2013年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)

(注:原本で御確認下さい)


解剖学 (埴原単位)

[学術論文]

110001. [原著] Metric characteristics of human limb bones in Asian and Japanese populations. Kudaka M, Fukase H, Kimura R, Hanihara T1, Matsumura H, Saso A, Fukumine T, Ishida H: Anthropological Science 2013; 121 (1): 49-62. (埴原恒彦1: 1解剖)

110002. [原著] Color Vision Variation as Evidenced by Hybrid L/M Opsin Genes in Wild Populations of Trichromatic Alouatta New World Monkeys. Matsushita Y, Oota H1, Welker BJ, Pavelka MS, Kawamura S: Int J Primatol 2014; 35: 71-87. (太田博樹1: 1解剖)

110003. [原著] Dysbiosis of salivary microbiota in inflammatory bowel disease and its association with oral immunological biomarkers. Said HS, Suda W, Nakagome S, Chinen H, Oshima K, Kim S, Kimura R, Iraha A, Ishida H, Fujita J, Mano S, Morita H, Dohi T, Oota H1, Hattori M: DNA Res 2014/2; 21 (1): 15-25. (太田博樹1: 1解剖)

522001. [講座]【ゲノム人類学入門:「出アフリカ」以後の人類拡散と疾患リスク遺伝−もう一つの進化医学】特集にあたって:「出アフリカ」と疾患リスク変異の拡散. 太田博樹 (解剖): 生物の科学 遺伝 2013/5; 67 (3): 304-5.

522002. [講座]【ゲノム人類学入門:「出アフリカ」以後の人類拡散と疾患リスク遺伝−もう一つの進化医学】Part 3: 進化の視点から考える疾患変異 アルコール代謝に関連する遺伝子の多様性の“起源”. 太田博樹 (解剖): 生物の科学 遺伝 2013/5; 67 (3): 353-7.

[著 書]

620001. [学術書] (共編, 共著)【ヒトは病気とともに進化した】編者, はじめに, 第4章. 編著: 太田博樹1, 長谷川眞理子 (1解剖), 勁草書房, 東京, 2013/12発行.

622001. [学術書 (翻訳)]【プロメテウス解剖学アトラス 頭頸部/神経解剖 (第2版)】2.20-2.21 頸椎の骨, 頸椎の靱帯, p.50-3. 2.24-2.25 環椎後頭関節と環軸関節, 鈎椎関節, p.58-61. 埴原恒彦 (解剖), 著: ミハイル・シュンケ, エリク・シュルテ, ウド・シューマッハー, マルクス・フォル, カール・ヴェスカー, 監訳: 坂井建雄, 河田光博, 医学書院, 東京, 2014/1発行.

[学会・研究会等]

713001. [学会 (国際)] (一般口演) Naturally occurring variation of CYP xenobiotic enzyme alleles in medaka sheds a new light on sexual dimorphism variation among human populations. Katsumura T1, Oda S, Mitani H, Kawamura S, Oota H1: 19th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting (2013/9/20-21), Sendai, Japan. (勝村啓文1, 太田博樹1: 1解剖)

713002. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Reconstructing 3D image based on tissue sections of internally fertilized egg in Oryzias latipes. Nishimaki T1, Kimori Y, Katsumura T1, Oda S, Hanihara T1, Oota H1: 19th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting (2013/9/20-21), Sendai, Japan. (西槙俊之1, 勝村啓文1, 埴原恒彦1, 太田博樹1: 1解剖)

713003. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Collaborative efforts for the establishment of human disease model using Medaka Presentation. Naruse K, Taniguchi Y, Kuninaka S, Oda S, Shinya M, Oga A, Oota H1, Kamei Y: 1st Zebrafish for Personalized/Precision Medicine Conference (2013/10/16-18), Toronto, Canada. (太田博樹1: 1解剖)

713004. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Evolutionary insights into genetic and environmental factors for Crohn's disease in Ryuku and Northern Kyushu. Nakageme S, Chinen H, Said H, Suda W, Iraha A, Hokama A, Kinjo F, Fujita J, Takeyama Y, Sakisaka S, Matsui T, Kidd JR, Kidd KK, Kawamura S, Hanihara T1, Kimura R, Ishida H, Morita H, Hattori M, Mano S, Oota H1: American Society of Human Genetics 2013 Annual Meeting (2013/10/22-26), Boston, USA. (埴原恒彦1, 太田博樹1: 1解剖)

713005. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Association between the PERIOD2 gene polymorphism and the physiological polytypism for light sensitivity in humans. Akiyama T, Katsumura T1, Nakagome S, Joh K, Soejima H, Fujimoto K, Kimura R, Ishida H, Hanihara T1, Higuchi S, Oota H1: Sokendai International Symposium "Modern Human Diversity on Genes and Culture: with special reference to Asia and Oceania" (2014/2/3-4), Hayama, Japan. (勝村啓文1, 埴原恒彦1, 太田博樹1: 1解剖)

723001. [学会 (全国)] (一般口演) ヒト色覚多型の起源解明を目指したL-Mオプシン遺伝子間塩基相違度のExon*intron領域による違い方の集団間及び種間比較. 栗山友理子, 石崎直也, 白井裕介, 福世裕貴子, Kidd KK, 太田博樹1, 手島康介, 河村正二 (1解剖): 第67回日本人類学会大会 (2013/11/1-4), 茨城.

723002. [学会 (全国)] (一般口演) 時計遺伝子PERIOD2の多型と光刺激応答の生理的多様性の関係及びその人類学的考察. 秋山辰穂, 勝村啓史1, 埴原恒彦1, 太田博樹1, 中込滋樹, 藤本一真, 副島英伸, 城圭一郎, 木村亮介, 石田 肇, 安河内朗, 樋口重和 (1解剖): 第67回日本人類学会大会 (2013/11/1-4), 茨城.

723003. [学会 (全国)] (一般口演) モヤモヤ病原因遺伝子RNF213の琉球諸島・北部九州ヒト集団における遺伝的多型. 小金渕佳江1, 中込滋樹, 間野修平, 石崎直也, 河村正二, 木村亮介, 石田 肇, 城圭一郎, 副島英伸, 藤本一真, 佐藤公俊2, 安井美江3, 隈部俊宏2, 藤井清隆2, 秋山辰穂, 埴原恒彦1, 太田博樹1 (1解剖, 2脳外, 3形態系): 第67回日本人類学会大会 (2013/11/1-4), 茨城.

723004. [学会 (全国)] (一般口演) 人類学の立場からパーソナルゲノムプロジェクトを考える. 松前ひろみ1, 間野修平, 太田博樹1 (1解剖): 第36回日本分子生物学会年会 (2013/12/3-6), 兵庫.

723005. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 傍濾胞細胞 (C細胞) をインスリン産生細胞に分化転換させる試み. 三浦正明 (解剖): 第119回日本解剖学会総会全国学術集会 (2014/3/28), 栃木.

723006. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メダカ体内受精卵の全身組織切片からの組織学的解析−受精卵の三次元再構築を中心に−. 西槙俊之1, 木森義隆, 勝村啓史1, 尾田正二, 埴原恒彦1, 太田博樹1 (1解剖): 第119回日本解剖学会総会全国学術集会 (2014/3/27-29), 栃木.

732001. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 遺伝子が明かす, 愛の起源. 太田博樹 (解剖):「LOVE展:アートにみる愛のかたち」関連プログラム アカデミーヒルズ (2013/4/29), 東京.

732002. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 人類進化とエストロゲンおよびその遺伝的制御. 太田博樹1, 勝村啓史1 (1解剖): 日本下垂体研究会第28回学術集会 (2013/8/8), 岩手.

733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) アルコール代謝関連遺伝子群を用いた日本列島ヒト集団の遺伝的多様性の検証. 小金渕佳江1,2, 松草博隆1, 中込滋樹1, 石田 肇1, 埴原恒彦1,2, 城圭一郎1, 副島英伸1, 藤本一真1, 河村正二1, 太田博樹1,2 (1アジア人DNAレポジトリーコンソーシアム, 2解剖): 第26回北里大学バイオサイエンスフォーラム (2013/8/8-9), 相模原.

733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 光刺激応答の生理的多様性に関与する時計遺伝子多型の同定. 秋山辰穂, 勝村啓史1, 樋口重和, 安河内朗, 藤本一真, 副島英伸, 城圭一郎, 中込滋樹, 石田 肇, 埴原恒彦1, 太田博樹1 (1解剖): 第26回北里大学バイオサイエンスフォーラム (2013/8/8-9), 相模原.

733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演)【メダカを使った解析パイプライン〜ヒト疾患モデルとしてのメダカ: コンディショナルKOなどを使った多面的解析系の確立〜】動きと組織切片像の数値化によるメダカの全部の定量化. 尾田正二, 浅香智美, 保田隆子, 三谷啓志, 谷口善仁, 太田博樹1, 勝村啓史1, 西槙俊之1, 埴原恒彦1, 小賀厚徳, 木森義隆 (1解剖): 基礎生物学研究所 重点共同利用研究シンポジウム (2014/3/8), 愛知.


解剖学 (阪上単位)

[学術論文]

110004. [原著] Involvement of CaMKIV in neurogenic effect with chronic fluoxetine treatment. Song N, Nakagawa S, Izumi T, Toda H, Kato A, Boku S, Inoue T, Sakagami H1, Li X, Koyama T: Int J Neuropsychopharmacol 2013/5; 16 (4): 803-12. (阪上洋行1: 1解剖)

110005. [原著] EFA6 activates Arf6 and participates in its targeting to the Flemming body during cytokinesis. Ueda T, Hanai A, Takei T, Kubo K, Ohgi M, Sakagami H1, Takahashi S, Shin HW, Nakayama K: FEBS Lett 2013/6; 587 (11) :1617-23. (阪上洋行1: 1解剖)

110006. [原著] Type I phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase γ is required for neuronal migration in the mouse developing cerebral cortex. Hara Y1. Fukaya M1. Tamaki H1. Sakagami H1: Eur J Neurosci 2013/9; 38 (5): 2659-71. (原 芳伸1, 深谷昌弘1, 玉木英明1, 阪上洋行1: 1解剖)

110007. [原著] CaMKII activity is essential for improvement of memory-related behaviors by chronic rivastigmine treatment. Moriguchi S, Tagashira H, Sasaki Y, Yeh JZ, Sakagami H1, Narahashi T, Fukunaga K: J Neurochem 2014/3; 128 (6): 927-37. (阪上洋行1: 1解剖)

[著 書]

620002. [学術書] (単著)【IIRS顕微鏡ラボマニュアル8 免疫電顕法の実際】玉木英明 (解剖), 編: 綜合画像研究支援, 西村書店, 東京, 2013/12発行.

[学会・研究会等]

722001. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) シナプス局在からみたArf6グアニンヌクレオチド交換因子の分子多様性の機能的意義. 阪上洋行 (解剖): 第86回日本生化学会大会 (2013/9/13), 横浜.

723007. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) スパインにおけるArf6活性化制御因子EFA6Aとsorting nexin-1との相互作用. 阪上洋行1, 福島大輔, 深谷昌弘1 (1解剖): 第36回日本神経科学大会 (2013/6/21), 京都.

723008. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Arf6活性調節因子BRAG2/OQSEC1のスプライスバリアント依存的なシナプス局在. 深谷昌弘1, 阪上洋行1 (1解剖): 第36回日本神経科学大会 (2013/6/21), 京都.

723009. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Phosphatidylinositol 4-phosphate kinase 5gは大脳皮質層形成において神経細胞の移動を制御する. 原 芳伸1, 深谷昌弘1, 阪上洋行1 (1解剖): 第36回日本神経科学大会 (2013/6/22), 京都.

723010. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Arf6活性化調節因子EFA6Dのマウス脳における局在解析. 太田慎吾1, 深谷昌弘2, 阪上洋行2 (1大学院医療系研究科, 2解剖): 第119回日本解剖学会総会全国学術集会 (2014/3/27), 下野.

723011. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 海馬錐体細胞の棘突起内部における低分子量Gタンパク質Arf6のペリシナプス性局在. 深谷昌弘1, 阪上洋行1 (1解剖): 第119回日本解剖学会総会全国学術集会 (2014/3/28), 下野.

723012. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳層形成における低分子量GTP結合タンパク質Arf6の機能的役割. 原 芳伸1, 阪上洋行1 (1解剖): 第119回日本解剖学会総会全国学術集会 (2014/3/29), 下野.


生理学 (川上単位)

[学術論文]

110008. [原著] Neurotropin inhibits axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. Isonaka R1, Takenami T2, Katakura T1, Kawakami T1: Neurosci Lett 2013/5; 543: 101-4. (磯中理沙1, 竹浪民江2, 片倉 隆1, 川上 倫1: 1生理, 2麻酔)

220001. [準原著] 動脈系化学受容器の内因性および外因性環境変化に対する適応. 磯中理沙1, 川上 倫1, 山本欣郎, 松田秀樹, 日下部辰三 (1生理): 国士舘大学体育研究所報 2014/3; 32: 149-50.

[学会・研究会等]

713006. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The Cu/Zn superoxide dismutase inhibitor diethyldithiocarbamate inhibits axonal transport in cultured mouse dorsal root ganglion neurons. Isonaka R1, Kusakabe T, Katakura T1, Takenaka T, Kawakami T1: IUPS 2013 (2013/7/22), Birmingham, UK. (磯中理沙1, 片倉 隆1, 川上 倫1: 1生理)

713007. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A new method to quantify the activity of axonal transport of cultured neurons. Katakura T1, Isonaka R1, Takenaka T, Kawakami T1: IUPS 2013 (2013/7/24), Birmingham, UK. (片倉 隆1, 磯中理沙1, 川上 倫1: 1生理)

713008. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neurotropin suppresses lidocaine-induced neurotoxicity in cultured dorsal root ganglion neurons. Isonaka R1, Takenami T2, Katakura T1, Kawakami T1: Neuroscience 2013 (2013/11/10), San Diego, USA. (磯中理沙1, 竹浪民江2, 片倉 隆1, 川上 倫1: 1生理, 2麻酔)

723013. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) V-ATPase 阻害薬による空胞形成機序の探究. 比留間弘美 (生理): 第91回日本生理学会大会 (2014/3/17), 鹿児島.

723014. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Effects of astaxanthin on neuronal functions. 磯中理沙1, 片倉 隆1, 川上 倫1 (1生理): 第91回生理学会大会 (2014/3/17), 鹿児島.

723015. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) A new method, flow analysis, to quantify the activity of axonal transport of cultured neurons. 片倉 隆1, 磯中理沙1, 川上 倫1 (1生理): 第91回生理学会大会 (2014/3/18), 鹿児島.


生理学 (河原単位)

[学術論文]

110009. [原著] Decreased expression of aquaporin 2 in the collecting duct of mice lacking the vasopressin V1a receptor. Yasuoka Y1, Kobayashi M2, Sato Y, Nonoguchi H, Tanoue A, Okamoto H2, Kawahara K1: Clin Exp Nephrol 2013/4; 17 (2): 183-90. (安岡有紀子1, 小林瑞佳2, 佐藤雄一, 野々口博史, 田上昭人, 岡本浩嗣2, 河原克雅1: 1生理, 2麻酔)

110010. [原著] The effect of androgen on the retention of extinction memory after conditioned taste aversion in mice. Suzuki E, Eda-Fujiwara H, Satoh R1, Saito R, Miyamoto T: J Physiol Sci 2013/5; 63 (3): 171-81. (佐藤亮平1: 1生理)

110011. [原著] The tension at the top of the animal pole decreases during meiotic cell division. Satoh SK, Tsuchi A, Satoh R1, Miyoshi H, Hamaguchi MS, Hamaguchi Y: PLoS One 2013/11; 8 (11): e79389. (佐藤亮平1: 1生理)

110012. [原著] Effects of atrial natriuretic peptide on bicarbonate transport in long- and short-looped medullary thick ascending limbs of rats. Nonoguchi H, Izumi Y, Nakayama Y, Matsuzaki T, Yasuoka Y1, Inoue T, Inoue H, Mouri T, Kawahara K1, Saito H, Tomita K: PLoS One 2013/12; 8 (12): e83146. (安岡有紀子1, 河原克雅1: 1生理)

110013. [原著] The intercalated cells of the mouse kidney OMCDis are the target of the vasopressin V1a receptor axis for urinary acidification. Yasuoka Y1, Kobayashi M2, Sato Y, Zhou M, Abe H, Okamoto H2, Nonoguchi H, Tanoue A, Kawahara K1: Clin Exp Nephrol 2013/12; 17 (6): 783-92. (安岡有紀子1, 松尾瑞佳2, 佐藤雄一, 周 明, 阿部 寛, 岡本浩嗣2, 野々口博史, 田上昭人, 河原克雅1: 1生理, 2麻酔)

110014. [原著] Mislocalization of K+ channels causes the renal salt wasting in EAST/SeSAME syndrome. Tanemoto M, Abe T, Uchida S, Kawahara K1: FEBS Lett 2014/3; 588 (6): 899-905. (種本雅之, 阿部高明, 河原克雅1: 1生理)

522003. [講座]【特集: 第103回東京腎生理集談会】腎集合尿細管間在細胞におけるアルドステロンの作用と腎虚血. 野々口博史, 泉裕一郎, 安岡有紀子1, 河原克雅1 (1生理): 腎と透析 2013/9; 75 (3): 432-5.

522004. [講座]【座談会: 再生医療技術の進歩】組織幹細胞とiPS細胞. 河原克雅 (生理), 腎と透析 2013/12; 75 (6): 791-800.

[著 書]

620003. [学術書] (共著)【<新看護学1> 専門基礎 [1]人体のしくみとはたらき (第13版)】河原克雅1, 小林 靖 (1生理), 医学書院, 東京, 2014/1発行.

620004. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[腎臓の進化への疑問] フカ・エイはなぜアンモニア臭い? p.524-7. 河原克雅1, 安岡有紀子1 (1生理), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620005. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[体液調節機構への疑問] 膠質浸透圧について教えてください, p.574-6. 河原克雅1, 安岡有紀子1, 小林瑞佳2 (1生理, 2麻酔), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620006. [学術書 (分担執筆)]【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[体液調節機構への疑問] Donnan膜平衡について教えてください, p.577-9. 河原克雅1, 長沼英明2 (1生理, 2新世紀医療・先端医療), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620007. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[体液調節機構への疑問] Starlingの式について教えてください, p.580-2. 河原克雅1, 下浜孝郎2 (1生理, 2循環器内), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620008. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[Kへの疑問] 静止膜電位とNernstの式について教えてください, p.680-2. 河原克雅1, 下浜孝郎2 (1生理, 2循環器内), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620009. [学術書] (分担執筆)【認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡】総論 尿細管機能, p.60-7. 河原克雅 (生理), 編: 下澤達雄, 有馬秀二, 中山書店, 東京, 2013/6発行.

620010. [学術書] (分担執筆)【人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 各論 (改訂第2版)】第18章 腎・泌尿器系, p.343-51. 河原克雅 (生理), 監修: (独) 国立健康・栄養研究所, 編: 香川靖雄, 近藤和雄, 石田 均, 門脇 孝, 南江堂, 東京, 2013/9発行.

620011. [学術書] (分担執筆)【Annual Review 腎臓2014】酸塩基バランスと2孔型カリウムチャネル, p.229-36. 河原克雅1, 安岡有紀子1 (1生理), 中外医学社, 東京, 2014/1発行.

620012. [学術書] (分担執筆)【ギャノング生理学 原書24版】第VII編 腎生理学 概論, p.763. 腎機能と排尿, p.764-92. 細胞外液の組成と量の調節, p.792-808. 岡田泰伸, 井上真澄, 上田陽一, 岡田泰昌, 岡田幸雄, 岡田康司, 越久仁敬, 北川誠一, 河原克雅1, 久保川学, 倉知嘉久, 黒澤美枝子, 桑木共之, 鯉淵典之, 小西真人, 佐久間康夫, 鈴木裕一, 勢井宏義, 泰羅雅登, 高木 都, 多久和陽, 照井真人, 本間生夫, 真鍋俊也, 三木隆司, 水村和枝, 八尾 寛, 矢田俊彦, 山本哲郎, 吉田 薫, 渡辺修一 (1生理), 著: Kim E. Barrett, Susan M. Barman, Scott Boitano, Heddwen L. Brooks, 監訳: 岡田泰伸, 丸善出版, 東京, 2014/1発行.

620013. [学術書] (分担執筆)【標準生理学 (第8版)】第12編 腎臓 第46章 腎臓生理学の基礎, p.724-8. 第49章 尿細管のNa+, Cl-輸送, p.756-60. 第52章 尿濃縮と希釈, p.771-5. 第54章 腎における酸塩基輸送と調節, p.784-93. 河原克雅 (生理), 監修: 小澤瀞司, 福田康一郎, 編: 本間研一, 大森治紀, 大橋俊夫, 河合康明, 黒澤美枝子, 鯉淵典之, 伊佐 正, 医学書院, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

713009. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Calcium salts afffect acid-base by stimulating differently type A and B intercalated cells in mouse kidney collecting duct. Yasuoka Y1, Sato Y, Nonoguchi H, Kawahara K1: American Society of Nephrology (Kidney Week 2013) (2013/11/7), Atlanta, USA. (安岡有紀子1, 佐藤雄一, 野々口博史, 河原克雅1: 1生理)

713010. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Mechanisms of erythropoietin production by aldosterone in the intercalated cells. Izumi Y, Yasuoka Y1, Nagai T, Hori K, Nakayama Y, Nanami M, Nakanishi T, Tanoue A, Tomita K, Kawahara K1, Nonoguchi H: American Society of Nephrology (Kidney Week 2013) (2013/11/7), Atlanta, USA. (泉裕一郎, 安岡有紀子1, 永井孝憲, 堀加穂理, 中山裕史, 名波正義, 中西 健, 田上昭人, 冨田公夫, 河原克雅1, 野々口博史: 1生理)

722002. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) Regulation of water and electrolytes transport in kidney tubule cells: Vasopressin V1a receptor and calcium sensing receptor. 安岡有紀子1, 河原克雅1 (1生理): 第91回日本生理学会大会 (2014/3/15), 鹿児島.

723016. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウス腎集合管間在細胞 (type B) におけるカルシウム感受性受容体 (CaSR) の役割. 安岡有紀子1, 佐藤雄一, 野々口博史, 河原克雅1 (1生理): 第56回日本腎臓学会学術総会 (2013/5/10), 東京.

733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎集合管間在細胞の役割: 酸, Ca分泌. 安岡有紀子1, 佐藤雄一, 野々口博史, 河原克雅1 (1生理): 生理学研究所研究会『上皮膜輸送の多層的コントロールによる生体の恒常性維持機構』(2013/8/26), 岡崎.

733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎集合管α間在細胞におけるバソプレシンV1a受容体によるAldosterone-mineralocorticoid受容体シグナルの制御. 泉裕一郎, 堀加穂理, 河原克雅1, 野々口博史 (1生理): 生理学研究所研究会『新規シグナル伝達分子とその生理学的可能性』(2013/9/27), 岡崎.

733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎集合管の水電解質輸送調節: V1aR, CaSRの役割. 安岡有紀子 (生理): 第104回東京腎生理集談会 (2013/11/30), 東京.

733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Calcium sensing receptor in type-B intercalated cell of mouse kidney collecting duct may contribute to alkali secretion. 安岡有紀子1, 佐藤雄一, 野々口博史, 河原克雅1 (1生理): Kitasato Joint Meeting 2014 Molecular Control of Cellular Function: Seeing, Thinking, and Believing (2014/2/21), 東京.

733008. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎集合管Ca感受性受容体 (CaSR) の役割: 腎結石予防と酸塩基調節. 安岡有紀子1, 佐藤雄一, 野々口博史, 河原克雅1 (1生理): 生体制御・創薬研究ワークショップin鹿児島 (2014/3/15), 鹿児島.

733009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) セキセイインコのコンタクトコールにおける音声模倣とその機能. 大谷友希, 渡辺愛子, 藤原宏子, 佐藤亮平1, 宮本武典 (1生理): 第66回日本動物学会関東支部大会 (2014/3/15), 東京.

H24年度以前分

[学会・研究会等]

H24-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 性成熟後のマウス海馬樹状突起スパインに対するテストステロンの作用の性差. 片倉智子, 鈴木恵雅, 藤原宏子, 佐藤亮平1, 宮本武典 (1生理): 第65回日本動物学会関東支部大会 (2013/3/16), 東京.


生化学

[学術論文]

110015. [原著] NMDA receptor-dependent recruitment of calnexin to the neuronal plasma membrane. Itakura M1, Tsujimura J, Yamamori S1, Ohkido T, Takahashi M1: Neurosci Lett 2013/8; 550: 173-8. (板倉 誠1, 辻村 淳, 山森早織1, 大城戸太朗, 高橋正身1: 1生化)

110016. [原著] Stress-induced phosphorylation of SNAP-25. Yamamori S1, Sugaya D, Iida Y2, Kokubo H, Itakura M1, Suzuki E, Kataoka M, Miyaoka H2, Takahashi M1: Neurosci Lett 2014/2; 561: 182-7. (山森早織1, 菅谷大地, 飯田諭宜2, 小久保宏俊, 板倉 誠1, 鈴木映二, 片岡正和, 宮岡 等2, 高橋正身1: 1生化, 2精神)

110017. [原著] Direct association of the unique C-terminal tail of transmembrane AMPA receptor regulatory protein γ-8 with calcineurin. Itakura M1, Watanabe I, Sugaya T2, Takahashi M1: FEBS J 2014/3; 281 (5): 1366-78. (板倉 誠1, 渡辺和泉2, 菅谷津貴子, 高橋正身1: 1生化, 2病態・診療系)

110018. [原著] Synthesis of a μ-Conotoxin GIIIA analog containing homoarg13 in place of arg. Sato K, Ohtake A, Kohno T1, Yamaguchi Y, Ishida Y: Bulletin of International Faculty of Arts and Sciences, the Faculty of Human Environmental Science, and the Graduate school of Human Environmental Science, FUKUOKA WOMEN'S UNIVERSITY 2014/3; 45: 21-5. (河野俊之1: 1生化)

120001. [原著]α, α-トレハロース水溶液の蒸発過程の解析. 石井郁子1, 傘 孝之 (1生化): 日本歯科大学紀要 2014/3; 43 (4): 27-34.

