岡. 日本大腸肛門病学会誌, 57 (9): 556, 2004.

723338. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の適応と術式. 大谷剛正, 佐藤武郎, 小澤平太, 筒井敦子, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2004/11/5), 福岡. 日本大腸肛門病学会誌, 57 (9): 715, 2004.

723339. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸切除を安全に施行するための工夫. 國場幸均, 渡邊昌彦, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第59回日本大腸肛門病学会 (2004/11/5), 福岡. 日本大腸肛門病学会雑誌, 57 (9): 532, 2004.

723340. [学会 (全国)] (一般講演) 経過中横行結腸狭窄をきたした潰瘍性大腸炎の1例. 筒井敦子, 佐藤武郎, 安部美寛, 小澤平太, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本大腸肛門病学会 (2004/11/6), 福岡. 日本大腸肛門病学会雑誌, 57 (9): 796, 2004.

723341. [学会 (全国)] (一般講演) クローン病による幽門輪・多発難治性狭窄に対して腹腔鏡下手術を施行し得た1例. 小倉直人, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2004/11/6), 福岡. 日本大腸肛門病学会誌, 57 (9): 792, 2004.

723342. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 大腸癌に対する腹腔鏡手術の適応とピットホールー: 腹腔鏡下大腸切除を安全に施行するための工夫. 國場幸均, 渡邊昌彦, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 井原 厚, 大谷剛正 (外): 第58回日本大腸肛門病学会総会 (2004/11/6), 福岡. 日本大腸肛門病学会誌, 57 (9): 715, 2004.

723343. [学会 (全国)] (一般講演) 急性胆嚢炎に対する経皮経肝胆嚢穿刺吸引法の有用性. 羽廣健仁1, 佐藤一喜, 飯野善一朗 (1外・中条中央病院外科出向中): 第17回日本外科感染症学会 (2004/11/18), 新潟.

723344. [学会 (全国)] (ポスター) ラット逆流性食道炎モデルにおける食道上皮の形態学的変化−胃液及び十二指腸液逆流の比較−. 渋谷滋郎1, 片田夏也1, 渡邊昌彦1, 岡安 勲2 (1外. 2病理): 第32回日本実験潰瘍学会 (2004/11/20), 大津.

723345. [学会 (全国)] (一般講演) 神経芽種StagelV-A治療後に発病漏出性胃腸症の一例. 田中 潔1,2, 中野美和子3, 黒田達夫2, 本名敏郎2, 森川信行2, 北野良博2, 渕本康史2, 寺脇 幹2, 田中圭一朗2, 川島憲子2, 町頭成郎2 (1外. 2国立成育医療センター外科. 3さいたま市立病院小児外科): 第20回日本小児がん学会 (2004/11/22), 京都. 小児がん, 41 (3): 684, 2004.

723346. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌に対する腹腔鏡補助下胃全摘術の成績. 桜本信一, 菊池史郎, 黒山信一, 二渡信江, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/24), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 225, 2004.

723347. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡補助下直腸切断術の現況. 佐藤武郎, 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 小澤平太, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 351, 2004.

723348. [学会 (全国)] (一般講演) 経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー (TEM) の経験. 大谷剛正, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 352, 2004.

723349. [学会 (全国)] (一般講演) 小児の胃食道逆流症に対する逆流防止手術の手術成績と問題点. 片田夏也, 中原さおり, 田中 潔, 桜本信一, 小林伸行, 二渡信江, 黒山信一, 菊池史郎, 渡邊昌彦 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 361, 2004.

723350. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡が有用であった小腸出血の1例. 中村隆俊1, 國場幸均1, 三富弘之2, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 井原 厚1, 大谷剛正1, 渡邊昌彦1 (1外. 2国立相模原病院): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 374, 2004.

723351. [学会 (全国)] (一般講演) インスリノーマに対する腹腔鏡下膵尾部切除術の1例. 星野弘樹, 古田一徳, 坂本友見子, 鹿取正道, 高橋 毅, 吉田宗紀, 渡邊昌彦 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 394, 2004.

723352. [学会 (全国)] (一般講演) クローン病に対する腹腔鏡手術の検討. 小澤平太, 佐藤武郎, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 347, 2004.

723353. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術 (Lac-APR) の現況. 佐藤武郎, 國場幸均, 大谷剛正, 中村隆俊, 小澤平太, 井原 厚 (外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学会雑誌, 9 (7): 114, 2004.

723354. [学会 (全国)] (一般講演) 横行結腸穿孔をきたした成人Morgagni孔ヘルニアの1例. 上野聡一郎1, 宮内邦宏, 中熊尊士1, 平野 進1, 栗田 淳1, 浦島太郎, 前田純一 (1外): 第41回日本腹部救急医学会総会 (2005/3/11), 名古屋.

731047. [研究会] (特別講演) CPT-11 (Irinotecan hydrochloride); Development and current status. 渡邊昌彦 (外): Update on Colorectal Cancer Surgery (2004/4/16), 東京.

731048. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の進歩. 渡邊昌彦 (外): 横須賀外科医会講演会 (2004/5/19), 横須賀.

731049. [学会 (地方)] (特別講演) 腹腔鏡下大腸切除の実際. 渡邊昌彦 (外): 第175回近畿外科学会 (第12回日本外科学会生涯教育セミナー) (2004/5/22), 大阪.

731050. [研究会] (特別講演) 大腸癌治療の最前線. 渡邊昌彦 (外): 相模原胃と腸研究会 (2004/7/28), 相模原.

731051. [研究会] (特別講演) 胃食道逆流症の病態と治療. 片田夏也 (外): 第81回相模原胃と腸研究会, ミニレクチャー (2004/11/24), 相模原.

731052. [研究会] (特別講演) ヒトに優しい大腸癌の新しい外科治療−内視鏡外科の進歩−. 渡邊昌彦 (外): 市民公開講座・内視鏡手術駒ヶ根サマーセミナー (2004/8), 長野.

731053. [研究会] (特別講演) 大腸癌治療の最前線. 渡邊昌彦 (外): 第24回広島腫瘍外科研究会 (2004/9/18), 広島.

731054. [その他] (特別講演) CPT-11 (カンプト注) の変遷と展望: 大腸癌科学療法の進歩とCPT-11. 渡邊昌彦 (外): CPT-11発売10周年記念講演会 (2004/10/2), 東京.

731055. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の進歩. 渡邊昌彦 (外): 第6回北九州がんセミナー (2004/11/2), 小倉.

731056. [研究会] (特別講演) がん治療の成績向上のために: 大腸癌の新しい治療選択. 渡邊昌彦 (外): 第5回Tochigi Surgical Oncology Meeting (2004/11/16), 宇都宮.

731057. [研究会] (特別講演) 患者に優しい大腸癌の外科治療−内視鏡外科の進歩−. 渡邊昌彦 (外): 町田医師会 (2004/12/7), 横浜.

731058. [研究会] (特別講演) 大腸癌に対する新しい治療 −内視鏡外科の進歩−. 渡邊昌彦 (外): 中央区医師会講演会 (2005/1/14), 東京.

731059. [研究会] (特別講演) 大腸癌に対する新しい治療 −内視鏡外科の進歩−. 渡邊昌彦 (外): 多摩がん研究会 (2005/2/18), 東京.

731060. [研究会] (特別講演) 腸疾患に対する内視鏡外科の進歩. 渡邊昌彦 (外): 千葉大腸疾患研究会第1回学術講演会 (千葉県医師会生涯教育認定講座) (2005/3/26), 千葉.

732032. [研究会] (招待講演) 大腸癌治療の選択−今, 何をなすべきか−. 渡邊昌彦 (外): 第61回大腸癌研究会 (2004/7/9), 新潟.

733118. [研究会] (一般講演) 経皮的ラジオ波熱凝固療法の現況と適応拡大−腫瘍径別局所再発率とReal-time Virtual Sonographyの応用−. 國分茂博1, 小野弘二1, 中沢貴秀1, 日高 央1, 吉田宗紀2, 板橋浩一2, 鹿取正道2, 星野弘樹2, 古田一徳2, 渡邊昌彦2 (1内T. 2外): 第33回神奈川県消化器外科研究会 (2004/4/17), 横浜.

733119. [研究会] (一般講演) 当院における肝細胞癌の外科治療の現状と展開. 古田一徳, 吉田宗紀, 星野弘樹, 鹿取正道, 高橋 毅, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第33回神奈川県消化器外科研究会 (2004/4/17), 横浜.

733120. [研究会] (一般講演) 肝腫瘍に対する腹腔鏡下ラジオ波熱凝固療法 (RFA) の手技と問題点. 板橋浩一1, 國分茂博2, 小野弘二2, 日高 央2, 西元寺克禮2, 吉田宗紀1, 渡邊昌彦1 (1外. 2内T): 第33回神奈川県消化器外科研究会 (2004/4/17), 横浜.

733121. [研究会] (一般講演) 経肛門敵内視鏡下マイクロサージェリー (TEM) の経験と筋層損傷の修復. 大谷剛正, 佐藤武郎, 小澤平太, 中村隆俊, 根本一彦, 國場幸均, 井原 厚, 佐藤光史, 渡邊昌彦 (外): 第10回神奈川大腸肛門手術手技研究会 (2004/5), 神奈川.

733122. [学会 (地方)] (一般講演) 逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術−食道機能検査による評価−. 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 二渡信江, 黒山信一, 菊池史郎, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第78回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2004/6/11), 東京.

733123. [研究会] (一般講演) 食道粘膜下腫瘍と診断された乳癌胸膜播種の1例. 二渡信江1, 小林伸行1, 片田夏也1, 筒井敦子1, 原 英則2, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦1 (1外. 2胸外): 第793回外科集談会 (2004/6/12), 横浜. 日本臨床外科学会雑誌, 65 (10): 252, 2004.

733124. [研究会] (一般講演) 超低位前方切除の適応の問題点. 佐藤武郎, 大谷剛正, 中村隆俊, 小澤平太, 國場幸均, 井原 厚, 渡邊昌彦 (外): 第61回大腸癌研究会 (2004/7/9), 新潟.

733125. [研究会] (一般講演) 上部胃癌の再建術: 噴門側切除, 食道残胃吻合術. 二渡信江, 菊池史郎, 黒山信一, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 第26回神奈川胃癌治療研究会 (2004/7/10), 横浜.

733126. [研究会] (一般講演) 腹腔鏡下手術を行った Mirizzi症候群と胃GISTの1例. 岩本寛人, 桜本信一, 黒山信一, 細谷 智, 小川恭史, 二渡信江, 片田夏也, 菊池史郎, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 日本臨床外科医学会集談会 (2004/9/4), 横浜.

733127. [研究会] (一般講演) 結腸・直腸手術の経口摂取とクリニカルパス (CP) の導入. 小澤平太, 佐藤武郎, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 神奈川臨床外科代謝栄養研究会 (2004/9/22), 横浜.

733128. [研究会] (一般講演) スキルス胃癌モデルおよび患者組織におけるコラーゲン特異的分子シャペロン HSP47の発現. 平井和弥1, 菊池史郎1, 栗田 淳1, 安達栄治郎2, 松岡泰弘3, 永田和宏3, 渡邊昌彦1 (1外. 2医療系研究科. 3京都大): 第24回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2004/9/27), 福岡.

733129. [研究会] (一般講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡補助下胃全摘術の経験. 桜本信一, 菊池史郎, 黒山信一, 二渡信江, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): DDW-JAPAN (2004/10/23), 福岡.

733130. [研究会] (一般講演) 迷走神経温存腹腔鏡補助下幽門側胃切除術の手技と成績. 桜本信一, 菊池史郎, 黒山信一, 二渡信江, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第6回関東腹腔鏡下胃切除研究会 (2004/11/6), 東京.

733131. [研究会] (一般講演) 在宅中心静脈栄養管理中にカテーテル持続感染に起因すると思われる腎炎を発症した1例. 田中 潔1,2, 本名俊郎2, 黒田達夫2, 森川信行2, 北野良博2, 渕本康史2, 寺脇 幹2, 田中圭一朗2, 川島憲子2, 町頭成郎, 飯島一誠2 (1外. 2国立成育医療センター): 第20回日本小児外科学会秋季シンポジウム (2004/11/26), 神戸.

733132. [研究会] (一般講演) 胆道拡張症との鑑別が困難なI cyct型胆道閉鎖症の1例. 中原さおり (外): 第31回日本胆道閉鎖症研究会 (2004/12/4), 鹿児島.

733133. [研究会] (一般講演) 急性膵炎で発病し, 副乳頭形成術で軽快した膵癒合不全の1例. 中原さおり, 石田和夫, 古田一徳, 田中 潔 (外): 第95回東京小児外科研究会 (2004/12/7), 東京.

733134. [研究会] (一般講演) 他臓器浸潤胃癌に対する合併切除の治療成績の検討. 黒山信一, 菊池史郎, 二渡信江, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 第27回神奈川胃癌治療研究会 (2004/12/8), 横浜.

733135. [研究会] (一般講演) 高位進行胃癌に対する脾動脈, 脾門部リンパ節郭清についての検討. 菊池史郎, 黒山信一, 二渡信江, 片田夏也, 桜本信一, 小林伸行, 渡邊昌彦 (外): 第27回神奈川胃癌治療研究会 (2004/12/8), 横浜.

733136. [研究会] (一般講演) 当院における直腸・肛門病変に対する腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術 (Lac-APR). 小澤平太, 佐藤武郎, 中村隆俊, 國場幸均, 井原 厚, 大谷剛正, 渡邊昌彦 (外): 第13回クリニカル・ビデオフォーラム (CVF) (2005/2/5), 東京.

733137. [研究会] (一般講演) 迷走神経温存腹腔鏡下胃切除術の手術手技. 桜本信一, 菊池史郎, 黒山信一, 二渡信江, 片田夏也, 小林伸行, 嶋尾 仁, 渡邊昌彦 (外): 第13回クリニカル・ビデオフォーラム (CVF) (2005/2/5), 東京.

733138. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における癌終末期治療の検討. 上野聡一郎1, 宮内邦宏, 中熊尊士1, 平野 進1, 栗田 淳1, 浦島太郎, 前田純一 (1外): 第42回埼玉県医学会総会 (2005/2/27), 浦和.

733139. [研究会] (一般講演) 骨に波及したリンパ管腫症の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 名館尚也2, 古川真祐2 (1外. 2児): 第42回神奈川小児腫瘍研究会 (2005/3/12), 横浜.


<<胸部外科学>>

[学術論文]

110120. [原著] Modified Dor's operation of left ventricular inferior wall aneurysm following old myocardial infarction. 三好 豊, 小原邦義, 贄 正基, 須藤恭一, 鳥井晋三, 吉村博邦 (胸外): 北里医学, 33 (5): 321-326, 2003.

110121. [原著] One-lung Ventilation for Video-Assisted Thoracoscopic Interruuption of Patent ductus Arteriosus. 宮地 鑑1, 岡本浩嗣2, 高崎泰一1, 小原邦義1, 吉村博邦1 (1胸外. 2麻酔): Surgery Today, 34 (12): 1006-1009, 2004.

110122. [原著] Arch Reconstruction without Circulatory Arrest in Neonates. 武田裕子1, 麻生俊英1, 七海美和1, 山本信行2, 小原邦義2, 吉村博邦2, 岡本浩嗣3 (1Department of Cardiac Surgery, Kanagawa Children's Hospital. 2胸外. 3麻酔).

110123. [原著] The Limiting Factors for the Transxiphiod Approach in Congenital Cardiac Surgery. 宮地 鑑1, Arata Murakami2, Hajime Sato2, Shinichi Takamoto2 (1胸外. 2東京大): The Heart Surgery Forum, 7 (3) #2003-3013, E250-253, 2004.

120024. [原著] Trehalose-albumin又はNystoseの添加したEuro-Collins液の腎, 心, 肺の保存効果. 真崎義彦, 後藤尚美, 贄 正基, 吉村博邦 (胸外): 低温医学, 30 (2): 41-45, 2004/6.

310006. [症例報告] Bioprosthetic Dysfunction Caused by Preserved Native Valve in Tricuspid Position. 小林真理子1, 麻生俊英2, Zong-Bo Lin1, 武田裕子2, 小原邦義1, 吉村博邦1 (1胸外. 2Department of Cardiac Surgery, Kanagawa Children's Hospital): Asian Cardiovascular & Thoracic Annals, 13 (1): 72-73, 2005.

310007. [症例報告] Single-stage Repair of complete Arterioventricular Septal Defect and Coarctation of the Aorta in Neonate. 小林真理子1,2, Yukihiro Takahashi2, Makoto Ando2, et al. (1胸外. 2Sakakibara Heart Institute): The Japanes Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 52: 383-385, 2004.

320029. [症例報告] Oversensingの原因特定が困難であった症例についての検討. 小川史洋, 小原邦義, 須藤恭一, 鳥井晋三, 贄 正基, 三好 豊, 吉村博邦 (胸外): Therapeutic Research, 25 (3): 558-561, 2004.

510011. [総説] Prostanoid receptor in tumor-associated angiogenesis and tumor growth. 天野英樹1, 林 泉2, 吉村博邦1, 馬嶋正隆2 (1胸外. 2薬理): Inflammation and Regeneration, 25 (1): 26-31, 2005.

520133. [解説] 治療の選択肢を患者とともに模索する−最近の肺癌手術療法の成績−. 吉村博邦 (胸外): 治療学, 38 (6): 623-628, 2004.

520134. [解説] 血管領域におけるステント治療の進歩−ステントの基礎と最新技術 薬剤溶出性ステントに関する基礎・最新技術−. 長谷部光泉1, 島田 厚, 鈴木哲也, 白神伸之, 樋口 睦, 石橋了知, 松岡義明, 斉藤俊哉, 饒平名智士, 吉村博邦2, 栗林幸夫 (1立川病院. 2胸外): 臨床放射線, 49 (13): 1771-1781, 2004.

520135. [総説] 外傷性心損傷. 三好 豊, 小原邦義 (胸外): 胸部外科, 57 (8): 742-750, 2004.

520136. [総説] 胸腔鏡下動脈管閉鎖術. 宮地 鑑 (胸外): 循環器科, 55 (6): 574-578, 2004.

520137. [総説] 外傷性肺損傷. 原 英則, 吉村邦博 (胸外): 胸部外科, 57 (8): 762-769, 2004.

[著 書]

620083. [学術書] (分担執筆) Annual Review循環器 2004; 動脈管開存症の胸腔鏡手術, p.234-237. 宮地 鑑 (胸外), 中外医学社, 東京, 2004/4/20発行.

620084. [解説] (分担執筆) 肺癌診療二頁の秘訣; 肺癌診療の秘訣, p.270-271. 吉村博邦 (胸外), 編集 藤村重文 (東北厚生年金病院), 金原出版, 東京, 2004/10/25発行.

620085. [学術書] (分担執筆) 冠動脈外科の要点と盲点分担表題; 心室瘤, p.224-228. 小原邦義 (胸外), 編集 竹内靖夫 (東京女医大第二病院), 監修 高木眞一 (東京大), 文光堂, 東京, 2005/3/9発行.

620086. [学術書] (分担執筆) 冠動脈外科の要点と盲点; 川崎病冠動脈病変と手術適応. 鳥井晋三 (胸外), 編集 竹内靖夫 (東京女医大第二病院), 監修 高木眞一 (東京大), 文光堂, 東京, 2005/3/9発行.

[学会・研究会等]

711003. [学会 (国際)] (特別講演) WAB: The philosophy of one world society bronchology. 吉村博邦 (胸外): 13th World Congress for Bronchology (2004/6/23), バルセロナ・スペイン.

711004. [学会 (国際)] (特別講演) Cost effectiveness in intrabronchial Palliative Therapy. 吉村博邦 (胸外): 10th Indian Congress on Bronchology (2005/2/12), インド・ニューデリー.

711005. [学会 (国際)] (特別講演) Tracheobronchial reconstruction. 吉村博邦 (胸外): 10th Indian Congress on Bronchology (2005/2/12), インド・ニューデリー.

712023. [学会 (国際)] (シンポジウム) Thoracoscopic surgery for lung cancer staginng (Smposium: Thoracoscopy: Old and New. 吉村博邦 (胸外): 13th World Congress for Bronchology (2004/6/21), バルセロナ・スペイン.

712024. [学会 (国際)] (シンポジウム) The world bronchoscopyAssociation (Special Session: Bronchoscopy around the world). 吉村博邦 (胸外): 13th World Congress for Bronchology (2004/6/23), バルセロナ・スペイン.

713082. [学会 (国際)] (一般講演) Surgical Repair of Complete AVSD. 小林真理子1,2, Yukihiro Takahashi2, Makoto Ando2, et al. (1胸外. 2Sakakibara Heart Institute): The 13th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery (2005/2/6), Thailand.

721010. [学会 (全国)] (特別講演) 呼吸器外科の現状と将来. 吉村博邦 (胸外): 第21回日本呼吸器外科学会総会 (2004/5/28), 横浜.

722041. [学会 (全国)] (シンポジウム) 動脈管開存症 (PDA) に対するカテーテル治療と内視鏡手術の併用療法. 宮地 鑑1, 高崎泰一1, 小川史洋1, 中畑弥生2, 石井正浩2 (1胸外. 2児): 第16回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会 (2005/1/15), 名古屋. プログラム抄録集, p.92, 2005.

723355. [学会 (全国)] (ポスター) 若年者 (40歳未満) 感染性心内膜炎に対する外科治療の検討. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 贄 正基1,2, 須藤恭一1, 三好 豊1,2, 友保貴博1, 中島裕康1, 宮地 鑑1, 高崎泰一, 山本信行1,2, 吉村博邦1 (1胸外. 2海老名総合病院): 第104回日本外科学会定期学術総会 (2004/4/9), 大阪. 日本外科学会雑誌, 105 (臨増): 694, 2004.

723356. [学会 (全国)] (一般講演) 左上葉内多発性の肺内転移を伴う肺腺癌の一手術例. 原 英則1, 品田 純1, 後藤 毅1, 山下和也2, 岩淵啓一2, 片桐真人3, 早川和重4, 岡安 勲3, 吉村博邦1 (1胸外. 2病理. 3内X. 4放): 第21回日本呼吸器外科学会総会 (2004/5/27), 横浜.

723357. [学会 (全国)] (一般講演) Aortic connector systemの使用経験とpotfall. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 町井正人1, 須藤恭一1, 中嶋光貴1, 友保貴博1, 宮地 鑑1, 高崎泰一1, 江間 玲1, 吉村博邦1, 贄 正基1,2, 三好 豊1,2, 山本信行1,2 (1胸外. 2海老名総合病院): 第9回日本冠動脈外科学会学術大会 (2004/7/8), 札幌. 講演抄録集, p.93, 2004.

723358. [学会 (全国)] (ポスター) MDCTによるCABG遠隔期グラフト開存性の検討−術後10年以上経過したグラフトはどこまで評価可能か−. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 町井正人1, 須藤恭一1, 中島光貴1, 友保貴博1, 宮地 鑑1, 高崎泰一, 江間 玲1, 小川史洋1, 吉村博邦1, 贄 正基1,2, 三好 豊1,2, 山本信行1,2 (1胸外. 2海老名総合病院): 第57回日本胸部外科学会定期学術集会 (2004/10/20), 札幌. 日本胸部外科学会雑誌, 52 (S.): 397, 2004.

723359. [学会 (全国)] (一般講演) 手術支援用ロボット補助による内視鏡下動脈管閉鎖術Solo-VATSPDA. 宮地 鑑, 高崎泰一, 小原邦義, 吉村博邦 (胸外): 第17回日本内視鏡外科学会総会 (2004/11/26), 横浜. 日本内視鏡外科学, 9 (7): 198, 2004.

723360. [学会 (全国)] (一般講演) 術後26年目にグラフトの良好な開存にもかかわらずICD植え込みを要した川崎病患者の1例. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 町井正人1, 須藤恭一1, 中島光貴1, 井上信幸, 江間 玲1, 宮地 鑑1, 高崎泰一, 小川史洋1, 吉村博邦1, 竹内靖夫2 (1胸外. 2東京女医大学第二病院心臓血管外科): 第18回日本冠疾患学会学術集会 (2004/12/11), 熊本. 日本冠疾患学会学, 10 (4): 294, 2004.

723361. [学会 (全国)] (一般講演) 手術支援用ロボット補助による内視鏡下動脈管閉鎖術. 宮地 鑑1, 岡本浩嗣2, 高崎泰一1, 小川史洋1, 小原邦義1, 鳥井晋三1, 町井正人1, 吉村博邦1 (1胸外. 2麻酔): 第35回日本心臓血管外科学会総会 (2005/2/23), 浜松. 日本心臓血管外科学会誌, 34 (S.): 370, 2005.

723362. [学会 (全国)] (一般講演) 胸骨正中切開アプローチによるModifid Blalock-Taussig shunt術の検討. 宮地 鑑, 高崎泰一, 小川史洋, 小原邦義, 鳥井晋三, 町井正人, 吉村博邦 (胸外): 第35回日本心臓血管外科学会総会 (2005/2/24), 浜松. 日本心臓血管外科学会誌, 34 (S.): 283, 2005.

731061. [研究会] (特別講演) 冠動脈外科手術−最近の話題を中心に−. 小原邦義 (胸外): ハートセミナー (中央区・日本橋医師会主催 (2004/6/9), 東京.

731062. [研究会] (特別講演) 冠動脈疾患−外科治療の現状−. 小原邦義 (胸外): 県央心血管治療研究会 (2004/7/28), 海老名市.

731063. [研究会] (特別講演) 心臓のお話−外科医の立場から−. 小原邦義 (胸外): 医療・福祉社会経済研究会 (2004/7/2), 東京.

733140. [学会 (地方)] (一般講演) 自然気胸を契機に発見された右上葉肺癌の一切除例. 小川史洋1, 江間 玲1, 後藤 毅1, 原 英則1, 井上隼人1, 品田 純1, 吉村博邦1, 横場正典2, 益田典幸2, 蒋 世旭3, 岩淵啓一3 (1胸外. 2内X. 3病理): 第111回日本呼吸器内視鏡学会関東部会 (2004/12/18), 東京.

733141. [学会 (地方)] (一般講演) 胸腔内に播種性転移をきたした硬化性血管腫の一例. 江間 玲1, 原 英則1, 後藤 毅1, 井上隼人1, 蒋 世旭2, 岩淵啓一2, 益田典幸3, 早川和重4, 吉村博邦1 (1胸外. 2病理. 3内X. 4放): 第142回日本肺癌学会関東部会 (2005/3/12), 東京.

733142. [学会 (地方)] (一般講演) LITA, RITA開存下での再冠動脈バイパス術−超低体温, HeartstringR使用による一例−. 小林真理子1,2, 小柳俊哉1, 他 (1榊原記念病院. 2胸外): 第131回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2004/9/11), 東京.


<<脳神経外科学>>

[学術論文]

110124. [原著] Microsurgical anatomy of he insula and sylvian fissure. Tanriover N, Rhoton AL, 河島雅到, Ulm AJ, Yasuda A (フロリダ大): J Neurosurg, 100: 891-922, 2004.

110125. [原著] Microsurgical approaches to the permesencephalic and related segments of the posterior cerebral artery: comparison using a naval appkication of image guidance. Ulm AJ, Tanriover N, 河島雅到, Campero A, Bova FJ, Rhoton AL (フロリダ大): Neurosurg, 54: 1313-1328, 2004.

110126. [原著] E, N-Cadherins and beta-catenin expression in medulloblastoma and atypical teratoid/rhabdoid tumor. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 佐藤雄一2, 土屋紅緒2, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外. 2医衛): Neurol Med Chir, 44 (8): 402-407, 2004.

110127. [原著] Intracranail vertebral artery dissection with subarachnoid hemorrage: clinical characteristics and outcomes in conservatively treated patients. 山田 勝1, 北原孝雄2, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 宮坂佳男1 (1脳外. 2救命): J Neurosurg, 101: 25-30, 2004.

110128. [原著] Manual occipital ventricular puncture for cerebrospinal fluid shunt surgery: Can aiming be standardized? 清水 暁, 田中柳水, 飯田秀夫, 藤井清孝 (脳外): Neurol Med Chir (Tokyo), 44 (7): 353-358. 2004.

110129. [原著] The So-Called Anterior Meningeal Artery: an Anatomic Study for Treatment Modalities. 清水 暁1, AS Garcia2, N Tanriove2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大学・脳外): Intervent Neuroradiol, 10: 293-299, 2004.

110130. [原著] Light microscopic demonstratiom of the microlumen of ependymoma: a study of the usefulness of antigen retrieval for epithelial membrane antigen (EMA) immunostaining. 川野信之1, 安井美江1, 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 山科正平2 (1脳外. 2解剖): Brain Tumor Pathol, 21: 17-21, 2004.

110131. [原著] Efficacy of endovascular surgery for the treatment of acute epidural hematomas. 鈴木祥生1, 遠藤昌孝1, 倉田 彰1, 大桃丈知1, 岡 秀宏1, 北原孝雄2, 大和田 隆2, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): Am J Neuroradiol, 25: 1177-1180, 2004.

110132. [原著] Experimental determination of minimal stimulation current and period for electrical thrombosis in dogs. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 大桃丈知1, 岡 秀宏1, 中山茂信2, 平山 寿1, 安井美江1, 藤井清孝1 (1脳外, 2実動センター): Intervent Neuroradiol, 10: 225-230, 2004.

110133. [原著] Invasive meningioma is associated with a low expression of E-cadherin and β-catenin. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 佐藤雄一2, 川野信之1, 土屋紅緒2, 小林郁夫1, 藤井清孝1 (1脳外. 2医衛): Clin Neuropathol, 24 (1): 8-12, 2005.

110134. [原著] Gamma knife thalamotomy for movement disorders: evaluation of the thalamic lesion and clinical results. 大江千廣, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2 (1日高病院・機能脳外科. 2脳外): J Neurosurg (Suppl), 102: 234-240, 2005.

120025. [原著] 二次救急病院における意識障害患者の現状について. 高野 誠1, 大高弘稔1, 岡田卓郎1, 平山 寿1 (1脳外): 日本神経救急学会雑誌, 17: 50-53, 2004.

120026. [原著] 低位頸椎における椎骨動脈周囲の解剖−頸椎横突起を中心に−. 河島雅到1, Albert L Rhoton Jr2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大・脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 17 (5): 438-445, 2004.

120027. [原著] 破裂脳動脈瘤急性期managementに関する全国アンケート調査. 山田 勝1, 田中柳水1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 大和田 隆2 (1脳外. 2救命): Journal of Japanese Congress on Neurological Emergencies, 17: 19-22, 2004.

120028. [原著] 破裂解離性椎骨動脈瘤の臨床像およびコイル塞栓術の有用性について. 倉田 彰1, 萩原宏之1, 湯澤 泉1, 小澤 仁2, 藤井清孝1, 遠藤昌孝1, 北原孝雄3, 菅 信一4, 鈴木祥生1, 大桃丈知1 (1脳外. 2汐田総合病院. 3救命. 4放): Neurosurg Emerg, 9: 24-34, 2004.

120029. [原著] 不随意運動に対する視床手術−微小電極法とガンマナイフによる手術巣の異同−. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2, 蔡 曉東1 (1日高病院・機能脳外科. 2脳外): 機能的脳神経外科, 43 (2): 86-87, 2004.

120030. [原著] グリオーマに対する個別化補助療法とevidence based medicine. 田中 聡1, 小林郁夫1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 安井美江1, 藤井清孝1, 渡辺高志2, 堀 智勝3, 竹内正弘4 (1脳外. 2鳥取大. 3東京女医大. 4薬学部): 脳外誌, 13 (10): 694-700, 2004.

120031. [原著] 脳血管障害における術中経頭蓋MEPモニタリングの有用性. 田中 聡1, 岩本和久1, 鷺内隆雄1, 小林郁夫1, 高梨淳子2, 藤井清孝1, 氏家 弘3 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院. 3東京女医大): 脳卒中の外科, 32: 431-436, 2004.

120032. [原著] 急性硬膜下血腫に対する血管内手術について. 鈴木祥生1, 大桃丈知1, 遠藤昌孝1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 杉崎那美子2 (1脳外. 2調布病院): 東京都医師会雑誌, 57 (4): 44-49, 2004.

120033. [原著] 悪性腫瘍に対する術中脳腫瘍蛍光診断の有用性. 宇津木 聡1, 田中 聡1, 岩本和久1, 廣瀬隆一2, 長谷川ひとみ2, 辻 俊一2, 本告 匡2 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 埼玉県医学会雑誌, 39 (5): 545-547, 2005.

120034. [原著] 嚢状脳動脈瘤に対する脳血管内手術手技による合併症についての検討. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 菅 信一2, 大桃丈知1, 北原孝雄3, 山田 勝1, 田中柳水1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放. 3救命): 脳卒中の外科, 33:115-121, 2005.

120035. [原著] 脊髄髄内進入法−前方法−. 清水 暁, 三井公彦, 藤井清孝 (脳外): 脊椎脊髄ジャーナル, 17 (5): 566-568, 2004.

220030. [準原著] 神経内視鏡併用による間脳下垂体腫瘍手術の微小解剖と実際. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 日本内分泌学会雑誌, 80 (Suppl): 22-23, 2004.

220031. [準原著] 低位頸椎における椎骨動脈周囲の解剖: 頸椎横突起を中心に. 河島雅到1, Albert L Rhoton Jr2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XVI−臨床のための頭部・頭蓋底・脊髄外科微小外科解剖−, XVI: 18-25, 2004.

220032. [準原著] 包括医療導入による変化−脳神経外科の立場より−. 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 脳と循環, 9(3): 29-33, 2004.

220033. [準原著] 椎骨静脈および吻合枝の外科解剖. 清水 暁, 田中柳水, 三井公彦, 藤井清孝 (脳外): 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XVI−臨床のための頭部・頭蓋底・脊髄外科微小外科解剖−, XVI: 26-30, 2004.

220034. [短報] 経錐体法に関連した顔面神経の走行. 田中柳水1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton Jr2 (1脳外. 2フロリダ大): 脳神経外科速報, 14 (6): 537-539, 2004.

220035. [短報] 三叉神経の微小外科解剖. 田中柳水1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton Jr2 (1脳外. 2フロリダ大): 脳神経外科速報, 14 (12): 1173-1175, 2004.

310008. [症例報告] Cerebral Infarction and Fluid Collection Due to an Enlarged Dissecting Aneurysm of the Middle Cerebral Artery. 飯田秀夫1, 久須美真理1, 鷺内隆雄, 三富哲夫2 (1脳外. 2国際親善総合病院内科): Neurol Med Chir, 44: 535-539, 2004.

310009. [症例報告] Nevoid basal cell carcinoma syndrome with medulloblastoma and meningioma. 福島 浩1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 岩本和久1, 藤井清孝1 (1脳外): Neurol Med Chir (Tokyo), 44: 665-668, 2004.

310010. [症例報告] Biopsy of brain stem glioma using motor-evoked potential mapping by direct peduncular stimulation and individual adjuvant therapy. 田中 聡1, 小林郁夫1, 宇津木 聡1, 岩本和久1, 高梨淳子2 (1脳外. 2北本メディカルセンター): Neurol Med Chir (Tokyo), 45: 49-55, 2005.

320030. [準原著] bFGF製剤 (フィブラスRトスプレー) が有効であった頭部手術後の創部皮膚潰瘍の1例. 鈴木祥生, 荘司光彦, 福島 浩, 大澤成之, 山崎友也, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 湯澤 泉, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): Prog Med, 24 (9): 2369-2372, 2004.

320031. [準原著] reversible encephalopathyの像を呈したSheehan症候群の一例. 宇津木 聡1, 廣瀬隆一2, 岡 秀宏1, 田中 聡1, 岩本和久1, 長谷川ひとみ2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 日本内分泌学会雑誌, 80 (Suppl): 143-145, 2004.

320032. [準原著] 正中神経掌側枝の絞扼性障害の2例−手根管症候群との鑑別を要する病態−. 佐藤公俊, 橘 滋国, 清水 暁, 石渡雅男, 藤井清孝 (脳外): 脊髄外科, 18 (3): 215-218, 2004.

320033. [準原著] 二期的Vim-Vo thalamotomyにより改善したジストニアの1例. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 蔡 曉東2 (1脳外. 2日高病院・機能脳外): 運動障害, 14 (1): 7-13, 2004.

320034. [準原著] Pilomyxoid astrocytomaの1例. 萩原宏之, 岡 秀宏, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (脳外): 日本内分泌学会雑誌, 80 (Suppl): 141-142, 2004.

520138. [講座] 脳下垂体腫瘍とステロイドホルモン. 岡 秀宏 (脳外): くすりと健康, 287: 3, 2004.

520139. [総説] 胎児性脳腫瘍. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 病理と臨床, 22 (10): 994-1000, 2004.

521031. [研究報告] (厚労科学研究費) モヤモヤ病の統計学的脳血流SPECT画像解析による病態評価. 山田 勝, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外): モヤモヤ病 (ウィリス動脈輪閉塞症)に関する調査研究, p.23-26, 2004.

[著 書]

620087. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科学体系9 閉塞性脳血管障害; 脳動脈解離, p.358-366. 山田 勝, 藤井清孝 (脳外), 中山書店, 東京, 2004発行.

620088. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科手術アトラス上巻; 側脳室内腫瘍, p.240-248. 藤井清孝 (脳外), 編集 山浦 晶, 医学書院, 東京, 2004発行.

620089. [その他の著書] (分担執筆) 学校救急処置講演・実技講習会記録集; 頭部打撲に関する学校救急処置, p.30-44. 藤井清孝 (脳外), みすず印刷, 東京, 2004発行.

[学会・研究会等]

711006. [学会 (国際)] (教育講演) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumors: A malignant pediatric brain tumor to be distinguished from medulloblastoma (PNET). 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 2004 AANS Annual Meeting (2004/5/1), Orland.

712025. [学会 (国際)] (シンポジウム) Microsurgical instrumentation. 藤井清孝 (脳外): 6th International Congrress on Minimally Invasive Neurosurgery (2005/3/8), 名古屋.

713083. [学会 (国際)] (ポスター) The ideal position of the MacCarty keyhole: An anatomic study. 清水 暁1, Necmettin Tanriover2, Albert L Rhoton Jr2 (1脳外. 2フロリダ大): 2004 AANS Annual Meeting (2004/5/2), Orland.

713084. [学会 (国際)] (ポスター) Thrombosed giant MCA aneurysm: Case report. 佐藤公俊, 山田 勝, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 7th Japanese and Korean Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke (2004/6/5), 韓国.

713085. [学会 (国際)] (一般講演) A questionnaire survey of Moyamoya disease in Kanagawa prefecture in Japan in 2003. 山田 勝, 大澤成之, 佐藤公俊, 萩原宏之, 藤井清孝 (脳外): 7th Japanese and Korean Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke (2004/6/5), 韓国.

713086. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of direct amd indirect combined bypass surgery for Moyamoya disease with ischemic presentation- comparioson with indirect bypass surgery. 山田 勝, 倉田 彰, 鈴木祥生, 萩原宏之, 佐藤公俊, 藤井清孝 (脳外): 7th Japanese and Korean Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke (2004/6/5), 韓国.

713087. [学会 (国際)] (ポスター) Intracerebral hematoma (ICH) due to ruptured cerebral aneurysm without SAH. 大澤成之, 山田 勝, 田中柳水, 藤井清孝, 飯田秀夫 (脳外): 7th Japanese and Korean Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke (2004/6/5), 韓国.

713088. [学会 (国際)] (ポスター) PCA (P2P) dissecting aneurysm presenting with SAH treated by endovascular occlusion of PCA and aneurysm. 萩原宏之, 倉田 彰, 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 7th Japanese and Korean Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke (2004/6/5), 韓国.

713089. [学会 (国際)] (一般講演) Bilateral somatosensory response of pallidal neurons studied with microrecording in humans. 大江千廣2, 柴崎 徹2, 佐藤澄人1 (1脳外. 2日高病院・機能脳外科): International Basal Ganglia Society 8th Triennial Meeting (2004/9/5), Scotland.

713090. [学会 (国際)] (一般講演) The Microsurgical Anatomy of the Choroidal Arteries. 藤井清孝1, 田中柳水1, 山田 勝1, 清水 暁1, Rhoton A L Jr2 (1脳外. 2フロリダ大): 2nd International Symposium on Microsurgical Anatomy (2004/10/2), トルコ.

713091. [学会 (国際)] (一般講演) Craniopharyngioma of the 3rd ventricle: Clinico-radiological study by long term follow up. 近藤宏治, 岡 秀宏, 田中 聡, 宇津木 聡, 谷崎義徳, 藤井清孝 (脳外): 3rd Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology (2004/11/18), 上海.

713092. [学会 (国際)] (ポスター) Ciliated cranio-pharyngioma: a case report. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 3rd Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology (2004/11/18), 上海.

713093. [学会 (国際)] (一般講演) Pathology features of intracranial germinoma with regard to fibrous tissue granulomatous change. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 谷崎義徳, 近藤宏治, 川野信之, 藤井清孝 (脳外): The 3rd meeting of the Asian society for Neuro-oncology (2004/11/19), 上海.

713094. [学会 (国際)] (一般講演) A questionnaire survey of moyamoya disease in Kanagawaprefecture 2003 -Comparison with Korean data-. 山田 勝 (脳外): The 2nd Korean Japanese joint-Stroke conference (2004/11/27), 横浜.

713095. [学会 (国際)] (ポスター) Treatment of ruptured intracranaial samll aneurysn with endovascular coil embolization. Patient selection and technical key points for successful coiling. 鈴木祥生, 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): The 2nd Korean-Japaneses Joint Stroke Conference (2004/11/28), 東京.

722042. [学会 (全国)] (シンポジウム) 頭蓋内germinomaにおける病理組織像と腫瘍の治療反応性との関係. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 近藤宏治, 谷崎義徳, 小林郁夫, 田中 聡, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/29), 埼玉.

722043. [学会 (全国)] (シンポジウム) グリオーマに対する化学療法の展望−個別化補助療法100回の解析から−. 田中 聡1, 岡 秀宏1, 小林郁夫1, 宇津木 聡1, 鷺内隆雄1, 安井美江1, 藤井清孝1, 渡辺高志2, 堀 智勝3 (1脳外. 2鳥取大. 3東京女医大): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/17-19), 松島.

722044. [学会 (全国)] (シンポジウム) 病院として求めるもの. 大高弘稔 (脳外): 日本医療ガス学会第8回学術大会・総会 (2004/11/6), 東京.

722045. [学会 (全国)] (シンポジウム) 脳腫瘍手術における術中MEPモニタリング. 田中 聡1, 小林郁夫1, 鷺内隆雄1, 高梨淳子2, 岩本和久1, 佐藤澄人1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北本メディカル): 第9回日本脳腫瘍の外科学会 (2004/11/11), 金沢.

722046. [学会 (全国)] (シンポジウム) 対側肢のタップに反応する視床のニューロン. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 坐間 朗1, 佐藤澄人2 (1日高病院・脳外. 2脳外): 第44回日本定位・機能神経外科学会 (2005/1/22), 大阪.

722047. [学会 (全国)] (シンポジウム) Cystを形成するgloiblastomaの病理組織像. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 鈴木祥生, 清水 暁, 近藤宏治, 谷崎義徳, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723363. [学会 (全国)] (一般講演) 脳梗塞で発症し自然消失した脳動静脈奇形の一例. 宇津木 聡1, 田中 聡1, 岩本和久1, 廣瀬隆一2, 長谷川ひとみ2, 辻 俊一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 第27回日本脳神経CI学会総会 (2004/4/2), 名古屋.

723364. [学会 (全国)] (一般講演) 脊髄静脈拡張を伴った特発性低髄液圧症候群の検討. 中原邦晶1, 飯田秀夫1, 大澤成之1, 宇津木 聡1, 三富哲郎2, 藤井清孝1 (1脳外. 2国際親善総合病院): 第27回日本脳神経CI学会総会 (2004/4/2), 名古屋.

723365. [学会 (全国)] (ポスター) 血栓除去術を加えた超選択的血栓溶解療法の有効性について: 動物実験的検討. 平山 寿1, 倉田 彰2, 鈴木祥生2, 湯澤 泉2, 藤井清孝2, 大桃丈知3 (1長津田厚生病院. 2脳外. 3調布病院): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/4/10), 札幌.

723366. [学会 (全国)] (ポスター) 内耳道後壁削除における内リンパ嚢・内リンパ管損傷のリスク: 解剖学的検討. 清水 暁1, 田中柳水1, Albert Rhoton Jr2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/4/16), 名古屋.

723367. [学会 (全国)] (一般講演) Mayo Clinic留学記−疑問に感じた症例から広がった世界の輪−. 岡 秀宏 (脳外): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/20), 新潟.

723368. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋内germinomaにおける病理組織像. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 近藤宏治, 谷崎義徳, 小林郁夫, 田中 聡, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/20), 新潟.

723369. [学会 (全国)] (一般講演) 脳腫瘍における捺印・圧挫細胞診の診断学的有用性についての検討・第2報. 柿沼廣邦1. 岩淵啓一2. 川野信之3. 服部 学1. 宇津木 聡3. 岡 秀宏3. 藤井清孝3 岡安 勲2 (1病院病理部. 2病理. 3脳外): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/20), 新潟.

723370. [学会 (全国)] (一般講演) 軸椎への遠隔転移をきたしたglioblastomaの一例. 宇津木 聡1, 田中 聡1,2, 小林郁夫2, 岩本和久1, 岡 秀宏1, 安井美江1, 藤井清孝1, 本告 匡2 (1脳外. 2北本メディカル): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723371. [学会 (全国)] (ポスター) 再発時polar spongio-blastic patternを呈したlow grade astrocytomaの2例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 小林郁夫1, 安井美江1, 藤井清孝1, 川野信之2 (1脳外. 2磯部クリニック): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723372. [学会 (全国)] (一般講演) 髄腔内播種が認められたpilocytic astrocytomaの一剖検例. 小林郁夫1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 原 敦子2, 藤井清孝1, 川野信之3, 柳下三郎4 (1脳外, 2病理. 3磯部クリニック. 4神奈川リハビリテーション): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723373. [学会 (全国)] (一般講演) Multicentric glioma の一例. 仁木 淳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 小林郁夫2, 田中 聡2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北本メディカル): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723374. [学会 (全国)] (ポスター) Astrocytomaに対する放射線治療後に発生した放射線誘発性肉腫の一例. 望月崇弘, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 谷崎義徳, 近藤宏治, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723375. [学会 (全国)] (ポスター) 小脳原発clear cell ependymomaの一例. 荘司光彦1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 安井美江1, 藤井清孝1, 川野信之2 (1脳外. 2磯部クリニック): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723376. [学会 (全国)] (一般講演) pilomyxoid astrocytomaと診断した小児の1症例. 萩原宏之, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723377. [学会 (全国)] (一般講演) 眼窩内adenoid cystic carcinomaの1剖検例. 近藤宏治1, 岡 秀宏2, 宇津木 聡2, 谷崎義徳2, 安井美江2, 藤井清孝2, 原 敦子3 (1茅ヶ崎市立病院. 2脳外. 3病理): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723378. [学会 (全国)] (一般講演) 脊髄原発のAtipycal teratoid/rhabdoid tumorの一例. 谷崎義徳, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723379. [学会 (全国)] (一般講演) グリオーマにおけるMGMT遺伝子の発現とIndividual adjuvant therapy (IAT). 田中 聡1, 小林郁夫1, 宇津木 聡1, 安井美江1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 渡辺高志2, 堀 智勝3 (1脳外. 2鳥取大. 3東京女医大): 第22回日本脳腫瘍病理学会 (2004/5/21), 新潟.

723380. [学会 (全国)] (一般講演) 脳腫瘍に対する放射線照射後の頭蓋内病変. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 近藤宏治, 谷崎義徳, 小林郁夫, 田中 聡, 安井美江, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/27), 埼玉.

723381. [学会 (全国)] (ポスター) 髄腔内播種が認められたpiocytic astrocytomaの一剖検例. 小林郁夫, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/27), 埼玉.

723382. [学会 (全国)] (ポスター) Spinal atypical eratoid/rhabdoid tumorの一例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 安井美江1, 藤井清孝1, 川野信之2 (1脳外. 2磯部クリニック): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/27), 埼玉.

723383. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋骨骨折か骨縫合かの鑑別が困難であった1症例. 中原邦晶1, 宮坂佳男1, 飯田秀夫1, 菅 信一2, 高木 宏1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/27), 埼玉.

723384. [学会 (全国)] (ポスター) 幼小児に視交叉発生したpilomyxoid astrocytomaの一例. 萩原宏之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/27), 埼玉.

723385. [学会 (全国)] (一般講演) 小児もやもや病に対する直接間接複合血行再建術の効果−間接血行再建術との比較−. 山田 勝, 湯澤 泉, 田中柳水, 鷺内隆雄, 萩原宏之, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/28), 埼玉.

723386. [学会 (全国)] (一般講演) Nueofibromatosis type 1に合併したtrabecular cell hyperplasia−画像上くも膜嚢胞と鑑別が困難な新疾患概念−. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 中原邦晶, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/28), 埼玉.

723387. [学会 (全国)] (一般講演) 神奈川県におけるモヤモヤ病のアンケート調査−特に小児例について−. 山田 勝, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外): 第32回日本小児神経外科学会 (2004/5/28), 埼玉.

723388. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内腫瘍摘出における中心血管の温存. 三井公彦, 諏訪知也, 三島大徳, 清水  暁 (脳外): 第19回日本脊髄外科学会 (2004/6/17), 福井.

723389. [学会 (全国)] (ポスター) 先天性環椎後弓欠損の1例. 鷺内隆雄, 橘 滋国, 小林郁夫, 佐藤公俊, 山崎友也, 望月崇弘, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脊髄外科学会 (2004/6/18), 福井.

723390. [学会 (全国)] (一般講演) 経頭蓋刺激運動誘発電位の定量的評価−髄内腫瘍摘出術での検討−. 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第19回日本脊髄外科学会 (2004/6/18), 福井.

723391. [学会 (全国)] (ポスター) 大動脈における分節動脈起始部の解剖. 清水 暁1, 田中柳水1, 菅 信一2, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第19回日本脊髄外科学会 (2004/6/18), 福井.

723392. [学会 (全国)] (ポスター) 脊髄静脈拡張を伴った特発性低髄液圧症候群の検討. 中原邦晶1, 飯田秀夫1, 三富哲郎2, 大澤成之1, 藤井清孝1 (1脳外. 2国際親善総合病院): 第19回日本脊髄外科学会 (2004/6/18), 福井.

723393. [学会 (全国)] (一般講演) 内耳道後壁削除における内リンパ嚢・内リンパ管損傷のリスク: 解剖学的検討. 清水 暁1, 田中柳水1, Albert L Rhoton Jr2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): 第16回日本頭蓋底外科学会 (2004/7/1), 横浜.

723394. [学会 (全国)] (一般講演) 傍脊柱進展した舌下神経鞘腫に対するTranscervical approach. 佐藤公俊, 清水  暁, 岡 秀宏, 中原邦晶, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第16回日本頭蓋底外科学会 (2004/7/2), 横浜.

723395. [学会 (全国)] (ポスター) Hemifacial spasm (HFS) の術中Abnormal muscle response (AMR) モニタリングにおける問題点. 佐藤澄人1, 山田 勝1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 河島江美2, 小野沢裕也2 (1脳外. 2臨検学): 第34回日本臨床神経生理学会学術大会 (2004/7/3), 東京.

723396. [学会 (全国)] (一般講演) パーキンソン病に対するガンマナイフによる視床照射−視床照射巣の反応−. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2 (1日高病院・機能脳外科. 2脳外): 第13回日本定位放射線治療学会 (2004/7/10), 東京.

723397. [学会 (全国)] (一般講演) 脳梁出血で発症した高齢者−側性内頸動脈低形成の1例. 佐藤公俊, 山田 勝, 鷺内隆雄, 藤井清孝 (脳外): 第17回日本老年脳神経外科学会 (2004/7/17), 香川.

723398. [学会 (全国)] (ポスター) クモ膜下出血発症の椎骨動脈解離−保存的治療例の臨床的特徴と転帰−. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 倉田 彰1, 河島雅到2, 藤井清孝1, 北原孝雄3 (1脳外. 2フロリダ大. 3救命): 第23回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2004/8/29), 東京.

723399. [学会 (全国)] (ポスター) 非出血性頭蓋内解離性椎骨動脈瘤−画像所見と長期転帰−. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 河島雅到2, 湯澤 泉1, 藤井清孝1, 北原孝雄3 (1脳外. 2フロリダ大. 3救命): 第23回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2004/8/29), 東京.

723400. [学会 (全国)] (一般講演) MRIにて診断に難渋した脊髄髄内腫瘍の3例. 石渡雅男, 橘 滋国, 藤井清孝 (脳外): 第19回日本脊髄外科学会 (2004/9/16), 福井.

723401. [学会 (全国)] (一般講演) 脊髄生検を行った4例. 三井公彦, 三島大徳, 諏訪知也 (脳外): 第11回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 (2004/9/19), 大宮.

723402. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈における分節動脈起始部の解剖−選択的脊髄動脈造影のために−. 清水 暁1, 田中柳水1, 菅 信一2, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第11回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 (2004/9/19), 大宮.

723403. [学会 (全国)] (一般講演) ラット一過性中大脳動脈閉塞モデルにおけるシロスタゾール前投与とオザグレルナトリウム併用の脳保護効果. 湯澤 泉, 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 第16回日本脳循環代謝学会総会 (2004/9/25), 埼玉.

723404. [学会 (全国)] (ポスター) Chiasmal apoplexy で発症したchiasmal pilocytic astrocytomaの1例. 近藤宏治1, 田中 洋2, 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2茅ヶ崎市立病院): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/6), 名古屋.

723405. [学会 (全国)] (ポスター) 内頸動脈形成不全・欠損症の3例. 佐藤公俊, 山田 勝, 鷺内隆雄, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/6), 名古屋.

723406. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院脳神経外科診療における包括医療 (DPC) 導入後の変化. 山田 勝, 湯澤 泉, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/6), 名古屋.

723407. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性グリオーマに対する定量的RT-PCRに基づいたIndividual adjuvant therapyのRandomized clinical trial. 田中 聡1, 小林郁夫1, 鷺内隆雄1, 竹内正弘2, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 安井美江1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北里研究所): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/6), 名古屋.

723408. [学会 (全国)] (ポスター) 実験的一過性脳虚血におけるシロスタゾール前投与とオザグレルナトリウム併用の脳保護効果. 湯澤 泉, 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/6), 名古屋.

723409. [学会 (全国)] (ポスター) 気管切開の合併症. 飯田秀夫, 中原邦晶, 久須美真理 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/6), 名古屋.

723410. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋骨原発のMalignant Lymphomaの一例. 福島 浩, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 中原邦晶, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723411. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋底部腫瘍手術にアースロケアマルチエレクトロードシステム2000は有効か? 岡 秀宏, 清水 暁, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723412. [学会 (全国)] (一般講演) 脳動脈瘤評価における三次元DSAの有用性: 86脳動脈瘤の検討. 河島雅到1, 宮島良輝2, 小泉寛之2, 仁木 淳2, 望月崇弘2, 遠藤昌孝2, 北原孝雄3, 藤井清孝2 (1フロリダ大. 2脳外. 3救命): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723413. [学会 (全国)] (一般講演) ジストニアに対するThalamotomy. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2 (1脳外. 2日高病院・機能脳外科): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723414. [学会 (全国)] (ポスター) 先天性環椎後弓損傷の神経症状発現における神経放射線学的検討. 鷺内隆雄, 橘 滋国, 佐藤公俊, 清水 暁, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723415. [学会 (全国)] (ポスター) 脳室腹腔内シャントの頭蓋内迷入: 2例報告と文献的考察. 山崎友也, 清水 暁, 鷺内隆雄, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723416. [学会 (全国)] (ポスター) 出血性もやもや病の臨床的特徴. 萩原宏之1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 宮島良輝1, 河島雅到2, 藤井清孝1, 大桃丈知1 (1脳外. 2フロリダ大): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723417. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈における分節動脈起始部: 脊髄動脈造影の選択的カニュレーションのための解剖. 清水 暁1, 田中柳水1, 菅 信一2, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723418. [学会 (全国)] (一般講演) 海綿層静脈洞部硬膜動静脈瘻の臨床像および放射線学的検討を踏まえたその治療戦略. 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 小澤 仁2, 藤井清孝1, 菅 信一3, 萩原宏之1, 大桃丈知1 (1脳外. 2汐田総合病院. 3放): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723419. [学会 (全国)] (ポスター) 長期経過観察からみた脊髄星細胞腫の予後. 谷崎義徳, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 清水 暁, 鈴木祥生, 藤井清孝, 橘 滋国 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723420. [学会 (全国)] (ポスター) 急性増悪したMELASの一例. 中原邦晶1, 飯田秀夫1, 三富哲夫2, 鷺内隆雄1, 久須美真理1, 藤井清孝1 (1脳外, 2国際親善総合病院): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/7), 名古屋.

723421. [学会 (全国)] (一般講演) spectrometerを用いた術中脳腫瘍蛍光診断. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 福島 浩1, 谷崎義徳1, 田中 聡1,2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北本メディカル): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/8), 名古屋.

723422. [学会 (全国)] (ポスター) 脳幹原発のRhabdomyosarcomaの一剖検例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 福島 浩, 谷崎義徳, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/8), 名古屋.

723423. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内腫瘍摘出術, 最近の進歩. 三井公彦, 三島大徳, 諏訪知也, 清水 暁 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/8), 名古屋.

723424. [学会 (全国)] (一般講演) 髄内腫瘍摘出術, 最近の進歩. 小澤達也1, 徳王 宏2, 湯之上俊二2, 馮 立平2, パトラキットコムジョルン・シリポン2, 原 敏浩2, 藤井清孝1, 荒木令江2, 佐谷秀行2 (1脳外. 2熊本大): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/8), 名古屋.

723425. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂微小脳動脈瘤に対する脳血管内手術. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 北原孝雄2, 菅 信一3, 大桃丈知1, 小澤 仁4, 湯澤 泉1, 福島 浩1, 鷺内隆雄1, 山田 勝1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命. 3放. 4汐田総合病院): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/8), 名古屋.

723426. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい塞栓物質: プラチナボール. 小澤 仁1, 倉田 彰2, 鈴木祥生2, 藤井清孝2, 菅 信一3 (1汐田総合病院. 2脳外. 3放): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/8), 名古屋.

723427. [学会 (全国)] (ポスター) 感染を伴った転移性脳腫瘍の一例. 大澤成之, 宇津木 聡, 岡 秀宏, 福島 浩, 鈴木祥生, 清水 暁, 藤井清孝 (脳外): 第63回日本脳神経外科学会総会 (2004/10/8), 名古屋.

723428. [学会 (全国)] (ポスター) Malignant Gliomaに対する化学療法施行例におけるLenograstim至適投与量の検討. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 田中 聡1,2, 福島 浩1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1 (1脳外. 2北本メディカル): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/18), 松島.

723429. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性グリオーマ治療における外来化学療法センターと専任医療者の育成. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 鈴木祥生1, 田中 聡1,2, 藤井清孝1, 早川和重3 (1脳外. 2北本メディカル. 3放): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/18), 松島.

723430. [学会 (全国)] (ポスター) 第三脳室に限局した原発性頭蓋内悪性リンパ腫の1例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 谷崎義徳, 藤井清孝 (脳外): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/18), 松島.

723431. [学会 (全国)] (ポスター) ciliated craniopharyngiomaの1例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏2, 宇津木 聡2, 谷崎義徳2, 近藤宏治2, 藤井清孝2 (1平塚済生会病院. 2脳外): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/18), 松島.

723432. [学会 (全国)] (ポスター) 腫瘍内出血にて発症した頭蓋内原発悪性リンパ腫の1例. 小林郁夫1, 田中 聡1, 鷺内隆雄1, 本告 匡2 (1脳外. 2北本メディカル): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/18), 松島.

723433. [学会 (全国)] (ポスター) Lipomatous meningiomaにおける脂質定性分析. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 佐藤公俊2, 福島 浩1, 藤井清孝1, 中村和生3, 高橋正身3 (1脳外. 2平塚済生会病院. 3代謝蛋白): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/18), 松島.

723434. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋骨原発のMalignant Lymphomaの1例. 福島 浩, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 第22回日本脳腫瘍学会 (2004/10/18), 松島.

723435. [学会 (全国)] (一般講演) 穿通性頭部外傷の放射線学的特徴および治療戦略. 久須美真理1, 飯田秀夫1, 中原邦晶1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第32回日本救急医学会総会学術集会 (2004/10/29), 千葉.

723436. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂脳動脈瘤によるクモ膜下出血に対するクリティカルパスの導入. 飯田秀夫1, 中原邦晶1, 久須美真理1, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第32回日本救急医学会総会学術集会 (2004/10/29), 千葉.

723437. [学会 (全国)] (一般講演) Eloquent areaの脳腫瘍性病変に対する脳モニタリング・覚醒下の手術成績. 岡 秀宏1, 佐藤澄人1. 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1, 岡本浩嗣2 (1脳外. 2放): 第9回日本脳腫瘍の外科学会 (2004/11/11), 金沢.

723438. [学会 (全国)] (一般講演) 内頸動脈系からも栄養される髄膜腫の術前選択的塞栓術の検討. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 菅 信一2, 大桃丈知1, 鷺内隆雄1, 清水 暁1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第9回日本脳腫瘍の外科学会 (2004/11/11), 金沢.

723439. [学会 (全国)] (一般講演) 腫瘍外出血をきたした聴神経鞘腫の1例. 大澤成之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 清水 暁, 鈴木祥生, 福島 浩, 荘司光彦, 山崎友也, 藤井清孝 (脳外): 第9回日本脳腫瘍の外科学会 (2004/11/11), 金沢.

723440. [学会 (全国)] (一般講演) 肉眼的に蛍光発色を示さない腫瘍に対するspectromenterを用いた診断. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 福島 浩1, 谷崎義徳1, 田中 聡1,2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北本メディカル): 第9回日本脳腫瘍の外科学会 (2004/11/12), 金沢.

723441. [学会 (全国)] (一般講演) 屍体頭部を用いた外科解剖の学習法・検体準備・dissection・3D写真撮影. 清水 暁1, 田中柳水1, 大澤成之1, 河島雅到2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, A Rhoton2 (1脳外. 2フロリダ大): 第9回日本脳腫瘍の外科学会 (2004/11/12), 金沢.

723442. [学会 (全国)] (一般講演) McaCarty keyholeの最適な位置・解剖学的検討. 清水 暁1, A Rhoton2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): 第9回日本脳腫瘍の外科学会 (2004/11/12), 金沢.

723443. [学会 (全国)] (ポスター) 脳神経外科術中経頭蓋MEPモニタリングの評価. 高梨淳子1, 田中 聡2 (1北里研究所メディカルセンター病院. 2脳外): 第34回日本臨床神経生理学会学術大会 (2004/11/17), 東京.

723444. [学会 (全国)] (ポスター) 横・S状静脈洞部isolated type dural AVFに対する治療戦略. 鷺内隆雄1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 清水 暁1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 大桃丈知3, 萩原宏之3 (1脳外. 2放. 3調布病院): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/18), 札幌.

723445. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂微小脳動脈瘤に対する血管内手術について. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 湯澤 泉1, 福島 浩1, 鷺内隆雄1, 小澤 仁1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 菅 信一3, 大桃丈知4 (1脳外. 2救命. 3放. 4調布病院): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/18), 札幌.

723446. [学会 (全国)] (ポスター) 新しい塞栓物質: プラチナボール. 小澤 仁1, 倉田 彰2, 鈴木祥生2, 藤井清孝2 (1汐田総合病院. 2脳外): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/18), 札幌.

723447. [学会 (全国)] (ポスター) 大動脈における分節動脈起始部: 脊髄動脈造影の選択的カニュレーションのための解剖. 清水 暁1, 田中柳水1, 菅 信一2, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/18), 札幌.

723448. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者脳動脈瘤血管内治療における総頚動脈直接穿刺用ガイディグカテーテルの有用性. 湯澤 泉1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/18), 札幌.

723449. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂解離性椎骨動脈瘤に対するコイル塞栓術の有効性. 森嶋啓之1, 桜井 孝1, 倉田 彰2, 橋本卓雄1, 藤井清孝2, 北原孝雄3, 菅 信一4, 森嶋啓之1 (1聖マリアンナ医大. 2脳外. 3救命. 4放): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11.19), 札幌.

723450. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋内動脈が主たる腫瘍栄養血管の脳腫瘍に対する治療戦略−血管内手術の併用−. 大桃丈知1, 倉田 彰2, 鈴木祥生2, 萩原宏之1, 岡 秀宏2, 藤井清孝2 (1調布病院. 2脳外): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/19), 札幌.

723451. [学会 (全国)] (一般講演) 外頚静脈直接穿刺下, 頸動脈経由塞栓術が交を奏したlsolted sinus dural AVFの1例. 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 清水 暁1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 大桃丈知3, 小澤 仁4 (1脳外. 2放. 3調布病院. 4汐田総合病院): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/19), 札幌.

723452. [学会 (全国)] (一般講演) AVMに対する, リキッドコイル塞栓術の有用性. 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 北原孝雄3, 大桃丈知4, 小澤 仁5 (1脳外. 2放. 3救命. 4調布病院. 5汐田総合病院): 第20回日本脳神経血管内治療学会 (2004/11/19), 札幌.

723453. [学会 (全国)] (一般講演) Chiasmal apoplexyの1症例. 近藤宏治1,2, 田中 洋1, 宇津木 聡2, 岡 秀宏2, 藤井清孝2 (1茅ヶ崎市立病院. 2脳外): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/11), 東京.

723454. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋咽頭腫の治療戦略 −各腫瘍に選択する手術アプローチと顕微鏡・内視鏡手術−surgical strategy for carnioharyngiomas. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/11), 東京.

723455. [学会 (全国)] (一般講演) 虚血性下垂体卒中n臨床病理学的検討−Clinico-pathological study for ischemic pituitary apoplexy−. 岡 秀宏, 鈴木祥生, 宇津木 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 藤井清孝 (脳外): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/11), 東京.

723456. [学会 (全国)] (一般講演) ラケト嚢胞の画像診断と治療成績. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 近藤宏治, 谷崎義徳, 佐藤公俊, 藤井清孝 (脳外): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/11), 東京.

723457. [学会 (全国)] (ポスター) 動態multislice-detector low CT (MDCT) が病態把握に有用であった先天性環椎後弓欠損症の1例. 鷺内隆雄1, 菅 信一2, 橘 滋国1, 小林郁夫1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第34回日本神経放射線学会 (2005/2/11), 名古屋.

723458. [学会 (全国)] (ポスター) 頸部安静で自然消失したretro-odontoid pseudotumorの放射線学的検討. 鷺内隆雄1, 菅 信一2, 橘 滋国1, 田中柳水1, 清水 暁1, 小林郁夫1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第34回日本神経放射線学会 (2005/2/11), 名古屋.

723459. [学会 (全国)] (一般講演) 下垂体腺腫を合併した傍鞍部軟骨腫の1例. 小林郁夫1, 田中 聡1, 鷺内隆雄1, 本告 匡2, 氏家 弘3, 堀  智勝3 (1脳外. 2北里メディカルセンター病院. 3東京女医大): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/11), 東京.

723460. [学会 (全国)] (一般講演) 腫瘍内出血を来した視床下部星細胞腫の1例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 近藤宏治2, 藤井清孝1 (1脳外. 2茅ヶ崎市立病院): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/11), 東京.

723461. [学会 (全国)] (一般講演) Hypothalamic/chiasmatic gliomaの治療成績の検討. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡2, 安井美江1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北里メディカルセンター病院): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/12), 東京.

723462. [学会 (全国)] (一般講演) 下垂体および傍鞍部腫瘍に対する術中VEPモニタリング. 田中 聡1, 小林郁夫1, 高梨淳子1, 岡 秀宏2, 宇津木 聡2, 藤井清孝2, 氏家 弘3, 堀 智勝3 (1北里メディカルセンター病院. 2脳外. 3東京女医大): 第15回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2005/2/12), 東京.

723463. [学会 (全国)] (一般講演) germinoma MRI画像と病理組織. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 鷺内隆雄, 谷崎義徳, 近藤宏治, 藤井清孝 (脳外): 第28回日本脳神経CI学会総会 (2005/3/18), 香川.

723464. [学会 (全国)] (一般講演) 後頭蓋窩に発生したfibrous tumorの放射線学的検討. 中原邦晶1, 飯田秀夫1, 宇津木 聡1, 三富哲郎2, 藤井清孝1 (1脳外. 2国際親善総合病院): 第28回日本脳神経CI学会総会 (2005/3/18), 香川.

723465. [学会 (全国)] (一般講演) 穿通性頭部外傷10例における放射線学的診断と治療戦略についての検討. 久須美真理1, 飯田秀夫1, 中原邦晶1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第28回日本神経外傷学会 (2005/3/26), 大宮.

731064. [研究会] (教育講演) 高血圧学術講演 日本人に多い脳卒中を減らすには?−危ない脳卒中を見逃さない−. 倉田 彰 (脳外): 北里循環器セミナー (2004/5/13), 相模大野.

731065. [研究会] (特別講演) 病院におけるリスクマネジメント. 藤井清孝 (脳外): 脳研セミナー (2004/6/4), 札幌.

731066. [講演会] (特別講演) 脳卒中ガイドラインと脳卒中診断について. 藤井清孝 (脳外): 相模原市医師会内科医会学術講演会 (2004/9/15), 相模原.

731067. [講演会] (教育講演) 脳卒中最前線と降圧療法. 倉田 彰 (脳外): 相模北部学術講演会 (2004/9/28), 相模原.

731068. [講演会] (特別講演) もやもや病の医療と日常生活の留意点. 藤井清孝 (脳外): もやもや病講演会 (横浜市磯子福祉保健センター) (2004/10/16), 横浜市.

731069. [研究会] (教育講演) 脳神経外科疾患の最新の治療とプライマリケアの役割. 倉田 彰 (脳外): 第43回学ぼう会 (秦野・津久井医師会) (2004/10/24), 秦野.

731070. [その他] (特別講演) もやもや病ってどんな病気?−小児や若い人に起こる脳卒中−. 藤井清孝 (脳外): もやもや病の明日を考える−患者家族の願いに応えるために− (2004/11/3), 東京.

731071. [講演会] (特別講演) もやもや病. 藤井清孝 (脳外): 相模原市保健所主催難病講演会 (2004/12/7), 相模原.

731072. [研究会] (特別講演) 脳動脈瘤に必要な外科解剖. 藤井清孝 (脳外): 第221回山梨脳神経外科セミナー (2004/12/9), 札幌.

731073. [研究会] (特別講演) 医療におけるリスクマネジメント. 藤井清孝 (脳外): ニューロバスキュラーカンファレンス (2004/2/15), 相模原.

732033. [その他] (シンポジウム) もやもや病−脳循環予備能と生活指針−. 藤井清孝 (脳外): モヤモヤ病の明日を考える−患者家族の願いに応えるために もやもや病の患者と家族の会20周年記念シンポジウム (2004/11/3), 東京.

732034. [研究会] (教育講演) VALUEの結果から学ぶこと. 倉田 彰 (脳外): 脳心腎糖尿病エキスパートカンファレンス (2004/11/29), 相模大野.

733143. [研究会] (一般講演) 3つこぶらくだ状のIC anterior wall aneurysmをコイル塞栓術にて治療した1例. 福島 浩, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第93回日本脳神経外科学会関東地方会 (2004/4/10), 東京.

733144. [学会 (地方)] (一般講演) 術後早期に石灰化を来したglioblastomaの1例. 石渡雅男, 宮坂佳男, 高木 宏, 福島 浩 (脳外): 第95回日本脳神経外科学会関東地方会 (2004/4/20), 東京.

733145. [研究会] (一般講演) テント上表在性脳動静脈奇形の解剖と手術. 宮坂佳男, 高木 宏, 山田 勝, 田中柳水, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第18回微小脳神経外科解剖セミナー (2004/5/16), 徳島.

733146. [研究会] (一般講演) 解剖に基づいたもやもや病に対する外科治療. 田中柳水, 清水 暁, 大澤成之, 山田  勝, 藤井清孝 (脳外): 第18回微小脳神経外科解剖セミナー (2004/5/17), 徳島.

733147. [懇話会] (一般講演) 脳幹グリオーマに対するPresigmoid transmastoideal approach. 田中 聡1, 高梨淳子2, 岩本和久1, 岡 秀宏1, 氏家 弘3 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院. 3東京女医大): 第8回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2004/6/4), 東京.

733148. [研修会] (一般講演) くも膜下出血. 藤井清孝 (脳外): 第21回脳神経外科専門医教育研修会 (2004/6/6), 東京.

733149. [懇話会] (一般講演) 脳室内海綿状血管腫の1例. 佐藤公俊, 宇津木 聡, 岡 秀宏, 谷崎義徳, 近藤宏治, 藤井清孝 (脳外): 第46回関東脳神経外科懇話会 (2004/6/26), 東京.

733150. [研究会] (一般講演) ジストニアに対するThakamotomy. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2 (1脳外. 2日高病院・機能脳外科): 第19回日本大脳基底核研究会 (2004/7/3), 愛媛.

733151. [研究会] (一般講演) 原発巣不明のカルチノイドに対するオクトレオタイド治療. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1, 田中啓司2 (1脳外. 2内T): 第3回かながわ間脳下垂体疾患カンファレンス (2004/7/9), 横浜.

733152. [研究会] (一般講演) 息子の虐待により受傷し, 興味ある画像を呈した頭部外傷の1例. 岩本和久, 高野  誠, 岡田卓郎, 大高弘稔 (脳外): 第10回多摩神経外傷カンファレンス (2004/7/9), 東京.

733153. [懇話会] (一般講演) Isolated type T-S dural AVFに対する治療戦略. 萩原宏之1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 小澤 仁1,2, 大桃丈知1, 藤井清孝1 (1脳外. 2汐田総合病院): 第26回神奈川脳血管内手術懇話会 (2004/7/12), 横浜.

733154. [懇話会] (一般講演) Isolated type T-S dural AVF. 萩原宏之, 倉田 彰, 鈴木祥生, 小澤 仁, 大桃丈知, 藤井清孝 (脳外): 第26回神奈川脳血管内手術懇話会 (2004/7/12), 横浜.

733155. [研究会] (一般講演) 神経内視鏡を用いた脳腫瘍摘出手術. 岡 秀宏, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外) 第7回北里腫瘍フォーラム (2004.7.13), 相模原.

733156. [懇話会] (一般講演) Pilomyxoid astrocytoma の一例. 山崎友也, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 萩原宏之, 藤井清孝 (脳外): 第13回相模若手脳神経外科懇話会 (2004/7/13), 相模原.

733157. [研究会] (一般講演) 5-ALAを用いた脳腫瘍蛍光診断の半定量的検討. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 鈴木祥生, 清水 暁, 谷崎義徳, 福島 浩, 藤井清孝 (脳外): 第8回Waterfront Neurosurgical Conference (2004/7/17), 浦安.

733158. [研究会] (一般講演) MRI, FLAIRが診断に有用であった眼動脈瘤の1例. 石渡雅男, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第12回さがみ神経研究会 (2004/7/20), 相模原.

733159. [研究会] (一般講演) spectrometerを用いた良性脳腫瘍術中診断. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 鈴木祥生, 清水 暁, 藤井清孝 (脳外): 第5回5-ALA研究会 (2004/8/7), 札幌.

733160. [研究会] (ポスター) 破裂微小脳動脈瘤に対する脳血管内手術. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 菅 信一2, 大桃丈知1, 小澤 仁3, 湯澤 泉1, 福島 浩1, 山田 勝1, 北原孝雄4, 藤井清孝1 (1脳外. 2放. 3汐田総合病院. 4救命): 第23回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2004/8/29), 東京.

733161. [研究会] (一般講演) 脳室腹腔シャントの頭蓋内迷入: 2症例報告と文献的考察. 山崎友也, 清水 暁, 岡 秀宏 (脳外): 第2回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2004/9/11), 横浜.

733162. [学会 (地方)] (一般講演) 脳出血後に異物性肉芽腫により広範な脳浮腫をきたした左側頭葉AVMの一例. 小林郁夫1, 田中 聡1, 鷺内隆雄1, 本国 匡2 (1脳外. 2北里研究所メディカルセンター病院): 第94回日本脳神経外科学会関東地方会 (2004/9/16), 東京.

733163. [学会 (地方)] (一般講演) 腫瘍外出血をきたした聴神経鞘腫の一例. 大澤成之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 清水 暁, 鈴木祥生, 福島 浩, 荘司光彦, 山崎友也, 藤井清孝 (脳外): 第94回日本脳神経外科学会関東地方会 (2004/9/16), 東京.

733164. [研究会] (一般講演) 頭蓋骨原発のMalignant lymphomaの一例. 谷崎義徳, 岡 秀宏, 福島 浩, 宇津木 聡, 藤井清孝 (脳外): 神奈川脳腫瘍フォーラム第8回学術集会 (2004/9/24), 横浜.

733165. [研究会] (一般講演) Hemifacial spasmの術中 Abnormal muscle responseモニタリングにおける問題点. 佐藤澄人, 山田 勝, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第7回脳神経減圧術研究会 (2004/10/5), 名古屋.

733166. [研究会] (一般講演) 小脳テントより発生した診断に苦慮した悪性小脳腫瘍の1例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1, 川野信之1, 柳下三郎2 (1脳外. 2神奈川県立リハビリテーション): 第87回東京脳腫瘍研究会・症例プロトコール (2004/10/16), 東京.

733167. [研究会] (一般講演) AIDSに伴う, 頭蓋内多発性病変. 石渡雅男, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第13回さがみ神経研究会 (2004/10/19), 相模原.

733168. [学会 (地方)] (一般講演) 脳梗塞で発症し経過中に脳出血をきたした細菌性脳動脈瘤の一例. 鷺内隆雄1, 田中 聡1, 小林郁夫1, 辻 俊一2, 長谷川ひとみ2, 廣瀬 隆2, 本告 匡2 (1脳外. 2北本メディカル): 第16回北足立郡医師会医学会 (2004/10/23), 埼玉.

733169. [懇話会] (一般講演) 巨大頭蓋咽頭腫に対する手術アプローチ. 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第48回関東脳神経外科懇話会 (2004/11/6), 東京. 

733170. [研究会] (一般講演) 興味ある所見を呈した末梢性中大脳動脈瘤の一例. 岩本和久1, 高野 誠1, 岡田卓郎1, 大高弘稔1, 永田和哉2 (1脳外. 2NTT東日本関東病院): 第25回多摩地区脳卒中研究会 (2004/11/6), 東京.

733171. [研究会] (一般講演) Awake surgery術後, 超皮質性感覚失語をきたした左前頭葉 low grade glioma の1例. 佐藤澄人1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1, 岡本浩嗣2 (1脳外. 2麻酔): 第2回日本Awake surgery研究会 (2004/11/10), 金沢.

733172. [研究会] (一般講演) 経過中に著明な石灰化を示した神経膠芽腫の1例. 石渡雅男, 宮坂佳男, 高木 宏 (脳外): 第14回さがみ神経研究会 (2004/11/19), 相模原.

733173. [研究会] (一般講演) 悪性gliomaの治療成績: 過去の治療成績との比較. 宇津木 聡, 岡 秀宏, 近藤宏治, 谷崎義徳, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第28回ニューロ・オンコロジーの会 (2004/12/4), 東京.

733174. [研究会] (一般講演) 診断までに長期間を有した中脳原発germinomaの1例. 小泉寛之, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 佐藤澄人, 望月崇弘, 谷崎義徳, 藤井清孝 (脳外): 第28回ニューロ・オンコロジーの会 (2004/12/4), 東京.

733175. [学会 (地方)] (一般講演) 外傷性鼻出血に対する血管内塞栓術の有用性. 仁木 淳1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 清水 暁1, 望月崇弘1, 宮島良輝1, 小泉寛之1, 小澤 仁2, 藤井清孝1 (1脳外. 2汐田総合病院): 第95回日本脳神経外科学会関東地方会 (2004/12/11), 東京.

733176. [学会 (地方)] (一般講演) MRI (FLAIR法) が有用であったくも膜下出血の2例. 石渡雅男, 宮坂佳男, 高木 宏, 倉田 彰, 藤井清孝 (脳外): 第94回日本脳神経外科学会関東地方会 (2004/12/11), 東京.

733177. [学会 (地方)] (一般講演) 横-S状静脈洞部isolated type dural AVFに対する治療戦略. 萩原宏之, 大桃丈知, 倉田 彰, 鈴木祥生, 山田 勝, 鷺内隆雄, 湯澤 泉, 藤井清孝 (脳外): 第1回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 (2004/12/11), 東京.

