2005年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい take@bme.ahs.kitasato-u.ac.jp)



<<解剖学(山科単位)>>

[学術論文]

110001. [原著] Dual wavelength imaging allows analysis of membrane fusion of influenza virus inside cells. 山科正平1, 堺 立也, 大内正信, 今井正貴, 水野貴文, 川崎一則, 黒田一道 (1解剖): J Virology 2006; 80 (4): 2013-8.

110002. [原著] Expression of SRC-1 and p/CIP in the mouse testis. 藤田一博, 山下修二, 酒井康弘1 (1解剖): Acta Histochem Cytochem 2005; 38: 31-5.

110003. [原著] Bifunctional Peptides Derived from Homologous Loop Regions in the Laminin α Chain LG4 Modules Interact with both α2β1 Integrin and Syndecan-2. Yokoyama Fumiharu, Suzuki Nobuharu, 門谷裕一1, Utani Atsushi, Nakatsuka Hiroko, Nishi Norio, Haruki Masahiro, Kleinman Hynda K, 野水基義 (1解剖): Biochemistry 2005; 44: 9581-98.

110004. [原著] Identification of Neurite Outgrowth Active Sites on the Laminin alpha4 Chain G Domain. Ichikawa Naoki, Kasai Shingo, Suzuki Nobuharu, Nishi Norio, Oishi Shinya, Fujii Nobutaka, 門谷裕一1, Hatori Kozu, MizunoYoshikuni, 野水基義, Arikawa-Hirasawa Eri (1解剖): Biochemistry 2005; 44: 5755-62.

510001. [総説] Salivary Gland Morphogenesis and Basement Membranes. 門谷裕一1, 山科正平1 (1解剖): Anatomical Science International 2005; 80: 71-9.

520001. [総説] 人工基底膜の創製─ラミニン活性ペプチドの新たなチャレンジ─. 望月麻友美, 門谷裕一1, 野水基義 (1解剖): 蛋白質・核酸・酵素 2005; 50: 374-82.

[著 書]

620001. [学術書] (分担執筆) 組織細胞化学2005 免疫組織化学序説, p.45-50. 山科正平 (解剖), 編集 日本組織細胞化学会, 学際企画, 2005.7発行.

[学会・研究会等]

721001. [学会 (全国)] (特別講演) 生命科学における微細形態学の役割. 山科正平 (解剖): 日本顕微鏡学会第61回学術講演会 (2005/6/1), つくば市.

722001. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) ゴルジ装置が細胞の機能状態を反映して示す動的変化. 玉木英明1, 山科正平1 (1解剖): 第110回日本解剖学会総会・学術講演会 (2005/3/29), 富山.

722002. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 基底膜と上皮分枝形態形成. 門谷裕一1, 山科正平1 (1解剖): 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2006/3/30), 相模原市.

722003. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) ラット膵島の形態形成. 原 朱美1, 門谷裕一1, 山科正平1, 小島 至 (1解剖): 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2006/3/31), 相模原市.

723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胎生期のマウスゴノサイトにおけるde novo DNAメチルトランスフェラーゼDnmt3a2、Dnmt3Lの発現. 酒井康弘1, 山科正平1 (1解剖): 第110回日本解剖学会総会・学術講演会(2005/4), 富山.

723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラミニンα3鎖LG4モジュールのループ部位をミミックしたサイクリックペプチドの生物活性. 横山史晴, 門谷裕一1, 加藤こずえ, 鈴木善晴, 百田 豊, 宇谷厚志, 春木雅寛, 野水基義 (1解剖): 第37回日本結合組織学会学術大会 (2005/5/26), 富山市.

723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ゴルジ装置の萌芽と成長. 玉木英明1, 山科正平1 (1解剖): 第45回日本組織細胞化学会総会・全国学術集会 (2005/10/1), 京都.
731001. [研究会] (特別講演) AFMに出会って考えたこと. 山科正平 (解剖): 日本顕微鏡学会SPM研究部会第8回研究会 (2005/12/12), つくば市.

732001. [研究会] (シンポジウム招待講演) 唾液腺の特性と一般性. 山科正平 (解剖): 日本解剖学会関東支部懇話会 (2005/6/25), 川越市.

733001. [研究会] (一般講演・ポスター) ヒトラミニンα鎖相同配列の細胞形態および細胞増殖に及ぼす影響. 高橋直哉, 横山史晴, 門谷裕一1, 吉川大和, 山田純司, 野水基義 (1解剖): 第53回マトリックス研究会大会 (2006/3/26) 箱根町.



<<解剖学(亀田単位)>>

[学術論文]

110005. [原著] Nicotinamide promotes long-term survival and extensive neurite outgrowth in ultimobranchial C cells cultured from chick embryos. 三浦正明1, 亀田芙子1 (1解剖): J Comparative Neurology 2005/11; 492 (3): 334-48.

110006. [原著] Mash1 is required for glomus cell formation in the mouse carotid body. 亀田芙子 (解剖): Developmental Biology 2005/7; 283 (1): 128-39.

110007. [原著] Hoxa3 regulates the proliferation and differentiation of the third pharyngeal arch mesenchyme in mice. 千坂 修1, 亀田芙子2 (1京都大大学院. 2解剖): Cell and Tissue Reseach 2005/4; 320 (1): 77-89.

[学会・研究会等]

712001. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Dual origins of the mouse carotid body revealed by targeted disruption of Hoxa3 and Mash1. 亀田芙子 (解剖): XVIth Conference of International Society for Arterial Chemoreception (2005/5/10), 仙台.

722004. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 頚動脈小体の形成と分化を司るMash1およびHoxa3遺伝子. 亀田芙子 (解剖): 第111回日本解剖学会総会 (2006/3/31), 相模原.

722005. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) FRS2alpha部分欠損マウスにおける咽頭嚢由来内分泌器官の形成異常. 伊藤正孝1, 亀田芙子2 (1防衛医大. 2解剖): 第111回日本解剖学会総会 (2006/3/31), 相模原.

723004. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Mash1およびCx43-lacZマウスにおける甲状腺C細胞の形成と分化. 亀田芙子 (解剖): 第110回日本解剖学会総会 (2005/3/29), 富山.

723005. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Hoxa3ホモ変異型マウスにおける第3咽頭嚢Bmp4遺伝子発現の解析. 新井雄太1, 亀田芙子1 (1解剖): 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2006/3/31), 神奈川.

723006. [学会 (全国)] (般講演・ポスター) ニワトリ胚鰓後体C細胞における SCG10 mRNA 発現. 三浦正明1, 亀田芙子1 (1解剖): 第111回日本解剖学会 (2006/3/31), 神奈川.


<<生理学(川上単位)>>

[学術論文]

110008. [原著] Effects of soluble laminin on organelle transport and neurite growth in cultured mouse dorsal root ganglion neurons: difference between primary neurites and branches. 河野慶一, 川上 倫1, 比留間弘美1 (1生理): Journal of cellular physiology 2005/11; 205 (2): 253-61.

120001. [原著] 線虫が示す行動の概日リズムの時間生物学上の意義. 長谷川建治 (生理): 北里医学 2006/2; 34 (2): 1-7.

510002. [総説] Caenorhabditis eleganse opens up new insight into the circadian clockmechansim. 長谷川建治 (生理): Chronobioloogy International 2005; 22 (1): 25-42.

[学会・研究会等]

723007. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラミニンの神経線維に対する作用の詳細. 比留間弘美 (生理): 第82会日本生理学会大会 (2005/5/18), 仙台.

723008. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 教育用ファイルサーバ「課題提供システム (仮称)」による教育支援の試み. 片倉 隆1, 岡本牧人2, 外 須美夫3, 石川俊弘, 瓜田美幸 (1生理, 2耳鼻, 3麻酔): 私立大学情報教育協会 情報化全国大会 (2005/9/8), 東京.


<<生理学(河原単位)>>

[学術論文]

110009. [原著] Establishment of the mouse macula densa cell line with an nNOS promoter driving EGFP expression. 安岡有紀子1, 川田英明1. 鈴木喜郎1, 佐藤正宏, 遠藤 仁, 帯刀益夫, 河原克雅1 (1生理): Jpn J Physiology 2005/11; 55: 365-72.

110010. [原著] Restoration by VIP of the carbachol-stimulated Cl- secretion in TTX-treated guinea pig distal colon. 小久保麻子, 安岡有紀子1, 錦谷まりこ, 西元寺克禮2, 河原克雅1 (1生理. 2消化器内): Jpn J Physiology 2005/10; 55: 317-24.

110011. [原著] ATP-sensitive K+-channel subunits on the mitochondria and endoplasmic reticulum of rat cardiomyocytes. Ming Zhou, 田中 理, 関口雅樹, Hui-jing He, 安岡有紀子1, 伊藤英晃, 河原克雅1, 阿部 寛 (1生理): J Histochemistry & Cytochemistry 2005/5; 53 (12): 1491-500.

110012. [原著] Folliculogenesis following syngeneic transplantation of young murine ovaries into the testes. 佐藤正宏, 桜井敬之, 桐生一範, 武田正輝, 安岡有紀子1 (1生理): Reproductive Medicine and Biology 2006; 5: 71-7.

520002. [総説] 鳥のさえずり:音声学習・知覚の脳内神経機構. 佐藤亮平 (生理): 比較生理生化学 2005/8; 21: 80-9.

[著 書] 

620002. [学術書] (分担執筆) 腎と透析 マクラデンサの温故知新, p.768-71. 河原克雅 (生理), 東京医学社, 2005/11発行.

620003. [学術書] (分担執筆) 日本生理学会雑誌 腎のNaCl輸送, p.325-32. 河原克雅 (生理), 日本生理学会, 2005/10発行.

620004. [学術書] (分担執筆) 日本生理学会雑誌 尿濃縮, p.353-62. 河原克雅 (生理), 日本生理学会, 2005/11発行.

620005. [学術書] (分担執筆) 内分泌・糖尿病科 特集: 膜輸送体蛋白とその異常 Na+チャネルとアルドステロン, p.569-75. 河原克雅1, 川田英明1, 鈴木貴博 (1生理), 2005/6発行.

620006. [学術書] (分担執筆) 日本臨床分子腎臓病学─分子生物学的アプローチと分子病態生理学─ 基礎編 W腎臓の構造と機能 腎臓における物質輸送の分子機構 K+チャネル, p.123-8. 河原克雅1, 安岡有紀子1, 鈴木貴博 (1生理), 日本臨床社, 2006/2発行.

620007. [学術書] (分担執筆) カラー図解よくわかる生理学の基礎 酸塩基ホメオスターシス, p.138-47. 河原克雅 (生理), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2005/5発行.

620008. [学術書] (分担執筆) 健康・栄養科学シリーズ人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論・U 第18章 腎・泌尿器系 A. 腎臓・泌尿器の構造と機能, p.53-9. 河原克雅 (生理), 南江堂, 2005/2発行.

620009. [学術書] (分担執筆) 日本臨床 特集: 浮腫 組織間液の容量調節機構. 河原克雅1, 安岡有紀子1, 川田英明1 (1生理), 日本臨床社, 2005/1発行.

620010. [学術書] (分担執筆) 腎と透析 マクラデンサ細胞とnNOS, p.799-803. 安岡有紀子 (生理), 東京医学社, 2005/11発行.

620011. [学術書] (編集) カラー図解人体の正常構造と機能 X 運動器, p.1-100. 坂井建雄, 河原克雅1 (1生理), 日本医事新報社, 2005/12発行.

620012. [学術書] (編集) カラー図解人体の正常構造と機能 IX 神経系 (2), p.1-85. 坂井建雄, 河原克雅1 (1生理), 日本医事新報社, 2005/3発行.

620013. [その他] (分担執筆) 聴覚性認知に関する鳴禽類と魚類の比較心理学的研究 キンギョは縞模様の右下がりと左下がりを区別できるか? 佐藤亮平 (生理), 平成14, 15, 16年度科学研究費補助金[基盤研究 (C) (1)]研究成果報告書 (研究課題番号: 14510095), 2005/4発行.

620014. [その他] (分担執筆) 聴覚性認知に関する鳴禽類と魚類の比較心理学的研究 セキセイインコ脳におけるZenkタンパク質の発現: 主聴覚伝導路に関連する大脳前頭部の聴覚関連領域における発現. 佐藤亮平 (生理), 平成14, 15, 16年度科学研究費補助金[基盤研究 (C) (1)]研究成果報告書 (研究課題番号: 14510095), 2005/4発行.

620015. [その他] (分担執筆) 聴覚性認知に関する鳴禽類と魚類の比較心理学的研究 セキセイインコ脳におけるZenkタンパク質の発現: 主聴覚伝導路に関連する大脳後頭部の聴覚関連領域における発現. 佐藤亮平 (生理), 平成14, 15, 16年度科学研究費補助金[基盤研究 (C) (1)]研究成果報告書 (研究課題番号: 14510095), 2005/4発行.

[学会・研究会等]

713001. [学会 (国際)] (一般講演とポスター) A simple method for obtaining the macula densa cells from immortalized kidney distal tubule cells. 安岡有紀子1, 鈴木喜郎1, 佐藤正宏, 河原克雅1 (1生理): Experimental Biology 2005 (2005/4/1), San diego, California.

713002. [学会 (国際)] (ポスター) Generation and phenotypic analysis of dominant-negative mutant of Kir7.1 transgenic mice. 河原克雅1, 鈴木喜郎1, 東 貞宏2, 安岡有紀子1, 川田英明1, 広瀬茂久 (1生理. 2実動): The Forefront Symposium In Nephrology (2005/9/9), Ittingen, Swizerland.

722006. [学会 (全国)] (シンポジウム) 尿細管のイオン輸送体. 河原克雅 (生理): 第48回日本腎臓学会大会 (2005/6/23), 横浜.

722007. [学会 (全国)] (シンポジウム) 膜輸送体蛋白と尿細管機能異常: オーバービュー. 五十嵐 隆, 河原克雅1 (1生理): 第48回日本腎臓学会大会 (2005/6/23), 横浜.

723009. [学会 (全国)] (ポスター) Induction of Zenk protein in the brain of budgerigars (Melopsittacus undulatus), IV. 佐藤亮平 (生理): 第82回日本生理学会大会 (2005/5/18), 仙台.

723010. [学会 (全国)] (ポスター) A mechanism of NO (nitric oxide) production in kidney macula densa cells. 川田英明1, 安岡有紀子1, 河原克雅1 (1生理): 第82回日本生理学会大会 (2005/5/18), 仙台.

723011. [学会 (全国)] (ポスター) 腎マクラデンサ細胞株の樹立と機能解析. 安岡有紀子1, 川田英明1, 河原克雅1 (1生理): 第48回日本腎臓学会大会 (2005/6/23), 横浜.

723012. [学会 (全国)] (ポスター) セキセイインコ (Melopsittacus undulatus) の繁殖番形成時における音声学習. 佐藤亮平 (生理): 日本動物学会 (2005/10/7), 筑波.

723013. [学会 (全国)] (ポスター) 消去後に残存するマウス味覚嫌悪記憶の週齢による相違. 佐藤亮平 (生理): 日本動物学会 (2005/10/8), 筑波.

723014. [学会 (全国)] (一般講演) イトマキヒトデ卵母細胞の形態変化からの張力測定. 佐藤亮平 (生理): 第14回日本バイオイメージング学会大会 (2005/10/27), 東京.

723015. [学会 (全国)] (ポスター) 細胞質分裂中のウニ卵表面におけるアクチンと力の定量. 佐藤亮平 (生理): 第14回日本バイオイメージング学会 (2005/10/28), 東京.

723016. [学会 (全国)] (ポスター) Intracellular pH regulates the activity of neuronal nitric oxide synthase activity in macula densa cells. 川田英明1, 安岡有紀子1, 小久保謙一, 小林弘祐2,3, 黒島知美, 福田英一1, 広瀬茂久, 河原克雅1 (1生理. 2医療衛生学部. 3呼吸器内): 第83回日本生理学会大会 (2006/3/29), 前橋.

723017. [学会 (全国)] (ポスター) Na+/HCO3- cotransporter 4 (NBC4) predominantly expressed in choroid plexus is involved in cerebrospinal fluid production. 福田英一1, 平田 拓, 中村信大, 河原克雅1, 若林繁夫, Chang M H, Romero M F, 広瀬茂久 (1生理): 第83回日本生理学会大会 (2006/3/29), 前橋.

723018. [学会 (全国)] (ポスター) High water intake compensates for the the capacity to excrete a normal potassium load in dominant negative Kir7.1 transgenic mice. 河原克雅1, 鈴木喜郎1, 安岡有紀子1, 川田英明1, 東 貞宏2 (1生理. 2実動): 第83回日本生理学会 (2006/3/30), 前橋.

723019. [ 学会 (全国)] (ポスター) LEC rat using proteins separated by two-dimensional electrophoresis. 鈴木貴博, 大石正道1, 前田忠計1, 林 正信, 河原克雅2, 古舘専一3 (1理学部. 2生理. 3実動): 第83回日本生理学会 (2006/3/30), 前橋.

733002. [研究会] (一般講演) マウス培養腎遠位尿細管細胞からのマクラデンサ細胞株の樹立. 安岡有紀子1, 川田英明1, 佐藤正宏, 河原克雅1 (1生理): 第11回分子腎臓研究会 (2005/9/4), 京都.

733003. [研究会] (一般講演) 腎マクラデンサ細胞一酸化窒素合成nNOSの発現と活性制御機構「細胞シグナリンルグの時空間統御機構解明への方略探索」. 川田英明1, 安岡有紀子1, 小久保謙一, 小林弘祐2,3, 福田英一1, 広瀬茂久, 河原克雅1 (1生理. 2医療衛生学部. 3呼吸器内): 生理学研究所研究会 (2005/10/6), 岡崎.

733004. [研究会] (一般講演) 脳脊髄液のpH調節における脈絡叢の重炭酸イオン輸送機構「細胞シグナリンルグの時空間統御機構解明への方略探索」. 福田英一1, 河原克雅1, 広瀬茂久 (1生理): 生理学研究所研究会 (2005/10/7), 岡崎.


<<代謝・蛋白学>>

[学術論文]

110013. [原著] Differential distributions of the Ca2+-dependent activator protein for secretion family proteins (CAPS2 and CAPS1) in the mouse brain. 貞方, 板倉 誠1, 小崎俊司, 関根, 高橋正身1, 古市 (1代謝・蛋白): Comparative Neurology 2005;495: 735-53.

110014. [原著] Ca2+–calmodulin-dependent myosin light chain kinaseis essential for activation of TRPC5 channels expressed in HEK293 cells. 清水, 吉田, 若森, 石井, 岡田, 高橋正身1, 瀬戸, 桜田, 菊池, 森 泰生 (1代謝・蛋白): J Physiology-London 2005; 570 (2): 219-35.

110015. [原著] Role of VAMP-2, VAMP-7, and VAMP-8 in constitutive exocytosis from HSY cells. 大石, 荒川, 谷村, 板倉 誠1, 高橋正身1, 田島, 溝口, 田隈 (1代謝・蛋白): Histochemistry and Cell Biology 2005; 30: 1-9.

110016. [原著] The activation of exocytotic sites by the formation of phosphatidylinositol-4,5-bisphosphate microdomains at syntaxin clusters. 青柳共太, 菅谷津貴子, 梅田 郷, 山本清二, 寺川 進, 高橋正身1 (1代謝・蛋白): J Biological Chemistry 2005; 280: 17346-52.

110017. [原著] Two Distinct Regulatory Mechanisms of Neurotransmitter Release by Phosphatidylinositol 3-kinase. 板倉 誠1, 山森早織1, 桑原玲子, 関口真理子, 高橋正身1 (1代謝・蛋白): J Neurochem 2005; 94: 502-9.

110018. [原著] Negative regulation of neurotransmitter release by calpain: a possible involvement of specific SNAP-25 cleavage. 安藤公祐, 工藤佳久, 高橋正身1 (1代謝・蛋白): J Neurochemistry 2005; 94: 651-8.

110019. [原著] Differential Localization of SHPS-1 and CD47 and Its Molecular Mechanism in Cultured Hippocampal Neurons. 大西浩史, 金子, 岡沢, 宮下, 佐藤, 林, 多田, 永田, 高橋正身1, 的崎 (1代謝・蛋白): J Neuroscience 2005; 25: 2702-11.

110020. [原著] Analysis of mucin composition in gastric juices of chronic rheumatic patients with upper gastrointestinal damage. 市川尊文1, 池澤智明2, 安達 献, 石原和彦 (1代謝・蛋白. 2消化器内): Biomedical Reseach-Tokyo 2005/8; 26 (4): 147-51.

110021. [原著] Characterization of glycoconjugate antigens in mouse embryonic neural precursor cells. 中村和生 (代謝蛋白): J Neurochem 2005; 95: 1311-20.

110022. [原著] Glycosphingolipid synthesis inhibitor represses cytokine-induced activation of the Ras-MAPK pathway in embryonic neural precursor cells. 中村和生 (代謝蛋白): J Biochemistry 2005; 138: 285-91.

120002. [原著] ケミカルシフトを使った単糖の配座解析 (Conformational analysis of monosaccharide using chemical shifts). 石井郁子1, 傘 孝之 (1代謝・蛋白): 日本歯科大学紀要 2006/3; 35: 35-40.

210001. [準原著] Effects of neonatal exposure of tributyltin on rat myelin membranes. 小嶋久子1, 中村和生1, 峰田理恵, 新井雄太2,  田正広1 (1代謝・蛋白. 2解剖): J Neurochem. 2005/8; 94 (S2): 200.

520003. [総説] IgA腎症とIgA1ヒンジ部位ムチン型糖鎖不全  特集 腎疾患における遺伝子・蛋白質解析─ゲノミックスとプロテオミックス─. 比企能之1, 杉山 敏, 岩瀬仁勇2 (1名誉教授. 2代謝・蛋白): 腎と透析 2005; 58 (3): 331-8.

520004. [総説] 図解: 胃粘液の主体をなす胃ムチンの種類とその機能─生化学的研究および免疫組織化学的研究からわかったこと─. 五艘行信 (代謝・蛋白): Helicobacter Res. 2006; 10: 14-9.

[著 書]

620016. [学術書] (分担執筆) 未来を拓く糖鎖科学 IgA1ヒンジ部位O-結合型糖鎖の不全とIgA腎症, p.363. 岩瀬仁勇 (代謝・蛋白学), 金芳堂, 2005発行.

620017. [学術書] (分担執筆) 未来を拓く糖鎖科学 糖タンパク質よりO-結合型糖鎖の酵素的切り出し, p.6-7. 岩瀬仁勇 (代謝・蛋白学), 金芳堂, 2005発行.

620018. [学術書] (分担執筆) 糖鎖科学の新展開 機能解明・次世代型材料・医薬品開発に向けて IgA腎症研究における新展開, p.194-200. 岩瀬仁勇1, 伊藤昭彦2, 比企能之3 (1代謝・蛋白. 2耳鼻. 3名誉教授), NTS, 2005発行.

[学会・研究会等]

713003. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of neonatal exposurre of tributyltin on rat myelin membranes. 小嶋久子1, 中村和生1, 峰田理恵, 新井雄太2,  田正広1 (1代謝・蛋白. 2解剖): 20th Biennial Meeting of the International Society for Neurochemistry and the European Society for Neurochemistry (2005/8/24), Innsbruck, Austria.

713004. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Glycoform of N-linked oligosaccharide of tonsillar IgA1, and aberrant IgA1 prepared from the serum by asialo-,agalacto-IgA1-Sepharose column and their involvement in IgA nephropathy. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白): XVIII International Symposium on Glycoconjugates (2005/9/5), Firenze, Italy.

713005. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Characterization of oligosaccharide epitope recognized by anti-mucin monoclonal antibody, RGM21, using neoglycoconjugate technology. 五艘行信1, 遠藤雅樹, 栗原 誠, 石原和彦 (1代謝・蛋白): 18th International Symposium on Glycoconjugates (2005/9/8), Firenze.

713006. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Characterization of sulfated oligosaccharide epitope recognized by an anti-mucin monoclonal antibody PGM34. 坪川大悟, 五艘行信1, 澤口 朗, 栗原 誠, 市川尊文1, 菅沼龍夫, 堀田恭子, 石原和彦 (1代謝・蛋白): 18th International Symposium on Glycoconjugates (2005/9/8), Firenze.

713007. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of tea catechin administration on the change in gastro-intestinal mucus in rats. 伊東祐子, 市川尊文1, 池澤智明2, 三枝陽一2, 坪川大伍, 栗原 誠, 五艘行信1, 岡安 勲3, 石原和彦 (1代謝・蛋白. 2消化器内. 3病理): World Congress of Gastroenterology 2005 (2005/9/12), モントリオール (カナダ).

713008. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Glycosphingolipids of cestodes. 中村和生 (代謝・蛋白): 46th Annual Meeting of International Conference on the Bioscience of Lipids (2005/9), Corsica.

722008. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 環境因子 (扁桃感染とIgA1). 岩瀬仁勇 (代謝・蛋白): 第48回日本腎臓学会学術総会 (2005/6/24), 横浜.

723020. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター)ヒト免疫グロブリン産生マウスへのヒト糖鎖不全IgA1持続投与のよる糸球体IgA沈着の検討. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白): 第48回日本腎臓学会学術総会 (2005/6/24), 横浜.

723021. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) IgA腎症研究におけるIgA1糖鎖の重要性. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白): 第25回日本糖質学会年会 (2005/7/22).

723022. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Effects of neonatal exposure to tributyltin on expression of glycoconjugates in the rat brain. 小嶋久子1, 中村和生1, 峰田理恵,  田正広1, 菅野幸子, 玉井洋一 (1代謝・蛋白): 第48回日本神経化学会大会 (2005/9/25), 福岡.

723023. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Comparative study of N-glycan glycoform of control serum IgA1, tonsillar IgA1 and aberrant IgA1 in IgA1-binding protein prepared from serum. 岩瀬仁勇 (代謝・蛋白): 第28回日本生化学会大会 (2005/10/20), 神戸.

723024. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Characterization of epitope oligosaccharide recognized by monoclonal antibody RGM22. 千室智之, 黒山浩之, 五艘行信1, 石原和彦, 栗原 誠 (1代謝・蛋白): 第78回日本生化学会大会 (2005/10/21), 神戸.

723025. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Expression of cannabinoid receptors (CBR) in the mouse strains was studied by using antibodies. 小原 進1, 玉木英明2, Michiko Aruga, 板倉 誠1, 蓮見英世1, 浜崎秀明3 (1代謝・蛋白. 2解剖. 3生物): 第78回日本生化学会大会 (2005/10/22), 神戸.

723026. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) トリブチル錫によるラット脳ミエリンタンパクmRNA発現に対する影響 (ワークショップ講演). 小嶋久子1, 峰田理恵, 中村和生1, 新井雄太2,  田正広1, 菅野幸子 (1代謝・蛋白. 2解剖): 第78回日本生化学会大会 (2005/10/22), 神戸.

723027. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Neonatal exposure of tributyltin affects the mRNA expression on rat brain myelination. 小嶋久子1, 峰田理恵, 中村和生1, 新井雄太2,  田正広1, 菅野幸子 (1代謝・蛋白. 2解剖): 第48回日本生化学会大会 (2005/10/22), 福岡.

723028. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) DSS感受性が相違するmouse系統におけるカンナビノイド受容体の比較. 小原 進 (代謝・蛋白) 第33回日本潰瘍学会 (2005/11), 東京.

733005. [研究会] (一般講演・ポスター) ヒト免疫グロブリン産生マウス (KMマウス) への糖鎖不全IgA1持続投与によるIgA腎症動物モデルの試み (第2報)─合成IgA1ヒンジペプチド前感作の影響─. 岩瀬仁勇 (代謝・蛋白): IgA腎症研究会 (2006/1/28), 東京.

733006. [研究会] (一般講演・ポスター) 血清IgA1, 扁桃IgA1およびAberrant IgA1の血清型糖鎖の解析. 岩瀬仁勇 (代謝蛋白): IgA腎症研究会 (2006/1/28), 東京.


<<遺伝子学>>

[学会・研究会等]

713009. [学会 (国際)] (一般講演) SINE-mediated exon shuffling generated porcine TCR Cgamma3 gene. 亀山孝三 (遺伝子): Gordon Research Conferences (2005/8/1), Queen's college, Oxford, England.

723029. [学会 (全国)] (一般講演) ブタT細胞レセプターγ鎖V, J, C遺伝子の解析. 亀山孝三 (遺伝子): 第28回日本分子生物学会 (2005/12/7), 福岡.


<<薬理学>>

[学術論文]

110023. [原著] Effects of the CYP3A5 genetic polymorphism on the pharmacokinetics of diltiazem. 熊谷雄治 (薬理): Clin Chim Acta 2005; 362 (1-2): 147-54.

110024. [原著] Local and systemic expression of inducible nitric oxide synthase in comparison with that of cyclooxygenase-2 in rat carrageenin-induced pleurisy. 藤沢秀行, 川村道子1, 畑中 公1, 原田芳照 (1薬理): Nitric Oxide-Biology and Chemistry 2005/3; 12 (2): 80-8.

110025. [原著] Effect of MKC-733, a 5-HT receptor partial agonist, on bowel motility and symptoms in subjects with constipation: an exploratory study. 藤田朋恵1, 熊谷雄治1, 馬嶋正隆1 (1薬理): J. Clin Pharm Ther 2005/12; 30 (6): 611-22.

110026. [原著] Population pharmacokinetic-pharmacodynamic modeling of TF-505 using extension of indirect response model by incorporating a circadian rhythm in healthy volunteers. 松本 裕, 熊谷雄治1, 馬嶋正隆1 (1薬理): Biol Pharm Bull. 2005/8; 28 (8): 1455-61.

110027. [原著] Regulatory expression of lipoxin A4 receptor in physiologically estrus cycle and pathologically endometriosis. 本橋恵美, 馬嶋正隆1 (1薬理): Biomed Pharmacother. 2005/7; 59 (6): 330-8.

110028. [原著] Regulation of apical localization of the thiazide-sensitive NaCl cotransporter by WNK4 in polarized epithelial cells. 楊 松昇, 山内小津枝, 頼 建光, 早麻 淳, 蘇原映誠, 鈴木立紀1, 伊藤友浩, 須田 伸, 佐々木 成, 内田信一 (1薬理): Biochemical and Biophysical Research Communications 2005/5; 330 (2): 410-4.

110029. [原著] Intracellular localization of ClC chloride channels and their ability to form hetero-oligomers. 鈴木立紀1, 頼 建光, 早麻 淳, 蘇原映誠, 須田 伸, 伊藤友浩, 内田信一, 佐々木 成 (1薬理): J. Cellular Physiology 2006/3; 206 (3): 792-8.

120003. [原著] 若年健康成人における眼底検査所見の検討. 熊谷雄治 (薬理): 日本醫事新報 2005/5; 4228: 28-31.

210002. [準原著] Prevention of ethanol-induced gastric microcuirculatory disturbances by mild irritant through the action of CGRP angd PGI2. 佐伯威男1, 馬嶋正隆2 (1消化器内. 2薬理): Organ Microcirculation 2005/12.

210003. [準原著] Roles of thromboxane in LPS-induced hepatic microcirculatory dysfunction in mice. 片桐寛之1, 馬嶋正隆2 (1外科. 2薬理): Organ Microcirculation 2005/12.

220001. [準原著] 臨床薬理試験における重篤な有害事象の検討 (二次調査)─臨試協加盟17施設における過去6年, 1,865試験の結果から─. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S310.

220002. [準原著] 過活動膀胱炎治療薬 塩酸プロピベリンのPK/PDのプロファイルの解明. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S 247.

220003. [準原著] 健康成人男性における24時間ホルター心電図の所見. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S240.

220004. [準原著] クレアチニンクリアランス測定時の蓄尿時間に関する検討. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S236.

220005. [準原著] 複数の医療機関における抗菌剤の使用状況の比較調査. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S202.

220006. [準原著] クアゼパム、ニトラゼパム及びジアゼパムの薬物動態及び薬力学への軽食の影響を検討するランダム化オープン, 並行群間, 2期クロスオーバー臨床薬理試験. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S191.

220007. [準原著] 低蛋白食負荷およびネフローゼ腎炎モデルにおけるラット小腸CYP3A遺伝子発現量の変動. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S176.

220008. [準原著] イミダプリンの健康高齢男性における薬物動態と安全性の検討. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S160.

220009. [準原著] 中央治験審査委員会のあり方 1) 治験審査委員の立場から. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36: S129.

220010. [準原著] 心電図QT間隔測定の個体間・個体内変動および測定者間・測定者内変動. 熊谷雄治 (薬理): 第22回日本心電学会学術集会プログラム抄録集 2005; 25 (5): 402.

220011. [準原著] 日本人健康成人に対するAMG531単回皮下投与時の安全性, 認容性, 薬力学及び薬物動態に関する検討 (Assessment of the safety, tolerability, PD and PK of AM G531 in Japanese healthy subjects). 熊谷雄治 (薬理): 第67回日本血液学会, 第47回日本臨床血液学会, プログラム・抄録集 2005: 276.

220012. [準原著] 過活動膀胱治療薬 塩酸プロピベリンの薬動力学的検討. 熊谷雄治 (薬理): 第22回日本TDM学会・学術大会プログラム要旨集 2005: 73.

220013. [準原著] TDM研究の問題点. 熊谷雄治 (薬理): TDM研究 2005; 22 (2): 57-8.

520005. [総説] E14. 心電図QT間隔と臨床試験. 熊谷雄治 (薬理): ファームステージ 2005; 5 (11): 45-56.

520006. [総説] 老齢者における薬物動態の特徴. 熊谷雄治 (薬理): Geriatric Medicine 老年医学 2005; 43 (10): 1571-5.

520007. [総説] 臨床試験におけるIRBの役割, 「臨床試験実施のための臨床薬理学の基礎知識」. 熊谷雄治 (薬理): 臨床薬理 2005; 36 (3): 151-7.

520008. [総説] 生体リズムを生かした投与を行うために. 熊谷雄治 (薬理): Asahi Medical 2005; 6: 56-7.

520009. [総説] キニノゲンの遺伝子, 生合成, 生体内機能. 藤田朋恵1, 馬嶋正隆1 (1薬理): 日本臨床 2005/5; 63 (追補3): 357-62.

520010. [総説) プロスタグランジンと血管新生. 馬嶋正隆 (薬理): 感染と免疫 2006/1; 14 (1): 112-20.

520011. [総説] Bartter, Gitelman, Gordon症候群. 鈴木立紀1, 寺田典生 (1薬理): 腎と透析 2006/1; 60 (1): 152-4.

[著 書]

620019. [学術書] (分担執筆) ファーマナビゲターCOX-2阻害薬編 鎮痛作用. 馬嶋正隆 (薬理), 編 川合真一, メディカルレビュー, 2006/3発行.

620020. [学術書] (分担執筆) ファーマナビゲーターCOX-2阻害薬編 抗炎症作用. 馬嶋正隆 (薬理), 編 川合真一, メディカルレビュー, 2006/3発行.

620021. [その他] (分担執筆) 医学大辞典 30項目. 馬嶋正隆 (薬理), 編 相川直樹ほか, 南山堂, 2006/3発行.

620022. [学術書] (分担執筆) サイトプロテクション 解明が進むプロスタグランジンの生体内での役割. 馬嶋正隆 (薬理), 編 峯徹哉. 癌と化学療法社, 2006/2発行.

620023. [学術書] (分担執筆) 医科薬理学 抗炎症薬. 馬嶋正隆 (薬理), 編 遠藤政夫, 南山堂, 2005/9発行.

620024. [学術書] (共著) GCP不遵守を起こさないプロとコール・SOPの作成 第1章プロトコ−ル作成上の留意点及びプロトコ−ル作成プロセスに関する留意点, p.3-10. 熊谷雄治 (薬理), (株) 情報機構, 2005/9発行.

620025. [学術書] (共著) 有害事象[領域別]の判断・評価法と当局への対応─判断に苦慮したケーススタディと解決策─第2章 臨床症状・臨床所見・バイタルにおける取り扱いと判断・評価・基準, p.87-98. 熊谷雄治 (薬理), (株) 技術情報協会, 2005/8発行.

620026. [学術書] (分担執筆) 健康管理と臨床検査─早期診断を目指して─代謝酵素と副作用, p.251-4. 藤田朋恵 (薬理), 宇宙堂八木書店, 2005/4発行.

[学会・研究会等]

712002. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Roles of angiotensin in tumor-associated angiogenesis. 馬嶋正隆 (薬理): Kinin2005 (2005/5/20).

712003. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Angiotensin Type 1a receptor signaling in host stroma facilitates tunmor-associated angiogenesis. 馬嶋正隆 (薬理): Gordon Research Conference (2005/8/16).

712004. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Stromal PG receptor signaling relevant to tumor-associated angiogenesis. 馬嶋正隆 (薬理): Keystone Symposium (2006/1/13).

712005. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Thromboxane A2 indcuces angiogenesis in acute ischemia. 天野英樹1, 馬嶋正隆2 (1呼吸器外. 2薬理): International Symposium for microcivascular systems biology (2006/2/10).

712006. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Identification of PGE receptor subtypes relevant to gastric mucosal protection. 服部庸一郎1, 馬嶋正隆1 (1薬理): International symposium for microvascular systems biology (2006/2/11).

713010. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Inter-and intra-reader's variability of QT/QTc measurements at an academic clinical pharmacology unit in Japan. 熊谷雄治 (薬理): The use of ECGs in clinical trials: a public discussion of the proposed ICH E14 regulatory guidance (DIA annual Meeting) (2005/4/12), North Bethesda, Maryland, USA.

713011. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Interpretation of the E14 Guideline in Japan. 熊谷雄治 (薬理): QT Prolongation and Safety Pharmacology (2006/3/2), Amsterdam, Netherlands.

713012. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Safety and pharmacokinetics of TAS-108; A novel antiestrogen, in healthy Japanese postmenopausal women. 熊谷雄治 (薬理): American Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics Annual Meeting 2006 (2006/3/10), Baltimore, USA.

713013. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A nationwide survey on serious adverse events in healthy volunteer studies in Japan. 熊谷雄治 (薬理): American Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics Annual Meeting 2006 (2006/3/11), Baltimore, USA.

722009. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 中央治験審査委員会のあり方 1) 治験審査委員の立場から. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会 (2005/12/2), 別府.

722010. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) CGRPの胃粘膜保護作用. 大野 隆, 馬嶋正隆1 (1薬理): 第79回日本薬理学会年会 (2006/3/8), 横浜.

723030. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 過活動膀胱治療薬 塩酸プロピベリンの薬動力学的検討. 熊谷雄治 (薬理): 第22回日本TDM学会・学術大会 (2005/5/21), 沖縄.

723031. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 細胞内膜系ClCクロライドチャネルの細胞内局在とヘテロオリゴマー形成. 鈴木立紀1, 内田信一, 頼 建光, 佐々木 成 (1薬理): 第48回日本腎臓学会学術総会 (2005/6/23), 横浜.

723032. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炎症巣近接リンパ節における樹状細胞のCOX-2発現レベルに対するCOX阻害薬の効果. 中野正史, 川村道子1, 畑中 公1, 原田芳照 (1薬理): 第26回日本炎症・再生医学会 (2005/7/13), 東京.

723033. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本人健康成人に対するAMG531単回皮下投与時の安全性, 認容性, 薬力学及び薬物動態に関する検討. 熊谷雄治 (薬理): 第67回日本血液学会, 第47回日本臨床血液学会 (2005/9/18) 横浜.

723034. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心電図QT間隔測定の個体間・個体内変動および測定者間・測定者内変動. 熊谷雄治 (薬理): 第22回日本心電学会学術集会 (2005/10/70), 富山.

723035. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) イミダプリンの健康高齢男性における薬物動態と安全性の検討. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1), 別府.

723036. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低蛋白食負荷およびネフローゼ腎炎モデルにおけるラット小腸CYP3A遺伝子発現量の変動. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1), 別府.

723037. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クアゼパム, ニトラゼパム及びジアゼパムの薬物動態及び薬力学への軽食の影響を検討するランダム化オープン, 並行群間, 2期クロスオーバー臨床薬理試験. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1), 別府.

723038. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 複数の医療機関における抗菌剤の使用状況の比較調査. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1) 別府.

723039. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クレアチニンクリアランス測定時の蓄尿時間に関する検討. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1) 別府.

723040. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 健康成人男性における24時間ホルター心電図の所見. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1), 別府.

723041. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 過活動膀胱炎治療薬 塩酸プロピベリンのPK/PDのプロファイルの解明. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1), 別府.

723042. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 臨床薬理試験における重篤な有害事象の検討 (二次調査)─臨試協加盟17施設における過去6年, 1,865試験の結果から─. 熊谷雄治 (薬理): 第26回日本臨床薬理学会年会 (2005/12/1), 別府.

723043. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性炎症モデル後期相におけるCOX-1およびCOX-2産物の役割の違い. 中野正史, 川村道子1, 畑中 公1, 原田芳照 (1薬理): 第79回日本薬理学会年会 (2006/3/10), 横浜.

733007. [研究会 (地方)] (一般講演・ポスター) 女児における体温リズムの発達. 熊谷雄治 (薬理): 第6回NCS研究会 (2005/10/15), 東京.

733008. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Academic Research Organization (ARO) の現状と展望─北里大学における取り組み─. 熊谷雄治 (薬理): 第6回大分大学医学部付属病院治験推進セミナー (2006/3/14), 大分.


<<微生物・寄生虫学>>

[学術論文]

110030. [原著] Characterization of ermB gene transposition by Tn1545 and Tn917 in macrolide-resistant Streptococcus pneumoniae isolates. 沖津尚弘1, Kaieda S, Yano H, 中野竜一1, Hosaka Y, 岡本了一1, Kobayashi T, 井上松久1 (1微・寄生虫): J Clin Microbiol 2005; 43: 168-73.

110031. [原著] Investigation about the homogeneity of nasopharyngeal microflora at the different location of nasopharynx of children with acute otitis media. Kaieda S, Yano H, 沖津尚弘1, Hosaka Y, 岡本了一1, 井上松久1, Takahashi H (1微・寄生虫): Int J Pediatr Otorhinolaryngol 2005/7; 69: 959-63.

110032. [原著] Gene mutations responsible for overexpression of AmpC beta-lactamase in some clinical isolates of Enterobacter cloacae. 兼子謙一1, 岡本了一1, 中野竜一1, Kawakami S, 井上松久1 (1微・寄生虫): J Clin Microbiol 2005/6; 43: 2955-8.

110033. [原著] In vitro investigation of the indirect pathogenicity of beta-lactamase-producing microorganisms in the nasopharyngeal microflora. Kaieda S, Yano H, 沖津尚弘1, Hosaka Y, 岡本了一1, 井上松久1, Takahashi H (1微・寄生虫): Int J Pediatr Otorhinolaryngol 2005/4; 69: 479-63.

110034. [原著] Genetic diversity of the C protein beta-antigen gene and its upstream regions within clonally related groups of type Ia and Ib group B streptococci. Nagano N, Nagano Y, 中野竜一1, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄生虫): Microbiology 2006/3; 152: 771-8.

110035. [原著] Immune responses to Nippostrongylus brasiliensis and tuberculin protein in GATA-3-transgenic mice. 玉内秀一1, 小沢秀行, 伊藤 守, 寺島正純, 井上松久1, 穂積勝人, 垣生園子, 渡辺直煕 (1微・寄生虫): Immunol. Lett. 2005; 99: 228-35.

110036. [原著] Suppression of Th2 immune responses by mekabu fukoidan from undaria ponnatifida sporophylls. 丸山弘子1, 玉内秀一2, 橋本 実, 仲野隆久 (1医療衛生学部病理. 2微・寄生虫): Int. Arch. Allergy Immunol. 2005; 137: 289-94.

110037. [原著] Oral antigen induces antigen-specific activation of intraepithelial CD4+ lymphocytes but suppresses their activation in spleen. 玉内秀一1, 吉田由紀, 佐藤健人, 八村敏志, 井上松久1, 上野川修一, 垣生園子 (1微・寄生虫): Immunobiology 2005; 210: 709-21.

110038. [原著] Role of mucosal immunity dependent on GATA-3 in glomerular IgA deposition. 山中貴博, 玉内秀一1, 鈴木裕介, 鈴木 仁, 掘越 哲, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己 (1微・寄生虫): Nephrology 2005; 10: 441.

110039. [原著] Dendritic cell expansion occurs in mesenteric lymph nodes of B10.BR mice infected with the murine nematode parasatie Trichuris muris. 小山浩一 (微・寄生虫): Parasitology Research 2005; 97 (3): 186-90.

110040. [原著] Biochemical characterization of an effective substrate and potent activation of CK2 copurified with Bowman-Birk-type proteinase inhititor from soybean seed in vitro. 片野泰代, 鎌田弥生, 上野喬士, 古屋禎祐, 中村 健1, 大槻健蔵 (1微・寄生虫): Biochim. Biophis. Acta 2005; 1725: 47-56.

110041. [原著] Tumor-specific cytotoxicity of 3,5-dibenzoyl-1,4-dihydropyridines. Reza S, 橋本 K, 室谷 Y, 川瀬 M, Shah A, 佐藤 K, 菊池 H, 西川 H, 牧  純1, 坂上 宏 (1微・寄生虫): Anticancer Research 2005; 25 (3): 2033-8.

110042. [原著] Inhibition of branching morphogenesis of mouse fetal submandibular gland by sodium fluoride-protection by epidermal growth factor. Naka T1, Maruyama S1, NagaoT1, Takayama F1, 牧  純2, YasuiT1, Sakagami H1, Ohkawa S1 (1明海大. 2微・寄生虫): In Vivo 2005/8; 19: 327-34.

110043. [原著] Macrofilaricidal and microfilaricidal effects of Neurolaena lobata, a Guatemalan medicinal palant, on Brugia pahangi. 藤巻康教, Kamachi T, 柳 T, A Caceres, 牧  純1, 青木克己2 (1微・寄生虫. 2熱研): Journal of Helminthology 2005/4; 79: 23-8.

120004. [原著] 新規殺菌セラミックによるLegionella pneumophila殺菌効果に及ぼす温泉泉質の影響 (Antimicrobial ceramic for killing Legionella pneumophila in hot spring waters). 笹原武志1, 奥田舜治, 菊野理津子, 佐藤義則1, 関口朋子1, 高山陽子2, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2臨検診): 感染症学雑誌 2005/3; 79 (3): 157-60.

120005. [原著] β-ラクタマーゼ産生菌に対するdoripenemの抗菌力. 岡本了一1, 中野竜一1, 佐藤優子2, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2予防医学系): 日本化学療法学会雑誌 2005; 51 (S-1): 47-51.

120006. [原著] Pseudomonas aaeruginosaに対するカルバペネム系抗菌薬間の抗菌作用の比較. 島内千恵子, 兼子謙一1, 佐藤義則1, 佐藤優子2, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2予防医学系): 日本化学療法学会雑誌 2005/12; 53 (12): 732-40.

120007. [原著] Moxifloxacinのin vitro抗菌力の検討. 井上松久1, 佐藤優子2, 岡本了一1 (1微・寄生虫. 2予防医学系): 日本化学療法学会雑誌 2005/12; 53 (S-3): 16-20.

120008. [原著] 糸球体IgA沈着におけるTh2型粘膜免疫反応の役割. 山中貴博, 玉内秀一1, 鈴木裕介, 掘越 哲, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己 (1微・寄生虫): 順天堂医学 2005/12; 51 (4): 540-7.

120009. [原著] 新規殺菌セラミックによるLegionella pneumophila殺菌効果に及ぼす温泉泉質の影響 (Antimicrobial ceramic for killing Legionella pneumophila in hot spring waters). 笹原武志1, 奥田舜治, 菊野理津子, 佐藤義則1, 関口朋子1, 高山陽子2, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2臨検診): 感染症学雑誌 2005/3; 79 (3): 157-60.

210004. [短報] AmpC beta-lactamase-mediated cefpodoxime-resistant Escherichia coli isolated from faecal samples of healthy volunteers. 兼子謙一1, 佐藤義則1, Tokunaga S, Tamaki S, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄生虫): J antimicrob Chemother 2006/2; 57: 369-71.

210005. [短報] A brief note on the Sannaimaruyama-Iseki remains of the Jomon period in Aomori prefecture. 牧  純1, 古舘専一2, 久米 光3, 岡田充史4, 井上葉子4, 坂上 宏, 丸山七郎,  田正広5 (1微・寄生虫. 2実動. 3病理. 4予防医学系. 5代謝・蛋白): The Kitasato Medica Journal 2005/3; 35 (1): 35-6.

520012. [総説] 基礎の立場からみた多剤耐性グラム陽性菌の現状と問題点. 岡本了一 (微・寄生虫): BIO Clinica 2005; 20: 18-23.

520013. [総説] 特集「感染症研究の進歩とその臨床的インパクト」β-ラクタマーゼ. 岡本了一 (微・寄生虫): THE LUNG perspective 2005; 13: 241-4.

H16年度 訂正後再録
H16-110001. [原著] A Klebsiella pneumoniae producing three kinds of class A beta-lactamases encoded by one single plasmid isolated from a patient in Huashan Hospital, Shanghai, China. Xiong Z1, Zhu D1, Wang F1, Zhang Y1, 岡本了一2, 井上松久2 (1Fudan Univ. 2微・寄生虫): Int J Antimicrob Agents. 2004; 23 (3): 262-267.

H16-110002. [原著] CFE-1, a Novel Plasmid-Encoded AmpCβ-Lactamase with an ampR Gene Originating from Citrobacter freundii. 中野竜一1, 岡本了一2, 中野百実子2, 兼子謙一2, 沖津尚弘2, 保坂美生3, 井上松久2 (1大学院医療系研究科・微. 2微・寄生虫. 3内T): Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2004; 48 (4): 1151-1158.

H16-110003. [原著] A comparison of the microbiological characteristcs of Neisseria gonorrhoeae isolated from male and femalepatienta with gonorrhea. Takeshi Saika1, Intetsu Kobayashi1, 井上松久2 (1三菱化学BCL. 2微・寄生虫): Chemotherapy 2004; 50 (2): 92-97.

H16-110004. [原著] Down-regulation of lipoxin A4 receptor by thromboxane A2 signaling in RAW246.7 cells in vitro and bleomycin-induced lung fibrosis in vivo. 佐藤義則1, 北里英郎2, 村上洋介2, 橋本 篤3, 遠藤平仁3, 近藤啓文3, 井上松久2, 林  泉4 (1大学院医療系研究科・微. 2微・寄生虫. 3内X. 4薬理): Biomedicine & Pharmacotherapy 2004; 58: 381-387.

H16-110005. [原著] Characterization of ermB Gene Transposition by Tn1545 and Tn917 in Macrolide-Resistant Streptococcus pneumoniae Isolates. 沖津尚弘1,3, Satoru Kaieda2, Hisakazu Yano3, 中野竜一1, 保坂美生4, 岡本了一1, Toshimitsu Kobayashi3, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2長崎大. 3東北大. 4内T): Journal of Clinical Microbiology 2005; 43 (1): 168-173.

H16-110006. [原著] Use of the Restriction Enzyme EcoRI for Pulsed-Field Gel Electrophoretic Analysis of Helicobacter pylori. 保坂美生2, 入野田 一彦1, 中野竜一1, 田邉 聡2, 小泉和三郎2, 西元寺克禮2, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2内T): Journal of Clinical Microbiology 2005; 43 (2): 931-932.

H16-110007. [原著] Establishment of rat model of acute staphylococcal osteomyelitis: Relationship between inoculation dose and development of osteomyelitis. 福島宣明1, 横山一彦1, 笹原武志2, Yoh Dobashi3, 糸満盛憲1 (1整外. 2微・寄生虫. 3山梨大): Arch. Orthop. Traum. Surg. 2005; 125 (3): 169-176.

H16-120001. [原著] β-ラクタム系抗菌薬の初期殺菌能. 松田耕二1, 井上松久2 (1万有製薬. 2微・寄生虫): 日本化学療法学会雑誌 2005; 53 (1): 1-4.

[著 書]

620027. [その他] (分担執筆) 医学英和大辞典 改訂12版. 笹原武志 (微・寄生虫), 編 佐藤登志郎, 西元寺克禮, 南山堂, 2005/3発行.

620028. [学術書] (共著) アレルギー科 Allergology GATA3 アトピー性皮膚炎モデルにおける薬剤効果, p.246-52. 玉内秀一1, 天羽康之2 (1微・寄生虫. 2皮膚), 編 伊藤幸治, 今野昭義, 玉置邦彦, 羅 智靖, 科学評論社, 2005/9発行.

620029. [学術書] (共著) 機能性食品と薬理栄養 フコイダン, p.229-34. 玉内秀一1, 丸山弘子2 (1微・寄生虫. 2医療衛生学部病理), 編 近藤和雄, 日本医学中央会, 2005/10発行.

620030. [学術書] (分担執筆) 基礎病原微生物学 化学療法薬に対する耐性, p.342-51. 岡本了一 (微・寄生虫), 編 檀原宏文, 田口文章, 廣川書店, 2005/8発行.

[学会・研究会等]

713014. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Role of mucosal immunity in glomerular IgA deposition −relation with pathogenesis of IgA nephropathy−. 山中貴博, 玉内秀一1, 鈴木裕介, 鈴木 仁, 掘越 哲, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己 (1微・寄生虫): 3rd World Congress of Nephrology (2005/6/27).

713015. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Glomerular IgA deposition through Th2-dominant mucosal immune responses. 玉内秀一1, 山中貴博, 鈴木 仁, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己, 鈴木祐介, 柘植俊直 (1微・寄生虫): American Society of Nephrology 38th Annual Renal Week Meeting (2005/11/10).

713016. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Glomerular IgA deposition through Th2-dominant mucosal immune responses. 山中貴博, 玉内秀一1, 鈴木裕介, 鈴木 仁, 掘越 哲, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己 (1微・寄生虫): 6th Kaohsinng-Tokyo Nephrology Conference (2005/11/28).

713017. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Outbreak of CTX-M-2 groupβ-lactmase producing Proteus mirabilis in Japan. 中野竜一1, 岡本了一1, Maeyama Y, Ishikawa N, Abe M, 井上松久1 (1微・寄生虫): 45th International Conference on Antimicrobial Agents and Chemother (ICAAC) (2005/12), Washington, D.C., USA.

721002. [学会 (全国)] (ハイライト) 社会と薬学:薬用植物の価値の再発見─風土病対策への有効利用 (研究ノート)─. 牧  純 (微・寄生虫): 日本薬学会第126年会講演ハイライト (2006/3/29), せんだいメデイアアーク.

723044. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ELID法により鏡面仕上げを施した人工骨頭材料 (Co-Cr合金) の細胞毒性評価. 秋濃裕香子, 鶴見博照, 水谷正義, 小茂鳥潤, 片平和俊, 大森 整, 玉内秀一1 (1微・寄生虫): 第55回期日本精密工学会通常総会・学術集会 (2005/3/16).

723045. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 貝類汚染Cryptosporidiumの遺伝子解析. 笹原武志1, 中村 健1, 関口朋子1, 高山陽子2, 奥田舜治, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2臨検診): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723046. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 銅管のLegionella pneumophilaに対する抗菌効果. 菊野理津子, 笹原武志1, 嶋崎典子, 奥田舜治, 井上松久1 (1微・寄生虫): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723047. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) PFGE解析から見た浴槽水のLegionella属菌の汚染分布. 笹原武志1, 菊野理津子, 奥田舜治, 高山陽子2, 北里英郎3, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2臨検診. 3医療衛生学部): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/15), 名古屋.

723048. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Legionella属菌除染対策における銅管活用に関する基礎的研究. 笹原武志1, 菊野理津子, 斎藤晴夫, 関口朋子1, 高山陽子2, 柴田水矢子, 奥田舜治, 井上松久1, 横井弘明 (1微・寄生虫. 2臨検診): 第56回全国水道研究発表会 (2005/5/19).

723049. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ジャイレース/トポイソメラーゼ・変異をともなうキノロン耐性の高頻度伝達性プラスミド共存下での伝達性について. 岡本了一1, 石川直人, 佐藤優子2, 中野竜一1, 前山佳彦, 長野則之, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2予防医学系): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5), 東京.

723050. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) レボフロキサシン耐性大腸菌の血清型について. 石川直人, 前山佳彦, 中野竜一1, 長野則之, 井上松久1, 岡本了一1 (1微・寄生虫): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5), 東京.

723051. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県下で実施したβ-lactamase産生菌の実態調査. 前山佳彦, 中野竜一1, 石川直人, 井上松久1, 岡本了一1 (1微・寄生虫): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5), 東京.

723052. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) AmpCラクタマーゼ産生に関与するAmpGの解析. 中野百実子1, 中野竜一1, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄生虫): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5), 東京.

723053. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糸球体へのIgA沈着と粘膜免疫の関連性─IgA腎症の発症機序の解明にむけて─. 山中貴博, 玉内秀一1, 鈴木裕介, 鈴木 仁, 掘越 哲, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己 (1微・寄生虫): 日本腎臓学会総会 (2005/6/24).

723054. 学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メカブ由来フコイダンの抗原反復刺激誘発アトピー性皮膚炎モデルにおける効果. 丸山弘子, 飯塚真里子, 橋本 実, 福寿宏樹, 玉内秀一1 (1微・寄生虫): 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2005/10/20), 盛岡.

723055. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Nippostrongylus brasiliensis 感染におけるGATA-3転写因子の役割. 玉内秀一1, 小沢秀行, 伊藤 守, 寺島正純, 穂積勝人, 垣生園子, 渡辺直煕 (1微・寄生虫): 第35回日本免疫学会総会・学術集会 (2005/12/15), 横浜.

723056. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Th2優位な粘膜免疫は糸球体へのIgA沈着を誘導する─IgA腎症の発症機序の解明にむけて─. 山中貴博, 玉内秀一1, 鈴木裕介, 鈴木 仁, 拓植俊直, 掘越 哲, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己 (1微・寄生虫): 第35回日本免疫学会総会・学術集会 (2005/12/15), 横浜.

723057. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 環境感染症対策への薬用植物の有効利用に関する社会薬学的研究. 牧 純1, 阿部フミ子, 山内辰郎, 岡部 光, R. Reyers-Chilpa, 赤羽啓栄, 丸山七郎, 坂上 宏,  田正弘2 (1微・寄生虫. 2代謝・蛋白): 第126年会日本薬学会 (2006/3/29), 仙台.

733009. [地方会] (一般講演・ポスター) 神奈川県下で実施したβ-ラクタマーゼ産生菌の実態調査. 前山佳彦, 中野竜一1, 石川直人, 阿部美知子, 井上松久1, 岡本了一1 ( 1微・寄生虫): 第18回「遺伝子とその周辺」(2005/8), 十和田市.

733010. [地方会] (一般講演・ポスター) フルオロキノロン耐性大腸菌における血清型. 石川直人, 中野竜一1, 前山佳彦, 長野則之, 井上松久1, 岡本了一1 (1微・寄生虫): 第18回「遺伝子とその周辺」(2005/8), 十和田市.

733011. [地方会] (一般講演・ポスター) 眼科に於けるPAE, PA-SME, SME. 坂本則敏2, 井上松久1, 兼子謙一1, 清水公也2 (1微・寄生虫. 2眼科): 第41回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2005/10/13), 神奈川.

733012. [学会 (地方] (一般講演・ポスター) 臨床より分離されたセフェム系薬耐性Proteus mirabilisの分子疫学調査ならびに耐性拡散の背景. 中野竜一1, 岡本了一1, 前山佳彦, 石川直人, 阿部美知子, 井上松久1 (1微・寄生虫): 第52回日本化学療法学会東日本支部総会 (2005/10), 東京.

733013. [学会 (地方] (一般講演・ポスター) プラスミド性AmpC, Metallo-β-ラクタマーゼおよびCTX-M型ESBL産生菌の分子疫学調査ならびに耐性拡散の背景. 前山佳彦, 中野竜一1, 石川直人, 阿部美知子, 井上松久1, 岡本了一1 (1微・寄生虫): 第52回日本化学療法学会東日本支部総会 (2005/10), 東京.

733014. [学会 (地方] (一般講演・ポスター) 同一患者の臨床材料由来に認められたCTX-M-18β-ラクタマーゼ遺伝子の多様性. 長野則之, 長野由紀子, 石川直人, 中野竜一1, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄生虫): 第52回日本化学療法学会東日本支部総会 (2005/10), 東京.

733015. [研究会] (一般講演・ポスター) ジャイレースおよびトポイソメラーゼIV変異をともなうキノロン耐性伝達の可能性について. 岡本了一1, 石川直人, 佐藤優子2, 中野竜一1, 前山佳彦, 長野則之, 井上松久1 (1微・寄生虫. 2予防医学系): 第3回薬剤耐性菌研究会 (2005/11), 群馬県伊香保町.

733016. [研究会] (一般講演・ポスター) 大腸菌におけるレボフロキサシン耐性化の検討. 岡本了一1, 長野則之, 中野竜一1, 前山佳彦, 井上松久1, 石川直人 (1微・寄生虫): 第3回薬剤耐性菌研究会 (2005/11), 群馬県伊香保町.

733017. [研究会] (一般講演・ポスター) 臨床分離されたセフェム系薬高度耐性Proteus mirabilisの現状. 中野竜一1, 岡本了一1, 前山佳彦, 石川直人, 阿部美知子, 井上松久1 (1微・寄生虫): 第3回薬剤耐性菌研究会 (2005/11), 群馬県伊香保町

733018. [研究会] (一般講演・ポスター) 臨床分離株におけるβ-ラクタマーゼ産生菌の実態. 前山佳彦, 中野竜一1, 石川直人, 阿部美知子, 井上松久1, 岡本了一1 (1微・寄生虫): 第3回薬剤耐性菌研究会 (2005/11), 群馬県伊香保町.

733019. [研究会] (一般講演・ポスター) 同一患者に認められたKlebsiella pneumoniaeの血清型K2に起因する重症上部尿路感染症とCTX-M-15β-ラクタマーゼ産生血清型K1に起因する下部尿路感染症. 長野則之, 長野由紀子, 中野竜一1, 岡本了一1, 井上松久1 (1微・寄生虫): 第3回薬剤耐性菌研究会 (2005/11), 群馬県伊香保町.

733020. [研究会] (一般講演・ポスター) 糸球体IgA沈着におけるGATA-3依存性粘膜免疫の関与について. 玉内秀一1, 山中貴博, 富野康日己, 掘越 哲, 垣生園子, 鈴木裕介, 鈴木 仁 (1微・寄生虫): 第28回IgA腎症研究会 (2005/1/29), 東京.

733021. [研究会] (一般講演・ポスター) Glomerular IgA deposition through Th2-dominant mucosal immune responses. 山中貴博, 玉内秀一1, 鈴木裕介, 鈴木 仁, 掘越 哲, 寺島正純, 垣生園子, 富野康日己 (1微・寄生虫): 第12回東京国際IgA腎症セミナー (2005/10/20), 東京.


<<病理学>>

[学術論文]

110044. [原著] Significant correlation of morphological remodeling in ulcerative colitis with disease duration and between elevated p53 and p21WAF1 expression in rectal mucosa and neoplastic development. 三橋 淳1, 三上哲夫1, 西元寺克禮2, 岡安 勲1 (1病理. 2消化器内): Pathol International 2005; 55: 113-21.

110045. [原著] Effectiveness of antibiotic combination therapy in patients with active ulcerative colitis: A randomized, controlled pilot trial with long-term follow-up. 大草敏史, 野村哲也, Terai T, Miwa H, Kobayashi O, Hojo M, Takei Y, Ogihara T, Hirai S, 岡安 勲1, Sato N (1病理): Scandinavian J Gastroenterology 2005; 40: 1334-42.

110046. [原著] Mucosa-associated bacteria in ulcerative colitis before and after antibiotic combination therapy. 野村哲也, 大草敏文, 岡安 勲1, 吉田 功1, Sakamoto M, Hayashi H, Benno Y, Hirai S, Hojo M, Kobayashi O, Terai T, Miwa H, Takei Y, Ogihara T, Sato N (1病理): Alimentary Pharmacology & Therapeutics 2005/4; 21 (8): 1017-27.

110047. [原著] Bottom up cell proliferation with cyclin A and p27Kip1 expression in ulcerative colitis-associated dysplasia. 三上哲夫1, 吉田 功1, 白石廣照, 徳山 宣1, 本告 匡1, 岡安 勲1 (1病理): Pathology International 2006/1; 56 (1): 10-6.

110048. [原著] Disruption of the p53 – p53R2 DNA repair system in ulcerative colitis contributes to colon tumorigenesis. 吉田 功1, 芳賀しおり, 沼田賀子2, 山下和也, 三上哲夫1, 小川大志3, 大草敏文, 岡安 勲1 (1病理. 2形態系. 3消化器内): International J Cancer 2006/3; 118 (6): 1395-403.

110049. [原著] Upregulation of TCF4 expression as a transcriptional target of beta-catenin/p300 complexes during trans-differentiation of endometrial carcinoma cells. 三枝 信1, 橋村美紀2, 桑田 健3, 浜野美恵子4, 岡安 勲1 (1病理. 2形態系. 3癌研. 4培養センター): Laboratory Investigation 2005/6; 85 (6): 768-79.

110050. [原著] High expression of skp2 correlates with poor prognosis in endometrial endometrioid adenocarcinoma. 渡邉 純 (病理): J. Cancer Res. Clin. Oncol. 2005; 131: 591-6.

110051. [原著] Lymph node pathway in the spread of endometrial carcinoma. 渡邉 純 (病理): Eur. J. Gynaec. Oncol. 2005; 26: 167-9.

110052. [原著] Small-cell carcinoma of the uterine cervix: a clinicopathologic study of 11 cases. 渡邉 純 (病理): Int. J. Gynecol. Cancer 2005; 15: 295-300.

110053. [原著] Multicenter evaluation of commercial frozen plates fir microdilution broth antifugal susceptibility testing of yeasts and comparison of MIC limits recommended in NCCLS M227-A2. 槙村浩一, 小栗豊子, 三上 譲, 久米 光1, 阿部美知子, 池田玲子, 篠田孝子 (1病理): Microbiology and Immunology 2005; 49 (2): 97-106.

120010. [原著] 白血病 (MDSを含む) 剖検例における内臓真菌症の疫学─日本病理剖検輯報 (1990, 1994, 1998, 2002年版) の解析. 久米 光1, 山崎敏和, 阿部美知子, 田沼弘之, 奥平雅彦, 岡安 勲1 (1病理): 日本医真菌学会誌 2006/1; 47 (1): 15-24.

310001. [症例] A microscopic adenocarcinoma of the stomach with pulmonary tumor thrombotic microangiopathy in a 17-year-old male. 原 敦子1, 一戸昌明1, 岡安 勲1 (1病理): Pathology Research and Practice 2005; 201 (6): 457-61.

[著 書]

620031. [学術書] (分担執筆) 基礎病原微生物学 第2編, 第3章 病原体の病原性因子, p.207-60, 第3編, 第2章 病原真菌学, p.504-22. 久米 光 (病理), 編 田口文章, 檀原宏文, 広川書店, 2005発行.

620032. [学術書] (分担執筆) 基礎病原微生物学 第1編, 第4章 微生物の分類学, p.30-41, 第6章 微生物の構造体, p.55-80, 第7章 微生物の代謝, p.81-10, 第8章 微生物の増殖と培養, p.101-30. 久米 光 (病理), 編 田口文章, 檀原宏文, 広川書店, 2005発行.

620033. [学術書] (分担執筆) スタンダード 微生物学 各論2, 4. 真菌, p.337-43. 阿部美知子, 久米 光1 (1病理), 文光堂, 2005発行.

620034. [学術書] (分担執筆) 臨床検査法提要 第32版 真菌検査, p.1037-44. 阿部美知子, 久米 光1 (1病理), 金原出版, 2005発行.

[学会・研究会等]

713018. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Reactive stroma in needle biopsies predicts biochemical recurrence-free survival in patients after radical prostatectomy. 柳澤信之 (病理): United States and Canadian Academy of Pathology 94th Annual Meeting 2005 (2005/3), San Antonio, TX.

713019. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Proliferation and apoptosis in prostate cancer and the perineural space: a phenotypic change related to survival. 柳澤信之 (病理): United States and Canadian Academy of Pathology 94th Annual Meeting 2005 (2005/3), San Antonio, TX.

713020. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Pathological features of prostatic adenocarcinoma in radical cystoprostatectomy specimens removed for bladder cancer. 柳澤信之 (病理): United States and Canadian Academy of Pathology 94th Annual Meeting 2005 (2005/3), San Antonio, TX.

721003. [学会 (全国)] (特別講演) 変異型beta-カテニンによる子宮内膜癌細胞の増殖抑制・分化誘導機構の証明. 三枝 信 (病理): 第51回日本病理学会秋期特別総会 (2005/11/18), 東京.

723058. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜癌細胞へのプロゲステロン受容体遺伝子導入とプロゲステロン効果およびその作用機序の解析. 渡邉 純 (病理): 第57回日本産科婦人科学会学術講演会 (2005/4/3), 京都.

723059. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体部明細胞癌の生物学的特性の検討. 渡邉 純 (病理): 第57回日本産科婦人科学会学術講演会 (2005/4/3), 京都.

723060. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸腺腫―癌連関の腫瘍発生機序における間質遺伝子不安定性の関与―. 吉田 功1, 石黒香代, 沼田賀子2, 木夘下弘子, 小川大志3, 岡安 勲1 (1病理. 2形態系. 3消化器内): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/14), 横浜.

723061. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎関連腫瘍におけるMGMTとhMLH1のプロモータのメチル化とその発現. 三上哲夫1, 沼田賀子2, 徳山 宣1, 吉田 功1, 岡安 勲1 (1病理. 2形態系): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/14), 横浜.

723062. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Barrett癌における上皮と間質の遺伝子異常. 白石廣照, 三上哲夫1, 吉田 功1, 岡安 勲1 (1病理): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/14), 横浜.

723063. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高悪性度胃neuroendocrine carcinomaの組織診断基準の提唱とその生物学的特徴. 蒋 世旭1, 三上哲夫1, 梅沢敦子, 鶴田智子, 岡安 勲1 (1病理): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/15), 横浜.

723064. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 粘膜下嚢胞合併胃癌では分化型癌が多く, 粘膜筋板の肥厚, 腸上皮化生が強い. 一戸昌明1, 原 敦子1, 三上哲夫1, 岡安 勲1 (1病理): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/15), 横浜.

723065. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 甲状腺乳頭癌におけるサイトカインと線維化機構. 川久保安朗, 佐藤雄一, 蒋 世旭1, 鶴田智子, 岡安 勲1 (1病理): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/15), 横浜.

723066. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) beta-カテニン/p300依存性TCF4発現による子宮内膜癌細胞の分化誘導促進. 三枝 信1, 橋村美紀2, 桑田 健3, 浜野美恵子4, 岡安 勲1 (1病理. 2形態系. 3癌研. 4培養センター): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/15), 横浜.

723067. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜癌細胞株におけるエストロゲンによる細胞周期制御効果. 渡邉 純 (病理): 第94回日本病理学会春期特別総会 (2005/4/15), 横浜.

723068. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜癌細胞へのPR受容体遺伝子導入とプロゲステロン効果およびその作用機序の解析. 渡邉 純 (病理): 第46回日本臨床細胞学会総会春期大会 (2005/5/26), 福岡.

723069. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体部明細胞癌の細胞所見の検討. 渡邉 純 (病理): 第46回日本臨床細胞学会総会春期大会 (2005/5/26), 福岡.

723070. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵巣癌の生物学的悪性度に関する免疫組織学的検討. 渡邉 純 (病理): 日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2005), 和歌山.

723071. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜細胞診におけるThinlayer標本の診断制度に関する検討と問題点. 渡邉 純 (病理): 日本臨床細胞学会秋期大会 (2005), 奈良.

723072. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Thinlayer法と免役細胞化学染色による子宮内膜癌の予後判定. 渡邉 純 (病理): 日本臨床細胞学会秋期大会 (2005), 奈良.

723073. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マラセッチア属菌の選択分離培地および生化学的同定用培地の検討─分子生物学的方法との比較─. 阿部美知子, 小川善資, 久米 光1, 前島英樹2, 勝岡憲生2 (1病理. 2皮膚): 第16回日本臨床微生物学会 (2005), 京都.

731002. [研究会] (特別講演) IBDの分子病理と基礎的研究. 岡安 勲 (病理): 第30回日本病理学会関東支部学術集会 (2006/3/18), 東京.

733022. [地方会] (一般講演・ポスター) Endometrial stromal noduleの一例. 原 敦子 (病理): 神奈川県病理医会 (2005/1/8).

733023. [地方会] (一般講演・ポスター) 不整な大型核を持つ異型細胞が出現した皮下結節. 徳山 宣 (病理): 神奈川県病理医会第81回例会 (2005/7/16), 横浜市.


<<衛生学・公衆衛生学>>

[学術論文]

110054. [原著] Changes in fluoride levels in the liver, kidney, and brain and in neurotransmitters of mice after subacute administration of fluoride. 角田正史1, 相澤好治1, 中野 憲2, Liu Yang3, 堀内俊孝4, 板井一好5, 角田文男5 (1衛生. 2福島衛生研究所. 3中国医大. 4日本大. 5岩手医大): Fluoride 2005/11; 38 (4): 284-92.

110055. [原著] Subacute administration of tributyltin chloride modulates neurotransmitters and their metabolites in discrete brain regions of maternal mice and their F1 offspring. 角田正史1, 相澤好治1, 紺野信弘2, Kimura K, 杉田 (小西) 良子3 (1衛生. 2郡山女子大. 3国立医薬品食品衛生研究所): Toxicology and Industrial Health 2006; 22: 15-25.

110056. [原著] Behavior of new type of rock wool (HT Wool) in lungs after exposure by nasal inhalation in rats. 工藤雄一朗1, 柴田香里1, 三木猛生1, 石橋美生1, 細井 香1, 佐藤敏彦1, 神山宣彦2, 相澤好治1 (1衛生. 2東洋大): Environ. Health Prev. Med. 2005/9; 10 (5): 239-48.

110057. [原著] Early outcome of a randomized comparison of off-pump and on-pump multiple arterial coronary revascularization. Kobayashi J, Tashiro T, Ochi M, Yaku H, Watanabe G, 佐藤敏彦1, Taguchi O, Nakajima H, Kitamura S (1衛生): Circulation 2005/8; 112 (9 suppl): I338-43.

110058. [原著] Job strain, worksite support, and nutrient intake among employed Japanese men and women. 川上憲人1, Tsutsumi A, 原谷隆史2, 小林章雄3, 石崎昌夫4, 林 剛5, 藤田 定6, 相澤好治7, 宮崎彰吾8, 廣 尚典8, 桝元 武9, 橋本修二10, 荒記俊一11 (1岡山大. 2産業医学総合研究所. 3,愛知医大. 4金沢医大. 5日立. 6愛知教育大. 7衛生. 8こうかん会. 9三菱化学. 10藤田保健衛生大. 11産業医学総合研究所): J Epidemiology 2006/3; 16 (2): 79-87.

120011. [原著] シックハウス症候群の臨床分類. 石橋美生1, 遠乗秀樹1, 三木猛生1, 和田耕治1, 角田正史1, 坂部 貢2, 宮田幹夫3, 石川 哲3, 相澤好治1 (1衛生. 2薬学部. 3北里研究所): 臨床環境医学 2005/6; 14 (1): 46-52.

120012. [原著] 職域定期健康診断受診者の満足度に関する研究. 工藤安史1, 佐藤敏彦1, 細井 香1, 三輪祐一2, 相澤好治1 (1衛生. 2東京都予防医学協会): 総合健診 2005/5; 32 (3): 287-93.

220014. [準原著] 環境ストレス要因とその影響. 相澤好治 (衛生): ストレス科学 2005/7; 20 (1): 1-12.

510003. [短報] Effect of tributyltin compound on N-methyl-D-aspartate(NMDA) receptors in brain of preweanling mice. 紺野信弘1, 角田正史2, 杉田 (小西) 良子3 (1郡山女大. 2衛生. 3国立医薬品食品衛生研究所): Environ. Health Prev. Med. 2005/10; 10: 335-7.

520014. [総説] 化学物質汚染と室内空気環境について健康影響の視点から. 角田正史 (衛生): ビルと環境 2006/3; 112: 23-6.

520015. [総説] 許容基準設定において主観的健康影響をどのように評価するべきか? 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生): 産業医学ジャーナル 2005/3; 27: 90-5.

520016. [総説] 化学物質過敏症と精神疾患. 和田耕治1, 遠乗秀樹1, 坂部 貢2, 相澤好治1 (1衛生. 2薬学部): 精神科 2005/3; 6 (3): 263-7.

520017. [総説] 健康問題による仕事の生産性への影響の評価手法. 相澤好治1, 和田耕治1 (1衛生): 産業医学ジャーナル 2006/3; 29 (2): 87-90.

520018. [解説] 室内環境中の匂いの評価と健康影響. 三木猛生1, 尾島正幸1, 相澤好治1 (1衛生): ビルと環境 2005/9; 110: 36-43.

520019. [その他] 公衆衛生分野への進路. 拝野貴之1, 相澤好治2 (1厚木保健福祉事務所. 2衛生): 医学教育 2005/10; 36 (5): 297-300.

[著 書]

620035. [その他] (編集) 空調給排水管理監督者講習会テキスト (第2版第2刷). 相澤好治 (衛生): ビル管理教育センター, 2006/2発行.

620036. [学術書] (分担執筆) 産業保健マニュアル 作業管理のすすめ方, p.85-96. 相澤好治 (衛生), 編 和田 功, 南山堂, 2006/1発行.

620037. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2006年版─私はこう治療している. 環境・職業性因子による疾患, p.731-40. 相澤好治 (衛生), 相澤好治分担編集, 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢総編集, 医学書院, 2006/1発行.

620038. [学術書] (分担執筆) 産業医活動をする人のために 産業医の視点─復職判定の経験: 仕事熱心な女性社員, p.297-8. 相澤好治 (衛生), 日本産業衛生学会産業医部会編, 産業医学振興財団, 2005/10発行.

620039. [その他] (分担執筆) シックハウス診断士受験テキスト (下) 医療分野, p.53-70. 相澤好治 (衛生), 池田耕一監修, シックハウス診断士協会編, オーム社, 2005/7発行.

620040. [その他] (共著) クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書 平成16年度 日本のクリーニング業における揮発性有機化合物 (VOC) 排出実態調査─第2報, p.23-78. 門脇武博1, 中村 賢1, 相澤好治2, 高田 勗3 (1医療衛生学部. 2衛生. 3中央労働災害防止協会), 2005/4発行.

620041. [その他] (共著) 石綿製品の全面禁止に向けた石綿代替化等検討会報告書 石綿製品の全面禁止に向けた石綿代替化検討会報告, p.1-40. 平野敏右, 相澤好治1, 池田浩治, 関根和喜, 田中英彦, 辻 裕一, 本間健資, 本山 建雄, 森崎 繁 (1衛生), 2006/1発行.

620042. [その他] (共著) 平成17年度JAXA委託研究報告書 国際宇宙ステーションにおける船内環境空気中の有害物質許容濃度・基準値の検討 (その2) 国際宇宙ステーション船内環境空気中の有害物質許容濃度・基準値提案理由書 (その2), p.1-106. 相澤好治1, 角田正史1, 岡田充史1, 井上葉子2, 小林和也1 (1衛生. 2予防医学系), 2006/3発行 (宇宙航空研究開発機構委託 (主任研究者 相澤好治)).

620043. [その他] (共著) 有機スズ化合物の脳・神経系に対する発達毒性の評価に関わる実験的研究 有機スズ化合物の脳・神経系に対する発達毒性の評価に関わる実験的研究, p.1-72. 角田正史1, 小西良子2, 紺野信弘3, 佐藤敏彦1, 工藤雄一朗1, 後藤あや4 (1衛生. 2国立医薬品食品衛生研究所. 3郡山女子大. 4福島県立医大), 2006/3発行. 平成15年度-平成17年度 文部科学省科学研究費補助金基盤研究 (c) 研究結果報告書 (主任研究者 角田正史)

[学会・研究会等]

713021. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Behavior of rock wool in lungs through after exposure to rats by nasal inhalation in rats. 工藤雄一朗 (衛生): The Tenth International Conference on Occupational Respiratory Diseases The Conference Scientific Committee (2005/4/20), 北京.

713022. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of smoking, exercise, sleep, alchol and job strain on depressive symptoms in Japanese working populations. 和田耕治1, 相澤好治1, 佐藤敏彦1, 角田正史1, 小林章雄2, 川上憲人3, 原谷隆史4, 石崎昌夫5, 林 剛6, 藤田 定7, 宮崎彰吾8, 廣 尚典8, 桝元 武9, 橋本修二10, Hori R, 荒記俊一4 (1衛生. 2愛知医大. 3岡山大. 4産業医学総合研究所. 5金沢医大. 6日立. 7愛知教育大. 8こうかん会. 9三菱化学. 10藤田保健衛生大): Second ICOH International conference on Psychosocial Factors at Work (2005/8/25), Okayama. 2005; Abstracts: 174.

713023. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The effects of carbon black and carbon black containing polymer particles on murine macrophage cells evaluated by TNF production and morphology. 角田正史1, 小林和也1, 伊藤京子1, 井上葉子2, 三木猛生1, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦1, 根本典子3, 宮澤七郎3, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系. 3バイオイメージング研究センター): The International on Occupational and Environmental Allergy and Immune Diseases (ISOEAID05) (2005/9/17) Kumamoto.

713024. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of fluoride on murine macrophage cells (T): Cytotoxicity and alteration in the production of pro-inflammatory cytokines. 池田真紀1, 宇賀奈子1, 門脇武博1, 坂部 貢2, 伊藤京子3, 井上葉子4, 工藤雄一朗3, 角田正史3, 佐藤敏彦3, 相澤好治3 (1医療衛生学部. 2薬学部. 3衛生. 4予防医学系): XXVIth ISFR Conference (2005/9/28), Germany. Fluoride 2005; 38 (3): 236-7.

713025. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of fluoride on murine macrophage cells (U): Analysis of cytokines by real-time PCR and elisa. 角田正史1, Chen X, 角田文男2, 伊藤京子1, 井上葉子3, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生. 2岩手医大. 3予防医学系): XXVIth ISFR Conference (2005/9/28), Germany. Fluoride 2005; 38 (3): 254-5.

713026. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Calculation of total daily fluoride urinary excretion from spot sampling. 堀内俊孝1, 那須郁夫1, 角田正史2, Noda A, Ueno M, Indo J (1日本大. 2衛生) XXVIth ISFR Conference (2005/9/28), Germany. Fluoride 2005; 38 (3): 232.

713027. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Factors associated with satisfaction among participants in a periodical health check-up at a workplace in Japan. 工藤安史1, 佐藤敏彦1, 細井 香1, 和田耕治1, 相澤好治1 (1衛生): The 13th International Congress on Occupational Health Services (2005/12/3), Tochigi. 2005; Book of Abstracts: 97.

713028. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Cost-benefit analysis of influenza vaccination in working adults. 細井 香1, 佐藤敏彦1, 工藤安史1, 相澤好治1 (1衛生): The 13th International Congress on Occupational Health Services (2005/12/3) Tochigi. 2005; Book of Abstracts: 99.

713029. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The effects of glutaraldehyde (GA) or orthophthalaldehyde (OPA) on dopamine metabolism in the hypothalamus of rats after inhalation for four weeks. 角田正史1, 山本哲士2, 片桐裕史2, 井上葉子3, 伊藤京子1, 池田真紀2, 佐藤敏彦1, 門脇武博2, 相澤好治1 (1衛生. 2医療衛生学部. 3予防医学系): Society of Toxicology 45th Annual Meeting (2006/3/5), San Diego. TOXICOL. SCI. 2006; 90 (1): 499.

722011. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) シックハウス症候群の現状と展望─シックハウス症候群の概念整理と病態の検討─. 相澤好治 (衛生): 第17回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2005/6/2), 岡山. アレルギー 2005; 54: 246.

722012. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) シックハウス症候群・化学物質過敏症の今を考える─シックハウス症候群・化学物質過敏症についての概説─. 相澤好治1, 角田正史1, 三木猛生1, 石橋美生1 (1衛生): 平成17年度室内環境学会総会 (2005/11/21), 北九州. 室内環境学会誌 2005; 8 (2): 32-3.

722013. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 臨床からみたシックハウス症候群. 相澤好治1, 石橋美生1, 三木猛生1, 角田正史1 (1衛生): 第53回日本職業・災害医学会学術大会 (2005/11/23), 大阪. 日本職業・災害医学会会誌 2005; 538 (臨時増刊): 140.

722014. [学会 (全国))] (シンポジウム招待講演) アスベスト問題−知識の整理・集約と今後の検討課題─繊維状物質の生体影響実験方法の解説─. 工藤雄一朗 (衛生): 第76回日本衛生学会総会 (2006/3/28), 山口. 日本衛生学雑誌 2006; 61 (2): 209.

723074. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 種々の製造等作業従事者のホルムアルデヒド曝露に係る自覚症状調査. 細井 香1, 佐藤敏彦1, 工藤安史1, 相澤好治1, 山本健也2, 高田 勗2 (1衛生. 2中央労働災害防止協会): 第78回日本産業衛生学会 (2005/4/21), 東京. 産業衛生学雑誌 2005; 47 (臨増): 408.

723075. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) レセプト情報を用いた従業員の傷病別疾病負担把握. 佐藤敏彦1, 工藤安史1, 相澤好治1 (1衛生): 第78回日本産業衛生学会 (2005/4/21), 東京. 産業衛生学雑誌 2005; 47 (臨増): 437.

723076. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 職域定期健康診断受診者の満足度に関する研究. 工藤安史1, 佐藤敏彦1, 細井 香1, 三輪祐一2, 相澤好治1 (1衛生. 2東京都予防医学協会): 第78回日本産業衛生学会 (2005/4/22), 東京. 産業衛生学雑誌 2005; 47 (臨増): 465.

723077. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) カーボンブラック及び花粉曝露によるマウス血中総IgE濃度の変化. 小林和也1, 伊藤京子1, 井上葉子2, 工藤雄一朗1, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系): 第78回日本産業衛生学会 (2005/4/22), 東京. 産業衛生学雑誌 2005; 47 (臨増): 371.

723078. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 短期鼻部吸入曝露実験による2種類のロックウールの肺内動態に関する研究. 工藤雄一朗1, 坂本泰理1, 中島好人1, 山本明日香1, 小松裕美1, 小山美智代1, 杉浦由美子2, 新津谷真人1, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 田口訓弘3, 小西淑人4, 神山宣彦5, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系. 3環境測定技術所. 4日本作業環境測定協会. 5産業医学総合研究所): 第78回日本産業衛生学会 (2005/4/22), 東京. 産業衛生学雑誌 2005; 47 (臨増): 578.

723079. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) トリブチルスズ化合物のマクロファージ系細胞の細胞死に対する影響─抗TNFα抗体を用いた検討─. 角田正史1, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生): 第78回日本産業衛生学会 (2005/4/22), 東京. 産業衛生学雑誌 2005; 47 (臨増): 856.

723080. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The effects of dibutyltin, octyl acid tin and poly-L-lactides on the viability of murine astrocyte-lineage cells. 角田正史1, 伊藤京子1, 井上葉子2, 三木猛生1, 渡邊光康1, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1, 土屋利江3 (1衛生. 2予防医学系. 3国立医薬品食品衛生研究所): 第15回金属の関与する生体関連反応シンポジウム (2005/6/9), 大阪. J. Pharm. Soc. Jpn 2005; Suppl (1): 51.

723081. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 微量トルエン曝露時の化学物質過敏症患者及び対照群のfunctionnal MRI所見. 三木猛生1, 和田耕治1, 石橋美生1, 小林和也1, 杉浦由美子2, 井上葉子2, 角田正史1, 相澤好治1, 菅 信一3, 坂部 貢4 (1衛生. 2予防医学系. 3放射線. 4薬学部): 第14回日本臨床環境医学会総会 (2005/7/1), 久留米. 抄録集: 25.

723082. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 培養正常ヒト表皮細胞を用いた新しいIn Vitro皮膚毒性試験の検討─低用量作用を中心として─. 川上智史1, 池田真紀1, 門脇武博1, 相澤好治2, 坂部 貢3 (1医療衛生学部. 2衛生. 3薬学部): 第14回日本臨床環境医学会総会 (2005/7/1), 久留米. 抄録集: 17.

723083. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 細胞磁界測定法を用いた2種類のロックウールの細胞毒性評価の比較. 工藤雄一朗1, 坂本泰理1, 柴田香里1, 山本明日香1, 小松裕美1, 小山美智代1, 杉浦由美子2, 井上葉子2, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系): 第20回日本生体磁気学会大会 (2005/7/21), 大阪. 日本生体磁気学会誌 2005; 18 (1): 170-1.

723084. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 個人の健康度と予防的保健行動との関連について. 細井 香1, 佐藤敏彦1, 工藤安史1, 相澤好治1 (1衛生): 第14回日本健康教育学会講演集 (2005/8/26), 福岡. 日本健康教育学会誌 2005; 13 (Suppl): 196.

723085. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) インタビュー調査による保健医療システム評価─世界健康調査による応需性の結果 (1)─. 佐藤敏彦1, 池田奈由2, 細井 香1, 長谷川敏彦2 (1衛生. 2国立保健医療科学院): 第64回日本公衆衛生学会総会 (2005/9/15), 札幌. 日本公衆衛生雑誌 2005; 52 (8): 288.

723086. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) わが国における応需性の評価に関する因子─世界健康調査による応需性の結果 (2)─. 細井 香1, 池田奈由2, 佐藤敏彦1, 長谷川敏彦2 (1衛生. 2国立保健医療科学院): 第64回日本公衆衛生学会総会 (2005/9/15), 札幌. 日本公衆衛生雑誌 2005; 52 (8): 289.

723087. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 保健所の精神保健福祉業務における危機介入に関する研究1: 精神保健医療資源と事例. 角田正史1, 高岡道雄2, 石本寛子3, 竹島 正4, 佐々木昭子5, 山口靖明6, 中田榮治7, 能登隆元8, 大井 照9, 酒井ルミ2 (1衛生. 2尼崎市保健所. 3徳島保健所. 4国立精神・神経センター. 5都立精神保健福祉センター. 6相双保健所. 7天草保健所. 8加賀保健所. 9千代田保健所): 第64回日本公衆衛生学会総会 (2005/9/15), 札幌. 日本公衆衛生雑誌 2005; 52 (8): 876.

723088. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 保健所の精神保健福祉業務における危機介入に関する研究2: 精神保健活動と危機介入. 石本寛子1, 高岡道雄2, 大井 照3, 竹島 正4, 佐々木昭子5, 山口靖明6, 中田榮治7, 能登隆元8, 角田正史9, 酒井ルミ2 (1徳島保健所. 2尼崎市保健所. 3千代田保健所. 4国立精神・神経センター. 5都立精神保健福祉センター. 6相双保健所. 7天草保健所. 8加賀保健所. 9衛生): 第64回日本公衆衛生学会総会 (2005/9/15), 札幌. 日本公衆衛生雑誌 2005; 52 (8): 876.

723089. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 保健所の精神保健福祉業務における危機介入に関する研究3: 危機介入業務要領等の整備. 大井 照1, 高岡道雄2, 石本寛子3, 竹島 正4, 佐々木昭子5, 山口靖明6, 中田榮治7, 能登隆元8, 角田正史9, 酒井ルミ2 (1千代田保健所. 2尼崎市保健所. 3徳島保健所. 4国立精神・神経センター. 5都立精神保健福祉センター. 6相双保健所. 7天草保健所. 8加賀保健所. 9衛生): 第64回日本公衆衛生学会総会 (2005/9/15), 札幌. 日本公衆衛生雑誌 2005; 52 (8): 877.

723090. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 飲食店における食情報提供の現状と今後の食環境整備. 鈴木礼子1, 角田正史2 (1福島学院大. 2衛生): 第64回日本公衆衛生学会総会 (2005/9/15), 札幌. 日本公衆衛生雑誌 2005; 52 (8): 877.

723091. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウスマクロファージ系細胞を用いた, 顔料及び顔料含有樹脂の安全性評価. 角田正史1, 伊藤京子1, 井上葉子2, 三木猛生1, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系): 第12回日本免疫毒性学会学術大会 (2005/9/20), 東京. 講演要旨集 2005; 70.

723092. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 事務作業者における、ストレス疲労と生活習慣との関連. 坂本泰理1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生): 第21回日本ストレス学会学術総会 (2005/10/2), 東京. ストレス科学 2005; 20 (2): 45.

723093. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里研究所病院・臨床環境医学センターにおける化学物質過敏症患者の現状. 松井孝子1, 小沢 学1, 相澤好治2, 坂部 貢3 (1北里研究所病院. 2衛生. 3薬学部): 平成17年度室内環境学会総会 (2005/11/20), 北九州. 室内環境学会誌 2005; 8 (2): 86-87.

723094. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 短期鼻部吸入曝露実験によるロックウールの肺内動態に関する研究. 工藤雄一朗1, 坂本泰理1, 柴田香里1, 山本明日香1, 小松裕美1, 小山美智代1, 杉浦由美子2, 角田正史1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生. 2予防医学系): 第53回日本職業災害医学会学術大会 (2005/11/23), 大阪市. 日本職業・災害医学会会誌 2005; 538 (臨時増刊): 234.

723095. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胎児に対する重力の影響を検討するための一観察─宇宙開発とセクシュアリティに関する問題の観点から─. 阿部詩織1, 根津八紘1, 吉川文彦1, 上條かほり1, 浜 正子1, 三木猛生2, 山崎将生3, 挟間章博3, 清水 強1 (1諏訪マタニティークリニック. 2衛生. 3福島医大): 宇宙利用シンポジウム (第22回) (2006/1/7), 東京. Space Utilization Reseach 2006; 22: 244-7.

723096. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高血圧治療継続にかかわる個人的要因の検討. 細井 香1, 佐藤敏彦1, 工藤安史1, 相澤好治1 (1衛生): 第16回日本疫学会学術総会 (2006/1/23), 名古屋. 講演集 2006; 77.

723097. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 匂いの感じ方と身体・心理・社会的要因との関連について. 細井 香1, 小野 晃1, 三木猛生1, 佐藤敏彦1, 坂口早苗2, 坂口武洋2 (1衛生. 2川村学園女子大): 第76回日本衛生学会総会 (2006/3/26), 山口. 日本衛生学雑誌 2006; 61 (2): 238.

723098. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 内視鏡消毒剤によるマウス血中総IgE濃度の変化. 片桐裕史1, 浅野仁美1, 相澤好治2, 門脇武博1 (1医療衛生学部. 2衛生): 第76回日本衛生学会総会 (2006/3/26), 山口. 日本衛生学雑誌 2006; 61 (2): 293.

723099. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) トリブチルスズ二世代曝露による仔ラットの発達毒性に関する検討. 角田正史1, 片桐裕史2, 伊藤京子1, 井上葉子3, 三木猛生1, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦1, 相澤好治1 (1衛生. 2医療衛生学部. 3予防医学系): 第76回日本衛生学会総会 (2006/3/27), 山口. 日本衛生学雑誌 2006; 61 (2): 291.

731003. [その他] (特別講演)あなたの健康を考えるフォーラム シックハウス症候群・化学物質過敏症─最近の研究成果 疫学ならびに嗅覚. 相澤好治 (衛生): 平成17年度厚生労働科学研究費健康科学総合研究事業成果発表会 (2006/2/18), 東京. 抄録集: 3-4.

732002. [その他] (シンポジウム招待講演) 室内空気質のリスクマネジメント─化学物質汚染と室内空気環境について─. 相澤好治 (衛生): 第33回建築物環境衛生管理全国大会 (2006/1/20), 東京. 講演集 2006; 64-7.

732003. [学会 (地方)] (シンポジウム招待講演) ナノ粒子・繊維状・半導体物質の生体影響と健康管理─繊維状物質と健康障害─. 相澤好治 (衛生): 第232回日本産業衛生学会関東地方会 (2006/2/18), 川崎. 抄録集: 16-7.


<<法医学>>

[学術論文]

220015. [準原著] 親子鑑定で見い出されたY-STRの突然変異. 橋本千香子1, 中村茂基1, 永井智紀1, 杉江秀明1, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医): DNA多型 2005; 13: 216-20.

[学会・研究会等]

723100. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋症の遺伝子解析─ロポニンI遺伝子の変異解析─. 橋本千香子1, 中村茂基1, 永井智紀1, 中前琢磨1, 阿部法子1, 中丸尚美2, 小林英樹2, 杉江秀明1, 古川理孝1 (1法医. 2形態系): 第89次日本法医学会総会 (2005/4/21), 高松.

723101. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県県央地区における急性一酸化炭素中毒による自殺の変遷. 杉江秀明1, 橋本千香子1, 永井智紀1, 中前琢磨1, 阿部法子1, 中丸尚美2, 小林英樹2, 中村茂基1, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医. 2形態系): 第89次日本法医学会総会 (2005/4/21), 高松.

723102. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋症の遺伝子解析III─心筋βミオシン重鎖遺伝子の変異解析─. 橋本千香子1, 中村茂基1, 永井智紀1, 中前琢磨1, 中丸尚美2, 小林英樹2, 杉江秀明1, 古川理孝1 (1法医. 2形態系): 日本DNA多型学会第14回学術集会 (2005/11/23), 前橋.

733024. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 心筋症の遺伝子解析II─心筋βミオシン重鎖遺伝子に変異の見られた拡張型心筋症2例─. 橋本千香子1, 中村茂基1, 永井智紀1, 中前琢磨1, 中丸尚美2, 小林英樹2, 杉江秀明1, 古川理孝1 (1法医. 2形態系): 日本法医学会関東地方会 (2005/11/5), 相模原.

733025. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) ピラニカメによる急性中毒死と考えられる一症例. 中前琢磨1, 杉江秀明1, 永井智紀1, 橋本千香子1, 阿部法子1, 中丸尚美2, 小林英樹2, 中村茂基1, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医. 2形態系): 日本法医学会関東地方会 (2005/11/5), 相模原.

733026. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 自分が運転する車輌に轢過され死亡した一例. 永井智紀1, 古川理孝1, 橋本千香子1, 中前琢磨1, 阿部法子1, 杉江秀明1, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医): 日本法医学会関東地方会 (2005/11/5), 相模原.


<<免疫学>>

[学術論文]

110059. [原著] Cross-positive selection of thymocytes expressing a single TCR by multiple major histocompatibility complex molecules of both classes: implications for CD4+ versus CD8+ lineage commitment. 江島耕二 (免疫): J Immunology 2006/2; 176 (3): 1628.

110060. [原著] Contribution of CD4+ and CD8+ T cells and interferon-gamma to the progress of chronic rejection of kidney allografts: the Th1 response mediates both acute and chronic rejection. 篠原信賢 (免疫): Transpl. Immunmol. 2005; 14: 21-5.

110061. [原著] Anti-Fas antibody-induced maturation of dendritic cells is mediated through Fcγreceptor. Oikawa A, 江島耕二1. 篠原信賢1 (1免疫): Kitasato Med. J. 2005; 34: 21-5.

110062. [原著] Yokota A, Takeuchi E, Iizuka M, Ikegami Y, Takayama H, Shinohara N.: Prominent dominant negative effect of a mutant Fas molecule lacking death domain on cell-mediated induction of apoptosis. 篠原信賢 (免疫): Mol. Immunol. 2005; 13: 71-8.

110063 [原著] Cross-positive selection of thymocytes expressing a single T cell receptor by multiple major histocompatibility comples molecules of both classes: Implications fro CD4 vs. CD8+ lineage commitment. 篠原信賢 (免疫): J.Immunol. 2006; 176: 1628-36.


<<実験動物学>>

[学術論文]

110064. [原著] Effect of thyroxine on abnormal pancreatic proteomes of the hypothyroid rdw rat. Stoh M, Haruta-Satoh E, Omori A, Oh-Ishi M, Kodera Y, 古舘専一1, Maeda T (1実動): Proteomics 2005; 5: 1113-24.

110065. [原著] Delayed persistent estrus induced by continuous lighting after inadequate acclimation in rats. 古舘専一1, 高橋 晃,2, 高城 守2,  田正広3 (1実動. 2遺伝子高次機能解析センター. 3代謝・蛋白): Experimental Animals 2005; 54 (1): 93-5.

110066. [原著] Dopamine D2-like receptor function is converted from excitatory to inhibitory by thyroxine in early development of hippocampus. Oh-Nishi M, Saji M, 古舘専一1, Suzuki N (1実動): J Neuroendocrinology 2005/12; 17 (12): 836-45.

110067. [原著] Rescue from dwarfism by thyroid function conpensation in rdw rats. 古舘専一1, Ono M, 柴山啓子2, Ohyama Y,  田正広3, 木村利美4, 亀谷 徹5 (1実動. 2小児. 3代謝・蛋白. 4薬剤部. 5県立静岡がんセンター): Experimental Animals 2005/10; 54 (5): 455-60.

110068. [原著] A simple method for peptide purification as a basis for peptidome analysis. Fukutomi T, Kodera Y, Kogo T, 古舘専一1, Omori A, Maeda T (1実動): J Electrophoresis 2005/4; 49 (1): 15-21.

[著 書]

620044. [その他] (分担執筆) 遺伝子医学MOOK 2号 第6章 動物疾患モデル 4. 疾患モデル動物によるプロテオミクスの有用性 「疾患プロテオミクスの最前線─プロテオミクスで病気を治せるか」, p.319-23. 大石正道, 小寺義男, 前田忠計, 古舘専一1 (1実動), 編 戸田年記, 荒井令江, (株) メディカルドウ, 2005/2発行.

[学会・研究会等]

722015. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 生後発達期におけるサイロキシンによるドーパミンD2様受容体機能の変換. 大西 新, 佐治真理, 古舘専一1, 鈴木信之 (1実動): 第48回日本甲状腺学会 (2005/11/21), 東京. 日本内分泌学会雑誌 2005; 81 (2): 320.

723103. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Thyroxine converted dopamine D2-like receptor property from excitatory to inhibitory in early development of hippocampus. Oh-Nishi A, Saji M, 古舘専一1, Suzuki N (1実動): 第28回日本神経科学会 (2005/7/26), 横浜. Neuroscie Res 2005; 52 (S.): S204.

723104. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Thyroxine swiched to revert dopamine D2-like receptor property from excitatory to inhibitory in early development of rat hippocampus. Oh-Nishi A, Saji M, 古舘専一1, Suzuki N (1実動): Brain-Pituitary 2005 (2005/8/7), 沖縄県名護市. 抄録集: p.36.

723105. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非ガラス化保存液を用いたマウス胚の超急速凍結保存. 金子裕一1, 内山和彦1, 東 貞宏1 (1実動): 日本畜産学会第105回大会 (2005/9/9) 札幌市.

723106. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 遺伝子導入シングルセルクローニング細胞を用いたブタクローン個体の作出. 内山和彦1, 河原崎達雄, 柴田昌利, 土屋聖子, 大竹正剛, 金子裕一1, 東 貞宏1 (1実動): 日本畜産学会第105回大会 (2005/9/9), 札幌市.

723107. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ブタ由来の初代培養細胞の長期培養とその正常性の検討. 内山和彦1, 河原崎達雄, 柴田昌利, 土屋聖子, 大竹正剛, 東 貞宏1 (1実動): 第98回日本繁殖生物学会 (2005/9/15), 静岡市.

723108. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵細胞質内精子注入法に用いる凍結融解配偶子の諸条件の検討. 金子裕一1, 東 貞宏1 (実動): 第98回日本繁殖生物学会 (2005/9/15), 静岡市.

723109. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ウサギ急性冠動脈症候群モデル 右冠動脈閉塞における検討2. 諸星康雄1, 中山茂信2, 金井孝夫, 池田忠生 (1実動. 2遺伝子高次高次機能解析センター): 第140回日本獣医学会実験動物医学会 (2005/9/27), 鹿児島.

723110. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ブタの抗原レセプター遺伝子RAG1とRAG2遺伝子の解析: RAG2ゲノム解析. 高垣洋太郎1, 初瀬洋美2, 東 貞宏3 (1遺伝子. 2病態・診療系. 3実動): 第28回日本分子生物学会 (2005/12/7), 福岡市.

723111. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再生医療の前臨床モデルとしてのGFPクローンブタ. 河原崎達雄, 内山和彦1, 東 貞宏1, 柴田昌利, 土屋聖子, 大竹正剛, 吉野浩之, 袴田陽二, 村上 孝, 田中穂積, 小林英司 (1実動): 第5回日本再生医療学会 (2006/3/9), 岡山市.

733027. [研究会] (一般講演・ポスター) ブラインド手技による容易なウサギの気管内挿管法. 諸星康雄1, 中山茂信2, 金井孝夫, 池田忠生 (1実動. 2遺伝子高次高次機能解析センター): 日仏獣医学会研究発表大会 (2006/3/3) 東京.


<<感染症学>>

[学術論文]

110069. [原著] Cryptococcus meningitis in an immunocompetent child. 砂川慶介 (感染症): Eur. J. Pediatr 2005/9; 164 (9): 596-7.

110070. [原著] Investigation of β-lactam antibiotic-induced vancomycin-resistant MRSA (BIVR). 砂川慶介 (感染症): J Infect Chemother 2005/4; 11 (2): 104-6.

110071. [原著] Prospective surveillance for atypical pathogens in children with community-acquired pneumonia in Japan. 砂川慶介 (感染症): J Infect Chemother 2006/2; 12 (1): 36-41.

120013. [原著] ブラインドテストによる速乾性手指消毒薬の健康皮膚に対する影響の検討. 砂川慶介 (感染症): 環境感染 2005/12; 20 (4): 249-53.

120014. [原著] 全国小児科外来初診の呼吸器感染症患児より分離されたStreptococcus pneumoniae, Haemophilus influenzaeの検討 (2002〜2003)─耐性株の割合及び経口抗菌薬に対する感受性について─. 砂川慶介 (感染症): 感染症誌 2005/11; 79 (11): 889-94.

120015. [原著] β-lactam antibiotic induced vancomycin-resistant MRSA (BIVR) に対するpazufloxacinと抗MRSA薬併用効果. 砂川慶介 (感染症): Jap. J. Antibiotic 2005/2; 58 (1): 11-5.

120016. [原著] 呼吸器感染症治療におけるpanipenem/betamipronおよびcefozopranによる治療日数と治療費の比較検討. 砂川慶介 (感染症): 日化療会誌 2006/2; 54 (2): 111-24.

120017. [原著] Methicillin耐性Staphylococcus aureusに対するグリコペプチド系とβ-ラクタム系抗菌薬のin vitro併用効果. 砂川慶介 (感染症): 日化療会誌 2006/2; 54 (2): 95-101.

120018. [原著] 本邦における小児化膿性髄膜炎の動向 (2003〜2004). 砂川慶介 (感染症): 感染症誌 2006/1; 80 (1): 27-38.

[著 書]

620045. [学術書] (分担執筆) 最新・感染症治療指針 2005年改訂版 小児科 化膿性髄膜炎, p.196-200. 砂川慶介 (感染症), 監修 後藤 元, 医薬ジャーナル社, 2005/8発行.

620046. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 2006年版 風疹, p.157-8. 砂川慶介 (感染症), 総編集 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢, 医学書院, 2006/1発行.

[学会・研究会等]

713030. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Additional Mutations in the PBP3 Gene (ftsI) Affect Antibiotic Susceptibilities in Type b β-Lactamase-Nonproducing Ampicillin (AMP)-Resistant (BLNAR) Haemophilus influenzae (Hi) Isolated from Patients with Meningitis . 砂川慶介 (感染症): 45th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (2005/12/16), Washington D.C.

722016. [学会 (全国)] (シンポジウム) 医療の進歩と今後の微生物検査に求められるもの─日本感染症学会より─. 砂川慶介 (感染症): 第17回日本臨床微生物学会総会 (2006/1/28), 横浜.

723112. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 地方の一般病院小児科における肺炎球菌およびインフルエンザ菌の薬剤感受性の動向─特にBLNARの増加について─. 砂川慶介 (感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24), 神戸.

723113. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の検出に及ぼすNaClの影響. 砂川慶介 (感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24), 神戸.

723114. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の耐性機構の検討. 砂川慶介 (感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24), 神戸.

723115. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) に対するVCMの抗菌力に及ぼす諸因子の検討. 砂川慶介 (感染症): 第20回日本環境感染学会総会 (2005/2/24), 神戸.

723116. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) の検出に及ぼすNaClの影響. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723117. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児化膿性髄膜炎例から分離されたインフルエンザ菌におけるβ-ラクタム系薬耐性に関わるPBP3遺伝子解析─2003年〜2004年における分離株─. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723118. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新生児のMRSA除菌に関する0.1%ゲンチアナバイオレットとムピロシンを用いたMRSA除菌に関する比較検討. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723119. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児科領域における薬剤耐性化の全国調査 (1) 肺炎球菌の薬剤感受性. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723120. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児科領域における薬剤耐性化の全国調査 (2) 肺炎球菌分離例の背景因子. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723121. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児科領域における薬剤耐性化の全国調査 (5) B群溶連菌. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723122. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) インフルエンザ菌のMBCの検討. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14) 名古屋.

723123. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児科領域における薬剤耐性化の全国調査 (3) インフルエンザ菌の薬剤感受性. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723124. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児科領域における薬剤耐性化の全国調査 (4) インフルエンザ菌分離例の背景因子. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723125. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Chlamydia trachomatis感染者より出生した児のフォローアップ症例にみる抗体応答. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723126. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 成人百日咳の臨床所見および分離株の遺伝子解析. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723127. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 成人百日咳の臨床像─小児との違い─. 砂川慶介 (感染症): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4/14), 名古屋.

723128. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Ceftizoxime-alapivoxil細粒の薬効発現に要するtime above MICに関する検討. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723129. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低度耐性のMRSAからBIVRの選択. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723130. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-lactam antibiotic induced VCM-resistant MRSA (BIVR) に対するlinezolidと各種抗菌薬の併用効果. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723131. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-lactam antibioticinduced VCM-resistant MRSA (BIVR) とnon-BIVRの各種抗菌薬に対する薬剤感受性検討. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723132. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本全国の小児呼吸器感染症例より分離されたインフルエンザ菌のβ-ラクタム系薬に対する耐性遺伝子解析─3年を経ての変化─. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723133. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) PK/PDから見た術後感染予防的薬の投与間隔について. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723134. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-lactam antibioticinduced VCM-resistant MRSA (BIVR) の疫学的検討. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723135. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新生児由来MRSAに対するカルバペネム系抗菌薬と各種抗菌薬のin vitro併用効果. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723136. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウスを用いたBLNAR化膿性髄膜炎モデルに対するメロペネム (MEPM) の治療効果の検討. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723137. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ミカファンギンの小児に対する臨床試験成績報告─小児への適応拡大─. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723138. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児感染症発症時における末梢好中球の推移について. 砂川慶介 (感染症): 第53回日本化学療法学会総会 (2005/5/26), 東京.

723139. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 一般市中病院小児科外来初診児における, 呼吸器感染症診療の現状についての調査. 砂川慶介 (感染症): 第37回日本小児科感染症学会総会 (2005/11/11), 津市.

723140. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ESBL産生大腸菌による尿路感染症の乳児例. 砂川慶介 (感染症): 第37回日本小児科感染症学会総会 (2005/11/11), 津市.

723141. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科で経験した深頸部膿瘍の2例. 砂川慶介 (感染症): 第37回日本小児科感染症学会総会 (2005/11/11), 津市.

723142. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) A群溶血性連鎖球菌による集団食中毒発生に関連した院内感染防止への対応. 砂川慶介 (感染症): 第21回日本環境感染学会 (2006/2/24), 東京.

723143. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MRSAに対する硫酸フラジオマイシンとゲンタマイシンの耐性化及び交差耐性の検討. 砂川慶介 (感染症): 第21回日本環境感染学会 (2006/2/24), 東京.

723144. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院NICUにおける鼻腔MRSA保菌状況の検討. 砂川慶介 (感染症): 第21回日本環境感染学会 (2006/2/24), 東京.

733028. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 小児科領域の急性上気道感染症に対するセフジニルとセフカペンの有用性の検討 (第二報). 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733029. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 同一施設における臨床分離MRSA株の臨床材料別検出状況と抗菌薬感受性の調査. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733030. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) Loop-Mediated Isothermal Amplification (LAMP) 法を用いたMSSAとMRSAおよびMR-CNSの検出法について. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733031. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) β-lactam薬による Borderline MRSA の耐性化. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733032. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 劇症型溶血レンサ球菌感染症の1例. 砂川慶介 (感染症): 第57回神奈川感染症医学会 (2005/3/26), 横浜.

