2008年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい)



解剖学(阪上単位)

[学術論文]

110001. [原著] CLIC4 interacts with histamine H3 receptor and enhances the receptor cell surface expression. Maeda K, Haraguchi M, Kuramasu A, Sato T, Ariake K, 阪上洋行1, Kondo H, Yanai K, Fukunaga K, Yanagisawa T, Sukegawa J (1解剖): Biochem Biophys Res Commun 2008/5; 369: 603-8.

110002. [原著] Fatty acid-binding protein regulates LPS-induced TNF-alpha production in mast cells. Yamamoto N, Kaneko I, Motohashi K, 阪上洋行1, Adachi Y, Tokuda N, Sawada T, Furukawa H, Ueyama Y, Fukunaga K, Ono M, Kondo H, Owada Y (1解剖): Postaglandis Leukotrienes and Essential Fatty Acids 2008/8; 79: 21-6.

110003. [原著] Predominant localization of EFA6A, a guanine nucleotide exchange factor for ARF6, at the perisynaptic photoreceptor processes. Katsumata O, Honma T, Sanda M, Kamata A, Takeda S, Kondo H, 阪上洋行1 (1解剖): Brain Research 2008/10; 1234: 44-9.

110004. [原著] Differential distribution of synGAPalpha1 and synGAPbeta isoforms in rat neurons. Moon IS, 阪上洋行1, Nakayama J, Suzuki T (1解剖): Brain Research 2008/11; 1241: 62-75.

110005. [原著] The postsynaptic density protein, IQ-ArfGEF/BRAG1, can interact with IRSp53 through its proline-rich sequence. Sanda M, Kamata A, Katsumata O, Fukunaga K, Watanabe M, Kondo H, 阪上洋行1 (1解剖): Brain Research 2009/1; 1251: 7-15.

110006. [原著] Localization of EFA6A, a guanine nucleotide exchange factor for ARF6, in spermatogenic cells of testes of adult mice. Suzuki R, Saino-Saito S, 阪上洋行1, Toshimori K, Abe H, Kondo H (1解剖): Journal of Molecular Histology 2009/2; 40: 77-80.

[学会・研究会等]

723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ゴルジ装置新生におけるstacking machineryの構築過程. 玉木英明1, 山科正平2, 阪上洋行1 (1解剖, 2青山学院大理工): 第114回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2009/3/30), 岡山.

723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 3次元立体再構築による精巣形成初期過程の解析. 酒井康弘1, 阪上洋行1 (1解剖): 第114回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2009/3/30), 岡山.


解剖学(亀田単位)


生理学(川上単位)

[学術論文]

110007. [原著] Effect of clonidine on lidocaine-induced inhibition of axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 比留間弘美1, 清水 要2, 竹浪民江2, 杉江秀明1, 川上 倫1 (1生理, 2麻酔): British Journal of Anaesthesia 2008/9; 101 (5): 659-65.

[学会・研究会等]

713001. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of amyloid-β protein-actin complex on axonal transport in cultured rat hippocampal neurons. 比留間弘美1, 片倉 隆1, 川上 倫1 (1生理): Neuroscience 2008 (2008/11/19), Washington DC.

713002. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neurotoxic effects of local anesthetics assessed by Trypan-blue staining and axonal transport impairment in cultured dorsal root ganglion neurons. 杉江秀明1, 比留間弘美1, 竹浪民江2, 片倉 隆1, 川上 倫1 (1生理, 2麻酔): Neuroscience 2008 (2008/11/19), Washington DC.

723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) リドカイン誘導性軸索輸送抑制におけるカルシウムチャネルの関与. 比留間弘美1, 竹浪民江2, 片倉 隆1, 杉江秀明1, 島田純一1, 川上 倫1 (1生理, 2麻酔): 第85回日本生理学会大会 (2008/3/27), 東京.

723004. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 活性酸素H2O2が神経細胞の微細構造に与える影響. 磯中理沙1, 比留間弘美1, 片倉 隆1, 川上 倫1 (1生理): 第85回日本生理学会大会 (2008/3/27), 東京.


生理学(河原単位)

[学術論文]

110008. [原著] Vasopressinregulatestherenin-sngiotensin-aldosterone system via Via receptors in macula densa cells. Aoyagi T, Iumi Y, Hiroyama M, Matsuzaki T, 安岡有紀子1, Sanbe A, Miyazaki H, Fujiwara Y, Nakayama Y, Kohda Y, Yamauchi J, Inoue T, 河原克雅1, Saito H, Tomita K, Nonoguchi H, Tanoue, A (1生理): Am J Physiol Reual Physiol 2008; 295: F100-7.

220001. [準原著] 特集: 腎構成細胞の細胞学的特性−新しい知見を含めて−腎尿細管細胞の細胞特性 I-水・電解質の輸送. 河原克雅 (生理): 日本腎臓学会誌 2008/7; 50 (5): 561-5.

520001. [総説] 座談会“電解質をわかりやすく教えるための工夫”. 出席者: 河原克雅1 (司会), 小林瑞佳, 他 (1生理): 腎と透析 2008/7; 65 (1): 15-26.

520002. [総説] 特集: ここを理解すれば水電解質がわかる【電解質のエッセンス10項目】細胞内液量の適正値: 体内水分布と細胞容積調節. 河原克雅1, 小林瑞佳 (1生理): 腎と透析 2008/7; 65 (1): 35-6.

[著 書] 

620001. [学術書] (分担執筆) からだと水の事典 1.3 水輸送とアクアポリン, p.23-8 (総ページ: 372ページ). 河原克雅 (生理), 朝倉書店, 東京, 2008/11発行.

[学会・研究会等]

713003. [ (国際)] (一般講演・ポスター) Spatial Distribution of Zenk-positive neurons for song perception in the brain of budgerigars. Yamazaki, S, 佐藤亮平1, Eda-Fujiwara, H, Miyamoto, T (1生理): 29th International Congress of Psychology (2008/7/21), Berlin (Germany), Abstract pp.69 PS-Mon-am-170.

713004. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Localized neuronal activation related to the strength of learning of human words in the budgerigar brain. Imagawa, T, Eda-Fujiwara, H, Takeuchi, H-A, 佐藤亮平1, Watanabe, A, Miyamoto, T, Manabe, K, Kawashima, T, Bolhuis, JJ (1生理): The 38th annual meeting of the Society for Neuroscience (2008/11/19), Washington, DC (USA), Soc Neurosci Abstr 2008; 34: 796.9.

722001. [学会 (全国)] (シンポジウム) 尿細管糸球体フィードバック機構におけるマクラデンサの役割. 安岡有紀子1, 河原克雅1 (1生理): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/5/30), 福岡, Jpn J Nephrology 2008; 50 (3):166.

723005. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウス腎 Na+/H+交換輸送体のネフロン内局在とアシドーシスの影響. 安岡有紀子1, 小林瑞佳, 川田英明1, 河原克雅1 (1生理): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/5/30), 福岡, Jpn J Nephrology 2008; 50 (3): 311.

723006. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎マクラデンサ細胞内バソプレッシン V1a受容体を介したレニンーアンギオテンシンーアルドステロン系の調節. 泉裕一郎, 青柳利紀, 廣山眞巳, 松崎尊信, 安岡有紀子1, 三部 篤, 宮崎博喜, 藤原葉子, 中山裕史, 江田幸政, 山内淳司, 井上武明, 河原克雅1, 齋藤秀之, 冨田公夫, 野々口博史, 田上昭人 (1生理): 第51回日本腎臓学会学術総会 (200/5/30), 福岡, Jpn J Nephrology 2008; 50 (3): 312.

723007. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウス腎マクラデンサ細胞の水チャネル. 川田英明1, 安岡有紀子1, 福田英一1, 小林瑞佳, 石橋賢一, 河原克雅1 (1生理): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/5/30), 福岡, Jpn J Nephrology 2008; 50 (3): 368.

723008. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マクラデンサ細胞の水チャネル. 川田英明, 安岡有紀子1, 福田英一1, 小林瑞佳2, 石橋賢一3, 河原克雅1 (1生理, 2医療系研究科・麻酔科学, 3明治薬大): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/6/1), 福岡.

723009. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Long-term memory of mates' call by adult female budgerigars: change of social enviroment and auditory memory retention. Eda-Fujiwara, H, Kanesada, A, Watanabe, A, 佐藤亮平1, Miyamoto, T (1生理): 第31回日本神経科学会大会 (2008/7/10), 東京, Neurosci Res 2008; 61 (suppl 1): S200 P2-s18.

723010. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Oxytocin secreted during lactation period modulates taste sensitivity and conditional taste aversion memory in female mice. Miyamoto, T, Matsunaga, T, Ohara, S, Matsukawa, T, Saito, R, Eda-Fujiwara, H, 佐藤亮平1 (1生理): 第31回日本神経科学会大会 (2008/7/11), 東京, Neurosci Res 2008; 61 (suppl 1): S255 P3-o06.

723011. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) セキセイインコ高次聴覚領域における転写因子Zenk陽性神経細胞群の空間分析 (Spatial Pattern Analysis of Zenk-positive neurons in the brain of budgerigars). 佐藤亮平1, 藤原宏子, 渡辺愛子, 宮本武典, 山崎捨夫 (1生理): 第79回日本動物学会大会 (2008/9/5), 福岡, 予稿集 2008; p.89-1P144.

723012. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 雌マウス味覚感受性と味覚嫌悪記憶に対するオキシトシンの作用 (Effect of oxytocin on the taste sensitivity and the conditioned taste aversion memory). 宮本武典, 松永智美, 上野依里子, 松川俊義, 渡辺愛子, 藤原宏子, 佐藤亮平1 (1生理): 第79回日本動物学会大会 (2008/9/6), 福岡, 予稿集 2008; p.101-2G1015.

723013. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炭酸脱水酵素のマウス腎ネフロン内局在と代謝性アシドーシスにおける発現量変化. 安岡有紀子1, 小林瑞佳, 川田英明1, 佐藤雄一, 河原克雅1 (1生理): 第31回日本分子生物学会 (2008/12/12), 神戸, 日本生物学会年会 2008; PROGRAM: 423.

733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 『上皮膜輸送制御の分子機構: 体内環境恒常性維持機構解明を目指して』V1aRノックアウト (KO) マウスの体液量調節機構. 小林瑞佳, 安岡有紀子1, 田上昭人, 河原克雅1 (1生理): 自然科学研究機構 (生理学研究所) 2008 (2008/7/16), 岡崎.

733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎マクラデンサ細胞 Na+輸送関連蛋白の同定と体液量調節機構. 河原克雅 (生理): 第20回助成研究発表会 (財団法人ソルト・サイエンス研究財団) 2008 (2008/7/29), 東京.

733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 代謝性アシドーシスにおけるヘンレループNHE3の発現誘導. 安岡有紀子1, 小林瑞佳, 川田英明1, 佐藤雄一, 河原克雅1 (1生理): 第14回分子腎臓研究会 2008 (2008/9/6), 東京.

733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 『細胞機能を制御するシグナリング機構の普遍性と特異性』酸塩基調節におけるヘンレループ髄質太い上行脚 (管腔膜 NHE3) の役割. 安岡有紀子1, 小林瑞佳, 川田英明1, 河原克雅1 (1生理): 自然科学研究機構 (生理学研究所) 岡崎コンファレンスセンター 2008 (2008/10/2), 岡崎.

733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) バゾプレシン V1aR KOマウスの水電解質・酸塩基バランス. 小林瑞佳, 安岡有紀子1, 田上昭人, 河原克雅1, 岡本浩嗣2 (1生理, 2麻酔): 第19回バゾプレシン研究会 (2009/1/10), 東京 (慶應義塾大学病院).


生化学

[学術論文]

110009. [原著] Numbers, densities, and colocalization of AMPA- and NMDA-type glutamate receptors at individual synapses in the superficial spinal dorsal horn of rats. Mikl耀 Antal1, Yugo Fukazawa, Mia E嗷d單h, D嗷a Muszil,1 Elek Molnr, 板倉 誠1, 高橋正身1, Ryuichi Shigemoto (1生化): JOURNAL OF NEUROSCIENCE 2008/9; 28 (39): 9692-701.

110010. [原著] Left-right asymmetry of the hippocampal synapses with differential subunit allocation of glutamate receptors. Yoshiaki Shinohara, Hajime Hirase, Masahiko Watanabe, 板倉 誠1, 高橋正身1, Ryuichi Shigemoto (1生化): PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 2008/12; 105 (49): 19498-503.

110011. [原著] Effects of tea catechins on the gastrointestinal mucosa in rats. 伊東祐子1, 市川尊文2, 岩井知久, 三枝陽一3, 池澤智明, 五艘行信2, 石原和彦1 (1医療衛生学部, 2生化, 3消化器内): J Agric Food Chem 2008; 56 (24): 12122-6.

110012. [原著] Effect of tea catechins on body fat accumlation in rats fed a normal diet. 伊東祐子, 市川尊文1, 諸星康雄2, 中村 健3, 三枝 信4, 石原和彦 (1生化, 2実動, 3微生・寄生虫, 4病理): Biomed Res 2008; 29: 27-32.

110013. [原著] Effects of combination treatment with famotidine. 市川尊文1, 伊東祐子2, 三枝陽一3, 岩井知久3, 五艘行信1, 池澤智明, 石原和彦2 (1生化, 2医療衛生学部, 3消化器内): J Gastroenterol Hepatol 2009/3; 24 (3): 488-92.

110014. [原著] Effects of indomethacin on the rat small intestinal mucosa: immunohistochemical and biocheical studies using anti-mucin monoclonal antibodies. 岩井知久, 市川尊文1, 五艘行信1, 池澤智明, 三枝陽一2, 岡安 勲3, 西元寺克禮2, 石原和彦4 (1生化, 2消化器内, 3病理, 4医療衛生学部): J Gastroenterol 2009/3; 44 (4): 277-84.

120001. [原著] IRスペクトルを使った水溶液中のα,α-トレハロースの立体配座解析. 石井郁子1, 傘 孝之 (1生化): 日本歯科大学紀要 2009/3; 38: 39-43.

220002. [準原著] インドメタシン誘起下部消化管傷害の発症, 治癒過程ににおける粘液の動態, 免疫染色に関する検討. 岩井知久, 市川尊文1, 五艘行信1, 池澤智明, 三枝陽一, 西本寺克禮2, 石原和彦3 (1生化, 2消化器内, 3医療衛生学部): Ulcer Res 2008; 35 (1): 31-4.

220003. [準原著] 胃粘膜障害における胃・十二指腸ムチンの量的・質的変動に対するメチルメチオニンスルホニウムクロライド (MMSC) 後投与の効果. 伊東祐子, 岡田論起, 三枝陽一, 岩井知久, 市川尊文1, 五艘行信1, 池澤智明, 石原和彦2 (1生化, 2医療衛生学部): Ulcer Res 2008; 35 (2): 126-31.

[学会・研究会等]

713005. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Evaluation of Specific Structures of IgA1 Hinge Glycopeptides in IgA Nephropathy. 小谷博子1, 山本幸一郎1, 岩山紗智子1, 岩瀬仁勇2, 高橋和男, 藤田芳郎3, 杉山 敏1, 比企能之1 (1藤田保健衛生大医, 2生化, 3Toyota Memorial Hospital, Nephrology and Rheumatology): The American Society of Nephrology (アメリカ腎臓学会) (2008/11/8), Philadelphia (USA).

713006. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Search for Diagnostic Marker of IgA Nephropathy from Under-Glycosylation of IgA1 Hinge Resion. 山本幸一郎1, 岩山紗智子, 小谷博子1, 岩瀬仁勇2, 杉山 敏1, 比企能之1 (1Fujita Health University School of Medicine 2生化): The American Society of Nephrology (アメリカ腎臓学会) (2008/11/8), Philadelphia (USA).

723014. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Neuropeptide Y is increased in the brain of Snap-25 mutant mice. 山森早織1, 内田達也1, 東 貞宏2, 片岡正和3, 高橋正身1 (1生化, 2実動, 3信州大学・工・環境機能工学 ): Neuroscience 2008 (第31回日本神経科学大会) (2008/7/10), 東京.

723015. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stargazin-like protein, GAMMA-8 is associated with calcineurin in rat hippocampus. 渡辺和泉1, 板倉 誠1, 山森早織1, 高橋正身1 (1生化): Neuroscience 2008 (第31回日本神経科学大会) (2008/7/10), 東京.

723016. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stress-induced phosphorylation of SNAP-25 in mouse brain. 菅谷大地, 山森早織1, 板倉 誠1, 高橋正身1 (1生化): 第51回日本神経化学会大会 (2008/9/13), 富山国際会議場.

723017. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃腺粘液細胞由来ムチンに反応するモノクローナル抗体 (HIK1083, HGM504, HGM507) の比較. 黒山浩之1, 澤口智哉1, 栗原 誠2, 五艘行信3, 岡安 勲4, 石原和彦5, 千室智之1 (1関東化学伊勢原研, 2神奈川工科大応用バイオ科学, 3生化, 4病理, 5医療衛生学部): 第28回日本糖質学会 (2008/8/19), つくば.

723018. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 4種類のプローブによるIgA腎症患者血中の異常IgAの検出. 岩瀬仁勇1, 伊藤昭彦2, 山川 毅1, 永田悦子1, 中村和生3, 小林 豊3, 小谷博子4, 比企能之4 (1生化, 2耳鼻, 3一般教育部, 4藤田保健衛生大学): 第28回日本糖質学会 (2008/8/19), つくば.

723019. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 質量分析によるIgA腎症特異的O-結合型糖鎖の検索. 小谷博子1, 山本孝一郎1, 岩山紗智子1, 岩瀬仁勇2, 藤田芳郎3, 杉山 敏1, 比企能之1 (1藤田保健衛生大学, 2生化, 3豊田記念病院): 第33回日本医用マススペクトル学会年会 (2008/9/26), 東京.

723020. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ヒト血清中の糖鎖不全IgA1と防御因子. 山川 毅, 岩瀬仁勇1, 伊藤昭彦2, 中村信也3, 永田悦子4, 中村和生5, 小林 豊6, 小谷博子7, 比企能之7 (1生化, 2耳鼻, 3小児, 4病態・診療系, 5一般教育部, 6あけぼの病院, 7藤田保健衛生大医学部): 第31回日本分子生物学会年会/第81回日本生化学会大会, 合同大会 (2008/12/9), 神戸.

723021. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ムチン型O-グリカンのプロファイリング条件の検討およびラット胃ムチンへの応用. 五艘行信1, 坪川大悟2, 石原和彦3 (1生化, 2医療系研究科, 3医療衛生学部): 第81回日本生化学会大会 (2008/12/9), 神戸.

723022. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アポラクトフェリンのマウスDSS大腸炎に対する抗炎症効果. 小原 進1, 蓮見英世1 (1生化): 第81回日本生化学会 (2008/12/12), 神戸.

723023. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Nipostrongylus brasiliensis感染によるムチン糖鎖の変化;感染期間と糖鎖変化の関係に関する駆虫薬を用いた検討. 坪川大悟1, 中村 健2, 五艘行信3, 谷田部芙美4, 石原和彦4 (1医療系研究科, 2微生・寄生虫, 3生化, 4医療衛生学部): 寄生虫学会 (2009/3/28), 東京.

733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) IgA腎症患者に特異的なIgA1ヒンジO-グリカンの探索と評価ー非侵襲的な診断法の開発に向けて. 小谷博子1, 山本幸一郎1, 岩山紗智子, 岩瀬仁勇2, 藤田芳郎3, 杉山 敏1, 比企能之1 (1藤田保健衛生大医学部, 2生化, 3Toyota Memorial Hospital, Nephrology and Rheumatology): IgA腎症研究会 (2009/1/24), 東京.

733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) IgA腎症患者血中の糖鎖異常IgAと防御因子. 岩瀬仁勇1, 山川 毅, 伊藤昭彦2, 永田悦子3, 中村和生4, 中村信也5, 小林 豊, 小谷博子6, 比企能之6 (1生化, 2耳鼻, 3病態・診療系, 4一般教育部, 5小児, 6藤田保健衛生大 医): IgA腎症研究会 (2009/1/24), 東京.

H19年度以前分

[著 書] 

H19-610001. [学術書] (分担執筆) 【Experimental Glycoscience】Incompleteness of O-glycans at the hinge region of IgA1 and IgA nephropathy, p.339-42. 岩瀬仁勇1, 比企能之 (1生化), 編 N Taniguchi, A Suzuki, Y Ito, H Narimatsu, T Kawasaki, S Hase, Springer, 2008/2発行.

H19-610002. [学術書] (分担執筆) 【Experimental Glycoscience】Release of O-glycans by enzymatic methods, p.14-7. 岩瀬仁勇 (生化), 編 N Taniguchi, A Suzuki, Y Ito, H Narimatsu, T Kawasaki, S Hase, Springer, 2008/2発行.

[学会・研究会等]

H19-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 放線菌Streptomyces sp. OH-11242のendo-α-N-acetylgalactosaminidase遺伝子のクローニング. 牛草宏太1, 里 貴志1, 合田初美1, 清原正志1, 吉村征浩1, 沖野 望1, 増間碌郎2, 大村 智2, 山本憲二3, 岩瀬仁勇4, 伊東 信1 (1九州大学, 2北里研究所, 3京都大学, 4生化): 日本農芸化学会 (2008/3/27), 名古屋.


分子遺伝学

[学術論文]

110015. [原著] Patched1 haploinsufficiency increases adult bone mass and modulates Gli3 repressor activity. Ohba S, Kawaguchi H, Kugimiya F, Ogasawara T, Kawamura N, Saito T, Ikeda T, Fujii K, Miyajima T, Kuramochi A, 宮下俊之1, Oda H, Nakamura K, Takato T, Chung UI (1分子遺伝): Developmental Cell 2008/5; 14 (5): 689-99.

[著 書] 

622001. [学術書] (翻訳) 【症例でわかる新しい臨床遺伝学】研究者はどのようにMendel遺伝病を同定するのか?, p.223-43. 宮下俊之 (分子遺伝), 編 水谷修紀, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2008/11発行.

622002. [学術書] (翻訳) 【ワトソン 組換えDNAの分子生物学 第3版】CHAPTER 9 RNA干渉は遺伝子の作用を調節する, p.223-51. 長尾和右 (分子遺伝), 監訳: 松橋通生, 山田正夫, 兵藤昌雄, 鮎沢 大, 訳 松橋通生, 山田正夫, 兵藤昌雄, 藤井道彦, 長尾和右, 鮎沢 大, 丸善株式会社, 2009/1発行.

[学会・研究会等]

713007. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Nevoid basal cell carcinoma syndrome with cleft lip and palate associated with mutation of the PTCH gene: report of two cases. Sasaki R, Watanabe Y, Saito K, Fujii K, Ando T, 高山吉永1, 宮下俊之1, Akizuki T (1分子遺伝): XIX Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery (2008/9/9), Bologna, Italy.

723024. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) PTCH1遺伝子領域を含むゲノム欠損による母斑基底細胞癌症候群3例の解析. 藤井克則, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第14回家族性腫瘍学会学術集会 (2008/6/20-21), 東京.

723025. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 全前脳症原因候補遺伝子としてのEYA4に関する検討. 阿部裕一, 石川俊平, 油谷浩幸, 横山成俊, 浅原弘嗣, 山田正夫, 岡  明, 五十嵐隆, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第31回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (2008/12/11): 横浜.

232001. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 小児科医が知っておきたい発生と発がんに関わる分子遺伝学の知識. 宮下俊之 (分子遺伝): 北里Pediatrics Seminar (2008/10/23), 相模原.

232002. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 小児科医が知っておきたい分子遺伝学テクノロジーの最近の進歩. 宮下俊之 (分子遺伝): 第110回日本小児科学会福島地方会 (2008/11/9), 郡山.


薬理学

[学術論文]

110016. [原著] A novel model of pain sensation using superfused gastrosplenic omentum preparation of anesthetized rats. 馬嶋正隆 (薬理): JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 2008/4; 106 (2): 249-56.

110017. [原著] A role of the renal kallikrein-kinin system in the kidney. 馬嶋正隆 (薬理): Acta Physiol Hung 2008/5; 95 (1): 129-30.

110018. [原著] Roles of prostaglandins in facilitation of angiogenesis in vivo. 馬嶋正隆 (薬理): Inflammation and regeneration 2008/5; 28 (3): 147-54.

110019. [原著] TNF-alpha induces thromboxane receptor signaling-dependent microcirculatory dysfunction in mouse liver. 馬嶋正隆 (薬理): SHOCK 2008/10; 30 (4): 463-7.

110020. [原著] Contribution of down regulation of intestinal and hepatic cytochrome P450 3A to increased absorption of cyclosporine A in a rat nephrosis model. 藤田朋恵1, 安田修一2, Yuji Kamata, 藤田和己3, Yoshio Ohtani, 熊谷雄治1, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2東病院解析センター, 3腎臓内): JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS 2008; 327 (2): 592-9.

110021. [原著] An ATP-sensitive potassium channel blocker suppresses sodium-induced hypertension through increased secretion of urinary kallikrein. 藤田朋恵1, 馬嶋正隆1 (1薬理): Hypertens Res 2009/3; 32 (3): 220-6.

120002. [原著] 臨床第I相試験実施施設に設置された地検審査委員会の活動の実際. 飯島 肇, 門間 毅, 深澤一郎, 千代田健志, 南部 信, 佐藤友紀, 菊池康基, 熊谷雄治1 (1薬理): 臨床評価 2008; 36 (2): 421-32.

120003. [原著] 重炭酸リンゲル液BR-99Sの臨床第U相試験 (探索的試験). 宮尾秀樹, 熊谷雄治1, 北村 晶, 奥富俊之2, 菊池博達, 十時忠秀, 西村欣也, 小川 龍 (1薬理, 2麻酔): 新薬と臨床 2008; 57 (7): 13-39.

120004. [原著] 開腹手術患者を対象とした重炭酸リンゲル液BR-99Sの検証的試験 (第III相)−重炭酸リンゲル液を対照とした多施設共同無作為割付け並行群間比較試験 (非盲検)−. 宮尾秀樹, 熊谷雄治1, 並木昭義, 多賀紀一郎, 前原康宏, 小竹良文, 加藤啓一, 蕨 謙吾, 北村 晶, 奥富俊之2, 西濱雅充, 菊池博達, 小久保荘太, 上山博史, 宇野洋史, 濱田 宏, 高松 純, 永澤一郎, 中島幹夫, 小川 龍 (1薬理, 2麻酔): 新薬と臨床 2008; 57 (7): 40-75.

120005. [原著] クレアチニンクリアランス予測値と蓄尿法測定値の乖離. 飯島 肇, 玉野智子, 今井康人, 西尾信一郎, 蓮沼智子, 前田実花, 横田慎一, 熊谷雄治1 (1薬理): 医学検査 2008; 57 (5): 26-33.

120006. [原著] アムロジピン錠2.5 mg「明治」及びアムロジピン錠5 mg「明治」の健康成人男子を対象とした生物学的同等性試験. 細川宣彦, 三浦有紀, 相澤一雅, 石澤孝之, 石渡和也, 石渡眞由美, 梅木祐仁, 熊谷雄治1 (1薬理): 診療と新薬 2008; 45 (3): 3-13.

120007. [原著] Levofloxacin注射剤500mg単回投与の健康被験者におけるQT間隔に対する影響. 藤田朋恵 (薬理): 日本化学療法学会雑誌 2009; 57 (2): 106-14.

210001. [準原著] Safety assessment of biopharmaceuticals: Japanese perspective on ICH S6 guideline maintenance. Takahiro Nakazawa, Misao Kurokawa, Kazuya Kimura, Akihiro Wakata, Shigeru Hisada, Tadashi Inoue, Fumio Sagami, Shawan M Heidel, Koji Kawakami, Kazutoshi Shinoda, Hiroshi Onodera, 熊谷雄治1, Yasuo Ohno, Nobuyuki Kawamura, Tsuneyoshi Yamazaki, Tohru Inoue (1薬理): The Journal of Toxicological Sciences 2008; 33 (3): 277-82.

210002. [準原著] Strategy for clinical trials evaluating QT prolongation by drugs without evident effect on ECG. 熊谷雄治 (薬理): JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 2008; 106 (suppl 1): 26.

210003. [準原著] Involvement of the PGE2-EP2-adenylate cyclase pathway in abscess formation in zymosan-induced pleurisy. 河村道子1, Toshihisa Inada, 畑中 公1, Yoshiteru Harada (1薬理): J Pharmacol Sciences 2009/3; 109: 204.

220004. [準原著] ザイモザン胸膜炎モデルの膿瘍形成におけるCOX-2/mPGES-1/EP2経路の関与. 稲田稔久, 新井啓太, 畑中 公1, 川村道子1, 原田芳照 (1薬理): Inflammation and Regeneration 2008/7; 28 (4): 375.

220005. [準原著] 有機アニオン性尿毒症毒素インドキシル硫酸腎排泄への腎尿細管分泌の大きな寄与−L-トリプトファン経口負荷投与後健常成人での検討−. 藤田朋恵1, 石原和彦, 藤田和己2,池田康彦, 大谷義夫, 熊谷雄治1, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2腎臓内): (財) 臨床薬理研究振興財団, 臨床薬理の進歩2008 2008; 29: 106-12.

520003. [総説] 【第2回DIAアジア新薬開発カンファランス】将来に向けたコラボレーションおよび競争力 アジアンスタディへのアプローチ−PK/PDの有用性−. 熊谷雄治 (薬理): 臨床医薬 2008; 24 (12): 1069-82.

520004. [総説] インペアード・パフォーマンス−薬による二日酔い−. 熊谷雄治 (薬理): 臨床免疫とアレルギー科 2008; 50 (1): 52-8.

520005. [総説] マイクロドーズ臨床試験. 熊谷雄治 (薬理): 日本薬理学会誌 2008; 131: 162.

520006. [総説] QT延長作用が明らかでない薬物をどのように評価するか: 臨床試験における基本的戦略. 熊谷雄治 (薬理): 日本薬理学会誌 2009/1; 133 (1): 8-13.

520007. [総説] バイオ医薬品の安全性評価についての考え方−ICHガイドラインの見直しに向けて−. 井上忠志, 熊谷雄治2, Shawn M. Heidei, 木村和哉, 黒川美佐男, 中澤隆弘, 佐神文郎, 山崎恒義, 井上 達 (2薬理): 医薬品研究 2009/2; 40 (2): 80-9.

52008. [総説] 特集 インペアード・パフォーマンス〜国際標準に基づく抗ヒスタミン薬の使用法〜 2. 薬理の観点から. 熊谷雄治 (薬理): 医薬ジャーナル 2009/2; 45 (2): 694-9.

520009. [総説] CPTアカデミック・ネットワークの現状と今後の展望−設立5周年を迎えて−. 立石智則, 内田英二, 大橋京一, 熊谷雄治2, 野元正弘, 大橋和史, 飯島 肇 (2薬理): 臨床評価 2009/3; 36 (3): 695-702.

521001. [解説] [レース前1週間の過ごし方] 体調管理. 鈴木立紀 (薬理): ランニングマガジンクリール 2009/1; 7 (1): 012-3.

[学会・研究会等]

711001. [学会 (国際)] (特別講演) Roles of prostaglandins in enhancement of tumor-associated angiogenesis and tumor growth. 馬嶋正隆 (薬理): AACR special conference: Chemical and biological aspects of inflammation and cancer (2008/10/15), Hawaii, USA.

711002. [学会 (国際)] (特別講演) CGRP as a regulator of angiogenesis. 馬嶋正隆 (薬理): UCSF pharmacogenomics meeting (2009/1/10), サンフランシスコ.

712001. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Designing of early clinical trials in Japan extrapolation of non-clinical data. 熊谷雄治 (薬理): 2008 Charles River Laboratories Seminar (2008/4/11), Seoul, Korea.

712002. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Designing of early clinical trials in Japan extrapolation of non-clinical data. 熊谷雄治 (薬理): 3rd Charles River Laboratories Symposium in Japan (2008/4/14), 横浜.

712003. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Ethnic Difference – An Approach From Extrinsic Factors. 熊谷雄治 (薬理): Asian Clinical Trial Update in Okinawa 2008 (2008/10/24), 琉球大学, 沖縄県.

712004. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Assessment of Cardiac Safety in Clinical Trials- Toward Asian Collaboration. 熊谷雄治 (薬理): Importance of Safety Pharmacology for the New Drug Development (2008/11/6), Seoul, Korea.

712005. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) BLT1 signaling enhances angiogenesis with increased recruitment of mast cells. 馬嶋正隆 (薬理): Angiogenesis and lymphangiogenesis in cancer (2009/1/8), モンタナ, USA.

713008. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A nationwide survey on serious adverse events in healthy volunteer studies in Japan. Momma T, 熊谷雄治1, Fukazawa I, Iijima H, Kikuchi Y, Takayanagi H (1薬理): The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics (2008/7/27), Quebec, Canada.

713009. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Microdose parmacokinetics of nicardipine using a high performance liquid chromatography in healthy volunteers. 熊谷雄治1, Yamazaki A, Ikeda Y, 藤田朋恵1, Yamane N, Sugiyama Y (1薬理): The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics (2008/7/27), Quebec, Canada.

713010. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Precise observation of physiological change according to the total volume for blood test during early phase clinical trials. Tomoko Hasunuma, Yoko Monuki, Tomoko Tamano, Makiko Takatsuki, Noriko Arisawa, Hajime Iijima, 熊谷雄治1 (1薬理): The 15th International Conference on Pharmaceutical Medicine (2008/9/10), Amsterdam, The Netherlands.

722002. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 「早期臨床試験のあり方を考える」医療機関の立場から. 熊谷雄治 (薬理): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/4), 東京.

723026. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ザイモザン胸膜炎モデルの膿瘍形成におけるCOX-2/mPGES-1/EP2経路の関与. 稲田稔久1, 畑中 公2, 川村道子2, 原田芳照3 (1医療系研究科・情報薬理, 2薬理, 3医療衛生学部): 第29回日本炎症再生医学会 (2008/7/10), 東京.

723027. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医薬品承認用量の国際比較 第I報−日本と中国の比−. 江  旻, 藤田朋恵1, 熊谷雄治1, 馬嶋正隆1 (1薬理): 第29回日本臨床薬理学会 (2008/12/4), 東京.

723028. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) タール値が異なる紙巻たばこの喫煙によるたばこ煙中成分への曝露量の検討. 宇山 研, 木村祐樹, 熊谷雄治1, 高橋伯夫, 千葉 勉, 眞弓忠範, 宮田久嗣, 吉村 功, 中島光好 (1薬理): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/4): 京王プラザホテル, 東京.

723029. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 塩酸プロピベリンの副作用 (口渇) 発現推定のためのpopulation PK/PDモデリング・シミュレーション. 西村貴子, 塩見真理, 蓮沼智子, 飯島 肇, 熊谷雄治1, 吉田健一郎, 河本生実, 緒方宏泰 (1薬理): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/4), 京王プラザホテル, 東京.

723030. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 喫煙により口腔内に吸入された煙中成分量の推定. 木村祐樹, 宇山 研, 熊谷雄治1, 高橋伯夫, 千葉 勉, 眞弓忠範, 宮田久嗣, 吉村 功, 中島光好 (1薬理): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/4), 京王プラザホテル, 東京.

723031. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨粗鬆症臨床試験被験者スクリーニングにおける骨強度測定の有用性. 熊直美, 住田律子, 山田宏美, 蛭田元子, 西村貴子, 高附真樹子, 有沢紀子, 西脇真実子, 橋本 宏, 蓮沼智子, 飯島 肇, 熊谷雄治1 (1薬理): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/4), 京王プラザホテル, 東京.

723032. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 入院拘束の期間および入院前のクレアチンキナーゼ (CK) 値が入院以後のCK値変動に与える影響について. 福嶋邦昭, 高附真樹子, 中田靖子, 住田律子, 有沢紀子, 蓮沼智子, 飯島 肇, 今井康人, 熊谷雄治1 (1薬理): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/4), 京王プラザホテル, 東京.

723033. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非喫煙者における尿中ニコチン濃度と生活環境の検討. 茂貫洋子, 森川美由貴, 蛭田元子, 有沢紀子, 桑又眞由美, 玉野智子, 高附真樹子, 西脇真実子, 飯島 肇, 蓮沼智子, 蓮沼 剛, 熊谷雄治1 (1薬理): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/4): 京王プラザホテル, 東京.

723034. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The prostaglandin E2-EP3/EP4 receptor signalings enhance lymphangiogenesis during chronic inflammation. 細野加奈子1, 鈴木立紀1, 成宮 周2, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2京大・医・神経細胞薬理): 第34回日本微小循環学会年次総会 (2009/2/20), 東京.

723035. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Bone marrow-derived EP3-expressing stromal cells enhanced tumor-associated angiogenesis and tumor. 小川恭史, Oikawa A, 鈴木立紀1, 細野加奈子1, 天野英樹2, 渡邊昌彦3, 成宮 周4, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2呼吸器外科, 3外科, 4京大・医): 第34回日本微小循環学会年次総会 (2009/2/20), 東京.

723036. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Delay in wound healing in diabetic mice with reduced recruitment of bone marrow cells. 鈴木立紀1, Sakamoto H, Ogawa Y, Ueno T, 黒坂真矢2, 藤田芳邦2, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2内分泌代謝内): 第34回日本微小循環学会年次総会 (2009/2/21), 東京.

723037. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) COX-2によるCXCL12-CXCR4シグナリングを介する腫瘍ストローマ形成および腫瘍血管新生の制御 (COX-2 enhances tumor stromal formation and angiogenesis via CXCL12-CXCR4 signaling). 加藤 弘1, 鈴木立紀2, 細野加奈子2, 小川恭史1, 久保任史1, 鎌田弘樹1, 馬嶋正隆2 (1医療系研究科, 2薬理): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/16), 横浜.

723038. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) プロスタグランジンE2-EP3/EP4受容体シグナリングを介した慢性増殖性炎症巣におけるリンパ管新生の増強 (The prostaglandin E2-EP3/EP4 receptor signalings as targets for controlling lymphangiogenesis in chronic inflammation). 細野加奈子1, 鈴木立紀1, 成宮 周2, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2京大・医・神経細胞薬理): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/16), 横浜.

723039. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ザイモザン胸膜炎モデルの膿瘍形成におけるPGE2-EP2-adenylate cyclase経路の関与. 稲田稔久1, 畑中 公2, 川村道子2, 原田芳照3 (1医療系研究科・情報薬理, 2薬理, 3医療衛生学部): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/17), 横浜.

723040. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Elevation of intracellular calcium in response to vasopressin and bradykinin in primary cultured rat isolated renal connecting tubule segments. 藤田朋恵 (薬理): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/18), 横浜.

732003. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) アジア各国における臨床・治験体制整備の取り組み. 熊谷雄治 (薬理): 第8回ライフサイエンス・サミット (2008/4/21), 東京.

732004. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 治験責任医師が必要とする毒性情報と投与量設定根拠: 臨床薬理の視点. 熊谷雄治 (薬理): マイクロドーズ・探索臨床試験研究会 第1回ミニシンポジウム (2008/5/24), 東京.

732005. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) アジアンスタディへのアプローチーPK/PDの有用性. 熊谷雄治 (薬理): 第2回DIAアジア新薬開発カンファランス (2008/5/30), 東京.

732006. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム招待講演) 早期探索的臨床試験の実施における問題点. 熊谷雄治 (薬理): 第10回臨床薬理試験研究会 (2008/6/14), 松山市, 愛媛県.

732007. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 非標識体MD臨床試験: 革新的戦略への挑戦. 熊谷雄治 (薬理): NEDOプロジェクト「マイクロドーズ臨床試験を活用した革新的創薬技術の開発」キックオフシンポジウム (2009/1/21), 東京.


微生物・寄生虫学

[学術論文]

110022. [原著] High-level expression of his-tagged clostridial collagenase in Clostridium perfringens. Tamai E, Miyata S, Tanaka H, Nariya H, Suzuki M, 松下 治1, Hatano N, Okabe A (1微生・寄生虫): Appl Microbiol Biotechnol 2008/9; 80 (4): 627-35.

110023. [原著] 1H, 13C and 15N resonance assignments of Ca2+ bound collagen-binding domain derived from a clostridial collagenase. Philominathan STL, 松下 治1, Jordan JB, Sakon J (1微生・寄生虫): Biomol NMR Assign 2008/12; 2 (2): 127-9.

110024. [原著] A monoclonal antibody, mNI-58A, against CD11a induces homotypic cell aggregation and promotes interferon-γ production by the human NK-cell line, KHYG-1. Nobunao Ikewaki, 玉内秀一1 (1微生・寄生虫): J of Kyushu Univ of Health and Welfare 2009; 10: 217-27.

120008. [原著] 銅及び銅合金の殺菌活性と金属アレルギー感作性. 笹原武志1, 新山奈々子2 (1微生・寄生虫, 2皮膚): 銅と銅合金 2008/6; 47 (1): 1-6.

120009. [原著] 淡水産巻貝Biomphalaria glabrataによるCryptosporidium parvumオースシトの取込み能に関する検討. 笹原武志1, 佐藤真弓1, 丸山弘子2, 高橋 晃3, 高山陽子4, 中村 健1 (1微生・寄生虫, 2医療衛生学部, 3遺伝子解析セ, 4臨検学): 北里医学 2008/12; 38 (2): 83-90.

522001. [講座] 迅速検査とデータが支える抗菌薬の適正使用. 松下 治1, 樋口和子, 石井典子, 根ケ山清, 田港朝彦 (1微生・寄生虫): 臨床病理 2008/11; 56 (11): 994-1006.

522002. [講座] 百日咳−大学から見た今日の百日咳−. 松下 治1, 鎌野 寛 (1微生・寄生虫): 予防医学 2008/12; 50: 37-42.

[著 書]

620002. [学術書] (分担執筆) 【KEY WORD感染症 (第2版)】ペニシリン結合蛋白. 岡本了一 (微生・寄生虫), 編 山口惠三, 戸塚恭一, 先端医学社2008/8発行.

[学会・研究会等]

713011. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Innate lymphocyte recognition of macrophage cell death caused by bacterial infection. 久保田孝一 (微生・寄生虫): American Society for Microbiology 108th General (2008/6/4), Boston, USA.

713012. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A fusion protein of parathyroid hormone (PTH) and a collagen binding domain shows superior efficacy and longer duration of action compared to PTH (1-34) as an anabolic bone agent in normal female mice. Ponnapakkam T, Katikaneni R, Ponnapakkam A, Miller E, 松下 治1, Sakon J, Gensure RC (1微生・寄生虫): American Society for Bone and Mineral Research, 30th Annual Meeting (2008/9/12), New Orleans, LA, USA.

713013. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A fusion protein of parathyroid hormone (PTH) and a collagen binding domain shows superior efficacy and longer duration of action compared to PTH (1-34) as an anabolic bone agent in normal female mice. Ponnapakkam T, Katikaneni R, Ponnapakkam A, Miller E, 松下 治1, Sakon J, Gensure R (1微生・寄生虫): 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and the Australian and New Zealand Bone and Mineral Society (2009/3/21), Sydney, Australia.

723041. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医療施設における手洗い用水の従属栄養細菌を中心とした水質管理について. 菊野理津子, 小澤智子, 乾香代子, 藤木くに子, 斎藤春夫, 奥田舜治, 笹原武志1 (1微生・寄生虫): 第82回日本感染学会 (2008/4/18), 松江市.

723042. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 病院環境の微生物汚染負荷低減に向けた銅及び銅合金の活用−2005-2007年の調査成績−. 笹原武志1, 菊野理津子2, 藤木くに子3, 高山陽子4, 砂川慶介5, 井上松久6 (1微生・寄生虫, 2北里環境科学セ, 3北里大学看護キャリア開発・研究センター, 4臨検学, 5北里生命科学研究所, 6北里大学感染制御研究機構): 第82回日本感染学会 (2008/4/18), 松江市.

723043. [学会 (全国)] (一般講演) 病院内環境の微生物汚染負荷低減に向けた銅及び銅合金の活用−2005-2007年の調査成績−. 笹原武志1, 菊野理津子2, 斎藤晴夫3, 新山奈々子4, 藤木くに子5, 高山陽子6, 砂川慶介7, 井上松久7 (1微生・寄生虫, 2北里環境科学センター, 3日本銅センター, 4皮膚, 5感染管理室, 6臨検学, 7北里大学): 第82回日本感染症学会 (2008/4/18), 島根県民会館/サンラポーむたくも, 第82回感染症学会総会抄録集 2008/3; 82: 407.

723044. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 従属栄養細菌によるバイオフィルム形成に及ぼす銅管の影響. 小澤智子, 菊野理津子, 柴田水矢子, 乾香代子, 笹原武志1, 高山陽子2, 高橋 晃, 斎藤晴夫 (1微生・寄生虫, 2臨検学): 全国水道研究発表会 (2008/5/28), 仙台市.

723045. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) GATA-3遺伝子改変動物を用いた金属アレルギーモデルの樹立と誘導機序の検討. 玉内秀一1, 新山史郎2, 丸山弘子, 小茂鳥潤, 寺島正純, 勝岡憲生2, 垣生園子 (1微生・寄生虫, 2皮膚): 第20回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2008/6/12), 東京.

723046. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Anti-inflammatory effect of Mekabu fucoidan against UVB-induced damages in mice and characterization of its binding functional mediators. Hiroko Maruyama, 玉内秀一1, Keiko Yoshinaga, Takahissa Nakano (1微生・寄生虫): 68th International of congress FIP (2008/9/1-4), Basel, Switzerland.

723047. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳酸オリゴ宿合物の放射線防護効果. 村山千恵子, 上条あけみ, 長戸康和, 渡邊幹夫, 玉内秀一1, 村上正裕 (1微生・寄生虫): 第6回日本機能性食品医用学会学術集会 (2008/12/6), 兵庫県西宮市 (武庫川女子大学).

723048. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 清拭用タオルでのBacillus cereusの増殖性と芽胞形成性について. 菊野理津子, 岡本了一1, 笹原武志1, 植川美恵子, 藤木くに子, 高山陽子2, 奥田瞬治, 砂川慶介 (1微生・寄生虫, 2臨検学): 第24回日本環境感染学会総会 (2009/2/27), 横浜.

723049. [学会 (全国)] (一般講演) 病院内環境調査から見えてきたMRSA汚染の実態−NICUにおける患児と環境間での動向−. 笹原武志1, 上野美穂2, 阿部美智子3, 藤木くに子4, 高山陽子5, 新山奈々子6, 菊野理津子7, 齊藤晴夫8, 砂川慶介9 (1微生・寄生虫, 2看護部, 3医療衛生学部, 4感染管理室, 5臨検学, 6皮膚, 7北里環境科学センター, 8日本銅センター, 9北里生命科学研究所大学院感染制御科学府): 第24回日本環境感染学会総会 (2009/2/28), パシフィコ横浜, 第24回日本環境感染学会プログラム・抄録集 2009/1; 24: 478.

723050. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Vibrio alginolyticus recognizes the specific sequences in collagen to induce collagenase. 村田悠実, 小出隆規, 松下 治1 (1微生・寄生虫): 第82回日本細菌学会総会 (2009/3/12), 愛知県名古屋市.

723051. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ガス壊疽菌群コラゲナーゼの基質認識機構と再生医学への応用. 松下 治1, 小出隆規, 安達栄治郎2 (1微生・寄生虫, 2大学院医療系研究科): 第82回日本細菌学会総会 (2009/3/12), 愛知県名古屋市.

723052. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Clostridium difficile感染対策へのMLST法の利用と改良. 大賀亜沙未, 三浦雅史, 根ケ山清, 加藤はる, 松下 治1 (1微生・寄生虫): 第82回日本細菌学会総会 (2009/3/13), 名古屋.

723053. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Nipostrongylus brasiliensis感染によるムチン糖鎖の変化: 感染期間と糖鎖変化の関係に関する駆虫薬を用いた検討. 坪川大悟1, 中村 健2, 五艘行信3, 谷田部芙美2, 石原和彦4 (1医療系研究科・生体制御生化学, 2微生・寄生虫, 3生化, 4医療衛生学部): 寄生虫学会 (2009/3/28), 東京.

731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 迅速検査とデータが支える抗菌薬の適正使用. 松下 治1, 樋口和子, 石井典子, 根ケ山清 (1微生・寄生虫): 日本臨床検査医学会第695回関東・甲信越支部例会 (2008/5/17), 神奈川県相模原市.

733008. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ガス壊疽菌群コラゲナーゼのセグメント2の構造解析. 松下 治1, 三浦雅史 (1微生・寄生虫): 第91回日本細菌学会関東支部総会 (2008/10/23), 千葉県長生郡長柄町.

733009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Single-chain collagen-like peptides induce collagenase from Vibrio alginolyticus. Yumi Murata, 松下 治1, Takaki Koide (1微生・寄生虫): 第45回ペプチド討論会 (2008/10/30), 東京都江戸川区船堀.

H19年度以前分

[学会・研究会等]

H19-722001. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 病院内環境の微生物汚染負荷低減に向けた銅及び銅合金の活用. 笹原武志 (微生・寄生虫): 第23回日本環境感染学会 (2008/2/22), 長崎市.

H19-723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MRSA保菌患者ベッド周辺環境のMRSA汚染とその除染対策. 笹原武志1, 新山奈々子2, 阿部美知子, 藤木くに子, 高山陽子3, 小澤智子, 菊野理津子, 斎藤晴夫 (1微生・寄生虫, 2皮膚, 3臨検学): 第23回日本環境感染学会 (2008/2/23), 長崎市.


病理学

[学術論文]

110025. [原著] Epithelial and stromal genetic instability linked to tumor suppressor genes in ulcerative colitis-associated tumorigenesis. 柳下弘子, 吉田 功1, 石黒香代, 沼田賀子2, 岡安 勲1 (1病理, 2形態系): Scand J Gastroenterol 2008/5; 43 (5): 559-66.

110026. [原著] Detection of tumor-specific autoantibodies in sera of patients with lung cancer. 長塩 亮, 佐藤雄一, 蒋 世旭1, 龍華慎一郎2, 小寺義男, 前田忠計, 中島 孝 (1病理, 2呼吸器内): Lung Cancer 2008/5; 62 (3): 364-73.

110027. [原著] Aberrant Cdx2 expression in endometrial lesions with squamous differentiation: important role of Cdx2 in squamous morula formation. Wani Y, Notohara K, 三枝 信1, Tsukayama C (1病理): Hum Pathol 2008/7; 39 (7): 1072-9.

110028. [原著] EGFR Genetic Heterogeneity of Non-Small-Cell Lung Cancers Contributing to Acquired Gefitinib Resistance. 蒋 世旭1, 山下和也2, 山本倫子3, 朴 春姫, 梅沢敦子, 三枝 信1, 吉田 功1, 片桐真人, 益田典幸3, 早川和重4, 岡安 勲1 (1病理, 2病理部, 3呼吸器内, 4放射線): Int J Cancer 2008/9; 123 (11): 2480-6.

110029. [原著] Transcription factor Egr1 acts as an upstream regulator of beta-catenin signalling through up-regulation of TCF4 and p300 expression during trans-differentiation of endometrial carcinoma cells. 三枝 信1, 橋村美紀2, Kuwata T, Hamano M, 渡邉 純1, Kawaguchi M, 岡安 勲1 (1病理, 2形態系): J Pathol 2008/12; 216 (4): 521-32.

110030. [原著] Correlation among total colonoscopic findings, clinical symptoms, and laboratory markers in ulcerative colitis. Osada T, Ohkusa T, 岡安 勲1, 吉田 功1, Hirai S, Beppu K, Shibuya T, Sakamoto N, Kobayashi O, Nagahara A, Terai T, Watanabe S (1病理): J Gastroenterol Hepatol 2008/12; 23 (Suppl 2): S262-7.

110031. [原著] Aberrant nuclear beta-catenin expression in the spindle or corded cells in so-called corded and hyalinized endometrioid carcinomas: Another critical role of the unique morphological feature. Wani Y, 三枝 信1, Notohara K (1病理): Histol Histopathol 2009/2; 24 (2): 149-55.

[著 書]

620003. [著書] (分担執筆) 別冊 日本臨牀 新領域別症候群シリーズ【循環器症候群 (第2版) III−その他の循環器疾患を含めて−】IX. 大動脈疾患 大動脈腫瘍, p.356-9. 岩渕啓一 (病理), 日本臨牀社, 2008/2発行.

[学会・研究会等]

722003. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) がんの発生・進展における間質細胞のゲノム不安定性の関与. 吉田 功1, 岡安 勲1 (1病理): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/15), 金沢.

723054. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) β-カテニン依存性Cdx2発現による子宮内膜癌細胞の増殖抑制・転位分化誘導機構. 三枝 信1, 橋村美紀1, 桑田 健2, 浜野美恵子, 和仁洋治3, 岡安 勲1 (1病理, 2癌研究会, 3倉敷中央病院病理検査科): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/15), 金沢.

723055. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎in vitroモデルにおける酪酸によるp53活性化機序の解明: CITED2の関与. 関根 司1, 吉田 功1, 相崎健一, 桐生悠史, 大草敏史2, 菅野 純, 岡安 勲1 (1病理, 2順天堂大消化器内科): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/15), 金沢.

723056. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎の原因菌探索−細菌16S rRNA遺伝子配列決定法を用いた網羅的解析−. 坂本明良1, 吉田 功1, 大草敏史2, 岡安 勲1 (1病理, 2順天堂大 医 消化器内科): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/15), 金沢.

723057. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本・カザフスタン間のテレコンサルテーションシステムの実験的運用. 原 敦子1, 一戸昌明1, 岡安 勲1 (1病理): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/15), 金沢.

723058. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体部類内膜癌における増殖刺激因子発現の検討. 斉藤まゆみ, 阿部直也, 渡邉 純1, 岡安 勲1, 蔵本博行, 佐藤雄一 (1病理): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/15-16), 金沢.
723059. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎の浸潤とb-catenin, MMP-7の発現: sporadic型大腸がんとの比較. 三上哲夫1, 沼田賀子, 菊地正臣, 荒木香代, 吉田 功1, 一戸昌明1, 柳澤信之1, 徳山 宣1, 岡安 勲1 (1病理): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/16), 金沢.

723060. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 著しいのう胞化を呈したclear cell adenocarcinoma, ovaryの一例. 岩渕啓一 (病理): 第28回婦人科病理研究会 (2008/6/28), 川越市.

723061. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸正常粘膜上皮における癌抑制遺伝メチル化と加齢との相関 (Detailed examination of hypermethylation in the normal colonic epithelium – correlation with the aging). 桐生悠史1, 吉田 功1, 梅戸春江, 岡安 勲1 (1病理): 第67回日本癌学会総会 (2008/10/28), 名古屋.

723062. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮体部未分化がんの2例. 岩渕啓一 (病理), 第29回婦人科病理研究会 (2008/12/20), 熊本市.

733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) glioma内に混在するneural cellは腫瘍の一部なのか? 原 敦子1, 宇津木聡2, 岡 秀宏2, 山崎友也2, 宮島良輝2, 安井美江3, 藤井清孝2, 岡安 勲1 (1病理, 2脳外, 3形態系): 第95回東京脳腫瘍研究会 (2008/7/12), 東京.

733011. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 術後急速に全身転移を来した若年性腎腫瘍の一剖検例. 三枝 信1, 大部 誠, 徳山 宣1 (1病理): 第88回神奈川県病理医会 (2009/1/10), 横浜.


衛生学・公衆衛生学

[学術論文]

110032. [原著] Factors influencing male worker's dietary habits. 宮島江里子1, 工藤安史1, 石橋美生1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): Health Evaluation and Promotion 2008/7; 35 (4): 384-90.

110033. [原著] An epidemiological study of work-related violence experienced by physicians who graduated from a medical school in Japan. Arimatsu M, 和田耕治1, Yoshikawa T, Oda S, Taniguchi H, 相澤好治1, Higashi T (1衛生・公衆衛生): Journal of Occupational Health 2008/7; 50 (4): 357-61.

110034. [原著] The degree of workers' use of annual health checkup results among Japanese workers. 工藤安史1, 佐藤敏彦2, Kido S, 石橋美生1, 宮島江里子1, 渡邉光康1, 三木猛生1, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2臨床研究・企画): Industrial Health 2008/7; 46 (3): 223-32.

110035. [原著] Symptoms of workers exposed to formaldehyde and volatile organic compounds in workplaces. 池田真紀1, 細井 香1, 宮島江里子1, 工藤安史1, 三木猛生1, 佐藤敏彦2, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2臨床研究・企画); The Kitasato Medical Journal 2008/9; 38 (2): 98-106.

110036. [原著] The effects of dibutyltin (DBT) dichloride on the viability and the productions of tumor necrosis factor α and interleukin-12 in murine macrophage cell line, J774.1. 角田正史1, Yoshida T, 辻 雅善1, 張  瑩1, 菅谷ちえ美, 井上葉子2, 三木猛生1, 佐藤敏彦3, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3臨床研究・企画): Biomedical Research on Trace Elements 2008/9; 19 (1): 67-71.

110037. [原著] Maternity blues as predictor of postpartum depression: A prospective cohort study among Japanese women. Watanabe M, 和田耕治1, Sakata Y, Aratake Y, Kato N, Ohta H, Tanaka K (1衛生・公衆衛生): Journal of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology 2008/9; 29 (3): 206-12.

110038. [原著] Effort-reward imbalance and depression in Japanese medical residents. Sakata Y, 和田耕治1, Tsutsumi A, Ishikawa H, Aratake Y, Watanabe M, Katoh N, 相澤好治1, Tanaka K (1衛生・公衆衛生): Journal of Occupational Health 2008/10; 50 (6): 498-504.

110039. [原著] Factors on working conditions and prolonged fatigue among physicians in Japan. 和田耕治1, Arimatsu M, Yoshikawa T, Oda S, Taniguchi H, Higashi T, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): International Archives of Occupational and Environment Health 2008/10; 82 (1): 56-66.

110040. [原著] Safety climate and motivation toward patient safety among Japanese nurses in hospitals of fewer than 250 beds. 工藤安史1, Kido S, Taruzuka Shahzad M, 三枝陽一2, 佐藤敏彦3, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2消化器内, 3臨床研究・企画): Industrial Health 2009/1; 47 (1): 70-9.

110041. [原著] Classification with detailed criteria for sick house syndrome which help to determine chemically affected patients. 宮島江里子1, 工藤安史1, 石橋美生1, 三木猛生1, 角田正史1, Sakabe K, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): The Kitasato Medical Journal 2009/3; 39 (1): 31-43.

110042. [原著] Long retention of refractory ceramic fibers with high SiO2 in the lungs of rats after intratracheal administation. 細川まゆ子1, 工藤雄一朗1, 杉浦由美子2, 小山美智代, 大田悦子, 三村剣司3, 茂木沙千代, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3医療技術教育): The Kitasato Medical Journal 2009/3; 39 (1): 78-81.

120010. [原著] 精神保健福祉法改正に伴う保健所の精神保健福祉業務の変化についての全国調査. 張  瑩1, 角田正史1, 高岡道雄, 佐々木昭子, 大井 照, 中田榮治, 竹島 正, 石下恭子, 上野文彌 (1衛生・公衆衛生): 北里医学 2008/6; 38 (1): 1-9.

120011. [原著] 大学病院糖尿病専門外来における診療支援導入による医師の業務改善調査−医師業務の分担化によるシミュレーション調査について−. 渡邊光康1, 坂本尚登2, 守屋達美3, 中嶋弘美, 鈴木美枝子, 高杉能婦子, 和田耕治1, 村田晃一郎4, 渋谷明隆5, 相澤好冶1, 藤井清孝6 (1衛生・公衆衛生, 2腎臓内, 3内分泌代謝内, 4放射線, 5医療安全・管理, 6脳神経外): 北里医学 2008/6; 38 (1): 15-24.

120012. [原著] 保健所管内における精神保健医療福祉資源についての全国調査−管内人口別, 保健所型別分析−. 辻 雅善1, 張  瑩1, 角田正史1, 相澤好治1, 石本寛子, 竹島 正, 佐々木昭子, 山口靖明, 中田榮治, 能登隆元, 大井 照, 酒井ルミ, 高岡道雄 (1衛生・公衆衛生): 目白大学短期大学部研究紀要 2008/12; p.55-66.

120013. [原著] 複数医療機関での救急搬送受け入れ困難 (いわゆる救急車たらい回し) の改善の施策に関する意識調査. 和田耕治1, 太田 凡, 藍原寛子, 田中陽香, 辻外記子, 中村文子, 長井晶彦 (1衛生・公衆衛生): 北里医学 2008/12; 38 (2): 101-5.

120014. [原著] 日本が地震災害時の歯科保健医療対応事例で学んだことは, 世界に情報発信されているか? 星 佳芳1, 中久木康一, 鶴田 潤, 小城明子, 戸原 玄, 村井真介, 小室貴子, 池内龍太郎1, 安藤雄一, 寺岡加代, 佐藤敏彦2 (1衛生・公衆衛生, 2臨床研究・企画): ヘルスサイエンス・ヘルスケア 2008/12; 8 (2): 69-74.

210004. [準原著] 【Protecting the Health of Health Care Workers; A Global Perspectine】Identification of priority action areas in hospitals in Japan. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): Proceedings of the International Commission on Occupational Health and American College of Occupational and Environmental Medicine 2007 State-of-the-Art Conference Pre-conference Workshop 2009/2; p.28

220006. [準原著] 多施設合同研修会に参加した看護師による暴言・暴力対策の検討−暴言・暴力対策ACLを活用して−. 富永知美, 三木明子, 黒田梨絵, 友田尋子, 吉川 徹, 和田耕治1 (1衛生・公衆衛生): 第39回日本看護学会論文集 看護総合 (39回) 2008/12; p.152-4.

220007. [準原著] 病院職員による暴力対策実施のためのアクションチェックリストの活用. 三木明子,富永知美,友田尋子,吉川 徹,和田耕治1 (1衛生・公衆衛生): 第39回日本看護学会論文集 看護総合 (39回) 2008/12; p.155-7.

510001. [総説] Implementing fit testing for N95 filtering facepiece respirators: practical information from a large cohort of hospital workers. McMahon E, Cohn C, 和田耕治1, Dufresne A (1衛生・公衆衛生): American Journal of Infection Control 2008/5; 36 (4): 298-300.

520010. [総説] 事業者・職場における新型インフルエンザ対策. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): 健康開発 2009/1; 13 (2): 58-64.

520011. [総説] シックハウス症候群の臨床分類と診断基準. 宮島江里子1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): 医学のあゆみ 2009/2; 228 (7): 780-2.

521002. [解説] 日本とケベック州の高齢化対策の共有をもとにした交流活動. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): 健康開発 2008/9; 13 (1): 70-3.

521003. [解説] 企業における新型インフルエンザ対策. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): かもめ 2008/9; 41: 12-3.

521004. [解説] 企業に求められる新型インフルエンザ対策. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): 労政時報 2008/11; 373: 63-77.

521005. [解説] 海外の産業保健専門職大学院の現状とわが国の課題. 和田耕治1, タナカ千恵子, 高橋 謙 (1衛生・公衆衛生): 産業医学レビュー 2008; 1 (3): 215-27.

521006. [解説] 諸外国における医師の健康を守る取り組み. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): 医学のあゆみ 2008; 227 (2): 131-4.

521007. [解説] 職場における新型インフルエンザ対策ガイドラインの活用. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): 労働の科学 2008; 63 (12): 714-7.

521008. [解説] 企業における新型インフルエンザ対策. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): 産業保健21 2009/1; 55: 105.

522003. [講座] 第1回 医療機関に必要な新型インフルエンザ対策. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): Mebio 2008/5; 25 (5): 140-5.

522004. [講座] 第2回 医療機関に必要な新型インフルエンザ対策−流行時に医療従事者を感染と過労から守る−. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): Mebio 2008/6; 25 (6): 14-9.

522005. [講座] 第3回 医療機関に必要な新型インフルエンザ対策−流行時に継続して医療を提供する−. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): Mebio 2008/7; 25 (7): 122-7.

522006. [講座] 第4回 医療従事者が最低限知っておくべき感染防護具の知識−新型インフルエンザ対策を中心に−. 和田耕治 (衛生・公衆衛生): Mebio 2008/8; 25 (8): 114-23.

522007. [講座] 医療機関での患者同士のトラブルについて考える. 和田耕治1, 谷山悌三 (1衛生・公衆衛生): Mebio 2008/11; 25 (11): 104-7.

540001. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 (主任研究者: 相澤好治)】産業保健関連分野における就業規則の好事例集の作成と中小企業を対象とした改訂のサポート体制の構築. 森山美緒, 和田耕治1, 奈良井理恵, 渡部真弓, 佐藤敏彦2 (1衛生・公衆衛生, 2臨床研究・企画): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 調査研究報告集 2008/4.

540002. [その他 (研究報告書)] シックハウス症候群の診断基準と分類に関する研究. 相澤好治1, 宮島江里子1 (1衛生・公衆衛生), クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書 平成19年度 2008/4; p.24-30.

540003. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 (主任研究者: 相澤好治)】産業保健関連分野における就業規則の好事例集の作成と中小企業を対象とした改訂のサポート体制の構築. 森山美緒, 和田耕治1, 奈良井理恵, 渡部真弓, 佐藤敏彦2 (1衛生・公衆衛生, 2臨床研究・企画): 平成19年度産業医学に関する調査研究助成 調査研究報告集 2008/4.

540004. [その他 (研究報告書)] 【平成18年度地域保健総合推進事業「精神保健対策の在り方に関する研究」】保健所精神保健福祉業務における危機介入手引き. 高岡道雄, 山口靖明, 佐々木昭子, 大井 照, 中田榮治, 竹島 正, 角田正史1, 上野文彌, 桑原 寛 (1衛生・公衆衛生): 日本公衆衛生協会 2008/12.

540005. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業「受診率向上につながるがん検診の在り方や, 普及啓発の方法の開発等に関する研究 (主任研究者: 渋谷大助)」】一般市民参加による大腸がん検診リーフレット作成に関する検討. 濱島ちさと, 星 佳芳1, 石垣千秋 (1衛生・公衆衛生): 厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業「受診率向上につながるがん検診の在り方や, 普及啓発の方法の開発等に関する研究」分担研究報告 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.27-31.

540006. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業「受診率向上につながるがん検診の在り方や, 普及啓発の方法の開発等に関する研究 (主任研究者: 渋谷大助)」】保健所における「がん検診」情報などのインターネット配信状況の検討. 星 佳芳1, 濱島ちさと, 緒方裕光, 石垣千秋, 三宮範子, 杉浦さおり, 松村薫子 (1衛生・公衆衛生): 厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業「受診率向上につながるがん検診の在り方や, 普及啓発の方法の開発等に関する研究」分担研究報告 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.47-51.

540007. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業「大規模災害時における歯科保健医療の健康危機管理体制の構築に関する研究 (主任研究者: 中久木康一)」】大規模災害時における歯科保健医療の健康危機管理体制の構築に関する研究. 中久木康一, 星 佳芳1, 鶴田 潤, 戸原 玄, 村井真介, 小室貴子, 岩原香織, 岩嶋秀明, 清田義和, 伊藤 礼 (1衛生・公衆衛生): 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業「大規模災害時における歯科保健医療の健康危機管理体制の構築に関する研究」総括研究報告 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.1-12.

540008. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業「大規模災害時における歯科保健医療の健康危機管理体制の構築に関する研究 (主任研究者: 中久木康一)」】災害時歯科保健医療従事者/栄養士活動に関する資料の収集と情報提供・普及・啓発に関する研究. 星 佳芳1, 中久木康一, 鶴田 潤, 戸原 玄, 村井真介, 小室貴子, 杉浦さおり, 松村薫子 (1衛生・公衆衛生): 厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業「大規模災害時における歯科保健医療の健康危機管理体制の構築に関する研究」分担研究報告 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.139-58.

540009. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】相澤好治 (衛生・公衆衛生), シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成18〜20年度総合研究報告書 2009/3; p.1-8.

540010. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】微量化学物質曝露におけるfunctional MRIを用いた脳画像の検討. 相澤好治1, 三木猛生1, 角田正史1, 井上葉子2, 杉浦由美子2, 宮島江里子1, 工藤安史1, 菅 信一3, 坂部 貢 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3放射線): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成20年度報告書 2009/3; p.7-19.

540011. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】シックハウス症候群の臨床分類. 相澤好治1, 宮島江里子1, 角田正史1, 三木猛生1, 和田耕治1, 遠乗秀樹1, 尾島正幸1, 遠乗陽子1, 石橋美生1, 坂部 貢, 松井孝子, 小沢 学 (1衛生・公衆衛生): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成18〜20年度総合研究報告書, 2009/3; p.21-31

540012. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】日本の異なったMCS・SHS群患者群の症状・反応性の比較. 相澤好治1, 北條祥子, 熊野宏昭, 吉野 博, 石川 哲 (1衛生・公衆衛生), シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成20年度報告書 2009/3; p.27-35.

540013. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】シックハウス症候群の臨床分類. 相澤好治1, 宮島江里子1, 角田正史1, 三木猛生1, 和田耕治1, 遠乗秀樹1, 尾島正幸1, 遠乗陽子1, 石橋美生1, 坂部 貢, 松井孝子, 小沢 学 (1衛生・公衆衛生): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成20年度報告書 2009/3; p.17-25.

540014. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】微量化学物質によるシックハウス症候群患者の診断補助・スクリーニング用問診票としてのQEESI. 相澤好治1, 北條祥子, 熊野宏昭, 吉野 博, 石川 哲 (1衛生・公衆衛生), シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成18〜20年度総合研究報告書 2009/3; p.33-44.

540015. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】シックハウス症候群に共通の客観的診断法に関する研究−神経学的手法を用いた総合評価−. 坂部 貢, 相澤好治1, 石川 哲, 宮田幹夫, 松井孝子, 小沢 学, 清野正子, 中村亮介 (1衛生・公衆衛生), シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成20年度報告書 2009/3; p.81-9.

540016. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金健康安全・危機管理対策総合研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】シックハウス症候群の客観的評価法に有用な診断学的指標の抽出と標準化. 坂部 貢, 相澤好治1, 石川 哲, 宮田幹夫, 松井孝子, 小沢 学, 清野正子, 中村亮介, 今津恭平 (1衛生・公衆衛生), シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成18〜20年度総合研究報告書 2009/3; p.91-124.

540017. [その他 (研究報告書)] 【日本医師会 勤務医の健康支援に関するプロジェクト委員会中間報告 (日本医師会審議委員会: 委員長 保坂 隆)】勤務医の健康支援に関するプロジェクト委員会中間報告, p.1-24. 後藤隆久, 中嶋義文, 平井愛山, 松島英介, 吉川 徹, 和田耕治1 (1衛生・公衆衛生): 日本医師会 勤務医の健康支援に関するプロジェクト委員会中間報告 2009/3.

540018. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 (主任研究者: 押谷 仁)】新型インフルエンザ流行時の停留の手引きのあり方に関する研究. 和田耕治1, 三木和彦, 田中 毅, 平井正志, 阪口洋子1 (1衛生・公衆衛生): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 新型インフルエンザ大流行時の公衆衛生対策に関する研究 平成20年度総括・分担研究年度終了報告書 2009/3; p.124-53.

540019. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 (主任研究者: 押谷 仁)】新型インフルエンザまん延期における診療継続計画作成の手引き作成に関する研究. 和田耕治1, 三木和彦, 田中 毅, 平井正志, 阪口洋子1 (1衛生・公衆衛生): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 新型インフルエンザ大流行時の公衆衛生対策に関する研究 平成20年度総括・分担研究年度終了報告書 2009/3; p.154-79.

540020. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 (主任研究者: 押谷 仁)】N95マスク (防じんマスクDS2) のフィットテストの教育ツール作成に関する研究. 和田耕治1, 吉川 徹 (1衛生・公衆衛生): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 新型インフルエンザ大流行時の公衆衛生対策に関する研究 平成20年度総括・分担研究年度終了報告書 2009/3; p.180-7).

540021. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 (主任研究者: 押谷 仁)】小児用のマスクの現状と今後の開発のあり方に関する検討. 和田耕治1, 満田年宏 (1衛生・公衆衛生): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 新型インフルエンザ大流行時の公衆衛生対策に関する研究 平成20年度総括・分担研究年度終了報告書 2009/3; p.188-96.

540022. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 (主任研究者: 押谷 仁)】N95マスク (防じんマスクDS2) のフィットテストに関する現状とトレーニングによるフィット率改善に関する研究. 吉川 徹, 木村菊二, 和田耕治1 (1衛生・公衆衛生): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 新型インフルエンザ大流行時の公衆衛生対策に関する研究 平成20年度総括・分担研究年度終了報告書 2009/3; p.197-207.

540023. [その他 (研究報告書)] オリゴヌクレオチドマイクロアレイを用いた有機スズ化合物の発達神経毒性の検討. 角田正史 (衛生・公衆衛生), 平成18年度〜平成20年度日本学術振興会 科学研究費補助金基盤研究(C)研究結果報告書 (主任研究者: 角田正史), 2009/3.

[著 書]

620004. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】法定の特殊健診: 塩素, p.108. 和田耕治1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620005. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】法定の特殊健診: トリレンジイソシアネート, p.119. 和田耕治1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620006. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】法定の特殊健診;ニッケルカルボニル, p.120. 和田耕治1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620007. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】法定の特殊健診: β-プロピオラクトン, p.124. 和田耕治1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620008. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】法定の特殊健診, p.129. 和田耕治1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620009. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】法定の特殊健診: 硫酸ジメチル, p.130. 和田耕治1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620010. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】法定の特殊健診: その他, p.134-6. 三木猛生1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620011. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】指導勧奨によるもの: 亜硫酸ガス, p.144. 三木猛生1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620012. [学術書] (分担執筆) 【事例で学ぶ一般健診・特殊健診マニュアル, 改訂第2版】指導勧奨によるもの: その他, p.169. 三木猛生1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 圓藤吟史, 萩原 聡, 巽 典之, 宇宙堂八木書店, 2008/6発行.

620013. [学術書] (分担執筆) 【働く人々のCommon Diseasesの臨床と予防管理−とくに過重労働対策の産業医・産業保健活動の実際−】生活習慣病の臨床と予防管理, p.69-75. 相澤好治1, 宮島江里子1 (1衛生・公衆衛生), 産業医学振興財団, 2008/7発行.

620014. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】中毒性疾患, p.1528-32. 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2消化器内), 医学書院, 2009/1発行.

620015. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】ガス中毒, p.1542-4. 角田正史1 (1衛生・公衆衛生), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治1 (2消化器内), 医学書院, 2009/1発行.

620016. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】酸素欠乏症, p.1544-6. 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治1 (2消化器内), 医学書院, 2009/1発行.

620017. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】クロム中毒, p.1555. 角田正史1 (1衛生・公衆衛生), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治1 (2消化器内), 医学書院, 2009/1発行.

620018. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】マンガン中毒, p.1555-6. 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治1 (2消化器内), 医学書院, 2009/1発行.

620019. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】シックハウス症候群, p.1568-70. 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治1 (2消化器内), 医学書院, 2009/1発行.

620020. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】作業関連疾患, p.1600-2. 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治1 (2消化器内), 医学書院, 2009/1発行.

620021. [学術書] (分担執筆・分担編集) 【今日の治療指針2009年版−私はこう治療している】環境・職業性因子による疾患の動向, p.753. 相澤好治 (衛生・公衆衛生), 総編集 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢, 医学書院, 2009/1発行.

620022. [学術書] (分担執筆・分担編集) 【今日の治療指針2009年版−私はこう治療している】環境・職業性因子による疾患の動向, p.753-62. 相澤好治 (衛生・公衆衛生), 総編集 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢, 医学書院, 2009/1発行.

620023. [学術書] (共著) 中小企業BCP策定運用指針を用いた新型インフルエンザ対策のための中小企業BCP (事業継続計画) 策定指針. 五十嵐克也, 菊池慶幸, 瀬戸 実, 高岡泰彦, 平田二夫, 渡辺研司, 和田耕治1 (1衛生・公衆衛生), 編 経済産業省中小企業庁, 経済産業省中小企業庁, 2009/3発行.

620024. [学術書] (DVD) 一般医療機関における暴言・暴力の予防と対策. 吉川 徹, 和田耕治1 (1衛生・公衆衛生), ケアネット, 2009発行.

621001. [学術書] ストップ!病医院の暴力・暴言対策ハンドブック. 監修 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生), 編 和田耕治1, メジカルビュー社, 2008/7発行.

622003. [学術書] (翻訳) 【健康影響評価 概念・理論・方法および実施例】カナダの政策におけるHIA, p.129-38. 和田耕治 (衛生・公衆衛生), 監訳 藤野善久, 松田晋哉, 社会保険研究所, 2008/11発行.

622004. [学術書] (翻訳) 【健康影響評価 概念・理論・方法および実施例】HIA;ドイツのとらえ方, p.195-204. 和田耕治 (衛生・公衆衛生), 監訳 藤野善久, 松田晋哉, 社会保険研究所, 2008/11発行.

622005. [学術書] (翻訳) 【健康影響評価 概念・理論・方法および実施例】カナダでの影響評価: 発展のプロセス , p.1239-44. 和田耕治 (衛生・公衆衛生), 監訳 藤野善久, 松田晋哉, 社会保険研究所, 2008/11発行.

[学会・研究会等]

713014. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of fluoride on viability and splenic cytokine productions of male hereditary nephrotic mice after oral administration. 角田正史1, Tsunoda H, Itai K, 張  瑩1, Kodama Y, Sugita-Konishi Y, 片桐裕史, 細川まゆ子1, 菅谷ちえ美, 井上葉子2, 三木猛生1, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦3, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3臨床研究・企画): International Society Fluoride Research XXVIII (2008/8/7), カナダ.

723062. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 健康診断時の尿検査による慢性腎臓病 (CKD) スクリーニングの妥当性について. 川島正敏1, 和田耕治1, 川島陽子, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 349.

723063. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 我が国の製造工場における産業医の保健指導に対する労働者の主観的有用性およびニードに関連する要因. 工藤安史1, 佐藤敏彦2, 石橋美生1, 宮島江里子1, 渡邊光康1, 三木猛生1, 城戸滋里3, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2臨床研究・企画, 3看護学部): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 362.

723064. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) タイプA行動パターン (TABP) のチェックを自己記入型ストレスチェックと同時に実施する必要性について. 金子多香子, 柴田稔久, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 390.

723065. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) IT企業のアンケートより「睡眠時間 (量)」と「睡眠満足度 (質)」のストレス自覚への影響と, 「睡眠」に「生活習慣 (運動)」が与える影響について. 赤尾ますみ, 金子多香子, 相澤好治1, 柴田稔久 (1衛生・公衆衛生): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 391.

723066. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) トリブチルスズ二世代曝露による仔ラットの脳内神経伝達物質への影響 (第2報)−2週令での評価−. 角田正史1, 井上葉子2, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦3, 片桐裕史, 田代朋子, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3臨床研究・企画): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 391.

723067. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット気管内投与によるリフラクトリーセラミックファイバーの毒性評価: 投与量の検討. 細川まゆ子1, 工藤雄一朗1, 茂木沙千代, 三村剣司2, 大田悦子, 小山美智代, 杉浦由美子3, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2医療技術教育, 3予防医学系): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 499.

723068. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺磁界測定法によるロックウールの肺障害性評価. 工藤雄一朗1, 茂木沙千代, 三村剣司2, 大田悦子, 小山美智代, 杉浦由美子3, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2医療技術教育, 3予防医学系): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 499.

723069. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 職業性ストレスとうつ病による30日以上の疾病休業: JSTRESSデータにおける5年間の追跡調査. 川上憲人, 石崎昌夫, 林 剛司, 廣 尚典, 桝本 武, 宮崎彰吾, 小林章雄, 藤田 定, 相澤好治1, 原谷隆史, 荒記俊一 (1衛生・公衆衛生): 第81回日本産業衛生学会 (2008/6/24), 札幌, 産業衛生学雑誌 2008; 50 (臨増): 515.

723070. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 人口脳硬膜の安全性評価に関する研究: ポリ乳酸ラクチド膜埋め込みラットの神経伝達物質を用いた毒性評価. 角田正史1, 辻 雅善1, 木村幸子, 張  瑩1, 菅谷ちえ美, 井上葉子3, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦2, 片桐裕史, 秋田久直, 佐治眞理, 土屋利江, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2臨床研究・企画, 3予防医学系): 第19回日本微量元素学会学術集会 (2008/7/3), 東京, Biomed Res Trace Elements 2008; 19 (2): 195.

723071. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) シックハウス症候群の診断と臨床分類. 宮島江里子1, 石橋美生1, 三木猛生1, 角田正史1, 坂部 貢2, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2薬学部): 第17回日本臨床環境医学会総会 (2008/7/4), 旭川, 抄録集 2008; p.37.

723072. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 化学物質過敏症患者のfMRIを用いた微量化学物質曝露時脳画像の検討. 三木猛生1, 宮島江里子1, 工藤安史1, 角田正史1, 菅 信一2, 坂部 貢3, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2放射線, 3薬学部): 第39回日本職業・環境アレルギー学会総会 (2008/7/18), 東京, 日本職業・環境アレルギー学会雑誌 2008; 16 (1): 24.

723073. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 自己記入式職場適応度指標作成とその信頼性について. 花井友美, 金子多香子, 赤尾ますみ, 柴田稔久, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): 第24回日本ストレス学会学術総会 (2008/10/31), 大阪, ストレス科学 2008; 23 (2): 83.

723074. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 自己記入式職場適応度指標とストレス反応の関連について. 金子多香子, 花井友美, 赤尾ますみ, 柴田稔久, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): 第24回日本ストレス学会学術総会 (2008/10/31), 大阪, ストレス科学 2008; 23 (2): 178.

723075. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 保健所における「がん情報」と「たばこ情報」のインターネット配信状況. 星 佳芳1, 吉見逸郎, 緒方裕光 (1衛生・公衆衛生): 第67回日本公衆衛生学会総会 (2008/11/5-7), 福岡, 日本公衆衛生雑誌 2008/10; 55 (10) 特別付録: 229.

723076. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医師の慢性疲労と仕事の満足度に関連する就業環境要因に関する研究. 和田耕治1, 有松まゆり, 東 敏昭, 織田 進, 吉川 徹, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): 第67回日本公衆衛生学会総会 (2008/11/6), 福岡, 日本公衆衛生雑誌 2008/10; 55 (10) 特別付録: 371

723077. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 口腔と食品および栄養摂取の関連〜国民健康・栄養調査の個票データによる解析〜. 安藤雄一, 北村雅保, 齋藤俊行, 野村義明, 星 佳芳1, 花田信弘 (1衛生・公衆衛生): 第67回日本公衆衛生学会総会 (2008/11/5-7), 福岡, 日本公衆衛生雑誌 2008/10; 55 (10) 特別付録: 598.

723078. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 鼻部吸入曝露実験によるロックウールの有害性評価の検討. 工藤雄一朗1, 杉浦由美子2, 茂木沙千代, 三村剣司3, 大田悦子, 小山美智代, 角田正史1, 佐藤敏彦4, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3医療技術教育, 4臨床研究・企画): 第56回日本職業・災害医学会学術大会 (2008/11/7), 東京, 日本職業・災害医学会会誌 2008; 56 (臨増): 116.

723079. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) トリブチルスズ二世代曝露に仔ラットの脳内神経伝達物質への影響−6週令での評価−. 角田正史1, 菅谷ちえ美, 井上葉子2, 工藤雄一朗1, 佐藤敏彦3, 片桐裕史, 若佐美佳, 田代朋子, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3臨床研究・企画): 第56回日本職業・災害医学会学術大会 (2008/11/7), 東京, 日本職業・災害医学会会誌 2008; 56 (臨増): 157.

723080. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 40歳以下の女性を対象に, 口元の調節紐および立体接顔クッションを付属することによるN95マスク (DS2マスク) のフィットする割合の向上に関する研究. 川島正敏1, 和田耕治1, 久保公平2, 大角 彰2, 吉川 徹3, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2興研, 3労働科学研): 第24回日本環境感染学会総会 (2009/2/27), 横浜, 環境感染誌 2009; 24: 356.

723081. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医療機関の環境や保護具の表面でのインフルエンザウイルスの生存と感染力に関する研究. 和田耕治1, 吉田朋美, 広瀬達子, 渡辺まゆみ, 中野竜一, 梶岡実雄, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生): 第24回日本環境感染学会総会 (2009/2/28), 横浜, 環境感染誌 2009; 24: 457.

723082. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 40歳以下の女性を対象に, 口元の調節紐および立体接顔クッションを付属することによるN95マスク (DS2マスク) のフィットする割合の向上に関する研究. 川島正敏1, 和田耕治1, 久保公平2, 大角 彰2, 吉川 徹3, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2興研, 3労働科学研): 第79回日本衛生学会総会 (2009/3/31), 東京, 日本衛生学雑誌 2009; 64 (2): 443.

723083. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) J774.1細胞へのフッ素添加による生存率と細胞骨格機能への影響. 細川まゆ子1, 菅谷ちえ美, 井上葉子2, 角田正史1, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系): 第79回日本衛生学会総会 (2009/3/31), 東京, 日本衛生学雑誌 2009; 64 (2): 576.

723084. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) シックハウス症候群 (SHS) の診断基準と基準付臨床分類の適用と化学物質に関連しないSHS患者. 宮島江里子1, 工藤安史1, 石橋美生1, 三木猛生1, 角田正史1, 坂部 貢2, 相澤好治1 (1衛生・公衆衛生, 2薬学部): 第79回日本衛生学会総会 (2009/3/31), 東京, 日本衛生学雑誌 2009; 64 (2): 600.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-540001. [その他 (研究報告書)] 【宇宙航空研究開発機構委託研究 船内空気環境汚染による健康障害に対する, モニタリングシステムの研究】有毒ガスのリアルタイムでの測定装置の開発に関する研究. 相澤好治1, 三木猛生1, 小口 博2, 星野房助2, 小西淑人3, 岡田充史1, 井上葉子4 (1衛生・公衆衛生, 2ガステック, 3日本作業環境測定協会, 4予防医学系): 宇宙航空研究開発機構委託研究 船内空気環境汚染による健康障害に対する, モニタリングシステムの研究 (主任研究者: 相澤好治) 平成19年度JAXA委託研究報告書 (その2) 2008/2; p.1.

H19-540002. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】シックハウス患者の住宅確保に関する研究. 相澤好治 (衛生・公衆衛生): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス患者の住宅確保に関する研究 平成19年度報告書 2008/3; p.1-4.

H19-540003. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】MCS脳画像解析. 相澤好治1, 三木猛生1, 宮島江里子1, 井上葉子2, 杉浦由美子2, 日吉沙千代, 角田正史1, 菅 信一3, 坂部 貢, 宮田幹生, 石川 哲 (1衛生・公衆衛生, 2予防医学系, 3放射線): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成19年度報告書 2008/3; p.9-20.

H19-540004. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】シックハウス症候群の臨床分類. 相澤好治1, 宮島江里子1, 角田正史1, 三木猛生1, 和田耕治1, 遠乗秀樹1, 尾島正幸1, 遠乗陽子1, 石橋美生1, 川上智史, 坂部 貢, 松井孝子, 小沢 学, 西中川秀太 (1衛生・公衆衛生): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成19年度報告書 2008/3; p.21-31.

H19-540005. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】QEESIを用いた日本のシックハウス症候群患者のスクリーニング用カットオフ値の設定および常時曝露化学物質の影響の検討. 相澤好治1, 北條祥子, 熊野宏昭, 石川 哲, 宮田幹生, 坂部 貢 (1衛生・公衆衛生): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成19年度報告書 2008/3; p.33-47.

H19-540006. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 (主任研究者: 相澤好治)】シックハウス症候群の客観的評価法の標準化に関する研究−電子瞳孔計を用いた推定原因化学物質別評価結果を中心として−. 坂部 貢, 相澤好治1, 石川 哲, 宮田幹生, 松井孝子, 小沢 学 (1衛生・公衆衛生): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金地域健康危機管理研究事業 シックハウス症候群の診断・治療法及び具体的対応方策に関する研究 平成19年度報告書 2008/3; p.101-9.

H19-540007. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究 (研究代表者: 相澤好治)】労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究. 相澤好治 (衛生・公衆衛生): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究 平成19年度総括・分担研究報告書 2008/3; p.1.

H19-540008. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究 (研究代表者: 相澤好治)】胸部エックス線検査によるスクリーニングに関する文献とガイドラインのレビュー. 相澤好治1, 和田耕治1 (1衛生・公衆衛生): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究 平成19年度総括・分担研究報告書 2008/3; p.7-11.

H19-540009. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金 地域健康危機管理研究事業 (主任研究者: 小畑美知夫)】特定建築物以外の居住環境の維持管理に関する研究. 池田耕一, 相澤好治1, 東 賢一, 小畑美知夫, 鍵 直樹, 金子岳夫, 輿膳慶三, 谷川 力, 西村直也, 古畑勝則, 簑島 稔, 柳  宇, 吉野 博, 塩津弥佳 (1衛生・公衆衛生): 平成19年度 建築物の衛生的環境の維持管理に関する研究報告書 2008/3; p.6-88.

H19-540010. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学助成研究 地域健康危機管理研究事業 (主任研究者: 北川謙定)】精神保健医療分野における健康危機管理体制の評価指標・効果の評価に関する研究. 高岡道雄, 伊藤善信, 東海林文夫, 大井 照, 角田正史1, 竹島 正, 柳 尚夫, 郷司純子, 石本寛子, 曽根啓一 (1衛生・公衆衛生): 平成19年度地域保健総合推進事業「精神保健医療分野における健康危機管理体制の評価指標・効果の評価に関する研究」報告書 2008/3; p.1-47.


法医学

[学術論文]

110043. [原著] Etizolam and its major metbolites in two unnatural death cases. Nakamae T, Shinozuka T, Sasaki C, Ogamo A, 村上千香子1, Irie W, Terada M, 中村茂基1, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医): Forensic Science International 2008; 182: e1-6.

110044. [原著] Analysis of mtDNA control region using mitoSEQrTM resequencing system and its forensic application. Forensic Science International. 中村茂基1, 村上千香子1, Irie W, Kobayashi M, Maeda K, Sasaki C, Nakamaru N, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医): Genetics Supplement Series 1 2008; p.292-4.

110045. [原著] A fatality due to inhalation of 1,1-difluoroethane (HFC-152a) with a peculiar device. Chizuko Sasaki, Tatsuo Shinozuka, Wataru Irie, Takuma Nakamae, 村上千香子1, Naomi Nakamaru, 古川理孝1, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医): Forensic Toxicol 2009; 27: 45-8.

110046. [原著] A case of V-A shunt catheters migration into the pulmonary artery. Wataru Irie, 古川理孝1, 村上千香子1, Masamune Kobayashi, Kazuho Maeda, Naomi Nakamaru, Chizuko Sasaki, Kota Shibuya, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医): Legal Medicine 2009; 11: 25-9.

220008. [準原著] 心筋症の遺伝子解析VII−ミオシン結合蛋白C遺伝子の変異解析−. 村上千香子1, 中村茂基1, 小林正宗, 前田一輔, 入江 渉, 佐々木千寿子, 中丸尚美, 古川理孝1 (1法医): DNA多型 2008; 16: 207-9.

[学会・研究会等]

723085. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 初診時の対応が問題となる高齢者のイレウス3例. 入江 渉1, 古川理孝2, 佐々木千寿子, 中丸尚美, 村上千香子2, 小林正宗, 前田一輔, 中村茂基2, 朴 宜雨, 栗原克由2 (1医療系研究科・法医学, 2法医): 第92次日本法医学会総会 (2008/4/24), 長崎.

723086. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋症の遺伝子解析VIII−ミオシン結合蛋白C遺伝子の変異解析−. 前田一輔1, 中村茂基2, 小林正宗, 村上千香子2, 入江 渉, 佐々木千寿子, 中丸尚美, 古川理孝2, 栗原克由2 (1医療系研究科・法医学, 2法医): 第92次日本法医学会総会 (2008/4/24), 長崎.

723087. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 覚醒剤中毒により自傷および特異な行動をとった一剖検例. 佐々木千寿子1, 入江 渉2, 篠塚達雄, 前田一輔, 小林正宗, 村上千香子3, 中丸尚美, 中村茂基3, 古川理孝3, 栗原克由3 (1形態系, 2医療系研究科・法医学, 3法医): 第92次日本法医学会総会 (2008/4/24), 長崎.

723088. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ハルシオン単剤服用剖検例におけるトリアゾラムのGC/MSおよびHPLC分析事例. 佐々木千寿子1, 寺田 賢2, 吉村久仁子3, 入江 渉4, 村上千香子5, 中丸尚美, 古川理孝5, 中村茂基5, 栗原克由5, 篠塚達雄6 (1形態系, 2東邦大・法医, 3病態・診療系, 4医療系研究科・法医学, 5法医, 6横浜薬科大・病態生理): 日本法中毒学会第27年会 (2008/6/14), 東京.

723089. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Real-Time PCRを用いたTaqMan Probe ABO genotyping. 前田一輔, 中村茂基1, 村上千香子1, 小林正宗, 入江 渉, 金子友則, 和田文太, 佐々木千寿子, 中丸尚美, 古川理孝1, 栗原克由1 (1法医): 日本DNA多型学会第17回学術集会 (2008/11/21), 東京.

733012. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) デパートトイレ内におけるKCl静注自殺の特異な一剖検例. 小林正宗1, 入江 渉1, 古川理孝2, 村上千香子2, 中丸尚美, 佐々木千寿子, 前田一輔, 金子友則, 和田文太, 中村茂基2, 栗原克由2 (1医療系研究科・法医学, 2法医): 第58回日本法医学会九州地方会 (2008/10/25), 大分.

733013. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神奈川県県北地域で発生した硫化水素自殺の検討. 佐々木千寿子1, 篠塚達雄, 入江 渉2, 吉村久仁子3, 村上千香子4, 中丸尚美, 小林正宗, 前田一輔, 和田文太, 金子友則, 中村茂基4, 古川理孝4, 栗原克由4 (1形態系, 2医療系研究科・法医学, 3病態・診療系, 4法医): 第77回日本法医学会関東地方会 (2008/11/1), 東京.


医療社会学


医用情報学


実験動物学

[学術論文]

110047. [原著] Profile of new GFP-transgenic Jinhua pigs as an imaging source. Tatsuo Kawarasaki, Kazuhiko Uchiyama, 東 貞宏1, Masayoshi Otake, Masatoshi Shibata, Seiko Tsuchiya, Hiroyuki Yoshino, Yoji Hakamata, Hozumi Tanaka, Takashi Murakami, Eiji Kobayashi (1実動): Journal of Biomedical Optics 2009; 14 (5号): 054017.

[学会・研究会等]

723090. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Long-Evans Cinnamon (LEC) ラットにおける肝臓の組織学的解析. 青野友美1, 酒井康弘2, 古舘専一1 (1実動, 2解剖): 第55回日本実験動物学会総会 (2008/5/16), 仙台.

723091. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メチマゾール投与による甲状腺機能低下症モデルラット脳組織におけるN-methyl-D-asparatic acid受容体の発現とリン酸化. 大西 新, 柳沼雅貴, 古舘専一1 (1実動): 第81回日本内分泌学会総会 (2008/5/18), 青森.

723092. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片側の核を除核したマウス2細胞期胚の発生能. 片田理沙, 東 貞宏1, 古館専一1 (1実動): 第101回日本繁殖生物学会 (2008/9/19), 福岡.

723093. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ウサギ急性冠症候群モデルIII. 左冠動脈 LLVB 閉塞・再灌流後の心電図 QRS の変化. 諸星康雄1, 金井孝夫2, 中山茂信, 丸山茂善3, 池田忠生4 (1実動, 2東京女子医大, 3解析センター, 4日本大学・医): 第146回 日本獣医学会学術集会 (2008/9/24), 宮崎市.

723094. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) LECラットのGeneChipを用いた遺伝子解析. 古舘専一1, 青野友美1, 林 正信, 小久保謙一2, 安岡有紀子3 (1実動, 2医療衛生学部, 3生理): 第146回日本獣医学会学術集会 (2008/9/24), 宮崎市.

723095. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性冠動脈症候群ウサギモデル (右・左冠動脈閉塞再灌流) 傷害部位と心電図. 諸星康雄1, 金井孝夫2, 守田憲崇, 竹内昭博, 池田憲昭3, 宮原英夫4 (1実動, 2東京女子医科大学, 3医療衛生学部, 4豊橋創造大学リハビリテーション学部): 第24 回心電情報処理ワークショップ (2008/10/18), 三浦市.

733014. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 加圧による組織内血流量変化に着目した褥瘡発生メカニズムの解明, 組織の血液透過性評価. 諸星康雄1, 三木将仁2, 森田真史3, 渡辺信介3 (1実動, 2埼大総研機構, 3埼大院理工3): バイオトライポロジ研究会 (2009/3/14), 大阪市.

H19年度以前分

[学術論文]

H18-120001. [原著] 急性冠症候群モデルウサギにおける食道内誘導心電図記録の試み (Trial of esophageal electrocardiogram recording in the acute coronary model rabbit). 諸星康雄 (実動): 日仏獣医学会誌 2007/3; 18 (1-2): 22-3.

[学会・研究会等]

H19-723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ウサギのブラインド気管内挿管法とストッパー付スタイレット. 諸星康雄1, 金井孝夫2, 池田忠生3, 山岸義尚4 (1実動, 2東京女子医大, 3日大医学部, 4夏目製作所): 平成19年度日本獣医師会学会年次大会 (2008/2/10), 香川.

H19-723004. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ウサギ急性冠症候群モデルにおける左前下行枝閉塞の心電図. 諸星康雄1, 金井孝夫2, 中山茂信, 池田忠生3 (1実動, 2東京女子医大, 3日本大学・医): 第38 回日仏獣医学会研究例会 (2008/3/2), 東京.

H19-723005. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ウサギ急性冠症候群モデルII-5, 左前下行枝閉塞の心電図. 諸星康雄1, 金井孝夫2, 中山茂信, 池田忠生3 (1実動, 2東京女子医大, 3日本大学・医): 第145回日本獣医学会学術集会 (2008/3/30), 相模原市.


免疫学

[学術論文]

110048. [原著] Production of monoclonal antibodies to a short extracellular portion of SHP2-interacting transmembrane adaptor protein by DNA immunization. Yuka Tsukagoshi, Nana Shimizu, Yukiko Matsuno, Haruka Katagiri, 江島耕二1, Koichi Ito, Misao Iizuka, 篠原賢信1 (1免疫): Kitasato Med J 2009/3; 39 (1): 44-51.


生物学


物理学

[学術論文]

110049. [原著] Plasma physics and radiation hydrodynamics in developing an extreme ultraviolet light source for lithography. Katsunobu Nishihara, Atsushi Sunahara, Akira Sasaki, Masanori Nunami, Hajime Tanuma, Shinsuke Fujioka, Yoshinori Shimada, Kazumi Fujima, Hiroyuki Furukawa, Takako Kato, 小池文博1, Richard More, Masakatsu Murakami, Takeshi Nishikawa, Vasilii Zhakhovskii, Kouhei Gamata, Akira Takata, Hirofumi Ueda, Hiroaki Nishimura, Yasukazu Izawa, Noriaki Miyanaga, Kunoki Mima (1物理): Phys Plasmas 2008/5; 15: 56708.

110050. [原著] Irregularity of Autoionizing Rydberg Series in Photoionization Leading to the Si3+ 3l States from the Mg-Like Si2+ Ions. Dae-Soung Kim, 小池文博1 (1物理): Dae-Soung Kim Fumihiro Koike Journal of the Physical Society of Japan 2008/11; 77: 124302-13.

110051. [原著] Photoabsorption and subsequent decay of Na and Mg atoms in the 2s-np autoionizing resonance region. Osawa T, Tohyama Y, Obara S, Nagata T, Azuma Y, 小池文博1 (1物理): J Phys B: At Mol Opt Phys 2008/12; 41 (24): 245206.

110052. [原著] Detailed atomic modeling of Sn plasmas for the EUV source. Sasaki A, Sunahara A, Nishihawra K, Nishikawa T, 小池文博1, Tanuma H (1物理): J Phys: Conf Ser 2008; 112: 42062.

110053. [原著] Modeling of the Atomic Processes and Photo Emission of the Plasmas for the EUV Source. Akira SASAKI, Atsushi SUNAHARA, Katsunobu NISHIHARA, Takeshi NISHIKAWA, 小池文博1, Hajime TANUMA (1物理): The Review of Laser Engineering 2008; 36: 1132.

110054. [原著] Study on anisotropic fast electron transport by polarized K-shell radiation in ultra-short intense laser produced plasmas. Kawamura T, Kai T, 小池文博1, Nakazaki S, Inubushi Y, Okano Y, Fujioka S, Nishimura H, Nakamura T, Johzaki T, Nagatomo H, Mima K (1物理): J Phys: Conf Ser 2008; 112: 22097.

110055. [原著] EUV spectroscopy of Xe ions from the large helical device at the National Institute for Fusion Science for stable plasmas and plasmas undergoing radiation collapse. Kato T, Funaba H, Sato K, Kato D, Song M-Y, Yamamoto N, Tanuma H, Ohashi H, Sasaki A, 小池文博1, Nishihara K, Fahy K, Sullivan G O (1物理): J Phys B: At Mol Opt Phys 2008; 41: 035703-1-10.

110056. [原著] Time dependent aspects in the ionizations following atomic photoexcitations. 小池文博 (物理): Nucl Inst and Meth B 2009/1; 267 (2): 231-4.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-110001. [原著] Excitation and decay dynamics of 1s2s inner-shell double-vacancy states of neon atoms. Xiaobin Ding, Chenzhong Dong, 小池文博1, Takako Kato, Stephan Fritzsche (1物理): Chinese Physics B 2008/2; 17 (2): 0592-7.

H19-210001. [準原著] Advanced laser-produced EUV light source for HVM with conversion efficiency of 5-7% and B-field mitigation of ions. Nishihara K, Sunahara A, Sasaki A, Fujioka S, Shimad Y, Nunami M, Tanuma H, Murakami M, Aota T, Fujima K, Furukawa H, Nishikawa T, 小池文博1, More R, Kato T, Zhakhovskii V, Gamata K, Ueda H, Nishimura H, Yuba Y, Nagai K, Miyanaga N, Izawa Y, Mima K (1物理): Proc SPIE 2008/3; 6921: 69210Y.


生体工学


食品感染症学


消化器内科学

[学術論文]

110057. [原著] Prediction of the effect of capecitabine in gastric cancer by immunohistochemical staining of thymidine phosphorylase and dihydropyrimidine dehydrogenase. 小泉和三郎1, 岡安 勲2, Hyodo I3, Sakamoto J3, Kojima H3 (1消化器内, 2病理, 3Clinical Study Group of Capecitabine): Anticancer Drugs. 2008; 19 (8): 819-24.

110058. [原著] A phase II study of sequential methotrexate and 5-fluorouracil chemotherapy in previously treated gastric cancer: a report from the Gastrointestinal Oncology Group of the Japan Clinical Oncology Group, JCOG 9207 trial. Hamaguchi T1, Shirao K1, Yamamichi N1, Hyodo I1, 小泉和三郎1,2, Seki S1, Imamura T1, Honma H1, Ohtsu A1, Boku N1, Mukai T1, Yamamoto S1, Fukuda H1, Yoshida S1 (1Gastrointestinal Oncology Study Group of Japan Clinical Oncology Group, 2消化器内): Jpn J Clin Oncol 2008; 38 (6): 432-7.

110059. [原著] Efficacy and safety of omeprazole in Japanese patients with nonerosive reflux disease. Uemura N, Inokuchi H, Serizawa H, Chikama T, Yamauchi M, Tsuru T, Urata T, Yurino N, 田邉 聡1, Yoshida T, Kawamura S, Murakami A, Yamamoto M, Chiba T Jo (1消化器内): Journal of Gastroenterology 2008; 43: 670-8.

110060. [原著] Clinical outcomes of endoscopic oblique aspiration mucosectomy for superficial esophageal cancer. 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 中谷研斗1, 鼻岡 昇1, 阿江太佳子1, 石戸謙次1, 三富弘之2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2病理): Gastrointest Endosc 2008; 67 (6): 814-20.

110061. [原著] A phase I trial of definitive chemoradiotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil (DCF-R) for advanced esophageal carcinoma: Kitasato digestive disease & oncology group trial (KDOG 0501). 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 石山博條2, 早川和重2 (1消化器内, 2放射線): Radiother Oncol 2008; 87 (3): 398-404.

110062. [原著] Intrahepatic distant recurrence after radiofrequency ablation for a single small hepatocellular carcinoma: risk factors and patterns. 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小野弘二1, 日高 央1, 渡邊真彰1, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): Journal of Gastroenterology 2008; 43: 71-8.

110063. [原著] A multicenter, phase I dose-escalating study of docetaxel, cisplatin and S-1 for advanced gastric cancer (KDOG0601). 中山昇典1, 小泉和三郎1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 西村 賢1, 堅田親利1, 中谷研斗1, Takagi S, 西元寺克禮1 (1消化器内): Oncology 2008; 75: 1-7.

110064. [原著] Effect of acid antisecretory drugs on mucositis barrier of the rat against 5-fuluorouracil-induced gastrointestinal mucositis. 三枝陽一1, 市川尊文2, 岩井知久1, 五艘行信2, 岡安 勳3, 池澤智明1, Shikama N, 西元寺克禮1, Ishihara K (1消化器内, 2生化, 3病理): Scand J Gastroenterol 2008/5; 43 (5): 531-7.

110065. [原著] Impact of occult hepatitis B virus infection and prior hepatitis B virus infection on development of hepatocellular carcinoma in patients with liver cirrhosis due to hepatitis C virus. 安達 滋1, 渋谷明隆2, 三浦有紀子1, 竹内敦子1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): Scand J Gastroenterol 2008/7; 43 (7): 849-56.

110066. [原著] Occult hepatitis B virus infection as a risk factor for hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C in whom viral eradication fails. 三浦有紀子1, 渋谷明隆2, 安達 滋1, 竹内敦子1, 土橋 健1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): Hepatology Research 2008/6; 38 (6): 546-56.

110067. [原著] Antimicrobial host defense in the upper gastrointestinal tract. 保坂美生1, Koslowski M, Nuding S, Wang G, Schlee M, Sch廓er C, 西元寺克禮1, Stange EF, Wehkamp J (1消化器内): Eur J Gastroenterol Hepatol 2008/12; 20 (12): 1151-8.

110068. [原著] High expression of heparanase is significantly associated with dedifferentiation and lymph node metastasis in patients with pancreatic ductal adenocarcinomas and correlated to PDGFA and via HIF1a to HB-EGF and bFGF. Hoffmann AC, Mori R, Vallbohmer D, Brabender J, Drebber U, Baldus SE, Klein E, 東 瑞智1, Metzger R, Hoffmann C, Hoelscher AH, Danenberg KD, Prenzel KL, Danenberg PV (1消化器内): J Gastrointest Surg 2008; 12 (10): 1674-82.

110069. [原著] High expression of HIF1a is a predictor of clinical outcome in patients with pancreatic ductal adenocarcinomas and correlated to PDGFA, VEGF, and bFGF. Hoffmann AC, Mori R, Vallbohmer D, Brabender J, Klein E, Drebber U, Baldus SE, Cooc J, 東 瑞智1, Metzger R, Hoelscher AH, Danenberg KD, Prenzel KL, Danenberg PV (1消化器内): Neoplasia 2008; 10 (7): 674-9.

110070. [原著] Messenger RNA expression of TS and ERCC1 in colorectal cancer and matched liver metastasis. Kobayashi H, Sugihara K, Uetake H, Higuchi T, Yasuno M, Enomoto M, Iida S, 東 瑞智1, Mori R, Omori A, Lenz HJ, Danenberg KD, Danenberg PV (1消化器内): Int J Oncol 2008; 33 (6): 1257-62.

110071. [原著] Roles of AT2 receptor signaling in ascites accumulation and intraperitoneal bleeding in a mouse peritoneal carcinomatosis model . 中谷研斗1, 小泉和三郎1, 鈴木立紀2, Hosono K, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, Kitasato H, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1消化器内, 2薬理): Kitasato Med J 2009; 39: 91-101.

120015. [原著] Crohn病に対する抗TNF-α抗体療法の治療効果についての検討. 横山 薫1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 石黒康浩1, 山縣 仁1, 春木聡美1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): J Colon Examination 2008/6; 25 (1): 61-5.

120016. [原著] colitic cancer/dysplasiaの早期診断−通常内視鏡診断−. 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 胃と腸 2008/8; 43 (9): 1293-301.

120017. [原著] Olmesartan Medoxomilの肝硬変患者における線維化マーカーへ及ぼす影響. 日高 央1, 南野 勉1, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 薬理と治療 2008/12; 36: S177-9.

120018. [原著] 肝硬変症に対するPSEの長期予後. 日高 央 (消化器内): 消化器科 2008; 47 (6): 658-62.

120019. [原著] 肝硬変症に合併した乏血性肝腫瘍に対するSonazoid造影超音波の有用性. 田中賢明1, 小野弘二1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 南野 勉1, 高田樹一1, 奥脇裕介1, 安達 滋1, 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): Rad Fan 2008; 6 (10): 66-8.

120020. [原著] 粘膜把持鉗子用チャンネル付き透明フードを使用した食道ESD. 本橋 修1, 西村 賢2, 柳田直毅1, 高木精一1, 中山昇典2, 亀田陽一1 (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内): Gastroenterol Endosc 2008; 50 (12): 3062-7.

120021. [原著] NBIによる腫瘍表層血管分類とpit pattern診断との比較. 浦上尚之1, 鈴木 薫1, 千野晶子1, 岸原輝仁1, 石山晃世志1, 文園 豊1, 小川大志2, 五十嵐正広1 (1癌研有明病院, 2消化器内): 早期大腸癌 2008/8; 12 (4): 367-73.

120022. [原著] 特発性腸間膜静脈硬化症. 横山 薫1, 小林清典1, 迎 美幸1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 佐田美和1, 西元寺克禮1, 三上哲夫2, 岡安 勲2, 三富弘之2 (1消化器内, 2病理): 胃と腸 2009/2; 44 (2): 182-90.

210005. [準原著] Re-epithelialization of squamous epithelium for a radiation-induced rectal ulcer while giving an Ecabet sodium enema. Chino A1, Kishihara T1, Uragami N1, Ishiyama A1, 小川大志2, Hoshino E1, Igarashi M1, Fujita R1 (1癌研有明病院, 2消化器内): Dig Endoscopy 2009; 21: 56-8.

220009. [準原著] 平坦・陷凹型大腸癌の遺伝子不安定性−癌化における間質細胞の関与−. 小川大志1, 岡安 勲2, 新井正美3, 浦上尚之3, 五十嵐正広3 (1消化器内, 2病理, 3癌研有明病院): 早期大腸癌 2008; 12 (6): 585-90.

310001. [症例報告] Intraperitoneal bleeding due to rupture of the left gastric vein (LGV) in a patient with liver cirrhosis: a case report. 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, Kitamura Y, 瀧川政和3, 松永敬二3, 西巻 博3, Sasaki M, Isobe Y, Kokubu S, 相馬一亥4, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理, 3放射線, 4救命): Abdom Imaging 2008/5; 33 (3): 324-7.

310002. [症例報告] Narrow Band Imaging for Detecting Metachronous Superficial Oropharyngeal and Hypopharyngeal Squamous Cell Carcinomas after Chemoradiotherapy for Head and Neck Cancers. 堅田親利1, 中山明仁2, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 正來 隆2, 竹田昌彦2, 岡本牧人2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2耳鼻): Laryngoscope 2008/10; 118 (10): 1787-90.

310003. [症例報告] A patient with stage IV type 4 advanced gastric cancer who had a complete pathological response to short-term treatment with S-1 alone. 石戸謙次1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 西元寺克禮1, 二渡信江2, 三枝 信3 (1消化器内, 2外科, 3病理): Anticancer Drugs 2008/10; 19 (9): 921-5.

310004. [症例報告] A rare case of histologically mixed-type intramucosal gastric cancer accompanied by nodal recurrence and liver metastasis after endoscopic submucosal dissection. 鼻岡 昇1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 中谷研斗1, 石戸謙次1, 阿江太佳子1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 三上哲夫2 (1消化器内, 2病理): Gastrointest Endosc 2009/3; 69 (3): 588-90.

320001. [症例報告] 内視鏡的に診断しえたcolitic cancerの1例. 小川大志1, 五十嵐正広2, 岸原輝仁2, 石山晃世志2, 文園 豊2, 浦上尚之2 (1消化器内, 2癌研有明病院): 胃と腸 2008; 43: 1373.

510002. [総説] Present Status and Future Perspectives of Endoscopic Ultrasonography-Guided Fine-Needle Aspiration. New Challenges Gastrointestinal Endoscopy. EUS-Guided Fine-Needle Aspiration. 木田光広1, 荒木正雄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): New Challenges Gastrointestinal Endoscopy 2008; 506-16.

510003. [総説] Pancreatic masses. 木田光広 (消化器内): Gastrointest Endosc 2009/2; 69 (2 Suppl): S102-9.

510004. [総説] Evaluation of EUS-guided drainage of pancreatic-fluid collections (with video). Seewald S1, Ang TL1, 木田光広1,2, Teng KY1, Soehendra N1 (1EUS 2008 Working Group, 2消化器内): Gastrointest Endosc 2009/2; 69 (2 Suppl): S13-21.

510005. [総説] Clinical development of S-1 plus cisplatin therapy as first-line treatment for advanced gastric cancer. 小泉和三郎 (消化器内): Gastric Cancer 2009/3; 12: 50-4.

520012. [総説] フッ化ピリミジン系抗がん剤の代表的な使い方−胃癌−. 小泉和三郎 (消化器内): 薬局 2008/4; 59 (5): 29-36.

520013. [総説] EMR (方法と成績, 合併症, 問題点). 田邉 聡1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 堅田親利1, 中谷研斗1, 阿江太佳子1, 石戸謙次1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器外科 2008/4; 31 (5): 683-8.

520014. [総説] 小腸炎症性疾患 6) 虚血性腸炎. 佐田美和1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 横山 薫1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 胃と腸 2008/4; 43 (4): 617-23.

520015. [総説] 膵癌Chemotherapy症例に対する胆道ドレナージ. 木田光広1, 岩井知久1, 宮澤志朗1, 大岡正平1, 中目哲平1, 佐東丈仁1, 池田弘子1, 安藤 豪1, 山崎好喜1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 胆と膵 2008/5; 29 (5): 439-43.

520016. [総説] コンベックス型超音波内視鏡による標準断層像. 木田光広1, 宮澤志朗1, 佐東丈仁1, 大岡正平1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 近藤一英1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 山田至人1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2008/5; 20 (5): 573-81.

520017. [総説] 潰瘍性病変の診断−典型像から非典型像まで−. 五十嵐正広1, 浦上尚之1, 千野晶子1, 岸原輝仁1, 小川大志2, 文園 豊1, 石山晃世志1 (1癌研有明病院, 2消化器内): 消化器内視鏡 2008/5; 20 (5): 1175-81.

520018. [総説] colitic cancerの内視鏡診断のポイント. 佐田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): IBD Research 2008/6; 2 (2): 155-63.

520019. [総説] 内視鏡的分割粘膜切除術 (EPMR) をどう行うか. 佐田美和1, 小林清典1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器の臨床 2008/6; 11 (3): 273-7.

520020. [総説] 憩室出血が疑われる場合の対応. 春木聡美1, 佐田美和1, 竹内 瞳1, 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2008/6; 20 (6): 865-70.

520021. [総説] 【胃癌−基礎・臨床研究のアップデート−】VI. 診断技術の最新動向 3. 超音波内視鏡検査 2) 三次元超音波内視鏡 (3D-EUS) による新しい早期胃癌診断法. 木田光広1, 宮澤志朗1, 荒木正雄1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内 ): 日本臨牀 2008/7; 66 (増刊号5): 195-203.

520022. [総説] 【胃癌−基礎・臨床研究のアップデート−】IX. 治療−現状・動向・評価− 2. 進行中の大規模臨床試験の概要 1) 日本 e. SPIRITS (S-1 vs S-1+CDDP). 小泉和三郎 (消化器内 ): 日本臨牀 2008/7; 66 (増刊号5): 310-7.

520023. [総説] 【胃癌−基礎・臨床研究のアップデート−】3. 各論:胃癌治療法−現状・動向・評価− 5) 化学療法 b. 切除不能進行胃癌に対する2nd line, 3rd line chemotherapy. 佐々木徹1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 日本臨牀 2008/7; 66 (増刊号5): 386-9.

520024. [総説] 【小腸疾患−診断・治療学の進歩−】V. 特論 2. シングルバルーン内視鏡. 小林清典1, 春木聡美1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内 ): 日本臨牀 2008/7; 66 (7): 1371-8.

520025. [総説] 腫瘍性膵嚢胞: SCT (serous cystic tumor) の画像診断. 木田光広1, 大岡正平1, 山本 創1, 中目哲平1, 佐東丈仁1, 安藤 豪1, 宮澤志朗1, 池田弘子1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2008/7: 20 (7): 1099-105.

520026. [総説] 胃癌に対する化学療法−現況と将来−. 小泉和三郎 (消化器内): PHARMSTAGE 2008/7; 8 (4): 81-3.

520027. [総説] シングルバルーン内視鏡. 小林清典1, 春木聡美1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 日本臨牀 2008/7; 66 (7): 1371-8.

520028. [総説] 膵管鏡による膵疾患の診断. 木田光広1, 佐東丈仁1, 宮澤志朗1, 池田弘子1, 荒木正雄1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2008; 23 (8): 831-7.

520029. [総説] Crohn病の内視鏡診断の基本. 横山 薫1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2008/8; 20 (8): 1240-4.

520030. [総説] 潰瘍性大腸炎, Crohn病の診断. 小林清典 (消化器内): 消化器外科 2008/9; 31 (10): 1477-86.

520031. [総説] シングルバルーン内視鏡. 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 成人病と生活習慣病 2008/9; 38 (9): 1065-70.

520032. [総説] 止血術4 大腸出血. 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 治療学 2008/9; 42 (9): 969-72.

520033. [総説] APCの使い方. 田邉 聡1, 村上匡人1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2008/9; 20 (9): 1471-7.

520034. [総説] 術後肺炎に対する抗生物質投与と偽膜性腸炎. 横山 薫1, 小林清典1, 西元寺克禮1 (1消化器内): Medicina 2008/9; 45 (9): 1610-3.

520035. [総説] 膵癌診断におけるinterventional EUS. 木田光広1, 荒木正雄1, 宮澤志朗1, 池田弘子1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 内科 2008/10; 102 (4): 747-50.

520036. [総説] 偶発症 (EMR): 出血の予防と対策−下部消化管−. 小林清典1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2008/10; 20 (10): 1597-602.

520037. [総説] 肛門管癌の内視鏡診断. 五十嵐正広1, 浦上尚之1, 岸原輝仁1, 小川大志2, 千野晶子1, 石山晃世志1, 藤本佳也1, 黒柳洋弥1, 上野雅資1, 大矢雅敏1 (1癌研有明病院, 2消化器内): 大腸肛門会誌 2008/10; 61 (10): 981-6.

520038. [総説] STENT治療. 木田光広 (消化器内): 日本消化器内視鏡学会雑誌 2008/12; 50 (Suppl.3): 3566-72.

520039. [総説] 頭頸部領域における内視鏡観察のコツ. 堅田親利1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 正來 隆2, 竹田昌彦2, 中山明仁2, 岡本牧人2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2耳鼻): 日本消化器内視鏡学会雑誌 2008; 50 (3): 417-26.

520040. [総説] ERCP造影剤注入・撮影法. 木田光広1, 山本 創1, 大岡正平1, 佐東丈仁1, 宮澤志朗1, 池田弘子1, 安藤 豪1, 岩井知久1, 荒木正雄1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2008/12; 20 (12): 1815-20.

520041. [総説] 外来がん化学療法の現況と問題点. 小泉和三郎 (消化器内): 外科治療 2008; 98: 60-5.

520042. [総説] 断層像とその再構成−内視鏡を用いた断層診断法. 木田光広1, 宮澤志朗1, 奥脇興介1, 大岡正平1, 山本 創1, 佐東丈仁1, 池田弘子1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 菊地秀彦1, 近藤一英1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 坂口哲章1, 西元寺克禮1 (1消化器内): Pharma Medica 2009; 27 (3): 35-40.

520043. [総説] III. 炎症性腸疾患の診断 2. X線・内視鏡診断. 小林清典1, 横山 薫1, 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 日本内科学会雑誌 2009/1; 98 (1): 37-43.

520044. [総説] 経鼻消化管内視鏡で頭頸部領域をどの程度観察すべきか? 堅田親利1, 田邉 聡1, 正來 隆2, 中山明仁2, 竹田昌彦2, 東 瑞智1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 岡本牧人2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2耳鼻): 消化器内視鏡 2009; 21 (1): 65-75.

520045. [総説] III. 大腸癌の質的・量的診断 (3) 三次元超音波内視鏡 (3D-EUS) の有用性と課題. 小林清典1, 迎 美幸1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): INTESTINE 2009/3; 13 (2): 181-7.

520046. [総説] 表在癌診断に向けた内視鏡の進歩−オリンパスNBI−. 堅田親利1, 正來 隆2, 中山明仁2, 竹田昌彦2, 宮本俊輔2, 松葉宏起2, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 岡本牧人2 (1消化器内, 2耳鼻): JOHNS 2009; 25 (2): 171-8.

[著 書]

610001. [学術書] (分担執筆) New Challenges in Gastrointestinal Endoscopy - Clinical usefulness of single-balloon enteroscopy for the diagnosis and treatment of small-intestinal disease, p.243-50. 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 Niwa H, Tajiri H, Nakajima M, Yasuda K, Springer Japan, 東京, 2008/8発行.

610002. [学術書] (分担執筆) New Challenges in Gastrointestinal Endoscopy - Establishment of a standard curriculum for colonoscope insertion techniques, p.280-94. 五十嵐正広1, Tuda E1 (1消化器内), 編 Niwa H, Tajiri H, Nakajima M, Yasuda K, Springer Japan, 東京, 2008/8発行.

610003. [学術書] (分担執筆) New challengings in gastrointestinal endoscopy - Present status and future prespectives of endoscopic ultrasonography-guided fine-needle aspiration, p.506-16. 木田光広1, 荒木正雄1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 Niwa H, Tajiri H, Nakajima M, Yasuda K, Springer Japan, 東京, 2008/8発行.

610004. [学術書] (分担執筆) Gastrointestinal Cancer Atlas for Endoscopic Therapy: Endoscopic Diagnosis Of Small And Minute Colorectal Cancers, p.99-104. 五十嵐正広 (消化器内), 編 Fujita R and Takahashi H, Springer, 東京, 2009/1発行.

610005. [学術書] (分担執筆) Gastrointestinal Cancer Atlas for Endoscopic Therapy: Case Presentations: Small and Minute Colorectal Cancer, p.113-5. 小川大志 (消化器内), 編 Fujita R and Takahashi H, Springer, 東京, 2009/1発行.

620025. [学術書] (分担執筆) 食道・胃の治療内視鏡  内視鏡的硬化療法−予防, 期待例, p.78-81. 日高 央 (消化器内), 編 片山 修, 中村真一, MEDICAL VIEW, 2008発行.

620026. [学術書] (分担執筆) 外科治療 がん化学療法の知識−外来化学療法の現状と問題点−, p.60-5. 小泉和三郎 (消化器内), 編 松浦三男, 永井書店, 大阪, 2008/4発行.

620027. [学術書] (分担執筆) 医薬品副作用ハンドブック 臓器別副作用 消化器障害, p.55-8. 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 高橋隆一, 日本臨床社, 大阪, 2008/4発行.

620028. [学術書] (分担執筆) 胃癌に対する化学療法−現況と将来− ファームステージ7月号, p.81-3. 小泉和三郎 (消化器内), 編 菅原 隆, (株) 技術情報協会, 東京, 2008/7発行.

620029. [学術書] (分担執筆)【映像情報 Medical 7月号】特集2 RFA: 経皮的ラジオ波焼灼治療−RFA3機種の特長と使い分け−, p.700-3. 奥脇裕介 (消化器内), 産業開発機構株式会社, 2008/7発行.

620030. [学術書] (分担執筆) 【オンコロジストはこう治療している 胃がん診療と化学療法 全面改訂第2版】4. 胃がん診療に関するQ&A. Q1〜Q15, p.140-83. 小泉和三郎 (消化器内), 監修 坂田 優, 編 斉藤 聡, 棟方正樹, 山田康秀, 佐藤太郎, (株) ヴァンメディカル, 東京, 2008/9発行.

620031. [学術書] (分担執筆) 【「胃がん・大腸がんを薬で抑えましょう」と言われた時−これから化学療法を受ける患者さんのために−】8. 薬を使った胃がんの治療とは? b. エスワン+シスプラチン療法, p.27-9. 小泉和三郎 (消化器内), 編 小松嘉人, (株) ヴァンメディカル, 東京, 2008/9発行.

620032. [学術書] (分担執筆) 消化器癌の外科治療 1消化管 こんなときどうするQ&A 2内視鏡的治療後に局所再発した場合にどうすべきでしょうか? p.47-50. 田邉 聡1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1 (1消化器内), 編 上西紀夫, 中尾昭公, 中外医学社, 東京, 2008/10発行.

620033. [学術書] (分担執筆) 大腸疾患の内視鏡診断と治療−腸型Behcet病, 単純性潰瘍, p.157-62. 小林清典 (消化器内), 編 日比紀文, 岩男 泰 (慶應義塾大学医学部消化器内科), 診断と治療社, 東京, 2008/10発行.

620034. [学術書] (分担執筆) 【日本医師会生涯教育シリーズ第3版: 食事指導のABC】第4章 疾患別食事指導の実際 12. クローン病・潰瘍性大腸炎, p.245-9. 小林清典1, 野口球子2 (1消化器内, 2栄養部), 監修 中村丁次, 編 日本医師会, 日本医事新報社, 東京, 2008/10発行.

620035. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡の最前線−カラーアトラスでみる達人の技−シングルバルーン小腸内視鏡, p.58-63. 小林清典1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 丹羽寛文, 北野正剛, 日本メディカルセンター, 東京, 2008/10発行.

620036. [学術書] (分担執筆) 消化器内視鏡の最前線−カラーアトラスでみる達人の技−内視鏡的食道静脈瘤結紮術 (EVL), p.133-6. 日高 央1, 國分茂博 (1消化器内), 編 丹波寛文, 北野正剛, 日本メディカルセンター, 2008/10発行.

620037. [学術書] (分担執筆) 【症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 大腸腫瘍診断】第1章 大腸の解剖と内視鏡挿入法, P.10-23. 五十嵐正広 (消化器内), 編 田中信治, 羊土社, 東京, 2008/10発行.

620038. [学術書] (分担執筆) 【症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 大腸腫瘍診断】第3章 術前内視鏡診断 2) 通常内視鏡診断 3. 腫瘍の良悪の鑑別, p.78-84. 佐田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内), 編 田中信治, 羊土社, 東京, 2008/10発行.

620039. [学術書] (分担執筆) 【症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 大腸腫瘍診断】第3章 術前内視鏡診断  2) 通常内視鏡診断 4. 癌の深達度診断, p.85-90. 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内), 編 田中信治, 羊土社, 東京, 2008/10発行.

620040. [学術書] (分担執筆) 【症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 大腸EMR・ESD】基礎編−手技のコツとポイント− 第4章 偶発症対策 4. 術後管理 (EMR/ESD全体), P.146-52. 佐田美和1, 小林清典1 (1消化器内), 編 田中信治, 羊土社, 東京, 2008/10発行.

620041. [学術書] (分担執筆) 【薬物性肝障害の実態】薬物性肝障害 (DILI) の実態〜当院救命救急センターにおける症例集積結果と, DILI実態調査方法についての提案, p.36-40. 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, 南野 勉1, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理), 監修 恩地森一, 編 滝川 一, 福井 博, 堀池典生, 中外医学社, 東京, 2008/10発行.

620042. [学術書] (分担執筆) 【クローン病 患者が本当にききたいこと−140のQ&A】クローン病ってどんな病気? p.8-13. 小林清典 (消化器内), 福島恒男 (NPO法人日本炎症性腸疾患協会 (CCFJ)), 弘文堂, 東京, 2008/12発行.

620043. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 第9版】第3章 消化管疾患 胃疾患, p.412-3, 415-9, 435-8, 443-5. 田邉 聡 (消化器内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620044. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 第9版】第3章 消化管疾患 胃疾患−その他の胃疾患, p.442-4. 西元寺克禮 (消化器内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620045. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 第9版】第3章 消化管疾患 腸疾患, p.464-7. 小林清典 (消化器内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620046. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 第9版】第3章 消化管疾患 腸疾患−小腸腫瘍, p.473-5. 五十嵐正広 (消化器内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620047. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 第9版】第3章 消化管疾患 腸疾患−大腸腫瘍, p.475-81. 五十嵐正広 (消化器内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620048. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 第9版】第3章 消化管疾患 腹膜疾患, p.519-22. 木田光広 (消化器内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620049. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 第9版】付録 消化管疾患−内視鏡検査, p.1646-9. 田邉 聡 (消化器内), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620050. [学術書] (分担執筆) 【今日の治療指針 2009年度版】クローン病, p.364-5. 小林清典 (消化器内), 総編集 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢, 医学書院, 東京, 2009/1発行.

620051. [学術書] (分担執筆) 【大腸疾患 NOW 2009】第二部 炎症性腸疾患をめぐる最近の話題: インフリキシマブの投与−単剤 or 多剤投与?, p.203-6. 横山 薫1, 小林清典1 (1消化器内), 監修 武藤徹一郎, 編 杉原健一, 藤盛孝博, 五十嵐正広, 渡邉聡明, 日本メディカルセンター, 東京, 2009/1発行.

620052. [学術書] (監修) 消化器内視鏡スタッフマニュアル. 監修 田邉 聡 (消化器内), 光島 徹, 編 松本雄三, 木下千万子, 医学書院, 東京, 2008/5発行.

[学会・研究会等]

711003. [学会 (国際)] (特別講演) Endoscopic hemostasis for non variceal upper GI bleeding. 田邉 聡 (消化器内): 第13回大韓胃腸内視鏡学会 (2009/3/15), 韓国 (ソウル).

712006. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Endoscopic treatment assisted by narrow band imaging for superficial lesion in head and neck regions.. 堅田親利1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 成毛 哲1, 阿江太佳子1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, Masaki T, Nakayana M, Okamoto M, 西元寺克禮1 (1消化器内): The 7th Japan-Korea Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy (2008/5/26), 横浜.

712007. [学会 (国際)] (招待講演) Step-up or Top-down therapy for induction of Crohn's disease. 小林清典1, 横山 薫1, 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 3rd Japan-Korea IBD Symposium (2008/9/20), Seoul, Korea.

713015. [学会 (国際)] (ポスター) High Expression of HIF1α is a strong predictor of clinical outcome in patients with pancreatic ductal adenocarcinomas and correlated to PDGFA, VEGF and bFGF. Hoffmann AC, Mori R, Vallbohmer D, Brabender J, Drebber U, Baldus S, 東 瑞智1, Metzger R, Hoelscher AH, Danenberg KD, Prenzel KL, Danenberg PV (1消化器内): AACR Meeting (2008/4/12-16), USA.

713016. [学会 (国際)] (ポスター) High Expression of Heparanase is significantly associated with Dedifferentiation and Lymph Node Metastasis in patients with pancreatic ductal adenocarcinomas and correlated to PDGFA and via HIF1a to HB-EGF and bFGF. Hoffmann AC, Mori R, Vallbohmer D, Brabender J, Drebber U, Baldus S, 東 瑞智1, Metzger R, Hoffmann C, Hoelscher AH, Danenberg KD, Prenzel KL, Danenberg PV (1消化器内): DDW (SSAT) TRANSLATIONAL SCIENCE PLENARY (PLENARY SESSION VI) (2008/5/17-22), San Diego, USA.

713017. [学会 (国際)] (ポスター) Comparison of the effects of acid antisecretory drugs on antineoplastic chemotherapy-induced gastrointestinal mucositis in rat. 三枝陽一1, 石原和彦, 市川尊文2, 岩井知久1, 五艘行信2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2生化): Digestive Disease Week (2008/5/20), San Diego, USA.

713018. [学会 (国際)] (ポスター) Antimicrobial host defense in the Upper Gastrointestinal Tract. 保坂美生1, Koslowski M, Nuding S, Wang G, Schlee M, Sch廓er C, 西元寺克禮1, Stange EF, Wehkamp J (1消化器内): Digestive Disease Week (2008/5/20), San Diego, USA.

713019. [学会 (国際)] (一般口演) Endoscopic treatment assisted by narrow band imaging for superficial lesion in head and neck regions. 堅田親利1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 成毛 哲1, 阿江太佳子1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 正来 隆2, 中山明仁2, 岡本牧人2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2耳鼻): The 7th Japan-Korea Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy (2008/5/26), Yokohama, Japan.

713020. [学会 (国際)] (一般口演) Novel technique, Percutaneous Trans-Esophageal Gastrotubing (PTEG) for the patients who have failed Percutaneous Endoscopic Gastrostomy (PEG) insertion. 村上匡人1, 田邉 聡1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): The 7th Japan-Korea Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy (2008/5/26), Yokohama, Japan.

713021. [学会 (国際)] (ポスター) ESD for an old age case with ball valve syndrome. 田原久美子, 竹内 一, 佐藤  文, 本告 匡, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): The 7th Japan-Korea Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy (2008/5/26), Yokohama, Japan.

713022. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical outcomes of endoscopic oblique aspiration mucosectomy for superficial esophageal cancer. 阿江太佳子1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 中谷研斗1, 鼻岡 昇1, 石戸謙次1, 三富弘之, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): The 7th Japan-Korea Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy (2008/5/26), Yokohama, Japan.

713023. [学会 (国際)] (ポスター) Evaluation of Endoscopic Therapy for Early Gastric Cancer in Patients with Liver Cirrhosis. 石戸謙次1, 田邉 聡1, 鼻岡 昇1, 阿江太佳子1, 龍 貴裕1, 成毛 哲1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): The 7th Japan-Korea Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy (2008/5/26), Yokohama, Japan.

713024. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical usefulness of immunomodulatory agents in patients with Crohn's disease. 横山 薫1, 小林清典1, 石黒康浩1, 竹内 瞳1, Masaru Yamagata, 春木聡美1, 久保田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): The 7th Japan-Korea Joints Symposium on Gastrointesinal Endoscopy (2008/5/26), 横浜.

713025. [学会 (国際)] (一般口演) Phase II study of doxifluridine (5'-DFUR) and docetaxel (DOC) combination chemotherapy (CT) for advanced/recurrent gastric cancer (AGC/RGC). 小泉和三郎1, Shimada K, Kobayashi O, Sato A, Hataya K, Yosizawa Y, Nabeshima K, Kimura M (1消化器内): American Society of Clinical Oncology, 2008 Gastrointestinal Cancers Symposium (2008/6/3), Orland, USA.

713026. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical usefulness of a prototype ultrasound probe for single-balloon enteroscopy. 小林清典1, 木田光広1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 16th International Symposium On Endoscopic Ultrasonography (2008/9/12), San Francisco, USA.

713027. [学会 (国際)] (ポスター) Our Results of EUS-FNA for Gatroenterological Diseases. 渡辺摩也1, 木田光広1, 荒木正雄1, 佐東丈仁1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 今泉 弘1, 小林清典1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 16th International Symposium On Endoscopic Ultrasonography (2008/9/12-13), San Francisco, USA.

713028. [学会 (国際)] (一般口演) 【Distinguished Investigator Award】Therapeutic Effectiveness of Immune Modulators in Patients with Ulcerative Colitis. 横山 薫1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内): The 3rd Japan-Korea IBD Syposium (2008/9/20), ソウル.

713029. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Charactristics of Inflammatory Bowel Disease Difficult to Distinguish from Amebic Colitis. 加藤 彩1, 横山 薫1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 久保田美和1, 小林清典1, 西元寺克禮1 (1消化器内):3rd Japan-Korea IBD Symposium (2008/9/20), 韓国 ソウル.

713030. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Therapeutic Effectiveness of Immune Modulators in Patients with Ulcerative Colitis. 横山 薫1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 久保田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内):3rd Japan-Korea IBD Symposium (2008/9/20), 韓国 ソウル.

713031. [学会 (国際)] (一般口演) What is the best embolizing rate in patients with splenomegaly at postoperative computed tomography volumetry? 日高 央1, 國分茂博, 南野 勉1, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2 (1消化器内, 2医療安全・管理): 16th United European Gastroenterology Week 2008 (2008/10/18), ウィーン.

713032. [学会 (国際)] (一般口演) Re-radiofrequency ablation therapy provides survival benefit in patients with intrahepatic distant recurrence of hepatocellular carcinoma. 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 田中賢明1, 日高 央1, 渋谷明隆2, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 16th United European Gastroenterology Week 2008 (2008/10/18), ウィーン.

713033. [学会 (国際)] (ポスター) Observation of biliary tract and pancreatic duct by NBI endoscope system. 南野 勉1, 木田光弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 16th United European Gastroenterology Week (2008/10/18), ウィーン.

713034. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) What is the best embolizing rate in patients with splenomegaly at postoperative computed tomography volumetry? 日高 央1, Shigehiro K, Tsutomu M, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2 (1消化器内, 2医療安全・管理): 16th United European Gastroenterology Week (2008/10/18), ウィーン.

713035. [学会 (国際)] (ポスター) Effects of indomethacin on the rat small intestinal mucosa; immunohistochemical and biochemical studies using anti-mucin monoclonal antibodies. 岩井知久1, 市川尊文2, 五艘行信2, 三枝陽一1, 岡安 勳3, 西元寺克禮1, Ishihara K (1消化器内, 2生化, 3病理): 16th United European Gastroenterology Week (2008/10/18-22), ウィーン, Gut 2008; 57 (suppl 2): A221.

713036. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical usefulness of a single-balloon enteroscope (SIF-Q260) for the diagnosis and treatment of small-intestinal disease. 佐田美和1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 山縣 仁1, 春木聡美1, 横山 薫1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 16th United European Gastroenterology Week (2008/10/22), ウィーン.

713037. [学会 (国際)] (ポスター) Future hepatitis activation and hepatocarcinogenesis in hbeag-negative HBV carriers with persistentry normal alanine aminotransferase: A prospective cohort study. 中澤貴秀1, 柴田陽子1, 竹内敦子1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 三浦有紀子1, 日高 央1, 田中賢明1, 高田樹一1, 渡辺真彰1, 渋谷明隆2 (1消化器内, 2医療安全・管理): The 59 AASLD The Liver Meeting 2008 (2008/10/30), San Francisco, USA.

713038. [学会 (国際)] (一般口演) Long-team outcome of hepatitis c virus carrier with persistent normal alanine aminotransferase level: A prospective cohort study. 高田樹一1, 中澤貴秀1, 奥脇裕介1, 渡邊真彰1, 日高 央1, 渋谷明隆2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): The 59 AASLD The Liver Meeting 2008 (2008/10/30), San Francisco, USA.

713039. [学会 (国際)] (ポスター) Long-term follow-up study in patients with idiopathic portal hypertension. 南野 勉1, 日高 央1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 7th JSH Single Topic Conference (2008/11/22), Fukuoka, Japan.

713040. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical Impacts of Forward-Viewing Endoscopic Ultrasound Scope (XGIF-UCT 160J-AL5). 宮澤志朗1, 木田光広1, Virador K, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): Twenty-Third International Workshop on Therapeutic Endoscopy (2008/12/9), 香港.

713041. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical usefulness and limitations of Cytapheresis in patients with active Ulcerative Colitis. 横山 薫1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 久保田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 2008 Advances in Inflammatory Bowel Diseases Crohn's and Colitis Foundation's National Clinical and Research Conference (2008/12/5), 米国 (フロリダ).

721001. [学会 (全国)] (特別講演) シングルバルーン小腸内視鏡を活用した新たな診断法の可能性. 小林清典 (消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 神奈川 横浜.

721002. [学会 (全国)] (特別講演) 消化器内視鏡学会特別企画2-内視鏡診断・治療のコツと工夫.下部消化管 大腸挿入法のコツと工夫-. 小林清典 (消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

722004. [学会 (全国)] (シンポジウム) Crohn病の長期経過における腸管合併症への進展予測と栄養療法の意義. 竹内 瞳1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/8), 福岡.

722005. [学会 (全国)] (パネルデイスカッション) NSAIDs起因性小腸傷害モデルにおける粘液の動態に関する検討. 岩井知久1, 市川尊文2, 五艘行信2, 三枝陽一1, 西元寺克禮1, 石原和彦 (1消化器内, 2生化): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/8), 福岡.

722006. [学会 (全国)] (ワークショップ) Girasolを使用したクリティカルパスの標準化. 大野 隆1, 前澤 寧2, 蓮見桂三1 (1伊勢原協同病院, 2消化器内): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/8-10), 福岡.

722007. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) NSAIDs起因性小腸傷害モデルにおける粘液の動態に関する検討. 岩井知久1, 市川尊文2, 石原和彦 (1消化器内, 2生化): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/10), 福岡.

722008. [学会 (全国)] (ワークショップ) マイクロアレイ解析による大腸進行癌の発育形式. 小川大志1, 五十嵐正広2, 大矢雅敏2 (1消化器内, 2癌研有明病院): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/10), 福岡.