520001. [総説] 脳におけるSNAP-25ファミリータンパク質の発現と機能. 山森早織1, 板倉 誠1 (1生化): 生化学 2013/11; 85 (11): 1016-20.

[学会・研究会等]

713011. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) PKC-dependent phosphorylation of SNAP-25 is essential for the positive regulation of dopamine release in mouse brain. Yamamori S1, kanno S, Takahashi M1: Neuroscience 2013 (2013/11/11), San Diego, USA. (山森早織1, 菅野 卓, 高橋正身1: 1生化)

723017. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット小腸ムチンに対するモノクローナル抗体の作製. 五艘行信1, 小坂 裕, 兒玉洋平, 飯田泰広, 川島 麗, 石原和彦, 市川尊文, 栗原 誠 (1生化): 第86回日本生化学会大会 (2013/9/13), 横浜.

723018. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 海馬CA1領域でのシナプス前短期可塑性におけるSNAP-25のリン酸化の役割. 片山憲和, 山森早織1, 深谷昌弘2, 渡辺雅彦, 高橋正身1, 真鍋俊也 (1生化, 2解剖): 第36回日本神経科学大会/第56回日本神経化学会大会/第23回日本神経回路学会大会 (Neuro2013) (2013/6/21), 京都.

723019. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Stepwise delivery hypothesis for synaptic tagging and capture. 岡田大助1, 菅谷津貴子2 (1生化, 2病態・診療系): 第36回日本神経科学大会/第56回日本神経化学会大会/第23回日本神経回路学会大会 (Neuro2013) (2013/6/21), 京都.

723020. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) てんかんを自然発症するモデルマウスの脳波の長期解析. 高橋正身1, 渡辺 滋, 齋藤正範2, 山森早織1, 飯田諭宜2, 宮岡 等2 (1生化, 2精神): 第47回日本てんかん学会学術集会 (2013/10/11), 北九州.

723021. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前シナプス制御分子ComplexinIIと結合するタンパク質の同定. 志田麻紀子, 兼田 悠, 山森早織1, 高橋正身1, 片岡正和 (1生化): 第36回日本分子生物学会年会/3013/12/5), 神戸.

733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) シナプスタンパク質のシナプス後部構造 (樹状突起スパイン) へのD-セリン依存的な移動. 岡田大助1, 菅谷津貴子2 (1生化, 2病態・診療系): 第9回D-アミノ酸研究会学術講演会 (2013/9/5), 大阪.

733011. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) アミロイドベータペプチドのオリゴマー形成機構の解明. 田中愛弓, 岩本成人, 斉藤貴志, 山口 瞳, 吉永壮佐, 河野俊之1, 西道隆臣, 寺沢宏明 (1生化): 第52回NMR討論会 (2013/11/12), 金沢.

733012. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Preparation of secretory proteins produced by Brevibacillus choshinensis for NMR study. 谷生道一, 楠 英樹, 河野俊之1 (1生化): 第52回NMR討論会 (2013/11/14), 金沢.


分子遺伝学

[学術論文]

110019. [原著] Molecular pathogenesis of keratocystic odontogenic tumors developing in nevoid basal cell carcinoma syndrome. Suzuki M, Nagao K1, Hatsuse H, Sasaki R, Saito K, Fujii K, Miyashita T1: Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol 2013/9; 116 (3): 348-53. (長尾和右1, 宮下俊之1: 1分子遺伝)

110020. [原著] Frameshift mutation in the PTCH2 gene can cause nevoid basal cell carcinoma syndrome. Fujii K, Ohashi H, Suzuki M, Hatsuse H, Shiohama T, Uchikawa H, Miyashita T1: Fam Cancer 2013/12; 12 (4): 611-4. (宮下俊之1: 1分子遺伝)

[学会・研究会等]

723022. [学会 (全国)] PTCH1遺伝子以外の遺伝子変異によって発症する母斑基底細胞癌症候群−多遺伝子1症候群?−. 宮下俊之1, 鈴木麻衣子, 長尾和右1, 初瀬弘美, 藤井克則 (1分子遺伝): 第19回日本家族性腫瘍学会学術集会 (2013/7/26-27), 別府.

723023. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ソニックヘッジホッグシグナル伝達系の抑制遺伝子であるSUFUタンパク質の機能解析. 長尾和右1, 鈴木麻衣子, 高山吉永1, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723024. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Establishment of cell lines deficient in hedgehog signaling components using CRISPR/Cas9 system. 長尾和右1, 遠藤葉月, 加藤千勢, 初瀬洋美, 高山吉永1, 亀山孝三1, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第36回日本分子生物学会年会 (2013/12/3), 神戸.

733013. [学会 (研究会・地方会)] グルココルチコイド誘導性アポトーシスの解析. 岩井祐二郎, 高山吉永1, 亀山孝三1, 初瀬洋美, 長尾和右1, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第26回北里大学バイオサイエンスフォーラム (2013/8/8-9), 相模原.

733014. [学会 (研究会・地方会)] Gorlin症候群におけるPTCH2変異の同定. 藤井克則, 大橋博文, 内川英紀, 塩浜 直, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第25回千葉県小児神経懇話会 (2013/11/9), 千葉.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110001. [原著] Falx cerebri calcification and microphthalmia in Gorlin syndrome. Fujita Y, Fujii K, Miyashita T1, Fujita T: NeurolClin. Neurosci 2013/3; 1 (2): 88-9, (宮下俊之1: 1分子遺伝)


薬理学

[学術論文]

110021. [原著] Leukotriene B4 type-1 receptor signaling promotes liver repair after hepatic ischemia/reperfusion injury through the enhancement of macrophage recruitment. Ohkubo H1,2,3, Ito Y3, Minamino T4, Mishima T3, Hirata M5, Hosono K2, Shibuya M, Yokomizo T, Shimizu T, Watanabe M3, Majima M2: FASEB J 2013/8; 27 (8): 3132-43. (大久保博世1,2,3, 伊藤義也3, 南野 勉4, 美島利昭3, 平田光博5, 細野加奈子2, 渡邉昌彦3, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3外科, 4消化器内, 5新世紀医療・横断医療)

110022. [原著] COX-2 expression in stromal fibroblasts self-limits their numbers in lymph node inflammatory responses. Kawamura M1, Tada Y, Kadoya Y, Obata S, Harada Y: Prostaglandins Other Lipid Mediat 2013/10; 106: 79-90. (川村道子1: 1薬理)

110023. [原著] A common polymorphism in the tissue kallikrein gene is associated with increased urinary excretions of calcium and sodium in Japanese volunteers. Fujita T1, Yasuda S2, Kamata M3, Kamata Y, Kumagai Y4, Majima M1: J Hum Genet 2013/11; 58 (11): 758-61. (藤田朋恵1, 安田修一2, 鎌田真理子3, 熊谷雄治4, 馬嶋正隆1: 1薬理, 2遺伝子解析セ, 3大学院医療系研究科, 4臨床研究・企画)

110024. [原著] Pharmacokinetics of teriparatide after subcutaneous administration to volunteers with renal failure: a pilot study. Imai H1, Watanabe M1, Fujita T1,2, Watanabe H1, Harada K1, Moritoyo T1 (1ANTCliPh (Academic Network for Trials in Clinical Pharmacology) Trial 04 Study Group): Int J Clin Pharmacol Ther 2014/2; 52 (2): 166-74. (藤田朋恵2: 2薬理)

110025. [原著] Aspirin reduces lung cancer metastasis to regional lymph nodes. Ogawa F1,2, Amano H3, Ito Y4, Matsui Y5, Hosono K2, Kitasato H6, Satoh Y5, Majima M2: Biomed Pharmacother 2014/2; 68 (1): 79-86. (小川史洋1,2, 天野英樹3, 伊藤義也4, 松井啓夫5, 細野加奈子2, 北里英郎6, 佐藤之俊5, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3臨床研究・プロジェクト, 4外科, 5呼吸器外, 6医療衛生学部)

110026. [原著] Roles of receptor activity-modifying protein 1 in angiogenesis and lymphangiogenesis during skin wound healing in mice. Kurashige C1, Hosono K2, Matsuda H, Tsujikawa K, Okamoto H3, Majima M2: FASEB J 2014/3; 28 (3): 1237-47. (藏重千絵1, 細野加奈子2, 岡本浩嗣3, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3麻酔)

120002. [原著] 健康な日本人における組織カリクレイン遺伝子hKLK1多型解析と表現型に関する検討. 藤田朋恵1, 安田修一2, 鎌田真理子3, 熊谷雄治4, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2遺伝子解析セ, 3大学院医療系研究科, 4臨床研究・企画): 臨床薬理の進歩 2013/6; 34: 131-9.

210001. [準原著] Role of cyclooxygenase-2 in remodeling of lymph nodes during acute inflammation. Kawamura M1, Harada Y2: J Pharmacol Sciences 2014/3; 124 (Sup1): 204. (川村道子1, 原田芳照2: 1薬理, 2医療衛生学部)

521001. [解説]【キーワード解説】リンパ管新生. 細野加奈子1, 馬嶋正隆1 (1薬理): 日本薬理学雑誌 2013/5; 141 (85): 290-1.

[著 書]

620014. [学術書] (分担執筆)【遺伝子医学MOOK 24号最新生理活性脂質研究−実験手法, 基礎的知識とその応用−】第4章 臨床編 4. 病態時の血管・リンパ管新生と脂質メディエーター, p.253-9. 馬嶋正隆 (薬理), 監修: 横溝岳彦, 編: 青木淳賢, 杉本幸彦, 村上  誠, メディカルドゥ, 大阪, 2013/5発行.

[学会・研究会等]

712001. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Prostanoids regulate tumor stromal profiles via specific G-protein coupled receptors. Majima M1, Hosono K1, Suzuki T1, Amano H2, Kato H, Ogawa F3, Park K3: 4th International conference on tumor-host interaction and Angiogenesis (2013/6), Ascona, Switzerland. (馬嶋正隆1, 細野加奈子1, 鈴木立紀1, 天野英樹2, 小川史洋3, 朴 圭一3: 1薬理, 2臨床研究・プロジェクト, 3大学院医療系研究科)

712002. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Microsomal prostaglandin E synthase-1 as a regulator of angiogenesis. Majima M1, Hosono K1, Suzuki T1, Amano H2: GRC Angiogenesis (2013/8/4-9), Newport, UK. (馬嶋正隆1, 細野加奈子1, 鈴木立紀1, 天野英樹2: 1薬理, 2臨床研究・プロジェクト)

712003. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Novel insights into sPLA2s in health and disease. Majima M1, Hosono K1, Suzuki T1, Amano H2: The 16th GEM-10th GERLI meeting: from membranes to path ologies (2013/11/10-14), Saint-Jean Cap Ferrat, France. (馬嶋正隆1, 細野加奈子1, 鈴木立紀1, 天野英樹2: 1薬理, 2臨床研究・プロジェクト)

712004. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Prostanoids as Regulators of Pathological Lymphangiogenesis. Majima M1, Hosono K1, Amano H2, Ogawa F3, Park K3: GRC Molecular Mechanisms in Lymphatic Function & Disease (2014/3/9-14), Luc.ca (Barga), Italy. (馬嶋正隆1, 細野加奈子1, 天野英樹2, 小川史洋3, 朴 圭一3: 1薬理, 2臨床研究・プロジェクト, 3大学院医療系研究科)

722003. [学会 (全国)] (シンポジウム)【臓器微小循環障害と回復の制御機序】急性肝障害後の肝組織修復と肝類洞再構築. 伊藤義也1,2 (1薬理, 2外科): 第28回日本Shock学会総会 (2013/5/18), 東京.

723025. [学会 (全国)] (一般講演) 肝虚血再灌流後肝修復過程に果たすロイコトリエンB4受容体 (BLT1) の役割. 大久保博世1,2,3, 伊藤義也2, 渡邊昌彦2, 馬嶋正隆3 (1大学院医療系研究科, 2外科, 3薬理): 第28回日本Shock学会総会 (2013/5/18), 東京.

723026. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炎症巣近接リンパ節組織におけるcyclooxygenase-2を介した間質細胞によるリモデリングの調節. 川村道子1, 多田美仁, 原田芳照 (1薬理): 第34回日本炎症・再生医学会 (2013/7/3), 京都.

723027. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 受容体活性調節蛋白1 (RAMP1) シグナルによる創傷治癒および脈管新生の増強. 藏重千絵1, 細野加奈子2, 松田弘美1, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理): 第34回日本炎症・再生医学会 (2013/7/3), 京都.

723028. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 創傷治癒時のリンパ管新生を制御するプロスタグランジンE2受容体シグナリングの役割. 細野加奈子1, 成宮 周, 馬嶋正隆1 (1薬理): 第34回日本炎症・再生医学会 (2013/7/3), 京都.

723029. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) エンドトキシン誘発性腹膜炎マウスの横隔膜リンパ管新生におけるCOX-2の役割. 松田弘美1, 細野加奈子2, 藏重千絵1, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理): 第34回日本炎症・再生医学会 (2013/7/3), 京都.

723030. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新規キサンチンオキシダーゼ阻害剤トピロキソスタットの日本人健康成人におけるQT/QTc評価試験. 中村裕二1, 杉山 篤1, 橋本大哉, 藤田朋恵2, 熊谷雄治3 (1東邦大学, 2薬理, 3臨床研究・企画): 第34回日本臨床薬理学会学術総会 (2013/12/4), 東京.

723031. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炎症巣近接リンパ節の組織リモデリングにおけるシクロオキシゲナーゼ−2の役割. 川村道子1, 原田芳照 (1薬理): 第87回日本薬理学会 (2014/3/20), 仙台.

723032. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Role of COX-2 and TP signaling in lenhancement of lymph angiogenesis in diaphragm in endotoxins -induced peritonitis. 松田弘美1, 細野加奈子2, 藏重千絵1, 成宮 周, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理): 第87回日本薬理学会年会 (2014/3/19-21), 仙台.

723033. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Role of VEGFR1 in liver repair after hepatic ischemia/reperfusion. 大久保博世1,2,3, 伊藤義也2, 南野 勉4, 古城 憲1,2,3, 細野加奈子3, 渡邊昌彦2, 馬嶋正隆3 (1大学院医療系研究科, 2外科, 3薬理, 4消化器内): 第87回日本薬理学会年会 (2014/3/19-21), 仙台.


微生物学

[学術論文]

110027. [原著] Use of copper alloy for preventing transmission of methicillin-resistant Staphylococcus aureus contamination in the dermatology ward. Niiyama N, Sasahara T1, Mase H, Abe M, Saito H, Katsuoka K2: Acta Derm Venereol 2013/5; 93 (3): 294-300. (笹原武志1, 勝岡憲生2: 1微生物, 2皮膚)

110028. [原著] Susceptibility difference between methicillin-susceptible and methicillin-resistant Staphylococcus aureus to a bovine myeloid antimicrobial peptide (BMAP-28). Takagi S, Nishimura J, Bai L, Miyagi H, Kuroda K, Hayashi S1, Yoneyama H, Ando T, Isogai H, Isogai E: Anim Sci J 2014/2; 85 (2): 174-9. (林 俊治1: 1微生物)

110029. [原著] A bovine myeloid antimicrobial peptide (BMAP-28) kills methicillin-resistant Staphylococcus aureus but promotes adherence of the bacteria. Takagi S, Bai L, Ozeki T, Miyagi H, Kuroda K, Hayashi S1, Yoneyama H, Ando T, Isogai E: Anim Sci J 2014/3; 85 (3): 342-6. (林 俊治1: 1微生物)

110030. [原著] Antibacterial activity of a novel synthetic progesterone species carrying a linoleic acid molecule against Helicobacter pylori and the hormonal effect of its steroid on a murine macrophage-like cell line. Amgalanbaatar A, Shimomura H, Hosoda K, Hayashi S1, Yokota K, Hirai Y: J Steroid Biochem Mol Biol 2014/3; 140: 17-25. (林 俊治1: 1微生物)

320001. [症例] Brachyspira aalborgiによる慢性下痢を主症状とするヒト腸管スピロヘータ症の一例. 竹澤敬人, 近藤佳恵, 笹原鉄平, 北村 絢, 井野佑治, 三浦義正, 林 芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 林 俊治1, 平井義一, 足立吉數, 山本博徳, 菅野健太郎 (1微生物): ブラキスピラ 2013/11; 4 (1): 12-22.

522005. [講座] 中国における鳥インフルエンザのヒト感染. 林 俊治 (微生物): 新医協 2013/5; 1754: 2.

522006. [講座] 培養法による腸内細菌フローラの解析. 林 俊治1, 竹澤敬人 (1微生物): ブラキスピラ 2013/11; 4 (1): 32-44.

522007. [講座]【特集: 人獣共通感染症】序文. 林 俊治 (微生物): G.I.Research 2013/12; 21 (6): 489-90.

522008. [講座]【特集: 人獣共通感染症】ヒト腸管スピロヘータ症は人獣共通感染症か? 竹澤敬人, 笹原鉄平, 足立吉數, 林 俊治1 (1微生物): G.I.Research 2013/12; 21 (6): 540-6.

522009. [講座]【質疑応答】ピロリ菌の栄養源と効果的な除菌年齢. 林 俊治 (微生物): 日本医事新報 2014/3; 4688: 66-7.

540001. [その他 (連載)]【Helicobacter pyloriニュース】第5回日本ブラキスピラ学会学術集会. 林 俊治1, 竹澤敬人 (1微生物): Helicobacter Res 2013/10; 17 (5): 491-3.

[著 書]

620015. [学術書] (分担執筆)【感染対策まるわかりガイド−感染症対応・ケア別手技が身につく−】抗菌薬が効かなくなる理由とその耐性のしくみ (5頁). 岡本了一1 (1微生物), 監修: 藤村響男2 (2皮膚), 服部綾子, 藤野智子, 田中富士美, 学研メディカル秀潤社, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

713012. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) PCR-restriction fragment length polymorphism assay for detection of gyrA and parC mutations associated with fluoloquinolone resistance in Enterobacteriaceae. Nakano R, Okamoto R1, Nakano A, Nagano N, Abe M, Ubagai T, Tansho S, Ueda T, Kikuchi H, Ono Y: 53rd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and chemotherapy (2013/9/11), Denver, USA. (岡本了一1: 1微生物)

713013. [学会 (国際)] (一般演題・ポスター) Antimicrobial susceptibility of Brachyspira pilosicoli strains isolated from human intestinal spirochetosis. Takezawa T, Hayashi S1, Ino Y, Sakamoto H, Shinhata H, Miura Y, Hayashi Y, Sato H, Yano T, Sunada K, Hirai Y, Yamamoto H, Sugano K: The 12th Japan-Korea International Symposium on Microbiology (2014/3/24-25), Tokyo. (林 俊治1: 1微生物)

722004. [学会 (全国)] (ワークショップ) ビタミンD3分解産物中に見出された抗ピロリ菌活性の同定. 細田浩一, 下村裕史, 林 俊治1, 平井義一 (1微生物): 第19回日本ヘリコバクター学会学術集会 (2013/6/28-29), 長崎.

722005. [学会 (全国)] (シンポジウム) 耳鼻咽喉科診療における職業感染リスク. 林 俊治 (微生物): 第1回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会・学術講演会 (2013/9/6-7), 大分.

722006. [学会 (全国)] (シンポジウム) 当院での経験症例をふまえての人獣共通感染症としてのBrachyspira pilosicoli感染症について. 竹澤敬人, 林 俊治1 (1微生物): 第156回日本獣医学会学術集会 (2013/9/20-22), 岐阜.

723034. [学会 (全国)] (一般講演) MRSA感染の予防対策における院内環境調査の意義. 笹原武志1, 菊野理津子2, 藤木くに子3 (1微生物, 2環境科学センター, 3感染管理室): 第87回日本感染症学会学術講演会・第 61回日本化学療法学会総会 (2013/6/5), 横浜, 感染症学雑誌 2013/5; 87 (臨時増刊号): 205.

723035. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Helicobacter pyloriに随伴して検出される胃内細菌のリポ多糖のIL-8誘導能の解析. 宮田なつ実, 林 俊治1, 林 芳和, 平井義一, 菅野健太郎 (1微生物): 第19回日本ヘリコバクター学会学術集会 (2013/6/28-29), 長崎.

723036. [学会 (全国)] (一般演題) Brachyspira pilosicoliに対するEtestを用いた薬剤感受性試験について. 竹澤敬人, 笹原鉄平, 北村 絢, 井野裕治, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林 芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 林 俊治1, 足立吉數, 平井義一, 山本博徳, 菅野健太郎 (1微生物): 第5回日本ブラキスピラ学会学術集会 (2013/7/27), 土浦.

723037. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 黄銅製水栓による病院内従属栄養細菌汚染の低減化に関する調査. 笹原武志1, 菊野理津子2, 曽根祐子, 座間弘和, 斎藤晴夫 (1微生物, 2環境科学センター): 第83回全国水道研究発表会 (2013/10/25), 郡山.

723038. [学会 (全国)] (一般演題) 医療スタッフにおける手指衛生と手指芽胞汚染の関係. 笹原鉄平, 菅原香織, 渡邉美智代, 稲川秀樹, 林 俊治1, 森澤雄司, 平井義一 (1微生物): 第29回日本環境感染学会総会・学術集会 (2014/2/14-15), 東京.

723039. [学会 (全国)] (一般演題) 病院内の環境細菌調査. 横田憲治, 渡邉都貴子, 林 俊治1, 平井義一 (1微生物): 第29回日本環境感染学会総会・学術集会 (2014/2/14-15), 東京.

723040. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 血管穿刺支援カート使用の有用性についての検討. 大西 翼, 笹原鉄平, 稲川秀樹, 菅原香織, 渡邉美智代, 林 俊治1, 森澤雄司, 平井義一 (1微生物): 第29回日本環境感染学会総会・学術集会 (2014/2/14-15), 東京.

723041. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 使用済みモップの適切な洗浄・保管条件の探索. 宮澤めぐみ, 笹原武志1, 小野勤子 (1微生物): 第29回日本環境感染学会総会・学術集会 (2014/2/14-15), 東京.

723042. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 牛抗菌ペプチドBMAP-28に対するメチシリン抵抗性Staphylococcus aureusの感受性. 磯貝恵美子, 西村順子, Lanlan Bai, 黒田健吾, 米山 裕, 磯貝 浩, 林 俊治1 (1微生物): 第87回日本細菌学会総会 (2014/3/26-28), 東京.

723043. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) 非結核性抗酸菌の新規検出法の開発. 平井一行, 下村裕史, 林 俊治1, 平井義一 (1微生物): 第87回日本細菌学会総会 (2014/3/26-28), 東京.

723044. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) ピロリ菌抗体陰性早期胃がん患者における抗体価の検討. 横田憲治, 鈴木 綾, 美間健彦, 鈴木智典, 山本由弥子, 松下 治, 小熊惠二, 林 俊治1, 平井義一 (1微生物): 第87回日本細菌学会総会 (2014/3/26-28), 東京.

733015. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) フルオロキノロン系薬耐性Proteus mirabiisの耐性機序. 中野竜一, 岡本了一1, 上田たかね, 祖母井庸之, 菊池弘敏, 越尾 修, 丹生 茂, 斧 康雄 (1微生物): 第59回日本化学療法学会東日本支部総会 (2013/10/10), 東京.

733016. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) Brachyspira pilosicoliの薬剤感受性の検討. 林 俊治1, 竹澤敬人, 笹原鉄平, 平井義一 (1微生物): 第96回日本細菌学会関東支部会総会 (2013/10/31-11/1), 東京.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-120001. [原著] 銅及び銅合金の表面変色と殺菌特性. 笹原武志1, 新山奈々子, 幸 洋二, 和田正彦, 斎藤晴夫 (1微生物): 銅及び銅合金 2013/3; 52 (1): 187-90.


寄生虫学

[学術論文]

110031. [原著] Characteristics and incidence of large eggs in Trichuris muris. Koyama K1: Parasitol Res 2013/5; 112 (5): 1925-8. (小山浩一1: 1寄生虫)

[学会・研究会等]

713014. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Characterization of Trichuris sp. isolated from rats in Sagamihara city, Japan. Kakuda S, Taira K, Koyama K1, Snabel V, Ooi H: 6th ASEAN Congress On Tropical Medicine And Parasitology 2014 (ACTMP 2014) (2014/3/6), Kuala Lumpur, Malaysia. (小山浩一1: 1寄生虫)

723045. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 相模原市内で捕獲したRattus属ネズミの盲腸に寄生する鞭虫. 角田 冴, 平 健介, 上田実緒子, 小山浩一1, 黄 鴻堅 (1寄生虫): 第156回日本獣医学会学術集会 (2013/9/20), 岐阜.


病理学 (村雲単位)

[学術論文]

110032. [原著] The REV7 subunit of DNA polymerase ζ is essential for primordial germ cell maintenance in the mouse. Watanabe N, Mii S, Asai N, Asai M, Niimi K, Ushida K, Kato T, Enomoto A, Ishii H, Takahashi M, Murakumo Y1: J Biol Chem 2013/4; 288 (15): 10459-71. (村雲芳樹1: 1病理)

110033. [原著] Small gastrointestinal stromal tumor in the stomach: identification of precursor for clinical gastrointestinal stromal tumor using c-kit and α-smooth muscle actin expression. Mikami T1, Nemoto Y, Numata Y2, Hana K, Nakada N1, Ichinoe M1, Murakumo Y1, Okayasu I1: Hum Pathol 2013/12; 44 (12): 2628-35. (三上哲夫1, 沼田賀子2, 仲田典広1, 一戸昌明1, 村雲芳樹1, 岡安 勲1: 1病理, 2形態系)

110034. [原著] Detection of a soluble form of CD109 in serum of CD109 transgenic and tumor xenografted mice. Sakakura H, Murakumo Y1, Mii S, Hagiwara S, Kato T, Asai M, Hoshino A, Yamamoto N, Sobue S, Ichihara M, Ueda M, Takahashi M: PLoS One 2014/1; 9 (1): e83385. (村雲芳樹1: 1病理)

320002. [症例報告] ユニークな発育様式を呈する破骨様巨細胞を含む膵未分化癌の一例. 蒋 世旭1, 中島裕康1, 三枝 信1, 久場 樹2, 柳澤信之1, 鎌田弘樹3, 横沢正志2, 山下和也2, 三上哲夫1, 桑尾定仁, 渡邊昌彦3, 村雲芳樹1 (1病理, 2病理部, 3外科): 北里医学 2013/12; 43 (2): 117-22.