733033. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 小児市中肺炎から分離された病原微生物に関する検討. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733034. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 2003年〜2004年に血液より分離されたBIVRに関する検討─MRSAに占める割合および検出例に使用された抗菌薬について─. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733035. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) Borderline MRSAの検出率と抗菌薬感受性. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733036. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) モリブデン反応による核酸増幅産物 (ピロリン酸) の検出方法について. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733037. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター)小児科領域の急性上気道感染症患者からの分離菌の経年変化と薬剤感受性調査. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733038. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 同一病院から約30年間らわたり保存された血液分離緑膿菌の疫学調査. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733039. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) Chlamydia pneumoniae感染フォローアップ症例にみる抗体応答─IgM抗体の推移─. 砂川慶介 (感染症): 第54回日本感染症学会東日本地方会総会/第52回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会 (2005/10/27), 東京.

733040. [研究会] (一般講演・ポスター) 比重遠心法と濾過法を用いた高純度Chlamydia trachomatisgyqe菌体の精製. 砂川慶介 (感染症): 第23回日本クラミジア研究会/第12回リケッチア研究会合同研究発表会 (2005/10/29), 東京.

733041. [地方会] (一般講演・ポスター) クモ膜下出血が診断の端緒となった感染性心内膜炎の1例. 砂川慶介 (感染症): 第59回神奈川感染症医学会 (2006/3/26), 横浜.


医学原論研究部門

[学術論文]

220016. [準原著] 中絶女性に対する医療のまなざし: 胎児細胞, 胚, 卵子が研究資源となる時代に. 齋藤有紀子 (医学原論): 医学哲学医学倫理 2005/10; 23: 145-9.

220017. [準原著] 在宅患者と性: 患者とスタッフの人権問題として. 齋藤有紀子 (医学原論) 日本在宅医学会雑誌 2006/2; 7 (2): 41-6.

520020. [総説] 出生前診断を取り巻く倫理的諸課題. 齋藤有紀子 (医学原論): 産科と婦人科 2005/12; 72 (12): 1689-94.

520021. [総説] 卵・卵巣の‘用途’の拡大. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌 2005/12; 59 (12): 6-7.

520022. [総説] みとりの場としての病院を考える. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌 2005/10; 59 (10): 6-7.

520023. [総説] 動物と人のかかわり. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌 2005/8; 59 (8): 6-7.

520024. [総説] 専門職が「できてしまうこと」と向き合うとき: 「ふつう」「標準」をめぐる争いから解放されるために. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌 2005/6; 59 (6): 500-3.

520025. [総説] 臨床現場の個人情報保護. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌 2005/6; 59 (6): 6-7.

520026. [総説] 呼吸器をつける自由・はずす自由. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌 2005/4; 59 (4): 6-7.

520027. [総説] 胎児・胚・卵をめぐる科学に文化の知を. 齋藤有紀子 (医学原論): みんぱく 2006/2; 30 (2): 5.

520028. [総説] 子どもの臓器移植. 齋藤有紀子 (医学原論): 助産雑誌 2006/2; 60 (2): 144-5.

521001. [研究報告] ヒト胚の研究体制に関する研究: 配偶子・胚の提供候補者に対するヒアリング調査. 齋藤有紀子 (医学原論): 厚生労働科学特別研究事業平成16年度研究報告書 2005/6; 38-45.

[著 書]

620047. [学術書] (共著) ウイメンズヘルスナーシング概論: 女性の健康と看護 生命倫理と女性の健康: 女性の自己決定を考える. 齋藤有紀子1, 永見桂子, 吉田敬子, 天野恵子, 飯田淳子, 臼井雅美, 大関信子, 大平光子, 河田みどり, 岸田佐智, 杵淵恵美子, 佐甲 隆, 佐々木 緑, 杉下知子, 鈴木七美, 高橋真理, 新野由子, 二村良子, 野澤美江子, 馬場雄司, 濱地祐子, 堀 成美, 三隅順子, 村本淳子, 柳堀朗子, 山下春江, 山下 洋, 若狭晶子, 佐藤香代 (1医学原論), ヌーヴェルヒロカワ, 2005/6発行.

[学会・研究会等]

721004. [学会 (全国)] (特別講演) 歯学部における「倫理」「教育」の現代的意味. 齋藤有紀子 (医学原論): 第24回日本歯科医学教育学会 (2005/7/6), 徳島.

722017. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 診療・臨床研究・医学教育と個人情報保護. 齋藤有紀子 (医学原論): 第43回日本癌治療学会 (2005/10/26), 名古屋.

731004. [研究会] (特別講演) 研究・臨床・教育の場における個人情報保護と医療倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 市販後臨床試験研究会 (2005/10/8), 大阪.

731005. [地方会] (特別講演) 臨床研究における倫理と個人情報保護. 齋藤有紀子 (医学原論): 西日本婦人科腫瘍学術講演会 (2006/2/4), 福岡.

732004. [研究会] (シンポジウム招待講演) PGx試験の今後: 患者・被験者尊重の視点から. 齋藤有紀子 (医学原論): 臨床薬理試験研究会 (2005/6/11), 東京.

732005. [研究会] (シンポジウム招待講演) 卵を提供するということ. 齋藤有紀子 (医学原論): お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」プロジェクトC-3 (2005/8/10), 東京.

733042. [研究会] (一般講演・ポスター) あえて考える: 許せる出生前検査・許せない出生前検査の境界はあるのか, あるとすれば, それはどこなのか. 齋藤有紀子 (医学原論): 出生前診断勉強会 (2005/11/6), 東京.

733043. [研究会] (一般講演・ポスター) 卵子・胎児を使用する幹細胞研究の倫理: 提供者の視点から考える. 齋藤有紀子 (医学原論): 京都生命倫理研究会(文科省「応用倫理学各分野の基本的概念に関する規範倫理学的及びメタ倫理学研究」と共催) (2005/12/26), 京都.


<<消化器内科学>>

[学術論文]

110072. [原著] A Japanese phase I study of continuous oral capecitabine in patients with malignant solid tumors. 小泉和三郎 (消化器内): Int J Clin Oncol. 2005; 10 (1): 51-7.

110073. [原著] Phase I/II study of bi-weekly irinotecan plus cisplatin in the treatment of advanced gastric cancer. 小泉和三郎1, Satoh A, 西元寺克禮1, 田邉 聡1, Shimada K, Iasaki R, Kurihara M, Takiuchi H (1消化器内): Anti-Cancer Res. 2005/4; 25 (2B): 1257-62.

110074. [原著] Surveilance for dysplasia and colitic cancer by magnifying colonoscopy in patients with ulcerative colitis. 小林清典1, 五十嵐正広1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): Digestive Endoscopy 2005; 17 (Suppl): S25-S28.

110075. [原著] Clinicopathologic differences among subtypes of serrated adenomas of the colorectum. 佐田美和 (消化器内): Hepato-Gastroenterology 2005; 52: 437-40.

110076. [原著] Surveillance by magnifying endoscopy in patients with ulcerative colitis. 佐田美和1, 五十嵐正広1, 吉澤 繁1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 大谷剛正2, 岡安 勲3 (1消化器内. 2外科. 3病理): Digestive Endoscopy 2005; 17 (4): 297-303.

110077. [原著] Local recurrence of squamous cell carcinoma of the esophagus after EMR. 堅田親利1, 武藤 学、眞鍋哲郎、大津 敦、吉田茂昭 (1消化器内): Gastrointestinal Endoscopy 2005; 61 (2): 219-25.

110078. [原著] Modified diagnostic criteria of drug-induced liver injury proposed by the international consensus meeting. Iwasa M, Zeniya M, Kumagi T, Hisamochi A, Yasuda H, Nishiuchi M, Akisawa N, Mantani N, 渡辺真彰1, Ito T, Nakamura A, Takikawa H, Adachi Y (1消化器内): Hepato-Gastroenterology 2005/5; 52 (63): 869-74.

110079. [原著] Cellular and stromal characteristics in the scirrhous hepatocellular carcinoma:comparison with hepatocellular carcinomas and intrahepatic cholangiocarcinomas. 岡村信良1, 吉田 功2, 渋谷明隆1, 大部 誠3, 岡安 勲2 (1消化器内. 2病理. 3医療衛生学部): Pathology International 2005; 55: 724-31.

110080. [原著] Use of the restriction enzyme EcoRI for pulsed-field gel electrophoretic analysis of Helicobacter pylori. 保坂美生1, 小泉和三郎1 (1消化器内): J Clinical Microbiology 2005; 43 (2): 931-2.

110081. [原著] Phase II study of a 4-week capecitabine regimen in advanced or recurrent gastric cancer. Sakamoto J, Chin K, Kondo K, Hyodo I, Terashima M, Yamamura Y, Tsujinaka T, 小泉和三郎1, Kojima H (1消化器内): Anti-Cancer Drugs 2006/2; 17 (2): 231-6.

110082. [原著] Argon plasma coagulation for early gastric cancer: technique and outcome. 北村 匡1, 西元寺克禮1 小泉和三郎1, 三富弘之2, 田邉 聡1 (1消化器内. 2国立相模原病院): Gastrointestinal Endoscopy 2006/1; 63 (1): 48-54.

110083. [原著] Calcitonin gene-related peptide released by capsaicin suppresses myoelectrical activity of gastric smooth muscle. 水口澄人1,2, 大野 隆1,2, 鎌田一寿1, 新井勝春1, 佐伯威男1, 西元寺克禮1, 林  泉3, 栗林 Y, 馬嶋正隆3 (1消化器内. 2伊勢原協同病院消化器内. 3薬理): J. Gastroenterol Hepatol. 2005/4; 20 (4): 611-8.

120019. [原著] 超音波内視鏡による大腸sm癌の深達度診断─垂直浸潤距離1,000μmの診断能─. 小林清典1, 春木聡美1, 小川大志1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 渡邊昌彦2, 岡安 勲3 (1消化器内. 2外科. 3病理): 消化器内視鏡 2006/3; 18 (3): 310-8.

120020. [原著] 小腸悪性リンパ腫の診断─臨床像と形態学的所見の特徴─. 小林清典1, 勝又伴栄1, 春木聡美1, 小川大志1, 横山 薫1, 佐田美和1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1, 渡邊昌彦2 (1消化器内. 2外科): 胃と腸 2006/3; 41 (3): 304-14.

120021. [原著] 転移性肝癌に対するラジオ波熱凝固療法の予後─特に胃・大腸原発癌における有用性─. 日高 央1, 國分茂博1, 小野弘二1, 渡辺真彰1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 医学と薬学 2005/8; 54 (2): 159-61.

120022. [原著] 経皮的ラジオ波熱凝固療法時の工夫─穿刺針が描出困難時のair beamの活用─. 日高 央1, 國分茂博1, 細谷聡子1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 渡辺真彰1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内): RAD FAN 2006/2; 4 (3): 104-6.

120023. [原著] 【肝病態生理研究のあゆみ】肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法後の再発および肝予備能回復遅延因子に関する検討. 小野弘二1, 國分茂博1, 奥脇祐介1, 渡辺真彰1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 薬理と治療 2005/12; 33 (S. 1): S19-S24.

120024. [原著] 大腸憩室出血に対する緊急大腸内視鏡の有用性と問題点. 吉澤 繁1, 勝又伴栄1, 佐田美和1, 小林清典1, 五十嵐正広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 日本大腸検査学会雑誌 2005/6; 22 (1): 53-5.

210006. [短報] Hepatocellular carcinoma associated with idiopathic portal hypertension Review of large nodules in 7 noncirrhotic portal hypertensive livers. 日高 央1, 大部 誠2, 國分茂博1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1, 岡安 勲3 (1消化器内. 2医療衛生学部. 3病理): J Gastroenterology and Hepatology 2005/3; 20 (3): 493-4.

220018. [準原著] 早期胃癌に対するESDによる偶発症の現状とその対策─全身管理, 循環動態も含めて─. 田邉 聡1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 小泉和三郎1, 西村 賢1, 下田拓也1, 中谷研斗1, 東 瑞智1, 西元寺克禮1, 鼻岡 昇 (1消化器内): 胃と腸 2006/1; 41 (1): 67-74.

220019. [準原著] 民間薬および健康食品による薬物性肝障害の調査. 恩地森一, 滝川 一, 村田洋介, 小島裕治, 橋本直明, 久持顕子, 炭田知宜, 大森 茂, 村田浩之, 渡辺真彰1, 谷口英明, 前田直人, 熊木天児, 姜 貞憲, 伊藤 正, 青野 礼, 綾田 穣 (1消化器内): 肝臓 2005/3; 46 (3): 142-8.

310002. [症例報告] Liver abscess that responded well to pazufloxacin therapy. Yukihiro Hamada, 今泉 弘1, Masahiro Kobayashi, 砂川慶介2, 西元寺克禮1, 矢後和夫3 (1消化器内. 2感染症. 3薬剤部): J Infect Chemother 2006; 12: 42-6.

310003. [症例報告] Small-cell carcinoma of the esophagus associated with a paraneoplastic neurological syndrome: a case report documenting a complete response. 下田拓也1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1, 樋口勝彦1, 東 瑞智1 (1消化器内): J Clinical Oncology 2006/2; 36 (2): 109-12.

320001. [症例報告] 13年の経過観察中に発生し, EMRし得たBarrett食道癌の1例. 田原久美子1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 北村陽子1, 竹内 一1, 木田光広1, 西元寺克禮1, 三富弘之2 (1消化器内. 2国立相模原病院): Gastroenterological Endoscopy 2005/10; 47 (10): 2391-6.

320002. [症例報告] 肝細胞癌からの総胆管内落下腫瘍塊による急性膵炎の1例. 星 健太1, 大野 隆2,3, 岡本智子1, 前澤 寧2,3, 穴澤康志1,3, 中野史郎1,3 (1伊勢原協同病院内科. 2同消化器内科. 3消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2005; 66 (2): 106-7.

320003. [症例報告] PEG交換用カテーテル (チューブバルーンタイプ) の管理不良により逆流性食道炎を認めた症例. 前澤 寧1,3, 大野 隆1,3, 佐東丈仁1,2, 澤田晴生1,2, 永妻紀子1,2, 穴澤康志1,3, 水口澄人1,3, 中野史郎1,3 (1伊勢原協同病院消化器内, 2同内科, 3消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2005; 67 (2): 58-9.

510004. [総説] Available options in chemotherapy for advanced gastric cancer: the current developments in Japan. 小泉和三郎 (消化器内): Expert Opin.Pharmacother. 2005; 6 (2): 225-26.

510005. [総説] A Review of Current Clinical Applications of Upper Gastrointestinal Zoom Endoscopy. Kenshi yao, 木田光広1 (1消化器内): Digestive Endoscopy 2005/12; 17 (Suppl): S2-S4.

510006. [総説] Narrow band imaging: a new diagnostic approach to visualize angiogenesis in superficial neoplasia. 武藤 学, 堅田親利1, 佐野 寧, 吉田茂昭 (1消化器内): Clinical Gastroenterology and Hepatology 2005; 1 (Suppl): 16-20.

520029. [総説] 早期胃癌に対するESDへの期待. 西元寺克禮 (消化器内): 胃と腸 2006/1; 41 (1): 7-8.

520030. [総説] 胃癌化学療法の効果判定法─胃癌取扱い規約とRECIST─. 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 佐々木 徹1, 東 瑞智1, 栗原 稔, 中山昇典1, 中谷研斗1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1 (1消化器内): 胃と腸 2005/6: 40(7): 987-98.

520031. [総説] 治療と予防の可能性 胃癌化学療法の進歩. 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 日本内科学会雑誌 2005/1; 94 (1): 85-91.

520032. [総説] 上部消化管超音波内視鏡、超音波内視鏡下穿刺術のコツ. 木田光広1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 今泉 弘1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 日本消化器内視鏡学会雑誌 2005/9; 47 (9): 2204-17.

520033. [総説] EUS, IDUS (ERUS). 木田光広1, 安藤 豪1, 宮澤志朗1, 奥脇裕介1, 山縣 仁1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 臨床画像 2005/6; 21 (6): 632-9.

520034. [総説] 三次元超音波内視鏡. 木田光広1, 菊地秀彦1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2005/6; 17 (6): 828-35.

520035. [総説] 胆膵に対する超音波内視鏡. 木田光広1, 成毛 哲1, 高田樹一1, 安藤 豪1, 宮澤志朗1, 奥脇裕介1, 山縣 仁1, 森木弘子, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2005/10; 17 (10): 1777-83.

520036. [総説] GISTの内視鏡・超音波内視鏡診断. 木田光広1, 菊地秀彦1, 近藤一英, 今泉 弘1, 山田至人1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2005/9; 20 (9): 1269-77.

520037. [総説] 消化管出血性疾患の治療─内視鏡的止血法以外の保存的治療と外科的治療のタイミング─. 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 國分茂博1, 西元寺克禮1, 東 瑞智1, 吉澤 繁1, 下田哲也1, 樋口勝彦1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 北村 匡1, 日高 央1, 西村 賢1, 中谷研斗1 (1消化器内): 胃と腸 2005/4; 40 (4): 529-35.

520038. [総説] 大腸の治療内視鏡─最近の進歩 出血性病変に対する止血術─. 小林清典1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 吉澤 繁1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2005/11; 20 (13): 1795-802.

520039. [総説] 大腸ポリープの内視鏡的鑑別診断─通常観察の限界と拡大観察の利点─. 小林清典1, 五十嵐正広1, 春木聡美1, 小川大志1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2005/8; 17 (8): 1163-71.

520040. [ 総説] 消化管の出血性疾患2005 虚血性腸炎 小腸・大腸. 小林清典1, 勝又伴栄1, 春木聡美1, 小川大志1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1消化器内. 2病理): 胃と腸 2005/4; 40 (4): 599-606.

520041. [総説] 大腸癌 通常内視鏡. 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 消化器外科 2005/5; 28 (5): 652-8.

520042. [総説] 活動期潰瘍性大腸炎に対する血球成分吸着除去療法. 横山 薫1, 小林清典1, 春木聡美1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器科 2005; 40 (4): 386-9.

520043. [総説] 症状からみた緊急大腸内視鏡検査と治療 (2) 腹痛と下痢, その他. 横山 薫1, 小林清典1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 早期大腸癌 2006/1; 10 (1): 26-32.

520044. [総説] 薬物性肝障害. 渡辺真彰1, 渋谷明隆1, 三浦有紀子1, 安達 滋1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 精神科治療学 2005/10; 20 (増刊号): 327-31.

520045. [総説] 総胆管結石の内視鏡治療におけるESTとEPBDの長期予後. 菊地秀彦1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器科 2005/7; 41 (1): 90-4.

520046. [総説] 咽頭観察の基本とコツ. 堅田親利1, 武藤 学 (1消化器内): 消化器内視鏡 2005/10; 17 (10): 1505-10.

520047. [総説] 炎症性腸疾患に対する拡大内視鏡の意義 (2) Dysplasia (DALM) に対する意義. 五十嵐正広1, 佐田 (久保田) 美和1, 小林清典1, 吉澤 繁1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 早期大腸癌 2005; 9 (2): 175-80.

520048. [総説] 表在性の中・下咽頭癌の拡大内視鏡診断. 武藤 学, 堅田親利1, 高橋真理, 佐野 寧, 小島隆嗣, 服部三太, 三梨桂子, 矢野友規, 大津 敦, 海老原 敏, 吉田茂昭 (1消化器内): 胃と腸 2005/8; 40 (9): 1255-69.

520049. [総説] 偶発症の予防と対処 (1) 出血の予防と対処. 吉澤 繁1, 五十嵐正広1, 佐田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 早期大腸癌 2005; 9 (5): 441-5.

530001. [その他] 胆膵疾患患者への対応の現状. 高清水眞二, 木田光広1, 今 陽一, 窪田敬一, 峯 徹哉 (1消化器内): Medicina 2005/8; 42 (8): 1446-58.

[著 書]

610001. [学術書] (分担執筆) Organ Microcirculation A Gateway to Diagnostic and Therapeutic Interventions Prevention of Ethanol-induced Gastric Mucosal Microcirculatory Disturbances by Mild Irritant Through the Actions of Calcitonin Gene-Related Peptide and Prostaglandin I1 in Rats, p.93-97. 佐伯威男1, 大野 隆1,3, 鎌田一寿1,3 新井勝春1,3, 水口澄人1,3, 服部庸一郎2, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1消化器内. 2薬理. 3伊勢原協同病院), 編 H Ishii, M Suematus, K Tanishita, H Suzuki, 2005.

620048. [学術書] (分担執筆) 消化器がん化学療法 胃癌に対する化学療法. 小泉和三郎 (消化器内), 日本メディカルセンター, 2006/3.

620049. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 消化器癌の化学療法 小泉和三郎 (消化器内), 医学書院, 2006/1.

620050. [学術書] (分担執筆) 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス 切除不能進行胃癌に対する化学療法のエビデンス, p.137-40. 小泉和三郎 (消化器内), 文光堂, 2005/10.

620051. [学術書] (分担執筆) EMRのコツと落とし穴 (1) 上部消化管 十二指腸乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術. 木田光広 (消化器内), 編 工藤進英, 中山書店, 2005/4.

620052. [学術書] (分担執筆) EMRのコツと落とし穴 (1) 上部消化管 EMR前検査としての三次元超音波内視鏡, 木田光広 (消化器内), 編 工藤進英, 中山書店, 2005/4.

620053. [学術書] (分担執筆) 医療禁忌診療科別マニュアル 消化器内科. 今泉 弘 (消化器内), 医歯薬出版株式会社, 2006/3.

620054. [学術書] (分担執筆) 下部消化管 画像診断のピットフォール 石灰化像と暗紫色調の粘膜所見で鑑別できる静脈硬化症, p.130-3. 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 中山書店, 2005/6.

620055. [学術書] (分担執筆) 下部消化管 画像診断のピットフォール 鉗子と穿刺吸引で鑑別できる腸壁嚢状気腫症, p.126-8. 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 神保勝一, 中山書店, 2005/6.

620056. [学術書] (分担執筆) 下部消化管 画像診断のピットフォール 注腸造影像で鑑別できる腸管子宮内膜症, p.122-4. 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 神保勝一, 中山書店, 2005/6.

620057. [学術書] (分担執筆) 下部消化管 画像診断のピットフォール 潰瘍性大腸炎と鑑別を要するキャンピロバクター腸炎, p.30-1. 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 神保勝一, 中山書店, 2005/6.

620058. [学術書] ( 分担執筆) 大腸EMR・ESDの基本手技 コツとピットフォール, 適応の決め手 EMR,局所遺残防止対策 p.73-8. 佐田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内), 編 田中信治, メジカルビュー社, 2006/1.

620059. [学術書] (分担執筆) 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス 急性腸炎に対する抗菌薬治療 (抗菌薬使用の適応は? 抗菌薬は何を使うべきか? (ホスホマイシンカルシウム,ニューキノロンなど)), p.163-5. 佐田美和1, 勝又伴栄1 (1消化器内), 編 上村 直美, 菅野健太郎, 文光堂, 2005/10.

620060. [学術書] (分担執筆) 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス 急性腸炎に対する抗菌薬以外の薬物療法 (整腸剤や塩酸ロペラミド製剤?), p.166-8. 佐田美和1, 勝又伴栄1 (1消化器内), 編 上村直美, 菅野健太郎, 文光堂, 2005/10.

620061. [学術書] (分担執筆) 臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス 急性下痢に対する治療法, p.160-2. 佐田美和1, 勝又伴栄1 (1消化器内), 編 上村直美, 菅野健太郎, 文光堂, 2005/10.

620062. [学術書] (分担執筆) 内科【内科疾患の診断基準病型分類・重症度】 診断メモ: Budd-Chiari症候群, p.1198-9. 日高 央1, 國分茂博1 (1消化器内), 編 小立鉦彦, 南江堂, 2005/6.

620063. [学術書] (分担執筆) 内科【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】 肝・胆・膵 特発性門脈圧亢進症, p.1170-4. 日高 央1, 國分茂博1 (1消化器内), 編 小立鉦彦, 南江堂, 2005/6.

620064. [学術書] (共著) 治療 上部消化管内視鏡治療─どこまでできるか─, p.89-94. 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 南山堂, 2006/1.

[学会・研究会等]

711001. [学会 (国際)] (特別講演)ERCP Live demonstration. 木田光広 (消化器内): 第2回国際ERCPシンポジウム (2005/12/17), バンコック.

711002. [学会 (国際)] (特別講演) Standard visualization of biliopancreas system by EUS. 木田光広 (消化器内): 韓国膵胆道ERCP/EUSシンポジウム (2006/2/11), ソウル.

711003. [学会 (国際)] (特別講演) How to perform EUS-FNA; Tips & Tricks 2006. 木田光広 (消化器内): 第5回横浜国際消化器内視鏡セミナー (2006/3/19), 横浜.

712007. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Combination Chemotherapy of S1+ Cisplatin for Inoperable Gastric Cancer. 小泉和三郎 (消化器内): 6th International Gastric Cancer Conference (2005/5/6), Yokohama.

712008. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Indications and Limitations of Endoscopic Submucosal Dissection in Patients with Early Gastric Cancer. 田邉 聡1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 田原久美子1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第6回国際胃癌学会 (2005/5/7), 横浜.

712009. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Current Status and Problems of Endoscopic Mucosal Resection for the Treatment of Early-stage Gastric Cancer. 田邉 聡 (消化器内): 第6回国際胃癌学会 (2005/5/7), 横浜.

712010. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Usefulness of Ecabet Sodium on Relase of Peptic Ulcer(DUET 2) and Secondary Eradication of H. pylori. 小泉和三郎 (消化器内): The 1st China- Japan-Korea Joint Forum on Gastric Mucosal Defence (2005/10/29), Korea.

713031. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Randomized Control Trial of EST by either PSD with 1/2 burning effect setting of Endocut Mode or Conventional Endocut Mode. 木田光広1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): アメリカ消化器病週間 (DDW) (2005/5/17), シカゴ.

713032. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Indications and Limitations of Endoscopic Submucosal Dissection in Patients with Early Gastric Cancer. 田邉 聡 (消化器内): World Congress of Gastroenterology 2005) (2005/9/12), Canada.

713033. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of lafutidine, an H2-blocker, in the rat gastric mucosa regenerating from acetic acid-induced ulcer. 池澤智明1, 三枝陽一1, 市川尊文2, 五艘行信2, 栗原 誠, 西元寺克禮1, 岡安 勲3, 石原和彦 (1消化器内. 2代謝・蛋白. 3病理): World Congress of Gastroenterology 2005 (2005/9/12), モントリオール (カナダ).

713034. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Local recurrence of hepatocellular carcinoma after radiofrequency ablation associates with the safety margin of the complete ablation. 中澤貴秀 (消化器内): 56th The Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (2005/10), San Francisco.

713035. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Impact of occult hepatitis B virus infection on development of hepatocellular carcinoma in patients with liver cirrhosis due to hepatitis C virus. 渋谷明隆1, 安達 滋1 (1消化器内): American Association for the Study of The Liver Disease (2005/11/13), SanFrancisco.

713036. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The efficacy of radiotherapy for unresectable hepatocellular carcinoma with tumor thrombi of intrahepatic large vessels. 中澤貴秀 (消化器内): 4th JSH Single Topic Conference "Hepatocellular Carcinoma: InternationalConsensus and Controversies" (2005/12/2), 淡路島.

713037. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Risk factors of delay in restoration of hepatic reserve capacity and local recurrence after radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma. 小野弘二1, 國分茂博1, 渡辺真彰1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 4th JSH Single Topic Conference "Hepatocellular Carcinoma: International Consensus and Controversies" (2005/12/2), 淡路島.

721005. [学会 (全国)] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎 (消化器内): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

722018. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 切除不能進行胃癌に対する2nd line治療としてのCPT-11/CDDP併用療法. 佐藤 温, 小泉和三郎1, 瀧内比呂也, 関川高志, 嶋田 顕, 松川正明, 栗原 稔 (1消化器内): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/7), 横浜.

722019. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 切除不能進行胃癌に対するTS-1 failure後のsecond line therapy. 佐々木 徹1, 小泉和三郎1, 樋口勝彦1, 東 瑞智1, 中山昇典1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/7), 横浜.

722020. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) EMRのための早期胃癌診断: 3D-EUSの位置づけ. 木田光広1, 菊地秀彦1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/8), 横浜.

722021. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 早期胃癌に対するESDの適応と限界. 田邉 聡1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 田原久美子1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/8), 横浜.

722022. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 内視鏡的吸引粘膜切除術 (EMR) による早期胃癌、食道表在癌に対するEMRのコツとPitfall. 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木 徹1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/26), 東京.

722023. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 早期大腸癌の深達度診断における三次元超音波内視鏡の有用性. 小林清典1, 木田光広1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (ビデオシンポジウム4) (2005/5/26), 東京.

722024. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) Narrow band imagingシステムによる中・下咽頭領域の内視鏡観察がもたらす新しい診断と治療の体系. 堅田親利1, 武藤 学, 佐野 寧 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/26), 東京.

722025. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 当院におけるEUS-FNAの現状と問題点. 荒木正雄1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会 (2005/5/27), 東京.

722026. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 門脈圧亢進症におけるGAVE,PHGの診断と治療─赤外線電子内視鏡による検討も含めて─. 田邉 聡1, 日高 央1, 國分茂博1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/27), 東京.

722027. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 当院におけるEUSによる胆膵のスクリーニング法. 今泉 弘1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/28), 東京.

722028. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) Field cancerizationからみた頭頸部および食道の扁平上皮がんの診断と治療. 堅田親利1, 武藤 学, 吉田茂昭 (1消化器内): 第59回日本食道学会総会 (2005/7/1), 東京.

722029. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) クローン病に対する在宅経腸栄養療法の長期有用性. 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): DDW-Japan 2005 Kobe (2005/10/6), 神戸.

722030. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) colitic cancerおよびdysplasiaの拡大観察を含めた内視鏡診断についての検討. 佐田美和1, 小林清典1, 五十嵐正広1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW-Japan 2005) (2005/10/6), 神戸.

722031. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 炎症性腸疾患の診断における拡大内視鏡検査の意義─Dysplasiaおよびcolitic cancerの診断を中心に─. 小林清典1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 五十嵐正広1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (サテライトシンポジウム5) (2005/10/7), 神戸.

722032. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 上部消化管疾患に対するAPC2の治療戦略. 田邉 聡 (消化器内): 日本消化器内視鏡学会総会 (2005/10/8), 神戸.

722033. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 腸閉塞症状を伴う大腸癌に対する経肛門的減圧チューブ挿入術の臨床的有用性. 春木聡美1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (ワークショップ28) (2005/10/8), 神戸.

722034. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 悪性疾患による消化管通過障害例における経皮内視鏡的胃瘻造設術不能例に対する, 経皮経食道胃管挿入術による減圧と内視鏡の役割. 村上匡人, 西野圭一郎, 田邉 聡1 (1消化器内): 第47回日本消化器病学会総会 (2005/10/8), 神戸.

722035. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 胃癌化学療法における原発巣評価の意義. 中谷研斗1, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 下田拓也1, 西村 賢1 (1消化器内): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

722036. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 腺腫性ポリープの効率的なfollow-upプログラムの検討. 佐田美和1, 小林清典1, 五十嵐正広1 (1消化器内): 第60回日本大腸肛門病学会総会 (2005/10/29), 東京.

722037. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 大腸sm癌のsm浸潤度の超音波内視鏡診断についての検討. 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第23回日本大腸検査学会総会 (シンポジウムU) (2005/11/12), 名古屋.

722038. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 閉塞性大腸癌に対する経肛門的減圧チューブ挿入術の臨床的有用性. 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第23回日本大腸検査学会総会 (ワークショップU) (2005/11/13), 名古屋.

722039. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 直腸カルチノイドの内視鏡による悪性度診断. 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第2回日本消化管学会総会 (2006/2/11), 東京.

722040. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 切除不能または再発胃がんに対するTS1単独療法/TS1+CDDP併用療法による比較試験. 小泉和三郎1, 田口鐵男 (1消化器内): 第78回日本胃癌学会総会 (2006/3/10), 大阪.

722041. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 進行・再発胃癌を対象としたTaxotere/TS-1とTS-1の多施設, 多国籍第3相試験. 藤井雅志, 久保田哲郎, 小泉和三郎1, 瀧内比呂也, 吉田和弘, 馬場秀夫, 寺島雅典, 山口俊晴, 中島聰總 (1消化器内): 第78回日本胃癌学会総会 (2006/3/10), 大阪.

722042. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 切除不能スキルス胃癌に対する化学療法. 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 佐々木 徹1, 西村 賢1, 下田拓也1, 中谷研斗1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第78回日本胃癌学会総会 (2006/3/11), 大阪.

723145. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸憩室炎に対する内視鏡診断についての臨床的検討. 小林清典1, 春木聡美1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第91回日本消化器病学会総会 (2005/4/14), 東京.

723146. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 硬化型肝細胞癌の腫瘍細胞および間質の特性. 岡村信良1, 大部 誠2, 吉田宗紀3, 渋谷明隆1, 杉浦 仁, 岡安 勲4 (1消化器内. 2医療衛生学部. 3外科. 4病理): 第94回日本病理学会総会 (2005/4/14), 横浜.

723147. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行胃癌に対するneo-adjuvant chemothrapyにより手術可能となりCRと確認された1例. 穴澤康志1,3, 大野 隆1,3, 前澤 寧1,3, 中野史郎1,3, 横山剛義2, 篠田政幸2 (1伊勢原協同病院消化器内科. 2同外科. 3消化器内): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/7), 横浜.

723148. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 癌性胸・腹水を合併した切除不能・再発胃癌に対するTS-1の有用性. 中山昇典1, 小泉和三郎1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/8), 横浜.

723149. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除不能・再発胃癌に対するbi-weekly Paclitaxel療法の第T相臨床試験. 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 中谷研斗1, 西村 賢1, 下田拓也1 (1消化器内): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/8), 横浜.

723150. [学会 (全国))] (一般講演・ポスター) BRTOは腹水の出現を惹起するか. 奥脇裕介1, 國分茂博1, 小野弘二1, 細谷聡子1, 渡辺真彰1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1, 佐々木真弓2, 磯部義憲2 (1消化器内. 2放射線): 第41回日本肝臓学会総会 (2005/5/17), 大阪.

723151. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肝癌に対するRVS (Real-time Virtual Sonography) の 有用性. 小野弘二1, 國分茂博1, 渡辺真彰1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 木田光弘1, 西元寺克禮1, 佐々木真弓2, 磯部義憲2 (1消化器内. 2放射線): 第78回日本超音波医学会学術集会 (2005/5/22), 東京.

723152. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 孤立性胃静脈瘤併存門脈圧亢進症にいける血管作動物質の検討. 奥脇裕介1, 日高 央1, 國分茂博1, 小野弘二1, 渡辺真彰1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/26), 東京.

723153. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) Endo-Cytoscopy Systemの使用経験. 菊地秀彦1, 木田光広1, 岩井和久1, 宮澤志朗1, 奥脇裕介1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 鹿間伸明1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/26), 東京.

723154. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者早期胃癌に対するEMRの有用性と安全性. 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 佐々木 徹1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/26), 東京.

723155. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TS-1+CDDPにより転移巣が消失しEMR可能となった食道腺癌の1例. 中谷研斗1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 東 瑞智1, 下田拓也1, 西村 賢1, 中山昇典1, 樋口勝彦1, 佐々木 徹1, 竹澤三代子1, 木田光広1, 西元寺克禮1, 三上哲夫2 (1消化器内. 2病理): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/26), 東京.

723156. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸内視鏡検査におけるコルセットによる腹部圧迫法の検討. 吉澤 繁1, 今泉 弘1, 五十嵐正広1, 春木聡美1, 佐田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/26), 東京.

723157. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 活動性潰瘍性大腸炎に対するステロイド非併用血球成分吸着除去療法の治療効果. 春木聡美1, 小林清典1, 小川大志1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 横山 薫1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/27), 東京.

723158. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) H. pylori除菌治療後消失 (縮小) した胃腺腫の3例. 萬屋 基1, 外山久太郎, 成毛 哲1, 高田樹一1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/27), 東京.

723159. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 手術不能の高齢者悪性消化管狭窄に対する食道用Covered EMS (Expandable metallic stent) 留置の有用性. 山山竒好喜1, 外山久太郎, 高田樹一1, 成毛 哲1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/28), 東京.

723160. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における中部・下部悪性胆道狭窄に対する内視鏡的ドレナージ術の検討. 山山竒好喜1, 木田光広1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 森木弘子1, 萬屋 基1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 鹿間伸明1, 国東幹夫1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/28), 東京.

723161. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中・下部悪性胆道狭窄に対する経乳頭的Stentingの検討. 岩井知久1, 木田光広1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 宮澤志朗1, 奥脇雄介1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 荒木正雄1, 山山竒好喜1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/28), 東京.

723162. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における十二指腸乳頭部腫瘍の臨床的検討. 森木弘子1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 岩井和久1, 奥脇裕介1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/28), 東京.

723163. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における早期胆嚢癌の検討. 奥脇裕介1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 森木弘子1, 安藤 豪1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第69回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/5/28), 東京.

723164. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度脈管腫瘍栓を伴う進行肝細胞癌に対する放射線療法の有用性に関する検討. 中澤貴秀1, 安達 滋1, 國分茂博1, 渋谷明隆1, 日高 央1, 渡辺真彰1, 小野弘二1, 西元寺克禮1, 北野雅史2, 磯部義憲2 (1消化器内. 2放射線): 第41回日本肝臓学会総会 (2005/6/17), 大阪.

723165. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 転移性肝癌に対するラジオ波熱凝固療法の予後─特に消化管原発癌における有用性─. 日高 央1, 國分茂博1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第41回日本肝臓学会総会 (2005/6/17), 大阪.

723166. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腫瘍最大径5 cm以上の肝細胞癌に対するRFAの手技の工夫と予後. 小野弘二1, 國分茂博1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 三浦有紀子1, 奥脇祐介1, 安達 滋1, 渡辺真彰1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1, 佐々木真弓2, 磯部義憲2, 土橋 健1 (1消化器内. 2放射線): 第41回日本肝臓学会総会 (2005/6/17), 大阪.

723167. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原発性胆汁性肝硬変に出現する抗97/VCP抗体の対応抗原の解析. 細谷直美, 宮地清光, 渋谷樹子, 渋谷明隆1, 泉 並木, 柴田 実, 川島由美, 北澤江里子, 松下昌直, 佐藤新平, 菊池健太郎, 宮川 浩 (1消化器内): 第41回日本肝臓学会総会 (2005/6/17), 大阪.

723168. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 初発肝細胞癌にラジオ波熱凝固療法 (RFA) を施行した症例の予後. 小野弘二1, 國分茂博1, 奥脇祐介1, 三浦有紀子1, 安達 滋1, 渡辺真彰1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第9回日本肝臓学会大会 (2005/9/6), 神戸.

723169. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行肝細胞癌に対するテガフールギメラシルオテ ラシルカリウム配合カプセル剤 (TS-1) による単独治療の試み. 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 小野弘二1, 日高 央1, 國分茂博1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第9回日本肝臓学会大会 (2005/9/6), 神戸.

723170. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) HCVキャリアの実態と診療上の注意点. 渡辺真彰1, 中澤貴秀1, 三浦有紀子1, 安達 滋1, 土橋 健1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第9回日本肝臓学会大会 (2005/9/6), 神戸.

723171. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 内視鏡的静脈瘤結紮術 (EVL) 用オーバーチューブ挿入により食道穿孔を来たした一例. 渡辺真彰1, 山縣 仁1, 今泉 弘1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1, 國分茂博1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第12回日本門脈圧亢進症学会 (2005/9/8), 東京.

723172. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 門脈圧亢進症における脾動脈塞栓術 IPHと肝硬変症におけるPSE後の血小板増加メカニズムの相違. 日高 央1, 國分茂博1, 細谷聡子1, 奥脇裕介1, 渡辺真彰1, 小野弘二1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1, 佐々木真弓2, 磯部義憲2, 浅野 朗1 (1消化器内. 2放射線): 第12回日本門脈圧亢進症学会総会 (2005/9/8), 東京.

723173. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 門脈圧亢進症の新しい薬物療法 門脈圧亢進症の新しい薬物療法 アンギオテンシンU受容体拮抗剤は門脈圧を低下させるか. 日高 央1, 國分茂博1, 細谷聡子1, 奥脇裕介1, 渡辺真彰1, 小野弘二1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1, 佐々木真弓2, 磯部義憲2, 浅野 朗1 (1消化器内. 2放射線): 第12回日本門脈圧亢進症学会総会 (2005/9/8), 東京.

723174. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃静脈瘤に対するB-RTOの効果と予後 血行動態及びアルブミン値変動からの検討. 小野弘二1, 國分茂博1, 日高 央1, 細谷聡子1, 奥脇祐介1, 渡辺真彰1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1, 河村沙織2, 佐々木真弓2, 磯部義憲2 (1消化器内. 2放射線): 第12回日本門脈圧亢進症学会 (2005/9/8), 東京.

723175. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 私と静脈瘤治療. 小野弘二1, 國分茂博1, 日高 央1, 細谷聡子1, 奥脇祐介1, 渡辺真彰1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1, 河村沙織, 佐々木真弓2, 磯部義憲2 (1消化器内. 2放射線): 第12回日本門脈圧亢進症学会 (2005/9/8), 東京.

723176. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 門脈血栓症に対するAT-3製剤投与の有用性. 奥脇裕介1,, 國分茂博1,, 日高 央1,, 細谷聡子1,, 小野弘二1,, 中澤貴秀1,, 村上 秩1,, 高田雅博, 西元寺克禮1, (1,消化器内): 第12回日本門脈圧亢進症学会 (2005/9/8), 東京.

723177. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法前後における門脈圧亢進症性胃症 (PHG) の検討. 細谷聡子1, 日高 央1, 國分茂博1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 中澤貴秀1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第12回日本門脈圧亢進症学会 (2005/9/8), 東京.

723178. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除不能膵癌に対するgemcitabine+5-FUによる化学療法. 菊地秀彦1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 山縣 仁1, 奥脇裕介1, 森木弘子1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 鹿間伸明1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/9/27), 名古屋.

723179. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 当院における十二指腸乳頭部腫瘍の臨床的検討. 森木弘子1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 岩井和久1, 奥脇裕介1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 国東幹夫1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第41回日本胆道学会学術集会 (2005/9/29), 岡山.

723180. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) Ciprofloxacin (CPFX) 注とImipenem/Cilaststin sidium (IPM/CS) 注の胆汁中における薬物動態特性. 竹澤三代子1, 木田芳樹1, 宮澤志朗1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 山田至人1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第41回日本胆道学会学術集会 (2005/9/290), 岡山.

723181. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における膵石症に対する内科的治療の検討. 安藤 豪1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 奥脇裕介1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 国東幹夫1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第47回日本消化器病学会総会 (2005/10/5), 神戸.

723182. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除不能膵癌に対するgemcitabine+5-FUによる化学療法. 菊地秀彦1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 山縣 仁1, 奥脇裕介1, 森木弘子1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 鹿間伸明1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第47回日本消化器病学会総会 (2005/10/5), 神戸.

723183. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 5-Fluorouracil (5-FU)投与によるラット胃・小腸粘液細胞の変動. 三枝陽一1, 池澤智明1, 西元寺克禮1, 市川尊文2, 岡安 勲3, 五艘行信2, 石原和彦 (1消化器内. 2代謝・蛋白. 3病理): 第47回日本消化器病学会大会 (2005/10/5), 神戸.

723184. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) エビデンスに基づく門脈圧亢進症 (食道静脈瘤,脳症,腹水) 治療戦略 アンギオテンシンII受容体拮抗剤は門脈圧を低下させるか Pilot Studyから. 日高 央1, 國分茂博1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第9回日本肝臓学会大会 (2005/10/6), 神戸.

723185. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 門脈圧亢進症におけるARBの有用性-Pilot Studyから. 日高 央1, 國分茂博1 (1消化器内): 第9回日本肝臓学会大会 (2005/10/6), 神戸.

723186. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療の工夫. 佐々木 徹1, 田邉 聡1, 木田光広1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/10/8), 神戸.

723187. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸側方発育型腫瘍 (早期癌) の臨床病理学的検討. 佐田美和1, 五十嵐正広1, 春木聡美1, 吉澤 繁1, 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1消化器内. 2病理): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW-Japan 2005) (2005/10/8), 神戸.

723188. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下部消化管粘膜下腫瘍の超音波内視鏡診断についての検討. 横山 薫1, 小林清典1, 春木聡美1, 小川大志1, 吉澤 繁1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2, 五十嵐正広1 (1消化器内. 2病理): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/10/8), 神戸.

723189. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) Endo-Cytoscopy Systemの使用経験. 奥脇裕介1, 木田光広1, 菊地秀彦1, 岩井知久1, 宮澤志朗1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 鹿間伸明1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 近藤一英1, 今泉 弘1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/8), 神戸.

723190. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早期胃癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除法 (EMR) の長期予後の検討. 下田拓也1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 佐々木 徹1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 中谷研斗1, 西村 賢1, 東 瑞智1, 今泉 弘1, 木田光広1, 西元寺克禮1, 三富弘之2 (1消化器内. 2国立相模原病院): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (2006/10/8), 神戸.

723191. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道を除く手術不能の消化管悪性狭窄に対する食道用Covered EMS (Expandable metallic stent) 留置の有用性. 山山竒好喜1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 村田 東1, 高田樹一1, 成毛 哲1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/8), 神戸.

723192. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における中部・下部悪性胆道狭窄に対する内視鏡的ドレナージ術の検討. 山山竒好喜1, 木田光広1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 森木弘子1, 萬屋 基1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 鹿間伸明1, 国東幹夫1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/8), 神戸.

723193. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における膵石症に対する内科的治療の検討. 安藤 豪1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 奥脇祐介1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 国東幹夫1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1, 串田誉名, 山上達也 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/8), 神戸.

723194. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆管癌における緩和医療としてのステント術の臨床的検討. 森木弘子1, 木田光広1, 岩井知久1, 奥脇祐介1, 安藤 豪1, 前澤 寧1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山山竒好喜1, 鹿間伸明1, 国東幹夫1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/8), 神戸.

723195. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 内視鏡的胆管膵管生検細胞診の検討. 山縣 仁1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 奥脇祐介1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 前澤 寧1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 木田芳樹1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/8), 神戸.

723196. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵嚢胞に対する経乳頭的, およびEUSガイド下経消化管的ドレナージの検討. 岩井知久1, 木田光広1, 山縣 仁1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 山山竒好喜1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/8), 神戸.

723197. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) Ciprofloxacin (CPFX) とImipenem/Cilastatin sodium (IPM/CS) 注の胆汁中における薬物動態特性. 竹澤三代子1, 木田芳樹1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 山田至人1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (DDW2005) (2005/10/9), 神戸.

723198. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者胃癌に対する化学療法. 西村 賢1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1, 佐々木 徹1, 中山昇典1, 中谷研斗1, 下田拓也1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

723199. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 根治的切除不能進行胃癌におけるSecond line therapyの影響. 佐々木 徹1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 中山昇典1, 中谷研斗1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/27), 名古屋.

723200. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道癌放射線化学療法後の局所遺残・再発症例に対する内視鏡的salvage治療の検討. 下田拓也1, 田邉 聡1, 西村 賢1, 東 瑞智1, 中谷研斗1, 佐々木 徹1 (1消化器内): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/27), 名古屋.

723201. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆汁の抗菌薬感受性に及ぼす影響の検討. 木田芳樹1, 竹澤三代子1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第52回日本化学療法学会東日本支部総会 (2005/10), 東京.

723202. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下部消化管異物に対する内視鏡的除去法についての検討. 山縣 仁1, 小林清典1, 小川大志1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 五十嵐正広1 (1消化器内): 第23回日本大腸検査学会総会 (2005/11/13), 名古屋.

723203. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 5-Fluorouracil (5-FU) 投与によるラット胃・小腸粘膜傷害に対するラフチジン併用投与の傷害抑制作用. 三枝陽一1, 市川尊文2, 五艘行信2, 西元寺克禮1, 石原和彦 (1消化器内. 2代謝・蛋白): 第33回日本潰瘍学会 (2005/12/30), 東京.

723204. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腸型Behcet病と単純性潰瘍に対する栄養療法の治療効果. 春木聡美1, 小林清典1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 野口球子 (1消化器内): 第21回日本静脈経腸栄養学会 (2006/1/26), 岐阜.

723205. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Identification of prostaglandin E receptor subtypes relevant to gastric mucosal protection; a study using intravital microscopy and perfusion of the gastric lumen. 服部庸一郎1,2, 大野 隆2,3, 佐伯威男2, 水口澄人2,3, 新井勝春2, 西元寺克禮2, 馬嶋正隆1 (1薬理. 2消化器内. 3伊勢原協同病院消化器内): 第31回日本微小循環学会総会 (2006/2/10), 東京.

723206. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 生理活性ペプチドの新しい役割と創薬神経ペプチドCalcitonin gene related peptideの胃粘膜恒常性維持と粘膜傷害修復における役割. 大野 隆1,2,馬嶋正隆3 (1伊勢原協同病院消化器内. 2消化器内. 3薬理): 第79回日本薬理学会年会 (2006/3/8), 横浜.

723207. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃粘膜保護作用を発揮するプロスタグランジンE2受容体の特定─胃粘膜微小循環観察法を用いた解析─. 服部庸一郎1,2, 大野 隆2,3, 佐伯威男2, 水口澄人2,3, 新井勝春2, 西元寺克禮2, 馬嶋正隆1 (1薬理. 2消化器内. 3伊勢原協同病院消化器内): 第79回日本薬理学会年会 (2006/3/8), 横浜.

723208. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃原発aggressive lynphomaの治療成績. 龍 貴裕1, 樋口勝彦1, 下田拓也1, 西村 賢1, 堅田親利1, 佐々木 徹1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第78回日本胃癌学会総会 (2006/3/10), 大阪.

723209. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TS-1 regimenが奏効した切除不能進行胃癌に対するSecond/third therapy. 佐々木 徹1, 小泉和三郎1, 樋口勝彦1, 下田拓也1, 西村 賢1, 中谷研斗1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第78回日本胃癌学会総会 (2006/3/10), 大阪.

723210. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ESDにおける麻酔. 佐々木 徹1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 下田拓也1, 中谷研斗1, 西村 賢1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第78回日本胃癌学会総会 (2006/3/11), 大阪.

723211. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者胃癌に対する化学療法. 西村 賢1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 下田拓也1, 中谷研斗1, 佐々木 徹1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第78回日本胃癌学会総会 (2006/3/11), 大阪.

731006. [研究会] (特別講演) 胃癌の化学療法について. 小泉和三郎 (消化器内): 第22回群馬臨床消化管カンファレンス (2005/6/1), 前橋.

731007. [研究会] (特別講演) 胃癌の化学療法. 小泉和三郎 (消化器内): 第16回中津臨床消化器勉強会 (2005/6/18), 大阪.

731008. [研究会] (特別講演) 大腸粘膜下腫瘍の診断と内視鏡的治療. 小林清典 (消化器内): 第21回相模消化器研究会 (2005/7/14), 厚木.

731009. [地方会] (特別講演) 消化器内視鏡胃による中・下咽頭表在がんの内視鏡診断. 堅田親利 (消化器内): 第40回近畿地区消化器内視鏡懇談会 (2005/7/16), 大阪.

731010. [地方会] (特別講演) 胆膵内視鏡治療における狭窄治療・ステンティング. 今泉 弘1, 西元寺克禮1, 木田光広1 (1消化器内): 神奈川県消化器内視鏡懇談会 (2005/8/4), 横浜.

731011. [研究会] (特別講演) 消化器癌に対するTS-1の併用療法. 小泉和三郎 (消化器内): 第4回癌治療薬に関する東京フォーラム (2005/8/19), 東京.

731012. [地方会] (特別講演) 消化性潰瘍の再発予防─1次除菌不応例の対応─. 小泉和三郎 (消化器内): 西条市医師会学術講演会 (2005/8/29), 西条市.

731013. [研究会] (特別講演) 胃癌化学療法─現況と展望─. 小泉和三郎 (消化器内): 第23回千葉胃癌研究会 (2005/11/4), 千葉市.

731014. [研究会] (特別講演) 新しい中・下咽頭表在がんの内視鏡診断. 堅田親利 (消化器内): 第14回北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2005/11/12), 神奈川.

731015. [地方会] (特別講演) 胃癌化学療法─現況と展望─. 小泉和三郎 (消化器内): 第2回東信消化器癌化学療法講演会 (2005/11/25), 佐久市.

731016. [地方会] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望. 小泉和三郎 (消化器内): 逗葉医師会講演会 (2005/12/20), 葉山.

731017. [研究会] (特別講演) 胃癌の化学療法. 小泉和三郎 (消化器内): 第7回がん集学的治療研究会 (2006/2/24), 東京.

731018. [研究会 (国際)] (招待公演) Local Tumor Progression of Hepatocellular Carcinoma after Radiofrequency Ablation Correlates with the Ablative Margin of the Ablation Zone. 中澤貴秀 (消化器内): Liver Disease in Japan and U.S.A, Clinical Exchange Program (2006/3/21), Miami.

732006. [研究会 (全国)] (ワークショップ) 高度脈管腫瘍栓を伴う進行肝細胞癌の予後規定因子と放射線治療の有用性. 國分茂博1, 渋谷明隆1, 小野弘二1, 渡辺真彰1, 日高 央1, 安達 滋1, 西元寺克禮1, 北野雅史2, 磯部義憲2 (1消化器内. 2放射線): 第41回日本肝癌研究会 (2005/6/3), 幕張.

732007. [研究会] (招待講演) 超音波内視鏡下穿刺術の現状と今後. 木田光広 (消化器内): 第76回土曜会 (2005/6/4), 神戸.

732008. [地方会] (シンポジウム招待講演) 潰瘍性大腸炎におけるdysplasia・colitic cancerの拡大観察の意義. 佐田美和1, 勝又伴栄1, 五十嵐正広1 (1消化器内): 第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/6/4), 東京.

732009. [研究会] (シンポジウム招待講演) 今後の胃癌化学療法の展望. 小泉和三郎 (消化器内): Chugai GI Cancer Symposium (2005/6/25), 東京.

732010. [地方会] (招待講演) 超音波内視鏡下穿刺術の現状と今後. 木田光広 (消化器内): 第94回日本消化器内視鏡学会中国地方会 (2005/7/2), 米子.

732011. [研究会] (シンポジウム招待講演) 早期胃癌に対する内視鏡治療の最前線. 田邉 聡 (消化器内): 第41回平塚市消化器研究会 (2005/7/13), 平塚.

732012. [研究会] (シンポジウム招待講演) 電子ラジアル式超音波内視鏡. 木田光広 (消化器内): 第6回Endoscopy Forum Japan (2005/7/30), 箱根.

732013. [地方会] (シンポジウム招待講演) 胆膵疾患の診断・治療. 木田光広 (消化器内): 第12回神奈川消化器内視鏡懇談会 (2005/8/4), 横浜.

732014. [地方会] (シンポジウム招待講演) 膵疾患の診断と治療. 木田光広 (消化器内): 目黒医師会 (2005/10/22), 東京.

732015. [地方会] (シンポジウム招待講演) 早期胃癌に対する内視鏡的治療の最前線. 田邉 聡 (消化器内): 八王子医師会学術講演 (2005/10/28), 八王子.

732016. [地方会] (シンポジウム招待講演) GIST診断におけるEUS-FNAの有用性. 木田光広1, 荒木正雄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 神奈川消化器病学会 (2005/11/12), 横浜.

732017. [地方会] (シンポジウム招待講演) 潰瘍性大腸炎に対する血球成分吸着除去療法の治療効果予測における内視鏡検査の意義. 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (シンポジウム3) (2005/11/25), 東京.

732018. [地方会] (シンポジウム招待講演) 上部消化管出血─この症例をどうする─. 田邉 聡 (消化器内): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/26), 東京.

732019. [研究会] (シンポジウム招待講演) ESDの安全な導入を目指して. 田邉 聡 (消化器内): 東海大学病院消化器内科 Gastro Expert Meeting (2005/12/13).

732020. [地方会] (シンポジウム招待講演) 胆膵EUSの基本手技と診断. 木田光広 (消化器内): 第17回日本消化器内視鏡学会東北セミナー (2005/12/18), 福島.

732021. [地方会] (シンポジウム招待講演) 大腸腫瘍の内視鏡診断. 小林清典 (消化器内): 第17回日本消化器内視鏡学会関東セミナー (2005/1/22), 横浜.

732022. [地方会] (シンポジウム招待講演) 内視鏡による胆膵疾患の診断と治療. 木田光広 (消化器内): 横浜消化器内視鏡医会集談会 (2006/2/8), 横浜.

733044. [研究会] (一般講演・ポスター) H. pylori除菌治療後消失 (縮小) した胃腺腫の3例. 萬屋 基1, 外山久太郎, 杉本真理, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 玉真桂子, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2, 川井保男, 小池 純 (1消化器内. 2平塚医師会): 第26回平塚共済病院・平塚医師会合同臨床懇話会 (2005/5), 平塚.

733045. [研究会] (一般講演・ポスター) 肝癌に対するラジオ波熱凝固療法 (RFA) の施行経験と工夫. 小野弘二1, 國分茂博1, 奥脇祐介1, 細谷聡子1, 三浦有紀子1, 安達 滋1, 渡辺真彰1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第41回日本肝癌研究会 (2005/6/2), 幕張.

733046. [地方会] (一般講演・ポスター) PEG交換用カテーテル (チューブバルーンタイプ) 管理不良により逆流性食道炎を認めた症例. 前澤 寧1,2, 大野 隆1,2, 佐東丈仁1,2, 澤田晴生1,2, 穴澤康志1,2, 水口澄人1,2, 中野史郎1,2 (1伊勢原協同病院消化器内. 2消化器内): 第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/6/3), 東京.

733047. [地方会] (一般講演・ポスター) 過観察中に発見され多彩な組織所見を呈したLST-NGの1例. 春木聡美1, 佐田美和1, 小川大志1, 吉澤 繁1, 小林清典1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 國場幸均3, 三上哲夫2, 岡安 勲2 (1消化器内. 2病理. 3外科): 第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/6/4), 東京.

733048. [地方会] (一般講演・ポスター) 特異な肉眼形態を呈し超音波内視鏡が診断に有用であった大腸脂肪腫の1例. 菊地正臣1, 小林清典1, 春木聡美1, 佐田美和1, 五十嵐正広1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 小澤平太2, 岡安 勲3 (1消化器内. 2外科. 3病理): 第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/6/4), 東京.

733049. [地方会] (一般講演) 閉塞性黄疸を呈した非常に稀な胆管結核の一例. 岩井知久1, 木田光広1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 木田芳樹1, 渋谷明隆1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/6/4), 東京.

733050. [地方会] (一般講演・ポスター) 発作性夜間血色素尿症 (PNH) を合併した多発性骨髄腫の1例. 安藤 豪1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 村田 東1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山山竒好喜1, 野登 誠 (1消化器内): 第527回日本内科学会関東地方会 (2005/6/11), 東京.

733051. [研究会] (一般講演・ポスター) 下部消化管出血に対する内視鏡的止血法. 吉澤 繁1, 勝又伴栄1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 小林清典1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第36回神奈川大腸疾患研究会 (2005/6/23), 横浜.

733052. [研究会] (一般講演) 膵嚢胞性腫瘍の一切除例. 奥脇裕介1, 木田光広1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 宮澤志朗1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 荒木正雄1, 山山竒好喜1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第118回肝胆膵疾患研究会プログラム (2005/6), 横浜.

733053. [研究会] (一般講演・ポスター) 肝門部胆管十二指腸球部瘻より内瘻化した術後総胆管閉塞の1例. 水口澄人1,2, 大野 隆1,2, 佐東丈仁1,2, 澤田晴生1,2, 前澤 寧1,2, 穴澤康志1,2, 中野史郎1,2 (1伊勢原協同病院消化器内. 2消化器内): 第50回神奈川県消化器病研究会 (2005/7/2), 横浜.

733054. [地方会] (一般講演・ポスター) 経皮的ドレナージ術が有効であった高齢者穿孔性腹膜炎の一例. 迎 美幸1, 外山久太郎, 村田 東1, 高田樹一1, 成毛 哲1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 山山竒好喜1, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第285回日本消化器病学会関東支部例会 (2005/7/9), 東京.

733055. [研究会] (一般講演・ポスター) Neo-adjuvant chemothrapyにより手術可能となりCRと確認されたAFP産生胃癌の1例. 穴澤康志1,4, 大野 隆1,4, 前澤 寧1,4, 中野史郎1,4, 横山剛義2, 篠田政幸2, 熊木伸枝3 (1伊勢原協同病院消化器内. 2同外科. 3同病理, 4消化器内): 第5回西神奈川消化器カンファレンス (2005/7/14), 厚木.

733056. [地方会] (一般講演・ポスター) 手術不能の悪性消化管狭窄 (食道を除く) に対する食道用Covered Expandable Metallic Stent留置の有用性. 山山竒好喜1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 村田 東1, 高田樹一1, 成毛 哲1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第32回関東農村医学会 (2005/7/16), 甲府.

733057. [地方会] (一般講演・ポスター) 診断に苦慮した膵尾部嚢胞性腫瘤の一例. 村田 東1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 高田樹一1, 成毛 哲1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 山山竒好喜1, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第32回関東農村医学会 (2005/7/16), 甲府.

733058. [研究会] (一般講演・ポスター) 中部食道癌にMetallic stent留置後短期間で狭窄症状を呈した噴門部浸潤によるMucosal bridgeの1例. 村田 東1, 高田樹一1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 村上 秩1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2, 長嶋洋治 (1消化器内. 2平塚医師会): 第50回神奈川消化器病研究会 (2005/7), 横浜.

733059. [研究会] (一般講演・ポスター) 一般演題 座長. 里道哲彦 (消化器内): 第24回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2005/7), 相模原.

733060. [研究会] (一般講演・ポスター) 当院におけるESD (内視鏡的粘膜切開・剥離術) の経験. 山山竒好喜1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 野登 誠, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第41回平塚市消化器研究会 (2005/7), 平塚.

733061. [地方会] (一般講演・ポスター) 経過中, 胆道ステント・十二指腸ステントがQOLの改善に有効であった肝門部胆肝癌の1例. 山山竒好喜1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 野登 誠, 三橋利温, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第286回日本消化器病学会関東支部例会 (2005/9/3), 横浜.

733062. [研究会] (一般講演・ポスター) 病診連携におけるC型慢性肝炎例. 鎌田一寿1, 外山久太郎, 奥 理恵子, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第6回湘南西部肝疾患勉強会 (2005/9/22), 伊勢原.

733063. [研究会] (一般講演・ポスター) 肝細胞癌が関与した急性膵炎の1例. 水口澄人1,3, 星 健太2, 佐東丈仁1,3, 澤田晴生1,3, 永妻紀子2, 前澤 寧1,3, 穴澤康志1,3 中野史郎1,3, 大野 隆1,3 (1伊勢原協同病院消化器内. 2同内科. 3消化器内): 第6回湘南西部肝疾患勉強会 (2005/9/22), 厚木.

733064. [研究会] (一般講演・ポスター) 左胃静脈瘤破裂による腹腔内出血を来した肝硬変の一例. 北村由美子1, 渡辺真彰1, 神應知道2, 山本紳一郎2, 西巻 博3, 松永敬二3, 佐々木真弓3, 國分茂博1, 西元寺克禮1, 瀧川政和, 遠藤 豊 (1消化器内. 2救命. 3放射線): 第6回静脈瘤血行動態研究会 (2005/10/8), 神戸.

733065. [研究会] (一般講演・ポスター) Infliximabによる維持療法を行ったクローン病症例の検討. 宮澤志朗1, 小林清典1, 小川大志1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第4回神奈川クローン病治療研究会 (2005/10/21), 横浜.

733066. [地方会] (一般講演・ポスター) 慢性B型肝炎にHEV感染が加わり肝不全で死亡した1例. 村上 秩1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 萬屋 基1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明 (1消化器内): 第54回共済医学会 (2005/10), 長崎.

733067. [地方会] (一般講演・ポスター) 十二指腸カルチノイド8例の臨床的検討. 迎 美幸1, 外山久太郎, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2, 長嶋洋治 (1消化器内. 2平塚医師会): 第54回共済医学会 (2005/10), 長崎.

733068. [地方会] (一般講演・ポスター) Double-balloon小腸内視鏡の試用経験. 小林清典1, 春木聡美1, 小川大志1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第1回小腸内視鏡神奈川懇話会 (2005/11/5), 横浜.

733069. [地方会] (一般講演・ポスター) 食道大細胞神経内分泌癌の1例. 村田 東1, 外山久太郎, 倉部慶子, 迎 美幸1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2, 長嶋洋治 (1消化器内. 2平塚医師会): 第531回日本内科学会関東地方会 (2005/11/12), 東京.

733070. [地方会] (一般講演・ポスター) 自己免疫性膵炎の2例. 佐東丈仁1,3, 澤田晴生1,3, 永妻紀子2, 前澤 寧1,3, 水口澄人1,3, 穴澤康志1,3, 中野史郎1,3, 大野 隆1,3 (1伊勢原協同病院消化器内. 2同内科. 3消化器内): 第38回神奈川県消化器病医学会総会 (2005/11/12), 横浜.

733071. [地方会] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎様病変を合併した非特異性多発性小腸潰瘍症の一例. 竹内 瞳1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 西元寺克禮1, 渡邊昌彦2, 岡安 勲3 (1消化器内. 2外科. 3病理): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/25), 東京.

733072. [地方会] (一般講演・ポスター) 巨大胃粘膜下血腫を形成した特発性血小板減少性紫斑病 (ITP) の1例. 永妻紀子1, 佐東丈仁2,3, 澤田晴生2,3, 清水 透1, 水口澄人2,3, 前澤 寧2,3, 穴澤康志2,3, 中野史郎2,3, 大野 隆2,3 (1伊勢原協同病院内科. 2同消化器内. 3消化器内): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/25), 東京.

733073. [地方会] (一般講演・ポスター) 虚血性十二指腸炎の一例. 渡辺真彰1, 山縣 仁1, 迎 美幸1, 石黒康浩1, 白石廣照, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/26), 東京.

733074. [地方会] (一般講演・ポスター) 長期経過後に局所再発をきたした直腸カルチノイド腫瘍の1例. 奥脇裕介1, 小林清典1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 渡邊昌彦2, 岡安 勲3 (1消化器内. 2外科. 3病理): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/26), 東京.

733075. [地方会] (一般講演) EUS-FNAが有効であったEMR後再発の2例. 高田樹一1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/26), 東京.

733076. [地方会] (一般講演・ポスター) 電子ラジアル型超音波内視鏡の臨床的有用性. 岩井知久1, 木田光広1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/26), 東京.

733077. [地方会] (一般講演・ポスター) 著明な石灰化を伴った非機能性膵以内分泌腫瘍の一例. 宮澤志朗1, 木田光広1, 岩井知久1, 奥脇裕介1, 安藤 豪1, 森木弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2005/11/26), 東京.

733078. [地方会] (一般講演・ポスター) 経過観察中に消退した胃カルチノイドの2例. 迎 美幸1, 外山久太郎, 奥 理恵子, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第38回神奈川県消化器病医学会総会 (2005/11), 横浜.

733079. [地方会] (一般講演・ポスター) 胆石・急性胆嚢炎に十二指腸潰瘍を合併し, 短期間で胆嚢・十二指腸瘻を形成した1例. 萬屋 基1, 外山久太郎, 奥 理恵子, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第287回日本消化器病学会関東支部例会 (2005/12/10), 東京.

733080. [研究会] (一般講演・ポスター) 当院における高齢者の潰瘍性大腸炎の検討. 安藤 豪1, 外山久太郎, 奥 理恵子, 青木聡子1, 迎 美幸1, 村田 東1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第42回平塚市消化器研究会 (2006/1), 平塚.

733081. [地方会] (一般講演・ポスター) 狭心症治療後の抗凝固療法中の患者に認められた食道・胃粘膜下血腫の1例. 村田 東1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第288回日本消化器病学会関東支部例会 (2006/2/4), 東京.

733082. [研究会] (一般講演・ポスター) 大腸内視鏡挿入法を容易にする工夫. 横山 薫1, 春木聡美1, 小川大志1, 佐田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 吉澤 繁1 (1消化器内): 第37回神奈川大腸疾患研究会 (2006/2/9), 横浜.

733083. [地方会] (一般講演・ポスター) 左胃静脈破裂による腹腔内出血を来たしたC型肝硬変の一例. 北村由美子1, 渡辺真彰1, 神應知道2, 服部 潤2, 樫見文枝2, 佐藤千恵2, 西巻 博3, 片岡祐一2, 北原孝雄2, 相馬一亥2 (1消化器内. 2救命. 3放射線) : 第56回日本救急医学会関東地方会 (2006/2/25), つくば.

733084. [地方会] (一般講演・ポスター) 当科における経内視鏡的胃瘻造設術の臨床的検討─PEG患者の病診連携─. 鎌田一寿1, 外山久太郎, 青木聡子1, 石川玲利, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2, 梶原光令, 岡村雅生, 大野史郎 (1消化器内. 2平塚医師会): 第16回平塚市医師会臨床医学会 (2006/2), 平塚.

733085. [地方会] (一般講演・ポスター) 難治性下痢を契機に発見されセロトニン高値を呈した胃小細胞内分泌癌の1例. 萬屋 基1, 外山久太郎, 迎 美幸1, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 山山竒好喜1, 野登 誠 (1消化器内): 第534回日本内科学会関東地方会 (2006/3/11), 東京.

733086. [地方会] (一般講演・ポスター) 腫瘍生検で小細胞が疑われたが, 原発巣の同定が困難であった多発性肝腫瘍の1剖検例. 迎 美幸1 外山久太郎, 倉部慶子, 青木聡子1, 石川玲利, 村田 東1, 安藤 豪1, 鎌田一寿1, 里道哲彦1, 村上 秩1, 萬屋 基1, 玉真桂子, 山山竒好喜1, 野登 誠, 金山正明2 (1消化器内. 2平塚医師会): 第69回神奈川内科医学会集談会 (2006/3), 藤沢.


<<循環器内科学>>

[学術論文]

110084. [原著] Changes in clinical arrhythmia in patirnts with eart failre due to dilated cardiomyopathy. 平澤正次1,2, 庭野慎一1, 猪又孝元1, 佐々木紗栄1,2, 弓削 大1,2, 今木隆太1,2, 佐藤大輔1,2, 佐々木 毅1,2, 脇坂裕子1, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): The Kitasato Medical Journal 2005/3; 35 (1): 20-6.

110085. [原著] Predictive Impact of the Inducibility of Ventricular Fibrillation in Patients With Brugada-Type ECG. 今木隆太1,2, 庭野慎一1, 深谷英平1,2, 佐々木紗栄1,2, 弓削 大1,2, 平澤正次1,2, 佐藤大輔1,2, 佐々木 毅1,2, 森口昌彦1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): International Heart Journal 2006/3; 47 (2): 229-36.

110086. [原著] Clinical Significance of the Electrophysiologic Study(EPS)-Guided Therapy for the Secondary Prevention of Ventiricular Tachycardia. 弓削 大1,2, 庭野慎一1, 森口昌彦1, 佐々木 毅1,2, 平澤正次1,2, 今木隆太1,2, 佐藤大輔1,2, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科); Circulation J 2006/3; 70 (3): 268-72.

110087. [原著] Bepridil Inhibits Sub-Acute Phase of Atrial Electrical Remodeling in Canine Rapid Atrial Stimulation Model. 佐藤大輔1,2, 庭野慎一1, 今木隆太1,2, Yoshihiko Masaki, 佐々木紗栄1,2, 弓削 大1,2, 平澤正次1,2, 佐々木 毅1,2, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 吉村博邦3, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科. 3呼吸器外) : Circulation J 2006/2; 70 (2): 206-13.

110088. [原著] Long-Term Folloup of Changes in Fibrillation Waves in Patients With Persistent Atrial Fibrillation -Spectral Analysis of Surface ECG-. 佐々木 毅1,2, 庭野慎一1, 今木隆太1,2, 弓削 大1,2, 平澤正次1,2, 佐藤大輔1,2, 森口昌彦1, Akira Fujita, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): Circulation J 2006/2; 70 (2): 169-73.

110089. [原著] Distinguishable Optimal Levels of Plasma B-type Natriuretic Peptide in Heart Failure Management Based on Complicated Atrial Fibrillation. 小板橋俊美1, 猪又孝元1, 庭野慎一1, 西井基継1, 竹内一郎1, 中野浩成1, 品川弥人1,2, 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): International Heart J 2005; 46 (3): 453-64.

110090. [原著] Clinical Characteristics of Heart Disease Patients With a Good Prognosis in Spite of Markedly Increased Plasma Levels of Type-B Natriuretic Peptide(BNP) -Anomalous Behavior of Plasma BNP in Hypertrophic Cardiomyopathy-. 竹内一郎1, 猪又孝元1, 西井基継1, 小板橋俊美1, 中野浩成1, 品川弥人1,2, 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): Circulation J 2005; 69 (3): 277-82.

110091. [原著] Paroxysmal Atrial Fibrillation Coincident With Cardiac Decompensation is a Predictor of Poor Prognosis in Chronic Heart Failure. 小板橋俊美1, 猪又孝元1, 庭野慎一1, 西井基継1, 竹内一郎1, 中野浩成1, 品川弥人1,2, 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): Circulation J 2005/7; 69 (7): 823-30.

110092. [原著] Rapamycin Ameliorates Experimental Autoimmune Myocarditis. 前田佳代1, 塩井哲雄2, 小杉理恵1,3, 吉田友紀1,3, Keiko Takahashi, 町田陽二1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2京都大. 3大学院医療系研究科): International Heart J 2005; 46 (3): 513-30.

110093. [原著] Guidelines for Risk and Prevention of Sudden Cardiac Death (JCS2005). 庭野慎一 (循環器内): Circulation J 2005; 69: 1209-65.

110094. [原著] Prolonged recovery time in the left precordial leads reflects increased left ventricular mass in the hypertensive patients. 原 英幸1, 庭野慎一1, Ikeda N, 和泉 徹1 (1循環器内): J Electrocardiology 2005/10; 38: 406-11.

110095. [原著] Low-Dose Aspirin for Prevention of Stroke in Low-Risk Patients With Atrial Fibrillation japan Atrial Fibrillation Stroke Trial. Hiroshi Sato, Kinji Ishikawa, Akira Kitabatake, Satoshi Ogawa, Yukio Maruyama, Yoshiyuki Yokota, Takaya Fukuyama, Yoshinori Doi, Seibu Mochizuki, 和泉 徹1, Noboru Takekoshi, Kiyoshi Yoshida, Katuhiko Hiramori, Shinichiro Uchiyama, Masayasu Matsumoto, Takenori Yamaguchi, Masatsugu Hori, on behalf of the japan Atrial Fibrillation Stroke Trial (JAST) Group (1循環器内): Stroke 2005/12; 37 (2): 447-51.

110096. [原著] Effects of the Endothelin Receptor Antagonist Bosentan on Hemodynamics,Symptoms and Functional Capacity in Japanese Patients With Severe Pulmonary Hypertention. Shigetake Sasayama, Takeyoshi Kuneida, Hitonobu Tomoike, Masunori Matsuzaki, Takayuki Kuriyama, 和泉 徹1, Hideki Origasa, Paul LM van Giersbergen, Jasper Dingemanse, Satoshi Tanaka (1循環器内): Circulation J 2005/9; 69 (2): 131-37.

110097. [原著] Effects of Nocturnal Oxygen Therapy on Outcome Measures in Patients With Chronic Heart Failure and Cheyne-Strokes Respiration. Shigetake Sasayama, 和泉 徹1, Yoshihiko Seino, Kenji Ueshima, Hidetsugu Asanoi, for The CHF-HOT Study Group (1循環器内): Circulation J 2006/1; 70 (1): 1-7.

110098. [原著] Evolution of virulence in picornaviruses. Tracy S1, Drescher KM1, Chapman N1 河野 健2, Tapprich W1 (1University of Nebraska Medical Center. 2循環器内): Curr Topics Microbiol Immunol 2006; 299: 193-209.

110099. [原著] cAbl tyrosine kinase mediates reactive oxygen species- and caveolin-dependent AT1 receptor signaling in vascular smooth muscle: role in vascular hypertrophy. Ushio-Fukai M1, Zuo L1, Ikeda S1, 東條大輝2, Patrushev NA1, Alexander RW1 (1Emory University School of Medicine. 2循環器内): Circ Res. 2005/10; 97 (8): 829-36.

110100. [原著] Role of gp91phox (Nox2)-containing NAD(P)H oxidase in angiogenesis in response to hindlimb ischemia. 東條大輝1, Ushio-Fukai M2, 東條美奈子1, Ikeda S2, Patrushev N2, Alexander RW2 (1循環器内. 2Emory University School of Medicine): Circulation 2005/5; 111 (18): 2347-55.

120025. [原著] 心房細動特異的QOL評価法 (Atrial Fibrillation Quality of Life Questionnaire: AFQLQ) の内的整合性と再現性. 庭野慎一 (循環器内): 心電図 2005; 25: 488-94.

120026. [原著] 心房細動に対するupstream治療の展望. 庭野慎一 (循環器内): 心臓 2005; 37: 809-11.

120027. [原著] 高血圧治療症例における臨床的心房細動新規発症の比較検討─RAS系抑制薬とCa拮抗薬の比較─. 庭野慎一 (循環器内): 心臓 2005; 37: 787-9.

120028. [原著] ブルガダ型心電図症例における心室細動 (VF) 誘発性と臨床的危険予測因子の比較検討. 今木隆太1,2, 庭野慎一1, 佐々木紗栄1,2, 弓削 大1,2, 脇坂裕子1, 平澤正次1,2, 佐藤大輔1,2, 佐々木 毅1,2, 森口昌彦1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 心臓 (HEART) 2005; 37 (3): 142-7.

120029. [原著] 合併症を有する心疾患患者に心臓リハビリテーションを施行する際の留意点. 上脇玲奈, 増田 卓1,2, 松永篤彦2, 齋藤正和, 神谷健太郎, 米澤隆介, 坂本純子, 前田智美, 和泉 徹1 (1循環器内. 2医療衛生学部): 日本心臓リハビリテーション学会誌 2005; 10 (2): 178-81.

120030. [原著] 復職した壮年虚血疾患患者に対する回復期心臓リハビリテーションの効果. 米澤隆介, 増田 卓1,2, 松永篤彦, 前田智美, 上脇玲奈, 早川康之, 坂本美喜, 和泉 徹1 (1循環器内. 2医療衛生学部): 呼吸と循環 2005; 53 (11): 1175-80.

320004. [症例報告] 重篤な末梢神経障害での加療中に死亡した衝心脚気の若年例. 今木隆太1,2, 猪又孝元1, 松山斉久3, 井出俊光4, 渡辺昌文5, 黒川信悟1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科. 3大和市立病院. 4救命. 5東京大): 呼吸と循環 2005; 53 (6): 647-51.

320005. [症例報告] 左室ペーシングの併用により術後心不全を脱却し遠隔期には著名な心機能改善が得られた2弁置換術の1治験例. 品川弥人1,2, 猪又孝元1, 森口昌彦1, 西井基継1, 竹内一郎1, 中野浩成1, 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 呼吸と循環 2005; 53 (10): 1087-91.

320006. [症例報告] エポプロステノール導入にてショック状態から容易に離脱しえた慢性肺血栓塞栓症の1例. 品川弥人1,2, 猪又孝元1, 勝沼英太3, 水谷知泰1, 石井隆司, 西井基継1, 青山直善1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科. 3相模台病院): Therapeutic Research 2006; 26 (10): 36-7.

320007. [症例報告] 心室細動予防にベプリジルが奏功したと考えられた潜在性Brugada症候群の1例. 弓削 大1,2, 庭野慎一1, 森口昌彦1, 前川恵美1, 平澤正次1,2, 今木隆太1,2, 佐藤大輔1,2, 佐々木 毅1,2, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 心臓 2005; 37: 175-9.

520050. [総説] chronic myocarditis, fluminant myocarditis (どのようなプロセスで難治性心不全に陥るか C. 慢性心筋炎, 劇症型心筋炎). 青山直善 (循環器内): Heart View 2005; 9: 1089-93.

520051. [総説] 急変時に用いる抗不整脈薬とその使用法・注意点. 庭野慎一 (循環器内): 臨床医 2005; 31: 171-5.

520052. [総説] 治療を困難にする電気的・構造的リモデリング. 庭野慎一1, 平澤正次1,2 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): Heart View 2005; 9: 425-31.

520053. [総説] 催不整脈性右室心筋症─先のことはわからないのか─. 庭野慎一 (循環器内): 内科 2005; 94: 677-82.

520054. [総説] 薬剤によって出現する不整脈とその治療. 庭野慎一 (循環器内): Medicina 2005; 42: 653-6.

520055. [総説] 電気生理検査の実際.A特発性心室頻拍: 左室起源. 庭野慎一 (循環器内): Heart View

[著 書]

610002. [翻訳] (単著) すぐ読める心電図. 庭野慎一 (循環器内), 西村書店, 2005/4.

620065. [学術書] (共著) 心臓 2005; 37, 心筋炎の臨床診断の落とし穴─中神論文に対するEditorial Comment─, p.148-9. 猪又孝元 (循環器内), 2005.

620066. [学術書] (共著) 内科疾患診療マニュアル U. 循環器疾患 34. 心タンポナーデ, p.242-5. 猪又孝元 (循環器内), 編 富野康日己, 中外医学社, 2005.

620067. [学術書] (共著) 内科疾患診療マニュアル U. 循環器疾患 33. 心膜炎, p.238-41. 猪又孝元 (循環器内), 編 富野康日己, 中外医学社, 2005.

620068. [学術書] (共著) 内科疾患診療マニュアル U. 循環器疾患 32. 心筋炎, p.235-7. 猪又孝元 (循環器内), 編 富野康日己, 中外医学社, 2005.

620069. [学術書] (共著) 2006-2007 EBM循環器疾患の治療 A. 心不全の診断と予後予測 4. 神経体液性因子 (ANP/BNP) により予後を推定できるか? p.202-5. 猪又孝元 (循環器内), 編 三田村秀雄, 中外医学社, 2005.

620070. [その他] (共著) 医薬ジャーナル2005; 41, 透析患者の合併症─心不全─, p.93-6. 猪又孝元 (循環器内), 2005.

620071. [学術書] (分担執筆) 心不全に挑む・患者を救う 心不全患者に対する疾患管理とは, p.199-201. 町田陽二 (循環器内), 文光堂, 2005/9.

620072. [学術書] (分担執筆) 循環器疾患最新の治療2006-2007 W. 心筋疾患 1 心筋炎, p.167-71. 品川弥人1,2, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科), 2006.

620073. [学術書] (分担執筆) Annual Review 循環器 2006 急性・劇症型心筋炎の新しい診断・治療ガイドライン, p.239-44. 品川弥人1,2, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科), 2006.

620074. [学術書] (分担執筆) 2006 TODAY'S THERAPY 今日の治療方針─私はこう治療している─ 拡張型心筋炎, p.296-8. 和泉 徹 (循環器内), 2006.

620075. [学術書] (分担執筆) 循環器科 心不全と心臓突然死 ─心臓突然死ー原因から対策まで最新のエビデンス─, p.459-65. 小板橋俊美1, 和泉 徹1 (1循環器内), 2005.

620076. [学術書] (分担執筆) 慢性心不全 心不全 第3章 慢性心不全の診断, p.52-8. 品川弥人1,2, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科), 2005.

620077. [その他] (分担執筆) 日本医師会雑誌特別号 心臓病の外来診療 W. 心臓病の診断と治療 心筋炎, p.192-3. 和泉 徹 (循環器内), 2005.

620078. [学術書] (分担執筆) 治療 心臓疾患 ─不整脈, 心筋症, 冠動脈疾患との関わり─, p.2366-71. 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内), 2005.

620079. [学術書] (分担執筆) 心血管病学 心筋炎の症候と治療, p.729-36. 西井基継1, 和泉 徹1 (1循環器内), 2005.

620080. [学術書] (分担執筆) 循環器科 循環器病の治療と看護 ─心筋疾患─, p.289-315. 竹内一郎1, 和泉 徹1 (1循環器内), 2005.

620081. [学術書] (分担執筆) 循環器科 心不全治療における新たな展開 ─心不全における睡眠時無呼吸の意義─, p.267-70. 竹内一郎1, 和泉 徹1 (1循環器内), 2005.

620082. [学術書] (分担執筆) 循環器 心膜炎, 心タンポナーゼ, p.137. 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内), 2005.

620083. 学[術書] (分担執筆) 循環器 急性心筋炎, p.135. 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内), 2005.

620084. [学術書] (分担執筆) 日本心臓リハビリテーション学会誌 心・血管病の疾病管理と包括的対応, p.5. 和泉 徹 (循環器内), 総合医学社, 2005.

620085. [学術書] (分担執筆) シュミレイション内科 心不全を探る 総論4・心筋症, p.21-5. 小板橋俊美1, 和泉 徹1 (1循環器内), 永井書店, 2005.

620086. [学術書] (分担執筆) 期外収縮・発作性頻拍. 電気生理検査2: 心室頻拍, p.89-94. 庭野慎一 (循環器内), 最新医学社, 2005.

620087. [学術書] (分担執筆) 新目でみる循環器病シリーズ: 1. 心電図 見落とし易い心電図異常, p.28-37. 庭野慎一 (循環器内), メジカルビュー社, 2005.

620088. [学術書] (分担執筆) 新目でみる循環器病シリーズ7 不整脈 上室頻拍, p.275-90. 庭野慎一 (循環器内), メジカルビュー社, 2005.

620089. [学術書] (分担執筆) EBM循環器疾患の治療2006-2007 ニフェカラントは器質的心疾患に合併する心室頻拍に対する第一選択薬となり得るか? p.423-7. 庭野慎一 (循環器内), 中外医学社, 2005.

620090. [学術書] (分担執筆) EBM循環器疾患の治療2006-2007 慢性心不全例に対するアミオダロンの長期投与は生命予後を改善するか? p.400-3. 庭野慎一 (循環器内), 中外医学社, 2005.

620091. [学術書] (分担執筆) 循環器専門医2005; 13, 学会印象記-European Society of Cardiology (ESC) 2004学術集会, p.158-62. 猪又孝元 (循環器内), 2005.

620092. [学術書] (分担執筆) EBM REPORT Heart Failure 2005; 7, CASE REPORT: β遮断薬導入の症例報告─血漿BNP濃度が低値にもかかわらずβ遮断薬導入が困難であった重症心不全の一例─, p.18-9. 猪又孝元 (循環器内), 2005.

620093. [学術書] (分担執筆) 心臓 2005; 37, 拡張不全の診断と治療─拡張不全をいかに診断するか─, p.207-11. 猪又孝元 (循環器内), 2005.

620094. [学術書] (分担執筆) 診断と治療2005; 93 (Suppl), 心機能評価法─液性因子による心機能評価─, p.227-34. 猪又孝元 (循環器内), 2005.

620095. [学術書] (分担執筆) 新・心臓病診療プラクティス 心不全に挑む・患者を救う T. 心不全を知る 7. 診かたを知る 5) ANP, BNPをどう使うか, p.146-50. 猪又孝元 (循環器内), 編 筒井裕之, 文光堂, 2005.

620096. [その他] (分担執筆) EBMジャーナル 2005; 6, 新たなエビデンスで心疾患診療はこう変わる─心不全としてのβ遮断薬はどう活用すべきか?─, p.62-6. 猪又孝元 (循環器内), 2005.

620097. [その他] (分担執筆) 救急・集中治療第17巻臨時増刊号 循環管理Q&A W. 急性心不全 Q20. BNP, e120-6. 猪又孝元 (循環器内), 編 山科 章, 総合医学社, 2005.

620098. [その他] (分担執筆) 救急・集中治療第17巻臨時増刊号 循環管理Q&A W. 急性心不全 Q21. 経皮的酸素モニター, e127-30. 猪又孝元 (循環器内), 編 山科 章, 総合医学社, 2005.

620099. [その他] (分担執筆) 救急・集中治療第17巻臨時増刊号 循環管理Q&A W. 急性心不全 Q25. 貧血, e146-9. 猪又孝元 (循環器内), 編 山科 章, 総合医学社, 2005.

620100. [その他] (分担執筆) Medical Tribune エビデンスを臨床にどう活用していくか─PREAMI, EUROPAから得られたメッセージ─. 和泉 徹 (循環器内), 2005.

620101. [その他] (分担執筆)ACC/AHA Pocket Guidelie日本語版 Diagnisis and Management of Choronic Heart Failure in the Adult. 堀 正二1, 松山竒益徳2, 永井良三3, 和泉 徹4 (1大阪大. 2山口大. 3東京大. 4循環器内), AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY FOUNDATION, 2006.

620102. [学術書] (分担執筆) 新・心臓病診療プラクティス6 心不全に挑む・患者を救う心臓 わが国の慢性心不全患者の実態はどうなっているか. 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内), 文光堂, 2005.

620103. [学術書] (分担執筆) 臨床医31 急変時に用いる抗不整脈薬とその使用法・注意点. 弓削 大1,2, 庭野慎一1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科), 2005.

[学会・研究会等]

712011. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 難治性不整脈におけるカテーテルアブレーション. 庭野慎一 (循環器内): 第9回日本心不全学会学術集会 (2005/9), 下関.

713038. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) TNF-alfa induces ion channel (Ito) downregulation in myocyte independently on the reactive oxygen species (ROS) generation. 弓削 大1,2, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, Kawada H, 湯本佳宏1, 脇坂裕子1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): Annual Meeting of Heart & Rhythm Society (2005/5/6), New Orleans, USA.

713039. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Predictive impact of clinical risk factors and the inducibility of ventricular fibrillation in patients with an asymptomatic Brugada-type ECG. 庭野慎一 (循環器内): Annual Meeting of Europace (2005/6), プラハ, チェコ共和国.

713040. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Prognostic Significance of Increased Serum Bilirubin Levels Coincident with Cardiac Decompensation in Chronic Heart Failure. 品川弥人1,2, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): European Society of Cardiology Congress 2005 (2005/9/3), Stockholm.

713041. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Paroxysmal Atrial Fibrillation Coincident with Cardiac Decompensation is a Predictor of Readmission in Chronic Heart Failure. 小板橋俊美1, 猪又孝元1, 庭野慎一1, 和泉 徹1 (1循環器内): European Society of Cardiology Congress 2005 (2005/9/3), Stockholm.

713042. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) B-Type-Natriuretic-Peptide-Guided Hospitalized Management Does Not Guarantee Improved Long-Term Prognosis in Senile Patients With Heart Failure. 猪又孝元 (循環器内): European Society of Cardiology Congress 2005 (2005/9/3), Stockholm.

713043. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A neutral endopeptidase inhibitor (NEPI) suppresses the early phase of atrial electrical remodeling in the canine rapid atrial stimulation model. 庭野慎一 (循環器内): Annual Meeting of European Society of Cardiology (2005/9), ストックホルム, スウェーデン.

713044. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) N-acetylcyctein (NAC) prevents ventricular remodeling in anexperimental autoimmune myocarditis (EAM) model. 庭野慎一 (循環器内): Annual Meeting of European Society of Cardiology (2005/9), ストックホルム, スウェーデン.

713045. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) IQGAP1 regulates reactive oxygen species-dependent would repair in endothelial cells through interacting with Nox2. Ikeda S,東條美奈子1, Hilenski L,Parushev N,Quinn MT,Alxander RWUhio-Fukai M (1循環器内): AHA2005 (2005/11), 米国・ダラス.

713046. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Functional expression of IQGAP in Vasculature:role in reactive oxygen species-dependent PDGF signaling and vascular remodeling. 東條美奈子1, 東條大輝1, Patrushev N, Lessner SM,Ushio-Fukai M (1循環器内): AHA2005 (2005/11), 米国・ダラス.

713047. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) IQGAP1 mediates VE-cadherin-based cell-cell contacts and VEGF singnaling at adherence junctions linked to angiogenesis. 東條美奈子1, 東條大輝1, Kin HW,Patrushev NA Fukai T,Ushio-Fukai M (1循環器内): Nature biotechnology,winter symposia, Angiogenesis in cancer and vascular disease (2006), 米国・マイアミ.

721006. [学会 (全国)] (特別講演) 症例提示・解説─BNPガイドの心不全治療─. 猪又孝元 (循環器内): 第14回日本心臓病学会教育セミナー・アドバンスコース (2005/6/25), 東京.

721007. [学会 (全国)] (特別講演) Autoimmune myocarditis induced by myosin-specific autoreactive T lymphocytes-its pathomechanism and immunomodulation. 猪又孝元 (循環器内): 第28回心筋代謝研究会 (2005/7/17), 浜松.

721008. [学会 (全国)] (特別講演) BNPガイド下心不全管理のpitfall. 猪又孝元 (循環器内): 第53回日本心臓病学会学術集会 (2005/9/20), 大阪.

721009. [学会 (全国)] (特別講演) ホルター心電図─不整脈の見方─. 庭野慎一 (循環器内): 第25回ホルター心電図研究会 (2005/9), 富山.

721010. [学会 (全国)] (特別講演) 小児科領域における電気生理検査の基礎. 庭野慎一 (循環器内): 第12回小児心電学会 (2005/10), 新潟.

721011. [学会 (全国)] (特別講演) Recent Topics in Dilated Cardiomyopathy. 和泉 徹 (循環器内): 第9回日本心不全学会学術集会 (2005/11/23), 下関市.

721012. [学会 (全国)] (特別講演) Registry of fulminant myocarditis in Japan-factors related to the disease worsening. 和泉 徹1, 西井基継1, 猪又孝元1 (1循環器内).

721013. [学会 (全国)] (特別講演) 心不全管理におけるBNP測定─どう使うか, どう生かすか─. 猪又孝元 (循環器内): 第70回日本循環器学会学術集会 (2006/3/25), 名古屋.

722043. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 注目される病態の特徴と臨床─拡張不全, 高齢者心不全を中心に─. 猪又孝元 (循環器内): 第4回CARDIOLOGY FRONTIER (2005/7/23), 東京.

722044. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) How to do the beta-blocker therapy. 猪又孝元 (循環器内): 第9回日本心不全学会学術集会 (2005/10/22), .下関

722045. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) Fulminant Myocarditis and its Prognostic Predictors. 和泉 徹 (循環器内): 第14回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2005/11/4).

722046. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) A proposal of heart failure management for senile patients based on their distinctiveclinical characteristics-Importance of comprehensive disease management. 猪又孝元 (循環器内): 第70回日本循環器学会学術集会 (2006/3/26), 名古屋.

723212. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 一般的臨床指標を用いての急性心筋炎における劇症型移行の予測は可能か. 猪又孝元 (循環器内): 第102回日本内科学会総会・講演会 (2005/4/8), 大阪.

723213. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター)上腕動脈−足首動脈間脈波伝播速度 (baPWV) と動脈硬化危険因子の検討. 大瀧啓太, 深谷英平1,2, 尾崎和幸, 久保貴昭2, 品川弥人1,2, 相澤義房 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第102回日本内科学会総会・講演会 (2005/4), 大阪.

723214. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋炎ラットにおけるKATPチャネル開口薬の心筋保護作用の検討. 平澤正次1,2, 庭野慎一1, 佐々木紗栄1,2, 脇坂裕子1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第20回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2005/5), 宝塚.

723215. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高血圧治療による心房細動アップストリーム治療の可能性─RAS系抑制薬とCa拮抗薬の比較─. 庭野慎一 (循環器内): 第21回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2005/6), 宝塚.

723216. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高血圧患者におけるT波形と左室収縮能の関連性の検討. 原 英幸1, 庭野慎一1, 池田憲昭, 伊藤浩嗣, 加藤伸太郎1, 湯本佳宏1, 和泉 徹1 (1循環器内): 第21回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2005/6), 宝塚.

723217. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性心房細動における細動波周期長 (電気的リモデリング) の検討─左心機能低下例では細動波周期長短縮が増強する─. 佐々木 毅1,2, 庭野慎一2, 今木隆太1,2, 弓削 大1,2, 平澤正次1,2, 佐藤大輔1,2, 脇坂裕子2, 森口昌彦2, 和泉 徹2, 藤木 明 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第21回日本心臓ペーシング電気生理学会学術集会 (2005/6), 宝塚.

723218. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心房細動合併慢性心不全症例の予後に対するアミオダロンの効果. 小板橋俊美1, 猪又孝元1 (1循環器内): 第10回アミオダロン研究会 (2005/9/10), 東京.

723219. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心不全増悪期の血清ビリルビン値は慢性心不全患者の予後を予測する. 品川弥人1, 2, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第53回日本心臓病学会学術集会 (2005/9/19), 大阪.

723220. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 運動負荷によりT波の空間的不均一性は減少する─正常例における運動負荷時胸部誘導T波形変化の検討─. 原 英幸1, 庭野慎一1, 守田憲崇, 池田憲昭, 伊藤浩嗣2, 湯本佳宏1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2沼津市立病院): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723221. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 体表面加算平均心電図によるT群抗不整脈薬の心筋組織内濃度モニタリングの試み. 佐々木 毅1,2, 庭野慎一2, 佐々木紗栄1,2, 今木隆太1,2, 弓削 大1,2, 平澤正次1,2, 佐藤大輔1,2, 森口昌彦2, 和泉 徹2, 高橋賢成, 上野和行 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723222. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性心房細動における心拍数コントロールとQOL: QOLAF研究. 庭野慎一 (循環器内): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723223. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 長時間持続した心房細動における電気的リモデリングの検討─体表面心電図の細動波周波数解析による検討─. 佐々木 毅1,2, 庭野慎一2, 佐々木紗栄1,2, 今木隆太1,2, 弓削 大1,2, 平澤正次1,2, 佐藤大輔1,2, 森口昌彦2, 和泉 徹2, 藤木 明 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723224. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TNF-αによる心筋イオンチャネル発現変化は酸化ストレスに依存しない. 弓削 大1,2, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, 川田英明, 湯本佳宏1, 佐々木紗栄1,2, 脇坂裕子1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723225. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋炎におけるKATPチャネル開口薬の心筋保護作用─電気生理学的評価とミトコンドリア機能評価の対比から─. 平澤正次1,2, 庭野慎一1, 佐々木紗栄1,2, 脇坂裕子1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723226. [学会 (全国] (一般講演・ポスター) ブルガダ型心電図症例の臨床的背景と危険予測因子の比較検討. 庭野慎一 (循環器内): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723227. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高血圧治療症例における臨床的心房細動新規発生の比較検討─RAS系抑制薬とCa拮抗薬の比較─. 庭野慎一 (循環器内): 第22回日本心電学会 (2005/10/6), 富山.

723228. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血中心筋トロポニンTが病終期に急激な上昇をきたし死に至った劇症型心筋炎の一剖検例. 加藤伸太郎1, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1循環器内): 第9回日本心不全学会学術集会 (2005/10/21), 下関.

723229. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 適正な抗生剤使用にも関わらず, 疣腫が増大・増加した感染性心内膜炎の一例. 大坂 勤1,2, 猪又孝元1, 和泉 徹1, 野田千春1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第9回日本心不全学会学術集会 (2005/10/21), 下関.

723230. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Immunomodulatory Effects of Erythropoietin on the Experimental Autoimmune Myocarditis of Rats. 品川弥人1,2, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第9回日本心不全学会学術集会 (2005/10/21), 下関.

723231. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Angiotensin II Recepter Antagonist Suppressed the Expression of Aging Markers in Diabetic Mouse Heart. 小杉理恵1,2 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第9回日本心不全学会学術集会 (2005/10/21), 下関.

723232. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Churg-Strauss症候群に伴う好酸球性心筋炎の発症後, 拘束性障害を含む特異な臨床経過をたどった一症例. 大坂 勤1,2, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第27回心筋生検研究会 (2005/11/25), 東京.

723233. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Immunomodulatory Effects of beta-Adrenergic Stimulation Through Gi-Protein Signaling Pathway on the Development of Autoimmune Myocarditis. 猪又孝元 (循環器内): ISHR Japanese Section 22nd Annual Meeting (2005/12/17), 大阪

723234. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) IQGAP1はNox2を介した活性酸素種の産生により内皮細胞の遊走を制御する. 池田聡司, 宮原嘉之, 古賀聖士, 浦田淳吾, 千々石理佐, 河野 茂, 東條美奈子1, 東條大輝1 (1循環器内): 第46回日本脈管学会総会 (2005/12), 三重.

723235. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Incerased serum bilirubin levels coincident with heart failure decompensation indicates the necessity of intravenous inotropic agents. 品川弥人1,2, 猪又孝元1 (1循環器内. 2大学院医療系研究科): 第70回日本循環器学会学術集会 (2006/3/26), 名古屋.

723236. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病を合併した虚血性心疾患患者における自律神経障害の評価について. 前田智美, 上脇玲奈, 斉藤正和, 米澤隆介, 高橋由美, 岩村貴美, 小池朋考, 遠原真一, 小倉 彩, 笠原酉介, 忽那俊樹, 松本卓也, 松永篤彦1, 町田千絵子2, 増田 卓1,2, 和泉 徹2 (1医療衛生学部. 2循環器内): 第11回日本心臓リハビリテーション学会 (2005/7/17-18), 大阪.

723237. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 回復期心臓リハビリテーションの継続が壮年心疾患患者の不安、抑うつに及ぼす効果について. 上脇玲奈, 前田智美, 斉藤正和, 米澤隆介, 坂本純子, 高橋由美, 岩村貴美, 小池朋考, 遠原真一, 小倉 彩, 笠原酉介, 忽那俊樹, 松本卓也, 松永篤彦1, 町田千絵子2, 増田 卓1,2, 和泉 徹2 (1医療衛生学部. 2循環器内): 第11回日本心臓リハビリテーション学会 (2005/7/17-18), 大阪.

723238. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 回復期リハビリテーションが壮年虚血性心疾患患者の復職後の不安, 抑うつおよび職業性ストレスに及ぼす影響について. 米澤隆介, 上脇玲奈, 前田智美, 斉藤正和, 高橋由美, 岩村貴美, 小池朋考, 遠原真一, 笠原酉介, 忽那俊樹, 松本卓也, 松永篤彦1, 町田千絵子2, 増田 卓1,2, (1医療衛生学部. 2循環器内): 第11回日本心臓リハビリテーション学会 (2005/7/17-18), 大阪.

731019. [研究会] (特別講演) 難治性心不全例におけるhANP製剤の活用. 猪又孝元 (循環器内): 第5回臨床心不全フォーラム (2005/7/22), 大阪.

731020. [研究会] (特別講演) 不整脈のプライマリケア: 不整脈の薬物療法のポイント. 庭野慎一 (循環器内): Medical Tribune循環器セミナー (2005/8), 前橋.

731021. [研究会] (特別講演) 糖尿病診療における心不全管理の実際. 猪又孝元 (循環器内): 第15回新潟糖尿病臨床研究会 (2005/9/10), 新潟.

731022. [研究会] (特別講演) 電気的リモデリングによる不整脈の基盤形成. 庭野慎一 (循環器内): 第21回北陸不整脈研究会 (2005/9), 金沢.

731023. [研究会] (特別講演) 臨床現場における心不全治療の実際. 猪又孝元 (循環器内): 第11回臨床心不全研究会 (2005/11/24), 名古屋.

731024. [研究会] (特別講演 )数値で表す心不全─その有用性と限界性─. 猪又孝元 (循環器内): 第4回心筋病態研究会 (2006/2/17), 大阪.

731025. [研究会] (特別講演) 心肺停止症例におけるPCPSの有用性. 青山直善 (循環器内): 神奈川循環器研究会 (2006/3/10), 横浜.

731026. [研究会] (特別講演) 心不全管理におけるBNPガイドの具体的活用法. 猪又孝元 (循環器内): 第4回鶴岡慢性心不全勉強会 (2006/3/17), 鶴岡.

733087. [地方会] (一般講演・ポスター) β遮断薬導入により長期重症心不全から脱却しえた慢性心筋炎の一例. 加藤伸太郎1, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1循環器内): 第196回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2005/6/4), 東京.

733088. [研究会] (一般講演・ポスター) 右室流出路形成術後遠隔期に腹水貯留をきたした2症例. 脇坂裕子1, 濱道祐二, 山田 修, 越後茂之 (1循環器内): 第45回大阪小児循環器談話会 (2005/6/25), 大阪.

733089. [研究会] (一般講演・ポスター) The Role of Phosphoinositide 3-Kinase in Thyroid Hormone Induced Cardiac Hypertrophy in Mice. 小杉理恵1,2 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第28回心筋代謝研究会 (2005/7/16-17), 浜松.

733090. [研究会] (一般講演・ポスター) 心不全患者に対する治療の実際. 町田千絵子 (循環器内): 内部障害系理学療法専門領域研究会 (2005/9/3-4), 神奈川.

733091. [地方会] (一般講演・ポスター) 乳酸菌Lactococcus lactisを起炎菌とした感染性心内膜炎の一例. 深谷英平1, 東條大輝2, 猪又孝元2, 和泉 徹2 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第197回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2005/10/1), 東京.

733092. [研究会] (一般講演・ポスター) 川崎病による冠動脈障害に対して橈骨動脈グラフトを用いてRe-CABGを施行した2例. 脇坂裕子1, 津田悦子, 越後茂之, 小林順二郎, 北村惣一郎 (1循環器内): 第25回日本川崎病研究会 (2005/10/14), 東京.

733093. [地方会] (一般講演・ポスター) 重症僧坊弁閉鎖不全症により慢性心不全の増悪を繰り返す高齢患者へのβ遮断薬の使用経験. 桐生典朗1, 原 英幸1, 山田 徹, 湯本佳宏1, 伊藤浩嗣 (1循環器内): 第197回日本内科学会東海地方会 (2005/10), 名古屋.

733094. [地方会] (一般講演・ポスター) 繰り返す失神を主訴に診断された房室結節促進伝導を伴う発作症心房頻拍の一例. 加藤 彩, 佐々木 毅1,2, 野田千春2, 和泉 徹2 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第198回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2005/12), 埼玉.

733095. [研究会] (一般講演・ポスター) 室細動救命例における冠攣縮とBrugada型心電図変化の検討. 佐々木 毅1,2, 庭野慎一2, 今木隆太1,2, 深谷英平1, 佐々木紗栄1,2, 弓削 大1,2, 佐藤大輔1,2, 平澤正次1,2, 森口昌彦2, 庭野裕恵2, 和泉 徹2 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第1回冠攣縮性狭心症研究会学術集会 (2005), 東京.

733096. [研究会] (一般講演・ポスター) Angiotensin II Recepter Antagonist Suppressed the Expression of Aging Markers in Diabetic Mouse Heart. 小杉理恵1,2 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第9回Molecular Cardiovascular Conference (2005), 北海道.

733097. [地方会] (一般講演・ポスター) 経皮的心肺補助駆動下に組織プラスミノーゲンアクチベータを使用し救命し得た超重症急性肺血栓塞栓症の一例. 西成真琴1, 吉田 徹2, 竹端 均1, 東條大輝1, 小板橋俊美1, 加藤伸太郎1,3, 佐藤大輔1,3, 佐々木紗栄1,3, 河野真紀子1, 猪又孝元1, 庭野慎一1, 相馬一亥2, 和泉 徹1 (1循環器内. 2救命. 3大学院医療系研究科): 第199回日本循環器学会関東甲信越地方会 (2006/2/4), 東京.

733098. [地方会] (一般講演・ポスター) ベンゾジアゼピン系薬剤 (BZDs) の蓄積. 岸田和佳子, 近藤留美子5, 青山直善1, 渡邊光康2, 吉村久仁子3, 福本真理子, 尾鳥勝也, 神應知道4, 佐藤千恵4, 上條吉人4, 矢後和夫5, 相馬一亥4 (1循環器内. 2衛生. 3病態・診療系. 4救命. 5薬剤部): 第20回日本中毒学会東日本地方会 (2006/2), 東京.

733099. [地方会] (一般講演・ポスター) ベータ遮断薬導入時に房室ブロックを発症し, 心臓再同期療法後に再導入が可能となった拡張型心筋症の左脚ブロック合併例. 大坂 勤1,2, 猪又孝元2 (1大学院医療系研究科. 2循環器内): 第534回 日本内科学会関東地方会 (2006/3/11), 東京.

733100. [研究会] (一般講演・ポスター) 当院小児科における致死性心室性不整脈に対するICD植え込み例の臨床経過. 脇坂裕子1, 宮山竒 文, 矢崎 諭, 黒嵜健一, 大内秀雄, 越後茂之 (1循環器内): 第10回日本小児心電学研究会 (2005/11/26), 新潟.


<<神経内科学>>

[学術論文]

110101. [原著] Acute acalculous cholecystitis in acute cerebrovascular disease. 小泉健三1,2, 阿久津二夫2, 坂井文彦2 (1大学院医療系研究科神経内. 2神経内): The Kitasato Medical Journal 2005/9; 36 (1): 1-4.

110102. [原著] Small-cell carcinoma of the esophagus associated with a paraneoplastic neurological syndrome: a case report documenting a complete response. 荻野美恵子1, 小泉和三郎2, 田邉 聡2, 西元寺克禮2 (1神経内. 2消化器内): Jpn J Clin Oncol 2006; 36 (6): 109-12.

110103. [原著: Nedd9 protein, a Cas-L homologue, is upregulated after transient global ischemia in rats. Possible involvement of Nedd9 in the differentiation of neurons after ischemia. 佐々木貴浩, 岡野ジェームス洋尚, 浦崎康代, 岩田哲史, 濱田潤一1, 岡野栄之, 森本幾夫 (1神経内): STROKE 2005/12; 36 (12): 2457-62.

110104. [原著] Clinical and labolatory features of in-patients with multiple sclerosis in a univrsity hospital in Tokyo from 1998-2002. 田中耕太郎, 久住呂友紀, 鈴木重明, 棚橋紀夫, 濱田 潤一1,野川 茂, 鈴木則宏2 (1神経内, 2慶応義大医学部神経内科): Internal Medicine 2005/6; 44 (6): 560-6.

120031. [原著] 進行性核上性麻痺患者に対する部分体重免荷トレッドミル歩行トレーニングを含んだ短期集中練習─単一症例研究─. 上出直人, 柴 喜崇, 前田真治, 荻野美恵子1 (1神経内): 理学療法学 2005; 32 (3): 130-4.

220020. [準原著] 食道小細胞癌に合併し, 良好な経過をとったparaneoplastic neuropathyの一例. 荻野美恵子1, 荻野 裕1, 坂井文彦1, 小泉和三郎2 (1神経内. 2消化器内): 末梢神経 2005; 16 (2): 130-3.

320008. [症例報告] 片頭痛患者におけるイミグラン錠 (コハク酸スマトリプタン) の健康関連QOL改善の検討─市販後臨床試験─. 坂井文彦1, 岩田 誠2, 福内靖男3, 陶山和明, 元山英勝, 井尻章悟, 植地泰之, 永田 傅 (1神経内. 2東京女医大脳神経センター神経内科. 3足利赤十字病院): 臨床医薬 2005; 21 (1): 97-117.

510007. [その他] The Global Campaign (GC) to Reduce the Burden of Headache Worldwide. The International Team for Specialist Education (ITSE). Martelletti P1, Haimanot RT1, Lainez MJ2, Rapoport AM3, Ravishankar K4, 坂井文彦5, Silberstein SD6, Vincent M7, Steiner TJ8 (12nd School of Medicine, Rome University, 2Department of Neurology, University of Valencia, 3Columbia University College of Physicians and Surgeons, 4Jaslok Hospital and Research Centre, Lilavati Hospital and Research Centre, 5神経内, 6Thomas Jefferson University Hospital, 7Department of Neurology, School of Medicine, Rio de Janeiro Federal University, 8Division of Neuroscience and Mental Health,Imperial College London): J Headache Pain 2005/9; 6 (4): 261-3.

510008. [その他] The International Classification of Headache Disorders, 2nd Edition (ICHD-II) -revision of criteria for 8.2 Medication-overuse headach-. Silberstein SD1, Olesen J2, Bousser MG3, Diener HC4, Dodick D5, First M6, Goadsby PJ6, Gobel H7, Lainez MJ8, Lance JW9, Lipton RB10, Nappi G11, 坂井文彦12, Schoenen J13, Steiner TJ14 (1Thomas Jefferson University Hospital, 2Department of Neurology, Glostrup Hospital, University of Copenhagen Glostrup Hospital, 3Service de Neurologie, Hopital Lariboisiere, 4Universitatsklinik fur Neurologie, Universitat Duisburg-Essen, 5Department of Neurology, Mayo Clinic College of Medicine, 6Headache Group, Institute of Neurology, National Hospital for Neurology and Neurosurgery, 7Kiel Neurological Pain Centre, 8Department of Neurology, Hospital Clinico Universitario, University of Valencia, 9Institute of Neurosciences, Prince of Wales Hospital, 10Department of Neurology, Albert Einstein College of Medicine, 11Department of Neurology and Otorhinolaryngology, University of Rome La Sapienza, 12神経内, 13Department of Neurology-Headache Research Unit and Research Center for Cellular and Molecular Neurobiology, University of Liege, 14Division of Neuroscience and Mental Health,Imperial College London): International Headache Society CEPHALALGIA 2006/3; 25 (6): 460-5.

520056. [講座] 緊張型頭痛の診断と治療. 濱田潤一 (神経内): ドクターサロン 2005/4; 49 (4): 296-300.