722009. [学会 (全国)] (招待講演) シングルバルーン小腸内視鏡を活用した新しい診断法の可能性. 小林清典 (消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

722010. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 進行食道癌に対する化学放射線療法後の内視鏡的効果判定. 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

722011. [学会 (全国)] (シンポジウム) NBIシステムを用いた食道癌症例の重複頭頸部表在癌検出に関する単施設前向き研究. 堅田親利1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

722012. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 当院における胃十二指腸カルチノイドの臨床的検討. 石戸謙次1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

722013. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 悪性疾患による消化管通過障害例における緩和医療としての経皮経食道胃管挿入術による減圧と内視鏡の役割. 村上匡人1, 西野圭一郎1, 田邉 聡2 (1村上記念病院, 2消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

722014. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 緩和治療としての食道ステント47例の検討−risk-benefitからみた有用性とその限界−. 吉井貴子1, 本橋 修1, 西村 賢2 (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

722015. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 炎症性腸疾患 (IBD) の診断における超音波内視鏡検査の意義. 横山 薫1, 小林清典1, 吉澤 繁1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

722016. [学会 (全国)] (シンポジウム) 長期予後からみた早期胃癌適応拡大病変に対するESDの妥当性. 佐々木徹1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

722017. [学会 (全国)] (ワークショップ) 胃静脈瘤の予防的治療適応の見直し〜当院における検討〜. 田中賢明1, 日高 央1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

722018. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 炎症性腸疾患の内視鏡診断におけるNBI (narrow band imaging) の有用性について. 竹内 瞳1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

722019. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 消化管ポリポーシスの診断・治療における内視鏡の役割−家族性大腸腺腫症残存直腸のサーベイランスの意義−. 小川大志1, 浦上尚之2, 上野雅資2 (1消化器内科, 2癌研有明病院): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

722020. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) GMAを用いた活動期潰瘍性大腸炎の治療戦略. 横山 薫 (消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

722021. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 悪性胆道狭窄に対するmetallic stent による経乳頭的内視鏡治療. 今泉 弘1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

722022. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 長期予後からみた早期胃癌適応拡大病変に対するESDの妥当性. 佐々木徹1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

722023. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 等張および高張コントラストによるERCP後の偶発症に関する検討−prospective randomized study−. 安藤 豪1, 今泉 弘1, 木田光広1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/26), 横浜.

722024. [学会 (全国)] (ビデオシンポジウム) 早期食道癌に対する新たなESD手技 (インパクトシューターを用いる二点固定ESD). 本橋 修1, 吉井貴子1, 西村 賢2 (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/26), 横浜.

722025. [学会 (全国)] (シンポジウム) 薬物性肝障害 (DILI) の実態〜当院救命センターにおける症例集積結果. 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, 高田樹一1, 田中賢明1, 三浦有紀子1, 安達 滋1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第44会日本肝臓学会総会 (2008/6/5), 愛媛.

722026. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) Olmesartanの門脈降圧効果についての検討〜側副血行路へ及ぼす影響も含めて〜. 日高 央1, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第50回日本消化器病学会大会 (2008/10/1), 東京.

722027. [学会 (全国)] (招待講演) 大腸内視鏡挿入法のコツと工夫. 小林清典 (消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

722028. [学会 (全国)] (招待講演) 【特別企画2: 内視鏡診断・治療のコツと工夫】下部消化管−大腸挿入法のコツと工夫. 小林清典 (消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

722029. [学会 (全国)] (シンポジウム) 胆管結石に対するEST・EPBDの早期成績・長期予後. 池田弘子1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

722030. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 超音波内視鏡による大腸SM癌のSM浸潤度の診断能についての検討. 佐田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

722031. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 早期胃癌において組織学的に未分化型優位の混合型はリンパ節転移の危険因子となる. 鼻岡 昇1, 田邉 聡1, 三上哲夫2 (1消化器内, 2病理): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

722032. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 早期胃癌において組織学的に未分化型優位の混合型はリンパ節転移の危険因子となる. 鼻岡 昇1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第50回日本消化器病学会大会 (2008/10/3), 東京.

722033. [学会 (全国)] (ビデオシンポジウム) EUS-FNAによる膵仮性嚢胞ドレナージ−直視型コンベックススコープとnecrosectomy. 荒木正雄1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

722034. [学会 (全国)] (ビデオシンポジウム) 当院における内視鏡的乳頭切除術の術前診断と治療の実際. 池田弘子1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

722035. [学会 (全国)] (ワークショップ) 活動性大腸結核の内視鏡所見の特徴. 迎 美幸1, 小林清典1, 勝又伴栄1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

722036. [学会 (全国)] (シンポジウム) 下部直腸進行癌の術前放射線化学療法に対する内視鏡的効果判定の有用性について. 小川大志1, 大矢雅敏2, 五十嵐正広2 (1消化器内, 2癌研有明病院): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

722037. [学会 (全国)] (シンポジウム) 下部直腸進行癌の術前放射線化学療法に対する内視鏡的効果判定の有用性について. 小川大志1, 大矢雅敏2, 五十嵐正広2 (1消化器内, 2癌研有明病院): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

722038. [学会 (全国)] (シンポジウム) 早期大腸癌に対するNBI診断の問題点と位置づけ. 浦上尚之1, 岸原輝仁1, 文園 豊1, 小川大志2, 千野晶子1, 高橋 寛1, 五十嵐正広1, 小西 毅1, 福田明輝1, 藤本佳也1, 黒柳洋弥1, 上野雅資1, 大矢雅敏1 (1癌研有明病院, 2消化器内): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

722039. [学会 (全国)] (ワークショップ) 高齢胃癌患者に対するTS-1 単独療法の第II 相臨床試験. 樋口勝彦1, 秋谷寿一, 佐藤 温, 柵山年和, 佐々木栄作, 富所 隆, 浜田 勉, 藤森基次, 菊池由宣, 嶋田 顕, 峯 徹哉, 山口研成, 佐々木常雄, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋.

722040. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 切除不能膵癌に対するGEM/TS-1併用化学療法の有用性の検討. 宮澤志朗1, 木田光広1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/11/1), 名古屋.

722041. [学会 (全国)] (パネルデイスカッション) 早期大腸癌に対するNBI診断の問題点と位置づけ. 千野晶子1, 浦上尚之1, 岸原輝仁1, 小川大志2, 船津康裕1, 五十嵐正広1, 大川信彦1, 高橋 寛1, 小西 毅1, 藤本佳也1, 黒柳洋弥1, 上野雅資1, 大矢雅敏1 (1癌研有明病院, 2消化器内): 第26回日本大腸検査学会総会 (2008/11/30), 東京.

722042. [学会 (全国)] (招待講演) シングルバルーン小腸内視鏡の臨床的有用性. 小林清典 (消化器内): 第5回日本消化管学会総会学術集会 (2009/2/12), 東京.

722043. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 活動期潰瘍性大腸炎における内科治療効果の予測因子について−内科治療抵抗例の手術適応とは−. 横山 薫1, 小林清典1, 小澤平太2 (1消化器内, 2外科): 第5回日本消化管学会総会学術集会 (2009/2/13), 東京.

722044. [学会 (全国)] (シンポジウム) Neuronal system-dependent facilitation of angiogenesis during tumor development and ulcer healing. 大野 隆1, 馬嶋正隆2 (1伊勢原協同病院, 2薬理): 第34回日本微小循環学会年次総会 (2009/2/20-21), 東京.

723096. [学会 (全国)] (一般口演) ラジオ波焼灼療法後の異所再発進展と予後−単発小肝細胞癌を対象として−. 奥脇裕介1, 渋谷明隆2, 小野弘二1, 日高 央1, 渡邊真彰1, 高田樹一1, 田中賢明1, 南野 勉1, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/8), 福岡.

723097. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) NSAIDs起因性小腸傷害モデルにおける粘液の動態に関する検討. 岩井知久1, 市川尊文2, 五艘行信2, 三枝陽一1, 西元寺克禮1, 石原和彦3 (1消化器内科, 2生化, 3医療衛生学部): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/8), 福岡.

723098. [学会 (全国)] (一般口演) Crohn病に対する抗TNF-α抗体療法の治療効果についての検討. 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 石黒康浩1, 山縣 仁1, 春木聡美1, 佐田美和1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/9), 福岡.

723099. [学会 (全国)] (一般口演) 非切除胆道癌に対するGEM/TS-1併用化学療法の有用性と安全性の検討. 宮澤志朗1, 木田光広1, 西元寺克禮1, 高田樹一1, 岩井知久1, 池田弘子1, 安藤 豪1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1 (1消化器内): 第94回日本消化器病学会総会 (2008/5/10), 福岡.

723100. [学会 (全国)] (一般口演) 直腸癌の術前化学放射線療法の効果に関連する組織学的因子の検索: 生検材料による治療効果の予測. 菊地正臣1, 三上哲夫2, 鶴田智子2, 沼田賀子2, 荒木香代2, 佐藤武郎3, 渡邊昌彦3, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1消化器内, 2病理, 3外科): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/16), 金沢.

723101. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) C型肝炎ウイルス感染からの肝発癌におけるゲノム不安定性の果たす役割:背景肝病変による差異. 安達 滋1, 吉田 功2, 渋谷明隆3, 岡安 勲2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2病理, 3医療安全・管理): 第97回日本病理学会総会 (2008/5/17), 金沢.

723102. [学会 (全国)] (一般口演) 非顆粒型大腸側方発育型腫瘍の臨床病理学的検討. 春木聡美1, 佐田美和1, 石黒康浩1, 竹内 瞳1, 山縣 仁1, 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡安 勲2 (1消化器内, 2病理): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

723103. [学会 (全国)] (一般口演) ESDにおける後出血の検討. 金 明哲1, 佐々木徹1, 田邉 聡1, 阿江太佳子1, 石戸謙次1, 成毛 哲1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

723104. [学会 (全国)] (一般口演) 悪性胆道狭窄に対するmetallic stentによる経乳頭的内視鏡治療. 今泉 弘1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723105. [学会 (全国)] (一般口演) NBIを併用した胆管・膵管の内視鏡観察. 菊地秀彦1, 木田光広1, 南野 勉1, 大岡正平1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 宇津木恭子1, 山崎好喜1, 鹿間伸明1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723106. [学会 (全国)] (一般口演) 肝門部悪性胆道狭窄に対するNiti-S Y type stentの有用性. 宮澤志朗1, 木田光広1, 吉澤奈津子1, 岩井知久1, 安藤 豪2, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄3, 渡辺摩也3, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2平塚共済病院, 3相模原協同病院): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723107. [学会 (全国)] (一般口演) 食道表在癌に対する斜形ムコゼクターを用いたEAMの治療成績. 阿江太佳子1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 中谷研斗1, 鼻岡 昇1, 石戸謙次1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 三富弘之2 (1消化器内, 2国立相模原病院検査科): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723108. [学会 (全国)] (一般口演) 当院における自己免疫性膵炎の検討. 佐東丈仁1, 木田光広1, 中目哲平1, 森木弘子1, 宮澤志朗1, 安藤 豪1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723109. [学会 (全国)] (一般口演) 胆管結石に対するEST・EPBDの長期予後. 池田弘子1, 木田光広1, 菊地秀彦1, 宮澤志朗1, 安藤 豪1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 荒木正雄2, 宇津木恭子3, 山崎好喜4, 鹿間伸明1, 渡辺摩也2, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2相模原協同病院, 3淵野辺総合病院, 4平塚共済病院): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723110. [学会 (全国)] (ポスター) ESD時代の胃腺腫. 竹下知親1, 佐々木徹1, 田邉 聡1, 成毛 哲1, 阿江太佳子1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723111. [学会 (全国)] (ポスター) 保存的に経過を診ることのできたESD後遅発性穿孔の1例. 林田浩明1, 内藤吉隆1, 樋口勝彦2, 篠木 啓1, 渡久山哲男1, 籏原照昌1 (1東芝林間病院, 2消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/25), 横浜.

723112. [学会 (全国)] (一般口演) 潰瘍性大腸炎の良性狭窄合併例の臨床病理学的特徴についての検討. 山縣 仁1, 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 石黒康浩1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 佐田美和1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/26), 横浜.

723113. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 等張および高張コントラストによるERCP後の偶発症に関する検討. 安藤 豪1, 木田光広1, 今泉 弘1 (1消化器内): 第75回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/26), 横浜.

723114. [学会 (全国)] (一般口演) Hbe抗原陰性ALT正常HBキャリアの長期経過, その肝炎再燃と肝癌発生について. 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 竹内敦子1, 小野弘二1, 奥脇裕介1, 日高 央1, 渡邊真彰1, 三浦有紀子1, 安達 滋1, 田中賢明1, 高田樹一1, 南野 勉1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第44回日本肝臓学会総会 (2008/6/5), 愛媛.

723115. [学会 (全国)] (一般口演) Partial Splenic Embolization (PSE) の長期予後の検討. 日高 央1, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第44回日本肝臓学会総会 (2008/6/5), 愛媛.

723116. [学会 (全国)] (一般口演) 薬物性肝障害 (DILI) の実態〜当院救命センターにおける症例集積結果. 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, 高田樹一1, 田中賢明1, 三浦有紀子1, 安達 滋1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第44回日本肝臓学会総会 (2008/6/5), 愛媛.

723117. [学会 (全国)] (一般口演) 肝細胞癌に対するラジオ波熱凝固療法後の再発因子の検討: 生活習慣病を含めた患者背景因子から. 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第44回日本肝臓学会総会 (2008/6/5), 愛媛.

723118. [学会 (全国)] (一般口演) TAE不能多発肝細胞癌に対するBimonthly CDDP-Lip-TAI療法の試み. 小野弘二1, 中澤貴秀1, 日高 央1 (1消化器内): 第44回日本肝臓学会総会 (2008/6/5), 愛媛.

723119. [学会 (全国)] (一般口演) 慢性C型肝炎の発癌リスクとしてのOccult HBV感染の重要性. 三浦有紀子1, 渋谷明隆2, 安達 滋1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 竹内敦子1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第44回日本肝臓学会総会 (2008/6/5), 愛媛.

723120. [学会 (全国)] (一般口演) NBIシステムを用いた食道癌症例の重複頭頸部表在癌検出に関する単施設前向き研究. 堅田親利1, 正来 隆2, 田邉 聡1, 竹田昌彦2, 中山明仁2, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 岡本牧人2 (1消化器内, 2耳鼻): 第32回日本頭頸部癌学会 (2008/6/12), 東京.

723121. [学会 (全国)] (一般口演) NSAIDs起因性小腸傷害の好発部位, 粘液の動態に関する検討. 岩井知久1, 市川尊文2, 五艘行信2, 三枝陽一1, 西元寺克禮1, 石原和彦 (1消化器内, 2生化): 第36回日本潰瘍学会 (2008/9/5), 北海道.

723122. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃粘膜傷害における胃ムチンの量的・質的変動に対する蒼朮(そうじゅつ)前・後投与の効果. 伊東祐子1, 岡田諭起1, 岩井知久2, 市川尊文3, 五艘行信3, 池澤智明4, 石原和彦1 (1医療衛生学部, 2消化器内, 3生化, 4津久井赤十字病院): 第36回日本潰瘍学会 (2008/9/6), 札幌.

723123. [学会 (全国)] (一般口演) 肝門部悪性胆道狭窄に対するNiti-S Y type stentの有用性の検討. 宮澤志朗1, 木田光広1, 吉澤奈津子1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第44回日本胆道学会学術集会 (2008/9/20), 名古屋.

723124. [学会 (全国)] (一般口演) Olmesartanの門脈降圧効果についての検討〜側副血行路へ及ぼす影響も含めて〜. 日高 央1, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第12回日本肝臓学会 (2008/10/1), 東京.

723125. [学会 (全国)] (一般口演) 各種NSAIDs誘起小腸傷害モデルにおける粘膜の動態に関する検討. 岩井知久1, 市川尊文2, 五艘行信2, 池澤智明1, 三枝陽一1, 石原和彦, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2生化): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/1), 東京.

723126. [学会 (全国)] (一般口演) 特発性門脈圧亢進症の長期予後の解析. 南野 勉1, 日高 央1, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 渡邊真彰1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 國分茂博2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理, 3順天大練馬病院): 第12回日本肝臓学会 (2008/10/1), 東京.

723127. [学会 (全国)] (一般口演) 大腸SM癌では, 癌浸潤先進部の癌細胞簇出がリンパ管侵襲の危険因子となる. 小川大志1, 五十嵐正広2, 浦上尚之2, 岡安 勲3 (1消化器内, 2癌研有明病院, 3病理): 第63回日本大腸肛門病学会総会 (2008/10/1), 東京.

723128. [学会 (全国)] (一般口演) 潰瘍性大腸炎と妊娠・出産に関する臨床的検討. 山縣 仁1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/2), 東京.

723129. [学会 (全国)] (ポスター) 特発性門脈圧亢進症に対する長期予後についての解析. 南野 勉1, 日高 央1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第12回日本肝臓病学会 (2008/10/3), 東京.

723130. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院での人間ドック受診者の大腸ポリープについての検討. 竹内 瞳1, 横山 薫1, 春木聡美1, 久保田美和1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 岡田 純2 (1消化器内, 2健康管理セ):第50回日本消化器病学会大会 (2008/10/2), 東京.

723131. [学会 (全国)] (ポスター) 非切除胆道癌に対する治療作戦. 宮澤志朗1, 木田光広1, 佐東丈仁1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第50回日本消化器病学会大会 (2008/10/3), 東京.

723132. [学会 (全国)] (ポスター) 切除不能膵癌に対するgemcitabine+TS-1併用化学療法. 宮澤志朗1, 木田光広1, 佐東丈仁1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第50回日本消化器病学会大会 (2008/10/3), 東京.

723133. [学会 (全国)] (ポスター) 非切除胆道癌に対する治療作戦. 宮澤志朗1, 木田光広1, 佐東丈仁1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第50回日本消化器病学会大会 (2008/10/3), 東京.

723134. [学会 (全国)] (ポスター) 食道を除く消化管悪性狭窄に対する食堂用Covered EMS留置の有用性〜特に上部と下部消化管の治療目的の違いを中心に〜. 山崎好喜1, 河西顕太郎, 山本 創1, 金 明哲1, 成毛 哲1, 岡村信良, 安藤 豪1, 服部庸一郎1, 鎌田一寿, 里道哲彦1, 坪井秀夫, 野登 誠, 金山正明 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

723135. [学会 (全国)] (ポスター) 十二指腸カルチノイド5例の検討. 渡邉幸博1, 本橋 修1, 柳田直毅1 (1神奈川県立がんセンター): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/3), 東京.

723136. [学会 (全国)] (ポスター) 各種疾患による胆汁中膵酵素の測定の試み. 佐東丈仁1, 宮澤志朗1, 金 明哲1, 高田樹一1, 池田弘子1, 安藤 豪1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 木田芳樹1, 今泉 弘1, 木田光広1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

723137. [学会 (全国)] (ポスター) 膵管ステントの長期経過についての優位性. 安藤 豪1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

723138. [学会 (全国)] (ポスター) 早期胃癌に対するESDの評価と適応拡大 (UL (+), 3 cm以下の病変に対する粘膜把持二点固定ESD). 本橋 修1, 西村 賢2, 中山昇典2, 柳田直毅1, 高木精一1, 佐野秀弥1, 渡邉幸博1, 杉山由香3 (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内, 3いすゞ病院): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

723139. [学会 (全国)] (ポスター) 全病変を内視鏡的に切除し得た4重複癌 (食道・胃・十二指腸・大腸) の1例. 柳田直毅1, 本橋 修1, 西村 賢2, 中山昇典2, 高木精一1, 渡邉幸博1, 佐野秀弥1, 杉山由香3 (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内, 3いすゞ病院): 第76回日本消化器内視鏡学会総会 (2008/10/4), 東京.

723140. [学会 (全国)] (一般口演) マウス大腸癌腹膜播種モデルの腫瘍増殖におけるAT1およびAT2受容体の役割. 中谷研斗1, 小泉和三郎1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 西元寺克禮1, 馬嶋正隆2 (1消化器内, 2薬理): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/30), 名古屋.

723141. [学会 (全国)] (一般口演) 臨床病期II/III食道癌 (T4を除く) に対する50.4Gy, 5-FU 1,000mg/m2 + CDDP75mg/m2化学放射線療法 (RTOGレジメ) の多施設共同第II相試験. 堅田親利1, 中島貴子, 伊藤芳紀, 石山博條2, 徳永伸也, 池田裕子, 廣中秀一, 橋本孝之, 宇良 敬, 古平 穀, 藤井博文, 長瀬通隆, 加藤 健 (1消化器内, 2放射線): 第46回日本癌治療学会 (2008/11/1), 名古屋.

723142. [学会 (全国)] (一般口演) PSE (部分的脾動脈塞栓術) の最適梗塞率とは〜CT Volumetryを用いた検討〜. 日高 央1, 中澤貴秀1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第15回日本門脈圧亢進症学会総会 (2008/11/20), 福岡.

723143. [学会 (全国)] (一般口演) 経皮的ラジオ波熱凝固法 (RFA) 前の肝癌患者に対する, 血小板数改善を目的とした部分的脾動脈塞栓術 (PSE) 治療効果. 日高 央1, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第15回日本門脈圧亢進症学会総会 (2008/11/20), 福岡.

723144. [学会 (全国)] (一般口演) 食道静脈瘤合併肝硬変症例に対するカルベジロールの門脈圧低下効果の検討. 奥脇裕介1, 日高 央1, 田中賢明1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第15回日本門脈圧亢進症学会総会 (2008/11/20), 福岡.

723145. [学会 (全国)] (一般口演) 門脈大循環シャントによる肝性脳症に対するB-RTO後の肝予備能の検討. 田中賢明1, 中澤貴秀1, 日高 央1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 渡邊真彰1, 高田樹一1, 渋谷明隆2, 南野 勉1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第15回日本門脈圧亢進症学会総会 (2008/11/20), 福岡.

723146. [学会 (全国)] (一般口演) The improvement of hepatic reserve in patients treated with balloon-occluded retrograde transvenous obliteration for refractory portosystemic encephalopathy. 田中賢明1, 中澤貴秀1, 日高 央1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 高田樹一1, 渡辺真彰1, 渋谷明隆2, 南野 勉1, 國分茂博3 (1消化器内, 2医療安全・管理, 3順天大練馬病院): Hepatic Hemodynamic Disorder (2008/11/22), 福岡.

723147. [学会 (全国)] (一般口演) Therapeutic benefits of partial splenic embolization for thrombocytopenia in hepatocellular carcinima patients treated with radiofrequency ablation. 日高 央1, 國分茂博2, 南野 勉1, 田中賢明1, 高田樹一1, 渡辺真彰1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆3, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2順天大練馬病院, 3医療安全・管理): Hepatic Hemodynamic Disorder (2008/11/22), 福岡.

723148. [学会 (全国)] (ポスター) PEGからブレンダー食を注入し, その後自立経口摂取に至った1症例. 佐藤作喜子1, 庭木 宏1, 小泉君子1, 大野 隆1, 石井洋子1, 杵淵香純1 (1伊勢原協同病院): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/29), 鹿児島.

723149. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 難治性腸疾患在宅静脈栄養療法 (HPN) の臨床的検討. 竹内 瞳1, 久保田美和1, 春木聡美1, 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/29), 鹿児島.

723150. [学会 (全国)] (一般口演) 胃酢酸潰瘍治癒における誘導型プロスタグランディン合成酵素mPGES-1の役割. 阿江太佳子1,2, 大野 隆1,2,3, 服部 庸一郎2,4, 西元寺 克禮2, 馬嶋 正隆1 (1薬理, 2消化器内, 3伊勢原協同, 4平塚共済): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/17), 横浜.

723151. [学会 (全国)] (一般口演) マウス腹膜播種モデルの腹水貯留と腹腔内出血におけるAT2受容体シグナルの役割. 中谷研斗1, 鈴木立紀2, 細野加奈子, 馬嶋正隆2 (1消化器内, 2薬理): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/18), 横浜.

723152. [学会 (全国)] (一般口演) 固形癌患者を対象としたTAS-102の臨床第I相試験. 佐々木徹1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 大津 敦2, 土井俊彦2, 吉野孝之2, 布施 望2, 朴 成和3, 小野澤祐輔3, 福冨 晃3, 廣中秀一3 (1消化器内, 2国立がんセンター東病院消化管内科, 3静岡県立静岡がんセンター消化器内科): 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2009/3/20), 名古屋.

731002. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 胃癌の化学療法の現況. 小泉和三郎 (消化器内): 消化器癌の治療と緩和支持療法セミナー (2008/4/17), 東京.

731003. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大腸疾患に対する超音波内視鏡診断の意義. 小林清典 (消化器内): 第42回神奈川大腸疾患研究会 (2008/6/12), 横浜.

731004. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小腸疾患の内視鏡診断と治療−シングルバルーン小腸内視鏡の実際と応用−. 小林清典 (消化器内): 第8回さくら消化器内視鏡研究会 (2008/9/22), 東京.

731005. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 上部消化器がんに対する内視鏡治療の現況. 田邉 聡 (消化器内): 第1回相模原病身連携の会 (2009/2/24), 相模原.

731006. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 胃癌検診の現状と今後の課題. 田邉 聡 (消化器内): 第199回大和市消化器病研究会 (2009/3/24), 相模原.

731007. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小腸内視鏡検査法の最近の進歩−バルーン内視鏡とカプセル内視鏡を中心に−. 小林清典 (消化器内): 第107回相模原胃と腸研究会 (2009/3/25), 相模原.

732008. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) 当院におけるEUS-FNA下膵嚢胞ドレナージ術の手技と工夫. 宮澤志朗1, 木田光広1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第4回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会 (第75回日本消化器内視鏡学会総会附置研究会) (2008/5/26), 横浜.

732009. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) ESDにおけるsedationでのオピオイド投与量は適切か. 佐々木徹1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/6/20), 東京.

732010. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 消化管悪性腫瘍に対する治療法の選択−内視鏡治療か外科治療か−上部消化管 (食道・胃病変) m3/sm1食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) の適応拡大. 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 佐々木徹1, 成毛 哲1, 龍 貴裕1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 三富弘之 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/6/21), 東京.

732011. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) m3/sm1食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術 (EMR) の適応拡大. 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 佐々木徹1, 成毛 哲1, 龍 貴裕1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 三富弘之 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/6/21), 東京.

732012. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 胃巨大スウヘキを呈した好酸球性胃炎の1例. 石戸謙次1, 田邉 聡1, 北川博之1, 鼻岡 昇1, 阿江太佳子1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 新山史郎2, 勝岡憲生2, 三上哲夫3, 沓掛伸二 (1消化器内, 2皮膚, 3病理): 第53回神奈川消化器病研究会 (2008/6/28), 神奈川.

732013. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 手術可能なstage II/III食道癌に対する化学放射線療法の位置づけ. 堅田親利 (消化器内): 第24回相模消化器研究会 (2008/7/10), 神奈川.

732014. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 病診連携における肝がん治療の2例. 大野 隆 (伊勢原協同病院): 第9回肝がん撲滅を目指す病診連携の会 (2008/10/25), 平塚.

732015. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) HBVマーカー陽性患者の化学療法・免疫抑制療法による重篤な肝炎発症防止を目的としたエンテカビル (ETV) の効果. 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第37回日本肝臓学会東部会 (2008/12/03), 東京.

732016. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 大腸pSM癌の通常内視鏡によるSM浸潤度診断についての検討. 佐田美和1, 小林清典1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/12), 東京.

732017. [学会 (地方会・研究会)] (ビデオワークショップ) 当院における残胃癌・胃管癌の治療戦略. 東 瑞智1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 阿江太佳子1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/12), 東京.

732018. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) NBIを用いたpSM癌の内視鏡診断. 浦上尚之, 石山晃世志, 文園 豊, 岸原輝仁, 小川大志1, 千野晶子, 五十嵐正広 (1消化器内): 第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/12), 東京.

732019. [学会 (地方会・研究会)] (ビデオシンポジウム) 胆道狭窄に対する内視鏡的ドレナージ術. 宮澤志朗1, 木田光広1, 佐東丈仁1, 岩井知久1, 安藤 豪1, 池田弘子1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/13), 東京.

732020. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 当院における胃ESD穿孔例の検討. 東 瑞智1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 阿江太佳子1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第5回ESD研究会 (2009/3/6), 東京.

733015. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肝悪性腫瘍への効果的なラジオ波治療. 中澤貴秀 (消化器内): 第44回日本肝癌研究会 (2008/5/22), 大阪.

733016. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Hbe抗原陰性ALT正常HBキャリアにおける肝癌発生とその危険因子. 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小野弘二1, 奥脇裕介1, 日高 央1, 渡邊真彰1, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第44回日本肝癌研究会 (2008/5/22), 大阪.

733017. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 本邦におけるラジオ波熱凝固療法のState of Arts. 國分茂博1, 大久保裕直1, 小野弘二2, 中澤貴秀2 (1順天大練馬病院, 2消化器内): 第44回日本肝癌研究会 (2008/5/22), 大阪.

733018. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 興味ある形態を示したIs+IIc病変の1例. 小川大志1, 浦上尚之2, 岸原輝仁2, 石山晃世志2, 文園 豊2, 藤本佳也2, 黒柳洋弥2, 上野雅資2, 大矢雅敏2, 五十嵐正広2, 鹿取正道2, 山本智理子2 (1消化器内, 2癌研有明病院): 第3回大腸拡大内視鏡研究会 (2008/5/26), 横浜.

733019. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) リンパ節転移を伴う隆起性下咽頭癌に対する局所療法として内視鏡的ポリペクトミーが有効であった1例. 堅田親利1, 正来 隆2, 松葉宏起2, 牧野寛之2, 竹田昌彦2, 田邉 聡1, 中山明仁2, 岡本牧人2 (1消化器内, 2耳鼻): 第3回頭頸部表在癌研究会 (2008/6/14), 東京.

733020. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) リンパ節転移を伴う隆起性下咽頭癌に対する局所療法として内視鏡的ポリペクトミーが有効であった1例. 堅田親利1, 正来 隆2, 松葉宏起2, 牧野寛之2, 竹田昌彦2, 田邉 聡1, 中山明仁2, 岡本牧人2 (1消化器内, 2耳鼻): 第3回頭頸部表在癌研究会 (2008/6/14), 東京.

733021. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 膵腫瘍の1例. 前澤 寧1, 山田郁絵1, 龍 貴祐1, 蓮見桂三, 小野弘二1, 大野 隆2 (1消化器内, 2伊勢原協同病院): 第53回神奈川県消化器病医学会研究会 (2008/6/28), 横浜.

733022. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ESD後にdelayed perforationをきたした一例. 矢野貴史1, 佐々木徹1, 田邉 聡1 (1消化器内): 第53回神奈川消化器病研究会 (2008/6/28), 神奈川.

733023. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院での大腸SM癌における陷凹型腫瘍の頻度. 小川大志1, 浦上尚之2, 岸原輝仁2, 文園 豊2, 五十嵐正広2, 藤本佳也2, 黒柳洋弥2, 上野雅資2, 大矢雅敏2 (1消化器内, 2癌研有明病院): 第69回大腸癌研究会 (2008/7/1), 横浜.

733024. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胃ESD穿孔例の検討. 東 瑞智1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1 (1消化器内): 第1回神奈川ESD研究会 (2008/7/24), 横浜.

733025. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小腸鏡で診断されたCrohn病の1例. 四元真由子1, 前澤 寧2, 山田郁絵1, 龍 貴裕2, 蓮見桂三1, 小野弘二2, 大野 隆1, 関れいし1 (1伊勢原協同病院, 2消化器内): 第8回西神奈川消化器カンファレンス (2008/7/24), 厚木.

733026. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 中咽頭に表在性の病変を伴う特殊組織型進行食道癌に集学的治療をおこなった一例. 大岡正平1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 東 瑞智1, 佐々木徹1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 森谷宏光2, 片田夏也2, 石山博條3, 早川和重3 (1消化器内, 2外科, 3放射線): 第71回神奈川食道疾患懇話会 (2008/9/25), 横浜.

733027. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) NSAIDs起因性小腸傷害に対する好発部位に関する検討. 岩井知久1, 市川尊文2, 五艘行信2, 三枝陽一1, 西元寺克禮1, 石原和彦 (1消化器内, 2生化): 第3回消化管防御研究会 (2008/10/11), 新宿.

733028. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) メサラジン投与にて間質性肺炎をきたした潰瘍性大腸炎の一例. 山田郁絵1, 加藤 彩1, 小野弘二1, 龍 貴祐1, 前澤 寧1, 蓮見桂三2, 大野 隆2 (1消化器内, 2伊勢原協同病院): 第41回神奈川県消化器病医学会総会 (2008/11/1), 横浜.

733029. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 診断に苦慮した胃悪性リンパ腫の一例. 松本雄太1, 田邉 聡1, 中目哲平1, 成毛 哲1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 三上哲夫2 (1消化器内, 2病理): 第41回神奈川消化器病医学会総会 (2008/11/1), 横浜.

733030. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 喉頭癌の形態的特徴に関する検討. 堅田親利1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1, 正来 隆2, 松葉宏起2, 竹田昌彦2, 中山明仁2, 岡本牧人2 (1消化器内, 2耳鼻): 第4回頭頸部表在癌研究会 (2008/11/29), 東京.

733031. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胃底部静脈瘤に対するB-RTOの長期成績. 日高 央1, 國分茂博, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第37回日本肝臓学会東部会 (2008/12/3), 東京.

733032. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 進行肝細胞癌に対する放射線療法〜門脈腫瘍栓および肝静脈腫瘍栓合併症に対する有用性. 田中賢明1, 中澤貴秀1 (1消化器内): 第37回日本肝臓学会東部会 (2008/12/3), 東京.

733033. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 10 cm以上の巨大肝嚢胞に対する穿刺ドレナージ及びエタノール注入療法の検討. 高田樹一1, 日高 央1, 國分茂博 (1消化器内): 第37回日本肝臓学会東部会 (2008/12/3), 東京.

733034. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 非特異的な画像所見を呈した肝サルコイドーシスの1例. 高田樹一1, 日高 央1, 山本 創1, 南野 勉1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 小野弘二1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第37回日本肝臓学会東部会 (2008/12/3), 東京.

733035. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) HBVマーカー陽性患者の化学療法・免疫抑制療法による重篤な肝炎発症防止を目的としたエンテカビル (ETV) の効果. 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2医療安全・管理)第37回日本肝臓学会東部会 (2008/12/3), 東京.

733036. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肝癌根治療法後初回再発巣に対する治療法選択〜肝癌の集学的治療におけるRFAの位置付け〜. 奥脇裕介1, 中澤貴秀1 (1消化器内): 第38回日本肝臓学会東部会 (2008/12/4), 東京.

733037. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) シングルバルーン小腸内視鏡の使用経験. 佐田美和1, 小林清典1 (1消化器内): 第15回神奈川県消化器内視鏡懇談会 (2008/12/4), 横浜.

733038. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小腸鏡で診断し得た小腸Crohn病の1例 . 四元真由子1, 前澤 寧2, 山田郁絵2, 龍 貴裕2, 蓮見桂三1, 小野弘二2, 大野 隆1 (1伊勢原協同病院, 2消化器内): 第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/12), 東京.

733039. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ESD後のdelayed perforation. 矢野貴史1, 田辺 聡1 (1消化器内): 第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/12), 東京.

733040. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ESD後の膿瘍. 佐藤 文1, 樋口勝彦1 (1消化器内): 第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/12), 東京.

733041. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) カプセル内視鏡およびシングルバルーン式小腸内視鏡にて発見wされた小腸カルチノイドの1例. 加藤 彩1, 横山 薫1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 久保田美和1, 小林清典1, 旗手和彦2, 吉田 功3, 岡安 勲3, 西元寺克禮1 (1消化器内, 2外科, 3病理)第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2008/12/13), 東京.

733042. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) シングルバルーン内視鏡による小腸出血の診断と治療. 佐田美和1, 小林清典1 (1消化器内): 第8回大腸画像アカデミー (2009/1/17), 東京.

733043. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 難治性腸疾患在宅静脈栄養療法 (HPN) の臨床的検討. 竹内 瞳1, 佐田美和1, 春木聡美1, 横山 薫1, 小林清典1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/29), 鹿児島.

733044. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Crohn病に合併した小腸癌の一例. 佐田美和1, 小林清典1, 竹内 瞳1, 春木聡美1, 横山 薫1, 勝又伴栄1, 西元寺克禮1, 渡邊昌彦2, 岡安 勲3 (1消化器内, 2外科, 3病理): 第43回神奈川大腸疾患研究会 (2009/2/26), 横浜.

733045. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院における胃ESD穿孔例の検討. 東 瑞智1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 阿江太佳子1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 小泉和三郎1, 西元寺克禮1 (1消化器内): 第5回ESD研究会 (2009/3/6), 東京.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-510001. [総説] Chemotherapy for advanced gastric cancer: review of global and Japanese status. 小泉和三郎 (消化器内): Gastrointest Cancer Res 2007/9; 1 (5): 197-203.

H19-522001. 【注目の画像】漿液性嚢胞腺腫. 奥脇裕介1, 木田光広1 (1消化器内): 日本消化器内視鏡学会雑誌 2006/12; 48 (12): 2812.


循環器内科学

[学術論文]

110072. [原著] Rationale and design of a study to examine lower targets for low-density lipoprotein-cholesterol and blood pressure in coronary artery disease patients. Nagai R, 和泉 徹1, Kurabayashi M, Daida H, 東條大輝1, Hasegawa A, Miyauchi K, Hayashi D, Kohro T, Okada Y, Yamazaki T (1循環器内): CLINICAL INVESTIGATIONS 2008/4; 72 (4): 515-20.

110073. [原著] Prognostic utility of B-type natriuretic peptide assessment in stable low-risk outpatients with nonischemic cardiomyopathy after decompensated heart failure. 西井基継1, 猪又孝元1, 竹端 均1, 成毛 崇1, Tomoyoshi Yanagisawa, 森口昌彦1, Sadao Takeda, 和泉 徹1 (1循環器内): JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY 2008/6; 51: 2329-35.

110074. [原著] Effect of colestimide on reduction of body weight and waist circumference in metabolic syndrome patients with cardiovascular risk factors. 東條美奈子1, 東條大輝1, 小杉理恵1, 庭野慎一1, 黒川信悟2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療技術教育): Vascular Disease Prevention 2008/8; 5 (3): 183-9.

110075. [原著] Beneficial effects of Waon therapy on patients with chronic heart failure: Results of a prospective multicenter study. Miyata M, Kihara T, Kubozono T, Ikeda Y, Shinsato T, 和泉 徹1, Matsuzaki M, Yamaguchi T, Kasanuki H, Daida H, Nagayama M, Nishigami K, Hirata K, Kihara K, Tei C (1循環器内): J Cardiol 2008/10; 52 (2): 79-85.

110076. [原著] ICD Therapy for Idiopathic Ventricular Fibrillation in Japan – The ICD-Web Registry administered by the Japanese Heart Rhythm Society. Shimizu A, Nitta T, Imai K, Kurita T, Kobayashi Y, 庭野慎一1, Watanabe S, Soejima K, Abe H (1循環器内): J Arrhythmia 2008/12; 24: 133-40.

110077. [原著] Effect of nifekalant on refractory life-threatening ventricular arrhythmias in patients with cardiopulmonary resuscitation or during the perioperative state. 桐生典郎, 庭野慎一1, Kishihara J, Kiryu M, 今木隆太1, 平澤正次1, 和泉 徹1 (1循環器内): J Arrhythmia 2008/12; 24 : 141-8.

110078. [原著] Neutral endopeptidase inhibitor suppresses the early phase of atrial electrical remodeling in a canine rapid atrial pacing mode. 今木隆太1, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, 佐藤大輔1, 吉田 徹2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2救命): Indian J Med Res 2008; 18: 102-13.

110079. [原著] Dose-Response Effects of Bepridil in Patients with Persistent Atrial Fibrillation Monitored With Transtelephonic Electrocardiograms: A Multicenetr, Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blind Study (J-BAF study). Yamashita T, Ogawa S, Sato T, Aizawa Y, Atarashi H, Fujiki A, Inoue H, Ito M, Kobayashi Y, Koretsune Y, Kumagai K, 庭野慎一1, Oakazaki O, Okumura K, Saku K, Tanabe T, Origasa J, J-BAF investigators (1循環器内): CIRCULATION JOURNAL 2009/3; 73 :1020-7.

120023. [原著] ホルター記録中の突然死について. 相沢義房, 田辺晃久, 青沼和隆, 加藤貴雄, 井上 博, 小川 聡, 庭野慎一1 (1循環器内): 心電図 2008/5; 28: 243-50.

120024. [原著] 入院期高齢心疾患患者の最大歩行速度に関する検討. 山本周平, 松永篤彦1, 澤入豊和, 石井 玲, 松本卓也, 佐藤友則, 堀田一樹, 神谷健太郎, 並木優子, 高橋由美, 増田 卓1, 和泉 徹2 (1医療衛生学部, 2循環器内): 心臓リハビリテーション 2008/6; 13 (2): 304-8.

120025. [原著] 回復期心臓リハビリテーションの継続が高齢虚血性心疾患患者のバランス機能に与える影響について. 澤入豊和, 増田 卓1, 松永篤彦1, 石井 玲, 米澤隆介, 松本卓也, 南里佑太, 堀田一樹, 山本周平, 小倉 彩, 和泉 徹2 (1医療衛生学部, 2循環器内): 心臓リハビリテーション 2008/6; 13 (2): 322-5.

120026. [原著] 心房細動への薬理学的アプローチ−アップストリームとダウンストリーム−. 庭野慎一 (循環器内): Therapeutic Research 2008/9; 29: 2053-60.

120027. [原著] 心房筋リモデリングに対するアンジオテンシン受容体拮抗薬の作用−Point of View−. 庭野慎一 (循環器内): 心電図 2009/3; 29 : 163-9.

320002. [症例報告] 開心術時のPTFEシートによる心膜補填後に収縮性心膜炎を来たした1剖検例. 水谷知泰, 猪又孝元1, 黒川早矢香, 品川弥人1, 小杉理恵1, 加藤伸太朗, 青山直善1, 蒋 世旭2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2病理): 呼吸と循環 2008/4; 56 (4): 435-9.

320003. [症例報告] Non-contact mapping (Ensite) による初期興奮の解析がアブレーションに有用であった心房頻拍の1例. 弓削 大1, 庭野慎一1, 今木隆太, 平澤正次, 深谷英平, 湯本佳宏, 佐々木毅, 和泉 徹1 (1循環器内): 臨床心臓電気生理 2008/6; 38: 58-61.

320004. [症例報告] 18年の経過で死亡した慢性血栓塞栓性肺高血圧症 (CTEPH) の1剖検例. 品川弥人1, 猪又孝元1, 徳山 宣2, 水谷知泰1, 成毛 崇1, 大坂 勤1, 小板橋俊美1, 竹内一郎1, 西井基継1, 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2病理): Therapeutic Research 2008/10; 29 (10): 22-4.

320005. [症例報告] “ステロイド単独投与が奏効した巨細胞性心筋炎”と当初みなされた心サルコイドーシスの1例. 成毛 崇1, 猪又孝元1, 柳澤智義, 大坂 勤1, 小板橋俊美1, 西井基継1, 竹田定生, 大倉裕二, 和泉 徹1 (1循環器内): 呼吸と循環 2008/10; 56 (10): 1061-5.

320006. [症例報告] ピルジカイニドで重症不整脈が誘発された2症例. 湯本佳宏1, 庭野慎一1, 及川 淳, 黒川早矢香, 深谷英平, 畠山祐子, 弓削 大1, 和泉 徹1 (1循環器内): 心臓 2008/12; 40: 87-93.

510006. [総説] Beyond cholesterol lowering: pleiotropic effects of bile acid binding resins against cardiovascular disease risk factors in patients with metabolic syndrome. 東條美奈子1, 東條大輝1, 和泉 徹1 (1循環器内): Current Vascular Pharmacology 2008/10; 6 (4): 271-81.

520047. [総説] 心不全と逆リモデリング. 和泉 徹 (循環器内: Osaka Heart Club 2008/6; 31 (12): 16.

520048. [総説] 突然死−私ならこのようにして防ぐ. 池田隆徳, 中里祐二, 庭野慎一1, 丹野 郁 (1循環器内): 内科 2008/9; 102: 557-68.

520049. [総説] 不整脈治療最前線 レートコントロール薬の使い方. 庭野慎一 (循環器内): クリニシアン 2008/10; 55: 1081-5.

520050. [総説] 房室結節リエントリー性頻拍とWPW症候群. 庭野慎一 (循環器内): Heart View 2008/12; 13: 290-307.

520051. [総説] 心房細動における神経体液性因子と酸化ストレス. 庭野慎一 (循環器内): 心房細動up-to-date 2008/12; 1: 1-4.

520052. [総説] J-Rhythm試験から見えてくること. 庭野慎一 (循環器内): Pharma Medica 2008; 26: 82-7.

520053. [総説] アップストリーム治療の実際 心房細動トータルマネージメントの実践. 庭野慎一 (循環器内): 治療学 2009/1; 43: 54-8.

520054. [総説] 心房細動のカテーテルアブレーションの適応. 庭野慎一 (循環器内): 呼吸と循環 2009/2; 57: 427-32.

520055. [総説] レニン・アンジオテンシン抑制薬の抗不整脈効果. 庭野慎一1, 桐生典郎 (1循環器内): カレントテラピー 2009/3; 27: 443-7.

520056. [総説] 心房細動におけるアップストリーム治療. 庭野慎一1, 岸原 淳 (1循環器内): Circulation Up-to-date 2009/5; 27: 356-65.

522008. [講座] 【特集: 心筋症】診断/治療のピットフォール−心筋症の診断/治療で注意すべき点. 黒川早矢香1, 和泉 徹1 (1循環器内): 治療学 2008/4; 42 (4): 92-5.

522009. [講座] 【特集: 内科必携画像診断-Imaging Revolution-】IV. 循環器 心筋炎. 猪又孝元 (循環器内): 内科 2008/6; 101 (6): 1261-3.

522010. [講座] 【特集: 内科必携画像診断-Imaging Revolution-】IV. 循環器 拡張型心筋症と二次性心筋症. 猪又孝元 (循環器内): 内科 2008/6; 101 (6): 1264-66.

522011. [講座] 【特集: 内科必携画像診断-Imaging Revolution-】IV. 循環器 肥大型心筋症. 猪又孝元 (循環器内): 内科 2008/6; 101 (6): 1267-9.

522012. [講座] 【心不全診療】拡張不全とその対応. 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内): Mebio 2008/7; 25 (7): 32-7.

522013. [講座] 【特集: 循環器疾患と地域連携】循環器疾患の再発予防・重症化予防. 町田陽二1, 東條美奈子1, 山下 智, 川合由河, 和泉 徹1 (1循環器内): 呼吸と循環 2009/1; 57 (1): 33-41.

[著 書]

620053. [学術書] (分担執筆) 【治療 Vol.90臨時増刊号: 診療ガイドダイジェスト】「循環器」心不全, p.42-3. 竹内一郎1, 和泉 徹1 (1循環器内), 南山堂, 2008/4発行.

620054. [学術書] (分担執筆) 【綜合臨床2008増刊 新版処方計画法】I. 循環器疾患 急性心筋炎, p.43-6. 和泉 徹 (循環器内), 永井書店, 2008/4発行.

620055. [学術書] (分担執筆) 【Heart View 12 (5): 心臓リハビリテーションの新しい展開】14. 再入院リスクの高い心不全患者に対する疾患管理プログラムとしての心臓リハビリテーション, p.84-8. 猪又孝元 (循環器内), 企画・構成 後藤葉一, メジカルビュー社, 2008/5発行.

620056. [学術書] (分担執筆) 【メディカルノート・検査の基本】心カテーテル, p.194-209. 庭野慎一 (循環器内), 編 下条文武, 西村書店, 2008/6発行.

620057. [学術書] (分担執筆) 【心エコー 9 (6): 心筋症のすべて】特定心筋症を探る: 心筋炎の心エコー, p.576-82. 小板橋俊美1, 和泉 徹1 (1循環器内), 編 川合宏哉, 鄭 忠和, 文光堂, 2008/6発行.

620058. [学術書] (分担執筆) 【不整脈クリニカルプラクティス】I章 不整脈診療に必要な知識−必ずおさえておきたい知識− 2 不整脈診断に必要な検査法を理解しよう! 電気生理検査, p.49-59. 庭野慎一 (循環器内), 編 井上 博, 山下武志, 南江堂, 2009/3発行.

620059. [学術書] (分担執筆) 【不整脈クリニカルプラクティス】II章 臨床現場における不整脈−実践的対処法− 14 全身性疾患に合併する不整脈, p.251-60. 庭野慎一 (循環器内), 編 井上 博, 山下武志, 南江堂, 2009/3発行.

620060. [学術書] (分担執筆) 【Heart View 12 (7): 慢性心不全を解く・治す】2. 診断・評価に必要な検査 b. BNP・NT-proBNP, p.23-9. 猪又孝元 (循環器内, 企画・構成 筒井裕之, メディカルビュー社, 2008/7発行.

620061. [学術書] (分担執筆) 【医学のあゆみ 226 (1)】拡張型心筋症−自己免疫応答との関連を中心に, p.43-7. 西井基継1, 和泉 徹1 (1循環器内), 医歯薬出版, 2008/7発行.

620062. [学術書] (分担執筆) 【Heart View 12 (8): 心筋症の最前線 】5. 特定心筋症update b. 心アミロイドーシス, p.86-90. 小板橋俊美1, 和泉 徹1 (1循環器内), 企画・構成 松森 昭, メディカルビュー社, 2008/9発行.

620063. [学術書] (分担執筆) 【睡眠時無呼吸症候群 循環器科医必須知識】血管内皮機能とサイトカインの亢進, p.192-9. 東條美奈子1, 和泉 徹1 (1循環器内), 編 麻野井英次, メディカルビュー社, 2008/9発行.

620064. [学術書] (分担執筆) 【看護技術 54 (12): 心不全のディジーズマネジメント: 新しい疾病と患者支援】II 心不全のディジーズマネジメントの実践を探る「回復・慢性機」2. 慢性期心不全の病態および心不全の悪化と合併症を防ぐ治療, p.76-81. 猪又孝元 (循環器内), 編 岡田彩子, 森山美知子, メジカルフレンド社, 2008/10発行.

620065. [学術書] (分担執筆) 【循環器治療薬の選び方・使い方】心房粗動 p.237-41. 庭野慎一 (循環器内), 編 池田隆徳, 羊土社, 2008/10発行.

620066. [学術書] (分担執筆) 【循環器治療薬の選び方・使い方】発作性上室頻拍, p.242-8. 庭野慎一 (循環器内), 編 池田隆徳, 羊土社, 2008/10発行.

620067. [学術書] (分担執筆) 【循環器治療薬の選び方・使い方】不整脈原性右室心筋症, p.280-4. 庭野慎一 (循環器内), 編 池田隆徳, 羊土社, 2008/10発行.

620068. [学術書] (分担執筆) 【心不全診療Skill Upマニュアル】第2章 原因疾患からみた心不全のアプローチ 5. 心筋・心膜炎 1) 心筋炎, p.183-90. 竹内一郎1, 和泉 徹1 (1循環器内), 羊土社, 2008/10発行.

620069. [学術書] (分担執筆) 【新・心臓病診療プラクティス 不整脈を診る・治す−非薬物療法のすべて】心房の自律神経支配, p.200-2. 庭野慎一 (循環器内), 編 青沼和隆, 松崎益徳, 文光堂, 2008/10発行.

620070. [学術書] (分担執筆) 【腹痛診療ナビ】第3章 疾患治療編 〔循環器〕心筋炎・心膜炎, p.234-44. 西井基継1, 和泉 徹1 (1循環器内), 日本医事新報社, 2008/10発行.

620071. [学術書] (分担執筆) 【medicina 46 (1): 循環器薬の使い方2009】病態に応じた薬物治療の基本〜慢性心不全の急性増悪, p84-6. 猪又孝元 (循環器内), 医学書院, 2009/1発行.

620072. [学術書] (分担執筆) 【Pharma Medica 27(1): 血栓症治療の最新動向】ACE阻害薬を見つめ直す, p.110-6. 和泉 徹1, 島田和幸, 清野精彦、石光俊彦, 山科 章, 山崎 力 (1循環器内), メディカルビュー社, 2009/1発行.

622006. [学術書] (翻訳) 【不整脈テキスト 発症機序から見た治療のすべて】p.1-30, p.56-80, p.168-72. 庭野慎一1 (1循環器内), 編著 G. リップ, J. ゴットフレッドセン, 監訳 小川 聡, 和泉 徹1, 西村書店, 2008/6発行.

622007. [学術書] (翻訳) 【一目で分かる心血管系 第2版】膜電位・イオンチャネルとポンプ. 心筋の電気生理と心拍の産生. 心筋細胞の興奮収縮連関. 心臓の刺激伝導系. 血管平滑筋の興奮収縮連関. 不整脈の発生機序. 上室頻拍. 心室性不整脈と不整脈の非薬物治療. 不整脈の薬物治療, p.18-27, 100-7. 庭野慎一 (循環器内), 監修 村松準, 他, メディカルサイエンス・インターナショナル, 2008/8発行.

[学会・研究会等]

712008. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Radical scavengers prevent the development of electrical remodeling in myocarditis model by suppressing reactive oxygen species (ROS). 庭野慎一 (循環器内):Internal Society of Heart Research (2008/12/5), Yokohama.

713042. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The importance of the phase of administration of radical scavenger to prevent the electrical and structural remodeling in rat experimental autoimmune myocarditis. 庭野慎一1, 佐々木沙栄1, 庭野裕恵1, 黒川早矢香2, 深谷英平1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): European Society of Cardiology (2008/8/31), Munich.

713043. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Prognostic Significance of Cardiac Magnetic Resonance Assessment Based on Detection of Myocardial Inflammation in Non-ischemic Dilated Cardiomyopathy. 品川弥人1, 猪又孝元1, 鴇田尚樹2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2放射線)European Society of Cardiology 2008 (2008/9/1), ドイツ・ミュンヘン.

713044. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Angiotensin II Receptor Blocker Suppresses the Electrical and Structural Remodeling through the Suppression of Oxidative Stress and Inflammation in the Canine Atrial Fibrillation Model. 深谷英平1, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, Masaki Y, 桐生典郎2, 黒川早矢香2, 畠山祐子1, 湯本佳宏1, 森口昌彦1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): European Society of Cardiology (2008/9/1), Munich.

713045. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Appropriate idication and management for the use of percutaneous cardiopulmonary support (PCPS) in acute myocardial infarction (AMI) patients. 青山直善1, 今井 寛2, 加藤伸太朗1, 福田直人3, 黒澤利郎4, 相馬一亥2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2救命, 3海老名ハートクリニック, 4町田市民病院): )ESC Working Group on Acute Cardiac Care 2008 (2008/10/26), Versailles France.

713046. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Angiotensin II receptor blocker suppresses the Oxydative Stress, Tissue Inflamation, and Atrial Electrical Remodeling in the Canine Experimental Model. 深谷英平1, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, Masaki M, 桐生典郎2, 佐藤大輔1, 森口昌彦1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): International Society of Heart Research (2008/12/5), Yokohama.

713047. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of nifekalant on refractory life-threatening ventricular arrhythmia in patients with cardiac pulmonary resuscitation or perioperative state. 桐生典郎1, 庭野慎一2, 岸原 淳1, 今木隆太2, 平澤正次2, 和泉 徹2 (1医療系研究科・循環器内科学, 2循環器内): International Society of Heart Research (2008/12/6), Yokohama.

713048. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Incidence and Characteristics of T-wave Changes along the Time Course of Bepridil Therapy for Atrial Fibrillation. 黒川早矢香1, 庭野慎一2, 桐生典郎1, 深谷英平2, 畠山祐子2, 湯本佳宏2, 庭野裕恵2, 庭野裕恵2, 和泉 徹2 (1医療系研究科・循環器内科学, 2循環器内): Japanese Society of Cardiology (2009/3/20), Osaka.

713049. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Comparison of ICD Implantations in the United States versus Japan. 清水昭彦, 新田 隆, 栗田隆志, 今井克彦, 木村 剛, 小林義典, 副島京子, 庭野慎一1, 渡邉重行, 安部治彦Japanese Society of Cardiology (2009/3/20), Osaka.

713050. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of Antiarrhythmic Agents is Predicted by the Fibrillatiory Frequency in Spectral Analysis of Fibrillation Waves in Persistent Atrial Fibrillation. 庭野慎一1, 佐々木毅1, 桐生典郎2, 黒川早矢香2, 深谷英平1, 畠山祐子1, 湯本佳宏1, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): Japanese Society of Cardiology (2009/3/20), Osaka.

713051. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Importance of Determination of T-wave Endpoint to Predict the Appearance of Proarrhythmic Effect during Bepridil Therapy. 黒川早矢香1, 庭野慎一2, 桐生典郎1, 深谷英平2, 畠山祐子2, 湯本佳宏2, 森口昌彦2, 庭野裕恵2, 和泉 徹2 (1医療系研究科・循環器内科学, 2循環器内): Japanese Society of Cariology (2009/3/21), Osaka.

713052. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Oxidative Stress Produces Electrical Remodeling and Ventricular Arrhythmias in Glutathione Depleted Hyper-oxidative Rat Model. 黒川早矢香1, 庭野慎一2, 庭野裕恵2, 桐生典郎1, 深谷英平2, 和泉 徹2 (1医療系研究科・循環器内科学, 2循環器内): Japanese Society of Cardiology (2009/3/21), Osaka.

713053. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Prognosis of Patients with Implantable Defibrillator Devices Based on Data-base of On-line Registry. 清水昭彦, 新田 隆, 栗田隆志, 今井克彦, 木村 剛, 小林義典, 副島京子, 庭野慎一1, 渡邉重行, 安部治彦 (1循環器内): Japanese Society of Cardiology (2009/3/21), Osaka.

713054. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Left Ventricular Remodeling is Predicted by the Number of Premature Ventricular Contraction (PVC) in Patients with Idiopathic Frequent PVCs. 庭野慎一1, 桐生典郎2, 黒川早矢香2, 深谷英平1, 畠山祐子1, 湯本佳宏1, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): Japanese Society of Cardiology (2009/3/22), Osaka.

721003. [学会 (全国)] (特別講演) 心不全実地診療でカルペリチドとどう付き合うべきか. 猪又孝元 (循環器内): 第4回Japan Heart Colloqium (2008/6/7), 神戸.

721004. [学会 (全国)] (特別講演) I. 強心薬を語ろう 2. Dobutamine. 猪又孝元 (循環器内): 第2回急性心不全研究会 (2008/6/14), 東京.

721005. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 中等症-重症心不全の薬物介入. 猪又孝元 (循環器内): 第17回日本心血管インターベンション学会学術集会 (2008/7/4), 名古屋.

721006. [学会 (全国)] (特別講演) 心不全患者に対する治療の実際 (1) (2). 猪又孝元 (循環器内): 「心不全に対する理学療法」講習会 (2008/9/13), 相模原.

721007. [学会 (全国)] (特別講演) バイオマーカーを用いた心不全診療. 猪又孝元 (循環器内): 第12回日本心不全学会 ICD/CRT合同研修セミナー (2008/10/16), 東京.

721008. [学会 (全国)] (特別講演) 急性心不全診療における病態把握. 猪又孝元 (循環器内): 第73回日本循環器学会学術集会 (2009/3/22), 大阪.

722045. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 急性心不全の病態と評価-心臓とその取り巻く環境-. 猪又孝元 (循環器内): HANPフォーラム2008 (2008/8/2), 東京.

722046. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) T-cell mediated autoimmunity for myocardial diseases. 猪又孝元 (循環器内): 第12回日本心不全学会 (2008/10/17), 東京.

722047. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動における神経体液因子と酸化ストレス. 庭野慎一 (循環器内): 不整脈薬物治療フォーラム (2008/12/6), 横浜.

723153. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 我が国の心不全患者におけるICD/CRT-D植込みの実情と適応の変遷. 清水昭彦, 新田 隆, 栗田隆志, 庭野慎一1, 安部治彦, 副島京子, 今井克彦, 小林義典, 渡邉重行, 木村 剛 (1循環器内): 第23回日本不整脈学会 (2008/5/31), 横浜.

723154. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アンギオテンシンII受容体拮抗薬は心房高頻度刺激によって起こる酸化ストレス, 炎症を抑制し心房細動誘発率を抑制する−心房細動モデル犬による検討−. 深谷英平1, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, 黒川早矢香2, 畠山祐子1, 湯本佳宏1, 森口昌彦1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学)第23回日本不整脈学会 (2008/6/1), 横浜.

723155. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 顕性WPW症候群焼灼後のcardiac memoryによるST-T変化出現の特性の検討. 畠山祐子1, 庭野慎一1, 黒川早矢香2, 深谷英平1, 湯本佳宏1, 森口昌彦1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学)第23回日本不整脈学会 (2008/6/1), 横浜.

723156. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ベプリジル内服症例における体表面心電図T変化の検討.. 黒川早矢香1, 庭野慎一2, 深谷英平2, 畠山祐子2, 湯本佳宏2, 森口昌彦2, 和泉 徹2 (1医療系研究科・循環器内科学, 2循環器内)第23回日本不整脈学会 (2008/6/2), 横浜.

723157. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ベプリジル内服中にtorsades de pointesないし非持続性心室頻拍が出現した8症例における体表面心電図T波経時的変化. 黒川早矢香1, 庭野慎一2, 桐生典郎1, 深谷英平2, 畠山祐子2, 湯本佳宏2, 森口昌彦2, 和泉 徹2 (1医療系研究科・循環器内科学, 2循環器内)第23回日本不整脈学会 (2008/6/2), 横浜.

723158. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Correlation between chronic kidney disease and angiographic severity of coronary artery disease. 東條大輝1, 森口昌彦1, 西井基継1, 東條美奈子1, 福田直人2, 黒澤利郎3, 和泉 徹1 (1循環器内, 2海老名ハートクリニック, 3町田市民病院): 第17回日本心血管インターベンション学会 (2008/7/4), 名古屋.

723159. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度房室ブロック後に心室頻拍や心室細動などの多彩な不整脈を主徴とした急性心筋炎の一例. 前川恵美1, 千葉義郎, 福永 博, 山下文男, 大平晃司, 村田 実, 猪又孝元2, 和泉 徹2 (1医療系研究科・循環器内科学, 2循環器内):第56回日本心臓病学会学術集会 (2008/9/8), 東京.

723160. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経口アミオダロン継続使用症例の臨床像と問題点の検討. 畠山祐子1, 庭野慎一1, 桐生典郎2, 黒川早矢香2, 深谷英平1, 佐藤大輔1, 湯本佳宏1, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): 日本心電学会 (2008/11/1), 新潟.

723161. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低電位部位のelectro-anatomical mappingが焼灼に有用であった催不整脈性右室心筋症の1例. 湯本佳宏1, 庭野慎一1, 桐生典郎2, 黒川早矢香2, 深谷英平1, 畠山祐子1, 佐藤大輔1, 森口昌彦1, 庭野裕恵1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): 日本心電学会 (2008/11/1), 新潟.

723162. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The Incidence of Stent Thrombosis of Drug Eluting Stent in our Hospital. 深谷英平1, 品川弥人1, 佐藤大輔1, 森口昌彦1, 竹内一郎2, 竹端 均2, 東條美奈子1, 東條大輝1, 福田直人3, 黒澤利郎4, 和泉 徹1 (1循環器内, 2救命, 3海老名ハートクリニック, 4町田市民病院): 第8回日本心血管カテーテル治療学会学術集会 (2008/11/24), 京都、国立京都国際会館.

723163. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Prognostic Impact of Curious Alteration of Mixed Venous Oxygen Saturation on the Recovery from Percutaneous Cardiopulmonary Support. 成毛 崇1, 猪又孝元1, 今井 寛2, 柳澤智義3, 前川恵美1, 水谷智泰3, 品川弥人1, 小板橋俊美1, 西井基継1, 竹内一郎2, 竹端 均2, 青山直善1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2救命, 3医療系研究科・循環器内科学): 第73回日本循環器学会総会・学術会議 (2009/3/20), 大阪.

723164. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Impact of Weight Loss on Atherogenic Systemic Inflammation: Circulating Interleukin-18 in Patients with Metabolic Syndrome. 東條美奈子1, 東條大輝1, 小杉理恵1, 青山直善1, 和泉 徹1 (1循環器内): 第73回日本循環器学会総会・学術会議 (2009/3/21), 大阪.

723165. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Impact of weight loss on atherogenic systemic inflammation: circulating interleukin-18 in patients with metabolic syndrome. 東條美奈子1, 東條大輝1, 小杉理恵1, 青山直善1, 和泉 徹1 (1循環器内): 第73回日本循環器学会総会・学術会議 (2009/3/21), 大阪.

723166. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Preoperative Impaired Left Ventricular Function does not Predict an Insufficient Recovery Following Aortic Valve Replacement for Aortic Regurgitation. 前川恵美1, 猪又孝元1, 柳澤智義2, 水谷智泰2, 成毛 崇1, 小板橋俊美1, 西井基継1, 竹内一郎3, 竹端 均3, 鳥井晋三4, 小原邦義4, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学, 3救命, 4心臓血管外): 第73回日本循環器学会総会・学術会議 (2009/3/21), 大阪.

723167. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The Difference between the Patients with and without Major-amputation treated with Therapeutic Angiogenesis using Autologous Peripheral Blood Mononuclear Cells Transplantation. 青山直善1, 平田光博2, 大谷慎一3, 金井昭文4, 加藤伸太朗1, 庭野裕恵1, 小原邦義5, 和泉 徹1 (1循環器内, 2外科, 3臨検学, 4麻酔, 5心臓血管外): 日本循環器学会総会・学術会議 (2009/3/22), 大阪.

731008. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 低心機能心房細動症例におけるアミオダロンの位置づけ. 庭野慎一 (循環器内):第4回九州アミオダロン研究会 (2008/4/12), 福岡.

731009. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況における心不全治療戦略−目に見える治療, 目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 北部渡島地区学術講演会 (2008/5/16), 八雲(北海道).

731010. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 不整脈における薬物治療の位置づけ. 庭野慎一 (循環器内): 相模原内科医会 (2008/5/16), 相模原.

731011. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の薬物治療−ダウンストリームからアップストリームへ−. 庭野慎一 (循環器内): 福山地区内科会 (2008/5/23), 福山 (広島).

731012. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心筋炎とどう戦うかー現状における心筋炎の診断と治療. 猪又孝元 (循環器内): 第19回宇都宮心臓病セミナー (2008/5/29), 宇都宮.

731013. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況における心不全基本管理−目に見える治療, 目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 秦野伊勢原医師会学術講演会 (2008/6/4), 秦野 (神奈川).

731014. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の薬物治療−ダウンストリームとアップストリーム−. 庭野慎一 (循環器内): 気仙医師会 (2008/6/10), 大船渡 (岩手).

731015. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況における心不全管理−目に見える治療, 目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): Cardiovascular Update Seminar (2008/7/15), 静岡.

731016. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ボーダレス化する心不全管理の実際と展望. 猪又孝元 (循環器内): 飯田循環器疾患講演会 (2008/7/25), 飯田 (長野).

731017. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況における心不全管理−目に見える治療, 目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 第8回豊橋循環器研究会 (2008/7/29), 豊橋.

731018. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 難治性心不全とどう戦うか−基本戦略を再考する−. 猪又孝元 (循環器内): 第8回玄海心不全カンファレンス (2008/8/1), 小倉.

731019. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況の心不全管理を再考する. 猪又孝元 (循環器内): 第53回川崎循環器懇話会 (2008/9/5), 川崎.

731020. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況における心不全管理−目に見える治療と目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 中野区医師会学術講演会 (2008/9/9), 東京.

731021. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療から紐解くβ遮断薬の役割−実践編−. 猪又孝元 (循環器内): 岡山β遮断薬ミーティング (2008/9/11), 岡山.

731022. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全基本戦略を再考する−目に見える治療, 目に見えない治療とは−. 猪又孝元 (循環器内): 丸亀心不全ミーティング (2008/9/12), 丸亀 (香川).

731023. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療の最前線−デバイス治療の進歩−. 猪又孝元 (循環器内): 心不全デバイス治療研究会 (2008/9/20), 仙台.

731024. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心イベント急性期におけるβ遮断薬の役割−cardioprotectionかcardiosuppressionか?−. 猪又孝元 (循環器内): 心臓財団虚血性心疾患セミナー (2008/9/30), 東京.

731025. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今あらためて問う心イベント急性期におけるβ遮断薬の役割. 猪又孝元 (循環器内): 久留米循環器セミナー (2008/10/3), 久留米.

731026. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療から紐解くβ遮断薬の役割−実践編−. 猪又孝元 (循環器内): 札幌β遮断薬ミーティング (2008/10/10), 札幌.

731027. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) なぜ今ACE阻害薬なのか?−心不全診療からのメッセージ−. 猪又孝元 (循環器内): 海老名市・座間綾瀬医師会学術講演会 (2008/10/15), 海老名.

731028. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 最近の不整脈治療−専門医へ紹介するタイミング−. 庭野慎一 (循環器内):秦野医師会 (2008/10/22), 秦野 (神奈川).

731029. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全バイオマーカー診療のススメ−BNP/NT-proBNPをいかに使いこなすか?−. 猪又孝元 (循環器内): 東京都臨床検査技師会 臨床化学・血清検査合同研修会 (2008/10/24), 東京.

731030. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 日本における心不全β遮断薬療法の現状と課題. 猪又孝元 (循環器内): 循環器シンポジウム 心不全Up-to-date in 神奈川 (2008/10/25), 横浜.

731031. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現状における心不全管理−目に見える治療と目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 神奈川県臨床検査技師会学術研修会 (2008/10/26), 横浜.

731032. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全実地診療からneurohumoral modulationを再考する. 猪又孝元 (循環器内): KYOTO HEART FORUM (2008/10/27), 京都.

731033. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況における心不全管理を考える. 猪又孝元 (循環器内): 第20回県央心血管治療研究会 (2008/11/5), 海老名.

731034. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の薬物治療−アップストリーム治療の可能性−. 庭野慎一 (循環器内):青梅医師会 (2008/11/5), 青梅、東京.

731035. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 系統立てた心不全管理法−目に見える治療, 目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 津久井地区病診勉強会 (2008/11/6), 相模原.

731036. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) アウトカムを意識した心不全管理とデバイス治療の位置付け. 猪又孝元 (循環器内): 最新心不全治療セミナー (2008/11/7), 福島.

731037. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療から紐解くβ遮断薬の役割−実践編−. 猪又孝元 (循環器内): 相模原β遮断薬ミーティング (2008/11/20), 相模原.

731038. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療から紐解くβ遮断薬の役割−実践編−. 猪又孝元 (循環器内): 釧路β遮断薬ミーティング (2008/11/21), 釧路.

731039. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動と脳梗塞. 庭野慎一 (循環器内):AF league 2nd (2008/11/25), 東京.

731040. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) すぐに役立つ心不全管理の考え方−目に見える治療, 目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 循環器病診連携フォーラム (2008/11/29), 名古屋.

731041. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況の心不全管理と新たな治療標的を考える. 猪又孝元 (循環器内): 現況の心不全管理と新たな治療標的を考える (2008/12/2), 大阪.

731042. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今あらためて問う心イベント急性期におけるβ遮断薬の役割. 猪又孝元 (循環器内): 第5回ももちクリティカルケア研究会 (2009/1/16), 福岡.

731043. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療から紐解くβ遮断薬の役割−実践編−. 猪又孝元 (循環器内): 宮崎大学第一内科循環器グループ勉強会 (2009/1/20), 宮崎.

731044. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況の心不全管理と新たな治療標的を考える. 猪又孝元 (循環器内): 第8回山口県東部心不全勉強会 (2009/2/6), 徳山.

731045. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今あらためて問う心イベント急性期におけるβ遮断薬の役割. 猪又孝元 (循環器内): 道北循環管理研究会 (2009/2/12), 旭川.

731046. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 系統的な心不全治療の組み立てとは−診断・治療ツールをどう使うか, どう生かすか−. 猪又孝元 (循環器内): 第14回苫小牧心不全研究会 (2009/2/13), 苫小牧.

731047. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) なぜ今ACE阻害薬なのか?−心不全診療からのメッセージ−. 猪又孝元 (循環器内):「心臓疾患の診断と治療」学術講演会 (2009/2/18), 横浜.

731048. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現状における心不全管理−目に見える治療と目に見えない治療−. 猪又孝元 (循環器内): 第8回循環器エキスパートミーティング (2009/2/25), 東京.

731049. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況の心不全管理と新たな治療標的を考える. 猪又孝元 (循環器内): 東海大学心不全治療勉強会 (2009/3/12), 厚木.

731050. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 急性心不全管理における新たな視点を考える. 猪又孝元 (循環器内): 沖縄心不全学術講演会 (2009/3/13), 那覇.

731051. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 日本における心不全β遮断薬療法の現状と課題. 猪又孝元 (循環器内): 「循環器シンポジウム」心不全Up-to-date in東京 (2009/3/14), 東京.

731052. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療から紐解くβ遮断薬の役割−実践編−. 猪又孝元 (循環器内): 文京区β-blocker Therapy Meeting (2009/3/26), 東京.

731053. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 現況の心不全管理と新たな治療標的を考える. 猪又孝元 (循環器内): 青森心不全セミナー (2009/3/27), 青森.

732021. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動のアップストリーム治療の可能性. 庭野慎一 (循環器内): 第19回城南循環器研究会 (2008/6/19), 東京.

732022. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 頻脈性不整脈の診断と治療. 庭野慎一 (循環器内): 第30回上越循環器談話会 (2008/12/12), 上越 (新潟).

732023. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心不全非代償期でのβ遮断薬投与−是か非か?−. 猪又孝元 (循環器内): 「循環器シンポジウム」心不全Up-to-date in福岡 (2009/1/31), 福岡.

733046. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Filtrapの使用下でno reflowを生じ, フィルター回収後も改善を認めなかった狭心症の一例. 品川弥人1, 森口昌彦1, 福田直人2, 成毛 崇1, 東條大輝1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2海老名ハートクリニック): 日本心血管カテーテル治療学会第4回東日本地方会(北海道・東北・関東甲信越合同地方会) (2007/11/10), 東京、大手町サンケイプラザ.

733047. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 投与15年後に完全房室ブロックを発症したドキソルビシン心筋症の一例. 林 伸充1, 猪又孝元1, 小板橋俊美1, 前川恵美2, 桐生典郎2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): 第555回日本内科学会関東地方会 (2008/7/13), 東京.

733048. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 進行した大動脈弁狭窄症により死亡した拡張型心筋症の一例. 渡辺一郎1, 猪又孝元1, 畠山祐子1, 桐生典郎2, 水谷知泰1, 小板橋俊美1, 青山直善1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療系研究科・循環器内科学): 第558回日本内科学会関東地方会 (2008/11/8), 東京.

733049. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 機能性僧帽弁逆流に対する僧帽弁形成術後、術前に把握しえなかった右心機能不全により死亡した心サルコイドーシスの一例. 小板橋俊美1, 猪又孝元1, 和泉 徹1 (1循環器内): 第1回丸の内心不全カンファレンス (2008/11/15), 東京.

733050. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した超遅発性ステント内血栓症の一例. 西成真琴1, 竹端 均2, 深谷英平3, 佐藤大輔3, 竹内一郎2, 東條大輝3, 森口昌彦3, 猪又孝元3, 青山直善3, 和泉 徹3 (1医療系研究科・循環器内科学, 2救命, 3循環器内)第21回心臓性急死研究会 (2008/12/20), 品川、東京コンファレンスセンター.

733051. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 実地臨床から拡張型心筋症を考える. 猪又孝元 (循環器内): 第10回サガミハートフォーラム (2009/1/15), 相模原.

733052. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 標識下心筋炎惹起性T細胞株とクローン化を用いた実験的自己免疫性心筋炎の病態解明の試み. 成毛 崇1, 柳澤智義1, 猪又孝元2, 和泉 徹2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内)厚生労働省難治性疾患克服研究事業特発性心筋症に関する調査研究 2008年度第2回研究報告会 (2009/3/3), 大阪.

733053. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 植込みデバイスの搭載機能により発作性心房粗細動と心不全増悪との関連が示唆された拡張型心筋症の1例. 亀田 良1, 猪又孝元1, 小板橋俊美1, 庭野慎一1, 青山直善1, 須藤恭一2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2心臓血管外): 561回日本内科学会関東地方会 (2009/3/14), 東京.

H19年度以前分

[学術論文]

H17-110001. [原著] Clinical Characteristics of Heart Disease Patients with a Good Prognosis in Spite of Markedly Increased Plasma Levels of Type-B Natriuretic Peptide (BNP)-Anomalous Behavior of Plasma BNP in Hypertrophic Cardiomyopathy. 竹内一郎1, 猪又孝元1, 西井基継1, 小板橋俊美1, 中野浩成1, 品川弥人1, 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内): Circ J 2005; 69: 277-82.

H19-110002. [原著] Atrial natriuretic peptide (ANP) suppresses acute atrial electrical remodeling in the canine rapid atrial stimulation model. 吉田友紀1, 庭野慎一1, 庭野裕恵1, 今木隆太1, 佐藤大輔1, 真崎義彦2, 中里和美2, 相馬一亥3, 和泉 徹1 (1循環器内, 2予防医学系, 3救命): International Journal of Cardiology 2008/1; 123 (2): 147-54.

H19-522002. [講座] 【第71回日本循環器学会トピックス】心不全に対する新しい薬物療法の試み. 和泉 徹 (循環器内): 心臓 2008/3; 40 (3): 309-11.

[著 書]

H19-620001. [学術書] (分担執筆) 【Heart View 12 (2): 急性心不全】10. 急性心不全の非薬物療法, p.194-201. 竹内一郎1, 和泉 徹1 (1循環器内), 企画・構成 友池仁暢, メディカルビュー社, 2008/2発行.

H19-620002. [学術書] (分担執筆) 【循環器疾患最新の治療】IV. 心筋疾患 2. 拡張型心筋症, p.188-92. 品川弥人1, 和泉 徹1 (1循環器内), 南江堂, 2008/2発行.

H19-620003. [学術書] (分担執筆) 【別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズNo.6 循環器症候群 (第2版) III】VIII. 心筋疾患 12. カテコールアミン心筋症 (Catecholamine-induced cardiomyopathy), p.60-4. 青山直善 (循環器内), 日本臨牀社, 2008/2発行.

H19-620004. [学術書] (分担執筆) 【門医のための薬物療法Q&A 循環器】III章心不全 C心筋疾患 Q1拡張型心筋症 (DCM) の診断と治療は?, p.272-8. 竹端 均1, 和泉 徹1 (1循環器内), 編 小室一成, 北風政史, 中外医学社, 2008/3発行.

[学会・研究会等]

H19-713001. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Plenary SessionVI Joint AHA/ESC Session:Reversing Heart Failure. 和泉 徹 (循環器内): AHA Highlights 2007 (2008/2), USA.

H19-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院の心臓カテーテル患者におけるCKDの現状. 東條大輝 (循環器内): 第56回神奈川循環器講演会 (2007/12/15), 横浜 (関内新井ホール).


神経内科学

[学術論文]

110080. [原著] Plasma orexin-A levels in patients with migraine. Yonekura J, 濱田潤一1, 金澤直美2, 坂井文彦1 (1神経内, 2病態・診療系): Kitasato Med J 2008/9; 38 (2): 77-80.

110081. [原著] The chenge in cortical spreading depression induced by different concentrations of KCl in rats. Yonekura J, 濱田潤一1, 北村英二1, 小泉健三1, 増田 励1, Fukuda M, 坂井文彦1 (1神経内): Kitasato Med J 2008/9; 38 (2): 81-4.

110082. [原著] Plasma homocysteine in multiple system atrophy. 濱田潤一1, Nagata E, Shimizu T, Shibata M, 坂井文彦1 (1神経内): Kitasato Med J 2008/9; 38 (2): 134-6.

110083. [原著] Plasma excitatory amino acids in multiple system atrophy. 濱田潤一1, Nagata E, Shimizu T, Shibata M, Sasaki T, 坂井文彦1 (1神経内): Kitasato Med J 2008/9; 38 (2): 137-9.

110084. [原著] Progressive carotid artery stenosis with a novel tRNA phenylalanine mitochondrial DNA mutation. 飯塚高浩1, 宮川沙織1, 佐東麻弓, 鈴木康輔1, 濱田潤一1, 倉田 彰2, 坂井文彦1 (1神経内, 2脳外): JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES 2009/3; 278 (1-2): 35-40.

110085. [原著] Sniff nasal inspiratory pressure in healthy Japanese subjects: mean values and lower limits of normal. Kamide N, 荻野美恵子1, Yamashina N, Fukuda M (1神経内): RESPIRATION 2009; 77 (1): 58-62 [Epub 2008 Oct 28].

320007. [症例報告] 胸背部痛で発症した頸髄梗塞の1例. 鈴木康輔1, 佐東麻弓1, 矢吹心平1, 飯塚高浩1, 濱田潤一1, 坂井文彦1, 菅 信一2 (1神経内, 2放射線): 脊椎脊髄ジャーナル 2008/10; 21 (10): 1034-42.

520057. [総説] パーキンソン病の在宅医療. 荻野美恵子 (神経内): 医学のあゆみ 2008/5; 225 (5): 400-5.

520058. [総説] 【高齢者神経疾患のトータルマネージメント】身体症状のマネージメント 筋萎縮性側索硬化症 (Amyotrophic lateral sclerosis: ALS). 荻野美恵子 (神経内): Modern Physician 2008/5; 28 (5): 634-8.

520059. [総説] 二次性頭痛を見逃さないために. 濱田潤一 (神経内): カレントテラピー 2008/10; 26 (10): 847-51.

520060. [総説] 日本におけるALS終末期. 荻野美恵子 (神経内): 臨床神経学 2008/11; 48 (11): 973-5.

520061. [総説] 片頭痛の病態生理−generatorを中心に−. 濱田潤一 (神経内): 臨床神経学 2008/11; 48 (11): 857-60.

520062. [総説] 瞳孔検査. 濱田潤一 (神経内): Clinical Neuroscience 2008/11; 26 (11): 1276-7.

520063. [総説] 【自己免疫性辺縁系脳炎−病態研究の進歩】細胞膜抗原に対する抗体陽性辺縁系脳炎−抗NMDAR抗体陽性辺縁系脳炎の病態−. 飯塚高浩 (神経内): Clinical Neuroscience 2008/5; 26 (5): 516-22.

520064. [総説] 【特集 不随意運動と姿勢異常−臨床像と治療最前線】抗NMDA受容体脳炎の異常運動. 飯塚高浩 (神経内): Brain Medical 2008; 20 (3): 243-55.

520065. [総説] 抗NMDA受容体脳炎−臨床徴候とその病態生理−. 飯塚高浩1, 坂井文彦1 (1神経内): 脳と神経 2008; 60 (9): 1047-60.

520066. [総説] 【シンポジウム3-2】抗NMDA受容体抗体陽性脳炎: 抗NMDA受容体脳炎の臨床と病態. 飯塚高浩 (神経内): 臨床神経学 2008/11; 48 (11): 920-2.

520067. [総説] 【シンポジウム10-1】ミトコンドリア病治療の現状と将来−MELASの脳卒中様発作の病態と治療−. 飯塚高浩 (神経内): 臨床神経学 2008/11; 48 (11): 1006-9.

520068. [総説] てんかん薬による片頭痛の予防. 濱田潤一 (神経内): Brain Medical 2009/1; 21 (1): 71-7.

520069. [総説] 抗NMDA受容体抗体陽性脳症. 飯塚高浩1, 原 敦子2 (1神経内, 2病理): 臨床病理 2009/3; 57 (3): 252-261.

520070. [総説] 抗NMDA受容体陽性脳炎・脳症. 飯塚高浩1, 坂井文彦1 (1神経内): 神経治療学 2009; 26 (1): 11-21.

540024. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究】医療処置のインフォームドコンセントを支える患者支援ツールの検討. 荻野美恵子1, 森永友弥, 杉村幸信, 吉原千恵, 前川恭子, 松原康美, 坂井文彦1 (1神経内): 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書, 2008/3.

540025. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の生活の質 (Quality of life, QOL) の向上に関する研究】ALSにおけるSNIPの有用性−第3報−. 隅田祥子, 上出直人, 荻野美恵子1, 福田倫也, ALSカンファレンスチーム, 坂井文彦1 (1神経内): 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の生活の質 (Quality of life, QOL) の向上に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 2008/3; p.80-91.

540026. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究】講演を通した自己実現−医学部講演を経験して−. 荻野美恵子1, 三井敏照, 古澤英明, 守屋利佳2, 阿部  直2, 坂井文彦1 (1神経内, 2医学教育): 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 2008/3.

[著 書]

620073. [学術書] (分担執筆) 【名医が解説する症状からわかる病気の本】片頭痛. 濱田潤一 (神経内), 編 毎日が発見編集部, 角川SSコミュニケーションズ, 2008/6発行.

620074. [学術書] (分担執筆) 【Annual Review 神経 2009】XV. 機能性疾患 2. 片頭痛様回転性めまい, p.304-13. 濱田潤一 (神経内), 編 柳澤信夫, 篠原幸人, 岩田 誠, 清水輝夫, 寺本 明, 中外医学社, 2009/1発行.

620075. [学術書] (分担執筆) 【救急レジデントマニュアル第4版】意識障害 (3) 代謝性障害 p.78-82. 濱田潤一 (神経内), 編 相川直樹,堀進悟, 医学書院, 2009/3発行.

620076. [学術書] (分担執筆) 【救急レジデントマニュアル第4版】意識障害 (4) その他, p.83-5. 濱田潤一 (神経内), 編 相川直樹,堀進悟, 医学書院, 2009/3発行.

[学会・研究会等]

712009. [学会 (国際)] (シンポジウム招待講演) Focal hyperperfusion corresponding to persistent migaine aura in famailial hemiplegic migraine with a novel ATP1A2 gene mutation. 飯塚高浩1, 佐東麻弓1, 米倉純子1, 宮川沙織1, 濱田潤一1, 辻 省次2, 坂井文彦1 (1神経内, 2東京大学大学院医学系研究科 ): The 2nd Korean-Japanese joint headache symposium. (2008/11/15), 東京.

713055. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neuronal Hyperexcitability and Trigeminovascular Activation during Acute Stage of Stroke-like Episodes in MELAS. 飯塚高浩1, 宮川沙織1, 佐東麻弓1, 矢吹心平1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第60回米国アカデミー神経学会総会 (2008/4/15), Chicago.

713056. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinico-pathological study in chronic hypertrophic pachymeningitis. 宮川沙織1, 飯塚高浩1, 矢吹心平1, 原 敦子2, 滝山容子1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内, 2病理): 第60回米国アカデミー神経学会総会 (2008/4/17), Chicago.

713057. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Focal hyperperfusion observed in multiple origins during persistent aura in hemiplegic migraine. 佐東麻弓1, 飯塚高浩1, 米倉純子1, 宮川沙織1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): European Headache and Migraine Trust Interanational Congress 2008 (2008/9/6), London, UK.

713058. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) CARDIOEMBOLIC STROKE ASSOCIATED WITH LEFT ATRIAL ENLARGEMENT. 由井進太郎1, 矢吹心平1, 宮川沙織1, 鈴木康輔1, 飯塚高浩1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 6th World stroke congress (2008/9/25), Vienna, Austria.

713059. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effectiveness of monitoring sniff nasal inspiratory pressure (SNIP) and trans cutaneous PCO2 to foresee prognosis of patients with ALS. 荻野 裕1, 荻野美恵子1, 上出直人2, 隅田祥子3, 坂井文彦1 (1神経内, 2医療衛生学部, 3北里大学東病院リハビリテーション部): 19th international symposium on ALS/MND (2008/11/3), UK.

713060. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Giving the diagnosis of ALS and patient’s choice in Japan. 荻野 裕1, 荻野美恵子1, 坂井文彦1 (1神経内): 19th international symposium on ALS/MND (2008/11/3), UK.

713061. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) identification of biomarkers associated with migraine with aura. 永田栄一郎1, 服部英典1, kato Mamoru2, Ogasawara Saiko3, Suzuki Shigeaki1, Shibata Mamoru1, Shimizu Toshihiko1, 濱田潤一4, OsadaTakashi1, Takaoka Rie1, Kuwana Masataka5, Tsunoda Tatsuhiko2, Aiso Sadakazu3, Takiazawa Shunya1, 鈴木則宏1, Takagi Shigeharu1 (1慶応大神経内科, 2Lab. for Medical Informatics, SNP Res. Center, Riken, 3Dep. of Anatomy, Keio Univ. School of Medicine, 4神経内, 5Dep. of Rheumatology, Keio Univ. School of Medicin): The 2nd Korean-Japanese joint headache symposium.) (2008/11/15), 東京.

713062. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Reversible Brain Atrophy in Anti-NMDA Receptor Encephalitis: A Long-Term Observational Study. 飯塚高浩1, 由井進太郎1, 井出俊光1, 濱田潤一1, 菅 信一2, Dalmau J, 坂井文彦1 (1神経内, 2放射線)第61回米国アカデミー神経学会総会 (2009/4/28), シアトル.

721009. [学会 (全国)] (特別講演) 片頭痛の病態生理−generatorを中心に−. 濱田潤一 (神経内): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/16), 横浜市.

721010. [学会 (全国)] (特別講演) 抗NMDA受容体抗体脳炎の臨床と病態. 飯塚高浩 (神経内): 第50回日本神経学会総会 (2009/5/21), 仙台.

722048. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 日本におけるALS終末期ケア. 荻野美恵子 (神経内): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/17), 横浜.

722049. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 神経内科治療と倫理的配慮. 荻野美恵子 (神経内): 第26回日本神経治療学会総会 (2008/6/27), 横浜.

722050. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 神経筋疾患に対する呼吸管理パスの適応と実際. 荻野美恵子 (神経内): 第30回日本呼吸療法医学会学術総会 (2008/7/4), 長野.

722051. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 片頭痛の病態生理とorexin-generatorをめぐって. 濱田潤一 (神経内): 第36回日本頭痛学会総会 (2008/11/14), 東京.

723168. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における若年性脳梗塞の臨床的特徴. 鈴木康輔1, 由井進太郎1, 矢吹心平1, 宮川沙織1, 小泉健三1, 滝山容子1, 飯塚高浩1, 阿久津二夫1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第105回日本内科学会総会 (2008/4/12), 東京.

723169. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 浸潤性胸腺腫に合併した抗VGKC抗体陽性辺縁系脳炎の難治例. 滝山容子1, 矢吹心平1, 由井進太郎1, 荻野美恵子1, 渡邊 修2, 坂井文彦1 (1神経内, 2鹿児島大医歯学総合研究科神経内科・老年病学): 第20回日本神経免疫学会学術集会 (2008/4/18), 新潟.

723170. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ALSの在宅みとりへの取り組み. 飯ヶ谷美峰1, 荻野美恵子2, 荻野 裕2, 坂井文彦2 (1北里研究所病院, 2神経内): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/15), 横浜.

723171. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) パーキンソン病における視床下核脳深部刺激療法の認知精神機能への中期的影響. 滝山容子1, 佐藤澄人2, 荻野 裕1, 荻野美恵子1, 鈴木康輔1, 磯本明彦3, 坂井文彦1 (1神経内, 2脳外, 3北里大学病院精神神経科)第49回日本神経学会総会 (2008/5/15), 横浜.

723172. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット三叉神経血管系におけるTRPV1と一酸化窒素合成酵素の免疫組織学的検討. 小泉健三1, 金澤直美2, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内, 2病態・診療系): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/15), 横浜市.

723173. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非侵襲的間歇的陽圧呼吸(NPPV)の実際の臨床使用における機種比較. 荻野 裕1, 荻野美恵子1, 前川恭子2, 坂井文彦1 (1神経内, 2看護部): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/15), 横浜.

723174. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片頭痛患者の血漿中Orexin-Aと血漿CRFと血清TSHの検討. 米倉純子1, 濱田潤一1, 金澤直美2, 坂井文彦1 (1神経内, 2病態・診療系): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/15), 横浜市.

723175. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性肥厚性硬膜炎の臨床病理学的検討. 宮川沙織1, 飯塚高浩1, 滝山容子1, 原 敦子2, 市邊義章3, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内, 2病理, 3眼科)第49回日本神経学会総会 (2008/5/15), 横浜市.

723176. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 人工呼吸器装着下筋委縮性側索硬化症患者の脳画像変化. 小泉健三1, 楠 淳一1, 阿久津二夫1, 荻野美恵子1, 坂井文彦1 (1神経内): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/16), 神奈川県横浜市.

723177. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 遷延性前兆の責任病巣に脳血流増加を認めた家族性片麻痺性片頭痛の母娘例. 佐東麻弓1, 飯塚高浩1, 矢吹心平1, 宮川沙織1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/16), 横浜.

723178. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前脳虚血-再灌流モデル動物におけるsema3A発現性の変化. 北村英二1, 増田 励1, 米倉純子1, 小泉健三1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/16), 横浜.

723179. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前脳虚血-再灌流モデル動物急性期におけるsema3Aとapoptosisの関連性の検討. 増田 励1, 北村英二1, 小泉健三1, 米倉純子1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/16), 横浜.

723180. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神経難病におけるパーカッショネアの有用性. 遠藤 基1, 荻野美恵子1, 荻野 裕1, 瓜生伸一2, 坂井文彦1 (1神経内, 2北里大学東病院): 第49回日本神経学会総会 (2008/5/17), 横浜.

723181. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Sniff Nasal Inspiratory PressureによるALS患者の予後予測. 隅田祥子1, 上出 直人1, 荻野美恵子3, 水野公輔1, 山崎岳之1, 宮城しほ1, 安藤文予1, 藤橋紀之1, 春日美保1, 平賀よしみ1, 福田倫也2, 坂井文彦3 (1北里大学東病院リハビリテーション部, 2医療衛生学部, 3神経内): 第26回日本神経治療学会総会 (2008/6/26), 横浜.

723182. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心原性脳塞栓症と左房拡大との関連性についての検討. 由井進太郎1, 矢吹心平1, 宮川沙織1, 鈴木康輔1, 飯塚高浩1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第26回日本神経治療学会総会 (2008/6/26), 横浜市.

723183. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 遅発性脳症を伴わず髄液ミエリン塩基性蛋白の上昇を認めたCO中毒症例. 井出俊光1, 井出文子2, 上條吉人2, 吉村久仁子3, 神應知道2, 佐藤千恵2, 相馬一亥2 (1神経内, 2救命, 3病態・診療系): 第30回日本中毒学会総会・学術集会 (2008/7/12), 和歌山.

723184. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 患者さんから学ぶ-医学部学生を対象とした患者による講演. 荻野美恵子1, 守屋利佳2 (1神経内, 2医学教育): 40回日本医学教育学会大会 (2008/7/25), 東京.

723185. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Des-Acyl Ghrelinのラットcortical spreading depression(CSD)に対する影響. 米倉純子1, 濱田潤一1, 丸山茂善2, 北村英二1, 小泉健三1, 増田 励1, 福田倫也3, 坂井文彦1 (1神経内, 2医学部教育系技術職員, 3医療衛生学部)第20回日本脳循環代謝学会 (2008/11/6), 東京.

723186. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット三叉神経血管系におけるTRPV1と一酸化窒素合成酵素の免疫組織学的検討. 小泉健三1, 金澤直美2, 福田倫也, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内, 2病態・診療系): 第20回日本脳循環代謝学会(2008.11.6.)(東京) (2008/11/6), 東京.

723187. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中大脳動脈閉塞モデル動物における大脳皮質orexin発現性の変化の検討. 北村英二1, 金澤直美2, 増田 励1, 米倉純子1, 小泉健三1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内, 2病態・診療系): 第20回日本脳循環代謝学会 (2008/11/7), 東京.

723188. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ビタミンE製剤によるトリプタン服用後副作用軽減について. 永田栄一郎1, 濱田潤一2, 紺谷 智, 瀧澤俊也, 高木繁治 (1慶応大病院神経内科, 2神経内): 第36回日本頭痛学会総会 (2008/11/14), 東京.

723189. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット三叉神経血管系におけるorexin神経系の免疫組織学的検討. 小泉健三1, 金澤直美2, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内, 2病態・診療系): 第36回日本頭痛学会総会 (2008/11/14), 東京.

723190. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 塩酸ロメリジン慢性投与のラットcortical spreading depression(CSD)に対する影響. 米倉純子1, 濱田潤一1, 小泉健三1, 福田倫也1, 坂井文彦1 (1神経内): 第36回日本頭痛学会総会 (2008/11/14), 東京.

723191. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新規のATP1A2遺伝子変異を認めた家族性片麻痺性片頭痛における遷延性前兆とその病態. 佐東麻弓1, 飯塚高浩1, 米倉純子1, 宮川沙織1, 由井進太郎1, 濱田潤一1, 辻 省次2, 高橋祐二, 坂井文彦1 (1神経内, 2東京大学大学院医学系研究科): 第36回日本頭痛学会総会 (2008/11/14), 東京.

723192. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片頭痛モデルラットに対するL/N型Ca2+チャンネルブロッカーの作用. 増田 励1, 濱田潤一1, 小泉健三1, 米倉純子1, 北村英二1, 福田倫也1, 坂井文彦1 (1神経内): 第36回日本頭痛学会総会 (2008/11/14), 東京.

723193. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Comparison of brain pathophysiology between MEALS and non-mitochondrial disorders. 飯塚高浩1, 佐東麻弓1, 宮川沙織1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): The 8th Annual Conference of the Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (J-mit). (2008/12/19), 東京.

723194. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 皮膚サルコイドーシスを合併したPOEMS症候群の1例. 荻野美恵子1, 荻野 裕1, 濱田潤一1, 東原正明2, 吉田理恵3 (1神経内, 2血液内, 3慶応大学病院皮膚科): 神経免疫学会 (2009/3/13), 大阪.

723195. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MRA-BPAS検査を用いた椎骨脳底動脈領域脳梗塞患者の血管の評価についての検討. 阿久津二夫1, 宮川沙織1, 由井進太郎1, 小泉健三1, 鈴木康輔1, 増田 励1, 滝山容子1, 飯塚高浩1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第34回日本脳卒中学会総会 (2009/3/21), 松江,島根.

723196. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中大脳動脈閉塞モデル動物における大脳orexin発現性の変化の検討. 北村英二1, 金澤直美2, 増田 励1, 米倉純子1, 小泉健三1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内, 2病態・診療系): 第34回日本脳卒中学会総会 (2009/3/22), 松江,島根.

723197. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 抗NMDA受容体脳炎における脳萎縮の可逆性: 長期的観察研究. 由井進太郎1, 井出俊光1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第50回日本神経学会総会 (2009/5/20), 仙台.

731054. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 抗NMDA受容体脳炎の臨床と病態. 飯塚高浩 (神経内): 第9回東京免疫研究会 (2008/4/25), 東京.

731055. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 片頭痛の診療の最近の進歩-最新の治療-. 濱田潤一 (神経内): 頭痛フォーラム in Miyagi 特別講演.(2008.6.13.) (2008/6/13), 仙台市.

731056. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 片頭痛の病態生理と治療-最近の進歩-. 濱田潤一 (神経内): 第5回熊本片頭痛研究会特別講演 (2008/7/9), 熊本市.

731057. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 片頭痛の治療-トリプタン製剤をどのように使うか-. 濱田潤一 (神経内): 第4回湘南頭痛研究会特別講演 (2008/7/15), 横浜市.

731158. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 片頭痛の病態生理と今後の治療-オレキシンを中心に-. 濱田潤一 (神経内):第12回関西頭痛懇話会 (2008/11/8), 大阪.

731159. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 片頭痛の新しい治療とそのポイント. 濱田潤一 (神経内):第108回Pharamceutical Care研修会 (2009/1/18), 大和市、神奈川.

731160. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 抗NMDA受容体脳炎の臨床像と脳波所見. 飯塚高浩 (神経内): 第39回日曜講習会 (2009/1/25), 東京.

731061. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳血管リハビリテーションにおける留意点. 増田 励 (神経内): 第5回ニューロバスキュラーカンファレンス特別講演会 (2009/2/20), 神奈川県相模原市.

733054. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) MRI上急速に拡大する白質病変を呈した血管内悪性リンパ腫症の64歳男性例. 小泉健三1, 阿久津二夫1, 宮川沙織1, 荻野 裕1, 坂井文彦1 (1神経内): 第185回日本神経学会関東地方会 (2008/6/7), 東京.

733055. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 経過中に総計動脈解離を合併した頸動脈解離の1例. 浦野義章1, 佐東麻弓1, 飯塚高浩1, 由井進太郎1, 鈴木康輔1, 阿久津二夫1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第9回ニューロバスキュラーカンファレンス (2008/9/5), 相模原市.

733256. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 両下肢のミオクローヌス発作で発症したprogressive encephalomyelitis with rigidity and myoclonusの一例. 浦野義章1, 飯塚高浩1, 佐東麻弓1, 阿久津二夫1, 濱田潤一1, 坂井文彦1 (1神経内): 第1回Metropolitan Neuroimmune Network 学術講演会 (2008/10/25), 東京.

733057. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Noctdh3遺伝子Exon11に変異 (R607C) を認めたCADASILの60歳女性例. 鈴木康輔1, 矢吹心平1, 増田 励1, 飯塚高浩1, 阿久津二夫1, 濱田潤一1 (1神経内): 第23回神奈川脳卒中フォーラム (2009/2/6), 横浜,神奈川.

733058. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 肺芽腫に合併した傍腫瘍性亜急性小脳変性症の74歳女性例. 塚原信也1, 飯塚高浩1, 北村英二1, 佐東麻弓1, 濱田潤一1 (1神経内): 第188回日本神経学会関東地方会 (2009/3/7), 東京.

733059. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 抗凝固療法後に再発を繰り返した脳コレステリン塞栓症の1例. 浦野義章1, 阿久津二夫1, 宮川沙織1, 由井進太郎1, 鈴木康輔1, 増田 励1, 滝山容子1, 福田倫也, 飯塚高浩1, 濱田潤一1 (1神経内): 東京strokeフロンティア (2009/4/17), 東京.

H19年度以前分

[学術論文]

H18-310001. [症例報告] A case of syncopal attacks during glossopharyngeal neuralgia. 鈴木康輔1, 阿久津二夫1, Takeo Kawaguchi, 坂井文彦1 (1神経内): Kitasato Med J 2007/3; 37 (1): 43-5.

H19-310001. [症例報告] Facial numbness with spinal arteriovenous malformations in the cervical spinal cord. Junko Yonekura, 濱田潤一1, 氏家幸子1, 阿久津二夫1, 山田 勝2, 坂井文彦1 (1神経内, 2脳外): Kitasato Med J 2008/3; 38 (1): 63-6.

H19-540011. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究】GBS・CIDPにおけるCD1遺伝子多型. 荻野美恵子1, 金沢直美, 入江幸子, 荻野 裕1, 坂井文彦1 (1神経内): 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成19年度総括・分担研究報告書 2008/3; p.182-3.

H19-540012. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究】療護施設における災害経験. 荻野美恵子1, 山田谷節子, 古澤英明, 荻野 裕1, 坂井文彦1 (1神経内): 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書 2008/3.


血液内科学

[学術論文]

110086. [原著] Accumulation of allo-MHC cross-reactive memory T cells in bone marrow. 羽山弥亨1, 篠原信賢2, 東原正明1, 江島耕二2 (1血液内, 2免疫): IMMUNOLOGY LETTERS 2008/5; 117 (2): 154-60.

110087. [原著] Identification of the RelA domain responsible for action of a new NF-kappaB inhibitor DHMEQ. 渡邊真理子1, Nakashima M, 栂野富輝1, 東原正明1, Watanabe T, Umezawa K, 堀江良一1 (1血液内): BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 2008; 376: 310-4.

110088. [原著] Inactivation of NF-kappaB components by covalent binding of (-)-dehydroxymethylepoxyquinomicin to specific cysteine residues. 堀江良一 (血液内): JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY 2008; 51: 5780-8.

110089. [原著] Induction of apoptosis in Epstein-Barr virus-infected B-lymphocytes by the NF-κB inhibitor DHMEQ. Miyake A, Dewan MZ, Ishida T, 渡邊真理子1, Honda M, Sata T, Yamamoto N, Umezawa K,Watanabe T, 堀江良一1 (1血液内): MICROBES AND INFECTION 2008; 10: 748-56.

310005. [症例報告] Lymphoproliferative disorders after immunosuppressive therapy for aplastic anemia: a case report and literature review. 角田裕子1, Niitsu N, 羽山弥亨1, 片山卓爾1, 石井隆司1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 吉田 徹2, Nakamura N, 東原正明1 (1血液内, 2救命): Acta haematologica 2009; 121: 21-6.

320008. [症例報告] 再生不良性貧血で, ATG療法後にDLBCLが出現し, 自然寛解した一例 (A case of DLBCL following ATG/ CYA for aplastic anemia). 鈴木裕子1, 羽山弥亨1, 鎌田浩稔1, 青木卓巳1, 片山卓爾1, 石井隆司1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1, 吉田 功2 (1血液内, 2病理): 神奈川血液研究会誌 2008; 28: 112-5.

320009. [症例報告] 網血小板測定を用いた薬剤および骨髄異形成症候群における血小板減少の病態解析の試み (Analysis of pathogenesis of thrombocytopenia induced by medicines or myelodysplastic syndrome by measuring of retiplatelet). 青木卓巳1, 鎌田浩稔1, 翁 祖誠1, 木村裕和1, 平美也子1, 宮崎浩二1, 東原正明1 (1血液内): 神奈川血液研究会誌 2008; 28: 30-3.

520071. [総説] 症例から学ぶピットフォール-好中球減少のみで発症した急性前骨髄球性白血病. 宮崎浩二1, 東原正明1 (1血液内): 内科 2008/5; 102 (5): 1018-9.

[著 書]

620077. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】出血傾向, p.12-8. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620078. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】血栓傾向, p.19-24. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620079. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】慢性リンパ性白血病, p.140-5. 角田裕子1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620080. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】Hodgkinリンパ腫, p.146-55. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620081. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】非Hodgkinリンパ腫, p.156-76. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620082. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】溶血性貧血, p.219-31. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620083. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】鉄欠乏性貧血, p.232-6. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620084. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】巨赤芽球性貧血, p.237-42. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620085. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】特発性血小板減少性紫斑病, p.243-55. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620086. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】DIC, p.256-64. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620087. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】血栓性血小板減少性紫斑病, 溶血性尿毒症症候群, p.265-70. 宮崎浩二1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620088. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】先天性血栓性素因, p.275-9. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620089. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】血友病, フォンビレブランド病, 獲得性凝固因子阻止物質, p.280-8. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620090. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】本態性血小板増加症, p.297-300. 宮崎浩二1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620091. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】特発性骨髄繊維症, p.301-4. 檀原幹生1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620092. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】抗癌薬の血管外漏出への対応, p.346-7. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620093. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】抗癌薬の誤注, p.348-9. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620094. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】症状緩和のための対症療法, p.385-94. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620095. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】腫瘤および播種性病変による合併症と対応, p.395-9. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620096. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】悪性リンパ腫, 慢性リンパ性白血病の治療成績, p.412-7. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620097. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】特発性血小板減少性紫斑病の治療成績, p.428-31. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620098. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】併用禁忌の薬剤, p.458-61. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620099. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】公的医療費助成申請の実際, p.462-4. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620100. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】血液内科疾患領域における保険適応, 未適応医薬品および検査, p.465-8. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

620101. [学術書] (編集・分担執筆) 【血液内科 クリニカルスタンダード 第2版 必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床血液学のエッセンス】参考図書, 参考Web site, p.469-72. 東原正明1 (1血液内), 編 東原正明1, 須永真司, 文光堂, 2008/10発行.

[学会・研究会等]

713063. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Alteration of circulating regulatory T cells in Japanese adult patients with immune thrombocytopenic purpura after eradication of Helicobacter pylori. 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 大坂 学1, 鈴木裕子1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内): 第50回米国血液学会 (2008/12/8), 米国サン (フランシスコ).

722052. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 難治性リンパ系悪性腫瘍におけるNF-κBシグナル伝達への阻害剤の応用. 堀江良一 (血液内): 第12回がん分子標的治療学会 (2008/6/27), 東京.

723198. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再発, 再燃のFollicular lymphomaに対してのR-CCM療法の有用性の検討. 鈴木裕子1, 檀原幹生1, 片山卓爾, 石井隆司1, 栂野富輝, 羽山弥亨1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内): 第47回日本リンパ網内系学会総会 (2007/5/26), 兵庫淡路.

723199. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再生不良性貧血の免疫抑制療法中に発生し, 自然消失や再発などの興味深い経過を示したEBER陰性DLBCL. 鈴木裕子1, 羽山弥亨1, 片山卓爾, 石井隆司1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 吉田 功2, 東原正明1 (1血液内, 2病理): 第48回日本リンパ網内系学会総会 (2008/6/13), 札幌.

723200. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CD30プロモーターメチル化とJunBを介したCD30誘導機構の解析. 堀江良一1, 渡邉真理子1, 小川裕司1, 伊藤金次3, Marshall E Kadin4, 小岩 司5, 岡安 勲2, 渡邉俊樹5, 東原正明1 (1血液内, 2病理, 3東邦大 病理, 4Roger Williams Med Center, 5東大大学院病態医療科学分野): 第48回日本リンパ網内系学会総会 (2008/6/14), 札幌.

723201. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Inhibition of NF-kB by DHMEQ in primary effusion lymphoma destroys cancer cells without induction of viral replication. Nazanin Dabaghmanesh1, 三宅在子1, 片野晴隆3, 佐多徹太郎3, 梅澤一夫3, 堀江良一2, 渡邉俊樹4 (1東京大学大学院新領域病態医療科学分野, 2血液内, 3国立感染症研究所感染病理部, 4東大大学院病態医療科学分野): 第12回がん分子標的治療学会 (2008/6/27), 東京.

723202. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) NF-κB阻害剤DHMEQを用いたエイズリンパ腫治療の基礎研究. 三宅在子1, 石田尚臣1, Dewan MD Zahidunnabi2, 山本直樹3, 梅澤一夫4, 堀江良一5, 渡邉 俊樹6 (1東京大学大学院新領域病態医療科学分野, 2東京医科歯科大学大学院ウイルス制御学, 3国立感染症研究所エイズ研究センター, 4慶応義塾大学理工学部応用化学科, 5血液内, 6東大大学院病態医療科学分野): 第12回がん分子標的治療学会 (2008/6/27), 東京.

723203. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Myosin6の白血病細胞株における発現と局在の検討. 東原正明1, 臼田茂樹1, 青木卓巳1, 宮崎浩二1, 川上速人2, 池辺光男3 (1血液内, 2杏林大学医学部解剖学, 3マサヒューセッツ医科大学生理学): 第50回日本平滑筋学会総会 (2008/7/4), 弘前.

723204. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Follicular lymphomaでの活性化NF-kBの活性化の検討. 鈴木裕子1, 堀江良一1, 平美也子2, 宮崎浩二1, 鶴田智子2, 吉田 功3, 東原正明1 (1血液内, 2形態系, 3病理): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/10), 京都.

723205. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 化学療法中に乳糜胸水を呈した非ホジキンリンパ腫の一例. 大坂 学1, 片山卓爾1, 石井隆司1, 鈴木裕子1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/11), 京都.

723206. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 歯肉原発, 非白血化急性骨髄性白血病. 鎌田浩稔1, 鈴木裕子1, 青木卓巳1, 翁 祖誠1, 木村裕和1, 石井隆司1, 片山卓爾1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 宮本俊輔2, 中山明仁2, 吉田 功3, 東原正明1 (1血液内, 2耳鼻, 3病理): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/11), 京都.

723207. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大量胸水にて発症したCD5陰性atypical CLLの一例. 栂野富輝1, 鈴木裕子1, 片山卓爾1, 石井隆司1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 中村直哉, 東原正明1 (1血液内): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/11), 京都.

723208. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特発性血小板減少性紫斑病におけるHelicobacter pylori除菌による患者末梢血制御性T細胞数の変化の検討. 宮崎浩二1, 平美也子2, 大坂 学1, 鈴木裕子1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 東原正明1 (1血液内, 2形態系): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/11), 京都.

723209. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳腺原発DLBCLの2例. 石井隆司1, 鈴木裕子1, 木村裕和1, 翁 祖誠1, 鎌田浩稔1, 青木卓巳1, 片山卓爾1, 栂野富輝1, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 別宮絵美真2, 吉田 功3, 新津 望4, 三富弘之5, 東原正明1 (1血液内, 2外科, 3病理, 4埼玉医大国際医療セ造血器腫瘍科, 5相模原病院病理部): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/11), 京都.

723210. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨髄原発CD5陽性DLBCL. 片山卓爾1, 鈴木裕子1, 木村裕和1, 青木卓巳, 翁 祖誠1, 鎌田浩稔1, 石井隆司1, 栂野富輝, 大坂 学1, 宮崎浩二1, 檀原幹生1, 堀江良一1, 一戸昌明2, 竹内賢吾, 東原正明1 (1血液内, 2病理): 第70回日本血液学会総会. (2008/10/11), 京都.

723211. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Myosin6の血液細胞における発現と局在の検討. 青木卓巳1, 臼田茂樹1, 宮崎浩二1, 東原正明1 (1血液内): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/12), 京都.

723212. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CD30プロモーターメチル化とJunBを介したCD30誘導機構の解析. 堀江良一1, 渡邉真理子1, 小川裕司, 伊藤金次2, Marshall E Kadin3, 小岩 司4, 岡安 勲5, 渡邉俊樹4, 東原正明1 (1血液内, 2東邦大病理, 3Roger Williams Med Center, 4東大大学院病態医療科学分野, 5病理): 日本血液学会 (2008/10/12), 京都.

723213. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CD30プロモーターメチル化とJunBを介したCD30誘導機構の解析. 堀江良一1, 渡邉真理子1, 小川裕司, 伊藤金次2, Marshall E Kadin3, 小岩 司4, 岡安 勲5, 渡邉俊樹4, 東原正明1 (1血液内, 2東邦大病理, 3Roger Williams Med Center, 4東大大学院病態医療科学分野, 5病理): 第67回日本癌学会学術総会 (2008/10/30), 名古屋.

723214. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Exon24にまれな欠失変異を認めたMYH9異常症の2例. 宮崎浩二1, 國島伸治2, 東原正明1 (1血液内, 2名古屋医療セ臨床研究セ): 第31回日本血栓止血学会学術集会 (2008/11/21), 大阪.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-520001. [総説] 【鏡視下手術時代の消化器手術適応】血液疾患での摘脾 (Splenectomy in hematological disease). 林みゆき, 鈴木裕子1, 東原正明1 (1血液内): 臨床消化器内科 2008/3; 23 (4): 489-95.

[著 書]

H18-620001. [学術書] (分担執筆) 【看護のための最新医学講座 (第2版) 血液・造血器疾患】出血性疾患・血管障害, p.276-81. 東原正明 (血液内), 中山書店, 2006/8発行.

H18-620002. [学術書] (分担執筆) 【看護のための最新医学講座 (第2版) 血液・造血器疾患】本態性血小板血症, p281-6. 東原正明 (血液内), 中山書店, 2006/8発行.

H18-620003. [学術書] (分担執筆) 【看護のための最新医学講座 (第2版) 血液・造血器疾患】血小板無力症, p.286-90. 東原正明 (血液内), 中山書店, 2006/8発行.

H19-620005. [学術書] (分担執筆) 【日本臨牀増刊号 (923): 医薬品副作用学】III. 副作用各論 重大な副作用  7. 血液 凝固障害, p.487-92. 東原正明 (血液内), 日本臨牀社, 2007/10発行.


呼吸器内科学

[学術論文]

110090. [原著] Metabolism of irinotecan and its active metabolite SN-38 by intestinal microflora in rats.. 山本倫子1, 高倉 晃1, 上遠野健1, 岩崎麻衣子1, 龍華慎一郎1, 和田真由子1, 小野田清香1, 矢内原智子1, 横場正典1, 三藤 久1, 西井康人1, 福井朋也1, 益田典幸1 (1呼吸器内): Oncol Rep 2008; 20: 727-30.

110091. [原著] The role of nitric oxide in reducing deformability of Lewis lung tumor cell stimulated by inflammatory cytokines. KokuboaK, 井川 聡1, Fukuda A, Shinbo T, Hirose M, 益田典幸1, 小林弘祐2 (1呼吸器内, 2医療衛生学部): Nitric Oxide 2008; 19 (4): 312-9.

110092. [原著] Phase III Study, V-15-32, of Gefitinib Versus Docetaxel in Previously Treated Japanese Patients With Non-Small-Cell Lung Cancer. Maruyama R, Nishiwaki Y, Tamura T, Yamamoto N, Tsuboi M, Nakagawa K, Shinkai T, Negoro S, Imamura F, Eguchi K, Takeda K, Inoue A, Tomii K, Harada M, 益田典幸1, Jiang H, Itoh Y, Ichinose Y, Saijo N, Fukuoka M (1呼吸器内): J Clin Oncol 2008; 26: 4244-52.

110093. [原著] Efficacy of Amrubicin for Non-small-cell Lung Cancer After Failure of Two or More Prior Chemotherapy Regimens. 井川 聡1, Toshiaki Takahashi, Yukiko Nakamura, Asuka Tsuya, Akira Ono, Takehiro Shukuya , Haruyasu Murakami, Masahiro Endo, Nobuyuki Yamamoto (1呼吸器内): Anti Cancer Research 2008; 28: 3855-8.

110094. [原著] Utility of 18FDG-PET for differentiating the grade of malignancy in thymic epithelial tumors. Masahiro Endo, Kazuo Nakagawa, Yasuhisa Ohde, Takehiro Okumura, Haruhiko Kondo, 井川 聡1, Yukiko Nakamura, Asuka Tsuya, Haruyasu Murakami, Toshiaki Takahashi, Nobuyuki Yamamoto, Ichiro Ito , Toru Kameya (1呼吸器内): Lung Cancer 2008; 61:350-5.

110095. [原著] Evaluation of the safety and compliance of 3-week cycles of vinorelbine on days 1 and 8 and cisplatin on day 1 as adjuvant chemotherapy in Japanese patients with completely resected pathological stage IB to IIIA non-small cell lung cancer: a retrospective study. Shukuya T, Takahashi T, Tamiya A, Ono A, 井川 聡1, Tsuya A, Nakamura Y, Murakami H, Naito T, Kaira K, Endo M, Yamamoto N (1呼吸器内): Jpn J Clin Oncol 2009; 39: 158-62.

310006. [症例報告] Drug interactions between warfarin and a combrination of paclitaxcel and carboplatin in a non-small cell lung cancer patient. 高田信和1, 片桐真人1, 西井康人2, 高倉 晃2, 龍華慎一郎2, 和田真由子2, 福井朋也2, 益田典幸2 (1医療衛生学部, 2呼吸器内): Kitasato Med J 2008/3; 38 (1): 59-62.

320010. [症例報告] 胸部CTにて偶然発見され放射線治療が奏効した気管支原発MALTリンパ腫の1例. 嶋根正樹1, 神谷紀輝, 須藤哲雄, 荒井 進, 三藤 久1, 片桐真人2, 小林弘祐2, 矢那瀬信雄3, 益田典幸1 (1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3看護学部): 気管支学 2009/1; 31 (1): 19-24.

510007. [総説] Next-generation anthracycline for the management of small cell lung cancer: focus on amrubicin. 山本倫子1, 高倉 晃1, 益田典幸1 (1呼吸器内): Drug Design, Development and Therapy 2008; 2: 189-92.

520072. [総説] 進展型小細胞癌の化学療法. 山本倫子1, 和田真由子1, 龍華慎一郎1, 益田典幸1 (1呼吸器内): 日本臨床 2008; 66 (増刊号6): 538-41.

520073. [総説] 【がんプロフェッショナルプラン 採択プログラム】南関東圏における先端的がん専門家の育成−患者中心のチーム医療を牽引する人材育成の拠点づくり−. 益田典幸1, 岡安 勲2 (1呼吸器内, 2病理): 腫瘍内科 2008; 2 (1): 59-67.

520074. [総説] 抗がん剤を知る−薬剤選択のための知識 塩酸ゲムシタビン. 高倉 晃1, 上遠野健1, 岩嵜麻衣子1, 益田典幸1 (1呼吸器内): 臨床腫瘍プラクティス 2008; 4 (2): 158-61.

520075. [総説] 【がんプロフェッショナル養成プラン】南関東圏における先端的がん専門家の育成−患者中心のチーム医療を牽引する人材育成の拠点づくり−. 益田典幸1, 岡安 勲2 (1呼吸器内, 2病理): 日本臨床 2009; 67 (増刊号1): 536-43.

521009. [解説] 【COPD あなたは見逃していませんか】ガイドラインに基づくCOPDの治療, ガイドラインに基づくCOPDの慢性期の治療. 三藤 久1,阿部 直2 (1呼吸器内, 2医学教育): 診断と治療 2008/6; 96 (6): 1079-85.

521010. [解説] 【呼吸器疾患の臨床検査up to date】外科肺生検 内科からみた外科肺生検の適応. 三藤 久1, 阿部 直2 (1呼吸器内, 2医学教育): 日本胸部臨床 2008/11; 67 (増刊): S195-9.

521011. [解説] ガイドラインに基づくCOPDの治療. 三藤 久 (呼吸器内): 日本薬剤師会雑誌 2008/11; 60 (11): 1501-5.

522014. [講座] 「呼吸機能検査ガイドラインII」に学ぶ. 久保田勝1, 阿部 直2 (1呼吸器内, 2医学教育): 呼吸 2009/3; 28 (3): 267-72.

[著 書]

620102. [学術書] (分担執筆) 【呼吸器common diseaseの診療 COPDのすべて】航空機での酸素使用, p.242-3. 久保田勝1, 阿部 直2 (1呼吸器内, 2医学教育), 監修 工藤翔二, 編 永井厚志, 一ノ瀬正和, 文光堂, 2008/6発行.

[学会・研究会等]

713064. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Aminophylline increase respiratory muscle activity during hypercapnia in humans. 横場正典1, 片桐真人2, 西井康人1, 矢内原智子1, 阿部 直3, 益田典幸1 (1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3医学教育): 18th European Respiratory Society Annual Congress 2008 (2008/10/5), Berlin, German.

713065. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Genioglossus and parasternal intercostal muscle activity during sniff. 今泉裕行, 片桐真人1, 横場正典2, 西井康人2, 矢内原智子2, 岡田泰昌, 高田信和1, 益田典幸2, Paul Easton, 阿部 直3 (1医療衛生学部, 2呼吸器内, 3医学教育): 18th European Respiratory Society Annual Congress 2008 (2008/10/5), Berlin, German.

713066. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Impulse oscillometry parameters of COPD patients during inspiration and expiration and the effect of tiotropium inhalation therapy. Kobayashi H, 久保田勝1, 白井岳二1, Shinbo T, Kokubo K, Hirose M, 益田典幸1 (1呼吸器内): 18th European Respiratory Society Annual Congress 2008 (2008/10/6), Berlin.

723215. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 直腸癌肺転移の気管支内進展に対し, 高周波切除後にステント留置した3例. 遠藤正浩, 井川 聡1, 中村有希子, 村上晴泰, 高橋利明, 山本信之, 大出泰久, 近藤晴彦, 田宮朗裕 (1呼吸器内): 第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会(2008/6/13), 大阪.

723216. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) COPD患者におけるImpulse Oscillometry再現性の検討−呼吸相別解析−. 久保田勝1, 白井岳二1, 岩嵜麻衣子1, 上遠野健1, 高倉 晃1, 畑石隆治1, 益田典幸1, 小林弘祐2 (1呼吸器内, 2医療衛生学部): 第48回日本呼吸器学会学術講演会 (2008/6/15), 神戸.

723217. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Gemcitabineによる薬剤性肺障害-膵癌・胆管癌での検討. 田宮朗裕, 遠藤正浩, 小野 哲, 宿谷威仁, 井川 聡1, 中村有希子, 津谷あす香, 村上晴泰, 高橋利明, 山本信之 (1呼吸器内): 第48回呼吸器学会学術講演会 (2008/6/15-17), 神戸, 日本呼吸器学会雑誌 2008; 46: 268.

723218. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非小細胞肺癌に対する複数レジメンによる化学療法後のアムルビシンの治療経験. 井川 聡1, 高橋利明, 村上晴泰, 津谷あす香, 小野 哲, 宿谷威仁, 田宮朗裕, 中村有希子, 遠藤正浩 (1呼吸器内): 第48回呼吸器学会学術講演会 (2008/6/15-17), 神戸, 日本呼吸器学会雑誌 2008; 46: 296.

723219. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小細胞肺癌(refractory relapse)に対する二次化学療法の検討. 村上晴泰, 井川 聡1, 宿谷威仁, 小野 哲, 田宮朗裕, 中村有希子, 津谷あす香, 高橋利明, 遠藤正浩, 山本信之 (1呼吸器内): 第48回呼吸器学会学術講演会 (2008/6/15-17), 神戸, 日本呼吸器学会雑誌 2008; 46: 297.

723220. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上大静脈症候群による閉塞型睡眠時無呼吸症候群における気道抵抗の定量的評価−impulse oscillometry (IOS) 法による検討−. 畑石隆治1, 上遠野健1, 岩嵜麻衣子1, 山本倫子1, 三藤 久1, 久保田勝1, 益田典幸1 (1呼吸器内): 第48回日本呼吸器学会学術講演会 (2008/6/17), 神戸.

723221. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小細胞肺癌 (SCLC) 初回治療奏効例における腫瘍マーカー (proGRP, NSE) の変化と予後との関連について. 小野 哲, 田宮朗裕, 宿谷威仁, 井川 聡1, 津谷あす香, 中村有希子, 村上晴泰, 高橋利明, 山本信之 (1呼吸器内): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/30-11/1), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008; 43: 56.

723222. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再発小細胞肺癌に対する治療の検討. 村上晴泰, 内藤立暁, 解良恭一, 津谷あす香, 中村有希子, 高橋利明, 遠藤正浩, 解良梨恵子, 小野 哲, 宿谷威仁, 綾部悦里好, 中村円花, 田宮朗裕, 井川 聡1, 山本信之 (1呼吸器内): 第49回日本肺癌学会総会 (2008/11/13-14), 北九州, 肺癌 2008; 48: 416.

723223. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非小細胞肺癌の術後補助化学療法としてのCisplatin+Vinorelbine 併用療法の安全性および忍容性に関する検討. 宿谷威仁, 高橋利明, 中村円花, 田宮朗裕, 小野 哲, 渡邊梨恵子, 綾部悦里好, 井川 聡1, 津谷あす香, 中村有希子, 内藤立暁, 解良恭一, 村上晴泰, 遠藤正浩, 近藤晴彦, 山本信之 (1呼吸器内): 第49回日本肺癌学会総会会 (2008/11/13-14), 北九州, 肺癌 2008; 48: 424.

723224. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度悪性神経内分泌非小細胞肺癌に対する全身化学療法の臨床効果と, 進展型小細胞肺癌との比較. 井川 聡1, 高橋利明, 村上晴泰, 津谷あす香, 中村有希子, 内藤立暁, 解良恭一, 小野 哲 (1呼吸器内): 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会(2009/3/21), 名古屋.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-110003. [原著] Evaluation of the Recommended Dose and Efficacy of Amrubicin as 2nd and 3rd-line Chemotherapy for Small-Cell Lung Cancer. 井川 聡1, Nobuyuki Yamamoto, Shinya Ueda, Akira Ono, Yukiko Nakamura, Asuka Tsuya, Haruyasu Murakami, Masahiro Endo, Toshiaki Takahashi (1呼吸器内): Journal of Thoracic Oncology 2007; 8: 741-4.

H19-110004. [原著] Vesicle disruption, plasma membrane bleb formation, and acute cell death caused by illumination with blue light in acridine orange-loaded malignant melanoma cells. Hiruma H, Katakura T, Takenami T, 井川 聡1, Kanoh M, Fujimura T, Kawakami T (1呼吸器内): J Photochem Photobiol B 2007; 86: 1-8.

[著 書]

H18-62003. [学術書] (分担執筆) 【局所進行癌 (肺癌up-to-date) 日本臨牀 2006; 65】非小細胞癌の治療, p.156-61. 村上 晴泰, 井川 聡1, 山本 信之 (1呼吸器内), 日本臨牀社, 2006発行.

H18-620004. [学術書] (分担執筆) 【特集: 抗体医薬up to date−癌編 (Pharma Medica 25 (3))】新たなEGFRに対する抗体医薬, p.51-5. 井川 聡1, 山本信之 (1呼吸器内), メディカルレビュー社, 2007/3発行.

H19-620006. [学術書] (分担執筆) 【MOOK肺癌の臨床2007-2008】非小細胞肺癌の新しい化学療法 TS-1, アリムタ, p.229-35. 井川 聡1, 山本信之 (1呼吸器内), 篠原出版社, 2007発行.

H19-620007. [学術書] (分担執筆) 【新薬展望2007 (医薬ジャーナルVol.43増刊号)】「第III部 治療における最近の新薬の位置付け (薬効別) 〜新薬の広場〜」肺癌治療薬, p.114-20. 井川 聡1, 山本信之 (1呼吸器内), 医薬ジャーナル社, 2007発行.


内分泌代謝内科学

[学術論文]

110096. [原著] Proteomic analysis of glucose transporter 4-dependent and glucose transporter 4-independent organs in streptozotocin-induced diabetic rats. 松原まどか1, 高田哲秀1, Oh-ishi M2, Kodera Y2, Maeda T2, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2理学部): Kitasato Med J 2008; 38: 120-7.

110097. [原著] Detailed glomerular ultrastructure in Japanese type 2 diabetic patients by the quick-freezing and deep-etching method. 守屋達美1, Ohno S2, 平澤陽子1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2山梨大学): Diabetes Res Clin Pract 2008; 80: 424-31.

110098. [原著] Microalbuminuria reduction with telmisartan in normotensive and hypertensive Japanese patients with type 2 diabetes: A post-hoc analysis of the incipient to overt: Angiotensin II blocker, telmisartan, investigation on type 2 diabetic nephropathy (INNOVATION) Study. Makino H1, Haneda M2, Babazono T3, 守屋達美4, Io S5, Iwamoto Y6, Kawamori R7, Takeuchi M8, Katayama S9 (1岡山大学大学院医歯薬学総合研究科, 2旭川医科大学内科学講座病態代謝内科学分野, 3東京女子医科大学大学院医学研究科内科学第3, 4内分泌代謝内, 5東北大学医学系研究科腎・高血圧・内分泌学分野, 6東京女子医科大学糖尿病センター, 7順天堂大学大学院医学研究科スポートロジーセンター, 8薬学部, 9埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科): Hypertension Res 2008; 31: 657-64.

110099. [原著] Renal structure as an indicator for development of albuminuria in normo- and microalbuminuric type 2 diabetic patients. 守屋達美1, 田中啓司1, 保坂辰樹1, 平澤陽子1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): Diabetes Res Clin Pract 2008; 82: 298-304.

110100. [原著] Influence of nifedipine coat-core and amlodipine on systemic arterial stiffness modulated by sympathetic and parasympathetic activity in hypertensive patients. Fukuda M1, Masuda T1, Ogura MN1, 守屋達美2, 田中啓司2, Yamamoto K3, Ishii A3, Yonezawa R4, 野田千春4, 和泉 徹4 (1医療衛生学部, 2内分泌代謝内, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): Hypertension Res 2009; 32: 392-8.

120028. [原著] 糖尿病合併妊娠におけるCGMSの使用経験とその有用性の検討. 鈴木貴博1, 守屋達美1, 渡辺道子1, 小川顕史1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 糖尿病と妊娠 2008; 8: 89-94.

320011. [症例報告] 糖尿病腎症進行例の妊娠をどう考えるか. 守屋達美 (内分泌代謝内): 糖尿病と妊娠 2008; 8: 147-8.

520076. [総説] 2型糖尿病における糖尿病性腎症早期の腎組織・機能連関. 守屋達美 (内分泌代謝内): 腎と透析 2008; 65: 709-12.

520077. [総説] 【新時代の糖尿病学】中等度の身体活動と2型糖尿病の予防. 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 日本臨床 2008; 66: 218-24.

520078. [総説] 【新時代の糖尿病学】糖尿病性腎症の病理−正常アルブミン尿期の腎組織病変と腎機能との関連を認識すべき時代である. 守屋達美 (内分泌代謝内): 日本臨床 2008; 66: 240-5.

520079. [総説] 糖尿病性腎症と慢性腎臓病 (CKD). 守屋達美 (内分泌代謝内科): 糖尿病診療マスター 2008; 6 (4): 386-93.

520080. [総説] 糖尿病性腎症の正体. 守屋達美 (内分泌代謝内科): 月刊糖尿病ライフさかえ2月号 2009: pp.10-5.

520081. [総説] 糖尿病性腎不全にSU薬は禁忌か? 守屋達美 (内分泌代謝内): 糖尿病診療マスター 2009; 7 (1): 30-2.

[著 書]

620103. [学術書] (分担執筆) 【っこが知りたい! かかりつけ医の糖尿病Q&A】守屋達美, 編 東京臨床糖尿病医会, 南山堂, 2008/10発行.

[学会・研究会等]

713067. [学会 (国際)] (一般講演) Glomerular hyperfiltration is related with filtration surface and faster decline of glomerular filtration rate in normo- and microalbuminuric type 2 diabetic patients. 守屋達美1, 田中啓司1, 保坂辰樹1, 高田哲秀1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 68th Scientific Sessions, American Diabetes Association (2008/6/3), San Francisco, Diabetes Abstract Book A211.

713068. [学会 (国際)] (一般講演) Early intervention is effective to prevent the progression to proteinuria in diabetes with normo- and low-microalbuminuria: Japan Diabetes Complication Syudy (JDCS). Katayama S1, Tanaka S2, Tanaka S3, 守屋達美4, 矢島義忠4, Sone H5, Ohashi Y6, Yamada N7 (1埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科, 2東京理科大学工学部, 3京都大学附属病院探索医療センター, 4内分泌代謝内, 5御茶ノ水女子大学生活習慣病医科学, 6東京大学大学院医学系研究科, 7筑波大学大学院内分泌代謝・糖尿病内科): 68th Scientific Sessions, American Diabetes Association (2008/6/3), San Francisco, Diabetes Abstract Book A210.

713069. [学会 (国際)] (一般講演) Discovery of biomedical markers of early diagnosis of diabetic complications with proteomic analysis. 高田哲秀1, 保坂辰樹1, 田中啓司1, 守屋達美1, Oh-Ishi, M2, Kodera, Y2, Maeda, T2, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2理学部): 44th Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes, (2008/9/7-11), Roma.

722053. [学会 (全国)] (シンポジウム・ワークショップ) 糖尿病性腎症の病期分類とCKD stage分類の考え方. 守屋達美 (内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-47.

722054. [学会 (全国)] (シンポジウム・ワークショップ) 日本人2型糖尿病における糖尿病性腎症および大血管障害の発症について−糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究 (JDC Study) から−. 守屋達美1, 田中司朗2, 飯室 聡3, 大橋靖雄3, 山田信博4, 曽根博仁5, 片山茂裕6 (1内分泌代謝内, 2京都大学附属病院探索医療センター, 3東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科, 4筑波大学大学院内分泌代謝・糖尿病内科, 5御茶ノ水女子大学生活習慣病医科学, 6埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科): 第23回日本糖尿病合併症学会 (2008/10/3), 東京, 糖尿病合併症 2008; 22 Suppl 1: 41.

722055. [学会 (全国)] (シンポジウム・ワークショップ) 糖尿病性腎症の治療には日本糖尿病療養指導士 (CDEJ)によるチーム医療が不可欠である. 守屋達美 (内分泌代謝内): 第23回日本糖尿病合併症学会 ( 2008/10/3), 東京, 糖尿病合併症 2008; 22 Suppl 1: 56.

722056. [学会 (全国)] (シンポジウム・ワークショップ) 2型糖尿病の正常アルブミン尿期から顕性蛋白尿期例においてメサンギウム領域に発現するIV型α2鎖とXV型コラーゲンは5年後の腎機能に関与する. 田中啓司1, 守屋達美1, 友野靖子2, 内藤一郎3, 重井文博4, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2重井医学研究所分子細胞生物部門, 3岡山大学大学院医歯薬学総合研究科人体構成学分野, 4重井医学研究所附属病院): 第23回日本糖尿病合併症学会 (2008/10/3), 東京, 糖尿病合併症 2008; 22 Suppl 1: 69.

722057. [学会 (全国)] (シンポジウム・ワークショップ) 2型糖尿病の腎機能検査法としてシスタチンCの測定は有用である. 沖崎進一郎1, 守屋達美1, 和田由美子1, 保坂辰樹1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第23回日本糖尿病合併症学会 (2008/10/3), 東京, 糖尿病合併症 2008; 22 Suppl 1: 83.

722058. [学会 (全国)] (シンポジウム・ワークショップ) 2型糖尿病性腎症早期における尿中エンドスタチンの意義. 保坂辰樹1, 守屋達美1, 友野靖子2, 田中啓司1, 内藤一郎3, 重井文博4, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2重井医学研究所分子細胞生物部門, 3岡山大学大学院医歯薬学総合研究科人体構成学分野, 4重井医学研究所附属病院): 第23回日本糖尿病合併症学会 (2008/10/3), 東京, 糖尿病合併症 2008; 22 Suppl 1: 106.

723225. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病正常〜微量アルブミン尿期の腎組織障害パターンと尿中アルブミンおよび糖尿病網膜症との関連. 青木美樹1, 守屋達美1, 和田由美子1, 保坂辰樹1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-137.

723226. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病の腎機能検査法としてのシスタチンCの意義. 中村麻美1, 守屋達美1, 和田由美子1, 青木美樹1, 保坂辰樹1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-138.

723227. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病慢性合併症早期発見のためのバイオマーカーの探索を目的としたプロテオーム解析. 高田哲秀1, 松原まどか1, 鈴木貴博1, 市川雷師1, 小寺義男2, 大石正道2, 前田忠計2, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2理学部): 第51日本糖尿病学会年次学術集会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-187.

723228. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症透析例の予後不良因子の解析. 平澤陽子1, 守屋達美1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-251.

723229. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病合併妊娠の妊娠・分娩経過に影響を及ぼす因子の検討. 黒坂真矢1, 守屋達美2, 保坂辰樹2, 高田哲秀2, 田中啓司2, 藤田芳邦2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-268.

723230. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病正常アルブミン尿期から顕性蛋白尿期における尿中エンドスタチンの意義. 保坂辰樹1, 守屋達美1, 友野靖子2, 田中啓司1, 内藤一郎3, 重井文博2, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2重井医学研究所分子細胞生物部門, 3岡山大学大学院医歯学総合研究科人体構成学分野): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-298.

723231. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病正常アルブミン尿期〜顕性蛋白尿期例のIV型α2鎖およびXV型コラーゲンと5年後の腎機能との関連. 田中啓司1, 守屋達美1, 友野靖子2, 内藤一郎3, 保坂辰樹1, 重井文博4, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2重井医学研究所分子細胞生物部門, 3岡山大学大学院医歯薬学総合研究科人体構成学分野, 4重井医学研究所附属病院): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-298.

723232. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病正常〜微量アルブミン尿期の腎組織・機能連関の詳細な検討. 守屋達美1, 和田由美子1, 青木美樹1, 保坂辰樹1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-299.

723233. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病の糸球体過剰濾過群におけるeGFRとiohexol静注法との比較検討. 和田由美子1, 守屋達美1, 青木美樹1, 保坂辰樹1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-299.

723234. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症による慢性腎不全透析期の血糖変動の把握にContinuous glucose monitoring system (CGMS) は有用である. 鈴木貴博1, 守屋達美1, 小川顕史1, 市川雷師1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-300.

723235. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病における血管合併症の発症予防と進展抑制に関する研究 (JDC Study): 糖尿病性腎症の発症について. 田中司朗1, 飯室 聡2, 大橋靖雄2, 田中佐智子3, 守屋達美4, 矢島義忠4, 山田信博5, 曽根博仁6, 赤沼安夫7 (1京都大学附属病院探索医療センター, 2東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科, 3東京理科大学工学部, 4内分泌代謝内, 5筑波大学大学院内分泌代謝・糖尿病内科, 6御茶ノ水女子大学生活習慣病医科学, 7朝日生命糖尿病研究所): 第51回日本糖尿病学会学術総会 (2008/5/22), 東京, 糖尿病 2008; 51 Suppl 1: S-301.

723236. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症透析患者の血糖変動の把握に連続血糖モニタリングシステム (CGMS) は有用である. 小川顕史1, 守屋達美1, 鈴木貴博1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第53回日本透析医学会学術集会 (2008/6/20), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008; 41 Suppl 1: 600.

723237. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症透析例の予後不良因子の解析. 平澤陽子1, 守屋達美1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第53回日本透析医学会学術集会 (2008/6/20), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008; 41 Suppl 1: 601.

723238. [学会 (全国)] (一般講演) 正常アルブミン尿期〜顕性蛋白尿期2型糖尿病の腎組織におけるIV型α2鎖, XV型コラーゲンと5年後の腎機能との関連. 田中啓司1, 守屋達美1, 友野靖子2, 内藤一郎3, 保坂辰樹1, 重井文博4, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2重井医学研究所分子細胞生物部門, 3岡山大学大学院医歯薬学総合研究科人体構成学分野, 4重井医学研究所附属病院): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/5/30), 福岡, 日本腎臓学会誌 2008; 51: 276.

723239. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病の糖尿病性腎症 (腎症) における尿中エンドスタチンの意義. 保坂辰樹1, 守屋達美1, 田中啓司1, 友野靖子2, 内藤一郎3, 重井文博4, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2重井医学研究所分子細胞生物部門, 3岡山大学大学院医歯薬学総合研究科人体構成学分野, 4重井医学研究所附属病院): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/5/30), 福岡, 日本腎臓学会誌 2008; 51: 349.

723240. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病合併妊娠の妊娠・分娩経過に影響を及ぼす因子の検討. 黒坂真矢1, 守屋達美2, 保坂辰樹2, 高田哲秀2, 田中啓司2, 藤田芳邦2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 第24回糖尿病・妊娠学会 (2008/11/28), 高崎, 糖尿病と妊娠 2008; 8: S-73.