320003. [症例報告] 難治性てんかんと免疫不全症に合併した慢性活動性EBウイルス感染症の女児例. 蒋 世旭1, 中島裕康1, 坂東由紀2, 杉山尚人2, 高梨 学2, 藤武義人2, 石井正浩2, 三上哲夫1, 村雲芳樹1 (1病理, 2小児): 北里医学 2013/12; 43 (2): 123-6.

520002. [総説] 新規TGF-β1シグナル抑制因子CD109−同定, 最近の知見, 将来の展望−. 村雲芳樹 (病理): 北里医学 2013/6; 43 (1): 9-22.

[学会・研究会等]

713015. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) REV7, an Accessory Subunit of DNA Polymerase ζ Is Required for Primordial Germ Cell Maintenance in the Mouse. Murakumo Y1, Watanabe N, Mii S, Asai N, Asai M, Niimi K, Kato T, Enomoto A, Ishii H, Takahashi M: International Symposium on Xeroderma Pigmentosum and Related Diseases (2014/3/5), Kobe. (村雲芳樹1: 1病理)

723046. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺腺癌におけるLgr5発現の臨床病理学的特徴と予後に関する検討. 佐藤雄一1, 蒋 世旭2, 井川 聡3, 片桐真人1, 佐藤之俊4 (1医療衛生学部, 2病理, 3呼吸器内, 4呼吸器外): 第53回日本呼吸器学会学術講演会 (2013/4/19), 東京.

723047. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウス生殖細胞の維持におけるRev7の重要性. 村雲芳樹1, 渡辺直樹, 三井伸二, 浅井直也, 浅井真人, 加藤琢也, 榎本 篤, 高橋雅英 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6), 札幌.

723048. [学会 (全国)] (一般示説) 進行胃癌における術前化学療法の効果予知因子の探索−癌タイプアミノ酸トランスポーターの有用性−. 一戸昌明1, 三上哲夫1, 仲田典広1, 東 瑞智2, 花樹代美, 梅沢敦子3, 遠藤 仁, 岡安 勲, 村雲芳樹1 (1病理, 2消化器内, 3形態系): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6), 札幌, 日本病理学会会誌 2013/4;102 (1): 384.

723049. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 癌関連タンパク質CD109の新規血清腫瘍マーカーとしての可能性の検討. 三井伸二, 坂倉寛紀, 村雲芳樹1, 市原正智, 高橋雅英 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6), 札幌.

723050. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 移動する癌細胞集団内における多様性の確立機構. 加藤琢也, 榎本 篤, 浅井直也, 村雲芳樹1, 高橋雅英 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6), 札幌.

723051. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎関連腫瘍では早期からCD44の発現が低下している. 三上哲夫1, 林 宏行, 沼田賀子2, 蒋 世旭1, 仲田典広1, 一戸昌明1, 岡安 勲, 村雲芳樹1 (1病理, 2形態系): : 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6), 札幌.

723052. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非細胞肺癌におけるDJ-1発現の臨床病理学的意義. 土屋紅緒, 蒋 世旭1, 長塩 亮, 三枝 信1, 佐藤雄一 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/7), 札幌.

723053. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) プロテオミクス手法を利用した腫瘍関連マーカー候補の獲得戦略. 佐藤雄一, 長塩 亮, 南  尚, 小林 信, 柳田憲吾, 土屋紅緒, 蒋 世旭1, 村雲芳樹1, 三枝 信1 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/7), 札幌.

723054. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ユニークな発育様式を呈する十二指腸・膵鉤部破骨様巨細胞を含む未分化癌の一例. 蒋 世旭1, 中島裕康, 三枝 信1, 横沢正志, 久場 樹, 山下和也, 三上哲夫1, 桑尾定仁, 村雲芳樹1 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/8), 札幌.

723055. [学会 (全国)] (一般示説) 胆管癌ではがんタイプアミノ酸トランスポーターLAT1高発現例は予後が不良である. 柳澤信之1, 花樹代美, 仲田典広1, 一戸昌明1, 三上哲夫1, 小泉和三郎2, 遠藤 仁, 岡安 勲, 村雲芳樹1 (1病理 2消化器内): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/8), 札幌, 日本病理学会会誌 2013/4;102 (1): 471.

723056. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) DNA修復蛋白Rev7はマウス始原生殖細胞の維持のために必須である. 村雲芳樹1, 三井伸二, 浅井直也, 新美 薫, 加藤琢也, 榎本 篤, 高橋雅英 (1病理): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723057. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵巣明細胞腺癌においてREV7抑制によりシスプラチン感受性が増強する. 新美 薫, 村雲芳樹1, 吉川史隆, 高橋雅英 (1病理): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723058. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) L型アミノ酸トランスポーター1 (LAT1) のヒト組織での発現の特徴について. 仲田典広1, 三上哲夫1, 花樹代美, 一戸昌明1, 柳澤信之1, 吉田 功1, 遠藤 仁, 岡安 勲, 村雲芳樹1 (1病理): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723059. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) がん細胞集団におけるLeading Cellを規定する分子機構の解明. 加藤琢也, 榎本 篤, 浅井真人, 浅井直也, 村雲芳樹1, 高橋雅英 (1病理): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723060. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CD109は培養細胞においてその培養上清中のExosome上に発現する. 坂倉寛紀, 村雲芳樹1, 三井伸二, 萩原純孝, 山本憲幸, 上田 実, 高橋雅英 (1病理): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723061. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆管癌ではがんタイプアミノ酸トランスポーターLAT1高発現例は予後が不良である. 柳澤信之1, 花樹代美, 一戸昌明1, 仲田典広1, 三上哲夫1, 小泉和三郎2, 遠藤 仁, 岡安 勲, 村雲芳樹1 (1病理, 2消化器内): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/5), 横浜.


病理学 (三枝単位)

[学術論文]

110035. [原著] Transcriptional regulation of the alpha-1 type II collagen gene by nuclear factor B/p65 and Sox9 in the chondrocytic phenotype of uterine carcinosarcomas. Yoshida T1, Hashimura M, Kuwata T, Matsumoto T1, Suzuki E1, Tazo Y, Nakajima H, Inukai M, Saegusa M1: Hum Pathol 2013/9; 44 (9): 1780-8. (吉田 功1, 松本俊英1, 鈴木エリ奈1, 三枝 信1: 1病理)

110036. [原著] Participation of aquaporin-1 in vascular changes and remodeling in cirrhotic liver. Iguchi H, Oda M, Yamazaki H1, Yokomori H2: Medical Molecular Morhology 2013/9; 46 (3): 123-32. (山刀@等1, 横森弘昭2: 1病理, 2総合診療)

110037. [原著] Transcriptional upregulation of HIF-1α by NF-κB/p65 and its associations with β-catenin/p300 complexes in endometrial carcinoma cells. Yoshida T1, Hashimura M, Mastumoto T1, Tazo Y, Inoue H1, Kuwata T, Saegusa M1: Lab Invest 2013/11; 93 (11) :1184-93. (吉田 功1, 橋村美紀, 松本俊英1, 田雑有紀, 井上久子1, 桑田 健, 三枝 信1: 1病理)

310001. [症例報告] Ovarian mucinous cystic tumor of borderline malignancy with a mural nodule of anaplastic spindle cell carcinoma: a case report. Yamazaki H1, Matsuzawa A, Shoda T2, Iguchi H, Kyushima N: J Ovarian Res 2013/12; 6 (1): 86. (山刀@等1, 庄田 隆2: 1病理, 2産科)

320004. [症例報告] 中年女性に発症した卵巣若年型顆粒膜細胞腫の1例. 山刀@等1, 猿山美幸, 高澤環志, 久嶋則行, 井口博善, 榎本明美 (1病理): 埼玉産科婦人科学会雑誌 2013/7; 43 (2): 186-90.

522010. [講座]【特集: 第4のグロビン−サイトグロビンの機能−】消化管とサイトグロビン. 岡安 勲, 吉田 功1, 藤原睦憲, 河田則文 (1病理): 細胞 2013/12; 45 (13): 617-9.

[学会・研究会等]

723062. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 病理診断におけるテキストマイニングの応用. 原 敦子1, 三枝 信1 (1病理): 日本計算機統計学会第27回大会 (2013/5/17), 弘前.

723063. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮ポリープ状異型腺筋腫におけるβ-カテニン遺伝子異常の意義. 高橋博之1, 梶田咲美乃1, 鶴田智子2, 橋村美紀2, 亀田陽一, 高野康雄, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6), 札幌.

723064. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低酸素シグナル系による子宮内膜症性卵巣発癌機構の免疫組織化学的検討. 松本俊英1, 高橋博之1, 鶴田智子2, 橋村美紀2, 鈴木エリ奈1, 田雑有紀, 梶田咲美乃1, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6), 札幌.

723065. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎におけるOLFM4発現誘導機序の解明とその意義. 山本 渚, 吉田 功1, 横田 章, 岡安 勲, 三枝 信1 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/7), 札幌.

723066. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 病理診断報告書を用いたテキスト情報による客観的病診断過程のモデル化の試み. 原 敦子1, 三枝 信1 (1病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/7), 札幌.

723067. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) グリオーマの低酸素環境により誘導される組織再編成過程におけるHIF-1a発現の意義. 犬飼 円1, 原 敦子2, 橋村美紀3, 鶴田智子3, 三枝 信2 (1大学院医療系研究科, 2病理, 3形態系): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6-8), 札幌.

723068. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 悪性リンパ腫における細胞運動制御因子FilGAP発現の解析とその意義. 西 達也, 高橋博之1, 橋村美紀2, 吉田 功1, 太田安隆, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6-8), 札幌.

723069. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) NF-kB/Sox9によるCol2A1遺伝子発現制御を介した子宮癌肉腫細胞の軟骨分化誘導機構. 橋村美紀1, 田雑有紀, 中島裕康2, 原 敦子3, 吉田 功3, 三枝 信3 (1形態系, 2大学院医療系研究科, 3病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6-8), 札幌.

723070. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 卵巣明細胞癌におけるHNF1β発現の機能解析とその臨床的意義について. 鈴木エリ奈1, 梶田咲美乃1, 鶴田智子2, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6-8), 札幌.

723071. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜癌におけるsurvivin variant formsの発現と癌細胞増殖制御機構に及ぼす影響. 田雑有紀, 原 敦子1, 橋村美紀2, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6-8), 札幌.

723072. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Sox9によるp14ARF/p53/p21waf1系を介した子宮内膜癌細胞の増殖制御機構. 三枝 信1, 犬飼 円2, 鈴木エリ奈1, 山本 渚, 西 達也, 松本俊英1, 桑田 健 (1病理, 2大学院医療系研究科): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/6-8), 札幌.

732003. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 子宮内膜症性卵巣発癌の分子機構: 分子病理学的検討からプロテオミクスへの期待. 松本俊英1, 高橋博之1, 川島祐介, 山崎真瑛, 小寺義男, 梶田咲美乃1, 吉田 功1, 三枝 信1 (1病理): 第10回千葉疾患プロテオミクス研究会 (2013/11/9), 東京.

732004. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 病理検体を起点にした子宮内膜症性卵巣癌の新規バイオマーカー探索. 松本俊英1, 高橋博之1, 川島祐介, 山崎真瑛, 小寺義男, 梶田咲美乃1, 吉田 功1, 三枝 信1 (1病理): 第11回北里疾患プロテオーム研究会 (2014/3/28), 相模原.

733017. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) テキストマイニングを用いた病理診断書内容の整合性検査について. 原 敦子1, 石橋雄一 (1病理): 大規模データ科学に関する研究会 (2013/8/3), 札幌.

733018. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 子宮内膜症性卵巣癌における低酸素シグナル系の発癌機構への関与. 松本俊英1, 高橋博之1, 鶴田智子2, 橋村美紀2, 梶田咲美乃1, 吉田 功1, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第26回バイオサイエンスフォーラム (2013/8/8), 相模原.

733019. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脳生検の一例. 原 敦子1, 犬飼 円2 (1病理, 2大学院医療系研究科): 神奈川病理医会 (2014/1/11), 相模原.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110002. [原著] Prostatic stromal sarcoma with neuroectodermal differentiation. Yamazaki H1, Ohyama T, Tsuboi T, Taoka Y, Kohguchi D2, Iguchi H, Ao T: Diagn Pathol 2012/12; 7: 173. (山刀@等1, 高口 大2: 1病理, 2泌尿器)

H24-110003. [原著] Relation between ultrastructural localization, changes in caveolin-1, and capillarization of liver sinusoidal endothelial cells in human hepatitis C-related cirrhotic liver. Yamazaki H1, Oda M, Takahashi Y2, Iguchi H, Yoshimura K, Okada N, Yokomori H3: J Histochem Cytochem 2013/2; 61 (2): 169-76. (山刀@等1, 高橋禎人2, 横森弘昭3: 1病理, 2外科, 3総合診療)

H24-320001. [症例報告] 乳腺spindle cell carcinomaの一例. 山刀@等1, 近藤康史 (1病理): 北里医学 2012/6; 42 (1): 33-7.


衛生学

[学術論文]

110038. [原著] Evaluation of neurotoxicity of artificial dura mater and poly (lactic-glycolic acid-caprolactone) co-oligomer containing dibutyltin or tin () octylate in rats. Tsuji M1, Tsunoda M1, Sugaya C1, Inoue Y, Hirano S, Katagiri Y, Akita H, Saji M, Yuba T, Fukushima T, Tsuchiya T, Aizawa Y1: Biomedical Research on Trace Elements 2013/10; 24 (3): 153-62. (辻 雅善1, 角田正史1, 菅谷ちえ美1, 相澤好治1: 1衛生)

540002. [その他 (研究報告書)]【クリーニングと公衆衛生に関する研究】アンケート調査による化学物質不耐性とクリーニング関連要因に対する反応について. 相澤好治1, 宮島江里子1, 坂本泰理, 杉浦由美子2, 星 佳芳1, 角田正史1, 坂部 貢 (1衛生, 2予防医学系): クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書 (平成24年度) 2013/4; p.31-8.

540003. [その他 (研究報告書)]【クリーニングと公衆衛生に関する研究】ドライクリーニング用石油系溶剤及びテトラクロロエチレンの培養細胞を用いた安全性評価; 正常ヒト表皮角化細胞を用いた検討. 角田正史 (衛生): クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書 (平成24年度) 2013/4; 39: 39-41.

540004. [その他 (短報)] 著作権 図書館員に期待されること, できること−利用者・情報発信者の立場から−. 星 佳芳 (衛生): 薬学図書館 2013/7; 58 (3): 223-6.

540005. [その他 (研究報告書)]【平成25年度環境省請負業務「環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究 (総括研究者: 坂部 貢)」】一般集団における化学物質過敏症の可能性に関する研究. 角田正史1, 宮島江里子1, 杉浦由美子2, 坂本泰理 (1衛生, 2予防医学系):「平成25年度環境省請負業務「環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究」分担研究事業報告書 2014/3; p.9-16.

540006. [その他 (研究報告書)]【平成25年度環境省請負業務「環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究 (総括研究者: 坂部 貢)」】化学物質過敏症の客観的画像診断に関する文献調査. 角田正史1, 杉浦由美子2 (1衛生, 2予防医学系):「平成25年度環境省請負業務「環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究」分担研究事業報告書 2014/3; p.17-22.

540007. [その他 (研究報告書)]【平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (H24-臨研基-一般-003) (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究 (研究代表者: 有田悦子)」】リンク先選定のための評価方法に関する研究. 星 佳芳1, 丁 元鎮 (1衛生): 平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究」総括・分担研究報告書 2014/3; p.35-66.

540008. [その他 (研究報告書)]【平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (H24-臨研基-一般-003) (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究 (研究代表者: 有田悦子)」】臨床試験ポータルプロトタイプの構築. 氏原 淳, 二橋大介, 渡邉達也, 有田悦子, 西端芳彦, 山崎広之, 星 佳芳1, 丁 元鎮, 眞島喜幸, 山口育子, 堂囿俊彦, 井上和紀 (1衛生): 平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究」総括・分担研究報告書 2014/3: p.67-84.

540009. [その他 (研究報告書)]【平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (H24-臨研基-一般-003) (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究 (研究代表者: 有田悦子)」】一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究. 有田悦子, 氏原 淳, 井上和紀, 丁 元鎮, 堂囿俊彦, 西端芳彦, 二橋大介, 星 佳芳1, 眞島喜幸, 山口育子, 山崎広之, 渡邉達也, 鈴木 葵 (1衛生): 平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究」総括・分担研究報告書 2014/3; p.1-8.

540010. [その他 (研究報告書)]【平成24年度〜平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (H24-臨研基-一般-003) (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究 (研究代表者: 有田悦子)」】一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究. 有田悦子, 氏原 淳, 井上和紀, 田辺記子, 丁元鎮, 堂囿俊彦, 西端芳彦, 二橋大介, 星 佳芳1, 眞島喜幸, 山口育子, 山崎広之, 渡邉達也, 鈴木 葵 (1衛生): 平成24年度〜平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (医療技術実用化総合研究事業)「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究」総合研究報告書 2014/3; p.1-11.

[著 書]

620016. [学術書] (分担執筆)]【体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの用件】第8節 人工硬膜 [4] 脳表面の癒着の発生の背景と人工硬膜使用, p.150-2. 角田正史1, 相澤好治1, (1衛生), 技術情報協会, 東京, 2013/10発行.

[学会・研究会等]

713016. [学会 (国際)] (一般講演) A survey on a clinical research information portal site for the general public in Japan. Arita E, Ujihara A, Majima Y, Yamaguchi I, Genshin T, Hoshi K1, Nishibata Y, Yamasaki H, Watanabe T, Tanabe N: 欧州臨床薬理学会議 11th EACPT2013 (2013/8/28-31), Geneva, Switzerland. (星 佳芳1: 1衛生)

713017. [学会 (国際)] (一般講演) Experimental approach to the toxicity of fluoride among a sensitive population: use of rodents with renal function impairment. Tsunoda M1, Kido T1, Hosokawa M1: XXXIst Conference of the International Society for Fluoride Research (2013/10/18), Tehran, Iran. (角田正史1, 木戸尊將1, 細川まゆ子1: 1衛生)

713018. [学会 (全国)] (一般講演) Japanese dental service system and roles for dentists in mass disaster. Hoshi K1: Scientific Conference on the 9th Anniversary of Tsunami Incident in Thailand (2013/12/26), Phangnga, Thailand. (星 佳芳1: 1衛生)

722007. [学会 (全国)] (シンポジウム) 多層カーボンナノチューブ13週間全身吸入曝露における雌雄ラットの脾臓中ケモカインによる炎症反応の検討. 木戸尊將1, 角田正史1, 笠井辰也, 佐々木敏明, 梅田ゆみ, 姉尾英樹, 柳澤裕之, 浅倉眞澄, 相澤好治1, 福島昭治 (1衛生): 第20回日本免疫毒性学会学術大会・第63回日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会 (2013/9/12), 神奈川, 日本免疫毒性学会講演抄録集 2013/8; p.85.

722008. [学会 (全国)] (若手奨励賞受賞講演) 人間ドック受診者の二次検査受診状況と事後措置の認識調査. 宮島江里子1, 加藤 彩2, 五十嵐教子, 吉田宗紀, 大井田正人2, 西元寺克禮2, 角田正史1 (1衛生, 2消化器内): 日本総合健診医学会第42回大会 (2014/1/31), 東京, 総合健診 2014/1; 41 (1): 155.

723073. [学会 (全国)] (ポスター) 多層カーボンナノチューブのラットにおける13週間全身吸入曝露試験: 脾臓中サイトカインのmRNA測定. 木戸尊將1, 角田正史1, 笠井辰也, 佐々木敏明, 柳澤裕之, 浅倉眞澄, 相澤好治1, 福島昭治 (1衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/15), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 450.

723074. [学会 (全国)] (一般講演) 胎生期・授乳期トリブチルスズ曝露による雌Tokai High Avoider (THA) ラットの成長抑制とオープンフィールド試験. 長谷川卓弥1, 角田正史1, 菅谷ちえ美1, 杉浦由美子2, 木戸尊將1, 細川まゆ子1, 遠藤 整, 渡辺 哲, 相澤好治1 (1衛生, 2予防医学系): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 371.

723075. [学会 (全国)] (ポスター) 質問紙票による化学物質不耐性とクリーニング関連要因に対する反応についての調査. 宮島江里子1, 星 佳芳1, 坂本泰理, 杉浦由美子2, 角田正史1, 坂部 貢, 相澤好治1 (1衛生, 2予防医学系): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 589.

723076. [学会 (全国)] (ポスター) トリブチルスズに経胎盤・経母乳曝露されたメスのTokai High Avoider (THA) ラットにおけるprepulse inhibition test. 角田正史1, 長谷川卓弥1, 菅谷ちえ美1, 杉浦由美子2, 木戸尊將1, 細川まゆ子1, 遠藤 整, 渡辺 哲, 相澤好治1 (1衛生, 2予防医学系): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 590.

723077. [学会 (全国)] (一般講演) 一般事務職員と臨床環境医学専門医療機関受診者の化学物質不耐性とクリーニング関連要因に対する反応についてのアンケート調査. 宮島江里子1, 坂本泰理, 杉浦由美子2, 星 佳芳1, 角田正史1, 坂部 貢, 相澤好治1 (1衛生, 2予防医学系): 第22回日本臨床環境医学会総会学術集会 (2013/6/8), 東京, 日本臨床環境医学会学術集会プログラム・抄録集 2013/5; p.79.

723078. [学会 (全国)] (ポスター) Locomotor distance of male Tokai High Avoider Rats exposed to tributyltin via placenta and their dams' milk. 角田正史1, 長谷川卓弥1, 菅谷ちえ美1, 杉浦由美子2, 木戸尊將1, 細川まゆ子1, 遠藤 整, 渡辺 哲, 相澤好治1 (1衛生, 2予防医学系): 第23回金属の関与する生体関連反応シンポジウム (2013/6/21), 東京, 金属の関与する生体関連反応シンポジウム講演要旨集 2013/6; p.90.

723079. [学会 (全国)] (一般講演) トリブチルスズに経胎盤・経母乳曝露されたメスのTokai High Avoider (THA) ラットのシドマン型電撃回避試験による評価. 角田正史1, 長谷川卓弥1, 菅谷ちえ美1, 木戸尊將1, 細川まゆ子1, 遠藤 整, 渡辺 哲 (1衛生): 第24回日本微量元素学会学術集会 (2013/6/29), 大阪, Biomedical Research on Trace Elements 2013; 24 (2): 93.

723080. [学会 (全国)] (一般講演) 胎生期・授乳期トリブチルスズ曝露による雌Tokai High Avoiderラットのオープンフィールド試験における行動距離と滞在時間. 長谷川卓弥1, 角田正史1, 菅谷ちえ美1, 木戸尊將1, 細川まゆ子1, 遠藤 整, 渡辺 哲, 相澤好治1 (1衛生): 第24回日本微量元素学会学術集会 (2013/6/29), 大阪, Biomedical Research on Trace Elements 2013; 24 (2): 94.

723081. [学会 (全国)] (一般講演) フッ素水曝露後の尿管閉塞モデルラットに対する骨密度の検討. 木戸尊將1, 菅谷ちえ美1, 宮崎 孝, 角田正史1, 柳澤裕之 (1衛生): 第24回日本微量元素学会学術集会 (2013/6/29), 大阪, Biomedical Research on Trace Elements 2013; 24 (2): 95.

723082. [学会 (全国)] (一般講演) 超音波せん断波エラストグラフィーを用いた腓腹筋筋硬度について. 内田繕博, 香田伸一郎, 九藤博弥, 尾崎 純, 高平尚伸1, 星 佳芳2, 坂本泰理 (1医療衛生学部, 2衛生): 第25回日本整形外科超音波学会学術集会 (2013/7/6), 名古屋, 日本整形外科超音波学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.75.

723083. [学会 (全国)] (一般講演) Adapt-Ability 回避型と攻撃型のストレスの特徴とメンタル疾患との関連. 亀山晶子, 金子多賀子, 柴田稔久, 相澤好治1 (1衛生): 第20回日本産業精神保健学会 (2013/8/10), 東京, 産業精神保健 2013; 20 (増刊): 90.

723084. [学会 (全国)] (一般講演) メンタル疾患の予測因子 (ストレスチェックの項目から). 金子多賀子, 亀山晶子, 柴田稔久, 相澤好治1 (1衛生): 第20回日本産業精神保健学会 (2013/8/10), 東京, 産業精神保健 2013; 20 (増刊): 91.

723085. [学会 (全国)] (ポスター) 災害時における精神保健対策. 高岡道雄, 宇田英典, 山田全啓, 伊地智昭浩, 山口靖明, 桐生宏司, 本屋敷美奈, 酒井ルミ, 角田正史1, 竹島 正 (1衛生): 第72回日本公衆衛生学会総会 (2013/10/24), 三重, 日本公衆衛生雑誌 2013; 60 (10): 480.

723086. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床研究支援を目的とした実践形式教育セミナーのあり方について. 坂本泰理, 星 佳芳1, 新開淑子2, 熊谷雄治2 (1衛生, 2臨床研究セ): 第72回日本公衆衛生学会総会 (2013/10/24), 三重, 日本公衆衛生雑誌 2013; 60 (10): 274.