520057. [総説] ALSにおける倫理的・社会的問題. 荻野美恵子 (神経内): 神経治療学 2005; 22: 741-5.

520058. [総説] ALS患者の呼吸器選択・呼吸器離脱の意思決定. 荻野美恵子 (神経内): 日本在宅医学会雑誌 2005; 7 (2): 23-7.

520059. [総説] ALS医療と事前指示書. 荻野美恵子 (神経内): 医療 2005; 59: 389-93.

520060. [総説] 悪性腫瘍に関連した神経障害─多発筋炎・皮膚筋炎─. 荻野美恵子 (神経内): Clinical Neuroscience 2005; 24: 88-5.

520061. [総説] アルコールと筋疾患. 荻野美恵子 (神経内): メディチーナ 2005; 42: 1571-3.

520062. [総説] DPCの展開と免疫性神経疾患. 荻野美恵子 (神経内): 神経治療学 2005; 22: 591-5.

520063. [総説] ALS診療におけるNIPPVの長所と問題点. 荻野美恵子 (神経内): 神経内科 2006; 64: 4.

520064. [総説] 特集 神経疾患治療の進歩 (2004年) 機能性疾患の治療の進歩. 飯塚高浩1, 坂井文彦1 (1神経内): 神経治療学 2005; 22 (4): 497-511.

520065. [総説] A型ボツリヌス毒素局所注射療法. 鈴木康輔1, 飯塚高浩1, 坂井文彦1 (1神経内): 日本臨床 2005; 63 (10: 1817.

520066. [総説] EBMに基づいた頭痛治療. 片頭痛急性期の治療─その原則─. 濱田潤一 (神経内): 医学のあゆみ 2005/12; 215 (14): 1103-5.

520067. [総説] 薬物乱用頭痛. 濱田潤一 (神経内): 日本臨床 2005/10; 63 (10: 1821-5.

520068. [総説] 片頭痛とめまい. 濱田潤一 (神経内): 日医会誌 2005/8; 134 (8): 1476.

520069. [解説] 三叉神経・顔面神経と疾患 頭痛と三叉神経・顔面神経. 門前達哉1, 坂井文彦1 (1神経内): Clinical Neuroscience 2005; 23 (9): 1020-2.

520070. [解説] 【心身症の疫学】頭痛の疫学. 滝山容子1, 坂井文彦1 (1神経内): 心療内科 2005/9; 9 (5): 321-7.

521002. [研究報告] 事前指定書, 難病の医学教育, DPCに関する研究. 荻野美恵子 (神経内): 特定疾患の生活の質 (Quality of Life,QOL) の向上に資するケアの在り方に関する研究班 平成14年度〜平成16年度総合研究報告書, 2005; 64-5.

521003. [研究報告] 神経難病理解にむけて医学部教育におけるとりくみ. 荻野美恵子 (神経内): 特定疾患の生活の質 (Quality of Life, QOL) の向上に資するケアの在り方に関する研究班 平成16年度研究報告書, 2005; 130-1.

521004. [研究報告] 「緊急時の対処方法カード」 (事前指示書) に関する研究. 荻野美恵子 (神経内): 特定疾患の生活の質 (Quality of Life, QOL) の向上に資するケアの在り方に関する研究班 平成16年度研究報告書, 2005; 44-5.

521005. [研究報告] 選択的リンパ球吸着療法による免疫性神経筋疾患の治療. 荻野美恵子 (神経内): 平成16年度厚生労働科学研究費補助金 (こころの健康科学研究事業) 総括研究報告書, 2005; 1-15.

[著 書]

620104. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針2006年版 ベル麻痺, p.673-4. 荻野美恵子 (神経内), 医学書院, 2005.

620105. [学術書] (分担執筆) レシピ ケーススタディーパーキンソン病, p.5-28. 荻野 裕 (神経内), 南山堂, 2006/1.

620106. [学術書] (分担執筆) 看護の為の最新医学講座第1巻 脳・神経系疾患 多発神経炎, p.264-8. 荻野 裕 (神経内), 中山書店, 2005/12.

620107. [学術書] (分担執筆) Pharmacotherapy 神経・筋疾患, p.603-56. 濱田潤一1, 田中健一 (1神経内), 編 吉田 正, 亀井淳三, ネオメディカル, 2005/5.

620108. [その他] (単著) 日経メディカル漢方特集. 第455号 2005/10月号 (付録). 呉茱萸湯に期待される片頭痛の予防効果, p.30-1. 坂井文彦 (神経内), 日経BP社, 2005/10.

620109. [その他] (単著) 性差と医療 Vol.2 No.7: 16 頭痛の診断と治療 特集にあたって. 坂井文彦 (神経内), じほう, 2005/7.

[学会・研究会等]

713048. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Assessment of Regional Cerebrovascular Reactivity with 3D-SSP Analysis in MELAS. - A Proposal of Neurovascular Cellular Mechanism of Stroke-Like Episodes. 飯塚高浩1, 坂井文彦1, 井出俊光1 (1神経内): The 57th Annual Meeting of American Academy of Neurology (2005/4/12), Miami.

713049. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A Distinct Syndrome of Encephalitis Presenting as Acute Onset of Psychosis Followed by Unresponsiveness, Hypoventilation, and Intractable Orofacial-Limb Hyperkinetic Movements. 飯塚高浩1, 由井進太郎1, 坂井文彦1, 井出俊光1, 門前達哉1, 飯ヶ谷美峰1, 鈴木康輔1 (1神経内): The 57th Annual Meeting of American Academy of Neurology (2005/4/13), Miami.

713050. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Eletriptan in headache recurrence. Parsons B, 坂井文彦1, 濱田潤一1, Li C, Almas M, Albert KS (1神経内): 12th International Headache Congress (2005/10/9), 京都.

713051. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Headache as an initial symptom in multiple sclerosis. Kujuuro Y, Tanaka K, Shimizu T, 濱田潤一1, Suzuki N (1神経内): 12th Intarnational Headache Congress (2005/10/9), 京都.

713052. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Gene expression profiling of migraine with aura during an attack free period. Nagata E, Hattori H, Katoh Y, Suzuki S, Shimizu T, 濱田潤一 1, Shibata M, Tsunoda T, Aiso S, Ogasawara S, Suzuki N (1神経内): 12th International Headache Congress (2005/10/9), 京都.

713053. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neuronal excitability in migraineurs measured by transcranial magnetic stimulation. - Is it modified by botulinum toxin type A ? 飯塚高浩1, 鈴木康輔1, 坂井文彦1 (1神経内): International congress of Headache 2005 (2005/10/10), Kyoto.

713054. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Botulinum Toxin Type A (BoNT-A) for Migraine Prophylaxis in the Japanese Population. An Open-Label Prospective Trial. 鈴木康輔1, 飯塚高浩1, 坂井文彦1 (1神経内): International congress of Headache 2005 (2005/10/12), Kyoto.

713055. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Proposal of Neurovascular Cellular Mechanism of Stroke-like Episodes in MELAS. 飯塚高浩1, 坂井文彦1, 井出俊光1, 宮川沙織1, 佐東麻弓1, 福田倫也1 (1神経内): The 4th International Vascular Dementia (2005/10/23), Porto.

713056. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A novel gene mutation in Japanese pedigree of late-adult onset of metachromatic leukodystrophy. 飯ヶ谷美峰1, 飯塚高浩1, 金澤直美2, 坂井文彦1 (1神経内. 2病態・診療系): The VIIIth World Congress of Neurology (2005/11/7), Sydney.

713057. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A case report of sickle cell disease presenting as pseudotumor cerebri Intracranial sickling crisis may cause diffuse microangiopathy leading to cortical laminar necrosis. 飯塚高浩1, 由井進太郎1, 矢野貴久子1, 鈴木康輔1, 坂井文彦1 (1神経内): The VIIIth World Congress of Neurology (2005/11/11), Sydney.

713058. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Pathogenesis of Stroke-like Episodes in MELAS - A Neurovascular Cellular Mechanism. 飯塚高浩1, 坂井文彦1, 井出俊光1 (1神経内): International Conference on Mitochondria and Life 2005 (2005/12/16), Tokyo.

722047. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 脳神経外科と神経内科の境界領域─CONSENSUS and CONTROVERSY─神経内科からみた脳生検. 飯塚高浩 (神経内): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/5), 横浜.

722048. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) シンポジウム5 (片頭痛の神経生理学): 経頭蓋磁気刺激法による片頭痛の脳機能評価. 飯塚高浩 (神経内): 第32回日本臨床生理学会学術大会 (2005/11/30), 福岡.

723239. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳梗塞入院患者の内頸動脈病変の検討. 氏家幸子1, 阿久津二夫1, 濱田潤一1, 宮川沙織1, 由井進太郎1, 鈴木康輔1, 井出俊光1, 滝山容子1, 飯塚高浩1, 坂井文彦1 (1神経内): 第31回日本脳卒中学会総会 (2005/3/19), 横浜.

723240. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性頭痛診療向上のための課題─アンケートによる実態調査─. 由井進太郎1, 坂井文彦1, 油谷桂朗, 濱田潤一1, 飯塚高浩1 (1神経内): 第103回日本内科学会総会 (2005/4/15), 横浜

723241. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片麻痺性片頭痛の全国調査. 竹島多賀夫, 房安恵美, 楠見公義, 中島健二, 飯ヶ谷美峰1, 坂井文彦1 (1神経内): 第103回日本内科学会総会 (2005/4/15), 横浜.

723242. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 動脈解離に伴う頭痛・頚部痛に関する検討. 氏家幸子1, 阿久津二夫1, 飯塚高浩1, 坂井文彦1 (1神経内): 第30回日本脳卒中学会総会 (2005/4/21), 岩手.

723243. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラクナ梗塞の危険因子─慶應義塾大学脳卒中データベースより─. 田中耕太郎, 棚橋紀夫, 濱田潤一1, 野川 茂, 武田英孝, 高橋慎一, 鈴木則宏2 (1神経内. 2慶應大): 第30回日本脳卒中学会総会 (2005/4/21), 盛岡.

723244. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MELASの脳卒中様発作の発症機序に関する考察. 飯塚高浩1, 塚原信也1, 滝山容子1, 坂井文彦1 (1神経内): 第46回日本神経学会総会 (2005/5/25), 鹿児島.

723245. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳幹原発胚細胞腫の2例. 宮川沙織1, 飯塚高浩1, 塚原信也1, 鈴木則宏2, 坂井文彦1 (1神経内. 2慶應大): 第46回日本神経学会総会 (2005/5/26), 鹿児島.

723246. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) NOS阻害のラットにおける三叉神経脳血管枝の脳血流増加に及ぼす影響. 福田倫也1, 塚原信也1, 小泉健三1, 鈴木則宏2, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内. 2慶應大): 第17回日本脳循環代謝学会総会 (2005/11/25), 名古屋.

723247. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TRPV1阻害のラットcortical spreading depression (CSD) への影響. 小泉建三1, 塚原信也1, 福田倫也1, 濱田潤一1, 鈴木則宏2, 坂井文彦1 (1神経内. 2慶應大): 第17回日本脳循環代謝学会総会 (2005/11/25), 名古屋.

733101. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 電文体発語で発症した前頭側頭葉変性症の一例. 宮川沙織1, 飯塚高浩1, 濱田潤一1, 氏家幸子1, 坂井文彦1 (1神経内): 第173回日本神経学会関東地方会 (2005/9/3), 東京.

733102. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 内頚動脈閉塞の経過中に網膜中心動脈分枝閉塞を伴った一例. 阿久津二夫1, 滝山容子1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第3回ニューロバスキュラーカンファレンス (2005/9/13), 相模原.

733103. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 治療抵抗性のtumefactive multiple sclerosisの一例. 増田 励1, 飯塚高浩1, 由井進太郎1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第176回神経学会関東地方会 (2006/3/4), 東京.


<<血液内科学>>

[学術論文]

110105. [原著] Biochemical analysis of IgA1-binding protein (IgA1-BP) from serum and comparison of the IgA1-BP with glomerular deposited serum protein. 東原正明 (血液内): Nephrology (Carlton) 2005/12; (S. 6): A433.

110106. [原著] Primary pulmonary plasmacytoma involving bilateral lungs and marked hypergammaglobulinemia: differentiation from extranodal marginal zone B-cell lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue. 東原正明 (血液内): Leuk Res 2005/11; 29 (11): 1361-64.

110107. [原著] Dual targeting of transformed and untransformed HTLV-1-infected T cells by DHMEQ, a potent and selective inhibitor of NF-{kappa}B, as a strategy for chemoprevention and therapy of adult T-cell leukemia. Watanabe M, Ohsugi T, Ishida T, Aizawa S, Maruyama-Nagai M, Utsunomiya A, Koga S, Yamada Y, Kamihira S, Okayama A, Kikuchi H, Uozumi K, Yamaguchi K, 東原正明1, Umezawa K, Watanabe T, 堀江良一1 (1血液内): Blood 2005/10; 106 (7): 2462-71.

110108. [原著] JunB induced by constitutive CD30-extracellular signal-regulated kinase 1/2 mitogen-activated protein kinase signaling activates the CD30 promoter in anaplastic large cell lymphoma and reed-sternberg cells of Hodgkin lymphoma. Watanabe M, Sasaki M, Itoh K, 東原正明1, Umezawa K, Kadin ME, Abraham LJ, Watanabe T, 堀江良一1 (1血液内): Cancer Res 2005/8; 65 (17): 7628-34.

110109. [原著] Characteristics of heart rate variability entropy and blood pressure during hemodialysis in patients with end-stage renal disease. 東原正明 (血液内): Hemodial Int 2005/7; 9 (3): 303-8.

110110. [原著] A case of pure red cell aplasia complicated with diffuse large B cell lymphoma, T-cell-rich/histiocyte-rich variant: effectiveness of rituximab and implications for a common immunopathogenic role of B lymphocytes. 東原正明 (血液内): Acta Haematol 2005/3; 113 (3): 194-7.

110111. [原著] Phase I/II study of the rituximab-EPOCT regimen in combination with granulocyte colony-stimulating factor in patients with relapsed or refractory follicular lymphoma including evaluation of its cardiotoxicity using B-type natriuretic peptide and troponin. 東原正明 (血液内): Clin Cancer Res 2005/1; 11 (2): 697-702.

110112. [原著] DHMEQ, a new NF-kappaB inhibitor, induces apoptosis and enhances fludarabine effects on chronic lymphocytic leukemia cells. 東原正明 (血液内): Leukemia 2006/3; 20 (5): 800-6.

110113. [原著] Characteristics of polyclonal anti-human nephrin antibodies induced by genetic immunization using nephrin cDNA. 東原正明 (血液内): Nephrol Dial Transplant 2006/1; 21 (4): 1073-81.

110114. [原著] Hodgkin's lymphoma cells are efficiently engrafted and tumor marker CD30 is expressed with constitutive NF-kappaB activity in unconditioned NOD/SCID/gammac(null) mice. Dewan MZ, Watanabe M, Ahmed S, Terashima K, Horiuchi S, Sata T, Honda M, Ito M, Watanabe T, 堀江良一1, Yamamoto N (1血液内): CANCER SCIENCE 2005/8; 96 (8): 466-73.

110115. [原著] In vivo antitumor activity of the NF-kappaB inhibitor dehydroxymethylepoxyquinomicin in a mouse model of adult T-cell leukemia. Ohsugi T, 堀江良一1, Kumasaka T, Ishida A, Ishida T, Yamaguchi K, Watanabe T, Umezawa K, Urano T (1血液内): CARCINOGENESIS 2005/8; 26 (8): 1382-8.

110116. [原著] Aberrant NF-kB2/p52 expression in Hodgkin/Reed-Sternberg cells and CD30-transformed rat fibroblasts. Nonaka M, 堀江良一1, Itoh K, Watanabe T, Yamamoto N, Yamaoka S (1血液内): ONCOGENE 2005/6; 24 (24): 3976-86.

110117. [原著] Elevated expression of CD30 in adult T-cell leukemia cell lines: possible role in constitutive NF-kappaB activation. Higuchi M, Matsuda T, Mori N, Yamada Y, 堀江良一1, Watanabe T, Takahashi M, Oie M, Fujii M (1血液内) : Retrovirology 2005/5; 2: 29.

310004. [症例報告] Massive hemorrhage into the iliopsoas muscle. 宮崎浩二1, 東原正明1 (1血液内): Internal Medicine 2005/2; 44 (2): 158-9.

320009. [症例報告] 点突然変異 (Thr359Met) を伴う第VII因子欠乏症の軽症例. 宮崎浩二1, 梶原耕一, 渡辺真理子, 大坂 学1, 毛利 博, 東原正明1 (1血液内): 日本血栓止血学会誌 2005/1; 16 (10): .98-103.

520071. [総説] 特発性血小板減少性紫斑病の診断基準・病型分類. 宮崎浩二 (血液内): 内科 2005/6; 95 (6): 1689-91.

520072. [総説] 血球貪食症候群. 宮崎浩二 (血液内): 内科 2005/6; 95 (6): 1704.

520073. [総説] DICの治療 1. DIC治療の基本. 宮崎浩二1, 江崎有希子, 池田 漠, 及川 淳, 東原正明1 (1血液内): 臨床医 2005/10; 31 (10): 1726-31.

520074. [総説] 未分化大細胞型リンパ腫とNPM-ALK. 堀江良一 (血液内): 別冊 医学のあゆみ 血液疾患-state of arts ver 3, 2005; 266-9.

[著 書]

610003. [学術書] (共著) Trends in Hodgkin's Disease Research Roles of CD30 Signal Transduction and NF-kB in the Biology of Classic Hodgkin's Lymphoma. 堀江良一 (血液内), 編 Heinz, Beverley C., NOVA publishers, 2005.

[学会・研究会等]

713059. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Molecular cloning of 20-kDa myosin light chain isoforms in human platelets. 宮崎浩二1, 渡辺真理子1, 東原正明1 (1血液内): XX Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (2005/8/6), オーストラリア.

713060. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Hereditary αδ-storage pool deficiency with the abnormal structures of the platelet microtubules. 宮崎浩二1, 川上速人, 東原正明1 (1血液内): 47th Annual Meeting of the American Society of Hematology (2005/12/10), アトランタ, 米国.

723248. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MYH9異常を伴わないMay-Hegglin異常症の病態機構の検討. 宮崎浩二1, 渡辺真理子1, 片山卓爾1, 川上速人, 池辺光男, 東原正明1 (1血液内): 第47回日本平滑筋学会総会 (2005/7/8), 仙台.

723249. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) H-RS細胞とALCL細胞の分子基盤とCD30過剰発現機構の解析. 堀江良一 (血液内): 第45回日本リンパ網内系学会 (2005/7/14), 福岡, 日本リンパ網内系学会誌 2005; 45: 78.

723250. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) サルコイドーシスに合併したIntravascular large B-cell lymphoma. 栂野富輝1, 石井隆司1, 片山卓爾1, 羽山弥亨, 大坂 学1, 角田裕子1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内): 第67回日本血液学会総会/第47回日本臨床血液学会総会 (2005/9/18), 横浜.

723251. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター), 急性骨髄線維症に引き続き不明熱, 皮疹およびリンパ節腫脹で発症したgranulocytic sarcomaの一例. 宮崎浩二1, 石井隆司1, 片山卓爾1, 大坂 学1, 栂野富輝1, 羽山弥亨, 角田裕子1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 岩渕啓一2, 東原正明1 (1血液内. 2病理): 第67回日本血液学会総会/第47回日本臨床血液学会総会 (2005/9/19).

723252. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチに対してMethotrexate投与後に発症した悪性リンパ腫12例の検討. 宮崎拓也, 藤巻克通, 白杉由香理, 吉場史朗, 岸 賢治, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 山崎悦子, 酒井リカ, 金森平和 (1血液内): 第67回日本血液学会総会/第47回日本臨床血液学会総会 (2005/9/19).

723253. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 5q-と3系の異形成を呈し, MDSからの白血化が疑われたALL. 角田裕子1, 片山卓爾1, 石井隆司1, 大坂 学1, 羽山弥亨, 栂野富輝1, 宮崎浩二1, 平 美也子2, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1, 三浦偉久男 (1血液内. 2形態系): 第67回日本血液学会/第47回日本臨床血液学会合同総会 (2005/9/19), 横浜.

723254. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) H-RS細胞とALCL細胞の分子基盤の理解と分子標的療法. 堀江良一 (血液内): 第67回日本血液学会/第47回日本臨床血液学会合同総会 (2005/9/19), 横浜. 合同プログラム抄録集, 2005; 46: 219.

723255. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血小板チューブリンの異常構造を伴った遺伝性αδ-SPDと考えられる症例. 宮崎浩二1, 渡辺真理子1, 平 美也子2, 角田裕子1, 川上速人, 池辺光男, 東原正明1 (1血液内. 2形態系): 第28回日本血栓止血学会学術集会 (2005/11/23), 福岡.

733104. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) パルボウイルスB19感染により一過性の汎血球減少をきたした症例. 中目哲平, 宮崎浩二1, 渡会 晃, 入江 渉, 栂野富輝1, 大坂 学1, 角田裕子1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内): 第51回神奈川血液研究会 (2005/2/5).

733105. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) EBウイルス感染を契機として脾梗塞を来した先天性溶血性貧血. 渡会 晃, 角田裕子1, 平 美也子2, 栂野富輝1, 大坂 学1, 羽山弥亨, 郡 美佳, 宮崎浩二1, 新津 望1, 堀江良一1, 東原正明1, 中西秀和 (1血液内. 2形態系): 第152回日本臨床血液学会例会 (2005/2/26), 東京.

733106. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 大量の胸水による呼吸困難で発症した多発性骨髄腫の一例. 秋山和政, 宮崎浩二1, 石井隆司1, 片山卓爾1, 大坂 学1, 栂野富輝1, 角田裕子1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内): 第527回日本内科学会関東地方会 (2005/6/11).

733107. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) HyperCVAD療法が著効したMediastinal biphenotypic LBL. 石井隆司1, 栂野富輝1, 片山卓爾1, 大坂 学1, 羽山弥亨, 角田裕子1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1, 須永真司 (1血液内): 第153回日本臨床血液学会例会 (2005/6/18).

733108. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Splenic lymphoma with villous lymphocyte (SLVL)の1例. 返田常広1, 大坂 学1, 栂野富輝1, 角田裕子1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内): 第52回神奈川血液研究会 (2005/9/3), 横浜.

733109. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) MTX中止にて, 寛解となったSubcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma. 大野由香子, 角田裕子1, 栂野富輝1, 大坂 学1, 羽山弥亨, 宮崎浩二1, 平 美也子2, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1, 一戸昌明2, 吉田 功2, 岩渕啓一2 (1血液内. 2病理): 第154回日本臨床血液学会例会 (2005/11/19), 東京.

733110. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) IgA1結合蛋白質と腎糸球体沈着蛋白質との類似性について. 高谷 徹1, 東原正明2, 岩瀬仁勇3, 伊藤昭彦4, 岡本牧人4, 小林 豊, 中村郁子1, 比企能之 (1腎臓内. 2血液内. 3代謝・蛋白. 4耳鼻): 第28回IgA1腎症研究会 (2005), 東京.


<<呼吸器内科学>>

[学術論文]

110118. [原著] Biweekly therapy for non-small cell lung cancer using cisplatin, paclitaxel and gemcitabine. 田中直彦1, 横場正典1, 三藤 久1, 矢那瀬信雄1 (1呼吸器内): Kitasato Med J 2005; 35 (1): 8-11.

110119. [原著] IL-10 Induces Inhibitory C/EBPb through STAT-3 and Represses HIV-1 Transcription in Macrophages. 田中直彦 (呼吸器内): Am J Respir Cell Mol Biol 2005; 33 (4): 406-11.

310005. [症例報告] Drug Interaction Between Gefitinib and Warfarin. 小野田清香1, 三藤 久1, 矢那瀬信雄1, 龍華慎一郎1, 加藤恵美1, 和田真由子1, 石井佳緒里1, 羽切慎太郎1, 山本倫子1, 横場正典1, 矢内原智子1, 久保田 勝1, 高田信和1, 片桐真人1, 阿部 直2, 田中直彦1, 小林弘祐1,3, 益田典幸1 (1呼吸器内. 2医学教育. 3医療衛生学部): Jpn J Clin Oncol 2005/8; 35 (8): 478-82.

520075. [総説] 化学放射線療法 3 肺癌. 三藤 久1, 益田典幸1, 早川和重2 (1呼吸器内. 2放射線): Mebio Oncology 2005/11; 2 (4): 28-36.

520076. [総説] 肺癌診断・治療の最新情報 肺癌への新抗癌剤. 横場正典1, 矢那瀬信雄1, 益田典幸1 (1呼吸器内): 癌と化学療法 2005/6; 32 (6): 783-8.

520077. [総説] 呼吸器疾患と呼吸筋. 横場正典1, 阿部 直2 (1呼吸器内. 2医学教育): 日本呼吸管理学会誌 2005/5; 14 (3): 406-9.

520078. [講座] NPPVの合併症, 問題点. 久保田 勝1, 相馬一亥2 (1呼吸器内. 2救命): ICUとCCU 2005/3; 29 (3): 215-20.

[著 書]

620110. [学術書] (分担執筆) 臨床腫瘍内科学入門 U. 抗がん剤の作用機構 2. 多剤併用療法の原理: 併用療法と副作用の分散, p.11-5. 横場正典1, 矢那瀬信雄1, 益田典幸1 (1呼吸器内), 編 金倉 譲, 永井出版, 2005/11.

620111. [学術書] (分担執筆) EBM呼吸器疾患の治療 2006-2007 23. 小細胞肺癌 a) LD病期の小細胞肺癌の標準治療とトライアル, p.386-90. 横場正典1, 矢那瀬信雄1, 益田典幸1 (1呼吸器内), 編 永井厚志, 吉澤靖之, 太田 健, 江口研二, 中外医学社, 2005/10.

620112. [その他] (分担執筆) 呼吸療法テキスト改訂第2版 2-6. 呼吸筋, p.32-7. 横場正典1, 阿部 直2 (1呼吸器内. 2医学教育), 編 3学会 (日本胸部外科学会・日本呼吸器学会・日本麻酔科学会) 合同呼吸療法認定士認定委員会, 克誠堂出版, 2005/10.

620113. [学術書] (分担執筆) MOOK肺癌の臨床 2005〜2006 W期非小細胞肺癌の化学療法─治療期間─, p.369-72. 三藤 久1, 益田典幸1 (1呼吸器内), 編 加藤治文, 西條長宏, 福岡正博, 小林紘一, 海老原善朗, 井内康輝, 早川和重1 (1放射線), 篠原出版新社, 2006/03.

620114. [その他] (分担執筆) 医学生・研修医のための連問形式で学ぶ診療トレーニング 呼吸困難, p.6. 久保田 勝1, 阿部 直2 (1呼吸器内. 2医学教育), メジカルビュー社, 2006/04.

[学会・研究会等]

713061. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Phase I and pharmacokinetic (PK) study of irinotecan (CPT-11) and amrubicin (AMR) in non-small cell lung cancer (NSCLC). 益田典幸1, 矢内原智子1, 小野田静香1, 山本倫子1, 龍華慎一郎1, 羽切慎太郎1, 和田真由子1, 加藤恵美1, 三藤 久1, 矢那瀬信雄1 (1呼吸器内): Am Soc Clin Oncol (2005/5/15), Orlando, FL.

713062. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) During REM sleep, external intercostals are inhibited while parasternals are spared. 横場正典1, ハービー ハース, 片桐真人1, ジョン コートビーク, ポール イーストン (1呼吸器内): 15th European Respiratory Society Annual Congress (2005/9/19), Copenhagen, Denmark. Eur Respir J 2005; 26 (s49), 358s: P2322.

713063. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Salmeterol effects on parasternal intercostals activity at maximum sniff. 片桐真人1, 横場正典1, 西井康人1, 矢内原智子1, 益田典幸1, 阿部 直2, ポール イーストン (1呼吸器内. 2医学教育): 15th European Respiratory Society Annual Congress (2005/9/20). Eur Respir J 2005; 26 (s49), 358s, P2322.

723256. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 一酸化窒素のLewis肺腫瘍細胞の変形能と肺転移における影響. 井川 聡1, 小林弘祐1,2, 三藤 久1, 田中直彦1, 益田典幸1 (1呼吸器内. 2医療衛生学部): 日本呼吸器学会 (2005/4/14), 千葉.

723257. 一[学会 (全国)] (般講演・ポスター) 慢性肺気腫患者におけるIOS法による呼吸インピーダンスの検討. 白井岳二1, 小澤剛久1, 久保田 勝1, 横場正典1, 益田典幸1, 小林弘祐1,2 (1呼吸器内. 2医療衛生学部): 第45回日本呼吸器学会学術講演会 (2005/4/14), 東京都. 日本呼吸学会雑誌 2005; 43 (増): P241.

723258. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性肺気腫患者におけるIOS法による呼吸インピーダンスの検討. 白井岳二1, 久保田 勝1, 横場正典1, 小林弘祐1,2, 益田典幸1 (1呼吸器内. 2医療衛生学部): 第45回日本呼吸器学会学術講演会 (2005/4/14), 千葉.

723259. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行非小細胞肺癌に対する塩酸イリノテカン (CPT-11) と塩酸アムルビシン (AMR) の併用第T相試験. 矢内原智子1, 羽切慎太郎1, 石井佳緒里1, 加藤恵美1, 和田真由子1, 龍華慎一郎1, 山本倫子1, 小野田清香1, 横場正典1, 三藤 久1, 久保田 勝1, 高田信和1, 片桐真人1, 矢那瀬信雄1, 益田典幸1 (1呼吸器内): 日本呼吸器学会 (2005/4/14), 千葉.

723260. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性好酸球性肺炎における気管支肺胞洗浄液免疫グロブリンの検討. 山本倫子1, 久保田 勝1, 田中直彦1, 矢那瀬信雄1, 阿部 直2, 益田典幸1 (1呼吸器内. 2医学教育): 第45回日本呼吸器学会学術講演会 (2005/4/15), 千葉.

723261. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経気管支肺生検 (TBLB) でintravascular large B-cell lymphomaと診断されたSarcoidosis-lymphoma syndromeの1症例. 龍華慎一郎1, 久保田 勝1, 羽切慎太郎1, 三藤 久1, 高田信和1, 片桐真人1, 矢那瀬信雄1, 益田典幸1 (1呼吸器内): 第25回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会 (2005/10/20), 札幌.


<<内分泌代謝内科学>>

[学術論文]

110120. [原著] The telmisartan renoprotective study from incipient nephropathy to overt nephropathy-rationale,study design,treatment plan and baseline characteristics of the incipient to overt;Angiotensin II receptor blocker,telmisartan,investigation on type 2 diabetic nephropathy (INNOVATION) study. 槙野博史1, 羽田勝計2, 馬場薗哲也3, 守屋達美4, 伊藤貞夫5, 岩本安彦3, 河盛隆造6, 竹内正弘7, 片山茂裕8 (1岡山大. 2旭川医大. 3東京女医大. 4内分泌代謝内. 5東北大. 6順天堂大. 7薬学部. 8埼玉医大: The journal of international medical reseaech 2005/11; 677-86.

110121. [原著] Glomerular hyperfiltration in non-proteinuric and non-hypertensive Japanese type 2 diabetic patients. 神 康之, 守屋達美1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): Diabetes Research and Clinical Practice 2006/03; 71: 264-71.

520079. [総説] 糖尿病性腎症治療における食事療法の意義─ぜひエビデンスの蓄積を─. 守屋達美1, 田中啓司1, 吉田朋子2, 人見麻美子2, 佐藤照子2 (1内分泌代謝内. 2栄養部): 臨床栄養 2005/12; 107 (7): 838-43.

520080. [総説] 早期の腎機能変化を説明できるような形態学的変化とは? 守屋達美 (内分泌代謝内): 糖尿病 2005/09; 48 (9): 661-4.

520081. [総説] 糖尿病腎症の病理: 早期の腎組織病変を認識することの重要性. 守屋達美 (内分泌代謝内): 最新医学 2006/01; 61 (1): 23-30.

520082. [総説] 日本人の糖尿病性腎症の特徴は? 守屋達美 (内分泌代謝内): 肥満と糖尿病 2006/01; 5 (2): 265-8.

530002. [その他] 糖尿病性腎症の新しい早期診断基準. 猪股茂樹1, 羽田勝計2, 守屋達美3, 片山茂裕4, 岩本安彦5, 堺 秀人6, 富野康日己7, 松尾清一8, 浅野 泰9, 槙野博史10 (1秋田県成人病医療センター. 2旭川医大. 3内分泌代謝内. 4埼玉医大. 5東京女医大. 6東海大. 7順天堂大. 8名古屋大. 9猿島赤十字病院. 10岡山大): 糖尿病 2005/10; 47 (7): 767-9.

[著 書]

620115. [翻訳] (その他) 糖尿病と腎臓病 (Diabetes and kidney disease:Time to Act). 岩本安彦1, 浅野 泰2, 片山茂樹3, 堺 秀人4, 羽田勝計5, 富野康日己6, 猪股茂樹7, 槙野博史8, 守屋達美9, 松尾清一10 (1東京女医大. 2猿島赤十字病院, 3埼玉医大. 4東海大医学部附属病院. 5旭川医大. 6順天堂大. 7秋田県成人病医療センター. 8岡山大. 9内分泌代謝内. 10名古屋大学), International society of nephrology, 2005.

[学会・研究会等]

722049. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 腎組織からみた糖尿病性腎症のremission. 守屋達美 (内分泌代謝内): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/14), 神戸.

722050. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 急速凍結・ディープエッチング法の臨床応用─糖尿病性腎症早期の糸球体微細構造─. 守屋達美1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 日本顕微鏡学会第61回学術講演会 (2005/6/1), つくば国際会議場.

722051. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 2型糖尿病の糖尿病性腎症早期のrenal structural-functional relationships. 守屋達美 (内分泌代謝内): 日本顕微鏡学会第61回学術講演会 (2005/6/2), つくば国際会議場.

723262. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性腎症外来患者指導における臨床検査技師の役割. 守屋達美1, 岡田 聡2, 三浦芳典2, 斉藤江美子2, 小林瑞枝2, 粟野文剛2 (1内分泌代謝内. 2臨検部): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/13), 神戸.

723263. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肥満を伴う成人2型糖尿病男性患者への栄養指導の短期的効果. 人見麻美子1, 佐藤照子1, 守屋達美2 (1栄養部. 2内分泌代謝内): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/13), 神戸.

723264. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院における薬剤師の糖尿病性腎症教室への参画とその効果の検討. 岡本久美子1, 勝呂美香1, 相沢政明1, 松原 肇1, 佐川賢一1, 矢後和夫1, 神山太郎2, 鎌田裕二2, 田中啓司2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1薬剤部. 2内分泌代謝内): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/13), 神戸.

723265. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病ラットにおける,α2u-globulinの機能解明を目指した, プロテオーム解析. 高田哲秀1, 松原まどか1, 神山太郎1, 鎌田裕二1, 守屋達美1, 大石正道2, 前田忠計2, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内. 2理学部): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/13), 神戸.

723266. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クレメジンは糖尿病性腎症による腎不全の進展を抑制するか. 平澤陽子1, 守屋達美1, 土屋晶子1, 保坂辰樹1, 黒坂真矢1, 神山太郎1, 黒川智彦1, 鎌田裕二1, 高田哲秀1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/13), 神戸.

723267. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本人1型糖尿病および境界型と2型糖尿病における腎サイズ, 糸球体サイズ, GFRの相関は異なる. 田中啓司1, 守屋達美1, 平澤陽子1, 鎌田裕二1, 松原まどか1, 高田哲秀1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第48回日本糖尿病学会学術集会 (2005/5/14), 神戸.

723268. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メサンギウム領域の拡大とともに尿中アルブミン排泄は増加する2型糖尿病のserial renal biopsyによる腎組織機能関連の検討. 守屋達美1, 田中啓司1, 平澤陽子1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第48回日本糖尿病学会学術集会 (2005/5/14), 神戸.

723269. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 正常〜微量アルブミン尿期糖尿病性腎症におけるXV, XVIII型コラーゲンの局在. 田中啓司1, 守屋達美1, 友野靖子2, 内藤一郎3, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内. 2重井医学研究所. 3岡山大): 第48回日本腎臓学会総会 (2005/6/24), 横浜.

723270. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性腎症患者に対する腎症教室の効果 (1) 医師より. 守屋達美1, 神山太郎1, 鎌田裕二1, 藤田芳邦1, 吉田朋子2, 人見麻美子2, 佐藤照子2, 勝呂美香3, 岡本久美子3 (1内分泌代謝内. 2栄養部. 3薬剤部): 第50回 (社) 日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/25), 横浜.

723271. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性腎症患者に対する腎症教室の効果 (2) 栄養士より. 吉田朋子1, 人見麻美子1, 佐藤照子1, 守屋達美2, 神山太郎2, 鎌田裕二2, 藤田芳邦2, 勝呂美香3, 岡本久美子3 (1栄養部. 2内分泌代謝内. 3薬剤部): 第50回 (社) 日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/25), 横浜.

723272. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性腎症患者に対する腎症教室の効果 (3) 薬剤師より. 勝呂美香1, 岡本久美子1, 矢後和夫1, 吉田朋子1, 神山太郎2, 鎌田裕二2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1薬剤部. 2内分泌代謝内): 第50回 (社) 日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/25), 横浜.

723273. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 著明な低ナトリウム血症からSIADHが疑われ, その後ACTH単独欠損症と診断した1例. 鎌田裕二1, 守屋達美1, 迎 美幸2, 土屋晶子1, 保坂辰樹1, 黒坂真矢1, 神山太郎1, 黒川智彦1, 平澤陽子1, 高田哲秀1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内. 2消化器内): 第78回日本内分泌学会学術総会 (2005/7/2).

723274. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 破壊性甲状腺中毒症で発見された多彩な下垂体機能異常を伴ったラトケ嚢胞の1例. 神山太郎1, 高田哲秀1, 保坂辰樹1, 土屋晶子1, 黒坂真矢1, 黒川智彦1, 鎌田裕二1, 平澤陽子1, 田中啓司1, 守屋達美1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第78回日本内分泌学会学術総会 (2005/7/2), 東京.

723275. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 妊娠・分娩を経験した糖尿病性腎症3B期の3例. 神山太郎1, 守屋達美1, 黒川智彦1, 鎌田裕二1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第21回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2005/11/25), 岡山.

733111. [研究会] (一般講演・ポスター) 2型糖尿病の正常アルブミン尿期〜顕性蛋白尿期におけるXV, XVIII型コラーゲンの局在. 田中啓司1, 守屋達美1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第17回日本糖尿病性腎症研究会 (2005/12/30), 東京.

733112. [研究会] (一般講演・ポスター) 若年性高血圧と低カリウム血症を有する1例. 神山太郎1, 田中啓司1, 守屋達美1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第28回神奈川内分泌症例検討会 (2005), 横浜.

733113. [地方会] (一般講演・ポスター) 同一家系に1A型糖尿病, 2型糖尿病を有する劇症1型糖尿病の1例. 神山太郎1, 守屋達美1, 保坂辰樹1, 黒坂真矢1, 土屋晶子1, 黒川智彦1, 鎌田裕二1, 平澤陽子1, 高田哲秀1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第42回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2005), 筑波.

733114. [地方会] (一般講演・ポスター) 非ケトン性高浸透圧性昏睡に広範な非血栓性腸管壊死を合併した2型糖尿病の1例. 神山太郎1, 田中啓司1, 青木美樹1, 保坂辰樹1, 土屋晶子1, 黒川智彦1, 守屋達美1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第527回日本内科学会関東地方会 (2005), 東京.

733115. [地方会] (一般講演・ポスター) 糖尿病性ケトアシドーシスの治療過程にてインスリン浮腫を生じた1例. 鎌田裕二1, 土屋晶子1, 保坂辰樹1, 黒坂真矢1, 神山太郎1, 黒川智彦1, 平澤陽子1, 高田哲秀1, 田中啓司1, 守屋達美1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第42回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2005), 筑波.

733116. [地方会] (一般講演・ポスター) 集学的治療により尿蛋白の顕著な減少をみたネフローゼ症候群を伴う2型糖尿病の1例. 青木美樹1, 守屋達美1, 保坂辰樹1, 土屋晶子1, 黒川智彦1, 神山太郎1, 平澤陽子1, 鎌田裕二1, 高田哲秀1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第43回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2006/1/28), 東京.

733117. [地方会] (一般講演・ポスター) 心筋炎を併発した劇症1型糖尿病の1例. 土屋晶子1, 守屋達美1, 青木美樹1, 保坂辰樹1, 黒川智彦1, 神山太郎1, 平澤陽子1, 鎌田裕二1, 高田哲秀1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第43回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2006/1/28), 東京.


<<腎臓内科学>>

[学術論文]

110122. [原著] Characteristics of heart rate valiability entropy and blood pressure during hemodialysis in patients with end-stage renal disease. 山中 望1, 青山東五1,2, 池田憲明3, 東原正明4, 鎌田貢壽2 (1大学院医療系研究科. 2腎臓内. 3医療衛生学部医療工学科. 4血液内): Hemodialysis International 2005/7; 9: 303-8.

110123. [原著] Cooperative Induction of Histidine Decarboxylase (HDC) and Histamine H2 Receptor in the Infiltrating Cells Participates in the Regulation of Inflammation Induced by Unilateral Ureteral Obstruction (UUO). 清水健史1, 坂本尚登1, 松尾孝俊1,2, 東原正明3 (1腎臓内. 2あけぼの病院. 3血液内): Kitasato Medical Journal 2005; 35: 1-7.

110124. [原著] Early regulation of CD8 T cell alloreactivity by CD4+CD25- T cells in recipients of anti-CD154 antibody and allogeneic BMT is followed by rapid peripheral deletion of donor-reactive CD8 T cells, precluding a role for sustained regulation. Thomas Fehr, 竹内康雄1, Josef Kurtz, Thomas Wekerle, Megan Sykes (1腎臓内): European Journal of Immunology 2005/9; 35 (9): 2679-90.

310006. [症例報告] Spontaneous rupture of a left gastroepiploic artery aneurysma in a patient with autosomal-dominant polycystic kidney disease. 長場 泰1, 西巻 博2, 羽村素子1, 牧野武志1, 佐野 隆1, 東原正明3, 鎌田貢壽1, 相馬一亥4 (1腎臓内, 2放射線, 3血液内, 4救命): Clinical Nephrology 2005; 63 (2): 163-5.

320010. [症例報告] Candida parapsilosis による重篤なCAPD関連腹膜炎にミカファンギンの投与が奏功した透析患者の一例. 橋本ヒロコ1, 守屋利佳1,4, 鎌田貢壽1, 東原正明2, 吉田一成3 (1腎臓内. 2血液内. 3泌尿. 4医学教育): 感染症学雑誌 2005; 79 (3): 195-200.

320011. [症例報告] 近位尿細管エンドサイトーシス異常を認めた偽性副甲状腺機能低下症の1症例. 竹内康雄1, 坂本尚登1, 坂間玲子1, 羽村素子1, 鎌田貢壽1, 東原正明2 (1腎臓内. 2血液内): 臨床体液 (Proceedings of the congress on electrolyte metabolism) 2005/7; 32: 49-52.

320012. [症例報告] 重症心機能低下を伴う末期腎不全患者の維持透析療法. 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 守屋利佳1,2, 金光峰子1, 内藤正吉1, 青山雅則1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2医学教育): 神奈川県CAPD研究会誌 2006/3; 19: 8-11.

520083. [総説] 血液ガス分析を臨床に生かす. 坂本尚登 (腎臓内): Mebio 2005/5; 22 (5): 98-104.


[著 書]

620116. [学術書] (共著) シミュレイション内科 腎疾患を探る 糸球体限局性病変と全身性疾患の関係, p.25-8. 鎌田貢壽 (腎臓内), 編 今井裕一, 永井書店, 2005/10.

620117. [学術書] (分担執筆) 腎疾患の病態生理からの理解 血液ガス分析を臨床に生かす, p.98-104. 坂本尚登 (腎臓内), 編 木村健二郎, メジカルビュー社, 2005/5.

[学会・研究会等]

713064. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Identification of a Novel Protein Specifically Localized in Juxtaglomerular Apparatus (JGA) by a Specific Monoclonal Antibody (MAb) Against the Conserved N-terminal Region of ClC Chloride Channels. 坂本尚登1, 松尾孝俊1,2, 清水健史1, 井上聡子3, 重井文博3 (1腎臓内. 2あけぼの病院. 3重井医学研究所): 米国腎臓学会年次総会 (2005), フィラデルフィア.

723276. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 後天性腎疾患におけるネフリン蛋白の関与についての検討. 青山東五1, 山中 望1, 竹内恵美子2, 竹内康雄2, 佐野 隆2, 長場 泰2, 守屋利佳2,4, 坂本尚登2, 東原正明3, 鎌田貢壽2 (1大学院医療系研究科. 2腎臓内. 3血液内. 4医学教育): 第48回日本腎臓学会 (2005/6/23), 横浜.

723277. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) IgA腎症の長期予後と予後決定要因. 小林 豊1, 中村郁子1,2, 藤森亜希1, 巽  洋1, 舘野純生1, 南郷英明1, 佐野 隆2, 鎌田貢壽2, 坂本尚登2 (1あけぼの病院. 2腎臓内): 第48回日本腎臓学会 (2005/6/23), 横浜.

723278. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 純粋妊娠中毒症の腎障害の回復過程. 藤森亜希1, 中村郁子1, 巽  洋1, 舘野純生1, 南郷英明1, 小林 豊1, 佐野 隆2, 坂本尚登2, 鎌田貢壽2, 重松秀一3 (1あけぼの病院. 2腎臓内, 3信州大): 第48回日本腎臓学会 (2006/6/23), 横浜.

723279. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) オンライン (O‐) HDF施行後2年間におけるペントジンの経時的変化について. 小林直之1, 竹内康雄2, 青山雅則2, 田村雅人2, 坂本尚登2, 鎌田貢壽2, 石原和彦3, 酒井 糾3, 大久保充人4, 東原正明5 (1相武台ニーレンクリニック. 2腎臓内. 3小児腎疾患総合管理研究所. 4佐野厚生総合病院. 5血液内): 第48回日本腎臓学会 (2005/6/24), 横浜.

723280. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ANCA陽性の急速進行性糸球体腎炎 (RPGN) へのPSL中等量投与の治療成績. 鎌田貢壽1, 羽村素子1, 牧野武志1, 内藤正吉1, 金光峰子1, 青山雅則1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 竹内康雄1, 守屋利佳1,2, 坂本尚登1 (1腎臓内, 2医学教育): 第48回日本腎臓学会 (2005/6/24), 横浜.

723281. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭蓋底腫瘤に抗結核治療が奏功した透析患者の一例. 牧野武志1, 竹内康雄1, 羽村素子1, 橋本ヒロコ1, 佐野 隆1, 長場 泰1, 守屋利佳1,2, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2医学教育): 第50回日本透析医学会 (2005/6/24), 横浜.

723282. 学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 透析導入期における副甲状腺機能の検討. 金光峰子1, 長場 泰1, 猿田貴之1, 羽村素子1, 内藤正吉1, 青山雅則1, 藤田和己1, 清水健史1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 守屋利佳1,3, 坂本尚登1, 東原正明2, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2血液内. 3医学教育): 第50回日本透析医学会 (2005/6/24), 横浜.

723283. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 妊娠中期に透析を導入し, 出産に成功した多発性嚢胞腎の一例. 羽村素子1, 長場 泰1, 青山雅則1, 金光峰子1, 内藤正吉1, 猿田貴之1, 佐野 隆1, 守屋利佳1,3, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 東原正明2 (1腎臓内. 2血液内. 3医学教育): 第50回日本透析医学会 (2005/6/24), 横浜.

723284. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 抗リン脂質抗体症候群にANCA陽性の急速進行性糸球体腎炎を合併した急性腎不全の一例. 内藤正吉1, 竹内康雄1, 羽村素子1, 青山雅則1, 金光峰子1, 守屋利佳1,2, 佐野 隆1, 長場 泰1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2医学教育): 第50回日本透析医学会 (2005/6/24), 横浜.

723285. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 塩酸セベラマー投与下におけるintactおよびwhole PTH値の一年間の推移. 長場 泰1, 高木 裕2, 吉田 煦2, 永岡 隆3, 櫻井健治4, 齋藤 毅4, 東原正明5, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2さがみ循環器クリニック. 3相模原クリニック. 4橋本クリニック. 5血液内): 第50回日本透析医学会 (2005/6/25), 横浜.

723286. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原因不明のlactic acidosisによるMOFから救命し得た1例. 田村浩三1, 吉澤 海, 鎌田貢壽2 (1町田市民病院. 2腎臓内): 第50回日本透析医学会 (2005/6/25), 横浜.

723287. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Multicentric Castleman's Diseaseを合併した血液透析患者の一例. 清水健史1, 長場 泰1, 阪  聡2, 藤田和己1, 猿田貴之1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 守屋利佳1,4, 坂本尚登1, 東原正明3, 鎌田 貢壽1 (1腎臓内. 2阪クリニック. 3血液内. 4医学教育): 第50回日本透析医学会 (2005/6/25), 横浜.

723288. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血液透析患者に対する運動療法が運動の習慣化に与える影響. 加藤登子1, 佐野紀子1, 桑田比砂江1, 高木 裕1, 吉田 煦1, 竹内康雄2, 鎌田貢壽2, 東原正明3, 齊藤正和4, 松永篤彦4, 増田 卓4 (1さがみ循環器クリニック. 2腎臓内. 3血液内. 4医療衛生学部): 第50回日本透析医学会 (2005/6/25), 横浜.

723289. 学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 持続血液濾過透析 (CHDF) が奏功したメトホルミンによる乳酸アシドーシスの例. 青山雅則1, 佐野 隆1, 内藤正吉1, 金光峰子1, 羽村素子1, 猿田貴之1, 長場 泰1, 守屋利佳1,3, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 神山太郎2, 藤田芳邦2, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2内分泌代謝内. 3医学教育): 第50回日本透析医学会 (2005/6/25), 横浜.

733118. [研究会] (一般講演・ポスター) 抗基底膜抗体型腎炎とMPO-ANCA関連腎炎の臨床経過の比較. 長場 泰1, 竹内康雄1, 守屋利佳1,3, 佐野 隆1, 青山雅則1, 内藤正吉1, 小林 圭1, 岡本智子1, 清水健史1, 藤田和己1, 青山東五2, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2大学院医療系研究科. 3医学教育): 第69回神奈川腎研究会 (2005/7/9), 横浜.

733119. [研究会] (一般講演・ポスター) 抗基底膜抗体型腎炎とMPO-ANCA関連腎炎の臨床経過の比較. 長場 泰1, 竹内康雄1, 守屋利佳1, 佐野 隆1, 青山雅則1, 内藤正吉1, 小林 圭1, 岡本智子1, 清水健史1, 藤田和己1, 青山東五2, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2大学院医療系研究科): 第6回東京腎炎・ネフローゼ研究会 (2005/7/16), 東京.

733120. [地方会] (一般講演・ポスター) 慢性腎炎の経過を示すMPO-ANCA陽性の膜性糸球体腎炎の1例. 田崎尋美1, 長場 泰1, 羽村素子1, 青山東五2, 清水健史1, 藤田和己1, 猿田貴之1, 守屋利佳1,3, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2大学院医療系研究科. 3医学教育): 第35回日本腎臓学会東部学術大会 (2005/10/7), 新潟.

733121. [地方会] (一般講演・ポスター) 扁桃摘出術後に蛋白尿が陰性化したIgA腎症の1例. 長場 泰1, 竹内康雄1, 内藤正吉1, 青山雅則1, 小林 圭1, 岡本智子1, 清水健史1, 藤田和己1, 猿田貴之1, 守屋利佳1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第35回日本腎臓学会東部学術大会 (2005/10/8), 新潟.

733122. [地方会] (一般講演・ポスター) 腎病変を伴ったCrow-Fukase症候群の1例. 金光峰子1, 長場 泰1, 佐野 隆1, 青山雅則1, 内藤正吉1, 竹内康雄1, 守屋利佳1,3, 坂本尚登1, 小林 豊2, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2あけぼの病院. 3医学教育): 第35回日本腎臓学会東部学術大会 (2005/10/8), 新潟.

733123. [地方会] (一般講演・ポスター) ステロイド療法に抵抗性の原発性膜性増殖性糸球体腎炎に対しシクロスポリン投与併用にて寛解を得た2症例. 内藤正吉1, 竹内康雄1, 羽村素子1, 青山雅則1, 金光峰子1, 守屋利佳1,2, 長場 泰1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2医学教育): 第35回日本腎臓学会東部学術大会 (2005/10/8), 新潟.

733124. [地方会] (一般講演・ポスター) 低K血症と酸塩基平衡障害を契機に診断された筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の一例. 清水健史1, 小林 圭1, 岡本智子1, 青山雅則1, 内藤正吉1, 長場 泰1, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第35回日本腎臓学会東部学術大会 (2005/10/8), 新潟.

733125. [研究会] (一般講演・ポスター) 持続血液濾過透析を転機に救命したメトホルミンによる乳酸アシドーシスの一例. 青山雅則1, 佐野 隆1, 内藤正吉1, 金光峰子1, 羽村素子1, 長場 泰1, 守屋利佳1,3, 竹内康雄1, 坂本尚登1, 神山太郎2, 藤田芳邦2, 鎌田貢壽1 (1腎臓内. 2内分泌代謝内. 3医学教育): 臨床体液研究会 (2005/10/15).

733126. [地方会] (一般講演・ポスター) 大胸筋腱不全断裂にて発症し, A群溶連菌にて軟部組織膿瘍を認め腎炎を合併した1例. 小場紀和子, 山田 靖1, 遠藤平仁2, 和田達彦2, 飯塚進子2, 高山陽子3, 田中住明2, 近藤啓文2 (1腎臓内. 2膠原病・感染内. 3臨検診): 第530回日本内科学会 関東地方会 (2005), 東京.


<<膠原病・感染内科学>>

[学術論文]

110125. [原著] Novel autoantibodies against 7SL RNA in patients with polymyositis/dermatomyositis. 佐藤隆司, 岡野哲郎, 松井俊通1, 渡部洋行1, Ogasawara T, Kubo K, Kuwana M, Fertig N, Oddis CV, 近藤啓文1, 赤星 透2 (1膠原病・感染内. 2総合診療): J Rheumatol. 2005/09; 32 (9): 1727-33.

110126. [原著] Therapeutic effects of the combination of methotrexate and bucillamine in eary rheumatoid arthritis:a multicnter controlle-blind randomized controlled study. Ichikawa Y, Saito T, Yamanaka H, Akizuki M, 近藤啓文1, Kobayashi S, Oshima H, Kawai S, Hama N, Yamada H, Mimori T, Amano K, Tanaka T, Matsuoka Y, Yamamoto S, Matsubara Y, Murata N, Asai T, Suzuki Y (1膠原病・感染内): mod Rheumatol 2005; 15: 323-8.

110127. [原著] A multicenter, double-blind, randomized, placebo controlled trial of infliximab combined with low dose methotrexate in Japanese patients with rheumatoid arthritis. Abe T, Takeuchi T, Miyasaka N, Hashimoto H, 近藤啓文1, Ichikawa Y, Nagaya I (1膠原病・感染内): J Rheumatol, 2006; 33: 37-44.

110128. [原著] Inhibition of skin sclerosis by 15deoxy Delta(12,14)-Inhibition of skin sclerosis by 15deoxy Delta (12,14) prostaglandin J (2) and retrovirally transfected prostaglandin D synthase in a mouse model of bleomycin-induced scleroderma. 河野 静1, 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 林  泉2, 村上洋介3, 北里英郎4, Kojima F, 川合眞一, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内. 2薬理. 3微・寄生虫. 4医療衛生学部微生物学/東邦大医学部医学科膠原病科): Biomed Pharmacotherapy 2006; 60: 18-25.

220021. [短報] 13C標識脂肪酸吸収呼気試験を用いた全身性強皮症腸管病変の評価. 遠藤平仁 (膠原病・感染内): 13C 医学 2005; 15: 30-1.

310007. [症例報告] Recurrent paralytic ileus associated with strongyloidiasis in a patient with systemic lupus erythematosus: Case report and review of the literature. 吉田 秀1, 遠藤平仁1, 田中住明1 (1膠原病・感染内): Modern Rheum 2006/02; 16: 44-7.

320013. [症例報告] 両側肺病変にアスペルギルス感染を合併し抗真菌薬, ミカファンギンとイトラコナゾールの併用療法が有用であったWegener肉芽腫症の一例. 遠藤平仁1, 吉田 秀1, 近藤啓文1, 久米 光2, 野村友清3 (1膠原病・感染内. 2病理. 3国立国際医療センター呼吸器外科): 日本医真菌学会誌 2006/01; 47: 25-9.

320014. [症例報告] ステロイド治療が肺高血圧症に有効であったSub Clinical Sjoegren症候群の1例. 田中住明1, 近藤啓文1, 飯塚進子1 (1膠原病・感染内): Therapeutic Research 2005/10; 26 (10): 2002-4.

320015. [症例報告] 【悪性腫瘍と皮膚】 臨床例 後天性魚鱗癬 悪性リンパ腫に伴った症例. 田中住明 (膠原病・感染内): 皮膚病診療 2005/07; 27 (7): 781-4.

320016. [症例報告] Candida parapsilosisによる重篤なCAPD関連腹膜炎にミカファンギンの投与が奏功した透析患者の一例. 遠藤平仁1, 吉田 秀1, 近藤啓文1, 久米 光2, 野村友清3 (1膠原・感染内. 2病理. 3国立国際医療センター呼吸器外): 感染症学雑誌 2006/01; 79 (3): 195-200.

520084. [総説] 全身性疾患と腎病変: 診断と治療の進歩. 遠藤平仁1, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内): 日本内科学学会誌 2005/10; 94: 876-80.

520085. [総説] 強皮症, 急速に腎機能低下をきたす疾患の診かた. 遠藤平仁 (膠原病・感染内): 腎と透析 2005/4; 56: 353-6.

520086. [総説] 膠原病とその周辺疾患にみられる血管病変─その病態と治療─全身性強皮症. 遠藤平仁1, 飯塚進子1, 吉田 秀1, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内): リウマチ科 2005/8; 34: 46-53.

520087. [総説] 【膠原病リウマチ診療の新展開】 合併症 肺高血圧症. 遠藤平仁1, 田中住明1 (1膠原病・感染内): 日本内科学会雑誌 2005/10; 94 (10): 2125-31.

520088. [総説] プロスタグランジンによる遺伝子治療の可能性. 遠藤平仁1, 北里英郎2 (1膠原病・感染内. 2医療衛生学部微生物): 炎症と免疫 2006/02; 14: 75-8.

520089. [総説] 皮膚病変─その診断のポイント─膠原病・セミナ−膠原病の特異的特異病変における診療のポイント, ─膠原病のあらたな治療戦略とその実際─. 遠藤平仁1, 吉田 秀1 (1膠原病・感染内): Medical Practice 2006/03; 526-8.

520090. [総説] 抗リウマチ薬の使い方:レフルノミド. 近藤啓文1, 吉田 秀1 (1膠原病・感染内): クリニカ 2005; 32: 116-20.

520091. [総説] 膠原病の病理診断マニュアル 症例の実際─病理診断クル─ 症例12: 典型的強皮症. 近藤啓文 (膠原病・感染内): 病理と臨床 2005; 23 (suppl): 259-62.

520092. [総説] 高齢発症関節リウマチ. 近藤啓文1, 河野 静1 (1膠原病・感染内): リウマチ科 2005; 33: 223-7.

520093. [総説] 関節リウマチ患者の診かた; 外来でのフォローのしかた. 近藤啓文1, 飯塚進子1 (1膠原病・感染内): Medicin 2005; 42: 769-71.

520094. [総説] 混合性結合組織病・臨床免疫学 (下). 近藤啓文1, 坂井美保1 (1膠原病・感染内): 日本臨床 2005; 63 (S5): 311-6.

520095. [総説] ミゾリビン・臨床免疫学 (下). 近藤啓文1, 飯塚進子1 (1膠原病・感染内): 日本臨床 2005; 63 (S5): 708-12.

520096. [総説] レフルノミド前例市販後調査の頻度. 近藤啓文 (膠原病・感染内): リウマチ科 2005; 33: 496-501.

520097. [総説] 非ステロイド抗炎症薬 (NSAID) の変遷. 近藤啓文1, 西 正大1 (1膠原病・感染内): 骨・関節・靭帯 2005; 18: 489-94.

520098. [総説] 抗ビメンチン抗体. 近藤啓文1, 坂井美保1 (1膠原病・感染内): 日本臨床 2005; 63 (S7): 646-9.

520099. [総説] 関節リウマチの治療薬 レフルノミド. 近藤啓文 (膠原病・感染内): 分子呼吸器病 2005; 9: 367-8.

520100. [総説] タクロリムス水和物. 近藤啓文 (膠原病・感染内): クリンカルプライティス 2005; 24: 1096-8.

520101. [総説] レフルノミド肺障害の予防, 治療効果. 近藤啓文1, 坂井美保1 (1膠原病・感染内): 呼吸器科 2005; 8: 411-6.

520102. [総説] 抗リウマチ薬と肺傷害. 近藤啓文1, 和田達彦1 (1膠原病・感染内): MSD (メディカル・サイエンス・ダイジェスト) 2005; 31: 546-7.

530003. [その他] 腎病変, 消化管病変強皮症重症度分類・治療指針案 (2004) 強皮症における病因解明と根治的治療法の開発. 遠藤平仁 (膠原病・感染内): (2004) 強皮症における病因解明と根治的治療法の開発報告書, 2005/03; 12-8.

530004. [その他] 消化管症状, 全身性自己免疫疾患における難治性病態の診療ガイドライン. 遠藤平仁 (膠原病・感染内): 厚生労働科学研究費: 免疫アレルギー疾患予防治療研究事業 全身性自己免疫疾患における難治性病態の診断と治療法に関する研究報告書, 2005/03; 44-9.

[著 書]

620118. [学術書] (分担執筆) リウマチ・膠原病最新トピックス 変わりゆく研究と治療 肺高血圧症に対する新規治療. 近藤啓文1, 田中住明1 (1膠原病・感染内), 編 竹原和彦, 診断と治療社, 2005.

620119. [学術書] (分担執筆) NSAIDsの使い方 コツと落とし穴 発熱患者にNSAIDsはどう使うべきか. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 編 水島 裕, 中山出版, 2006/3.

620120. [学術書] (分担執筆) NSAIDsの使い方コツと落とし穴 膠原病患者におけるNSAIDsの選択と副作用. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 水編 島 裕, 中山書店, 2006/3.

620121. [学術書] (分担執筆] ステロイドの使い方 コツと落とし穴 ステロイドの選択と種類の変更─効果と離脱を考えた治療─. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 編 水島 裕, 中山書店, 2006/2.

620122. [学術書] (分担執筆) ステロイドの使い方 コツと落とし穴 副作用軽減のための工夫─精神神経症状と離脱症候群─. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 編 水島 裕, 中山書店, 2006/2.

620123. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 好酸球性筋膜炎. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 医学書院, 2006/1.

620124. [学術書] (分担執筆) リウマチ膠原病最新のトピックス 変わりゆく研究と診療 MPO-ANCA関連強皮症腎クリ−ゼの病態と治療. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 編 竹原和彦, 医学書院, 2005/12.

620125. [学術書] (分担執筆) 疾患別最新処方改定第4版 好酸球性筋膜炎,強皮症. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 編 矢崎義雄, 菅野健太郎, メジカルレビュー社, 2005/10.

620126. [学術書] (分担執筆) 慢性疾患薬物療法のツボ 関節リウマチ 診断検査, 検査の流れ, 診断基準 (ACR分類基準など) の使い方, 早期診断のコツ, 鑑別診断. 遠藤平仁 (膠原病・感染内), 編 川合眞一, 日本医事新報社, 2005/10.

620127. [学術書] (分担執筆) 膠原病・リウマチ ─治療ガイドラインをどう読むか─ 混合性結合組織病. Guideline, p.58-69. 近藤啓文 (膠原病・感染内), 編 小池 隆夫, 住田 孝之, 診断と治療社, 2005/5.

620128. [学術書] (分担執筆) シュミレーション内科, リウマチ・アレルギー疾患を探る 強皮症患者が急に高血圧を呈した? p.130-42. 近藤啓文 (膠原病・感染内), 編 山本一彦, 永井書店, 2005.

620129. [学術書] (分担執筆) リウマチ・膠原病最新トピックス. 変わりゆく研究と治療 関節リウマチ (RA) に対するレフルノミド療法と間質性肺炎, p.167-8. 近藤啓文 (膠原病・感染内), 編 竹原和彦 他, 診断と治療社, 2005.

[学会・研究会等]

713065. [学会 (国際]) (一般講演・ポスター) Role of LXA4 and Lipoxin A4 Receptor in Synovial inflammation and Bone Resorption of patients with Rheumatoid arthritis. 遠藤平仁 (膠原病・感染内科学): ACR/ARHP Annual Scientific Meeting (2005/11/15), Sandiego, USA.

713066. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Quantitative analysis of Intestinal Involvementss by 13C-fatty acid absorption breath test in patients with systemic sclerosis. 遠藤平仁 (膠原病・感染内科学): ACR/ARHP Annual Scientific Meeting (2005/11/15), SanDiego, USA.

723290. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 13C標識脂肪酸吸収呼気試験を用いた強皮症腸管病変の定量的評価. 遠藤平仁 (膠原病・感染内科学): 第49日本リウマチ学会総会 (2005/4/18), 横浜.

723291. [学会 (全国] (一般講演・ポスター) 関節リウマチ骨吸収におけるLXA4の役割の解析. 遠藤平仁 (膠原病・感染内科学): 第49日本リウマチ学会総会 (2005/4/18), 横浜.

723292. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膠原病に合併する肺動脈性肺高血圧症 (PAH) および門脈性肺高血圧症 (PortPH) の検討. 田中住明1, 飯塚進子1, 木村 (坂井) 美保1, 岡田 純2, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2健康管理): 第49日本リウマチ学会総会 (2005/4/18), 横浜.

723293. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SLEの経過中,急性腹症で発症しIVCYで救命し得た劇症型APSの一例. 西 正大1, 田中住明1 (1膠原病・感染内科学): 第49回日本リウマチ学会総会 (2005/4/18), 横浜.

723294. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ニューモシスチスカリニ肺炎 (PCP) の予防におけるペンタミジンイセチオネート (PI) 吸入とST合剤の比較検討. 木村 (坂井) 美保1, 田中住明1 (1膠原病・感染内科学): 第49回日本リウマチ学会総会 (2005/4/18), 横浜.

723295. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低用量MTX療法を併用したベーチェット病の3症例. 飯塚進子1, 石川 章1, 和田達彦1, 星 健太1, 坂井美保1, 田中住明1, 遠藤平仁1, 岡田 純2, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2健康管理): 第49回日本リウマチ学会総会 (2005/4/18), 横浜.

723296. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SLEのステロイド治療中に再発性糞線虫症性イレウスを発症した抗HTLV-1抗体陽性の症例. 吉田 秀1, 高山陽子2, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 中村 健3, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2臨検学. 3微・寄生虫): 第79回日本感染症学会総会 (2005/4), 名古屋.

723297. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチ関節病変におけるLipoxin A4の役割の解析. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 林  泉2, 北里英郎3, 藤田 護4, 占部 憲,5 糸満盛憲4, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2薬理. 3医療衛生学部. 4整形. 5放射線): 第26回日本炎症・再生医学会 (2005/7/12), 東京.

723298. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血清ANGIOPIETIN-1の膠原病における臨床的意義. 坂井美保1, 石川 章1, 岡田 純2, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2健康管理): 第33回日本臨床免疫学会総会 (2005/10/28), 京都.

723299. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血清IL-18濃度が診断と治療に有用であったMacrophage Activation Syndrome (MAS) の3症例. 飯塚進子1, 田中住明1, 星 健太1, 田中淳一1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学): 第33回日本臨床免疫学会 (2005/10/28), 京都.

723300. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炎症アレルギー病変におけるLXA4受容体発現と制御機序. 遠藤平仁 (膠原病・感染内科学): 第55回日本アレルギー学会 (2005/10), 盛岡.

723301. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌による腸重積と肉芽腫性間質性腎炎を合併したサルコイドーシスの一例. 星 健太, 吉田 秀, 田中淳一, 和田達彦, 西 正大, 飯塚進子, 坂井美保, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 岡田 純, 近藤啓文 (膠原病・感染内科学): 第20回日本臨床リウマチ学会 (2005/11/21).

731027. [地方会・研究会] (特別講演) 膠原病に合併する肺高血圧症. 田中住明 (膠原病・感染内科学): 相模原医会 (相模原リウマチ) (2005/7).

732023. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) ボセンタンが著効を呈した指端潰瘍を伴う強皮症性肺動脈性肺高血圧症の一例. 田中住明 (膠原病・感染内科学): ボセンタン治療研究会 (2006/3).

733127. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) ステロイド治療が肺高血圧症に有効であったSub Clinical Sjoegren症候群の1例. 飯塚進子, 木村 (坂井) 美保, 田中住明, 星 健太, 遠藤平仁, 近藤啓文 (膠原病・感染内科学): 肺高血圧治療検討会 (2005/5).

733128. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) ビルハルツ住血吸虫症の一例. 田中住明1, 高山陽子2 (1膠原病・感染内科学. 2臨検学): 神奈川医学会 (2005/7).

733129. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) ループス腎炎を呈したSCLE(subaute cutaneous lupus erythematosus)の1例. 田中淳一,1 坂井美保1, 竹下知親, 飯塚進子1, 西 正大1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学): 第53回神奈川リウマチ医会 (2005/11/19).

733130. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 大胸筋腱不全断裂にて発症し, A群溶連菌による軟部組織膿瘍を認め, 腎炎を合併した1例. 飯塚進子, 田中住明, 石川 章, 遠藤平仁, 近藤啓文 (膠原病・感染内科学): 神奈川県内科集談会 (2005/11).

733131. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) ステロイド治療で改善したSLEによる骨髄線維症の1例. 田中淳一1, 石川 章1, 田中住明1, 遠藤平仁1, 岡田 純2, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2健康管理): 日本リウマチ学会関東支部学術集会 (2005/12/10).

733132. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 大胸筋腱不全断裂にて発症し, A群溶連菌にて軟部組織膿瘍を認め腎炎を合併した1例. 小場紀和子, 山田 靖, 遠藤平仁1, 和田達彦1, 飯塚進子1, 高山陽子2, 田中住明1, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2臨検学): 第530回日本内科学会関東地方会 (2005), 東京.

733133. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 致死的なangioedema様所見, IgM低下を伴ったSLEの一例. 星 健太1, 和田達彦1, 西 正大1, 飯塚進子1, 坂井美保1, 吉田 秀1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学): 第52回神奈川リウマチ医会 (2005).

733134. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 無症候性肺塞栓症を合併したSLEの2例. 和田達彦1, 星 健太1, 西 正大1, 飯塚進子1, 坂井美保1, 吉田 秀1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁,1 岡田 純2, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2健康管理): 日本内科学会関東地方会 (2005).

733135. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 炎症性腸疾患に合併したSeronegatre Spndyloarthropathyの一例. 星 健太1, 吉田 秀1, 和田達彦1, 西 正大1, 飯塚進子1, 坂井美保1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁,1 岡田 純2, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内科学. 2健康管理): 第46回関東リウマチ研究会 (2005).

733136. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) シクロフォスファミドパルス治療が2年6ヶ月にわたり有効であった膠原病性肺高血圧. 和田達彦1, 田中住明1 (1膠原病・感染内科学): リウマチ性疾患治療研究会 (2006/1).


<<外科学>>

[学術論文]

110129. [原著] Donor graft adenoviral iNOS gene transfer ameliorates rat liver transplant preservation injury and improves survival. Kaizu T, 池田 篤1, Nakao A, Takahashi Y, Tsung A, Kohmoto J, Geller DA. (1外科): Hepatology 2006/2/22; 43 (3): 464-73.

110130. [原著] Liver transplantation using liver grafts preserved under hith pressuer. 上野琢哉1, 大村孝志1, 高橋 毅1, Matsumoto H, Takahashi Y, 柿田 章1, 山科正平2 (1外科. 2解剖): Artf Orans 2005; 29 (10): 849-55.

110131. [原著] 3D-confocal structural analysis of bone marrow-derived renal tubular cells during renal ischemia/reperfusion injury. Toyokawa H, Nakao A, Stolz DB, Romanosky AJ, Nalesnik MA, Seda Neto J, 海津貴史1, Demetris AJ, Murase N2 (1外科. 2Dept. of Transplantation Surgery, University of Pittsburgh): Lab Invest 2006; 86 (1): 72-82.

110132. [原著] Carbon monoxide inhalation ameliorates cold ischemia/reperfusion injury after rat liver transplantation. 海津貴史1, Nakao A, Tsung A, Toyokawa H, Sahai R, Geller DA, Murase N2 (1外科. 2Dept. of Transplantation Surgery, University of Pittsburgh): Sugery 2005; 138 (2): 229-35.

110133. [原著] Low dose carbon monoxide inhalation prevents development of chronic allograft nephropathy. Seda Neto J, Nakao A, Toyokawa H, Nalesnik MA, Romanosky AJ, Kimizuka K, 海津貴史1, Hashimoto N, Azhipa O, Stolz DB, Choi AM, Murase N2 (1外科. 2Dept. of Transplantation Surgery, University of Pittsburgh): Am J Physiol Physiol, 2005.

110134. [原著] The CD154-CD40 T Cell costimulation pathway in liver ischemia and reperfusion inflammatory responses. Ke B, Shen XD, Gao F, 土橋誠一郎1, Farmer DG, Briscoe D, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW2 (1外科. 2The Dumont-UCLA Transplant Center, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at UCLA): Transplantation 2005; 79: 1078-83.

110135. [原著] Inflammatory responses in a new mouse model of prolonged hepatic cold ischemia followed by arterialized orthotopic liver transplantation. Shen XD, Gao F, Ke B, Zhai Y, Lassman CR, 土橋誠一郎1, Farmer DG, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW2 (1外科. 2The Dumont-UCLA Transplant Center, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at UCLA): Liver Transpl 2005; 11: 1273-81.

110136. [原著] Molecular Characterization of Rat Leukocyte P-Selectin Glycoprotein Ligand-1 and Effect of Its Blockade: Protection from Ischemia-Reperfusion Injury in Liver Transplantation. 土橋誠一郎1, Fondevila C, Shaw GD, Lorenz M, Marquette K, Benard S, Shen XD, Ke B, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW2 (1外科. 2The Dumont-UCLA Transplant Center, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at UCLA): Immunol 2006; 176: 616-24.

110137. [原著] Vascular Endothelial Growth Factor Antagonist Modulate Leukocyte Trafficking and Protects Mouse Livers against Ischemia/Reperfusion Injury. 土橋誠一郎1, Ke B, Kaldas F, Flynn E, Busuttil RW, Brisco DM, Kupiec-Weglinski JW2 (1外科. 2The Dumont-UCLA Transplant Center, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at UCLA): Am J Pathol 2006 (In Press).

110138. [原著] Inhibition of matrix metalloproteinases minimizes hepatic microvascular injury in response to acetaminophen in mice. 伊藤義也1,2, Abril ER1, Bethea NW1, McCuskey RS1 (1The University of Arizone college of Medicine/アリゾナ大医学部解剖細胞生物学. 2外科): Toxicol Sci 2005; 83: 190-196.

110139. [原著] Ethanol binging exacerbates sinusoidal endothelial and parenchymal injury elicited by acetaminophen. McCuskey RS1, Bethea NW1, Wong J1, McCuskey MK1, Abril ER1, Wang X1, 伊藤義也1,2, DeLeve LD1 (1The University of Arizone college of Medicine/アリゾナ大医学部解剖細胞生物学. 2外科): J Hepatol 2005; 42: 371-7.

110140. [原著] Dietary steatotic liverattenuates acetaminophen hepatotoxicity in mice. 伊藤義也1,2, Abril ER1, Bethea NW1, McCuskey MK1, McCuskey RS1 (1The University of Arizone college of Medicine/アリゾナ大医学部解剖細胞生物学. 2外科): Microcirculation 2005.

110141. [原著] Liver transplantation using liver grafts preserved under high pressure. 上野琢哉1, 大村孝志1,2, 高橋 毅1, Harumi Matsumoto1,2, 高橋禎人1, 柿田 章1,2, 山科正平3 (1外科. 2東大和病院. 3解剖): Artificial Organs 2005; 29 (10): 849-55.

110142. [原著] Aberrations of the CHK2 gene are rare in pediatric solid tumors. Yu Yan Chen1, Junko Takita1, 田中 潔2,7, Kohmei Ida1, Katsuyoshi Koh1, Takashi Igarashi1, Ryoji Hanada3, Akira Kikuchi3, Yukichi Tanaka4, Yasunori Toyoda5, Yasuhide Hayashi6 (Departments of 1Pediatrics and 2Pediatric Surgery, Graduate School of Medicine, University of Tokyo, 3Division of Hematology/Oncology, Saitama Children's Medical Center, Divisions of 4Pathology and 5Oncology, Kanagawa Children's Medical Center, 6Gunma Children's Medical Center. 7外科): International J Molecular Medicine 2005; 16: 85-91.

110143. [原著] Strategy of treatment of submucosal gastric tumora. 佐藤武郎1, Peiper M, Fritscher-Ravens A, Gocht A, Soehendra N, Knoefel WT (1外科): Eur J Med Res 2005/6; 29:10 (7): 292-5.

110144. [原著] New diagnostic imaging of gastrointestinal tumors: a preliminary study of three-dimensional tumor structure and volumetry. 菊池史郎1, 木田光広2, 小林清典2, 矢野剛司1, 桜本信一1, 渡邊昌彦1, 磯部義憲3 (1外科. 2消化器内. 3放射線): Anticancer Research 2005; 25: 2935-42.

120032. [原著] PCPを用いた重症肺動脈血栓塞栓症の治療経験. 美島利昭1, 川人宏次, 村田聖一郎, 安達秀雄, 村野隆史2 (1外科. 2自治医大付属大宮医療センター心臓血管外科): 日本血管外科学会雑誌 2005; 14 (6): 639-44.

120033. [原著] 肛門内圧からみた裂肛に対するLSISの適応と工夫. 野澤真木子, 下島裕寛, 松島 誠, 高橋知徳, 霧生孝司1, 曽川慶同, 豊永敬之, 完山裕基, 松村奈緒美, 畠山知昭, 宋 江楓, 田中良明, 柳田謙蔵, 鈴木和徳, 松島善視2 (1外科. 2松島病院大腸肛門病センター外科): 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58 (10).

120034. [原著] 健診で発見された肺癌の当院における切除例の検討. 神谷紀輝, 八十川要平2, 西 八嗣2, 高橋禎人1, 近藤康史2, 櫻井雅之3, 平井俊男2, 升水康二2, 小野里 航1, 小川恭文2 (1外科. 2北里研究所メディカルセンター病院外科. 3いすゞ病院外科): 埼玉県医学会誌 2005; 39 (4): 429-30.

120035. [原著] 深部静脈血栓症に対するカテーテル的血栓溶解療法の有用性. 田村幸穂1, 平田光博1, 西巻 博2, 美島利昭1, 斎藤公一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科. 2放射線): 静脈学大 2005; 16 (5): 345-9.

120036. [原著] ラット逆流性食道炎モデルにおける食道上皮の形態学的変化─胃液及び十二指腸液逆流の比較─. 渋谷滋郎1, 片田夏也1, 渡邊昌彦1, 岡安 勲2 (1外科. 2病理): 腫瘍Ulcer Research 2005; 32 (1): 42-6.

120037. [原著] 原発性副甲状腺機能亢進症の術式選択における術中迅速病理診断の有用性. 榎本拓茂1, 林 京子1, 梶田咲美乃2, 仙石紀彦1, 半田喜美也1, 越田佳朋1, 蔵並 勝1, 渡邊昌彦1 (1外科. 2病理): 日本外科系連合学会誌 2006; 31 (1): 1-6.

120038. [原著] シャントトラブルにおける当院の治療法の選択. 後藤順一1, 久木田和丘1, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): 日本透析医学会雑誌 2005; 38 (2): 105-10.

120039. [原著] 透析患者の下肢閉塞性動脈硬化症に対する幹細胞治療. 堀江 卓1, 川村明夫1, 津田一郎1, 本望 聡1, 安部美寛2, 江川宏寿1, 池田 篤2, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): 日本透析医学会雑誌 2005; 2 (1): 55-60.

120040. [原著] カテーテルの応用と問題点. 久木田和丘1, 米川元樹1, 本望 聡1, 安部美寛2, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 目黒順一1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): 腎と透析 2005; 58 (4), 426-9.

120041. [原著] シャントトラブル:内シャント再建. 久木田和丘1, 佐々木由紀子1, 目黒順一1, 山田理大1, 安部美寛2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): 腎と透析 2005; 59 (4): 704-7.

120042. [原著] 直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術. 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 渡邊昌彦1 (1外科): 手術 2005: 59 (8).

120043. [原著] Dukesc大腸癌におけるリンパ節転移分類の検討─日本大腸癌取扱い規約とTNM分類の比較─. 中村隆俊1, 三富弘之2, 菊池史郎1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 國場幸均1, 井原 厚1, 大谷剛正1, 渡邊昌彦1 (1外科. 2国立相模原病院): 日本大腸肛門病学会雑誌 2005/2; 58 (2): 59-63.

210007. [準原著] HO-1 Upregulation Suppresses Type 1 IFN Pathway in Hepatic Ischemia/Reperfusion Injury. 土橋誠一郎1, Zhai Y, Fondevila C, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW2 (1外科. 2The Dumont-UCLA Transplant Center, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at UCLA): Transplant Proc 2005; 37: 1677-8.

210008. [準原著] Heme Oxygenase System. Signaling Pathways in Liver Diseases (ed. Dufour JF and Clavien PA). 土橋誠一郎1, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW2 (1外科. 2The Dumont-UCLA Transplant Center, Department of Surgery, David Geffen School of Medicine at UCLA): Springer-Verlag, Berline 2005; 291-8.

220022. [準原著] ヘパリンコーティングカテーテル (ブラッドマックスHC) の残存ヘパリン活性. 久木田和丘1, 堀江 卓1, 本望 聡1, 安部美寛2, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): 腎と透析 2005; 59 (別冊): 52-3.

220023. [準原著] ブラッドアクセスの開発. 川村明夫1, 飯田潤一1, 池田 篤2, 安部美寛2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 久木田和丘1, 米川元樹1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): ICUとCCU 2005; 29 (別冊): S6-8.

220024. [準原著] 腎性上皮小体機能亢進症2腺摘出例の検討. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 本望 聡1, 安部美寛2, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): 札幌通信(増刊) No.231, 第30回札幌医師会医学会誌 2005; 169-70.

220025. [短報] 鏡視下手術による治療の進歩 大腸癌. 井原 厚1, 中村隆俊1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 國場幸均1, 渡邊昌彦1 (1外科): 癌と化学療法 2005; 32 (9): 1251-54.

220026. [準原著] クリニカルパスの実際 われわれはこうしている 食道・胃・大腸外科 直腸前方切除術に対するクリニカルパス. 佐藤武郎1, 國場幸均1, 渡邊昌彦1 (1外科): 外科治療 2005/4; 92 (S): 632-40.

220027. [準原著] 最新: 直腸癌手術 直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術. 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 渡邊昌彦1 (1外科): 手術 2005/7; 59 (8): 1099-106.

220028. [準原著] 大腸ポリープの取扱いTEM や腹腔鏡手術のかかわり. 小澤平太1, 國場幸均1, 大谷剛正1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 消化器内視鏡 2005/8; 17 (8): 1322-9.

220029. [準原著] コンセンサス直腸癌の治療 直腸癌に対する腹腔鏡下手術. 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): コンセンサス癌治療 2005/8; 4 (3): 150-4.

220030. [準原著] 鏡視下手術による癌治療の進歩 大腸癌. 井原 厚1, 中村隆俊1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 國場幸均1, 渡邊昌彦1 (1外科): 癌と化学療法 2005/9; 32 (9), 1251-4.

310008. [症例報告] Combined fibrolamellar carcinoma and cholangiocarcinoma exhibiting biphenotypic antigen expression: a case report. 田中圭一郎1, 本名敏郎1, 北野良博1, 黒田達夫1, 田中 潔2, 森川信行1, H Matsuda1, 川島憲子1, K Matsuoka2, J Miyauchi2 (1国立成育医療センター. 2外科): J Clin Pathol 2005; 58: 884-7.

310009. [症例報告] Letha gastric rupture caused by adute gastric ulcer in a 6-year-old girl. 森川信行1, 本名敏郎1, 北野良博1, 渕本康史1, 寺脇 幹1, 田中 潔1,2, 川島憲子1, 町頭成郎1, Matsuoka K1 (1国立成育医療センター. 2外科): Pediatr Surg Int 2005; 21: 943-6.

310010. [症例報告] Life-threatening airway obstruction caused by mediastinal germinoma in a 9-year-old girl. 森川信行1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔1,2, 川島憲子1, Miyauchi J1 (1国立成育医療センター. 2外科): J Pedatr Surg 2005; 40 (3): 588-90.

320017. [症例報告] 巨大透明フードにて, 大型カッター刃を摘出できた1症例. 河田 宏, 水城 啓, 二階堂光洋, 細江直樹, 福井一人, 重松武治, 塚田信廣, 河原真理, 越田佳朋1, 今津嘉宏, 大山廉平2 (1外科. 2東京都済生会中央病院): Progress of Digestive Endoscopy (消化器内視鏡の進歩) 2005; 66: 64-5.

420001. [臨床治験] 術後長期にわたりインターロイキンー2を投与した乳腺原発性血管肉腫の1例. 米山公康, 池田 正, 越田佳朋1, 大山廉平2 (1外科. 2東京都済生会中央病院): 日本臨床外科学会雑誌 2005; 66: 2107-12.

420002. [臨床治験] 肛門周囲に発生した侵襲性血管粘液種の一例. 小野里 航1, 高橋禎人1, 小山知秀2, 升水康二2, 櫻井雅之3, 櫻井裕恵1,4, 平井俊男2, 西 八嗣2, 八十川要平2, 近藤康史2 (1外科. 2北里研究所メディカルセンター病院外科. 3いすゞ病院外科. 4相模更生病院外科): 日本臨床外科学会誌 2005; 66 (11).

520103. [総説] 成育医療におけるキャリーオーバー患児の外科的診療. 川島憲子1, 本名敏郎1, 黒田達夫1, 田中 潔1,2, 森川信行1, 北野良博1, 渕本康史1, 寺脇 幹1, 田中圭一朗1, 町頭成郎1 (1国立成育医療センター外科, 2外科): 小児外科 2005; 37 (5) : 588-92.

520104. [公開講座] 胃癌の外科治療について. 黒山信一 (外科).

[著 書]

620130. [視覚教材・聴覚出版物] (単著) 日本外科系連合学会ビデオライブラリー 下咽頭頚部食道摘出・遊離空腸再建術─外科・耳鼻咽喉科・形成外科共同手術─. 小林伸行1, 渡邊昌彦1, 中山明仁2, 岡本牧人2, 酒井直彦3, 内沼栄樹3 (1外科. 2耳鼻. 3形成・美外), 萬有製薬株式会社, 東京, 2005/12発行.

620131. [著書] 臨床に直結する消化管疾患のエビデンス: アラカシアに対する内視鏡拡張術 VS 外科的治療, p43-5. 片田夏也1, 渡邊昌彦1, 原澤 茂 (1外科) , 編集 上村直実, 菅野健太郎, 文光堂, 東京, 2005/10発行.

[学会・研究会等]

712012. [学会 (国際)] (シンポジウム) Renal event outcomes in intestinal transplantation: results from a single center experience. Kaldas F, Farmer D, Gordon SA, McDiarmid SV, Venick R, Colangelo J, Chavez Y, 土橋誠一郎1, Busutti, RW (1外科): IX International Small Bowel Transplantation Symposium (2005), Brussels-Belgium.

713067. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Prospective evaluation of laparoscopic surgery for rectal carcinoma. 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 大谷剛正1, 渡邊昌彦1 (1外科): SAGES 200 (2005/4/13), Florida.

713068. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A prospective study of laparoscopic surgery for rectal carcinoma. 國場幸均1, 渡邊昌彦1 (1外科): 13th International Congress of the European Association for Endoscopic Surgery (2005/6), Venice lido, Italy.

713069. [学会 (国際)] (一般講演) Describing a novel role of B3 integrin in allograft rejection. 上野琢哉1,2, Adam L Hulbert3, Toshiro Ito1,2, Mollie Jurewicz1, Rex N Smith2, Catharine M Chase2, Paul S Russell2, Hugh Auchincloss Jr.1,2, Richard O Hynes3, Mohamed H Sayegh1, Reza Abdi1 (1Transplantation Research Center, Brigham and Women's Hospital & Children's Hospital, MA. 2Transplantation Unit, Surgical Services, Massachusetts General Hospital, Boston, MA. 3MIT Center for Cancer Research, Boston, MA): 2005 American Transplant Congress (2005/5/24), Seattle, Washington, USA. American J Transplantation 2005; p.543.

713070. [学会 (国際)] (一般講演) The limits of linked suppression for regulatory T cells. 上野琢哉1, Toshiro Ito1, Akira Yamada1, Mohamed H Sayegh2, Henry J Winn1, Hugh Auchincloss Jr.1 (1Transplantation Unit, Surgical Services, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School, Boston, MA. 2Transplantation Research Center, Brigham and Women's Hospital & Children's Hospital, Harvard Medical School, Boston, MA): 2005 American Transplant Congress (2005/5/22), Seattle, Washington, USA. American J Transplantation 2005; p.257.

713071. [学会 (国際)] (ポスター) Role of B7 homolog 3 (B7-H3) in a murine model of skin and cardiac allograft rejection. 上野琢哉1,2, Michael R Clarkson1, Antje Habicht1, Atsushi Izawa1, Stacey Fernandes1, Mollie Jurewicz1, Hugh Auchincloss Jr.1,2, Gordon J Freeman3, Mohamed H Sayegh1, Nader Najafian1 (1Transplantation Research Center, Brigham and Women's Hospital & Children's Hospital, Boston, MA. 2Surgery, Massachusetts General Hospital, Boston, MA. 3Dana Farber Cancer Institute, Boston, MA): 2005 American Transplant Congress (2005/5/22), Seattle, Washington, USA. American J Transplantation 2005; p.225.

713072. [学会 (国際)] (一般講演) Characterization of donor antigen-specific regulatory CD8 T-cells generated by ICOS-B7H signal blockade in vivo. Atsushi Izawa1, Michael R Clarkson1, Mollie Jurewicz1, Stacey Fernandes1, 上野琢哉1, Hideo Yagita2, Reza Abdi1, Mohamed H Sayegh1, Nader Najafian1(1Transplantation Research Center, Brigham and Women's Hospital & Children's Hospital, Boston, MA. 2順天堂大): 2005 American Transplant Congress (2005/5/23), Seattle, Washington, USA. American J Transplantation 2005; p.292.

713073. [学会 (国際)] (一般講演) The novel fusion protein CD160IG prevents skin and cardiac allograft rejection. Antje Habicht1, Javeed I Ansari1, Michael R Clarkson1, 上野琢哉1, Xueli Yuan1, Stacey M Fernandes1, Gordon J Freeman2, Mohamed H Sayegh1 (1Transplantation Research Center, Brigham and Women's Hospital & Children's Hospital, Boston, MA. 2Department of Medical Oncology, Dana Farber Cancer Institute, Boston, MA.): 2005 American Transplant Congress (2005/5/23), Seattle, Washington, USA. American J Transplantation 2005; p.379.

713074. [学会 (国際)] (ポスター) The emerging role of T-cell immunoglobulin mucin 1 (TIM-1) in alloimmune responses in vivo. 上野琢哉1,2, Michael R Clarkson1, Mollie Jurewitz1, Stacey Fernandes1, Hideo Yagita3, Hisaya Akiba3, Hugh Auchincloss Jr.1,2, Atsushi Izawa1, Antje Habicht1, Reza Abdi1, Mohamed H Sayegh1, Nader Najafian1(1Transplantation Research Center, Brigham and Women's Hospital & Children's Hospital, Boston, MA. 2Transplantation Unit, Surgical Services, Massachusetts General Hospital, Boston, MA. 3順天堂大免疫学): 2005 American Transplant Congress (2005/5/24), Seattle, Washington, USA. American J Transplantation 2005; p.434.

713075. [学会 (国際)] (ポスター) Dissecting the importance of conor and recipient selections in cardiac allograft rejection using ELP-/- selection-deficient mice. Atsushi Izawa1, Mollie Jurewicz1, 上野琢哉2, Toshiro Ito2, Rex N Smith1, Nader Najafian1, Hugh Auchincloss Jr.2, Richard O Hynes3, Mohamed H Sayegh1, Reza Abdi1 (1Transplantation Research Center, Brigham and Women's Hospital & Children's Hospital, Boston, MA. 2Transplantation Unit, Surgery, Massachusetts General Hospital, Boston, MA. 3MIT Center for Cancer Research, Howard Hughes Medical Institute, Cambridge, MA.): 2005 American Transplant Congress (2005/5/24), Seattle, Washington, USA. American J Transplantation 2005; p.433.

713076. [学会 (国際)] (一般講演) Anti-vasucular endothelial growth factor therapy attenuates hepatic ischemia and reperfusion injury. 土橋誠一郎1, Ke B, Busuttil RW, Briscoe DM, Kupiec-Weglinski JW (1外科) : The11th Meeting of the International Liver Transplantation Society (ILTS) (2005), Los Angeles, CA (Liver Transpl, 11; Abstract 2005; p.C-5. Selected as one of the Travel Awardees).

713077. [学会 (国際)] (一般講演) Cytoprotective effect of viral IL-10 gene transfer in liver ischemia and reperfusion injury: role of innate and adaptive immunity. Ke B, Shen XD, Gao F, 土橋誠一郎1, Ritter T, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW (1外科): The11th Meeting of the International Liver Transplantation Society (ILTS) (2005), Los Angeles, CA (Liver Transpl, 11; Abstract 2005; p.C-36. Selected as one of the Travel Awardees).

713078. [学会 (国際)] (一般講演) Genetically-induced decreased HO-1 expression accelerates hepatic ischemia/reperfusion injury. 土橋誠一郎1, Livits M, Kaldas F, Lusis AJ, Busuttil RW, Araujo JA, Kupiec-Weglinski JW (1外科) : American Society of Transplantation (AST) (2005), Seattle, WA. Am J Transplant 2005; 5 (suppl); p.515.

713079. [学会 (国際)] (一般講演) Blockade of P-selectin glycoprotein ligand-1 attenuates ischemia/reperfusion injury and improves survival following rat liver transplantation. 土橋誠一郎1, Fondevila C, Shaw GD, Shen XD, Ke B, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW (1外科): American Society of Transplantation (AST) (2005), Seattle, WA. Am J Transplant 2005; 5 (suppl); p.380.

713080. [学会 (国際)] (一般講演) Anti-vasucular endothelial growth factor therapy attenuates hepatic ischemia and reperfusion injury. 土橋誠一郎1, Ke B, Kaldas F, Busuttil RW, Briscoe DM, Kupiec-Weglinski JW (1外科): American Society of Transplantation (AST) (2005), Seattle, WA. Am J Transplant 2005; 5 (suppl); p.260.

713081. [学会 (国際)] (一般講演) Viral IL-10 gene transfer protects mouse livers from ischemia/reperfusion injury by regulating innate and adaptive immunity. Ke B, Shen XD, Gao F, 土橋誠一郎1, Busutti RW, Ritter T, Kupiec-Weglinski JW (1外科): American Society of Transplantation (AST) (2005), Seattle, WA. Am J Transplant 2005; 5 (suppl); p.259.

713082. [学会 (国際)] (一般講演) The CD154-CD40 T cell costimulation pathway in liver ischemia and reperfusion injury. Ke B, Shen XD, Gao F, 土橋誠一郎1, Farmer DG, Briscoe DM, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW (1外科): American Society of Transplantation (AST) (2005), Seattle, WA. Am J Transplant 2005; 5 (suppl); p.378.

713083. [学会 (国際)] (一般講演) The membrane attack complex (C5B-9) in hepatic ischemia/reperfusion injury. Fondevila C, Shen XD, 土橋誠一郎1, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW (1外科): American Society of Transplantation (AST) (2005), Seattle, WA. Am J Transplant 2005; 5 (suppl); p.259.

713084. [学会 (国際)] (一般講演) Genetically-induced decreased HO-1 expression accelerates hepatic ischemia/reperfusion injury. 土橋誠一郎1, Livits M, Lusis AJ, Busuttil RW, Araujo JA, Kupiec-Weglinski JW (1外科): HO conference (2005), Boston, MA.

721014. [学会 (全国)] (特別講演) 安全な腹腔鏡下手術のポイント─下部消化管編─. 國場幸均 (外科): 第60回日本消化器外科学会定期学術集会ランチョンセミナー13 (2005/7/21), 東京.

722052. [学会 (全国)] (シンポジウム) 末梢血幹細胞による血管再生治療. 堀江 卓1, 本望 聡1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院外科. 2外科): 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/11-13), 名古屋. 日本外科学会雑誌, 106 (臨時増刊): p.149, 2005.

722053. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 深部静脈血栓症に対するカテーテル血栓溶解療法の有効性について. 平田光博1, 田村幸穂1, 美島利昭1, 斎藤公一郎1, 西巻 博2,3, 渡邊昌彦1 (1外科. 2放射線. 3救命): 第30回日本外科系連合学会 (2005/6/25), 東京.

722054. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 遠隔成績も含めた深部静脈血栓症に対するカテーテル血栓溶解療法の有効性について. 平田光博1, 田村幸穂1, 美島利昭1, 斎藤公一郎1, 西巻 博2,3, 渡邊昌彦1 (1外科. 2放射線. 3救命): 第46回日本脈管学会総会 (2005/12/2), 大阪.

723302. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター発表) 噴門部癌の臨床病理学検討. 二渡信江1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 小林伸行1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第77回日本胃癌学会総会 (2005/5/7), 横浜. 胃癌臨床病理 2005; 159.

723303. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早期胃癌の外科治療成績: 術後長期予後と予後因子の検討. 菊池史郎1, 二渡信江1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/11), 名古屋. 日本外科学会雑誌 2005; 106: 325項.

723304. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡補助下幽門側胃切除後100例の手術成績. 桜本信一1, 菊池史郎1, 黒山信一1, 二渡信江1, 片田夏也1, 小林伸行1, 嶋尾 仁1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/11), 名古屋. 日本外科学会雑誌 2005; 106: 334項.

723305. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道アカラシアに対する腹腔鏡下Heller-Toupet手術30例の治療成績─メリットとデメリット─. 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 二渡信江1, 黒山信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科) : 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/11), 名古屋. 日本外科学会雑誌 2005; 106: 456項.

723306. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腫瘍径3 cm以下の肝細胞癌の長期成績 (外科的切除の意義は何か). 古田一徳1, 坂本友見子1, 星野弘樹1, 鹿取正道1, 板橋浩一1, 島田 謙1, 高橋禎人1, 高橋 毅1, 吉田宗紀1, 佐藤光史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/11), 名古屋. 日本外科学会雑誌 2005; 106: 531項.

723307. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌原発クルッケンベルグ腫瘍の予後因子の解析. 小澤平太1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 國場幸均1, 井原 厚1, 大谷剛正1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/11), 名古屋. 日本外科学会雑誌 2005; 106: 618項.

723308. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TNFα誘発肝微小循環障害における内因性トロンボキサン (TXs) の関与. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 石井健一郎1, 林  泉2, 成宮 周3, 渡邊昌彦1, 馬場正隆2 (1外科, 2薬理, 3京都大): 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/11), 名古屋. 日本外科学会雑誌 2005; 106: 420項.

723309. [学会 (全国)] (一般講演) 食道sm癌における手術成績の検討. 小林伸行1, 二渡信江1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 嶋尾 仁1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第105回日本外科学会定期学術集会 (2005/5/12). 日本外科学会誌 2005; 106 (臨時増刊): p.204.

723310. [学会 (全国)] (一般講演) GERを有する重症心身障害児に対する外科的アプローチ─気道に対する手術と噴門形成術の選択─. 中原さおり1, 田中 潔1, 片田夏也1, 石田和夫2, 渡邊昌彦1 (1外科. 2赤十字社医療センター小児外科): 第42回日本小児外科学会総会 (2005/6/1-3), 千葉. 日本小児外科学会雑誌 2005; 41 (3): p.422.

723311. [学会 (全国)] (一般講演) 壊死性腸炎術後の空腸結腸瘻の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 石田和夫2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2赤十字社医療センター小児外科): 第42回日本小児外科学会総会 (2005/6/1-3), 千葉. 日本小児外科学会雑誌 2005; 41 (3): p.532.

723312. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔内感染を契機にVPシャントチューブによる絞扼性イレウスを発症した一例. 中原さおり1, 田中 潔1, 和田 治1, 仁木 淳2, 清水 暁2, 望月崇弘2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2脳外): 第30回日本外科系連合学会 (2005/6/24-25), 東京. 日本外科系連合学会雑誌 2005; 30 (3): p.522.

723313. [学会 (全国)] (一般講演) ガウンテクニックにおるダブルルーメンカテーテル感染予防. 飯田潤一1, 久木田和丘1, 本望 聡1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 池田 篤2, 津田一郎1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/24-26), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38 (S1): p.676.

723314. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者の透析膜とβ-D-glucan値の検討. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 本望 聡1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 池田 篤2, 津田一郎1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/24-26), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38 (S1): p.903.

723315. [学会 (全国)] (一般講演) ビタミンE固定ポリスルホン膜ダイアライザー (PSE) とコエンザイムQ10 (CoQ) の抗酸化効果における検討. 津田一郎1, 久木田和丘1, 本望 聡1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 池田 篤2, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/24-26), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005: 38 (S1): p.864.

723316. [学会 (全国)] (一般講演) 維持透析患者の鼻腔細菌培養検査と人工血管感染症起因菌との比較. 坂田博美1, 久木田和丘1, 本望 聡1, 安部美寛1,3, 江川宏寿1, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3外科): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/24-26), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38 (S.1): p751.

723317. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌に対する腹腔鏡補助下胃全敵術の手技と成績. 桜本信一1, 菊池史郎1, 黒山信一1, 二渡信江1, 片田夏也1, 小林伸行1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第30回日本外科系連合学会学術集会 (2005/6/24), 東京. 日本外科系連合学会誌 2005; 30 (3): 442項.

723318. [学会 (全国)] (一般講演) 動静脈奇形に合併した腋窩動脈瘤に血管内治療が有効であった一例. 平田光博1, 田村幸穂1, 美島利昭1, 西巻 博2,3, 西宮洋史1, 渡邊昌彦1 (1外科. 2放射線. 3救命): 第33回日本血管外科学会総会 (2005/6/24), 旭川.

723319. [学会 (全国)] (一般講演) 食道表在癌におけるリンパ管腫瘍塞栓の検出によるリンパ節転移予測の可能性. 森谷宏光1, 小林伸行1, 大部 誠2, 二渡信江1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科. 2医療衛生学部病理): 第59回日本食道学会学術集会 (2005/6/30). 第59回日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2005; p.169.

723320. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Sigmoid type アカラシアに対する腹腔鏡下Heller-Toupet手術の有用性. 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 二渡信江1, 黒山信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本食道学会学術集会 (2005/6/30), 東京. 日本食道学会学術集会抄録集 2005; 109項.

723321. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道癌切除例の血行性転移再発の検討. 二渡信江1, 小林伸行1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本食道学会学術集会 (2005/6/30), 東京. 日本食道学会学術集会抄録集 2005; 188項.

723322. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 当院下部消化管病棟におけるクリニカルパスの進化. 佐藤武郎1, 國場幸均1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第30回日本外科系連合学会学術集会 (2005/6), 東京. 第30回学術集会日程抄録.

723323. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌切除例の血行性転移再発の検討. 二渡信江1, 小林伸行1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本食道学会学術集会 (2005/7/1). 第59回日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2005; p.188.

723324. [学会 (全国)] (一般講演) 1ヶ月の乳児に発症した胆道穿孔の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 坂東由紀2, 狐崎雅子2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2小児): 第19回日本小児救急医学会 (2005/7/1-2), 仙台. 日本小児救急医学会雑誌 2005; 4 (1): 98.

723325. [学会 (全国)] (一般講演) 外傷性膵仮性嚢胞に対し, 上部消化管内視鏡補助下に鮒田式胃・腹壁固定具を用いて経皮経胃嚢胞ドレナージを施行した一例. 中原さおり1, 田中 潔1, 昆 伸也2, 猪野早苗3, 引田俊一4, 渡邊昌彦1 (1外科. 2神経内. 3精神. 4救命): 第32回日本小児内視鏡研究会 (2005/7/2-3), 盛岡.

723326. [学会 (全国)] 一般講演) 胸部下部食道癌における適切な頚部リンパ節郭清施行症例の選択. 小林伸行1, 片田夏也1, 二渡信江1, 黒山信一1, 森谷宏光1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第60回日本消化器外科学会定期学術総会 (2005/7/20). 日本外科学会誌 2005; 38 (7): p1026.

723327. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術の術後臨床成績の検討. 二渡信江1, 桜本信一1, 黒山信一1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 小林伸行1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第60回日本消化器外科学会定期学術集会 (2005/7/20), 東京. 日本消化器外科学会雑誌 2005; 38 (7): 435項.

723328. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術 ─Nissen法, Toupet法の特性と有用性─. 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 二渡信江1, 黒山信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第60回日本消化器外科学会定期学術集会 (2005/7/20), 東京. 日本消化器外科学会雑誌 2005; 38 (7): 240項.

723329. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の今日的意義─合併症対策─. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 黒山信一1, 片田夏也1, 小林伸行1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第60回日本消化器外科学会定期学術集会 (2005/7/20), 東京. 日本消化器外科学会雑誌 2005; 38 (7): 301項.

723330. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 間質コラーゲン合成の制御によるスキルス胃癌の新しい治療戦略に関する基礎研究. 菊池史郎1, 平井和弥1, 栗田 淳1, 二渡信江1, 黒山信一1, 片田夏也1, 小林伸行1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第60回日本消化器外科学会定期学術集会 (2005/7/20), 東京. 日本消化器外科学会雑誌 2005; 38 (7): 482項.

723331. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 適正な大腸癌術後フォローアップの検討. 中村隆俊1, 國場幸均1, 佐藤武郎1, 井原 厚1, 大谷剛正1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第60回日本消化器外科学会定期学術総会 (2005/7), 東京. 日本消化器外科学会雑誌 2005; 38 (7): 323項.

723332. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆管内乳頭粘液性腫瘍 (粘液産生性胆管癌) の病態・予後と治療上の問題点. 片桐寛之1, 吉田宗紀1, 坂本友見子1, 星野弘樹1, 板橋浩一1, 島田 謙1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第41回日本胆道学会学術集会 (2005/9/29), 岡山.

723333. [学会 (全国)] (一般講演・口演) UFT/CPT11療法により長期生存が得られている切除不能大腸癌の2例. 佐藤武郎1, 國場幸均1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小野里 航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第60回日本大腸肛門病学会総会 (2005/9), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58 (9): 675項.

723334. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 大腸癌原発クルッケンベルグ腫瘍の予後規定因子の解析. 小澤平太1, 國場幸均1, 旗手和彦1, 小野里 航1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2005/9), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58 (9): 638項.

723335. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腫瘍性大腸炎に対する切開創の無い腹腔鏡手術. 佐藤武郎1, 國場幸均1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小野里 航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2005/9), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58 (9): 685項.

723336. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 進行大腸癌に対する腹腔鏡下手術の治療成績. 中村隆俊1, 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小野里 航1, 旗手和彦1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2005/9), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58(9): 687項.

723337. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腹腔鏡下大腸切除術合併症の検討. 中村隆俊1, 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小野里 航1, 旗手和彦1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2005/9), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58 (9): 687項,.

723338. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腹腔鏡下大腸切除術合併症の検討. 旗手和彦, 小野里 航1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 國場幸均1, 井原 厚1, 大谷剛正1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2005/9), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58 (9): 689項.

723339. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討 (充実型,非充実型の亜分類). 小野里 航1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 國場幸均1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第59回日本大腸肛門病学会総会 (2005/9), 東京. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005; 58 (9): 740項.

723340. [学会 (全国)] (一般講演) 外反を伴わない膀胱腸裂の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 渡邊昌彦1, 宋 成浩2, 野渡正彦3, 釼持 学3 (1外科, 2泌尿器, 3小児): 第21回日本小児外科学会秋季シンポジウム (2005/10/1), 京都. 日本小児外科学会雑誌 2005; 41 (5): 731.

723341. [学会 (全国)] (合同プレナリーセッション2) 胃食道逆流症に対する経内視鏡的噴門部縫縮術に関する多施設. 小澤壯治, 吉田 昌, 熊井浩一郎, 樋口和秀, 荒川哲男, 加藤元嗣, 浅香正博, 片田夏也1, 嶋尾 仁1, 宮崎達也, 桑野博行, 比企能樹, 北島政樹 (1外科): 第70回日本消化器内視鏡学会総会 (2005/10/6), 大阪.

723342. [学会 (全国)] (一般講演) 姉妹で発生した先天性胆道拡張症. 江間 玲1, 吉田宗紀1, 田中 潔1, 中原さおり1, 北村真樹1, 中村和徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第28回日本膵管胆道合流異常研究会 (2005/10/15), 東京.

723343. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者大腸癌患者に対する腹腔鏡手術の有用性. 佐藤武郎1, 國場幸均1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小野里 航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10), 名古屋. 日本癌治療学会誌/第43回日本癌治療学会総会プログラム号 2005; 121項.

723344. [学会 (全国)] (一般講演) 骨に波及したリンパ管腫の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 中舘尚也2, 古川真祐2, 渡邊昌彦1 (1外科. 2小児): 第21回日本小児がん学会 (2005/11/25-26), 宇都宮. 小児がん 2005; 42 (3): p664.

723345. [学会 (全国)] (一般講演) 透析用人工血管移植後合併症としての吻合部離断. 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 目黒順一1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第43回日本人工臓器学会大会 (2005/11/30-12/2), 東京. 人工臓器 2005; 34 (2): S-144.

723346. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢血幹細胞による血管再生治療. 堀江 卓1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 山田理大1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第43回日本人工臓器学会大会 (2005/11/30-12/2), 東京. 人工臓器 2005; 34 (2): S-158.

723347. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢血幹細胞移植によるイヌ虚血肢の血管再生. 津田一郎1, 堀江 卓1, 川村明夫1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第43回日本人工臓器学会大会 (2005/11/30-12/2), 東京. 人工臓器 2005; 34 (2): S-157.

723348. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腸重積にて発病した回腸リンパ管腫の一例. 小野里 航1 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 國場幸均1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第67回日本臨床外科学会総会 (2005/11), 東京. 日本臨床外科学会雑誌 2005; 66: 549項.

723349. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵腫瘍に対する腹腔鏡補助下膵体尾部切除術. 古田一徳1, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 星野弘樹1, 坂本友見子1, 吉田宗紀1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科学会総会 (2005/12/7), 東京.

723350. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌におけるクリニカルパスのバリアンス評価. 五藤陽子1, 山本江身子1, 山縣 愛1, 加藤木真史1, 佐藤武郎2 (1東病院看護部. 2外科): 第6回クリニカルパス学会学術集会 (2005/12), 新潟. 日本クリニカルパス学会誌 2005; 7 (3): 424項.

723351. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における結腸切除術のクリニカルパスとバリアンスの分析. 加藤木真史1, 山縣 愛1, 山本江身子1, 五藤陽子1, 佐藤武郎2, 荒井康夫1 (1東病院看護部. 2外科): 第6回クリニカルパス学会学術集会 (2005/12), 新潟. 日本クリニカルパス学会誌 2005; 7 (3): 456項.

723352. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 進化するクリニカルパス. 佐藤武郎1, 國場幸均1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小野里 航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (7): 103項,.

723353. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腹腔鏡下右側結腸切除術における適切な血管処理. 佐藤武郎1, 國場幸均1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小野里 航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (7): 104項.

723354. [学会 (全国)] (一般講演・口演) クローン病に対する腹腔鏡手術の意義. 小澤平太1, 國場幸均1, 旗手和彦1, 小野里 航1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (7): 121項.

723355. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腹腔鏡下左半結腸切除後に内ヘルニアをきたした一例. 熊本浩志, 佐藤武郎1, 小野里 航1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 國場幸均1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 1 0(7): 139項.

723356. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腹腔鏡下左半結腸切除後に内ヘルニアをきたした一例. 熊本浩志1, 佐藤武郎1, 小野里 航1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 國場幸均1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (7): 139項.

723357. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 小切開先行による安全なトラカール導入法. 中村隆俊1, 國場幸均1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 小野里 航1, 旗手和彦1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (7): 144項.