733178. [研究会] (一般講演) 梗塞性下垂体卒中を呈した下垂体腺腫の一例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 福島 浩, 藤井清孝 (脳外): 第3回かながわ間脳下垂体疾患カンファレンス (2004/12/15), 横浜.

733179. [懇話会] (一般講演) 長期間経過中頭蓋内に再発を来したadenoid cystic carcomaの一例. 谷崎義徳, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 仁木 淳, 藤井清孝 (脳外): 第9回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2004/12/17), 東京.

733180. [学会 (地方)] (一般講演) 123I-IMPおよび67Ga-citrate SPECTで非特異的な所見を呈した多発性硬化症の一例. 鷺内隆雄1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 小林郁夫1, 田中 聡1, 石井勝己2, 浅野雄二2, 早川和重2, 藤井清孝1 (1脳外. 2放): 第62回日本核医学会関東甲信越地方会(2005/1/22), 東京.

733181. [研究会] (一般講演) Awake surgeryを施行した左前頭葉言語領野近傍に発生したgliomaの一例. 佐藤澄人1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 福島 浩1, 藤井清孝1, 岡本浩嗣2, 外 須美夫2, 小保内綾子3 (1脳外. 2麻酔. 3耳鼻): 神奈川脳腫瘍フォーラム第9回学術集会 (2005/2/4), 横浜.

733182. [研究会] (一般講演) クローン病と大球性貧血を伴った上矢状静脈洞血栓症の一例. 鈴木祥生, 大澤成之, 山田 勝, 福島 浩, 荘司光彦, 山崎友也, 藤井清孝 (脳外): 第15回神奈川脳卒中フォーラム (2005/2/4), 横浜.

733183. [研究会] (一般講演) 血管吻合の練習法 鳥の手羽先とラットを用いて. 山田 勝 (脳外): 第10回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2005/2/6), 相模原.

733184. [研究会] (一般講演) クローン病と大球性貧血を伴った上矢状静脈洞血栓症の一例. 大澤成之, 鈴木祥生, 福島 浩, 荘司光彦, 山崎友也, 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 第15回神奈川脳卒中フォーラム (2004/2/6), 横浜.
733185. [懇話会] (一般講演) 化学療法抵抗性の放射線誘導性肉腫をどう治療するか? 谷崎義徳, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 望月崇弘, 福島 浩, 荘司光彦, 小林郁夫, 田中 聡, 藤井清孝 (脳外): 第8回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2004/2/11), 東京.

733186. [研究会] (一般講演) 経頭蓋刺激運動誘発電位の定量的評価. 三島大徳, 諏訪知也, 三井公彦 (脳外): 第26回脊髄機能診断研究会 (2004/2/14), 東京.

733187. [研究会] (一般講演) 腫瘍内感染を起こしたglioblastomaの1例. 宮島良輝, 岡 秀宏, 宇津木 聡, 谷崎義徳, 望月崇弘, 藤井清孝 (脳外): 第8回脳神経外科疾患の臨床と病理のJoint Conference (2005/2/26), 東京.

733188. [懇話会] (一般講演) 顔面痙攣に対するスーパ−キンソンカテーテリゼーション 有用性. 鈴木祥生, 倉田 彰, 佐藤澄人, 湯澤 泉, 仁木 淳, 山田 勝, 藤井清孝 (脳外): 第28回神奈川脳血管内手術懇話会 (2005/3/7), 横浜.

733189. [懇話会] (一般講演) Acute multiple screlosis の一例. 佐藤公俊, 岡 秀宏, 小林郁夫, 鷺内隆雄, 藤井清孝 (脳外): 第12回相模若手脳神経外科懇話会 (2004/3/9), 相模原.

733190. [研究会] (一般講演) 開頭術ドレーピングにおける液漏れ防止の工夫. 望月崇弘, 清水 暁, 宇津木 聡, 鈴木祥生, 岡 秀宏, 藤井清孝 (脳外): 第3回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2005/3/12), 横浜.


<<小児科学>>

[学術論文]

110135. [原著] Older Age Is a Risk Factor for the Development of Cardiovascular Sequelae in Kawasaki Disease. 牟田広実1, 石井正浩1,2, 阪上尊彦1, 江上公康1, 古井 潤1, 菅原洋子1, 赤木禎治1, 中村好一3, 柳川 洋4, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児. 3自治医大. 4埼玉県立大): Pediatrics, 114 (3): 751-754, 2004.

110136. [原著] Early intravenous gamma-globulin treatment for Kawasaki Disease: The nationwide surveys in Japan. 牟田広実1, 石井正浩1,2, 江上公康1, 古井 潤1, 菅原洋子1, 赤木禎治1, 中村好一3, 柳川 洋4, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児. 3自治医大. 3埼玉県立大): J Pediatr, 144: 496-499, 2004.

110137. [原著] Screening for diabetes by urine glucose testing at school in Japan. 横田行史1, 菊池信行2, 松浦信夫3 (1児. 2横浜市大. 3聖徳大): Pediatric Diabetes, 5: 212-218, 2004.

110138. [原著] Dermatophagoides-induced interleukin-10 production by peripheral blood lymphocytes from patients with asthma in remission. 野間 剛1, 菅原陽子1, 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 山口公一2, 川野 豊1 (1児. 2同愛記念病院): Pediatr Allergy Immunol, 15 (5): 459-68, 2004.

110139. [原著] Somatropin promotes dermato-phagoides farinae-specific IgE generation independently of IL-4 and IL-10. 野間 剛1, 吉沢いづみ1, Sugano S2, 小川倫史1, 川野 豊1 (1児. 2東京大): Asian Pac J Allergy Immunol, 22 (2-3): 133-142, 2004.

110140. [原著] High frequency of QPY allel and linkage disequilibrium of granzyme-B in Epstein-Barr-virus-associated hemophagocytic lymphohistio-cytosis. Zaitsu M1, Yamamoto K2, Ishii E1, Teranuma T3, 中舘尚也4, Sako M5, Sakata N6, Wakiguchi H7, Hirose M8, Imayoshi M1, Ogawa Y1, Imashuku S3, Hamasaki Y1, Yasukawa M9 (1佐賀大. 2九州大. 3京都市衛生公害研究所. 4児. 5大阪市立総合医療センター. 6大阪府立母子医療センター. 7高知大. 8広瀬こどもクリニック. 9愛媛大): Tissue Antigens, 64 (5): 611-615, 2004.

110141. [原著] Characterization of VHepsilon gene expressed in PBL from children with atopic diseases: detection of homologous VH1-69 derived transcripts from three unrelated patients. 坂東由紀1,2, Shimizu A3, Ra C4 (1児. 2順天堂大. 3京都大. 4日本大): Immunology Letters, 94: 99-106, 2004.

110142. [原著] Hypocomplementemia and membranoproliferative glomeruloneophritis in children. 飯高喜久雄1,2, 中村信也2, 守屋俊介2, 越野浩江2, 岩波直美2, 酒井 謙3, 本山 治3 (1大和市立病院. 2児. 3東邦大): Clinical and Experimental Nephrology, 9(1): 31-33, 2005.

120036. [原著] 川崎病年長例の検討−第16回全国調査より−. 阪上尊彦1, 牟田広実1, 石井正浩1,2, 江上公康1, 古井 潤1, 菅原洋子1, 赤木禎治1, 中村好一3, 柳川 洋4, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児. 3自治医大): 日本小児科学会雑誌, 108 (8): 1043-1046, 2004.

120037. [原著] ヨウレチン (Lecithin-bound iodine; LBI) 治療による気管支喘息患児リンパ球のサイトカイン産生パターンの変化. 川野 豊1, 佐伯敏亮2, 野間 剛2 (1横浜赤十字病院. 2児): 日本小児アレルギー学会誌, 18(5): 560-565, 2004.

120038. [原著] 小児治療現場の実態と問題点−新GCP施行前後の比較を通して−. 砂押 渉1, 横田行史1, 岩崎俊之1, 島貫 郁1, 橋村裕子2, 工藤しとみ2 (1児. 2治験管理センター): 日本小児臨床薬理学会雑誌, 17 (1): 110-113, 2004.

120039. [原著] 小児乏尿例に対する利尿薬投与における治療戦略. 永渕弘之1, 神前泰希1, 内田祐司1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 日本小児救急医学会雑誌, 3 (1): 134-136, 2004.

120040. [原著] 小児急性心不全例における薬物治療に関する考察. 永渕弘之1, 神前泰希1, 内田祐司1, 梅原 実1,2 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 日本小児救急医学会雑誌, 3 (1): 137-140, 2004.

120041. [原著] 先天性甲状腺機能低下症ラットrdwにおける血中甲状腺ホルモン濃度の検討. 柴山啓子, 横田行史, 松浦信夫 (児): 成長科学協会研究年報, 27: 155-161, 2003.

310011. [症例報告] A male patient with steroid-dependent nephrotic syndrome for 25 years and obesity-associated focal segmental glomerulosclerosis. Motoyama O1, Muto A1, Ogiwara H1, Mizuiri S1, Kawamura S1, 飯高喜久雄2,3 (1東邦大. 2大和市立病院. 3児): Clinical and Experimental Nephrology, 8 (3): 263-265, 2004.

310012. [症例報告] Acute glomerulonephritis in three siblings and suspected emm49-type Streptococcus pyogenes infection. 本山 治1, 長谷川 慶1, Okamatsu C1, Tamaki K1, 飯高喜久雄2,3 (1東邦大. 2大和市立病院. 3児): Clinical and Experimental Nephrology, 8 (4): 356-358, 2004.

310013. [症例報告] Subclinical hypothyroidism caused by a mutation of the thyrotropin receptor gene. 柴山啓子1, 大山宜秀1, 菱沼 昭2, 横田行史1, 風張幸司1, 風張真由美1, 家入蒼生夫2, 松浦信夫1 (1児. 2獨協医大): Pediatrics International, 47 (1): 105-108, 2005.

310014. [症例報告] Two cases of congenital nephrotic syndrome. 飯高喜久雄1,3, 本山 治2, 北條みどり3, 岩波直美3, 越野浩江3, 中村信也3, 守屋俊介3 (1大和市立病院. 2東邦大. 3児): Clinical and Experimental Nephrology, 8 (2): 146-149, 2004.

320035. [症例報告] 自覚症状およびピークフローによる喘息評価が過小であった思春期喘息の一男児例. 青木国輝1, 山口公一1, 向山徳子1, 野間 剛2 (1同愛記念病院. 2児): 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌, 2 (1): 58-60, 2004.

520140. [総説] 特集/症例から学ぶ自己免疫疾患 新生児ループス. 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 小児内科, 36 (10): 596-1599, 2004.

520141. [総説] 特集/腎尿路系悪性腫瘍−内科医に必要な知識 小児の腎腫瘍−. 中舘尚也 (児): 腎と透析, 57(2): 187-192, 2004.

520142. [総説] 「母乳を科学する」壊死性腸炎と母乳育児. 野渡正彦 (児): 周産期医学, 34 (9): 1399-1402, 2004.

520143. [総説] 特集/急患センター!! 小児医療はこれを押さえて 小児の薬物療法 喘息治療薬の常識. 上田康久 (児): 治療, 86 (8): 2379-2385, 2004.

520144. [総説] 特集/こどもの呼吸管理. 呼吸リハビリテーション. チーム医療としての呼吸リハビリテーション. 小児科医はどうかかわるべきか. 上田康久 (児): 小児科診療, 67 (12): 2247-2252, 2004.

520145. [総説] 「気管支喘息の治療 最近の進歩」小児喘息の特徴と治療法 (成人との差異も含めて). 梅原 実 (神奈川県立こども医療センター, 児): 救急医学, 29 (2): 209-216, 2005.

521032. [研究報告] (厚労省) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究 (平成15年度主任研究報告). 松浦信夫 (児): 厚生労働科学研究 (難治性疾患克服研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.3-5, 2004.

521033. [研究報告] (厚労省) 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究 (平成15年度分担研究報告). 松浦信夫 (児): 厚生労働科学研究 (難治性疾患克服研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.9-11, 2004.

521034. [研究報告] (厚労省) 小児1型糖尿病児のインスリン療法と平均HbA1c値の我が国現状に関する研究 (第2報) (分担研究: 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究). 松浦信夫1, 横田行史1, 三宅 泉1, 佐々木 望2, 雨宮 伸3 (1児. 2埼玉医大. 3山梨大): 厚生労働科学研究 (難治性疾患克服研究事業)糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.35-37, 2004.

521035. [研究報告] (厚労省) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究 (平成13-15年度総括主任研究報告). 松浦信夫 (児): 厚生労働科学研究 (難治性疾患克服研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.115-117, 2004.

521036. [研究報告] (厚労省) 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究 (平成13-15年度総括分担研究報告). 松浦信夫 (児): 厚生労働科学研究 (難治性疾患克服研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.118-121, 2004.

521037. [研究報告] (厚労省) 国内, 国際共同研究から見た小児1型糖尿病児のインスリン療法とQOLの研究 (分担研究: 小児1型糖尿病児の学校, 社会生活の実態とそのQOLの改善に関する研究). 松浦信夫1, 横田行史1, 三宅 泉1, 佐々木 望2, 雨宮 伸3, 中村伸枝4 (1児. 2埼玉医大. 3山梨大. 4千葉大): 厚生労働科学研究 (難治性疾患克服研究事業) 糖尿病および生活習慣病をもつ子どものQOL改善のための研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.143-145, 2004.

521038. [研究報告] (厚労省) 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究 (平成15年度主任研究報告). 松浦信夫 (児): 厚生労働科学研究 (効果的医療技術の確立推進臨床研究事業: 小児疾患に関する臨床研究分野). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.3-7, 2004.

521039. [研究報告] (厚労省) 小児2型糖尿病患児の社会的問題に関する検討 (分担研究: 2型糖尿病の病態解析と有効性に関する検討). 横田行史, 大津成之, 田久保憲行(児): 厚生労働科学研究 (効果的医療技術の確立推進臨床研究事業: 小児疾患に関する臨床研究分野). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究. 平成15年度総括・分担研究報告書, p.26-27, 2004.

521040. [研究報告] (厚労省) ミトコンドリア脳筋症および川崎病における血管内皮機能の検討 (分担研究報告). 石井正浩 (児): 厚生労働科学研究 (小児疾患臨床研究事業) 小児期発症のミトコンドリア脳筋症に対するL-アルギニンおよびジクロロ酢酸療法の効果判定と分子病態を踏まえた新しい治療開発に関する臨床研究. 平成16年度総括・分担研究報告書, p.46-47, 2005.

521041. [研究報告] (厚労省) 2型糖尿病病因遺伝子の有効性への関与に関する研究 (分担研究報告書). 横田行史1, 堀川玲子2, 内山  聖3 (1児. 2国立成育医療センター. 3新潟大): 厚生労働科学研究 (小児疾患臨床研究事業). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究. 平成16年度総括・分担研究報告書, p.53-55, 2005.

521042. [研究報告] (厚労省) 小児糖尿病患者における血中アディポネクチン値の検討 (分担研究: 2型糖尿病病因遺伝子の有効性への関与に関する研究). 横田行史 (児): 厚生労働科学研究 (小児疾患臨床研究事業). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究. 平成16年度総括・分担研究報告書, p.56-60, 2005.

521043. [研究報告] (厚労省) 福岡市内の小学校児童に対するアレルギー疾患調査結果についての検討 (分担研究報告書). 小田嶋 博1, 津田恵次郎2, 佐藤 弘3, 野間 剛4, 岡田賢司1, 木村知華子1, 手塚純一郎1, 久保田典子1, 井手康二1, 小林 博1 (1福岡病院. 2つだこども. 3産業医大. 4児): 厚生労働科学研究 (免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業) 気管支喘息の有病率・罹患率及びQOLに関する全年齢階級別全国調査に関する研究. 平成16年度研究報告書, p.16-19, 2005.

521044. [研究報告] (厚労省) 呼吸器疾患の既往とアトピー性皮膚炎発症に関するコホート設定・アトピー性皮膚炎憎悪因子の解析に関する検討 (分担研究報告書). 小田嶋 博1, 野間 剛2, 大柴晃洋3, 森川みき4, 木村知華子5, 川野 豊6, 手塚純一郎5, 渡辺美砂7, 佐伯敏亮2, 西尾 健8 (1福岡病院. 2児. 3東京医歯大. 4JR仙台病院. 5南福岡病院. 6横浜赤十字. 7東邦大. 8福岡大): 厚生労働科学研究 (免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業) アトピー性皮膚炎の有症率調査法の確立および有症率 (発症率) 低下・症状悪化防止対策における生活環境整備に関する研究. 平成16年度研究報告書, p.19-21, 2005.

521045. [研究報告] (文科省) 小児1型糖尿病におけるインプリント遺伝子の意義に関する研究. 横田行史, 松浦信夫, 風張幸司 (児): 平成12年度〜平成14年度科学研究補助金 基盤研究 (C) 研究成果報告書, p.1-47, 2004.

[著 書]

620090. [その他の著書] (分担執筆) 低アレルギー食品の開発 (普及版); 食物アレルギー in vitro診断法の現状とその展望, p.73-81. 野間 剛1, 黄 (青木) 国輝2 (1児. 2同愛記念病院), 編集 池澤善郎 (横浜市大), シーエムシー出版, 東京, 2004/3/26発行.

620091. [概説書] (共著) 2005 今日の治療指針; 学校における腎臓疾患学童生徒の管理, p.968-969. 飯高喜久雄 (大和市立病院, 児), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2005/1/1発行.

[学会発表]

712026. [学会 (国際)] (シンポジウム) Kawasaki Disease: Cardiac Problem and Management. 石井正浩 (児): The Third International Congress on Cardiovascular Disease (2004/11/28), Taiwan.

713096. [学会 (国際)] (一般講演) Endothelial Dysfunction and Therapeutic Strategy for the Long Term after Kasawaki Disease: Assessment of Invasive and Noninvasive Study. 石井正浩1, 古井 潤2, 菅原洋子2, 牟田広実2, 江上公康2, 松石豊次郎2 (1児. 2久留米大): Scientific sessions 2004 (2004/11/7-10), New Orleans. Circulation, 110 (17): III-387, 2004.

713097. [学会 (国際)] (一般講演) Long-term Follow-up Results of the Percutaneous Transluminal Coronary Revascularization (PTCR) in Kawasaki Disease. Koizumi H1, 石井正浩2, 菅原洋子3, Kato H3 (1宮城大. 2児. 3久留米大): Scientific sessions 2004 (2004/11/7-10), New Orleans. Circulation, 110 (17): III-III-389, 2004.

713098. [学会 (国際)] (一般講演) The revised Japanese diagnostic criteria for Kawasaki disease are more sensitive than the American heart association criteria. 牟田広実1, 石井正浩2, 江上公康1, 菅原洋子1, 家村素史1, 前野泰樹1, 中村好一3, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児. 3自治医大): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/18), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.17, 2005.

713099. [学会 (国際)] (一般講演) Pathogenesis of Kawasaki disease: Chlamydia pneumoniae infection may be associated with Kawasaki disease. Kishimoto S1, 石井正浩2, 江上公康3, 牟田広実3, 菅原洋子3, 家村素史3, 前野泰樹3, Suda K3, 松石豊次郎3 (1聖マリア病院. 2児. 3久留米大): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/18), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.18, 2005.

713100. [学会 (国際)] (一般講演) Pathogenesis of Kawasaki disease by microarray study: relationship of genetic factors and cardiovascular lesions. 江上公康1, 石井正浩2, 牟田広実1, 菅原洋子1, 家村素史1, 前野泰樹1, Suda K1, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/18), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.18, 2005.

713101. [学会 (国際)] (一般講演) Risk factors associated with treatment failures with initial intravenous gamma globulin therapy for Kawasaki disease. 古井 潤1, 牟田広実2, 石井正浩3, 菅原洋子2, 前野泰樹2, Shimozono S1, Waki C1, 中村好一4, 松石豊次郎2 (1土谷総合病院. 2久留米大. 3児. 4自治医大): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/19), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.19, 2005.

713102. [学会 (国際)] (一般講演) Risk factors for atherosclerosis in the long term after Kawasaki disease: serum lipid profiles and body mass index study. 菅原洋子1, 石井正浩2, 江上公康1, 牟田広実1, 家村素史1, 前野泰樹1, Suda K1, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/19), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.22, 2005.

713103. [学会 (国際)] (一般講演) How do we manege pregnancy in women with coronary artery lesions due to Kawasaki disease. 赤木禎治1, Himeno W2, 石井正浩3, 菅原洋子2, Toyoda O2, Kato H2 (1岡山大. 2久留米大. 3児): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/19), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.23, 2005.

713104. [学会 (国際)] (一般講演) Artery bypass grafts as a conduit for coronary artery lesions in Kawasaki disease. 江上公康1, 牟田広実1, 菅原洋子1, 家村素史1, 松石豊次郎1, Tashiro T2, 石井正浩3 (1久留米大. 2福岡大. 3児): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/19), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.23, 2005.

713105. [学会 (国際)] (一般講演) Prediction of intravenous immunoglobulin-resistant patients in Kawasaki disease: single-center study. 江上公康1, 牟田広実1, 菅原洋子1, 家村素史1, 前野泰樹1, Suda K1, 松石豊次郎1, 石井正浩2 (1久留米大. 2児): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/19), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.11, 2005.

713106. [学会 (国際)] (一般講演) Percutaneous transluminal coronary revascularization for Kawasaki disease: long-term follow-up study. 石井正浩1, Koizumi H2, 家村素史3, 牟田広実3, 菅原洋子3, Kato H3 (1児. 2宮崎大. 3久留米大): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/19), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.11, 2005.

713107. [学会 (国際)] (一般講演) Warfarin therapy improves clinical outcome of Kawasaki disease patients with giant coronary aneurysms. 菅原洋子1, 石井正浩2, 江上公康1, 牟田広実1, 家村素史1, 前野泰樹1, Suda K1, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/19), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.12, 2005.

713108. [学会 (国際)] (一般講演) Endothelial dysfunction and therapeutic new strategy in the long term after Kawasaki disease. 石井正浩1, 古井 潤2, 家村素史3, 中畑弥生1, 牟田広実3, 菅原洋子3 (1児. 2広島大. 3久留米大): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/20), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.13, 2005.

713109. [学会 (国際)] (一般講演) Health-related quality of life in adolescents with a history of Kawasaki disease: assessment using the medical outcome study short form 36. 牟田広実1, 石井正浩2, 江上公康1, 菅原洋子1, 家村素史1, 前野泰樹1, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児): 8th International Kawasaki Disease Symposium (2005/2/20), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.13, 2005.

713110. [学会 (国際)] (一般講演) Long-term follow-up study of percutaneous catheter intervention for Kawasaki disease: 10 years of observation. 家村素史1, 石井正浩2, Ueno T3, 牟田広実1, 江上公康1, 菅原洋子1, Himeno W1, 前野泰樹1, Suda K1, Kato H1, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2児. 3福岡市医師会成人病センター): 8th International Kawasaki Disease Symposium(2005/2/20), San Diego. 8th International Kawasaki Disease Symposium Final Program, p.14, 2005.

722048. [学会 (全国)] (シンポジウム) 学校検尿を検証する 治療面から 膜性増殖性腎炎 (MPGN). 飯高喜久雄 (大和市立病院, 児): 第39回日本小児腎臓病学会学術集会 (2004/7/2), 熊本市. 日本小児腎臓病学会雑誌, 17(1 S.): 76, 2004.

722049. [学会 (全国)] (シンポジウム) Dialysis for extremely low birth weight infants in NICU at Kitasato Univ. Hospital. 中村信也1, 岩波直美1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 相馬一亥2 (1児. 2救命): 第15回日本急性血液浄化学会 (2004/9/17-18), 名古屋.

722050. [学会 (全国)] (シンポジウム) 小児固形腫瘍の病態解明 12トリソミーを伴う高2倍性ウイルムス腫瘍の生物学的特徴. 渡辺直樹1, 中舘尚也2, 飯塚 進3, 駒田美弘4, 佐々木文章5, 遠藤幹也6, 菊田 敦7, 恒松由記子8, 気賀沢寿人9, 堀越泰雄10, 石田也寸志11, 水田祥代12, 鶴 知光13, 秦 順一8, 福澤正洋14, 金子安比古1 (1埼玉県立がんセンター. 2児. 3北海道がんセンター. 4三重大. 5北海道大. 6岩手医大. 7福島県立医大. 8国立成育医療. 9神奈川県立こども医療センター. 10静岡県立こども医療センター. 11愛媛大. 12九州大. 13久留米大. 14日本大): 第20回小児がん学会・第46回日本小児血液学会 (2004/11/21), 京都. 日本小児血液学会雑誌, 18 (4): 240, 2004 : 小児がん, 41(3): 487, 2004.

722051. [学会 (全国)] (教育講演) Toll-like receptorを介する免疫制御. 野間 剛 (児): 第41回日本小児アレルギー学会 (2004/11/27), 東京. 日本小児アレルギー学会誌, 18 (4): 403, 2004.

722052. [学会 (全国)] (シンポジウム) 集中治療と循環管理 エコーを用いた小児重症患者における循環管理法. 永渕弘之1, 松本多絵1, 林 初香1,2, 梅原 実1,2, 広木公一1 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/24), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12 (S.): 131, 2005.

723466. [学会 (全国)] (一般講演) 突然の不機嫌, 嘔吐をくり返し4ヵ月で死亡した1例−冠動脈低形成による心筋虚血−. 藤武義人1, 堀口泰典1, 平石 聰2, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1 (1児. 2平石こどもクリニック): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/9), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 234, 2004.

723467. [学会 (全国)] (ワークショップ) 北里大学病院小児科における“小児呼吸療法チーム”の試み. 上田康久1, 梅原 実2, 箕浦克則1, 原 真人1, 横山美佐子3, 小池朋孝3, 遠藤真一3 (1児. 2神奈川県立こども医療センター. 3リハビリテーションセンター部): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/9), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 160, 2004.

723468. [学会 (全国)] (一般講演) 二次委託予防接種指定病院における7年間の経験. 村松秀樹1, 根本文子2, 野々山勝人3, 坂東由紀2, 砂押 渉2, 五十嵐宗雄2 (1六本木ヒルズクリニック. 2児. 3感染症): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/9), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108(2): 243, 2004.

723469. [学会 (全国)] (一般講演) 食物アレルギー患者の食物抗原の診断. 小川倫史, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/9), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 244, 2004.

723470. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸器核医学検査を用いた新生児慢性肺疾患の長期予後の検討. 原 真人1, 梅原 実2, 箕浦克則3, 関根 徹3, 上田康久3, 福島崇義3 (1北里研究所メディカルセンター病院. 2神奈川県立こども医療センター. 3児): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/9), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 255, 2004.

723471. [学会 (全国)] (一般講演) 血管性紫斑病の臨床的研究. 本山 治1, 飯高喜久雄2,3 (1東邦大. 2大和市立病院. 3児): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/9), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 322, 2004.

723472. [学会 (全国)] (一般講演) 発症にCoxsackie Virusの関与が推測されたSLE男児例. 緒方昌平, 野々田 豊, 阿部泰子, 越野浩江, 中村信也, 坂東由紀 (児): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/10), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 333, 2004.

723473. [学会 (全国)] (一般講演) 血栓性血小板減少性紫斑病の発症 (TTP) が疑われた全身性エリトマトーデスの一例. 小川倫史, 緒方昌平, 林 初香, 越野浩江, 中村信也, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/10), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 334, 2004.

723474. [学会 (全国)] (一般講演) 混合性結合組織病の1女児例−臨床経過及び検査成績の検討−. 佐伯敏亮, 小川倫史, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/10), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 335, 2004.

723475. [学会 (全国)] (一般講演) 初発時に多彩な血管炎症候群を呈したsystemic JIAの1女児例. 根本文子, 坂東由紀, 木村純人, 大津成之, 武田信裕, 内藤剛彦, 箕浦克則, 橘田一輝, 安藤 寿, 藤武義人 (児, 海老名総合病院): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/10), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 336, 2004.

723476. [学会 (全国)] (一般講演) 過去2年間に三次救急医療の適応として, 当院に入院した小児患者の長期予後について. 岩崎俊之, 守屋俊介, 砂押 渉 (児): 第107回日本小児科学会学術集会 (2004/4/10), 岡山市. 日本小児科学会雑誌, 108 (2): 340, 2004.

723477. [学会 (全国)] (一般講演) 小児アレルギー疾患の発症の予知に関する検討 (第5報)−アトピー性皮膚炎及び喘息の発症要因の比較−. 川野 豊1, 森川みき2, 渡邊美砂3, 大柴晃洋4, 野間 剛5, 小田嶋 博6 (1横浜赤十字病院. 2JR仙台病院. 3東邦大. 4東京医歯大. 5児. 6国立療養所南福岡病院): 第16回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2004/5/12), 前橋市. アレルギー, 53 (2-3): 315, 2004.

723478. [学会 (全国)] (一般講演) 鶏卵アレルギー患児リンパ球におけるCD47作用. 小川倫史, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第16回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2004/5/13), 前橋市. アレルギー, 53 (2-3): 339, 2004.

723479. [学会 (全国)] (一般講演) 低酸素脳症をきたした気道異物の1乳児例. 緒方昌平1, 林 初香1, 藤武義人1, 上田康久1, 原 真人2, 梅原 実3 (1児. 2北里研究所メディカルセンター病院. 3神奈川県立こども医療): 第18回日本小児救急医学会 (2004/6/18), 金沢市. 日本小児救急医学会雑誌, 3 (1): 96, 2004.

723480. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性ネフローゼ症候群の1女児における成長発達に関しての検討. 松浦由希子1, 守屋俊介1, 岩波直美1, 越野浩江1, 中村信也1, 横田行史1, 河西紀昭2, 飯高喜久雄3 (1児. 2大和市立病院. 3相模野病院): 第49回日本透析医学会学術集会 (2004/6/18-20), 神戸市. 日本透析医学会雑誌, 37 (Sl.1): 1028, 2004.

723481. [学会 (全国)] (一般講演) 当院NICUにおける先天性心疾患に伴う合併奇形についての検討. 林 初香1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 堀口泰典1, 平石 聰2, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1, 宮地 鑑3, 麻生俊英4 (1児. 2平石こどもクリニック. 3胸外. 4神奈川県立こども医療センター): 第40回日本小児循環器学会 (2004/6/30), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 20 (3): 336, 2004.

723482. [学会 (全国)] (一般講演) Chaotic atrial rhythm を呈したCostello症候群の1例. 木村純人, 広田浜夫, 中畑弥生, 堀口泰典, 平石 聰2, 武田信裕1, 小川夏子1, 藤野宣之1 (1児. 2平石こどもクリニック): 第40回日本小児循環器学会 (2004/6/30), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 20 (3): 341, 2004.

723483. [学会 (全国)] (一般講演) Modified BTシャントに対するコイル塞栓術−純型肺動脈弁閉鎖の1例での経験−. 飯島真紀子1, 堀口泰典1, 羽根田紀幸2, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1, 宮地 艦3, 高崎泰一2 (1児. 2どれみクリニック. 3胸外): 第40回日本小児循環器学会 (2004/6/30), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 20 (3): 346, 2004.

723484. [学会 (全国)] (一般講演) フォンタン型手術術後の血行動態−プロタノール負荷による検討 (第2報)−. 堀口泰典1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 平石 聰2, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1 (1児. 2平石こどもクリニック): 第40回日本小児循環器学会 (2004/7/1), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 20 (3): 410, 2004.

723485. [学会 (全国)] (一般講演) 右室流出路再建術後患者の交感神経障害 (第2報)−MIBG心筋シンチグラムでの検討−. 中畑弥生1,2, 大内秀雄2, 岡田陽子2, 高杉尚志2, 井埜晴義2, 小野安生2, 越後茂之2 (1児. 2国立循環器病センター): 第40回日本小児循環器学会 (2004/7/1), 東京. 日本小児循環器学会雑誌, 20 (3): 292, 2004.

723486. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性リンパ腫に大動脈炎症候群を合併した一男児例. 橘田一輝1, 中村信也1, 岩波直美1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 三宅 泉1, 中館尚也1, 飯高喜久雄1,2, 河西紀昭3 (1児. 2大和市立病院. 3相模野病院): 第39回日本小児腎臓病学会学術集会 (2004/7/2), 熊本市. 日本小児腎臓病学会雑誌, 17 (1 S.): 114, 2004.

723487. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児聴覚screening の検討 (第2報)−極低出生体重児に対する2 step screeningの試み−. 野渡正彦1, 釼持  学1, 岡本牧人2 (1児. 2耳鼻): 第40回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2004/7/12), 東京. 日本周産期・新生児医学会雑誌, 40 (2): 297, 2004.

723488. [学会 (全国)] (一般講演) 早産児に対するパリビズマブ投与に関する検討 (第2報). 釼持 学, 渡辺智子, 三須陽子, 野渡正彦 (児): 第40回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2004/7/12), 東京. 日本周産期・新生児医学会雑誌, 40 (2): 288, 2004.

723489. [学会 (全国)] (一般講演) 神奈川県立肢体不自由養護学校での医療的ケアの取り組みとその課題. 細田のぞみ1, 三浦寿男1, 岩崎俊之2, 武井研二1, 片山文彦2, 島貫 郁2, 砂押 渉2, 白井宏幸2 (1相模原療育園. 2児), 第46回日本小児神経学会 (2004/7/17), 東京. 脳と発達, 36(S.): S225, 2004.

723490. [学会 (全国)] (一般講演) 小児の低2倍体急性リンパ性白血病 (ALL) 68例の検討. 福島 敬1, 康 勝好2, 高橋浩之3, 真部 淳2, 小原 明4, 林 泰秀5, 外松 学6, 金子 隆7, 上條岳彦8, 磯山恵一9, 木下明俊10, 後藤裕明3, 豊田恭徳11, 前田美穂12, 嶋田博之13, 杉田憲一14, 齋藤正博15, 杉田完爾16, 梶原道子17, 矢部晋正18, 菊地 陽19, 中舘尚也20, 野口 靖21, 牧本 敦22, 柳沢隆昭23, 生田孝一郎24, 花田良二19, 土田昌宏25 (1筑波大. 2東京大. 3,横浜市大. 4東邦大. 5群馬県立小児医療. 6前橋赤十字. 7都立清瀬小児. 8信州大. 9昭和大. 10聖マリアンナ医大. 11神奈川県立こども医療センター. 12日本医大. 13慶応大. 14獨協医大. 15順天堂大. 16山梨大. 17東京医歯大. 18東海大. 19埼玉県立小児医療. 20児. 21成田赤十字. 22国立がんセンター. 23慈恵医大. 24横浜市大. 25茨城県立こども), 東京小児がん研究グループ: 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都市. プログラム・抄録集, p.752, 2004.

723491. [学会 (全国)] (一般講演) 初診時にJH再構成を認めた小児急性骨髄性白血病の検討. 松浦由希子, 開田美保, 安藤 寿, 三宅 泉, 中舘尚也 (児): 第66回日本血液学会総会・第46回日本臨床血液学会総会 (2004/9/17-19), 京都市. プログラム・抄録集, p.903, 2004.

723492. [学会 (全国)] (一般講演) 小児2型糖尿病の薬物治療の現状−日本小児内分泌学会小児2型糖尿病治療委員会報告−. 杉原茂孝1, 佐々木 望2, 河野 斉3, 雨宮 伸4, 田中敏章5, 松浦信夫6 (1女子医大. 2埼玉医大. 3福岡市立こども病院. 4山梨大. 5成育医療. 6児): 第38回日本小児内分泌学会 (2004/9/23), 神戸. 抄録集, p.78, 2004.

723493. [学会 (全国)] (一般講演) メルカゾール坐剤でコントロールし得たBasedow病の1女児例. 緒方昌平1, 横田行史1, 田久保憲行1, 下浜真里子1, 大津成之1, 風張眞由美1, 松浦信夫2 (1児. 2聖徳大): 第38回日本小児内分泌学会 (2004/9/22-23), 神戸. 第38回日本小児内分泌学会抄録集, p.96, 2004.

723494. [学会 (全国)] (一般講演) 副腎皮質機能低下症の小児に対するhydrocortisone坐剤の有用性に関する臨床薬理学的検討. 大津成之1, 横田行史1, 下浜真里子1, 田久保憲行1, 風張眞由美1, 松浦信夫2 (1児. 2聖徳大): 第38回日本小児内分泌学会 (2004/9/22-23), 神戸. 抄録集, p.110, 2004.

723495. [学会 (全国)] (一般講演) WT1異常を示さず12トリソミーを伴う高2倍性群はウイルムス腫瘍の新しいサブグループか. 渡辺直樹1, 小林泰文1, 中舘尚也2, 佐々木文章3, 恒松由記子4, 水田祥代5, 福澤正洋6, 金子安比古1 (1埼玉県立がんセンター. 2児. 3北海道大. 4国立成育医療. 5九州大. 6日本大): 第63回日本癌学会学術総会 (2004/9/29), 福岡市. Cancer Science, 95 (S.): 160, 2004.

723496. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植後3ヶ月目, 膀胱尿管吻合部に結石を生じ経尿道的尿管破砕術 (TUL)を施行した一男児例. 岩波直美1, 中村信也1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 土田繭美2, 田岡佳憲2, 荒川 孝2, 吉田一成2, 遠藤忠雄, 馬場志郎2 (1児. 2泌): 第26回小児腎不全学会(2004/10/7), 軽井沢市. プログラム・抄録集, p.41, 2004.

723497. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における聴覚スクリーニングに関する検討. 渡辺智子1,2, 下浜真里子1,2, 長谷川 豪1,2, 佐伯敏亮1,2, 野々山勝人3, 藤野宣之1,2 (1児. 2相模原協同病院. 3感染症): 第53回日本農村医学会 (2004/10/7-8), 秋田市. 日本農村医学会雑誌, 53 (3): 545, 2004.

723498. [学会 (全国)] (一般講演) 濾紙血TSH, fT4同時測定によるクレチン症マススクリーニング−当院における5年間の結果−. 伊藤尚志1, 横田行史1, 田久保憲行1, 下浜真里子1, 釼持 学1, 野渡正彦1, 松浦信夫2, 山上祐次3 (1児. 2聖徳大. 3神奈川県予防医学協会): 第32回日本マス・スクリーニング学会 (2004/10/8), 仙台市. 日本マス・スクリーニング学会誌, 14 (2): 71, 2004.

723499. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性ネフローゼ症候群とDenys-Drash症候群の長期予後の検討. 本山 治1, 新井謙司1, 河村 毅1, 酒井 謙1, 相川 厚1, 水入苑生1, 小原武博1, 長谷川 昭1, 伊藤祐佳1, 飯高喜久雄2,3 (1東邦大. 2大和市立病院. 3児): 第26回小児腎不全学会 (2004/10/8), 軽井沢市. プログラム・抄録集, p.83, 2004.

723500. [学会 (全国)] (一般講演) 若年性関節リウマチを疑われ筋炎様症状で発症した筋サルコイドーシスの1例. 佐伯敏亮1, 川野 豊1, 小川倫史1, 野間 剛1, 峰田喬臣2, 汐崎 祐3, 望月仁志3, 海田賢一3, 鎌倉恵子3 (1児. 2飯能中央病院. 3防衛医大): 第14回日本小児リウマチ学会 (2004/10/9), 東京. プログラム・抄録集, p.48, 2004.

723501. [学会 (全国)] (一般講演) 血栓性血小板減少性紫斑病 (TTP) が疑われた全身性エリテマトーデスの1女児例. 緒方昌平, 越野浩江, 中村信也, 小川倫史, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第14回日本小児リウマチ学会 (2004/10/9), 東京. プログラム・抄録集, p.61, 2004.

723502. [学会 (全国)] (一般講演) 好酸球増多症候群に伴い涙腺腫脹をきたした一男児例. 根本文子, 坂東由紀, 今井純好 (児): 第54回日本アレルギー学会総会 (2004/11/4), 横浜. アレルギー, 53 (8-9): 919, 2004.

723503. [学会 (全国)] (一般講演) 鶏卵アレルギー患児リンパ球におけるCD47の作用と臨床的意義. 小川倫史, 川野 豊, 佐伯敏亮, 野間 剛 (児): 第54回日本アレルギー学会総会 (2004/11/5), 横浜. アレルギー, 53 (8-9): 972, 2004.

723504. [学会 (全国)] (一般講演) 溶連菌感染後急性糸球体腎炎の家族内発症例. 本山 治1, 長谷川 慶1, 飯高喜久雄2,3 (1東邦大. 2大和市立病院. 3児): 第34回日本腎臓学会東部学術大会 (2004/11/5), 東京. 日腎誌, 46 (6): 596, 2004.

723505. [学会 (全国)] (一般講演) 小児アレルギー疾患の発症の予知に関する検討 (第6報)−経時的な調査結果について−. 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 森川みき3, 渡邊美砂4, 大柴晃洋5, 野間 剛1, 小田嶋 博6 (1児. 2横浜赤十字病院. 3JR仙台病院. 4東邦大. 5東京医歯大. 6国立療養所南福岡病院): 第54回日本アレルギー学会総会 (2004/11/6), 横浜. アレルギー, 53 (8-9): 994, 2004.

723506. [学会 (全国)] (ワークショップ) 小児の呼吸リハビリテーション−適切な呼吸リハビリテーションを選択するために−. 上田康久1, 梅原 実2 (1児. 2神奈川県立こども医療センター): 第37回日本小児呼吸器疾患学会 (2004/11/19), 東京. プログラム・抄録集 p.73, 2004.

723507. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸器核医学検査を用いた麻疹肺炎の予後の検討. 原 真人1, 梅原 実2, 箕浦克則3, 関根 徹3,, 上田康久3,, 福島崇義3, (1北里研究所メディカルセンター病院. 2神奈川県立こども医療センター. 3,児): 第37回日本小児呼吸器疾患学会 (2004/11/19), 東京. プログラム・抄録集, p.118, 2004.

723508. [学会 (全国)] (一般講演) 左PA slingを伴うCTSの1乳児例の呼吸器管理における一考察. 林 初香1, 上田康久1, 藤武義人1, 橘田一輝1, 箕浦克則2, 原 真人3, 梅原 実4, 品田 純5, 津川 力6 (1児. 2海老名総合病院. 3北里研究所. 4神奈川県立こども医療センター. 5内W. 6兵庫県立こども病院): 第37回日本小児呼吸器疾患学会(2004/11/19), 東京. プログラム・抄録集, p.126, 2004.

723509. [学会 (全国)] (一般講演) 開腹生検直後から血小板輸注不応性の血小板減少を来した肝芽腫. 中舘尚也1, 三宅 泉1, 中原さおり2, 田中 潔2, 岩淵啓一3 (1児. 2外. 3病理): 第20回小児がん学会・第46回日本小児血液学会(2004/11/22), 京都. 日本小児血液学会雑誌, 18 (4): 404, 2004. : 小児がん, 41 (3): 665, 2004.

723510. [学会 (全国)] (一般講演) 特発性血小板減少性紫斑病と診断されたMay-Hegglin Anomaly 1家系の遺伝子解析. 中舘尚也1, 古川真祐1, 安藤 寿1, 緒方昌平1, 開田美保1, 松浦由希子1, 宮崎浩二2, 渡辺真理子2, 東原正明2 (1児. 2内W): 第20回小児がん学会・第46回日本小児血液学会 (2004/11/22), 京都. 日本小児血液学会雑誌, 18 (4): 460, 2004. : 小児がん, 41 (3): 721, 2004.

723511. [学会 (全国)] (一般講演) 治療経過中にJH PCRクロナリティを認めた小児急性骨髄性白血病. 開田美保, 古川真祐, 松浦由希子, 安藤 寿, 緒方昌平, 三宅 泉, 中舘尚也 (児): 第20回小児がん学会・第46回日本小児血液学会 (2004/11/23), 京都. 日本小児血液学会雑誌, 18(4): 488, 2004. : 小児がん, 41 (3): 749, 2004.

723512. [学会 (全国)] (一般講演) 日本小児MDS研究会プロトコールにて治療したRAEB IIの女児例. 古川真祐1, 開田美保1, 松浦由希子1, 安藤 寿1, 緒方昌平1, 三宅 泉1, 中舘尚也1, 後藤裕明2, 高橋浩之2 (1児. 2横浜市大): 第20回小児がん学会・第46回日本小児血液学会 (2004/11/23), 京都. 日本小児血液学会雑誌, 18 (4): 507, 2004. : 小児がん, 41 (3): 768, 2004.

723513. [学会 (全国)] (一般講演) CFSE染色リンパ球を用いた鶏卵アレルギー疾患の病因抗原の診断−抗原除去による症状改善群の症例経過−. 小川倫史, 佐伯敏亮, 川野 豊, 野間 剛 (児): 第41回日本小児アレルギー学会 (2004/11/27), 東京. 日本小児アレルギー学会誌, 18 (4): 508, 2004.

723514. [学会 (全国)] (一般講演) 乳児期早期に発症した重症新生児仮死に伴う食道裂孔ヘルニアの1例. 安藤 寿, 伊藤尚志, 釼持 学, 野渡正彦, 石井正浩 (児): 第49回日本未熟児新生児学会 (2004/12/6), 横浜. 日本未熟児新生児学会雑誌, 16 (3): 479, 2004.

723515. [学会 (全国)] (一般講演) 急性期離脱後に突然循環不全を起こした超低出生体重児3例の検討. 伊藤尚志, 狐崎雅子, 釼持 学, 野渡正彦, 田久保憲行, 横田行史, 石井正浩 (児): 第49回日本未熟児新生児学会 (2004/12/6), 横浜. 日本未熟児新生児学会雑誌, 16 (3): 484, 2004.

723516. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における聴覚スクリーニングに関する検討. 長谷川 豪1,2, 藤野宣之1,2, 野々山勝人3,佐伯敏亮1,2, 渡辺智子1,2 (1児. 2相模原協同病院. 3感染症): 第49回日本未熟児新生児学会 (2004/12/7), 横浜. 日本未熟児新生児学会雑誌, 16 (3): 513, 2004.

723517. [学会 (全国)] (一般講演) Neuron specific enolase (NSE) は脳炎・脳症の診断の一助となりうるか. 松本多絵1, 林 初香1,2, 永渕弘之1, 梅原 実1,2, 小坂 仁1, 山下純正1 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/24), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12 (S.): 165, 2005.

723518. [学会 (全国)] (一般講演) 小児多臓器不全に対する治療戦略 (CRRTを中心として). 永渕弘之1, 松本多絵1, 林 初香1,2, 梅原 実1,2, 広木公一1 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/24), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12(S.): 183, 2005.

723519. [学会 (全国)] (一般講演) 誤嚥性肺炎と初期診断された僧帽弁腱索断裂による急性僧帽弁閉鎖不全の1乳児例. 林 初香1,2, 道和百合1, 西澤和子1, 松本多絵1, 永渕弘之1, 梅原 実1,2, 林 憲一1, 麻生俊英1 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/24), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12(S.): 184, 2005.

723520. [学会 (全国)] (一般講演) 吐血で発症した先天性肝外門脈閉塞症の1例. 道和百合1, 佐藤弘之1, 松本多絵1, 永渕弘之1, 梅原 実1,2, 北河徳彦1, 武 浩志1 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/25), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12 (S.): 224, 2005.

723521. [学会 (全国)] (一般講演) 持続腹腔洗浄が著効した小児重症急性膵炎の一例. 西澤和子1, 道和百合1, 林 初香1,2, 松本多絵1, 永渕弘之1, 梅原 実1,2, 大矢知昇1 (1神奈川県立こども医療センター. 2児): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/25), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12 (S.): 224, 2005.

723522. [学会 (全国)] (ポスター) ヒトヘルペスウイルス6型・7型の遺伝子保有状況の検討. 藤武義人1, 根本文子1, 坂東由紀1, 松浦信夫1, 野々山勝人1, 砂川慶介2 (1児. 2感染症): 第35回日本小児感染症学会学術集会 (2003/11/7), 富山, 小児感染免疫, 16(2): 226-227, 2004.

723523. [学会 (全国)] (一般講演) 早産児に対するパリビズマブ投与に関する検討 (第2報). 釼持 学, 渡辺智子, 三須陽子, 野渡正彦 (児): 第40回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2004/7/12), 東京. 日本周産期・新生児医学会雑誌, 40 (2): 288, 2004.

731074. [講演会] (特別講演) 川崎病最新の知見−急性期・遠隔期の管理および病因究明への分子遺伝学的アプローチ−. 石井正浩 (児): 町田医師会学術講演会 (2004/10/15), 東京.

731075. [学会 (地方)] (特別講演) 川崎病−最新の病因論を中心として−. 石井正浩 (児): 第87回日本細菌学会関東支部総会 (2004/11/5), 東京.

731076. [講演会] (特別講演) 川崎病最新の知見: 病因, 急性期治療および遠隔期の諸問題. 石井正浩 (児): 大和市医師会小児科医会講演会 (2004/11/18), 神奈川.

731077. [学会 (地方)] (特別講演) 川崎病最新の知見: 病因, 急性期治療および心血管病変の自然歴と長期管理. 石井正浩 (児): 第46回神奈川医学会小児科分科会・第271回日本小児科学会神奈川県地方会 (2004/11/20), 神奈川.

731078. [研究会] (特別講演) 川崎病心血管障害の遠隔期の諸問題: 成人動脈硬化病変のリスクファクターとなるのか? 石井正浩 (児): 第43回北里循環器セミナー (2004/11/25), 神奈川.

731079. [研究会] (特別講演) 川崎病最近の話題−急性期, 遠隔期の治療戦略および病因解明への分子遺伝学的アプローチ−. 石井正浩 (児): 第1回高知小児循環器・川崎病研究会 (2004/12/9), 高知.

731080. [研究会] (特別講演) 川崎病の心血管病変: 急性期治療および遠隔期の管理. 石井正浩 (児): 第11回沖縄キッズハート (2005/1/24), 沖縄.

731081. [講演会] (特別講演) 川崎病最新の知見: 心血管病変の急性期・遠隔期の管理および病因究明. 石井正浩 (児): 座間・綾瀬医師会小児科医会学術講演会 (2005/3/11), 神奈川.

732035. [研究会] (シンポジウム) 「血管内皮障害のエビデンスとその長期予後」川崎病の遠隔期の血管内皮機能および治療戦略. 石井正浩 (児): 第24回日本川崎病研究会 (2004/11/12), 京都. Progress in Medicine, 25 (1): 192, 2005.

732036. [研究会] (シンポジウム) 「遠隔期における血管機能の評価」臨床学的評価 (観血的評価)・小児科. 石井正浩 (児): 第8回川崎病治療懇話会 (2004/9/5), 東京.

733191. [研究会] (一般講演) CLDに対する当院での新たな試み−先端水平カット気管内チューブとEDチューブの導入−. 釼持 学, 伊藤尚志, 狐崎雅子, 野渡正彦 (児): 第12回サーファクタント研究会 (2004/6/19), 横浜.

733192. [学会 (地方)] (一般講演) 診断に難渋した胸部異常陰影を認めた1例. 安藤 寿1, 伊藤尚志1, 林 初香1, 藤武義人1, 上田康久1, 石井正浩1, 原 真人2, 箕浦克則3, 梅原 実4 (1児. 2北里研究所メディカルセンター病院. 3海老名総合病院. 4神奈川県立こども医療センター): 第270回日本小児科学会神奈川県地方会 (2004/9/18), 神奈川. 神奈川医学会雑誌, 32 (1): 47, 2005.

733193. [研究会] (一般講演) 川崎病による多枝病変に対してハイブリッド治療を施行した1例. 菅原洋子1, 江上公康1, 家村素史1, 前野泰樹1, 松石豊次郎1, 石井正浩2, 上野高史3, 田代 忠4 (1久留米大. 2児. 3福岡成人病センター. 4福岡大): 第24回日本川崎病研究会 (2004/11/12), 京都. Progress in Medicine, 25 (1): 190, 2005.

733194. [研究会] (一般講演) 川崎病の高度石灰化を伴う冠動脈狭窄を認めた2症例に対するPTCRA. 木村純人, 広田浜夫, 堀口泰典, 中畑弥生, 藤野宣之, 武田信裕, 小川夏子, 石井正浩 (児): 第24回日本川崎病研究会 (2004/11/12), 京都. Progress in Medicine, 25 (1): 191, 2005.

733195. [研究会] (一般講演) 川崎病治療におけるガンマグロブリン不応例: 臨床像及び予測因子の検討. 江上公康1, 牟田広実1, 菅原洋子1, 家村素史1, 前野泰樹1, 松石豊次郎1, 石井正浩2 (1久留米大. 2児): 第24回日本川崎病研究会 (2004/11/13), 京都. Progress in Medicine, 25 (1): 195, 2005.

733196. [研究会] (一般講演) 日米の川崎病診断基準の比較−第17回全国調査成績を用いて−. 牟田広実1, 江上公康1, 菅原洋子1, 家村素史1, 松石豊次郎1, 石井正浩2, 中村好一3 (1久留米大. 2児. 3自治医大): 第24回日本川崎病研究会 (2004/11/13), 京都. Progress in Medicine, 25(1): 203, 2005.

733197. [研究会] (一般講演) 青年期に達した川崎病既往者の健康関連QOL−SF-36を用いて−. 牟田広実1, 江上公康1, 菅原洋子1, 家村素史1, 松石豊次郎1, 石井正浩2 (1久留米大. 2児): 第24回日本川崎病研究会 (2004/11/13), 京都. Progress in Medicine, 25 (1): 207, 2005.

733198. [研究会] (一般講演) 川崎病様症状を呈したEB-VAHSの一例. 伊藤尚志1, 広田浜夫1, 下浜真理子1, 坂東由紀1, 野々山勝人2, 中畑弥生1, 堀口泰典1, 籐野泰之1, 武田信裕, 小川夏子1, 石井正浩1 (1児. 2感染症): 第15回東京川崎病研究会 (2004/11/27), 東京.

733199. [研究会] (一般講演) あせって引くな! PDAコイル抜去困難の1例. 堀口泰典1, 平石 聰2, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1 (1児. 2平石こどもクリニック): 第16回日本Pediatric interventional cardiology研究会 (2005/1/13-15), 名古屋市. 日本小児循環器学会雑誌, 20 (5): 584-585, 2005.

733200. [研究会] (一般講演) 当院におけるPDAコイル閉鎖術. 堀口泰典1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1, 平石 聰2 (1児. 2平石こどもクリニック): 第16回日本Pediatric interventional cardiology研究会 (2005/1/13-15), 名古屋市. 日本小児循環器学会雑誌, 20 (5): 586, 2005.

733201. [学会 (地方)] (一般講演) BCG接種後に結核疹を呈した2例. 高木優樹1, 下浜真里子2, 大和田夏子2, 飯高喜久雄1,2, 七尾謙治1 (1大和市立病院. 2児): 第272回日本小児科学会神奈川県地方会 (2005/3/19), 横浜.

733202. [学会 (地方)] (一般講演) 初診時にJH再構成を認めた小児急性骨髄性白血病の検討. 開田美保, 緒方昌平, 松浦由希子, 安藤 寿, 三宅 泉, 中舘尚也 (児): 第269回日本小児科学会神奈川県地方会 (2004/6/19), 横浜. 神奈川医学会雑誌, 32 (1): 45, 2005.

733203. [研究会] (一般講演) 遷延性黄疸と肝機能障害を併発した新生児ミルクアレルギー性腸炎の一例. 藤武義人, 坂東由紀, 橘田一輝, 伊藤尚志 (児): 第9回神奈川県小児肝疾患研究会 (2004), 横浜.

733204. [学会 (地方)] (一般講演) 乳児期早期に発症した重症新生児仮死に伴う食道裂孔ヘルニアの1例. 安藤 寿, 伊藤尚志, 古川真祐, 釼持 学, 岩崎俊之, 三須陽子, 野渡正彦, 松浦信夫 (児): 第266回日本小児科学会神奈川県地方会 (2004/4/17), 横浜. 神奈川医学会雑誌, 31 (2): 215-216, 2004.


<<産婦人科学>>

[学術論文]

110143. [原著] PTEN immunohistochemical expression is suppressed in G1 endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus. 木村文一, 渡辺 純1, 秦 宏樹2, 藤澤武志2, 鎌田裕子2, 西村由香里2, 上坊敏子2, 蔵本博行2,3 (1病理. 2産婦. 3医衛): Journal of Cancer Research Clinical Oncology, 130: 161〜168, 2004.

110144. [原著] Cyclin D1 expression in endometrioid-type endometrial adenocarcinoma is correlated with histological grade and proliferative activity, but not with prognosis. 西村由香里1, 渡辺 純2, 上坊敏子1, 加戸伸明, 藤澤武志1, 鎌田裕子1, 蔵本博行1,3 (1産婦. 2病理. 3医衛): Anticancer Research, 24: 2185-2192, 2004.

110145. [原著] Significance of progesterone receptor-A and -B expression in endometrial adenocarcinoma. 宮本朋幸1, 渡辺 純2, 秦 宏樹1, 上坊敏子1, 川口美和1, 服部 学3, 斉藤まゆみ1, 蔵本博行1,4 (1産婦. 2病理. 3医療系大学院・臨床細胞. 4医衛): Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology, 92: 111-118, 2004.

110146. [原著] Cytologic scoring of endometrioid adenocarcinoma of the endometrium. 西村由香里1, 渡辺 純2, 上坊敏子1, 服部 学3, 新井 努1, 蔵本博行1,4 (1産婦. 2病理. 3医療系大学院・臨床細胞. 4医衛): Cancer, 105: 8-12, 2004.

110147. [原著] Lymph node pathway in the spread of endometrial carcinoma. 上坊敏子1, 佐藤倫也1, 新井 努1, 田村俊男1, 渡辺 純2, 蔵本博行1,3 (1産婦. 2病理. 3医衛): European Journal of Gynaecol Oncology, 26(2): 167-169, 2004.

110148. [原著] Expression of SRC-1 and p/CIP in the mouse testis. 藤田一博1, 山下修二2, 酒井康弘3 (1産婦. 2慶応大. 3解剖): Acta Histochemica et Cytochemica, 2004.

110149. [原著] Host stromal bradykinin B2 receptor signaling facilitates tumor-associated angiogenesis and tumor growth. 池田泰裕1, 林 泉2, 鴨下詠美1, Akira Yamazaki3, Keiko Ishihara3, Hirahito Endo3, 山科正平4, Yoshiaki Tsutsumi5, Hiroaki Matsubara5, 馬嶋正隆2 (1産婦. 2薬理. 3Department of Molecular Pharmacology, 4解剖. 5関西医大): Cancer Res, 64: 5178-5185, 2004.

120042. [原著] Pretermの“胎児ジストレス”診断と対応. 望月純子, 天野 完 (産婦): 周産期シンポジウム, 22: 101-107, 2004.

120043. [原著] 助産所からの搬送例の実状と周産期予後. 池田泰裕1, 鴨下詠美1, 望月純子1, 金井雄二1, 右島富士男1, 谷 昭博1, 天野 完1, 野渡正彦2 (1産婦. 2児): 日本周産期・新生児医学会雑誌, 40 (3): 553-556, 2004.

310015. [症例報告] Aspiration cytology of malignant fibrous histiocytoma after radiation therapy for carcinoma of the uterine cervix-a case report. 新井 努1, 上坊敏子1, 川口美和1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): Acta Cytologica, 48: 860-863, 2004.

320036. [症例報告] 胎児鏡下臍帯血流遮断を行った一児無心体双胎の1例. 川内博人, 鴨下詠美, 天野 完, 海野信也 (産婦): 日本内視鏡外科学会雑誌, 10 (1): 97-100, 2005.

320037. [症例報告] 卵巣原発濾胞性リンパ腫の1例. 町田大輔1, 横山 大1, 柿沼廣邦2, 服部 学3, 蔵本博行2,4, 上坊敏子2, 岩淵啓一5, 岡安 勲5 (1病理部. 2産婦. 3医療系大学院・臨床細胞. 4医衛. 5病理): 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌, 9 (1): 16-20, 2004.

320038. [症例報告] 子宮内膜細胞診で診断された腎細胞癌子宮転移の1例. 鴨下詠美1, 新井 努1, 金井督之1, 渡辺 純2, 横山 大3, 上坊敏子1, 蔵本博行1,4 (1産婦. 2病理. 3病理部. 4医衛): 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (6): 397-402, 2004.

320039. [症例報告] 腎動静脈奇形破裂による急性腹症の1例. 今村庸子, 池田泰裕, 藤田一博, 金井雄二, 望月純子, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 41 (1): 3-7, 2004.

420002. [臨床治験] 妊娠中に行う手術の適応と問題点−子宮頸部円錐切除術−. 蔵本博行1,2, 角田新平1, 金井督之1, 上坊敏子1, 今井 愛1, 田村俊男1 (1産婦. 2医衛): 産科と婦人科, 71 (7): 885-891, 2,004.

520146. [講座] Non-stress test (NST). 海野信也 (産婦): 産科と婦人科, 71 (12): 1816-1820, 2004.

520147. [講座] 近未来 (20年後) の産科医療. 海野信也 (産婦): 周産期医学, 35 (1): 129-133, 2005.

520148. [総説] 子宮内膜増殖症の疫学と細胞診の意義. 上坊敏子1, 佐藤倫也1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 病理と臨床, 22 (4): 377〜380, 2004.

520149. [総説] 子宮体癌の疫学. 上坊敏子1, 金井督之1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 日本臨床, 62 (増) 10: 243-247, 2004.

520150. [総説] 子宮体部の境界病変. 蔵本博行1,2, 川口美和1, 上坊敏子1, 新井 努1 (1産婦. 2医衛): 日本臨床, 62 (増) 10: 279-284, 2004.

520151. [総説] 子宮体癌のトピックス−内膜細胞診を中心に−. 上坊敏子 (産婦): 日本臨床細胞学会香川県支部会報, (17): 1-5, 2004.

520152. [講座] 後期切迫早産の診断と対策. 鴨下詠美, 天野 完 (産婦): 産婦人科の世界, 56 (7): 45〜50, 2004.

520153. [講座] 肥満妊婦の妊娠分娩時リスクは高いか? 望月純子, 天野 完 (産婦): 周産期医学, 34 (増): 317-319, 2004.

520154. [総説] 早産と細菌性膣症. 右島富士男, 安藤宏美, 池田泰裕, 金井雄二, 望月純子, 谷 昭博, 天野 完(産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌, 41 (1): 48-51, 2004.

520155. [総説] 周産期医療現場の問題点. 産科の現状と提言, 天野 完 (産婦): 周産期医学, 34: 1565-1568, 2004.

520156. [講座] 産科外来の相談ナビ 妊娠初期のプライマリ−妊娠初期の帯下, 出血, 下腹痛, 流産. 天野 完 (産婦): 周産期医学, 34: 1653-1657, 2004.

520157. [講座] 胎児 well-being の評価 4. 胎児血液ガス分析. 天野 完 (産婦): 産科と婦人科, 71: 1845-1850, 2004.

520158. [講座] 肺低形成の治療−出生前. 天野 完 (産婦): 周産期医学, 35: 263-268, 2004.

520159. [総説] 前期破水と羊水注入. 天野 完 (産婦): 周産期医学, 35: 393-396, 2004.

520160. [講座] 薬物処方の実際 無痛分娩. 天野 完 (産婦): 産科と婦人科, 72: 120-122, 2004.

520161. [講座] 産褥 高齢妊娠, 若年妊娠の分娩時リスクは何か? 池田泰裕, 天野 完 (産婦): 周産期医学, 34 (増): 311-313, 2004.

520162. [講座] 前置胎盤の帝王切開のリスクは高いか? 金井雄二, 天野 完 (産婦): 周産期医学, 34 (増): 314-316, 2004.

520163. [講座] 子宮筋腫合併妊娠の分娩管理はどうするか? 右島富士男, 天野 完 (産婦): 周産期医学, 34 (増): 320-322, 2004.

[著 書]

620092. [解説書] (分担執筆) Ladies Medicine Today 産科臨床ベストプラクティス 誰もが迷う93例の診療指針; 分娩経過の異常 62. 分娩第1期出血 63. 無痛分娩 64. 双胎分娩 65. 帝切後経膣分娩 66. 分娩時高血圧. 天野 完 (産婦), 編集 岡井 崇, 医学書院, 東京, 2004発行.

620093. [解説書] (分担執筆) 臨床婦人科産科; 硬膜外麻酔分娩を行うための設備と体制−硬膜外麻酔の管理. バランス麻酔, 静脈麻酔−. 北里大学医学部産婦人科での工夫. 天野 完 (産婦), 医学書院, 東京, 2004発行.

620094. [解説書] (分担執筆) NEWエッセンシャル 産科学・婦人科学; 産婦の診察. 天野 完 (産婦), 編集 池ノ上克, 鈴木秋悦, 高山雅臣, 豊田長康, 広井正彦, 八重樫伸生, 医歯薬出版 (株), 東京, 2004発行.

620095. [解説書] (分担執筆) 周産期救急のコツと落とし穴; 分娩時の胎児救急. 天野 完 (産婦), 編集 岡村州博, 中山書店, 東京, 2004発行.

[学会・研究会]

713111. [学会 (国際)] (一般講演) Stimulatory effect of medroxyprogesterone acetate on p21 and p27 expression in Ishikawa endometrial carcinoma cells transfected with PRB and cDNA. 川口美和1, 渡辺 純2, 上坊敏子1, Mieko Hamano, 鎌田裕子1, 今井 愛1, 蔵本博行1,3 (1産婦. 2病理. 3医衛): XV International Congress of Cytology (2004/4/13), サンチャゴ. 予稿集, p.117, 2004.

713112. [学会 (国際)] (パネル講演) Endometrial adenocarcinoma: prevention and early diagnosis−Cytological findings of early stage of endometrial adenocarcinoma. 上坊敏子 (産婦): XV International Congress of Cytology (2004/4/13), サンチャゴ. 予稿集, p.18, 2004.

713113. [学会 (国際)] (ポスター) Medroxyprogesterone acetate therapy for patients with endometrial adenocarcinoma and its effect on cytological findings. 今井 愛1, 上坊敏子1, 川口美和1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): XV International Congress of Cytology (2004/4/14), サンチャゴ. 予稿集, p.178, 2004.

713114. [学会 (国際)] (ポスター) Expression of cell cycle regulatory proteins and E-cadherin in clear cell adenocarcinoma of the endometrium. 新井 努1, 渡辺 純2, 川口美和1, 鎌田裕子1, 西村由香里1, 金井督之1, 上坊敏子1, 蔵本博行1,3 (1産婦. 2病理. 3医衛): 10th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting (2004/10/6), エジンバラ. 予稿集, p.99, 2004.

713115. [学会 (国際)] (ポスター) Cytologic scoring of endometrioid adenocarcinoma of the endometrium. 西村由香里1, 渡辺 純2, 上坊敏子1, 服部 学3, 横山 大4, 新井 努1, 川口美和1, 宮本朋幸1, 蔵本博行1,5 (1産婦. 2病理. 3医療系大学院・臨床細胞. 4病理部. 5医衛): 10th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting (2004/10/6), エジンバラ. 予稿集, p.155, 2004.

713116. [学会 (国際)] (ポスター) Increase of IUFD in pregnant mice immunized with massive cytokine producer TSST-1. 武井英理子1, 玉内秀一2, 丸山弘子3, 石川雅一1, 垣生園子4 (1産婦. 2微・寄. 3医衛・病理. 4東海大): 第9回国際生殖免疫学会 (2004/10/11-15), 神奈川.

713117. [学会 (国際)] (一般講演) Differential regulation of cord plasma concentrations of interleukin (IL)-8 and erythropoietin (EPO) in preterm deliveries complicated by preeclampsia (PE) and/or intrauterine growth restriction (IUGR). 海野信也1, K Takagi2, A Kikuchi2, S Saito3 (1産婦. 2長野県立こども病院. 3富山医科薬科大): 52th Annual Meeting of Society for Gynecologic Investigation (2005/3/25), Los Angeles.

722053. [学会 (全国)] (シンポジウム) 子宮頸部小細胞癌の細胞所見. 角田新平1, 上坊敏子1, 新井正秀1, 新井 努1, 沼尾彰子1, 渡辺 純2, 小保方亜光1, 蔵本博行1,3 (1産婦. 2病理. 3医衛): 第45回日本臨床細胞学会総会 (2004/7/9), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (補1): 134, 2004.

722054. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「助産所における安全で快適な出産環境をいかに確保するか」 助産所からの搬送例の実状と周産期予後: 天野 完 (産婦): 第45回日本母性衛生学会総会 (2004/9/17), 東京.

722055. [学会 (全国)] (シンポジウム) 子宮頸癌に対する機能温存手術の現状と展望−子宮頸部腫瘍に対する子宮温存手術の現状と展望−. 金井督之1, 上坊敏子1, 角田新平1, 新井 努1, 川口美和1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 309, 2004.

722056. [学会 (全国)] (シンポジウム) 子宮頸部早期腺がん細胞診の課題: 早期子宮頸部腺癌の診断と治療−細胞診を中心に−. 角田新平1, 金井督之1, 今井 愛1, 田村俊男1, 新井 努1, 川口美和1, 上坊敏子1, 蔵本博行1,2, 渡辺 純3 (1産婦. 2医衛. 3病理): 第43回日本臨床細胞学会秋期大会 (2004/11/13), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (補2): 372, 2004.

723524. [学会 (全国)] (一般講演) 臍帯血中有核赤血球数と胎児低酸素症との関係. 望月純子, 天野 完, 安藤宏美, 池田泰裕, 金井雄二, 右島富士男, 谷 昭博 (産婦): 第56回日本産科婦人科学会総会 (2004/4/10), 東京. 日本産科婦人科学会雑誌, 56 (2): 492, 2004.

723525. [学会 (全国)] (一般講演) Combined spinal epidural analgesiaによる分娩時麻酔の有用性. 菊地信三1, 奥富俊之2, 斎藤美知子2, 天野 完1 (1産婦. 2麻): 第24回日本臨床麻酔学会 (2004/10/14-16), 大阪.

723526. [学会 (全国)] (ポスター) 重症子宮内膜症に対するGnRHa, 嚢胞穿刺, 腹腔鏡下手術併用療法の効果. 武井英理子, 川内博人, 石川雅一, 藤田一博, 本橋恵美子 (産婦): 第56回日本産科婦人科学会総会 (2004/4/10-13), 東京.

723527. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮体部明細胞腺癌における細胞周期及び細胞接着因子の発現. 新井 努1, 渡辺 純2, 金井督之1, 今井 愛1, 川口美和1, 上坊敏子1, 蔵本博行1,3 (1産婦. 2病理. 3医衛): 第56回日本産科婦人科学会学術講演会 (2004/4/12), 東京. 予稿集, p.365, 2004.

723528. [学会 (全国)] (ポスター) マウス精巣における転写コアクチベーターの関与. 藤田一博1, 酒井康弘2, 山下修二3, 山科正平2 (1産婦. 2解剖. 3慶応大): 第56回日本産科婦人科学会総会 (2004/4/12), 東京.

723529. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮外妊娠に対する非観血的治療の成績. 川内博人, 藤田一博, 本橋恵美子, 武井英理子, 石川雅一 (産婦): 第56回日本産科婦人科学会総会 (2004/4/12), 東京.

723530. [学会 (全国)] (ポスター) 娩出時期に苦慮した汎血球減少症の1例. 沼尾彰子, 池田泰裕, 菊地信三, 右島富士男, 安藤宏美, 望月純子, 金井雄二, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第56回日本産婦人科学会 (2004/4/12), 東京. 日産婦誌, 56: 680 (S-550), 2004.

723531. [学会 (全国)] (ポスター) 染色体異常例の胎児心拍パターンと周産期予後. 今村庸子, 望月純子, 金井雄二, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第56回日本産婦人科学会 (2004/4/12), 東京. 日産婦誌, 56: 680 (S-550), 2004.

723532. [学会 (全国)] (ポスター) 一絨毛膜双胎と周産期予後. 池田泰裕, 金井雄二, 望月純子, 安藤宏美, 右島冨士男, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第56回日本産婦人科学会総会 (2004/4/12), 東京. 日産婦誌, 56: 654 (S-524), 2004.

723533. [学会 (全国)] (一般講演) 胎児麻酔下に分娩を試みた2例. 菊地信三, 金井雄二, 天野 完 (産婦): 第56回日本産婦人科学会総会 (2004/4/13), 東京. 日産婦誌, 56: 678 (5-548), 2004.

723534. [学会 (全国)] (一般講演) Combined spinal epidural analgesiaによる分娩時麻酔の有用性. 菊地信三, 望月純子, 金井雄二, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 日本臨床麻酔学会 (2004/4/13), 福岡. 日本臨床細胞学会雑誌, 23 (8): 273, 2004.

723535. [学会 (全国)] (ポスター) 内膜細胞診で異型細胞を認めた類上皮平滑筋肉腫の1例. 今村庸子1, 角田新平1, 腰塚加奈子1, 横山 大2, 渡辺 純3, 上坊敏子1, 蔵本博行1,4 (1産婦. 2病理部. 3病理. 4医衛): 第45回日本臨床細胞学会総会 (2004/7/9), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (補1): 148, 2004.

723536. [学会 (全国)] (ポスター) 外尿道口へ転移した子宮体部腺扁平上皮癌の1例. 沼尾彰子1, 新井 努1, 二井美津穂1, 今村庸子1, 上坊敏子1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 第45回日本臨床細胞学会総会 (2004/7/9), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (補1): 246, 2004.

723537. [学会 (全国)] (一般講演) ニトログリセリンを併用した硬膜外麻酔の有用性. 望月純子, 金井雄二, 池田泰裕, 右島富士男, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第40回日本周産期・新生児医学会 (2004/7/13), 東京. 日本周産期新生児学会雑誌, 40 (2): 471, 2004.

723538. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮頸部腺癌に対する縮小手術の検討. 金井督之1, 角田新平1, 新井 努1, 川口美和1, 上坊敏子1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 第36回日本婦人科腫瘍学会・学術集会 (2004/7/16), 広島. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 22 (3): 218, 2004.

723539. [学会 (全国)] (ポスター) 卵管癌の臨床所見と術前診断−卵巣癌との比較で−. 新井正秀1, 上坊敏子1, 角田新平1, 今井 愛1, 金井督之1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 第36回日本婦人科腫瘍学会・学術集会 (2004/7/16), 広島. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 22 (3): 242, 2004.

723540. [学会 (全国)] (ポスター) 卵巣癌・子宮体癌・胆嚢癌・S状結腸癌が重複した四重癌の1例. 今村庸子1, 今井 愛1, 新井 努1, 渡辺 純2, 上坊敏子1, 蔵本博行1,3 (1産婦. 2病理. 3医衛): 第36回日本婦人科腫瘍学会・学術集会 (2004/7/16), 広島. 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 22 (3): 243, 2004.

723541. [学会 (全国)] (ポスター) 大量スーパー抗原TSST-1で免疫された妊娠マウスではIUFDが亢進する. 武井英理子1, 亀谷美恵2, 玉内秀一3, 丸山弘子4, 石川雅一1, 垣生園子2 (1産婦. 2東海大. 3微・寄. 4医衛・病理): 第19回日本生殖免疫学会総会 (2004/10/11-12), 神奈川.

723542. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 外来化学療法センターの運用とリスクマネージメント. 蔵並 勝1, 仙石紀彦1, 半田喜美也1, 林 京子1, 榎本拓茂1, 渡邊昌彦1, 金井督之2, 上坊敏子2 (1外. 2産婦): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27), 京都. 日本癌治療学会雑誌, 39 (2): 333, 2004.

723543. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮頸部扁平上皮癌 Neoadjuvant ChemotherapyにおけるSIP療法の効果の検討. 角田新平1, 上坊敏子1, 金井督之1, 今井 愛1, 田村俊男1, 新井 努1, 川口美和1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27), 京都. 日本癌治療学会雑誌, 39 (2): 796, 2004.

723544. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮内膜細胞診Thin layer法による子宮内膜癌の診断と予後判定. 西村由香里1, 渡辺 純2, 服部 学3, 鎌田裕子1, 新井 努1, 川口美和1, 小保方亜光1, 宮本朋幸1, 上坊敏子1, 蔵本博行1,4 (1産婦. 2病理. 3医療系大学院・臨床細胞. 4医衛): 第43回日本臨床細胞学会秋期大会 (2004/11/13), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43(補2): 488, 2004.

723545. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮体部類内膜腺癌における初回子宮内膜細胞診結果の検討. 豊永真澄1, 横山 大2, 柿沼廣邦1, 山口優美子2, 町田大輔2, 服部 学3, 上坊敏子1, 蔵本博行1,4, 岩淵啓一5, 岡安 勲5 (1産婦. 2病理部. 3医療系大学院・臨床細胞. 4医衛. 5病理): 第43回日本臨床細胞学会秋期大会 (2004/11/13), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43(補2): 489, 2004.

723546. [学会 (全国)] (ポスター) 術前に細胞診断可能であった子宮体部漿液性腺癌の1例. 二井美津穂1, 今井 愛1, 角田新平1, 金井督之1, 田村俊男1, 新井 努1, 柿沼廣邦1, 上坊敏子1, 蔵本博行1,2 (1産婦. 2医衛): 第43回日本臨床細胞学会秋期大会 (2004/11/13), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (補2): 492, 2004.

723547. [学会 (全国)] (ポスター) 再発の診断にFNAが有用であった外陰Paget病の1例. 宮本朋幸1, 新井 努1, 二井美津穂1, 角田新平1, 豊永真澄1, 服部 学2, 渡辺 純3, 上坊敏子1, 蔵本博行1,4 (1産婦. 2医療系大学院・臨床細胞. 3病理. 4医衛): 第43回日本臨床細胞学会秋期大会 (2004/11/13), 東京. 日本臨床細胞学会雑誌, 43 (補2): 509, 2004.

731082. [研究会] (特別講演) 周産期医療システム−長野県の現状−. 海野信也 (産婦): 相模原市産婦人科医会(2004/12/6), 相模原.

731083. [学会 (地方)] (特別講演) 子宮体癌のトピックス −内膜細胞診を中心に−. 上坊敏子 (産婦): 第19回日本臨床細胞学会鳥取県支部学術集会 (2004/12/11), 米子. 予稿集, p.4, 2004.

733205. [学会 (地方)] (ポスター) 拡張型心筋症合併妊娠の一例. 沼尾彰子, 菊地信三, 池田泰裕, 天野 完 (産婦): 第107回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (2004/6/29), 東京.

733206. [学会 (地方)] (一般講演) Fetal brain deathが疑われた一例. 今村庸子, 鴨下詠美, 沼尾彰子, 菊地信三, 池田泰裕, 金井雄二, 望月純子, 天野 完 (産婦): 第368回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2004/7/3), 川崎.

733207. [学会 (地方)] (一般講演) Intrauterine fetal brain death. 鴨下詠美, 今村庸子, 沼尾彰子, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第108回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会・学術集会 (2004/10/10), 幕張. 同部会会報, 41 (3): 286, 2004.

733208. [学会 (地方)] (一般講演) Combined spinal epidural analgesiaによる分娩時麻酔. 菊地信三, 望月純子, 金井雄二, 谷 昭博, 天野 完 (産婦): 第108回日本産婦人科学会関東連合地方部会総会 (2004/10/10), 千葉. 同会誌, 41 (3): 272, 2004.

733209. [学会 (地方)] (一般講演) 創傷治癒におけるプロスタグランジンEP3受容体の役割. 鴨下詠美1, 池田泰裕1, 成宮 周2, 馬嶋正隆3 (1産婦. 2京都大. 3薬理): 第111回日本薬理学会関東部会 (2004/10/24), 茨城つくば. 日本薬理学会雑誌, 125 (1): 14, 2004.

733210. [学会 (地方)] (一般講演) ステロイドはCCAMの胎児治療に有効か? 腰塚加奈子, 今村庸子, 金井雄二, 天野 完 (産婦): 第369回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2004/10/30), 横須賀.

733211. [研究会] (一般講演) 分娩と麻酔−研究会会員施設における麻酔分娩の現状. 望月純子 (産婦): 第108回分娩と麻酔研究会 (2004/12/18), 横浜.

733212. [研究会] (一般講演) 当科における腹腔鏡下手術の合併症とその対策. 二井美津穂1, 川内博人1, 石川雅一1, 釼持 学2, 藤田一博1, 大類恵美子1 (1産婦. 2児): 四水会 (2005/3/2), 東京.

733213. [学会 (地方)] (一般講演) 頻回の膀胱−羊膜腔シャント術を行なった一例. 腰塚加奈子, 天野 完, 金井雄二, 海野信也 (産婦): 第370回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2005/3/6), 横浜.


<<整形外科学>>

[学術論文]

110150. [原著] Spontaneous differentiation of mesenchymal stem cells obtained from fetal rat circulation. 成瀬康治1,占部 憲1,向井田智之1, T Ueno, 右島富士男2, A Oikawa, Y Takagaki3, 糸満盛憲1 (1整外. 2産婦. 3神奈川歯大): Bone, 35: 850-858, 2004.