723087. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学医学部臨床研究センターランダム化割付事務局における臨床研究支援業務の現況. 星 佳芳1, 坂本泰理2, 新開淑子2, 熊谷雄治2 (1衛生, 2臨床研究・企画): 第72回日本公衆衛生学会総会 (2013/10/23-25), 三重, 日本公衆衛生学会総会抄録集 2013/10; p.274.

723088. [学会 (全国)] (ポスター) 相模野病院健康管理センターからの紹介患者の受診状況と転帰. 宮島江里子1, 角田正史1, 加藤 彩2, 五十嵐敬子, 竹下知親2, 三枝陽一2, 美原静香2, 吉田宗紀, 大井田正人2, 西元寺克禮2 (1衛生, 2消化器内): 第51回日本社会保険医学会総会 (2013/11/7), 群馬, 日本社会保険医学会総会プログラム・抄録集 2013; 232.

723089. [学会 (全国)] (一般講演) 胎生期・授乳期トリブチルスズ曝露によるTokai High Avoiderラットの神経伝達物質の変化. 長谷川卓弥1, 角田正史1, 菅谷ちえ美1, 杉浦由美子2, 木戸尊將1, 細川まゆ子1, 田代朋子, 澤野絵梨香, 遠藤 整, 渡辺 哲 (1衛生, 2予防医学系): 第61回日本職業・災害医学会学術大会 (2013/11/30), 東京, 日本職業・災害医学会会誌 2013; 61 (臨増): 142.

723090. [学会 (全国)] (ポスター) 磁気治療器による下肢深部静脈血流増加、浮腫改善効果についての検討; ランダム化プラセボ対照比較試験. 坂本泰理, 星 佳芳1, 内田繕博, 渡邉 純, 新開淑子2 (1衛生, 2臨床研究セ): 第24回日本疫学会学術総会 (2014/1/25), 仙台, 第24回日本疫学会学術総会講演集 2014; p.104.

723091. [学会 (全国)] (一般講演) 人間ドック受診者の二次検査受診状況と事後措置の認識調査. 宮島江里子1, 加藤 彩2, 五十嵐敬子, 吉田宗紀, 大井田正人2, 西元寺克禮2, 角田正史1 (1衛生, 2消化器内): 日本総合健診医学会第42回大会 (2014/1/31), 東京, 総合健診 2014/1; 41 (1): 155.

732005. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 施策へのガイドライン活用. 星 佳芳 (衛生): 厚生労働省国立保健医療科学院・平成25年度短期研修「地域保健支援のための保健情報処理技術研修」講義 (2013/12/5), 和光.

732006. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) アンケート調査演習. 安藤雄一, 星 佳芳1 (1衛生): 厚生労働省国立保健医療科学院・平成25年度短期研修「地域保健支援のための保健情報処理技術研修」講義 (2013/12/5), 和光.

732007. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 科学的根拠に基づく保健情報の収集. 星 佳芳 (衛生): 厚生労働省国立保健医療科学院・平成25年度専門課程「保健情報利用概論」講義 (2013/12/17), 和光.

732008. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) Webを用いた情報発信・情報利用. 星 佳芳 (衛生): 厚生労働省国立保健医療科学院・平成25年度専門課程「保健情報利用概論」講義 (2013/12/17), 和光.

732009. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) IIポータルサイト (プロトタイプ) 構築のポイント (4) リンク先サイトと評価方法について. 星 佳芳 (衛生): 平成25年度厚生労働科学研究補助金医療技術実用化総合研究事業「一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究」研究班 (研究代表者:有田悦子) 第1回公開フォーラム「あたらしい医療の探し方〜Webサイトの使いやすさについて考える〜」(2014/1/12), 東京, 講演録 (平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (医療技術実用化総合研究事業) [一般利用者の視点に基づく臨床試験コンテンツ作成とポータルサイト構築に関する研究] 総括・分担研究報告書 (H24-臨研基-一般-003) (研究代表者: 有田悦子)) p.262-74.

H24年度以前分

[学術論文]

H20-540001. [その他 (会議録)] インターネット上でアンケート調査を実施するシステムの開発. 安藤雄一, 星 佳芳1, 吉見逸郎, 緒方裕光 (1衛生): 保健医療科学 2008/12; 57 (4): 380.

H20-540002. [その他 (会議録)] 地方自治体職員におけるメーリングリストの運用・利用状況 全国行政歯科技術職連絡会における実態調査. 星 佳芳1, 安藤雄一, 山田善裕, 中村宗達 (1衛生): 保健医療科学 2008/12; 57 (4): 381.

[著 書]

H24-620001. [学術書] (共著)【新・快適な暮らしのガイドライン】p.1-108. 柳  宇, 鍵 直樹, 飯澤明子, 横山克弘, 古賀才理, 坂上恭助, 角田正史1, 田中 誠 (1衛生), 編: 公益財団法人日本建築衛生管理センター広報資料作成委員会, 公益財団法人日本建築衛生管理教育センター・公益社団法人全国ビルメンテナンス協会, 東京, 2013/3発行.

[学会・研究会等]

H24-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 製造業労働者の喫煙者における職場の禁煙・分煙に対する受入れ否定派の特徴と問題点. 宮島江里子1, 角田正史1, 加藤 彩2, 五十嵐敬子, 吉田宗紀, 大井田正人2, 西元寺克禮2, 相澤好治1 (1衛生, 2消化器内): 第50回日本社会保険医学会総会 (2012/11/8), 石川.

H24-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 地域健康安全・危機管理対策総合研究事業−精神保健分野−. 高岡道雄, 宇田英典, 伊地智昭浩, 山田全啓, 桐生宏司, 山口靖明, 本屋敷美奈, 酒井ルミ, 角田正史1, 竹島 正 (1衛生): 平成24年地域保健総合推進事業発表会 (2013/3/5), 東京.平成24年地域保健総合推進事業発表会抄録集 2013; p.43-6.


公衆衛生学

[学術論文]

110039. [原著] Associations between diabetes, leanness, and the risk of death in the Japanese general population: the Jichi Medical School Cohort Study. Yano Y, Kario K, Ishikawa S, Ojima T, Gotoh T, Kayaba K, Tsutsumi A1, Shimada K, Nakamura Y, Kajii E (JMS Cohort Study Group): Diabetes Care 2013/5; 36 (5): 1186-92. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110040. [原著] Psychosocial mechanisms of psychological health disparity in Japanese workers. Shimazu A, Kawakami N, Kubota K, Inoue A, Kurioka S, Miyaki K, Takahashi M, Tsutsumi A1: Ind Health 2013/5; 51 (5): 472-81. Epub 2013 Jul 26. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110041. [原著] The economic impact of loss of performance due to absenteeism and presenteeism caused by depressive symptoms and comorbid health conditions among Japanese workers. Wada K1, Arakida M, Watanabe R, Negishi M, Sato J, Tsutsumi A1: Ind Health 2013/5; 51 (5): 482-9. Epub 2013 Jul 26. (和田耕治1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

110042. [原著] Association of knowledge of HIV and other factors with individuals' attitudes toward HIV infection: a national cross-sectional survey among the Japanese non-medical working population. Wang G, Wada K1, Hoshi K2, Sasaki N, Ezoe S, Satoh T: PLoS One. 2013/7; 8 (7): e68495. doi: 10.1371/journal.pone.0068495. (和田耕治1, 星 佳芳2: 1公衆衛生, 2衛生)

110043. [原著] Mortality risks in relation to occupational category and position among the Japanese working population: the Jichi Medical School (JMS) cohort study. Hirokawa K, Tsutsumi A1, Kayaba K (Jichi Medical Cohort study group): BMJ Open 2013/8; 3 (8). pii: e002690. doi: 10.1136/bmjopen-2013-002690. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110044. [原著] Examination of excess mortality from malignant neoplasms of laundry and dry-cleaning workers; survey of a 24-year follow-up. Hikita S, Tsutsumi A1: Kitasato Med J 2013/9; 43 (2): 119-25. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110045. [原著] Knowledge of HBV and HCV and individuals' attitudes toward HBV- and HCV-infected colleagues: a national cross-sectional study among a working population in Japan. Eguchi H1, Wada K1: PLoS One 2013/9; 8 (9): e76921. doi: 10.1371/journal.pone.0076921. eCollection 2013. (江口 尚1, 和田耕治1: 1公衆衛生)

110046. [原著] Optimum cut-off point of the Japanese short version of the effort-reward imbalance questionnaire. Kurioka S, Inoue A, Tsutsumi A1: J Occup Health 2014/2; 55 (5): 340-8. Epub 2013 Jul 26. http://dx.doi.org/10.1539/joh.12-0235-OA. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110047. [原著] Hepatitis screening in Japanese individuals of working age and prejudice against infected persons in the workplace. Sasaki N, Wada K1, Smith DR, Wang G, Ohta H1, Shibuya A2: J Occup Health 2014/2; 55 (5): 392-7. Epub 2013 Jun 28. http://dx.doi.org/10.1539/joh.12-0266-FS. (和田耕治1, 太田 寛1, 渋谷明隆2: 1公衆衛生, 2医療安全・管理)

110048. [原著] Association of job demands with work engagement of Japanese employees: comparison of challenges with hindrances (J-HOPE). Inoue A, Kawakami N, Tsutsumi A1, Shimazu A, Miyaki K, Takahashi M, Kurioka S, Eguchi H1, Tsuchiya M, Enta K, Kosugi Y, Sakata T, Totsuzaki T: PLoS One 2014/3; 9 (3): e91583. doi: 10.1371/journal.pone.0091583. eCollection 2014. (堤 明純1, 江口 尚1: 1公衆衛生)

120003. [原著] 特定保健指導の枠組みを利用したハイリスク飲酒者に対する職域における集団節酒指導 (S-HAPPYプログラム) の効果. 彌冨美奈子1, 遠藤光一, 原 俊哉, 杠 岳文, 市場正良, 堤 明純1 (1公衆衛生): 労働科学 2013; 89 (5): 155-65.

220002. [準原著] 職場巡視結果を活用した医療機関における労働安全衛生リスクアセスメント自己チェックリストの開発. 梶木繁之, 藤田修之, 八谷百合子, 藤江美香, 上村秀彦, 和田 太, 堤 明純1 (1公衆衛生): 労働科学 2013/6 (2012); 88 (5): 175-84.

520003. [総説] 働く世代のがん患者に対する治療と仕事の両立支援に関する課題.. 和田耕治1, 大津真弓, 立石清一郎, 平岡 晃, 田中 完, 田中宣仁 (1公衆衛生): 医事新報 2013/4; 4642: 36-40.

520004. [総説] 努力−報酬不均衡職業性ストレスモデルに基づく最近の研究動向と職場のストレス対策. 堤 明純 (公衆衛生): 産業医学レビュー 2013/8; 26 (2): 131-47.

522011. [講座]【連載: あなたの健康, 職場の健康】飲酒習慣: 広がる年代差−20代の飲酒習慣はこの10年で大きく減少−. 和田耕治 (公衆衛生): 安全と健康 2013/4; 64 (4): 385-7.

522012. [講座]【特集: これからの職場のメンタルヘルスの第一次予防】科学的根拠に基づいた職場のメンタルヘルスの第一次予防のガイドライン−職場のメンタルヘルスのための管理監督者教育のガイドライン−. 堤 明純 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2013/4; 20 (4): 121-6.

522013. [講座]【特集: これからの職場のメンタルヘルスの第一次予防】科学的根拠に基づいた職場のメンタルヘルスの第一次予防のガイドライン−職場のメンタルヘルスのための職場環境改善の評価と改善に関するガイドライン−. 吉川 徹, 吉川悦子, 土屋政雄, 小林由佳, 島津明人, 堤 明純1, 小田切優子, 小木和孝, 川上憲人 (1公衆衛生): 産業ストレス研究 2013/4; 20 (4): 135-45.

522014. [講座]【データが語る: あなたの健康, 職場の健康】喫煙習慣: 喫煙者は減少傾向−今後のターゲットは30代か−. 和田耕治 (公衆衛生): 安全と健康 2013/5; 64 (5): 73-5.

522015. [講座]【データが語る: あなたの健康, 職場の健康】栄養バランスの良い食事は仕事の基本. 江口 尚 (公衆衛生): 安全と健康 2013/7; 64 (7): 89-92.

522016. [講座]【特集: 職場のハラスメント】医療機関における職員間のハラスメント. 和田耕治 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2013/7; 20 (3): 223-7.

522017. [講座]【職場のメンタルヘルス入門編】EUにおけるストレスマネジメントの取り組み. 堤 明純 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2013/7; 20 (3): 231-3.

522018. [講座]【連載: 職場における健康管理】うつ病予防のためのメンタルヘルス. 堤 明純 (公衆衛生): 保健の科学 2013/7; 55 (7): 467-72.

522019. [講座]【看護管理者講座プラス1】メンタルヘルス予防 (1) 看護師のメンタルヘルス対策−職場のメンタルヘルスの意義と進め方−. 堤 明純 (公衆衛生): 師長主任業務実践 2013/10; 18 (392): 70-1.

522020. [講座]【特集: ストレスチェックで職場改善】総論: ストレス調査による職場改善の進め方−これからの職場のメンタルヘルス対策−. 堤 明純 (公衆衛生): 安全と健康 2013/11; 64 (11): 17-22.

522021. [講座]【データが語る: あなたの健康, 職場の健康】働く人のメンタルヘルスを取り巻く環境は?−仕事や将来に対する不安が大−. 江口 尚 (公衆衛生): 安全と健康 2013/11; 64 (11): 74-7.

522022. [講座]【看護管理者講座プラス1】メンタルヘルス予防 (2) 看護師のメンタルヘルス対策−体制 (人) づくり−. 堤 明純 (公衆衛生): 師長主任業務実践 2013/11; 18 (394): 58-9.

522023. [講座]【看護管理者講座プラス1】メンタルヘルス予防 (3) 看護師のメンタルヘルス対策−体制 (制度) づくり−. 堤 明純 (公衆衛生): 師長主任業務実践 2013/12; 18 (396): 68-9.

522024. [講座]【特集: 第20回日本産業精神保健学会】シンポジウムIII:家庭−職場−社会. 堤 明純 (公衆衛生): 産業精神保健 2013; 21 (4): 274-6.

522025. [講座]【文献レビュー: 第45回】組織風土 (Organizational Climate) が労働者の健康に与える影響. 江口 尚1, 堤 明純1 (1公衆衛生): 産業精神保健 2013/12; 21 (4): 304-8.

522026. [講座]【看護管理者講座プラス1】メンタルヘルス予防 (4) 看護師のメンタルヘルス対策−看護師メンタルヘルス研修−. 堤 明純 (公衆衛生): 師長主任業務実践 2014/1; 19 (397): 66-7.

522027. [講座] 火山噴火時に健康を守る (8・最終回): 火山噴火に備える. 江口 尚1, 石嶺康浩, 和田耕治1 (1公衆衛生): 労働の科学 2014/1; 69 (1): 34-8.

522028. [講座]【看護管理者講座プラス1】メンタルヘルス予防 (5) 看護師のメンタルヘルス対策−ストレスチェックの導入−. 堤 明純 (公衆衛生): 師長主任業務実践 2014/2; 19 (399): 68-9.

522029. [講座] 職域における肝炎ウイルス対策 (1): 職場での肝炎ウイルス検査実施を検討する際の留意点. 佐々木七恵, 和田耕治1, 江口 尚1 (1公衆衛生): 労働の科学 2014/2; 69 (2): 96-100.

522030. [講座] 職域における肝炎ウイルス対策 (2): 職場での肝炎ウイルス検査を実施する場合に必要な対応. 佐々木七恵, 和田耕治1, 江口 尚1 (1公衆衛生): 労働の科学 2014/3; 69 (3): 38-43.

522031. [講座]【看護管理者講座プラス1】メンタルヘルス予防 (6) 看護師のメンタルヘルス対策−職場環境改善−. 堤 明純 (公衆衛生): 師長主任業務実践 2014/3; 19 (401): 62-70.

530001. [その他 (短報)] The Tokyo declaration on prevention and management of work-related cardiovascular disorders. Tsutsumi A1: ICOH NEWSLETTER 2013; 11 (2, 3): 4-6. (堤 明純1: 1公衆衛生)

530002. [その他 (短報)] (Activity of the Scientific Committees) SC on Cardiology. Tsutsumi A1: ICOH NEWSLETTER 2013; 11 (2, 3): 13-4. (堤 明純1: 1公衆衛生)

540011. [その他 (研究報告書)]【クリーニングと公衆衛生に関する研究】ドライクリーニング従事者の悪性新生物による過剰死亡に関する検討; 汎用化学物質に注目して. 堤 明純1, 引田俊一 (1公衆衛生): クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書 (平成24年度) 2013/4; p.42-7.

[著 書]

620017. [学術書] (分担執筆)【メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト I種 マスターコース〈第3版〉】第8章 教育研修 2 管理監督者への教育研修, p.311.-7. 堤 明純 (公衆衛生), 編: 大阪商工会議所, 中央経済社, 東京, 2013/7発行.

620018. [学術書] (分担執筆)【使える! 健康教育・労働衛生教育50選】第2部 教育テーマ編 テーマ15 ストレスマネジメント, p.100-105. 堤 明純 (公衆衛生), 編: 産業医科大学産業医実務研修センター, 日本労務研究会, 東京, 2013/7発行.

620019. [学術書] (翻訳)【ワーク・エンゲイジメント−基本理論と研究のためのハンドブック−】第5章 ポジティブ心理学の力: 心理的資本とワーク・エンゲイジメント, p.109-40. 江口 尚 (公衆衛生), 監訳: 島津明人, 井上彰臣, 大塚泰正, 種市康太郎, 星和書店, 東京, 2014/2発行.

[学会・研究会等]

712005. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) モデレーター クライシスケア. 堤 明純 (公衆衛生): EAPアジア太平洋円卓会議第10回東京大会 (2013/5/30), 東京.

712006. [学会 (国際)] (シンポジウム) Japanese study of health, occupational and psychosocial factors related equinity (J-HOPE): outline and products. Tsutsumi A1: The International Conference on Social Stratification and Health 2013 (2013/8/31), Tokyo, 2013; Abstracts: p.27. (堤 明純1: 1公衆衛生)

712007. [学会 (国際)] (シンポジウム) Association of occupational class with serious mental illness of Japanease employees; explanation from job stressors (J-HOPE). Inoue A, Kawakami N, Tsutsumi A1: The International Conference on Social Stratification and Health 2013 (2013/8/31), Tokyo, 2013; Abstracts: p.31. (堤 明純1: 1公衆衛生)

712008. [学会 (国際)] (シンポジウム) Work engagement, social support at work and the high-sensitivity C-reactive protein levels among Japanease employees; A prospective cohort studt. Eguchi H1, Kawakami N, Inoue A, Shimazu A, Tsutsumi A1: The International Conference on Social Stratification and Health 2013 (2013/9/1), Tokyo, 2013; Abstracts: p.45. (江口 尚1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

713019. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Penetration of management philosophy, psychological distress and work engagement of Japanese study of health, occupation, and psychosocial factors related equity (J-HOPE). Eguchi H1, Inoue A, Shimazu A, Kawakami N, Tsutsumi A1: The International Conference on Social Stratification and Health 2013 (2013/8/31), Tokyo, 2013; Abstracts: p.69. (江口 尚1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

713020. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Higher sense of contribution could be associated with lower levels of blood glucose and serum LDL cholesterol. Takaki J, Fujii Y, Taniguchi T, Hirokawa K, Tsutsumi A1: 22nd World Congress on Psychosomatic Medicine (2013/9/12), Lisboa, Portuguese, Psychother Psychosom 2013; 82 (suppl1): p.110. (堤 明純1: 1公衆衛生)

713021. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Age and gender difference in the association of effort-reward imbalance with blood pressure. Takaki J, Fujii Y, Taniguchi T, Hirokawa K, Tsutsumi A1: 22nd World Congress on Psychosomatic Medicine (2013/9/12), Lisboa, Portuguese, Psychother Psychosom 2013; 82 (suppl1): 111. (堤 明純1: 1公衆衛生)

713022. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Association of job demands with work engagement of Japanese employees: comparison of challenges with hindrances. Inoue A, Kawakami N, Tsutsumi A1, Shimazu A, Miyaki K, Takahashi M, Kurioka S, Eguchi H1, Enta K, Kosugi Y, Sakata T, Totsuzaki T: 4th Expert Workshop on Psychosocial Factors at Work in Asia Pacific (2013/11/28), Thailand, 2013; Abstract Book: p.25. http://ns2.ph.mahidol.ac.th/phklb/knowledgefiles/4TH_Expert_Workshop_on_Psychosocial_at_Work.pdf (堤 明純1, 江口 尚1: 1公衆衛生)

721001. [学会 (全国)] (特別講演)「平時および緊急時における対策実施のためのワークシート」について. 和田耕治 (公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/15), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 ((臨増): 37.

721002. [学会 (全国)] (特別講演)【第14回医療従事者のための産業保健研究会】医療機関における医療従事者への復職支援体制の現状と対策. 和田耕治 (公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/15), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 67.

722009. [学会 (全国)] (シンポジウム) 産業保健の立場から. 和田耕治 (公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/15), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 190.

722010. [学会 (全国)] (シンポジウム) 職場環境等の改善を通じたメンタルヘルス対策とその効果. 堤 明純 (公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 236-7.

722011. [学会 (全国)] (奨励賞受賞講演) 新型インフルエンザ等に対する公衆衛生対策. 和田耕治 (公衆衛生): 第72回日本公衆衛生学会総会 (2013/10/24), 三重, 日本公衆衛生雑誌 2013; 60 (10): 159.

722012. [学会 (全国)] (シンポジウム) 収入, 職の不安定とメンタルヘルス. 堤 明純 (公衆衛生): 第29回日本ストレス学会学術総会 (2013/11/8), 徳島, ストレス科学 2013; 28 (3): 184.

722013. [学会 (全国)] (シンポジウム) 心の健康の職業格差は職業性ストレスにより説明されるか. 井上彰臣, 川上憲人, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第29回日本ストレス学会学術総会 (2013/11/8), 徳島, ストレス科学 2013; 28 (3): 185.

722014. [学会 (全国)] (シンポジウム) 健康で生きがいのある職場づくりをめざして−社会格差・職場階層と健康格差の今日的課題. 堤 明純 (公衆衛生): 第29回日本ストレス学会学術総会 (2013/11/9), 徳島.

722015. [学会 (全国)] (シンポジウム) 精神保健・予防における科学的根拠−管理監督者の教育−. 堤 明純 (公衆衛生): 第17回日本精神保健・予防学会学術集会 (2013/11/23), 東京, プログラム・抄録集 2013; p.60.

722016. [学会 (全国)] (シンポジウム) 精神保健・予防のためのコホート・パネル研究: わが国における現状と課題−パネルコホートを用いた労働者の精神障害に関するリスクファクターの解明−. 堤 明純 (公衆衛生): 第17回日本精神保健・予防学会学術集会 (2013/11/24), 東京, プログラム・抄録集 2013; p.97.

722017. [学会 (全国)] (シンポジウム) 行動医学のコアカリキュラムの提案; 医学部卒業時に求められる行動科学に関するコンピテンシー. 堤 明純 (公衆衛生): 第20回日本行動医学会学術総会 (2014/3/8), 京都, 抄録集 2014; p.31.

723092. [学会 (全国)] (研究会世話人) 第13回職業性ストレスユーザーズクラブ. 堤 明純1, 小田切優子, 小林章雄, 原谷隆史, 川上憲人 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/14), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 58.

723093. [学会 (全国)] (研究会世話人) 第14回医療従事者のための産業保健研究会. 織田 進, 堤 明純1, 浜口裕江, 東 敏昭, 三木明子, 吉川 徹, 吉田和朗, 和田耕治1 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/15), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 67.

723094. [学会 (全国)] (研究会世話人) 日本産業衛生学会生涯教育委員会若手研究者の会. 和田耕治1, 吉川 徹, 野村恭子, 樋口善之 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 76.

723095. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 産業保健スタッフ等を対象とした職場のメンタルヘルスに関する実施研修プログラムの開発; 東京大学職場のメンタルヘルス専門家養成コース (TOMH). 関屋裕希, 川上憲人, 島津明人, 難波克行, 小林由佳, 堤 明純1, 今村幸太郎, 津野香奈美, 近藤恭子, 峰山幸子 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/16), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 359.

723096. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 分散型事業形態におけるスタッフ間連携による効果的なメンタルヘルス対策の推進. 中本真理, 川島正敏1, 杉藤素子, 遠田和彦 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/16), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 359.

723097. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 職場へのOSHMS導入がもたらす安全衛生面での効果に関する研究−第13報 自治体職場におけるOSHMS定着と安全衛生指標や活動への影響評価−. 渡辺裕晃, 甲田茂樹, 佐々木毅, 鶴田由紀子, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原 邦夫, 堤 明純1, 丸山正治, 山口秀樹 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 375.

723098. [学会 (全国)] (ポスター) 仕事の要求度とワーク・エンゲイジメントとの関連;「チャレンジ」要素と「ヒンドランス」要素別の比較検討 (J-HOPE). 井上彰臣, 川上憲人, 堤 明純1, 島津明人, 宮木幸一, 高橋正也, 栗岡住子, 遠田和彦, 小杉由起, 坂田知子, 戸津崎貴文 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/15), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 405.

723099. [学会 (全国)] (ポスター) 職場へのOSHMS導入がもたらす安全衛生面での効果に関する研究−第14報 リスク評価に基づくメンタルヘルス対策のグッドプラクティスと影響評価−. 鶴田由紀子, 甲田茂樹, 佐々木毅, 渡辺裕晃, 堤 明純1, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原 邦夫, 丸山正治, 山口秀樹 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/16), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 505.

723100. [学会 (全国)] (ポスター) 職場へのOSHMS導入がもたらす安全衛生面での効果に関する研究−第15報 安全衛生指標や安全衛生活動を向上させた実践事例−. 丸山正治, 甲田茂樹, 佐々木毅, 渡辺裕晃, 鶴田由紀子, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原 邦夫, 堤 明純1, 山口秀樹 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/16), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 505.