723358. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 腹腔鏡下に切除し得た直腸GISTの一例. 小野里 航1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 國場幸均1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (7): 145項.

723359. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除 (LAC) の治療成績. 旗手和彦1, 小野里 航1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 國場幸均1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第18回日本内視鏡外科総会 (2005/12), 東京. 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (7): 55項.

723360. [学会 (全国)] (一般講演) 透析患者の男性乳癌の一例. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 坂田博美1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 津田一郎1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第14回腎不全外科研究会 (2005), 大阪.

723361. [学会 (全国)] (一般講演) 維持透析患者における中心静脈狭窄19症例 (22病変) の検討. 江川宏寿1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第14回腎不全外科研究会 (2005), 大阪.

723362. [学会 (全国)] (一般講演) セルセプトによる溶血性尿毒症症候群を呈したABO血液型不適合生体腎移植の1例. 安部美寛1,2, 玉置 透1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第41回日本移植学会総会 (2005), 新潟. 移植 2005; 40: p.386.

723363. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢血幹細胞による血管再生治療. 堀江 卓1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 山田理大1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第25回日本アフェレシス学会学術大会 (2005), 奈良. 日本アフェレシス学会雑誌 2005; 24 (suppl): p.219.

723364. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢血幹細胞移植によるイヌ虚血肢の血管再生. 津田一郎1, 堀江 卓1, 川村明夫1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第25回日本アフェレシス学会学術大会 (2005), 奈良. 日本アフェレシス学会雑誌 2005; 24 (S): p.218.

723365. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者に合併した中毒性表皮壊死症の一例. 久木田和丘1, 米川元樹1, 坂田博美1, 玉置 透1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 小野寺一彦1, 目黒順一1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第25回日本アフェレシス学会学術大会 (2005), 奈良. 日本アフェレシス学会雑誌, 2005; 24 (S): 177.

723366. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性腎不全患者の周術期における持続緩徐式血液濾過療法の効果. 坂田博美1, 米川元樹1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 川村明夫1, 増子佳弘1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第25回日本アフェレシス学会学術大会 (2005), 奈良. 日本アフェレシス学会雑誌 2005; 24 (S): 201.

723367. [学会 (全国)] (一般演題) 泌尿生殖洞異常および総排泄腔遺残症児の思春期以降のフォローアップ上の問題点について. 中原さおり1, 田中 潔1, 石田和夫2, 渡邊昌彦1 (1外科. 2日赤医療センター小児外科): 第106回日本外科学会定期学術集会 (2006/3/29-31), 東京. 日本外科学会雑誌 2006; 107 (臨時増刊2): p.666.

723368. [学会 (全国)] (ポスター) 食道表在癌リンパ管侵襲塞栓検出によるリンパ節転移予測の可能性. 森谷宏光1, 小林伸行1, 二渡信江1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 大部 誠2, 渡邊昌彦1 (1外科. 2医療衛生学部病理): 第106回日本外科学会定期学術集会 (2006/3/31), 東京. 日本外科学会誌 2006; 107 (臨時増刊2): p.620.

732024. [研究会] (シンポジウム) 末梢血幹細胞 (CD34陽性細胞) による血管再生治療. 堀江 卓2, 安部美寛1,2, 江川宏寿2, 山田理大2, 津田一郎2, 飯田潤一2, 坂田博美2, 小野寺一彦2, 玉置 透2, 久木田和丘2, 目黒順一2, 米川元樹2, 川村明夫2 (1外科. 2札幌北楡病院外科): 第32回東北腎不全研究会 (2005/9/3-4), 青森.

733137. [研究会] (一般講演・ポスター) 肝癌に対する成人生体部分肝移植の1例. 古田一徳1, 吉田宗紀1, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 吉村直子1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第24北里肝・胆・膵疾患検討会 (2005/7/6), 相模原市.

733138. [研究会] (一般講演・ポスター) 若年胃癌についての臨床的検討. 二渡信江1, 菊池史郎1, 黒山信一1, 片田夏也1, 桜本信一1, 小林伸行1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第28回神奈川胃癌治療研究会 (2005/7/16), 横浜. 神奈川胃癌治療研究会抄録集 2005.

733139. [研究会] (一般講演・ポスター) Achalasiaの診断と治療. 片田夏也 (外科): 日本消化器外科学会教育集会 (2005/7/22), 東京.

733140. [研究会] (一般講演) 肝転移をきたした胃原発卵黄嚢癌併合成熟奇形腫の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 北村真樹1, 中村和徳1, 中舘尚也2, 古川真祐2, 野々田 豊2, 飯島真紀子2 (1外科. 2小児): 第43回神奈川小児腫瘍研究会 (2005/8/20), 横浜.

733141. [地方会] (一般講演) 幼児に発症した外傷性横隔膜ヘルニアの1例. 中村和徳1, 田中 潔1, 中原さおり1, 片岡祐一2, 藁谷美奈1, 渡邊昌彦1 (1外科. 2救命): 第40回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2005/10/29), 甲府. 日本小児外科学会雑誌 2005; 42 (1): p.122.

733142. [地方会] (一般講演) 抗甲状腺薬内服中のバセドウ病の母より出生した臍腸管遺残の2例. 大久保博世1, 田中 潔1, 中原さおり1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第40回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2005/10/29), 甲府. 日本小児外科学会雑誌 2006; 42 (1); 122-3.

733143. [研究会] (一般講演) 非典型的なH型fistulaを伴った高位鎖肛の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 渡邊昌彦1, 宋 成浩2 (1外科. 2泌尿器): 第62回直腸肛門奇形研究会 (2005/11/4), 新潟.

733144. [研究会] (一般講演) 在胎25週966 gで出生した鎖肛を合併したprune belly症候群の一例. 田中 潔1, 中原さおり1 (1外科): 第97回東京小児外科研究会 (2005/12/6), 東京.

733145. [研究会] (一般講演・ポスター) 異所性褐色細胞腫の1切除例. 山口るつ子, 古田一徳1, 片桐寛之1, 板橋浩一1, 吉田宗紀1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第799回外科集談会 (2005/12/17), 東京.

733146. [地方会] (一般講演) 広範な脾梗塞と胃部分壊死をきたした1例. 安部美寛1,3, 目黒順一1, 本望 聡1, 江川宏寿1, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3外科): 第82回北海道外科学会 (2005), 札幌.

733147. [地方会] (一般講演) 腎性上皮小体機能亢進症2腺摘出例の検討. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 本望 聡1, 安部美寛1,3, 江川宏寿1, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3外科): 第30回札幌市医師会医学会 (2005), 札幌.

733148. [研究会] (一般講演) シャッター型ダブルルーメンの臨床応用. 久木田和丘1, 江川宏寿1, 本望 聡1, 安部美寛1,3, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3外科): 第10回ブラッドアクセスインターベンション治療研究会 (2005), 東京.

733149. [地方会] (一般講演) 脱落したERBD tubeにより小腸穿孔をきたした一例. 安部美寛1,3, 本望 聡1, 目黒順一1, 江川宏寿1, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 玉置 透1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3外科): 第96回日本消化器病学会北海道支部例会 (2005), 札幌.

733150. [地方会] (一般講演) 腎性上皮小体機能亢進症2腺摘出例の検討. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第67回北海道透析療法学会 (2005), 札幌.

733151. [研究会] (一般講演) セルセプトによる溶血性尿毒症症候群を呈したABO血液型不適合生体腎移植の1例. 安部美寛1,2, 玉置 透1, 山田理大1, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第22回北海道腎移植談話会 (2005), 札幌.

733152. [研究会] (一般講演) 生体腎移植後に血管再生治療を行った1例. 堀江 卓1, 玉置 透1, 川村明夫1, 津田一郎1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第22回北海道腎移植談話会 (2005), 札幌.

733153. [研究会] (一般講演) 移植腎拒絶患者における抗HLA抗体特異性の検討. 佐藤 壮1, 玉置 透1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第22回北海道腎移植談話会 (2005), 札幌.

733154. [研究会] (一般講演) 後腹膜鏡視補助下ドナー腎摘出術の臨床的検討. 津田一郎1, 坂田博美1, 目黒順一1, 玉置 透1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第11回北海道内視鏡外科研究会 (2005), 札幌.

733155. [研究会] (一般講演) 当院でのFitz-Hugh-Curtis症候群の手術症例のまとめ. 飯田潤一1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 米川元樹1, 川村明夫1, 澤村祐一1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第11回北海道内視鏡外科研究会 (2005), 札幌.

733156. [学会 (全国)] (一般講演) タニケットを応用したバスキュラールアクセス瘤の手術. 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第14回腎不全外科研究会 (2005), 大阪.

733157. [研究会] (一般講演) 末梢血幹細胞による血管再生治療. 堀江 卓1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 山田理大1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第2回北海道臨床創治癒研究会 (2005), 札幌.

733158. [研究会] (一般講演) 中期の被嚢性腹膜硬化症 (EPS) に回腸穿孔が発症した1例. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第16回北海道腹膜透析研究会 (2005), 札幌.

733159. [研究会] (一般講演) 透析患者における下肢切断症例の検討. 堀江 卓1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第14回北海道透析骨関節障害談話会 (2005), 札幌.

733160. [研究会] (一般講演) 腎性上皮小体機能亢進症術後カルシウム補充量の検討. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第14回北海道透析骨関節障害談話会 (2005), 札幌.

733161. [研究会] (一般講演) 外来維持透析患者の鼻腔最近培養検査と人工血管感染症例の検討. 坂田博美1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第9回アクセス研究会 (2005), 東京.

733162. [研究会] (一般講演) 高血流量シャントにおける術式の再検討. 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第9回アクセス研究会 (2005), 東京.

733163. [地方会] (一般講演) 末梢血幹細胞による血管再生治療. 堀江 卓1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 山田理大1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第25回日本アフェレシス学会北海道地方会 (2005), 札幌.

733164. [地方会] (一般講演) Nafamostat Mesilate (フサン) により悪寒, 発熱症状を呈した1透析例. 江川宏寿1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 小野寺一彦1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第66回北海道透析療法学会 (2005), 札幌.

733165. [地方会] (一般講演) ヨード禁忌症例に対するオムニスキャンの応用. 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 山田理大1, 安部美寛1,2, 江川宏寿1, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 堀江 卓1, 玉置 透1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第66回北海道透析療法学会 (2005), 札幌.

733166. [研究会] (一般講演) 末梢血幹細胞による血管再生治療. 堀江 卓1, 山田理大1, 江川宏寿1, 安部美寛1,2, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 玉置 透1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2外科): 第3回心血管再生フォーラム (2005), 東京.

733167. [研究会] (一般講演) 肝転移をきたした胃原発卵黄嚢癌併合奇形腫の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 北村真樹1, 中村和徳1, 中舘尚也2, 古川真祐2, 野々田 豊2, 飯島真紀子2 (1外科. 2小児): 2005年度関東甲信越地区小児がん登録研究会 (2006/2/25), 東京.

733168. [研究会] (一般講演) 10歳男児に認められた膵solid and cystic tumor (SCT)の一例. 中原さおり1, 田中 潔1, 中舘尚也2, 古川真祐2, 開田美保2, 野々山勝人2, 箕浦克則3 (1外科. 2小児. 3海老名総合病院小児科): 第44回神奈川小児腫瘍研究会 (2006/3/4), 横浜.

733169. [研究会] (一般講演) 子宮および付属器を内容とする女児鼠径ヘルニアの1例. 金子忠弘, 田中 潔1, 中原さおり1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第800回外科集談会 (2006/3/18), 東京.

H16年度 未掲載分
H16-723001. [学会 (全国)] (一般講演) ループス腎炎に対する腎移植時の周術期管理. 池田 篤1,2, 玉置 透3, 本望 聡3, 安部美寛1,3, 江川宏寿3, 津田一郎3, 飯田潤一3, 坂田博美3, 小野寺一彦3, 堀江 卓3, 久木田和丘3, 目黒順一3, 米川元樹3, 川村明夫3 (1外科. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3札幌北楡病院): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/26-28), 滋賀.

H16-723002. [学会 (全国)] (一般講演) 後腹膜鏡視補助下ドナー腎摘出術の臨床的検討. 坂田博美1, 玉置 透1, 目黒順一1, 本望 聡1, 安部美寛1,3, 江川宏寿1, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 堀江 卓1, 小野寺一彦1, 久木田和丘1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3外科): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/26-28), 滋賀.

H16-723003. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植患者における抗HLA抗体モニタリングの意義. 佐藤 壮1, 玉置 透1, 本望 聡1, 安部美寛1,3, 江川宏寿1, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh. 3外科): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/26-28), 滋賀.

H16-723004. [学会 (全国)] (一般講演) 特異的抗HLA抗体検査にて広範囲に反応する抗体が検出された患者に対する腎移植症例. 佐藤 壮1, 玉置 透1, 本望 聡1,3, 安部美寛1, 江川宏寿1, 池田 篤2,3, 津田一郎1, 飯田潤一1, 坂田博美1, 小野寺一彦1, 堀江 卓1, 久木田和丘1, 目黒順一1, 米川元樹1, 川村明夫1 (1札幌北楡病院. 2Transplantation Surgery, University of Pittsburgh, 3外科): 第38回日本臨床腎移植学会 (2005/1/26-28), 滋賀.


<<呼吸器外科学>>

[学術論文]

110145. [原著] Prognosis of 6644 resected non-small cell lung cancer in Japan: A Japanese lung cancer registry study. 吉村博邦1, 下方 薫, 土屋了介, 蘇原泰則, 宮岡悦男, 呉屋朝幸, 浅村尚生, 加藤治文, 宮 利通 (1呼吸器外): Lung Cancer 2005/5; 50 (2): 227-34.

110146. [原著] Prostanoid receptor in tumor-asociated angiogenesis and tumor growth. 天野英樹1, 林  泉2, 馬嶋正隆2, 吉村博邦1 (1呼吸器外. 2薬理): Inflammation and Regenaration 2005/1; 25 (1): 26-31.

220031. [準原著] 腫瘍増殖および血管新生におけるPG受容体シグナリング. 天野英樹1, 林  泉2, 馬嶋正隆2, 吉村博邦1 (1呼吸器外. 2薬理): 臨床免疫 2005/1; 43 (1): 82-4.

[学会・研究会等]

722055. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 進行肺癌に対する治療戦略. 吉村博邦 (呼吸器外): 第107回日本外科学会総会 (2005/5/13), 名古屋.

722056. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 肺静脈血栓症と肺塞栓症に対する戦略. 吉村博邦 (呼吸器外): 第67回日本臨床外科学会総会 (2005/11/10), 東京.

723369. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸腺上皮性腫瘍におけるlaminin-5γ2鎖の発現と臨床病気, 組織・細胞形態との関連性について. 後藤 毅1, 井上準人2, 江間 玲3, 天野英樹2, 原 英則2, 吉村博邦2 (1呼吸器内. 2呼吸器外. 3外科): 第22回日本呼吸器外科学会総会 (2005/6), 京都.

723370. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺内及び胸膜に多発性の病変を示す硬化性血管腫の一例. 原 英則1, 蒋 世旭2, 岩渕啓一2, 後藤 毅3, 井上準人1, 益田典幸3, 早川和重4, 吉村博邦1 (1呼吸器外. 2病理. 3呼吸器内. 4放射線): 第46回日本肺癌学会総会 (2005/11/25), 幕張.

733170. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 肺乳頭状腺腫の一手術例. 西宮洋史1, 原 英則2, 後藤 毅3, 井上準人2, 蒋 世旭4, 岩渕啓一4, 益田典幸3, 早川和重5, 吉村博邦2 (1外科. 2呼吸器外. 3呼吸器内. 4病理. 5放射線): 第143回日本肺癌学会関東地方会 (2005/6/18).

733171. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 急性期下肢動脈閉塞モデルにおけるアデノウイルストロンボポイエチンによる血管新生増大機序の解明. 天野英樹1, Neil Hackett, 後藤 毅2, 中島光貴3, 原 英則1, 井上準人1, 小原邦義3, 吉村博邦1 (1呼吸器外. 2呼吸器内. 3心臓血管外): 第106回日本外科学会総会 (2006/3/30), 盛岡.


<<心臓血管外科学>>

[学術論文]

110147. [原著] Does a bidirectional Glenn shunt improve the oxygenation of right ventricle-dependent coronary circulation in pulmonary atresia with intact ventricular septum? 宮地 鑑1, 村上 新, 高崎泰一, 小原邦義1, 高本眞一, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): J Thoracic and Cardiovascular Surgery 2005/10; 130 (4): 1050-53.

110148. [原著] Repair of truncus arteriosus and aortic arch interruption: Outcome analysis. 宮本隆司1, Sinzobahamvya N, Kumpikaite D, Asfour B, Photiadis J, Brecher AM, and Urban AE (1心臓血管外): Ann Thoracic Surgery 2005; 79: 2077-82.

120044. [原著] 過去3年間の低体重児における無輸血体外循環に関する検討. 古平 聡, 佐藤正憲, 東條圭一, 藤井正実, 西川 温, 佐藤栄治, 宮地 鑑1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 体外循環技術 2005; 32: 23-5.

120045. [原著] CPA-OAに対するPCPSの検討. 東條圭一, 藤井正実, 新保年弘, 木下春奈, 小原邦義1, 今井 寛2, 新井正康3, 相馬一亥2 (1心臓血管外. 2救命. 3麻酔): 日本臨床工学技士会雑誌 2005; 22: 12-3.

220032. [準原著] まい・てくにっく「下壁心室中隔穿孔の閉鎖法」. 小原邦義 (心臓血管外): 胸部外科 2005/9; 58 (9): .772-3.

220033. [準原著] Fetoscopic surgery (内視鏡胎児手術)─ボン大学胎児外科の現状報告─. 宮本隆司1, Kohl T, Ulrich G (1心臓血管外): 周産期医学 2005; 35 (4): 569-71.

520105. [その他] 心疾患に携わる医療従事者へのメッセージ─“Speed, Smile, Service”を大事に─. 小原邦義 (心臓血管外): ハートナーシング 2005/4; 18 (4): 1.

[著 書]

620132. [学術書] (分担執筆) 心臓外科 急性期心室中隔穿孔に対する手術, p.527-32. 小原邦義 (心臓血管外), 編 高本眞一, 竹内靖夫, 医学書院, 2005/11.

620133. [学術書] (分担執筆) 心臓外科 左心室瘤, p.513-21. 小原邦義 (心臓血管外), 編 高本眞一, 竹内靖夫, 医学書院, 2005/11.

620134. [学術書] (分担執筆) 心臓外科 左室自由壁破裂, p.507-13. 小原邦義 (心臓血管外), 編 高本眞一, 竹内靖夫, 医学書院, 2005/11.

620135. [学術書] (分担執筆) 心臓外科 Knack & Pitfalls 小児心臓外科の要点と盲点 ワンポイント・アドバイス 胸腔鏡下動脈管閉鎖術1. 宮地 鑑 (心臓血管外), 編 高本眞一, 角 秀秋, 文光堂, 2006/1.

620136. [学術書] (分担執筆) 臨床研修医必携 経験すべき循環器診療 V─経験すべき疾患/先天性心疾患: 完全大血管転位症, p.238-42. 中島光貴1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外), 編 村川裕二, メジカルビュー社, 2005/11.

620137. [学術書] (分担執筆) 臨床研修医必携 経験すべき循環器診療 V─経験すべき疾患/先天性心疾患: 大動脈縮窄症, p.246-8. 宮地 鑑 (心臓血管外), 編 村川裕二, メジカルビュー社, 2005/11.

[学会・研究会等]

713085. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Pediatric cardiac surgery without homologous blood transfusion using low priming volume extracorporeal circulation. 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 古平 聡, 佐藤 元, 小原邦義1 (1心臓血管外): The 42nd Annual Meeting of The Society of Thoracic Surgeons (2006/1/31), シカゴ.

723371. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MDCTによる高齢者の遠隔期グラフト評価の検討. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 町井正人1, 中島光貴1, 町田浩志, 宮地 鑑1, 小林真理子, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): 第10回日本冠動脈外科学会総会 (2005/7/16), 東京.

723372. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 10 kg未満症例に対する無輸血開心術. 宮地 鑑1, 高崎泰一, 中島光貴1, 小原邦義1, 鳥井晋三1, 町井正人1, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): 第41回日本小児循環器学会総会 (2005/7), 東京.

723373. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 左心低形成症候群の治療成績─DKHZにおける最近2年間の動向─. 宮本隆司1, Photiadis N, Sinzobahamvya N, Wetter J, Brecher AM, Asfour B, and Urban AE (1心臓血管外): 第41回日本小児循環器学会総会 (2005/7), 東京.

723374. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Y-arch法による弓部大動脈再建術の経験. 町田浩志, 小原邦義1, 町井正人1, 鳥井晋三1, 筧 孝太郎2, 小林真理子, 中島光貴1, 宮地 鑑1, 吉村博邦3 (1心臓血管外. 2総合診療. 3呼吸器外): 第58回日本胸部外科学会総会 (2005/10/7), 岡山.

723375. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下行大動脈にエントリーを有するA型急性大動脈解離に対する当施設の治療戦略. 町井正人1, 小原邦義1, 鳥井晋三1, 町田浩志, 筧 孝太郎2, 小林真理子, 中島光貴1, 宮地 鑑1, 吉村博邦3 (1心臓血管外. 2総合診療. 3呼吸器外): 第58回日本胸部外科学会総会 (2005/10/7), 岡山.

723376. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 内視鏡下動脈管閉鎖術 (VATS-PDA) 手術手技の熟達度に関する検討. 宮地 鑑1, 中島光貴1, 小林真理子, 小原邦義1, 鳥井晋三1, 町井正人1, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): 第58回日本胸部外科学会総会 (2005/10/7), 岡山.

723377. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) DKHZにおける新生児重症大動脈狭窄症の外科的治療成績. 宮本隆司1, Sinzobahamvya N, Wetter J, Brecher AM, Asfour B, and Urban AE (1心臓血管外): 第58回日本胸部外科学会総会 (2005/10/7), 岡山.

723378. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における下壁梗塞に合併した心室中隔穿孔に対する術式の工夫. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 町井正人1, 中島光貴1, 町田浩志, 宮地 鑑1, 友保貴博1, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): 第19回日本冠疾患学会総会 (2005/12/9), 大阪.

723379. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 手術支援用ロボット補助による内視鏡下動脈管閉鎖術. 宮地 鑑1, 岡本浩嗣2, 高崎泰一, 小川史洋3, 小原邦義1, 鳥井晋三1, 町井正人1, 吉村博邦4 (1心臓血管外. 2麻酔. 3呼吸器内. 4呼吸器外): 第35回日本心臓血管外科学会総会 (2005/2/15), 浜松.

723380. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸骨正中切開アプローチによるModified Blalock-Taussig shunt術の検討. 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 中島光貴1, 友保貴博1, 鳥井晋三1, 町井正人1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第35回日本心臓血管外科学会総会 (2005/2/16), 浜松.

723381. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) IABPカテーテル挿入患者の体位に関する基礎的検討. 早速慎吾, 東條圭一, 木下春奈, 武田章数, 藤井正実, 村中美保, 上山亜紀, 明神哲也, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第15回日本臨床工学会総会 (2005/5/21), 札幌.

732025. [研究会] (シンポジウム招待講演) 動脈管開存症 (PDA) に対するカテーテル治療と内視鏡手術の併用療法. 宮地 鑑1, 高崎泰一, 小川史洋2, 中畑弥生3, 石井正浩3 (1心臓血管外. 2呼吸器内. 3小児): 第16回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会 (2005/1/17), 名古屋.

733172. [地方会] (一般講演・ポスター) Shones complex, 左室低形成に対してNorwood 型手術を施行した一例. 中島光貴1, 宮地 鑑1, 高崎泰一, 鳥井晋三1, 町井正人1, 小原邦義1, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): 第135回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2005/9/3).

733173. [地方会] (一般講演・ポスター) 治療に難渋した多発性筋性部中隔欠損・左室低形成・大動脈縮窄症の1例. 友安貴博1, 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 中島光貴1, 小原邦義1, 鳥井晋三1, 町井正人1, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): 第136回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2005/12/3).

733174. [地方会] (一般講演・ポスター) 大動脈四尖弁による大動脈弁閉鎖不全に対して大動脈弁置換術を施行した1症例. 町田浩志, 鳥井晋三1, 小原邦義1, 町井正人1, 中島光貴1, 筧 孝太郎2, 吉村博邦3 (1心臓血管外. 2総合診療. 3呼吸器外): 第136回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2005/12/3).

733175. [研究会] (一般講演・ポスター) 心臓バイパス術後に発症した収縮性心膜炎および限局性心のう液貯留, 心タンポナーデに対し胸腔鏡下心膜開窓術を施行し良好な結果を得た2症例. 中島光貴1, 小原邦義1, 鳥井晋三1, 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 天野英樹2, 町田浩志, 友保貴博1, 井上準人2, 吉村博邦2 (1心臓血管外. 2呼吸器外): 第20回心臓血管外科ウインターセミナー (2006/1), 長野.

733176. [研究会] (一般講演・ポスター) IABPカテーテル留置位置の変化に関する検討. 武田章数, 東條圭一, 木下春奈, 早速慎吾, 西川 温, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第31回日本体外循環技術研究会 (2005/10/15), 宮城郡松島.

733177. [研究会] (一般講演・ポスター) 手術室内の気流に関する検討─開心術後の感染防止を目指して─. 古平 聡, 佐藤正憲, 藤井正実, 佐藤栄治, 西川 温, 新保年弘, 宮地 鑑1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第31回日本体外循環技術研究会 (2005/10/15), 宮城郡松島.


<<脳神経外科学>>

[学術論文]

110149. [原著] Invasive meningioma is associated with a low expression of E-cadherin and β-catenin. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 佐藤雄一2, 川野信之1, 小林郁夫1, 土屋紅緒2, 藤井清孝1 (1脳外. 2医療衛生学部遺伝子検査学): Clinical Neuropathology 2005; 24 (1): 8-12.

110150. [原著] Pathological features of intracranial germinomas with reference to fibrous tissue and granulomatous change. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 川野信之1, 藤井清孝1 (1脳外): Brain Tumor Pathology 2005; 22 (1): 9-13.

110151. [原著] Down-regulation of O (6)-methylguanine-DNA methyltransferase gene expression in gliomas by platinum compounds. 田中 聡1, 小林郁夫1, 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): Oncology Reports 2005; 14 (5): 1275-80.

110152. [原著] Utilization of personal digital assistants (PDA) for intraoperative naming tasks in awake surgery. 佐藤澄人1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1, 岡本浩嗣2, 外 須美夫2 (1脳外. 2麻酔): Minimally Invasive Neurosurgery 2006; 49: 58-9.

110153. [原著] Rerupture of cerebral aneurysms during angiography. a retrospective study of 13 patients with subarachnoid hemorrhage. 久須美真理1, 山田 勝1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 菅 信一3, 飯田秀夫1, 鷺内隆雄1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命. 3放射線): Acta Neurochirurgica (Wien) 2005; 147: 831-7.

110154. [原著] Quantitation of O(6)-Methylguanine-DNA Methyltransferase Gene Messenger RNA in Gliomas by Means of Real-Time RT-PCR and Clinical Response to Nitrosoureas. 田中 聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): Cellular and Molecular Neurobiology 2005; 25: 1067-71.

110155. [原著] Application of liquid coil as an embolic material for arteriovenous malformations. 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 小澤 仁1, 湯澤 泉1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 北原孝雄3, 大桃丈知1, 宮坂佳男1 (1脳外. 2放射線. 3救命): Intervent Neuroradiol 2005; 11: 287-95.

110156. [原著] Origins of the segment arteries in the aorta: an anatomic study for selective catheterization with spinal arteriography. 清水 暁1, 田中柳水1, 菅 信一2, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放射線): AJNR Am J Neuroradiol 2005; 26: 922-8.

110157. [原著] Possibility of using laser spectroscopy for the intraoperative detection of nonfluorescing brain tumors and the boundaries of brain tumor infiltrates Technical note. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 佐藤澄人1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): J Neurosurg 2006; 104: 618-20.

110158. [原著] Three-dimensional subtraction angiography versus two-dimensional digital subtraction angiography for detection of ruptured intracranial aneurysms: a study of 86aneurysms. 河島雅到1, 北原孝雄2, 相馬一亥2, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): Neuro India 2005; 53: 287-9.

110159. [原著] Microsurgical anatomy of cerebral revascularization, Part I: Anterior circulation. 河島雅到1, Rhoton AL Jr2, Tanriover N2, Ulm AJ2, Yasuda A2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): J Neurosurg 2005; 102: 116-31.

110160. [原著] Microsurgical anatomy of cerebral revascularization, Part II: Posterior circulation. 河島雅到1, Rhoton AL Jr2, Tanriover N2, Ulm AJ2, Yasuda A2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): J Neurosurg 2005; 102: 132-47.

110161. [原著] Surgical approaches to the atrium of the lateral ventricle: microsurgical anatomy. 河島雅到1, Xiaoyong Li2, Albert L Rhoton Jr2, Arthur J Ulm2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): Surgical Neurol 2006; 65: 436-45.

110162. [原著] Neurophysioligical evaluation of the optimum target in gamma thalamotomy: indirect evidence. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 坐間 朗2, 蔡 曉東2 (1脳外. 2日高病院脳神経外): Stereotact Funct Neurosurg 2005; 83: 180-14.

110163. [原著] Technetium-99m ethyl cysteinate dimer dynamic and static single photon emission computed tomography in crossed cerebellar diaschisis. 鷺内隆雄1, 石井勝己2, 浅野雄二2, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放射線): Clin Nucl Med 2006; 31 (40): 225-6.

110164. [原著] The platinum ball a new emboloc material. 小澤 仁1, 倉田 彰2, 鈴木祥生2, 藤井清孝2, 菅 信一3 (1汐田総合病院脳神経外. 2脳外. 3放射線): Intervent Neroradiol 2006; 12 (S.1): 148-53.

110165. [原著] The Neurofibromatosis Type 1 Gene Product Neurofibromon Enhances Cell Mobility by regulating Actin Filament Dynamic via the Rho-ROCK-LIMK2-Coflin pathway. 小澤達也1, 荒木令江2, 湯の上俊二2, 徳王 宏2, Feng L2, Patrakitkomjorn S2, 原 敏浩2, 市川靖子2, 松本邦夫2, 藤井清孝1, 佐谷秀行2 (1脳外. 2熊本大): J Bio Chem 2005; 280 (47): 39524-33.

110166. [原著] MacCarty keyhole and inferior orbital fissure in orbitozygomatic craniotomy. 清水 暁1, Tanriover, N2, Albert L Rhoton Jr2, 吉岡伸高2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): Neurosurgery 2005; 57 (S.1): 152-9.

110167. [原著] Gamma knife thalamotomy for movement disorders: evaluation of the thalamic lesion and clinical results. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2 (1日高病院. 2脳外): J Neurosurg (Suppl) 2005; 102: 234-240.

110168. [原著] Anatomic dissection and classic three-dimensional documentation: a unit of education for neurosurgical anatomy revisited. 清水 暁1, 田中柳水1, Albert L Rhoton Jr2, 福島 浩1, 大澤成之1, 河島雅到1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): Neurosurgery 2006; 58 (5): E1000.

110169. [原著] Compensation of Intraoperative Transcranial Motor-Evoked Potential After Peripheral Nerve Stimulation. 田中 聡1, 小林郁夫1, 鷺内隆雄1, 高梨淳子2, 岩本和久1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北本検査課): J Clin Neurophysiol 2005; 22 (4): 271-4.

120046. [原著] 頭蓋咽頭腫の治療戦略─各腫瘍に選択する手術アプロ−チと顕微鏡・内視鏡手術─. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 日本内分泌学会雑誌 2005; 81: 11-4.

120047. [原著] 非出血性頭蓋内椎骨動脈解離の画像所見と長期転帰. 山田 勝1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳卒中の外科 2005; 33: 261-7.

120048. [原著] 無症候性もやもや病の臨床像と予後─全国アンケート調査の結果をもとに─. 山田 勝1, 藤井清孝1, 福井仁士2 (1脳外. 2九州大脳神経外): 脳神経外科 2005; 33 (4): 337-42.

120049. [原著] Distraction法と吸収性プレートを用いた頭蓋骨縫合早期癒合症治療の初期経験. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 萩原宏之1, 藤井清孝1, 瀬山竒晃一郎2 (1脳外. 2形成・美容外): 小児の脳神経 2005; 30 (3): 232-6.

120050. [原著] 嚢状脳動脈瘤に対する脳血管内手術手技による合併症についての検討. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 菅 信一2, 大桃丈知1, 北原孝雄3, 山田 勝1, 田中柳水1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放射線. 3救命): 脳卒中の外科 2005; 33 (2): 115-24.

120051. [原著] 非出血性頭蓋内椎骨動脈瘤解離の画像所見と長期転帰. 山田 勝1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳卒中の外科 2005; 33: 261-7.

120052. [原著] Codman-Hakim programable valve systemの圧設定はテレビにより変化する可能性がある. 宇津木 聡1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 中原邦晶1, 宮島良輝1, 望月崇弘1, 藤井清孝1 (1脳外): 小児の脳神経 2006; 31: 224-7.

120053. [原著] 手術に必要な外科解剖 松果体部到達法のための外科解剖. 河島雅到 (脳外): 脳神経外科速報 2005; 15: 917-9.

120054. [原著] 穿通性頭部外傷の放射線学的特徴と治療戦略─10症例の検討より─. 栗田真理1, 飯田秀夫1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 神経外傷 2005; 28: 80-84.

120055. [原著] 大動脈における分節動脈起始部の解剖─選択的脊髄動脈造影のために─. 清水 暁1, 田中柳水1, 菅 信一2, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放射線): 脊椎・脊髄神経手術手技 2005; 7 (1): 158-61.

120056. [原著] 頸椎flexion myelopathyのインフォームド・コンセント. 清水 暁1, 三井公彦1, 藤井清孝1 (1脳外): 脊椎脊髄ジャーナル 2006; 19 (6): 725-33.

120057. [原著] Tanycytic ependymoma. 川野信之 (脳外): 脊椎脊髄ジャーナル 2005; 18 (8): 843-6.

120058. [原著] 北里大学病院の外来化学療法. 蔵並 勝1, 金井督之2, 原 英則3, 宇津木聡4, 宮崎浩二5, 益田典幸5, 番匠章子6, 木村和美7 (1外科. 2産婦. 3呼吸器外. 4脳外. 5呼吸器内. 6看護部. 7薬剤部): 癌と化学療法 2005; 32 (10): 1494-5.

120059. [原著] 屍体脳から学ぶテント上の脳槽─経シルビウス裂法の理解のための微少外科解剖─. 大澤成之1, 田中柳水1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 北里医学 2005; 34: 23-7.

120060. [原著] 塞栓術後の髄膜腫における適切な腫瘍摘出術の時期の検討. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 大桃丈知1, 小澤 仁1, 平山 寿1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 仁木 淳1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外. 2放射線): 北里医学 2005; 35: 71-5.

220034. [準原著] 悪性脳腫瘍に対する術中脳腫瘍蛍光診断の有用性. 宇津木 聡1, 田中 聡1, 岩本和久1, 広瀬隆一2, 長谷川ひとみ2, 辻 俊一2, 本告 匡3 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院神経内科. 3同病理): 埼玉県医学会雑誌 2005; 39 (5): 545-7.

220035. [準原著] マクロファージの光刺激によるがん治療効果の検討. 三好憲雄1, 宇津木 聡2, 高橋吉孝3, 吉本谷博4 (1福井大腫瘍病理. 2脳外. 3岡山県立大栄養学科. 4金沢大大学院薬理): 脂質生化学研究 2005; 47: 245-6.

220036. [準原著] 頭蓋咽頭腫のpituitary stalk温存手術と転帰. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外): Neuro-Oncol 2005; 15: 18-21.

220037. [準原著] 側脳室三角部病変の手術に必要な微小解剖と手術アプローチ. 岡 秀宏1, 河島雅到1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton Jr2 (1脳外. 2フロリダ大): 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XVIII─頭蓋底・脳室病変へのアプローチと微小外科解剖─ 2005; 52-7.

220038. [準原著] テント上表在性脳動静脈奇形の解剖と手術. 宮坂佳男1, 田中柳水1, 高木 宏1, 山田 勝1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XVII─脳血管性病変手術のための外科解剖─ 2005; 38787.

220039. [準原著] ジストニアに対する視床破壊術. 佐藤澄人1, 大江千廣2 (1脳外. 2日高病院脳神経外): Clinical Neuroscience 2006; 24 (2): 232-3.

220040. [準原著] 解剖にもとづいたもやもや病に対する外科治療. 田中柳水1, 清水 暁1, 大澤成之1, 鈴木祥生1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XVII─脳血管性病変手術のための外科解剖─ 2005; 99-105.

310011. [症例報告] Glioblastoma multiforme metastasis to the axis. Case report. 宇津木 聡1, 田中 聡1, 岡 秀宏1, 岩本和久1, 鷺内隆雄1, 藤井清孝1 (1脳外): J Neurosurgery 2005; 102 (3): 540-2.

310012. [症例報告] Radiological features of germinoma arising from atypical locations -Three Case Reports-. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): Neurologia medico-chirurgica (Tokyo) 2005; 45 (5): 268-71.

310013. [症例報告] Blurred vision caused by inflammation of the optic nerves due to a pituitary abscess. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 田中 聡1, 岩本和久1, 長谷川ひとみ2, 広瀬隆一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院神経内科): Neurologia medicao-Chirurgica (Tokyo) 2005; 45 (6): 372-30.

310014. [症例報告] Obstruction of a Codman-Hakim programmable valve by a migrating pressure control cam. Case Report. 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): J Neurosurgery 2005; 103 (3 Supple.): 270-1.

310015. [症例報告] Increased accumulations of N-isopropyl-p-[123I]-iodoamphetamine related to tumefactive multiple sclerosis. 鷺内 隆雄1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 佐藤公俊1, 小林郁夫1, 浅野雄二2, 石井勝己2, 藤井清孝1 (1脳外. 2放射線): Annals of Nuclear Medicine 2005; 19 (7): 603-6.

310016. [症例報告] Biopsy of brain stem glioma using motor-evoked potential mapping by direct peduncular stimulation and individual adjuvant therapy -Case Report-. 田中 聡1, 小林郁夫1, 宇津木 聡1, 岩本和久1, 高橋淳子2 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院検査課): Neurologia medicao-Chirurgica (Tokyo) 2005; 45: 49-55.

310017. [症例報告] Intractable seizures associated with proximal migration of a ventriculoperitoneal shunt. Case report. 山崎友也1, 清水 暁1, 鷺内隆雄1, 岩崎俊之2, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外. 2小児): Neurologia medicao-Chirurgica (Tokyo) 2005; 45 (11): 600-3.

310018. [症例報告] Dilation of spinal epidural veins caused by spontaneous intracranial hypotension: case report. 中原邦昌1, 飯田秀夫1, 三富哲郎2, 大澤 成之1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外. 2国際親善総合病院神経内科): Neurologia medicao-Chirurgica (Tokyo) 2005; 45 (8): 404-6.

310019. [症例報告] Ciliated craniopharyngioma may arise from Rathke cleft cyst. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): Clinical Neuropathology 2006; 25 (1): 25-8.

310020. [症例報告] Lhermitte sign during yawning associated with congenital partial aplasia of the posterior arch of the atlas. 鷺内隆雄1, 橘 滋国1, 佐藤公俊1, 清水 暁1, 小林郁夫1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外. 2放射線): American J Neuroradiology 2006; 27: 258-60.

310021. [症例報告] Glioblastoma multiforme metastasis to the axis Case report. 宇津木聡1, 田中 聡1, 岡 秀宏1, 岩本和久1, 鷺内隆雄1, 藤井清孝1 (1脳外): J Neurosurg 2005; 102: 540-2.

310022. [症例報告] Hemifacial spasm following a blow to the mandible causing blunt injury to the peripheral facial nerve. 清水 暁1, 田中柳水1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1 (1脳外): Neurol Med Chir (Tokyo) 2005; 45: 192-5.

310023. [症例報告] Atypical teratoid/rhabdoid tumor arising from the spinal cord- a case report and review of the literature. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): Clin Neuropathol 2006; 25 (2): 81-5.

310024. [症例報告] Three-dimensional computed tomography for the investigation of superficial tenporal artery pseudoaneurysms -Two case reports-. 東野琢也1, 河島雅到2, 萬納寺洋道1 (1山口赤十字病院脳神経外. 2脳外): Neurol Med Chir (Tokyo) 2005; 45: 152-5.

320018. [症例報告] 急性期血腫のMRI像を呈した感染性石灰化慢性硬膜下血腫の1例. 佐藤公俊1, 山田 勝1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 今野慎吾1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外. 2放射線): 脳神経外科 2005; 33 (8): 805-8.

320019. [症例報告] 脳梁出血で発症した一側性内頚動脈形成不全症─1例報告と文献的考察─. 佐藤公俊1, 山田 勝1, 鷺内隆雄1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳神経外科 2005; 33 (6): 613-7.

320020. [症例報告] 脳室腹腔短絡術後にバンコマイシン耐性腸球菌による髄膜炎を合併した2例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳神経外科 2006; 34 (2): 203-7.

320021. [症例報告] Chiasmal Apoplexyの1例. 近藤宏治1, 田中 洋, 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 日本内分泌学会誌 2005; 81 (Supple. Sep.): 72-3.

320022. [症例報告] 頭蓋内浸潤を来たした皮下頭部皮膚悪性血管内皮細胞腫─重篤例に対する新たな治療法の試み─. 倉田 彰(脳外): 日皮会誌 2005; 115 (5): 737-42.

510009. [LETTER] Epidural vertebral venous plexus. 清水 暁 (脳外): AJNR 2006; 27: 7-12.

510010. [LETTER] Intracranial Hypotension. 清水 暁(脳外): J Neurosurg: Spine 2006; 4: 348-9.

510011. [LETTER] Shunt Infection. 中原邦晶1, 清水 暁1 (1脳外): J Neurosurg: Pediatrics 2006; 104: 153.

520106. [総説] 輸液ポンプ・シリンジポンプの特徴と取り扱い. 湯澤 泉1, 倉田 彰1 (1脳外): BRAIN NURSING 2005; 21 (8): 798-804.

520107. [総説] Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor. 岡 秀宏1, 原 正道2 (1脳外. 2横浜市大附属病院病理): 脊髄腫瘍, 脊椎脊髄ジャーナル 2005; 18: 1203-6.

520108. [総説] 小児悪性脳腫瘍の病理と最新の知見. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳神経外科速報 2006; 16 (6): 537-43.

521006. [研究報告] 神奈川県におけるモヤモヤ病のアンケート調査. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 藤井清孝1 (1脳外): 厚生労働科学研究研究費補助金難治性疾患克服研究事業. モヤモヤ病 (ウィリス動脈輪閉塞症)に関する調査研究. 平成14年度〜16年度総括研究報告書, 2005; 29-33.

521007. [研究報告] モヤモヤ病の統計学的脳血流SPECT 画像解析による病態評価. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 藤井清孝1 (1脳外): 厚生科学研究研究費補助金特定疾患対策研究事業. ウィリス動脈輪閉塞症の病因・病態に関する研究. 平成16年度総括・分担研究報告書, 2005; 23-26.

521008. [研究報告] 「脳卒中の診断と治療」─微小外科解剖と手術アプローチ−を中心に─. 藤井清孝 (脳外): 山形県対脳卒中治療研究会会誌 2005; 14号: 1-13.

530005. [LETTER] 「脳室穿刺により気脳症を合併した1例」の論文について. 清水 暁 (脳外): Neurol Surg 2005; 33 (12): 1236-7.

530006. [LETTER] DPC導入に備えた病床削減で稼働率を適正化. 藤井清孝 (脳外): TKC医業経営情報 2005/7月号; 128: 14-17.

530007. [短報] 破裂脳動脈瘤によるクモ膜下出血に対するアルゴリズムを用いたワークシートの作成─クリニカルパスの導入に向けて─. 飯田秀夫1, 工藤静香2, 進藤たかね2, 山本幸江2, 竹田睦子2, 楠田清美2, 吉田千代美2, 栗田真理1 (1脳外. 2国際親善総合病院看護部): 日本集中医学会雑誌 2006; 13: 65-6.

[著 書]

620138. [学術書] (共著) 脳腫瘍の外科: Biological behaviorにのっとった新しい治療戦略 髄膜腫の内頸動脈分枝栄養血管に対する塞栓術の有用性について, p.208-16. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岡 秀宏1, 大桃丈知1, 菅 信一2, 小澤 仁3, 宇津木 聡1, 鷺内隆雄1, 仁木 淳1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外. 2放射線. 3汐田総合病院脳神経外科), 山下純宏編, メディカ出版, 2005/11.

620139. [学術書] (共著) 脳腫瘍の外科:Biological behaviorにのっとった新しい治療戦略 MacCarty keyholeの最適な位置, p.294-9. 清水 暁1, アルバート ロートン ジュニア2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大脳神経外), 山下純宏編, メディカ出版, 2005/11.

620140. [その他] (分担執筆) もやもや病の明日を考える─患者家族の願いに応えるために─ もやもや病─脳循環予備能と生活指針, p.11-8. 藤井清孝 (脳外), もやもや病の患者と家族の会編, もやもや病の患者と家族の会, 2005/12.

620141. [学術書] (分担執筆) year note内科・外科等編 (2006年版) 第15版 脳血管疾患 ,p.J69-J95. 宮坂佳男 (脳外), 医療情報科学研究所 岡庭 豊編, Medic Media, 2005/4.

[学会・研究会等]

713086. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Statistical evaluation of brain SPECT image in moyamoya disease. 藤井清孝1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 浅野雄二2, 菅 信一2 (1脳外. 2放射線): The 9th Kyushu and Young-Honam Neurosurgical Joint Conference (2005/10/29), 韓国釜山市.

713087. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Macrophage photodynamic treatment reaction alters nitric oxide production and indirect tumoricidal activity. 三好憲雄1, 宇津木 聡2, 高橋良高3, 吉本谷博4, Kotake Y (1福井大腫瘍病理, 2脳外. 3岡山県立大栄養学科. 4金沢大大学院薬理): Pacifichem 2005 (2005/12/18), ハワイ.

721015. [学会 (全国)] (特別講演) 日本脳卒中の外科学会の分野における現在の問題. 藤井清孝 (脳外): 第25回日本脳神経外科コングレス総会 (2005/5/13), 北九州市.

721016. [学会 (全国)] (特別講演) Microsurgical anatomy and surgical approach to the trigone. 岡 秀宏1, 河島雅到1, 清水 暁1, 藤井清孝1, Rhoton AL2 (1脳外. 2フロリダ大脳神経外): 第19回微小脳神経外科解剖セミナー (2005/5/16), 小倉

721017. [学会 (全国)] (特別講演) Microsurgeryのtrainingのために. 藤井清孝1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 田中柳水1 (1脳外): 第10回日本脳腫瘍の外科学会 (2005/11/25), 佐賀.

722057. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 屍体頭部を用いた外科解剖の学習法: 検体準備から3D写真撮影まで. 清水 暁1, 田中柳水1, 大澤成之1, 福島 浩1, 河島雅到1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第14回脳神経外科手術と機器学会 (2005/4/8), 富山.

722058. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 椎骨脳底動脈系脳動脈瘤手術における術中モニタリング. 田中 聡1, 鷺内隆雄1, 小林郁夫1, 高梨淳子2, 氏家 弘3, 宇津木 聡1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院検査課. 3東京女医大脳神経センター脳神経外): 第34回日本脳卒中の外科学会 (2005/4/22), 盛岡.

722059. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) Ependymomaと脳とのインターフェイス. 川野信之1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1, 安井美江2 (1脳外. 2形態系): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/5/22), 東京.

722060. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 小児頭蓋咽頭腫の集学的治療─他科との関連性─. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第33回日本小児神経外科学会 (2005/5/25), 奈良.

722061. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 5-Aminolevulinic acidを用いた術中脳腫瘍蛍光診断の問題点. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第12回日本光線力学学会 (2005/6/11), 磐田.

722062. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 胎児性中枢神経系腫瘍全国調査 (中間報告). 岡 秀宏 (脳外): 第23回日本脳腫瘍学会 (2005/11/2), 霧島.

722063. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 脳神経外科医が血管内治療医に望むこと. 藤井清孝 (脳外): 第21回日本脳神経血管内治療学会総会 (2005/11/11), 和歌山市.

722064. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 脳血管内治療のターニングポイント. 倉田 彰 (脳外): 第17回日本脳循環代謝学会総会 (2005/11/26), 名古屋.

722065. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) Voelum interpositumに発生した腫瘍の到達に必要な微小解剖と手術アプローチ. 岡 秀宏1, 河島雅到1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1, Rhoton, AL2 (1脳外. 2フロリダ大脳神経外): 第10回日本脳腫瘍の外科学会 (2005/11/26), 佐賀.

722066. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) バーホール用プローブを用いた超音波誘導神経内視鏡手術. 田中 聡1, 小林郁夫1, 鷺内隆雄1, 岡 秀宏1 (1脳外): 第12回日本神経内視鏡学会 (2005/12/17), 東京.

722067. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 頭蓋咽頭腫のpituitary stalk温存手術と転帰. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第16回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2006/2/3), 神戸.

723382. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 紫色半導体レーザー装置を用いた術中脳腫瘍蛍光診断の半定量化. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第14回脳神経外科手術と機器学会 (2005/4/8), 富山.

723383. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経鼻的下垂体腫瘍摘出の基本アプローチと工夫. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第14回脳神経外科手術手技と機器学会 (2005/4/8), 富山.

723384. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 開頭術ドレーピングにおける液漏れ防止の工夫. 望月崇弘1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第14回脳神経外科手術と機器学会 (2005/4/9), 富山.

723385. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラトケ嚢胞の病理組織学的検討: ラトケ嚢胞壁のインターフェイス. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723386. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Cystを形成するglioblastomaの病理組織像. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723387. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 髄膜腫における増殖能とLDL receptor-related protein (LRP) 発現の免疫組織学的検討. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723388. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 初期治療13年後に頭蓋内に再発した眼窩内adenoid cystic carcinomaの一例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 宮島良輝1, 望月崇弘1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723389. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腫瘍内出血を来たした視床下部星細胞腫の一例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723390. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大脳鎌から発生した頭蓋内軟骨腫の1例. 近藤宏治1, 田中 洋2, 宇津木 聡1, 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2茅ヶ崎市立病院脳神経外): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723391. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Multicentric gliomaの一剖検例. 仁木 淳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 福島 浩1, 安井美江2, 藤井清孝1, 原 敦子3 (1脳外. 2形態系. 3病理): 第23回日本脳腫瘍病理学会 (2005/4/21), 東京.

723392. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット一過性脳虚血モデルにおけるシロスタゾール虚血前投与の効果. 湯澤 泉1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第30回日本脳卒中学会 (2005/4/21), 盛岡.

723393. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 海綿静脈洞硬膜動静脈瘻の臨床像および放射線学的検討をふまえたその治療戦略. 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 湯澤 泉1, 小澤 仁2, 岡 秀宏1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 菅 信一3, 大桃丈知1 (1脳外. 2汐田総合病院脳神経外科. 3放射線): 第30回日本脳卒中学会 (2005/4/22), 盛岡.

723394. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳神経麻痺を呈した未破裂脳動脈瘤にたいする脳血管内手術の有用性. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 鷺内隆雄1, 萩原宏之1, 仁木 淳1, 湯澤 泉1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 大桃丈知1 (1脳外. 2放射線): 第34回日本脳卒中の外科学会 (2005/4/22), 盛岡.

723395. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭蓋内出血にて発症した片側にもやもや様血管を有する症例の検討. 宮島良輝1, 河島雅到1, 山田 勝1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 望月崇弘1, 小泉寛之1, 仁木 淳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第34回日本脳卒中の外科学会 (2005/4/22), 盛岡.

723396. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) もやもや病の統計学的脳血流SPECT画像解析. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 望月崇弘1, 大澤成之1, 河島雅到1, 藤井清孝1 (1脳外): 第34回日本脳卒中の外科学会 (2005/4/22), 盛岡.

723397. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クローン病と大球性貧血を伴った上矢状静脈洞血栓症の一例. 大澤成之1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第30回日本脳卒中学会 (2005/4/22), 盛岡.

723398. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 包括医療導入と脳神経外科診療. 山田 勝1, 倉田 彰1, 湯澤 泉1, 鈴木祥生1, 河島雅到1, 大澤成之1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 鷺内隆雄1, 久須美真理2 (1脳外. 2救命): 第30回日本脳卒中学会 (2005/4/22), 盛岡.

723399. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中大脳動脈近位部の破裂細菌性脳動脈瘤の一治療例. 鷺内隆雄1, 田中 聡1, 小林郁夫1, 辻 俊一2, 長谷川ひとみ2, 広瀬隆一2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院神経内科): 第34回日本脳卒中の外科学会 (2005/4/22), 盛岡.

723400. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性l硬膜下血腫を伴った破裂脳動脈瘤の臨床的検討. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 山田 勝1, 倉田 彰1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 河島雅到1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1, 相馬一亥2 (1脳外. 2救命): 第34回日本脳卒中の外科学会 (2005/4/22), 盛岡.

723401. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳幹部錐体路直接刺激MEPモニタリング. 田中 聡1, 鷺内隆雄1, 小林郁夫1, 高梨淳子2, 氏家 弘3, 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院検査科. 3東京女医大脳神経センター脳神経外): 第14回脳神経外科手術と機器学会 (2005/5/8), 富山.

723402. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 統計学的脳血流SPECT画像解析によるもやもや病の病態評価. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外), 第33回日本小児神経学会 (2005/5/25), 奈良.

723403. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Hypothalamic/chiasmatic gliomaの剖検例の検討. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第33回日本小児神経外科学会 (2005/5/26), 奈良.

723404. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 圧調整カムの迷入によるCodman-Hakim programmable valveの閉塞─症例報告─. 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第33回日本小児神経外科学会 (2005/5/26), 奈良.

723405. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児発生の髄膜腫と考えられた一例. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 安井美江2, 藤井清孝1, 川野信之1, 柳下三郎3 (1脳外. 2形態系. 3神奈川リハビリテーションセンター病理): 第33回日本小児神経外科学会 (2005/5/26), 奈良.

723406. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳室腹腔短絡術後Vancomycin ResistantのEnterococcus gallinarumによる腹膜炎症例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第33回日本小児神経外科学会 (2005/5/26), 奈良.

723407. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 嚢胞性脊椎破裂における頭蓋裂孔と水頭症:出生時の頭蓋裂孔の有無は水頭症進行の予測に有用か? 中原邦昌1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 飯田秀夫1, 藤井清孝1 (1脳外): 第33回日本小児神経外科学会 (2005/5/26), 奈良.

723408. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) テレビで可変シャントバルブの圧設定が変化したと思われる一例. 宇津木 聡1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 宮島良輝1, 望月崇弘1, 藤井清孝1 (1脳外): 第33回日本小児神経外科学会 (2005/5/26), 奈良.

723409. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸椎後縦靭帯骨化症に合併した脊髄サルコイドーシスの一例. 佐藤公俊1, 橘 滋国1, 鷺内隆雄1, 小林郁夫1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第20回日本脊髄外科学会 (2005/6/8), 札幌.

723410. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脊髄硬膜動静脈瘻における流出静脈遮断後の一過性症状悪化. 清水 暁1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 鷺内隆雄1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第20回日本脊髄外科学会 (2005/6/8), 札幌.

723411. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 稀なretro-odontoid pseudotumorの2例. 鷺内隆雄1, 橘 滋国1, 田中柳水1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第20回日本脊髄外科学会 (2005/6/8), 札幌.

723412. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) いわゆるanterior meningeal arteryの外科解剖. 清水 暁1, Garcia Adriono2, Tanriover Necmettin2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): 第20回日本脊髄外科学会 (2005/6/8), 札幌.

723413. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 嚢胞性脊椎破裂における頭蓋裂孔と水頭症: 出生児の頭蓋裂孔の有無は水頭症の進行の予測に有用か. 中原邦晶1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 橘 滋国1, 飯田秀夫1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第20回日本脊髄外科学会 (2005/6/8), 札幌.

723414. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 術中著明な腫瘍内出血を来した髄内腫瘍の1例. 三井公彦1, 三島大徳1, 諏訪知也1 (1脳外): 第20回日本脊髄外科学会 (2005/6/9), 札幌.

723415. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下垂体腫瘍における経鼻的蝶形骨洞的腫瘍摘出術の工夫. 岡 秀宏1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回日本頭蓋底外科学会 (2005/7/8), 大阪.

723416. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特発性大後頭神経痛における後頭動脈の関与の可能性: 解剖学的検討. 清水 暁1, 岡 秀宏1, 大澤成之1, 福島 浩1, 宇津木 聡1, 田中柳水1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回日本頭蓋底外科学会 (2005/7/8), 大阪.

723417. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Retro-odontoid disc herniationの一例. 小泉寛之1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 大澤成之1, 福島 浩1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回日本頭蓋底外科学会 (2005/7/8), 大阪.

723418. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Study of intracranial hemorrhage with unilateral moyamoya disease. 宮島良輝1, 山田 勝1, 河島雅到1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 望月崇弘1, 小泉寛之1, 仁木 淳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第24回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2005/9/3), 福岡.

723419. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 閉塞性脳血管障害の統計学的脳血流SPECT画像解析. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 鈴木祥生1, 宮島良輝1, 河島雅到1, 藤井清孝1 (1脳外): 第24回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2005/9/3), 福岡.

723420. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ヒト悪性グリオーマにおけるneuroleukin/gp78mRNA発現: in situ hybridization (ISH). 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 佐藤雄一2, 宇津木 聡1, 藤井清孝1, 長塩 亮2 (1脳外. 2医療衛生学部遺伝子検査学): 第6回分子脳神経外科学会 (2005/9/5), 大阪.

723421. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 嚢胞性脊椎破裂における頭蓋裂孔と水頭症: 出生時の頭蓋裂孔の有無は水頭症進行の予測に有用か?. 中原邦昌1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 橘 滋国1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/5), 横浜.

723422. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大脳鎌から発生した頭蓋内軟骨腫の1例. 近藤宏治1, 田中 洋2, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2茅ヶ崎市立病院脳神経外): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/5), 横浜.

723423. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 髄膜腫における増殖能と LDL receptor-related protein (LRP) 発現の免疫組織化学的検討. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/5), 横浜.

723424. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 若年者に発生した非外傷性脳動脈瘤の臨床的検討. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 河島雅到1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 山田 勝1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/5), 横浜.

723425. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膠芽腫および退形成星細胞腫に対する個別化補助療法のランダム化比較試験. 田中 聡1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1, 秋元治朗2, 竹内正弘3, 柿本篤志4 (1脳外. 2東京医大脳神経外. 3北里大大学院薬学科. 4エスアールエル (株)): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/5), 横浜.

723426. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳神経麻痺を有する未破裂内頸動脈瘤にたいする血管内手術の有用性. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 仁木 淳1, 湯澤 泉1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 大桃丈知1 (1脳外. 2放射線): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/5), 横浜.

723427. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腫瘍外出血をきたした聴神経鞘腫の一例. 大澤成之1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 栗田真理1, 小泉寛之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/5), 横浜.

723428. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Retro-odontoid disc herniation の1例. 小泉寛之1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 鷺内隆雄1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/5), 横浜.

723429. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭蓋内出血にて発症した片側にもやもや様血管を有する症例の検討. 宮島良輝1, 山田 勝1, 河島雅到1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 望月崇弘1, 小泉寛之1, 仁木 淳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/5), 横浜.

723430. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳動脈瘤手術における術中経頭蓋MEPモニタリング. 鷺内隆雄1, 田中 聡1, 小林郁夫1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/5), 横浜.

723431. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新しいラット慢性脳底潅流モデル作成の試み. 湯澤 泉1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/5), 横浜.

723432. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血に対するアルゴリズムを用いたクリニカルパスの導入. 飯田秀夫1, 望月崇弘1, 仁木 淳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/5), 横浜.

723433. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Velum interpositumへの到達に必要な微小解剖と手術アプローチ. 岡 秀宏1, 清水 暁1, 河島雅到1, 宇津木 聡1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, Rhoton AL2 (1脳外. 2フロリダ大脳神経外): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/6), 横浜.

723434. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特発性大後頭神経痛における後頭動脈の関与: 解剖学的提案. 清水 暁1, 岡 秀宏1, 大澤成之1, 福島 浩1, 宇津木 聡1, 田中柳水1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/6), 横浜.

723435. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) くも膜下出血で発症した, 遠位部後下小脳動脈瘤と鑑別が困難であった椎骨動脈延髄穿通枝動脈瘤の一手術例. 栗田真理1, 遠藤昌孝1, 大澤成之1, 河島雅到1, 北原孝雄2, 小泉寛之1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/7), 横浜.

723436. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 言語機能温存を目的とした優位半球神経膠腫に対する覚醒下手術. 佐藤澄人1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1, 中野貴明2, 岡本 浩嗣2, 外 須美夫2, 小保内綾子3 (1脳外. 2麻酔. 3耳鼻): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/7), 横浜.

723437. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Cystを形成するglioblastomaとcystを形成しないglioblastomaの臨床像の比較. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科総会 (2005/10/7), 横浜.

723438. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 閉塞性脳血管障害の統計学的脳血流SPECT画像解析. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/7), 横浜.

723439. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経頭蓋刺激運動誘発電位は麻痺の程度を示す─髄内腫瘍摘出術での検討─. 三島大徳1, 諏訪知也1, 三井公彦1 (1脳外): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/7), 横浜.

723440. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下垂体腺腫を合併した傍鞍部軟骨肉腫の一例. 小林郁夫1, 田中 聡1, 鷺内隆雄1, 本告 匡2, 長谷川 匡3, 石田 剛4, 氏家 弘5, 堀 智勝5 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院病理. 3札幌医大病理. 4NTT東日本関東病院病理. 5東京女医大脳神経センター脳神経外): 第64回日本脳神経外科学会総会 (2005/10/7), 横浜.

723441. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 5-Aminolevulinic acidを用いた術中脳腫瘍蛍光診断─疑陽性組織の検討─. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第43回日本癌治療学会総会学術集会 (2005/10/26), 名古屋.

723442. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ヒト悪性グリオーマにおけるNeuroleukin/gp78mRNA発現in situ hybridization (ISH). 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 佐藤雄一2, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外. 2医療衛生学部遺伝子検査学): 第23回日本脳腫瘍学会 (2005/10/30), 霧島 (鹿児島).

723443. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) グリオーマにおけるiNOSの発現と5-Aminolevulinic acid投与による蛍光との関係. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回日本脳腫瘍学会 (2005/10/31), 霧島 (鹿児島).

723444. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大脳鎌から発生した頭蓋内軟骨腫の1例. 近藤宏治1, 田中 洋2, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2茅ヶ崎市立病院脳神経外): 第23回日本脳腫瘍学会 (2005/10/31), 霧島 (鹿児島).

723445. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児髄膜腫の臨床検討. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回日本脳腫瘍学会 (2005/10/31), 霧島 (鹿児島).

723446. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膠芽腫および退形成星細胞腫に対する個別化補助療法の多施設共同ランダム化比較試験. 田中 聡1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回日本脳腫瘍学会 (2005/11/1), 霧島.

723447. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上矢状静脈洞部硬膜動静脈狼瘻variantの2例. 山崎友也1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 仁木 淳1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 大桃丈知1 (1脳外. 2放射線): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723448. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳神経麻痺を有する未破裂内頸動脈瘤に対する血管内手術の有用性. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 仁木 淳1, 鷺内隆雄1, 萩原宏之1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 大桃丈知1 (1脳外. 2放射線): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723449. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) スパズム期破裂脳動脈瘤に対する脳血管内手術. 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 大桃丈知1, 小澤 仁2, 佐藤公俊1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 北原孝雄3, 石渡雅男1, 宮坂佳男1 (1脳外. 2汐田総合病院脳神経外. 3救命): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723450. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Broad neckな動脈瘤治療用Covered Stentの開発に関する実験的研究. 大桃丈知1, 倉田 彰1, 宮坂佳男1, 鈴木祥生1, 萩原宏之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723451. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脊髄硬膜静脈瘻根治術に伴う遅発性/可逆性の髄節症状. 清水 暁1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 鷺内隆雄1, 大澤成之1, 倉田 彰1 (1脳外): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723452. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 破裂急性期にコイル塞栓術を施行後に, 残存ネックに対してクリッピングを施行した-手術例─興味ある手術所見─. 大桃丈知1, 倉田 彰1, 萩原宏之1, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723453. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 破裂急性期の血管造影検査はいかにして瘤破裂を引き起こすか? ─第1報─. 仁木 淳1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1, 大桃丈知1 (1脳外): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723454. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Anterior Wall Internal Carotid Artery Aneurysmについての検討. 小澤 仁1, 倉田 彰2, 鈴木祥生2, 藤井清孝2, 菅 信一3 (1汐田総合病院脳神経外. 2脳外. 3放射線): 第21回日本脳神経血管内治療学会 (2005/11/9), 和歌山.

723455. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) いわゆるanterior meningeal arteryの外科解剖. 清水 暁1, Garcia Adriono2, Tanriover Necmettin2, 藤井清孝1 (1脳外. 2フロリダ大): 第21回日本脳神経血管内治療学会総会 (2005/11/9), 和歌山.

723456. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CCFの臨床症状で発症したSOVに直接流入する特発性DAVF. 湯澤 泉1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 小澤 仁2, 藤井清孝1 (1脳外. 2汐田総合病院脳神経外): 第21回日本脳神経血管内治療学会総会 (2005/11/10), 和歌山.

723457. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳動脈瘤瘤内塞栓術における瘤内脈圧計測の意義と有用性. 佐藤公俊1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 湯澤 泉1, 仁木 淳1, 山田 勝1, 菅 信一2, 北原孝雄3 (1脳外. 2放射. 3救命): 第21回日本脳神経血管内治療学会総会 (2005/11/11), 和歌山.

723458. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 5-Amino-levulinic acidを用いた蛍光診断の疑陽性例の検討. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 田中 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回日本脳腫瘍の外科学会 (2005/11/25), 佐賀.

723459. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新しいラット慢性脳低潅流モデル作成の試み. 湯澤 泉1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回日本脳循環代謝学会総会 (2005/11/25), 名古屋.

723460. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神経内視鏡生検を行った髄腔内播種性小児脳腫瘍. 近藤宏治1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回日本脳腫瘍の外科学会 (2005/11/26), 佐賀.

723461. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭蓋底手術における眼窩上神経温存のための外科解剖: 形成外科的文献に学ぶ. 清水 暁1, 岡 秀宏1, 福島 浩1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回日本脳腫瘍の外科学会 (2005/11/26), 佐賀.

723462. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腫瘍出血を来たした髄膜腫の1例. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 荘司光彦1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回日本脳腫瘍の外科学会 (2005/11/26), 佐賀.

723463. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 閉塞性脳血管障害の統計学的脳血流SPECT画像解析─術前、術後評価─. 山田 勝1, 湯澤 泉1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回日本脳循環代謝学会 (2005/11/26), さいたま.

723464. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片側顔面痙攣における超選択的血管造影中の異常筋反応の変化. 山田 勝 (脳外): 日本臨床神経生理学会 (2005/11/30), 東京.

723465. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳神経外科術中VEPモニタリングの有用性. 高梨淳子1, 田中 聡2, 小林郁夫2, 宇津木 聡2, 岡 秀宏2, 氏家 弘3, 堀 智勝3 (1北研メディカルセンター病院検査課. 2脳外. 3東京女医大脳神経センター脳神経外): 第35回日本臨床神経生理学会 (2005/11/30), 福岡.

723466. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片側顔面痙攣における超選択的血管造影中の異常筋反応の変化. 佐藤澄人1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 小野沢裕也2, 河島江美2 (1脳外. 2臨床検査部): 第35回日本臨床神経生理学会学術大会 (2005/12/1), 福岡.

723467. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神経内視鏡による生検を行なった髄腔内播腫性小児脳腫瘍. 近藤宏治1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第12回日本神経内視鏡学会 (2005/12/17), 東京.

723468. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 局所性ジストニアに対する視床破壊術. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 坐間 朗2 (1脳外. 2日高病院機能脳外科・ガンマナイフセンター): 第45回日本定位・機能神経外科学会 (2006/1/20), 大宮.

723469. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 選択的視床破壊術後、早期に振戦が再燃し、画像所見上凝固巣の著しい縮小を認めた3例. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 坐間 朗2 (1脳外. 2日高病院機能脳外科・ガンマナイフセンター): 第45回日本定位・機能神経外科学会 (2006/1/21), 大宮.

723470. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭蓋内germ cell tumorの晩期再発例の検討. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第16回間脳下垂体腫瘍学会 (2006/2/4), 神戸.

723471. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肉芽腫性下垂体炎の1例. 近藤宏治1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第16回間脳下垂体腫瘍学会 (2006/2/4), 神戸.

723472. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭蓋内germ cell tumorの晩期再発例の検討. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第16回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2006/2/4), 神戸.

723473. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における採血、静脈路確保時の手袋着用の実態調査. 楠田清美1, 工藤静香1, 葛原健太, 飯田秀夫2 (1国際親善総合病院看護部. 2脳外): 第21回日本環境感染症学会 (2006/2/24), 東京.

723474. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ICT発足後の抗菌薬使用の推移と今後の課題. 本山ひろみ1, 渡邊信夫1, 増岡朋子1, 小澤奈美1, 依田啓司1, 飯田秀夫2 (1国際親善総合病院看護部. 2脳外): 第21回日本環境感染症学会 (2006/2/25), 東京.

723475. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 迅速に対応するため抗酸菌陽性者報告形成について. 小澤奈美1, 飯田秀夫2 (1国際親善総合病院看護部. 2脳外): 第21回日本環境感染症学会 (2006/2/25), 東京.

723476. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中心静脈カテーテル挿入部位別における肉眼的感染徴候のBSI予測の有効性について. 葛原健太1, 飯田秀夫2, 楠田清美1 (1国際親善総合病院看護部. 2脳外): 第21回日本環境感染症学会 (2006/2/25), 東京.

723477. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 出血を繰り返し, 海綿状血管腫との鑑別に苦慮した脳腫瘍の一例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1 (1脳外): 第9回脳神経外科疾患の臨床と病理のJoint conference (2006/2/25), 東京.

723478. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 統計学的脳血流SPECT画像解析による血行再建術後評価. 山田 勝 (脳外): 第31回日本脳卒中学会総会 (2006/3/19), 横浜.

723479. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 若年者に発生した非外傷性脳動脈瘤の臨床的検討. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 鈴木祥生1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 山田 勝1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

723480. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クリッピング術後に脳腫脹と脳血流を呈した巨大中大脳動脈瘤の検討. 鷺内隆雄1, 小林郁夫1, 田中 聡1, 田所克巳2, 藤井清孝1 (1脳外. 2北研メディカルセンター病院放射線): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

723481. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経頭蓋MEPと神経内視鏡支援下の脳動脈瘤手術の有用性. 鷺内隆雄1, 田中 聡1, 小林郁夫1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

723482. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳膿瘍内に出血した破裂細菌性動脈瘤の検討. 仁木 淳1, 飯田秀夫1, 望月崇弘1, 三富哲郎2, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外. 2国際親善総合病院神経内): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

723483. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) くも膜下出血を呈した下垂体腺腫の一例. 中原邦晶1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 飯田秀夫1, 栗田真理1, 田中千彦, 藤井清孝1 (1脳外): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

723484. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) くも膜下出血を呈した下垂体腺腫の一例. 中原邦晶1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 飯田秀夫1, 栗田真理1, 田中千彦, 藤井清孝1 (1脳外): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

723485. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 若年者に発症した非外傷性脳動脈瘤の臨床的検討. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 鈴木祥生1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 山田 勝1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

723486. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前頭蓋底部planum sphenoidale直上に存在する前交通動脈瘤の一例. 河島雅到1, 小泉寛之1, 遠藤昌孝1, 北原孝雄2, 藤井 聡, 中山賢治, 藤井清孝1 (1脳外. 2救命): 第35回日本脳卒中の外科学会 (2006/3/21), 横浜.

731028. [地方会・研究会] (特別講演) 間脳下垂体腫瘍のための微小解剖と手術. 岡 秀宏 (脳外): 第15回相模若手脳神経外科懇話会 (2005/4/6), 相模原.

731029. [地方会・研究会] (特別講演) もやもや病とともに生きる. 藤井清孝 (脳外): 神奈川県秦野保健福祉事務所もやもや病勉強会 (2005/9/24), 秦野.

731030. [地方会・研究会] (特別講演) もやもや病の医療と日常生活. 藤井清孝 (脳外): 神奈川県横浜市金沢区保健所もやもや病講演会 (2005/11/12), 横浜.

731031. [地方会・研究会] (特別講演) 頭蓋内髄液動態と特発性正常圧水頭症. 岡 秀宏1, 河原克雅2, 藤井清孝1 (1脳外. 2生理学): 北里大学医学部連携シンポジウム (2005/12/14), 相模原.

731032. [地方会・研究会] (特別講演) トルコ鞍近傍髄膜腫の手術. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2006/2/18), 相模原.

731033. [地方会・研究会] (特別講演) 脳神経外科手術に必要な情報テクノロジー. 藤井清孝1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1 (1脳外): 第5回神奈川手術手技研究会 (2006/2/25), 横浜.

733178. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 5-aminolevulinic acid (5-ALA) を用いた脊髄髄内腫瘍の術中蛍光ナビゲーション. 清水 暁1, 宇津木 聡1, 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 三井公彦1 (1脳外): 第12回日本脊椎脊髄手術手技学会学術集会 (2005/9/17), 東京.

733179. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 頭蓋咽頭腫のpituitary stalk温存手術と転帰. 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 近藤宏治1, 谷崎義徳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第29回ニューロ・オンコロジーの会 (2005/4/2), 東京.

733180. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 診断までに長期間を要した中脳原発germinomaの一例. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 佐藤澄人1, 望月崇弘1, 谷崎義徳1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第96回日本脳神経外科学会関東地方会 (2005/4/2), 東京.

733181. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 診断まで長期間を要した中脳原発germinomaの一例. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 佐藤澄人1, 望月崇弘1, 谷崎義徳1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第96回日本脳神経外科学会関東地方会 (2005/4/5), 東京.

733182. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 診断まで長期間を要した中脳原発germinomaの一例. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 佐藤澄人1, 望月崇弘1, 谷崎義徳1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第15回相模若手脳神経外科懇話会 (2005/4/5), 相模原.

733183. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 膠芽腫および退形成星細胞腫に対する個別化補助療法のランダム化比較試験について. 田中 聡1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 秋元治朗2, 藤井清孝1 (1脳外. 2東京医大脳神経外): 第10回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2005/5/20), 東京.

733184. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 治療に難渋したdural AVFの1例. 佐藤公俊1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外. 2放射線): 第1回ニューロバスキュラーカンファレンス (2005/5/31), 相模原.

733185. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) もやもや病の統計学的脳血流SPECT画像解析. 山田 勝 (脳外): 第16回神奈川PET.SPECT研究会 (2005/6/4), 横浜.

733186. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 腫瘍外出血をきたした聴神経腫瘍の1例. 大澤成之1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 清水 暁1, 福島 浩1, 藤井清孝1 (1脳外): 第14回日本聴腫瘍研究会 (2005/6/11), 東京.

733187. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) もやもや病の統計学的脳血流SPECT画像解析. 山田 勝 (脳外): 第9回Waterfront Neurosurgical Conference (2005/6/12), 千葉佐原.

733188. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) くも膜下出血を呈した下垂体腺腫の1例. 中原邦昌1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 飯田秀夫1, 栗田真理1, 藤井清孝1 (1脳外): 第4回かながわ下垂体疾患カンファレンス (2005/6/18), 横浜.

733189. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 椎骨脳底動脈系2箇所の狭窄性病変に対して経皮的血管形成術を行った1例. 岡田卓郎1, 高野 誠1, 岩本和久2, 大高弘稔2, 根本 繁1 (1東大和病院脳神経外. 2脳外): 第19回日本神経救急学会学術集会 (2005/6/18), 東京.

733190. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 脳循環からみた脳卒中. 山田 勝 (脳外): 第7回北里ブレインアタックセミナー (2005/6/29), 相模原.

733191. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 鑑別診断が困難であった小児後頭蓋腫瘍の検討. 中原邦昌1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 安井美江2, 川野信之1, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第89回東京脳腫瘍研究会 (2005/7/16), 八王子.

733192. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 神経内視鏡生検を行なった髄腔内播種性小児腫瘍. 近藤宏治1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第89回東京脳腫瘍研究会 (2005/7/16), 東京.

733193. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 頭頂葉に発生し診断に苦慮した嚢胞性腫瘍の一例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第89回東京脳腫瘍研究会 (2005/7/16), 東京.

733194. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 悪性グリオーマの治療成績─化学療法導入前後の治療成績の比較─. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): 第9回北里腫瘍フォーラム (2005/7/22), 相模原.

733195. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) The fluorescence diagnosis using 5-aminolevulinic acid for benign central nervous system tumors is useful. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): 第6回5-ALA研究会 (2005/9/10), 東京.

733196. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 脊髄髄内腫瘍摘出手術における5-Aminolevulinic acid (5-ALA) によるchemonavigation. 清水 暁1, 宇津木 聡1, 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 三井公彦1 (1脳外): 第4回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2005/9/10), 新横浜.

733197. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 頸動脈狭窄症. 山田 勝 (脳外): ニューロバスキュラーカンファレンス (2005/9/13), 相模原.

733198. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 当院で視床下核刺激療法を施行したパーキンソン病患者の認知機能について. 佐藤澄人1, 山田 勝1, 小泉寛之1, 滝山容子2, 荻野 裕2, 三島大徳1, 藤井清孝1 (1脳外. 2神経内): 第3回神奈川ニューロサイエンスジョイントカンファレンス (2005/9/15), 相模大野.

733199. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Primary hypothalamic third ventricle malignant lymphomaの一例. 石渡雅男1, 宮坂佳男1, 小泉寛之1, 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第97回日本脳神経外科学会関東地方会 (2005/9/17), 東京.

733200. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) クローン病と大球性貧血を伴った上矢状静脈洞血栓症の一例. 大澤成之1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第97回日本脳神経外科学会関東地方会 (2005/9/17), 東京.

733201. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 神経内視鏡生検を行った髄腔内播種性小児腫瘍. 近藤宏治1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回神奈川腫瘍フォーラム学術集会 (2005/9/30), 横浜.

733202. 地方会・研究会] (市民講座) 脳卒中とは?─その予防と治療─. 大高弘稔 (脳外): NPO法人地域の包括的な医療に関する研究 第2回鹿児島市民講座 (2005/10/15), 鹿児島.

733203. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) ヒト悪性グリオーマにおけるNeuroleukin/gp78mRNA発現in situ hybridization (ISH). 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 佐藤雄一2, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外. 2医療衛生学部遺伝子検査学): 第1回脳腫瘍の基礎シンポジウム (2005/11/12), 東京.

733204. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 出血を繰り返し、海綿状血管腫との鑑別に苦慮した脳腫瘍の一例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 佐藤公俊1, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 川野信之1, 藤井清孝1, 安井美江2 (1脳外. 2形態系): 第11回東京若手脳腫瘍治療懇話会 (2005/11/18), 東京.

733205. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 出血を繰り返し, 海綿状血管腫との鑑別に苦慮した脳腫瘍の一例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 宇津木 聡1, 近藤宏治1, 安井美江2, 川野信之1, 藤井清孝1 (1脳外. 2形態系): 第90回東京脳腫瘍研究会 (2005/11/19), 八王子.

733206. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Ependymal differentiationを伴った悪性グリオーマの一例. 谷崎義徳1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 佐藤公俊1, 近藤宏治1, 川野信之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第90回東京脳腫瘍研究会 (2005/11/19), 八王子.

733207. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 放射線治療後, 両側頸動脈狭窄症に対するステント併用治療. 大澤成之1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 小澤 仁2, 仁木 淳1, 佐藤公俊1, 山崎友也1, 藤井清孝1 (1脳外. 2汐田総合病院脳神経外): 第30回神奈川脳血管内手術懇話会 (2005/11/21), 横浜.

733208. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 悪性グリオーマに対する5-ALAを用いたPhotodynamic therapyの基礎実験. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): 第30回ニューロ・オンコロジィの会 (2005/12/3), 東京.

733209. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 出血を繰り返し, 海綿状血管腫との鑑別に苦慮した脳腫瘍の一例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): 第30回ニューロ・オンコロジィの会 (2005/12/3), 東京.

733210. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Codman-Hakim programmable valveの実際の開放圧が設定圧と著明に解離を示した1例. 佐藤公俊1, 清水 暁1, 宇津木 聡1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第98回日本脳神経外科学会関東地方会 (2005/12/10), 東京.

733211. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Malignant gliomaの摘出率の向上を目指したphotodynamic diagnosis. 宇津木 聡1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回北里腫瘍フォーラム (2006/1/13), 相模原.

733212. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) PICA including type破裂解離性椎骨動脈瘤に対するstent in stent留置術. 倉田 彰1, 仁木 淳1, 佐藤公俊1, 湯澤 泉1, 小澤 仁2, 山田 勝1, 北原孝雄3, 藤井清孝1 (1脳外. 2汐田総合病院脳神経外. 3救命): 第2回東京・神奈川脳血管内治療懇話会 (2006/1/21), 神奈川.

733213. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 出血を繰り返し, 海綿状血管腫との鑑別に苦慮した脳腫瘍の一例. 佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 宇津木 聡1, 谷崎義徳1, 近藤宏治1, 藤井清孝1 (1脳外): 第11回神奈川腫瘍フォーラム学術集会 (2006/2/10), 横浜.

733214. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 血管吻合の練習法. 山田 勝 (脳外): 第11回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2006/2/19), 相模原.

733215. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) OA-PICA anastomosisを併用して治療した解離性椎骨動脈瘤の1例. 河島雅到1, 藤井 聡2, 中山賢司2 (1脳外. 2横浜市立脳血管医療センター脳神経外): 第5回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2006/2/25), 横浜.


<<小児科学>>

[学術論文]

110170. [原著] Assays for Thyroid-stimulating Antibodies and Thyrotropin-binding Inhibitory Immunoglobulins in Children with Graves' Disease. 柴山啓子1, 大山宜秀1, 横田行史1, 大津成之1, 田久保憲行1, 松浦信夫1,2 (1小児. 2聖徳大): Endocrine Journal 2005; 52 (5): 505-10.

110171. [原著] Slowly progressing form of type 1 diabetes mellitus in children: genetic analysis compared with other forms of diabetes mellitus in Japanese children. 大津成之1, 田久保憲行1, 風張眞由美1, 野元けい子2, 横田行史1, 菊池信行3, 小池明美4, 松浦信夫1,5 (1小児. 2病態・診療系. 3横浜市大. 4小池こどもクリニック. 5聖徳大): Pediatric Diabetes 2005/12; 6 (4): 221-9.

110172. [原著] Serum Sodium Levels in Patients with Kawasaki Disease. 牟田広実1, 石井正浩1,2, 江上公康1, 早坂信哉3, 中村好一3, 柳川 洋4, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2小児. 3自治医大. 4埼玉県立大): Pediatric Cardiology 2005; 26 (4): 404-7.

110173. [原著] Risk factors associated with the need for additional intravenous gamma-globulin therapy for Kawasaki disease. 牟田広実1, 石井正浩2, 古井 潤3, 中村好一4, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2小児. 3広島大. 4自治医大): Acta Paediatrica 2006; 95 (2): 189-93.

110174. [原著] Regression of glomerulosclerosis with high-dose Angiotensin inhibition is linked to decreased plasminogen activator inhibitor-1. Ma LJ, 中村信也1, Aldigier JC, Rossini M, Yang H, Liang X, Nakamura I, Marcantoni C, Fogo AB. (1小児): J Am Soc Nephrol 2005/4; 16 (4): 966-76.

110175. [原著] Domain-specific function of ShcC docking protein in neuroblastoma cells. 三宅 泉1,2, Hakomori Y1, 三須陽子2, 中舘尚也2, 松浦信夫2, Sakamoto M3, Sakai R1 (1国立がんセンター. 2小児. 3慶應大): Oncogene 2005/4; 24 (19): 3206-15.

110176. [原著] Fetal growth promotion in allergic children. 川野 豊1, 森川みき2, 渡邊美砂3, 大柴晃洋4, 野間 剛5, 小田嶋 博6 (1横浜赤十字. 2JR仙台病院. 3東邦大. 4東京医歯大. 5小児. 6福岡病院): Pediatr Allergy Immunol 2005/6; 16 (4): 354-6.

110177. [原著] A study of the factors responsible for the development of allergic diseases in early life. 川野 豊1, 森川みき2, 渡邊美砂3, 大柴晃洋4, 野間 剛5, 小田嶋 博6 (1横浜赤十字. 2JR仙台病院. 3東邦大. 4東京医歯大. 5小児. 6福岡病院): Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology 2005; 23: 1-6.

110178. [原著] Effect of lecithin-bound iodine on the patients with bronchial asthma. 川野 豊1, 佐伯敏亮2, 野間 剛2 (1横浜赤十字, 2小児): International Immunopharmacology 2005; 5: 805-10.

120061. [原著] 過去2年間の長期入院患児の予後と在宅医療を目指した医療・療育施設の役割について. 岩崎俊之1, 上田康久1, 守屋俊介1, 石井正浩1 (1小児): 日本小児科学会雑誌 2005; 109 (8): 1031-6.

220041. [準原著] 小児副腎皮質機能低下症でのハイドロコーチゾン坐剤の有用性. 横田行史1, 大津成之1, 田久保憲行1, 下浜真里子1, 風張眞由美1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): 日本内分泌学会雑誌 第15回臨床内分泌代謝 Update Proceeding 2005; 81 (Suppl): 98-100.

310025. [症例報告] Subclinical hypothyroidism caused by a mutation of the thyrotropin receptor gene. 柴山啓子1, 大山宜秀1, 菱沼 昭2, 横田行史1, 風張幸司1, 風張眞由美1, 家入蒼生夫2, 松浦信夫1 (1小児. 2獨協医大): Pediatrics International 2005; 47 (1): 105-8.

320023. [症例報告] 腎移植後3カ月目、膀胱尿管吻合部に結石を生じ経尿道的尿管破砕術 (TUL) を施行した男児症例. 岩波直美1, 中村信也1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 石井正浩1, 土田繭美2, 田岡佳憲2, 荒川 孝2, 吉田一成2, 馬場志郎2, 遠藤忠雄3 (1小児. 2泌尿器. 3埼玉県央病院): 日本小児腎不全学会雑誌 2005/8; 25: 60-2.

320024. [症例報告] 呼吸管理に難渋した気管狭窄を伴う右肺欠損の1男児例. 林 初香1, 梅原 実2, 箕浦克則1, 原 真人1, 上田康久1, 藤武義人1, 松浦由希子1 (1小児. 2神奈川県立こども医療): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2005/6; 16 (1): 33-40.

520109. [総説] 特集・小児の薬物療法とTDM: 抗てんかん薬. 岩崎俊之 (小児): 薬局 2006/2; 57 (2): 38-41.

520110. [総説] 特集 小児救急の勘どころ 頻度の高い小児救急疾患; 熱性疾患: 川崎病. 石井正浩1, 中畑弥生1, 大和田夏子1, 緒方昌平1, 木村純人1 (1小児): 救急医学 2005; 29 (12): 1673-81.

520111. [総説] そこが知りたい性の問題 思春期遅発の病態, 鑑別, 検査の進め方は? 横田行史 (小児): 小児内科 2005/8; 37 (8): 1069-73.

520112. [総説] 特集 必携!けいれん、意識障害─その時どうする  <けいれんの治療と管理─けいれんに関する知識> 抗けいれん薬の薬物動態. 白井宏幸 (小児): 小児内科 2006/2; 38 (2): 222-6.

520113. [総説] 特集 小児膠原病の臨床 膠原病の病態 自己免疫と組織障害. 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児): 小児科診療 2005; 68 (4): 575-83.

520114. [総説] アレルギーの予防と治療Q&A2005 ヨウレチンは小児の気管支喘息の治療に用いられますがどんな薬剤ですか. 野間 剛 (小児): アレルギーの臨床 2005; 25 (14): 1138.

520115. [総説] 急性期に必要な薬物療法と理学療法 急性期小児疾患に必要な薬物療法と理学療法. 横山美佐子1, 野渡正彦2, 上田康久2, 福島崇義2 (1リハ. 2小児): 理学療法ジャーナル 2005/10; 39 (10): 865-74.

520116. [総説] いつする? なぜする? どう読む? 新生児の検査・基準値マスターブック High Risk Baby編 感染症の検査 臨床細菌学的検査. 野渡正彦 (小児): Neonatal Care 2006/3; 2006春季増刊: 234-8.

521009. [研究報告] 出産順位による母乳中ダイオキシン類濃度の変化と児の甲状腺機能 (分担研究報告書). 松浦信夫1, 横田行史2, 柴山啓子2, 福士 勝3, 藤田晃三3 (1聖徳大. 2小児. 3札幌市衛研): 厚生労働科学研究費補助金 (食品の安心・安全確保推進研究事業) ダイオキシンの乳幼児への影響その他の汚染実態の解明に関する研究─特に母乳中のダイオキシン類濃度の経年的変化とその乳幼児発達に及ぼす影響─平成17年度総括・分担研究報告書, 2006; 71-5.

521010. [研究報告] 小児思春期糖尿病・肥満における倹約遺伝子と倹約表現型に関する検討. 横田行史 (小児): 平成15年度〜平成17年度科学研究費補助金基盤研究 (C) 研究成果報告書, 2006/3; 1-77.

521011. [研究報告] 小児糖尿病患者における血中アディポサイトカインの検討 (分担研究: 2型糖尿病病因遺伝子の有効性への関与に関する研究). 横田行史 (小児): 厚生労働科学研究 (小児疾患臨床研究事業). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究 平成17年度総合研究報告書, 2006/3; 69-72.

521012. [研究報告] 2型糖尿病病因遺伝子の有効性への関与に関する研究 (分担研究報告書). 横田行史1, 堀川玲子2, 内山 聖3 (1小児. 2成育医療. 3新潟大): 厚生労働科学研究 (小児疾患臨床研究事業). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究 平成17年度総括研究報告書, 2006/3; 67-8.

521013. [研究報告] 小児糖尿病患者における血中アディポサイトカインの検討 (分担研究: 2型糖尿病病因遺伝子の有効性への関与に関する研究). 横田行史 (小児): 厚生労働科学研究 (小児疾患臨床研究事業). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究 平成15〜17年度総合研究報告書, 2006/3; 71-4.

521014. [研究報告] 2型糖尿病病因遺伝子の有効性への関与に関する研究 (分担研究報告書). 横田行史1, 堀川玲子2, 内山 聖3 (1小児. 2成育医療. 3新潟大): 厚生労働科学研究 (小児疾患臨床研究事業). 小児2型糖尿病に対する経口血糖降下薬治療のエビデンスの確立: 特にメトフォルミンの至適投与量, 有効性と安全性の研究 平成15〜17年度総合研究報告書, 2006/3; 69-70.

521015. [研究報告] 川崎病血管炎の病因および長期予後の究明と血管再生療法による新しい治療法の開発. 石井正浩 (小児): 平成16年度〜平成17年度科学研究費補助金基盤研究 (C) 研究成果報告書, 2006/3; 1-100.

521016. [研究報告] 川崎病冠動脈病変へのカテーテル治療および外科的治療の遠隔期予後: 多施設による検討. 石井正浩 (小児): 平成17年度科学研究費補助金基盤研究 (C) 研究成果報告書, 2006/3; 1-80.

H16年度 未掲載分

H16-110008. [原著] The associations of the specific HLA-DRB, HLA-DQA, and HLA-DQB alleles and haplotypes with type 1 diabetes in Japanese children. 田久保憲行1, 大津成之1, 野元けい子2, 風張眞由美1, 横田行史1, 松浦信夫1 (1小児. 2病態・診療系): The Kitasato Medical Journal 2004/9; 34 (2): 76-82.

H16-110009. [原著] CD47 modulates OVA-specific lymphocytes proliferation and Th1/Th2 expression in children allergic to heneggs. 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1小児, 2横浜赤十字): The Kitasato Medical Journal 2004/9; 34 (2): 83-94.

H16-110010. [原著] Clinical and pathologic characteristics of nontyphoidal salmonella encephalopathy. Arii J, Tanabe Y, Miyake M, Mukai T, Matsuzaki M, Niinomi N, Watanabe H, 横田行史1, Kohno Y, Noda M (1小児): Neurology 2002; 58 (11): 1641-5.

H16-120002. [原著] 当院で経験した超低出生体重児の腹膜透析に対する検討. 中村信也1, 三須陽子1, 越野浩江1, 岩波直美1, 野渡正彦1, 守屋俊介1, 隅越 誠1, 飯高喜久雄2, 河西紀昭3 (1小児. 2大和市立病院 3相模野病院): 日本小児腎不全学会雑誌 2004/8; 24: 221-2.

[著 書]

620142. [その他] (分担執筆) 静注用免疫グロブリン製剤ハンドブック. 川崎病急性期, p.91-100. 石井正浩 (小児), 監修 正岡 徹, メディカルレビュー社, 2006/3.

[学会発表]

711004. [学会 (国際)] (招聘講演) Special guest speaker/ Food allergy and cell stimulation test. 野間 剛 (小児) 2005 Special lecture in Samsung Medical Center (2005), Seoul, Korea.

713088. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Possible involvment of Coxsackie B4 virus for a boy with SLE. 坂東由紀 (小児): The 49th Annuai General assembly and Scientific Meeting of Japan College of Rheumatology, The 14th International Rheumatology Symposium (2005/4), Yokohama.

713089. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Detection of ovalbumin antigen and monotor of clinical activity in hen egg-sensitive children by CFSE-based assay. 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1小児. 2横浜赤十字病院): APAPARI-KAPARD joint Congress 2005 (2005/4/7), Seoul, Korea.

713090. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Dermatophagoides-induced interleukin-10 production by peripheral blood lymphocytes from patients with asthma in remission. 野間 剛1, 菅原陽子1, 小川倫史1, 山口公一2, 佐伯敏亮1, 川野 豊3 (1小児. 2同愛記念病院. 3横浜赤十字病院): World Allergy Congress 2005 (2005/6), Munich, Germany.

713091. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of lecithin-bound iodine on the patients with bronchial asthma. 野間 剛1, 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2 (1小児. 2横浜赤十字病院): World Allergy Congress 2005 (2005/6), Munich, Germany.

713092. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Somatropin promotes Dermatophagoides farinae-specific IgE generation by the mature B cell line independently of IL-4 and IL-10. 小川倫史1, 吉澤いづみ1, Sugano S, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1小児. 2横浜赤十字病院) : World Allergy Congress 2005 (2005/6), Munich, Germany.

713093. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The diagnosis of hen egg allergy according to carboxyfluorescein succinimidyl ester (CFSE) staining. 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1小児. 2横浜赤十字病院): World Allergy Congress 2005 (2005/6), Munich, Germany.

713094. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Adiponectin in Childhood Onset Type 1 Diabetics in Puberty. 横田行史1, 田久保憲行1, 下浜真里子1, 柴山啓子1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): American Diabetes Association 2005: Webcasts 65th Annual Scientific Sessions (2005/6/10), San Diego, California.

713095. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Transmission disequilibrium of parental susceptibility genes to children with or without childhood-onset type 1 diabetes mellitus (T1DM). 田久保憲行1, 横田行史1, 下浜真里子1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): The 31st Annual Meeting of the International Society for Pediatric and Adolescent Diadetes (ISPAD) (2005/9/3), Krakow, Poland. Pediatric Diabetes 2005; 6 (S.3): 36.

713096. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Fasting intact proinsulin (HP1) and IGFBP-1 as indices for development to type 2 diabetes mellitus in children and adolescents. 雨宮 伸1, 小林浩司2, 菊池信行3, 横田行史4, 宮本茂樹5, 菊池 透6, 松浦信夫7 (1埼玉医大. 2山梨大. 3横浜市大. 4小児. 5千葉こども. 6新潟大. 7聖徳大): The 31st Annual Meeting of the International Society for Pediatric and Adolescent Diadetes (ISPAD) (2005/9/3), Krakow, Poland. Pediatric Diabetes 2005; 6 (S.3): 68.

713097. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Idiopathic hypoglycemia in infancy: Insulin secretion after long-term treatment with diazoxide. 松浦信夫1, 小池明美2, 横田行史3, 田久保憲行3 (1聖徳大. 2小池こどもクリニック. 3小児): The 31st Annual Meeting of the International Society for Pediatric and Adolescent Diadetes (ISPAD) (2005/9/3), Krakow, Poland. Pediatric Diabetes 2005; 6 (S.3): 71.

713098. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) TRH tests in premature infants detected by newborn screening for congenital hypothyroidism. 下浜真理子1, 横田行史1, 田久保憲行1, 伊藤尚志1, 狐崎雅子1, 柴山啓子1, 釼持 学1, 野渡正彦1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): ESPE/LWPES 7th Joint Meeting Paediatric Endocrinology (2005/9/22), Lyon, France. Hormone Research 2005; 64 (S.1): 118.

713099. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The specific HLA-DRB, HLA-DQA, and HLA-DQB alleles and haplotypes in Japanese children with type 1 diabetes mellitus. 田久保憲行1, 横田行史1, 下浜真里子1, 大津成之1, 風張眞由美1, 柴山啓子1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): ESPE/LWPES 7th Joint Meeting Paediatric Endocrinology (2005/9/22), Lyon, France. Hormone Research 2005; 64 (S.1): 144-5.

713100. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Rectal hydrocortisone in children with adrenal insufficiency. 横田行史1, 田久保憲行1, 柴山啓子1, 風張眞由美1, 下浜真里子1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): ESPE/LWPES 7th Joint Meeting Paediatric Endocrinology (2005/9/24), Lyon, France. Hormone Research 2005; 64 (S.1): 341.

713101. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Quantitative assessment of pulmonary vascular resistance and reactivity in children with pulmonary hypertension due to congenital heart disease use of the noninvasive method: new Doppler-derived indexes. 中畑弥生1, 平石 聰2, 広田浜夫1, 大和田夏子1, 藤野宣之1, 石井正浩1 (1小児. 2平石こどもクリニック): 78th Scientific Sessions, American Heart Association (2005/11/16), Dallas. Circulation 2005; 112 (17): II-764.

713102. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Detection of relevant antigen in hen egg-sensitive children by CFSE-based assay. 小川倫史1, 川野 豊2, 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児. 2横浜赤十字病院): First congress of Asian Society for Pediatric Research (ASPR) (2005/11/25), Tokyo.

713103. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Augmented apoptosis in peripheral CD8+ T-lymphocytes in a patient with juvenile dermatomyositis. 小川倫史1, 菅原陽子1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1小児. 2横浜赤十字病院): First congress of Asian Society for Pediatric Research (ASPR) (2005/11/25), Tokyo.

713104. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Endothelial dysfunction and therapeutic strategy in adult cyanotic congenital heart disease patients: assessment of noninvasive study. 古井 潤1, 中畑弥生2, 石井正浩2 (1土谷総合病院. 2小児): 55th Annual Scientific Session, American College of Cardiology (2006/3), Atlanta.

722068. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 免疫グロブリンの至適投与病日はあるのか?「早期投与の必要性」. 石井正浩 (小児): 第108回日本小児科学会学術集会イブニングセミナー (2005/4/22), 東京.

722069. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 小児がんはどこまで治るようになったか ウィルムス腫瘍の治療成績と問題点. 野崎美和子1,2, 福澤正洋1, 大喜多 肇1, 金子安比古1, 北野良博1, 越永従道1, 陳 基明1, 恒松由記子1, 中舘尚也1,3, 秦 順一1, 樋之津史郎1, 堀江 弘1, 麦島秀雄1, 横森欣司1 (1日本ウィルムス腫瘍研究グループ. 2獨協医大. 3小児): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2):106.

722070. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 川崎病の心エコー診断のコツ─小児から成人まで─. 石井正浩 (小児): 日本超音波医学会第4回教育セッション (2005/5/21), 東京.

722071. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 川崎病の諸問題<急性期および遠隔期の管理>. 石井正浩 (小児): 第41回日本小児循環器学会総会・学術集会ランチョンセミナー (2005/7/6), 東京.

722072. [学会 (全国)] (ワークショップ) ウイルムス腫瘍(WT)におけるWT1およびIGF2異常と染色体異常. 渡辺直樹1,2, 中舘尚也3,5, 春田雅之1, 小林泰文1, 佐々木文章3, 恒松由記子3, 菊田 敦3, 副島英伸4, 福澤正洋3, 金子安比古1,3 (1埼玉県立がんセンター. 2順天堂大. 3日本ウィルムス腫瘍スタディグループ. 4佐賀大. 5小児): 第64回日本癌学会学術総会 (2005/9/14), 札幌. 日本癌学会64回総会記事 p.65.

722073. [学会 (全国)] (ワークショップ) 鶏卵アレルギー患者リンパ球のアポトーシス誘導に与えるCD47の作用. 小川倫史1,2, 佐伯敏亮1, 川野 豊3, 野間 剛1 (1小児. 2海老名総合病院. 3横浜みなと赤十字病院): 第42回日本小児アレルギー学会 (2005/11/19), 福井. 日本小児アレルギー学会誌 2005; 19 (4): 633.

723487. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 年少児に対するAdenosine 5'-monophosphate (AMP) 吸入検査の検討. 福島崇義1, FranklinPeter, HallGraham, SlyPeter (1小児): 第45回日本呼吸器学会学術講演会 (2005/4/16), 千葉. 日本呼吸器学会雑誌 43巻 (増刊): p.217.

723488. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 5歳児における肺機能検査 (Spirometry, 強制オッシレーション法) の検討 福島崇義1, KuselMerci, SlyPeter (1小児): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2):115.

723489. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 人工呼吸管理中の肺炎併発例の臨床的検討. 上田康久1, 梅原 実2, 箕浦克則1, 原 真人3, 福島崇義1 (1小児. 2神奈川県立こども医療. 3北研メディカル): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 116.

723490. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 濾紙血TSH, fT4同時測定によるクレチン症マススクリーニング─当院の5年間の結果─. 伊藤尚志1, 横田行史1, 田久保憲行1, 大津成之1, 下浜真里子1, 釼持 学1, 野渡正彦1, 松浦信夫2, 石井正浩1 (1小児. 2聖徳大): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2):133.

723491. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 川崎病治療におけるガンマグロブリン不応例 臨床像及び予測因子の検討. 江上公康1, 牟田広実1, 菅原洋子1, 家村素史1, 須田憲治1, 松石豊次郎1, 石井正浩2 (1久留米大. 2小児): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 209.

723492. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 冠動脈後遺症を有する川崎病女性の妊娠管理. 姫野和家子1, 赤木禎治2, 石井正浩3, 豊田 温4, 菅原洋子1, 家村素史1, 江上公康1, 須田憲治1, 松石豊次郎1 (1久留米大. 2岡山大. 3小児. 4大牟田総合病院): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 209.

723493. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再発時に脳, 脊髄へ広汎に転移した進行神経芽細胞腫の検討. 古川真祐1, 開田美保1, 松浦由希子1, 安藤 寿1, 緒方昌平1, 中舘尚也1, 石井正浩1, 中原さおり2, 田中 潔2, 岩淵啓一3 (1小児. 2外科. 3病理): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 212.

723494. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳性麻痺による長期臥床を余儀なくされた続発性骨粗鬆症の現状. 岩崎俊之1, 武井研二2, 中村信也1, 守屋俊介1, 細田のぞみ2, 白井宏幸3, 石井正浩1 (1小児. 2相模原療育園. 3相模台病院): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/22), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 218.

723495. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特発性血小板減少性紫斑病における末梢血液像とMPV (mean platlet volume) の検討. 橘田一輝1, 古川真祐1, 緒方昌平1, 安藤 寿1, 開田美保1, 松浦由希子1, 中舘尚也1, 宮崎浩二2, 東原正明2, 石井正浩1 (1小児. 2血液内): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/23), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 163.

723496. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 巨大脾腫で発見された膜性増殖性糸球体腎炎の1男児例. 岩波直美1, 中村信也1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 中舘尚也1, 中原さおり2, 田中 潔2, 石井正浩1 (1小児. 2外科): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/23), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 240.

723497. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 巨大膀胱で発見された3例の周産期管理について. 狐崎雅子1, 釼持 学1, 伊藤尚志1, 野渡正彦1, 長谷川 豪1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 岩波直美1, 中村信也1, 石井正浩1 (1小児): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/23), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 242.

723498. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 両側涙腺腫脹をきたした木村氏病の一男児例. 根本文子1, 坂東由紀1, 今井純好2, 安藤 寿1, 岩波直美1, 中村信也1, 石井正浩1 (1小児. 2相模野病院): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/23), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 259.

723499. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) モンゴルへの医療ボランテイア-小児心疾患渡航診療5回のまとめ. 羽根田紀幸1, 黒江兼司2, 野木俊二3, 富田 英4, 岸田憲二5, 檜垣高史1, 上田秀明1, 古井 潤1, 堀口泰典6, 関 翔孝1 (1島根難病研究所. 2葉山ハートセンター. 3函館病院. 4札幌医大. 5武田総合病院. 6小児): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/24), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 175.

723500. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ナライハ市での心臓検診 第5次モンゴル渡航小児循環器診療の一環として. 堀口泰典1, 岸田憲二2, 羽根田紀幸3, 黒江兼二4, 富田 英4, 野木俊二4, 檜垣高史4, 羽根田泰宏4 (1小児. 2武田総合病院. 3島根難病研究所. 4ライフセービングプロジェクト): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/24), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 175.

723501. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 呼吸器核医学検査を用いた麻疹肺炎の予後の検討. 原 真人1, 梅原 実2, 箕浦克則3, 関根 徹3, 上田康久3, 福島崇義3 (1北研メディカル. 2神奈川県立こども医療. 3小児): 第108回日本小児科学会学術集会 (2005/4/24), 東京. 日本小児科学会雑誌 2005/2; 109 (2): 282.

723502. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 思春期1型糖尿病患者における血中アディポネクチン (A) 値に関する臨床的検討. 横田行史1, 柴山啓子1, 大津成之1, 田久保憲行1, 風張眞由美1, 下浜真里子1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/13), 神戸. 糖尿病 2005; 48 (S.2): 207.

723503. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ネフローゼ症候群を呈したターナー症候群の2女児例. 越野浩江1, 中村信也1, 岩波直美1, 守屋俊介1, 飯高喜久雄2, 河西紀昭3, 横田行史1, 石井正浩1 (1小児. 2大和市立病院. 3綾瀬更正病院). 第40回日本小児腎臓病学会学術集会 (2005/5/13), 仙台. 日本小児腎臓病学会雑誌 2005/4; 18 (1): 145.

723504. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) シクロスポリンとACEIの併用で尿蛋白の減少を認めたが,追跡腎生検で組織変化が進行した膜性増殖性腎炎の一女児例. 安藤 寿1, 岩波直美1, 越野浩江1, 中村信也1, 守屋俊介1, 飯高喜久雄2, 河西紀昭3, 石井正浩1 (1小児. 2大和市立病院. 3綾瀬更正病院): 第40回日本小児腎臓病学会学術集会 (2005/5/13), 仙台. 日本小児腎臓病学会雑誌 2005/4; 18 (1): 181.

723505. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特徴的な神経症状を認めた急性脳炎の3例. 岩崎俊之1, 細田のぞみ1,2, 白井宏幸1,3, 石井正浩1 (1小児. 2相模原療育園. 3相模台病院): 第47回日本小児神経学会総会 (2005/5/19), 熊本. 脳と発達 2005/5; 37 (S.): 284.

723506. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児急性期呼吸障害の病態と呼吸理学療法の影響. 横山美佐子1, 上田康久2, 岩松秀樹1, 小池朋孝1, 遠原真一1, 遠藤まりえ1 (1リハビリテーション部. 2小児): 第40回日本理学療法学術集会 (2005/5/26), 大阪. 理学療法学 2005/4; 32 (S.2): 291.

723507. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 鶏卵アレルギー患者のリンパ球分裂パターンにおけるアポトーシス誘導の解析. 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1小児. 2横浜赤十字病院): 第17回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2005/6/2), 岡山. アレルギー 2005/4; 54 (3-4): p.324.

723508. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) H2受容体拮抗薬による治療後も気道症状が遷延した胃食道逆流症 (GERD) を伴う乳児喘息の一症例. 菊地 陽1, 宮田理英1, 溝口 史1, 鹿島田健一1, 神山 潤1, 野間 剛2, 大柴晃洋3 (1東京北社会保険病院. 2小児. 3東京厚生年金病院): 第17回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2005/6/4), 岡山. アレルギー 2005/4; 54 (3-4): p.412.

723509. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院小児科で管理した小児ARDS/ALI症例の臨床的検討. 上田康久1, 梅原 実2, 原 真人3, 福島崇義1, 林 初香1, 石井正浩1 (1小児. 2神奈川県立こども医療. 3北研メディカル): 第19回日本小児救急医学会 (2005/7/1), 仙台. 日本小児救急医学会雑誌 2005/7; 4 (1): 81.

723510. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小都市における小児救急医療体制: 三市合同による小児救急体制の試み. 緒方昌平1,2, 箕浦克則1,2, 安藤 寿1,2, 大津成之1,2, 越野浩江1,2, 内藤剛彦1, 石井正浩2 (1海老名総合病院. 2小児): 第19回日本小児救急医学会 (2005/7/2), 仙台. 日本小児救急医学会雑誌 2005/7; 4 (1): 93.

723511. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 左PA slingを伴うCTSの1乳児例の呼吸管理における一考察. 野々田 豊1, 上田康久1, 林 初香1, 藤武義人1, 橘田一輝1, 原 真人1, 石井正浩1, 梅原 実2, 津川 力3 (1小児. 2神奈川県立こども医療. 3兵庫県立こども医療): 第19回日本小児救急医学会 (2005/7/2), 仙台. 日本小児救急医学会雑誌 2005/7; 4 (1): 111.

723512. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸部単純レントゲン写真上片側びまん性陰影を呈し, 診断に苦慮した僧帽弁閉鎖不全の1男児例. 林 初香1,2, 松本多絵2, 永渕弘之2, 梅原 実2, 林 憲一2, 麻生俊英2, 川滝元良2 (1小児. 2神奈川県立こども医療): 第19回日本小児救急医学会 (2005/7/2), 仙台. 日本小児救急医学会雑誌 2005/7; 4 (1): 113.

723513. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 冠動脈瘻を合併した18トリソミーの1例. 松浦由希子1, 堀口泰典1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 大和田 (小川) 夏子1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2005/7/6), 東京. 日本小児循環器学会雑誌 2005/5; 21 (3): 297.

723514. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 電子ビームCT 3D画像によるASDの形態評価─リムのない症例の検出─. 堀口泰典1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 大和田 (小川) 夏子1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2005/7/6), 東京. 日本小児循環器学会雑誌 2005/5; 21 (3): 323.

723515. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における小児期発症の難治性不整脈に対するカテーテルアブレーションの経験. 大和田 (小川) 夏子1, 庭野慎一2, 中畑弥生1, 広田浜夫1, 堀口泰典1, 木村純人1, 石井正浩1 (1小児. 2循環器内): 第41回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2005/7/6), 東京. 日本小児循環器学会雑誌 2005/5; 21 (3): 389.

723516. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Duchenne型筋ジストロフィ患者における冠動脈血流予備能の検討. 木村純人1, 堀口泰典1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 大和田 (小川) 夏子1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2005/7/6), 東京. 日本小児循環器学会雑誌 2005/5; 21 (3): 404.

723517. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経過観察中に急性心筋梗塞により死亡した川崎病冠動脈後遺症の1例. 岸本慎太郎1, 家村素史2, 籠手田雄介2, 伊藤晋一2, 江上公康2, 菅原洋子2, 前野泰樹2, 須田憲治2, 松石豊次郎2, 石井正浩3 (1麻生飯塚病院. 2久留米大. 3小児): 第41回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2005/7/6), 東京. 日本小児循環器学会雑誌 2005/5; 21 (3): 406.

723518. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Flecainide持続静注にて奏功した胎児水腫合併の上質性頻拍症の1例. 開田美保1, 中畑弥生1, 庭野慎一2, 釼持 学1, 野渡正彦1, 大和田 (小川) 夏子1, 堀口泰典1, 石井正浩1 (1小児. 2循環器内): 第41回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2005/7/7), 東京. 日本小児循環器学会雑誌 2005/5; 21 (3): 421.

723519. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TRH負荷試験による未熟児甲状腺機能の評価. 伊藤尚志1, 横田行史1, 田久保憲行1, 釼持 学1, 野渡正彦1, 下浜真里子1, 狐崎雅子1, 長谷川 豪1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2005/7/10), 福岡. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2005/6; 41 (2): 264.

723520. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新生児聴覚スクリーニングの検討 第3報 2ステップスクリーニング3年間のまとめ. 野渡正彦1, 釼持 学1, 長谷川 豪1, 石井正浩1, 岡本牧人2, 伊藤尚志1, 狐崎雅子1 (1小児. 2耳鼻): 第41回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2005/7/11), 福岡. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2005/6; 41 (2): 282.