110151. [原著] Development of heating method by microwave for sterilization of bone allografts. 内山勝文1, 氏平政伸2, 馬渕清資2, 高平尚伸1, 小宮宏一郎1, 糸満盛憲1 (1整外. 2医衛): Journal of Orthopaedic Science, 10: 77-83, 2005.

110152. [原著] Angiotensin type 1a Receptor Signaling-dependent Induction of Vascular Endothelial Growth Factor in Stroma is Relevant to Tumor-associated Angiogenesis and Tumor Growth. 藤田 護1, 林 泉2, 山科正平3, A Fukamizu4, 糸満盛憲1, 馬嶋正隆2 (1整外. 2薬理. 3解剖. 4筑波大): Carcinogenesis, 26: 271-279, 2005.

110153. [原著] Tibial fractures associated with crush injuries to the soft tissues of the dorsal foot in children. 藤田 護, 横山一彦, 中村光伸, 内野正隆, 脇田隆司, 糸満盛憲 (整外): Injury, 35: 272-277, 2004.

110154. [原著] Validation of estimated muscle fiber conduction velocity with the normalized peak-averaging technique. Ken Nishihara, 二見俊郎1, Kasuho Hosoda, Toshiaki Gomi (1整外): Journal of Electromyography and Kinesiology, 15: 93-101, 2005.

120044. [原著] 弾発指罹患手における手根管部での正中神経伝導速度の検討. 小林明正, 只野 功, 中澤俊之, 井村貴之, 禹 雅誉, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 16 (2): 177-181, 2004.

120045. [原著] Gustilo VB型下腿骨開放骨折に対する治療−早期軟部組織修復の重要性について−. 内野正隆1, 横山一彦1, 中村光伸1, 糸満盛憲1, 新藤正輝2 (1整外. 2昭和大・救急): 日本職業・災害医学会会誌, 52 (2): 105-111, 2004.

120046. [原著] 大学病院における手の外科のリスクマネジメント. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 井村貴之, 脇田隆司 (整外): 日本手の外科学会雑誌, 21 (2): 7-9, 2004.

120047. [原著] 女性に発症したKienbock病の検討−臨床像と治療法を中心に−. 只野 功, 小林明正, 藤田 護, 禹 雅誉, 渡辺哲哉, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 16 (4): 554-559, 2004.

120048. [原著] 新しい表面電極筋電図処理法による等尺性随意収縮時の筋線維伝導速度の推定と検証. 西原 賢1, 二見俊郎2, 久保田章仁1 (1医衛. 2整外): 理学療法学, 19 (4): 275-279, 2004.

220036. [準原著] 骨折後の肺血栓塞栓症発症状況の現状 −2001〜02年における日本治療学会会員および所属施設を対象としたアンケート集計結果−. 高平尚伸1, 新藤正輝2, 塩田直史3, 橋本晋平4, 糸満盛憲1, 中野哲雄5, 佐藤 徹6, 阿部靖之7 (1整外. 2昭和大. 3近森病院. 4愛知医大. 5玉名中央病院. 6岡山大. 7熊本中央病院): 骨折, 26 (1): 39-43, 2004.

220037. [準原著] 小児大腿骨頸部骨折の治療成績. 小宮宏一郎, 横山一彦, 内山勝文, 山本豪明, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 骨折, 26 (2): 538-541, 2004.

220038. [準原著] 橈骨遠位端骨折に対するLocking Compression Plateの使用経験. 中村光伸1, 横山一彦1, 糸満盛憲1, 田中 正2, 加藤大介2, 澤口 毅3, 茂住宣弘3, 吉田健治4, 星子 久4, 清重佳郎5 (1整外. 2君津中央病院. 3富山市民病院. 4聖マリアンナ病院. 5山形済生病院): 骨折, 26 (2): 423-425, 2004.

220039. [準原著] リン酸カルシウム骨ペーストを充填したセメントレスステムの中期成績. 内山勝文1, 高平尚伸1, 塚本達郎1, 小宮宏一郎1, 糸満盛憲1, 関口昌和2, 黒澤一也3 (1整外. 2せきぐち整形外科. 3くろさわ病院): 第4回バイオアクティブ研究会記録集, 93-96, 2004.

220040. [準原著] 変形性股関節症に対する外反骨切り術およびChiari骨盤骨切り合併手術の成績. 内山勝文, 高平尚伸, 小宮宏一郎, 高崎純孝, 大川 孝, 糸満盛憲 (整外): Hip Joint, 30: 364-369, 2004.

220041. [準原著] 整形外科周術期のリスクマネジメント. 森口尚生1, 小林明正1, 渡辺哲哉1, 中澤俊之1, 禹 雅誉1, 只野 功1, 井村貴之1, 二見俊郎1, 河田多加2 (1整外. 2東病院医療安全管理室): 神奈川整形災害外科研究会雑誌, 17 (3): 77-80, 2004/11.

220042. [準原著] マイクロ波照射による同種骨移植骨加温処理法−殺菌効果および力学的強度の検討−. 内山勝文1, 高平尚伸1, 糸満盛憲1 , 氏平政伸2, 馬渕清資2 (1整外. 2医衛): 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 25: 43〜48, 2004.

220043. [準原著] セメントレス全人工股関節置換術の高齢者に対する短期成績−Duetto SI stemを用いて−. 福島健介, 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 宮部 基, 糸満盛憲 (整外): 日本人工関節学会雑誌, 34: 105-106, 2004.

220044. [準原著] 人工股関節置換術における小切開と従来切開での疼痛に関する血液データの比較. 高平尚伸1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 朴  晃正1, 新田浩史1, 善平哲夫1, 福島健介1, 森谷光俊1, 岩瀬 大1, 河村 直1, 占部 憲1, 糸満盛憲1, 糸満香織2 (1整外. 2麻): 日本人工関節学会雑誌, 34: 161-162, 2004.

220045. [準原著] IMCステムの短期成績−X線学的評価−. 内山勝文1, 高平尚伸1, 高崎純孝1, 山本豪明1, 福島健介1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1, 酒井利奈2, 馬渕清資3 (1整外. 2医療系大学院. 3医衛): 人工関節学会雑誌, 34: 217-218, 2004.

220046. [準原著] 肘部管症候群に対する診断法としての Elbow flexion testの試み. 只野 功, 小林明正, 森口尚生, 小沼賢治, 二見俊郎 (整外): 日本肘関節学会雑誌, 11(1): 159-160, 2004.

220047. [準原著] 下腿骨開放骨折における偽関節発生に関与する危険因子の検討. 内野正隆1, 糸満盛憲1, 横山一彦1, 菊池恭太1, 中村光伸1, 新藤正輝2 (1整外. 2昭和大・救急): 東日本整形災害外科学会学会雑誌, 16 (1): 133-136, 2004.

220048. [準原著] 肘部管症候群としてのElbow flexion test. 只野 功, 小林明正, 駒田朋秀, 禹 雅誉, 二見俊郎 (整外): 東日本整形災害外科学会雑誌, 16 (1): 42-46, 2004.

320040. [症例報告] Temporary shunt tubeを用いて良好な機能成績が得られたGustiloVC型開放性floating elbowの1例. 能美 尚, 横山一彦, 佐藤俊博, 大塚 宏, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 神奈川整形災害外科研究会雑誌, 16 (5): 157-161, 2004.

320041. [症例報告] 頸胸椎移行部の黄色靭帯骨化, 後縦靭帯骨化および椎間板ヘルニアにより脊髄症を呈した1例. 菊池恭太1, 安達 公1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 駒田朋秀1, 日野勝利, 藤田 護1, 片野素昭, 二見俊郎1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会雑誌, 16 (5): 163-167, 2004.

320042. [症例報告] 手根管症候群を伴ったMycobacterium nonchromogenicumによる中指屈筋腱滑膜炎の1例. 森口尚生, 小林明正, 只野 功, 塚本達郎, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 整形外科, 55 (6): 673-677, 2004.

320043. [症例報告] 先天性橈尺骨癒合症の内反肘に対する尺骨神経前方移動術後ガングリオンによって再発した遅発性尺骨神経麻痺の1例. 山本豪明, 小林明正, 藤田 護, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 整形外科, 55 (10): 1330-1333, 2004.

320044. [症例報告] 寛骨臼骨折に伴った致死性肺血栓塞栓症の救命し得た1例. 小沼賢治1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1, 内野正隆2, 脇田隆司2 (1整外. 2救命): 骨折, 26 (1): 54-58, 2004.

320045. [症例報告] 大腿骨転子下骨折におけるproximal femoral nailの折損の1例. 朴 晃正, 高平尚伸, 横山一彦, 内野正隆, 大川 孝, 糸満盛憲 (整外): 骨折, 26 (2): 596-598, 2004.

320046. [症例報告] 末端肥大症 (acromegaly) に併発した両側変形性股関節症の1例. 福島健介, 内山勝文, 高平尚伸, 向井田智之, 大川 孝, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 36 (1): 20-23, 2005.

320047. [症例報告] 一期的に全摘出を行った胸椎巨細胞腫の1例. 上野正喜, 安達 公, 中澤俊之, 井村貴之, 禹 雅誉, 二見俊郎 (整外): 関東整形災害外科学会雑誌, 35 (6): 389-394, 2004.

520164. [総説] 大腿骨頸部骨折−診療ガイドライン作成の現状−. 荻野 浩1, 渡部欣忍2, 中野哲雄3, 糸満盛憲4, 松下 隆2 (1鳥取大. 2帝京大. 3玉名中央病院. 4整外): 臨床整形外科, 39 (8): 1063-1067, 2004.

520165. [総説] 骨折内固定材料は抜去すべきか? 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 骨・関節・靭帯, 17 (5): 549-551, 2004.

520166. [総説] 橈骨遠位端骨折. 中村光伸, 横山一彦, 内野正隆, 鈴木 卓, 藤田 護, 糸満盛憲 (整外): 整形災害外科, 47 (11): 1299-1304, 2004.

520167. [総説] AO/ASIF Foundation (AO骨折治療研究財団). 糸満盛憲 (整外): 整形災害外科, 47 (11): 1361-1372, 2004.

520168. [総説] 上腕骨骨幹部に対するアプローチ. 大塚 宏, 横山一彦, 糸満盛憲 (整外): Monthly Book Orthopaedics, 17 (10): 55-62, 2004.

520169. [総説] 外反骨切り術とキアリー骨切り術の併用 −適応と最短10年以上の長期成績−. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 糸満盛憲 (整外): 骨・関節・靭帯, 17 (10): 1121-1126, 2004.

520170. [総説] 小切開人工股関節置換術は疼痛を抑制できたか?−人工股関節置換術における小切開と従来切開での疼痛に関する血液データの比較−. 高平尚伸, 内山勝文, 引田俊一, 高崎純孝, 朴 晃正, 善平哲夫, 福島健介, 糸満香織, 糸満盛憲 (整外): 骨・関節・靭帯, 17 (12): 1353-1357, 2004.

520171. [総説] 同種骨移植を用いた大腿骨側人工股関節再置換術. 高平尚伸1, 内山勝文1, 成瀬康治1, 高崎純孝1, 小宮宏一郎1, 糸満盛憲1, 小林 (内田) 菜央2 (1整外. 2骨バンク): 別冊整形外科, 47: 75-82, 2005.

520172. [総説] 小児大腿骨頚部骨折における骨壊死発症因子. 小宮宏一郎, 横山一彦, 内山勝文, 山本豪明, 峰原宏昌, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 臨床整形外科, 39 (12): 1513-1518, 2004.

520173. [総説] 「快適医療システムの創成」: 関節機能再建への挑戦. 糸満盛憲 (整外): 北里医学, 33 (6): 346-351, 2003.

520174. [総説] 外傷−高齢者における四肢・脊椎の骨折−. 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 薬の知識, 55 (6): 16-20, 2004.

520175. [総説] 外来処置 四肢関節脱臼に対する治療. 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 新OS NOW, 25: 71-80, 2005.

520176. [総説] アキレス腱断裂の強固な縫合と早期運動療法. 占部 憲 (整外): 日本医事新報, 4168: 105, 2004.

520177. [総説] 手根管症候群. 二見俊郎 (整外): 暮らしと健康, 2005年3月号, p.85.

[著 書]

620096. [学術書] (分担執筆) 透析フロンティア; 手根管症候群の客観的診断法, p.14-16. 二見俊郎 (整外), 監修 前田貞亮ほか, メジカルビュー社, 東京, 2004/4発行.

620097. [学術書] (分担執筆) 神中整形外科 上巻 (改訂22版); 上腕の障害・外傷, p.817-818. 二見俊郎 (整外), 編集 杉岡洋一 (九州大名誉教授), 監修 岩本幸英 (九州大), 南山堂, 東京, 2004/5発行.

620098. [学術書] (分担執筆) 神中整形外科 下巻 (改訂22版); 第5章上腕と肘, p.405-447, 二見俊郎 (整外), 編集 杉岡洋一 (九州大名誉教授), 監修 岩本幸英 (九州大), 南山堂, 東京, 2004/5発行.

620099. [学術書] (分担執筆) 神中整形外科 下巻 (改訂22版); 大腿骨骨幹部骨折 大腿部の絞扼性神経障害, p.889-906. 占部 憲 (整外), 編集 杉岡洋一 (九州大名誉教授), 監修 岩本幸英 (九州大), 南山堂, 東京, 2004/5発行.

620100. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 股関節の解剖・機能解剖, p.6-11. 糸満盛憲 (整外), 編集 糸満盛憲, メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620101. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 股関節の診断法, p.32-45. 高平尚伸 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620102. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 画像診断および補助診断, p.46〜67. 占部 憲 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620103. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; リハビリテーション, p.76〜81. 横山一彦 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620104. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 股関節の進入法, p.82〜90. 糸満盛憲 (整外), 編集 糸満盛憲, メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620105. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 股関節の骨切り術−大腿骨側の骨切り術, p.106〜115. 糸満盛憲 (整外). 編集 糸満盛憲, メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620106. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 感染性関節炎, p.200〜206. 高平尚伸 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620107. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 股関節およびその周辺の腫瘍, p.212〜219. 那須野秀二 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620108. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 股関節手術の合併症, p.226〜238. 高平尚伸 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620109. [学術書] (分担執筆) 図説股関節の臨床; 巻末資料, p.240〜249. 高平尚伸 (整外), 編集 糸満盛憲 (整外), メジカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

[学会・研究会等]

711007. [学会 (国際)] (特別講演) Metacarpal osteotomy. 二見俊郎 (整外): 5th Asian Pacific Federation of Sociality for Surgery of the Hand (2004/11/14-16), 大阪.

711008. [学会 (国際)] (特別講演) Cementless revision total hip arthroplasty on femoral side using allograft bones. 高平尚伸 (整外): Chang Gung University講演会 (2005/3/10), 台湾 (Chang Gung University)

712027. [学会 (国際)] (シンポジウム) The treatment outcome of revision total hip arthroplasty on femoral side. 高平尚伸, 内山勝文, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): APOA 2004 14th Triennial Congress (2004/9/5-10), Malaysia (Kuala Lumpur). Abstract book, p.102, 2004.

712028. [学会 (国際)] (シンポジウム) Repair of articular cartilage defect by implant of type Ucollagen sponge with and without chondrocytes. 占部 憲1, 向井田智之1, 成瀬康治1, S Gen2, 糸満盛憲1 (1整外. 2京都大): 10th APASTB International Conference (The Asia-Pacific Association of Surgical Tissue Banking)(2004/11/6-8), 香港. 抄録集, p.14, 2004.

712029. [学会 (国際)] (シンポジウム) Treatment outcome of cementless revision total hip arthroplasty on femoral side using allograft bones. 高平尚伸, 内山勝文, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 10th APASTB International Conference (The Asia-Pacific Association of Surgical Tissue Banking) (2004/11/6-8), 香港. 抄録集, p.29, 2004.

713118. [学会 (国際)] (一般講演) Spontaneous differentiation of mesenchymal stem cells obtained from fetal rat circulation. 成瀬康治1, 占部 憲1, Yuko Mikuni-Takagaki2, 向井田智之1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外. 2神奈川歯大): The 5th International Cartilage Repair Society (2004/5/26), ベルギー.

713119. [学会 (国際)] (一般講演) Three dimensional culture in the type II collagen sponge maintains chondrocyte phenotype and redifferentiates the dedifferentiated chondrocytes. 向井田智之, 占部 憲, 成瀬康治, 相川 淳, 糸満盛憲 (整外): The 5th International Cartilage Repair Society (2004/5/26), ベルギー.

713120. [学会 (国際)] (一般講演) The biologic character of fetal circulating blood derived mesenchymal stem cells. 相川 淳1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 向井田智之1, Yuko Mikuni-Takagaki2, 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外. 2神奈川歯大): The 5th International Cartilage Repair Society (2004/5/26), ベルギー.

713121. [学会 (国際)] (ポスター) The long-term results of osteotomy for advanced and terminal osteoarthritis of the hip before age 40 years. 高平尚伸, 糸満盛憲, 内山勝文, 高崎純孝 (整外): SICOT/SIROT 2004 Third Annual International Conference (2004/9/26-29), Cuba (Havana). Abstract book, p.286, 2004.

713122. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical outcome of the humeral shaft fracture treated with unreamed compression humeral rods (UCHR). 中村光伸, 糸満盛憲, 横山一彦, 福島健介 (整外): SICOT/SIROT 2004 Third Annual International Conference (2004/9/26-29), Cuba (Havana). Abstract book, p.91, 2004.

713123. [学会 (国際)] (一般講演) Angiotensin type 1a receptor signaling-dependent induction of vascular endothelial growth factor in stroma is relevant to tumor-associated angiogenesis and tumor growth. 藤田 護1, 馬嶋正隆2, A Fukamizu3, 糸満盛憲1 (1整外. 2薬理. 3筑波大): 5th combined meeting of the orthopaedic research societies of Canada, U.S.A. Japan and Europe, 2004 (2004/10/10-13), Canada (Banff). Abstract book, p.11, 2004.

713124. [学会 (国際)] (一般講演) Development of a thermal disinfection method of bone allografts using a microwave apparatus -Microbiological and biomechanical studies-. 内山勝文1, 氏平政伸2, 馬渕清資2, 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外. 2医衛): 10th APASTB International Conference (The Asia-Pacific Association of Surgical Tissue Banking) (2004/11/6-8), 香港. 抄録集, p.31, 2004.

713125. [学会 (国際)] (ポスター) Evaluation of functional outcome of the floating knee injuries using multivariate analysis. 横山一彦, 青木信一, 中村光伸, 糸満盛憲 (整外): 9th Intenatinal Society for Fracture Repair (2004/11/2-6), Bologna, Italia. J Orthop Trauma, 18 (S.): S36, 2004.

713126. [学会 (国際)] (ポスター) Functional outcome and QOL of Gustilo IIIB open tibial fractures requiring frss tissue transfers. 朴 晃正, 横山一彦, 中村光伸, 内野正隆, 糸満盛憲 (整外): 9th Intenatinal Society for Fracture Repair (2004/11/2-6), Bologna, Italia. J Orthop Trauma, 18 (S.): S35, 2004.

713127. [学会 (国際)] (ポスター) Treatment for Gustilo IIIB open tibial fractures -The significance of early soft-tissue coverage-. 内野正隆, 横山一彦, 中村光伸, 小宮宏一郎, 糸満盛憲 (整外): 9th Intenatinal Society for Fracture Repair (2004/11/2-6), Bologna, Italia. J Orthop Trauma, 18 (S.): S35, 2004.

713128. [学会 (国際)] (一般講演) Long-term results of excision of the hook in the treatment of fractures of the hook of hamates. 二見俊郎, 小林明正, 只野 功 (整外): 1st Japan-Italian Hand Conference (2004/11/14), 大阪.

713129. [学会 (国際)] (ポスター) Trigger finger following carpal tunnel release. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 森口尚生, 井村貴之 (整外): 第4回日米合同手の外科会議 (2005/3/19-22), ハワイ.

713130. [学会 (国際)] (ポスター) Treatment of distal radius fractures with minimally invasive plate osteosynthyesis. 中村光伸, 横山一彦, 内野正隆, 糸満盛憲 (整外): 第4回日米合同手の外科会議 (2005/3/19-22), ハワイ.

721011. [学会 (全国)] (特別講演) Fracture treatment in Japan. 糸満盛憲 (整外): 8th AO Principles Course -Principles of Fracture Management- (2004/8/19-21), 富山.

722057. [学会 (全国)] (シンポジウム) 創外固定後髄内釘によって治療されたGustilo VB型脛骨開放骨折における治療経験: 早期皮弁と同時に行われたearly nailingの4例について. 上野正喜1, 横山一彦1, 中村光伸1, 内野正隆1, 鈴木 卓2, 大塚 宏1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第30回日本骨折治療学会 (2004/7/2-3), 東京. 抄録集, p.73, 2004.

722058. [学会 (全国)] (シンポジウム) Gustilo VB型脛骨開放骨折に対する即時髄内釘群と創外固定後髄内釘群の比較. 朴 晃正1, 横山一彦1, 中村光伸1, 鈴木 卓2, 大塚 宏1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第30回日本骨折治療学会 (2004/7/2-3), 東京. 抄録集, p.76, 2004.

722059. [学会 (全国)] (シンポジウム) 脛骨骨幹部開放骨折の遷延癒合, 偽関節に対する超音波治療の経験. 新田浩史, 横山一彦, 中村光伸, 内野正隆, 糸満盛憲 (整外): 第30回日本骨折治療学会 (2004/7/2-3), 東京. 抄録集, p.82, 2004.

722060. [学会 (全国)] (シンポジウム) Hannover Fracture scale '98は感染発症の指標となるのか? : 脛骨開放骨折における検討. 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 大塚 宏1, 鈴木 卓2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第30回日本骨折治療学会 (2004/7/2-3), 東京. 抄録集, p.91, 2004.

722061. [学会 (全国)] (シンポジウム) 多発外傷に伴う floating knee損傷の機能成績について. 福島健介1, 横山一彦1, 内野正隆1, 青木信一1, 中村光伸1, 鈴木 卓2, 相馬一亥2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第30回日本骨折治療学会 (2004/7/2-3), 東京. 抄録集, p.156, 2004.

722062. [学会 (全国)] (シンポジウム) 低出力超音波パルスの骨折治癒過程に及ぼす作用メカニズム. 成瀬康治1, 高垣裕子2, 占部 憲1, 糸満盛憲2 (1整外. 2神奈川歯大): 第19回日本整形外科学会基礎学術集会 (2004/10/21-22), 品川. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (8): 768, 2004.

722063. [学会 (全国)] (シンポジウム) 前, 初期股関節症に対するChiari骨盤骨切り術の長期成績. 内山勝文1, 高平尚伸1, 山本豪明1, 鈴木 卓2, 朴 晃正1, 善平哲夫1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第31回日本股関節学会 (2004/10/15-16), 長崎. 抄録集, p.97, 2004.

722064. [学会 (全国)] (シンポジウム) バイオトライボロジからみた人工膝関節のキネマティクス. 馬渕清資1, 酒井利奈1, 糸満盛憲2 (1医衛. 2整外): 第31回日本臨床バイオメカニクス学会 (2004/11/12-13), 福岡. 抄録集, p.63, 2004.

722065. [学会 (全国)] (シンポジウム) 人工膝関節全置換術におけるposterior offsetと膝屈曲可動域の検討. 藤田 護, 占部 憲, 相川 淳, 糸満盛憲 (整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.175, 2005.

722066. [学会 (全国)] (シンポジウム) 小切開THAの従来切開THAとの臨床成績の比較と手術操作時の工夫. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 朴 晃正, 善平哲夫, 糸満香織, 福島健介, 山本豪明, 糸満盛憲 (整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.193, 2005.

722067. [学会 (全国)] (シンポジウム) 大腿骨外反骨切り術後の人工股関節全置換術時の工夫と問題点. 内山勝文1, 高平尚伸1, 鈴木 卓2, 朴 晃正1, 山本豪明1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.352, 2005.

722068. [学会 (全国)] (シンポジウム) 胎児血由来未分化間葉系細胞の骨軟骨再生への応用. 占部 憲1, 成瀬康治1, 右島冨士男2, 向井田智之1, 相川 淳1, 片野素昭1, 綱川慎一郎1, 糸満盛憲1 (1整外. 2産婦): 第30回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 (2004/7/2-3), 東京. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌, 24 (1): 80, 2004.

723548. [学会 (全国)] (ワークショップ) 関節液性状の凍結保存前後での比較. 小林明正1, 只野 功1, 二見俊郎1, 前田和章2, 三好照三2 (1整外. 2電気化学工業): 第48回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2004/4/15-17), 岡山. 抄録集, p.228, 2004.

723549. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 大学病院における手の外科のリスクマネージメント. 小林明正, 二見俊郎, 只野 功, 井村貴之, 藤田 護 (整外): 第47回日本手の外科学会学術集会 (2004/4/22-23), 大阪. 日本手の外科学会雑誌抄録集, 21 (1): 114, 2004.

723550. [学会 (全国)] (ポスター) 有鉤骨基部骨折に対する鉤摘出術の有用性の検討. 只野 功, 小林明正, 井村貴之, 藤田 護, 二見俊郎 (整外): 第47回日本手の外科学会学術集会 (2004/4/22-23), 大阪. 日本手の外科学会雑誌抄録集, 21 (1): 196, 2004.

723551. [学会 (全国)] (ポスター) 大腿骨側人工股関節再置換術の成績. 高平尚伸, 内山勝文, 小宮宏一郎, 高崎純孝, 朴 晃正, 新田浩史, 糸満盛憲 (整外): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (3S.): 169, 2004.

723552. [学会 (全国)] (一般講演) 創外固定後二期的髄内釘横止め法にて治療された脛骨開放骨折における深部感染に影響する諸因子の検討. 横山一彦1, 中村光伸1, 内野正隆1, 大塚 宏1, 鈴木 卓2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (3S.): 215, 2004.

723553. [学会 (全国)] (ポスター) FraserU型floating Knee骨折の治療経験. 青木信一, 横山一彦, 塚本達郎, 糸満盛憲 (整外): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (4S.): 431, 2004.

723554. [学会 (全国)] (ポスター) 即時髄内釘横止め法にて治療された大腿骨開放骨折における深部感染に影響する諸因子の検討: 多変量解析を用いて. 大塚 宏1, 横山一彦1, 中村光伸1, 内野正隆1, 鈴木 卓2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (4S.) : 480, 2004.

723555. [学会 (全国)] (ポスター) Gustilo VB型下腿骨開放骨折の治療−早期軟部組織修復の重要性について. 内野正隆1, 横山一彦1, 中村光伸1, 鈴木 卓2, 新藤正輝3, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命. 3昭和大・救急): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (4S.): 481, 2004.

723556. [学会 (全国)] (ポスター) 遊離複合組織移植を要したGustilo VB型脛骨開放骨折のQOLについて: Short-Form 36を用いて. 朴 晃正1, 横山一彦1, 中村光伸1, 内野正隆1, 大塚 宏1, 鈴木 卓2, 高崎純孝1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (4S.): 481, 2004.

723557. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における小児 Gustilo III型脛骨開放骨折の治療成績. 藤田 護, 横山一彦, 内野正隆, 塚本達郎, 糸満盛憲 (整外): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (4S.): 482, 2004.

723558. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 大腿骨頚部骨折診療ガイドライン. 萩野 浩1, 渡部欣忍2, 中野哲夫3, 糸満盛憲4, 松下 隆5 (1鳥取大. 2松下記念病院. 3玉名中央病院. 4整外. 5帝京大): 第77回日本整形外科学会学術総会 (2004/5/20-23), 神戸. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (4S.): 292, 2004.

723559. [学会 (全国)] (一般講演) テニスと視覚. 村松秀樹1, 別府諸兄1, 助川卓行1, 及能茂道1, 高平尚伸2, 塚本達郎2 (1日本テニス協会医事委員会. 2整外): 第30回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 (2004/7/2-3), 東京. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌, 24 (1): 40, 2004.

723560. [学会 (全国)] (一般講演) 歩行の制限はエストロゲン欠乏ラットに対する骨代謝・形態に影響を及ぼす. 宮川和晃1, 伊藤由美1, 関谷秀樹1, 成瀬康治2, 高垣裕子1 (1神奈川歯大. 2整外): 第22回日本骨代謝学会 (2004/7/6), 大阪.

723561. [学会 (全国)] (一般講演) アンギオテンシンII AT1a受容体遮断による腫瘍血管新生および腫瘍増殖の抑制. 藤田 護1, 林 泉2, 深水昭吉3, 糸満盛憲1, 馬嶋正隆2 (1整外. 2薬理. 3筑波大): 第25回日本炎症・再生医学会 (2004/7/13), 東京. 炎症・再生, 24: 435, 2004.

723562. [学会 (全国)] (一般講演) 同種骨bankingの問題点 (骨バンク運営費用および細菌, ウィルス検査の結果について). 内山勝文, 小宮宏一郎, 引田俊一, 成瀬康治, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第3回日本組織移植学会 (2004/8/28), 横浜. 抄録集, p.36, 2004.

723563. [学会 (全国)] (一般講演) 胎児血移植による骨髄再構築の検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 向井田智之1, 糸満盛憲1, 右島富士男2 (1整外. 2産婦): 第3回日本組織移植学会 (2004/8/28), 横浜. 抄録集, p.47, 2004.

723564. [学会 (全国)] (一般講演) 人工膝関節大腿骨コンポーネントのステム位置と大腿骨軸との比較−関節リウマチ患者における検討−. 上野正喜, 占部 憲, 峰原宏昌, 藤田 護, 相川 淳, 糸満盛憲 (整外): 第32回日本リウマチ・関節外科学会 (2004/10/1-2), 奈良. 日本リウマチ・関節外科学会雑誌, 23 (抄録号): 106, 2004.

723565. [学会 (全国)] (一般講演) 整形外科術後縫合創に対する薄型ハイドロコロイドドレッシング材の使用効果. 窪田広恵1, 金田幸淑1, 大塚京子1, 吉田恭子1, 高平尚伸2, 内山勝文2, 高崎純孝2, 朴 晃正2, 糸満盛憲2 (1看護部. 2整外): 第31回日本股関節学会 (2004/10/15-16), 長崎. 抄録集, p.287, 2004.

723566. [学会 (全国)] (一般講演) アンジオテンシンUAT1a受容体抑制による腫瘍増殖および腫瘍血管新生の抑制. 藤田 護1, 馬嶋正隆2, 糸満盛憲1 (1整外. 2薬理): 第19回日本整形外科学会基礎学術集会 (2004/10/21-22), 品川. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (8): 805, 2004.

723567. [学会 (全国)] (一般講演) 放射線滅菌時限分解の吸収性ポリ-乳酸-ハイドロキシアパタイトのin vivoの評価. 大川 孝1, 中村光伸1, 糸満盛憲1, 金 奉哲2, 玄 丞烋2, 堤 定美2 (1整外. 2京都大再生医科学研究所): 第19回日本整形外科学会基礎学術集会 (2004/10/21-22), 品川. 日本整形外科学会雑誌抄録号, 78 (8): 1032, 2004.

723568. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節各種ステムにおける圧力分布測定と理論解析. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 馬渕清資1, 糸満盛憲2 (1医衛. 2整外): 第31回日本臨床バイオメカニクス学会 (2004/11/12-13), 福岡. 抄録集, p.88, 2004.

723569. [学会 (全国)] (一般講演) 低出力超音波パルスによる骨形成作用メカニズムの解明. 成瀬康治1, 占部 憲1, 相川 淳1, 糸満盛憲1, 高垣裕子2 (1整外. 2神奈川歯大): 第31回日本臨床バイオメカニクス学会 (2004/11/12-13), 福岡. 抄録集, p.112, 2004.

723570. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節各種ステムにおける制動能の比較. 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 酒井利奈1, 馬渕清資1 (1医衛. 2整外): 第31回日本臨床バイオメカニクス学会 (2004/11/12-13), 福岡. 抄録集, p.87, 2004.

723571. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者に対する人工骨頭置換術および全人工股関節置換術の治療成績. 朴 晃正, 高平尚伸, 内山勝文, 善平哲夫, 糸満盛憲 (整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.208, 2005.

723572. [学会 (全国)] (ポスター) 人工膝関節全置換術後の理学療法−見かけ上の脚長差を生じた症例に対する当院の取り組み−. 見井田和正1, 遠藤真一1, 小池朋孝1, 辺土名 隆1, 渡辺裕之2, 横山一彦3, 相川 淳3, 藤田 護3, 占部 憲3, 糸満盛憲3 (1リハビリ部. 2医衛. 3整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.260, 2005.

723573. [学会 (全国)] (ポスター) 当科におけるDuetto SI stemを用いたセメントレス全人工股関節置換術の短期成績−75歳以上と60歳以下の比較−. 福島健介, 高平尚伸, 内山勝文, 朴 晃正, 河村 直, 糸満盛憲 (整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.282, 2005.

723574. [学会 (全国)] (ポスター) 人工骨頭置換術および全人工股関節置換術後に生じたステム周囲の大腿骨骨折の治療. 新田浩史, 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 福島健介, 糸満盛憲, 二見俊郎 (整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.305, 2005.

723575. [学会 (全国)] (ポスター) 全人工股関節置換術後の下肢筋力と脚長差が歩行時体幹動揺に与える影響. 渡辺裕之1, 見井田和正2, 辺土名 隆2, 横山一彦3, 高平尚伸3, 内山勝文3, 占部 憲3, 糸満盛憲3 (1医衛. 2リハビリ部. 3整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.331, 2005.

723576. [学会 (全国)] (一般講演) 特徴的な外形を持つ各種ステムの固着力の比較. 酒井利奈1, 糸満盛憲2, 金井伸枝1, 馬渕清資1 (1医衛. 2整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.380, 2005.

723577. [学会 (全国)] (ポスター) 新しい抗菌キャリアとしてのヒアルロン酸製剤の有用性. 松野博明1, 大西 太1, 遊道和雄2, 後藤 眞1, 河崎賢三1, 北見圭司3, 宮部 基3, 鈴木 俊3, 大川 孝3, 狩野庄吾1 (1横浜総合病院. 2聖マリアンナ病院. 3整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.246, 2005.

723578. [学会 (全国)] (ポスター) 人工膝関節全置換術後の肺塞栓診断における動脈血ガス分析の有用性. 渡辺哲哉, 禹 雅誉, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第35回日本人工関節学会 (2005/2/3-4), 沖縄. 抄録集, p.259, 2005.

723579. [学会 (全国)] (一般講演) PDGF-bb, BMP-2, FGF-2のcommitted, uncommitted mesenchymal stem cellに対する細胞遊走作用. 内田健太郎1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 鳥越裕子1, 氏平政伸1, 馬渕清資1, 糸満盛憲2 (1医衛. 2整外): 第4回日本再生医療学会 (2005/3/1), 大阪.

723580. [学会 (全国)] (一般講演) 低出力超音波パルスが内軟骨性骨化に及ぼす影響についての検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 高垣裕子2, 相川 淳1, 宮部 基1, 糸満盛憲1 (1整外. 2神奈川歯大): 第18回日本軟骨代謝学会 (2005/3/18), 大阪.

731084. [研究会] (特別講演) 髄内釘骨接合術とPitfall. 糸満盛憲 (整外): 第73回東京医科歯科大学整形外科集談会 (2004/6/27), 東京.

731085. [研修会] (特別講演) 人工股関節再置換術における同種骨の利用. 糸満盛憲 (整外): 第19回中国・四国地区整形外科教育研修会 (2004/7/25), 岡山.

731086. [研究会] (特別講演) 日本人の骨形態を考慮した人工膝関節置換術. 占部 憲 (整外): 第26回バイオトライボロジ研究会(2004/8/7), 静岡.

731087. [研修会] (特別講演) 髄内釘骨接合術−最近の話題と問題点−. 糸満盛憲 (整外): 熊本県臨床整形外科医会教育研修講演会 (2004/9/25), 熊本.

731088. [研究会] (特別講演) 肘外傷治療の最近の知見. 二見俊郎 (整外): 第4回茨城県骨関節フォーラム (2004/10/29), つくば市.

732037. [研究会] (ディベート形式の討論) 人工関節置換術に伴う骨欠損の治療. 高平尚伸 (整外): 第2回神奈川骨再建・再生フォーラム (2004/9/3), 横浜.

732038. [学会 (地方)] (シンポジウム) 当院における下肢手術の周術期のリスクマネージメント. 禹 雅誉, 二見俊郎, 小林明正, 渡辺哲哉, 只野 功, 森口尚生 (整外): 第53回東日本整形災害外科学会(2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 440, 2004.

732039. [学会 (地方)] (シンポジウム) 整形外科病棟における薬剤管理指導業務の現状−入院時患者持参薬に関するリスクマネジメント−. 斉藤由美子1, 横井信子1, 平山武司1, 黒山政一1, 小林明正2, 二見俊郎2 (1薬剤部. 2整外): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 488, 2004.

732040. [研究会] (シンポジウム) 上腕骨外上顆炎の予後. 二見俊郎 (整外): 第17回日本肘関節外科研究会 (2005/2/12), 東京. 日本肘関節研究会雑誌 (学術集会号), 12 (1): S31, 2005.

732041. [研究会] (シンポジウム) 肘内側側副靭帯の機能解剖. 小林明正1, 二見俊郎1, 青木晴彦2, 只野 功1 (1整外. 2青木整形外科): 第17回日本肘関節外科研究会 (2005/2/12), 東京. 日本肘関節研究会雑誌 (学術集会号), 12 (1): S2, 2005.

732042. [研究会] (シンポジウム) 健常肘および肘部管症候群におけるElbow flexion test. 只野 功1, 小林明正1, 二見俊郎1, 駒田朋秀2 (1整外. 2小林病院): 第17回日本肘関節外科研究会 (2005/2/12), 東京. 日本肘関節研究会雑誌 (学術集会号), 12 (1): S19, 2005.

733214. [研究会] (一般講演) 当院における周術期のリスクマネジメント. 森口尚生, 小林明正, 渡辺哲哉, 中澤俊之, 只野 功, 禹 雅誉, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 第121回神奈川整形災害外科研究会 (2004/6/5), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌抄録集, 17 (1): 7, 2004.

733215. [研究会] (一般演講) Bipolar型人工骨頭置換術後に脱転をきたした2例. 山本豪明, 内山勝文, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 第121回神奈川整形災害外科研究会 (2004/6/5), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌抄録集, 17 (1): 12, 2004.

733216. [研究会] (一般講演) 滑膜性骨軟骨腫症. 斉藤勝義, 内山勝文, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第23回北・相整形外科医会症例検討会 (2004/6/10), 相模原.

733217. [研究会] (一般講演) 骨代謝マーカーによる骨粗鬆症治療の評価. 渡辺哲哉, 小林明正, 禹 雅誉, 上野正喜, 二見俊郎 (整外): 第1回SAGAMI OSTEOPOROSIS 研究会 (2004/6/24), 町田市.

733218. [研究会] (一般講演) 遊離皮弁を要した重度足部外傷の1例. 河村 直1, 横山一彦1, 中村光伸1, 内野正隆1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1, 島倉康人2 (1整外. 2形成): 関東整形災害外科学会月例会 第624回整形外科集談会東京地方会 (2004/6/26), 東京.

733219. [研究会] (一般講演) 従来切開THAと小切開THAにおける臨床成績の比較. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 引田俊一, 糸満盛憲 (整外): 第12回Hip Forum 2004 (2004/7/31), 函館. 抄録集, p.5, 2004.

733220. [研究会] (一般講演) 大腿骨外反骨切り術後の人工股関節全置換術の工夫. 内山勝文, 高平尚伸, 高崎純孝, 朴 晃正, 山本豪明, 引田俊一, 糸満盛憲 (整外): 第12回Hip Forum 2004 (2004/7/31), 函館. 抄録集, p.16, 2004.

733221. [研究会] (一般講演) 治療に難渋している寛骨臼骨折後のMRSA感染性偽関節. 糸満盛憲, 内山勝文, 高平尚伸, 高崎純孝, 朴 晃正, 山本豪明, 糸満香織 (整外): 第12回Hip Forum 2004 (2004/7/31), 函館. 抄録集, p.20, 2004.

733222. [研究会] (一般講演) ABSライナーの脱転を来たしたTHAの1例. 引田俊一, 高平尚伸, 内山勝文, 朴 晃正, 善平哲夫, 福島健介, 糸満盛憲 (整外): 第12回Hip Forum 2004 (2004/7/31), 函館. 抄録集, p.24, 2004.

733223. [研究会] (一般講演) 多数回の手術が必要であった高位亜脱臼性股関節症の1例. 山本豪明, 朴 晃正, 内山勝文, 高平尚伸, 糸満盛憲 (整外): 第12回Hip Forum 2004 (2004/7/31), 函館. 抄録集, p.23, 2004.

733224. [学会 (地方)] (一般講演) Engelmann病の1例. 藤田 護, 占部 憲, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第625回整形外科集談会東京地方会 (2004/9/11), 東京.

733225. [研究会] (一般講演) 胎児血移植による骨髄再構築の検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 向井田智之1, 右島冨士男2, 糸満盛憲1 (1整外. 2産婦): 第23回日本運動器移植・再生医学研究会 (2004/9/18), 岡山. 抄録集, p.19, 2004.

733226. [研究会] (一般講演) 同種骨bankingの問題点−骨バンク運営費用および細菌, ウィルス検査の結果について−. 内山勝文1, 小宮宏一郎1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 高平尚伸1, 引田俊一1, 糸満盛憲1, 小林菜央2 (1整外. 2骨バンク): 第23回日本運動器移植・再生医学研究会(2004/9/18), 岡山. 抄録集, p.24, 2004.

733227. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) Gustilo V型下腿骨関節部開放骨折の治療方針. 内野正隆1, 小宮宏一郎1, 横山一彦1, 中村光伸1, 新藤正輝2, 糸満盛憲1 (1整外. 2昭和大): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 358, 2004.

733228. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 下腿開放骨折の治療変遷と最新の治療. 新藤正輝1, 田中啓司1, 初見俊明1, 保坂善昭1, 糸満盛憲2 (1昭和大. 2整外): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 361, 2004.

733229. [学会 (地方)] (パネルディスカッション) 50歳以下の進行期から末期変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術とキアリー骨盤骨切り術併用手術の長期成績. 高平尚伸, 内山勝文, 高崎純孝, 朴 晃正, 善平哲夫, 糸満盛憲 (整外): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 465, 2004.

733230. [学会 (地方)] (一般講演) 皮弁再建を要した重度足部外傷の検討; 切断適応とQOLの評価について. 河村 直1, 横山一彦1, 青木信一1, 朴 晃正1, 島倉康人2, 糸満盛憲1 (1整外. 2形成): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 371, 2004.

733231. [学会 (地方)] (一般講演) 肩石灰沈着性腱炎に対するシメチジン内服治療の有用性. 森口尚生, 小林明正, 只野 功, 小沼賢治, 山本豪明, 二見俊郎 (整外): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 377, 2004.

733232. [学会 (地方)] (一般講演) 全人工膝関節置換術術後のリハビリテーションが術後の炎症および機能に与える影響についての検討. 善平哲夫, 占部 憲, 相川 淳, 藤田 護, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 393, 2004.

733233. [学会 (地方)] (一般講演) 手の高圧注入損傷の3例. 菊池恭太, 只野 功, 小林明正, 禹 雅誉, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24-25), 山形. 東日本整形災害外科学会雑誌プログラム号, 16 (3): 398, 2004.

733234. [研究会] (一般講演) 肘部管症候群術後にCRPS様症状が顕著化した1例. 二見俊郎 (整外): 第2回神経因性疼痛研究会 (2004/9/24), 埼玉.

733235. [研究会] (一般講演) 特発性大腿骨頭壊死症に転子間回転骨切り術を施行した1例. 高平尚伸, 内山勝文, 善平哲夫, 山本豪明, 糸満盛憲 (整外): 第2回股Osteotomyを語る会 (2004/10/16), 長崎.

733236. [研究会] (一般講演) 腕橈関節内への輪状靭帯の部分陥入によりテニス肘症状を呈した1例. 岩瀬 大, 小林明正, 只野 功, 森口尚生, 菊池恭太, 二見俊郎 (整外): 第10回神奈川手・肘の外科研究会 (2004/10/23), 横浜.

733237. [研究会] (一般講演) リン酸カルシウム骨ペーストを充填した人工関節置換術のセメントレスの成績. 中村光伸, 内山勝文, 塚本達郎, 高平尚伸, 関口昌和, 糸満盛憲 (整外): 第5回バイオアクティブペースト研究会 (2004/10/30), 大阪.

733238. [研究会] (一般講演) 鎖骨遠位端切除術を施行した, 両側有痛性変形性肩鎖関節症の1例. 小沼賢治, 小林明正, 只野 功, 中澤俊之, 井村貴之, 二見俊郎 (整外): 第122回神奈川整形災害外科研究会 (2004/11/6), 横浜. 抄録集, p.30, 2004.

733239. [研究会] (一般講演) 変形性膝関節症に対する人工関節置換術早期のSF-36によるQOL評価. 相川 淳, 占部 憲, 藤田 護, 宮部 基, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第626回整形外科集談会東京地方会 (2004/11/27), 東京.

733240. [研究会] (一般講演) 最近経験した膝骨軟骨腫症2例の治療経験. 禹 雅誉, 渡辺哲哉, 小沼賢治, 森口尚生, 小林明正, 二見俊郎 (整外): 第31回関東膝を語る会 (2004/11/27), 東京.

733241. [研究会] (一般講演) LCP (Locking compression plate) による鎖骨骨折の治療経験. 糸満香織, 中村光伸, 横山一彦, 内野正隆, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第627回整形外科集談会東京地方会 (2004/12/18), 東京.

733242. [研究会] (一般講演) 低出力超音波パルスが内軟骨性骨化に及ぼす影響の検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 相川 淳1, 宮部 基1, 糸満盛憲1, 高垣裕子2 (1整外. 2神奈川歯大): 第8回超音波骨折治療研究会 (2005/1/22), 大阪. 抄録集, p.16, 2005.

733243. [研究会] (一般講演) 特発性膝骨壊死に対し低出力超音波パルスを用いた3例の検討. 上野正喜, 占部 憲, 成瀬康治, 宮部 基, 相川 淳, 藤田 護, 糸満盛憲 (整外): 第8回超音波骨折治療研究会 (2005/1/22), 大阪. 抄録集, p.32, 2005.

733244. [研究会] (一般講演) 高週齢ラット大腿骨閉鎖性骨折モデルを用いた低出力超音波パルスの骨折治癒促進効果の検討−低出力超音波パルスが内軟骨性骨化に及ぼす影響についての検討−. 三好大吾1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 内田健太郎1, 馬渕清資1, 糸満盛憲2 (1医衛. 2整外): 第8回日本超音波骨折治療研究会 (2005/1/22), 大阪. 抄録集, p.32, 2005.

733245. [研究会] (一般講演) 関節リウマチに対する Sauve-Kapandji法およびDarrach 法に対する尺骨断端のX線学的変化の検討. 藤田 護, 小林明正, 只野 功, 二見俊郎 (整外): 第19回東日本手の外科研究会 (2005/2/11), 東京. 抄録集, p.54, 2005.

733246. [研究会] (一般講演) テニス肘症状を呈した輪状靭帯が関節内へ部分陥入した1例. 岩瀬 大, 只野 功, 小林明正, 森口尚生, 菊池恭太, 二見俊郎 (整外): 第19回東日本手の外科研究会 (2005/2/11), 東京. 抄録集, p.116, 2005.

733247. [研究会] (一般講演) 股関節に発症した滑膜性骨軟骨腫症の1例. 斉藤勝義, 高平尚伸, 内山勝文, 峰原宏昌, 朴 晃正, 上野正喜, 山本豪明, 糸満盛憲 (整外): 関東整形災害外科学会月例会 第628回整形外科集談会東京地方会 (2005/2/26), 東京.

733248. [研究会] (一般講演) 人工膝関節全置換術時の膝蓋下脂肪体部分切除が膝蓋腱の長さに与える影響の検討. 善平哲夫, 占部 憲, 相川 淳, 藤田 護, 糸満盛憲 (整外): 第123回神奈川整形災害外科研究会 (2005/3/12), 横浜. 神奈川整形災害外科学会雑誌, 17 (4): 125, 2005.

733249. [学会 (地方)] (一般講演) 当科におけるDuetto SIステムを用いたセメントレス全人工股関節置換術の中期成績. 福島健介, 高平尚伸, 内山勝文, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 第45回関東整形災害外科学会 (2005/3/26), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌, 36 (臨増): 54, 2005.

733250. [学会 (地方)] (一般講演) 人工膝関節全置換術時の膝蓋下脂肪体切除が膝蓋腱の長さに与える影響の検討. 善平哲夫, 占部 憲, 藤田 護, 相川 淳, 朴 晃正, 糸満盛憲 (整外): 第45回関東整形災害外科学会 (2005/3/26), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌, 36 (臨増): 61, 2005.

733251. [学会 (地方)] (一般講演) 当院の人工股関節置換術周術期における深部静脈血栓症に対するMR Venographyの使用経験. 山本豪明1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 朴 晃正1, 河村 直1, 糸満盛憲1, ウッドハムス玲子2, 秦 博文3 (1整外. 2放. 3放射線部): 第45回関東整形災害外科学会 (2005/3/26), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌, 36(臨増): 85, 2005.

733252. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における脊椎手術の術中・術後合併症. 井村貴之, 中澤俊之, 新田浩史, 小林明正, 渡辺哲哉, 禹 雅誉, 只野 功, 安達 公, 二見俊郎 (整外): 第45回関東整形災害外科学会 (2005/3/26), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌, 36 (臨増): 120, 2005.


<<形成外科学>>

[学術論文]

120049. [原著] 人工口蓋床と術後構音. 鈴木恵子1, 山山竒安晴2, 瀬山竒晃一郎2, 内沼栄樹2 (1医衛. 2形外): 形成外科, 48 (3): 247-254, 2005.

120050. [原著] 農作業災害予防研究. 佐々木眞爾1, 臼田 誠1, 広澤三和子1, 夏川周介1, 大谷津恭之2, 堀 明洋3, 武山直治3, 石突正文4 (1日本農村医学研究所. 2形外. 3久美愛病院. 4土浦協同病院): 日本農村医学会雑誌, 53 (5): 796-804, 2005.

120051. [原著] 褥瘡治療評価のための新F (深井) スケール導入後1年間の統計学的検討. 深井孝郎 (形外): 埼玉県医学会雑誌, 39 (5): 585-590, 2005.

120052. [原著] 新F (深井) スケール−ベッドサイドにおける迅速な褥瘡治療評価. 深井孝郎, 武田 啓 (形外): 日本褥瘡学会誌, 7 (1): 99-106, 2005.

120053. [原著] 顔面しわ取りに対する最新美容医療. 宇津木龍一, 佐藤英明 (形外): 日本美容外科学会報, 26 (4): 11-21, 2004.

120054. [原著] 当院におけるskin dockの治療体系について. 林 圭子1, 宮田エリー1, 上原 清1, 古山登隆1, 佐藤英明2 (1自由が丘クリニック. 2形外): Skin Surgery, 13 (2): 18-22, 2004.

210023. [準原著] Subcutaneous emphysema of the hand caused by hydrogen peroxide. 根本 充1, 中野香代子1, 馬場香子1, 柏木慎也1, 内沼栄樹1, 相馬一亥2 (1形外. 2救命): Proceedings of the 5th congress of the asian pacific federation of societies for surgery of the hand, p.111-115, Monduzzi Editore, Bologna, Italy, 2004.

220049. [準原著] 口腔外科および形成外科的立場からみた顎矯正手術. 山山竒安晴 (形外): 第8回顎顔面手術手技研究会, 8: 26-32, 2004.

320048. [症例報告] 先天性外鼻孔腫瘤の3例. 増田竜児, 瀬山竒晃一郎, 石黒匡史, 内沼栄樹 (形外): 日本形成外科学会会誌, 24 (5): 305-311, 2004.

320049. [症例報告] 再発,転移をきたした鼻翼部 Basosquamous Cell Carcinomaの1例. 増田竜児1, 石黒匡史1, 徳田真紀子, 内沼栄樹1 (1形外): 日本形成外科学会会誌, 24 (11): 706-712, 2004.

320050. [症例報告] 上顎前歯部歯槽骨切りにオトガイ形成術を併用して治療を行った骨格性上顎前突の1例. 笠井久美子1, 府川俊彦1, 山山竒安晴2 (1ふかわ矯正歯科. 2形外): 東京矯正歯科学会雑誌, 14 (1): 36-44, 2004.

320051. [症例報告] 肺癌を合併した小腸原発Ki-1リンパ腫の切除例. 秋本峰克1, 福島忠男2, 茂垣雅俊2, 長堀 薫2, 細井英雄2, 大河内 稔2 (1形外. 2横須賀共済病院): 日本臨床外科学会雑誌, 65 (10): 2687-2691, 2004.

320052. [症例報告] ヘルニア臍絞扼症の1例. 工藤俊哉, 柴田裕達, 毛利麻里, 内沼栄樹 (形外): 日本職業・災害医学会誌, 52 (6): 375-377, 2004.

320053. [症例報告] 重症熱傷に併発した急性肺障害に対する好中球エラスターゼ阻害薬の使用経験および投与時期に関する考察. 柴田知義1, 大谷津恭之1, 中村 健1, 有馬裕子1, 岡田邦彦2 (1形外. 2JA長野厚生連佐久総合病院): Progress in Medicine, 24: 2929-2932, 2004.

320054. [症例報告] 逆行性橈側前腕皮弁により再建した右手背部軟部組織欠損の1例. 根本 充1, 新沢博子2, 南條昭雄1, 内沼栄樹1 (1形外. 2相模原協同病院): 日本形成外科学会会誌, 24 (4): 243-246, 2004.

520178. [総説] 日常診療に役立つ形成外科基本手技のコツ. 酒井直彦, 内沼栄樹 (形外): 形成外科, 47 (増): 330-333, 2004.

520179. [総説] シミはどこまできれいにできるか?−青色母斑−. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形成): Visual Dermatology, 3 (10): 1052-1053, 2004.

520180. [総説] 陥入爪手術 (複雑なもの). 一氏俊世 (形外): Visual Dermatology, 3 (10): 1264-1267, 2004.

520181. [総説] エステティックサービスにおける危害の現状と安全対策確保. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形成): 国民生活, 10: 10-13, 2004.

520182. [総説] 光老化に対するレーザー・光治療: シミ・しわの治療 (スポーツ現場での予防も含めて, 光老化の問題提訴). 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形成): 臨床スポーツ医学, 22 (1): 47-52, 2005.

520183. [総説] 特集/顔面の若返り治療, 非手術的治療−Laser rejuvenationの現況−. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形成): 形成外科, 47 (12): 1311-1318, 2005.

520184. [総説] 電撃傷. 島倉康人1, 相馬一亥2 (1形外. 2救命): 臨床医, 30 (増): 785-786, 2004.

520185. [総説] 創傷. 島倉康人1, 相馬一亥2 (1形外. 2救命): 臨床医, 30 (増): 790-791, 2004.

520186. [総説] 側爪郭・爪溝を大きく切除しない陥入爪手術. 島倉康人 (形外): Visual Dermatology, 3 (12): 1260-1263, 2004.

520187. [総説] 日常遭遇する小外科的疾患と褥瘡治療最近の知見. 深井孝郎 (形外): 北足立郡医師会会報, 219: 38-43, 2005.

520188. [総説] 毛包形成における基底膜ラミニンの役割: 単離ヒゲ原基の器官培養系とラミニンペプチドを用いたアプローチ. 林 和弘1, 門谷裕一2 (1形外. 2解剖): 北里医学, 33: 293〜298, 2003.

[著 書]

620110. [その他の著書] (分担執筆) 形成外科ADVANCEシリーズ 美容外科 最近の進歩 第2版; 美容外科と精神疾患, p.9-13. 林 和弘, 内沼栄樹 (形外), 編集 大森喜太郎 (東京警察病院), 監修 波利井清紀 (杏林大), 克誠堂, 東京, 2005/1/5発行.

620111. [その他の著書] (分担執筆) レーザー治療最近の進歩 形成外科アドバンスシリーズ; レーザー治療における創傷治癒と処置, p.202-209. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形外), 編集 谷野隆三郎 (東海大), 監修 波利井清紀 (東京大), 克誠堂, 東京, 2004/4/1発行.

620112. [その他の著書] (分担執筆) 皮膚科プラクティス, 17. Rejuvenationの実際 (皮膚の若返り); Non-ablative laserとその類似治療 (1) オリエンテーション/なぜrejuvenationレーザーには多くの種類があるのか? p.128-131. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形外), 編集 宮地良樹 (京都大), 瀧川雅浩 (浜松医大), 葛西健一郎 (葛西形成外科), 文光堂, 東京, 2004/4/5発行.

620113. [その他の著書] (分担執筆) 皮膚科プラクティス, 17. Rejuvenationの実際 (皮膚の若返り); 私のrejuvenation戦略, 私は多種多様な患者の状態をどう診断し, 治療を組み立てていくか? p.249-254. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形外), 編集 宮地良樹 (京都大), 瀧川雅浩 (浜松医大), 葛西健一郎 (葛西形成外科), 文光堂, 東京, 2004/4/5発行.

620114. [その他の著書] (分担執筆) アンチエイジング医学の基礎と臨床; 美容と化粧, p.229-232. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形外): 編集 日本抗加齢医学会専門医; 指導士認定委員会, メディカルビュー社, 東京, 2004/6/1発行.

620115. [その他の著書] (分担執筆) 外来で容易にできる若返り美容医療の実際−アンチエイジング医療とスキンケア; 4. Facial rejuvenation: Ablative skin rejuvenation: Er YAG, CO2, p.75-83. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形外), 編集 久保田潤一郎 (池袋トータルビューティークリニック), 永井書店, 大阪, 2004/10/1発行.

620116. [その他の著書] (分担執筆) 外来で容易にできる若返り美容医療の実際−アンチエイジング医療とスキンケア; 4. Facial rejuvenation: Non-ablative rejuvenation: Cool Touch, p.84-91. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形外), 編集 久保田潤一郎 (池袋トータルビューティークリニック), 永井書店, 大阪, 2004/10/1発行.

620117. [その他の著書] (分担執筆) Visual Dermatology, VOL3- NO.12特集フットケア概念および治療法について; 総説07: 陥入爪手術 (移行型陥入爪という概念および治療法について), p.1268-1270. 南條昭雄 (形外), 編集 倉方長門 (倉方皮膚科), 監修 倉方長門, 秀潤社, 東京, 2004/11/25発行.

620118. [その他の著書] (分担執筆) 今日の健康2月号; お尻にしこりができました. 柴田裕達 (横浜市民病院, 形外), 編集 日本放送協会, 日本放送出版協会, 東京, 2005/2/1発行.

620119. [その他の著書] (分担執筆) 皮膚科診療プラクティス・Rejuvenationの実際 (皮膚の若返り); 私のトレチノイン治療, p.90-99. 鈴木敏彦 (横浜南共済病院, 形外), 編集 宮地良樹 (京都大), 瀧川雅浩 (浜松医大), 文光堂, 東京, 2004/4/5発行.

620120. [その他の著書] (分担執筆) 外来で容易にできる若返り美容医療の実際−アンチエイジング医療とスキンケア−; 上下眼瞼除皺術 頬・頸部リフト, p.204-212. 宇津木龍一 (形外), 編集 久保田潤一郎 (池袋トータルビューティークリニック), 永井書店, 大阪, 2004/10/1発行.

620121. [その他の著書] (単著) 美人延命 北里研究所病院美容医学センターの挑戦. 宇津木龍一 (形外), 主婦の友社, 東京, 2004/8発行.

620122. [その他の著書] (分担執筆) 形成外科ADVANCEシリーズ 美容外科 最近の進歩 第2版; Face lift operation・Composite rhytidectomyを中心として, p.67. 宇津木龍一 (形外), 編集 大森喜太郎 (東京警察病院), 監修 波利井清紀 (杏林大), 克誠堂, 東京, 2005/1/5発行.

[学会・研究会等]

712030. [学会 (国際)] (シンポジウム) Non-ablative laser rejuvenaion. 山下理絵1,2, 一氏俊世1, 杉本孝之1, 杉本佳香2, 松末武雄2, 内沼栄樹1 (1形外. 2湘南鎌倉総合病院): Japan-korean plastic surgery meeting (2004/6/12), 札幌.

713131. [学会 (国際)] (ポスター) Comparative study of solvents to expedite removal of asphalt. Iuchi M1, Sugiyama M1, 大谷津恭之2, 深井孝郎2 (1JA長野厚生連佐久総合病院. 2形外): 国際熱傷学会 (2004/8/22-26), 横浜.

713132. [学会 (国際)] (一般講演) Management of remained malocclusion after maxillofacial facture. 中久木康一1, 山山竒安晴1, 中北信昭1, 府川俊彦2, 石渡靖夫3, 尾関雅彦4, 内沼栄樹1 (1形外. 2ふかわ矯正歯科. 3いしわた矯正歯科. 4昭和大・歯): 6th Asian congress on oral and maxillofacial surgery, 49th Annual meeting of Japanese society of oral and maxillofacial surgeons(2004/10/21), 東京. 6th Asian congress on oral and maxillofacial surgery, p.130, 2004.

713133. [学会 (国際)] (ポスター) Subcutaneous emphysema of the hand caused by hydrogen peroxide. 根本 充1, 馬場香子1, 柏木慎也1, 内沼栄樹1, 相馬一亥2 (1形外. 2救命): The 5th congress of the asian pacific federation of societies for surgery of the hand (2004/11/13), 大阪. Abstract, p.297, 2004.

713134. [学会 (国際)] (一般講演) Non-ablative laser rejuvenaion. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形成): anti-aging meeting 2005 (2005/1/6), パリ.

722069. [学会 (全国)] (シンポジウム) 当科における口蓋床の目的と現状. 山山竒安晴1, 瀬山竒晃一郎1, 中北信昭1, 内沼栄樹1, 鈴木恵子2, 石渡靖夫3 (1形外. 2医衛. 3いしわた矯正歯科): 第28回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2004/5/28), 鹿児島. 日本口蓋裂学会雑誌, 29 (2): 101, 2004.

722070. [学会 (全国)] (シンポジウム) ラミニンペプチド結合キトサン膜の表皮細胞キャリアとしての有用性について. 池本繁弘1, 望月麻友美2, 山田正路2, 野水基義2, 武田 啓1, 内沼栄樹1, 山科正平3, 門谷裕一3 (1形外. 2北海道大. 3解剖): 第36回日本結合組織学会学術大会 (2004/6/3), 福岡.

722071. [学会 (全国)] (:シンポジウム) :にきび, にきび痕に対するレーザー治療. 山下理絵1, 杉本佳香1, 杉本孝之1, 一氏俊世1, 松末武雄1, 内沼栄樹2 (1湘南鎌倉総合病院. 2形外): 第16回レーザー治療学会 (2004/7/7), 池袋.

722072. [学会 (全国)] (シンポジウム) 口唇裂・口蓋裂と骨移植. 山山竒安晴 (形外): 鶴見大学歯学部バイオ・ベンチャープロジェクト (2005/2/26), 神奈川.

723581. [学会 (全国)] (一般講演) レーザー&フォト治療によるcombination facial rejuvenation. 山下理絵1, 2, 田中早苗1, 杉本孝之1, 内沼栄樹1 (1形外. 2湘南鎌倉総合病院): 第47回日本形成外科学会総会・学術集会 (2004/4/7), 東京.

723582. [学会 (全国)] (一般講演) 腱膜性眼瞼下垂症に伴うSUNKEN-EYELIDの修正法の検討. 南條昭雄1, 宇津木龍一1, 高山敦子1, 岩屋聖子2 (1形外. 2北里研究所病院美容医学センター): 第47回日本形成外科学会総会・学術集会 (2004/4/7), 東京. プログラム・抄録集, p.148, 2004.

723583. [学会 (全国)] (一般講演) 左右裂型の違う両側唇顎口蓋裂に対する口唇口蓋同時形成術. 瀬山竒晃一郎, 中北信昭, 山山竒安晴, 馬場香子, 徳田真紀子, 京谷樹子, 内沼栄樹 (形外): 第47回日本形成外科学会総会・学術集会 (2004/4/7), 東京.

723584. [学会 (全国)] (一般講演) 乳房の尾側部分再建を行った3症例. 馬場香子, 酒井直彦, 遠藤あかね, 高橋洋輔, 内沼栄樹 (形外): 第47回日本形成外科学会総会・学術集会 (2004/4/7), 東京.

723585. [学会 (全国)] (一般演題) 当科における顎裂部骨移植時期の選択基準. 山山竒安晴1, 石渡靖夫2, 瀬山竒晃一郎1, 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形外. 2いしわた矯正歯科): 第47回日本形成外科学会総会・学術集会 (2004/4/7), 東京. プログラム・抄録集, 47: 132, 2004.

723586. [学会 (全国)] (一般講演) Davidson法を用いた女性化乳房の治療経験. 徳田真紀子, 林 和弘, 馬場香子, 青柳和也, 京谷樹子, 内沼栄樹 (形外): 第47回日本形成外科学会総会・学術集会 (2004/4/9), 東京. プログラム・抄録集, p.234, 2004.

723587. [学会 (全国)] (一般講演) 難治性潰瘍に対する同種培養真皮の使用経験. 山田直人1, 内沼栄樹1, 柏木慎也1, 馬場香子1, 久保健太郎2, 黒柳能光2 (1形外. 2医衛): 第47回日本形成外科学会・学術集会 (2004/4/9), 東京.

723588. [学会 (全国)] (一般講演) 筋皮弁および筋弁を用いた骨髄炎の再建. 酒井直彦, 柏木慎也, 馬場香子, 遠藤あかね, 矢沢慶史, 高橋洋輔, 山田直人, 内沼栄樹 (形外): 第47回日本形成外科学会・学術集会 (2004/4/9), 東京.

723589. [学会 (全国)] (一般講演) トレチノインとハイドロキノンの併用による色素性病変外用治療−顔面熱傷, 植皮部への応用−. 鈴木敏彦1,2, 松尾あおい2, 大竹尚之2,3 (1横浜南共済病院. 2形外. 3聖路加国際病院): 第47回日本形成外科学会 (2004/4/9), 東京.

723590. [学会 (全国)] (一般講演) 指島状皮弁と爪床移植による爪部切断例の再建. 平瀬雄一1, 児島忠雄1, 福本恵三1, 根本 充2, 山口利仁3 (1埼玉手の外科研究所. 2形外. 3東京手の外科スポーツ医学研究所): 第47回日本手の外科学会学術集会 (2004/4/22), 大阪市. 日本手の外科学会雑誌, 21 (1): 46, 2004.

723591. [学会 (全国)] (一般講演) 治療に難渋した骨髄炎を伴った胸部放射線皮膚潰瘍の1例. 馬場香子1, 柴田裕達2, 毛利麻里1, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜市民病院): 第52回日本職業・災害医学会 (2004/4), 岡山.

723592. [学会 (全国)] (一般講演) 中顔面部の劣成長を伴う両側唇顎口蓋裂症例に対するLe FortT型骨延長術の経験. 府川俊彦1, 鳥飼勝行2, 小林真司3, 大村 進2, 福山英治4, 高橋卓也2, 笠井久美子1, 山山竒安晴5 (1ふかわ矯正歯科. 2横浜市大センター病院. 3横浜市大. 44東医歯大. 5形外): 第14回日本顎変形症学会 (2004/5/25), 福岡. 予稿集, p.117, 2004.

723593. [学会 (全国)] (一般講演) 後鼻鏡を用いた鼻咽腔閉鎖機能の評価. 弓削明子1, 鈴木恵子1, 岡部早苗1, 瀬山竒晃一郎2, 山山竒安晴2, 中北信昭2 (1医衛. 2形外): 第28回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2004/5/28), 鹿児島. 日本口蓋裂学会雑誌, 29 (2): 220, 2004.

723594. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における両親向け講座の現状と課題. 古平恵美子1, 清宮美詠1, 松本千史1, 田辺理恵1, 佐藤真紀子1, 鈴木恵子2, 弓削明子2, 山山竒安晴3, 瀬山竒晃一郎3, 中北信昭3 (1看護部. 2医衛. 3形外): 第28回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2004/5/28), 鹿児島. 日本口蓋裂学会雑誌, 29 (2): 227, 2004.

723595. [学会 (全国)] (ポスター) 早期二次骨移植症例における犬歯の萌出に関して. 石渡靖夫1, 高橋滋樹2, 山山竒安晴3, 瀬山竒晃一郎3, 中北信昭3 (1いしわた矯正歯科. 2たかはし矯正歯科. 3形外): 第28回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2004/5/28), 鹿児島. 日本口蓋裂学会雑誌, 29(2): 243, 2004.

723596. [学会 (全国)] (ポスター) 早期二次骨移植症例に対する矯正治療方針. 石渡靖夫1, 山山竒安晴2, 高橋滋樹3, 伊藤大輔4, 鳥飼勝行5, 瀬山竒晃一郎2, 中北信昭2, 内沼栄樹2 (1いしわた矯正歯科. 2形外. 3たかはし矯正歯科. 4いとう矯正歯科. 5横浜市大センター病院): 第28回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2004/5/28), 鹿児島. 日本口蓋裂学会雑誌, 29 (2): 244, 2004.

723597. [学会 (全国)] (一般講演) 滅菌紙おむつをを用いた熱傷手術時の体液・洗浄液の処理法. 新井美恵子1, 中村 健2, 大谷津恭之2, 今井秀一1 (1JA長野厚生連佐久総合病院. 2形外): 第30回日本熱傷学会 (2004/6/11), 東京.

723598. [学会 (全国)] (一般講演) 低温熱傷を防ぐ温罨法の検討. 岩井美咲1, 大谷津恭之2, 中村 健2, 岡田邦彦1 (1JA長野厚生連佐久総合病院. 2形外): 第30回日本熱傷学会 (2004/6/11), 東京.

723599. [学会 (全国)] (一般講演) オキシミストを使用した褥瘡治療果. 高野知子1, 鈴木敏彦1,2, 松尾あおい1 (1形外. 2横浜南共済病院): 第6回日本褥瘡学会学術集会 (2004/9/3), 札幌.

723600. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における褥瘡対策委員会とスキンケア委員会の取り組み. 飯島良子1, 星野明子1, 大谷津恭之2 (1JA長野厚生連佐久総合病院. 2形外): 第6回日本褥瘡学会学術集会 (2004/9/3-4), 札幌.

723601. [学会 (全国)] (一般講演) 膝屈筋皮弁による再発性坐骨部褥瘡の治療経験. 武田 啓1, 田中良知2, 松宮 巧2, 守谷昭彦2, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜市立港湾病院): 第6回日本褥瘡学会学術集会 (2004/9/3-4), 札幌.

723602. [学会 (全国)] (一般講演) 右踵底部に褥瘡を繰り返し, 踵骨骨髄炎を併発した二分脊椎症例に対するリハビリテーションアプローチ. 松宮 巧1, 武田 啓2, 田中良知1 (1横浜市立港湾病院. 2形外): 第6回日本褥瘡学会学術集会 (2004/9/3-4), 札幌.

723603. [学会 (全国)] (一般講演) 脱神経領域並びに健常神経支配域における皮膚全層欠損治癒過程の比較評価. 深井孝郎1,2, 武田 啓2 (1埼玉県央病院. 2形外): 第6回日本褥瘡学会学術集会 (2004/9/3-4), 札幌.

723604. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい静止型エアマットレス (ブレスエアー) における臨床実験的評価. 深井孝郎1, 山山竒知子2, 高橋秀幸2, 小川意房3 (1形外. 2埼玉県央病院・看護部. 3(有) ハッピー小川): 第6回日本褥瘡学会学術集会 (2004/9/3-4), 札幌.

723605. [学会 (全国)] (一般講演) 蒙古ヒダ形成術−内眼角形成術後の修復について−. 大竹尚之1,2, 松井瑞子1, 島倉康人2, 平山 峻1 (1聖路加国際病院. 2形外): 第27回日本美容外科学会総会 (2004/10/10), 長崎.

723606. [学会 (全国)] (一般講演) Naso-Labial Angle拡大を目的とした鼻柱Augmentasion. 大竹尚之1,2, 松井瑞子1, 島倉康人2, 平山 峻1, 佐藤明男3, 石川修一4 (1聖路加国際病院. 2形外. 3東京メモリアルクリニック. 4横浜ベイクリニック): 第27回日本美容外科学会総会 (2004/10/10), 長崎.

723607. [学会 (全国)] (一般講演) レーザー&フォトおよびレーザー&RFによるrejuvenation治療. 山下理絵1,2, 一氏俊世2, 遠藤あかね2, 松末武雄1, 杉本佳香1, 酒井 規1, 内沼栄樹2 (1湘南鎌倉総合病院. 2形外): 日本美容外科学会 (2004/10/11), 軽井沢.

723608. [学会 (全国)] (一般講演) Davidoson法に準じた切開線を用いた乳房注入異物摘出症例の検討. 林 和弘, 中北信昭, 青柳和也, 有馬裕子, 徳田真紀子, 橋本信子, 内沼栄樹 (形外): 第27回日本美容外科学会総会 (第91回学術集会) (2004/10/11), 長野. プログラム・抄録集, p.179, 2004.

723609. [学会 (全国)] (一般講演) 人間ドックの美容版“美容ドック”の目的と意義. 田中早苗1, 宇津木龍一2, 佐藤英明2, 山口麻子2, 長西裕樹2, 内沼栄樹1 (1形外. 2北里研究所病院): 第27回日本美容外科学会総会 (2004/10/11), 軽井沢.

723610. [学会 (全国)] (一般講演) より効果的なForehead Liftの検討. 佐藤英明1, 宇津木龍一1, 田中早苗2, 長西裕樹1, 内沼栄樹2 (1北里研究所病院. 2形外): 第27回日本美容外科学会総会 (2004/10/11), 軽井沢.

723611. [学会 (全国)] (一般講演) 美容ドックの実際と臨床上の意義. 山口麻子1, 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 田中早苗2, 長西裕樹1, 内沼栄樹2 (1北里研究所病院. 2形外): 第27回日本美容外科学会総会 (2004/10/11), 軽井沢.

723612. [学会 (全国)] (一般講演) 当センターへの電話問合せ12000件からみた美容医療に対する社会的動向の検討. 齋藤三代1, 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 田中早苗2, 山口麻子1, 長西裕樹1, 塩谷信幸1, 内沼栄樹2 (1北里研究所病院. 2形外): 第27回日本美容外科学会総会 (2004/10/11), 軽井沢.

723613. [学会 (全国)] (一般講演) 外傷性手指切断後のストレス障害とその対策. 根本 充, 柏木慎也, 熊澤憲一, 秋本峰克, 内沼栄樹 (形外): 第31回日本マイクロサージャリー学会学術集会 (2004/10/14), 熊本市. 予稿集, p.114, 2004.

723614. [学会 (全国)] (一般講演) 手指先天性形態異常疾患におけるHOXD13遺伝子の解析. 酒井直彦1, 中野香代子1, 山山竒安晴1, 渡邊宏伊2, 須佐美隆史2, 徳永勝士2, 内沼栄樹1, 高戸 毅2 (1形外. 2東京大): 第13回日本形成外科学会基礎学術集会 (2004/10/21), 浦安.

723615. [学会 (全国)] (一般講演) 日本人口唇口蓋裂患者と候補遺伝子 MSX1, DLX1, DLX2との関連研究. 渡邊宏伊1, 酒井直彦2, 中野香代子2, 山山竒安晴2, 須佐美隆史1, 徳永勝士1, 内沼栄樹2, 高戸 毅1 (1東京大. 2形外): 第13会日本形成外科学会基礎学術集会 (2004/10/21), 浦安.

723616. [学会 (全国)] (ポスター) 足趾先天性形態異常疾患におけるHOXD13遺伝子の解析. 中野香代子1, 酒井直彦1, 山山竒安晴1, 渡邊宏伊2, 須佐美隆史2, 高戸 毅2, 徳永勝士, 内沼栄樹1 (1形外. 2東京大): 第13回日本形成外科学会基礎学術集会 (2004/10/21), 浦安.

723617. [学会 (全国)] (一般講演) 胎生期マウス頬髭器官発生におけるVEGFの影響. 福田理絵子, 林 和弘, 内沼栄樹 (形外): 第13回日本形成外科学会基礎学術集会 (2004/10/21), 千葉. プログラム・抄録集, p.89, 2004.

723618. [学会 (全国)] (一般講演) 軟骨細胞の増殖・分化を誘導する液性因子の組み合わせの最適化. 高橋嗣明1, 小笠原 徹2, 鄭 雄一3, 川口 浩3, 中村耕三3, 内沼栄樹1, 高戸 毅3, 星 和人2 (1形外. 2東京大・院. 3東京大病院): 第13回日本形成外科学会基礎学術集会 (2004/10/21), 浦安.

723619. [学会 (全国)] (一般講演) レーザー&RFによる rejuvenation治療. 山下理絵1,2, 一氏俊世1, 遠藤あかね1, 松末武雄2, 杉本佳香2, 酒井 規2, 内沼栄樹1 (1形外. 2湘南鎌倉総合病院: 日本レーザー医学大会 (2004/11/11), 東京.

723620. [学会 (全国)] (一般講演) 液体窒素による手指凍傷の1例. 松尾あおい1, 鈴木敏彦2, 高野知子1, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜南共済病院): 第52回日本職業・災害医学会学術大会 (2004/11/11), 岡山.

723621. [学会 (全国)] (一般講演) いわゆる『持ち込み褥瘡』に対する集学的治療の試み. 深井孝郎, 武田 啓 (形外): 第34回日本創傷治癒学会 (2004/11/29), 金沢.

723622. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト軟骨細胞の増殖促進および脱分化抑制を実現する培養方法の検討. 高橋嗣明1, 小笠原 徹2, 劉 光耀2, 山岡尚世2, 鄭 雄一3, 朝戸裕貴3, 川口 浩3, 中村耕三3, 内沼栄樹1, 高戸 毅3, 星 和人2 (1形外. 2東京大・院. 3東京大病院): 第4回日本再生医療学会 (2005/3/1), 大阪市.

732043. [研究会] (招待講演) 美容外科でのanti-aging治療. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形成): 第3回ななくま皮膚美容フォーラム (2004/6/26), 福岡.

732044. [研究会] (招待講演) acial rejuvenation: 美容外科でのanti-aging治療. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院, 形成): 第19回虎ノ門皮膚外科フォーラム (2004/7/23), 東京.

732045, [研究会] (招待講演) 日常遭遇する小外科的疾患と褥瘡治療最近の知見. 深井孝郎 (形外): 北足立郡市医師会 (2004/11/19), 桶川.

732046. [研究会] (招待講演) 外科サイドから見た矯正歯科医との連携. 山山竒安晴 (形外): 東京医科歯科大学顎顔面矯正学分野同門会主催 第二回顎顔面矯正学分野&同門会合同セミナー (2005/2/17), 東京.

733253. [研究会] (一般講演) オキシミストを使用した褥瘡治療効果. 高野知子1, 鈴木敏彦2. 松尾あおい1 (1形外. 2横浜南共済病院): 第5回横浜形成外科フォーラム (2004/5/12), 横浜.

733254. [学会 (地方)] (一般講演) 背部と腹部に難治性潰瘍を生じた1例. 矢沢慶史, 大谷津恭之, 中村 健 (形外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会48回例会 (2004/6/5), 松本市.

733255. [学会 (地方)] (一般講演) 全身性炎症反応性症候群に伴う急性肺障害を発症した重症熱傷の2例. 中村 健1, 大谷津恭之1, 柴田知義1, 有馬裕子, 矢沢慶史1, 岡田邦彦2 (1形外. 2JA長野厚生連佐久総合病院): 第17回日本熱傷学会甲信地方会 (2004/7/10), 甲府市.

733256. [学会 (地方)] (一般講演) 塩酸による広範囲化学熱傷の治療経験. 齋藤智尋1, 田中正英2, 高山敦子1, 内沼栄樹1 (1形外. 2北信総合病院): 第17回日本熱傷学会甲信地方会学術集会 (2004/7/10), 松本市.

733257. [公開講座] (一般講演) 青あざ・しみ・ほくろでお悩みの方へ. 三好 宏 (形外): 小田急百貨店友の会健康講座 (2004/7/20), 東京.

733258. [公開講座] (一般講演) 形成外科の取り扱い疾患について. 高瀬 税 (形外): 公開講座 (2004/7/23), 横浜.

733259. [研究会] (一般講演) サウナによる熱傷の1例. 熊澤憲一1, 秋本峰克1, 柏木慎也1, 根本 充1, 内沼栄樹1, 相馬一亥2 (1形外. 2救命): 第12回新宿熱傷フォーラム(2004/9/10), 新宿.