723241. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 創傷治癒におけるアンギオテンシンII受容体の役割 (Roles of an angiotensin II receptor, AT1a signaling in wound healing and angiogenesis). 黒坂真矢1, Sakamoto H, 鈴木立紀2, Hosono K, 馬嶋正隆2, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内, 2薬理): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/17), 横浜.

733060. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 連続血糖測定によりαグルコシダーゼ阻害薬と分食がダンピング症候群の高血糖と低血糖に有効であることを確認した1例. 鈴木智子1, 守屋達美1, 小川顕史1, 市川雷師1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 神奈川糖尿病研究会 (2008/7/4), 横浜.

733061. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 2型糖尿病の腎機能検査法としてのシスタチンCの意義. 沖崎進一郎1, 守屋達美1, 和田由美子1, 保坂辰樹1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第20回日本糖尿病性腎症研究会 (2008/12/6), 東京.

733062. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 市中感染型MRSA (CA-MRSA) 肺炎にて死亡した2型糖尿病の1剖検例. 鈴木智子1, 田中啓司1, 小川顕史1, 沖崎進一郎1, 市川雷師1, 鈴木貴博1, 保坂辰樹1, 松原まどか1, 高田哲秀1, 守屋達美1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2009/1/24), 横浜.

733063. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ケトアシドーシス (DKA) に非閉塞性腸管虚血 (NOMI) を合併した2型糖尿病の1例. 市川雷師1, 守屋達美1, 鈴木智子1, 小川顕史1, 沖崎進一郎1, 鈴木貴博1, 保坂辰樹1, 松原まどか1, 高田哲秀1, 田中啓司1, 藤田芳邦1 (1内分泌代謝内): 第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2009/1/24), 横浜.


腎臓内科学

[学術論文]

310007. [症例報告] A nephrotic case of vesicoureteral reflux representing focal segmental glomerulosclerosis associated with podocytic infolding lesions. 松尾隆俊, 小林 豊, 根本典子1, 佐野 隆2, 鎌田貢壽2, 重松秀一 (1バイオイメージ研, 2腎臓内): Clin Exp Nephrol 2008; 12: 494-500.

320012. [症例報告] オメプラゾールにて著明な高カリウム血症を呈した短腸症候群を伴う末期腎不全の一例. 中野素子1, 坂本尚登1, 守屋利佳2, 阪  聡, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2医学教育): 臨床体液 2008; 35: 19-24.

320013. [症例報告] シェーグレン症候群にキャッスルマン病を合併した腎疾患の一例. 真木幸代, 青山東五1, 深谷 圭1, 坂間玲子, 村野順也, 若井陽希, 橋本ヒロコ1, 藤田和己, 佐野 隆, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 腎炎症例研究 2008; 24: 91-108.

522015. [講座] 〔特集 CKD予防のための血圧コントロールガイド〕重症高血圧症, 悪性高血圧症, 高血圧性脳症. 鎌田貢壽 (腎臓内): 腎と透析 2008/8; 65 (2): 257-60.

[著 書]

620104. [学術書] (分担執筆) 【メディカルノート 腎臓がわかる−腎・尿路疾患/水・電解質代謝異常】感染症と腎障害 a 感染性心内膜炎の腎障害, p.123-4. 鎌田貢壽 (腎臓内), 編 下条文武, 西村書院, 東京, 2008/5/18発行.

620105. [学術書] (分担執筆) 【腎・尿路系コア・カリキュラムテキスト】溶連菌感染後急性糸球体腎炎と急性糸球体腎炎, p.125-8. 鎌田貢壽 (腎臓内), 編 今井裕一, 安田 隆, 力石辰也, 文光堂, 東京, 2008/8/29発行.

620106. [学術書] (分担執筆) 【医学大辞典-第2版】健常ネフロン仮説, 糸球体尿細管均衡, 糸球体尿細管不均衡, 糸球体微小灌流, 高血圧自動調節理論, 全5頁. 坂本尚登 (腎臓内), 総編集 伊藤正男, 井村裕夫, 高久史麿, 医学書院, 東京, 2009/2発行.

[学会・研究会等]

713070. [学会 (国際)] (ポスター) Characteristics of Anti-nephrin antibodies induced by the nephrin cDNA immunization with or without signal sequence. 内藤正吉1, 青山東五1, 山中 望, 岡本智子1, 田崎尋美1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第45回ERA-EDTA (European Renal Association-European Dialysis and Transplant Association) Congerss (2008/5/12), Stockholm.

713071. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) SIGNIFICANCE OF PK STUDY OF MPA IN RENAL TRANSPLANTATION: A META-ANALYSIS AND PK STUDY. Yoshida K, Kobayashi M, Miyashita Y, 竹内康雄1, Arima M, Yago K, Hirayama T, Obata F, Ikeda M, Noguchi F (1腎臓内): XXII International Congress of The Transplantation Society (2008/8/11), SYDNEY AUSTRALIA, Supplement to Transplantation 2008/7/27; 86 (2S): 336.

723242. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 遺伝子免疫による抗ヒトネフリン多クローン抗体産生系におけるシグナル遺伝子の抗体特性に与える影響. 内藤正吉1, 青山東五1, 山中 望2, 岡本智子1, 田崎尋美1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2防衛医科大学校外科学): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/5/30), 福岡, 日腎会誌 2008; 50 (3): 337.

723243. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 5年間のオンラインHDF施行における血清ペントシジン (Pent) 値の検討. 青山雅則1, 竹内康雄1, 内藤正吉1, 田村雅人1, 鎌田貢壽1, 森口いぶき2, 小林直之2, 大久保充人2, 石原和彦3 (1腎臓内, 2相武台ニーレンクリニック, 3医療衛生学部): 第51回日本腎臓学会学術総会 (2008/5/31), 福岡, 日腎会誌 2008; 50 (3): 354.

723244. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 維持血液透析患者に対する上肢ADL評価表の作成とその有用性の検討. 岩崎友美子1, 南里 佑太2, 小澤哲也2, 忽那俊樹2, 松永篤彦2, 桑田比砂江1, 加藤登子1, 羽切 佐知子1, 高木 裕1, 竹内康雄3, 鎌田貢壽3, 吉田 煦1 (1さがみ循環器クリニック, 2大学院医療系研究科, 3腎臓内): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.

723245. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) スチール症候群に対しLDL吸着法が著効した1症例. 牧野武志1, 荒井実延2, 横山公要2, 高橋博久2, 野澤有紀3, 遠藤美由紀3, 木村悦子3, 藤原由希子3, 長場 泰1, 島田 肇1, 鎌田貢壽4 (1北里研究所メディカルセンター病院腎臓内科, 2同腎センター, 3同看護部, 4腎臓内): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.

723246. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 維持透析患者のネスプ投与における腎性貧血の検討. 根本千香子1, 勢納八郎2, 牧野武志1, 長場 泰1, 島田 肇1, 鎌田貢壽3 (1北里研究所メディカルセンター病院腎臓内科, 2桶川共立クリニック, 3腎臓内): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.

723247. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性収縮性心膜炎に心膜切除術を施行した維持透析患者の一例. 村野順也1, 青山東五1, 深谷 圭1, 橋本ヒロコ1, 藤田和己1, 佐野 隆1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.

723248. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者の通院IPDによる在宅透析医療はPD lastになりうるか. 田村浩三1, 太田梨紗子1, 中野素子1, 鎌田貢壽2 (1町田市民病院内科, 2腎臓内): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.

723249. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 生前診断が困難であった維持血液透析患者の腎細胞癌の一例. 田崎尋美1, 清水健史1, 村野順也1, 深谷 圭1, 岡本智子1, 内藤正吉1, 橋本ヒロコ1, 藤田和己1, 青山東五1, 佐野 隆1, 守屋利佳2, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1, 大沼雄一郎3, 梶田咲美乃4 (1腎臓内, 2医学教育, 3放射線, 4病理): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.

723250. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ペインレスニードル (PLN) 使用時に痂皮をとる必要はあるのか. 荒井実延1, 横山公要1, 高橋博久1, 野澤有紀2, 遠藤美由紀2, 木村悦子2, 藤原由希子2, 根本千香子3, 牧野武志3, 長場 泰3, 島田 肇3 (1北里研究所メディカルセンター病院腎センター, 2同看護部, 3同腎臓内科);第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.

731062. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) CKDの診断と治療. 鎌田貢壽 (腎臓内): 相模原地区医師会地域医療研究会 (共催: 相模原医師会, 武田薬品工業株式会社) (2009/5/11), 相模原 (津久井).

731063. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 慢性腎不全の病診連携−Four season's conference (より良い病診連携を目指して)−. 鎌田貢壽 (腎臓内): 2008年度第1回 腎臓疾患 (共催: 北里大学東病院, 相模原市内科医会, 万有製薬) (2008/5/21), 相模原.

731064. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) CKDの診療と病診連携. 鎌田貢壽 (腎臓内): 第424回小田原医師会学術講演会 (共催: 小田原医師会, 持田製薬株式会社) (2008/7/17), 小田原.

731065. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 慢性腎臓病(CKD)の病態と病診連携. 鎌田貢壽 (腎臓内): 第80回学ぼう会 (共催: 学ぼう会, 第一三共株式会社) (2008/7/23), 秦野.

731066. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ANCA関連血管炎・腎炎の病態と治療. 鎌田貢壽 (腎臓内): 第9回横浜・湘南透析セミナー (共催: 横浜・湘南透析セミナー, 中外製薬株式会社) (2008/9/6), 横浜.

731067. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) CKDの病態と治療. 坂本尚登 (腎臓内): 綾瀬ナイトカンファレンス (共催: 綾瀬厚生病院, ノバルティスファーマ株式会社) (2008/11/21), 相模原.

731068. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腎機能障害の進展を抑制する腎臓のトータルケア. 坂本尚登 (腎臓内): 津久井ナイトカンファレンス (共催: 津久井日赤病院, ノバルティスファーマ株式会社) (2009/2/27), 相模原 (津久井).

732024. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 血管炎による腎障害の診断と治療. 鎌田貢壽 (腎臓内): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 ( 2008/10/11), 東京.

732025. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 「遺伝子の統合的機構とその破綻」体液調節における腎マクラデンサの役割. 河原克雅1, 坂本尚登2 (1生理, 2腎臓内): 北里大学ハイテクリサーチセンター・シンポジウム (2008), 神奈川.

733064. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) キャスルマン病類似のリンパ節病変を呈した全身性IgG4関連疾患に伴う尿細管間質性腎炎. 青山東五1, 根本千香子1, 太田梨紗子1, 深谷 圭1, 村野順也1, 青山雅則1, 中野素子1, 佐野 隆1, 坂本尚登1, 遠藤正之2, 鎌田貢壽1 (1腎臓内科, 2東海大学医学部腎代謝内科学): 第12回腎間質障害研究会 (2008/9/13), 東京.

733065. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Wire loop様病変の光顕所見を呈した非SLEの一例. 佐野 隆1, 深谷 圭1, 村野順也1, 太田梨紗子1, 根本千香子1, 青山雅則1, 中野素子1, 青山東五1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第50回神奈川腎炎研究会 (2008/9/27), 横浜.

733066. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ネフローゼ症候群により急性上肢動脈血栓症を認めた2例. 根本千香子1, 青山東五1, 村野順也1, 深谷 圭1, 佐野 隆1, 守屋利佳2, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2医学教育): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/11), 東京, 日腎会誌 2008; 50 (6): 781.

733067. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Ramsey- Hunt症候群を合併した結節性多発動脈炎 (PN) の一例. 林みゆき1, 橋本ヒロコ1, 村野順也1, 田中 圭, 藤田和己1, 青山東五1, 佐野 隆1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/11), 東京, 日腎会誌 2008; 50 (6): 787.

733068. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 初回腎生検で急性糸球体腎炎と診断した膜性増殖性糸球体腎炎の一例. 古谷昌子1, 青山雅則1, 村野順也1, 深谷 圭1, 橋本ヒロコ1, 藤田和己1, 青山東五1, 佐野 隆1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/11), 東京, 日腎会誌 2008; 50 (6): 789.

733069. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 膜性ループス腎炎にMPO-ANCA陽性半月体形成性糸球体腎炎を発症した一例. 太田梨紗子1, 佐野 隆1, 坂間玲子1, 深谷 圭1, 村野順也1, 橋本ヒロコ1, 藤田和巳1, 青山東五1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/11), 東京, 日腎会誌 2008; 50 (6): 798.

733070. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 菌血症に合併したPR-3ANCA陽性急速進行性糸球体腎炎症候群の一例. 深谷 圭1, 佐野 隆1, 坂間玲子1, 村野順也1, 橋本ヒロコ1, 藤田和巳1, 青山東五1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/11), 東京, 日腎会誌 2008; 50 (6): 798.

733071. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 内痔核術後に発症した急速進行性糸球体腎炎の一例. 牧野武志1, 長場 泰1, 竹本潤哉1, 根本千香子1, 島田 肇1, 鎌田貢壽2 (1北里研究所メディカルセンター病院, 2腎臓内): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/12), 東京,日腎会誌 2008; 50 (6): 802

733072. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 維持透析経過中に解離性大動脈瘤, 左右腎周囲出血を呈した多発性嚢胞腎の一例. 長場 泰1, 牧野武志1, 根本千香子1, 世沢達三2, 島田 肇1, 鎌田貢壽3 (1北里大学北里研究所メディカルセンター病院, 2澤仁会 北本第一クリニック, 3腎臓内): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/12), 東京,日腎会誌 2008; 50 (6): 820.

733073. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 上腸管膜静脈血栓症 (SMVT) を発症し, 上腸管膜動脈内ウロキナーゼ持続動注が奏功したループス腎炎の1例. 大久保泰宏, 山中真理子, 猪瀬和人 (済生会宇都宮病院): 第38回日本腎臓学会東部学術大会 (2008/10/12), 東京, 日腎会誌 2008; 50 (6): 827.

733074. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 塩類喪失を伴い可逆性の高アルドステロン血症を呈した腎不全の1例. 深谷 圭1, 坂本尚登1, 村野順也1, 岡本智子1, 青山東五1, 佐野 隆1, 守屋利佳2, 鎌田 貢壽1 (1腎臓内, 2医学教育): 第40回臨床体液研究会 (2008/10/18), 東京.

733075. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Leriche症候群による急性腎不全を呈した1剖検例. 村野順也1, 青山東五1, 古宮智貴, 太田梨紗子1, 根本千香子1, 深谷 圭1, 青山雅則1, 中野素子1, 清水健史1, 佐野 隆1, 坂本尚登1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第76回神奈川腎研究会 (2008/11/30), 横浜, 神奈川腎研究会誌 2008; 76: 5.

733076. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 44歳, 男性, 急性腎不全の1例. 根本千香子1, 他 (1腎臓内): 第6回神奈川腎臓内科交流会 (2009/1/31), 伊勢原.


膠原病・感染内科学

[学術論文]

110101. [原著] Reversible focal neurological deficits in systemic lupus erythematosus: Report of 2 cases and review of the literature. Kimura M, Aramaki K, 和田達彦2, 西 和男1, Matsushita R, Iizuka N, 橋本 篤1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2総合診療): J Neurol Sci 2008; 272: 71-6.

110102. [原著] Effect of infliximab in progressive Neuro-Behcet's syndrome. Kikuchi H, Aramaki K, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): J Neurol Sci 2008; 272: 99-105.

110103. [原著] Clinical characteristics of cytomegalovirus infection in rheumatic diseases: multicentre survey in a large patient population. Takizawa Y, Inokuma S, Tanaka Y, Saito K, Atsumi T, Hirakata M, Kameda H, 廣畑俊成1, Kondo H, Kumagai S, Tanaka Y (1膠原病・感染内): Rheumatology 2008; 47: 1373-8.

110104. [原著] Differential influences of bucillamine and methotrexate on the generation of fibroblast-like cells from bone marrow CD34+ cells of rheumatoid arthritis patients. 廣畑俊成1, Yanagida T, Tomita T, Yoshikawa H (1膠原病・感染内): Int Immunopharmacol 2009; 9: 86-90.

110105. [原著] Enhanced expression of mRNA for Kruppel-like factor 5 in CD34+ cells of the bone marrow in rheumatoid arthritis. 廣畑俊成1, Miura Y, Tomita T, Yoshikawa H (1膠原病・感染内): Ann Rheum Dis 2009; 68 (5): 763-4.

310008. [症例報告] Henoch-Schonlein pupura complicated by perforation of the gallbladder. 橋本 篤1, 松下礼子2, 飯塚進子2, 木村美保1, 松井俊通1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2大学院医療系研究科): Rheumatol Int 2009/2; 29 (4): 441-3.

520082. [総説] 【全身性エリテマトーデス (SLE) 病態解明と治療の新たな展開】 SLEの合併症とその制御 日和見感染症. 田中住明 (膠原病・感染内): 最新医学 2008/6; 63 (5): 968-74.

520083. [総説] 【内科必携画像診断-Imaging Revolution-】VI. 膠原病・免疫・アレルギー 10. Behcet病. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 内科 2008/6; 101 (6): 1445-8.

520084. [総説] CNSループスの病態と診断・治療. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 臨床リウマチ 2008; 20: 107-12.

520085. [総説] 膠原病に併発する中枢神経障害とその治療. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): Medical Practice 2008; 25: 1365-8.

520086. [総説] 座談会: 膠原病シンル王の最近の進歩と今後の展望. 廣畑俊成1, 武井正美, 山田秀裕, 高橋裕樹 (1膠原病・感染内): Medico 2008; 39: 452-62.

520087. [総説] リウマチ性疾患診療に関連した神経病変の診断と治療: 神経ベーチェット. 菊地弘敏, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): リウマチ科 2008; 40: 519-5.

520088. [総説] 抗リウマチ薬の基礎と臨床−作用機序から使い方まで−. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 小児リウマチ 2008; 1: 15-20.

520089. [総説] 全身性エリテマトーデス (SLE)−病態解明と治療の新たな展開−中枢神経ループス. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 最新医学 2008; 63 : 939-46.

520090. [総説] 新版 処方計画法 VIII. リウマチ結合織疾患 166. ベーチェット病. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 綜合臨床 2008; 57: 1327-9.

520091. [総説] 膠原病の診断, 治療開始とフォローの実際−Behcet病. 菊地弘敏, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): Medicina 2008; 45: 116-9.

520092. [総説] 目で見る症例: 混合性結合組織病 (肺高血圧症). 田中住明1, 飯塚進子, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 内科 2009; 103 (2): 349-54.

520093. [総説] 全身性エリテマトーデスの長期管理. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 日本医事新報 2009; 4421: 44-7.

520094. [総説] 全身性エリテマトーデスとプロテオミクスを用いた自己抗原の解析. 飯塚進子, 岡本一起, 廣畑俊成1, 加藤智啓 (1膠原病・感染内): 日本臨床免疫学会会誌 2009; 32: 43-7.

520095. [総説] 抗NR2グルタミン酸レセプター抗体と中枢神経ループス. 有沼良幸, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): リウマチ科 2009; 41: 121-6.

520096. [総説] 全身性エリテマトーデスに合併しステロイド大量療法が奏功した骨髄線維症の1例. 吉田 秀1, 近藤啓文1, 遠藤平仁2, 田中淳一2, 飯塚進子, 木村美保, 橋本 篤2, 田中住明2, 石川 章2, 廣畑俊成2 (1北里研究所メディカルセンター病院内科, 2膠原病・感染内): 臨床リウマチ 2008/12; 20 (4): 302-9.

521012. [解説] 【最新学際情報】関節リウマチとAngiopoietin-1. 石川 章1, 岡田 純2 (1膠原病・感染内, 2健康管理セ): 関節外科 2008/4; 27 (4): 510-2.

521013. [解説] 膠原病患者における肺高血圧症の診断と治療の問題点 膠原病患者における肺高血圧症の診断と治療の問題点 (膠原病専門医の立場から). 田中住明 (膠原病・感染内): Therapeutic Research 2008/10; 29 (10): 1767-8.

530001. [その他] Response to Letter to the Editor. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): J Neurol Sci 2008; 270: 211-2.

540027. [その他 (症例検討トレーニング)] 症例検討トレーニング 全身の痛みを訴える75歳女性. 石川 章 (膠原病・感染内): 臨床研修プラクティス 2008/6; 5 (6): 98-101.

540028. [その他] ベーチェット病患者の妊娠. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): ドクターサロン 2008; 52: 330-3.

540029. [その他 (研究報告書)] アレルギー性肉芽腫性血管炎の実態調査. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 平成18・19年度東京都特殊疾病 (難病) に関する研究報告書 2008; p.29-33.

540030. [その他 (研究報告書)] 特発性好酸球増多症候群の実態調査. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 平成18・19年度東京都特殊疾病 (難病) に関する研究報告書 2008; p.88-91.

540031. [その他 (研究報告書)] 神経ベーチェット病の診療ガイドラインの作成に関する研究. 廣畑俊成1, 菊地弘敏, 桑名正隆, 沢田哲治, 岳野光洋 (1膠原病・感染内): 「厚生労働科学研究補助金 難治性疾患克服研究事業 ベーチェット病に関する調査研究事業」平成20年度総括・分担研究報告 2009; p.38-41.

[著 書]

620107. [学術書] (分担執筆) ホームメデイカ 新版「家庭医学大事典 初版」免疫異常による病気: 全身性エリテマトーデス, p.2030-3. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 編 ホームメデイカ編集委員会, 小学館, 東京, 2009発行.

620108. [学術書] (分担執筆) 「新臨床内科学 (第9版)」第11章 リウマチ性疾患, アレルギー性疾患, 免疫不全 9. Beh稿t (ベーチェット) 病 (Beh稿t症候群), p.1477-83. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 監修 高久史麻, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 医学書院, 東京, 2009発行.

[学会・研究会等]

712010. [学会 (国際)] (シンポジウム) Silk Road symposium (S24-9): Beh稿t's disease. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 13th Asia Pacific League of Association for Rheumatology Congress (2008/9/23-27), Yokohama, Int J Rheum Dis 2008; 11 (Suppl.1): A1-A83.

713072. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Histopathology of the ruptured pulmonary aneurysm in a patient with Behcet's disease. 廣畑俊成1, Kikuchi H (1膠原病・感染内): 13th International Conference on Behcet's disease (2008/5/25), Poertschach.

713073. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Association of cerebrospinal fluid ant-NR2 with diffuse psychiatric/neuropsychological syndromes in systemic lupus erythematosus. 廣畑俊成1, Yanagida T (1膠原病・感染内): EULAR 2008 (2008/6/16-19), Paris.

713074. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Quantitative analysis of intestinal involvement by 13C-fatty acid absorption-breath test in patients with systemic sclerosis. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, Yoshida H, Iizuka N, 松井俊通1, 田中住明1, 廣畑俊成1, Kondo H (1膠原病・感染内): 13th Asia Pacific League of Association for Rheumatology Congress (2008/9/23-27), Yokohama, Int J Rheum Dis 2008; 11 (Suppl.1): A84-A514 (P2O-13).

713075. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Induction of Type B synoviocyte-like cells from plasmocytoid dendritic cells of the bone marrow in rheumatoid arthritis. 廣畑俊成1, Tomita T, Yoshikawa H (1膠原病・感染内): 72nd Annual Scientific Meeting, American College of Rheumatology (2008/10/24-29), San Francisco, Arthritis Rheum 2008; 58 (Suppl.9): S287.

713076. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Enhanced expression of mRNA for Fk506-binding protein 5 in bone marrow CD34+ cells in patients with rheumatoid arthritis. Matsushita R, 橋本 篤1, Tomita T, Yoshikawa H, 田中住明1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 72nd Annual Scientific Meeting, American College of Rheumatology (2008/10/24-29), San Francisco, Arthritis Rheum 2008; 58 (Suppl.9): S287.

713077. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A retrospective-cohort study of 126 patients with diffuse psychiatric/neuropsychiatric syndromes in neuropsychiatric systemic lupus erythematosus: therapeutic efficacy of intravenous cyclophosphamide for long-term prognosis in patients with acute confusional state. 田中住明1, Morimoto S, Saito K, Tanaka Y, 廣畑俊成1, NPSLE study group (1膠原病・感染内): 72nd Annual Scientific Meeting, American College of Rheumatology (2008/10/24-29), San Francisco, Arthritis Rheum 2008; 58 (Suppl.9): S329.

713078. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Induction of cadherin-11 (osteoblast-cadherin) suppresses the proliferation and the induction of matrix metalloproteinases (MMPs) in synovial cells of patients with rheumatoid arthritis. 遠藤平仁1, Matsushita R, 橋本 篤1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 72nd Annual Scientific Meeting, American College of Rheumatology (2008/10/24-29), San Francisco, Arthritis Rheum 2008; 58 (Suppl.9): S519.

713079. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Anti-inflammatory lipid mediator lipoxin A4 (LXA4) in interstitial lung disease of patients with systemic sclerosis and sclerodermal murine model induced by bleomycin. 橋本 篤1, Matsushita R, Kitasato H, 廣畑俊成1, 遠藤平仁1 (1膠原病・感染内): 72nd Annual Scientific Meeting, American College of Rheumatology (2008/10/24-29), San Francisco, Arthritis Rheum 2008; 58 (Suppl.9): S836.

722059. [学会 (全国)] (シンポジウム) 全身性強皮症の間質性肺炎におけるCCL 18/PARC制御におけるLipoxin A4の役割. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 廣畑俊成1, 北里英郎 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/22), 札幌, 抄録集 2008; p.178.

722060. [学会 (全国)] (ワークショップ) マクロファージ活性化症候群 (MAS) 合併に対し, メトトレキサートが著効したSLEの2症例. 西 和男1, 東野紀子1, 木村美保, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/22), 札幌, 抄録集 2008; p.267.

722061. [学会 (全国)] (ワークショップ) 全身性強皮症の重症臓器合併症と予後の臨床的検討. 橋本 篤1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1, 近藤啓文 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/22), 札幌, 抄録集 2008; p.275.

722062. [学会 (全国)] (ワークショップ) 初診時リウマチ性多発筋痛症と診断された65患者の診断の変遷. 松井俊通1, 橋本 篤1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/22), 札幌, 抄録集 2008; p.277.

722063. [学会 (全国)] (ワークショップ ) 膠原病患者309例の横断研究により肺高血圧症予備群を探索する試み. 田中住明1, 飯塚進子, 木村美保, 松下礼子, 橋本 篤1, 松井俊通1, 遠藤平仁1, 岡田 純2, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2健康管理セ): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/23), 札幌, 抄録集 2008; p.287.

722064. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演) シンポジウム8-3: 膠原病の肺高血圧症の新しい治療戦略. 田中住明1, 遠藤平仁1, 岡田 純2, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2健康管理セ): 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2008/11/29), 東京, 抄録集 2008; p.1318.

723251. [学会 (全国)] (ポスター) 膠原病とその類縁疾患患者のステロイド大量治療中におけるST合剤予防投与の効果と副作用の検討. 和田達彦, 田中住明1, 東野俊洋1, 手嶋智子1, 西 和男1, 橋本 篤1, 松井俊通1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/21), 札幌, 抄録集 2008; p.329.

723252. [学会 (全国)] (ポスター) 関節リウマチ骨髄における発現遺伝子の解析. 松下礼子, 橋本 篤1, 飯塚進子, 木村美保, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1, 冨田哲也, 吉川秀樹 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/21), 札幌, 抄録集 2008; p.349.

723253. [学会 (全国)] (ポスター) 関節リウマチ滑膜病変のCadherin-11(osteoblast-cadherin)の解析. 遠藤平仁1, 藤田 護2, 占部 憲2, 糸満盛憲2, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2整外): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/21), 札幌, 抄録集 2008; p.350.

723254. [学会 (全国)] (ポスター) 関節リウマチにおけるEpstein-Barrウイルス感染CD15陽性B細胞の検討. 猪股弘武, 武井正美, 山上賢治, 野崎高正, 白岩秀隆, 清水一郎, 斉藤 修, 永島正一, 廣畑俊成1, 龍順之助, 澤田滋正 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/21), 札幌, 抄録集 2008; p.354.

723255. [学会 (全国)] (ポスター) インフリキシマブ投与中に結核性胸膜炎を発症し、さらに多発性筋炎を合併した関節リウマチの一例. 和田達彦, 廣畑俊成1, 鈴木貴博, 大曽根康夫, 入交昭一郎, 秋月哲史 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/21), 札幌, 抄録集 2008; p.362.

723256. [学会 (全国)] (ポスター) 脾臓摘出術が有効であった巨大脾臓内腫瘤を合併したWegener肉芽腫症の1例. 手嶋智子1, 田中住明1, 西 和男1, 東野俊洋1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/21), 札幌, 抄録集 2008; p.375.

723257. [学会 (国内)] (ポスター) 除去質硬直を主徴とする中枢神経病変を呈した重症SLEの一例. 濱野芳匡, 北島麻衣, 廣畑俊成1, 末村正樹, 藤原弘士 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウムム (2008/4/22), 札幌, 抄録集 2008; p.435.

723258. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マクロファージ活性化症候群 (MAS) 合併に対し, メトトレキサートが著効したSLEの2症例. 西 和男1, 東野紀子, 木村美保1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会・第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/22), 札幌.

723259. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 抗炎症リピッドメデイエーター: リポキシンA4 (LXA4) による間質性肺炎病態制御に関する研究. 橋本 篤1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1, 北里英郎 (1膠原病・感染内): 第36回日本臨床免疫学会総会 (2008/10/17-18), 東京, 抄録集 p.327.

723260. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Enhanced expression of mRNA for Kruppel-like factor 5 in CD34+ cells of the bone marrow in rheumatoid arthritis. 廣畑俊成1, Miura Y, Tomita T, Yoshikawa H (1膠原病・感染内): 第38回日本免疫学会総会・学術集会 (2008/12/1-3), 京都, 抄録集 p.178.

733077. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 心筋障害と肺胞出血をきたしたSLEの一例. 小川英佑1, 橋本 篤1, 和田達彦, 西 和男1, 東野俊洋1, 手嶋智子1, 松井俊通1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第49回関東リウマチ研究会 (2008/6/21), 東京.

733078. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチ滑膜病変におけるCadherin-11 (Osteoblast-cadherin) の解析. 遠藤平仁1, 橋本 篤1, 藤田 護2, 占部 憲2, 糸満盛憲2, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2整外): Inflammation and Regeneration (2008/7/1).

733079. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 重度の網膜症に対しシクロフォスファミドパルス療法が有効であったSLEの1例. 星山隆行, 和田達彦, 小川英佑1, 手嶋智子1, 東野俊洋1, 橋本 篤1, 松井俊通1, 田中住明1, 石川 章1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第557回日本内科学会関東地方会 (2008/10/4), 東京.

733080. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 慢性進行型神経ベーチェットの経過中に急性型神経ベーチェット発作を来した1例. 石田 隆, 松井俊通1, 手嶋智子1, 東野俊洋1, 橋本 篤1, 和田達彦, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第558回日本内科学会関東地方会 (2008/11/8), 東京.

H19年度以前分

[学会・研究会等]

H19-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 非化膿性胆嚢胆管炎を呈した混合性結合組織病の一例. 若倉苑美, 橋本 篤1, 西 和男1, 手嶋智子1, 東野俊洋1, 松井俊通1, 田中住明1, 石川 章1, 遠藤平仁1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第552回日本内科学会関東地方会 (2008/3/3), 東京.


外科学

[学術論文]

110106. [原著] Clinical significance of BMP7 in human colorectal cancer. Motoyama K, Tanaka F, 小坂愉賢1, Mimori K, Uetake H, Inoue H, Sugihara K, Mori M (1外科): Ann Surg Oncol 2008; 15 (5): 1530-7.

110107. [原著] A new diagnostic method for early gastric cancer: volume measurement by 3-dimensional endoscopic ultrasonography in early gastric cancer and its clinical significance. 二渡信江1, 菊池史郎1, 桜本信一1, 木田光広2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2消化器内): Anticancer Res 2008; 28 (5B): 2907-12.

110108. [原著] Diminishing impact of preoperative carcinoembryonic antigen (CEA) in prognosis of Dukes' C colorectal cancer. 加藤 弘1,2, 山下継史1, Kokuba Y, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 井原 厚1, 中村隆俊1, 小野里航1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): Anticancer Res 2008/5-6; 28 (3B): 1933-41.

110109. [原著] Surgical resection of stage IV colorectal cancer and prognosis. 加藤 弘1,2, 山下継史1, Kokuba Y, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 井原 厚1, 中村隆俊1, 小野里航1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): World J Surg 2008/6; 32 (6): 1130-7.

110110. [原著] Validation of staging systems for gastric cancer. 山下継史1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 片田夏也1, Nobuyuki Kobayashi, 渡邊昌彦1 (1外科): Gastric cancer 2008/7; 11: 111-8.

110111. [原著] Abnormal expression of p16 (INK4a), cyclin D1, cyclin-dependent kinase 4 and retinoblastoma protein in gastric carcinomas. 岸本一郎1, Mitomi H, Ohkura Y, Kanazaw H, Fukui N, 渡邊昌彦1 (1外科): J Surg Oncol 2008/7; 98 (1): 60-6.

110112. [原著] The membrane attack complex (C5b-9) in liver cold ischemia and reperfusion injury. Fondevila C, Shen XD, 土橋誠一郎1, Uchida Y, Freitas MC, Ke B, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW (1外科): Liver Transpl 2008/8; 14 (8): 1133-41.

110113. [原著] Strong association of lymph node metastasis with intraperitoneal free cancer cell (IFCC) in advanced gastric cancer. 山下継史1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 片田夏也1, Nobuyuki Kobayashi, 渡邊昌彦1 (1外科): Hepatogastroenterology 2008/9; 55: 1873-7.

110114. [原著] Hematogenous metastasis in gastric cancer requires isolated tumor cells and expression of vascular endothelial growth factor receptor-1. Mimori K, Fukagawa T, 小坂愉賢1, Kita Y, Ishikawa K, Etoh T, Iinuma H, Sasako M, Mori M (1外科): Clin Cancer Res 2008; 14 (9): 2609-16.

110115. [原著] Liver metastasis of colorectal cancer by protein-tyrosine phosphatase type 4A, 3 (PRL-3) is mediated through lymph node metastasis and elevated serum tumor markers such as CEA and CA19-9. 旗手和彦1, 山下継史1, 平井和弥1, Hiroshi Kumamoto, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 小野里航1, Yukihito Kokuba, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): Oncology Reports 2008/10; 20 (4): 737-43.

110116. [原著] A large-scale study of MT1-MMP as a marker for isolated tumor cells in peripheral blood and bone marrow in gastric cancer cases. Mimori K, Fukagawa T, 小坂愉賢1, Ishikawa K, Iwatsuki M, Yokobori T, Hirasaki S, Takatsuno Y, Sakashita H, Ishii H, Sasako M, Mori M (1外科): Ann Surg Oncol 2008; 15 (10): 2934-42.

110117. [原著] TUMOR NECROSIS FACTOR-ALPHA INDUCES THROMBOXANE RECEPTOR SIGNALING-DEPENDENT MICROCIRCULATORY DYSFUNCTION IN MOUSE LIVER. 片桐寛之1, 伊藤義也1, 伊藤壮平2, Sugimoto Y, Narumiya S, 渡邊昌彦1, 馬嶋正隆3 (1外科, 2麻酔, 3薬理): Shock 2008/10; 30 (4): 463-7.

110118. [原著] A New Formula for Predicting Liver Metastasis in Patients with Colorectal Cancer: Immunohistochemical Analysis of a Large Series of 439 Surgically Resected Cases. Hiroki Ochiai, Yukihiro Nakanishi, Yuri Fukasawa, Yasunori Sato, Kimio Yoshimura, Yoshihiro Moriya, Yae Kanai, 渡邊昌彦1, Hirotoshi Hasegawa, Yuko Kitagawa, Masaki Kitajima, Setsuo Hirohashi (1外科): Clinical Translational Research 2008; 75: 32-41.

110119. [原著] Risk Factors for Wound Infection after Surgery for Colorectal Cancer. 中村隆俊1, Hiroyuki Mitomi, 井原 厚1, 小野里航1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 渡邊昌彦1 (1外科): World Journal of Surgery 2008; 32: 1138-41.

110120. [原著] Phase II Trial to Evaluate Laparoscopic Surgery for Stage 0/1 Rectal Carcinoma. Seiichiro Yamamoto, Kenichi Yoshimura, Fumio Konishi, 渡邊昌彦1 (1外科): Jpn J Clin Oncol 2008; 38 (7): 497-500.

110121. [原著] Lymph Node Metastasis Density (ND)-factor Association with Malignant Degree and ND40 as "Non-curative" in Gastric Cancer. 山下継史1, Akira Ooki, 桜本信一1, 菊池史郎1, 片田夏也1, Nobuyuki Kobayashi, 渡邊昌彦1 (1外科): Anticancer Research 2008; 28: 435-42.

110122. [原著] Tumor Budding as an Index to Identify High-Risk Patients with Stage II Colon Cancer. 中村隆俊1, Hiroyuki Mitomi, 金澤秀紀1, Yasuo Ohkura, 渡邊昌彦1 (1外科): Diseases of the Colon & Rectum 2008; 51: 568-72.

110123. [原著] Leukotriene B4/leukotriene B4 receptor pathway is involved in hepatic microcirculatory dysfunction elicited by endotoxin. Ito S, Ito Y, 片桐寛之1, Suzuki T, 外須美夫2, Yokomizo T, Shimizu T, 馬嶋正隆3 (1外科, 2麻酔, 3薬理): Shock 2008; 30: 87-91.

110124. [原著] TNF-α INDUCES THROMBOXANE RECEPTOR SIGNALINGYDEPENDENT MICROCIRCULATORY DYSFUNCTION IN MOUSE LIVER. 片桐寛之1, Ito Y, Ito S, Murata T, Sugimoto Y, Narumiya S, 渡邊昌彦1, 馬嶋正隆2 (1外科, 2薬理): SHOCK 2008; 30: 463-7.

110125. [原著] Diffuse type advanced gastric cancer showing dismal prognosis is characterized by deeper invasion and emerging peritoneal cancer cell: the latest comparative study to intestinal advanced gastric cancer. 山下継史1, 桜本信一1, 片田夏也1, 二渡信江1, 森谷宏光1, 平井和哉1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): Hepatogastroenterology 2009/1; 56: 276-81.

110126. [原著] Phosphatase of regenerating liver-3 as a prognostic biomarker in histologically node-negative gastric cancer. Akira Ooki, 山下継史1, 菊池史郎1, 桜本信一1, 片田夏也1, 渡邊昌彦1 (1外科): Oncology Reports 2009/1; 21: 1467-75.

110127. [原著] Expression of uPAR mRNA in peripheral blood is a favourite marker for metastasis in gastric cancer cases. Kita Y, Fukagawa T, Mimori K, 小坂愉賢1, Ishikawa K, Aikou T, Natsugoe S, Sasako M, Mori M (1外科): Br J Cancer 2009; 100 (1): 153-9.

110128. [原著] Results of a multicenter study of 1,057 cases of rectal cancer treated by laparoscopic surgery. Nobuyoshi Miyajima, Masaki Fukunaga, Hirotshi Hasegawa, Jun-ichi Tanaka, Junji Okuda, 渡邊昌彦1 (1外科): Surg Endosc 2009; 23: 113-8.

110129. [原著] Impact of Conversion on Surgical Outcomes after Laparoscopic Operation for Rectal Carcinoma: A Retrospective Study of 1,073 Patients. Seiichiro Yamamoto, Masaki Fukunaga, Nobuyoshi Miyajima, Junji Okuda, Fumio Konishi, 渡邊昌彦1 (1外科): Journal of the American College of Surgeons 2009; 208 (3): 383-9.

110130. [原著] Cardiac rather than intestinal-type background in endoscopic resection specimens of minute Barrett adenocarcinoma. Takubo K, Aida J, Naomoto Y, Sawabe M, Arai T, 白石廣照1, Matsuura M, Ell C, May A, Pech O, Stolte M, Vieth M (1外科): Hum Pathol 2009; 40: 65-74.

110131. [原著] Preoperative u-PAR Gene Expression in Bone Marrow Indicates the Potential Power of Recurrence in Breast Cancer Cases. Koshi Mimori, Akemi Kataoka, Hiroshi Yamaguchi, Norikazu Masuda, 小坂愉賢1, Hideshi Ishii, Shinji Ohno, Masaki Mori (1外科): Ann Surg Oncol 2009 (in press).

110132. [原著] Telomere shortening in Barrett's mucosa and esophageal adenocarcinoma and its association with loss of heterozygosity. 白石廣照1, 三上哲夫2, Junko Aida, Ken-Ichi Nakamura, Naotaka Izumiyama-Shimomura, Tomio Arai, 渡邊昌彦1, 岡安 勲2, Kaiyo Takubo (1外科, 2病理): Scandinavian Jor Gastroenterol (in press).

120029. [原著] 虫垂膿瘍に対するlaparoscopic interval appendectomyの治療成績. 細田 桂1, 青木真彦, 城戸 啓, 夏 錦言, 田村 光, 小島正夫, 雨宮 哲, 水沼仁孝1 (1外科): 日本腹部救急医学会雑誌 2008; 28 (7): 883-7.

120030. [原著] 当院におけるss以深胆嚢癌切除経験例の進展様式からみた治療戦略. 片桐寛之1, 吉田宗紀1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 柿田 章, 渡邊昌彦1 (1外科): 癌の臨床 2008; 54: 201-8.

120031. [原著] 乳がん確定診断前後の心理反応と特性不安との関係について (Trait anxiety and emotional distress, qualitative study, diagnosis, breast cancer). 岡崎賀美, 岩満優美, 蔵並 勝1, 萩野匡詞, 轟 慶子, 安田裕恵, 安藤記子, 山本賢司2, 渡邊昌彦1, 宮岡 等2 (1外科, 2精神): 日本社会精神医学会雑誌 2009/2; 17 (3): 245-56.

210006. [準原著] The Advantage of Kakita's Method with Pancreaticojejunal Anastomosis for Pancreatic Resection. 古田一徳1, 吉田宗紀1, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科): Surg Technol Int 2008; 17: 150-5.

220010. [準原著] Stage II/III食道癌の治療方針決定に際して−患者を主体とした内科外科のコラボレーション. 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 二渡信江1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 田邉 聡2 (1外科, 2消化器内): 癌の臨床 2008; 54: 951-5.

320014. [症例報告] 噴門側胃切除空腸間置術後に発見され手術治療を行った早期胃癌の一例. 二渡信江1, 菊池史郎1, 森谷宏光1, 片田夏也1, 桜本信一1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本外科系連合学会誌 2008/4; 33 (2): 133-8.

320015. [症例報告] 十二指腸乳頭部癌と小腸多発GISTが同時に認められたvon Recklinghausen病の1例. 鈴木哲太郎1,3, 小倉直人1, 荒瀬 勉1, 大村孝志1, 佐藤光史1, 桑尾定仁2 (1大和会東大和病院外科, 2同病理, 3外科): 日本臨床外科学会雑誌 2008; 69 (5): 1285-9.

320016. [症例報告] 画像検査所見が診断に有用であった虫垂粘液嚢胞腺癌の1例. 中山伸一1, 旗手和彦1, 根本祐太1, 相原成昭, 阿曽和哲, 根本 日普 (1外科): 北里医学 2008/6; 38 (1): 35-8.

320017. [症例報告] 術前S-1/Paclitaxel併用療法が奏功し長期生存が得られた進行胃癌の1例. 八十川要平, 西 八嗣, 神谷紀輝, 近藤康史, 海津貴史1, 平井俊男1, 土橋誠一郎1, 内藤正規1, 井手之上里美, 白石廣照1 (1外科): 癌と化学療法 2008; 35 (9): 1569-71.

320018. [症例報告] 腹腔鏡下に手術したpagetoid spread を伴う肛門管癌の1例. 小野里航1, 中村隆俊1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本臨床外科学会雑誌 2008/10; 69 (10): 2635-9.

320019. [症例報告] 逆流性食道炎による瘢痕性狭窄に対し腹腔鏡下手術が有効であった1例. 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本消化器外科学会雑誌 2008/12; 41 (12): 2011-7.

320020. [症例報告] 切除術後Gemcitabineの有効性が示唆された膵腺房細胞癌の1例. 片桐寛之1, 原 敦子2, 三浦啓壽, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 木田光広3, 大部 誠, 渡邊昌彦1 (1外科, 2病理, 3消化器内): 膵臓 2008/12; 23 (6): 739-47.

320021. [症例報告] 進行胃癌術後に補正困難な低ナトリウム血症で発症した癌性髄膜炎の3症例. 内藤正規1, 高橋禎人1, 西 八嗣, 八十川要平, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本臨床外科学会雑誌 2008; 69 (9): 2240-4.

320022. [症例報告] 酢酸オクトレオチド投与が奏効しQOLが著しく改善した終末期患者の1例. 内藤正規1, 土橋誠一郎, 平井俊男, 西 八嗣, 八十川要平, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本臨床外科学会雑誌 2008; 69 (5): 1015-8.

320023. [症例報告] 内視鏡的整復後, 腹腔鏡下胃固定術を行った胃軸捻転症の1例. 細田 桂1, 小熊潤也, 青木真彦, 城戸 啓, 夏 錦言, 田村 光 (1外科): 日本内視鏡外科学会雑誌 2009; 14 (1): 87-91.

510007. [総説] Treatment of advanced or recurrent colorectal cancer with irinotecan in Japan and elsewhere. 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 池田 篤1, 小澤平太1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): Expert Opin Pharmacotherapy 2008/5; 9 (7): 1223-8.

510008. [総説] Intratumoral lymphangiogenesis of esophageal squamous cell carcinoma and relationship with regulatory factors and prognosis. Inoue A1, 森谷宏光2, 片田夏也2, 田邉 聡3, Kobayashi N, 渡邊昌彦2, 岡安 勲4, 大部 誠 (1大学院医療系研究科, 2外科, 3消化器内, 4病理): Pathol Int 2008/10; 58 (10): 611-9.

520097. [総説] 大腸癌の外科的治療の進歩: 腹腔鏡手術はどこまで適応されるか. 小澤平太1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): Medical Practice 2008/4; 25 (4): 679-82.

520098. [総説] 当施設における脾動脈瘤の経験. 平田光博1, 田村幸穂1, 西巻 博2, 片岡祐一3, 松永啓二2, 河村砂織2, 内田泰至1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2放射線, 3救命): 血管外科 2008/11; 27 (1): 17-24.

520099. [総説] 【潰瘍性大腸炎・クローン病診療の進歩】クローン病に対する外科治療. 小澤平太1, 渡邊昌彦1 (1外科): 診断と治療 2008/12; 96: 2513-8.

520100. [総説] 【鏡視下手術時代の消化器手術適応】消化管 大腸粘膜下腫瘍. 山梨高広, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 臨床消化器内科 2008; 23 (4): 451-8.

520101. [総説] 突発性大腸破裂が疑われる場合の対応. 小野里航1, 中村隆俊1, 片岡祐一2, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2救命): 消化器内視鏡 2008; 20 (6): 900-3.

520102. [総説] Activation-Induced Cytidine Deaminaseによる炎症と大腸炎関連大腸癌発生の関係. 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatorology 2009/2; 3 (4): 30-4.

521014. [解説] 大腸疾患の実地診療 増加する大腸癌と炎症性腸疾患への対応】大腸疾患の実地診療・治療 実地医家が知っておくべき大腸癌の治療の現状と進歩 大腸癌の外科的治療の進歩 腹腔鏡手術はどこまで適応されるか. 小澤平太1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): Medical Practice 2008/4; 25 (4): 679-82.

521015. [解説] 【大腸癌診療 最近の話題】局所進行直腸癌に対する放射線療法のコンセンサス. 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 中村隆俊1, 小野里航1, 内藤正規1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): コンセンサス癌治療 2008/5; 7 (2): 84-6.

521016. [解説] EXITを可能にするチーム作りの実際. 田中 潔1, 武田憲子1, 上田康久2, 野渡正彦2, 天野 完3, 海野信也3, 渡邊昌彦1 (1外科, 2小児, 3産婦): 小児外科 2008/7; 40 (7): 750-3.

521017. [解説] 【新興食道癌の治療戦略】化学放射線療法vs外科療法: Stage II/III食道癌の治療方針決定に際して−患者を主体とした内科外科のコラボレーション−. 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 二渡信江1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 堅田親利2, 樋口勝彦2, 佐々木徹2, 田邉 聡2, 小泉和三郎2, 西元寺克禮2 (1外科, 2消化器内): 癌の臨床 2009/2; 54: 957-62.

522016. [講座] 膵空腸貫通密着吻合 (柿田法) の要点. 古田一徳1, 高橋禎人1, 板橋浩一1, 石井健一郎1, 片桐寛之1, 渡邊昌彦1 (1外科): 外科治療 2008; 98 (1): 76-8.

540032. [その他 (研究報告書)] 【文部省科学研究費 (基盤C)】3次元免疫組織化学による内分泌器官内組織幹細胞の特定と分化能の解明. 山科正平, 林 京子1, 門谷裕一, 玉木英明2 (1外科, 2解剖): 文部省科学研究費 (基盤C) 2008年度研究業績報告書.

[著書]

620109. [学術書] (分担執筆) 【ガイドラインサポートハンドブック−大腸癌−改訂版】III. 大腸癌ガイドラインのエビデンスと解説 内視鏡治療, 外科治療−腹腔鏡手術, p.37-40. 小野里航1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修 武藤徹一郎, 編 杉原健一, 島田安博, 医薬ジャーナル社, 2008/4発行.

620110. [学術書] 【ナーシングケアQ&A (第32号)】p.48, 49, 58, 59-64. 岸本一郎1, 金田悟郎 (1外科), 総合医学社, 東京, 2008/7発行.

620112. [学術書] (分担執筆) 【インフォームドコンセントのための図説シリーズ 大腸がん 改訂3版】結腸がんの手術療法, p.42-5. 渡邊昌彦 (外科), 編 小平 進, 医薬ジャーナル社, 2008/8発行.

620113. [学術書] (分担執筆) 【消化器癌の外科治療 1. 消化管 こんなときどうするQ&A】炎症性腸疾患と癌, p.175-8. 小澤平太1, 渡邊昌彦1 (1外科), 編 上西紀夫, 他, 中外医学社, 2008/10発行.

620114. [学術書] (分担執筆) 【消化器内視鏡外科手術ベ−シックテクニック】腹腔鏡補助下直腸切除術, p.168-77. 小野里航1, 渡邊昌彦1 (1外科),編 北野正剛, メジカルビュー社, 東京, 2008発行.

[学会・研究会等]

711004. [学会 (国際)] (特別講演) Left Colectomy for Cancer. 渡邊昌彦 (外科): Colorectal Master Class 2008 (2008/6/2), Paris.

711005. [学会 (国際)] (特別講演) Principles of Laparoscopic Right Colectomy for Cancer- Medial-to-Lateral Approach. 渡邊昌彦 (外科): Colorectal Master Class 2008 (2008/6/2), Paris.

712011. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Advances in Laparoscopic Technique for the Treatment of Colorectal Cancer. 渡邊昌彦 (外科): 11th World Congress of Endoscopic Surgery (2008/9/3), Yokohama.

712012. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Activities of Surgical Leaders' Summit for Laparsocopic Surgery. 渡邊昌彦 (外科): 11th World Congress of Endoscopic Surgery (2008/9/4), Yokohama.

712013. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Endoscopic Resection of colorectal cancer. 渡邊昌彦 (外科): ブラジル移民100周年・慶應義塾創立150周年記念サンパウロ大学合同国際シンポジウム (2008/8/18), サンパウロ.

712014. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Laparoscopic approach of colorectal cancer. 渡邊昌彦 (外科): ブラジル移民100周年・慶應義塾創立150周年記念サンパウロ大学合同国際シンポジウム (2008/8/18), サンパウロ.

712015. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Laparoscopic surgery for achalasia; Heller -Toupet versus Heller-Dor. 片田夏也1, 桜本信一1, 森谷宏光1, 山下継史1, 二渡信江1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): the 11th World Congress of Endoscopic Surgery (WCES2008) (2008/9/5), Yokohama.

713080. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The Difference of Endoscopic Surgery Between us and Japan-Colon. 渡邊昌彦 (外科): Society of Ammerican Gastrointestinal Endoscopic Surgery 2008 (2008/4/9), Philadelphia.

713081. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) LAPAROSCOPIC DISTAL PANCREATECTOMY. 古田一徳1, 石井健一郎1, 片桐寛之1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科): SAGES 2008 (2008/4/9-12), Philadelphia.

713082. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A retrospective analysis of the incidental gallbladder cancer and a review of the laparoscopic cholecystectomy. 片桐寛之1, 古田一徳1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科): SAGES 2008 (2008/4/9-12), Philadelphia.

713083. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Technique of laparoscopy assisted proximal gastrectomy for early upper gastric cancer and its clinical outcome. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 山下継史1, 森谷宏光1, 渡邊昌彦1 (1外科): EAES (2008/6/12), スエーデン.

713084. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Development of breast volume rendering surgical simulation models based on finite element method. 蔵並 勝1, 和田嘉一, 島村広一, 福島正雄, 渡邊昌彦1 (1外科): The 21th CARS (2008/6/24), Barserona, Spain.

713085. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) LAPAROSCOPIC DISTAL PANCREATECTOMY. 古田一徳1, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科): 11th World congress of endoscopic surgery (司会) (2008/9/2), 横浜.

713086. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Technique of laparoscopy assisted proximal gastrectomy for early upper gastric cancer and its clinical outcome. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 山下継史1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 片田夏也1, 渡邊昌彦1 (1外科): 11th World congress of endoscopic surgery (2008/9/3), 横浜.

713087. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Outcome of Laparoscopic Surgery for benign colorectal disease. 佐藤武郎1, 小野里航1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): the Congress of Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia (ELSA2008), (2008/9/5), Yokohama.

713088. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Laparoscopic Surgery for colorectal disease. 佐藤武郎1, 小野里航1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): the 11th World Congress of Endoscopic Surgery (WCES2008) (2008/9/5), Yokohama.

713089. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of Left Colonic Artery Preservation on Anastomotic Leakag in Laparoscopic Anterior Resection for Middle and Low Rectal Cancer. Takao Hino, Masazumi Okajima, Satoshi Ikeda, Masanori Yoshimitsu, Hideki Ohdan, 渡邊昌彦1 (1外科): Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia 2008 (ELSA) (2008/9/6), Yokohama.

713090. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Short-term results after Laparoscopic total proctocolectomy for Ulcerative Colitis. 小澤平太1, Yukihito Kokuba, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 小野里航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 11th World Congress of Endoscopic Surgery ( 2008/9/2-6), Yokohama.

713091. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Laparoscopy-assisted distal gastrectomy to the case of early gastric cancer accompanying complete situs inversus. 二渡信江1, 菊池史郎1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 渡邊昌彦1 (1外科): the 11th world Congress of Endoscopic Surgery (WCES2008) (2008/9/2-6), Yokohama.

713092. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A retrospective analysis of the incidental gallbladder cancer and a review of the laparoscopic cholecystectomy. 片桐寛之1, 古田一徳1, 板橋浩一1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科): the 11th world Congress of Endoscopic Surgery (WCES2008) (2008/9/2-6), Yokohama.

713093. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A JAPANESE PHASE III OPEN-LABEL STUDY TO ASSESS SAFETY AND EFFICACY OF PALONOSETRON (PALO) 0.75 MG IV FOR PREVENTING CHEMOTHERAPY-INDUCED NAUSEA AND VOMITING (CINV) IN REPEATED CYCLES OF HIGHLY EMETOGENIC CHEMOTHERAPY. PALO JAPANESE COOPERATIVE STUDY GROUP (Hiroshi Sakai, Kenjiro Aogi, Hirohisa Yoshizawa, Shinzo Masuda, Nobuyuki Katagami, Yasuhiro Yanagida, Kenichi Inoue, 蔵並 勝1, Mitsuhiro Mizutani, 益田典幸2 (1外科, 2呼吸器内)): 第33回ヨーロッパ臨床腫瘍学会 (2008/9/13), ストックホルム.

713094. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Usefueness of laparoscopic management of acute small bowel obstraction. Omura T, Kawamoto K, Takemoto Y, 小坂愉賢1, 池田 篤1, Koba Y, Tuji R, Takahashi T, Sato K, Takahashi T (1外科): 18th World Congress of the International Association of Surgeones (2008/10), Istanbul Turkey.

713095. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Pull-through adhesive pancreatojejunostomy for pancreatoduodenectomy. 古田一徳1, 石井健一郎1, 片桐寛之1, 高橋禎人1, 細谷 智1, 北村真樹1, 藁谷美奈1, 渡邊昌彦1 (1外科): 17th Japan-China Joint Congress for Gastroenterological Surgery (2008/11/27), Hotel New Otani Tokyo.

713096. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Phase III two by two factorial comparison of doxorubicin and cyclophosphamide followed by a taxan vs. a taxan alone, and paclitaxel vs. docetaxel in operable node positive breast cancer – results of the first interim analysis of NSASBC02 trial. 渡辺 亨1, 蔵並 勝2, Inoue K, 益田典幸3, Aogi K, Oono S, Iwata H, Mukai H, Tanaka S, Yamaguchi T, Ohashi Y (1浜松オンコロジーセンター, 2外科, 3呼吸器内): The 2008 San Antonio Breast Cancer Symposium (SABCS) (2008/12/25-28), San Antonio, USA.

721011. [学会 (全国)] (特別講演) 我が国の腹腔鏡下大腸切除の黎明期にあって. 渡邊昌彦 (外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

721012. [学会 (全国)] (特別講演) Stage II-III胃癌D2郭清後の補助化学療法. 桜本信一1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/11/1), 名古屋.

721013. [学会 (全国)] (特別講演) 大腸癌に対する腹腔鏡下手術の実際. 渡邊昌彦 (外科): 第1回札幌南部内視鏡外科研究会学術講演会 (2009/1/29), 札幌.

722065. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【炎症性腸疾患における外科手術のタイミング】潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の治療成績. 小澤平太1, 佐藤武郎1, 國場幸均2, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2京都府医大消化器外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

722066. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【直腸癌に対する側方リンパ節郭清と術前化学放射線療法の治療成績】局所進行直腸癌に対するS-1/CPT-11を用いた術前補助化学放射線療法第I/II相試験. 佐藤武郎1, 小野里航1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15-17), 長崎.

722067. [学会 (全国)] (ワークショップ) 当院における腹腔鏡下RFA症例の検討. 高橋美智子1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第75回消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24-26), 横浜.

722068. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) GERDに対する腹腔鏡下逆流防止手術により食道運動機能は改善されるか? 片田夏也1, 森谷宏光1, 二渡信江1, 山下継史1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第62回日本食道学会 (2008/6/21), 東京.

722069. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【早期胃癌に対する治療方針】ESDと鏡視下手術. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会 (2008/7/16), 札幌.

722070. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 食道粘膜癌に対する治療法選択の際の問題点. 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 二渡信江1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 田邉 聡2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2消化器内): 第63回日本消化器外科学会 (2008/7/16), 札幌.

722071. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【食道・胃の早期癌の治療法選択の根拠と実際】早期胃癌に対する治療方針ESDと鏡視下手術. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

722072. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【消化器外科手術術式別の重症合併症とその発生防止対策】消化管中, 下部直腸癌 (T1, T2) の術後合併症の危険因子の検討. 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌, 日本消化器外科学会雑誌; 41 (7): 1000.

722073. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【食道・胃の早期癌の治療法選択の根拠と実際】食道粘膜癌に対する治療法選択の際の問題点. 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 平井和弥1, 二渡信江1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 小林信行, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

722074. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【消化器外科手術術式別の重傷合併症とその発生防止対策】消化管中, 下部直腸癌 (T1, T2) の術後合併症の危険因子の検討. 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

722075. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 胆嚢癌切除例の進展再発形式からみた至適術式の検討. 片桐寛之1, 吉田宗紀1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会 (2008/7/16), 札幌.

722076. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【大腸癌の外科治療】現在と未来. 渡邊昌彦 (外科):第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/17), 札幌.

722077. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【解剖学に則った直腸癌手術の在り方】腹腔鏡下直腸癌手術における自律神経温存のポイント. 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 熊本浩志1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/17), 札幌.

722078. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 上部早期胃癌に対する腹腔鏡補助下噴門側胃切除術の手技と成績. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

722079. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【腹腔鏡下胃癌手術の基本手技: 幽門側胃切除術の安全な新規導入の為に】腹腔鏡下幽門側胃切除術の基本−いかに術後合併症を予防するか−. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

722080. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【炎症性腸疾患に対する腹腔鏡下手術の適応と限界】潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の適応とその治療成績. 小澤平太1, 國場幸均, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 内藤正規1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

722081. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【直腸癌に対する放射線治療の功罪】局所進行直腸癌に対するS-1/CPT-11を用いた術前補助化学放射線療法第I/II相試験. 佐藤武郎1, 小野里航1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 内藤正規1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

722082. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【進行大腸癌に対する鏡視下手術】当科における進行大腸癌に対する腹腔鏡下手術成績. 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 内藤正規1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/30), 名古屋.

722083. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【がん治療update】大腸がん. 渡邊昌彦 (外科): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋.

722084. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 【直腸癌に対する集学的治療】局所進行直腸癌に対するS-1/CPT-11を用いた術前補助化学放射線療法. 佐藤武郎1, 小野里航1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 内藤正規1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋.

722085. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肝虚血再灌流障害におけるHeme Oxygenase (HO)-1の役割. 土橋誠一郎1, 玉置 透, 米川元樹, 川村明夫, Busuttil RW, Kupiec-Weglinski JW (1外科): 第35回日本臓器保存生物医学会定期学術集会 (2008/11/22-23), 東京, Organ Biology 2008; 15 (3): 229.

722086. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 食道良性疾患に対する鏡視下手術のピットフォールと対策. 片田夏也1, 桜本信一1, 森谷宏光1, 二渡信江1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第70回日本臨床外科学会 (2008/11/28), 東京.

723261. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医原性仮性動脈瘤の当院における治療方針の検討. 田村幸穂1, 平田光博1, 西巻 博2, 美島利昭1, 斉藤公一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2放射線): 第36回日本血管外科学会 (2008/4/16-18), 東京.

723262. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行胆嚢癌術後長期生存例の特徴と再発形式からみた治療方針の検討. 片桐寛之1, 吉田宗紀1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会 (2008/5/15), 長崎.

723263. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除可能進行膵癌に対する塩酸ゲムシタビンを用いた術後補助化学療法の効果. 石井健一郎1, 古田一徳1, 片桐寛之1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 吉田宗紀1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会 (2008/5/15), 長崎.

723264. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆嚢異所性胃粘膜の一例. 北村真樹1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 吉田宗紀1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723265. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の手術症例からみた術前画像による切除適応の検討. 古田一徳1, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 島田 謙1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会 (2008/5/15), 長崎.

723266. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下胃癌手術の遠隔成績. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 平井和弥1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723267. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 3D-EUSによる腫瘍体積値の測定と新しい早期胃癌の診断法. 二渡信江1, 菊池史郎1, 森谷宏光1, 片田夏也1, 桜本信一1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723268. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 狭窄を伴う潰瘍性大腸炎の手術例の検討. 高橋美智子1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723269. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道癌clinical Stage I (TMN分類) 症例はよい手術適応である. 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 平井和弥1, 二渡信江1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 小林伸行, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723270. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) K-ras変異の若年結腸癌における予後的意義. 山下継史1, 加藤 弘2, 小野里航1, 佐藤武郎1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723271. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 局所進行直腸癌に対するS-1/CPT-11を用いた術前補助化学放射線療法第I/II相試験. 佐藤武郎1, 小野里航1, 小澤平太1, 中村隆俊1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723272. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸疾患関連クリニカルパスにおけるパリアンス分析. 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 熊本浩志1, 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723273. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 直腸癌に対する腹腔鏡下手術の適応と問題点. 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723274. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下手術にて切除しえた胃顆粒細胞腫の1例. 高木綾子, 二渡信江2, 森谷宏光2, 平井和弥2, 山下継史2, 片田夏也2, 桜本信一2, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (2外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/15), 長崎.

723275. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 3D-EUSによる腫瘍体積値の測定と新しい早期胃癌の診断法. 二渡信江2, 菊池史郎2, 森谷宏光2, 片田夏也2, 桜本信一2, 渡邊昌彦2 (2外科): 日本外科学会定期学術集会 (2008/5/17), 長崎.

723276. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 直腸・肛門管癌に対する腹腔鏡手術での開腹移行症例の治療成績. 山本聖一郎2, 福永正氣2, 宮島伸宜3, 小西文雄4, 渡邊昌彦5 (2国立がんセ中央病院大腸外科, 2順天堂大順天堂浦安病院外科, 3帝京大溝の口病院外科, 4自治医大大宮医療セ外科, 5外科): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/17), 長崎.

723277. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 動的変化を考慮したコンピューター支援仮想乳房手術シュミレーション・モデルの開発. 蔵並 勝1, 和田嘉一, 仙石紀彦1, 林 京子1, 吉村直子1, 藁谷美奈3, 福島正雄2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2富士通長野システムエンジニアリング, 3医療系研究科・外科学): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/17), 長崎.

723278. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 出生前診断された腹部嚢胞性疾患に対する治療戦略. 田中 潔1, 林 京子1, 金井雄二2, 天野 完2, 海野信也2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2産婦): 第75回日本外科学会学術集会 (2008/5/17), 長崎.

723279. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クローン病に対する腹腔鏡手術. 小澤平太1, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本消化器内視鏡学会総会 (2008/5/24), 横浜.

723280. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) IPMNの経過観察中に発見された通常型膵癌の2症例. 北村真樹1, 石井健一郎1, 片桐寛之1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723281. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stage3及び4a膵癌に対する塩酸ゲムシタビンによる術後補助化学療法の効果. 石井健一郎1, 片桐寛之1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723282. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肝門部・十二指腸浸潤胆嚢癌様の画像診断を呈したが, 術前に診断しえた胆嚢炎の1例. 高橋禎人1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723283. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)手術症例からみた手術適応の検討. 古田一徳1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723284. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵頭十二指腸切除術における膵空腸密着吻合法の有用性. 古田一徳1, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723285. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急速な増大傾向を示した膵頭腫瘍の1切除例. 藁谷美奈1, 片桐寛之2, 高橋美智子2, 三浦啓壽2, 北村真樹2, 石井健一郎2, 板橋浩一2, 高橋禎人2, 古田一徳2, 渡邊昌彦2 (1医療系研究科・外科学, 2外科): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723286. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腫瘍占拠部位と再発形式からみた進行胆嚢癌切除例の検討. 片桐寛之1, 吉田宗紀1, 北村真樹1, 藁谷美奈2, 細谷 智2, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723287. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における腹腔鏡下肝切除術の現況. 石井健一郎1, 板橋浩一1, 古田一徳1, 北村真樹1, 藁谷美奈2, 細谷 智2, 片桐寛之1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723288. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下膵切除術の手技と成績. 古田一徳1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 細谷 智2, 藁谷美奈2, 北村真樹1, 河又 寛1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723289. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下における膵切離手技の検討. 細谷 智1, 片桐寛之2, 石井健一郎2, 板橋浩一2, 高橋禎人2, 古田一徳2, 渡邊昌彦2 (1医療系研究科・外科学, 2外科): 第20回日本肝胆膵外科学会 (2008/5/28), 山形.

723290. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 皮下鋼線吊り上げ方による腹腔鏡下胆嚢摘出術の問題点. 坂本友見子1, 佐藤一喜 (1外科): 第20回日本肝胆膵外科学会総会 (2008/5/28), 山形.

723291. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大量下血により大腸亜全摘を余儀なくされたWiskott-Aldrich症候群の乳児例. 武田憲子1, 田中 潔1, 林 京子1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第45回日本小児外科学会学術集会 (2008/5/28), つくば.

723292. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腸回転異常を伴わない小腸軸捻転症の検討. 田中 潔1, 武田憲子1, 林 京子1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第45回日本小児外科学会学術集会 (2008/5/29), つくば.

723293. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下膵切除術の膵切離方法. 古田一徳1, 高橋禎人1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 細谷 智2, 藁谷美奈2, 北村真樹1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第33回日本外科系連合学会 (2008/6/12), 浦安.

723294. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重症下肢虚血に対するIVRの必要性. 平田光博1, 田村幸穂1, 内田泰至1, 美島利昭1, 斎藤公一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第33回日本外科系連合学会学術集会 (2008/6/12), 浦安.

723295. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非低出生体重児における消化管穿孔の検討. 林 京子1, 田中 潔1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第33回日本外科系連合学会学術集会 (2008/6/12), 浦安.

723296. [学会 (全国)] (一般講演) 「創傷処置の工夫」? その啓蒙と管理の難しさ? 矢野剛司 (外科): 第33回日本外科系連合学会学術総会 (2008/6/12-13), 浦安, 日本外科系連合学会誌 2008/5; 33 (3): 468.

723297. [学会 (全国)] (一般講演) 経皮内視鏡下胃瘻造設術 (PEG) 術後の理想的交換法とは−当院の経験から−. 矢野剛司 (外科): 第33回日本外科系連合学会学術総会 (2008/6/12-13), 浦安, 日本外科系連合学会誌 2008/5; 33 (3): 468.

723298. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 術前に確定診断し得た小腸海綿状血管腫の1例. 筒井敦子, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第33回日本外科系連合学会学術総会 (2008/6/12-13), 浦安, 日本外科系連合学会誌 2008/5; 33 (3): 527.

723299. [学会 (全国)] (一般講演) 幽門側胃切除術に対するクリニカルパスの評価と今後の展望. 二渡信江1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第33回日本外科系連合学会学術総会 (2008/6/12-13), 浦安.

723300. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血管内治療かオープン手術か重症下肢虚血に対するIVRの必要性. 平田光博1, 田村幸穂1, 内田泰至1, 美島利昭1, 斉藤公一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第33回日本外科系連合学会学術総会 (2008/6/12-13), 浦安.

723301. [学会 (全国)] (一般講演) 幽門側胃切除術に対するクリニカルパスの評価と今後の展望. 二渡信江1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第33回日本外科系連合学会学術総会 (2008/6/12-13), 浦安.

723302. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度なリンパ節転移を認めた腫瘍径1 cm以下の甲状腺乳頭癌の3例. 榎本拓茂1, 林 京子1, 仙石紀彦1, 吉村直子1, 藁谷美奈1, 蔵並 勝1, 梶田咲美乃2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2病理): 第20回日本内分泌外科学会総会 (2008/6/12-13), 仙台.

723303. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腸骨静脈圧迫症候群に対するステント留置術の治療成績. 田村幸穂1, 平田光博1, 西巻 博2, 美島利昭1, 斉藤公一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2放射線): 第28回日本静脈学会総会 (2008/6/12-13), 神奈川.

723304. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メッケル憩室が原因となった稀な腸閉塞2例の経験. 田中 潔1, 林 京子1, 波里陽介2, 渡邊泰子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2心臓血管外): 第22回日本小児救急医学会 (2008/6/20), 奈良.

723305. [学会 (全国)] (一般講演) 特発性食道破裂に対し保存的治療を試みたが外科的切除への移行を余儀なくされた1例. 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第62回日本食道学会学術集会 (2008/6/21-22), 東京.

723306. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸sm, pm癌のリンパ節転移の危険因子および再発予後の検討. 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第69回大腸癌研究会 (2008/7/3), 横浜.

723307. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stage3及び4a 膵癌に対する塩酸ゲムシタビンによる術後補助化学療法の効果. 石井健一郎1, 北村真樹1, 片桐寛之1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

723308. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上部早期胃癌に対する腹腔鏡補助下噴門側胃切除術後の臨床成績. 二渡信江1, 桜本信一1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

723309. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道扁平上皮癌根治手術後再発の検討. 森谷宏光1, 片田夏也1, 平井和弥1, 山下継史1, 二渡信江1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

723310. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における大腸癌同時性肝転移に対する治療戦略. 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 内藤正規1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

723311. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) イレウスの治療指針−ラパロイレウスの治療指針: イレウスに対する腹腔鏡下手術の検討−. 小野里航1, 中村隆俊1, 熊本浩志1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科):第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16), 札幌.

723312. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵頭十二指腸切除後の膵空腸密着吻合法の手技と残膵機能評価. 古田一徳1, 板橋浩一1, 北村真樹1, 藁谷美奈2, 細谷 智2, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 島田 謙1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第63回日本消化器外科学会(座長) (2008/7/16), 札幌.

723313. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) PPPD-II 再建における十二指腸空腸吻合の大口径化を可能にする自動縫合器・吻合器の使用法. 高橋禎人1, 古田一徳1, 北村真樹1, 藁谷美奈2, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/17), 札幌.

723314. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院におけるクローン病術後再発例の検討. 小澤平太1, 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 熊本浩志1, 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/17), 札幌.

723315. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者大腸癌患者に対する腹腔鏡下大腸切除後の有用性. 井原 厚1, 小野里航1, 旗手和彦1, 中村隆俊1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/17), 札幌.

723316. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下に切除しえた仙骨部奇形腫の一例. 筒井敦子1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 小野里航1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/18), 札幌.

723317. [学会 (全国)] (一般講演) 腸閉塞術後のスプリント用イレウス管が誘引となった腸重積症例の検討. 田村 光, 代永和秀, 小熊潤也, 青木真彦, 細田 桂1, 城戸 啓, 夏 錦言, 雨宮 哲, 小島正夫 (1外科): 第63回日本消化器外科学会 (2008/7/16-18), 札幌.

723318. [学会 (全国)] (一般講演) 高度進行胃癌に対してTS-1単独療法が著効した一例および当院TS-1投与例の検討. 青木真彦, 代永和秀, 小熊潤也, 城戸 啓, 細田 桂1, 夏 錦言, 田村 光, 雨宮 哲 (1外科): 第63回日本消化器外科学会 (2008/7/16-18), 札幌.

723319. [学会 (全国)] (一般講演) 虫垂粘液嚢胞腺癌3症例の報告および術前診断, 治療法についての文献的考察. 小熊潤也, 青木真彦, 細田 桂1, 城戸 啓, 夏 錦言, 田村 光, 雨宮 哲 (1外科): 第63回日本消化器外科学会 (2008/7/16-18), 札幌.

723320. [学会 (全国)] (一般講演) 遺伝子的HO-1発現減少は肝虚血再灌流障害を促進する. 土橋誠一郎1, 玉置 透, 米川元樹, 川村明夫, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会定期学術総会 (2008/7/16-18), 札幌, 日本消化器外科学会雑誌 2008/7; 41 (7): 1229.

723321. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における大腸癌穿孔症例の検討. 内藤正規1, 平井俊男1, 土橋誠一郎1, 白石廣照1, 海津貴史1, 西 八嗣, 八十川要平, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16-18), 札幌.

723322. [学会 (全国)] (一般講演) 腹膜播種性転移を伴った虫垂杯細胞カルチノイドの1例. 海津貴史1, 井手之上里見, 内藤正規1,白石廣照1,平井俊男1, 近藤康史1, 神谷紀輝, 西 八嗣, 八十川要平, 本告 匡 (1外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16-18), 札幌.

723323. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 無黄疸肝門部胆管癌の2切除例. 岸 真也1, 藤崎洋人1, 内村紀子1, 大久保博世1, 鈴木哲太郎1,2, 橋本 修1, 森瀬昌樹1, 首藤昭彦1, 鈴木 博1, 竹下利夫1 (1大和市病院外科, 2外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16-18), 札幌, 日本消化器外科学会雑誌 2008/7; 41 (7): 1343.

723324. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 成人空腸腸間膜リンパ管腫の1例. 大久保博世1, 岸 真也1, 藤崎洋人1, 内村紀子1, 鈴木哲太郎1,2, 橋本 修1, 森瀬昌樹1, 首藤昭彦1, 鈴木 博1, 竹下利夫1 (1大和市病院外科, 2外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16-18), 札幌, 日本消化器外科学会雑誌 2008/7; 41 (7): 1377.

723325. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 抗凝固剤内服中に腸間膜出血,腸管出血を発症し,緊急手術により救命し得た1例. 藤崎洋人1, 岸 真也1, 内村紀子1, 大久保博世1, 鈴木哲太郎1,2, 橋本 修1, 森瀬昌樹1, 首藤昭彦1, 鈴木 博1, 竹下利夫1 (1大和市病院外科, 2外科): 第63回日本消化器外科学会総会 (2008/7/16-18), 札幌, 日本消化器外科学会雑誌 2008/7; 41 (7): 1535.

723326. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stage3及び4a膵癌に対する塩酸ゲムシタビンによる術後補助化学療法の効果. 石井健一郎1, 北村真樹1, 片桐寛之1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第39回日本膵臓学会大会 (2008/7/30), 横浜.

723327. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵頭十二指腸切除術における膵空腸密着吻合の残膵機能の評価. 古田一徳1, 細谷 智2, 北村真樹1, 藁谷美奈2, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学) :第39回日本膵臓学会大会 (2008/7/30), 横浜.

723328. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急速に増大した膵腫瘍の1例. 大山哲平1, 古田一徳1, 細谷 智2, 北村真樹1, 藁谷美奈2, 板橋浩一1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第39回日本膵臓学会大会 (2008/7/30), 横浜.

723329. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆嚢潜在癌に対する治療方針の検討および腹腔鏡下胆嚢摘出術の問題点. 片桐寛之1, 吉田宗紀1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723330. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下幽門側胃切除術の基本−いかに術後合併症を予防するか−. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和哉1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723331. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 完全内臓逆位を合併した早期胃癌症例に対し腹腔鏡補助下幽門側切除術を施行した1例. 二渡信江1, 菊池史郎1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723332. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者大腸癌患者に対する腹腔鏡下大腸切除術. 井原 厚1, 小野里航1, 中村隆俊1, 内藤正規1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723333. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心疾患合併症例(ASA分類class 3)に対する腹腔鏡下大腸切除術の検討. 小野里航1, 中村隆俊1, 内藤正規1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723334. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌術後創感染危険因子の検討. 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723335. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の短期治療成績. 小澤平太1, 國場幸均2, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2京都府医大消化器外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723336. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 良性大腸疾患に対する腹腔鏡下手術の有用性. 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 熊本浩志1, 中村隆俊1, 小野里航1, 内藤正規1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

723337. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 自律神経温存にもとづいた腹腔鏡下直腸癌手術. 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 熊本浩史1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 國場幸均2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2京都府立医科大学): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/4), 横浜.

723338. [学会 (全国)] (一般講演) 腸回転異常を伴った, 鎖肛術後イレウスに対する腹腔鏡下手術例. 岸本一郎1, 金田悟郎, 西山保比古, 金澤秀紀, 小倉直人 (1外科): 第21回日本消化器内視鏡外科学会総会 (2008/9/2-5), 横浜.

723339. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 自動縫合器による動静脈一括処理後に術後出血をきたした一例. 熊本浩志1, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2-5), 横浜.

723340. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肝冷虚血再灌流障害における補体膜侵襲複合体 (C5b-9) の役割. 土橋誠一郎1, 玉置 透, 坂田博美, 米川元樹, 川村明夫 (1外科): 第44回日本移植学会総会 (2008/9/19-21), 大阪, 日本移植学会雑誌 2008/9; 43 (臨増): 407.

723341. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) FlowPRA single antigen beadsの抗体反応性に関する検討. 佐藤 壯, 玉置 透, 土橋誠一郎1, 坂田博美, 米川元樹, 川村明夫 (1外科): 第44回日本移植学会総会 (2008/9/19-21), 大阪, 日本移植学会雑誌 2008/9; 43 (臨増): 427.

723342. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆嚢癌診断における超音波ドップラーを用いた壁在胆嚢動脈血流測定の検討. 片桐寛之1, 吉田宗紀1, 石井健一郎1, 板橋浩一1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第44回日本胆道学会学術集会 (2008/9/20), 名古屋.

723343. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行性乳癌と鑑別困難な重症糖尿病性乳腺炎の一例. 林 京子1, 仙石紀彦1, 吉村直子1, 榎本拓茂1, ウッドハムス玲子2, 岩渕啓一3, 蔵並 勝1, 林 京子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2放射線, 3病理): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26), 大阪.

723344. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 先天性骨形成不全症をともなう異時性両側性乳癌の1例. 天野真理子1, 仙石紀彦1, 吉村直子1, 林 京子1, 榎本拓茂1, 蔵並 勝1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26), 大阪.

723345. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院におけるステレオガイド下マンモトーム症例の検討. 吉村直子1, 藁谷美奈2, 林 京子1, 榎本拓茂1, 仙石紀彦1, 半田喜美也1, ウッドハムス玲子3, 蔵並 勝1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学, 3放射線): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26), 大阪.

723346. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 診断に苦慮した乳腺顆粒細胞腫の1例. 中熊尊士1, 飯塚美香1, 上野聡一郎1, 長田宏巳1, 仙石紀彦2, 蔵並 勝2, 渡邊昌彦2 (1上尾中央総合病院外科, 2外科): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2009/9/26), 大阪.

723347. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) センチネルリンパ節同定を目的とした診断用CT搭載一体型SPECT-CT装置の有効性. 蔵並 勝1, 仙石紀彦1, 林 京子1, 吉村直子1, 榎本拓茂1, 入江つぐみ2, ウッドハムス玲子2, 浅野雄二2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2放射線): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/27), 大阪.

723348. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 在宅看護に向けたTeam Coordinator Nurse−“大臣”の役割と効果について−. 伊藤明日香1, 加藤牧子1, 児玉美由紀1, 仙石紀彦2, 池本美幸1, 吉田秀美1, 吉村直子2, 林 京子2, 榎本拓茂2, 蔵並 勝2, 渡邊昌彦2 (1看護部, 2外科): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/27), 大阪.

723349. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳がん確定診断後の心理的反応と感情抑制傾向について. 中谷有希1, 岩満優美2, 蔵並 勝3, 岡崎賀美4, 安田裕恵1, 山本賢司5, 宮岡 等5, 渡邊昌彦3 (1医療系研究科・医療心理学, 2大学院医療系研究科・教員, 3外科, 4大和会東大和病院, 5精神): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/27), 大阪.

723350. [学会 (全国)] (一般講演) サルコイドーシス合併が疑われ, 進行度診断と治療方針に迷った高齢者乳癌の1例. 田村 光, 代永和秀, 小熊潤也, 青木真彦, 細田 桂1, 城戸 啓, 夏 錦言, 雨宮 哲, 水沼仁孝, 田島敦志 (1外科): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26-27), 大阪.

723351. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 長期経過をたどり発見された乳腺原発扁平上皮癌の1例. 関根智久, 笹本信幸1, 松澤克典, 松澤信五 (1外科): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26-27), 大阪.

723352. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) weekly-Paclitaxelを中心とした集学的治療により長期にわたりQOLを維持できたMBCの1例. 飯塚美香, 仙石紀彦1, 吉村直子1, 林 京子1, 榎本拓茂1, 中熊尊士, 蔵並 勝1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26-27), 大阪.

723353. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における微細石灰化症例の取り扱いについて. 半田喜美也1,3, 福岡麻子1, 高橋美智子1,3, 山本公一1, 岸本一郎1,3, 金澤秀紀1, 木村 徹1, 井上準人1, 金田悟郎1, 秋山憲義1, 三富弘之2 (1国立病院機構相模原病院外科, 2同研究検査科病理, 3外科): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26-27), 大阪.

723354. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下大腸手術における技術的困難症例とその対策−腹腔鏡下直腸癌手術における合併症回避への対策と検討−. 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/17), 東京.

723355. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 80歳以上の高齢者大腸癌症例に対する腹腔鏡下大腸切除術の有用性. 井原 厚1, 小野里航1, 内藤正規1, 旗手和彦1, 中村隆俊1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

723356. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下腸間膜動静脈瘻により虚血性腸炎をきたした1例. 筒井敦子1, 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 内藤正規1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

723357. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下部直腸癌に対する低侵襲手術−自律神経温存にもとづいた腹腔鏡下直腸癌手術−. 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 内藤正規1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

723358. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の適応とその治療成績. 小澤平太1, 國場幸均2, 佐藤武郎1, 旗手和彦1, 内藤正規1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2京都府医大消化器外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

723359. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病合併大腸癌症例に対する大腸切除術の検討. 小野里航1, 中村隆俊1, 内藤正規1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

723360. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌穿孔症例の検討. 内藤正規1, 小野里航1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 西 八嗣2, 八十川要平2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2KMC病院): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (2008/10/18), 東京.

723361. [学会 (全国)] (一般講演) 術前診断に難渋したサンゴ状発育を示す分類不能型早期大腸癌の1例. 小倉直人, 金澤秀紀, 福岡麻子, 高橋美智子1, 山本公一, 岸本一郎1, 半田喜美也1, 井上準人, 木村 徹, 金田悟郎, 秋山憲義, 三富弘之 (1外科): 第63回日本大腸肛門病学会学術集会 (200810/17-18), 東京.

723362. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外来化学療法センター運営にとっての必要十分条件. 蔵並 勝1, 益田典幸2, 高須 博3, 宮崎浩二4, 宇津木聡5, 新井 努6, 原 英則7, 堅田親利8, 番匠章子9, 仙石紀彦1, 林 京子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2呼吸器内, 3皮膚, 4血液内, 5脳外, 6産婦, 7呼吸器外, 8消化器内, 9看護部): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋.

723363. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stage2大腸癌の再発危険因子の検討. 中村隆俊1, 小野里航1, 井原 厚1, 小澤平太1, 旗手和彦1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第46回日本癌治療学会総会学術集会 (2008/10/30-11/1), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008; 42 (2): 846.

723364. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における進行大腸癌に対する腹腔鏡下手術成績. 旗手和彦1, 佐藤武郎1, 小澤平太1, 内藤正規1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第46回日本癌治療学会総会学術集会 (2008/10/30-11/1), 名古屋.

723365. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経口アンビルを用いた腹腔鏡補助下胃全摘術の再建法. 二渡信江1, 桜本信一1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第38回胃外科・術後障害研究会 (2008/11/6), 東京.

723366. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アフェレシスに対するバスキュラーアクセスの検討. 津田一郎, 久木田和丘, 土橋誠一郎1, 飯田潤一, 古井秀典, 坂田博美, 堀江 卓, 玉置 透, 目黒順一, 米川元樹, 川村明夫, 笠井正晴, 増子佳弘, 井村 卓, 大平整爾, 今忠 正 (1外科): 第29回日本アフェレーシス学会学術大会 (2008/11/23), 広島.

723367. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心疾患合併症例に対する腹腔鏡下大腸切除術の妥当性. 小野里航1, 中村隆俊1, 内藤正規1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第70回日本臨床外科学会総会 (2008/11/27), 東京.

723368. [学会 (全国)] (一般講演) 急性胆嚢炎保存的加療後の画像上の変化から胆嚢癌も疑われた黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例. 田村 光, 門多由恵, 小熊潤也, 青木真彦, 細田 桂1, 城戸 啓, 夏 錦言, 小島正夫, 雨宮 哲, 水沼仁孝, 本間浩一 (1外科): 第70回日本臨床外科学会 (2008/11/27-29), 東京.

723369. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再発病変に放射線化学療法が奏功した後腹膜癌肉腫の一例. 黒山信一1, 高野容幸, 原  英, 今井 潔, 高橋直樹, 小林伸行, 三重野寛喜, 三富弘之 (1外科): 第70回日本臨床外科学会総会 (2008/11/27-29), 東京, 日本臨床外科学会雑誌 2008/10/30; 69: 646.

723370. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 回腸人工肛門閉鎖術後の創部皮下血腫から腸管皮膚瘻を発症した1例. 甲賀淳史1, 岸 真也1, 茂田浩平1, 鈴木哲太郎1,2, 橋本 修1, 森瀬昌樹1, 首藤昭彦1, 鈴木 博1, 竹下利夫1 (1大和市病院外科, 2外科): 第70回日本臨床外科学会 (2008/11/27-29), 東京, 日本臨床外科学会雑誌 2008/10/30; 69: 717.

723371. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) イヌ虚血モデルを用いた末梢血幹細胞移植による血管再生療法. 津田一郎, 堀江 卓, 川村明夫, 土橋誠一郎1, 飯田潤一, 古井秀典, 坂田博美, 玉置 透, 久木田和丘, 目黒順一, 米川元樹, 小野寺一彦 (1外科): 第46回日本人工臓器学会 (2008/11/27-29), 東京, 日本人工臓器学会誌 2008/11; 37: S-126.

723372. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 末梢血幹細胞による血管再生治療と多施設共同研究. 堀江 卓, 土橋誠一郎1, 津田一郎, 飯田潤一, 坂田博美, 小野寺一彦, 古井秀典, 玉置 透, 久木田和丘, 目黒順一, 米川元樹, 川村明夫 (1外科): 第46回日本人工臓器学会 (2008/11/27-29), 東京, 日本人工臓器学会誌 2008/11; 37: S-127.

723373. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血液浄化治療により治癒した毒素性ショック症候群 (TSS) の1例. 久木田和丘, 古井秀典, 堀江 卓, 土橋誠一郎1, 津田一郎, 飯田潤一, 坂田博美, 小野寺一彦, 玉置 透, 目黒順一, 米川元樹, 川村明夫, 菅原正樹, 加藤直子 (1外科): 第46回日本人工臓器学会 (2008/11/27-29), 東京, 日本人工臓器学会誌 2008/11; 37: S-1136.

723374. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Bone marrow-derived EP3-expressing stromal cells enhanced tumor-associated angiogenesis and tumor. 小川恭史1, Oikawa A, 鈴木立紀2, 細野加奈子2, 天野英樹3, 渡邊昌彦2, 成宮 周4, 馬嶋正隆2 (1外科, 2薬理, 3呼吸器外, 4京大・医)第34回日本微小循環学会年次総会 (2009/2/20), 東京.

723375. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃全摘後の経口アンビルを用いた食道空腸吻合. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第81回日本胃癌学会 (2009/3/4), 東京.

723376. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炎症性シグナリング遺伝子を改変した骨髄細胞移植による腫瘍血管新生の抑制 (Bone marrow-derived EP3-expressing stromal cells enhanced tumor-associated angiogenesis and tumor growth with increased recruitment of VEGFR-1/VEGFR-2 positive cells). 小川恭史1, 及川敦彦2, 鈴木立紀2, 細野加奈子2, 天野英樹3, 渡邊昌彦1, 成宮 周4, 馬嶋正隆2 (1外科, 2薬理, 3呼吸器外, 4京大・医): 第82回日本薬理学会年会 (2009/3/18), 横浜.

731069. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大腸癌治療−最近の動向−. 渡邊昌彦 (外科): 第3回Colorectal Cancer Symposium in Gifu (2008/4/5), 岐阜.

731070. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 2度にわたり切除が可能であった肺癌肉腫小腸転移の1例. 天野真理子1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 内藤 正1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第27回神奈川大腸肛門疾患懇話会 (2008/4/22), 横浜.

731071. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 病態から考えるGERDの治療方針−PPIがすべてで手術は必要ない?−. 片田夏也 (外科): 第11回大分GERD研究会 (2008/7/2), 大分.

731072. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) TS-1を用いた胃癌術後補助化学療法. 桜本信一 (外科): 第25回長崎DDCフォーラム (2008/9/27), 長崎.

731073. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡下大腸切除の実際. 渡邊昌彦 (外科): 第11回多摩外科がんフォーラム (2008/10/25), 東京.

731074. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 病態から考えるGERD治療の問題点−PPIと手術を中心に−. 片田夏也 (外科):第9回倉敷GERD研究会 (2008/11/10), 倉敷.

731075. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 食道アカラシアに対する内視鏡下手術−安全かつ有効な手技をめざして−. 片田夏也 (外科): 第12回長崎手術手技研究会 (2009/2/2), 長崎.

731076. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腫瘍外科医と補助化学療法. 渡邊昌彦 (外科): 第3回Colorectal Cancer Symposium in Oita (2009/2/13), 大分.

731077. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 最近よくきくマンモトームって何? センチネルってなに?. 林 京子1, 仙石紀彦1 (1外科): 第3回神奈川乳腺カンファレンス (2009/2/20), 神奈川.

731078. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大腸癌に対する腹腔鏡下手術の実際. 渡邊昌彦 (外科): 第2回信州消化器内視鏡外科研究会 (2009/2/21), 松本.

731079. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大腸癌の新しい治療戦略. 渡邊昌彦 (外科): 第21回山口県大腸疾患研究会 (2009/2/25), 山口.

731080. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状. 渡邊昌彦 (外科): 浜松外科医会 (2009/3/17), 浜松.

732026. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座・教育講演) 当院における甲状腺腫瘍の診断と治療. 榎本拓茂 (外科): 第26回大和市医師会外科医会学術講演会 (2008), 大和市.

733081. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 前頸部に突出する再発甲状腺癌の局所治療に難渋した症例. 榎本拓茂1, 林 京子1, 仙石紀彦1, 飯塚美香1, 天野真理子1, 吉村直子1, 藁谷美奈1, 蔵並 勝1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第30回日本癌局所療法研究会 (2008/5/30), 久留米.

733082. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腫瘤形成型肝内胆管癌の切除後の治療成績と今後の展望. 古田一徳1, 細谷 智1, 北村真樹2, 藁谷美奈1, 板橋浩一2 片桐寛之2, 石井健一郎2, 高橋禎人2, 島田 謙2, 渡邊昌彦2 (1医療系研究科・外科学, 2外科): 第44回日本肝癌研究会 (2008/5/22), 大阪.

733083. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 小児原発性硬化性胆管炎 (PSC) の肝移植の1例. 細谷 智1, 藁谷美奈2, 林 京子1, 北村真樹1, 片桐寛之1, 田中 潔1, 石井健一郎1, 高橋禎人1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第26回日本肝移植研究会 (2008/6/19), 横浜.

733084. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Solid-pseudopapillary tumor症例の検討. 大岡正平1, 伊東丈仁2, 山本 創1, 宮澤志朗1, 岩井知久2, 竹澤三代子2, 菊池秀彦2, 荒木正雄2, 渡辺摩也2, 今泉 弘2, 西元寺克禮2, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2消化器内): 第124回肝胆膵疾患研究会 (2008/6/19), 横浜.

733085. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術中リンパ節転移診断に鏡視下手術が有用であった同時性多発リンパ節転移を認めた直腸sm癌の1例. 小倉直人, 金澤秀紀, 福岡麻子, 高橋美智子1, 山本公一, 岸本一郎1, 半田喜美也1, 井上準人, 木村 徹, 金田悟郎, 秋山憲義, 三富弘之 (1外科): 第69回大腸癌研究会 (2008/7/4), 横浜.

733086. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 幽門輪温存膵頭十二指腸切除後6年8か月後に膵全摘を施行した一例. 石井 智, 高橋禎人1, 渡邊晃織, 牛久秀樹1, 和田 治1, 岩本寛人1, 片桐寛之1, 石井健一郎1, 古田一徳1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第30回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2007/7), 相模原.

733087. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下胃癌手術におけるNo. 6節郭手技の工夫. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第34回神奈川胃癌治療研究会 (2008/7/12), 横浜.

733088. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 幽門側胃切除後の再建手術について. 二渡信江1, 桜本信一1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第34回神奈川胃癌治療研究会 (2008/7/12), 横浜.

73389. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹部CT検査が有用であった十二指腸潰瘍穿孔の1例. 荒木一兵太, 二渡信江1, 張  丹, 和田 治, 山口るつ子, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第17回潰瘍病態フォーラム (2008/8/2), 東京.

733090. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下膵切除術の膵切離手技と成績. 古田一徳1, 石井健一郎1, 片桐寛之1, 高橋禎人1, 細谷 智2, 藁谷美奈2, 北村真樹1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2医療系研究科・外科学): 第35回日本膵切研究会 (2008/8/22), 金沢.

733091. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 卵巣バーキットリンパ腫の経験. 林 京子1, 田中 潔1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第49回神奈川小児腫瘍研究会 (2008/8/30), 横浜.

733092. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 肝腫瘍に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績. 石井健一郎1, 古田一徳1, 片桐寛之1, 高橋禎人1, 細谷 智1, 北村真樹1, 藁谷美奈1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第2回肝臓内視鏡外科研究会 (2008/9/1), 横浜, 第2回肝臓内視鏡外科研究会抄録集 2008; p.40.

733093. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 絞扼性イレウスにより腸切除を余儀なくされた腸間膜裂孔ヘルニアの一女児例. 林 京子1, 田中 潔1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第810回外科集談会 (2008/9/13), 東京.

733094. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 十二指腸原発巨大GISTに対して膵島十二指腸切除術を施行した一例. 池田 篤1, 河本 健, 竹本安宏, 小坂愉賢1, 木庭雄至, 辻 亮作, 大村孝志, 佐藤光史, 高橋武宣 (1外科): 第77回城西外科研究会 (2008/9/13), 東京.

733095. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当科における非浸潤癌 (DCIS) 症例に対する術後療法. 関根智久, 笹本信幸1, 松澤克典, 松澤信五 (1外科): 第32回山形県乳腺疾患研究学術集会 (2008/9), 山形.

733096. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 臍帯潰瘍を伴った腸閉鎖症の経験. 武田憲子1, 田中 潔1, 扇原義人2, 長谷川豪2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2小児 ): 第43回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2008/10/25), 横浜.

733097. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 両側茎捻転をきたした新生児卵巣嚢胞の1例. 坪田菜穂子1, 田中 潔1, 武田憲子1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第43回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2008/10/25), 横浜.

733098. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 上部早期胃癌に対する腹腔鏡補助下噴門側胃切除術の再建−食道残胃吻合・噴門形成術−. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第14回関東腹腔鏡下胃切除研究会 (2008/11/1), 東京.

733099. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 経口アンビルを用いた腹腔鏡下胃全摘術の再建法. 二渡信江1, 桜本信一1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第38回胃外科・術後障害研究会 (200811/6-7), 東京.

733100. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 複数の動脈拡張病変に対してステントグラフト内挿術が有用であった1例. 本田 朋1, 田村幸穂1, 平田光博1, 内田泰至1, 美島利昭1, 渡邊昌彦1, 西巻 博2, 井上信幸3, 小原邦義3 (1外科, 2放射線, 3心臓血管外): 第16回日本血管外科学会関東甲信越地方会 (2008/11/8), 大宮.

733101. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 肝腫瘍に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績. 石井健一郎1, 古田一徳1, 片桐寛之1, 高橋禎人1, 細谷 智1, 北村真樹1, 藁谷美奈1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第19回腹腔鏡的治療研究会 (2008/11/12), 東京, 第19回腹腔鏡的治療研究会抄録集 2008; p.23.

733102. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 維持透析患者における副甲状腺腺腫の1例. 小野寺一彦, 久木田和丘, 土橋誠一郎1, 津田一郎, 飯田順一, 坂田博美, 堀江 卓, 古井秀典, 玉置 透, 目黒順一, 米川元樹, 川村明夫 (1外科): 第74回北海道透析療法学会 (2008/11/23), 札幌.

733103. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ソケイ部アミロイド腫瘤とReduction surgery. 古井秀典、久木田和丘, 津田一郎, 小野寺一彦, 堀江 卓, 土橋誠一郎1, 飯田潤一, 坂田博美, 玉置 透, 目黒順一, 米川元樹, 川村明夫, 沼澤 理 (1外科): 第74回北海道透析療法学会 (2008/11/23), 札幌.

733104. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 出生前にEXITを検討された症例の検討. 田中 潔1, 武田憲子1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第19回日本小児呼吸器外科研究会 (2008/11), 大阪.

733105. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 診断に苦慮した原発性腹膜漿液性腫瘍の一例. 白石廣照1, 田島 弘, 安部美寛, 井出之上里美, 平井俊男1, 海津貴史1, 近藤康史1, 池永 誠, 神谷紀輝, 西 八嗣, 八十川要平 (1外科): 第25回埼玉県外科集談会 (2008/12/1日), 浦和.

733106. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 盲腸軸捻転による盲腸穿孔の一例. 福岡麻子, 岸本一郎1, 櫻町円香, 鴨志田梨沙, 高橋美智子1, 山本公一, 小倉直人, 半田喜美也1, 金澤秀紀, 木村 徹, 金田悟郎, 秋山憲義 (1外科): 神奈川臨床外科医会 (2008/12/13), 横浜.

733107. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 早期胃小細胞癌の1例. 金子 亨, 二渡信江1, 坪田菜穂子, 別宮絵美真, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第35回神奈川胃癌治療研究会 (2008/12), 横浜.

733108. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 診断に難渋した, 胆管出血の一例. 高橋美智子1, 木村 徹, 西川 慶, 野木真一, 福岡麻子, 山本公一, 小倉直人, 岸本一郎1, 半田喜美也1, 金澤秀紀, 井上準人, 金田悟郎, 秋山憲義 (1外科): 第31回北里肝・胆・膵疾患検討会症例検討会 (2008), 相模原.

733109. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 胃壁外発育の巨大GISTに対し膵脾合併切除胃全摘を施行した1例. 北原 理, 二渡信江1, 河又 寛, 平井和弥, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第121回神奈川臨床外科医会集談会 (2008), 横浜.

733110. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 食道癌と結腸癌の重複癌に対し鏡腔鏡下と開腹術により同時切除した1例. 小林健太郎, 二渡信江1, 天野真理子1, 中村和徳, 森谷宏光1, 内藤正規1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第122回神奈川臨床外科医会集談会 (2008), 横浜.

733111. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡にて修復しえた横行結腸間膜ヘルニアの1例. 坪田菜穂子, 二渡信江1, 金子 亨, 別宮絵美真, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第123回神奈川臨床外科医学会集談会 (2008), 横浜.

733112. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 2度にわたり切除が可能であった肺癌肉腫小腸転移の1例. 天野真理子1, 小野里航1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 内藤正規1, 旗手和彦1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第27回神奈川大腸肛門疾患懇話会 (2008), 横浜.

733113. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 骨盤内解剖, とくに自律神経温存を意識した腹腔鏡下直腸癌手術. 旗手和彦1, 小野里航1, 内藤正規1, 小澤平太1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第14回神奈川大腸肛門手術手技研究会 (2008), 横浜.

733114. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) No.6リンパ節郭清. 二渡信江 (外科): 第2回神奈川腹腔鏡下胃切除術研究会学術集会 (2008), 横浜.

733115. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 経口アンビルを用いた腹腔鏡下胃全摘術の再建. 二渡信江 (外科): 第3回神奈川腹腔鏡下胃切除術研究会学術集会 (2008), 横浜.

733116. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 良悪性の鑑別に苦慮した下部胆管狭窄の1例. 半田喜美也1,5, 福岡麻子1, 高橋美智子1,5, 山本公一1, 岸本一郎1,5, 金澤秀紀1, 木村 徹1, 井上準人1, 金田悟郎1, 秋山憲義1, 武市康敬2, 下田 拓也2, 玉真俊平2, 菅野 聡2, 中村陽子2, 安達 献2, 渡部幸夫2, 大森智子3, 瀧川政和3, 三富弘之4 (1国立病院機構相模原病院外科, 2同消化器科, 3同放射線科, 4同研究検査科理, 5外科): 第53回神奈川県消化器病研究会 (2008), 横浜.

733117. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 良悪性の鑑別に苦慮した下部胆管狭窄の1例. 半田喜美也1,5, 福岡麻子1, 高橋美智子1,5, 山本公一1, 岸本一郎1,5, 金澤秀紀1, 木村 徹1, 井上準人1, 金田悟郎1, 秋山憲義1, 武市康敬2, 下田拓也2, 玉真俊平2, 菅野 聡2, 中村陽子2, 安達 献2, 渡部幸夫2, 大森智子3, 瀧川政和3, 三富弘之4 (1国立病院機構相模原病院外科, 2同消化器科, 3同放射線科, 4同研究検査科病理, 5外科): 第53回東京地区国立病院外科研究会 (2008), 東京.

733118. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 甲状腺切除術の術中, 術後に合併症を生じた症例の検討. 平井俊男1, 八十川要平, 西 八嗣, 神谷紀輝, 近藤康史1, 海津貴史1, 土橋誠一郎1, 内藤正規1, 白石廣照1 (1外科): 第45回埼玉県医学会総会 (2008), さいたま.

733119. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) S-単独療法にて長期のComplete Responseが得られた進行胃癌の2症例. 山本公一, 岸本一郎1, 秋山憲義, 金田悟郎, 木村 徹, 金澤秀紀, 半田喜美也1, 小倉直人, 高橋美智子, 福岡麻子, 雨宮昭文, 三富弘之 (1外科): 第12回北里大学外科腫瘍学研究会 (KSOA) (2009/2/7), ホテルサンルートプラザ新宿.

733120. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 保存療法にて縮小した肝巨大血管内皮腫の1例. 牛久秀樹1, 林 京子1, 田中 潔1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第50回神奈川小児腫瘍研究会 (2009/3/7), 横浜.

733121. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 上部早期胃癌に対する腹腔鏡補助下噴門側胃切除術の手技と成績. 桜本信一1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 平井和弥1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第4回神奈川腹腔鏡下胃切除研究会 (2009/3/27), 横浜.

H19年度以前分

[学術論文]

H12-110001. [原著] Variations in the expression of platelet-derived endothelial cell growth factor in human colorectal polyps. 榎本拓茂1, 蔵並 勝1, Kakita A (1外科): Surg Today 2000; 30: 711-7.

H16-110001. [原著] Specific enhanced expression of platelet-derived endothelial cell growth factor in submucosa of human colorectal cancer. Nozawa T, 榎本拓茂1, 越田佳朋1, Sato Y, 蔵並 勝1 (1外科): Dis Colon Rectum 2004; 47 (12): 2093-100.

H16-320001. [症例報告] 放射線照射により神経症状の改善が得られた多発骨転移の1例. 半田喜美也1, 仙石紀彦1, 榎本拓茂1, 林 京子1, 蔵並 勝1, 渡邊昌彦1 (1外科): Therapeutic Research 2004; 25 (11): 2214-7.

H18-320001. [症例報告] 蛋白漏出性胃腸症を来した胃癌の1症例. 田島 弘1, 高橋禎人1, 小山知秀,坂本友見子1, 平井俊男1, 海津貴史1, 近藤康史1, 神谷紀輝, 西 八嗣, 八十川要平 (1外科): 日本臨床外科学会雑誌 2006; 67 (2): 516.

H18-320002. [症例報告] 右鎖骨下動脈高位分岐に伴う反回神経走行異常の1例. 榎本拓茂1, 林 京子1, 仙石紀彦1, 半田喜美也1, 蔵並 勝1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本外科系連合学会誌 2006/8; 31 (4): 744-7.

H18-521001. [解説] 当院における再使用型呼吸回路の安全管理. 花田卓哉, 黒田智美, 小林 馨, 岩崎共香, 内田有美, 白井敦史, 瓜生伸一, 菊池史郎1 (1外科): 神奈川県臨床工学技師学会 2006/10; 18: 31-3.

H19-110005. [原著] Neoadjuvant chemoradiation therapy for locally advanced rectal cancer. 佐藤武郎1, 小澤平太1, Kisyu K, 熊本浩志1, 中村隆俊1, 小野里航1, Yamanashi T, Kokuba Y, 井原 厚1, 渡邊昌彦1 (1外科): Gan To Kagaku Ryoho 2007/10; 34 (10): 1553-6.

H19-110006. [原著] Transfusion alert for patients with curable cancer. 山下継史1, 桜本信一1, 菊池史郎1, 片田夏也1, Nobuyuki Kobayashi, 渡邊昌彦1 (1外科): World J Surg 2007; 31: 2315-22.

H19-110007. [原著] Clinical Significance of Gastrectomy for Proximal Gastric Cancer. Akira Ooki, 山下継史1, 菊池史郎1, 桜本信一1, 片田夏也1, 二渡信江1, 渡邊昌彦1 (1外科): Anticancer Research 2008/1; 28: 2875-84.

H19-110008. [原著] Tumour budding at invasive margins and outcome in colorectal cancer. Kanazawa H, Mitomi H, Nishiyama Y, 岸本一郎1, Fukui N, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): Colorectal Dis 2008/1; 10 (1): 41-7.

H19-110009. [原著] Cyclooxygenase-2 deficiency enhances Th2 immune responses and impairs neutrophil recruitment in hepatic ischemia/reperfusion injury. Hamada T, 土橋誠一郎1, Avanesyan A, Duarte S, Moore C, Busuttil RW, Coito AJ (1外科): J Immunol 2008/2; 180 (3): 1843-53.

H19-110010. [原著] Urinary Trypsin Inhibitor Improves Viability of the Liver in Brain -Dead Rats. 板橋浩一1, 古田一徳1, Tsuyoshi Takahashi, 伊藤義也1, 片桐寛之1, Koshi Sato, Akira Kakita, 渡邊昌彦1 (1外科): Hepato-Gastroenterology 2008/3; 55 (82-83): 568-73.

H19-110011. [原著] Relative contribution of direct and indirect allorecognition in developing tolerance after liver transplantation. Toyokawa H, Nakao A, Bailey RJ, Nalesnik MA, 海津貴史1, Lemoine JL, 池田 篤1, Tomiyama K, Papworth GD, Huang L, Demetris AJ, Starzl TE, Murase N (1外科): Liver Transpl. 2008/3; 14 (3): 346-57.

H19-310002. [症例報告] Advanced gastric cancer showing long term complete remission in response to S1 monotherapy: two case reports. Hiroyuki Mitomi, 岸本一郎1, Akifumi Amemiya, Goro Kaneda, Ken Adachi, Takuya Shimoda, Masakazu Takigawa, Naoshi Fukui, Yasuo Ohkura (1外科): Cases Journal 2008/1; 405 doi: 10.1186/1757-1626-1-405.

[学会・研究会等]

H14-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 診断に難渋し組織学的に迷入膵と診断された胃SMTの一切除例. 田島 弘1, 菊池史郎1, 桜本信一1, 根本祐太1, 片田夏也1, 小林伸行1, 嶋尾 仁1, 柿田 章1 (1外科): 第47回神奈川消化器病研究会 (2002/6), 大和.

H17-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 蛋白漏出性胃腸症を来した胃癌の1症例. 田島 弘1, 高橋禎人1, 小山知秀1, 坂本友見子1, 平井俊男1, 海津貴史1, 近藤康史1, 神谷紀輝, 西 八嗣, 八十川要平 (1外科): 第23回埼玉県外科集談会 (2005/11), さいたま.

H19-723006. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) DPC導入に伴う外来化学療法センターの役割の変化と問題点. 蔵並 勝1, 宇津木聡2, 堅田親利3, 宮崎浩二4, 高須 博5, 原 英則6, 角田新平7, 林 京子1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦1, 益田典幸8 (1外科, 2脳外, 3消化器内, 4血液内, 5皮膚, 6呼吸器外, 7産婦, 8呼吸器内): 第45回日本癌治療学会総会 (2007/10/26), 京都.

H19-723007. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌術後再発死亡例の検討と術後サーベイランスについて. 二渡信江1, 菊池史郎1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第80回日本胃癌学会総会 (2008/2/27-29), 横浜.


心臓血管外科学

[学術論文]

110133. [原著] Higher cerebral oxygen saturation may provide higher urinary output during continuous regional cerebral perfusion. 宮本 隆1, 宮地 鑑1, 岡本浩嗣2, Kohira S, 友保貴博1, 井上信幸1,小原邦義1 (1心臓血管外, 2麻酔): Journal of Cardiothorac Surgery 2009/2; 3: 58.

120032. [原著] B型急性大動脈解離破裂に対する部分弓部下行大動脈置換術. 柴田 講1, 幕内晴朗, 小林俊也, 近田正英, 村上 浩, 鈴木敬麿, 小野裕國, 千葉 清, 永田徳一郎 (1心臓血管外): 日本心臓血管外科学会雑誌 2009/1; 38 (1): 64-6.

310009. [症例報告] The bilateral pulmonary artery banding for hypoplastic left heart syndrome with a diminutive ascending aorta. 友保貴博1, 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 井上信幸1 (1心臓血管外): Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery 2009/2; 8: 479-81.

320021. [症例報告] 腹部大動脈瘤術後左内腸骨動脈瘤破裂の1救命例. 柴田 講1, 幕内晴朗, 小林俊也, 村上 浩, 鈴木敬麿, 永田徳一郎 (1心臓血管外): 日本血管外科学会雑誌 2008/8; 17 (5): 593-6.

320024. [症例報告] OPEN HEART CRTD, CABG術後, VF STORMにより急速電池消耗をきたし救命できなかった虚血性心筋症の一例. 井上信幸1, 小原邦義1, 須藤恭一1, 宮地 鑑1, 鳥井晋三1, 柴田 講1, 友保貴博1, 板谷慶一1, 入澤友輔1, 田中佑貴1 (1心臓血管外): Therapeutic Research 2009; 30 (3): 364-8.

522017. [講座] 未熟児動脈管開存症閉鎖術のコツ. 宮地 鑑 (心臓血管外): 胸部外科 2009/2; 62 (2): 107.

540033. [その他] 胸部外科医の散歩道−私のストレス解消法−ガーデニング. 小原邦義 (心臓血管外): 胸部外科 2008/12; 61 (13): 1152.

[学会・研究会等]

713097. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The effectiveness of leukocytes-reduced red blood cell transfusion for perioperative inflammatory response using a miniaturized biocompatible bypass. 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 板谷慶一1, 友保貴博1, 井上信幸1, 小原邦義1 (1心臓血管外): The Societey of Thoracic Surgeons (2009/1/31), San Francisco, CA, USA.

723377. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下壁梗塞に合併した心室中隔穿孔に対する経右室的二重パッチ閉鎖法. 鳥井晋三1, 三好 豊1, 山本信行, 宮地 鑑1, 井上信幸1, 板谷慶一1, 小原邦義1 (1心臓血管外):第108回日本外科学会定期学術総会 (2008/5/15), 長崎.

723378. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児心臓手術におけるクリニカルパス導入の試み. 井上信幸1, 宮地 鑑1, 板谷慶一1, 鳥井晋三1, 三好 豊1, 山本信行, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第108回日本外科学会定期学術総会 (2008/5/16), 長崎.

723379. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Cryomazeにおけるabletion lineの差異による検討. 須藤恭一1, 贄 正基1, 鳥井晋三1, 宮地 鑑1, 中島光貴1, 山本信行, 柴田 講1, 井上信幸1, 板谷慶一1, 友保貴博1, 入澤友輔1, 田中佑貴1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第61回日本胸部外科学会定期学術総会 (2008/10/14), 福岡.

723380. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Fontan手術における狭小肺動脈症例の検討. 宮地 鑑1, 板谷慶一1, 友保貴博1, 田中佑貴1, 鳥井晋三1, 柴田 講1, 須藤恭一1, 井上信幸1, 入澤友輔1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第61回日本胸部外科学会定期学術総会 (2008/10/14), 福岡.

723381. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経右室的二重パッチ閉鎖法による下壁梗塞にともなった心室中隔穿孔に対する外科治療の検討. 鳥井晋三1, 須藤恭一1, 柴田 講1, 井上信幸1, 入澤友輔1, 宮地 鑑1, 友保貴博1, 板谷 慶一1, 田中佑貴1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第61回日本胸部外科学会定期学術総会 (2008/10/14), 福岡.

723382. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Fontan循環が成立する最小肺動脈係数 (PAindex) の検討. 板谷慶一1, 宮地 鑑1, 友保貴博1, 田中佑貴1, 入澤友輔1, 井上信幸1, 柴田 講1, 須藤恭一1, 鳥井晋三1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第61回日本胸部外科学会定期学術総会 (2008/10/15), 福岡.

723383. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 収縮性心膜炎に対するWaffle procedureの有効性についての検討. 山本信行, 鳥井晋三1, 贄 正基1, 中島光貴1, 井上信幸1, 須藤恭一1, 宮地 鑑1, 小原邦義1 (1心臓血管外)第61回日本胸部外科学会定期学術総会 (2008/10/15), 福岡.

723384. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 冠動脈バイパス術後の慢性心膜炎による心嚢液貯留に対して胸腔鏡下ドレナージが奏効した2例. 鳥井晋三1, 小原邦義1, 須藤恭一1, 柴田 講1, 井上信幸1, 入澤友輔1, 宮地 鑑1, 友保貴博1, 板谷慶一1, 田中佑貴1 (1心臓血管外): 第22回日本冠疾患学会学術集会 (2008/12/13), 東京.

731081. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 収縮性心膜炎の手術後に弁膜症が増悪した症例の検討. 小原邦義 (心臓血管外): 第28回東京心臓外科セミナー (2008/11/7), 東京.

733122. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 術前診断に難渋した先天性僧帽弁狭窄, Supramitral Ringの1例. 板谷慶一1, 宮地 鑑1, 友保貴博1, 井上信幸1, 鳥井晋三1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第146回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2008/6/7), 横浜.

733123. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 多脾症, 不完全型房室中隔欠損, IVC欠損, 半奇静脈結合に対して心房内血流転換術後にspastic anginaによる心筋梗塞を起こした1例. 田中佑貴1, 宮地 鑑1, 友保貴博1, 板谷慶一1, 入澤 友輔1, 井上信幸1, 柴田 講1, 須藤恭一1, 鳥井晋三1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第147回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2008/9/6), 東京.

733124. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腱索様組織断裂に起因した急性大動脈弁閉鎖不全症の1例. 入澤友輔1, 鳥井晋三1, 田中佑貴1, 板谷慶一1, 友保貴博1, 井上信幸1, 柴田 講1, 須藤恭一1, 宮地 鑑1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第147回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2008/9/6), 東京.

733125. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) OPEN HEART CRTD, CABG術後, VF STORMにより急速電池消耗をきたし救命できなかった虚血性心筋症の一例. 井上信幸1, 須藤恭一1, 宮地 鑑1, 鳥井晋三1, 柴田 講1, 友保貴博1, 板谷慶一1, 入澤友輔1, 田中佑貴1, 小原邦義1 (1心臓血管外): ペーシング治療研究会 (2008/11/22), 東京.

733126. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) AVR後に発症した血栓閉塞性A型急性解離による基部拡大に対して慢性期に生体弁基部置換術を施行した1例. 柴田 講1, 入澤友輔1, 田中佑貴1, 板谷慶一1, 友保貴博1, 井上信幸1, 須藤恭一1, 鳥井晋三1, 宮地 鑑1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第148回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2008/12/20), 東京.

733127. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 段階的Noewood-Rastelli術後右肺動脈狭窄に対してhybrid approachでステント留置を施行した1例. 友保貴博1, 宮地 鑑1, 板谷慶一1, 田中佑貴1, 入澤友輔1, 井上信幸1, 柴田 講1, 須藤恭一1, 鳥井晋三1, 小原邦義1, 宮本隆司1 (1心臓血管外): 第148回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2008/12/20), 東京.

733128. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 重度全身熱傷治療中に感染性心内膜炎を発症し僧帽弁置換術を行った1例. 田中佑貴1, 鳥井晋三1, 入澤友輔1, 板谷慶一1, 友保貴博1, 井上信幸1, 柴田 講1, 須藤恭一1, 宮地 鑑1, 小原邦義1 (1心臓血管外): 第149回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2009/3/14), 東京.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-310003. [症例報告] Thermal coronary angiography in pediatric coronary artery bypass grafting. 宮本隆司1, 宮地 鑑1, 小原邦義1, Tashiro T (1心臓血管外): Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery 2008/2; 7: 161-3.

H19-540013. [その他] 巻頭言「神奈川輸血研究会誌No.2発刊にあたり」. 小原邦義 (心臓血管外): 神奈川輸血研究会誌 2008/2; 2: 1.

H19-540014. [その他 (研究報告書)] 平成18年度神奈川県合同輸血療法委員会アンケート調査解析結果報告 「心臓血管外科領域」. 小原邦義1, 大谷慎一2 (1心臓血管外, 2臨検学): 神奈川輸血研究会誌 2008/2; 2: 56-64.


呼吸器外科学

[学術論文]

110134. [原著] Analysis of cell cycle-related proteins in mediastinal lymph nodes of patients with N2-NSCLC obtained by EBUS-TBNA: relevance to chemotherapy response. Mohamed S, Yasufuku K, Nakajima T, Hiroshima K, Kubo R, 伊豫田明1, Yoshida S, Suzuki M, Sekine Y, Shibuya K, Farouk A, Fujisawa T (1呼吸器外): Thorax 2008; 63 (7): 642-7.

110135. [原著] Role of endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration in the management of lung cancer. Yasufuku K1, Nakajima T, Fujiwara T, Chiyo M, 伊豫田明2, Yoshida S, Suzuki M, Sekine Y, Shibuya K, Yoshino I (1千葉大学医学部呼吸器外科学, 2呼吸器外): Gen Thorac Cardiovasc Surg 2008/6; 56 (6): 268-76.

110136. [原著] Successful management of postoperative acute respiratory distress syndrome in a patient with lung cancer 伊豫田明1,2, Moriya Y2, Hiroshima K3, Shibuya K2, Yoshino I2 (1呼吸器外, 2千葉大学医学部呼吸器外科学, 3千葉大学医学部病理学): Gen Thorac Cardiovasc Surg 2008/7; 56 (7): 354-6.

110137. [原著] Aberrant methylation of CXCL12 in non-small cell lung cancer is associated with an unfavorable prognosis. Suzuki M1, Mohamed S, Nakajima T, Kubo R, Tian L, Fujiwara T, Suzuki H, Nagato K, Chiyo M, Motohashi S, Yasufuku K, 伊豫田明2, Yoshida S, Sekine Y, Shibuya K, Hiroshima K, Nakatani Y, Yoshino I, Fujisawa T (1千葉大学医学部呼吸器外科学, 2呼吸器外): Int J Oncol 2008/7; 33 (1): 113-9.

110138. [原著] Recurrence Pattern and Rapid Intraoperative Detection of Carcinoembryonic Antigen (CEA) mRNAin Pleural Lavage in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC). Sugai S1, 佐藤之俊2, Komatsu M, Okumura S, Nakagawa K, Ishikawa Y, Miki Y (1癌研究会有明病院細胞診断部, 2呼吸器外): Rinsyo Byori 2008/10; 56 (10): 581-7.

110139. [原著] ATP Citrate Lyase: Activation and Therapeutic Implications in Non-Small Cell Lung Cancer. Toshiro Migita1, Tadahito Narita, Kimie Nomura, Erika Miyagi, Fumika Inazuka, Masaaki Matsuura, Masaru Ushijima, Tetsuo Mashima, Hiroyuki Seimiya, 佐藤之俊2, Sakae Okumura, Ken Nakagawa, Yuichi Ishikawa (1癌研究会研究所病理部, 2呼吸器外): Cancer Res 2008/10; 68 (20): 8547-54.

110140. [原著] Multiplex reverse transcription-PCR screening for EML4-ALK fusion transcripts. Takeuchi K1, Choi YL, Soda M, Inamura K, Togashi Y, Hatano S, Enomoto M, Takada S, Yamashita Y, 佐藤之俊2, Okumura S, Nakagawa K, Ishikawa Y, Mano H (1癌研究会研究所病理部, 2呼吸器外): Clin Cancer Res 2008/10; 14 (20): 6618-24.

110141. [原著] Pulmonary ground-glass opacity (GGO) lesions - large size and a history of lung cancer are risk factors for growth. Hiramatsu M1, Inagaki T, Inagaki T, Matsui Y, 佐藤之俊2, Okumura S, Ishikawa Y, Miyaoka E, Nakagawa K (1癌研究会有明病院呼吸器外科, 2呼吸器外): J Thorac Oncol 2008/11; 3 (11): 1245-50.

110142. [原著] Diffuse malignant pleural mesothelioma: A multi-institutional clinicopathological study. 伊豫田明1, Yusa T2, Kadoyama C3, Sasaki K4, Kimura H5, Yamakawa H6, Shiba M6, Fujisawa T7, Yoshino I7 (1吸器外, 2千葉労災病院, 3埼玉赤十字センター, 4千葉癌センター, 5千葉東病院, 6君津中央病院, 7千葉大学病院): Surg Today 2008/11; 38 (11): 993-8.

110143. [原著] Correlation between morphology and EGFR mutations in lung adenocarcinomas. Significance of the micropapillary pattern and the hobnail cell type. Ninomiya H1, Hiramatsu M, Inamura K, Nomura K, Okui M, Miyoshi T, Okumura S, 佐藤之俊2, Nakagawa K, Nishio M, Horai T, Miyata S, Tsuchiya E, Fukayama M, Ishikawa Y (1癌研究会有明病院呼吸器外科, 2呼吸器外): Lung Cancer 2009/2; 63 (2): 235-40.

120033. [原著] 右上葉左上区発生肺癌における気管分岐部リンパ節 (#7) 郭清省略の妥当性に関する検討. 上原浩文1, 奥村 栄1, 佐藤之俊2, 坂尾幸則1, 文 敏景1, 今清水恒太1, 矢部三男1, 中川 健1, 西尾誠人1, 石川雄一3 (1癌研究会有明病院呼吸器外科, 2呼吸器外, 3癌研究会有明病院病理部): 肺癌 2008/8; 48 (4): 266-72.

310010. [症例報告] A solitary metastatic lung tumor from thyroid papillary carcinoma diagnosed by endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration (EBUS-TBNA): report of a case. Sakairi Y, Yasufuku K, 伊豫田明1, Suzuki M, Nakajima T, Sekine Y, Shibuya K, Takahashi Y, Nakatani Y, Fujisawa T (1呼吸器外): Surg Today 2008; 38 (1): 46-8.

320025. [症例報告] 限局性悪性胸膜中皮腫の1切除例. 稲垣智也1, 佐藤之俊2, 奥村 栄3, 中川 健3, 二宮浩範1, 石川雄一4 (1順天堂大学病院医学部呼吸器外科, 2呼吸器外, 3癌研究会有明病院呼吸器外科, 4癌研究会研究所病理部): 肺癌 2008; 48: 43-50.

320026. [症例報告] 卵巣膿腫出血が横隔膜を介し左血胸に進展したと考えられた1例. 根津賢司1, 高橋 広, 松岡欣也, 佐川 庸, 酒井 堅 (1呼吸器外): 日本臨床外科学会雑誌 2008; 69 (2): 332-6.

320027. [症例報告] インターフェロン療法中に退縮し, 内視鏡下切除で局所制御された腔内型定型的気管支カルチノイドの1例. 小川史洋1, 佐藤之俊1, 奥村 栄2, 中川 健2, 稲垣智也3 (1呼吸器外, 2癌研究会有明病院呼吸器外科, 3順天堂大学医学部呼吸器外科): 気管支学 2008/9; 30 (5): 271-7.

320028. [症例報告] 脊柱管内進展を認めた稀な後縦隔原発血管脂肪腫の1手術例. 根津賢司1, 高橋 広, 松岡欣也, 佐川 庸, 岡本憲省, 日浅浩成 (1呼吸器外): 日本呼吸器外科学会雑誌 2008/12; 22 (1): 221-5.

320029. [症例報告] 腎癌術後転移性肺癌を契機に発見された異所性肝細胞癌の1手術例. 根津賢司1, 澤田貴裕, 畑地 豪, 佐川 庸, 河崎秀樹, 前田智治 (1呼吸器外): 日本臨床外科学会雑誌 2008/12; 69 (12): 3252-6.

520103. [総説] 80歳以上高齢者のがん治療を考える. 小川史洋1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 外科治療 2008/8; 99 (2): 150-5.

520104. [総説] 肺癌と細胞診. 佐藤之俊 (呼吸器外科): 呼吸 2008/12; 27 (12): 1115-6.

520105. [総説] 予後因子に基づいた肺癌術後の効果的なfollow-up. 根津賢司1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 外科治療; 2009/3; 100 (3): 264-70.

[著 書]

620115. [学術書] (分担執筆) 【新領域別症候群シリーズ: 呼吸器症候群 (第版) III−その他の呼吸器疾患を含めて−】VIII 腫瘍性疾患 A.上皮性 (原発性腫瘍) 4. 異型腺腫様過形成, p.16-9. 伊豫田明1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外), 日本臨牀社, 2009/3発行.

[学会・研究会等]

713098. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A Report of a Case with Intraluminal Typical Bronchial Carcinoid Reduced by Alpha-Interferon Therapy and Bronchoscopic Hot Biopsy. 小川史洋1, 佐藤之俊1, Sakae Okumura, Ken Nakagawa, Yuhichi Ishikawa (1呼吸器外): 15th World Congress for Bronchology - WCB and 15th World Congress for Bronchoesophagology - WCBE (2008/4/1), Tokyo, Japan.

713099. [学会 (国際)] (一般口演) Computer-controlled Hand-actuated Stapling System: the First Application for General Lung Surgery in Japan. 佐藤之俊1, 松井啓夫1, 小川史洋1, 天野英樹1, 原 英則1, 根津賢司1, 伊豫田明1 (1呼吸器外): The 6th Annual Winter Symposium: Enabling Surgery Through Digital Technology (2009/1/9), Deer Varrey, Utah, USA.

722087. [学会 (全国)] (学会賞受賞講演) テーラーメイド医療を目指した肺癌に対する臨床病理学的研究: 大細胞神経内分泌癌の病理・分子診断と治療戦略. 伊豫田明 (呼吸器外): 第25回日本呼吸器外科学会総会 (2008/5/30), 宇都宮, 日本呼吸器外科学会雑誌 2008/4; 22 (3): 373.

722088. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肺大細胞神経内分泌癌に対する治療戦略. 伊豫田明1, 原 英則1, 蒋 世旭2, 小川史洋1, 松井啓夫1, 天野英樹1, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第49回日本肺癌学会総会 (2008/11/13), 北九州, 日本肺癌学会雑誌 2008/10; 48 (5): 418.

722089. [学会 (全国)] (教育講演) 呼吸器腫瘍の細胞診: 小型細胞からなる腫瘍の鑑別. 佐藤之俊 (呼吸器外): 第47回日本臨床細胞学会秋期大会 (2008/11/15), 東京 (グランドプリンスホテル新高輪), 日本臨床細胞学会雑誌 2008/9; 47: 293.

722090. [学会 (全国)] (シンポジウム) TP receptor signaling enchances angiogenesis during ischemia via P-selectin mediated adhesion of platelets to endothelial cells. 天野英樹1, 加藤伸太朗2, 伊藤義也3, 鈴木立紀4, 松井啓夫1, Shibuya M, 佐藤之俊1, Narumiya S, 馬嶋正隆4 (1呼吸器外, 2循環器内, 3外科, 4薬理): 第34回日本微小循環学会年次総会 (2009/2/21), 東京 (北里大学薬学部コンベンションホール).

723385. [学会 (全国)] (一般口演) 急性下肢循環障害モデルの血管新生におけるVEGFR-1チロシンキナーゼの役割. 天野英樹1, 加藤伸太郎2, 伊藤義也3, 渋谷正史4, 馬嶋正隆5, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2循環器内科学, 3外科, 4東京大学, 5薬理): 第108回日本外科学会定期学術集会 (2008/5/1), 長崎, 日本外科学会雑誌 2008.

723386. [学会 (全国)] (ポスター) 大腸癌肺転移に対する定位放射線治療の検討. 原 英則1, 小川史洋1, 松井啓夫1, 天野英樹1, 久朗津尚美1, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第25回日本呼吸器外科学会総会 (2008/5/29), 宇都宮, 日本呼吸器外科学会雑誌 2008/4; 22 (3): 473.

723387. [学会 (全国)] (ポスター) 腎細胞癌肺転移切除例の検討. 松井啓夫1, 小川史洋1, 久朗津尚美1, 天野英樹1, 原 英則1, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第25回日本呼吸器外科学会総会 (2008/5/29), 宇都宮, 日本呼吸器外科学会雑誌 2008/4; 22 (3): 474.

723388. [学会 (全国)] (ポスター) 気管気管支原発腺様嚢胞癌切除例の検討. 小川史洋1, 佐藤之俊1, 今清水恒太2, 矢部三男2, 上原浩文2, 奥村 栄2, 中川 健2 (1呼吸器外, 2癌研究会有明病院呼吸器外科): 第25回日本呼吸器外科学会総会 (2008/5/29), 宇都宮, 日本呼吸器外科学会雑誌 2008/4; 22 (3): 550.

723389. [学会 (全国)] (ポスター) 甲状腺癌術後気管壁再発に対し気管管状切除を施行した1例. 根津賢司1, 高橋 広2, 松岡欣也3, 佐川 庸3 (1呼吸器外, 2愛媛県立中央病院呼吸器外科, 3愛媛県立中央病院甲状腺外科): 第25回日本呼吸器外科学会総会 (2008/5/29), 宇都宮, 日本呼吸器外科学会雑誌 2008/4; 22 (3): 588.

723390. [学会 (全国)] (ポスター) 多汗症に対する胸腔鏡下交感神経遮断術の検討. 天野英樹1, 小川史洋1, 松井啓夫1, 久朗津尚美1, 原 英則1, 井上準人1, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第25回日本呼吸器外科学会総会 (2008/5/30), 宇都宮, 日本呼吸器外科学会雑誌 2008/4; 22 (3): 591.

723391. [学会 (全国)] (一般口演) 肺多形癌の細胞学的検討. 星 利良1, 古田則行1, 平井康夫1, 宝来 威1,2, 元井紀子1,3, 石川雄一3, 佐藤之俊4 (1癌研有明病院細胞診断部, 2癌研有明病院呼吸器内科, 3癌研有明病院病理, 4呼吸器外): 第49回日本臨床細胞学会総会 (春季大会) (2008/6/7), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌 2008/3; 47: 104.

723392. [学会 (全国)] (一般口演) 気管分岐部に病変が及んだ腺様嚢胞癌の1治療経験. 井上孝司1, 塩尻正明1, 中西徳彦1, 森高智典1, 上田暢男1, 根津賢司1,2, 高橋 広1 (1愛媛県立中央病院呼吸器外科, 2呼吸器外): 第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2008/6/13), 大阪, 気管支学 2008/3; 30: 164.

723393. [学会 (全国)] (一般口演) 術後8年目に発症した乳癌結腸転移再発の1例. 松岡欣也1, 佐川 庸1, 高橋 広1, 根津賢司1,2, 前田智治1, 古谷敬三1 (1愛媛県立中央病院呼吸器外科, 2呼吸器外): 第16回日本乳癌学会総会 (2008/9/26), 大阪, 日本乳癌学会プログラム抄録集 2008; p.550.

723394. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺大細胞神経内分泌癌切除症例の検討. 伊豫田明1, 原 英則1, 蒋 世旭2, 松井啓夫1, 小川史洋1, 天野英樹1, 岡安 勲2, 吉村博邦, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第61回日本胸部外科学会定期学術集会 (2008/10/12-15), 福岡.

723395. [学会 (全国)] (ポスター) 肺切除におけるデジタルステープリングの応用. 佐藤之俊1, 伊豫田明1, 松井啓夫1, 小川史洋1, 天野英樹1, 原 英則1, 吉村博邦1 (1呼吸器外): 第61回日本胸部外科学会定期学術集会 (2008/10/15), 福岡.

723396. [学会 (全国)] (一般口演) 腫瘍増殖及び転移におけるトロンボキサンA2の役割. 天野英樹1, 松井啓夫1, 伊藤義也2, 加藤伸太郎3, 成宮 周4, 佐藤之俊1, 馬嶋正隆5 (1呼吸器外, 2外科, 3循環器内, 4京都大学薬理学, 5薬理): 第67回日本癌学会総会 (2008/10/29), 名古屋.

723397. [学会 (全国)] (一般口演) 原発性非小細胞肺癌切除時の胸腔内洗浄液におけるTRCによるCEA mRNAの迅速的検出の検討. 須貝幸子1, 佐藤之俊2,4, 小松美樹, 奥村栄2, 中川 健2, 石川雄一3, 三木義男 (1癌研有明病院細胞診断部, 2癌研有明病院呼吸器外科, 3癌研有明病院病理部, 4呼吸器外): 第67回日本癌学会総会 (2008/10/29), 名古屋.

723398. [学会 (全国)] (ポスター) 経気管支穿刺吸引細胞診にて悪性胸膜中皮腫細胞が認められた2例. 星 利良1, 古田則行1, 平井康夫1, 宝来 威1,2, 元井紀子1,3, 石川雄一3, 佐藤之俊4 (1癌研有明病院細胞診断部, 2癌研有明病院呼吸器内科, 3癌研有明病院病理, 4呼吸器外): 第47回日本臨床細胞学会秋期大会 (2008/11/14), 東京 (グランドプリンスホテル新高輪), 日本臨床細胞学会雑誌 2008/9; 47: 561.

723399. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺大細胞神経内分泌癌に対する治療戦略. 伊豫田明1, 原 英則1, 蒋 世旭2, 小川史洋1, 松井啓夫1, 天野英樹1, 岡安 勲2, 吉村博邦, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第49回日本肺癌学会総会 (2008/11/13), 北九州市.

723400. [学会 (全国)] (ポスター) Gefitinib投与後に縦隔リンパ節転移が消失し, 肺切除可能となった1手術例. 根津賢司1, 澤田貴裕2, 畑地 豪2, 松岡欣也2, 佐川 庸2, 喜安佳人2 (1呼吸器外, 2愛媛県立中央病院呼吸器外科): 第49回日本肺癌学会総会 (2008/11/14), 北九州, 日本肺癌学会雑誌 2008/10; 48 (5): 603.

723401. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における80歳以上の超高齢者非小細胞肺癌切除例の検討. 小川史洋1, 松井啓夫1, 天野英樹1, 原 英則1, 伊豫田明1, 蒋 世旭2, 岡安 勲2, 益田典幸3, 早川和重4, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理, 3呼吸器内, 4放射線): 第49回日本肺癌学会総会 (2008/11/14), 北九州, 日本肺癌学会雑誌 2008/10; 48 (5): 642.

723402. [学会 (全国)] (ポスター) 肺癌とLAMが併存した稀な2症例. 澤田貴裕1, 根津賢司2, 畑地 豪1, 大浦裕之3, 半田政志3, 武内健一4, 平野春人3,4, 守義明4, 宇部健治4, 冨地信和5, 小野貞英5 (1愛媛県立中央病院呼吸器外科, 2呼吸器外, 3岩手県立病院呼吸器外科, 4岩手県立病院呼吸器内科, 5岩手県立中央病院病理診断センター): 第49回日本肺癌学会総会 (2008/11/14), 北九州, 日本肺癌学会雑誌 2008/10; 48 (5): 637.

72343. [学会 (全国)] (ポスター) 術前細胞診が有用であった大腸癌肺転移と原発性肺腺癌の合併した一例. 鈴木奈緒子1, 星 利良1, 古田則行1, 平井康夫1, 宝来 威1,2, 元井紀子1,3, 石川雄一3, 佐藤之俊4 (1癌研有明病院細胞診断部, 2癌研有明病院呼吸器内科, 3癌研有明病院病理, 4呼吸器外): 第47回日本臨床細胞学会秋期大会 (2008/11/15), 東京 (グランドプリンスホテル新高輪), 日本臨床細胞学会雑誌 2008/9; 47: 584.

723404. [学会 (全国)] (一般口演) PCPS下に緊急開胸手術を施行し救命し得た穿孔性肺損傷の1例. 根津賢司1, 澤田貴裕2, 畑地 豪2, 松岡欣也2, 佐川 庸2, 喜安佳人2, 堀 隆樹2 (1呼吸器外, 2愛媛県立中央病院呼吸器外科): 第70回日本臨床外科学会総会 (2008/11/27), 東京 (ホテルニューオータニ東京), 日本臨床外科学会雑誌 2008; 69: 681.

723405. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TP receptor signaling enhances angiogenesis during ischemia via P-selectin mediated adhesion of platelets to endothelial cells. 天野英樹1, Kato S, Ito Y, 鈴木立紀2, 松井啓夫1, Sibuya M, 佐藤之俊1, Narumiya S, 馬嶋正隆2 (1呼吸器外, 2薬理): 第34回日本微小循環学会年次総会 (2009/2/21), 東京.

731082. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 肺癌の診断と治療. 佐藤之俊 (呼吸器外): 第24回日本臨床細胞学会山梨県支部総会・学術集会 (2009/2/7), 甲府.

733129. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 偶然発見された左肺底動脈下行大動脈起始症の1手術例. 畑地 豪1, 澤田貴裕1, 根津賢司2, 井上考司1, 曽我美子1 (1愛媛県立中央病院呼吸器外科, 2呼吸器外): 第47回日本肺癌学会中国四国支部会 (2008/7/1), 高知, 日本肺癌学会雑誌 2008; 48: 368.

733130. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 対側胸腔内に再発を認めた限局性悪性胸膜中皮腫 (LMM) の1例. 小川史洋1, 木村美智子1, 松井啓夫1, 天野英樹1, 原 英則1, 伊豫田明1, 蒋 世旭2, 岡安 勲2, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第152回日本肺癌学会関東部会 (2008/7/5), 東京.

733131. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 切除後7年後に対側胸腔内に再発を認めた限局型悪性胸膜中皮腫の1例. 小川史洋1, 木村美智子, 松井啓夫1, 天野英樹1, 原 英則1, 伊豫田明1, 吉村博邦, 佐藤之俊1, 蒋 世旭2, 岡安 勲2 (1呼吸器外, 2病理): 第152回日本肺癌学会関東部会 (2008/7/5), 東京.

733132. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胸腔鏡下交感神経焼灼術による多汗症の治療. 松井啓夫1, 天野英樹1, 小川史洋1, 原 英則1, 伊豫田明1, 吉村博邦1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第125回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会 (2008/7/19), 東京.

733133. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) SIADHを合併した前縦隔発生神経芽腫の一切除例. 小川史洋1, 天野英樹1, 原 英則1, 松井啓夫1, 伊豫田明1, 徳山 宣2, 一戸昌明2, 蒋 世旭2, 岡安 勲2, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第147回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2008/9/6), 東京.

733134. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 外陰部乳房外に合併した原発性肺癌の1切除例. 小川史洋1, 天野英樹1, 原 英則1, 松井啓夫1, 伊豫田明1, 吉村博邦1, 佐藤之俊1, 徳山 宣2, 戸昌明2, 蒋 世旭2, 岡安 勲2 (1呼吸器外, 2病理): 第22回日本臨床細胞学会関東連合会学術集会 (2008/9/20), 東京.