723521. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早産児に対するシナジス投与の選択基準の検討. 佐久間 泉1, 楠田 聡1, 河野由美1, 三科 潤1, 仁志田博司1, 野渡正彦2, 高橋尚人3, 板橋家頭夫4, 竹内敏雄4, 星  順5 (1東京女医大. 2小児. 3自治医大. 4昭和大. 5帝京大) : 第41回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2005/7/11), 福岡. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2005/6; 41 (2): 290.

723522. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 透析患者の妊娠・分娩─当院で出産にいたった新生児8例の臨床的検討─. 狐崎雅子1, 釼持 学1, 伊藤尚志1, 長谷川 豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1, 天野 完2, 海野信也2 (1小児. 2産婦): 第41回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2005/7/11), 福岡. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2005/6; 41 (2): 416.

723523. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) C7-Th1に気管食道瘻を有したGrossC型の先天性食道閉鎖症の一例. 田中里佳1,2, 野澤政代1, 岩間 直1, 林田慎哉1, 中野玲二1, 門田真志保1, 藤本隆夫1, 加部一彦1 (1愛育病院. 2小児): 第41回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2005/7/12), 福岡. 日本周産期・新生児医学会雑誌 2005/6; 41 (2): 444.

723524. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Clobazamの単剤投与に変更し得た症候性局在関連性てんかんの3症例. 岩崎俊之1, 野々田 豊1, 武井研二1,2, 細田のぞみ1,2, 白井宏幸1,3, 石井正浩1 (1小児. 2相模原療育園. 3相模台病院): 第39回日本てんかん学会総会 (2005/9/14), 旭川. てんかん研究 2005; 23 (増): 101.

723525. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) けいれん発作を認めたMODED syndromeの1例. 野々田 豊1, 岩崎俊之1, 野元けい子2, 白井宏幸1,3, 石井正浩1 (1児. 2病態・診療系. 3相模台病院): 第39回日本てんかん学会総会 (2005/9/14), 旭川. てんかん研究 2005; 23 (増): 126.

723526. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Icodextnin (エクストラニール) による腹膜透析を施行した二羊膜腔一絨毛膜性双胎の低出生体重児例. 開田美保1, 中村信也1, 岩波直美1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 長谷川 豪1, 飯高喜久雄2, 河西紀昭3, 石井正浩1 (1小児. 2大和市立病院. 3綾瀬更正病院): 第27回日本小児腎不全学会 (2005/9/29), 神奈川 (箱根). 第27回日本小児腎不全学会─チームで支える小児腎不全診療─, プログラム・抄録集 2005; p.71.

723527. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新生児期に腎疾患を発症し多彩な経過をとった長期透析の1例. 水島和一郎1, 松岡美壽子2, 中村信也3 (1水島クリニック. 2海老名クリニック. 3小児): 第27回日本小児腎不全学会 (2005/9/29), 神奈川 (箱根). 第27回日本小児腎不全学会─チームで支える小児腎不全診療─, プログラム・抄録集 2005; p.75.

723528. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低出生体重児におけるクレチン症TSH/FT4同時測定マススクリーニングで認められる低FT4血症について. 横田行史1, 下浜真里子1, 田久保憲行1, 伊藤尚志1, 釼持 学1, 長谷川 豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1, 松浦信夫2, 山上祐次3 (1小児. 2聖徳大. 3神奈川県予防医学協会): 第33回日本マス・スクリーニング学会 第28回技術部会 (2005/10/8), 久留米. 日本マス・スクリーニング学会誌 2005; 15 (2): 72.

723529. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多発性硬化症 (MS) 類似病変を示したシェーグレン症候群 (SS) 女児のMRI所見. 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 鷺内隆雄3, 緒方昌平1, 越野浩江1, 中村信也1, 野間 剛1 (1小児. 2横浜赤十字病院. 3放射線): 第15回日本小児リウマチ学会 (2005/10/9) 東京.

723530. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児SLE患者におけるB cell VH IgG geneレパートリーの解析; cyclophosphamide (CY) パルス療法前後の変化. 坂東由紀1, 緒方昌平1, 清水 章2, 石井正浩1 (1小児. 2京都大): 第15回日本小児リウマチ学会 (2005/10/9), 東京.

723531. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CFSE染色リンパ球を用いたミルクアレルギーの診断. 小川倫史1,2, 川野 豊1,3, 佐伯敏亮1,4, 野間 剛1 (1小児. 2海老名総合病院. 3横浜みなと赤十字病院. 4相模原協同病院): 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2005/10/20), 岩手県盛岡市. アレルギー 2005/9; 54 (8-9): p.1046.

723532. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児アレルギー疾患発症の予知に関する検討 (第7報) 1歳児と2歳児の比較. 渡邊美砂1, 佐伯敏亮2, 川野 豊3, 森川みき4, 大柴晃洋5, 野間 剛2, 小田嶋 博6 (1東邦大. 2小児. 3横浜みなと赤十字病院. 4森川小児科クリニック. 5東京医歯大. 6福岡病院): 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2005/10/22), 岩手県盛岡市. アレルギー 2005/9; 54 (8-9): p.1128.

723533. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳児期膵亜全摘後, 肥満度増加と思春期発来につれて耐糖能が悪化した乳児持続性高インスリン血症性低血糖症. 下浜真理子1, 横田行史1, 田久保憲行1, 柴山啓子1, 風張眞由美1, 安達昌功2, 松浦信夫3 (1小児. 2神奈川県立こども医療. 3聖徳大): 第39回日本小児内分泌学会学術集会 (2005/10/22), 東京. 抄録集 2005; p.145.

723534. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新生児慢性肺疾患T・U型のFollow upに関する一考察. 原 真人1,3, 梅原 実2, 箕浦克則3, 関根 徹3, 上田康久3, 福島崇義3, 釼持 学3, 野渡正彦3 (1北研メディカル. 2神奈川県立こども医療. 3小児): 第38回日本小児呼吸器疾患学会 (2005/11/5), 新潟. プログラム・抄録集 2005; p.100.

723535. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) シベレスタットナトリウム水和物が有効と考えられたARDSの9ヶ月の女児例. 林 初香1, 梅原 実2, 箕浦克則1, 原 真人3, 上田康久1, 福島崇義1, 相馬一亥4 (1小児. 2神奈川県立こども医療. 3北研メディカル. 4救急): 第38回日本小児呼吸器疾患学会 (2005/11/5), 新潟. プログラム・抄録集 2005; p104.

723536. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院小児科で管理した小児ALI/ARDS症例の臨床的検討. 上田康久1, 梅原 実2, 箕浦克則1, 原 真人1, 福島崇義1, 林 初香1 (1小児. 2神奈川県立こども医療): 第38回日本小児呼吸器疾患学会 (2005/11/5), 新潟. プログラム・抄録集 2005; p.104.

723537. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 年少児おけるImpulse Oscillometry (IOS) による呼吸抵抗測定の試み. 福島崇義1, 梅原 実1,2, 箕浦克則1,3, 原 真人1,4, 上田康久1, 林 初香1 (1小児. 2神奈川県立こども医療. 3海老名総合病院. 4北研メディカル): 第38回日本小児呼吸器疾患学会 (2005/11/5), 新潟. プログラム・抄録集 2005; p.115.

723538. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ESBL産生大腸菌による尿路感染症の乳児例. 伊藤尚志1.2, 渡邉智子1, 佐伯敏亮1.2, 野々山勝人1.2, 藤野宣之1 (1相模原協同病院. 2小児): 第37回日本小児感染症学会 (2005/11/12), 三重県津市.

723539. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 分娩を契機に顕著化した古典型シトルリン血症(姉妹例). 下浜真理子1, 横田行史1, 野元けい子2, 田久保憲行1, 柴山啓子1, 風張眞由美1, 石井正浩1, 守屋俊介1,3, 相馬一亥3 (1小児. 2病態・診療系. 3救命): 第48回日本先天代謝異常学会集会 (2005/11/18), 熊本. 日本先天代謝異常学会雑誌 2005; 21 (2): 97.

723540. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児気管支喘息患児におけるヨウレチン (Lecithin-bound iodine;LBI) の使用経験. 川野 豊1,2, 佐伯敏亮1, 村上理子3, 鈴木五男4, 島貫金男3, 相沢 昭5, 塙 賢二6, 小川倫史1, 野間 剛1 (1小児. 2横浜みなと赤十字病院. 3戸田中央病院. 4山王病院. 5相沢小児科医院. 6塙小児科医院): 第42回日本小児アレルギー学会 (2005/11/19), 福井. 日本小児アレルギー学会誌 2005/10; 19 (4): 673.

723541. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食物アレルギーを示すアトピー性皮膚炎患児に対するオキサドミド治療の検討 睡眠阻害, 掻痒, 皮膚スコアについて. 野間 剛1, 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 中谷夏織2, 大柴晃洋3, 川野 豊4 (1小児. 2川口市民医療. 3東京厚生年金病院. 4横浜みなと赤十字病院): 第42回日本小児アレルギー学会 (2005/11/20), 福井. 日本小児アレルギー学会誌 2005/10; 19 (4): 692.

723542. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ウイルムス腫瘍におけるIGF2の発現異常 (loss of imprinting) はトリソミー12と関連するが, 16q-とは関連しない. 渡辺直樹1, 中舘尚也2,5, 春田雅之3, 大喜多 肇1, 斉藤正博1, 佐々木文章1, 恒松由記子1, 菊田 敦2, 副島英伸4, 秦 順一1, 福澤正洋1, 金子安比古3 (1順天堂大. 2日本ウイルムス腫瘍スタディグループ. 3埼玉県立がんセンター. 4佐賀大. 5小児): 第21回日本小児がん学会/第47回日本小児血液学会 (2005/11/25), 宇都宮. 日本小児血液学会雑誌 2005/10; 19 (5): 334.

723543. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本ウイルムス腫瘍スタディグループ (JWiTS) におけるRhabdoid Tumor of the Kidney (RTK) の現況について. 中舘尚也1,2, 越永従道2, 福澤正洋2, 岩川真由美2, 大喜多 肇2, 金子安比古2, 北野良博2, 陳 基明2, 恒松由記子2, 野崎美和子2, 秦 順一2, 樋之津史郎2, 堀江 弘2, 麦島秀雄2, 横森欣司2 (1小児. 2日本ウイルムス腫瘍スタディグループ): 第21回日本小児がん学会/第47回日本小児血液学会 (2005/11/25), 宇都宮. 日本小児血液学会雑誌 2005/10; 19 (5): 336.

723544. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児期の悪性奇形腫の検討. 古川真祐1, 橘田一輝1, 横関祐一郎1, 飯島真紀子1, 開田美保1, 松浦由希子1, 中舘尚也1, 石井正浩1, 中原さおり2, 田中 潔2, 岩渕啓一3 (1小児. 2外科. 3病理): 第21回日本小児がん学会/第47回日本小児血液学会 (2005/11/25), 宇都宮. 日本小児血液学会雑誌 2005/10; 19 (5): 405.

723545. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TCCSGプロトコールによるt (1;19) 転座・E2A/PBX1を有する小児急性リンパ性白血病の治療成績. 小嶋靖子1, 林 泰秀1, 外松 学1, 磯山恵一1, 梶原道子1, 中舘尚也1,2, 後藤裕明1, 福島 敬1, 小川千登世1, 別所文雄1, 斎藤友博1, 生田孝一郎1, 真部 淳1, 小原 明1, 花田良二1, 土田昌宏1 (1東京小児がん研究グループALL委員会. 2小児): 第21回日本小児がん学会/第47回日本小児血液学会 (2005/11/27), 宇都宮. 日本小児血液学会雑誌 2005/10; 19 (5): 354.

723546. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血小板減少症の鑑別診断における末梢血液像とMPV (mean platlet volume) の有用性について. 橘田一輝1, 古川真祐1, 緒方昌平1, 安藤 寿1, 開田美保1, 松浦由希子1, 中舘尚也1, 石井正浩1, 宮崎浩二2, 東原正明2 (1小児. 2血液内): 第21回日本小児がん学会/第47回日本小児血液学会 (2005/11/27), 宇都宮. 日本小児血液学会雑誌 2005/10; 19 (5): 550.

723547. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早産低出生体重児におけるTRH負荷試験と甲状腺剤補充療法. 伊藤尚志1, 横田行史1, 下浜真里子1, 田久保憲行1, 狐崎雅子1, 釼持 学1, 長谷川 豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 第50回日本未熟児新生児学会学術集会 (2005/12/5), 名古屋. 日本未熟児新生児学会誌 2005/11; 17 (3): 456.

723548. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TAMに肝線維症を合併,胎児水腫をきたしたダウン症候群の双胎例. 狐崎雅子1, 伊藤尚志1, 釼持 学1, 長谷川 豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 第50回日本未熟児新生児学会学術集会 (2005/12/5), 名古屋. 日本未熟児新生児学会雑誌 2005/11; 17 (3): 492.

723549. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経母体ステロイド投与を行った早産児の検討. 長谷川 豪1, 伊藤尚志1, 狐崎雅子1, 釼持 学1, 野渡正彦1 (1小児): 第50回日本未熟児新生児学会学術集会 (2005/12/5), 名古屋. 日本未熟児新生児学会雑誌 2005.11; 17 (3): 556.

723550. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SLE患者におけるIgG Vhレパートリーの解析; CYパルス療法の前後における変化. 坂東由紀1, 緒方昌平1, 清水 章2, 石井正浩1 (1小児. 2京都大): 第35回日本免疫学会総会・学術集会 (2005/12/14), 横浜. 日本免疫学会総会・学術集会記録 2005/11; p.205.

723551. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 人工呼吸管理中の肺炎併発例の臨床的検討. 上田康久1, 梅原 実2, 原 真人3, 福島崇義1, 林 初香1 (1小児. 2神奈川県立こども医療. 3北研メディカル): 第33回日本集中治療医学会学術集会 (2006/3/3), 大阪府守口市. 日本集中治療医学会雑誌 2006/1; 13 (S.): 189.

723552. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 13歳から6年間にわたりLHRHアナログ療法を施行した先天性中枢性低換気症候群の男児例. 横田行史1, 下浜真里子1, 田久保憲行1, 風張眞由美1, 柴山啓子1, 石井正浩1, 松浦信夫2 (1小児. 2聖徳大): 第16回臨床内分泌代謝Update (2006/3/25), 金沢. 日本内分泌学会雑誌 2005/12; 81 (3):707.

731034. [地方会・研究会] (特別講演) 当院で経験した周期性発熱症候群症例の検討; 診断へのアプローチ, standerdizationは可能か? 坂東由紀 (小児): 第1回神奈川小児免疫病・リウマチ疾患研究会 (2005/6/3), 横浜.

731035. [地方会・研究会] (特別講演) 心血管後遺症を作らない急性期治療の工夫および心血管病変管理のコツ: 小児科医および小児循環器科医の立場から. 石井正浩 (小児): 第16回東京川崎病研究会 (2005/6/18), 東京.

731036. [地方会・研究会] (特別講演) 川崎病の最新の話題:急性期・遠隔期の管理および病因の究明. 石井正浩 (小児): 第38回湘南小児科連合懇話会総会および学術講演会 (2005/6/9), 神奈川.

731037. [地方会・研究会] (特別講演) 学校心臓検診および成人先天性心疾患の話題, 特に妊娠, 分娩について. 石井正浩 (小児): 第6回相模北部循環器研究会 (2005/6/28), 神奈川.

731038. [地方会・研究会] (特別講演) 川崎病の研究と今後の北里大学小児科の展望. 石井正浩 (小児): 第13回神奈川医意会 (2005/7/2), 東京.

731039. [地方会・研究会] (特別講演) 川崎病の最近の知見. 石井正浩 (小児): 高松市小児科医会学術講演会 (2005/8/26), 香川.

731040. [地方会・研究会] (特別講演) 川崎病最新の知見: 急性期治療と心血管病変の管理. 石井正浩 (小児): 第25回広島小児循環器研究会 (2005/10/1), 広島.

731041. [地方会・研究会] (特別講演) 川崎病最新の知見: 急性期治療および遠隔期の管理─小児科医および小児循環器科医の立場から─. 石井正浩 (小児): 厚木市小児科医会学術講演会 (2005/10/6), 神奈川.

731042. [地方会・研究会] (特別講演) 川崎病最新の知見: 急性期治療と心血管病変の遠隔期管理. 石井正浩 (小児): 平成17年度神奈川小児循環器懇話会 (2005/10/29), 神奈川.

731043. [地方会・研究会] (特別講演) 川崎病とは─冠動脈障害をみつめて─. 石井正浩 (小児): 川崎病講演会 (2005/10/30), 神奈川.

733216. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 発症時からReal time PCRによる微小残存病変モニタリングを実施した小児急性白血病の検討. 飯島真紀子1, 橘田一輝1, 開田美保1, 松浦由希子1, 古川真祐1, 中舘尚也1, 石井正浩1 (1小児): 第274回日本小児科学会神奈川県地方会 (2005/4/16), 横浜. 神奈川医学会雑誌 2005/7; 32 (2): p.221.

733217. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 多発性腎膿瘍をきたした急性リンパ性白血病の女児例. 開田美保1, 中村信也1, 岩波直美1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 野々山勝人1, 中舘尚也1 (1小児): 2005年小児腎東京神奈川の会 (2005/4), 東京.

733218. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 川崎病様症状を呈した劇症型EB-VHASの一例. 坂東由紀 (小児): 第15回EBウイルス感染症研究会 (2005/5/21), 東京.

733219. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 比較的早期に腎石灰化を認めたLowe症候群の1例. 飯島真紀子1, 中村信也1, 岩波直美1, 越野浩江1, 守屋俊介1, 野渡正彦1, 高山吉永2, 高田史男3 (1小児. 2臨検学. 3大学院医療系研究科): 第275回日本小児科学会神奈川県地方会 (2005/6/18), 横浜. 神奈川医学会雑誌 2006/1; 33 (1): 53-4.

733220. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 仮死後の新生児発作5例の神経学的予後. 岩崎俊之1, 野々田 豊1, 武井研二1,2, 細田のぞみ1,2, 白井宏幸1,3, 石井正浩1 (1小児. 2相模原療育園. 3相模台病院): 第56回神奈川てんかん懇話会 (2005/7/16), 横浜. 神奈川県精神医学会誌 2005/12; 55: 95.

733221. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 急性壊死性脳症後に硬膜外腔から前頭部皮下にかけて膿瘍を形成した1例. 野々田 豊1, 岩崎俊之1, 石井正浩1 (1小児): 第36回神奈川小児神経懇話会 (2005/7), 横浜.

733222. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 自己免疫性肝炎から原発性硬化性胆管炎へ移行し, 潰瘍性大腸炎を合併した女児例の経過; 治療方針の選択について. 坂東由紀 (小児): 第11回神奈川県小児肝疾患研究会 (2005/9/7).

733223. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 多発性硬化症 (MS) 類似病変を示したシェグレン症候群 (SS) の一例. 小川倫史1, 佐伯敏亮1, 川野 豊2, 野間 剛1 (1小児. 2横浜みなと赤十字病院): 第14回日本シェ-グレン症候群研究会 (2005/9/16), 千葉.

733224. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 虐待による高Na血症が疑われた1乳児例. 横関祐一郎1, 横田行史1, 伊藤尚志1, 松浦由希子1, 木村純人1, 野々田 豊1, 坂東由紀1, 中舘尚也1, 石井正浩1 (1小児): 第276回日本小児科学会神奈川県地方会 (2005/9/17), 横浜. 神奈川医学会雑誌 2006/1; 33 (1): 56.

733225. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 発症早期に初診しながらも, ガンマグロブリン治療開始が遅くなっていた症例に関する検討. 牟田広実1, 家村素史1, 須田憲治1, 松石豊次郎1, 石井正浩2, 中村好一3, 柳川 洋4 (1久留米大. 2小児. 3自治医大. 4埼玉県立大): 第25回日本川崎病研究会 (2005/10/14), 東京.

733226. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) フォンタン型手術術後の血行動態─プロタノール負荷に対する反応─. 堀口泰典1,2, 中畑弥生2, 大和田夏子2, 藤野宣之2, 石井正浩2 (1武蔵村山病院. 2小児): 第25回日本小児循環動態研究会 (2005/10/22), 福岡.

733227. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Duchenne型筋ジストロフィー患者における冠動脈血流予備能. 木村純人1, 堀口泰典1,2, 中畑弥生1, 大和田夏子1, 藤野宣之1, 石井正浩1 (1小児. 2武蔵村山病院): 第25回日本小児循環動態研究会 (2005/10/22), 福岡.

733228. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) PDAに対する新しい試み VATS-PDAを施行したELBWの一例. 狐崎雅子1, 長谷川 豪1, 野渡正彦1 (1小児): 神奈川県新生児・未熟児連絡会 (2005/10/29), 横浜.

733229. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) Muscle-eye-brain diseaseを疑ったてんかんの兄妹例. 岩崎俊之1, 野々田 豊1, 石井正浩1 (1小児): 第57回神奈川てんかん懇話会 (2006/1/21), 横浜.

733230. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 頚静脈よりのHalf-way front loading法による右肺動脈狭窄に対するGenesis ステント留置術. 中畑弥生1, 富田 英2, 藤野宣之1,3, 大和田夏子1, 木村純人1, 横関祐一郎1, 石井正浩1 (1小児. 2北海道立小児総合医療. 3相模原協同病院): 第17回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会 (2006/1/21), 埼玉.

733231. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 治療終了後早期に再発したβカテニン変異とRASSF1Aメチル化を有する肝芽腫例. 中舘尚也1, 古川真祐1, 開田美保1, 橘田一輝1, 石井正浩1, 中原さおり2, 田中 潔2, 岩渕啓一3, 菅原和華4, 金子安比古4 (1小児. 2外科. 3病理. 4埼玉県立がんセンター): 日本小児肝癌スタディグループ研究会2006 (2006/1/27), 東京.

733232. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 小児1型糖尿病における発症感受性遺伝子の親から子への伝搬様式の検討. 田久保憲行1, 松浦信夫2, 横田行史1, 下浜真里子1, 風張眞由美1, 野元けい子1, 石井 正浩1 (1小児. 2聖徳大): 第24回小児内分泌代謝研究会信濃町フォラム (2006/1/28), 東京.

733233. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) べンゾジアゼピン系抗てんかん薬を内服していた母体から出生したSleeping baby syndromeの1例. 野々田 豊1, 岩崎俊之1, 石井正浩1 (1小児): 第37回神奈川小児神経懇話会 (2006/1), 横浜.

733234. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 栄養管理に苦慮した先天性水頭症の一例. 横関祐一郎1, 岩崎俊之1, 野々田 豊1, 石井正浩1 (1小児): 第278回日本小児科学会神奈川県地方会 (2006/2/18), 横浜.

H15, H16年度 未掲載分
H15-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経口摂取障害を伴ったメチルマロン酸血症児における栄養管理の経験. 太田裕子1, 小林良子1, 佐藤照子1, 田久保憲行2, 横田行史2, 松浦信夫2 (1栄.養部 2小児): 第7回日本病態栄養学会 (2004/1/11), 京都. 日本病態栄養学会誌 2003/11; 6 (3): 267.

H16-713001. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Severity of initial illness during RSV bronchiolitis is reflected in lung function in the early recovery period. 福島崇義1, Pienaar AC, Patterson HJ, Hall GL, Sly PD (1小児): The Thoracic Society of Australia & New Zealand 2005 Annual Scientific Meeting (2005/3/23), Australia, Perth.

H16-713002. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Adenosine5'-monophosphate (AMP) challenge test in pre-school children. 福島崇義1, Gangell CL; Hall GL, Patterson HJ,Stick SM, Sly PD, Franklin PJ (1小児): The Thoracic Society of Australia & New Zealand 2005 Annual Scientific Meeting (2005/3/23), Australia, Perth.

H16-732001. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 動脈管開存症 (PDA) に対するカテーテル治療と内視鏡手術の併用療法. 宮地 鑑1, 石井正浩2 (1胸外. 2小児): 第16回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会 (2005/1/17), 名古屋.

H16-733001. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 種々の抗てんかん薬の併用後に, Clobazamの単剤投与に変更し得た症候性局在関連性てんかんの3症例. 岩崎俊之1, 細田のぞみ1,2, 白井宏幸1,3, 石井正浩1 (1小児. 2相模原療育園. 3相模台病院): 第55回神奈川てんかん懇話会 (2005/1/15), 横浜.神奈川県精神医学会誌 2005/12; 55: 92.

H16-733002. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 化学療法中に敗血症,血球貪食症候群で失った肝芽腫の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 中舘尚也2, 古川真祐2 (1外科. 2小児): 日本小児肝癌スタディグループ研究会2005 (2005/1/22), 東京. 小児がん 2005/10; 42 (2): p.271.

H16-733003. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 化学療法中に敗血症,血球貪食症候群で失った肝芽腫の1例. 田中 潔1, 中原さおり1, 中舘尚也2, 古川真祐2 (1外科. 2小児): 2004年度関東甲信越地区小児がん登録研究会 (2005/2/5), 東京. 小児がん 2005/10; 42 (1): 125.

H16-733004. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) IgH-MRDモニタリングにて2つのクローンを確認した急性白血病の検討. 古川真祐1, 中舘尚也1, 開田美保1, 松浦由希子1, 安藤 寿1, 三宅 泉1 (1小児): 2004年度関東甲信越地区小児がん登録研究会 (2005/2/5), 東京. 小児がん 2005.10; 42 (1): 125.

H16-733005. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) フレカナイド持続静注にて奏功した胎児水腫合併の上室性頻拍症の1例. 古川真祐1, 中畑弥生1, 開田美保1, 大和田夏子1, 堀口泰典1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 第272回日本小児科学会神奈川地方会 (2005/2/19), 横浜. 神奈川医学会雑誌 2005/7; 32 (2): 216.

H16-733006. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 当院で経験した木村氏病の2例. 根本文子1, 安藤 寿1, 古川真祐1, 中村信也1, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児): 第273回神奈川県小児科地方会 (2005/3/19), 横浜. 神奈川医学会雑誌 2005/7; 32 (2): 219.


<<産婦人科学>>

[学術論文]

110179. [原著] Monochorionic triplet pregnancy complicated by severe fetofetal transufusion. 海野信也1, 林 晶子, 菊池昭彦, 城下奈央, 松本陽子, 立松美樹子, 堀越嗣博, 小木曽嘉文 (1産婦): J Obstet Gynaecol Res 2005; 21 (5): 414-20.

110180. [原著] Fetal hydrops associated with congenital pulmonary myofibroblastic tumor. 海野信也1, 堀越嗣博, 菊池昭彦, 松本陽子, 立松美樹子, 高江健太郎, 小木曽嘉文, 中山雅広 (1産婦): J Obstet Gynaecol Res. 2005/12; 31 (6): 552-5.

110181. [原著] Massive cystic lymphangiomas of a fetus. 海野信也1, 林 晶子, 菊池昭彦, 松本陽子, 立松美樹子, 堀越嗣博, 小木曽嘉文 (1産婦): Congenit Anom 2005/12; 45 (4): 154-6.

110182. [原著] Immunological Characterization of Superantigen-induced Intrauterine Fetal and Newborn Death. 武井英里子1, 玉内秀一2, 丸山弘子3, 中西邦明, 石川雅一1, 海野信也1, 垣生園子 (1産婦. 2微・寄生虫. 3医療衛生学部病理): Am J Reprod Immunol 2005/10; 54 (4): 232-9.

110183. [原著] Catastrophe Theory Model for Decelerations of Fetal Heart Rate. 海野信也1, 菊池昭彦, 堀越嗣博, 上妻志郎, 武谷雄二 (1産婦): Gynecol Obstet Invest 2005/10; 5 (61 (2)): 72-9.

110184. [原著] Nonlinear analysis of heart rate variability in normal and growth-restricted fetuses. 海野信也1, 菊池昭彦, 林 晶子, 堀越嗣博, 上妻志郎, 武谷雄二 (1産婦): Early Hum Dev 2005/10; 19.

110185. [原著] Two cases of a fetus with sirenomelia sequence. 海野信也1, 林 晶子, 菊池昭彦, 松本陽子, 立松美樹子, 堀越嗣博 (1産婦): Congenit Anom (Kyoto) 2005/9; 45 (3): 93-5.

110186. [原著] Prenatal diagnosis of amniotic sheets by magnetic resonance imaging. 海野信也1, 加藤 清, 塩沢丹里, 芦田 敬, 小西郁生 (1産婦): Am J Obstet Gynecol 2005/9; 193 (3): 881-4.

110187. [原著] Non-gated fetal MRI of umbilical blood flow in an acardiac twin. 海野信也1, 北川道弘, 千葉敏雄 (1産婦): Pediatr Radiol 2005/8; 35 (8): 826-9.

110188. [原著] Changes in fractal features of fetal heart rate during pregnancy. 海野信也1, 菊池昭彦, 堀越嗣博, 上妻志郎, 武谷雄二 (1産婦): Early Hum Dev 2005/8; 81 (8): 655-61.

110189. [原著] Regulatory expression of lipoxin A(4) receptor in physiologically estrus cycle and pathologically endometriosis. 本橋恵美子1, 川内博人1, 遠藤平仁2, 近藤啓文2, 北里英郎3, 蔵本博行3, 馬嶋正隆4, 海野信也1, 林  泉4 (1産婦. 2膠原病・感染. 3医療衛生学部. 4薬理): Biomed Pharmacother 2005/6; 59 (6): 330-8.

110190. [原著] Antenatal sonographic and magnetic resonance images of a giant hemangioma of the fetal skull. 海野信也1, 兵藤博信, 兵藤博恵, 高木紀美代, 中村友彦, 鹿島大靖, 近藤沙織, 小西郁生 (1産婦): Ultrasound Obstet Gynecol 2005/4; 22; 25 (5): 522-3.

110191. [原著] Induction of Uterine Prostaglandin H Synthase 2 by Estradiol Following Fetal Adrenalectomy. 海野信也1, Wu WX, Wolf R, Chakrabarty K, Collins V, Nathanielsz PW, Rose JC (1産婦): Endocrine 2005/3; 26 (2): 153-60.

110192. [原著] Small cell carcinoma of uterine cervix: a clinicopathologic study of 11 cases. 角田新平1, 上坊敏子1 (1産婦): int j gynecol cancer 2005/3; 15: 295-300.

110193. [原著] Phase II trial of docetaxel in advanced or metastatic endometrial cancer: a Japanese cooperative study. 上坊敏子 (産婦): British Journal of Cancer 2005; 93: 999-1004.

110194. [原著] Lymph node pathway in the spread of endometrial carcinoma. 上坊敏子 (産婦): European Journal of Gynecologic Oncology 2005; 26 (2): 167-9.

110195. [原著] Cytologic scoring of endometrioid adenocarcinoma of the endometrium. 上坊敏子 (産婦): Cancer 2005; 105: 8-12.

120062. [原著] 近未来 (20年後) の産科医療. 海野信也 (産婦): 周産期医学 2005; 35 (1): 129-33.

120063. [原著] 薬剤性胎児異常. 海野信也 (産婦): 薬剤師・薬学生のための臨床医学 2005; 1139-43.

120064. [原著] 陣痛発来と胎児. 海野信也 (産婦): Hormone Frontiers in Gynecology 2005; 12 (2): 27-40.

120065. [原著] 出生前小児医学─DoHaD説に関する研究の現状 小児科の新しい流れ─. 海野信也 (産婦): 先端医療シリーズ34先端医療技術研究所 2005; 124-7.

120066. [原著] 出生前診断をめぐる画像診断の行方─先天性心疾患の出生前スクリーニングについて─. 海野信也 (産婦): Clinical OB-GYN 2005; 9 (2): 8-11.

120067. [原著] 胎児鏡下臍帯血流遮断を行った一児無心体双胎の1例. 川内博人1, 鴨下詠美1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 日本内視鏡外科学会雑誌 2005; 10 (1): 97-100.

120068. [原著] 子宮体部内膜癌に対する妊孕能温存はどこまで許容できるか─その必要条件と治療法─. 上坊敏子1, 今井 愛1, 海野信也1 (1産婦): 産婦人科の世界 2006; 58 (2): 161-7.

120069. [原著] 不妊検査・治療における女性のストレス. 川内博人 (産婦): 周産期医学 2005/10; 35 (10): 1377-83.

120070. [原著] 不妊治療を受けている女性のQOL. 川内博人 (産婦): 周産期医学 2005/10; 35 (10): 1384-88.

120071. [原著] 出生前羊水染色体検査の現状─6915例の検討から─. 望月純子1, 天野 完1, 谷 昭博1, 金井雄二1, 池田泰裕1, 菊地信三1, 鴨下詠美1, 腰塚加奈子1, 海野信也1 (1産婦): 日本産科婦人科学会雑誌 2006/2; 58 (2): 699.

120072. [原著] 心疾患合併妊娠の周産期予後. 菊地信三1, 金井雄二1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 日本産科婦人科学会雑誌 2006/2; 58 (2): 534.

120073. [原著] 妊娠正期の既往帝切妊婦の経腟分娩(VBAC) における分娩誘発の安全性の検討. 金井雄二1, 鴨下詠美1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦) 日本産科婦人科学会雑誌 2006/2; 58 (2): 527.

120074. [原著] IgA腎症合併妊娠の予後. 腰塚加奈子1, 池田泰裕1, 金井雄二1, 望月純子1, 谷 昭博1, 天野 完1 (1産婦): 神奈川医学会雑誌 2006/1; 33 (1): 33.

320025. [症例報告] 巨大絨毛膜下血腫 (Breus'mole) が疑われた2例. 沼田 彩1, 腰塚加奈子1, 金井雄二1, 望月純子1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 2005/5; 42 (2): 206.

320026. [症例報告] 羊水過多症例の周産期予後. 菊地信三1, 鴨下詠美1, 池田泰裕1, 金井雄二1, 望月純子1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1, 野渡正彦2, 田中 潔3 (1産婦. 2小児. 3外科): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2005/6; 41 (2): 411.

320027. [症例報告] 出生前にde novoの均衡型相互転座と診断された3症例の検討. 望月純子1, 金井雄二1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 2005/8; 42 (3): 315.

320028. [症例報告] 悪阻症状を呈した2症例. 西村真純1, 沼尾彰子1, 菊地信三1, 金井雄二1, 望月純子1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 2005/8; 42 (3): 344.

320029. [症例報告] Fetal brain deathが疑われた症例. 今村庸子1, 沼尾彰子1, 鴨下詠美1, 菊地信三1, 池田泰裕1, 望月純子1, 金井雄二1, 天野 完1 (1産婦): 神奈川医学会雑誌 2006/1; 33 (1): 34.

520118. [総説] 子宮体癌のトピックス─内膜細胞診を中心に─. 上坊敏子 (産婦): 日本臨床細胞学会鳥取県支部会報 2005; 8: 1-5.

520119. [総説] 【FGR Fetal Growth Restriction】概念と最近の動向. 金井雄二1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 臨床婦人科産科 2005/12; 59 (12): 1557-61.

520120. [解説] 症例から学ぶ婦人科腫瘍学:子宮内膜増殖症. 上坊敏子 (産婦): 日本産科婦人科学会雑誌 2005/9; 57 (9): N211-4.

520121. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 超音波の基本 (総論). 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/4; 24 (4). 334-7.

520122. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 胎嚢 (GS) のみかた [妊娠初期]. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/5; 24 (5). 454-7.

520123. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 頭殿長 (CRL) の計測法 [妊娠初期]. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/6; 24 (6). 558-61.

520124. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 妊娠初期にみられる異常. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/7; 24 (7). 662-5.

520125. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 大横径 (BPD) の計測法. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/8; 24 (8): 770-3.

520126. [解説] ステロイドはCCAMの胎児治療に有効か? 腰塚加奈子1, 今村庸子1, 金井雄二1, 天野 完1 (1産婦): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌 2005/7; 42 (1): 84.

520127. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 胎児腹部の計測法 躯幹の計測. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/9; 24 (9): 866-9.

520128. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 大腿骨長 (FL) の計測法. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/10; 24 (10): 962-5.

520129. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 胎盤の観察. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2005/12; 24 (12): 1158-61.

520130. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 羊水の観察. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2006/2; 25 (1): 6-9.

520131. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 性別の確認. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2006/2; 25 (2): 106-9.

520132. [解説] ベーシック×ステップアップ講座 周産期超音波のみかた 手掌・足底の観察. 金井雄二 (産婦): ペリネイタルケア 2006/3; 25 (3): 202-5.

[学会・研究会]

713105. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Differential regulation of cord plasma concentrations of interleukin (IL)-8 and erythropoietin (EPO) in preterm deliveries complicated by preeclampsia (PE) and/or intrauterine growth restriction (IUGR). 海野信也 (産婦): 52th Annual Meeting of Society for Gynecologic Inves (2005/3/25), J Soc Gynecol Investig 2005.

721018. [学会 (全国)] (特別講演) 極低出生体重時の修正1歳半での新版K式の発達からみた新生児期及び短期予後の検討. 海野信也 (産婦): 第41回日本周産期・新生児医学会学術講演会 (2005/7/12), 福岡.

722075. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 「“癌にならない・負けない神奈川つくり”を目指して」 婦人科領域のがん─最近の傾向と検診─. 上坊敏子 (産婦): 第13回日本がん検診・診断学会総会 (2005/7/2), 横浜.

722076. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 子宮内膜細胞診疑陽性例の取り扱い─子宮内膜増殖症とホルモン異常内膜における細胞所見の比較検討─. 豊永真純1, 横山 大1, 柿沼廣邦1, 町田大輔1, 服部 学1,2, 上坊敏子3, 蔵本博行4, 渡邉 純5, 岩渕啓一5, 岡安 勲5 (1病院病理部. 2医療衛生学部臨床細胞. 3産婦. 4(神) 予防医学協会. 5病理): 第44回日本臨床細胞学会秋期大会 (2005/11/12), 奈良.

722077. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 子宮体癌治療ガイドライン─体癌手術─. 上坊敏子 (産婦): 第39回日本婦人科腫瘍学会学術集会 (2005/12/9), 東京.

723553. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮頸部腫瘍に対するレーザー治療・ループ治療の成績と今後の展望. 金井督之1, 上坊敏子1, 角田新平1, 新井 努2, 川口美和2, 新井正秀1, 蔵本博行3 (1産婦. 2大学院医療系研究科. 3(神) 予防医学協会): 第57回日本産科婦人科学会総会 (2005/4/3), 京都.

723554. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮頸部小細胞癌 (神経内分泌癌) の臨床病理学的, 分子病態学的検討. 和田智明1, 大和田倫孝1, 町田静生1, 嵯峨 泰1, 竹井裕二1, 藤原寛行1, 角田新平2, 上坊敏子2, 蔵本博行3, 鈴木光明1 (1自治医大. 2産婦. 3(神) 予防医学協会): 第57回日本産科婦人科学会総会 (2005/4/3), 京都.

723555. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜がん細胞へのプロゲステロン受容体遺伝子導入とプロゲステロン効果およびその作用機序の解析. 川口美和1, 渡邉 純2, 上坊敏子3, 浜野美恵子4, 角田新平3, 金井督之3, 今井 愛3, 田村俊男3, 新井 努1, 蔵本博行5 (1大学院医療系研究科. 2病理. 3産婦. 4組織培養センター. 5(神) 予防医学協会): 第57回日本産科婦人科学会総会 (2005/4/3), 京都.

723556. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体部明細胞腺癌の生物学的特性の検討. 新井 努1, 渡邉 純2, 角田新平3, 金井督之3, 今井 愛3, 田村俊男3, 上坊敏子3, 蔵本博行4 (1大学院医療系研究科. 2病理, 3産婦. 4(神) 予防医学協会): 第57回日本産科婦人科学会総会 (2005/4/3), 京都.

723557. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体癌 (類内膜癌)の予後因子に関する検討. 高橋佳容子1, 嵯峨 泰1, 今野 良1, 高野貴弘1, 大和田倫孝1, 今井 愛2, 上坊敏子2, 蔵本博行3, 鈴木光明1 (1自治医大. 2産婦. 3(神) 予防医学協会): 第57回日本産科婦人科学会総会 (2005/4/3), 京都.

723558. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット生殖器官のリポキシン受容体の発現と子宮内膜症モデルラットにおけるその変動. 川内博人1, 大類恵美子1, 田代真希1, 中村水緒1, 林  泉2 (1産婦. 2薬理): 第57回日本産科婦人科学会 (2005/4/3), 京都.

723559. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 体外受精胚移植後の妊娠初期血中hCG値のDoubling Timeと妊娠予後. 川内博人1, 石川雅一1, 大類恵美子1, 藤田一博1, 中村水緒1, 武井英理子1 (1産婦): 第57回日本産科婦人科学会 (2005/4/3), 京都.

723560. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮外妊娠に対する非子宮外妊娠に対する非観血的治療の成績. 川内博人1, 石川雅一1, 大類恵美子1, 藤田一博1, 武井英理子1 (1産婦): 第57回日本産科婦人科学会 (2005/4/3), 京都.

723561. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体部明細胞腺癌の細胞所見の検討. 新井 努1, 上坊敏子2, 川口美和1, 今井 愛2, 金井雄二2, 腰塚加奈子2, 渡邉 純3, 蔵本博行4 (1大学院医療系研究科. 2産婦. 3病理. 4(神) 予防医学協会): 第46回日本臨床細胞学会総会 (2005/5/27), 福岡.

723562. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 著明な卵巣転移、腹膜播種を来たした子宮spindle cell sarcomaの1例. 腰塚加奈子1, 今村庸子1, 金井雄二1, 上坊敏子1, 蔵本博行2 (1産婦. 2(神) 予防医学協会): 第46回日本臨床細胞学会総会 (2005/5/27), 福岡.

723563. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原発不明癌の1例. 沼尾彰子1, 今村庸子1, 腰塚加奈子1, 新井 努2, 今井 愛1, 上坊敏子1, 蔵本博行3 (1産婦. 2大学院医療系研究科. 3(神) 予防医学協会): 第46回日本臨床細胞学会総会 (2005/5/27), 福岡.

723564. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜癌細胞へのPR受容体遺伝子導入とプロゲステロン効果およびその作用機序の解析. 川口美和1, 渡邉 純2, 上坊敏子3, 浜野美恵子4, 角田新平3, 金井雄二3, 今井 愛3, 田村俊男3, 新井 努1, 蔵本博行5 (1大学院医療系研究科. 2.病理. 3産婦. 4組織培養センター. 5(神) 予防医学協会): 第46回日本臨床細胞学会総会 (2005/5/27), 福岡.

723565. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 羊水過多症例の周産期予後. 菊地信三1, 鴨下詠美1, 池田泰裕1, 金井雄二1, 望月純子1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1, 野渡正彦2, 田中 潔3 (1産婦. 2小児. 3外科): 第41回日本周産期・新生児医学会学術講演会 (2005/7/11), 福岡. 日本周産期・新生児医学会雑誌, 2005; 41 (2): 411.

723566. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵巣癌による腫瘍随伴性小脳変性症を呈した1例. 角田新平1, 上坊敏子1 (1産婦): 第38回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2005/7/22), 和歌山.

723567. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮頸部に対するNeoadjuvant chemotherapy (NAC) の有効性の検討. 角田新平1, 上坊敏子1 (1産婦): 第38回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2005/7/22), 和歌山

723568. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵巣成熟のう胞性奇形腫に発生した皮膚付属器癌の1例. 角田新平1, 上坊敏子1 (1産婦): 第38回婦人科腫瘍学会学術講演会 (2005/7/22), 和歌山.

723569. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜症性嚢胞に対する腹腔鏡下手術における内腔焼灼法と嚢胞摘出法の比較. 武井英理子1, 川内博人1, 大類恵美子1, 藤田一博1, 石川雅一1, 海野信也1 (1産婦): 第45回日本産科婦人科内視鏡学会 (2005/7/16), 宝塚.

723570. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における腹腔鏡下手術の合併症とその対策. 二井美津穂1, 川内博人1, 石川雅一1, 大類恵美子1, 藤田一博1, 武井英理子1, 海野信也1 (1産婦): 第45回日本産科婦人科内視鏡学会(2005/7/10), 宝塚.

723571. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵管癌症例の臨床所見と術前検査─卵管癌との比較を中心に─. 新井正秀1, 上坊敏子1, 角田新平1, 金井督之1, 今井 愛1, 新井 努2, 川口美和2, 海野信也1 (1産婦. 2大学院医療系研究科): 第43回癌治療学会総会 (2005/10/25), 名古屋.

723572. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における腹膜癌16例の検討. 金井督之1, 上坊敏子1, 新井正秀1, 角田新平1, 今井 愛1, 川口美和2, 新井 努2, 蔵本博行3, 海野信也1 (1産婦. 2大学院医療系研究科. 3(神) 予防医学協会): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/25), 名古屋.

723573. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮温存を希望する若年子宮体癌症例に対する化学療法の試み. 沼田 彩1, 新井 努2, 今井 愛1, 川口美和2, 西村真純1, 上坊敏子1, 海野信也1 (1産婦. 2大学院医療系研究科): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

723574. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体部明細胞腺癌の生物学的特性の解析. 新井 努1, 川口美和1, 渡邉 純2, 上坊敏子3, 蔵本博行4, 海野信也3 (1大学院.医療系研究科. 2病理. 3産婦. 4(神) 予防医学協会): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/27), 名古屋.

723575. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ソリューション・フォーカスド・アプローチによる心理教育が不妊ストレス, 精神的健康度に及ぼす効果. 中村水緒1, 遊佐浩子1, 川内博人1, 上澤悦子2 (1産婦. 2看護学部): 第50回日本不妊学会 (2005/11/17), 熊本.

723576. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胚盤胞発生率不良症例における子宮内膜細胞共培養の効果. 中村水緒1, 藤田一博1, 大類恵美子1, 石川雅一1, 川内博人1, 海野信也1 (1産婦): 第50回日本不妊学会 (2005/11/17), 熊本.

723577. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮外妊娠に対する非観血的治療の成績. 二井美津穂1, 川内博人1, 石川雅一1, 藤田一博1, 武井英理子1, 海野信也1 (1産婦): 第50回日本不妊学会(2005/11/17), 熊本.

723578. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜症性嚢胞に対する腹腔鏡下手術における内腔焼灼法と嚢胞摘出法の比較. 武井英理子1, 川内博人1, 大類恵美子1, 藤田一博1, 石川雅一1, 海野信也1 (1産婦): 第50回日本不妊学会(2005/11/17), 熊本.

723579. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮頸部明細胞腺癌の1例. 西村真純1, 新井 努2, 腰塚加奈子1, 金井督之1, 上坊敏子1, 海野信也1 (1産婦. 2大学院医療系研究科): 第44回日本臨床細胞学会秋期大会 (2005/11/11), 奈良.

723580. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜細胞診におけるThinlayer標本の診断精度に関する検討と問題点. 町田大輔1, 横山 大1, 豊永真純1, 柿沼廣邦1, 山口優美子1, 西村由香里2, 服部 学1,3, 上坊敏子4, 渡邉 純5, 岡安 勲5 (1病院病理部. 2大学院医療系研究科. 3医療衛生学部臨床細胞. 4産婦. 5病理): 第44回日本臨床細胞学会秋期大会 (2005/11/11), 奈良.

723581. [学会 (全国])] (一般講演・ポスター) Thinlayer法と免疫細胞化学染色による子宮内膜癌の予後判定. 西村由香里1, 渡邉 純2, 服部 学3, 新井 努1, 川口美和1, 上坊敏子4, 蔵本博行5, 岡安 勲2 (1大学院医療系研究科. 2病理. 3医療衛生学部臨床細胞. 4産婦. 5(神) 予防医学協会): 第44回日本臨床細胞学会秋期大会 (2005/11/11), 奈良.

723582. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) NACが有効であった子宮体部癌肉腫の2例. 小野重満1, 新井正秀1, 今村庸子1, 金井督之1, 新井 努2, 上坊敏子1, 海野信也1 (1産婦. 2大学院医療系研究科): 第44回日本臨床細胞学会秋期大会 (2005/11/11), 奈良.

731044. [地方会・研究会] (特別講演) 切迫早産の管理─胎児の病態把握・妊娠予後の予測・新生児予後─. 海野信也 (産婦): 日本産科婦人科学会熊本地方部会 (2005/6/23), 熊本.

731045. [地方会・研究会] (特別講演) 切迫早産の管理─妊娠予後の予測・新生児予後─. 海野信也 (産婦): 平成17年度島根大学医学部産科婦人科学教室同門会学術講演会特別講演 (2005/6/26), 出雲.

731046. [地方会・研究会] (特別講演) 切迫早産の管理─妊娠予後と新生児予後─. 海野信也 (産婦): 第62回日本産科婦人科学会栃木地方部会特別講演 (2005/9/4), 宇都宮.

731047. [地方会・研究会] (特別講演) 切迫早産の管理─妊娠予後と新生児予後─. 海野信也 (産婦): 第9回湘南産婦人科研修会特別講演 (2005/9/8), 茅ヶ崎.

731048. [地方会・研究会] (特別講演) 産婦人科医療提供体制の再構築にむけて─極低出生体重児の発達予後からみた周産期管理─. 海野信也 (産婦): 第34回岩手周産期研究会 (2006/2/18), 岩手.

732026. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 29歳, 未婚PCOSできはつ月経であった. 不正出血が続き, 婦人科受診したところ, 内膜組織診で子宮体癌と判明した. MRI所見からIa期とと思われる. こんなときどうする. 上坊敏子 (産婦): 第109回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (2005/6/12), 東京.

732027. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 無痛分娩で分娩第二期になり無感覚のため怒責がかからない。こんな時どうする。─無痛分娩の実際と普及のために─. 天野 完 (産婦): 第109回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会 (2005/6/12), 東京.

732028. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 新生児予後からみた早産管理─切迫早産の予防・治療は有効か─. 海野信也 (産婦): 第22回日本分娩管理研究会シンポジウム (2005/7/11), 福岡.

732029. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 分娩管理におけるリスクマネージメント. 谷 昭博 (産婦): 第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/10/16), 松本.

732030. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 周産期診療のリスクマネージメント. 海野信也 (産婦): 第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/10/16), 松本.

732031. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 切迫早産の管理─妊娠予後と児の予後について─. 海野信也 (産婦): 相模原産婦人科医会講演 (2005/12/7), 相模原.

732032. [地方会・研究会] (シンポジウム招待講演) 実践: 分娩介助. 海野信也 (産婦): 第14回全国救急隊員シンポジウム (2006/1/27), 新潟.

732033. [地方会・研究会 (シンポジウム招待講演) 産科医療資源の集約化・重点化の方針 何がいま急がれるのか? “お産ができるところが急激に減っていく─産科医不足の現状とその解決に向けて─”. 海野信也 (産婦): (2006/3/12), 小田原.

733235. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 卵巣癌による腫瘍随伴性小脳変性症を呈した1例. 角田新平1 上坊敏子1 (1産婦): 第24回日本臨床細胞学会神奈川県支部学術集会 (2005/9/24), 神奈川県.

733236. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 胎胞膨隆症例における妊娠延長日数の検討─細菌性腟症との関連─. 吉田志朗1, 花田信継1, 山下隆博1, 亀井良政1, 藤井知行1, 上妻志郎1, 菊池昭彦2, 海野信也3, 武谷雄二1 (1東大. 2長野こども病院. 3産婦): 第23回日本産婦人科感染症研究会 (2005/5/28), 東京.

733237. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 胎児心拍数モニタリングを再検討する. 海野信也 (産婦): 座間・綾瀬・海老名産婦人科医会 (2005/5/31), 座間.

733238. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター)  巨大絨毛膜下血腫 (Breus’ mole)が疑われた2例. 沼田 彩1, 腰塚加奈子1, 金井雄二1, 望月純子1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第109回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/6/12), 東京.

733239. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 妊娠を契機に発症したCNSループスの1例. 沼尾彰子1, 二井美津穂1, 望月純子1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第109回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/6/12), 東京.

733240. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 産婦人科領域の急性腹症. 海野信也 (産婦): 第371回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2005/7/2), 川崎.

733241. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 精神症状を呈した重症妊娠悪阻の一例─意外な結末─. 海野信也1, 天野 完1 (1産婦): 第371回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2005/7/2), 川崎.

733242. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 新版K式発達検査による出生体重1500 g未満児の発達予後の検討. 海野信也 (産婦): 第6回長野県ペリネイタルカンファランス (2005/7/6), 福岡.

733243. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 切迫早産の管理─胎児の病態把握・妊娠予後の予測・新生児予後─. 海野信也 (産婦): 小田原地区産婦人科医会 8月定例研究会講演会 (2005/8/1), 小田原.

733244. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 超緊急時の対応─帝王切開をめぐる諸問題─. 海野信也 (産婦): 第354回四水会 (2005/9/21), 東京.

733245. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 卵管癌17例の臨床的検討. 沼田 彩1, 新井正秀1, 角田新平1, 金井雄二1, 今井 愛1, 新井 努2, 川口美和2, 上坊敏子1, 海野信也1 (1産婦. 2大学院医療系研究科): 第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/10/15), 松本.

733246. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 出生前にde novoの均衡型相互転座と診断された3症例の検討. 望月純子1, 金井雄二1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/10/15), 松本.

733247. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) NACが有効であった子宮体部癌肉腫の2例. 小野重満1, 新井正秀1, 金井雄二1, 新井 努2, 今村庸子1, 上坊敏子1, 海野信也1 (1産婦. 2大学院医療系研究科): 第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/10/16), 松本.

733248. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 悪阻症状を呈した2症例. 西村真純1, 沼尾彰子1, 菊地信三1, 金井雄二1, 望月純子1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第110回日本産科婦人科学会関東連合地方部会 (2005/10/16), 松本.

733249. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 周産期医療提供体制の危機. 海野信也 (産婦): 第60回神奈川周産期 (産科) 救急連絡会 (2005/11/15), 横浜.

733250. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 当科における内視鏡下手術の合併症とその対策. 海野信也1, 川内博人1, 石川雅一1 (1産婦): 第353回四水会 (2005/3/2), 東京.

733251. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 対応に苦慮した侵入胎盤の一例. 沼田 彩1, 今村庸子1, 腰塚加奈子1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第373回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2006/3/4), 横浜.

733252. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 産婦人科医療提供体制について. 海野信也 (産婦): 第16回神奈川県西部産婦人科研修会 (2006/3/9), 相模原.

733253. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) SLE合併妊娠をめぐって. 楯 浩行1, 沼尾彰子1, 望月純子1, 金井雄二1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第355回四水会(2006/3/2), 東京.


<<整形外科学>>

[学術論文]

110196. [原著] Influence of three-dimensional culture in a type II collagen sponge on primary cultured and dedifferentiated chondrocytes. 向井田智之1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 相川 淳1, 片野素昭1, Suong-Hyu Hyon2, 糸満盛憲1 (1整外. 2京都大): J Orthopaedic Science 2005; 10: 521-8.

110197. [原著] Effects on reamed or undreamed intramedullary nailing under non-damaged conditions on pulmonary function on sheep. 青木信一1, 横山一彦1, 糸満盛憲1 (1整外): The Journal of Trauma 2005/09; 59 (3): 647-58.

110198. [原著] Establishment of rat model of acute staphylococcal 0stomyelitis: relationship between inoculation dose and development of osteomyelitis. 福島宣明1, 横山一彦1, 笹原武志2, 土橋 洋3, 糸満盛憲1 (1整外. 2微・寄生虫. 3山梨大): Arch Orthop Trauma Surg 2005; 125: 169-76.

110199. [原著] Assessment of the fixation stiffness of some femoral stems of different designs. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): Clinical Biomechanics 2006; 21 (4): 370-8.

110200. [原著] Importance of the lateral anatomic tibial slope as a guide to the tibial cut in total knee arthroplasty in Japanese patients. 桑野隆史1, 占部 憲2, 三浦裕正1, 長嶺隆二1, 松田秀一1, 岩本幸英1 (1九州大. 2整外): J Orthop Sci 2005; 10: 42-47.

110201. [原著] Development of heating method by microwave for the sterilization of bone allografts. 内山勝文1, M Ujihira, 馬渕清資2, 高平尚伸1, 小宮宏一郎1, 糸満盛憲1 (1整外. 2医療衛生学部): J Orthop Science 2005; 10: 77-83.

110202. [原著] Improvement of scoliosis and pelvic obliquity after instrumentation and fusion toL5 for patients with spinal deformity greater than 70 degrees due to Duchenne muscular dystrophy. 高相晶士 (整外): Spinal Deformity 2005/12; 20 (1): 133-40.

110203. [原著] Challenge of surgical management for patients with severe spinal deformity and poor vital capacity due to Duchenne muscular dystrophy. 高相晶士 (整外): Spinal Deformity 2005/12; 20 (1): 74-82.

110204. [原著] Angiotensin type 1a Receptor Signaling-dependent Induction of Vascular Endothelial Growth Factor in Stroma is Relevant to Tumor-associated Angiogenesis and Tumor Growth. 藤田 護1, 林  泉2, 山科正平3, 深水昭吉2, 糸満盛憲1, 馬嶋正隆2 (1整外. 2薬理. 3解剖): Carcinogenesis 2005; 26 (2): 271-9.

110205. [原著] Radiographic comparative evaluation of the Sauve-Kapandji procedure and the Darrach procedure for rheumatoid wrist reconstruction. 小林明正1, 二見俊郎1, 只野 功1, 藤田 護1, 渡辺哲哉1, 森口尚生1 (1整外): Modern Rheumatology 2005/06; 15 (3): 187-90.

120075. [原著] 橈骨頭骨折の機能成績. 朴 晃正1, 横山一彦1, 中村光伸1, 大塚 宏1, 中村聡明2, 糸満盛憲1 (1整外. 2二ツ家整形外科): 東日本整形災害外科学会雑誌 2004; 16 (1): 1-7.

120076. [原著] Hannover fracture scale ’98は感染発症の指標となるか? 脛骨開放骨折における検討. 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 大塚 宏1, 糸満盛憲1, 鈴木 卓2 (1整外. 2救命): 骨折 2005/05; 27 (1): 6-10.

120077. [原著] Gustilo V型下腿骨関節部開放骨折の治療成績. 内野正隆1, 小宮宏一郎1, 横山一彦1, 中村光伸1, 新藤正輝2, 糸満盛憲1 (1整外. 2昭和大): 東日本整形災害外科学会雑誌 2005/12; 17 (4): 525-31.

120078. [原著] 50歳以下の進行期から末期変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術とChiari骨盤骨切り術併用手術─長期成績と長期計画における治療方針─. 高平尚伸1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 朴 晃正1, 善平哲夫1, 糸満盛憲1 (1整外): 東日本整形災害外科学会雑誌 2005/06; 17 (2): 132-7.

120079. [原著] 人工膝関節全置換術時の膝蓋下脂肪体切除術が術後の膝蓋腱長に与える影響. 占部 憲1, 善平哲夫1, 藤田 護1, 相川 淳1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 東日本整形災害外科学会雑誌 2006/03; 18 (7): 7-10.

120080. [原著] 関節リウマチ手関節障害に対する尺骨近位断端制動術を加えたSauve-Kapandji法および Darrach法の検討. 藤田 護1, 小林明正1, 二見俊郎1 (1整外): 日本手の外科学会雑誌 2005/10; 22: 224-7.

120081. [原著] 手根管開放術後に発生した弾発指の検討. 小林明正1, 二見俊郎1, 只野 功1, 森口尚生1, 脇田隆司1 (1整外): 日本手の外科学会雑誌 2005/10; 22 (3): 48-50.

120082. [原著] 脊柱側彎症手術における肋骨部分切除によるthoracoplastyの効果. 高相晶士 (整外): 脊柱変形 2005/12; 20 (1): 96-101.

120083. [原著] 幼小児脊柱側彎症手術のための伸長可能なsystemの開発. 高相晶士 (整外): 脊柱変形 2005/06; 20 (1): 3-15.

120084. [原著] Preoperative MRI analysis of patients with idiopathic scoliosis. 高相晶士 (整外): Spine 2005/02; 30 (2):108-14.

210009. [準原著] Appropriate localization of the stress at the fixation area of a hip prosthesis. 酒井利奈1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): Proceeding of 6th Asia-Pacific conference on medical and biological engineering, CD-ROM 2005.

210010. [準原著 ] Appropriate localization of contact stress in order to realize a stable initial fixation of a joint prosthesis. 酒井利奈1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): Abstract of the 18th annual symposium of the international society for technology in arthroplasty 2005.

210011. [準原著] Limit contact stress of total knee prostheses. 馬渕清資1, 酒井利奈1, 大田未来1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): Proceedings of the 5th Kobe international forum and 25th Japanese biotribology symposium 2005; 39-40.

210012. [準原著] Fixation stiffness of some femoral stem with specific geometries estimated in model femurs. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): Proceedings of the 5th Kobe international forum and 25th Japanese biotribology symposium 2005; 54-56.

220042. [準原著] 人工膝関節全置換術におけるposterior condylar offsetと膝屈曲可動域の検討. 藤田 護1, 占部 憲1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2005/12; 35: 15-16.

220043. [準原著] 小切開THAの従来切開THAとの臨床成績の比較と手術操作時の工夫. 高平尚伸1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 引田俊一1,2, 朴 晃正1, 善平哲夫1, 糸満香織1, 福島健介1, 山本豪明1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 日本人工関節学会誌 2005/12; 35: 47-48.

220044. [準原著] 血液透析患者に対する人工骨頭置換術および全人工関節置換術の治療成績. 朴 晃正1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 善平哲夫1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2005/12; 35: 73-74.

220045. [準原著] 大腿骨外反骨切り術後の人工股関節置換術の工夫と問題点. 内山勝文1, 高平尚伸1, 鈴木 卓2, 高崎純孝1, 朴 晃正1, 山本豪明1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 日本人工関節学会誌 2005/12; 35: 295-6.

220046. [準原著] 特徴的な固定法を持つ各種ステムの骨軸方向における固定剛性の比較. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 高平尚伸2, 内山勝文2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): 日本人工関節学会誌 2005/12; 35: 343-4.

220047. [準原著] 人工膝関節接触応力の許容限界. 馬渕清資1, 酒井利奈1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): 日本臨床バイオメカニクス学会雑誌 2005; 26: 463-7.

220048. [準原著] 固定剛性を指標とした人工股関節ステムの評価. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): 日本臨床バイオメカニクス学会雑誌 2005; 26: 267-72.

220049. [準原著] 人工股関節各種ステムの固定部接触領域における圧力分布の最適化. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): 日本臨床バイオメカニクス学会雑誌 2005; 26: 273-8.

220050. [準原著] 人工股関節ステムの最適応力分布─各種ステムにおける応力分布測定と有限要素法解析─. 酒井利奈1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): バイオメカニズム学会誌 2005; 29 (4): 210-8.

220051. [準原著] 特徴的な形状を有する人工股関節各種ステムにおける制動能の比較. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): バイオメカニズム学会誌 2005; 29 (4): 219-26.

220052. [準原著] 小児骨折の治療. 別府諸兄1, 糸満盛憲2 (1聖マリアンナ大. 2整外): 日本小児整形外科学会雑誌 2005; 14 (2): 124.

220053. [準原著] 大腿骨頚部骨折診療ガイドライン. 萩野 浩1, 渡部欣忍2, 中野哲雄3, 糸満盛憲4, 松下 隆2 (1鳥取大. 2帝京大. 3公立玉名中央病院. 4整外): 日本整形外科学会雑誌 2005/05; 79 (5): 298-304.

220054. [準原著] 屍体肘による内側側副靭帯の形態解剖. 小林明正1, 二見俊郎1, 青木晴彦1, 只野 功1, 森口尚生1 (1整外): 日本肘関節学会雑誌 2005; 12 (2): 3-4.

220055. [準原著] Duchenne型筋ジストロフィーに伴う高度に進行した脊柱変形に対する下位腰椎までのインストゥルメンテーション手術. 高相晶士 (整外): 筋ジストロフィー治療のエビデンス構築に関する臨床研究班報告書 2006/03.

310026. [症例報告] Functional outcome and quality of life of gustilo VB open tibial fractures requiring free tissue transfers: A report of eight cases. 朴 晃正1, 横山一彦1, 中村光伸1, 内野正隆1, 鈴木 卓2, 大塚 宏1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): Microsurgery 2005; 25 (7): 532-7.

310027. [症例報告] Early undreamed intramedullary nailing without a interval and simultaneous flap coverage following external fixation in type VB open tibial fractures: A report of four successful cases. 上野正喜1, 横山一彦1, 中村光伸1, 内野正隆1, 鈴木 卓2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): Injury 2006; 37: 289-94.

310028. [症例報告] “Slipper-like avulsion injury”of the foot: A report of two rare cases salvaged by conventional cross-leg flaps. 横山一彦1, 青木信一1, 大塚 宏1, 朴 晃正1, 福島宣明1, 糸満盛憲1 (1整外): J Trauma 2005; 59: 1239-42.

320030. [症例報告] 鎖骨遠位端切除術を施行した両側有痛性変形性肩鎖関節症の1例. 小沼賢治1, 小林明正1, 只野 功1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 二見俊郎1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2005/05; 17 (5): 161-5.

320031. [症例報告] 末端肥大症 (acromegaly) に併発した両側変形性股関節症の1例. 福島健介, 内山勝文1, 高平尚伸1, 向井田智之1, 大川 孝1, 高崎純孝1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会雑誌 2005; 36 (1): 20-3.

520133. [総説] 手術側を間違えないための工夫をしていますか? 二見俊郎1, 小林明正1, 渡辺哲哉1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 森口尚生1 (1整外): 骨・関節・靭帯 2005/06; 18 (6): 483-7.

520134. [総説] 代表的疾患のリハビリテーション─肘関節周囲骨折─. 二見俊郎 (整外): 整形外科 2005/07; 56 (8, 増刊号): 936-9.

520135. [総説] 上肢症状を主訴としたPancoast腫瘍. 小沼賢治1, 小林明正1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 山本豪明1, 二見俊郎1 (1整外): 整形外科 2005/12; 56 (13): 1663-6.

520136. [総説] 代表的疾患のリハビリテーション─膝周辺骨折─. 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 整形外科 2005/07; 56 (8, 増刊号): 1013-8.

520137. [総説] 上腕骨外側上顆炎の手術療法─Boyd手術を中心に─. 二見俊郎1, 小林明正1, 中澤俊之1, 森口尚生1, 井村貴之1, 新田浩史1 (1整外): 整形・災害外科 2005/08; 48 (9): 1031-7.

520138. [総説] 同種骨移植の実際. 成瀬康治1, 糸満盛憲1, 内田菜央 (1整外): リウマチ科 2005/06; 33 (6): 662-8.

520139. [総説] 骨粗鬆症に伴う大腿骨頸部骨折をリハビリテーション. 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 骨粗鬆症治療 2005/10; 4 (4): 27-32.

520140. [総説] Ducenne型筋ジストロフィー伴う脊柱変形に対するインストゥルメンテーション手術. 高相晶士1, 井上雅俊2, 守屋秀繁3, 山崎正志3, 礒部啓二郎3, 中田好則4, 南 昌平5, 小谷俊明5, 糸満盛憲1 (1整外. 2千葉東病院. 3千葉大. 4船橋整形外科西船クリニック. 5聖隷佐倉市民病院): 臨床整形外科 2006/02; 41 (2): 175-81.

520141. [総説] 手掌部小切開法による直視下手根管開放術. 小林明正 (整外): 関節外科 2005/10; 24: 150-3.

520142. [総説] 関節リウマチにおける高分子ヒアルロン酸注射. 高平尚伸1, 糸満盛憲1, 成瀬康治1 (1整外): 医学と薬学 2005/11; 54 (5): 633-8.

520143. [総説] 正常関節液および変形性関節症関節液の粘弾性とヒアルロン酸添加による変化. 塚本行男1, 遠藤太刀男1, 三次照三2, 前田和章2 (1整外. 2電気化学工業研究所): 整形外科 2006/02; 57 (2): 125-33.

520144. [総説] 進行期・末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術─理論と手技, 合併手術の適応, 成績─. 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外): Monthry Book Orthopaedics 2006/03; 19 (3): 48-53.

520145. [総説] 整形外科へいらっしゃい─「人間の尊厳」を支える科─. 糸満盛憲 (整外): 臨床研修プラクティス 2005/08; 12 (8): 77-81.

520146. [総説] 腰痛・背部痛. 占部 憲 (整外): 臨床研修プラクティス 2006/02; 3 (3): 20-22.

520147. [総説] 関節痛. 占部 憲 (整外): 臨床研修プラクティス 2006/02; 3 (3): 23-25.

520148. [総説] 「軟骨修復国際会議」に参加して. 占部 憲 (整外): 臨床整形外科 2005; 40 (1): 54-55.

520149. [総説] 北里大学骨バンク運営費用について. 小宮宏一郎1, 成瀬康治1, 内山勝文1, 小林 (内田) 菜央2, 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外. 2骨バンク): 別冊整形外科 2005; 47: 72-74.

520150. [総説] 人工股関節のクリニカルパス. 見井田和正1, 辺土名 隆1, 内野正隆2, 高平尚伸2, 糸満盛憲2 (1リハビリテーション部. 2整外): MB Med Reha, 62: 54-63, 2006.

520151. [総説] 同種骨移植を用いた大腿骨側人工股関節再置換術. 高平尚伸1, 高崎純孝1, 成瀬康治1, 小宮宏一郎1, 小林菜央2, 糸満盛憲1 (1整外. 2骨バンク): 別冊整形外科 2005; 47: 75-82.

520152. [総説] 頚部骨折の治療. 小林明正 (整外): 整形外科看護 2005/06; 10 (6): 559-63.

[著 書]

620143. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 筋力測定, p.11-12. 占部 憲 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620144. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 捻挫と脱臼, p.122-3. 小林明正 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620145. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 多発外傷患者の初期治療, p.126-30. 内野正隆 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620146. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 骨の手術, p.237-40. 糸満盛憲 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620147. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 壊死性筋膜炎, p.283-4. 内野正隆 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620148. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 開放骨折後の骨髄炎, p.284-7. 横山一彦 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26.発行

620149. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド ヘバーデン結節, ブシャール結節, p.690-2. 二見俊郎 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620150. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 母指手根中手 (CM) 関節関節症, p.692-3. 二見俊郎 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620151. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 単純性股関節炎, p.822-3. 高平尚伸 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620152. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド分担 被虐待児における骨折, p.908-9. 内野正隆 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620153. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 変形性股関節症, p.826-8. 糸満盛憲 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620154. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 急速破壊型股関節症, p.828-9. 高平尚伸 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620155. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 外傷性骨壊死, p.916-8. 高平尚伸 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620156. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 遠位端骨折, p.923-4. 内野正隆 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620157. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 近位部骨折, p.934-6. 中村光伸 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620158. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 骨幹部骨折, p.936-8. 中村光伸 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620159. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 有鉤骨鉤骨折, p.963-4. 小林明正 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620160. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 大腿骨転子下骨折, p.1010-2. 横山一彦 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620161. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 大腿骨骨幹部骨折, p.1013-5. 横山一彦 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620162. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 顆間隆起骨折, p.1026-7. 占部 憲 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620163. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 脛骨プラトー骨折, p.1027-30. 占部 憲 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620164. [学術書] (分担執筆) 整形外科診療実践ガイド 距骨骨折, p.1041-3. 中村光伸 (整外), 編 守屋秀繁1, 糸満盛憲2, 内田淳正3, 荻野利彦4, 黒坂昌弘5, 戸山芳昭6 (1千葉大. 2整外. 3三重大. 4山形大. 5神戸大. 6慶応大), (株) 文光堂, 東京, 2006/2/26発行.

620165. [学術書] (分担執筆) 股関節外科の要点と盲点 大腿骨外反伸展・外反屈曲骨切り術のコツ, p.201-5. 糸満盛憲 (整外), 編 久保俊一 (京都大), 監修 岩本幸英 (九州大), (株) 文光堂, 東京, 2005/11/3発行.

620166. [学術書] (分担執筆) 整形外科術前・術後のマネジメント第2版 整形外科医の救急業務の要点, p.59-64. 内野正隆1, 糸満盛憲1 (1整外), 編 伊藤達雄1, 大塚隆信2, 久保俊一3 (1東京女医大. 2名古屋市立大. 3京都大), 監修 松井宣夫1, 平澤泰介2 (3名古屋市立大. 2京都府立大), (株) 医学書院, 東京, 2005/5/15発行.

620167. [学術書] (分担執筆) 改訂版 整形外科専門医をめざすための経験すべき外傷・疾患97 大腿骨頭壊死症, p.404-9. 糸満盛憲1, 泉 敏弘2 (1整外. 2西伯病院), 編 菊地臣一1, 中村利孝2, 越智光夫3 (1福島県立医大. 2産業医大. 3広島大), (株) メジカルビュー社, 東京, 2006/3/20発行.

620168. [学術書] (編集) Monthly Book Orthopaedics 19巻3号 変形性股関節症の関節温存手術. 編 糸満盛憲 (整外), 全日本病院出版会, 東京, 2006/3/15発行.

620169. [学術書] (分担執筆) Useful surgical approach-定型からオリジナルまで 上腕骨骨幹部へのアプローチ 骨折を対象として, p.48-53. 占部 憲 (整外), 編 岩本幸英 (九州大), (株) メジカルビュー社, 東京, 2005/11/10発行.

620170. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第3章整形外科的治療法, p.29-40. 占部 憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620171. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第10章感染性骨・関節疾患 A化膿性骨髄炎, 急性化膿性骨髄炎, p.255-7. 高平尚伸 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620172. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第10章感染性骨・関節疾患 A化膿性骨髄炎, 慢性化膿性骨髄炎, p.257-9. 高平尚伸 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620173. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 上腕骨骨折 (1. 上腕骨頚部骨折, 2. 上腕骨骨幹部骨折), p.363-4. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620174. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 肘関節部骨折 (1. 上腕骨遠位端骨折, 2. 肘頭骨折, 3. 橈骨近位端骨折, 4. 肘内障), p.365-9. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620175. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 骨盤骨折, p.376-9. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620176. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 大腿骨骨幹部骨折, p.384-7. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620177. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 膝関節部骨折 (1. 解剖学的特徴, 2. 大腿骨顆上部,顆部骨折, 3. 大腿骨遠位端線損傷, 4. 膝蓋骨骨折, 5. 脛骨プラトー骨折, 6. 膝関節部 (骨) 軟骨骨折, 7. 脛骨近位端線損傷), p.387-91. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620178. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 脛骨骨幹部骨折, p.391-4. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620179. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 足関節部骨折 (1. 足関節果部骨折, 2. 脛骨下端部関節内骨折), p.394-8. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620180. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 踵骨骨折, p.398-401. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15.

620181. [教科書] (分担執筆) TEXT 整形外科学第3版 第12章外傷 B骨折・脱臼, 距骨骨折, p.401-3. 糸満盛憲 (整外), 編 糸満盛憲1, 早乙女紘一2, 守屋秀繁3 (1整外. 2獨協大. 3千葉大), (株) 南山堂, 東京, 2006/3/15発行.

620182. [教科書] (分担執筆) 標準整形外科学 第9版 第6編 外傷学, 32外傷総論, p.622-51. 糸満盛憲 (整外), 編 鳥巣岳彦1, 国分正一2, 中村利孝3, 松野丈夫4, 内田淳正5 (1大分大. 2東北大. 3産業医大. 4旭川医大. 5三重大), (株) 医学書院, 東京, 2005/5/15発行.

620183. [教科書] (分担執筆) 標準整形外科学 第9版 第6編 外傷学, 34骨折・脱臼 (各論), p.663-719. 糸満盛憲 (整外), 編 鳥巣岳彦1, 国分正一2, 中村利孝3, 松野丈夫4, 内田淳正5 (1大分大. 2東北大. 3産業医大. 4旭川医大. 5三重大), (株) 医学書院, 東京, 2005/5/15発行.

620184. [学術書] (翻訳) AO法骨折治療 (AO Principles of fracture management). 糸満盛憲1, 田中 実2 (1整外. 2君津中央病院), (株) 医学書院, 2003/5発行.

[学会・研究会]

711005. [国際セミナー] (特別講演) Proximal osteotomy for advanced OA in middle aged patients. 糸満盛憲 (整外): Keymyung university Orthopaedics Seminar (2005/5/18), 韓国.

711006. [国際セミナー] (特別講演) Allograft reconstruction of bone defects in revision THR. 糸満盛憲 (整外): Keymyung university Orthopaedic Seminar (2005/5/18), 韓国.

711007. [学会 (国際)] (特別講演) Joint reconstruction without replacement arthroplasty for advanced OA of the hip. 糸満盛憲1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 占部 憲1, 高崎純孝1 (1整外): 第49回韓国股関節学会 (2005/5/20-21), 韓国. 抄録集, p.43.

712008. [学会 (国際)] (シンポジウム) imit contact stress of total knee prostheses. 馬渕清資1, 酒井利奈1, 大田未来1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): 5th Kobe international forum and 25th Japanese biotribology symposium (2005/6/3), 神戸. Proceedings of the 5th Kobe international forum and 25th Japanese biotribology symposium 2005; 39-40.

712009. [学会 (国際)] (シンポジウム) Fixation stiffness of some femoral stem with specific geometries estimated in model femurs. 酒井利奈1, 金井伸枝1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): 5th Kobe international forum and 25th Japanese biotribology symposium (2005/6/3), 神戸. Proceedings of the 5th Kobe international forum and 25th Japanese biotribology symposium 2005; 54-56.

713106. [学会 (国際)] (一般講演) Arthroscopic evaluation after surgical repair of intercondylar eminence fractures. 朴 晃正1, 占部 憲1, 相川 淳1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 5th International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sport Medicine (2005/4/3-7), フロリダ, アメリカ. ISACOS Electronic Posters 2005.

713107. [学会 (国際)] (一般講演) Comparison the anatomical axis of the distal femur to the femoral stem for total knee replacement in lateral radiography. 占部 憲1, 上野正喜1, 峰原宏昌1, 藤田 護1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): The 16th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium (2005/7/7), 岐阜. 抄録集 p.27.

713108. [学会 (国際)] (ポスター演題) Comparison of blood data on the pain between the minimal incision and conventional incision in total hip arthroplasty. 高平尚伸1, 内山勝文1, 片野素昭1, 高崎純孝1, 引田俊一2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): The 18th annual symposium of the international society for technology in arthroplasty (ISTA 2005) (2005/09/29-10/2), 京都. Abstracts p.120.

713109. [学会 (国際)] (ポスター演題) Long term result of both valgus osteotomy and Chiari one together at the same time on advanced and terminal osteoarthritis in patients under 50. 高平尚伸 (整外): 23th World congress SICOT/SIROT 2005 (2005/9/2-9), istanbul.

713110. [学会 (国際)] (一般講演) Difference in distal femur morphology between American and Japanese osteoarthritis patients, evaluated by lateral radiography. 占部 憲1, Mahoney OM2, 峰原宏昌1, 上野正喜1, 宮部 基1, 藤田 護1, 相川 淳1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外. 2米国): The 18th annual symposium of the International Society for Technology in Arthroplasty (2005/10/3), 京都.

713111. [学会 (国際)] (ポスター講演) Angiotensin type 1a receptor knock out cells derived from bone marrow inhibit tumor-associated angiogenesis and tumor growth. 藤田 護1, 馬嶋正隆2, 深水昭吉2, 糸満盛憲1 (1整外. 2薬理): 日独整形外科学会 2005 (2005/10/22), Berlin, Germany. ドイツ整形外科学会雑誌 2005; S181.

713112. [学会 (国際)] (ポスター講演) In vitro evaluation of solvent-preserved human menisci. 峰原宏昌1, 占部 憲1, 成瀬康治1, Mehlhorn AT2, Schmal H2, Strohm PC2, Gutwald R2, Stark GB2, Muller CA2, Sudkamp NP2, 糸満盛憲1 (1整外. 2Freiburg大), 日独整形外科学会 2005 (2005/10/22), Berlin, Germany.

713113. [学会 (国際)] (一般講演) Cementless revision total hip arthroplasty on femoral side using allograft bones. 高平尚伸1, 内山勝文1, 片野素昭1, 高崎純孝1, 糸満盛憲1 (1整外): 日独整形外科学会 2005 (2005/10/22), Berlin, Germany. ドイツ整形外科学会雑誌 2005; S180.

713114. [学会 (国際)] (ポスター講演) Development of a thermal disinfection method of bone allografts using a microwave apparatus-microbiological and biomechanical studies-. 内山勝文1, M Ujihira, 馬渕清資2, 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外. 2医療衛生学部): 日独整形外科学会 (2005/10/22), Berlin Germany.

713115. [学会 (国際)] (ポスター講演) Low intensity pulse ultrasound accelerate endochondral ossification in aged mouse fracture model. 成瀬康治1, 占部 憲1, 高垣裕子2, 小沼賢治1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1 (1整外. 2神奈川歯大): The 6th International Cartilage Repair Society Symposium (2006/1/10), サンディエゴ, USA.

713116. [学会 (国際)] (ポスター講演) Distinct response of chondrocytes derived form permanent cartilage to high molecular weight hyaluronan. 小沼賢治1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1 (1整外): The 6th International Cartilage Repair Society Symposium (2006/1/10), サンディエゴ, USA.

713117. [学会 (国際)] (ポスター講演) Effect of BMP-2, FGF-2, PDGF-bb on cell migration of uncommitted and committed mesenchymal stem cells. 内田健太郎1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 馬渕清資1, 氏平正伸1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): The 6th International Cartilage Repair Society Symposium (2006/1/10), サンディエゴ, USA.

721019. [学会 (全国)] (特別講演) 髄内釘による骨折手術 ─その発展と Pitfall─. 糸満盛憲 (整外): 第31回日本骨折治療学会 (2005/7/8-9), 富山. 骨折 2005; 27 (S.): S2.

721020. [学会 (全国)] (特別講演) 末期股関節症に対する人工関節を用いない機能再建術. 糸満盛憲 (整外): 第32回日本股関節学会 (2005/11/6-8), 新潟. 抄録集 p.73.

722078. [学会 (全国)] (シンポジウム) 大腿骨頚部・転子部骨折治療ガイドラインの意義と検証. 松下 隆1, 渡部欣忍1, 萩野 浩2, 中野哲雄3, 糸満盛憲4 (1帝京大. 2鳥取大リハビリ. 3公立玉名中央病院. 4整外): 第78回日本整形外科学会学術総会 (2005/5/12-15), 横浜. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (3) 抄録号: S240.

722079. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 髄内釘骨接合術の合併症と対策. 新藤正輝1, 田中啓司1, 有賀 徹1, 雨宮章哲2, 宮岡英世2, 鈴木 卓3, 内野正隆4, 糸満盛憲4 (1昭和大救急. 2昭和大整形. 3救命. 4整外): 第78回日本整形外科学会学術総会 (2005/5/12-15), 横浜. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (4) 抄録号: S287.

722080. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 脛骨開放骨折に対する髄内釘骨接合術の適応と限界. 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 小宮宏一郎1, 鈴木 卓2, 福島健介1, 朴 晃正1, 新藤正輝3, 相馬一亥2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命. 3昭和大救急): 第78回日本整形外科学会学術総会 (2005/5/12-15), 横浜. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (4)抄録号: S288.

722081. [学会 (全国)] (主題演題) 人工骨頭を含む人工股関節周囲骨折の治療. 新田浩史1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1, 二見俊郎1 (1整外): 第31回日本骨折治療学会 (2005/7/8-9), 富山. 骨折 2005; 27 (S.): S71.

722082. [学会 (全国)] (シンポジウム) MIPO法による橈骨遠位端骨折の治療経験. 中村光伸1, 横山一彦1, 内野正隆1, 峰原宏昌1, 糸満盛憲1 (1整外): 第31回日本骨折治療学会 (2005/7/8-9), 富山. 骨折 2005; 27 (S.): S109.

722083. [学会 (全国)] (主題演題) 骨折後肺塞栓症状況に関する前向き研究. 塩田直史1, 新藤正輝2, 高平尚伸3, 橋本晋平4, 越智龍弥5, 佐藤克己6 (1近森病院. 2昭和大救急. 3整外. 4愛知医大. 5公立玉名中央病院. 6東北労災): 第31回日本骨折治療学会 (2005/7/8-9), 富山. 骨折 2005; 27 (S.): S110.

722084. [学会 (全国)] (シンポジウム) 進行期から末期変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の10年以上の長期成績とその限界. 高平尚伸1, 内山勝文1, 片野素昭1, 高崎純孝1, 善平哲夫1, 糸満盛憲1 (1整外): 第32回日本股関節学会 (2005/11/6-8), 新潟. 抄録集 p.116.

722085. [学会 (全国)] (シンポジウム) 大腿骨頭すべり症に対する治療経験. 片野素昭1, 高平尚伸1, 高崎純孝1, 内山勝文1, 糸満盛憲1 (1整外): 第32回日本股関節学会 (2005/11/6-8), 新潟. 抄録集 p.239.

722086. [学会 (全国)] (シンポジウム) 関節再生のための自家細胞移植, 細胞誘導, 同種骨移植に関する基礎的研究. 占部 憲1, 成瀬康治1, 峰原宏昌1, 向井田智之1, 内田健太郎2, Alexander Mehlhorn3, 片野素昭1, 相川 淳1, 朴 晃正1, 小沼賢治1, 馬渕清資2, Norbert Sudkamp3, 糸満盛憲1 (1整外. 2医療衛生学部. 3フライブルグ大): 第32回日本股関節学会 (2005/11/6-8), 新潟. 抄録集 p.134.

722087. [学会 (全国)] (シンポジウム) 6肢位による肘屈曲試験の有用性. 小林明正1, 只野 功1, 森口尚生1, 児嶋慶明1, 二見俊郎1 (1整外): 第18回日本肘関節学会 (2006/1/27), 名古屋. 日本肘関節学会雑誌 2006; 13 (1): S2.

722088. [学会 (全国)] (シンポジウム) 骨とインプラント界面のバイオメカニクス. 馬渕清資1, 酒井利奈1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/2/3-4), 京都. 抄録集 p.92.

723583. [学会 (全国)] (一般講演) RAに対する Sauve-Kapandji法とDarrach法後の尺骨断端の変化. 藤田 護1, 小林明正1, 只野 功1, 二見俊郎1 (1整外): 第48回日本手の外科学会学術集会 (2005/4/21-22), 下関. 日本手の外科学会雑誌 2005; 22 (1) 抄録号: S34.

723584. [学会 (全国)] (ポスター) 手根管開放術後に発生した弾発指の検討. 小林明正1, 二見俊郎1, 只野 功1, 森口尚生1, 脇田隆司1 (1整外): 第48回日本手の外科学会学術集会 (2005/4/21-22), 下関. 日本手の外科学会雑誌 2005; 22 (1) 抄録号: S207.

723585. [学会 (全国)] (ポスター) RA手関節に対する Sauve-Kapandj法とDarrach法後のX線学的検討. 小林明正1, 二見俊郎1, 只野 功1, 渡辺哲哉1, 藤田 護1 (1整外): 第49回日本リウマチ学会総会 (2005/4/17-20), 横浜. 日本リウマチ学会総会・学術集会抄録集 2005; 284.

723586. [学会 (全国)] (ポスター) 日本人女性と米国女性の大腿骨遠位部側面における形状の相違. 占部 憲1, マホーニ・オルモンド2, 峰原宏昌1, 上野正喜1, 藤田 護1, 相川 淳1, 宮部 基1, 塚本達郎1, 糸満盛憲1 (1整外. 2ジョージア大): 第78回日本整形外科学会学術総会 (2005/5/12-15), 横浜. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (3) 抄録号: S90.

723587. [学会 (全国)] (ポスター) 即時髄内釘横止め法にて治療された脛骨開放骨折の検討. 福島健介1, 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 小宮宏一郎1, 鈴木 卓2, 朴 晃正1, 新藤正輝3, 相馬一亥2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命. 3昭和大救急): 第78回日本整形外科学会学術総会 (2005/5/12-15), 横浜. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (3) 抄録号: S160.

723588. [学会 (全国)] (ポスター) 小切開THAの安全性と確実性の検討─従来切開THAと小切開THAにおける臨床成績の比較─. 高平尚伸1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 朴 晃正1, 善平哲夫1, 糸満香織1, 福島健介1, 山本豪明1, 糸満盛憲1 (1整外): 第78回日本整形外科学会学術総会 (2005/5/12-15), 横浜. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (4) 抄録号: S412.

723589. [学会 (全国)] (ポスター) 変性側彎, 変性すべりを伴う腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術の治療成績. 井村貴之1, 安達 公1, 小林明正1, 渡辺哲哉1, 中澤俊之1, 新田浩史1, 二見俊郎1 (1整外): 第78回日本整形外科学会学術総会 (2005/5/12-15), 横浜. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (4) 抄録号: S400.

723590. [学会 (全国)] (一般演題) 変形性膝関節症患者におけるQOLと運動機能の関連性─日本版変形性膝関節症患者機能評価表 (JKOM) とVASにおける規定因子の違い─. 神谷健太郎1, 須田久美1, 渡辺裕之1, 遠原真一1, 辺士名隆1, 相川 淳2, 藤田 護2, 横山一彦2, 占部 憲2 (1リハビリテーション部. 2整外): 第40回日本理学療法学術大会 (2005/5/26-28), 大阪. 理学療法学 2005; 32 Suppl. 2: 485.

723591. [学会 (全国)] (一般講演) 創外固定にて初期固定されたGustilo IIIB型脛骨開放骨折の検討. 山本豪明1, 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 小宮宏一郎1, 鈴木 卓2, 朴 晃正1, 新藤正輝3, 相馬一亥2, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命. 3昭和大救急): 第31回日本骨折治療学会 (2005/7/8-9), 富山. 骨折 2005 27 (S.): S47.

723592. [学会 (全国)] (一般講演) Gustilo IIIB型脛骨開放骨折に対する創外固定後髄内釘固定症例: 待機期間の有無について. 上野正喜1, 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 朴 晃正1, 鈴木 卓2, 小宮宏一郎1, 糸満盛憲1 (1整外. 2救命): 第31回日本骨折治療学会 (2005/7/8-9), 富山. 骨折 2005; 27 (S.): S47.

723593. [学会 (全国)] (一般講演) 感染発症の指標となる脛骨開放骨折に対する新たに考案した点数システム. 横山一彦1, 内野正隆1, 中村光伸1, 糸満盛憲1 (1整外): 第31回日本骨折治療学会 (2005/7/8-9), 富山. 骨折 2005; 27 (S.): S61.

723594. [学会 (全国)] (一般講演) アンギオテンシンII AT1a受容体ノックアウトマウスを用いた腫瘍血管新生および腫瘍増殖抑制の検討. 藤田 護1, 林  泉2, 深水昭吉2, 糸満盛憲1, 馬嶋正隆2 (1整外. 2薬理): 第26回日本炎症・再生医学会 (2005/7/12-13), 東京. 炎症・再生 2005; 25: 316.

723595. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ関節病変におけるLipoxin A4の役割の解析. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 林  泉2, 北里英郎3, 藤田 護4, 占部 憲4, 糸満盛憲4, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内. 2薬理. 3医療衛生学部. 4整外): 第26回日本炎症・再生医学会 (2005/7/12-13), 東京. 炎症・再生 2005; 25: 349.

723596. [学会 (全国)] (一般講演) 細胞遊走を利用した組織内細胞導入法の検討. 峰原宏昌1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1, Sudkamp NP2, Mehlhorn AT2 (1整外. 2Freiburg大): 第4回日本組織移植学会学術集会 (2005/8/27), 大阪.

723597. [学会 (全国)] (ポスター講演) 膝関節の変形性変化を呈するSTR/ortマウスの形態的, 組織学的検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 大貫裕子2, 相川 淳1, 伊藤雅起3, 糸満盛憲1 (1整外. 2病態・診療系. 3日本チャールスリバー): 第20回日本整形外科学会基礎学術集会 (2005/10/20-21), 三重県. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (8) 抄録号: 847.

723598. [学会 (全国)] (ポスター講演) PDGF-bb, BMP-2, FGF-2のCommitted, Un-committed Mesenchymal Stem Cellに対する 細胞遊走作用. 内田健太郎1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 氏平政伸3, 馬渕清資3, 糸満盛憲2 (1大学院医療系研究科. 2整外. 3医療衛生学部): 第20回日本整形外科学会基礎学術集会 (2005/10/20-21), 三重県. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79 (8) 抄録号: 832.

723599. [学会 (全国)] (一般演題) 高週齢ラット大腿骨閉鎖性骨折モデルを用いた低出力超音波パルスの骨折治癒促進効果の検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 朴 晃正1, 小沼賢治1, 相川 淳1, 片野素昭1, 内田健太郎2, 大橋真弓3, 木下守弘3, 糸満盛憲1 (1整外. 2大学院医療系研究科. 3医療衛生学部): 第32回日本臨床バイオメカニクス学会 (2005/10/28-29), 北海道. 抄録集 p.180.

723600. [学会 (全国)] (一般演題) 数値シュミレーションによる人工股関節ステムの回旋安定性の評価. 岩間 輝1, 酒井利奈1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): 第32回日本臨床バイオメカニクス学会 (2005/10/28-29), 北海道. 抄録集 p.195.

723601. [学会 (全国)] (一般演題) MISによる人工股関節置換術におけるラーニングカーブ. 高平尚伸1, 片野素昭1, 高崎純孝1, 善平哲夫1, 糸満盛憲1 (1整外): 第11回日本最小侵襲整形外科学会 (2005/11/26-27), 千葉. 抄録集 p.53.

723602. [学会 (全国)] (一般演題) 変形性膝関節症における身体機能, QOLと身体活動量との関係. 渡辺裕之1, 占部 憲2, 相川 淳2, 藤田 護2 (1リハビリテーション部. 2整外): 第16回日本臨床スポーツ医学会 (2005/11/5-6), 東京. 日本臨床スポーツ医学会誌 2005; 13: S128.

723603. [学会 (全国)] (一般演題) 人工膝関節全置換術における低侵襲アプローチの治療経験. 渡辺哲哉1, 菊池恭太1, 禹 雅誉1, 小林明正1, 二見俊郎1 (1整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/02/3-4), 京都. 抄録集 p.130.

723604. [学会 (全国)] (ポスター演題) PrimaryセメントレスTHAにおける術後CRP値の変動. 森谷光俊1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 善平哲夫1, 上野正喜1, 福島健介1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1 (1整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/02/3-4), 京都. 抄録集 p.195.

723605. [学会 (全国)] (ポスター演題) 異なる固定法の考え方でデザインされたセメントレス人工股関節の回旋安定性の評価. 酒井利奈1, 岩間 輝1, 糸満盛憲2, 馬渕清資1 (1医療衛生学部. 2整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/2/3-4), 京都. 抄録集 p.218.

723606. [学会 (全国)] (ポスター演題) Scorpio型人工膝関節全置換術の術後X線評価. 藤田 護1, 占部 憲1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/2/3-4), 京都. 抄録集 p.225.

723607. [学会 (全国)] (ポスター演題) 大腿骨顆部epicondylar lineとposterior condylar lineのなす角度の観察方向による相違の検討. 上野正喜1, 占部 憲1, 藤田 護1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/2/3-4), 京都. 抄録集 p.229.

723608. [学会 (全国)] (ポスター演題) 人工膝関節置換術後における身体機能と10 m歩行速度の経時的変化. 渡辺裕之1, 見井田和正1, 神谷健太郎1, 濱崎伸明1, 辺土名 隆1, 相川 淳2, 藤田 護2, 占部 憲2, 糸満盛憲2, 二見俊郎2 (1リハビリテーション部. 2整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/2/3-4), 京都. 抄録集 p.239.

723609. [学会 (全国)] (一般演題) Bauer進入法を用いた Mini-incision THAのラーニングカーブ─導入直後10例と最近10例との比較─. 高平尚伸1, 糸満盛憲1, 内山勝文1, 片野素昭1, 高崎純孝1 (1整外): 第36回日本人工関節学会 (2006/2/3-4), 京都. 抄録集 p.309.

723610. [学会 (全国)] (一般演題) 細胞遊走を利用した組織内細胞導入法の確立. 倉永真里子1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 峰原昌宏2, 内田健太郎1, 大橋真弓1, 馬渕清資1, Sudkamp NP3, Mehlhorn AT3, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外. 3フライブルグ大学): 第5回日本再生医療学会総会 (2006/3/7), 岡山. 再生医療 5 (Suppl), p.139.

723611. [学会 (全国)] (一般演題) 冷凍保存骨の細胞超生についての検討. 大橋真弓1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 峰原宏昌2, 内田健太郎1, 藤田 護2, 倉永真理子1, 馬渕清資1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): 第5回日本再生医療学会 (2006/3/8-9), 岡山. 第5回日本再生医療学会雑誌・再生医療 2006; 5: 136.

723612. [学会 (全国)] (一般演題) アンジオテンシンAT1a受容体ノックアウト骨髄細胞移植による腫瘍血管新生および腫瘍増殖の抑制. 藤田 護1, 及川敦彦2, 深水昭吉2, 糸満盛憲1, 馬嶋正隆2 (1整外. 2薬理): 第79回日本薬理学会年会 (2006/3/8-10), 横浜. J Pharmaco Sciences 2006; 100: 67.

723613. [学会 (全国)] (一般演題) EP3受容体を発現する骨髄細胞の局所動員による創傷治癒・血管新生の制御. 鴨下詠美1, 池田泰裕1, 藤田 護2, 及川敦彦3, 海野信也1, 成宮 周4, 馬嶋正隆3 (1産婦. 2整外. 3薬理. 4京都大): 第79回日本薬理学会年会 (2006/3/8-10), 横浜. J Pharmaco Sciences 2006; 100: 68.

731049. [研究会] (特別講演) 髄内釘の歴史と最近の治療. 糸満盛憲 (整外): 第210回東北労災病院整形外科談話会 (2005/6/25), 仙台.

731050. [研究会] (特別講演) Cementless revision total hip arthroplasty on femoral side using allograft bones. 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外): 国立全南大学招待講演 (2005/8/8), 韓国 (光州).

731051. [研究会] (特別講演) 髄内釘接合術とPitfall. 糸満盛憲 (整外): 釧路サマーセミナー (2005/8/20), 釧路.

731052. [研究会] (特別講演) Allograftを併用したTHR再置換術. 糸満盛憲 (整外): 第5回桜整形外科セミナー (2005/9/17), 東京.

731053. [研究会] (特別講演) 感染人工膝関節の治療. 占部 憲 (整外): 第3回沖縄骨ペースト研究会 (2005/10/1), 沖縄.

731054. [研究会] (特別講演) 同種骨移植の基礎と臨床. 糸満盛憲 (整外): 第3回神戸大学整形外科同門会生涯教育学術講演会 (2006/1/28), 神戸.

731055. [研究会] (特別講演) 髄内釘による骨折治療─最近の話題─. 糸満盛憲 (整外): 第234回福岡臨床整形外科医会 (2006/3/9), 福岡.

731056. [研究会] (特別講演) 60歳未満のOA股に対する治療の考え方. 糸満盛憲 (整外): 第9回藤が丘整形外科研修会 (2006/3/16), 横浜市青葉区.

731057. [研究会] (特別講演) オメプラール錠の有用性─NSAIDS潰瘍の予防と治療─. 高平尚伸 (整外): アストラゼネカ開発担当者への講演 (2006/3/30), 相模原.

732034. [研究会] (パネルディスカッション) 橈骨遠位端骨折のMIPO法による治療経験. 内野正隆1, 中村光伸1, 横山一彦1, 峰原宏昌1, 糸満盛憲1 (1整外): 第124回神奈川整形災害外科研究会 (2005/6/4), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2005; 18 (1) 抄録号: p.10.

732035. [研究会] (ビデオ講演) 小切開によるMIS-THAの工夫. 高平尚伸 (整外): 第21回神奈川整形手術手技研究会 (2005/6/17), 横浜.

732036. [地方会] (一般講演) 胸肋鎖骨肥厚症に対する鎖骨全摘術の治療経験. 森谷光俊1, 占部 憲1, 内山勝文1, 藤田 護1, 相川 淳1, 善平哲夫1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形外科学会月例会/第629回整形外科集談会東京地方会 (2005/6/25), 東京.

732037. [地方会] (シンポジウム) MISとstandard THAの相違点. 高平尚伸1, 内山勝文1, 片野素昭1, 高崎純孝1, 善平哲夫1, 糸満盛憲1 (1整外): 第54回東日本整形災害外科学会 (2005/9/23-24), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌 2005; 17 (3) 抄録号: 355.

732038. [地方会] (シンポジウム) 人工膝関節全置換術時の膝蓋下脂肪体切除が膝蓋腱長に与える影響の検討. 占部 憲1, 善平哲夫1, 藤田 護1, 相川 淳1, 朴 晃正1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 第54回東日本整形災害外科学会 (2005/9/23-24), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌 2005; 17 (3) 抄録号: 478.

732039. [研究会] (パネルディスカッション) 同種骨付き膝蓋腱を用いた膝関節前十字靭帯再建術. 占部 憲1, 成瀬康治1, 藤田 護1, 相川 淳1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1 (1整外): 第126回神奈川整形災害外科研究会 (2006/3/18), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2006; 18 (4) 抄録号: p.129.

732040. [地方会] (シンポジウム) 重度の骨欠損を伴った弛みのあるPeriprosthetic fractureに対してsegmental cortical allograft boneを用いて再建術を行った2例. 高平尚伸1, 糸満盛憲1, 片野素昭1, 高崎純孝1, 内山勝文1 (1整外): 第46回関東整形災害外科学会 (2006/3/24-25), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌 2006; 37 (抄録): p.42.

733254. [研究会] (一般講演) 劇症型A群溶連菌感染症の1例. 齋藤勝義1, 藤田 護1, 善平哲夫1, 朴 晃正1, 中村光伸1, 内野正隆1, 小宮宏一郎1, 糸満盛憲1 (1整外): 第124回神奈川整形災害外科研究会 (2005/6/4), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2005; 18 (1) 抄録号: p.5.

733255. [研究会] (一般講演) 膝関節内に発生したGiant cell granulomaの1症例. 菊池恭太1, 渡辺哲哉1, 小林明正1, 禹 雅誉1, 森口尚生1, 二見俊郎1 (1整外): 第124回神奈川整形災害外科研究会 (2005/6/4), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2005; 18 (1) 抄録号: p.14.

733256. [研究会] (一般演題) 開放性大腿骨遠位端骨折に合併したMRSA骨髄炎. 内野正隆1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 横山一彦1, 糸満盛憲1 (1整外): 第6回神奈川難治性骨折研究会 (2005/6/18), 横浜.

733257. [研究会] (一般講演) MIS-THAにおける導入直後の10例と最近の10例との比較. 高平尚伸1, 内山勝文1, 片野素昭1, 高崎純孝1, 善平哲夫1, 糸満盛憲1 (1整外): 第13回Hip Forum 2005 (2005/7/30), 岐阜. 抄録集 p.22.

733258. [研究会] (一般講演) 人工股関節際置換術ステム周囲骨折に対して再建術を行った1例. 片野素昭1, 高平尚伸1, 高崎純孝1, 内山勝文1, 糸満盛憲1 (1整外): 第13回Hip Forum 2005 (2005/7/30), 岐阜. 抄録集 p.25.

733259. [研究会] (一般講演) 大腿骨前方回転骨切り術後の感染に対して治療に難渋した1例. 高崎純孝1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 片野素昭1, 糸満盛憲1 (1整外): 第13回Hip Forum 2005 (2005/7/30), 岐阜. 抄録集 p.27.

733260. [地方会] (一般講演) 外胚葉形成不全症に合併した急性骨髄炎. 岩瀬 大1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会月例会/第630回整形外科集談会 東京地方会 (2005/9/24), 東京.

733261. [地方会] (一般演題) 前鉤骨基部骨折に対する鉤摘出術の治療経験. 森口尚生1, 小林明正1, 只野 功1, 井村貴之1, 二見俊郎1 (1整外): 第54回東日本整形災害外科学会 (2005/9/23-24), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌 2005; 17 (3) 抄録号: 383.

733262. [地方会] (一般演題) 変形性膝関節症における術後早期のQOL変化. 相川 淳1, 占部 憲1, 糸満盛憲1, 藤田 護1, 神谷健太郎2, 辺土名 隆2 (1整外. 2リハビリテーション部): 第54回東日本整形災害外科学会 (2005/9/23-24), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌 2005; 17 (3)抄録号: 412.

733263. [地方会] (一般演題) 日本版変形性膝関節症患者機能評価表 (JKOM) の下位尺度と運動機能との関係. 須田久美1, 渡辺裕之2, 神谷健太郎1, 遠原真一1, 濱崎伸明1, 辺土名 隆1, 相川 淳3, 藤田 護3, 占部 憲3, 糸満盛憲3 (1リハビリテーション部. 2医療衛生学部. 3整外): 第54回東日本整形災害外科学会 (2005/9/23-24), 東京. 東日本整形災害外科学会雑誌 2005; 17 (3) 抄録号: 339.

733264. [研究会] (一般演題) 細胞遊走を利用した組織内細胞導入法の検討. 峰原宏昌1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 第24回日本運動器移植・再生医学研究会 (2005/11/12), 横浜.

733265. [研究会] (一般演題) 距骨下関節開放性脱臼の1例. 岩瀬 大1, 内野正隆1, 上野正喜1, 善平哲夫1, 朴 晃正1, 横山一彦1, 糸満盛憲1 (1整外): 第125回神奈川整形災害外科研究会 (2005/11/5), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会誌 2005; 18 (2): 24.

733266. [研究会] (一般演題) くも膜下出血にて発症した頚椎硬膜内髄外血管腫の1例. 福島健介1, 近藤総一2, 三原久範2, 河野心範2, 蜂谷將史2, 山田勝久2, 山村浩司2 (1整外. 2横浜南共済病院): 第125回神奈川整形災害外科研究会 (2005/11/5), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会誌 2005; 18(2): 32.

733267. [研究会] (一般演題) 大腿骨外反骨切り術と Chiari骨盤骨切り術併用手術. 高平尚伸1, 糸満盛憲1 (1整外): 第3回股Osteotomyを語る会 (2005/11/8), 新潟.

733268. [研究会] (一般演題) 人工膝関節置換術後の晩期慢性感染に対してコンポートメントを抜去せずに沈静化し得た1例. 前川恵美1, 占部 憲2, 河村 直2, 森谷光俊2, 岩瀬 大2, 善平哲夫2, 相川 淳2, 藤田 護2, 成瀬康治2, 糸満盛憲2 (1臨床研修医. 2整外): 関東整形災害外科学会月例会/第631回整形外科集談会東京地方会 (2005/11/26), 東京.

733269. [研究会] (一般演題) 大胸筋近傍に発生したA群溶連菌皮下膿瘍の1例. 河村 直1, 高崎純孝1, 岩瀬 大1, 森谷光俊1, 善平哲夫1, 相川 淳1, 片野素昭1, 藤田 護1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会月例会/第632回整形外科集談会東京地方会 (2005/12/17), 東京.

733270. [研究会] (一般演題) 低出力超音波パルスが内軟骨性骨化に及ぼす影響についての検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 宮部 基1, 糸満盛憲1, 高垣裕子2, 内田健太郎3, 関谷秀樹4 (1整外. 2神奈川歯大. 3医療衛生学部. 4鶴見大歯): 第9回超音波骨折治療研究会 (2006/1/21), 大阪. 抄録集 p.28.

733271. [研究会] (一般演題) 低出力超音波 (LIPUS) を用いた手舟状骨骨折の治療成績: 多施設調査の結果. 光安廣倫1, 神宮司誠也1, 松下 隆2, 糸満盛憲3 (1九州大. 2帝京大. 3整外): 第9回超音波骨折治療研究会 (2006/1/21), 大阪. 抄録集 p.48.

733272. [研究会] (一般演題) Sauve-Kapandji法術後における尺骨切除断端のX線的変化についての検討. 藤田 護1, 小林明正1, 二見俊郎1 (1整外): 第20回東日本手の外科研究会 (2006/2/10), 山梨. 抄録集 p.74.

733273. [研究会] (一般演題) 特徴的な形状を有する各種人工股関節ステム固定部のねじり剛性. 酒井利奈1, 岩間 輝1, 馬渕清資1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): 第26回バイオトライボロジシンポジウム (2006/3/11), 大宮. 抄録集 p.6.

733274. [研究会] (一般演題) 動物膝関節における接触圧力分布と摩擦の関係. 大田未知1, 糸満盛憲2, 占部 憲2, 酒井利奈3, 馬渕清資3 (1大学院医療系研究科. 2整外. 3医療衛生学部): 第26回バイオトライボロジシンポジウム (2006/3/11), 大宮. 抄録集 p.8.

733275. [研究会] (一般演題) Bone Morphogenetic protein-2による軟骨細胞遊走作用の検討と緻密な組織内細胞導入法への応用. 倉永真理子1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 峰原宏昌1, 内田健太郎1, 大橋真弓1, 馬渕清資1, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部. 2整外): 第26回バイオトライボロジシンポジウム (2006/3/11), 大宮. 抄録集 p.11.

733276. [研究会] (一般演題) 大腿骨頭内に生じた軟骨芽細胞腫の1例. 岩瀬 大1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 上野正喜1, 森谷光俊1, 河村 直1, 糸満盛憲1 (1整外): 第126回神奈川整形災害外科研究会 (2006/3/18), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2006; 18 (4) 抄録号: p.123.

733277. [研究会] (一般演題) 筋原性疾患に伴う脊柱変形に対する下部腰椎までのインストュルメンテーション手術. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1, 井上雅俊2, 守屋秀繁3 (1整外. 2千葉東病院. 3千葉大): 第126回神奈川整形災害外科研究会 (2006/3/18), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2006; 18 (4) 抄録号: p.124.

733278. [地方会] (一般演題) 胸肋鎖骨肥厚症に対する鎖骨亜全摘術の治療経験. 森谷光俊1, 占部 憲1, 藤田 護1, 成瀬康治1, 内山勝文1, 相川 淳1, 善平哲夫1, 上野正喜1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1 (1整外): 第46回関東整形災害外科学会 (2006/3/24-25), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌 2006; 37 (抄録): p.60.

733279. [地方会] (一般演題) 膝関節内に発生し中心性凝固壊死を認めた肉芽腫性腫瘤とPVSの検討. 菊池恭太1, 渡辺哲哉1, 小林明正1, 禹 雅誉1, 森口尚生1, 江村 星1, 二見俊郎1 (1整外): 第46回関東整形災害外科学会 (2006/3/24-25), 東京. 関東整形災害外科学会雑誌 2006; 37 (抄録): p.86.


<<形成外科学>>

[学術論文]

110206. [原著] Wound healing in denervated rat skin. 深井孝郎1, 武田 啓1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): WRR 2005; 13 (2): 175-80.

110207. [原著] Synergistic Effects of FGF-2 with Insulin or IGF-I on the Proliferation of Human Auricular Chondrocytes. 高橋嗣明, Ogasawara Toru, Kishimoto Junji, Liu Guangyao, Hoshi Kazuto, Nakatsuka Takashi, 内沼栄樹1, Nakamura Kozo, Kawaguchi Hiroshi, Takato Tsuyoshi, Asato Hirotaka (1形成・美外): Cell Transplantation 2005; 14: 683-93.

120085. [原著] 人工口蓋床と術後構音. 鈴木恵子, 山崎安晴1, 瀬山竒晃一郎1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2005; 48 (3): 247-54.

120086. [原著] 漏斗型遊離空腸弁を用いた頚部食道再建と術後嚥下機能. 酒井直彦1, 中山明仁2, 小林伸行3, 橋本信子1, 竹田昌彦2, 安田伸行, 岡本牧人2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2耳鼻. 3外): 頭頸部癌 2005; 31 (1): 107-12.

120087. [原著] Park法に準じた内眼角形成術の検討. 林 和弘1, 中北信昭1, 松倉知之, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本美容外科学会会報 2005; 27: 18-23.

120088. [原著] トレチノインを用いたシミ・ニキビの外用治療632例の検討. 鈴木敏彦1, 松尾あおい2, 石原秀一3, 内沼栄樹2 (1横浜南共済病院形成外科. 2形成・美外. 3メディテック): 日本美容外科学会会報 2005; 27 (2): 24-33.

120089. [原著] 褥瘡の迅速な評価法と集学的治療のすすめ. 深井孝郎 (形成・美外): 埼玉県医師会誌 2005; 671: 101-4.

120090. [原著] 日常遭遇する小外科的疾患と褥瘡治療最近の知見その2. 深井孝郎 (形成・美外): 北足立郡医師会会報 2005; 220: 8〜11.

120091. [原著] 農作業災害予防研究. 佐々木眞爾1, 臼田 誠1, 広澤三和子1, 夏川周介1, 大谷津恭之2, 堀 明洋3, 武山直治3 石突正文4 (1日本農村医学研究所. 2形成・美外. 3久美愛病院. 4土浦協同病院): 日本農村医学会雑誌 2005; 53 (5): 796-804.