733260. [研究会] (一般講演) トレチノイン・ハイドロキノンの併用外用療法の応用−肥厚性瘢痕・外傷後色素沈着に対する効果−. 鈴木敏彦1, 高野知子2, 松尾あおい2 (1横浜南共済病院. 2形外): 第5回横浜形成外科フォーラム (2004/9/25), 横浜.

733261. [公開講座] (一般講演) 青あざ・しみ・ほくろでお悩みの方へ. 三好 宏 (形外): 小田急百貨店友の会健康講座 (2004/10/19), 東京.

733262. [研究会] (一般講演) 幼児期の胸部血管腫切除後に生じた乳房変形の治療. 石黒匡史1, 岩城啓修2, 矢沢慶史2, 増田竜児2, 内沼栄樹2 (1上尾中央総合病院. 2形外): 神奈川症例検討会 (2004/11/10), 川崎.

733263. [懇話会] (一般講演) 特殊な形態を呈する石灰化上皮腫について. 中村 健1, 大谷津恭之1, 矢沢慶史1, 青山弘道2 (1形外. 2JA長野厚生連佐久総合病院): 第6回東北信形成外科懇話会 (2004/11/12), 長野市.

733264. [公開講座] (一般講演) 巻き爪の新しい治療. 三好 宏 (形外): 小田急百貨店友の会健康講座 (2004/11/16), 東京.

733265. [研究会] (一般講演) 重症熱傷に対するエラスポールの使用経験. 遠藤あかね1, 山下理絵2, 一氏俊世1, 松末武雄2, 杉本佳香1, 酒井 規2 (1形外. 2湘南鎌倉総合病院. ): 第7回北里形成外科フォーラム (2004/11/20), 横浜.

733266. [研究会] (一般講演) 複数の皮弁を用いた全胸郭形成術の1例. 馬場香子1, 柴田裕達2, 毛利麻里1, 内沼栄樹1 (1形外. 2横浜市民病院): 第7回北里形成外科フォーラム (2004/11/20), 横浜.

733267. [研究会] (一般講演) 重症肺障害に陥った全身熱傷の3例. 矢沢慶史1, 大谷津恭之1, 中村 健1, 青山弘道2 (1形外. 2JA長野厚生連佐久総合病院): 第7回北里形成外科フォーラム (2004/11/20), 横浜.

733268. [研究会] (一般講演) 外陰部腺癌の1例. 佐藤史郎1, 根本 充2, 高崎彰久1 (1済生会下関総合病院. 2形外): 第7回北里形成外科フォーラム (2004/11/20), 横浜.

733269. [研究会] (一般講演) Wound healing process of full-thickness skin wound model by rat. 鳥居博子, 武田 啓, 曽根由美子, 内沼栄樹 (形外): 第7回北里形成外科フォーラム (2004/11/20), 横浜.

733270. [研究会] (一般講演) 耳下腺内顔面神経鞘腫の1例. 高野知子1, 鈴木敏彦2, 松尾あおい1 (1形外. 2横浜南共済病院): 第7回北里形成外科フォーラム (2004/11/20), 横浜.

733271. [研究会] (一般講演) 軽微な外傷後再発を繰り返す上司難治性皮膚潰瘍の1例. 茅野真子1, 瀬山竒晃一郎1, 有馬裕子1, 青柳和也1, 秋本峰克1, 柴田知義1, 内沼栄樹1, 高須 博2 (1形外. 2皮): 神奈川症例検討会 (2004/11/27), 川崎.

733272. [学会 (地方)] (一般講演) 当院における手部咬傷の検討. 青山弘道1, 大谷津恭之2, 中村 健2, 矢沢慶史2 (1JA長野厚生連佐久総合病院. 2形外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会第49回例会 (2004/12/4), 諏訪郡富士見町.

733273. [学会 (地方)] (一般講演) ジェット噴射式洗浄器にて受傷した眼窩内異物の1例. 京谷樹子1, 田中正英2, 高山敦子1, 齋藤智尋1, 内沼栄樹1 (1形外. 2北信総合病院): 第44回日本形成外科学会中部支部信州地方会 (2004/12/4), 諏訪郡富士見町.

733274. [学会 (地方)] (一般講演) 色素性乾皮症の1剖検例. 田中正英1, 高山敦子2, 齋藤智尋2, 京谷樹子, 内沼栄樹2 (1北信総合病院. 2形外): 第44回日本形成外科学会中部支部信州地方会 (2004/12/4), 諏訪郡富士見町.

733275. [公開講座] (一般講演) 青あざ・しみ・ほくろでお悩みの方へ. 三好 宏 (形外): 小田急百貨店友の会健康講座 (2005/1/18), 東京.

733276. [その他] (一般講演) 形成外科ってなあに. 鳥居博子 (形外): 地域支援勉強会 (2005/2/8), 相模原.

733277. [研究会] (一般講演) 医原性放射線潰瘍と考えられた右肘難治性潰瘍の1例. 中村 健, 大谷津恭之, 矢沢慶史 (形外): 第1回 (東北信) 皮膚潰瘍症例検討会 (2005/2/10), 長野市.

733278. [学会 (地方)] (一般講演) 炭酸ガスレーザーを用いた陥入爪の治療. 石黒匡史1, 矢沢慶史2, 岩城啓修2, 増田竜児2, 内沼栄樹2, 上野聡一郎1 (1上尾中央総合病院. 2形外): 第42回埼玉県医学会総会 (2005/2/27), 川崎.

733279. [学会 (地方)] (一般講演) 新しい褥瘡予防マットレス「そよかぜ」における臨床実験的評価. 深井孝郎 (形外): 第42回埼玉県医学会総会 (2005/2/27), さいたま市.

733280. [学会 (地方)] (一般講演) 乳幼児期に発症した口腔内腫瘍の2例. 中久木康一1, 酒井直彦1, 山山竒安晴1, 中北信昭1, 茅野真子1, 徳田真紀子, 有馬裕子, 遠藤あかね1, 柴田知義1, 内沼栄樹1 (1形外): 第241回日本形成外科学会関東支部東京地方会 (2005/3/5), 東京.

733281. [学会 (地方)] (一般講演) 眼瞼下垂を呈した上眼瞼サルコイドーシスの1例. 青柳和也, 林 和弘, 柏木慎也, 馬場香子, 京谷樹子, 内沼栄樹 (形外): 第241回日本形成外科学会関東支部東京地方会 (2005/3/5), 東京. 日本形成外科学会会誌, 24 (6): 399, 2004.

733282. [公開講座] (一般講演) まぶたのたるみについて. 三好 宏 (形外): 小田急百貨店友の会健康講座 (2005/3/10), 東京.

733283. [研究会] (一般講演) ケロイド・肥厚性瘢痕の組織内における増殖因子発現の解析. 毛利麻里1, 酒井直彦1, 内沼栄樹1, 佐藤雄一2 (1形外. 2医衛): 第11回ケロイド・肥厚性瘢痕研究会 (2005/3/12), 東京. プログラム予稿集, p.7, 2005.

733284. [研究会] (一般講演) 外来診療における創傷処置について. 鳥居博子 (形外): 相模原医師会外科医会 (2005/3/25), 相模原.


<<皮膚科学>>

[学術論文]

110155. [原著] Eosinophilic pustular folliculitis (Ofuju disease) manifested as pustules on the palms and soles. 坪井廣美, 新山史朗, 勝岡憲生 (皮): Cutis, 74 (8): 107-110, 2004.

110156. [原著] Acquired reactive perforating collagenosis in a patient with lung fibrosis. 坪井廣美1, 向野 哲1, 佐藤直哉1, 勝岡憲生1, Yanase N (1皮): Journal of Dermatol, 31 (11): 916-919, 2004.

110157. [原著] Nascent blood vessels in the skin arise from nestin-expressing hair-follicle cells. 天羽康之1, Lingna Li2, Meng Yang2, AR Moossa2, 勝岡憲生1, Sheldon Penman3, Robert M Hoffman2 (1皮. 2AntiCancer, Inc., San Diego, CA; Department of Surgery, University of California San Diego, CA. 3Department of Biology, Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA): Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA, 101: 13291-13295, 2004.

110158. [原著] Hair follicle-derived blood vessels vascularize tumors in skin and are inhibited by doxorubicin. 天羽康之1, Lingna Li2, Meng Yang2, Ping Jiang2, AR Moossa2, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman2 (1皮. 2AntiCancer, Inc., San Diego, CA; Department of Surgery, University of California San Diego, CA): Cancer Research, 65: 2337-2343, 2005.

110159. [原著] Dual-color fluorescence imaging of tumor-host interaction with green and red fluorescent proteins. Meng Yang1, 天羽康之1,2, Lingna Li1, Eugene Baranov1, Jinwei Wang1, Ping Jiang1, AR Moossa2, Robert M Hoffman1,2 (1AntiCancer, Inc., San Diego, CA. 2Department of Surgery, University of California San Diego, CA.): Proceedings of the SPIE, 5329: 54-60, 2004.

120055. [原著] Livedo reticularis with summer ulcerationの夏季潰瘍に対するかんぽう茶の予防効果. 増澤幹男, 増澤真実子, 前田亜希子, 宮田聡子, 勝岡憲生 (皮): 日本皮膚科学会雑誌, 115 (1): 7-13, 2005.

120056. [原著] 抗真菌剤 (terbinafine hydrochloride) の成人型アトピー性皮膚炎患者の顔面病変に対する有用性の検討−Mallassezia furfur特異IgE抗体価およびヒスタミン遊離試験の推移による検討−. 前島英樹1, 徳永千春2, 金子 聡2, 向井秀樹2, 阿部明夫3 (1皮. 2横浜労災病院皮膚科. 3(株) SBS): アレルギー, 53 (5): 515〜521, 2004.

120057. [原著] 表題:ガンマグロブリンの大量投与を試みた急速進行性間質性肺炎の併発がみられた皮膚筋炎. 前島英樹1, 嶋村祐美2, 齊藤和美2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加国際病院): 西日本皮膚科, 66 (3): 226-231, 2004.

210024. [準原著] Observations on angiopoietin-2 in patients with angiosarcoma. 天羽康之, 増澤幹男, 浜田祐子, 勝岡憲生 (皮): :British Journal of Dermatology, 150: 1028-1029, 2004.

220050. [準原著] 生後5ヶ月男児に生じた単発性の汗孔角化症. 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 皮膚科の臨床, 47 (3): 492-493, 2004.

220051. [準原著] 当科における関節症性乾癬. 前島英樹, 蘇原しのぶ, 佐藤勘治, 齊籐典充, 勝岡憲生 (皮): 第19回日本乾癬学会記録集, 113-114, 2004.

220052. [短報] 環状紅斑 Sjoegren症候群. 田辺みどり (皮): 皮膚病診療, 26: 47, 2004.

220053. [短報] 新生児エリテマトーデス. 楠  舞 (皮): 皮膚病診療, 26 (増): 50, 2004.

310016. [症例報告] Microscopic Polyangiitis Presenting Urticarial Erythema and Henoch-Schnolein Purpura, Two cases report. 前島英樹1, 白井京美1, Yumi Shimamura2, Harumi Harada2, Hikaru Eto2 (1皮. 2Department of Dermatology, St' Luke's International Hospital): Journal of Dermatology, 31 (8): 655-660, 2004.

310017. [症例報告] A case of intractable ulcer in the lower leg that began with congestive dermatitis. 齊藤典充1, 江間 聡1, 増澤真実子1, 勝岡憲生1, Masayoshi Kinjyo2 (1皮. 2湘南東部病院): Breakthrough in The Treatment for Critical Limb Ischemia in Japan, p.73-78, 2004.

310018. [症例報告] Angiotropic B-cell lymphoma with telangiectasia,accompanied by panniculitic formation. 西山浩美1,2, Tanei Ryoji2, Motegi Takashi2, Ohta Masatsugu2, Sawabe Motoji2 (1皮. 2Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital): Journal of Dermatology, 31 (12): 1032-1035, 2004.

320055. [症例報告] 私の経験したニアミス・ピットフォール症例「汎発性粘液水腫」. 勝岡憲生 (皮): Allergy & Clinical Conference, 24: 2, 2005.

320056. [症例報告] イプシロンアミノカプロン酸による接触皮膚炎の1例. 宮田聡子1, 中村美夏1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 瀧 佳子2 (1皮. 2さがみ生協眼科): 皮膚科の臨床, 47 (2): 270-271, 2004.

320057. [症例報告] βカロチンによる柑皮症. 新井 達1, 向井秀樹2 (1皮. 2横浜労災病院): 皮膚病診療, 26 (8): 1015-1018, 2004.

320058. [症例報告] Microvenular hemangioma. 齊藤典充, 新山奈々子, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 27 (2): 151-154, 2005.

320059. [症例報告] 頭部人工植毛膿皮症. 齊藤典充, 向野 哲, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 27 (3): 245-248, 2005.

320060. [症例報告] pseudopelade. 齊藤典充, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 27 (3): 269-272, 2005.

320061. [症例報告] 青色ゴムまり様母斑症候群. 新山史朗1, 松本京子2, 加藤一郎2, 向井秀樹2 (1皮. 2横浜労災病院): 皮膚病診療, 26: 341-344, 2004.

320062. [症例報告] Buerger病. 新山史朗1, 向井秀樹2, 葛西邦博3 (1皮. 2横浜労災病院. 3千歳皮膚科): 皮膚病診療, 26: 1403-1406, 2004.

320063. [症例報告] 「環状を呈する皮膚病変」網目状病変 livedo vasculitis. 前島英樹, 勝岡憲生 (皮): Visual Dermatology, 4 (2): 174-175, 2005.

320064. [症例報告] Keratotic basal cell carcinomaを伴った外毛根鞘性嚢腫の一例. 天羽 康之1, 川野信子2, 高須 博1 (1皮. 2稲田登戸病院): 皮膚科の臨床, 44 (4): 465-468, 2004.

320065. [症例報告] 歯科材料中のユージノールによる多型滲出性紅斑型接触皮膚炎. 楠 舞, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 26 (7): 825-828, 2004.

320066. [症例報告] 粘表皮癌 (mucoepidermoid carcinoma). 長橋和矢, 冨田昌宏, 齊藤典充, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 26 (4): 431〜434, 2004.

320067. [症例報告] Stevens-Jhonson症候群. 長橋和矢 (皮): 皮膚病診療, 26 (増): 37, 2004.

320068. [症例報告] 閉塞性動脈硬化症. 安藝良一1,2, 浅井寿子2, 新井春枝3 (1皮. 2聖路加国際病院. 3大和市立病院): 皮膚病診療, 27 (1): 47-50, 2005.

320069. [症例報告] 関節リウマチに伴った潰瘍. 江藤宏光, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 27 (1): 59-62, 2005.

320070. [症例報告] 骨髄性プロトポルフィリン症. 鈴木理華1, 新井 達1, 甘利 淳, 勝岡憲生1 (1皮): 皮膚病診療, 26 (10): 1257-1260, 2004.

320071. [症例報告] HIV陽性患者の第U期顕性梅毒. 鈴木理華, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 皮膚病診療, 26 (11): 1379-1382, 2004.

520189. [解説] リベド. 勝岡憲生 (皮): 関東皮膚脈管懇話会 記録集1, 1: 30-31, 2004.

520190. [講座] Livedo. 勝岡憲生 (皮): 皮膚科の臨床, 47 (1): 5-6, 2005.

520191. [総説] erythema papulatum centrifugum. 増澤幹男 (皮): 皮膚病診療 紅斑のみられる皮膚疾患, (増): 56, 2004.

520192. [総説] 抜毛症. 坪井廣美 (皮): 毛髪疾患の最新治療 基礎と臨床 (植毛), p.60-61, 2004.

520193. [総説] 抜毛症 カラーグラフ. 坪井廣美 (皮): 日本医事新報, 4203: 33-36, 2004.

520194. [総説] 毛髪疾患. 新生児・小児皮膚疾患マニュアル. 第4部 比較的稀な疾患. 坪井廣美 (皮): MB derma, 93: 225-230, 2004.

520195. [総説] カラーアトラス紅斑のみられる皮膚疾患. 高須 博 (皮): 皮膚病診療, 26 (増): 87, 2004.

520196. [総説] Gottron徴候. 新井 達 (皮): 皮膚病診療, 26 (11): 1369-1374, 2004.

520197. [総説] Churg-Strauss症候群. 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 皮膚科の臨床, 46 (10): 1454-1459, 2004.

520198. [総説] すべての小児皮膚筋炎に対して積極的な治療をすべきではない. 新井 達1, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加国際病院): Visual dermatology, 3 (11): 1220-222, 2004.

520199. [総説] 透析患者にみられる脱毛. 齊藤典充, 勝岡憲生 (皮): Visual Dermatology, 3 (5): 485-487, 2005.

520200. [解説] 診断の指針・治療の指針“内臓悪性腫瘍の皮膚症状”. 前島英樹, 勝岡憲生 (皮): 総合臨牀, 53 (10): 2747-2749, 2004.

520201. [総説] 紅斑のみられる皮膚疾患 凍瘡. 増澤真実子 (皮): 皮膚病診療, 26 (増): 24, 2004.

520202. [総説] 紅斑のみられる皮膚疾患アトラス 丹毒. 濱松奈々子 (皮): 皮膚病診療, 26 (増): 14, 2004.

[著 書]

620123. [学術書] (共著) 皮膚疾患最新の治療2005-2006; 壊死性筋膜炎,ガス壊疽, p.145. 勝岡憲生 (皮), 編集 瀧川雅浩 (浜松医大), 渡辺晋一 (帝京大), 南江堂, 東京, 2004発行.

620124. [その他 (ホームページ)] (単著) 健康情報誌「self doctor」; 「リアップ発毛マラソン」. 勝岡憲生 (皮), 編集 ジャパンライフデザインシステムズセルフドクター編集室, 大正製薬, 東京, 2004/9-2005/5.

620125. [啓蒙書] (単著) 民報, 陸奥新報, 釧路新聞, 琉球新報; 油断できないあせも. 勝岡憲生 (皮), 編集 メディカルトリビューン・ニュース編集部, メディカルトリビューン, 東京, 2004/6発行.

620126. [視聴覚出版物] (単著) ヘルシーメモ「しみ・そばかす対策」, p.1-10. 勝岡憲生 (皮), 編集 NHKサービスセンター, 東京, 2004/7発行.

620127. [その他の著書] (共著) Derma Hotline 毛髪科学最前線 創刊号; 脱毛症の治療の現状と将来, p.2-11. 勝岡憲生 (皮), 編集 小川秀興 (順天堂大), 勝岡憲生, 荒瀬誠治 (徳島大), 川島 眞 (東京女医大), 坪井良治 (東京医大), (株) ティエルエムジャパン, 東京, 2005/1発行.

620128. [その他の著書] (分担執筆3頁分) 看護のための薬事典; ]V 9. 皮膚科用剤解説. 高須 博 (皮), 編集 石橋 晃 (救世軍ブース記念病院), 藤田恵子 (看護部) ほか, 中央法規, 2005/3/10発行.

620129. [その他の著書] (分担執筆3頁分) 糖尿病最新の治療2004-2006分; ]Vその他の合併症 5. 皮膚病変. 新井 達, 勝岡憲生 (皮), 編集 河盛隆造 (順天堂大), 岩本安彦 (東京女医大), 南江堂, 東京, 2004/2/15発行.

620130. [その他の著書] (分担執筆2頁分) 最新皮膚科学体系 特別巻2 皮膚科症候群; Wissler Fanconi症候群. 新井 達, 勝岡憲生 (皮), 編集 玉置邦彦, 中山書店, 2004/6/10発行.

620131. [学術書] (共者) 難治性皮膚疾患の病態と治療; 男性型脱毛とその他の脱毛症. 勝岡憲生 (皮), 編集 順天堂大学医学部皮膚科学教室, 第102回日本皮膚科学会総会記念出版発行所, 東京, 2005 (印刷中).

[学会・研究会等]

713135. [学会 (国際)] (ポスター) Localization of MYC/MAD1 protein in the hair follicle during hair cycle. 齊藤典充, 浜田祐子, 勝岡憲生 (皮): 4th Intercontinental Meeting of Hair Research Societies (2004/6/18), Berlin.

713136. [学会 (国際)] (一般講演) Potential of nestin-expressing hair follicle cells to form neurons and blood vessels. Robert M Hoffman1,2, Lingna Li1, 天羽康之1,2,3, Meng Yang1 (1AntiCancer, Inc., San Diego, CA. 2皮. 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): The Fourth Intercontinental Meeting of Hair Research Societies (2004/6/17-19), Berlin.

713137. [学会 (国際)] (一般講演) Multi-color in vivo imaging with fluorescent proteins. Robert M Hoffman1,2, Meng Yang1, Ping Jiang1, 天羽康之1,2,3, J Wang1 (1AntiCancer, Inc., San Diego, CA. 2皮. 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): The 32nd Annual Meeting American Society for Photobiology (2004/7/10-14), Seattle.

713138. [学会 (国際)] (ポスター) Hair follicle nestin-expressing stem cells give rise to nascent blood vessels in the skin. 天羽 康之1,2,3, Lingna Li1, Meng Yang1, AR Moossa3, 勝岡憲生2, Sheldon Penman1, Robert M Hoffman1 (1AntiCancer, Inc., San Diego, CA. 2Department of Dermatology, Kitasato University School of Medicine,Sagamihara, Japan. 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): 34th Annual European Society for Dermatological Research (ESDR) Meeting (2004/9/9-11), Vienna.

722073. [学会 (全国)] (シンポジウム) 円形脱毛症の最前線. 勝岡憲生 (皮): 第68回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2005/2/20), 東京.

723623. [学会 (全国)] (一般講演) Nestin is a marker for nascent tumor angiogenesis. 天羽康之1,2,3, Lingna Li1, Meng Yang1, Ping Jiang1, 勝岡憲生2, AR Moossa3, Robert M Hoffman1,3 (1AntiCancer, Inc., San Diego, CA. 2皮. 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): 第29回日本研究皮膚科学会 (2004/4/14-16), 京都.

723624. [学会 (全国)] (ポスター) Nestin-expressing hair follicle stem cells contribute to wound healing. Robert M Hoffman1,3, 天羽 康之1,2,3, Lingna Li1, Meng Yang1, AR Moossa3, 勝岡憲生2 (1AntiCancer, Inc., San Diego, CA. 2皮. 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): 第29回日本研究皮膚科学会 (2004/4/14-16), 京都.

723625. [学会 (全国)] (一般演題) らい菌mce1A組み換え蛋白のヒト皮膚構成細胞及びヒト鼻粘膜上皮細胞に対する侵入能の検討. 佐藤直哉1, 藤村響男1, 狩野真帆2, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮. 2医療系大学院): 第29回日本研究皮膚科学会年次学術大会 (2004/4/14-16), 京都.

723626. [学会 (全国)] (一般演題) 原発性骨髄線維症の患者にみられた皮膚骨髄外造血の1例. 宮田聡子1, 田辺みどり1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 東原正明2 (1皮. 2内W): 第103回日本皮膚科学会総会 (2004/4.16-18), 京都. 日本皮膚科学会雑誌, 114 (3 臨増): 576, 2004.

723627. [学会 (全国)] (一般講演) らい菌mce1A蛋白の各種細胞に対する侵入能の検討. 佐藤直哉, 藤村響男, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第103回日本皮膚科学会総会 (2004/4.16-18), 京都. 日本皮膚科学会雑誌, 114 (2): 194, 2004.

723628. [学会 (全国)] (一般講演) 皮疹を契機に診断に至ったChurg-Strauss症候群の2例. 江藤宏光1, 三井純雪1, 長橋和矢1, 楠  舞1, 冨田昌宏1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 諏訪部寿子2, 米元康蔵2 (1皮. 2海老名総合病院): 第103回日本皮膚科学会総会 (2004/4/17), 京都.

723629. [学会 (全国)] (一般演題) LRSUの夏季潰瘍に対する“かんぽう茶”の予防効果−4年間調査結果の総合評価−. 増澤幹男1, 前田亜希子1, 増澤真実子1, 宮田聡子1, 勝岡憲生1, 桜井美典2 (1皮. 2武蔵野免疫研究所): 第103回日本皮膚科学会総会 (2004/4/18), 京都. 日本皮膚科学会雑誌, 114 (3 臨増): 630, 2004.

723630. [学会 (全国)] (一般講演) CD4+キラーT細胞の円形脱毛症発症への関与. 向野 哲, 坪井廣美, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮): 第103回日本皮膚科学会総会 (2004/4.16-18), 京都. 日本皮膚科学会雑誌, 114 (10): 1682, 2004.

723631. [学会 (全国)] (一般講演) mce1A蛋白によるらい菌の上皮細胞への侵入. 藤村響男1, 佐藤直哉1, 狩野真帆1, 宮田聡子1, 増澤真実子1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 与儀ヤス子2, 松岡正典3 (1皮. 2感染症研. 3ハンセン病研セ): 第77回日本ハンセン病学会総会・学術大会 (2004/5/20-22), 大宮. Jpn J Lepr, 73 (2): 148, 2004.

723632. [学会 (全国)] (一般講演) プロブコールにより軽快した深在性エリトマトーデス. 徳永千春, 百瀬葉子, 新井春枝 (大和市立病院): 第20回日本臨床皮膚科学会学術大会 (2004/5/22-23), 東京.

723633. [学会 (全国)] (一般講演) 動静脈奇形の合併が考えられた乳児顔面苺状血管腫. 増澤真実子, 楠  舞, 新井 達, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第28回日本小児皮膚科学会 (2004/5), 郡山.

723634. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における関節症性乾癬. 前島英樹, 蘇原しのぶ, 佐藤勘治, 齊藤典充, 勝岡憲生 (皮): 第19回日本乾癬学術大会 (2004/9/4), 山形. 記録集, p.113-114, 2004.

723635. [学会 (全国)] (一般講演) 外来通院乾癬患者47例におけるnarrow band UVB療法の検討. 安藝良一1, 青地聖子2, 浅井寿子2, 脇田加恵2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加病院): 第19回日本乾癬学会 (2004/9/4-5), 山形.

723636. [学会 (全国)] (一般講演) Visualization of nascent tumor angiogenesis by differential dual-color fluorescence imaging in nestin-linked-GFP mice. 天羽康之1,2,3, Lingna Li1, Meng Yang1, Ping Jiang1, 勝岡憲生2, Satoshi Hasegawa1, AR Moossa3, Robert M Hoffman1,3 (1AntiCancer, Inc., San Diego, CA. 2皮. 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): 第63回日本癌学会学術総会 (2004/9/29-10/1), 福岡.

723637. [学会 (全国)] (一般演題) 結核菌mce1領域Inv-3ペプチドの持続発現による非病原性大腸菌のマクロファージ内生存・増殖. 狩野真帆1, 藤村響男2, 増澤幹男2, 勝岡憲生2 (1医療系大学院. 2皮): 第34回日本免疫学会総会 (2004/12/1-3), 札幌. 日本免疫学会総会・学術集会記録, 34: 292, 2004.

723638. [学会 (全国)] (一般講演) 上皮系細胞への侵入に関わる, らい菌mce1A蛋白のactive peptideの検索. 山本芙希1, 藤村響男2, 佐藤直哉2, 狩野真帆1, 増澤幹男2, 勝岡憲生2, 与儀ヤス子3 (1医療系大学院. 2皮. 3感染症研): 日本免疫学会総会・学術集会 (2004/12/1-3), 札幌. 集会記録, 34: 292, 2004.

723639. [学会 (全国)] (一般講演) DNFB誘導マウス接触皮膚炎およびヒト金属アレルギーに対する乳酸菌加熱処理菌末 (EC-12) の抗炎症効果の検討. 中野敏明1, 藤村響男1, 勝岡憲生1, 武川和琴2 (1皮. 2コンビ): 第34回日本皮膚アレルギー学会総会・学術大会 (2004/7/17-18), 富山市. プログラム・抄録集, Vol.34th: 119, 2004.

731089. [研究会] (特別講演) 血管炎と循環障害の境界. 勝岡憲生 (皮): 埼玉皮膚科医会40周年学術大会 (2004/5/9), さいたま市.

731090. [研究会] (特別講演) 血管炎と血行障害. 勝岡憲生 (皮): 日本医師会生涯教育講座, 学術講演会 (2004/7/12), 釧路市.

731091. [研究会] (特別講演) 網状皮斑 (livedo) の意義. 勝岡憲生 (皮): 第5回しまなみ皮膚カンファレンス (2004/9/18), 松山市.

731092. [懇話会] (特別講演) 血管炎と循環障害の境界. 勝岡憲生 (皮): 第34回三浦半島皮膚科懇話会 (2005/2/5), 横須賀市.

731093. [研究会] (特別講演) 血管炎と循環障害の境界−Livedo−. 勝岡憲生 (皮): 第26回関東・甲信越MMC研究会 (2005/2/26), 東京.

731094. [研究会] (特別講演) 血管炎と循環障害の境界−Livedo−. 勝岡憲生 (皮): 第1回山陰皮膚疾患研究会 (2005/3/3), 松江市.

732047. [研究会] (招待された講演) 全身と皮膚−痒みを伴う疾患−. 勝岡憲生 (皮): 臨床カンファレンス (2004/4/28), 鹿島市.

732048. [研究会] (招待講演) 北里大学病院における皮膚外科の実際. 齊藤典充 (皮): 第16回厚木市皮膚科医会 (2004/11/11), 厚木.

733285. [学会 (地方)] (一般講演) ネパールトレッキング帰国後発症したつつが虫病の1例. 安藝良一1, 青地聖子2, 浅井寿子2, 原田晴美2, 衛藤 光2, 横田恭子2, 古川 恵2 (1皮. 2聖路加病院): 第790回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/5/15), 川崎.

733286. [学会 (地方)] (一般講演) 隆起性結節を伴ったボーエン病の1例. 前田亜希子, 冨田昌宏, 齊藤典充, 新井 達, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第790回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/5/15), 川崎.

733287. [学会 (地方)] (一般講演) Basal cell nevus syndromeの1例. 蘇原しのぶ1, 齊藤典充1, 冨田昌宏1, 新井 達1, 高須 博1, 勝岡憲生1, 宇津木 聡2 (1皮. 2脳外): 第790回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/5/15), 川崎.

733288. [学会 (地方)] (一般講演) Superficial granulomatous pyodermaの1例. 鈴木理華, 冨田昌宏, 長橋和矢, 楠  舞, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第790回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/5/15), 川崎.

733289. [学会 (地方)] (一般講演) Eosinophilic cellulitisの1例. 山本都美, 冨田昌宏, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/5/15), 川崎.

733290. [学会 (地方)] (一般講演) ε-アミノカプロン酸による接触皮膚炎の1例. 宮田聡子1, 中村美夏1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 瀧 佳子2 (1皮. 2さがみ生協眼科): 第791回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/6/19), 横浜.

733291. [学会 (地方)] (一般講演) 直腸癌術後の結腸ストーマ周囲に生じた肉芽腫. 徳永千春1, 田辺みどり1, 新井春枝2, 橋本 修2, 福田美穂2 (1皮. 2大和市立病院): 第791回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/6/19), 神奈川.

733292. [学会 (地方)] (一般講演) Acquired reactive perforating collagenosis (ARPC) の1例. 前島英樹1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 新津 望2 (1皮. 2内W): 第791回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/6/19), 神奈川.

733293. [学会 (地方)] (一般講演) 固定薬疹と思われた落葉状天疱瘡の1例. 佐藤勘治, 冨田昌宏, 新井 達, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第791回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/6/19), 神奈川. 予稿集・プログラム, p.17, 2004.

733294. [学会 (地方)] (一般講演) 紅斑局面上に無数の点状出血を伴ったhypereosinophilic syndrome (HES) の1例. 田辺みどり1, 徳永千春1, 新井春枝2 (1皮. 2大和市立病院): 第791回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/6/19), 神奈川.

733295. [学会 (地方)] (一般講演) Mycobacterium abscessusによる非定型抗酸菌症の1例. 高須 博, 新山奈々子, 蘇原しのぶ, 齊藤典充, 宮田聡子, 新井 達, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮): 第792回日本皮膚科学会東京地方会 (合同臨床) (2004/7/17), 東京. 予稿集・プログラム, p.14, 2004.

733296. [学会 (地方)] (一般講演) 左大腿に生じた Reticulohistiocytic Glanulomaの1例. 長橋和矢1, 新山史朗1, 金子 聡1, 饗場伸作1, 向井秀樹2, 藤岡 彰3, 山本明史4 (1皮. 2横浜労災病院. 3大田区. 4国立がんセンター中央): 第792回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/7/17), 東京.

733297. [学会 (地方)] (一般講演) 多彩な皮疹を生じ治療に抵抗性のLupus erythematosus profundus (LE profundus). 鈴木理華, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第55回日本皮膚科学会中部支部総会 (2004/9/11), 金沢.

733298. [学会 (地方) (一般講演) そう痒を伴い急速に進行する円形脱毛症の3例. 齊藤典充, 前島英樹, 向野 哲, 勝岡憲生 (皮): 第55回日本皮膚科学会中部支部学術大会 (2004/9/12), 金沢.

733299. [学会 (地方)] (一般講演) 口唇のSCC. 高須 博, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第793回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/9/18), 横浜. 予稿集・プログラム, p.14, 2004.

733300. [学会 (地方)] (一般講演) レクチゾールが奏効したSLEに伴う深在性エリテマトーデス. 新井 達1, 楠  舞1, 清野みき1, 勝岡憲生1, 赤星 透2 (1皮. 2臨検学): 第793回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/9/18), 横浜. 予稿集・プログラム, p.14, 2004.

733301. [学会 (地方)] (一般講演) Mycobacterium chelonae感染症の1例. 田辺みどり1, 徳永千春1, 新井春枝2, 鹿住祐子3, 御手洗 聡3, 矢野郁也4 (1皮. 2大和市立病院. 3結核研究所. 4日本BCG中央研究所): 第793回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/9/18), 横浜.

733302. [学会 (地方)] (一般講演) Churg-Strauss症候群の1例. 江藤宏光, 三井純雪, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第793回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/9/18), 横浜

733303. [懇話会] (一般講演) IgA沈着を認めないアナフィラクトイド紫斑病. 宮田聡子 (皮): 第3回関東皮膚脈管懇話会 (2004/9/26), 東京.

733304. [学会 (地方)] (一般講演) 長期経過中に間質性肺炎を合併した全身性エリテマトーデス. 百瀬葉子1, 鈴木理華1, 三井純雪1, 白井京美1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 衛藤 光2, 新井春枝3 (1皮. 2聖路加国際病院. 3大和市立病院): 第68回日本皮膚科学会東部支部総会 (2004/10/2), 新潟.

733305. [学会 (地方)] (一般講演) 扁桃摘出が奏功した滴状乾癬と結節性紅斑の合併例. 増澤真実子, 三井純雪, 齊藤典充, 新井 達, 勝岡憲生 (皮): 第794回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/10/16), 横浜.

733306. [学会 (地方)] (一般講演) エクリン汗器官癌の1例. 冨田昌宏, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第794回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/10/16), 横浜.

733307. [学会 (地方)] (一般講演) ボーエン癌の1例. 三井純雪, 新山史朗, 坪井廣美, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第56回日本皮膚科学会西部支部総会 (2004/11/6-7), 久留米.

733308. [学会 (全国)] (一般講演) ヒトパルボウイルスB19感染症によるPapular-Purpuric Gloves and Socks Syndromeの1例. 長橋和矢1, 新山史朗1, 金子 聡1, 饗場伸作2, 向井秀樹2 (1皮. 2横浜労災病院): 第56回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2004/11/6-7), 久留米.

733309. [学会 (地方)] (一般講演) 切断に至った糖尿病性潰瘍の1例−当科における糖尿病性潰瘍のまとめ−. 江藤宏光1, 増澤真実子1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 金森 晃2 (1皮. 2海老名総合病院): 第795回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/11/20), 伊勢原.

733310. [学会 (地方)] (一般演題) シロスタゾールが奏効した外陰部リンパ漏. 増澤幹男, 前田亜希子, 増澤真実子, 宮田聡子, 勝岡憲生 (皮): 第795回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/11/20), 伊勢原.

733311. [学会 (地方)] (一般講演) 日光暴露後に膿疱が誘発したブフェキサマクによる接触性皮膚炎. 白井京美, 新井 達, 長瀬宏子, 坪井廣美, 勝岡憲生 (皮): 第795回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/11/20), 伊勢原.

733312. [学会 (地方)] (一般講演) AIDS患者に発症したB cell lymphomaの1例. 安藝良一1, 青地聖子2, 浅井寿子2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加病院): 第795回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/11/20), 伊勢原.

733313. [学会 (地方)] (一般講演) tufted angiomaの1例. 田辺みどり1, 徳永千春1, 新井春枝2 (1皮. 2大和市立病院): 第795回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/11/20), 伊勢原.

733314. [学会 (地方)] (一般講演) 塩酸ミノサイクリンが著効したAcquired reactive perforating collagenosisの1例. 田辺健一1, 山本都美1, 坪井廣美1,2 (1横浜医療センター. 2皮): 第795回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/11/20), 伊勢原.

733315. [学会 (地方)] (一般講演) 肺転移をきたした基底細胞癌の1例. 蘇原しのぶ, 新井 達, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第795回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/11/20), 伊勢原.

733316. [研究会] (一般講演) 臀部の慢性膿皮症より生じた有棘細胞癌の1例. 清野みき (鹿島労災, 皮): さざんか皮膚科の会 (銚子, 旭, 波崎皮膚科医会) (2004/12/2), 千葉.

733317. [学会 (地方)] (一般演題) 低増殖性内皮系細胞の培養. 増澤幹男, 増澤真実子, 浜田祐子, 藤村響男, 勝岡憲生 (皮): 第796回日本皮膚科学会東京地方会 (2004/12/18), 東京.

733318. [学会 (地方)] (一般講演) 後天性免疫不全症候群の患者に生じた第2期梅毒疹. 宮田聡子1, 藤村響男1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 高山陽子2 (1皮. 2内W): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/1/15), 横浜.

733319. [学会 (地方)] (一般講演) アナフィラクトイド紫斑病の経過中にみられた敗血疹. 齊藤典充, 高須 博, 増澤幹男, 勝岡憲生 (皮): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/1/15), 横浜.

733320. [学会 (地方)] (一般講演) 平滑筋肉腫の1例. 三井純雪1, 楠  舞1, 新井 達1, 高須 博1, 勝岡憲生1, 酒井直彦2 (1皮. 2形外): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/1/15), 横浜.

733321. [学会 (地方)] (一般講演) ヘルペス脳炎の合併を疑ったカポジ水痘様発疹症の1例. 佐藤勘治1, 三井純雪1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 由井進太郎2, 小幡秀一3 (1皮. 2内V. 3厚木市): 第797回日本皮膚科学会東京地方会(2005/1/15), 横浜.

733322. [学会 (地方)] (一般講演) SLEの兄弟例. 安藝良一1, 青地聖子2, 龍野佐知子2, 浅井寿子2, 脇田加恵2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加病院): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/1/15), 横浜.

733323. [学会 (地方)] (一般講演) Gordona blonchialis皮膚感染症の1例. 田辺みどり1, 徳永千春1, 新井春枝2, 藤村響男1, 鹿住祐子3, 矢野郁也4 (1皮. 2大和市立病院. 3結核研究所. 4日本BCG研): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/1/15), 横浜.

733324. [学会 (地方)] (一般講演) 知覚神経障害を生じたサルコイドーシス. 田辺健一1, 山本都美1, 坪井廣美1,2 (1横浜医療センター. 2皮): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/1/15), 横浜.

733325. [学会 (地方)] (一般講演) ネコひっかき病の1例. 山本都美1, 田辺健一1, 坪井廣美1,2 (1横浜医療センター. 2皮): 第797回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/1/15), 横浜.

733326. [研究会] (一般講演) 全身性エリテマトーデスに伴う脱毛の臨床的検討. 新井 達1, 白井京美1, 楠  舞1, 百瀬葉子1, 江藤宏光1, 勝岡憲生1, 衛藤 光2, 新井春枝3 (1皮. 2聖路加病院. 3大和市立病院): 第28回皮膚脈管・膠原病研究会 (2005/1/28-29), 東京. 予稿集・プログラム, p.15, 2005.

733327. [研究会] (一般講演) 側頭動脈炎の1例. 安藝良一1, 青地聖子2, 浅井寿子2, 脇田加恵2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮. 2聖路加病院): 第28回皮膚脈管・膠原病研究会 (2005/1/28-29), 東京.

733328. [研究会] (一般講演) 皮下型悪性血管内皮細胞腫の1例. 江藤宏光1, 三井純雪1, 増澤幹男1, 江藤隆史2 (1皮. 2東京逓信病院): 第28回皮膚脈管・膠原病研究会 (2005/1.27), 東京.

733329. [懇話会] (一般講演) 特異なアナフィラクトイド紫斑病の2例. 齊藤典充 (皮): 第4回関東皮膚脈管懇話会 (2005/2/6), 東京.

733330. [学会 (地方)] (一般講演) 紅斑が先行したAngioedema with eosinophilia. 前島英樹, 齊藤典充, 勝岡憲生 (皮): 第295回日本皮膚科学会長崎地方会例会 (2005/2/13), 長崎.

733331. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性砒素中毒による多発性ボーエン病. 百瀬葉子, 蘇原しのぶ, 三井純雪, 新井 達, 高須 博, 勝岡憲生 (皮): 第68回日本皮膚科学会東京支部総会 (2005/2/19), 東京.

733332. [学会 (地方)] (一般演題) 上皮系細胞の侵入に関わる, らい菌mce1A蛋白のactive pepetideの検索. 山本芙希1, 藤村響男2, 佐藤直哉2, 狩野真帆1, 増澤幹男2, 勝岡憲生2 (1医療系大学院. 2皮): 第798回日本皮膚科学会東京地方会 (2005/3/19), 東京.


<<泌尿器科学>>

[学術論文]

110160. [原著] Laparoscopic pyeloplasty for ureteropelvic junction obatruction: Outcome of initial 12 procedures. 岩村正嗣1, 宋 成浩1, 入江 啓1, 門脇和臣2, 松下 靖3, 藤岡知昭3, 馬場志郎1 (1泌. 2北研. 3岩手大): International Journal of Urology, 11: 449-455, 2004.

110161. [原著] Route of administration Influences the antitumor effects of bone marrow-derived dendritic cells engineered to produce interleukin-12 in a metastatic mouse prostate cancer model. 雑賀隆志1, 佐藤威文2, 日下信行1, 江原 伸1, Vladimir B Mouraviev1, Terry L Timme1, Timothy C Thompson1 (1ベイラ−医大. 2泌): Cancer Gene Therapy, 11: 317-324, 2004.

110162. [原著] Impact of biochemical failure on long-term clinical outcome after radical prostatectomy for prostate cancer in Japan. 頴川 晋1, 松井喜之2, 松本和将1, 須山一穂1, 荒井陽一2, 桑尾定仁3, 馬場志郎1 (1泌. 2倉敷中央. 3病理): Prostate Cancer and Prostatic Diseases, 7: 152-157, 2004.

110163. [原著] Kidney Disease Quality of Life of Japanese Dialysis Patients Who Desire Administration of Sildenafil and the Treatment of Erectile Dysfunction Using Sildenafil. 兵藤 透1, 石田裕則2, 増井則昭2, 平良隆保1, 山本スミ子1, 岡 美智代3, 内田豊昭4, 遠藤忠雄5, 酒井 糾6, 吉田一成7, 馬場志郎7 (1横浜第一. 2石田病院. 3厚木クリ. 4東海大八王子. 5埼玉県央. 6小児腎疾患総合管理研究所. 7泌): Therapeutic Apheresis and Dialysis, 8 (4): 340-346, 2004.

110164. [原著] An Application of the Fluorescence Differential Display Method to Clone Genes Related to Prostate Cancer. 伊東一郎1, 陳 偉強2, 松本和将2, 入江 啓2, 内田豊昭3, 頴川 晋2, 馬場志郎2 (1予防医学系. 2泌. 3東海大八王子): 北里医学, 33 (5): 311-319, 2004.

110165. [原著] ENHACED SYSTEMIC T-CELL ACTIVATION AFTER IN SITU GENE THERAPY WITH RADIOTHERAPY IN PROSTATE CANCER PATIENTS. 佐藤威文1, Bin S The2, Terry L Timme2, Wei-Yuan Mai2, Yehoshua Gdor2, 日下信行2, 藤田哲夫1, Christina K Pramudji2, Maria T Vlachaki2, Gustavo Ayala2, Thomas Wheeler2, Robert Amato2, Brian J Miles2, Dov Kadman2, E Braian Butler2, Timothy C Thompson2 (1泌. 2ベイラ−医大): Int J Radiation Biol Phys, 59 (2): 562-571, 2004.

110166. [原著] Quality of life after laparoscopic or open radical prostatectomy : interim report on mulyi-institution-al longitudinal study in japan. Shunichi Namiki1, 頴川 晋2, 馬場志郎2, Yukio Usui3, Toshiro Teracti3, Koji Yoshimura4, Akito Terai4, Tatsuo Tochigi5, Sadafumi Kawamura5, Masaaki Kuwahara5, Masataka Aizawa6, Naomasa Ioritani6, Seiichi Saito7, Yoichi Arai7 (1東北大. 2泌. 3東海大. 4倉敷. 5宮城県立がんセンター. 6仙台社会保険. 7東北大): Jpn J Endourol ESWL, 17: 211-215, 2004.

110167. [原著] Clonality analysis of T cells mediating acute and chronic rejection in kidney allografts. 小幡文弥1, 吉田一成2, Y Ikeda1, 大久保みどり3, 斎藤 毅2, 竹内康雄4, 篠原信賢3, 遠藤忠雄5, 馬場志郎2 (1医衛. 2泌. 3免疫. 4内W. 5埼玉県央): Transplant Immunology, 13: 233-237, 2004.

110168. [原著] High molecular mass proteome of androgen-independent prostate cancer. 車 英俊1, 頴川 晋1, Masamichi Oh-Ishi2, Yoshio kodera2, Mamoru Satoh2, Weigiang Chenw2, 大草 洋1, 松本和将1, Tadakazu Maeda2, 馬場志郎1 (1泌. 2理学部): Proteomics, 4: 1097-1112, 2005.

110169. [原著] Predicting the presence and side of extracapsular extension: a nomogram for staging prostate cancer. 大堀 理1, Kattan MW2, 黄 英茂1, 丸 典夫1, Slawin KM2, Shariat S2, 村本将俊1, Reuter VE2, Wheeler TM2, Scardino PT2 (1泌. 2ベイラ−医大): J Urol, 5; 171 (5): 1844-1849, 2004.

110170. [原著] RECOVERY OF QUALITY OF LIFE IN YEAR AFTER LAPAROSCOPIC OR RETROPUBIC RADICAL PROSTATECTOMY: A MULTI-INSTITUTIONAL LONGITUDINAL STUDY. 並木俊一1, 頴川 晋2, 馬場志郎2, 寺地敏郎3, 臼井幸男3, 寺井章人4, 栃木達夫5, 桑原正明5, 庵谷尚正6, 荒井陽一1 (1東北大. 2泌. 3東海大. 4倉敷中央. 5宮城県立がんセンター. 6仙台社会保険): UROLOGY, 65 (3): 517-523, 2005.

110171. [原著] Proteome analysis of prostate cancer. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大石正道2, 小寺義男2, 前田忠計2 (1泌. 2理学部): Prostate Cancer and Prostatic Diseases, 8: 14-21, 2005.

120058. [原著] マイクロ波擬固装置 (マイクロターゼR ) を用いた腹腔鏡下腎部分切除術の有用性と適応. 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): J Microwave Surgery, 22: 137-140, 2004.

120059. [原著] 泌尿器科周術期における抗菌薬の使用方法についてのアンケート報告. 山本新吾1, 金丸聰淳1, 小川 修1, 他2, 岩村正嗣3, 佐藤威文3, 馬場志郎3, 他4 (1京都大. 2岡山大, 藤田保健衛生大, 九州大. 3泌. 4神戸大, 札幌医大, 岐阜大, 東京慈恵医大, 産業医大): 泌尿紀要, 50 (11): 779-786, 2004.

120060. [原著] 限局性前立腺癌に対する経直腸的高密度焦点式超音波 (high-intensity focused ultrasound:HIFU) 療法の臨床成績. 内田豊昭1, 山下英之2, 大草 洋2, 長田恵弘1, 嶺井定紀2, 佐藤威文2, 入江 啓2, 兵藤 透3 (1東海大八王子. 2泌. 3横浜第一): Japanese Journal of Endourology and ESWL, 17 (2): 235-241, 2004.

120061. [原著] 水腎症を伴う傍腎盂嚢胞に対する体腔鏡下嚢胞壁切除術. 黒坂眞二, 岩村正嗣, 松田大介, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 泌尿紀要, 51 (1): 1-4, 2005.

120062. [原著] 臨床研究−塩酸セベラマーの投与経験(1):副作用としての便秘の克服. 兵藤 透1, 平良隆保1, 山本スミ子2, 若井陽希1, 竹村 徹1, 土田繭美3, 車 英俊3, 吉田一成3, 酒井 糾4, 日台英雄1, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2厚木ク. 3泌. 4小児腎疾患総合管理研究所): 泌尿器外科, 18 (3): 239-247, 2005.

120063. [原著] BCG膀胱内注入療法後に発症した関節炎の検討. 嶺井定紀, 入江 啓, 陳 偉強, 黒坂眞二, 田畑健一, 黄 英茂, 石井大輔, 岩村正嗣, 内田豊昭, 志村 哲, 馬場志郎 (泌): 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (4): 657-662, 2004.

220054. [準原著] 長期透析患者への腎移植−その問題点と解決方法−. 吉田一成1, 田岡佳憲1, 斎藤 毅1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1, 遠藤忠雄2 (1泌. 2埼玉県央): 泌尿器外科, 17 (臨増): 523-528, 2004.

220055. [準原著] 腎癌−最新の診断と治療法−. 執印太郎1, 岩村正嗣2, 横山雅好3 (1高知大. 2泌. 3愛媛大): BSラジオNIKKEI医学特別番組 <明日の治療指針>, p.1-14, 2004.

220056. [準原著] レシピエントのMarginal症例の腎移植あなたならどうする? 長期透析患者への腎移植 その問題点と解決方法. 吉田一成, 田岡佳憲, 斎藤 毅, 岩村正嗣, 馬場志郎, 遠藤忠雄 (泌): 泌尿器外科, 17 (増): 523-528, 2004/6.

220057. [準原著] <シャントの諸問題> 血液透析動静脈シャントのトラブル評価法 DUS, DSA, MRA, 3DCTAの比較. 西巻 博1, ウッドハムス玲子1, 矢内原 久1, 山本紳一郎2, 瀧川政和1, 松永敬二1, 田岡佳憲3, 吉田一成3, 早川和重1 (1放. 2法医. 3泌): 腎移植・血管外科, 15 (2): 119-132, 2004.

320072. [症例報告] 尿路扁平上皮化生の1例. 内田豊昭1, 大草 洋2, 山下英之2, 長田恵弘1 (1東海大八王子. 2泌): 泌尿紀要, 50: 207-209, 2004.

320073. [症例報告] 膀胱瘻を形成した卵巣類皮嚢腫の1例. 田畑健一1, 長倉和彦2, 平野 功3, 馬場志郎1 (1泌. 2西窪. 3平野クリ): 泌尿紀要, 50: 219-221, 2004.

320074. [症例報告] 潰瘍性大腸炎 (UC) の術後に発症した被嚢性腹膜硬化症 (EPS) の一例. 羽村素子1, 守屋利佳1, 橋本ヒロコ1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 土田繭子2, 吉田一成2 (1内W. 2泌): 第18回神奈川県CAPD研究会誌, p.5-9, 2005.

510012. [総説] Where we stand with gene therapy for bladder cancer. Zhiping Wang1, 松本和将2, Seth Lerner3, Ronald Rodriguez1 (1Johns Hopkins大. 2泌. 3ベイラ−医大): Contemporary Urology, 16: 28-33, 2004.

510013. [総説] Current advances in gene therapy for kidney cancer. 松本和将, 入江 啓, 佐藤威文, 岩村正嗣, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): Res Adv in Cancer, 4: 39-51, 2004.

510014. [総説] In Situ Gene Therapy for Prostate Cancer. 佐藤威文, 入江 啓, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): Current gene therapy, 5 (1): 111-119, 2005.

520203. [総説] 内分泌療法による制癌後の中止基準−2. 前立腺癌における内分泌療法中止後のホルモンレベル,およびPSA値の変化−. 佐藤威文, 松本和将, 頴川 晋 (泌): 泌尿器外科, 17 (8): 921-925, 2004.

520204. [総説] 腎腫瘍の画像診断. 松本和将, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 腎と透析, 57: 159-163, 2004.

520205. [解説] 腎移植に関する調査 (平成15年度) の分析結果について. 吉田一成 (泌): 神奈川県透析施設連絡協議会報, 19: 16-18, 2004.

520206. [総説] 男性更年期障害に特に気をつけたい泌尿器疾患−前立腺肥大症とその治療に伴う男性機能障害−. 車 英俊, 馬場志郎 (泌): Modern Physician, 24 (3): 319-322, 2004.

520207. [総説] 特集: ガイドラインに基づく腎尿路疾患診療−診断・予防・治療 [泌尿器科疾患] 尿路結石症の診断・予防・治療−. 荒川 孝 (泌): 腎と透析, 56 (5): 726-732, 2004.

520208. [総説] 特集: <尿路結石症の診断・治療の流れ> ESWL, TUL, PNLの実際と看護のポイント. 荒川 孝1, 大西ひとみ2, 横田千恵2, 中村たい子3 (1泌. 2看護部. 3相模台病院): Urological Nursing, 9 (2): 27-34, 2004.

520209. [総説] 特集: Endourologyと先端Technology −高エネルギー焦点式超音波 (HIFU) を用いた腹腔鏡下腎部分擬固術の基礎実験−. 岩村正嗣 , 松下一仁, 田畑健一, 奥野紀彦, 馬場志郎 (泌): Jpn J Endourol ESWL, 17: 134-139, 2004.

520210. [総説] 特集: 透析患者の栄養評価における新理論と新技術. Z Subjective global assessmentによる透析患者の栄養評価. 兵藤 透1, 具志堅夏子1, 山本スミ子2, 吉田一成3, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3泌): 臨牀透析, 20 (12): 49-58, 2004.

520211. [総説] 特集: 再生医学 クローン・幹細胞から医療へ 診断の指針・治療の指針「前立腺癌に対する新しい放射線治療」. 佐藤威文1, 北野雅史2, 石山博條2, 陳 偉強1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 総合臨牀, 54 (1): 187-189, 2004.

520212. [総説] 尿路結石破砕治療. 荒川 孝1, 久保星一2, 馬場志郎1 (1泌. 2相模台): 「日本醫事新報」別刷, 4206: 25-32, 2004.

520213. [総説] バイアグラ希望血液透析患者のQOL, 性機能およびその投与治療経験と現時点における本邦および海外における投与状況. 兵藤 透1, 山本スミ子2, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3泌): 透析会誌, 37 (7): 1475-1478, 2004.

520214. [総説] 《リン吸着薬》塩酸セベラマ−. 兵藤 透1, 平良隆保1, 若井陽希1, 竹村 徹1, 山本スミ子2, 吉田一成3, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3泌): CLINICAL CALCIUM, 15 (1): 61-70, 2004.

[著 書]

610003. [教科書] (分担執筆) Recent Advances in Endourology 5 「New Challenges in Laparoscopic Urologic Surgery」; Laparoscopic Partial Nephrectomy for Renal Cell Carcinoma: Japanese Experience, p.55-67. Hayakazu Nakazawa1, Hiroshi Toma1, Tadashi Matsuda2, 岩村正嗣3, 馬場志郎3, Eiji Higashihara4 (1東京女医大. 2関西医大. 3泌. 4杏林大), 編集 E Higashihara, S Naito, T Matuda, Springer, 東京, 2004発行.

610004. [学術書] (分担執筆) Recent Research Developments In. Cancer; Immunomodulatory in situ gene therapy for prostate cancer: 6, p.179-190. 佐藤威文, 頴川 晋, 松本和将, 藤田哲夫, 田畑健一, 大草 洋, 入江 啓, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌), 編集 SG Pandalai, 監修 A Gayathri, Transworld Research network, India, 2004発行.

610005. [教科書] (分担執筆) Recent Advances in Endourology 6: 「Endourooncology」New Horizons in Endourology; High-Intensity Focused Ultrasound(HIFU) for the Treatment of Localized Prostate Cancer Recent Advances in Endourology, p.99-113. 内田豊昭1, 大草 洋2, 山下英之2, 長田恵弘1 (1東海大八王子. 2泌), 編集 H Kumon, M Murai, 馬場志郎1 (1泌), Springer, 東京, 2005発行.

620132. [学術書] (分担執筆) 臨床泌尿器科 特集: イラストレイテッド 泌尿器科手術 58増刊号 (4); 腹腔鏡下腎盂形成術, p.317-326. 岩村正嗣 (泌), 編集 村井 勝, 郡 健二郎, 藤岡知昭, 医学書院, 東京, 2004/4/5発行.

620133. [学術書] (分担執筆) 泌尿器科周術期管理のすべて; 腹腔鏡手術−腹腔鏡下腎盂形成術−, p.134-140. 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌), 編集 荒井陽一, 松田公志, メジカルビュー社, 東京, 2004.

620134. [その他の著書 (概説書)] (分担執筆) Urology View, 特集: 泌尿器科感染症対策; 泌尿器科領域における術後感染症防止対策: 腹腔鏡下手術, Urology View 3 (1): 62-66. 岩村正嗣, 佐藤威文, 馬場志郎 (泌), メジカルビュー社, 東京, 2004発行.

[学会・研究会等]

712031. [学会 (国際)] (シンポジウム) ENHANCED SYSTEMIC T-CELL RESPONSES FOLLOWING COMBINATION IN SITU GENE THERAPY + RADIOTHERAPY OR HORMONAL THERAPY FOR PROSTATE CANCER. 木村将貴1, 佐藤威文1, The BS2, Timme TL2, Mai WY2, Vlachaki MT2, Nobuyuki Kusaka2, 藤田哲夫1, Abd El2, Fattah EM2, Gdor Y2, Kadmon D2, Butler EB2, Thompson TC2 (1泌. 2ベイラ−医大): 10th international charles Heidelbeger Symposium (2004/11/4-7), 湘南.

<学会(国際)平成15年度未掲載分>
713139. [学会 (国際)] (一般講演) Effective suicide gene transfer strategy by a chimeric adenovirus vector to bladder cancer. 松本和将1, Jian W2, Yotnda P2, Freund CT2, Olmsted-Davis EA2, Davis AR2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 98th Annual Meeting American Urological Association (2003/4/25-5/1), Chicago, IL, USA.

713140. [学会 (国際)] (一般講演) Loss of coxsackie adenovirus receptor expression is associated with bladder cancer grade, stage and survival. 松本和将1, Ayala GE2, Shariat SF2, Rauen KA2, Li R2, Vazina A2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 98th Annual Meeting American Urological Association (2003/4/25-5/1), Chicago, IL, USA.

713141. [学会 (国際)] (一般講演) Preoperative plasma soluble E-cadherin predicts lymph nodes metastases and disease progression in patients undergoing radical cystectomy. 松本和将1, Shariat SF2, Casella R2, Freund CT2, Wheeler TM2, Slawin KM2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 98th Annual Meeting American Urological Association (2003/4/25-5/1), Chicago, IL, USA.

713142. [学会 (国際)] (一般講演) FK228 increases adenovirus transgene expression and enhances adenovirus mediated suicide gene therapy in human bladder cancer cells. Jian W1, Li L1, 松本和将2, Jiang Yu1, Davis AR1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 6th Annual Meeting American Society of Gene Therapy (2003/6/4-8), Washington DC, USA.

713143. [学会 (国際)] (一般講演) Combination therapy of radiation and cytotoxic gene transfer using chimeric adenovirus vector for bladder cancer. 松本和将1, Freund CT2, Jian W2, Yotnda P2, Olmsted-Davis EA2, Davis AR2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 6th Annual Meeting American Society of Gene Therapy (2003/6/4-8), Washington DC, USA.

713144. [学会 (国際)] (一般講演) Cell cycle effects of combination adenovirus-mediated suicide gene therapy and chemotherapy in bladder cancer. Freund CT1, 松本和将2, Jian W1, Yu J1, Davis AR1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 94th Annual Meeting American Association for Cancer Research (2003/6/11-15), Washington DC, USA.

713145. [学会 (国際)] (一般講演) A novel chimeric adenovirus vector enhances suicide gene therapy for bladder cancer. 松本和将1, Jian W2, Yotnda P2, Freund CT2, Olmsted-Davis EA2, Davis AR2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 94th Annual Meeting American Association for Cancer Research (2003/6/11-15), Washington DC, USA.

713146. [学会 (国際)] (一般講演) Combination of adenovirus mediated suicide gene therapy with the histone deacetylase inhibitors butyrate, phenylbutyrate and electroporation in bladder cancer in vitro and in vivo. Jian W1, Li L1, 松本和将2, Freund CT1, Chen SY1, Davis AR1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 94th Annual Meeting American Association for Cancer Research (2003/6/11-15), Washington DC, USA.

713147. [学会 (国際)] (一般講演) Urinary levels of soluble E-cadherin in the detection of transitional cell carcinoma of the bladder cancer. 松本和将1, Shariat SF2, Casella R2, Jian W2, Ayala GE2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 82nd Annual Meeting the South Central Section of the American Urological Association (2003/9/6-10), Boston, MA.

713148. [学会 (国際)] (一般講演) Gene therapy for bladder cancer using a chimeric adenovirus vector. 松本和将 (泌): Wolf Visiting Professor 2003 Research Conference (2003/10/29), Houston, TX.

713149. [学会 (国際)] (一般講演) Urinary levels of soluble E-cadherin in the detection of transitional cell carcinoma of the bladder cancer. 松本和将1, Shariat SF2, Casella R2, Jian W2, Ayala GE2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 1st Cancer Center Retreat & Symposium (2003/11/7), Houston, TX.

713150. [学会 (国際)] (一般講演) Loss of coxsackie adenovirus receptor expression is associated with bladder cancer grade, stage and survival. 松本和将1, Shariat SF2, Ayala GE2, Vazina A2, Rauen KA2, Li R2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 1st Cancer Center Retreat & Symposium (2003/11/7), Houston, TX.

713151. [学会 (国際)] (一般講演) Effictive of the histone deacetylase inhibitor FK228 in improving adenoviral mediated gene expression and suicide gene therapy in TCC-SUP cell. Jian W1, 松本和将2, Yu J1, Davis A1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 1st Cancer Center Retreat & Symposium (2003/11/7), Houston, TX.

713152. [学会 (国際)] (一般講演) Combination therapy of radiation and cytotoxic gene transfer using chimeric adenovirus vector for bladder cancer. 松本和将1, Freund CT2, Jian W2, Yotnda P2, Olmsted-Davis EA2, Davis AR2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 1st Cancer Center Retreat & Symposium (2003/11/7), Houston, TX.

713153. [学会 (国際)] (一般講演) Raloxifene in combination with cytotoxic chemotherapy in bladder cancer in vitro. Yu J1, Kim M1, 松本和将2, Kim YI1, Smith CL1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 1st Cancer Center Retreat & Symposium (2003/11/7), Houston, TX.

713154. [学会 (国際)] (一般講演) Effictive of the histone deacetylase inhibitor FK228 in improving adenoviral mediated gene expression and suicide gene therapy in TCC-SUP bladder cancer. Jian W1, Li Ling1, 松本和将2, Yu J1, Freund CTF1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 5th Annual Retreat of Cell and Gene Therapy (2003/11/20-21), Galveston TX.

713155. [学会 (国際)] (一般講演) Combination therapy of radiation and cytotoxic gene transfer using chimeric adenovirus vector for bladder cancer in vitro. 松本和将1, Freund CT2, Jian W2, Yu Jiang2, Yotnda P2, Olmsted-Davis EA2, Davis AR2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 5th Annual Retreat of Cell and Gene Therapy (2003/11/20-21), Galveston TX.

713156. [学会 (国際)] (一般講演) RACIAL DIFFERENCES IN ZONAL DISTRIBUTION OF PROSTATE CANCER IN RADICAL PROSTATECTOMY SPECIMENS. 石井淳一郎1, 大堀 理1, Gustavo E Ayala2, Thomas M Wheeler2 (1泌. 2ベイラ−医大): 第93回米国カナダ病理学会 (2004/3/9), バンクーバー, カナダ.

713157. [学会 (国際)] (一般講演) Raloxifen in combination with cytotoxic chemotherapy in bladder cancer in vitro. Yu J1, Kim M1, 松本和将2, Kim IY1, Shen S1, Smith CL1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 95th Annual Meeting American Association for Cancer Research (2004/3/27-31), Orlando, FL, USA.

713158. [学会 (国際)] (一般講演) Effects of the histone deacetylase inhibitor FK228 in improving adenoviral mediated gene expression and suicide gene therapy in human TCC-sup bladder cancer. Jian W1, Li L1, 松本和将2, Yu J1, Shen S1, Freund CTF1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 95th Annual Meeting American Association for Cancer Research (2004/3/27-31), Orlando, FL, USA.

<学会(国際)平成16年度分>
713159. [学会 (国際)] (一般講演) Differential expression of estrogen receptor α and βin bladder cancer cell lines and human bladder tumor tissue. Shen SS1, Yu J KimIY1, Jian W1, 松本和将2, Kim MM1, Sonpavde G1, Smith C1, Ayala GE1, Younes M1, Lerner SP1 (1ベイラ−医大. 2泌): 99th Annual Meeting American Urological Association (2004/5/8-13), San Francisco.

713160. [学会 (国際)] (一般講演) A chimeric adenovirus vector enhances suicide gene therapy forbladder cancer. 松本和将1, Freund CT2, Jian W2, Yu J2, Richardson BE2, Davis A2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラー医大): 99th Annual Meeting American Urological Association (2004/5/8-13), San Francisco.

713161. [学会 (国際)] (一般講演) ENHANCED SYSTEMIC T-CELL RESPONSES FOLLOWING COMBINATION IN SITU GENE THERAPY + RADIOTHERAPY OR HORMONAL THERAPY FOR PROSTATE CANCER. 佐藤威文1, Bin S Teh2, Terry L Timme2, Wei-Yuan Mai2, Maria T Vlachaki2, Nobuyuki Kusaka2, 藤田哲夫1, El Moataz Abd2, El Fattah2, Yehoshua Gdor2, Dov Kadmon2, E Brian Butler2, Timothy C Thompson2 (1泌. 2ベイラ−医大): 第99回AUA 2004 Annual Meeting (2004/5/10), サンフランシスコ. The Journal of Urology, 171 (4): 283-284, 2004.

713162. [学会 (国際)] (一般講演) ROUTE OF ADMINISTRATION INFLUENCES THE ANTI-TUMOR EFFECT OF BONE MARROW DERIVED DENDRITIC CELLS ENGINEERED TO PRODUCE INTERLEUKIN-12 IN A METASTATIC MOUSE PROSTATE CANCER MODEL. 雑賀隆志1, 佐藤威文2, 日下信行1, 江原 伸1, Vladimir B Mouraviev3, Hiromi Kumon1, Terry L Timme, Timothy C Thompson3 (1岡山大. 2泌. 3ベイラ−医大): AUA 2004 Annual Meeting (2004/5/10), サンフランシスコ. The Journal of Urology, 171 (4): 283-284, 2004.

713163. [学会 (国際)] (一般講演) PRSENCE OF PERIPHERAL ZONE CANCER AT APICAL SHAVE IS IMPORTANT PROGNOSTIC FACTOR. 石井淳一郎1, 大堀 理1, Michael W Kattan2, Peter T Scardino2, Toshiki Tsuboi2, Kevin M Slawin3, Thomas M Wheeler3 (1泌. 2MSKCC. 3ベイラー医大): 第99回米国泌尿器科学会総会 (2004/5/10), サンフランシスコ.

713164. [学会 (国際)] (一般講演) IL-12 Transduced Bone Marrow Cells Home to Bone and Generate Anti-Metastatic Activities in a Mouse Prostate Cancer Model. Hongyu Wang1, Guang Yang1, Terry L Timme1, 藤田哲夫2, Koji Naruishi1, Xiaorong Ji1, Malcolm K Brenner1, Dov Kadmon1, Timothy C Thompson1 (1ベイラ−医大. 2泌): 7th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (2004/6), Minneapolis.

713165. [学会 (国際)] (一般講演) Synergism of combined radiation and suicide gene therapy using a chimeric adenovirus vector for bladder cancer. 松本和将1, Freund CT2, Jian W2, Yu J2, Yotnda P2, Davis AR2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 7th Annual Meeting American Society of Gene Therapy (2004/6/2-6), Mineapollis, USA.

713166. [学会 (国際)] (一般講演) Enhanced Therapeutic Effect of Adenoviral Vector-Mediated RTVP-1 Gene Therapy in Combination with Irradiation for Prostate Cancer. 藤田哲夫1, Koji Naruishi2, Nobuyuki Kusaka2, 佐藤威文1, Xiaorong Ji2, Jianxiang Wang2, Xiaohong Zhu2, Guang Yang2, Alexei A Goltsov2, Terry T Timme2, Maria T Vlachaki2, Bin S Teh2, E Brian Butler2, Timothy C Thompson2 (1泌. 2ベイラー医大): 7th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (2004/6/2-6), Minneapolis.

713167. [学会 (国際)] (ワークショップ) Combination Adenoviral Vector-Mediated Interleukin 12 Gene Therapy Plus Radiotherapy for Prostate Cancer. Bin Sing Teh1, Robert J Amato1, 藤田哲夫2, Terry L Timme1, Brian J Miles1, Gustavo Ayala1, Thomas M Wheeler1, Dov Kadmon1, E Brian Butler1, Timothy C Thompson1 (1ベイラ−医大. 2泌): 12th SPORE Investigators' Workship (2004/8), Baltimore.

713168. [学会 (国際)] (ワークショップ) IL-12 Transduced Bone Marrow Cells Home to Bone and Generate Anti-Metastatic Activities in a Mouse Prostate Cancer Model. Hongyu Wang1, Guang Yang1, Terry L Timme1, 藤田哲夫2, Koji Naruishi1, Xiaorong Ji1, Malcolm K Brenner1, Dov Kadmon1, Timothy C Thompson1 (1ベイラ−医大. 2泌): 12th SPORE Investigators' Workship (2004/8), Baltimore.

713169. [学会 (国際)] (一般講演) Analysis of Cytokines and Anti-HLA Antibodies in Kidney Transplantation: Transforming Growth Factor-Betal Exhibitis a Protective Effect on Chronic Rejection. 小幡文弥1, 吉田一成2, 大久保みどり3, 竹内康雄4, 田岡佳憲2, 篠原信賢5, 遠藤忠雄6, 馬場志郎2 (1医衛. 2泌. 3予防医学系. 4内W. 5免疫. 6埼玉県央): 第20回国際移植学会 (2004/9/5-10), ウィーン.

713170. [学会 (国際)] (一般講演) Cooperative Effects of Adenoviral Vector-Mediated Interleukin 12 Gene Therapy and Radiotherapy in a Preclinical Model of Metastatic Prostate Cancer. 藤田哲夫1, Terry L Timme2, Koji Naruishi2, Nobuyuki Kusaka2, Julie X Zhu2, Guang Yang2, Alexei Goltsov2, Maria T Vlachaki2, Bin S Teh2, E Brian Butler2, Timothy C Thompson2 (1泌. 2ベイラ−医大): 2nd Annual Cancer Center Symposium (2004/10), Houston.

713171. [学会 (国際)] (一般講演) IL-12 Gene Modified Bone Marrow Stem Cell Therapy in a Mouse Model of Metastatic Prostate Cancer. Hongyu Wang1, Guang Yang1, Terry L Timme1, 藤田哲夫2, Koji Naruishi1, Xiaorong Ji1, Malcolm K Brenner1, Dov Kadmon1, Timothy C Thompson1 (1ベイラ−医大. 2泌): 2nd Annual Cancer Center Symposium (2004/10), Houston.

713172. [学会 (国際)] (一般講演) Combinatorial Effect of Adenoviral Vector Mediated Interleukin 12 Gene Therapy with Radiotherapy in a Preclinical Model of Metastatic Prostate Cancer. 藤田哲夫1, Bin S Teh2, Koji Naruishi2, Nobuyuki Kusaka2, 佐藤威文1, Xiaohong Zhu2, Xiaorong Ji2, Guang Yang2, Terry L Timme2, Maria T Vlachaki2, E Brian Butler2, Timothy C Thompson2 (1泌. 2ベイラ−医大): 46th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (2004/10), Atlanta.

713173. [学会 (国際)] (一般講演) Novel therapeutic approach for bladder cancer: synergistic effects with combined radiation and suicide gene therapy using a chimeric adenovirus vector. 松本和将1, Freund CTF2, Teh BS2, Yu J2, Jian W2, Vlachaki MT2, Davis AR2, Butler EB2, Lerner SP2 (1泌. 2ベイラ−医大): 46th Annual Meeting American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (2004/10/3-7), Atlanta, GA, USA.

713174. [学会 (国際)] (一般講演) The Combination Therapy With Oxacalcitriol and Menatetrenone(Vitamin K2) Greatly Enhances γ-carboxylation in the Normo-High Turnover Bone. 兵藤 透1, 吉田一成2, 田畑健一2, 平良隆保1, 馬場志郎2 (1横浜第一. 2泌): ASN 37th Annual Meeting & Scientific Exposition (2004/10/27), セントルイス.

713175. [学会 (国際)] (一般講演) Combination radio-suicide gene therapy using a chimeric adenovirus for treatment of bladder cancer. 奥野紀彦1, 松本和将1, Bin STeh2, Weigo Jian2, Maria T Vlachaki2, Aran R Davis2, Seth P Lerner2 (1泌. 2ベイラ−医大): 2nd cancer center symposium (2004/10), Houston USA.

713176. [学会 (国際)] (一般講演) Preoperative soluble E-cadherin predicts lymph nodes metastases and disease progression in patients undergoing radical cystectomy. 松本和将, 入江 啓, 佐藤威文, 松田大介, 宋 成浩, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 7th Annual Meeting the international urological conference of the republic of China (2004/11/6), Taipei, Taiwan, ROC.

713177. [学会 (国際)] (一般講演) Combined effects with combined radiation and suicide gene therapy using a chimeric adenovirus for bladder cancer in animal model. 奥野紀彦1, 松本和将1, Julie X Zhu2, Bin STeh2, Weigo Jian2, Maria T Vlachaki2, Aran R Davis2, Seth P Lerner2 (1泌. 2ベイラ−医大): Cell and Gene Therapy association (2004/11/19), Galveston USA.

713178. [学会 (国際)] (一般講演) Computer simulated additionally deep apical biopsy enhances cancer detection in non-palpable prostate gland. Yamada H1, Shimomura T1, Miki K1, Koide H1, Yusu H1, Numazaki S1, 松本和将2, 頴川 晋2, 馬場志郎2 (1ベイラー医大. v泌): 5 th Urological Research Forum Okinawa (2005/1/28-29), 那覇.

722074. [学会 (全国)] (シンポジウム) TUR-Pの長期成績. 頴川 晋, 車 英俊, 田岡佳憲, 佐藤威文, 小柴 健, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 138, 2004.

722075. [学会 (全国)] (シンポジウム/司会のことば) 「New technologyが創造する泌尿器科の近未来」. 松田公志1, 馬場志郎2 (1関西医大. 2泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 155, 2004.

722076. [学会 (全国)] (シンポジウム) 3次元画像解析の導入と臨床応用. 岩村正嗣1, 棚橋善克2, 馬場志郎1 (1泌. 2高森クリ): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 157, 2004.

722077. [学会 (全国)] (シンポジウム) 泌尿器科における腹腔鏡下副腎摘除術の教育・トレーニング. 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第16回日本内分泌外科学会総会 (2004/5/18), 東京.

723640. [学会 (全国)] (ワークショプ) Proteome Analysis of Androgen independent Prostate Cancer. 車 英俊 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/10), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 292, 2004.

723641. [学会 (全国)] (ビデオ) 体腔鏡下前立腺全摘除術におけるDVC無結紮法による前立腺尖部処理と膀胱尿道吻合. 寺地敏郎1, 臼井幸男1, 島 正則1, 徳永正俊1, 小林泰之1, 佐々木 裕1, 山下英之2, 星 昭夫1, 宮北英司1, 小方康生3, 恩田 一3, 稲土博右3, 青木麻奈3 (1東海大. 2泌. 3静岡市立清水): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 311, 2004.

723642. [学会 (全国)] (ポスター) 系統的多所性生検で既に診断を受けた前立腺癌患者に対する治療前の再生検は病理病期を正確に予測できるか? 大堀 理1, シルカー カニシカ2, 黄 英茂1, スカルディーノ ピーター2, ロイター ビクター2 (1泌. 2メモリアルスロンケタリング癌センター): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 358, 2004.

723643. [学会 (全国)] (一般講演) 経尿道的前立腺エタノール注入術の効果発現, メカニズムの検討. 古賀祥嗣1, 秦野 直1, 坂本 昇1, 青柳貞一郎1, 吉岡邦彦1, 並木一典1, 大野芳正1, 黄 英茂2, 畠山直樹3, 松井善一1, 松本一宏1, 中神義弘1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌. 3国立埼玉): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 368, 2004.

723644. [学会 (全国)] (ポスター) 日本人前立腺癌におけるCaveoiin-1発現の検討. 佐藤威文1, ヤン グアン2, 頴川 晋1, アダイ ジョセフィン2, フロロブ アンナ2, 桑尾定仁3, ティミー テリー2, トンプソン ティモシー2, 馬場志郎1 (1泌. 2ベイラー医大. 3病理): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 329, 2004.

723645. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺における抗LYVE-1抗体陽性脈管の分布. 佐藤絵里奈1, 宋 成浩1, 秋嶋由里2, 伊藤金次2, 石井壽晴2, 馬場志郎1 (1泌. 2東邦大): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 330, 2004.

723646. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下前立腺全摘術と恥骨後式前立腺全摘術におけQOLの回復過程: 他施設共同前向き研究. 並木俊一1, 伊藤明宏1, 斎藤誠一1, 荒井陽一1, 頴川 晋2, 馬場志郎2, 臼井幸男3, 寺地敏郎3, 栃木達夫4, 桑原正明4, 庵谷尚正5 (1東北大. 2泌. 3東海大. 4宮城県立がんセンター. 5仙台社会保険): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 334, 2004.

723647. [学会 (全国)] (ビデオ) Vascular Sealing Systemによる腎の半切除術. 秦野 直1, 青柳貞一郎1, 吉岡邦彦1, 並木一典1, 古賀祥嗣1, 大野芳正1, 黄 英茂2, 松井善一1, 坂本 昇1, 橘 政昭1, 山川健一1, 前田浩之1, 小川由英3 (1東京医大. 2泌. 3琉球大): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 440, 2004.

723648. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における前立腺生検の検討. 坂本 昇1, 古賀祥嗣1, 秦野 直1, 青柳貞一郎1, 吉岡邦彦1, 並木一典1, 大野芳正1, 黄 英茂2, 松井善一1, 松本一宏1, 中神義弘1, 芹澤博美1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/11), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 462, 2004.

723649. [学会 (全国)] (一般講演) 腎珊瑚状結石に対する結石破砕治療後の長期成績−患側腎機能についての検討−. 荒川 孝1, 津村秀康1, 佐藤威文1, 馬場志郎1, 平井祥司1, 丸 典夫2, 大堀 理2, 久保星一2, 須山一穂3 (1泌. 2相模台. 3衣笠): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 377, 2004.

723650. [学会 (全国)] (一般講演) 逆流性腎症におけるGF-1 (lnsulin 1ike growth factor-1) の関与. 宮北英司1, 星 昭夫1, 山下英之2, 佐々木 裕1, 島 正則1, 小林泰之1, 徳永正俊1, 臼井幸男1, 寺地敏郎1 (1東海大. 2泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 380, 2004.

723651. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌の lymphangiogenesisの検討へ. 宋 成浩1, 佐藤絵里奈1, 秋嶋由里2, 伊藤金次2, 石井壽晴2, 馬場志郎1 (1泌. 2東邦大): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 389, 2004.

723652. [学会 (全国)] (一般講演) 早期前立腺癌に対する経尿道的マイク口波高温度治療と抗男性ホルモン療法との併用効果. 重城 裕1, 小柴 健1, 鈴木隆大2, 星合 治1, 遠藤忠雄1, 相原正弘3, 中條弘隆3, 勝田真行2 (1埼玉県央. 2泌. 3長津田): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 391, 2004.

723653. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺がんに対する高密度焦点式超音波 (HIFU) 療法の臨床成績. 内田豊昭1, 大草 洋2, 長田恵弘1, 佐藤威文2, 入江 啓2, 兵藤 透2, 小俣二也2, 渋谷宗則2, 馬場志郎2, 臼井幸男3, 寺地敏郎3 (1東海大八王子. 2泌. 3東海大): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 392, 2004.