733135. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 間質性肺炎を伴った肺MALTリンパ腫の1例. 天野英樹1, 伊豫田明1, 小川史洋1, 松井啓夫1, 原 英則1, 吉村博邦1, 龍華慎一郎2, 益田典幸2, 一戸昌明3, 蒋 世旭3, 岡安 勲3, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2呼吸器内, 3病理): 第126回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会 (2008/9/27), 東京.

733136. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 気管支結核に対し気管支形成術を施行した1例. 早川信崇1, 後藤 毅2 (1聖隷横浜病院, 2呼吸器外): 第126回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会 (2008/9/27), 東京.

733137. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肺炎にて入院, TBLBとウイルス同定検査にてアデノウイルス肺炎と診断した一例. 若林義賢1, 久朗津尚美2, 丸茂一義1 (1東京警察病院呼吸器科, 2呼吸器外): 第182回日本呼吸器学会関東地方会 (2008/11/15), 東京.

733138. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 術前未確診の右肺腺癌切除例:診断、治療指針に苦慮した1例. 根津賢司1, 小川史洋1, 松井啓夫1, 天野英樹1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第1回神奈川呼吸器外科研究会 (2008/12/6), 横浜 (ワークピア横浜).

733139. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 気胸術後に診断された肺胞嚢発生の非小細胞癌の1例. 天野英樹1, 根津賢司1, 小川史洋1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第153回日本肺癌学会関東部会 (2008/12/13), 東京.

733140. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 左気胸を伴った肺好酸球性肉芽腫の1例. 小川史洋1, 天野英樹1, 松井啓夫1, 根津賢司1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1, 高倉 晃2, 久保田勝2, 益田典幸2, 一戸昌明3, 三枝 信3, 蒋 世旭3, 岡安 勲3 (1呼吸器外, 2呼吸器内, 3病理): 第127回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会 (2008/12/13), 東京 (京王プラザホテル).

733141. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 自然退縮後に重症筋無力症を発症した胸腺腫の1切除例. 高橋美智子1, 井上準人1, 天野英樹2, 佐藤之俊2 (1国立病院機構相模原病院, 2呼吸器外): 第148回日本胸部外科学会関東甲信越地方会医会 (2008/12/20), 東京 (慶應義塾大学病院).

733142. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 受傷後1週間目に発症した遅発性外傷性右血胸の1手術例. 小川史洋1, 天野英樹1, 松井啓夫1, 根津賢司1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第18回日本呼吸器外科医会冬季学術集会 (2009/2/6), 福島 (あだたら高原).

733143. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 画像上原発性肺癌との鑑別に苦慮した多発結節性肺病変の一例. 天野英樹1, 伊豫田明1, 小川史洋1, 松井啓夫1, 原 英則1, 根津賢司1, 吉村博邦1, 山本倫子2, 益田典幸2, 一戸昌明3, 蒋 世旭3, 岡安 勲3, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2呼吸器内, 3病理): 第154回日本肺癌学会関東部会 (2009/3/14), 東京.

H19年度以前分

H19-110012. [原著] LKB1 protein expression in neuroendocrine tumors of the lung. LinksAmin RM, Hiroshima K, 伊豫田明1, Hoshi K, Honma K, Kuroki M, Kokubo T, Fujisawa T, Miyagi Y, Nakatani Y (1呼吸器外): PATHOLOGY INTERNATIONAL 2008/2; 58 (2): 84-8.


脳神経外科学

[学術論文]

110144. [原著] Supratentorial craniotomy using a threadwire saw -technical note-. 清水 暁1, 宮崎朋子1, 鈴木祥生1, 山田 勝1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): Neurol Med chir (Tokyo) 2008/4; 48: 191-4.

110145. [原著] Course of the bony canal associated with high-positioned supraorbital foramina: an anatomic study to facilitate safe mobilization of the supraorbital nerve. 清水 暁1, 大澤成之1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): Minim Invas Neurosurg 2008/4; 51 (2):119-23.

110146. [原著] Modified irrigation hose placement in draping for craniotomy: provision of a free foot space for surgeons: technical note. 清水 暁1, 宇津木聡1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): Minim Invas Neurosurg 2008/4; 51 (2): 124-5.

110147. [原著] Shortening of ventricular shunt catheter associated with cranial growth: effect of the frontal and parieto-occipital access route on long-term shunt patency. 中原邦晶1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 山田 勝1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外, 2放射線): Childs Nerv Syst 2008/9; 25: 91-4.

110148. [原著] Microsurgical Anatomy and Surgical Exposure of the Petrous Segment of the Internal Carotid Artery. 大澤成之1, Albert L Rhoton, Jr2, Necmettin Tanriover2, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): Neurosurgery 2008/10; 63 (suppl 2): 210-39.

110149. [原著] Neurophysiological mechanisms of conduction impairment of the auditory nerve during cerebellopontine angle surgery. 佐藤澄人1, 山田 勝1, 小泉寛之1, 小野沢裕也2, 下河ナオミ2, 河島江美2, 藤井清孝1 (1脳外, 2臨検部): Clinical Neurophysiol 2009/2; 120 (2): 329-35.

110150. [原著] Efficacy of Selective Transarterial Chemotherapy Using a Port System for Angiosarcomas of the Face and Scalp. 岩本和久1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 佐藤公俊1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 増澤幹男3 (1脳外2, 放射線, 3皮膚): Intervent Neuroradiol 2008; 14: 137-41.

110151. [原著] Endovascular surgery using stents for vertebral artery dissecting aneurysms and a review of the literature. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岩本和久1, 佐藤公俊1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 山田 勝1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): Minim Invas Neurosurg 2008; 51: 193-8.

110152. [原著] Relationship between Focal Inflammation and Symptom Exacerbation after Endovascular Coil Embolization for Symptomatic Intracranial Aneurysms. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岩本和久1, 山田 勝1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): Intervent Neuroradiol 2008; 14: 179-84.

110153. [原著] Bony Tunnel Formation in the Middle Meningeal Groove: An Anatomic Study for Safer Pterional Craniotomy. 清水 暁1, 萩原宏之1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 中山賢司, 藤井清孝1 (1脳外): Minim Invas Neurosurg 2008; 51: 329-32.

110154. [原著] Individual adjuvant therapy for malignant gliomas based on O6-methylguanine-DNA methyltransferase messenger RNA quantitation by real-time reverse-transcription polymerase chain-reaction. Tanaka S, Akimoto J, Kobayashi I, 岡 秀宏1, Ujiie H (1脳外): ONCOLOGY REPORTS 2008; 20: 165-71.

120034. [原著] 良性発作性頭位眩暈症に対する浮遊耳石置換法の解剖学的原理. 清水 暁1, 田中柳水, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳神経外科速報 2008/5; 18 (5): 610-5.

120035. [原著] 頭蓋骨骨折による動脈出血. 鈴木祥生 (脳外): 救急医学 2008/6; 32 (6): 663-6.

120036. [原著] Distal ACA動脈瘤の治療戦略に関して−微小外科解剖の応用−. 河島雅到, 萩原宏之1, 中山賢司, 植村研一2, 北原孝雄3, 遠藤昌孝1, 藤井清孝1 (1脳外, 2横浜市立脳血管センター脳神経外科, 3救命): 脳卒中の外科 2008; 36: 298-305.

120037. [原著] 特殊な病態に対する頸動脈ステント留置術の有効性と問題点. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岩本和久1, 山田 勝1, 溝上康治1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 藤井清孝1, 菅 信一2, 飯塚高浩3 (1脳外, 2放射線, 3神経内): 日本血管内治療学会誌 2008; 9 (1): 11-8.

120038. [原著] 1歳未満の外傷性頭蓋内出血手術例の検討. 栗田真理1, 清水 暁1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 石渡雅男, 宮坂佳男, 藤井清孝1 (1脳外, 2救命): Nervous System in Children 2008; 33 (5): 450-6.

120039. [原著] 前額部におけるチタンミニプレート埋入法−不快な膨隆の回避策−. 清水 暁1, 萩原宏之1, 中山賢司, 藤井清孝1 (1脳外): No Shinkei Geka 2009/1; 37 (1): 43-6.

120040. [原著] 側脳室三角部の微小外科解剖と手術アプローチ. 藤井清孝1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 河島雅到, 宇津木聡1, 鈴木祥生1, Albert L Rhoton, Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 脳外誌 2009/3; 18 (3): 196-204.

120041. [原著] 眼症状を呈する脳神経外科疾患. 倉田 彰 (脳外): 神経眼科 2009/3; 26 (1):23-34.

120042. [原著] 急性期破裂脳動脈瘤の治療選択の現状 (第一報)−2005年前向き集計−. 塩川芳昭1, 栗田浩樹1, 藤井清孝2, 集計参加施設 (1杏林大学脳神経外科, 2脳外): 脳卒中の外科 2009; 37: 1-6.

120043. [原著] 急性期破裂脳動脈瘤の治療選択の現状 (第2報)−2005年前向き集計と1994年前向き集計との比較−. 塩川芳昭1, 栗田浩樹1, 斎藤 勇, 藤井清孝2 (1杏林大学脳神経外科, 2脳外): 脳卒中の外科 2009; 37: 7-11.

120044. [原著] 脳卒中治療におけるクリニカルパス. 大高弘稔1, 岡田卓郎, 高野 誠, 宮島良輝1, 角田尚幸2, 比留間恵3 (1脳外, 2東大和病院神経内科, 3東大和病院看護部): 救急医学 2009; 32: 1599-606.

310011. [症例] Radiculopathy at the C5/6 intervertebral foramen resulting in isolated atrophy of the deltoid: an aberrant innervation complicating diagnosis. Report of two cases. 清水 暁1, 橘 滋国, 鷺内隆雄, 栗田真理1, 藤井清孝1 (1脳外): Eur Spine J 2008/4; 17 (Suppl 2): S338-41.

310012. [症例] Atypical teratoid/rhabdoid tumour in sella turcica in an adult. 有田和徳1, 杉山一彦2, 佐野壽昭3, 岡 秀宏4 (1鹿児島大学脳神経外科, 2広島大学脳神経外科, 3徳島大学病理, 4脳外): Acta Neurochir (Wien) 2008/5; 150: 491-6.

310013. [症例] Unusual location of anterior communicating artery aneurysm located on the planum sphenoidale due to long A1 segments -case report-. 河島雅到, 遠藤昌孝1, 北原孝雄2, 相馬一亥2, 藤井清孝1 (1脳外, 2救命): Neurol Med Chir (Tokyo) 2008/6; 48 (6): 254-6.

310014. [症例] Subarachnoid haemorrhage due to a lateral spinal artery aneurysm misdiagnosed as a posterior inferior cerebellar artery aneurysm: case report and litareture review. 栗田真理1, 遠藤昌孝1, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外, 2救命): Acta Neurochir 2009/2; 151: 165-9.

310015. [症例] Radiation-induced osteosarcoma with a rhabdomyosarcoma component arising from the dura mater: a case report. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 佐藤公俊1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): Clin Neuropathol 2009; 28 (2): 96-100.

320030. [症例] 経蝶形骨洞下垂体腺腫摘出術後に生じた仮性動脈瘤に対するステント併用コイル塞栓術の1例. 岩本和久1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 小林郁夫, 鷺内隆雄, 福島 浩, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳神経血管内治療 2008/5; 21 (1):45-9.

320031. [症例] 診断の遅延した感染性動脈瘤再破裂例の1手術例. 栗田真理1, 宮坂佳男, 石渡雅男, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外, 2救命): No Shinkei Geka 2008/7; 36 (7): 633-8.

320032. [症例] 頸椎後方減圧術におけるwrong level surgeryの2例−原因と予防−. 清水 暁1, 鷺内隆雄, 三井公彦, 橘 滋国, 藤井清孝1 (1脳外): 脊椎・脊髄神経手術手技学会誌 2008/8; 10 (1): 161-4.

320033. [症例] 1歳未満の外傷性頭蓋内出血手術例の検討. 栗田真理1, 清水 暁1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝1, 石渡雅男, 宮坂佳男, 藤井清孝1 (1脳外, 2救命): 小児の脳神経 2008/10; 33 (5): 450-6.

520106. [総説] 血管内治療. 倉田 彰 (脳外): ブレインナーシング 2008/8; 夏期増刊号: 215-33.

521018. [解説] どうする? ドレーン管理 4. どうなったら危険? 正常と異常の見分け方. 山田 勝 (脳外): BRAIN NURSING 2008/6; 24 (6): 41-8.

522018. [講座] 画像上の浮腫の有無によるglioblastomaの病理組織像と臨床像の特徴. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 宮島良輝1, 鈴木祥生1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1 (1脳外): 北里医学 2008/6; 38:39-42.

522019. [講座] 軽度の頭痛で発症するくも膜下出血 (Q&A). 藤井清孝 (脳外): 日本医事新報 2008/8; 4401: 89-90.

522020. [講座] けいれんが起きた. 宇津木聡 (脳外): ブレインナーシング 2008/11; 24 (11): 40-5.

522021. [講座] スッキリ解決! Q&A. 宇津木聡 (脳外): ブレインナーシング 2008/11; 24 (11): 1044.

522022. [講座] もうしかられない! ドクターコールのタイミングと伝え方〜観察・アセスメント〜けいれんが起きた. 宇津木聡 (脳外): BRAIN NURSING 2008/11; 24 (11): 1068-73.

530002. [その他 (letter)] Endolymphatic Sac Tumors. 清水 暁 (脳外): J Neurosurg 2008/9; 109: 569-70.

530003. [その他 (letter)] A Novel Approach to the Diagnosis and Management of Meralgia Paresthetica. 清水 暁 (脳外): Neurosurgery 2008/10; 63 (4): E820.

540034. [その他 (letter)] さしがねを用いた円蓋部病変のlocalization法. 清水 暁 (脳外): No Shinkei Geka 2008/9; 36 (9): 828-9.

540035. [その他 (短報・速報)] 日本脳神経外科女医会によせて−主張し, 行動する医師になろう−. 藤井清孝 (脳外): 日本脳神経外科女医会誌 2008; 38: 5-6.

540036. [その他 (短報・速報)] 私のおすすめの一冊, 一枚, 一軒「使う!論語」. 宇津木聡 (脳外): 脳神経外科速報 2008/2; 18 (2): 247.

540037. [その他 (短報・速報)] 週末シェフのすすめ. 宇津木聡 (脳外): 脳神経外科速報 2008/3; 18 (3): 370-1.

540038. [その他 (短報・速報)] 私のおすすめの一冊, 一枚, 一軒−カニ料理「愛知屋」−. 宇津木聡 (脳外): 脳神経外科速報 2008/4; 18 (4): 506.

540039. [その他 (短報・速報)] 私のおすすめの一冊, 一枚, 一軒「龍の棲む家」. 宇津木聡 (脳外): 脳神経外科速報 2008/5; 18 (5): 637.

540040. [その他 (短報・速報)] 日本の進む道−北里柴三郎博士の足跡を尋ねて−. 藤井清孝 (脳外): 脳神経外科ジャーナル 2008 10; 17 (10): 773-4.

540041. [その他 (短報・速報)] 私のおすすめの一冊, 一枚, 一軒「bills」. 宇津木聡 (脳外): 脳神経外科速報 2008 11; 18 (11): 1430.

540042. [その他 (短報・速報)] 私のおすすめの一冊, 一枚, 一軒「地図男」. 宇津木聡 (脳外): 脳神経外科速報 2008/12; 18 (12): 1544.

540043. [その他 (研究報告書)] 【文部科学省科学研究助成報告書 基盤研究C】正常下垂体および下垂体腺腫におけるAMFとその受容体発現の意義. 岡 秀宏 (脳外): 文部科学省科学研究助成報告書 基盤研究C 2008.

[著 書]

620116. [学術書] (分担執筆) 「標準脳神経外科学 (第11版)」脳腫瘍, p.156-67. 藤井清孝 (脳外), 監修 山浦 晶1, 田中隆一2 (1千葉県立衛生短期大学学長, 2燕労災病院院長), 編 児玉南海雄3, 佐々木富男4, 峯浦一喜5, 新井 一6, 冨永悌二7 (3福島県立医科大学名誉教授, 4九州大学大学院教授, 5京都府立医科大学教授, 6順天堂大学教授, 7東北大学大学院教授), 医学書院, 東京, 2008/4発行.

620117. [学術書] (分担執筆) 【顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XX 臨床に役立つ活きた脳神経外科手術解剖】眼窩上神経・大後頭神経の手術解剖, p.3-12. 清水 暁1, 大澤成之, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外), 編 井上 亨, にゅーろん社, 2008/5発行.

620118. [学術書] (分担執筆) 「脳神経外科エキスパート 間脳下垂体」疾患各論 Rathke嚢胞, p.275-82. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外), シリーズ編集者 佐伯直勝2, 伊達 勲3, 宝金清博4, 高安正和5 (2千葉大学教授, 3岡山大学教授, 4札幌医科大学教授, 5愛知医科大学教授), 株式会社エサップ, 東京, 2008/10発行.

621002. [学術書] (その他・DVD) もやもや病の症状−その理解のために−. 藤井清孝 (脳外), もやもや病の患者と家族の会 難病の子供支援全国ネットワーク, 2008発行.

[学会・研究会等]

712016. [学会 (国際)] (シンポジウム) Clinical features of Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor in Japan. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 13th International Symposium on Pediatric Neuro-Oncology (2008/7/1), Chicago.

712017. [学会 (国際)] (教育講演) Endoscopic Neurosurgery: its anatomy and surgery. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 2008吉林中日神経外科学会 (2008/11/12), 長春.

712018. [学会 (国際)] (教育講演) Diagnosis and management of Moyamoya disease. 藤井清孝 (脳外): 2008吉林中日神経外科学会 (2008/11/12), 長春.

713100. [学会 (国際)] (一般講演) 5-アミノレブリン酸(ALA) 投与後のポルフィリン測定による癌診断の可能性−ポルフィリン測定法の確立−. 石塚昌宏1, 上田康信1, 宇津木聡2, 小倉俊一郎3, 近藤雅雄4, 大倉一郎3 (1コスモ石油, 2脳神経外科, 3東京工業大学, 4東横学園女子短期大学): The 35th Annual Meeting of the Society for Porphyrin Research (2008/4/12), 東京.

713101. [学会 (国際)] (一般講演) Singnifiance of porphyrins in blood and urine of brain tumor patients that underwent 5-ALA administration. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 佐藤澄人1, 馬渕一樹1, 宮崎朋子1, 藤井清孝1 (1脳外): 9th Annual symposium of Japanese 5-ALA Association (2008/4/12), 東京.

713102. [学会 (国際)] (一般講演) Anterior choroidal artery and medial temporal lobe -Temporal lobe hemorrhage on Moyamoya disease-. 藤井清孝1, 山田 勝1, 田中柳水, Albert L Rhoton, Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): The 9th Japanese and Korean Friendship Conference on Surgery for Cerebral Stroke (2008/6/7), 韓国.

713103. [学会 (国際)] (ポスター) Autocrine mortility factor mRNA and its receptor mRNA expression in human pituitary adenomas. 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 藤井清孝1 (1脳外): The Congress of Neurosurgeons (2008/9/22), フロリダ.

722091. [学会 (全国)] (シンポジウム) 脳腫瘍術中迅速診断の正診率向上のために. 岡 秀宏1, 柿沼廣邦2, 岩渕啓一3, 原 敦子3, 宇津木聡1, 藤井清孝1, 岡安 勲3, 川野信之 (1脳外, 2病院病理部, 3病理): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/23), 東京.

722092. [学会 (全国)] (シンポジウム) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumorの集学的治療の現状と展望: 全国調査結果から. 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 清水 暁1, 中原邦晶1, 藤井清孝1 (1脳外): 第36回日本小児神経外科学会 (2008/5/29), 東京.

722093. [学会 (全国)] (シンポジウム) 内視鏡頭蓋底外科をminimal invasiveにするためのマインツ大学keyhole surgery教育システム. 岡 秀宏1, 藤井清孝1, アクセル・ペルネツキー2 (1脳外, 2マインツ大学脳神経外科): 第20回日本頭蓋底外科学会 (2008/7/7), 東京.

722094. [学会 (全国)] (シンポジウム) 胎児性脳腫瘍における外科病理: Atypical Tertoid/Rhabdoid Tumorを中心に. 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Bernd W Scheithauer2 (1脳外, 2Mayo Clinic): 第13回日本外科病理学会学術集会 (2008/9/27), 東京.

722095. [学会 (全国)] (その他・ラジオ収録) もやもや病について (対談 石川俊次: ソニー産業保健部統括産業医). 藤井清孝 (脳外): ドクターサロン (ラジオNIKKEI) (2008/10/2), 東京.

722096. [学会 (全国)] (シンポジウム) 脳室内腫瘍の手術と深部静脈: Velum interpositumへの手術アプローチに必要な微小解剖と実際. 岡 秀宏1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 第13回日本脳腫瘍の外科学会 (2008/10/20), 大阪.

722097. [学会 (全国)] (シンポジウム) 頭蓋咽頭腫の顕微鏡下神経内視鏡支援手術と単独手術. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第19回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2009/2/27), 東京.

723406. [学会 (全国)] (一般口演) KEYHOLE SURGERYのための最新型Vertial Reality 3-D Imaging (DEXTROSCOPE). 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Axel Perneczky2 (1脳外, 2マインツ大学脳神経外科): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/11), 長崎.

723407. [学会 (全国)] (一般口演) ナビゲーションシステムを利用した松果体部, 小脳上部虫部, 側脳室三角部近傍病変の手術治療. 河島雅到, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 宮島良輝1, 仁木 淳1, 大澤成之1, 山崎友也1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/11), 長崎.

723408. [学会 (全国)] (一般口演) パークベンチ体位に合併した頸部腫脹によりbrachial plexopathyを生じた1例. 清水 暁1, 佐藤公俊1, 馬渕一樹1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外, 2放射線): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/11), 長崎.

723409. [学会 (全国)] (一般口演) Occipital transtentorial approachによる松果体腫瘍摘出中に急性硬膜下血腫をきたした1症例. 山崎友也1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/11), 長崎.

723410. [学会 (全国)] (一般口演) 正確に脳室腹腔短絡術を行うための術中エコーガイド. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 遠藤昌孝1, 北原孝雄2, 溝上康治1, 仁木 淳1, 宮島良輝1, 馬渕一樹1, 藤井清孝1, 相馬一亥2 (1脳外, 2救命): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/11), 長崎.

723411. [学会 (全国)] (ポスター) 手術記録. 藤井清孝 (脳外): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/11), 長崎.

723412. [学会 (全国)] (一般口演) Threadwire saw (T-saw) を用いたテント上開頭と骨弁固定. 清水 暁1, 宮崎朋子1, 鈴木祥生1, 山田 勝1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/12), 長崎.

723413. [学会 (全国)] (一般口演) 腰椎腹腔短絡術におけるロールボードを用いた術中体位変換法. 清水 暁1, 萩原宏之1, 服部 聡2, 中山賢司, 藤井清孝1 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター麻酔科): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/12), 長崎.

723414. [学会 (全国)] (一般口演) 髄液シャント腹腔カテーテルの腹壁内迷入を予防する閉創法. 中原邦晶1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/12), 長崎.

723415. [学会 (全国)] (一般口演) Vidian canalの微小外科解剖. 大澤成之1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton, Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 第17回脳神経外科手術と機器学会 (2008/4/12), 長崎.

723416. [学会 (全国)] (ポスター) びまん性星状細胞腫と非機能性下垂体腺腫を合併した1例. 馬渕一樹1, 岡 秀宏1, 宮島良輝1, 山崎友也1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 藤井清孝1, 今野慎吾2, 田中 洋3 (1脳外, 2救命, 3茅ヶ崎市立病院脳神経外科): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/23), 東京.

723417. [学会 (全国)] (ポスター) 眼窩内に発生したhemangiopericytomaの一例. 宮崎朋子1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 河島雅到, 宮島良輝1, 溝上康治1, 仁木 淳1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/23), 東京.

723418. [学会 (全国)] (一般口演) 予後良好なAT/RT like tumor (grade 4相当) の一例. 加藤丈典1, 藤井正純1, 長坂徹朗2, 岡 秀宏3, 若林俊彦1 (1名古屋大学医学部脳神経外科, 2同検査部病理部門, 3脳外): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/24), 東京.

723419. [学会 (全国)] (一般口演) 中枢神経系悪性リンパ腫とEpstein-Barr virusの関連性: in situ hybridixation法による検討. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 中原邦晶1, 清水 暁1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/24), 東京.

723420. [学会 (全国)] (一般口演) 術中迅速診断における蛍光診断の役割. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 佐藤澄人1, 宮島良輝1, 安井美江2, 藤井清孝1, 原 敦子3, 柿沼廣邦4, 岡安 勲3, 川野信之 (1脳外, 2形態系, 3病理, 4病院病理部): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/24), 東京.

723421. [学会 (全国)] (ポスター) 眼窩内血管腫に感染が併発した一例. 阿部克智1, 岡 秀宏1, 河島雅到, 宇津木聡1, 馬渕一樹1, 仁木 淳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/24), 東京.

723422. [学会 (全国)] (ポスター) 定位的脳生検術により診断したIntravascular large B-cell lymphomaの1例. 山崎友也1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 佐藤澄人1, 酒井健史, 藤井清孝1 (1脳外): 第26回日本脳腫瘍病理学会 (2008/5/24), 東京.

723423. [学会 (全国)] (一般口演) T-sawを用いた小児の開頭と骨弁固定 中間報告. 宮崎朋子1, 中原邦晶1, 鈴木祥生1, 山田 勝1, 宇津木聡1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第36回日本小児神経外科学会 (2008/5/29), 東京.

723424. [学会 (全国)] (ポスター) PVシャント後に後天性Lacunar skull deformityを呈した一例. 中原邦晶1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 菅 信一2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外, 2放射線): 第36回日本小児神経外科学会2008/5/29), 東京.

723425. [学会 (全国)] (ポスター) ガス産生菌により気脳症を呈した1症例. 宮崎朋子1, 宇津木聡1, 宮島良輝1, 山崎友也1, 中原邦晶1, 鈴木祥生1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 田中 潔2, 坂東由紀3 (1脳外, 2外科, 3小児): 第36回日本小児神経外科学会 (2008/5/29), 東京.

723426. [学会 (全国)] (一般口演) Meningocele新生児例の切除組織の組織学的検索. 宇津木聡1, 山田 勝1, 山崎友也1, 佐藤澄人1, 中原邦晶1, 岡 秀宏1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第36回日本小児神経外科学会 (2008/5/30), 東京.

723427. [学会 (全国)] (一般口演) 小児もやもや病未治療例の経過. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 溝上康治1, 中原邦晶1, 宮崎朋子1, 馬渕一樹1, 藤井清孝1 (1脳外): 第36回日本小児神経外科学会 (2008/5/30), 東京.

723428. [学会 (全国)] (ポスター) 後頭/頭頂部髄膜脳瘤の2症例−修復術とmanagementに関する考察−. 馬渕一樹1, 山田 勝1, 宮崎朋子1, 仁木 淳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第36回日本小児神経外科学会 (2008/5/30), 東京.

723429. [学会 (全国)] (ポスター) 新生児発症の脳室内出血・髄膜炎による頭蓋内多発のう胞の神経内視鏡治療. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 近藤宏治1, 宮島良輝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第36回日本小児神経外科学会 (2008/5/30), 東京.

723430. [学会 (全国)] (ポスター) 脊髄円錐部髄内くも膜嚢胞の1例. 小泉寛之1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 仁木 淳1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回日本脊髄外科学会 (2008/6/12), 仙台.

723431. [学会 (全国)] (ポスター) Presyrinxの病態生理がMRIにて描出された1例. 清水 暁1, 鷺内隆雄, 大澤成之1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外, 2放射線): 第23回日本脊髄外科学会 (2008/6/13), 仙台.

723432. [学会 (全国)] (ポスター) Tuohy針とスタイレットによる腰椎ドレーン用皮下トンネルの安全な作成法. 清水 暁1, 萩原宏之1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 中山賢司, 藤井清孝1 (1脳外): 第20回日本頭蓋底外科学会 (2008/7/7), 東京.

723433. [学会 (全国)] (一般口演) Vidian canalの微小外科解剖. 大澤成之1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, AL Rhoton, Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 第20回日本頭蓋底外科学会 (2008/7/8), 東京.

723434. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学病院新医療導入海外派遣プロジェクト. 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Dieter K Ludecke2, Acel Perneczk2, Helmut Bertalanffy2 (1脳外, 2マインツ大学): 第11回日本病院脳神経外科学会 (2008/7/19), 札幌.

723435. [学会 (全国)] (一般口演) 中枢神経系悪性リンパ腫とEpstein-Barr virusの関連性: in situ hybridization法による検討. 岡 秀宏1, 宮島良輝1, 宇津木聡1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第9回日本分子脳神経外科学会 (2008/8/30), 京都.

723436. [学会 (全国)] (ポスター) 放射線頸部頸動脈狭窄・閉塞症の治療適応とタイミング−バイパス術とステント留置を併用した1例−. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 溝上康治1, 岩本和久1, 山崎友也1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第27回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2008/8/30), 仙台.

723437. [学会 (全国)] (ポスター) 遠位前大脳動脈瘤に対する脳血管内塞栓術の有用性. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岩本和久1, 山田 勝1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 溝上康治1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 菅 信一3 (1脳外, 2救命, 3放射線): 第27回The Mt. Fuji Workshop on CVD (2008/8/30), 仙台.

723438. [学会 (全国)] (ポスター) 脳底動脈窓形成部破裂脳動脈瘤. 溝上康治1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 中原邦晶1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/1), 盛岡.

723439. [学会 (全国)] (一般口演) 頭蓋内解離性脳動脈瘤の発症様式における診断治療の検討. 萩原宏之1, 清水 暁1, 中山賢司, 山本勇夫2, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター脳神経外科): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723440. [学会 (全国)] (一般口演) ボール紙製硬膜リトラクターを用いた蝶形骨翼ドリリング. 清水 暁1, 萩原宏之1, 中山賢司, 山本勇夫2, 藤井清孝1 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター脳神経外科): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723441. [学会 (全国)] (ポスター) 放射線性頸動脈狭窄・閉塞症−病態・治療と今後の展望−. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 溝上康治1, 山崎友也1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 阿部克智1, 犬飼 円1, 石山博條2 (1脳外, 2放射線): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723442. [学会 (全国)] (ポスター) 正確に脳室腹腔短絡術を行うための術中エコーガイド. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 中原邦晶1, 大澤成之1, 馬渕一樹1, 犬飼 円1, 阿部克智1, 藤井清孝1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723443. [学会 (全国)] (ポスター) 中枢神経系悪性リンパ腫とEpstein-Barr virusの関連性: in situ hybridization法による検討. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 中原邦晶1, 清水 暁1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723444. [学会 (全国)] (ポスター) Keyhole surgeryのための最新型Vertial Reality 3-D Imaging system (DEXTROSCOPE). 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Axel Perneczky2 (1脳外, 2マインツ大学脳神経外科): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723445. [学会 (全国)] (ポスター) 脳卒中患者における顎関節脱臼の臨床像. 清水 暁1, 高橋素彦2, 萩原宏之1, 中山賢司, 山本勇夫3, 藤井清孝1 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センターリハビリテーション科, 3同脳神経外科): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723446. [学会 (全国)] (ポスター) ICA petrous segmentの分枝の微小解剖. 大澤成之1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, AL Rhoton, Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/2), 盛岡.

723447. [学会 (全国)] (一般口演) 5-ALA投与後の脳腫瘍患者のポルフィリン測定. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 佐藤澄人1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 藤井清孝1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/3), 盛岡.

723448. [学会 (全国)] (一般口演) コイル治療後に直達手術を行い根治せしめた脳動脈瘤二症例. 河島雅到1, 山田 勝2, 萩原宏之2, 中山賢司, 藤井清孝2, 松島俊夫1 (1佐賀大学医学部脳神経外科, 2脳外): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/3), 盛岡.

723449. [学会 (全国)] (ポスター) 不十分なコイル治療後に直達手術を行い根治せしめた脳動脈瘤二症例. 河島雅到1, 山田 勝2, 萩原宏之2, 中山賢司, 藤井清孝2, 松島俊夫1 (1佐賀大学医学部脳神経外科, 2脳外): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/3), 盛岡.

723450. [学会 (全国)] (ポスター) 頸動脈狭窄症と虚血性眼症に関する研究. 中原邦晶1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 岩本和久1, 阿部克智1, 宮崎朋子1, 犬飼 円1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/3), 盛岡.

723451. [学会 (全国)] (ポスター) BA-SCA動脈瘤に対する血管内治療. 岩本和久1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 溝上康治1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 菅 信一3 (1脳外, 2救命, 3放射線): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/3), 盛岡.

723452. [学会 (全国)] (ポスター) 巨大内頸動脈瘤に対する瘤内塞栓術後の自然的内頸動脈閉塞について. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 岩本和久1, 中原邦晶1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 阿部克智1, 犬飼 円1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/3), 盛岡.

723453. [学会 (全国)] (ポスター) 上矢状静脈洞部硬膜動静脈瘻の治療戦略について. 阿部克智1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 岩本和久1, 中原邦晶1, 溝上康治1, 仁木 淳1, 小泉寛之1, 宮崎朋子1, 大澤成之1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 日本脳神経外科学会第67回学術総会 (2008/10/3), 盛岡.

723454. [学会 (全国)] (一般口演) 頭蓋頸椎移行部腹側のいわゆる硬膜外静脈叢の手術解剖. 清水 暁1, 岡 秀宏1, 三井公彦, 小泉寛之1, 宇津木聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第13回日本脳腫瘍の外科学会 (2008/10/21), 大阪.

723455. [学会 (全国)] (一般口演) 脳室内腫瘍手術における静脈損傷. 萩原宏之1, 清水 暁1, 中山賢司, 山本勇夫2 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター脳神経外科): 第13回日本脳腫瘍の外科学会 (2008/10/21), 大阪.

723456. [学会 (全国)] (一般口演) 覚醒下脳腫瘍摘出術における術中眼窩上神経ブロック法. 中原邦晶1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 清水 暁1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1 (1脳外): 第13回日本脳腫瘍の外科学会 (2008/10/21), 大阪.

723457. [学会 (全国)] (ポスター) さしがねを用いた円蓋部腫瘍のlocalization. 清水 暁1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第13回日本脳腫瘍の外科学会 (2008/10/21), 大阪.

723458. [学会 (全国)] (一般口演) Glioblastomaに対する放射線療法とnimustine, vincristine, interferon-beta併用療法の治療成績. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 宮島良輝1, 清水 暁1, 鈴木祥生1, 中原邦晶1, 藤井清孝1 (1脳外): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/11/1), 名古屋.

723459. [学会 (全国)] (一般口演) 腰椎椎弓切除後に生じた腰椎急性硬膜下血腫の1例. 鷺内隆雄, 小林郁夫, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第43回日本脊髄障害医学会 (2008/11/7), 北海道.

723460. [学会 (全国)] (一般口演) 女性化乳房を来した胸髄過誤腫の一例. 小林郁夫, 鷺内隆雄, 福島 浩, 谷崎義徳, 本告 匡1, 藤井清孝2 (1北里研究所メディカルセンター病院病理, 2脳外): 第43回日本脊髄障害医学会 (2008/11/7), 北海道.

723461. [学会 (全国)] (一般口演) 虚血発症成人もやもや病におけるPCA病変の特徴. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 藤井清孝1 (1脳外): 第20回日本脳循環代謝学会総会 (2008/11/7), 東京.

723462. [学会 (全国)] (一般口演) MTX大量療法時のMTX濃度低下遅延に対する柴苓湯の効果. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 佐藤澄人1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 宮島良輝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回日本脳神経外科漢方医学会学術集会 (2008/11/8), 東京.

723463. [学会 (全国)] (一般口演) 小脳橋角部手術中操作による蝸牛神経のjunctional zoneにおける脆弱性の神経生理学的検討. 佐藤澄人1, 山田 勝1, 小泉寛之1, 小野沢裕也2, 河島江美2, 下河ナオミ2, 藤井清孝1 (1脳外, 2臨検部): 第38回日本臨床神経生理学会学術大会 (2008/11/13), 神戸.

723464. [学会 (全国)] (ポスター) 巨大内頸動脈瘤に対する瘤内塞栓術後の自然的内勁動脈閉塞について. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 岩本和久1, 中原邦晶1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/14), 名古屋.

723465. [学会 (全国)] (ポスター) 大型石灰化動脈瘤に対する塞栓術. 犬飼 円1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 岩本和久1, 大澤成之1, 宮崎朋子1, 阿部克智1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/14), 名古屋.

723466. [学会 (全国)] (ポスター) 瘤内塞栓術で治療し結果良好であった、比較的末梢に発生した血栓巨大脳動脈瘤の2症例. 宮崎朋子1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岩本和久1, 宇津木聡1, 仁木 淳1, 山田 勝1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/14), 名古屋.

723467. [学会 (全国)] (ポスター) BA-SCA動脈瘤に対する血管内治療. 岩本和久1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 溝上康治1, 北原孝雄2, 藤井清孝1, 菅 信一3 (1脳外, 2救命, 3放射線): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/14), 名古屋.

723468. [学会 (全国)] (ポスター) 原則的に後拡張手技を行わなかったCASの検討. 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岩本和久1, 中原邦晶1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 阿部克智1, 山田 勝1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/14), 名古屋.

723469. [学会 (全国)] (ポスター) 頸動脈閉塞症と虚血性眼症に関する治療方針. 中原邦晶1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 岩本和久1, 阿部克智1, 宮崎朋子1, 犬飼 円1, 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/14), 名古屋.

723470. [学会 (全国)] (ポスター) 上矢状静脈洞部硬膜動静脈瘻の治療戦略について. 阿部克智1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 山田 勝1, 岩本和久1, 仁木 淳1, 宮崎朋子1, 犬飼 円1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/14), 名古屋.

723471. [学会 (全国)] (一般口演) 不完全クリッピング後の残存動脈瘤に対する脳血管内手術の有用性. 仁木 淳1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 岩本和久1, 山田 勝1, 宮崎朋子1, 犬飼 円1, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 菅 信一3 (1脳外, 2救命, 3放射線): 第24回日本脳神経血管内治療学会総会 (2008/11/15), 名古屋.

723472. [学会 (全国)] (一般口演) 頭蓋咽頭腫に対する神経内視鏡支援術. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第15回日本神経内視鏡学会 (2008/11/21), 東京.

723473. [学会 (全国)] (一般口演) 医療圏を越えた脳卒中地域連携パスへの取り組み. 大高弘稔1, 高野 誠, 宮島良輝1, 角田尚幸2, 比留間恵3, 日橋映子3 (1脳外, 2東大和病院神経内科, 3同看護部): 第50回全日本病院学会東京大会 (2008/11/22), 東京.

723474. [学会 (全国)] (ポスター) 5-ALA投与後の脳腫瘍患者のポルフィリン測定. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 鈴木祥生1, 佐藤澄人1, 大澤成之1, 小 泉寛之1, 馬渕一樹1, 藤井清孝1 (1脳外): 第26回日本脳腫瘍学会 (2008/11/30), 愛媛.

723475. [学会 (全国)] (ポスター) 前頭蓋底部髄外腫瘍の一例. 馬渕一樹1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 河島雅到, 藤井清孝1, 原 敦子2, 岡安 勲2 (1脳外, 2病理): 第26回日本脳腫瘍学会会 (2008/11/30), 愛媛.

723476. [学会 (全国)] (ポスター) 出生時meningeal melanocytomaによる頭部巨大腫瘍を認めた1例. 中原邦晶1, 師田信人2, 岡 秀宏1, 井原 哲2, 宇津木聡1, 山内圭太2, 松岡健太郎3, 中川温子3, 藤井清孝1 (1脳外, 2国立成育医療センター脳神経外科, 3同病理診断科): 第26回日本脳腫瘍学会会 (2008/11/30), 愛媛.

723477. [学会 (全国)] (ポスター) トルコ鞍内から鞍上部に存在した上衣腫の一例. 木島千尋1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 宮島良輝1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第26回日本脳腫瘍学会 (2008/12/1), 愛媛.

723478. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者血管内悪性リンパ腫の診断と治療. 山崎友也1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1 (1脳外): 第26回日本脳腫瘍学会 (2008/12/1), 愛媛.

723479. [学会 (全国)] (ポスター) Leksell定位脳手術装置を用いた定位的脳腫瘍生検術. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 佐藤澄人1, 大澤成之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第26回日本脳腫瘍学会 (2008/12/1), 愛媛.

723480. [学会 (全国)] (一般口演) AT/RTのinsulinおよびIGF-1受容体発現と治療の展望. 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 清水 暁1, 山崎友也1, 小泉寛之1, 大澤成之1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第26回日本脳腫瘍学会 (2008/12/2), 愛媛.

723481. [学会 (全国)] (ポスター) 術中皮質脳波を記録した症候性てんかん4症例の経験. 佐藤澄人1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 木島千尋1, 中原邦晶1, 小泉寛之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第32回日本てんかん外科学会 (2009/1/22), 東京.

723482. [学会 (全国)] (一般口演) 本能性振戦に対する視床腹中間核凝固術−2例の経験と問題点−. 佐藤澄人1, 山田 勝1, 岡 秀宏1, 小泉寛之1, 藤井清孝1, 寺尾 亨2 (1脳外, 2厚木市立病院脳神経外科): 第48回日本定位・機能神経外科学会 (2009/1/24), 東京.

723483. [学会 (全国)] (ポスター) ルチン頭蓋単純エックス線検査で描出されない線状骨折パターン: “斜め骨折 (仮称)”. 中原邦晶1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外, 2放射線): 第38回日本神経放射線学会 (2009/2/5), 水戸.

723484. [学会 (全国)] (一般口演) 経鼻的経蝶形骨洞的手術の微小解剖. 大澤成之1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 藤井清孝1, Rhoton Jr AL2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 第19回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2009/2/27), 東京.

723485. [学会 (全国)] (一般口演) Trans-Sphenoidal Surgery (TSS) による下垂体腺腫摘出後に仮性動脈瘤をきたした一例. 木島千尋1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 鈴木祥生1, 岩本和久1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第19回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2009/2/27), 東京.

723486. [学会 (全国)] (一般口演) 鞍上部伸展をきたし下垂体腺腫と鑑別が困難であった右海綿静脈洞部海綿状血管腫の一例. 小林郁夫, 鷺内隆雄, 谷崎義徳, 山本昌昭1, 藤井清孝2 (1勝田病院水戸ガンマハウス, 2脳外): 第19回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2009/2/27), 東京.

723487. [学会 (全国)] (一般口演) 複視で発症したラトケ嚢胞4症例の検討. 近藤宏治1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 宮島良輝1, 飯田秀夫1, 藤井清孝1 (1脳外): 第19回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2009/2/27), 東京.

723488. [学会 (全国)] (一般口演) 下垂体腺腫におけるAutocrine mortility factor (AMF) mRNAおよびその受容体遺伝子mRNA発現の意義. 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第19回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2009/2/28), 東京.

723489. [学会 (全国)] (一般口演) 腫瘍出血をきたした脊索腫の一例. 増田 章, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 馬渕一樹1, 宮崎朋子1, 小泉寛之1, 山崎友也1, 藤井清孝1, 佐藤健吾 (1脳外): 第19回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2009/2/28), 東京.

723490. [学会 (全国)] (一般口演) ルチン頭蓋単純エックス線検査で描出されない線状骨折パターン: “斜め骨折 (仮称)”. 中原邦晶1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 菅 信一2, 藤井清孝1 (1脳外, 2放射線): 第32回日本脳神経CI学会総会 (2009/3/6), 京都.

723491. [学会 (全国)] (ポスター) AIDSに伴うリンパ腫の診断に苦慮した一例. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 阿部克智1, 中原邦晶1, 大澤成之1, 山崎友也1, 藤井清孝1 (1脳外): 第32回日本脳神経CI学会総会 (2009/3/7), 京都.

723492. [学会 (全国)] (一般口演) 医療圏を越えた脳卒中地域連携パスへの取り組み. 大高弘稔1, 高野 誠, 宮島良輝1, 角田尚幸2, 比留間恵3, 日橋映子3 (1脳外, 2東大和病院神経内科, 3同看護部): 第34回日本脳卒中学会総会 (2009/3/20), 島根.

723493. [学会 (全国)] (一般口演) 脳卒中診断・手術のための最新型Vertial Reality 3-D Imaging System (DEXTROSCOPE). 岡 秀宏1, 藤井清孝1, ペルネツキー・アクセル2 (1脳外, 2マインツ大学脳神経外科): 第34回日本脳卒中学会総会 (2009/3/21), 島根.

723494. [学会 (全国)] (ポスター) 放射線性頸動脈狭窄・閉塞症. 病態・治療と今後の展望. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 山崎友也1, 溝上康治1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第34回日本脳卒中学会総会 (2009/3/21), 島根.

723495. [学会 (全国)] (ポスター) 当院での海綿静脈洞部内頸動脈瘤に対する治療成績. 山崎友也1, 山田 勝1, 鈴木祥生1, 倉田 彰1, 溝上康治1, 中原邦晶1, 宮崎朋子1, 藤井清孝1 (1脳外): 第38回日本脳卒中の外科学会 (2009/3/21), 島根.

723496. [学会 (全国)] (一般口演) 虚血発症成人もやもや病における後大脳動脈病変の重要性. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 溝上康治1, 山崎友也1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第38回日本脳卒中の外科学会 (2009/3/22), 島根.

723497. [学会 (全国)] (ポスター) 定期的なMRA検査の重要性が示されたde novo動脈瘤の1例. 宮崎朋子1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 山田 勝1, 溝上康治1, 犬飼 円1, 宇津木聡1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 第38回日本脳卒中の外科学会 (2009/3/22), 島根.

723498. [学会 (全国)] (一般口演) 高齢者脳原発悪性リンパ腫に対するMTX大量療法時の工夫. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 木島千尋1, 鈴木祥生1, 佐藤澄人1, 山崎友也1, 小泉寛之1, 宮島良輝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第22回日本老年脳神経外科学会 (2009/3/27), 広島.

731083. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 故福井仁士名誉教授を偲んで. 藤井清孝 (脳外): 第42回九州大学大学院医学研究院脳神経外科開講記念会 (2008/8/23), 福岡.

731084. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 研修医教育と高度先端機能病院. 藤井清孝 (脳外): 第34回北里医学会総会 (2008/10/18), 東京.

731085. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学病院群について. 藤井清孝 (脳外): 北里大学医学部PPA けやき会 (2008/10/26), 東京.

732027. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 脳神経減圧術の治療成績評価の標準化にむけての一試案. 山田 勝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第11回脳神経減圧術研究会 (2008/9/30), 盛岡.

732028. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 脳腫瘍におけるPACAPおよびその受容体遺伝子発現の意義と臨床への応用. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回University-Research (U-R) 研究会 (2008/10/18), 大阪.

732029. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 脳血管奇形の臨床. 藤井清孝 (脳外): 山梨脳神経外科セミナー (2008/11/10), 甲府.

732030. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) プロブレスによる抗腫瘍効果を脳腫瘍にどのように応用するか? 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 武田製薬戦略会議討論会 (2008/12/17), 相模原.

733144. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 前頭蓋底部髄外腫瘍の一例. 馬渕一樹1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 河島雅到, 藤井清孝1, 原 敦子2, 岡安 勲2 (1脳外, 2病理): 第35回ニューロ・オンコロジィの会 (2008/4/5), 東京.

733145. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 定位的脳生検術により診断したIntravacular B-cell lymphoma の1例. 山崎友也1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 佐藤澄人1, 藤井清孝1 (1脳外): 第105回日本脳神経外科学会関東支部会 (2008/4/9), 東京.

733146. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脳底動脈窓形成部に生じた破裂動脈瘤. 溝上康治1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 岩本和久1, 関口朋子, 藤井清孝1, 北原孝雄2, 栗田真理1, 田中千彦, 宮坂佳男 (1脳外, 2救命): 第38回神奈川脳血管内手術懇話会 (2008/4/14), 横浜.

733147. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 三叉神経痛で発症した聴神経鞘腫の1例. 馬渕一樹1, 岡 秀宏1, 河島雅到, 清水 暁1, 宇津木聡1, 宮崎朋子1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回日本聴神経腫瘍研究会 (2008/6/7), 東京.

733148. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Vim-thalamotomyにより良好な結果を示した本態性振戦の一例. 佐藤澄人1, 犬飼 円1, 阿部克智1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 第23回相模若手脳神経懇話会 (2008/6/17), 相模原.

733149. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 非機能性下垂体腺腫術前に原因不明の失語・片麻痺を生じた1例. 犬飼 円1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第16回東京脳腫瘍治療懇話会 (2008/6/20), 東京.

733150. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 非機能性下垂体腺腫術前に原因不明の失語・片麻痺を生じた1例. 犬飼 円1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回かながわ間脳下垂体疾患カンファレンス (2008/7/4), 横浜.

733151. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) パーキンソン病に伴うcamptocormiaに対してSTN-DBSが有効であった1例. 佐藤澄人1, 滝山容子2, 荻野美恵子2, 藤井清孝1 (1脳外, 2神経内): 第23回日本大脳基底核研究会 (2008/7/5), 山梨県.

733152. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脳底動脈窓形成部破裂脳動脈瘤の一例. 溝上康治1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 小泉寛之1, 遠藤昌孝1, 北原孝雄2, 藤井清孝1, 栗田真理1, 田中千彦, 宮坂佳男 (1脳外, 2救命): 第5回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 (2008/7/5), 東京.

733153. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Glioblastomaに対する新たな薬物療法: Temozolomide (Temodal) の使用経験. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 鈴木祥生1, 佐藤澄人1, 中原邦晶1, 藤井清孝1 (1脳外): 第15回北里腫瘍フォーラム (2008/7/11), 相模原.

733154. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumorの集学的治療の現状と展望: 日本全国調査から. 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 藤井清孝1, Bernd W. Scheithauer2 (1脳外, 2Mayo Clinic): 第15回北里腫瘍フォーラム (2008/7/11), 相模原.

733155. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 前頭蓋底部髄外腫瘍の一例. 馬渕一樹1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 河島雅到2, 藤井清孝1 (1脳外, 2佐賀大学医学部脳神経外科): 第16回神奈川脳腫瘍フォーラム (2008/9/5), 横浜.

733156. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 両側視床手術の自験例. 佐藤澄人1, 大江千廣2, 柴崎 徹2, 渡辺克成3 (1脳外, 2日高病院機能脳外科・ガンマナイフセンター, 3群馬大学脳神経外科): 第27回関東機能的脳外科カンファレンス (2008/9/6), 東京.

733157. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 破裂動脈瘤塞栓術後に短期間で発症した新生動脈瘤の一例. 犬飼 円1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 山田 勝1, 中原邦晶1, 仁木 淳1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 第106回日本脳神経外科学会関東支部学術集会(2008/9/6), 東京.

733158. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 微小血管減圧術に必要な後頭蓋窩小脳橋角部の外科解剖. 山田 勝 (脳外): 2008年度北里脳神経外科微小解剖夏期セミナー (2008/9/7), 相模原.

733159. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 間脳下垂体腫瘍における経鼻的経蝶形骨洞的手術の基本解剖. 大澤成之1, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton, Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 2008年度北里脳神経外科微小解剖夏期セミナー (2008/9/7), 相模原.

733160. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脳神経外科領域における神経内視鏡手術Part I−神経内視鏡手術に必要な微小解剖と各疾患への応用−. 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Axel Perneczky2 (1脳外, 2マインツ大学脳神経外科): 2008年度北里脳神経外科微小解剖夏期セミナー (2008/9/7), 相模原.

733161. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脳神経外科領域における神経内視鏡手術Part I−その取り扱いと基本手術−. 近藤宏治1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 2008年度北里脳神経外科微小解剖夏期セミナー (2008/9/7), 相模原.

733162. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 破裂動脈瘤塞栓術後に短期間で発生した新生動脈瘤の一例. 犬飼 円1, 倉田 彰1, 鈴木祥生1, 岩本和久1, 仁木 淳1, 山田 勝1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 藤井清孝1, 菅 信一2 (1脳外, 2放射線): 第39回神奈川脳血管内手術懇話会 (2008/9/8), 横浜.

733163. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) park bench positionでおこなった手術後に舌腫脹をきたした一例. 宇津木聡1, 小泉寛之1, 犬飼 円1, 岡 秀宏1, 大澤成之11, 藤井清孝1 (1脳外): 第9回神奈川ニューロサイエンスジョイントカンファレンス (2008/9/12), 横浜.

733164. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) C3-7のはずが・・・ 頸椎後方減圧術におけるwrong level surgeryの2例. 清水 暁1, 鷺内隆雄, 三井公彦, 橘 滋国, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2008/9/20), 横浜.

733165. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 術後に著名な舌腫脹をきたした1症例. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 犬飼 円1, 大澤成之1, 山崎友也1, 宇津木聡1, 藤井清孝1 (1脳外): 第10回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2008/9/20), 横浜.

733166. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小脳橋角部術中操作による蝸牛神経のjunctional zoneにおける脆弱性の神経生理学的検討. 佐藤澄人1, 山田 勝1, 小泉寛之1, 清水 暁1, 藤井清孝1 (1脳外): 第11回脳神経減圧術研究会 (2008/9/30), 盛岡.

733167. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 前頭蓋底部髄外腫瘍の一例. 馬渕一樹1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 小泉寛之1, 安井美江2, 藤井清孝1, 原 敦子3, 岡安 勲3 (1脳外, 2形態系, 3病理): 第96回東京脳腫瘍研究会 (2008/11/1), 東京.

733168. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 鞍上部肉芽腫の原因は頭蓋咽頭腫? 木島千尋1, 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 小泉寛之1, 大澤成之1, 藤井清孝1, 原 敦子2, 岡安 勲2, 岩渕啓一2, 川野信之 (1脳外, 2病理): 第96回東京脳腫瘍研究会 (2008/11/1), 東京.

733169. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肉芽腫形成を主体とする鞍上部ラトケ嚢胞の一例. 木島千尋1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 大澤成之1, 小泉寛之1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第36回ニューロ・オンコロジィの会 (2008/12/6), 東京.

733170. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 腫瘍出血をきたした脊索腫の一例. 増田 章, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 馬渕一樹1, 宮崎朋子1, 小泉寛之1, 山崎友也1, 藤井清孝1 (1脳外): 第107回日本脳神経外科学会関東支部会 (2008/12/13), 東京.

733171. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脳ヘルニア徴候をきたした破裂脳動静脈奇形2症例の検討. 栗田真理1, 宮坂佳男, 田中千彦 (1脳外): 第107回日本脳神経外科学会関東支部会 (2008/12/13), 東京.

733172. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 診断に苦慮している脳幹〜小脳部病変の一例. 阿部克智1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 木島千尋1, 山崎友也1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回東京脳腫瘍治療懇話会 (2008/12/19), 東京.

733173. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) テモダールにより長期間再増大を認めない膠芽腫の今後の治療をどう行うか. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 小泉寛之1, 木島千尋1, 藤井清孝1 (1脳外): 第17回神奈川脳腫瘍フォーラム (2009/2/6), 横浜.

733174. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 頭蓋頸椎移行部のminor vessels-the so called anterior meningeal artery, anterior internal vertebral venous plexus. 清水 暁 (脳外): 第14回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2009/2/21), 相模原.

733175. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) High flow bypass1の適応と実際. 山田 勝 (脳外): 第14回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2009/2/22), 相模原.

733176. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 眼部帯状疱疹と未破裂内頸動脈と糖尿病を合併した動眼神経麻痺の1例. 山崎友也1, 河島雅到, 山田 勝1, 宮崎朋子1, 宮島良輝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第21回神奈川脳卒中ファーラム (2008/2/29), 横浜.

733177. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) LPシャントにおけるロールボードを用いた簡易術中体位変換法. 清水 暁1, 萩原宏之1, 服部 聡2, 中山賢司, 藤井清孝1 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター麻酔科): 第11回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2009/3/19), 横浜.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-310004. [症例] Posterior-lateral transdural approachにて摘出したretro-odontoid disc herniationの1例. 小泉寛之1, 清水 暁1, 岡 秀宏1, 鷺内隆雄, 宇津木聡1, 藤井清孝1 (1脳外): No Shinkei Geka 2008/1; 36 (1): 59-63.

H19-522003. [講座] 特集: 脳・神経系管理Q&A−研修医からの質問288−Q18. 血液凝固異常. 遠藤昌孝 (脳外): 救急・集中治療 2008/2; 20 (1・2).

[学会・研究会等]

H19-722002. [学会 (全国)] (シンポジウム) パーキンソン病に対する外科治療の拡大適応. 大江千廣1, 柴崎 徹1, 佐藤澄人2 (1日高病院機能脳外科ガンマナイフセンター, 2脳外): 第47回日本定位・機能神経外科学会 (2008/1/26), 浜松.

H19-722003. [学会 (全国)] (シンポジウム) 高齢者悪性神経膠腫に対する治療成績. 宇津木聡1, 岡 秀宏1, 宮島良輝1, 鈴木祥生1, 河島雅到, 藤井清孝1 (1脳外): 第21回日本老年脳神経外科学会 (2008/3/8), 東京.

H19-723005. [学会 (全国)] (一般口演) 銃創に続発した尿崩症の一例. 小泉寛之1, 岡 秀宏1, 遠藤昌孝1, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外, 2救命): 第13回日本脳神経外科救急学会 (2008/1/19), 東京.

H19-72306. [学会 (全国)] (ポスター) 静脈性梗塞と水頭症で発症したtentorial dural AVFの診断. 萩原宏之1, 清水 暁1, 中山賢司, 植村研一2, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター脳神経外科): 第37回日本神経放射線学会 (2008/2/14), 横浜.

H19-723007. [学会 (全国)] (一般口演) トルコ鞍から鞍上部に存在した上衣腫の一例. 木島千尋1, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 宮島良輝1, 安井美江2, 藤井清孝1 (1脳外, 2形態系): 第18回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2008/3/1), 福井.

H19-723008. [学会 (全国)] (一般口演) トルコ鞍部Aypical Teratoid/Rhabdoid Tumor (AT/RT) の一例. 藤尾信吾1, 杉山一彦2, 佐野壽昭3, 岡 秀宏4, 有田和徳1 (1鹿児島大学脳神経外科, 2広島大学脳神経外科, 3徳島大学第一病理, 4脳外): 第18回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2008/3/1), 福井.

H19-723009. [学会 (全国)] (ポスター) たこつぼ心筋症を合併したくも膜下出血の一例. 溝上康治1, 宮島良輝1, 小泉寛之1, 遠藤昌孝1, 北原孝雄2, 藤井清孝1 (1脳外, 2救命): 第33回日本脳卒中学会総会 (2008/3/20), 京都.

H19-723010. [学会 (全国)] (ポスター) 虚血発症成人もやもや病におけるPCA病変の特徴. 山田 勝1, 鈴木祥生1, 河島雅到, 山崎友也1, 溝上康治1, 岩本和久1, 倉田 彰1, 藤井清孝1, 湯澤 泉2 (1脳外, 2救命): 第33回日本脳卒中学会総会 (2008/3/20), 京都.

H19-723011. [学会 (全国)] (一般口演) 後大脳動脈領域の虚血症状を呈した成人もやもや病の4例. 山崎友也1, 山田 勝1, 河島雅到, 溝上康治1, 鈴木祥生1, 岩本和久1, 倉田 彰1, 藤井清孝1 (1脳外): 第33回日本脳卒中学会総会 (2008/3/21), 京都.

H19-731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳神経外科領域における先進医療−特に脳腫瘍手術について−. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 日本ベーリンガーインゲンハイム臨床教育講座特別講演会 (2008/3/19), 厚木.

H19-733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) γ-knife治療後の腫瘍再増大により摘出を余儀なくされた転移性脳腫瘍. 馬渕一樹1, 岡 秀宏1, 仁木 淳1, 宇津木聡1, 山崎友也1, 宮島良輝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第15回東京脳腫瘍治療懇話会 (2008/1/18), 東京.

H19-733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Cntrateral interhemispheric trans-precuneus approachにて治療した側脳室三角部近傍腫瘍の一例. 河島雅到, 岡 秀宏1, 清水 暁1, 宇津木聡1, 宮島良輝1, 藤井清孝1 (1脳外): 第15回神奈川脳腫瘍フォーラム (2008/2/8), 横浜.

H19-733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 松果体・側脳室三角部の微小外科解剖及び手術アプローチ. 河島雅到, 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton, Jr2 (1脳外, 2フロリダ大学脳神経外科): 第13回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2008/2/16), 相模原.

H19-733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脳幹部腫瘍手術に必要な微小解剖と手術アプローチ−特に橋・延髄背側部病変へのTelovelar approachと神経核−. 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Helmut Bertalanffy2, Albert L Rhoton, Jr2 (1脳外, 2マインツ大学, 3フロリダ大学): 第13回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2008/2/16), 相模原.

H19-733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) トルコ鞍・蝶形骨洞近傍の微小解剖と脳神経外科手術. 藤井清孝 (脳外): 第13回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2008/2/16), 相模原.

H19-733008. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 神経内視鏡手術に必要な微小解剖−基本手技からKeyhole surgeryまで−. 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Axel Perneczky2 (1脳外, 2マインツ大学): 第13回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2008/2/17), 相模原.

H19-733009. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 放射線頸動脈狭窄症. 山田 勝 (脳外): 第1回関東脳核医学研究会 (2008/3/8), 東京.

H19-733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小脳側脳室近傍巨大腫瘍の一例. 岡 秀宏1, 宇津木聡1, 安井美江2, 藤井清孝1, 加藤丈典3, 藤井正純3, 若林俊彦3, 吉田 純3 (1脳外, 2形態系, 3名古屋大学脳神経外科): 第94回東京脳腫瘍研究会 (2008/3/29), 東京.


小児科学

[学術論文]

110155. [原著] Secondary osteoporosis in long-term bedridden patients with cerebral palsy. 岩崎俊之1, 武井研二2 中村信也1, 細田のぞみ2, 横田行史1, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): Pediatrics International 2008/6; 50 (3): 269-75.

110156. [原著] Pediatric pneumonia death caused by community-acquired meticillin resistant staphylococcus aureus, Japan. 伊藤尚志1, 飯島真紀子1, 福島崇義1, 野々山勝人1, 石井正浩1, Baranovich T2, Otsuka T2, Takano T2, Yamamoto T2 (1小児, 2新潟大): Emerg Infect Dis 2008/8; 14 (8): 1312-4.

110157. [原著] State-of-art basic and clinical science of Kawasaki disease. Wu MH, Nakamura Y, Burns JC, Rowley AH, Takahashi K, Newburger JW, 石井正浩1, McCrindle BW (1小児): Pediatric Health 2008; 2 (4): 405-9.

110158. [原著] Distinct role of ShcC docking protein in the differentiation of neuroblastoma. 三宅 泉1,2, Ohira M3, Nakagawara A3, Sakai R1 (1国立がんセンター, 2小児, 3千葉がんセンター): Oncogene 2009/2; 28 (5): 662-73.

110159. [原著] The strategy of immune globulin resistant Kawasaki disease: A comparative study of additional immune globulin and steroid pulse therapy. 緒方昌平1, 坂東由紀1, 木村純人1, 安藤 寿1, 中畑弥生1, 扇原義人1,2, 金子忠弘1,2, 箕浦克則1, 開田美保1,3, 横田行史3, 古川真祐1, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院, 3相模原協同病院): Journal of Cardiology 2009/2; 53 (1): 15-9.

110160. [原著] Quantitative assessment of pulmonary vascular resistance and reactivity in children with pulmonary hypertension due to congenital heart disease using a noninvasive method: new doppler-derived indexes. 中畑弥生1, 平石 聡1, 大和田夏子1, 安藤 寿1, 木村純人1, 古川真祐1, 緒方昌平1, 石井正浩1 (1小児): Pediatric Cardiology (in press).

110161. [原著] Yolk sac tumor but not seminoma or teratoma is associated with abnormal epigenetic reprogramming pathway and shows frequent hypermethylation of various tumor suppressor genes. 古川真祐1,2, Haruta M1, Arai Y1, Honda S1, Ohshima J1, Sugawara W1, Kageyama Y1, Higashi Y1, Nishida K1, Tsunematsu Y1, 中舘尚也2, 石井正浩2, 金子安比古1 (1埼玉県立がんセンター, 2小児): Cancer Science (in press).

120045. [原著]小児2型糖尿病に対するメトホルミン単独療法. 松浦信夫1, 竹内正弘2, 雨宮 伸3, 杉原茂孝4, 横田行史5, 田中敏章6, 中村秀文6, 佐々木望3, 大木由加志7, 浦上達彦8, 宮本茂樹9, 菊池信行10, 小林浩司11, 堀川玲子6, 菊池 透12 (1聖徳大, 2薬学部, 3埼玉医大, 4東京女子医大, 5小児, 6国立成育医療センター, 7日本医科大, 8日本大, 9千葉こども病院, 10横浜市大, 11山梨大, 12新潟大): 糖尿病 2008/5; 51 (5): 427-34.

120046. [原著] 北里大学病院NICUにおける長期入院患者の現状. 釼持 学1,2, 長谷川豪1, 伊藤尚志1, 狐崎雅子1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児, 2相模野病院): 北里医学 2008/6; 38 (1): 11-4.

120047. [原著] 横浜市における乳児早期アレルゲン検査とアレルギー疾患発症予知. 磯崎 淳1, 川野 豊1, 正田哲雄1, 小川倫史2, 野間 剛2, 山本真弓1, 河野徹也1, 中村陽一1, 西岡 清1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): アレルギー・免疫 2008/7; 15 (8): 1100-6.

120048. [原著] TRH負荷試験による早産児甲状腺機能の評価. 伊藤尚志1, 横田行史2, 下浜真里子1, 田久保憲行1, 大津成之1, 狐崎雅子1, 釼持 学1, 長谷川豪1, 野渡正彦1, 松浦信夫3, 石井正浩1 (1小児, 2協同病院, 3聖徳大): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2008/8; 43 (3): 665-71.

120049. [原著] まむしウマ抗毒素によるアナフィラキシーの1例. 正田哲雄1, 畠山淳司1, 磯崎 淳1, 小川倫史2, 野間 剛2, 中村陽一1, 川野 豊1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 日本小児アレルギー学会誌 2008/8; 22 (3): 357-62.

120050. [原著] 超低出生体重児17例に施行した胸腔鏡下動脈管閉鎖術の経験−インドメタシン投与群との比較−. 釼持 学1,3, 宮地 鑑2, 狐崎雅子1, 伊藤尚志1, 長谷川豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外, 3相模野病院): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2008/8; 44 (3): 678-83.

120051. [原著] 日誌との比較による小児喘息コントロールテストの有用性の検討. 磯崎 淳1, 川野 豊1, 正田哲雄1, 畠山淳司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 中村陽一1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 日本小児アレルギー学会誌 2008/12; 22 (5): 787-94.

120052. [原著] 北里大学病院救命救急センターにおける専任小児科指導医制の効果と課題. 福島崇義1, 上田康久1, 梅原 実1, 林 初香1, 石井正浩1, 相馬一亥2 (1小児, 2救命): 日本小児救急医学会雑誌 2009/2; 8 (1): 26-30.

310016. [症例報告] Three cases of acute encephalitis well from frontal lobe dysfunction. 岩崎俊之1, 野々田豊1, 武井研二1,2, 細田のぞみ1,2, 石井正浩1(1小児, 2相模原療育園): Kitasato Medical Journal 2009/3; 39 (1): 102-7.

320034. [症例報告] 腎・心臓弁のドナーとなった9ヵ月男児例. 林 初香1, 上田康久1, 福島崇義1, 守屋俊介1,2, 河島雅到2, 相馬一亥2, 星ゆかり3, 高橋 恵4, 石井正浩1 (1小児, 2救命, 3臓器移植コーディネーター, 4看護): 日本小児救急医学会雑誌 2008/10; 7 (2): 339-42.

520107. [総説] 診療: 川崎病の急性期治療−ステロイドパルス療法とインフリキシマブ療法について−. 石井正浩1, 橋野かの子2, 緒方昌平1, 木村純人1, 中畑弥生1 (1小児, 2橋野こどもクリニック): 小児科 2008/4; 49 (4): 463-6.

520108. [総説] 【目で見る最新の超音波診断】心臓: 冠動脈・川崎病. 石井正浩1, 中畑弥生1 (1小児): 小児科診療 2008/4; 71 (増刊): 125-32.

520109. [総説] CSFE染色法を用いた新しい食物アレルギー病因抗原の検索. 野間 剛1, 小川倫史1, 川野 豊2, 佐伯敏亮1 (1小児, 2横浜市立みなと赤十字病院): アレルギーの臨床 2008/5; 28 (5): 393-7.

520110. [総説] 【小児の頭痛 診断・治療の進歩】 全身性感染症による頭痛. 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児): 小児内科 2008/5; 40 (5): 885-7.

520111. [総説] 川崎病既往児の血管内皮機能. 石井正浩 (小児): 心臓 2008/5; 40 (5): 440-4.

520112. [総説] 小児における吸入療法の適応. 上田康久 (小児): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2008/6; 19 (1): 60-3.

520113 [総説] 【小児救急の現状とおさえておきたい救急処置】いざというときのスキルとトリアージのポイント: 誤飲・誤嚥. 上田康久 (小児): チャイルド ヘルス 2008/7; 11 (7): 504-6.

520114. [総説] 【キャリーオーバーした小児期心疾患の現状と将来】川崎病の冠動脈病変−治療と予後, 成人期ではどうなるのか−. 石井正浩 (小児): 進歩する心臓研究 2008/10; 28 (2): 20-5.

520115. [総説] 【21世紀の小児科グランドデザインと進歩する小児医療】 小児医療の進歩と展望−循環器疾患診療の進歩と展望−. 石井正浩 (小児): 小児科診療 2008/11; 71 (11): 1984-8.

520116. [総説] 【小児疾患診療のための病態生理】 呼吸器疾患 呼吸不全. 上田康久 (小児): 小児内科 2008/11; 40 (増刊): 54-9.

520117. [総説] 【小児疾患診療のための病態生理】呼吸器疾患: 無気肺, 中葉症候群. 福島崇義 (小児): 小児内科 2008/11; 40 (増刊): 97-101.

520118. [総説] 【小児疾患診療のための病態生理】循環器疾患: 川崎病の循環器合併症. 石井正浩 (小児): 小児内科 2008/11; 40 (増刊): 449-54.

520119. [総説] 【小児疾患診療のための病態生理】内分泌疾患 急性および亜急性甲状腺炎. 大津成之1, 横田行史2 (1小児, 2相模原協同病院): 小児内科 2008/11; 40 (増刊): 729-32.

520120. [総説] 【リウマチ性疾患とその周辺疾患-12】混合性結合組織病. 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児): 小児内科 2008/11; 40 (増刊): 1460-4.

520121. [総説]【自己免疫疾患−病態と治療】主要な自己免疫疾患の発症機序 新生児ループス. 野間 剛 (小児): 小児内科 2008/12; 40 (12): 1927-9.

520122. [総説] 【ここまできた3次元心エコー法】 経胸壁心エコー法 3次元心エコー法による先天性心疾患の診断. 石井正浩1, 木村純人1 (1小児): 心エコー 2009/2; 10 (2): 124-32.

520123. [総説] 【新時代の糖尿病学 (3) 病因・診断・治療研究の進歩】糖尿病治療学の進歩 特殊な病態における糖尿病治療 小児糖尿病 小児糖尿病治療 若年2型糖尿病. 大津成之1, 横田行史2 (1小児, 2相模原協同病院): 日本臨牀 2008/9; 66 (増刊7): 507-10.

521019. [解説] 【委員会報告】日本人小児におけるスパイログラム基準値の作成 (最終報告). 高瀬真人1,2, 坂田 宏1,3, 鹿田昌宏1,4, 多田羅勝義1,5, 福島崇義1,6,7, 宮川知士1,8 (1日本小児呼吸器疾患学会肺機能検討委員会, 2日本歯科大, 3旭川厚生病院, 4池上総合病院, 5徳島病院, 6相模原協同病院, 7小児, 8清瀬小児病院): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2009/1; 19 (2): 164-76.

522023. [講座]【HEART's Selection: 新しい血管内画像診断法】川崎病既往児の血管内皮機能. 石井正浩 (小児): 心臓 2008/5; 40 (5): 440-4.

522024. [講座] 【第15回小児呼吸器セミナー】急性細気管支炎を斬る 3. 急性細気管支炎の呼吸管理 (人工呼吸管理を中心に). 上田康久 (小児): 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2009/1; 19 (2): 200-2.

[著 書]

620119. [学術書 (分担執筆)] 【小児科学第3版】先天性心疾患各論 1心室中隔欠損症, 2動脈管開存症, 3心房中隔欠損症, 4心内膜床欠損症 (房室中隔欠損症), p.1059-64. 石井正浩 (小児), 編 大関武彦, 近藤直実, 医学書院, 東京, 2008/4発行.

620120. [学術書 (分担執筆)] 【症状と所見から考える】心・血管エコー: チアノーゼ性心疾患, p.339-43. 木村純人1, 石井正浩1 (1小児), 編 竹中 克, 中山書店, 東京, 2008/9発行.

620121. [学術書 (分担執筆)] 【症状と所見から考える】心・血管エコー: ファロー四徴症. p.344-6. 木村純人1, 石井正浩1 (1小児), 編 竹中 克, 中山書店, 東京, 2008/9発行.

620122. [学術書 (分担執筆)] 【小児科研修ノート】症例報告の準備と学会発表のしかた, p.37-9. 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児), 編 五十嵐隆, 金子一成, 田原卓浩, 渡辺 博, 監修 永井良三, 診断と治療社, 東京2009/3発行.

[学会発表]

711006. [学会 (国際)] (特別講演) 【Memorial Lecture】Intervention in Kawasaki Disease: When and How? 石井正浩 (小児): 9th International Kawasaki Disease Symposium (2008/4/12), Taipei, Taiwan.

713104. [学会 (国際)] (一般講演) Accurate diagnosis of Kawasaki Disease: Color flow mapping in lymphadenopathy. 緒方昌平1, 坂東由紀1, 安藤 寿1, 木村純人1, 中畑弥生1, 石井正浩1 (1小児): 9th International Kawasaki Disease Symposium (2008/4/11), Taipei, Taiwan.

713105. [学会 (国際)] (一般講演) Pathogenesis And Therapeutic Strategy of Kasasaki Disease: Gene Expression Determined By Microarray Study. 緒方昌平1, 坂東由紀1, 野元けい子1, 木村純人1, 中畑弥生1, Kokubo K2, Kobayashi H2, 石井正浩1 (1小児, 2医療衛生学部): 9th International Kawasaki Disease Symposium (2008/4/11), Taipei, Taiwan.

713106. [学会 (国際)] (一般講演) Standards for distinction of the immunoglobulin treatment invalidity and introduction of disease severity score at multi-institutions in Kanagawa prefecture, Japan. Mori M, 石井正浩1, Nonaka Z, Yokota S (1小児): 9th International Kawasaki Disease Symposium (2008/4/11), Taipei, Taiwan.

713107. [学会 (国際)] (一般講演) Prediction Score of Immunoglobulin Resistant Kawasaki Disease: Validation Study for Kurume Score. 扇原義人1,3, 緒方昌平3, 小川倫史1,3, 箕浦克則1, 開田美保2, 横田行史2, 木村純人3, 中畑弥生3, 石井正浩3 (1海老名総合病院, 2相模原協同病院, 3小児): 9th International Kawasaki Disease Symposium (2008/4/12), Taipei, Taiwan.

713108. [学会 (国際)] (一般講演) Long-term prognosis of Patients with Kawasaki Disease Complicated by Giant Coronary Aneurysms. Suda K1, Iemura M1, Kishimoto S1, Koteda Y1, Kudo Y1, Ishii H1, Itoh S1, Akagi T1, 石井正浩1,2 (1久留米大, 2小児): 9th International Kawasaki Disease Symposium (2008/4/12), Taipei, Taiwan.

713109. [学会 (国際)] (一般講演) The Strategy Of Immune Globulin Resistant Kawasaki Disease: A Comparative Study Of Additional Immune Globulin And Steroid Pulse Therapy. 緒方昌平1, 坂東由紀1, 木村純人1, 安藤 寿1, 中畑弥生1, 扇原義人1,2, 小川倫史1,2, 箕浦克則2, 開田美保1,3, 横田行史3, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院, 3相模原協同病院): 9th International Kawasaki Disease Symposium (2008/4/12), Taipei, Taiwan.

713110. [学会 (国際)] (一般講演) A Case of Severe Infantile Pertussis and Pathological Finding. 林 初香1, 上田康久1, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児): The 4th Congress of Asian Society for Pediatric Research (2008/5/5), Honolulu, USA.

713111. [学会 (国際)] (一般講演) Stool Microflora in Extremely Low Birthweight Infants Analyzed by 16S Rrna Real-time PCR. 狐崎雅子1, 坂東由紀1, Ishida T2, 北條研一2, 野々山勝人1, 野渡正彦1, 野元けい子1, 石井正浩1 (1小児, 2明治乳業): The 4th Congress of Asian Society for Pediatric Research (2008/5/5), Honolulu, USA.

713112. [学会 (国際)] (一般講演) Accurate diagnosis of Kawasaki Disease : Color flow mapping in lymphadenopathy. 緒方昌平1, 坂東由紀1, 木村純人1, 中畑弥生1, 石井正浩1 (1小児): The 4th Congress of Asian Society for Pediatric Research (2008/5/6), Honolulu, USA.

713113. [学会 (国際)] (一般講演) Bilateral pulmonary banding by covered stent implantation: animal study. 中畑弥生1, Tomita H, 木村純人1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児): Pediatric and Adult Interventional Cardiac Symposium (2008/7/23), Las Vegas, USA.

713114. [学会 (国際)] (一般講演) Long-term Follow-up Results of Percutaneous Catheter Intervention and Coronary Artery Bypass Graft Surgery for Kawasaki Disease: The Nationwide Survey in Japan. 石井正浩1, Muta H, Japan Therapeutic Study Group for Kawasaki Disease (1小児): Scientific sessions 2008 (2008/11/12), New Orleans, USA, Circulation 2008; 118 (18) Suppl 2: S1056.

722098. [学会 (全国)] (シンポジウム) 小児期の心不全をどう捉えどの様に治療するか: 心不全の評価法. 石井正浩 (小児): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌 2008/2; 112 (2): 171.

722099. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 【母子及び新生児救急の現状と課題】安全なお産のために必要なこと: 新生児救急の現状と問題点. 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 第11回日本臨床救急医学会総会・学術集会 (2008/6/8), 東京, 日本臨床救急医学会雑誌 2008/4; 11 (2): 136.

722100. [学会 (全国)] (ベーシックレクチャー) 抗てんかん薬のTDM−臨床医の立場から−. 岩崎俊之 (小児): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21), 東京, TDM研究 2008; 25 (3): s86-7.

722101. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 【体外式人工呼吸法の適応, 方法, 効果−ガイドライン作成にむけ−】小児急性呼吸不全患者への応用. 林 初香 (小児): 第30回日本呼吸療法医学会学術総会 (2008/7/5), 長野, 人工呼吸 2008/12; 25 (2): 185.

722102. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) アレルギー性鼻炎の病態生理と治療 アレルギー性鼻炎患児におけるIL-31の発現の検討. 小川倫史1,3, 磯崎 淳2, 川野 豊2, 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児, 2横浜市立みなと赤十字病院, 3流山総合病院): 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2008/11/28), 東京, アレルギー 2008/10; 57 (9-10): 1415.

722103. [学会 (全国)] (ミニシンポジウム) 適切な診断と長期ケア 呼吸機能、呼気一酸化窒素を指標とした小児ACTの検討. 磯崎 淳1, 川野 豊1, 正田哲雄1, 山出晶子1, 柏崎ゆたか1, 渡邉友博1, 白井謙太朗1, 由井崇子1, 小林賢司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 河野徹也1, 中村陽一1, 西岡 清1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2008/11/29), 東京, アレルギー 2008/10; 57 (9-10): 1437.

722104. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【内科パネルディスカッション1  川崎病冠動脈病変に対する治療戦略】 カテーテルインターベンション: 全国調査の結果を踏まえて小児科医の立場から. 石井正浩1, 牟田広実2 (1小児, 2久留米大): 第22回日本冠疾患学会学術集会 (2008/12/12), 東京, 日本冠疾患学会雑誌 2008; 14 (4): 311.

723499. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性心疾患に対するリアルタイム経胸壁3D心エコー図法の有用性. 木村純人1, 石井正浩1, 中畑弥生1, 大和田夏子1, 安藤 寿1 (1小児): 第19回日本心エコー図学会学術集会 (2008/4/12), 神戸.

723500. [学会 (全国)] (一般講演) 小児感染症におけるプロカルシトニンの検討. 扇原義人1,2, 野々山勝人1,2, 石井正浩1, 砂川慶介3 (1小児, 2海老名総合病院, 3北里大学生命科学研究所): 第82回日本感染症学会総会学術講演会 (2008/4/18), 松江, 感染症学雑誌 2008/3; 82 (臨増): 379.

723501. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児早期発症のWiskott-Aldrich syndromeにおける自己炎症病態の解析. 飯島真紀子1, 坂東由紀1, 開田美保1, 伊藤尚志1, 扇原義人1, 昆 伸也1, 石井正浩1, 森尾友宏2, 鍵本聖一3 (1小児, 2東京医科歯科大, 3埼玉県立小児医療センター): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/25), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 222.

723502. [学会 (全国)] (一般講演) 川崎病におけるカラードプラ法を用いた頸部リンパ節血流解析. 緒方昌平1, 坂東由紀1, 扇原義人1, 安藤 寿1, 木村純人1, 中畑弥生1, 石井正浩1 (1小児): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 238.

723503. [学会 (全国)] (一般講演) Malignant pertussis (劇症型百日咳) の1乳児例. 山中麻理1, 上田康久1, 橘田一輝1, 林 初香1, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 340.

723504. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるパリビズマブ投与の効果と現状. 林 初香1, 上田康久1, 福島崇義1, 原 真人1, 梅原 実2, 石井正浩1 (1小児, 2神奈川県立こども医療センター): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 371.

723505. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院小児科における“呼吸管理ワーキンググループ”の試み. 上田康久1, 梅原 実2, 原 真人1, 福島崇義1, 林 初香1, 今井 寛3, 相馬一亥3, 石井正浩1 (1小児, 2神奈川県立こども医療センター, 3救命): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 372.

723506. [学会 (全国)] (一般講演) RSV細気管支炎後の乳児におけるImpulse Oscillometryを用いた気道抵抗測定の試み. 福島崇義1, 上田康久1, 林 初香1, 原 真人2, 梅原 実3, 石井正浩1 (1小児, 2北里研究所メディカルセンター病院, 3神奈川県立こども医療センター): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 373.

723507. [学会 (全国)] (一般講演) 亜急性硬化性全脳炎男児例の臨床経過と経時的機能画像・電気生理学的所見の比較検討. 新井麻子1, 中川栄二1, 野々田豊1,2, 佐久間啓1, 小牧宏文1, 須貝研司1, 佐々木征行1 (1国立精神神経センター武蔵病院, 2小児): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 382.

723508. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で経験した小児の一次性頭痛18例の現状 片頭痛におけるトリプタン製剤の効果. 岩崎俊之1, 野々田豊1, 武井研二1,2, 細田のぞみ1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/27), 東京, 日本小児科学会雑誌2008/2; 112 (2): 391.

723509. [学会 (全国)] (一般講演) 集中治療室において人工呼吸管理中に呼吸理学療法の導入が可能であった小児の病態とアウトカムの関連について. 横山美佐子1, 上田康久1,2, 岩松秀樹3, 小池朋孝3, 木村雅彦1, 松永篤彦1 (1 医療衛生学部, 1,2小児, 3リハビリ部): 第43回日本理学療法学術学会 (2008/5/15), 福岡, 理学療法学 2008/4; 35 (Suppl.2): 218.

723510. [学会 (全国)] (一般講演) バセドウ病合併母体から出生し, 甲状腺機能異常を呈した3症例. 橘田一輝1, 田久保憲行1, 伊藤尚志1,2, 大津成之1,2, 風張眞由美1, 柴山啓子1, 横田行史3, 松浦信夫4, 石井正浩1 (1小児, 2相模野病院, 3相模原協同病院, 4聖徳大): 第81回日本内分泌学会学術総会 (2008/5/16), 青森, 日本内分泌学会雑誌 2008/4; 84 (1): 240.

723511. [学会 (全国)] (一般講演) 低血糖を契機に診断された複合型下垂体機能低下症の1例. 秋山和政1,3, 田久保憲行3, 橘田一輝3, 伊藤尚志2,3, 大津成之2,3, 風張眞由美3, 横田行史1, 松浦信夫4, 石井正浩3 (1相模原協同病院, 2相模野病院, 3小児, 4聖徳大): 第81回日本内分泌学会学術総会 (2008/5/16), 青森, 日本内分泌学会雑誌 2008/4; 84 (1): 258.

723512. [学会 (全国)] (一般講演) 家族歴を有する乳児期発症1型糖尿病の1例. 秋山一政1, 田久保憲行1, 大津成之2, 風張眞由美1, 横田行史3, 松浦信夫4, 石井正浩1 (1小児, 2相模野病院, 3相模原協同病院, 4聖徳大): 第51回日本糖尿病学会年次学術集会 (2008/5/23), 東京, 糖尿病 2008; 51 (suppl.1): S269.

723513. [学会 (全国)] (一般講演) S市における特別支援教育の現状と課題. 細田のぞみ1,2, 三浦寿男1, 武井研二1,2 (1相模原療育園, 2小児): 第50回日本小児神経学会総会 (2008/5/30), 東京, 脳と発達 2008; 40 (Suppl.): S230.

723514. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期の難治な部分発作に対するgabapentinの効果. 岩崎俊之1, 野々田豊1, 武井研二1,2, 細田のぞみ1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): 第50回日本小児神経学会総会 (2008/5/31), 東京, 脳と発達 2008; 40 (Suppl.): S264.

723515. [学会 (全国)] (一般講演) 小児救急医療体制の問題点と解決策 小児救急医療体制の問題点と解決策−相模原市における−. 越野浩江1,2, 藤村奈緒2, 矢口慎也2, 前田代元2, 花島 資2, 服部 潤2, 樫見文枝2, 今井 寛2, 北原孝雄2, 相馬一亥2 (1小児, 2救命): 第11回日本臨床救急医学会総会・学術集会 (2008/6/8), 東京, 日本臨床救急医学会雑誌 2008/4; 11 (2): 135.

723516. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児IgE非依存型消化管アレルギーを発症した双胎例. 正田哲雄1, 磯崎 淳1, 川野 豊1, 松原圭子1, 山本敦子1, 由井崇子1, 小林賢司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 山本真弓1, 河野徹也1, 中村陽一1, 西岡 清1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第20回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2008/6/13), 東京, アレルギー 2008/4; 57 (3-4): 432.

723517. [学会 (全国)] (一般講演) 小児喘息発症に対するプランルカストドライシロップの有効性の検討. 小川倫史1,2, 川野 豊3, 磯崎 淳3, 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児, 2海老名総合病院, 3横浜市立みなと赤十字病院): 第20回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2008/6/13), 東京, アレルギー 2008/4; 57 (3-4): 446.

723518. [学会 (全国)] (一般講演) 小児における気管支喘息発作時の呼気中NOの検討. 磯崎 淳1, 川野 豊1, 正田哲雄1, 松原圭子1, 山本敦子1, 由井崇子1, 小林賢司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 山本真弓1, 河野徹也1, 中村陽一1, 西岡 清1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第20回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2008/6/14), 東京, アレルギー 2008/4; 57 (3-4): 458.

723519. [学会 (全国)] (一般講演) メサンギウム増殖型腎炎を合併した限局性強皮症の1例. 昆 伸也1, 中村信也1, 添田由希子1, 岩波直美1, 越野浩江1, 守屋俊介2, 飯高喜久雄3, 河西紀昭4 (1小児, 2湘南キッズクリニック, 3国際医療福祉大学熱海病院, 4武蔵村山病院): 第43回日本小児腎臓病学会学術集会 (2008/6/13), 福岡, 日本小児腎臓病学会雑誌 2008/5; 21 (1Suppl.): 129.

723520. [学会 (全国)] (一般講演) 中枢神経症状を呈した急性巣状細菌性腎炎の3例. 越野浩江1, 中村信也1, 添田由希子1, 岩波直美1, 守屋俊介1, 飯高喜久雄2, 河西紀昭3 (1小児, 2国際医療福祉大学熱海病院, 3武蔵村山病院): 第43回日本小児腎臓病学会学術集会 (2008/6/14), 福岡, 日本小児腎臓病学会雑誌 2008/5; 21 (1Suppl.): 147.

723521. [学会 (全国)] (一般講演) 致死的経過をたどった乳児百日咳の1例. 林 初香1, 上田康久1, 福島崇義1, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児): 第22回日本小児救急医学会 (2008/6/21), 奈良, 日本小児救急医学会雑誌 2008/6; 7 (1): 99.

723522. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性心疾患に対するリアルタイム経胸壁3D心エコー図法の有用性. 木村純人1, 中畑弥生1, 大和田夏子1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児): 第44回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2008/7/2), 郡山, 日本小児循環器学会雑誌 2008/5; 24 (3): 295.

723523. [学会 (全国)] (一般講演) 完全大血管転位症の冠動脈診断: 3Dエコーによる検討. 中畑弥生1, 大和田夏子1, 木村純人1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児): 第44回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2008/7/2), 郡山, 日本小児循環器学会雑誌 2008/5; 24 (3): 296.

723524. [学会 (全国)] (一般講演) 手術適応判断時肺高血圧が問題となったDown症候群の成人後の循環動態. 安藤 寿1, 堀口泰典2, 中畑弥生1, 木村純人1, 石井正浩1 (1小児, 2KKR立川病院): 第44回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2008/7/2), 郡山, 日本小児循環器学会雑誌 2008/5; 24 (3): 409.

723525. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性心疾患の診断・評価における3D画像作成のメリット. 堀口泰典1, 木村純人2, 中畑弥生2, 安藤 寿2, 石井正浩2 (1KKR立川病院, 2小児): 第44回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2008/7/3), 郡山, 日本小児循環器学会雑誌 2008/5; 24 (3): 351.

723526. [学会 (全国)] (一般講演) 胸腔鏡下動脈管閉鎖術を施行した極低出生体重児の発達経過. 釼持 学1,2, 伊坂雅行1, 狐崎雅子1, 伊藤尚志1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児, 2相模野病院): 第44回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2008/7/14), 横浜, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2008/6; 44 (2): 545.

723527. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児期に診断したType I高IgE症候群の一例. 昆 伸也1, 坂東由紀1, 伊藤尚志1, 孤崎雅子1, 釼持 学1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 第44回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2008/7/14), 横浜, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2008/6; 44 (2): 588.

723528. [学会 (全国)] (一般講演) 生殖補助医療の現状について−北里大学病院で出生した極低出生体重児の検討−. 野渡正彦1, 伊藤尚志1, 狐崎雅子1, 釼持 学1, 伊坂雅行1, 石井正浩1, 天野 完2, 海野信也2 (1小児, 2産婦): 第44回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2008/7/15), 横浜, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2008/6; 44 (2): 440.

723529. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児期に低血糖, 矮小陰茎の所見から診断された複合型下垂体機能低下症の1例. 秋山和政1,2, 田久保憲行1, 横関祐一郎1, 伊藤尚志1, 狐崎雅子1, 伊坂雅行1, 釼持 学1,3, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院, 3相模野病院): 第44回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会 (2008/7/15), 横浜, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2008/6; 44 (2): 656.

723530. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院におけるTeddy Bear Hospital (ぬいぐるみ病院) 活動の報告. 坂東由紀1, 香渡 優2, 伊東妙希子3, 大野映樹4, 青柳匡輝5, 守屋利佳6, 阿部 直6, 田久保憲行1, 石井正浩1 (1小児, 2医学部5年, 3看護学部4年, 4医療衛生学部2年, 5薬学部3年, 6医学教育): 第40回日本医学教育学会総会および大会 (2008/7/25), 東京, 医学教育 2008/7; 39 (Suppl.): 90.

723531. [学会 (全国)] (一般講演) 診療見学型小児科実習から, 診療参加型小児科実習への試み. 田久保憲行1, 坂東由紀1, 守屋利佳2, 阿部 直2, 石井正浩1 (1小児, 2医学教育): 第40回日本医学教育学会総会および大会 (2008/7/26), 東京, 医学教育 2008/7; 39 (Suppl.): 145.

723532. [学会 (全国)] (一般講演) 非古典型が疑われた軽症21水酸化酵素欠損症 (21OHD) の2症例. 橘田一輝1,2, 田久保憲行2, 大津成之2,3, 風張眞由美2, 横田行史4, 松浦信夫5, 石井正浩2 (1北里研究所メディカルセンター病院, 2小児, 3相模野病院, 4相模原協同病院, 5聖徳大): 第35回日本マス・スクリーニング学会 (2008/8/30), 松江, 日本マス・スクリーニング学会誌 2008; 18 (2): 173.

723533. [学会 (全国)] (一般講演) 体験を取り入れた学校教員向け1型糖尿病学習会. 瀬戸加奈子1, 田久保由美子2, 松尾美智子3, 大貫恵子4, 佐々木香織5, 田久保憲行6 (1東邦大, 2元東京女子医大, 3日本赤十字看護大, 4看護部, 5看護部東京女子医大八千代医療センター, 6小児): 第13回日本糖尿病教育・看護学会学術集会 (2008/9/6), 金沢.

723534. [学会 (全国)] (一般講演) 療育者の働きかけに対する重症児 (者) の反応に関する検討−近赤外線スペクトロスコピー (NIRS) 評価を取り入れて−. 大江啓賢1, 佐伯啓介1, 野々田豊1,2, 米谷 博1, 小林 巌3, 中川栄二1 (1国立精神神経センター病院, 2小児, 3東京学芸大): 第34回日本重症心身障害学会 (2008/9/25), 埼玉, 日本重症心身障害学会誌 2008; 33 (2): 223.

723535. [学会 (全国)] (一般講演) 重症心身障害者病棟における尿路結石の検討. 野々田豊1,2, 桂 千晶1, 佐久間啓1, 斉藤義朗1, 小牧宏文1, 中川栄二1, 須貝研司1, 佐々木征行1 (1国立精神神経センター病院, 2小児): 第34回日本重症心身障害学会 (2008/9/26), 埼玉, 日本重症心身障害学会誌 2008; 33 (2): 253.

723536. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性腫瘍に罹患した重症心身障害児 (者) の9例の治療選択についての検討. 篠崎裕子1, 野々田豊1,2, 佐久間啓1, 須貝研司1, 斎藤義朗1, 小牧宏文1, 中川栄二1, 佐々木征行1, 米山 明3, 北住映二3 (1国立精神神経センター病院, 2小児, 3心身障害児総合医療療育センター): 第34回日本重症心身障害学会 (2008/9/26), 埼玉, 日本重症心身障害学会誌 2008; 33 (2): 255.

723537. [学会 (全国)] (一般講演) 重症心身障害者のNIRSを用いた視覚・聴覚機能評価の試み. 佐伯啓介1, 中川栄二1, 大橋 伯1, 米谷 博1, 野々田豊1,2, 宮原綾子1, 佐久間啓1, 須貝研司1, 佐々木征行1, 大江啓賢1, 小林 巌3 (1国立精神神経センター病院, 2小児, 3東京学芸大): 第34回日本重症心身障害学会 (2008/9/26), 埼玉, 日本重症心身障害学会誌 2008; 33 (2): 278.

723538. [学会 (全国)] (一般講演) 気管支喘息患児に対するIOSを用いた気管支拡張反応の試み. 福島崇義1, 上田康久1, 原 真人2, 林 初香1, 梅原 実1, 石井正浩1 (1小児, 2北里研究所メディカルセンター病院): 第41回日本小児呼吸器疾患学会 (2008/10/3), 函館, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2008/9; 19 (Suppl.): 71.

723539. [学会 (全国)] (一般講演) 重症百日咳肺炎から多臓器不全に陥り, 集約的治療により救命し得た1乳児例. 飯島真紀子1, 上田康久1, 林 初香1, 福島崇義1, 原 真人1, 梅原 実1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本小児呼吸器疾患学会 (2008/10/4), 函館, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2008/9; 19 (Suppl.): 73.

723540. [学会 (全国)] (一般講演) 二相性体外式人工呼吸器により効果的に呼吸管理できたApert症候群の1乳児例. 林 初香1, 上田康久1, 福島崇義1, 原 真人1, 梅原 実1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本小児呼吸器疾患学会 (2008/10/4), 函館, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2008/9; 19 (Suppl.): 98.

723541. [学会 (全国)] (一般講演) 両側多発肺嚢胞を併発し呼吸管理に難渋した急性細気管支炎の9ヵ月男児例. 金子忠弘1, 上田康久1, 飯島真紀子1, 林 初香1, 福島崇義1, 原 真人1, 梅原 実1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本小児呼吸器疾患学会 (2008/10/4), 函館, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2008/9; 19 (Suppl.): 100.

723542. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院小児科における“院内呼吸療法サポートチーム”参加の試み. 上田康久1, 梅原 実1, 原 真人1, 福島崇義1, 林 初香1, 今井 寛2, 相馬一亥2, 石井正浩1 (1小児, 2救命): 第41回日本小児呼吸器疾患学会 (2008/10/4), 函館, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2008/9; 19 (Suppl.): 114.

723543. [学会 (全国)] (一般講演) 非古典型が疑われた軽症21水酸化酵素欠損症 (21OHD) の2男児例. 田久保憲行1, 橘田一輝1, 大津成之1, 風張眞由美1, 横田行史2, 松浦信夫3, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院, 3聖徳大): 第42回日本小児内分泌学会学術集会 (2008/10/4), 米子.

723544. [学会 (全国)] (一般講演) ビタミンD欠乏性くる病と判断した2症例. 橘田一輝1, 田久保憲行1, 大津成之1, 風張眞由美1, 横田行史2, 松浦信夫3, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院, 3聖徳大): 第42回日本小児内分泌学会学術集会 (2008/10/4), 米子.

723545. [学会 (全国)] (一般講演) 若年性関節リウマチ (JIA) を合併したGraves病の一例. 緒方昌平1, 田久保憲行1, 橘田一輝1, 大津成之1, 風張眞由美1, 柴山啓子1, 坂東由紀1, 横田行史2, 松浦信夫3, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院, 3聖徳大): 第42回日本小児内分泌学会学術集会 (2008/10/4), 米子.

723546. [学会 (全国)] (一般講演) 日本人で初めて見られたHb Bicetreの1症例. 飯干美鶴希1, 服部幸夫1, 山城安啓1, 古谷知江美1, 日野未奈子1, 西岡弘子1, 伊藤 瞳1, 荒木五月1, 西原加絵1, 中舘尚也2 (1山口大, 2小児): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/10), 京都, 臨床血液 2008/9; 49 (9): 985.

723547. [学会 (全国)] (一般講演) ミカファンギンナトリウムの小児血液悪性腫瘍における早期投与法の検討. 中舘尚也1, 開田美保1, 古川真祐1, 石井正浩1, 久米 光2 (1小児, 2病理): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/11), 京都, 臨床血液 2008/9; 49 (9): 1058.

723548. [学会 (全国)] (一般講演) 血友病患児における定期補充療法とスポーツへの積極的参加によるQOLの改善. 開田美保1, 中舘尚也1, 古川真祐1, 石井正浩1, 石井匠子2, 大貫恵子2 (1小児, 2看護): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/12), 京都, 臨床血液 2008/9; 49 (9): 1209.

723549. [学会 (全国)] (一般講演) 小児再生不良性貧血に対する免疫抑制療法の治療経験 (Successful Immunosuppressive Therapy For Pediatric Aplastic Anemia). 常 健1,2, 中舘尚也1, 開田美保1, 古川真祐1, 石井正浩1 (1小児, 2中国・吉林大): 第70回日本血液学会総会 (2008/10/12), 京都, 臨床血液 2008/9; 49 (9): 1247.

723550. [学会 (全国)] (一般講演) 高度の肝機能障害を合併した若年性特発性関節炎の1例. 藤武義人1, 飯島真紀子1, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児): 第35回日本小児栄養消化器肝臓学会 (2008/10/12), 東京, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2008/9; 22 (Suppl.): 94.

723551. [学会 (全国)] (一般講演) 姿勢と動作の同時計測による脳性麻痺児の日常生活活動の記述. 佐藤春彦1, 岩崎俊之2, 井上剛伸, AndrewPaul D (1医療衛生学部, 2小児): 第29回バイオメカニズム学術講演会 (2008/10/26, 広島, 第29回バイオメカニズム学術講演会予稿集 2008/10; p.73-4.

723552. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における新生児搬送の現状と問題点. 伊坂雅行1, 狐崎雅子1, 伊藤尚志1, 野渡正彦1, 釼持 学1, 長谷川豪1, 石井正浩1 (1小児): 第53回日本未熟児新生児学会 (2008/10/30), 札幌, 日本未熟児新生児学会雑誌 2008/10; 20 (3): 492.

723553. [学会 (全国)] (一般講演) 16S rRNA Real-Time PCRを用いた低出生体重児の腸内細菌叢の解析. 狐崎雅子1, 伊藤尚志1, 伊坂雅行1, 長谷川豪1, 釼持 学1,2, 坂東由紀1, 野々山勝人1,3, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児, 2相模野病院, 3海老名総合病院): 第53回日本未熟児新生児学会 (2008/10/31), 札幌, 日本未熟児新生児学会雑誌 2008/10; 20 (3): 534.

723554. [学会 (全国)] (一般講演) 早産児における甲状腺剤(LT4)補充が必要と考えられる病態. 伊藤尚志1, 横田行史2, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院): 第53回日本未熟児新生児学会 (2008/10/31), 札幌, 日本未熟児新生児学会雑誌 2008/10; 20 (3): 547.

723555. [学会 (全国)] (一般講演) 混合性結合組織病の経過中に全身性エリテマトーデスの診断基準を満たした1例. 佐伯敏亮1, 小川倫史1, 野間 剛1, 石川 章2 (1小児, 2膠原病・感染内): 第18回日本小児リウマチ学会 (2008/10/4), 札幌.

723556. [学会 (全国)] (一般講演) シェーグレン症候群の発症が考えられた皮膚筋炎の一例. 小川倫史1, 磯崎 淳2, 川野 豊2, 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児, 2横浜市立みなと赤十字病院): 第18回日本小児リウマチ学会 (2008/10/4), 札幌.

723557. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期の難治な部分発作に対するtopiramateの短期的効果. 岩崎俊之1, 野々田豊1, 武井研二1,2, 細田のぞみ1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): 第42回日本てんかん学会総会 (2008/10/18), 東京.

723558. [学会 (全国)] (一般講演) 小児性腺外原発胚細胞腫瘍における腫瘍抑制遺伝子メチル化とインプリント障害との関連 (Correlation of imprint defects with tumor suppressor gene methylation in pediatric germ cell tumors of nongonadal origin). 古川真祐1,2, 春田雅之1, 本多昌平1, 菅原和華1, 中舘尚也2, 影山幸雄1, 東 四雄1, 金子安比古1 (1埼玉県立がんセンター, 2小児): 第67回日本癌学会学術集会 (2008/10/28-30), 名古屋, 日本癌学会総会記事67回 2008/9; Page277-8.

723559. [学会 (全国)] (一般講演) 小児奇形腫群腫瘍の検討. 中舘尚也1, 開田美保1, 古川真祐1, 石井正浩1, 武田憲子2, 田中 潔2, 海野信也3, 宋 成浩4, 岡 秀宏5, 早川和重6, 岩淵啓一7 (1小児, 2外科, 3産婦, 4泌尿器, 5脳外, 6放射線, 7病理): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/11/1), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008/10; 43 (2): 632.

723560. [学会 (全国)] (一般講演) NIRSを用いた副腎白質ジストロフィーの視覚・聴覚機能評価. 野々田豊1,2, 中川栄二1, 大橋 伯1, 米谷 博1, 佐伯啓介1, 宮原綾子1, 佐久間啓1, 小牧宏文1, 斎藤義朗1, 須貝研司1, 佐々木征行1, 大江啓賢1, 小林 巌1 (1国立精神神経センター武蔵病院, 2小児): 第38回日本臨床神経生理学会学術大会 (2008/11/12), 神戸, 臨床神経生理学 2008/10; 36 (5): 515.

723561. [学会 (全国)] (一般講演) 小児難治性てんかんにおける発作時NIRSと発作時脳波, 機能画像との比較検討. 米谷 博1, 中川栄二1, 佐伯啓介1, 大橋 伯1, 野々田豊1,2, 宮原綾子1, 佐久間啓1, 斎藤義朗1, 小牧宏文1, 須貝研司1, 佐々木征行1, 小林 巌1 (1国立精神神経センター病院, 2小児): 第38回日本臨床神経生理学会学術大会 (2008/11/12), 神戸, 臨床神経生理学 2008/10; 36 (5): 515.

723562. [学会 (全国)] (一般講演) 重度精神運動発達遅滞児における視覚認知反応からみた発達評価. 中川栄二1, 大橋 伯1, 米谷 博1, 佐伯啓介1, 野々田豊1,2, 宮原綾子1, 須貝研司1, 佐々木征行1, 大江啓賢1, 小林 巌1 (1国立精神神経センター病院, 2小児): 第38回日本臨床神経生理学会学術大会 (2008/11/13), 神戸, 臨床神経生理学 2008/10; 36 (5): 544-5.

723563. [学会 (全国)] (一般講演) 本邦でのRituximabによる難治性小児慢性ITPの治療実態調査. 中舘尚也1,2, 小林尚明1, 北澤淳一1, 堀越泰雄1, 長澤正之1, 小林正夫1, 高橋幸博1, 藤沢康司1, 白幡 聡1, 別所文雄1 (1日本小児ITP研究会, 2小児): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/14), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.210.

723564. [学会 (全国)] (一般講演) 小児白血病患児への病名告知に関する検討−この数年の変化−. 前田美穂1,2, 土田昌宏2, 青木由貴2, 有瀧健太郎2, 石井栄三郎2, 石田也寸志2, 加藤陽子2, 菊地 陽2, 後藤晶子2, 斉藤正博2, 杉田憲一2, 徳山美香2, 中舘尚也2,3, 別所文雄2, 細谷亮太2, 福永慶隆2 (1日本医科大, 2東京小児がん研究グループ, 3小児): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/14), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.223.

723565. [学会 (全国)] (一般講演) 血友病関節症についてMRI評価ガイドライン作成の試み. 中舘尚也1, 竹谷英之2, 橘川 薫3 (1小児, 2東京大, 3聖マリアンナ医大): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/15), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.404.

723566. [学会 (全国)] (一般講演) 守る会助成課題 ウィルムス腫瘍グループスタディにおける腎横紋筋肉腫様腫瘍 (RTK) に対する集学的治療. 越永従道1, 北野良博1, 齊藤正博1, 陳 基明1, 中舘尚也1,2, 野崎美和子1, 麦島秀雄1, 大植孝治1, 大喜多肇1, 金子安比古1, 田中祐吉1, 秦 順一1, 樋之津史郎1, 堀江 弘1, 福澤正洋1 (1日本ウィルムス腫瘍スタディグループ, 2小児): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/15), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.416.

723567. [学会 (全国)] (一般講演) 日本ウィルムス腫瘍スタディグループ (JWiTS) 登録症例の追跡調査報告. 大植孝治1, 福澤正洋1, 越永従道2, 樋之津史郎3, 秦 順一4, 堀江 弘5, 田中祐吉6, 大喜多肇4, 金子安比古7, 陳 基明2, 中舘尚也8, 麦島秀雄2, 齋藤正博9, 北野良博10, 野崎美和子11 (1大阪大, 2日本大, 3筑波大, 4国立成育医療, 5千葉こども, 6神奈川こども, 7埼玉県立がんセンター, 8小児, 9順天堂大, 10埼玉県立小児医療, 11獨協医大): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/16), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.229.

723568. [学会 (全国)] (一般講演) 日本ウィルムス腫瘍スタディグループ中央病理診断の確定した両側性腎腫瘍の検討. 越永従道1, 北野良博1, 大植孝治1, 齋藤正博1, 大喜多肇1, 金子安比古1, 田中祐吉1, 陳 基明1, 中舘尚也1,2, 野崎美和子1, 秦 順一1, 樋之津史郎1, 堀江 弘1, 麦島秀雄1, 福澤正洋1 (1日本ウィルムス腫瘍スタディグループ委員会, 2小児): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会会 (2008/11/16), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.229.

723569. [学会 (全国)] (一般講演) がん抑制遺伝子RASSF1Aのメチル化はウィルムス腫瘍の新しい予後因子である. 大島淳二郎1, 春田雅之1, 渡辺直樹1, 金子安比古1, 樋之津史郎2, 越永従道2, 秦 順一2, 堀 江弘2, 田中祐吉2, 大喜多肇2, 陳 基明2, 中舘尚也2,3, 齋藤正博2, 北野良博2, 野崎美和子2, 大植孝治2, 福澤正洋2 (1埼玉県立がんセンター, 2日本ウィルムス腫瘍スタディグループ, 3小児): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/16), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.230.

723570. [学会 (全国)] (一般講演) 日本ウィルムス腫瘍スタディ (JWiTS)-1における晩期障害調査研究−JWiTS報告−. 中舘尚也1,2, 陳 基明1, 斉藤正博1, 越永従道1, 樋之津史郎1, 大植孝治1, 北野良博1, 大喜多肇1, 金子安比古1, 堀江 弘1, 田中祐吉1, 野崎美和子1, 麦島秀雄1, 福澤正洋1 (1日本ウィルムス腫瘍スタディグループ, 2小児): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/16), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.231.

723571. [学会 (全国)] (一般講演) 小児性腺外原発胚細胞腫瘍における腫瘍抑制遺伝子メチル化とインプリント障害との関連. 古川真祐1,2, 春田雅之1, 本多昌平1, 中舘尚也2, 石井正浩2, 金子安比古1 (1埼玉県立がんセンター, 2小児): 第50回日本小児血液学会・第24回日本小児がん学会 (2008/11/16), 千葉, 小児がん 45巻プログラム・総会号 2008/11; p.231.

723572. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児クレチン症マススクリーニングで発見され, 特異な経過をとった2症例. 松浦信夫1, 横田行史2, 柴山啓子2, 田久保憲行2, 原田正平3 (1聖徳大, 2小児, 3国立成育医療センター): 第51回日本甲状腺学会 (2008/11/23), 宇都宮, 日本内分泌学会雑誌 2008/9; 84 (2): 440.

723573. [学会 (全国)] (一般講演) 喘息発作時における血清酸化ストレスマーカー (d-ROM) と呼気一酸化窒素 (FeNO) の検討. 山出晶子1, 磯崎 淳1, 川野 豊1, 正田哲雄1, 小川倫史2, 野間 剛2, 河野徹也1, 中村陽一1, 西岡 清1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2008/11/27), 東京, アレルギー 2008/10; 57 (9-10): 1453.

723574. [学会 (全国)] (一般講演) 乳児喘息・喘鳴における胃食道逆流 (GER) の関与. 正田哲雄1 磯崎 淳1, 川野 豊1, 柏崎ゆたか1, 渡邉友博1, 白井謙太朗1, 由井崇子1, 山出晶子1, 小林賢司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 河野徹也1, 中村陽一1, 西岡 清1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2008/11/29), 東京, アレルギー 2008/10; 57 (9-10): 1509.

723575. [学会 (全国)] (一般講演) 食物アレルギー疾患患児リンパ球におけるIL-31の発現の検討. 小川倫史1,2, 磯崎 淳3, 川野 豊3, 佐伯敏亮1, 野間 剛1 (1小児, 2流山総合病院, 3横浜市立みなと赤十字病院): 第45回日本小児アレルギー学会 (2008/12/13), 横浜, 日本小児アレルギー学会誌 2008/10; 22 (4): 664.

723576. [学会 (全国)] (一般講演) 食物アレルギー患児を有する保護者のQOLと不安・ストレスの検討. 柏崎ゆたか1, 磯崎 淳1, 山出晶子1, 正田哲雄1, 渡邉友博1, 白井謙太朗1, 由井崇子1, 小林賢司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 川野 豊1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第45回日本小児アレルギー学会 (2008/12/13), 横浜, 日本小児アレルギー学会誌 2008/10; 22 (4): 670.

723577. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児消化管アレルギーを発症した一卵性双生児と二卵性双生児の比較. 正田哲雄1, 磯崎 淳1, 柏崎ゆたか1, 渡邉友博1, 白井謙太朗1, 由井崇子1, 小林賢司1, 川野 豊1, 小川倫史2, 野間 剛2, 河野徹也1, 中村陽一1, 西岡 清1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第45回日本小児アレルギー学会 (2008/12/14), 横浜, 日本小児アレルギー学会誌 2008/10; 22 (4): 691.

723578. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸機能、呼気一酸化窒素を指標とした小児ACTとJPACの比較検討. 磯崎 淳1, 正田哲雄1, 山出晶子1, 柏崎ゆたか1, 渡邉友博1, 白井謙太朗1, 由井崇子1, 小林賢司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 川野 豊1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第45回日本小児アレルギー学会 (2008/12/14), 横浜, 日本小児アレルギー学会誌 2008/10; 22 (4): 704.

723579. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸機能および呼気一酸化窒素 (FeNO) とJPAC (Japanese Pediatric Asthma Control test) との相関性についての検討. 山出晶子1, 磯崎 淳1, 正田哲雄1, 柏崎ゆたか1, 渡邉友博1, 白井謙太朗1, 由井崇子1, 小林賢司1, 小川倫史2, 野間 剛2, 川野 豊1 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第45回日本小児アレルギー学会 (2008/12/14), 横浜, 日本小児アレルギー学会誌 2008/10; 22 (4): 704.

731086. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病の最近の知見: 心血管病変を中心として. 石井正浩 (小児): 第61回埼玉小児循環器談話会 (2008/5/31), 埼玉.

731087. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病の冠動脈病変−治療と予後, 成人期ではどうなるのか−. 石井正浩 (小児): 第67回東京心臓の会 (2008/6/14), 東京, 進歩する心臓研究−Tokyo Heart Journal−52号 2008; Vol.XXVII (2): 20-5.

731088. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病の心合併症. 石井正浩 (小児): 第92回お茶の水木曜会 (2008/7/10), 東京.

731089. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病の診断. 石井正浩 (小児): γグロブリン User's Meeting -川崎病を考える- (2008/9/17), 新横浜.

731090. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病の最新知見: 急性期治療と遠隔期の管理. 石井正浩 (小児): 30年会学術講演会 (2008/7/25), 宮崎.

731091. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病冠動脈障害の長期予後とカテーテル治療. 石井正浩 (小児): 第17回三山循環器カンファレンス−川崎病冠動脈障害の遠隔期− (2008/9/26), 群馬.

731092. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学小児科のクリニカル・クラークシップ. 石井正浩 (小児): 第8回日本小児医学教育研究会 (2008/10/25), 東京.

731093. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病遠隔期の諸問題−心血管病変を中心として−. 石井正浩 (小児): 第22回唐松循環器カンファランス (2008/11/19), 佐賀.

731094. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病急性期の診断・治療および遠隔期心血管病変の諸問題. 石井正浩 (小児): 第2回福岡小児科セミナー (2009/2/20), 福岡.

732031. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 【Debate】 PCI が第一選択である 〜冠血行再建術はPCI が第一選択である: 全国調査成績からの検討〜. 牟田広実1, 石井正浩2 (1久留米大, 2小児): 第28回日本川崎病研究会 (2008/10/17), 札幌, Progress in Medicine 2009/4; 29 (4): 1155.

732032. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー) 第9回国際川崎病シンポジウムの話題. 石井正浩 (小児): 第28回日本川崎病研究会 (2008/10/18), 札幌.

732033. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 【会長要望講演】免疫グロブリン不応例に対するインフリキシマブ療法: 遺伝子発現からの検討. 金子忠弘1,2, 緒方昌平2, 扇原義人2, 岩波直美1,2, 三宅 泉1,2, 野々山勝人1,2, 箕浦克則1,2, 石井正浩2 (1海老名総合病院, 2小児): 第28回日本川崎病研究会 (2008/10/18), 札幌, Progress in Medicine 2009/4; 29 (4): 1161.

732034. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 【会長要望講演】川崎病に対する新しい治療戦略: マイクロアレイによる効果判定. 緒方昌平1, 坂東由紀1, 野元けい子1, 小久保謙一2, 扇原義人1, 金子忠弘1, 安藤 寿1, 木村純人1, 中畑弥生1, 石井正浩1 (1小児, 2医療衛生学部): 第28回日本川崎病研究会 (2008/10/18), 札幌, Progress in Medicine 2009/4; 29 (4): 1163.

732035. [学会(地方会・研究会)] (シンポジウム) 【会長要望講演】川崎病の急性期治療としてのInfliximabの安全性と有効性 3回のアンケート調査の結果から. 佐地 勉1, 薗部友良1, 濱岡健城1, 荻野廣太郎1, 太田八千雄2, 大島美保3, 長谷山圭司4, 大久保淳5, 梶野真弓5, 監物 靖6, 高月晋一6, 秋元かつみ7, 松原知代8, 今川智之9, 石井正浩10, 喜瀬広亮11, 渡部綾佳12, 廣野恵一12, 吉林宗夫13, 白石泰資14, 市山高志15, 岸本小百合16, 城尾邦隆17, 宗内 淳17 (1川崎病研究会運営委員, 2豊平おおたこどもクリニック, 3札幌徳州会病院, 4札幌医科大学, 5旭川厚生病院, 6東邦大学, 7順天堂大学, 8順天堂大学浦安, 9横浜市立大学, 10北里大学, 11山梨大学, 12富山大学, 13近畿大学奈良病院, 14国立病院機構高知病院, 15山口大学, 16九州厚生年金病院, 17九州大学): 第28回日本川崎病研究会 (2008/10/18), 札幌, Progress in Medicine 2009/4; 29 (4): 1162.

732036. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) 小児における適応外使用 (off label use) の現状 小児におけるLZDの使用経験. 飯島真紀子1, 野々山勝人1, 砂川慶介2, 石井正浩1 (1小児, 2北里生命科学研究所): 第55回日本化学療法学会東日本支部総会 (2008/10/23), 大宮, 日本化学療法学会雑誌 2009/3; 57 (2): 124-5.

733178. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Impulse Oscillometry (IOS) を用いた年少児に対する気道抵抗測定. 福島崇義1, 上田康久1, 林 初香1, 石井正浩1 (1小児): 第292回日本小児科学会神奈川県地方会 (2008/4/19), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2009/1; 36 (1): 51.

733179. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 双胎における呼吸障害の検討. 横関祐一郎1, 伊藤尚志1, 釼持 学1, 狐崎雅子1, 伊坂雅行1, 長谷川豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 第16回神奈川県新生児未熟児連絡会/神奈川RDS・サーファクタント関連検討会 (2008/5/31), 横浜.

733180. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ビタミンD欠乏性くる病と判断した2症例. 金子忠弘1, 田久保憲行1, 風張真由美1, 石井正浩1, 大津成之1,2, 橘田一輝1,3, 横田行史4 (1小児, 2相模野病院, 3北里研究所メディカルセンター病院, 4相模原協同病院): 第293回日本小児科学会神奈川県地方会 (2008/6/14), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2009/1; 36 (1): 54.

733181. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 巨脳側に進行性萎縮を認め石灰化を伴った片側巨脳症の一例. 野々田豊1,2, 中川栄二1, 佐久間啓1, 斎藤義朗1, 小牧宏文1, 須貝研司1, 佐々木征行1, 高橋章夫1, 大槻泰介1, 伊藤雅之1 (1国立精神神経センター病院, 2小児): 第2回てんかん学会関東・甲信越地方会 (2008/6/14), 東京, てんかん研究 2009/1; 26 (3): 470.

733182. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児期の難治な部分発作に対するtopiramateの付加的使用. 岩崎俊之1, 野々田豊1, 武井研二1,2, 細田のぞみ1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): 第62回神奈川てんかん懇話会 (2008/7/19), 横浜, 神奈川県精神医学会誌 2009/3; 58: 82.

733183. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Dieulafoy潰瘍が疑われた急性出血性胃潰瘍の幼児. 藤武義人1, 石井正浩1, 武田憲子2 (1小児, 2外科): 第35回日本小児内視鏡研究会 (2008/7/13), 大宮.

733184. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Phenytoin静脈内投与後のphenobarbital内服が有効であった大田原症候群の1例. 山中麻理1, 岩崎俊之1, 横関祐一郎1, 林 初香1, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児): 第42回神奈川小児神経懇話会 (2008/7/26), 横浜.

733185. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Phenytoin静脈内投与が有効であった大田原症候群の1例. 山中麻理1, 岩崎俊之1, 横関祐一郎1, 林 初香1, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児): 第294回日本小児科学会神奈川県地方会 (2008/9/20), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2009/1; 36 (1): 60.

733186. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 単心房に対する心房内血流転換術後に心筋梗塞を生じた1女児例. 安藤 寿1, 木村純人1, 中畑弥生1, 石井正浩1, 宮地 鑑2 (1小児, 2心臓血管外): 第4回神奈川小児循環器研究会 (2008/9/27), 横浜.

733187. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 【産婦人科医のための新生児診療ABC (その4)】生まれてすぐの新生児をどう見るか− NICUの現状について−. 野渡正彦 (小児): 第5回神奈川県県域地区産婦人科研修会 (2008/10/9), 横浜.

733188. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 僧帽弁閉鎖不全, 三尖弁閉鎖不全による急性心不全で発症した不全型川崎病の1例. 中畑弥生1, 木村純人1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児): 第28回日本川崎病研究会 (2008/10/17), 札幌, Progress in Medicine 2009/4; 29 (4): 1179.

733189. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 生後24時間で原因不明の高カリウム血症をきたした1例. 横関祐一郎1, 伊藤尚志1, 狐崎雅子1, 剱持 学1, 長谷川豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 第7回神奈川新生児研究会 (2008/10), 横浜.

733190. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 体験を取り入れた学校教員向け1型糖尿病学習会. 田久保由美子1, 田久保憲行2, 瀬戸加奈子3, 松尾美智子4, 大貫恵子5, 佐々木香織6 (1元東京女子医大, 2小児, 3東邦大, 4日本赤十字看護大, 5看護部, 6東京女子医大八千代医療センター): 第14回神奈川小児糖尿病研究会 (2008/11/19), 横浜.

733191. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) covered stentによる両側肺動脈絞扼術の試み: animal modelによる検討. 中畑弥生1, 富田 英2, 木村純人1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児, 2昭和大): 第20回日本Pediatrc Interventional Cardiology研究会学術集会 (2009/1/16), 東京.

733192. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Asperger syndromeを合併した潜因性局在関連性てんかんの1例. 岩崎俊之1, 野々田豊1, 細田のぞみ1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): 第63回神奈川てんかん懇話会 (2009/1/17), 横浜.

733193. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 「かながわ小児思春期DMセミナー」の取り組み. 田久保憲行1, 佐々木香織2, 大川拓也3, 志賀健太郎4, 曽根田瞬5, 冨田雄一郎6, 大貫恵子7, 田久保由美子8, 菊池信行4, 松浦信夫9, 石井正浩1 (1小児, 2東京女子医大, 3相模更生病院, 4横浜市大, 5聖マリアンナ医大, 6東海大, 7看護部, 8元東京女子医大, 9聖徳大): 第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2009/1/24), 横浜, 糖尿病 2009/6; 52 (6): 476.

733194. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 学童期に発症し, 抗インスリン抗体陽性であったインスリノーマの一症例. 本田 崇1, 橘田一輝1,2, 田久保憲行1, 大津成之1,3, 風張眞由美1, 横田行史4, 松浦信夫5, 武田憲子6, 田中 潔6, 古田一徳6, 石井正浩1 (1小児, 2北里研究所メディカルセンター病院, 3相模野病院, 4相模原協同病院, 5聖徳大, 6外科): 第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2009/1/24), 横浜, 糖尿病 2009/6; 52 (6): 489.

733195. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当科で経験したNeurofibromatosis type 1 (NF1) 10例の臨床遺伝的検討. 岩崎俊之1, 野元けい子1, 野々田豊1, 細田のぞみ1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): 第43回神奈川小児神経懇話会 (2009/1/31), 横浜.

733196. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児期に非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLD) を認めた2症例. 橘田一輝1,2, 田久保憲行2, 大津成之2,3, 風張眞由美2, 横田行史4, 松浦信夫5, 石井正浩2 (1メディカルセンター病院, 2小児, 3相模野病院, 4相模原協同病院, 5聖徳大): 第21回小児成長研究会 (2009/2/7), 東京.

733197. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術後13年の経過で腎血管性高血圧の再燃を認めた一女児例. 中島圭代1, 中村信也1, 添田由希子1, 岩波直美1, 越野浩江1, 石井正浩1 (1小児): 第296回日本小児科学会神奈川県地方会 (2009/2/21), 横浜.

733198. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 単心房に対する心房内血流転換術後に心筋梗塞を生じた1女児例. 安藤 寿1, 木村純人1, 中畑弥生1, 石井正浩1, 宮地 鑑2 (1小児, 2心臓血管外): 第296回日本小児科学会神奈川県地方会 (2009/2/21), 横浜.

733199. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 僧帽弁閉鎖不全, 三尖弁閉鎖不全による急性心不全で発症した不全型川崎病の1例. 中畑弥生1, 木村純人1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児): 第4回神奈川県川崎病研究会 (2009/2/28), 横浜.

733200. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 免疫グロブリン不応例に対するインフリキシマブ療法: 遺伝子発現からの検討. 緒方昌平1, 金子忠弘1, 扇原義人1, 安藤 寿1, 中畑弥生1, 石井正浩1 (1小児): 第4回神奈川県川崎病研究会 (2009/2/28), 横浜.

733201. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 【産婦人科医のための新生児診療ABC (その5)】生まれてすぐの新生児をどう見るか−最終総括 (まとめ)−. 野渡正彦 (小児): 第6回神奈川県県域地区産婦人科研修会 (2009/3/12), 横浜.

733202. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 単芽球様細胞の増生を伴ったHemophagocytic lymphohistiocytosis (HLH) のDown症女児例. 佐藤慎太郎1, 金子忠弘1, 昆 伸也1, 扇原義人1, 開田美保1, 古川真祐1, 中舘尚也1, 石井正浩1, 今宿晋作2 (1小児, 2高砂西部病院): 第297回日本小児科学会神奈川県地方会 (2009/3/21), 横浜.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-110013. [原著] Transition of children with membranoproliferative glomerulonephritis to adolescence and adulthood. Iitaka K, Motoyama O, 中村信也1, 越野浩江1, Sakai T (1小児): Clinical and experimental nephrology 2008/2; 12 (1): 28-32.

H19-110014. [原著] Abnormal fecal Lactobacillus flora and vitamin B12 deficiency in a patient with short bowel syndrome. 北條研一1, 坂東由紀2, 伊藤陽子2, 竹友直紀1, 石井正浩2 (1明治乳業, 2小児): Journal of pediatric gastroenterology and nutrition 2008/3; 46 (3): 342-5.

H19-120001. [原著] 2005/06年, 2006/07年のインフルエンザ2シーズンに, 神奈川県内で異常行動を呈した症例の検討結果−特に「飛び出し・飛び降り」例について−. 高橋 協1, 赤城邦彦1, 池田裕一1, 王 康雅1, 勝田友博1, 小島幸司1, 中尾 歩1, 坂東由紀1,2, 森 雅亮1 (1日本小児科学会神奈川県地方会感染症委員会, 2小児): 小児感染免疫 2007/12; 19 (4): 473-7.

H19-520002. [総説] 小児喘息・アレルギー疾患の検査法の解説−気道抵抗−. 福島崇義1, 上田康久1 (1小児): Pediatric Allergy for Clinicians 2007/5; 3 (2): 28-31.

[著 書]

H19-620008. [学術書 (分担執筆)] 【循環器疾患最新の治療 2008-2009】動脈管開存症, p.233-5. 中畑弥生1, 石井正浩1 (1小児), 編 堀 正二, 永井良三, 南江堂, 東京, 2008/3発行.

[学会発表]

H16-723001. [学会 (全国)] (一般講演) 小児脊髄損傷の1例. 野々田豊1,2, 内野正隆3, 鷺内隆雄4, 西巻 博1, 鈴木 卓1, 中村光伸3, 糸満盛憲3, 相馬一亥1 (1救命, 2小児, 3整外, 4脳外): 第7回日本臨床救急医学会総会 (2004/5/15), 横浜, 日本臨床救急医学会雑誌 2004; 7: 192.

H16-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 乳児外傷性顔面神経麻痺の一例. 横関祐一郎1, 臼井大祐2, 伊藤昭彦2, 岡本牧人2 (1小児, 2耳鼻): 第130回 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2004/12/11), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2005/7; 32 (2): 202.

H16-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 卵黄管嚢腫による内ヘルニアで絞扼性イレウスとなった一例. 野々田豊1,2, 箕浦克則1, 内藤剛彦1, 武田信裕1, 大津成之1,2, 根本文子1,2, 大村在幸1, 名取穣治1, 内山喜一郎1 (1海老名総合病院, 2小児): 第269回日本小児科学会神奈川地方会 (2004/6/19), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2005/1; 32: 3.

H16-733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) バルーン大動脈弁形成術におけるちょっとした工夫. 堀口泰典1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1, 石井正浩1 (1小児): 第16回日本Pediatric interventional cardiology研究会 (2005/1/14), 名古屋, 日本小児循環器学会雑誌 2005/11; 21 (6): 688.

H16-733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 電子ビームCT 3D画像によるASDの形態評価−カテーテル心房中隔閉鎖術適応患者選択の一方法として−. 堀口泰典1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1, 石井正浩1 (1小児): 第16回日本Pediatric interventional cardiology研究会 (2005/1/14), 名古屋, 日本小児循環器学会雑誌 2005/11; 21 (6): 689-90.

H16-733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ステント留置により狭窄解除に成功したmiddle aortic syndromeの1例. 横関祐一郎1, 堀口泰典1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 藤野宣之1, 武田信裕1, 小川夏子1, 石井正浩1, 富田 英2(1小児, 2札幌医大): 第16回日本Pediatric interventional cardiology研究会 (2005/1/14), 名古屋, 日本小児循環器学会雑誌 2005/11; 21 (6): 691.

H17-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Streptococcus bovis (Type II) による新生児劇症型髄膜炎の一例. 古川真祐1,2, 黒岩祐子1, 下浜真里子1,2, 高木優樹1, 飯高喜久雄1, 七尾謙治1 (1大和市立病院, 2小児): 第278回日本小児科学会神奈川県地方会 (2006/2/18), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2006/7; 33 (2): 205.

H18-723001. [学会 (全国)] (一般講演) 人工血管MRSA感染に対し, リネゾリドが有効であった乳児の1症例. 横関祐一郎1,2, 野々山勝人1,3, 砂川慶介4 (1小児, 2相模野病院, 3海老名総合病院, 4感染症 ): 第38回日本小児感染症学会 (2006/11/11), 高知.

H18-723002. [学会 (全国)] (一般講演) ボリコナゾールが有効であった肺アスペルギルス症の一症例. 横関祐一郎1,2, 野々山勝人1,3, 砂川慶介4 (1小児, 2相模野病院, 3海老名総合病院, 4感染症): 第38回日本小児感染症学会 (2006/11/11), 高知.

H18-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高テオフィリン血症をきたした双胎の1例. 横関祐一郎1, 山田俊彦, 荻野純代, 狐崎雅子1, 剱持 学1, 長谷川豪1, 野渡正彦1, 石井正浩1 (1小児): 日本未熟児新生児学会地方会/神奈川サーファクタント研究会 (2006/5), 横浜.

H18-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 長期臥床中の脳性麻痺児における続発性骨粗鬆症の現状と治療. 岩崎俊之1, 野々田豊1, 中村信也1, 横田行史1, 石井正浩1 (1小児): 第59回神奈川てんかん懇話会 (2007/1/20), 横浜, 神奈川県精神医学会誌 2008/3; 57: 99-100.

H19-723008. [学会(全国)] (一般講演) 小児1型糖尿病(T1DM)疾患感受性遺伝子の家系解析の検討. 田久保憲行1, 松浦信夫2, 野元けい子1, 下濱真理子1, 大津成之1, 風張眞由美1, 横田行史3, 石井正浩1 (1小児科, 2聖徳大, 3相模原協同病院): 第18回臨床内分泌代謝Update (2008/3/16), 高知, 日本内分泌学会雑誌 2007/12; 83 (3): 764.

H19-723009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 【産婦人科医のための新生児診療ABC (その1)】生まれてすぐの新生児をどう見るか−新生児心肺蘇生法を中心に−. 野渡正彦(小児): 第2回神奈川県県域地区産婦人科研修会 (2007/3/8), 横浜.

H19-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院における食物負荷試験の2年間の検討. 磯崎 淳1, 松原圭子1, 由井崇子1, 小林賢司1, 川野 豊1, 野間 剛2 (1横浜市立みなと赤十字病院, 2小児): 第286回日本小児科学会神奈川県地方会 (2007/4/14), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2008/1; 35 (1): 59-60.

H19-733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Gabapentinが有効であったWest症候群から移行した未決定てんかんの1例. 岩崎俊之1, 野々田豊1,2, 武井研二1,3, 細田のぞみ1,3, 石井正浩1 (1小児, 2国立精神神経センター武蔵病院, 3相模原療育園): 第60回神奈川てんかん懇話会 (2007/7/14), 横浜, 神奈川県精神医学会誌 2008/3; 57: 101.

H19-733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 重症心身障害児 (者) に対するgabapentinの使用経験−副作用出現例について−. 武井研二1,2, 岩崎俊之2, 細田のぞみ1,2, 三浦寿男1, 北村英二2, 阿久津二夫3 (1相模原療育園, 2小児, 3神経内): 第60回神奈川てんかん懇話会 (2007/7/14), 横浜, 神奈川県精神医学会誌 2008/3; 57: 101.

H19-733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 【産婦人科医のための新生児診療ABC (その2)】生まれてすぐの新生児をどう見るか−出生後の異常と新生児搬送について−. 野渡正彦 (小児): 第3回神奈川県県域地区産婦人科研修会 (2007/10/18), 横浜.

H19-733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 巨大冠動脈瘤を呈した川崎病の一乳児例−ステロイド・パルス療法実施前後の変化について−. 福島直哉1, 小林美緒1, 黒岩佑子1, 武田良淳1, 七尾謙治1, 中畑弥生2, 石井正浩2 (1大和市立, 2小児): 第289回日本小児科学会神奈川県地方会 (2007/11/17), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2008/7; 35 (2): 234.

H19-733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) てんかんの同胞を持つPseudoseizureの1例. 横関祐一郎1, 岩崎俊之1, 野々田豊1, 石井正浩1 (1小児): 第61回神奈川てんかん懇話会 (2008/1/19), 横浜, 神奈川県精神医学会誌 2009/3; 58: 79.

H19-733008. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 不適切な離乳栄養を背景に低Na血症を呈したと考えられた一乳児例. 鈴木智子1, 秋山和政1,2, 開田美保1,2, 福島崇義1,2, 佐伯敏亮1,2, 横田行史1 (1相模原協同病院, 2小児): 第290回日本小児科学会神奈川県地方会 (2008/2/16), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2008/7; 35 (2): 239.

H19-733009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 分類不能型の炎症性腸疾患と診断され, クローン病が疑われた1男児例. 藤武義人1, 坂東由紀1, 石井正浩1, 小島邦彦2 (1小児, 2小島小児科): 第8回日本小児IBD研究会 (2008/2/17), 東京, 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2008/7; 22 (1): 39.

H19-733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) てんかんの同胞を持つpseudoseizureの1例. 横関祐一郎1, 岩崎俊之1, 野々田豊1, 石井正浩1 (1小児): 第48回日本小児神経学会関東地方会 (2008/3/8), 東京, 脳と発達 2009; 41 (1): 67.

H19-733011. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 【産婦人科医のための新生児診療ABC (その3)】生まれてすぐの新生児をどう見るか−出生後のルーチンケアとスクリーニング検査について−. 野渡正彦 (小児): 第4回神奈川県県域地区産婦人科研修会 (2008/3/13), 横浜.


産婦人科学

[学術論文]

110162. [原著] Detrended fluctuation analysis of heart rate variability in normal and growth-restricted fetuses. Kikuchi A, 海野信也1, Kozuma S, Taketani Y (1産婦): Gynecol Obstet Invest 2008; 65 (2): 116-22.

110163. [原著] Nonlincear Anelyses of Heart Rate Variability in Monochorionic and Dichorionio Twin Fetuses. Shiba M, Kikuchi A, Miao T, Hara K, Sunagawa S, Yoshida S, Takagi K, 海野信也1 (1産婦): Gynecol Obstet Invest 2008; 65: 73-80.

110164. [原著] Alu-related 5q35 microdeletions in Sotos syndrome. 望月純子1, Saitsu H, Mizuguchi T, Nishimura A, Visser R, Kurotani N, Miyake N, 海野信也1, Matsumoto N (1産婦): Clin Genet 2008; 74: 384-91.

110165. [原著] Primary fallopian tube carcinoma is biologically different from endometrial adenocarcinoma. 新井正秀1, 上坊敏子, 新井 努1, 宮本朋幸, 渡邉 純2, 蔵本博行, 海野信也1 (1産婦, 2病理): The Kitasato Med J 2009/3; 39 (1): 18-23.

110166. [原著] Clinical usefulness of fetal pulse oximetry. 天野 完1, 望月純子1, 金井雄二1, 谷 昭博1, 海野信也1 (1産婦): The Kitasato Med J 2009/3; 39 (1): 69-74.

120053. [原著] 前置胎盤, とくに前置癒着胎盤の取り扱い (Management of placenta previa/accreta). 大西庸子1, 内田加奈子, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2009; 45 (1): 62-5.

520124. [総説] 周産期からみた10代出産. 海野信也 (産婦): 思春期学 2008; 26 (1): 146-9.

520125. [総説] 妊娠中に発見される消化器がん. 池田泰裕1, 海野信也1 (1産婦): 産婦人科の実際 2008; 57 (4): 677-80.

520126. [総説] 子宮頸癌放射線療法と細胞診. 上坊敏子, 新井 努1, 新部 譲2, 海野信也1 (1産婦, 2放射線): 病理と臨床 2008/5; 26: 487-92.

520127. [総説] 無痛分娩に求められる硬膜外麻酔. 天野 完 (産婦): 日本臨床麻酔学会誌 2008; 28: 237-42.

521020. [解説] 外国における分娩事情. 海野信也 (産婦): 周産期医学 2008; 38 (3): 285-9.

521021. [解説] 【シンポジウム1: 産婦人科医師不足の現状と将来】神奈川県の現況について. 海野信也 (産婦): 日産婦関東ブロック会報 2008; 26: 22-6.

521022. [解説] 周産期医療の現状と将来. 海野信也 (産婦): 産婦人科治療 2008; 96 (Suppl 1): 443-52.

521023. [解説] 選択的分娩誘発によって胎児・新生児のリスクは回避できるのか? 天野 完 (産婦): Perinatal Care 2008; 11: 31-4.

521024. [解説] パルスオキシメータによる胎児監視. 天野 完 (産婦): 周産期医学 2009; 39: 439-43.

522025. [講座] 産科麻酔スタンダードおよび産科との接点−産科医療における麻酔科医との連携−. 天野 完 (産婦): 日本臨床麻酔学会誌 2008; 28 (5): 751-6.

522026. [講座] 周産期診療プラクティス−産科麻酔. 天野 完 (産婦): 産婦人科治療 2008; 98 (Suppl): 349-56.

[著 書]

620123. [学術書 (分担執筆)] 【MFICUマニュアル】無痛分娩, p.452-7. 天野 完1, 海野信也1 (1産婦), 編 MFICU連絡協議会, メディカ出版2008発行.

[学会・研究会]

713115. [学会 (国際)] (一般講演) Labor analgesia in Japan: 50 years of change and recent trends. 望月純子1, 天野 完1, 庄田 隆1, 奥富俊之2, 海野信也1 (1産婦, 2麻酔): 39th Society for Obstetric Anesthesia and Perinatology (2008/5/19), Ban ff, Alberta, Canada.

722105. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) わが国における無痛分娩の変遷と現状. 天野 完 (産婦): 第60回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 (2008/4/14), 横浜 (パシフィコ横浜).

722106. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 前置・癒着胎盤の取り扱い. 天野 完 (産婦): 第44回日本周産期・新生児医学会総会 (2008/7/15), 横浜.

723580. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前置癒着胎盤の管理に関する前方視的検討. 大西庸子1, 内田加奈子1, 菊地信三1, 金井雄二1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第61回日本産科婦人科学会総会 (2009/4/3), 京都 (国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都).

723581. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 産道損傷に対する経カテーテル動脈塞栓術. 島岡享生1, 内田加奈子1, 望月純子1, 庄田 隆1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第61回日本産科婦人科学会総会 (2009/4/4), 京都 (国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都).

723582. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胎盤にvesicle patternを認めた3症例. 田雑友紀1, 田代真紀1, 望月純子1, 新井正秀1, 渡邉 純2, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦, 2病理): 第61回日本産科婦人科学会総会 (2009/4/5), 京都 (国立京都国際会館・グランドプリンスホテル京都).

723583. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した子宮頸部リンパ上皮腫様癌の一例. 島岡享生, 川口美和1, 今井 愛1, 新井正秀1, 新井 努1, 葛岡美津穂1, 小野重満1, 沼田 彩1, 渡邉 純2, 角田新平1, 海野信也1 (1産婦, 2病理): 第60回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 (2008/4/12), 横浜, 日本産婦人科学会誌 2008; 60 (2): 207.