723101. [学会 (全国)] (ポスター) 勤務医の労働時間ガイドライン作成にあたり考慮すべき点の検討. 吉川 徹, 和田耕治1, 保坂 隆, 赤穂理絵, 木戸道子, 後藤隆久, 中嶋義文, 平井愛山, 松島英介, 今村 聡, 道長麻里 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/16), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 506.

723102. [学会 (全国)] (ポスター) 職域における集団節酒指導−メタボリック症候群に対する節酒指導の効果−. 彌冨美奈子1, 吉森智香子, 遠藤光一, 原 俊哉, 杠 岳文, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 555.

723103. [学会 (全国)] (ポスター) 新職業ストレス簡易調査票のワークエンゲイジメント, 職場の一体感および職場のハラスメントと心身の健康状態, 満足度の関連. 間瀬純治, 太田充彦, 井上 顕, 飯田忠行, 堤 明純1, 八谷 寛, 小野雄一郎 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 569.

723104. [学会 (全国)] (ポスター) 医療機関の危機管理の課題; 産業医の職業感染予防活動−エピネット日本版サーベイランス参加病院における公務・労務災害認定−. 木戸内清, 吉川 徹, 和田耕治1, 満田年宏, 李 宗子, 網中眞由美, 黒須一見, 森澤雄司, 木村 哲, 森屋恭爾 (1公衆衛生): 第86回日本産業衛生学会 (2013/5/17), 松山, 産業衛生学雑誌 2013; 55 (臨増): 585.

723105. [学会 (全国)] (ポスター) HBV/HCVに感染している同僚に対する差別・偏見と知識との関連. 江口 尚1, 和田耕治1 (1公衆衛生): 第23回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会 (2013/9/27), 名古屋, 講演集 2013; p.162.

723106. [学会 (全国)] (ポスター) 職業階層に基づく健康格差を媒介する要因に関する文献的考察. 堤 明純 (公衆衛生): 第72回日本公衆衛生学会総会 (2013/10/24), 三重, 日本公衆衛生雑誌 2013; 60 (10): 449.

723107. [学会 (全国)] (ポスター) 日本の一般労働者世代におけるインフルエンザ予防接種の認識についての調査. 岩佐 翼, 和田耕治1 (1公衆衛生): 第72回日本公衆衛生学会総会 (2013/10/24), 三重, 日本公衆衛生雑誌 2013; 60 (10): 517.

723108. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本人労働者における職場のソーシャルサポートと喫煙習慣との関連. 江口 尚1, 川上憲人, 井上彰臣, 島津明人, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第29回日本ストレス学会学術総会 (2013/11/8), 徳島, ストレス科学 2013; 28 (3): 212.

723109. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 企業における組織的公正と虚血性心疾患の危険因子との関連. 井上彰臣, 川上憲人, 江口 尚1, 宮木幸一, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第21回日本産業ストレス学会 (2013/11/15), 仙台, 産業ストレス研究 2013; 21 (1): 56. http://mol.medicalonline.jp/library/journal/download?GoodsID=cc7jobst/2013/002101/027&name=0056-0056j&UserID=121.119.253.16

723110. [学会 (全国)] (ポスター) 職場巡視や視察において利用可能な職場のストレスアセスメントツールの開発. 堤 明純1, 小田切優子 (1公衆衛生): 第61回日本職業・災害医学会学術大会 (2013/11/30), 東京, 日本職業・災害医学会会誌 2013; 61 (臨増); 118.

731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 実務と研究の両立. 江口 尚 (公衆衛生): 日本産業衛生学会生涯学習委員会 若手研究者の会 第2回自由集会 (2013/9/26), 名古屋, 産衛誌 2013; 55 (6): 282-3.

731002. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 職場のソーシャルキャピタルと健康影響. 江口 尚 (公衆衛生): 健康いきいき職場づくりフォーラム−職場再生 ソーシャル・キャピタル論に注目して (2013/10/7), 東京.

731003. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 化学物質管理について. 江口 尚 (公衆衛生): 滋賀県医師会平成25年度第3回リフレッシュ研修 (2013/10/19), 滋賀.

731004. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 有害業務管理−企業における化学物質管理−. 江口 尚 (公衆衛生): 日本医師会認定産業医制度産業医学研修会 平成25年度第2回産業医学研修会 (2014/2/11), 栃木, 資料集 2014; p.179-200.


法医学

[学術論文]

110049. [原著] Simultaneous determination of 5 psychotropic drugs of various types in an autopsy case of acute multiple drug poisoning. Sasaki C1, Shinozuka T, Murakami C2, Irie W2, Maeda K2, Watanabe T, Nakamaru N1, Furukawa M, Nakamura S2, Kurihara K2: Forensic Sci Int 2013/4; 227 (1-3): 90-4. (佐々木千寿子1, 村上千香子2, 入江 渉2, 前田一輔2, 中丸尚美1, 中村茂基2, 栗原克由2: 1形態系, 2法医)

110050. [原著] Simultaneous determination for oxicam non-steroidal anti-inflammatory drugs in human serum by liquid chromatography-tandem mass spectrometry. Shirako J, Kawasaki M, Komine K, Kunisue Y, Terada M, Sasaki C1, Irie W2, Murakami C2, Tonooka K, Tomobe K, Shinozuka T: Forensic Sci Int 2013/4; 227 (1-3): 100-2. (佐々木千寿子1, 入江 渉2, 村上千香子2: 1形態系, 2法医)

210002. [準原著] Mutational analysis of TTN, TCAP and TPM1 in cardiomyopathy. Maeda K1, Murakami C1, Irie W1, Oishi M, Sasaki C2, Nakamaru N2, Nakamura S1, Kurihara K1: Forensic Sci Int: Genetics Supplement Series 2013/10; 4 (1): e166-7. (前田一輔1, 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 中村茂基1, 栗原克由1: 1法医, 2形態系)

210003. [準原著] DNA identification of skeletal remains by using a new extraction kit. Maeda K1, Murakami C1, Hara M, Irie W1, Oishi M, Sasaki C2, Nakamura S1, Takahashi S, Takada A, Saito K: Forensic Sci Int: Genetics Supplement Series 2013/10; 4 (1): e242-3. (前田一輔1, 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子2, 中村茂基1: 1法医, 2形態系)

220003. [準原著] TBONE EX KITを用いた白骨死体の個人識別. 前田一輔1, 村上千香子1, 原 正昭, 入江 渉, 渡邉利真, 大石桃子, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 古川理孝1, 中村茂基1, 高田 綾, 齋藤一之, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): DNA多型 2013/5; 21: 168-70.

220004. [準原著] 心筋症の遺伝子解析. 13 筋LIM蛋白遺伝子の変異解析. 村上千香子1, 前田一輔1, 入江 渉1, 渡邉利真, 大石桃子, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 古川理孝1, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): DNA多型 2013/5; 21: 261-4.

[学会・研究会等]

713023. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) DNA identification of skeletal remains by using a new extraction kit. Maeda K1, Murakami C1, Hara M, Irie W1, Oishi M, Sasaki C, Nakamura S1, Takahashi S, Takada A, Saito K: 25th Congress of the International Society for Forensic Genetics (2013/9/2-6), Australia. (前田一輔1, 村上千香子1, 入江 渉1, 中村茂基1: 1法医)

713024. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Mutational analysis of TTN, TCAP and TPM1 in cardiomyopathy. Maeda K1, Murakami C1, Irie W1, Oishi M, Sasaki C2, Nakamaru N2, Nakamura S1, Kurihara K1: 25th Congress of the International Society for Forensic Genetics (2013/9/2-6), Australia. (前田一輔1, 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 中村茂基1, 栗原克由1: 1法医, 2形態系)

723111. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋症の遺伝子解析XIV−テレトニンおよびタイチン遺伝子の変異解析−. 前田一輔1, 村上千香子1, 入江 渉1, 大石桃子, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 中村茂基1, 古川理孝, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 第97次日本法医学会学術全国集会 (2013/6/27), 北海道.

723112. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) GC/MSによるジフェニドール分析法の検討. 佐々木千寿子1, 篠塚達雄, 村上千香子2, 入江 渉2, 前田一輔2, 大石桃子, 中丸尚美1, 古川理孝, 中村茂基2, 栗原克由2 (1形態系, 2法医): 第97次日本法医学会学術全国集会 (2013/6/27), 北海道.

723113. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋症の遺伝子解析XV−症例から見る遺伝子変異−. 村上千香子1, 前田一輔1, 入江 渉1, 大石桃子, 中丸尚美2, 佐々木千寿子2, 中村茂基1, 古川理孝, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 第97次日本法医学会学術全国集会 (2013/6/27), 北海道.

723114. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ANKRD1のg.7260_7291領域における個人識別への応用. 前田一輔1, 村上千香子1, 入江 渉1, 大石桃子, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 日本DNA多型学会第22回学術集会 (2013/11/21), 宮城.

723115. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心臓性突然死の遺伝子解析−KCNQ1遺伝子の変異解析−. 村上千香子1, 前田一輔1, 入江 渉1, 大石桃子, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 日本DNA多型学会第22回学術集会 (2013/11/22), 宮城.

733020. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 鼻口部のみにガムテープを貼り窒息死した一剖検例. 前田一輔1, 入江 渉1, 村上千香子1, 大石桃子, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 第63回日本法医学会学術九州地方集会 (2013/10/18-19), 福岡.

733021. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 舌骨・甲状軟骨の法医解剖学的研究. 大石桃子, 入江 渉1, 村上千香子1, 前田一輔1, 中丸尚美2, 佐々木千寿子2, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 第82回日本法医学会学術関東地方集会 (2013/10/19), 横浜.

733022. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 日本人集団における心アンキリン反復蛋白遺伝子g.7260_7291領域の遺伝子多型解析. 前田一輔1, 村上千香子1, 入江 渉1, 大石桃子, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 第82回日本法医学会学術関東地方集会 (2013/10/19), 横浜.

733023. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 両側副腎出血を認めた乳児剖検例. 入江 渉1, 村上千香子1, 前田一輔1, 大石桃子, 中丸尚美2, 佐々木千寿子2, 中村茂基1, 栗原克由1 (1法医, 2形態系): 第82回日本法医学会学術関東地方集会 (2013/10/19), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110004. [原著] ABO genotyping by TaqMan assay and allele frequencies in a Japanese population. Maeda K1, Nakamura S1, Murakami C1, Irie W1, Watanabe T, Sasaki C2, Nakamaru N2, Furukawa M, Kurihara K1: Leg Med (Tokyo) 2013/3; 15 (2): 57-60. (前田一輔1, 中村茂基1, 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子2, 中丸尚美2, 栗原克由1: 1法医, 2形態系)


医療社会学


医用情報学


実験動物学

[学術論文]

110051. [原著] Classification of various muscular tissues using miRNA profiling. Endo K, Weng H, Naito Y, Sasaoka T1, Takahashi A, Fukushima Y, Iwai N: Biomed Res 2013/12; 34 (6): 289-99. (笹岡俊邦1: 1実動)

110052. [原著] PRICKLE1 interaction with SYNAPSIN I reveals a role in autism spectrum disorders. Paemka L, Mahajan VB, Skeie JM, Sowers LP, Ehaideb SN, Gonzalez-Alegre P, Sasaoka T1, Tao H, Miyagi A, Ueno N, Takao K, Miyakawa T, Wu S, Darbro BW, Ferguson PJ, Pieper AA, Britt JK, Wemmie JA, Rudd DS, Wassink T, El-Shanti H, Mefford HC, Carvill GL, Manak JR, Bassuk AG: PLoS One 2013/12; 8 (12): e80737. doi: 10.1371/journal.pone.0080737. eCollection 2013. (笹岡俊邦1: 1実動)

110053. [原著] Altered cerebellum development and dopamine distribution in a rat genetic model with congenital hypothyroidism. Shimokawa N, Yousefi B, Morioka S, Yamaguchi S, Ohsawa A, Hayashi H, Azuma A, Mizuno H, Kasagi M, Masuda H, Jingu H, Furudate SI1, Haijima A, Takatsuru Y, Iwasaki T, Umezu M, Koibuchi N: J Neuroendocrinol 2014/3; 26 (3): 164-75. (古舘専一1: 1実動)

110054. [原著] GABAergic synaptic transmission onto striatal cholinergic interneurons in dopamine D2 receptor knock-out mice. Sato A1, Sasaoka T1, Nishijo T, Momiyama T: Neuroscience 2014/3; 263: 138-47. (佐藤朝子1, 笹岡俊邦1: 1実動)

[著 書]

610001. [学術書] (分担執筆)【New Principles in Developmental Process】Part II Choosing a Fate from Multiple Potencies Tbx1/Ripply3/Retinoic acid signal network that regulates pharyngeal arch development. Chapter 8, p97-106. Okubo T1, Eds.: Kondoh H, Kuroiwa A, Springer, 2014/2. (大久保直1: 1実動)

[学会・研究会等]

723116. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Ripply3欠損マウスにおける舌咽神経の形成異常は有郭乳頭の味蕾分化を阻害する. 大久保直 (実動): 第36回日本分子生物学会年会 (2013/12/4), 神戸.

732010. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 味覚受容器官の発生分化を制御する遺伝子ネットワークの解明に向けて. 大久保直 (実動): 第2回細胞生物学夏期セミナー (2013/7/26), 長野.


免疫学

[学術論文]

110055. [原著] Natural killer T cells are required for lipopolysaccharide-mediated enhancement of atherosclerosis in apolipoprotein E-deficient mice. Andoh Y, Ogura H, Satoh M1, Shimano K, Okuno H, Fujii S, Ishimori N, Eshima K1, Tamauchi H, Otani T, Nakai Y, Van Kaer L, Tsutsui H, Ono K, Iwabuchi K1: Immunobiology 2013/4; 218 (4): 561-9. (佐藤 雅1, 江島耕二1, 岩渕和也1: 1免疫)

110056. [原著] TNF-α production in NKT cell hybridoma is regulated by sphingosine-1-phosphate: implications for inflammation in atherosclerosis. Ito S, Iwaki S, Kondo R, Satoh M1, Iwabuchi K1, Ohkawa R, Mishima Y, Yatomi Y, Furumoto T, Tsutsui H, Fujii S: Coron Artery Dis 2014/6; 25 (4): 311-20. (佐藤 雅1, 岩渕和也1: 1免疫)

110057. [原著] Myeloid calcifying cells promote atherosclerotic calcification via paracrine activity and allograft inflammatory factor-1 overexpression. Albiero M, Rattazzi M, Menegazzo L, Boscaro E, Cappellari R, Pagnin E, Bertacco E, Poncina N, Dyar K, Ciciliot S, Iwabuchi K1, Millioni R, Arrigoni G, Kraenkel N, Landmesser U, Agostini C, Avogaro A, Fadini GP: Basic Res Cardiol 2013/7; 108 (4): 368. (岩渕和也1: 1免疫)

110058. [原著] Activation of invariant natural killer T cells by α-galactosylceramide ameliorates myocardial ischemia/reperfusion injury in mice. Homma T, Kinugawa S, Takahashi M, Sobirin MA, Saito A, Fukushima A, Suga T, Takada S, Kadoguchi T, Masaki Y, Furihata T, Taniguchi M, Nakayama T, Ishimori N, Iwabuchi K1, Tsutsui H: J Mol Cell Cardiol 2013/9; 62: 179-88. (岩渕和也1: 1免疫)

110059. [原著] Significant involvement of nuclear factor-κB-inducing kinase in proper differentiation of αβ and γδ T cells. Eshima K1, Okabe M, Kajiura S, Noma H, Shinohara N, Iwabuchi K1: Immunology 2014/2; 141 (2): 222-32. (江島耕二1, 岩渕和也1: 1免疫)

110060. [原著] Immunoregulation of inflammation in chronic kidney disease. Takase O, Iwabuchi K1, Quigg RJ: J Immunol Res 2014/2; 2014: 897487. Doi22: 10.1155/2014/897487. (岩渕和也1: 1免疫)

522032. [講座]【特集I: T細胞のメモリー・エフェクターへの分化と関与分子】CD8+ T細胞の細胞傷害性獲得とEome, T-bet. 江島耕二 (免疫): 臨床免疫・アレルギー科 2013/5; 59 (5): 549-58.

522033. [講座]【特集: 注目されるnatural killer T (NKT) 細胞】6. NKT細胞による動脈硬化症と肥満の進展機序. 岩渕和也 (免疫): 血液フロンティア 2013/7; 23 (7): 941-8.

522034. [講座]【特集: 生活習慣病とNKT細胞−病態モジュレーターの面から】内臓脂肪症候群とNKT細胞−NKT細胞による食餌誘導性肥満の促進. 佐藤 雅1, 岩渕和也1 (1免疫): 医学のあゆみ 2013/7; 246 (3): 215-20.

540012. [その他 (翻訳)]【特集: 生活習慣病とNKT細胞−病態モジュレーターの面から】なぜ頭部外傷や脳卒中の患者は感染症にかかりやすいのか−脳血管障害後の免疫抑制とNKT細胞 (ポール・キューブス). 岩渕和也 (免疫): 医学のあゆみ 2013/7; 246 (3): 247-52.

[学会・研究会等]

713025. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Non-invariant NKT cells cause diet-induced obesity by tissue inflammation. Satoh M1, Eshima K1, Tamauchi H, Takeuchi E1, Iwabuchi K1: The American Association of Immunologists, 2013 (2013/5/5), Hawaii, USA. (佐藤 雅1, 江島耕二1, 竹内恵美子1, 岩渕和也1: 1免疫)

713026. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The preventive effect of a novel ligand for natural killer T cells in the development of experimental autoimmune uveoretinitis in mice. Satoh M1, Namba K-I, Kitaichi N, Taniguchi M, Van Kaer L, Sonoda K-H, Iwabuchi K1: The 6th International Workshop of Kyoto T cell Conference (2013/6/4), Kyoto. (佐藤 雅1, 岩渕和也1: 1免疫)

713027. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Significant involvement of NF-κB-inducing Kinase in shaping mature T cell repertoire. Eshima K1, Shinohara N, Iwabuchi K1: 15th International Congress of Immunology (ICI 2013) (2013/8/23), Milan, Italy. (江島耕二1, 岩渕和也1: 1免疫)

713028. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Characterization of non-invariant NKT cells in visceral adipose tissue. Satoh M1, Eshima K1, Takeuchi E1, Iwabuchi K1: 6th International Symposium on CD1 and NKT cells (2013/9/14), France. (佐藤 雅1, 江島耕二1, 竹内恵美子1, 岩渕和也1: 1免疫)

713029. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Development of atherosclerotic lesion is aggravated in MR1-/- mice - an ameliorating role of MR1-restricted NKT cells in atherosclerosis-. Iwabuchi K1, Sato M1, Eshima K1, Gilfillan S, Miyake S, Yamamura T, Onoe K, Ogura H: The 7th Int Symposium on CD1/NKT cells (Tours, France) (2013/9/14), France. (岩渕和也1, 佐藤 雅1, 江島耕二1: 1免疫)

723117. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Characterization of non-invariant NKT cells in visceral adipose tissue. 佐藤 雅1, 江島耕二1, 竹内恵美子1, 岩渕和也1 (1免疫): 第42回日本免疫学会学術集会 (2013/12/11), 千葉.

733024. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) マウスαβ, 及びγδT細胞の分化におけるNF-κB-inducing kinaseの寄与について. 江島耕二1, 野間春香, 岩渕和也1 (1免疫): 第33回日本胸腺研究会 (2014/2/8), 東京.


生物学


物理学


生体工学


臨床うつ病学


地域周産期・救急医療連携教育


心臓リハビリテーション・予防医学


医療経営学

[学術論文]

110061. [原著] Five reasons for the lack of nursing students' motivation to learn public health. Kudo Y1, Hayashi S, Yoshimura E, Tsunoda M2, Tsutsumi A3, Shibuya A4, Aizawa Y2: Tohoku J Exp Med 2013/11; 231 (3): 179-86. (工藤安史1, 角田正史2, 堤 明純3, 渋谷明隆4, 相澤好治2: 1医療経営, 2衛生, 3公衆衛生, 4医療安全・管理)

110062. [原著] Nursing students' learning motivation toward technical knowledge and their ethics regarding patients' rights. Kudo Y1, Hayashi S, Yoshimura E, Shibuya A2, Aizawa Y3: Tohoku J Exp Med 2013/5; 230 (1): 33-42. (工藤安史1, 渋谷明隆2, 相澤好治3: 1医療経営, 2医療安全・管理, 3衛生)

[学会・研究会等]

723118. [学会 (全国)] 大型急性期病院の葛藤〜BSC導入の経緯. 佐藤乃理子 (医療経営): 第55回全日本病院学会 in 埼玉 (2013/11/2日), さいたま.

733025. [学会 (研究会・地方会)] バランスト スコア カード (BSC) を用いた手術室改革. 佐藤乃理子1, 横溝宗子2, 野澤かほる3, 八田京子3, 平田光博4, 渋谷明隆5 (1医療経営, 2看護部, 3東病院看護部, 4新世紀医療・横断的医療, 5医療安全・管理): 日本医療マネジメント学会第13回神奈川支部学術集会 (2014/3/8), 海老名.


中毒・心身総合救急医学

[学術論文]

110063. [原著] A multicenter retrospective survey on a suicide trend using hydrogen sulfide in Japan. Kamijo Y1, Takai M, Jujita Y, Hirose Y, Iwasaki Y, Ishihara S: Clin Toxicol (Phila) 2013/6; 51 (5): 425-8. (上條吉人1: 1中毒・心身総合救急)

110064. [原著] Preoperative and trait anxiety in kidney recipients prior to transplantation surgery, Preoperative anxiety in kidney recipients. Tatematsu S1, Iwamitsu Y1, Yamamoto K2, Yoshida K3, Miyaoka H2,4: Kitasato Med J 2013/9; 43 (2): 104-10. (立松聖一1, 岩満優美1, 山本賢司2, 吉田一成3, 宮岡 等2,4: 1大学院医療系研究科, 2中毒・心身総合救急, 3泌尿器, 4精神)

310002. [症例報告] Food poisoning associated with Kudoa Septempunctata. Iwashita Y1, Kamijo Y2, Nakahashi S, Shindo A, Yokoyama K, Yamamoto A, Omori Y, Ishikura K, Fujioka M, Hatada T, Takeda T, Maruyama K, Imai H: J Emerg Med 2013/5; 44 (5): 943-5. (岩下義明1, 上條吉人2: 1救命, 2中毒・心身総合救急)

522035. [講座] 自殺未遂者再発防げ−救急搬送後に精神的ケア−. 山本賢司 (中毒・心身総合救急): 朝日新聞神奈川版 2013/4/21発行.

522036. [講座]【私の処方】リチウム誘発性腎性尿崩症. 上條吉人 (中毒・心身総合救急): Modern Physician 2013/6; 33 (6): 808.

522037. [講座]【私の処方】がん患者の「せん妄」. 山本賢司 (中毒・心身総合救急): モダンフィシジャン 2013/7; 33 (7): 921.

[著 書]

620020. [学術書] (分担執筆)【認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡】各論 臨床の現場における病態のとらえ方とトラブルシューティング 24. グリホサート・界面活性剤含有除草剤中毒による心停止, 認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡, p.162-3. 上條吉人 (中毒・心身総合救急), 編: 下澤達雄, 有馬秀二, 中山書店, 東京, 2013/6発行.

620021. [学術書 (分担執筆)]【5大原則で苦手克服! 急性中毒攻略法−症例から学ぶ診療の基本と神経科的評価&対応−(救急・集中治療25巻7・8号)】第I章 急性中毒治療の5大原則 5.「精神科的評価および対応」のポイント a) 精神科医の立場から, p.801-4. 山本賢司1 (1中毒・心身総合救急), 特集編集: 上條吉人1, 総合医学社, 東京, 2013/8発行.

[学会・研究会等]

713030. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A case series of acute intoxication with new psychoactive drugs in Japan: A vicious spiral of "Law" and "Market". Ide A1, Ide T2, Kamijo Y1, Nishikawa T, Yoshimura K, Mekari M2, Fukumoto M, Soma K2: European Association of Poisons Centres and Clinical Toxicologists, XXXIII INTERNATIONAL CONGRESS (2013/5/31), Copenhagen, Denmark. (井出文子1, 井出俊光2, 上條吉人1, 西川 隆, 吉村久仁子, 銘苅美世2, 福本真理子, 相馬一亥2: 1中毒・心身総合救急, 2救命)

713031. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) What kind of professionals is needed for the management of suicide attempters in Japanese community? Yamamoto K1, Tatematsu S2, Oku A3, Iga T, Inui M3, Hoshino S3, Hirooka T1, Suzuki S, Miyaji S3, Miyaoka H1,3: World Psychiatric Association International Congress 2013 (2013/10/28), Vienna, Austria. (山本賢司1, 立松聖一2, 奥亜希子3, 乾 真美3, 星野俊弥3, 廣岡孝陽1, 宮地伸吾3, 宮岡 等1,3: 1中毒・心身総合救急, 2大学院医療系研究科, 3精神)

722018. [学会 (全国)] (シンポジウム) 救命救急サイドからみた精神科医療の問題点. 上條吉人 (中毒・心身総合救急): 第109回日本精神神経学会学術総会 (2013/5/23-25), 福岡, 第109回日本精神神経学会学術総会プログラム 2013; p.100.

722019. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 自殺未遂者支援を救命救急センターから始めるときの問題点と今後のあり方について. 山本賢司 (中毒・心身総合救急): 第26回日本総合病院精神医学会総会 (2013/11/29), 京都.

723119. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精神科身体合併症病棟に入院した癌を合併した症例についての検討. 新井久稔, 山本賢司1, 井上勝夫2, 塚原敦子, 丸香奈恵, 宮岡 等1,2,3 (1中毒・心身総合救急, 2地域児童精神, 3精神): 第109回日本精神神経学会学術総会 (2013/5/23), 福岡.

723120. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院救命救急センターでの取り組み 〜中毒・心身総合救急医学講座を開講して. 井出文子1, 上條吉人1, 銘苅美世2, 山本賢司1, 廣岡孝陽1, 宮岡 等1,3 (1中毒・心身総合救急, 2救命, 3精神): 第109回日本精神神経学会学術総会 (2013/5/24), 福岡.