723654. [学会 (全国)] (一般講演) アガロースTwo Dimensional Differential Gel Electrophoresis (2D DIGE) 法によるホルモン非依存性前立腺癌の高分子量プロテオーム解析. 車 英俊1, 頴川 晋1, 大石正道2, 小寺義男2, 陳 偉強1, 前田忠計2, 馬場志郎1 (1泌. 2理学部): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 395, 2004.

723655. [学会 (全国)] (ポスター) 泌尿器悪性腫瘍におけるlactoferrin関連遺伝子・CAPL/mts1発現に関する検討. 陳 偉強1, 入江 啓1, 伊東一郎2, 岩村正嗣1, 頴川 晋1, 馬場志郎1 (1泌. 2予防医学系): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 479, 2004.

723656. [学会 (全国)] (ポスター) 腎細胞癌におけるCaveolin-1の発現とその意義. 岩村正嗣, 陳 偉強, 佐藤絵里奈, 佐藤威文, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 480, 2004.

723657. [学会 (全国)] (ポスター) Rough neural networkを用いた前立腺生検結果予測モデルの作成 (PSA2.0 ng/ml-10.O ng/mlの症例について). 須山一穂1, 頴川 晋2, 田崎栄一郎3, ハッサン ヤセール3, 桑尾定仁4 (1衣笠. 2泌. 3桐蔭横浜大. 4東大和): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 501, 2004.

723658. [学会 (全国)] (ポスター) 経直腸的前立腺超音波による14ヶ所系統的多所生検の検討. 松田大介1, 村本将俊1, 石井大輔1, 高嶋力弥1, 黄 英茂1, 門脇和臣2, 馬場志郎1 (1泌. 2北研): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 502, 2004.

723659. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺全摘除術後のPSA再発に対する放射線治療の検討. 徳永正俊1, 星 昭夫1, 山下英之2, 佐々木 裕1, 小林泰之1, 島 政則1, 臼井幸男1, 宮北英司1, 寺地敏郎1 (1東海大. 2泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 511, 2004.

723660. [学会 (全国)] (ポスター) 浸潤性膀胱癌の診断のもと, 膀胱全摘出術後に発見された前立腺癌の検討. 溝口秀之1, 須藤利雄1, 青 輝昭2 (1泌. 2北研): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 512, 2004.

723661. [学会 (全国)] (ポスター) 当科における鏡視下腎手術の検討. 並木一典1, 古賀祥嗣1, 青柳貞一郎1, 吉岡邦彦1, 権藤立男1, 中神義弘1, 坂本 昇1, 松本一宏1, 松井善一1, 黄 英茂2, 大野芳正1, 秦野 直1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 522, 2004.

723662. [学会 (全国)] (ポスター) 腎癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術および腎部分切除術の臨床的検討. 石井大輔1, 岩村正嗣1, 南田 諭, 石川 弥1, 奥野紀彦1, 平井祥司1, 入江 啓1, 頴川 晋1, 馬場志郎1 (1泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 524, 2004.

723663. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における腹腔鏡下腎盂形成術の治療成績. 田畑健一1, 岩村正嗣1, 宋 茂浩1, 藤城貴教1, 奥野紀彦1, 田岡佳憲1, 池田勝臣1, 坪井俊樹, 馬場志郎1 (1泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 525, 2004.

723664. [学会 (全国)] (ポスター) 当院での泌尿器科の体腔鏡下手術の周術期合併症, 術後合併症の検討. 奥野紀彦, 岩村正嗣, 平山貴博, 松田大介, 藤城貴教, 入江 啓, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/12), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 528, 2004.

723665. [学会 (全国)] (ポスター) 尿路内反性腫瘍の生物学的活性に関する検討. 松下一仁, 入江 啓, 石川 弥, 佐藤絵里奈, 丸 典夫, 設楽敏也, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 542, 2004.

723666. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における馬蹄腎に伴う尿路結石症に対する治療報告. 平井祥司, 久保星一, 丸 典夫, 横田真二, 大堀 理, 荒川 孝, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 575, 2004.

723667. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植後高度の移植尿管狭窄に対して移植腎孟−自己尿管 (腎孟) 吻合術による尿路再建を行った3例. 田岡佳憲, 吉田一成, 藤城貴教, 田畑健一, 溝口秀之, 奥野紀彦, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 409, 2004.

723668. [学会 (全国)] (一般講演) 外来通院維持血液透析患者に対するインフルエンザワクチン接種の効果: 抗体価および臨床症状について. 兵藤 透1, 吉田一成1, 藤城貴教1, 車 英俊1, 田岡佳憲1, 内田豊昭2, 遠藤忠雄, 酒井 糾3, 日台英雄4, 馬場志郎1 (1泌. 2東海大八王子. 3小児腎疾患総合管理研究所. 4横浜第一): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 414, 2004.

723669. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性腎細胞癌の術後再発予見因子の検討根治的前立腺全摘術: 被膜外浸潤 (ECE) を認めない切除縁陽性 (+SM) の予後における意義. 石井淳一郎1, 大堀 理1, 丸 典夫1, 村本将俊1, スレイヴァン ケヴィン2, スカルディーノ ピーター2, 馬場志郎1, ウィーラー トーマス2 (1泌. 2ベイラ−医大): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪.

723670. [学会 (全国)] (一般講演) BCGの膀胱癌細胞内進入におけるmce 1の作用に関する検討. 入江 啓1, 藤村響男2, 嶺井定紀1, 原野裕司1, 六角 周1, 馬場志郎1 (1泌. 2皮): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 416, 2004.

723671. [学会 (全国)] (一般講演) 後腹膜鏡下腎摘除術後にport-site recurrenceを来たした腎細胞癌の1例. 石川 弥, 岩村正嗣, 藤城貴教, 溝口秀之, 奥野紀彦, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 425, 2004.

723672. [学会 (全国)] (一般講演) 体腔鏡下前立腺全摘除術開始前後における恥骨後式術式の変化についての検討. 佐々木 裕1, 星 昭夫1, 山下英之2, 小林泰之1, 島 正則1, 徳永正俊1, 臼井幸男1, 宮北英司1, 河村信夫, 寺地敏郎1 (1東海大. 2泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 430, 2004.

723673. [学会 (全国)] (一般講演) 根治的前立腺摘除術後の長期成績PSA failureとoverall survival. 頴川 晋1, 松井喜之2, 荒井陽一2, 須山一穂1, 馬場志郎1, 桑尾定仁3 (1泌. 2倉敷. 3病理): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 431, 2004.

723674. [学会 (全国)] (一般講演) 根治的恥骨後式前立腺摘除術における術後早期尿失禁回復の試み. 吉岡邦彦1, 古賀祥二1, 並木一典1, 大野芳正1, 青柳貞一郎1, 秦野 直1, 黄 英茂2, 坂本 昇1, 松本一宏1, 中神義弘1, 権藤立男1, 松井善一1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 432, 2004.

723675. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌根治術後の勃起障害に対するPGE1陰茎内自己注射の経験. 志村 哲, 嶺井定紀, 岩村正嗣, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 433, 2004.

723676. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺全摘時における迅速病理は切除縁陽性 (+SM) を減らせるか? 坪井俊樹, 大堀 理1, 黒岩顕太郎, ロイタ−ビクタ−2, 馬場志郎1, スカルディ−ノ ピ−タ−2 (1泌. 2メモリアルスロンケタリング癌センター): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 434, 2004.

723677. [学会 (全国)] (ワークショプ) 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術のポイントとコツ−特に助手の役割を中心に−. 岩村正嗣, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 259, 2004.

723678. [学会 (全国)] (ワークショプ) 限局性前立腺癌における根治的前立腺摘除術の病理学的病期予測−日本版ノモグラムの作成 (限局性前立腺癌の臨床病理研究会). 後藤 健1, 此元竜雄1, 古賀寛史1, 赤座英之2, 荒井陽一3, 宇佐美道之4, 大島伸一5, 小川 修6, 奥山明彦7, 香川 征8, 金武 洋9, 白石泰三10, 塚本泰司11, 野瀬善明1, 馬場志郎12, 平尾佳彦13, 村井 勝14, 山中英壽15, 内藤誠二1 (1九州大. 2筑波大. 3東北大. 4大阪府立成人病センター. 5名古屋大. 6京都大. 7大阪大. 8徳島大. 9長崎大. 10三重大. 11札幌医大. 12泌. 13奈良県立医大. 14慶応大. 15群馬大): 第42回日本癌治療学会 (2004/10/29), 京都.

723679. [学会 (全国)] (一般講演) 根治的前立腺全摘除術: 被膜外浸潤 (ECE) を認めない切除縁陽性 (+SM) の予後における意義. 石井淳一郎1, 大堀 理1, 丸 典夫1, 村本将俊1, スレイワン ケビン2, スカルディーノ ピーター2, 馬場志郎1, ウィラートーマズ3 (1泌. 2ベイラー医大. 3メモリアルスロンケタリング癌センター): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 434, 2004.

723680. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺肥大症治療を検証するTUR-Pの長期成績. 頴川 晋1, 車 英俊1, 田岡佳憲1, 佐藤威文1, 小柴 健, 馬場志郎1 (1泌): 第92回日本泌尿器科学会総会 (2004/4/13), 大阪. 日本泌尿器科学会雑誌, 95 (2): 138, 2004.

723681. [学会 (全国)] (一般講演) HD導入時期から透析量が少なく痩せた状態の患者の体重はその後の透析量の増加で改善可能か. 佐藤恵美子1, 兵藤 透1, 具志堅夏子1, 有井達郎1, 山本スミ子2, 渡辺京子2, 平良隆保1, 千葉哲男1, 吉田一成3, 酒井 糾4, 日台英雄2, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3泌. 4小児腎疾患総合管理研究所): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/18), 神戸.

723682. [学会 (全国)] (一般講演) Urea Kinetics等を用いた血液透析患者の栄養状態における季節的変動の検討. 佐藤恵美子1, 兵藤 透1, 具志堅夏子1, 山本スミ子2, 平良隆保1, 吉田一成3, 千葉哲男1, 日台英雄2, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3泌): 第49回日本透析医学会総会 (200/6/18), 神戸.

723683. [学会 (全国)] (一般講演) 多目的体腔鏡によるSMAPの経験. 石井大輔1, 吉田一成1, 笹本治子1, 土田繭美1, 松下一仁1, 田畑健一1, 藤城貴教1, 田岡佳憲1, 竹内康雄2, 馬場志郎1 (1泌. 2内W): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/18), 神戸. 日本透析医学会雑誌, 37 (S.1): 753, 2004.

723684. [学会 (全国)] (ポスター) 塩酸セベラマー投与による栄養状態の変化. 具志堅夏子1, 兵藤 透1, 佐藤恵美子1, 平良隆保1, 千葉哲男1, 笹本治子2, 吉田一成2, 日台英雄1, 酒井 糾3, 馬場志郎2 (1横浜第一. 2泌. 3小児腎疾患総合管理研究所): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/18), 神戸.

723685. [学会 (全国)] (一般講演) 痒みに対する日内変動とQOLの評価. 長谷川里奈1, 富塚昭子1, 高橋裕一郎1, 吉田一成2, 石井大輔2, 馬場志郎2, 門脇和臣3 (1腎健クリ. 2泌. 3北研): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/19), 神戸.

723686. [学会 (全国)] (一般講演) オキサロールとグラケーの併用療法〜非カルボキシル化オステオカルシンでの検討. 兵藤 透1, 吉田一成2, 土田繭美2, 石井大輔2, 平良隆保1, 内田豊昭3, 遠藤忠雄2, 日台英雄1, 酒井 糾4, 馬場志郎2 (1横浜第一. 2泌. 3東海大八王子. 4小児腎疾患総合管理研究所): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/19), 神戸.

723687. [学会 (全国)] (一般講演) HPV膜の生体適合性についての検討〜PVPは悪影響?〜. 高畑芙美1, 土屋知子1, 金澤美枝1, 服部一希1, 斎藤 毅1, 桜井健治1, 若林靖久2, 山下明泰3, 佐藤威文4, 吉田一成4, 馬場志郎4 (1橋本クリ. 2北研. 3湘南工科大. 4泌): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/19), 神戸.

723688. [学会 (全国)] (ポスター) 塩酸セベラマー投与による便秘状態は克服できるか? 具志堅夏子1, 兵藤 透1, 平良隆保1, 田畑健一2, 佐藤恵美子1, 吉田一成2, 遠藤忠雄2, 酒井 糾3, 馬場志郎2, 日台英雄1 (1横浜第一. 2泌. 3小児腎疾患総合管理研究所): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/19), 神戸.

723689. [学会 (全国)] (ポスター) 残腎機能保持目的の無除水血液透析の検討. 筒本康代1, 近藤光洋1, 兵藤 透2, 阿部郁子1, 富満江梨子1, 角田美由貴1, 八木和子1, 馬場志郎3, 日台英雄2 (1厚木クリ. 2横浜第一. 3泌): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/19), 神戸.

723690. [学会 (全国)] (一般講演) リクセルの再循環使用におけるβ2-mg吸着量の検討. 近藤光洋1, 兵藤 透2, 阿部郁子1, 渡辺京子1, 山本スミ子1, 遠藤武夫3, 本間 崇2, 平良隆保2, 千葉哲男2, 吉田一成4, 馬場志郎4, 酒井 糾5, 日台英雄2 (1厚木クリ. 2横浜第一. 3大和クリ. 4泌. 5小児腎疾患総合管理研究所): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/20), 神戸.

723691. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析中の血管痛に対する41℃での人工炭酸泉療法 (ASケア) 有用性の検討. 山本スミ子1, 近藤光洋1, 兵藤 透2, 大山トヨ子1, 奥田晴子1, 皆川一美1, 松永肇子1, 馬場志郎3, 酒井 糾4, 日台英雄2 (1厚木クリ. 2横浜第一. 3泌. 4小児腎疾患総合管理研究所): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/20), 神戸.

723692. [学会 (全国)] (一般講演) 塩酸セベラマーによる無形成骨の治療. 若井陽希1, 兵藤 透1, 志村 哲2, 竹川勝治2, 竹村 徹1, 平良隆保1, 吉田一成2, 遠藤忠雄2, 酒井 糾3, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一. 2泌. 3小児腎疾患総合管理研究所): 第49回日本透析医学会総会 (2004/6/20), 神戸.

723693. [学会 (全国)] (一般講演) HD患者に対するインフルエンザワクチン接種の回数別の効果 SARS流行に備えて. 兵藤 透1, 平良隆保1, 千葉哲男1, 日台英雄1, 渡辺京子2, 山本スミ子2, 酒井 糾3, 吉田一成4, 馬場志郎4 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3小児腎疾患総合管理研究所. 4泌): 日本腎臓学会 (2004/6/23), 宇都宮.

723694. [学会 (全国)] (一般講演) 当院において施行した移植腎生検におけるシクロスポリン血管症の検討. 石井大輔1, 田邊一成2, 新村浩明2, 石川暢夫2, 石田英樹2, 山口 裕3, 東間 紘2 (1泌. 2東京女医大. 3慈医大・柏): 第40回日本移植学会総会 (2004/9/16-18), 岡山.

723695. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植におけるPSL, CNI, MMFにBasiliximabを併用した免疫抑制療法. 田畑健一1, 吉田一成1, 松下一仁1, 田岡佳憲1, 土田繭美1, 石井大輔1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌. 2埼玉県央): 第40回日本移植学会総会 (2004/9/17), 岡山. 日本移植学会誌, 39 (臨): 338, 2004.

723696. [学会 (全国)] (一般講演) 塩酸セベラマ− (Sevelamer) によりシクロスポリン (CsA) の吸収障害をきたした献腎移植例. 土田繭美1, 吉田一成1, 小林昌宏2, 田畑健一1, 松下一仁1, 国分秀也3, 木村利美3, 馬場志郎1 (1泌. 2薬学. 3薬剤部): 第40回日本移植学会総会 (2004/9/17), 岡山.

723697. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌の IymphangiogenesisとIymphtic vessel invasionについての病理学的検討. 宋 成浩, 入江 啓, 松本和将, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第63回日本癌学会総会 (2004/9/30), 福岡.

723698. [学会 (全国)] (一般講演) 膀胱癌に対するキメラウイルスを用いたHSV-tk/GCV遺伝子治療の検討. 松本和将1, Christian Freund2, 入江 啓1, 石井淳一郎1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, Patricia Ytonda2, Alan Davis2, Seth Lerner2, 馬場志郎1 (1泌. 2ベイラ−医大): 第63回日本癌学会総会 (2004/9/30), 福岡.

723699. [学会 (全国)] (一般講演) 膀胱癌細胞への接着・進入におけるBCG-mce1の作用に関する検討. 入江 啓1, 松本和将1, 藤村響男2, 車 英俊1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2皮): 第63回日本癌学会総会 (2004/9/30), 福岡.

723700. [学会 (全国)] (一般講演) Two Dimensional Differential Gel Electrophoresis (2D DIGE) 法を用いた前立腺癌血清マーカーの探索. 車 英俊1, 頴川 晋2, 大石正道3, 小寺義男3, 大草 洋1, 馬場志郎1, 前田忠計3 (1泌. 2東京慈医大. 3理学部): 第63回日本癌学会総会 (2004/10/1), 福岡.

723701. [学会 (全国)] (一般講演) 過活動膀胱に対する干渉低周波の使用経験. 大川麻子, 石井淳一郎, 黒坂眞二, 門脇和臣, 川上達央, 黄 英茂, 藤城貴教, 松本和将, 及能久隆, 馬場志郎 (泌): 第11回日本排尿機能学会 (2004/10/15), 東京.

723702. [学会 (全国)] (ポスター) SELDI-TOF MSを用いた前立腺癌血清診断. 車 英俊1, 大草 洋1, 頴川 晋2, 曽川一幸3, 朝長 毅3, 野村文夫3, 馬場志郎1 (1泌. 2東京慈医大. 3千葉大): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 584, 2004.

723703. [学会 (全国)] (ポスター) 2002年度の前立腺癌検診広域研究・対照研究の検診結果. 伊藤一人1, 赤倉功一郎2, 山本 巧1, 田中啓幹3, 塚本泰司4, 中田瑛浩5, 赤座英之6, 村井 勝7, 馬場志郎8, 平尾佳彦9, 布施秀樹10, 松田公志11, 執印太郎12, 碓井 亞13, 内藤誠二14, 金武 洋15, 大橋靖雄16, 島崎 淳17, 山中英壽1 (1群馬大. 2厚生年金. 3川崎医大. 4札幌医大. 5斎藤労災. 6筑波大. 7慶応大. 8泌. 9奈良県立医大. 10富山医薬大. 11関西医大. 12高知医大. 13広島大. 14九州大. 15長崎大. 16東京大. 17千葉大): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 603, 2004.

723704. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺癌の IymphangiogenesisとIymphtic vessel invasionについての検討. 宋 成浩1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 秋嶋由里2, 伊藤金次2, 石井壽晴2, 馬場志郎1 (1泌. 2東邦大): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/29), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 838, 2004.

723705. [学会 (全国)] (ポスター) 膀胱摘除術症例における術前血漿溶解型E-カドヘリンを用いた予後予測に関する検討. 松本和将1, Shariat Shahrokh2, 佐藤威文1, 入江 啓1, Slawin Kevin2, Lerner Seth2, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2ベイラ−医大): 第63回日本癌治療学会総会 (2004/10/29), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 918, 2004.

723706. [学会 (全国)] (ポスター) BCGの膀胱癌細胞への接着・進入におけるMCE1の作用に関する検討. 入江 啓1, 藤村響男2, 松本和将1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2皮): 第63回日本癌治療学会総会 (2004/10/29), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 933, 2004.

723707. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌に対するHDR(high-dose-rate) Ir-192 brachytherapyとexternal beam radiation therapy併用による治療効果の検討. 佐藤威文1, 北野雅史2, 頴川 晋1, 大草 洋1, 松本和将1, 木村将貴1, 入江 啓1, 荒川 孝1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 (2004/11/18), 岡山.

723708. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波療法 (high-intensity focused ultrasound: HIFU) 後のQOL変化. 山下英之1, 大草 洋1, 長田恵弘2, 内田豊昭2 (1泌. 2東海大八王子): 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 (2004/11/18), 岡山.

723709. [学会 (全国)] (一般講演) 腎珊瑚状結石における結石破砕治療後の長期経過観察−晩期合併症としての患側腎機能低下についての検討. 荒川 孝, 佐藤威文, 石川 弥, 久保星一, 藤城貴教, 平井祥司, 丸 典夫, 須山一穂, 馬場志郎 (泌): 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 (2004/11/18), 岡山.

723710. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌に対する高線量率Ir-192組織内照射 (HDR brachytherapy) およびI-125密封小線源療法後のtoxicity, QOL比較検討. 佐藤威文1, 陳 偉強, 大草 洋1, 岩村正嗣1, 荒川 孝1, 頴川 晋1, 馬場志郎1, 北野雅史2, 石山博條2, 早川和重2 (1泌. 2放): 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 (2004/11/18), 岡山.

723711. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下膀胱全摘除術の術式に関する検討. 入江 啓, 松本和将, 田畑健一, 石井大輔, 丸 典夫, 吉田一成, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第18回日本Endourology・ESWL学会総会 (2004/11/18), 岡山.

723712. [学会 (全国)] (一般講演) ureakinetics等を用いた血液透析患者の栄養状態における季節的変動の検討. 佐藤恵美子1, 具志堅夏子1, 渡辺京子2, 山本スミ子2, 兵藤 透1, 平良隆保1, 吉田一成3, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3泌): 日本病態栄養学会 (2005/1/8), 京都.

723713. [学会 (全国)] (一般講演) 当院での後腹膜鏡下ドナー腎摘術におけるピットフォール. 宮本直志1, 田邊一成1, 石田英樹1, 徳本直彦1, 石川暢夫1, 清水朋一1, 新村浩明1, 瀬戸口 誠1, 白川浩希1, 石井大輔2, 飯田祥一1, 東間 紘1 (1東京女医大. 2泌): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/27), 琵琶湖.

723714. [学会 (全国)] (一般講演) 生体腎移植後の尿路上皮腫瘍に対して膀胱全摘除術および回腸新膀胱造設術を施行した1例. 白川浩希1, 田邊一成1, 石田英樹1, 石川暢夫1, 橋本恭伸1, 野崎大司1, 石井大輔2, 東間 紘1 (1東京女医大. 2泌): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/27), 琵琶湖.

723715. [学会 (全国)] (一般講演) 献腎移植後5年を経てようやく血液透析を完全離脱した1例. 田岡佳憲1, 吉田一成1, 土田繭美1, 田畑健一1, 石井大輔1, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/27), 琵琶湖.

723716. [学会 (全国)] (一般講演) 献腎移植中に多発性嚢胞腎に合併した腎細胞癌が発見され, 献腎移植を中断した一例. 土田繭美, 吉田一成, 田畑健一, 石井大輔, 松本和将, 藤田哲夫, 入江 啓, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/27), 琵琶湖.

723717. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植後アデノウィルス感染症による出血性膀胱炎に対してガンシクロビル投与が有効であった一例. 石井大輔1, 田邊一成2, 福田武彦2, 土岐大介2, 野崎大士2, 南里正之2, 瀬戸口 誠2, 新村浩明2, 白川浩希2, 宮本直志2, 近藤恒徳2, 石田英樹2, 合谷信行2, 東間 紘2 (1泌. 2東京女医大): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/27), 琵琶湖.

723718. [学会 (全国)] (一般講演) Baciliximab導入による腎移植後ステロイド早期減量免疫抑制療法の検討. 中川 健1, 村井 勝1, 相川 厚2, 小原武博2, 長谷川 昭2, 宍戸清一郎3, 吉田一成4, 馬場志郎4, 星長清隆5 (1慶応大. 2東邦大. 3都立清瀬小児. 4泌. 5藤田保健衛生大): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/28): 琵琶湖. 日本臨床腎移植学会誌, 46 (6): 640, 2004.

723719. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植術前後の効果的な情報提供を目指して−腎移植者のアンケート調査結果をもとに−. 田口綾子1, 田中美千代1, 藤木くに子1, 池田成江2, 竹内康雄3, 吉田一成2 (1看護部. 2泌. 3内W): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/28), 琵琶湖.

723720. [学会 (全国)] (一般講演) SF-36を用いた腎移植患者と透析患者とのQOLの比較検討. 池田成江1, 吉田一成1, 兵藤 透2, 竹内康雄3, 松永篤彦4, 斎藤正和4, 坂本純子4, 増田 卓4, 末木真奈美5, 馬場志郎1 (1泌. 2横浜第一. 3内W. 4医衛. 5看護部): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/28), 琵琶湖.

731095. [学会 (全国)] (特別講演) 前立腺癌に対する早期診断と予後の探求−T1cの特性および新たなmoleular markerの可能性−. 佐藤威文 (泌): 愛宕泌尿器科医会 (2004/5/27), 新橋.

731096. [研究会] (特別講演) カテーテル留置術・合併症の管理. 吉田一成 (泌): 神奈川CAPD講座 (2004/7/17), 横浜.

731097. [講演会] (特別講演) 炭酸カルシウム時代からRenagel時代への移行期における腎性骨症に対するオキサロールの使用経験. 兵藤 透1, 平良隆保1, 千葉哲男1, 日台英雄1, 酒井 糾2, 吉田一成3, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2小児腎疾患総合管理研究所. 3泌): 中外製薬マキサカルシトール発売3周年記念講演会 (2004/8), 厚木市.

731098. [研究会] (特別講演) 前立腺がん研究へのプロテオミクスの応用. 車 英俊 (泌): 疾患プロテオーム研究会 (2004/10/25), 北里.

731099. [研究会] (特別講演) 泌尿器科における腹腔鏡手術の現状と問題点. 岩村正嗣 (泌): 松江地区泌尿器科研究会 (2004/10/25), 松江.

731100. [研究会] (特別講演) 泌尿器科領域のNomogramの現状. 馬場志郎 (泌): 筑後泌尿器科医会第45回研修会 (2004/10/30), 久留米.

731101. [学会 (地方)] (特別講演) 泌尿器科腹腔鏡手術の合併症と対策. 岩村正嗣 (泌): 第1回愛宕泌尿器医会 (2005/1/20), 新橋.

732049. [学会 (地方)] (シンポジウム) 泌尿器腹腔鏡手術のトレーニング−日本の現状とフランスの教育システム−. 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

732050. [研究会] (シンポジウム) 深部静脈シャントの表在化 (人工血管とどちらが良いのか?). 吉田一成 (泌): 神奈川ブラッドアクセス研究会 (2004/12/2), 横浜.

733333. [研究会] (ビデオ) 「How to manage complications during laparoscopic renal surgery」Gunter Janetschek. 岩村正嗣 (泌): 泌尿器科腹腔鏡下手術研究会 (2004/4/3), 名古屋.

733334. [研究会] (一般講演) バシリキンマブを用いた腎移植症例. 吉田一成 (泌): 第2回うろうろ移植交歓会 (2004/4/24), 東京.

733335. [研究会] (一般講演) 「頻尿とその管理」先天性水腎症児におけるバルーン留置上の問題点. 土田繭美1, 宋 成浩1, 大草 洋1, 石川 弥1, 南田 諭, 水野佳都美, 渡辺きぬ子, 末木真奈美2, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2看護部): 第10回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (2004/5/22), 横浜.

733336. [研究会] (一般講演) 「頻尿とその管理」Parkinson病における尿流動態の検討. 西 盛宏1, 田畑健一1, 須藤利雄1, 坪井俊樹, 藤城貴教1, 大川麻子1, 宋 成浩1, 入江 啓1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌): 第10回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (2004/5/22), 横浜.

733337. [研究会] (一般講演) PMIT, PEITおよび酢酸カルシウム, コレスチミド, ニセリトロール, 塩酸セベラマーの使用により長期にわたりMaxacalcitol静注療法を維持し得ている1例. 兵藤 透1, 角田隆俊2, 吉田一成3, 遠藤忠雄, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2東海大. 3泌): 副甲状腺インターベンション研究会 (2004/5), 東京.

733338. [学会 (地方)] (一般講演) Basiliximabを併用した免疫抑制療法による腎移植の経験. 田畑健一, 吉田一成, 田岡佳憲, 松下一仁, 土田繭美, 馬場志郎 (泌): 第16回神奈川移植医学会 (2004/6/5), 横浜.

733339. [研究会] (一般講演) 移植腎ドナーにおけるMRAngiographyの有用性の検討. 石井大輔1, 吉田一成1, 笹本治子1, 土田繭美1, 田畑健一1, 松永敬二2, ウッドハムス玲子2, 池田俊昭2, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 第20回腎移植・血管外科研究会・日本泌尿器科学会甲信越合同地方会 (第150回信州地方会・第56回山梨地方会・第330回新潟地方会) (2004/6/11), 佐渡.

733340. [研究会] (一般講演) 超低出生体重児に対する体外衝撃波結石破砕術 (ESWL) の経験. 池田勝臣, 荒川 孝, 宋 成浩, 田畑健一, 津村秀康, 石川 弥, 馬場志郎 (泌): 第66回神奈川県泌尿器科医会 (2004/6/12), 横浜.

733341. [学会 (地方)] (一般講演) 尿膜管腫瘍と診断された膀胱頂部憩室内腫瘍の1例. 松田大介, 入江 啓, 村本将俊, 門脇和臣, 馬場志郎 (泌): 第568回日本泌尿器科学会東京地方会 (2004/6/17), 東京.

733342. [学会 (地方)] (一般講演) 前立腺癌根治術後の勃起障害に対するPGE1陰茎内自己注射の経験. 志村 哲, 嶺井定紀, 岩村正嗣, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第14回日本性機能学会東部総会 (2004/6), 東京.

733343. [学会 (地方)] (一般講演) 透析患者に対するクエン酸シルデナフィルの投与経験. 兵藤 透1, 石田裕則2, 増井則昭2, 藤城貴教3, 石井大輔3, 志村 哲3, 吉田一成3, 馬場志郎3 (1横浜第一. 2石田病院. 3泌): 日本性機能学会東部総会 (2004/6), 東京.

733344. [研究会] (一般講演) ネオアジュバント療法としての遺伝子治療の検討. 佐藤威文1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 石井淳一郎1, 奥野紀彦1, 田畑健一1, 大草 洋1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, Dov Kadmon2, Thomas M Wheeler2, Timothy C Thompson2, 馬場志郎1 (1泌. 2ベイラー大): 第21回神奈川前立腺腫瘍研究会 (2004/7/3), 横浜.

733345. [研究会] (一般講演) High-risk前立腺癌に対する術前8ヶ月neoadjuvant hormonal thrapyの有用性に関する検討. 田畑健一, 佐藤威文, 頴川 晋, 松本和将, 岩村正嗣, 松田大介, 村本将俊, 門脇和臣, 須山一穂, 庄司清志, 大川麻子, 川上達央, 馬場志郎 (泌): 第21回神奈川前立腺腫瘍研究会 (2004/7/3), 横浜.

733346. [学会 (地方)] (一般講演) 右腎尿管膀胱全摘術後13年目に再発をきたした尿路上皮癌の1例. 福田武彦1, 橋本恭伸1, 奥田比佐志1, 石井大輔2, 野崎大司1, 南里正之1, 白川浩希1, 近藤恒徳1, 伊藤文夫1, 鬼塚史郎1, 合谷信之1, 中澤速和1, 東間 紘1 (1東京女医大. 2泌): 第569回日本泌尿器科学会東京地方会 (2004/7/8), 東京.

733347. [研究会] (一般講演) 上腕の深部静脈を用いた動静脈内シャント術. 田畑健一1, 吉田一成1, 松下一仁1, 土田繭美1, 石井大輔1, 田岡佳憲1, 津村秀康1, 青 輝昭2, 馬場志郎1 (1泌. 2北研): 第13回腎不全外科研究会 (2004/7/10), 和歌山.

733348. [研究会] (一般講演) 腎移植後尿管狭窄に対する外科的修復術 (移植腎盂−自己尿管 [腎盂] 吻合術による尿路再建方法). 田岡佳憲1, 吉田一成1, 田畑健一1, 松下一仁1, 石井大輔1, 土田繭美1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌. 2埼玉県央): 第13回腎不全外科研究会 (2004/7/10), 和歌山.

733349. [研究会] (コメンテーター) 腹腔鏡の手術手技. 岩村正嗣 (泌): 第6回神奈川泌尿器科基本手術手技勉強会 (2004/7/17), 横浜.

733350. [研究会] (一般講演) 膀胱癌に対するキメラアデノウイルスを用いたHSV-tk遺伝子治療の検討. 松本和将1, Christian T Freun2, 入江 啓1, 佐藤威文1, 大草 洋1, 田畑健一1, Patricia Yotnda2, Alan R Davis2, Seth P Lerner2, 馬場志郎1 (1泌. 2ベイラ−医大): 第17回「遺伝子とその周辺」研究会 (2004/8/3-4), 北里.

733351. [研究会] (一般講演) 正所性マウス前立腺癌モデルを用いた IL-12遺伝子組み込みマクロファージ (IL-12 gene-modified macrophages) による抗腫瘍効果の検討. 佐藤威文1, 雑賀隆史2, 江原 伸2, 松本和将1, 藤田哲夫1, 田畑健一1, 大草 洋1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, Guang Yang3, Terry L Timme3, Timothy C Thompson3, 馬場志郎1 (1泌. 2岡山大. 3ベイラ−医大): 第17回「遺伝子とその周辺」研究会 (2004/8/3-4), 北里.

733352. [公開講座] (一般講演) 前立腺癌に対する手術療法・放射線療法市民公開講座. 佐藤威文 (泌): 前立腺癌セミナー (2004/8/28), 津久井.

733353. [研究会] (パネルディスカッション/座長) QOL(クオリティオブライフ)向上で好齢化! 馬場志郎 (泌): 毎日健康フォーラム21 〜CAREで健康・CUREで回復〜 (2004/9/2), 横浜.

733354. [研究会] (教育講演) 密封小線源療法におけるリスク分類からのアプローチ: T1cを如何に克服するか? 佐藤威文 (泌): 第1回小線源永久刺入技術研究会 (2004/9/4), 東京.

733355. [学会 (地方)] (一般講演) 多房性嚢胞状腎細胞癌の1例. 黒坂眞二1, 松田久公2, 村本将俊1, 石井淳一郎1, 高嶋力弥1, 高橋裕一郎, 門脇和臣2, 馬場志郎1 (1泌. 2北研): 第570回日本泌尿器科学会東京地方会 (2004/9/9), 東京.

733356. [学会 (地方)] (一般講演) 右腎梗塞の1例. 五十嵐智博1, 近藤太一1, 長根祐介1, 嶺井定紀2, 山口健哉1, 吉川哲夫1, 平野大作1, 吉田利夫1, 滝本至得1 (1日本大. 2泌): 第570回日本泌尿器科学会東京地方会 (2004/9/9), 東京.

733357. [学会 (地方)] (一般講演) 移行上皮癌を既往にもつ膀胱神経内分泌腫瘍の1例. 平山貴博, 松本和将, 土田繭美, 南田 諭, 坪井俊樹, 入江 啓, 吉田一成, 荒川 孝, 馬場志郎 (泌): 第30回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2004/9/9), 新横浜.

733358. [学会 (地方)] (一般講演) 前立腺癌の頭蓋底斜台部骨転移により脳神経症状を呈した2例. 木村将貴, 佐藤威文, 須藤利雄, 大草 洋, 西 盛宏, 田畑健一, 宋 成浩, 岩村正嗣, 馬場志郎 (泌): 第30回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2004/9/9), 新横浜.

733359. [学会 (地方)] (一般講演) 大口径多目的体腔鏡を使用した腹膜透析用用カテーテル留置法. 石井大輔, 吉田一成, 笹本治子, 土田繭美, 松下一仁, 須藤利雄, 田畑健一, 藤城貴教, 田岡佳憲, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/23), 品川.

733360. [学会 (地方)] (ポスター) 脳腫瘍を契機に発見された副腎小細胞癌の一例. 松下一仁, 岩村正嗣, 石川 弥, 田畑健一, 石井大輔, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/23), 品川.

733361. [学会 (地方)] (ポスター) ビルハイツ住血吸虫症の一例. 坪井俊樹1, 入江 啓1, 高山陽子2, 西 盛宏1, 松下一仁1, 馬場志郎1 (1泌. 2内W): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/23), 品川.

733362. [学会 (地方)] (ポスター) 透析患者における浸潤性膀胱癌に対する腹腔鏡下膀胱全摘術の経験. 石井大輔, 入江 啓, 笹本治子, 南田 諭, 西 盛宏, 田畑健一, 奥野紀彦, 田岡佳憲, 岩村正嗣, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/23), 品川.

733363. [学会 (地方)] (ポスター) 女性傍尿道嚢胞の1例. 黒坂眞二1, 本田直康2, 馬場志郎1 (1泌. 2国立横浜): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733364. [学会 (地方)] (一般講演) 膀胱摘除術症例における術前血漿溶解型E-カドヘリンを用いたリンパ節転移及び予後予測に関する検討. 松本和将1, Shariat S2, Wheeler TM2, Slawin KM, Lerner SP, 馬場志郎1 (1泌. 2ベイラー大): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733365. [学会 (地方)] (ポスター) 再生検としての経会陰的テンプレートガイドによる前立腺22ヶ所生検の意義. 田畑健一, 佐藤威文, 松本和将, 石川 弥, 松田大介, 村本将俊, 荒川 孝, 頴川 晋, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733366. [学会 (地方)] (ポスター) 前立腺癌に対しHDR brachytherapyとexternal beam radiotherapyを施行した症例の合併症と患者のQOLについての検討. 大草 洋1, 頴川 晋1, 佐藤威文1, 車 英俊1, 馬場志郎1, 北野雅史2, 早川和重2 (1泌. 2放): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733367. [学会 (地方)] (ポスター) indinavir (HIV治療薬) による結石に対する治療経験. 土田繭美, 荒川 孝, 田畑健一, 南田 諭, 西 盛宏, 須藤利雄, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733368. [学会 (地方)] (ポスター) 超低体重終出生児に対する体外衝撃波結石破砕術 (ESWL) の経験. 池田勝臣, 荒川 孝, 宋 成浩, 田畑健一, 津村秀康, 石川 弥, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733369. [学会 (地方)] (ポスター) BCG膀胱内注入療法31ヶ月に尿中BCG排菌の継続を認める1症例. 田畑健一1, 入江 啓1, 須藤利雄1, 設楽敏也2, 原野裕司1, 六角 周1, 馬場志郎1 (1泌. 2淵野辺総合): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733370. [学会 (地方)] (ポスター) 印環細胞癌を伴った尿膜管腫瘍の一例. 松田大介1, 村本将俊1, 黒坂眞二1, 高嶋力弥1, 石井淳一郎1, 高橋裕一郎2, 森永正二郎3, 門脇和臣2, 馬場志郎1 (1泌. 2北研. 3病理): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733371. [学会 (地方)] (ポスター) 当院における系統的前立腺針生検の臨床的検討. 津村秀康1, 田岡佳憲1, 溝口秀之1, 青 輝昭2, 田畑健一1 (1泌. 2北研メディカル): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733372. [学会 (地方)] (ポスター) Purple Urine Bag Syndromeの臨床像に関する検討. 津村秀康1, 佐藤威文1, 大草 洋1, 藤城貴教1, 荒川 孝1, 古沢英明2, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733373. [学会 (地方)] (一般講演) 膀胱癌に対するBCG膀胱内注入療法の3年後まで尿中BCG排泄が持続した症例. 田畑健一, 入江 啓, 松本和将, 須藤利雄, 坪井俊樹, 土田繭美, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733374. [学会 (地方)] (一般講演) 再生検における22ヶ所経会陰的前立腺生検の臨床的検討. 田畑健一, 佐藤威文, 土田繭美, 吉田一成, 馬場志郎 (泌): 第69回日本泌尿器科学会東部総会 (2004/9/24), 品川.

733375. [研究会] (一般講演) 塩酸セベラマーによる無形成骨の治療. 若井陽希1, 兵藤 透1, 竹川勝治2, 竹村 徹1, 平良隆保1, 吉田一成2, 遠藤忠雄2, 酒井 糾3, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一. 2泌. 3小児腎疾患総合管理研究所): 腎と骨代謝研究会 (2004/9), 東京.

733376. [懇話会] (一般講演) 塩酸セベラマー単独投与と副作用の克服: 便秘状態は克服できるか? 兵藤 透1, 日台英雄1, 山本スミ子2, 具志堅夏子1, 土田繭美3, 田畑健一3, 吉田一成3, 馬場志郎3, 酒井 糾4 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3泌. 4小児腎疾患総合管理研究所): 第12回相模原地区透析懇話会 (2004/9), 相模原市.

733377. [研究会] (ポスター) 透析患者の勃起不全 (ED) 対するバイアグラの効果. 兵藤 透1, 平良隆保1, 千葉哲男1, 日台英雄1, 石井大輔2, 吉田一成2, 馬場志郎2, 山本スミ子3, 石田裕則4, 酒井 糾5 (1横浜第一. 2泌. 3厚木クリ. 4石田病院. 5小児腎疾患総合管理研究所): 神奈川腎研究会 (2004/10), 横浜.

733378. [学会 (地方)] (一般講演) Basiliximabを併用した免疫抑制療法による腎移植症例の検討. 吉田一成1, 田畑健一1, 松下一仁1, 石井大輔1, 田岡佳憲1, 竹内康雄2, 遠藤忠雄3, 馬場志郎1 (1泌. 2内W. 3埼玉県央): 第34回日本腎臓学会東部総会 (2004/11/5), 石鎚. 日本腎臓学会誌, 46 (6): 640, 2004.

733379. [学会 (地方)] (一般講演) 系統的前立腺多所生検(12-14ヶ所) における前立腺癌検出の臨床病理学的意義. 村本将俊1, 松田大介1, 黄 英茂1, 石井淳一郎1, 石井大輔1, 高嶋力弥1, 大川麻子1, 入江 啓1, 門脇和臣2, 森永正二郎3, 川上達央4, 桑尾定仁4, 馬場志郎1 (1泌. 2北研. 3病理. 4東大和): 第56回日本泌尿器科学会西日本総会 (2004/11/11), 大分.

733380. [研究会] (一般講演) High-risk前立腺癌に対する術前8ヶ月neoadjuvant hormonal thrapyの有用性に関する検討−泌尿器科臨床カンファレンス臨床課題 中間結果報告−. 佐藤威文 (泌): 第5回泌尿器科臨床カンファレンス (2004/11/12), 横浜.

733381. [研究会] (一般講演) 後腹膜腫瘍を呈した Castleman's deseaseの1例. 松田大介, 岩村正嗣, 土田繭美, 木村将貴, 平山貴博, 西 盛宏, 大草 洋, 馬場志郎 (泌): 第67回神奈川県泌尿器科医会 (2004/11/27), 横浜.

733382. [研究会] (一般講演) 各施設における前立腺生検の現状について−再生検としての経会陰的前立腺22ヶ所生検−. 荒川 孝 (泌): 第67回神奈川県泌尿器科医会 (2004/11/27), 横浜.

733383. [研究会] (ポスター) 2回目の生体腎移植後8年目での移植腎病理像. 土田繭美, 吉田一成 (泌): 第7回神奈川・移植腎病理を勉強する会 (2004/11/27), 横浜.

733384. [研究会] (一般講演) 限局性前立腺癌に対するHSV-tk遺伝子治療と放射線治療及びホルモン療法との併用療法における免疫学的変化の検討. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 日下信行2, 成石浩司2, Bin S Teh3, Terry L Timme3, E Brian Butler3, Timothy C Thompson3 (1泌. 2岡山大. 3ベイラ−医大): 第6回泌尿器遺伝子・細胞治療研究会 (2004/11), 岡山.

733385. [学会 (地方)] (一般講演) 結節性硬化症を伴った両側多発性腎血管筋線維芽細胞腫の一例. 土岐大介1, 橋本恭伸1, 白川浩希1, 野崎大司1, 渡辺栄子1, 飯田祥一1, 石井大輔2, 福田武彦1, 近藤恒徳1, 奥田比佐氏1, 鬼塚史朗1, 伊藤文夫1, 田邊一成1, 東間 紘1 (1東京女医大. 2泌): 第571回日本泌尿器学会東京地方会 (2004/12/2), 東京.

733386. [学会 (地方)] (一般講演) 腹腔鏡下嚢胞壁開窓術を施行した傍腎盂嚢胞の2例. 黒坂眞二1, 石井淳一郎1, 大川麻子1, 高嶋力弥1, 門脇和臣2, 馬場志郎1, 村本将俊1, 岩村正嗣1, 入江 啓1 (1泌. 2北研): 第571回日本泌尿器学会東京地方会 (2004/12/2), 東京.

733387. [学会 (地方)] (一般講演) 膀胱Paraganglioma の2例. 松下一仁1, 大野芳正2, 権藤立男2, 中神義弘2, 坂本 昇2, 松本真由子2, 古賀祥司2, 吉岡邦彦2, 並木一典2, 青柳貞一郎2, 大堀 理1, 秦野 直2, 橘 政昭2 (1泌. 2東京医大): 第571回日本泌尿器学会東京地方 (2004/12/2), 東京.

733388. [学会 (地方)] (一般講演) 日本大学医学部附属板橋病院泌尿器科における10年間 (1995〜2004年) の積極的治療に関する動向. 吉川哲夫1, 近藤太一1, 松井 強1, 五十嵐智博1, 咲間隆裕1, 長根裕介1, 佐藤克彦1, 五十嵐 洋1, 嶺井定紀2, 杉本周路1, 山口健哉1, 平野大作1, 吉田利夫1, 滝本至得1, 岡田清己3 (1日本大. 2泌. 3公立阿伎留): 第571回日本泌尿器学会東京地方会 (2004/12/2), 東京.

733389. [学会 (地方)] (一般講演) 後腹膜脱分化型脂肪肉腫の1例. 権藤立男1, 大堀 理2, 中神義弘1, 松下一仁2, 坂本 昇1, 松本真由子1, 大野芳正1, 古賀祥嗣1, 吉岡邦彦1, 並木一典1, 青柳貞一郎1, 秦野 直1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第572回日本泌尿器科学会東京地方会 (2005/1/27), 東京.

733390. [研究会] (一般講演) 進行性腎癌に対するIL-2, IFN, 5-FU併用免疫化学療法の有用性. 村本将俊, 岩村正嗣, 松本和将, 佐藤威文, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第8回北里腫瘍フォーラム (2005/1/28), 相模原.

733391. [研究会] (一般講演) High risk前立腺癌症例に対する, ネオアジュバンド療法としての遺伝子治療の検討. 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 田畑健一1, 大草 洋1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 那須保友2, 公文簸裕巳2, Dov Kadmon3, Terry L Timme3, Brian J Miles3, Bin S Teh3, Brian E Butler3, Thomas M Wheeler4, Timothy C Thompson3, 馬場志郎1 (1泌. 2岡山大. 3スコット大. 4ベイラ−医大): 第8回北里腫瘍フォーラム (2005/1/28), 相模原.

733392. [研究会] (一般講演) 前立腺癌の密封小線源療法におけるリスク分類からのアプロ−チ: HDRならびにLDRの検討. 佐藤威文1, 北野雅史2, 石山博條2, 陳 偉強1, 新部 譲2, 大草 洋1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 入江 啓1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 第13回クリニカル・ビデオフォーラム (2005/2/5), 東京.

733393. [学会 (地方)] (一般講演) 心房内腫瘍塞栓を認めた右腎癌の一例. 木村将貴, 岩村正嗣, 松本和将, 南田 諭, 坪井俊樹, 松田大介, 大草 洋, 佐藤威文, 宋 成浩, 荒川 孝, 馬場志郎 (泌): 第31回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2005/2/10), 新横浜.

733394. [学会 (地方)] (一般講演) 卵巣静脈に屍体腎静脈を吻合し, 良好な移植腎機能をえた症例. 土田繭美, 吉田一成, 藤田哲夫, 平山貴博, 西 盛宏, 松田大介, 村本将俊, 車 英俊, 入江 啓, 馬場志郎 (泌): 第31回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2005/2/10), 新横浜.

733395. [研究会] (一般講演) On-line HDF施行時におけるアルブミン漏出がグリコアルブミン (GA) 値に与える影響. 近藤光洋1, 兵藤 透2, 阿部郁子1, 赤石 仁3, 岡本智之2, 本間 崇2, 酒井 糾4, 日台英雄2, 吉田一成5, 遠藤忠雄5, 馬場志郎5 (1厚木クリ. 2横浜第一. 3吉祥寺あさひ. 4小児腎疾患綜合管理研究所. 5泌): HDF研究会 (2005/2/18-19), 新潟.

733396. [研究会] (一般講演) リクセルRの再循環使用におけるβ2-mg吸着量の検討. 近藤光洋1, 兵藤 透2, 阿部郁子1, 赤石 仁3, 岡本智之1, 本間 崇1, 酒井 糾4, 日台英雄1, 吉田一成5, 遠藤忠雄5, 馬場志郎5 (1厚木クリ. 2横浜第一. 3吉祥寺あさひ. 4小児腎疾患総合管理研究所. 5泌): HDF研究会 (2005/2/18-19), 新潟.

733397. [研究会] (一般講演) On-line HDF施行時におけるwhole-PTH漏出量の検討. 兵藤 透1, 近藤光洋2, 阿部郁子2, 赤石 仁3, 岡本智之1, 本間 崇1, 酒井 糾4, 日台英雄1, 吉田一成5, 遠藤忠雄5, 馬場志郎5 (1横浜第一. 2厚木クリ. 3吉祥寺あさひ. 4小児腎疾患総合管理研究所. 5泌): HDF研究会 (2005/2/18-19), 新潟.

733398. [学会 (地方)] (一般講演) 尿路inverted papillomaの2例. 黒坂眞二1, 石井淳一郎1, 大川麻子1, 高嶋力弥1, 門脇和臣2, 森永正二郎2, 入江 啓1, 馬場志郎1 (1泌. 2北研): 第573回日本泌尿器科学会東京地方会 (2005/2/24), 東京.

733399. [学会 (地方)] (一般講演) 膀胱原発悪性リンパ腫の1例. 鈴木裕子1, 橋本恭伸1, 土岐大介1, 石井大輔2, 飯田祥一1, 白川浩希1, 近藤恒徳1, 奥田比佐氏1, 伊藤文夫1, 田邊一成1, 合谷信行1, 東間 紘1 (1東京女医大. 2泌): 第573回日本泌尿器科学会東京地方会 (2005/2/24), 東京.

733400. [学会 (地方)] (一般講演) G-CSF産生膀胱腫瘍の1例. 中神義弘1, 大野芳正1, 権藤立男1, 松下一仁2, 坂本 昇1, 森 宗高, 古賀祥嗣1, 並木一典1, 吉岡邦彦1, 青柳貞一郎1, 大堀 理2, 秦野 直1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌): 第573回日本泌尿器科学会東京地方会 (2005/2/24), 東京.

733401. [研究会] (一般講演) 炭酸カルシウムから塩酸セベラマーへの完全置換による無形成骨の治療. 兵藤 透1, 吉田一成2, 若井陽希1, 平良隆保1, 土田繭美2, 藤田哲夫2, 酒井 糾3, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一. 2泌. 3小児腎疾患総合管理研究所): 腎とビタミンD研究会 (2005/2/26), 東京.

733402. [研究会] (一般講演) 2回目の生体腎移植後8年目での移植腎病理像. 吉田一成 (泌): 第8回神奈川・移植腎病理を勉強する会 (2005/3/12), 横浜.

733403. [研究会] (一般講演) HTLV-1陽性→陽性のABO不適合二次移植. 木村将貴, 吉田一成 (泌): 第8回神奈川・移植腎病理を勉強する会 (2005/3/12), 横浜.

733404. [学会 (地方)] (一般講演) 副腎骨髄脂肪腫の1例. 黒坂眞二1, 石井淳一郎1, 大川麻子1, 高嶋力弥1, 門脇和臣2, 森永正二郎2 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2北研): 第574回日本泌尿器科学会東京地方会 (2005/3/17), 東京.

733405. [研究会] (一般講演) 移植後CAPDに再導入し, Extranealにより残腎機能が改善した1例. 木村将貴1, 土田繭美1, 吉田一成1, 竹内康雄2, 羽村素子2, 藤田哲夫1, 鎌田貢壽2, 馬場志郎1 (1泌. 2内W): 第19回神奈川県CAPD研究会 (2005/3/19), 横浜.

733406. [研究会] (一般講演) 血尿を初発症状として発症したビルハルツ住血吸虫症の1例. 坪井俊樹1, 入江 啓1, 松本和将1, 高山陽子2, 津村秀康1, 大草 洋1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌. 2内W): 第57回神奈川県感染医学会研究会・第5回神奈川県STD研究会 (2005/3/26), 横浜.

733407. [講習会] (教育講演) 密封小線源療法後の早期死亡症例に対する対処. 佐藤威文 (泌): 第6回ヨウ素125シード線源による前立腺永久挿入密封小線源治療の安全取り扱い講習会 (2005/3/26), 品川.


<<眼科学>>

[学術論文]

110172. [原著] Ocular dominance and patient satisfaction after monovision induced by intraocular lens implantation. 半田知也1, 向野和雄2, 魚里 博2, 新井田孝裕3,4, 庄司信行2, 嶺井利沙子4, 新田任理江4, 清水公也4 (1医療系大学院. 2医衛. 3国際医療福祉大. 4眼): Journal of Cataract & Refractive Surgery, 30 (4): 769-774, 2004.

110173. [原著] Pharmacological vascular reactivity in isolated hypercholesterolemic rabbit ciliary artery. 石川 均1,2, 宇賀茂三1,2, 真下紀美代1, 吉富建志3, Masahiko Kusanagi4. 清水公也1 (1眼. 2国際医療福祉大. 3秋田大. 4Japan Laboratory Animals Inc): Experimental Eye Research, 78 (4): 805-813, 2004.

110174. [原著] Vasodilatory mechanism of unoprostone isopropyl on isolated rabbit ciliary artery. 吉富建志1, 山地一禎2, 石川 均3, Yoshitaka Ohnishi1 (1和歌山県立医大. 2理化学研. 3国際医療福祉大熱海病院, 眼): Current Eye Research, 28 (3): 167-174, 2004.

110175. [原著] Effects of Dominant and Nondominant Eyes in Binocular Rivalry. 半田知也1, 向野和雄2, 魚里 博2, 新井田孝裕3,4, 庄司信行2, 清水公也4 (1医療系大学院. 2医衛. 3国際医療福祉大. 4眼): Optometry and Vision Science, 81 (5): 377-382, 2004.

110176. [原著] OFDR with an SSG-DBR laser. 天野卓治1, H Hiro-Oka1, D Choi1, H Furukawa1, F Kano2, M Takeda3, 中西 基4, 清水公也4, K Obayashi1 (1一般教育. 2NTT. 3Department of Information and Communication Engineering, University Electro-Communications. 4眼): SPIE, 5531: 375-382, 2004.

110177. [原著] Antimuscarinic Action of Oxymetazoline on Human Intraocular Muscles. Popat N Patil1, 石川 均2 (1Division of Pharmacology, College of Pharmacy. 2眼): Journal of Ocular Pharmacology and Therapeutics, 20 (4): 328-332, 2004.

110178. [原著] Dynamic Measurement of the Implanted Intraocular Lens Position with M-mode Ultrasound Biometry. 魚里 博, 川守田拓志 (医衛, 眼): Invest Ophthalmol Vis Sci, 45 (4): 1730, 2004.

110179. [原著] Correlation between allergen-specific IgE serum levels in patients with allergic conjunctivitis in spring. Tatsuya Mimura1, Shiro Amano1, Hideharu Funatsu2, Satoru Yamagami1, Makoto Araie1, Yuichi Kaji3,4, 有本あこ1,4,5, Yoshiko Ishida4, Tomohiko Usui1, Shinseiro Okamoto4 (1東京大. 2東京女医大. 3つくば大. 4Okamoto Eye Clinic. 5眼): Ocular Immunology and Inflammation, 12 (1): 45-51, 2004.

110180. [原著] Eleven-year follow-up of photorefractive keratectomy for myopia. 中西 基, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): The Kitasato Medical Journal, 34 (1): 9-12, 2004.

110181. [原著] Optical frequency-domain reflectometry with a rapid wavelength-scanning superstructure-grating distributed Bragg reflector laser. 天野卓治1, Hideaki Hiro-Oka1, Donghak Choi1, Hiroyuki Furukawa1, Fumiyoshi Kano2, Mituo Takeda3, 中西 基4, 清水公也4, Kohji Ohbayashi5 (1一般教育. 2NTT. 3Department of Information and Communication Engineering, University of Electro-Communications. 4眼. 5医療系大学院): Applied Optics, 44 (5): 808-816, 2004.

110182. [原著] Evaluation of apparent ectasia of the posterior surface of the cornea after keratorefractive surgery. Yoshiaki Nawa1, Kozo Masuda1, Tetsuo Ueda1, Yoshiai Hara1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2医衛, 眼): Journal of Cataract & Refractive Surgery, 31 (3): 571-573, 2004.

120064. [原著] 老視の治療. 清水公也 (眼): 神経眼科, 21 (1): 29-36, 2005.

120065. [原著] 眼内レンズによるモノビジョン法の視機能評価. 嶺井利沙子1, 清水公也1, 新田任里江1, 魚里 博2, 新井田孝裕3, 井上俊洋4 (1眼. 2医衛. 3国際医療福祉大. 4熊本大): 眼科手術, 17 (2): 223-228, 2004.

120066. [原著] 角膜内皮細胞減少症例に対するDouble Circular Capsulotomy & Endocapsular Phacoemulsification. 神山とよみ, 清水公也, 嶺井利沙子, 藤澤邦俊, 疋田朋子, 後関利明 (眼): 眼科手術, 17 (2): 241-244, 2004.

120067. [原著] GDx-NとGDx Accessの測定時間と測定値の比較. 森田哲也1, 庄司信行2, 播磨優貴子1, 西 泰枝, 高橋慶子1, 清水公也1 (1眼. 2医衛): あたらしい眼科, 21 (3): 409-414, 2004.

120068. [原著] 架橋ヒアルロン酸ゲルの繊維柱帯切除術への応用. 庄司信行1, 清水公也2, 高橋勝哉3, 根本理香4, 河合裕美2, 冨岡敏也5 (1医衛. 2眼. 3生化学工業 (株) 中央研. 4東芝林間病院. 5武蔵野赤十字病院): 日本眼科学会雑誌, 108 (5): 277-282, 2004.

120069. [原著] LASIK術後の薄暮視の検討. 小手川泰枝1, 魚里 博1, 向野和雄1, 清水公也1,2, 加藤美枝3, 大野晃司3 (1医療系大学院. 2眼. 3神奈川歯大横浜クリニック): あたらしい眼科, 21 (4): 519-522, 2004.

120070. [原著] 緑内障患者の両眼解放視野における累加. 山川弥生1, 庄司信行2, 河合裕美1, 筒井健太1, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 臨床眼科, 58 (7): 1193-1198, 2004.

120071. [原著] 瞳孔に関する最近の知見. 吉冨建志1, 山地一禎2, 石川 均3 (1秋田大. 2理化学研. 3国際医療福祉大, 眼): 神経眼科, 21 (2): 116-120, 2004.

120072. [原著] 初期白内障における愁訴と高次波面収差. 高崎恵理子1, 伊藤美沙絵1, 相澤大輔1, 藤澤邦俊1, 鈴木雅信1, 魚里 博2, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 臨床眼科, 58 (8): 1543-1547, 2004.

120073. [原著] トライイリスを用いた調節刺激に対する瞳孔径・輻湊の加齢変化. 高橋慶子1, 石川 均1, 新田任里江1, 堀部 円1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 自律神経, 41 (3): 361-364, 2004.

120074. [原著] 遠視LASIKにおける高次収差変化. 桝田浩三1, 名和良晃1, 上田哲生1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2医衛, 眼): あたらしい眼科, 21 (9): 1237-1240, 2004.

120075. [原著] 白内障手術後の黄斑網膜厚の経時的変化 −糖尿病患者と健常者の比較−. 中山 幸1, 恵美和幸2 (1医衛, 眼. 2大阪労災病院): 日本眼科学会雑誌, 108 (6): 347-354, 2004.

120076. [原著] 中脳・橋背側びまん性虚血病変にみられた眼球運動障害−分水嶺症候群−. 松崎廣栄1, 西元久晴2, 成瀬涼子2, 清水公也2, 向野和雄3 (1東病院眼科. 2眼. 3医衛): 日本眼科紀要, 55 (11): 902-907, 2004.

120077. [原著] 小児における調節麻痺薬点眼前後での高次収差の変化. 矢野 隆1, 魚里 博2, 鈴木雅信1, 伊藤美沙絵1, 清水公也1 (1眼. 2医衛): あたらしい眼科, 21 (10): 1379-1382, 2004.

120078. [原著] 単集点と多集点IOLにおける空間周波数特性の比較. 川守田拓志, 魚里 博 (医衛, 眼): 眼科手術, 18 (1): 77-81, 2004.

120079. [原著] 両眼視と単眼視下の視機能に及ぼす瞳孔径と収差の影響. 魚里 博, 川守田拓志 (医衛. 眼): あたらしい眼科, 22 (1): 93-95, 2005.

120080. [原著] Laser in situ keratomileusis術後2年の経過. 相澤大輔1, 清水公也1, 中西 基1, 鈴木雅信1, 大野晃司2, 小松真理3 (1眼. 2神奈川歯大横浜クリニック. 3山王病院): 日本眼科学会雑誌, 109 (2): 88-92, 2005.

120081. [原著] 北里大学病院における片眼強度近視性弱視の検討. 松林修子1, 高崎恵理子1, 松崎廣栄2, 森田哲也1, 新田任里江1, 堀部 円1, 向野和雄3, 清水公也1 (1眼. 2東病院眼科. 3医衛): 眼科臨床医報, 99 (2): 50-53, 2005.

120082. [原著] 涙液が角膜収差の時間的変化に与える影響/第28回角膜カンファランス. 川守田拓志, 魚里 博 (医衛, 眼): 日本眼科紀要, 56 (1): 3-6, 2005.

120083. [原著] 反復する鈍的機械刺激による実験的白内障モデルの確立と発症機序の解明. 大下雅世1, 後藤 浩1, 山川直之1, 臼井正彦1, 宇賀茂三2 (1東京医大. 2国際医療福祉大, 眼): 日本眼科学会雑誌, 109 (4): 197-204, 2005.

120084. [原著] 老視の改善・補償に対する近見反応からの試み. 原 直人 (神奈川歯大横浜クリニック, 眼): 自律神経, 41 (3): 249-254, 2004.

120085. [原著] 糖尿病黄斑浮腫と透析療法. 市川一夫1,2, 蟹江佳穂子2, 吉田則彦2, 加賀達志2, 永田 篤3 (1眼. 2社会保険中京病院. 3岐阜社会保険病院): 日本眼科紀要, 55: 258-264, 2004.

120086. [原著] 網膜静脈閉塞症に対する動静脈交叉部減圧術. 中山 幸1, 樋田哲夫2, 山岡青女2, 河野克仁3, 飯田享司3, 宇多重員3 (1医衛, 眼. 2杏林アイセンター. 3二本松眼科): 眼科臨床医報, 98 (4): 287-291, 2004.

210025. [準原著] Quantitative measurement of ocular dominance as clinical application in monovision. 半田知也1, 魚里 博2, 向野和雄2, 嶺井利沙子3, 新田任里江3, 清水公也3 (1医療系大学院. 2医衛. 3眼): Invest Ophthalmol Vision and Science, 42 (4): E-313, 2004.

210026. [準原著] The Effect of Pupil Size on Binocular Summation. 川守田拓志, 魚里 博 (医衛, 眼): Invest Ophthalmol Vision and Science, E-4322, 2004.

220058. [準原著] モノビジョン症例における視機能と眼精疲労の関連について. 新井田孝裕1,2, 清水公也1, 比嘉利沙子1, 新田任里江1 (1眼. 2国際医療福祉大): 日本眼科医会 IT眼症と環境因子研究班業績集, p.153-158, 2004.

320075. [症例報告] 低調節性輻湊過剰内斜視が疑われる1症例. 藤村芙佐子1, 新田任里江2, 高橋慶子3, 松林修子4, 向野和雄1, 清水公也2 (1医衛. 2眼. 3国際医療福祉大熱海病院. 4東病院眼科): 眼科臨床医報, 98 (4): 66-69, 2004.

320076. [症例報告] 屈折矯正手術3年後の視神経乳頭形状の比較. 金 成愛1, 庄司信行2, 有本あこ1, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 臨床眼科, 58 (13): 2281-2284, 2004.

510015. [解説] Refractive surgical problem edited by Kohnen T. 鈴木雅信 (眼): Journal of Cataract & Refractive Surgery, 30 (1): 12, 2004.

520215. [講座] コンサルテーションコーナー・エキスパートに聞く. 相澤大輔, 清水公也 (眼): IOL & RS, 17(4): 470-471, 2004.

520216. [講座] 学校保健法. 宇津見義一 (宇津見眼科, 眼): 眼科, 46 (4): 399-405, 2004.

520217. [総説] 化学物質過敏症の見方・考え方 (3)−心身医学からみた化学物質過敏症−. 坂部 貢, 宮田幹夫, 石川 哲 (北研病院環境医学センター): 神経眼科, 21 (1): 59-62, 2004.

520218. [総説] プリセットIOLインジェクター. 嶺井利沙子, 清水公也 (眼): 眼科手術, 17 (2): 189-191, 2004.

520219. [解説] 化学物質過敏症に携わって−その後の発展など−. 石川 哲 (北研病院臨床環境医学センター): 自律神経, 41 (1): 7-10, 2004.

520220. [総説] 老年網膜におけるBDNFの再生作用. 高野雅彦 (眼): Clinical Neuroscience, 22 (3): 320-322, 2004.

520221. [総説] 間歇性外斜視 その病因論−神経眼科学的立場から−. 向野和雄 (医衛): 日本の眼科, 75 (7): 821-826, 2004.

520222. [解説] 学校現場におけるコンタクトレンズとその問題点. 宇津見義一 (宇津見眼科, 眼): あたらしい眼科, 21 (6): 723-729, 2004.

520223. [総説] 白内障術後における老視の克服. 清水公也 (眼): IOL & RS, 18 (1): 30-35, 2004.

520224. [講座] コンタクトレンズ眼障害の実際. 宇津見義一 (宇津見眼科, 眼): 日本の眼科, 75 (8): 971-977, 2004.

520225. [総説] 屈折矯正手術と調節性内斜視. 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 21 (9): 1167-1171, 2004.

520226. [講座] レンズケアとドライアイ. 宇津見義一 (宇津見眼科, 眼): 日本コンタクトレンズ学会誌, 46 (3): 164-167, 2004.

520227. [総説] 最近の白内障治療. 清水公也 (眼): 綜合臨牀, 53 (10): 2668-2672, 2004.

520228. [講座] Monovisionを理解するために必要な神経眼科. 新井田孝裕 (国際医療福祉大, 眼): IOL & RS, 18 (2): 105-109, 2004.

520229. [講座] 非球面レンズについて. 市川一夫 (社会保険中京病院, 眼): IOL & RS, 18 (2): 132-133, 2004.

520230. [総説] 瞳孔反応. 石川 均1, 浅川 賢2, 吉冨健志3 (1眼. 2国際医療福祉大熱海病院. 3秋田大): 神経眼科, 21 (3): 280-285, 2004.

520231. [総説] 測定方法と機器. 浅川 賢1, 石川 均2, 吉冨健志3 (1国際医療福祉大熱海病院. 2眼. 3秋田大): 神経眼科, 21 (3): 286-292, 2004.

520232. [総説] 近見反応の臨床応用−老視の近見反応−. 原 直人 (神奈川歯大横浜クリニック, 眼): 神経眼科, 21 (3): 293-300, 2004.

520233. [総説] 角膜混濁眼の白内障. 藤澤邦俊, 清水公也 (眼): 臨床眼科 (増), 58 (11): 191-195, 2004.

520234. [総説] 神経眼科に携わって40年 (虚血性眼球運動障害, 糖尿病性視神経症, モノビジョン法と眼優位性, 瞳孔振動の解析, 老視)−Thinking Neuro-Ophthalmologyの実践−. 向野和雄 (医衛): 湘西の眼科, 9 (11): 19-29, 2004.

520235. [総説] 有水晶体眼内レンズ−後房型レンズ(ICL) の治験成績 Phakic IOL. 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 医学のあゆみ (第1土曜特集), 211 (10): 943-948, 2004.

520236. [総説] 老視とスーパービジョン. 相澤大輔, 清水公也 (眼): 北里医学, 33 (6): 362-368, 2003.

520237. [解説] 視軸と照準線. 魚里 博 (医衛): Tomey Ophthalmology News, 35: 19, 2004.

520238. [総説] コンタクトレンズにおける眼光学. 魚里 博 (医衛): 臨床眼科, 58 (13): 2211-2220, 2004.

520239. [講座] 光源について. 市川一夫1,2, 中村英樹1 (1社会保険中京病院. 2眼): IOL & RS, 18 (4): 400-402, 2004.

520240. [講座] モノビジョンLASIK. 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 22 (1): 51-52, 2005.

520241. [総説] 眼の薬物中毒の診断. 向野和雄1, 市邉義章2 (1医衛. 2眼): 眼科, 47 (2): 125-139, 2005.

520242. [総説] 有機リン中毒. 宮田幹夫, 石川 哲, 坂部 貢 (北研病院環境医学センター): 眼科, 47 (2): 141-148, 2005.

520243. [総説] シックハウス症候群・化学物質過敏症. 石川 哲1, 坂部 貢1, 宮田幹夫1, 吉野 博2, 角田和彦3, 北條祥子4 (1北研病院環境医学センター. 2東北大. 3坂総合病院. 4尚絅学院大): 眼科, 47 (2): 149-160, 2005.

520244. [総説] コンタクトレンズ診療の現状. 宇津見義一 (宇津見眼科, 眼): 眼科, 47 (2): 175-187, 2005.

520245. [総説] 老視とその対策. 清水公也 (眼): 綜合臨牀, 54 (3): 627-628, 2005.

520246. [総説] Wavefront-Guided LASIK. 相澤大輔, 清水公也 (眼): あたらしい眼科, 22 (2): 177-180, 2005.

520247. [総説] VDT業務とシックハウス症候群に関する予報的研究. 石川 哲1, 田中舘明博2, 角田和彦3, 宮田幹夫1, 石川 均4, 平岡真理5, 鈴木武敏6, 袴田直俊7 (1北研病院臨床環境医学センター. 2医衛. 3坂総合病院. 4国際医療福祉大, 眼. 5平岡眼科. 6鈴木眼科. 7浜松ホトニクス): 日本眼科医会 IT眼症と環境因子研究班業績集, p.83-87, 2005.

520248. [総説] 室内空気汚染と関連するとされる有機リン化合物. 石川 哲, 坂部 貢, 宮田幹夫 (北研病院臨床環境医学センター): 日本眼科医会 IT眼症と環境因子研究班業績集, p.88-93, 2005.

520249. [総説] トライイリスを用いたIT眼症の評価. 石川 均1, 清水公也1, 堀部 円1, 浅川 賢2, 陶山秀夫2, 石川 哲3 (1眼. 2国際医療福祉大熱海病院. 3北研病院環境医学センター): 日本眼科医会 IT眼症と環境因子研究班業績集, p.129-134, 2005.

520250. [総説] 携帯電話メール使用前後の瞳孔反応. 原 直人1,3, 大野晃司1,3,, 内山仁志2, 田中舘明博2, 藤山由紀子2, 向野和雄2, 清水公也3 (1神奈川歯大学. 2医衛. 3眼): 日本眼科医会 IT眼症と環境因子研究班業績集, p.147-152, 2005.

520251. [総説] 調節眼内レンズ. 市川一夫 (社会保険中京病院, 眼): IOL & RS, 18 (4): 386-389, 2004.

520252. [講座] Wavefront-guided ablation. 清水公也, 相澤大輔 (眼): Ocular Surgery News, Japan Edition, (5): 3, 2004.

520253. [総説] 瞳孔関連疾患の診断・治療におけるPitfall. 石川 均1,2, 清水公也2, 吉冨健志3 (1医衛. 2眼. 3秋田大): 神経眼科, 22 (1): 4-13, 2005.

520254. [解説] 白内障手術におけるモノビジョン. 比嘉利沙子 (眼): IOL & RS, 18 (2): 123-127, 2004.

520255. [解説] シックハウス症候群・化学物質過敏症と健康影響 とくに有機リン剤の神経系への影響 −低用量・連続曝露および反復曝露の危険性の再評価に向けて−. 石川 哲 (北里研究所病院臨床環境医学センター): 自律神経, 41 (5): 485-489, 2004.

[著 書]

620135. [その他の著書] (分担執筆) 眼科ベーシックポイント; 基礎知識 構造と生理/屈折と調節. 中山 幸 (二本松眼科病院, 眼): メジカルビュー社, 2004/3発行.

620136. [その他の著書] (編集) 眼科臨床研修セレクト とっておき小講義集. 編集 綾木雅彦 (昭和大藤が丘病院), 清水公也 (眼), 金原出版, 東京, 2004/8発行.

620137. [その他の著書] (分担執筆) 眼科臨床研修セレクト とっておき小講義集; やってはいけない! 16か条−眼科診療べからず集−, p.27-33. 市邉義章 (眼), 編集 綾木雅彦 (昭和大藤が丘病院), 清水公也 (眼), 金原出版, 東京, 2004/8発行.

620138. [その他の著書] (分担執筆) 眼科臨床研修セレクト とっておき小講義集; はじめての眼底検査, p.40-46. 市邉義章 (眼), 編集 綾木雅彦 (昭和大藤が丘病院), 清水公也 (眼), 金原出版, 東京, 2004/8発行.

620139. [その他の著書] (分担執筆) 眼科臨床研修セレクト とっておき小講義集; はじめての緑内障, p.61-71. 庄司信行 (医衛, 眼): 綾木雅彦 (昭和大藤が丘病院), 清水公也 (眼), 金原出版, 東京, 2004/8発行.

[学会・研究会等]

712032. [学会 (国際)] (招待された講演) The Quantitative Comparison of the Higher-order Aberrations between Conventional, Wavefront-guided LASIK, and Phakic Refractive Lens. 清水公也 (眼): 5th International Meeting on Advanced Cataract and Refractive Surgery (KSCRS) (2004/6/13), 韓国.

712033. [学会 (国際)] (招待された講演) A New Preloaded Injector System -Three Piece Aspheric Silicone IOL with Square Edge-. 清水公也 (眼): 5th International Meeting on Advanced Cataract and Refractive Surgery (KSCRS) (2004/6/13), 韓国.

713179. [学会 (国際)] (ポスター) Quantitative measurement of ocular dominance as clinical application in monovision. 半田知也1, 魚里 博1, 向野和雄1, 嶺井利沙子2, 新田任里江2, 清水公也2 (1医衛. 2眼): 2004 Annual Meeting of ARVO (The Association for Research in Vision and Ophthalmology) (2004/4/25), Fort Lauderdale, FL.

713180. [学会 (国際)] (ポスター) Dynamic Measurement of the Implanted Intraocular Lens Position with M-mode Ultrasound Biometry. 魚里 博, 川守田拓志 (医衛): 2004 Annual Meeting of ARVO (The Association for Research in Vision and Ophthalmology) (2004/4/26), Fort Lauderdale, FL.

713181. [学会 (国際)] (ポスター) The Effect of Pupil Size on Binocular Summation. 川守田拓志, 魚里 博 (医衛): 2004 Annual Meeting of ARVO (The Association for Research in Vision and Ophthalmology)(2004/4/28), Fort Lauderdale, FL.

713182. [学会 (国際)] (一般講演) Refractive Phakic IOLs. David Allen, David Jory, 清水公也1 (1眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) (2004/5/1), サンディエゴ.

713183. [学会 (国際)] (一般講演) International Video Symposium of Challenging Cases. Robert H Osher, Graham D Barrett, Kensaku Miyake, 清水公也1, Dennis Lam, Jaime Zacharias, Carlos J Aregento, Fernando C Trinidade, Abhay R Vasavada, Howard V Gimbel, Albert Galand, Camille Budo, Lucio Buratto, Phillipe Sourdille, Spyros Georagaras, Thomas F Neuhann, Ronald Yeoh, Virgilio Centurion, Richard B Packard, Jorg yae L Alio (1眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) (2004/5/1), サンディエゴ.

713184. [学会 (国際)] (一般講演) Treatment of irregular Astigmatism with Wavefront-Guided Ablation. 小松真理1, 清水公也2, 飯田嘉彦2, 相澤大輔2, 鈴木雅信2 (1山王病院. 2眼): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議)(2004/5/3), サンディエゴ.

713185. [学会 (国際)] (一般講演) Vertical Strabismus Treatment by Decentered IOL Implantation. 西元久晴1,2, 清水公也2, 嶺井利沙子2, 松崎廣栄2, 藤澤邦俊2, 矢野 隆3, 魚里 博3, 向野和雄3 (1武蔵野赤十字病院. 2眼. 3医衛): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議) (2004/5/3), サンディエゴ.

713186. [学会 (国際)] (一般講演) Wavefront-Guided LASIK for Myopia:2-Year Results. 飯田嘉彦1, 清水公也1, 小松真理2, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 魚里 博3 (1眼. 2山王病院. 3医衛): ASCRS (米国白内障・屈折手術会議)(2004/5/3), サンディエゴ.

713187. [学会 (国際)] (ポスター) NEW FLICKER PERIMETRY VERSUS FREQUENCY DOUBLING TECHNOLOGY. 庄司信行1, 成瀬涼子2, 鈴木宏昌2, 森田哲也2, 根本理香2, 清水公也2 (1医衛. 2眼): EGS (欧州緑内障学会) (2004/5/30-6/4), フローレンス (イタリア).

713188. [学会 (国際)] (一般講演) The quantitative comparison of the higher-order abrrations between (conventional, wavefront-guided) LASIK, and phakic refractive lens. 清水公也1, 飯田嘉彦2, 相澤大輔1, 藤澤邦俊1 (1眼. 2山王病院): ESCRS (Europian Society Cataract and Refractive Surgeons) (2004/9/20), パリ.

713189. [学会 (国際)] (ポスター) Nipradilol enhances neurite regeneration from adult rat retinal exlant. 高野雅彦1, 神山とよみ1, 張 小猛2, X Zhang2, 中西 基1, 真下紀美代1, 石川 均1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼. 2吉林大): Neuroscience 2004 Society for Neurooscience 34th Annual Meeting (2004/10/25), サンディエゴ.

713190. [学会 (国際)] (ポスター) A Clinical Quantitative Measurement of Ocular Dominance. 半田知也1, 魚里 博1, 向野和雄1, 新井田孝浩2, 庄司信行1, 比嘉利沙子3, 新田任里江3, 清水公也3 (1医衛. 2国際医療福祉大. 3眼): ]th International Orthoptic Congress (2004/11/14-17), メルボルン (オーストラリア).

713191. [学会 (国際)] (学術展示) Tissue imaging by OFDR-OCT using an SSG-DBR laser. D Choi1, T Amano1, H Hiro‐Oka1, H Furukawa1, T Miyazawa2, R Yoshimura2, 中西 基3, 清水公也3, K Ohbayashi4(1Center for Natural Science, Kitasato University. 2NTT Photonics Laboratories, NTT Corporation. 3眼. 4医療系大学院): Coherence Domain Optical Methods and Optical Coherence Tomography in Biomedicine \ (2005/1/23-26), San Jose, California, USA.

713192. [学会 (国際)] (学術展示) A Relatonship in Higher-Order Aberrations Between Pre-and Pstoperative Wavefrot Gueded LASIK. 相澤大輔1, 清水公也1, 飯田嘉彦1, 小松真理2, 鈴木雅信1 (1眼. 2山王病院): 20th Asia Pacfic Academy of Ophthalmology Congress (2005/3/31), Kuala Lumpur, Malaysia.

721012. [学会 (全国)] (特別講演) 視力の光学的側面. 魚里 博 (医衛): 日本視能訓練士協会第17回総会・第20回講演会・第3回研修会 (2004/6/6), 東京.

721013. [学会 (全国)] (特別講演) 難症例の核処理 亜脱臼と小瞳孔 (名人ビデオ). 清水公也 (眼): 第28回日本眼科手術学会総会 (2005/1/28-30), 大阪.

722078. [学会 (全国)] (招待された講演) 調節機能を考慮した術式. 清水公也 (眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/25), 福岡.