723584. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 分娩後重度出血性ショックに対する遺伝子組み換え活性型血液凝固第VII因子製剤 (rFVIIa) の有用性. 庄田 隆1, 金井雄二1, 望月純子1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第60回日本産科婦人科学会学術総会 (2008/4/12), 横浜, 日本産婦人科学会誌 2008; 60 (2): 558.

723585. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) D-dimer測定による深部静脈血栓症 (DVT) のスクリーニング. 菊地信三1, 関口和企1, 大西庸子1, 内田加奈子1, 新井詠美1, 池田泰裕1, 望月純子1, 金井雄二1, 望月純子1, 庄田 隆1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第60回日本産科婦人科学会学術総会 (2008/4/12), 横浜, 日本産婦人科学会誌 2008; 60 (2): 595.

723586. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮頸部小細胞癌症例の検討. 新井 努1, 小野重満1, 沼田 彩1, 葛岡美津穂1, 川口美和1, 新井正秀1, 今井 愛1, 渡邉 純2, 角田新平1, 上坊敏子3, 海野信也1 (1産婦, 2病理, 3社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第60回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 (2008/4/13), 横浜, 日本産婦人科学会誌 2008; 60 (2): 628.

723587. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切迫早産に対する硫酸マグネシウム (Mg) の投与法. 関口和企1, 沼田 彩1, 菊地信三1, 大西庸子1, 新井詠美1, 池田泰裕1, 金井雄二1, 庄田 隆1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第60回日本産科婦人科学会・学術講演会 (2008/4/13), 横浜, 日本産婦人科学会誌 2008; 60 (2): 651.

723588. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心疾患合併妊娠の分娩管理. 沼田 彩1, 菊地信三1, 新井詠美1, 大西庸子1, 内田加奈子1, 池田泰祐1, 望月純子1, 金井雄二1, 庄田 隆1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第60回日本産科婦人科学会・学術総会 (2008/4/14), 横浜, 日本産婦人科学会誌 2008; 60 (2): 725.

723589. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵巣癌における子宮内膜吸引細胞診の有用性. 新井正秀1, 角田新平1, 新井 努1, 川口美和1, 葛岡美津穂1, 小野重満1, 沼田 彩1, 今井 愛1, 上坊敏子2, 海野信也1 (1産婦, 2社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第49回日本臨床細胞学会総会 (春季大会) (2008/6/8), グランドプリンスホテル新高輪, 日本臨床細胞学会雑誌 2008/3; 47 (補冊1): 44.

723590. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県周産期救急システムの現状と問題点. 庄田 隆1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第11回日本臨床救急医学会 (2008/6/8), 東京.

723591. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した卵巣原発の横紋筋肉腫の1例. 島岡享生, 新井 努1, 新井正秀1, 今井 愛1, 小野重満1, 川口美和1, 角田新平1, 海野信也1, 渡邉 純2, 沼田 彩1, 上坊敏子3 (1産婦, 2病理, 3社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第44回日本婦人科腫瘍学会学術集会/第7回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会 (共催) (2008/7/17), 名古屋国際会議場, 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2008/6; 26 (3): 309.

723592. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 子宮体部原発悪性ラブドイド腫瘍の1例. 佐々井真純1, 岡田智志2, 安倍 梓2, 南 里恵2, 松本光司2, 佐藤豊実2, 沖 明典2, 吉川裕之2, 菅野雅人2, 野口雅之2 (1産婦, 2筑波大学臨床医学系産婦人科): 第44回日本婦人科腫瘍学会学術集会/第7回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会 (共催) (2008/7/17-19), 名古屋国際会議場, 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2008/6; 26 (3): 324.

723593. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵管間質部妊娠26例の検討. 松澤晃代1, 川内博人1, 沼尾彰子1, 石川雅一1, 武井恵理子1, 大類恵美子1, 海野信也1 (1産婦): 第53回日本生殖医学会 (2008/10/23-24), 神戸 (神戸国際会議場).

723594. [学会 (全国)] (一般口演) 局所進行子宮頸癌に対する高線量率腔内照射を用いた化学放射線同時併用療法の第II相試験 (KGROG0501): 初期解析. 角田新平1, 新部 譲2, 新井正秀1, 新井 努1, 川口美和1, 葛岡美津穂1, 小野重満1, 上坊敏子3, 松尾恵太郎, 早川和重2, 海野信也1 (1産婦, 2放射線, 3社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第46回日本癌治療学会学術集会 (2008/10/30), 名古屋.

723595. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原発性膣悪性腫瘍19例の臨床的検討. 葛岡美津穂1, 角田新平1, 新井正秀1, 新井 努1, 川口美和1, 小野重満1, 上坊敏子2, 海野信也1 (1産婦, 2社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋.

723596. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 化学療法が奏効し分娩に至った膣原発明細胞腺癌の1例. 小野重満1, 葛岡美津穂1, 新井 努1, 川口美和1, 新井正秀1, 角田新平1, 上坊敏子2, 海野信也1 (1産婦, 2社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋.

723597. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 若年発症した卵巣原発バーキットリンパ腫の1例. 小野重満1, 沼田 彩1, 葛岡美津穂1, 新井 努1, 川口美和1, 新井正秀1, 町田大輔2, 渡邉 純3, 角田新平1, 海野信也1 (1産婦, 2病理部, 3病理): 第47回日本臨床細胞学会秋期大会 (2008/11/14), グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 日本臨床細胞学会雑誌 2008; 47 (補冊2): 642.

723598. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した子宮頸部リンパ上皮腫様癌の1例. 島岡享生, 沼田 彩1, 葛岡美津穂1, 新井 努1, 川口美和1, 新井正秀1, 町田大輔2, 渡邉 純3, 角田新平1, 小野重満1, 海野信也1 (1産婦, 2病理部, 3病理): 第47回日本臨床細胞学会秋期大会 (2008/11/14-15), グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール, 日本臨床細胞学会雑誌 2008; 47 (補冊2): 633.

723599. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した卵巣原発の横紋筋肉腫の1例. 島岡享生1, 新井 努1, 新井正秀1, 今井 愛1, 小野重満1, 川口美和1, 葛岡美津穂1, 角田新平1, 海野信也1, 渡邉 純2, 上坊敏子3 (1産婦, 2病理, 3社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第45回日本婦人科腫瘍学会 (2008/11/22-23), 金沢 (石川県立音楽堂).

733203. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 重複子宮一側腟閉鎖に対する腹腔鏡下片側子宮摘出術. 川内博人 (産婦): 神奈川産婦人科内視鏡手術研究会 (2008), 神奈川.

733204. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当科におけるV, W期卵巣癌の治療成績. 小野重満1, 葛岡美津穂1, 川口美和1, 新井 努1, 新井正秀1, 角田新平1, 海野信也1 (1産婦): 第25回神奈川3大学オンコロジストの会 (2008/6/20), 相模原市 (ホテルセンチュリー相模大野).

733205. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した腺様基底細胞癌の一例. 西迫 良, 新井正秀1, 新井 努1, 川口美和1, 葛岡美津穂1, 小野重満1, 角田新平1, 海野信也1 (1産婦): 第10回神奈川婦人科腫瘍研究会 (2008/6/28), 横浜ホテルキャメロットジャパン.

733206. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下子宮筋腫核出術 (LM) における創縫合法の工夫. 島岡享生, 川内博人1, 沼尾彰子1, 石川雅一1, 大類恵美子1, 海野信也1 (1産婦): 第359回四水会 (2008/7/2), 文京シビックセンター.

733207. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 当院で経験した卵巣原発の横紋筋肉腫の一例. 島岡享生, 小野重満1, 葛岡美津穂1, 川口美和1, 新井 努1, 新井正秀1, 角田新平1, 上坊敏子2, 海野信也1 (1産婦, 2社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 第382回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2008/7/5), 横浜市情報文化センター.

733208. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 胎児共存/部分奇胎の症例をめぐって. 田雑有紀1, 石川隆三1, 関口和企1, 河野照子1, 菊地信三1, 池田泰裕1, 望月純子1, 金井雄二1, 庄田 隆1, 谷 昭博1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第382回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2008/7/5), 横浜市情報文化センター.

733209. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 婦人科悪性腫瘍に対する抗癌剤治療. 小野重満1, 葛岡美津穂1, 川口美和1, 新井正秀1, 角田新平1, 海野信也1 (1産婦): 第15回北里腫瘍フォーラム (2008/7/11), 北里大学合同講義室.

733210. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 急性腹症を呈したSLE合併双胎妊娠の一例. 田雑有紀1, 菊地信三1, 庄田 隆1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第360回四水会 (2008/12/3), 東京慈恵医科大学附属病院.

733211. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 特異な経過をとった巨大子宮筋腫合併前置胎盤の一例. 山田響子, 石川隆三, 松沢晃代, 金井雄二1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第384回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2008/12/7), 平塚プレジール.

733212. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 骨形成不全症の麻酔について. 島岡享生1, 池田泰裕1, 奥富俊之2, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦, 2麻酔): 分娩と麻酔研究会 (2008/12/20), 横浜.

733213. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 分娩取り扱い施設における使用スパイナル針の現状. 西迫 良1, 奥富俊之2, 片桐美和子, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦, 2麻酔):分娩と麻酔研究会 (2008/12/20), 横浜.

733214. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 子宮体部漿液性腺癌. 小野重満1, 葛岡美津穂1, 川口美和1, 新井 努1, 新井正秀1, 角田新平1, 海野信也1 (1産婦): 第26回神奈川県3大学オンコロジストの会 (2009/2/10), 相模原市 (ホテルセンチュリー相模大野).

733215. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) DC療法が奏功し生児を得たホルモン療法後再発子宮体癌の1例. 阿部郁美, 新井 努1, 川口美和1, 葛岡美津穂1, 小野重満1, 新井正秀1, 角田新平1, 海野信也1 (1産婦): 第385回日産婦学会神奈川地方部会 (2009/3/14), 横浜情報文化センター.

733216. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎動静脈奇形合併妊娠の管理. 仲田典広, 西迫 良, 大西庸子1, 天野 完1, 海野信也1 (1産婦): 第385回日本産科婦人科学会神奈川地方部会 (2009/3/14), 横浜.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-522004. [講座] 産科医療の現場の窮状をわかってほしい. 海野信也 (産婦): 世界2008/2; 775: 103-11.

[著 書]

H19-620009. [学術書] (分担執筆) 【病気がみえる vol.10 産科】 川内博人 (産婦), メディックメディア, 2007/4発行.


整形外科学

[学術論文]

110167. [原著] Suberoylanilide hydroxamic acid (SAHA) induces apoptpsis or autophagry-associated cell death in chondrosarcoma cell lines. Yamamoto S, Tanaka K, Sakimura R, 岡田貴充1, Nakamura T, Li Y, Takasaki M, Nakabeppu Y, Iwamoto Y (1整外): Anticancer Res 2008/5-6; 28 (3A): 1585-91.

110168. [原著] Minimally invasive decompressive surgery using modified spinous process osteotomy for lumbar spinal stenosis in elderly patients 75 years of age or older. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): Kitasato Med J 2008/9; 38 (2): 140-51.

110169. [原著] Rotational stability based on displacement obtained by simulation and measurement when torsion. Saki R, Iwata A, 糸満盛憲1, Mabuchi K (1整外): J Orthop Science 2008; 13: 248-54.

110170. [原著] Morphologic differences of the distal femur between Caucasian and Japanese osteoarthritic patients, evaluated by lateral radiography. 占部 憲1, Mahoney OM, Mabuchi K, 糸満盛憲1 (1整外): J Orthop Surg 2008; 16 (3): 312-5.

110171. [原著] Immediate versus delayed intramedullary nailing for open fractures of tibial shaft: A multivariate analysis of factorsaffecting deep infection and fracture healing. 横山一彦, 糸満盛憲1, 内野正隆1, 福島宣明1, 新田浩史1, 児嶋慶明1 (1整外): IJO 2008; 42 (4): 410-9.

110172. [原著] Postoperative bone regrowth and fate of spinous processes after minimally destabilizing laminotomy using spinal process osteotomy for mild lumbar degenerative spondylosisthesis. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 高平尚伸, 糸満盛憲1, Takahashi K, Yamazaki M, Otori S, Inoue M, Nakata Y, Akazawa T, Minami S, Kotani T (1整外): Spinal Deformity 2008; 23: 98-105.

110173. [原著] Comparative analysis of anterior instrumentation versus segmental pedicle screw instrumentation instrumentation in idiopathic thoracolumbar and lumbar scoliosis. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 高平尚伸, 糸満盛憲1, Takahashi K, Yamazaki M, Otori S, Inoue M, Nakata Y, Akazawa T, Minami S, Kotani T (1整外): Spinal Deformity 2008; 23: 112-21.

110174. [原著] Results of Minimally Destabilizing Laminotomy using Spinous Pocess Osteotomy for Mild Lumbar Degenerative Spondylolisthesis 2-year minimum follow up of decompression alone. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): J Lumbar Spine Disorder 2008; 14 (1): 145-58.

110175. [原著] Therapeutic ultrasound induces periosteal ossification without apparent changes in cartilage. 成瀬康治1, Mikuni-Takagaki Y, 占部 憲1, 内田健太郎1, 糸満盛憲1 (1整外): CONNECTIVE TISSUE RESEARCH 2009/1; 50 (1): 55-63.

110176. [原著] Existence of nerve growth factor receptors, tyrosine kinase A and p75 neurotrophin receptors in intervertebral discs and on dorsal root ganglion neurons innervating intervertebral discs in rats. Sugiura A, Ohtori S, 高相晶士1, Takahashi K (1整外): Spine 2008; 33 (19): 47-51.

110177. [原著] Long-term intervenous administration of antibiotics for lumbar spinal surgery prolongs the duration of hospital stay and time normalize body temperature after surgery. Ohtori S, Inoue G, Koshi T, Yamashita M, 高相晶士1, Takahashi K (1整外): Spine 2008; 33 (26): 2935-7.

110178. [原著] Direct application of the TNF-alpha inhibitor does not affect CGRP expression and phenotypic change of DRG neurons following application of nucleus pulposus onto injured sciatic nerves in rats. Norimoto M, Ohtori S, Yamashita M, Inoue G, Yamauchi K, Koshi T, Suzuki M, Orita S, Eguchi Y, Sugiura A, Ochiai N, 高相晶士1, Takahashi K (1整外): Spine 2008; 33 (22): 2403-8.

110179. [原著] Surgical technique and clinical outcomes of minimally invasive laminotomy using spinous process osteotomy for lumbar spinal stenosis. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 高平尚伸, 糸満盛憲1, Takahashi K, Yamazaki M, Otori S, Inoue M, Nakata Y, Akazawa T, Minami S, Kotani T (1整外): J Eastern Japan Society of Orthop and Trauma 2008; 20: 503-13.

110180. [原著] Scoliosis surgery with poor pulmonary function (FVC < 30%) in neuromuscular disease. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 高平尚伸, 糸満盛憲1, Takahashi K, Yamazaki M, Otori S, Inoue M, Nakata Y, Akazawa T, Minami S, Kotani T (1整外): Spinal Deformity 2008; 23: 55-65.

110181. [原著] Surgical management of severe scoliosis in patients with Duchenne muscular dystrophy. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 高平尚伸, 糸満盛憲1, Takahashi K, Yamazaki M, Otori S (1整外): International Orthop 2008/3; on line.

110182. [原著] Immediate versus delayed intramedullary nailing for open fractures of tibial shaft: A multivariate analysis of factorsaffecting deep infection and fracture healing. 横山一彦1, 糸満盛憲1, 内野正隆1, 福島健介1, Nitta H, 児嶋慶明1 (1整外): IJO 2008; 42 (4): 467-76.

110183. [原著] Hyperlipidemia and hyperinsulinemia in the spontaneous osteoarthritis mouse model, STR/Ort. 内田健太郎1, 占部 憲1, 成瀬康治1, Ogawa Z, Mabuchi K, 糸満盛憲1 (1整外): Exp Anim 2009/2; 58 (2).

110184. [原著] Cold preservation of rat osteochondral tissues in two types of solid organ preservation solution, culture medium and saline. Onuma K, 占部 憲1, 成瀬康治1, 牧 晃正1, 内田健太郎1, 糸満盛憲1 (1整外): Cell Tissue Bank 2009/3; 10 (1): 1-9.

110185. [原著] The effect of cryopreservation or heating on the mechanical properties and histomorphology of rat bone-patellar tendon-bone. 朴 晃正1, 占部 憲1, 成瀬康治1, Onuma K, Nemoto N, 糸満盛憲1 (1整外): Cell Tissue Bank 2009/3; 10 (1): 11-8.

110186. [原著] Prior treatment with vitamin K(2) significantly improves the efficacy of risedronate. Matsumoto Y, Mikuni-Takagaki Y, Kozai Y, Miyagawa K, 成瀬康治1, Wakao H, Kawamata R, Kashima I, Sakurai T (1整外): OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL 2009/3; Epub.

110187. [原著] Nuclear factor-kappa B decoy suppresses nerve injury and improves mechanical allodynia and thermal hyperalgesia in a rat lumbar disc herniation model. Suzuki M, Inoue G, Gemba T, Watanabe T, Ito T, 高相晶士1, Ohtori S, Takahashi K (1整外): Eur Spine J 2009/3/24; on line.

110188. [原著] New scoring system predicting the occurrence of deep infection in open upper and lower extremity fractures: efficacy in retrospective re-scoring. 横山一彦1, 糸満盛憲1, Nakamura K, 内野正隆1, Nitta H, 児嶋慶明1 (1整外): Arch Orthop Trauma Surg 2009; 469-74.

110189. [原著] Finite element analysis of the effect of proximal interlocking on primary of the Intramedullary Cruciate Stem. Sakai R, Kaneko S, 糸満盛憲1, Mabuchi K (1整外): J Orthop Science 2009; in press.

120054. [原著] 冷凍, 加温処理が同種移植腱に与える力学的, 組織学的影響の検討. 朴 晃正1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 小沼賢治, 糸満盛憲1 (1整外): 移植 2008/4; 43 (2): 157-8.

120055. [原著] 寛骨臼後壁骨折にスプリングプレート法を用いた治療経験. 内野正隆1, 中村光伸1, 峰原宏昌1, 内山勝文1, 糸満盛憲1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 骨折 2008/5; 30 (2): 277-81.

120056. [原著] 筋ジストロフィー患者に伴う脊柱変形に対する治療の現状. 高相晶士1, 糸満盛憲1 (1整外): 医学の歩み 2008; 226 (5): 350-4.

120057. [原著] 人工股関節および人工骨頭置換術の感染に対する各種治療法の成績. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 東日本整形災害外科学会雑誌 2008/6; 20 (2): 125-32.

120058. [原著] 胸腰椎破裂骨折に対する後方固定術の手術成績 除圧群VS非除圧群. 井村貴之1, 高相晶士1, 中澤俊之1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 東日本整形災害外科学会雑誌 2008/6; 20 (2): 153-8.

120059. [原著] エタネルセプト投与中の関節リウマチ患者に対する人工膝関節全置換術の検討. 藤田 護1, 占部  憲1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会雑誌 2008/8; 39 (4): 229-30.

120060. [原著] 脊椎疾患の髄液中サイトカイン濃度の検討 (第1報). 井村貴之1, 高相晶士1, 中澤俊之1, 成瀬康治1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 日本腰痛学会雑誌 2008/10; 14 (1): 134-9.

120061. [原著] 感染人工膝関節に対してコンポーネントの温存を試みた治療. 相川 淳1, 占部 憲1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2008/12; 38: 342-3.

120062. [原著] 低出力超音波パルスの骨折治癒に関与する細胞に対する遊走作用の検討. 倉永真理子, 占部 憲1, 成瀬康治1, 馬渕清資, 糸満盛憲1 (1整外): 日本生体電気・物理刺激研究会誌 2008/12; 22: 61.

120063. [原著] 感染人工膝関節に対してコンポーネントの温存を試みた治療. 相川 淳1, 占部 憲1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2008/12; 38: 342-3.

120064. [原著] 低出力超音波パルスの骨折治癒に関与する細胞に対する遊走作用の検討. 倉永真理子, 占部 憲1, 成瀬康治1, 馬渕清資, 糸満盛憲1 (1整外): 日本生体電気・物理刺激研究会誌 2008; 22: 61-2.

120065. [原著] エタネルセプト投与中の関節リウマチ患者に対する人工膝関節全置換術の検討. 藤田 護1, 占部 憲1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会雑誌 2008; 39 (4): 229-30.

120066. [原著] 寛骨臼後壁骨折にスプリングプレート法を用いた治療経験. 内野正隆1, 中村光伸1, 峰原宏昌1, 内山勝文1, 糸満盛憲1 (1整外): 骨折 2008; 30 (2): 277-81.

120067. [原著] 当院の人工股関節置換術における深部静脈血栓症に対するMR venographyの使用経験. 山本豪明1, 高平尚伸, 内山勝文1, 上野正喜1, ウッドハムス玲子2, 糸満盛憲1 (1整外, 2放射線): 関東整災誌 2008; 39: 23-6.

120068. [原著] 膝前十字靭帯損傷に対する非麻酔下−麻酔下X線ストレス撮影の比較検討−. 岩瀬 大1, 渡辺哲哉1, 菊池恭太1, 森谷光俊1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会 2008; 39 (5): 280-3.

120069. [原著] 内固定を用いた開放骨折の治療. 峰原宏昌1, 内野正隆1, 大川 孝1, 齋藤 亘1, 塗山正宏1, 糸満盛憲1 (1整外): 整形・災害外科 2008; 51: 1683-8.

120070. [原著] 寛骨臼後壁骨折にスプリングプレート法を用いた治療経験. 内野正隆1, 中村光伸1, 峰原宏昌1, 内山勝文1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 骨折 2008; 30 (2): 277-81.

120071. [原著] 有限要素法により3種類のかじゅうを負荷した場合のIMCステムの固定性. 酒井利奈, 佐藤加奈子, 糸満盛憲1, 馬渕清資 (1整外): 日本人工関節学会誌 2008; 38: 94-5.

120072. [原著] 有限要素法によって評価した人工関節ステム初期固定性に対する近位横止めピンの効果. 酒井利奈, 佐藤祐輔, 糸満盛憲1, 馬渕清資 (1整外): バイオメカニズム学会誌 2008; 32 (2): 98-105.

120073. [原著] マイクロモーションとvon Mass応力によって評価したAI-cementless stem有限要素モデルの初期固定. 酒井利奈, 佐藤祐輔, 糸満盛憲1, 馬渕清資 (1整外): 日本バイオメカニクス学会誌 2008; 28: 337-42.

120074. [原著] 下腿遠位部骨折の治療成績に関与する因子. 内野正隆1, 中村光伸, 峰原宏昌1, 横山一彦, 糸満盛憲1 (1整外): 神奈川整形・災誌 2008.

210007. [準原著] Primary fixation of finite element model of IMC atem evaluated by micromotion. Ogawa N, Sakai R, 糸満盛憲1, Mabuchi K (1整外): 21th Annual Symposium of the International Society for Technology in Arthroplasty (Abstract book) 2008; p.72.

210008. [準原著] Radiological evaluation on Allograft recomstruction in acetabularum with reinforcement ring in revision THR. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 山本豪明1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): The 21th annual congress of the International Society for Technology in Arthroplasty (Abstract Book) 2008; p.131.

220011. [準原著] 多発外傷を伴った脛骨近位部骨折の治療経験. 上野正喜, 内野正隆1, 横山一彦, 中村光伸, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整・災誌 2008; 39 (5).

220012. [準原著] 臼蓋及び大腿骨に広汎な骨欠損を有する人工股関節再置換術における3次元光造形モデルを用いた術前計画の試み. 福島健介 (整外): 日本人工関節学会誌 2008/12; 38: 270-1.

220013. [準原著] 人工股関節ステム周囲骨折に対する治療の考え方 −Vancouver分類を参考にして, 外傷外科医と関節外科医の観点から−. 高平尚伸, 内山勝文1, 福島健介1, 糸満盛憲1, 片野素昭1, 新田浩史1 (1整外): 骨折 2008; 30 (1): 101-4.

220014. [準原著] 人工股関節置換術における静脈血栓塞栓症に対するフォンダパリヌクスの使用成績. 高平尚伸, 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 森谷光俊1, 齋藤勝義1, 岩瀬 大1, 江村 星1, 河村 直1, 内野正隆1, 糸満盛憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2008; 38: 214-5.

220015. [準原著] 臼蓋及び大腿骨に広汎な骨欠損を有する人工股関節再置換術における3次元光造形モデルを用いた術前計画の試み. 塗山正宏1, 福島健介1, 高平尚伸, 内山勝文1, 糸満盛憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2008; 38: 270-1.

220016. [準原著] 当科におけるTKA後のVTEの予防対策の検討−未分画ヘパリンとXa阻害薬の比較−. 森谷光俊1, 渡辺哲哉1, 菊池恭太1, 岩瀬 大1, 高相晶士1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2008; 38: 650-1.

220017. [準原著] 多発外傷を伴った脛骨近位部骨折の治療経験. 上野正喜, 内野正隆1, 横山一彦1, 中村光伸, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整・災誌 2008; 39 (5): 289-93.

220018. [準原著] 従来型プレートとLCP(locking compression plate)の適応について. 大川 孝1, 峰原宏昌1, 内野正隆1, 糸満盛憲1 (1整外): 骨折 2009; 31 (1): 186-90.

320035. [症例報告] 骨盤前方骨切り術を施行した総排泄腔外反症の1例. 岩瀬 大1, 内山勝文1, 高平尚伸, 福島健介1, 高崎純孝1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会誌 2008/8; 39 (4): 172-5.

320036. [症例報告] 下腿皮膚軟部組織欠損に対する組織伸展による創閉鎖の経験. 上野正喜, 内野正隆1, 山本豪明, 須藤香織, 糸満盛憲1 (1整外): 東日本整災会誌 2008/10; 20 (2): 290-4.

320037. [症例報告] 骨折を伴った関節リウマチ肘関節に半拘束型人工肘関節全置換術を施行した3例. 南谷 淳1, 藤田 護1, 内山勝文1, 糸満盛憲1 (1整外): 人工関節学会誌 2008; 38: 660-1.

320038. [症例報告] 不顕性感染に対して人工股関節再置換術を施行し軽快し得た1例. 江村 星1, 福島健介1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2008; 21 (3): 43-6.

320039. [症例報告] 下腿皮膚軟部組織欠損に対する組織伸展による創閉鎖の経験. 上野正喜, 内野正隆1, 山本豪明, 須藤香織, 糸満盛憲1 (1整外): 東日本整災会誌 2008; 20: 290-4.

320040. [症例報告] 円板状半月に伴った広範囲の大腿骨外側顆離断性骨軟骨炎の1例. 助川浩士, 占部 憲1, 相川 淳1, 藤田 護1, 岩瀬 大, 江村 星, 糸満盛憲1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2009/1; 21 (3): 71-5.

320041. [症例報告] 翼状肩甲を呈した骨軟骨腫の1例. 助川浩士1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会雑誌 2009; 40 (2): 102-7.

320042. [症例報告] 混合性結合組織病に合併した月状骨壊死の1例. 藤田 護1, 占部 憲1, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会雑誌 2009/2; 40 (1): 71-2.

520128. [総説] 人工股関節ステム周囲骨折に対する治療の考え方−外傷外科医と関節外科医の各々の立場から−. 高平尚伸1, 内山勝文2, 片野素昭2, 高崎純孝2, 新田浩史2, 福島健介2, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部, 2整外): 臨床整形外科 2008/7; 43 (7): 649-52.

520129. [総説] 【股関節リウマチの問題点と対策】臼蓋・大腿骨欠損の分類. 高平尚伸1, 内山勝文2, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部, 2整外): 関節外科 2008/11; 27 (11): 1456-62.

520130. [総説] 股関節リウマチの問題点と対策 allogaftを用いた人工股関節の大腿骨側再建 (Reconstruction of the femur with allograft at total hip replacement for ehrumatoid arthritis). 内山勝文1, 高平尚伸2, 占部 憲1, 成瀬康治1, 高崎純孝1, 山本豪明, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 関節外科 2008/11; 27 (11): 1488-95.

520131. [総説] 整形外科における骨移植の動向. 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 臨床整形外科 2009/1; 44 (1): 5-8.

520132. [総説] 髄内釘固定の歴史 (History of intramedullary osteosynthesis). 糸満盛憲 (整外): 関節外科 2009/3; 28 (4): 24-33.

521025. [解説] 変形性膝関節症を自然発症するSTR/OrtCrljマウスの軟X線像による形態学的検討および組織学的検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 別冊整形外科 2008/4; 53号: 14-8.

522027. [講座] 【特集 開放骨折の治療−最近の考え方】内固定を用いた開放骨折の治療. 峰原宏昌1, 内野正隆1, 大川 孝1, 齋藤 亘1, 塗山正宏1, 糸満盛憲1 (1整外): 整・災外 2008; 51 (3): 1683-8.

540044. [その他] 【誌上シンポジウム】膝骨壊死症の病態と治療: 緒言. 糸満盛憲 (整外): 臨床整形外科 2009/2; 44 (2): 120.

540045. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省筋ジストロフィー臨床研究班】筋ジストロフィー患者に伴う脊柱変形に対する治療の現状. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): 厚生労働省筋ジストロフィー臨床研究班 2008年度報告書 (on line).

[著 書]

610124. [学術書] (分担執筆) 【Infection Case after Revision THA with Severe Bone Defect】Hip Surgery Instructive Case Collection. 福島健介1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部), 編 Teak Rim Yoon, Koon ja publishing inc., 2008/4発行.

610125. [学術書] (分担執筆) 【Hip Surgery Instructive Case Collection Korea 】Secondary osteoarthritis of the hip joint in a 40-year-old female patient, p.3-6. 内山勝文1, 高平尚伸, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外), 編 Taek Rim Yoon, Koonja Publishing Inc., 2008発行.

620126. [学術書] (分担執筆) 【骨折に対する低出力超音波パルス治療の基礎と臨床】III, 2, (2)内軟骨性骨化への効果. 成瀬康治1, 高垣裕子, 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外), 編 神宮司誠也, 松下 隆, メディカルビュー社, 2008/5発行.

620127. [学術書] (分担執筆) 【骨折に対する低出力超音波パルス治療の基礎と臨床】III, 3, (4)他の骨形成関連. 占部 憲1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外), 編 神宮司誠也, 松下 隆, メディカルビュー社, 2008/5発行.

620128. [学術書] (分担執筆) 【家庭の医学】脊椎の病気. 高相晶士 (整外), 監修 柳下徳雄, 小学館, 2008/11発行.

620129. [学術書] (分担執筆) 【開放骨折の治療−最近の考え方】内固定を用いた開放骨折の治療. 峰原宏昌1, 内野正隆1, 大川 孝1, 齋藤 亘, 塗山正宏, 糸満盛憲1 (1整外), 金原出版, 2008/12発行.

620130. [学術書] (分担執筆) 橈骨遠位端骨折に対するプレート法−ロッキングプレートを用いたMIPO−. 峰原宏昌1, 中村光伸, 内野正隆1 (1整外), 2008発行.

620131. [学術書] (分担執筆) 【整形外科最小侵襲手術ジャーナル】橈骨遠位端骨折に対するプレート法−ロッキングプレートを用いたMIPO−, p.40-5. 峰原宏昌1, 中村光伸1, 内野正隆1 (1整外), 全日本病院出版会, 東京, 2008発行.

[学会・研究会]

712019. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Two cases of revision total hip arthroplasty on the femoral side with proximal bone defect. 高平尚伸, 福島健介1, 内山勝文1, 糸満盛憲1 (1整外): Revision meeting Aesclap (2008/12/4), Osaka.

713116. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Inframmatory cytokines in the spinal fluid with spinal disorders. 井村貴之1, 高相晶士1, 中澤俊之1, 成瀬康治1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): SPINE WEEK 2008 ISLLS (2008/5/26-31), Swiss.

713117. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Lipus promoted intramembranous ossification induced by sustained-released BMP-2 from onlay grafts. 成瀬康治1, 占部 憲1, Mikuni-Takagaki Y, 内田健太郎1, 糸満盛憲1 (1整外): 5th World Congress on Tissue Banking (2008/6/2), マレーシア.

713118. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Regulation of COL2A1 splicing by BMP-2 and TGF-B1 in tat fetal circulating blood derived cells. 内田健太郎1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 5th World Congress on Tissue Banking (2008/6/2), マレーシア.

713119. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) steocyte-specific survival in rat long bone through -80 degree C freeze storage and thaw. Suto K, 占部 憲1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 5th World Congress on Tissue Banking (2008/6/2), マレーシア.

713120. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The effect of cryopreservation and heating process on the mechanical properties and histomorphology of rat bone-patella tendon-boens. 朴 晃正1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 5th World Congress on Tissue Banking (2008/6/2), マレーシア.

713121. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Analysis of surgical treatment in patients with rheumatoid arthritis treated with biological drugs. 藤田 護1, 占部 憲1, 相川 淳1, 内山勝文1, 福島宣明1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): SICOT/SIROT (2008/8/24-28), Hong Kong, China.

713122. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical data in rehabilitation between the direct anterior and direct lateral approach in total hip arthroplasty. 高平尚伸, 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外): SICOT/SIROT XXIV Triennial World Congress (2008/8/24), HongKong.

713123. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Observer agreement on roentgenographic stages of coxarthrosis and indexes of acetabular dysplasia: a preliminary study for the multi-center survey. Takatori Y, Ito K, Sofue M, Hirota Y, 糸満盛憲1, Matsumoto T, Hamada Y, Shindo H, Yamada H, Yasunaga Y, Ito H, Mori S, Owan I, Fujii G, Ohashi H, Mawatari T, Iga T, 高平尚伸, Gugimori T, Sugiyama H, Okano K, Karita T, Ando K, Hamaki T, Hirayama T, Iwata K, Matsuura M, Jingushi S (1整外): OARSI (Osteoarthritis Reserch Society International) (2008/9/18-21), Roma.

713124. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Morphological differnce of lateral and medial femoral condyles between American and Japanese women, evaluated by MRI in sagittal plane. 占部 憲1, Mabuchi K, Malkani AL, Naramura T, 藤田 護1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): The 21st annual congress of Internal Society for Techonology in Arthroplasty (2008/10/1), 韓国.

713125. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Rotational alignment the tibial component in total knee arthroplasty. 相川 淳1, 占部 憲1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): The 21st annual congress of Internal Society for Techonology in Arthroplasty (2008/10/1), 韓国.

713126. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) RADIOLOGICAL EVALUATION ON ALLOGRAFTS RECONSTRUCTION IN ACETABULUM WITH REINFORCEMENT RING IN REVISION TOTAL HIP REPLACEMENT. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 山本豪明1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): The 21st Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty (2008/10/4), 韓国.

722106. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) Modulus stem (Lima) を使用した脱臼性股関節症に対する人工股関節置換術. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第3回 Modulus User Meeting Program (2008/5/22), 札幌.

722107. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【シンポジウム13-亜脱臼股関節症に対する関節温存 (再生) 手術】青壮年期末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術. 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外): 第81回日本整形外科外科学会学術総会 (2008/5/24), 札幌, 抄録集 2008; 82 (3): S449.

722108. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 青壮年期末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術. 糸満盛憲1, 内山勝文1, 福島健介1, 高平尚伸2, 高崎純孝1 (1整外, 2医療衛生学部): 第81回日本整形外科学会学術総会 (2008/5/24), 札幌.

722109. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 当院における新鮮アキレス腱断裂に対する腱縫合術とその後療法. 占部 憲1, 成瀬康冶1, 糸満盛憲1 (1整外): 第21回日本臨床整形外科学会学術集会 (2008/7/20), 福井.

722110. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) The status of bone bank in Japan. 占部 憲1, 成瀬康冶1, 内野正隆1, 高相晶士1, 藤田 護1, 内山勝文1, 岡田貴充1, 笠原みどり1, 池辺紗織1, 糸満盛憲1 (1整外): 第35回日本低温医学会総会 (2008/11/21), 東京.

722111. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 大腿骨外反屈曲 (伸展) 骨切り術の長期成績と限界. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 山本豪明1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第35回日本股関節学会 (2008/12/5), 大阪, 第35回日本股関節学会学術集会プログラム抄録集 2008; p.151.

722112. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 広範囲骨欠損に対する同種骨移植術. 占部 憲1, 成瀬康冶1, 藤田 護1, 相川 淳1, 笠原みどり, 糸満盛憲1 (1整外): 第39回日本人工関節学会 (2009/2/13), 東京.

723600. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 舟状骨遷延骨癒合例 (3ヶ月以上経過例) に対する小切開骨接合術の治療成績. 岡田貴充 (整外): 日本手の外科学会 (2008/4/17), 茨城県つくば市.

723601. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 舟状骨遷延骨癒合例 (3ヶ月以上経過例) に対する小切開骨接合術の治療成績. 岡田貴充1, 小島哲夫, 小川 光, 溝口知行, 上新淑文 (1整外): 第51回日本手の外科学会学術集会 (2008/4/17), つくば.

723602. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重度肘部管症候群に対する一期的示外転機能再建術の有用性. 小林明正, 森口尚生1, 藤田 護1, 河村 直1 (1整外): 第51回日本手の外科学会学術集会 (2008/4/17-18), 茨城県つくば市, 日本手の外科学会雑誌 2009/3; 26 (1): S81.

723603. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者に対する人工関節置換術の検討. 藤田 護1, 占部 憲1, 相川 淳1, 内山勝文1, 糸満盛憲1, 遠藤平仁2, 石川 章2, 田中住明2, 岡田 純3, 廣畑俊成2 (1整外, 2膠原病・感染内, 3健康管理セ): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/20), 札幌, プログラム・抄録集 2008; p.462.

723604. [学会 (国内)] (ポスター) 生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者に対する人工関節置換術の検討. 藤田 護1, 占部 憲1, 相川 淳1, 内山勝文1, 遠藤平仁2, 石川 章2, 田中住明2, 岡田 純3, 廣畑俊成2, 糸満盛憲1 (1整外, 2膠原病・感染内, 3健康管理セ): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会/第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/22), 札幌, 抄録集 2008; p.462.

723605. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度脊柱変形手術における矢状面アライメント矯正効果. 高相晶士1, 糸満盛憲1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮島玄陽1, 齋藤 亘1, 江村 星1, 新谷領介1, 高平尚伸, 大鳥精司, 井上雅俊, 中田好則, 山崎正志, 高橋和久 (1整外): 第37回日本脊椎脊髄病学会 (2008/4/24-26), 東京.

723606. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ウシ海綿骨に対する超音波による脂質成分除去効果の検討. 松尾 昌1, 氏平政伸1, 馬渕清資1, 内山勝文2, 成瀬康治2, 占部 憲2, 糸満盛憲2, 内田健太郎3, 倉永真理子3 (1医療衛生学部, 2整外, 3大学院医療系研究科): 第47回日本生体医工学会 (2008/5/10), 神戸, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM) Vol.47th Page.ROMBUNNO.FC-24-8 (2008)

723607. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 近位大腿骨巨大骨欠損を伴う人工股関節最置換術における三次元光造形技術を用いた骨欠損モデルの開発. 福島健介1, 高平尚伸1, 内山勝文1, 池邊紗織, 新倉嘉浩, 川島徳道, 糸満盛憲1 (1整外): 第81回日本整形外科学会学術総会 (2008/5/22), 札幌.

723608. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 感染人工膝関節の治療経験−抗菌薬含有リン酸カルシウムペーストと骨セメントの比較−. 相川 淳1, 占部 憲1, 藤田 護1, 岩瀬 大1, 河村 直1, 江村 星1, 糸満盛憲1 (1整外):第81回日本整形外科学会学術集会 (2008/5/22-25), 札幌.

723609. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) AI wiring systemを用いたtension band wiring法の治療成績. 内山勝文1, 内野正隆1, 峰原宏昌1, 岩瀬 大1, 江村 星1, 糸満盛憲1 (1整外): 第81回日本整形外科学会学術総会 (2008/5/24), 札幌, 抄録集 2008; 82 (3): S488.

723610. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非生体ドナーからの組織採取・処理・保存にかかる費用の検討. 池邊紗織, 内山勝文1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 糸満盛憲1 (1整外): 第81回日本整形外科外科学会学術総会 (2008/5/24), 札幌, 抄録集 2008; 82 (3): S517.

723611. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 冷凍, 加温処理が同種移植腱に与える力学的, 組織学的影響の検討. 朴 晃正1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 小沼賢治, 糸満盛憲2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第81回日本整形外科外科学会学術総会 (2008/5/24), 札幌.

723612. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 初療時に皮膚欠損部に対し持続陰圧療法を用いたGustilo IIIB型下腿骨開放骨折の検討. 齋藤 亘1, 峰原宏昌1, 鈴木 卓2, 片岡祐一2, 大川 孝1, 内野正隆1, 相馬一亥2, 糸満盛憲1 (1整外, 2救命): 第22回日本外傷学会 (2008/5/29-30), 沖縄.

723613. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 初療時に皮膚欠損部に対し持続陰圧療法を用いたGustilo IIIB型下腿骨開放骨折の検討. 齋藤 亘1, 峰原宏昌1, 鈴木 卓1, 片岡祐一1, 大川 孝1, 内野正隆2, 相馬一亥2, 糸満盛憲1 (1整外, 2救命): 第22回日本外傷学会 (2008/5/30), 沖縄.

723614. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脛骨コンポーネントの前後軸の相違による大腿脛骨関節および膝蓋大腿関節のアライメントの変化. 相川 淳1, 占部 憲1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 第33回日本膝関節学会学術集会 (2008/6/13), 東京, 日本膝関節学会学術集会プログラム・抄録集 2008; 33: 233.

723615. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アキレス腱縫合術後装具が歩行時アキレス腱固有張力に与える影響. 戸田成昭1, 渡邊裕之, 占部 憲2, 糸満盛憲2 (1北里研究所病院 PT・トレーナー科, 2整外): 第33回日本足の外科学会 (2008/6/20-21), 東京.

723616. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) AI wiring systemを用いたtension band wiring法の治療成績. 江村 星1, 内野正隆1, 高平尚伸, 峰原宏昌1, 内山勝文1, 岩瀬 大1, 河村 直1, 糸満盛憲1 (1整外): 第34回日本骨折治療学会 (2008/6/27), 福岡.

723617. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腿骨・下腿骨骨折遷延癒合に対する低出力超音波パルス治療の限界. 内野正隆1, 齋藤 亘1, 塗山正宏1, 成瀬康治1, 峰原宏昌1, 糸満盛憲1 (1整外): 第34回日本骨折治療学会 (2008/6/27), 福岡.

723618. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸腰椎破裂骨折に対する後方固定単独手術の手術成績. 井村貴之1, 高相晶士1, 中澤俊之1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 第34回日本骨折治療学会 (2008/6/27-28), 福岡, 骨折 2008; 30: S213.

723619. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医学生の学習支援の在り方−学習支援室の設置−. 糸満盛憲 (整外): 第40回日本医学教育学会大会 (2008/7/26), 東京.

723620. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院骨バンクにおける公正・公平性のあるシッピングへの取り組み. 松本紗織1, 笠原みどり1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 糸満盛憲2 (1北里大学病院骨バンク, 2整外): 第7回日本組織移植学会 (2008/8/23), 北海道・札幌, 日本組織移植学会雑誌 2008/7/31; 7 (1): 61.

723621. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院骨バンクと北里大学病院移植医療支援室とのかかわり. 松本紗織1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 糸満盛憲2 (1北里大学病院骨バンク, 2整外): 第7回日本組織移植学会 (2008/8/23), 北海道・札幌, 日本組織移植学会雑誌 2008/7/31; 7 (1): 62.

723622. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院骨バンクにおける先進医療の現状と問題点. 占部 憲1, 成瀬康治1, 内野正隆1, 高相晶士1, 藤田 護1, 内山勝文1, 糸満盛憲1, 松本紗織2, 笠原みどり2 (1整外, 2北里大学病院骨バンク): 第7回日本組織移植学会 (2008/8/23), 北海道・札幌, 日本組織移植学会雑誌 2008/7/31; 7 (1): 64.

723623. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 施設内骨バンク設立維持に かかる費用の検討. 占部 憲1, 成瀬康治1, 内野正隆1, 高相晶士1, 藤田 護1, 内山勝文1, 岡田貴充1, 松本紗織2, 笠原みどり2, 糸満盛憲1 (1整外, 2北里大学病院骨バンク): 第44回日本移植学会 (2008/9/19), 大阪.

723624. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸腰椎破裂骨折に対するpedicle screwとindirect claw hookを併用した後方固定術の工夫. 井村貴之1, 高相晶士1, 中澤俊之1, 斎藤勝義1, 齋藤 亘1, 助川浩士1, 塗山正宏1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 第 17回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 (2008/10/2-3), 名古屋, 第17回日本脊椎禹インストゥルメンテーション学会抄録集 2008; p.218.

723625. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 椎弓根スクリューの正確性の検討. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 斎藤勝義1, 齋藤 亘1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 第17回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 (2008/10/2-3), 名古屋.

723626. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸腰椎脊柱側彎症に対する後方手術の検討. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 斎藤勝義1, 齋藤 亘1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 第42回日本側彎症学会 (2008/10/10-11), 奈良.

723627. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット胎児血由来未分化間葉系幹細胞と骨髄由来未分化間葉系幹細胞の比較検討. 内田健太郎1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 氏平政伸, 馬渕清資, 糸満盛憲1 (1整外): 第24回日本整形外科学会基礎学術集会 (2008/10/24), 京都.

723628. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 変形性膝関節症を自然発症するSTR/OrtCrljの組織学的および形態学的検討. 成瀬康治1, 占部 憲1, 内田健太郎1, 糸満盛憲1 (1整外): 第24回日本整形外科学会基礎学術集会 (2008/10/24), 京都.

723629. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチ患者に対する半拘束型人工肘関節全置換術の治療経験. 藤田 護1, 占部 憲1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 第36回日本関節病学会 (2008/11/7), 神戸.

723630. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Femoroacetabular Impingementの概念に基づくX線学的再検討. 福島健介1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 高平尚伸2, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第35回日本股関節学会 (2008/12/5), 大阪, 第35回日本股関節学会学術集会プログラム抄録集 2008; p.220.

723631. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Surgical dislocation法にて完全摘出が可能であった股関節滑膜骨軟骨腫症の1例. 塗山正宏, 福島健介1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 高平尚伸2, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第35回日本股関節学会 (2008/12/5), 大阪 第35回日本股関節学会学術集会プログラム抄録集 2008; p.265.

723632. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行期・末期変形性股関節症に対して施行した大腿骨が外反骨切り術の20年後. 高崎純孝1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第35回日本股関節学会 (2008/12/5), 大阪, 第35回日本股関節学会学術集会プログラム抄録集 2008; p.319.

723633. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 感染人工股関節および人工骨頭に対する再置換術における長期に安定した成績を得るための工夫−同種骨による大腿骨骨欠損部の再建−. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 山本豪明1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第39回日本人工関節学会 (2009/2/13), 東京 (グランドプリンスホテル新高輪), 日本人工関節学会誌 2008/12/1; 38: 244.

723634. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 感染人工膝関節に対してコンポーネントの温存を試みた治療. 相川 淳1, 占部 憲1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 第39回日本人工関節学会 (2009/2/13), 東京 (グランドプリンスホテル新高輪), 日本人工関節学会誌 2008/12/1; 38: 342-3.

723635. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 感染人工膝関節の治療. 相川 淳1, 占部 憲1, 藤田 護1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1 (1整外): 第39回日本人工関節学会 (2009/2/13), 東京, 第39回日本人工関節学会誌抄録集 2009; p.313.

723636. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) VTE予防を念頭に置いたTHA術後の年齢別血液データの比較−どうしたら抗凝固薬を安全に使用できるのか−. 高平尚伸1, 内山勝文2, 高崎純孝2, 福島健介2, 齊藤勝義2, 西村雅道2, 糸満盛憲2 (1医療衛生学部, 2整外): 第39回日本人工関節学会 (2009/2/14), 東京 (グランドプリンスホテル新高輪), 日本人工関節学会誌 2008/12/1; 38: 343

723637. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 巨大骨欠損を伴う人工股関節再置換術における, 3次元光造形技術を用いた術前計画の工夫. 福島健介1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 高崎純孝1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第39回日本人工関節学会 (2009/2/14), 東京 (グランドプリンスホテル新高輪), 日本人工関節学会誌 2008/12/1; 38: 386

723638. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨髄移行後のマウス胎児循環血由来細胞の特性に関する研究. 内田健太郎1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 馬渕清資, 糸満盛憲1 (1整外): 第8回日本再生医療学会 (2009/3/5), 東京.

723639. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 同種骨軟骨組織の低温保存を目的とした組織保存液の工夫. 小沼賢治1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1, 内田健太郎2 (1整外, 2大学院医療系研究科): 日本軟骨代謝学会 (2009/3/6), 名古屋, 日本軟骨代謝学会プログラム・抄録集 2009; 22: 95.

731095. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 特発性膝骨壊死の診断と保存療法. 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 整形外科セミナー (2008/4/10), 神奈川県.

731096. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 感染人工関節の診断と治療. 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 第28回神戸整形外科セミナー (2008/5/8), 神戸.

732037. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 50歳以下の変形性股関節症に対する手術成績−大腿骨外反骨切り術とChiari骨盤骨切り術併用手術−. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 神奈川整形災害外科研究会 (2008/5/31), 横浜市西区 (横浜市教育会館), 抄録集 2008; p.15.

732038. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 感染人工股関節再置換術−同種骨による骨欠損部再建の工夫−. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第24回神奈川整形手術手技研究会 (2008/7/11), 横浜.

732039. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 脊椎炎の診断と治療. 高相晶士 (整外): 千葉県整形外科医会夏季講演会 (2008/8/31), 千葉.

732040. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 変形性膝関節症の手術療法. 占部 憲1, 藤田 護1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会 (2008/11/1), 横浜.

732041. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 脊椎の病気. 高相晶士 (整外): 厚木市内科・小児科医師会学術講演会 (2008), 厚木.

732042. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 腰痛の診断と治療. 高相晶士 (整外): 海老名・綾瀬市内科・小児科医師会学術講演会 (2008), 海老名市.

732043. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 高度脊柱変形の治療. 高相晶士 (整外): 神奈川脊椎脊髄研究会 (2008), 横浜.

732044. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 脊柱変形の治療方針. 高相晶士 (整外): 神奈川脊椎脊髄研究会 (2008), 横浜.

732045. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 腰痛の診断と治療. 高相晶士 (整外): 相模原市市民療養講座 (2008), 相模原市.

732046. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 高度脊柱変形のインストゥルメンテーションを用いた治療. 高相晶士 (整外): シンセス・スパイン研修会2008 (2008), 東京.

732047. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 股関節外科手術における, 3次元光造形技術を用いた術前計画. 福島健介 (整外): 桐蔭横浜大学学術フォーラム「光造形の医療応用」 (2009/2/2), 横浜.

732048. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 股関節手術における静脈血栓塞栓症へのXa阻害剤の有用性. 高平尚伸, 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 内野正隆1, 齋藤勝義1, 西村雅道1, 糸満盛憲1 (1整外): 第49回関東整形災害外科学会 (2009/3/20), 東京.

732049. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 進行期−末期変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の長期経過. 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1, 高平尚伸1 (1整外): 第49回関東整形災害外科学会 (2009/3/20), 東京.

733217. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 大腿骨頭内に生じた軟骨芽細胞腫に西尾式大腿骨転子間湾曲内反骨きり術を施行した1例. 齊藤勝義1, 高平尚伸2, 森谷光俊1, 新谷りょう介, 平川紀子1, 宮島玄陽1, 内山勝文1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第48回関東整形災害外科学会総会 (2008/2/15), 東京.

733218. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 股関節にlocking症状をきたしたMultiple Epiphyseal Dysplasiaの1例. 福島宣明1, 糸満盛憲1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 助川浩二, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 神奈川整形災害外科研究会 (2008/5/31), 横浜, 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2008/5/31; 21 (1): 9.

733219. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 60歳以上の低エネルギー外傷による大腿骨遠位部骨折の経過. 平川紀子1, 占部 憲1, 相川 淳1, 藤田 護1, 河村 直1, 江村 星1, 内野正隆1, 糸満盛憲1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会 (2008/5/31), 横浜, 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2008/5/31; 21 (1): 13.

733220. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脊椎硬膜下血腫. 齋藤勝義1, 井村貴之1, 高相晶士1, 中澤俊之1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 第33回北相整形外科医会 (2008/6/19), 相模原.

733221. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Femoral Impingement Syndrome. 高崎純孝1, 内山勝文1, 高平尚伸, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外): 第33回北相整形外科医会 (2008/6/19), 相模原.

733222. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 不顕性感染に対して人工股関節再置換術を施行し軽快しえた1例. 江村 星1, 福島健介1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 神奈川整形災害外科学会 (2008/7/1), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2008/7/1; 35 (2): 258.

733223. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 感染人工股関節および人工骨頭置換術後に対する同種骨による大腿骨骨欠損部再建の工夫. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 福島健介1, 齊藤勝義1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第16回Hip Forum 2008 (2008/7/26), 山梨県 (大泉高原八ヶ岳ロイヤルホテル).

733224. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 巨大骨欠損を伴う人工股関節再置換術における3次元光造形技術を用いた骨欠損モデルを用いた術前計画. 福島健介1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 高崎純孝1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第16回Hip Forum 2008 (2008/7/26), 山梨県 (大泉高原八ヶ岳ロイヤルホテル).

733225. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 進行期・末期変形性股関節症に対して外反骨切り術を施行しTHRを回避できた症例. 高崎純孝1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 齊藤勝義1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第16回Hip Forum 2008 (2008/7/26), 山梨県 (大泉高原八ヶ岳ロイヤルホテル).

733226. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 転子間弯曲内反骨切り術の工夫−前方回転の追加−. 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外): 第16回Hip Forum 2008 (2008/7/26), 山梨県 (大泉高原八ヶ岳ロイヤルホテル).

733227. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Surgical dislocation法にて完全摘出が可能であった股関節滑膜性軟骨腫症の1例. 塗山正宏1, 福島健介1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 高平尚伸, 糸満盛憲1 (1整外): 第29回関東股関節懇話会 (2008/9/6), 東京.

733228. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 高齢者 (75歳以上) に対する人工膝関節置換術の術後成績. 南谷 淳1, 占部 憲1, 相川 淳1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 第57回東日本整形災害外科学会 (2008/9/12), 東京.

733229. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 血液透析患者におけるセメントレスステムの固定性の検討. 朴 成東1, 内山勝文2, 福島健介2, 高崎純孝2, 朴 晃正2, 糸満盛憲2, 高平尚伸3 (1中国吉林大学, 2整外, 3医療衛生学部): 第57回東日本整形災害外科学会 (2008/9/13), 東京, 東日本整形災害外科学会雑誌 2008/8/12; 20 (3): 454.

733230. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 超音波洗浄機によるウシ海綿骨の骨髄成分除去効果の検討. 松尾 昌, 占部 憲1, 成瀬康治1, 内山勝文1, 氏平政伸, 馬渕清資, 糸満盛憲1 (1整外): 第27回日本運動器移植・再生医学研究会 (2008/9/27), 岐阜県 (長良川国際会議場).

733231. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 同種骨軟骨組織のための組織保存液の検討. 小沼賢治1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 内田健太郎1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1 (1整外): 第27回日本運動器移植・再生医学研究会 (2008/9/27), 岐阜.

733232. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院骨バンクにおける先進医療の現状と問題点. 占部 憲1, 成瀬康治1, 内野正隆1, 高相晶士1, 藤田 護1, 内山勝文1, 松本紗織, 笠原みどり, 糸満盛憲1 (1整外): 第27回日本運動器移植・再生医学研究会 (2008/9/27), 岐阜.

733233. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 円板状半月に伴った広範囲の大腿骨外側顆離断性骨軟骨炎の1例. 助川浩士1, 占部 憲1, 相川 淳1, 藤田 護1, 岩瀬 大1, 江村 星1, 糸満盛憲1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会 (2008/11/1), 横浜, 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2009/1/31; 21 (3): 71-5.

733234. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 筋ジストロフィー患者に伴う脊柱変形に対する治療の現状. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): 厚生労働省筋ジストロフィー臨床研究班2008年度川井班班会議 (2008/12/5-6), 東京.

733235. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) THAを回避できて脚延長も可能であったosteotomyの2例−股関節の大腿骨側骨切り術で脚長を延ばせられるか?−. 高平尚伸, 内山勝文1, 高崎純孝1, 福島健介1, 齋藤勝義1, 岩瀬 大1, 須藤香織1, 糸満盛憲1 (1整外): 股osteotomyを語る会 (2008/12/6), 大阪.

733236. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 進行期・末期変形性股関節症に対する外反骨切り術およびChiari骨盤骨切り術併用手術の成績 (外反屈曲骨切り術単独手術例との比較). 高崎純孝1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 関東整形災害外科学会月例会・第647回整形外科集談会東京地方会 (2008/12/20), 東京都中央区 (興和ビル).

733237. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 高度脊柱変形に対するRBCM&RMの効果. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): 第322回千葉医学会 (2008), 千葉.

733238. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当科での変形性膝関節症に対する手術療法. 占部 憲1, 藤田 護1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 神奈川整形災害外科研究会 (2008), 神奈川, 神奈川医学会雑誌 2008/7/1; 35 (2): 269.

733239. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 骨接合材料の不具合状況. 内野正隆1, 糸満盛憲1, 占部 憲1, 渥美 敬2, 別府諸兄3, 持田讓治4 , 齋藤知行5 (1整外, 2昭和大藤が丘病院, 3聖マリアンナ医大, 4東海大, 5横浜市大): 神奈川整形災害外科研究会 (2008), 神奈川, 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2008/5/31; 21 (1): 14.

733240. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 橈骨遠位端骨折を合併したScapho-capitate fracture Syndromeの一例. 岡田貴充1, 峰原宏昌1, 大川 孝1, 助川浩士1, 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 第30回九州手の外科研究会 (2009/2/7), 熊本.

733241. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 混合性結合組織病に合併した月状骨壊死の1例. 藤田 護1, 占部 憲1, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会 (2009/2/28), 東京, 関東整形災害外科学会雑誌 2009/2; 40 (1): 72-3.

733242. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 広範な膝蓋腱欠損に対して自家筋膜と人工靭帯を用いて再建した1例. 宮島玄陽1, 占部 憲1, 内野正隆1, 藤田 護1, 峰原宏昌1, 相川 淳1, 江村 星1, 平川紀子1, 糸満盛憲1 (1整外): 第648回関東整形災害外科学会地方会 (2009/2/28), 東京, 関東整形災害外科学会雑誌 2009; 40: 204.

733243. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 胸腰椎圧迫骨折後偽関節に対しCPCとHAブロックを併用し椎体形成術を施行した2例. 齋藤 亘1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 高相晶士1, 糸満盛憲1, 高平尚伸 (1整外): 第135回神奈川整形災害外科研究会 (2009/3/7), 横浜, 神奈川整形災害外科研究会 2009; 21 (4): 113.

733244. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ラット胎児循環血液由来未分化間葉系細胞の骨芽細胞分化, 軟骨細胞分化に対するFibroblast derived growth factor-2の影響. 津山 淳1, 馬渕清資1,3, 占部 憲2, 成瀬康治2, 糸満盛憲2, 内田健太郎3 (1医療衛生学部, 2整外, 3大学院医療系研究科): バイオトライポロジシンポジウム (2009/3/14), 大阪 バイオトライボロジシンポジウム抄録集2009; p.10.

733245. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 同種骨軟骨組織の低温保存を目的とした4種類の保存液の比較検討−軟骨細胞形態変化の透過型電子顕微鏡による観察−. 小沼賢治1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 朴 晃正1, 糸満盛憲1, 内田健太郎2 (1整外, 2大学院医療系研究科): バイオトライポロジシンポジウム (2009/3/14), 大阪, バイオトライボロジシンポジウム抄録集2009; p.11

733246. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 人工膝関節に使用されている超高分子量ポリエチレンの厚さと強度. 川嵜康雄1, 酒井利奈2, 占部 憲3, 馬渕清資1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3整外): バイオトライポロジシンポジウム (2009/3/14), 大阪 バイオトライボロジシンポジウム抄録集2009; p.13.

733247. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 人工膝関節の設計で考慮されるべき大腿骨遠位顆部形状の米国人と日本人の相違. 楢村卓也1, 馬渕清資1, 占部 憲2 (1医療衛生学部, 2整外): バイオトライボロジシンポジウム (2009/3/14), 大阪, バイオトライボロジシンポジウム抄録集 2009; p.17.

733248. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) emoroacetabular impingement の概念に基づくX線学的再検討. 福島健介1, 内山勝文1, 高崎純孝1, 糸満盛憲1, 高平尚伸 (1整外): 第30回関東股関節懇話会 (2008/3/15), 東京.

733249. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 広範な骨欠損に対し同種骨を用いて人工膝関節全置換術を施行した1例. 宮島玄陽1, 占部 憲1, 相川 淳1, 藤田 護1, 糸満盛憲1 (1整外): 関東整形災害外科学会 (2009/3/20), 東京, 関東整形災害外科学会雑誌 2009.03; 40 (臨時増刊号): 139.

733250. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 人工膝関節置換術後の大腿骨顆上骨折の治療に難渋した1例. 岩瀬 大1, 占部 憲1, 内野正隆1, 相川 淳1, 藤田 護1, 河村 直1, 助川浩士1, 糸満盛憲1 (1整外): 第49回関東整形災害外科学会 (2009/3/20-21), 東京, 関東整形災害外科学会雑誌 2008/8; 39 (4): 229.

733251. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 西尾式彎曲内反骨切り術に後方回転を加えたDDH症例. 塗山正宏1, 福島健介1, 内山勝文1, 糸満盛憲1, 高平尚伸 (1整外): 第5回北里藤が丘関節フォーラム (2009/3/27), 町田.

H19年度以前分

[学術論文]

H4-220001. [準原著] 難治性骨折に対するセメント簀巻き法の手術方法と適応について. 蜂谷將史, 大成克弘, 近藤総一, 大久保俊彦, 三原久範, 山崎哲也, 竹口英文, 内野正隆1, 牧野裕司, 鈴木 俊, 樋口三郎, 山田勝久 (1整外): 骨折 2002; 24 (1): 262-5.

H8-220001. [準原著] 前腕骨開放骨折の検討. 内野正隆1, 横山一彦1, 新藤正輝, 大野 司, 上田昭吾, 糸満盛憲1 (1整外): 骨折 1996; 19 (2): 701-3.

H14-120001. [原著] 皮弁再建を要した重度足部外傷のQOL. 青木信一1, 横山一彦1, 脇田隆司1, 斉田康之1, 内野正隆1, 糸満盛憲1 (1整外): 日本職業・災害医誌 2002; 51 (3): 215-9.

H15-120001. [原著] 下肢長管骨骨折に対するinterlocking nailingの手術手技. 内野正隆1, 横山一彦1, 糸満盛憲1 (1整外): MB Orthop 2003; 16 (7): 1-6.

H15-220001. [準原著] 下腿骨骨折におけるハイブリッド創外固定の有用性. 内野正隆1, 横山一彦1, 脇田隆司, 中村光伸, 青木信一, 塚本達郎, 新藤正輝, 糸満盛憲1 (1整外): 日本創外固定・骨延長学会雑誌2003; 14: 166.

H16-220001. [準原著] 髄内釘unreamed compression humeral rodsによる上腕骨骨幹部骨折の治療経験. 中村光伸, 糸満盛憲1, 横山一彦1, 内野正隆1, 宮部 基1, 大塚 宏 (1整外): 東日本整災会誌 2004; 16: 254-7.

H18-110001. [原著] Risk factors for deep infection in secondary intramedullary nailing after external fixation for open tibial fractures. 横山一彦1, 内野正隆1, Nakamura K, Otsuka H, 朴 晃正1, 糸満盛憲1 (1整外): Injury 2006/6; 37 (6): 554-60.

H18-310002. [症例報告] Early undreamed intramedullary nailing without a safety interval and simultaneous flap coverage following external fixation in type IIIB open tibial fractures: A report of four successful cases. 上野正喜1, 横山一彦1, Nakamura K, 内野正隆1, 鈴木 卓2, 糸満盛憲1 (1整外, 2救命): Injury 2006; 37: 289-94.

H19-110015. [原著] Respiratory training for muscular scoliosis with severe pulmonary dysfunction -to avoid peri and postoperative respiratory complications. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): Spinal Deformity 2007/12; 22 (1): 76-87.

H19-110016. [原著] Operative treatment of large spinal deformity and pelvic obliquity secondary to Duchenne muscular dystrophy. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): Spinal Deformity 2007/12; 22 (1): 123-8.

H19-120002. [原著] 筋原性疾患に伴う脊柱変形に対しては下位腰椎までの後方インストゥルメンテーションと固定で十分である. 高相晶士1, 中沢俊之1, 井村貴之1, 糸満盛憲1 (1整外): 筋ジストロフィー治療のエビデンス構築に関する臨床研究論文集2007 2007/12; 1: 177-81.

H19-520002. [総説] 骨接合術. 内野正隆1, 糸満盛憲1 (1整外): 整形外科看護 2007/10月号; p.43-6.

[学会・研究会]

H19-731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 変形性膝関節症の診断と治療. 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 第15回北里メディカルカンファレンス (2008/2/24), 神奈川県.

H19-731002. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 感染人工膝関節全置換術の診断と治療. 占部 憲1, 糸満盛憲1 (1整外): 七病院整形外科カンファレンス研修会 (2008/3/16), 東京.

H19-733012. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 大腿骨頭内に生じた軟骨芽細胞腫に西尾式大腿骨転子間湾曲内反骨きり術を施行した1例. 齊藤勝義1, 高平尚伸2, 森谷光俊1, 新谷りょう介, 平川紀子, 宮島玄陽, 内山勝文1, 岩瀬 大1, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部): 第48回関東整形災害外科学会総会 (2008/2/15), 東京.


形成外科・美容外科学

[学術論文]

110190. [原著] The effect of vascular endothelial growth factor to murine hair follicle growth. 北村理絵子1, 武田 啓1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): Kitasato Med J 2008/9; 38 (2): 85-91.

110191. [原著] A novel cell-adhesive scaffold material for delivering keratinocytes reduces granulation tissue in dermal wounds. 増田竜児1, Mochizuki M, Hozumi K, 武田 啓1, 内沼栄樹1, Yamashina S, Nomizu M, Kadoya Y (1形成・美外): Wound Repair Regen 2009/1; 17 (1): 127-35.

110192. [原著] Osteogenic Potential of Cryopreserved Human Bone Marrow‐Derived Mesenchymal Stem Cells Cultured With Autologous Serum. 松尾あおい1, 山崎安晴1, 高瀬 税1, 青柳和也1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): J Craniofac Surg 2008; 19: 693-700.

110193. [原著] The comparative study of solvents to expedite removal of bitumen. Iuchi M1, Sugiyama M1, 大谷津恭之2, 深井孝郎3 (1佐久総合病院薬剤部, 2佐久総合病院形成外科, 3埼玉県央病院形成外科): Burns 2009; 35 (2): 288-93.

110194. [原著] Aptitude of Auricular and Nasoseptal Chondrocytes Cultured under a Monolayer or Three-Dimensional Condition for Cartilage Tissue Engineering. Asawa Y, Ogasawara T, 高橋嗣明1, Yamaoka H, Nishizawa S, Matsudaira K, Mori Y, Takato T, Hoshi K (1形成・美外): Tissue Eng Part A 2009; 15 (5): 1109-18.

120075. [原著] 両側唇顎口蓋裂に対する口唇口蓋同時形成術 (One-Stage Repair of Bilateral Cleft Lip and Palate). 瀬崎晃一郎1, 中北信昭, 山崎安晴1, 池本繁弘, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2008/9; 51 (9): 1051-5.

120076. [原著] 軟部腫瘍の診断における超音波検査のスクリーニングとしての有用性について. 南條昭雄1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本職業・災害医学会会誌 2008; 56 (5): 208-14.

120077. [原著] 難治性の眼窩下神経痛を術後発症した頬骨骨折の1例−外傷後神経痛の機序別治療の必要について−. 柴田知義1, 大谷津恭之1,2, 中村 健2, 内沼栄樹2 (1佐久総合病院形成外科, 2形成・美外): 日本形成外科学会会誌 2008; 29 (4): 230-4.

120078. [原著] 両側重複母指・両側多趾症が4世代6名に発症した1家系. 熊澤憲一1, 茅野真子1, 山田直人1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本形成外科学会会誌 2008; 29 (4): 253-8.

120079. [原著] 外陰部乳房外Paget病におけるGluteal fold flapによる外陰部再建術. 秋本峰克1, 酒井直彦1, 柏木慎也1, 馬場香子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本形成外科学会会誌 2008; 28 (7): 423-9.

120080. [原著] 当科における顔面骨骨折手術例の臨床統計. 朴 圭一1, 石黒匡史1, 馬場香子1, 宮内邦浩, 内沼栄樹2 (1上尾中央総合病院形成外科, 2形成・美外): 埼玉県医学会雑誌 2008; 43 (1): 160-4.

320043. [症例報告] 涙腺に生じた悪性リンパ腫の1例. 松末武雄1, 山下理絵2 (1湘南鎌倉病院形成外科, 2形成・美外): 日形会誌 2008; 28: 534-7.

320044. [症例報告] Ectopic Hamartomatous Thymoma の1例. 永島和貴1, 高橋嗣明1, 城下 晃1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日形会誌 2008; 28 (11): 714-9.

320045. [症例報告] 広範囲に腫脹・疼痛・皮下出血が及んだマムシ咬傷の4例. 黒柳美里1, 大谷津恭之1, 柴田知義2, 岡田邦彦3 (1形成・美外, 2佐久総合病院形成外科, 3佐久総合病院ICU): 長野県医学会雑誌 2009; 39: 36-8.

320046. [症例報告] 皮膚壊死を来たした毒ヘビ咬傷の2例. 杉本孝之1, 根本 充1, 青柳和也1, 黒柳美里1, 山田直人1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科, 2008; 51: 469-7.

320047. [症例報告] リン酸カルシウム骨ペーストとチタンメッシュシートを併用して再建を行った頭蓋顔面骨変形の1例. 馬場香子1, 石黒匡史1, 下総美奈子1, 柴田裕達1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 日本職業・災害医学会誌 2008; 56 (2): 62-7.

320048. [症例報告] 持続する意識障害を伴った熱傷患者の1例. 石川心介1, 根本 充1, 秋本峰克1, 相馬一亥2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2救命): 熱傷 2008; 35 (1): 52-6.

320049. [症例報告] 手掌腱膜下に発生した脂肪腫の1例. 喜多久美子1, 武田 啓1,2, 芝山浩樹2, 北村理絵子2, 内沼栄樹2 (1横須賀共済病院 形成外科, 2形成・美外) 2008共済医報 2008; 57 (3): 266-9.

520133. [総説] 眼瞼周辺の若返り術−手術と非手術法 若返り術: 総論. 島倉康人1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2008/8; 51 (8): 871-8.

520134. [総説] 美容医学でのアンチエイジング治療. 山下理絵 (形成・美外) 日本更年期医学会雑誌 2008; 15 (1): 50-7.

520135. [総説] 【眼瞼周辺の若返り術 手術と非手術法】 若返り術 総論. 島倉康人1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2008; 51 (8): 8718.

520136. [総説] 【両側口唇裂の初回手術】 両側唇顎口蓋裂に対する口唇口蓋同時形成術. 瀬崎晃一郎1, 中北信昭1, 山崎安晴1, 池本繁弘1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2008; 51 (9): 1051-5.

520137. [総説] 【外科系医師のための『創傷外科』update】 創傷外科各論 特殊な原因による創傷 自傷による創傷. 根本 充1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 形成外科 2008; 51 (増): S229-36.

[学会・研究会等]

713127. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Amputation of the leg due to flame burn accompanied femor myonecrosis and rhabdomyosis. 一氏俊世1, 石川心介1, 新美裕太1, 朴 圭一1, 内沼栄樹1 (1形成・美外: 第18回中日形成外科学会 (2008/9/5-7), 西安 (中国).

722113. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) フォトRFとポラリスのコンビネーション治療, その効果と合併症について. 島倉康人1, 毛利麻里, 田中早苗, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/11), 広島.

722114. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【安全で効果ある美容外科治療を求めて レーザー治療の効果と合併症】肝斑治療を目的に使用したQヤグレーザー−有効例と予測できなかった合併症−. 山下理絵1,2, 松尾由紀, 蔦 幸子, 矢沢慶史, 松末武雄, 近藤謙司, 衛藤明子, 遠山哲彦, 酒井 規, 内沼栄樹2 (1湘南鎌倉総合病院形成外科・美容外科, 2形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島.

722115. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【安全で効果ある美容外科治療を求めて レーザー治療の効果と合併症】フォトRFとポラリスのコンビネーション治療−その効果と合併症について−. 島倉康人, 内沼栄樹1, 酒井直彦, 毛利麻里, 小野塚早苗 (1形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 30.

723640. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 巨大色素性母斑に対するレーザー治療の検討. 山下理絵1, 蔦 幸子2, 松尾由紀2, 矢沢慶史1, 松末武雄2, 酒井 規2, 近藤謙司2, 一氏俊世1, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2湘南鎌倉総合病院): 第51回日本形成外科学会総会 (2008/4/9), 名古屋.

723641. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下肢壊疽病変切断肢の病理組織学的所見からの切断部位の検討. 近藤謙司1, 山下理絵2, 矢沢慶史2, 一氏俊世2, 松末武雄1, 酒井 規1, 近藤謙司1, 松尾由紀1, 蔦 幸子1 (1湘南鎌倉総合病院, 2形成・美外): 第51回日本形成外科学会総会 (2008/4/9), 名古屋.

723642. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 虚血肢に対する労印での保存的治療方法の検討. 矢沢慶史1, 山下理絵1, 松末武雄2, 酒井 規2, 近藤謙司2, 松尾由紀2, 近藤謙司2, 一氏俊世1, 蔦 幸子2 (1形成・美外, 2湘南鎌倉総合病院): 第51回日本形成外科学会総会 (2008/4/9), 名古屋.

723643. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日常診療における皮下軟部組織腫瘍に対する超音波診断の有用性. 南條昭雄 (形成・美外): 第51回日本形成外科学会総会 (2008/4/9), 名古屋.

723644. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における最近9年間の口蓋裂の臨床統計学的検討. 柴田知義1, 瀬崎晃一郎1, 山崎安晴1, 池本繁弘1, 石川心介1, 熊澤憲一1, 中北信昭, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第51回日本形成外科学会総会・学術集会 (2008/4/9), 名古屋.

723645. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科に於ける過去8年間の脂肪腫症例の検討. サリバン奈津子1, 青柳和也1, 池本繁弘1, 瀬崎晃一郎1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第51回日本形成外科学会総会・学術集会 (2008/4/9), 名古屋.

723646. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アンチエイジング医療における形成外科の役割. 山下理絵1, 松尾由紀2, 一氏俊世1, 矢沢慶史1, 松末武雄2, 酒井 規2, 近藤謙司2, 蔦 幸子2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2湘南鎌倉総合病院): 第51回日本形成外科学会総会 (2008/4/11), 名古屋.

723647. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 眼窩底骨折治療におけるチタンメッシュプレート使用の検討. 松末武雄1, 山下理絵2, 矢沢慶史2, 一氏俊世2, 酒井 規1, 近藤謙司1, 松尾由紀1, 蔦 幸子1 (1湘南鎌倉総合病院, 2形成・美外): 第51回日本形成外科学会総会 (2008/4/11), 名古屋.

723648. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Qスイッチヤグレーザーを使用したskin rejuvenation. 山下理絵 (形成・美外): 第107回日本皮膚科学会総会 (2008/4/19), 京都.

723649. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 45年間スピーチエイドを使用していた片側唇顎口蓋裂患者に咬合再建治療を行った1例. 川崎真友子, 清水 一, 大谷津恭之1, 中村 健, 瀬崎晃一郎1, 今村隆一 (1形成・美外): 第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2008/5/28), 広島.

723650. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 完全唇顎口蓋裂における口唇・口蓋同時形成術と顎発育. 中久木康一, 瀬崎晃一郎1, 山崎安晴1, 池本繁弘1, 石渡靖夫, 鈴木恵子, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2008/5/28), 広島.

723651. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上顎側切歯欠損部への下顎側切歯の移植により治療した片側唇顎口蓋裂の1例. 石渡靖夫, 橋本幸治, 高橋滋樹1, 山崎安晴1, 瀬崎晃一郎1, 池本繁弘1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2008/5/28), 広島.

723652. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片側唇顎口蓋裂患者の口蓋の深さに関する検討. 橋本幸治, 石渡靖夫, 高橋滋樹1, 瀬崎晃一郎1, 山崎安晴1, 池本繁弘1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2008/5/28), 広島.

723653. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外反した下眼瞼が特徴的な口唇口蓋裂患者の1例. 池本繁弘1, 青柳和也1, 中久木康一, 石川心介1, 熊澤憲一1, サリバン奈津子1, 山崎安晴1, 瀬崎晃一郎1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2008/5/29), 広島.

723654. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 両側唇裂初回手術時における口腔前庭形成術の術式と問題点. 瀬崎晃一郎1, 山崎安晴1, 池本繁弘1, 中久木康一, 熊澤憲一1, 石川心介1, サリバン奈津子1, 宮澤理恵1, 内沼栄樹1, 石渡靖夫 (1形成・美外): 第32回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2008/5/29), 広島.

723655. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Facial rejuvenation:conbination therapy. 山下理絵 (形成・美外): 日本美容医療協会 (2008/5/31), 東京.

723656. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 眉毛ケアによるアンチエイジング効果. 松尾由紀1, 山下理絵2, 蔦 幸子1, 安斎浩子3, 唐仁原陽子3 (1湘南鎌倉総合病院, 2形成・美外, 3クリニーク・ラ・プラージュ葉山): 第8回日本抗加齢医学学会総会 (2008/6/6), 東京.

723657. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 美容医学でのアンチエイジング治療の現況. 山下理絵1, 松尾由紀2, 蔦 幸子2, 安斎浩子3, 唐仁原陽子3 (1形成・美外, 2湘南鎌倉総合病院, 3クリニーク・ラ・プラージュ葉山): 第8回日本抗加齢医学学会総会 (2008/6/7), 東京.

723658. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下顎枝矢状分割時の下顎頭の位置決め法の検討−単純規格X線写真を用いた長期評価−. 中久木康一1, 山崎安晴1, 青柳和也1, 池本繁弘, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第18回日本顎変形症学会総会 (2008/6/17-18), 名古屋, 日本顎変形症学会雑誌 2008; 18 (2): 166.

723659. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早期鋼線刺入と他動訓練を組み合わせた広範囲熱傷における手指熱傷の治療戦略. 根本 充1, 柏木慎也, 青柳和也1, 秋本峰克, 杉本孝之1, 石川心介1, 相馬一亥2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2救命): 第34回日本熱傷学会総会・学術集会 (2008/6/29), 名古屋.

723660. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頸部火炎熱傷に対して気管切開と植皮を同時に行う方法について. 大谷津恭之1, 中村 健1, 柴田知義1, 岡田邦彦2, 矢沢慶史3, 新美裕太3 (1形成・美外, 2佐久総合病院ICU, 3佐久総合病院形成外科): 第34回日本熱傷学会学術集会 (2008/6/28-29), 名古屋市, 熱傷 2008; 34 (4): 234-5.

723661. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 消化管穿孔をきたした熱傷の1例. 宮澤理恵1, 根本 充1, 秋本峰克1, 杉本孝之1, 相馬一亥2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2救命): 第34回日本熱傷学会学術集会 (2008/6/28-29), 名古屋市, 熱傷 2008; 34 (4): 119-20.

723662. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 熱傷エアーベッドを利用した臀部褥瘡手術における術後管理法. 大谷津恭之1,2 (1佐久総合病院形成外科, 2形成・美外): 第10回日本褥瘡学会学術集会 (2008/8/29-30), 神戸市.

723663. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重度褥瘡患者の手術療法と術後除圧姿勢に対する理学療法士の関わり〜FSA体圧測定器を用いて〜. 大谷津恭之1,2 市川美香3 (1佐久総合病院形成外科, 2形成・美外, 3佐久総合病院リハビリテーション科): 第10回日本褥瘡学会学術集会 (2008/8/29-30), 神戸市.

723664. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新規考案した褥瘡手術用POSSUMによる予測死亡確率の検討. 深井孝郎1, 近藤 都, 小山みゆき, 池田勝彦, 根本雅透, 島村葉子, 大森佳子, 井上幸子, 田島直美, 武藤加代子, 高橋佳子 (1形成・美外): 第10回日本褥瘡学会学術集会 (2008/8/29-30), 神戸市.

723665. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新しいオムツ導入における経済効果. 樋口直子, 深井孝郎1, 根本雅透, 鈴木由美子, 島村葉子, 延原純子, 近藤 都, 小山みゆき, 小峰健児, 秋山秀忠, 小守谷美樹 (1形成・美外): 第10回日本褥瘡学会学術集会 (2008/8/29-30), 神戸市.

723666. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Qスイッチヤグレーザーを使用した低出力Laser Toningの実際. 山下理絵 (形成・美外): 第26回日本美容皮膚科学会 (2008/8/30), 大阪.

723667. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Qスイッチヤグレーザーを使用したACPの治療 (ハンズオン). 山下理絵 (形成・美外): 第26回日本美容皮膚科学会 (2008/8/31), 大阪.

723668. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) IPLによるしみ治療. 山下理絵1, 蔦 幸子2, 一氏俊世1, 松尾由紀2, 松末武雄2, 酒井 規2, 矢沢慶史1, 近藤謙司2 (1形成・美外, 2湘南鎌倉総合病院): 第29回日本レーザー医学会 (2008/9/15), 八王子.

723669. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 美容医学でのアンチエイジング治療. 山下理絵 (形成・美外): 第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (2008/10/16-17), 盛岡.

723670. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) QスイッチYAGレーザーを使用したAging Complex Pigmentation (ACP) の治療: 低出力Toningと高出力Pointing. 山下理絵 (形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島.

723671. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 安全で効果ある美容外科治療を求めて 眼瞼形成術の長期結果と合併症 当院における眼瞼形成術の長期経過 長期経過の追跡が可能な症例とは. 佐藤英明1, 毛利麻里, 高野知子, 宇津木龍一, 内沼栄樹2 (1北里研究所病院美容医学センター, 2形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 17.

723672. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下顎前突症に対する上下顎骨切り術の適応についての検討. 池本繁弘, 青柳和也1, 山崎安晴1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 36-7.

723673. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本人のAesthetic orthognathic surgery−私の審美基準とその結果 審美性を重視した顎変形症の治療−. 中北信昭1,2, 山崎安晴2, 内沼栄樹2 (1自由が丘クリニック, 2形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 21.

723674. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当センターにおけるスキンケア指導−なかなか肌質が改善しない症例について−. 毛利麻里1, 佐藤英明, 高野知子, 田中早苗, 宇津木龍一, 内沼栄樹2 (1北里研究所病院美容医学センター, 2形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 4.

723675. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 再凍結処理をしたA型ボツリヌストキシン製剤の使用経験. 島倉康人1, 内沼栄樹1, 小野塚早苗, 毛利麻里1 (1形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 47.

723676. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SmartLipo (PulsedNd-YAG LASER) の臨床的有用性に関する検討. 酒井直彦1, 島倉康人1, 青柳和也1, 瀬崎晃一郎1, 斉藤千尋1, 于あかね1, サリバン奈津子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 61.

723677. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 直視下鼻骨部分骨切り術の経験. 中北信昭1,2, 内沼栄樹2 (1自由が丘クリニック, 2形成・美外): 第31回日本美容外科学会総会 (2008/10/13), 広島, 日本美容外科学会会報 2008; 31 (1): 64-5.

723678. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下顎枝矢状分割骨切り術の術前計画における下顎骨軸位セファログラムの有用性についての検討. 池本繁弘1, 青柳和也1, 山崎安晴1, 瀬崎晃一郎1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (2008/10/17), 盛岡.

723679. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 口唇口蓋同時形成術後も5-Years-Old-Indexを用いた咬合評価. 瀬崎晃一郎1, 池本繁弘1, 山崎安晴1, 中久木康一, サリバン奈津子1, 永島和貴1, 柳澤正之1, 内沼栄樹1, 石渡靖夫 (1形成・美外): 第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (2008/10/17), 盛岡.

723680. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウス頭蓋冠、頭蓋底および口蓋形成に関与するHes1遺伝子. 秋本峰克1, 西槙俊之1, 武田 啓1, 内沼栄樹1, 亀田芙子2 (1形成・美外, 2解剖): 第114回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2009/3/28-30), 岡山, 解剖学雑誌 2009; 84 (Suppl): 133.

723681. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上肢コンパートメント症候群に対する減張切開例の検討. 根本 充1, 青柳和也1, 秋本峰克1, 杉本孝之1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第52回日本手の外科学会学術集会 (2009/4/16-17), 東京, 日本手の外科学会雑誌 2008; 26 (1): S262.

732050. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) アンチエイジング専門総合医療. 山下理絵 (形成・美外): 葉山ハートセンター公開医学講座 (2008/8/10), 鎌倉.

732051. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) ちょっと聞いてみない? 低温熱傷のはなし〜湯たんぽでヤケドしないために〜. 大谷津恭之1,2 (1佐久総合病院形成外科, 2形成・美外): 第21回日本熱傷学会甲信地方会学術集会( 2008/9/27), 伊那市.

732052. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) IPL. 山下理絵 (形成・美外): 美容医療協会レーザー認定医講習会 (2008/10/12), 広島.

732053. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) ケミカルピーリングの実際. 山下理絵 (形成・美外): 第3回メディカルスキンケアスペシャリストセミナー (2008/10/13), 広島.

732054. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 創傷治癒の基本. 南條昭雄 (形成・美外): 科研製薬医学研究会 (2008), 大宮.

732055. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 陥入爪OPEの実際. 南條昭雄 (形成・美外): 日本フットケア技術協会大阪研修会 (2008), 大阪.

733252. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 美容医学と抗加齢: 見た目のアンチエイジング. 山下理絵 (形成・美外): 第8回日本抗加齢歯科研究会 (2008/4/13), 東京.

733253. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 眉毛ケアとアンチエイジング効果. 山下理絵 (形成・美外): 第2回メディカルスキンケアスペシャリストセミナー (2008/6/1), 東京.

733254. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 褥瘡対策セミナーの報告: 農村 (保健) 研修センターより. 齋藤由香1, 大谷津恭之2,3 (1JA長野厚生連小諸厚生総合病院看護部, 2形成・美外, 3佐久総合病院形成外科): 第5回日本褥瘡学会関東甲信越地方会 (2008/6/7), 宇都宮市.

733255. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 急性肺障害を呈した重症電撃傷の一例. 大谷津恭之1, 中村 健1, 柴田知義1, 黒柳美里1, 岡田邦彦2, 新美裕太1 (1佐久総合病院形成外科, 2佐久総合病院ICU): 第10回信州臨床救急懇話会 (2008/6/20), 長野市, 信州医学雑誌 2008; 56 (5): 340.

733256. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 精神科病棟をもたない施設での問題点. 鳥居博子, 馬場香子1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 神奈川症例検討会 (2008/6/21), 相模原.

733257. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 眼窩底骨折術後に一過性動眼神経麻痺を生じた症例. 城下 晃1, 高橋嗣明1, 熊澤憲一1 (1形成・美外): 第56回日本形成外科学会中部支部信州地方会 (2008/7/5).

733258. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 広範囲に腫脹・疼痛・皮下出血が及んだ手指マムシ咬傷の3例. 黒柳美里1, 柴田知義1, 大谷津恭之1,2 (1形成・美外, 2佐久総合病院形成外科): 第56回日本形成外科学会中部支部信州地方会 (2008/7/5).

733259. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 熱傷エアーベッドを利用した臀部褥瘡手術における術後管理法. 柴田知義1, 大谷津恭之1,2, 中村 健1, 黒柳美里1 (1形成・美外, 2佐久総合病院形成外科): 第43回日本形成外科学会中部支部学術集会 (2008/8/2), 金沢市.

733260. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) QスイッチYAGレーザーを使用したAging Complex Pigmentation (ACP) の治療. 山下理絵 (形成・美外): 第3回大学・総合病院における光線治療セミナー (2008/9/14), 東京.

733261. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 美容医学でのアンチエイジング治療. 山下理絵 (形成・美外): 第13回これからの皮膚科診療を考える会 (2008/9/25), 大阪.

733262. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 美容医学UP DATE. 山下理絵 (形成・美外): 第2回日本医科大学皮膚科セミナー (2008/9/27), 東京.

733263. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 石灰硫黄合剤による化学熱傷の1例. 黒柳美里1, 柴田知義1, 大谷津恭之1,2, 永美大志3, 西垣良夫3 (1佐久総合病院形成外科, 2形成・美外, 3佐久総合病院健康管理センター): 第21回日本熱傷学会甲信地方会学術集会( 2008/9/27), 伊那市.

733264. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 広範囲に腫脹・疼痛・皮下出血が及んだマムシ咬傷の4例. 黒柳美里1, 大谷津恭之1,2, 柴田知義2, 岡田邦彦3 (1佐久総合病院形成外科, 2形成・美外, 3佐久総合病院ICU): 第59回長野県医学会 (2008/10/5), 諏訪市.

733265. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腋窩に発生した乳児線維性過誤腫 Fibrous Hamartoma of Infancy (FHI) の1例. 石井加奈子, 北村理絵子1, 武田 啓1, 林 美恵, 番場正博, 津浦幸夫 (1形成・美外): 第13回横浜形成外科フォーラム (2008/11/1), 横浜.

733266. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 石灰硫黄合剤による化学熱傷の検討. 永美大志1, 大谷津恭之2,3, 前島文夫4, 西垣良夫4, 夏川周介4 (1佐久総合病院健康管理センター, 2佐久総合病院形成外科, 3形成・美外, 4佐久総合病院外科): 第57回日本農村医学会 (2008/11/13-14), つくば市.

733267. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 手指の複合組織欠損に対し遊離腸骨移植と静脈皮弁移植を併用した1例. 朴 圭一1, 一氏俊世1, 石川心介1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第11回北里フォーラム (2008/11/22), 横浜.

733268. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 遊離前腕皮弁と側頭筋移行により広範囲口角部欠損を再建した2例. 吉竹俊裕, 石黒匡史, 下総美奈子, 松尾あおい1, 馬場香子, 朴 圭一, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第11回北里フォーラム (2008/11/22), 横浜.

733269. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 足底部線維腫症の治療経験. 氷見和巳1, 茅野真子1, 山田直人1 (1形成・美外): 第11回北里フォーラム (2008/11/22), 横浜.

733270. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 広範囲に腫脹・疼痛・皮下出血が及んだマムシ咬傷の4例. 黒柳美里1, 柴田知義1, 大谷津恭之1,2, 岡田邦彦3 (1形成・美外, 2佐久総合病院形成外科, 3佐久総合病院ICU): 第11回北里フォーラム (2008/11/22), 横浜.

733271. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Non-melanoma skin cancersにおけるNestin, p63の発現. 杉本孝之, 酒井直彦, 高山敦子, 佐藤雄一, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第11回北里フォーラム (2008/11/22), 横浜.

733272. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 臍帯血由来間葉系幹細胞の分離と培養. 馬場香子1, 山崎安晴1, 曽根由美子1, 池田康裕1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第11回北里フォーラム (2008/11/22), 横浜.

733273. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院における近年 (2年間): の動物咬傷の統計. 森山慶太1, 熊澤憲一1, 高橋嗣明1 (1形成・美外): 第57回日本形成外科学会中部支部信州地方会 (2008/12/6).

733274. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 下腹部横切開による尿膜管遺残症手術. 大谷津恭之1,2, 中村 健1, 柴田知義1, 黒柳美里1 (1形成・美外, 2佐久総合病院形成外科): 第57回日本形成外科学会中部支部信州地方会 (2008/12/6).

733275. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 手背皮膚欠損の1例. 馬場香子1, 鳥居博子, 山田直人1 (1形成・美外): 神奈川症例検討会 (2008), 横浜.

733276. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 院内褥瘡対策委員会の活動. 石川美穂子, 玉井恵理, 菊池絵里, 茅野真子1, 鈴木敏彦, 河村いづみ (1形成・美外): 第57回共済医学会 (2008), 横浜.

733277. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) SLEのステロイド長期投与後の臀部褥瘡症例. 南條昭雄 (形成・美外): 第1回中埼玉創傷治癒研究会 (2008), 上尾.

733278. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 成人の臍ヘルニア手術症例の検討. 馬場香子1, 柴田裕達, 毛利麻里, 増田竜司, 高野知子, 石黒匡史, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第51回埼玉県医学会 (2008), 愛知.

733279. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 呼吸困難を主訴として救急搬送されたAngina Bullosa Haemorrhagica (ABH) の1例. 一氏俊世1, 石川心介1, 永島和貴1, 柳澤正之1, 相馬一亥2, 山崎安晴1, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2救命): 第59回日本救急医学会関東地方会 (2009/2/7), 東京.

733280. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脳外科手術後難治性皮下膿瘍をくり返した一例. 黒柳美里1, 大谷津恭之1,2, 柴田知義1, 中村 健1,2 (1形成・美外, 2佐久総合病院形成外科): 第10回東北信形成外科懇話会 (2009/2/20), 長野市.

H19年度以前分

[学会・研究会等]

H19-713002. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Injectable Filler. 山下理絵 (形成・美外): IMCAS2008 (2008/1/6), Paris.

H19-713003. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Diagnostic of functional skin aging. 山下理絵 (形成・美外): 第9回日韓国際形成外科学会 (2008/2/21-23), 名護市 (沖縄).

H19-723010. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨移植とデンタルインプラントにより咬合改善を行った若年者の顎骨骨折症例. 中久木康一1, 山崎安晴1, 青柳和也1, 池本繁弘1, 瀬崎晃一郎1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (2007/11/8-9), 東京, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌 2008; 24 (2): 127.

H19-723011. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 歯科インプラントを目的とした血行付き肋骨移植による上顎再建. 酒井直彦1, 山崎安晴1, 青柳和也1, 柏木慎也1, 有馬裕子, 秋本峰克1, 内沼栄樹1, 中久木康一1, 尾関雅彦 (1形成・美外): 第25回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 (2007/11/8-9), 東京, 日本頭蓋顎顔面外科学会誌 2008; 24 (2): 128-9.

H19-732001. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) アンチエイジング専門総合医療. 山下理絵 (形成・美外): 葉山ハートセンター公開医学講座 (2008/3/23), 横浜.

H19-733013. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 高度肥満未治療糖尿病患者に発症した壊死性筋膜炎の一例. 高田忠明, 北村理絵子1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第11回横浜形成外科フォーラム (2007/6/16), 横浜.

H19-733014. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 急性腹症で来院した腹壁腫瘤の1例. 北村理絵子1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第10回 北里形成外科フォーラム (2007/11/10), 横浜.

H19-733015. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 診断に苦慮した頭部巨大皮膚腫瘍の1例. 有馬裕子, 茅野真子1, 鈴木敏彦 (1形成・美外): 神奈川症例検討会 (2008/1/26), 横浜.

H19-733016. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 広範囲熱傷における手指熱傷の治療戦略−早期筋線刺入と他動訓練を組み合わせた広範囲熱傷における手指熱傷の治療戦略−. 根本 充1, 柏木慎也1, 青柳和也1, 秋本峰克1, 杉本孝之1, 石川心介1, 相馬一亥2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2救命): 第16回日本熱傷学会関東地方会 (2008/1/26), 東京, 熱傷 2008/11; 34 (4): 189-90.


皮膚科学

[学術論文]

110195. [原著] Anti-tumor effect of PDT using Photofrin in a mouse angiiosarcoma model. Iizuka J, Morimoto Y, Nakagishi Y, Kikuchi M, 増澤幹男1 (1皮膚): Arch Dermatol Res 2008/4; 300 (4): 161-6.

110196. [原著] Dermatological manifestations associated with microscopic polyangiitis. 新山史朗1, 天羽康之1, 冨田昌宏1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Rheumatology International 2008; 28 (6): 593-5.

110197. [原著] Hair follicle stem cell marker nestin-expression in epidermal and follicular tumors. 狩野真帆1, 天羽康之1, Yuichi Sato2, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2医療衛生学部): European Journal of Dermatology 2008; 18 (5): 518-23.

110198. [原著] Aggressive digital papillary adenocarcinoma on the palm with pulmonary metastases. 天羽康之1, 西元順子1, 新山史朗1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Journal of Dermatology 2008; 35 (7): 468-70.

110199. [原著] Multipotent hair follicle stem cells promote repair of spinal cord injury and recovery of walking function. 天羽康之1,2,3, Lingna Li2, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman2,3 (1皮膚, 2AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): Cell Cycle 2008; 7 (12): 1865-9.

120081. [原著] 頭部血管肉腫の血気胸に対するPaclitaxel胸腔内投与の有効性. 渡会 晃1, 増澤幹男1, 長橋和矢1, 山本都美1, 天羽康之1, 白井京美1, 齊藤典充1, 坪井廣美2, 黒岩 裕美1, 勝岡 憲生1 (1皮膚, 2横浜医療センター): 日本皮膚科学会誌 2008; 118 (7): 1241-5.

120082. [原著] 重症アトピー性皮膚炎の入院療法による早期介入. 金子 聡, 向野 哲1, 饗場伸作, 向井秀樹 (1皮膚): 皮膚の科学 2008/8; 7 (4): 70-5.

120083. [原著] ハンセン病動物モデルの歴史と高血圧ヌードラットの特性. 與儀ヤス子, 藤村響男1, 鈴木幸一 (1皮膚): 日本ハンセン病学会雑誌 2008/9; 77 (3): 197-203.

120084. [原著] アトピー性皮膚炎に対する乳酸菌の効果. 藤村響男 (皮膚): 皮膚の科学 2008/10; 7 (10): 38-44.

120085. [原著] 聖路加国際病院における10例の斑状類乾癬, 皮膚T細胞リンパ腫に対するNarrow-band UVBを用いた治療経験. 三井純雪1,2, 四津里英2, 林 理華2, 原田晴美2, 衛藤 光2 (1皮膚, 2聖路加国際病院皮膚科): Skin Cancer 2008/11; 23 (2): 151-7.

120086. [原著] 金属銅を用いた病棟内MRSA汚染の拡散防止の試み. 新山奈々子1, 天羽康之1, 阿倍美知子, 斎藤晴夫, 笹原武志2, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2微生・寄生虫): 日皮会誌 2009; 119: 899-906.

210009. [準原著] A Case of Verrucous Hemangioma Successfully Treated Using 13-MHz Ultrasonography. 前島英樹1, 勝岡憲生1, 酒井直彦2, 内沼栄樹2 (1皮膚, 2形成・美外): European Journal of Dermatology 2008/9; 18 (5): 597.

210010. [準原著] A case of Linear IgA Bullous Dermatitis with Ulcerative Colitis. 谷口友則1, 前島英樹1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 春木聡美2 (1皮膚, 2消化器内): Infilament Bowel Disease 2008/11; online.

210011. [準原著] Borderline lepromatous leprosy presenting as a single cutaneous plaque. 前島英樹1, Norihisa Ishiii2, 安藝良一1, 勝岡憲生1, Shuichi Obata3 (1皮膚, 2国立感染症ハンセン病研究センター, 3小幡皮膚科): Acta Dermato-Venereologica 2009/2; 89 (2): 206-7.

210012. [準原著] Mobile Schwannoma of the skin. 新山史朗1, 天羽康之1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Journal of Plastic and Reconstructive and Aesthetic Surgery 2008; 28: 593-5.

210013. [準原著] Pyogenic granuloma that responded to local injection of steroid. 新山史朗1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Journal of Plastic and Reconstructive and Aesthetic Surgery 2009; 62: e153-4.

210014. [準原著] Proliferating pilomatricoma. 新山史朗1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): European Journal of Dermatology 2009; 19 (2): 188-9.

210015. [準原著] Human and mouse hair follicles contain both multipotent and monopotent stem cells. 天羽康之1, 狩野真帆1, 新山史朗1, 河原克雅2, Yuichi Sato3, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman4,5 (1皮膚, 2生理, 3医療衛生学部, 4AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 5Department of Surgery, University of California San Diego, CA): Cell Cycle 2009; 8 (1): 176-7.

210016. [準原著] Toxic epidermal necrosis due to aerosolized pentamidine. 渡会 晃1, 新山史朗1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): The American Journal of Medicine 2009; 122 (1): e1-2.

220019. [準原著] ジェネリック私はこう考える. 高須 博 (皮膚): 日本臨床皮膚科医会雑誌 2008/11; 25 (6): 600-1.

220020. [準原著] 爪の構造と機能. 齊藤典充 (皮膚): 日本皮膚科学会雑誌 2008; 118 (13): 2903-5.

220021. [準原著] 尋常性乾癬に強直性脊椎骨増殖症を合併した1例. 谷口友則1, 前島英樹1, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会記録集 2008; p.50-1.

220022. [準原著] 皮膚科医からみた乾癬性関節炎患者の爪病変. 前島英樹1, 谷口友則1, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会記録集 2008; p.160-1.

220023. [準原著] 当科における乾癬性関節炎患者のレントゲン所見と関節炎型の分類について. 前島英樹1, 谷口友則1, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会記録集 2008; p.162-3.

220024. [準原著] J-HAQを用いた乾癬性関節炎のQOL評価. 渡会 晃1, 前島英樹1, 谷口友則1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会記録集 2008; p.164-5.

220025. [準原著] 乾癬性関節炎患者における血清COMPの意義に関する検討 . 谷口友則1, 前島英樹1, 浜田佑子2, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2病態・診療系): 第23回日本乾癬学会記録集 2008; p.168-9.

310017. [症例報告] Angiosarcoma of the Scalp with Metastasis to the Gingiva. 田辺健一1, 増澤幹男1, 安藝良一1, 増澤真実子1, 新井 達1, 早川和重2, 勝岡憲生1, Takashi Kobayashi (1皮膚, 2放射線): Acta Derm Venereol 2008/5; 88 (5): 512-3.

310018. [症例報告] Cutaneous extramedullary hematopoiesis in a patient with idiopathic myelofibrosis. 宮田聡子1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 東原正明2 (1皮膚, 2血液内): J Dermatol 2008; 35 (7): 456-61.

310019. [症例報告] Mobile schwannoma of the skin. 新山史朗1, 天羽康之1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): JPRAS 2008; 61: 1560-1.

310020. [症例報告] Proliferating pilomatricoma. 新山史朗1, 天羽康之1, 齊藤典充1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Eur J Dermatol 2009; 19: 188-9.

310021. [症例報告] Toxic epidermal necrolysis caused by aerosolized pentamidine. 渡会 晃1, 新山史朗1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Am J Med 2009/1; 1: e1-2.

310022. [症例報告] Pyogenic granuloma that responded to local injection of steroid. 新山史朗1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): JPRAS 2009; 62: e153-4.

320050. [症例報告] 静脈抜去術が奏効した下腿の静脈性虚血潰瘍. 谷口友則1, 天羽康之1, 白井京美1, 齊藤典充1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 平田光博2 (1皮膚, 2外科): 臨床皮膚科 2008; 62 (2): 136-8.

320051. [症例報告] 大腸粘膜全域に潰瘍を伴ったアナフィラクトイド紫斑の1例. 西元順子1, 天羽康之1, 長橋和矢1, 白井京美1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 春木聡美2 (1皮膚, 2消化器内): 皮膚科の臨床 2008; 50 (4): 449-53.

320052. [症例報告] 皮下脂肪織の変性像を認めた皮下型サルコイドーシスの1例. 松井矢寿恵1,2, 坪井廣美2 (1皮膚, 2国立病院機構横浜医療センター皮膚科): 皮膚科の臨床 2008/4; 50 (4): 521-3.

320053. [症例報告] 下肢切断に至った非クロストリジウム性ガス壊疽の1例. 渡会 晃1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2008; 50 (4): 554-5.

320054. 症例報告] プレドニゾロン内服中の患者に生じた皮膚Mycobacterium chelonae感染症の1例. 松井矢寿恵1,2, 山本都美2, 百瀬葉子2, 坪井廣美2 (1皮膚, 2国立病院機構横浜医療センター皮膚科): 臨床皮膚科 2008/10; 62 (10): 732-5.

420001. [治験] コラーゲンペプチド含有食品摂取による毛髪への影響に関する検討−二重盲検群間比較試験−. 齊藤典充1, 田村崇昭, 森川玲子, 栗原邦彦, 勝岡憲生1 (1皮膚): 日本美容皮膚科学会雑誌 2008; 18 (4): 311-20.

510009. [総説] Color-coded fluorescent protein imaging of tumor angiogenesis: the angiomouse. 天羽康之1, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman2,3 (1皮膚, 2AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): Current Phamaceutical Design 2008; 14 (36): 3810-9.

510010. [総説] Multipotent nestin-expressing hair follicle stem cells. 天羽康之1,2,3, Lingna Li2, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman2,3 (1皮膚, 2AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): Journal of Dermatology 2009; 36 (1): 1-9.

510011. [総説] Neonatal lupus erythematosus in Japan. Ritsuko Kobayashi, 三井純雪1, 中野敏明1, Harumi Harada, Hikaru Eto (1皮膚): Autoimmunity Review 2009; 8, 462-6.

520138. [総説] 円形脱毛症の発症機序と難治例に対する今後の治療の展望−全頭脱毛, 汎発性脱毛 患者にどのように対峙していくか−. 齊藤典充 (皮膚): 皮膚病診療 2008; 30 (4): 366-72.

520139. [総説] 巻き爪とひょうそ. 齊藤典充 (皮膚): ドクターサロン 2008; 52 (8): 594-9.

520140. [総説] 高齢者の下腿・足背の浮腫に対する治療. 増澤幹男 (皮膚): クリニシャン 2008/8; 55 (8): 14-5.

520141. [総説] 脂漏性皮膚炎の生活指導. 前島英樹1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚病診療 2008/9; 29 (10): 1167-71.

520142. [総説] 【第107回日本皮膚科学会総会教育講演】皮膚科医に必要な尋常性乾癬の知識“関節症性乾癬の関節症状と治療”. 前島英樹 (皮膚): 日本皮膚科学会雑誌 2008/12; 118 (13): 2531-4.

520143. [総説] 皮膚毛包幹細胞による再生医療の可能性. 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 生化学 2008; 80 (7): 638-41.

520144. [総説] 円形脱毛症とは. 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Monthly Book Derma 2008; 145: 15-20,

520145. [総説] 皮膚病変からみる内臓・血液疾患 皮膚病変からみる骨・関節疾患. 前島英樹1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Monthly Book Derma 2009/3; 150: 54-62.

521026. [解説] (治療) 悪性黒色腫に対するMohsペーストの使用経験. 上田喬士1, 田辺健一1, 白井京美1, 齊藤典充1, 高須 博1, 勝岡憲生1, 冨澤 淳2, 朝比奈昭彦3 (1皮膚, 2薬剤部, 3国立相模原病院): 皮膚科の臨床 2008; 50 (10): 1197-200.

521027. [解説] 血管炎・血管障害ガイドライン. 勝岡憲生1, 川上民裕, 石黒直子, 沢田泰之, 陳 科栄, 相場節也, 川名誠司, 伊崎誠一, 古川福実, 増澤幹男1, 佐藤伸一, 森田栄伸 (1皮膚): 日本皮膚科学会誌 2008/11; 118 (11): 2095-187.

521028. [解説] 血管炎. 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): Visual Dermatology 2009; 8 (1): 48-9.

521029. [解説] 【腫瘍性疾患】A 上皮性腫瘍 白板症 (ロイコプラキー). 前島英樹 (皮膚): 皮膚疾患最新の治療 2009-2010 2009; p.206.

522028. [講座] 腫瘍細胞と腫瘍新生血管の発生における幹細胞の関与. 天羽康之1, 狩野真帆1, 田辺健一1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 北里医学 2008; 38 (1): 49-54.

522029. [講座] 【特集: 好酸菌感染症】BCG接種後に生じた皮下組織結核性肉芽腫の1例. 鈴木典子, 徳永千春1, 長瀬彰夫, 飯高喜久雄, 藤村響男1, 関 昌明 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2008/7; 50 (7): 829-32.

530004. [letter] Angiosarcoma of the Scalp with Metastasis to the Gingiva. 田辺健一1, 増澤幹男1, 安藝良一1, 増澤真実子1, 新井 達1, 早川和重2, 勝岡憲生1, 小林高志 (1皮膚, 2放射線): Acta derm venereol 2008; 88 (5): 512-3.

540046. [その他 (研究報告書)] ヒト頭部皮膚由来毛包幹細胞の分離培養と末梢神経, 脊髄損傷部の再生能の確認. 天羽康之 (皮膚): 上原記念生命科学財団研究報告書 2008; 22: 133,

540047. [その他 (研究報告書)] 内皮系低温耐性低増殖細胞によるライ菌の体外増殖培養法の確立 (継続). 増澤幹男 (皮膚): 大山健康財団 2007年度版 年報 2008/10; 33: 25-30.

540048. [その他] 植物の生体防御機構. 藤村響男 (皮膚): 臨床皮膚科 2008/4; 63 (5): 26.

540049. [Mini Report] 分娩後脱毛症. 上田喬士1, 新山史朗1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2009; 51 (2): 236-7.

[著 書]

620132. [学術書] (分担執筆) 【Advanced Cosmetic Dermatology 4 メディカルヘアケア−QOLを高めるために−】コラム「人工植毛は良くない?」, p. 111. 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚), 編 宮地良樹, 松永佳世子, 宇津木龍一, 南江堂, 東京, 2008/5発行.

620133. [学術書] (分担執筆) 【皮膚科診療カラーアトラス大系 第2巻 湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、痒疹、薬疹のすべて】高齢者の痒疹, p.129. 安藝良一 (皮膚), 編 鈴木啓之, 神崎 保, 講談社, 東京, 2008/6発行.

620134. [学術書] (分担執筆) 【皮膚科診療カラーアトラス大系 第2巻 角化異常/紅斑・紅皮症/紫斑/血管】更年期角化腫, p.47. 新井 達 (皮膚), 編 鈴木啓之, 神崎 保, 講談社, 東京, 2008/11発行.

622008. [学術書] (翻訳) 【フィッツパトリック皮膚科学アトラス】乾癬, p.54-68. 光線過敏症, 光線誘発性疾患, 電離放射線による疾患, p.226-66. 前島英樹1 (1皮膚), 監訳 衛藤 光, 伊藤雅章, 岩月啓氏, 勝岡憲生1, 丸善株式会社, 東京, 2008/10発行.

622009. [学術書] (翻訳) 【フィッツパトリック皮膚科学アトラス】種々の表皮性疾患, 種々の炎症性疾患, p.86-91, 118-57. 新山史朗1 (1皮膚), 監訳 衛藤 光, 伊藤雅章, 岩月啓氏, 勝岡憲生1, 丸善株式会社, 東京, 2008/10発行.

622010. [学術書] (翻訳) 【フィッツパトリック皮膚科学アトラス】セクション 9 Benign neoplasms and hyperplasias, p.166-255. 天羽康之1 (1皮膚), 監訳 衛藤 光, 伊藤雅章, 岩月啓氏, 勝岡憲生1, 丸善株式会社, 東京, 2008/10発行.

622011. [学術書] (翻訳) 【フィッツパトリック皮膚科学アトラス】水疱性疾患, 前癌病変および皮膚癌, p. 92-117, 270-93. 齊藤典充1 (1皮膚), 監訳 衛藤 光, 伊藤雅章, 岩月啓氏, 勝岡憲生1, 丸善株式会社, 東京, 2008/10発行.

622012. [学術書] (翻訳) 【フィッツパトリック皮膚科学アトラス】セクション12 悪性黒色腫の前兆と皮膚原発悪性黒色腫, p.294-335. 高須 博1 (1皮膚), 監訳 衛藤 光, 伊藤雅章, 岩月啓氏, 勝岡憲生1, 丸善株式会社, 東京, 2008/10発行.

622013. [学術書] (翻訳) 【フィッツパトリック皮膚科学アトラス】セクション14 免疫性, 自己免疫性, リウマチ性皮膚疾患の皮膚症状, p.356-431. 中野敏明1,2 (1皮膚, 2聖路加国際病院皮膚科), 監訳 衛藤 光, 伊藤雅章, 岩月啓氏, 勝岡憲生1, 丸善株式会社, 東京, 2008/10発行.

622014. [学術書] (翻訳) 【フィッツパトリック皮膚科学アトラス】セクション18,19, p504-41. 三井純雪1 (1皮膚), 監訳 衛藤 光, 伊藤雅章, 岩月啓氏, 勝岡憲生1, 丸善株式会社, 東京, 2008/10発行.

[学会・研究会等]

711007. [学会 (国際)] (特別講演) Reduction of bioburden risk in hospital word environment by plating of copper and its alloys -Extensive application to hospital hygiene and problems in the future-. 新山奈々子1, 高山陽子2, 阿部美知子, 藤木くに子, 斎藤晴夫, 横井弘明, 日高俊信, 笹原武志3 (1皮膚, 2臨検学, 3微生・寄生虫): International Infection Control Conference (2008/9/1), Hong Kong SAR, China.

712020. [学会 (国際)] (シンポジウム) Variation in cell entry activities between Mycobacterium leprae mce1A region and Mycobacterium tuberculosis mce1A region into different cultured human airway epithelial cells. 佐藤直哉1, 藤村響男1, Sitti nur Rahmah, Dianawaty Amiruddin, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): International Investigative Dermatology 2008 (2008/5/14-17), Kyoto, Japan, Journal of Investigative Dermatology 2008/3; 128: S192.

712021. [学会 (国際)] (シンポジウム) Multipotent nestin-positive hair follicle stem cells isolated from the top of bulge area can promote regeneration of peripheral-nerve injury. 天羽康之1, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman2,3 (1皮膚, 2AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): Satellite Symposium on Hair Research (Special meeting of The Society for Hair Science Research), (2008/5/13), Kyoto, Japan, The Fifth International Investigative Dermatology 2008 (第5回国際研究皮膚科学会) (2008/5/14-17), Kyoto, Japan.

712022. [学会 (国際)] (教育講演) Multipotent nestin-positive and keratin 15-negative hair follicle stem cells. 天羽康之 (皮膚): The hair symposium during the 61st congress Annual Meeting of Korean Hair Research Societies (KHRS) (2008/5/25), Seoul, Korea.

712023. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Epithelial cell entry activity of Mycobacterium leprae depends on a specific sequence within mce1A. 藤村響男1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): インドネシア国際皮膚性病学会 (2008/7/4), Palembang, Indonesia.

713128. [学会 (国際)] (一般口演) Clinical entity of lupus erythematosus panniculitis/ lupus erythematosus profundus. 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 2nd International Conference on Cutaneous Lupus Erythematosus (ICCLE2008) (2008/5/11-13), 京都.

713129. [学会 (国際)] (一般口演) Neonatal Lupus Erythematosus in Japan: A Case Report and Review of the Literature. Ritsuko Kobayashi, 三井純雪1, 中野敏明1, Harumi Harada, Hikaru Eto (1皮膚): 2nd International Conference on Cutaneous Lupus Erythematosus (ICCLE2008) (2008/5/11-13), 京都.

713130. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical characteristics of annular erythema associated with Sjo gren's syndrome -Long-term follow up-. 楠  舞1, 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 2nd International Conference on Cutaneous Lupus Erythematosus (ICCLE2008) (2008/5/11-13), 京都, Archives of Dermatological Research 2009/1; 301 (1): 53.

713131. [学会 (国際)] (ポスター) Multipotent nestin-positive human hair follicle stem cells isolated from the top of bulge area can promote regeneration of peripheral-nerve injury. 天羽康之1, 狩野真帆1, 新山 史朗1, 浜田佑子2, 河原克雅3, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman4,5 (1皮膚, 2病態・診療系, 3生理, 4AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 5Department of Surgery, University of California San Diego, CA): The Fifth International Investigative Dermatology 2008 (第5回国際研究皮膚科学会) (2008/5/14-17), Kyoto, Japan.

713132. [学会 (国際)] (ポスター) Nestin is expressed in HMB-45 negative melanoma cells in dermal lesion of nodular malignant melanoma. 狩野真帆1, 天羽康之1, 田辺健一1, 前島英樹1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): The Fifth International Investigative Dermatology 2008 (第5回国際研究皮膚科学会) (2008/5/14-17), Kyoto, Japan.

713133. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Th1 response by mce1 antigens reflects progression of Mycobacterium tuberculosis infection in modified Cornell mouse model. 増澤真実子1, Lee W Riley1 (1Division of Infectious disease and Immunity, University of California, Berkeley): 108th American society for microbiology (2008/6/2), Boston,USA.

713134. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Utility of Mce1A antigen in Th1 cytokine release assays for distinguishing between latent tuberculosis and active disease in the mouse model. 増澤真実子1, Lee W Riley1 (1Division of Infectious disease and Immunity, University of California, Berkeley): Immunodiagnosis of Tuberculosis (2008/9/21), Virginia,USA.

713135. [学会 (国際)] (一般口演) Clinical analysis of 40 Japanese cases with dermatomyositis. Tomoe Kajiwara, 中野敏明1, Harumi Harada, Hikaru Eto (1皮膚): The 10th Chine-Japan Joint Meeting of Dermatology (2008/10/30-11/2), China.

713136. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical analysis of 180 cases of anaphylaxis at St. Lukes International Hospital in Tokyo for 3 years: the relationship between dermatology and emergency department. 中野敏明1, Hikaru Eto (1皮膚): The 10th Chine-Japan Joint Meeting of Dermatology (2008/10/30-11/2), China.

713137. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Measuring the Mce1A antigen-induced Th1 response to distinguish between active and latent tuberculosis. 増澤真実子1, Lee W Riley1 (1Division of Infectious disease and Immunity, University of California, Berkeley): Tuberculosis: Biology, Pathology and Therapy (B3) (2009/1/25), Colorado,USA.

721014. [学会 (全国)] (特別講演) エビデンスに基づく血管炎の診療. 勝岡憲生 (皮膚): 第107回日本皮膚科学会総会 (2008/4/20), 京都.

721015. [学会 (全国)] (特別講演) 血管炎・血管障害ガイドラインいついて. 勝岡憲生 (皮膚): 第38回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 (2008/11/8), 大阪.

722116. [学会 (全国)] (招待講演等) 皮膚科医に必要な尋常性乾癬の知識“関節症性乾癬の関節症状と治療”. 前島英樹 (皮膚): 第107回日本皮膚科学会総会 (2008/4/18), 京都, 日本皮膚科学会雑誌 2008/3; 118 (4): 585.

722117. [学会 (全国)] (招待講演等) 日本皮膚科学会雑誌論文賞受賞発表: 頭部脈管肉腫における血管新生因子の役割. 天羽康之 (皮膚): 第107回日本皮膚科学会総会 (2008/4/18-20), 京都.

722118. [学会 (全国)] (教育講演) 爪の構造と機能. 齊藤典充 (皮膚): 第107回日本皮膚科学会総会 (2008/4/ 20), 京都.

722119. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 血管肉腫治療ガイドライン作成に向けて. 北里大学病院皮膚科の頭部脈管肉腫治療方針と治療評価. 増澤幹男 (皮膚): 第25回日本皮膚悪性腫瘍学会 (2009/5/22), 岡山.

722120. [学会 (全国)] (シンポジウム) 皮膚科からみた薬物療法の実際と展望. 高須 博 (皮膚): 医療薬学フォーラム2008 第16回クリニカルファーマシーシンポジウム (2008/7/13/), 東京.

723682. [学会 (全国)] (一般口演) 潰瘍性大腸炎に尋常性天疱瘡が合併した1例. 三井純雪1,2, 小林律子2, 中野敏明1,2, 原田晴美2, 衛藤 光2, 橋本 隆3 (1皮膚, 2聖路加国際病院皮膚科, 3久留米大学): 第107回日本皮膚科学会総会 (2008/4/19), 京都, 日本皮膚科学会雑誌 2008/3; 118 (4): 799.

723683. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 病院環境の微生物汚染負荷低減に向けた銅及び銅合金の活用−2005-2007年の調査成績−. 新山奈々子1, 天羽康之1, 田辺健一1, 笹原武志2, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2微生・寄生虫): 第107回日本皮膚科学会 (2008/4/19), 京都.

723684. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 免疫ミルクのヘルペス発症抑制効果の検討. 安藝良一1, 渡会 晃1, 浜田祐子2, 藤村響男1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2病態・診療系): 第107回日本皮膚科学会総会 (2008/4/19), 京都.

723685. [学会 (全国)] (一般口演) 神奈川県における皮膚感染症サーベイランスの結果報告. 高須 博1, 米元康蔵, 向井秀樹 (1皮膚): 第24回日本臨床皮膚科医総会・臨床学術大会 (2008/5/24), 東京.

723686. [学会 (全国)] (一般口演) 膿疱性乾癬の1例. 船津 栄, 新井浩之1 (1皮膚): 第24回日本臨床皮膚科医総会・臨床学術大会 (2008/5/24), 東京.

723687. [学会 (全国)] (一般口演) 頬部に紅斑を生じた組織球性壊死性リンパ節炎の小児例. 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 坂東由紀, 山本向三 (1皮膚): 第32回日本小児皮膚科学会学術大会 (2008/6/28), 東京.

723688. [学会 (全国)] (一般口演) 抗腫瘍剤による成長期脱毛症は毛包幹細胞から毛根鞘細胞への分化増殖の抑制と, 毛包成長期の血管増殖の抑制によって引き起こされる. 天羽康之1, Lingna Li2, 狩野真帆1, 田辺健一1, 高須 博1, 勝岡憲生1, Robert M Hoffman2,3 (1皮膚, 2AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 3Department of Surgery, University of California San Diego, CA): 第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2008/7/4-5), 岐阜.

723689. [学会 (全国)] (一般口演) 毛包及び神経幹細胞マーカーであるネスチンはHMB-45陰性の結節型悪性黒色腫の真皮内病変における腫瘍細胞に発現する. 狩野真帆1, 天羽康之1, 田辺健一1, 前島英樹1, 高須 博1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2008/7/4-5), 岐阜.

723690. [学会 (全国)] (一般口演) Paget癌精査中に胃癌と肺癌が発見された1例. 田辺健一1, 高須 博1, 佐久間宏行1, 天羽康之1, 勝岡憲生1, 柏木慎也2, 蒋 世旭3, 天野秀樹4, 堅田親利5, 朝比奈昭彦6 (1皮膚, 2形成・美外, 3病理, 4呼吸器外, 5消化器内, 6国立相模原皮膚科): 第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2008/7/4-5), 岐阜.

723691. [学会 (全国)] (一般口演) Pilomatrix carcinomaの1例. 田辺健一1, 高須 博1, 天羽康之1, 新山史朗1, 勝岡憲生1, 酒井直彦2, 岡安 勲3 (1皮膚, 2形成・美外, 1病理): 第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2008/7/4-5), 岐阜.

723692. [学会 (全国)] (一般口演) 乳癌の放射線治療後に発症した血管肉腫. 中原千保子1, 田辺健一1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, ウッドハムス玲子2, 尾山修一3, 金子 聡3 (1皮膚, 2放射線, 3横浜労災病院皮膚科): 第24回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2008/7/5), 岐阜.

723693. [学会 (全国)] (一般口演) 尋常性乾癬に強直性脊椎骨増殖症を合併した1例. 谷口友則1, 前島英樹1, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会 (2008/9/4), 旭川.

723694. [学会 (全国)] (一般口演) 皮膚科医からみた乾癬性関節炎患者の爪病変. 前島英樹1, 谷口友則1, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会 (2008/9/5), 旭川.

723695. [学会 (全国)] (一般口演) 当科における乾癬性関節炎患者のレントゲン所見と関節炎型の分類について. 前島英樹1, 谷口友則1, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会 (2008/9/5), 旭川.

723696. [学会 (全国)] (一般口演) J-HAQを用いた乾癬性関節炎のQOL評価. 渡会 晃1, 前島英樹1, 谷口友則1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会 (2008/9/5), 旭川.

723697. [学会 (全国)] (一般口演) 乾癬性関節炎患者における血清Cartilage oligomeric matrix protein (COMP) の意義. 谷口友則1, 前島英樹1, 浜田佑子2, 渡会 晃1, 安藝良一1, 向野 哲1, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2病態・診療系): 第23回日本乾癬学会 (2008/9/5), 旭川.

723698. [学会 (全国)] (一般口演) 当科における関節症状を有する乾癬患者11例の検討. 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会学術大会 (2008/9/5-6), 旭川.

723699. [学会 (全国)] (一般口演) Japanese version of the Stanford Health Assessment Questionair (JHAQ) を用いた乾癬性関節炎患者のADL評価. 前島英樹1, 谷口友則1, 安芸良一1, 向野 哲1, 新山史朗1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第23回日本乾癬学会学術大会 (2008/9/6), 旭川.

723700. [学会 (全国)] (一般口演) ペアコールメにより生じたAcute generalized exanthematous pustulosis (AGEP) の1例. 前島英樹1, 中原千保子1, 谷口友則1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第38回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会・学術大会 (2008/11/7), 大阪.

723701. [学会 (全国)] (一般口演) GATA-3遺伝子の過剰発現はTh2型サイトカインの誘導を介して接触皮膚炎反応を増強する. 天羽康之1, 新山史朗1, 勝岡憲生1, 玉内秀一2 (1皮膚, 2微生・寄生虫): 第38回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 (2008/11/7-9), 大阪.

723702. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) リコンビナントペプチドdermcidinの大腸菌および黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性. 丸山幸恵1, 吉野 崇, AMIRUDDIN Dianawaty, 藤村響男2, 勝岡憲生2, 亀山孝三3 (1医療系研究科・環境皮膚科学, 2皮膚, 3分子遺伝): 第38回日本免疫学会総会・学術集会 (2008/12/2), 京都.

731097. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 血管炎・血管障害ガイドラインについて. 勝岡憲生 (皮膚): 岩手医科大学主催講演会 (2008/7/4), 岩手.

731098. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 口腔粘膜疾患の治療のコツ. 勝岡憲生 (皮膚): マルホ皮膚科セミナー (2008/7/8), 東京.

731099. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Acneの治療. 勝岡憲生 (皮膚): 第4回環相模湾皮膚の会 (2008/8/30), 湯河原.

731100. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 皮膚症状からわかる内臓疾患−臨床医が知っておきたいポイント−. 新井 達 (皮膚): 宮城かゆみ学術講演会 (2008/9/24), 仙台.

731101. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 円形脱毛症ーそれでも毛髪は生きている. 勝岡憲生 (皮膚): AAの会 (2008/12/13), 東京.

731102. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 血管炎・血管障害ガイドラインの解説と問題点. 勝岡憲生 (皮膚): 岡山市医師会皮膚科部会 (2009/2/27), 岡山市.

732056. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 日本の再生医療の現状と皮膚に分布する幹細胞について. 天羽康之 (皮膚): 第6回蒲田皮膚アレルギー臨床勉強会 (2008/6/10), 大森, 東京.

732057. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) アトピー性皮膚炎の病態と治療. 高須 博 (皮膚): 戸塚区薬剤師会 (2008/6/19 ), 戸塚.

732058. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 褥瘡について. 齊藤典充 (皮膚): 平成20年度相模原市介護支援専門員研修会 (2008/6/26.), 相模原.

732059. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 尖圭コンジローマの病態と治療. 齊藤典充 (皮膚): 相模原市皮膚泌尿器科医会 (2008/7/16), 相模原.

732060. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座) 男性型脱毛症の治療−今とこれから−. 新山史朗 (皮膚): 藤沢市民皮膚科医会学術講演会 (2008/7/17), 藤沢.

732061. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座) 他科の先生方が日常診察する機会のある皮膚疾患. 新山史朗 (皮膚): 津久井郡医師会学術講演会 (2008/11/5), 神奈川.

732062. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 専門医試験にみるウイルス感染症. 高須 博 (皮膚): 神奈川県皮膚科医会 (2008/11/20), 神奈川.

732063. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座) 銅及び銅合金の医療環境への応用の可能性を求めて. 新山奈々子1, 笹原武志2 (1皮膚, 2微生・寄生虫): 第48回銅及び銅合金技術研究会講演大会 (2008/11/22), 芝浦工業大学.

732064. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 毛髪の構造, 生理機能から考える今回の研究結果の意義. 齊藤典充 (皮膚): アミノコラーゲンメディアセミナー (2008/12/2), 東京.

732065. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 小児のアトピー性皮膚炎. 齊藤典充 (皮膚): サノフィ・アベンティス勉強会 (2008/12/18), 相模原.

732066. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 薬疹の診断と治療について. 高須 博 (皮膚): 戸塚区薬剤師会横浜医療センター薬剤科合同研修会 (2009/2/19), 神奈川.

732067. [学会 (教育講演) 専門医に必要な治療最前線: 再生医療の現状と皮膚に分布する幹細胞について. 天羽康之 (皮膚): 日本皮膚科学会東京支部企画研修講演会 (2009/2/20), 東京.

732068. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座) 銅及び銅合金の医療環境への応用の可能性を求めて. 新山奈々子 (皮膚): 日本伸銅協会3月理事会 (2009/3/23), 大阪中央電気倶楽部.

733281. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 関節リウマチ (RA) 患者に見られた反応性AAアミロイドーシスの1例. 前島英樹1, 天羽康之1, 勝岡憲生1, 鎌田貢壽2, 松井利浩3 (1皮膚, 2腎臓内, 3相模原病院リウマチ科): 第818回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/6/21), 川崎.

733282. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ゲフィチニブ (イレッサメ) による 瘡様皮疹. 田辺健一1, 天羽康之1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第818回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/6/21), 川崎.

733283. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 皮下膿瘍と胸腔内膿瘍を伴った非結核性好酸菌症 (M. kansasii) の1例. 中野敏明1, 梶原朋恵1, 原田晴美1, 衛藤 光1, 古川恵一2(1聖路加国際病院皮膚科, 2同感染症内科): 第818回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/6/21), 川崎.

733284. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肺癌患者に生じたTEN型薬疹の1例. 善家由香理, 梶原朋恵, 小林律子, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第818回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/6/21), 川崎.

733285. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 末梢動脈閉塞による足部潰瘍を生じた抗セントロメア抗体陽性シェーグレン症候群の1例. 佐久間宏行1, 江藤宏光1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第818回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/6/21), 川崎,

733286. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 成人Still病の1例. 中原千保子1, 江藤宏光1, 新山奈々子1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第818回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/6/21), 川崎,

733287. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 腹筋麻痺を伴った帯状疱疹の1例. 安部美穂1, 上田喬士1,2, 沖山良子1, 尾山修一1, 佐藤勘治1,2, 饗場伸作1, 金子 聡1 (1横浜労災病院, 2皮膚): 第818回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/6/21), 川崎,

733288. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 重症筋無力症に併発したChurg-Strauss症候群. 新山史朗1, 勝岡憲生1, 鈴木康輔2, 和田達彦 (1皮膚, 2神経内): 第819回日本皮膚科学会東京地方会 (合同臨床地方会) (2008/7/12), 東京.

733289. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 皮膚病変にナローバンドUVB療法が奏効した成人T細胞白血病/リンパ腫の1例. 小林律子, 善家由香理, 梶原朋恵, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第819回日本皮膚科学会合同臨床地方会 (2008/7/12), 東京.

733290. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ナローバンドUVBが奏功したKyrle病. 中原千保子1, 天羽康之1, 谷口友則1, 向野 哲1, 白井京美1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第820回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/9/20), 東京.

733291. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 顎部に生じた毛包性ムチン沈着症の1例. 佐久間宏行1, 新山史朗1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第820回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/9/20), 東京.

733292. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 先天性巨大色素性母斑に生じた悪性黒色腫の1例. 東儀那津子1, 江藤宏光1, 田辺健一1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 安村和則2 (1皮膚, 2藤沢市民病院): 第820回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/9/20), 東京.

733293. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胃癌切除後に症状が改善した多形慢性痒疹. 桑原慎治1, 江藤宏光1, 齊藤典充1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第820回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/9/20), 東京.

733294. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 多発する軟線維腫を主訴とした結節性硬化症. 上田喬士1,2, 安部美穂1, 沖山良子1, 尾山修一1, 佐藤勘治1,2, 饗場伸作1, 金子 聡1 (1横浜労災病院, 2皮膚): 第820回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/9/20), 東京.

733295. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神経皮膚黒色症に生じた悪性黒色腫の1例. 東儀那津子1, 江藤宏光1, 田辺健一1, 齋藤典充1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 安村和則 (1皮膚): 第820回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/9/20), 伊勢原.

733296. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 多発する下腿の結節から診断に至ったT- cell-rich B-cell lymphomaの1例. 西山浩美1, 中野敏明1,2, 原田晴美1, 衛藤 光1, 岡田 定3, 澤井まゆみ4 (1聖路加国際病院皮膚科, 2皮膚, 3同内科, 4東京都): 第72回日本皮膚科学会東部支部学術総会 (2008/9/20-21), 秋田.

733297. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 壊疽性膿皮症を併発し肺に多発したリウマチ結節. 田辺健一1, 天羽康之1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第72回日本皮膚科学会東部支部学術大会 (2008/9/20-21), 秋田.

733298. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 経過中に肺病変を伴った壊疽性膿皮症. 田辺健一1, 新井 達1, 安藝良一1, 佐藤勘治1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第72回日本皮膚科学会東部支部学術大会 (2008/9/20-21), 秋田.

733299. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急性膵炎を合併した全身性エリテマトーデス. 新井 達1, 田辺健一1, 新山奈々子1, 勝岡憲生1, 今泉 弘2 (1皮膚, 2消化器内): 第72回日本皮膚科学会東部支部学術大会 (2008/9/20-21), 秋田.

733300. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 治療が奏効した中毒性表皮壊死症型薬疹の3例. 小林律子, 善家由香理, 梶原朋恵, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第59回日本皮膚科学会中部支部学術大会 (2008/10/12-13), 名古屋.

733301. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 刺青部位に肉芽腫を生じたサルコイドーシス. 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 赤星 透2, 相澤大輔3, 志村英俊 (1皮膚, 2総合診療, 3眼科): 第59回日本皮膚科学会中部支部総会・学術大会 (2008/10/13), 名古屋.

733302. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) GATA-3遺伝子の過剰発現はTh2型サイトカインの誘導を介して金属接触皮膚炎反応を増強する. 新山史朗1, 天羽康之1, 玉内秀一2, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2微生・寄生虫): 第60回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2008/10/18-19), 福岡.

733303. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 気管支アミロイド-シスにヘノッホ・シェーンライン紫斑病とTENを合併した1例. 中野敏明1, 小林律子, 善家由香理, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第60回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2008/10/18-19), 福岡.

733304. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 多彩な皮膚症状を呈したWiskott-Aldrich症候群. 森田美穂1, 新山史朗1, 田辺健一1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第60回日本皮膚科学会西部支部学術大会 (2008/10/18-19), 福岡.

733305. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) アトピー性皮膚炎患者に生じたサルコイドーシス. 船津 栄, 新井浩之1 (1皮膚): 第821回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/11/15), 東京.

733306. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 体幹と手指に浮腫性および角化性紅斑を発症し, 急速進行性間質性肺炎を伴った皮膚筋炎の1例. 善家由香理, 梶原朋恵, 小林律子, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第821回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/11/15), 東京.

733307. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Human papillomavirus 16型が検出されたBowenoid Papulosisの1例. 三井純雪1, 白井京美1, 天羽康之1, 勝岡憲生1, 北里英郎 (1皮膚): 第821回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/11/15), 東京.

733308. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 線状IgA/IgG水疱症 (LAGBD) の1例. 桑原慎治1, 江藤宏光1, 齊藤典充1, 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第821回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/11/15), 東京.

733309. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) プロピオン酸ヒドロコルチゾン (パンデルメ軟膏)による接触皮膚炎の1例. 東儀那津子1, 江藤宏光1, 前島英樹1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 梶原洋一2 (1皮膚, 2梶原皮膚科): 第821回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/11/15), 東京.

733310. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 魚鱗癬様皮疹を呈したサルコイドーシス. 上田喬士1,2, 今泉あすか1, 安部美穂1, 沖山良子1, 尾山修一1, 佐藤勘治1,2, 饗場伸作1, 金子 聡1, 森山ゆうき3 (1横浜労災病院, 2皮膚, 3横浜市): 第821回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/11/15), 東京.

733311. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Acral persistent papular mucinosisの一例. 谷口友則1, 天羽康之1, 新山史朗1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第821回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/11/15), 東京.

733312. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 慢性膵炎の急性増悪に生じた皮下結節性脂肪壊死症の1例. 船津 栄, 新井浩之1 (1皮膚): 第347回日本皮膚科学会福岡地方会 (2008/11/23), 福岡.

733313. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) コラーゲンペプチド含有食品摂取による毛髪への影響に関する検討. 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 森川玲子, 田村崇昭, 栗原邦彦 (1皮膚): 第15回毛髪科学研究会 (The 15th Annual Meeting of the Society for Hair Science Research (SHSR)) (2008/11/29), 福岡.

733314. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 円形脱毛症患者の治療効果の検討. 前島英樹1, 天羽康之1, 新山史朗1, 向野 哲1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第15回毛髪科学研究会 (The 15th Annual Meeting of the Society for Hair Science Research (SHSR)) (2008/11/29), 福岡.

733315. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ネスチン陽性の毛包幹細胞は挫滅末梢神経の再生を促進する. 天羽康之1, 狩野真帆1, 河原克雅2, Robert M Hoffman3,4, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2生理, 3AntiCancer, Inc., San Diego, CA, 4Department of Surgery, University of California San Diego, CA): 第15回毛髪科学研究会 (The 15th Annual Meeting of the Society for Hair Science Research (SHSR)) (2008/11/29), 福岡.

733316. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 刺青部位に生じた肉芽腫. 齊藤典充 (皮膚): 第2回神奈川臨床皮膚病理組織検討会 (2008/12/6), 町田.

733317. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 悪性黒色腫患者の原発巣におけるネスチン陽性例は予後が悪い. 田辺健一1, 天羽康之1, 狩野真帆1, 高須 博1, 勝岡憲生1, 酒井直彦2 (1皮膚, 2形成・美外): 第822回日本皮膚科学会東京地方会 (2008/12/20), 東京.

733318. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) イミキモド5%クリームが奏功した顔面の扁平疣贅. 新山史朗1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第823回日本皮膚科学会東京地方会 (2009/1/17), 神奈川.

733319. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 多彩な臨床症状を呈したサルコイドーシス. 前島英樹1, 中原千保子1, 三井純雪1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第823回日本皮膚科学会東京地方会 (2009/1/17), 神奈川.

733320. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) フェノバルビタール含有配合薬 (ベゲタミンA) による薬剤過敏性症候群の1例. 小林律子, 善家由香理, 梶原朋恵, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚):第823回日本皮膚科学会東京地方会 (2009/1/17), 神奈川.

733321. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 皮膚生検により自然消退した頬部のメルケル細胞癌. 西山浩美1, 善家由香理1, 梶原朋恵1, 小林律子1, 中野敏明1,2, 原田晴美1, 衛藤 光1, 鈴木高祐3 (1聖路加国際病院皮膚科, 2皮膚, 3同病理診断科): 第823回日本皮膚科学会東京地方会 (2009/1/17), 神奈川.

733322. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 多発性基底細胞癌の1例. 楠  舞1, 齊藤典充1, 近藤祐介1, 中原千保子1, 江藤宏光1, 勝岡憲生1, 前田亜希子2 (1皮膚, 2森田病院): 第823回日本皮膚科学会東京地方会 (2009/1/17), 神奈川.

733323. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 尋常性乾癬患者に生じた象皮病の1例. 桑原慎治1, 江藤宏光1, 齊藤典充1, 三井純雪1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第823回日本皮膚科学会東京地方会 (2009/1/17), 神奈川.

733324. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当科におけるモーズ軟膏の使用例. 沖山良子1, 安部美穂1, 上田喬士1,2, 尾山修一1, 佐藤勘治1,2, 饗場伸作1, 金子 聡1 (1横浜労災病院, 2皮膚): 第823回日本皮膚科学会東京地方会 (2009/1/17), 神奈川.

733325. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 聖路加国際病院における過去5年間のHenoch-Shonlein purpuraの臨床的検討. 中野敏明1, 衛藤 光 (1皮膚): 第32回皮膚脈管膠原病研究会 (2009/1/23), 京都.

733326. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院9年間における皮膚筋炎44例の臨床的検討. 梶原朋恵, 善家由香理, 小林律子, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第32回皮膚脈管膠原病研究会 (2009/1/23), 京都.

733327. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) リンパ脈管筋腫症に合併した大腿限局性のリンパ浮腫. 小林律子, 梶原朋恵, 善家由香理, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第32回皮膚脈管膠原病研究会 (2009/1/23), 京都.

733328. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) シェーグレン症候群にみられた紫斑性病変の臨床的検討. 楠  舞1, 新井 達1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第32回皮膚脈管膠原病研究会 (2009/1/23), 京都.

733329. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小児SLE23例の臨床的検討. 三井純雪1, 新井 達1, 新井春枝, 勝岡憲生1 (1皮膚): 第32回皮膚脈管膠原病研究会 (2009/1/23), 京都.

733330. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 足趾切断に至ったPseudo-Kaposi's sarcomaの1例. 森田美穂1, 齊藤典充1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1, 平田光博2, 掛水夏恵3 (1皮膚, 2外科, 3茅ヶ崎市立病院皮膚科): 第32回皮膚脈管膠原病研究会 (2009/1/23-24), 京都.

733331. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 下腿潰瘍に対する同種培養真皮の治療経験. 谷口友則1, 天羽康之1, 勝岡憲生1, 黒柳能光2 (1皮膚, 2北里大学人工皮膚研究開発センター): 第72回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2009/2/21-22), 東京.