723121. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 症例から学ぶアセトアミノフェン血中濃度測定の意義. 上條吉人 (中毒・心身総合救急): 第30回日本TDM学会・学術大会 (2013/5/25-26), 熊本, 第30回日本TDM学会・学術大会プログラム抄録集 2013; p.129-31.

723122. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 術後1年前後の乳がん患者の心理的苦痛とコーピングについて−心理特性との関係から−. 中谷有希1, 岩満優美1, 山本賢司2, 渡邊昌彦3, 宮岡 等2,4 (1大学院医療系研究科, 2中毒・心身総合救急, 3外科, 4精神): 日本健康心理学会第26回大会 (2013/9/7), 札幌.

723123. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 地域における自殺未遂者支援のための人材配置について−心理士に期待される役割を中心に−. 山本賢司1, 立松聖一2, 奥亜希子3, 乾 真美3, 鈴木志麻子3, 宮地伸吾3, 岩満優美2, 宮岡 等1,3 (1中毒・心身総合, 2大学院医療系研究科, 3精神): 日本健康心理学会第26回大会 (2013/9/8), 札幌.

723124. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 向精神薬を過量服薬する患者の患者の背景についての検討−その他の急性中毒と比較して−. 高井美智子, 上條吉人1, 井出文子1, 山田素朋子1, 山本賢司1 (1中毒・心身総合救急): 第37回日本自殺予防学会総会 (2013/9/14), 秋田.

723125. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院・東病院における院内自殺防止プロジェクトについて. 山田素朋子1, 井出文子1, 青柳明子, 荒井有美, 座間秀行, 大西ひとみ, 白井教子, 桃園 忍, 石川美雪, 廣岡孝陽1, 中村珠恵, 亀沢有子, 山本賢司1 (1中毒・心身総合救急): 第37回日本自殺予防学会総会 (2013/9/14), 秋田.

723126. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ICU栄養管理プロトコール導入で何が変わったか? 神應知道1, 片岡祐一2, 稲垣泰斗2, 花島 資2, 中谷研斗2, 朝隈禎隆2, 山谷立大2, 猪狩雄蔵2, 上條吉人1, 北原孝雄2 (1中毒・心身総合救急, 2救命): 第41回日本救急医学会総会・学術集会 (2013/10/21), 東京.

723127. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精神障害と糖尿病を合併し当院に入院となった症例の検討. 新井久稔, 山本賢司1, 井上勝夫2, 塚原敦子, 丸香奈恵, 宮岡 等1,2,3 (1中毒・心身総合救急, 2地域児童精神, 3精神): 第26回日本総合病院精神医学会総会 (2013/11/29), 京都.

723128. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精神保健福祉士の救命救急センター常駐化による自殺企図者の在院期間の変化について. 山田素朋子1, 高井美智子, 井出文子1, 北元 健, 白井教子, 山本賢司1, 上條吉人1 (1中毒・心身総合救急): 第26回日本総合病院精神医学会総会 (2013/11/29), 京都.


地域児童精神科医療学

[学術論文]

110065. [原著] The feature of high reading ability in high-functioning pervasive developmental disorders of childhood: Analysis of the K-ABC and WISC-3rd assessment. Inoue K1, Wada M, Natsuyama T, Kamitani S1, Miyaoka H2: Research in Autism Spectrum Disorders 2013/10; 8: 25-30. (井上勝夫1, 和田真理子, 夏山 卓, 神谷俊介1, 宮岡 等2: 1地域児童精神, 2精神)

[著 書]

620022. [学術書] 大人の発達障害ってそういうことだったのか. 宮岡 等1,内山登紀夫 (1精神), 医学書院出版, 2013/6発行.

[学会・研究会等]

722020. [学会 (全国)] (ワークショップ) 成人の自閉症スペクトラム障害の理解. 井上勝夫 (地域児童精神): 日本心理臨床学会第32回春季大会 (2013/5/26), 山形.

723129. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) WIS.C-4th 下位検査評価内容の実証的検討. 井上勝夫1, 和田真理子, 神谷俊介1, 宮岡 等1,2 (1地域児童精神, 2精神): 第54回日本児童青年精神医学会総会 (2013/10/12), 札幌.

731005. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【症例検討: スーパーバイズ】診断未確定の「指示に従えない児童」の4年間の経過. 井上勝夫 (地域児童精神): 第27回JSPP (日本小児精神医学研究会) 福岡大会 (2014/2/28), 福岡.


再生医療形成外科学

[学術論文]

110066. [原著] Functional lacrimal gland regeneration by transplantation of a bioengineered organ germ. Hirayama M, Ogawa M1, Oshima M, Sekine Y, Ishida K, Yamashita K, Ikeda K, Shimmura S, Kawakita T, Tsubota K, Tsuji T: Nat Commun 2013/10; 4: 2497. doi: 10.1038/ncomms3497. (平山雅敏, 小川美帆1, 大島正充, 関根由里恵, 石田研太郎, 山下健太郎, 池田和貴, 榛村重人, 川北哲也, 坪田一男, 辻  孝: 1再生医療形成)

110067. [原著] Functional salivary gland regeneration by transplantation of a bioengineered organ germ. Ogawa M1, Oshima M, Imamura A, Sekine Y, Ishida K, Yamashita K, Nakajima K, Hirayama M, Tachikawa T, Tsuji T: Nat Commun. 2013/10; 4: 2498. doi: 10.1038/ncomms3498. (小川美帆1, 大島正充, 今村 彩, 関根由里恵, 石田研太郎, 山下健太郎, 中島 啓, 平山雅敏, 立川哲彦, 辻  孝: 1再生医療形成)

110068. [原著] Saliva secretion in engrafted mouse bioengineered salivary glands using taste stimulation. Ogawa M1, Yamashita K, Niikura M, Nakajima K, Toyoshima KE1, Oshima M, Tsuji T: J Prosthodont Res 2014/1; 58 (1): 17-25. (小川美帆1, 山下健太郎, 新倉みのり, 中島 啓, 豊島公栄1, 大島正充, 辻  孝: 1再生医療形成)

[学会・研究会等]

712009. [学会 (国際)] (招待講演等) Fully functional hair follicle regeneration through the rearrangement of stem cells and their niches. Toyoshima K1: The 7th World Congress for Hair Research (2013/5/4), Edinburgh, UK. (豊島公栄1: 1再生医療形成)

722021. [学会 (全国)] (シンポジウム) 美容外科領域に於ける再生医療実施の問題点. 佐藤明男 (再生医療形成): 第36回日本美容外科学会総会 (2013/10/17), 東京.

722022. [学会 (全国)] (ハンズオンセミナー) 毛髪疾患専門医による実演 いまさら聞けない脱毛症診断. 佐藤明男 (再生医療形成): 第36回日本美容外科学会総会 (2013/10/17-18), 東京.

722023. [学会 (全国)] (シンポジウム) 臨床応用を目指した毛包器官再生技術. 浅川杏祐, 豊島公栄1, 小川美帆1, 佐藤明男1, 武田 啓1,2, 辻  孝 (1再生医療形成, 2形成・美外): 第22回日本形成外科学会基礎学術集会 (2013/11/7), 新潟.

723130. [学会 (全国)] (一般口演) AGA 治療の現状〜3,177例の臨床経験から. 佐藤明男 (再生医療形成): 第56回日本形成外科学会総会・学術集会 (2013/4/6), 東京.

723131. [学会 (全国)] (一般口演) 分層植皮術におけるポリウレタン手術用被覆・保護剤 (メピテルワン) の使用経験. 吉竹俊裕 (大学院医療系研究科): 第39回日本熱傷学会総会学術集会 (2013/6/7), 沖縄.

723132. [学会 (全国)] (一般口演) 当院における組織拡張器を用いた頭髪欠損の治療に対する検討. 吉竹俊裕 (大学院医療系研究科): 第5回日本創傷外科学会総会・学術集会 (2013/7/11), 京都.

723133. [学会 (全国)] (一般口演) 組織拡張器を用いた頭髪欠損の治療に対する検討. 吉竹俊裕 (大学院医療系研究科): 第36回日本美容外科学会総会 (2013/10/17), 東京.

723134. [学会 (全国)] (一般口演) 再生毛包原基の皮内移植による毛包の機能的再生. 豊島公栄1, 浅川杏介, 小川美帆1, 佐藤明男1, 武田 啓1,2, 辻  孝 (1再生医療形成, 2形成・美外): 第22回日本形成外科学会基礎学術集会 (2013/11/8), 新潟.

723135. [学会 (全国)] (一般口演) 広範囲頭髪欠損に対する組織拡張器を用いた治療の検討. 吉竹俊裕 (大学院医療系研究科): 第18回日本臨床毛髪学会学術集会 (2013/11/23), 東京.

723136. [学会 (全国)] (一般口演) AGAの内科的治療. 佐藤明男 (再生医療形成): 第18回日本臨床毛髪学会学術集会 (2013/11/24), 東京.

723137. [学会 (全国)] (一般公演・ポスター) 再生唾液腺原基の移植による機能的な唾液腺再生. 小川美帆1, 大島正充, 今村  彩, 関根由里恵, 石田研太郎, 山下健太郎, 中島 啓, 平山雅敏, 立川哲彦, 辻  孝 (1再生医療形成): 第36回日本分子生物学会年会 (2013/12/4), 神戸.

723138. [学会 (全国)] (一般口演) 再生唾液腺の移植による口腔内環境と嚥下障害の改善効果. 小川美帆1, 大島正充, 関根由里恵, 山下健太郎, 中島 啓, 立川哲彦, 辻  孝 (1再生医療形成): 第58回日本唾液腺学会学術集会 (2013/12/14), 東京.

723139. [学会 (全国)] (一般口演) 器官原基法による機能的な唾液腺の再生. 山下健太郎, 小川美帆1, 大島正充, 関根由里恵, 石田研太郎, 立川哲彦, 辻  孝 (1再生医療形成): 第58回日本唾液腺学会学術集会 (2013/12/14), 東京.


分子神経学


血流解析学

[学術論文]

110069. [原著] Intraventricular Flow Velocity Vector Visualization Based on the Continuity Equation and Measurements of Vorticity and Wall Shear Stress. Itatani K1, Okada T, Uejima T, Tanaka T, Ono M, Miyaji K2, Takenaka K: Japanese Journal of Applied Physics 2013/7; 52 (7S): 07HF16. (板谷慶一1, 宮地 鑑2: 1血流解析, 2心臓血管外)

110070. [原著] Strategies for the creation and maintenance of reconstructed arteriovenous fistulas using the forearm basilic vein. Kumano S, Itatani K1, Shiota J, Gojo S, Izumi N, Kasahara H, Homma Y, Tagawa H: Ther Apher Dial 2013/10; 17 (5): 504-9. (板谷慶一1: 1血流解析)

310003. [症例報告] Aortic valve replacement and concomitant coronary artery bypass grafting in a patient with infective endocarditis and anomalous origin of the right coronary artery from the opposite sinus of valsalva. Koyama S, Itatani K1, Kyo S, Aoyama R, Tubokou Y, Fujimoto H, Harada K: Ann Thorac Cardiovasc Surg 2013/10; 19 (5): 386-9. (板谷慶一1: 1血流解析)

521002. [解説] 血流可視化技術が切り開く循環器画像診断の新たな領域 心臓超音波VFM (Vector Flow Mapping) の現状と展望. 板谷慶一1, 宮崎翔平1, 小山紗千2, 中島光貴2, 宝来哲也2, 岡 徳彦2, 北村 律2, 本田 崇3, 鍋田 健4, 佐藤孝典4, 石井正浩3, 阿古潤哉4, 宮地 鑑2 (1血流解析, 2心臓血管外, 3小児, 4循環器内): MEDIX 2014/3; 60: 17-21.

522038. [講座]【技術講座】生理・シリーズ 血流を診る・2: 超音波 VFM (vector flow mapping). 板谷慶一1, 宮地 鑑2 (1血流解析, 2心臓血管外): 検査と技術 2013/11; 41 (12): 1126-32.

522039. [講座]【技術講座】生理・シリーズ 血流を診る・3: MRI−血流解析方法の基本. 宮崎翔平1, 板谷慶一1, 宮地 鑑2 (1血流解析, 2心臓血管外): 検査と技術 2013/12; 41 (13): 1218-23.

522040. [講座]【技術講座】生理・シリーズ 血流を診る・5: コンピューターシミュレーション. 宮崎翔平1, 板谷慶一1, 宮地 鑑2 (1血流解析, 2心臓血管外): 検査と技術 2014/2; 42 (2): 108-14.

[学会・研究会等]

712010. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Novel blood flow visualization technique with echocardiography and its applications to the cardiovascular surgery. Itatani K1: The 21th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) 2013 (2013/4/6), Kobe. (板谷慶一1: 1血流解析)

712011. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Vector Flow Mapping: How to Use A Parameter from Visualized Flow. Itatani K1: Euro Echo Imaging 2013 Fireside Seminar 2013 (2013/12/13), Istanbul, Turkey. (板谷慶一1: 1血流解析)

712012. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) New perspective: when the blood flow becomes bright Intraventricular Flow Patterns: From Normality to Pathology. Itatani K1: Euro Echo Imaging 2013 (2013/12/13), Istanbul, Turkey. (板谷慶一1: 1血流解析)

713032. [学会 (国際)] (一般講演) Novel approach to aortic insufficiency based on quantitative cardiac workload estimation from visualized blood flow with MRI and echocardiography. Itatani K1, Miyaji K2, Yokota H, Ebihara A, Miyazaki S1, Torii S3, Hanayama N2, Kitamura T2, Oka N2, Tomoyasu T2, Irisawa Y2, Shibata M2, Sakaki K2, Hayashi H2, Inoue T2, Umezu M, Takenaka K: the 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2013/4/6), Kobe. (板谷慶一1, 宮地 鑑2, 宮崎翔平1, 鳥井晋三3, 華山直二2, 北村 律2, 岡 徳彦2, 友保貴博2, 入澤友輔2, 柴田深雪2, 榊健司朗2, 林 秀憲2, 井上崇道2: 1血流解析, 2心臓血管外, 3医療技術教育)

713033. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Mechanisms of the single ventricular physiology. Itatani K1, Miyaji K2, Miyazaki S, Honda T, Oka N2, Kitamura T2, Torii S3, Ishii M4: The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13) (2013/7/4), Osaka. (板谷慶一1, 宮地 鑑2, 岡 徳彦2, 北村 律2, 鳥井晋三3, 石井正浩4: 1血流解析, 2心臓血管外, 3医療技術教育, 4小児)

713034. [学会 (国際)] (一般講演) Quantification of the Energy Loss in the Left Ventricle Using Color Doppler-Based Vector Flow Mapping in a Dog Model of Aortic Regurgitation. Koriyama H, Masuda K, Sakurai D, Asanuma T, Itatani K1, Miyaji K2, Nakatani S: American Heart Association Scientific Sessions 2013 (2013/11/16-20), Dallas USA. (板谷慶一1, 宮地 鑑2: 1血流解析, 2心臓血管外)

713035. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Intracardiac flow patterns: from normality to pathology. Itatani K1: The17th Annual Meeting of the European Association of Cardiovascular Imaging (Euro Echo 2013 Imaging) (2013/12/13), Istanbul, Turkey. (板谷慶一1: 1血流解析)

713036. [学会 (国際)] (一般講演) Pulmonary Annulus Growth After the Modified Blalock Taussig Shunt in Tetralogy of Fallot. Itatani K1, Miyaji K2, Oka N2, Kitamura T2, Nakashima K2, Hari Y2, Koyama S2, Araki H2: The 50th Annual Meeting of Society of Thoracic Surgeons (STS) (2014/1/27), Orlando, Florida. (板谷慶一1, 宮地 鑑2, 岡 徳彦2, 北村 律2, 中島光貴2, 波里陽介2, 小山紗千2, 荒記春奈2: 1血流解析, 2心臓血管外)

723140. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) VFM (vector flowmapping) がもたらす循環生理学と循環器診療への新たな視点. 板谷慶一1, 岡 徳彦2, 北村 律2, 鳥居晋三3, 本田 崇4, 北川篤史4, 小板橋俊美5, 宮本隆司6, 石井正浩4, 宮地 鑑2 (1血流解析, 2心臓血管外, 3医療技術教育, 4小児, 5循環器内, 6群馬県立小児医療センター): 第24回日本心エコー図学会学術集会 (2013/4/27), 東京.

723141. [学会 (全国)] (一般講演) Indication of the Arch Reconstruction after the Norwood Procedure to obtain Effcient Blood Flow and Improved Cardiac Workload. 板谷慶一1, 宮地 鑑2, 宮崎翔平1, 岡 徳彦2, 北村 律2, 本田 崇3, 林 秦佑3, 石井正浩3, 梅津光生4 (1血流解析, 2心臓血管外, 3小児, 4早稲田大学): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/11), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): 181.

723142. [学会 (全国)] (一般講演) Blalock Taussig Shuntが肺動脈弁輪に与える影響の検討. 板谷慶一1, 宮地 鑑2, 岡 徳彦2, 鳥井晋三3, 華山直二2, 北村 律2, 友保貴博2, 柴田深雪2, 入澤友輔2, 井上崇道2, 林 秀憲2 (1血流解析, 2心臓血管外, 3医療技術教育): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/12), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): 211.

723143. [学会 (全国)] (一般講演) Vector Flow Mappingによる左室内血流のエネルギー損失量の評価 大動脈弁逆流モデルを用いた検討. 郡山 晃1, 増田佳純1, 櫻井大輔1, 浅沼俊彦1, 板谷慶一2, 宮地 鑑3, 中谷 敏1 (1大阪大学, 2血流解析, 3心臓血管外): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20-22), 熊本, 日本心臓病学会誌 2013/9; 8 (Suppl): 273.

723144. [学会 (全国)] (一般講演) 正常小児における左室内血流の粘性摩擦によるエネルギー損失. 林 泰佑1, 犬塚 亮1, 平田陽一郎1, 板谷慶一2, 宮地 鑑3 (1東京大学, 2血流解析, 3心臓血管外): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20-22), 熊本, 日本心臓病学会誌 2013/9; 8 (Suppl): 511.

723145. [学会 (全国)] (一般講演) 拡張期における左室内の血流の粘性摩擦によるエネルギー損失. 林 泰佑1, 進藤考洋1, 平田陽一郎1, 犬塚 亮1, 清水信隆1, 板谷慶一2, 宮地 鑑3 (1東京大学, 2血流解析, 3心臓血管外): 第33回日本小児循環動態研究会学術集会 (2013/10/26-27), 愛知.

723146. [学会 (全国)] (一般講演) 両側上大静脈例での心外導管型Fontan手術における血流シミュレーションを用いた下大静脈血流分配の検討. 大倉正寛1, 岡村 達1, 鹿田文昭1, 板谷慶一2, 宮地 鑑3, 梅津光生4, 宮崎翔平2 (1愛媛大学, 2血流解析, 3心臓血管外, 4早稲田大学): 第33回日本小児循環動態研究会学術集会 (2013/10/26-27), 愛知.

723147. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈再建術における仮想手術シミュレーション. 宮崎翔平1, 板谷慶一1, 岡 徳彦2, 後藤真治3, 本田 崇4, 小山紗千2, 佐々木崇史5, 荒記春奈2, 波里陽介2, 中島光貴2, 宝来哲也2, 北村 律2, 中村匡徳3, 梅津光生5, 石井正浩4, 宮地 鑑2 (1血流解析, 2心臓血管外, 3埼玉大学, 4小児, 5早稲田大学): 第33回日本小児循環動態研究会学術集会 (2013/10/26-27), 愛知.

733026. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 拡張早期左室内圧較差は左室Strain及びStrain rateと関連する. 高橋 健1, 松井こと子1, 田中 登1, 秋元かつみ1, 稀代雅彦1, 板谷慶一2, 宮地 鑑3, 清水俊明1 (1順天堂大学, 2血流解析, 3心臓血管外): 第一回血流会 (2013/11/2), 東京.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110005. [原著] Subacute presentation of right ventricular perforation after pacemaker implantation. Koyama S, Itatani K1, Kyo S, Aoyama R, Ishiyama T, Harada K, Ono M: Ann Thorac Cardiovasc Surg 2013/2; 19 (1): 73-5. (板谷慶一1: 1血流解析)


地域総合医療学


消化器内科学

[学術論文]

110071. [原著] Safety, efficacy, and long-term outcomes for endoscopic submucosal dissection of early esophagogastric junction cancer. Omae M, Fujisaki J, Horiuchi Y, Yoshizawa N, Matsuo Y, Kubota M, Suganuma T, Okada K, Ishiyama A, Hirasawa T, Yamamoto Y, Tsuchida T, Hoshino E, Igarashi M1,2: Gastric Cancer 2013/4; 16 (2): 147-54. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院, 2消化器内)

110072. [原著] Efficacy and safety of capecitabine plus cisplatin in Japanese patients with advanced or metastatic gastric cancer: subset analyses of the AVAGAST study and the ToGA study. Yamaguchi K, Sawaki A, Doi T, Satoh T, Yamada Y, Omuro Y, Nishina T, Boku N, Chin K, Hamamoto Y, Takiuchi H, Komatsu Y, Saji S, Koizumi W1, Miyata Y, Sato A, Baba E, Tamura T, Abe T, Ohtsu A: Gastric Cancer 2013/4; 16 (2): 175-82. (小泉和三郎1: 1消化器内)

110073. [原著] FGF3/FGF4 amplification and multiple lung metastases in responders to sorafenib in hepatocellular carcinoma. Arao T, Ueshima K, Matsumoto K, Nagai T, Kimura H, Hagiwara S, Sakurai T, Haji S, Kanazawa A, Hidaka H1, Iso Y, Kubota K, Shimada M, Utsunomiya T, Hirooka M, Hiasa Y, Toyoki Y, Hakamada K, Yasui K, Kumada T, Toyoda H, Sato S, Hisai H, Kuzuya T, Tsuchiya K, Izumi N, Arii S, Nishio K, Kudo M: Hepatology 2013/4; 57 (4): 1407-15. (日高 央1: 1消化器内)

110074. [原著] Magnifying endoscopy with narrow-band imaging findings in the diagnosis of Barrett's esophageal adenocarcinoma spreading below squamous epithelium. Omae M1, Fujisaki J, Shimizu T, Igarashi M1,2, Yamamoto N: Dig Endosc 2013/5; 25 (Suppl 2): 162-7. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院, 2消化器内)

110075. [原著] Olmesartan for non-alcoholic steatohepatitis complicated with hypertension: An open-label study. Hidaka H1, Ohbu M2, Matsumoto Y1, Minamino T1, Takada J1, Tanaka Y1, Okuwaki Y1, Watanabe M1, Nakazawa T1, Shibuya A3, Koizumi W1: Open Journal of Gastroenterology 2013/5; 3 (2): 128-33. (日高 央1, 大部 誠2, 松本育宏1, 南野 勉1, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 渡邊真彰1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆3, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2医療衛生学部, 3医療安全・管理)

110076. [原著] Early increase in α-fetoprotein for predicting unfavorable clinical outcomes in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib. Nakazawa T1, Hidaka H1, Takada J1, Okuwaki Y1, Tanaka Y1, Watanabe M1, Shibuya A2, Minamino T1, Kokubu S1, Koizumi W1: Eur J Gastroenterol Hepatol 2013/6; 25 (6): 683-9. (中澤貴秀1, 日高 央1, 高田樹一1, 奥脇裕介1, 田中賢明1, 渡邊真彰1, 渋谷明隆2, 南野 勉1, 國分茂博1, 小泉和三郎1: 1消化器内科 2医療安全管理)

110077. [原著] Phase II study of concurrent chemoradiotherapy at the dose of 50.4 Gy with elective nodal irradiation for Stage II-III esophageal carcinoma. Kato K, Nakajima TE, Ito Y, Katada C1, Ishiyama H2, Tokunaga SY, Tanaka M, Hironaka S, Hashimoto T, Ura T, Kodaira T, Yoshimura K: Jpn J Clin Oncol 2013/6; 43 (6): 608-15. (堅田親利1, 石山博條2: 1消化器内, 2放射線 (腫瘍))

110078. [原著] Endoscopically assisted percutaneous transesophageal gastrotubing: a retrospective pilot study. Murakami M1,2, Nishino K, Takaoka Y, Murakami S, Mori K, Murakami B, Azuma M2, Tanabe S2, Kida M2, Koizumi W2: Eur J Gastroenterol Hepatol 2013/8; 25 (8): 989-95. (村上匡人1,2, 東 瑞智2, 田邉 聡2, 木田光広2, 小泉和三郎2: 1村上記念病院 2消化器内科)

110079. [原著] Double-endoscope endoscopic submucosal dissection for the treatment of early gastric cancer accompanied by an ulcer scar (with video). Higuchi K1, Tanabe S1, Azuma M1, Sasaki T1, Katada C1, Ishido K1, Naruke A1, Mikami T2, Koizumi W1: Gastrointest Endosc 2013/8; 78 (2): 266-73. (樋口勝彦1, 田邉 聡1, 東 瑞智1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 石戸謙次1, 成毛 哲1, 三上哲夫2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2病理)

110080. [原著] Japanese multicenter experience of endoscopic necrosectomy for infected walled-off pancreatic necrosis: The JENIPaN study. Yasuda I, Nakashima M, Iwai T1, Isayama H, Itoi T, Hisai H, Inoue H, Kato H, Kanno A, Kubota K, Irisawa A, Igarashi H, Okabe Y, Kitano M, Kawakami H, Hayashi T, Mukai T, Sata N, Kida M1, Shimosegawa T: Endoscopy 2013/8; 45 (8): 627-34. (岩井知久1, 木田光広1: 1消化器内)

110081. [原著] Peroral video cholangioscopy to evaluate indeterminate bile duct lesions and preoperative mucosal cancerous extension: a prospective multicenter study. Osanai M, Itoi T, Igarashi Y, Tanaka K, Kida M1, Maguchi H, Yasuda K, Okano N, Imaizumi H1, Itokawa F: Endoscopy 2013/8; 45 (8): 635-42. (木田光広1, 今泉 弘1: 1消化器内)