722079. [学会 (全国)] (招待された講演) Phakic IOL. 清水公也 (眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

722080. [学会 (全国)] (招待された講演) 屈折矯正手術後の緑内障の診断と治療. 庄司信行 (眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

722081. [学会 (全国)] (招待された講演) Wavefront-guided LASIK. 鈴木雅信 (眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/27), 福岡.

722082. [学会 (全国)] (招待された講演) 白内障手術における危機管理. 比嘉利沙子 (眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/27), 福岡.

722083. [学会 (全国)] (招待された講演) 日帰り白内障・屈折手術のリスクマネージメント. 市川一夫 (社会保険中京病院, 眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会(2004/6/27), 福岡.

722084. [学会 (全国)] (招待された講演) 白内障手術におけるリスクマネージメント. 小松真理 (山王病院, 眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/27), 福岡.

722085. [学会 (全国)] (招待された講演) AK, LASIK. 清水公也 (眼): 第47回日本コンタクトレンズ学会総会(2004/7/10), 札幌.

722086. [学会 (全国)] (招待された講演) 超高感度高精細カメラのロービジョンケアへの応用. 筒井健太 (眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会(2004/9/11), 横浜.

722087. [学会 (全国)] (招待された講演) 超高感度高精細カメラの臨床応用. 柳田智彦 (眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

722088. [学会 (全国)] (招待された講演) 白内障術後の Quality of Vision−眼内レンズによるモノビジョン法−. 新田任里江 (眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

722089. [学会 (全国)] (招待された講演) 調節眼内レンズの成績. 市川一夫 (社会保険中京病院, 眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

722090. [学会 (全国)] (招待された講演) IOLマスターと調節. 比嘉利沙子 (眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

722091. [学会 (全国)] (招待された講演) 瞳孔異常の発見と診断の重要性. 石川 均 (眼): 第42回日本神経眼科学会 (2004/10/16), 名古屋.

722092. [学会 (全国)] (シンポジウム) 色覚検査改正の経緯 (専門別研究会:色覚異常). 宇津見義一 (宇津見眼科医院, 眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

722093. [学会 (全国)] (シンポジウム) 外傷性白内障の手術. 比嘉利沙子 (眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

722094. [学会 (全国)] (シンポジウム) 隅角の見方を勉強しよう−日本緑内障学会研修委員会企画−インストラクションコース. 庄司信行 (医衛. 眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/12), 東京.

722095. [学会 (全国)] (シンポジウム) 訴訟に至らない手術を目指して. 清水公也 (眼): 第58回日本臨床眼科学会(2004/11/14), 東京.

722096. [学会 (全国)] (招待講演) カスタムレーシック3年の成績 (ランチョンセミナー 屈折矯正手術の現状と未来〜カスタムレーシックの可能性〜. 清水公也 (眼): 第28回日本眼科手術学会総会 (2005/1/28), 大阪.

722097. [学会 (全国)] (招待講演) Phakic IOL-後房型有水晶体眼内レンズ (ICLTM). 清水公也 (眼): 第28回日本眼科手術学会総会 (2005/1/29), 大阪.

722098. [学会 (全国)] (招待講演) 眼輪筋を標的とした下眼瞼内反症手術 (会長企画シンポジウム2 眼瞼下垂, 内反症手術の標的と術式). 西本浩之 (相模原協同病院, 眼): 第28回日本眼科手術学会総会 (2005/1/30), 大阪.

722099. [学会 (全国)] (招待された講演) 眼薬理学的見地から見た近未来の緑内障治療薬−眼循環を中心に−. 石川 均1, 清水公也1, 吉冨健志2 (1眼. 2秋田大): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/24), 京都.

723721. [学会 (全国)] (一般講演) フリッカー視野計と Frequency Doubling Technologyの比較. 成瀬涼子1, 庄司信行2, 根本理香1, 森田哲也1, 高橋慶子3, 清水公也1 (1眼. 2医衛. 3国際医療福祉大熱海病院): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/15), 東京.

723722. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内コンタクトレンズ(ICLTM) 挿入豚眼における水晶体変化. 藤澤邦俊1, 西元久晴1, 張 小猛1, 永野幸一1, 鈴木雅信1, 清水公也1, 宇賀茂三1,2, 安達ゆかり3, 藤原寛子3 (1眼. 2国際医療福祉大. 3キャノンスター): 第108回日本眼科学会総会(2004/4/16), 東京.

723723. [学会 (全国)] (一般講演) 両眼開放および片眼遮下の視機能検査に及ぼす瞳孔径の影響. 魚里 博1,2, 川守田拓志3, 桝田浩三4 (1眼. 2医衛. 3医療系大学院. 4奈良県医大): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/16), 東京.

723724. [学会 (全国)] (一般講演) 遠視LASIK後のコントラスト感度と角膜高次収差の関係. 上田哲生1, 名和良晃1, 桝田浩三1, 原 嘉昭1, 魚里 博2,3 (1奈良県医大. 2眼. 3医衛): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/16), 東京.

723725. [学会 (全国)] (一般講演) 摘出家兎毛様動脈, ラット腸間膜動脈におけるカリジノゲナーゼの薬理学的作用. 石川 均1,2, 林 泉3, 吉冨健志4, 清水公也1, 真下紀美代1 (1眼. 2国際医療福祉大. 3薬理. 4秋田大): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/17), 東京.

723726. [学会 (全国)] (ポスター) 角膜屈折矯正手術後の Orbscanによる「みかけの後面突出」の検討. 名和良晃1, 桝田浩三1, 上田哲生1, 石橋秀俊1, 原 嘉昭1, 魚里 博2,3 (1奈良県医大. 2医衛. 3眼): 第108回日本眼科学会総会(2004/4/16), 東京.

723727. [学会 (全国)] (ポスター) 眼優位性の非優位眼 defocusにおける適応機能. 半田知也1, 向野和雄1, 川守田拓志2, 清水公也3, 魚里 博1 (1医衛. 2医療系大学院. 3眼): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/16), 東京.

723728. [学会 (全国)] (ポスター) 高次波面収差の年齢変化. 伊藤美沙絵1, 清水公也2, 魚里 博1, 矢野 隆2, 関口沙知子2, 田村千春2, 藤澤邦俊2, 相澤大輔2 (1医衛. 2眼): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/16), 東京.

723729. [学会 (全国)] (ポスター) 眼軸長測定誤差に影響されない, IOL交換のための度数決定式. 西  智1, 名和良晃1, 辻 英之2, 原 嘉昭1, 魚里 博3,4 (1奈良県医大. 2町立榛原総合病院. 3眼. 4医衛): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/17), 東京.

723730. [学会 (全国)] (一般講演) 超高感度高精細カメラによる網膜神経線維層の観察. 庄司信行1, 永野幸一2, 森田哲也2, 市邉義章2, 清水公也2, 谷岡健吉3 (1医衛. 2眼. 3NHK放送技術研究所): 第108回日本眼科学会総会(2004/4/17), 東京.

723731. [学会 (全国)] (ポスター) 超高感度高精細カメラのロービジョンケアへの応用. 筒井健太1, 永野幸一1, 柳田智彦1, 市邉義章1, 清水公也1, 谷岡健吉2 (1眼. 2NHK放送技術研究所): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/17), 東京.

723732. [学会 (全国)] (ポスター) Nipradilolの網膜神経節細胞に対する神経再生促進効果の検討. 神山とよみ1, 高野雅彦1, 張 小猛1, 中西 基1, 真下紀美代1, 石川 均2, 庄司信行3, 清水公也1 (1眼. 2国際医療福祉大熱海病院. 3医衛): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/17), 東京.

723733. [学会 (全国)] (ポスター) SRK/T式の最適化A定数計算方法の検討. 辻 英之1, 園田良英1, 名和良晃2, 原 嘉昭2, 魚里 博3,4 (1町立榛原総合病院. 2奈良県医大. 3眼. 4医衛): 第108回日本眼科学会総会 (2004/4/17), 東京.

723734. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における片眼強度近視性弱視の検討. 松林修子1, 高崎恵理子2, 松崎廣栄1, 新田任里江2, 堀部 円2, 向野和雄3, 清水公也2 (1東病院眼科. 2眼. 3医衛): 第60回日本弱視斜視学会総会(2004/6/18), 沖縄.

723735. [学会 (全国)] (学術展示) 治療に苦慮している周期性交代性眼振の1例. 中田かづき1, 山田徹人2, 四之宮佑馬2, 藤田純子2, 新井田孝裕2,3, 高橋和晃1 (1国際医療福祉病院. 2国際医療福祉大. 3眼): 第60回日本弱視斜視学会総会 (2004/6/18), 沖縄.

723736. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided LASIKにおける乱視治療効果. 飯田嘉彦1,2, 清水公也1, 小松真理1,2, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 魚里 博3 (1眼. 2山王病院. 3医衛): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/25), 福岡.

723737. [学会 (全国)] (一般講演) 最強度近視に対する wavefront-guided LASIKおよび有水晶体眼内レンズの比較. 藤澤邦俊, 相澤大輔, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/25), 福岡.

723738. [学会 (全国)] (一般講演) 中京式Rescue Lens を用いた水晶体核, 皮質落下時の処理の方法. 加賀達志1, 市川一夫1,2, 渡辺三訓1, 小島隆司1, 内藤尚久3, 市川玲子3, 石田晶子4, 戸田裕人4, 柳瀬弘美4, 海老名純5, 大橋正志5, 吉原欣聰5, 黒川智子1 (1社会保険中京病院. 2眼. 3中京眼科. 4中京メディカル. 5サンコンタクトレンズ): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723739. [学会 (全国)] (一般講演) スリット照明装置VISULUXを用いた前嚢切開. 渡辺三訓1, 市川一夫1,2, 加賀達志1 (1社会保険中京病院. 2眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723740. [学会 (全国)] (一般講演) 調節性眼内レンズ挿入眼の臨床経過. 比嘉利沙子1, 清水公也1, 藤澤邦俊1, 新田任里江1, 魚里 博2 (1眼. 2医衛): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723741. [学会 (全国)] (一般講演) 非球面眼内レンズの術後早期成績. 中村英樹1, 市川一夫1,2, 加藤志穂1, 内藤尚久3, 酒井幸弘3 (1社会保険中京病院. 2眼. 3中京眼科): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723742. [学会 (全国)] (一般講演) 非優位眼defocusにおけるbinocular summation. 半田知也1, 清水公也1, 向野和雄2, 川守田拓志2, 魚里 博2 (1眼. 2医衛): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723743. [学会 (全国)] (一般講演) 両眼開放および片眼遮蔽下の視機能に及ぼす瞳孔径と収差の影響. 魚里 博1, 川守田拓志1, 桝田浩三2,3 (1医衛. 2眼. 3奈良県医大): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723744. [学会 (全国)] (一般講演) アトピー白内障術後の調節刺激に対する瞳孔反応. 後関利明1, 藤澤邦俊1, 比嘉利沙子1, 清水公也1, 石川 均2 (1眼. 2国際医療福祉大熱海病院): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723745. [学会 (全国)] (一般講演) LASEK術後の残存角膜厚に関する検討. 中村友昭1, 洞井里絵1, 小島隆司2, 原 修哉2, 市川一夫2,3 (1REC. 2社会保険中京病院. 3眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723746. [学会 (全国)] (学術展示) 有限要素法を用いたPRK後の角膜突出の解析. 名和良晃1, 竹谷 太1, 上田哲生1, 原 嘉昭1, 松本俊郎2, 岩部晃徳2, 魚里 博3,4 (1奈良県医大. 2近畿大. 3医衛. 4眼): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723747. [学会 (全国)] (学術展示) 弧状ブレイドによる角膜小切開用マーカーの試作. 高松 太1, 星野彰宏2, 市川一夫2,3, 吐合修一4 (1二本松眼科. 2社会保険中京病院. 3眼. 4(株) リィツメディカル): 第19回日本眼内レンズ屈折手術学会 (2004/6/26), 福岡.

723748. [学会 (全国)] (一般講演) 平成15年度学校現場でのコンタクトレンズ使用状況調査. 宇津見義一1,2, 吉田 博2, 三宅謙作2, 鈴木 稔2, 佐野七郎2 (1眼. 2日本眼科医会): 第47回日本コンタクトレンズ学会総会 (2004/7/10), 札幌.

723749. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学における円錐角膜用コンタクトレンズの装用状況. 大槻智宏1, 宇津見義一1,2, 熊埜御堂隆1, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 清水公也1 (1眼. 2宇津見眼科医院): 第47回日本コンタクトレンズ学会総会 (2004/7/10), 札幌.

723750. [学会 (全国)] (一般講演) 慶応義塾大学病院におけるコンタクトレンズ装用者へのアンケート調査. 田邊佐智子1, 熊埜御堂隆2, 宇津見義一2,3, 真島行彦1 (1慶応大. 2眼. 3宇津見眼科医院): 第47回日本コンタクトレンズ学会総会 (2004/7/10), 札幌.

723751. [学会 (全国)] (一般講演) ICL挿入術前後のコントラスト感度. 田村千春1, 堀部 円1, 高崎恵理子1, 相澤大輔1, 藤澤邦俊1, 鈴木雅信1, 清水公也1, 魚里 博2 (1眼. 2医衛): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

723752. [学会 (全国)] (一般講演) モノビジョンの両眼加算における眼優位性の影響. 半田知也1, 魚里 博1, 比嘉利沙子2, 新田任里江2, 清水公也2 (1医衛. 2眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

723753. [学会 (全国)] (一般講演) 調節に伴う角膜の形状変化について. 桝田浩三1, 上田哲生1, 名和良晃1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2医衛, 眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

723754. [学会 (全国)] (一般講演) OFDR-OCTによる生体顕微鏡. 中西 基1, 天野卓治2, 廣岡秀明2, 古川裕之2, 崔 東学2, 大林康二2, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼. 2一般教育): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/11), 横浜.

723755. [学会 (全国)] (一般講演) 県立静岡がんセンター眼科における電子カルテ運用の現状. 柏木広哉1,2, 陶山秀夫1,3, 清水公也1 (1眼. 2県立静岡がんセンター. 3国際医療福祉大熱海病院): 第2回電子カルテミーティング (第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会) (2004/9/11), 横浜.

723756. [学会 (全国)] (一般講演) 自覚屈折検査第二法を実現するための新しい視力標. 中川皓夫1, 名和良晃1, 渡邉千博1, 岸本精一1, 中尾主一1, 魚里 博2, 鈴木武敏3 (1奈良県医大. 2医衛, 眼. 3鈴木眼科): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/12), 横浜.

723757. [学会 (全国)] (一般講演) 正視眼と近視眼における調節微動解析. 川守田拓志, 魚里 博 (医療系大学院, 眼): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/12), 横浜.

723758. [学会 (全国)] (一般講演) 瞳孔の近見反応測定装置, トライイリスC9000による眼精疲労眼の評価. 中川皓夫1, 名和良晃1, 渡邉千博1, 岸本精一1, 魚里 博2, 鈴木武敏3 (1奈良県医大. 2医衛, 眼. 3鈴木眼科): 第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会 (2004/9/12), 横浜.

723759. [学会 (全国)] (一般講演) 調節と収差. 大野晃司 (神奈川歯大横浜クリニック, 眼): 第8回ISRS JAPAN Meeting (第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会) (2004/9/12), 横浜.

723760. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体眼内レンズ(ICLTM) の臨床成績と波面収差. 藤澤邦俊 (眼): 第8回ISRS JAPAN Meeting (第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会) (2004/9/12), 横浜.

723761. [学会 (地方)] (一般講演) Wavefront-guided refractive surgery. 小松真理 (山王病院, 眼): 第8回 ISRS JAPAN Meeting (第40回日本眼光学学会・第19回眼科ME学会合同学会総会) (2004/9/12), 横浜.

723762. [学会 (全国)] (一般講演) 線維柱帯切除後の網膜神経線維層厚の評価. 森田哲也1, 庄司信行2, 輿水 学1, 杉本和久1, 山口葉奈子1, 比留間美穂1, 高橋慶子1, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 第15回日本緑内障学会 (2004/9/24), 新潟.

723763. [学会 (全国)] (ポスター) 成体ラット網膜に対するNipradilolの神経突起再生促進効果. 神山とよみ1, 高野雅彦, 張 小猛, 中西 基, 真下紀美代, 石川 均, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第15回日本緑内障学会 (2004/9/24-25), 新潟.

723764. [学会 (全国)] (ポスター) 2種類のプロスタグランジン関連薬の視野維持効果の比較. 山川弥生1,2, 庄司信行3, 根本理香2, 森田哲也2, 鈴木宏昌2, 清水公也2 (1東芝林間病院. 2眼. 3医衛): 第15回日本緑内障学会 (2004/9/24-25), 新潟.

723765. [学会 (全国)] (一般講演) アロキサン投与による実験的高血糖家兎の摘出毛様動脈の薬理学的, 組織学的性質. 後関利明1,2, 石川 均1, 真下紀美代1, 清水公也11, 吉冨健志3 (1眼. 2海老名総合病院. 3秋田大): 第24回日本眼薬理学会 (2004/10/9), 八王子.

723766. [学会 (全国)] (一般講演) 3D映像トレーニングソフト視聴による視覚機能への影響と効果 調節と眼位の検討. 榊原七重1, 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 枝川 宏3, 松原正男4 (1神奈川歯大横浜クリニック. 2眼. 3枝川眼科クリニック. 4東京女医大第2病院): 第42回日本神経眼科学会総会 (2004/10/15), 名古屋.

723767. [学会 (全国)] (一般講演) 若年群・老視群の近見時瞳孔反応・眼球運動に対する片眼遮閉の影響. 浅川 賢1, 石川 均2, 魚里 博3, 清水公也2 (1国際医療福祉大熱海病院. 2眼. 3医衛): 第42回日本神経眼科学会総会 (2004/10/15), 名古屋.

723768. [学会 (全国)] (一般講演) Behcet病による視神経症が疑われた1症例. 五十嵐章史, 鈴木宏昌, 市邉義章, 清水公也 (眼): 第42回日本神経眼科学会総会 (2004/10/15), 名古屋.

723769. [学会 (全国)] (一般講演) 無菌性髄膜炎後に出現した両側視神経炎の1例. 輿水 学1, 市邉義章1, 向野和雄2 (1眼. 2医衛): 第42回日本神経眼科学会総会 (2004/10/15), 名古屋.

723770. [学会 (全国)] (一般講演) 視床出血に伴う眼球運動障害の長期予後の検討. 原 直人1, 畑 隆志3, 向野和雄4, 大野晃司1, 清水公也2 (1神奈川歯大横浜クリニック. 2眼. 3横浜市立脳血管医療センター. 4医衛): 第42回日本神経眼科学会総会 (2004/10/16), 名古屋.

723771. [学会 (全国)] (一般講演) ニプラジロールによる網膜の神経再生促進. 高野雅彦 (眼): 第42回日本神経眼科学会総会 ランチョンセミナー2 ハイパジールコーワ点眼液5周年記念セミナー (2004/10/16), 名古屋.

723772. [学会 (全国)] (一般講演) 若年者における高次収差の検討. 関口沙知子1, 伊藤美沙絵2, 矢野 隆3, 相澤大輔4, 鈴木雅信4, 魚里 博2, 清水公也4 (1相模原協同病院. 2医衛. 3国際医療福祉大. 4眼): 第45回日本視能矯正学会(2004/10/23), 盛岡.

723773. [学会 (全国)] (一般講演) 近見作業に伴う眼軸長, 前房深度の変化. 山口華奈子1, 堀部 円1, 筒井健太1, 高橋弥生1, 望月浩志1, 清水公也1, 魚里 博2 (1眼. 2医衛): 第45回日本視能矯正学会 (2004/10/23), 盛岡.

723774. [学会 (全国)] (ポスター) 3D映像視聴が視覚機能に与える影響について. 榊原七重1, 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 松井孝子3, 枝川 宏4, 松原正男5 (1神奈川歯大横浜クリニック. 2眼. 3北研病院. 4枝川眼科クリニック. 5東京女医大第2病院): 第45回日本視能矯正学会 (2004/10/23-24), 盛岡.

723775. [学会 (全国)] (ポスター) 脳疾患における視力, 視野障害の自覚. 堀部 円1, 向野和雄2, 松崎廣栄1, 難波貴代1, 松林修子1, 田村千春1, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 第45回日本視能矯正学会 (2004/10/23-24), 盛岡.

723776. [学会 (全国)] (ポスター) 垂直運動障害を伴った特異なDuane症候群の症例. 四之宮佑馬1,2, 山田徹人1,2, 日高彩子2, 新井田孝裕1,2,3, 高橋和晃2 (1国際医療福祉大. 2国際医療福祉病院. 3眼): 第45回日本視能矯正学会(2004/10/23-24), 盛岡.

723777. [学会 (全国)] (ポスター) phoria adaptationの“老視群”と“非老視群”での検討. 渡邉久美子1, 庄司信行2, 清水公也3, 小手川泰江4, 原 直人3,4 (1医療系大学院. 2医衛. 3眼. 4神奈川歯大横浜クリニック): 第45回日本視能矯正学会 (2004/10/23-24), 盛岡.

723778. [学会 (全国)] (一般講演) 加齢に伴う近見反応の変化の検討−瞳孔の役割について−. 小手川泰枝1, 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 向野和雄3, 清水公也2 (1神奈川歯大横浜クリニック. 2眼. 3医衛): 第57回日本自律神経学会総会 (2004/10/28), 長崎.

723779. [学会 (全国)] (一般講演) 若年群・老視群のステップ刺激による近見時瞳孔反応・眼球運動に対する片眼遮閉の影響. 浅川 賢1, 石川 均2, 魚里 博3, 清水公也2 (1国際医療福祉大熱海病院. 2眼. 3医衛): 第57回日本自律神経学会総会 (2004/10/28), 長崎.

723780. [学会 (全国)] (一般講演) 超音波A-modeを応用した移植眼内レンズの動的挙動測定. 魚里 博, 川守田拓志 (医衛): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/ 11/ 11), 東京.

723781. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における小児白内障手術の検討. 白谷 徹1, 比嘉利沙子1, 後関利明1, 疋田朋子1, 石川 均1,2, 清水公也1 (1眼. 2国際医療福祉大熱海病院): 第58回日本臨床眼科学会発 (2004/11/11), 東京.

723782. [学会 (全国)] (一般講演) 緑内障性視野異常に伴う眼優位性の適応変化. 半田知也1, 庄司信行1, 山川弥生2, 河合裕美2, 新田任里江2, 魚里 博1, 清水公也2 (1医衛. 2眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

723783. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術時のトリアムシノロン前房内注入の検討. 近藤裕美1,2, 比嘉利沙子1, 久保祐輔1, 藤澤邦俊1, 清水公也1 (1眼. 2山王病院): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

723784. [学会 (全国)] (一般講演) 網膜中心静脈分枝閉塞症による黄斑浮腫に対するトリアムシノロン硝子体注入の効果. 小川美幸, 高野雅彦, 中西 基, 柳田智彦, 清水公也 (眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

723785. [学会 (全国)] (一般講演) 黄斑部網膜剥離術後の眼窩カラードプラ血流検査. 伊藤裕子1,2, 吉田真人3, 中川夏司2, 関  保2, 水谷正一2, 小澤忠彦2 (1眼. 2小沢眼科内科病院. 3昭和大): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

723786. [学会 (全国)] (一般講演) 当院最初の陽子線治療となった, 涙嚢部扁平上皮癌の1例. 柏木広哉1,2, 鬼塚哲郎2, 海老原 充2, 鵜久森 徹2, 村山重行2, 藤 浩2, 細川誠二3, 杉浦 毅4, 清水公也1 (1眼. 2県立静岡がんセンター. 3沼津市立病院. 4富士市杉浦眼科): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

723787. [学会 (全国)] (一般講演) Phakic IOL挿入眼およびLASIKの高次波面収差の比較. 相澤大輔, 飯田嘉彦, 鈴木雅信, 清水公也 (眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/12), 東京.

723788. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における未熟児網膜症危険因子の検討. 五十嵐章史, 中西 基, 疋田朋子, 高野雅彦, 清水公也 (眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/12), 東京.

723789. [学会 (全国)] (ポスター) 単眼視と両眼視下における瞳孔径と高次収差. 川守田拓志, 半田知也, 魚里 博 (医衛): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723790. [学会 (全国)] (ポスター) 調節付加に伴う眼球高次収差の変化. 桝田浩三1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県医大. 2医衛): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723791. [学会 (全国)] (ポスター) 高次波面収差を用いたハードコンタクトレンズ装用の臨床的評価. 高崎恵理子1, 熊埜御堂隆1, 宇津見義一1, 飯田嘉彦1, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 魚里 博2, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723792. [学会 (全国)] (ポスター) 非球面および球面IOL挿入眼の高次波面収差の比較. 比嘉利沙子, 清水公也, 飯田嘉彦, 五十嵐章史 (眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723793. [学会 (全国)] (ポスター) 25G経結膜硝子体手術システムの使用経験. 柳田智彦, 高野雅彦, 小川美幸, 中西 基, 清水公也 (眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723794. [学会 (全国)] (ポスター) 瞳孔視野計による同名半盲患者の視野測定の試み. 大谷朝子1, 吉冨健志1, 石川 均2 (1秋田大. 2眼): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723795. [学会 (全国)] (ポスター) 正常眼圧緑内障におけるラタノプロスト単剤変更1年後の検討. 緒方博子1,2, 庄司信行3, 冨岡敏也1,2, 有本あこ1,4, 鈴木宏昌1, 高瀬正郎5, 中澤伸子6, 清水公也1 (1眼. 2武蔵野赤十字病院. 3医衛. 4神奈川歯大横浜クリニック. 5埼玉医大総合医療センター. 6同愛記念病院): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723796. [学会 (全国)] (ポスター) 新型ディスプレイ視聴による視機能・自律神経機能を中心としたヒトへの影響評価. 松井孝子1, 宮田幹夫1, 小山田浩2, 石川 哲1 (1北研病院臨床環境医学センター. 2ソニー): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11-13), 東京.

723797. [学会 (全国)] (一般講演) 仰臥位における角膜形状の変化. 川守田拓志, 半田知也, 魚里 博 (医衛): 第28回日本眼科手術学会総会 (2005/1/28), 大阪.

723798. [学会 (全国)] (一般講演) 角膜屈折矯正手術が眼内レンズの有効光学径に及ぼす影響. 魚里 博1, 川守田拓志1, 桝田浩三2, 清水公也3 (1医衛. 2奈良県医大. 3眼): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/24), 京都.

723799. [学会 (全国)] (一般講演) 調節負荷に伴う高次波面収差の定量解析. 飯田嘉彦1, 清水公也1, 鈴木雅信1, 相澤大輔1, 伊藤美沙絵2, 難波貴代1, 魚里 博2 (1眼. 2医衛): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/24), 京都.

723800. [学会 (全国)] (一般講演) OFDR-OCTによる隅角の観察. 中西 基1, 天野卓治2, 廣岡秀明2, 古川裕之2, 崔 東学2, 大林康二2, 鈴木宏昌1, 庄司信行3, 清水公也1 (1眼. 2一般教育. 3医衛): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/24), 京都.

723801. [学会 (全国)] (一般講演) ボケ刺激負荷時の調節反応と瞳孔反応の経年的変化の検討. 原 直人1,2, 小手川泰枝2, 向野和雄2, 加藤美枝2, 大野晃司2, 清水公也1 (1眼. 2神奈川歯大): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/24), 京都.

723802. [学会 (全国)] (一般講) 点状脈絡膜内層症の3例の長期経過. 柳川英里子1, 柳川隆志1, 若倉雅人1, 井上治郎1, 根本理香2 (1井上眼科病院. 2眼): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/24), 京都.

723803. [学会 (全国)] (一般講演) 実験的高血糖家兎摘出毛様動脈の薬理学的, 組織学的性質. 後関利明1, 石川 均1, 真下紀美代1, 清水公也1, 吉冨健志2 (1眼. 2秋田大): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/25), 京都.

723804. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術破嚢例に対するトリアムシノロンの有用性. 藤澤邦俊, 小川美幸, 近藤裕美, 疋田朋子, 清水公也 (眼): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/25), 京都.

723805. [学会 (全国)] (一般講演) 片眼性球後視神経炎における視神経乳頭・神経線維層厚の評価. 森田哲也1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼. 2医衛): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/25), 京都.

723806. [学会 (全国)] (ポスター) レチノメーターを用いた眼優位性定量法・装置の試作. 半田知也1, 魚里 博1, 清水公也2 (1医衛. 2眼): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/26), 京都.

723807. [学会 (全国)] (ポスター) 両眼開放下における調節機能への眼優位性の影響. 藤村芙佐子1, 半田知也1, 魚里 博1, 清水公也2 (1医衛. 2眼): 第109回日本眼科学会総会 (2005/3/26), 京都.

723808. [学会 (全国)] (一般講演) 超音波A-modeを応用した移植眼内レンズの動的挙動測定. 魚里 博, 川守田拓志 (医衛): 第58回日本臨床眼科学会 (2004/11/11), 東京.

731102. [研究会] (特別講演) 老視の解明と克服. 清水公也 (眼): 第106回青森眼科集談会 (2004/5/7), 青森.

731103. [研究会] (特別講演) 屈折矯正手術の最近の話題. 鈴木雅信 (眼): 第4回駒場東邦眼科医会 (2004/5/15), 東京.

731104. [研究会] (特別講演) 専門医試験のポイント−前眼部編−. 鈴木雅信 (眼): 第9回Tokyo Ocular Surface Forum (2004/6/5), 東京.

731105. [研究会] (特別講演) 神経眼科に携わって40年(虚血性眼球運動障害, 糖尿病性視神経症, モノビジョン法と眼優位性, 瞳孔振動の解析, 老視)−Thinking Neuro-ophthalmology の実践−. 向野和雄 (医衛): 第15回湘西眼科臨床フォーラム (2004/7/1), 相模大野.

731106. [研究会] (特別講演) HRTを用いたPPA (乳頭周囲網脈絡膜萎縮) の検討. 森田哲也 (眼): 第40回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス(2004/10/7), 相模原.

731107. [研究会] (特別講演) まぶたの手術. 西本浩之 (相模原協同病院, 眼): 第33回神奈川県眼科医会病院見学会・講習会 (2004/11/27), 橋本.

731108. [研究会] (特別講演) まぶたのみかた. 向野和雄 (北里大名誉教授): 第33回神奈川県眼科医会病院見学会・講習会 (2004/11/27), 橋本.

731109. [研究会] (特別講演) 改正薬事法とコンタクトレンズ販売. 宇津見義一 (宇津見眼科医院, 眼): 第16回湘南眼科臨床フォーラム (2004/12/9), 厚木.

731110. [研究会] (特別講演) 眼科手術のリスクマネージメント. 清水公也 (眼): 眼科手術開業医の会 (第28回日本眼科手術学会総会) (2005/1/29), 大阪.

731111. [研究会] (特別講演) 最新の白内障治療. 清水公也 (眼): 第7回北里メディカルカンファレンス (2005/2/23), 相模大野.

732051. [講習会] (招待された講演) ドライアイとコンタクトレンズのエッセンス. 宇津見義一 (宇津見眼科医院, 眼): 眼科医療従事者講習会 (2004/6/20), 横浜.

732052. [講演会] (招待された講演) 白内障と言われたら. 清水公也 (眼): 「目の健康講座」講演会 (2004/6/20), 横浜.

732053. [研究会] (招待された講演) 最近の白内障手術. 清水公也 (眼): 鯖江十日会 (2004/10/14), 鯖江.

733408. [研究会] (一般講演) 治療後5年経った眼窩横紋筋肉腫の1例. 柏木広哉1,5, 石田裕二1, 若倉雅登2, 大平睦郎3, 中館尚也4, 清水公也5 (1県立静岡がんセンター. 2井上眼科病院. 3国立がんセンター中央病院. 4児. 5眼): 第18回神奈川県・昭和大学藤が丘合同オープンカンファレンス (2004/4/10), 神奈川.

733409. [研究会] (一般講演) IT眼症と環境因子−国際的見地を含めて−. 石川 哲1, 坂部 貢1, 宮田幹夫1, 角田和彦2, 吉野 博3 (1北研病院臨床環境医学センター. 2坂口総合病院. 3東北大): IT眼症と環境因子研究班 第3回研究会 (2004/4/15), 東京.

733410. [研究会] (一般講演) STEP刺激における瞳孔反応を用いた眼精疲労の評価. 堀部 円1,2, 石川 均1,2, 浅川 賢1,2, 陶山秀夫1,2, 清水公也1 (1眼. 2国際医療福祉大熱海病院): IT眼症と環境因子研究班 第3回研究会(2004/4/15), 東京.

733411. [研究会] (一般講演) 携帯電話メール使用前後の瞳孔反応−瞳孔振動による検討−. 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 内山仁志2, 田中舘明博2, 向野和雄2, 清水公也2 (1神奈川歯大熱海病院. 2眼): IT眼症と環境因子研究班 第3回研究会 (2004/4/15), 東京.

733412. [研究会] (一般講演) 立体画像観視時の視覚疲労とその評価. 新井田孝裕1,2, 江本正喜3, 野尻裕司3 (1国際医療福祉大. 2眼. 3NHK放送技術研究所): IT眼症と環境因子研究班 第3回研究会 (2004/4/15), 東京.

733413. [学会 (地方)] (一般講演) ラタノプロスト単剤使用例へのブリンゾラミド追加による眼圧下降効果. 緒方博子1,2, 峰村建司2, 冨岡敏也1,2, 陶山秀夫1,3, 石川 均1,3, 根本 徹4, 岸原紘子5, 西本浩之5, 河合裕美1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼. 2武蔵野赤十字病院. 3国際医療福祉大熱海病院. 4海老名総合病院. 5相模原協同病院): 第21回関東眼科学会 (2004/5/15), 東京.

733414. [学会 (地方)] (一般講演) ドルゾラミド点眼薬からブリンゾラミド点眼薬への変更による眼圧下降効果. 岸原紘子1,2, 堤瑛理1,2, 西本浩之1,2, 石川 均1,3, 陶山秀夫1,3, 根本 徹4, 冨岡敏也1,5, 西元久晴1, 河合裕美1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼. 2相模原協同病院. 3国際医療福祉大熱海病院. 4海老名総合病院. 5武蔵野赤十字病院): 第21回関東眼科学会 (2004/5/15), 東京.

733415. [学会 (地方)] (一般講演) 33歳男性に発症した球結膜扁平上皮癌の1例. 陶山秀夫1,2, 石川 均1,2, 北村 創2 (1眼. 2医療福祉大熱海病院): 第21回関東眼科学会(2004/5/15), 東京.

733416. [学会 (地方)] (一般講演) 電子カルテとの2年間. 柏木広哉1,2, 陶山秀夫1,3, 石川 均1,3, 清水公也1 (1眼. 2県立静岡がんセンター. 3国際福祉医療大熱海病院): 第21回関東眼科学会 (2004/5/15), 東京.

733417. [学会 (地方)] (一般講演) 立体映像のデジタル表示の試み. 金上貞夫1,2, 宇多重員3, 小田島伸寿4 (1眼. 2自治医大. 3二本松眼科病院. 4(株) フローベル): 第21回関東眼科学会 (2004/5/15), 東京.

733418. [研究会] (一般講演) 北里大学CL外来における, 円錐角膜用コンタクトレンズの装用状況. 大槻智宏1, 宇津見義一1,2, 熊埜御堂隆1, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 清水公也1 (1眼. 2宇津見眼科医院): 第102回神奈川県眼科集談会(2004/6/3), 神奈川.

733419. [研究会] (一般講演) 上眼瞼に発生したメルケル細胞眼の1例. 柏木広哉1,2, 清原祥夫2, 吉川周佐2, 中川雅裕2, 井上啓太2, 石田 彩2, 西村哲夫2, 伊藤以知郎2, 芥川泰生3 (1眼. 2.県立静岡がんセンター. 3芥川眼科): 第22回日本眼腫瘍研究会 (2004/7/17), 高知.

733420. [研究会] (教育講演) 教科書要らずの小児眼科. 石川 均 (国際医療福祉大学熱海病院, 眼): 第3回Bey Ocular Culb (2004/7/31), 湘南.

733421. [研究会] (一般講演) 繊維柱帯切除術における強膜弁の比較. 輿水 学, 小林桃子, 杉本和久, 鈴木宏昌, 森田哲也, 庄司信行, 清水公也 (眼): 第40回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2004/10/7), 相模原.

733422. [研究会] (一般講演) 若年群・初期老視群の近見時瞳孔反応・眼球運動に対する片眼遮閉の影響. 後関利明1,2, 松崎廣江1, 石川 均1, 魚里 博1, 清水公也1, 浅川 賢3 (1眼. 2海老名総合病院. 3国際医療福祉大): 第40回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2004/10/7), 相模原.

733423. [研究会] (一般講演) 北里大学病院における小児白内障手術の検討. 白谷 徹, 比嘉利沙子, 疋田朋子, 石川 均, 清水公也 (眼): 第40回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2004/10/7), 相模原.

733424. [研究会] (一般講演) 若年層IT眼症の日常屈折矯正状況と調節反応. 加藤美枝1, 小手川泰枝1, 榊原七重1, 大野晃司1,2, 原 直人1,2, 向野和雄1, 清水公也2 (1神奈川歯大横浜クリニック. 2眼): 第40回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2004/10/7), 相模原.

733425. [研究会] (一般講演) 北里大学病院における黄斑上膜, 黄斑円孔の手術成績. 柳田智彦, 高野雅彦, 清水公也 (眼): 第40回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2004/10/7), 相模原.

733426. [研究会] (一般講演) 症例検討. 疋田朋子 (眼): 第2回Pfizer Ophthalmology Seminar (2004/11/20), 横浜.

733427. [研究会] (一般講演) ICL (phakic IOL) の臨床成績. 藤澤邦俊 (眼): 第2回Pfizer Ophthalmology Seminar (2004/11/20), 横浜.

733428. [研究会] (一般講演) 重粒子線治療後眼球摘出に至った, 毛様体悪性黒色腫の1例. 柏木広哉 (県立静岡がんセンター, 眼): 第39回眼科臨床病理組織研究会 (2004/11/26), 大阪.

733429. [学会 (地方)] (一般講演) 多集点眼内レンズにおいて瞳孔径が空間周波数特性 (MTF) に与える影響. 川守田拓志, 魚里 博 (医衛, 眼): 第70回日本中部眼科学会 (2004/11/27), 大阪.

733430. [研究会] (一般講演) 黄斑疾患の診断. 柳田智彦 (眼): 第2回北里眼科病診連携会 (2005/2/10), 相模大野.

733431. [研究会] (一般講演) 黄斑疾患の治療 (PDTを中心に). 市邉義章 (眼): 第2回北里眼科病診連携会 (2005/2/10), 相模大野.


<<耳鼻咽喉科学>>

[学術論文]

110183. [原著] Increased expression of Laminin-5 and prognostic sign ificance in hypopharyngeal Cancer. 中山明仁1, Y Sato2, 岡本牧人1, S Hirohashi3 (1耳鼻. 2医衛. 3国立がんセンター): Laryngoscope, 114: 1259-1263, 2004.

120087. [原著] 突発性難聴の対側聴力に関する検討. 佐野 肇1, 新田光邦2, 小野雄一3, 橋本大門1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2大和市立病院. 3津久井日赤病院): Audiology Japan, 47: 92-100, 2004.

120088. [原著] 上顎洞癌の治療 (北里方式) に用いた術前8 Gy照射による間質反応の変化と予後. 八尾和雄, 岡本牧人, 中山明仁, 竹田昌彦, 正来 隆, 橋本大門, 上條貴裕 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会会報, 107: 139-144, 2004.

120089. [原著] 急性喉頭蓋炎237例の臨床的検討. 橋本大門1, 八尾和雄1, 西山耕一郎1, 井口芳明1, 正来 隆1, 和田昌興1, 牧 敦子1, 堀口利之2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 日本気管食道科学会会報, 55 (3): 245-252, 2004.

120090. [原著] 骨導語音聴覚検査の基準レベルの検討. 松平登志正1, 伊保清子, 浅野和江, 岡本牧人2 (1医衛. 2耳鼻): Audiology Japan, 47: 228-233, 2004.

120091. [原著] 急性低音障害型感音難聴典型例と非典型例の比較. 佐藤宏昭1, 村井和夫2, 岡本牧人3, 喜多村 健4 (1岩手医大. 2岩手労災病院. 3耳鼻. 4東京医歯大): Audiology Japan, 47: 258-262, 2004.

120092. [原著] 睡眠時無呼吸症候群における鼻腔抵抗値の体位変化. 中田誠一1, 川野和弘2, 大木幹文2, 宮崎総一郎3, 岡本牧人4, 内藤健晴5, 野中 聡6, 樋上 茂7, 竹内裕美7, 千葉伸太郎8, 竹内万彦9, 間島雄一9 (1名古屋大. 2東邦大学. 3滋賀医大. 4耳鼻. 5藤田保健衛生大. 6旭川医大. 7鳥取大. 8太田総合病院. 9三重大): 日本鼻科学会会誌, 43 (4): 391-395, 2004.

120093. [原著] KTPレーザーによるポリープ様声帯の治療. 山本一博1, 小川克二2, 井口芳明1,2, (1耳鼻. 2横須賀市民病院): 耳鼻臨床, 97 (4): 337-342, 2004.

320077. [症例報告] 当科で経験した前頭洞癌の1例. 和田昌興, 八尾和雄, 中山明仁, 山本一博, 中島正己, 岡本牧人 (耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 77 (3): 231-234, 2005.

320078. [症例報告] 喉頭に発生した鰓原性嚢胞の1例. 橋本大門, 八尾和雄, 西山耕一郎, 永井浩巳, 佐藤賢太郎, 岡本牧人 (耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 76 (8): 561-564, 2004.

320079. [症例報告] メニエール病を疑った小脳橋角部嚢胞症例. 橋本大門, 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 和田昌興, 岡本牧人 (耳鼻): Equilibrium Res, 63 (2): 110-116, 2004.

320080. [症例報告] 被膜下に摘出した腕神経叢神経鞘腫2例. 正来 隆, 西山耕一郎, 永井浩巳, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 耳鼻咽喉科臨床, 7 (6): 543-548, 2004.

520256. [総説] 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の病態. 岡本牧人1, 千葉伸太郎2, 宮崎総一郎3, 鈴木賢二4, 西村忠郎4 (1耳鼻. 2太田総合病院. 3滋賀医大. 4藤田保健衛生大): 日本口腔・咽頭科学会雑誌, 17 (2): 159-164, 2005.

520257. [総説] 成人の睡眠呼吸障害: 診断について. 鈴木賢二1, 西村忠郎1, 岡本牧人2, 千葉伸太郎3, 宮崎総一郎4 (1藤田保健衛生大. 2耳鼻. 3太田総合病院. 4滋賀医大): 日本口腔・咽頭科学会雑誌, 17 (2): 165-168, 2005.

520258. [総説] 小児の睡眠呼吸障害: いびき・無呼吸. 宮崎総一郎1, 鈴木賢二2, 西村忠郎2, 岡本牧人3, 千葉伸太郎4 (1滋賀医大. 2藤田保健衛生大. 3耳鼻. 4太田総合病院): 日本口腔・咽頭科学会雑誌, 17 (2): 169-176, 2005.

520259. [総説] 成人の睡眠呼吸障害: 治療について. 千葉伸太郎1, 宮崎総一郎2, 鈴木賢二3, 西村忠郎3, 岡本牧人4 (1太田総合病院. 2滋賀医大. 3藤田保健衛生大. 4耳鼻): 日本口腔・咽頭科学会雑誌, 17 (2): 177-185, 2005.

520260. [総説] 鼻閉. 井口芳明1,2, 八尾和雄2 (1横須賀市民病院. 2耳鼻): アレルギー・免疫, 12 (1): 114-118, 2004.

520261. [総説] 理想的なチーム医療を行うために−北里大学病院におけるチーム医療の実際と展望−. 中山明仁1, 栗原里佳1, 宮本俊輔1, 竹田昌彦1, 横堀 学1, 鈴木立俊1, 八尾和雄1, 岡本牧人1, 新部 譲2, 北野雅史2, 早川和重2, 小林伸行3, 酒井直彦4 (1耳鼻. 2放. 3外. 4形外): 頭頸部癌, 30 (3): 385-390, 2004.

520262. [総説] 声帯内自家側頭筋膜移植術の誤嚥防止効果の検討. 西山耕一郎1, 堀口利之2, 正来 隆1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 臼井大祐1, 牧 敦子1, 八尾和雄1, 廣瀬 肇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 日本気管食道科学会会報, 55 (2): 157, 2004.

520263. [総説] ポリープ様声帯に対するYAGレーザー・粘膜縫合手術の検討−従来法との音響分析の比較−. 西山耕一郎1, 廣瀬 肇2, 井口芳明1, 山本一博1, 正来 隆1, 和田昌興1, 堀口利之2, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 日本気管食道科学会会報, 55 (2): 134, 2004.

521046. [研究報告] (厚労省) 1. 突発性難聴の社会的問題−新たな難聴の発生源−. 岡本牧人, 佐野 肇, 橋本大門, 上條貴裕, 牧 敦子, 小野雄一 (耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金, 難治性疾患克服研究事業, 急性高度難聴に関する調査研究, 平成15年度総括・分担研究報告書, p.21-23, 2004.

521047. [研究報告] (厚労省) 突発性難聴症例に対するエダラボンの使用経験. 岡本牧人, 佐野 肇, 橋本大門, 小野雄一, 新田光邦 (耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金, 難治性疾患克服研究事業, 急性高度難聴に関する調査研究, 平成15年度総括・分担研究報告書, p.24-26, 2004.

521048. [研究報告] (厚労省) 神奈川県と岩手県における急性低音障害型感音難聴の疫学調査. 喜多村 健1, 井原一成2, 佐藤宏昭3, 岡本牧人4, 中島 務5, 川島慶之1 (1東京医歯大. 2東邦大. 3岩手医大. 4耳鼻. 5名古屋大): 厚生労働科学研究費補助金, 難治性疾患克服研究事業, 急性高度難聴に関する調査研究, 平成15年度総括・分担研究報告書, p.31-32, 2004.

521049. [研究報告] (厚労省) 急性低音障害型感音難聴の治療内容と予後に関する検討. 佐藤宏昭1, 喜多村 健2, 村井和夫3, 岡本牧人4, 鎌田善博1, 水川敦裕1 (1岩手医大. 2東京医歯大. 3岩手労災病院. 4耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金, 難治性疾患克服研究事業, 急性高度難聴に関する調査研究, 平成15年度総括・分担研究報告書, p.35-36, 2004.

521050. [研究報告] (厚労省) Vasopressin投与動物モデルの蝸牛形態. 長沼英明1, 河原克雅2, 山科正平3, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理. 3解剖): 厚生労働科学研究費補助金, 難治性疾患克服研究事業, 急性高度難聴に関する調査研究, 平成15年度総括・分担研究報告書, p.62-63, 2004.

521051. [研究報告] (厚労省) ゲンタマイシンによる外有毛細胞障害に対するテプレノンの効果. 佐野 肇, 米田 敏, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金, 難治性疾患克服研究事業, 急性高度難聴に関する調査研究, 平成15年度総括・分担研究報告書, p.74-75, 2004.

521052. [研究報告] (厚労省) 内リンパ水腫発生過程における聴覚低下メカニズムに関する研究. 長沼英明1, 山科正平2, 河原克雅3 (1耳鼻. 2解剖. 3生理): 平成16年度科学研究費補助金実績報告書.

[著 書]

620140. [その他の著書] (分担執筆) ENTONI; 鼓室形成術−私のコツ・私の工夫- 術式の選択・その3耳内法−. 岡本牧人 (耳鼻), 編集 本庄 巌1, 市川銀一郎2 (1京都大名誉教授. 2順天堂大名誉教授), 全日本病院出版社, 東京, 2004発行.

620141. [その他の著書] (分担執筆) ENTONI; 悪性リンパ腫患者に対するインフォームド・コンセント. 中山明仁1, 馬越智浩2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2静岡市), 編集 本庄 巌1, 市川銀一郎2 (1京都大名誉教授. 2順天堂大名誉教授), 全日本病院出版社, 東京, 2004/9/15発行.

620142. [その他の著書] (分担執筆) これだけは知っておきたいドンタドゥー; 耳鳴. 佐野 肇 (耳鼻), 編集 松田重三, 新興医学出版社, 東京, 2004発行.

620143. [その他の著書] (分担執筆) これだけは知っておきたいドンタドゥー; 鼻出血. 八尾和雄 (耳鼻), 編集 松田重三, 新興医学出版社, 東京, 2004発行.

620144. [その他の著書] (分担執筆) これだけは知っておきたいドンタドゥー; 誤飲. 横堀 学 (耳鼻), 編集 松田重三, 新興医学出版社, 東京, 2004発行.

620145. [その他の著書] (分担執筆) イラスト手術手技のコツ; 声帯溝症の外科的治療−声帯内自家脂肪・筋膜移植術の適応と留意点−. 西山耕一郎 (耳鼻), 編集 飯沼壽孝, 木田亮紀, 小林俊光, 久 育男, 森山 寛, 村上 泰, 東京医学社, 東京, 2004発行.

620146. [その他の著書] (分担執筆) JOHNS: 声帯内筋膜自家移植術のコツは? 西山耕一郎, 正来 隆, 臼井大祐 (耳鼻), 東京医学社, 東京, 2004発行.

620147. [その他の著書] (分担執筆) JOHNS; 音声検査, 西山耕一郎1, 堀口利之2 (1耳鼻. 2医衛). 東京医学社, 東京, 2004発行.

620148. [その他の著書] (分担執筆) ENTONI; 急性喉頭蓋炎の診療. 西山耕一郎 (耳鼻), 全日本病院出版会, 東京, 2004発行.

620149. [その他の著書] (分担執筆) JOHNS; 嗄声の治療. 西山耕一郎 (耳鼻), 東京医学社, 東京, 2004発行.

[学会・研究会等]

713193. [学会 (国際)] (ポスター) Three-Dimension reconstruction and of the human semicircular canal and measurement of each membranous canal plane defind by reid's stereotaxic coordinates. 橋本晋一郎, 長沼英明, 徳増厚二, 伊藤昭彦, 和田昌興, 岡本牧人 (耳鼻): Barany Society (2004/7/7-9), パリ.

713194. [学会 (国際)] (ポスター) New methods for stimulating otolith organs by linear acceleration. 長沼英明1, 徳増厚二1, 河原雅克2, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 和田昌興1, 伊保清子, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): Barany Society (2004/7/7-9), パリ.

713195. [学会 (国際)] (ポスター) Retrospective study on long=term prognosis of cases mostly conservatively treated in meniere's disease. 和田昌興, 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): Barany Society (2004/7/7-9), パリ.

713196. [学会 (国際)] (ポスター) A case of primitive neuroectodermal tumor (PNET) of the larynx. 宮本俊輔, 中山明仁, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): アメリカ耳鼻咽喉科学会 (2004/9/19-22), アメリカ.

713197. [学会 (国際)] (一般講演) Increased Expression of Laminin-5:Its Prognostic Significance in Hypopharyngeal Cancer. 中山明仁, 佐藤雄一, 岡本牧人 (耳鼻): アメリカ耳鼻咽喉科学会 (2004/9/19-22), アメリカ.

713198. [学会 (国際)] (ポスター) The Recovery Progress in Peritonsillar Abscess by Incision and Drainage Treatment. 鈴木立俊, 臼井大祐, 新田光邦, 横堀 学, 稲木勝英, 岡本牧人 (耳鼻): アメリカ耳鼻咽喉科学会 (2004/9/19-22), アメリカ.

713199. [学会 (国際)] (ポスター) A Case of Radiation-Induced Sarcoma of Tongue. 竹田昌彦, 中山明仁, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): アメリカ耳鼻咽喉科学会 (2004/9/19-22), アメリカ.

713200. [学会 (国際)] (ポスター) DNA-Not I and EBER1-RNA Immunohistochemical Stains of EB Virus-Induced Tonsillar Lesions. 栗原里佳, 佐藤雄一, 中山明仁, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): アメリカ耳鼻咽喉科学会 (2004/9/19-22), アメリカ.

722100. [学会 (全国)] (臨床セミナー) 補聴器適合のための戦略. 岡本牧人 (耳鼻): 第105回日本耳鼻咽喉科学会 (2004/5/14), 広島. 予稿集, p.339, 2004.

722101. [学会 (全国)] (シンポジウム) 北里大学病院におけるチーム医療の実際と展望. 中山明仁, 栗原里佳, 宮本俊輔, 竹田昌彦, 横堀 学, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第28回日本頭頸部部腫瘍学会 (2004/6/17), 福岡. 予稿集, p.154, 2004.

722102. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「いびき・睡眠時無呼吸症候群の診療ガイドラインをめぐって」 成人の睡眠呼吸障害−病態について−. 岡本牧人 (耳鼻): 第17回日本口腔・咽頭科学会 (2004/9/10), 神戸. 予稿集, p.4, 2004.

722103. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 披裂軟骨内転術と喉頭直達鏡下声帯内方移動術の比較検討. 西山耕一郎1, 正来 隆1, 臼井大祐1, 角田晃一2, 堀口利之3, 八尾和雄1, 廣瀬 肇3, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2国立感覚器センター. 3医衛): 第49回日本音声言語医学会総会・学術講演会 (2004/11/11), 熊本. 予稿集 p.53.

722104. [学会 (全国)] (ビデオシンポジウム) 喉頭直達鏡下声帯内方移動術. 西山耕一郎 (耳鼻): 第56回日本気管食道科学会総会・学術講演会 (2004/11/25), 東京. 予稿集, p.53, 2004.

722105. [学会 (全国)] (シンポジウム) 喉頭亜全摘術SCL-CHEPの実際と展望. 中山明仁 (耳鼻): 日本気管食道科学会 (2005/2/19), 東京.

723809. [学会 (全国)] (一般講演) 正弦波直線加速度刺激による一側の卵形嚢機能の測定の試み. 長沼英明1, 徳増厚二, 河原克雅2, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 伊保清子, 下河ナオミ, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第105回日本耳鼻咽喉科学会 (2004/5/14), 広島. 予稿集, p.421, 2004.

723810. [学会 (全国)] (一般講演) IgA腎症患者扁桃IgAの検討. 伊藤昭彦1, 岡本牧人1, 岩瀬仁勇2 (1耳鼻. 2代謝蛋白): 第105回日本耳鼻咽喉科学会 (2004/5/15), 広島. 予稿集, p.454, 2004.

723811. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院が行う在宅緩和医療の実際: チーム医療の可能性と限界. 栗原里佳, 中山明仁, 八尾和雄, 竹田昌彦, 宮本俊輔, 岡本牧人 (耳鼻): 第28回日本頭頸部腫瘍学会 (2004/6/17), 福岡. 予稿集, p.215, 2004.

723812. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭亜全摘術SCL-CHEP, CHP術後の嚥下リハビリテーションの検討−当科におけるチーム医療での取り組み−. 横堀 学, 中山明仁, 八尾和雄, 鈴木立俊, 竹田昌彦, 宮本俊輔, 岡本牧人 (耳鼻): 第28回頭頸部腫瘍学会 (2004/6/17), 福岡. 予稿集, p.215, 2004.

723813. [学会 (全国)] (ポスター) 喉頭亜全摘術 (CHEP)における術中筋電図を用いたCRicoartytenoid Unitの解析. 宮本俊輔1, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 八尾和雄1, 岡本牧人1, 廣瀬 肇2 (1耳鼻. 2医衛): 第28回頭頸部腫瘍学会(2004/6/17), 福岡. 予稿集, p.272, 2004.

723814. [学会 (全国)] (ポスター) 頬粘膜悪性黒色腫の1症例. 竹田昌彦, 中山明仁, 宮本俊輔, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第28回頭頸部腫瘍学会 (2004/6/17), 福岡. 予稿集, p.319, 2004.

723815. [学会 (全国)] (ポスター) 中咽頭扁平皮癌の治療成績. 稲木勝英, 永井浩巳, 中山明仁, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第28回頭頸部腫瘍学会 (2004/6/17), 福岡. 予稿集, p.239, 2004.

723816. [学会 (全国)] (一般講演) アレルギー性鼻炎へのトリクロール酢酸下甲介化学剤手術−治療後の鼻汁症状に対する病理組織学的検討−. 八尾和雄, 佐藤賢太郎, 臼井大祐, 栗原里佳, 井口芳明, 西山耕一郎, 岡本牧人 (耳鼻): 第43回日本鼻科学会 (2004/9/24), 東京. 予稿集, p.82, 2004.

723817. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症における下甲介粘膜の色彩変化 (第4報). 佐藤賢太郎, 八尾和雄, 井口芳明, 西山耕一郎, 臼井大祐, 岡本牧人 (耳鼻): 第43回日本鼻科学会 (2004/9/24), 東京. 予稿集, p.104, 2004.

723818. [学会 (全国)] (一般講演) 急性低音障害型感音難聴の治療内容と予後に関する検討. 鎌田善博1, 水川敦裕1, 佐藤宏昭1, 村井和夫2, 岡本牧人3, 喜多村 健4 (1岩手医大. 2岩手労災病院. 3耳鼻. 4東京医歯大): 第49回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2004/10/14), 福岡. Audiology Japan, 47 (5): 331-332, 2004.

723819. [学会 (全国)] (一般講演) 急性低音障害型感音難聴の長期予後に関するアンケート調査. 佐藤宏昭1, 村井和夫1, 岡本牧人2, 喜多村 健1 (1岩田医大. 2耳鼻): 第49回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2004/10/14), 福岡. Audiology Japan, 47 (5): 333-334, 2004.

723820. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴 (slow type) の臨床的検討. 橋本大門, 佐野 肇, 新田光邦, 小野雄一, 岡本牧人 (耳鼻): 第49回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2004/10/14), 福岡. Audiology Japan, 47 (5): 347-348, 2004.

723821. [学会 (全国)] (一般講演) MCL, UCLによる補聴器装用効果の評価. 佐野 肇1, 松平登志正2, 鈴木立恵子, 原 由紀2, 橋本大門1, 上條貴裕1, 井上絵里1, 河瀬敦子, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第49回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2004/10/14), 福岡. Audiology Japan, 47 (5): 451-452, 2004.

723822. [学会 (全国)] (一般講演) 単語を用いた雑音下の語音了解域値検査. 松平登志正1, 原 由紀1, 鈴木恵子1, 井上理絵2, 大沼幸恵2, 岡本敦子, 上條貴裕2, 橋本大門2, 佐野 肇2, 岡本牧人2 (1医衛. 2耳鼻): 第49回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2004/10/14), 福岡. Audiology Japan, 47 (5): 589-590, 2004.

723823. [学会 (全国)] (一般講演) ラット蝸牛におけるHSP70の発現. 佐野 肇, 米田 敏, 伊藤昭彦, 橋本大門, 岡本牧人 (耳鼻): 第14回日本耳科学会総会・学術講演会(2004/10/21), 京都. Otology Japan, 47 (5): 398, 2004.

723824. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴の長期観察. 上條貴裕, 佐野 肇, 小野雄一, 橋本大門, 岡本牧人 (耳鼻): 第14回日本耳科学会総会・学術講演会 (2004/10/21), 京都. Otology Japan, 47 (5): 493, 2004.

723825. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における耳硬化症の手術成績と聴力像のついて. 猪 健志, 佐野 肇1, 長沼英明1, 新田光邦1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第14回日本耳科学会総会・学術講演会 (2004/10/21), 京都. Otology Japan, 47 (5): 493, 2004.

723826. [学会 (全国)] (一般講演) メニエール病の新規治療法の開発と発作の予防について. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 和田昌興1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第63回日本めまい平衡医学会 (2004/10/21), 高崎. Equilibrium Res, 63 (5): 440, 2004.

723827. [学会 (全国)] (一般講演) 反復性の平衡覚障害患者の長期経過についての検討. 伊藤昭彦, 長沼英明, 橋本晋一郎, 和田昌興, 徳増厚二, 岡本牧人 (耳鼻): 第63回日本めまい平衡医学会 (2004/10/21), 高崎. Equilibrium Res, 63 (5): 445, 2004.

723828. [学会 (全国)] (一般講演) BPPVの半規管機能についての検討. 和田昌興, 長沼英明, 徳増厚二, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 第63回日本めまい平衡医学会 (2004/10/21), 高崎. Equilibrium Res, 63 (5): 469, 2004.

723829. [学会 (全国)] (一般講演) 水平性自発眼振の病巣. 徳増厚二, 長沼英明, 橋本晋一郎, 伊藤昭彦, 和田昌興, 岡本牧人 (耳鼻): 第63回日本めまい平衡医学会 (2004/10/21), 高崎. Equilibrium Res, 63 (5): 501, 2004.

723830. [学会 (全国)] (一般講演) CCD眼底カメラによるOcular TorsionとOcular Counter Reflexの測定. 橋本晋一郎, 徳増厚二, 長沼英明, 伊藤昭彦, 和田昌興, 岡本牧人 (耳鼻): 第63回日本めまい平衡医学会 (2004/10/21), 高崎. Equilibrium Res, 63 (5): 501, 2004.

723831. [学会 (全国)] (一般講演) 気道異物の臨床的検討. 正来 隆1, 八尾和雄1, 西山耕一郎1, 臼井大祐1, 堀口利之2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第56回日本気管食道科学会総会・学術講演会 (2004/11/25), 東京. 予稿集, p.84, 2004.

723832. [学会 (全国)] (一般講演) 当科喉頭音声外来における声帯結節の臨床統計. 臼井大祐1, 正来 隆1, 西山耕一郎1, 堀口利之2, 八尾和雄1, 廣瀬 肇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第56回日本気管食道科学会総会・学術講演会 (2004/11/25), 東京. 予稿集, p.126, 2004.

723833. [学会 (全国)] (一般講演) ポリープ様声帯におけるYAGレーザー粘膜縫合手術法の成績. 西山耕一郎1, 正来 隆1, 臼井大祐1, 廣瀬 肇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第15回日本頭頸部外科学会 (2005/1/21), 新潟.

723834. [学会 (全国)] (一般講演) 急性喉頭蓋炎の気道確保の関する検討. 橋本大門1, 八尾和雄1, 西山耕一郎1, 正来 隆1, 臼井大祐1, 堀口利之2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 第17回日本喉頭科学会総会・学術講演会 (2005/3/18), 名古屋. 予稿集, p.56, 2005.

731112. [研究会] (特別講演) 耳鼻咽喉科からみた睡眠時無呼吸症候群. 岡本牧人 (耳鼻): 第18回東上耳鼻咽喉科臨床研究会 (2004/8/20), 埼玉.

731113. [研究会] (特別講演) 内耳前庭器の3次元形態と耳石器機能検査. 長沼英明 (耳鼻): 第64回相武耳鼻科研究会 (2004/10/9), 相模原.

732054. [研究会] (シンポジウム) 「鼻は睡眠呼吸障害とどのように関わっているのか」 OSAHSと鼻疾患について. 竹田昌彦 (耳鼻): 第11回睡眠呼吸障害研究会耳鼻咽喉科部会 (2004/7/9), 東京.

732055. [研究会] (シンポジウム) 内リンパ水腫とADH. 長沼英明 (耳鼻): 第13回北里大学耳鼻咽喉科研究会(2004/10/30), 相模原.

733432. [研究会] (一般講演) 声帯内自家側頭筋膜移植による披裂軟骨内方移動の検討 (第2報). 西山耕一郎1, 廣瀬 肇2, 正来 隆3, 上條貴裕3, 橋本大門3, 臼井大祐3, 八尾和雄3, 岡本牧人3 (1横浜市民病院. 2大和徳州会病院. 3耳鼻): 第27回東日本音声外科研究会 (2004/4/10), 東京.

733433. [学会 (地方)] (一般講演) Gradenigo症候群の一例. 牧 敦子, 佐野 肇, 宮本俊輔, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第128回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/6/24), 横浜.

733434. [学会 (地方)] (一般講演) 当科におけるいびき外来の現況. 大橋健太郎, 竹田昌彦, 宮本俊輔, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第128回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/6/26), 横浜.

733435. [研究] (一般講演) 蝶形骨洞真菌症の2症例. 清野由輩, 鈴木立俊, 橋本晋一郎, 横堀 学, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第34回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 (2004/9/3), 三重.

733436. [研究] (一般講演) 小児眼窩骨膜下膿瘍の1例. 鈴木立俊, 清野由輩, 横堀 学, 八尾和雄, 岡本牧人 (耳鼻): 第34回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 (2004/9/3), 三重. 研究会会誌, 23 (1): 56-60, 2004.

733437. [学会 (地方)] (一般講演) 術後肺塞栓症の一例. 和田昌興, 橋本大門, 臼井大祐, 宮本俊輔, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第129回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/9/11), 横浜.

733438. [学会 (地方)] (一般講演) 喉頭顆粒細胞腫の一例. 都川知之, 宮本俊輔, 岡本牧人, 石井豊太, 山本一博 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第129回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/9/11), 横浜.

733439. [学会 (地方)] (一般講演) 声帯内自家側頭筋膜移植術と披裂軟骨内転術・甲状軟骨形成術との比較検討. 西山耕一郎1, 堀口利之2, 正来 隆1, 臼井大祐1, 宮本俊輔1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第129回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/9/11), 横浜.

733440. [研究会] (一般講演) 術後肺塞栓症について. 和田正興 (耳鼻): 第64回相武耳鼻科研究会 (2004/10/9), 相模原.

733441. [学会 (地方)] (一般講演) 乳児外傷性顔面神経麻痺の一例. 横関祐一郎, 臼井大祐, 伊藤昭彦, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第130回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/12/11), 横浜.

733442. [研究報告会] (一般講演) Vasopressin投与後のEPの変化 実験的内リンパ水腫モデル. 長沼英明1, 河原克雅2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 厚生労働科学研究費(難治性疾患克服事業) 急性高度難聴に関する調査研究平成16年度研究報告会 (2005/2/9), 東京.

733443. [研究報告会] (一般講演) 突発性難聴に対する治験の途中経過. 佐野 肇, 橋本大門, 上條貴裕, 小野雄一, 岡本牧人 (耳鼻): 厚生労働科学研究費 (難治性疾患克服事業) 急性高度難聴に関する調査研究平成16年度研究報告会 (2005/2/19), 東京.

733444. [研究報告会] (一般講) 急性低音障害感音難聴神奈川県調査 (第1報). 上條貴裕, 佐野 肇, 橋本大門, 小野雄一, 岡本牧人 (耳鼻): 厚生労働科学研究費 (難治性疾患克服事業) 急性高度難聴に関する調査研究平成16年度研究報告会 (2005/2/19), 東京.

733445. [研究報告会] (一般講演) 急性低音障害型感音難聴の長期予後に関するアンケート調査. 佐藤宏昭1, 村井和夫2, 岡本牧人3, 喜多村 健4 (1岩手医大. 2岩手労災病院. 3耳鼻. 4東京医歯大): 厚生労働科学研究費 (難治性疾患克服事業) 急性高度難聴に関する調査研究平成16年度研究報告会 (2005/2/19), 東京.

733446. [研究会] (一般講演) 重症心身障害者 (児) に対する誤嚥防止手術症例. 正来 隆1, 堀口利之2, 西山耕一郎3, 臼井大祐1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2医衛. 3横浜市民病院): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第4回嚥下研究会 (2005/3/12), 横浜.

733447. [学会 (地方)] (一般講演) 初診時突発性難聴が疑われた小脳脳幹梗塞の1例. 都川知之, 佐野 肇, 上條貴裕, 臼井大祐, 岡本牧人 (耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第131回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2005/3/26), 横浜.


<<精神科学>>

[学術論文]

110184. [原著] Massive Pulmonary Thromboembolism Demonstrated at Necropsy in japanese psychiatric patients Treated with Neuroleptics lncluding Atypical Antipsychoics. 浜中聡子1, 上條吉人2, 永井智紀3, 栗原克由3, K Tanaka4, 相馬一亥2, 宮岡 等1 (1精. 2救命. 3法医. 4医療系大学院): Circulation Journal, 68: 850-852, 2004.

110185. [原著] Daily omega-3 fatty acid intake and depression in japanese patiennts with newly diagosed lung cancer. 鈴木志麻子1,2, T Akechi3, 小林実夏, 谷口幸司2, 後藤功一2, S Sasaki, 津金昌一郎2, 西脇 裕3, 宮岡 等1, 内富庸介2 (1精. 2国立がんセンター研究所支所. 3国立がんセンター東病院): British Journal of Cancer, 90: 787-793, 2004.

110186. [原著] Effects of intraperitoneal administration of interferon- alpha for one, four and fourteen days on amino acid levels in various rat brain regions. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 丸田修史1, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精. 2生物物理系): J Inteferon Cytokine Res, 25: 187-191, 2005.

110187. [原著] Aconiti tuber increases plasma nitrite and nitrate levels in humans. K Yamada1, 鈴木映二2, T Nakaki3, 渡辺 滋4, S Kanda1 (1山梨大. 2精. 3帝京大. 4生物物理系): Journal of Ethnopharmacology, 96: 165-169, 2005.

110188. [原著] Amygdalic levels of dopamine and serotonin rise upon exposure to conditioned fear stress without elevation of glutamate. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 丸田修史1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精. 2生物物理系): Neurosci Lett, 379: 37-41, 2005.

120094. [原著] 大学病院における精神科急性期入院医療のクリニカルパスの現状. 高橋 恵, 福田真道, 宮岡 等 (精): 精神医学, 46 (11): 1169-1176, 2004.

120095. [原著] 新規抗精神病薬導入前後の急性期入院治療技法の変化. 宮地伸吾1, 藤井康男2 (1精. 2山梨県立北病院): 臨床精神薬理, 7: 1501-1505, 2004.

220059. [準原著] 認知行動療法を中心としたアルコール依存症の新入院治療プログラム. 澤山 透1, 米田純一2, 白川教人2, 浦野洋子3, 伊藤桂子3, 樋口 進2, 宮岡 等1, 白倉克之2 (1精. 2久里浜病院精神科. 3久里浜病院看護部): 精神神経学雑誌, 106: 161-174, 2004.

520264. [総説] 精神疾患患者におけるサイコオンコロジーの実践. 轟 慶子1,2, 延藤麻子2, 轟 純一1,2, 吉田芳子1, 宮岡 等1 (1精. 2敦賀病院): 臨床精神医学, 33: 591-596, 2004.

520265. [総説] サイコオンコロジーにおける研究と実践の連携. 宮岡 等, 吉邨善孝 (精): 臨床精神医学, 33: 495-498, 2004.

520266. [総説] 心気症状に対する薬物療法. 宮岡 等 (精): 今月の治療, 12: 51-54, 2004.

520267. [総説] うつ病の転帰に関するエビデンス. 木下玲子, 宮岡 等 (精): EBMジャーナル, 15: 62-65, 2004.

520268. [総説] 一般治療薬による精神障害. 木下玲子, 宮岡 等 (精): 精神科治療学, 19 (増): 127-130, 2004.

520269. [総説] 心気症とその周辺. 木夘 かおり, 宮地英雄, 宮岡 等 (精): 痛みと臨床, 4: 17-23, 2004.

520270. [総説] がん患者の抑うつに対する薬物療法のエビデンス. 鈴木志麻子, 宮岡 等 (精): EBMジャーナル 5: 547-552, 2004.

520271. [総説] 認知行動療法を中心としたアルコール依存症の新入院治療プログラム. 澤山 透 (精): 精神神経学雑誌, 160: 161-174, 2004.

520272. [総説] 味覚・嗅覚の異常と口腔内の体感異常. 宮地英雄, 宮岡 等 (精): 老年精神医学雑誌, 15: 299-305, 2004.

520273. [総説] 医療面接と精神医学. 宮岡 等 (精): 精神神経学雑誌, 106: 512-514, 2004.

520274. [総説] 新規抗うつ薬はうつ病臨床を変えたか. 宮岡 等 (精): 精神神経学雑誌, 106: 933-935, 2004.

520275. [総説] 診療報酬が治療法にどう影響するか. 吉邨義孝 (精): こころの科学, 116: 28-33, 2004.

520276. [総説] 衝動の神経生物学. 横山正宗, 鈴木映二 (精): 臨床精神医学, 34 (2): 203-211, 2004.

520277. [総説] 生物学的精神医学研究の現状と展望 北里大学における生物学的精神医学研究への取り組み. 鈴木映二1, 高橋 恵1, 齋藤正範1, 横山正宗1, 稲田 健1, 宮岡 等1, 渡辺 滋2 (1精. 2生物物理系): 脳と精神の医学, 15: 8-14, 2004.

520278. [総説] SSRIとSNRIの比較; 海外における無作為2重盲検試験のレビュー. 鈴木映二, 丸田修史 (精): 精神神経学雑誌, 160 (10): 1203-1217, 2004.

520279. [総説] 適応障害とはどんな病気か. 宮岡 等 (精): 毎日ライフ3月号: 12-17, 2005.

520280. [総説] うつ病におけるプライマリケア医と精神科医の連携. 宮岡 等 (精): クリニカルプラクティス, 24: 40-43, 2005.

520281. [総説] 定型抗精神病薬でなく, clozapineが統合失調症患者のP50抑制の欠如を是正する. 木下玲子, 齋藤正範 (精): Schizoph Front, 5 (3): 201, 2004.

520282. [総説] 統合失調症発病後10年間の脳室変化. 秋澤千晴, 齋藤正範 (精): Schizoph Front, 5 (3): 201-202, 2004.

520283. [総説] 統合失調症におけるcatechol-O-methyltransferase Val158Met多型. 寺本恵波, 齋藤正範 (精): Schizoph Front, 5 (3): 202, 2004.

[著 書]

620150. [その他の著書] (分担執筆) 稀で特異な精神症候群ないし状態象; 口腔内セネストパチー, p.100-108. 宮岡 等, 田野尻俊郎 (精), 編集 中安信夫 (東京大), 星和書店, 東京, 2004/4/21発行.

620151. [その他の著書] (分担執筆) チャート式: こんな患者が来院したら 歯科治療と全身疾患; 精神疾患, p.118-121. 和気裕之1, 宮岡 等2 (1みどり小児歯科. 2精), 編集 和嶋浩一1, 井上 孝2, 和気裕之3 (1慶応大. 2東京歯大. 3みどり小児歯科), デンタルダイヤモンド社, 東京, 2004/4/1発行.

620152. [その他の著書] (分担執筆) 腰椎変性疾患 基本知識とチェックポイント; 心身医学からみた腰痛, p.149-152. 宮岡 等 (精), 編集 鈴木信正, 中原進之介, 野原 裕, メジカルビュー社, 東京, 2004/6/1発行.

620153. [その他の著書] (分担執筆) 新臨床研修のための救急診療ガイドライン; せん妄, p.232-233. 宮岡 等 (精), 編集 岡本和文1, 相馬一亥2, 山科 章3, 山田至康4, 行岡哲男3 (1信州大. 2救命. 3東京科大. 4六甲アイランド病院), 総合医学社, 東京, 2004/7/28発行.

620154. [その他の著書] (分担執筆) 正しい診療録の書き方: 精神科, p.125-140. 宮岡 等, 高橋 恵, 吉邨善孝 (精), 編集 阿部好文1, 橋本陽平2 (1田名病院. 2山口大), 朝倉書店, 東京, 2004/6/30発行.

620155. [その他の著書] (分担執筆) ストレス疾患ナビゲーター; 不安障害の診断基準ー気分変調症・気分循環症, p.60-61. 佐藤 拓, 宮岡 等 (精), 編集 久保木富房1, 中村 純2, 山脇成人3 (1東京大. 2産業医大. 3広島大), メディカルビュー社, 東京, 2004/6/25発行.

620156. [その他の著書] (分担執筆) ストレス疾患ナビゲーター分; 不安障害の治療指針−気分変調症・気分循環症, p.92-93. 佐藤 拓, 宮岡 等 (精), 編集 久保木富房1, 中村 純2, 山脇成人3 (1東京大. 2産業医大. 3広島大), メディカルビュー社, 東京, 2004/6/25発行.

620157. [その他の著書] (分担執筆) 備えて安心: チェアーサイドの主訴対応マニュアル; 舌の痛みを訴えている (舌痛症), p.46-50. 君島祥子1, 和気裕之1, 渡辺裕子1, 天笠光雄1, 宮地英雄2, 宮岡 等2 (1東京医歯大・院.2精): 編集 和気裕之1, 外木守雄2, 玉置勝司3 (1みどり小児歯科. 2東京歯大. 3神奈川歯大), デンタルダイヤモンド社, 東京, 2004/7/1発行.

620158. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療と看護; 身体表現性障害, p.837-840. 久村正樹, 宮岡 等 (精), 監修 水島 裕, 黒川 清, 南江堂, 東京, 2004/5/10発行.

620159. [その他の著書] (分担執筆) 精神障害の臨床; 心身症と各科臨床における心身医学, p.274-277. 宮岡 等 (精), 編集・監修 上島国利, 牛島定信, 武田雅俊, 丹羽真一, 宮岡 等, 日本医師会, 東京, 2004/6/15発行.

620160. [その他の著書] (分担執筆) 精神障害の臨床; 精神障害から診断・治療へ, p.48-50. 宮岡 等 (精), 編集・監修 上島国利, 牛島定信, 武田雅俊, 丹羽真一, 宮岡 等, 日本医師会, 東京, 2004/6/15発行.

620161. [その他の著書] (分担執筆) 精神障害の臨床; 原因不明の身体愁訴 (痛みを含む) を訴える, p.124-125. 宮岡 等 (精), 編集・監修 上島国利, 牛島定信, 武田雅俊, 丹羽真一, 宮岡 等, 日本医師会, 東京, 2004/6/15発行.

620162. [その他の著書] (分担執筆) 精神障害の臨床; 自己記入式心理テスト, p.62-63. 宮岡 等 (精), 編集・監修 上島国利, 牛島定信, 武田雅俊, 丹羽真一, 宮岡 等, 日本医師会, 東京, 2004/6/15発行.

620163. [その他の著書] (分担執筆) 顎関節症診断・治療マニュアル; 顎関節症V型の診断, p.34-37. 和気裕之1, 宮岡 等2 (1みどり小児歯科. 2精), 監修 飯塚忠彦, 永末書店, 京都, 2004/8/31発行.

620164. [その他の著書] (分担執筆) 精神障害の臨床; 精神疾患診断に必要な身体面の検査, p.68-71. 高橋 恵 (精), 編集・監修 上島国利, 牛島定信, 武田雅俊, 丹羽真一, 宮岡 等1 (1精), 日本医師会, 東京, 2004/6/15発行.

620165. [その他の著書] (分担執筆・編集) 精神科 必須薬を探る; 新医師臨床研修制度と必須向精神薬, p.215-225. 宮岡 等, 齋藤正範 (精), 編集 宮岡 等, 中外医学社, 東京, 2004/11/20発行.

620166. [その他の著書] (分担執筆) 脳神経外科救急; 精神症状, p.111-117. 高橋恵理, 宮岡 等 (精), 編集 山浦 晶 (総編集), 有賀 徹 (専門編集), 中山書店, 東京, 2005/3/31発行.

620167. [その他の著書] (分担執筆) 精神科・神経科ナースの疾患別ケアハンドブック; 心身症, p.129-133. 秋澤千晴, 宮岡 等 (精), 編集 井上晋平, メディカル出版, 大阪, 2005/3/10発行.

620168. [その他の著書] (分担執筆) ひとと動物のかかわり; 精神科医から見た人とペットのかかわり, p.49-58, 吉田芳子 (精), 編集 養老孟司 (大学院教授), 河出書房新社, 東京, 2005/2/28発行.

620169. [教科書] (分担執筆) 救急診療ガイドライン; 成人救急編 自殺企画 p.234-235. うつ病, p.352-353. 吉田芳子 (精), 編集 岡本和文1, 相馬一亥2, 山科 章3, 山田至康4, 行岡哲男3 (1信州大. 2救命. 3東京医大. 4六甲アイランド病院), 総合医学社, 東京, 2004/7/28発行.

620170. [その他の著書] (分担執筆) 精神科必須薬を探る; 精神疾患治療薬 双極性障害, p.21-35. 鈴木映二, 早馬 俊 (精), 編集 宮岡 等 (精), 中外医学社, 東京, 2004/11/20発行.

[学会・研究会等]

713201. [学会 (国際)] (一般講演) Daily omega-3 fatty acid intake and depression in Japanese patients with newly diagnosed lung cancer. 鈴木志麻子1,2, Tatsuo Akechi3, 小林実夏1, 谷口幸司1, 後藤功一1, 佐々木 敏4, 津金昌一郎1, 西脇 裕3, 宮岡 等2, 内富庸介1 (1国立がんセンター研究所支所. 2精. 3国立がんセンター東病院. 4国立健康・栄養研究所): 7th World Congress of Psycho-oncology (2004/8/25-28), Copenhagen, Denmark.

713202. [学会 (国際)] (一般講演) Conditioned Stimulus and Amygdalic Amino Acids. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 丸田修史1, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精. 2生物物理系): 7th International Congress of Biological Psychiatry (2005/2/9-12), Sydney, Australia.