310029. [症例報告] Use of Internal Callus Distraction in the Treatment of Congenital Brachymetatarsia. 山田直人1, 安田吉宏, 橋本信子1, 岩城啓修1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): Br. J. Plast. Surg. 2005; 57 (8): 1014-9.

320032. [症例報告] ジェット噴射式洗浄機によって受傷した眼窩内異物の1例. 京谷樹子1, 高山敦子1, 柏木慎也1, 齋藤智尋1, 田中正英, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2006; 49 (2): 227-30.

320033. [症例報告] 滅菌紙おむつを用いた熱傷手術時の体液・洗浄液の処理法. 中村 健1, 新井恵美子2, 大谷津恭之1, 油井律子, 中島浩美, 竹内 悟2 (1形成・美外. 2佐久総合病院): 熱傷 2005; 31 (2): 102-6.

320034. [症例報告] 治療に難渋した骨髄炎を伴った胸部放射線皮膚潰瘍の1例. 馬場香子1, 柴田裕達1, 毛利麻理1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本職業・災害医学会誌 2005; 53 (4): 228-32.

320035. [症例報告] 液体窒素による手指凍傷の1例. 松尾あおい1, 鈴木敏彦2, 高野知子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2横浜南共済病院形成外科): 日本職業・災害医学会誌 2005; 53 (2): 182-5.

520153. [総説] ケミカルピーリング 1) 薬剤の種類と選択. 林 和弘1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2005; 48: 73-8.

520154. [臨床試験] 大腿筋膜移植による気管支皮膚瘻の治療経験. 柏木慎也1, 齋藤智尋1, 高山敦子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本外科系連合学会誌 2006; 31 (1): 39-42.

520155. [総説] 特集フェイスリフト実践マニュアル: 側頭リフト. 中北信昭 (形成・美外): PEPARS 2006; 8: 65-70.

520156. [総説] 皮膚のレーザー治療のコツ: しみ. 山下理絵 (形成・美外): PEPARS 2006; 7: Jul-50.

[著 書]

620185. [学術書] (分担執筆) 美容皮膚科学 美容皮膚外科の基礎, p.384-97. 瀬山竒晃一郎1, 内沼栄樹1 (1形成・美外), 編 宮地良樹1, 松永佳世子2, 古川福実3, 宇津木龍一4 (1京都大. 2藤田保健衛生大. 3和歌山県歯大. 4形成・美外), 南山堂, 2005/6発行.

620186. [学術書] (分担執筆) 形成外科ADVANCEシリーズ 美容外科 最近の進歩 第2版 美容外科と精神疾患, p.9-13. 林 和弘 (形成・美外), 編 大森喜太郎, 克誠堂, 2005/1発行.

620187. [学術書] (分担執筆) 化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学 しわ, p.150-4. 宇津木龍一 (形成・美外), 編 宮地良樹1, 長沼雅子2 (1京都大. 2資生堂R&D企画部), 文光堂, 2005/6発行.

620188. [学術書] (分担執筆) 皮膚科プラクティス18, ニキビ治療の技法 ケミカルピーリング: レチノイン酸. 山下理絵 (形成・美外), 編 宮地良樹1, 瀧川雅浩2, 古川福実3 (1京都大. 2浜松医大. 3和歌山県歯大), 文光堂, 2005/4発行.

620189. [学術書] (分担執筆) 美容皮膚科学 美容皮膚科診断法, p.112-25, コラーゲン注入・ヒアルロン酸注入, p.215-28, ボツリヌス毒素, p.228-32, 美容皮膚外科のポイント, p.397-405, しわとたるみ, p.548-54. 宇津木龍一 (形成・美外), 編 宮地良樹1, 松永佳世子2, 古川福実3, 宇津木龍一4 (1京都大. 2藤田保健衛生大. 3和歌山県歯大. 4形成・美外), 南山堂, 2005/6発行.

620190. [学術書] (分担執筆) 美容皮膚科学 くすみ, p.539-47. 佐藤英明 (形成・美外), 編 宮地良樹1, 松永佳世子2, 古川福実3, 宇津木龍一4 (1京都大. 2藤田保健衛生大. 3和歌山県歯大. 4形成・美外), 南山堂, 2005/6発行.

620191. [学術書] (単著) 全身きれいに美肌スキンケア. 佐藤英明 (形成・美外), PHP研究所, 2005/7発行.

620192. [学術書] (分担執筆) 臨床診断に苦渋する100の外来皮膚疾患 下眼瞼の皮膚常色丘・結節, p.154-5. 宇津木龍一 (形成・美外), 編 宮地良樹 (京都大), メディカルビュー社, 2005/9発行.

620193. [学術書] (分担執筆) MB Derma ケミカルピーリングの実践マニュアル レーザーなどとの統合的ピーリング, p.129-33. 田中早苗1, 宇津木龍一1 (1形成・美外), 編 古川福実 (和歌山県歯大), 全日本病院出版会, 2005/10発行.

620194. [学術書] (分担執筆) 美容皮膚科学 美容皮膚外科の基礎知識, p.384-97. 瀬山竒晃一郎 (形成・美外), 編 宮地良樹1, 松永佳世子2, 古川福実3, 宇津木龍一4 (1京都大. 2藤田保健衛生大. 3和歌山県歯大. 4形成・美外), 南山堂, 2005/6発行.

620195. [学術書] (分担執筆) 形成外科 vol.48 ケミカルピーリング 1) 薬剤の種類と選択, p.s73-8. 林 和弘 (形成・美外), 波利井清紀, 克誠堂, 2005/11発行.

620196. [翻訳] (共訳) Drスーザン・ラブの乳癌ハンドブック 皮膚表面外科, p.66-70. 酒井直彦 (形成・美外), 同友館, 2005発行.


[学会・研究会等]

712010. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Facial rejuvenation:laser. 山下理絵1,2 (1形成・美外. 2湘南鎌倉総合病院形成): 第4回アジアパシフックアンチエイジングカンファレンス (2005/9/23), Bali.

713118. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Filler:Mesolift. 山下理絵1,2 (1形成・美外. 2湘南鎌倉総合病院形成): IMCAS2006 (2006/1/7), Paris.

722089. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) フォトタイトニングと光によるリジュヴェネーション. 山下理絵1,2 (1形成・美外. 2湘南鎌倉総合病院形成): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

722090. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) レーザー&RFによるrejuvenation治療について. 山下理絵1,2 (1形成・美外. 2湘南鎌倉総合病院形成): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

722091. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) トレチノインを用いたrejuvenationの臨床的検討. 鈴木敏彦1, 松尾あおい2, 高野知子2 (1横浜南共済病院形成外科. 2形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

722092. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) Hair removal:Diode laser. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院形成): 第28回国際レーザー医学大会 (2005/4/17), 新宿.

722093. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) アンチエイジング治療の一方法:メソセラピーによるrejuvenation効果. 山下理絵1,2, 一氏俊世1, 松末武雄2, 酒井 規2, 石川心介1, 近藤健司2, 蔦 幸子2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2湘南鎌倉総合病院形外): 第28回日本美容外科学会総会/第94回学術集会 (2005/10/10), 横浜.

722094. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 前外側大腿皮弁による四肢開放骨折の治療. 根本 充1, 柏木慎也1, 青柳和也1, 内野正隆2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2整外): 第21回日本マイクロサージャリー学会学術集会 (2005/12/2), 仙台.

722095. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 後天性メラニン色素沈着症の治療. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院形成): 第15回日本臨床皮膚外科学会 (2006/2/26), 東京.

723614. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特異な形態を呈する石灰化上皮腫. 中村 健1, 矢沢慶史1, 大谷津恭之1 (1形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723615. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 二連銃型空腸モデルによる食道再建. 酒井直彦1, 橋本信子1, 青柳和也1, 徳田真紀子1, 中山明仁2, 小林伸行3, 岡本牧人2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2耳鼻. 3外科): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723616. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 凍結保存操作の有無による同種培養真皮の創傷治癒促進効果に関する比較検討. 山田直人1, 徳田真紀子1, 茅野真子1, 柴田知義1, 内沼栄樹1, 加川志津子2, 橋本昭子2, 黒柳能光2 (1形成・美外. 2医療衛生学部): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723617. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 複数箇所に合指症を伴ったダウン症候群の1例. 徳田真紀子1, 山田直人1, 柏木慎也1, 茅野真子1, 柴田知義1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723618. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特発性眼球突出に対して眼窩減圧術を行った2症例の検討. 中北信昭1, 林 和弘1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723619. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 口唇口蓋同時形成術の短期成績. 瀬山竒晃一郎1, 中北信昭1, 山崎安晴1, 有馬裕子1, 青柳和也1, 秋本峰克1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第48回日本形成外科学会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723620. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ボツリヌスA型毒素によるしわ治療の注意点について. 古山登隆1, 尾山修一1, 中北信昭2, 佐藤英明2 (1自由ケ丘クリニック. 2形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723621. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) fibrosarcomatous variant of dermatofibrosarcoma protuberans の一例. 橋本信子1, 酒井直彦1, 安田吉宏, 内沼栄樹1, 高須 博2 (1形成・美外. 2皮膚): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723622. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸郭形成術2例の経験. 馬場香子1, 柴田裕達1, 毛利麻理1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723623. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 赤外線を用いた新機器によるrejuvenation効果. 山下理絵1, 一氏俊世2, 遠藤あかね2, 松末武雄1, 杉本佳香2, 酒井 規1, 内沼栄樹2 (1湘南鎌倉総合病院形成. 2形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723624. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アンチエイジング医療における美容外科の役割. 山下理絵1, 一氏俊世2, 遠藤あかね2, 松末武雄1, 杉本佳香2, 酒井 規1, 内沼栄樹2 (1湘南鎌倉総合病院形成. 2形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723625. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神経鞘腫の悪性転化症例の検討. 一氏俊世1, 山下理絵2, 遠藤あかね1, 松末武雄2, 杉本佳香1, 酒井 規2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2湘南鎌倉総合病院形成): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723626. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重症熱傷に対するエラスポールの使用経験. 松末武雄1, 山下理絵1, 一氏俊世2, 遠藤あかね2, 杉本佳香2, 酒井 規1, 内沼栄樹2 (1湘南鎌倉総合病院形成. 2形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723627. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腱膜性眼瞼下垂は顔の上半分の老化変形を著しく促進する. 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 田中早苗1, 長西裕樹2 (1形成・美外. 2横浜市大): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723628. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 眉毛下垂に対する治療法とその効果について. 佐藤英明1, 宇津木龍一1, 田中早苗1, 長西裕樹2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2横浜市大): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723629. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当センターにおける基本的なスキンケア. 田中早苗1, 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 山口麻子2, 長西裕樹3, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2北里研究所病院. 3横浜市大): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723630. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腱膜性眼瞼下垂に対する術式間の効果比率?松尾法変法と西條法変法. 長西裕樹1, 宇津木龍一2, 前川二郎1, 佐藤英明2, 田中早苗2, 鳥飼勝行1, 内沼栄樹2 (1横浜市大. 2形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723631. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 耳下腺顔面神経鞘腫の経験. 高野知子1, 鈴木敏彦2, 松尾あおい1 (1形成・美外. 2横浜南共済病院形成外科): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723632. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) キューピッド弓と上唇結節の形成を考慮した正中唇裂の一例. 有馬裕子1, 瀬山竒晃一郎1, 徳田真紀子1, 青柳和也1, 柴田知義1, 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/13), 東京.

723633. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本人口唇口蓋裂患者におけるホメオボックス遺伝子の解析. 渡邊宏伊1, 酒井直彦2, 中野香代子2, 瀬山竒晃一郎2, 山崎安晴2, 須佐美隆史1, 内沼栄樹2, 徳永勝士1, 高戸 毅1 (1東京大. 2形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/15), 東京.

723634. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 美容外科診療における精神医学的スクリーニングアンケートの検討. 林 和弘1, 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第48回日本形成外科学会総会・学術集会 (2005/4/15), 東京.

723635. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における手部咬傷の検討. 青山広道, 大谷津恭之1, 中村 健1, 矢沢慶史1 (1形成): 第48回日本手の外科学会学術集会 (2005/4/21), 下関.

723636. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 手指切断後のストレス障害と危険因子について. 根本 充1, 柏木慎也1, 秋本峰克1, 熊澤憲一1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第48回日本手の外科学会学術集会 (2005/4/21), 下関.

723637. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における初回口蓋形成術の術式と術後成績. 瀬山竒晃一郎1, 中北信昭1, 山崎安晴1, 鈴木恵子, 弓削明子, 石渡靖夫, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2005/5/25), 東京.

723638. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 犬歯萌出期に顎裂部骨移植を行った症例の長期結果. 山崎安晴1, 内沼栄樹1, 瀬山竒晃一郎1 (1形成・美外): 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2005/5/26), 東京.

723639. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 二次骨移植不良部に歯を移動して非補綴的に咬合を完成させた症例の長期予後. 石渡靖夫1, 山崎安晴2, 瀬山竒晃一郎2, 中北信昭2, 内沼栄樹2, 鳥飼勝行3 (1いしわた矯正歯科. 2形成・美外. 3横浜市大): 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2005/5/26), 東京.

723640. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 二次骨移植前の拡大にスプリングジェット装置を用いた症例. 石渡靖夫1, 高橋滋樹2, 山崎安晴3, 瀬山竒晃一郎3, 中北信昭3, 内沼栄樹3 (1いしわた矯正歯科. 2高橋矯正歯科. 3形成・美外): 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2005/5/26), 東京.

723641. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院における口唇口蓋裂児の聴覚管理. 山崎安晴1, 瀬山竒晃一郎1, 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2005/5/26), 東京.

723642. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クレゾール損傷の2例. 山下理絵1, 一氏俊世2, 松末武雄1, 杉本佳香2, 酒井 規1, 遠藤あかね2, 内沼栄樹2 (1湘南鎌倉総合病院形成. 2形成・美外): 第31回日本熱傷学会総会 (2005/6/2), 横浜.

723643. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 熱傷後右尺骨骨髄炎の1例. 根本 充1, 柏木慎也1, 青柳和也1, 秋本峰克1, 熊澤憲一1, 内沼栄樹1, 相馬一亥2 (1形成・美外, 2救命): 第31回日本熱傷学会総会・学術集会 (2005/6), 横浜.

723644. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 広範囲褥瘡から敗血症性ショックを来たした1例. 深井孝郎(形成・美外): 第7回日本褥瘡学会学術集会 (2005/8/26), 横浜.

723645. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 臀部褥瘡を有する患者に対する, 新しい体圧分散寝具 (ブレスエアー素材) の臨床実験的評価. 木村京子1, 深井孝郎2 (1埼玉県央病院看護部. 2形成・美外): 第7回日本褥瘡学会学術集会 (2005/8/26), 横浜.

723646. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における新F (深井) スケール導入後の経済評価. 根本雅透1, 深井孝郎2 (1埼玉県央病院. 2形成・美外): 第7回日本褥瘡学会学術集会 (2005/8/26), 横浜.

723647. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 介護療養型病棟における新しい体圧分散寝具 (ブレスエアー素材) を用いた皮膚湿潤度実験の試み. 細川幸子1, 深井孝郎2 (1川島病院看護部. 2形成・美外): 第7回日本褥瘡学会学術集会 (2005/8/26), 横浜.

723648. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ポケットを有する褥瘡, 皮膚潰瘍に対する簡便な陰圧閉鎖療法の工夫. 三好 宏1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第7回日本褥瘡学会学術集会 (2005/8/26), 横浜.

723649. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下眼瞼に対するコラーゲン注射療法の長期反復治療の効果と幣害. 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 田中早苗1, 山口麻子2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2北里研究所病院): 第23回日本美容皮膚科学会総会 (2005/9/3), 京都.

723650. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ボツリヌスA型毒素注射療法による皮膚textureの改善効果. 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 田中早苗1, 山口麻子2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2北里研究所病院): 第23回日本美容皮膚科学会総会 (2005/9/3), 京都.

723651. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 顔の魅力を損なう加齢変化とその治療法: the state of the art. 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 田中早苗1, 山口麻子2, 塩谷信幸2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2北里研究所病院): 第23回日本美容皮膚科学会総会 (2005/9/3), 京都.

723652. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 赤外線を用いたTitanによるtightening治療効果. 山下理絵1, 一氏俊世2, 松末武雄1, 酒井 規1, 石川心介2, 近藤健司1, 蔦 幸子1 (1湘南鎌倉総合病院形成. 2形成・美外): 第48回日本レーザー学会総会 (2005/9/8), 新宿.

723653. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下眼瞼若返り手術において眼瞼頬溝を目立たなくするための工夫. 中北信昭1, 林 和弘1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会) (2005/10/9), 横浜.

723654. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 二方向骨切りおよび外板削除による下顎角形成. 酒井直彦1, 内沼栄樹1, 山本 博2, 辻野一郎2, 森上和樹2 (1形成・美外. 2城本クリニック): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会) (2005/10/9), 横浜.

723655. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) シミュレーションによる眼瞼手術後の重瞼線に対する違和感の原因の検討. 南條昭雄 (形成・美外): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会) (2005/10/9), 横浜.

723656. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 赤外線を用いたTitanによるtightening治療効果. 山下理絵1, 一氏俊世2, 松末武雄1, 酒井 規1, 石川心介2, 近藤健司1, 蔦 幸子1 (1湘南鎌倉総合病院形成. 2形成・美外): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会 (2005/10/9), 横浜.

723657. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 目の美しさを損なう要因について. 佐藤英明1, 宇津木龍一1, 田中早苗1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会)(2005/10/9), 横浜.

723658. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マイクロスコープによる肌診断とその有効性. 田中早苗1, 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 山口麻子2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2北里研究所病院): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会) (2005/10/9), 横浜.

723659. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) コラーゲン注入後鼻翼2/3全層壊死を来した1例. 鈴木敏彦1, 松尾あおい2, 高野知子2, 大竹尚之3, 内沼栄樹2 (1横浜南共済病院形成外科. 2形成・美外. 3聖路加国際形成): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会)(2005/10/9), 横浜.

723660. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 強度な乳房変形を伴った限局性強皮症に対する手術経験. 林 和弘1, 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第28回日本美容外科学会総会 (第94回学術集会)(2005/10/10), 神奈川.

723661. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラミニン-10由来細胞接着ペプチドを結合したキトサン膜の表皮細胞キャリアとしての有用性. 増田竜児1, 望月麻友美2, 野水基義2, 内沼栄樹1, 山科正平3, 門谷裕一3 (1形成・美外. 2東京薬大. 3解剖): 第14回日本形成外科学会基礎学術集会 (2005/10/15), 東京.

723662. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における手の動物咬傷の検討. 京谷樹子1, 中村 健1, 大谷津恭之1 (1形成・美外): 第54回日本農村医学会 (2005/10/20), 軽井沢.

723663. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Bilateral syndactyl hands associated with Down syndrome. サリバン奈津子1, 山田直人1, 徳田真紀子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第15回日中形成外科学会総会 (The 15th Japan-China Joint Meeting on Plastic Surgery) (2005/10/23), 東京.

723664. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中・側切歯の欠損や萌出を考慮した早期顎裂部骨移植. 山崎安晴1, 内沼栄樹1, 中北信昭1 (1形成・美外): 日本口腔外科学会 (2005/10/25), 大阪.

723665. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 左右の方形前進皮弁による造臍術の1例. 馬場香子1, 柴田裕達1, 毛利麻理1, 内沼栄樹1 (1形外): 第53回日本職業・災害医学会学術大会 (2005/11/23), 大阪.

723666. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) fix and flap protocolに基づいた早期free flapを併用した創外固定後髄内釘により治療されたGustilo VB脛骨開放骨折の2例. 横山一彦1, 内野正隆2, 根本 充3, 中村光伸2, 上野正喜2, 鈴木 卓4, 糸満盛憲2 (1町田市民病院整外. 2整外. 3形成・美外. 4救命): 第32回日本マイクロサージャリー学会学術集会 (2005/12/1), 仙台.

723667. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非定型的上眼瞼下垂の手術経験1─動眼神経再生異常の症例. 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第95回日本美容外科学会学術集会 (2006/2/4), 東京.

723668. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非定型的上眼瞼下垂の手術経験2─片側下垂が臥位で消失する重症筋無力症の症例. 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第95回日本美容外科学会学術集会 (2006/2/4), 東京.

731058. [研究会] (特別講演) 外科サイドから見た矯正歯科医との連携─顎変形症を中心として─. 山崎安晴 (形成・美外): 東京医科歯科大学歯科矯正学教室同門会招待講演会 (2005/2/17), 東京.

732041. [研究会] (シンポジウム招待講演) アンチエイジングセンター医療. 山下理絵1,2 (1形成・美外. 2湘南鎌倉総合病院形成): 葉山ハートセンター5周年記念講演 (2005/5/27), 横浜.

732042. [研究会] (シンポジウム招待講演) メソセラピーによるrejuvenation効果. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院形成): 第1回skin rejuvenation conference (2005/11/10), 東京.

732043. [地方会] (シンポジウム招待講演) Mesotherapy & Filler. 山下理絵 (湘南鎌倉総合病院形成): 第69回日本皮膚科学会関東支部会 (2006/2/11), 横浜.

732044. [学会 (地方)] (シンポジウム招待講演) 下眼瞼のエイジングに対する手術療法. 林 和弘1, 中北信昭1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第68回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2005/2/20), 東京.

732045. [研究会] (シンポジウム招待講演) 口唇裂・口蓋裂と骨移植. 山崎安晴 (形成・美外): 鶴見大学歯学部バイオ・ベンチャープロジェクト公開シンポジウム (2005/2/25), 鶴見 (神奈川).

732046. [研究会] (招待講演) 褥瘡治療最前線. 深井孝郎 (形成・美外): 北里メディカルセンター病院形成外科講演会 (2006/3/4), 北本.

733280. [研究会] (一般講演・ポスター) 診断に難渋した先天性足趾奇形の1例. 馬渡弘典1, 有馬裕子2, 高野知子2, 鈴木敏彦1 (1横浜南共済病院形成外科. 2形成・美外): 第7回横浜フォーラム (2005/5/14), 横浜.

733281. [研究会] (教育講演) 褥瘡の最新治療とケア. 深井孝郎 (形成・美外): 埼玉県療養病床研究会 (2005/5/24), 川越.

733282. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 先天性外鼻腔腫瘤の一例. 齋藤智尋1, 高山敦子1, 柏木慎也1, 京谷樹子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会第50回例会 (2005/6/4), 松本.

733283. [地方会] (一般講演・ポスター) 外来の日常診療における疾患─陥入爪・ケロイドを中心として. 鳥居博子 (形成・美外): 相模原医師会皮膚・泌尿器科部会 (2005/6/15), 相模原.

733284. [研究会] (一般講演・ポスター) 上顎部エナメル上皮腫の1例. 新美裕太1, 酒井直彦1, 橋本信子1, 秋本峰克1, 中久木康一, 有馬裕子1, 山崎安晴1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 平成17年度第1回神奈川症例検討会 (2005/6/18), 横浜.

733285. [研究会] (一般講演・ポスター) 重症熱傷患者における急性期末梢血白血球数の推移と急性肺障害発症との関係─好中球エラスターゼ阻害薬の投与時期に関する一考察─. 大谷津恭之1, 矢沢慶史1, 中村 健1, 岡田邦彦2, 柴田知義1 (1形成・美外. 2佐久総合病院): 第7回信州臨床救急懇話会 (2005/6/18), 松本.

733286. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 当院における手の動物咬傷の検討. 京谷樹子1, 中村 健1, 大谷津恭之1 (1形成・美外): 第40回日本形成外科学会中部支部学術集会 (2005/7/9), 名古屋.

733287. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 高齢熱傷患者の分層採皮創に対する治療法─特に戻し自家植皮法の有用性について─. 中村 健1, 大谷津恭之1, 京谷樹子1, 矢沢慶史1 (1形成・美外): 第18回日本熱傷学会甲信地方会 (2005/9/3), 松本.

733288. [研究会] (一般講演・ポスター) 熱傷を契機に発見された無ガンマグロブリン血症の1例. 矢沢慶史1, 高野知子1, 青柳和也1, 根本 充1, 内沼栄樹1, 相馬一亥2 (1形成・美外. 2救命): 第13回新宿熱傷フォーラム (2005/9/16), 新宿.

733289. [研究会] (一般講演・ポスター) 褥瘡を合併する外科的疾患の2例─両下肢熱傷と会陰部壊死性筋膜炎を合併した患者らに対する手術治療の経験─. 京谷樹子1, 大谷津恭之1, 中村 健1, 矢沢慶史1 (1形成・美外): 第2回長野県褥瘡懇話会 (2005/10/30), 長野.

733290. [研究会] (一般講演・ポスター) フィブラストスプレーの使用例─難治性褥瘡と非褥瘡難治性潰瘍─. 大谷津恭之1, 中村 健1, 京谷樹子1 (1形成・美外): 第2回東北信皮膚潰瘍症例検討会 (2005/11/18), 長野.

733291. [研究会] (一般講演・ポスター) 鼻部扁平上皮癌の1例. 茅野真子1, 酒井直彦1, 秋本峰克1, 有馬裕子1, 徳田真紀子1, 橋本信子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 平成17年度第2回神奈川症例検討会 (2005/11/19), 相模原.

733292. [地方会・研究会] (一般講演・ポスター) 足底悪性黒色腫の1例. 高野知子1, 酒井直彦1, 橋本信子1, 秋本峰克1, 増田竜児1, 新美裕太1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 平成17年度第2回神奈川症例検討会 (2005/11/19), 相模原.

733293. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 乳房外Paget’s diseaseの一例─術後管理の検討─. 齋藤智尋1, 柏木慎也1, 高山敦子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会第51回例会 (2005/11/26), 伊那市.

733294. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 経鼻挿管が原因と考えられた鼻孔狭窄の2例. 中村 健1, 大谷津恭之1, 京谷樹子1 (1形成・美外): 日本形成外科学会中部支部信州地方会第51回例会 (2005/11/26), 駒ヶ根.

733295. [研究会] (一般講演・ポスター) TENを併発した熱傷の一例. 北村理絵子1, 武田 啓1, 吉仲 眞2, 山崎晴名2, 長谷川美紀2, 一山伸一2, 後藤正美2, 今泉 純2, 葵 佳宏2, 鈴木淳一2 (1形成・美外. 2横須賀共済病院): 第8回横浜フォーラム (2005/11/26), 横浜.

733296. [研究会] (一般講演・ポスター) 顔面に発生した皮膚巨細胞腫の一例. 武田 啓1, 北村理絵子1 (1形成・美外): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733297. [研究会] (一般講演・ポスター) 骨髄間葉系細胞を用いた骨形成. 高瀬 税1, 山崎安晴1, 松尾あおい1, 曽根由美子2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2病態・診療系): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733298. [研究会] (一般講演・ポスター) 巨大脂肪腫の一例. 鳥居博子1, 村下一晃2, 内沼栄樹1 (1形成・美外. 2茅ヶ崎徳洲会総合病院形成外科): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733299. [研究会] (一般講演・ポスター) 慢性骨髄炎に対する外科的治療と再建. 酒井直彦1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733300. [研究会] (一般講演・ポスター) 若年者の前額部に生じたLow-grade Myofibroblastic sarcoma. 佐藤史郎1, 奥田信一郎2, 根本 充3 (1済生会下関総合病院形成外科. 2同病理部. 3形成・美外): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733301. [研究会] (一般講演・ポスター) 右前腕開放骨折の1例. 杉本孝之1, 根本 充1, 青柳和也1, 永島和貴1 (1形成・美外): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733302. [研究会] (一般講演・ポスター) ラミニン-10由来細胞接着ペプチドを結合したキトサン膜の表皮細胞キャリアとしての有用性. 増田竜児1, 望月麻友美2, 野水基義2, 内沼栄樹1, 山科正平3, 門谷裕一3 (1形成・美外. 2東京薬大. 3解剖): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733303. [研究会] (一般講演・ポスター) 皮膚、軟部悪性腫瘍のセンチネルリンパ節生検. 橋本信子1, 酒井直彦1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733304. [研究会] (一般講演・ポスター) 診断に難渋した足趾先天異常の1例. 櫻井梨江1, 鈴木敏彦2, 有馬裕子1 (1形成・美外. 2横浜南共済病院形成外科): 第8回北里形成外科フォーラム (2005/12/3), 横浜.

733305. [研究会] (一般講演・ポスター) ARDSによる高炭酸ガス血症を来した気道熱傷の1例. 京谷樹子1, 大谷津恭之1, 中村 健1 (1形成・美外): 第7回東北信形成外科懇話会 (2006/1/20), 長野.

733306. [研究会] (一般講演・ポスター) 巻き爪の新しい治療 「切らずに治す」矯正治療. 三好 宏 (形成・美外): 大和徳洲会病院医療講演 (2006/1/26), 大和.

733307. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 神経性食思不振症を伴った下肢熱傷の1例. 永島和貴1, 酒井直彦1, 秋本峰克1, 茅野真子1, 新美裕太1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第14回日本熱傷学会関東地方会 (2006/1/28), 東京.

733308. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 広範囲熱傷患者に対する血管確保─新型イントロデューサーを用いた2例─. 杉本孝之1, 根本 充1, 青柳和也1, 永島和貴1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第14回日本熱傷学会関東地方会 (2006/1/29), 東京.

733309. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 口角部熱傷瘢痕拘縮に対して顔面動脈穿通枝による再建. 佐藤史郎1, 横山一雄2, 根本 充3 (1済生会下関総合病院形成外科. 2同皮膚科. 3形成・美外): 第14回日本熱傷学会関東地方会 (2006/1/29), 東京.

733310. [研究会] (一般講演・ポスター) 能面作りの型紙技法を応用して術前計画どおりの鼻形成術を行う方法. 宇津木龍一1, 佐藤英明1, 田中早苗1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第11回形成外科内視鏡・手術手技研究会 (2006/2/18), 横浜.

733311. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 敗血症を来たした褥瘡の2例. 深井孝郎1, 南條昭雄1 (1形成・美外): 第43回埼玉県医学会総会 (2006/2/19), さいたま.

733312. [研究会] (一般講演・ポスター) 表皮細胞キャリアとしてのラミニン細胞接着ペプチド結合キトサン膜の検討. 増田竜児1, 望月麻友美2, 野水基義2, 内沼栄樹1, 山科正平3, 門谷裕一3 (1形成・美外, 2東京薬大. 3解剖): 第53回マトリックス研究会大会 (2006/3/26), 神奈川県箱根町.


<<皮膚科学>>

[学術論文]

110208. [原著] Nestin-linked green fluorescent protein transgenic nude mouse for imaging human tumor angiogenesis. 天羽康之1, Yang M, Li L, Reynoso J, Bouvet M, Moosa AR, 勝岡憲生1, Hoffman RM (1皮膚): Cancer Res 2005/6; 65 (12): 5352-7.

110209. [原著] Multipotent nestin-positive, keratin-negative hair-follicle bulge stem cells can form neurons. 天羽康之1, 李 伶娜, 勝岡憲生1, Penman S, Hoffman RM (1皮膚): Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2005/4; 102 (15): 5530-4.

120092. [原著] 落葉状天疱瘡. 佐藤勘治1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚病診療 2006/2; 28 (2): 175-8.

120093. [原著] Implanted hair follicle stem cells form Schwann cells that Support repair of severed peripheral nerves. 天羽康之1, Lingna Li, Raul Campillo, 河原克雅2, 勝岡憲生1, Seldon Penman, Robert M Hoffman (1皮膚. 2生理): Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2005/12; 102 (49): 17734-8.

120094. [原著] 頭部血管肉腫による血胸への積極的治療─放射線療法とDocetaxel胸腔内投与─. 増澤幹男1, 前田亜希子1, 原 英則2, 浜田祐子3, 西口 郁, 勝岡憲生1, 長橋和矢1, 冨田昌宏1 (1皮膚. 2呼吸器外. 3病態・診療系): 日本皮膚科学会雑誌 2005/7; 115 (7): 1017-22.

120095. [原著] 頭部内浸潤をきたした皮下型頭部皮膚悪性血管内皮細胞腫 ─重篤例に対する新たな治療法の試み─. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会雑誌 2005/5; 115 (5): 737-42.

120096. [原著] 頭部血管肉腫による血胸への積極的治療─放射線療法とDocetaxel胸腔内投与─. 長橋和矢1, 増澤幹男1, 冨田昌宏1, 前田亜希子1, 浜田祐子2, 勝岡憲生1, 西口 郁, 原 英則3, 後藤尚美, 内藤静夫 (1皮膚. 2病態・診療系. 3呼吸器外): 日本皮膚科学会雑誌 2005/6; 115 (7): 1017-22.

120097. [原著] 外来通院乾癬患者43例におけるnarrow-band UVB療法の検討. 安藝良一1, 青地聖子, 浅井とし子, 清水理会, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 日本皮膚科学会雑誌 2005; 115 (10): 1465-72.

120098. [原著] 頭蓋内浸潤をきたした皮下型頭部皮膚悪性血管内皮細胞腫─重篤例に対する新たな治療の試み. 前田亜希子1, 増澤真実子1, 増澤幹男1, 前島英樹1, 新山史朗1, 清野みき1, 倉田 彰2, 西口 郁, 市川 薫, 勝岡憲生1 (1皮膚. 2脳外): 日本皮膚科学会雑誌 2005/4; 115 (5): 737-42.

310030. [症例報告] Beta2-microglobulin-induced Cutaneous amyloidosis in a patient with long=term hemodialysis. 宮田聡子1, 増澤幹男1 (1皮膚): J. Dermatology 2005; 32 (5): 410-2.

310031. [症例報告] Non-pigemented fixed drug eruption induced by eprazinone hydrochloride. 田辺健一1, 坪井廣美1, 前島英樹1, 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Dermatol Online J 2005/12; 11 (3): 25.

320036. [症例報告] フェニトインによる歯肉増殖症の1例. 坪井廣美1, 矢口 厚, 米元康蔵, 勝岡憲生1 (1皮膚): 臨床皮膚科 2006/1; 60 (1): 86-8.

320037. [症例報告] 病初期に所属リンパ節腫脹をきたした色素性痒疹の1例. 坪井廣美1, 浅谷雅文, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2006/2; 48 (2): 234-5.

320038. [症例報告] 口唇浮腫を主訴とした汎発性粘液水腫の1例. 坪井廣美1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2005/12; 47 (13): 1912-3.

320039. [症例報告] A case of bleomycin-induced acral erythema (AE) with eccrine squamous syringometaplasia (ESS) and summary of reports of AE with ESS in the literature. 坪井廣美1, 米元康蔵, 勝岡憲生1 (1皮膚): J. Dermatology 2005/11; 32 (11): 921-5.

320040. [症例報告] A case of vulvitis glanulomatosa. 坪井廣美1, 向野 哲1, 佐藤直哉, 勝岡憲生1, Yanase N (1皮膚): J Dermatology 2005/10; 32 (10): 831-4.

320041. [症例報告] 局所処置にダラシンパテが有用であった有棘細胞癌の2例. 新山史朗1, 佐藤勘治1, 金子 聡, 饗場伸作, 向井秀樹 (1皮膚): 臨床皮膚科 2005/8; 59 (9): 931-3.

320042. [症例報告] グルカゴノーマ症候群. 新山史朗1, 向井秀樹 (1皮膚): 皮膚病診療 2005/6; 27 (6): 675-8.

320043. [症例報告] Segmental neurofibromatosis. 新山史朗1, 佐藤勘治1, 金子 聡, 饗場伸作, 向井秀樹 (1皮膚): Acta Derm Venereol 2005; 85 (5): 448-9.

320044. [症例報告] 後天性魚鱗癬─悪性リンパ腫に伴った症例. 百瀬葉子1, 徳永千春1, 新井春枝, 椿原裕美, 田中住明2 (1皮膚. 2膠原病・感染内): 皮膚病診療 2005/7; 27 (7): 781-4.

320045. [症例報告] ウニ刺症. 新山奈々子1, 菅谷和江 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2006/1; 48 (1): 122-3.

320046. [症例報告] 神経障害を伴ったサルコイドーシスの1例. 田辺健一1, 山本都美1, 坪井廣美1 (1皮膚): 臨床皮膚科 2006/1; 60 (1): 30-32.

320047. [症例報告] 塩酸ミノサイクリンが著効したaquired reactive perforating collagenosisの1例. 田辺健一1, 坪井廣美1 (1皮膚): 臨床皮膚科 2005/12; 59 (13): 1306-8.

320048. [症例報告] ネコひっかき病の1例. 山本都美1, 田辺健一1, 坪井廣美1, 西山 潔 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2005/10; 47 (10): 1301-5.

320049. [症例報告] Davis紫斑. 前島英樹1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚病診療 2005/4; 27 (4): 389-92.

320050. [症例報告] イプシロンアミノカプロン酸による接触皮膚炎の1例. 宮田聡子 (皮膚): 皮膚科の臨床 2005/2; 47 (2): 270-1.

320051. [症例報告] Necrobiosis lipoidica. 新井 達1, 勝岡憲生1, 高須 博1 (1皮膚): 皮膚病診療 2005/4; 27 (4): 381-4.

320052. [症例報告] 糖尿病患者に発症した非クロストリジウム性ガス壊疽と心筋梗塞. 濱松奈々子1, 前島英樹1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 馬場香子2 (1皮膚. 2形成・美外): 皮膚科の臨床 2005/10; 47 (10): 1315-8.

320053. [症例報告] superficial granulomatous pyoderma. 鈴木理華1, 新井 達1, 長橋和矢1, 楠  舞1, 冨田昌宏1, 勝岡憲生1, 酒井智恵 (1皮膚): 皮膚病診療 2005/7; 27 (Suppl): 19-22.

520157. [総説] 糖尿病と細菌・ウイルス性皮膚疾患. 高須 博 (皮膚): Complication 糖尿病と血管 2005/11; 10 (2): 130-4.

520158. [総説] アトピーと円形脱毛症. 勝岡憲生 (皮膚): アルカロイド研究会誌 2005; 31: 19-23.

520159. [総説] 総説1-1, 脂漏性皮膚炎. 勝岡憲生 (皮膚): Visual Dermatology 2005; 14: 1180-3.

520160. [総説] 教育講演E3「膠原病の現状と将来」Livedo疾患の考え方. 勝岡憲生 (皮膚): 日本皮膚科学会誌 2005; 115 (13): 2128-31.

520161. [総説] 夏季潰瘍 (livedo vasculitis). 勝岡憲生 (皮膚): Japan Clipping Today (JCT)クリニカル・クイズ 皮膚疾患 2005/12; 12月: 11-2.

520162. [総説] 糖尿病の直接および間接デルマドローム. 勝岡憲生 (皮膚): COMPLICATION 特集: 皮膚病変からみた糖尿病 2005/11; 10 (2): 30-5.

520163. [総説] 毛におけるトランスレーショナル・リサーチの実際. 勝岡憲生 (皮膚): SHISEIDO INFORMATION LETTER 2005/9; 2005 (001): 1-15.

520164. [総説] AGA診断のために. 勝岡憲生 (皮膚): BANYU 2005/5.

520165. [総説] 糖尿病性リポイド類壊死症. 新井 達 (皮膚): COMPLICATION─糖尿病と血管─ 2005/11; 10 (2): 71-4.

520166. [総説] 毛に関する疾患 薬剤性脱毛症, 内分泌・代謝障害による脱毛症, 膠原病に伴う脱毛症. 新井 達 (皮膚): 日本医師会雑誌 2005/10; 134 (特別2): 144.

520167. [総説] 全身疾患に伴う皮膚病変 糖尿病・代謝障害と皮膚病変. 新井 達 (皮膚): 日本医師会雑誌 2005/10; 134 (特別2): 272-3.

520168. [総説] 全身疾患に伴う皮膚病変 内分泌疾患と皮膚病変. 新井 達 (皮膚): 日本医師会雑誌 2005/10; 134 (特別2): 274-5.

520169. [総説] 皮膚症状からみたエリテマトーデス. 新井 達 (皮膚): デルマ 2005/5; 99: 1-7.

520170. [総説] 抗リン脂質抗体症候群. 増澤幹男 (皮膚): Derm 2005; 110: 71-5.

520171. [総説] Stewart-Treves症候群. 増澤幹男 (皮膚): 日本医師会雑誌 2005; 134 (2): 248.

520172. [総説] Kaposi肉腫. 増澤幹男 (皮膚): 日本医師会雑誌 2005; 134 (2): 246.

520173. [総説] 血管肉腫. 増澤幹男 (皮膚): 老人医学 2005; 43 (8): 1203-6.

520174. [総説] Paget病. 高須 博 (皮膚): 日本医師会雑誌 (0021-4493) 2005/10; 134 (特別2): 240.

520175. [解説] pachyonichia congenita. 齊藤典充 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号: 2005/10; 134 (特別2): 137.

520176. [総説] 【脱毛症のすべて】全身疾患と脱毛. 坪井廣美 (皮膚): Derma 2006/1; 109: 61-5.

520177. [解説] 円形脱毛症, 外傷性脱毛症 (トリコチロマニアを含む). 坪井廣美 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 142.

520178. [解説] 顔面播種状粟粒性狼瘡. 宮田聡子 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 157.

520179. [解説] Mondor病. 宮田聡子 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 112.

520180. [解説] 皮膚良性リンパ腺腫症. 白井京美 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 254.

520181. [解説] 壊死性筋膜炎. 冨田昌宏 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 294.

520182. [解説] 【よくみる顔の皮膚病 どう扱うか】付属器疾患. 前島英樹1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2005/10; 47 (11): 1651-9.

520183. [解説] 正中菱形舌炎, 皺状舌, 地図状舌, 毛舌, 巨大舌. 前島英樹 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 261-2.

520184. [総説] 毛包幹細胞による移植再生医療の可能性 Hair follicle is good source of stem cells. 天羽康之1, 李 伶娜, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman (1皮膚): 皮膚病診療 2005/10; 27 (10): 1133-8.

520185. [解説] 時計皿爪, 匙状爪. 西山浩美 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 135.

520186. [解説] 爪甲剥離症, 爪甲横溝, 爪甲点状陥凹. 三井純雪 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 134.

520187. [解説] 持久性隆起性紅斑. 前田亜希子 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 57.

520188. [総説] 血管炎up date抗リン脂質抗体症候群. 増澤真実子1, 増澤幹男1 (1皮膚): Derma 2006/2; 110: May.71.

520189. [解説] Sturge-Weber症候群. 増澤真実子 (皮膚): 日本医師会雑誌特別号 2005/10; 134 (特別2): 218.

[著 書]

620197. [学術書] (分担執筆) 皮膚科学 リンパ管の疾患, p.270-2. 増澤幹男 (皮膚), 編 片山一朗, 土田哲也, 橋本 隆, 古江増隆, 渡邊晋一, 文光堂, 2006/3発行.

620198. [学術書] (分担執筆) 皮膚科学 毛細血管拡張[症], p.266-70. 増澤幹男 (皮膚), 編 片山一朗, 土田哲也, 橋本 隆, 古江増隆, 渡邊晋一, 文光堂, 2006/3発行.

620199. [学術書] (分担執筆) 皮膚科学 紫斑を呈する疾患, p.255-66. 増澤幹男 (皮膚), 編 片山一朗, 土田哲也, 橋本 隆, 古江増隆, 渡邊晋一, 文光堂, 2006/3発行.

620200. [学術書] (分担執筆) 皮膚疾患の最新医療 血管肉腫の新しい治療戦略, p.17-20. 増澤幹男 (皮膚), 編 斎田俊明, 飯塚 一, 先端医療技術研究所, 2006/2発行

620201. [学術書] (分担執筆) 皮膚科専門医テキスト集 脈管系腫瘍, p.19-33. 増澤幹男 (皮膚), 編 塩原哲夫, 日本皮膚科学会研修委員会, 2006/1発行.

620202. [学術書] (分担執筆) 美容皮膚科学 脱毛症, p.577-83. 齊藤典充 (皮膚), 南山堂, 2005/6発行.

620203. [学術書] (単著) 「慢性色素性紫斑病 (シャンバーグ病) 」今日の治療指針2006年度版─私はこうして治療している. 勝岡憲生 (皮膚), 医学書院, 2006/1発行.

620204. [学術書] (単著) 「血管炎と循環障害の境界」日本皮膚科学会研修講習会必須Aコーステキスト. 勝岡憲生 (皮膚), 日本皮膚科学会研修委員会, 2005/7発行.

620205. [学術書] (単著) 「夏の皮膚病」日本皮膚科学会ホームページ「皮膚科Q&A」. 勝岡憲生 (皮膚), 日本皮膚科学会, 2005/6発行.

620206. [学術書] (共著) 実践 皮膚病変のみかた Mondor病, p.112. 顔面播種状粟粒性狼瘡, p.157. 宮田聡子 (皮膚), 日本医師会, 2005/10発行.

620207. [学術書] (共著) 難治性皮膚疾患の病態と治療 男性型脱毛症とその他の脱毛症. 勝岡憲生 (皮膚), 順天堂大学, 2005/12.

620208. [学術書] (監修・編集・その他) 実践 皮膚病変のみかた 全身疾患に伴う皮膚病変 overview. 勝岡憲生 (皮膚), 編 勝岡憲生, 西岡 清, 片山一朗, 川名誠司, 斉藤隆三, 日本医師会, 2005/10発行.

620209. [学術書] (監修・編集・その他) 実践 皮膚病変のみかた 粘膜の疾患 overview. 勝岡憲生 (皮膚), 編 勝岡憲生, 西岡 清, 片山一朗, 川名誠司 斉藤隆三, 日本医師会, 2005/10発行.

620210. [学術書] (監修・編集・その他) 実践 皮膚病変のみかた 皮膚の腫瘍 overview. 勝岡憲生 (皮膚), 編 勝岡憲生, 西岡 清, 片山一朗, 川名誠司, 斉藤隆三, 日本医師会, 2005/10発行.

620211. [学術書] (監修・編集・その他) 実践 皮膚病変のみかた 母斑・母斑症 overview. 勝岡憲生 (皮膚), 編 勝岡憲生, 西岡 清, 片山一朗, 川名誠司, 斉藤隆三, 日本医師会, 2005/10発行.

620212. [学術書] (監修・編集・その他) 実践 皮膚病変のみかた 脂腺の疾患 overview. 勝岡憲生 (皮膚), 編 勝岡憲生, 西岡 清, 片山一朗, 川名誠司, 斉藤隆三, 日本医師会, 2005/10発行.

620213. [学術書] (監修・編集・その他) 実践 皮膚病変のみかた 毛に関する疾患 overview. 勝岡憲生 (皮膚), 編 勝岡憲生, 西岡 清, 片山一朗, 川名誠司, 斉藤隆三, 日本医師会, 2005/10発行.

620214. [学術書] (監修・編集・その他) 実践 皮膚病変のみかた 爪疾患 overview. 勝岡憲生 (皮膚), 編 勝岡憲生, 西岡 清, 片山一朗, 川名誠司, 斉藤隆三, 日本医師会, 2005/10発行.

[学会・研究会等]

713119. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Cutaneous metastatic T-cell lymphoma in zosteriform distribution: A review of the literature of cutaneous malignancies mimicking herpes zoster. 新山史朗1, 向井秀樹 (1皮膚): 7th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology (2005/6/4), Dresden, Germany.

713120. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Acute Diffuse and Total Alopecia of the Female Scalp. 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 7th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology (2005/6/5), Dresden, Germany.

713121. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Two cases of severe lymphorrhea treated with cilostazol. 増澤幹男 (皮膚): The 20th International Congress of Lymphology (2005/9/26), ブラジル.

721021. [学会 (全国)] (特別講演) 膠原病の現状と将来─Livedo疾患の考え方と治療─. 勝岡憲生1, 新井 達 (1皮膚): 第104回日本皮膚科学会総会 (2005/4/24), 横浜.

721022. [学会 (全国)] (特別講演) 血管炎と循環障害の境界. 勝岡憲生 (皮膚): 日本皮膚科学会研修講習会平成17年度必須Aコース (2005/8/27), 東京.

722096. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 日常よくみる皮膚炎・湿疹について考察する─脂漏性皮膚炎─. 勝岡憲生 (皮膚): 日本臨床皮膚科学会 (2005/6/11), 高崎.

723669. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Nestin-positive, keratin-15-negative primitive stem cells in the hair follicle capable of forming multiple types of non-hair-follicle cells. 天羽康之1, Lingna Li, 浜田祐子2, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman (1皮膚. 2病態・診療系): 日本研究皮膚科学会第30回年次学術大会総会 (2005/4/21), 横浜.

723670. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 超低増殖性内皮系細胞の培養. 増澤幹男 (皮膚): 第104回日本皮膚科学会総会 (2005/4/22), 横浜.

723671. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アトピー性皮膚炎に続発して発症し全身に多発性潰瘍をきたした皮膚T cell lymphomaの1例. 安藝良一1, 青地聖子, 清水理会, 浅井とし子, 原田晴美, 衛藤 光, 岡田 定 (1皮膚): 第104回日本皮膚科学会総会 (2005/4/23), 横浜.

723672. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肥満細胞症の双生児例. 高須 博1, 坪井廣美1, 楠  舞1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本小児皮膚科学会 (2005/7/2), 山口.

723673. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重篤な症状を呈した日光蕁麻疹の1例. 前島英樹1, 齊藤典充1, 藤村響男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第35回日本皮膚アレルギー学会 (2005/7/16), 横浜.

723674. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎移植後の免疫抑制患者に生じた汗孔角化症, 有棘細胞癌. 齊藤典充1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第20回日本皮膚外科学会 (2005/8/28), 神戸.

723675. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 顕著な石灰化を来たしたLupus erythematosus profundus (LEP). 鈴木理華1, 内田美穂, 佐藤直哉1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第56回日本皮膚科学会中部支部学術大会 (2005/9/23), 大阪.

723676. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Mycobacterium chelonae皮膚感染症の1例. 江藤宏光1, 新井浩之1 (1皮膚): 第57回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2005/10/29), 下関.

723677. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 感染性心内膜炎に両側足関節の蜂窩織炎を合併した1例. 内田美穂, 鈴木理華1, 安藝良一1, 佐藤直哉1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第57回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2005/10/30), 下関.

723678. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マイコプラキアの1例. 長橋和矢1, 沖山良子, 新山史朗1, 金子 聡, 饗場伸作, 向井秀樹, 角田幸雄 (1皮膚): 第57回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2005/10/30), 下関.

723679. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) AIDA法を用いたらい菌mce1A領域の組み換え発現と上皮系細胞への侵入能の検討. 與儀ヤス子, 藤村響男1, 増澤幹男1 (1皮膚): 第35回日本免疫学会 (2005/12/13), 横浜.

723680. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) らい菌感染部の初期病理像と防御細胞. 藤村響男 (皮膚): 第79回日本細菌学会 (2006/3/29), 金沢.

731059. [地方会] (特別講演) 皮膚科からみた膠原病. 新井 達 (皮膚): 第28回横横会 (2005/6/16), 横浜.

731060. [研究会] (特別講演) 日常診療に役立つ陰部の皮膚病. 新井 達 (皮膚): 第4回神奈川泌尿器地域診療検討会 (2005/10/28), 相模原.

731061. [地方会] (特別講演) 脱毛症の診断と今後の治療. 勝岡憲生 (皮膚): 第341回日本皮膚科学会新潟地方会サテライト講演会 (2006/3/4), 新潟.

732047. [研究会] (シンポジウム招待講演) 脱毛を科学する─アトピーと円形脱毛症─. 勝岡憲生 (皮膚): 第31回アルカロイド研究会 (2005/6/18), 大阪.

732048. [研究会] (シンポジウム招待講演) 最近の創傷治癒関連. 勝岡憲生 (皮膚) : 第6回長野医療懇話会 (2005/7/15), 横浜.

732049. [研究会] (シンポジウム招待講演) 皮膚科でみられる薬の副作用(薬疹) の臨床と診断. 齊藤典充 (皮膚): 第87回Pharmaceutical Care研究会 (2005/7/17), 海老名.

732050. [研究会] (シンポジウム招待講演) 免疫学からみた脱毛症. 勝岡憲生 (皮膚): 第21回神奈川皮膚科免疫アレルギー懇話会 (2005/7/21), 横浜.

732051. [研究会] (シンポジウム招待講演) 脱毛症のホットな話題. 勝岡憲生 (皮膚): 第2回環相模湾皮膚の会 (2005/7/23), 湯河原.

732052. [地方会] (シンポジウム招待講演) 脱毛症─円形脱毛症を中心に─. 勝岡憲生 (皮膚): 第77回岐阜皮膚科医会 (2005/8/7), 岐阜.

732053. [研究会] (シンポジウム招待講演) 脱毛治療の展望. 勝岡憲生 (皮膚): 第6回ななしま皮膚美容フォーラム (2005/10/15), 福岡.

732054. [研究会] (シンポジウム招待講演) 脱毛症と今後の治療. 勝岡憲生 (皮膚): 保険薬剤師部会 (2005/11/8), 横浜.

732055. [研究会] (シンポジウム招待講演) 血管炎と循環障害の境界. 勝岡憲生 (皮膚): 第159回愛知県皮膚科医会例会 (2005/11/19), 名古屋.

732056. [研究会] (シンポジウム招待講演) Livedo疾患の考え方と治療. 勝岡憲生 (皮膚): マルホ皮膚科セミナー (2005/12/1), 東京.

732057. [地方会] (シンポジウム招待講演) いわゆる特染について. 齊藤典充 (皮膚): 第119回神奈川県皮膚科医会例会 (2005/12/4), 横須賀.

732058. [その他] (シンポジウム招待講演) 脱毛症の診断と今後の治療. 勝岡憲生 (皮膚): プロペシア錠新発売記念講演会 (2006/2/8), 横浜.

732059. [学会 (地方)] (シンポジウム招待講演) 円形脱毛症の発症機序と今後の治療の展望. 齊藤典充 (皮膚): 第69回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2006/2/11), 横浜.

732060. [研究会] (シンポジウム招待講演) 脱毛症の診断と治療戦略. 齊藤典充 (皮膚): 第29回かわやくセミナー (2006/2/24), 川崎.

732061. [地方会] (シンポジウム招待講演) 脱毛症の診断と治療戦略. 齊藤典充 (皮膚): 第274回港北区医師会学術講演会 (2006/3/22), 横浜.

733313. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 上背部から後頭部に外毛根のう腫と増殖性外毛根鞘性腫瘍が多発した1例. 新井 達1, 高須 博1, 勝岡憲生1, 内沼栄樹2 (1皮膚. 2形成・美外): 日本皮膚科学会第799回東京地方会 (2005/5/21), 横浜.

733314. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 両側乳房に丹毒様皮疹を呈したEBV関連NK/T cell lymphoma. 高須 博2, 勝岡憲生2, 増澤真実子2 (2皮膚): 日本皮膚科学会第799回東京地方会 (2005/5/21), 横浜.

733315. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) SLEに合併した難治性下腿潰瘍の1例. 三井純雪1, 佐藤勘治1, 新井 達1, 勝岡憲生1, 吉田 秀2 (1皮膚. 2膠原病・感染内): 日本皮膚科学会第799回東京地方会 (2005/5/21), 横浜.

733316. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 鎧状頭部血管肉腫の1例. 西山浩美1, 江藤宏光1, 新井 達1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 福永有希 (1皮膚): 日本皮膚科学会第799回東京地方会 (2005/5/21), 横浜.

733317. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 鎧状頭部血管肉腫の1例. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会第799回東京地方会 (2005/5/21), 横浜.

733318. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 全消化管に病変を認めたアナフィラクトイド紫斑病の成人例. 鈴木理華1, 内田美穂, 安藝良一1, 脇田加恵, 佐藤直哉1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 日本皮膚科学会第800回東京地方会 (2005/6/25), 東京.

733319. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) グルカゴノーマに伴う壊死性遊走性紅斑. 新山史朗1, 長橋和矢1, 金子 聡, 饗場伸作, 向井秀樹 (1皮膚): 日本皮膚科学会第800回東京地方会 (2005/6/25), 東京.

733320. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 鼻翼に生じたlow-grade myxofibrosarcoma. 高須 博1, 酒井直彦2, 白井京美1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚. 2形成・美外): 日本皮膚科学会第800回東京地方会 (2005/6/25), 東京.

733321. [研究会] (一般講演・ポスター) MRSA関連腎炎と皮膚症状. 新井 達 (皮膚): 第5回関東皮膚脈管懇話会 (2005/7/10), 東京.

733322. [研究会] (一般講演・ポスター) 皮膚結節性多発動脈炎 (PNC) の1例. 三井純雪1, 宮田聡子1, 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第5回関東皮膚脈管懇話会 (2005/7/10), 東京.

733323. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 透析患者の指背に生じたpseudo-Kaposi肉腫の1例. 齊藤典充1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第801回東京地方会 (2005/7/23), 横浜.

733324. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性潰瘍との異同が問題となったBuerger病. 百瀬葉子1, 西山浩美1, 佐藤勘治1, 白井京美1, 新井 達1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第801回東京地方会 (2005/7/23), 神奈川.

733325. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 透析患者の指背に生じたpseudo-Kaposi肉腫に1例. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会第801回東京地方会 (2005/7/23), 横浜.

733326. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性潰瘍との異同が問題となったBureger病. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会第801回東京地方会 (2005/7/23), 横浜.

733327. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 肝転移のう胞の破裂で死亡したITP合併の頭部血管肉腫. 百瀬葉子1, 西山浩美1, 新井 達1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 1皮膚): 日本皮膚科学会第802回東京地方会 (2005/9/17), 川崎.

733328. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) アルガトロバンが奏効したlivedo reticularis with summer ulceration─Sneddon症候群合併例─. 乾 真美, 増澤真美子1, 佐藤勘治1, 新井 達1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第802回東京地方会 (2005/9/17), 川崎.

733329. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 経過中に深在性エリテマトーデスを伴った小児皮膚筋炎. 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第802回東京地方会 (2005/9/17), 川崎.

733330. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) アルガトロバンが奏効したLivedo reticularis with ulceration & #8211; Sneddon症候群合併例. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会第802回東京地方会 (2005/9/17), 川崎.

733331. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) Plexiform fibrohistiocytic tumorの1例. 佐藤直哉1, 内田美穂, 鈴木理華1, 浅井寿子, 原田晴美, 衛藤 光, 松井瑞子 (1皮膚): 日本皮膚科学会第802回東京地方会 (2005/9/17), 東京.

733332. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 塩酸アンブキソール (アントブロン) による薬疹. 徳永千春1, 長瀬彰夫 (1皮膚): 日本皮膚科学会第802回東京地方会 (2005/9/17), 川崎.

733333. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 白癬菌性毛瘡の1例. 沖山良子, 金子 聡, 尾山修一, 長橋和矢1, 饗場伸作, 向井秀樹 (1皮膚): 日本皮膚科学会第802回東京地方会 (2005/9/17), 川崎.

733334. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 殿部に小児頭大の結節として生じたMalignant proliferating trichilemmal tumor. 増澤真実子1, 齊藤典充1, 新井 達1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第57回西部支部総会 (2005/10/29), 下関.

733335. [研究会] (一般講演・ポスター) 糖尿病患者に生じた壊死性筋膜炎の2例. 西山浩美1, 齊藤典充1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第11回糖尿病フットケア研究会 (2005/10/29), 東京.

733336. [研究会] (一般講演・ポスター) 脂肪織炎を伴った皮膚筋炎の臨床的検討. 新井 達 (皮膚): 第1回皮膚膠原病研究会 (2005/11/7), 横浜.

733337. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) シロスタゾールが有効であった術後リンパ漏の1例. 宮田聡子 (皮膚): 日本皮膚科学会第803回東京地方会 (2005/11/19), 横浜.

733338. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 胸腺癌の皮膚転移の1例. 西山浩美1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第803回東京地方会 (2005/11/19), 横浜.

733339. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 多発性骨髄腫を合併した皮膚T細胞リンパ腫. 高須 博1, 新井 達1, 佐藤勘治1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第803回東京地方会 (2005/11/19), 横浜.

733340. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) シロスタゾールが有効であった術後リンパ漏の1例. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会第803回東京地方会 (2005/11/19), 横浜.

733341. [研究会] (一般講演・ポスター) 脱毛患者におけるアンケートの解析. 前島英樹1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第13回毛髪科学研究会 (2005/11/26), 東京.

733342. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 脱毛患者に対するケトコナゾールローションの効果に関する検討. 前島英樹1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第804回東京地方会 (2005/12/17), 東京.

733343. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) AIDA法を用いたらい菌mce領域の組み換え発現と侵入に関与するactive sequenceの検討. 藤村響男1, 増澤幹男1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第804回東京地方会 (2005/12/17), 東京.

733344. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 外傷性TATOO. 高須 博1, 勝岡憲生1, 齊藤典充1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第805回東京地方会 (2006/1/21), 横浜.

733345. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 悪性石灰化上皮腫. 高須 博1, 新山史朗1, 勝岡憲生1, 齊藤典充1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第805回東京地方会 (2006/1/21), 横浜.

733346. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) L-Asparaginase (L-Asp) を主軸とした多剤併用化学療法が有効であったEBV関連NKリンパ腫. 増澤真実子1, 高須 博1, 佐藤勘治1, 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第805回東京地方会 (2006/1/21), 横浜.

733347. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 頭部脂腺癌の1例. 佐藤直哉1, 鈴木理華1, 原田晴美, 衛藤 光, 藤澤美幸, 松井瑞子, 大竹尚之 (1皮膚): 日本皮膚科学会第805回東京地方会 (2006/1/21), 横浜.

733348. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) カペシタビン (ゼロータ) によるacral erythema (hand-foot syndrome) の1例. 山本都美1, 田辺健一1, 松井矢寿恵1, 坪井廣美1 (1皮膚): 日本皮膚科学会第805回東京地方会 (2006/1/21), 横浜.

733349. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 足蹠に紅斑, 膿疱を認めた太藤病の1例. 山本都美1, 松井矢寿恵1, 坪井廣美1, 安藤晋一郎 (1皮膚): 日本皮膚科学会第805回東京地方会 (2006/1/21), 横浜.

733350. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 興味ある組織反応を認めた全身性エリテマトーデス. 百瀬葉子1, 佐藤勘治1, 白井京美1, 新井 達1, 新井春枝, 勝岡憲生1, 遠藤平仁2 (1皮膚. 2膠原病・感染内): 第29回皮膚脈管膠原病研究会 (2006/1/27), 岡山.

733351. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 同時期に発症したSLEの兄弟例. 鈴木理華2, 藤直哉2, 安藝良一2, 青地聖子, 浅井とし子, 原田晴美, 衛藤 光, 松井征男 (2皮膚): 第29回皮膚脈管膠原病研究会 (2006/1/27), 岡山.

733352. [研究会] (一般講演・ポスター) 特異アナフィラクトイド紫斑病の2例. 齊藤典充 (皮膚): 第4回関東皮膚脈管懇話会 (2005/2/6), 東京.

733353. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 多発性皮膚潰瘍を伴った全身性エリテマトーデス. 新井 達2, 勝岡憲生2 (2皮膚): 第69回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2006/2/12), 横浜.

733354. [研究会] (一般講演・ポスター) 強皮症の皮膚潰瘍に対するLipoPGE1の長期間欠投与を試みた2例. 新井 達 (皮膚): 第4回神奈川MMC研究会 (2006/2/16), 横浜.

733355. [研究会] (一般講演・ポスター) 結節性多発動脈炎(PN)を疑った1例. 白井京美1, 鈴木理華1, 須藤有里佳, 西山浩美1, 新井 達1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚) : 第6回関東皮膚脈管懇話会 (2006/2/19), 東京.

733356. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 地図状舌のかんぽう茶治療. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会第142回鹿児島地方会 (2005/3/18), 鹿児島.

733357. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 上皮系細胞の侵入に関わるらい菌mce1A蛋白のactive pepetideの検索. 増澤幹男 (皮膚): 日本皮膚科学会東京地方会 (2005/3/19), 東京.

733358. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 巨赤芽球性貧血に伴うビタミンB12欠乏による色素沈着と白髪. 新山史朗2, 金子 聡, 饗場伸作, 向井秀樹 (2皮膚) : 日本皮膚科学会第142回鹿児島地方会 (2006/3/19), 鹿児島.


<<泌尿器科学>>

[学術論文]

110210. [原著] Multilocular Cystic Renal Cell Carcinoma: a Case Report. 原 芳紀1, 服部裕介1, 松浦謙一1, 神座慎一郎1, 長本章裕2, 岩村正嗣3, 長谷川 章1 (1小田原市立. 2横浜船員保険. 3泌尿器): 西日本泌尿器科(別冊) 2005; 67 (8): 499-506.

110211. [原著] Asymptomatic Hyperleukocyturia in Hemodialysis Patients Analyzed by the Automated Urinary Flow Cytometer. 兵藤 透2, 吉田一成1, 酒井 糾2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2横浜第一病院): Therapeutic Apheresis and Dialysis 2005; 9 (5): 402-6.

110212. [原著] Contribution of CD4+ and CD8+ T cell and interferon-gamma to the progress of chronic rejection of kidney allografts : the Th1 response mediates both acute and chronic rejection. 小幡文弥1, 吉田一成2, 大久保みどり1, Y Ikeda1, 田岡佳憲2, 竹内康雄3, 篠原信賢4, 遠藤忠雄5, 馬場志郎2 (1医療衛生学部免疫. 2泌尿器. 3腎臓内. 4免疫. 5埼玉県央病院): Transplant Immunology 2005; 14: 21-5.

110213. [原著] High-dose rate iridium-192 brachytherapy boost to external beam radiation therapy for prostate cancer in Japanese men. 佐藤威文1, 北野雅史2, 藤田哲夫1, 石山博條2, 新部 譲2, 上前峰子2, 大草 洋1, 田畑健一1, 松本和将1, 入江 啓1, 荒川 孝1, 頴川 晋3, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線. 3慈恵医大): Jpn J Endourology 2005; 18: 273-7.

110214. [原著] Cancer core distribution in patients diagnosed by extended transperineal prostate biopsy. 佐藤威文1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 田畑健一1, 大草 洋1, 坪井俊樹1, 荒川 孝1, 入江 啓1, 頴川 晋2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2慈恵医大): Urology 2005; 66: 111-8.

110215. [原著] Efficacy and morbidity of transrectal ultrasound-guided 12-core biopsy for detection of prostate cancer in Japanese men. 松本和将1, 佐藤威文1, 頴川 晋2, 志村 哲1, 桑尾定仁, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2慈恵医大): Int J Urol 2005; 12: 353-60.

110216. [原著] Treatment of localized prostate cancer using high-intensity focused ultrasound. 内田豊昭2, 大草 洋1, Yasunori Nagata2, 兵藤 透3, 佐藤威文1, 入江 啓1 (1泌尿器. 2東海大八王子病院. 3横浜第一病院): BJU Int 2006; 97: 56-61.

110217. [原著] Expanding the therapeutic index of radiation therapy by combining in situ gene therapy in the treatment of prostate cancer. Michael T1, Tetzlaff Bin S1, Terry L. Timme1, 藤田哲夫2, 佐藤威文2, 田畑健一2, Wei-Yuan Mai1, Maria T Vlachaki1, Robert j Amato1, Dov Kadmon1, Brian J Miles1, Gustavo Ayala1, Thomas M Wheeler1, Estuardo Aguilar-Cordova1, Timothy C Thompson1, E. Brian Butler1 (1ベイラ−医大. 2泌尿器): Technol Cancer Res Treat 2006/2; 5 (1): 23-36.

110218. [原著] Topographic Distribution of Lymphatic Vessels in the Normal Human Prostate. 宋 成浩1, 石井壽晴2, 佐藤絵里奈1, Yuri Akishima2, 伊藤金次2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2東邦大): Prostate 2005; 63: 330-5.

110219. [原著] TRANSRECTAL HIGH-INTENSITY FOCUSED ULTRASOUND IN THE TREATMENT OF LOCALIZED PROSTATE CANCER: A MULTICENTER STUDY. 内田豊昭1, 馬場志郎2, 入江 啓2, 宋 成浩2, 枡盛直哉3, 塚本泰司3, 中津裕臣4, 藤本博行5, 垣添忠生5, 上田 健6, 市川智彦6, 太田信隆, 北村惟一 (1東海大八王子病院. 2泌尿器. 3札幌医大. 4朝日中央病院. 5国立がんセンター中央病院. 6千葉大): Acta Urol Jpn 2005; 51: 651-8.

110220. [原著] RM2 antigen (β1,4-GalNAc-disialy-Lc4) as a new marker for,prostate cancer. 斎藤誠一1, 頴川 晋2, 遠藤希之, 上野誠司, Akihiro Ito, 沼畑健司, 佐藤 信1, 桑尾定仁3, 馬場志郎4, Senitiroh Hakomori5, 荒井陽一1 (1東北大. 2慈恵医大. 3病理. 4泌尿器. 5ワシントン大): Int J Cancer 2005; 115: 105-13.

110221. [原著] Recovery of quality of life in year after laparoscopic or retropubic radical prostatectomy: a multi-institutional longitudinal study. 並木俊一1, 頴川 晋2, 馬場志郎3, 寺地敏郎4, 薄井幸男4, 寺井章人5, 栃木達夫6, 桑原正明6, 庵谷尚正7, 荒井陽一1 (1東北大. 2慈恵医大. 3泌尿器. 4東海大. 5倉敷中央. 6宮城県立がんセンター. 7仙台社会保険): Urology 2005; 65(3): 517-23.

110222. [原著] Proteomics of prostate cancer research. 車 英俊1, 頴川 晋2, Yuko Kamata2, 大石正道2, 小寺義男2, 松本和将1, 大草 洋1, 前田忠計2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2慈恵医大): Recent Res Devel Cancer 2005; 7: 115-26.

110223. [原著] Growth inhibition efficiency of an adenovirus expressing dual therapeutic genes, wild-type p53, and anti-erb2 ribozyme, against human bladder cancer cells. 入江 啓1, 松本和将1, Anderegg B2, 車 英俊1, Kashain-Sabet M3, Scanlon KJ3, 内田豊昭4, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2Merz Pharmaceuticals. 3カリフォルニア大. 4東海大八王子病院): Cancer Gene Therapy 2006; 13: 298-305.

110224. [原著] Urinary levels of soluble E-cadherin in the detection of transitional cell carcinoma of the urinary bladder. Shariat SF1, 松本和将2, Casella R1, Jian W1, Lerner SP1 (1ベイラー医大. 2泌尿器): Eur Urol 2005; 48: 69-76.

110225. [原著] Loss of coxsackie and adenovirus receptor expression is associated with features of aggressive bladder cancer. 松本和将1, Shariat SF2, Ayala GE2, Rauen KA2, Lerner SP2 (1泌尿器. 2ベイラー医大): Urology 2005; 66 (2): 441-6.

110226. [原著] The mechanism responsible for accommodation after livingrelated kidney transplantations across the blood barrier. Hideki Ishida1, Kazunari Tanabe1, Tsutomu Ishizuka1, Miyuki Furusawa1, Naoshi Miyamoto1, Nobuo Ishikawa1, Hiroki Shirakawa1, 石井大輔2, Taishi Nozaki1, Kiyoshi Setoguchi1, Hiroshi Toma1 (1東京女医大. 2泌尿器): Transplant International 2005; 18: 716-20.

120099. [原著] 外腸骨静脈が欠損している場合の腎移植静脈吻合. 藤田哲夫1, 吉田一成1, 土田繭美1, 平山貴博1, 石井大輔1, 岩村正嗣1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 腎移植・血管外科 2005; 17 (2): 166〜71.

120100. [原著] 前立腺癌永久挿入密封小線源療法におけるAnderson nomogramの有用性: ヨウ素125線源数の事前予測検討. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 石山博條2, 陳 偉強1, 大草 洋1, 北野雅史2, 新部 譲2, 岩村正嗣1, 上前峰子2, 津村秀康, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 泌尿器外科 2005; 18 (12): 1431-5.

120101. [原著] On-line HDF施行時におけるwhole PTH漏出量の検討. 兵藤 透1, 阿部郁子2, 近藤光洋2, 赤石 仁1, 岡本智之1, 本間 崇1, 酒井 糾1, 日台英雄1, 吉田一成3, 遠藤忠雄3, 馬場志郎3 (1横浜第一病院. 2厚木クリニック. 3泌尿器): 腎と透析 2005; 59 (別冊 HDF療法'05): 293-6.

120102. [原著] MRSA感染症治療薬バイコマイシンおよびアルベカシンの血液透析ダイアライザー別の血中除去能の比較. 金岡泰行1, 兵藤 透1, 近藤光洋2, 赤石 仁1, 本間 崇1, 山本スミ子2, 竹村 徹1, 平良隆保1, 木村将貴3, 吉田一成3, 内田豊昭4, 遠藤忠雄5, 酒井 糾1, 馬場志郎3 (1横浜第一病院. 2厚木クリニック. 3泌尿器. 4東海大八王子病院. 5埼玉県央病院): 泌尿器外科 2005; 18 (7): 817-23.

120103. [原著] On-line HDF施行時におけるアルブミン漏出がグリコアルブミン (GA) 値に与える影響. 阿部郁子1, 兵藤 透2, 赤石 仁3, 岡本智之2, 本間 崇2, 木村将貴4, 奥野紀彦4, 五十嵐すみ子5, 酒井 糾6, 日台英雄2, 吉田一成4, 遠藤忠雄4, 馬場志郎4, 近藤光洋1 (1厚木クリニック. 2横浜第一. 3吉祥寺あさひ. 4泌尿器. 5(株) メコム. 6小児腎疾患総合管理研究所): 腎と透析 別冊 HDF療法 2005; 59: 290-2.

120104. [原著] リクセルの再循環使用におけるβ2-mg吸着量の検討. 近藤光洋1, 兵藤 透1, 阿部郁子2, 赤石 仁3, 岡本智之1, 本間 崇1, 日台英雄1, 土田繭美4, 藤田哲夫4, 酒井 糾1, 吉田一成4, 遠藤忠雄5, 馬場志郎4 (1横浜第一病院. 2厚木クリニック. 3吉祥寺あさひ病院. 4泌尿器. 5埼玉県央病院): 腎と透析 2005/11; 59 (別冊 HDF療法'05), 257-60.

120105. [原著] 血液透析患者に対するKDQOLの応用: 集団の評価法としての利用と個人応用の可能性. 山本スミ子1, 兵藤 透2, 日台英雄, 吉田一成3, 馬場志郎3 (1厚木クリニック. 2横浜第一病院. 3泌尿器): 透析会誌─第49回日本透析医学会ワークショップより─ 2006/01; 39 (1): 27-30.

120106. [原著] 男性患者に対する硬性膀胱鏡前処置としての尿道内局所麻酔薬ゼリー注入の有用性に関する検討. 松田大介1, 入江 啓1, 志村 哲1, 平山貴博1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 丸 典夫1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 日泌尿会誌 2005; 96 (6): 617-22.

220056. [準原著] 前立腺肥大症に対するTransurethral Electrovaporization of the Prostete (TAVAP) の経験. 内田豊昭1, 村本将俊2, 塩川英史, 岩村正嗣2, 遠藤忠雄3, 小柴 健3 (1東海大八王子病院. 2泌尿器. 3埼玉県央病院): VIDO Journal of JUA Contents 2005; 3 (1): 4.

220057. [準原著] 腎盂尿管移行部の通過障害に対する腹腔鏡下Anderson-Hynes pyeloplastyの手術手技とその有用性. 岩村正嗣1, 大草 洋1, 須藤利雄1, 勝田真行1, 藤田哲夫1, 馬場志郎1, 石井淳一郎1 (1泌尿器): VIDO Journal of JUA Contents 2005; 8 (3): 13.

220058. [準原著] 経尿道的前立腺切除術における合併症とのその処置. 内田豊昭1, 岩村正嗣2, 頴川 晋3, 遠藤忠雄4, 小柴 健4 (1東海大八王子病院. 2泌尿器. 3慈恵医大. 4埼玉県央病院): VIDO Journal of JUA Contents 2005; 4 (4): 6.

220059. [準原著] 腹腔鏡手術のトレーニング─各国の現状─ 3. 泌尿器腹腔鏡手術のトレーニング─日本の現状とフランスの教育システム─. 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 泌尿器外科(第69回日本泌尿器科学会東部総会記録集) 2005; 18 (臨増): 496.

220060. [準原著] 腎副腎鏡視下手術の標準化─鏡視下手術技術認定医制度をふまえて─. 寺地敏郎1, 溝口裕昭2, 川喜田睦司3, 服部良平4, 川端 岳5, 桶川隆嗣6, 岩村正嗣7 (1東海大. 2中津第一病院. 3神戸市立中央市民病院. 4名古屋大. 5関西労災病院. 6杏林大. 7泌尿器): 安全で, 温かな, “テーラーメードの医療”を目指して第93回日本泌尿器科学会総会講演集 2005; 118-9.

220061. [準原著] ─当施設における腎移植手技─. 石田英樹1, 斎藤和英2, 吉田一成3, 相川 厚4, 絹川常郎5, 関 利盛6, Marcian A. Manu7 (1東京女医大. 2新潟大. 3泌尿器. 4東邦大. 5社会保険中京病院. 6市立札幌病院. 7Fundeni Hospital): 安全で, 温かな, “テーラーメードの医療”を目指して第93回日本泌尿器科学会総会講演集 2005; 100-1.

220062. [準原著] リン管理と塩酸セベラマー 炭酸カルシウムから塩酸セベラマーへの完全置換による無形成骨の治療. 兵藤 透1, 土田繭美2, 藤田哲夫2, 吉田一成2, 若井陽希, 竹村 徹1, 平良隆保1, 日台英雄1, 酒井 糾1, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌尿器): Clinical Calcium 2005/9; 15 (S-1): 15-22.

220063. [準原著] 「周産期医療」泌尿器科における治療と取り組み. 宋 成浩(泌尿器): 北里医学 2005; 34 (2): 21-4.

220064. [準原著] 左副腎的所術—: 後腹膜後方到達法について. 馬場志郎 (泌尿器): 日本医師会インターネット生涯教育講座 内視鏡手術 2005; 7: 3-4b.

220065. [準原著] 左副腎的所術 & #8212: 経腹腔側方到達法について. 馬場志郎 (泌尿器): 日本医師会インターネット生涯教育講座 内視鏡手術 2005; 7: 3-4a.

220066. [準原著] 後腹膜鏡下副腎摘除術: 腰背部到達法. 馬場志郎1, 宮島 哲2, 内田 厚2, 浅沼 宏2, 村井 勝2 (1泌尿器. 2慶應大): VIDO Journal of JUA Contents 2005; 4 (2): 6.

220067. [準原著] 腹腔鏡下Hellstroem法による腎動脈分枝の転置術 (Transposition). 馬場志郎1, 野中昭一2, 菊地栄次2, 村井 勝2 (1泌尿器. 2慶應大): VIDO Journal of JUA Contents 2005; 3 (4): 5.

220068. [準原著] 限局性前立腺がんに対する治療選択─高密度焦点式超音波療法 (HAIF, ハイフ) 療法─. 内田豊昭1, 山下英之2, 大草 洋2, 長田恵弘1 (1東海大八王子. 2泌尿器): 泌尿器外科 2005; 18 (臨増): 443-4. 第69回日本泌尿器科学会東部総会記録集.

220069. [短報] 前立腺癌に対する新しい放射線治療. 佐藤威文1, 北野雅史2, 石山博條2, 陳 偉強1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 綜合臨床 2005; 54: 187-9.

310032. [症例報告] Thoracoscopic transdiaphrag-matic adrenalectomy for isolated locally recurrent adrenal carcinoma. 松本和将1, 頴川 晋1, 佐藤威文1, 奥野紀彦1, Shizuka Kaseda2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2済生会神奈川県): International jouanal of Urology 2005; 12 (12): 1055-7.

310033. [症例報告] Advanced clear-cell adenocarcinoma of the bladder successfully treated by radical surgery with adjuvant chemoradiotherapy. 黒坂眞二1, 入江 啓1, 溝口秀之1, 奥野紀彦1, 岩渕啓一2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2病理): Int J Clin Oncol 2005; 10 (5): 362-5.

320054. [症例報告] 125Iシード線源による前立腺永久挿入密封小線源治療1ヵ月後に脳出血で死亡した前立腺癌症例の経験─シードの取り扱いについて─. 木村将貴1, 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 大草 洋1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 北野雅史2, 石山博條2, 早川和重2, 岡安 勲3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線. 3病理): 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96 (5): 560-3.

320055. [症例報告] 術中明らかな直腸損傷を認めずに発症した腹腔鏡下前立腺全摘除術後の尿道直腸瘻の1例. 南田 諭1, 岩村正嗣1, 土田繭美1, 池田勝臣1, 松田大介1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 入江 啓1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 泌尿紀要 2006/2; 52 (1): 155-7.

320056. [症例報告] 腎移植後の透析再導入例にイコデキストリン腹膜透析を導入し移植残腎機能温存とQOL改善を認めた1症例. 木村将貴1, 吉田一成1, 土田繭美1, 藤田哲夫1, 竹内康雄2, 羽村素子2, 兵藤 透3, 鎌田貢壽2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2腎臓内. 3横浜第一病院): 神奈川県CAPD研究会誌 2006/3; 19: 66-71.

510012. [総説] Occupational bladder cancer: from cohort study to biologic molecular marker. 松本和将1, 入江 啓1, 佐藤威文1, 車 英俊1, 荒川 孝1, 馬場志郎1 (1泌尿器): Med Sci Monit 2005; 11 (10): 311-5.

520190. [総説] 全身の症候 浮腫. 特集: 症候別 病態生理ナーシングノート. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 臨床看護5月臨時増刊号 (通巻第421号) 2005; 31 (6): 754-7.

520191. [総説] 安全な腹腔鏡手術器具の使い方. 東原英二1, 服部良平2, 中川 健3, 岩村正嗣4, 牛山友己5, 川端 岳5, 羽淵友則6 (1杏林大. 2名古屋大. 3慶應大. 4泌尿器. 5関西労災病院. 6秋田大): Audio-Visual Journal of JUA(ビデオ) 2006/1; 12 (1).

520192. [総説] 特集<基礎知識A>泌尿器科のカテーテルの基礎知識. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 泌尿器ケア, 泌尿器科領域のケア専門誌 2005; 10 (11): 21-8.

520193. [総説] 前立腺がん. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): がんを治す完全ガイド 2005; 22 (10): 34-6.

520194. [総説] 前立腺癌治療: 根治的前立腺全摘除術後の尿失禁に対する対処と処方について. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 臨床泌尿器科 2005; 59 (4): 233-6.

520195. [総説] 前立腺癌治療: 前立腺癌の腰椎転移に対する加療. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 臨床泌尿器科 2005; 59 (4): 246-9.

520196. [総説] 特集: 泌尿器科疾患─最新の治療方針とトピックス─ W. トピックス 小児泌尿器科領域における鏡視下形成手術の可能性と治療成績. 宋 成浩 (泌尿器): 小児科診療 2005; 68 (9別刷): 157-62.

520197. [総説] ここが聞きたい─泌尿器科外来における対処と処方 5. 腫瘍 (外来化学療法) 【術後排尿障害】─65.根治的前立腺全摘除術後の尿失禁の患者です. 対処と処方について教えて下さい─. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 臨床泌尿器科 2005; 増刊号 59 (4): 233-6.

520198. [総説] ここが聞きたい─泌尿器科外来における対処と処方 5. 腫瘍 (外来化学療法) 【術後排尿障害】─68. 前立腺癌の腰椎転移により腰痛をきたした患者です. 対処と処方について教えて下さい─. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 臨床泌尿器科 2005; 増刊号 59 (4): 246-9.

521017. [研究報告書] マウス腎細胞癌に対するIL-12遺伝子発現アデノウイルスの抗腫瘍効果の検討. 佐藤威文1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 藤田哲夫1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 平成16年度〜平成17年度科学研究費補助金 (基盤研究 (C)) 研究成果報告書 2006/3; 1-44.

[著 書]

610004. [学術書] (分担執筆) Gene Therapy in Cancey Current status of gene therapy for urologic cancers, p.133-56. 松本和将1, 入江 啓1, 馬場志郎1 (1泌尿器), 編 Grace W Redberry, Nova Science Publishers, Inc, 2005発行.

610005. [学術書] (分担執筆) High-Intensity Focused Ultrasound (HIFU) for the Treatment of Localized Prostate Cancer. Recent Advances in Endourology, 6: 99-113. 内田豊昭1, 大草 洋2, 山下英之2, Yoshihiro Nagata1 (1東海大八王子. 2泌尿器), 編 springer, 2005発行.

620215. [学術書] (分担執筆) 全がん治療ガイド─最新の診断と治療─『がんを治す完全ガイド』 部位別全がん 治療ガイド (最新の診断と治療) 膀胱がん, p.300-15. 岩村正嗣 (泌尿器), (株) イースト・プレス, 2005/10発行.

620216. [学術書] (分担執筆) 全がん治療ガイド─最新の診断と治療─『がんを治す完全ガイド』 部位別全がん 治療ガイド (最新の診断と治療) 腎臓がん, p.283-99. 岩村正嗣 (泌尿器), (株) イースト・プレス, 2005/10発行.

620217. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 膀胱尿管逆流症. 宋 成浩 (泌尿器), 医学書院, 2006/1.

620218. [学術書] (分担執筆) 小児科診療 小児泌尿器科領域における鏡視下形成手術の可能性と治療成績 68 (9): 1723-8. 宋 成浩 (泌尿器), 診断と治療社, 2005/09発行.

620219. [学術書] (分担執筆) THE BEST NURSING 術式別泌尿器科看護の知識と実際 前立腺の手術─前立腺レーザー手術─, p.119-25. 設楽敏也, 馬場志郎1 (1泌尿器), 株式会社メディカ出版, 2005/09発行.

620220. [翻訳] (単著) 前立腺癌に対する永久挿入密封小線源療法による合併症: AUA update series日本語版. 佐藤威文1, 馬場志郎1, 村井 勝2 (1泌尿器. 2慶應大), (株) メディアート, 2005/4.

[学会・研究会等]

711008. [学会 (国際)] (特別講演) Laparoscopic pyeloplasty. 馬場志郎 (泌尿器): 第7回 Asia Pacific Congress of Endoscopic Surgery (ELSA 2005) (2005/8/17), Hong Kong.

713122. [学会 (国際)] (一般講演) Results of high-dose rate iridium-192 brachytherapy boost to external beam radiation therapy for prostate cancer in Japanese men. 佐藤威文1, 北野雅史2, 石山博條2, 頴川 晋1, 荒川 孝1, 大草 洋1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 41th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology (2005/5/13-17), Orlando.

713123. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Therapeutic efficacy and complications of intravesical bacillus calmette-guerin instillation for carcinoma in situ of the upper urinary tract utilizing vesicoureteral reflux created by double-pigtail ureteral stent. 入江 啓1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 門脇和臣2, 内田豊昭3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2東大和病院. 3東海大八王子病院): 100th Annual Meeting American Urological Association (2005/5/21), San Antonio, TX, USA.

713124. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Sustained long-term immune responses following combination in situ gene therapy, radiotherapy and hormonal therapy for prostate cancer. 藤田哲夫1, Bin S Teh, Terry L Timme, Wei-Yuan Mai, 佐藤威文1, Nobuyuki Kusaka, Koji Naruishi, Elmoataz Abdel Fattah, Estuardo Aguilar-Cordova, E. Brian Butler, Timothy C Thompson2 (1泌尿器. 2スコット大): 100th Annual Meeting of the American Urological Association (2005/5/22), San Antonio.

713125. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The treatment of adynamic bone disease with the complete replacement from calcium carbonate to sevelamer hydrochloride. 兵藤 透1, 平良隆保1, 竹村 徹1, 日台英雄1, 吉田一成2, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌尿器): 第42回ヨーロッパ透析移植腎臓学会 (2005/6/9), イスタンブール.

713126. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Laparoscopy as a treatment for intraperitoneal bladder injury. 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 7th Asia Pacific Congress of Endoscopic Surgery (2005/8/18), HONG KONG.

713127. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Transrectal high-intensity focused ultrasound in the treatment of localized prostate cancer: a multicenter study. 馬場志郎1, 内田豊昭2, H Nakatsu, H Fujimoto, T Ueda, M Sumitomo, T Aoyagi, R Ikeda, N Tsuru, H Koga, Y Nasu, Y Hirao (1泌尿器. 2東海大八王子病院): 23th World Congress on Endourology & SWL (2005/8/25), アムステルダム.

713128. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) An endoscopic surgical skill qualification system in urological laparoscopy: a novel system in Japan. T Matsuda, Y Ono, T Terachi, 溝口秀之1, A Kawauchi, 馬場志郎1, T Miki, S Naito, E Higashihara, S Oshima, Y Hirao, S Kamidono (1泌尿器): 23th World Congress on Endourology & SWL (2005/8/25), アムステルダム.

713129. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Sustained long-term immune responses following combination in situ gene therapy with radiotherapy and hormonal therapy for prostate cancer. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, Bin S Teh2, Terry L Timme2, E. Brian Butler2, Timothy C Thompson2 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2ベイラー医大): 15th Annual Meeting of the International Urological Conference of Taiwan (2005/8/27), Kaohsiung (Taiwan, R.O.C.).

713130. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Site of prositive surgical margins in laparoscopic radical prostactomy: the impact of apical dissection. 岩村正嗣1, 池田勝臣1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 2nd East Asian Society of Endourology Annual Meeting (2005/10/22), Jeju Island, Korea.

713131. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Sustained long-term immune responses following in situ gene therapy combined with radiotherapy and hormonal therapy in prostate cancer patients. 藤田哲夫1, Bin S Teh2, Terry L. Timme2, Wei-Yuan Mai2, 佐藤威文1, Nobuyuki Kusaka, Koji Naruishi, Elmoataz Abdel Fattah2, Estuardo Aguilar-Cordova2, E Brian Butler2, Timothy C Thompson2 (1泌尿器. 2ベイラー医大): 47th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology International Journal of Radiation Oncology Biology Physics (2005/10/16), Denver.

713132. [学会 (国際)] (一般講演) Anaysis of cyclosporine associated arteriolopathy in long-term cyclosporine treated renal transplant recipients. 石井大輔1, Kazunari Tanabe2, Hideki Ishida2, Naoshi Miyamoto2, Nobuo Ishikawa2, Tadahiko Tokumoto2, Hiroki Shirakawa2, Tomokazu Shimizu2, Hiroaki Shinmura2, Kiyoshi Setoguchi2, Daisuke Toki2, Hiroshi Toma2 (1泌尿器. 2東京女医大): American Transplant Congress (2005/4), Seattle, USA.

713133. [学会 (国際)] (一般講演) Differences in humoral immunity between a non-rejection group and a rejection group after ABO-incompatible renal transplantation. Hideki Ishida1, Kazunari Tanabe1, Naoshi Miyamoto1, Hiroki Shirakawa1, Nobuo Ishikawa1, 石井大輔2, Taishi Nozaki1, Kiyoshi Setoguchi1, Hiroshi Toma1 (1東京女医大. 2泌尿器): American Transplant Congress (2005/4), Seattle USA.

713134. [学会 (国際)] (一般講演) Cooperative effects of adenoviral vector-mediated Interleukin 12 gene therapy and radiotherapy in a preclinical model of metastatic prostate cancer. 藤田哲夫1, Terry L Timme, 成石浩司, 日下信行, Julie X Zhu, Guang Yang, Alexei Goltsov, Chenghui Ren, Chengzhen Ren, Maria T Vlachaki, Bin S Teh, E Brian Butler, Timothy C Thompson2 (1泌尿器. 2ベイラー医大): 100th Annual Meeting of the American Urological Association (2005/5/22), San Antonio. The Journal of Urology.

713135. [学会 (国際)] (一般講演) Therapeutic effects of combination radiation and suicide gene therapy using a chimeric adenovirus vectors for bladder cancer. 松本和将1, 奥野紀彦1, Freund CTF2, Zhu JX2, Jian W2, Teh BS2, Vlachaki MT2, Davis AR2, Lerner SP2 (1泌尿器. 2ベイラー医大): 100th Annual Meeting American Urological Association (2005/5/21-26), San Antonio, TX, USA.

713136. [学会 (国際)] (一般講演) Cooperative effects of adenoviral vector-mediated Interleukin 12 gene therapy and radiotherapy in a preclinical model of metastatic prostate cancer. 藤田哲夫1, Terry L Timme, Koji Naruishi, Nobuyuki Kusaka, Julie X Zhu, Guang Yang, Alexei Goltsov, Chenghui Ren, Chengzhen Ren, Maria T2, Vlachaki MT3, Bin S Teh, E Brian Butler, Timothy C Thompson3 (1泌尿器. 2スコット医大. 3ベイラー医大): 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy (2005/6/1-5), Saint Louis, MO, USA.

713137. [学会 (国際)] (一般講演) Therapeutic approach using external radiation and suicide gene therapy transduced bt chimeric adenovirus vector for bladder cancer. 松本和将1, 奥野紀彦1, Teh BS, Freund CTF, Zhu JX, Vlachaki MT, Davis AR, Butler BE, Lerner SP2 (1泌尿器. 2ベイラー医大): 8th Annual Meeting American Society of Gene Therapy (2005/6/-5), Saint Louis, MO, USA.

713138. [学会 (国際)] (一般講演) Therapeutic Effects of Combination Radiation and Suicide Gene Therapy using a Chimeric Adenovirus Vector for Bladder Cancer. 松本和将1, Teh BS, Freund CTF, 奥野紀彦1, Zhu JX, Jian W, Vlachaki MT, Davis AR, Lerner SP(1泌尿器); 47th Annual Meeting American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (2005/10/16-19), Denver, CO, USA.

721023. [学会 (全国)] (特別講演) HDR vs LDR 前立腺癌に対する密封小線源療法. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 日本泌尿器科学会総会セミナー (2005/4/16), 東京.

721024. [学会 (全国)] (特別講演) 小径腎癌に対するablation療法の適応と限界及び合併症について. 岩村正嗣(泌尿器): 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 (2005/11/10), 新宿.

722097. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 卒後教育─これからの手術教育はどのようにおこなわれるべきか─. 馬場志郎1, 内藤誠二2 (1泌尿器. 2九州大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/13), 東京.

722098. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 腹腔鏡下根治的腎摘除術: 右腎に対する前方到達法. 岩村正嗣1, 松田大介1, 入江 啓1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京.

722099. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 北里大学病院における腎移植手術手技. 吉田一成1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 土田繭美1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京.

722100. [学会 (全国)] (シンポジウム) 東京女子医大泌尿器科における腎臓移植手術手技: (後腹膜鏡下腎臓摘出術)(尿管膀胱新吻合) (動静脈吻合法). 石田秀樹1, 田邉一成1, 宮本直志1, 白川浩希1, 石川 夫1, 石井大輔2, 瀬戸口 誠1, 伊藤文夫1, 合谷信行1, 東間 紘1 (1東京女医大. 2泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌, 2005; 45.

722101. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 最良の週3回4時間血液透析とは. 兵藤 透1, 近藤光洋1, 本間 崇1, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌尿器): 第21回日本医工学治療学会 (2005/5/15), 東京.

722102. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) <ワークショップ>前立腺癌患者に対するIMRT・内分泌療法併用HSV-tk遺伝子治療におけるTリンパ球活性の検討. 佐藤威文1, Bin S Teh2, Terry L Timme2, 日下信行3, 藤田哲夫1, 松本和将1, 雑賀隆史3, 田畑健一1, Dov Kadmon2, Edward B Butler2, Timothy C Thompson2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2ベイラー医大. 3岡山大): 第64回日本癌学会学術総会 (2005/9/16), 札幌.

722103. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 限局性前立腺癌に対する放射線治療: toxicity, health-related QOL, および医療収支の検証. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

722104. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 司会の言葉 限局性前立腺癌の治療戦略・QOLを考慮した治療の個別化. 荒井陽一1, 馬場志郎2 (1東北大. 2泌尿器): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

722105. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 限局性前立腺癌に対する放射線治療: LDR, HDR, および3D-CRTのhealth-related QOLに関する前向き比較検討. 佐藤威文1, 石山博條2, 藤田哲夫1, 大草 洋1, 北野雅史2, 小谷承子2, 新部 譲2, 上前峰子2, 津村秀康1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 岩手. 泌尿器外科 2006/4; 19 (臨増): P419-21.

722106. [学会 (全国)] (シンポジウム) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波療法 (HIFU) 後のQOLの変化. 内田豊昭1, 小路 直2, 山下英之2, 大草 洋2, 長田恵弘3, 寺地敏郎3 (1東海大八王子. 2泌尿器. 3東海大): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 岩手. 泌尿器外科 19 (臨増): 423-5.

722107. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) ライブパネルディスカッション(術者) 小児腹腔鏡手術: 腎盂形成術. 岩村正嗣 (泌尿器): 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 (2005/11/11), 新宿.

723681. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 系統的前立腺多所生検における前立腺癌検出の臨床病理学的意義の検討. 黄 英茂1, 村本将俊1, 黒坂眞二1, 石井淳一郎1, 川上達央2, 門脇和臣2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2東大和病院): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/13), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 77.

723682. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 根治的前立腺全摘除術検体における癌病巣の尖部〜底部方向での分布に関する検討. 石井淳一郎1, 大堀 理2, 大川麻子1, 黒坂眞二3, 村本将俊3, スカルディーノ ピーター4, 門脇和臣1, 馬場志郎3 (1北研. 2東医大. 3泌尿器. 4メモリアルスロンケタリング癌センター): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/13), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 197.

723683. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 不完全重複腎盂尿管に対する腹腔鏡下水腎切除開窓術. 岩村正嗣1, 笹本治子1, 平山貴博1, 南田 諭1, 坪井俊樹1, 須藤利雄1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/13), 東京. ビデオ. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 92.

723684. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 干渉低周波の過活動性膀胱への適応. 大川麻子1, 黒坂眞二1, 石井淳一郎1, 門脇和臣1, 黄 英茂2, 川上達央2, 馬場志郎3 (1北研. 2東大和病院. 3泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/13), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 189.

723685. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再生検としての経会陰的テンプレートガイドによる前立腺22ヶ所生検の意義. 平山貴博1, 佐藤威文1, 村本将俊1, 入江 啓1, 荒川 孝1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/13), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 178.

723686. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における尿路結石破砕治療後の結石再発, 再治療の臨床的検討(ポスター). 平井祥司1, 荒川 孝1, 藤城貴教1, 丸 典夫1, 須山一穂1, 久保星一1, 大堀 理2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2東医大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 160.

723687. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌の悪性度を反映する新しいマーカーRM2抗原 (beta-1,4-GalNAc-disialyl-Lc4) (ポスター). 斉藤誠一1, 頴川 晋2, 遠藤希之3, 上野誠司1, 伊藤明宏1, 沼畑健司1, 佐藤 信1, 桑尾定仁, 馬場志郎3, 新井陽一1 (1東北大. 2慈恵医大. 3泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 119.

723688. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血清プロテオミクスによる前立腺癌新規バイオマーカーの探索 (ポスター). 車 英俊1, 頴川 晋2, 小寺義男3, 曽川一幸4, 大石正道3, 前田忠計3, 朝長 毅4, 野村文夫4, 大草 洋1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2慈恵医大. 3理学部. 4千葉大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 124.

723689. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) <ポスター>High-risk groupにおける前立腺全摘術後のPSA再熱予測因子の長期的検討. 林 典宏1, 沼崎 進1, 小杉 繁1, 小出晴久1, 柚須 恒1, 山田裕紀1, 下村達也1, 三木健太1, 松井義之2, 荒井陽一3, 馬場志郎4, 頴川 晋1 (1慈恵医大. 2倉敷中央病院. 3東北大. 4泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 161.

723690. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 局所前立腺癌に対する手術法別のQOL: 多施設共同前向き研究 (ポスター). 荒井陽一1, 並木俊一1, 頴川 晋2, 馬場志郎3, 白井幸男4, 寺地敏郎4, 松原昭郎5, 碓井 亞5, 米田達朗6, 井川幹夫6, 寺井章人7, 桑原正明8, 庵谷尚正9 (1東北大. 2慈恵医大. 3泌尿器. 4東海大. 5広島大. 6島根大. 7倉敷中央病院. 8宮城県立がんセンター. 9仙台社会保険): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 137.

723691. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膀胱癌に対するキメラアデノウイルスを用いたHSV-tk/GCV遺伝子治療の検討. 松本和将1, 入江 啓1, 木村将貴1, 笹本治子1, 石井淳一郎1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, Seth Lerner2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2ベイラー医大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 113.

723692. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌患者に対するIMRT・内分泌療法併用HSV-tk遺伝子治療におけるTリンパ球活性の検討. 佐藤威文1, Bin S Teh2, Terry L Timmeb2, 日下信行3, 藤田哲夫1, El Moataz2, Abd El Fattah2, Yehoshua Gdor2, Dov Kadmon2, Edward B Butler2, Timothy C Thompson2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2ベイラ−医大. 3岡山大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 125.

723693. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Purple Urine Bag Syndrome の臨床像に関する検討. 津村秀康1, 佐藤威文1, 荒川 孝1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 159.

723694. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精巣の脈管系ネットワークシステムについての検討. 宋 成浩1, 松本和将1, 佐藤絵里奈1, 塩川英史2, 竹川勝治3, 秋嶋由里4, 石井壽晴4, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2長津田病院. 3協和病院. 4東邦大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 111.

723695. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膀胱における抗LYVE-1抗体陽性脈管の検討. 溝口秀之1, 宋 成浩1, 佐藤絵里奈1, 松本和将1, 入江 啓1, 青 輝昭2, 石井壽晴3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2北研. 3東邦大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 111.

723696. [学会 (全国)] (ポスター) 炭酸カルシウムから塩酸セベラマーへの完全置換による無形成骨の治療. 兵藤 透1, 吉田一成1, 土田繭美1, 田畑健一1, 日台英雄2, 内田豊昭3, 遠藤忠雄1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2横浜第一. 3東海大八王子): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/14), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 156.

723697. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) I-125 密封小線源療法におけるintraoperative planning (real-time planning) の検討. 陳 偉強1, 佐藤威文1, 石山博條2, 北野雅史2, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/15), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 304.

723698. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多発性嚢胞腎症 (PKD) での摘出腎における腎癌の検討. 土田繭美1, 吉田一成1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 真下節夫, 須山一穂1, 岩村正嗣1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/15), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 282.

723699. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膀胱摘除術症例における術前血漿溶解型E-カドヘリンを用いた予後予測に関する検討. 松本和将1, 入江 啓1, 平山貴博1, 勝田真行1, 宇都宮拓治, 佐藤威文1, Seth Lerner2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2ベイラー医大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/15), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 203.

723700. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌術後早期再発症例に対するflutamide少量間歇投与療法の検討. 木村将貴1, 佐藤威文1, 住吉義光2, 郷司和男3, 泉 博一3, 勝岡洋治4, 頴川 晋5, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2四国がんセンター. 3いずみ泌尿器科皮フ科. 4大阪医大. 5慈恵医大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/15), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 347.

723701. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Plication法とvalve機構を併設した尿禁制回腸利用リザーバーの成績. 入江 啓1, 松本和将1, 別所英治1, 南田 諭1, 原野裕司, 六角 周, 宇都宮拓治, 宋 成浩1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/15), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 295.

723702. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行性腎癌に対するIL-2, IFN-α, 5-FU併用免疫化学療法の有用性 (ポスター). 村本将俊1, 岩村正嗣1, 池田勝臣1, 藤城貴教1, 宋 成浩1, 入江 啓1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/16), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 282.

723703. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対するHDR (high-dose-rate) brachytherapy とexternal beam radiation therapy 併用による治療効果の検討. 西 盛宏1, 佐藤威文1, 北野雅史2, 石山博條2, 陳 偉強1, 大草 洋1, 新部 譲2, 松本和将1, 入江 啓1, 荒川 孝1, 頴川 晋1,3, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線. 3慈恵医大): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/16), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 206.

723704. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺全摘症例におけるBodyMasslndexと病理学的特徴との関連 (ポスター). 大堀 理1, 佐藤威文2, 古賀祥嗣1, 吉岡邦彦1, 西 盛宏2, 南田 諭2, 松下一仁2, 秦野 直1, 橘 政昭1, 馬場志郎2 (1東医大. 2泌尿器: 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/16), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 300.

723705. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膀胱に発生したpsudosarcomatous fibromyxoid tumor 3例の臨床病理学的検討. 倫理委員会 (ポスター). 黒坂眞二1, 入江 啓1, 松田大介1, 高嶋力弥1, 石井淳一郎2, 門脇和臣2, 森永正二郎, 設楽敏也, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2北研): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/16), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 375.

723706. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対する高線量率Ir-192組織内照射 (HDR brachytherapy) およびI-125密封小線源療法後のtoxicity, QOL比較検討 (ポスター). 大草 洋1, 佐藤威文1, 陳 偉強1, 車 英俊1, 岩村正嗣1, 入江 啓1, 荒川 孝1, 馬場志郎1, 北野雅史2, 石山博條2, 早川和重2, 頴川 晋1,3 (1泌尿器. 2放射線. 3慈恵医大): 日本泌尿器科学会総会 (2005/4/16), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 391.

723707. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 副腎悪性腫瘍に対する体腔鏡下副腎摘除術の有用性. 松田大介1, 岩村正嗣1, 別所英治1, 津村秀康1, 黒坂眞二1, 石井大輔1, 荒川 孝1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第93回日本泌尿器科学会総会 (2005/4/16), 東京. 日本泌尿器科学会雑誌 2005; 96: 311.

723708. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炭酸Caから塩酸セべラマーへの移行期における腎性骨症に対するMaxacalcitolの使用経験. 兵藤 透1, 平良隆保1, 吉田一成2, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌尿器): 第48回日本腎臓学会学術総会 (2005/6/23), 横浜. 日本腎臓学会誌 2005; 336.

723709. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 賢人移植後に起きたCMV感染による壊疽性胆嚢炎症例. 土田繭美1, 吉田一成1, 田畑健一1, 松下一仁1, 馬場志郎1, 細谷 智, 佐藤光史2, 一戸昌明3, 岩淵啓一3, 遠藤忠雄4, 竹内康雄5 (1泌尿器. 2東大和病院, 3病理. 4埼玉県央病院. 5腎臓内): 第48回日本腎臓学会学術総会 (2005/6/23), 横浜. 日本腎臓学会誌 2005; 333.

723710. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 塩酸セべラマー食直前投与を食直後投与に変更した場合における自覚症状および血清Ca,P値の変化. 兵藤 透1,3, 山本スミ子2, 木村将貴1, 山下英之1, 車 英俊1, 笹川 成3, 竹村 徹3, 馬場志郎1, 酒井 糾3, 日台英雄3 (1泌尿器. 2厚木クリニック. 3横浜第一病院): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/24), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 997.

723711. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血液透析における週始めと週中日のCa, P, Alb値の比較 (K/DOQIガイドラインを考慮する為に). 佐藤恵美子1, 兵藤 透2, 平良隆保2, 吉田一成3, 酒井 糾2, 日台英雄2, 馬場志郎3 (1厚木クリニック. 2横浜第一病院. 3泌尿器): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/24), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 705.

723712. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外腸骨静脈が欠損している場合の腎移植静脈吻合. 藤田哲夫1, 吉田一成1, 土田繭美1, 平山貴博1, 松本和将1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/24), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 710.

723713. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における1998-2004年の患者のKD QOLの傾向. 山本スミ子1, 兵藤 透2, 平良隆保2, 平山貴博3, 藤田哲夫3, 池田成江, 吉田一成3, 内田豊昭4, 波房諭輔, 伊藤澄子, 千葉哲男2, 遠藤忠雄5, 酒井 糾6, 岡 美智代7, 馬場志郎3, 日台英雄2 (1厚木クリニック. 2横浜第一病院. 3泌尿器, 4東海大八王子病院. 5埼玉県央病院. 6小児腎疾患総合管理研究所. 7看護学部): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/24), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 720.

723714. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 両側多発性嚢胞腎摘除後に,献腎移植を行った一例. 平山貴博1, 吉田一成1, 藤田哲夫1, 土田繭美1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/24), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 721.

723715. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炭酸カルシウムから塩酸セベラマーへの完全置換による無形成骨の治療. 若井陽希1, 兵藤 透1, 土田繭美2, 藤田哲夫2, 竹村 徹1, 平良隆保1, 吉田一成2, 酒井 糾3, 日台英雄1, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌尿器. 3小児腎疾患総合管理研究所): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/24), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 770.

723716. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血液透析施行における局所ヘパリン化法の有用性の再確認. 安部郁子1, 近藤光洋1, 兵藤 透2, 岡本智之2, 本間 崇2, 酒井 糾3, 日台英雄2, 吉田一成4, 遠藤忠雄5, 馬場志郎4 (1厚木クリニック. 2横浜第一病院. 3小児腎疾患総合管理研究所. 4泌尿器. 5埼玉県央病院): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/24), 新潟. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 899.

723717. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SF-36を用いた腎移植患者と透析患者とのQOLの比較検討. 池田成江, 末木真奈美, 吉田一成1, 馬場志郎1, 兵藤 透2, 竹内康雄3, 松永篤彦4, 斉藤正和4, 増田 卓4, 遠藤忠雄5 (1泌尿器. 2横浜第一病院. 3腎臓内. 4大学院医療系研究科. 5埼玉県央): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/25), 新潟. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 742.

723718. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 単一透析医療グループにおけるQOLの調査. 山本スミ子1, 兵藤 透2, 千葉哲男2, 吉田一成3, 馬場志郎3, 岡 美智代4, 坂本純子5, 斉藤正和5, 日台英雄2 (1厚木クリニック. 2横浜第一病院. 3泌尿器. 4看護学部. 5大学院医療系研究科): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/25), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 973.

723719. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) リクセルの一部再循環使用におけるβ2-MG吸着量の検討. 近藤光洋1, 兵藤 透2, 安部郁子1, 岡本智之2, 本間 崇2, 酒井 糾3, 日台英雄2, 吉田一成4, 遠藤忠雄5, 馬場志郎4 (1厚木クリニック. 2横浜第一病院. 3小児腎疾患総合管理研究所. 4泌尿器. 5埼玉県央病院): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/25), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 908.

723720. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) On-lineHDF施行時におけるアルブミン漏出がグリコアルブミン値に与える影響. 安部郁子1, 近藤光洋2, 兵藤 透3, 岡本智之3, 本間 崇3, 酒井 糾2, 日台英雄3, 吉田一成4, 遠藤忠雄5, 馬場志郎4 (1厚木クリニック, 2小児腎疾患総合管理研究所, 3横浜第一病院, 4泌尿器. 5埼玉県央病院): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/26), 新潟. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 796.

723721. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における二次性副甲状腺機能亢進症患者 (2-HPT) に対する看護管理の検討. 五十嵐浜子1, 秋田佐和子1, 米本智美1, 高橋裕一郎1, 吉田一成2, 土田繭美2, 高橋浩雄3 (1腎健クリニック. 2泌尿器. 3聖マリ医大): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/26), 新潟. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 813.

723722. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外来維持血液透析導入後1年間のドライウエイトは透析量増加によってどのような変化があるか. 佐藤恵美子1, 兵藤 透2,3, 平良隆保3, 日台英雄3, 吉田一成2, 馬場志郎2 (1厚木クリニック, 2泌尿器, 3横浜第一病院): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/26), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 1041.

723723. [学会 (全国)] (一般講演) 残腎機能保持目的の無除水血液透析の検討. 筒本康代1, 近藤光洋1, 兵藤 透2, 安部郁子1, 冨満江利子1, 角田美由貴1, 八木和子1, 吉田一成3, 馬場志郎3 (1厚木クリニック. 2横浜第一. 3泌尿器): 第50回日本透析医学会学術集会・総会 (2005/6/26), 新潟. 日本透析医学会雑誌 38 (特別号): 841.

723724. [学会 (全国)] (一般講演) HD導入時期から透析量が少なく痩せた状態の患者の体重は, その後の透析量の増加で改善可能か (経時変化). 佐藤恵美子1, 兵藤 透2, 有井達朗1, 山本スミ子1, 平良隆保3, 千葉哲男3, 日台英雄3, 馬場志郎2 (1厚木クリニック. 2泌尿器. 3横浜第一): 第50回日本透析医学会総会 (2005/6/26), 横浜. 日本透析医学会雑誌 2005; 38: 1041.

723725. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外尿道口に発生し, CO2 Laserを用いて治療したLymphangiomaの1例. 宋 成浩1, 平山貴博1, 松田大介1, 遠藤忠雄1,2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第14回日本小児泌尿器科学会総会 (2005/7/7), 福岡.

723726. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 夜尿症児における夜間連続膀胱容量と睡眠の深度についての検討. 平山貴博1, 宋 成浩1, 松田大介1, 土田繭美1, 南田 諭1, 遠藤忠雄1,2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第14回日本小児泌尿器科学会総会 (2005/7/8), 福岡. 日本小児泌尿器科学会雑誌 2005; 14: 60.

723727. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外尿道口Lymphangiomaの1例. 宋 成浩1, 平山貴博1, 松田大介1, 遠藤忠雄1,2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第14回日本小児泌尿器科学会総会 (2005/7/9), 福岡.

723728. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 難治性夜尿症の夜間膀胱容量と終夜脳波計についての検討. 平山貴博1, 宋 成浩1, 遠藤忠雄1,2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第14回日本小児泌尿器科学会総会 (2005/7/9), 福岡.