110082. [原著] NSAID, aspirin delays gastric ulcer healing with reduced accumulation of CXCR4(+)VEGFR1(+) cells to the ulcer granulation tissues. Sato T1, Amano H2, Ito Y3, Eshima K4, Minamino T1, Ae T1, Katada C1, Ohno T1, Hosono K5, Suzuki T5, Shibuya M, Koizumi W1, Majima M5: Biomed Pharmacother 2013/9; 67 (7): 607-13. (佐東丈仁1, 天野英樹2, 伊藤義也3, 江島耕二4, 南野 勉1, 阿江太佳子1, 堅田親利1, 大野 隆1, 細野加奈子5, 鈴木立紀5, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆5: 1消化器内科, 2臨床研究・プロジェクト, 3外科, 4免疫, 5薬理)

110083. [原著] Gastric antimicrobial peptides fail to eradicate Helicobacter pylori infection due to selective induction and resistance. Nuding S1, Gersemann M, Hosaka Y1,2, Konietzny S, Schaefer C, Beisner J, Schroeder BO, Ostaff MJ, Saigenji K2, Ott G, Schaller M, Stange EF, Wehkamp J: PLoS One 2013/9; 8 (9): e73867. doi: 10.1371/journal.pone.0073867. eCollection 2013. (保坂美生1,2, 西元寺克禮2: 1いすゞ病院, 2消化器内)

110084. [原著] Simultaneous endoscopic submucosal dissection for synchronous double early gastric cancer. Kasuga A, Yamamoto Y, Fujisaki J, Okada K, Omae M, Ishiyama A, Hirasawa T, Chino A, Tsuchida T, Hoshino E, Igarashi M1,2: Gastric Cancer 2013/10; 16 (4): 555-62. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院, 2消化器内)

110085. [原著] Intratumoral expression profiling of genes involved in angiogenesis in colorectal cancer patients treated with chemotherapy plus the VEGFR inhibitor PTK787/ZK 222584 (vatalanib). Wilson PM, Yang D, Azuma M1, Shi MM, Danenberg KD, Lebwohl D, Sherrod A, Ladner RD, Zhang W, Danenberg PV, Trarbach T, Folprecht G, Meinhardt G, Lenz HJ: Pharmacogenomics J 2013/10; 13 (5): 410-6. (東 瑞智1: 1消化器内)

110086. [原著] Total and viable residual splenic volume measurement after partial splenic embolization by three-dimensional ultrasound. Hidaka H1. Wang G, Nakazawa T1, Kida M1, Yanagihara M, Fujii S, Shibuya A2, Koizumi W1: J med Ultrasonics 2013/10; 40 (4): 417-24. (日高 央1. 中澤貴秀1, 木田光広1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2医療安全・管理)

110087. [原著] Prognostic role of lemur tyrosine kinase-3 germline polymorphisms in adjuvant gastric cancer in Japan and the United States. Wakatsuki T, LaBonte MJ, Bohanes PO, Zhang W, Yang D, Azuma M1, Barzi A, Ning Y, Loupakis F, Saadat S, Volz N, Stintzing S, El-Khoueiry R, Koizumi W1, Watanabe M2, Shah M, Stebbing J, Giamas G, Lenz HJ: Mol Cancer Ther 2013/10; 12 (10): 2261-72. (東 瑞智1, 小泉和三郎1, 渡邊昌彦2: 1消化器内, 2外科)

110088. [原著] Randomised phase II study of S-1/cisplatin plus TSU-68 vs S-1/cisplatin in patients with advanced gastric cancer. Koizumi W1, Yamaguchi K, Hosaka H, Takinishi Y, Nakayama N, Hara T, Muro K, Baba H, Sasaki Y, Nishina T, Fuse N, Esaki T, Takagi M, Gotoh M, Sasaki T: Br J Cancer 2013/10; 109 (8): 2079-86. (小泉和三郎1: 1消化器内)

110089. [原著] Current status of endoscopic resection strategy for large, early colorectal neoplasia in Japan. Nakajima T, Saito Y, Tanaka S, Iishi H, Kudo SE, Ikematsu H, Igarashi M1,2, Saitoh Y, Inoue Y, Kobayashi K2, Hisasbe T, Matsuda T, Ishikawa H, Sugihara K: Surg Endosc 2013/9; 27 (9): 3262-70. (五十嵐正広1,2, 小林清典2: 1がん研有明病院, 2消化器内)

110090. [原著] Diagnosis of laterally spreading tumors (LST) in the rectum and selection of treatment: characteristics of each of the subclassifications of LST in the rectum. Horiuchi Y1, Chino A, Matsuo Y, Kishihara T, Uragami N, Fujimoto Y, Ueno M, Tamegai Y, Hoshino E, Igarashi M1,2: Dig Endosc 2013/11; 25 (6): 608-14. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院, 2消化器内)

110091. [原著] A phase II study of endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal neoplasms (KDOG 0901). Higuchi K1, Tanabe S1, Azuma M1, Katada C1, Sasaki T1, Ishido K1, Naruke A1, Katada N2, Koizumi W1: Gastrointest Endosc 2013/11; 78 (5): 704-10. (樋口勝彦1, 田邉 聡1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 石戸謙次1, 成毛 哲1, 片田夏也2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2外科)

110092. [原著] Clinicopathologic characteristics of pancreatic neuroendocrine tumors and relation of somatostatin receptor type 2A to outcomes. Okuwaki K1, Kida M1, Mikami T2, Yamauchi H1, Imaizumi H1, Miyazawa S1, Iwai T1, Takezawa M1, Saegusa M2, Watanabe M3, Koizumi W1: Cancer 2013/12; 119 (23): 4094-102. (奥脇興介1, 木田光広1, 三上哲夫2, 山内浩史1, 今泉 弘1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 三枝 信2, 渡邊昌彦3, 小泉和三郎1: 1消化器内科, 2病理, 3外科)

110093. [原著] Clinical Study of the Relation between Mucosal Healing and Long-Term Outcomes in Ulcerative Colitis. Yokoyama K1, Kobayashi K1, Mukae M1, Sada M1, Koizumi W1: Gastroenterol Res Pract 2013; 2013: 192794. doi: 10.1155/2013/192794. (横山 薫1, 小林清典1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

110094. [原著] Changes in the mucus barrier during cisplatin-induced intestinal mucositis in rats. Yamamoto H1, Ishihara K, Takeda Y, Koizumi W1, Ichikawa T: Biomed Res Int 2013; 2013: 276186. doi: 10.1155/2013/276186. Epub 2013 Dec 23. (山本 創1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

110095. [原著] Long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer: a retrospective comparison with conventional endoscopic resection in a single center. Tanabe S1, Ishido K1, Higuchi K1, Sasaki T1, Katada C1, Azuma M1, Naruke A1, Kim M1, Koizumi W1: Gastric Cancer 2014/1; 17 (1): 130-6. (田邉 聡1, 石戸謙次1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 成毛 哲1, 金 明哲1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

110096. [原著] The 2nd edition of consensus statements for the diagnosis and management of intestinal Beh稿t's disease: indication of anti-TNFα monoclonal antibodies. Hisamatsu T, Ueno F, Matsumoto T, Kobayashi K1, Koganei K, Kunisaki R, Hirai F, Nagahori M, Matsushita M, Kobayashi K, Kishimoto M, Takeno M, Tanaka M, Inoue N, Hibi T: J Gastroenterol 2014/1; 49 (1): 156-62. (小林清典1: 1消化器内)

110097. [原著] Risk factors for long-term persistence of serum hepatitis B surface antigen following acute hepatitis B virus infection in Japanese adults. Ito K1, Yotsuyanagi H1, Yatsuhashi H1, Karino Y1, Takikawa Y1, Saito T1, Arase Y1, Imazeki F1, Kurosaki M1, Umemura T1, Ichida T1, Toyoda H1, Yoneda M1, Mita E1, Yamamoto K1, Michitaka K1, Maeshiro T1, Tanuma J1, Tanaka Y1, Sugiyama M1, Murata K1, Masaki N1, et al. (1Japanese AHB Study Group). Collaborators (50): Imai Y, Yamada N, Takahashi H, Ishii K, Nomura H, Nishida J, Mikami S, Kitamura T, Tsubota A, Shimada N, Ishikawa T, Ueno Y, Ohno T, Orito E, Suzuki M, Takagi H, Tomita E, Takashi K, Mizuta T, Mine T, Kang JH, Hirano K, Tsubouchi H, Nozaki A, Sakai A, Nishiguchi S, Tamori A, Hagiwara S, Nakazawa T2, Sata M, Kamoshida T, Takahashi A, Kakizaki S, Kobayashi Y, Sasaki S, Ikegami T, Hiasa Y, Nagata K, Kubota T, Mitsui H, Yamamoto N, Tsuge M, Sato S, Ito Y, Sato W, Uchida S, Tada Y, Mizuochi T, Furusho N, Hige S: Hepatology 2014/1; 59 (1): 89-97. (中澤貴秀2: 2消化器内)

110098. [原著] Risk factors for bleeding after endoscopic submucosal dissection of colorectal neoplasms. Suzuki S, Chino A, Kishihara T, Uragami N, Tamegai Y, Suganuma T, Fujisaki J, Matsuura M, Itoi T, Gotoda T, Igarashi M1,2, Moriyasu F: World J Gastroenterol 2014/2; 20 (7): 1839-45. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院 2消化器内)

110099. [原著] New technique of en bloc resection of colorectal tumor using laparoscopy and endoscopy cooperatively (laparoscopy and endoscopy cooperative surgery - colorectal). Fukunaga Y1, Tamegai Y, Chino A, Ueno M, Nagayama S, Fujimoto Y, Konishi T, Igarashi M1,2: Dis Colon Rectum 2014/2; 57 (2): 267-71. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院 2消化器内)

110100. [原著] Addition of docetaxel to S-1 without platinum prolongs survival of patients with advanced gastric cancer: a randomized study (START). Koizumi W1,2, Kim YH1, Fujii M1, Kim HK1, Imamura H1, Lee KH1, Hara T1, Chung HC1, Satoh T1, Cho JY1, Hosaka H1, Tsuji A1, Takagane A1, Inokuchi M1, Tanabe K1, Okuno T1, Ogura M1, Yoshida K1, Takeuchi M1, Nakajima T1 (1JACCRO and KCSG Study Group): J Cancer Res Clin Oncol 2014/2; 140 (2): 319-28. (小泉和三郎1,2: 2消化器内)

110101. [原著] Radiotherapy for patients with unresectable advanced hepatocellular carcinoma with invasion to intrahepatic large vessels: efficacy and outcomes. Tanaka Y1, Nakazawa T1, Komori S2, Hidaka H1, Okuwaki Y1, Takada J1, Watanabe M1, Shibuya A3, Minamino T1, Yamamoto H1, Kokubu S1, Hayakawa K2, Koizumi W1: J Gastroenterol Hepatol 2014/2; 29 (2): 352-7. (田中賢明1, 中澤貴秀1, 小森承子2, 日高 央1, 奥脇裕介1, 高田樹一1, 渡邊真彰1, 渋谷明隆3, 南野 勉1, 山本 創1, 國分茂博1, 早川和重2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2放射線 (腫瘍), 3医療安全・管理)

110102. [原著] Vascular endothelial growth factor receptor 1 signaling facilitates gastric ulcer healing and angiogenesis through the upregulation of epidermal growth factor expression on VEGFR1+CXCR4+ cells recruited from bone marrow. Sato T1, Amano H2, Ito Y3, Eshima K4, Minamino T1, Ae T1, Katada C1, Ohno T1, Hosono K5, Suzuki T5, Shibuya M, Koizumi W1, Majima M5: J Gastroenterol 2014/3; 49 (3): 455-69. (佐東丈仁1, 天野英樹2, 伊藤義也3, 江島耕二4, 南野 勉1, 阿江太佳子1, 堅田親利1, 大野 隆1, 細野加奈子5, 鈴木立紀5, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆5: 1消化器内科, 2臨床研究・プロジェクト, 3外科, 4免疫, 5薬理)

110103. [原著] Efficacy of spraying l-menthol solution during endoscopic treatment of early gastric cancer: a phase III, multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled study. Fujishiro M, Kaminishi M, Hiki N, Oda I, Fujisaki J, Uedo N, Kaise M, Tanabe S1, Iguchi M, Matsuhashi N, Nomura S, Tajiri H, Yahagi N, Suzuki H: J Gastroenterol 2014/3; 49 (3): 446-54. (田邉 聡1: 1消化器内)

110104. [原著] Preliminary results of multicenter questionnaire study on long-term outcomes of curative endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. Oda I, Oyama T, Abe S, Ohnita K, Kosaka T, Hirasawa K, Ishido K1, Nakagawa M, Takahashi S: Dig Endosc 2014/3; 26 (2): 214-9. (石戸謙次1: 1消化器内)

120004. [原著] 切除不能進行・再発大腸癌に対するCetuximab + Irinotecanの治療成績. 曽田 均, 根本 洋, 赤塚壮太郎, 有岡 仁, 嶋田 顕, 伊東友弘, 滝西安隆, 江川智久, 長島 敦, 建持岳史, 佐々木徹1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1, 日比健志 (1消化器内): 癌と化学療法 2013/5; 40 (5): 605-8.

120005. [原著] 未分化型早期胃癌適応拡大病変の臨床像の検討. 平澤俊明, 山本頼正, 藤崎順子, 鈴木 翔, 谷口智香, 堀内裕介, 松尾康正, 吉澤奈津子, 菅沼孝紀, 岡田和久, 大前雅美, 窪田 学, 石山晃世志, 土田知宏, 星野惠津夫, 五十嵐正広1,2, 三木一正 (1がん研有明病院, 2消化器内): Gastroenterological Endoscopy 2013/5; 55 (5): 1625-32.

120006. [原著] IPMNに対する経口膵管鏡POPSの有用性. 渡辺晃識1, 木田光広1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/6; 82 (1): 53-5.

120007. [原著] 北里大学病院・北里大学東病院における胃がんハイリスク検診 (ABC検診) の成績および臨床的有用性に関する検討. 竹澤三代子1, 田邉 聡1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1, 岡田 純2 (1消化器内, 2健康管理セ): 北里医学 2013/6; 43 (1): 37-44.

120008. [原著] 術後再建腸管の総胆管結石症に対する小腸鏡下EPLBDの有効性と安全性の検討. 宮澤志朗1, 木田光広1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 徳永周子1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/12; 83 (1): 69-73.

120009. [原著] 上部消化管内視鏡治療時の鎮静効果〜事前予測因子の検討〜. 清水智樹, 山本頼正, 富田英臣, 岡本恒平, 堀内裕介, 石川寛高, 松尾康正, 吉澤奈津子, 大前雅実, 石山晃世志, 平澤俊明, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/12; 83 (1): 51-5.

210004. [準原著] Role of forward-viewing echoendoscope in fine-needile aspiration. Kida M1, Araki M1, Tokunaga S1, Yamauchi H1, Okuwaki K1, Miyazawa S1, Iwai T1, Takezawa M1, Kikuchi H1, Watanabe M1, Imaizumi H1, Koizumi W1: Gastrointestinal Intervention 2013/6; 2 (1):12-6. (木田光広1, 荒木正雄1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

220005. [準原著]【各科領域の薬物治療と研究】[消化器科] GERD患者に対する新規PPIを用いた治療ストラテジー−東京都蒲田地区開業医における多施設GERD研究−. 南雲晃彦1, 横川京児, 秋田博彰, 西尾泰信, 宮島良征, 山田至人2,3, 鈴木和雄, 野溝明彦, 田代健一, 広浜浩司, 藤川 亨, 堀  隆 (1ナグモ医院, 2山田医院, 3消化器内): 診療と新薬 2013/4; 50 (4): 385-91.

220006. [準原著 (臨床研究)] 線維化病変に対する大腸ESDの検討. 石川寛高, 為我井芳郎, 千野晶子, 岡田和久, 今井瑞香, 岸原輝仁, 浦上尚之, 山本頼正, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/6; 82 (1): 64-8.

220007. [準原著 (臨床研究)] 直腸粘膜脱症候群の超音波内視鏡検査所見の検討. 鈴木 翔, 千野晶子, 清水智樹, 谷口智香, 宮本勇治, 岡本恒平, 富田英臣, 菅沼孝紀, 岸原輝仁, 浦上尚之, 藤崎順子, 為我井芳郎, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/12; 83 (1): 152-3.

220008. [準原著] Web登録システムを用いた早期胃がん内視鏡切除症例の前向きコホート研究 (J-WEB/EGC). 小田一郎, 飯石浩康, 小野浩之, 近藤 仁, 田邉 聡1, 二宮基樹 (1消化器内): 大和証券ヘルス財団研究業績集 2014/3; 37号: 71-7.

310004. [症例報告] Extensive 0-Iic (undifferentiated carcinoma) lesion around a gastric adenoma: a case report. Horiuchi Y, Fujisaki J, Shimiu T, Ishikawa H, Matsuo Y, Yoshizawa N, Suganuma T, Dan K, Omae M, Ishiyama A, Hiraawa T, Yamamoto Y, Tsuchida T, Hoshino E, Igarashi M1,2, Hiki N, Yamaguchi T, Nakajima T, Takahashi H: Clin J Gastroenterol 2013/6; 6 (3): 221-5. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院, 2消化器内)

310005. [症例報告] Primary amelanotic malignant melanoma of the small intestine diagnosed by esophagogastroduodenoscopy before surgical resection. Suganuma T, Fujisaki J, Hirasawa T, Ishiyama A, Yamamoto Y, Tsuchida T, Igarashi M1,2: Clin J Gastroenterol 2013/6; 6 (3): 211-6. (五十嵐正広1,2: 1がん研有明病院, 2消化器内)

310006. [症例報告] DOG1 is useful for diagnosis of KIT-negative gastrointestinal stromal tumor of stomach. Wada T1, Tanabe S1, Ishido K1, Higuchi K1, Sasaki T1, Katada C1, Azuma M1, Naruke A1, Kim M1, Koizumi W1, Mikami T2: World J Gastroenterol 2013/12; 19 (47) :9133-6. (和田拓也1, 田邉 聡1, 石戸謙次1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 成毛 哲1, 金 明哲1, 小泉和三郎1, 三上哲夫2: 1消化器内, 2病理)

310007. [症例報告] A resected perivascular epithelioid cell tumor (PEComa) of the pancreas diagnosed using endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration. Okuwaki K1, Kida M1, Masutani H1, Yamauchi H1, Katagiri H2, Mikami T3, Miyazawa S1, Iwai T1, Takezawa M1, Imaizumi H1, Koizumi W1: Intern Med 2013; 52 (18): 2061-6. (奥脇興介1, 木田光広1, 升谷寛以1, 山内浩史1, 片桐寛之2, 三上哲夫3, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2外科, 3病理)

310008. [症例報告] Severe thrombocytopenia in a patient with inosine triphosphatase (ITPA)-CC genotype caused by pegylated interferon (IFN)-α-2a with ribavirin therapy: a case report. Jiang W1, Hidaka H2, Nakazawa T2, Kitagawa H2, Koizumi W2 (1Fudan University Huashan Hospital): BMC Res Notes 2014/3; 7: 141. doi: 10.1186/1756-0500-7-141. (日高 央2, 中澤貴秀2, 北川博之2, 小泉和三郎2: 2消化器内)

320005. [症例報告] NBI拡大観察にて診断し得た肛門管扁平上皮癌の2例. 森重健二郎, 千野晶子, 大野吏輝, 秋吉高志, 谷口智香, 鈴木 翔, 菅沼孝紀, 壇 清寿, 岸原輝仁, 浦上尚之, 我井芳郎, 五十嵐正広1,2, 古田玲子, 山本智理子 (1がん研有明病院, 2消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/6; 82 (1): 206-8.

320006. [症例報告]【医学集談会 臨床病理検討会 (Clinical Pathological Conference)】退院翌日意識消失で搬送された中部食道癌の1例. 桃園 明, 長嶋洋治, 丹羽明博, 梅澤滋男, 吉村信行, 山崎啓一, 野登 誠1,2, 城倉 健, 大西祐子, 宇田川幸一, 小林一士, 大西隆行, 長島政純, 菊地正臣1,2, 井上幸久, 山内秀太, 貫井義久, 高野聡子, 山本良央, 川端雄一, 大谷拓史, 大久保正紀, 丘 逸宏, 佐藤慶和, 迎 純一, 荒木恭子, 飯田 悠, 大嶋 理, 川西はる香, 佐野友里香, 坂元 肇, 渡邉康子, 渡邊 香, 山崎好喜1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 共済医報 2013/8; 62 (3): 289-94.

320007. [症例報告] 5年間の経過で腺腫から腺癌に進行した早期十二指腸癌の1例. 森重健二郎, 山本頼正, 堀内裕介, 石川寛高, 吉澤奈津子, 大前雅実, 石山晃世志, 由雄敏之, 平澤俊明, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/12; 83 (1): 122-3.

320008. [症例報告] 結腸粘膜下腫瘍にESDによる摘除生検を行った3例. 菅沼孝紀, 千野晶子, 谷口智香, 鈴木翔, 森重健二郎, 檀 清寿, 加藤薫, 岸原輝仁, 浦上尚之, 為我井芳郎, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2013/12; 83 (1): 150-1.

320009. [症例報告] 細径鉗子を用いた腹腔鏡・内視鏡合同手術 (Laparoscopy Endoscopy Cooperative Surgery; LECS ) を施行した横行結腸神経鞘腫の1例. 向井俊貴, 福長洋介, 大野吏輝, 友利賢太, 池田篤志, 永田 淳, 長嵜寿矢, 秋吉高志, 小西 毅, 藤本佳也, 長山 聡, 上野雅資, 千野晶子, 為我井芳郎, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 日本大腸肛門病学会雑誌 2014/3; 67 (3): 178-82.

521003. [解説]【手技の解説】エンド・リーダーメマルチタイプを用いた通常径内視鏡検査. 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 石戸謙次1, 成毛 哲1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2013/11; 28 (13): 1789-93.

521004. [解説]【手技の解説】大腸疾患のEUS診断. 小林清典1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 佐田美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内): Gastroenterological Endoscopy 2013/12; 55 (12): 3808-20.

521005. [解説 (診療ガイドライン)] 内視鏡診療における鎮静に関するガイドライン. 小原勝敏1, 春間 賢1, 入澤篤志1, 貝瀬 満1, 後藤田卓志1, 杉山政則1, 田邉 聡1,2, 堀内 朗1, 藤田直孝1, 尾崎 眞1, 吉田雅博1, 松井敏幸1, 一瀬雅夫1, 上西紀夫1 (1日本消化器内視鏡学会ガイドライン委員会, 2消化器内): Gastroenterological Endoscopy 2013/12; 55 (12): 3822-47.

522041. [講座]【特集:“鎮静”をマスターする】 [上部消化管内視鏡] 検診・人間ドックにおける鎮静−当院での経験を中心に. 加藤 薫, 窪田素子, 鈴木朋子, 今井瑞香, 岡田和久, 千野直子, 横山知子, 大川信彦, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器内視鏡 2013/4; 25 (4): 535-41.

522042. [講座]【特集:“鎮静”をマスターする】 [特定の状況下での鎮静] 循環器・脳血管障害を有する患者の鎮静. 平澤俊明, 藤崎順子, 岸原輝仁, 石山晃世志, 千野晶子, 山本頼正, 浦上尚之, 土田知宏, 為我井芳郎, 五十嵐正広1,2, 高瀬康雄 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器内視鏡 2013/4; 25 (4): 608-14.

522043. [講座]【ひとりでも迷わない 上部消化管 治療内視鏡の極意−さあ, 自信をもって始めてみましょう!−】ショートレクチャー 4. アルゴンプラズマ凝固 (APC) 法による内視鏡治療. 田邉 聡1, 日高 央1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 消化器内視鏡レクチャー 2013/4; 1 (4): 754-7.

522044. [講座]【特集:「食道胃接合部癌」に迫る!】 Barrett食道癌における酸逆流の意義. 大前雅実, 藤崎順子, 清水智樹, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2, 峯 真司, 山田和彦, 山口俊晴 (1がん研有明病院, 2消化器内): 臨床外科 2013/4; 68 (4): 406-12.

522045. [講座]【特集: IBDと合併症】2-5腸管外合併症(5) 凝固系異常. 横山 薫 (消化器内): 臨床消化器内科 2013/4; 28 (5): 607-13.

522046. [講座]【特集: Session I−GERD Award最終選考−】5. 表在型Barrett食道癌の深達度診断について−CV (caliber variation) の所見はSM癌の診断に有用か−. 吉澤奈津子1,2, 藤崎順子, 大前雅実, 清水智樹, 堀内裕介, 石川寛高, 松尾康正, 菅沼孝紀, 檀 清寿, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2, 井下尚子, 山本智理子 (1がん研有明病院, 2消化器内): Therapeutic Research 2013/5; 34 (5): 596-600.

522047. [講座]【主題: 微小胃癌の診断限界に迫る】 微小胃癌の拡大内視鏡診断の限界に迫る−未分化型微小胃癌の診断−. 藤崎順子, 岡田和久, 富田英臣, 山本智理子, 清水智久, 堀内祐介, 松尾康正, 吉澤奈津子1,2, 大前雅実, 石川寛高, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 胃と腸 2013/5; 48 (6): 857-68.

522048. [講座]【特集: 小腸疾患の臨床−最近の進歩】2-3 小腸の検査法 小腸造影検査. 小林清典1, 迎 美幸1, 小川大志1, 横山 薫1, 佐田美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2013/5; 28 (7): 856-63.

522049. [講座]【特集: 小腸疾患の臨床−最近の進歩】3-3-6 各論 炎症性疾患 6. 虚血性小腸炎. 佐田美和1, 小林清典1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2013/5; 28 (7): 978-83.

522050. [講座]【特集: 胃がん薬物治療の将来に向けて】1. ファーストライン化学療法をめぐって 1) S-1+CDDP−どの症例に適応するのか? 適応とならない症例に対しては? 石戸謙次1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨床腫瘍プラクティス 2013/5; 9 (2): 105-9.