713203. [学会 (国際)] (一般講演) Effects of Fear Conditioned Stress on Nitrate Levels in Amygdala. 佐藤 拓1, 鈴木映二1, 横山正宗1, 稲田 健1, 丸田修史1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精. 2生物物理系): 7th International Congress of Biological Psychiatry (2005/2/9-12), Sydney, Australia.

713204. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of interferon-alpha on monoamines and amino acids in the central nervous system. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 稲田 健1, 丸田修史1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精. 2生物物理系): The CINP (Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum) Congress (2004/6), Paris, France.

713205. [学会 (国際)] (一般講演) Dopamine-related gene polymorphisms and Autism. 山本賢司1, Sato-Koishi S, Koishi S, Natsume N, Yamazaki K, Nanba E, Sasaki T, Kato N, Matsumoto H (1精): The 16th International Congress of the International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions (IACAPAP) (2004/8/24), Berline, Germany.

713206. [学会 (国際)] (一般講演) The relationship among anxiety, emotional suppression, and psychological distress before and after breast cancer diagnosis. Iwamitsu Y1, Shimoda K2, Abe H3, Tani T3, Okawa M3, 宮岡 等4, Ross Buck5 (1医療系大学院. 2獨協医大. 3滋賀医大 4精. 5Department of Communication Sciences, University of Connecticut): International Symposium New Perspectives in Affective Science (2005/1/29), 京都. Program & Abstracts, p.36, 2005.

713207. [学会 (国際)] (一般講演) Correlation among depression, care burden and QOL of caregivers of dementia patients (痴呆患者介護者の抑うつ, 介護負担とQOLの関連). 高橋 恵, 中島啓介, 田中克俊, 宮岡 等 (精): 国際アルツハイマー病協会第20回国際会議 (2004/10/16), 京都.

721014. [学会 (全国)] (特別講演) 歯科心身医学への期待. 宮岡 等 (精): 第19回日本歯科心身医学会総会 (2004/7/17-18), 東京.

722106. [学会 (全国)] (招待講演) 頭皮上脳波で体験はわかるか. 齋藤正範 (精): 第34回日本臨床神経生理学会学術大会 (2004), 東京.

723835. [学会 (全国)] (一般講演) Interferon慢性投与によるserotonin transporter mRNAの発現. 佐藤 拓1, 仙波純一2, 鈴木映二1, 横山正宗1, 渡辺 滋3, 丸田修史1, 稲田 健1, 宮岡 等1 (1精. 2放送大. 3生物物理系): 第26回日本生物学的精神医学会 第34回日本神経精神薬理学会合同大会 (2004/4), 東京.

723836. [学会 (全国)] (一般講演) 新規抗精神病薬導入前後の急性期入院治療技法の変化. 宮地伸吾1, 藤井康男2 (1精. 2山梨県立北病院): 第100回日本精神神経学会総会 (2004/5/21), 札幌. 精神神経学雑誌, 106 (11): 1433-1434, 2004.

723837. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 医師は心理士に何を求めるか−医師側の知識との関係−. 宮岡 等 (精): 第45回日本心身医学会 (2004/6/4), 北九州.

723838. [学会 (全国)] (一般講演) アルツハイマー型痴呆患者の精神症状. 高橋 恵, 田上寛子, 平尾泰子, 中島啓介, 大石 智, 江村 大, 宮岡 等 (精): 第19回日本老年精神医学会 (2004/6/26), 松本.

723839. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院の精神科リエゾンに占める高齢者の特徴. 中島啓介, 高橋 恵, 嘉納明子, 江村 大, 大石 智, 宮岡 等 (精): 第19回日本老年精神医学会 (2004/6/26), 松本.

723840. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 精神科救急医療の現状と問題点−神奈川県の現状と大学病院としての関わり−. 宮岡 等 (精): 第32回日本精神科病院協会精神医学会 (2004/7/15-16), 神戸. 抄録集, p.50, 2004.

723841. [学会 (全国)] (一般講演) インターフェロン・アルファ亜急性投与によるラット脳内の各種アミノ酸濃度の変化. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 渡辺 滋2, 丸田修史1, 稲田 健1, 宮岡 等1 (1精. 2生物物理系): 第26回日本生物学的精神医学会 第34回日本神経精神薬理学会合同大会 (2004/7), 東京.

723842. [学会 (全国)] (一般講演) 新規原発性肺がん患者の抑うつとω-3系脂肪酸摂取量の関連. 鈴木志麻子1,2, 谷口幸司1, 小林実夏1, 後藤功一3, 佐々木 敏4, 津金昌一郎1, 西脇 裕3, 宮岡 等2, 内富庸介1 (1国立がんセンター研究所支所. 2精. 3国立がんセンター東病院. 4国立健康・栄養研究所): 第63回日本がん学会学術総会 (2004/9/24-10/1), 福岡市.

723843. [学会 (全国)] (一般講演) 恐怖条件付けモデルにおける扁桃体のアミノ酸・ドーパミンの変化 (Conditioned stimulus and amygdalic amino acids and dopamine). 横山正宗1, 佐藤 拓1, 鈴木映二1, 渡辺 滋2, 丸田修史1, 稲田 健1, 宮岡 等1 (1精. 2生物物理系): Neuro 2004 (第47回日本神経化学会大会・第27回日本神経科学大会 合同大会) (2004/9), 大阪.

723844. [学会 (全国)] (一般講演) 日本人自閉症におけるFMR1およびHOXA1遺伝子の解析. 延 正紅1, 坂本裕美子1, 難波栄二1, 山本賢司2,3, 松本英夫3, 佐々木 司4, 加藤進昌4 (1鳥取大. 2精. 3東海大. 4東京大): 第12回日本精神・行動遺伝医学会 (2004/10/16), 東京.

723845. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科救急患者への処方と処遇を決定する要因. 江村 大, 高橋 恵, 大石 智, 田中克俊, 湯川泰一, 山本賢司, 石井和久, 吉浦可容, 宮岡 等 (精): 第12回日本精神科救急学会 (2004/10/8), 岡山.

723846. [学会 (全国)] (一般講演) 感情抑制傾向にある乳がん患者に対する心理的介入の試み. 岩満優美1, 下田和孝2, 大川匡子3, 宮岡 等4 (1医療心理学. 2獨協医大. 3滋賀医大. 4精): 第17回日本総合病院精神医学会総会 (2004/11/26), 東京. 総会プログラム・抄録, p.s-94, 2004.

723847. [研究会] (一般講演) 簡易なコミュニケーションスキルの評価法. 高橋 恵, 井上 彩, 三浦雄太, 豊泉貴也, 佐藤智子, 田中克俊, 宮岡 等 (精): 第9回SST学術集会 (2004/12/4), 宇都宮.

723848. [学会 (全国)] (一般講演) Impact of bilateral putaminal lesions on sleep macrostructure. 齋藤正範1, 鈴木淳子2, 姫田久美2, 押田良美2, 高橋恵理1, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精. 2東病院臨床検査部): 第34回日本臨床神経生理学会学術大会 (2004), 東京.

731114. [講習会] (特別講演) 精神科診断・治療の進め方. 宮岡 等 (精): 第48回社会保険指導者講習会 (2004/8/25-26), 東京.

731115. [その他] (特別講演) 『痴呆』について学ぶ. 高橋 恵 (精): 在宅介護支援センター幸園 介護予防教室 (2004/9/4), 相模原.

731116. [研究会] (特別講演) 精神科医と痴呆のかかわり −最近の話題とBPSDへの対処−. 高橋 恵 (精): 大和医師会精神科医会 (2004/10/27), 大和市.

731117. [講演会] (特別講演) プライマリーケアにおけるうつ病の診断と治療. 山本賢司 (精): 秦野・伊勢原医師会学術講演会 (2004/10), 秦野市.

731118. [講演会] (特別講演) 統合失調症の最近の話題−分子遺伝学的知見の中心に−. 山本賢司 (精): 第11回相模原医師会精神科医会講演会 (2004/11/10), 相模原市.

731119. [学会 (地方)] (特別講演) プライマリケアにおけるうつの診断と治療. 宮岡 等 (精): 神奈川県内科医学会第67回学術集会 (2004/11/13), 横浜.

731120. [研究会] (特別講演) 痴呆性老人及び老年精神障害者の援助と介護. 高橋 恵 (精): 神奈川県高齢者福祉施設協議会 (2004/12/9), 横浜.

731121. [研修会] (特別講演) 痴呆患者介護者の抑うつとQOL. 高橋 恵 (精): 老人性痴呆疾患研修会 (2005/1/14), 相模原.

731122. [研究会] (特別講演) 心療内科は必要か. 宮岡 等 (精): 第15回横浜心療内科研究会 (2005/1/21), 横浜.

731123. [研修会] (特別講演) 歯科診療のための心身医学・精神医学. 宮岡 等 (精): 平成16年度神奈川県地域歯科医療研修会 (2005/2/20), 横浜.

731124. [講演会] (特別講演) 歯科医のための心身医学. 宮岡 等 (精): 世田谷区歯科医師会第3回学術講演会 (2005/2/23), 東京.

731125. [研究会] (特別講演) 精神症状把握のための面接. 宮岡 等 (精): 福島県新しい精神医学普及を考える会 (2005/3/5), 福島.

732056. [研究会] (シンポジウム) 「非歯原性歯痛」をどのように扱うべきか−精神科医からみた歯痛の解釈と対応−. 宮岡 等 (精): 第5回口腔顔面痛懇談会学術集会 (2004/6/12-13), 新潟.

733448. [学会 (地方)] (一般講演) 遅発性錐体外路症状と思われる口蓋ミオクローヌスを呈した症例. 松原直美, 湯川泰一, 阿部伸一, 石井和久, 大石 智, 高橋 恵, 齋藤正範, 宮岡 等 (精): 神奈川県精神医学会第144回例会 (2004/7/3), 横浜.

733449. [研究会] (一般講演) 思春期OCDの認知行動療法. 木夘 かおり (精): OCD研究会 (2004/11/27), 仙台.

733450. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性経過中にパキシル単剤治療にて軽快した遅発性緊張病の一症例. 阿部伸一, 新井久稔, 佐々木道夫, 大石 智, 湯川泰一, 鈴木映二, 宮岡 等 (精): 第145回神奈川県精神医学会 (2004/11), 横浜.


<<放射線科学>>

[学術論文]

110189. [原著] Hyperfractionated radiation therapy for oropharyngeal carcinoma in a Japanease population. 新部 譲1, Katsuyuki Karasawa2, Toshio Mitsuhashi2, Hisao Miyashita2, Yoshiaki Tanaka3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): Jpnapanese Journal of Clinical Oncology, 34: 312-315, 2004.

110190. [原著] Stereotactic hypofractionated high-dose irradiation for stage I nonsmall cell lung carcinoma: clinical outcomes in 245 subjects in a Japanease multiinstitutional study. Hiroshi Onishi1, Tsutomu Araki1, Hiroki Shirato2, Yasushi Nagata3, Masahiro Hiraoka3, Koutarou Gomi4, Takashi Yamashita4, 新部 譲5, Katsuyuki Karasawa6, Kazushige Hayakawa5, Yoshihiro Takai7, Tomoki Kimura8, Yutaka Hirokawa8, Atsuya Takeda9, Atsushi Ouchi10, Masato Hareyama10, Masashi kokubo11, Ryusuke Hara12, Jun Itami12, Kazunari Yamada13 (1山梨大. 2北海道大. 3京都大・院. 4Department of Radiation Oncology, Cancer Institute Hospital, JFCR. 5放. 6都立駒込病院. 7東北大. 8広島大. 9都立広尾病院. 10札幌医大. 11Departement of Image-based Medicine, Institute of Biomedical Research and Innovation. 12Department of Radiation Oncology, International Medical Center of Japan. 13天理病院): Cancer, 101: 1623-1631, 2004.

110191. [原著] Intrathoracic thermoradiotherapy for the treatment of locally-advanced malingnant pleural mesothelioma. Tomoko Itazawa1, Katsuyuki Karasawa1, Hidemasa Kawamura1, Naokok Hanyu1, 新部 譲2, Yoshiaki Tanaka3 (1都立駒込病院. 2放. 3日本大): Japanese Journal of Hyperhermic Oncology, 20: 171-178, 2004.

110192. [原著] Impact of pretreatment cholinesterase level on survival of inoperable intrahepatic or hepatic-hilar carcinomas treated with three-dimensional conformal radiotherapy. Hamamoto Y, Niino K, 石山博條1, Hosoya T (1放): Radiation Medicine, 22 (5): 316-23, 2004.

110193. [原著] Geometrical Verification System Using Adobe Photoshop in Radiotherapy. 石山博條1, Koji Suzuki, Kenji Niino, 細矢貴亮2, 早川和重1 (1放. 2山形大): Radiation Medicine, 23 (1): 80-83, 2005.

110194. [原著] Assessment of therapeutic tumor response using 99mTc-ethylenedicysteine-glucosamine. Yang D, 行廣雅士1, Yu D F, Ito M, Oh C S, Kohanim S, Azhdarinia A, Kim C G, Bryant J, Kim E E, Podoloff D (1放): Cancer Biother Radiopharm, 19: 443-56, 2004.

120096. [原著] 異なる施設間での肺小腫瘤GTVの解析. 関 智史1, Hossain M Deloar1, 国枝悦夫1, 舘岡邦彦2, 晴山雅人2, 高山賢二3, 木村智樹4, 小宮山貴史5, 新部 譲6, 唐澤克之7, 久保敦司1 (1慶応大. 2札幌医大. 3京都大. 4広島大. 5山梨大. 6放. 7東京都立駒込病院): 日本放射線腫瘍学会誌, 17: 25-30, 2005.

120097. [原著] RIS機能の一部を含むレポーティングシステムの構築. 松永敬二1, 北野雅史1, 瀧川政和1, 石垣陸太, 浅野雄二1, 大森智子1, 菅 信一1, 早川和重1 (1放): 臨床放射線, 49 (6): 812-816, 2004.

120098. [原著] 股関節屈曲伸展に伴う腸骨動脈変形の定量的評価法 MDCTを用いた3次元座標による評価. 松永敬二, 高屋麻美子1, 西巻 博1, 大沼雄一郎1, 小谷承子1, ウッドハムス玲子1, 佐々木真弓1, 秦 博文1, 田村幸穂2, 平田光博2, 早川和重1 (1放. 2外): 日本医学放射線学会雑誌, 64 (5): 307-309, 2004.

120099. [原著] 非造影MRIによる移植腎動静脈および尿管の描出: 定常状態コヒーレントシーケンス (FIESTA)を用いて. 松永敬二1, 大沼雄一郎1, ウッドハムス玲子1, 早川和重1, 吉田一成2, 石井大輔2, 田畑健一2, 土田繭美2, 岩村正嗣2, 遠藤忠雄, 馬場志郎2 (1放. 2泌): 腎移植・血管外科, 16 (1): 15-19, 2004.

120100. [原著] 三次元原体照射による放射線白質障害軽減の可能性. 濱本 泰, 新野恵司, 石山博條1, 安達真人, 細矢貴亮2, 片岡正明 (1放. 2山形大): 日本医学放射線学会雑誌, 64 (3): 132-138, 2004.

210027. [準原著] Stereotactic hypofractionated high-dose irradiation for stage I non-small cell lung carcinoma: clinical outcomes in 273 cases of a Japanese multiinstitutional study. Onishi H, Nagata Y, Shirato H, Gomi K, Karasawa K, Arimoto T, 早川和重1, Takai Y, Kimura T, Takeda A (1放): J Clin Oncol (2004 ASCO annual meeting proceedings (post-meeting edition)), 22 (14S): 617s, 2004.

210028. [準原著] 3D Conformal Single High-Dose Boost Radiosurgery for Peripheral Stage I Non-small Cell Lung Cancer Using C-Arm Linear Accelerator and A Spiro-Analyzer. 早川和重1, 西口 郁1, 北野雅史1, 新部 譲1, 石山博條1, 松永敬二1, M Uemae, N Masuda, H Yoshimura (1放): 13th World Congress for Bronchoesophagology, 2004.

210029. [準原著] Relationship between morphine and radiotherapy for management of symptomatic bone metastases from lung cancer. 石山博條1, Akiko Shibata, Keiji Niino, 細矢貴亮2 (1放. 2山形大): Supportive Care in Cancer, 12 (10): 743-745, 2004.

310019. [症例報告] Ten-year disease-free survival of a small cell lung cancer patient with brain Metastasis. 新部 譲1, Katsuyuki Karasawa2, 早川和重1 (1放. 2都立駒込病院): Anticancer Research, 24: 2097-2100, 2004.

320081. [症例報告] 上腸間膜動脈塞栓症の一例. 瀧川政和1, 佐々木真弓2, 磯部義憲2 (1相模原病院. 2放): 消化器の臨床, 7 (3): 291-293, 2004.

320082. [症例報告] FDGが高集積を示した肝のhyper-vascular tumorの一例. 行廣雅士1, 窪田和雄 (1放): 群馬県核医学研究会会誌, 19: 21-23, 2004.

320083. [症例報告] 亜急性連合性脊髄変性症の2例. 高屋麻美子, 菅 信一, 浅野雄二, 柿田聡子, ウッドハムス玲子, 松永敬二, 池田俊昭, 早川和重 (放): 臨床放射線, 49 (13): 1844-1847, 2004.

510016. [総説] Imaging the vulnerable plaque: a scintillating light at the end of the tunnel? Strauss HW, Dunphy M, 鴇田尚樹 (Nuclear Medicine Laboratory, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): J Nucl Med, 45 (7): 1106-1107, 2004.

520284. [総説] 呼吸困難の原因をどこまで治療するか−上大静脈症候群−. 早川和重, 西巻 博 (放): ターミナルケア, 14: 283-286, 2004.

520285. [総説] 肺癌放射線治療の展望. 早川和重, 北野雅史, 新部 譲 (放): 日獨医報, 49 (2): 223-233, 2004.

520286. [総説] 肺癌に対して放射線療法をいかに用いるか. 早川和重 (放): 成人病と生活習慣病, 35 (3): 341-348, 2005.

520287. [総説] 肺癌の放射線療法. 早川和重 (放): 内科, 95 (1): 65-70, 2005.

520288. [総説] 肺癌診療ガイドラインと治療の個別化. 早川和重 (放): 臨床放射線, 50 (2): 249-257, 2005.

520289. [総説] 手術適応外症例の治療方針 放射線療法. 早川和重 (放): 日本胸部臨床, 63 (8): 741-750, 2004.

520290. [総説] 前立腺癌に対する新しい放射線治療. 佐藤威文1, 北野雅史2, 石山博條2, 陳 偉強, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 総合臨床, 54 (1): 187-189, 2005.

520291. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放): 画像診断, 24 (6): 766-767, 2004.

520292. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放): 画像診断, 24 (12): 1498-1499, 2004.

520293. [解説] 門脈血栓症. 磯部義憲 (放): 救急医学, 28 (12): 1333-1336, 2004.

520294. [解説] CTスキャン. 磯部義憲 (放): 総合臨床, 53 (suppl): 828-834, 2004.

520295. [総説] 大容量画像データへの挑戦. 村田晃一郎 (放): 映像情報メディカル, 36 (9): 927, 2004.

520296. [総説] IVR: 鈍的脾損傷と腎損傷. 西巻 博1, 山本紳一郎2 (1放. 2救命): 救急医学, 28: 1354-1360, 2004.

520297. [総説] 骨盤静脈損傷に対するIVR. 西巻 博1, 片岡祐一2 (1放. 2救命): 救急医学, 28: 1365-1367, 2004.

520298. [総説] 小細胞肺癌の治療−放射線治療−. 新部 譲, 早川和重 (放): 臨床と研究, 82: 257-269, 2005.

520299. [総説] I期非小細胞肺がんに対する定位放射線照射. 新部 譲, 早川和重 (放): 呼吸器科, 7: 119-125, 2005.

520300. [総説] 前立腺癌の高線量率小線源治療の精度向上に関する研究. 北野雅史, 石山博條, 新部 譲, 早川和重 (放): INNERVISION, 19 (7): 37, 2004.

520301. [総説] 血液透析動静脈シャントのトラブル評価法 DUS, DSA, MRA, 3DCTAの比較. 吉田一成1, ウッドハムス玲子2, 藤田哲夫1, 田岡佳憲1, 松永敬二2, 宇治橋善勝, 秦 博文2, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌. 2放): 腎移植・血管外科, 15 (2): 119-132, 2004.

520302. [総説] 静脈血栓塞栓症. 瀧川政和, 大森智子, 佐々木真弓, 磯部義憲, 矢内原 久, 西巻 博, 早川和重 (放): 救急外科, 28 (12): 1330-1332, 2004.

520303. [総説] 造影剤 (SPIO) の最新動向. 1) 肝臓への応用 2) SPIOを用いた肝のMRA. 佐々木真弓, 磯部義憲, 瀧川政和, 矢内原 久, 久保田勝巳 (放): INNERVISON, 19 (9): 28-30, 2004.

520304. [総説] 重症急性膵炎と後期合併症 (膵膿腫, 仮性嚢胞内出血). 佐々木真弓, 磯部義憲, 西巻 博, 瀧川政和, 矢内原 久 (放): 救急外科, 28 (12): 297-1300, 2004.

520305. [総説] 核医学 (PET). 窪田和雄, 行廣雅士1 (1放): 日本胸部臨床, 63: 570-580, 2004.

520306. [総説] PETによる肺癌診断のエビデンス. 窪田和雄, 行廣雅士1 (1放): 治療学, 38: 619-622, 2004.

520307. [総説] W部 緊急検査と救急医療機器・設備 5 胸・腹部単純X線検査. 小谷承子1, 西巻 博1, 相馬一亥2 (1放. 2救命): 総合臨床, 53 (S.): 814-817, 2004.

520308. [総説] 肺癌放射線治療のガイドライン. 西村恭昌1, 早川和重2, 斉藤 博3, 有吉 寛4 (1近畿大. 2放. 3県立愛知病院. 4前県立愛知病院長): Medico, 35 (5): 2004.

[著 書]

620171. [学術書] (分担執筆) 放射線治療−専門医にきく最新の臨床−; 肺癌根治治療と最新の治療結果を教えてください, p.128-131. 早川和重 (放), 編集 澁谷 均, 笹井啓資, 小久保雅樹, 中外医学社, 東京, 2004発行.

620172. [学術書] (分担執筆) 放射線治療−専門医にきく最新の臨床−; 非小細胞肺癌根治照射の適応と照射野決定で注意すべき点はどこですか, p.132-134. 早川和重 (放), 編集 澁谷 均, 笹井啓資, 小久保雅樹, 中外医学社, 東京, 2004発行.

620173. [学術書] (分担執筆) 放射線治療−専門医にきく最新の臨床−; 非小細胞肺癌の術後照射の適応と意味を教えてください, p.135-137. 早川和重 (放), 編集 澁谷 均, 笹井啓資, 小久保雅樹, 中外医学社, 東京, 2004発行.

620174. [学術書] (分担執筆) 放射線治療ガイドライン2004; 胸部:非小細胞肺癌, p.67-71. 早川和重 (放), 編集 日本放射線専門医会・日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会, 日本放射線科専門医会, 埼玉, 2004/7/1発行.

620175. [学術書] (分担執筆) 肺癌診療二頁の秘訣; Superior sulcus tumor (Pancoast腫瘍) の放射線治療, p.200-201. 早川和重 (放), 編集 藤村重文, 金原出版, 東京, 2004発行.

620176. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡止血術; 胃静脈瘤出血 (Lg-cとLg-cf) に対するBRTO, p.198-199. 瀧川政和1, 磯部義憲2 (1相模原病院. 2放), メディカルビュー社, 東京, 2004/4/1発行.

620177. [その他著書] (分担執筆) がん疼痛緩和 ポケットリファレンス vol.2; 癌性疼痛に対する放射線治療, p.2-4. 新部 譲, 早川和重 (放), 編集 有賀悦子 (国立国際医療センター), 日本放射線技師会出版会, 東京, 2004/7/15発行.

620178. [教科書] (分担執筆) 看護のための薬事典; 造影剤, p.657-659. 菅 信一 (放), 編集 石橋 晃, 寺崎明美, 藤田恵子, 黒山政一, 中央法規出版 (株), 東京, 2005/3/10発行.

[学会・研究会等]

711009. [学会 (国際)] (特別講演) Clinical Trials for Cancer Therapy in Japan. 早川和重 (放): 国際原子力機関 (IAEA) アジア地域協力トレーニングコース (2004/7/12-16), 群馬.

713208. [学会 (国際)] (一般講演) Demonstration of mostly thrombosed large PICA aneusyms with CT angiography and MR angiography. 菅 信一 (放): 第5回アジア・オセアニア神経放射線・頭頸部放射線学会 (2004/10/8-11), 中国.

713209. [学会 (国際)] (一般講演) Mid-term results of endovascular aortic stent-grafts placement in treating aortic dissection. 西巻 博1, 町井正人2, 林 宗博2, 磯部義憲1, 矢内原 久1, 瀧川政和1, 相馬一亥3, 小原邦義2, 早川和重1 (1放. 2胸外. 3救命): CIRSE (2004/4/25-29), Barcelona, Spain. Cardiovascular & Interventional Radiology Proceeding, p.180, 2004.

713210. [学会 (国際)] (一般講演) Phase II trial of three-dimensional conformal radiation therapy for stage I non-small cell lung cancer (NSCLC) in elderly patients. 新部 譲1, Katsuyuki Karasawa2, Ryuji Ieki2, Masahiko Shibuya2, Hiromasa Kawamura2, Tomoko Umezawa2, Naoko Hanyu2, 早川和重1 (1放. 2都立駒込病院): 40th Annuan Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) (2004/6), New Orleans, USA. Journal of Clinical Oncology, 22: 673s, 2004. : Proceeding of American Society of Clinical Oncology, 23: 670, 2004.

713211. [学会 (国際)] (一般講演) Hyperfractionated radiation therapy for the treatment of squamous cell carcinoma of the head and neck. Katsuyuki karasawa1, Tomoko Umezawa1, Naoko Hanyu1, Hiromasa Kawamura1, Yurie Kiguchi1, Toshio Mitsuhashi1, 新部 譲2 (1都立駒込病院. 2放): 40th Annuan Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO) (2004/6), New Orleans. Journal of Clinical Oncology, 22: 501s, 2004. : Proceeding of American Society of Clinical Oncology, 23: 499, 2004.

713212. [学会 (国際)] (一般講演) A prospective study of non-coplanar conformal radiotherapy for stage I non-small cell lung cancer using middle-sized fractions. Katsuyuki Karasawa1, Naoko Hanyu1, Hiromasa Kawamura1, Tomoko Itazawa1, Yurie Kiguchi1, kousaku Harada1, 新部 譲2 (1都立駒込病院. 1放): 46th ASTRO (American Society of Therapeutic Radiology and Oncology)'s Annual Meeting (2004/10), Atlanta, USA. International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 60: s534. 2004.

713213. [学会 (国際)] (一般講演) Does C-11 choline-PET improve diagnostic accuracy of pulmonary nodule compaired with FDG-PET? 行廣雅士1, Kubota K, Kosaka N, Hara T (1放): Society of nuclear medicine 51st annual meeting (2004), Philadelphia. J Nucl Med, 45: 380, 2004.

713214. [学会 (国際)] (一般講演) Repeated transarterial chemoembolization for treatment of advanced pancreatic cancer with superselective catheterzation of the pancreas. 河村砂織1, T Okuno, F Ganaha, 早川和重1 (1放): European Congress of Radiology (2004/12/1), Austria.

713215. [学会 (国際)] (一般講演) Pharmacologic and Metabolic Substrate Suppression of Myocardial FDG Uptake. 鴇田尚樹, Zanzonico P, Dunphy M, Forster G, Santos E, Smith-Jones P, Larson S, Strauss HW (Nuclear Medicine Laboratory, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): 51st Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine (2004/6/20), Philadelphia, USA.

713216. [学会 (国際)] (一般講演) FDG-PET Detected Infiltration of Inflammatory Cells around Coronary Arteries as a Marker for Atherosclerosis. 鴇田尚樹, Zanzonico P, Dunphy M, Jhanwar Y, Forster G, Santos E, Smith-Jones P, Larson S, Strauss HW. (Nuclear Medicine Laboratory, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center): Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (2004/9/5), Helsinki, Finland.

721015. [学会 (全国)] (特別講演/学術賞受賞講演) Prognostic significance of c-erb B-2/HER2 expression in advanced uterine cervical carcinoma with para-aoritc lymph node metastasis treated with radiation therapy. 新部 譲 (放): 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会 (2004/11), 千葉. 日本放射線腫瘍学会誌, 16 (Suppl): 67, 2004.

721016. [学会 (全国)] (特別講演) 脊髄の非腫瘍性疾患の画像診断. 菅 信一 (放): 第9回Diagnostic Imaging Conference (2004/11/21), 鳥取.

721017. [学会 (全国)] (特別講演) 頭部外傷. 菅 信一 (放): 第40回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2004/10/29), 東京. 大会抄録集, p.s380, 2004.

722107. [学会 (全国)] (教育講演) 放射線腫瘍学. 早川和重 (放): 日本臨床腫瘍学会第4回教育セミナー (2005/3/6), 横浜.

722108. [学会 (全国)] (教育講演) 感染症. 菅 信一 (放): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/8), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s23, 2004.

722109. [学会 (全国)] (シンポジウム) 上部胸椎・胸髄病変の画像診断. 菅 信一 (放): 第39回日本脊髄障害医学会 (2004/11/5-6), 東京.

722110. [学会 (全国)] (教育講演) 技術教育セミナー V. 救急のIVR ステント・ステントグラフトの実際. 西巻 博 (放): 第33回日本血管造影・IVR学会総会 (2004/5/7-8), 東京. IVR誌, 19: 2004.

722111. [学会 (全国)] (シンポジウム) 北里大学病院におけるチーム医療の実際と展望. 中山明仁1, 栗原里佳1, 宮本俊輔1, 竹田昌彦1, 横堀 学1, 八尾和雄1, 岡本牧人1, 新部 譲2, 北野雅史2, 早川和重2 (1耳鼻. 2放): 第28回日本頭頸部腫瘍学会 (2004/6), 福岡. 頭頸部腫瘍, 30: 153, 2004.

722112. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肺癌診療ガイドラインと治療の個別化. 早川和重 (放): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/10), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s22, 2004.

722113. [学会 (全国)] (シンポジウム) 放射線治療の Quality Assuarance (QA). 早川和重 (放): 第63回日本癌学会学術総会 (2004/9/29-10/1), 福岡.

723849. [学会 (全国)] (一般講演) 乳線疾患における拡散強調画像の検討. ウッドハムス玲子1, 菅 信一1, 池田俊昭1, 松永敬二1, 穴村 聡1, 早川和重1, 岩淵啓一2, 秦 博文1, 尾崎正則 (1放. 2病理): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/8-10), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s92, 2004.

723850. [学会 (全国)] (一般講演) 胸腹部CTA時の至適造影剤濃度と注入速度の検討. 穴村 聡, 池田俊昭, 大沼雄一郎, 小谷承子, ウッドハムス玲子, 浅野雄二, 松永敬二, 菅 信一, 早川和重 (放): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/8-10), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s85, 2004.

723851. [学会 (全国)] (一般講演) 心サルコイドーシスが疑われたガリウムシンチグラフィを行った20症例の検討. 浅野雄二1, 石井勝己1, 穴村 聡1, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 早川和重1, 菊池 敬, 神宮司公二, 太田幸利1 (1放): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/8-10), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s80, 2004.

723852. [学会 (全国)] (一般講演) フェルカルボトランを用いたMRAにおける至適撮像条件の検討. 佐々木真弓, 磯部義憲, 矢内原 久, 瀧川政和, 久保田勝巳 (放): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/8-10), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s85, 2004.

723853. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節屈曲進展に伴う腸骨動脈変形の評価−MDCTによる3次元的評価−. 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 高屋麻美子1, 西巻 博1, 早川和重1, 田村幸穂2, 平田光博2 (1放. 2外): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/8-10), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s84, 2004.

723854. [学会 (全国)] (一般講演) 骨盤内悪性腫瘍に伴う静脈血栓症に対する血栓吸引法の有用性の検討. 瀧川政和, 磯部義憲, 大森智子, 矢内原 久, 佐々木真弓, 西巻 博, 早川和重 (放): 第63回日本医学放射線学会総会 (2004/4/8-10), 横浜. 日本医放会誌, 64 (2 臨増): s77, 2004.

723855. [学会 (全国)] (一般講演) 中咽頭癌過分割照射治療成績−前向き研究での粗生存率への影響−. 新部 譲1, 唐澤克之2, 梅沢朋子2, 田中良明3 (1放. 2都立駒込病院. 3日本大): 第63回日本医学放射線学会学術集会 (2004/4), 横浜. 日本医学放射線学会誌, 64 (2 臨増): s149, 2004.

723856. [学会 (全国)] (一般講演) I期非小細胞肺癌に対する三次元放射線治療成績. 河村英将1, 唐澤克之1, 梅沢朋子1, 羽生菜穂子1, 新部 譲2, 田中良明3 (1都立駒込病院. 2放. 3日本大): 第63回日本医学放射線学会学術集会 (2004/4), 横浜. 日本医学放射線学会誌, 64 (2 臨増): s153, 2004.

723857. [学会 (全国)] (一般講演) カッティングバルーンを使用した透析シャントPTAの短期成績. 松永敬二1, 西巻 博1, ウッドハムス玲子1, 矢内原 久1, 山本紳一郎2, 瀧川政和1, 笹本浩子2, 石井大輔3, 吉田一成3, 磯部義憲1, 早川和重1 (1放. 2救命. 3泌): 第33回日本血管造影・IVR学会総会 (2004/5/7-8), 東京.

723858. [学会 (全国)] (一般講演) 血管内治療におけるガイドワイヤーの耐久性の検討 (自験例を基に). 矢内原 久, 磯部義憲, 佐々木真弓, 西巻 博, 瀧川政和, 早川和重 (放): 第33回日本血管造影・インターベンショナルラジオロジー学会 (2004/5/7-8), 東京.

723859. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈解離に対する血管内Stentgrafts留置術の中期成績. 矢内原 久1, 西巻 博1, 山本紳一郎2, 佐々木真弓1, 瀧川政和1, 林 宗博3, 町井正人3, 磯部義憲1, 早川和重1 (1放. 2救命. 3胸外): 第33回日本血管造影・インターベンショナルラジオロジー学会総会 (2004/5/7-8), 東京.

723860. [学会 (全国)] (一般講演) 乳線疾患における拡散強調画像の所見と有用性の検討. ウッドハムス玲子1, 蔵並 勝2, 岩淵啓一3, 早川和重1, 田上浩一1, 石川由美子 (1放. 2外. 3病理): 第12回日本乳癌学会総会 (2004/6/11-12), 小倉.

723861. [学会 (全国)] (ポスター) 鼻腔初発T・U期NK/T細胞リンパ腫に対するTHP-CVP療法同時併用放射線治療. 新部 譲1, 北野雅史1, 中山明仁2, 八尾和雄2, 岡本牧人2, 早川和重1 (1放. 2耳鼻): 第28回日本頭頸部腫瘍学会 (2004/6/17), 福岡. プログラム予稿集, p.318, 2004.

723862. [学会 (全国)] (一般講演) ペリフェラルカッティングバルーンによるPTAの短期成績. 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 田畑健一2, 吉田一成2, 石井大輔2, 笹本治子2, 土田繭美2, 松下一仁2, 馬場志郎2 (1放. 2泌): 第49回日本透析医学会学術集会・総会 (2004/6/18-20), 神戸.

723863. [学会 (全国)] (教育講演) 副腎静脈サンプリングの問題点 通常法とマイクロカテーテル使用法との比較. 磯部義憲 (放): 第77回日本内分泌学会学術総会 (2004/6/24), 京都. 日本内分泌学会雑誌, 80 (1): 67, 2004.

723864. [学会 (全国)] (一般講演) Single Shot脂肪抑制 FIESTAの基礎的検討 (Scroll linear view orderによる検討). 尾崎正則, 秦 博文1, 高橋光幸, 保田英志, 菅 信一1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 平野勝也, 野崎 敦 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723865. [学会 (全国)] (一般講演) Single Shot脂肪抑制 FIESTA におけるScroll linear view orderとCentric view orderの比較. 尾崎正則, 秦 博文1, 高橋光幸, 保田英志, 菅 信一1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 平野勝也, 野崎 敦 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723866. [学会 (全国)] (一般講演) Single Shot脂肪抑制FIESTAにおける各種脂肪抑制の比較. 尾崎正則, 秦 博文1, 高橋光幸, 保田英志, 菅 信一1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 平野勝也, 野崎 敦 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723867. [学会 (全国)] (一般講演) SpeclR pulseを用いたMultiShot脂肪抑制FIESTAの基礎的検討 (Linear view orderによる検討). 秦 博文1, 尾崎正則, 高橋光幸, 保田英志, 菅 信一1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 平野勝也, 野崎 敦 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723868. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸補正法を併用した2DTOF下肢MRV enographyの有用性と, 撮像体位の違いによる下腿部深部静脈描出能の検討. 秦 博文1, 尾崎正則, 鵜池充宏, 塙 宏典1, 相澤 真1, 鈴木直二1, 佐藤真由美, 菅 信一1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 平野勝也, 野崎 敦 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723869. [学会 (全国)] (一般講演) 非造影MRIによる下肢深部静脈血栓症の評価. 大沼雄一郎1, 松永敬二1, 菅 信一1, ウッドハムス玲子1, 穴村 聡1, 小谷承子1, 河村砂織1, 高屋麻美子1, 柿田聡子1, 秦 博文1, 尾崎正則, 早川和重1 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723870. [学会 (全国)] (一般講演) 乳腺拡散強調画像の有用性の検討. ウッドハムス玲子1, 菅 信一1, 松永敬二1, 秦 博文1, 尾崎正則, 穴村 聡1, 柿田聡子1, 早川和重1 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723871. [学会 (全国)] (一般講演) フェルカルボトランを用いたFluoro triggered MRAによる血管描出能の検討. 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 久保田勝巳, 峯 健次, 田中禎人, 瀧川政和1, 矢内原 久1 (1放): 第32回日本磁気共鳴医学会大会 (2004/9/16-18), 滋賀.

723872. [学会 (全国)] (一般講演) T期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療: 日本多施設共同研究グループの14施設・281症例の成績. 大西 洋, 永田 靖, 平岡眞寛, 白土博樹, 五味光太郎, 有本卓郎, 唐澤克之, 早川和重1, 高井良尋, 木村智樹, 武田篤也 (1放): 第45回日本肺癌学会総会 (2004/10/25-26), 横浜.

723873. [学会 (全国)] (一般講演) 放射線治療を施行したU期非小細胞肺癌長期生存例の検討. 加藤弘之, 中山優子1, 北本佳住1, 石川 仁, 河村英将, 長谷川正俊1, 中野隆史, 新部英男1, 早川和重1 (1放): 第45回日本肺癌学会総会 (2004/10/25-26), 横浜.

723874. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢型I期非小細胞肺癌に対する1回大線量三次元定位放射線治療−Boost照射としての役割. 新部 譲1, 早川和重1, 北野雅史1, 益田典幸2, 吉村博邦3 (1放. 2内X. 3胸外): 第45回日本肺癌学会総会 (2004/10/25-26), 横浜.

723875. [学会 (全国)] (ポスター) VB期子宮頸部腺癌に対する根治的放射線治療成績 Biological Effective Doseを用いた検討. 新部 譲1, 北野雅史1, 石山博條1, 早川和重1, 金井督之2, 今井 愛2, 田村俊男2, 角田新平2, 上坊敏子2, 新井 努3, 川口美和3, 蔵本博行3 (1放. 2産婦. 3医療系大学院): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27-29), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 629, 2004.

723876. [学会 (全国)] (ポスター講演) 乳房温存療法後の晩期有害事象に関するアンケート調査結果. 石山博條1, 北野雅史1, 新部 譲1, 早川和重1, 新野恵司2, 細矢貴亮2 (1放. 2山形大): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10/27-29), 京都. 日本癌治療学会誌, 39 (2): 629, 2004.

723877. [学会 (全国)] (教育講演) 器材とその使い方vascular IVR. 磯部義憲 (放): 第40回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2004/10/28-30), 東京. 日本医学放射線学会雑誌, 64 (6): s421, 2004.

723878. [学会 (全国)] (一般講演) 外傷性下大静脈・総腸骨静脈損傷に対するステント留置術の有用性. 西巻 博1, 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 早川和重1, 片岡祐一2, 山本紳一郎2, 鈴木 卓2, 田村幸穂3, 瀧川政和1 (1放. 2救命. 3外): 第40回日本放射線学会秋季臨床大会 (2004/10/28-30), 東京. 日本医学放射線学会誌, 64 (6): s421, 2004.

723879. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢型I期非小細胞肺癌に対する1回大線量三次元定位放射線治療−Boost照射としての役割−. 新部 譲1, 早川和重1, 北野雅史1, 益田典幸2, 吉村博邦3 (1放. 2内X. 3胸外): 第45回日本肺癌学会総会 (2004/10), 横浜. 肺癌, 44: 57, 2004.

723880. [学会 (全国)] (一般講演) VB期子宮頸部腺癌に対する根治的放射線治療成績−Biological Effective Doseを用いた検討−. 新部 譲1, 北野雅史1, 石山博條1, 早川和重1, 金井督之2, 今井 愛2, 田村俊男2, 新井 努3, 川口美和3, 角田新平2, 上坊敏子2, 蔵本博行3 (1放. 2産婦. 3医療系大学院): 第42回日本癌治療学会総会 (2004/10), 京都. 日本癌治療学会誌, 39: 819, 2004.

723881. [学会 (全国)] (一般講演) くも膜下出血発症後,心機能異常を呈した5症例の心臓核医学検査での検討. 浅野雄二1, 石井勝己1, 鷺内隆雄2, 遠藤昌孝2, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 穴村 聡1, 菊池 敬, 神宮司公二, 藤井清孝2, 早川和重1 (1放. 2脳外): 第44回日本核医学会総会 (2004/11/4-6), 京都.

723882. [学会 (全国)] (一般講演) 心筋血流SPECTにおける心拍呼吸・呼吸同時Gated SPECTの検討. 菊池 敬, 神宮司公二, 浅野雄二1, 石井勝己1, 早川和重1 (1放): 第44回日本核医学会総会 (2004/11/4-6), 京都.

723883. [学会 (全国)] (一般講演) FDG-PETが鑑別に有効であったgastrointestinal stromal tumor (GIST) の肝転移の一例. 行廣雅士1, 窪田和雄 (1放): 第44回日本核医学会総会 (2004/11/4-6), 京都. 核医学, 41: 345, 2004.

723884. [学会 (全国)] (一般講演) T期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療−多施設共同研究グループ281症例の成績−. 大西 洋, 永田 靖, 平岡眞寛, 白土博樹, 五味光太郎, 有本卓郎, 唐澤克之, 早川和重1, 高井良尋 (1放): 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会 (2004/11/18-20), 千葉. 大会報文集, p.76, 2004.

723885. [学会 (全国)] (一般講演) 局所前立腺癌の外照射併用高線量率小線源治療. 北野雅史1, 石山博條1, 新部 譲1, 佐藤威文2, 入江 啓2, 頴川 晋2, 上前峰子, 早川和重1 (1放. 2泌): 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会 (2004/11/18-20), 千葉. 大会報文集, p.88, 2004.

723886. [学会 (全国)] (一般講演) ランダムセットアップエラーを反映した線量分布図の作成. 石山博條1, 北野雅史1, 新部 譲1, 江川俊幸, 首藤宣昭, 植村りゅう, 上前峰子, 早川和重1 (1放): 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会 (2004/11/18-20), 千葉. 大会報文集, p.119, 2004.

723887. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻腔初発限局期NK/T細胞リンパ腫に対するTHP-CVP療法同時併用放射線治療. 新部 譲1, 北野雅史1, 石山博條1, 早川和重1, 中山明仁2, 八尾和雄2, 岡本牧人2 (1放, 2耳鼻): 日本放射線腫瘍学会第17回学術大会 (2004/11), 千葉. 日本放射線腫瘍学会誌, 16: 152, 2004.

723888. [学会 (全国)] (一般講演) 三叉神経領域帯状疱疹後神経痛に認められた三叉神経温痛覚路のMRI所見. 河村砂織, 菅 信一, ウッドハムス玲子, 松永敬二, 早川和重 (放): 第34回日本神経放射線学会 (2005/2/11), 名古屋.

731126. [懇話会] (特別講演) 放射線治療技術の進歩と品質管理. 早川和重 (放): 第20回横浜放射線治療懇話会 (2004/9/27), 横浜.

731127. [研究会] (特別講演) グリオーマの画像診断. 菅 信一 (放): 第9回九州・山口がん診断治療研究会 (2005/3/12), 福岡.

733451. [その他] (一般講演) PIXEによる2-ブロモエタノール投与ラット血清中のクリアランス測定. 太田顕成1, 卜 桂蘭1, 早川和重1, 曽根由美子2, 中山茂信3 (1放. 2生化学系. 3実動セ): 第11回仁科記念サイクロトロンセンター共同利用研究成果発表会 (2004/5/22), 盛岡. 要旨集, p.3, 2004.

733452. [研究会] (一般講演) 胆管内進展を伴う腫瘤形成型胆管細胞癌の一例. 佐々木真弓, 磯部義憲, 瀧川政和, 矢内原 久 (放): 第18回腹部放射線研究会 (2004/5/28-29), 松本.

733453. [研究会] (ポスター) 非典型的所見を呈した肝血管腫の一例. 大森智子1, 瀧川政和1, 矢内原 久1, 佐々木真弓1, 松永敬二1, 西巻 博1, 三富弘之, 木村 徹2, 金田悟郎2, 磯部義憲1, 早川和重1 (1放. 2外): 第18回腹部放射線研究会 (2004/5/28-29), 松本. プログラム, p.46, 2004.

733454. [研究会] (一般講演) 非造影MRIによる移植腎動静脈および尿管の評価. 松永敬二1, 大沼雄一郎1, ウッドハムス玲子1, 吉田一成2, 石井大輔2, 田畑健一2, 笹本治子2, 土田繭美2, 岩村正嗣2, 馬場志郎2 (1放. 2泌): 第20回腎移植・血管外科研究会 (2004/6/11-12), 新潟.

733455. [学会 (地方)] (一般講演) 腫瘍性病変との鑑別が困難で生検を施行した多発性硬化症の3例. 高屋麻美子, 菅 信一, 浅野雄二, 柿田聡子, ウッドハムス玲子, 松永敬二, 池田俊昭, 早川和重 (放): 第425回日本医学放射線学会関東地方会 (2004/6/19), 東京.

733456. [研究会] (一般講演) 脈管浸潤を伴う肝細胞癌の放射線治療の初期成績. 北野雅史1, 新部 譲1, 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 渋谷明隆2, 國分茂博2, 早川和重1 (1放. 2内T): 第40回日本肝癌研究会 (2004/6/24-25), つくば. 抄録集, p.185, 2004.

733457. [学会 (地方)] (一般講演) Protein (C,S) 欠損症に伴う全身性血栓症の診断と治療効果判定に有用であった血小板シンチグラフィの1例. 浅野雄二1, 石井勝己1, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 穴村 聡1, 早川和重1, 鷺内隆雄2, 藤井清孝2, 菊池 敬, 神宮司公二, 徳重尊宣, 丸尾秀樹, 伊藤喜弘, 田上聡美, 中島規容, 太田幸利1 (1放. 2脳外): 第61回日本核医学会関東甲信越地方会 (2004/7/3), 東京.

733458. [研究会] (一般講演) 腹水穿刺による浅腹壁動脈損傷に対してTAEを施行した1例. 大森智子1, 瀧川政和1, 石井健一郎2, 別宮絵美真2, 藁谷美奈2, 町田浩志3, 鎌田弘樹2, 岸本一郎2, 金澤秀紀2, 井上隼人4, 木村 徹2, 西山保比古2, 金田悟郎2, 秋山憲義2, 渡部幸夫, 安達 献, 中村陽子, 玉真俊平 (1放. 2外. 3内X. 4胸外): 第22回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2004/7/7), 相模原.

733459. [研究会] (一般講演) 膵嚢胞性疾患に対するCTガイド下経皮的内瘻術の経験. 石井健一郎1, 別宮絵美真1, 藁谷美奈1, 町田浩志2, 鎌田弘樹1, 岸本一郎1, 金澤秀紀1, 井上隼人3, 木村 徹1, 西山保比古1, 金田悟郎1, 秋山憲義1, 大森智子4, 瀧川政和4, 渡部幸夫, 安達 献, 中村陽子, 玉真俊平 (1外. 2内X. 3胸外. 4放): 第22回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2004/7/7), 相模原.

733460. [研究会] (一般講演) 内視鏡的治療困難な胃食道静脈瘤に対するPTSの検討. 佐々木真弓, 磯部義憲, 瀧川政和, 矢内原 久 (放): 第16回関東IVR研究会 (2004/7/17), 東京.

733461. [研究会] (一般講演) 経皮的トロンビン注入が有効であった膝窩動脈仮性瘤の症例. ウッドハムス玲子1, 西巻 博1, 松永敬二1, 早川和重1, 平田光博2, 田村幸穂2, 美島利昭2, 山本紳一郎3, 樫見文枝3 (1放. 2外. 3救命): 第16回関東IVR研究会 (2004/7/17), 東京.

733462. [研究会] (一般講演) 塞栓術が有効であった骨盤内うっ血症候群の1例. 大森智子1, 瀧川政和1, 玉真俊平, 矢内原 久1, 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 松永敬二1, 西巻 博1, 早川和重1 (1放): 第16回関東IVR研究会 (2004/7/17), 東京. プログラム, p.19, 2004.

733463. [研究会] (一般講演) レポートデータベースを利用したレジデントの習熱度評価の試み. 松永敬二, 菅 信一, 浅野雄二, ウッドハムス玲子, 大沼雄一郎, 小谷承子, 河村砂織, 穴村 聡, 高屋麻美子, 柿田聡子, 早川和重 (放): 第6回医用画像認知研究会, 第6回遠隔画像診断部会, 第4回画像診断報告書研究会, 第23回医用画像電子化研究会合同研究会 (2004/8/21-22), 徳島.

733464. [研究会] (一般講演) 肺癌に対する動体追跡装置の導入. 新部 譲 (放): 第9回北海道定位放射線照射研究会 (2004/8/3), 札幌.

733465. [学会 (地方)] (一般講演) 頸部副神経鞘腫の1例. 高屋麻美子, 菅 信一, 柿田聡子, 穴村 聡, 大沼雄一郎, 小谷承子, 河村砂織, ウッドハムス玲子, 松永敬二, 早川和重 (放): 神奈川県放射線医会学術総会 (2004/9/4), 横浜.

733466. [研究会] (一般講演) ペリフェラルカッティングバルーン (PCB) を用いた透析シャントに対するPTAの治療成績. 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 大沼雄一郎1, 高屋麻美子1, 矢内原 久1, 瀧川政和1, 早川和重1, 田畑健一2, 土田繭美2, 藤田哲夫2, 田岡佳憲2, 吉田一成2, 馬場志郎2 (1放. 2泌): 第8回アクセス研究会 (2004/10/2), 大阪.

733467. [研究会] (一般講演) 医療のIT化と経営の効率化 −その落し穴と留意点−. 村田晃一郎 (放): 第14回ソニックCTカンファレンス (2004/11/22), 大宮.

733468. [研究会] (一般講演) 医療のIT化と経営の効率化. 村田晃一郎 (放): パースジャパン医療セミナー (2004/11/22), 東京.

733469. [学会 (地方)] (一般講演) 局所再発 high-risk 群の子宮体癌に対する術後照射の検討. 小谷 承子1, 新部 譲1, 北野雅史1, 石山博條1, 早川和重1, 金井督之2, 上坊敏子2, 蔵本博行3 (1放. 2産婦. 3医衛): 第426回日本医学放射線学会関東地方会 (2004/12/11), 東京.

733470. [学会 (地方)] (一般講演) 圧迫性病変を伴った脊髄サルコイドーシスの1例. 高屋麻美子, 菅 信一, 浅野雄二, 柿田聡子, 河村砂織, 大沼雄一郎, ウッドハムス玲子, 松永敬二, 早川和重 (放): 第426回日本医学放射線学会関東地方会 (2004/12/11), 東京. プログラム, p.10, 2004.

733471. [研究会] (一般講演) 拡散強調画像による乳癌腋窩リンパ節転移評価の試み. ウッドハムス玲子1, 早川和重1, 蔵並 勝2, 岩淵啓一3, 秦 博文1, 尾崎正則 (1放. 2外. 3病理): 第14回日本乳癌画像研究会 (2005/2/11-12), 横浜.

733472. [研究会] (一般講演) 病院のミッションとそれを支えるHIS−画像診断医の立場から−. 村田晃一郎 (放): NEC医療セミナー2005東京 (2005/2/18), 東京.

733473. [研究会] (一般講演) 診療におけるプロジェクトマネジメントサイクル. 村田晃一郎1, 吉田秀美, 山崎博志 (1放): 第10回プロジェクトマネジメント学会2005年度春季研究発表大会 (2005/3/17-19), 千葉. 大会予稿集, p.241-243, 2005.

733474. [研究会] (教育講演) 肝細胞癌に対するRFA. 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 國分茂博2 (1放. 2内T): 神奈川IVRカンファレンス (2004), 相模原.


<<麻酔科学>>

[学術論文]

110195. [原著] Painful neuropathy alters the effect of gabapentin on sensory neuron excitability in rats. 金井昭文1, Costantinos Sarantopoulos2, J Bruce McCallum2, Quinn Hogan2 (1麻. 2Department of Anesthesiology, Medical College of Wisconsin): Acta Anaesthesiol Scand, 48: 507-512, 2004.

110196. [原著] Efficacy of oral pranlukast hydrate, a leukotriene receptor antagonist, in the treatment of postherpetic neuralgia. 金井昭文, 森 沙夜乃, 大澤 了, 鈴木麻葉, 外 須美夫 (麻): The Pain Clinic, 16: 389-392, 2004.

110197. [原著] Rapid injection of epidural mepivacaine speeds the onset of nerve blockade. 金井昭文, 鈴木麻葉, 外 須美夫 (麻): Can J Anaesth, 52: 281-284, 2005.

110198. [原著] The effect of dexmedetomidine on transient focal cerebral ischemia in rats. 肝付 洋, 岡本浩嗣, 小澤章子, 外 須美夫 (麻): Circulation Control, 25: 50-55, 2004.

110199. [原著] Migration of neutrophils elicited by leukotoriene B4 is inhibited by fasudil, a Rho-kinase inhibitor, in the microvasculature of hamster cheek pouch. 小澤章子1, 奈良佳洋2, 肝付 洋1, 中原絵里1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻. 2生物物理系): Circulation Control, 25: 267-271, 2004.

110200. [原著] Intrathecal mepivacaine and prilocaine are less neurotoxic than lidocaine in a rat intrathecal model. 竹浪民江1, Saburo Yagishita, 奈良佳洋2, 外 須美夫1 (1麻. 2生物物理系): Regional Anesthesia and Pain Medicine, 29: 446-453, 2004.

110201. [原著] Magnesium and bupivacaine-induced convulsions in awake pregnant rats. 奥富俊之1, Yi Zhang2, Hisayo O Morishima2, Thomas B Cooper2 (1麻. 2コロンビア大): Int J Obstet Anesth, 14 (1): 32-36, 2005.

120101. [原著] 慢性疼痛に対するプロスタンジンE1の投与速度の検討. 金井昭文, 小磯進太郎, 大澤 了, 外 須美夫 (麻): ペインクリニック, 25: 1201-1205, 2004.

120102. [原著] 整形外科下肢手術を対象とした術後腰部硬膜外鎮痛におけるロピバカインの有効性の検討. 金井昭文, 木下 伸, 鈴木麻葉, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 54: 8-13, 2004.

120103. [原著] ロピバカインとフェンタニルを用いたPCEA付き術後持続胸部硬膜外鎮痛における鎮痛効果の検討. 鈴木麻葉, 大澤 了, 金井昭文, 小澤章子, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 54: 2-7, 2005.

120104. [原著] ブピバカインとメピバカインを用いた硬膜外併用脊髄くも膜下麻酔後のTNS (Transient Neurologic Symptoms) 発症率の検討. 秋山麻紀, 新井民江, 糸満香織, 磯野雅子, 大澤 了, 外 須美夫 (麻): 臨床麻酔, 28: 1797-1801, 2004.

120105. [原著] 超早期抜管を行うfast track pediatric cardiac surgeryにおけるbispectral index (BIS) monitorの有用性. 丸山美由紀1, 岡本浩嗣1, 諏訪潤子1, 麻生俊英2, 外 須美夫1 (1麻. 2胸外): 麻酔, 53: 629-633, 2004.

120106. [原著] 先天性心疾患に対するfast track cardiac surgeryにおけるオルプリノンの効果 血行動態と抜管時間に対するクロルプロマジンとの比較. 伊藤美由紀, 岡本浩嗣, 諏訪潤子 (麻): 麻酔, 53: 258-263, 2005.

120107. [原著] PCEA (Patient-controlled analgesia) 法を用いた分娩時硬膜外麻酔−従来の持続硬膜外麻酔法との比較検討−. 斎藤美和子1, 奥富俊之1, 吉村千緒2, 金井雄二2, 望月純子2, 天野 完2 (1麻. 2産婦): 分娩と麻酔, 85: 6-10, 2004.

120108. [原著] アンケートから見た医学生の無痛分娩に対する認識度. 奥富俊之, 斎藤美和子 (麻): 分娩と麻酔, 86: 44-47, 2004.

220060. [準原著] 外傷性大量出血による周術期心停止患者の生存率と男女差. 小澤章子, 外 須美夫 (麻): 循環制御, 25: 246-249, 2004.

220061. [短報] 本邦における周術期肺血栓塞栓症の特徴. 黒岩政之1, 古家 仁2, 巌 康秀3, 佐々木順司4, 伊藤 誠5, 謝 宗安6, 森田 潔7 (1国立病院機構相模原病院, 麻. 2奈良県立科大. 3杏林大. 4東邦大大森病院. 5岩国医療センター. 6帝京大溝口病院. 7岡山大): Therapeutic Research, 25 (5): 2004.

220062. [短報] 周術期における一時型下大静脈フィルタ使用症例の検討. 中原絵里1, 黒岩政之1,2, 外 須美夫1 (1麻. 2国立病院機構相模原病院): Therapeutic Research, 25 (5): 2004.

320084. [症例報告] 透析アミロイド症における難治性関節痛に対するキセノン光照射の鎮痛効果の検討. 清水 要, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): ペインクリニック, 26: 67-69, 2005.

320085. [症例報告] 気管チュ-ブ交換のため2本のチューブを挿入した睡眠時無呼吸症候群の1症例. 小林瑞佳, 新井民江, 稲村美穂子, 清水 要, 丸山美由紀, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 53: 1414-1417, 2004.

320086. [症例報告] 間質性膀胱炎に対するレジニフェラトキシン膀胱内注入療法の麻酔経験. 小村賢祥1, 黒岩政之1,2, 沼澤華菜子, 山田哲夫, 外 須美夫1 (1麻. 2国立病院機構相模原病院): 麻酔, 54: 149-152, 2005.

320087. [症例報告] 硬膜外麻酔後に生じた頭蓋内硬膜下出血の1症例. 森 沙夜乃, 兵頭亜紀子, 秋山麻紀, 高良麻紀子, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 麻酔, 53: 1075, 2004.

320088. [症例報告] スキサメトニウム投与後に咬筋硬直を起こし術後に亜型悪性高熱症を発症した成人食道アカラシア根治術の1例. 荒川有理子1, 黒岩政之2, 安斉 健3, 金井昭文1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻. 2国立病院機構相模原病院. 3社会保険病院さがみ野病院): 麻酔, 53 (3): 287-90, 2004.

520309. [解説] ハイリスク患者の周手術期看護 疾患別患者の特徴とケアのポイント−喘息患者の周手術期管理. 岡本浩嗣 (麻): ナーシング, 24: 30-36, 2004.

520310. [解説] 内科と外科の観点から CABGにおけるTEEの主な役割. 岡本浩嗣 (麻): LISA, 11: 768-780, 2004.

520311. [解説] 知らなきゃできない! モニタ心電図Q&A 心電図のここが知りたい! 読者からのQ&A. 岡本浩嗣 (麻): ナーシング, 24: 58-61, 2004.

520312. [解説] 知らなきゃできない! モニタ心電図Q&A 不整脈時の除細動と薬物療法Q&A. 岡本浩嗣 (麻): ナーシング, 24: 48-57, 2004.

520313. [総説] 内因性カンナビノイドの役割. 外 須美夫 (麻): 臨床麻酔, 29: 159-165, 2005.

520314. [解説] 快適医療システムの創成 緩和医療. 外 須美夫 (麻): 北里医学, 33: 358-361, 2003.

520315. [解説] ステップ方式で学ぶ輸液療法 重症患者への対応 急性心不全. 中原絵理, 外 須美夫 (麻): 救急・集中治療, 16: 1375-1381, 2004.

520316. [解説] 周術期におけるニトログリセリンの役割と可能性. 外 須美夫 (麻): 医学と薬学, 52: 663-682, 2004.

520317. [総説] 「臨床麻酔誌上セミナー'04」<麻酔法>D最近の妊娠中毒症の考え方と麻酔法. 奥富俊之 (麻): 臨床麻酔, 28 (増): 367-381, 2004.

520318. [総説] 無痛分娩・和痛分娩ガイダンス1. 諸外国, 本邦における無痛分娩の現状について教えて下さい. 奥富俊之 (麻): 臨床婦人科産科, 58 (4): 358-359, 2004.

520319. [総説] 無痛分娩・和痛分娩ガイダンス2. なぜ日本では無痛分娩があまり行われないのですか. 奥富俊之 (麻): 臨床婦人科産科, 58 (4): 361-363, 2004.

520320. [総説] 無痛分娩・和痛分娩ガイダンス3. 無痛分娩の目的について教えて下さい. 奥富俊之 (麻): 臨床婦人科産科, 58 (4): 365-367, 2004.

520321. [総説] 無痛分娩・和痛分娩ガイダンス4. 無痛分娩の効用について教えて下さい. 奥富俊之 (麻): 臨床婦人科産科, 58 (4): 368-369, 2004.

520322. [総説] 症例検討「産科ショック患者の麻酔」妊娠中毒症合併早期剥離−母体の状態をすばやく判断し, 禁忌がなければ区域麻酔で. 斎藤美和子, 奥富俊之 (麻): LiSA, 11 (11): 1140-1146, 2004.

520323. [総説] 脊髄くも膜下麻酔 (鎮痛) 法の産科麻酔への応用 (特に脊硬麻CSEAについて). 奥富俊之 (麻): 分娩と麻酔, 86: 6-13, 2004.

520324. [総説] 特集: 帝王切開を巡る新たな展開, 2. 最近の分娩時麻酔/帝王切開時麻酔の動向. 奥富俊之 (麻): 産婦人科の実際, 58 (13): 1969-1978, 2004.

520325. [解説] 本邦における周術期肺塞栓症の発症頻度とその特徴−2002年度周術期肺血栓塞栓症発症調査報告−. (社) 日本麻酔科学会 肺血栓塞栓症予防ガイドライン作成作業部会, 黒岩政之1, 古家 仁2, 巌 康秀3, 佐々木順司4, 伊藤 誠5, 謝 宗安6, 森田 潔7 (1国立病院機構相模原病院, 麻. 2奈良県立医大. 3杏林大. 4東邦大大森病院. 5岩国医療センター. 6帝京大溝口病院. 7岡山大): 麻酔, 53 (4): 454-63, 2004.

520326. [総説] オキシコドン徐放錠 (オキシコンチン) のゴーストピルにおけるオキシコドン含量. 国分秀也1, 村上敏史2, 的場元弘2, 伊東俊雅1, 志真泰夫3, 外 須美夫2, 矢後和夫1 (1薬剤. 2麻. 3国立がんセンター東病院): 日本病院薬剤師会雑誌, 40 (8): 1011-1013, 2004.

520327. [総説] がんの痛みをとる−モルヒネを飲むのは恐いですか? 的場元弘 (麻): 婦人之友10月号 p.131-135, 2004.

520328. [総説] オピオイドローテーションの実際. 的場元弘 (麻): メディカル朝日12月号 p.70-71, 2004.

520329. [総説] 複方オキシコドン注射液によるがん疼痛治療. 的場元弘1, 石丸理恵1, 小村賢祥, 伊藤伸大1, 丸山美由紀1, 伊東俊雅2, 国分秀也2, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤): 緩和医療学, 7 (1): 53-58, 2005.

520330. [総説] がん疼痛治療におけるオキシコドン徐放錠から塩酸オキシコドン・塩酸ヒドロコタルニン複方注射液への変換の有用性. 丸山美由紀1, 的場元弘1, 伊藤伸大1, 磯野雅子1, 村上敏史1, 国分秀也2, 伊東俊雅2, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤): 緩和医療学, 7 (1): 65-69, 2005.

[著 書]

620179. [教科書] (分担執筆) 産科麻酔; 局所麻酔薬−その基礎と臨床−, p.215-232. 奥富俊之 (麻), 編集 浅田 章 (大阪市大), 克誠堂出版, 東京, 2004/5/20発行.

620180. [学術書] (分担執筆) 臨床麻酔学講座IV; 麻酔ガスモニター. 奥富俊之1, 渡辺 敏2 (1麻. 2医衛), 編集 臨床麻酔誌編集部, 真興交易医学出版部, 2004/4/15発行.

620181. [解説書] (分担執筆) 周産期ケア「エビデンスを求めて」; 無痛分娩のメリットとデメリットは何か? p.346-348. 奥富俊之 (麻), 編集 周産期医学編集委員会, 東京医学社, 2004/11/30発行.

620182. [啓蒙書] (単著) 無痛分娩の?に答えます, 痛くないお産「麻酔分娩がよーく分かる本」. 奥富俊之 (麻), 監修 島田信宏 (山王病院), メディカ出版, 2005/1/1発行.

620183. [学術書] (分担執筆) 日常診療に役立つ血小板・血液凝固線溶と周術期管理; 周術期肺血栓塞栓症の現状. 黒岩政之 (国立病院機構相模原病院, 麻), 編集 並木昭義, 山陰道明 (札幌医科大), 真興交易医学出版部, 東京, 2004/9/25発行.

620184. [学術書] (分担執筆) 日常診療に役立つ血小板・血液凝固線溶と周術期管理; 周術期肺血栓塞栓症の治療. 黒岩政之 (国立病院機構相模原病院, 麻), 編集 並木昭義, 山陰道明 (札幌医大), 真興交易医学出版部, 東京, 2004/9/25発行.

620185. [その他の著書] (分担執筆) 月刊ナーシング ハイリスク患者の周手術期看護; 糖尿病患者の周手術期管理. 黒岩政之 (国立病院機構相模原病院, 麻), 編集 鈴木敏行 (学研), 学習研究社, 東京, 2004/12/20発行.

620186. [その他の著書] (分担執筆) 立場から見る医薬品包装・表示における現場での実態とニーズ; 医師からみた包装・表示への要望, 医薬品の包装・表示・剤形における医療現場トラブル・対策事例集, 第1版分 p.5-10. 小澤章子, 外 須美夫 (麻), 編集 高薄一弘, 技術情報協会, 東京, 2004発行.

620187. [解説書] (分担執筆) 医薬品等適性使用推進施行事業−麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン−改訂第2版: 塩酸オキシコドン, p.10-13. 的場元弘 (麻), 社団法人日本麻酔科学会, 東京, 2004/5発行.

620188. [解説書] (監修) 緩和ケアにおける便秘の理解とケア. 加賀谷肇1, 阿部恵江2 (1済生会横浜市南部病院. 2看護部). 的場元弘 (麻), インターサイエンス社, 東京, 2004/7/1発行.

620189. [解説書] (共著/監修) 見つけよう! がんの痛みと関連痛. 的場元弘1, 冨安志郎2 (1麻. 2長崎大), 監修 的場元弘, 春秋社, 東京, 2004/7/15発行.

620190. [入門書](単著/監修) 私の痛みと治療の日記, 的場元弘 (麻). 監修 的場元弘, 春秋社, 東京, 2005/1/20発行.

620191. [入門書] (単著/監修) がん疼痛治療のレシピ. 的場元弘 (麻), 監修 的場元弘, 春秋社, 東京, 2005/2/1発行.

[学会・研究会等]

713217. [学会 (国際)] (ポスター) Changes in platelet aggregation during off-pump and on-pump coronary artery bypass surgery measured by a whole blood aggregometer. 黒岩政之, Osamu Ito, 外 須美夫, 岡本浩嗣, 糸満香織 (麻): 2004 Society of Cardiovascular Anesthesiologists Annual Meeting (2004/4/2), Honolulu, USA.

713218. [学会 (国際)] (ポスター) Effects of Left Heart Bypass on Arterial Oxygenation During One-Lung Ventilation in Patients Undergoing Descending Thoracic Aortic Surgery. 鮫島千恵子1, Yoshinari Niimi2, Shin Yamamoto3, Mariko Hoshino4, Chieko Sakuramoto4, 外 須美夫1 (1麻. 2帝京大. 3Kawasaki Saiwai Hospital Aortic Center. 4Machida municipal Hospital): The Meeting of the Society of Cardiovascular Anesthesiologists (2004/4/26), Honolulu.

713219. [学会 (国際)] (一般講演) The speed in epidural infusion mepivacaine affects the degree of nerve blockade. 鈴木麻葉, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): Canadian Anesthesiologists'Society 60th Annual Meeting (2004/6/21), Quebec.

713220. [学会 (国際)] (ポスター) Sumatriptan alleviates the pain in patients with trigeminal neuralgia. 金井昭文, 大澤 了, 鈴木麻葉, 石丸理恵, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologist (2004/10/25), Las Vegas.

713221. [学会 (国際)] (ポスター) Effectiveness of prostaglandin E1 for the treatment of patients with neuropathic pain following herpes zoster. 金井昭文, 大澤 了, 鈴木麻葉, 石丸理恵, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologist (2004/10/25), Las Vegas.

713222. [学会 (国際)] (ポスター) Efficacy of oral pranlukast hydrate, a leukotriene receptor antagonist, in the treatment of postherpetic neuralgia. 金井昭文, 大澤 了, 鈴木麻葉, 石丸理恵, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologist (2004/10/25), Las Vegas.

713223. [学会 (国際)] (ポスター) Sensory and motor blockade during postoperative continuous epidural infusion of ropivacaine and fentanyl. 大澤 了, 鈴木麻葉, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologist (2004/10/25), Las Vegas.

713224. [学会 (国際)] (ポスター) The Effect of Timing in the Initiation of Epidural Infusion at Combined Spinal-Epidural Analgesia for Labor on the Total Dose of Local Anesthetic. 奥富俊之1, 望月純子2, 天野 完2, 斎藤美和子1, 外 須美夫1 (1麻. 2産婦): Annual Meeting of American Society of Anesthesiology (2004/10/26), Las Vegas.

713225. [学会 (国際)] (ポスター) Dilution of local anesthetic with saline affects epidural analgesic property. 金井昭文, 鈴木麻葉, 大澤 了, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): American Society of Anesthesiologist (2004/10/27), Las Vegas.

713226. [学会 (国際)] (ポスター) Changes in platelet aggregation after cardiopulmonary bypass measured by a new aggregometor using whole blood. 黒岩政之, Osamu Ito, 外 須美夫, 岡本浩嗣, 糸満香織 (麻): American Society of Anesthesiologists, annual meeting 2004 (2004/10/28), Las Vegas.

713227. [学会 (国際)] (ポスター) Migration of Neutrophil s Evoked by Leukotriene B4 Is Inhibited by Olprinone, a PDE-3 Inhibitor, in the Microvasculature of Hamster Cheek pouch. 小澤章子1, 奈良佳洋2, 肝付 洋1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻. 2生物物理系): ASA 2004 Annual Meeting (2004/10), Las Vegas, Nevada. Program, A-725, 2004.

713228. [学会 (国際)] (一般講演) Intraocular Pressure Changes During Laparoscopic Radical Prostatectomy. 小澤章子1, 増田英理子1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1, 頴川 晋2 (1麻. 2泌): ASA 2004 Annual Meeting (2004/10), Las Vegas, Nevada. Program, A-1271, 2004.

713229. [学会 (国際)] (一般講演) Incidence of transient neurologic symptoms after combined spinal and epidural nesthesia. 竹浪民江 (麻): American Society of Anesthesiologists (2004/10), Las Vegas.

713230. [学会 (国際)] (一般講演) Neurotoxic change caused by intrathecal lidocaine via catheter implanted in cauda equina commences from the posterior root in rats. 竹浪民江 (麻): American Society of Anesthesiologists (2004/10), Las Vegas.

713231. [学会 (国際)] (一般講演) Membrane mechanisms of lodocaine induced inhibition of axonal transport. 竹浪民江 (麻): Neuroscience (2004/10), San Diego.

713232. [学会 (国際)] (ポスター) Combined spinal-epidural versus epidural analgesia: The initial analgesic methods may affect the subsequent anesthetic requirements during labor analgesia using patient-controlled infusion pump. 奥富俊之1, 斎藤美和子1, 望月純子2, 天野 完2, 外 須美夫1 (1麻. 2産婦): 79th International Anesthesia Research Society (2005/3/13), Honolulu.

721018. [学会 (全国)] (特別講演) がん疼痛治療のオピオイド どう考えて選択するか. 的場元弘 (麻): 第66回日本臨床外科学会 (2004/10/13), 盛岡.

722114. [学会 (全国)] (招待された講演) 慢性疼痛のチーム医療? その実現性について. 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第34回日本慢性疼痛学会 (2004/2/26), 東京.

722115. [学会 (全国)] (シンポジウム) 男女差を考慮した麻酔・周術期管理, 外傷性大量出血による周術期心停止患者の生存率と男女差. 小澤章子 (麻): 第25回日本循環制御医学会総会 (2004/6), 函館.

722116. [学会 (全国)] (シンポジウム) フェンタニルパッチの使い方のコツと問題点. 的場元弘 (麻): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/17), 札幌. プログラム・抄録集, p.54, 2004.

722117. [学会 (全国)] (シンポジウム) 緩和ケア医と症状緩和治療 どこまで治療に関わるのか. 的場元弘 (麻): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.59, 2004.

722118. [学会 (全国)] (シンポジウム) モルヒネとオキシコドンのローテーション. 的場元弘 (麻): 日本ペインクリニック学会第38回大会 (2004/7/16), 東京. 日本ペインクリニック学会誌第38回大会号, 11 (3): 231, 2004.

723889. [学会 (全国)] (ポスター) 長時間 head down positionの腹腔鏡下手術の眼圧変化. 小澤章子, 増田英理子, 上野哲生, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 第15回臨床モニター学会総会 (2004/4), 東京.

723890. [学会 (全国)] (ポスター) 日本人妊婦の坐位における硬膜外腔までの距離. 奥富俊之, 斎藤美和子, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第51回大会 (2004/5/27), 名古屋.

723891. [学会 (全国)] (一般演題) イオン化マグネシウム含有1%ブドウ糖加酢酸リンゲルの脳外科手術における検討. 小坂康晴1, 岡本浩嗣1, 黒岩政之1,2, 上野哲生1, 石丸理恵1, 外 須美夫1 (1麻. 2国立病院機構相模原病院): 第51回日本麻酔科学会総会 (2004/5/27), 名古屋.

723892. [学会 (全国)] (ポスター) ロピバカインとフェンタニルを用いたPCEA付き術後胸部持続硬膜外鎮痛における鎮痛効果の検討. 兵頭亜紀子, 鈴木麻葉, 小磯進太郎, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第51回学術集会 (2004/5/27), 名古屋.

723893. [学会 (全国)] (ポスター) ロピバカインとフェンタニルを用いたPCEA付き術後腰部持続硬膜外鎮痛におけるくも膜下脊髄麻酔と硬膜外麻酔の比較. 小磯進太郎, 大澤 了, 清水 要, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第51回学術集会 (2004/5/27), 名古屋.

723894. [学会 (全国)] (ポスター) 硬膜外麻酔におけるメピバカインの注入速度が神経遮断作用と血行動態に及ぼす影響についての検討. 鈴木麻葉, 大澤 了, 清水 要, 金井昭文, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第51回学術集会 (2004/5/28), 名古屋.

723895. [学会 (全国)] (ポスター) 食道アカラシア患者の麻酔導入と合併症の検討. 斎藤裕子, 小澤章子, 小磯進太郎, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会第51回学術集会 (2004/5/28), 名古屋.

723896. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下前立腺全摘出術時の眼圧変動. 増田英理子1, 小澤章子1, 伊藤壮平1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1, 頴川 晋2 (1麻. 2泌): 日本麻酔科学会第51回学術集会 (2004/5/28), 名古屋.

723897. [学会 (全国)] (一般講演) オルプリノンによる微小循環での白血球応答 (ビデオセッション). 小澤章子1, 奈良佳洋2, 肝付 洋1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻. 2生物物理系): 日本麻酔科学会第51回学術集会 (2004/5/28), 名古屋. 第25回日本循環制御医学会総会 (2004/6/11), 函館.

723898. [学会 (全国)] (一般講演) フェンタニルパッチと塩酸オキシコドン徐放錠のオピオイドローテーションの検討. 小磯進太郎1, 国分秀也2, 伊東俊雅2, 伊藤伸大1, 的場元弘1, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/17), 札幌. プログラム・抄録集, p.83, 2004.

723899. [学会 (全国)] (一般講演) がん性疼痛患者におけるオキシコドン製剤の体内薬物動態. 国分秀也1, 大木麻己子1, 的場元弘2, 村瀬勢津子1, 佐川賢一1, 矢後和夫1, 外 須美夫2 (1薬剤. 2麻): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.141, 2004.

723900. [学会 (全国)] (一般講演) 腎機能障害のある患者での塩酸オキシコンチン徐放錠の使用についての検討. 磯野雅子1, 伊東俊雅2, 国分秀也2, 伊藤伸大1, 的場元弘1, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.142, 2004.

723901. [学会 (全国)] (一般講演) リン酸コデインから塩酸オキシコドン徐放錠への変更. 伊藤伸大1, 磯野雅子1, 国分秀也2, 伊東俊雅2, 的場元弘1, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.143, 2004.

723902. [学会 (全国)] (一般講演) 透析導入中の腎不全患者に対するオキシコドンの使用経験. 大澤 了1, 的場元弘1, 国分秀也2, 伊東俊雅2, 外 須美夫1 (1麻. 2薬剤): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.143, 2004.

723903. [学会 (全国)] (一般講演) がん患者のリンパ浮腫への取り組み1−リンパマッサージを中心とした活動の広がり−. 栗田かほる, 青木謙治, 油川恵美子, 阿部恵江, 川井智恵, 寺澤直子1, 的場元弘2 (1看護部. 2麻): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.160, 2004.

723904. [学会 (全国)] (一般講演) がん患者のリンパ浮腫への取り組み2−オリジナルアセスメントシートの作成の試み−. 青木謙治, 川井智恵, 寺澤直子, 油川恵美子, 阿部恵江, 栗田かほる1, 的場元弘2 (1看護部. 2麻): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.175, 2004.

723905. [学会 (全国)] (一般講演) メトロニダゾール院内製剤を用いたがん性悪臭ケアと薬剤師の関わり. 伊東俊雅1, 国分秀也1, 佐川賢一1, 矢後和夫1, 的場元弘2, 外 須美夫2 (1薬剤. 2麻): 第9回日本緩和医療学会 (2004/6/18), 札幌. プログラム・抄録集, p.191, 2004.

723906. [学会 (全国)] (ポスター) リドカインの軸索輸送抑制作用の細胞膜メカニズム. 新井民江 (麻): 第81回日本生理学会 (2004/6/3-5), 札幌.

723907. [学会 (全国)] (一般講演) 馬尾神経領域に投与したリドカインの神経毒性の検討. 新井民江 (麻): 第15回局所麻酔学会 (2004/6), 東京.

723908. [学会 (全国)] (一般講演) 急性帯状疱疹痛に対するアミトリプチリンの鎮痛効果の検討. 鈴木麻葉, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会 (2004/7/15-17), 東京.

723909. [学会 (全国)] (一般講演) 帯状疱疹後神経痛に対するオキシコドンとクロルフェニラミンの鎮痛効果の検討. 仁木有理子, 石丸理恵, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会 (2004/7/15-17), 東京.

723910. [学会 (全国)] (一般講演) 向精神薬の中止により改善した難治性慢性疼痛の1例. 鈴木麻葉, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会 (2004/7/15-17), 東京.

723911. [学会 (全国)] (一般講演) 持続硬膜外鎮痛における局所麻酔薬の希釈の影響. 小磯進太郎, 石丸理恵, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会 (2004/7/15-17), 東京.