733332. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) White sponge nevus. 梶原朋恵, 善家由香理, 小林律子, 西山浩美, 中野敏明1, 原田晴美, 衛藤 光 (1皮膚): 第72回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2009/2/21-22), 東京.

733333. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ソラフェニブ (ネクサバールメ) によるnonpigmenting fixed drug eruptionの1例. 田辺健一1, 三井純雪1, 江藤宏光1, 天羽康之1, 勝岡憲生1, 岩村正嗣2 (1皮膚, 2泌尿器): 第72回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (2009/2/21-22), 東京.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-320001. [症例報告] 53: 二重の環状紅斑を呈したSjögren症候群の1例. 宮田聡子1, 増澤幹男1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 臨床皮膚科 2007/6; 61 (7): 514-7.

H19-320002. [症例報告] 両側血性胸水の症例. 高橋英気, 津田泰成, 井藤英喜, 桑島 巌, 森 伸晃, 稲松孝思, 水野まゆみ, 山川通隆, 油井慶晃, 大田正嗣, 新井富生, 原田和昌, 沢辺元司, 向野 哲1, 野口寿行 (1皮膚): 内科 2007/8; 100 (2): 349-50.

H19-540015. [その他 (研究報告書)] 内皮系低温耐性低増殖細胞によるライ菌の体外増殖培養法の確立. 増澤幹男 (皮膚): 大山健康財団 2006年度版 年報 2007/10; 32: 25-30.

[学会・研究会等]

H18-733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 治療に苦慮した難治性下腿潰瘍の一例. 森田美穂1, 田辺健一1, 天羽康之1, 白井京美1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1, 黒柳能光2 (1皮膚, 2医療衛生学部)第6回神奈川MMC研究会 (2007/2/7), 横浜.

H18-733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Microscopic polyangiitisの1例. 天羽康之 (皮膚): 北里臨床皮膚フォーラム (2007/3/6), 町田.

H19-733017. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 長期未治療であった先天性表皮水疱症の1例. 沖山良子, 前田亜希子1, 秋場美穂, 佐藤勘治1, 向野 哲1, 饗場伸作, 金子 聡 (1皮膚): 日本皮膚科学会第816回東京地方会 (2007/12/15), 東京.


泌尿器科学

[学術論文]

110200. [原著] Recent advances in molecular markers for bladder cancer. 松本和将1, 大草 洋1, 石川 弥1, 松下一仁1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): Res Adv in Urol 2008/4; 1: 1-17.

110201. [原著] Mice with cav-1 gene disruption have benign stromal lesions and compromised epithelial differentiation. Guang Yang, Terry L Timme, Koji Naruishi, 藤田哲夫1, El Moataz Abdel Fattah, Guanggwen Cao, Kartic Rajocopolan, Luan D Troung, Timothy C Thompson (1泌尿器): EXPERIMENTAL AND MOLECULAR PATHOLOGY 2008/4; 84: 131-40.

110202. [原著] Reclassification of the current tumor, node, metastasis staging in pT3 renal cell carcinoma. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 柳澤信之2, Masatoshi Muramoto, 岡安 勲2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2病理): INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY 2008/7; 15 (7): 582-6.

110203. [原著] Loss expression of uroplakin III is associated with clinicopathologic features of aggressive bladder cancer. 松本和将1, 佐藤威文1, 入江 啓1, 石井淳一郎1, Sadahito Kuwao, 岩村正嗣1 (1泌尿器): UROLOGY 2008/8; 72 (2): 444-9.

110204. [原著] Distribution of lymphatic Vessel Network in Normal Urinary Bladder. 松本和将1, 宋 成浩1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 石川 弥1, Ishii T, 馬場志郎1 (1泌尿器): UROLOGY 2008/9; 72 (3): 706-10.

110205. [原著] Somatic pairing of chromosome 19 in renal oncocytoma is associated with deregulated ELGN2-mediated oxygen-sensing response. Koeman JM, Russell RC, Tan MH, Petillo D, Westphal M, Koelzer K, Metcalf JL, Zhang Z, 松田大介1, Dykema KJ, Houseman HL, Kort EJ, Furge LL, Kahnoski RJ, Richard S, Vieillefond A, Swiatek PJ, Teh BT, Ohh M, Furge KA (1泌尿器): GENETICS 2008/9; 5 (4): 9):e1000176.

110206. [原著] A comparison study reveals important features of agreement and disagreement between summarized DNA and RNA data obtained from renal cell carcinoma. Zhang ZF, 松田大介1, Khoo SK, Buzzitta K, Block E, Petillo D, Richard S, Anema J, Furge KA, Teh BT (1泌尿器): MUTATION RESEARCH-GENETIC TOXICOLOGY AND ENVIRONMENTAL MUTAGENESIS 2008/11; 657 (1): 77-83.

110207. [原著] Identification of copy number alterations and its association with pathological features in clear cell and papillary RCC. 松田大介1, Sok Kean Khoo, Aaron Massie, 岩村正嗣1, Jindong Chen, David Petillo, Bill Wondergem, Michael Avallone, Stephanie J Kloostra, Min-Han Tan, Julie Koeman, Zhongfa Zhang, Richard J Kahnoski, The French Kidney Cancer Study Group, 馬場志郎1, Bin Tean Teh (1泌尿器): CANCER LETTERS 2008/12; 272 (2): 260-7.

110208. [原著] L-type amino-acid transporter 1 as a novel biomarker for high-grade malignancy in prostate cancer. Takeshi Sakata, Golam Ferdous, Tomoko Tsuruta, 佐藤威文1, 馬場志郎1, Tomoko Muto, Akinori Ueno, Yoshikatsu Kanai, Hitoshi Endou, 岡安 勲2 (1泌尿器, 2病理): PATHOLOGY INTERNATIONAL 2009/1; 59 (1): 7-18.

110209. [原著] Distress and social dysfunction following prostate cancer treatment: a longitudinal cross-cultural comparison of Japanese and American men. Namiki S, Kwan L, Kagawa-Singer M, Terai A, 佐藤威文1, 馬場志郎1, Arai Y, Litwin MS (1泌尿器): Prostate Cancer Prostatic Disease 2009/1; 12 (1): 67-71.

110210. [原著] How to use laparoscopic surgical instruments safely. Eiji Higashihara, Ryohei Hattori, Ken Nakagawa, 岩村正嗣1, Tomomi Ushiyama T, Gaku Kawabata, Tomonori Habuchi (1泌尿器): INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY 2009/2; 16 (2): 225.

120087. [原著] 前立腺癌に対する外科治療後のバルデナフィル投与に関する検討. 木村将貴1, 佐藤威文1, 松本和将1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1, 志村 哲 (1泌尿器): 日本性機能学会雑誌 2008/12; 23 (3): 293-8.

120088. [原著] 慢性血液透析患者における血中small dense LDLとアポリポ蛋白B48値の検討. 平良隆保, 兵藤 透, 吉田一成1, 馬場志郎1, 小川裕美, 竹村 徹, 千葉哲男, 日台英雄, 林 俊之, 平野 勉 (1泌尿器): 泌尿器外科 2009/3; 22 (3): 459-62.

220026. [準原著] 慢性期における免疫抑制療法を考える−慢性期における移植腎機能維持に対する現状と問題点−. 大段秀樹, 片山昭男, 中川 健, 吉田一成1 (1泌尿器): 今日の移植 2008/8; 21 (4): 377-96.

220027. [準原著] 今後, 腹膜透析においてEPSは起こらないか? 吉田一成1, 若井陽希1 (1泌尿器): 腎不全外科2009 2009/3; 66 (別冊): 23-6.

310023. [症例報告] PRIMARY CHORIOCARCINOMA OF THE URINARY BLADDER. 嶺井定嗣1, Tsuyoshi Matsui, Daisuke Obinata, Kenya Yamaguchi, Daisaku Hirano, Satoru Takahashi (1泌尿器): 泌尿器科紀要2008/4; 54 (4): 293-6.

310024. [症例報告] Anti-Ma2 paraneoplastic encehalitis associated with testicular germ cell tumor treated by carboplatin,etoposide and bleomycin. 笹本治子1, 木村将貴1, Mizuki Onozawa, Akira Fujisaki, Takashi Arakawa, Katsuhiko Takeda, Joseph Dalmau, Kazunori Hattori (1泌尿器): INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY 2008/10; 15: 942-3.

310025. [症例報告] Multicentric hyaline-vascular Castleman's disease treated by laparoscopic resection. 松田大介1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY 2009/2; 16 (2): 336.

310026. [症例報告] Cavernous hemangioma of the adrenal gland. 松田大介1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY 2009/2; 16 (2): 424.

320055. [症例報告] 腎後性腎不全を契機に発見されたクラミジア性骨盤内炎症の1例. 平山貴博1, 松本和将1, 宋 成浩1, 松下一仁1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 泌尿紀要 2008; 54: 301-4.

320056. [症例報告] 125 Iシード線源による前立腺永久挿入密封小線源治療1カ月後に脳出血で死亡した前立腺癌症例の経験−シードの取り扱いについて−. 木村将貴1, 佐藤威文1, 藤田哲夫1, 大草 洋1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 北野雅史, 石山博條2, 早川和重2, 岡安 勲3, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線, 3病理): 日本泌尿器科学会雑誌 2008; 96 (5): 560-3.

320057. [症例報告] 腎癌術後16年目の晩期再発および遺残尿管移行上皮癌の1例. 池田勝臣1, 岩村正嗣1, 石川 弥1, 黒坂眞二1, 馬場志郎1, 嶺井定紀1 (1泌尿器): 泌尿器科紀要 2008/6; 54 (6): 415-7.

320058. [症例報告] 膀胱鏡併用による膀胱部分切除術を行った膀胱褐色細胞腫の1例. 池田勝臣1, 遠藤文康, 志賀淑之, 小口智彦, 安士正裕, 服部一紀, 村石 修 (1泌尿器): 泌尿器科紀要 2008/9; 54 (9): 611-4.

320059. [症例報告] 生体腎移植後33年目に移植尿管膀胱移行部に発生した移行上皮癌に対して移植尿管・膀胱部分切除術を施行した症例 (A case of partial resection of the graft ureter with partial cystectomy for the urothelial carcinoma originating from the graft uretero-vesical junction 33 years after living renal transplantation). 笹本治子1, 吉田一成1, 西 盛宏1, 松本和将1, 佐藤絵里奈, 木村将貴1, 平山貴博1, 土田繭美1, 村上泰清1, 遠藤忠雄, 真下節夫, 馬場志郎1 (1泌尿器): Renal Transplantation Vascular Surgery (腎移植・血管外科) 2008/10; 20 (1): 39-44.

320060. [症例報告] 治療中, 腰椎転移をきたした胚細胞腫瘍の3症例. 土橋正人1, 宋 成浩1, 池田勝臣1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 泌尿器科紀要 2008/12; 54 (12): 803-7.

520146. [総説] 前立腺のはたらきと前立腺の疾患. 村上泰清1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 泌尿器ケア 2008/3; 13 (4): 32-7.

520147. [総説] 体内におけるリンの役割. 若井陽希1, 兵藤 透, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 透析ケア 2008; 15 (1): 16-7.

520148. [総説] 透析患者の体内におけるリンの代謝. 若井陽希1, 兵藤 透, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 透析ケア 2008; 15 (1): 18-9.

520149. [総説] 透析患者におけるリン過剰時・不足時の治療. 若井陽希1, 兵藤 透, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 透析ケア 2008; 15 (1): 20-1.

520150. [総説] 前立腺肥大症の最新治療−第3回HoLAP−. 岩村正嗣1, 藤城貴教1, 設楽敏也, 馬場志郎1 (1泌尿器), Urology View 2008/6; 6 (3): 96-101.

520151. [総説] 腎移植に関する調査−(平成19年度) の分析結果について−. 吉田一成 (泌尿器): 神奈川県透析施設連絡協議会報 2008/11; 23: 22-5.

520152. [総説] 前立腺癌を認識する新規マーカータンパク質. 車 英俊, 頴川 晋, 馬場志郎1, 前田忠計 (1泌尿器): 化学工業 2008/12; 59 (12): 51-6.

520153. [総説] 前立腺癌治療後のLUTSブラキセラピー. 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): Urology View 2009/1; 7 (1): 67-71.

520154. [総説] 前立腺がんが再発・転移しても長期のコントロールが可能に. 佐藤威文 (泌尿器): がんサポート 2009/1; 67 (2): 22-5.

520155. [総説] 前立腺がんの治療は, 打つ手が多く, あきらめないことが肝心! 佐藤威文 (泌尿器): がんサポート 2009/1; 67 (2): 26-9.

520156. [総説] 泌尿器科領域手術のレーザー技術: 変遷と臨床評価. 馬場志郎1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 日本レーザー医学会誌 2009/1; 29 (4): 389-92.

540050. [その他 (研究報告書)] 早期前立腺癌に対する各種根治療法の臨床病理学的検討. 内藤誠二, 賀本敏行, 羽渕友則, 大家基嗣, 平尾佳彦, 佐藤威文1, 篠原信雄, 後藤百万, 住吉義光, 小松原秀一, 藤澤正人, 頴川 晋, 藤元博之, 宇佐美道之, 川島清隆, 栃木達夫, 野口正典, 筧 善行, 中川昌之, 塚本泰司, 宮永直人, 市川智彦, 野村照久 (1泌尿器): 早期前立腺がんにおける根治術後の再発に対する標準的治療の確立に関する研究 平成20年度総括研究報告書 2009/3; p.7.

[著 書]

610006. [学術書] (共著) 【New Gene Therapy and Cancer Research】Current gene therapy for bladder cancer, p.183-204. 松本和将1, 入江 啓1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器), 編 Gustafsson WB, Nova Science Publishers, Inc, 2008/7発行.

620135. [学術書] (共著) 【泌尿器ケア】前立腺のはたらきと前立腺の疾患. 村上泰清1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器), メディカ出版, 2008/4発行.

620136. [学術書] (分担加筆) 【臨床泌尿器科62 (4) 増刊号】特集: 泌尿器科外来ベストナビゲーション 8. そのほか「遊走腎」 遊送腎を呈する患者です. 対処と処方について教えてください, p.320-1. 岩村正嗣 (泌尿器), 医学書院, 2008/4発行.

620137. [学術書] (分担加筆) 【よくわかって役に立つ前立腺肥大症のすべて】V. 治療のポイント  3.「経尿道的治療」 6.経尿道的前立腺切除術−バイポーラTURP, p.256-64. 入江 啓1, 馬場志郎1 (1泌尿器), 永井書店, 2009/1発行.

[学会・研究会等]

712024. [学会 (国際)] (ワークショップ) LAPAROSCOPIC ISCHEMIC AND NON-ISCHEMIC PARTIAL NEPHRECTOMIES FOR SMALL RENAL TUMORS. 岩村正嗣1, 笹本治子1, 山田泰史1, 土田繭美1, 津村秀康1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 11th Word Congress of Endoscopic Surgery (2008/9/4), 横浜.

713138. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) L-TYPE AMINO ACID TRANSPORTER 1 EXPRESSION IN PROSTATE CANCER:ASSOCIATION WITH CANCER PROGRESSION AND HIGH-GRADE MALIGNANCY. 佐藤威文1, Takeshi Sakata, 岡安 勲2, Golam Ferdous, Tomoko Tsuruta, Tomoko Muto, Akinori Ueno, Yoshikatsu Kanai, Hitoshi Endou, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2病理): 101th Annual Meeting American Urological Associatio (2008/5/18), Orlando, florida, USA, JOU 2008; 79 (4): 105.

713139. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) PERIPLAKIN AS A POTENTIAL BIOLOGIC MARKER FOR BLADDER CANCER. 松本和将1, Hidetoshi kuruma, Yuko Kamata, Koji Takahashi, Takanori Nishimori, Tsuyoshi Tomonaga, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, Fumio Nomura, Shin Egawa, 馬場志郎1 (1泌尿器): 101th Annual Meeting American Urological Association (2008/5/19), Orlando, florida USA, JOU 2008; 79 (4): 317.

713140. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effective anti-tumor therapy using thromboxane A2 synthase for bladder cancer. 松本和将1, Inoue R, 佐藤威文1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 馬嶋正隆2, Kitasato H, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2薬理): 101th Annual Meeting American Urological Association (2008/5/19), Orlando, florida USA, JOU 2008; 79 (4): 369.

713141. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) POSITIV CORRELATION BETWEEN MOTION ANALYSIS DATA ON THE LAPMENTOR™ VIRTUAL REALITY LAPAROSCOPIC SURGICAL SIMULATOR AND THE RESULTS FROM VIDEO TAPE ASSESSMENT OF REAL LAPAROSCOPIC SURGERIES. Tadashi Matsuda, Yoshinari Ono, 馬場志郎1, 岩村正嗣1, Toshiro Terachi, Seiji Naito, Ryohei Hattori, Elspeth M McDougall (1泌尿器): 101th Annual Meeting American Urological Association (2008/5/21), Orlando, florida USA, JOU 2008; 79 (4): 661.

713142. [学会 (国際)] (ポスター) SIGNIFICANCE OF PK STUDY OF MPA IN RENAL TRANSPLANTATION. 吉田一成1, 小林昌宏2, Miyashita Y, Takeuchi Y, 有馬三佐代2, 矢後和夫2, 平山貴博1, Obata F, 池田成江, 野口文乃 (1泌尿器, 2薬剤部): XXII International Congress of The Transplantation Society (A META-ANALYSIS AND PK STUDY) (2008/8/11), SYDNEY AUSTRALIA, Supplement to Transplantation 2008/7/27; 86 (2S): 336.

713143. [学会 (国際)] (ポスター) COMPARISON AND ESTIMATION OF QOL BY SF-36 BETWEEN RENAL TRANSPRANTATION PATIENTS AND HEMODIALYSIS PATIENTS. 池田成江, 吉田一成1, Hyodo T, 竹内康雄2, 若井陽希1, Sueki M, 野口文乃, Endo T, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2腎臓内): XXII International Congress of The Transplantation Society (2008/8/13), SYDNEY AUSTRALIA, Supplement to Transplantation 2008/7/27; 86 (2S): 612.

713144. [学会 (国際)] (ビデオ) 気膀胱下でのPolitano-Leadbetter法による逆流防止手術. 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 西 盛宏1, 土田繭美1, 山田泰史1, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌尿器): 11th Word Congress of Endoscopic Surgery (2008/9/2), 横浜.

713145. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Vesicoscopic Ureteral Reimplantation Politano-Leadbetter technique A Novel Approch. 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 西 盛宏1, 土田繭美1, Tadao Endo, 馬場志郎1 (1泌尿器): 11th Word Congress of Endoscopic Surgery (2008/9/2), 横浜.

713146. [学会 (国際)] (ポスター) POSTOPERATIVE URINARY CONTINENCE AFTER LAPAROSCOPIC RADICAL PROSTATECTOMY. 田畑健一1, 岩村正嗣1, 藤城貴教1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 11th World Congress of Endoscopic Surgery (2008/9/4), 横浜.

713147. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) PROSTATE SPECIFIC ANTIGEN BOUNCE AFTER PERMANENT IODINE-125 IMPLANT BRACHYTHERAPY IN JAPANESE MEN:A MULTI-INSTITUTIONAL POOLED ANALYSIS. 佐藤威文1, 石山博條2, 松本和将1, 津村秀康1, 北野雅史, 早川和重2, Shin Ebara, Yasutomo Nasu, Hiromi Kumon, Susumu Kanazawa, Kenta Miki, Shin Egawa, Manabu Aoki, Kazuhito Toya, Atsushi Yorozu, Hirohiko Nagata, Shiro Saito, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線): 25th JAPAN-KOREA UROLOGICAL CONGRESS (第25回日韓泌尿器科会議) (2008/9/27), 岡山.

713148. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Validation of a nomogram in predicting of seminal vesicle invasion in patients with radical prostatectomy. 松下一仁1, Makoto Ohori, 松本和将1, 佐藤威文1, Ayako Miyakawa, 石井淳一郎1, 入江 啓1, 馬場志郎1, Masaaki Tachibana (1泌尿器): 25th JAPAN-KOREA UROLOGICAL CONGRESS (第25回日韓泌尿器科会議) (2008/9/27), 岡山.

713149. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) LAPAROSCOPIC PYELOPLASTY FOR SECONDARY URETEROPELVIC JUNCTION OBSTRUCTION. 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 西 盛宏1, 土田繭美1, Tadao Endo, 馬場志郎1 (1泌尿器): 26th World Congress of Endourology & ESWL (2008/12/1), 上海.

713150. [学会 (国際)] (ポスター) Distribution of the positive surgical margin in laparoscopic prostatectomized specimens. 松田大介1, 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 山田泰史1, 土田繭美1, 田畑健一1, 松本和将1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 26th World Congress of Endourology & SWL (2008/12/2), 上海.

721016. [学会 (全国)] (特別講演) アンドロゲン除去療法による骨量減少: ‘Bone Health’への新たな取り組み. 馬場志郎 (泌尿器): Urology Bone Disease Forum 2009 (2008/11/20), 東京.

722121. [学会 (全国)] (ディベート) ハイリスク症例に対する密封小線源療法の可能性: LDR vs HDR. 佐藤威文1, 津村秀康1, 大草 洋1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 石山博條2, 小谷承子2, 北野雅史, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

722122. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演) 尿路結石・ESWLだけでよいですか? 荒川 孝,小野澤瑞樹,南田 論1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

722123. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演) がんプロフェッショナル養成プラン: 南関東圏における先端的がん専門家の育成 (患者中心のチーム医療を牽引する人材養成の拠点づくり)−現状の解析と対応−. 佐藤威文1, 益田典幸2, 小泉和三郎3, 安達栄治郎4, 阿部 直5, 馬嶋正隆6, 早川和重7, 馬場志郎1, 高橋真理8, 稲吉光子8, 梶 英輔, 石井邦雄, 岡野栄之, 久保田哲朗, 大西祥平, 武田祐子, 笠原 忠, 杉本芳一, 市川家國, 安藤 潔, 鈴木 登, 伊藤文生, 前田秀一郎, 小松則夫, 堀内成子, 小松浩子, 繁田雅弘, 福士政弘, 大橋俊夫, 小泉知展, 柳澤孝彰, 片倉 朗, 岡安 勲9 (1泌尿器, 2呼吸器内, 3消化器内, 4大学院医療系研究科, 5医学教育, 6薬理, 7放射線, 8看護学部, 9病理): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008; 43 (2): 275.

722124. [学会 (全国)] (シンポジウム) シンポジウム1: Endourologyにおける知識・技術の伝承「腹腔鏡手術の手技を如何に学び, 伝えたか」. 馬場志郎 (泌尿器): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/12), 大阪.

722125. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演) 前立腺肥大症患者におけるシロドシンと塩酸タムスロシンの有効性, 安全性についての検討 (無作為のクロスオーバー試験) と薬物療法の効果不十分例の検討. 宮北英司, 横山英二, 小野寺恭忠, 宇都宮拓治, 徳永正俊, 藤城貴教1, 藤井徳照, 梁田周一 (1泌尿器): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/12), 大阪.

722126. [学会 (全国)] (コンセンサスミーティング) DPCからみた代表的な入院泌尿器科手術の医療経済解析. 馬場志郎1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/11), 大阪.

722127. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 前立腺がん治療は, 打つ手が多く, あきらめないことが肝心! 佐藤威文 (泌尿器): 前立腺がん市民公開講座 (2008/11/22), 横浜.

722128. [学会 (全国)] (教育講演) 教育セミナー1: 献腎ドナー腎摘出術. 吉田一成 (泌尿器): 第42回日本臨床腎移植学会 (2009/1/25), 舞浜.

722129. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演) 早期死亡症例の取扱いと対応について. 佐藤威文1, 石山博條2, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線): 密封小線源療法シード取扱い講習会 (2009/2/7), 東京.

723703. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌治療後勃起不全に対するのPDE5阻害剤による治療. 志村 哲, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/25), 横浜.

723704. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ハイリスク前立腺癌に対するexpectant managementの検討. 佐藤威文1, 田畑健一1, 木村将貴1, 佐藤絵里奈, 別所英治1, 津村秀康1, 大草 洋1, 松本和将1, 頴川 晋, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/25), 横浜.

723705. [学会 (全国)] (ポスター) アミノ酸トランスポーターLAT1発言による前立腺がんの新しい予後予測因子 の検討. 坂田 武, ゴラム・フェルダス, 佐藤威文1, 武藤明子, 馬場志郎1, 金井好克, 岡安 勲2, 遠藤 仁 (1泌尿器, 2病理): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/25), 横浜.

723706. [学会 (全国)] (ポスター) 再生検としての経会陰的テンプレートガイドによる前立腺22ヶ所生検の意義. 別所英治1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 坪井俊樹1, 津村秀康1, 藤城貴教1, 大草 洋1, 松本和将1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/25), 横浜.

723707. [学会 (全国)] (ポスター) 単一術者による腹腔鏡下根治的腎摘除術60例の経験. 津村秀康1, 岩村正嗣1, 土田繭美1, 西 盛宏1, 松田大介1, 黒坂眞二1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/25), 横浜.

723708. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Hormone nalve Stage D2前立腺癌に対するzoledronic acid単回投与の検討: ZOMETA 1 year trial. 木村将貴1, 佐藤威文1, 土橋正人1, 山田泰史1, 津村秀康1, 別所英治1, 田畑健一1, 横山英二, 岡崎美代子2, 矢後和夫2, 太田幸利, 早川和重3, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2薬剤部, 3放射線): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/25), 横浜.

723709. [学会 (全国)] (ポスター) 女性外来受診者における意識度調査〜女性外来は何を期待されているか〜. 大川あさ子, 土橋正人1, 石井淳一郎1, 嶺井定嗣1, 入江 啓1, 大石温子, 中村恵理子, 坂本伊豆美, 渡辺憲明 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723710. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) フルタミド投与による肝機能障害予測のためのカフェインテストの有用性に関する多施設共同自主研究. 古瀬 洋, 大園誠一郎, 藤本清秀, 賀来春紀, 佐藤威文1, 澤田喜友, 公文裕巳, 馬場志郎1, 筧 善行, 折笠秀樹, 北見啓之, 平尾佳彦, 頴川 晋 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723711. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術の治療成績. 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 横山英二, 頴川 晋, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723712. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 体腔鏡下根治的前立腺摘除術後の尿禁制に関する検討. 田畑健一1, 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 松本和将1, 西 盛宏1, 木村将貴1, 平山貴博1, 頴川 晋, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723713. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術の合併症について. 土田繭美1, 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 南田 論1, 津村秀康1, 真下節夫, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723714. [学会 (全国)] (ポスター) 尿路上皮癌に対するgemcitabine/paclitaxelの2nd line化学療法として検討. 坪井俊樹1, 松本和将1, 須山一穂, 西 盛宏1, 平山貴博1, 木村将貴1, 別所英治1, 山田泰史1, 佐藤威文1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723715. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における膀胱肉腫の臨床的検討. 平山貴博1, 松本和将1, 山田泰史1, 別所英治1, 西 盛宏1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723716. [学会 (全国)] (ポスター) 膀胱全摘除術症例におけるUroplakin III発現の検討. 松本和将1, 大草 洋1, 佐藤威文1, 宇都宮拓治, 勝田真行, 石井淳一郎1, 佐藤絵里奈, 伊東一郎, 入江 啓1, 桑尾定仁, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723717. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 人工括約筋 (AMS800) 埋込み手術に関する実態調査. 荒井陽一, 井川幹夫, 高橋 悟, 武井実根雄, 野々村克也, 馬場志郎1, 羽渕友則, 松田公志, 中川晴夫, 海法康裕 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/26), 横浜.

723718. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 悪性高カルシウム血症に対するビスフォスフォネート製剤の反復投与の検討. 若田部陽司1, 佐藤威文1, 岡崎美代子2, 星山隆行, 前山良太, 杉田 敦1, 徳山佳子1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 矢後和夫2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2薬剤部): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/27), 横浜.

723719. [学会 (全国)] (ポスター) 残腎機能保持目的の無除水血液透析の検討. 兵藤 透, 栗原正己, 大草 洋1, 松本和将1, 吉田一成1, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 日台英雄, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/27), 横浜.

723720. [学会 (全国)] (ポスター) pT3腎細胞癌に対するTNM再分類の検討. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 柳澤信之2, 松下一仁1, 津村秀康1, 村本将俊1, 岡安 勲2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2病理): 第96回日本泌尿器科学会総会 (2008/4/27), 横浜.

723721. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 二次元電気泳動により発見した新規前立腺癌組織マーカー候補蛋白質群の抗体作成と組織学的発現解析の効率化. 車 英俊, 鎌田裕子, 五十嵐浩二, 木村高広, 大石正道, 小寺義男, 前田忠計, 馬場志郎1, 頴川 晋 (1泌尿器): 第4回臨床プロテオミクス研究会 (2008/5/10), 大阪.

723722. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 知覚・痛覚定量分析装置Pain Visionの透析患者への使用経験. 清澤直人, 太田昌邦, 山本スミ子, 本間 崇, 吉田一成1, 内田豊昭, 馬場志郎1, 酒井 糾, 日台英雄, 兵藤 透 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 368.

723723. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 保存期慢性腎不全における高濃度食物繊維含有低蛋白クッキー (RKF-1) が有用であった1症例〜4ヶ月間の観察 〜. 佐藤恵美子, 兵藤 透, 平良隆保, 千葉哲男, 吉田一成1, 酒井 糾, 馬場志郎1, 日台英雄 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 386.

723724. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 疼痛を訴えるOn-line HDF継続使用例にリクセルを追加併用し有効であった2症例. 西脇智子, 細野高志, 森亜希子, 鈴木安信, 岡本智之, 本間 崇, 千葉哲男, 馬場志郎1, 酒井 糾, 日台英雄, 兵藤 透 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 432.

723725. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度熟練循環器疾患治療施設との連携が当院透析患者にもたらした福音について〜それを支える透析施設のナースの判断の重要性〜. 山本スミ子, 兵藤 透, 竹川勝治, 遠藤忠雄, 酒井 糾, 吉田一成1, 馬場志郎1, 日台英雄 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 448.

723726. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脱血圧計による穿刺針ゲージ数選定の検討. 金岡泰行, 兵藤 透, 栗原正己, 遠藤武夫, 鈴木安信, 本間 崇, 日台英雄, 酒井 糾, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/21), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 481.

723727. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) インフルエンザ予防接種2回接種法とN95マスク使用でのインフルエンザ予防対策. 佐藤直之, 兵藤 透, 山本スミ子, 栗原正己, 平良隆保, 日台英雄, 大草 洋1, 酒井 糾, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/21), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 523.

723728. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外来通院高齢血液透析患者におけるQOLの検討. 山本スミ子, 兵藤 透, 柴田厚子, 本間 崇, 平良隆保, 吉田一成1, 馬場志郎1, 酒井 糾, 松永篤彦, 内田豊昭, 日台英雄 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/21), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 527.

723729. [学会 (全国)] (ポスター) 酸素抗菌洗浄剤オキシミックスの使用経験. 清水寛仲, 長谷川拓, 高橋裕一郎, 高橋浩雄, 吉田一成1, 平山貴博1, 土田繭美1 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/21), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 684.

723730. [学会 (全国)] (ポスター) 血液透析中に出現する膀胱部疼痛, 絞扼感 (Bladder Angina) に対する41℃人工炭酸泉療法+グリセオール持続注入法が有効であった1例. 大草 洋1, 兵藤 透, 別所英治1, 若井陽希1, 西 盛宏1, 木村将貴1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 西村民子, 志村 哲, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/21), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 727.

723731. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血液透析患者の皮膚掻痒に対するロラタジン (クラリチン錠) の効果. 佐藤直之, 兵藤 透, 山本スミ子, 栗原正己, 平良隆保, 大草 洋1, 酒 井 糾, 松本和将1, 吉田一成1, 馬場志郎1, 日台英雄 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/22), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 550.

723732. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 残腎機能保持目的の無除水血液透析の検討〜第3報〜. 栗原正己, 兵藤 透, 岡本智之, 本間 崇, 土田繭美1, 佐藤威文1, 吉田一成1, 馬場志郎1, 酒井 糾, 日台英雄 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/22), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 554.

723733. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) レストレスレッグ症候群の1例で各種ダイアライザーでの治療に際して施行したPain Vision (PS-2100) の有用性の評価. 太田昌邦, 兵藤 透, 清澤直人, 山本スミ子, 若井陽希1, 平良隆保, 本間 崇, 松本和将1, 吉田一成1, 馬場志郎1, 酒井 糾, 日台英雄 (1泌尿器): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/22), 神戸, 日本透析医学会雑誌 2008/6; 41 (Supplement 1): 560.

723734. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 生体腎移植後33年目に移植尿管口に発生した移行上皮癌に対して移植尿管・膀胱部分切除術を施行した症例. 西 盛宏1, 吉田一成1, 平山貴博1, 松本和将1, 木村将貴1, 笹本治子1, 土田繭美1, 村上泰清1, 真下節夫, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第24回腎移植・血管外科研究会 (2008/7/11), 有馬.

723735. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 気膀胱下でのPolitano-Leadbetter法による尿管膀胱新吻合術. 宋 成浩1, 西 盛宏1, 山田泰史1, 岩村正嗣1, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第17回日本小児泌尿器科学会総会 (2008/7/18), 高松.

723736. [学会 (全国)] (ポスター) 個人輸入にてSorafenibを使用した免疫療法抵抗性腎癌患者7症例. 山田泰史1, 岩村正嗣1, 土田繭美1, 木村将貴1, 笹本治子1, 田畑健一1, 大草 洋1, 松本和将1, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723737. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎細胞癌のリンパ節転移が疑われた平滑筋肉腫の1例. 村上泰清1, 岩村正嗣1, 平山貴博1, 土田繭美1, 木村将貴1, 津村秀康1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723738. [学会 (全国)] (ポスター) 多発性肺転移を契機に診断され内分泌療法が長期奏効した前立腺癌の1例. 前山良太1, 別所英治1, 田岡佳憲, 青 輝昭, 本告 匡 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723739. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎腹腔鏡下根治的前立腺摘除術における外科的切除緑陽性例と陽性部位の検討. 土田繭美1, 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 山田泰史1, 田畑健一1, 松本和将1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723740. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対するヨウ素125永久挿入密封小線源療法: 初期100例の治療成績. 佐藤威文1, 石山博條2, 津村秀康1, 田畑健一1, 北野雅史, 大草 洋1, 小谷承子2, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723741. [学会 (全国)] (ポスター) 腎細胞癌術後長期再発転移症例の臨床病理学的検討. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 徳山佳子1, 池田勝臣1, 平山貴博1, 村本将俊, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723742. [学会 (全国)] (ポスター) 経尿道的手術で長期生存を得た膀胱肉腫の1例. 平山貴博1, 松本和将1, 徳山佳子1, 大草 洋1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 内田豊昭, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723743. [学会 (全国)] (ポスター) エンドトキシン吸着療法と尿管ステント留置により救命しえた気腫性腎盂腎炎の一例. 徳山佳子1, 藤田哲夫1, 平山貴博1, 松下一仁1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723744. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺生検症例の検討. 小口智彦, 安土正裕, 池田勝臣1, 藤崎章子, 志賀淑之, 杉村享之, 遠藤文康, 服部一紀, 村石 修 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723745. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 順行性恥骨後式前立腺全摘除術の尖部処理と尿禁制についての検討. 志賀淑之, 安土正裕, 遠藤文康, 池田勝臣1, 小口智彦, 藤崎章子, 杉村享之, 服部一紀, 村石 修 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723746. [学会 (全国)] (ポスター) 間質性膀胱炎に対する外来軟性膀胱鏡下膀胱水圧拡張術+電気凝固術の試み. 杉村享之, 田中純子, 小口智彦, 池田勝臣1, 志賀淑之, 遠藤文康, 安土正裕, 服部一紀, 村石 修 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/19), 東京.

723747. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経絵陰的テンプレートガイド下前立腺22ヶ所生検の意義: 再生検としての検討. 若田部陽司1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 別所英治1, 山田泰史1, 木村将貴1, 大草 洋1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723748. [学会 (全国)] (ポスター) 初期治療経験における経尿道的前立腺核出術(TUBE)の検討. 坪井俊樹1, 須山一穂, 西 盛宏1, 木村将貴1, 平山貴博1, 松本和将1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723749. [学会 (全国)] (ポスター) 腎盂尿管全敵除術におけるリンパ節郭清術の臨床的検討. 松本和将1, 岩村正嗣1, 大草 洋1, 平山貴博1, 木村将貴1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723750. [学会 (全国)] (ポスター) 腎摘後3年で孤立性膵転移をきたし膵全摘を施行した1例. 土橋正人1, 石井淳一郎1, 嶺井定嗣1, 門脇和臣, 高橋裕一郎, 高嶋力弥, 塩川英史, 南田 諭1, 森永正二郎, 首村智久, 入江 啓1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723751. [学会 (全国)] (ポスター) 女児Phallic Urethraの2症例. 杉田 敦1, 宋 成浩1, 木村将貴1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723752. [学会 (全国)] (ポスター) プロテオミクスの手法による膀胱癌新規腫瘍マーカーの探索. 大草 洋1, 松本和将1, 小寺義男, 南田 諭1, 土田繭美1, 大石正道, 前田忠計, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723753. [学会 (全国)] (ポスター) 上部尿路癌におけるプラキンファミリータンパク質発現の解析. 鎌田 裕子, 車 英俊, 佐々木裕, 木村高広, 下村達也, 三木 淳, 鷹橋浩幸, 松本和将1, 西森孝典, 朝長 毅, 野村文夫, 山田順子, 頴川 晋 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723754. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血清PSA 10 ng/ml未満の生検対象者における前立腺significant cancerの存在. 大東貴志, 金尾健人, 越田竹朗, 南田 諭1, 荒川 孝, 菊地栄次, 宮嶋 哲, 中川 健, 中島 淳, 大家基嗣 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723755. [学会 (全国)] (ポスター) 尿閉患者に対して行った尿道ステントの治療経験. 石川 弥1, 平井祥司1, 丸 典夫 (1泌尿器): 第73回日本泌尿器科学会東部総会 (2008/9/20), 東京.

723756. [学会 (全国)] (ポスター) 膀胱癌におけるペリプラキン発現の検討. 松本和将1, 車 英俊, 鎌田裕子, 佐藤絵里奈, 大草 洋1, 鷹橋浩幸, 西森孝典, 朝長 毅, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 野村文夫, 頴川 晋, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第67回日本癌学会学術総会 (2008/10/29), 名古屋.

723757. [学会 (全国)] (ポスター) アガロース二次元電気泳動法により発現された新規膀胱腫瘍マーカー. 大草 洋1, 松本和将1, 小寺義男, 土田繭美1, 南田 諭1, 大石正道, 前田忠計, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第67回日本癌学会学術総会 (2008/10/29), 名古屋.

723758. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ハイリスク前立腺癌に対するexpectant managementの検討. 佐藤威文1, 松本和将1, 田畑健一1, 木村将貴1, 別所英治1, 津村秀康1, 大草 洋1, 岩村正嗣1, 頴川 晋, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/30), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008; 43 (2): 419.

723759. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術における外科的切除緑陽性例と陽性部位の検討. 岩村正嗣1, 佐藤威文1, 山田泰史1, 土田繭美1, 松田大介1, 田畑健一1, 松本和将1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008; 43 (2): 775.

723760. [学会 (全国)] (ポスター) 腎盂尿管前摘除術におけるリンパ郭清術の臨床的検討. 松本和将1, 岩村正嗣1, 大草 洋1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/11/1), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008; 43 (2): 882.

723761. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下手術におけるクリティカルパスの検討. 大草 洋1, 岩村正嗣1, 土田繭美1, 松田大介1, 山田泰史1, 山下英之1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/12), 大阪.

723762. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対するヨウ素125永久挿入密封小線源療法: 初期100例の治療成績. 佐藤威文1, 石山博條2, 津村秀康1, 田畑健一1, 大草 洋1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/12), 大阪.

723763. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ホルミウムレーザー前立腺核出術 (HoLEP) 未経験者の初期10例の検討. 志賀淑之, 遠藤文康, 小口智彦, 池田勝臣1, 藤崎章子, 杉村享之, 安士正裕, 服部一紀, 村石 修, 設楽敏也 (1泌尿器): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/12), 大阪.

723764. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 透析患者における腹腔鏡下根治的腎摘除術の臨床的検討. 平山貴博1, 吉田一成1, 土橋正人1, 笹本治子1, 土田繭美1, 坪井俊樹1, 西 盛宏1, 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/12), 大阪.

723765. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院におけるTULの治療成績. 石川 弥1, 平井祥司1, 丸 典夫 (1泌尿器): 第22回日本Endourology・ESWL学会総会 (2008/11/12), 大阪.

723766. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術における外科的切除縁陽性例と陽性部位の検討. 松田大介1, 岩村正嗣1, 土田繭美1, 佐藤威文1, 山田泰史1, 田畑健一1, 松本和将1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology and ESWL学会 (2008/11/13), 大阪.

723767. [学会 (全国)] (ビデオ) 気膀胱下でのPolitano-Leadbetter法による逆流防止術. 宋 成浩1, 岩村正嗣1, 西 盛宏1, 土田繭美1, 山田泰史1, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology and ESWL学会 (2008/11/13), 大阪.

723768. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的腎摘除術におけるBMIの影響. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 平山貴博1, 松田大介1, 津村秀康1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology and ESWL学会 (2008/11/13), 大阪.

723769. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的腎摘除後に腹膜播種をきたした腎原発滑膜肉腫の1例. 山田泰史1, 岩村正嗣1, 別所英治1, 土田繭美1, 木村将貴1, 笹本治子1, 松田大介1, 松本和将1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology and ESWL学会 (2008/11/13), 大阪.

723770. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小径腎腫瘍に対する体腔鏡下腎部分切除術の検討. 笹本治子1, 岩村正嗣1, 池田勝臣1, 若田部陽司1, 木村将貴1, 杉田 敦1, 南田 諭1, 松本和将1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology and ESWL学会 (2008/11/13), 大阪.

723771. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎盂尿管移行部の二次的閉塞例に対する腹腔鏡下腎盂形成術. 岩村正嗣1, 宋 成浩1, 松田大介1, 西 盛宏1, 奥野紀彦1, 須山一穂, 葛西 勲, 本田直康, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology and ESWL学会 (2008/11/13), 大阪.

723772. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下根治的前立腺摘除術における合併症の検討. 土田繭美1, 岩村正嗣1, 杉田 敦1, 若田部陽司1, 松田大介1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第22回日本Endourology and ESWL学会 (2008/11/13), 大阪.

723773. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 生体腎移植のプロセス〜当院の外来初診から移植決定、入院までの流れ〜. 野口文乃, 池田成江, 吉田一成1 (1泌尿器): 第42回日本臨床腎移植学会 (2009/1/29), 舞浜.

723774. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 臓器移植普及啓発活動「腎移植懇談会」の10年間. 池田成江, 吉田一成1, 遠藤忠雄, 真下節夫, 酒井 糾, 芦刈淳太郎, 鎌田貢壽2, 竹内康雄2, 若井陽希1, 海老沢佳子, 野口文乃, 兵藤 透, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第42回日本臨床腎移植学会 (2009/1/30), 舞浜.

723775. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における腎移植患者に対する副甲状腺インターベンション治療症例の検討. 若井陽希1, 吉田一成1, 竹内康雄2, 山下英之1, 山田泰史1, 兵藤 透, 野口文乃, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第42回日本臨床腎移植学会 (2009/1/30), 舞浜.

723776. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 性機能障害の研究と臨床における各分野での連携−大学病院の立場から−. 志村 哲, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 木村将貴1, 杉田 敦1, 溝口秀之1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第19回日本性機能学会東部総会 (2009/2/21), 松本.

731103. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) PDカテーテル留置術の基本と合併症に対する処置. 吉田一成 (泌尿器): 第12回アクセス研究会 (2008/10/25), かみのやま温泉 (山形).

731104. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) CAPDカテーテル挿入術. 吉田一成 (泌尿器): 第10回アクセスセミナーイン熊本 (2008/5/25), 熊本.

731105. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 密封小線源療法後の早期死亡対応マニュアルの解説. 佐藤威文 (泌尿器): 鳥取・密封小線源療法カンファレンス (2008/6/12), 鳥取.

731106. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌の診断と治療: ホルモン不応性前立腺癌に対する新たなアプローチ. 佐藤威文 (泌尿器): 第3回がん専門薬剤師セミナー (2008/6/20), 横浜.

731107. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌の診断ストラタジー: 診断で悩んでおられませんか ? 佐藤威文 (泌尿器): 横須賀市医師会泌尿器科医会 (2008/7/14), 横須賀.

731108. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) がんの基礎から臨床まで 第11回 「前立腺癌におけるトランスレーショナルリサーチ: 北里大学での遺伝子治療」. 佐藤威文 (泌尿器): 平成20年度北里大学大学院医療系研究科 特別講義 (2008/11/13), 相模原 (北里大学M5号館3F37講義室).

731109. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 献腎移植における腎臓摘出術. 吉田一成 (泌尿器): 第2回彩の国腎移植フォーラム (2008/11/15), 浦和.

731110. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 進行再発がんと骨転移: 前立腺がんと共に生きていくために. 佐藤威文 (泌尿器): 前立腺がん市民公開講座 (エビデンス社主催) (2008/11/22), 横浜.

731111. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 再燃前立腺癌に対するマネージメント戦略. 佐藤威文 (泌尿器): HRPCを考える会 (2008/11/28), 京都.

731112. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学医学部泌尿器科腹腔鏡手術1000例の軌跡. 岩村正嗣 (泌尿器): 腹腔鏡下手術1000例達成記念講演会 (2009/1/23), 相模大野.

731113. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡手術を安全に行うために“東大和病院 (一般病院)”における泌尿器腹腔鏡手術の実際. 黄 英茂 (泌尿器): 腹腔鏡下手術1000例達成記念講演会 (2009/1/23), 相模大野.

731114. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡下小切開手術. 石井淳一郎 (泌尿器): 腹腔鏡下手術1000例達成記念講演会 (2009/1/23), 相模大野.

731115. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌骨転移の治療戦略. 佐藤威文 (泌尿器): 相模原前立腺癌骨転移フォーラム (2009/2/14), 相模大野.

731116. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ホルモン抵抗性前立腺癌に対するマネージメント戦略. 佐藤威文 (泌尿器): 長野泌尿器科トピックス研究会 (2009/3/7), 長野.

732069. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演) 北里大学でのヨウ素125密封小線源療法: 治療成績と外来での術後評価方法・対応について. 佐藤威文 (泌尿器): 第9回泌尿器科臨床カンファレンス (2008/6/27), 町田.

732070. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) MVAC耐性進行・再発膀胱癌に対するテーラーメイド癌ペプチドワクチン療法の経験. 松本和将 (泌尿器): 第12回基盤的癌免疫研究会総会 (2008/7/2), 大宮.

732071. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演) 表在性膀胱癌に対するBCG膀胱内注入療法の検討−導入維持療法に関する他施設共同研究−. 松本和将 (泌尿器): 第35回尿路悪性腫瘍研究会 (2008/7/19), 東京.

732072. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) シード治療後の患者への関わり−現状と今後の展開−. 橋田与理子, 末木真奈美, 渡辺きぬ子, 井上真澄, 佐藤威文1, 石山博條2, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線): 第5回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2008/7/20), 東京.

732073. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 1年以内死亡時対応マニュアルについて: 剖検の留意点・摘出医の条件・摘出前立腺の保管廃棄. 佐藤威文1, 青木 学, 井上武宏, 頴川 晋, 斉藤史郎, 佐方周防, 渋谷 均, 杉浦紳之, 高橋 豊, 中村 譲, 西村哲夫, 浜田達二, 三木恒治, 山下 孝, 山中英壽, 萬 篤憲, 土器屋卓志 (1泌尿器): 第5回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2008/7/20), 東京.

732074. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) プロテオーム解析から臨床応用を目指して. 松本和将 (泌尿器): 第6回北里疾患プロテオーム研究会 (2008/8/31), 相模原.

732075. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 前立腺がん治療は, 打つ手が多く, あきらめないことが肝心! 佐藤威文 (泌尿器): 前立腺がん市民公開講座 (2008/11/22), 横浜.

732076. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演) 経過観察・合併症. 佐藤威文1, 石山博條2, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線): 第10回ヨウ素125シード線源永久挿入による前立腺癌密封小線源療法技術講習会 (2008/12/7), 東京.

732077. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演) 腎移植でのMPA-TDMによるMMF Dose Control Strategy (多施設共同試験). 吉田一成1, 小林昌弘2, 宮下由希, 梅本慶太, 平山貴博1, 佐々木秀夫, 山下英之1, 山田泰史1, 笹本治子1, 近藤留美子2, 矢後和夫2, 遠藤忠雄, 力石辰也, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2薬剤部): CHUGAI MPA-PK/PD TDM Seminar (主催: 中外製薬株式会社) (2008/12/13), 東京.

733334. [学会 (地方会・研究会)] (ビデオ) 献腎移植摘出チームの教育ビデオ. 吉田一成1, 星ゆかり, 平山貴博1, 徳山佳子1, 土橋正人1, 立原慶子, 藤田恵子, 渡辺加代子, 兵頭祐子, 西 盛宏1, 笹本治子1, 高橋 恵, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第20回神奈川移植医学会 (2008/5/31), 横浜.

733335. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 総排泄腔異常に伴うPhallic Urethraの2症例. 木村将貴1, 宋 成浩1, 山田泰史1, 土田繭美1, 西 盛宏1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第14回排尿障害研究会・神奈川フォーラム (2008/5/31), 横浜.

733336. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 多房性嚢胞性腎細胞癌の1例. 笹本治子1, 須藤利雄, 田岡佳憲, 青 輝昭, 本告 匡 (1泌尿器): 日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2007/6/10), 大宮.

733337. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎細胞癌のリンパ節転移が疑われた平滑筋肉腫の1例. 村上泰清1, 岩村正嗣1, 平山貴博1, 土田繭美1, 木村将貴1, 津村秀康1, 吉田一成1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第74回神奈川県泌尿器科医会 (2008/6/21), 伊勢原.

733338. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) カテーテル留置術. 吉田一成 (泌尿器): バクスターCAPDナースカレッジ基礎コース (2008/7/1), 横浜.

733339. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Yq11.2と3p21間の均衡型相互転座を認めた無精子症の一例. 木村将貴1, 松下智彦, 寺井一隆, 中野 勝, 町田稔文, 岩本晃明 (1泌尿器): 日本アンドロロジー学会第27回学術大会・第13回精子形成・精巣毒性研究会 (2008/7/4), 京都.

733340. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) MVAC耐性進行再発尿路上皮癌に対するgemcitabine/paclitaxelの有用性についての検討. 松本和将1, 大草 洋1, 松田大介1, 馬場志郎1, 佐藤威文1, 宋 成浩1, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 田畑健一1 (1泌尿器): 第15回バイオサイエンスフォーラム (2008/7/11), 相模原.

733341. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 尿中の泌尿器系疾患診断マーカー探索に向けて. 関根 優, 小寺義男, 川島裕介, 大草 洋1, 松本和将1, 馬場志郎1, 前田忠計 (1泌尿器): 第21回バイオサイエンスフォーラム研究会 (2008/7/31), 相模原北里.

733342. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 抗腫瘍性プロスタグランジン遺伝子導入細胞を用いた膀胱癌細胞治療の検討. 山口翔平, 元吉克明, 松本和将1, 北里英郎 (1泌尿器): 第21回バイオサイエンスフォーラム研究会 (2008/7/31), 相模原北里.

733343. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 膀胱組織標本におけるリンパ管構築の病理学的検討. 松本和将1, 宋 成浩1, 大草 洋1, 佐藤絵里奈, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第21回バイオサイエンスフォーラム研究会 (2008/8/1), 相模原北里.

733344. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Identification of copy number alteration in clear cell and papillary RCC. 松田大介1, 岩村正嗣1, Sok Kean Khoo, Bin Tean Teh, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第21回バイオサイエンスフォーラム研究会 (2008/8/1), 相模原北里.

733345. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) プロテオミクスの手法による膀胱癌新規腫瘍マーカーの探索. 大草 洋1, 松本和将1, 小寺義男1, 土田繭美1, 南田 諭1, 大石正道, 前田忠計, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第21回バイオサイエンスフォーラム研究会 (2008/8/1), 相模原北里.

733346. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 気腫性腎盂腎炎による敗血症にエンドトキシン吸着療法と尿管ステント留置を施行し救命しえた一例. 徳山佳子1, 藤田哲夫1, 平山貴博1, 松下一仁1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第38回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2008/9/11), 新横浜.

733347. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 化学療法抵抗性の気腫性腎盂腎炎に対し腎摘出を施行し軽快を認めた1例. 杉田 敦1, 吉田一成1, 笹本治子1, 村上泰清1, 若田部陽司1, 山田泰史1, 土田繭美1, 木村将貴1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第38回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2008/9/11), 新横浜.

733348. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Thromboxane A2 synthase を用いたマウス膀胱癌細胞療法の検討. 松本和将 (泌尿器): 第3回Basic Urology Research Seminar (2008/9/6), 松山.

733349. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 免疫療法不応性進行性腎癌に対するSorafenibの使用経験. 山田泰史1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 相模腎癌フォーラムのご案内 (2008/9/12), 町田.

733350. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) リツキシバブを用いたABO血液型不適合腎移植の検討. 笹本治子1, 吉田一成1, 村上泰清1, 土田繭美1, 池田勝臣1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 竹内康雄2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第24回腎移植・血管外科研究会 (2008/9/12), 兵庫 (有馬温泉).

733351. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) High grade膀胱がんにおける臨床的検討. 松本和将 (泌尿器): 第6回膀胱癌治療カンファレンス (2008/9/27).

733352. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) T1G3膀胱癌患者へのICについて. 松本和将 (泌尿器): 第6回膀胱癌治療カンファレンス (2008/9/27).

733353. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) T1a腎癌に起きた出血に対する塞栓術後, 気腫性腎盂腎炎を起こし, 腎摘に至った糖尿病性腎症患者の1例. 山田泰史1, 吉田一成1, 笹本治子1, 杉田 敦1, 土田繭美1, 木村将貴1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第5回臓器不全患者に対する外科・管理研究会 (2008/11/1), 千葉.

733354. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 生体腎移植後10年以上を経過して発生した尿路上皮癌の2症例. 山下英之1, 吉田一成1, 笹本治子1, 平山貴博1, 木村将貴1, 松本和将1, 西 盛宏1, 土田繭美1, 遠藤忠雄, 真下節夫, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第5回臓器不全患者に対する外科・管理研究会 (2008/11/1), 千葉.

733355. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 臨床研究NO.1の進捗状況について (BCG膀胱内投与). 松本和将 (泌尿器): 第6回神奈川泌尿器科学研究会 (2008/11/6), 新横浜.

733356. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 気腫性腎盂腎炎の1例. 笹本治子1, 須藤利雄, 田岡佳憲, 青 輝昭, 本告 匡 (1泌尿器): 日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2007/11/14), 大宮.

733357. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 初回生検陰性症例に対する経会陰的テンプレートガイド下前立腺22箇所生検: 癌局在部位の検討. 佐藤威文1, 若田部陽司1, 杉田 敦1, 山田泰史1, 池田勝臣1, 笹本治子1, 南田 諭1, 土田繭美1, 松田大介1, 山下英之1, 大草 洋1, 田畑健一1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 柳澤信之2, 岡安 勲2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2病理): 第16回北里腫瘍フォーラム (2009/1/30), 相模原.

733358. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院ED外来に受診した不妊に関連した症例について. 志村 哲, 木村将貴1, 杉田 敦1, 溝口秀之1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第7回関東アンドロロジーカンファレンス (2009/3/7), 目黒.

733359. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ACDK腎癌の腹腔鏡下根治的腎摘除術. 吉田一成 (泌尿器): 第6回神奈川泌尿器ビデオフォーラム (2009/3/14), 横浜.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-110017. [原著] The Maximum tumour length in biopsy cores as a predictor of outcome after radical prostatectomy. Norihiro Hayashi, Mitsuyoshi Urashima, Hidetoshi Kuruma, Yoichi Arai, Sadahito Kuwao, 岩村正嗣1, Shin Egawa (1泌尿器): BJU INTERNATIONAL 2008/1; 101 (2): 175-80.

H19-220001. [準原著] 腎盂尿管移行部通過障害に対する腹腔鏡下腎盂形成術. 馬場志郎1, 岩村正嗣1, 武田正之, 永井 敦, 宮島 哲 (1泌尿器): Japanese Journal of Endourology and ESWL 2008/4; 21 (1): 62-7.

[著 書]

H19-620010. [学術書] (共著) 【がん分子標的治療 Molecular Targeted Therapy for Cancer】前立腺がんの分子標的治療. 田畑健一1, 佐藤威文1, 馬場志郎1 (1泌尿器), メディカルレビュー社, 2008/1発行.


眼科学

[学術論文]

110211. [原著] Involvement of Retinal Neurons and Pigment Epithelial Cells in a Murine Model of Sandhoff Disease. Kazunori Sango1, Shoji Yamanaka2, Kyoko Ajiki3, Nobutaka Arai4, 高野雅彦5 (1Departments of Developmental Morphology, 2Department of Pathology, Yokohama City University, School of Medicine, 3Basic Technics and Facilities, 4Clinical Neuropathology, Tokyo Metroporitan Institute for Neuro science, 5眼科): Ophthalmic Research 2008/4/25; 2008 (40): 241-8.

110212. [原著] Preloaded injector for intraocular lens implantation without the use of ophthalmoic viscosurgical devices. 清水公也1, Kenichi Kobayashi2, Saiko Takayama2, Gu Zhaobin (1眼科, 2スタージャパン株式会社): Journal of Cataract & Refractive Surgery 2008/6/30; 34 (7): 1157-60.

110213. [原著] Possible mechanism of intraoperative floppy iris syndrome: a clinicopathological study. 後関利明1, 清水公也1, 石川 均2, 西元久晴1, 宇賀茂三1, Nemoto N, Patil PN (1眼科, 2医療衛生学部): British Journal of Ophthalmology 2008/10/22; 92 (8): 1156-8.

110214. [原著] Time Course of Accommodation After Implantable Collamer Lens Implantation. 神谷和孝1, 清水公也1, 相澤大輔1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): American Journal of Ophthalmology 2008/11/1; 146 (5): 674-5.

110215. [原著] Influence of Age on Ocular Wavefront Aberration Changes with Accommodation. 飯田嘉彦1, 清水公也1, 伊藤美沙絵2, 鈴木雅信 (1眼科, 2医療衛生学部): Journal of Refractive Surgery 2008/9/1; 24 (7): 696-701.

110216. [原著] Differences of summation across locations and conditions for the development of local binocular visual field summation. 山川弥生1, 河合裕美1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): Kitasato Medical Journal 2008/9/30; 38 (2): 107-14.

110217. [原著] Relaxing effect and mechanism of tafluprost on isolated rabbit ciliary arteries. Dong, Y, Watabe, H, Su, G, 石川 均1, Sato, N, Yoshitomi, T (1医療衛生学部): Exp Eye Res pp.251-6.

110218. [原著] Comparison of Collamer toric contact lens implantation and wavefront-guided laser in situ keratomileusis for high myopic astigmatism. 神谷和孝1, 清水公也1, 五十嵐章史1, 小松真理1,2 (1眼科, 2山王病院): Journal of Cataract & Refractive Surgery 2008/9/30; 34 (10): 1687-93.

110219. [原著] Factors effecting corneal hysteresis in normal eyes. 神谷和孝1, 萩島真奈2, 藤村芙佐子2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): Grafes Arch Clin Exp Ophthalmol 2008; 246 (10): 1491-4.

110220. [原著] A novel apparatus for testing binocular function using the 'CyberDome' three-dimensional hemispherical visual display system. 半田知也1, 石川 均1, 清水公也2, Ryo Kawamura, 中山弘子, 澤田和也 (1医療衛生学部, 2眼科): Eye 2008; 12: 409.

110221. [原著] Repeatability, reproducibility, and agreement characteristics of rotating Scheimpflug photography and scanning-slit corneal topography for corneal power measurement. 川守田拓志1, 魚里 博1, 神谷和孝2, Leon Bax3, 筒井健太2, 相澤大輔2, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科, 3臨床研究): ournal of Cataract & Refractive Surgery 2009/1/1; 35 (1): 127-33.

110222. [原著] Effects of binocular riewing conditions in relaton to pupil and convergence response. 浅川 賢1, 石川 均1, 庄司信行1 (1医療衛生学部): The Kitasato Medical Journal 2009/3; 39 (1): 24-30.

110223. [原著] Factors Affecting Vaulting After Implantable Collamer Lens Implantation. 神谷和孝1, 清水公也1, 小松真理2 (1眼科, 2山王病院): Journal of Refractive Surgery 2009; 25 (3): 259-64.

120089. [原著] Ocular Response Analyser TMによる円錐角膜眼の角膜生体力学特性の測定. 大本文子1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): IOL&RS 2008/6/1; 22 (2): 212-6.

120090. [原著] 角膜耳側切開白内障手術における術後眼内炎の発症率. 神蔵陽子1, 清水公也1, 高野雅彦1, 天野理恵1, 小松真理1,2, 成瀬涼子1 (1眼科, 2山王病院眼科): IOL&RS 2008/6/1; 22 (2): 217-21.

120091. [原著] 斜視・立体視: 遠見立体視検査におけるdefocusの影響について. 中山奈々美1, 川守田拓志1, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 日本弱視斜視学会雑誌 2008/6/10; 35: 48-50.

120092. [原著] 斜視・立体視: 不同視弱視の眼優位性に影響する因子の検討. 伊藤美沙絵1, 新井田孝裕2,3, 石川 均1, 半田知也1, 庄司信行1, 清水公也3 (1医療衛生学部, 2国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 3眼科): 日本弱視斜視学会雑誌 2008/6/10; 35: 51-5.

120093. [原著] 正常者における交代遮蔽時の衝動性眼球運動の潜時−Gap課題−. 鶴羽美里1, 山田徹人2, 四之宮佑馬2, 新井田孝裕2,3 (1国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻修士課視機能分野, 2国際医療福祉大学, 3眼科): 日本弱視斜視学会雑誌 2008/6/10; 35: 75-81.

120094. [原著] ロービジョン患者の疾患別不自由度の特徴. 柳澤美衣子1, 国松志保1, 加藤 聡1, 北澤万里子1, 田村めぐみ1, 落合眞紀子1 (1医療衛生学部): あたらしい眼科 2008/6; 25 (6): 895-8.

120095. [原著] ステレオ眼底カメラの使用経験. 玉島順子1, 中川 卓1, 村田博史1, 本庄 恵1, 高山 淳1, 池上靖子1, 太田良枝1, 金上貞夫1,2, 沼賀二郎1 (1東京都老人医療センター眼科, 2眼科): 眼科臨床紀要 2008/9/15; 1 (9): 853-8.

120096. [原著] 日常視時における瞳孔径の年齢変化. 張 冰潔1,2, 天野理恵2, 伊藤美沙絵3, 清水公也2 (1杏林大学中日聯誼医院眼科, 2眼科, 3医療衛生学部): 神経眼科 2008/6/25; 25 (2): 266-70.

120097. [原著] 遠見立体視検査におけるコントラストの影響. 藤村芙佐子1, 半田智也1, 石川 均1, 魚里 博1, 庄司信行1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): あたらしい眼科 2008/10; 25 (10): 1457-60.

120098. [原著] 黄斑上膜症例におけるIOLマスターと超音波Aモードによる眼軸長測定値の変化. 玉野明野1, 小島隆司1, 吉田則彦1, 加賀達志1, 市川一夫1, 須藤史子2 (1社会保険中京病院眼科, 2東京女子医科大学眼科学教室): 視覚の科学 2009/1/26; 29 (4): 132-6.

120099. [原著] 硝子体手術後の続発緑内障はこう治す. 庄司信行 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2009/3/30; 26 (3): 331-6.

210017. [準原著] 特集: 後房型Phakic 眼内レンズ. 清水公也 (眼科): 眼科手術 2008/10/30; 21 (4): 419-23.

310027. [症例報告] Implantable Collamer lens for hyperopia after radial keratotomy. 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): Journal of Refractive Surgery 2008/8/1; 34 (8): 1403-4.

310028. [症例報告] Phakic Toric Implantable Collamer Lens Implantation for the Correction of High Myopic Astigmatism in Eyes With Keratoconus. 神谷和孝1, 清水公也1, 安藤和歌子1, Yoshimori Asato, 藤澤邦俊1 (1眼科, 2医療衛生学部): Journal of Refractive Surgery 2008/11/8; 24 (8): 840-2.

310029. [症例報告] Corneal Deposits After Topical Tosufloxacin in a Patient With Poor Tear Secretion. 神谷和孝1, 北原美幸1, 清水公也1 (1眼科): Cornea 2009/1; 28 (1): 114-5.

310030. [症例報告] Antiglaucoma Drugs for Achieving Monovision after Laser in Situ Keratomileusis. 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): Clin Ophthalmol 2009/3; 3: 211-3.

420002. [臨床試験] (臨床研究) 眼鏡, laser in situ keratomileusis, 有水晶体眼内レンズが空間周波数特性および網膜像倍率に及ぼす影響. 神谷和孝1, 清水公也1, 川守田拓志2, 魚里 博2 (1眼科, 2医療衛生学部): 日本眼科学会雑誌 2008/6/10; 112 (6): 519-24.

420003. [臨床試験] (臨床研究) 眼内レンズによるモノビジョン法の視機能と満足度評価. 伊藤美沙絵1,2, 清水公也2, 天野理恵2, 新井田孝裕3, 戸塚 悟2, 飯田嘉彦2, 庄司信行1,2 (1医療衛生学部, 2眼科, 3国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科): 日本眼科学会雑誌 2008/6/10; 112 (6): 531-8.

520157. [総説] (特集) 動体視力における屈折矯正状態と高次波面収差の影響. 川守田拓志1,2, 魚里博1,2, 半田知也2, 中山奈々美1, 清水公也3 (1医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科): 臨床眼科 2008/5/15; 62 (5): 739-42.

520158. [総説] (特集) 瞳孔を考慮した白内障手術−人工虹彩挿入術と瞳孔形成術−. 天野理恵 (眼科): 神経眼科 2008/6/25; 25 (2): 249-56.

520159. [総説] 総論: 麻酔医に知ってもらいたい眼科手術のポイント. 清水公也 (眼科): LiSA 2008/12/1; 15 (12): 1212-5.

521030. [解説] Intraoperative Floppy Iris Syndrome. 後関利明1, 石川 均2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 神経眼科 2008/6/25; 25 (2): 257-9.

521031. [解説] (外国誌要覧) Laser in situ keratomileusis (LASIK) 後の再近視化眼に対する抗緑内障薬が屈折に及ぼす影響. 神谷和孝1, 相澤大輔1, 五十嵐章史1,2, 小松真理2, 清水公也1 (1眼科, 2山王病院眼科): 日本眼科学会雑誌 2008/7/10; 112 (7): 630-1.

521032. [解説] (新聞掲載) 第32回角膜カンファランス報告: ドライアイにおける新しい指標Tear Film Elevation (TFE) の評価. 中西 基 (眼科): メディカルトリビューン 2008/8/22; 41 (21,22): 20.

521033. [解説] 波面センサーの結果のみかた. 相澤大輔 (眼科): 眼科ケア 2008/10; 10 (9): 86-93.

521034. [解説] (定期刊行物/解説) 涙の働きと, 子どもたち目に迫る危険. 後関利明 (眼科): 体の不思議I健康不思議発見ニュース 2008/10/1; 16 (10): 2-6.

521035. [解説] (定期刊行物/付録) 目の表面に傷ができたのはなぜ? 後関利明 (眼科): 体の不思議I健康不思議発見ニュース 2008/10/1; 16 (10): 517.

521036. [解説] (定期刊行物/付録) 目の乾きを防ぐために目の環境を見直しましょう. 後関利明 (眼科): 体の不思議I健康不思議発見ニュース 2008/10/1; 16 (10): 518.

521037. [解説] (定期刊行物/付録) 涙は目の表面を守るバリアー. 後関利明 (眼科): 体の不思議I健康不思議発見ニュース 2008/10/1; 16 (10): 519.

521038. [解説] (ミニ・レビュー) 近見反応の縮瞳の役割−特に加齢に関連した機能−. 原 直人1, 小手川泰枝1, 向野和雄1 (1神奈川歯科歯科大学付属横浜クリニック眼科学講座): 自律神経 2008/12/15; 45 (6): 220-2.

521039. [解説] 正常眼圧緑内障の治療と管理は? 庄司信行 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2008; 25 (臨時増刊号): 104-6.

521040. [解説] (特集) 「眼の光学」オートレフラクトメーター−最近の進歩と医療からのニーズ−. 魚里 博1, 川守田拓志1 (1医療衛生学部): O plus E 2009/3; 31 (3): 306-11.

522030. [講座] (臨床研修) 眼精疲労を有する若年visual display terminal (VDT) 作業者に対する屈折適正矯正による調節と自覚症状の変化について. 小手川泰枝1, 原 直人1, 大野晃司1, 有本あこ2, 向野和雄1 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科): 日本眼科学会雑誌 2008/4/10; 112 (4): 376-81.

522031. [講座] 眼科検査よみかた入門, 蛍光眼底写真の結果のみかた. 永野幸一 (眼科): 眼科ケア 2008/4/24; 10 (4): 78-83 .

522032. [講座] 特集9 新しい予防法: Ocular Response AnalyzerTM. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2008/6/1; 22(2): 164-7.

522033. [講座] (臨床報告) 特集: 後房型Phakic IOL. 相澤大輔 (眼科): IOL&RS 2008/9/1; 22 (3): 295-7.

522034. [講座] 眼内レンズ偏位. 山根史佳1,2, 小松真理1,2 (1眼科, 2山王病院): 眼科9月臨時増刊号「眼疾患アトラス」 2008/9/30; 50 (10): 1358-9.

522035. [講座] 水晶体融解緑内障. 庄司信之 (医療衛生学部): 眼科9月臨時増刊号「眼疾患アトラス」 2008/9/30; 50 (10): 1426.

522036. [講座] (臨床討議) 外傷性視神経乳頭離断. 後関利明1, 石川 均2, 輿水 学1 (1眼科, 2医療衛生学部): 神経眼科 2009/3/25; 26 (1): 65-71.

530005. [その他] (機器報告) Fourier domain optical coherence tomography using optical demultiplexers imaging at 60,000,000lines/s. Donghak Choi1, Hideaki Hiro-Oka1, Hiroyuki Furukawa1, Reiko Yoshimura1, 中西 基2, 清水公也2, Kohji Ohbayashi1,3 (1Center for Natural Science, Kitasato University, 2眼科, 3大学院医療系研究科): Optics Letters 2008/6/15; 33 (12): 1318-20.

530006. [その他] (News) Visco-free IOL injection system shows good results in small study. 清水公也 (眼科): Ocular Surgery News Europe/Asia-Pacific Edition 2008/11/1; 19 (11): 14.

530007. [その他] (研究報告書) Views from Asia-Pacific. 清水公也 (眼科): EyeWorld Asia-Pacific 2009; 5 (1): 18.

540051. [その他] (学会印象記) 一般講演「視機能 (2)」. 清水公也 (眼科): 眼科 2008/4/5; 50 (4): 511-2.

540052. [その他] (学会印象記) 一般講演「視力・収差」. 魚里 博 (医療衛生学部): 眼科 2008/4/5; 50 (4): 539-40.

540053. [その他] (執筆依頼) 特集にあたって. 小松真理 (山王病院眼科) IOL&RS 2008/6/1; 22 (2): 145.

540054. [その他] (コラム) 眼光鋭く: 屈折要素の決定と屈折面位置情報. 魚里 博 (医療衛生学部): TOMEYOPHTHALMOLOGY NEWS Vol.42 2008/6/10; 42: 10.

540055. [その他] (序論) 特集: 瞳孔と2人の偉大な研究者. 石川 均 (医療衛生学部): 神経眼科 2008/6/25; 25 (2): 147-75.

540056. [その他] (抄訳) The Integrated Control of Arousal and Pupil Function Role of the Noradrenergic Locus Coeruleus (覚醒と瞳孔機能の統合制御, ノルアドレナリン作動性Locus Coeruleus (LC) の役割). 石川 均1, 大本文子2, 後関利明2 (1医療衛生学部, 2眼科): 神経眼科 2008/6/25; 25 (2): 190-7.

540057. [その他] (抄訳) Irradiance Detection by New Photoreceptors in the Mammalian Retina (Roberts J Lucas). 浅川 賢1, 石川 均1 (1医療衛生学部): 神経眼科 2008/6/25; 25 (2): 209-15.

540058. [その他] (抄訳) Clinical Implication of New Aspects of the Pupil Light Reflex Medicated by Melanopsin Containing Retinal Ganglion Cells ( メラノプシン含有網膜神経節細胞由来の対光反応の臨床応用) (Randy H Kardon and Aki Kawasaki). 石川 均1, 浅川 賢1 (1医療衛生学部): 神経眼科 2008/6/25; 25 (2): 228-32.

540059. [その他] (こんにちはCL外来) 宇津見眼科医院の巻. 宇津見義一 (宇津見眼科医院): 日本コンタクトレンズ学会誌 2009/3/28; 51 (1): 68-70.

540060. [その他] (講演要旨) ロービジョン患者の疾患別不自由度の特徴. 柳澤美衣子1,2, 加藤 聡1, 国松志保1, 鷲見 泉1, 田村めぐみ1, 三嶋明香1, 北澤万里子1, 落合眞紀子1, 庄司信之3 (1:東京大学眼科・視覚矯正科, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 日本ロービジョン学会誌 2008/8/28; 8: 199.

540061. [その他] (コンサルテーションコーナー) コンサルテーションコーナー: 回答2. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2008/9/1; 22 (2): 244-5.

540062. [その他] (機器報告) 手術器具: Ocular Response AnalyzerTM. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2008/9/1; 22 (3): 377-8.

540063. [その他] (企業社内報) 耳より!健康情報局No.9: あなたの「暗所視力」は大丈夫ですか? 神谷和孝 (眼科): 味の素株式会社社内報10月号 2008/10/1.

540064. [その他] (記事) 小規模研究において, ビスコフリーIOLインジェクターシステムは良好な結果を示している. 清水公也 (眼科): Ocular Surgery News Japan Edition 2008/10/1; 8 (10): 1-2.

540065. [その他] (巻緒言) 膨らむインフォームドコンセント. 小松真理 (山王病院眼科): IOL&RS 2008/12/1; 22 (4): 409.

540066. [その他] (巻緒言) 眼科学と歯科学の境界領域の研究. 原 直人 (神奈川歯科大学横浜クリニック): 視覚の科学 2008/12/1; 29 (3): 83.

540067. [その他] (学会印象記) 第112会日本眼科学会総会. 原 直人 (神奈川歯科大学横浜クリニック): 視覚の科学 2008/12/1; 29 (3): 117.

540068. [その他] (話題) 飛躍するOCTテクノロジー. 中西 基 (眼科): 神経眼科 2008/12/25; 25 (4): 496-505.

540069. [その他] (セミナー報告) 「第62回日本臨床眼科学会学校保健部主催のインストラクションコース」フェアウェルセミナー報告. 宇津見義一 (宇津見眼科医院): 日本の眼科 2009/2/20; 80 (2): 35-6.

540070. [その他] (報告) 瞳孔反射を用いたIFIS発生の予測. 後関利明1, 清水公也1, 石川 均2, 天野理恵1, 原 直人3 (1眼科, 2医療衛生学部, 3神奈川歯科大学付属横浜クリニック): 日本眼科学会雑誌 2009/3/10; 113 (3): 445.

540071. [その他] (巻頭言) 「眼の光学」特集のポイント. 魚里 博 (医療衛生学部): O plus E 2009/3; 31 (3): 264-5.

540072. [その他] 後房型有水晶体眼内レンズ挿入術後の調整力の経時変化. 神谷和孝1, 清水公也1, 相澤大輔1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 日本眼科学会会誌 2009/3; 113 (3): 453.

540073. [その他] (新聞) コンタクトレンズ@角膜の酸素不足がち. 宇津見義一 (宇津見眼科医院): 読売新聞全国版, 暮らし教育欄.

540074. [その他] (新聞) コンタクトレンズAカラーレンズで障害も. 宇津見義一 (宇津見眼科医院): 読売新聞全国版, 暮らし教育欄.

[著 書]

612001. [学術書] (監訳) VISION TIMES (眼内レンズ: 素材はどこまで問題になるのか? IOLs: How much Does Material Matter? 1-6. Christopher Kent1, 小松真理2 (1Review of Ophthalmology, 2山王病院), 杉山和久 (金沢大学医薬保健学域視覚科学教授), エルゼビアジャパン, 東京, 2009/2/20発行.

620138. [学術書] (分担執筆) 【解体新ショー】見えにくいと, つい目を細めるのはなぜ?, p.25-6. 魚里 博 (医療衛生学部), NHK解体新ショープロジェクト編, 日本放送出版協会, 東京, 2008/6/25発行.

620139. [学術書] (分担執筆) 新しい眼光学の基礎, p.134. 西信元嗣1, 岩田耕一2, 魚里 博3 (1奈良医大, 2大阪府大, 3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2008/7発行.

620140. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス22−抗加齢眼科学】モノビジョン, p.140-4. 清水公也1, 伊藤美沙絵2 (1眼科, 2医療衛生学部), 編 坪田一男 (慶応義塾大学), 文光堂, 東京, 2008/7/14発行.

620141. [学術書] (分担執筆) 【看護のための最新医学講座, 眼科疾患, 改訂第2版】視機能とその検査法 (第2章), p.16-36. 日野原重明, 岩井郁子, 井村裕夫, 北村 聖 , 魚里 博1 (1医療衛生学部), 編 水流忠彦 (自治医科大学眼科学), 中山書店, 東京, 2008/7/31発行.

620142. [学術書] (分担執筆) 【医学大辞典, 改訂第2版】オートレフラクトメーター, 他, p.3538. 魚里 博 (医療衛生学部), 総編集 伊藤正男, 井村裕夫, 高久史麿, 医学書院, 2009/2発行.

620143. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス23−眼科薬物治療A to Z】前房内麻酔, p.410-2. 清水公也 (眼科), 編 根木 昭 (神戸大学), 文光堂, 東京, 2008/9/27発行.

620144. [学術書] (分担執筆) 【血液内科クリニカルスタンダード】1. 血液疾患と眼底所見, p.71-80. 市邉義章1, 清水公也1 (1眼科), 編 東原正明2, 須永真司3 (2血液内, 3東京日立病院), 文光堂, 東京, 2008/10/1発行.

620145. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス25−眼のバイオメトリー】「眼を正確に測定する」III. 前眼部 6. 角膜生体力学特性, p.96-9. 神谷和孝 (眼科), 編 大鹿哲郎 (筑波大学), 文光堂, 東京, 2009/1/19発行.

620146. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス25−眼のバイオメトリー】「眼を正確に測定する」IV. 中間透光体 6. 瞳孔径・瞳孔運動, p.142-8. 浅川 賢1, 石川 均2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部), 編 大鹿哲郎 (筑波大学), 文光堂, 東京, 2009/1/19発行.

620147. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス25−眼のバイオメトリー】「眼を正確に測定する」IV. 中間透光体 屈折矯正手術後の眼圧, p.189-91. 庄司信行 (医療衛生学部), 編 大鹿哲郎 (筑波大学), 文光堂, 東京, 2009/1/19発行.

620148. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス25−眼のバイオメトリー】「眼を正確に測定する」VI. 屈折・光学 1. 角膜曲率半径, p.242-6. 魚里 博 (医療衛生学部), 編 大鹿哲郎 (筑波大学), 文光堂, 東京, 2009/1/19発行.

620149. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス25−眼のバイオメトリー】「眼を正確に測定する」VI. 屈折・光学 2. 他覚屈折, p.247-51. 川守田拓志1, 魚里 博1 (1医療衛生学部), 編 大鹿哲郎 (筑波大学), 文光堂, 東京, 2009/1/19発行.

620150. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス25−眼のバイオメトリー】「眼を正確に測定する」VI. 屈折・光学 5. 輻湊, p.263-7. 浅川 賢1, 石川 均2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部), 編 大鹿哲郎 (筑波大学), 文光堂, 東京, 2009/1/19発行.

620151. [学術書] (分担執筆) 【眼科プラクティス25−眼のバイオメトリー】「眼を正確に測定する」VI. 屈折・光学 6. 調節性輻湊対調節比 (AC/A比), p.268-9. 浅川 賢1, 石川 均2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部), 編 大鹿哲郎 (筑波大学), 文光堂, 東京, 2009/1/19発行.

620152. [学術書] (分担執筆) 【最新版 迷ったときの医者選び 神奈川】 網膜剥離: 目の疾患−硝子体手術・経強膜手術, p.209. 高野雅彦 (眼科), 角川SSコミュニケーションズ, 東京, 2008/4/15発行.

620153. [学術書] (分担執筆) 【眼科診療のコツと落とし穴3: 検査・診断】オクトパス視野計の使い方, p.69-71. 庄司信行 (医療衛生学部), 代表著者 樋田哲夫, 江口秀一郎, 中山書店, 2008/10/28発行.

620154. [学術書] (分担執筆) 【眼科診療のコツと落とし穴3: 検査・診断】緑内障の早期発見を目指した新しい視野検査, p.76-8. 庄司信行 (医療衛生学部), 代表著者 樋田哲夫, 江口秀一郎, 中山書店, 2008/10/28発行.

[学会・研究会等]

711008. [学会 (国際)] (特別講演) ライブサージャリー: Bilateral Toric ICL Surgery on moderate myopic astigmatic patient? 清水公也1, 天野理恵1 (1眼科): World Ophthalmology Congress 2008 (2008/7/1), 香港.

712025. [学会 (国際)] (ビデオシンポジウム) International Video Symposium of Challenging Cases and Complication Management. 清水公也 (眼科): ASCRS2008 (2008/4/5), アメリカ・シカゴ.

712026. [学会 (国際)] (シンポジウム) Around the World in 90-Minutes:Coaxial versus Biaxial. 清水公也 (眼科), ASCRS 2008 (2008/4/6), アメリカ・シカゴ.

712027. [学会 (国際)] (Key Note Lecture) ICL in Asia from 1996-2008: What happened? What is the Future? 清水公也 (眼科): STAAR=Surgical 1st Asian ICL Experts Symposium (2008/6/27), マカオ.

712028. [学会 (国際)] (シンポジウム) TICL vs WF-LASIK. 清水公也 (眼科): World Ophthalmology Congress 2008 (2008/6/30), 香港.

712029. [学会 (国際)] (招待講演等) Chairman (座長): Freepaper Cataract and Refractive Surgery (FP2). 清水公也 (眼科): APACRS2009 (第21回アジア太平洋白内障・屈折矯正手術学会総会) (2008/11/28), タイ・バンコク.

712030. [学会 (国際)] (シンポジウム) Pupil Reconstruction. 清水公也 (眼科): APACRS2009 (第21回アジア太平洋白内障・屈折矯正手術学会総会) (2008/11/29), タイ・バンコク.

712031. [学会 (国際)] (シンポジウム) New Application of ICL Implantation for the Treatment of keratoconus and Residual Refractive Errors after Keratorefractive Surgery. 清水公也 (眼科): APACRS2009 (第21回アジア太平洋白内障・屈折矯正手術学会総会) (2008/11/29), タイ・バンコク.

713151. [学会 (国際)] (ポスター) Assessment of Triple Procedure in Patients with ICL-Induced Cataract: Implantable Contact Lens Removal, Phacoemulsification. 相澤大輔 (眼科): ASCRS2008 (2008/4/5), アメリカ・シカゴ.

713152. [学会 (国際)] (ポスター) Comparison of Toric Implantable Contact Lens and Wavefront-Guided LASIK for High Myopic Astigmatism. 五十嵐章史 (眼科): ASCRS2008 (2008/4/5), アメリカ・シカゴ.

713153. [学会 (国際)] (ポスター) Effect of Pupil Size on Ocular Wavefront Aberration Changes with Accomodation. 飯田嘉彦 (眼科): ASCRS2008 (2008/4/5), アメリカ・シカゴ.

713154. [学会 (国際)] (ポスター) Effect of Antiglaucoma Drugs on Refractive Outcomes in Eyes with Myopic Regression After LASIK. 神谷和孝 (眼科): ASCRS2008 (2008/4/5), アメリカ・シカゴ.

713155. [学会 (国際)] (ポスター) Advanced Preloaded Injector: Visco-Free Preloaded Injector. 清水公也 (眼科): ASCRS2008 (2008/4/5), アメリカ・シカゴ.

713156. [学会 (国際)] (一般講演) Assessment of Visual Function and Satisfaction in Pseudophakic Monovision. 清水公也 (眼科): ASCRS2008 (2008/4/7), アメリカ・シカゴ.

713157. [学会 (国際)] (ポスター) Three-Dimensional Imaging of Trabeculectomy Blebs Using Swept-Source Optical Coherence Tomography. 中西 基1, Yoshimura R2, Choi D2, Hiro-oka H2, Furukawa H2, 大林康二2, 森田哲也1, 庄司信行3, 清水公也1 (1眼科, 2Center for Natural Science, Kitasato University, 3医療衛生学部): ARVO 2008 (2008/4/27), アメリカ・フロリダ.

713158. [学会 (国際)] (ポスター) A new apparatus for testing binocular visual function using 3D Hemispherical Visual Display System "CyberDome". 半田知也1, 石川 均1, 河村 亮1, 中山弘子1, 澤田一哉1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): ARVO 2008 (2008/4/29), アメリカ・フロリダ.

713159. [学会 (国際)] (ポスター) A novel non-invasive traiing method induces pupil constriction during far accommodation to improve visual acuity in myoic school-aged children. Horie H, Yuda K, Ookawa E, Hisahara S, 魚里 博1, Horie H, Nakajima S, Hara N, Kamigaki K, Tezlaff W (1医療衛生学部): ARVO 2008 (2008/5/1), アメリカ・フロリダ.

713160. [学会 (国際)] (一般講演) Effects of melanopsin-containing retinal ganglion cells on human pupil responses. 浅川 賢1, 石川 均1, 庄司信行1, Tsuyoshi Kamada, Kohta, Inoue (1医療衛生学部): 4th Asian Neuro-Ophthalmology Society (2008/5/16), 台北.

713161. [学会 (国際)] (一般講演) Utility of pupil perimetry in glaucoma. 浅川 賢1,2, 庄司信行1, Akihiro Tanakadate, 石川 均1 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科), 第18回国際視野学会 (IPS2008) (2008/5/24), 奈良.

713162. [学会 (国際)] (ポスター) A New Short-Wavelength Automated Perimetry With Flicker Target. Hirasawa K, Suzuki T, 浅川 賢1, 望月浩志1, 柳澤美衣子1, 庄司信行1 (1医療衛生学部): 18th International Visual Field & Imaging Symposium (2008/5/24), Nara, Japan.

713163. [学会 (国際)] (ポスター) The Magnitude Of Stereopsis In Peripheral Visual Fields. 望月浩志1, 庄司信行1, 半田知也1, Kawamura R, Nakayama H, 澤田一哉1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 18th International Visual Field & Imaging Symposium (2008/5/24), Nara, Japan.

713164. [学会 (国際)] (一般講演) Evaluation of sensory dominance using binocular rivalry as related to ocular deviations. 伊藤美沙絵1, 新田任里江1, 半田知也1, 堀部 円1, 石川 均1, 庄司信行1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 11th International Orthoptic Congress (2008/5/29), ベルギー・アントワープ.

713165. [学会 (国際)] (ポスター) Orbital Eccrine Gland Carcinoma with Proton Beam Therapy. 柏木広哉 (静岡県立がんセンター): INOS 2008 (2008/6/8), アメリカ・ナパバレー.

713166. [学会 (国際)] (ポスター) New ICL with A Hole. 清水公也 (眼科): World Ophthalmology Congress 2008 (2008/6/30), 香港.

713167. [学会 (国際)] (ポスター) Evaluation on A New Stereo Visual Field Test. 半田知也1, 望月浩志1 (1医療衛生学部): World Ophthalmology Congress 2008 (2008/7/1), 香港.

713168. [学会 (国際)] (一般講演) Magnification Ratios and Working Distances of "Head and Attachment Magnifiers" made by Eschenbach. Tanabe T1, 魚里 博2, Tsuji K3 (1日本ライトハウス, 2医療衛生学部, 3日本眼鏡学校): The 9th International Conference on Low Vision (2008/7/9), Motreal, Canada.

713169. [学会 (国際)] (一般講演) Does Collamer Accommodate? 清水公也 (眼科): STAAR Surgical 5th International ICL Experts Symoisium (2008/9/11), ドイツ・ベルリン.

713170. [学会 (国際)] (一般講演) Visual Performance of pseudophakic monovision versus multifocal IOLs. 清水公也 (眼科): ESCRS 2009 (第26回欧州白内障屈折手術学会) (2008/9/14), ドイツ・ベルリン.

713171. [学会 (国際)] (一般講演) Changes of vaulting distance from ICL to crystalline lens between pre-and post-mydriasis. 相澤大輔1, 神谷和孝1, 清水公也1, 高山佐衣子2 (1眼科, 2スタージャパン): ESCRS 2009 (第26回欧州白内障屈折手術学会 ) (2008/9/15), ドイツ・ベルリン.

713172. [学会 (国際)] (一般講演) Four year clinical study of ICL in Japan. 清水公也1, 相澤大輔1, 市川一夫2 (1眼科, 2社会保険中京病院): ESCRS 2009 (第26回欧州白内障屈折手術学会) (2008/9/16), ドイツ・ベルリン.

713173. [学会 (国際)] (一般講演) Eight-year follow-up of laser in situ keratomileusis (LASIK). 池田哲也1, 相澤大輔1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): APACRS2009 (第21回アジア太平洋白内障・屈折矯正手術学会総会) (2008/11/28), タイ・バンコク.

721017. [学会 (全国)] (特別講演) 【JSCRS特別講演 (座長)】多焦点眼内レンズの過去, 現在未来. 清水公也 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/21), 東京.

721018. [学会 (全国)] (特別講演) Foldable IOL 20th Anniversary Seminar〜本当にそれで良いのか? IOL素材!20年の真実〜 (オーガナイザー). 清水公也 (眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

721019. [学会 (全国)] (特別講演) 瞳孔反応と脳機能. 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/6), 神奈川.

722130. [学会 (全国)] (教育セミナー) 見直そう“対光反応”. 石川 均 (医療衛生学部): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/17), 神奈川.

722131. [学会 (全国)] (オーガナイザー) 色覚異常のアップデート. 市川一夫 (社会保険中京病院): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/17), 神奈川.

722132. [学会 (全国)] (ショートトークプレゼンテーション) 瞳孔径に及ぼす眼球光学結像特性の影響. 川守田拓志1, 魚里 博1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/17), 神奈川.

722133. [学会 (全国)] (ショートトークプレゼンテーション) 眼底直視下における文字視標呈による暗点の評価. 桝田浩三, 湯川英一, 原 嘉昭, 魚里 博1 (1医療衛生学部): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/17), 神奈川.

722134. [学会 (全国)] (オーガナイザー) 白内障術前検査. 清水公也 (眼科): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/18), 神奈川.

722135. [学会 (全国)] (教育セミナー) 患者さんの術前屈折や職業から考える眼内レンズ度数設定. 天野理恵 (眼科): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/18), 神奈川.

722136. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼疲労と屈折・調節のサイエンス. 魚里 博 (医療衛生学部): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/20), 神奈川.

722137. [学会 (全国)] (サブスペシャリティーサンデー5) 視野測定の原理と使い分け. 庄司信行 (医療衛生学部): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/20), 神奈川.

722138. [学会 (全国)] (シンポジウム) IOL選択と瞳孔. 相澤大輔 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

722139. [学会 (全国)] (シンポジウム) IOLによる矯正. 神谷和孝 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

722140. [学会 (全国)] (シンポジウム) 非球面LASIK B&L Aspheric. 小松真理 (山王病院): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

722141. [学会 (全国)] (座長) 老視治療の最新情報. 清水公也 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

722142. [学会 (全国)] (シンポジウム) MONOVISION臨床. 天野理恵 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

722143. [学会 (全国)] (座長) 屈折矯正手術. 清水公也 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

722144. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 開発の経緯及び大学病院におけるメリット. 清水公也 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

722145. [学会 (全国)] (座長) JSCRS特別講演: 多焦点眼内レンズの過去, 現在未来. 清水公也 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/21), 東京.

722146. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 分光透過率を考えた眼内レンズの適応. 市川一夫 (社会保険中京病院): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/21), 東京.

722147. [学会 (全国)] (座長) 屈折エラー0を目指して. 市川一夫 (社会保険中京病院): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/21), 東京.

722148. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 眼科医ができる頭痛の対処−片頭痛の視覚機能からみて−. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟.

722149. [学会 (全国)] (シンポジウム) 老視の基礎とモノビジョン. 神谷和孝 (眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/23), 東京.

722150. [学会 (全国)] (座長) 屈折・視機能 (その他). 清水公也 (眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/23), 東京.

722151. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 糖尿病患者の治療方針3 (若年者の糖尿病眼合併症の管理)−こんな時どうする−. 加藤 聡1, 高野雅彦2, 安藤伸朗3, 松村美代4 (1東京大, 2眼科, 3済生会新潟第二病院, 4永田眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/23), 東京.

722152. [学会 (全国)] (インストラクションコース) これからの学校保健 (中級向け). 宇津見義一1,2, 石川 均3, 宮浦 徹1, 植田喜一1, 吉田 博1, 三宅謙作1 (1日本眼科医会, 2宇津見眼科, 3医療衛生学部): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/23), 東京.

722153. [学会 (全国)] (オーガナイザー) Foldable IOL 20th Anniversary Seminar〜本当にそれで良いのか? IOL素材! 20年の真実〜. 清水公也 (眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

722154. [学会 (全国)] (イブニングセミナー) 長期臨床成績に基づく眼内レンズの選択. 市川一夫 (社会保険中京病院): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

722155. [学会 (全国)] (モーニングカンファレンス) 成人の視神経炎. 石川 均 (医療衛生学部): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/26), 東京.

722156. [学会 (全国)] (専門別研究会) 眼瞼に転移した精索原発平滑筋肉腫の1例. 柏木広哉1,4, 高橋 満2, 片桐浩久2, 高木辰哉2, 伊藤以知郎3 (1県立静岡がんセンター, 2同整形外科, 3同病理診断科, 4眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/26), 東京.

722157. [学会 (全国)] (専門別研究会) 眼瞼に発生したEpiyjlioid Hemangioendothelioma. 辻 英貴1, 神田浩明2, 柏木広哉3,4 (1癌研究会有明病院, 2癌研究会癌研究病理部, 3県立静岡がんセンター, 4眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/26), 東京.

722158. [学会 (全国)] (専門別研究会) LASIKによる角膜生体力学特性の経時変化. 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/26), 東京.

722159. [学会 (全国)] (コメディカルプログラム) 視能訓練士プログラム: 眼内レンズの種類と用途. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/26), 東京.

722160. [学会 (全国)] (フェアウェルセミナー) 小児眼疾患へのコンタクトレンズ適応と処方. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科, 2眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/26), 東京.

722161. [学会 (全国)] (シンポジウム座長) 瞳孔科学の新しい展開. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/6), 神奈川.

722162. [学会 (全国)] (シンポジウム座長) 瞳孔科学の新しい展開. 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/6), 神奈川.

722163. [学会 (全国)] (シンポジウム) 瞳孔研究の趨勢. 石川 均 (医療衛生学部): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/6), 神奈川.

722164. [学会 (全国)] (シンポジウム) IT眼症のユニークな治療方法〜近見反応改善を目指した眼精疲労の新しい治療〜. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/6), 神奈川.

722165. [学会 (全国)] (特別講演座長) 瞳孔反応と脳機能. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/6), 神奈川.

722166. [学会 (全国)] (一般口演座長): 瞳孔, 前庭, 重力, めまいほか. 石川 均 (医療衛生学部): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/7), 神奈川.

722167. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー4座長) It's bisible by・・・. 清水公也1, 門乃園一明2 (1眼科, 2横浜市大・医療セ): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/23), 神戸.

722168. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー8) これでガッテン, 白内障手術 (マルチフォーカルIOL) 適応検査. 江口秀一郎1, 坪井俊児2, 宮田和典3, 飯田嘉彦4 (1江口眼科医院, 2坪井眼科, 3宮田眼科病院, 4眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/23), 神戸.

722169. [学会 (全国)] (教育セミナー9) 白内障手術後眼内炎の診断と治療. 小松真理 (山王病院) 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/23), 神戸.

722170. [学会 (全国)] (シンポジウム5) エキシマレーザー屈折矯正手術の長期経過−屈折変化とその要因−. 清水公也 (眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

722171. [学会 (全国)] (一般講演座長) 屈折矯正手術. 神谷和孝1, 中村邦彦2 (1眼科, 2たなし中村眼科クリニック): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

722172. [学会 (全国)] (一般講演座長) 手術器具, 他. 清水公也1, 石井 清 (1眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

722173. [学会 (全国)] (インストラクションコース12 オーガナイザー) 白内障−後房型有水晶体眼内レンズを学ぼう−. 清水公也1, 小松真理2, 市川一夫3, 中村友昭4, 神谷和孝1 (1眼科, 2山王病院眼科, 3社会保険中京病院, 4名古屋アイクリニック): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/25), 神戸.

723777. [学会 (全国)] (一般講演) LASIKによる角膜生体力学特性変化が予測精度に及ぼす影響. 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/17), 神奈川.

723778. [学会 (全国)] (一般講演) 自動眼屈折計による測定時の瞬目が瞳孔径と屈折値に与える影響. 魚里 博1, 山本真也1, 中山奈々美2, 川守田拓志1 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/17), 神奈川.

723779. [学会 (全国)] (一般講演) 片頭痛の視覚機能と眼自律神経機能に与える影響の検討. 原 直人1, 有本あこ1, 大野晃司1, 君島真純1, 小手川泰枝1, 渡邊久美子1 (1神奈川県歯科大学附属横浜クリニック眼科): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/18), 神奈川.

723780. [学会 (全国)] (一般講演) 立体映像注視時の調節・輻湊・瞳孔反応の検討. 半田知也1, 石川 均1, 浅川 賢1, 河村 亮1, 中山弘子1, 澤田一哉1, 庄司信行1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/18), 神奈川.

723781. [学会 (全国)] (一般講演) 正常眼圧緑内障における角膜生体力学特性の検討. 森田哲也1, 荻島真奈2, 藤村芙佐子2, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第112回日本眼科学会総会 (2008/4/18), 神奈川.

723782. [学会 (全国)] (一般講演) バイオメカ二クスの関連因子. 神谷和孝 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

723783. [学会 (全国)] (一般講演) S to SとW to Wの比較. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

723784. [学会 (全国)] (一般講演) 改良型眼科用針の有用性評価. 天野理恵 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

723785. [学会 (全国)] (一般講演) 読書視力の評価. 戸塚 悟 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

723786. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術後の読書能力評価. 伊藤美沙絵 (医療衛生学部): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

723787. [学会 (全国)] (ポスター) LASIK後のコマ様収差. 時澤えり子 (医療衛生学部): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

723788. [学会 (全国)] (ポスター) 角膜乱視と眼圧. 荻島真奈 (医療衛生学部): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/20), 東京.

723789. [学会 (全国)] (ポスター) 多焦点IOLにおける眼位と瞳孔径. 飯田嘉彦 (眼科): 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 (2008/6/21), 東京.

723790. [学会 (全国)] (一般講演) 調節負荷による屈折値と瞳孔径への影響について. 中山奈々美1, 川守田拓志2, 山本真也1, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第64回日本弱視斜視学会総会 (2008/7/4), 東京, 品川.

723791. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大における3年間の重症角膜潰瘍症例の検討. 大槻智宏1, 宇津見義一1,2, 熊埜御堂隆1,3, 後関利明1, 相澤大輔1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科, 2宇津見眼科医院, 3クマノミドー眼科): 第51回日本コンタクトレンズ学会総会 (2008/7/5), 福岡.

723792. [学会 (全国)] (一般講演) 平成19年度コンタクトレンズによる眼障害アンケート調査. 植田喜一, 宇津見義一1,2, 荒川哲夫, 宮浦 徹, 吉田 博, 三宅謙作 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 第51回日本コンタクトレンズ学会総会 (2008/7/5), 福岡.

723793. [学会 (全国)] (一般講演) コンタクトレンズケアの細菌学的立証. 坂本則敏1,2 (1坂本眼科医院, 2眼科): 第51回日本コンタクトレンズ学会総会 (2008/7/5), 福岡.

723794. [学会 (全国)] (一般講演) シリコーンハイドロゲルレンズのコンプリート10 minによる角結膜上皮の影響. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 第51回日本コンタクトレンズ学会総会 (2008/7/5), 福岡.

723795. [学会 (全国)] (一般講演) オルソケラトロジーによる角膜潰瘍の一例. 池田哲也1, 宇津見義一1,2, 熊埜御堂隆1,3, 大槻智宏1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科, 2宇津見眼科医院, 3クマノミドー眼科): 第51回日本コンタクトレンズ学会総会 (2008/7/5), 福岡.

723796. [学会 (全国)] (一般講演) Orthokeratology中に発症した急性内斜視. 松村一弘1, 石川 均2, 後関利明1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第51回日本コンタクトレンズ学会総会 (2008/7/5), 福岡.

723797. [学会 (全国)] (一般講演) パネルディスカッション: 社会的見地から. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 第51回日本コンタクトレンズ学会総会 (2008/7/6), 福岡.

723798. [学会 (全国)] (ポスター) 遠方縮瞳を誘導する新規視力改善装置による正視学童の近視化予防. 堀江秀典1, 湯田兼次2, 大川栄一, 久原 聡3, 魚里 博4, 堀江寛子, 中島聡美, 谷岡健吉, 大川裕司, 松原智紀, Tezlaff W (1早稲田大, 2湯田眼科, 3パナソニック, 4医療衛生学部): 第31回日本神経科学大会総会 (2008/7/10), 東京.

723799. [学会 (全国)] (ポスター) 眼瞼腫瘤で発見された, 全身性び慢性大細胞型B細胞リンパ腫の1例. 柏木広哉1,2 (1静岡県立がんセンター, 2眼科): 46回北日本眼科学会 (2008/7/12), 岩手県盛岡市.

723800. [学会 (全国)] (一般講演) 瞬目後の縮瞳が視機能検査結果に及ぼす影響. 山本真也1, 中山奈々美1, 川守田拓志1,2, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第44回日本眼光学学会総会 (2008/9/6), 東京都千代田区.

723801. [学会 (全国)] (一般講演) 定屈折刺激による調節反応と瞳孔径の同時計測. 中山奈々美1, 川守田拓志1,2, 山本真也1, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第44回日本眼光学学会総会 (2008/9/7), 東京都千代田区.

723802. [学会 (全国)] (一般講演) 暗順応と両眼開放および単眼視下瞳孔径の関係. 川守田拓志1,2, 中山奈々美2, 山本真也2, 魚里 博1,2 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科): 第44回日本眼光学学会総会 (2008/9/7), 東京都千代田区.

723803. [学会 (全国)] (一般講演) 広角測定を可能としたUBMによる毛様溝間距離の検討. 横山 翔1, 市川一夫1, 小島隆司1, 中村英樹1, 洞井里絵2 (1社会保険中京病院, 2東芝林間病院): 第44回日本眼光学学会総会 (2008/9/7), 東京都千代田区.

723804. [学会 (全国)] (一般講演) 瞳孔視野測定における年代別正常値の検討. 浅川 賢1, 庄司信之1,2, 石川 均1,2, 田中舘明博2, 平澤一法1, 望月浩志1, 柳澤美衣子1 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第19回日本緑内障学会 (2008/9/12), 大阪.

723805. [学会 (全国)] (一般講演) Blue on Yellow Flicker Perimertryの検討. 平澤一法1, 浅川 賢1, 望月浩志1, 柳澤美衣子1, 庄司信之1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第19回日本緑内障学会 (2008/9/12), 大阪.

723806. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい視野計の用い方眼圧計を用いた正常眼圧緑内障眼の眼圧値. 森田哲也1, 荻島真奈1, 藤村芙佐子1, 神谷和孝1, 庄司信之1,2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第19回日本緑内障学会 (2008/9/12), 大阪.

723807. [学会 (全国)] (一般講演) 鼻側の円蓋部基底結膜切開による線維柱帯切除術の早期成績. 庄司信行1,2, 森田哲也2, 成瀬涼子2, 大槻智宏2, 三宅俊之2, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第19回日本緑内障学会 (2008/9/12), 大阪.

723808. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学眼科過去10年間における視神経疾患入院患者の統計的検討. 西元久晴1, 清水公也1, 池田哲也1, 松崎廣栄1, 後関利明1, 三宅俊之1, 市邉義章1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723809. [学会 (全国)] (一般講演) 色特性が対光反応の日内変動に及ぼす影響. 浅川 賢1, 石川 均1,2, 庄司信行1,2, 清水公也3, 西元久晴3, 榊原七重2, 鎌田 毅4, 井上広太4 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科, 4浜松ホトニクス (株)): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723810. [学会 (全国)] (一般講演) 瞳孔反応でのIntraoperative floppy iris syndrome (IFIS) 発症の予測. 後関利明1, 石川 均2, 天野理恵1, 原 直人1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723811. [学会 (全国)] (一般講演) 抗アクアポリン-4抗体陽性視神経炎に関する多施設研究 第二報: 視神経脊髄型MSの視機能との比較. 高木峰夫1,10, 田中惠子2, 若倉雅登3,10, 鈴木利根4,10, 石川 均5,10, 大久保真司6,10, 気賀沢一輝7,10, 栗源拓治8,10, 敷島敬悟10, 橋本雅人10, 大出尚郎10, 中馬秀樹10, 清澤源弘10, 酒井 勉10, 西澤正豊9, 阿部春樹1 (1新潟大, 2金沢医大神経内科, 3井上眼科病院, 4獨協医大・越谷, 5医療衛生学部, 6金沢大, 7杏林大, 8兵庫医大, 9新潟大神経内科, 10Japan anti-aquqporin-4antibody-positive optic neuritis study group): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723812. [学会 (全国)] (一般講演) 間歇性外斜視患者の眼位変化に伴う調節・瞳孔径変化. 榊原七重1, 石川 均1, 西元久晴2, 池田哲也2, 松崎廣栄2, 浅川 賢3, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科, 3大学院医療系研究科): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723813. [学会 (全国)] (一般講演) 分からない症例・相談したい症例: 突発した片眼の鼻側半盲を呈した一例. 三宅俊之1, 後関利明1, 西元久晴1, 石川 均1, 若倉雅登1,2, 清水公也1 (1眼科, 2井上眼科病院): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723814. [学会 (全国)] (一般講演) 分からない症例・相談したい症例: 両眼視神経乳頭ドルーゼンの症例をどのようにマネージメントするか. 柏木広哉1,2 (1県立静岡がんセンター眼科, 2眼科): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723815. [学会 (全国)] (一般講演) 分からない症例・相談したい症例: 調節刺激に対して片眼のみ遠視化する1眼. 望月浩志1, 小手川泰枝2, 君島真純2, 原 直人2,3, 庄司信之1, 向野和雄2,3 (1大学院医療系研究科, 2神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 3眼科): 第46回日本神経眼科学会総会 (2008/10/12), 新潟県.

723816. [学会 (全国)] (一般講演) Trabectomeを用いた流出路手術の術後短期成績. 前田征宏1, 渡辺三訓1, 市川一夫1,2, 小島隆司1, 松川志穂1 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/23), 東京.

723817. [学会 (全国)] (一般講演) 東大病院におけるロービジョン患者の視力および視野とQOL評価. 柳澤美衣子1,2, 加藤 聡1, 国松志保1, 田村めぐみ1, 北澤万里子1, 落合眞紀子1, 庄司信行3 (1東京大, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/23), 東京.

723818. [学会 (全国)] (一般講演) 加齢に伴う角膜生体力学特性変化. 神谷和孝1, 荻島真奈1, 大本文子1, 清水公也1, 藤村芙佐子2, 魚里 博2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/23), 東京.

723819. [学会 (全国)] (ポスター) 落屑緑内障に対するTrabecutomeTM流出路再建手術の術後短期成績. 渡辺三訓1, 前田征宏1, 市川一夫1,2, 小島隆司1, 松川志穂1 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723820. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大式前眼部OCTを用いた線維柱帯切除術後早期の濾過胞観察. 庄司信行1,2, 森田哲也2, 中西 基2, 吉村玲子3, 崔 東学3, 廣岡秀明3, 古川裕之3, 大林康二3, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科, 3北里大学自然科学): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723821. [学会 (全国)] (ポスター) 角膜内皮移植および眼内レンズ縫着の同時手術を施行した一例. 相澤大輔1, 池田哲也1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723822. [学会 (全国)] (ポスター) 眼内レンズに石灰化がみられた星状硝子体症の一例. 松村一弘1, 高野雅彦1, 清水公也1 (1眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723823. [学会 (全国)] (ポスター) 肥厚性硬膜炎と同名半盲を認めたARNの一例. 佐藤信之1, 飯田嘉彦1, 市邉義章1, 清水公也1 (1眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723824. [学会 (全国)] (ポスター) 眼瞼挙筋前転術による眼瞼挙上率と角膜乱視の検討. 小手川泰枝1, 君島真純1, 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 有本あこ1,2, 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723825. [学会 (全国)] (ポスター) Implantable Contact Lensの導入初期臨床経過. 北澤世志博1, 今野公士1, 高橋洋子1, 土信田久美子1, 藤澤邦俊2,3, 清水公也3 (1神奈川クリニック眼科, 2海老名総合病院, 3眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723826. [学会 (全国)] (ポスター) 後房型有水晶体眼内レンズ挿入術の惹起乱視の検討. 五十嵐章史1, 神谷和孝1, 小松真理2, 清水公也1 (1眼科, 2山王病院眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723827. [学会 (全国)] (ポスター) 強度遠視眼に対して後房型有水晶体眼内レンズを挿入した1例. 吉田陽子1, 磯谷尚輝1, 井藤麻由香1, 中村友昭1, 洞井里絵2, 小島隆司3, 吉田典彦3, 市川一夫3,4 (1名古屋アイクリニック, 2中京メディカル, 3社会保険中京病院, 4眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723828. [学会 (全国)] (ポスター) 眼内レンズの着色の程度とレーザー光透過率との関係. 横山 翔1, 中村英樹1, 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/24), 東京.

723829. [学会 (全国)] (一般講演) 小児における網膜厚測定. 高橋慶子1, 石川 均1,2, 高野雅彦1, 庄司信行1,2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/25), 東京.

723830. [学会 (全国)] (一般講演) V型外斜視に対するoffset手術の水平斜視角への影響. 前田真理子1, 大矢吉美1, 津久井真紀子1, 矢ヶ崎悌司1, 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/25), 東京.

723831. [学会 (全国)] (一般講演) 両眼開放および単眼視下における瞳孔計測. 川守田拓志1,2, 魚里 博1,2, 中山奈々美2, 山本真也2, 清水公也3 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3眼科): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/25), 東京.

723832. [学会 (全国)] (一般講演) Intraoperative floppy iris syndrome (IFIS) 組織学的検討. 後関利明1, 清水公也1, 石川 均2, 天野理恵1, 宇賀茂三1, 根本典子3 (1眼科, 2医療衛生学部, 3北里大学電顕センター): 第62回日本臨床眼科学会 (2008/10/26), 東京.

723833. [学会 (全国)] (一般講演) 瞳孔反応からみた不正咬合の自律神経機能評価. 宮澤幸紀子1, 原 直人2,3, 小手川泰枝2, 向野和雄2,3, 望月浩志4, 小田博雄1, 大場 純1, 君島真純2 (1神奈川歯科大学付属横浜研修センター臨床歯科学系総合歯科学講座矯正歯科学分野, 2神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科学講座, 3眼科, 4大学院医療系研究科): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/7), 神奈川.

723834. [学会 (全国)] (一般講演) 瞳孔反応による片頭痛発作時の眼自律神経障害の解析. 原 直人1,2, 小手川泰枝1, 君島真純1, 望月浩志3, 向野和雄1,2, 五十嵐久佳4 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科学講座, 2眼科, 3大学院医療系研究科, 4神奈川歯科大学付属横浜クリニック内科学講座): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/7), 神奈川.

723835. [学会 (全国)] (一般講演) 間歇性外斜視にみられる近見反応 (輻輳, 縮瞳) の過剰な持続性. 君島真純1, 原 直人1,2, 小手川泰枝1, 望月浩志3, 大野晃司1,2, 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科, 3大学院医療系研究科): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/7), 神奈川.

723836. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト対光反応におけるメラノプシン含有網膜神経節細胞の関与. 浅川 賢1, 石川 均1,2, 庄司信行1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第61回日本自律神経学会総会 (2008/11/7), 神奈川.

723837. [学会 (全国)] (一般講演) Humphrey MATRIXの近視の影響. 田中久美1, 高橋慶子1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第49回日本視能矯正学会 (2008/11/15), 岡山.

723838. [学会 (全国)] (一般講演) 後房型有水晶体眼内レンズの臨床成績. 相澤久美子1, 須長 桂1, 引田史佳1,2, 清水公也2, 小松真理1,2 (1山王病院眼科, 2眼科): 第49回日本視能矯正学会 (2008/11/15), 岡山.

723839. [学会 (全国)] (一般講演) ロービジョン者用補助具の保有率と有効利用度について. 三柴恵美子1, 平塚英治2, 小町祐子1, 鈴木賢治1, 新井田孝裕1,3 (1国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 2日本網膜色素変性症協会栃木県支部 [JRPSとちぎ], 3眼科): 第49回日本視能矯正学会 (2008/11/15), 岡山.

723840. [学会 (全国)] (一般講演) Scheimpflug式とSlit scanning式Topographyにおけるエリア別角膜後面形状とその再現性. 郷右近博康1, 山口華奈子1, 筒井健太2, 神谷和孝1, 清水公也1, 川守田拓志3, 魚里 博3 (1眼科, 2わたなべ眼科クリニック, 3医療衛生学部): 第49回日本視能矯正学会 (2008/11/16), 岡山.

723841. [学会 (全国)] (一般講演) 視力検査結果に影響を与える因子〜瞬目後の短時間縮瞳〜. 山本真也1, 川守田拓志1,2, 中山奈々美1, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第49回日本視能矯正学会 (2008/11/16), 岡山.

723842. [学会 (全国)] (一般講演) プリズム中和が屈折値・瞳孔径に及ぼす影響. 中山奈々美1, 川守田拓志1,2, 山本真也1, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第49回日本視能矯正学会 (2008/11/16), 岡山.

723843. [学会 (全国)] (ポスター) 眼精疲労を主訴とする外斜視患者に対する視能訓練後の追跡調査. 井上香奈子1, 新井田孝裕2,3, 藤島 浩1 (1国際医療福祉大学三田病院眼科, 2国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 3眼科): 第49回日本視能矯正学会 (2008/11/16), 岡山.

723844. [学会 (全国)] (一般講演) 涙嚢部に限局発生した, び慢性大細胞型B細胞リンパ腫 (Diffuse Large B cell Lymphoma: DLBCL) の2例. 柏木広哉1,2, 杉浦 毅3, 山本俊一4, 辻 英貴5, 藤井常宏6, 伊藤以知郎7 (1県立静岡がんセンター, 2眼科, 3杉浦眼科, 4聖隷富士病院眼科, 5癌研究会有明病院眼科, 6富士市立中央病院血液内科, 7県立静岡がんセンター病理診断科): 第26回日本眼腫瘍研究会・第23回眼窩疾患シンポジウム (2008/11/23), 東京.

723845. [学会 (全国)] (一般講演) 非球面硝子体コンタクトレンズ. 加賀達志1,2, 清水公也2, 高野雅彦2, 魚里 博3, 川守田拓志3, 小川和宏4, 菱沼康宏5 (1社会保険中京病院, 2眼科, 3医療衛生学部, 4(株) サンコンタクトレンズ, 5スタージャパン (株)): 第47回日本網膜硝子体学会総会・第25回日本眼循環学会合同学会 (2008/11/28), 京都.

723846. [学会 (全国)] (ポスター) 裂孔原性網膜剥離の術子規選択法5年間の検討. 小橋英長, 白谷 徹1, 高野雅彦1, 柳田智彦1, 中西 基1, 五十嵐章史1, 緒方智恵子, 高橋慶子1, 清水公也1 (1眼科): 第47回日本網膜硝子体学会総会・第25回日本眼循環学会合同学会 (2008/11/28), 京都.

723847. [学会 (全国)] (ポスター) 若年者の増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術の検討. 鈴木リリ子, 五十嵐章史1, 高野雅彦1, 中西 基1, 柳田智彦1, 白谷 徹1, 緒方智恵子, 高橋慶子1, 清水公也1 (1眼科): 第47回日本網膜硝子体学会総会・第25回日本眼循環学会合同学会 (2008/11/28), 京都.

723848. [学会 (全国)] (ポスター) 内境界膜剥離併用の硝子体手術を網膜剥離に行った後の黄斑パッカーの発生率について. 吉田則彦1, 加賀達志1,2, 佐藤裕之1, 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第47回日本網膜硝子体学会総会・第25回日本眼循環学会合同学会 (2008/11/28), 京都.

723849. [学会 (全国)] (一般講演) 角膜切開白内障手術が角膜生体力学特性に及ぼす影響. 大本文子1, 神谷和孝1,戸塚 悟1, 清水公也1 (1眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/23), 神戸.

723850. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術後の裸眼視力と乱視. 春日井紘子1, 清水公也1, 天野理恵1, 飯田嘉彦1 (1眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/23), 神戸.

723851. [学会 (全国)] (一般講演) 眼位異常と瞳孔径の評価-眼内レンズ挿入眼. 飯田嘉彦1, 清水公也1, 伊藤美沙絵2, 春日井紘子1, 天野理恵1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/23), 神戸.

723852. [学会 (全国)] (一般講演) Laser in situ keratomileusis (LASIK) の術後長期経過 (術後8年). 池田哲也1, 相澤大輔1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

723853. [学会 (全国)] (一般講演) Ocular Response AnalyzerTMによるLASIK後の眼圧変化. 神谷和孝1, 清水公也1, 庄司信行2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

723854. [学会 (全国)] (一般講演) 後房型有水晶体眼内レンズ挿入眼における瞳孔径の経時的検討. 五十嵐章史1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

723855. [学会 (全国)] (一般講演) 2種類の屈折型多焦点眼内レンズにおける瞳孔と空間周波数特性の関係. 川守田拓志1, 魚里 博1, 相澤大輔2, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

723856. [学会 (全国)] (一般講演) Malyugin Ringを使用した小瞳孔白内障手術. 横山 翔1, 中村英樹1, 市川一夫1 (1社会保険中京病院): 第32回日本眼科手術学会総会 (2009/1/24), 神戸.

723857. [学会 (全国)] (ポスター) 蒸発亢進型ドライアイの自覚症状と涙液検査の関係. 中西 基1, 相澤大輔1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第33回角膜カンファランス・第25回日本角膜移植学会 (2009/2/20), 大阪.

723858. [学会 (全国)] (ポスター) ボストンレンズ外来1年の経過報告. 小島隆司1, 原 修哉1, 中村友昭2, 磯谷尚輝2, 市川一夫1 (1社保中京病院, 2名古屋アイクリニック): 第33回角膜カンファランス・第25回日本角膜移植学会 (2009/2/20), 大阪.

723859. [学会 (全国)] (ポスター) フェムトセカンドレーザーVisuMaxにて作成したフラップ厚の検討. 原 修哉1, 小島隆司1, 吉田陽子2, 中村友昭2, 市川一夫1 (1社保中京病院, 2名古屋アイクリニック): 第33回角膜カンファランス・第25回日本角膜移植学会 (2009/2/20), 大阪.

731117. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 視神経乳頭と視野の対応. 庄司信行 (医療衛生学部): 第11回相模原Glaucoma Meeting (2008/6/12), 神奈川.

731118. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ハンフリー視野の読み方と新しい機能. 庄司信行 (医療衛生学部): 栃木眼科診断スキルアップセミナー (2008/8/29), 栃木.

731119. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学における角膜移植の実際. 神谷和孝 (眼科): 湘西眼科医学学術講演会・スタッフ講習会 (2008/10/11), 神奈川.

731120. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 特集講演1 (モデレーター): 瞳孔と屈折手術. 魚里 博 (医療衛生学部): The IRSJ2008 (2008/11/22), 神奈川.

731121. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 特集講演1: 瞳孔の基礎知識. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック眼科, 2眼科): The IRSJ2008 (2008/11/22), 神奈川.

731122. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 特集講演1: 眼内レンズと瞳孔. 川守田拓志 (医療衛生学部): The IRSJ2008 (2008/11/22), 神奈川.

731123. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 特集講演1: 角膜手術と瞳孔. 魚里 博 (医療衛生学部): The IRSJ2008 (2008/11/22), 神奈川.

731124. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 特集講演2 (モデレーター): Corneal Inlay: AcuFocusの開発とその経緯. 神谷和孝 (眼科): The IRSJ2008 (2008/11/22), 神奈川.

731125. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) モデレーター: Corneal Inlayと老視矯正. 清水公也 (眼科): The IRSJ2008 (2008/11/22), 神奈川.

731126. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) モデレーター: フェムトセカンドレーザーの眼科手術への応用. 神谷和孝 (眼科): 第9回眼科臨床機器研究会 (2008/11/22), 神奈川.

731127. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) フェムトセカンドレーザーの基本原理. 神谷和孝 (眼科): 第9回眼科臨床機器研究会 (2008/11/22), 神奈川.

731128. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) モデレーター: 一般講演. 市邉義章 (眼科): 第9回眼科臨床機器研究会 (2008/11/22), 神奈川.

731129. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) モデレーター: 瞳孔の新しい解析と眼科への応用. 石川 均 (医療衛生学部): 第9回眼科臨床機器研究会 (2008/11/22), 神奈川.

731130. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 対光反応と色特性−Iriscorder Dualによる検討−. 浅川 賢 (大学院医療系研究科): 第9回眼科臨床機器研究会 (2008/11/22), 神奈川.

731131. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 瞳孔とMultifocal IOL. 飯田嘉彦 (眼科): 第9回眼科臨床機器研究会 (2008/11/22), 神奈川.

731132. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 白内障屈折矯正手術の最先端比較. 清水公也 (眼科): 第25回鳥取県眼科学術講演会・第58回鳥取大学眼科同門会講演会 (2008/12/13), 鳥取.

731133. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 静的視野計の見方と新しい視野計開発の試み. 庄司信行 (医療衛生学部): 第40回筑波大学眼科集団会 (2009/2/8), 筑波.

731134. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 静的視野計の見方と新しい視野計開発の試み. 庄司信行 (医療衛生学部): 第40回筑波大学眼科集団会 (2009/2/8), 筑波.

731135. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障の早期発見と進行の判断. 庄司信行 (医療衛生学部): タプロス点眼液0.0015%新発売記念講演会 (2009/2/5), 神奈川.

732078. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 安全対策情報: 内科関連眼底疾患−インターフェロン網膜症−. 市邉義章 (眼科): 第5回神奈川肝炎若手の会 (2008/4/11), 神奈川.

732079. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) セミナー: 緑内障診療の進め方 〜緑内障診断 視野と眼底診断装置について〜. 庄司信行 (医療衛生学部): 第2回武蔵野緑内障連携の会 (2008/4/11), 東京.

732080. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) セミナー: 閉塞隅角緑内障の眼圧上昇機序と治療. 庄司信行 (医療衛生学部): 富士市医師会学術講演会 (2008/4/24), 静岡.

732081. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) コメンテーター: 当院で経験した濾過胞感染. 庄司信行 (医療衛生学部): 第2回さがみ眼科研究会 (2008/5/9), 神奈川.

732082. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 症例発表: 当院で経験した濾過胞感染. 森田哲也 (眼科): 第2回さがみ眼科研究会 (2008/5/9), 神奈川.

732083. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 司会: オープン討論会. 市邉義章 (眼科): 第6回神奈川県眼科DMカンファランス (2008/5/10), 神奈川.

732084. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障に対する薬物併用療法と新しい点眼薬. 庄司信行 (医療衛生学部): 第1回湘西眼科医会学術講演会 (2008/5/15), 神奈川.

732085. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: 関西緑内障道場番外編 乳頭1000本ノック再び. 庄司信行 (医療衛生学部): 第8回神奈川眼科セミナー (2008/5/17), 神奈川.

732086. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 実技講習: カラー眼底カメラを仕様書多実技指導. 永野幸一 (眼科): フォトグラファー研究会 (2008/6/14), 神奈川.

732087. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: 緑内障診療における自動視野計の見方. 神谷和孝 (眼科): 第27回湘西眼科臨床フォーラム (2008/7/3), 神奈川.

732088. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 教育セミナー: はじめての角結膜疾患. 神谷和孝 (眼科): 第7回Bay Ocular Club (2008/8/30), 神奈川県鎌倉市.

732089. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: 一般演題@〜C. 庄司信行 (医療衛生学部): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

732090. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: 一般演題D〜G. 高野雅彦 (眼科): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

732091. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: 教育講演. 神谷和孝 (眼科): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

732092. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: 特別講演. 清水公也 (眼科): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

732093. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 教育講演: 北里大における最近の角膜・屈折矯正手術〜DSAEK (角膜内皮移植) とICL (後房型有水晶体レンズ)〜. 相澤大輔 (眼科): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

732094. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) オーガナイザー: 【再生医療】夢から実現に向けて−iPS細胞研究の最先端. 小松真理1,2 (1山王病院, 2眼科): 第14回VISION TIMES SEMINAR (2008/10/23), 東京.

732095. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 水晶体に問題のある緑内障治療. 庄司信行 (医療衛生学部): 2nd Ophthalmic Surgery Theater (2008/11/16), 東京.

732096. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: 【講演1】緑内障の手術適応と術後管理. 市邉義章 (眼科): 第28回湘西眼科臨床フォーラム (2008/12/11), 神奈川.

732097. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: (社) 日本眼科医会の改革の方向と成果−眼科医療の社会的貢献度の研究−. 清水公也1, 三宅謙作2 (1眼科, 2眼科三宅病院): 第29回湘西眼科臨床フォーラム (2009/3/5), 神奈川.

732098. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 座長: ぶどう膜炎で迷わないために. 庄司信行1, 望月 學2 (1医療衛生学部, 2東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科眼科学): 第29回湘西眼科臨床フォーラム (2009/3/5), 神奈川.

732099. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) シンポジウム: 脳神経と眼疾患についての症例報告 (4題). 清水公也 (眼科): 第2回神奈川クロスオーバーシンポジウム (2009/3/28), 神奈川.

733360. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Painful ophthalmoplesia−眼筋麻痺性片頭痛の1例−. 有本あこ (神奈川歯科大学附属横浜クリニック): 第2回横浜眼科診々連携の会 (2008/5/30), 神奈川.

733361. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 眼瞼下垂と手術効果. 原 直人 (神奈川歯科大学附属横浜クリニック): 第2回横浜眼科診々連携の会 (2008/5/30), 神奈川.

733362. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) IFISについて. 大野晃司 (大野眼科医院): 第2回横浜眼科診々連携の会 (2008/5/30), 神奈川.

733363. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 総括. 向野和雄 (神奈川歯科大学附属横浜クリニック): 第2回横浜眼科診々連携の会 (2008/5/30), 神奈川.

733364. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大における3年間の重症角膜潰瘍症例の検討. 大槻智宏1, 宇津見義一1,2, 神谷和孝1, 相澤大輔1, 池田哲也1, 熊埜御堂隆1,3, 清水公也1 (1眼科, 2宇津見眼科, 3クマノミドー眼科): 第119回神奈川県眼科集談会 (2008/7/10), 神奈川.

733365. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) オルソケラトロジーによる角膜潰瘍. 池田哲也1, 宇津見義一1,2, 神谷和孝1, 大槻智宏1, 相澤大輔1, 熊埜御堂隆1,3, 清水公也1 (1眼科, 2宇津見眼科, 3クマノミドー眼科): 第119回神奈川県眼科集談会 (2008/7/10), 神奈川.

733366. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 新しい視野計の用い方. 庄司信行 (医療衛生学部): キサラタンフォーラム in 仙台 (2008/7/20), 宮城県仙台市.

733367. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳脊髄液減少症と眼科的異常. 片倉知博 (眼科): 第24回真鶴セミナー (2008/8/31), 静岡・熱海.

733368. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 色特性が対光反応の日内変動に及ぼす影響. 浅川 賢1, 石川 均1 (1大学院医療系研究科): 第24回真鶴セミナー (2008/8/31), 静岡・熱海.

733369. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 眼の腫瘍と眼の病気. 柏木広哉 (静岡県立がんセンター): 静岡新聞主催がんセンター市民講座 (2008/9/15), 静岡・三島.

733370. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 症例検討: PICに伴うCNVの臨床経過. 市邉義章 (眼科): 第3回神奈川黄斑疾患研究会 (2008/9/20), 神奈川・横浜.

733371. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 線維柱帯切除術後, 繰り返し感染を起こした2症例. 小笠原純恵1, 笠原正行1, 三宅俊之1, 大槻智宏1, 成瀬涼子1, 森田哲也1, 柳田智彦1, 庄司信之2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

733372. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 裂孔原性網膜剥離5年間の手術成績. 小橋英長1, 白谷 徹1, 柳田智彦1, 中西 基1, 五十嵐章史1, 緒方智恵子1, 高橋慶子2, 高野雅彦1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

733373. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 過去10年間の北里大眼科における急性網膜壊死の12例. 佐藤信之1, 飯田嘉彦1, 市邉義章1, 清水公也1 (1眼科): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

733374. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) オルソケラトロジーにより角膜潰瘍を発症した2例. 池田哲也1, 宇津見義一, 神谷和孝1, 大槻智宏1, 相澤大輔1, 熊埜御堂隆, 清水公也1 (1眼科): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

733375. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 麦粒腫等眼瞼の化膿性疾患の薬物療法の方針の1考案. 坂本則敏1,2 (1坂本眼科医院, 2眼科): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

733376. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Intraoperative floppy iris syndrome (IFIS) 発生眼の瞳孔反応, 及び組織学的所見. 後関利明1, 清水公也1, 石川 均2, 天野理恵1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第44回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2008/10/2), 神奈川・相模原.

733377. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 症例提示 (前眼部): DSAEK (角膜内皮移植) と眼内レンズ縫着の同時手術を施行した一例. 相澤大輔 (眼科): 第7回Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2008/10/4), 神奈川・横浜.

733378. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学における角膜移植の実際. 神谷和孝 (眼科): 湘西眼科医学学術講演会・スタッフ講習会 (2008/10/11), 神奈川・相模原.

733379. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 網膜色素変性症について. 高野雅彦 (眼科): 第19回神奈川ロービジョンネットワーク研修会 (2008/10/18), 神奈川・横浜.

733380. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) オルソケラトロジーの問題点. 宇津見義一1,2 (1眼科, 2宇津見眼科医院): 平成20年度第39回全国学校保健・学校医大会 (2008/11/8), 新潟.

733381. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高校生に対するCLのケア指導後の結膜?内細菌有無についての調査. 坂本則敏1, 宇津見義一1 (1眼科): 平成20年度第39回全国学校保健・学校医大会 (2008/11/8), 新潟.

733382. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 眼底写真撮影の基礎. 永野幸一 (眼科): 静岡眼科写真勉強会 (2008/11/15), 静岡.

733383. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 緑内障の手術適応と術後管理. 庄司信行 (医療衛生学部): 第28回湘西眼科臨床フォーラム (2008/12/11), 神奈川.

733384. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) プール後の洗顔について, 色覚バリアフリーの啓発. 宇津見義一1,2 (1眼科, 2宇津見眼科医院): 平成20年度子供の健康を守る地域専門家総合連携事業, 平成20年度スクールリーダー派遣事業, 全国連絡協議会 (2009/1/19), 東京.

733385. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) オルソケラトロジーの注意点. 宇津見義一1,2 (1眼科, 2宇津見眼科医院): 第40回神奈川学校保健学会 (2009/2/5), 神奈川.

733386. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) オルソケラトロジー. 宇津見義一1,2 (1眼科, 2宇津見眼科医院): 第40回東京都眼科医会学校保健学術講演会 (2009/2/5), 東京.

733387. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 白内障手術例におけるラタノプロスト点眼の網膜厚への影響と中止例の眼圧への影響. 井上裕美1, 成瀬涼子1, 神蔵陽子1, 大本文子1, 大槻智宏1, 森田哲也1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第25回神奈川県緑内障談話会 (2009/2/14), 神奈川.

733388. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ハンフリー視野計のvisual field indexの有用性. 郷右近博康1, 田中久美1, 大槻智宏1, 成瀬涼子1, 森田哲也1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第25回神奈川県緑内障談話会 (2009/2/14), 神奈川.

733389. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 白内障手術例におけるラタノプロスト点眼の網膜厚への影響と中止例の眼圧への影響. 成瀬涼子1, 神蔵陽子1, 大本文子1, 大槻智宏1, 森田哲也1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第25回神奈川県緑内障談話会 (2009/2/14), 神奈川.

733390. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ハンフリー視野計のvisual field indexの有用性. 田中久美1, 大槻智宏1, 成瀬涼子1, 森田哲也1, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第25回神奈川県緑内障談話会 (2009/2/14), 神奈川.

733391. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) テーマ討論「乳児内斜視の考え方と治療方針」各施設 (藤澤市民, 北里大, 聖マリ大, 上岡眼科) の治療法発表. 後関利明 (眼科): 第15回小児眼科 (斜視・弱視) 症例検討・勉強会 (2009/2/26), 神奈川.

733392. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 【内閣府提供政府広報番組】おしゃれ用カラーコンタクトレンズも薬事法の対象に! 宇津見義一 (宇津見眼科医院): 〜くらしナビ最前列〜 (2009/3/13).

733393. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 症例報告: 【症例4】小脳中部腫瘍による開散麻痺の一例. 池田哲也 (眼科): 第2回神奈川クロスオーバーシンポジウム (2009/3/28), 神奈川.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-521001. [解説] (外国誌要覧) 後房型有水晶体眼内レンズ挿入術後の調整力の経時変化. 神谷和孝1, 清水公也1, 相澤大輔1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 日本眼科学会雑誌 2008/3/10; 113 (3): 453.

[学会・研究会等]

H19-722002. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 特殊症例への応用, 新たな展開. 神谷和孝 (眼科), 第32回日本眼科手術学会総会 (2008/1/25), 神戸.


耳鼻咽喉科学

[学術論文]

110224. [原著] Possibility of the particiation of foreign antigen having a common antigenic structure with aberrantly glycosylated IgA1 to the onset of IgA nephropathy and Henoch-Schonlein purpura. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 山川 毅, 岩波直美3, 永田悦子4, 中村和生, 小林 豊, 小谷博子, 比企能之, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生化, 3小児, 4病態・診療系): The Kitasato Medical Journal 2008/9; 38 (2): 152-60.

110225. [原著] Arteriosclerotic Changes as Background Factors in Patients with Peripheral Vestibular Disorders. 和田昌興1, 長沼英明1, 徳増厚二, 橋本晋一郎1, 伊藤昭彦1, 岡本牧人1 (1耳鼻): International Tinnitus Jaurnal 2008/12; 14 (2): 131-4.

120100. [原著] 急性中耳炎診療に対する耳鼻咽喉科医・小児科医の意識調査 相模原エリアでのアンケート結果から. 鈴木立俊1, 落合 敦1, 清野由輩1, 横堀 学1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌 2008/5; 26 (1): 181-4.

120101. [原著] 悪性リンパ腫と鑑別を要したEBウイルス感染症の2例. 栗原里佳, 八尾和雄1, 佐藤賢太郎1, 臼井大祐1, 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2008/6; 80 (7): 471-5.

120102. [原著] 音韻意識の遅れを伴った粘膜下口蓋裂児1例の構音訓練. 弓削明子, 岡部早苗, 石田宏代, 鈴木恵子, 正来 隆1, 西山耕一郎, 岡本牧人1 (1耳鼻): 音声言語医学 2008/10; 49 (40): 265-72.

120103. [原著] 北里大学病院における新生児聴覚スクリーニング検査後の精密聴力検査 . 井上理絵, 大沼幸恵, 原 由紀, 鈴木恵子, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): Audiology Japan 2008/12; 51 (6): 641-7.

120104. [原著] ポリープ様声帯145例の検討 (1995年〜2007年). 正来 隆1, 堀口利之, 牧野寛之1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本気管食道科学会誌 2008/12; 59 (6): 519-23.

320061. [症例報告] 気道をほぼ閉塞していた幼児喉頭玩具異物の1例. 猪 健志1, 正来 隆1, 落合 敦1, 大橋健太郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本気管食道科学会報 2008/6; 59 (3): 342-6.

320062. [症例報告] 声帯ポリープに混在した声帯嚢胞の1症例. 落合 敦1, 正来 隆1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本気管食道科学会誌 2008/9; 59 (4): 430-3.

520160. [総説] 補聴器適合の過程. 岡本牧人1, 松平登志正, 鈴木恵子, 原 由紀, 井上理恵, 大沼幸恵, 上條貴裕1, 猪 健志, 佐野 肇1 (1耳鼻): Audiology Japan Audiology Japan 2008/6; 51 (3): 185-92.

520161. [総説] 中咽頭表在癌の内視鏡治療の実際と展望. 中山明仁1, 堅田親利2, 清野由輩1, 宮本俊輔1, 竹田昌彦1, 正來 隆1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内): JOHNS 2009; 25 (2): 239-42.

521041. [解説] EXITを可能にするチーム作りの実際. 正来 隆 (耳鼻): 小児外科 2008/7; 40 (7): 750-3.

522037. [講座] 補聴器フィッティング法の実際. 佐野 肇 (耳鼻): JOHNS 2008/5; 24 (9): 1317-21,

522038. [学術論文] (講座) 【特集: 肺がん−がん津波への備え】診断の指針・治療の指針: メニエール病に対する水分摂取治療. 長沼英明 (耳鼻): 総合臨床 2008/9; 2008年9月号: 2369-70.

540075. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書】低音障害型感音難聴に対する単剤治療における共同研究. 小川 郁, 宇佐美真一, 岡本牧人1, 喜多村健, 暁 清文, 佐藤宏昭, 中島 務, 福島邦博, 福田 諭, 水田邦博, 山岨達也, 井上泰宏, 神崎 晶 (1耳鼻): 急性高度難聴に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.114-6.

540076. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 急性高度難聴に関する調査研究】突発性難聴症例の自覚症状の調査−急性期および聴力固定後の変化−. 佐野 肇1, 上條貴裕1, 猪 健志1, 小野雄一, 岡本牧人1 (1耳鼻): 急性高度難聴に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.95-7.

540077. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業急性高度難聴に関する調査研究】突発性難聴grade IV症例に対する鼓室内ステロイド注入の治療成績. 上條貴裕1, 猪 健志1, 松葉宏起, 那須野智光, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 急性高度難聴に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.93-4.

540078. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業急性高度難聴に関する調査研究】低音障害型感音難聴に対する単剤治療における共同研究. 小川 郁, 宇佐美真一, 岡本牧人1, 喜多村健, 暁 清文, 佐藤宏昭, 中島 務, 福島邦博, 福田 諭, 水田邦博, 山岨達也, 井上泰宏, 神崎 晶 (1耳鼻): 急性高度難聴に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.114-6.

540079. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究】メニエール病のピークオージオグラムの検討−聴力変動を中心に−. 落合 敦1, 長沼英明1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻,) 前庭機能異常に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.125-7.

54000. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究】メニエール病に対する水分摂取療法 (Hydration Therapy)−2008年までの治療成績−. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 佐藤亮平2, 落合 敦1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生理) 前庭機能異常に関する調査研究 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3; p.172-7.

[著 書]

620155. [学術書] (分担執筆) 【今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針 第3版】後迷路性難聴. 佐野 肇 (耳鼻), 編 森山 寛, 岸本誠司, 小林俊光, 川内秀之, 医学書院, 2008/6発行.

620156. [学術書] (分担執筆) 【市民大学北里大学コーステキスト】めまい・聴力障害をおこさないために, p.59-61. 長沼英明 (耳鼻), 相模原市教育委員会, 座間市教育委員会, 北里大学, 2008/8発行.

[学会・研究会等]

713174. [学会 (国際)] (一般口演) Narrow Band Imaging for stage evaluation of laryngeal squamous cell carcinoma: A report of two cases. 正来 隆1, 堅田親利2, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内): 15th World Congress for Bronchoesophagology (2008/4/1), 東京.

713175. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Hydration therapy for patients with Meniere's disease. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 橋本信一郎3, 伊藤昭彦1, 落合 敦1, 和田昌興1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生理, 3精神): XXV Barany Society Meeting (2008/4/2), Kyoto.

713176. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Inner ear function test in cases with benign paroxysmal positional vertigo. 和田昌興1, 徳増厚二1, 長沼英明1, 伊藤昭彦1, 橋本晋一郎2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2精神): XXV Barany Society Meeting (2008/4/2), Kyoto.

713177. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Juvenile Meniere's disease. 落合 敦1, 長沼英明1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻): XXV Barany Society Meeting (2008/4/2), Kyoto.

713178. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Correlation Between Preoperative CT Findings and Results of Tympanoplasty. 猪 健志1, 佐野 肇1, 上條貴裕1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第8回国際真珠腫・耳科外科学会議 (2008/6/16), トルコ.

713179. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) CLINICAL EFFECTIVENESS OF THE BIPOLAR RADIOFREQUENCY COAGULATION FOR PERENNIAL ALLERGIC RHINITIS. 松葉宏起1, 鈴木立俊1, 米田 敏2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生物物理系): 第22回欧州鼻科学会・第27回国際鼻アレルギー感染症学会 (2008/6/19), ギリシャ.