723729. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における尿路結石破砕治療後の結石再発, 再治療の臨床的検討. 平井祥司1, 須藤利雄1, 丸 典夫1, 荒川 孝1, 久保星一2 (1泌尿器. 2相模台病院): 日本尿路結石症学会 (2005/8/26), 神奈川.

723730. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高分子プロテオミクスにより発見した新規前立腺癌バイオマーカーの組織学的検討. 車 英俊1, 佐藤絵里奈1, 大石正道2, 小寺義男2, 佐藤雄一2, 鎌田裕子2, 松本和将1, 大草 洋1, 伊東一郎3, 馬場志郎1 前田忠計2, 頴川 晋1,4 (1泌尿器. 2理学部. 3予防医学系. 4慈恵医大): 第64回日本癌学会学術総会 (2005/9/14), 札幌.

723731. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膀胱癌に対するキメラアデノウイルスを用いたHSV-tk/GCV遺伝子治療と放射線併用療法の検討. 松本和将1, 入江 啓1, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 伊東一郎2, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2予防医学系): 第64回日本癌学会学術総会 (2005/9/14), 札幌.

723732. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膀胱摘除術症例におけるS100A2/A4発現に関する検討. 入江 啓1, 松本和将1, 佐藤絵里奈1, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 内田豊昭1,2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2東海大八王子病院): 第64回日本癌学会学術総会 (2005/9/15)札幌.

723733. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺全摘標本における最大腫瘍は全ての病理所見を反映するか? 大堀 理1, 黄 英茂2, 丸 典夫2, 石井淳一郎2, 黒岩顕太郎3, Scardino Peter3, 橘 政昭1, Thomas M Wheeler4 (1東京医大. 2泌尿器. 3スロンケタリング癌センター. 4ベイラー医大): 第64回日本癌学会学術集会 (2005/9/15), 札幌.

723734. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 限局性前立腺癌に対する密封小線源療法による性機能の変化. 志村 哲1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第16回日本性機能学会 (2005/9/17), 東京. 日性会誌 2005; 20: 223.

723735. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 単一の透析医療グループにおけるKD QOLの調査結果とその活用に関する考察. 山本スミ子1, 兵藤 透2, 坂本純子3, 斉藤正和3, 岡 美智代4, 千葉哲男2, 吉田一成5, 馬場志郎5, 日台英雄2 (1厚木クリニック. 2横浜第一病院. 3大学院医療系研究科. 4看護学部. 5泌尿器): 第6回日本QOL学会 (2005/9/23), 神戸.

723736. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Rough newral networkを用いた腎細胞癌再発予測モデルの作成. 須山一穂1, 岩村正嗣2, 新井理誉3, 田崎栄一郎3, 藤田哲夫2, 村本将俊2, 庄司清志1, 馬場志郎2 (1日本鋼管病院. 2泌尿器. 3桐蔭横浜大): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/28), 盛岡.

723737. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 排尿障害をきたした陰唇癒着症の1例. 大川麻子1, 黒坂眞二2, 石井淳一郎2, 入江  啓2, 門脇和臣1, 馬場志郎2 (1北研. 2泌尿器): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/28), 盛岡.

723738. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下膀胱修復術を施行した膀胱自然破裂の2例. 池田勝臣1, 津村秀康1, 土田繭美1, 西 盛宏1, 黒坂眞二1, 大草 洋1, 山下英之1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/29), 盛岡.

723739. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膀胱前腔に発生した異所性褐色細胞腫の1例. 黒坂眞二1, 石井淳一郎1, 大川麻子1, 高嶋力弥1, 門脇和臣2, 森永正二郎2, 入江 啓1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2北研): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/29), 盛岡.

723740. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における陰茎癌患者の臨床的検討. 奥野紀彦1, 宋 成浩1, 津村秀康1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 本田直康2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2国立横浜医療センター): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/29), 盛岡.

723741. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺生検陽性患者におけるD’Amico予後リスク群とPartinやKattan nomogram予測値との比較. 松下一仁1, 大堀 理2, 中神義弘2, 権藤立男2, 坂本 昇2, 森 宗高2, 大野芳正2, 古賀祥嗣2, 並木一典2, 吉岡邦彦2, 青柳貞一郎2, 秦野 直2, 橘 政昭2 (1泌尿器. 2東京医大): 第70回日本泌尿器科学会東部総会(2005/9/29), 岩手.

723742. [学会 (全国)] (一般講演) 類上皮肉腫との鑑別が困難であった腎細胞癌 (肉腫様癌) の1例. 西 盛宏1, 松本和将1, 入江 啓1, 石川 弥1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 桑尾定仁2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2病理): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/29), 岩手.

723743. [学会 (全国)] (一般講演) A Case of Retroperitoneal Bronchogenic Cyst Treated with Laparosopic Surge. 嶺井定嗣1, 杉本周路2, 吉川哲夫2, 平野大作2, 吉田利夫2, 滝本至得2 (1泌尿器. 2日大): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/29), 岩手.

723744. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺内に同時に認められた腺癌と導管癌の重複癌の1症例. 黄 英茂1, 石井淳一郎1, 村本将俊1, 大川麻子2, 大堀 理3, 門脇和臣2, 馬場志郎1, 桑尾定二4, 川上達央5 (1泌尿器. 2北研. 3東京医大. 4病理. 5東大和病院): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723745. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺針生検におけるMRIの有用性. 中神義弘1, 大堀 理1, 権藤立男1, 松下一仁2, 坂本 昇1, 森 崇高1, 大野芳正1, 古賀祥嗣1, 並木一典1, 吉岡邦彦1, 青柳貞一郎1, 秦野 直1, 橘 政昭1 (1東京医大. 2泌尿器): 第70回日本泌尿器科学会東部総会(2005/9/30), 盛岡.

723746. [学会 (全国)] (一般講演) 限局性前立腺癌に対する高密度焦点式超音波療法 (HIFU): 6年間の成績. 内田豊昭1, 小路 直1, 山下英之2, 長田恵弘1, 寺地敏郎3 (1東海大八王子. 2泌尿器. 3東海大): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723747. [学会 (全国)] (ポスター講演) 当院における膀胱全摘・尿路変更についての解析. 坪井俊樹1, 田岡佳憲1, 溝口秀之1, 青 輝昭2 (1泌尿器. 2北研メディカルセンター病院): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723748. [学会 (全国)] (一般講演) 後天性嚢胞性腎症 (ACDK) に合併した両側異時性腎細胞癌の1例. 土田繭美1, 吉田一成1, 木村将貴1, 西 盛宏1, 奥野紀彦1, 藤田哲夫1, 高木 裕2, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2さがみ循環器): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723749. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 125Iシード線源による前立腺永久挿入密封小線源治療1ヶ月後に脳出血で死亡した前立腺癌症例の経験. 木村将貴1, 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 大草 洋1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 北野雅史2, 石山博條2, 早川和重2, 岡安 勲3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線, 3病理): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723750. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対するHSV-tk遺伝子治療と放射線治療及びホルモン療法との併用療法における免疫学的変化の検討. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 田畑健一1, Bin S Teh2, Terry L.Timme2, E Brian Butler2, Timothy C Thompson2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2ベイラー医大) : 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723751. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下部尿管結石 (U3) に対する破砕治療法の再評価. 荒川 孝1, 村本将俊1, 坪井俊樹1, 平山貴博1, 馬場志郎1, 久保星一1, 丸 典夫1, 平井祥司1, 須藤利雄1, 須山一穂, 佐藤威文1 (1泌尿器): 第70回日本泌尿器科学会東部総会泌尿器 (2005/9/30), 盛岡. 外科 2004; 19 (臨増): 435.

723752. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺転移を認めた表在性膀胱癌の1例. 平山貴博1, 松本和将1, 入江 啓1, 池田勝臣1, 木村将貴1, 山下英之1, 津村秀康1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第70回日本泌尿器科学会東部総 (2005/9/30), 盛岡.

723753. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原発巣摘除を行った進行性腎癌の予後因子の検討. 村本将俊1, 岩村正嗣1, 平山貴博1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 藤城貴教1, 須山一穂2, 荒川 孝1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2日本鋼管病院): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723754. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるmargin statusの検討. 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 頴川 晋2, 藤田哲夫1, 松本和将1, 津村秀康1, 大草 洋1, 木村将貴1, 西 盛宏1, 入江 啓1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2慈恵医大): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 岩手.

723755. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) High grade 表在性膀胱癌症例における臨床的検討. 松本和将1, 入江 啓1, 佐藤威文1, 山下英之1, 村本将俊1, 荒川 孝1, 岩村正嗣1, 内田豊昭2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2東海大八王子病院): 第70回日本泌尿器科学会東部総会 (2005/9/30), 盛岡.

723756. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 根治的膀胱摘除術標本におけるCAR (coxsackie and adenovirus receptor) の発現の検討. 松本和将1, 入江 啓1, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器) : 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

723757. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上部尿路上皮内癌に対するBCG療法の効果・副作用の検討. 入江 啓1, 松本和将1, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 内田豊昭2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2東海大八王子病院): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

723758. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対するIr-192 HDR (high-dose-rate) brachytherapyの治療成績ならびにQOLの検討. 佐藤威文1, 北野雅史2, 藤田哲夫1, 石山博條2, 大草 洋1, 新部 譲2, 松本和将1, 入江 啓1, 荒川 孝1, 頴川 晋1,3, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線. 3慈恵医大): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

723759. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stage D1前立腺癌に対するHSV-tk遺伝子治療と放射線治療及びホルモン療法との併用療法における治療効果の検討. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 日下信行2, Bin S Teh3, Terry L Timme3, Gustavo Ayala3, Thomas M Wheeler3, E. Brian Butler3, Timothy C Thompson3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2岡山大. 3ベイラー医大): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/27), 名古屋.

723760. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Basiliximabを併用した腎移植症例におけるCNIでの比較検討. 吉田一成1, 土田繭美1, 奥野紀彦1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 竹内康雄2, 遠藤忠雄3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2腎臓内. 3埼玉県央病院): 第41回日本移植学会総会 (2005/10/28), 新潟.

723761. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌密封小線源療法における医療収支の検討. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 石山博條2, 北野雅史2, 宋 成浩1, 荒川 孝1, 岩村正嗣1, 吉田一成1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第19回日本Endourology ESWL学会総会 (2005/11/10), 東京.

723762. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Analysis of medical income and outgo in laparoscopic radical nephrectomy. 奥野紀彦1, 岩村正嗣1, 津村秀康1, 石井大輔1, 宋 成浩1, 入江 啓1, 本田直康2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2国立横浜医療センター): 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 (2005/11/10), 東京.

723763. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的腎摘除術における医療収支の検討. 奥野紀彦1, 岩村正嗣1, 津村秀康1, 石井大輔1, 宋 成浩1, 入江 啓1, 本田直康2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2国立横浜医療センター): 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 (2005/11/10), 東京.

723764. [学会 (全国)] (一般講演) 125Iシード線源による前立腺永久挿入密封小線源治療1ヵ月後に脳出血で死亡した前立腺癌症例の経験. 木村将貴1, 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 石山博條2, 北野雅史2, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 荒川 孝1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 (2005/11/10), 東京.

723765. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるmargin statusの検討. 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 入江 啓1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 大草 洋1, 津村秀康1, 頴川 晋2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2慈恵医大): 第19回日本Endourology・ESWL学会総会 (2005/11/11), 東京.

723766. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) New strategy for urine proteomics. 大草 洋1, 松本和将1, 馬場志郎1, 車 英俊1,2, 大石正道3, 小寺義男3, 前田忠計3 (1泌尿器. 2慈恵医大. 3理学部生体分子): 第43回日本生物物理学会 (2005/11/23), 札幌.

723767. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌密封小線源療法における医療収支の検討. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 石山博條2, 北野雅史2, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 石坂秀門, 間瀬行雄, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第21回前立腺シンポジウム (2005/12/4), 東京.

723768. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌放射線治療におけるhealth-related QOL: LDR, HDR, および3D-CRTの前向き比較検討. 佐藤威文1, 石山博條2, 藤田哲夫1, 大草 洋1, 北野雅史2, 松本和将1, 小谷承子2, 新部 譲2, 上前峰子2, 岩村正嗣1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第21回前立腺シンポジウム (2005/12/4), 東京.

723769. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対するHDR (high-dose-rate) brachytherapyとexternal beam radiation therapy併用による治療効果の検討. 大草 洋1, 佐藤威文1, 北野雅史2, 藤田哲夫1, 石山博條2, 新部 譲2, 小谷承子2, 入江 啓1, 上前峰子2, 頴川 晋3, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線. 3慈恵医大): 第21回前立腺シンポジウム (2005/12/4), 東京.

723770. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的腎摘除術における医療収支の検討. 奥野紀彦1, 岩村正嗣1, 石井大輔1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 宋 成浩1, 入江 啓1, 本田直康2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2国立横浜医療センター): 第18回日本内視鏡外科学会総会 (2005/12/8), 東京.

723771. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 塩酸セべラマーの服用は食事中が効果的で副作用が少ない. 佐藤恵美子1, 兵藤 透1, 山本恭子1, 山本スミ子1, 竹村 徹1, 平良隆保1, 千葉哲男1, 日台英雄1, 酒井 糾1, 吉田一成2, 馬場志郎2 (1横浜第一病院. 2泌尿器): 第8回日本病態栄養学会 (2006/1/8), 和歌山.

723772. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下生体腎移植ドナー腎摘除術の検討. 土田繭美1, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 藤田哲夫1, 石井大輔1, 西 盛宏1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第39回日本臨床腎移植学会 (2006/1/26), 鬼怒川.

731062. [研究会] (特別講演) 腎盂尿管移行部閉塞症の体腔鏡下手術. 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第20回広島EE研究会 (2005/9/10), 広島.

731063. [研究会] (特別講演) 前立腺癌に対する放射線治療: 展望と臨床課題について. 佐藤威文 (泌尿器): 泌尿器科臨床カンファレンス (2005/11/4), 横浜.

731064. [研究会] (特別講演) 前立腺癌に対する密封小線源療法: 術直前プラン法. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第19回日本EE学会セミナー (2005/11/11), 東京.

731065. [研究会] (特別講演) 密封小線源療法: 手術手技について. 佐藤威文 (泌尿器): 第4回ヨウ素125シード線源永久挿入による前立腺癌密封小線源療法技術講習会 (2005/11/20), 岡山.

731066. [研究会] (特別講演) 最新のカテーテル留置術. 吉田一成 (泌尿器): 第38回埼玉CAPD研究会総会・講演会プログラム (2005/12/3), 埼玉.

731067. [研究会] (特別講演) 神奈川バスキュラーアクセスの全体について. 吉田一成 (泌尿器): 神奈川バスキュラーアクセス研究会 (2005/12/8), 横浜.

731068. [研究会] (特別講演) 前立腺癌に対する新しい放射線治療: QOLと医療収支の検証. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 神奈川県・藤沢市医師会講演 (2005/12/21), 神奈川.

731069. [研究会] (特別講演) 前立腺癌に対する密封小線源療法: Clinical outcomesと医療収支の検証. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 愛媛県泌尿器科医師会・放射線科医師会講演 (2006/1/7), 松山.

731070. [研究会] (特別講演) 密封小線源療法後の早期死亡症例に対する対処. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第7回ヨウ素125シード線源による前立腺永久挿入密封小線源治療の安全取り扱い講習会 (2006/1/28), 東京.

731071. [その他] (特別講演) おしっこや眠りで困っていませんか. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 市民公開講座 (2006/1/28), 相模原.

731072. [研究会] (特別講演) 治療前の予後予測nomoguramuの役割. 馬場志郎 (泌尿器): 第6回千葉全立腺研究会 (2006/2/10), 幕張.

731073. [研究会] (特別講演) 前立腺腫瘍に対する新しい治療. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 神奈川県・小田原医師会講演 (2006/2/16), 小田原.

731074. [研究会] (特別講演) ヨウ素125永久挿入密封小線源療法後の早期死亡症例状況. 佐藤威文1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (JPOPS) 中間報告会 (2006/2/18), 東京.

731075. [研究会] (特別講演) 前立腺疾患に対する最新治療:前立腺腫瘍に対する低侵襲治療の検証. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 神奈川県薬剤師会講演 (2006/3/16), 横浜.

731076. [学会 (地方)] (特別講演) 前立腺癌に対する遺伝子治療と放射線治療との併用療法の試み. 藤田哲夫 (泌尿器): 第40回日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2005/6/18), 大宮.

733359. [研究会] (一般講演・ポスター) 根治的前立腺摘除術後の尿失禁に対し, 2度AMS800を挿入し良好な尿禁制を得た1例. 木村将貴1, 松本和将1, 西 盛宏1, 土田繭子1, 大川麻子1, 及能久隆, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第11回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (2005/5/28), 横浜.

733360. [地方会] (一般講演・ポスター) 献腎移植後パニック障害を起こし, PNFとなったが, 5年後に血液透析を完全離脱した1例. 木村将貴1, 吉田一成1, 西 盛宏1, 土田繭美1, 奥野紀彦1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 田岡佳憲1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 神奈川県移植学会 (2005/6/4), 横浜.

733361. [地方会] (一般講演・ポスター) 陰嚢内腫瘍として発見されたLipoleiomyomaの1例. 池田勝臣1, 奥野紀彦1, 松本和将1, 土田繭美1, 木村将貴1, 西 盛宏1, 山下英之1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第68回神奈川泌尿器科医会 (2005/6/11), 横浜.

733362. [学会 (地方)] (一般講演) 精巣梗塞の1例. 坪井俊樹1, 田岡佳憲1, 津村秀康1, 溝口秀之1, 本告 匡2, 青 輝昭2 (1泌尿器. 2北研): 第40回日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2005/6/18), さいたま市.

733363. [研究会] (一般講演・ポスター) 静脈吻合に苦慮した腎移植例と術前の血管評価の重要性. 土田繭美1, 吉田一成1, 藤田哲夫1, 平山貴博1, 木村将貴1, 石井大輔1, 岩村正嗣1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1, 松永敬二3, ウッドハムス玲子3, 早川和重3 (1泌尿器. 2埼玉県央病院. 3放射線): 第21回腎移植・血管外科研究会 (2005/7/1), 岐阜.

733364. [研究会] (一般講演・ポスター) 前立腺非腺癌の臨床的検討. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 山下英之1, 奥野紀彦1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (2005/7/2), 横浜.

733365. [研究会] (一般講演・ポスター) 根治的前立腺全摘除術後におけるradiation-induced prostatic sarcomaの経験. 石井大輔1, 吉田一成1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 佐藤威文1, 村本将俊1, 馬場志郎1, 石井淳一郎1, 門脇和臣2 (1泌尿器. 2北研): 第22回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (2005/7/2), 横浜.

733366. [研究会] (一般講演・ポスター) PKDに対して両側多発性嚢胞腎摘術を行った後, 献腎移植を施行した症例. 西 盛宏1, 吉田一成1, 土田繭美1, 中村信也2, 平山貴博1, 奥野紀彦1, 藤田哲夫1, 遠藤忠雄3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2小児. 3埼玉県央病院): 第14回腎不全外科研究会 (2005/7/9), 大阪.

733367. [研究会] (一般講演・ポスター) 前立腺癌密封小線源永久挿入治療1ヶ月後の早期死亡症例: 線源回収の経験. 木村将貴1, 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 大草 洋1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 石山博條2, 北野雅史2, 岡安 勲3, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線. 3病理): 第2回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2005/7/17), 東京.

733368. [研究会] (一般講演・ポスター) 前立腺癌密封小線源永久挿入治療におけるAnderson nomogramの検討: intraoperative planningへの有用性について. 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 石山博條2, 大草 洋1, 北野雅史2, 入江 啓1, 荒川 孝1, 新部 譲2, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第2回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2005/7/17), 東京.

733369. [研究会] (一般講演・ポスター) 前立腺癌放射線治療におけるhealth-related QOL: LDR, HDR, および3D-CRTの前向き比較検討. 佐藤威文1, 石山博條2, 藤田哲夫1, 大草 洋1, 北野雅史2, 松本和将1, 小谷承子2, 荒川 孝1, 岩村正嗣1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第2回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2005/7/17), 東京.

733370. [その他] (一般講演・ポスター) ラジオNikkei「医学の焦点」前立腺癌に対する新しい放射線療法. 馬場志郎 (泌尿器): ラジオNikkei「医学の焦点」講演 (2005/7/18), 東京.

733371. [研究会] (一般講演・ポスター) 膀胱全摘除術例における術前MVAC化学療法の有用性─局所動脈内注入療法と全身化学療法での臨床病理学的検討─. 松本和将1, 入江 啓1, 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 村本将俊1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第9回北里腫瘍フォーラム (2005/7/22), 相模原.

733372. [研究会] (一般講演・ポスター) 膀胱癌に対するキメラアデノウイルスを用いたHSV-tk/GCV遺伝子治療と放射線併用療法の検討. 松本和将1, 入江 啓1, 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 佐藤絵里奈1, 伊東一郎2, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2予防医学系): 第18回遺伝子とその周辺研究会 (2005/8/2), 十和田.

733373. [研究会] (一般講演・ポスター) 抗腫瘍効果が期待されるサイトカインを導入した細胞療法の検討. 井上玲美, 大掛沙耶香, 山下香奈子, 入江 啓1, 松本和将1, 桜川宣男, 北里英郎2 (1泌尿器. 2医療衛生学部): 第18回遺伝子とその周辺研究会 (2005/8/2-3), 十和田.

733374. [研究会] (一般講演・ポスター) New strategy for urine proteomics. 大草 洋1, 松本和将1, 馬場志郎1, 車 英俊2, 大石正道3, 小寺義男3, 前田忠計3 (1泌尿器. 2慈恵医大. 3理学部生体分子): 第3回北里疾患プロテオーム研究会 (2005/8/26), 神奈川.

733375. [地方会] (一般講演・ポスター) 精巣腫瘍を疑った精巣結核の一例 . 土田繭美1, 藤田哲夫1, 志村 哲1, 松田大介1, 津村秀康1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第32回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2005/9/8), 横浜.

733376. [地方会] (一般講演・ポスター) 経胸腹的に完全摘除し得た巨大副腎癌の一例. 池田勝臣1, 岩村正嗣1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 黒坂眞二1, 松本和将1, 入江 啓1, 荒川 孝1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第32回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2005/9/8), 横浜.

733377. [学会 (地方)] (一般講演) 慢性腎不全を来した巨大膀胱結石. 須藤利雄1, 平井祥司1, 丸 典夫2, 横田眞二2, 久保星一2 (1泌尿器. 2相模台病院): 第32回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2005/9/8), 新横浜.

733378. [学会 (地方)] (一般講演) 全前立腺癌の頭蓋底部骨転移により 嗄声を来した1例. 石川 弥1, 奥野紀彦1, 黒坂眞二1, 本田直康2 (1泌尿器. 2国立横浜): 第32回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2005/9/8), 横浜

733379. [研究会] (一般講演・ポスター) 上腕の深部静脈を表在化した動静脈内シャント術の検討. 平山貴博1, 吉田一成1, 田畑健一1, 西 盛宏1, 土田繭美1, 石井大輔1, 津村秀康1, 青 輝昭2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2北研): 第9回アクセス研究会 (2005/10/9), 新宿.

733380. [研究会] (一般講演・ポスター) 腎移植後の透析再導入例にICOを導入し残腎機能温存とQOL改善を認めた1症例. 木村将貴1, 土田繭美1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 竹内康雄2, 羽村素子2, 鎌田貢壽2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2腎臓内): 第11回日本腹膜透析研究会 (2005/10/30), 岡山.

733381. [研究会] (一般講演・ポスター) 北里大学病院におけるSMAP法による腹膜透析カテーテル挿入術後経過の検討. 西 盛宏1, 吉田一成1, 奥野紀彦1, 石井大輔1, 土田繭美1, 藤田哲夫1, 守屋利佳2, 竹内康雄2, 鎌田貢壽2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2腎臓内・医学教育): 第11回日本腹膜透析研究会 (2005/10/30), 岡山.

733382. [研究会] (一般講演・ポスター) マウス前立腺癌モデルに対するIL-12遺伝子発現アデノウイルスベクターを用いた遺伝子治療と放射線治療との併用療法における抗腫瘍効果の検討. 藤田哲夫1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 日下信行2, 成石浩司, Terry L Timme3, Bin S Teh3, E. Brian Butler3, Timothy C Thompson3, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2岡山大. 3ベイラー医大): 第7回泌尿器遺伝子・細胞治療研究会 (2005/11/19), 岡山.

733383. [学会 (地方)] (一般講演) 気管支内転移により発見された腎癌の1例. 坪井俊樹1, 田岡佳憲1, 青 輝昭2, 溝口秀之1, 津村秀康1, 本告 匡2 (1泌尿器. 2北研メディカルセンター病院): 第41回日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2005/11/19), さいたま市.

733384. [地方会] (一般講演・ポスター) 長期透析患者に合併したフルニエ壊疽の1例. 南田 諭1, 吉田一成1, 石川 弥1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 藤田哲夫1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器)第69回神奈川県泌尿器科医会 (2005/11/26), 横浜.

733385. [研究会] (一般講演・ポスター) 前立腺癌放射線治療におけるhealth-related QOL: LDR, HDR, および3D-CRTの前向き比較検討. 佐藤威文1, 石山博條2, 藤田哲夫1, 津村秀康1, 大草 洋1, 北野雅史2, 小谷承子2, 新部 譲2, 上前峰子2, 黒坂眞二1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2放射線): 第10回北里腫瘍フォーラム (2006/1/13), 相模原.

733386. [研究会] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術における外科的切除縁陽性率の検討. 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第10回北里腫瘍フォーラム (2006/1/13), 北里.

733387. [研究会] (一般講演・ポスター) 腎癌根治術後6年で対側腎周囲脂肪組織に孤立転移した1例. 木村将貴1, 石井淳一郎1, 入江 啓1, 門脇和臣2, 大川麻子2, 松田大介1, 森永正二郎2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2北研): 第579回日本泌尿器科学会東京地方会 (2006/1/26), 東京.

733388. [研究会] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下生体腎ドナー腎摘除術の検討. 吉田一成1, 岩村正嗣1, 石川 弥1, 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 土田繭美1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器. 2埼玉県央病院): 第14回クリニカル・ビデオフォーラム(CVF) (2006/2/4), 東京.

733389. [地方会] (一般講演・ポスター) 複雑な経過により診断に混乱を来した腎癌, 遺残尿管移行上皮癌の1例. 池田勝臣1, 岩村正嗣1, 石川 弥1, 黒坂眞二1, 馬場志郎1, 嶺井定紀1 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2006/2/9), 新横浜.

733390. [地方会] (一般講演・ポスター) 腎後性腎不全を契機に発見されたクラミジア性骨盤結合織炎の一例. 平山貴博1, 松本和将1, 南田 諭1, 石川 弥1, 黒坂眞二1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第6回神奈川性感染症学会 (2006/2/25), 横浜.

733391. [研究会] (一般講演・ポスター) 夜尿症児における夜間連続膀胱容量と睡眠深度についての検討. 平山貴博1, 宋 成浩1, 池田勝臣1, 土田繭美1, 南田 諭1, 石川 弥1, 黒坂眞二1, 遠藤忠雄2, 馬場志郎1, 岩崎俊之3 (1泌尿器. 2埼玉県央病院. 3小児) : 第6回神奈川診療検討会 (2006/3/17), 相模大野.


<<眼科学>>

[学術論文]

110227. [原著] Effect of GDNF gene transfer into axotomizd retinal ganglion cells using in vivo electroporation with a contact lens-type electrode. H. Ishikawa1,2 高野雅彦3, N. Matsumoto1, H. Sawada4, C. Ide1, O. Mimura2, M. Dezawa1 (1京都大大学院. 2兵庫医科大. 3眼科. 4横浜市大): Gene Therapy, 2005; 12 (4).

110228. [原著] Effects of ocular dominance on binocular summation after monocular reading adds. 半田知也1, 清水公也2, 向野和雄3, 川守田拓志4, 魚里 博1,4 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2眼科. 3神奈川歯科大附属横浜クリニック. 4大学院医療系研究科視覚情報科学): J Cataract & Refractive Surgery, 2005; 31 (8).

110229. [原著] Prostaglandins E1 and E2, but not F2α or Latanoprost, Inhibit Monkey Ciliary Muscle Contraction. Kazutsuna Yamaji1, Takeshi Yoshitomi2, 石川 均3, Shiro Usui1 (1Laboratory for Neuroinformatics, RIKEN Brain Science institute. 2秋田大. 3眼科): Current Eye Research, 2005; 30 (8).

110230. [原著] Impaired Neurite Outgrowth in the Retina of a Murine Model of Sandhoff Disease. Kazunori Sango1, 高野雅彦2, Kyoko Ajiki3, Akiko Tokashiki4, Nobutaka Arai5, Hitoshi Kawano4, Hidenori Horie6, Shoji Yamanaka7 (1Development Morphology Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience. 2眼科. 3Basic Technics and Facilities Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience. 4Development Morphology Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience, 5Clinical Neuropathology, Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience. 5早稲田大. 7横浜市大医学部): Investigative Ophthalmology & Visual Science, 2005; 46 (9).

110231. [原著] Posterior corneal surface changes after hyperopic laser in situ keratomileusis. 上田哲生1, 名和良晃1, 桝田浩三1, Hidetoshi Ishibashi1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学): J Cataract & Refractive Surgery, 2005; 31 (11).

120107. [原著] 調節に伴う角膜形状ならびに高次収差の変化. 桝田浩三1, 名和良晃1, 竹谷 太1, 上田哲生1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科学. 2大学院医療系研究科視覚情報科学): 視覚の科学, 2005; 25 (4).

120108. [原著] 瞳孔中心の偏位のためにLaser In Situ Keratomileusisにおいて照射ずれが生じた1例. 廣島康二1, 市川一夫2,3, 小島隆司2, 中村友昭4, 吉田陽子4, 洞井里絵4, 堀川良高5 (1トヨタ記念病院眼科. 2社会保険中京病院眼科. 3眼科非常勤. 4リフラクティブアイクリニック. 5ハーバード大眼科): IOL&RS, 2005; 19 (1).

120109. [原著] 眼内レンズ挿入眼における両眼開放下近方瞳孔径と近方視力の関係. 堀部 円1, 石川 均1, 浅川 賢2, 陶山秀夫2, 清水公也1 (1眼科. 2国際医療福祉大附属熱海病院): 眼科臨床医報, 2005; 99 (6).

120110. [原著] 正常眼圧緑内障におけるラタノプロスト単剤変更1年後の眼圧, 視野, 視神経乳頭形状の検討. 緒方博子1, 庄司信行2, 清水公也3, 高瀬正郎4, 有本あこ5, 中澤伸子6, 鈴木宏昌3, 冨岡敏也1 (1武蔵野赤十字病院眼科出向. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3眼科. 4埼玉医科大総合医療センター眼科. 5眼科/神奈川歯科大附属横浜クリニック出向. 6同愛記念病院眼科): 臨床眼科, 2005; 59 (6).

120111. [原著] 2種類のプロスタグランジン関連薬の視野維持効果の比較. 山川弥生1,2, 根本理香2, 鈴木宏昌2, 森田哲也2, 庄司信行2,3, 清水公也2 (1東芝林間病院眼科. 2眼科. 3医療衛生視覚機能療法学): あたらしい眼科, 2005; 22 (7).

120112. [原著] 線維柱帯切除術後の網膜神経線維層厚の評価. 森田哲也1, 庄司信行1,2, 比留間美穂1, 山口華奈子1, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): あたらしい眼科, 2005; 22 (7).

120113. [原著] 小児白内障手術における後発白内障の検討. 白谷 徹1, 比嘉利沙子1, 清水公也1, 藤澤邦俊1, 石川 均1 (1眼科): 臨床眼科, 2005; 59 (8).

120114. [原著] ガンシクロビルの硝子体注入が有効であった急性網膜壊死の1例. 小林桃子1, 市邉義章1, 清水公也1 (1眼科): 臨床眼科, 2005; 59 (8).

120115. [原著] 若年者におけるフェニレフリン・トロピカミド点眼前後の近方視力・瞳孔反応・輻湊. 浅川 賢1, 石川 均2, 堀部 円2, 陶山秀夫1, 魚里 博3, 清水公也2, 袴田直俊4 (1国際医療福祉大附属熱海病院眼科. 2眼科. 3医療衛生学部視覚機能療法学. 4浜松ホトニクス (株)): 神経眼科, 2005; 22 (2).

120116. [原著] 白内障を伴う乱視症例に対する Limbal Relaxing Incision vs. Photoastigmatic Refractive Keratectomy. 清水公也1, 神山とよみ1 (1眼科): 日本コンタクトレンズ学会誌, 2005; 47 (3).

120117. [原著] 若年者における高次波面収差の検討. 関口沙知子1, 伊藤美沙絵1,2, 矢野 隆3, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 庄司信行1,2, 魚里 博2, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3国際医療福祉大保健学部): 日本視能訓練士協会誌, 2005; 34.

120118. [原著] 非球面および球面IOL挿入眼の高次波面収差の比較. 比嘉利沙子1, 清水公也1, 飯田嘉彦1, 五十嵐章史1, 魚里 博2 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 臨床眼科, 2005; 59 (7).

120119. [原著] 簡単で正確な眼内レンズ交換のための式の考案. 辻 英之1, 名和良晃1, 原 嘉昭1, 西  智1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 日本眼科紀要, 2005; 56 (9).

120120. [原著] 視力、視野異常を自覚した頭蓋内疾患患者の検討. 堀部 円1, 向野和雄2, 松崎廣栄1, 半田知也2, 松林修子1, 難波貴代1, 田村千春1, 庄司信行1,2, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 日本視能訓練士協会誌, 2005; 34.

120121. [原著] 北里大学病院における片眼強度近視性弱視の検討. 松林修子1, 高崎恵理子1, 松崎廣栄1, 森田哲也1, 新田任里江1, 堀部 円1, 向野和雄2, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 日本弱視斜視学会雑誌, 2005; 32.

120122. [原著] 治療に苦慮している先天性周期性交代性眼振の1例. 中田かづき1, 山田徹人2, 四之宮佑馬2, 藤田純子2, 新井田孝裕2,3, 高橋和晃1 (1国際医療福祉病院眼科. 2国際医療福祉大保健学部視機能療法学科. 3眼科非常勤): 日本弱視斜視学会雑誌, 2005; 32.

120123. [原著] HARPカメラの網膜色素変性患者への応用. 市邉義章1, 筒井健太1, 永野幸一1, 清水公也1, 谷岡健吉2, 龍岡光一3 (1眼科. 2NHK放送技術研究所. 3(株) リュウサテライトプランニング): あたらしい眼科, 2005; 22 (10).

120124. [原著] 近見作業に伴う眼軸長、前房深度の変化. 山口華奈子1, 堀部 円1, 魚里 博2, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 日本視能訓練士協会誌, 2005; 34.

120125. [原著] 両眼視と単眼視下における瞳孔径が昼間視と薄暮視下の視機能に与える影響. 川守田拓志1, 魚里 博2 (1大学院医療系研究科視覚情報科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 視覚の科学, 2005; 26 (3).

120126. [原著] 単焦点と多焦点IOLにおける空間周波数特性の比較. 川守田拓志1, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科視覚情報科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 眼科手術, 2005; 18 (1).

120127. [原著] Modulation transfer funciton and pupil size in multifocal and monofocal intraocular lenses in vitro. 川守田拓志1, 魚里 博1 (1大学院医療系研究科視覚情報科学): J Cataract Refract Surg, 2005; 31 (2).

120128. [原著] Phoria Adaptationの年齢による変化. 渡邉久美子1,2, 原 直人2, 庄司信行1,3, 小手川泰恵2, 向野和雄2, 清水公也3 (1大学院医療系研究科視覚情報科学. 2神奈川歯科大附属横浜クリニック. 3眼科): あたらしい眼科, 2005; 23 (2).

120129. [原著] 調節微動と外斜位の偏位量との関係. 中山奈々美1, 川守田拓志1, 魚里 博1 (1医療衛生学部視覚機能療法学): 視覚の科学, 2005; 26 (4).

210013. [準原著] 12 mm Depth Range, 1.25 kHz A-line Rate Optical-Frequency-Domain Optical Coherence Tomography for Imaging of Anterior Segment of Eyes. 庄司信行1,2, 鈴木宏昌2, 天野卓治3, 廣岡秀明3, D. Choi3, H. Furukawa3, 大林康二3 中西 基2, 森田哲也2, 清水公也2 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2眼科. 3一般教育部基礎科学センター): Invest Ophthalmol Vis Sci, 2005.

210014. [準原著] Tissue imaging by OFDR-OCT using an SSG-DBR laser. D. Choi1, 天野卓治1, 廣岡秀明1, H. Furukawa1, T. Miyazawa2, R. Yoshimura2, 中西 基3, 清水公也3, 大林康二4 (1一般教育部基礎科学センター. 2NTT Photonics Laboratories, NTT Corporation. 3眼科. 4大学院医療系研究科視覚情報科学): Coherence Domain Optical Methods and Optical Coherence Tomography in Biomedicine \, 2005; 5690.

210015. [準原著] High frequency component of accommodative microfluctuation in mypoes and emmetropes. 魚里 博1, 川守田拓志1 (1大学院医療系研究科視覚情報科学): Invest Ophthalmol Vis Sci, 2005; 46 (4).

210016. [準原著] Changes of corneal aberration in sitting and supine positions. 川守田拓志1, 魚里 博1, 半田知也1 (1大学院医療系研究科視覚情報科学): Invest Ophthalmol Vis Sci, 2005; 46 (4).

210017. [準原著] Posterior corneal surface change after hyperopic laser in situ keratomileusis (H-LASIK). 上田哲生1, 名和良晃1, 桝田浩三1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科学. 2大学院医療系研究科視覚情報科学): Invest Ophthalmol Vis Sci, 2005; 31 (11).

210018. [短報] Intraocular pressure lowering effect of brinzolamide 1.0% as adjunctive therapy to latanoprost 0.005% in patients with open angle glaucoma or ocular hypertension: an uncontrolled, open-label study. 庄司信行1,2, 緒方博子3, 陶山秀夫4, 石川 均2, 鈴木宏昌2, 森田哲也2, 河合裕美1, Hiroyuki Nishimoto5,6, Tetsu Nemoto6, 清水公也2 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2眼科. 3武蔵野赤十字病院眼科出向. 4国際医療福祉大附属熱海病院. 5相模原協同病院. 6海老名総合病院): Current Medical Reseach and Opion, 2005; 21 (4).

210019. [短報] Changes of Corneal Aberrations in Sitting and Supine Positions. 川守田拓志1, 半田知也2, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科視覚情報科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学): American J Ophthalmology, 2005; 46 (4).

510013. [letter] Underestimation of corneal thickness by Orbscan after nyopic correction. Shinji Muraoka1, 名和良晃1, 桝田浩三1, 上田哲生1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科学. 2大学院医療系研究科視覚情報科学): J Cataract & Refractive Surgery, 2005; 31 (10).

520199. [解説] 眼内レンズの屈折率と分散について. 魚里 博 (大学院医療衛生視覚機能療法学): IOL&RS, 2005; 19 (1).

520200. [解説] 改正薬事法とコンタクトレンズ販売. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院. 2眼科非常勤): IOL&RS, 2005; 19 (1).

520201. [解説] 訴訟に至らない白内障手術. 清水公也 (眼科): IOL&RS, 2005; 19 (1).

520202. 解説] 白内障手術教育とインフォームドコンセント. 加賀達志1, 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): IOL&RS, 2005; 19 (1).

520203. [総説] 老視への挑戦: モノビジョン. 清水公也 (眼科): Pharma Medica, 2005; 23 (7).

520204. [解説] モノビジョン白内障手術による老視治療. 清水公也 (眼科): あたらしい眼科, 2005; 22 (8).

520205. [総説] Phakic IOL (後房型). 相澤大輔1, 清水公也1 (1眼科): IOL&RS, 2005; 19 (2).

520206. [解説] Wavefront-guided LASIKの展望. 大野晃司1,2 (1神奈川歯科大附属横浜クリニック眼科. 2眼科非常勤): IOL&RS, 2005; 19 (2).

520207. [総説] Wavefront guided LASIK 波面収差解析装置の治療への応用. 相澤大輔1, 清水公也1 (1眼科): 臨床眼科, 2005; 19 (2)

520208. [総説] 輻湊反応と調節. 石川 均1,2, 浅川 賢3, 堀部 円2, 高橋慶子2 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2眼科. 3大学院医療系研究科視覚情報科学): 神経眼科, 2005; 22 (3).

520209. [解説] マイ電子カルテ. 柏木広哉1,2 (1静岡がんセンター眼科. 2眼科非常勤): IOL&RS, 2005; 19 (3).

520210. [解説] 緑内障と偽緑内障の判別. 庄司信行1,2 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2眼科): 湘西の眼科, 2005; 10.

520211. [総説] 照射に関する合併症. 相澤大輔1, 小松真理2 (1眼科. 2山王病院): IOL&RS, 2005; 19 (4).

520212. [解説] 超解像とアポダイゼーション. 魚里 博 (大学院医療系研究科視覚情報科学): IOL&RS, 2005; 19 (4).

520213. [解説] 国際式視力表を用いた視力の測定方法 (手順). 魚里 博1, 川守田拓志1 (1大学院医療系研究科視覚情報科学): 日本医事新報, 2005; 4235.

520214. [解説] 超解像とアポダイゼーション. 魚里 博 (大学院医療系研究科視覚情報科学): Tomey Ophthalmology News, 2005; 37.

520215. [総説] 人工水晶体 (眼内レンズ) 最近の進歩. 魚里 博 (大学院医療系研究科視覚情報科学): Optics Japan 2005 (日本光学学会年次学術講演会); 37.

520216. [総説] 補償光学の眼科分野応用. 魚里 博 (大学院医療系研究科視覚情報科学): 光アライアンス, 2005; 17 (1).

[著 書]

620221. [その他の著書] (分担執筆) 視能学; 【1】基礎医学大要-1 I. 視器の機能解剖学 2. 脳と神経 1視覚伝導路〜3脳と脳神経. 中山 幸 (医療衛生学部視覚機能療法学), 編 丸尾敏夫1, 久保田伸江1, 深井小久子2 (1帝京大. 2九州保健福祉大), 文光堂 (東京), 2005/4発行.

620222. [その他の著書] (分担執筆) 視能学; 【1】基礎医学大要-1 I. 視器の機能解剖学 4. 眼の自律神経/瞳孔・調節・輻湊 1自律神経〜6輻湊著者. 石川 均1,2 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学), 編 丸尾敏夫1, 久保田伸江1, 深井小久子2 (1帝京大. 2九州保健福祉大), 文光堂 (東京), 2005/4発行.

620223. [その他の著書] (分担執筆) 視能学; 【1】基礎医学大要-1 I. 視器の機能解剖学 5. 眼圧・房水・涙液 1眼圧〜2房水. 庄司信行1,2 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学), 編 丸尾敏夫1, 久保田伸江1, 深井小久子2 (1帝京大. 2九州保健福祉大), 文光堂 (東京), 2005/4発行.

620224. [その他の著書] (分担執筆) 視能学; 【2】基礎視能矯正学 II. 生理光学 5. 屈折・調節に関連する計算式. 魚里 博 (医療衛生学部視覚機能療法学), 編 丸尾敏夫1, 久保田伸江1, 深井小久子2 (1帝京大. 2九州保健福祉大), 文光堂 (東京), 2005/4発行.

620225. [その他の著書] (分担執筆) 視能学; 【3】視能検査学 I. 視能検査学 1. 眼科一般検査 1眼圧検査. 庄司信行1,2 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学), 編 丸尾敏夫1, 久保田伸江1, 深井小久子2 (1帝京大. 2九州保健福祉大), 文光堂 (東京), 2005/4発行.

620226. [その他の著書] (分担執筆) 視能学; 【3】視能検査学 I. 視能検査学 1. 眼科一般検査 4外眼部検査〜 5隅角検査. 庄司信行1,2 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学), 編 丸尾敏夫1, 久保田伸江1, 深井小久子2 (1帝京大. 2九州保健福祉大), 文光堂 (東京), 2005/4発行.

620227. [その他の著書] (分担執筆) 視能学; 【5】視能訓練学 III. 眼振 1. 眼振の定義〜5. 眼振の治療. 藤山由紀子 (医療衛生学部視覚機能療法学), 編 丸尾敏夫1, 久保田伸江1, 深井小久子2 (1帝京大. 2九州保健福祉大), 文光堂 (東京), 2005/4発行.

620228. [その他の著書] (分担執筆) 眼科プラクティス; 虹彩の解剖. 宇賀茂三1,2 (1国際医療福祉大保健学部視機能療法学科. 2眼科非常勤), 編 田野保雄1, 樋田哲夫2, 根木 昭3, 坪田一男4, 大鹿哲郎5 (1大阪大. 2杏林大. 3神戸大. 4慶應大. 5筑波大), 文光堂 (東京), 2005/11/21発行.

620229. [その他の著書] (分担執筆) 眼科プラクティス; 眼の屈折要素. 魚里 博 (大学院医療系研究科視覚情報科学), 編 田野保雄1, 樋田哲夫2, 根木 昭3, 坪田一男4, 大鹿哲郎5 (1大阪大. 2杏林大. 3神戸大. 4慶應大. 5筑波大), 文光堂 (東京), 2005/11/21発行.

620230. [その他の著書] (分担執筆) 眼科プラクティス; 模型眼. 魚里 博 (大学院医療系研究科視覚情報科学), 編 田野保雄1, 樋田哲夫2, 根木 昭3, 坪田一男4, 大鹿哲郎5 (1大阪大. 2杏林大. 3神戸大. 4慶應大. 5筑波大), 文光堂 (東京), 2005/11/21発行.

620231. [その他の著書] (分担執筆) 眼科検査法ハンドブック第4版; 屈折検査, 屈折検査のフローチャート, 他覚屈折検査. 魚里 博 (大学院医療系研究科視覚情報科学), 編 小口芳久1, 澤  充2, 大月 洋3, 湯澤美都子2 (1慶應大. 2日本大. 3岡山大大学院), 医学書院 (東京), 2005/6/1発行.

620232. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針2006年版; 屈折異常 (手術療法). 清水公也 (眼科), 編 山口 徹1, 北原光夫2, 福井次矢3 (1虎の門病院. 2東京都済生会向島病院. 3聖路加国際病院), 医学書院 (東京), 2006/1/1発行.

620233. [その他の著書] (分担執筆) 今日の治療指針2006年版〔ポケット版〕; 屈折異常 (手術療法). 清水公也 (眼科), 編 山口 徹1, 北原光夫2, 福井次矢3 (1虎の門病院. 2東京都済生会向島病院. 3聖路加国際病院), 医学書院 (東京), 2006/1/1発行.

620234. [その他の著書] (分担執筆) 眼科プラクティス; 瞳孔異常. 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大附属横浜クリニック. 2名誉教授), 編 田野保雄1, 樋田哲夫2, 根木 昭3, 坪田一男4, 大鹿哲郎5 (1大阪大. 2杏林大. 3神戸大. 4慶應大. 5筑波大), 文光堂 (東京), 2006/1/23.

620235. [その他の著書] (分担執筆) 眼内レンズを科学する; 眼内レンズの視機能上の役割・利点. 魚里 博 (医療衛生学部視覚機能療法学), 編 小原喜隆1, 西 起史2, 松島博之1 (1獨協医大. 2西眼科病院), メディカル葵出版 (東京), 2006/1/26発行.

620236. [その他の著書] (分担執筆) 眼内レンズを科学する; 調節製眼内レンズ. 比嘉利沙子1,2 (1井上眼科病院. 2眼科非常勤), 編 小原喜隆1, 西 起史2, 松島博之1 (1獨協医大. 2西眼科病院), メディカル葵出版 (東京), 2006/1/26発行.

620237. [その他の著書] (分担執筆) 眼内レンズを科学する; 非球面眼内レンズ. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院眼科. 2眼科非常勤), 編 小原喜隆1, 西 起史2, 松島博之1 (1獨協医大. 2西眼科病院), メディカル葵出版 (東京), 2006/1/26発行.

620238. [その他の著書] (分担執筆) 眼内レンズを科学する; 後房レンズ. 清水公也 (眼科), 編 小原喜隆1, 西 起史2, 松島博之1 (1獨協医大. 2西眼科病院), メディカル葵出版 (東京), 2006/1/26発行.

[学会・研究会等]

712011. [学会 (国際) ] (招待された講演) High order aberration compared with Wavefront LASIK Comparison of Visian TICL and PRK with Mitomycin. 清水公也(眼科): STAAR Surgical International ICL Expert Symposium (2005/9/8), Lisbon.

713139. [学会 (国際) ] (一般講演) Treatment of traumatic irregular astigmatism with wavefront-guided ablation. 飯田嘉彦1, 清水公也1, 小松真理2, 相澤大輔1, 鈴木雅信1 (1眼科. 2山王病院): ASCRS/ASOA 2005 Symposium & Congress (2005/4/18), Washington, DC (USA).

713140. [学会(国際)] (ポスター講演) Changes of corneal aberrations in sitting and supine position. 川守田拓志1, 半田知也2, 魚里 博1 (1大学院医療系研究科視覚情報科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 2005 ARVO Annual Meeting (2005/5/1-5), Ft. Lauderdale, FL.

713141. [学会(国際)] (ポスター講演) Asthenopia originating from lack of sleep during late night shift. 桝田浩三1, 上田哲生1, 名和良晃1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科. 2大学院医療系研究科視覚情報科学): 2005 ARVO Annual Meeting (2005/5/1-5), Ft. Lauderdale, FL.

713142. [学会(国際)] (ポスター講演) Posterior Corneal Surface Changes after Hyperopic Laser in situ Keratomileusis (H-LASIK). 上田哲生1, 名和良晃1, 桝田浩三1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科. 2大学院医療系研究科視覚情報科学): 2005 ARVO Annual Meeting (2005/5/1-5), Ft. Lauderdale, FL.

713143. [学会(国際)] (ポスター講演) Evaluation of apparent corneal ectasia displayed with Orbscan after keratorefractive surgery. 名和良晃1, 桝田浩三1, 上田哲生1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大眼科. 2大学院医療系研究科視覚情報科学): 2005 ARVO Annual Meeting (2005/5/1-5), Ft. Lauderdale, FL.

713144. [学会(国際)] (ポスター展示) 12 mm Depth Range, 1.25 kHz A-line Rate Optical-Frequency-Domain Optical Coherence Tomography for Imaging of Anterior Segment of Eyes. 庄司信行1, 鈴木宏昌2, 天野卓治3, 廣岡秀明3, D. Choi3, H. Furukawa3, 大林康二3, 中西 基2, 森田哲也2, 清水公也2 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2眼科. 3一般教育部基礎科学センター): ARVO 2005 GLOBAL NETWORKING (2005/5/4), 米国, フロリダ.

713145. [学会(国際)] (ポスター講演) High Frequency Component of accommodative microfluctuation in myopes and emmetopes. 魚里 博1, 川守田拓志1 (1大学院医療系研究科視覚情報科学): 2005 ARVO Annual Meeting (2005/5/1-5): Ft. Lauderdale, FL.

713146. [学会 (国際) ] (ポスター講演) Reconstruction of three-dimensional structure of an extracted tooth by OFDR-OCT. Hiroyuki Furukawa1, 廣岡秀明1, 天野卓治1, DougHak Choi1, Takeo Miyazawa2, Ryoko Yoshimura2, 清水公也3, 大林康二4 (1一般教育部基礎科学センター. 2NTT Photonics Laboratories, NTT Corporation. 3眼科. 4大学院医療系研究科): BIOS 2006 (2006/1/21-26), San Jose, California USA.

713147. [学会 (国際) ] (ポスター発表) New Biomicroscopy With OFDR-OCT. 中西 基1, 天野卓治2, 廣岡秀明2, Hiroyuki Furukawa2, DongHak Choi2, 大林康二2, 鈴木宏昌1, 庄司信行3, 清水公也1 (1眼科. 2一般教育部基礎科学センター. 3大学院医療系研究科): AAO Annual Meeting Chicago 2005 (2005/10/15-18), Chicago (USA) .

713148. [学会 (国際) ] (ポスター発表) Impaired neurite outgrowth in the retina of a mouse model of sandhoff disease. K. Sango1, 高野雅彦2, K. Ajiki1, A.Tokashiki1, N. Arai3, H. Kawano1, H. Horie4, S. Yamanaka5 (1Dept Dev Morphol, Tokyo Metropolitan Inst. For Neroscience. 2眼科. 3Dept Clin Neuropathol, Tokyo Metropolitan Inst. For Neroscience. 4早稲田大. 5横浜市大): 35th Annual Meeting of the American Society for Neuroscience (2005/11/12-16), Washington, DC (USA).

722108. [学会 (全国)] (特別企画) みんなで考える白内障手術 1 強角膜切開 vs 角膜切開発. 徳田芳浩1, 市川一夫2,3 (1井上眼科. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤) : 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/18), 京都.

722109. [学会 (全国)] (特別企画) みんなで考える屈折矯正手術 3 Phakic IOL について. 荒井宏幸1, 清水公也2 (1南青山アイクリニック. 2眼科): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/18), 京都.

722110. [学会 (全国)] (シンポジウム) phakic IOL 3 後房型有水晶体眼内レンズ (ICL)の臨床成績. 鈴木雅信 (眼科) : 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/17), 京都.

722111. [学会 (全国)] (シンポジウム) phakic IOL 4 ICLとArtisan lensの使用成績について. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/17), 京都.

722112. [学会 (全国)] (教育セミナー) IOL Power計測法における問題点 3 眼軸長測定 (光学式). 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(2005/6/18), 京都.

722113. [学会 (全国)] (教育セミナー) Monovisionと屈折矯正 4 白内障手術とMonovision. 比嘉利沙子 (眼科): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/19), 京都.

722114. [学会 (全国)] (教育セミナー) 新時代の白内障手術教育 4 中京病院方式白内障手術教育. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/19), 京都.

722115. [学会 (全国)] (招待講演) 新しいプリセット・アクリルIOL. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/17), 京都.

722116. [学会 (全国)] (招待講演) foldable IOLの将来. 藤澤邦俊 (眼科/海老名総合病院出向): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/17), 京都.

722117. [学会 (全国)] (招待講演) 老視への対応. 清水公也 (眼科): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/18), 京都.

722118. [学会 (全国)] (招待講演) 波面収差のCL処方への応用. 相澤大輔 (眼科): 第48回日本コンタクトレンズ学会総会 (2005/7/9), 神奈川.

722119. [学会 (全国)] (招待講演) 腸球菌による白内障手術後眼内炎. 小松真理1,2 (1山王病院. 2眼科非常勤): 第42回日本眼感染症学会 (2005/7/9), 神奈川.

722120. [学会 (全国)] (招待講演) 薬事法改正の与える影響. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科. 2眼科非常勤): 第48回日本コンタクトレンズ学会総会 (2005/7/10), 神奈川.

722121. [学会 (全国)] (招待講演) 特殊コンタクトレンズ. 熊埜御堂隆1,2 (1慶應大. 2眼科非常勤): 第48回日本コンタクトレンズ学会総会 (2005/7/10), 神奈川.

722122. [学会 (全国)] (招待講演) 近見反応は加齢に伴いどのような適応変化を来すのか. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大. 2眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

722123. [学会 (全国)](招待講演) 白内障手術前後の近見反応. 石川 均1,2 (1眼科. 2医療衛生学部): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

722124. [学会 (全国)] (招待講演) 目で見て脳で描く. 清水公也 (眼科): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

722125. [学会 (全国) (シンポジウム講演) 隅角の見方を勉強しよう2─日本緑内障学会研修委員会企画─. 吉冨健志1. 安田典子2, 田原昭彦3, 稲積幸介4, 杉山和久5, 福地健朗6, 庄司信行7,8, 川瀬和秀9, 塚本秀利10, 桑山泰明11 (1秋田大. 2東京警察病院. 3産業医大. 4村上記念病院. 5金沢大. 6新潟大. 7眼科. 8医療衛生学部. 9岐阜大. 10広島大. 11大阪厚生年金病院): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/8), 札幌.

722126. [学会 (全国)](招待講演) シリコーン・プリセットIOLシステムの可能性. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/8), 札幌.

722127. [学会 (全国)] (招待講演) 改正薬事法への対処. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院. 2眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/9), 札幌.

722128. [学会 (全国)] (招待講演) 緑内障眼と眼内レンズ挿入術. 庄司信行1,2 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/9), 札幌.

722129. [学会 (全国)] (招待講演) 視機能評価法の最近の進歩. 魚里 博 (医療衛生学部): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/10), 札幌.

722130. [学会 (全国)] (シンポジウム) 新色覚用語について. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/10), 札幌.

722131. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼内レンズの着色について. 中村英樹1, 市川一夫1,2, 松川志穂1, 酒井幸弘3 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3中京眼科): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/10), 札幌.

722132. [学会 (全国)] (シンポジウム講演) 人工水晶体 (眼内レンズ) 最近の進歩. 魚里 博 (医療衛生学部): 2005年度日本光学学会年次総会 (Optics Japan 2005 in Tokyo) (2005/11/25), 東京.

722133. [学会 (全国)] (招待講演) 『屈折・老視矯正手術』の最新情報. 清水公也 (眼科): 2005年度日本光学学会年次総会 (Optics Japan 2005 in Tokyo) (2005/11/25), 東京.

722134. [学会 (全国)] (招待講演) 「両眼視の視機能は単眼を超えるのか?」, 両眼視力と単眼視力. 魚里 博 (医療衛生学部):第46回日本視能矯正学会 (2005/11/27), 大阪.

722135. [学会 (全国)] (教育セミナー) 白内障手術後眼内炎. 小松真理1,2 (1山王病院. 2眼科非常勤): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/28), 東京.

722136. [学会 (全国)] (招待講演) 白内障手術. 谷口重雄1, 西原 仁1, 市川一夫2,3, 三戸岡克哉4, 藤澤邦俊5, 大西健夫6 (1昭和大・藤が丘. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤. 4東京慈恵会医大. 5眼科/海老名総合病院出向. 6太田熱海病院): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/28), 東京.

723773. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided LASIKの術後3年の経過. 五十嵐章史1, 小松真理1,2, 飯田嘉彦1, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 清水公也1 (1眼科. 2山王病院): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/17), 京都.

723774. [学会 (全国)] (一般講演) Scheimpflug式前眼部測定解析装置における角膜前面屈折力の再現性. 川守田拓志1, 魚里 博1 (1医療衛生学部): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(2005/6/18), 京都.

723775. [学会 (全国)] (一般講演) 黄斑浮腫を有する症例の眼軸長測定. 小川美幸1, 比嘉利沙子1, 清水公也1, 魚里 博2 (1眼科. 2医療衛生学部): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/18), 京都.

723776. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障患者における眼優位性定量装置. 半田知也1,2, 比嘉利沙子1, 新田任里江1, 比留間美穂1, 魚里 博2, 庄司信行1,2, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2005/6/18), 京都.

723777. [学会 (全国)] (一般講演) 調節機能における眼優位性の影響. 藤村芙佐子1, 半田知也1, 魚里 博1, 庄司信行1, 清水公也2 (1医療衛生学部. 2眼科): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(2005/6/18), 京都.

723778. [学会 (全国)] (一般講演) 日本におけるImplantable Contact Lens (ICLTM) の臨床試験. 藤澤邦俊1, 相澤大輔1, 鈴木雅信1, 清水公也1, 市川一夫2, 加賀達志2, 小島隆司2 (1眼科. 2社会保険中京病院): 第44回日本白内障学会総会/第20回日本眼内レンズ屈折手術学会総会(2005/6/19), 京都.

723779. [学会 (全国)] (一般講演) 摘出白色家兎毛様動脈に対するBetaxolol, Timololの作用およびそのメカニズム. 後関利明1,2, 石川 均1, 董 雅儒1, 真下紀美代1, 林 良子1, 清水公也1, 吉冨健志3 (1眼科. 2海老名総合病院. 3秋田大): 第25回日本眼薬理学会 (2005/7/9), 神奈川.

723780. [学会 (全国)] (一般講演) 高次波面収差を用いた円錐角膜眼非球面ハードコンタクトレンズ装用の評価. 高崎恵理子1, 熊埜御堂隆1,2, 相澤大輔1, 宇津見義一1, 鈴木雅信1, 魚里 博3, 清水公也1 (1眼科. 2慶應大. 3医療衛生学部): 第48回日本コンタクトレンズ学会総会 (2005/7/9), 神奈川.

723781. [学会 (全国)] (一般講演) ハードコンタクトレンズ (HCL) 装用円錐角膜眼の高次収差と視機能. 熊埜御堂隆1,2, 根岸一乃1, 玉沖朋子1, 佐伯めぐみ1, 宇津見義一2, 坪田一男1 (1慶應大. 2眼科非常勤): 第48回日本コンタクトレンズ学会総会 (2005/7/9), 神奈川.

723782. [学会 (全国)] (一般講演) 調節微動と外斜位の偏位量. 中山奈々美1, 川守田拓志1, 魚里 博1 (1大学院医療系研究科): 第41回日本眼光学学会/第20回眼科ME学会 (2005/9/3), 愛知.

723783. [学会 (全国)] (一般講演) 前房深度の測定の比較. 酒井幸弘1, 宇陀恵子1, 内藤尚久1, 市川一夫2,3, 前田征宏2, 中村英樹2, 玉置明野2 (1中京眼科. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤): 第41回日本眼光学学会/第20回眼科ME学会 (2005/9/4), 愛知.

723784. [学会 (全国)] (一般講演) ACマスターによる角膜厚, 前房深度および水晶体厚の測定. 前田征宏1,2, 市川一夫1,2, 中村英樹1, 酒井幸弘3, 宇陀恵子3, 内藤尚久3 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3中京眼科): 第41回日本眼光学学会/第20回眼科ME学会 (2005/9/4), 愛知.

723785. [学会 (全国)] (ポスター演題) エッセンバッハ光学製ワークルーペの倍率と作業距離. 田辺正明1, 魚里 博2, 辻 一央3 (1日本ライトハウス視覚障害リハビリテーションセンター. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3日本眼鏡技術専門学校): 第6回日本ロービジョン学会学術総会/第14回視覚障害リハビリテーション研究発表大会合同会議 (2005/9/17), 兵庫.

723786. [学会 (全国)] (一般口演) チューインガム咀嚼の眼圧への影響. 鈴木武敏1,2,3, 大場貴之1, 東 礼子1, 浅川 賢2, 庄司信行2,3, 石川 均2,3, 徳本 匠4 (1鈴木眼科吉小路. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3眼科. 4ロッテ中央研究所): 第16回日本緑内障学会(2005/9/16), 熊本.

723787. [学会 (全国)] (一般口演) 虚血性視神経症における視神経乳頭形状・神経線維層厚変化. 森田哲也1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼科): 第16回日本緑内障学会 (2005/9/16), 熊本.

723788. [学会 (全国)] (一般口演) 緑内障眼の白内障手術におけるIOLマスターの検討. 五十子桂祐1, 森田哲也1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼科): 第16回日本緑内障学会(2005/9/17), 熊本.

723789. [学会 (全国)] (一般口演) OFDR-OCTによる濾過手術後の濾過胞形状の観察. 鈴木宏昌1, 中西 基1, 川井友美1, 天野卓治2, 廣岡秀明2, 古川浩之2, 崔 東学2, 大林康二2, 森田哲也1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼科. 2自然科学教室センター物理学): 第16回日本緑内障学会 (2005/9/17), 熊本.

723790. [学会 (全国)] (一般口演) ラタノプロスト単剤使用例へのブリンゾラミド追加による1年後の眼圧下降効果. 緒方博子1, 庄司信行1, 陶山秀夫2, 根本 徹3, 鈴木宏昌1, 清水公也1 (1眼科. 2国際医療福祉大附属熱海病院. 3根本アイクリニック): 第16回日本緑内障学会 (2005/9/17), 熊本.

723791. [学会 (全国)] (一般口演) 緑内障患者における瞳孔視野測定の有用性. 浅川 賢1, 増田千穂1, 望月浩志1, 庄司信行2, 石川 均2, 田中館明博3, 吉冨健志4, 清水公也5 (1大学院医療系研究科. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3医療衛生学部電子工学. 4秋田大. 5眼科): 第16回日本緑内障学会 (2005/9/17), 熊本.

723792. [学会 (全国)] (一般口演) 3色のフリッカー光を用いた網膜機能検査装置の使用経験. 増田千穂1, 浅川 賢1, 望月浩志1, 庄司信行2, 石川 均2, 鈴木武敏3, 清水公也4 (1大学院医療系研究科. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3鈴木眼科吉小路. 4眼科): 第16回日本緑内障学会(2005/9/17), 熊本.

723793. [学会 (全国)] (学術展示) IOPacTM Pachymeterの使用経験. 川井知美1, 田村千春1, 難波貴代1, 森田哲也1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼科): 第16回日本緑内障学会(2005/9/17), 熊本.

723794. [学会 (全国)] (一般講演) トリアムシノロン硝子体注入の複数回施行例の経過. 大矢吉美1, 市川一夫1,2, 加賀達志1, 吉田則彦1 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723795. [学会 (全国)] (一般講演) 50歳未満の増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術の検討. 緒方博子1, 中山 幸1, 柳田智彦1, 高野雅彦1, 清水公也1 (1眼科): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723796. [学会 (全国)] (一般講演) 総合病院眼科の電子カルテ (旧-バージョンで生き残れるか). 柏木広哉1,2, 呉竹恵子1, 陶山秀夫2,3, 荻野 大4, 亀山真季4, 矢田清身5 (1県立静岡がんセンター. 2眼科非常勤. 3国際医療福祉大附属熱海病院. 4沼津市立病院. 5矢田眼科クリニック): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723797. [学会 (全国)] (一般講演) 結膜上皮におけるENaCの存在に関連した新しい涙液貯留のメカニズムの可能性. 原 修哉1, 小島隆司1, 市川一夫1,2, 狭間章博3, 三宅将生3, 佐々木恭正4, 村戸ドール5, 後藤英樹5, 坪田一男5 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3福島県医大. 4東京歯大・市川. 5慶應大): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723798. [学会 (全国)] (一般講演) 眼優位性定量法・装置の臨床応用. 半田知也1, 魚里 博1, 石川 均1, 新田任里江1, 藤村芙佐子1, 庄司信行1, 清水公也2 (1医療衛生学部. 2眼科): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723799. [学会 (全国)] (一般講演) 正常眼における調節微動と屈折異常, 眼優位性との関係. 川守田拓志1, 半田知也2, 中山奈々美1, 魚里 博2 (1眼科. 2医療衛生学部): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723800. [学会 (全国)] (一般講演) ACマスターによる角膜厚、前房深度および水晶体厚の測定. 中村英樹1, 市川一夫1,2, 松川志穂1, 酒井幸弘3, 玉置明野1, 前田征宏1 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3中京眼科): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723801. [学会 (全国)] (一般講演) スポーツ選手の眼に関する意識と視機能. 枝川 宏1, 松原正男2, 原 直人3,4, 河原 貴5 (1えだがわ眼科クリニック. 2東京女医大・第二. 3神奈川歯大. 4眼科非常勤. 5国立スポーツ科学センター): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723802. [学会 (全国)] (一般講演) 片眼後房型有水晶体眼内レンズ挿入術, 他眼レーザー屈折矯正手術を施行した2例. 玉置明野1, 市川一夫1,2, 小島隆司1, 原 修哉1, 中村友昭3, 吉田陽子3 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3REC): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723803. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体眼内レンズ挿入術とWavefront guided LASIKを片眼ずつ施行した3症例. 田村千春1, 相澤大輔1, 藤澤邦俊2, 飯田嘉彦1, 大野晃司3, 小松真理4, 鈴木雅信1, 清水公也1 (1眼科. 2眼科/海老名総合病院出向. 3神奈川歯大横浜クリニック. 4山王病院): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723804. [学会 (全国)] (一般講演) 乱視矯正可能な有水晶体眼内レンズを使用した屈折矯正手術. 磯谷尚輝1, 吉田陽子1, 中村友昭1, 玉置明野2, 原 修哉2, 市川一夫2,3 (1REC. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723805. [学会 (全国] (一般講演) スリット照明装置Visuluxを使用したICL手術. 中村友昭1, 吉田陽子1, 小島隆司2, 原 修哉2, 市川一夫2,3 (1REC. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723806. [学会 (全国)] (一般講演) 原田病の前房深度・眼軸を用いたぶどう膜病態の客観的評価. 大槻智宏1,2, 相澤大輔1, 中山 幸1, 清水公也1 (1眼科. 2横須賀市立市民病院): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/7), 札幌.

723807. [学会 (全国)] (一般講演) 加齢黄斑変性と類縁疾患の再検討. 神蔵陽子1, 高野雅彦2, 市邉義章2, 中山 幸2, 柳田智彦2, 清水公也2 (1海老名総合病院. 2眼科): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/8), 札幌.

723808. [学会 (全国)] (一般講演) 若年者VDT従事者の屈折矯正状況による他覚的調節反応の検討. 小手川泰枝1, 加藤美枝1, 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 有本あこ1,2, 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大. 2眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/8), 札幌.

723809. [学会 (全国)] (一般講演) Phakic IOL後の屈折異常に対してLASIK手術を施行した1例. 吉田陽子1, 中村友昭1, 洞井里恵1, 原 修哉2, 小島隆司2, 玉置明野2, 市川一夫2,3 (1REC. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/8), 札幌.

723810. [学会 (全国)] (ポスター) ラタノプロスト点眼からウノプロストン点眼への切り替えにおける有効性. 後関利明1,2, 石川 均1, 浅川 賢1, 陶山秀夫3, 森田哲也1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼科. 2海老名総合病院. 3国際医療福祉大附属熱海病院眼科): 第59回日本臨床眼科学会(2005/10/7), 札幌.

723811. [学会 (全国)] (ポスター) トリアムシノロンアセトニド硝子体注入の全身糖代謝に与える影響. 前田征宏1, 市川一夫1,2, 吉田則彦1, 田中博志1 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/8), 札幌.

723812. [学会 (全国)] (ポスター) 眼窩に初発した木村氏病の1例. 池田哲也1, 相澤大輔1, 坂東由紀2, 市邉義章1, 清水公也1 (1眼科. 2小児): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/8), 札幌.

723813. [学会 (全国)] (ポスター) 角膜輪部に生じた巨大な成熟奇形腫の一例. 石川 薫1, 浜由起子1, 鈴木由美1, 仁科幸子1, 東 範行1, 松岡健太郎1, 石川 均2, 望月弘嗣3, 山田昌和3 (1国立育成医療センター. 2眼科. 3東京医療センター): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/9), 札幌.

723814. [学会 (全国)] (ポスター) 異常色覚程度判定のためのJFCランタンの基準. 田邉詔子1, 山出新一2, 市川一夫3,4 (1中京眼科. 2滋賀医大. 3社会保険中京病院. 4眼科非常勤): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/9), 札幌.

723815. [学会 (全国)] (ポスター) これからの色覚検査. 市川一夫1,2, 玉置明野1, 田辺詔子3, 石黒 進3 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3中京眼科): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/9), 札幌.

723816. [学会 (全国)] (ポスター) 睡眠不足による眼精疲労時の調節機能評価. 桝田浩三1, 上田哲生1, 名和良晃1, 原 嘉昭1, 魚里 博2 (1奈良県立医大. 2医療衛生学部): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/9), 札幌.

723817. [学会 (全国)] (一般講演) 色覚異常の診断と指導: あたらしい色覚用語と検査法. 市川一夫1,2, 田辺詔子3, 山出新一4, 中村かおる5, 岡島 修6 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3中京眼科. 4滋賀医大. 5東京女医大. 6三楽病院): 第59回日本臨床眼科学会 (2005/10/9), 札幌.

723818. 学会 (全国)] (一般講演) 人間ドックにおける緑内障スクリーニングの検討. 冨岡敏也1, 原 雅文1, 菊池英弥1, 西村順子1, 河野一郎1, 太田秀幸1, 蒲谷典行1, 清水公也2 (1日立戸塚総合病院. 2眼科): 第57回全日立医学会(2005/10/15), 東京.

723819. [学会 (全国)] (一般講演) 若年群における近見時, 瞳孔の役割. 浅川 賢1, 石川 均2, 庄司信行2, 清水公也3 (1大学院医療系研究科視覚情報科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3眼科): 第58回日本自律神経学会総会(2005/10/27), 千葉.

723820. [学会 (全国)] (一般講演) 屈折矯正状況による他覚的調節反応の変化. 小手川泰枝1, 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 有本あこ1,2, 向野和雄1,2 (1神奈川歯大附属横浜クリニック眼科. 2眼科非常勤): 第58回日本自律神経学会総会(2005/10/27), 千葉.

723821. [学会 (全国)] (ポスター発表) 原田病治癒後に発症した瞳孔緊張症の2例. 杉本和久1, 松崎廣栄1, 池田哲也1, 五十子桂祐1, 筒井健太1, 浅川 賢1, 高野雅彦1, 清水公也1, 石川 均1,2 (1眼科. 2医療衛生学部): 第43回日本神経眼科学会総会 (2005/11/11), 大分.

723822. [学会 (全国)] (ポスター発表) 片頭痛に合併した脳梗塞の2症例. 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 有本あこ1,2, 細谷由紀子1, 向野和雄1,2, 畑 隆志3 (1神奈川歯大学附属横浜クリニック眼科. 2眼科非常勤. 3横浜市立脳血管医療センター神経内科): 第43回日本神経眼科学会総会
(2005/11/12). 大分.

723823. [学会 (全国)] (一般講演) 近見反応に対する測定条件の影響. 浅川 賢1, 石川 均2, 庄司信行2, 半田知也2, 新井紀将2, 生田朝子2, 石井香代子2, 石川裕美2, 小野寺朝美2, 清水公也3 (1大学院医療系研究科視覚情報科学. 2医療衛生学部視覚機能療法学. 3眼科): 第43回日本神経眼科学会総会 (2005/11/11), 大分.

723824. [学会 (全国)] (一般講演) 両眼視下における眼優位性の調節機能への影響. 半田知也1, 石川 均1, 藤村芙佐子1, 川守田拓志2, 魚里 博1, 庄司信行1, 清水公也3 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2医療系研究科眼科学. 3眼科): 第43回日本神経眼科学会総会 (2005/11/11), 大分.

723825. [学会 (全国)] (一般講演) 視機能障害をきたした, 妊娠中鞍結節髄膜腫と篩骨洞原発悪性脊索腫の2例. 柏木広哉1,2, 中洲庸子3, 三矢幸一3, 堀口聡士3, 鬼塚哲郎4, 村山重行5, 藤  浩5, 村松知幸6 (1県立静岡がんセンター眼科. 2眼科非常勤. 3県立静岡がんセンター脳神経外科. 4県立静岡がんセンター頭頸科. 5県立静岡がんセンター陽子線治療科. 6むらまつ眼科): 第43回日本神経眼科学会総会 (2005/11/11), 大分.

723826. [学会 (全国)] (ポスター発表) 頭蓋内疾患患者における術前後の視力と視野. 堀部 円1, 石川 均2, 松崎廣栄1, 伊藤美沙絵1, 山口華奈子3, 清水公也1, 岡 秀宏4, 藤井清孝4 (1眼科. 2医療衛生学部. 3相模原協同病院眼科. 4脳外): 第43回日本神経眼科学会総会 (2005/11/12), 大分.

723827. [学会 (全国)] (ポスター発表) 視交叉損傷が疑われた外傷性視神経症の1例. 白谷 徹1, 石川 均1, 清水公也1 (1眼科): 第43回日本神経眼科学会総会 (2005/11/12), 大分.

723828. [学会 (全国)] (一般講演) ハンフリー視野検査を施行した外来受診者の検討. 石川美和子1, 小関裕美1, 松本美保2 (1社会保険相模野病院. 2社会保険相模原病院出向/眼科非常勤): 第43回日本社会保険医学学会総会(2005/11/10〜11), 船橋.

723829. [学会 (全国)] (一般講演) Heidelberg社製パキメータIOPACの使用経験. 難波貴代1, 田村千春1, 庄司信行1,2, 川井友美1, 高橋慶子1, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 第46回日本視能矯正学会 (2005/11/27), 大阪.

723830. [学会 (全国)] (一般講演) 角膜厚の測定の比較と再現性. 大川純奈1, 酒井幸弘1, 宇陀恵子1, 内藤尚久1, 市川一夫1,2, 前田征宏1, 中村秀樹1, 玉置明野1 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第46回日本視能矯正学会 (2005/11/27), 大阪.

723831. [学会 (全国)] (一般講演) 非屈折性調節性内斜視にアイデアル型眼鏡を使用した1例. 高橋弥生1, 筒井健太2, 藤山由紀子3, 清水公也2 (1横須賀市民病院. 2眼科. 3医療衛生学部): 第46回日本視能矯正学会 (2005/11/27), 大阪.

723832. [学会 (全国)] (一般講演) 企業内近業従事者の立体視不全の報告. 中川皓夫1, 江島義道2, 魚里 博3, 名和良晃1 (1奈良県立医大眼科. 2京都工芸繊維大. 3医療衛生学部視覚機能療法学): 第47回日本産業・労働・交通眼科学会 (2005/12/10), 名古屋.

723833. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術におけるガチフロキサシンの眼内潅流液注入. 中村英樹1, 市川一夫1,2, 松川志穂1, 中村悦子1, 大鹿 智3 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3大鹿眼科): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/27), 東京.

723834. [学会 (全国)]( 一般講演) ウェーブフロントレーシックの術後成績. 中村友昭1, 吉田陽子1, 原 修哉2, 市川一夫2,3 (1REC. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/27), 東京.

723835. [学会 (全国)] (一般講演) 乱視度数入りPhakic IOL挿入術の臨床成績. 相澤大輔1, 清水公也1, 鈴木雅信1, 藤澤邦俊2, 五十嵐章史3, 小松真理3 (1眼科. 2眼科/海老名総合病院出向. 3山王病院): 第29回日本眼科手術学会総会(2006/1/27), 東京.

723836. [学会 (全国)] (一般講演) 嚢内に圧縮固定されたフォールダブル眼内レンズの光学特性. 魚里 博1, 川守田拓志2 (1医療衛生学部視覚機能療法学. 2大学院医療系研究科視覚情報科学): 第29回日本眼科手術学会総会(2006/1/27), 東京.

723837. [学会 (全国)] (一般講演) LASIKで追加矯正を必要とした症例の検討. 相澤久美子1, 須長 桂1, 青木正恵1, 小松真理1, 清水公也2, 魚里 博3 (1山王病院. 2眼科. 3医療衛生学部視覚機能療法学): 第46回日本視能矯正学会 (2005/11/26), 大阪.

723838. [学会 (全国)] (一般講演) 調節負荷に伴う調節反応と瞳孔反応の経年変化. 長谷部美穂1, 伊藤美沙絵1, 杉本和久1, 市邉義章1, 石川 均1,2, 清水公也1 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 第46回日本視能矯正学会(2005/11/26) 大阪.

723839. [学会 (全国)] (一般講演) 知覚優位性と眼位異常の検討. 伊藤美沙絵1, 疋田朋子1, 半田知也1, 堀部 円1, 石川 均1, 新井田孝裕2, 清水公也1 (1眼科. 2国際医療福祉大): 第46回日本視能矯正学会 (2005/11/26), 大阪.

723840. [学会 (全国)] (一般講演) 調節に伴う角膜屈折力の検討. 村上みや1, 矢野 隆1, 四之宮祐馬1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大/国際医療福祉病院. 2眼科非常勤): 第46回日本視能矯正学会 (2005/11/27), 大阪.

723841. [学会 (全国)] (学術展示) Surgical Ablation後に再発したRAPの一例. 大矢吉美1, 加賀達志1, 佐藤裕之1, 市川一夫1,2, 吉田則彦1, 黒川智子1, 吉崎憲治1, 星野元宏3 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤. 3ほしの眼科): 第44回日本網膜硝子体学会総会 (2005/12/2〜3), 大阪.

723842. [学会 (全国)] (一般講演) IOLマスターTMを用いた強膜内陥術後の眼球形状変化. 筒井健太1, 高野雅彦1, 比留間美穂1, 中山 幸1, 柳田智彦1, 中西 基2, 引田文子1, 片倉智博1, 池田哲也1, 輿水 学1, 高橋慶子1, 魚里 博3, 清水公也1 (1眼科. 2国際医療福祉大附属熱海病院. 3医療衛生学部視覚機能療法学): 第44回日本網膜硝子体学会総会 (2005/12/3), 大阪.

723843. [学会 (全国)] (一般講演) Scheimpflug式前眼部測定解析装置における角膜後面の形状解析. 川守田拓志1, 魚里 博1 (1医療衛生学部): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/29), 東京.

723844. [学会 (全国)] (ポスター展示) 当院におけるEpipolis Laser in situ keratomileusis (EPI-LASIK)の手術成績. 吉田陽子1, 中村友昭1, 原 修哉2, 小島隆司2, 市川一夫2,3 (1REC. 2社会保険中京病院. 3眼科非常勤): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/27〜29), 東京.

723845. [学会 (全国)] (ポスター展示) ヒーロンVTMを使用した内視鏡隅角癒着解離術. 渡辺三訓1, 市川一夫1,2, 加賀達志1 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/27〜29), 東京.

723846. [学会 (全国)] (ポスター展示) キセノンを用いたスリット光による硝子体手術. 吉田則彦1, 佐藤裕之1, 加賀達志1, 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院. 2眼科非常勤): 第29回日本眼科手術学会総会 (2006/1/27〜29), 東京.

723847. [学会 (全国)] (一般講演) 結膜弛緩症手術後におけるTSAS (Tear Stability Analysis System) を用いた涙液動態の評価. 原 修哉1, 小島隆司1, 市川一夫1,2, 島崎 潤3, 中村友昭4, 村戸ドール5, 後藤英樹6, 坪田一男5 (1社保中京病院. 2眼科非常勤. 3東京歯大. 4名古屋アイクリニック. 5慶應大. 6鶴見大): 第30回角膜カンファランス/第22回日本角膜移植学会 (2006/2/9), 東京.

731077. [地方会] (特別講演) 老視と白内障発表者. 清水公也 (眼科): 第165回宮城県眼科集談会 (2005/4/16), 宮城県.

731078. [地方会] (特別講演) 最近の白内障手術. 清水公也 (眼科): 平成17年度福岡県眼科医会総会講演会 (2005/4/23), 福岡.

731079. [地方会] (特別講演) 加齢と緑内障. 庄司信行1,2 (1眼科, 2医療衛生学部): 山王セミナー (2005/5/26), 東京.

731080. [地方会] (特別講演) 加齢と黄斑疾患. 高野雅彦 (眼科): 山王セミナー (2005/5/26), 東京.

731081. [地方会] (特別講演) 老視と白内障. 清水公也 (眼科): 山王セミナー (2005/5/26), 東京.

731082. [地方会] (教育講演) 紹介例より復習する眼球運動障害. 石川 均1,2 (1眼科. 2医療衛生学部視覚機能療法学): 第106回神奈川県眼科集談会 (2005/6/2): 神奈川.

731083. [地方会] (教育セミナー) 光線力学療法 その適応と治療の実際. 市邉義章 (眼科): 第4回Bay Ocular Club (2005/7/30), 神奈川.

731084. [地方会] (教育セミナー) 眼瞼及び結膜の腫瘍性病変. 柏木広哉1,2 (1静岡県立がんセンター. 2眼科非常勤): 第4回Bay Ocular Club (2005/7/30), 神奈川.

731085. [地方会] (特別講演) 視神経再生による視機能再建の試み. 高野雅彦 (眼科): 第79回兵庫医科大学眼科オープンカンファレンス (2005/9/29), 兵庫.

731086. [地方会] (特別講演) 北里大学における光線力学的療法 (PDT). 市邉義章 (眼科): 第41回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2005/10/13), 神奈川県.

731087. [地方会] (特別講演) 緑内障と白内障の同時手術. 庄司信行 (眼科): 第4回Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2005/11/5), 横浜.

731088. [地方会] (特別講演) 収差を考えたクオリティ オブ ビジョン (QOV) の回復. 清水公也 (眼科): 第26回産業医科大学眼科研究会 (2005/11/23), 福岡.

731089. [地方会] (特別講演) 紹介例より復習する小児眼科. 石川 均 (眼科): 町田市医師会学術講演会 (2005/11/25), 東京.

731090. [地方会] (特別講演) 臨床例から学ぶやさしい近見反応の話. 石川 均 (眼科): 第19回湘西眼科臨床フォーラム (2005/12/8), 神奈川.

731091. [地方会] (特別講演) 移植眼内レンズの動的挙動解析とその老視矯正への応用. 魚里 博 (眼科): 第6回大学院医療系研究科研究フォーラム (205/12/15), 相模原.

731092. [地方会] (特別講演) 屈折矯正手術の今後─後房型有水晶体眼内レンズ (ICLTM)─. 清水公也 (眼科): 第9回福井県福井大学医学部眼科症例検討会 (2005/12/18), 福井.

731093. [地方会] (特別講演) 北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専攻とその研究紹介. 石川 均 (医療衛生学部視覚機能療法学): 第3回北里眼科病診連携会 (2006/2/2), 東京.

731094. [地方会] (特別講演) 眼優位性 (利き眼) の検査法とその臨床応用. 半田知也 (医療衛生学部視覚機能療法学): 第3回北里眼科病診連携会 (2006/2/2), 東京.

731095. [地方会] (特別講演) 屈折矯正手術の今後「後房型有水晶体レンズ (ICLTM)」. 清水公也 (眼科): 北海道眼科医会生涯教育講座札幌眼科集談会 (2006/3/4), 北海道.

732062. [地方会] (招待講演) LASIKとphakic IOL. 清水公也 (眼科): 眼科診療アップデートセミナー 2006(2006/3/5), 京都.

732063. [研究会] (シンポジウム) 人工水晶体 (眼内レンズ) 最近の進歩. 魚里 博 (眼科): 第2回光・エレクトロニクス・情報通信と高齢社会の医療・健康技術を考える研究会 (2005/11/25), 東京.

732064. [地方会] (招待講演) 正常眼圧緑内障をどう考えるか. 庄司信行 (医療衛生学部視覚機能療法学): 町田市眼科医師会学術講演 (2005/5/13), 神奈川.

732065. [地方会] (招待講演) 老視への対応. 清水公也 (眼科): 第6回ISQOV Meeting (2005/6/18), 京都.

732066. [地方会] (招待された講演) 水晶体を場としたクオリティ オブ ビジョン (QOV) の回復. 清水公也 (眼科): 第11回大阪眼科手術シンポジウム (2005/9/3), 大阪.

732067. [地方会] (招待講演) ほっとくと怖い眼底の病気加齢黄斑変性の診断と治療. 市邉義章 (眼科): 平成17年度目の愛護デー (2005/10/2), 神奈川.

732068. [地方会] (招待された講演) 「糖尿病網膜症の最近の治療」─硝子体手術適応と課題─. 中山 幸 (眼科): 第35回さがみ糖尿病カンファレンス (2005/10/21), 神奈川.

732069. [地方会] (招待された講演) 後房型有水晶体眼内レンズ (ICLTM) について. 清水公也 (眼科) : 第106回山口県眼科集談会 (2005/11/13), 山口.

732070. [地方会] (招待された講演) Phakic IOLによる屈折矯正. 鈴木雅信 (眼科): The ISRS JAPAN 2005(2005/11/19), 神奈川.

732071. [研究会] (招待された講演) Scheimpflug式前眼部解析装置Pentacamの使用法について. 川守田拓志 (眼科): 第6回眼科臨床機器研究会 (2005/11/19), 神奈川.

732072. [研究会] (招待された講演) TrilRISの概要及び使用経験. 堀部 円 (眼科): 第6回眼科臨床機器研究会(2005/11/19), 神奈川.

732073. [研究会] (招待された講演) TrilRISの臨床応用 (2)─初期老視, 白内障, 人工レンズ眼の近見反応─. 石川 均 (眼科): 第6回眼科臨床機器研究会 (2005/11/19), 神奈川.

732074. [研究会] (招待された講演) 北里大式OFDR-OCT. 中西 基1,2 (1国際医療福祉大. 2眼科非常勤): 第6回眼科臨床機器研究会 (2005/11/19), 神奈川.

732075. [地方会] (セミナー講演) 高齢者の視機能向上を目指した移植眼内レンズの動的挙動解析とその老視矯正への応用. 魚里 博 (眼科非常勤): 第39回医療衛生セミナー (2005/12/13), 相模原.

732076. [地方会] (招待講演) 自動焦点眼鏡による高齢者の老視強制支援. 魚里 博 (医療衛生学部視覚機能療法学): 長寿科学総合研究成果発表会 (2006/1/27), 東京.

732077. [研究会] (招待講演) 眼部腫瘍、腫瘍関連性疾患について. 柏木広哉1,2 (1静岡県立がんセンター眼科. 2眼科非常勤): 第20回湘西眼科臨床フォーラム (2006/3/9), 神奈川.

733392. [研究会] (一般講演) 黄斑部脈絡膜隆起病変の1例. 柏木広哉1,2, 陶山秀夫2,3, 太田俊彦4, 矢田清身5 (1県立静岡がんセンター. 2眼科非常勤. 3国際医療福祉大附属熱海病院眼科. 4順天堂大学静岡病院眼科. 5矢田眼科クリニック): 第23回日本眼腫瘍研究会 (2005/6/25), 新潟.

733393. [地方会] (一般講演) 脈絡膜の腫瘍性病変の2例. 柏木広哉1,2, 太田俊彦3, 荻野 大4, 亀川真希4, 矢田清身5 (1県立静岡がんセンター眼科. 2眼科非常勤. 3順天堂伊豆長岡病院眼科. 4沼津市立病院眼科. 5矢田眼科クリニック): 第19回神奈川県・昭和大学藤が丘合同オープンカンファレンス (2005/4/9), 神奈川.

733394. [地方会] (一般講演) LASIKを施行した視野異常を呈した症例. 陶山秀夫1,2 (1国際医療福祉大熱海病院. 2眼科非常勤): 第1回静岡東部眼科カンファレンス緑内障セミナー (2005/4/16), 沼津.

733395. [地方会] (一般講演) 女性のみに発症する家族性反復性角膜びらんの一家系. 小林桃子 (眼科): 第10回 Tokyo Ocular Surface Forum (2005/5/28), 東京.

733396. [地方会] (一般講演) 眼窩に初発した木村氏病の1例. 池田哲也1, 相澤大輔1, 市邉義章1, 清水公也1, 坂東由紀2 (1眼科. 2小児): 第106回神奈川県眼科集談会 (2005/6/2), 神奈川.

733397. [地方会] (一般講演) 緑内障眼におけるIOLマスターの測定精度の検討. 五十子桂祐1, 緒方博子1, 川井友美1, 鈴木宏昌1, 森田哲也1, 庄司信行1, 清水公也1 (1眼科): 第106回神奈川県眼科集談会 (2005/6/2), 神奈川.

733398. [地方会] (一般講演) 劇的な経過をたどったEBVぶどう膜炎の一例. 輿水 学1, 五十子桂祐1, 中山 幸1, 石川 均1 (1眼科): 第106回神奈川県眼科集談会 (2005/6/2), 神奈川.

733399. [地方会] (一般講演) 神奈川歯科大学付属横浜クリニックでの「緑内障1日勉強会」の現状報告. 有本あこ1, 原 直人2, 大野晃司2, 向野和雄2 (1眼科/神奈川歯大附属横浜クリニック出向. 2神奈川歯大学附属横浜クリニック眼科): 第106回神奈川県眼科集談会 (2005/6/2), 神奈川.

733400. [地方会] (一般講演) 画像診断が必要であった片頭痛の2症例. 原 直人1,2, 大野晃司1, 有本あこ1, 細谷由紀子1, 向野和雄1, 畑 隆志3 (1神奈川歯大学附属横浜クリニック眼科. 2眼科非常勤. 3横浜市立脳血管医療センター神経内科): 第106回神奈川県眼科集談会 (2005/6/2), 神奈川.

733401. [地方会] (一般講演) 凝固時間が30分と延長した症例の白内障手術. 陶山秀夫1,2 (1国際医療福祉大附属熱海病院眼科. 2眼科非常勤): 第2回静岡東部眼科カンファレンス白内障セミナー (2005/7/2), 沼津.

733402. [地方会] (一般講演) wave front Lasik VS Phakic IOL. 清水公也 (眼科): 第12回OMCの会 (2005/7/23), 沖縄.

733403. [地方会] (一般講演) 近見反応に対する測定条件の影響と瞳孔の役割. 浅川 賢1, 石川 均1 (1眼科): 第21回真鶴セミナー (2005/8/27〜28), 山梨.

733404. [研究会] (一般講演) 眼精疲労と調節微動. 川守田拓志1, 中山奈々美1, 魚里 博1 (1大学院医療系研究科): 第5回眼科CFS研究会 (2006/9/2), 名古屋.

733405. [地方会] (一般講演) 視交叉損傷が疑われた外傷性視神経症の1例. 白谷 徹1, 石川 均1, 清水公也1 (1眼科): 第41回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2005/10/13), 神奈川県.

733406. [地方会] (一般講演) 後部円錐水晶体の2例. 飯田嘉彦1, 天野理恵1, 小川美幸1, 疋田朋子1, 白谷 徹1, 岸原紘子1, 清水公也1 (1眼科): 第41回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2005/10/13), 神奈川県.

733407. [地方会] (一般講演) 強膜バックリング術後のIOLマスターTMによる評価. 比留間美穂1, 筒井健太1, 高野雅彦1, 中山 幸1, 柳田智彦1, 中西 基1, 引田文子1, 片倉智博1, 池田哲也1, 輿水 学1, 高橋慶子1, 清水公也1 (1眼科): 第41回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2005/10/13), 神奈川県.

733408. [地方会] (一般講演) RK (角膜放射状切開) 施行眼の白内障術後屈折誤差─網膜剥離の硝子体手術施行例─. 池田哲也1, 相澤大輔1, 中山 幸1, 鈴木雅信1, 清水公也1 (1眼科): 第41回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2005/10/13), 神奈川県.

733409. [地方会] (一般講演) 眼科に於けるPAE, PA-SME, SME. 坂本則敏1, 井上松久2, 兼子謙一3, 清水公也4 (1坂本眼科. 2微生物・寄生虫. 3大学院医療系研究科. 4眼科): 第41回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2005/10/13), 神奈川県.

733410. [地方会] (一般講演) 術前にルベオーシスがみられた増殖糖尿病網膜症の2症例. 佐々木純子1, 高野雅彦1, 輿水 学1, 柳田智彦1, 中山 幸1, 清水公也1 (1眼科): 第6回ネオバス合同検討会 (2005/10/29), 新潟.

733411. [地方会] (一般講演) 黄斑円孔の再手術例. 柳田智彦 (眼科): 第4回Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2005/11/5), 横浜.

733412. [研究会] (一般講演) 眼窩MALTリンパ腫が, 治療1年後に頬部に転移した1例. 柏木広哉1,2, 中川雅裕3, 浅野隆之3, 西村哲夫4, 岩淵薫子5, 千葉 卓6 (1県立静岡がんセンター眼科. 2眼科非常勤. 3県立静岡がんセンター形成外科. 4県立静岡がんセンター放射線治療科. 5アミクリニック眼科. 6千葉医院): 第20回眼窩疾患シンポジウム (2005/11/5), 山形.

733413. [地方会] (一般講演) 緑内障について. 森田哲也 (眼科): 第89回Pharmaceutical Care研修会 (2005/11/20), 海老名.

733414. [地方会] (一般講演) '05年に於ける前眼部感染性疾患の耐性化現況 (藤沢市). 坂本則敏1,2 (1坂本眼科湘南クリニック. 2眼科非常勤): 第38回神奈川県眼科臨床談話会 (2006/1/8), 川崎.

733415. [地方会] (一般講演) うつ病を合併した緑内障患者に対するβ遮断薬の影響. 鈴木宏昌1, 庄司信行1, 森田哲也2, 緒方博子2, 輿水 学2, 川井友美1, 清水公也2 (1大学院医療系研究科. 2眼科): 第22回神奈川県緑内障談話会 (2006/2/25), 神奈川.

733416. [地方会] (一般講演) MD slopeとAGIS及びCIGTSスコア変化量の関係. 山川弥生1,2, 庄司信行2, 清水公也3 (1東芝林間病院. 2大学院医療系研究科. 3眼科): 第22回神奈川県緑内障談話会 (2006/2/25), 神奈川.

733417. [地方会] (一般講演) 三年以上経過観察可能であった繊維柱帯切除術例の手術. 川井友美1,2, 森田哲也2, 庄司信行1, 輿水 学2, 緒方博子2, 鈴木宏昌1, 清水公也2 (1大学院医療系研究科. 2眼科): 第22回神奈川県緑内障談話会 (2006/2/25), 神奈川.

733418. [地方会] (一般講演) 緑内障患者に対する瞳孔視野測定の有用性. 浅川 賢1, 望月浩志1, 増田千穂1, 庄司信行1,2, 石川 均2, 田中館明博2, 清水公也3 (1大学院医療系研究科. 2医療衛生学部. 3眼科): 第22回神奈川県緑内障談話会 (2006/2/25), 神奈川.


<<耳鼻咽喉科学>>

[学術論文]

110232. [原著] Discoordination of Laryngeal and respiratory movements in aged rats. 永井浩巳1, F Ota, R Konopacki, NP Connor (1耳鼻): American J Otolaryngology 2005; 26: 377-82.

110233. [原著] Disordered balance of IgA subclass production in the tonsils of some IgA nephropathy patients. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 高谷 徹3, 中村郁子3, 林 みゆき, 小林 豊, 比企能之4, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2代謝・蛋白, 3腎臓内, 4外科): J Nephrology 2005; 18: 575-81.

110234. [原著] Three-Dimensional Reconstruction of the Human Semicircular Canals and Measurement of Each Membranous Canal Plane Defined by Reid`s Stereotactic Coordinates. 橋本晋一郎1, 長沼英明1, 徳増厚二1, 伊藤昭彦1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Annals of Otology, Rhinology & Laryngology 2005/12; 114: 934-8.

110235. [原著] A study of the effectiveness of chemosurgery with trichloroacetic acid for Japanese cedar pollenosis in terms of the chemical mediator levels in the nasal discharge and results of nasal provocation testing. 八尾和雄1, 佐藤賢太郎1, 臼井大祐1, 栗原里佳1, 井口芳明1, 西山耕一郎1, Liu Tianyi, 上條貴裕1, 正来 隆1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Auris Nasus Larynx 2005/03; 32: 231-6.

110236. [原著] Endoscopic vocal cord medialization: A new surgical tectnique without neck incision for laryngeal palsy. 西山耕一郎1, 廣瀬 肇, 永井浩巳1, 正来 隆1, 堀口利之, 角田晃一, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Acta Oto-Laryngologica 2005; 125: 1134-6.

120130. [原著] 急性喉頭蓋炎に対する気道確保の検討. 橋本大門1, 中山明仁1, 山本一博1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 耳鼻と臨床 2005; 99 (1): 25-30.

120131. [原著] 小児気管切開症例の臨床的検討. 正来 隆1, 西山耕一郎1, 平山方俊, 橋本大門1, 臼井大祐1, 和田昌興1, 牧 敦子1, 堀口利之, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本気管食道科学会会報 2005; 56 (4): 349-54.

120132. [原著] 特集 小児の睡眠時無呼吸症候群 (SAS) 小児のSAS─成人との差─. 竹田昌彦1, 岡本牧人1, 小田博雄 (1耳鼻): MB ENT 2005; 52: 1-6.

120133. [原著] 突発性難聴の長期観察. 上條貴裕1, 佐野 肇1, 小野雄一1, 橋本大門1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Otology Japan 2005; 15 (3): 209-14.

120134. [原著] Slow Type突発性難聴の臨床的検討. 橋本大門1, 佐野 肇1, 小野雄一1, 新田光邦, 上條貴裕1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Audiology Japan 2005; 48 (3): 205-31.

120135. [原著] 当院における新生児聴覚スクリーニング後の精密検査. 井上理絵1, 岡本敦子, 大沼幸恵1, 原 由紀, 鈴木恵子, 伊保清子, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Audiology Japan 2005; 48: 174-80.

120136. [原著] 突発性難聴に対する高気圧酸素療法の検討. 橋本大門1, 佐野 肇1, 小野雄一1, 上條貴裕1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Audiology Japan 2006; 49: 74-81.

120137. [原著] 喉頭癌626症例の臨床統計. 中山明仁1, 岡本牧人1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1 (1耳鼻): 耳鼻と臨床 2006; 99 (4): 200-304.

120138. [原著] 下咽頭癌の機能温存手術: 術式の選択と予後. 中山明仁1, 岡本牧人1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 酒井直彦2 (1耳鼻. 2形成・美外): 口腔・咽頭科 2006/3; 18 (2): 269-75.

120139. [原著] 喉頭亜全摘術SCL-CHEP,SCL-CHPにおけるクリニカルパス導入の試み. 清野由輩1, 中山明仁1, 鈴木立俊1, 橋本晋一郎1, 横堀 学1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 長田真由美, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 頭頸部癌 2005; 31 (4): 611-8.

320057. [症例報告] 小児眼窩骨膜下膿瘍の1例 (Subperiosteal Orbital Abscess in Pediatrics -A case Report-). 鈴木立俊1, 清野由輩1, 横堀 学1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 2005/6; 23 (1): 56-60.

320058. [症例報告] パイプ喫煙の関与が疑われる口腔白板症の2例. 橋本大門1, 中山明仁1, 山本一博1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 耳鼻と臨床 2005; 98 (9): 709-15.

320059. [症例報告] 多発性喉頭蓋嚢胞例. 橋本大門1, 八尾和雄1, 西山耕一郎1, 正来 隆1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 耳鼻と臨床 2005; 98 (7): 559-62.

320060. [症例報告] 蝶形骨洞真菌症の2症例. 清野由輩1, 鈴木立俊1, 橋本晋一郎1, 横堀 学1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 2005; 23 (1): 40-4.

320061. [症例報告] 気道異物症例の臨床的検討 (1990年〜2004年). 正来 隆1, 西山耕一郎1, 臼井大祐1, 八尾和雄1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本気管食道科学会会報 2006/2; 57 (1): 8-13.

520217. [総説] 耳鼻咽喉のファイバースコピー. 永井浩巳1, 西山耕一郎1, 正来 隆1 (1耳鼻): JOHNS 2005; 21 (8): 1161-4.

520218. [総説] 補聴器入手の方法とその管理. 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2005; 77 (7): 467-72.

520219. [総説] 高齢者の突発性難聴. 佐野 肇(耳鼻): ENTONI 2005; 54: 40-5.

521018. [研究報告書] 突発性難聴に対するエダラボンを用いた臨床研究の途中経過. 岡本牧人1, 橋本大門1, 佐野 肇1, 小野雄一1, 上條貴裕1 (1耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成17年度総括・分担研究報告書 2006/3; 35-7.

521019. [研究報告書] 突発性難聴に対する高気圧酸素療法の検討. 岡本牧人1, 橋本大門1, 佐野 肇1, 小野雄一1, 上條貴裕1 (1耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成17年度総括・分担研究報告書 2006/3; 29-34.

521020. [研究報告書] 突発性難聴患者のQOLの検討. 岡本牧人1, 上條貴裕1, 佐野 肇1, 橋本大門1, 小野雄一1 (1耳鼻): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成17年度総括・分担研究報告書 2006/3; 26-8.

521021. [研究報告書] 内リンパ水腫発生過程における聴覚低下メカニズムに関する研究. 長沼英明 (耳鼻): 平成17年度科学研究費補助金実績報告書 基盤研究 (C), (2), 課題番号15591829, 2006/3.

[著 書]

620239. [学術書] (分担執筆) 先端医療シリーズ35 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 睡眠時無呼吸症候群の診断と治療. 岡本牧人 (耳鼻), 先端医療衛技術研究所, 2005/9発行.

620240. [学術書] (共著) 今日の治療指針 2006年版 乗り物酔い, p.738. 長沼英明 (耳鼻), 医学書院, 2006/1発行.

620241. [学術書] (共著) JOHNS. 22巻2号 難治性BPPVの対策, p.196-200. 長沼英明 (耳鼻), 東京医学社, 2006/2発行.

620242. [学術書] (共著) Monthly Book ENTONI. No. 60 3月号 BPPVの予後, p.40-46. 長沼英明 (耳鼻), 全日本病院出版会, 2006/3発行.

[学会・研究会等]

722137. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 機能を温存する下咽頭癌手術. 中山明仁1, 岡本牧人1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 酒井直彦2 (1耳鼻. 2形成・美外): 第18回日本口腔咽頭科学会 (2005/9/10), 旭川. 口腔科2005; 18 (1): 22.

723848. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病に対する水分摂取治療の聴力経過について. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第106回日本耳鼻咽喉科学会 (2005/5/19), 大阪. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2005; 108 (4) 予稿集: 415.

723849. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢突発性難聴症例の検討. 佐野 肇1, 小野雄一1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 新田光邦, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第106回日本耳鼻咽喉科学会 (2005/5/20), 大阪. 日本耳鼻咽喉科学会会報2005; 108 (4) 予稿集: 449.

723850. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 気管支喘息, アスピリン喘息を合併した慢性副鼻腔炎症例におけるX線CT画像の研究. 山本一博1, 石井豊太1, 栗原里佳1 (1耳鼻): 第106回日本耳鼻咽喉科学会 (2005/5/20), 大阪. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2005; 108 (4) 予稿集: 455.

723851. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県と岩手県における急性低音障害型感音難聴の疫学調査─経過報告─. 川島慶之, 井原一成, 佐藤宏昭, 岡本牧人1, 中島 務, 喜多村 健 (1耳鼻): 第106回日本耳鼻咽喉科学会 (2005/5/20), 東京. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2005; 108 (4) 予稿集: 448.

723852. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下咽頭癌の悪性度を規定する分子の解析: NeuroleukinとDJ-1mRNAの発現. 中山明仁1, 佐藤雄一, 岡本牧人1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1 (1耳鼻): 第106回日本耳鼻咽喉科学会 (2005/5/21), 大阪. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2005; 108 (4) 予稿集: 486.

723853. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ポリープ様声帯のYAGレーザー照射粘膜縫合手術法と従来法との比較検討. 西山耕一郎1, 正来 隆1, 臼井大祐1, 堀口利之, 八尾和雄1, 廣瀬 肇, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第106回日本耳鼻咽喉科学会 (2005/5/21), 大阪. 日本耳鼻咽喉科学会会報 2005; 108 (4)予稿集: 479.

723854. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 喉頭亜全摘手術 (CHEP) の術前後における輪状軟骨・舌骨の位置に関する検討. 横堀 学1, 中山明仁1, 八尾和雄1, 永井浩巳1, 鈴木立俊1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第29回日本頭頸部癌学会 (2005/6/16), 東京. 頭頸部癌2005; 31 (2) 予稿集: 219.

723855. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下咽頭癌から見た頭頸部がん臨床統計の公開に関する一考察. 岡本牧人1, 八尾和雄1, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 新部 譲2, 早川和重2 (1耳鼻. 2放射線): 第29回日本頭頸部癌学会 (2005/6/16), 東京. 頭頸部癌 2005; 31 (2) 予稿集: 261.

723856. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経口膣法Iateral oropharyngectomyによる中咽頭癌切除の1経験例. 竹田昌彦1, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第29回日本頭頸部癌学会 (2005/6/16), 東京. 頭頸部癌 2005; 31 (2) 予稿集: 225.

723857. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院開院以来の喉頭癌症例の検討. 中山明仁1, 岡本牧人1, 八尾和雄1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1 (1耳鼻): 第29回日本頭頸部癌学会 (2005/6/16), 東京. 頭頸部癌 2005; 31 (2) 予稿集: 219.

723858. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 喉頭亜全摘出術SCL-CHEPへのクリティカルパス導入の試み. 清野由輩1, 中山明仁1, 鈴木立俊1, 橋本晋一郎1, 横堀 学1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 長田真由美, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第29回日本頭頸部癌学会 (2005/6/16), 東京. 頭頸部癌 2005; 31 (2) 予稿集: 219.

723859. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭頸部領域内で発生した異時性重複癌症例の検討. 宮本俊輔1, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 八尾和雄1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第29回日本頭頸部癌学会 (2005/6/16), 東京. 頭頸部癌 2005; 31 (2)予稿集: 293.

723860. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頚椎強直性脊椎骨増殖症の咽頭隆起による喉頭亜全摘術後の喉頭部分懐死症例. 清野由輩1, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 竹田昌彦1, 正来 隆1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第18回日本口腔・咽頭科 (2005/9/9), 旭川. 口腔科 2005; 18 (1): 134.

723861. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科いびき外来における経鼻的持続陽圧呼吸療法の現況. 竹田昌彦1, 猪 健志1, 清野由輩1, 牧 敦子1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第18回日本口腔・咽頭科学会 (2005/9/10), 旭川. 口腔科 2005; 18 (1): 147.

723862. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 扁桃IgAの糖鎖について─抗ヒンジ抗体による検討─. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2代謝・蛋白): 第18回日本口腔・咽頭科学会 (2005/9/10), 旭川. 口腔科 2005; 18 (1): 170.

723863. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県と岩手県における急性低音障害型感音難聴の疫学調査 (厚労省急性高度難聴に関する調査研究). 佐藤宏昭, 岡本牧人1, 中島 務, 喜多村 健 (1耳鼻): 第50回日本聴覚医学会 (2005/9/22), 東京. 第50回日本聴覚医学会予稿集 497-98.

723864. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 補聴器の片側装用者の聴力レベルと語音明瞭度の変化. 佐野 肇1, 橋本大門1, 上條貴裕1, 鈴木恵子, 松平登志正, 原 由紀, 井上理絵1, 大沼幸恵1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本聴覚医学会 (2005/9/22), 東京. 第50回日本聴覚医学会予稿集 537-38.

723865. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SF-36v2を用いた突発性難聴患者のQOLの検討. 上條貴裕1, 佐野 肇1, 小野雄一1, 橋本大門1, 松平登志正, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本聴覚医学会 (2005/9/23), 東京. 第50回日本聴覚医学会予稿集 487-88.

723866. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨導補聴器の装用効果の推定 (第2報). 松平登志正, 原 由紀, 鈴木恵子, 井上理絵1, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本聴覚医学会 (2005/9/23), 東京. 第50回日本聴覚医学会予稿集 541-42.

723867. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 軽度・中等度難聴児の実態と補聴器装用─新生児聴覚スクリーニング施行前出生児─. 井上理絵1, 大沼幸恵1, 原 由紀, 鈴木恵子, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本聴覚医学会 (2005/9/23), 東京. 第50回日本聴覚医学会予稿集 593-94.

723868. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 副鼻腔嚢胞の臨床的検討. 鈴木立俊1, 岡本牧人1, 八尾和雄1 (1耳鼻): 第44回日本鼻科学会 (2005/9/30), 大阪. 第44回日本鼻科学会予稿集 128.

723869. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Vasopressin投与動物モデルにおける蝸牛リンパ電位の経時的変化. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第15回日本耳科学会 (2005/10/21), 大阪.

723870. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット蝸牛培養組織におけるHSP70の発現. 佐野 肇1, 橋本大門1, 米田 敏, 伊藤昭彦1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第15回日本耳科学会 (2005/10/21), 大阪. 第15回日本耳科学会予稿集 428.

723871. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 声帯と胸郭の共同運動の加齢変化 (老齢モデルのラットを用いて). 永井浩巳1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本音声言語医学会 (2005/10/27), 横浜. 第50回日本音声言語医学会予稿集 62.

723872. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 治療に苦慮した喉頭CO2レーザー手術後の前連合癒着の1例. 正来 隆1, 西山耕一郎1, 大橋健太郎1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本音声言語医学会 (2005/10/27), 横浜. 第50回日本音声言語医学会予稿集 55.

723873. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外来で嚥下リハビリテーションを行ったSCL-CHEP術後患者の1症例. 岡部早苗, 小保内綾子, 横堀 学1, 鈴木立俊1, 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本音声言語医学会 (2005/10/27), 横浜. 第50回日本音声言語医学会予稿集 70.

723874. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 喉頭亜全摘術SCL-CHEP・CHP術後の嚥下リハビリテーションの検討─第4報─. 横堀 学1, 中山明仁1, 鈴木立俊1, 宮本俊輔1, 岡部早苗, 小保内綾子, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本音声言語医学会 (2005/10/28), 横浜. 第50回日本音声言語医学会予稿集 71.

723875. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 流暢性失語1症例の表出過程における音韻障害の検討. 小保内綾子, 岡部早苗, 安田奈穂, 伏見貴夫, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本音声言語医学会 (2005/10/28), 横浜. 第50回日本音声言語医学会予稿集 93.

723876. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 粘膜下口蓋裂児の構音指導─音韻意識促進の指導を中心に─. 弓削明子, 岡部早苗, 石田宏代, 鈴木恵子, 正来 隆1, 西山耕一郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第50回日本音声言語医学会 (2005/10/28), 横浜, 第50回日本音声言語医学会予稿集 100.