723912. [学会 (全国)] (一般講演) ロピバカインによる持続硬膜外鎮痛における感覚遮断域の推移の検討. 大澤 了, 石丸理恵, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会 (2004/7/15-17), 東京.

723913. [学会 (全国)] (一般講演) 帯状疱疹発症部位に他疾患による疼痛が合併した2症例. 仁木有理子, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会(2004/7/15-17), 東京.

723914. [学会 (全国)] (一般講演) パロキセチンにより改善した難治性慢性疼痛患者の検討. 鈴木麻葉, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会(2004/7/15-17), 東京.

723915. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性疼痛に対するプロスタグランジンE1の投与速度の検討. 小磯進太郎, 石丸理恵, 金井昭文, 外 須美夫 (麻): 第38回日本ペインクリニック学会 (2004/7/15-17), 東京.

723916. [学会 (全国)] (ポスター) 保存剤がミダゾラムの神経毒性に与える影響. 新井民江 (麻): 第31回ペインクリニック学会 (2004/7/15-17), 東京.

723917. [学会 (全国)] (ポスター) 日本人妊婦の坐位における硬膜外腔? 脊髄くも膜下腔間距離. 奥富俊之, 斎藤美和子, 外 須美夫 (麻): 日本臨床麻酔学会第24回大会 (2004/10/14), 大阪.

723918. [学会 (全国)] (ポスター) 救急救命士気管挿管実習第1例目の経過について. 小澤章子, 新井正康, 新井民江, 金井昭文, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外 須美夫, 野見山 延 (麻): 日本臨床麻酔学会第24回大会 (2004/10/14-16), 大阪.

723919. [学会 (全国)] (ポスター) 2種類のプロポフォール製剤による導入時のBIS値の変化. 磯野雅子, 小澤章子, 上野哲生, 小坂康晴, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外 須美夫, 鈴木理恵 (麻): 日本臨床麻酔学会第24回大会 (2004/10/14-16), 大阪.

723920. [学会 (全国)] (ポスター) TUR-Pにおけるフリースの効果について. 鈴木理恵, 小澤章子, 肝付 洋, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本臨床麻酔学会第24回大会 (2004/10/14-16), 大阪.

731128. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療のレシピ. 的場元弘 (麻): Cancer Pain Management Symposium in和歌山 (2004/1/9), 和歌山. 第1回宮崎癌疼痛治療懇話会学術講演会 (2004/4/17), 宮崎. 西湘地区がん疼痛治療研究会 (2004/6/4), 小田原. 鳥取県緩和医療研究会 (2004/6/20), 鳥取.

731129. [懇話会] (特別講演) モルヒネ・オキシコドン・フェンタニル. 的場元弘 (麻): 和歌山がん疼痛治療懇話会 (2004/4/10), 和歌山.

731130. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるモルヒネ・オキシコドン・フェンタニル. 的場元弘 (麻): 群馬Cancer Pain Forum (2004/5/15), 群馬.

731131. [研究会] (特別講演) がんの痛みとオピオイド製剤の使い分け. 的場元弘 (麻): 癌疼痛管理研究会 (2004/6/25), 京都.

731132. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療における鎮痛補助薬の使い方. 的場元弘 (麻): 第6回佐久平緩和医療研究会 (2004/7/9), 長野県・佐久.

731133. [研究会] (特別講演) がんの痛みとモルヒネ・オキシコドン・フェンタニル. 的場元弘 (麻): 第19回神奈川乳腺疾患症例検討会 (2004/7/24), 横浜.

731134. [研究会] (特別講演) オピオイドローテーション. 的場元弘 (麻): 第2回名古屋がん疼痛緩和フォーラム (2004/7/31), 名古屋.

731135. [研究会] (特別講演) モルヒネ・オキシコドン・フェンタニル, どう使い分けるか? 的場元弘 (麻): 第18回飯塚緩和医療勉強会 (2004/8/4), 福岡. 港ペインコントロールプラクティス研究会 第2回特別講演会 (2004/8/11), 東京.

731136. [その他] (特別講演) 症状緩和と援助技術. 的場元弘 (麻): 平成16年度ホスピスケア認定看護師教育課程 (2004/8/21), 東京.

731137. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドと剤形の選択. 的場元弘 (麻): 第4回クリニカルファーマシーを学ぶ会 (2004/8/25), 札幌.

731138. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療の考え方とオピオイドの選択. 的場元弘 (麻): 第4回青森緩和ケア懇話会 (2004/9/11), 青森. がん疼痛緩和と医療用麻薬の適正使用推進のための講習会 (2004/10/9), 長野. 第3回TFC香川学術講演会 (2004/11/13), 高松. 第4回緩和医療学術講演会 (2004/12/3), 松本. 第2回佐賀癌性疼痛懇話会 (2005/1/28), 佐賀. Cancer Pain Control 講演会 (2005/2/4), 東京. がん疼痛治療勉強会 (2005/3/25), 札幌.

731139. [研修会] (特別講演) 緩和ケア. 的場元弘 (麻): 第25回日本病院薬剤師会実務研修会 (2004/9/17), 東京.

731140. [研究会] (特別講演) がん疼痛のコントロール. 的場元弘 (麻): 第70回大阪から肺がんをなくす会シンポジウム&第2回北野緩和医療研究会 (2004/10/16), 大阪.

731141. [講演会] (特別講演) がんの痛みにどう対処するか〜適切な薬剤の選択と副作用対策. 的場元弘 (麻): 藤沢市臨床外科医会学術講演会 (2004/11/10), 藤沢. 緩和医療勉強会 (2005/2/19), 旭川.

731142. [学会 (地方)] (特別講演) 症状緩和対策の進歩−がん性疼痛など−. 的場元弘 (麻): 第46回神奈川医学会総会・学術大会シンポジウム (2004/11/23), 横浜.

731143. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療とチーム医療. 的場元弘 (麻): 第4回緩和ケア領域薬剤師研究会 (2005/1/8), 東京.

731144. [研究会] (特別講演) 最近の疼痛緩和の進歩. 的場元弘 (麻): 第13回緩和医療研究会 (2005/2/5), 岡山.

731145. [講演会] (特別講演) がん疼痛治療とフェンタニル製剤の位置づけ. 的場元弘 (麻): 学術講演会〜がん疼痛治療を考える (2005/2/18), 旭川.

731146. [研究会] (特別講演) オキシコドンの製剤を中心にしたオピオイドの使い方と副作用対策. 的場元弘 (麻): がん治療と症状緩和研究会 in 小田原 (2005/2/24), 小田原.

731147. [研究会] (特別講演) がん疼痛の考え方−オピオイド. 的場元弘 (麻): 第7回南大阪緩和医療研究会 (2005/3/5), 大阪.

731148. [研究会] (特別講演) フェンタニルによるがん疼痛治療の成果と今後の展望. 的場元弘 (麻): Cancer Pain Management Symposium 2005 (2005/3/12), 東京.

733475. [研究会] (一般演題) 周術期肺血栓塞栓症発症状況とその変化. 黒岩政之1, 古家 仁2, 瀬尾憲正3, 入田和男4, 伊藤 誠5, 佐々木順二6, 澤 智博7 (1国立病院機構相模原病院, 麻. 2奈良県立医大. 3自治医大. 4九州大. 5岩国医療センター. 6東京臨海病院. 7帝京大): 第11回肺塞栓症研究会学術集会 (2004/11/21), 東京.

733476. [学会 (地方)] (ポスター) プロポフォールの注入時痛の比較−製剤および注入時部位による違い−. 磯野雅子, 小澤章子, 奥富俊之, 岡本浩嗣, 外 須美夫 (麻): 日本麻酔科学会東京・関東甲信越支部第44回合同学術集会 (2004), 筑波.


<<臨床検査診断学>>

[学術論文]

110202. [原著] Analysis of the oligosaccharide chain of human serum immunoglobulin G in patients with localized or metastatic cancer. 狩野有作1, Mashiko T, 檀原幹生1, 高山吉永1, 大谷慎一1, 今崎貴生2, 阿部 直3, 赤星 透1 (1臨検学. 2内X. 3医学教育研究部門): Oncology, 66: 365-370, 2004.

110203. [原著] Change of the serum IgG oligosaccharide chains with prostate canser progression. 狩野有作1, 檀原幹生1, 高山吉永1, 大谷慎一1, 頴川 晋2, 馬場志郎2, 赤星 透1 (1臨検学. 2泌): Anticancer research, 24: 3135-3140, 2004.

110204. [原著] Regular hemodialysis reverses Gastric mucosal atrophy of patients with chronic renal failure. 大原正志1, 鈴木秀和2, 狩野有作3, 守屋利佳4, 岡安 勲5 (1東京医歯大. 2慶応大. 3臨検学. 4医学教育. 5病理): :Hepato-gastroenterology, 51 (57): 679-683, 2004.

120109. [原著] 16回連続刺激によるF波パラメーターの検討. 斉藤江美子, 石川仁美, 河島江美, 渡辺直子, 赤星 透1 (1臨検学): 医学検査, 53: 927-932, 2004.

120110. [原著] 老年者における視覚誘発電位 (VECP) の臨床応用. 吉本紅子, 棟方伸一, 浅野和江, 河島江美, 牛島 仁, 斉藤江美子, 小野沢裕也, 赤星 透1, 飯塚高浩2, 畑 隆志 (1臨検学. 2内V): 臨床脳波, 46: 715-722, 2004.

120111. [原著] 後頸骨神経刺激による短潜時SEPの基準電極の検討. 小野沢裕也, 河島江美, 牛島 仁, 斉藤江美子, 浅野和江, 吉本紅子, 棟方伸一, 狩野有作1, 赤星 透1 (1臨検学): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌, 39: 6-8, 2004.

520331, [総説] 分子リウマチ. 赤星 透 (臨検学): Journal Club, 1 (1): 65, 2004.

520332. [総説] 関節リウマチと抗CCP抗体. 赤星 透 (臨検学): Medical Practice, 21: 1756, 2004.

520333. [総説] 膠原病 (RA以外). 赤星 透 (臨検学): 臨床病理, 52: 743-750, 2004.

520334. [総説] 臨床検査ひとくちメモ. 大谷慎一 (臨検学): モダンメディア, 50 (11): 265-268, 2004.

[学会・研究会等]

712034. [学会 (国際)] (一般講演) Novel autoantibodies against 7SL RNA in patients with polymyositis/dermatomyositis (PM/DM). Satoh T, Okano T, Matsui T, Watabe H, Ogasawara T, Kubo K, Kuwana M, N Fertig, CV Oddis, Kondo H, 赤星 透1 (1臨検学): American College of Rheumatology 68th National Scientific Meeting (2004), San Antonio. Arthritis Rheum, 50 (S.9): S103, 2004.

712035. [学会 (国際)] (一般講演) Liver X receptorα(LXRα) induced in monocytes by monosodium urate monohydrate (MSU) crystals negatively regulates the crystalinduced acute inflammation. 赤星 透1, Matsui H, Murakami Y, 高山吉永1, Watabe H (1臨検学): American College of Rheumatology 68th National Scientific Meeting (2004), San Antonio. Arthritis Rheum, 50 (S.9): S103, 2004.

723921. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における輸血業務日当直体制の歩みと今後の展望. 八木和世, 小本美奈, 高野波留美, 風間あきみ, 平田泰良, 大谷慎一1, 小原邦義2 (1臨検学. 2胸外): 第52回日本輸血学会 (2004/6/23-25), 札幌. 日本輸血学会雑誌, 50 (2): 313. 2004.

723922. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における非溶血性輸血副作用. 赤星 透 (臨検学): 第52回日本輸血学会 (2004/6/23-25), 札幌. 日本輸血学会雑誌, 50 (2): 339, 2004.

723923. [学会 (全国)] (一般講演) 早期動脈硬化病変検出における非侵襲性動脈硬化診断法の有用性. 赤星 透 (臨検学): 第51回日本臨床検査医学会総会 (2004/9/5), 東京. 臨床病理, 52 (補): 195, 2004.

723924. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌の進展における血清IgG糖鎖構造の変化. 赤星 透 (臨検学): 第51回日本臨床検査医学会総会 (2004.9.5), 東京. 臨床病理, 52 (補): 158, 2004.

723925. [学会 (全国)] (一般講演) 抗SRP抗体陽性筋炎患者における抗7SL-RNA抗体の解析. 佐藤隆司, 檀原幹生1, 大谷慎一1, 狩野有作1, 赤星 透1 (1臨検学): 第51回日本臨床検査医学会総会 (2004/9/5), 東京. 臨床病理, 52 (補): 107, 2004.

732057. [学会 (地方会)] (シンポジウム) 膠原病, 関節リウマチの検査の見方について. 赤星 透 (臨検学): 第3回信州膠原病セミナー (2004/2), 長野.

733477. [学会 (地方)] (一般講演) 癌腫の進展におけるN-結合型オリゴ糖鎖の変化. 狩野有作, 檀原幹生, 高山吉永, 大谷慎一, 赤星 透 (臨検学): 第15回神奈川県臨床検査医学会 (2004/7/10), 横浜.

733478. [学会 (地方)] (一般講演) フローサイトメトリーを用いた肺小細胞癌骨転移例の診断に関する基礎的検討. 芳田 貢, 檀原幹生1, 狩野有作1, 高山吉永1, 大谷慎一1, 赤星 透1 (1臨検学): 第15回神奈川県臨床検査医学会 (2004/7/10), 横浜.


<<救命救急医学>>

[学術論文]

110205. [原著] Miniprobe ultrasonography for determining prognosis in corrosive esophagitis.: Miniprobe ultrasonography for determining prognosis in corrosive esophagitis. 上條吉人1, 近藤一英2, 国東幹夫2, 片岡祐一1, 相馬一亥1 (1救命. 2内T): American Journal of Gastroenterology, 99 (5): 851-854, 2004.

110206, [原著] Iliac vein injuries in hemodynamically unstable patients with pelvic fracture due to blunt trauma. 片岡祐一1, Kazuhiko Maekawa2, 西巻 博1, 山本紳一郎1, 相馬一亥1 (1救命. 2Kanto Central Hospital): The Journal of Trauma, 58 (4): 704-710, 2005.

120112. [原著] 心房細動のhybrid治療における・群抗不整脈薬とベプリジルの有用性の比較検討. 吉田 徹1, 庭野慎一2, 弓削 大2, 平澤正次2, 今木隆太2, 佐藤大輔2, 佐々木 毅2, 脇坂裕子2, 湯本佳宏2, 原 英幸2, 森口昌彦2, 庭野裕恵2, 和泉 徹2 (1救命. 2内U): 心臓, 36: 235-238, 2004.

210030. [準原著] Ventilator-associated pneumonia. 相馬一亥 (救命): APSR (Respirology), 9: S30-S34, 2004.

310020. [症例報告] Pharmacokinetics of the active metabolites of ethyl loflazepate in elderly patients who died of asphyxia associated with benzodiazepine-related toxicity. 上條吉人1, 林 泉2, Takashi Nishikawa3, 吉村久仁子4, 相馬一亥1 (1救命. 2薬理. 3共立薬大. 4生物化学系): Journal of Analytical Toxicology, 29: 140-144, 2005.

310021. [症例報告] Acute Respiratory Distress Syndrome Following Asthma-Like Symptoms from Massive Ingestion of a Monoethanolamine-Containing Detergent. 上條吉人1, 相馬一亥1, Ayako Inoue, 永井智紀2, 栗原克由2 (1救命. 2法医学): Veterinary and Human Toxicology, 46 (2): 79-80, 2004.

310022. [症例報告] Emergent endovascular stent-graft placement to treat ruptured Stanford type B acute aortic dissection. 河村砂織1, 西巻 博1, Zong-Bo Lin, 町井正人2, 磯部義憲1, 早川和重1, 相馬一亥3 (1放. 2胸外. 3救命): Journal of vascular Surgery, 39 (3): 668-671, 2004.

320089. [症例報告] 経鼻腔的穿通性脳損傷により髄膜炎, 脳浮腫をきたした1例. 久須美真理1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝2, 相馬一亥2 (1脳外. 2救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 25: 62-63, 2004.

320090. [症例報告] 法医解剖によって診断された3歳女児絞扼性イレウスの1例. 松浦由希子1, 片岡祐一2, 相馬一亥2 (1小児. 2救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌, 25: 126-127, 2004.

510017. [総説] Diffuse axonal injury (DAI). 北原孝雄 (救命): Clinical Neuroscience, 22: 588-589, 2004.

520335. [講座] 救急マニュアル2004: 胸・胸部単純X線検査. 小谷承子1, 西巻 博1, 相馬一亥2 (1放. 2救命): 総合臨床, 53: 194-197, 2004.

520336. [講座] 人工呼吸器関連肺炎. 相馬一亥 (救命): 呼吸, 23 (4): 284-287, 2004.

520337. [講座] 市中肺炎と院内肺炎の人工呼吸器関連肺炎. 相馬一亥 (救命): Emergency Nursing, 17 (9): 36-44, 2004.

520338. [講座] 人工呼吸器関連肺炎 (VAP). 相馬一亥 (救命): 臨床看護, 30 (10): 1513-1517, 2004.

520339. [講座] 呼吸器感染対策. 相馬一亥, 今井 寛, 新井正康 (救命): 日本外科学会雑誌, 105 (11): 716-719, 2004.

520340. [講座] 人工呼吸器関連肺炎の診断と治療. 相馬一亥 (救命): Clinical Engineering, 15 (12): 1172-1177, 2004.

520341. [講座] ALI/ARDSとは−病態と診断 -発生頻度と予後−. 相馬一亥 (救命): 呼吸器ケア, 3 (1): 66-71, 2004.

520342. [講座] 急性肺塞栓症. 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 16 (臨増): 67-70, 2004.

520343. [講座] 人工呼吸器関連肺炎. 相馬一亥 (救命): ICUとCCU, 28 (12): 977-984, 2004.

520342. [講座] COPDの急性増悪に対するNPPV. 相馬一亥 (救命): 救急・集中治療, 17 (1): 31-36, 2005.

520343. [講座] 重症肺炎−対応の実際−. 相馬一亥 (救命): 高齢者診療のツボ 肺炎, p.220-224, 2004.

520344. [総説] 骨盤静脈損傷に対するIVR. 西巻 博1, 片岡祐一2 (1放. 2救命): 救急医学, 28 (12): 1365-1367, 2004.

520345. [講座] 脳動脈瘤は血管内治療か? 外科治療か?−外科治療の立場から−. 北原孝雄 (救命): 救急・集中治療, 16 (4): 487-490, 2004.

520346. [講座] Blood access interventional radiologyの諸問題. 西巻 博1, ウッドハムス玲子1, 矢内原 久1, 山本紳一郎2, 瀧川正和1, 松永敬二1, 田岡佳憲3, 吉田一成3, 早川和重1 (1放. 2救命. 3泌): 腎移植・血管外科, 15 (2): 107-113, 2004.

520347. [総説] 鈍的脾損傷と腎損傷. 西巻 博1, 山本紳一郎2 (1放. 2救命): 救急医学, 28 (12): 1354-1360, 2004.

520348. [総説] こんな症例, こんな画像. 山本紳一郎1, 引田俊一, 相馬一亥1, 西巻 博2 (1救命. 2放): 救急・集中治療, 16 (2): 137, 2004.

521053. [研究報告] (厚労省) 臓器提供病院における医師の役割と問題点. 北原孝雄1, 有賀 徹, 横田裕行, 唐澤秀治, 山田 勝, 星 ゆかり (1救命): 平成15年度厚生労働科学研究費補助金 (ヒトゲノム・再生医療等研究事業) 脳死下での臓器移植の社会基盤にむけての研究, p.49-58, 2004.

[著 書]

620192. [その他の著書] (分担執筆) 精神科 必須薬を探る 第1版; D. 病棟, 病院別にみた必須薬 9.救急センター, p.206-214. 上條吉人 (救命), 編集 宮岡 等 (精), 中外医学社, 東京, 2004/11/1発行.

620193. [その他の著書] (分担執筆) 救命救急エキスパートナーシング 第1版; 第V.主な症状・症候への対応 20.精神科救急, p.300-311. 上條吉人 (救命), 編集 大橋教良, 渋谷正徳, 坂本哲也, 南光堂, 東京, 2005/3/10発行.

620194. [学術書] (共著) 胸痛. Clinician’s Journal (CD-ROM); Autumn. 吉田 徹, 相馬一亥 (救命), MediArt, 2004発行.

620195. [その他の著書] (分担執筆) 役に立つ呼吸管理の実際 プレホスピタルから在宅まで; 人工呼吸中の感染対策, p.163-170. 相馬一亥 (救命), 編集 野口 宏1, 安本和正2 (1愛知医大. 2昭和大), 真興交易医学出版部, 東京, 2004/5/20発行.

620196. [学術書] (分担執筆) 先端医療シリーズ27 救急医療「救急医療の最先端」; 第8章感染症の治療と管理 4.呼吸器感染症, p.186-191. 相馬一亥 (救命), 編集主幹 島崎修次, 山本保博, 相川直樹, 編集委員 猪口貞樹, 丸藤 哲, 瀧 健治, 谷川功一, 堤 晴彦, (株) 寺田国際事務所/先端医療技術研究所, 東京, 2004/5/19発行.

620197. [学術書] (分担執筆) 呼吸器ケア 症例シュミレーション 呼吸器疾患の治療と管理; 喀血, p.25-29. 相馬一亥 (救命), 監修 近藤哲理 (東海大大磯病院), メディカ出版, 大阪, 2004/5/25発行.

620198. [その他の著書] (分担執筆) 呼吸器疾患の治療と看護; 気道熱傷, p.162-165. 相馬一亥 (救命), 編集 工藤翔二 (日本医大), 南江堂, 東京, 2004/6/30発行.

620199. [その他の著書] (分担執筆) 救急診療ガイドライン 外来でのトリアージと処方; 急性呼吸不全, e84-85. 相馬一亥 (救命), 編集 岡元和文, 相馬一亥, 山科 章, 行岡哲男, 総合医学社, 東京, 2004発行.

620200. [その他の著書] (分担執筆) ICUにおける感染対策; 結核, SARS対策, p.144-158, 相馬一亥1, 片桐真人2 (1救命. 2医衛). 編集 行岡秀和 (大阪市大・院), 真興交易医学出版部, 東京, 2005/2/25発行.

620201. [その他の著書] (分担執筆) 臨床医 30増刊号;§2. 救命救急診療の基本 16. 電撃傷, p.785-789. 島倉康人1, 相馬一亥2 (1形外. 2救命), 中外医学社, 東京, 2004/6/5発行.

620202. [学術書] (分担執筆) 先端医療シリーズ27 救急医療「救急医療の最先端」, 脳梗塞, p.122-126. 北原孝雄 (救命), 編集主幹 島崎修次, 山本保博, 相川直樹, 編集委員 猪口貞樹, 丸藤 哲, 瀧 健治, 谷川功一, 堤 晴彦, (株) 寺田国際事務所/先端医療技術研究所, 東京, 2004/5/19発行.

620203. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科学大系5 脳神経外科救急; 救命救急センターおよび高度救命救急センター, p.12-14. 北原孝雄 (救命), 編集 有賀 徹, 中山書店, 東京, 2005/3/31発行.

620204. [その他 (厚労省班研究テキスト)] (分担執筆) 脳卒中を見逃さないために; 専門施設への搬送, p.25-29. 北原孝雄 (救命), 編集 吉峰俊樹, 監修 島崎修次, 2004/3/1発行.

[学会・研究会等]

711010. [学会 (国際)] (特別講演) VAP. 相馬一亥 (救命): 韓国救急学会 (2004/4/29-30), ソウル.

713233. [学会 (国際)] (一般演題) Iliac vein injuries in hemodynamically unstable patients with pelvic fracture due to blunt trauma. 片岡祐一1, 西巻 博1, 北原孝雄1, 相馬一亥1, Kazuhiko Maekawa2 (1救命. 2Kanto Central Hospital): American Association for the Surgery of Trauma 63 Meeting and Japanese Association for Acute Medicine (2004/10/1), Maui, USA.

722119. [学会 (全国)] (シンポジウム) 不安定型骨盤輪骨折患者の長期機能予後の検討. 鈴木 卓1, 新藤正輝2, 片岡祐一1, 小林 勲1, 内野正隆3, 横山一彦3, 糸満盛憲3, 相馬一亥1 (1救命. 2昭和大. 3整外): 第18回日本外傷学会 (2004/5/20-21), 札幌. 日本外傷学会雑誌, 18 (2): 198, 2004.

722120. [学会 (全国)] (シンポジウム) 骨盤骨折ショック症例に対する急性期治療戦略の検討. 片岡祐一1, 鈴木 卓1, 西巻 博2, 内野正隆3, 山本紳一郎1, 小林 勲1, 島田 謙1, 新井正康1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2放. 3整外): 第18回日本外傷学会 (2004/5/20-21), 札幌. 日本外傷学会雑誌, 18 (2): 198, 2004.

722121. [学会 (全国)] (シンポジウム) 中心静脈カテーテル留置における合併症−北里大学病院救命救急センターでの取り組み−. 井上文子, 今井 寛, 阪本奈美子, 佐藤千恵, 小林 勲, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/14-15), 横浜. 日本臨床救急医学会雑誌, 7 (2): 120, 2004.

722122. [学会 (全国)] (シンポジウム) 重症患者の呼吸器・感染症の診断治療−VAPを中心に−. 相馬一亥 (救命): 第19回日本救命医療学会総会 (2004/9/17-18), 東京.

723926. [学会 (全国)] (一般演題) 冠動脈造影で全く描出されなかったびまん性狭窄が剖検時に判明し, 所見が大きく乖離した心臓突然死例. 吉田 徹1, 今井 寛1, 町井正人1, 山本信行1, 浅利 靖1, 相馬一亥1, 和泉 徹2, 永井智紀3, 栗原克由3 (1救命. 2内U. 3法医): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/14-15), 横浜. 日本臨床救急医学会雑誌, 7 (2): 192, 2004.

723927. [学会 (全国)] (一般演題) 心筋炎における左室の構造的・電気的リモデリングの径時的評価. 脇坂裕子1, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, 斉藤淳子1, 吉田 徹2, 平澤正次1, 和泉 徹1 (1内U. 2救命): 第21回日本心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 京都. 心電図, 24 (5): 355, 2004.

723928. [学会 (全国)] (一般演題) ヒト心房利尿ペプタイド (hANP) 代謝阻害薬は短期的電気的リモデリングを抑制する. 今木隆太1, 庭野慎一1, 佐藤大輔1, 吉田 徹2, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1内U. 2救命): 第21回日本心電学会学術集会 (2004/9/13-14), 京都. 心電図, 24 (5): 355, 2004.

723929. [学会 (全国)] (一般演題) 当院救命救急センターに搬送された心疾患患者数の季節変動−ストレスとの関連から−. 吉田 徹, 片岡祐一, 今井 寛, 佐藤千恵, 小林 勲, 北野義和, 上條吉人, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第32回日本救急医学会総会・学術集会 (2004/10/27-29), 千葉. 日救急医会誌, 15: 404, 2004.

723930. [学会 (全国)] (一般演題) Neutralendopepidase Inhibitor (NEPI) Suppresses Early Phase of Atrial Electricalremodeling in Canine Rapid Atrial Stimulation Model. 今木隆太1, 庭野慎一1, 佐藤大輔1, 吉田 徹2, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1内U. 2救命): The 69th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (2005/3/19-21), Yokohama. Circulation Journal, 69 (S.1): 367, 2005.

723931. [学会 (全国)] (一般演題) 緊急手術を要する重症外傷に対する術中IVRの試み. 片岡祐一, 西巻 博, 山本紳一郎, 島田 謙, 小林 勲, 阪本奈美子, 鈴木 卓, 内野正隆, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/14-15), 横浜. 日本臨床救急医学会雑誌, 7 (2): 173, 2004.

723932. [学会 (全国)] (一般演題) 大動脈遮断バルーンカテーテル (IABO) にて救命し得た外傷性CPA症例の検討. 小林 勲, 片岡祐一, 阪本奈美子, 島田 謙, 鈴木 卓, 内野正隆, 新井正康, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/14-15), 横浜. プログラム・抄録集, p.177, 2004.

723933. [学会 (全国)] (一般演題) 軽微な鈍的外傷にもかかわらず腸骨動脈解離を認めた1症例. 神應知道1, 西巻 博1, 仁木 淳2, 小林 勲1, 片岡祐一1, 山本紳一郎1, 島田 謙1, 相馬一亥1 (1救命. 2脳外): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/14-15), 横浜. プログラム・抄録集, p.178, 2004.

723934. [学会 (全国)] (一般演題) 小児脊髄損傷の1例. 野々田 豊1, 内野正隆2, 鷺内隆雄3, 西巻 博4, 鈴木 卓4, 中村光伸2, 糸満盛憲2, 相馬一亥4 (1小児. 2整外. 3脳外. 4救命): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/14-15), 横浜. 日本臨床救急医学会雑誌, 7 (2): 192, 2004.

723935. [学会 (全国)] (一般演題) アセトアミノフェン中毒における解毒薬治療に及ぼす活性炭の影響. 福本真理子1, 山戸和貴1, 福島れい1, 上條吉人2, 相馬一亥2 (1臨床薬学研究センター中毒部門. 2救命): 第26回日本中毒学会総会 (2004/7/9-10), 広島. プログラム・抄録集, p.59, 2004.

723936. [学会 (全国)] (一般演題) エタノールアミン含有業務用洗浄剤の誤嚥による肺障害のメカニズムに関する研究. 引地 文1, 上條吉人2, 吉村久仁子3, 佐藤千恵2, 井上文子2, 近藤留美子1, 相馬一亥2 (1薬剤部. 2救命. 3生物化学系): 第26回日本中毒学会総会 (2004/7/9-10), 広島. プログラム・抄録集, p.72, 2004.

723937. [学会 (全国)] (一般演題) 当院における外傷症例の分析−簡略化したtrauma registryの有用性−. 神應知道, 新井正康, 今井 寛, 小坂康晴, 片岡祐一, 佐藤千恵, 小林 勲, 山本紳一郎, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第32回日本救急医学会総会 (2004/10/27-29), 幕張. 日本救急医学会雑誌, 15 (9): 440, 2004.

723938. [学会 (全国)] (一般演題) クモ膜下出血急性期に認められる心筋障害と交感神経系活動および血管内皮障害, 血液凝固線溶系障害との関係. 山本紳一郎1, 増田 卓2, 松山斉久3, 引田俊一1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2医衛. 3大和市立病院): 第32回日本救急医学会総会 (2004/10/27-29), 幕張. 日本救急医学会雑誌, 15 (9): 497, 2004.

723939. [学会 (全国)] (一般演題) 当センターにおいて加療されたspontaneous extraperitoneal hemorrhage (SHE) の検討. 樫見文枝, 西巻 博, 服部 潤, 佐藤千恵, 山本紳一郎, 片岡祐一, 北野義和, 相馬一亥 (救命): 第32回日本救急医学会総会 (2004/10/27-29), 幕張. 日本救急医学会雑誌, 15 (9): 501, 2004.

723940. [学会 (全国)] (一般演題) 重症感染症治療における急性期栄養管理の有用性. 片岡祐一, 神應知道, 佐藤千恵, 引田俊一, 新井正康, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/24-26), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12: 243, 2005.

723941. [学会 (全国)] (一般演題) 生体情報モニタリングシステム導入における臨床工学技士の役割. 藤井正実1, 東條圭一1, 木下春奈1, 上山亜紀2, 明神哲也2, 新井正康3, 相馬一亥3 (1MEセンター部. 2看護部集中治療室. 3救命): 第32回日本集中治療医学会学術集会 (2005/2/24-26), 東京. 日本集中治療医学会雑誌, 12: 313: 2005.

723942. [学会 (全国)] (一般演題) 臓器移植における臓器提供病院医師の役割と問題点−われわれの提言に対するアンケート調査からの検討−. 北原孝雄1, 有賀 徹2, 横田裕行3, 山田 勝4, 星ゆかり1, 相馬一亥1 (1救命. 2昭和大. 3日本医大. 4脳外):第17回日本脳死脳蘇生学会 (2004/6/5), 東京.

733479. [研究会] (一般講演) 産褥期に腸骨静脈圧迫症候群を発症し, ステント留置術が有効であった1例. 田村幸穂1, 斉藤公一郎1, 平田光博1, 西巻 博2, ウッドハムス玲子2, 松永敬二2, 山本紳一郎3 (1外. 2放. 3救命): 第16回関東IVR研究会 (2004/7/17), 東京.

733480. [学会 (地方)] (一般講演) 横隔膜ヘルニアとの鑑別が困難であった肺腫瘍による緊張性血気胸の1例. 服部 潤, 島田 謙, 佐藤千恵, 小林 勲, 片岡祐一, 今井 寛, 相馬一亥 (救命): 第13回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2004/8/28), 横浜. プログラム・抄録集, p.71, 2004.

733481. [学会 (地方)] (一般講演) 高マグネシウム血症により意識障害と筋弛緩を伴った妊娠中毒症の一例. 樫見文枝, 新井正康, 佐藤千恵, 今井 寛, 門前達哉, 上條吉人, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第13回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2004/8/28), 横浜. プログラム・抄録集, p.85, 2004.

733482. [学会 (地方)] (一般講演) 多発性腸管穿孔を呈した劇症型アメーバ感染症の1例. 服部 潤1, 島田 謙1, 佐藤千恵1, 小林 勲1, 相馬一亥1, 引田俊一1, 砂川慶介2, 野々山勝人2 (1救命. 2感染症): 第56回神奈川県感染症医学会 (2004/9/18), 横浜. プログラム・抄録集, p.10, 2004.

733483. [学会 (地方)] (一般講演) 救命救急NSTの有用性と問題点. 神應知道, 片岡祐一, 相馬一亥 (救命): 第3回神奈川NSTフォーラム (2004/12/18), 横浜.

733484. [学会 (地方)] (一般講演) 救急隊による直流除細動にて救命に成功した非特異的心電図のBrugada症候群の一例. 前川恵美1, 森口昌彦2, 品川弥人, 弓削 大2, 西井基継2, 北野義和3, 吉田 徹3, 福田直人2, 庭野慎一2, 和泉 徹2 (1整外. 2内U. 3救命): 第194回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2004), 東京.

733485. [学会 (地方)] (一般講演) 減圧症と診断された急性大動脈解離の一例. 吉田 徹, 服部 潤, 小林 勲, 島田 謙, 片岡祐一, 西巻 博, 山本紳一郎, 佐藤千恵, 引田俊一, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第4回日本高気圧環境医学会関東地方会・第6回潜水医学講座小田原セミナー合同学術集会 (2005/1/22), 小田原. 日本高気圧環境医学会関東地方会誌, 3 (3): 35, 2005.

733486. [学会 (地方)] (一般講演) 当初, 減圧症との判別が困難であった急性大動脈解離の一例. 服部 潤, 吉田 徹, 小林 勲, 島田 謙, 片岡祐一, 西巻 博, 山本紳一郎, 佐藤千恵, 引田俊一, 今井 寛, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命): 第55回日本救急医学会関東地方会 (2005/2/19), 幕張. プログラム・抄録集, p.55, 2005.

733487. [学会 (地方)] (一般講演) 整形外科初期治療の反省を要した多発骨折後に伴った脂肪塞栓症候群の1例. 森谷光俊1, 内野正隆2, 片岡祐一1, 小宮宏一郎2, 小林 勲1, 新井正康1, 西巻 博1, 山本紳一郎1, 糸満盛憲2, 相馬一亥1 (1救命. 2整外): 第55回日本救急医学会関東地方会 (2005/2/19), 幕張. プログラム・抄録集, p.44, 2005.

733488. [学会 (地方)] (一般講演) 来院時に重度のびまん性脳浮腫をきたしてい3症例. 門前達哉, 佐藤千恵, 樫見文枝, 上條吉人, 河島雅到, 遠藤昌孝, 北原孝雄, 相馬一亥 (救命):第55回日本救急医学会関東地方会 (2005/2/19), 幕張. プログラム・抄録集, p.53, 2005.

733489. [学会 (地方)] (一般講演) 大腸穿孔との鑑別に苦慮した腎周囲膿瘍. 柿田聡子, 山本紳一郎, 西巻 博, 樫見文枝, 引田俊一, 飯塚美香, 小林 勲, 島田 謙, 片岡祐一, 相馬一亥 (救命): 第55回日本救急医学会関東地方会 (2005/2/19), 幕張. プログラム・抄録集, p.63, 2005.

733490. [学会 (地方)] (一般講演) 向精神薬服用により前腕コンパートメント症候群を来たした2例. 引田俊一1, 片岡祐一1, 今井 寛1, 小宮宏一郎2, 内野正隆2, 上條吉人1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2整外): 第55回日本救急医学会関東地方会 (2005/2/19), 幕張. プログラム・抄録集, p.74, 2005.


<<感染症学>>

[学術論文]

110207. [原著] Population Pharmacokinetics of Arbekacin,Vancomycin and Panipenem in Neonates. 木村利美1, 砂川慶介2, 松浦信夫3, Hiroaki Kubo, 島田滋彦1, 矢後和夫1 (1薬剤部. 2感染症. 3小児): Antimicrobial Agents and Chemotherapy, 48 (4): 1159-1167, 2004.

110208. [原著] Rapid detection and differentiation method of VanA, VanB and VanC phenotypes in vancomycin-resistant enterococci. 花木秀明1, Yamaguchi Y, Nomura S, Nagayama A, 砂川慶介1 (1感染症): Int J Antimicrob Agents, 23 (5): 502-505, 2004.

110209. [原著] Characterization of HMRZ86; novel chemical compound for detecting extended spectrum beta-lactamases. 花木秀明1, Kubo R, Nakano R, Kurihara M, 砂川慶介1 (1感染症): J Antimicrob Chemother, 53 (5): 888-889, 2004.

110210. [原著] Antibiotic Susceptibility in Relation to Penicillin-Binding Protein Genes and Serotype Distribution of Streptococcus pneumoniae Strains Responsible for Meningitis in Japan, 1999 to 2002. 生方公子1, 千葉菜穂子2, 長谷川恵子, 小林玲子, 岩田 敏, 砂川慶介3 (1北里生命科学研. 2大学院感染制御科. 3感染症): Antimicrobial Agents And Chemotherapy, 48 (5): 1488-1494, 2004.

110211. [原著] Rapidly Increasing Prevalence of β-Lactamase-Nonproducing, Ampicillin Resistant Haemophilus inflenzae Type b in Patients with meningitis. 長谷川恵子, 千葉菜穂子1, 小林玲子, 岩田 敏, 砂川慶介2, 生方公子3 (1大学院感染制御科. 2感染症. 3北里生命科学研): Antimicrobial Agents And Chemotherapy, 48 (5): 1509-1514, 2004.

110212. [原著] Double-blinded comparative study on the care of the neonatal umbilical cord using 80% ethanol with or without chlorhexidine. 大石智洋1, S Iwata, 野々山勝人1, A Tsuji, 砂川慶介1 (1感染症): J Hospital Infection, 58: 34-37, 2004.

110213. [原著] In vitro protein binding of teicoplanin to neonatal serum. M Sando, Y Sato, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): J Infect Chemother, 10 (5): 257-306, 2004. 

110214. [原著] β-lactam antibiotic induced vancomycin-resistant MRSA (BIVR) に対するpazufloxacin と抗MRSA薬併用効果. 柳沢千恵, 花木秀明1, 大石智洋1, 上原一晃, 山口幸恵, 松井秀仁, 砂川慶介1 (1感染症): Jpn J Antibiotic, 58 (1): 11-15, 2005.

110215. [原著] In vitro Activity of Tebipenem, a New Oral Carbapenem Antibiotic, against Penicillin-Nonsusceptible Streptococcus pneumoniae. 小林玲子, Mami Konomi, 長谷川恵子1, 諸角美由紀, 砂川慶介2, 生方公子3 (1大学院感染制御科. 2感染症. 3北里生命科学研): Antimicobial Agents and Chemotherapy, 49 (3): 889-894, 2005.

120113. [原著] 臨床医のための新薬の知識 テイコプラニン. 砂川慶介 (感染症): 臨床と薬物治療, 23 (4): 388-389, 2004.

120114. [原著] 髄膜炎菌感染症. 砂川慶介 (感染症): からだの科学「増刊」, 岡部信彦編, 201-203, 2004.

120115. [原著] Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) が産生するhemolysinに対するヒト免疫グロブリン製剤の効果. 田中香織, 花木秀明1, 柳沢千恵, 上原一晃, 山口幸恵, 細坂泰子, 茨田一成, 酒井芙実子, 池田進輔, 漆原敏之, 田中晴雄, 砂川慶介1 (1感染症): Medical Postgraduates, 42 (4): 140-144, 2004.

120116. [原著] MRSAおよびVREに対する併用療法. 大石智洋, 花木秀明, 砂川慶介 (感染症): 化学療法の領域, 20 (8): 59-64, 2004.

120117. [原著] 百日咳サーベランス研究会: 2001年から2002年に分離されたBordetella pertussisの薬剤感受性成績と分子疫学的検討. 大塚正之, 菊池 賢, 岡田賢司, 東出正人, 春藤和哉, 砂川慶介1 (1感染症): 感染症学雑誌, 78 (5): 420-427, 2004.

120118. [原著] β-lactam antibiotic induced vancomycin-resistant MRSA (BIVR) の疫学調査. 細坂泰子1, 花木秀明2,3, 林 泉2, 上別府圭子1, 砂川慶介3 (1東京大. 2北研抗感染症薬研究センター. 3感染症): 感染症学雑誌, 78 (8): 717-721, 2004.

120119. [原著] 化膿性髄膜炎例からHaemophilus influenzaeの疫学解析−1999年から2003年分離株について. 長谷川恵子1, 千葉菜穂子1, 小林玲子, 諸角美由紀, 岩田 敏2, 砂川慶介3, 生方公子4 (1大学院感染制御科. 2国立病院東京医療センター. 3感染症. 4北里生命科学研): 感染症学雑誌, 78 (9): 835-845, 2004.

120120. [原著] 本邦における小児化膿性髄膜炎の動向(2000〜2002). 砂川慶介1, 野々山勝人1, 大石智洋1, 岩田 敏2, 秋田博伸3, 佐藤吉壮4, 生方公子5, 千葉菜穂子6, 長谷川恵子6 (1感染症. 2国立病院東京医療センター. 3聖マリアンナ医大横浜西部病院. 4富士重工健保総合太田病院. 5北里生命科学研. 6大学院感染制御科): 感染症学雑誌, 78 (10): 879-890, 2004.

520349. [講座] 4.: シンポジウム 抗菌薬の適正使用とそのガイドライン 2)日本ガイドラインの特殊性. 砂川慶介 (感染症): 日本内科学会雑誌, 93 (9): 112-115, 2004.

520350. [講座] 小児における耐性菌の現状. 大石智洋, 砂川慶介 (感染症): 感染症と抗菌薬, 8 (1): 32-35, 2005.

520351. [総説] 新生児における各種抗菌薬の蛋白結合率. 山藤 満1, 佐藤吉壮1, 岩田 敏2, 秋田博伸3, 砂川慶介4 (1富士重工健保総合太田病院. 2国立病院東京医療センター. 3聖マリアンナ医大横浜西部病院. 4感染症): 日化療会誌, 52 (10): 556-567, 2004.

520352. [総説] 新生児における遊離ビリルビン濃度に与える抗菌薬の影響. 山藤 満1, 佐藤吉壮1, 岩田 敏2, 秋田博伸3, 砂川慶介4 (1富士重工健保総合太田病院. 2国立病院東京医療センター. 3聖マリアンナ医大横浜西部病院. 4感染症): 日化療会誌, 52 (10): 574-582, 2004.

520353. [報告] (社団法人 日本化学療法学会抗菌薬皮内反応検討特別部会報告) 抗菌薬投与に関連するアナフィラキシー対策のガイドライン (2004年版). 齋藤 厚, 砂川慶介1, 中島光好, 炭山嘉伸, 池澤嘉郎, 比嘉 太, 佐々木 緊, 矢野裕二 (1感染症): 日化療会誌, 52 (10): 583-593, 2004.

520354. [総説] 耳鼻科で知っておきたい小児の感染症. 砂川慶介 (感染症): 都耳鼻会報, (115): 57-61, 2004.

520355. [総説] 表題:抗菌薬の小児臨床薬理. 木村利美1, 矢後和夫1, 砂川慶介2 (1薬剤部. 2感染症): 臨床薬理, 35 (6): 280-284, 2004.

[著 書]

620205. [その他の著書] (分担執筆) 最新・感染症治療指針2004年改訂版; 小児科 化膿性髄膜炎, p.184-188. 砂川慶介1, 岩田 敏2 (1感染症. 2国立病院東京医療センター), 監修 島田 馨, 医薬ジャーナル社, 東京, 2004/8/1発行.

620206. [その他の著書] (分担執筆) 感染症の診断・治療ガイドライン2004; 各抗菌薬の概説, p.353-359. 砂川慶介 (感染症), 監修 日本医師会感染症危機管理対策室, 厚生労働省健康局結核感染症課, 日本医師会, 東京, 2004/12/5発行.

620207. [学術書] (分担執筆) 小児の肺炎; 小児肺炎を取り巻く問題点, p.16-23. 砂川慶介, 野々山勝人, 大石智洋, 花木秀明 (感染症), 編集 砂川慶介1, 尾内一信 (1感染症), 医薬ジャーナル社, 東京, 2004/12/15発行.

620208. [学術書] (分担執筆) 小児の肺炎; カリニ肺炎, p.270-275. 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症), 編集 砂川慶介1, 尾内一信 (1感染症), 医薬ジャーナル社, 東京, 2004/12/15発行.

620209. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針 2005年版; 小児における抗菌薬の使用法, p.924. 砂川慶介 (感染症), 編集 山口 徹, 北原光夫, 医学書院, 東京, 2005/1/1発行.

620210. [その他の著書] (分担執筆) 感染症の診断・治療ガイドライン2004; 抗菌薬概説, p.353-359. 砂川慶介 (感染症), 編集 日本医師会, 医学書院, 東京, 2005/1/1発行.

620211. [その他の著書] (分担執筆) 実践抗生物質・抗菌薬療法ガイド; 抗生物質・抗菌薬の投与ルート, 投与法, 投与量, 投与期間および薬の変更の目安とポイント, p.20-29. 砂川慶介 (感染症), 編集 Medical Practice編集委員会, 文光堂, 東京, 2005/3/25発行.

620212. [その他の著書] (分担執筆) スタンダード微生物学; 2) 中枢神経系感染症, p.225-228. 砂川慶介 (感染症), 編集 土肥義胤, 山本容正, 宇賀昭二, 文光堂, 東京, 2004発行.

[学会・研究会]

713234. [学会 (国際)] (一般講演) Prevalence of antimicrobial resistance and activity of the Ketolide Telithromycin against Haemophilus influenzae isolated from Japanese Children. 砂川慶介1, Farrell DJ (1感染症): 14th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (2004/5/1-4), Prague, Czech Republic.

713235. [学会 (国際)] (一般講演) Designing Antibiotics Dosage Regimens in Neonates Based on Population Pharmacokinetics (PPK): Comparative Study of Arbekacin (ABK), Vancomycin (VCM) and Panipenem (PAPM). World Conference on Dosing of Antiinfectives. 木村利美1, 矢後和夫1, 砂川慶介2 (1薬剤部. 2感染症): Celebrating Paul Ehrlich'S 150th Birthday (2004/9/9-11), Nurnburg, Germany.

713236. [学会 (国際)] (一般講演) Emergence and Method of Detecting β-lactam Antibiotic-Induced Vancomycin-Resistant MRSA (BIVR) in Japan. C Yanagisawa, 花木秀明1, T Inamatsu, K Hatano, 砂川慶介1 (1感染症): 4th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2004/10/30-11/2), Washington, DC. USA.

713237. [学会 (国際)] (一般講演) Penicillin and Macrolide Resistance Identified by PCR in Streptococcus pneumoniae Isolates from Pediatric Outpatients with Community-Acquired Pneumonia (CAP). 小林玲子, 千葉菜穂子1, 長谷川恵子1, 諸角美由紀1, 岩田 敏, 砂川慶介2, 生方公子3 (1大学院感染制御科. 2感染症. 3北里生命科学研): 44th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2004/10/30-11/2), Washington, DC. USA.

713238. [学会 (国際)] (一般講演) Prevalence of Antibacterial Resistance among Pediatric Isolates of Haemophilus influenzae (HI) and Activity of Telithromycin (TEL) in Japan. 砂川慶介1, D Farrell (1感染症): 44th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2004/10/30-11/2), Washington, DC. USA.

723943. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の耐性メカニズムの検討. 酒井芙実子, 花木秀明1, 茨田一成, 柳沢千恵, 細坂泰子, 砂川慶介1 (1感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723944. [学会 (全国)] (一般講演) 小児重症感染症に対する選択薬剤に関するアンケート調査. 佐藤吉壮, 砂川慶介1, 豊永義清 (1感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723945. [学会 (全国)] (一般講演) 小児伝染性膿痂疹より分離されたS.aureusの検討. 大石智洋, 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723946. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) によるマウス全身感染に対するバンコマイシンとテイプラニン単剤とβ-ラクタム薬併用時の治療効果. 花木秀明1, 波多野和男, 横田妙子, 砂川慶介1 (1感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723947. [学会 (全国)] (一般講演) Chlamydia trachomatis子宮頚管炎患者血清に見る抗体曲線. 菰田照子, 坂内久一, 大島俊文, 飯塚 愛, 本村龍太郎, 秋田博伸, 岩田 敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介1 (1感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723948. [学会 (全国)] (一般講演) 2001年から2003年に分離された百日咳菌の臨床及び疫学的検討. 大塚正之, 春藤和哉, 東出正人, 岡田賢司, 砂川慶介1 (1感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723949. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の検出状況と生物学的調査. 細坂泰子, 花木秀明1, 柳沢千恵, 茨田一成, 酒井芙実子, 林 泉1, 上別府圭子, 砂川慶介2 (1薬理. 2感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723950. [学会 (全国)] (一般講演) MRSAに対するpazufloxacinと抗MRSA薬との併用効果及び P.aeruginosaに対するpazufloxacin とarbekacinの併用効果. 柳沢千恵, 花木秀明1, 茨田一成, 酒井芙実子, 細坂泰子, 砂川慶介2 (2感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723951. [学会 (全国)] (一般講演) ABKに対するMRSAの段階的耐性獲得の検討. 茨田一成, 花木秀明1, 柳沢千恵, 酒井芙実子, 細坂泰子, 砂川慶介1 (1感染症): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723952. [学会 (全国)] (一般講演) 敗血症における迅速診断法の応用. 高山陽子1, 田中住明2, 石川 章2, 遠藤平仁2, 北里英郎3, 赤星 透4, 砂川慶介1, 近藤啓文2 (1感染症. 2内X. 3医衛. 4臨検学): 第78回日本感染症学会総会 (2004/4/6-7), 東京.

723953. [学会 (全国)] (一般講演) 日本のガイドラインの特殊性. 砂川慶介 (感染症): 第101回日本内科学会講演会 (2004/4/9), 東京.

723954. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) およぴ MRSA, MSSAに対するβ-lactam薬とVCMの併用効果. 細坂泰子, 花木秀明1, 柳沢千恵, 茨田一成, 酒井芙実子, 林 泉2, 砂川慶介1 (1感染症. 2薬理): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723955. [学会 (全国)] (一般講演) 小児化膿性髄膜炎に対するカルバペネム系薬の至適用量について. 佐藤淳子, 砂川慶介1, 生方公子2, 野々山勝人1, 岩田 敏 (1感染症. 2北里生命科学研): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723956. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性髄膜炎から分離された肺炎球菌のPBPs遺伝子解析−セフェム系薬に高い耐性を示す株を中心に−. 千葉菜穂子, 長谷川恵子, 小林玲子, 鈴木悦子, 岩田 敏, 砂川慶介1, 生方公子2 (1感染症. 2北里生命科学研): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723957. [学会 (全国)] (一般講演) AGs外用薬の使用制限を行った病院で検出されたMRSAのGMおよびABKの経年的薬剤感受性とAGs修飾酵素産生遺伝子の関連性の検討. 茨田一成, 花木秀明1, 柳沢千恵, 酒井芙実子, 稲松孝思, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会(2004/6/3-4), 沖縄.

723958. [学会 (全国)] (一般講演) 小児の皮膚軟部組織感染症におけるMRSAの関与. 岩田 敏, 青木泰子, 佐藤吉壮, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723959. [学会 (全国)] (一般講演) キノロン耐性肺炎球菌の薬剤感受性と遺伝子変異の関連. 高山陽子1, 北里英郎2, 笹原武志3, 砂川慶介1, 沖津尚弘, 近藤啓文4 (1感染症. 2医衛. 3微・寄. 4内X): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723960. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の耐性メカニズムの検討. 酒井芙実子, 花木秀明1, 茨田一成, 柳沢千恵, 細坂泰子, 上原一晃, 山口幸恵, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723961. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) のVCM耐性に与える培養時間とβ-ラクタム薬の影響. 柳沢千恵, 細坂泰子, 酒井芙実子, 茨田一成, 花木秀明1, 林 泉2, 砂川慶介1 (1感染症. 2薬理): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723962. [学会 (全国)] (一般講演) 近年分離された百日咳菌の薬剤感受性成績. 菊池 賢, 朴 春成, 戸塚恭一, 藤 純一郎, 安並 毅, 山浦 常, 大塚正之, 東出正人, 春藤和哉, 岡田賢司, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723963. [学会 (全国)] (一般講演) 小児化膿性髄膜炎の治療に関するアンケート調査. 野々山勝人1, 岩田 敏, 大石智洋1, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723964. [学会 (全国)] (一般講演) 小児における抗菌薬に対するアンケート調査. 大石智洋, 野々山勝人, 砂川慶介 (感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723965. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) のマウス全身感染に対する治療効果. 花木秀明1, 波多野和男, 横田好子, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723966. [学会 (全国)] (一般講演) HSR-903の呼吸器感染症に対する有効性及び安全性の検討 (前期及び後期第U相臨床試験). 林 泉1, 松本文夫, 渡辺 彰, 和田光一, 小田切繁樹, 二木芳人, 河野 茂, 砂川慶介2 (1薬理. 2感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723967. [学会 (全国)] (一般講演) 細菌性肺炎に対するHSR-903のLevofloxacinを対照とした第V相比較試験. 林 泉1, 松本文夫, 渡辺 彰, 青木信樹, 和田光一, 小田切繁樹, 二木芳人, 河野 茂, 齋藤 厚, 砂川慶介2, 柴 孝也, 相澤良夫, 山口惠三, 中島光好 (1薬理. 2感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723968. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸器感染症治療におけるパニペネム/ベタミプロンおよび塩酸セフォゾプランによる治療日数の検討. 砂川慶介1, 後藤 元, 和田光一 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723969. [学会 (全国)] (一般講演) 国内外における抗菌薬術後感染予防的投与について. 佐藤淳子, 竹末芳生, 草地信也, 砂川慶介1, 炭山嘉伸 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会 (2004/6/3-4), 沖縄.

723970. [学会 (全国)] (一般講演) Nested PCRによる百日咳菌の迅速診断法. 菊池 賢, 朴 春成, 戸塚恭一, 藤 純一郎, 安並 毅, 山浦 常, 大塚正之, 東出正人, 春藤和哉, 岡田賢司, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会総会(2004/6/3-4), 沖縄.

723971. [学会 (全国)] (一般講演) 教育講演E 小児呼吸器感染症と抗菌薬の使い方. 砂川慶介 (感染症): 第15回日本小児科医会セミナー (2004/6/19-20), 名古屋.

723972. [学会 (全国)] (一般講演) 小児呼吸器感染症と抗菌薬の使い方. 砂川慶介 (感染症): 第15回日本小児科医会セミナー (2004/6/19-20), 名古屋.

723973. [学会 (全国)] (一般講演) 小児伝染性膿痂疹より分離されたS, aureusの, 各種経口・注射用抗菌薬のMICの検討. 大石智洋1, 花木秀明1, 内山 聖, 砂川慶介1 (1感染症): 第36回日本小児感染症学会総会 (2004/11/12-13), 東京.

723974. [学会 (全国)] (一般講演) 上気道と血液から同一の細菌が分離された市中感染症9例の検討. 松原啓太, 岩田 敏, 佐藤吉壮, 秋田博伸, 大石智洋1, 野々山勝人1, 砂川慶介1, 生方公子2 (1感染症. 2北里生命科学研): 第36回日本小児感染症学会総会 (2004/11/12-13), 東京.

723975. [学会 (全国)] (一般講演) 地方の一般病院小児科における肺炎球菌およびインフルエンザ菌の薬剤感受性の動向−特にBLNARの増加について−. 大石智洋1, 柳沢千恵, 花木秀明1, 砂川慶介1 (1感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24-26), 神戸.

723976. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の検出に及ぼすNaClの影響. 寺田高子, 花木秀明1, 柳沢千恵, 細坂泰子, 茨田一成, 新藤郁子, 砂川慶介1 (1感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24-26), 神戸.

723977. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の耐性機構の検討. 新藤郁子, 花木秀明1, 茨田一成, 砂川慶介1 (1感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24-26), 神戸.

723978. [学会 (全国)] (一般講演) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) に対するVCMの抗菌力に及ぼす諸因子の検討. 柳沢千恵, 花木秀明1, 寺田高子, 細坂泰子, 大石智洋1, 砂川慶介1 (1感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24-26), 神戸.

733491. [学会 (地方)] (一般講演) テイプラニンが著効した化膿性顎下腺炎の1歳男児例. 本間英和, 嶋 晴子, 高崎 努, 麻生泰二, 番場正博, 砂川慶介1 (1感染症): 第56回神奈川感染症医学会 (2004/9/18), 横浜.

733492. [学会 (地方)] (一般講演) 「抗菌薬使用の手引き」作成と日本の特殊性 ワークショップ−「抗菌薬使用の手引きからガイドラインへ」. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会 第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/21-22), 新潟.

733493. [学会 (地方)] (一般講演) 小児科領域の急性上気道感染症に対するセフジニルとセフカペンの有用性の検討. 佐藤吉壮, 山藤 満, 岩田 敏, 秋田博伸, 砂川慶介1 (1感染症): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会 第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/21-22), 新潟.

733494. [学会 (地方)] (一般講演) 髄膜炎由来インフルエンザ菌のMBCの検討. 野々山勝人, 大石智洋, 砂川慶介 (感染症): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会 第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/21-22), 新潟.

733495. [学会 (地方)] (一般講演) 伝染性膿痂疹の小児より分離されたS.aureusのパルスフィールドゲル電気泳動法と感受性パターンを用いた疫学調査. 大石智洋1, 茨田一成, 上原一晃, 細坂泰子, 花木秀明1, 砂川慶介1 (1感染症): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会 第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/21-22), 新潟.

733496. [学会 (地方)] (一般講演) マクロライド耐性Mycoplasma pneumoniaeが分離された小児呼吸器感染症の臨床的検討. 松原啓太, 岩田 敏, 土橋仁保子, 佐藤吉壮, 秋田博伸, 大石智洋1, 野々山勝人1, 砂川慶介1, 諸角美由紀, 小林玲子, 生方公子2 (1感染症. 2北里生命科学研): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会 第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/21-22), 新潟.

733497. [学会 (地方)] (一般講演) Chlamydia pneumoniae PCR法の感度比較. 菰田照子, 阿部宏実, 坂内久一, 秋田博伸, 岩田 敏, 佐藤吉壮, 砂川慶介1 (1感染症): 第53回日本感染症学会東日本地方会総会 第51回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2004/10/21-22), 新潟.

733498. [学会 (地方)] (一般講演) MRSAマウス全身感染に対するvancomycinまたはteicoplaninとimipenem併用時の治療効果. 若井芳美, 横田好子, 花木秀明1, 砂川慶介1 (1感染症): 第52回日本化学療法学会西日本支部総会 (2004/12/2-3), 神戸.

733499. [学会 (地方)] (一般講演) 小児外来患者における, 感染症患者の頻度調査及び呼吸器感染症由来の耐性菌発現状況調査. 砂川慶介 (感染症): 第52回日本化学療法学会西日本支部総会 (2004/12/2-3), 神戸.        
733500. [学会 (地方)] (一般講演) 劇症型溶血レンサ球菌感染症の1例. 村野順也, 猿田貴之1, 引田俊一2, 佐藤千恵2, 内野正隆2, 今井 寛2, 相馬一亥2, 砂川慶介3 (1内W. 2救命. 3感染症): 第57回神奈川感染症医学会 (2005/3/26), 横浜.


医学教育研究部門

[学術論文]

110216. [原著] Interactive real time simulation system for artificial ventilation on the internet. Takeuchi A1, 阿部 直2, M Hirose1, Y Tsuboi1, A Hamada1, N Ikeda1 (1医衛. 2医学教育): J Clinical Monitoring and Computing, 18: 353-363, 2004.

[著 書]

620213. [学術書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬辞典; 呼吸器系作用薬, p.205-207. 阿部 直 (医学教育), 編集 石橋 晃, 他編, 監修 救世軍ブース記念病院, 中央法規出版, 2005/3/10発行.

620214. [学術書] (分担執筆) 臨床推論−EBMと病態生理から症例を考える; 咳, 痰, p.238-244. 小林千里1, 阿部 直2 (1内X. 2医学教育), 編集 後藤英司 (横浜市大), メジカルビュ−社, 東京, 2004/8/10発行.

620215. [学術書] (分担執筆) 臨床推論−EBMと病態生理から症例を考える; 呼吸困難, p.230-237. 横場正典1, 阿部 直2 (1内X. 2医学教育), 編集 後藤英司 (横浜市大), メジカルビュ−社, 東京, 2004/8/10発行.

[学会・研究会等]

722123. [学会 (全国)] (シンポジウム) スタートした新臨床研修システムを考える. 阿部 直 (医学教育): 第29回日本外科系連合学会学術集会 (2004/7/3), 東京.

722124. [学会 (全国)] (シンポジウム) 呼吸器疾患と呼吸筋. 横場正典1, 阿部 直2 (1内X. 2医学教育): 第14回日本呼吸管理学会学術集会 (2004/8/7), 大宮. 日本呼吸管理学会誌, 14 (1): 73, 2004.


薬剤部

[学術論文]

120121. [原著] HMG-CoA還元酵素阻害薬プラバスタチンナトリウム後発医薬品の品質に関する研究−含量均一性及び不純物含量の検討−. 平山武司1, 黒山政一1, 加賀谷肇2 (1東薬剤. 2済生会横浜市南部病院): 新薬と臨床, 53: 796-804, 2004.

120122. [原著] HMG-CoA還元酵素阻害薬pravastatin sodium後発医薬品の医薬品添付文書における薬物動態情報のあり方に関する研究. 平山武司1, 常田愛子1, 黒山政一1, 矢後和夫2 (1東薬剤. 2薬剤): 医療薬学, 30: 770-776, 2004.

220063. [準原著] クレアチニンクリアランス予測式の問題点. 澤田実花1, 熊谷雄治3, 横田慎一1, 黒山政一1, 矢後和夫2, 大谷義夫3, 飯島 肇4 (1東薬剤. 2薬剤. 3治験管理センター. 4北里研究所): TDM研究, 21: 157-158, 2004.

320091. [症例報告] 電話による薬相談の現状 (2003年度) 山田英紀1, 相沢政明2, 岩田陽子1, 黒山政一3, 河野博充1, 桜井民雄1, 佐藤康信1, 三溝和男1, 添田真司1, 鈴木真司1, 田中恒明1, 根津良幸1, 渡邊美智留1, 菊地有道1 (1神奈川県病院薬剤師会. 2薬剤. 3東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会会誌, 106: 20-21, 2004.

320092. [症例報告] 16年度「くすりGet the Answersかながわ推進委員会」活動予定. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 106: 13-14, 2004.

320093. [症例報告] 湯河原町における町民対象のくすり相談活動. 桜井民雄1, 黒山政一2, 菅谷 毅1, 添田真司1, 渡邊美智留1, 岩田陽子1, 三溝和男1, 相沢政明3, 阿部正視1, 鈴木真司1, 根津良幸1, 山田英紀1 (1神奈川県病院薬剤師会. 2東薬剤. 3薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 107: 29-30, 2004.

320094. [症例報告] 神奈川県病院薬剤師会主催第9回一般市民のためのくすり講座. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 107: 34-37, 2004.

320095. [症例報告] 病院薬剤師の“看護の日および看護週間の催し”への参加に関するアンケート調査結果. 黒山政一1, 相沢政明2, 阿部正視3, 岩田陽子3, 桜井民雄3, 菅谷 毅3, 三溝和男3, 添田真司3, 鈴木真司3, 根津良幸3, 山田英紀3, 渡邊美智留3 (1東薬剤. 2薬剤. 3神奈川県病院薬剤師会): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 107: 31-33, 2004.

320096. [症例報告] “薬と健康すこやかフェア”の開催および“くすり相談”の実施. 黒山政一1, 三溝和男2, 相沢政明3, 鈴木真司2, 山田英紀2, 阿部正視2, 岩田陽子2, 桜井民雄2, 菅谷 毅2, 添田真司2, 根津良幸2, 渡邊美智留2 (1東薬剤. 2神奈川県病院薬剤師会. 3薬剤): 神奈川県病院薬剤師会雑誌, 108: 27-28, 2005.

520356. [総説] がん化学療法における病院薬剤師の役割. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤): 日本薬剤師会雑誌, 56: 1437-1443, 2004.

520357. [総説] オピオイド製剤の特徴と効果的な使用方法. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤): 月刊薬事, 47: 209-217, 2005.

520358. [総説] 疾患別薬学的介入マニュアル−睡眠障害編−. 高橋賢成, 黒山政一 (東薬剤): 日本病院薬剤師会雑誌, 41: 273-277, 2005.

520359. [総説] 薬剤師による注射剤調剤の意義. 黒山政一 (東薬剤): 月刊薬事, 47: 357-540, 2005.

520360. [総説] 注射剤にかかわる患者への情報提供. 高橋賢成, 黒山政一 (東薬剤): 月刊薬事, 47: 663-670, 2005.

520361. [総説] レジメン登録による処方支援と処方鑑査. 志田瑞枝, 横田慎一, 平山武司, 黒山政一 (東薬剤): 月刊薬事, 47: 703-709, 2005.

[著 書]

620216. [解説書] (分担執筆) 病院薬剤師業務マニュアル −病院薬剤師業務の標準化に向けて−; 薬物治療の実行 −処方せん鑑査から薬剤調製, 与薬までの流れ−, p.45-51. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 監修 日本病院薬剤師会, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2004発行.

620217. [解説書] (分担執筆) 病院薬剤師業務マニュアル −病院薬剤師業務の標準化に向けて−; 薬物治療の実行 −注射薬調剤−, p.52-61. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 監修 日本病院薬剤師会, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2004発行.

620218. [解説書] (分担執筆) 病院薬剤師業務マニュアル −病院薬剤師業務の標準化に向けて−; 薬物治療の実行 −患者への情報提供−, p.62-70. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 監修 日本病院薬剤師会, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2004発行.

620219. [解説書] (分担執筆) プレフィルドシリンジ・キット−医療現場からの要求・承認申請・国内外の動向−; 医療現場が必要とするプレフィルドシリンジキット製品−レフィルドシリンジキット製剤の使用評価−, p.163-174. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 情報機構, 東京, 2005発行.

620220. [解説書] (分担執筆) プレフィルドシリンジ・キット−医療現場からの要求・承認申請・国内外の動向−; 医療現場が必要とするプレフィルドシリンジキット製品−必要とされる薬剤は−, p.175-182. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 情報機構, 東京, 2005発行.

620221. [解説書] (分担執筆) プレフィルドシリンジ・キット−医療現場からの要求・承認申請・国内外の動向−; 医療現場が必要とするプレフィルドシリンジキット製品−薬剤師による注射薬調剤の現状−, p.183-193. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤), 情報機構, 東京, 2005発行.

620222. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 各品目の薬剤概要, p.27-732. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620223. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 総論, p.1-14. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620224. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 精神神経作用薬解説, p.15-27. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石 橋晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620225. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 歯科・口腔用薬解説, p.297. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620226. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 耳鼻咽喉科用薬, p.301-302. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石 橋晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620227. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 血液用薬, p.331-332. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620228. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 代謝性医薬品, p.391-393. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620229. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; ビタミン剤, p.459-460. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620230. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 抗生物質 化学療法剤, p.471-483. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620231. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 生物学的製剤, p.565-566. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620232. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 診断用検査薬, p.669. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620233. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 消毒薬, p.677-682. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620234. [解説書] (分担執筆) 改訂版看護のための薬事典; 補液・補正用製剤 経腸栄養剤, p.359-363. 黒山政一 (東薬剤), 編集 石橋 晃1, 寺崎明美2, 藤田恵子3, 黒山政一4 (1救世軍ブース記念病院. 2長崎大. 3看護部. 4東薬剤), 中央法規出版, 東京, 2005/3/10発行.

620235. [解説書] (分担執筆) プロブレムリスト作成の手引き; 睡眠障害, p.26-31. 高橋賢成 (東薬剤), 編集 学術委員会第三委員会, じほう, 東京, 2004発行.

620236. [解説書] (分担執筆) プロブレムリスト作成の手引き; 高脂血症, p.137-141. 高橋賢成 (東薬剤), 編集 学術委員会第三委員会, じほう, 東京, 2004発行.

620237. [解説書] (分担執筆) プロブレムリスト作成の手引き; 高尿酸血症, p.148-151. 高橋賢成 (東薬剤), 編集 学術委員会第三委員会, じほう, 東京, 2004発行.

620238. [解説書] (分担執筆) プロブレムリスト作成の手引き; アトピー性皮膚炎, p.180-183. 高橋賢成 (東薬剤), 編集 学術委員会第三委員会, じほう, 東京, 2004発行.

620239. [解説書] (分担執筆) プロブレムリスト作成の手引き; 緑内障, p.192-197. 高橋賢成 (東薬剤), 編集 学術委員会第三委員会, じほう, 東京, 2004発行.

[学会・研究会等]

723979. [学会 (全国)] (ポスター) 終末期消化器癌患者におけるクレアチニンクリアランス予測式の妥当性. 平山武司1, 伊藤直子1, 黒山政一1, 矢後和夫2 (1東薬剤. 2薬剤): 第9回日本緩和医療学会総会 (2004/6/17-18), 札幌.

723980. [学会 (全国)] (ポスター) HMG-CoA還元酵素阻害薬pravastatin sodiumの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究. 平山武司1, 常田愛子1, 黒山政一1, 矢後和夫2, 熊谷雄治3 (1東薬剤. 2薬剤. 3治験管理センター): 第54回日本病院学会 (2004/7/2), 横浜.

723981. [学会 (全国)] (ポスター) 外来化学療法における薬剤師業務の現状. 小原美江, 平山武司, 本間雅士, 斉藤由美子, 伊藤直子, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 医療薬学フォーラム2004 (2004/7/17), 札幌.

723982. [学会 (全国)] (ポスター) 処方オーダリングシステムにおける処方薬剤入力ミス防止に関する研究−入力文字数の検討−. 椎 崇, 常田愛子, 浅井美由紀, 平山武司, 黒山政一 (東薬剤): 医療薬学フォーラム2004 (2004/7/17), 札幌.

723983. [学会 (全国)] (ポスター) 医療薬学フォーラム (旧クリニカルファーマシーシンポジウム) における一般演題発表の推移. 難波昭雄, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 医療薬学フォーラム2004 (2004/7/17), 札幌.

723984. [学会 (全国)] (ポスター) 市販モルヒネ水溶液の有用性に関する研究−調剤・麻薬管理の作業効率について−. 常田愛子, 平山武司, 浅井美由紀, 椎 崇, 難波昭雄, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 医療薬学フォーラム2004 (2004/7/17), 札幌.

723985. [学会 (全国)] (ポスター) 第T相試験試験における初回投与量の設定根拠としての最大無毒性量の体表面積補正の妥当性の検討. 藤田朋恵1, 尾崎真智子1, 横田慎一2, 澤田実花2, 中村智美2, 藤田忠和1, 中原いちみ1, 野村今日子1, 馬嶋正隆3, 黒山政一2, 大谷義夫1, 熊谷雄治1 (1治験管理センター. 2東薬剤. 3薬理): 第25回日本臨床薬理学会年会 (2004/9/17), 静岡.

723986. [学会 (全国)] (ポスター) 初回投与量設定に関するレトロスペクティブな検討. 尾崎真智子1, 藤田朋恵1, 横田慎一2, 澤田実花2, 永松紀子1, 佐橋邦彦1, 小林真美2, 七條久美子1, 入戸野和代1, 黒山政一2, 熊谷雄治1, 大谷義夫1 (1治験管理センター. 2東薬剤): 第25回日本臨床薬理学会年会 (2004/9/18), 静岡.

723987. [学会 (全国)] (ポスター) 心電図QT間隔の固体内・個体間及び日内変動に関する検討−健康成人男子を対象とした予備的検討−. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 佐橋邦彦2, 野村今日子2, 中村智美1, 横田慎一1, 永松紀子2, 尾崎真智子2, 藤田朋恵2, 黒山政一1, 大谷義夫2 (1東薬剤. 2治験管理センター): 第25回日本臨床薬理学会年会 (2004/9/18), 静岡.

723988. [学会 (全国)] (ポスター) ヒアリング, 事前検討会疑義事例の検討. 大河内久美子1, 志田瑞枝1, 横田慎一1, 黒山政一1, 熊谷雄治2 (1東薬剤. 2治験管理センター): 第4回CRCと臨床試験の在り方を考える会議2004 (2004/10/9-10), 宇部.

723989. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学東病院における治験コーディネーター業務−外科領域の治験におけるインフォームド・コンセントを中心に−. 澤田実花1, 永松紀子2, 大河内久美子1, 志田瑞枝1, 中村智美1, 江田香織1, 鳥澤美世2, 七條久美子2, 佐川潔乃2, 横田慎一1, 黒山政一1, 熊谷雄治2, 大谷義夫2, 桜本信一3, 大谷剛正3, 渡邊昌彦3 (1東薬剤. 2治験管理センター. 3外): 第4回CRCと臨床試験の在り方を考える会議2004 (2004/10/9-10), 宇部.

723990. [学会 (全国)] (ポスター) HMG-CoA還元酵素阻害薬プラバスタチンナトリウム後発医薬品の品質に関する研究. 平山武司, 黒山政一 (東薬剤): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/16), 千葉.

723991. [学会 (全国)] (ポスター) 外来化学療法センターにおける薬剤師の役割. 高橋賢成1, 佐久間政彦1, 佐川賢一1, 番匠章子2, 上坊敏子3, 蔵並 勝4, 矢後和夫1 (1薬剤. 2看護部. 3産婦. 4外): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/16), 千葉.

723992. [学会 (全国)] (ポスター) 長期投薬制限の原則廃止に伴う外来処方せん処方日数の変遷. 杉林智美, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/16), 千葉.

723993. [学会 (全国)] (ポスター) 抗パーキンソン病薬メシル酸ブロモクリプチンの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究−先発医薬品と後発医薬品の比較−. 浅井美由紀, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/17), 千葉.

723994. [学会 (全国)] (ポスター) 非ステロイド性抗炎症薬ロキソプロフェンの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究−先発医薬品と後発医薬品の比較−. 小原美江, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/17), 千葉.

723995. [学会 (全国)] (ポスター) カルシウム拮抗薬ニフェジピンの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究−先発医薬品と後発医薬品の比較−. 本間雅士, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/17), 千葉.

723996. [学会 (全国)] (ポスター) HMG-CoA還元酵素阻害薬シンバスタチンナトリウムの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究−先発医薬品と後発医薬品の比較−. 平山武司, 常田愛子, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/17), 千葉.

723997. [学会 (全国)] (ポスター) 日本医療薬学会 (旧日本病院薬学会) における一般演題発表の推移. 難波昭雄, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第14回日本医療薬学会 (2004/10/17), 千葉.

723998. [学会 (全国)] (ポスター) 癌化学療法リスクマネージメントへの取り組み (第2報). 志田瑞枝1, 横田慎一1, 平山武司1, 黒山政一1, 佐々木 徹2, 樋口勝彦2, 田辺 聡2, 小泉和三郎2, 真野登喜子3 (1東薬剤. 2内T. 3看護部): 第42回日本癌治療学会 (2004/10/27-10/28), 京都.

723999. [学会 (全国)] (ポスター) ガラス容器を使用した輸液中のアルミニウム濃度に関する研究. 平山武司1, 黒山政一1, 堀内美穂2 (1東薬剤. 2シノテスト): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/25), 神戸.

7231000. [学会 (全国)] (ポスター) 健康成人における高蛋白, L-フェニルアラニン負荷後の小腸ペプチドトランスポータ基質薬物セフェム系抗生物質の吸収への影響の検討. 藤田朋恵1, 荻野三智子2, 山崎 晃2, 尾崎真智子2, 澤田実花1, 中村智美1, 佐橋邦彦1, 七條久美子1, 野村今日子1, 横田慎一1, 藤田忠和2, 黒 山政一1, 大谷義夫2, 馬嶋正隆3, 熊谷雄治2 (1東薬剤. 2治験管理センター. 3薬理): 第125回日本薬学会 (2005/3/29), 東京.

7231001. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学東病院におけるオピオイド製剤の使用状況. 常田愛子, 平山武司, 浅井美由紀, 椎 崇, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第125回日本薬学会 (2005/3/29), 東京.

7231002. [学会 (全国)] (ポスター) プロトンポンプ阻害薬オメプラゾールの医薬品添付文書における薬物動態情報のあり方に関する研究−先発医薬品と後発医薬品の検討−. 平山武司, 小原美江, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 第125回日本薬学会 (2005/3/29), 東京.

732058. [学会 (地方)] (シンポジウム) 顔の見える薬剤師 −神奈川県病院薬剤師会の活動を中心に−. 黒山政一 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (2004/8/29), つくば.

733501. [研究会] (一般講演) 外来化学療法センターにおける薬剤師の役割. 高橋賢成 (薬剤): 第3回無菌製剤, 輸液業務研究会 (2004/8/7), 名古屋.

733502. [学会 (地方)] (ポスター) 北里大学東病院における医薬品の採用・削除手順と採用品目数の推移. 浅井美由紀, 常田愛子, 椎 崇, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (2004/8/29), つくば.

733503. [学会 (地方)] (ポスター) 抗血小板薬塩酸チクロピジンの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究. 宇野真理子, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (2004/8/28), つくば.

733504. [学会 (地方)] (ポスター) 睡眠導入薬ブロチゾラムの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究 −先発医薬品と後発医薬品の比較−. 黒田ちか江, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (2004/8/29), つくば.

733505. [学会 (地方)] (ポスター) 経口血糖降下薬グリペンクラミトの医薬品添付文書における薬物動態情報に関する研究−先発医薬品と後発医薬品の比較−. 本間雅士, 平山武司, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (2004/8/29), つくば.

733506. [学会 (地方)] (ポスター) 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会における一般演題の推移. 難波昭雄, 小川幸雄, 黒山政一 (東薬剤): 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 (2004/8/29), つくば.

733507. [研究会] (一般講演) 薬物吸収の日内変動に関する研究−胃電図およびアセトアミノフェン法を用いた検討−. 澤田実花1, 熊谷雄治2, 大内浩子2, 藤田朋恵2, 尾崎真智子2, 横田慎一1, 黒山政一1, 吉山友二3, 田辺 聡4, 小泉和三郎4, 西元寺克禮4 (1東薬剤. 2治験管理センター. 3共立薬大. 4内T): 第4回時間薬理・治療を考える会 (2004/9/19), 静岡.

733508. [学会 (地方)] (一般講演) 整形外科病棟における薬剤管理指導業務の現状−入院時患者持参薬に関するリスクマネジメント−. 斉藤由美子1, 横井信子1, 平山武司1, 黒山政一1, 小林明正2, 二見俊郎2 (1東薬剤. 2整外): 第53回東日本整形災害外科学会 (2004/9/24), 山形.

733509. [研究会] (一般講演) 暮らしに役立つ医療の知識: もっと知りたい薬の話! 黒山政一 (東薬剤): 相模原市教育委員会・座間市教育委員会平成16年度市民大学北里大学コース (2005/9/25), 相模原.

733510. [研究会] (一般講演) がん化学療法におけるリスクマネージメントへの取り組み−抗癌剤治療を安全・円滑に行うための連携システムの構築−. 真野登喜子1, 難波理恵1, 志田瑞枝2, 黒山政一2, 小泉和三郎3, 佐々木 徹3 (1看護部. 2薬剤. 3内T): 第4回北里大学看護研究会 (2004/12/18), 相模原.

733511. [研究会] (一般講演) 治験及び市販後臨床試験の受託について. 黒山政一 (東薬剤): 神奈川県薬事監視員専門査察研修 (2005/1/19), 横浜.