713180. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) VERIFICATION OF EFFECTIVENESS AND SAFETY CONDITION OF THE BIPOLAR RADIOFREQUENCY COAGULATION TO INFERIOR TURBINATE. 鈴木立俊1, 松葉宏起1, 米田 敏2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生物物理系): 第22回欧州鼻科学会・第27回国際鼻アレルギー感染症学会 (2008/6/19), ギリシャ.

713181. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Management of head and neck malingnancies in the Patients over 80 Years 0ld. 林 政一1, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 竹田昌彦1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第7回国際頭頸部癌学会 (2008/7/20), サンフランシスコ.

713182. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical impast of introducing supracricoid laryngectomy with CHEP to treat glottic cancers experience on 41 patients. 中山明仁1, 清野由輩1, 林 政一1, 宮本俊輔1, 竹田昌彦1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第7回国際頭頸部癌学会議 (2008/7/20), サンフランシスコ.

713183. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Intral Laser Excision Combined With Planned Neck Dissection for Treating T2 and T3 Semiadvanced Tongue Cancers. 清野由輩1, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第7回国際頭頸部癌学会議 (2008/7/20), サンフランシスコ.

713184. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The efficacy of THP-CVP for localized non-Hodgkin's lymphoma of the head and neck. 宮本俊輔1, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第7回国際頭頸部癌学会議 (2008/7/20), サンフランシスコ.

722174. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) メニエール病を治す, 薬物・水. 長沼英明 (耳鼻): 第67回日本めまい平衡医学会総会 (2008/10/31), 秋田, 予稿集 (Equilibrium Res) 2008; 67 (5): 464.

723860. [学会 (全国)] (ポスター) 頭頸部限局期びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するリツキシマブ併用療法の治療効果と副作用について. 宮本俊輔1, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 清野由輩1, 小谷承子2, 石山博條2, 早川和重2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2放射線): 第32回日本頭頸部癌学会 (2008/6/12-13), 東京, 頭頸部癌 2008; 34 (2): 225.

723861. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アデノイド切除が有効であった接食障害・睡眠呼吸障害を伴う低出生体重児の一例. 牧野寛之1, 竹田昌彦1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第21回日本口腔・咽頭科学会 (2008/9/11), 鹿児島.

723862. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 扁桃IgA1、血清IgA1と異常IgA1のN-結合型糖鎖の類似性について. 伊藤昭彦1, 岩瀬仁勇2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生化): 第21回日本口腔・咽頭科学会 (2008/9/12), 鹿児島.

723863. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 鼻内前頭洞手術症例の検討. 鈴木立俊1, 林 政一1, 松葉宏起1, 山口知子1, 横堀 学, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第47回日本鼻科学会 (2008/9/27), 名古屋.

723864. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢難聴者の生活の質−聞こえについての質問紙「心理・社会的影響」の回答から−. 佐野 肇1, 鈴木恵子2, 原 由紀2, 井上理絵1, 大沼幸恵1, 上條貴裕1, 猪 健志1, 松平登志正2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2医療衛生学部): 第53回日本聴覚医学会 (2008/10/2), 東京.

723865. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴患者のQOL. 上條貴裕1, 佐野 肇1, 小野雄一2, 猪 健志1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2津久井赤十字病院 耳鼻咽喉科): 第53回日本聴覚医学会 (2008/10/2), 東京.

723866. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 補聴器適合検査としての「きこえについての質問紙2002」の応用に関する検討. 鈴木恵子1, 岡本牧人2, 原 由紀1, 佐野 肇2, 井上理絵2, 大沼幸恵2, 上條貴裕2, 猪 健志2, 松平登志正1 (1医療衛生学部, 2耳鼻): 第53回日本聴覚医学会 (2008/10/2), 東京.

723867. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院補聴器外来における補聴器両耳装用の現状. 大沼幸恵1, 井上理絵1, 原 由紀2, 鈴木恵子2, 松平登志正2, 猪 健志1, 上條貴裕1, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2医療衛生学部): 第53回日本聴覚医学会 (2008/10/2), 東京.

723868. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新生児聴覚スクリーニング検査をpassしその後難聴児と診断された小児の検討. 井上理絵1, 大沼幸恵1, 原 由紀2, 鈴木恵子2, 猪 健志1, 上條貴裕1, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2医療衛生学部): 第53回日本聴覚医学会 (2008/10/3), 東京.

723869. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴急性期における自覚症状の調査. 佐野 肇1, 上條貴裕1, 猪 健志1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第18回日本耳科学会 (2008/10/7), 神戸.

723870. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 蝸牛外側壁のArg-Vasopressin投与による組織酸素分圧の経時的変化. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生理): 第18回日本耳科学会総会・学術講演会 (2008/10/17), 神戸, 予稿集:Otology Japan; 18 (4): 398.

723871. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における真珠腫の手術所見と術後成績について. 猪健 志1, 佐野 肇1, 小野雄一, 上條貴裕1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第18回日本耳回日本耳科学会 (2008/10/17), 神戸.

723872. [学会 (全国)] (一般口演) 頸部腫脹に対してNBI内視鏡により原発巣が同定できた下咽頭癌の1例. 正来 隆1, 堅田親利2, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 堀口利之1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内): 第60回日本気管食道科学会 (2008/11/17), 熊本.

723873. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 聴覚障害者の読みに関する基礎的な検討. 鈴木恵子1, 伏見貴夫1, 岡本牧人2 (1医療衛生学部, 2耳鼻): 第53回日本音声言語医学会 (2008/10/24), 広島.

723874. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) めまい患者の背景としての動脈硬化について. 和田昌興1, 長沼英明1, 徳増厚二1, 伊藤昭彦1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第67回めまい平衡医学会 (2008/10/30), 秋田.

723875. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病と低血圧について. 伊藤昭彦1, 長沼英明1, 橋本晋一郎2, 和田昌興1, 落合 敦1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2精神): 第67回めまい平衡医学会総会 (2008/10/30), 秋田.

723876. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病の変動性低音部障害に伴う高音部障害の検討. 落合 敦1, 長沼英明1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第67回日本めまい平衡医学会総会 (2008/10/30), 予稿集 (Equilibrium Res) 2008; 67 (5): 420.

723877. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 交通性水頭症術後に生じたメニエール病様症状を呈した3例. 林 政一1, 長沼英明1, 橋本晋一郎2, 伊藤昭彦1, 和田昌興1, 徳増厚二1, 河原克雅3, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2精神, 3生理): 第67回めまい平衡医学会総会 (2008/10/30), 秋田, 予稿集 (Equilibrium Res) 2008; 67 (5): 420.

723878. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度な合併症を伴う頭頸部進行癌症例の治療適応: 症例報告. 清野由輩1, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第19回日本頭頸部外科学会 (2009/1/30), 名古屋.

723879. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 鼻用内視鏡ガイド下に上顎洞部分切除術を行った3症例. 牧野寛之1, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第19回日本頭頸部外科学会 (2009/1/30), 名古屋.

723880. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 「突発性難聴症例の自覚症状とQOLの調査」症状アンケートとSF-36を用いる方法の提案. 岡本牧人 (耳鼻): 平成20年度第2回厚生労働省急性感音難聴調査研究班会議 (2009/2/7), 東京.

723881. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴grade 4症例に対する鼓室内ステロイド注入の治療成績. 上條貴裕1, 猪 健志1, 松葉宏起1, 那須野智光1, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 平成20年度第2回厚生労働省急性感音難聴調査研究班会議 (2009/2/7), 名古屋.

723882. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラリンゴレーザーを行った喉頭癌症例に対するNarrow Band Imaging内視鏡所見と摘出検体の比較. 正來 隆1, 堅田親利2, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 牧野寛之1, 岡本旅人1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内)第21回日本喉頭科学会 (2009/3/26), 前橋市.

723883. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高速度デジタル撮影による喉頭亜全摘術後声帯の解析: 症例報告. 林 政一1, 中山明仁1, 清野由輩1, 宮本俊輔1, 二藤隆春, 今川 博, 木村美和子2, 田山二朗, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生物製剤研究所): 第21回日本喉頭科学会 (2009/3/26), 前橋市.

731136. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メニエール病に対するHydration Therapy (水分摂取治療). 長沼英明 (耳鼻): 第14回東海メニエール病研究会 (2008/9/20), 名古屋.

731137. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 最近の卒前卒後教育と耳鼻咽喉科-耳鼻咽喉科のキャリアパス-. 岡本牧人 (耳鼻): 第70回相武耳鼻科研究会 (2008/9/20), 海老名.

731138. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) アレルギー性鼻炎に対する治療の基本方針. 鈴木立俊 (耳鼻): 宮城県耳鼻咽喉科医会学術講演会 (2009/1/29), 宮城.

731139. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) アレルギー性鼻炎に対する治療の基本方針. 鈴木立俊 (耳鼻): 中信耳鼻咽喉科医会学術講演会 (2009/2/12), 松本.

732100. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 聴力低下モデルにおける蝸牛外側壁の病態の解明−内リンパ水腫と突発性難聴−. 長沼英明 (耳鼻): 第15回北里大学大学院医療系研究科研究フォーラム(平成20年度第2回) (2008/9/12), 相模原.

732101. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) めまいの臨床と治療−パネルディスカッション-実技, めまいに関するQ&A−. 長沼英明 (耳鼻): 第17回北里耳鼻咽喉科研究会 (2008/10/11), 相模原.

732102. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) めまいの臨床と治療−臨床セミナー-めまいに関するQ&A−. 長沼英明 (耳鼻): 第17回北里耳鼻咽喉科研究会 (2008/10/11), 相模原.

733394. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 顎動脈塞栓が有効であった難治性鼻出血の一症例. 山口知子1, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第144回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2008/6/21), 横浜.

733395. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 補聴器装用者の語音明瞭度. 上條貴裕1, 佐野 肇1, 小野雄一, 猪 健志1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本聴覚医学会第2回アンチエイジング研究会 (2008/7/4), 東京.

733396. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 頚動脈置換を行った頚動脈小体腫瘍の一例. 松葉宏起1, 宮本俊輔1, 中山明仁1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第145回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2008/9/6), 横浜.

733397. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 重篤な鼻副鼻腔感染症の対応. 鈴木立俊 (耳鼻): 第6回さがみ感染症セミナー (2008/11/28), 相模原.

733398. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Narrow Band Imaging (NBI) 拡大内視鏡で0-I型の声門癌T1aを観察した1例. 正來 隆1, 堅田親利2, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 堀口利之3, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内, 3医療衛生学部): 第4回頭頸部表在癌研究会 (2008/11/29), 東京.

733399. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 体温計の誤嚥による咽頭異物の1例. 松木 崇1, 鈴木立俊1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第146回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2008/12/6), 横浜.

733400. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴症例の症例についての検討−急性期と聴力固定後の比較−. 佐野 肇1, 上條貴裕1, 猪 健志1, 小野雄一, 岡本牧人1 (1耳鼻): 平成20年度第2回厚生労働急性感音難聴調査研究班会議 (2009/2/7), 東京.

733401. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 扁桃周囲膿瘍を契機に細菌性髄膜炎を発症した一例. 岡本旅人1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 林 政一1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第147回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2009/3/14), 横浜市.

H19年度以前分

[学会・研究会等]

H18-723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頸部腫張に対してNBI内視鏡により原発巣が同定できた下咽頭癌の1例. 正來 隆1, 堅田親利2, 中山明仁1, 竹田昌彦1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内): 第60回日本気管食道科学会 (2006/11/7), 熊本.


精神科学

[学術論文]

110226. [原著] Poor performance in Clock-Drawing Test associated with visual memory deficit and reduced bilateralhippocampal and left temporoparietal regional blood flow in Alzheimer's disease patients. 高橋 恵1, Aiko Sato, 中島啓介1, 大石 智1, Takayoshi Ishii, 宮岡 等1 (1精神): Psychiatry and Clinical Neurosciences 2008/4; 62 (2): 167-73.

110227. [原著] Changes in density of calcium-binding-protein-immunoreactive GABAergic neurons in prefrontal cortex in schizophrenia and bipolar disorder. Sakai T, 大嶋明彦1, Nozaki Y, Ida I, Haga C, Akiyama H, Nakazato Y, Mikuni M (1精神): Neuropathology 2008/4; 28 (2): 143-50.

110228. [原著] Relationship between age at onset and magnetic resonance image-defined hyperintensities in mood disorders. Takahashi K, 大嶋明彦1, Ida I, Kumano H, Yuuki N, Fukuda M, Amanuma M, Endo K, Mikuni M (1精神): J Psychiatr Res 2008/5; 42 (6): 443-50.

110229. [原著] The relationship between patient characteristics and psychiatric day care outcomes in schizophrenic patients. Shingo Miyaji, 山本賢司1, Nana Morita, Yumi Tsubochi, 星野俊弥, 山本宏明, 坂井喜郎, 田中克俊, 宮岡 等1 (1精神): Psychiatry and Clinical Neurosciences 2008/6; 62: 293-300.

110230. [原著] Association study of the commonly recognized breakpoints in chromosome 15q11-q13 in Japanese autistic patients. Kato Chieko , Toshigi Mamoru , Koishi Shinko , Kawakubo Yuki, 山本賢司1, Matsumoto Hideo, Hashimoto Ohiko, Kim Soo-Yung , Watanabe Keiichiro, Kano Yukiko, Nanba Eiji, Kato Nobumasa, Sasaki Tsukasa (1精神): Psychiatric Genetics 2008/6; 18 (3): 133-6.

110231. [原著] No association between the ryanodine receptor 3 gene and autism in a Japanese population. Mamoru Toshigi, Chieko Kato, Jun Ohashi, Shinko Koishi, Yuki Kawakubo, 山本賢司1, Hideo Matsumoto, Ohiko Hashimoto, Soo-Yung Kim, Keiichiro Watanabe, Yukiko Kano,Eiji Nanba, Nobumasa Kato, Tsukasa Sasaki (1精神): Psychiatry and Clinical Neurosciences 2008/6; 62: 341-4.

110232. [原著] Large-scale analysis of glucocorticoid target genes in rat hypothalamus. Sato H, Horikawa Y, Iizuka K, Sakurai N, Tanaka T, Shihara N, 大嶋明彦1, Takeda J, Mikuni M (1精神): J Neurochem 2008/6; 106 (2): 805-14.

110233. [原著] Association of the neuronal cell adhesion molecule (NRCAM) gene variants with autism. Marui T, Funatogawa I, Koishi S, 山本賢司1, Matsumoto H, Hashimoto O, Nanba E, Nishida H, Sugiyama T, Kasai K, Watanabe K, Kano Y, Kato N (1精神): Neuropsychopharmacol 2008/7; 30: 1-10.

110234. [原著] Relationship between psychiatric symptoms and regional cerebral blood flow in patients with mild Alzheimer's disease. 中島啓介1, 高橋 恵1, 大石 智1, 井上 彩, 澤山恵波1, 神谷美智子, 田中聡美1, 宮岡 等1 (1精神): Psychogeneriatrics 2008/8; 8: 108-13.

110235. [原著] Depressive disorders and suicidal behaviors in patients with borderline personality disorder. 田中聡美1, 新井久稔1, 坂井喜郎, 木下玲子, 澤山 透1, Yoshiko Miyaoka, 宮岡 等1 (1精神): The Kitasato Medical Journal 2008/9; 38 (2): 115-9.

110236. [原著] Interpersonal communication skills of patients with schizophrenia, depression, neurotic disorder, and eating disorder. 井上 彩, 高橋 恵1, 澤山恵波1, 中島啓介1, 田中聡美1, 宮岡 等1 (1精神): The Kitasato Medical Journal 2008/9; 38 (2): 128-33.

110237. [原著] Association of Communication skills of Medical Students with their Quality of Life and Depressive Mood. 井上 彩, 高橋 恵1, 中島啓介1, 田中聡美, 田中克俊, 宮岡 等1 (1精神): Japan Journal of Psychosomatic Medicine 2008/10; 48 (10): 859-66.

110238. [原著] Association Study of 15q11-q13 Maternal Expression Domain in Japanese Autistic Patients. Chieko Kato, Mamoru Tochigi, Jun Ohashi, Shinko Koishi, Yuki Kawakubo, 山本賢司1, Hideo Matsumoto, Ohiko Hashimoto, Soo-Yung Kim, Keiichiro Watanabe, Yukiko Kano, Eiji Nanba, Nobumasa Kato, Tsukasa Sasaki (1精神): American Jornal of Medical Genetics PartB, Neuropsychiatric Geneticss 2008/10; 147B (7): 1008-12.

110239. [原著] The experience of burnout among home caregivers of patients with dementia: Relations to depression and quality of life. 高井美智子, 高橋 恵1, 岩満優美, 安藤記子, 岡崎賀美, 中島啓介1, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): Archives of Gerontology and Geriatrics 2008/12; http://dx.doi.org/10.1016/j.archger.2008.07.002

110240. [原著] The relationship between psychiatric symptoms and regional cerebral blood flow in the patients with mild Alzheimer's disease. 中島啓介1, 高橋 恵1, 大石 智1, 井上 彩, 澤山恵波1, 神谷美智子, 田中聡美1, 宮岡 等1 (1精神): Psychogeriatrics 2008; 8 (3): 108-13.

110241. [原著] Moderate Hyperventilation prolong Electroencephalogram Seizure Duration of First Electroconvulsive Therapy. 澤山恵波1, 高橋 恵1, 井上 彩, 中島啓介1, 澤山 透1, 奥富俊之2, 宮岡 等1 (1精神, 2麻酔): J ECT 2008; 24 (3): 195-8.

110242. [原著] Assessing multidimensional cognitions of drinking among alcohol-dependent patients: Development and validation of a drinking-related cognitions scale (DRCS). 澤山 透1, Junichi Yoneda, 田中克俊, Norihito Shirakawa, 澤山恵波1, Susumu Higuchi, 宮岡 等1 (1精神): Addictive Behaviors 2009/1; 34: 82-5.

110243. [原著] Association of the neuronal cell adhesion molecule (NRCAM) gene variants with autism. Marui T, Funatogawa I, Koishi S, 山本賢司1, Matsumoto H, Hashimoto O, Nanba E, Nishida H, Sugiyama T, Kasai K, Watanabe K, Kano Y, Kato N (1精神): Neuropsychopharmacol 2009/2; 12 (1): 1-10.

120105. [原著] 広汎性発達障害の子どもをもつ母親のソーシャルサポートの検討. 森口 香, 岩満優美, 山本賢司1, 金生由紀子, 中村 賢, 井上勝夫1, 宮岡 等1 (1精神): ストレス科学 2008/7; 23 (1): 104-14.

120106. [原著] 乳癌確定診断時の心理的反応と感情抑制傾向について. 中谷有希, 岩満優美, 岡崎賀美, 安田裕恵, 安藤記子, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神): ストレス科学 2008/10; 23 (2): 78.

120107. [原著] 高齢者の口腔内セネストパチー. 宮地英雄1, 和気裕之, 三橋 晃, 玉置勝司, 吉田芳子1, 宮岡 等1 (1精神): 老年精神医学雑誌 2009/2; 20 (2): 160-4.

120108. [原著] 乳がん確定診断前後の心理反応と特性不安との関係について. 岡崎賀美1, 岩満優美2, 蔵並 勝3, 萩野匡詩1, 轟 慶子4, 安田裕恵1, 安藤記子1, 山本賢司4, 渡邊昌彦3, 宮岡 等4 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3外科, 4精神): 日本社会精神医学会雑誌 2009/2; 17 (3): 245-65.

120109. [原著] 精神科身体合併症病棟入院患者の臨床的特徴について. 増田竜大1, 新井久稔, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神): 神奈川県精神医学会誌 2009/3; 58: 3-9.

520162. [総説] 【アンチ・ドーピングのための頻用薬の知識】各論: 神経系・精神系. 山本宏明, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神): 臨床スポーツ医学 2008/5; 25 (5): 479-86.

520163. [総説] 小児期の発達障害. 井上勝夫 (精神): こころの科学 2008/5; 139: 72-7.

520164. [総説] (座談会) インターネットを利用した精神医療. 倉本英彦, 佐伯俊成, 田村 毅, 宮岡 等1 (1精神): 精神科治療学 2008/5; 23 (5): 591-605.

520165. [総説] 【特集: メンタルヘルス関連疾患と治療】身体表現性障害. 増田竜大, 宮岡 等1 (1精神): 臨牀と研究 2008/6; 85(6): 815-8.

520166. [総説] うつ病と神経ペプチド. 大嶋明彦 (精神): 分子精神医学 2008/7; 8 (3): 204-9.

520167. [総説] 日本精神病理・精神療法学会 第30回大会 (倉敷) シンポジウムT うつ病の混乱−科学・社会・経済のはざまで−. 宮岡 等 (精神): 臨床精神病理 2008/8; 28 (3): 179-83.

520168. [総説] うつ病を併存するC型肝炎−精神科医の立場から−. 吉田芳子1, 宮岡 等1 (1精神): Medicina 2008/9; 45 (9): 2008-9.

520169. [総説] 覚醒度を脳波で把握する. 齋藤正範 (精神): 精神神経学雑誌 2008/9; 110 (9): 843-8.

520170. [総説] 若年者への抗うつ薬処方と自殺率, 英国では関連みられず. 高井美智子, 宮岡 等1 (1精神): The Mainichi Medical Journal 2008/10; 4 (10): 828-31.

520171. [総説] 心療内科はうつ病を積極的にみるべきか−Conの立場より−. 宮岡 等 (精神): 心身医学 2008/10; 48 (10): 856-7.

520172. [総説] うつ病中核群の概念−生物学的な視点から−. 大嶋明彦 (精神): 精神科治療学 2009/1; 24 (1): 3-30.

520173. [総説] うつ病からみたメンタルヘルス. 宮岡 等 (精神): ほすぴたるらいぶらりあん 2009/3; 34 (1): 2-8.

521042. [解説] こころの病気とその周辺 おとなのうつ病. 大嶋明彦1, 服部 卓, 福田正人 (1精神): こころの科学 2008/5; 139: 84-8.

522039. [講座] プライマリケアにおけるうつ病スクリーニングに有用な評価ツール−Patient Health Questionnaire (PHQ)-9について−. 村松公美子, 宮岡 等1, 上島国利, 村松芳幸 (1精神): 精神科治療学 2008/11; 23 (11): 11-7.

522040. [講座] 【特集: 第14回北里腫瘍フォーラム】緩和ケア領域における怒りの問題とその対処. 山本賢司 (精神): 北里医学 2008/12; 38 (2): 121-5.

540081. [その他] Aripiprazoleへの置換後に肺動脈血栓症を併発した統合失調症の2症例. 飯田諭宜, 井出文子2, 井上勝夫1, 上條吉人2, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神, 2救命): 医療法人弘徳会愛光病院平成19年度病院年報 2008/9.

540082. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省精神・神経疾患研究委託費20委-1 気分障害の治療システムの開発と検証に関する研究 (主任研究者: 神庭重信)】脳器質性変化を伴う高齢者のうつ病の診断と治療に関するガイドラインの作成. 高橋 恵1, 大嶋明彦1, 宮岡 等1 (1精神): 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費20委-1 気分障害の治療システムの開発と検証に関する研究 研究報告書 2008/12; p.6.

540083. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省障害保健福祉総合研究事業 精神障害者の地域ケアの促進に関する研究 (主任研究者: 宮岡 等)】ネットワーク形成による医療機関, および地域ケア連携の実践に関する研究. 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 厚生労働省障害保健福祉総合研究事業 精神障害者の地域ケアの促進に関する研究 総括・分担研究報告書 2009/3; p.15-34

540084. [その他 (研究報告書)] 【厚生労働省障害保健福祉総合研究事業 精神障害者の地域ケアの促進に関する研究 (主任研究者: 宮岡 等)】総括・分担研究報告書. 藤原修一郎, 澤  温, 樋口 進, 田中克俊, 武田龍太郎, 岩満優美, 宮岡 等1 (1精神): 厚生労働省障害保健福祉総合研究事業 精神障害者の地域ケアの促進に関する研究 総括・分担研究報告書 2009/3; p.7-11.

[著 書]

620157. [学術書] (分担執筆) 【NEW精神医学テキスト (改訂第2版)】総論 第7章 精神科救急, p.153-8. 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神), 編 上島国利, 丹羽真一, 南江堂, 2008/4発行.

620158. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年版】第15章臨床心理・神経心理検査, p.227-37. 宮岡 等 (精神), 監修 宮澤幸久, 米山 彰, 編 本臨床検査専門医会, 医学通信社, 2008/7発行.

620159. [学術書] (分担執筆) 【臨床のアクシデント&ピットホール その対処と予防法】精神疾患を顎関節症, 咬合異常等と診断して治療を続けた, p.66-7. 玉置勝司, 和気裕之, 三橋 晃, 佐氏英介, 池田浩子, 島田 淳, 宮地英雄, 宮岡 等1 (1精神), 編 和気裕之, 中川洋一, 吉田秀人, 貞光 謙一郎, デンタルダイヤモンド社2008/8発行.

620160. [学術書] (分担執筆) 【やさしい臨床医学テキスト】3. 中枢神経系疾患−てんかん, p.51-4. 齋藤正範1, 宮岡 等1 (1精神), 編 大野 勲, 柴崎敏昭, 平井みどり, 星 恵子, 三木知博, 山下直美, 薬事日報社, 2008/10発行.

620161. [学術書] (分担執筆) 【やさしい臨床医学テキスト】14. 精神疾患, p.418-31. 宮岡 等 (精神), 編 大野 勲, 柴崎敏昭, 平井みどり, 星 恵子, 三木知博, 山下直美, 薬事日報社, 2008/10発行.

620162. [学術書] (分担執筆) 【新版ホームメディカ 家庭医学大事典】第6章 こころの病気 精神作用物質によるこころの病気, p.1043-6. 齋藤正範 (精神), 小学館, 2008/11発行.

620163. [学術書] (分担執筆) 【専門医のための精神科臨床リュミエール 6. 双極性障害】II-2. 老年期の双極性障害, p.38-43. 乾 真美, 宮岡 等1 (1精神), 責任編集 大森哲郎, 中山書店, 2008/11発行.

620164. [学術書] (分担執筆) 【社会精神医学】第5章現代社会の特性と社会精神医学 9. ジェンダー, p.265-71. 宮岡 等 (精神), 編 日本社会精神医学会, 医学書院, 2009/3発行.

[学会・研究会等]

713185. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Interpersonal Communication skills of patients with Schizophrenia, Depression Nurotic disorder, and Eating disorder. 井上 彩1, 高橋 恵1, 澤山恵波1, 中島啓介1, 田中聡美1, 宮岡 等1 (1精神): 世界精神医学会(WPA) (2008/9/23), Prague.

713186. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Moderate Hyperventilation Prolongs Electroencephalogram Seizure Duration of the First Electroconvulsive Therapy. 澤山恵波1, 高橋 恵1, 井上 彩1, 中島啓介1, 嘉納明子1, 澤山 透1, 奥富俊之2, 宮岡 等1 (1精神, 2麻酔): 世界精神医学会(WPA) (2008/9/23), Prague.

713187. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Analysis of factors associated with increased psychological distress in new outpatients at the breast clinic. 安藤記子1, 岩満優美2, 岡崎賀美, 和田芽衣1, 山本賢司3, 蔵並 勝4, 渡邊昌彦4, 宮岡 等3 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3精神, 4外科): 31st Annual San Antonio Breast Cancer Symposium (2008/12/10), Texas,USA.

713188. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Psychopathology and needs of psychiatric and psychotherapeutic interventions among the children placed in "child nursing homes" in Japan. 生地 新, Yukiko Morioka, Yumi Hashizume, Hiromi Koide, Eri Kuronuma, Sumiko Naito, 井上勝夫: 18th World Congress of the International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions (IACAPAP) (2008/4/30), Istanbul.

713189. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Assessing multidimensional cognitions of drinking among alcohol-dependent patients: Development and validation of a Drinking-Related Cognitions Scale (DRCS). 澤山 透1, Junichi Yoneda, 田中克俊2, Norihito Shirakawa, 澤山恵波1, 小熊魅香1, 樋口 進, 宮岡 等1 (1精神, 2医療系研究科): The second United States-Japan joint workshop if alcohol-related problems (2008/9/17), 横浜.

713190. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The Relationships between Psychiatric Diagnoses and Suicide Methods in Japanese Suicide Attempters. 宮地伸吾1, 山本賢司2, 神谷美智子3, 山本宏明1, 立松聖一3, 岩満優美4, 井出文子5, 上條吉人5, 宮岡 等2 (1医療系研究科・精神科学, 2精神, 3医療系研究科・医療心理学, 4医療系研究科, 5救命)第14回世界精神医学会 (2008/9/20), プラハ.

713191. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) DNA methylation and expression of the susceptibility genes in Japanese autism. Noriko Itaba-Matsumoto, Susumu Otsuka, 山本賢司1, Hideo Matsumoto, Tsukasa Sasaki, Nobumasa Kato, Eiji Nanba (1精神): XVI World Congress on Psychiatric Genetics (2008/10/14), Osasaka, Japan.

721020. [学会 (全国)] (特別講演) うつ病をどう分類すれば治療に役立つか. 宮岡 等 (精神): 第32回自殺予防学会総会 (2008/4/19), 岩手.

721021. [学会 (全国)] (特別講演) うつ病の広がりをどう考えるか. 宮岡 等 (精神): 第104回日本精神神経学会学術総会 (2008/5/31), 横浜.

721022. [学会 (全国)] (特別講演) 精神医学に自信がない医療スタッフのためのうつ病の見方と対応. 宮岡 等 (精神): 第49回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 (2008/6/12), 札幌.

722175. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 覚醒度を脳波で把握する. 齋藤正範 (精神): 第104回日本精神神経学会総会 (2008/5/29), 東京.

722176. [学会 (全国)] (専門講座) アルコール依存症の認知行動的対処技術療法 (Cognitive-Behavioral Coping-Skills Therapy). 澤山 透 (精神): 第30回日本アルコール関連問題学会 (2008/6/20), 広島.

723884. [学会 (全国)] (一般講演) 自殺企図患者の手段別にみた臨床的特徴について. 神谷美智子1, 立松聖一1, 岩満優美2, 山本賢司3, 宮地伸吾4, 山本宏明4, 宮岡 等3, 上條吉人5, 井出文子5, 相馬一亥5 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3精神, 4医療系研究科・精神科学, 5救命): 第32回日本自殺予防学会総会 (2008/4/18), 岩手.

723885. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 相模台病院精神神経科身体合併症病棟入院患者の臨床的特徴について. 新井久稔1, 山本賢司1, 井上勝夫1, 吉岡正哉2, 丸香奈恵3, 塚原敦子1, 松原直美1, 増田竜大1, 宮岡 等1 (1精神, 2興生会相模台病院精神神経科, 3相模台クリニック): 第104回日本精神神経学会総会 (2008/5/31), 東京都港区.

723886. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 介護者の認知症患者への対応に関する意識調査. 北村由美子1, 高橋 恵1, 中島啓介1, 油谷元規, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 第23回日本老年精神医学会 (2008/6/27), 神戸.

723887. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血圧脈波と認知症 (アルツハイマー型認知症とMCI) の相関について. 新井久稔1, 高橋 恵1, 大石 智1, 中島啓介1, 宮岡 等1 (1精神): 第23回日本老年精神医学会 (2008/6/27), 神戸.

723888. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳器質性変化を伴う高齢者のうつ病の診断と治療に関する実態調査. 肝付 洋1, 高橋 恵1, 北村由美子1, 中島啓介1, 新井久稔1, 浦久保安輝子2 (1精神, 2東京荏原病院): 第23回日本老年精神医学会 (2008/6/28), 神戸.

723889. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎臓移植患者の心理反応と特性不安の関係. 立松聖一1, 岩満優美2, 山本賢司3, 宮岡 等3 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3精神): 日本健康心理学会第21回大会 (2008/9/12), 町田市.

723890. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アルコール依存症者の飲酒に関する多面的な認知を評価するための質問紙尺度 (Drinking-Related Cognitions Scale: DRCS) の開発とその信頼性と妥当性の検討. 澤山 透1, 米田順一, 田中克俊2, 白川教人, 一青良太1, 林 朗清1, 樋口 進, 宮岡 等1 (1精神, 2医療系研究科): 第20回日本アルコール精神医学会 (2008/9/15), 横浜.

723891. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 認知症介護者が抱えるバーンアウトに関連する因子の検討. 高井美智子1, 高橋 恵2, 岩満優美3, 大石 智2, 宮岡 等2 (1医療系研究科・医療心理学, 2精神, 3医療系研究科): 日本心理学会第72回大会 (2008/9/20), 札幌.

723892. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重度の神経性無食欲症患者の医療保護入院による入院治療. 高橋恵理1, 加藤頼子1, 竹島 望1, 早坂 佑1, 小熊魅香1, 柳かおり1, 林 朗清1, 嘉納明子1, 高橋 恵1, 宮岡 等1 (1精神): 第4回日本摂食障害学会学術集会 (2008/9/21), 東京都港区.

723893. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳腺外来受診患者の遺伝に関する意識と心理特性. 安藤記子1, 岩満優美2, 岡崎賀美3, 蔵並 勝4, 和田芽衣1, 山本賢司5, 宮岡 等5 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3大和会東大和病院, 4精神, 5外科): 日本心理学会第72回大会 (2008/9/21), 札幌.

723349. [学会 (全国)] (一般講演) 乳がん確定診断後の心理的反応と感情抑制傾向について. 中谷有希1, 岩満優美2, 蔵並 勝3, 安田裕恵1, 山本賢司4, 宮岡 等4 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3外科, 4精神): 第16回日本乳癌学会学術総会 (2008/9/26), 大阪.

723894. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳腺外来初診患者の遺伝に関する意識. 安藤記子1, 岩満優美2, 岡崎賀美3, 蔵並 勝4, 山本賢司5, 宮岡 等5 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3大和会東大和病院, 4外科, 5精神:): 日本人類遺伝学会第53回大会 (2008/9/29), 横浜.

723895. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳腺外来初診患者の心理特性, 自覚症状, 乳がん家族歴と気分状態の関連性について. 安藤記子1, 岩満優美2, 岡崎賀美3, 蔵並 勝4, 和田芽衣1, 安田裕恵1, 山本賢司5, 宮岡 等5 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3大和会東大和病院, 4外科, 5精神): 第21回日本サイコオンコロジー学会総会 (2008/10/10), 東京.

723896. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳がん確定診断時の心理的反応と感情抑制傾向について. 中谷有希1, 岩満優美2, 岡崎賀美3, 安田裕恵1, 安藤記子1, 渡邊昌彦4, 山本賢司5, 宮岡 等5 (1医療系研究科・医療心理学, 2医療系研究科, 3大和会東大和病院, 4外科, 5精神): 第24回日本ストレス学会学術総会 (2008/10/31), 大阪.

723897. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) WISC-IIIにおける誤答の解析 (その1)−誤答の非順当性の数量化に関する予備的検討−. 井上勝夫1, 佐藤千穂子1, 勝見千晶1, 北村由美子1, 小原三枝1, 野磨美1, 宮地英雄1, 生地 新2, 宮岡 等1 (1精神, 2医療系研究科): 第49回日本児童青年精神医学会総会 (2008/11/7), 広島.

723898. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 看護師への外傷体験に対するリエゾン精神専門看護師による介入への検討. 白井教子1, 山本賢司2, 宮岡 等2 (1看護キャリア開発・研究センター, 2精神): 第21回日本総合病院精神医学会総会 (2008/11/28), 千葉市.

723899. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精神科身体合併症病棟リニューアル前後での変化について. 新井久稔1, 山本賢司1, 井上勝夫1, 吉岡正哉2, 塚原敦子1, 丸香奈枝3, 増田竜大1, 橋本信一郎1, 中村元美1, 宮岡 等1 (1精神, 2興生会相模台病院精神神経科, 3相模台クリニック): 第21回日本総合病院精神医学会総会 (2008/11/28), 千葉市.

723900. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎臓移植患者の心理反応と特性不安の関係. 立松聖一1, 山本賢司2, 岩満優美3, 佐藤千穂子2, 吉田一成4, 宮岡 等2 (1医療系研究科・医療心理学, 2精神, 3医療系研究科, 4泌尿器): 第21回日本総合病院精神医学会 (2008/11/29), 千葉市.

723901. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精神科における地域連携ネットワークの試み. 大石 智1, 宮岡 等1, 田中克俊2, 岩満優美2 (1精神, 2医療系研究科・専任教員): 第28回日本社会精神医学会 (2009/2/27), 栃木.

731140. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) うつ病の範囲が広がる中で治療をどう考えるか. 宮岡 等 (精神):川崎市精神神経科医会学術講演会 (2008/5/17), 川崎.

731141. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 【抑うつフォーラム2008〜プライマルケアと精神科の更なる連携の為に〜】プライマリケアにおけるうつ病診療のピットフォール. 宮岡 等 (精神): 日本医師会生涯教育講座【抑うつフォーラム2008】 (2008/10/20), 旭川.

731142. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) うつ病からみたメンタルヘルス. 宮岡 等 (精神): 日本病院ライブラリー協会2008年度第2回研修会 (2008/11/15), 江東区.

731143. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) うつ病、身体症状、内果疾患. 宮岡 等 (精神): 第9回不安とうつのリエゾン治療研究会 (2008/11/20), 郡山.

731144. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学病院での児童精神専門研修課程事始. 井上勝夫 (精神): 第51回神奈川児童青年精神医学研究会 (2008/11/29), 横浜市.

732103. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座・教育講演) 労務安全衛生管理夏期講座「メンタルヘルスの復職支援について」〜復職を繰り返すケースへの対応. 山本賢司 (精神): (社) 神奈川労務安全衛生協会 (2008/7/11), 横浜市

732104. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座・教育講演) 市民大学−子どもの心と精神医学−. 井上勝夫 (精神): 市民大学 (相模原市教育委員会, 座間市教育委員会, 北里大学) (2008/10/2), 北里大学L3号館.

732105. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座・教育講演) 大学病院における児童精神専門研修課程の試み. 井上勝夫1, 勝見千晶1, 小原三枝1 (1精神): 第7回東京子どものメンタルヘルス研究会 (2008/10/15), 東京都文京区.

733402. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 研修医の精神科研修を通したコミュニケーションスキルの変化. 油谷元規1, 高橋 恵2, 井上 彩1, 宮岡 等2, 石井雄吉1 (1明星大, 2精神): 神奈川精神医学会 (2008/3/8), 横浜.

733403. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) リスペリドンが有効であった疼痛妄想の一症例. 石井達範1, 林 朗清1, 木夘かおり1, 高橋 恵1, 宮岡 等1 (1精神): 神奈川県精神医学会総会 (2008/7/12), 神奈川県 横浜市.

733404. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 精神科身体合併症病棟入院患者の臨床的特徴について. 増田竜大1, 新井久稔1, 吉岡正哉2, 丸香奈恵3, 塚原敦子1, 松原直美1, 井上勝夫1, 山本賢司1, 宮岡 等1 (1精神, 2興生会相模台病院精神神経科, 3相模台クリニック): 神奈川県精神医学会総会第156会例会 (2008/7/12), 横浜市.

733405. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎移植後の免疫抑制療法中に振戦と幻覚妄想状態を呈した一例. 神谷俊介1, 山本賢司1, 宮地英雄1, 吉田一成2, 宮岡 等1 (1精神, 2泌尿器): 神奈川県精神医学会総会第156回例会 (2008/7/12), 横浜市.

733406. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 非定型抗精神病薬が奏効した疼痛性障害の1例. 石井達範1, 林 朗清1, 高橋 恵1, 宮岡 等1 (1精神): 神奈川精神医学会 (2008/7/12), 横浜.

733407. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) International Current Concept in Dentistry−歯科における最新診断・治療コンセプト−「医科から診たTMD」. 宮岡 等 (精神): 神奈川歯科大学 噛み合わせリエゾン診療科サマーセミナー2008 (2008/8/30), 横須賀市.

733408. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 【日本医師会生涯教育講座】抗うつ薬がよくないうつ病・効かないうつ病・効くうつ病. 宮岡 等 (精神): 平成20年度第3回Four Season's Conference 相模原市内科医会 (2008/11/12), 相模原市.

733409. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 患者の訴える‘咬合の異常感’の原因は, 口腔に存在するか?−歯科における多軸診断の重要性−. 玉置勝司1, 和気裕之1, 三橋 晃1, 島田 淳, 小林 優1, 松本 進1, 菅谷 彰1, 櫻井 孝1, 池田浩子1, 野村清香1, 宮地英雄2, 宮岡 等2 (1神奈川歯大咬み合わせリエゾン診療科, 2精神): 日本歯科医学会 第25回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い (平成20年度)」 (2009/1/10), 千代田区.

733410. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 線維筋痛症のメンタルケアー. 宮岡 等 (精神): 厚生労働省線維筋痛症研究班「線維筋痛症教育研修会」 (2009/2/11), 千代田区.

733411. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 歯科医に知っておいて欲しい精神医学・心身医学の知識. 宮地英雄1, 宮岡 等1 (1精神): 昭島市歯科医師会講演会 (2009/2/25), 昭島.

733412. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 呼吸苦と嚥下時違和感を主訴に時間外外来を頻回に受診した初老期の心気障害の一例. 新井久稔1, 山本賢司1, 井上勝夫1, 丸香奈恵2, 塚原敦子1, 橋本信一郎1, 中村元美1, 中村 充1, 宮岡 等1 (1精神, 2相模台クリニック): 第29回神奈川県心身医学会 (2009/3/7), 横浜市.

H19年度以前分

[著 書]

H17-620001. [学術書] (分担執筆) 【標準精神医学】I 面接法, p.71-80, 第6章コンサルテーション・リエゾン精神医学, p.159-67. 宮岡 等 (精神), 編 野村総一郎, 樋口輝彦, 医学書院, 2005/4発行.

H18-620005. [学術書] (分担執筆) 【改訂レジデントハンドブック 抗不安薬・睡眠薬・抗うつ薬・気分安定薬の使い方】抑うつ, p.282-7. 田野尻俊郎, 吉邨善孝1, 宮岡 等1 (1精神), 編 上島国利, 久保木富房, アルタ出版, 2006/10発行.


放射線科学

[学術論文]

110244. [原著] Phase II study of radiation therapy combined with weekly nedaplatin in locally advanced uterine cervical carcinoma (LAUCC): Kitasato Gynecologic Radiation Oncology Group (KGROG 0501) - initial analysis. 新部 譲1, 角田新平2, 上坊敏子2, 今井 愛2, 松尾恵太郎, 松永敬二1, 海野信也2, 早川和重1 (1放射線, 2産婦): Eur J Gynaec Oncol 2008; 29 (3): 222-4.

110245. [原著] Four-year experience of interstitial permanent brachytherapy for Japanese men with localized prostate cancer. 石山博條1, 佐藤威文2, Kitano M, Tsumura H, 小谷承子1, 大草 洋2, 上前峰子3, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線, 2泌尿器, 3放射線部): Jpn J Clin Oncol 2008/6; 38 (7): 469-73.

110246. [原著] Inter-software variability in post-implanted CT analysis for interstitial permanent brachytherapy for prostate cancer: differences in automatically detected seed location. 石山博條1, Nakamura R, 佐藤威文2, Tanji S, 上前峰子3, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線, 2泌尿器, 3放射線部): Radiother Oncol 2008/8; 89 (2): 214-6.

110247. [原著] Needle position during (125)I seed implantation: accurately recognized by sagittal transrectal ultrasonography [corrected]. 石山博條1, 小谷承子1, 佐藤威文2, 上前峰子3, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線, 2泌尿器, 3放射線部): Radiat Med 2008/10; 26 (8): 512-5. Erratum in: Radiat Med 2008/12; 26 (10): 636.

110248. [原著] Value of high-dose radiation therapy for isolated osseous metastasis in breast cancer in terms of oligo-recurrence. 新部 譲1, 蔵並 勝2, 松永敬二1, 高屋麻美子1, 柿田聡子1, 原 敏将1, Kenji Sekiguchi, 渡邊昌彦2, 早川和重1 (1放射線, 2外科): Anticancer Res 2008; 28 (6B): 3929-31.

110249. [原著] Needle position during I seed implation:accurately recognized by sagittal transrectal ultrasonography. 石山博條1, 小谷承子1, 佐藤威文2, 上前峰子3, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線, 2泌尿器, 3放射線部): Radiat Med 2008; 26: 512-5.

110250. [原著] Interactive-plan technique conquers the disadvantages of volume-reducing hormone therapy in (125)I permanent implantation for localized prostate cancer. 石山博條1, 佐藤威文2, Kitano M, 小谷承子1, 上前峰子3, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線, 2泌尿器, 3放射線部): Int J Clin Oncol 2009/2; 14 (1): 53-5.

110251. [原著] Asymmetrical position of the fornices with reference to mamillary bodies: magnetic resonance image observation. 松永敬二1, 菅 信一1, 早川和重1 (1放射線): Kitasato Med J 2009; 39 (1): 13-7.

110252. [原著] Four-year Experience of Interstitial permanent Brachytherapy for Japanese Men with Localized Prostate Cancer. 石山博條1, 佐藤威文2, Masashi Kitano, Hideyasu Tsumura, 小谷承子1, 大草 洋2, 上前峰子3, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線, 2泌尿器, 3放射線部): Jpn J Clin Oncol 2008; 38 (7): 469-73.

110253. [原著] Blockade of an angiotensin type I receptor enhances effects of radiation on tumor growth and tumor-associated angiogenesis by reducing vascular endothelial growth factor expression. 大沼雄一郎1, 戸田雅也2, 藤田 護3, Hosono K, 鈴木立紀4, Ogawa Y, 天野英樹5, Kitasato H, 早川和重1, 馬嶋正隆4 (1放射線, 2麻酔, 3整外, 4薬理, 5呼吸器外): Biomed Pharmacother. 2009/2; 63(2): 136-45.

110254. [原著] Genitourinary Toxycity after high-dose-rate(HDR)Brachytherapy combined with hypofractioned external beam radiotherapy for localized prostate cancer : AN analysis to determine the brachytherapy and severity of foxicity. 石山博條1, Masashi Kitano, 佐藤威文2, 小谷承子1, 上前峰子3, 松本和将2, Hiroshi Okuda, 田畑健一2, 馬場志郎2, 早川和重1 (1放射線, 2泌尿器, 3放射線部): Int J radiat Oncol Biol phys 2009; p.1-6. (doi:10.1016/j.ijrobp.2008.11.006).

120110. [原著] 局所進行子宮頸癌に対するnedaplatin同時併用放射線療法の第II相試験 (KGROG0501): 初期15例解析結果. 新部 譲1, 角田新平2, 新井正秀2, 新井 努2, 川口美和2, 松永敬二1, 高屋麻美子1, 浜田幸宏3, 松尾恵太郎, 上坊敏子2, 海野信也2, 早川和重1 (1放射線, 2産婦, 3薬剤部): 臨床放射線 2008; 53 (9): 1127-31.

120111. [原著] T2N0声門癌に対する化学放射線療法の意義. 新部 譲1, 中山明仁2, 宮本俊輔2, 岡本牧人2, 早川和重1 (1放射線, 2耳鼻): 頭頸部癌 2008; 34 (3): 352-4.

120112. [原著] 手術可能I期非小細胞肺癌に対する定位放射線治療の多施設共同研究成績. 大西 洋, 永田 靖, 平岡真寛, 白土博樹, 五味光太郎, 有本卓郎, 唐澤克之, 新部 譲1, 早川和重1, 高井良尋, 木村智樹, 武田篤也, 大内 敦, 晴山雅人, 小久保雅樹, 原 竜介, 伊丹 純, 山田和成, 萬里乃寛, 斉藤 亮, 荒屋正幸, 青木真一, 栗山健吾, 小宮山貴史, 荒木 力 (1放射線): 山梨肺癌研究会誌 2008/5; 21: 52-6.

120113. [原著] 子宮頸癌の腹部傍大動脈リンパ節単独再発例に対する放射線単独治療成績: oloigo-recurrenceの立場から. 原 敏将1, 新部 譲1, 角田新平2, 新井正秀2, 新井 努2, 川口美和2, 二井美津穂2, 小野重満2, 沼田 彩2, 松永敬二1, 海野信也2, 早川和重1 (1放射線, 2産婦): 臨床放射線 2009/3; 54: 423-6.

210018. [準原著] 3D conformal single high-dose boost radiosurgery for peripheral stage I non-small cell lung cancer using C-arm linear accelerator and a spiro-analyzer: A final result. 早川和重1, Kitano M, 新部 譲1, 石山博條1, 小谷承子1, 上前峰子2, 片桐真人3, 益田典幸4, 原 英則5, 吉村博邦5 (1放射線, 2放射線部, 3医療衛生学部, 4呼吸器内, 5呼吸器外): The proceeding of 15th World Congress for Bronchology (WCB) and 15th World Congress for Bronchoesophagology (WCBE) 2008; p.69-73.

220028. [準原著] Chimera stent-graftの試作. 西巻 博1, 樫見文枝2, 矢内原久1, ウッドハムス令子1, 佐々木真弓, 瀧川政和, 松永敬二1, 町井正人3, 磯部義憲, 相馬一亥2, 早川和重1 (1放射線, 2救命, 3心臓血管外): IVR会誌 2008; 23: 18-9.

220029. [準原著] 腹腔内出血に対する緊急IVR. 西巻 博1, 樫見文枝2, ウッドハムス令子1, 神應知道2, 河村砂織1, 松永敬二1, 相馬一亥1 (1放射線, 2救命): IVR会誌 2008; 23: 153-65.

520174. [総説] 診断医のための放射線治療再入門. 早川和重 (放射線): 画像診断 2008; 28 (6): 491-9.

520175. [総説] 肺癌放射線療法の適応: 原発巣と転移巣. 早川和重 (放射線): Modern Physician 2008/6; 28 (6): 898-901.

520176. [総説] 北里大学病院でのがんプロフェッショナル育成: 放射線治療に関わる専門医師, 医学物理士育成を中心に. 早川和重1, 岡安 勲2, 相澤好治3 (1放射線, 2病理, 3衛生・公衆衛生): 新医療 2008/7; No.403: 108-11.

520177. [総説] 術前化学療法の効果判定における画像診断. ウッドハムス玲子1, 柿田聡子1, 秦 博文, 尾崎正則, 岩渕啓一2, 蔵並 勝3, 早川和重1 (1放射線, 2病理, 3外科): 臨床画像 2008; 24 (4): 472-9.

520178. [総説] 【福岡正博 編: 日本臨牀・増刊号「肺癌: 基礎・臨床研究のアップデート」】肺癌放射線療法の概説. 早川和重 (放射線): 日本臨牀 2008; 66 (増刊号6): 451-7.

520179. [総説] 失敗プロジェクトの深層にあるもの. 村田晃一郎 (放射線): IT Vison (インナービジョン 別冊) 2008/7; 23 (7): 20-4.

520180. [総説] 【脊柱管の中】正常解剖と症候群 外傷. 菅 信一 (放射線): 臨床画像 2008/8; 24 (8): 997-1005.

520181. [総説] 【特集: 肺がん−がん津波への備え】肺癌放射線療法の実際. 早川和重 (放射線): 総合臨牀 2008/9/1; 57 (9): 2324-30.

520182. [総説] 子宮癌と放射線療法. 早川和重1, 新部 譲1 (1放射線): 産婦人科治療 2008/9/1; 97 (3): 276-80.

520183. [総説] T2N0声門癌に対する化学放射線療法の意義. 新部 譲1, 中山明仁2, 宮本俊輔2, 岡本牧人2, 早川和重1 (1放射線, 2耳鼻): 頭頸部癌 2008/9; 34: 352-4.

520184. [総説] 大血管ステントグラフト時代の幕開けースタンフォードB型大動脈解離に対するステントグラフト内挿術 (Endovascular stent-grafts placement for Stanford B type aortic dissection). 西巻 博1, 矢内原久 (1放射線): 臨床放射線 (Japanease Journal of clinical radilogy) 2008/11; 53 (12): 1694-702.

520185. [総説] 周産期出血に対するInterventional Radiology. 柿田聡子1, 西巻 博1, 矢内原久, 天野 完2 (1放射線, 2産婦): 周産期医学 2008; 38: 843-6.

522041. [講座] 特集: 再発/転移癌への新たな治療戦略−oligometastasesとoligo-recurrenceの立場から−. 新部 譲1, 蔵並 勝2, 松永敬二1, 高屋麻美子1, 柿田聡子1, 原 敏将1, 林 京子2, 仙石紀彦2, 吉村直子2, 関口建次, 渡邊昌彦2, 早川和重1 (1放射線, 2外科): 北里医学 2008; 38 (2): 117-9.

522042. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放射線): 画像診断 2008/7; 28 (7): 676-7.

522043. [講座] 【シンポジウム】画像診断の最近の進歩: 中枢神経の画像診断. 菅 信一 (放射線): 神奈川医学会雑誌 2008/7; 35 (2): 41-5.

522044. [講座] 神経放射線. 菅 信一 (放射線): 画像診断 2008/12; 28 (12): 1480-1.

522045. [講座] 腹腔内出血に対する緊急IVR. 西巻 博1, 樫見文枝2, ウッドハムス玲子1, 神應知道2, 河村砂織1, 松永敬二1, 相馬一亥2 (1放射線, 2救命): IVR会誌 2008; 23: 153-65.

522046. [講座] 【第21回神奈川心不全研究会シンポジウム】MRIでの心不全疾患の鑑別診断. 鴇田尚樹1, 松永敬二1, 菅 信一1, 猪又孝元2, 和泉 徹2, 早川和重1 (1放射線, 2循環器内): Therapeutic Research 2009; 30 (7): 1173-7.

540085. [その他] Chimera stent-graftの試作. 西巻 博1, 樫見文枝2, 矢内原久1, ウッドハムス玲子1, 佐々木真弓, 瀧川政和, 松永敬二1, 三好 豊, 町井正人, 磯部義憲, 相馬一亥2, 早川和重1 (1放射線, 2救命): IVR会誌 (第25回日本Metallic Stents&Grafts研究会 研究発表集) 2008; p.18-9.

[著 書]

620165. [学術書] (分担執筆) 【MOOK肺癌の臨床2008〜2009】I期非小細胞肺癌に対する放射線療法の考え方, p.295-301. 早川和重 (放射線), 監修 加藤治文, 西條長宏, 福岡正博, 小林紘一, 海老原善郎, 井内康輝, 早川和重, 篠原出版新社, 東京, 2008発行.

620166. [学術書] (分担執筆) 【放射線治療計画ガイドライン2008】p.123-9. 早川和重 (放射線), 編 日本放射線科専門医会・医会・日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会,日本放射線科専門医会・医会 (メディカル教育研究社), 2008発行.

620167. [学術書] (分担執筆) 【放射線治療計画ガイドライン2008】Oligometastases, p142.. 新部 譲 (放射線), 編 日本放射線科専門医会・医会・日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会,日本放射線科専門医会・医会 (メディカル教育研究社), 2008発行.

620168. [学術書] (分担執筆) 【血液内科クリ二カルスタンダード 第2版】血液疾患と放射線療法, p.90-3. 新部 譲 (放射線), 編 東原正明, 須永真司, 文光社, 東京, 2008/10/1発行.

620169. [学術書] (分担執筆) 【インフォームドコンセントのための図説シリーズ「肺癌」改訂3版】肺がんの治療. 1) 総論 A放射線療法, P.72-7. 早川和重 (放射線), 編 西條長宏, 加藤治文, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2009/2/2発行.

620170. [学術書] (分担執筆) 【がん看護実践-3 放射線治療を受けるがんサバイバーへの看護ケア】最新のがん放射線治療−治療と効果・有害事象との関連がわかる, p.1-18. 早川和重 (放射線), 編著 嶺岸秀子, 千崎美登子, 近藤あゆみ, 医歯薬出版, 東京, 2009/2/10発行.

[学会・研究会等]

712032. [学会 (国際)] (シンポジウム) Clinical trials of radiation therapy for lung cancer in Japan. 早川和重1, Satoshi Ishikura, Masahiro Hiraoka (1放射線): 9th Seoul Radiation Oncology Symposium, Radiotherapy in Lung Cancer (2009/3/13), Seoul National University Hospital Clinical Research Institute Auditorium, Seoul, Korea.

713192. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical Significance of HER2 Expression in Uterine Cervical Carcinoma Treated with Concurrent Chemoradiotherapy: Prospective Analysis (KGROG0501). 新部 譲1, 渡邉 純2, 角田新平3, 今井 愛3, 上坊敏子3, Keitaro Matsuo, 海野信也3, 早川和重1 (1放射線, 2病理, 3産婦): American Association for Cancer Research (AACR) annual meeting 2008 (2008/4/12-17), Los Angeles, California, USA.

713193. [学会 (国際)] (一般講演) CO2 angiography to evaluate ruptures hepatocellular carcinoma. 河村砂織1, 西巻 博1, 大沼雄一郎1, Satoshi Anamura, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 入江つぐみ1, 小笠原豪1, 藤井 馨1, 松永敬二1, 相馬一亥2, 早川和重1 (1放射線, 2救命): Joint Meeting of the 10th International Symposium on Interventional Radiology & New Vascular Imaging and the 37th Annual Meeting of the Japanese Society of Interventional Radiology (2008/5/14-17), Karuisawa, Nagano, Japan.

713194. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical significance of radiation sensitivity of nuclear survivin expression in uterine cervival carcinoma treated with concurrent chemoradiotherapy: prospective analysis (KGROG0501). 新部 譲1, 渡邉 純2, 角田新平3, 今井 愛3, 上坊敏子4, 新井正秀3, 新井 努3, 川口美和3, 海野信也3, 早川和重1 (1放射線, 2病理, 3産婦, 4愛知県がんセンター研究所): 44th Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (2008/5/30-31), シカゴ, 米国.

713195. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Demonstratio of spinal epidural vascular malformation on contras enhanced MRA in a case of spontaneously resolved acute epidrual hematoma. 菅 信一1, 早川和重1 (1放射線): 第33回欧州神経放射線学会 (2008/9/18), クラコフ, ポーランド.

713196. [学会 (国際)] (一般講演) Phase I/II Trial of Concurrent use of TS-1 in Radiation Therapy for Laryngeal Cancer. 早川和重1, 中山明仁2, Kitano M, 新部 譲1, 石山博條1, 小谷承子1, 宮本俊輔1, 竹田昌彦2, 清野由輩2, 岡本牧人2 (1放射線, 2耳鼻): 50th Annual Meeting of American Society for Therapeutic Radiology and Oncology (ASTRO) (2008/9/21-25), Boston, USA.

713197. [学会 (国際)] (一般講演) Concomitant Expression of HER2 and HIF-1 is a Poor Prognostic Factor in Uterine Cervical Carcinoma Treated with Concurrent Chemoradiotherapy. 新部 譲1, 渡邉 純2, 角田新平3, 今井 愛3, 上坊敏子3, 新井正秀3, Matsuo K, 海野信也3, 早川和重1 (1放射線, 2病理, 3産婦): 50th Annual Meeting of American Society of Therapeutic Radiology and Oncology (2008/9/21-25), Boston, USA.

713198. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Phase II study of radiation therapy combined with weekly nedaplatin in locally advanced uterine cervical carcinoma: KGROG0501 - initial analysis. 新部 譲1, 角田新平2, 新井正秀2, 新井 努2, 川口美和2, 葛岡美津穂2, 小野重満2, 松永敬二1, 浜田幸宏3, 松尾恵太郎, 上坊敏子4, 早川和重1 (1放射線, 2産婦, 3薬剤部, 4社会保険相模野病院婦人科腫瘍センター): 12th Biennial Meeting of International Gynecological Cancer Societ (2008/10/25-28), バンコク, タイ.

713199. [学会 (国際)] (一般講演) SSG01-06: MRI T2-weighed Images Detected Infiltration Foci in Myocardium. 鴇田尚樹 (放射線): RSNA 2008 (2008/12/2), Chicago, USA.

713200. [学会 (国際)] (一般講演) LL-BR2178-H06: Mucinous Carcinoma of the Breast: Diffusion-weighted Imaging with Apparent Diffusion Coefficient Maps and Histologic Correlation. ウッドハムス令子 (放射線): RSNA 2008 (2008/12/2), Chicago, USA.

713201. [学会 (国際)] (一般講演) LL-PH2152-R10: Evaluation of the X-ray Digital Linear Tomosynthesis Reconstruction Processing Method for Metal Artifact Reduction. Tsutomu Gomi: RSNA 2008 (2008/12/4), Chicago, USA.

713202. [学会 (国際)] (ポスター) Emergency Endvascular Stent-Grafts Placement for the Treament of Standard B type Aortic Dissection with complications. 西巻 博1, 樫見文枝2, ウッドハムス玲子1, 田村幸穂, 瀧川政和, 林 宗博, 町井正人3, 磯部義憲, 早川和重1, 相馬一亥2 (1放射線, 2救命, 3呼吸器外): 34th Society of Interventional Radiology Annual Socientific meeting (2009/3/7-12), San Diego, USA, JVIR 2009; 11 (2): 306.

722177. [学会 (全国)] (教育講演) 【第8回IVR学会技術教育セミナー】出血: 腹部外傷における出血の制御. 西巻 博 (放射線): 第37回日本IVR学会総会 (2008/5/17), 軽井沢.

722178. [学会 (全国)] (シンポジウム) T2声門癌に対する化学放射線療法の意義. 新部 譲1, 中山明仁2, 岡本牧人2, 早川和重1 (1放射線, 2耳鼻): 第32回日本頭頸部癌学会 (2008/6/12-13), 東京, 頭頸部癌 2008; 34 (2): 116.

722179. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「診療ガイドラインセッション6・肺癌診療ガイドライン」放射線療法・化学放射線療法. 早川和重 (放射線): 第48回日本呼吸器学会 (2008/6/15-17), 神戸, 日本呼吸器学会雑誌 2008; 46 (増刊号): 15.

722180. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【頭蓋骨病変−診断から治療まで−】頭蓋骨病変の画像診断. 菅 信一 (放射線): 第13回日本脳腫瘍の外科学会 (2008/10/20), 大阪.

722181. [学会 (全国)] (シンポジウム) 「がん対策基本法とがん診療ガイドライン公開体制の在り方−現状と将来−」肺癌診療ガイドラインの公開体制−現状と将来−. 早川和重1, 坪井正博 (1放射線): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/30-11/1), 名古屋.

722182. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) ITプロジェクトの光と影. 宮原勅治, 瀬尾 恵, 村田晃一郎1, 岡田清久 (1放射線): 第27回日本医療情報学連合大会 (2007/11/24), 神戸.

722183. [学会 (全国)] (ERセミナー) 多発外傷における治療選択とIVR−適応と実際−. 西巻 博 (放射線): 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2008/10/24), 郡山市, 抄録集 2008; S570, 第18回救急放射線研究会とプログラム集 2008; 31-56.

722184. [学会 (全国)] (教育セミナー) 「第一回がん治療認定医試験において正答率が50%以下であった5領域を学ぶ」: 放射線治療の種類と適応. 早川和重 (放射線): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/11/1), 名古屋.

722185. [学会 (全国)] (シンポジウム) 企画・座長: 早期肺癌の治療戦略と展望. 早川和重 (放射線): 第49回日本肺癌学会総会 (2008/11/13), 北九州.

722186. [学会 (全国)] (教育セミナー) 放射線腫瘍学: 放射線療法概論. 早川和重 (放射線): 日本がん治療医認定機構2008年度教育セミナー (2009/1/10), 東京 (東京ビッグサイト).

723902. [学会 (全国)] (一般口演) 局所進行子宮頸癌に対する化学放射線療法におけるHER2の意義の前方視的解析: KGROG0501. 新部 譲1, 渡邉 純2, 角田新平3, 今井 愛3, 上坊敏子3, 原 敏将1, 松永敬二1 海野信也3, 早川和重1 (1放射線, 2病理, 3産婦): 第67回日本医学放射線学会学術集会 (2008/4/4-6), 横浜, 日本医放会誌, 第67回日本医学放射線学会学術集会抄録集 2008; S175.

723903. [学会 (全国)] (一般口演) 日本医師国家試験における放射線治療関連問題の検討. 根本建二, 早川和重1, 永倉久泰, 野宮琢磨, 和田 仁 (1放射線): 第67回日本医学放射線学会学術集会 (2008/4/4-6), 横浜, 日本医放会誌(2008/4/4-6)第67回日本医学放射線学会学術集会抄録集 2008; S176.

723904. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) T2NO声門癌に対する化学放射線療法の意義. 新部 譲1, 中山明仁2, 岡本牧人2, 早川和重1 (1放射線, 2耳鼻): 第32回日本頭頸部癌学会 (2008/6/13), 東京.

723905. [学会 (全国)] (一般口演) 外照射併用高線量率腔内照射によるIIIb期子宮頸部腺癌の治療成績: 多施設共同遡及的研究. 新部 譲1, 権丈雅浩, 大西 洋, 小川芳弘, 楮本智子, 北村達夫, 荻野伊知朗, 辻野佳世子, 播磨洋子, 早川和重1 (1放射線): 第44回特定非営利活動法人日本婦人科腫瘍学会学術集会 (2008/7/17-19), 名古屋, 第44回特定非営利活動法人日本婦人科腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集 2008; p.263.

723906. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Navigator echo併用3D fast SPGR (LAVA法) の基礎的検討. 尾崎正則, 秦 博文, 水上慎也, 佐藤真由美, 相沢 真, 菅 信一1, 松永敬二1, 河村砂織1, 岩館雄治, 神田健一, 塚元鉄二2 (1放射線, 2ジーイー横河メディカルシステム): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川.

723907. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Flow Saturation Preparation法を用いた非造影MRAによる下肢血管病変の評価. 松永敬二1, 平田光博, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 藤井 薫, 小笠原豪1, 菅 信一1, 早川和重1, 尾崎正則1, 秦 博文1, 佐藤真由美, 水上慎也, 三好光晴 (1放射線): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/13), 旭川.

723908. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 単一部位再発が骨転移のみの乳癌における放射線治療の意義. 新部 譲1, 武本充広, 兼安祐子, 蔵並 勝2, 渡邊昌彦2, 金澤 右, 永田 靖, 早川和重1 (1放射線, 2外科): 第16回日本乳癌学会総会 (2008/9/26), 大阪.

723909. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度脈管腫瘍栓合併進行肝細胞癌に対する初期治療としての単独放射線療法の有用性. 小谷承子1, 中澤貴秀2, 安達 滋2, 日高 央2, 小野弘二2, 奥脇裕介2, 高田樹一2, 田中賢明2, 渡邊真彰2, 渋谷明隆3, 早川和重1, 西元寺克禮2 (1放射線, 2消化器内, 3医療安全・管理): 第12回日本肝臓学会大会 (2008/10/1-3), 東京, 肝臓 2008; 49 (Supple. 2): A521.

723910. [学会 (全国)] (一般口演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線療法が奏効し根治的手術非施行例の検討. 小谷承子 (放射線): 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会 (2008/10/16-18), 札幌, 日本放射線腫瘍学会誌 2008; 20 (supple.1): 199.

723911. [学会 (全国)] (一般口演) 高度脈管腫瘍栓合併進行肝細胞癌に対する初期治療としての単独放射線療法の有用性. 小谷承子1, 中澤貴秀2, 安達 滋2, 日高 央2, 小野弘二2, 奥脇裕介2, 高田樹一2, 田中賢明2, 渡邊真彰2, 渋谷明隆3, 早川和重1, 西元寺克禮2 (1放射線, 2消化器内, 3医療安全・管理): 第12回日本肝臓学会 (2008/10/1), 東京.

723912. [学会 (全国)] (一般口演) 局所進行子宮頸癌に対する化学放射線療法におけるHER2の意義の前方視的解析:KGROG0501付随研究. 新部 譲1, 渡邉 純2, 角田新平3, 新井正秀3, 新井 努3, 川口美和3, 上坊敏子3, 松尾恵太郎, 海野信也3, 早川和重1 (1放射線, 2病理, 3産婦): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/30-11/1), 名古屋.

723913. [学会 (全国)] (一般口演) oligo-recurrence の立場からみた単一部位再発が骨転移のみの乳癌に対する放射線治療の意義の検討. 武本充広, 片山敬久, 勝井邦彰, 土井原博義, 松尾順治, 新部 譲1, 兼安祐子, 永田 靖, 早川和重1, 金澤 右 (1放射線): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/30-11/1), 名古屋.

723914. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 挙上空腸静脈瘤に対して経皮経肝的静脈瘤硬化療法 (PTS) を施行した1例. 藤井 馨1, 瀧川政和, 松永敬二1, 磯部義憲, 早川和重1 (1放射線): 第15回日本門脈圧亢進症学会総会 (2008/11/20), 福岡.

723915. [学会 (全国)] (一般口演) 化学放射線同時併用療法を施行した局所進行子宮頸癌におけるHER2およびHIF-1の発現の意義. 新部 譲1, 渡邉 純2, 角田新平3, 新井正秀3, 新井 努3, 川口美和3, 上坊敏子3, 松尾恵太郎, 海野信也3, 早川和重1 (1放射線, 2病理, 3産婦): 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2009/3/20-21), 名古屋, 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集 2009: p.223.

723916. [学会 (全国)] (一般口演) CT所見に基づく肝・脾損傷分類の提案. 山下寛高, 松本純一, 箕輪良行, 平 泰彦, 中島康雄, 服部貴之, 船窪正勝, 田島廣之, 水沼仁孝, 西巻 博1 (1放射線): 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (第18回救急放射線研究会) (2008/10/24), 郡山市, 抄録集 2008; S575.

731145. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 画像診断の御法度 2009. 菅 信一 (放射線): 第10回中国・四国NR勉強会 (2009/6/12), 米子.

731146. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Connecting the dots in Neuroradiology. 菅 信一 (放射線): 第112回日本医学放射線学会中国・四国地方会 (2009/6/12), 鳥取.

731147. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 救急医療におけるIVR. 西巻 博 (放射線): 第20回広島救急初療研究会 (2008/6/27), 広島.

731148. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 臨床医に必要な前立腺疾患の知識と前立腺癌の最新治療. 石山博條1, 早川和重1, 馬場志郎2 (1放射線, 2泌尿器): 第26回静岡市清水メディカルフォーラム (2008/11/26), 静岡.

731149. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 肺癌の正しい治療計画法: CTVを中心に. 早川和重 (放射線): 第7回九州放射線治療システム研究会 (2009/1/24), 福岡 (明治安田生命福岡ビル).

731150. 「学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 【ラウンドテーブルディスカッション基調講演】JASTROの将来のかたち. 早川和重 (放射線): 第7回九州放射線治療システム研究会 (2009/1/24), 福岡 (明治安田生命福岡ビル).

732106. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演) 密封小線源療法後における経過観察・合併症. 石山博條1, 早川和重1, 馬場志郎2 (1放射線, 2泌尿器): 前立腺癌密封小線源療法技術講習会 (2008/4/12), 東京.

732107. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 大動脈Stentgrafts内挿術の臨床的有用性と問題点. 西巻 博1, 樫見文枝2, ウッドハムス玲子1, 矢内原久, 山本信行, 三好 豊, 佐々木真弓, 瀧川政和, 林 完博, 町井正人3, 磯部義憲, 相馬一亥2, 早川和重1 (1放射線, 2救命, 3呼吸器外): 第26回日本Metalic Stent & Gradts研究会 (2008/5/17), 軽井沢.

732108. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 電子カルテと診療情報. 村田晃一郎 (放射線): 第101回北海道診療録管理研究会 (2005/6/12), 札幌.

732109. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 【第8回IVR学会夏期教育セミナー】ステントの設計と作成方法. 西巻 博 (放射線): 第8回IVR学会夏期教育セミナー (2008/8/2), 秦野.

732110. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 医療はPMそのものだ!−医療に対するPMの必要性−. 村田晃一郎 (放射線): PMI東京フォーラム2008 (2008/11/23), 東京.

733413. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 局所進行子宮頸癌に対する高線量率腔内照射を用いた化学放射線同時併用療法の第II相試験 (KGROG0501)-初期解析. 新部 譲1, 角田新平2, 新井正秀2, 新井 努2, 川口美和2, 葛岡美津穂2, 小野重満2, 沼田 彩2, 上坊敏子2, 海野信也2, 早川和重1 (1放射線, 2病産婦): 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第10回研究会 (2008/6/20-21), 岡山.

733414. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 経皮的トロンビン注入が有用であった動静脈瘻を伴った医原性大腿動脈仮性動脈瘤の1例. 田口智香子, 西 巻博1, 樫見文枝2, 入澤桃子, 小笠原豪1, 入江つぐみ1, 藤井 馨1, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 河村沙織1, 松永敬二1, 早川和重1 (1放射線, 2救命): 第3回日本IVR学会関東地方会 (2008/7/12), 東京.

733415. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 下腸間膜静脈−左腎静脈シャントによる肝性脳症に対してB-RTOを施行した一例. 小笠原豪1, 瀧川政和, 田口智香子, 入江つぐみ1, 藤井 馨1, 鴇田尚樹1, 入澤桃子, 柿田聡子1, 高屋麻美子1, 河村砂織1, 松永敬二1, 大沼雄一郎1, 大森智子1, 磯部義憲, 早川和重1 (1放射線): 第3回日本IVR学会関東地方会 (2008/7/12), 東京.

733416. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 挙上空腸静脈瘤出血に対して経皮経肝静脈瘤硬化療法 (PTS) を施行した1例. 藤井 馨1, 瀧川政和, 松永敬二1, 小笠原豪1, 大森智子1, 大沼雄一郎1, 柿田聡子1, 河村砂織1, 西巻 博1, 磯部義憲, 早川和重1 (1放射線): 第3回日本IVR学会関東地方会 (2008/7/12), 東京.

733417. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) CT所見に基づく肝・脾損傷分類の提案. 山下寛高, 松本純一, 箕輪良行, 平 恭彦, 中島康雄, 服部貴之, 船窪正勝, 田島廣之, 水沼仁孝, 西巻 博1 (1放射線): 第18回救急放射線研究会 (2008/10/24), 郡山市.

733418. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 下腸間膜静脈−中結腸静脈−脾腎シャントによる肝性脳症に対してB-RTOを施行した一例. 小笠原豪1, 瀧川政和, 松永敬二1, 日高 央2, 入江つぐみ1, 藤井 馨1, ウッドハムス玲子1, 大沼雄一郎1, 大森智子1, 磯部義憲, 早川和重1 (1放射線, 2消化器内): 第11回B-RTO研究会 (2008/11/21) 福岡.


麻酔科学

[学術論文]

110255. [原著] Clonidine prevents neurotoxic effects of lidocaine in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. 清水 要1, 比留間弘美2, 川上 倫2, 外須美夫1 (1麻酔, 2生理): Kitasato Med J 2008/3: 38 (1): 37-45.

110256. [原著] Roles of calcitonin gene-related peptide in facilitation of wound healing and angionenesis. 戸田雅也1, 鈴木立紀2, Hosono K, Kurihara Y, Kurihara H, Hayashi I, Kitasato H, 外須美夫1, 馬嶋正隆2 (1麻酔, 2薬理): Biomedicie & Pharmacotherapy 2008/3; 62 (6): 352-9.

110257. [原著] Intravenous Administration of Acetated Ringer'sSolution Containing Magnesium and 1% Glucose during Neurosurgery. 小坂康晴1, 岡本浩嗣1, 上野哲生1, 外須美夫1 (1麻酔): 循環制御 2008/5; 20 (1): 56-62.

110258. [原著] Leukotriene B4/leukotriene B4 receptor pathway is involved in hepatic microcirculatory dysfunction elicited by endotoxin. 伊藤壮平1, 伊藤義也2, 片桐寛之2, 鈴木立紀3, 外須美夫1, Yokomizo T, Shimizu T, 馬嶋正隆3 (1麻酔, 2外科, 3薬理): Shock 2008/7; 30 (1): 87-91.

110259. [原著] Combined spinal-epidural analgesia for labor pain: best timing of epidural infusion following spinal dose. 奥富俊之1, Saito M, 望月純子2, Krzysztof M Kuczkowski (1麻酔, 2産婦): Arch Gynecol Obstet (2009) 2008/7/16; 279: 329-34.

110260. [原著] Neuronal System-dependent facilitarion of tumor angiogenesis and tumor growth by calcitonin gene-related peptide. 戸田雅也1, 鈴木立紀2, Hosono K, Hayashi I , Hashida S, Ouma Y, 天野英樹3, Kurihara Y, 岡本浩嗣1, 外須美夫1, 馬嶋正隆2 (1麻酔, 2薬理, 3呼吸器外): Proc Natl Acad Sci USA 2008/8/29; 105 (36): 13550-5.

110261. [原著] Treatment of Lumbar Disk Herniation by Percutaneous Intradiscal High-Pressure Injection of Saline. 金井昭文 (麻酔): Pain Medicine 2009/1; 10 (1): 76-84.

110262. [原著] 8% Lidocaine Pump Spray Relieves Pain Associated With Peripheral Bood Flow Disorders. 鈴木麻葉1, 金井昭文1 (1麻酔): Clin J Pain 2009/2; 25 (2): 107-10.

110263. [原著] The Analgesic Effect of a Metered-Dose 8% Lidocaine Pump Spray in Posttraumatic Peripheral Neuropathy: A Pilot Study. 金井昭文1, 瀬川由夏, 岡本 貴1, 古藤正典, 岡本浩嗣1 (1麻酔): Anesth Analg 2009/3; 108 (3): 987-91.

120114. [原著] 北里大学病院における腰部椎間板ヘルニアに対する椎間板内加圧注射の治療成績. 鈴木麻葉1, 金井昭文1, 外須美夫1 (1麻酔): ペインクリニック 2008/1; 29 (1): 101-4.

120115. [原著] ラット脊髄くも膜下麻酔モデルにおけるミダゾラムの神経毒性−臨床製剤溶解液と蒸留水溶解液の比較−. 福島沙夜乃, 竹浪民江1, 柳下三郎2, 奈良佳洋2, 外須美夫1 (1麻酔, 2生物物理系): ペインクリニック 2008/10; 29 (10): 1373-80.

220030. [準原著] 社団法人日本麻酔科学会周術期肺血栓塞栓症調査 (2003年〜2005年) における主な整形外科手術別の解析. 北口勝康, 瀬尾憲正, 黒岩政之1, 中村真潮, 古家 仁 (1麻酔): Therapeutic Research 2008/5; 29 (5): 654-6.

320063. [症例報告] 8%リドカインスプレー (キシロカインポンプスプレーメ) により軽快した難治性陰部痛の1症例. 仁木有理子1, 松崎重之, 金井昭文1, 外須美夫1 (1麻酔): ペインクリニック 2008/2; 29 (2): 259-62.

320064. [症例報告] 遠絡療法が奏効した難治性failed back surgery syndromeの1症例. 金井昭文1, 外須美夫1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会誌 2008/4; 15 (2): 156-7.

320065. [症例報告] セレコキシブ内服中に起こった肺塞栓症の1例. 田澤利治1, 戸田雅也1, 大山輝康, 松田弘美, 金井昭文1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 臨床麻酔 2008/12; 32 (12): 2011-2.

521043. [解説] EXITを可能にするチーム作りの実際. 奥富俊之1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 小児外科 2008/7; 40 (7): 750-3.

521044. [解説] 【新生児蘇生講習会】臨床で困らないためにも知識と技術の維持と普及が大事. 奥富俊之 (麻酔): Lisa 2008; 15 (2): 196-7.

521045. [解説] 採血・点滴処置にともなう重大合併症について. 奥富俊之 (麻酔): 日本産婦人科医会報 2008; 60 (4): 10-1.

522047. [講座] すぐに役に立つロクロニウムの上手な使い方 第5章ロクロニウムの一般的臨床使用の実際  D帝王切開術. 奥富俊之 (麻酔): 日本臨床麻酔学会誌 2008; 28 (4): 678-84.

522048. [講座] 特集: 骨転移痛に対し, ラジオ波焼灼術を施行した1例. 田澤利治1, 山梨真里, 熊木千絵, 金井昭文1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 北里医学 2008/12; 38: 127-9.

540086. [その他 (巻頭言)] 「産科麻酔スタンダードおよび産科との接点」によせて. 奥富俊之 (麻酔): 日本臨床麻酔学会誌 2008; 28 (5): 750.

[学会・研究会等]

713203. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Perioperative Symptomatic Pulmonary Thromboembolism in High Risk Orthopedic Surgeries. 黒岩政之1, Norimasa Seo, Hitoshi Furuya, Katsuyasu Kitaguchi, Mashimo Nakamura (1麻酔): American Society of Anesthesiologists Annual Meeting (2008/9/18), Orland, FL, America.

713204. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Role of Perivascular Pool of Aquaporin-4 in Cerebral Edema Following Experimental Cardiac Arrest. 黒岩政之1, Paco S Herson, Richard J Traystman, Anish Bhardwaj (1麻酔): American Society of Anesthesiologists Annual Meeting 2008 (2008/9/20), Orland, FL, America.

713205. [学会 (国際)] (一般講演) Cauda equina injury was caused by posterior root damage on entry zone after intrathecal lidocain administration in rat. 竹浪民江1, 福島沙夜乃1, 奈良佳洋2, 比留間弘美3, 川上 倫3 (1麻酔, 2生物物理系, 3生理): Abstract Presentation Notification XXVII ESRA Annual Congress (2008/9/26), Italy.

713206. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of porostaglandin E1 on the pain and skin temperature in patients with postherpetic neuralgio. 金井昭文 (麻酔): American Society of Anesthesiologists (2008/10/18), Florida.

713207. [学会 (国際)] (一般講演) Procaine and ropivacaine were less neurotoxic than bupivacaine and lidocaine in in vitro study. 竹浪民江1, 比留間弘美2, 鈴木薫子1, 岡本 貴1, 川上 倫2 (1麻酔, 2生理): American Society of Anesthesiologists (2008/10/19), Florida.

713208. [学会 (国際)] (一般講演) Effects of sodium bisulfite on the axon of cultured mouse dorsal root ganglion neuron. 竹浪民江1, 比留間弘美2, 川上 倫2, 小磯進太郎1, 熊木千絵1 (1麻酔, 2生理): American Society of Anesthesiologists. (2008/10/19), Florida.

713209. [学会 (国際)] (一般講演) Analgesia of 4% lidocaine eyedrops for patients with ophthalmic postherpetic neuralgia. 金井昭文 (麻酔): American Society of Anesthesiologists (2008/10/20), Florida.

713210. [学会 (国際)] (一般講演) Estrogen is renoprotective in cardiac arrest. 中野貴明1, Hurn P, Hutchens M (1麻酔): American Society of Anesthesiologists (2008/10/20), Florida.

713211. [学会 (国際)] (一般講演) Analgesic effect of 8% lidocaine pump spray on angialgia associated with intravenous phenytoin. 鈴木麻葉1, 金井昭文1 (1麻酔): American Society of Anesthesiologists (2008/10/20), Florida.

713212. [学会 (国際)] (一般講演) Efficacy of a metered-dose 8% lidocaine pump spray for patients with posstherpetic neuralgia. 熊木千絵1, 田澤利治1, 金井昭文1 (1麻酔): American Society of Anesthesiologists (2008/10/21), Florida.

713213. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Ropivacaine is much less neurotoxic than levobupivacaine, bupivacaine and procaine in rat spinal mode. 竹浪民江1, Hukushima S, Nara Y, Yagishita S, 比留間弘美2, 川上 倫2 (1麻酔, 2生理): Neuroscience 2008 (2008/11/19), Washington DC.

713214. [学会 (国際)] (一般講演) Effects of CABG on LV diastolic function in patients with acute coronary syndrome. 岡本浩嗣1, 兵頭亜紀子1 (1麻酔): The 25th Annual Meeting of International Society for Heart Research Japanese Section (2008/12/6), Yokohama.

721023. [学会 (全国)] (特別講演) 産婦人科領域における脊髄くも膜下麻酔の最新の流れ−脊麻針を変えて患者をHappy にしよう−. 奥富俊之 (麻酔): 第60回 日本産科婦人科学会総会 (2008/4/13), 横浜.

721024. [学会 (全国)] (特別講演) TEEの症例検討. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本臨床麻酔学会第28回大会 (2008/11/21), 京都.

722187. [学会 (全国)] (ワークショップ) 【ワークショップ3】循環動態 Cardiovascular monitoring, 麻酔中のTEE: 基本操作, 壁運動の評価, 弁機能の評価 症例検討. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本麻酔科学会第55回学術集会 (2008/6/12), 横浜.

722188. [学会 (全国)] (リフレッシャーコース) 経食道心エコー法 (TEE) の基礎知識. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本麻酔科学会第55回学術集会 (2008/6/12), 横浜.

722189. [学会 (全国)] (シンポジウム) 心収縮性拡張性のコントロール: 強心薬の使用法. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本臨床麻酔学会第28回大会 (2008/11/21), 京都.

722190. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 【日本麻酔科学会 周術期肺血栓塞栓症ワーキンググループ調査結果より】周術期肺血栓塞栓症予防における抗凝固療法−周術期肺血栓塞栓症の現状−. 黒岩政之 (麻酔): 日本臨床麻酔学会第28回大会 (2008/11/21), 京都.

722191. [学会 (全国)] (シンポジウム) フェンタニルとレミフェンタニルの違いによる副作用と体液バランスの検討. 安藤寿恵, 山田由香里, 越後憲之, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会第28回大会 (2008/11/22), 京都.

722192. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 【日本麻酔科学会 周術期肺血栓塞栓症ワーキンググループの報告から】日本の周術期静脈血栓塞栓症予防の行方を考える−日本における周術期肺血栓塞栓症の特徴−. 黒岩政之 (麻酔): 第31回日本血栓止血学会学術集会 (2008/11/20-22), 大阪.

723917. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 拘束性換気障害を合併したDuchenne型筋ジストロフィー患者の脊椎側湾症手術の麻酔予後. 大澤 了, 古藤正典, 仁木有里子1, 奥富俊之1, 外須美夫1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第55回学術集会 (2008/6/12), 横浜.

723918. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Remifentanilを用いた腹部大動脈瘤切除再建術の麻酔管理. 瀬川由夏, 岡本浩嗣1, 外須美夫1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第55回学術集会 (2008/6/13), 横浜.

723919. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 無作為に分けた開腹・腹腔鏡下幽門側胃切除術後の呼吸, 疼痛鎮静度の比較. 伊藤伸大 (麻酔): 日本麻酔科学会第55回学術集会 (2008/6/13), 横浜.

723920. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 緩和医療の普及・・・緩和ケアチーム立上げのコンサルテーション. 田澤利治1, 外須美夫1 (1麻酔): 第13回日本緩和医療学会学術大会 (2008/7/5), 静岡.

723921. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 緩和ケアチームのサポートとは?癌性疼痛のコントロール入院中に不安定狭心症を発症した1例. 熊木千絵1, 田澤利治1, 金井昭文1, 山梨真里, 鈴木薫子1, 外須美夫1 (1麻酔): 第13回日本緩和医療学会学術大会 (2008/7/5), 静岡.

723922. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 癌性疼痛と診断されていた非癌性疼痛・・・後枝内側枝高周波熱凝固が有効だった椎間関節性腰痛の2例. 田澤利治1, 外須美夫1 (1麻酔): 第13回日本緩和医療学会学術大会 (2008/7/5), 静岡.

723923. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ステロイドにより改善した難治性術後幻肢痛の2症例. 熊木千絵1, 田澤利治1, 金井昭文1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/19), 福岡.

723924. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 知覚・痛覚定量分析装置PainVisionメによる区域麻酔の評価. 熊木千絵1, 金井昭文1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/19), 福岡.

723925. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腰部脊柱管狭窄症患者における硬膜外造影・洗浄前後のQOL評価. 中橋勇典, 小川賢一, 田澤利治1, 大木 浩, 太田周平, 小出康弘, 後藤隆久 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723926. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 8%リドカインスプレー(キシロカインポンプスプレーメ)による帯状疱疹後神経痛の疼痛管理. 仁木有理子1, 伊藤壮平1, 田澤利治1, 金井昭文1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723927. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) プロスタグランジンE1の帯状疱疹後神経痛に対する鎮痛作用のプラセボコントロール二重盲検研究. 岡本 貴1, 田澤利治1, 金井昭文1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723928. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) がん性疼痛における腹腔神経叢プロックの意義. 小川賢一, 中橋勇典, 大木 浩, 太田周平, 田澤利治1, 後藤隆久 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723929. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) フェニトインの点滴時血管痛に対する8%リドカインスプレーの鎮痛作用の二重盲検法による検討. 鈴木麻葉1, 岡本 貴1, 田澤利治1, 金井昭文1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723930. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 担癌患者の非癌性疼痛−後枝内側枝高周波熱凝固が有効だった椎間関節性腰痛の3例−. 田澤利治1, 岡本貴1, 財津將嘉, 金井昭文1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723931. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 遠絡療法とトリガーポイント注射の腰痛症に対する鎮痛作用の比較. 金井昭文1, 田澤利治1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723932. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 診断に難渋し向精神病薬により増悪したポルフィリン症の腹痛症例. 岡本 貴1, 田澤利治1, 金井昭文1 (1麻酔): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/20), 福岡.

723933. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 先天性僧帽弁狭窄症と経食道心エコー. 岡本浩嗣1, 兵頭亜紀子1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第13回学術大会 (2008/11/1), 沖縄.

723934. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児心臓手術時の脳組織酸素飽和度と体組織酸素飽和度の変動. 兵頭亜紀子1, 瀬川由夏, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第13回学術大会 (2008/11/1), 沖縄.

723935. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TEEの症例検討. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本臨床麻酔学会第28回大会 (2008/11/20), 京都.

723936. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新しい気道確保器具の挿管困難症例への適応. 戸田雅也1, 松田弘美, 兵頭亜紀子1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会 (2008/11/20), 京都.

723937. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) フェンタニル予想効果器濃度が抜管やリカバリールーム滞在に及ぼす影響. 大山輝康, 越後憲之, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会 (2008/11/20), 京都.

723938. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大量出血時におけるクリティカルポイントはなにか? 山田由香里, 安藤寿恵, 越後憲之, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会 (2008/11/22), 京都.

723939. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) フェンタニルとレミフェンタニルの違いによる副作用と体液バランスの検討. 安藤寿恵, 山田由香里, 越後憲之, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会 (2008/11/22), 京都.

723940. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 2006年及び2007年 (社) 日本麻酔科学会・周術期肺血栓塞栓症調査結果短報. 北口勝康, 黒岩政之1, 瀬尾憲正, 古家 仁, 中村真潮, 佐久間聖仁 (1麻酔): 第15回肺塞栓症研究会・学術集会 (2008/11/29), 東京.

731151. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 局所麻酔薬の毒性−基礎と臨床による検証−. 竹浪民江 (麻酔): 千葉県東葛地区麻酔勉強会 (2008/11/29), 千葉.

732111. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 心臓手術時におけるPDEV阻害薬の適応: 小児. 岡本浩嗣 (麻酔): 第2回周術期PDEV阻害薬研究会 (2009/2/7), 東京.

732112. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 心臓血管外科における経食道心エコー法の役割−新生児から超高齢者まで−. 岡本浩嗣 (麻酔): 周術期心臓血管外科フォーラム (2009/2/21), 福岡.

733419. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 下腸間膜静脈−中結腸静脈−脾腎シャントによる肝性脳症に対してB-RTOを施行した一例. 小笠原豪1, 瀧川政和1, 松永敬二1, 日高 央2, 入江つぐみ1, 藤井 馨1, ウッドハムス玲子1, 大沼雄一郎1, 大森智子1, 磯部義憲, 早川和重1 (1放射線, 2消化器内): 第11回B-RTO研究会 (2008/11/21), 福岡.

733420. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院における末梢循環不全に対する鎮痛プログラム. 大山輝康, 金井昭文1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 神奈川麻酔医会 平成20年度学術集会 (2009/2/7), 横浜.

733421. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎マクラデンサのV1a受容体発現と水電解質調節系に与える影響. 小林瑞佳1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): H20年度塩分摂取と体液量/高血圧の勉強会 (2) (2009/2/14) 東京.

733422. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 亜硝酸からのNOによる局所脳虚血再灌流後の脳保護効果. 岡本浩嗣1, 奈良佳洋2, 中野貴明1, 戸田雅也1 (1麻酔, 2生物物理系): 第13回日本神経麻酔・集中治療研究会 (2009/3/28), 大阪.

H19年度以前分

[学術論文]

H1-320001. [症例報告] 臨床経過より悪性高熱が強く疑われる一症例. 五味理恵, 浅井瑞枝, 竹中智昭, 新井正康1, 的野 博, 野見山延, 中野健司, 諸星康雄 (1麻酔): 麻酔と蘇生 1989; 25 (別冊悪性高熱研究の進歩XII): 115-8.

H9-120001. [原著 硬膜外麻酔と血管拡張薬を併用した肝切除麻酔管理が循環動態とストレスホルモンに及ぼす影響. 新井正康1, 野見山延, 小沢章子 (1麻酔): 麻酔 1997/2; 46 (2): 158-65.

H10-320001. [症例報告] 左室駆出率21%の腹部大動脈瘤手術における血管拡張薬併用硬膜外麻酔法. 新井正康1, 竹中智昭, 加藤清司 (1麻酔): 麻酔 1998/7; 46 (7): 970-4.

H13-520001. [総説] 人工呼吸器の種類と機能: 呼吸管理へのステップ. 新井正康 (麻酔): 臨床医 2001; 27 (7): 1972-5.

H14-520001. [総説] 救急患者のペインコントロール: 精神科的minimum requirement. 新井正康 (麻酔): 救急医学 2002; 26: 35-7.

H19-521001. [解説] 静脈血栓塞栓症: 一歩進んだ周術期予防と危機管理のために. 黒岩政之 (麻酔): 臨床麻酔 2008/3; 32 (臨増): 441-57.

H19-530001. [短報] Adi syndrome associated with general anesthesia. Mizuka Kobayashi, 竹浪民江1, Hiroshi Kimostuki, Kazuo Mukuno, 外須美夫1 (1麻酔): Canadian Journal of Anesthesia 2008/2; 55: 1-2.

H19-723012. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 軸索への亜硫酸水素ナトリウムの効果. 竹浪民江1, 比留間弘美2, 片倉 隆2, 外須美夫1, 川上 倫2 (1麻酔, 2生理): 第85回日本生理学会大会 (2008/3/26), 東京.


臨床検査診断学

[学術論文]

110264. [原著] Prognostic potential of a PSA complex in sera of prostate cancer patients with α2 macroglobulin deficiency. 狩野有作1, Ohara T, Egawa S, 馬場志郎2, 赤星 透3 (1臨検学, 2泌尿器, 3総合診療): J Clin Lab Anal 2008/6; 22 (4): 302-6.

110265. [原著] Association of IgG N-linked oligosaccharide Chains and proteases in sera of prostate cancer patients with and without α2 macroglobulin deficiency. 狩野有作1, Egawa S, 馬場志郎2, 赤星 透3 (1臨検学, 2泌尿器, 3総合診療): J Clin Lab Anal 2009/1; 23: 125-31

110266. [原著] Single nucleotide polymorphism typing of human toll-like receptor 4 gene and the 2kb upstream resion of the 5'untranslated region-new enclosure strategy for risk grouping of poorly-differentiated gastric adenocarcinoma. Ohara T, 狩野有作1, Tani N, Ohdaira H, Suzuki Y, Kameyama J, Yoshino K, Kitazima M (1臨検学): Mol Med Rep 2009/1; 2: 17-21.

220031. [準原著] 日本人は一生の間に何回輸血を受けるのか?−神奈川県6病院の分析からの推計−. 吉場史郎, 加藤俊一, 大谷慎一1, 小原邦義2, 前田清子, 南睦彦, 寺内純一, 渡会義弘, 金森平和, 稲葉頌一, 絹川直子 (1臨検学, 2心臓血管外): 日本輸血細胞治療学会誌 2009/1; 55 (1): 48-57.

522049. [学術論文] (講座) 【こんな検査異常をみつけたら〜考える臨床検査〜】「特集: I. あれ? 異常値だ! どうしよう!」6.総蛋白が高い!: 総蛋白 (TP) が高い原因と, 付随する病態をどのように診断するか? その原因を確定するための手順を知ろう. 大谷慎一 (臨検学): 臨床研修プラクティス 2009/2; 6 (3): 40-4.

540087. [その他 (研究報告書)] 【平成20年度神奈川県合同輸血療法委員会「神奈川県の適正使用を進めるために〜新鮮凍結血漿とアルブミンの使用状況, 小児輸血, および輸血検査実施状況について〜」】新鮮凍結血漿とアルブミンの使用状況に関する調査 医療機関での取り組み. 大谷慎一 (臨検学): 適正使用実践のための実態調査・結果報告書 2009/3; p.31-7.

[著 書]

620171. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】ウロビリノーゲン, p.5. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620172. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿PH, p.5. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620173. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿蛋白, p.5. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620174. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿糖 (ブドウ糖), p.5. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620175. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿比重, p.5. 宮澤幸久, 米山彰子, 狩野有作1 (1臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620176. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿アセトン体 (ケトン体), p.6. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620177. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿ウロビリン, p.6. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620178. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿ビリルリン, p.6. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620179. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿潜血 (潜血反応), p.6. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620180. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】試験紙法による尿細菌検査, p.7. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620181. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】試験紙法による白血球検, p.7. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620182. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】食塩検査, p.7. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620183. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿アルブミン, p.7. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620184. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿蛋白定量, p.7. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620185. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿B-J蛋白定性 (ベンスジョーンズ蛋白定性), p.8. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620186. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿VMA定性, p.8. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620187. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿ポリフィリン定性, p.8. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620188. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿糖定量 (尿ブドウ糖定量, 尿グルコース定量0, p.8. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620189. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】胃酸度測定, p.9. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620190. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】先天性代謝異常症の尿スクリーニングテスト , p.9. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620191. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿アミラーゼ定性半定量 (試験紙法), p.9. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620192. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿ウロビリノーゲン定量, p.9. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620193. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿ウロビリン定量, p.9. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620194. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿ビリルビン定性, p.9. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620195. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】N-アセチルグルサミダーゼ (NAG), p.10. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620196. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】アルブミン定性, p.10. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620197. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】ポリフィリン症スクリーニングテスト, p.10. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620198. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】ウロポルフィリン定量, p.11. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620199. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】マイクロトランスフェリン精密測定 (尿中), p.11. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620200. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】黄体ホルモン (LH) 定性, p.11. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620201. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】線維素分解産物測定 (尿FDP測定), p.11. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620202. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】アルブミン定量精密測定, p.12. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620203. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】コプロポルフィリン定量, p.12. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620204. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】デルタアミノデブリン酸定量, p.12. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620205. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】ポリアミン, p.12. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620206. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】ミオイノシトール定量, p.12. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620207. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】IV型コラーゲン定量精密測定, p.13. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620208. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】ポルフォビリノーゲン定量, p.13. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620209. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿蛋白免疫学的検査, p.13. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620210. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿沈渣顕微鏡検査, p.13. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620211. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】フローサイトメトリー法による尿中有形成分定量測定, p.14. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620212. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】便潜血反応検査, p.14. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620213. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】虫卵検査 (集卵法), p.15. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620214. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】塗抹顕微鏡検査 (虫卵), p.15. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620215. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】塗抹顕微鏡検査 (便脂肪, 消化状況観察), p.15. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620216. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】糞便ウロビリン, ウロビリノーゲン定量, p.15. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620217. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】糞便虫体検出検査, p.15. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620218. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】虫卵培養検査, p.16. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620219. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】糞便キモトリプシン検査, p.16. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620220. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】糞便ヘモグロビン及びトランスフェリン検査, p.16. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620221. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】糞便ヘモグロビン定性検査, p.16. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620222. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】糞便ヘモグロビン定量検査, p.16. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620223. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】糞便脂肪定量検査, p.16. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620224. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】フューナー検査, p.17. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620225. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】胃液一般検査, p.17. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620226. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】十二指腸液一般検査, p.17. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620227. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】髄液一般検査, p.18. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620228. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】精液一般検査, p.18. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620229. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】頸管粘液検査, p.18. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620230. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】子宮頸管粘液中顆粒救中エラスターゼ検査, p.19. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620231. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】涙液中総IgE定性検査, p.19. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620232. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】膣分泌液中乳酸脱水素酵素 (LDH) 半定量検査, p.19. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620233. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】マイクロバブルテスト, p.20. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620234. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】関節液中コンドロカルシンテスト, p.20. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620235. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】羊水中肺サーファクタントアポ蛋白 (SP-A) 測定, p.20. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620236. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】髄液蛋白免疫学的検査, p.22. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620237. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】髄液塗抹染色標本検査, p.22. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620238. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿道圧測定図, p.203. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620239. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】膀胱内圧測定検査, p.203. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620240. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】括約筋筋電図, p.204. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620241. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿流測定, p.204. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620242. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】アジスカウント (尿沈渣定量検査), p.244. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620243. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】キシローゼ試験 (D-キシロース吸収試験), p.244. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620244. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】フィッシュバーグ, モーゼンタール法検査, p.244. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620245. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】ヨードカリ試験 (ヨードカリ貼付試験), p.244. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620246. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】水利尿試験, p.244. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620247. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】馬尿酸合成試験, p.244. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620248. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿失禁定量テスト (パッドテスト), p.246. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620249. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】膀胱尿道ファイバースコピー, p.258. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620250. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】腎盂尿管ファイバースコピー, p.259. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

620251. [学術書] (分担執筆) 【最新検査・画像診断事典 2008年度版】尿道カテーテル法, p.259. 狩野有作 (臨検学), 編著 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 2008/7発行.

[学会・研究会等]

713215. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Development of a safe and effective Stem cell transplantation strategy for chronic granulomatous disease by the use of antibody-based minimum intensity preconditioning and delayed infusion of suicide-gene transduced donor T lymphocytes. Takeuchi Y, Otsu M, 竹内恵美子1, Kume A, Onodera M, Kuratsuji T, Nakauchi H (1臨検学): European society of gene and cell therapy (2008/11), Belbium.

723941. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 長期間凍結保存血球の品質と保護剤と保存温度等に関する考察. 隅田幸男1, 大谷慎一2, 八木和世1, 風間あきみ1, 高野波留美1 (1北里大学病院輸血部, 2臨検学): 第56回日本輸血・細胞治療学会総会 (2008/4/26), 福岡.

723942. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 転移性Androgen依存性前立腺癌におけるProstate-specific angigenの存在様式およびIgG-N結合型糖鎖の変化. 狩野有作1, 大原正志2, 竹内恵美子1, 高山陽子1, 大谷慎一1, 赤星 透3 (1臨検学, 2国際医療福祉大病院消化器内科, 3総合診療): 第55回日本臨床検査医学会学術集会 (2008/11/27), 名古屋.

723943. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における自己血輸血推進の現状. 大谷慎一1, 狩野有作1, 高山陽子1, 竹内恵美子1, 小本美奈2, 高野波留美2, 風間あきみ2, 八木和代2, 平田泰良2, 小原邦義3 (1臨検学, 2北里大学病院輸血センター, 3心臓血管外): 第55回日本臨床検査医学会学術集会. (2008/11/27), 名古屋.

733423. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院職員定期健康診断におけるメタボリックシンドロームの現状と対策について. 草薙千晶1, 小林瑞枝1, 君塚郁代1, 棟方伸一1, 大谷慎一2, 狩野有作2, 岡田 純3, 赤星 透4 (1臨検部, 2臨検学, 3健康管理セ, 4総合診療): 第19回神奈川県臨床検査医学会 (2008/6/14), 横浜.


救命救急医学

[学術論文]

110267. [原著] Fatal diphenhydramine poisoning with increased vascular permeability including late pulmonary congestion refractory to percutaneous cardiovascular support. 上條吉人1, 相馬一亥1, 佐藤千恵1, 栗原克由2 (1救命, 2法医): Clinical Toxicolory 2008; 46: 864-8.

110268. [原著] An oral administration of cilostazol before focal ischemia reduces the infarct volume with delayed cerebral blood flow increase in rats. 湯澤 泉1, 山田 勝2, 藤井清孝2 (1救命, 2脳外): J Stroke Cerebrovasc Dis 2008/9-10; 17 (5): 281-6.

110269. [原著] Effect of inhaled monoethanolamine on broncho constriction. 上條吉人1, Hayashi I, 井出文子1, Yoshimura K, 相馬一亥1, 馬嶋正隆2 (1救命, 2薬理): J Appl Toxicol 2009; 29: 15-9.

110270. [原著] Effect of inhaled monoethanolamine on broncho constriction. 上條吉人1, Hayashi I, A 井出文子2, Yoshimura K, 相馬一亥1, 馬嶋正隆3 (1救命, 2精神, 3薬理): J Appl Toxicol 2009; 29: 15-9.

120116. [原著] 軟部組織感染からsevere sepsisに至った多発外傷症例の検討 (An Analysis of Severe Sepsis from Soft Tissue Infection in Critically Injured Multiple-Trauma Patients). 片岡祐一1, 西巻 博2, 峰原宏昌3, 相馬一亥1 (1救命, 2放射線, 3整外): 日本外傷学会雑誌 2008/10; 22 (4): 415-21.

120117. [原著] 呼吸療法チームの効果とチーム医療の課題. 森安恵美, 遠原まりえ, 飯島光雄, 今井 寛1, 植原美恵 (1救命): ICUとCCU 2008; 32 (6): 503-8.

120118. [原著] 熱中症の実態調査−Heatstroke STUDY2006最終報告−. 三宅康史, 有賀 徹, 井上健一郎, 奥寺 敬, 北原孝雄1, 島崎修次, 鶴田良介, 前川剛志, 横田裕行 (1救命): 日本救急医学会雑誌 2008; 19: 309-21.

120119. [原著] 軟部組織感染からに至った多発外傷症例の検討. 片岡祐一1, 西巻 博2, 峰原宏昌3, 相馬一亥1 (1救命, 2放射線, 3整外): 日本外傷学会誌 2008; 22: 415-21.

320066. [症例報告] 胸部CTにて局在性に胃の浮腫を認めたヒスタミン魚中毒の1例. 井出文子1, 上條吉人1, 相馬一亥1 (1救命): 中毒研究 2008; 21: 193-4.

320067. [症例報告] 鈍的外傷により発生した乳糜胸および乳糜腹水の症例. 花島 資1, 片岡祐一1, 島田 謙2, 神應知道1, 樫見文枝1, 服部 潤1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2外科): 救急医会関東誌 2008; 29: 58-9.

320068. [症例報告] ステントグラフト内挿術 (EVSGP) にて一時的に救命し得た外傷性大動脈損傷に対する人工血管置換術後大動脈食道瘻の1例. 樫見文枝1, 西巻 博2, 三好 豊, 山本信行, 田村幸穂3, 片岡祐一1, 菊地秀彦4, 服部 潤1, 小原邦義5, 相馬一亥1 (1救命, 2放射線, 3外科, 4消化器内, 5心臓血管外): 救急医会関東誌 2008; 29: 60-1.

320069. [症例報告] 多発性膿瘍を形成したサルモネラ腸炎による敗血症の1例. 関田康祐1, 神應知道1, 矢口慎也, 樫見文枝1, 服部 潤1, 佐藤千恵1, 井出俊光2, 西巻 博3, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2神経内, 3放射線): 救急医会関東誌 2008; 29: 152-3.

320070. [症例報告] ステロイドパルス療法が奏効した麻疹脳炎の18歳男性例. 藤村奈緒1, 井出俊光2, 井手文子1, 前田代元1, 樫見文枝1, 服部 潤1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2神経内): 救急医会関東誌 2008; 29: 170-1.

320071. [症例報告] 当院救命救急センターに搬送された内分泌疾患の3症例. 佐藤千恵1, 猿田貴之, 服部 潤1, 樫見文枝1, 神應知道1, 今井 寛1, 相馬一亥1 (1救命): 日本臨床救急医学会雑誌 2008; 11 (3): 315-9.

320072. [症例報告] 急性肺血栓症を合併した汎下垂体機能低下症の1例. 吉田 徹1, 竹端 均2, 神應知道1, 佐藤千恵1, 上條吉人1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2循環器内): 日本集中治療医学会雑誌 2008; 15 (3): 313-7.

320073. [症例報告] 救急画像診断における私の教訓症例・胆嚢穿孔による急性腹症の1例. 樫見文枝1, 西巻 博2 (1救命, 2放射線): 画像診断 2008; 24: 642-6.

320074. [症例報告] TAEが有効であった縦隔血種, 血胸を合併したvon Reckl inghausen病の1例. 樫見文枝1, 西巻 博2, 服部 潤1, 片岡祐一1, 今井 寛1, 相馬一亥1, 原 英則3 (1救命, 2放射線, 3呼吸器外): 日救急医会誌 (JJAAM) 2008; 19: 235-42.

520186. [総説] 救急医療3. 胸部外傷1. 今日の画像診断手技と血管内治療. 樫見文枝1, 西巻 博2, 早川和重2 (1救命, 2放射線): Intervision 2008; 23: 7-11.

520187. [総説] 急胸部画像診断症状からのアプローチ: 胸部外傷. 樫見文枝1, 西巻 博2, 相馬一亥1, 早川和重2 (1救命, 2放射線): 救臨床画像 2008; 24: 52-70.

522050. [講座] 人工呼吸器関連肺炎. 相馬一亥 (救命): 呼吸器科 2008/7; 14 (1): 33-8.

522051. [講座] 胸部外傷とALI/ARDS. 今井 寛 (救命): 救急医学 2008/8; 32 (8): 957-61.

522052. [講座] 気管挿管・気管切開例. 相馬一亥 (救命): 日本内科学会雑誌 2008/11; 97 (11): 2726-9.

522053. [講座] 心肺蘇生ガイドラインの変遷. 相馬一亥 (救命): 日本内科学会雑誌 2008/11; 97 (11): 2804-10.

522054. [講座] 肺水腫. 相馬一亥 (救命): 救急医学 2008/12; 32: 1787-90.

522055. [講座] ALI/ARDS診療のためのガイドライン. 佐藤千恵1, 相馬一亥1 (1救命): 救急医学 2008; 32: 1327-33.

522056. [講座] ARDSを治療する@ARDSに対するステロイド療法. 相馬一亥 (救命): THE LUNG perspectives 2008; 16 (3): 26-30.

522057. [講座] 脳死と臓器移植. 北原孝雄 (救命): 救急・集中治療 2008; 20 (1,2): 254-8.

522058. [講座] 腎臓出血 鈍的腎外傷に対するIVR. 樫見文枝1, 西巻 博2, 片岡祐一1, 相馬一亥1 (1救命, 2放射線): 救急医学 2008; 32: 649-54.

522059. [講座] エディトリアル: 集団中毒に対する危機管理体制. 相馬一亥 (救命): 中毒研究 2009/3; 22 (1): 11.

540088. [レター/速報] 胸部CTにて局在性に胃の浮腫を認めたヒスタミン魚中毒の1例. 井出文子1, 上條吉人1, 相馬一亥1 (1救命): 中毒研究 2008/4; 21 (2): 193-4.

540089. [その他] (分析委員会だより) 【急性中毒の分析における臨床的な問題と最近の話題−その1−】原因不明の代謝性アシドーシスにおける中毒分析. 堀  寧, 森 博美, 伊関 憲, 鈴木幸一郎, 相馬一亥1, 奈女良昭, 福本真理子, 福家千昭 (1救命): 中毒研究 2008/7; 21 (3): 323-5.

540090. [その他] (分析委員会だより) 【急性中毒の分析における臨床的な問題と最近の話題−その3−】静注用脂肪乳剤の中毒治療への応用. 相馬一亥1, 伊関 憲, 奈女良昭, 福本真理子, 福家千昭, 堀  寧, 森 博美, 鈴木幸一郎 (1救命): 中毒研究 2009/3; 22 (1): 70-4.

[著 書]

620252. [学術書] (共著) 【生涯教育のためのセルフトレーニング問題と解説】相馬一亥 (救命), 社団法人日本内科学会, 2008/4発行.

620253. [学術書] (分担執筆) 【改訂第3版 救急診療指針】II. 救急初期診療における診療指針 6. 急性疾病に対する診療指針 C. 呼吸器系の急性疾病, p.218-25. 相馬一亥 (救命), 監修 日本救急医学会, 編 日本救急医学会専門医認定委員会, へるす出版, 2008/4発行.

620254. [学術書] (分担執筆) 【気管支鏡 臨床医のためのテクニックと画像診断 (第2版)】第IX章 治療手技 8. 気道熱傷, p.162-4. 相馬一亥 (救命), 編 日本呼吸器内視鏡学会, 医学書院, 2008/6発行.

620255. [学術書] (分担執筆) 【初学者に必要なARDS診療ノウハウ】A. 総論 初学者のためのオリエンテーション 5. 合併症, p.24-8. 相馬一亥 (救命), 編 石坂彰敏, 診断と治療社, 2008/10発行.

620256. [学術書] (分担執筆) 【初学者に必要なARDS診療ノウハウ】B. 各論 症例から学ぶ診療ノウハウ 症例3 外傷性ARDS, p.129-33. 神應知道1, 相馬一亥1 (1救命), 編 石坂彰敏, 診断と治療社, 2008/10発行.

620257. [学術書] (分担執筆) 【呼吸器疾患診療マニュアル】気道熱傷, p.304. 相馬一亥 (救命), 監修・編集 工藤翔二, 南山堂, 2008/10発行.

620258. [学術書] (分担執筆) 【2008年 別冊 新領域別症候群シリーズ 呼吸器症候群 (第2版) I−その他の呼吸器疾患を含めて−】I 感染症呼吸器疾患 I. 感染症関連病態 9. 人工呼吸器関連肺炎, p.314-8. 相馬一亥 (救命), 日本臨牀社, 2008/12発行.

620259. [学術書] (分担執筆) 【今日の治療指針 2009年版】神経原性ショック (脊髄損傷・腰椎麻酔によるものを含む), p.19. 北原孝雄 (救命), 総編集 山口 徹, 北原光夫, 福井次矢, 医学書院, 2009/1発行.

620260. [学術書] (分担執筆) 【Annual Review 呼吸器 2009】IV. 治療の進歩 2. 人工呼吸器関連肺炎 (VAP), p.229-36. 相馬一亥 (救命), 編 工藤翔二, 土屋了介, 金沢 実, 大田 健, 中外医学社, 2009/1発行.

620261. [学術書] (分担執筆) 【新看護学10 成人看護[2] 血液 内分泌・代謝 脳・神経 運動器 [特論]看護にいかすリハビリテーションの知識と技術 (第11版)】脳・神経疾患患者の看護 第1章 基礎知識, p.120-75. 北原孝雄1, 飯国紀一郎 (1救命), 医学書院, 2009/1発行.

620262. [学術書] (分担執筆) 【人工呼吸療法における30の謎】18. 気管挿管中の喀痰培養は常に必要か? p.115-20. 相馬一亥 (救命), 編 安本和正, 小谷 透, 克誠堂出版, 2009/2発行.

620263. [学術書] (分担執筆) 【2008年 別冊 新領域別症候群シリーズ 呼吸器症候群 (第2版) II−その他の呼吸器疾患を含めて−】VI 呼吸不全, 換気異常 A. 呼吸不全 4. 急性呼吸不全, p.435-8. 佐藤千恵1, 相馬一亥1 (1救命), 日本臨牀社, 2009/2発行.

620264. [学術書] (分担執筆) 【標準救急医学 (第4版)】22. 呼吸器系救急疾患, p.557-66. 相馬一亥 (救命), 監修 日本救急医学会, 医学書院, 2009/3発行.

620265. [学術書] (分担執筆) 【別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No 10 呼吸器症候群 (第2版) (III)−その他の呼吸器疾患を含め−】X 縦隔疾患 D. 胸壁, 胸郭, 横隔膜異常, その他疾患 1. Boerhaave症候群 (特発性食道破裂), p.553-5. 片岡祐一1, 島田 謙2, 相馬一亥1 (1救命, 2外科), 日本臨牀社, 2009/3発行.

620266. [学術書] (分担執筆) 【2008年 別冊 新領域別症候群シリーズ 呼吸器症候群 (第2版) III−その他の呼吸器疾患を含めて−】X 縦隔疾患 D. 胸壁, 胸郭, 横隔膜異常, その他疾患 Boerhaave 症候群 (特発性食道破裂), p.553-5. 片岡祐一1, 島田 謙2, 相馬一亥1 (1救命, 2外科), 日本臨牀社, 2009/3発行.

[学会・研究会等]

722193. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) VAPに対する新たなる治療戦略−耐性菌防止のために−. 相馬一亥1, 小林昌宏2 (1救命, 2薬剤部): 第82回日本感染症学会総会 (2008/4/17), 島根.

722194. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 1次・2次救急施設での胸部外傷に対するリスクマネージメント. 片岡祐一1, 島田 謙2, 相馬一亥1 (1救命, 2外科): 第45回日本腹部救急医学会総会 (2009/3/13), 東京.

723944. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多発性膿瘍を形成したサルモネラ腸炎による敗血症の1例. 関田康祐1, 神應知道1, 服部 潤1, 佐藤千恵1, 今井 寛1, 野々山勝人, 砂川慶介2, 相馬一亥1 (1救命, 2北里生命科学研究所・感染症学研究室)第82回日本感染症学会総会 (2008/4/18), 島根.

723945. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 緊急手術と術中IVRによる治療戦略: チーム医療による外傷治療. 片岡祐一1, 西巻 博2, 神應知道1, 樫見文枝1, 島田 謙3, 峰原宏昌4, 相馬一亥1 (1救命, 2放射線, 3外科, 4整外): 第22回日本外傷学会 (2008/5/30), 沖縄.

723946. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性アモキサピン中毒症例における血中濃度の診断的意義. 吉村久仁子1, 福本真理子2, 井出文子3, 上條吉人3, 神應知道3, 佐藤千恵3, 井出俊光4, 近藤留美子, 相馬一亥3 (1病態・診療系, 2薬学部, 3救命, 4神経内): 第30回日本中毒学会総会・学術集会 (2008/7/11), 和歌山.

723947. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) PESでSATをきたした症例について. 竹内一郎1, 和泉 徹2 (1救命, 2循環器内): 相模原DESカンファレンス (2008/9/5), 東京.

723948. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院救命救急センターに搬送された自殺企図患者の精神疾患による自殺企図手段の違いに関する検討. 井出文子1, 上條吉人1, 相馬一亥1 (1救命)第36回日本救急医学会総会・学術集会 (2008/10/13), 札幌.

723949. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Hypothermia therapy among Japanese comatose patients after out-hospital ventricular fibrillation. 相馬一亥 (救急): 第36回日本救急医学会総会・学術集会 (2008/10/14), 札幌.

723950. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) VfによるCPA患者への低体温療法の効果と今後の課題. 竹内一郎1, 竹端 均1, 佐藤大輔1, 今井 寛1, 服部 潤1, 樫見文枝1, 関田康祐1, 吉田 徹2, 相馬一亥1 (1救命, 2淵野辺総合病院内科): 第36回日本救急医学会総会・学術集会 (2008/10/15), 札幌.

723951. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クモ膜下出血の栄養管理についての検討. 関田康祐1, 神應知道1, 片岡祐一1 (1救命): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/30), 鹿児島.

723952. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 特発性食道破裂による緊張性膿気胸症例の検討. 片岡祐一1, 島田 謙2, 菊地秀彦3, 高田樹一3, 相馬一亥1 (1救命, 2外科, 3消化器内): 第45回日本腹部救急医学会総会 (2009/3/12), 東京.

731152. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 【循環器疾患における連携】どんな患者をいつ, 紹介すべきか−相模原市における連携の現状と今後の課題−. 竹内一郎 (救命): 相模原循環器疾患研究会 (2008/11/14), 相模原.

732113. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 【イブニングレクチャー2】成人院内肺炎診療ガイドライン−VAPについて−. 相馬一亥 (救命): 第56回日本化学療法学会西日本支部総会 (2008/12/6), 広島.

733424. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院におけるPES関連ステント血栓症の現状とその臨床背景. 竹内一郎1, 深谷英平2, 品川弥人2, 西井基継2, 佐藤大輔2, 竹端 均1, 東條大輝2, 森口昌彦2, 和泉 徹2 (1救命, 2循環器内): 第33回日本心血管インターベンション学会関東甲信越地方会/第5回日本心血管カテーテル治療学会東日本地方会, 合同地方会 (2008/11/1), 東京, 大手町JAホール.

733425. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院におけるPES関連ステント血栓症の現状とその臨床背景. 竹内一郎1, 深谷英平2, 品川弥人2, 西井基継2, 佐藤大輔2, 竹端 均2, 東條大輝2, 森口昌彦2, 和泉 徹2 (1救命, 2循環器内): 第33回日本心血管インターベンション学会関東甲信越地方会、第5回日本心血管カテーテル治療学会東日本地方会、合同地方会 (2008/11/1), 東京、大手町JAホール.

733426. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 初期・二次救急医療施設での対応に検討を要した腹部外傷症例. 服部 潤1, 片岡祐一1, 島田 謙2, 神應知道1, 樫見文枝1, 関田康祐1, 柴田真由子1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2外科): 第59回日本救急医学会関東地方会 (2009/2/7), 東京.

733427. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) TAEが有効であった巨大胃壁内血腫の2例. 岩下義明1, 樫見文枝1, 西巻 博2, 柴田真由子1, 関田康祐1, 服部 潤1, 高田樹一3, 菊地秀彦3, 片岡祐一1, 島田 謙4, 今泉 弘3, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2放射線, 3消化器内, 4外科): 第59回日本救急医学会関東地方会 (2009/2/7), 東京.

733428. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 気管挿管チューブ抜管2ヶ月後に顕在化した気管内肉芽腫の1例. 徳永周子1, 佐藤千恵1, 岩下義明1, 柴田真由子1, 関田康祐1, 樫見文枝1, 服部 潤1, 神應知道1, 今井 寛1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命): 第59回日本救急医学会関東地方会 (2009/2/7), 東京.

733429. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脳静脈洞血栓症を契機に明らかとなったバセドウ病に伴う第8因子活性亢進, プロテインC欠乏症を認めた1例. 田村有人1, 井出俊光2, 服部 潤1, 関田康祐1, 柴田真由子1, 佐藤千恵1, 樫見文枝1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2神経内): 第59回日本救急医学会関東地方会 (2009/2/7), 東京.

733430. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 外傷後, 肺炎球菌による敗血症を来した一例. 笠倉至言, 服部 潤1, 柴田真由子1, 岩下義明1, 関田康祐1, 佐藤千恵1, 相馬一亥1 (1救命)第65回神奈川県感染症医学会 (2009/3/21), 横浜.

H19年度以前分

[学術論文]

H12-520001. [総説] 急性呼吸促迫症候群 (ARDS) に対する一酸化窒素 (NO) 吸入療法の臨床的検討. 今井 寛1, 相馬一亥1, 熊谷 謙, 新井正康2, 大和田隆1 (1救命, 2麻酔): MEDICAL GAS 2002/1; 4 (1): 39-40.

H16-110002. [原著] Fatal retropharyngeal haematoma secondary to blunt trauma. 鈴木 卓1, 今井 寛1, 内野正隆2, Wakita R, Endo M, 北原孝雄1, 相馬一亥1, 大和田隆1 (1救命, 2整外): Injury 2004; 35: 1059-63.

H19-110018. [原著] Primary Cardiac Osteosarcoma In a Young Man with Severe Congestive Heart Failure. 竹内一郎1, Takeo Kawaguchi, Yuichiro Kimura, 小島時昭2, Hiromasa Shimamura, Noritaka Shimizu, 和泉 徹2 (1救命, 2循環器内): Int Medicine 2007; 46: 649-52.

[著 書]

H19-620006. [学術書] (分担執筆) 【急性中毒標準診療ガイド】テオフィリン, p.134-7. 相馬一亥 (救命), 編 日本中毒学会, じほう, 2008/3発行.


総合診療医学

[学術論文]

120120. [原著] 自己抗体検査の全国サーベイとそれに基づく標準化の検討. 熊谷俊一, 林 伸英, 大田俊行, 赤星 透1, 今福裕司, 小柴賢洋 (1総合診療): 臨床病理 2009/1; 57 (1): 31-41.

520188. [総説] 【高尿酸血症診療の最新動向】主要病態の臨床発症機序, 診断, 対策, 予防, 痛風関節炎 (痛風発作). 赤星 透 (総合診療): 日本臨牀 2008/4; 66 (4): 705-10.

520189. [総説] 発症に先立った免疫異常. 赤星 透1, 和田達彦1 (1総合診療): 臨床検査 2008/5; 52 (5): 561-3.

520190. [総説] 【全身性エリテマトーデス (SLE) 病態解明と治療の新たな展開】 SLEの合併症とその制御 日和見感染症. 和田達彦 (総合診療): 最新医学 2008/6; 63 (5): 968-74.

520191. [総説] 抗核抗体陽性患者への対応. 和田達彦1, 赤星 透1 (1総合診療): 綜合臨床 2008/12; 57 (12): 2826-9.

520192. [総説] 結晶誘発性関節炎の分子機構−最近の進歩−. 赤星 透1, 東野俊洋2, 和田達彦1 (1総合診療, 2臨検学): リウマチ科 2008/12; 40 (6): 659-64.

520193. [総説] 痛風発作における自然免疫機構の関与と治療法の開発. 赤星 透1, 村上洋介 (1総合診療): 痛風と核酸代謝 2008/12; 32 (2): 169.

520194. [総説] 痛風関節炎の新展開. 赤星 透1, 和田達彦1, 竹本 毅1 (1総合診療): 炎症と免疫 2009/1; 17 (1): 47-50.

[学会・研究会等]

723953. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 関節炎治療の新たな標的分子Triggering receptor expressed on myeloid cells-1 (TREM-1). 村上洋介1, 赤星 透2, 宮坂信之1, 上阪 等1 (1東京医歯大膠原病・リウマチ内科学, 2総合診療): 第52日本リウマチ学会 (2008/4/22), 札幌.

723954. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TNF阻害治療で効果不十分の関節リウマチ患者に対するトシリズマブの有効性の検討. 西本憲弘1, 美馬 亨1, 田中良哉2, 齋藤和義2, 岩田 慈2, 福與俊介2, 住田孝之2, 伊藤 聡2, 佐伯行彦2, 大島至郎2, 佐伯 修2, 宇田裕史2, 蓑田清次2, 岩本雅弘2, 藤原弘士2, 都留智巳2, 赤星 透3, 遠藤平仁4 (1大阪大, 2MRA Study Group for Rheumatoid Arthritis, 3総合診療, 4膠原病・感染内): 第52日本リウマチ学会 (2008/4/23), 札幌.

723955. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) リウマトイド因子 (RF) 基準値の問題点とその統一化. 熊谷俊一1, 林 伸英1, 大田俊行2, 赤星 透3, 今福裕司4, 小柴賢洋5 (1神戸大大学院医学系研究科免疫内科, 2産業医大臨床検査医学, 3総合診療, 4福島県医大 臨床検査医, 5兵庫医大臨床検査医学): 第52日本リウマチ学会 (2008/4/23), 札幌.

732114. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) うつ状態に関する本ネットワークプライマリケア医向けガイドラインの提案と討論. 竹本 毅1, 宮岡 等2, 小林一雄, 早馬 俊 (1総合診療, 2精神): 北里精神医療地域連携ネットワーク研究会 (2008/9/30), 神奈川.


医学教育研究部門

[学術論文]

110271. [原著] Having One Kidney Does Not Accelerate the Rate of Development of Diabetes Nephropathy Lesions in Type 1 Diabetic Patients. Shirley Chang, M Luiza Caramori, 守屋利佳1, Michael Mauer (1医学教育): Diabetes 2008; 57 (6): 1707-11.

540091. [研究報告書] (分担執筆) 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 (研究代表者 相澤好治)】胸部エックス線検査を省略できない対象者に関する検討−集団と個人の背景から−. 阿部 直1, 駒瀬裕子, 片桐真人, 益田典幸2, 相澤好治3 (1医学教育, 2呼吸器内, 3衛生・公衆衛生): 労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究 平成19年度総括・分担研究報告書 p.35-40.

[学会・研究会等]

723956. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 患者さんから学ぶ−医学部学生を対象とした患者による講演−. 守屋利佳1, 荻野美恵子2, 阿部 直1 (1医学教育, 2神経内): 第40回日本医学教育学会大会 (2008/7/25), 東京.

723957. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院におけるTeddy Bear Hospital (ぬいぐるみ病院) 活動報告. 香渡 優, 伊東妙希子, 大野映樹, 青柳匡輝, 坂東由紀2, 守屋利佳1, 阿部 直1, 田久保憲行2, 石井正浩2 (1医学教育, 2小児): . 第40回日本医学教育学会大会 (2008/7/25), 東京.「小児科学」にて掲載済みなので、削除します

H19年度以前分

H19-540016. [その他 (研究報告書)] 【平成19年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究】胸部エックス線検査を省略できない対象者に関する検討−集団と個人の背景から−. 阿部 直1, 駒瀬裕子, 片桐真人2, 益田典幸3, 相澤好治4 (1医学教育, 2医療衛生学部, 3呼吸器内, 4衛生・公衆衛生): 平成19年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業 労働安全衛生法に基づく胸部エックス線検査の労働者の健康管理に対する有効性等の評価に関する調査・研究 (研究代表者: 相澤好治) 平成19年度総括・分担研究報告書 2008/3; p.35-40.


学習支援研究部門

[著 書]

620267. [学術書] (単著) 今日からはじめよう! 解き方がわかる CBT実践問題集1 人体各器官の正常構造と機能, 病態, 診断, 治療. 小川元之 (学習支援), メジカルビュー社, 2008/9発行.

[学会・研究会等]

723958. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 医学生の学習支援の在り方−学習支援室の設置−. 小川元之1, 守屋利佳2, 阿部 直2, 川上 倫3, 糸満盛憲4, 相澤好治5 (1学習支援, 2医学教育, 3生理, 4整外, 5衛生・公衆衛生): 第40回日本医学教育学会大会 (2008/7/26), 東京.


医学原論研究部門

[学術論文]

520195. [総説] “現場”で倫理を考える意味. 齋藤有紀子 (医学原論): Clinical Research Professionals 2008/4; 2: 36-7.

530008. [短報] Knowledge and impressions regarding the concept of mutation among Japanese university students. Ando N, 齋藤有紀子1, Takemura K, Takada F, Iwamitsu Y (1医学原論): CLINICAL GENETICS 2008/7; 74: 75-81.

[著 書]

620268. [学術書] (編集・訳) 【生命倫理百科事典】専門職と専門職倫理. 齋藤有紀子 (医学原論), 丸善, 2006/12発行.

[学会・研究会等]

H19年度以前分

[学術論文]

H19-521002. [解説] 【応用倫理学事典】生殖医療技術と親性, p.902-3. 齋藤有紀子 (医学原論), 編 加藤尚武, 丸善 (株) 出版事業部, 2008/1発行.


医療安全・管理学研究部門

[学会・研究会等]

713216. [学会 (国際)] (ポスター) Occult hepatitis B virus infection as a risk factor for hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C in whom viral eradication fails. 渋谷明隆1, 三浦有紀子2, 安達 滋2, 竹内敦子2, 中澤貴秀2, 西元寺克禮2 (1医療安全・管理, 2消化器内): European Association for the Study of the Liver (2008/4/23), ミラノ.

722195. [学会 (全国)] (招待講演) 肝硬変の原因診断およびC型肝硬変の治療に関するガイドラインの策定. 渋谷明隆 (医療安全・管理): 第50回日本消化器病学会大会 (2008/10/2), 東京.

H19年度以前分

[学術論文]

H18-110002. [原著] Diaphragmatic Hernia after radiofrequency ablation therapy for hepatocellular carcinoma. 渋谷明隆1, 中澤貴秀2, 西元寺克禮2, 古田一徳3, 松永敬二4 (1医療安全・管理, 2消化器内, 3外科, 4放射線): AJR Am J Roentgenol 2006; 186: S241-3.


医療技術教育研究部門

[著 書]

620269. [学術書] (翻訳) 【一目でわかる心血管系第2版 (The Cardiovascular System at a Glance, 3rd Edition)】p.44-60. 黒川信悟 (医療技術教育), 監訳, 松村 準, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2008/11発行.


医学部附属臨床研究センター企画開発部門

[学術論文]

110272. [原著] A pilot study testing the dimensions of safety climate among Japanese nurses. Kudo Y, 佐藤敏彦1, Kido S, Watanabe M, 三木猛生2, 宮島江里子2, Saegusa Y, 角田正史2, 相澤好治2 (1臨床研究・企画, 2衛生・公衆衛生): Ind Health 2008; 46 (2): 158-65.

110273. [原著] Prevalence of dry eye disease among Japanese visual display terminal users. Uchino M, Schaumberg DA, Dogru M, Uchino Y, Fukagawa K, Shimmura S, 佐藤敏彦1, Takebayashi T, Tsubota K (1臨床研究・企画): Ophthalmology 2008/11; 115 (11): 1982-8.

110274. [原著] Meta-analysis of the diagnostic accuracy of transesophageal echocardiography for assessment of atherosclerosis in the ascending aorta in patients undergoing cardiac surgery. Van Zaane B, Zuithoff NP, Reitsma JB, Leon Bax1, Nierich AP, Moons KG (1臨床研究): Acta Anaesthesiol Scand 2008; 52: 1179-87.

110275. [原著] More than numbers: the power of graphs in meta-analysis. Leon Bax1, Ikeda N, Fukui N, Yaju Y, Tsuruta H, Moons KG (1臨床研究): Am J Epidemiol 2009; 169 (2): 249-55.

110276. [原著] Genetic variations of Mrf-2/ARID5B confer risk of coronary atherosclerosis in the Japanese population. 王 国琴1, Watanabe M, Imai Y, Hara K, Manabe I, Maemura K, Horikoshi M, Kohro T, Amiya E, Sugiyama T, Fujita T, Kadowaki T, Yamazaki T, Nagai R (1臨床研究): Int Heart J 2008; 49 (3): 313-27.

520196. [総説] トナー粒子における新たな生体影響調査と労働衛生管理について. 森本泰夫, 喜多村紘子, 空閑玄明, 井手玲子, 明星敏彦, 東 敏昭, 佐藤敏彦1, 相澤好治2 (1臨床研究センター, 2衛生・公衆衛生): 産業衛生学雑誌 2009/1; 51 (1): 1-10.

540092. [その他 (研究報告書) 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金「循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業」】各種検診データとレセプトデータ等による保健事業の評価に関する研究. 佐藤敏彦1, 島袋充生, 横山徹爾 (1臨床研究): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金「循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業」各種検診データとレセプトデータ等による保健事業の評価に関する研究 (主任研究者: 水嶋春朔) 平成20年度総括分担研究報告書 2009/3; p.7-13.

540093. [その他 (研究報告書) 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金「食品の安心・安全確保推進研究事業」】カビ毒を含む食品の安全性に関する研究. 田中敏嗣, 杉山圭一, 佐藤敏彦1, 熊谷 進 (1臨床研究): 平成20年度厚生労働科学研究費補助金「食品の安心・安全確保推進研究事業」カビ毒を含む食品の安全性に関する研究 (主任研究者: 小西良子) 平成20年度総括分担研究報告書 2009/3; p.79-97.

540094. [その他 (研究報告書) 【平成20年度厚生労働科学研究費補助金「地域医療基盤開発推進事業」】医療技術の社会的役割と経済性の評価に関する研究. 池田俊也, 須賀万智, 杉森裕樹, 平尾智広, 田倉智之: 平成20年度厚生労働科学研究費補助金「地域医療基盤開発推進事業」医療技術の社会的役割と経済性の評価に関する研究(主任研究者: 佐藤敏彦 (臨床研究)) 平成20年度総括・分担研究報告書 2009/3.

[著 書]

620270. [学術書] (翻訳) 【サブノート保健医療論・公衆衛生学 2009】疫学・統計. 佐藤敏彦 (臨床研究・企画), メディックメディア, 2008/10発行.

620271. [学術書] (分担執筆) 【新臨床内科学 (第9版)】第12章 中毒・環境汚染要因による疾患 金属熱, p.1558. 佐藤敏彦1 (1臨床研究・企画), 監修 高久史麿, 尾形悦郎, 黒川 清, 矢崎義雄, 編 貫和敏博, 堀 正二, 永井良三, 西元寺克禮2, 春日雅人, 松本俊夫, 池田康夫, 押味和夫, 伊藤貞嘉, 水澤英洋, 小田 紘, 山本一彦, 相澤好治3 (2消化器内, 3衛生・公衆衛生), 医学書院, 2009/1発行.

[学会・研究会等]

723959. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病合併症と医療費の関係―レセプト・データベースを用いた検討. 岡畑純江, 池田俊也, 泉 和生, 北里博仁, 門脇 孝, 野田光彦, 佐藤敏彦1 (1臨床研究): 第51回日本糖尿病学会年次学術集会 (2008/5/22-24), 東京.

723960. [学会 (全国)] (一般講演) 健診レセプト突合データを用いた生活習慣病合併症リスクの検討. 佐藤敏彦 (臨床研究): 第19回日本疫学会学術総会 (2009/1/23-24), 金沢.


健康管理センター

[学会・研究会等]

722196. [学会 (国内)] (ワークショップ ) APSの臨床症状と血清Angiopoietin-1との関係. 岡田 純1, 石川 章2, 廣畑俊成2 (1健康管理セ, 2膠原病・感染内): 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会・第17回国際リウマチシンポジウム (2008/4/21), 札幌, 抄録集 2008; p.240.

722197. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 膠原病の病態解明と新しい治療戦略−膠原病の肺高血圧症の新しい治療戦略−. 岡田 純 (健康管理セ): 日本アレルギー学会秋期総会 (2008/11/29), 東京.


北里大学病院

看護部

[学術論文]

522060. [講座] ケースで考えよう 看護倫理レッスン 連載第@回. 高野春美1, 児玉美由紀1, 青柳明子1 (1看護部): ナース専科 2008/11; 28 (11): 106-9.

522061. [講座] ケースで考えよう 看護倫理レッスン 連載第A回. 佐藤美紀1, 入江暁子1, 青柳明子1 (1看護部): ナース専科 2008/12; 28 (12): 106-9.

522062. [講座] ケースで考えよう 看護倫理レッスン 連載第B回. 青木謙二1, 斉藤善子1, 近藤まゆみ1, 青柳明子1 (1看護部): ナース専科 2009/1; 29 (1): 108-11.

522063. [講座] ケースで考えよう 看護倫理レッスン 連載第C回. 佐藤香奈1, 近藤まゆみ1, 児玉美由紀1, 青柳明子1 (1看護部): ナース専科 2009/2; 29 (2): 108-11.

522064. [講座] ケースで考えよう 看護倫理レッスン 連載第D回. 原田明日香1, 久米恵江1, 児玉美由紀1, 青柳明子1 (1看護部): ナース専科 2009/3; 29 (3): 104-7.

522065. [講座] 【特集】移植・再生医療・看護において難渋した事例−2施設間で継続フォローを受ける肝移植術後患児・母親との関わり−. 中島節子1, 松内佳子1 (1看護部): 日本移植・再生医療看護学雑誌 2009/3; 4 (2): 27.

[著 書]

620272. [学術書] (分担執筆) 【がん看護の実践-3】放射線治療を受けるがんサバイバーへの看護, p.28-41. 一守くみ子 (看護部), 医歯薬出版, 2009/2発行.

620273. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】静脈血採血, p.2-17. 亀石礼子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620274. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】薬物の調合, p.18-47. ルートの準備, p.48-53. 点滴病脈内注射の実施, p.54-80. 輸液ポンプ, p.102-13. シリンジポンプ, p.114-25. 清水 芳1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620275. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】ヘパリンロック, p.81-5. 竹内久恵1, 青木理美1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620276. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】中心静脈注射の介助, p.86-101. 竹内久恵1, 青木理美1, 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620277. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】正しい注射・輸液のための基礎知識, p.126-31. 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620278. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】インスリン注射の実施, p.132-45. 長澤恵子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620279. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】輸血とその実施, p.146-63. 長南記志子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620280. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】呼吸音の聴取, p.164-71. 野田咲子1, 谷口陽子1, 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620281. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】パルスオキシメータ, p.172-5. 谷口陽子1, 飯島光雄2 (1看護部, 2MEセ), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620282. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】酸素吸入, p.176-88. 秋田弥生1, 谷口陽子1, 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620283. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】ネブライザー, p.189-96. 清 剛士1, 谷口陽子1, 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620284. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】スクイージング, p.197-212. 高尾真紀1, 谷口陽子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620285. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】気管内挿管, p.213-22. 白鳥友基1, 谷口陽子1, 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620286. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】吸引, p.223-45. 末永佳栄1, 谷口陽子1, 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620287. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】人工呼吸器装着中の患者のケア, p.245-67. 森安恵実1, 飯島光雄2 (1看護部, 2MEセ), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620288. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】胸腔ドレナージ, p.268-81. 森安恵実1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620289. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】経鼻経管栄養法, p.282-99. 上山亜起1, 猪又克子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

620290. [学術書] (分担執筆) 【Photo & Movie臨床看護技術パーフェクトナビ】膀胱留置カテーテル, p.300-2. 心肺蘇生法, p.322-30. 濱田妙子1 (1看護部), 編 猪又克子1, 清水 芳1, 学習研究社, 東京, 2008/7/10発行.

[学会・研究会等]

713217. [学会 (国際)] (ポスター) Social Contribution of the Midwife in Japanese Medical Services. 上澤悦子1, 福田貴美子2, 浜崎京子3, 遊佐浩子4 (1看護学部, 2蔵本ウイメンズクリニック, 3中央クリニック, 4看護部): The 13th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine & The 2008 Annual Meeting of the Korean Society of Stress Medicine (2008/8/31), Seoul.

723961. [学会 (全国)] (一般口演) 高齢心疾患患者の在院日数の推移−他職種との退院調整カンファレンスを導入して−. 小野由加里1, 佐藤加津美1, 宮脇倫子1, 今村友美1, 若槻明穂1, 神谷健太郎2, 和泉 徹3 (1看護部, 2リハビリ部, 3循環器内): 第73回日本循環器学会総会学術集会 (2008/5/9), 大阪, コメディカルセッションプログラム抄録集 2008/5/9; p.72.