723877. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 輪状甲状間膜切開術後に生じた声門下肉芽の1例. 大橋健太郎1, 正来 隆1, 西山耕一郎1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第57回日本気管食道科学会 (2005/11/17), 京都. 第57回日本気管食道科学会予稿集 64.

723878. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 声帯振動の左右差に対する喉頭枠組み操作による矯正. 正来 隆1, 西山耕一郎1, 堀口利之, 大橋健太郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第57回日本気管食道科学会 (2005/11/17), 京都. 第57回日本気管食道科学会予稿集 73.

723879. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 声帯ポリープと混在した声帯嚢胞の一症例. 落合 敦1, 正来 隆1, 大橋健太郎1, 西山耕一郎1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第57回日本気管食道科学会 (2005/11/18), 横浜. 第57回日本気管食道科学会予稿集 151.

723880. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CCD眼底カメラによる耳石器機能検査. 橋本晋一郎1, 徳増厚二1, 長沼英明1, 伊藤昭彦1, 和田昌興1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本めまい平衡医学会総会 (2005/11/24), 東京.

723881. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病に対する水分摂取治療 第3報. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 橋本晋一郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第64回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2005/11/24), 東京.

723882. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病の発症時期をその予後についての検討. 長沼英明1, 徳増厚二1, 橋本晋一郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第64回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2005/11/24), 東京.

723883. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) BPPVの内耳機能の検討. 長沼英明1, 橋本晋一郎1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第64回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2005/11/24), 東京.

723884. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対する手術治療について. 猪 健志1, 竹田昌彦1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第18回日本口腔・咽頭科学会 (2005/9/10), 旭川. 口腔科 2005; 18 (1): 141.

723885. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴に対する高気圧酸素療法の治療効果に関する検討. 橋本大門1, 小野雄一1 (1耳鼻): 第50回日本聴覚医学会 (2005/9/23), 東京. 第50回日本聴覚医学会予稿集 475-76.

731096. [地方会] (特別講演) メニエール病に対する水分摂取治療. 長沼英明 (耳鼻): 埼玉県北部耳鼻科医会学術講演会 (2005/4/20), 埼玉県北本市.

731097. [地方会] (特別講演) メニエール病のための対する水分摂取治療について. 長沼英明 (耳鼻): 第5回宮城めまい研究会 (2005/11/4), 仙台

731098. [地方会] (特別講演) メニエール病と関連疾患─めまいのプライマリーケアをめぐって─. 長沼英明 (耳鼻): 津久井郡医師会学術講演会 (2005/12/7), 相模湖町.

731099. [地方会] (特別講演) メニエール病に対する水分摂取治療と良性発作性頭位めまい症に対するリハビリテーションについて. 長沼英明 (耳鼻): 平成18年1月度東京都耳鼻咽喉科医会学術講演会 (2006/1/14), 東京.

732078. [研究会] (シンポジウム招待講演) 最近の口腔咽頭の感染症─紹介例を中心に─. 鈴木立俊 (耳鼻): 北里大学耳鼻咽喉科研究会 (2005/11/12), 相模原.

733419. [研究会] (一般講演・ポスター) メニエール病に対する水分摂取治療の検討. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第2回東京メニエール病カンファレンス (2005/6), 東京.

733420. [研究会] (一般講演・ポスター) 当科で誤嚥防止手術を施行した一症例. 横堀 学 (耳鼻): 第18回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術・手技研究会 (2005/6/10), 横浜.

733421. [研究会] (一般講演・ポスター) 頭頸部清潔手術に対して周術期抗菌予防投与の現状とその理解. 鈴木立俊1, 岡本牧人1, 横堀 学1 (1耳鼻): 第35回日本耳鼻咽喉科感染症研究会 (2005/9/3), 金沢.

733422. [地方会] (一般講演・ポスター) 麻酔管理下におけるABR測定. 落合 敦1, 佐野 肇1, 上條貴裕1, 橋本大門1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第133回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2005/9/10), 川崎.

733423. [地方会] (一般講演・ポスター) 長期間存在した気管支異物の1例. 都川知之, 正来 隆1, 和田昌興1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第134回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2005/12/10), 横浜.

733424. [地方会] (一般講演・ポスター) 睡眠時無呼吸症を呈した上咽頭嚢腫の1例. 大橋健太郎1, 岡本牧人1, 八尾和雄1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第134回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演 (2005/12/10), 横浜.

733425. [地方会] (一般講演・ポスター) メニエール病に対する水分摂取治療. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 橋本晋一郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻. 2生理): 第6回神奈川めまいフォーラム (2006/1), 横浜.

733426. [地方会] (一般講演・ポスター) 右脳幹部から右小脳に及ぶ出血を伴う異常眼球運動の1症例. 秋山和政1, 長沼英明2, 徳増厚二2, 橋本晋一郎2, 伊藤昭彦2, 和田昌興2, 岡本牧人2 (1小児. 2耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第135回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2006/3/25), 横浜.

733427. [地方会] (一般講演・ポスター) TS-1による延命効果がみられた咽頭癌肺転移の3症例. 牧 敦子1, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 和田昌興1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第135回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2006/3/25), 横浜.


<<精神科学>>

[学術論文]

110237. [原著] Depression and associated factors of informal caregivers versus professional caregivers of demented patients. 高橋 恵1, 田中克俊, 宮岡 等1 (1精神): Psychiatry and Clinical Neurosciences 2005/8; 59 (4): 473-80.

110238. [原著] Amygdalic levels of dopamine and serotonin rise upon exposure to conditioned fear stress without elevation of glutamate. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 丸田修史1, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): Neuroscience Letter 2005; 379: 37-41.

110239. [原著] Effects of intraperitoneal administration of interferon-alpha for one, four and fourteen days on amino acid levels in various rat brain regions. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 丸田修史1, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): Journal of Interferon and Cytokine Resesrch 2005; 25: 187-91.

110240. [原著] Effects of intraperitoneally injection lithium, imipramine and diazepam on nitrate levels in rat amygdala. Psychiatry and Clinical Neuroscience. 丸田修史1, 鈴木映二1, 横山正宗1, 佐藤 拓1, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): Psychiatry and Clinical Neurosciences 2005; 59: 358-61.

110241. [原著] Polyhistidine tract expansions in HOXA1 result in intranuclear aggregation and increased cell death. Rubigilda C Paraguison, 山本賢司1, 難波栄二 (1精神): Biochemical and Biophysical Research Communications 2005/11; 336 (4): 1033-9.

110242. [原著] No association of FOXP2 and PTPRZ1 on 7q31 with autism from the Japanese population. 丸井俊彦, 山本賢司1 (1精神): Neuroscience Research 2005/9; 53 (1): 91-4.

110243. [原著] Effects of intraperitoneal administration of interferon-alpha for one, four and fourteen days on amino acid levels in various rat brain regions. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 丸田修史1, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): J of Interferon and Cytokine Research 2005; 25: 187-191.

110244. [原著] Aconiti tuber increases plasma nitrite and nitrate levels in humans. Yamada K, 鈴木映二1, Nakaki T, 渡辺 滋2, Kanba S (1精神. 2生物物理系): Journal of Ethnopharmacology 2005; 96: 165-9.

120140. [原著] 顎関節治療に精神科医が加わったら治療効果は改善するか. 久村正樹1, 川田賢介, 岡本喜之, 櫻井泰郎, 小泉 文, 石川好美, 宮岡 等1 (1精神): 日本歯科心身医学会雑誌 2005; 10 (1): 1-5.

120141. [原著] 心身医学.精神医学を導入した包括的歯科診療システム. 玉置勝司, 和気裕之, 三橋 晃, 松本 淳, 小林 優, 櫻井 孝, 伊海博之, 池田龍典, 宮地英雄1, 宮岡 等1, 豊田 實 (1精神): 神奈川歯学 2005; 40 (1): 24-9.

120142. [原著] 無床総合病院精神科における外来初診患者と入院患者の動向. 安藤英裕, 山本賢司1 (1精神): 精神科治療学 2005/8; 20 (8): 855-61.

120143. [原著] 頭皮上脳波と内的体験 (Scalp EEG and experience). 齋藤正範 (精神): 臨床神経生理学 2005/8; 33 (4): 208-14.

220070. [原著] 大学病院におけるスピリチュアルペインおよびスピリチュアルケア. 吉田芳子 (精神): 緩和ケア 2005; 15 (5).

220071. [短報] 修正電気けいれん療法施行後に呼吸停止と心電図上心室頻拍を呈した統合失調症の1例 (A Case of Schizophrenia with Apnea and Ventriclar Tachycardia after Modified Electro-convulsive Therapy). 稲田 健1, 高橋 恵1, 井上 彩, 新井民江2, 佐々木 毅3, 宮岡 等1 (1精神. 2麻酔. 3循環器内): 精神医学 2005/11; 47 (1): 1259-61.

310034. [症例報告] Rapid Onset of Quetiapine-Induced Diabetic Ketoacidosis in an Elderly Patient. 高橋 恵1, 大石 智1, 勝見千晶1, 守屋達美2, 宮岡 等1 (1精神. 2内分泌代謝内): PHARMACOPSYCHIATRY 2005/7; 38 (4): 183-4.

310035. [症例報告] Liepmann's Phenomenon During Benzodiazepine Withdrawal. 齋藤正範 (精神): Am J Psychiatry 2005/4; 162 (4): 811.

320062. [症例報告] ドリエル (diphenhy dramine hydrochloride) 服用後の意識変容. 宮地伸吾, 宮岡 等 (精神): 精神科治療学 2005; 20 (6): 641-5.

520220. [解説] St Jonhns wortに重症うつ病の治療効果. 宮岡 等 (精神): MMJ 2005/6; 1 (3): 236-7.

520221. [総説] うつ病によると考えられた歯痛症例. 君島祥子, 和気裕之, 澤田真人, 天笠光雄, 宮地英雄1, 宮岡 等1 (1精神): Dental Diamond 2005; 30 (8): 60-4.

520222. [総説] 外傷に関係して起こるいわゆる心因性疼痛. 宮岡 等 (精神): Ortho Community 2005; 17: 7-8.

520223. [総説] 勤労者のこころの問題に対する相談と治療ネットワ-ク. 宮岡 等 (精神): Medical ASAHI 2005; 11: 64-5.

520224. [総説] 医師は心理士に何を求めるか. 宮岡 等 (精神): 心身医学 2005/1; 45: 675-8.

520225. [総説] 精神症状把握のための面接. 宮岡 等 (精神): 精神神経学雑誌 2005; 107 (8): 897-900.

520226. [総説] 身体表現性障害の概要. 宮岡 等 (精神): 日本医師会雑誌 2005; 134 (2): 170-5.

520227. [総説] 頸肩腕症候群における心理的要因─痛みに対するアプロ-チを含めて─. 増田 路, 宮岡 等1 (1精神): メヂカルリハビリテーション 2005; 55: 9-13.

520228. [総説] CRPS(RSD)の診断と治療─精神的アプロ-チ─. 久村正樹1, 宮岡 等1 (1精神): Monthly Book 0rthopeaedics 2005; 18: 65-9.

520229. [総説] 精神疾患と意識障害. 寺本恵波, 宮岡 等1 (1精神): 臨床と研究 2005; 82 (11): 1799-802.

520230. [総説] 精神科救急医療の現状と問題点─神奈川県の現状と大学病院としての関わり─. 宮岡 等 (精神): 日本精神病院協会雑誌 2005; 23 (別冊): 53-6.

520231. [総説] SSRI, SNRIはうつ病臨床を変えたか. 木下玲子1, 宮岡 等1 (1精神): 総合臨床 2005; 54 (5): 1653-4.

520232. [総説] うつ病におけるプライマリケア医と精神科医の連携. 宮岡 等 (精神): クリニカルプラクティス 2005; 24: 40-3.

520233. [総説] 適応障害とはどんな病気か. 宮岡 等 (精神): 毎日ライフ 2005/3; 12-17: 12-7.

520234. [総説] 不安障害に対する抗不安薬とSSRI, SNRIの使い分け. 鈴木映二 (精神): 今月の治療 2005; 13 (8): 87-92.

520235. [総説] 精神神経疾患を有する患者の糖尿病. 齋藤正範 (精神): ホルモンと臨床 2005/8; 53: 161-5.

530008. [その他] 心因性疼痛と線維性筋痛症. 宮岡 等 (精神): 痛みと臨床 2005; 5 (4): 104-5.

530009. [その他] 精神科における医療面接教育. 尾崎紀夫, 宮岡 等1, 佐伯晴子 (1精神): Bulletin of Depression and anxiety Disorders 2005; 3: 9-15.

530010. [その他] 何度も確認してしまう. 宮岡 等 (精神): クリニックQ&A 2005/10; 534: 12-3.

530011. [その他] 緩和ケアチームが担うのは診療か教育か. 宮岡 等1, 樋口比登美 (1精神): JPCS News Letter 2005/8; 42.

[著 書]

610006. [学術書] (分担執筆) Trends in Eating Disorders Research Chapter 7 Communication Skills of Anorexics, p.109-22. 高橋 恵1, 高橋恵理1, 久村正樹1, 宮岡 等1 (1精神), Nova Biomedical Books, 2005発行.

620243. [学術書] (分担執筆) 臨床腫瘍学内科学入門 精神面のケア, p.170-3. 宮岡 等1, 鈴木志麻子1, 岩満優美 (1精神), 永井書店, 2005/11発行.

620244. [学術書] (分担執筆) うつ病診療のコツと落とし穴 プライマリケア医によるうつ病治療と専門医紹介の落とし穴, p.74. 宮岡 等 (精神), 編 上島国利, 中山書店, 2005/9発行.

620245. [学術書] (分担執筆) 精神医学テキスト: 第2版 知覚・思考・感情の異常, p.88-100. 宮岡 等 (精神), 南江堂, 2005/9発行.

620246. [学術書] (共著) 精神科・神経科ナースの疾患別ケアハンドブック 心身症, p.129-33. 秋澤千晴, 宮岡 等1 (1精神), メディカ出版, 2005/3発行.

620247. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科救急: 第1版第1刷 初療における診療指針─症候に対する初期対応─「精神症状」, p.111-7. 高橋恵理1, 宮岡 等1 (1精神), 中山書店, 2005/3発行.

620248. [学術書] (分担執筆) 心の治療薬ハンドブック: 第4版 ケセラン/セレネース/ハロステン/リントン, p.106-7. 鈴木映二 (精神), 星和書店, 2006/3発行.

620249. [学術書] (分担執筆) EBM精神疾患の治療 2006-2007 気分調整薬の選択・使用法にエビデンスはあるか? p.160-74. 鈴木映二 (精神), 編 上島国利, 三村 將, 中込和幸, 平島奈津子, 中外医薬社, 2006/2発行.

620250. [学術書] (分担執筆) 今日の治療指針 2006年度版 薬剤による精神障害, p.701-2. 鈴木映二 (精神), 医学書院, 2006/1発行.

620251. [学術書] (共著) ベンゾジアゼピン受容体─精神科専門医にきく最新の臨床─. 丸田修史1, 鈴木映二1 (1精神), 編 保坂 隆, 中外医学社, 2005/11発行.

620252. [学術書] (分担執筆) 2006-2007. EBM 精神疾患の治療 気分障害 ラピッドサイクラーの薬物治療にアルゴリズムはあるか, p.191-4. 吉邨善孝 (精神), 中外医学社, 2006/2発行.

620253. [学術書] (共著) 統合失調症の前駆期治療. 齋藤正範 (精神), 監訳 宮岡 等, 齋藤正範, 中外医学社, 2006/4発行.

620254. [学術書] (分担加筆, 3頁) 精神医学テキスト: 改訂第2版 (Textbook of Psychiatry: Second edition). 統合失調型障害と妄想性障害 (Schizotypal disorder and delusional disorder), p.162-7. 齋藤正範 (精神), 編 上島国利, 立山萬里, 南江堂, 2005/12発行.

620255. [学術書] (共著) 医療禁忌マニュアル第3版 精神科・心療内科. 山本賢司 (精神), 編 富野康日己, 医歯薬出版, 2005/4発行.

620256. [学術書] (共著) 医療禁忌診療科別マニュアル 精神科・心療内科. 山本賢司 (精神), 編 富野康日己, 医歯薬出版, 2006/3発行.

[学会・研究会等]

713149. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of Fear Conditioned Stress on Nitrate Levels in Amygdala. 佐藤 拓1, 鈴木映二1, 横山正宗1, 稲田 健1, 丸田修史1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): 8th International Congress of Biological Psychiatry (2005/7/28), Vienna, Austria.

713150. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Treatment for Anorexia-Utilizing Functional Assessments. 久村正樹1, 高橋 恵1, 宮岡 等1 (1精神): World Congress on Psychosomatic Medicine (2006/8/23), 神戸.

713151. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Communication skills of Anorexics. 高橋 恵1, 高橋恵理1, 久村正樹1, 宮岡 等1 (1精神): World Congress on Psychosomatic Medicine (2005/8/25), 神戸.

721025. [学会 (全国)] (特別講演) 精神症状把握のための面接. 宮岡 等 (精神): 第101回日本精神神経学会総会 (2005/5/18), さいたま市大宮.

722138. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) Effects of haloperidol, lithium, imipramine and diazepam on amygdalic nitrate levels. 鈴木映二1, 丸田修史1, 横山正宗1, 佐藤 拓, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): 第48回日本神経化学会 (2005/9), 福岡市.

723886. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 患者の希望するリスパダール剤形と職員の意識. 新井久稔1, 高橋 恵1, 佐々木道夫1, 宮岡 等1 (1精神): 第101回日本精神神経学会総会 (2005/5/18), さいたま市大宮.

723887. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 統合失調症急性期治療における大学病院での処方傾向. 江村 大1, 高橋 恵1, 宮岡 等1, 樋口輝彦, 原田誠一, 計見一雄, 澤 温, 前田久雄, 筧 淳夫 (1精神): 第101回日本精神神経学会総会 (2005/5/18), さいたま市大宮.

723888. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性増悪の短期予後指標の再検討. 二瓶 高1, 村田俊光, 奥村俊明, 鈴木克明, 岩井一正, 森脇久視, 長谷河大輔, 内出容子, 氏家由里, 田村敦子, 坂井喜郎, 福田真道1, 山本賢司1, 石原さかえ (1精神): 第101回日本精神神経学会総会 (2005/5/18), さいたま市大宮.

723889. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学東病院における精神科デイケア活動について. 森田奈奈, 山本賢司1, 坪内友美, 西村紀子, 山本明美, 白木原市次, 澤山 透1, 宮岡 等1 (1精神): 第101回日本精神神経学会総会 (2005/5/18), さいたま市大宮.

723890. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学東病院における神経性無食欲症専門外来の役割─行動療法を中心とした入院治療との関係について─. 高橋恵理1, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神): 第46回日本心身医学会総会 (2005/5), 奈良市.

723891. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アルツハイマー型痴呆患者における精神症状と脳血管障害の関連. 中島啓介1, 高橋 恵1, 浦安輝子, 佐藤愛子, 大石 智1, 江村 大1, 新井久稔1, 宮岡 等1 (1精神): 日本老年精神医学会 (2005/6/16), 東京.

723892. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Effects of reward stimulation during recall of conditioned fear stress on amygdalic dopamine and serotonin levels. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): 第48回日本神経化学会 (2005/9/28), 福岡市.

723893. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Plasma nitrate levels in deficit were lower than non-deficit forms of schizophrenia. 鈴木映二1, 横山正宗1, 佐藤 拓1, 渡辺 滋2, Toshio Nakaki, Makoto Nakamura, Masahiro Asai, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): 第48回日本神経化学会 (2005/9/28), 福岡市.

723894. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Effects of SNAP-25 mutation at PKC-dependent phosphorylation site on development and the behavior or aged mice. 佐藤 拓1, 鈴木映二1, 山森早織2, 東 貞宏3, 片岡正和, 横山正宗1, 渡辺 滋4, 宮岡 等1, 高橋正身2 (1精神. 2代謝・蛋白. 3実動. 4生物物理系): 第48回日本神経化学会 (2005/9/28), 福岡市.

723895. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学東病院におけるデイケア家族会について. 西村紀子, 森田奈奈, 坪内友美, 山本賢司1, 吉田芳子1, 宮岡 等1 (1精神): 日本デイケア学会第10回年次大会 (2005/9), 新潟市.

723896. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学東病院デイケアの利用状況と今後の方向性について. 森田奈奈, 山本賢司1, 坪内友美, 西村紀子, 吉田芳子1, 嘉納明子1, 宮岡 等1 (1精神): 日本デイケア学会第10回年次大会 (2005/9), 新潟市.

723897. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精神保健診察 (24条通報) における人格障害患者の特徴. 寺本恵波, 高橋 恵1, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 日本精神科救急学会 (2005/10/14), 浜松市.

723898. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) せん妄に対する非定型抗精神病薬の有用性について─リスペリドンとハロペリドールによる治療経験の比較─. 宮地伸吾, 坂井喜郎, 星野俊弥, 井出文子1, 山本賢司2, 宮岡 等2 (1救命. 2精神): 第18回日本総合病院精神医学会総会 (2005/11/12), 松江市.

723899. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院におけるリエゾン精神看護専門看護師の活動について. 白井教子, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神): 第18回日本総合病院精神医学会総会 (2005/11/12), 松江市.

723900. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院における精神科コンサルテーション・リエゾン活動について─大学病院における医療環境の変化とこれからのニーズ─. 山本賢司1, 坂井喜郎, 井出文子2, 星野俊弥, 宮地伸吾, 嘉納明子1, 宍倉久里江1, 白井教子, 上條吉人2, 宮岡 等1 (1精神. 2救命): 第18回日本総合病院精神医学会総会 (2005/11/12), 松江市.

723901. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アルコール離脱せん妄の重症例における精神症状の治療. 高橋 恵理, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神): 第18回日本総合病院精神医学会総会 (2005/11/12), 松江市.

723902. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非定型抗精神病薬投与により重度の糖尿病性ケトアシドーシスをきたした一例. 浜中聡子1, 上條吉人2, 井出文子2, 宮岡 等1 (1精神. 2救命): 第18回日本総合病院精神医学会総会 (2005/11/12), 松江市.

723903. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医学生のコミュニケーションスキルと抑うつ状態, QOLとの関連. 井上 彩, 高橋 恵1, 佐々木道夫1, 宮岡 等1 (1精神): SST学術集会 (2005/11/25), 福島.

723904. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精神障害者地域生活支援センターにおけるSSTの実践. 上野千恵, 高橋 恵1, 鈴木弘美, 森川充子 (1精神): SST学術集会 (2005/11/25), 福島.

723905. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳腫瘍手術後の睡眠時後頭部陽性鋭波 (POSTS). 齋藤正範1, 岡 秀宏2, 押田好美, 姫田久美, 鈴木淳子, 宮岡 等1, 藤井清孝2 (1精神. 2脳外): 第35回日本臨床神経生理学会学術大会 (2005/12/2), 福岡市.

731100. [その他] (特別講演) 歯科診療のための心身医学・精神医学. 宮岡 等 (精神): 平成16年度神奈川県地域歯科医療研修会 (2005/2/20), 神奈川.

731101. [地方会] (特別講演) 歯科医のための心身医学. 宮岡 等 (精神): 第3回学術講演会 世田谷区歯科医師会 (2005/2/23), 東京.

731102. [その他] (特別講演) 治りにくいうつ病について. 宮岡 等 (精神): デプロメール発売5周年記念 (2005/3/24), 京都.

731103. [地方会] (特別講演) うつ病臨床─最近の話題から─. 宮岡 等 (精神): 第8回神奈川県県北三四会総会 (2005/5/28), 町田市.

731104. [研究会] (特別講演) 顎関節症の精神医学. 宮岡 等 (精神): 足利臨床歯学研究会講演会 (2005/7/28), 足利.

731105. [その他] (特別講演) 統合調症の疾患概念と治療計画. 宮岡 等 (精神): 第10回精神保健指定医研修会 (2005/12/14), 東京.

732079. [研究会] (シンポジウム招待講演) Serial EEGと精神現象. 齋藤正範 (精神): 第378回福岡臨床と脳波懇話会 (2005/7/20), 福岡市.

733428. [研究会] (一般講演・ポスター) 恐怖条件付けにおける扁桃体内の神経伝達物質濃度の変化. 横山正宗1, 鈴木映二1, 佐藤 拓1, 丸田修史1, 渡辺 滋2, 稲田 健1, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): 第24回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 (2005/6/6), 熱海市.

733429. [研究会] (一般講演・ポスター) SNAP-25変異マウスの行動解析: オープンフィールド. 佐藤 拓1, 鈴木映二1, 山森早織2, 東 貞宏3, 片岡正和, 横山正宗1, 渡辺 滋4, 宮岡 等1, 高橋正身2 (1精神. 2代謝・蛋白. 3実動. 4生物物理系): 第24回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 (2005/6/6), 熱海市.

733430. [研究会] (一般講演・ポスター) 恐怖条件づけにおけるラット扁桃体でのNOの影響について. 佐藤 拓1, 横山正宗1, 丸田修史1, 稲田 健1, 渡辺 滋2, 鈴木映二1, 宮岡 等1 (1精神. 2生物物理系): 第24回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 (2005/6/6), 熱海市.

733431. [研究会] (一般講演・ポスター) うつ病と欠損症候群 (統合失調症)患者の血中硝酸イオン濃度に関する研究. 鈴木映二1, 中村 誠, 中木敏夫, 佐藤 拓1, 横山正宗1, 渡辺 滋2, 宮岡 等1 (精神. 2生物物理系): 第24回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会 (2005/6/6), 熱海市.


<<放射線科学>>

[学術論文]

110245. [原著] ADC Mapping of Benign and Malignant Breast Tumors. ウッドハムス 玲子1, 松永敬二1, 菅 信一1, 秦 博文, 尾崎正則, 岩渕啓一2, 蔵並 勝3, 渡邊昌彦3, 早川和重1 (1放. 2病理. 3外科): Magnetic Resonance in Medical Sciences 2005; 4 (1): 35-42.

110246. [原著] Diffusion-Weithted Imaging of Malignant Breast Tumors: The Usefulness of Apparent Diffusion Coefficient (ADC) Value and ADC Map for the Detection of Malignant Breast Carcinoma. ウッドハムス 玲子1, 松永敬二1, 岩渕啓一2, 菅 信一1, 秦 博文, 蔵並 勝3, 渡邊昌彦3, 早川和重1 (1放射線. 2病理. 3外科): J Comput Assist 2005; 29: 644-9.

110247. [原著] Simple technique to visualize random set-up displacements using a commercially available radiotherapy planning system. 石山博條1, 北野雅史1, 新部 譲1, 上前峰子1, 早川和重1 (1放射線): Radiation Medicine 2005/5; 23 (3): 216-9.

110248. [原著] Optimal dose for stage IIIB adenocarcinoma of the uterine cervix on the basis of biological effective dose. 新部 譲1, 早川和重1, 金井督之2, 角田新平2, 新井正秀2, 上坊敏子2, 蔵本博行3, 海野信也2 (1放射線. 2産婦. 3医療衛生学部): European J Gynecological Oncology 2006/1; 27 (1): 47-9.

110249. [原著] Oxigenated and reoxigenated tumors show better local control in radiation therapy for cervical cancer. 鈴木義行, 中野隆史, 大野達也, 加藤真吾, 新部 譲1, 森田新六, 辻井博彦 (1放射線): International J Gynecological Cancer 2006/1; 16 (1): 306-11.

110250. [原著] Difference in rectal dosimetry between pre-plan and post-implant analysis in transperineal interstitial brachytherapyfor prostate cancer. 石山博條1, 北野雅史1, 佐藤威文2, 新部 譲1, 上前峰子1, 藤田哲夫2, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線. 2泌尿器): Radiotherapy and Oncology 2006/1; 13.

110251. [原著] Diagnostic efficacy of superparamagnetic iron oxide enhanced MR (SPIO-enhanced MR) imaging for the effectiveness of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: comparison of helical CT. 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 早川和重1 (1放射線): Kitasato Med J 2005; 35 (1): 12-9.

110252. [原著] Difference in rectal dosimetry between pre-plan and post-implant analysis in transperineal interstitial brachytherapy for prostate cancer. 石山博條1, 北野雅史1, 佐藤威文2, 新部 譲1, 上前峰子1, 藤田哲夫2, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線. 2泌尿器): Radiotherapy and Oncology 2006; 78: 194-8.

120144. [原著] 異なる施設間での肺小腫瘤GTVの解析. 関 智史, Hosain M Deloar, 国枝悦夫, 舘岡邦彦, 晴山雅人, 高山賢二, 木村智樹, 小宮山貴史, 新部 譲1, 唐澤克之, 久保敦司 (1放射線): 日本放射線腫瘍学会誌 2005; 17: 25-30.

310036. [症例報告] Long-term progression free survival of invasive uterine cervical carcinoma infected with human immunodificiency virus: a case report. 新部 譲1, 水谷勝美, 唐澤克之 (1放射線): International J Gynecological Cancer 2005/5; 15 (3): 558-60.

310037. [症例報告] Successful treatment of concurrent chemoradiotherapy for stage I nasal NK/T cell lymphoma: a report of two cases. 新部 譲1, 早川和重1, 北野雅史1, 石山博條1, 中山明仁2, 八尾和雄2, 岡本牧人2 (1放射線. 2耳鼻): Anticancer Research 2005/11; 25 (6C): 4403-6.

320063. [症例報告] 頸部副神経鞘腫の一例. 高屋麻美子1, 菅 信一1, 柿田聡子1, 穴村 聡1, 大沼雄一郎1, 小谷承子1, 河村砂織1, ウッドハムス 玲子1, 松永敬二1, 早川和重1 (1放射線): 神奈川医学会雑誌 2005/1; 32 (1): 85-6.

320064. [症例報告] 急性期深部静脈血栓症の一例. 尾崎正則, 松永敬二1, 菅 信一1, 池田俊昭1 (1放射線): Rad Fan 2005/3; 3 (3): 20-1.

520236. [講座] imaging cases. 菅 信一 (放射線): 日獨医報 2005/12; 50 (4): 718-21, 724-6.

520237. [講座] 神経放射線 (Picked up knowledge from foreign journals). 菅 信一 (放射線): 画像診断 2005/12; 25 (12): 1552-3.

520238. [講座] 神経放射線 (Picked up knowledge from foreign journals). 菅 信一 (放射線): 画像診断 2005/6; 25 (6): 744-5.

520239. [総説] 下部消化管領域 急性腹症を中心に. 松永敬二1, 磯部義憲1, 塙 宏典 (1放射線): Innervision 2005; 20 (12): 71-4.

520240. [総説] 脊髄biopsyの意義と課題. 菅 信一 (放射線): 脊椎脊髄ジャーナル 2005/7; 18 (7): 769-73.

530012. [その他] 多発性硬化症をkey wordとして CharcotからMolecular mimicryへ. 菅 信一 (放射線): Neuro/imaging conference 筑後・佐賀症例集 2005/12; 10: 1-4.

[著 書]

620257. [学術書] (分担執筆) 画像診断のご法度 それでいいの? 頭部. 菅 信一 (放射線), 編 菅 信一, 秀潤社, 2005/12発行.

620258. [学術書] (分担執筆) MOOK肺癌の臨床2005-2006 CT, MRIの所見と鑑別診断, p.125-35. ウッドハムス 玲子1, 松永敬二1, 原 英則2, 早川和重1 (1放射線. 2呼吸器外), 編 加藤治文, 西條長宏, 福岡正博, 小林紘一, 海老原善郎, 井内康輝, 早川和重, 篠原出版新社, 2006/3発行.

620259. [学術書] (分担執筆) MOOK肺癌の臨床2005-2006 小細胞肺癌: 胸部放射線療法─三次元照射による線量増加と線量分割─, p.245-9. 石山博條1, 早川和重1 (1放射線), 編 加藤治文, 西條長宏, 福岡正博, 小林紘一, 海老原善郎, 井内康輝, 早川和重, 篠原出版新社, 2006/3発行.

620260. [学術書] (分担執筆) MOOK肺癌の臨床2005-2006 脳単独転移の進展型小細胞肺癌の治療戦略─Oligometasatasisの立場から─, p.251-4. 新部 譲1, 早川和重1 (1放射線), 篠原出版新社, 2006/3発行.

620261. [学術書] (編集) Mebio Oncology 化学放射線療法 2巻4号. 早川和重1, 山口俊晴 (1放射線), Medical View社, 2005発行.

620262. [学術書] (分担執筆) 新しい診断と治療のABC 34「肺癌」 管理・治療: 放射線療法, p.161-8. 早川和重 (放射線), 編 阿部庄作, 大阪: 最新医学社, 2005/12発行.

620263. [学術書] (分担執筆) 癌・治療効果判定の画像診断。肺・縦隔: A. 悪性腫瘍の臨床, p.85-94. 早川和重 (放射線), 編 田中良明, 吉田祥二, 医療科学社, 2005/10発行.

620264. [学術書] (分担執筆) EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 第3章 肺癌の放射線治療, p.43-76. 新部 譲1, 早川和重1 (1放射線), 編 日本肺癌学会, 金原出版株式会社, 2005/10発行.

[学会・研究会等]

711009. [学会 (国際)] (特別講演) Radiation therapy for lung cancer in Japan. 早川和重 (放射線): IAEA/RCA regional training course on brachytherapy for the comprehensive management of lung cancer (2005/6/23), Chiba/Maebashi.

712012. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Chemo-radiotherapy for lung cancer. 早川和重 (放射線): Japan/ US Cancer Therapy Symposium (JUCTS) on “New horizons of targeted treatment in radiation oncology” (2005/5/19), Maui in Hawaii, USA.

712013. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Optimal radiation dose for stage IIIB Adenocarcinoma of the uterine cervix on the Basis of Biological Effective Dose. 柿田聡子1, 新部 譲1, 北野雅史1, 石山博條1, 金井督之2, 上坊敏子2, 蔵本博行3, 早川和重1 (1放射線. 2産婦. 3医療衛生学部): Japan/ US Cancer Therapy Symposium (JUCTS) on “New horizons of targeted treatment in radiation oncology” (2005/5/19), Maui in Hawaii, USA.

713152. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) MR imaging of cerebral cryptococal infection in the immunocompetent patients. 菅 信一1, ウッドハムス 玲子1, 松永敬二1, 早川和重1 (1放射線): American society of neuroradiology (2005/5/23), Toronto.

713153. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) symptomatic congenital defect of posterio arch of the atlas. 菅 信一1, 早川和重1, 鷺内隆夫2 (1放射線. 2脳外): American society of neuroradiology (2005/5/24), Toronto.

713154. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The impact of radiation therapy for para-aortic lymph node only recurrence in patients with uterine cervical squamous cell carcinoma. 新部 譲1, 小口正彦, 早川和重1, 道本幸一, 金井督之2, 上坊敏子2, 蔵本博行3, 海野信也2, 荷見勝彦 (1放射線. 2産婦. 3医療衛生学部): 41st Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO: 米国臨床腫瘍学会) (2005/6), Orland, USA.

713155. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Analysis of prognostic factors and outcomes in lung cancer patients who were initially diagnosed from manifestation of brain metastases (Poster). 河村英将, 中山優子, 野中哲生, 北本佳住, 石川 仁, 桜井英幸, 長谷川正俊, 中野隆史, 早川和重1 (1放射線): The 11th world Conference on Lung Cancer (2005/7/4), Barcelona, Spain.

713156. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Treatment results of intraluminal brachytherapy for roentgeno-graphically occult endobronchial carcinoma (Poster). 河村英将, 中山優子, 野中哲生, 北本佳住, 石川 仁, 桜井英幸, 長谷川正俊, 中野隆史, 早川和重1 (1放射線): The 11th world Conference on Lung Cancer (2005/7/4), Barcelona, Spain.

713157. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) 3D conformal single high-dose boost radiosurgery (SRS) for peripheral stage I non-small cell lung cancer (NSCLC) using C-Arm linear accelerator and a Spiro-Analyzer (Poster). 新部 譲1, 北野雅史1, 石山博條1, 上前峰子1, 益田典幸2, 吉村博邦3, 早川和重1 (1放射線. 2呼吸器内. 3呼吸器外): The 11th world Conference on Lung Cancer (2005/7/4), Barcelona, Spain.

713158. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Post-treatment FDG-PET can predict the possibility of local control in lung cancer patients treated with definitive radiation therapy. 中山優子, 野中哲生, 北野雅史1, 石山博條1, 河村英将, 長谷川正俊, 中野隆史, 新部 譲1, 早川和重1 (1放射線): The 11th world Conference on Lung Cancer (2005/7/6), Barcelona, Spain.

713159. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Multi-institutional retrospective analysis of radiation therapy for isolated para-aortic lymph node recurrence in patients with uterine cervical carcinoma in Japan. 新部 譲1, 道本幸一, 権丈雅浩, 楮本智子, 高山 誠, 山内智香子, 片岡正明, 鈴木一徳, 伊井憲子, 高仲 強, 小口正彦, 早川和重1 (1放射線): 47th ASTRO (American Society of Therapeutic Radiolory & Onclogy)'s Annual Meeting (米国放射線腫瘍学会) (2005/10), Denver, USA.

722139. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 放射線腫瘍医を増やすために: JASTRO教育委員会としてのアプローチ. 早川和重 (放射線): 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会 (2005/11/26), 川越.

722140. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) I期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療 (多施設300例報告). 大西 洋, 永田 靖, 平岡眞寛, 白土博樹, 藤野賢治, 五味光太郎, 唐沢克之, 早川和重1, 高井良尋, 木村智樹, 武田篤也, 小久保雅樹 (1放射線): 第46回日本肺癌学会総会 (2005/11/26), 千葉.

723906. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MRIを用いた透析シャント狭窄部の評価. 松永敬二1, ウッドハムス 玲子1, 大沼雄一郎1, 河村砂織1, 高屋麻美子1, 菅 信一1, 早川和重1, 秦 博文, 土田繭美2, 吉田一成2 (1放射線. 2泌尿器): 第64回日本医学放射線学会学術集会 (2005/4/9), 横浜.

723907. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮頸部腺癌IIIB期の生物学的等価線量を用いた治療成績の検討. 新部 譲1, 早川和重1, 北野雅史1, 石山博條1, 小谷承子1, 金井督之2, 上坊敏子2, 蔵本博行3 (1放射線. 2産婦. 3医療衛生学部): 第64回日本医学放射線学会総会 (2005/4/9), 横浜.

723908. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道癌の化学放射線同時併用療法の治療成績. 北野雅史1, 小谷承子1, 石山博條1, 新部 譲1, 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 田邉 聡2, 小泉和三郎2, 早川和重1 (1放射線. 2消化器内): 第64回日本医学放射線学会総会 (2005/4/9), 横浜.

723909. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 鼻腔初発限局期NK/T細胞リンパ腫に対するTHP-CVP療法同時併用放射線治療. 新部 譲1, 早川和重1, 北野雅史1, 石山博條1, 中山明仁2, 八尾和雄2, 岡本牧人2 (1放射線. 2耳鼻): 第29回日本頭頸部癌学会 (2005/6/16), 東京.

723910. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮頸部腺癌IIIB期の放射線治療成績─生物学的等価線量を用いた検討─. 新部 譲1, 早川和重1, 金井督之2, 角田新平2, 今井 愛2, 新井 努, 川口美和, 上坊敏子2, 蔵本博行3, 海野信也2 (1放射線. 2産婦. 3医療衛生学部): 第38回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2005/7/21), 和歌山.

723911. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性呼吸器疾患を伴った肺癌症例根治照射後の症候性放射線肺臓炎の影響因子─線量・体積ヒストグラム(DVH)解析による検討─. 新部 譲1, 早川和重1, 益田典幸2, 吉村博邦3 (1放射線. 2呼吸器内. 3呼吸器外): 第64回日本癌学会学術総会 (2005/9/14), 札幌.

723912. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性呼吸器疾患を伴った肺癌根治的治療後の症候性肺臓炎─線量・体積ヒストグラム (DVH) 解析による検討─. 新部 譲1, 早川和重1, 石山博條1, 小谷承子1, 益田典幸2, 吉村博邦3 (1放射線. 2呼吸器内. 3呼吸器外): 第43回日本癌治療学会総会 (2005/10/26), 名古屋.

723913. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 局所再発high-risk子宮体癌に対する放射線治療の意義の検討. 小谷承子1, 新部 譲1, 石山博條1, 上坊敏子2, 海野信也2, 北野雅史1, 早川和重1 (1放射線. 2産婦): 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会 (2005/11/24), 川越.

723914. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌密封小線源永久挿入治療後CTと計画時超音波における直腸線量の差異. 石山博條1, 北野雅史1, 佐藤威文2, 上前峰子1, 新部 譲1, 早川和重1 (1放射線. 2泌尿器): 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会 (2005/11/24), 川越.

723915. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹部傍大動脈リンパ節のみの再発子宮頸癌に対する放射線治療の多施設共同遡及的研究. 新部 譲1, 早川和重1, 道本幸一, 楮本智子, 権丈雅浩, 高山 誠, 山内智香子, 片山正明, 小口正彦 (1放射線): 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会 (2006/11/24), 川越.

723916. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌永久挿入密封小線源療法における線量分布と術後Quality of Lifeとの相関. 石山博條1, 佐藤威文2, 北野雅史1, 藤田哲夫2, 上前峰子1, 新部 譲1, 小谷承子1, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線. 2泌尿器): 第21回前立腺シンポジウム (2005/12/4), 東京.

723917. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中脳に発生したgerminomaの一例. 高屋麻美子1, 菅 信一1, 浅野雄二1, 柿田聡子1, 穴村 聡1, 大沼雄一郎1, 鴇田尚樹1, ウッドハムス玲子1, 松永敬二1, 早川和重1 (1放射線): 第35回日本神経放射線学会 (2006/2/23), 東京.

731106. [研究会] (特別講演) 画像から見た脳梗塞の診断. 菅 信一1, 早川和重1, 鷺内隆夫2 (1放射線. 2脳外): 第7回北里ブレインアタックセミナー (2005/6/29), 相模原.

731107. [研究会] (特別講演) 多発性硬化症をkey wordとして. 菅 信一1, 早川和重1, 鷺内隆夫2 (1放射線. 2脳外): 第42回紅葉坂ミーテイング (2005/11/10), 横浜.

732080. [研究会] (シンポジウム招待講演) グリオーマの画像診断. 菅 信一1, 早川和重1, 鷺内隆夫2 (1放射線. 2脳外): 第9回九州・山口がん診断治療研究会 (2005/3/12), 博多.

733432. [研究会] (一般講演・ポスター) 胃下横隔静脈シャントが2ルートみられ, 治療に難渋した胃静脈瘤2例. 瀧川政和1, 大森智子1, 北野雅史1, 磯部義憲1, 佐々木真弓1, 松永敬二1, 西巻 博1,2, 矢内原 久1 (1放射線. 2救命): 第17回関東IVR研究会 (2005/7/9), 東京.

733433. [研究会] (一般講演・ポスター) 3DCTが治療法選択に有用であった医原性動脈瘤の1例. 大森智子1, 瀧川政和1, 北野雅史1, 田中善啓, 伊藤政之, 小林 泉, 矢内原 久1, 佐々木真弓1, 磯部義憲1, 松永敬二1, 西巻 博1,2, 早川和重1 (1放射線): 第17回関東IVR研究会 (2005/7/9), 東京.

733434. [研究会] (一般講演・ポスター) 外傷性腎動脈閉塞に対して, Palmaz stentを挿入して治療した1例. ウッドハムス玲子1, 松永敬二1, 西巻 博1,2, 早川和重1, 樫見文枝2, 神應知道2, 山本紳一郎2, 片岡祐一2, 相馬一亥2 (1放射線. 2救命): 第17回関東IVR研究会 (2005/7/9), 東京.

733435. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 胎児期から頸部嚢胞を認めた先天性梨状窩瘻の1例. 大沼雄一郎1, 菅 信一1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 穴村 聡1, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 鴇田尚樹1, 早川和重1 (1放射線): 第428回日本医学放射線学会関東地方会 (2005/12/10), 東京.

733436. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 放射線治療後, abscorpal effectを認めた進行子宮頸癌の一例. 高屋麻美子1, 新部 譲1, 小谷承子1, 石山博條1, 北野雅史1, 早川和重1, 角田新平2, 上坊敏子2, 海野信也2 (1放射線. 2産婦): 第428回日本医学放射線学会関東地方会 (2005/12/10), 東京.

733437. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 放射線治療により長期生存中の両側多発肺癌の1例. 小谷承子1, 石山博條1, 新部 譲1, 早川和重1, 北野雅史1, 矢那瀬信雄2, 益田典幸2 (1放射線. 2呼吸器内): 第428回日本医学放射線学会関東地方会 (2005/12/10), 東京.

733438. [研究会] (一般講演・ポスター) Spiral GRE TOF法を用いた非造影下肢MRVの検討. 松永敬二1, 柿田聡子1, 穴村 聡1, ウッドハムス玲子1, 菅 信一1, 早川和重1, 秦 博文, 尾崎正則 (1放射線): 第11回三次元CT・MRI研究会 (2006/2/4), 福岡.


<<麻酔科学>>

[学術論文]

110253. [原著] Noninvasive assessment of left ventricular pressure-area relationship using transesophageal echocardiography and tonometry during cardiac and abdominal aortic surgery. 山浦 健, 外 須美夫1, 他 (1麻酔): J Anesth 2005; 19: 106-11.

110254. [原著] Patient-controlled epidural analgesia during labor using ropivacaine and fentanyl provides better maternal satisfaction with less local anesthetic requirement. 奥富俊之1, 外 須美夫1 (1麻酔): J Anesth 2005; 19 (3): 208-12.

110255. [原著] Rapid injection of epidural mepivacaine speeds the onset of nerve blockade. 金井昭文1, 外 須美夫1, 他 (1麻酔): Can J Anaesth 2005; 52: 281-4.

110256. [原著] Impaired acquisition of skilled behavior in rotarod task by moderate depletion of striatal dopamine in a pre-symptomatic stage model of Parkinson's disease. Taichi Ogura, 外 須美夫1, 他 (1麻酔): Neurosci Res 2005; 51: 299-308.

110257. [原著] Neurotoxicity of intrathecally administered bupivacaine involves the posterior roots/posterior white matter and is milder than lidocaine in rats. 新井民江1, 柳下三郎, 比留間弘美2, 川上 倫2, 外 須美夫1 (1麻酔. 2生理): Reg Anesth Pain Med 2005/9; 30 (5): 464-72.

120145. [原著] 長鎖トリグリセリド含有プロポフォールと中鎖/長鎖トリグリセリド含有プロポフォールの注入時血管痛の比較. 小澤章子1, 野見山 延, 金井昭文1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻酔): 麻酔 2005; 54 (11): 1241-6.

120146. [原著] 慢性疼痛に対するプロスタンジンE1の鎮痛効果と皮膚温上昇作用の検討. 金井昭文 (麻酔): ペインクリニック 2005/12; 26 (12): 1661-5.

310038. [症例報告] Labour analgesia guided by echocardiography in a parturient with primary dilated cardiomyopathy. 奥富俊之1, 外 須美夫1, 他 (1麻酔): Can J Anaesth 2005; 52: 622-5.

310039. [症例報告] General anesthesia for patients with Brugada syndrome. A report of six cases. 稲村実穂子1, 外 須美夫1, 他 (1麻酔): Can J Anaesth 2005; 52: 409-12.

320065. [症例報告] 尿管結石除去術の麻酔中にアナフィラキシーショックに陥り心肺停止となった1症例. 小澤章子1, 岡本浩嗣1, 野見山 延, 外 須美夫1 (1麻酔): 循環制御 Circulation Control 2005; 26 (2): 152-5.

320066. [症例報告] 高度気道閉塞をきたした気管腫瘍に対しラリンゲルマスク使用下にCO2レーザー切除術を施行した心疾患合併患者の麻酔経験. 高良麻紀子, 新井民江1, 伊藤伸大1, 戸田雅也, 村上敏史1, 外 須美夫1 (1麻酔): 麻酔 2006; 55: 441-4.

320067. [症例報告] 急性帯状疱疹後神経痛に対するアミトリプチリンの鎮痛効果の検討. 金井昭文 (麻酔): ペインクリニック 2006/11; 26 (11): 1523-7.

520241. [講座] 帝王切開術の麻酔─最近の話題「帝王切開術でのラリンジアルマスク (LMA) は使用すべきか?」. 奥富俊之 (麻酔): Anet 2005; 9 (9): 33-5.

520242. [講座] 救急先決!手術室緊急対応の最重要パターン: 薬剤・ラテックスによるアレルギー. 奥富俊之 (麻酔): OPE Nursing 2005; 20 (7): 43-6.

520243. [講座] 自己調節硬膜外鎮痛法による無痛分娩. 奥富俊之 (麻酔): 周産期医学 2005; 35 (5): 634-8.

520244. [総説] 内因性カンナビノイドの役割. 外 須美夫 (麻酔): 臨床麻酔 2005; 29: 159-65.

520245. [解説] 「過去に帝王切開を受けている患者や双胎, 品胎などで胎児娩出に時間がかかることが予想される症例を全身麻酔でしなければならない場合, 静脈麻酔による導入後の麻酔維持について良い方法を教えてください」. 奥富俊之 (麻酔): 臨床麻酔 2005; 29 (11): 1799-800.

530013. [その他] Combined spinal-epidural versus epidural analgesia: The initial analgesic methods may affect the subsequent anesthetic requirements during labor analgesia using patient-controlled infusion pump. 奥富俊之 (麻酔): Anesthesia Analgesia 2005; 100: S261.

530014. [その他] 急性大量出血に対する対処. 小澤章子1, 外 須美夫1 (1麻酔): 臨床麻酔 2005; 29 (12): 1932-41.

[著 書]

620265. [学術書] (単著) 痛みの声を聴け. 外 須美夫 (麻酔), 克誠堂, 2005/10発行.

[学会・研究会等]

713160. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Migration of Neutrophils Elicited by Leukotriene B4 is inhibited by Landiolol, alpha-Blocker in the Microvasculature of Hamster Cheek Pouch. 小澤章子1, 外 須美夫1 (1麻酔): Cardiac anesthesia in Sendai (2005/9), 仙台.

713161. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Low Dose and High Dose Lidocaine Inhibit Axonal Transport in a Cultured Mouse Dorsal Root by Different Membrane Mechanisms. 新井民江1, 比留間弘美2, 清水 要, 川上 倫2, 外 須美夫1 (1麻酔. 2生理): American Society of Anesthesiologists Annual Meeting (2005/10/14), アトランタ.

713162. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of CABG on diastolic function in patients with acute coronary syndrome. 岡本浩嗣 (麻酔): ASA Annual Meeting 2005 (2005/10/23), Atlanta, GA.

713163. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Dexmedeto-
midine-induced cerebral hypoperfusion aggravates brain damage in chronic rat model. 岡本浩嗣 (麻酔): ASA Annual Meeting 2005 (2005/10/23), Atlanta, GA.

713164. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Migration of Neutrophils Elicited by Leukotriene B4 is inhibited by Landiolol, alpha-Blocker in the Microvasculature of Hamster Cheek Pouch. 小澤章子1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻酔): ASA Annual Meeting 2005 (2005/10/24), Atlanta, Georgia.

713165. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Comparison of anesthesia induced by epidural infusion of plain 1% lidocaine and 2% lidocain diluted with saline to 1% lidocaine. 金井昭文 (麻酔): American Society of Anesthesiologist (2005/10/24), Atlanta.

713166. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Analgesic and antidepressive effect of paroxetine in patients with refractory chronic pain. 金井昭文 (麻酔): American Society of Anesthesiologist (2005/10/25), Atlanta.

713167. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Analgesic effect of oxycodone with or without d-chlorpheniramine in patients with postherpetic neuralgia. 金井昭文 (麻酔): American Society of Anesthesiologist (2005/10/25), Atlanta.

713168. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Intrathecal tetracaine induced neurotoxic lesion of the spinal cord can be repaired with time. 新井民江1, Saburo Yagishita, Yoshihiro Nara, 秋山麻紀1, 外 須美夫1 (1麻酔): ASA in Atlanta (2005/10), Atlanta.

713169. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neurotoxicity of intrathecal ketamine in rats. 新井民江1, Saburo Yagishita, Yoshihiro Nara, Mizuka Kobayashi, Yuko Saito, 外 須美夫1 (1麻酔): 2005 ASA in Atlanta (2005/10), Atlanta.

713170. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neurotoxicity of intrathecally administered bupivacaine involves the posterior roots/posterior white matter and is milder than lidocaine in rats. 新井民江1, Saburo Yagishita, Setsuko Murase, 比留間弘美2, 川上 倫2, 外 須美夫1 (1麻酔. 2生理): Neuroscience 2005 in Washington DC (2005/11), Washington DC.

721026. [学会 (全国)] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの使い方のコツ. 的場元弘 (麻酔): 日本ペインクリニック学会第39回大会 (2005/7/28), 栃木.

721027. [学会 (全国)] (特別講演) 産科麻酔に欠かせないスキル. 奥富俊之 (麻酔): 日本臨床麻酔科学会第25回学術大会 (2005/11/19), 大阪.

721028. [学会 (全国)] (特別講演) 産科麻酔領域において局所麻酔薬の「勝ち組」は何か? 奥富俊之 (麻酔): 日本局所麻酔学会 (2005/12/9), 千葉.

722141. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) アナペインとオピオイドのより良い組み合わせを目指して. 金井昭文 (麻酔): 日本麻酔科学会第52回学術集会 (2005/6/2), 神戸.

722142. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) オピオイドの使用法. 的場元弘 (麻酔): 第1回臨床外科ワークショップ2005 (2005/7/31), 東京.

722143. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) オピオイドによる便秘と対処. 的場元弘 (麻酔): 第2回臨床外科ワークショップ2005 (2005/10/25), 名古屋.

723918. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ランジオロールは微小循環における好中球遊走を抑制する. 小澤章子1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻酔): 第26回日本循環制御医学会総会 (2005/5/13), 長崎.

723919. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 培養感覚神経を用いた局所麻酔毒性の微細光学的検討. 新井民江1, 比留間弘美2, 清水 要, 川上 倫2, 外 須美夫1 (1麻酔. 2生理): 第82回日本生理学会 (2005/5/18-20), 仙台.

723920. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) BIS, TCIを用いた覚醒下開頭手術の麻酔管理. 小澤章子1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第52回学術集会 (2005/6/2), 神戸.

723921. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における救急救命士気管挿管実習. 小澤章子1, 岡本浩嗣1, 奥富俊之1, 外 須美夫1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第52回学術集会 (2005/6/2), 神戸.

723922. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特発性アナフィラキシーの既往を持つ患者の腹腔鏡下胆嚢摘出術麻酔の一例. 奥富俊之 (麻酔): 日本麻酔科学会第52回学術集会 (2005/6/3), 神戸.

723923. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) リドカイン軸索輸送作用の細胞膜メカニズム. 新井民江1, 比留間弘美2, 清水 要, 川上 倫2, 外 須美夫1 (1麻酔. 2生理): 日本麻酔科学会第52回学術集会 (2005/6/3), 神戸.

723924. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 産婦人科患者における硬脊麻後Transient Neurologic Symptoms (TNS) 発症率の検討. 秋山麻紀1, 新井民江1, 磯野雅子, 外 須美夫1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第52回学術集会 (2005/6/3), 神戸.

723925. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行がん患者の腎機能の変化についての検討. 近藤尚子, 伊藤伸大1, 磯野雅子, 的場元弘1, 外 須美夫1 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/6/30), 横浜.

723926. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院における医療用麻薬製剤の使用状況. 伊藤俊雅, 国分秀也2, 的場元弘1, 磯野雅子, 新井万理子2, 佐川賢一2, 矢後和夫2, 外 須美夫1 (1麻酔. 2薬剤部): 第10回日本緩和医療学会 (2005/6/30), 横浜.

723927. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) モルヒネ内服時のレスキューの有効性と安全性の検討. 冨安志郎, 北條美能留, 的場元弘1, 橋爪隆弘, 余宮きのみ, 吉本鉄介 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/6/30), 横浜.

723928. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 在宅がん疼痛治療〜緩和ケア外来看護師の果たす役割・服薬指導と電話相談〜. 野挽恵美子, 的場元弘1 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/6/30), 横浜.

723929. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 幼児のがん疼痛の評価を考える: 客観的ペインスケールとグラフを用いた事例. 清水由紀, 松尾美智子, 布施展子, 内藤茂幸, 星ゆみ子, 佐々木美和子, 櫻井理佳, 池畑 歩, 竹内久恵, 的場元弘1 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/6/30), 横浜.

723930. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) フェンタニルの持続静注・皮下注からフェンタニルパッチへの変更. 伊藤伸大1, 磯野雅子, 小磯進太郎1, 的場元弘1, 外 須美夫1 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/7/1), 横浜.

723931. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) オキシコドン徐放錠の開始初期の吐気・嘔吐の頻度. 磯野雅子, 的場元弘1, 丸山美由紀1, 伊藤伸大1, 村上敏史1, 野挽恵美子, 外 須美夫1 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/7/2), 横浜.

723932. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 認可緩和ケア病棟を持つ施設での麻酔科医の緩和医療への関わりについて─アンケート調査の結果から─. 月山淑, 佐藤英俊, 下山直人, 冨安志郎, 畑杢義雄, 的場元弘1 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/7/2), 横浜.

723933. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) がん性疼痛におけるオピオイド未使用・コデイン・低容量モルヒネからのフェンタニルパッチ切り替え症例の変更. 橋爪隆弘, 的場元弘1, 冨安志郎, 余宮きのみ, 吉本鉄介, 原田亜希子 (1麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/7/2), 横浜.

723934. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 難治性三叉神経痛に対する経鼻リドカインスプレー. 金井昭文 (麻酔): 第39回日本ペインクリニック学会 (2005/7/29), 宇都宮.

723935. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 難治性三叉神経痛に対するスマトリプタン皮下注. 金井昭文 (麻酔): 第39回日本ペインクリニック学会 (2005/7/29), 宇都宮.

723936. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ペインクリニック認定施設における麻酔科医の緩和医療への関わりについて─アンケート調査の結果から─. 月山淑, 佐藤英俊, 下山直人, 冨安志郎, 的場元弘1 (1麻酔): 第39回日本ペインクリニック学会 (2005/7/30), 宇都宮.

723937. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) テトラカイン神経毒性病変の軸索再生変化. 新井民江1, 磯野雅子, 山梨真里1, 山懸由布子1, 外 須美夫1 (1麻酔): 第39回日本ペインクリニック学会 (2005/7/30), 宇都宮.

723938. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性冠症候群患者に施行された緊急冠動脈バイパス術が左室拡張能に与える影響. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本心臓血管麻酔学会 (2005/9/15), 岡山.

723939. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) オキシコドン注射薬によるがん疼痛の鎮痛についての検討. 磯野雅子, 伊藤伸大1, 大澤 了1, 的場元弘1, 外 須美夫1 (1麻酔): 日本臨床麻酔科学会第25回学術大会 (2005/11/18), 大阪.

723940. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) がん疼痛治療におけるオピオイド鎮痛薬の選択. 的場元弘 (麻酔): 日本臨床麻酔科学会第25回学術大会 (2005/11/19), 大阪.

723941. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 側彎症術後の帝王切開術に対し持続脊髄くも膜下麻酔で管理した一例. 奥富俊之 (麻酔): 日本臨床麻酔科学会第25回学術大会 (2005/11/19), 大阪.

723942. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 輸血用カリウム吸着フィルターが有用であった大量急速輸血の3症例. 小澤章子1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻酔): 日本臨床麻酔科学会第25回学術大会 (2005/11/19), 大阪.

723943. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 先天性塩素下痢症患者の急性腹症手術の麻酔経験. 小澤章子1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1 (1麻酔): 日本臨床麻酔科学会第25回学術大会 (2005/11/19), 大阪.

723944. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 各種局所麻酔薬が感覚神経軸索に与える影響. 新井民江1, 比留間弘美2, 片倉 隆2, 外 須美夫1, 川上 倫2 (1麻酔. 2生理): 第83回日本生理学会 (2006/3/28), 前橋.

731108. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 第3回和歌山がん疼痛懇話会 (2005/5/28), 和歌山.

731109. [研究会] (特別講演) がんの痛みの治療と緩和ケア. 的場元弘 (麻酔): 第27回埼玉がん緩和ケア研究会 (2005/6/11), 埼玉.

731110. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイド鎮痛薬の選択. 的場元弘 (麻酔): 第6回下都賀呼吸器疾患講演会 (2005/6/16), 栃木.

731111. [研究会] (特別講演) がんの痛みにどう対処するか─適切な薬剤の選択と副作用対策─. 的場元弘 (麻酔): 川崎市がん疼痛治療研究会 (2005/6/20), 川崎.

731112. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 第1回広島がん疼痛治療研究会 (2005/7/13), 広島.

731113. [その他] (特別講演) がん疼痛の考え方と薬物治療. 的場元弘 (麻酔): がん疼痛治療を考える会 (2005/9/16), 札幌.

731114. [研究会] (特別講演) モルヒネ・オキシコドン・フェンタニルの選び方と始め方. 的場元弘 (麻酔): 第9回緩和医療フォーラム・イン函館 (2005/10/14), 函館.

731115. [その他] (特別講演) フェンタニルとオキシコドンの選択─どの場でどのように使うか─. 的場元弘 (麻酔): 日本医師会生涯教育講座〜がん疼痛治療を考える〜 (2005/11/11), 旭川.

731116. [その他] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの使い分け─投与経路の変更とオピオイドローテーション─. 的場元弘 (麻酔): 市立旭川病院 病診連携講演会 (2005/11/12), 旭川.

731117. [その他] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 日本医師会生涯教育認定講座 (2005/11/21), 東京.

731118. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療のすすめかた. 的場元弘 (麻酔): 第7回滋賀緩和ケア研究会 (2005/11/23), 滋賀.

731119. [その他] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 公立陶生病院学術講演会 (2006/1/20), 愛知.

731120. [地方会] (特別講演) 緩和医療に参加しよう. 的場元弘 (麻酔): 神奈川麻酔医会平成17年度学術集会 (2006/2/4), 横浜.

731121. [研究会] (特別講演) がん疼痛治療におけるオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 郡山緩和ケアフォーラム (2006/2/17), 郡山.

731122. [地方会] (特別講演) 疼痛管理の必須知識─理論と実践─. 的場元弘 (麻酔): 東京都病院薬剤師会講演会 (2006/3/1), 東京.

731123. [その他] (特別講演) がん疼痛治療の進め方. 的場元弘 (麻酔): がん疼痛治療講演会 (2006/3/17), 札幌.

731124. [その他] (特別講演) がん疼痛と薬物治療─臨床医から─. 的場元弘 (麻酔): がん疼痛と薬物治療講演会 (2006/3/20), 東京.

732081. [研究会] (シンポジウム招待講演) 「ロピバカインによる術後持続硬膜外鎮痛」. 金井昭文 (麻酔): 第4回神奈川周術期管理研究会 (2005/7/23), 横浜.

732082. [研究会] (シンポジウム招待講演) モルヒネを上手に使う─臨床現場のAからZまで─. 的場元弘 (麻酔): がんの痛み治療懇話会 (2005/7/26), 旭川.

732083. [その他] (シンポジウム招待講演) がん疼痛治療とオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 北薩地区緩和医療研修会 (2005/8/4), 鹿児島.

732084. [その他] (シンポジウム招待講演) がん疼痛治療とオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 姶良地区緩和医療研修会 (2005/8/5), 鹿児島.

732085. [その他] (シンポジウム招待講演) がん疼痛治療とオピオイドの選択. 的場元弘 (麻酔): 青梅市立総合病院 がん疼痛治療と緩和ケア勉強会 (2005/9/29), 東京.

732086. [研究会] (シンポジウム招待講演) オピオイド鎮痛薬の使用法. 的場元弘 (麻酔): 第3回愛知医科大学緩和医療研究会 (2005/9/30), 愛知.

732087. [研究会] (シンポジウム招待講演) “痛かった, でも痛くなくなった”を求めて. 的場元弘 (麻酔): 東濃ホスピス研究会第7回ホスピスセミナー (2005/10/1), 岐阜.

732088. [研究会] (シンポジウム招待講演) 救急医学教育と後期研修. 小澤章子 (麻酔): 第14回麻酔科・救急医療研究会 (2005/11/12), 山形.

732089. [その他] (シンポジウム招待講演) がんの痛みにどう対処するか─適切な薬剤の選択と副作用対策─. 的場元弘 (麻酔): ファーマシューティカル・パリアティブケア勉強会 (2006/3/10), 富山.

733439. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 側彎症術後の帝王切開術に対し持続脊髄くも膜下麻酔で管理した一例. 奥富俊之 (麻酔): 日本麻酔科学会 東京・関東甲信越支部第45回合同学術集会 (2005/9/24), 東京.

733440. [研究会] (一般講演・ポスター) Awake surgeryの静脈麻酔. 中野貴明1, 岡本浩嗣1, 外 須美夫1, 岡 秀宏2, 藤井清孝2 (1麻酔. 2脳外): 第3回Awake surgery研究会 (2005/11/27), 佐賀.

733441. [研究会] (一般講演・ポスター) 心疾患合併例の分娩管理. 奥富俊之 (麻酔): 第108回分娩と麻酔研究会 (2005/12/10), 横浜.

733442. [研究会] (一般講演・ポスター) がん患者の苦痛からの解放のために薬学的研究に期待すること. 的場元弘 (麻酔): 星薬科大学・文部科学省学術フロンティア推進事業研究成果最終報告会 (2006/3/17), 東京.


<<臨床検査診断学>>

[学術論文]

110258. [原著] Analysis of Toll-like receptor 2,4,6 and 9 genome DNA mutations in patients with tractable and intractable gastric mucosal diseases. T Ohara, T Morishita, H Hashimoto, M Akimoto, 狩野有作1, T Hibi (1臨検学): International Journal of Molecular Medicine. 2006/1; 17: 53-8.

[著 書]

620266. [事典] (分担執筆) 検査・検査値早引き事典 尿酸 (UA), p.150-51. 大谷慎一 (臨検学), 西東社, 2005/7.

620267. [事典] (分担執筆) 検査・検査値早引き事典 血清クレアチニン (Cr), p.148-49. 大谷慎一 (臨検学), 西東社, 2005/7.

620268. [事典] (分担執筆) 検査・検査値早引き事典 血清尿素窒素 (BUN、UN), p.146-47. 大谷慎一 (臨検学), 西東社, 2005/7.

620269. [解説書] (分担執筆) Medical Technology 体腔液検査のすべて C. 髄液 2. 臨床化学的検査, p.1442-50. 狩野有作 (臨検学), 医師薬出版 (株), 2005/12.

620270. [事典] (分担執筆) 検査・検査値早引き事典 1. 検体検査 C3 (補体第3成分), C4 (補体第4成分), p.199. 狩野有作 (臨検学), 西東社, 2005/7.

620271. [事典] (分担執筆) 検査・検査値早引き事典 1. 検体検査 CH50 (血清補体価), p.198. 狩野有作 (臨検学), 西東社, 2005/7.

620272. [その他] (分担執筆) 平成17年度神奈川県合同輸血療法委員会 『血液新法の求める適正輸血の実践』 適正使用関連報告, p.17-19. 大谷慎一 (臨検学), 神奈川県合同輸血療法委員会, 2006/3.

[学会・研究会等]

723945. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) 当院における黄色ブドウ球菌性感染性心内膜炎の検討. 高山陽子1, 吉田 秀2, 田中住明2, 石川 章2, 遠藤平仁2, 笹原武志3, 近藤啓文2 (1臨検学. 2膠原病・感染内. 3微・寄生虫): 第79回日本感染症学会 (2005/4/15), 名古屋.

723946. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) 血漿成分採血方法の改良と検討2. 大谷慎一1, 檀原幹生2, 狩野有作1, 高山吉永1, 赤星 透3, 小原邦義4 (1臨検学. 2血液内. 3総合診療. 4心臓血管外): 第53回日本輸血学会総会 (2005/5/27), 千葉県浦安市.

723947. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) 疾患特異的自己抗体検査における試薬間差に関する検討. 佐藤隆司, 大谷慎一1, 狩野有作1, 赤星 透2 (1臨検学. 2総合診療): 第52回日本臨床検査医学会総会 (2005/11/17), 福岡.

723948. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) リアルタイムPCRによるレーベル病11778G>A変異のヘテロプラスミー遺伝子解析. 山本裕介, 高山吉永1, 山辺晴美, 棟方伸一, 大谷慎一1, 狩野有作1, 赤星 透2 (1臨検学. 2総合診療): 第52回日本臨床検査医学会総会/第45回日本臨床化学会年会連合大会 (2005/11/18), 福岡.

723949. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院臨床検査部における糖尿病療養指導への取り組み─糖尿病外来診察前検査相談の実施について─. 平井 誠, 棟方伸一, 大谷慎一1, 狩野有作1, 赤星 透2 (1臨検学. 2総合診療): 第52回日本臨床検査医学会総会 (2005/11/18), 福岡.

723950. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) HBs抗原低濃度例におけるCLEIA法とECLIA法との比較検討. 大場雄吉, 鉢村和男, 大谷慎一1, 狩野有作1, 赤星 透2 (1臨検学. 2総合診療): 第52回日本臨床検査医学会総会 (2005/11/18), 福岡.

723951. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) 高速遠心による血漿成分採血方法の検討. 大谷慎一1, 高山吉永1, 竹内恵美子1, 赤星 透2, 高山陽子1, 狩野有作1, 小原邦義3 (1臨検学. 2総合診療. 3心臓血管外): 第52回日本臨床検査医学会総会 (2005/11/19), 福岡.

723952. [全国 (学会)] (一般講演・ポスター) Multiple risk factor syndromeにおける非侵襲性動脈硬化診断法の有用性. 狩野有作1, 赤星 透2, 高山吉永1, 大谷慎一1 (1臨検学. 2総合診療): 第52回日本臨床検査医学会総会 (2005/11/20), 福岡.

733443. [地方会] (一般講演・ポスター) レーベル病ミトコンドリアDNA G11778A変異のヘテロプラスミー遺伝子解析─リアルタイムPCRによる定量化分析─. 山本裕介, 高山吉永1, 山辺晴美, 棟方伸一, 大谷慎一1, 狩野有作1, 赤星 透2 (1臨検学. 2総合診療): 第16回神奈川県臨床検査医学会 (2005/6/4), 相模原.

733444. [地方会] (一般講演・ポスター) 臨床検査部におけるチーム医療としての糖尿病療養指導への取り組み: 診察前検査相談について. 粟野文剛, 棟方伸一, 大谷慎一1, 狩野有作1, 赤星 透2 (1臨検学. 2総合診療): 第16回神奈川県臨床検査医学会 (2005/6/4), 相模原.


<<救命救急医学>>

[学術論文]

110259. [原著] Rerupture of cerebral aneurysms during angiography-a retrospective study of 13 patients with subarachnoid hemorrhage. 北原孝雄 (救命): Acta Neurochir (Wien) 2005/8; 147 (8): 831-7.

110260. [原著] Pharmacokinetics of the Active Metabolites of Ethyl Loflazepate in Elderly Patients Who Died of Asphyxia Associated with Benzodiazepine-Related Toxicity. 上條吉人1, 林  泉2, 西川たかし, 吉村久仁子3, 相馬一亥1 (1救命. 2薬理. 3病態・診療系): J Analytical Toxicilogy 2005; 29: 140-4.

110261. [原著] Clinical characteristics of pelvic fracture with gluteal necrosis resulting from transcather arterial embolization. 鈴木 卓1, 相馬一亥1, 片岡祐一1, 西巻 博2, 内野正隆3, 高平尚伸3, 糸満盛憲3 (1救命. 2放射線. 3整外): Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery 2005/9; 125 (7): 448-52.

120147. [原著] 冠動脈造影でまったく描出されなかったびまん性狭窄が剖検時に判明し, 所見が大きく乖離した心臓突然死例. 吉田 徹1, 今井 寛1, 町井正人2, 松山斉久, 浅利 靖1, 永井智紀3, 栗原克由3, 相馬一亥1, 和泉 徹4 (1救命. 2心臓血管外. 3法医. 4循環器内): 日本臨床救急医学会雑誌 2005; 8 (4): 322-8.

120148. [原著] 同側骨盤・大腿骨合併骨折(floating hip)の治療経験. 鈴木 卓1, 片岡祐一1, 相馬一亥1, 中村光伸2, 内野正隆2, 横山一彦2, 糸満盛憲2 (1救命. 2整外): 骨折 2005/6; 27: 183-6.

120149. [原著] 骨盤骨折に対するTranscatheter Arterial Embolization. 鈴木 卓1, 相馬一亥1 (1救命): 日本外傷学会雑誌 2006/1; 20 (1): 11-9.

120150. [原著] 穿痛性頭部外傷の放射線学的特徴と治療戦略─10症例の検討より─. 北原孝雄 (救命): 神経外傷 2005; 28: 80-4.

120151. [原著] 臓器提供病院からみた移植システムのあり方. 北原孝雄 (救命): 日本臨床 2005; 63: 2037-46.

310040. [症例報告] Duret hemorrhage is not always suggestive of poor prognosis:a case of acute severe hyponatremia. 上條吉人1, 木下玲子2, 浜中聡子2, 相馬一亥1 (1救命. 2精神): American Jounal of Emergency Medicine 2005; 23 (7): 908-10.

320068. [症例報告] 減圧症と診断された急性大動脈解離の一例. 吉田 徹1, 服部 潤1, 小林 勲1, 島田 謙2, 片岡祐一1, 西巻 博3, 山本紳一郎1, 佐藤千恵1, 引田俊一1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2外科. 3放射線): 日本高気圧環境医学会関東地方会雑誌 2005; 4 (2): 76-9.

320069. [症例報告] 冠動脈造影でまったく描出されなかったびまん性狭窄が剖検時に判明し, 所見が大きく乖離した心臓突然死例. 吉田 徹1, 今井 寛1, 町井正人2, 松山斉久, 浅利 靖1, 永井智紀3, 栗原克由3, 相馬一亥1 (1救命. 2心臓血管外. 3法医): 日本臨床救急医学会雑誌 2005; 8: 231-5.

320070. [症例報告] 来院時に重度のびまん性脳浮腫をきたしていた3症例. 門前達也, 上條吉人1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌 2006; 26: 96-7.

320071. [症例報告] 整形外科初期治療の反省を要した多発骨折後に伴った脂肪塞栓症候群の1例. 森谷光俊1, 片岡祐一2, 小林 勲2, 山本紳一郎2, 相馬一亥2 (1整外. 2救命): 日本救急医学会関東地方会雑誌 2006; 26: 58-9.

520246. [講座] 急性心不全に対する薬物療法. 今井 寛 (救命): 救急医学 2005/7; 29 (7): 810-4.

520247. [講座] 中毒性物質による自殺企図─向精神薬および市販薬による急性中毒を中心に─. 上條吉人 (救命): 精神科治療学 2005; 20: 348-51.

520248. [講座] 急性中毒の治療. 上條吉人 (救命): 救急・集中治療 2005; 17: 561-7.

520249. [講座] 三環系・四環系抗うつ薬. 上條吉人 (救命): 救急医学 2005; 29: 581-3.

520250. [講座] 特集、大量服薬・服毒患者の精神科的問題. 上條吉人 (救命): 中毒研究 2005; 18: 119-22.

520251. [講座] 精神的管理. 浜中聡子1, 上條吉人2 (1精神. 2救命): Current Therapy 2005; 23: 38-42.

520252. [講座] 解熱鎮痛薬中毒の診断基準・重症度. 上條吉人1, 相馬一亥1 (1救命): 内科 2005; 95 (6): 1616-9.

520253. [講座] ヒステリー性 (神経) 症. 浜中聡子1, 上條吉人2 (1精神. 2救命): 内科 2006; 97: 856-9.

520254. [講座] 特集, 一酸化炭素中毒─患者激増を背景として─, エディトリアル: なぜ, 今一酸化炭素中毒か. 上條吉人 (救命): 中毒研究 2006; 19: 11-2.

520255. [講座] 呼吸困難─診断と初療─. 相馬一亥 (救命): カレントテラピー2005; 23 (7): 35-8.

520256. [講座] ARI/ARDS. 相馬一亥 (救命): 救急医学 2005; 29 (4): 391.

520257. [講座] 人工呼吸の合併症とその防止. 相馬一亥 (救命): EMERGENCY CARE 2005; 8 (5): 23-9.

520258. [講座] 診断への手順. 相馬一亥 (救命): 臨床医 2005; 31 (4): 424-6.

520259. [講座] 高齢者肺炎の問題点 高齢患者の呼吸循環不全対策. 相馬一亥 (救命): 臨床医 2005/11; 31 (11): 1832-4.

520260. [講座] 人工呼吸器関連肺炎. 相馬一亥 (救命): ICUとCCU 2005/10; 29 (10): 845-52.

520261. [講座] 人工呼吸器関連性肺炎 (VAP) に対する抗菌薬ミキシングの試み. 相馬一亥 (救命): Progress in Medicine 2005/9; 25 (9): 2337-40.

520262. [講座] <ERでの緊急検査のチェックポイントとピットフォール>胸部単純X線. 相馬一亥 (救命): 内科 2005/9; 96 (3): 481-4.

520263. [講座] 気管支鏡. 相馬一亥 (救命): 救急医学 2006/3; 30 (3): 329-32.

520264. [講座] 感染管理. 相馬一亥 (救命): 救急医学 2006/2; 30 (2): 127-30.

520265. [講座] 救急領域におけるVAPとMRSA. 相馬一亥 (救命): 化学療法の領域 2006/1; 22 (2): 66-72.

520266. [講座] 急性呼吸不全の病態と治療. 相馬一亥 (救命): 呼吸器ケア 2006/1; 4 (1): 46-9.

520267. [講座] 経腸栄養の適応患者. 片岡祐一 (救命): 薬事 2005/8; 47 (9): 25-8.

[著 書]

620273. [学術書] (共著) ステロイドの使い方 コツと落とし穴 ARDSに対するステロイド療法. 相馬一亥 (救命), 編 水島 裕, (株) 中山書店, 2006/3発行.

620274. [学術書] (共著) 中毒症のすべて─いざという時に役立つ, 的確な治療のために─ 肝・腎障害と中毒, p.8-11. 相馬一亥 (救命), 編 黒川 顕, 永井書店, 2006/1発行.

620275. [学術書] (共著) 中毒症のすべて─いざという時に役立つ, 的確な治療のために─ 重症不整脈と中毒, p.6-7. 相馬一亥 (救命), 編 黒川 顕, 永井書店, 2006/1発行.

620276. [学術書] (共著) 中毒症のすべて─いざという時に役立つ, 的確な治療のために─ 心肺危機をきたす中毒, p.3-5. 相馬一亥 (救命), 編 黒川 顕, 永井書店, 2006/1発行.

620277. [学術書] (共著) 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ呼吸疾患 腸管穿孔から敗血症により多臓器障害を来した64歳男性, p.125-36. 相馬一亥 (救命), 編 工藤翔二, 中田紘一郎, 永井厚志, 日本医事新報社, 2005/12発行.

620278. [学術書] (共著) もっとも新しい人工呼吸ケア 胸部単純X線検査とCT検査の知識, p.90-6. 相馬一亥 (救命), 編 磨田 裕, (株) 学習研究社, 2005/10発行.

620279. [その他] (共著) 救急研修標準テキスト 誤嚥と誤飲, p.348-51. 相馬一亥 (救命), 編 島崎修次, 浅井康文, 有賀 徹, 杉本 壽, 前川剛志, 益子邦洋, 行岡哲男, (株) 医学書院, 2005/8発行.

620280. [学術書] (共著) トピック呼吸管理の新たな動向 急性呼吸促迫症候群 (ARDS) の肺機能, p.29-41. 相馬一亥 (救命), 編 安本和正, 真興交易 (株), 2005/7発行.

620281. [学術書] (共著) CE技術シリーズ呼吸療法 呼吸不全, p.25-32. 相馬一亥 (救命), 編 渡辺 敏, 宮川哲夫, (株) 南江堂, 2005/6発行.

620282. [学術書] (分担執筆) 脳神経外科学大系5 脳神経外科救急 救命救急センターおよび高度救命救急センター, p.12-14. 北原孝雄 (救命), 編 有賀 徹, 中山書店, 2005/3発行.

620283. [学術書] (共著) 日本総合病院精神医学会治療指針2 静脈血栓塞栓症予防指針. 上條吉人 (救命), 編 日本総合病院精神医学会教育・研究委員会, 星和書店, 2006/4発行.

620284. [学術書] (共著) 今日の治療指針 救急医療: B.手技, 鎮痛・鎮静薬の使用法, p.86. 上條吉人 (救命), 編 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢, 医学書院, 2006/1発行.

620285. [学術書] (共著) 中毒症のすべて ジギタリス, IV. 中毒各論, p.142-5. 上條吉人 (救命), 編 黒川 顕, 永井書店, 2006/1発行.

620286. [その他] (単著) イラスト&チャートでみる急性中毒診療ハンドブック,第1版. 上條吉人 (救命), 医学書院, 2005/10発行.

620287. [学術書] (共著) 知っておきたい急変のシグナルと対応 10. 三環系抗うつ薬,第1章急変事例集, p.43-6. 上條吉人 (救命), 監修 冨岡譲二, 編集協力 櫻井利江, 日本看護協会出版会, 2005/9発行.

620288. [学術書] (共著) 日本総合病院精神医学会治療指針1 せん妄の治療指針. 上條吉人 (救命), 編 薬物療法検討小委員会, 星和書店, 2005発行.

620289. [学術書] (共著) 救命救急エキスパートナーシング 第III章主な症状・症候への対応, 20精神科救急, p.300-11. 上條吉人 (救命), 南江堂, 2005/2発行.

[学会・研究会等]

723953. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院救命救急センターに搬送された内因性心疾患患者数の季節変動─ストレスとの関連から─. 吉田 徹1, 片岡祐一1, 今井 寛1, 佐藤千恵1, 小林 勲1, 北野義和1, 上條吉人1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命): 第8回日本臨床救急医学会総会 (2005/4/29), 東京.

723954. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 交通外傷により左総頚動脈の損傷を来し, 5ヶ月後に脳梗塞に至った1例. 引田俊一1, 北原孝雄1, 河島雅則2, 遠藤昌孝2, 今井 寛1, 西巻 博3, 山本紳一郎1, 樫見文枝1, 山崎友也2, 相馬一亥1 (1救命. 2脳外. 3放射線): 第8回日本臨床救急医学会総会 (2005/4/29), 東京.

723955. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 救命救急センター搬送外傷患者からみた当地域の外傷プレホスピタルの問題点とその検討. 神應知道1, 新井正康2, 今井 寛1, 小坂康晴, 片岡祐一1, 佐藤千恵1, 引田俊一1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2麻酔): 第8回日本臨床救急医学会総会 (2005/4/29), 東京.

723956. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CTによる診断とステントグラフト内挿術が有用であった二次性大動脈十二指腸瘻の1例. 樫見文枝1, 西巻 博2, 片岡祐一1, 引田俊一1, 飯塚美香3, 小林 勲1, 山本紳一郎1, 平田光博3, 島田 謙3, 相馬一亥1 (1救命. 2放射線. 3外科): 第8回日本臨床救急医学会総会 (2005/4/29), 東京.

723957. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多発外傷に対する新しい治療戦略:緊急手術とIVRの同時治療. 片岡祐一1, 西巻 博2, 山本紳一郎1, 島田 謙3, 鈴木 卓1, 上條吉人1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2放射線. 3外科): 第19回日本外傷学会 (2005/5/26), 横浜.

723958. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肋骨骨折端による下行大動脈損傷の1例. 樫見文枝1, 西巻 博2, 加藤源太郎3, 神尾義人4, 山本紳一郎1, 片岡祐一1, 門倉光隆, 手取屋岳夫, 相馬一亥1 (1救命. 2放射線. 3昭和大横浜市北部病院循環器センター, 4同呼吸器センター): 第19回日本外傷学会 (2005/5/26), 横浜.

723959. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) PCPSが無効であった急性ジフェンヒドラミン中毒の死亡例. 佐藤千恵1, 上條吉人1, 井出文子1, 吉村久仁子2, 引地 文3, 近藤留美子3, 相馬一亥1 (1救命. 2病態・診療系. 3薬剤部): 第27回日本中毒学会総会・学術集会 (2005/7/8), 川崎.

723960. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Amoxapine中毒に伴う痙攣重積発作にpropofolが有効であった1例. 井出文子1, 上條吉人1, 吉村久仁子2, 佐藤千恵1, 引地 文3, 近藤留美子3, 相馬一亥1 (1救命. 2病態・診療系. 3薬剤部): 第27回日本中毒学会総会・学術集会 (2005/7/8), 川崎.

723961. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ベンゾジアゼピン系薬剤 (BDZs) の蓄積性. 岸谷和佳子1, 近藤留美子2, 吉村久仁子3, 福本真理子1, 尾島勝也1, 神應知道4, 佐藤千恵4, 上條吉人4, 矢後和夫2, 相馬一亥4 (1薬学部. 2薬剤部. 3病態・診療系. 4救命): 第27回日本中毒学会総会・学術集会 (2005/7/8), 川崎.

723962. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 三環系抗うつ薬中毒における血中濃度の診断的意義の評価. 宇田川涼子1, 福本真理子1, 山戸和貴1, 吉村久仁子2, 井出文子3, 上條吉人3, 相馬一亥3, 守屋夏美4, 近藤留美子4 (1薬学部. 2病態・診療系. 3救命. 4薬剤部): 第27回日本中毒学会総会・学術集会 (2005/7/8), 川崎.

723963. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SvO2および代謝性アシドーシスを循環不全の指標として保存的治療で全快した急性カルシウム拮抗薬中毒の2症例. 上條吉人1, 井出文子1, 佐藤千恵1, 吉村久仁子2, 引地 文3, 近藤留美子3, 相馬一亥1 (1救命. 2病態・診療系. 3薬剤部): 第27回日本中毒学会総会・学術集会 (2005/7/8), 川崎.

723964. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨盤骨折患者の長期機能予後. 鈴木 卓1, 相馬一亥1, 中村光伸2, 内野正隆2, 高平尚伸2, 糸満盛憲2 (1救命. 2整外): 日本骨折治療学会 (2005/7/8), 富山.

723965. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重症骨盤骨折後に生じた骨盤周囲感染による敗血症症例の検討. 片岡祐一1, 島田 謙2, 鈴木 卓1, 西巻 博3, 山本紳一郎1, 神應知道1, 樫見文枝1, 佐藤千恵1, 吉田 徹1, 上條吉人1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2外科. 3放射線): 第33回日本救急医学会総会 (2005/10/26), 大宮.

723966. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ホルター心電図記録中に心室細動を発症した初発突然死蘇生例. 吉田 徹1, 東野俊洋2, 北野義和1, 竹端 均3, 佐藤千恵1, 神應知道1, 上條吉人1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1, 新美裕太4, 鴇田尚樹5, 佐々木 毅3, 今木隆太3, 弓削 大3, 平澤正次3, 佐藤大輔3, 森口昌彦3, 庭野慎一3, 和泉 徹3 (1救命. 2膠原病・感染内. 3循環器内. 4形成・美外. 5放射線): 第33回日本救急医学会総会・学術集会 (2005/10/26), 大宮.

723967. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 硫酸アルベカシンの至適投与法に関する研究. 相馬一亥1, 斉京明子2, 引地 文3, 神應知道1, 佐藤千恵1, 近藤留美子3, 片岡祐一1, 野々山勝人4, 今井 寛1, 矢後和夫3, 砂川慶介5 (1救命. 2東京薬大. 3薬剤部. 4小児. 5感染症学): 第33回日本救急医学会総会 (2005/10/26), 大宮.

723968. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Cresolの誤嚥による肺障害に関する研究. 井出文子1, 上條吉人1, 吉村久仁子2, 神應知道1, 佐藤千恵1, 相馬一亥1 (1救命. 2病態・診療系): 第33回日本救急医学会総会 (2005/10/26), 大宮.

723969. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 超音波内視鏡による腐食性食道炎の予後評価. 上條吉人1, 井出文子1, 佐藤千恵1, 神應知道1, 相馬一亥1 (1救命): 第33回日本救急医学会総会 (2005/10/26), 大宮.

723970. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨盤骨折に伴う後腹膜出血に対するTAE後の大殿筋壊死についての検討. 樫見文枝1, 西巻 博1,2, 山本紳一郎1, 片岡祐一1, 相馬一亥1, 松永敬二2, 佐々木真弓2, 磯部義憲2, 早川和重2, 高平尚伸3 (1救命. 2放射線. 3整外): 第41回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2005/10), 広島.

723971. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非定型抗精神病薬投与により重度の糖尿病性ケトアシドーシスをきたした一例. 浜中聡子1, 上條吉人2, 井出文子2, 宮岡 等1 (1精神. 2救命): 第18回日本総合病院精神医学会総会 (2005/11/12), 松江.

723972. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) カルバマゼピンにより完全房室ブロックをきたした一例. 井出文子1, 上條吉人1 (1救命): 第18回日本総合病院精神医学会総会 (2005/11/12), 松江.

723973. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性肺塞栓症を合併した汎下垂体機能低下症の1例. 吉田 徹1, 竹端 均2, 神應知道1, 佐藤千恵1, 上條吉人1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2循環器内): 第33回日本集中治療医学会学術集会 (2006/3/2), 大阪. 日本集中治療医学会雑誌, 2006; 13: 216.

723974. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) PCPS施行患者における血液流量と自己心拍出量についての検討. 東條圭一1, 藤井正美1, 木下春奈1, 今井 寛2, 相馬一亥2 (1MEセンター, 2救命): 第33回日本集中治療医学会学術集会 (2006/3/2), 大阪. 日本集中治療医学会雑誌, 2006; 13: 307.

723975. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中心静脈カテーテル関連敗血症に対するIVR: パルススプレーカテーテルによる治療. 神應知道1, 西巻 博1,2, 服部 潤1, 樫見文枝1, 佐藤千恵1, 片岡祐一1, 島田 謙1,3, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2放射線. 3外科): 第33回日本集中治療医学会学術集会 (2006/3/2), 大阪. 日本集中治療医学会雑誌, 2006. 13: 241.

723976. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 救命救急センターNSTによる重症患者の栄養管理. 佐藤照子1, 西山栄子1, 宮下佳子1, 中村侃美1, 片岡祐一2, 神應知道2, 相馬一亥2, 小林昌宏3, 上山亜紀4, 土屋志保4 (1栄養部, 2救命, 3薬剤部, 4看護部): 第33回日本集中治療医学会学術集会 (2006/3/2), 大阪. 日本集中治療医学会雑誌, 2006. 13: 96.

723977. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 持続緩除式血液ろ過器AMP-1311の多施設共同臨床試験. 藤田誠一郎1,8, 杉山 貢1, 浅井康文2, 鈴木洋通3, 御手洗哲也4, 明石勝也5, 相馬一亥6, 川西秀樹7 (1横浜市大市民総合医療センター, 2札幌医大附属病院, 3埼玉医大附属病院. 4埼玉医大総合医療センター. 5聖マリアンナ医大病院, 6救命. 7あかね会土屋総合病院. 8国立病院機構横浜医療センター): 第33回日本集中治療医学会学術集会 (2006/3/2), 大阪. 日本集中治療医学会雑誌, 2006. 3: 207.

731125. [地方会] (特別講演) 救急医療の現状について. 相馬一亥 (救命): 第74回日本法医学関東地方会 (2005/11/5), 相模大野.

731126. [研究会] (特別講演) VAPの現状と展望. 相馬一亥 (救命): 第8回近畿救命救急医学領域感染症懇話会学術講演会 (2006/1/14), 大阪.

731127. [研究会] (特別講演) 呼吸管理の現状と展望. 相馬一亥 (救命): 第1回川崎地区臨床フォーラム (2006/3/31), 川崎.

733445. [地方会] (一般講演・ポスター) クモ膜下出血が診断の端緒となった感染症心内膜炎の1例. 宮島良輝1, 荘司光彦1, 神應知道2, 服部 潤2, 吉田 徹2, 佐藤千恵2, 今井 寛2, 北原孝雄2, 相馬一亥2, 砂川慶介3 (1脳外. 2救命. 3感染症): 第59回神奈川県感染症医学会 (2005/3/25), 横浜.

733446. [研究会] (一般講演・ポスター) 非閉塞生腸管虚血症の2症例. 山本紳一郎1, 西巻 博1,2, 片岡祐一1, 島田 謙1,3, 細谷 智1, 樫見文枝1, 佐々木真弓2, 磯部義憲2, 相馬一亥1 (1救命. 2放射線. 3外科): 第19回腹部放射線研究会 (2005/6/3), 熊本.

733447. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 妊娠中の横紋筋融解症を契機に明らかとなった筋強直性ジストロフィーの一例. 林 初美1, 井出俊光1, 菊地信三2, 服部 潤1, 神應知道1, 佐藤千恵1, 今井 寛1, 相馬一亥1 (1救命. 2産婦): 第14回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2005/8/27), 東京.

733448. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 気胸を伴い解離腔の血栓化と並行して対麻痺の出現したStanford B急性大動脈解離の一例. 服部 潤1, 吉田 徹1, 竹端 均1,2, 佐藤千恵1, 引田俊一1, 神應知道1, 河島雅到3, 山本紳一郎1, 西巻 博1,4, 片岡祐一1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1, 町井正人5, 小原邦義5, 新美裕太6, 鴇田尚樹4, 和泉 徹2 (1救命. 2循環器内. 3脳外. 4放射線. 5心臓血管外. 6形成・美外): 第14回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2005/8/27), 東京.

733449. [地方会] (般講演・ポスター) 中心静脈カテーテル関連敗血症に対してIVR治療が有効であった1例. 神應知道1, 片岡祐一1, 山本紳一郎1, 西巻 博1,2, 今井 寛1, 佐藤千恵1, 服部 潤1, 相馬一亥1 (1救命. 2放射線): 第58回神奈川感染症学会 (2005/10/1), 横浜.

733450. [研究会] (一般講演・ポスター) 当院におけるPCPS下低体温療法. 吉田 徹1, 相馬一亥1 (1救命): 第21回神奈川急性循環不全研究会 (2006/1/27), 横浜.

733451. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 練炭心中と思われたが、状態像およびCOHB値が大きく解離した夫婦事例の検討. 上條吉人1, 井出俊光1, 井出文子1, 佐藤千恵1, 神應知道1, 永井智紀2, 栗原克由2, 相馬一亥1 (1救命. 2法医): 第20回日本中毒学会東日本地方会 (2006/2/4), 東京.

733452. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 急性腹症緊急手術例における悪性腫瘍例の検討. 片岡祐一1, 島田 謙1,2, 服部 潤1, 樫見文枝1, 神應知道1, 佐藤千恵1, 鈴木 卓1, 吉田 徹1, 今井 寛1, 上條吉人1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2外科): 第56回日本救急医学会関東地方会 (2006/2/25), つくば.

733453. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 感染性心内膜炎による細菌性破裂動脈瘤の1例. 栗田真理1, 北原孝雄2, 神應知道2, 服部 潤2, 樫見文枝2, 荘司光彦1, 佐藤千恵2, 吉田 徹2, 遠藤昌孝1, 相馬一亥2 (1脳外. 2救命): 第56回日本救急医学会関東地方会 (2006/2/25), つくば.

733454. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 覚醒剤による心筋障害が疑われた1例. 井出文子1, 上條吉人1, 吉村久仁子2, 佐藤千恵1, 神應知道1, 相馬一亥1 (1救命. 2病態・診療系): 第56回日本救急医学会関東地方会 (2006/2/25), 筑波.

733455. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 両側海馬と脳梁膝部および黒質にMRI異常信号を認めたCO中毒の1例. 佐藤千恵1, 井出俊光1, 上條吉人1, 樫見文枝1, 服部 潤1, 神應知道1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命): 第56回日本救急医学会関東地方会 (2006/2/25), 筑波.

733456. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 来院後早期に破裂した大動脈損傷の検討. 樫見文枝1, 西巻 博1,2, 服部 潤1, 神應知道1, 片岡祐一1, 町井正人3, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命. 2放射線. 3心臓血管外): 第56回日本救急医学会関東地方会 (2006/2/2), 筑波.


<<総合診療医学>>

[学術論文]

110262. [原著] Induction of triggering receptor expressed on myeloid cells-1 in murine resident peritopneal macrophages by monosodium urate monohydrate crystals. 村上洋介4, 赤星 透1, 林  泉2, 遠藤平仁3, 川合眞一, 井上松久4, 近藤啓文5, 北里英郎6 (1総合診療. 2薬理. 3代謝・蛋白. 4微・寄生虫. 5膠原病・感染内. 6医衛): Arthritis Rheum 2006; 54 (2): 455-62.

120152. [原著] 当院における透析シャントトラブルの超音波検査の検討. 藤井 滋, 宇治橋善勝, 坂本和代, 鈴木政子, 高橋 愛, 石坂裕美, 古木量一郎, 赤星 透1 (1総合診療): 超音波検査技術 2005; 30号: 18-21.

120153. [原著] X線撮影による伝播と推測した多剤耐性緑膿菌の院内感染事例. 二本柳 伸, 平田泰良, 赤星 透1, 内山幸信, 山浦 昇, 砂川慶介2, 井上松久3 (1総合診療. 2感染症. 3微・寄生虫): 感染症学雑誌 2006/; 80 (2): 97-102.

220072. [準原著] 自己免疫検査の効率的利用法の研究─抗核抗体検査標準化のための基礎的検討と新規抗核抗体に関する研究─. 熊谷俊一, 大田俊行, 赤星 透3 (3総合診療): 医療技術評価総合研究事業 2005; 33-7.

520268. [総説] インターロイキン-8. 赤星 透 (総合診療): 日本臨床 2005/; 63: 163-6.

520269. [総説] SLEの治療 update. 赤星 透 (総合診療): エリテマトーデス診療マニュアル 2005; 99: 65-71.

520270. [総説] 痛風性関節炎の臨床像と病態機序. 赤星 透 (総合診療): 高尿酸血症・痛風 2006; 37: 48-55.

[著 書]

620290. [辞典] (監修・編集・その他) 医学英和大辞典 改訂12版. 赤星 透1, 笹原武志2 (1総合診療. 2微・寄生虫), 編 佐藤登志郎, 西元寺克禮, 南山堂, 2005/3発行.

620291. [学術書] (分担執筆) ハリソン内科学 第2版 第314章 感染性関節炎, p.2106-10. 赤星 透 (総合診療), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2006発行.

620292. [学術書] (分担執筆) ハリソン内科学 第2版 第301章 関節リウマチ, p.2021-9. 赤星 透 (総合診療), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2006発行.

620293. [学術書] (分担執筆) ハリソン内科学 第2版 第309章 サルコイドーシス, p.2071-7. 赤星 透 (総合診療), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2006発行.

620294. [学術書] (分担執筆) ステロイドの使い方─コツと落とし穴─ 膠原病患者におけるステロイド投与と動脈硬化症, p.167. 赤星 透 (総合診療), 編 水島 裕, 川井眞一, 中山書店, 2006発行.

620295. [学術書] (分担執筆) NSAIDsの使い方─コツと落とし穴─ 発熱患者におけるNSAIDs治療の注意点, p.80-81. 赤星 透 (総合診療), 編 水島 裕, 川井眞一, 中山書店, 2006発行.

[学会・研究会]

723978. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Liver X receptor α(LXRα) induced in monocytes by monosodium urate monohydrate crystals (MSU) negatively regulates the crystal-induced acute inflammation. 赤星 透 (総合診療): 第49回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2005/4/17), 横浜.

723979. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Induction of triggering receptor expressed on myeloid cells-1(TREM-1) expression by prostaglandin E2. 赤星 透 (総合診療): 第49回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2005/4/17), 横浜.

723980. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) OccultHBV感染例におけるReal-Time Detection PCR法の比較検討. 桜井慶造, 内山幸信, 赤星 透1, 竹内敦子2, 渋谷明隆3 (1総合診療. 2病態・診療系. 3消化器内): 臨床検査医学総会 (2005/11/19), 福岡.


医学教育研究部門

[学術論文]

120154. [原著] 日本における市中肺炎患者に対するクリティカルパス導入による抗生物質の投与日数及び費用に対する影響. 内倉健, 橋口正行, 鈴木幸雄, 竹下 啓, 土本寛二, 池田俊也, 坂巻弘之, 清水喜八郎, 阿部 直1, 望月眞弓2 (1医学教育. 2薬学部): Yakugaku Zasshi 2005/8; 125 (8): 659-63.

520271. [報告] 共用試験CBT実施に関する全国アンケート調査報告. 奈良信雄1, 阿部 直2, 高松 研3, 仁田善雄1, 福島 統4, 森田孝夫5 (1東京医歯大. 2医学教育. 3東邦大. 4東京慈恵会医大. 5奈良医大): 医学教育 2006/2; 37 (1): 3-7.

520272. [報告] 早期体験学習の一環としての一次救命処置の実習─自動体外式除細動器の使用法の学習を含めた実習─. 阿部 直1, 守屋利佳1, 吉田 徹2, 今井 寛2, 相馬一亥2, 吉村博邦3 (1医学教育. 2救命. 3呼吸器外): 北里医学 2005/12; 35 (2): 85-8.

521022. [研究報告書] じん肺有所見者の肺機能の評価に関する研究. 阿部 直1, 近藤哲理2, 横場正典3, 益田典幸3, 相澤好治4 (1医学教育. 2東海大. 3呼吸器内. 4衛生): 厚生労働省労働科学研究補助金 (労働安全衛生総合研究事業), 職業性呼吸器疾患の予防及び健康管理に関する研究, 平成17年度総括・分担研究報告書 2006/3; 47-62.

[著 書]

620296. [辞典] (分担執筆) 呼吸の辞典 妊婦と呼吸, p.338-46. 小林千里1, 阿部 直2 (1呼吸器内. 2医学教育), 有田 秀穂, 朝倉書店, 2006/1発行.

620297. [辞典] (分担執筆) 改訂版看護のための薬辞典 呼吸器系作用薬, p.205-7. 阿部 直 (医学教育), 石橋 晃, 他, 中央法規出版, 2005/3発行.

[学会・研究会]

723981. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SpO2測定と静脈血ガス分析による体内酸素・二酸化炭素レベルの評価に関する臨床的研究. 梅田 啓1, 川崎一輝1, 岡田泰昌2, 阿部 直3 (1国立生育医療センター. 2慶応大月が瀬リハビリテーションセンター. 3医学教育): 第45回日本呼吸器学会学術講演会 (2005/4/15), 千葉.

723982. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 呼吸困難感知覚機構に関する呼吸神経生理学的観点からの統合的理論の提唱. 岡田泰昌1, 小山田吉孝2, 梅田 啓3, 阿部 直4, 柏木政憲5 (1慶応大月が瀬リハビリテーションセンター. 2慶応大医学部. 3国立生育医療センター. 4医学教育. 5北研病院麻酔科): 第45回日本呼吸器学会学術講演会 (2005/4/15), 千葉.


健康管理センター

[学術論文]

220073. [準原著] 関節リウマチ患者におけるCOX-2選択的阻害剤メロキシカムの腎機能に対する影響. 岡田 純1, 鈴木園子2, 樋川志織3, 石川 章2 (1健康管理. 2膠原病・感染. 3,呼吸器内): Pharma Medica 2005/6; 23: 157-60.

310041. [症例報告] Co-existence of nodular egrenrative hyperplasia of the liver and pulmonary hypertension in patients with connective tissue diseases: Report of three cases and review of the literature. 渡部洋行1, 赤星 透2, 岡田 純3, Kokubun S, 栗原夕子1, 近藤啓文1 (1膠原病・感染内. 2総合診療. 3健康管理): Modern Rheumatol 2006/3.

520273. [解説] 膠原病肺高血圧症の治療: エポプレステノール ボセンタン、シデルナフィル. 岡田 純1, 近藤啓文2 (1健康管理. 2膠原病・感染症): Mebio 2005/4; 22: 45-51.

520274. [解説] 膠原病における肺高血圧症の実態とその対策. 岡田 純 (健康管理): 内科 2005/4; 95: 43-8.

520275. [解説] 検尿ノススメ─大学生を対象にした検尿の現状─. 岡田 純1, 金光峰子2 (1健康管理. 2腎臓内): Nephrology Frontier 2005/12; 4 (4): 46-17.

[著 書]

620298. [その他] (分担執筆: 3頁) 論文集: SELECTED ARTICLES 2005 全身性エリテマトーデスの診断と治療. 岡田 純 (健康管理), MEDIC MEDIA, 2005/2発行.

[学会・研究会]

723983. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) U1-snRNP-A遺伝子におけるSNP解析. 大久保光夫, 今井厚子, 関 佐織, 平田蘭子, 前田平生, 岡田 純1 (1健康管理): 第49日本リウマチ学会総会 (2005/4/18), 横浜.

723984. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MCTDの診断に用いられる抗DNA抗体・抗Sm抗体の測定法の検討. 岡田 純1, 石川 章2, 近藤啓文2, 岡野哲郎 (1健康管理. 2膠原病・感染内): 第49日本リウマチ学会総会 (2005/4/19), 横浜.

723985. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MCTDの診断に用いられる抗DNA抗体・抗Sm抗体の測定法の検討. 岡田 純1, 石川 章2, 近藤啓文2 (1健康管理. 2膠原病・感染内): 第49日本リウマチ学会総会 (2005/4/20), 横浜.

723986. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 健診における蛋白尿の意義に関する検討. 金光峰子1, 樋川志織2, 鈴木園子3, 入江順子, 角野照代, 松田唯史, 矢那瀬信雄2, 岡田 純4 (1腎臓内. 2呼吸器内. 3膠原病・感染内. 4健康管理): 第34回日本総合健診学会総会 (2006/1/29), 別府.

723987. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院での職員健診受診率100%に向けての対策と課題. 樋川志織1, 鈴木園子2, 金光峰子3, 入江順子, 角野照代, 松田唯史, 矢那瀬信雄1, 岡田 純4 (1呼吸器内. 2膠原病・感染内. 3腎臓内. 4健康管理): 第34回日本総合健診学会総会 (2006/1/29), 別府.


薬剤部

[学術論文]

120155. [原著] オザグレルナトリウム注射薬の後発医薬品に関する品質評価. 尾鳥勝也1, 田口祐子1, 矢後和夫1 (1薬剤部): 医療薬学; 2005/9; 31 (9): 761-7.

120156. [原著] PK/PD解析に基づくarbekacinの至適投与法. 小林昌宏1, 斉京明子2, 相馬一亥3, 矢後和夫1, 砂川慶介4 (1薬剤部, 2東京薬大, 3救命, 4感染症): 日本化学療法学会雑誌 2006/1; 54 (1): 18-24.

120157. [原著] Liver abscess that responded well to pazufloxacin therapy. 浜田幸宏1, 今泉 弘2, 小林昌宏1, 砂川慶介3, 西元寺克禮2, 矢後和夫1 (1薬剤部. 2消化器内. 3感染症): J Infect Chemother 2006/1; 12 (1): 42-6.

220074. [短報] 北里大学病院における抗MRSA薬のTDMの現状と課題. 小林昌宏1, 木村利美1, 国分秀也1, 菅原充広1, 尾鳥勝也1, 近藤留美子1, 佐川賢一1, 矢後和夫1, 野々山勝人2, 砂川慶介2 (1薬剤部. 2感染症): TDM研究 2005/4; 22 (2): 121-2.

220075. [準原著] 硫酸アルベカシンの至適投与法に関する研究. 小林昌宏1, 引地 文1, 斉京明子2, 近藤留美子1, 神應知道3, 佐藤千恵3, 片岡祐一3, 野々山勝人4, 今井 寛3, 砂川慶介4, 矢後和夫1, 相馬一亥3 (1薬剤部. 2東京薬大. 3救命. 4感染症): 日本救急医学会雑誌 2005/8; 16 (8): 379.

220076. [準原著] 「抗がん剤投与に関わる情報の共有化」の対応と現状. 中村 優1, 木村利美1, 中村和美1, 和田彩子1, 荒木裕子1, 野島淳子1, 岡崎美代子1, 瀬戸 貢1, とおし幸市朗1, 国分秀也1, 矢後和夫1 (1薬剤部): 神奈川県病院薬剤師会会誌 2005/11; 110: 38-42.

[学会・研究会等]

722144. [学会 (全国)] (一般講演・口頭) 直接閲覧における課題. 露崎浩子 (薬剤部): 第6回CRCと臨床試験のあり方会議2005 (2005/10/17), 横浜.

722145. [学会 (全国)] (一般講演・口頭) 現場で活かせるオピオイドの薬物動態と代謝の知識. 国分秀也 (薬剤部): 第43回日本癌治療学会 (2005/10/25), 名古屋.

723988. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病療養指導における職種間および保険薬局との連携に関する調査. 相沢政明, 石黒友康, 長澤恵子, 斉藤かしこ, 長田正章, 大坪こずゑ, 田邊弘子, 松原 肇1, 佐川賢一1, 矢後和夫1 (1薬剤部): 第48回日本糖尿病学会年次学術集会 (2005/5/12), 神戸.

723989. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 熱傷患者におけるバンコマイシンの母集団薬物動態解析. 小林昌宏 (薬剤部): 第22回日本TDM学会学術大会 (2005/5/21), 沖縄.

723990. [学会 (全国)] (一般講演・口頭) 肺癌におけるGefitinibトラフ濃度に対する影響因子の検討. 浜田幸宏1, 木村利美1, 小林昌弘1, 原 英則2, 益田典幸3, 矢後和夫1 (1薬剤部. 2呼吸器外. 3呼吸器内): 第22回日本TDM学会学術大会 (2005/5/21), 沖縄.

723991. [学会 (全国)] (一般講演・口頭) 糖尿病性腎症患者に対する腎症教室の効果 (3) 薬剤師より. 勝呂美香1, 岡本久美子1, 矢後和夫1, 吉田朋子2, 守屋達美2, 神山太郎2, 鎌田裕二2, 藤田芳邦2 (1薬剤部. 2内分泌代謝内): 第50回日本透析医学会学術集会 (2005/6/23), 横浜.

723992. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) がん疼痛患者における高用量アセトアミノフェン坐薬の有用性の検討. 国分秀也1, 的場元弘2, 伊東俊雅1, 外 須美夫2, 木村利美1, 矢後和夫1 (1薬剤部. 2麻酔): 第10回日本緩和医療学会 (2005/6/30), 横浜.

723993. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) モルヒネ徐放製剤からフェンタニルパッチ変更時における鎮痛効果の影響因子. 国分秀也1, 的場元弘2, 伊東俊雅1, 木村利美1, 矢後和夫1, 外 須美夫2 (1薬剤部. 2麻酔): 医療薬学フォーラム2005・第13回クリニカルファーマシーシンポジウム (2005/7/16), 鹿児島.

723994. [学会 (全国)] (一般講演・口頭) 病院薬剤師による禁煙支援に関する調査研究. 相沢政明1, 菅野 智2, 黒山政一2, 後藤伸之2, 源川奈穂2, 柳川忠二2, 山畑敦子2, 阿部眞弓2 (1薬剤部. 2日本病院薬剤師会): 日本病院薬剤師会平成17年度病院薬局協議会 (2005/9/30), 岡山.

723995. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Microsoft ExcelのVBAを利用した抗がん剤レジメン管理システムの構築. 荒木裕子1, 木村利美1, 国分秀也1, 中村和美1, 中村 優1, 和田彩子1, 野島淳子1, 瀬戸 貢1, 矢後和夫1 (1薬剤部): 第15回日本医療薬学会年会 (2005/10/1), 岡山.

723996. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院泌尿器科における腎機能に応じたM-VAC療法施行時の投与基準. 岡崎美代子1, 入江 啓2, 国分秀也1, 木村利美1, 矢後和夫1 (1薬剤部. 2泌尿器): 第15回日本医療薬学会年会 (2005/10/1), 岡山.

723997. [学会 (全国)] (一般講演・口頭) PK/PD解析によるアルベカシンの至適投与法に関する研究. 小林昌宏1, 引地 文1, 斉京明子2, 近藤留美子1, 神應知道3, 佐藤千恵3, 片岡祐一3, 野々山勝人4, 今井 寛3, 砂川慶介4, 矢後和夫1, 相馬一亥3 (1薬剤部. 2東京薬大. 3救命. 4感染症): 第33回日本救急医学会総会 (2005/10), さいたま.

723998. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院小児科病棟における「お薬手帳」の活用の現状と問題点. 新井万理子1, とおし幸市朗1, 矢後和夫1 (1薬剤部): 日本薬学会第126年会 (2006/3/29), 仙台.

733457. [学会 (地方)] (一般講演・ポスター) 「抗がん剤投与に関わる情報の共有化」の対応と現状. 中村 優1, 木村利美1, 中村和美1, 和田彩子1, 荒木裕子1, 野島淳子1, 岡崎美代子1, 瀬戸 貢1, とおし幸市朗1, 国分秀也1, 矢後和夫1 (1薬剤部): 日本病院薬剤師会関東ブロック第35回学術大会 (2005/8/27), 千葉 (幕張).