723962. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院心臓血管センターにおける転倒転落アセスメントスコアの有効性. 林亜希子1, 神谷健太郎2, 碓井 健1, 宮島 慧1, 武藤佑子1, 白須香南子1, 丸山小百合1, 佐々木登久美1, 和泉 徹3 (1看護部, 2リハビリ部, 3循環器内): 第73回日本循環器学会総会学術集会 (2008/5/9), 大阪, コメディカルセッションプログラム抄録集 2008/5/9; p.101.

723963. [学会 (全国)] (一般口演) CDEJ外来における療養指導の効果. 萩原昭子1, 守屋達美2, 西村真知子1, 坂本梅子1, 中川紀子1, 三石小百合1, 藤田芳邦2 (1看護部, 2内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会年次学術集会 (2008/5/24), 東京, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会 2008/5; S290.

723964. [学会 (全国)] (一般口演) CDEJによる自己血糖測定 (SMBG) 外来開設の効果について. 坂本梅子1, 藤田芳邦2, 守屋達美2, 井上優希3 (1看護部, 2内分泌代謝内, 3臨検部): 第51回日本糖尿病学会年次学術集会 (2008/5/24), 東京, 第51回日本糖尿病学会年次学術集会 2008/5; S290.

723965. [学会 (全国)] (一般口演) 不妊カウンセリングスキルアップセミナーにおけるカウンセリングスキル修得の効果と課題. 上澤悦子1, 浜崎京子2, 遊佐浩子3, 廣川理恵4, 枝元直子5, 福田貴美子6, 橋村富子7, 菅野伸俊8, 佐藤孝道9 (1看護学部, 2中央クリニック, 3看護部, 4JISART, 5筑波学園病院, 6蔵本ウイメンズクリニック, 7滋賀医科大学医学部附属病院, 8木場公園クリニック, 9聖路加国際病院): 第7回日本不妊カ学術集会 (2008/5/30), 東京, 日本不妊カウンセリング学会誌 2008/4/15; 7 (1): 80-1.

723966. [学会 (全国)] (一般口演) 診療アシスタントを外来に導入しての試み. 中嶋弘美1, 鈴木美枝子1, 渡邉光康2 (1看護部, 2衛生・公衆衛生): 第58回日本病院学会 (2008/7/3), 山形.

723967. [学会 (全国)] (一般口演) 周術期看護におけるスイスと日本の違い−平成19年度北里大学病院新医療技術導入海外研修を通じて−. 池谷沙恵子 (看護部): 第11回日本病院脳神経外科学会 (2008/7/19), 北海道, 日本病院脳神経外科学会誌 2008/7; p.181.

723968. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学病院骨バンクと北里大学病院移植医療支援室とのかかわり. 笠原みどり1, 占部 憲2, 成瀬康治2, 松本紗織2, 糸満盛憲2 (1看護部, 2整外): 第7回日本組織移植学会総会・学術集会 (2008/8/23), 北海道, 日本組織移植学会雑誌 2008/7/31; 7 (1): 62.

723969. [学会 (全国)] (一般口演) 褥瘡発生患者への取り組み−写真を提供し共に治すケア−. 永瀬美由紀1, 野田咲子1, 村山智美1, 河村真理1, 高見紀子1, 國吉智子1 (1看護部): 第10回日本褥瘡学会学術集会 (2008/8/30), 神戸.

723970. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学病院における院内ドナー移植コーディネーターの活動と今後の課題. 榑松久美子1, 高橋 恵1, 荒川法子1, 兵頭祐子1, 端山和美1, 柳澤一美1, 石川基子1, 星ゆかり1, 藤田恵子1, 鈴木美枝子1, 北原孝雄2 (1看護部, 2救命): 第44回日本移植学会総会 (2008/9/21), 大阪, 日本移植学会雑誌臨時号 2008; p.307.

723971. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学病院における移植医療支援室の活動と課題. 高橋 恵1, 中島節子1, 星ゆかり1, 鈴木美枝子1, 吉田一成2, 北原孝雄3 (1看護部, 2泌尿器, 3救命): 第44回日本移植学会総会 (2008/9/21), 大阪, 日本移植学会雑誌臨時号 2008; p.437.

723972. [学会 (全国)] (一般口演) 自閉症レシピエントの自己管理指導−レシピエント移植コーディネーターの役割−. 野口文乃1, 末木真奈美1, 舩山健二1, 平島優子1, 鈴木美枝子1, 池田成江2, 吉田一成2 (1看護部, 2泌尿器): 第44回日本移植学会総会 (2008/9/21), 大阪, 日本移植学会雑誌臨時号 2008; p.449.

723973. [学会 (全国)] (ポスター) 当院産婦人科外来における医療用麻薬の内服指導の試み. 佐藤かほる1, 山城留美子1, 国分秀也2, 橋本利枝子1, 角田新平3 (1看護部, 2薬剤部, 3産婦): 第2回日本緩和医療薬学会 (2008/10/18), 神奈川.

723974. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨髄移行後のマウス循環胎児血由来細胞の骨芽細胞分化能に関する検討. 森本 彩1, 早川真由美1, 柳沢 恵1, 荒川法子1, 藤田 護2, 相川 淳2, 占部 憲2, 糸満盛憲2, 内田健太郎3 (1看護部, 2整外, 3大学院医療系研究科): 第23回日本整形外科学会 (2008/10/23), 京都.

723975. [学会 (全国)] (ポスター) 静脈注射を安全に実施するための現任教育プログラムとその評価. 猪又克子1, 小島恭子1, 亀石礼子1, 青木理美1, 清水 芳1, 石井か代2 (1看護部, 2東病院看護部): 第39回日本看護学会看護管理学術集会 (2008/10/29), 熊本.

723976. [学会 (全国)] (一般口演) SHELL分析導入による対策の変化と充実. 末永佳栄1, 栗田美和子1, 佐々木顕子1, 松村礼子1, 新徳裕美1, 谷口陽子1 (1看護部): 第39回日本看護学会学術集会看護管理 (2008/10/31), 熊本, 日本看護学会抄録集 2008/10; p.213.

723977. [学会 (全国)] (ポスター) 化学療法センターにおけるインシデント防止策とその効果. 番匠章子1, 蔵並 勝2, 宇津木聡3 (1看護部, 2外科, 3脳外): 第46回日本癌治療学会 (2008/11/1), 愛知, 日本癌治療学会抄録CD-ROM 2008/9.

723978. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 経腸栄養チューブによる長期経腸管理の有用性に関する検討. 吉部恵理子1, 片岡祐一2, 神應知道2 (1看護部, 2救命): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/30), 鹿児島.

723979. [学会 (全国)] (ポスター) デスカンファレンス導入による看護師の変化. 水上いづみ1, 長田真由美1, 堀田彩子1, 近藤真由美1 (1看護部): 第23回日本がん看護学会 (2009/2/8), 沖縄.

723980. [学会 (全国)] (一般講演) ICTラウンドにおいてブラックライトを用いた環境チェックの一考察−NICU病棟におけるグラム陰性桿菌対策−. 藤木くに子1, 平田泰良1,2, 二本柳伸3, 奥田舜冶4, 砂川慶介5 (1看護部 (看護キャリアセンター), 2感染管理室, 3臨検部, 4北里環境科学センター, 5北里生命科学研究所大学院感染制御科学府): 第24回日本環境感染学会 (2009/2/27), 横浜, 第24回日本環境感染学会抄録集 2009/2/1; 24: 459.

733431. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 人工膝関節全置換術クリティカルパスのバリアンス要因の検討. 森本 彩1, 早川真由美1, 柳沢 恵1, 荒川法子1, 藤田 護2, 相川 淳2, 占部 憲2, 糸満盛憲2 (1看護部, 2整外): 第57回東日本整形災害外科学会 (2008/9/12), 東京.

733432. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 診療アシスタント導入による外来診療の変化. 中嶋弘美1, 鈴木美枝子1, 渡邉光康2 (1看護部, 2衛生・公衆衛生): 第11回神奈川看護学会 (2008/11/28), 神奈川.

733433. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 外来看護師による静脈留置針確保施行による効果について. 中嶋弘美1, 鈴木美枝子1, 箱田美知恵1 (1看護部): 看護協会相模原支部看護研究発表会 (2008/12/11), 神奈川.

733434. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 皮膚科病棟処置時のプライバシー保護についての意識調査−患者, 医師, 看護師, の意識の差の考察−. 割柏由紀巳 (看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733435. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ニードの明確化と真意の把握−ウィーデンバックの理論を用いて−. 舩山健二1, 平島優子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733436. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 長期通院患者との信頼関係確立過程のトラベルビー理論による考察−意識消失や過換気を繰り返した難治性創傷患者の看護−. 高村美樹1, 橋田与理子1, 佐藤美紀1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733437. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 短期入院−外来治療を繰り返す癌化学療法患者の看護について考える. 岸根麻里子1, 天野麻美1, 中島節子1, 佐藤真紀子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733438. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 高線量率分割組織内照射における治療前オリエンテーションの検討−写真入りパンフレットを導入して−. 松本絵里香1, 田中みどり1, 長田真由美1, 渡辺沙織1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733439. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 悪循環パターンを繰り返す家族へのアプローチ−カルガリー家族看護による家族介入を活用して−. 山口七重1, 島田潤子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733440. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 慢性疾患患児と共に在宅で生活するきょうだいとの関わり. 遠藤 葵1, 小島ひで子2 (1看護部, 2看護学部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733441. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) OJTを中心としたキャリア計画と指導マニュアルの開発<第17報>中堅看護師を対象にしたOJTシステムの導入と確立. 高田穂積 (看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733442. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 臨床ナースのための海外研修ツアー参加報告−米国カリフォルニア州における医療と看護にふれて−. 油谷和子1, 菊一好子1, 金子若菜1, 早乙女聡子1, 宇田川美紀2, 渡邉絢子2, 藤本 薫3, 高森妙子4 (1看護部, 2東病院看護部, 3東邦大学看護学部, 4北里大学看護専門学校): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733443. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 北里大学病院における院内ドナー移植コーディネーターの活動と今後の役割. 榑松久美子1, 高橋 恵1, 荒川法子1, 兵頭祐子1, 端山和美1, 岩崎奈美1, 岩村貴美1, 石川基子1, 臼井ゆかり1, 鈴木美枝子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733444. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 移植医療支援室コーディネーター小委員会の取り組み. 中島節子1, 高橋 恵1, 野口文乃1, 笠原みどり1, 鈴木美枝子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733445. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 北里大学病院における移植医療支援室の活動と課題−意思表示カード所持に関する調査票配布の取り組み−. 高橋 恵1, 榑松久美子1, 端山和美1, 岩崎奈美1, 岩村貴美1, 中島節子1, 臼井ゆかり1, 鈴木美枝子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733446. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 機能別を取り入れた看護システムへの変更−中堅看護師としての自分の役割−. 下村裕子1, 平島優子1, 木脇厚子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733447. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 待合室における相談業務の分析と検討その2−フロアナースを導入しての結果と評価−. 夏井博子1, 仁木町子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733448. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小児のMRI検査に関する看護師のジレンマ−実態調査で明らかになったこと−. 池田幸子1, 竹田孝枝1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733449. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 熱傷患者の感染予防の視点からみた環境作り. 木立玲子1, 村中美保1, 森安恵実1, 植原美恵1, 笹原武志2 (1看護部, 2微生・寄生虫): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733450. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 統一した呼吸ケアの実施により救命し得た重症呼吸不全の一症例. 齊藤耕平1, 森安恵実1, 林絵里子1, 市村真理1, 吉田亜沙美1, 梅沢京子1, 若菜健介1, 袴田正嗣1, 伊野なつみ1, 今野照美1, 片山亜樹1, 植原美恵1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733451. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) エプロン着用からみるスタンダードプリケーションの認識−外来スタッフへお実態調査と勉強会を通じての変化−. 石川秀美1, 箱田美知恵1, 秦久美子1, 中嶋弘美1, 高橋由美子2 (1看護部, 2感染管理室): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733452. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 患者様との関わりを「ジョイス・トラベルビーの理論」を使って振り返る. 松田愛子1, 佐藤美紀1, 渡部順子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733453. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) うつぶせ体位による苦痛への対策−外疑似体験を通した患者理解と苦痛緩和への取り組み−外. 畑 絹子1, 柳澤一美1, 三浦しずか1, 福島洋子1, 寺嶋麻希子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733454. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 指差し呼称の実践向上に向けて. 中島宣昭1, 山本千恵子1, 柳田健明1, 石川美里1, 岩村貴美1, 植原美恵1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733455. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ディスカンファレンス導入による看護師の変化−1, 2年目看護師の看取りケアに対する気持ちの変化−. 水上いづみ1, 長田真由美1, 堀田綾子1, 近藤まゆみ1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733456. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ペプロウの人間関係を通しての学び−患者との関係性を築くためのプロセス−. 新徳裕美1, 末永佳栄1, 谷口陽子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733457. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ペプロウの看護理論−高校生である氏との関わりについて−. 岸田亜希子1, 清 剛士1, 谷口陽子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733458. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 希望を分かち合い個人の力を信じる看護−J. Travelbeeの理論を生かして−. 門馬由梨香1, 白鳥友基1, 高尾真紀1, 谷口陽子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733459. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 症状に不安のある氏と家族への看護−カルガリー家族アセスメント・介入モデルを用いて−. 宇田川明子1, 高見紀子1, 谷口陽子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733460. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) クリティカルパス運用状況と課題−クリティカルパス使用数, バリアンス分析第2報−. 菊池隼人1, 河内美佳1, 石井いづみ1, 細川ひかり1, 青柳秀昭1, 新藤真里江1, 松野時子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733461. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 外来病棟における転棟転落予防対策の現状と課題. 松島由紀1, 植松里沙1, 加藤久子1, 松野時子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733462. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 費用対効果を加味した業務の効率化をめざして '07−アイデアでコスト削減−. 金原純司1, 小野田ゆかり1, 東海林ちえみ1, 吉田秀美1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733463. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 職場ローテーションを通して見えた業務改善点−看護師間の業務連携の大切さ−. 鈴木 誠1, 伊藤佳奈1, 猿舘実香1, 横溝宗子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733464. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 看護システムの変更とそのプロセス−働きやすい職場作りの活動第1報−. 木脇厚子1, 平島優子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733465. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 内視鏡検査室での感染防止対策への取り組み. 野川敬子1, 和知さとみ1, 小島博子1, 倉石まゆみ1, 井上早苗1, 東島美穂1, 長峰紀代子1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.

733466. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 大腸内視鏡検査前処置の重要性−有意義な検査を受ける為に病棟との共通認識を求めて−. 倉石まゆみ1, 和知さとみ1, 野川敬子1, 小島博子1, 井上早苗1, 東島美穂1 (1看護部): 第8回北里看護研究会 (2008/12/20), 神奈川.


臨床検査部

[学術論文]

120121. [原著] 嫌気性菌における薬剤感受性測定用培地の比較検討について. 藤村裕美1, 久松知子1, 小幡 進1, 二本柳伸1, 中崎信彦1, 平田泰良1, 棟方伸一1, 高山陽子2, 大谷慎一2, 狩野有作2, 赤星 透3 (1臨検部, 2検診学, 3総合診療): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌 2008/6/30; 43 (1): 13-6.

120122. [原著] 急性下痢症患者から分離したCampylobacter jejuni/coliの薬剤感受性とその年次推移. 久松知子1, 中崎信彦1, 二本柳伸1, 平田泰良1, 高山陽子2, 大谷慎一2, 赤星 透3, 砂川慶介4 (1臨検部, 2検診学, 3総合診療, 4感染管理室): 感染症学雑誌 2008/11; 82 (6): 638-43.

521046. [解説] 心身ともに健康に. 志村嘉彦 (臨検部): カメラデン 2008/3/31; 46: 巻頭言.

521047. [解説] 北里大学病院臨床検査部検査情報室の実務報告. 染谷洋子1, 狩野有作2 (1臨検部, 2検診学): 臨床検査 2009/3; 53 (3): 315-7.

[学会・研究会等]

723981. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における新鮮凍結血漿 (FFP) の使用状況. 小本美奈1,2, 高野波留美1,2, 風間あきみ1,2, 八木和世1,2, 平田泰良1,2, 大谷慎一3, 小原邦義4 (1輸血センター部臨検部, 2臨検部, 3検診学, 4心臓血管外): 第56回日本輸血・細胞治療学会 (2008/4/26), 福岡, 日本輸血・細胞治療学会誌 2008/4; 54 (2): 216.

723982. [学会 (全国)] (一般講演) クラインフェルター症候群の遺伝カウンセリングとテストステロン補充療法. 安本龍馬1, 大畑尚子2, 増田千秋2, 和泉美希子2, 荒木尚美2, 石地豊子2, 白井教子2, 大谷真美2, 野崎祐子2, 守屋達美3, 山本賢司4, 高田史男5 (1臨検部, 2看護部, 3内分泌代謝内, 4神神, 5大学院医療系研究科): 第32回日本遺伝カウンセリング学会 (2008/5/23), 仙台, 日本遺伝カウンセリング学会誌 2008/4; 29 (1): 40.

723983. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における妊婦の深部静脈血栓症の現状. 岩楯欽央1, 藤井 滋1, 鈴木政子1, 坂本和代1, 宇治橋義勝1, 吉本紅子1, 棟方伸一1, 赤星 透2 (1臨検部, 2総合診療): 第57回日本医学検査学会 (2008/5/30), 札幌, 医学検査 2008/4/25; 57 (4): 597.

723984. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における検体検査システムの現状と課題. 内田一弘1, 小野沢裕也1, 安本龍馬1, 菅原健一1, 棟方伸一1 (1臨検部): 第57回日本医学検査学会 (2008/5/30), 札幌, 医学検査 2008/4/25; 57 (4): 719.

723985. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における日当直業務の現状. 志村嘉彦1, 高橋加代子1, 染谷洋子1, 棟方伸一1 (1臨検部): 第57回日本医学検査学会 (2008/5/30), 札幌, 医学検査 2008/4/25; 57 (4): 729.

723986. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における内部監査の現状と業務改善. 中崎広子1, 藤村善行1, 高木千鶴1, 遠藤留美子1, 棟方伸一1 (1臨検部): 第57回日本医学検査学会 (2008/5/31), 札幌, 医学検査 2008/4/25; 57 (4): 734.

723987. [学会 (全国)] (一般講演) 診療効率化を目的としたACMIA法によるタクロリムス血中濃度測定の検討. 上原由佳理1, 大場雄吉1, 中崎広子1, 平井 誠1, 内田一弘1, 棟方伸一1 (1臨検部): 第57回日本医学検査学会 (2008/5/31), 札幌, 医学検査 2008/4/25; 57 (4): 520.

723988. [学会 (全国)] (ポスター) 小児の神経伝導検査の検討. 下河ナオミ1, 河島江美1, 小野沢裕也1, 吉本紅子1, 菅原健一1 (1臨検部): 第57回日本医学検査学会 (2008/5/31), 札幌, 医学検査 2008/4/25; 57 (4): 646.

723989. [学会 (全国)] (一般講演) 中央採血室開設後の展望と課題. 阿部有香1, 棟方伸一1, 芳田 貢1, 遠藤成子1, 吉本紅子1, 内田一弘1 (1臨検部): 第57回日本医学検査学会 (2008/5/31), 札幌, 医学検査 2008/4/25; 57 (4): 739.

723990. [学会 (全国)] (一般講演) ノロウイルス核酸検査法の比較検討と院内感染対策への応用. 山辺晴美1, 高木千鶴1, 久松知子1, 山口登希子1, 櫻井慶造1, 平田泰良1, 狩野有作2, 赤星 透3 (1臨検部, 2検診学, 3総合診療): 第15回日本遺伝子診療学会大会 (2008/8/1), 仙台, 第15回日本遺伝子診療学会大会抄録集 2008/8/1; p.65.

723991. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における新生児聴覚スクリーニング検査の現状. 伊保清子1, 小幡 進1, 下河ナオミ1, 芳田ひとみ1, 村山真弓1, 浅野和江1, 井上理絵2, 松平登志正2, 岡本牧人3 (1臨検部, 2医療衛生学部, 3耳鼻): 第53回日本聴覚医学総会・学術講演会 (2008/10/2), 東京, AUDIOLOGY JAPAN 2008/9; 51 (5): 403-4.

723992. [学会 (全国)] (一般講演) 脂質染色を用いたPentraDX120ダブルマトリックスの有用性について. 伊藤亜希子1, 前田忠伸1, 菅原健一1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 大谷慎一2, 狩野有作2, 赤星 透3 (1臨検部, 2検診学, 3総合診療): 第40回日本臨床検査自動化学会 (2008/10/10), 横浜, 第40回日本臨床検査自動化学会抄録集 2008/9/1; 33 (4): 508.

723993. [学会 (全国)] (ポスター) パターンリバーサル半側視野刺激視覚誘発電位で異常所見を確認できた右眼鼻側半盲を呈した一例. 野澤晶子1, 小野沢裕也1, 河島江美1, 牛島 仁1, 吉本紅子1, 佐藤澄人2, 三宅俊之3, 西元久晴3, 飯塚高浩4 (1臨検部, 2脳外, 3眼科, 4神経内): 第38回日本臨床神経生理学会・学術大会 (2008/11/12), 神戸, 第38回日本臨床神経生理学会・学術大会プログラム抄録集 2008/10; 36 (5): 527.

723994. [学会 (全国)] (ポスター) 後頭部に限局する発作波を持つ症例の検討. 牛島 仁1, 野澤晶子1, 小野沢裕也1, 河島江美1, 吉本紅子1, 佐藤澄人2, 飯塚高浩3 (1臨検部, 2脳外, 3神経内): 第38回日本臨床神経生理学会・学術大会 (2008/11/13), 神戸, 第38回日本臨床神経生理学会・学術大会プログラム抄録集 2008/10; 36 (5): 567.

723995. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Agammaglobulinemiaを呈した69歳男性患者の一症例. 大場雄吉1, 鉢村和男2, 大谷慎一3, 狩野有作3, 赤星 透4 (1臨検部, 2医療衛生学部, 3臨検学 4総合診療): 第55回日本臨床検査医学会学術集会 (2008/11/27), 名古屋.

723996. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院臨床検査部におけるNSTへの取り組み (第2報). 三浦芳典1, 藤村善行1, 遠藤成子1, 安達 譲1, 棟方伸一1, 大谷慎一2, 狩野有作2, 佐藤照子3, 片岡祐一4, 赤星 透5 (1臨検部, 2臨検学, 3栄養部, 4救命, 5総合診療): 第55回日本臨床検査医学会 (2008/11/29), 名古屋, 第55回日本臨床検査医学会抄録集 2008/10/31; 56 (補冊): 188.

723997. [学会 (全国)] (一般講演) Agammaglobulinemiaを呈した69歳男性患者の一症例. 大場雄吉1, 鉢村和男2, 大谷慎一3, 狩野有作3, 赤星 透4 (1臨検部, 2医療衛生学, 3臨検学, 4総合診療): 第55回日本臨床検査医学会 (2008/11/29), 名古屋, 第55回日本臨床検査医学会抄録集 2008/10/31; 56 (補冊): 208.

723998. [学会 (全国)] (ポスター) 当院NSTにおける臨床検査技師としての取り組み. 安達 譲1, 平本裕美1, 遠藤成子1, 三浦芳典1, 西山栄子2, 佐藤照子2, 神應知道3, 片岡祐一3 (1臨検部, 2栄養部, 3救命): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/30), 鹿児島, 静脈経腸栄養 2009/1/1; 24 (1): 421.

732115. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 腎症において, より良いチーム医療を実践するために. 三浦芳典 (臨検部): 第10回千葉県臨床糖尿病医会定例会 (2008/7/26), 千葉県船橋.

732116. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 北里大学病院臨床検査部における人材育成の取り組み. 棟方伸一1, 平田泰良2 (1臨検部, 2感染管理室): 第48回近畿医学検査学会 (2008/10/19), 神戸, 第48回近畿医学検査学会抄録集 2008/10/19; p.85

732117. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 知っていますか臭覚味覚検査. 浅野和江 (臨検部): 第26回私立医科大学臨床検査技師会学術研修会 (2008/10/25), 東京, カメラデン 2008/9/30; No.47: 22.

732118. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 価値ある臨床検査部門を目指して−北里大学病院の取り組み−. 棟方伸一 (臨検部): 第57回神奈川県医学検査学会 (2008/11/9), 横浜, 第57回神奈川県医学検査学会抄録集 2008/11/9; p.18.

733467. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院職員定期健康診断におけるメタボリックシンドロームの現状と対策について. 草薙千晶1, 小林瑞枝1, 君塚郁代1, 棟方伸一1, 大谷慎一2, 狩野有作2, 岡田 純3, 赤星 透4 (1臨検部, 2臨検学, 3健康管理セ, 4総合診療): 第19回神奈川県臨床検査医学会大会 (2008/6/14), 第19回神奈川県臨床検査医学会大会抄録集 2008/6/14; p.6.

733468. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院の糖尿病療養指導における臨床検査技師の役割について. 山岸久美子1, 粟野文剛1, 三浦芳典1, 河島江美1, 小林瑞枝1, 土筆智晶1 (1臨検部): 第26回私立医科大学臨床検査技師会学術研修会 (2008/10/25), 東京, カメラデン 2008/9/30; No.47: 12.

733469. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 院内NSTにおける臨床検査技師の関わりについて. 安達 譲1, 平本裕美1, 遠藤成子1, 三浦芳典1, 内田一弘1, 棟方伸一1 (1臨検部): 第26回私立医科大学臨床検査技師会学術研修会 (2008/10/25), 東京, カメラデン 2008/9/30; No.47: 13.

733470. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 検査結果説明・検査相談室. 染谷洋子 (臨検部): 日本臨床検査技師会平成20年度総合管理部門研修会 (2009/2/21-22), 高崎, 研修会テキスト 2009/2/21-22; p.15-7.


放射線部

[学術論文]

522066. [講座] (技術活用講座) 核医学における医用機器の安全管理. 菊池 敬 (放射線部): 日本放射線技術学会核医学分科会誌 2008/10; 57: 21-36.

[著 書]

620291. [学術書] (分担執筆) 【PETおよびPET/CT検査技術の基礎】第10章 PET検査におけるDICOMネットワークシステム, p.123-38. 神宮司公二 (放射線部), 日本放射線技術学会, 2009/2/23発行.

[学会・研究会等]

722198. [学会 (全国)] (セミナー講演) 核医学における医用機器の安全管理−シンチカメラの保守点検に関する実態調査報告を交えて−. 菊池 敬 (放射線部): 日本放射線技術学会第64回総会学術大会 (2008/4/4), 横浜, 第64回総会学術大会予稿集 2008/4; p.80.

722199. [学会 (全国)] (セミナー講演) SPECT-CTの有用性−精度・定量性の向上に関して−. 菊池 敬 (放射線部): 日本放射線技術学会第36回秋季学術大会 (2008/10/23), 軽井沢, 日本放射線技術学会誌 2008/9; 64 (9): 1042.

722200. [学会 (全国)] (セミナー講演) SPECT-CTの利用と将来. 菊池 敬 (放射線部): 日本核医学技術学会第16回核医学技術セミナー (2009/2/15), 横浜, 日本核医学技術学会第16回核医学技術セミナー抄録集 2009/2; p.37-45.

722201. [学会 (全国)] (セミナー講演) 核医学領域における画像データの取り扱いに関する問題点と今後. 神宮司公二 (放射線部): 日本核医学技術学会第16回核医学技術セミナー (2009/2/15), 横浜, 日本核医学技術学会第16回核医学技術セミナー抄録集 2009/2; p.46-53.

723999. [学会 (全国)] (一般講演) IHE-J等標準的ガイドラインで核医学領域の画像データを統合利用するために克服すべき問題点の検討. 神宮司公二1, 對間博之2, 松田恵雄3, 巽 光朗4, 河邉讓治5, 竹花一哉6, 奥 真也7 (1放射線部, 2大阪市立大学医学部附属病院中央放射線部, 3埼玉医科大学総合医療センター中央放射線部, 4大阪大学医学部附属病院放射線部, 5大阪市立大学大学院医学研究科核医学, 6関西医科大学第二内科学講座, 7埼玉医科大学総合医療センター放射線科・東京大学病院): 日本放射線技術学会第64回総会学術大会 (2008/4/4), 横浜, 第64回総会学術大会予稿集 2008; p.106.

7231000. [学会 (全国)] (一般講演) 1.5Tにおけるvariable refocus flip angleを用いた3D FSE sequenceの基礎的検討−blurringの検討−. 水上慎也1, 尾崎正則1, 秦 博文1, 塙 宏典1, 野崎 敦2 (1放射線部, 2GE横河メディカルシステムズ): 日本放射線技術学会第64回総会学術大会 (2008/4/6), 横浜, 第64回総会学術大会予稿集 2008; p.273.

7231001. [学会 (全国)] (一般講演) 心電同期併用2D Spiral SPGR法を用いた下肢動脈MR Angiographyの基礎的検討. 佐藤真由美1, 尾崎正則1, 秦 博文1, 佐藤英介1, 水上慎也1, 相澤 真1, 平野勝也2 (1放射線部, 2GE横河メディカルシステムズ): 日本放射線技術学会第64回総会学術大会 (2008/4/6), 横浜, 第64回総会学術大会予稿集 2008; p.289.

7231002. [学会 (全国)] (一般講演) Navigator echo併用2D fast SPGR法の基礎的検討. 尾崎正則1, 秦 博文1, 水上慎也1, 佐藤真由美1, 相澤 真1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 岩館雄治3, 神田健一3, 塚元鉄二3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 289.

7231003. [学会 (全国)] (一般講演) Navigator echo併用3D fast SPGR法 (LAVA法) の基礎的検討. 尾崎正則1, 秦 博文1, 水上慎也1, 佐藤真由美1, 相澤 真1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 岩館雄治3, 神田健一3, 塚元鉄二3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 290.

7231004. [学会 (全国)] (一般講演) Flow Preparation 3D FSE法による下肢非造影MR Angiographyにおける各種撮像パラメータ依存性について. 尾崎正則1, 秦 博文1, 佐藤真由美1, 水上慎也1, 相澤 真1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 三好光晴3, 塚元鉄二3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 293.

7231005. [学会 (全国)] (一般講演) Flow Preparation法を用いた腹部非造影MR Angiographyの撮像条件の検討−流速とTrigger delayについて−. 秦 博文1, 尾崎正則1, 佐藤真由美1, 水上慎也1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 三好光晴3, 塚元鉄二3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 296.

7231006. [学会 (全国)] (一般講演) Flow Saturation Preparation法を用いた下肢非造影MR Angiographyの撮像条件の検討. 秦 博文1, 尾崎正則1, 佐藤真由美1, 水上慎也1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 三好光晴3, 塚元鉄二3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 297.

7231007. [学会 (全国)] (一般講演) ガントリー内蔵受信コイルを用いたFlow Saturation Preparation法下肢全長非造影MR Angiographyの試み. 秦 博文1, 尾崎正則1, 佐藤真由美1, 水上慎也1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 三好光晴3, 塚元鉄二3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 298.

7231008. [学会 (全国)] (一般講演) Flow Saturation Preparation3D FSE法による頸部非造影MR Angiographyの基礎的検討. 尾崎正則1, 秦 博文1, 佐藤真由美1, 水上慎也1, 相澤 真1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 三好光晴3, 塚元鉄二3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 298.

7231009. [学会 (全国)] (一般講演) Variable refocus flip angleを用いた3D FSE sequence (e3dt2) のBlack Blood Imagingへの応用. 水上慎也1, 尾崎正則1, 秦 博文1, 佐藤真由美1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 平野勝也3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 303.

7231010. [学会 (全国)] (一般講演) Asymmetric Radial Fan Beam orderingによるk space充填を用いたSSFPシーケンスの基礎的検討. 尾崎正則1, 秦 博文1, 佐藤真由美1, 水上慎也1, 相澤 真1, 菅 信一2, 松永敬二2, 河村沙織2, 平野勝也3 (1放射線部, 2放射線, 3GE横河メディカルシステムズ): 第36回日本磁気共鳴医学会大会 (2008/9/11), 旭川, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2008; 28: 326.

7231011. [学会 (全国)] (一般講演) 肺の定位照射における金マーカー挿入位置の検討. 上前峰子1, 江川俊幸1, 首藤宣昭1, 秦 千都1, 蔭山 紀1, 常木武士1, 稲田龍司2, 小谷承子3, 早川和重3 (1放射線部, 2医療衛生学部, 3放射線): 日本放射線腫瘍学会第21回学術大会 (2008/10/16), 札幌.

7231012. [学会 (全国)] (一般講演) SPECT-CT装置でのフュージョン画像によるセンチネルリンパ節シンチグラフィの有用性. 菊池 敬1, 徳重尊宣1, 伊藤喜弘1, 丸尾秀樹1, 渡邉あゆみ1, 神宮司公二1, 浅野雄二2 (1放射線部, 2放射線): 日本放射線技術学会第36回秋季学術大会 (2008/10/23), 軽井沢, 日本放射線技術学会雑誌 2008/9; 64 (9): 1052.

7231013. [学会 (全国)] (一般講演) 動体追跡照射における出力検証. 常木武士1, 江川俊幸1, 首藤宣昭1, 上前峰子1, 早川和重2 (1放射線部, 2放射線): 日本放射線技術学会第36回秋季学術大会 (2008/10/23), 軽井沢, 日本放射線技術学会雑誌 2008/9; 64 (9): 1062.

7231014. [学会 (全国)] (一般講演) 心電同期併用2D Spiral SPGR法での下肢動脈MR Angiographyの基礎的検討−収縮期でのデータ収集における再検討−. 小見正太郎1, 佐藤真由美1, 尾崎正則1, 秦 博文1, 水上慎也1, 平野勝也2 (1放射線部, 2GE横河メディカルシステムズ): 日本放射線技術学会第36回秋季学術大会 (2008/10/23), 軽井沢, 日本放射線技術学会雑誌 2008/9; 64 (9): 1140

7231015. [学会 (全国)] (一般講演) 心電同期併用2D Spiral SPGR法での下肢動脈MR Angiographyの検討−ダミーパルスの検討−. 佐藤真由美1, 小見正太郎1, 尾崎正則1, 秦 博文1, 水上慎也1, 平野勝也2 (1放射線部, 2GE横河メディカルシステムズ): 日本放射線技術学会第36回秋季学術大会 (2008/10/23), 軽井沢, 日本放射線技術学会雑誌 2008/9; 64 (9): 1140

7231016. [学会 (全国)] (一般講演) 診断用CT搭載一体型SPECT装置における心筋シンチ減弱補正の有用性の検討. 菊池 敬1, 神宮司公二1, 徳重尊宣1, 丸尾秀樹1, 伊藤喜弘1, 渡邉あゆみ1, 浅野雄二2, 小田川哲郎3 (1放射線部, 2放射線, 3シーメンス旭メディテック): 日本核医学技術学会第28回総合学術大会 (2008/10/25), 幕張, 日本核医学技術学会誌 2008/9; 28 (3): 227.

7231017. [学会 (全国)] (一般講演) 核医学における医用機器の安全管理−実態調査を交えて−. 菊池 敬1, 小野寺敦2, 大西英雄3 (1放射線部, 2船橋市立医療センター, 3県立広島大学大学院総合学術研究科): 日本核医学技術学会第28回総合学術大会 (2008/10/25), 幕張, 日本核医学技術学会誌 2008/9; 28 (3): 237.

733471. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 「CT・相対電子密度変換テーブル」のQC, QA. 寺崎剛史1, 上前峰子1, 江川俊幸1, 首藤宣昭1 (1放射線部): 日本放射線技術学会第55回関東部会研究発表大会 (2009/2/7), 宇都宮, 第55回研究発表大会抄録集 2008; p.89.

733472. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 放射性医薬品の安全取扱いと品質管理. 渡邉あゆみ1, 宮城光利1, 伊藤喜弘1, 丸尾秀樹1, 菊池 敬1 (1放射線部): 日本放射線技術学会第55回関東部会研究発表大会 (2009/2/8), 宇都宮, 第55回研究発表大会抄録集 2008; p.141.


薬剤部

[学術論文]

110277. [原著] A case control study of drug use associated with falls among hospitalized patients in a university hospital in Japan. 尾鳥勝也1,2, 石田有香2, 和田耕治3, 渡邊光康3, 近藤留美子2, 渋谷明隆4, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3衛生・公衆衛生, 4医療安全・管理): The Kitasato Medical Journal 2008/9; 38 (2): 161-6.

120123. [原著] 抗MRSA薬のCRP相対変化率からみた早期炎症反応の改善. 浜田幸宏1, 田村和敬1, 尾鳥勝也1,2, 松原 肇1, 矢後和夫1,2, 砂川慶介3 (1薬剤部, 2薬学部, 3北里生命化学研究所): 化学療法の領域 2008/5; 24 (5): 102-8.

120124. [原著] 抗破傷風人免疫グロブリンプレフィルドシリンジ製剤−テタガムRPプレフィルドシリンジ-の有用性に関する実験的研究−. 松原 肇1, 尾鳥勝也1,2, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 新薬と臨床 2008/6; 57 (6): 722-30.

120125. [原著] 薬物動態からみたオピオイド・ローテーション. 国分秀也1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): ペインクリニック 別冊 2008/7; 29 (7): 910-21.

120126. [原著] ファモチジン口腔内崩壊錠の後発医薬品に対する品質評価. 尾鳥勝也1, 西野貴司1, 田口祐子1, 梶 英輔1, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部): 日本病院薬剤師会雑誌 2008/8; 44 (8): 1259-63.

120127. [原著] 重症急性膵炎 (SAP) に対するbiapenem (BIPM), nafamostat mesilate (NM) 動注療法の試み. 浜田幸宏1, 今泉 弘2, 渡邊雅明3, 菊池秀彦2, 渡邊真彰2, 西巻 博4, 木田光広2, 砂川慶介5, 相馬一亥4, 西元寺克禮2, 松原 肇1, 矢後和夫1,3 (1薬剤部, 2消化器内, 3薬学部, 4救命, 5北里生命化学研究所): 膵臓 2008/10; 23 (5): 578-86.

120128. [原著] 腎移植におけるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度管理とその有用性. 小林昌宏1, 吉田一成2, 宮下由希3, 梅本慶太3, 平山貴博2, 笹本治子2, 近藤留美子1, 矢後和夫1,3, 遠藤忠雄2, 馬場志郎2 (1薬剤部, 2泌尿器科, 3薬学部): 今日の移植 2008/12; 21 (6): 651-3.

520197. [総説] 術後感染症治療薬: 薬剤部とTDM. 小林昌宏1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 日本外科感染症学会雑誌 2008/6; 5 (3): 217-24.

520198. [総説] プラスアルファの薬剤師になる 専門・認定薬剤師と薬剤師が取得できる専門職種のガイド 指導薬剤師・認定薬剤師ガイド 指導薬剤師の認定を受ける B指導薬剤師の役割. 尾鳥勝也1,2 (1薬学部, 2薬剤部): 月刊薬事 2008/9; 50 (10): 1583-6.

520199. [総説] 人工呼吸器肺炎 MRSAを中心に. 小林昌宏1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): PTM: 最新の疾患別治療マニュアル 2008/9; p.9-10.

520200. [総説] 腎移植におけるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度モニタリング. 小林昌宏1, 宮下由希2, 近藤留美子1, 吉田一成3, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3泌尿器科): TDM研究 2008/10; 25 (4): 133-40.

521048. [解説] こんなに役立つ薬の添付文書. 新井万理子1, 荒井有美2 (1薬剤部, 2安全管理室): 月刊ナーシング 2008/1; 29 (1): 6-47.

521049. [解説] 高血圧合併糖尿病患者への併用薬の注意点. 勝呂美香1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 日本医事新報 2008/7/19; 4395: 92-3.

521050. [解説] 慢性頭痛ガイドラインと薬物療法. 新井万理子1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 薬事日報 2008/7; p.4.

521051. [解説] 偏頭痛 特集: 自己注射の支援と指導. 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 月刊薬事 2008/12; 50 (13): 75-81.

[著 書]

620292. [学術書] 病院薬局製剤 第6版. 谷古宇秀1, 須田範行2, 中島克佳3, 並木徳之4, 深津祥央5, 松原 肇6, 宮嵜靖則1, 矢後和夫6,7, 鰐部昌彦8 (1東京女子医科大学東医療センター薬剤部, 2北海道大学医学部附属病院薬剤部, 3東京大学医学部附属病院薬剤部, 4静岡県立大学薬学部, 5京都大学医学部附属病院薬剤部, 6薬剤部, 7薬学部, 8名古屋市立大学病院薬剤部), 編 日本病院薬剤師会, 薬事日報, 東京, 2008/8発行.

620293. [学術書] (分担執筆) 【NSTハンドブック】疾患・病態別の栄養管理 理論と実践. 松原 肇1, 矢後和夫1,2, 他合計66名 (1薬剤部, 2薬学部), 編 東口高志 (藤田保健衛生大学医学部), 医薬ジャーナル, 大阪, 2008/11発行.

620294. [学術書] (分担執筆) 【NSTハンドブック】経腸栄養・静脈栄養の基礎と実践 改訂版. 松原 肇1, 矢後和夫1,2, 他合計140名 (1薬剤部, 2薬学部), 編 東口高志 (藤田保健衛生大学医学部), 医薬ジャーナル, 大阪, 2008/11発行.

620295. [学術書] マンガで理解!脳神経領域の超重要薬剤52 病棟での使い方. 新井万理子1, 荒井有美2, 猪又克子3, 江田一重3, 近藤留美子1, 山野辺みち子3 (1薬剤部, 2医療安全管理室, 3看護部), 編 藤井清孝4, 松原 肇1 (4脳外), メディカ出版, 大阪, 2009/2発行.

620296. [学術書] 【早期体験学習ガイドブック (改訂版)】***これからの (Advanced) 早期体験学習***. 飯田耕太郎1, 尾鳥勝也2,8, 神村英利3, 田口忠緒1, 辻本利雄4, 中村武夫5, 早瀬幸俊6, 藤田芳一7, 村田正弘4, 矢後和夫2,8, 渡邊真知子9 (1名城大学, 2薬学部, 3福岡大学, 4明治薬科大学, 5近畿大学, 6北海道薬科大学, 7大阪薬科大学, 8薬剤部, 9帝京大学), 編 村田正弘 (明治薬科大学), ネオメディカル, 厚木市, 2009/3発行.

[学会・研究会等]

713218. [学会 (国際)] (一般口演) The Present State in pediatric Wards in Kitasato university Hospital. 新井万理子1, 岩崎俊之2, 小林良子3, 遠藤成子4, 佐々木和子5, 松本真枝5, 松原 肇1, 矢後和夫1,6 (1薬剤部, 2小児, 3栄養部, 4臨検部, 5看護部, 6薬学部): The 7th Korea-Japan Joint Symposium for Clinical Information on Parenteral drugs (2008/4/19-20), 韓国, The 7th Korea-Japan Joint Symposium for Clinical Information on Parenteral drugs要旨 2008/4; p.80.

721025. [学会 (全国)] (特別講演) VAPに対する新たなる治療戦略−耐性菌防止のために−. 小林昌宏 (薬剤部): 第82回日本感染症学会 (2008/4/17), 松江.

721026. [学会 (全国)] (特別講演) PK based TDMとPK-PD based TDMでは何が変わるのか. 小林昌宏 (薬剤部): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21), 江戸川.

721027. [学会 (全国)] (特別講演) 薬剤師は感染制御のアウトカムを改善できるか. 小林昌宏 (薬剤部): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/22), 江戸川.

721028. [学会 (全国)] (特別講演) 医療薬学のさらなる実践: 基礎と臨床の二人三脚. 矢後和夫 (薬学部・薬剤部): 医療薬学フォーラム2008 第16回クリニカルファーマシーシンポジウム (2008/7/12-13), 船堀.

7231018. [学会 (全国)] (一般口演) 抗MRSA薬の使用状況−LZDの有効性と安全性の評価−. 田村和敬1, 浜田幸宏1, 新井万理子1, 近藤留美子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2, 砂川慶介3 (1薬剤部, 2薬学部, 3北里生命化学研究所): 第82回日本感染症学会総会・学術講演会 (2008/4/17-18), 島根, 感染症学雑誌 2008/11; 82 (6): 703-4.

7231019. [学会 (全国)] (一般口演) 腎機能低下はLinezolid投与に関連した血小板減少のリスクファクターである. 小林昌宏1, 中村 優1, 近藤留美子1, 宮下由希2, 佐藤千恵3, 神應知道3, 今井 寛3, 相馬一亥3, 砂川慶介4, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3救命, 4北里生命化学研究所): 第56回日本化学療法学会総会 (2008/6/7-8), 岡山, 日本化学療法学会総会プログラム・講演抄録 2008/5; 56: 190.

7231020. [学会 (全国)] (一般口演) 腎移植患者におけるミコフェノール酸 (MPA) の血中濃度管理. 宮下由希1, 小林昌宏2, 梅本慶太1, 近藤留美子2, 吉田一成3, 平山貴博3, 西 盛宏3, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部 3泌尿器): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s188.

7231021. [学会 (全国)] (ポスター) メトトレキサート大量療法における既報のパラメータを用いた血中濃度の予測性の検討. 斉藤 充1, 浜田幸宏2, 木村公美1, 田口祐子1, 尾鳥勝也1,2, 小松敏彰2, 小林昌宏2, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s193.

7231022. [学会 (全国)] (ポスター) 局所進行子宮頸癌に対するNedaplatin Weekly投与のPK/PD解析. 浜田幸宏1, 渡邊雅明2, 新部 譲3, 早川和重3, 角田新平4, 今井 愛4, 新井正秀4, 新井 努4, 川口美和4, 二井美津穂4, 小野重満4, 沼田 彩4, 海野信也4, 上坊敏子4, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3放射線, 4産婦): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s194.

7231023. [学会 (全国)] (ポスター) 局所進行子宮頸癌に対するNedaplatin Weekly投与の母集団薬物動態解析−臨床第2相試験−. 渡邊雅明1, 浜田幸宏2, 松原 肇2, 新部 譲3, 早川和重3, 角田新平4, 今井 愛4, 新井正秀4, 新井 努4, 川口美和4, 二井美津穂4, 小野重満4, 沼田 彩4, 海野信也4, 上坊敏子4, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3放射線, 4産婦): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s195.

7231024. [学会 (全国)] (ポスター) 救急領域におけるLinezolid投与に関連した血小板減少のモニタリング. 小林昌宏1, 中村 優1, 近藤留美子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2, 宮下由希2, 佐藤千恵3, 今井 寛3, 相馬一亥3, 砂川慶介4 (1薬剤部, 2薬学部, 3救命, 4北里生命化学研究所): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s201.

7231025. [学会 (全国)] (ポスター) テイコプラニンの至適投与法に関する検討. 宮島律子1, 小林昌宏1, 有馬三佐代1, 橋本彰子1, 近藤留美子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s214

7231026. [学会 (全国)] (ポスター) 小児におけるteicoplanin母集団薬物動態パラメータの推定性の評価. 須田哲史1, 小林昌宏2, 宮下由希1, 有馬三佐代2, 木村利美3, 石井正浩4, 砂川慶介5, 依田啓司6, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3東京女子医科大学病院薬剤部, 4小児, 5北里生命化学研究所, 6国際親善総合病院薬剤部): 第25回日本TDM学会学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s215.

7231027. [学会 (全国)] (ポスター) わが国における母集団薬物動態解析の報告−1998〜2007−. 梅本慶太1, 小林昌宏2, 宮下由希3, 有馬三佐代2, 木村公美3, 田口祐子1, 尾鳥勝也1,2, 松原 肇2, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3東京女子医科大学病院薬剤部): 第25回日本TDM学会・学術大会 (2008/6/21-22), 江戸川, TDM研究 2008/6; 25 (3): s229

7231028. [学会 (全国)] (ポスター) フェンタニルパッチ使用患者における血中フェンタニル濃度変動因子の検討. 国分秀也1, 的場元弘2, 松原 肇1, 外須美夫3, 矢後和夫1,4 (1薬剤部, 2国立がんセンター中央病院がん対策情報センターがん情報・統計部がん医療情報サービス室, 3麻酔, 4薬学部): 第13回日本緩和医療学会 (2008/7/4-5), 静岡, 第13回日本緩和医療学会要旨 2008/7; p.213.

7231029. [学会 (全国)] (ポスター) 腎臓病教室の有用性評価と薬剤師の役割. 石塚 愛1, 引地 文1, 渡邊千鶴1, 坂倉智子1, 近藤留美子1, 新井万理子1, 松原 肇1, 守屋利佳2, 鎌田貢壽3, 矢後和夫1,4 (1薬剤部, 2医学教育, 3腎臓内, 4薬学部): 医療薬学フォーラム2008〜第16回クリニカルファーマシーシンポジウム (2008/7/12-13), 東京, 医療薬学フォーラム2008講演要旨集 2008/7; p.200.

7231030. [学会 (全国)] (一般口演) 腎移植におけるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度管理とその有用性. 小林昌宏1, 吉田一成2, 宮下由希3, 梅本慶太3, 平山貴博2, 笹本治子2, 近藤留美子1, 矢後和夫1,3, 遠藤忠雄2, 馬場志郎2 (1薬剤部, 2泌尿器, 3薬学部): 第14回日本移植薬物療法研究会 (2008/7/19), 東京, 今日の移植 2008/12; 21 (6): 651.

7231031. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における硫酸アルベカシンの使用実態. 小山郁美1, 浜田幸宏2, 木村公美2, 田口祐子2, 尾鳥勝也1,2, 松原 肇1, 砂川慶介3, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3北里生命化学研究所): 日本薬剤師会関東ブロック第38回学術大会 (2008/8/23-24), 山梨, 日本病院薬剤師会関東ブロック第38回学術大会要旨 2008/8; p.196.

7231032. [学会 (全国)] (ポスター) 光 (照度) の強さによる注射剤への影響.  幸市朗1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/20-21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会講演集 2008/9; p.89.

7231033. [学会 (全国)] (一般口演) リポソームアムホテリシンBの有効性および安全性に関する検討. 浜田幸宏1, 小松敏彰1, 近藤留美子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/20-21), 札幌, 日本医療薬学会年会講演要旨集 2008/9; p.261.

7231034. [学会 (全国)] (ポスター) ソラフィニィブにより血小板減少を発現した一症例. 岡崎美代子1, 岩村正嗣2, 新井万理子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,3 (1薬剤部, 2泌尿器, 3薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/20-21), 札幌.

7231035. [学会 (全国)] (ポスター) 当院でのHIV治療における薬剤の組み合わせと薬剤変更理由の調査. 新井万理子1, 斉京明子1, 田中博之1, 和田彩子1, 勝呂美香1, 松原 肇1, 高山陽子2, 矢後和夫1,3 (1薬剤部, 2臨検学, 3薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/20-21), 札幌.

7231036. [学会 (全国)] (一般口演) 手術室専任薬剤師の現状と今後の展望. 冨澤 淳1, 近藤留美子1, 横溝宗子2, 岡本浩嗣3, 松原 肇1, 矢後和夫1 (1薬剤部, 2北里大学病院手術部, 3麻酔): 第30回日本手術医学会 (2008/9/25-26), 東京.

7231037. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学薬学部における段階的体験学習の展開−3年次における保険薬局見学−. 城戸美好1, 豊田智子1, 井上 岳1, 露崎 薫1, 薄井健介1, 田口祐子1, 木村公美1, 尾鳥勝也1,2, 平山武司1, 川野千尋1, 久保田理恵1, 青木学一1, 田中庸一1, 市原久雄1, 黒山政一1, 小宮山貴子1, 矢後和夫1,2, 厚田幸一郎1, 吉山友二1 (1薬学部, 2薬剤部): 第41回日本薬剤師会学術大会 (2008/10/12-13), 宮崎, 第41回日本薬剤師会学術大会講演要旨集 2008/10; p.530.

7231038. [学会 (全国)] (ポスター) 頭頸部腫瘍末期患者における癌性悪臭の1例. 佐々木寿子1, 国分秀也1, 田村和敬1, 新井万理子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第2回日本緩和医療薬学会 (2008/10/18-19), 横浜, 第2回日本緩和医療薬学会要旨 2008/10; p.102.

7231039. [学会 (全国)] (ポスター) がん疼痛患者におけるアセトアミノフェン1日4,000 mg投与の安全性に関する検討. 府川美沙子1, 国分秀也1, 的場元弘2, 新井万理子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,3 (1薬剤部, 2国立がんセンターがん対策情報センター, 3薬学部): 第2回日本緩和医療薬学会年会 (2008/10/18-19), 横浜, 第2回日本緩和医療薬学会年会要旨 2008/10; p.134.

7231040. [学会 (全国)] (ポスター) パクリタキセルとワルファリンカリウムとの相互作用に関する調査. 小山彰子1, 遠山加奈子1, 田村和敬1, 菅原充広1, 国分秀也1, 新井万理子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第46回日本癌治療学会 (2008/10/30-11/1), 名古屋, 第46回日本癌治療学会総会抄録号 2008/10/1; 43 (2): 962.

7231041. [学会 (全国)] (ポスター) メトトレキサートのHigh-Dose (HDMTX) 療法における母集団薬物動態解析 (PPK). 斉藤 充1, 浜田幸宏2, 木村公美1, 田口祐子1, 尾鳥勝也1,2, 松原 肇2, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部): 第7回日本臨床腫瘍学会 (2009/3/20-21), 名古屋, 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会 2009/3; p.369.

7231042. [学会 (全国)] (ポスター) リネゾリド投与における血小板低下の要因についての検討. 関めぐみ1, 浜田幸宏2, 木村公美1, 田口祐子1, 尾鳥勝也1,2, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.159.

7231043. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における副作用情報管理. 岸田和佳子1, 坂倉智子1, 近藤留美子1, 尾鳥勝也1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第129回日本薬学会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129年会要旨集 2009/3; 分冊4: 235.

7231044. [学会 (全国)] (ポスター) 病棟薬剤師常駐による薬剤関連業務の質と量の調査・検討. 和田彩子1, 新井万理子1, 木脇厚子2, 菅原充広1, 松原 肇1, 矢後和夫1,3 (1薬剤部, 2看護部, 3薬学部): 第129回日本薬学会総会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.241.

7231045. [学会 (全国)] (ポスター) 簡易懸濁法導入が困難であった要因と今後の対応策. 木村公美1, 新井万理子2, 松村敦子2, 粕谷優子2, 小野絢子1, 菅原充広2, 白沢和子2, 田口祐子1, 尾鳥勝也1,2, 松原 肇2, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.297.

7231046. [学会 (全国)] (ポスター) 絨毛性疾患に対するMA療法の効果および副作用に対する検討. 中村和美1, 国分秀也1, 小野重満2, 新井 努2, 新井正秀2, 角田新平2, 田村和敬1, 新井万理子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,3 (1薬剤部, 2産婦, 3薬学部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.319.

7231047. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院におけるIFIS (術中交際緊張低下症) 発生とα遮断薬服用に関する研究. 花島玲子1, 堀池瑞木2, 田口祐子2, 後関利明3, 新井万理子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3眼科): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; 分冊4: 239.

7231048. [学会 (全国)] (ポスター) フェンタニルパッチの薬物動態に影響を与える因子の探索と検討−文献予測値との隔たりから見た検討−. 海老沼慶一1, 国分秀也2, 的場元弘3, 小松敏彰2, 府川美沙子2, 高柳理早1, 山田安彦1, 尾鳥勝也2,4, 矢後和夫2,4 (1東京薬科大学薬学部, 2薬剤部, 3国立がんセンター中央病院緩和医療科, 4薬学部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.320.

7231049. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学薬学部における段階的体験学習の展開−3年次保険薬局見学における携帯電話を用いた出席確認システムの運用と評価−. 宮崎智子1, 西端芳彦1, 城戸美好1, 厚田幸一郎1, 矢後和夫1,2, 吉山友二1 (1薬学部, 2薬剤部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.342.

7231050. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学薬学部3年次生「薬と仕事3」保険薬局見学の現状と今後の課題. 城戸美好1, 宮崎智子1, 尾鳥勝也1,2, 平山武司1, 井上 岳1, 野島浩幸1, 市原久雄1, 久保田理恵1, 黒山政一1, 小宮山貴子1, 厚田幸一郎1, 矢後和夫1,2, 吉山友二1 (1薬学部, 2薬剤部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.342

7231051. [学会 (全国)] (ポスター) 3年次医療施設見学の教育効果. 薄井健介1, 露山竒 薫1, 井上 岳1, 野島浩幸1, 宮崎智子1, 城戸美好1, 矢後和夫1,2, 黒山政一1, 小宮山貴子1, 吉山友二1, 厚田幸一郎1 (1薬学部, 2薬剤部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.342.

7231052. [学会 (全国)] (ポスター) 地域薬剤師会活動への薬学生参画の有用性. 小室治孝1, 奥村 綾1, 六丸友理1, 宮崎智子1, 城戸美好1, 黒山政一1, 厚田幸一郎1, 矢後和夫1,3, 大島崇弘2, 斉藤祐一2, 臼井得雄2, 吉山友二1 (1薬学部, 2藤沢市薬剤師会, 3薬剤部): 日本薬学会第129年会 (2009/3/26-28), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨 2009/3; p.354.

731153. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 院内感染症に関わる薬剤師の現状と展望. 小林昌宏 (薬剤部): 第10回愛媛県TDM研究会 (2009/1/24), 松山.

731154. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 抗菌化学療法に関わる薬剤師の現状と展望. 小林昌宏 (薬剤部): 第4回多摩感染症薬剤師研究会 (2009/1/31), 立川.

731155. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 抗菌化学療法に関わる薬剤師の現状と展望. 小林昌宏 (薬剤部): 第5回熊本県感染対策研究会 (2009/3/7), 熊本.

733473. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 北里大学病院における簡易懸濁法導入の現状. 粕谷優子1, 小野絢子2, 木村公美2, 白沢和子1, 松村敦子1, 菅原充広1, 新井万理子1, 松原 肇1, 難波昭雄3, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3横浜薬科大学薬学部): 日本薬剤師会 関東ブロック第38回学術大会 (2008/8/23-24), 甲府, 日本病院薬剤師会関東ブロック第38回学術大会要旨 2008/8; p.174.

733474. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) HIV患者待ち時間短縮のための抗HIV薬調剤方法の検討. 田中博之1, 新井万理子1, 斉京明子1, 和田彩子1, 勝呂美香1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 日本薬剤師会 関東ブロック第38回学術大会 (2008/8/23-24), 甲府, 日本病院薬剤師会関東ブロック第38回学術大会要旨 2008/8; p.172.

733475. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) がん薬物療法における薬剤師業務の検討. 遠山加奈子1, 国分秀也1, 中村和美1, 佐々木寿子1, 小山彰子1, 岡崎美代子1, 田村和敬1, 新井万理子1, 松原 肇1, 矢後和夫1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 日本薬剤師会関東ブロック第38回学術大会 (2008/8/23-24), 甲府, 日本薬剤師会関東ブロック第38回学術大会要旨 2008/8; p.187.

733476. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小児MRSA感染症に対するlinezolid (LZD) の有効性. 関めぐみ1, 浜田幸宏2, 新井万理子2, 松原 肇2, 砂川慶介3, 矢後和夫1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3北里生命化学研究所): 第55回日本化学療法学会/第57回日本感染症学会東日本地方学術合同学会 (2008/10/23-24), 大宮, 日本感染症学会東日本地方会総会・日本化学療法学会東日本支部総会 2008/1; p.165.

733477. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 抗MRSA薬4剤の臨床効果の比較. 浜田幸宏1, 高山陽子2, 松原 肇1, 砂川慶介3, 矢後和夫1,4 (1薬剤部, 2臨検学, 3北里生命科学研究所, 4薬学部): 北里大学微生物アカデミーAKPS学術研究会 (2008/12/13), 東京, 第11回微生物アカデミー研究会 2008/12; p.2-3.

733478. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) リボソームアムホテリシンB (L-AMB) の有用性に関する後方視的解析. 浜田幸宏1, 小松敏彰1, 小幡 進2, 二本柳伸2, 久米 光3 (1薬剤部, 2臨検部, 3病理部): 真菌症フォーラム第10回学術大会 (2009/2/21), 名古屋, 真菌症フォーラム第10回学術大会抄録集 2008/2/21; p.18.


リハビリテーションセンター

[学術論文]

120129. [原著] 人工股関節全置換術後早期にリハビリゴール到達可能となる因子の検討. 見井田和正1, 松丸純佳1, 遠原真一1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): Hip Joint 2008/11; 34: 163-5.

120130. [原著] 人工膝関節全置換術後におけるQuality of Lifeと身体機能との関係−日本版膝関節症機能評価尺度 (JKOM) を用いた評価−. 遠原真一1, 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 見井田和正1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 相川 淳2, 藤田 護2, 占部 憲2, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外): 日本人工関節学会誌 2008/12; 38: 352-3.

120131. [原著] 人工股関節全置換術後の股関節外転筋力目標値−早期T字杖歩行自立に向けて−. 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 遠原真一1, 見井田和正1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 福島健介2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 日本人工関節学会誌 2008/12; 38: 545-6.

120132. [原著] 人工股関節全置換術後のアプローチの違いによる術後早期の経過の比較. 見井田和正1, 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 遠原真一1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 福島健介2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 日本人工関節学会誌 2008/12; 38: 554-5.

520201. [総説] 多発性硬化症の理学療法−日常生活における工夫−. 濱崎伸明1, 川端良治1 (1リハビリ部): 難病と在宅ケア 2008/6; 14 (3): 63-5.

[著 書]

620297. [学術書] (分担執筆) 【考える理学療法】内部障害編 心臓が弱い=心不全?, p.213-30. 神谷健太郎1, 松永篤彦2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部), 編 丸山 仁3, 黒澤和生4, 石黒友康5, 竹井 仁3, 高橋哲也6 (3国際医療福祉大学, 4首都大学東京, 5健康科学大学, 6兵庫医療大学), 文光堂, 東京, 2008/12発行.

620298. [学術書] (分担執筆) 【循環器理学療法の理論と技術】ADL評価, p.173-82. 神谷健太郎1, 山本周平2, 米沢隆介2 (1リハビリ部, 2大学院医療系研究科), 編 増田 卓3, 松永篤彦3 (3医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2009/3発行.

620299. [学術書] (分担執筆) 【循環器理学療法の理論と技術】理学療法各論 慢性心不全, p.291-309. 神谷健太郎1, 松永篤彦2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部), 増田 卓3, 松永篤彦3 (3医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2009/3発行.

[学会・研究会等]

713219. [学会 (国際)] (ポスター) Heart rate response at submaximal exercise predicts exercise capacity in patients with ischemic heart disease. 神谷健太郎1, 増田 卓2, 松永篤彦2, 木村雅彦2, 須田久美1, 野田千春3, 和泉 徹3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3循環器内): 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy (ACPT) (2008/8/30), 千葉.

722202. [学会 (全国)] (シンポジウム) 【日本循環器学会コメディカルセッション シンポジウム】慢性心不全の心リハ医療における理学療法士の役割. 神谷健太郎1, 松永篤彦2, 山本周平3, 見井田和正1, 木村雅彦2, 五十嵐亜希子1, 河野真理1, 高橋由美1, 野田千春4, 猪又孝元4, 増田 卓2, 和泉 徹4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第73回日本循環器学会総会・学術集会 (2009/3/20-22), 大阪.

7231053. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における新鮮アキレス腱断裂術後の新たな早期理学療法プログラム. 見井田和正1, 松丸純佳1, 濱嵜伸明1, 神谷健太郎1, 遠原まりえ1, 遠原真一1, 岩松秀樹1, 辺土名隆1, 成瀬康治2, 占部 憲2 (1リハビリ部, 2整外): 第43回日本理学療法学術大会 (2008/5/15-17), 福岡.

7231054. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院と地域療育機関における連携. 岩松秀樹1, 横山美佐子2, 軽部敦子1, 加藤 景1, 野渡正彦3, 岩崎俊之3, 武井研二3,5, 本澤由美子4, 村田英二4, 樋口 滋5, 小玉美津子6, 石井和彦7, 辺土名隆1 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3小児, 4相模原市立陽光園, 5相模原療育園, 6座間市役所障害福祉課, 7ぽかぽかリハビリ訪問看護ステーション): 第43回日本理学療法学術大会 (2008/5/15-17), 福岡.

7231055. [学会 (全国)] (一般講演) 重症クモ膜下出血の予後に関わる因子. 濱崎伸明1, 小池朋孝1, 神保武則1, 遠原まりえ1, 川端良治1, 辺土名隆1, 遠藤昌孝2, 北原孝雄2 (1リハビリ部, 2救命): 第43回日本理学療法学術大会 (2008/5/15-17), 福岡.

7231056. [学会 (全国)] (一般口演) 筋力トレーニングを主体とした介入により運動耐容能向上が図られた重症心不全の一症例. 神谷健太郎1, 並木優子1, 高橋由美1, 河野真理1, 木村雅彦2, 小倉 彩2, 小倉太一3, 野田千春4, 松永篤彦2, 増田 卓2, 和泉 徹4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3健康科学大学リハビリテーション学科, 4循環器内): 第15回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2008/7/18-20), 大阪.

7231057. [学会 (全国)] (一般講演) 地域療育機関に対する基幹病院としての役割−神奈川県央・県北地区における取り組み−. 岩松秀樹1, 横山美佐子2, 並木優子1, 辺土名隆1, 神保武則1, 加藤 景1, 野渡正彦3, 岩崎俊之3, 武井研二3,4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3小児, 4相模原療育園): 第53回全国肢体不自由児療育研究大会 (2008/9), 大阪.

7231058. [学会 (全国)] (一般講演) 小児呼吸器疾患におけるElectrical impedance tomography (EIT) 測定の試み. 小池朋孝1, 根武谷吾2, 林 初香3, 福島崇義3, 上田康久3, 原 真人3, 梅原 実3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3小児): 第41回日本小児呼吸器疾患学会 (2009/10/3-4)北海道.

7231059. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸理学療法を施行した間質性肺炎の一症例−ADL改善への取り組み−. 松丸純佳1, 小池朋孝1, 濱嵜伸明1, 遠原まりえ1, 辺土名隆1, 和田真由子2, 高田信和3 (1リハビリ部, 2呼吸器内, 3医療衛生学部): 第26回日本私立医科大学理学療法士学会 (2008/10/12), 北海道.

7231060. [学会 (全国)] (ポスター) 【優秀ポスターセッション口演】Delta-HR/delta-MET at submaximal exercise reflects exercise capacity in patients with ischemic heart disease. 神谷健太郎1, 増田 卓2, 松永篤彦2, 木村雅彦2, 河野真理1, 高橋由美1, 野田千春3, 和泉 徹3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3循環器内): 第12回日本心不全学会 (2008/10/16-18), 東京.

7231061. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるCurved Periacetabular Osteotomy術前後の機能推移. 見井田和正1, 遠原真一1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 高崎純孝1, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第35回日本股関節学会学術集会 (2008/12/5-6), 大阪.

7231062. [学会 (全国)] (一般講演) Electrical impedance tomography (EIT) による人工呼吸中の換気測定−体位と時間による局所換気状態の変化−. 小池朋孝1, 根武谷吾2, 今井 寛3, 遠原まりえ1, 濱崎伸明1, 森安恵実4, 飯島光雄5, 佐藤千恵3, 相馬一亥3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3救命, 4看護部, 5MEセ): 第36回日本集中治療医学会学術集会 (2009/2/26-28), 大阪.

7231063. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) クモ膜下出血患者の予後に影響を与える因子から見た急性期リハビリテーションの役割. 濱崎伸明1, 小池朋孝1, 神保武則1, 遠原まりえ1, 今井 寛2, 佐藤千恵2, 遠藤昌孝2, 北原孝雄2, 相馬一亥2 (1リハビリ部, 2救命): 第17回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2008/8/30), 東京.

7231064. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 中枢神経病等における転倒の有無とFIMの関連について. 並木優子1, 川端良治1, 神谷健太郎1 (1リハビリ部): 第26回神奈川県理学療法士学会 (2009/3/7), 神奈川.

733479. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院でのCurved Periacetabular Osteotomy後の後療法の検討. 見井田和正1, 遠原真一1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 高崎純孝2, 内山勝文2, 糸満盛憲2, 高平尚伸3 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第57回東日本整形災害外科学会 (2008/9/12), 東京.

H19年度以前分

[学術論文]

H19-320003. [症例報告] 先天性近橈尺骨癒合症児の作業療法−術後アプローチについて−. 神保武則1, 田辺隆一2, 相川 淳3, 藤田 護3, 内野正隆3, 糸満盛憲3, 金谷文則4 (1リハビリ部, 2木村義肢工作研究所, 3整外, 4琉球大学医学部): 神奈川県病院学会誌 2008/3; 26: 56-62.

[学会・研究会等]

H19-713004. [学会 (国際)] (一般講演) Detreminants of self-reported and performance-related outcomes in japanese people with knee osteoarthritis. 神谷健太郎1, 遠原真一1, Hiroyuki Watanabe2, 須田久美1, 濱崎伸明1, 辺土名隆1, 相川 淳3, 藤田 護3, 占部 憲3, 糸満盛憲3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3整外): 15th International WCPT congress (2007/6/2-6), Vancouver, Canada.

H19-713005. [学会 (国際)] (一般講演) THE RELATIONSHIP BETWEEN FUNCTIONAL PROGNOSIS, DISPOSITION AND INFLUENCE FACTORS FOR POSTOPERATIVE ANEURYSMAL SUBARACHNOID HEMORRHAGE (SAH). 小池朋孝1, 濱崎伸明1, 神保武則1, 遠原まりえ1, 神谷健太郎1, 川端良治1, 辺土名隆1, 遠藤昌孝2, 北原孝雄2 (1リハビリ部, 2救命): 15th International WCPT congress (2007/6/2-6), Vancouver, Canada.

H19-723013. [学会 (全国)] (一般講演) 救急医療チームにおけるくも膜下出血患者の離床決定の因子は何か? 濱崎伸明1, 神保武則1, 小池朋孝1, 安達まりえ1, 川端良治1, 辺土名隆1 (1リハビリ部): 第42回日本理学療法学術大会 (2007/5/24-26), 新潟.

H19-723014. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症性乳がん患者がOTとのかかわりを通じ復職を果たした1症例−自然体の会話がもたらした信頼関係の構築−. 佐々木秀一1, 神保武則1 (1リハビリ部): 第41回日本作業療法学会 (2007/6/22-24), 鹿児島.

H19-723015. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術後早期にリハビリゴール到達可能となる因子の検討. 見井田和正1, 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第34回日本股関節学会 (2007/10/11-12), 石川.

H19-723016. [学会 (全国)] (一般講演) Eleatrical impedance tomography (EIT) を利用したICUでの呼吸療法. 小池朋孝1, 今井 寛2, 根武谷吾3, 遠原まりえ1, 森安恵実4, 飯島光雄4, 佐藤栄治4, 相馬一亥2 (1リハビリ部, 2救命, 3医療衛生学部, 4北里大学病院ICU): 第35回日本集中治療医学会学術集会 (2008/2/14-16), 東京.

H19-723017. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術後のアプローチの違いによる術後早期の経過の比較. 見井田和正1, 遠原真一1, 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 福島健介2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第38回日本人工関節学会 (2008/2/29-3/1), 沖繩.

H19-723018. [学会 (全国)] (一般講演) 人工膝関節全置換術後におけるQuality of Lifeと身体機能との関係−日本版膝関節症機能評価尺度 (JKOM) を用いた評価−. 遠原真一1, 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 見井田和正1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 相川 淳2, 藤田 護2, 占部 憲2, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外): 第38回日本人工関節学会 (2008/2/29-3/1), 沖繩.

H19-723019. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術後の股関節外転筋力目標値−早期T字杖歩行自立にむけて−. 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 遠原真一1, 見井田和正1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 福島健介2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第38回日本人工関節学会 (2008/2/29-3/1), 沖繩.

H19-723020. [学会 (全国)] (一般講演) 回復期心臓リハビリテーションを施行された患者における運動機能ならびにADL指標の反応性について. 神谷健太郎1, 増田 卓2, 松永篤彦2, 並木優子1, 高橋由美1, 河野真理1, 五十嵐亜希子1, 野田千春3, 和泉 徹3 (1リハビリ部, 2大学院医療系研究科, 3循環器内): 第72回日本循環器学会総会・学術集会 (2008/3/28-30), 福岡.

H19-733018. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Eleatrical impedance tomography (EIT) の臨床応用. 小池朋孝1, 今井 寛2, 根武谷吾3, 遠原まりえ1, 森安恵実4, 飯島光雄4, 佐藤栄治4, 相馬一亥2 (1リハビリ部, 2救命, 3医療衛生学部, 4北里大学病院ICU): 第16回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2008/8/25), 神奈川.

H19-733019. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 人工股関節全置換術後のリハビリを遅延させる因子の検討−術前評価および術中所見から−. 見井田和正1, 松丸純佳1, 神谷健太郎1, 辺土名隆1, 内野正隆2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 糸満盛憲2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第56回東日本整形災害外科学会 (2007/9/21-22), 長野.

H19-733020. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 先天性近橈尺骨癒合症児の作業療法−術後アプローチについて−. 神保武則1, 田辺隆一2, 相川 淳3, 藤田 護3, 内野正隆3, 糸満盛憲3, 金谷文則4 (1リハビリ部, 2木村義肢工作研究所, 3整外, 4琉球大学医学部): 第56回東日本整形災害外科学会 (2007/9/21-22), 長野.

H19-733021. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膝に痛みを有する高齢者の筋形態と身体機能の関係. 濱崎伸明1, 渡邊裕之2, 須田久美1, 遠原真一1, 神谷健太郎1, 相川 淳3, 藤田 護3, 占部 憲3, 糸満盛憲3, 辺土名隆1 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3整外): 第56回東日本整形災害外科学会 (2007/9/21-22), 長野.

H19-733022. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膝関節痛を有する地域住民に対する集団運動指導の効果−北里大学病院膝教室における検討−. 遠原真一1, 須田久美1, 渡邉裕之2, 神谷健太郎1, 濱崎伸明1, 相川 淳3, 藤田 護3, 占部 憲3, 糸満盛憲3, 辺土名隆1 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3整外): 第56回東日本整形災害外科学会 (2007/9/21-22), 長野.

H19-733023. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 転倒予防教室の効果. 金沢しづえ1, 高田智子1, 加藤 景1, 高橋由美1, 内野正隆2, 糸満盛憲2 (1看護部, 2整外): 第56回東日本整形災害外科学会 (2007/9/21-22), 長野.

H19-733024. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 先天性近橈尺骨癒合症児の作業療法−術後アプローチについて−. 神保武則1, 田辺隆一2, 相川 淳3, 藤田 護3, 内野正隆3, 糸満盛憲3, 金谷文則4 (1リハビリ部, 2木村義肢工作研究所, 3整外, 4琉球大学医学部): 第26回神奈川県病院学会 (2007/12/4), 神奈川.


栄養部

[学会・研究会等]

7231065. [学会 (全国)] (一般口演) 重症熱傷患者における栄養管理と予後について. 佐藤照子1, 西山栄子1, 吉田朋子1, 陶山紀子1, 中村侃美1, 片岡祐一2, 神應知道2 (1栄養部, 2救命): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/29), 鹿児島, 第24回日本静脈経腸栄養学会抄録集 2009/1; p.191.

7231066. [学会 (全国)] (一般口演) 下部消化管術後の早期経口摂取に関する検討. 深沢佐恵子1, 中村隆俊2, 小野里航2, 井原 厚2, 佐藤照子1, 中村侃美1 (1栄養部, 2外科): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/29), 鹿児島, 第24回日本静脈経腸栄養学会抄録集 2009/1; p.245.

7231067. [学会 (全国)] (一般口演) 内分泌代謝内科病棟におけるNST稼働の効果. 人見麻美子1, 横錢祐子1, 田中啓司2, 田中澄代3, 勝呂美香4, 守屋達美2, 三浦芳典5 (1栄養部, 2内分泌代謝内, 3看護部, 4薬剤部, 5臨床検査部): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/29), 鹿児島, 第24回日本静脈経腸栄養学会抄録集 2009/1; p.309.

733480. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 腎臓病教室に参加した慢性腎臓病患者の食事療法の実行度の検討. 吉田朋子1, 佐藤照子1, 守屋利佳2, 鎌田貢壽3 (1栄養部, 2医学教育, 3腎臓内): 東京都成人栄養研究会 (2008/6/7), 東京.

733481. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院の嚥下食見直しの取り組み. 中嶋としみ (栄養部): 第3回神奈川摂食・嚥下リハビリテーション研究会 (2008/11/1), 神奈川.

733482. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 糖尿病教育入院日数短縮に伴う教育効果の比較検討. 川上悠子1, 人見麻美子1, 山内美香1, 佐藤照子1, 田中啓司2, 守屋達美2, 藤田芳邦2 (1栄養部, 2内分泌代謝内): 第46回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2009/1/24), 横浜.


病院病理部

[学会・研究会等]

7231068. [学会 (全国)] (一般講演) 膵癌におけるERCPブラシ擦過・ブラシ洗浄・膵液細胞診標本での細胞形態の違い. 山下和也1, 久場 樹1, 吉田佐土子1, 横澤正志1, 渡邉 純2, 三上哲夫2, 岡安 勲2 (1病理部, 2病理): 第47回日本臨床細胞学会秋期大会 (2008/11/14), グランドプリンスホテル新高輪, 日本臨床細胞学会雑誌 2008/9; 47 (Suppl 1): 505.

7231069. [学会 (全国)] (一般講演) 超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA) によるGISTの診断基準の確立. 吉田佐土子1, 山下和也1, 横澤正志1, 三上哲夫2, 岡安 勲2 (1病理部, 2病理): 第47回日本臨床細胞学会秋期大会 (2008/11/15), グランドプリンスホテル新高輪, 日本臨床細胞学会雑誌 2008/11; 47 (Suppl 1), 400.

733483. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸水中に出現したIntravascular large B-cell lymphomaの細胞像. 坂口 忍1, 横山 大1, 柿沼廣邦1, 町田大輔1, 服部 学2, 山下和也1, 一戸昌明3, 渡邉 純3, 岡安 勲3 (1病理部, 2医療衛生学部, 3病理): 第27回日本臨床細胞学会神奈川県支部会 (2008/9/6), 横浜情報文化センター, 日本臨床細胞学会神奈川県支部会誌 2008/9; 13: 2: 26.

733484. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 免疫組織化学染色における検体の保存条件−抗体との反応性について−. 宮崎誠子1, 山下和也1, 能勢富佐子1, 角田美奈子1, 吉田佐土子1, 松澤敏行1 (1病理部): 北里大学病院平成20年度職員研究 (2009/5/29), 神奈川.


血液浄化センター

[学会・研究会等]

7231070. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 酢酸無添加透析剤を用いた酸塩基平衡・電解質是正の検討. 外間信人1, 小山 誠1, 藤原康作1, 野川 隆一郎1, 東 賢一1, 東條圭一2, 坂本尚登3, 鎌田貢壽3 (1血液浄化セ, 2MEセ, 3腎臓内): 第53回日本透析医学会学術集会・総会 (2008/6/20-22), 神戸.


MEセンター

[学術論文]

540095. [その他] 点検用機器の有用な使用についての検討. 早速慎吾1, 東條圭一1, 野村智之1, 飯島光雄1, 古平 聡1, 藤井正実1, 木下春奈1, 小原邦義2 (1MEセ, 2心臓血管外): 医科器械学 2008/10; 78 (10): 606-7.

540096. [その他] 当院における保育器の保守管理方法. 野村智之1, 東條圭一1 (1MEセ): 医科器械学 2008/10; 78 (10): 615-6.

540097. [その他] 衝撃検知センサの有用性. 野村智之 (MEセ): 医科器械学 2008/10; 78 (10): 622-3.

540098. [その他] 大学病院に勤務する女性臨床工学技士に関する検討. 壷井里恵子1, 東條圭一1, 木下春奈1, 稲毛 博1, 武田章数1, 佐藤直己1, 古平 聡1, 小原邦義2 (1MEセ, 2心臓血管外): 神奈川県臨床工学技士会誌 2008/10; 20: 25-7.

[著 書]

620300. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 輸液ポンプ・シリンジポンプのしくみと構成, p.88-91. 野村智之 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/7/20発行.

620301. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 輸液ポンプ・シリンジポンプで事故が起こるパターン, p.98-6. 東條圭一 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/7/20発行.

620302. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 輸液ポンプにおける事故防止のポイント, p.98-102. 藤井正実 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/7/20発行.

620303. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ シリンジポンプにおける事故防止のポイント, p.104-8. 佐藤直己 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/7/20発行.

620304. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 輸液ポンプ・シリンジポンプの保守管理, p.110-3. 早速慎吾 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/7/20発行.

620305. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 人工呼吸器のしくみと構成, p.82-5. 飯島光雄 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/8/20発行.

620306. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 人工呼吸器による医療事故の発生パターンとアラーム, p.86-90. 東條圭一 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/8/20発行.

620307. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 始業時に起こりうる事故と予防対策, p.92-7. 武田章数 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/8/20発行.

620308. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 使用中に起こりうる呼吸器回路の事故と予防対策, p.98-103. 壷井里恵子 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/8/20発行.

620309. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 使用中に起こりうる加温加湿器の事故と予防対策, p.104-8. 壷井里恵子 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/8/20発行.

620310. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 使用中に起こりうる換気モードによる事故と予防対策, p.110-5. 木下春奈 (MEセ), 編 廣瀬 稔 (医療衛生学部), 学研, 2008/8/20発行.

620311. [学術書] (分担執筆) ME機器に関連する事故を防ぐ 人工呼吸器の保守管理, p.116-9. 白井敦史 (MEセ), 編 廣瀬 稔(医療衛生学部), 学研, 2008/8/20発行.

620312. [学術書] (分担執筆) IABP・PCPS誌上勉強会 ズバリ!補助循環とは? p.26-30. 東條圭一 (MEセ), 編 関口 敦 (埼玉医科大学国際医療センターMEサービス部), メディカ出版, 2008/7/1発行.

620313. [学術書] (分担執筆) IABP・PCPS誌上勉強会 ふりかえりテスト クイック20! p.58-64. 東條圭一 (MEセ), 編 関口 敦 (埼玉医科大学国際医療センターMEサービス部), メディカ出版, 2008/7/1発行.

620314. [学術書] (分担執筆) ICU・CCUの人工呼吸器BASIC, p.43-9. 東條圭一 (MEセ), 編 関口 敦 (埼玉医科大学国際医療センターMEサービス部), メディカ出版, 2009/1/1発行.

[学会・研究会等]

7231071. [学会 (全国)] (一般講演) PCPS管理におけるCDI500の有用性について. 武田章数1, 東條圭一1, 藤井正実1, 木下春奈1, 佐藤栄治1, 立野 聡1, 監物康弘1, 小原邦義2 (1MEセ, 2心臓血管外): 第18回日本臨床工学会 (2008/5/17), 秋田県秋田市.

7231072. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における臨床工学技士の役割 (設立25周年を振り返って). 東條圭一1, 古平 聡1, 稲毛 博1, 野村智之1, 小山 誠1, 飯島光雄1, 佐藤正憲1, 木下春奈1, 西川 温1, 相馬一亥2, 渡辺 聡1, 小原邦義3, 廣瀬 稔4 (1MEセ, 2救命, 3心臓血管外, 4医療衛生学部): 第18回日本臨床工学会 (2008/5/18), 秋田県秋田市.

7231073. [学会 (全国)] (ポスター) 回転系医療機器の精度管理および安全使用に関する検討. 古平 聡1, 立野 聡1, 監物康弘1, 東條圭一1, 新保年弘1, 廣瀬 稔2 (1MEセ, 2医療衛生学部): 第18回日本臨床工学会 (2008/5/18), 秋田県秋田市.

7231074. [学会 (全国)] (一般講演) 点検用機器の有用な使用についての検討. 早速慎吾1, 東條圭一1, 野村智之1, 飯島光雄1, 古平 聡1, 藤井正実1, 木下春奈1, 小原邦義2 (1MEセ, 2心臓血管外): 第83回日本医科器械学会大会 (2008/5/30), 東京都千代田区.

7231075. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における保育器の保守管理方法. 野村智之1, 東條圭一1 (1MEセ): 第83回日本医科器械学会大会 (2008/5/30), 東京都千代田区.

7231076. [学会 (全国)] (一般講演) 衝撃検知センサの有用性. 野村智之 (MEセ): 第83回日本医科器械学会大会 (2008/5/30), 東京都千代田区.

7231077. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 内視鏡手術の安全な施行を目指した取り組みについて. 古平 聡1, 東條圭一1, 岩村正嗣2, 渡邊昌彦3, 兵頭祐子4, 横溝宗子3 (1MEセ, 2泌尿器, 3外科, 3看護部): 第21回日本内視鏡外科学会総会 (2008/9/2), 横浜.

7231078. [学会 (全国)] (一般講演) PCPSに最適な人工肺の膜素材に関する検討. 東條圭一1, 藤井正実1, 木下春奈1, 佐藤栄治1, 武田章数1, 早速慎吾1 (1MEセ): 第36回日本集中治療医学会学術集会 (2009/2/15), 大阪府大阪市.

7231079. [学会 (全国)] (一般講演) 持続緩徐式血液浄化装置をPCPS回路に接続する方法についての検討. 武田章数1, 東條圭一1, 藤井正実1, 木下春奈1, 佐藤栄治1, 早速慎吾1 (1MEセ): 第36回日本集中治療医学会学術集会 (2009/2/27), 大阪府大阪市.

731156. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大学病院に勤務する女性臨床工学技士に関する検討. 壷井里恵子1, 東條圭一1, 木下春奈1, 稲毛 博1, 武田章数1, 佐藤直己1, 古平 聡1, 小原邦義2 (1MEセ, 2心臓血管外): 神奈川県臨床工学技士会平成18年度学術大会 (2008/4/20), 神奈川県横浜市.

731157. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 持続緩徐式血液浄化装置をPCPS回路に接続する方法についての検討. 武田章数1, 東條圭一1, 藤井正実1, 木下春奈1, 佐藤栄治1, 早速慎吾1 (1MEセ): 第16回日本体外循環技術医学会関東甲信越地方会 (2009/3/10), 群馬県安中市.

733485. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児開心術における近赤外光を用いた酸素飽和度測定に関する検討. 古平 聡1, 武田章数1, 佐藤直己1, 東條圭一1 (1MEセ): 第34回日本体外循環技術研究会 (2008/10/25), 神奈川県横浜市.

733486. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 血液凝固測定器の比較. 木下春奈1, 東條圭一1, 藤井正実1, 立野 聡1, 監物康弘1, 小原邦義2 (1MEセ, 2心臓血管外): 第34回日本体外循環技術研究会 (2008/10/25), 神奈川県横浜市.


治験管理室


医療安全管理室

[学術論文]

522067. [講座] 【特集: 事故分析「力」トレーニング ものの見方・考え方を変える!】インシデントレポートシステムの活用と導入後の変化−北里大学病院での取り組みから−. 花井恵子1, 荒井有美1 (1医療安全管理室): 医療安全 2008/3; 15 (1): 36-7.

522068. [講座] 【特集1: 看護職医療メディエーターへの期待と実践】実践報告: 中立的な立場で患者と医療者との信頼関係を築く. 花井恵子 (医療安全管理室): 看護 2009/1/1; 61 (1): 50-3.

522069. [講座] 【指示受け・準備・実施に大活躍! こんなに役立つ薬の添付文書. 荒井有美1, 新井万理子2 (1医療安全管理室, 2薬剤部): 月刊ナーシング 2009/1; 29 (1): 6-47.

522070. [講座] 【第1特集: 医薬品使用時の安全管理】4. チームで作る! 医薬品安全使用のための業務に関する手順書 (医薬品業務手順書). 荒井有美 (医療安全管理室): Clinical Pharmacist 2009/3/10; 2009年2号: 126-30.

[著 書]

620315. [学術書 (分担執筆) 【ブレインナーシング夏季増刊: イラストでわかる脳神経外科手術と術式別ケア】各論10. 脳神経外科ナースに必要な周手術期薬剤の知識, p.275-325. 荒井有美 (医療安全管理室), 編 藤井清孝 (脳外), メディカ出版, 大阪, 2008/8/15発行.

620316. [学術書 (分担執筆) 【ナーシンググラフィカ (4): 疾病成り立ち−臨床薬理学, p.87-122. 古川裕之1, 赤瀬智子2, 林正健二3, 木津純子4, 土屋雅勇5, 荒井有美6 (1金沢大学附属病院, 2東京大学大学院医学系研究科, 3山梨県立大学, 4慶應義塾大学薬学部, 5帝京大学薬学部, 6医療安全管理室), 編 古川裕之1, 赤瀬智子2, 林正健二3, メディカ出版, 大阪, 2009/2発行.

[学会・研究会等]

722203. [学会 (全国)] (招待講演等) チームで考えるメディケーションエラー防止. 荒井有美 (医療安全管理室): 第36回日本集中治療医学会学術集会 (2009/2/26), 大阪.


感染管理室

[学術論文]

120134. [原著] 嫌気性菌における薬剤感受性測定用培地の比較検討について. 藤村裕美1, 久松知子1, 小幡 進1, 二本柳伸1, 中崎信彦1, 平田泰良1,2, 棟方伸一1, 高山陽子3, 大谷慎一3, 狩野有作3, 赤星 透4 (1臨検部, 2感染管理室, 3臨検学, 4総合診療): 神奈川県臨床衛生検査技師会雑誌 2008/6/30; 43 (1): 13-6.

120135. [原著] 急性下痢症患者から分離したCampylobacter jejuni/coliの薬剤感受性とその年次推移. 久松知子1, 中崎信彦1, 二本柳伸1, 平田泰良1,2, 高山陽子3, 大谷慎一3, 赤星 透4, 砂川慶介2 (1臨検部, 2感染管理室, 3臨検学, 4総合診療): 感染症学雑誌 2008/11; 82 (6): 638-43.

520202. [総説] プロの真価が問われるコンサル手順 冒頭10分 第4回ウイルス性胃腸炎の場合. 藤木くに子 (感染管理室): Infection control 2009/1; 18 (1): 94-102.

[学会・研究会等]

722204. [学会 (全国)] (シンポジウム) アウトブレイクへの対応−いかに気づき, いかに対応すべきか−. 賀来満夫1, 加来浩器2, 有瀬和美3, 光武耕太郎4, 竹村 弘5, 藤木くに子6, 井上和彦7, 高坂哲郎8 (1東北大学大学院感染制御・検査診断学, 2防衛医科大学校国際感染症学講座兼バイオ対策支援室, 3高知大学医学部附属病院, 4埼玉医科大学国際医療センター感染対策室, 5聖マリアンナ医科大学病院感染制御部, 6感染管理室, 7テレビメディアジャーナリスト, 8日本経済新聞国際部): 第24回日本環境感染学会総会 (2008/2/28), パシフィコ横浜, 第24回日本環境感染学会プログラム・抄録集 2009/1; 24: 134-7.

7231080. [学会 (全国)] (一般講演) 医療従事者の麻疹・水痘・風疹・ムンプスに対する抗体保有状況. 高山陽子1,2, 藤木くに子2, 平田泰良2, 松下 治3, 赤星 透4, 岡田 純5, 砂川慶介2 (1臨検学, 2感染管理室, 3微生・寄生虫, 4総合診療, 5健康管理セ): 第82回日本感染症学会 (2008/4/17), 島根県民会館/サンラポーむたくも, 第82回感染症学会総会抄録集 2008/3; 82: 331.

7231081. [学会 (全国)] (一般講演) 医療施設における手洗い用水の従属栄養細菌を中心とした水質管理について. 菊野理津子2, 藤木くに子2, 奥田舜治2, 笹原武志3 (2北里環境科学センター, 2感染管理室, 3微生・寄生虫): 第82回日本感染症学会 (2008/4/18), 島根県民会館/サンラポーむたくも, 第82回感染症学会総会抄録集 2008/3; 82: 405.

7231082. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における新鮮凍結血漿 (FFP) の使用状況. 小本美奈1, 高野波留美1, 風間あきみ1, 八木和世1, 平田泰良1,2, 大谷慎一3, 小原邦義4 (1輸血センター部, 2感染管理室, 3臨検学, 4心臓血管外): 第56回日本輸血・細胞治療学会 (2008/4/26), 福岡, 日本輸血・細胞治療学会誌 2008/4; 54 (2): 216.

7231083. [学会 (全国)] (一般講演) ノロウイルス核酸検査法の比較検討と院内感染対策への応用. 山辺晴美1, 高木千鶴1, 久松知子1, 山口登希子1, 櫻井慶造1, 平田泰良1,2, 狩野有作3, 赤星 透4 (1臨検部, 2感染管理室, 3臨検学, 4総合診療): 第15回日本遺伝子診療学会大会 .(2008/8/1), 仙台, 第15回日本遺伝子診療学会大会抄録集 2008/8/1; p.65.

7231084. [学会 (全国)] (ポスター) 透析関連感染サーベイランスの構築. 森兼啓太1, 谷口弘美2, 上野一枝3, 宮田貴紀4, 前多 香5, 家入裕子6, 高橋陽一7, 大沢 忠8, 高橋由美子9, 藤木くに子9, 細田清美10, 北村真理1,10, 操 華子10, 崎浜智子10 (1国立感染症研究所感染症情報センター, 2東葛クリニック病院, 3武田病院, 4埼玉社会保険病院, 5大田病院, 6済生会熊本病院, 7府中病院, 8前橋病院, 9感染管理室, 10福井県済生会病院): 第24回日本環境感染学会 (2009/2/27), パシフィコ横浜, 第24回日本環境感染学会プログラム・抄録集 2009/1; 24: 214.

7231085. [学会 (全国)] (一般口演) ICTラウンドにおいてブラックライトを用いた環境チェックの一考察−NICUU病棟におけるグラム陰性桿菌対策−. 藤木くに子1,2, 平田泰良2, 上野美穂3, 二本柳伸4, 奥田舜治5, 砂川慶介6 (1看護キャリア開発・研究センター, 2感染管理室, 3看護学部, 4臨検部, 5北里環境科学センター, 6北里生命科学研究所大学院感染制御科学府): 第24回日本環境感染学会 (2009/2/27), パシフィコ横浜, 第24回日本環境感染学会プログラム・抄録集 2009/1; 24: 459

732119. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 北里大学病院臨床検査部における人材育成の取り組み. 棟方伸一1, 平田泰良1,2 (1臨検部, 2感染管理室): 第48回近畿医学検査学会 (2008/10/19), 神戸, 第48回近畿医学検査学会抄録集 2008/10/19; p.85.

732120. [学会 (地方会・研究会)] (ベーシックレクチャー) チーム医療で行う感染症学・化学療法学−あるアウトブレイクに対応する−ラウンドからの気づき. 宮崎義継1, 徳江 豊2, 塚田弘樹3, 藤木くに子4, 四方田幸恵5, 山崎 満6 (1国立感染症研究所生物活性化部室部, 2群馬大学医学部附属病院感染制御部, 3新潟市民病院感染症科, 4感染管理室, 5群馬大学医学部附属病院検査部, 6富士重工業健康保険組合総合大田病院薬剤部): 第57回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第55回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会 (2008/10/24), 大宮ソニックシティ, 合同学会プログラム・抄録集 2008/10; 57 (55): 63.

733487. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ICTラウンドにおいてブラックライトを用いた環境チェックの一考察−NICU病棟におけるグラム陰性桿菌対策−. 藤木くに子1,2, 平田泰良2,3, 二本柳伸3, 奥田舜冶4, 砂川慶介5 (1看護キャリアセンター, 2感染管理室, 3臨検部, 4北里環境科学センター, 5北里生命科学研究所大学院感染制御科学府): 第24回日本環境感染学会 (2009/2/27), 横浜, 第24回日本環境感染学会抄録集 2008/2/1; 24: 459.


北里大学東病院看護部

[学術論文]

110278. [原著] A laboratory analysis of filter performance on five marketed two-piece drainable pouches. 松原康美1, Motoko Naka, Shiho Naito, Hitomi Shinada, Jun Takahashi (1東病院看護部): World Council of Enterostomal Therapists jounal 2008; 28 (4): 23-8.

120136. [原著] 難治性褥瘡患者に対するアルギニン配合高濃度液状栄養食の使用経験. 太田裕子1, 野口球子1, 松原康美2 (1東病院栄養部, 2東病院看護部): 日本栄養士会雑誌 2008; 51 (5): 22-8.

120137. [原著] ストーマケアを行う看護師のにおいへの配慮とケア実践に関する調査. 松原康美1, 新島早苗2, 吉村 稔3, 高橋 純4, 品田ひとみ4 (1東病院看護部, 2横浜市立市民病院, 3東海大学医学部付属病院, 4コンバテック ジャパン株式会社): 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌 2008/3/31; 12 (2): 20-8.

320075. [症例報告] 筋萎縮性側索硬化症末期患者に対する陽・陰圧体外式人工呼吸器使用の有効性. 吉原千恵1, 野澤かほる1, 大永里美1, 前川恭子1, 瓜生伸一2, 荻野美恵子3 (1東病院看護部, 2MEセ, 3神経内): 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 2008/12; 18 (3): 253.

521052. [特集] 【外来がん化学療法 パス&記録事例集】がん化学療法の看護記録とクリニカルパス. 桃園 忍 (東病院看護部): 外来看護最前線特別編集号 2008.4.15; 13 (6): 32.

522071. [講座] 「看護必要度」の評価: 具体的な方法−評価項目の成り立ち, ルール, (例題つき)−. 田中彰子 (東病院看護部): エキスパートナース 2008; 26 (4): 99-108.

522072. [講座] 【病態生理とケアの実際から学ぶ皮膚・排泄ケア最前線】第3回: がん性創傷1 病態生理. 松原康美1, 佐藤武郎2 (1東病院看護部, 2外科): ナーシング・トゥデイ 2008/6/1; 23 (7): 42-6.

522073. [講座] 【病態生理とケアの実際から学ぶ皮膚・排泄ケア最前線】第4回: がん性創傷2 ケアの実際. 松原康美 (東病院看護部): ナーシング・トゥデイ 2008/7/1; 23 (8): 42-5.

522074. [講座] 【特集: 事例で学ぶがん患者の退院調整〜困難事例の“解決”を探る〜】退院調整が困難な事例へ向き合うときの基本的な考え方. 千山竒美登子 (東病院看護部): がん看護 2008/9/20; 13 (6): 601-3.

522075. [講座] 【特集: 院内のがん看護実践能力を底上げする】「提言CNSの立場から」ケアの意味づけへの支援がポイント. 千山竒美登子 (東病院看護部): 看護 2008/11/1; 60 (13): 44-7.

522076. [講座] 2008年日本看護が変わる−看護管理者の立場から−. 田中彰子 (東病院看護部): 看護展望 2008/11/1; 33 (1): 8-9.

522077. [講座] 看護必要度の精度管理−ブラッシュアップ研修と記録による評価者訓練−. 田中彰子 (東病院看護部): 看護 2008/12; 60 (15): 50-5.

[著 書]

620317. [学術書] (分担執筆) 【第12回日本看護サミット】「5対1」を見すえた看護経営の挑戦−7対1看護は5対1看護の懸け橋となるか−. 田中彰子 (東病院看護部), 編 第12回日本看護サミット開催実行委員会, 2008/3/24発行.

620318. [学術書] (分担執筆) 【病態・処置別スキントラブルガイド 第一版】PEG造設部周囲のスキントラブル, p.76-80. 松原康美 (東病院看護部), 編 内藤亜由美, 安部正敏, 学習研究社, 2008発行.

620319. [学術書] (分担執筆) 【病態・処置別スキントラブルガイド 第一版】がん放射線療法中のスキントラブル, p.100-5. 松原康美 (東病院看護部), 編 内藤亜由美, 安部正敏, 学習研究社, 2008発行.

620320. [学術書] (編集) 【スキントラブルの予防とケアーハイリスクケースへのアプローチ 第一版】p.42-52. 松原康美 (東病院看護部), 編 松原康美, 医歯薬出版, 2008/5/25発行.

620321. [学術書] (分担執筆) 【スキントラブルの予防とケアーハイリスクケースへのアプローチ】がん化学療法中のスキンケア, p.101-14. 松原康美 (東病院看護部), 編 松原康美, 医歯薬出版, 2008/5/25発行.

620322. [学術書] (分担執筆) 【スキントラブルの予防とケアーハイリスクケースへのアプローチ】がん放射線療法におけるスキンケア, p.115-30. 松原康美 (東病院看護部), 編 松原康美, 医歯薬出版, 2008/5/25発行.

620323. [学術書] (分担執筆) 【スキントラブルの予防とケアーハイリスクケースへのアプローチ】がん終末期における褥瘡ケア, p.131-47. 松原康美 (東病院看護部), 編 松原康美, 医歯薬出版, 2008/5/25発行.

620324. [学術書] (分担執筆) 【がん看護の実践-3放射線治療を受けるがんサバイバーへの看護ケア 第一版】放射線治療とスキンケア. 松原康美 (東病院看護部), 編 嶺岸秀子 (看護学部), 他, 医歯薬出版, 2008発行.

620325. [学術書] (分担執筆) 【NANDA-NIC-NOCを事例に適用する 第2版】第V章 慢性期の事例, p.158. 前川恭子1, 五藤陽子1 (1東病院看護部), 編 黒田裕子 (看護学部), 医学書院, 2008/6発行.

620326. [学術書] (分担執筆) 【看護必要度 第3版−看護サービスの新たな評価基準−】第2章 U「看護必要度」 (Vre.4) のチェック項目とその選択肢. V「看護必要度」 (Vre.4) のチェック項目記入の手引き, p.36-116. 田中彰子1, 他 (1東病院看護部), 監修 岩澤和子, 筒井孝子, 日本看護協会出版会, 2008/7/10発行.

620327. [学術書] (分担執筆) 【看護必要度 第3版−看護サービスの新たな評価基準−】第3章 T「看護必要度」の評価者育成. U「看護必要度」院内導入時研修の実際. V「看護必要度」院内導入後, 評価の信頼性を維持するための方策, p.117-175. 田中彰子 (東病院看護部), 監修 岩澤和子, 筒井孝子, 日本看護協会出版会, 2008/7/10発行.

620328. [学術書] (分担執筆) 【ナーシング・プロフェッション ・シリーズ がん看護の実践3 第1版第1刷】「看護必要度」≪演習ビデオ≫監修. 田中彰子 (東病院看護部), 監修 岩澤和子, 筒井孝子, 日本看護協会出版会, 2008/7/10発行.

620329. [学術書] (分担執筆・共著]【 マネジメントツールとしての看護必要度 第2版】看護業務の質向上のための看護必要度データの活用, p.126-43. 田中彰子1, 千山竒美登子1 (1東病院看護部), 編 嶋森好子, 筒井孝子, 中山書店, 2008/11/1発行.

620330. [学術書] (分担執筆) 【ナーシング・プロフェッション ・シリーズ がん看護の実践3 第1版第1刷】放射線治療を受けるがんサバイバーへの看護ケア: 食道へ照射を受けるがん患者, p.70-5. 千山竒美登子1, 片塩 幸1 (1東病院看護部), 編 嶺岸秀子2, 千山竒美登子1, 近藤まゆみ3 (2看護部, 3看護学部), 医歯薬出版株式会社, 2009/2/10発行.

[学会・研究会等]

713220. [学会 (国際)] (ポスター) Preparation and use of “Handbook for ostomates in emergencies”: Part 1: Current status survey. 井口美奈枝1, 松原康美2, 佐藤美和3, 片岡ひとみ4, 加藤昌子5, 近藤恵子6, 酒井透江7, 山田尚子8 (1横浜市立大学付属市民総合医療センター, 2東病院看護部, 3東邦大学医療センター佐倉病院, 4仙台オープン病院, 5東山武田病院, 6長野赤十字病院, 7コロプラスト株式会社, 8日本大学医学部付属板橋病院): 17th Biennial Congress of the World Council of Enterostomal Therapist (2008/6/15-19), スロベニア, 17th Biennial Congress of the World Council of Enterostomal Therapist: Proceedings with Congress Programme 2008/6/15; p.351.

713221. [学会 (国際)] (ポスター) Preparation and use of “Handbook for ostomates in emergencies”: Part 2: Evaluation of the pilot handbook. 酒井透江1, 松原康美2, 山田尚子3, 井口美奈枝4, 片岡ひとみ5, 加藤昌子6, 近藤恵子7, 佐藤美和8 (1コロプラスト株式会社, 2東病院看護部, 3日本大学医学部付属板橋病院, 4横浜市立大学付属市民総合医療センター, 5仙台オープン病院, 6東山武田病院, 7長野赤十字病院, 8東邦大学医療センター佐倉病院): 17th Biennial Congress of the World Council of Enterostomal Therapist (2008/6/15-19), スロベニア, 17th Biennial Congress of the World Council of Enterostomal Therapist: Proceedings with Congress Programme 2008/6/15; p.352

713222. [学会 (国際)] (ポスター) Preparation and use of “Handbook for ostomates in emergencies”: Part 3: effectiveness of the handbook. 片岡ひとみ1, 松原康美2, 近藤恵子3, 加藤昌子4, 井口美奈枝5, 酒井透江6, 佐藤美和7, 山田尚子8 (1仙台オープン病院, 2東病院看護部, 3長野赤十字病院, 4東山武田病院, 5横浜市立大学付属市民総合医療センター, 6コロプラスト株式会社, 7東邦大学医療センター佐倉病院, 8日本大学医学部付属板橋病院): 17th Biennial Congress of the World Council of Enterostomal Therapist (2008/6/15-19), スロベニア, 17th Biennial Congress of the World Council of Enterostomal Therapist: Proceedings with Congress Programme 2008/6/15; p.353

713223. [学会 (国際)] (ポスター) Development of a palliative care educational program for nurses in medical/surgical unit−Evaluation of the trial program−. 千山竒美登子1, 嶺岸秀子2, 村田友起子3, 桃園 忍1 (1東病院看護部, 2看護学部, 3看護部): 15th International Conference on Cancer Nursing (2008/8/20), シンガポール, , Singapore Abstract Book 2008; p.141.

721029. [学会 (全国)] (特別講演) 看護必要度データの看護管理への活用. 田中彰子 (東病院看護部): 第8回日本看護社会・政策学会 (2008/10/25), 奈良.

722205. [学会 (全国)] (シンポジウム) 家族ケア・グリーフケア: 「家族の悲しみ」の理解を深めるために−対応に困ったケースへの関わり−. 千山竒美登子 (東病院看護部): 第13日本緩和医療学会 (2008/7/4), 静岡, 第13日本緩和医療学会抄録集 2008/7/4; p.90.

722206. [学会 (全国)] (シンポジウム) 看護実践現場での中範囲理論の活用−神経内科病棟での活用法の模索−. 前川恭子 (東病院看護部): 第14回日本看護診断学会学術大会 (2008/7/5), 横浜, 看護診断 2008; 13 (2): 82.

7231086. [学会 (全国)] (一般口演) 自己肯定感の低い神経性食思不振患者への介入を振り返った一事例. 田岡優美子1, 新甫知恵1, 鈴木政宗1 (1東病院看護部): 第14回日本看護診断学会 (2008/7/5), 横浜, 看護診断 2008/7; 13 (2): 157-8.

7231087. [学会 (全国)] (一般口演) 長期入院に至った統合失調症患者の看護診断立案に迷った一事例−NNN, オレム・アンダーウッド理論を用いて−. 木原章友1, 鈴木政宗1, 新甫知恵1 (1東病院看護部): 第14回日本看護診断学会 (2008/7/5), 横浜, 看護診断 2008/7; 13 (2): 159-60.

7231088. [学会 (全国)] (ポスター) クリニカルパス改訂に伴う感染対策ケアの標準化と看護師の意識の変化について. 宇田川美紀1, 野澤かほる1, 中山栄純2 (1東病院看護部, 2看護学部): 第39回日本看護学会・看護総合 (2008/7/15-16), 石川県金沢, 第39回日本看護学会抄録集・看護総合 2008/7; p.262.

7231089. [学会 (全国)] (一般口演) エンパワーメントの手法を用いた事例検討カンファレンスの効果に関する一考察−看護師の意欲の向上を目指して−. 加藤綾子1, 新甫知恵1, 行俊可愛1, 内山明子1, 沼田志歩1, 生井裕子1 (1東病院看護部): 第39回日本看護学会・看護総合 (2008/7/16), 金沢, 第39回日本看護学会論文集・看護総合 2008/12; p.200-2.

7231090. [学会 (全国)] (一般口演) チーム医療によるNPPV管理体制の整備. 吉原千恵1, 大永里美1, 瓜生伸一2 (1東病院看護部, 2MEセ): 第18回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 (2008/10/24), 愛媛県, 第18回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 2008/10; 18: 112.

7231091. [学会 (全国)] (ポスター) 隔離クリニカルパスのバリアンス分析. 渋谷隆幸1, 新甫知恵1, 高橋 恵2, 宮地英雄2, 柳かおり2 (1東病院看護部, 2精神): 第9回日本クリニカルパス学会 (2008/11/21), 大宮, 日本クリニカルパス学会誌 2008/10; 10 (4): 543.

7231092. [学会 (全国)] (ポスター) 看護師における抗菌薬適正使用に向けての取り組み. 宇田川美紀1, 三井智良1, 深堀信子1, 小原美江2, 平山武司2, 中山栄純3 (1東病院看護部, 2東病院薬剤部, 3看護学部): 第24回環境感染学会総会 (2009/1/27-28), パシフィコ横浜, 第24回環境感染学会総会プログラム抄録 2009/1; 24: 576.

7231093. [学会 (全国)] (ポスター) 死と向き合った末期がん患者とナースとの関わり−トラベルビー理論を用いての振り返り−. 西村千春1, 千山竒美登子1 (1東病院看護部): 第23回日本がん看護学会 (2009/2/8), 沖縄, 日本がん看護学会抄録集 2009; 23: 262.

7231094. [学会 (全国)] (ポスター) 一般病棟におけるデスカンファレンスに関する一考察. 鈴木貴美1, 樋口さくら1, 平野雅江1, 坂下智珠子1 (1東病院看護部): 第23回日本がん看護学会 (2009/2/9), 沖縄, 日本がん看護学会抄録集 2009; 23: 264.

7231095. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学東病院における下部消化管SSIサーベイランス−サーベイランス結果と実施した感染防止対策の評価−. 深堀信子1, 下村清美1, 山縣 愛1, 佐藤武郎2 (1東病院看護部, 2外科): 第24回日本環境感染学会 (2009/2/27), 横浜, 第24回日本環境感染学会総会プログラム・抄録集 2009/1; 24 (Supplement): 223.

731158. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) がん終末期における緩和ケア. 松原康美 (東病院看護部): 第10回日本褥瘡学会学術集会 (2008/8/30), 神戸.

731159. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) がん終末期における褥瘡ケア. 松原康美 (東病院看護部): 第5回長野県褥瘡懇話会 (2008/10/26), 長野.

731160. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 看護必要度の現在と実践−精神科分野における看護必要度の可能性−. 田中彰子 (東病院看護部): 日本精神看護技術協会看護部長会 (2009/2//28), 東京.

732121. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) がん終末期における褥瘡ケア. 松原康美 (東病院看護部): 第87回ホスピスケア研修会 (2008/7/12), 札幌.

732122. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 看護サービスの品質管理−臨床現場の実情と課題−. 田中彰子 (東病院看護部): 一橋大学国際・公共政策大学院公共経済プログラム (2008/11/14), 東京.

733488. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ストーマケアを行う看護師のにおいに対する意識調査 (第一報). 松原康美1, 新島早苗2, 吉村 稔3, 高橋 純4, 品田ひとみ4 (1東病院看護部, 2横浜市立市民病院, 3東海大学医学部付属病院, 4コンバテック ジャパン株式会社): 第17回日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会 (2008/5/9), 岡山, 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌 2008/4/15; 12 (1): 25.

733489. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ストーマケアを行う看護師のにおいに対する意識調査 (第二報). 新島早苗1, 松原康美2, 吉村 稔3, 高橋 純4, 品田ひとみ4 (1横浜市立市民病院, 2東病院看護部, 3東海大学医学部付属病院, 4コンバテック ジャパン株式会社): 第17回日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会 (2008/5/9), 岡山, 日本創傷・オストミー・失禁ケア研究会誌 2008/4/15; 12 (1): 26

733490. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 骨転移と知覚障害があり褥瘡予防が困難であったがん終末期患者のケア. 勝浦良子1, 坂下智珠子1, 松原康美1 (1東病院看護部): 日本褥瘡学会第5回関東甲信越地方会学術集会 (2008/6/7), 栃木, 日本褥瘡学会第5回関東甲信越地方会学術集会抄録集 2008/6/7; p.44.

733491. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脊椎腹臥位手術における褥瘡予防−試作品ウレタンフォーム使用による除圧の検討−. 宮崎京子1, 中嶋由美子1, 五味早苗1, 下村清美1, 深堀信子1, 松原康美1 (1東病院看護部): 日本褥瘡学会第5回関東甲信越地方会学術集会 (2008/6/7), 栃木, 日本褥瘡学会第5回関東甲信越地方会学術集会抄録集 2008/6/7; p.45.

733492. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ICUでの二交代勤務の導入への取り組み−スタッフの参加度が成功の秘訣−. 高倉可奈子1, 中台 歩1, 青山美香1, 北島浩美1, 甘粕恵子1, 水橋恵子1 (1東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.58.

733493. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ICUにおけるせん妄アセスメントツールの活用. 松本 希1, 中台 歩1, 水橋恵子1 (1東病院看護部): 平成20年相模原支部看護研究発表 (2008/12/11), 相模原, 平成20年相模原支部看護研究発表会抄録 2008/12/1; No.4: 11.

733494. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院のストーマ外来における問題点と今後の課題−ストーマ閉鎖術直前に潰瘍を形成した事例を通して−. 川村美紀子1, 松原康美2, 小野里航3, 井原 厚3 (1看護部, 2東病院看護部, 3外科): 第31回神奈川ストーマ研究会 (2008/12/13), 横浜.

733495. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 北里専門看護師「難病看護」育成プログラムについて. 前川恭子1, 荻野美恵子2, 吉原千恵1, 大谷玲子1, 坂井文彦2 (1東病院看護部, 2神経内): 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の生活の質 (Quality of Life, QOL) の向上に関する研究 平成20年度研究報告会 (2008/12/17), 東京 (医科歯科大学), 平成20年難治性疾患克服研究事業「特定疾患患者の生活の質 (Quality of Life, QOL) の向上に関する研究斑研究報告会抄録集 2008/12; p.48.

733496. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 長期療養生活を送っている利用者との関わりからの学び−トラベルビー理論を用いた振り返り−. 永井真美1, 佐藤智子2 (1緑風園, 2東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.31.

733497. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 慢性疾患を抱えた患者への退院調整を振り返って学んだこと−オレムのセルフケア理論を用いての振り返り−. 小川美紀1, 伊藤早織1 (1東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.35

733498. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 青年期がん患者のセルフケア能力を支えたケア−オレムのセルフケア理論を用いたターミナル期の分析−. 清田麻依子 (東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.38

733499. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 終末期における苦悩していたがん患者の理解. 阿部沙枝子 (東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.40.

733500. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 精神科病棟における2交代制勤務の導入の経過と評価−業務改善のための勤務体制変更と今後の課題について−. 石川美雪1, 行俊可愛1, 中村真司1, 熊坂真由美1, 新甫知恵1, 大西ひとみ1 (1東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.57.

733501. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 希死念慮、自己尊重の低下のある患者と共に苦難を乗り越えた看護の実際−トラベルビー看護理論を用いて−. 若林むみ花1, 行俊可愛1, 新甫知恵1 (1東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.66.

733502. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 事例検討会の3年間の歩み−施設看護のスキルアップを目指して−. 羽田野真由美1, 佐藤智子2 (1緑風園, 2東病院看護部): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.491.

733503. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 内視鏡室における「ユニットパス」作成後の取り組み−記録の分析・評価から得た意義について−. 藤本 修1, 佐藤美枝1, 平本明美1, 細谷百合子1, 奥永秀子1, 千葉真由美1, 小澤知美1, 反町香代1, 桃園 忍1, 木田光広2, 佐々木徹2 (1東病院看護部, 2消化器内): 第8回北里看護研究会 (2009/12/20), 相模原, 第8回北里看護研究会抄録 2008/12/10; p.69.

733504. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 放射線ユニットパスの意義について−作成から評価まで−. 久保田京子1, 森川泉美1, 石見道子1, 渋谷博子1, 桃園 忍1 (1東病院看護部): 第三回相模パス研究会 (2009/1/24), 相模原.

733505. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ストーマケアを行う看護師のにおいの配慮と行動に関する調査 第1報−患者から受けた体験との関係−. 高橋 純1, 松原康美2, 新島早苗3, 吉村 稔4, 品田ひとみ1 (1コンバテック ジャパン株式会社, 2東病院看護部, 3横浜市立市民病院, 4東海大学医学部付属病院): 第26回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 (2009/2/28), 青森 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌・第26回学会総会プログラム・抄録集 2009/2/27; 25 (1): 97.

733506. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ストーマケアを行う看護師のにおいの配慮と行動に関する調査 第2報−先輩や同僚からの指導・指摘との関係. 吉村 稔1, 松原康美2, 新島早苗3, 高橋 純4, 品田ひとみ4 (1東海大学医学部付属病院, 2東病院看護部, 3横浜市立市民病院, 4コンバテック ジャパン株式会社): 第26回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 (2009/2/28), 青森 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌・第26回学会総会プログラム・抄録集 2009/2/27; 25 (1): 98.

733507. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) がん終末期の褥瘡ケア. 松原康美 (東病院看護部): 第8回日本褥瘡学会北海道地方会学術集会 (2009/3/28), 札幌, 第8回日本褥瘡学会北海道地方会学術集会プログラム・抄録集 2009/3/28; p.32.


北里大学東病院薬剤部

[学術論文]

120138. [原著] 日本糖尿病療養指導士 (CDEJ) を指導している指導医によるCDEJ 活動状況の評価−2006 年アンケート調査から−. 内潟安子1, 相沢政明2, 足達淑子3, 加藤光敏4, 木村美枝子5, 古山景子6, 雨宮 伸7, 齋藤宣彦8 (1東京女子医科大学糖尿病センター, 2東病院薬剤部, 3あだち健康行動学研究所, 4加藤内科クリニック, 5西陣病院栄養科, 6日本医科大学病院看護部, 7埼玉医科大学小児科, 8国際医療福祉大学医学研修センター): 日本医師会雑誌 2008/4; 137 (1): 92-9.

120139. [原著] 北里大学東病院における市販直後調査への協力体制の構築とその実施状況に関する評価. 高橋美由紀1, 小川幸雄1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 医薬品情報学 2008/5; 10 (1): 40-7.

120140. [原著] 直接容器に気体非透過性フィルムを用いた重炭酸リンゲル液「BR-99S」のキット製剤としての有用性に関する研究. 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): Jpn Pharmacol Ther (薬理と治療) 2008/7; 36 (7): 593-602.

120141. [原著] 厚生労働省局長通知に基づく「医薬品販売名変更および医薬品コード変更情報」の現状に関する研究. 高橋美由紀1, 本間雅士1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 医薬品情報学 2009/3; 10 (4): 298-303.

220032. [準原著] 中学生の喫煙に対する認識と禁煙教育の効果. 遠藤 明1, 加濃正人2, 吉井千春3, 相沢政明4, 国友史雄5, 磯村 毅6, 稲垣幸司7, 天貝賢二8 (1医療法人社団えんどう桔梗こどもクリニック, 2新中川病院内科, 3産業医科大学呼吸器内科, 4東病院薬剤部, 5千葉労災病院呼吸器内科, 6リセット禁煙研究会, 7愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科, 8茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンタ−内科): 日本禁煙学会雑誌 2008/6; 3 (3): 48-52.

220033. [準原著] 病院薬剤師による禁煙支援に関する調査研究. 相沢政明1, 黒山政一1, 菅野 智2, 後藤伸之3, 鷲見正宏4, 柳川忠二5, 山畑敦子6, 源川奈穂7, 阿部眞弓8 (1東病院薬剤部, 2聖マリアンナ医科大学東横病院薬剤部, 3名城大学薬品情報学, 4横浜薬科大学臨床薬学, 5東邦大学臨床薬学センター, 6東京ガス健康保険組合, 7日本電気健康管理センター, 8東京農工大学健康管理センター): 日本病院薬剤師会雑誌 2008/8; 44 (8): 1155-8.

220034. [準原著] 処方せん疑義照会および処方変更の現状. 椎 美紀1, 宇野真理子1, 神宮直子1, 椎  崇1, 高橋賢成1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 神奈川県病院薬剤師会会誌 2008/11; 119: 26-9.

220035. [準原著] 病院薬剤師による禁煙支援に関する調査研究. 相沢政明1, 黒山政一1, 菅野 智2, 後藤伸之3, 鷲見正宏4, 柳川忠二5, 山畑敦子6, 源川奈穂7, 阿部眞弓8 (1東病院薬剤部, 2聖マリアンナ医科大学東横病院薬剤部, 3名城大学薬品情報学, 4横浜薬科大学臨床薬学, 5東邦大学臨床薬学センター, 6東京ガス健康保険組合, 7日本電気健康管理センター, 8東京農工大学健康管理センター): 日本病院薬剤師会雑誌 2009/1; 45 (1): 22-3.

520203. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表22−オピオイド徐放性製剤 (2)−. 本間雅士1, 浅井美由紀1, 小原美江1, 黒田ちか江1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/4; 50 (4): 612-6.

520204. [総説] フッ化ピリミジン系抗癌剤の服薬管理Q&AA. 前田実花1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 薬局 2008/4; 59 (5): 2250-3.

520205. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表23−麻酔・手術用筋弛緩薬−. 黒田ちか江1, 浅井美由紀1, 小原美江1, 本間雅士1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/5; 50 (5): 751-6.

520206. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表24−消化性潰瘍治療薬 (経口用H2受容体拮抗薬)−. 浅井美由紀1, 常川真未2, 小原美江1, 黒田ちか江1, 本間雅士1, 平山武司1,2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2薬学部): 月刊薬事 2008/6; 50 (6): 922-8.

520207. [総説] 大学病院におけるオーファンドラッグの採用・管理. 中村智美1, 浅井美由紀1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/6; 50 (6): 875-82.

520208. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表25−緑内障治療薬 (点眼剤)−. 小原美江1, 浅井美由紀1, 黒田ちか江1, 本間雅士1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/7; 50 (7): 1053-8.

520209. [総説] 院内感染対策のシステム化と薬剤師の役割. 黒山政一1, 平山武司1 (1東病院薬剤部): medical forum CHUGAI 2008/7; 12 (3): 44-8.

520210. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表26−経腸栄養剤−. 本間雅士1, 浅井美由紀1, 小原美江1, 黒田ちか江1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/8; 50 (8): 1215-20.

520211. [総説] 薬物動態学的視点からみたオピオイドの副作用対策. 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): ペインクリニック 2008/8; 29 (8): 1051-60.

520212. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表27−吸入ステロイド薬−. 黒田ちか江1, 浅井美由紀1, 小原美江1, 本間雅士1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/9; 50 (9): 1388-94.

520213. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表28−マクロライド・ケトライド系抗菌薬 (内服薬)−. 小原美江1, 浅井美由紀1, 黒田ちか江1, 本間雅士1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/10; 50 (11): 1750-6.

520214. [総説] 薬剤師の専門性を生かした感染防止対策. 黒山政一1, 宇野真理子1, 小原美江1, 平山武司1, 小川幸雄1 (1東病院薬剤部): ApoTalk 2008/10; 4: 2-5.

520215. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表29−持続性カルシウム拮抗薬−. 浅井美由紀1, 小原美江1, 黒田ちか江1, 本間雅士1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/11; 50 (12): 1941-6.

520216. [総説] ひと目でわかる同効薬比較表30−アレルギー性鼻炎治療薬 (錠剤・カプセル剤)−. 本間雅士1, 浅井美由紀1, 小原美江1, 黒田ちか江1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 月刊薬事 2008/12; 50 (13): 2099-104.

520217. [総説] 睡眠障害の治療−睡眠薬−. 黒田ちか江1, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): Clinical Neuroscience 2009/2; 27 (2): 206-10.

520218. [総説] 日本化学療法学会の認定薬剤師制度. 黒山政一 (東病院薬剤部): 月刊薬事 2009/2; 51 (2): 257.

520219. [総説] Q&A. 医療用および一般用医薬品として使用されている各種ニコチン製剤の特徴と違いについて知りたい. 相沢政明1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 治療学 2009/2; 43 (2)-239-42.

[著 書]

620331. [学術書] 今日からできるミニマム禁煙医療 2008年5月暫定版. 中山脩郎1, 長谷 章2, 相沢政明3, 小野容明4, 加濃正人5, 鎌田正広6, 北田 守7, 野村良彦8, 原田 久9, 藤原芳人10, 山田峰彦11, 森川起代己12 (1中山医院, 2長谷内科医院, 3東病院薬剤部, 4横浜呼吸器クリニック, 5新中川病院, 6鎌田内科クリニック, 7大倉山内科クリニック, 8野村内科クリニック, 9神奈川県保健福祉部, 10ふじわら小児科, 11山田内科クリニック, 12イラストレーター): 編 神奈川県内科医学会, 中和印刷, 東京, 2008/5発行.

620332. [学術書] (分担執筆) 【現場の疑問に答える 皮膚病治療薬Q&A】2内服薬の疑問に答える−2ステロイド薬−(3) 胃薬などを併用すべきなの? p.221-3. 黒山政一1, 滝川亜弥1 (1東病院薬剤部), 編 宮地良樹2, 大谷道輝3 (2京都大学, 3東京逓信病院), 中外医学社, 東京, 2008/9発行.

620333. [学術書] (分担執筆) 【医療安全とリスクマネジメント】Case Study 2 与薬: 内服・外用・麻薬, p.149-60. 高橋賢成1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 編 嶋森好子2, 任 和子3 (2慶應義塾大学看護医療学部, 3京都大学医学部附属病院看護部), ヌーヴェルヒロカワ, 東京, 2008/10発行.

620334. [学術書] (分担執筆) 【臨床緩和医療薬学】オピオイドの代謝と排泄 (クリアランス), p.138-46. 平山武司 (東病院薬剤部), 編 日本緩和医療薬学会, 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2008/10発行.

620335. [学術書] (分担執筆) ハイリスク治療薬2009, p.1-943. 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 監修 堀内龍也2, 松山賢冶3, 阿南節子4 (2前群馬大学医学部, 3慶応義塾大学, 4市立堺病院), 編 阿南節子4, 櫻井美由紀5, 徳島裕子6, 河野えみ子7, 黒山政一1, 木村 健8 (5兵庫県立西宮病院, 6大阪ブレストクリニック, 7関西医大附属滝井病院, 8近畿大学薬学部), じほう, 東京, 2009/1発行.

620336. [学術書] (分担執筆) 【治療薬ハンドブック2009−薬剤選択と処方のポイント】付録・同効薬比較表, p.1379-411. 黒山政一1, 浅井美由紀1 (1東病院薬剤部), 監修 高久史麿2 (2自治医科大学), 編 堀 正二3, 菅野健太郎3, 門脇 孝4, 乾 賢一5, 林 昌洋6 (3大阪大学大学院医学系研究科, 4東京大学大学院医学系研究科, 5京都大学医学部附属病院, 6虎ノ門病院), じほう, 東京, 2009/1発行.

620337. [学術書] (分担執筆) 【がん患者緩和ケアにおけるコメディカルの技とコツ】腎・肝障害時におけるオピオイドの使用のコツ, p.53-9. 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 監修 並木昭義2, 編 川股知之2 (2札幌医科大学医学部麻酔科), 真興交易 (株) 医書出版部, 東京, 2009/3発行.

[学会・研究会等]

722207. [学会 (全国)] (シンポジウム) 外科系病棟・ICUにおける感染対策; 感染対策のシステム化と薬剤師の役割. 黒山政一 (東病院薬剤部): 日本外科系連合学会第33回学術集会 (2008/6/13), 東京, 日本外科系連合学会誌 2008/3; 33 (3): 387.

722208. [学会 (全国)] (ワークショップ) 【薬剤業務のIT化と業務分担】薬剤業務補助者の活用とIT化による安全の確保−薬剤師のは足すべき役割―−. 黒山政一 (東病院薬剤部): 医療の質安全学会第3回学術集会 (2008/11/23), 東京, 医療の質・安全学会誌 2008/11; 3 (Suppl): 135.

7231096. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) モルヒネ注とフェンタニル注の持続静脈内投与患者における鎮痛効果への耐性形成に関する研究−投与量の経時的増加割合の比較−. 平山武司1,2, 川口英美2, 川野千尋1,2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2北里大学大学院): 第13回日本緩和医療学会学術大会 (2008/7/4), 静岡, 第13回日本緩和医療学会学術大会講演要旨集 2008/6; p.218.

7231097. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) モルヒネ注射剤とフェンタニル貼付剤における鎮痛効果への耐性形成に関する研究−投与量換算比を用いた検討−. 川野千尋1,2, 川口英美2, 平山武司1,2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2北里大学大学院): 第13回日本緩和医療学会学術大会 (2008/7/4), 静岡, 第13回日本緩和医療学会学術大会講演要旨集 2008/6; p.218.

7231098. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) がん疼痛患者へのモルヒネ持続静脈内投与とフェンタニル貼付剤の鎮痛効果に対する耐性形成に関する研究. 平山武司1,2, 川野千尋1,2, 川口英美2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2北里大学大学院): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/18), 福岡, 日本ペインクリニック学会第42回大会講演要旨集 2008/6; 15 (3): 312.

7231099. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 薬物動態パラメータを応用したモルヒネ持続静脈内投与とフェンタニル貼付剤投与間の切り替え方法に関する研究. 川野千尋1,2, 平山武司1,2, 川口英美2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2北里大学大学院): 日本ペインクリニック学会第42回大会 (2008/7/18), 福岡, 日本ペインクリニック学会第42回大会講演要旨集 2008/6; 15 (3): 313.

7231100. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 精神神経科開放病棟入院患者の体重変動に関する研究. 椎  崇1, 黒田ちか江1, 飛田夕紀1, 佐々木善信1, 高橋賢成1, 石原廣子2, 野口球子2, 荒井康夫3, 黒山政一 1, 宮岡 等4 (1東病院薬剤部, 2栄養部, 3病歴部, 4精神): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/20), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.338.

7231101. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 多施設における新規治験審査時の審査結果に関する調査. 横田愼一1,2, 齋藤由美子1,2, 木下弥栄3, 佐々木善信1,2, 中村智美1,2, 志田瑞枝1,2, 前田実花1,2, 神宮直子1,2, 小川幸雄1,2, 黒山政一1,2,4, 熊谷雄治1,4 (1東病院治験管理センター, 2東病院薬剤部, 3医療衛生学部, 4薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/20), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.354.

7231102. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 進行・再発結腸・直腸癌に対するbevacizumab併用がん化学療法における血圧上昇に関する検討. 齋藤由美子1, 内藤 俊2, 横田愼一1, 平山武司1,2, 小川幸雄1, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.421.

7231103. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) カルバペネム系抗菌薬イミペネム/シラスタチンにおける用法の推移と臨床効果に関する研究. 平山武司1,2, 小原美江1, 遠藤美暁2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.446.

7231104. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) カルバペネム系抗菌薬メロペネムにおける用法の推移と臨床効果に関する研究. 小原美江1, 遠藤美暁2, 平山武司1,2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2薬学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.446.

7231105. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 北里大学東病院におけるICT活動の現状−職員の手指衛生管理強化への取組−. 小川幸雄1, 石原廣子2, 四海由佳里3, 関口明子4, 平尾百合子5, 宇野真理子1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部, 2同栄養部, 3東病院看護部, 4同内視鏡科, 5武蔵野大学看護学部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.442.

7231106. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 北里大学東病院におけるオピオイドの使用状況調査. 江田香織1, 川野千尋1, 椎  崇1, 平山武司1, 高橋賢成1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.428.

7231107. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 結腸・直腸癌患者における化学療法施行中の栄養状態の調査. 常田愛子1, 本間雅士1, 椎  崇1, 高橋賢成1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.409.

7231108. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 入院患者における持参薬の現状と持参薬業務に関わる看護部との連携. 滝川亜弥1, 川野千尋1, 黒田ちか江1, 椎  崇1, 高橋英仁1, 塚本浩子1, 常田愛子1, 飛田夕紀1, 本間雅士1, 横井信子1, 横田千恵2, 大西ひとみ2, 高橋賢成1, 田中彰子2, 黒山政一1 (1東病院薬剤部, 2東病院看護部): 第18回日本医療薬学会年会 (2008/9/21), 札幌, 第18回日本医療薬学会年会・講演要旨集 2008/9; p.428.

7231109. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) アリピプラゾールの初回投与患者における使用動向に関する研究. 飛田夕紀1, 中橋明花2, 椎  崇1, 高橋賢成1, 黒山政一1,2, 宮岡 等3 (1東病院薬剤部, 2薬学部, 3精神): 第36回日本精神科病院協会精神医学会 (2008/10/9), 岩手, 第36回日本精神科病院協会精神医学会講演要旨集 2008/10; p.135.

7231110. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) より良い後発医薬品を選択するために製薬企業に行ったアンケート調査の顛末. 花島邦彦1, 泉紀久恵1, 小川幸雄1,2, 加藤康人1, 菅野君子1, 関口信香1, 高橋良二1, 寺師三千彦1, 常盤孝司1, 中北英紀1, 藤原文子1, 堀川壽代1, 依田英子1, 渡辺幸子1, 阿部正隆1, 小川 護1, 後藤知良1, 鵜飼典男1, 相田邦彦1 (1(社) 神奈川県薬剤師会医療保険委員会, 2東病院薬剤部): 第41回日本薬剤師会学術大会 (2008/10/12), 宮崎, 第41回日本薬剤師会学術大会講演要旨集 2008/10; p.189.

7231111. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) オキシコドン徐放錠の用法 (1日分割回数) と鎮痛効果および副作用の関連性に関する研究. 安藤直子1, 平山武司1,2, 川野千尋1,2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2北里大学大学院): 第2回日本緩和医療薬学会 (2008/10/19), 横浜, 第2回日本緩和医療薬学会講演要旨集 2008/10; p.122.

7231112. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 「治療目的別がん化学療法等の説明同意書」の作成とその運用. 志田瑞枝1, 岡本恵美子1, 小原美江1, 横田愼一1, 平山武司1, 小川幸雄1, 黒山政一1, 小泉和三郎2, 佐藤武郎3, 菊池史郎3 (1東病院薬剤部, 2消化器内, 3外科): 第46回日本癌治療学会総会 (2008/10/31), 名古屋, 日本癌治療学会誌 2008/10; 43 (2): 780.

7231113. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 診療報酬改定に伴う投与期間および患者来院頻度への影響に関する調査. 高橋美由紀1, 木下弥栄2, 平山武司1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部, 2医療衛生学部): 第14回日本薬剤疫学会学術総会 (2008/11/8), 東京, 第14回日本薬剤疫学会学術総会抄録集 2008/11; 13 (Suppl): S82.

7231114. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 早期探索臨床試験の実施に必要となる非臨床安全性情報についての予備的検討. 中村智美1,2, 前田実花1,2, 佐々木善信1,2, 齋藤由美子1,2, 志田瑞枝1,2, 神宮直子1,2, 高橋賢成1,2, 小川幸雄1,2, 横田愼一3, 黒山政一1,2, 池田康彦1, 熊谷雄治1 (1東病院治験管理センター, 2東病院薬剤部, 3治験管理室): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/7), 新宿, 臨床薬理 2008/11; 39 (Suppl): S297.

7231115. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 臨床研究/臨床試験コーディネーター (CRC) 教育・研修プログラムに関する検討 (1)−CRC教育・研修ラダーシートの検討と構築−. 前田実花1,2, 横田愼一3, 野村今日子1, 藤田朋恵1, 池田康彦1, 高橋賢成1,2, 小川幸雄1,2, 黒山政一1,2, 佐藤敏彦4, 熊谷雄治1,4 (1東病院治験管理センター, 2東病院薬剤部, 3治験管理室, 4臨床研究セ): 第29回日本臨床薬理学会年会 (2008/12/7), 新宿, 臨床薬理 2008/11; 39 (Suppl): S190.

7231116. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 栄養障害のない膵頭十二指腸切除患者に対するImmunonutritionの有用性に関する研究. 本間雅士1, 平山武司1, 川野千尋1, 高橋賢成1, 黒山政一1, 古田一徳2 (1東病院薬剤部, 2外科): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/29), 鹿児島, 第24回日本静脈経腸栄養学会抄録集 2009/1; 24 (Suppl): 244.

7231117. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 後期高齢者におけるがん化学療法とオピオイド併用による副作用と栄養状態の評価. 高橋賢成1, 滝川亜弥1, 本間雅士1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/30, 鹿児島, 第24回日本静脈経腸栄養学会抄録集 2009/1; 24 (Suppl): 294.

7231118. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) アミノレバン ENメ服用患者における投与用法と薬剤師の関与の検討. 滝川亜弥1, 高橋賢成1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 第24回日本静脈経腸栄養学会 (2009/1/30, 鹿児島, 第24回日本静脈経腸栄養学会抄録集 2009/1; 24 (Suppl): 461.

7231119. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) カルバペネム系抗菌薬イミペネム/シラスタチンにおけるPK/PDパラメータ理論に基づく投与方法の医療経済効果に関する研究. 平山武司1, 小原美江1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 第24回日本環境感染学会総会 (2009/2/27), 横浜, 第24回日本環境感染学会総会プログラム・抄録集 2009/1; 24 (supplement): 385.

7231120. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) カルバペネム系抗菌薬メロペネムにおけるPK/PDパラメータ理論に基づく投与方法の医療経済効果に関する研究. 小原美江1, 平山武司1,2, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2薬学部): 第24回日本環境感染学会総会 (2009/2/27), 横浜, 第24回日本環境感染学会総会プログラム・抄録集 2009/1; 24 (supplement): 386.

7231121. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 整形外科の手術予定患者を対象とした外来薬局窓口における術前中止薬への薬剤師対応. 横井信子1, 江田香織1, 宇野真理子1, 赤嶺聡彦1, 小泉亮輔1, 川野千尋1, 高橋英仁1, 飛田夕紀1, 滝川亜弥1, 常田愛子1, 椎  崇1, 水澤幾美2, 桃園 忍2, 高橋賢成1, 小川幸雄1, 黒山政一1, 渡辺哲哉3, 高平尚伸4 (1東病院薬剤部, 2東病院看護部, 3ワタナベ整外, 4医療衛生学部): 日本薬学会第129回年会 (2009/3/26), 京都, 日本薬学会第129回年会要旨集4 2009/3; p.210.

732123. [学会 (地方会・研究会)] (ミニシンポジウム) 学校法人北里研究所における統一書式導入についての現状. 佐々木善信1, 齋藤由美子1, 神宮直子1, 中村智美1, 志田瑞枝1, 前田実花1, 横田愼一1, 小川幸雄1, 黒山政一1, 飯島 肇2, 氏原 淳3, 嶋村静江4, 露崎浩子5, 熊谷雄治5 (1東病院治験管理センター, 2北里大学臨床薬理研究所, 3北里研究所病院治験管理室, 4北里研究所メディカルセンター病院治験センター, 5治験管理室): 第8回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2008in金沢 (2008/10/12), 金沢, 第8回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2008in金沢プログラム・抄録集 2008; p.133.

733508. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 後期高齢者におけるがん化学療法実施後の副作用と栄養状態の評価. 高橋賢成1, 川野千尋1, 滝川亜弥1, 岡本恵美子1, 常田愛子1, 本間雅士1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 日本病院薬剤師会関東ブロック第38回学術学会 (2008/8/23-24), 山梨, 日本病院薬剤師会関東ブロック第38回学術学会・講演要旨集 2008/8; p.182.

733509. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神経芽細胞腫再発例におけるIrinotecanとPhenytoinの薬物相互作用. 高橋賢成1, 黒山政一1, 岩渕啓一2, 田中 潔3, 林 京子3 (1東病院薬剤部, 2病理, 3外科): 第49回神奈川小児腫瘍研究会 (2008/8/30), 横浜.

733510. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 病院薬剤師による禁煙支援に関する調査研究. 相沢政明1, 黒山政一1, 菅野 智2, 後藤伸之3, 鷲見正宏4, 柳川忠二5, 山畑敦子6, 源川奈穂7, 阿部眞弓8 (1東病院薬剤部, 2聖マリアンナ医科大学東横病院薬剤部, 3名城大学薬品情報学, 4横浜薬科大学臨床薬学, 5東邦大学臨床薬学センター, 6東京ガス健康保険組合, 7日本電気健康管理センター, 8東京農工大学健康管理センター): 日本病院薬剤師会平成20年度病院薬局協議会 (2008/9/19), 札幌, 日本病院薬剤師会平成20年度病院薬局協議会講演要旨集 2008/9; p.17-8.

733511. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 薬剤師による禁煙支援に関する調査研究−2006かながわ薬剤師学術大会アンケートより−. 相沢政明1, 黒山政一1, 菅野 智1, 後藤伸之3, 鷲見正宏4, 柳川忠二5, 山畑敦子6, 源川奈穂7, 阿部眞弓8 (1東病院薬剤部, 1聖マリアンナ医科大学東横病院薬剤部, 3名城大学薬品情報学, 4横浜薬科大学臨床薬学, 5東邦大学臨床薬学センター, 6東京ガス健康保険組合, 7日本電気健康管理センター, 8東京農工大学健康管理センター): 2008かながわ薬剤師学術大会 (2008/11/3), 横浜, 2008かながわ薬剤師学術大会講演要旨集 2008/11; p.31-2.