522051. [講座]【特集: 胃がん治療の過去と未来】 胃癌の薬物療法の進歩 (現在まで). 東 瑞智1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 癌の臨床 2013/6; 59 (3): 285-91.

522052. [講座]【特集: 検査値を読む2013】21章 自己免疫検査 抗内因子抗体. 佐々木徹 (消化器内): 内科 2013/6; 111 (6): 1371.

522053. [講座]【特集: 検査値を読む2013】21章 自己免疫検査 抗胃壁細胞抗体. 佐々木徹 (消化器内): 内科 2013/6; 111 (6): 1370.

522054. [講座]【特集: 回盲部潰瘍性病変】1-3 [総論] (3) 回盲部潰瘍性病変における鑑別診断の進め方. 小林清典1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 佐田美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内): Intestine 2013/7; 17 (4): 339-44.

522055. [講座]【特集: 回盲部潰瘍性病変】 2-7 [各論] (7) 回盲部の虚血性病変. 横山 薫1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1 (1消化器内): Intestine 2013/7; 17 (4): 395-400.

522056. [講座]【特集: 症例に学ぶ−小腸内視鏡アトラス】II. 腫瘍および類似病変 家族性大腸腺腫症の小腸腺腫. 千野晶子, 岸原輝仁, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器内視鏡 2013/7; 25 (7): 1008-9.

522057. [講座]【がん治療患者に対する栄養療法−治療完遂をめざした新しい栄養支持療法】 消化器癌化学療法における口内炎に対するエレンタール (ED) の有用性の検討−ED併用群とED非併用群との比較: 後方視的検討−. 中山昇典1,2, 西村 賢, 高木精一, 須江聡一郎, 浅見昌樹, 井口靖弘, 亀田 亮, 井上俊太郎, 工藤春菜, 原田大司, 中園綾乃, 本橋 修1,2 (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内): 外科と代謝・栄養 2013/8; 47 (4): 105-10.

522058. [講座]【特集: 消化器疾患における超音波内視鏡検査−現況と将来展望−】 EUSの現況と新展開 超音波内視鏡検査による消化管疾患の診断の現況. 木田光広1, 三島孝仁, 金子 亨, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 池田弘子1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 荒木正雄1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 最新医学 2013/8; 68 (8): 1698-704.

522059. [講座]【特集: 治療に直結する大腸腫瘍診断のストラテジー】[早期癌深達度診断のストラテジー] EUS重視の立場から. 小林清典1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 春木聡美1, 横山 薫1, 佐田美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2013/8; 25 (8): 1213-20.

522060. [講座]【特集: 妊婦の実地内科日常診療 内科外来での診かた・薬の使いかた・留意すること】セミナー: 妊婦の内科疾患の実地診療のすすめかた−ポイントと留意点−妊娠時の上部・胆膵疾患. 木田光広1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): Medical Practice 2013/9; 30 (9): 1553-6.

522061. [講座]【特集I: 大腸EMR/ESDの現状と適応】 大腸ESDとEMR・EPMRの現状と適応区分, および一括切除困難例に対する手技 (LECS) の工夫. 為我井芳郎, 岸原輝仁, 福長洋介, 菅沼孝紀, 谷口智香, 鈴木 翔, 富田英臣, 清水智樹, 宮本勇治, 岡本恒平, 千野晶子, 上野雅資, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器内科 2013/9; 57 (3): 293-302.

522062. [講座]【座談会: どう変わる? 膵癌化学療法の標準治療−MPACT・JASPAC 01試験の結果から−】治療現場最前線 北里大学医学部消化器内科学 (胆膵グループ)/(Interviewee). 木田光広 (消化器内): 膵・胆道癌FRONTIER 2013/9; 3 (2): 24-7.

522063. [講座]【特集: 最新 消化器内視鏡治療のすべて】[非静脈瘤病変からの出血に対する内視鏡治療] 出血性胃十二指腸潰瘍−焼灼法を第一選択とする止血術. 田邉 聡1, 中谷研斗2, 成毛 哲1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命): 消化器内視鏡 2013/9; 25 (9): 1384-7.

522064. [講座]【特集: 最新 消化器内視鏡治療のすべて】[内視鏡的ポリペクトミー] 大腸. 岸原輝仁, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器内視鏡 2013/9; 25 (9): 1419-21.

522065. [講座]【特集: 下部直腸・肛門部疾患の診断と治療】2. 肛門管癌−とくに扁平上皮癌の早期診断と治療. 岸原輝仁, 五十嵐正広1,2, 森重健二郎, 千野晶子, 浦上尚之, 為我井芳郎 (1がん研有明病院, 2消化器内): 臨床消化器内科 2013/9; 28 (11): 1475-80.

522066. [講座]【特集: 下部直腸・肛門部疾患の診断と治療】4. 粘膜脱症候群. 横山 薫1, 中目哲平1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2013/9; 28 (11): 1487-92.

522067. [講座]【特集: 抗体医薬による消化器治療のパラダイムシフト】 [消化器癌に対する分子標的治療] 胃癌に対する分子標的治療薬−どの患者にいつ, どのように用いるか. 和田拓也1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 消化器の臨床 2013/10; 16 (5): 501-6.

522068. [講座]【連載: ESDの実際】未分化型早期胃癌に対するESDの戦略と実際. 平澤俊明, 大隅寛木, 森重健二郎, 奥野真理, 堀内裕介, 石川寛高, 吉澤奈津子1,2, 冨田明彦, 石山晃世志, 由雄敏之, 山本頼正, 土田知宏, 藤崎順子 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器の臨床 2013/10; 16 (5): 550-5.

522069. [講座]【特集: IIb診断を極める】[各論] 0-IIb胃癌の拾い上げのコツ−通常内視鏡を中心に. 平澤俊明, 大隅寛木, 森重健二郎, 奥野真理, 堀内裕介, 石川寛高, 吉澤奈津子1,2, 冨田明彦, 石山晃世志, 由雄敏之, 山本頼正, 土田知宏, 藤崎順子 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器内視鏡 2013/10; 25 (10): 1681-8.

522070. [講座]【特集: Diagnostic and Interventional EUS−現状と将来展望】5. EUS下膵仮性N胞膿瘍ドレナージ−ネクロセクトミー−. 岩井知久1, 木田光広1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺麻也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2013/11; 28 (13): 1719-27.

522071. [講座]【特集: 門脈圧亢進症の病態を診る】[総論] 門脈圧亢進症における血行動態の基本的事項. 近森文夫1, 村上匡人2,3, 岡本博司, 国吉宣俊, 高瀬靖広 (1国吉病院, 2村上記念病院, 3消化器内): 消化器内視鏡 2013/11; 25 (11): 1788-95.

522072. [講座]【特集: 門脈圧亢進症の病態を診る】[病態からみた門亢症のマネージメント] 血行動態に応じた治療戦略 胃静脈瘤治療−内視鏡・IVR・手術の使い分け. 國分茂博1,2 (1順天堂大学, 2消化器内): 消化器内視鏡 2013/11; 25 (11): 1831-8.

522073. [講座]【特集: 門脈圧亢進症の病態を診る】[症例から学ぶ門亢症へのアプローチ] 左側門亢症の病態と治療法. 日高 央 (消化器内): 消化器内視鏡 2013/11; 25 (11): 1879-82.

522074. [講座]【特集“大腸腫瘍”内視鏡的治療の最前線】7.1 大腸ESDの適応拡大 (1) カルチノイド腫瘍. 千野晶子, 岸原輝仁, 浦上尚之, 為我井芳郎, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 臨床消化器内科 2014/1; 29 (2): 195-201.

522075. [講座]【特集: 消化器薬−新時代の治療指針】
・消化管疾患 Crohn病. 小林清典1, 横山 薫1, 小泉和三郎1 (1消化器内): Medicina 2014/1; 51 (1): 50-3.

522076. [講座]【主題: ESD時代の早期胃癌深達度診断】 拡大内視鏡による早期胃癌深達度診断の可能性. 藤崎順子, 堀内裕介, 山本智理子, 吉澤奈津子1,2, 石川寛高, 森重健二郎, 冨田明彦, 大前雅実, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 胃と腸 2014/1; 49 (1): 77-84.

522077. [講座]【特集: 救急医のための消化器緊急内視鏡】2. 上部消化管出血 4) 非静脈瘤出血. 田邉 聡1, 石戸謙次1, 成毛 哲1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 救急医学 2014/1; 38 (1): 26-32.

522078. [講座]【特集: 内視鏡分類 update】[トピックス] 潰瘍性大腸炎に伴うdysplasia/colitic cancerの拡大内視鏡分類. 小林清典1, 横山 薫1, 佐田美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 消化器内視鏡 2014/1; 26 (1): 110-1.

522079. [講座]【特集“大腸腫瘍”内視鏡的治療の最前線】2. 大腸EMRとEPMRの実際. 佐田美和1, 小林清典1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨床消化器内科 2014/1; 29 (2): 133-40.

522080. [講座]【特集: 早く上達する大腸内視鏡挿入法】[早く上達するためのコツ] ループ克服こそ上達の早道
・ループ解除法 (透視なしで). 小林清典1,2, 川岸加奈2, 大岡正平2, 迎 美幸2, 横山 薫2, 佐田美和2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 消化器内視鏡 2014/3; 26 (3): 361-8.

522081. [講座]【特集: 早く上達する大腸内視鏡挿入法】[腕を補う環境作り] 硬度可変の活用. 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 消化器内視鏡 2014/3; 26 (3): 419-23.

540013. [その他 (CPC)] 食道アカラシアに合併した進行食道癌の1例. 樋口勝彦1, 齋藤友哉1, 田雑友紀2, 村雲芳樹2 (1消化器内, 2病理): 北里医学 2013/6; 43 (1): 72-4.

[著 書]

620023. [学術書 (分担執筆)]【EOB-MRI/Sonazoid 超音波による肝癌の診断と治療】第I部 EOB-MRI 第6章 EOB-MRIによる肝細胞癌の診断 5. EOB-MRIで高信号を呈する結節群の取り扱い, p.100-4. 中澤貴秀1, 國分茂博1 (1消化器内), 編: 工藤正俊, 國分茂博, 医学書院, 東京, 2013/6発行.

620024. [学術書] (分担執筆)【クローン病 患者が本当にききたいこと140のQ&A 付・診療医リスト, 安心レシピ (第2版)】第2章 クローン病ってどんな病気? P.7-13. 小林清典 (消化器内), 編: 日本炎症性腸疾患協会, 福島恒男, レシピ: 斎藤恵子, 弘文堂, 東京, 2013/8発行.

620025. [学術書 (分担執筆)]【専門医のための消化器病学 (第2版)】III. 小腸・大腸 各論 腫瘍性病変 消化管ポリポーシス, p.229-37. 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内), 監修: 小俣政男, 千葉 勉, 編: 下瀬川徹, 渡辺 守, 木下芳一, 金子周一, 樫田博史, 医学書院, 東京, 2013/10発行.

620026. [学術書 (分担執筆)]【消化器内科学−基礎と臨床−】8章 消化器疾患各論 3. 小腸・大腸疾患 腸管膜静脈硬化症, p.862-4. 横山 薫1, 小林清典1 (1消化器内), 編: 浅香正博, 菅野健太郎, 千葉 勉, 西村書店, 東京, 2013/10発行.

620027. [学術書 (分担執筆)]【消化器内科学−基礎と臨床−】8章 消化器疾患各論 3. 小腸・大腸疾患 抗生物質起因性出血性大腸炎, p.987-90. 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内), 編: 浅香正博, 菅野健太郎, 千葉 勉, 西村書店, 東京, 2013/10発行.

620028. [学術書 (分担執筆)]【抗がん薬の臨床薬理】第I章 総論 6. 抗がん薬の薬物動態学と薬力学 (PK/PD) 2) 特殊病態下における抗がん薬の投与, p.p62-9. 佐々木徹1, 小泉和三郎1 (1消化器内), 編: 相羽惠介, 南山堂, 東京, 2013/10発行.

620029. [学術書 (分担執筆)]【肝癌診療Q&A】経皮的治療 Q45 経皮的RFAを適切に行うための工夫やサポート技術の最新の情報を教えてください, p.185-90. 中澤貴秀1, 國分茂博1 (1消化器内), 編: 池田健次, 中外医学社, 東京, 2013/10発行.

620030. [学術書 (分担執筆)]【医師・薬剤師のための医薬品副作用ハンドブック】II. 臓器別副作用 6. 消化管障害, p.40-4. 樋口勝彦 (消化器内), 監修: 寺本民生, 日本臨牀社, 大阪, 2013/10発行.

620031. [学術書 (編集)]【大腸疾患NOW 2014 Stage IV大腸癌/炎症性腸疾患】編集主幹: 杉原健一, 編: 藤盛孝博, 五十嵐正広1,2, 渡邉聡明, 編集顧問: 武藤徹一郎 (1がん研有明病院, 2消化器内), 日本メディカルセンター, 東京, 2014/1発行.

620032. [学術書 (分担執筆)]【最新胃癌学−基礎と臨床の最新研究動向−(日本臨牀増刊号)】I. 胃癌の診断と治療の変遷・展望 4. 化学療法, p.18-22. 小泉和三郎1, 樋口勝彦1, 東 瑞智1, 佐々木徹1, 田邉 聡1 (1消化器内), 日本臨牀社, 大阪, 2014/1発行.

620033. [学術書 (分担執筆)]【最新胃癌学−基礎と臨床の最新研究動向−(日本臨牀増刊号)】IX. 胃癌の治療戦略 9. 治療に伴う有害反応対策 (3) 化学放射線療法の有害事象と対策, p.579-82. 石戸謙次1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1 (1消化器内), 日本臨牀社, 大阪, 2014/1発行.

620034. [学術書] (分担執筆)【Pocket Drugs 2014】癌 65 抗悪性腫瘍薬 (代謝拮抗薬), p.600-8. 岡本恵美子, 小泉和三郎1 (1消化器内), 監修: 福井次矢, 編: 小松康宏, 渡邉裕司, 医学書院, 東京, 2014/1発行.

[学会・研究会等]

711001. [学会 (国際)] (特別講演) Best practice in IBD -the 5S treatment approaches. Yokoyama K1: IBD Expert Alliance (2013/11/23), Tokyo. (横山 薫1: 1消化器内)

712013. [学会 (国際)] (シンポジウム) Factors Predictive of Response To CHT in Advanced Forms. Azuma M1, Koizumi W1: IGCC 2013 Verona (10th International Gastric Cancer Congress) (2013/6/19-22), Verona, Italy. (東 瑞智1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

712014. [学会 (国際)] (教育講演) How to get best your EUS-FNA -Tips & Tricks-. Kida M1: Endoscopy 2013 (2013/8/1-2), Bangkok, thailand. (木田光広1: 1消化器内)

712015. [学会 (国際)] (教育講演) EUS, EUS-FNA on Submucosal Tumor (SMT). Kida M1: Endoscopy 2013 (2013/8/1-2), Bangkok, thailand. (木田光広1: 1消化器内)

712016. [学会 (国際)] (招待講演) EUS, EUS-FNA for Upper GI. Kida M1: 11th Mumbai Endoscopy Live (2013/9/6), Mumbai, India. (木田光広1: 1消化器内)

712017. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Livedemonstration of Endoscopy. Kida M1: 11th Mumbai Endoscopy Live Course (2013/9/5), Mumbai, India. (木田光広1: 1消化器内)

712018. [学会 (国際)] (招聘口演) EUS Fine Needle Aspiration -Tips & Tricks-. Iwai T1: Asian EUS Group EUS hands-On Workshop (2013/11/15), Beijing, China. (岩井知久1: 1消化器内)

712019. [学会 (国際)] (招聘口演) EUS-guided cyst drainage and Endoscopic Necrosectomy. Iwai T1: 16th National EUS and New Technologies Academic Conference 2013 (2013/11/16), Beijing, China. (岩井知久1: 1消化器内)

712020. [学会 (国際)] (招待口演) Live Demonstration. Kida M1: Endoscopy 2014 Malyasia (2014/3/29-30), Malyasia. (木田光広1: 1消化器内)

712021. [学会 (国際)] (招待口演) New Frontiers in Therapeutic EUS-What is Feasible in Routine Clinical Practice. Kida M1: Endoscopy 2014 Malyasia (2014/3/30), Malyasia. (木田光広1: 1消化器内)

713037. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Metallic stent. Kida M1: Bonastent Sumitt (2013/4/6), Busan, Korea. (木田光広1: 1消化器内)

713038. [学会 (国際)] (ポスター) Japan Esophageal Cohort (JEC) study for the risk of the field cancerization phenomenon in esophageal squamous cell carcinoma after endoscopic resection. Katada C1, Muto M, Yokoyama T, Kaneko K, Oda I, Shimizu Y, Doyama H, Koike T, Takizawa K, Hirao M, Okada H, Yoshii T, Konishi K, Yamanouchi T, Tsuda T, Omori T, Kobayashi N, Shimoda T, Ochiai A, Ishikawa H, Yokoyama A: DDW 2013 (2013/5/18-21), Orland, USA. (堅田親利1: 1消化器内)

713039. [学会 (国際)] (ポスター) Relation Between Mucosal Healing and Long-term Outcomes in Patients with Ulcerative Colitis. Yokoyama K1, Kobayashi K1, Mukae M1, Sada M1, Koizumi W1: DDW 2013 (2013/5/20), Orland, USA. (横山 薫1, 小林清典1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

713040. [学会 (国際)] (一般口演) Association of transcription factor 7-like 2 (TCF7L2) polymorphisms with worse survival in three independent cohorts from the United States, Austria, and Japan in patients with gastric cancer. El-Khoueiry RE1, Wakatsuki T, Ning Y, Zhang W, Yang D, Azuma M2, Gerger A, Stotz M, Labonte MJ, Wilson PMD, Volz NB, Stintzing S, Maus MKH, Sunakawa Y, Koizumi W2, Watanabe M, Li JE, Barzi A, El-Khoueiry AB, Lenz HJ (1USC Norris comprehensive Cancer Center): ASCO Annual Meeting (2013/5/29-6/2), Chicago, USA. (東 瑞智2, 小泉和三郎2: 2消化器内)

713041. [学会 (国際)] (一般口演) Prognostic outcome of gastric cancer patients with cancer stem cell SNPs in Asian versus western countries. Labonte MJ1, Wakatsuki T, Zhang W, Yang D, Azuma M2, Gerge Ar, Stotz M, Ning Y, Volz NB, Stintzing S, Li JE, El-Khoueiry RE, Wilson PMD, Koizumi W2, Watanabe M, Maus MKH, Barzi A, Iqbal S, El-Khoueiry AB, Lenz HJ (1USC Norris comprehensive Cancer Center): ASCO Annual Meeting (2013/5/29-6/2), Chicago, USA. (東 瑞智2, 小泉和三郎2: 2消化器内)

713042. [学会 (国際)] (ポスター) A phase II trial of definitive chemoradiotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil (DCF-R) in advanced esophageal cancer (KDOG 0501-P2). Higuchi K1, Komori S2, Tanabe S1, Katada C1, Azuma M1, Ishiyama H2, Sasaki T1, Ishido K1, Katada N3, Hayakawa K2, Koizumi W1 (Kitasato Digestive Disease & Oncology Group): ASCO Annual Meeting (2013/6/2), Chicago, USA, J Clin Oncol 2013; 31 (suppl): abstr 4070. (樋口勝彦1, 小森承子2, 田邉 聡1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 石山博條2, 佐々木徹1, 石戸謙次1, 片田夏也3, 早川和重2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2放射線 (腫瘍), 3外科)

713043. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical Characteristics of Young Patients with Ulcerative Colitis. Kawagishi K1, Yokoyama K1, Ooka S1, Kato A1, Mukae M1, Sada M1, Kobayashi K1, Koizumi W1: The 1st Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (2013/6/14), Tokyo. (川岸加奈1, 横山 薫1, 大岡正平1, 加藤 彩1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

713044. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical Characteristics of Elderly Patients with Ulcerative Colitis. Kato A1, Yokoyama K1, Mukae M1, Sada M1, Kobayashi K1, Koizumi W1: The 1st Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (2013/6/14), Tokyo. (加藤 彩1, 横山 薫1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

713045. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Commentator. Kida M1: IPRF2013 (International Pancreatic Research Forum) (2013/7/27), Sendai. (木田光広1: 1消化器内)

713046. [学会 (国際)] (ポスター) Thromboxane A2 receptor signaling promotes liver repair through platelet adhesion to the sinusoids during chemical-induced hepatotoxicity. Minamino T1, Ito Y2, Ohkubo H2, Koizumi W1, Majima M3: 17th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid (2013/9/24), Osaka. (南野 勉1, 伊藤義也2, 大久保博世2, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆3: 1消化器内, 2外科, 3薬理)

713047. [学会 (国際)] (一般口演) A NEWLY DESIGNED PROTOTYPE of SHORT SBE for ERCP in PATIENTS WITH SURGICALLY ALTERED ANATOMY. Kida M1: 21th United European Gastroenterology Week (2013/10/14), Berlin, Germany. (木田光広1: 1消化器内)

713048. [学会 (国際)] (ポスター) Doubling Time (DT) of gastrointestinal submucosal tumors. Tokunaga S1, Kida M1, Yamauchi H1, Okuwaki K1, Iwai T1, Miyazawa S1, Takezawa M1, Kikuchi H1, Watanabe M1, Imaizumi H1, Koizumi W1: 21th United European Gastroenterology Week (2013/10/14), Berlin, Germany. (徳永周子1, 木田光広1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

713049. [学会 (国際)] (一般口演) Reintroduction of oxaliplatin for patients with metastatic colorectal cancer refractory to standard chemotherapy regimens. Sasaki T1, Azuma M1, Koizumi W1, Egawa T, Nagashima A, Kenmochi T, Shimada K, Takinishi Y, Kobayashi K, Saito Y, Akatsuka S, Arioka H, Nakayama M1, Nishimura K1, Takagi S, Shirahata A, Soda H: 2014 Gastrointestinal Cancers Symposium (2014/1/16-18), San Francisco, USA. (佐々木徹1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1, 中山昇典1, 西村 賢1: 1消化器内)

713050. [学会 (国際)] (一般口演) Use of genetic variants in c-MET to predict clinical outcome in localized gastric cancer (GC) patients (pts) treated with surgery. Sunakawa Y1, Wakatsuki T, Zhang W, Yang D, Azuma M2, Ning Y, Stintzing S, Stremitzer S, Yamauchi S, Sebio A, Volz NB, El-Khoueiry RE, Koizumi W2, Watanabe W, Lenz HJ (1USC Norris comprehensive Cancer Center): 2014 Gastrointestinal Cancers Symposium (2014/1/16-18), San Francisco, USA. (東 瑞智2, 小泉和三郎2: 2消化器内)

713051. [学会 (国際)] (ポスター) Effectiveness of Infliximab as Remission-inductionTherapy in Patients with Active Ulcerative Colitis. Yokoyama K1, Kawagishi K1, Ooka S1, Mukae M1, Sada M1, Kobayashi K1, Koizumi W1: 9th Congress of ECCO (2014/2/20), Copenhagen, Denmark. (横山 薫1, 川岸加奈1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

722024. [学会 (全国)] (特別企画)【胆膵内視鏡, EUS, EUS-FNA】Tips and Tricks. 木田光広 (消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 886.

722025. [学会 (全国)] (パネルディスカッション)【潰瘍性大腸炎の長期経過】潰瘍性大腸炎における粘膜治癒と長期予後の関連について. 横山 薫1, 小林清典1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 954.

722026. [学会 (全国)] (ワークショップ)【大腸SM癌の取り扱い】大腸SM癌の深達度診断および治療法の選択における超音波内視鏡の臨床的有用性. 迎 美幸1, 小林清典1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 971.

722027. [学会 (全国)] (VTRシンポジウム)【胃ESDにおける偶発症を予防するための施策】瘢痕合併早期胃癌症例に対するdouble-scope ESD(single trans method)の有用性−historical controlとの比較−. 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 東 瑞智1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1008.

722028. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 進行胃癌症例を用いた深達度による遺伝子発現の解析−内視鏡生検で全体の遺伝子発現を表現できるか?−. 東 瑞智1, 成毛 哲1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1064.

722029. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 組織学的診断がなされた胃GISTの腫瘍倍加時間 (Doubling Time) とFNA時の穿刺針別診断能の検討. 別當朋広1, 木田光広1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1071.

722030. [学会 (全国)] (シンポジウム)【咽頭・喉頭領域の内視鏡】頭頸部表在癌発生に関与する因子−多発ヨード不染帯に関する検討−. 堅田親利1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 903.

722031. [学会 (全国)] (ワークショップ)【胃静脈瘤治療を検証する】胃底部静脈瘤に対するB-RTOの長期成績. 井上智仁1, 日高 央1, 南野 勉1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 998.

722032. [学会 (全国)] (VTRシンポジウム)【Interventional EUSの進歩】感染性膵壊死に対するEUSガイド下Necrosectomyの実際と限界. 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1012.

722033. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 内視鏡的乳頭部腫瘍切除術後の遺残病変に対する内視鏡治療の有効性. 山内浩史1, 木田光広1, 徳永周子1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 池田弘子1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1078.

722034. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 当院における早期胆道癌の臨床的特徴. 三島孝仁1, 木田光広1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1079.

722035. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 病理学的UL (+) 早期胃癌と内視鏡的UL (+) 早期胃癌の臨床病理学的差異. 石川寛高1, 藤崎順子, 清水智樹, 岡本恒平, 富田英臣, 檀 清寿, 堀内裕介, 吉澤奈津子1,2, 菅沼孝紀, 松尾康正, 大前雅実, 平澤俊明, 石山晃世志, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1090.

722036. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 微小未分化型早期胃癌の内視鏡像とNBI拡大内視鏡像の検討. 富田英臣1, 藤崎順子, 清水智樹, 堀内裕介, 石川寛高, 吉澤奈津子1,2, 松尾康正, 壇 清寿, 大前雅実, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1094.

722037. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 膵内分泌腫瘍におけるEUS及びEUS-FNAの有用性の検討. 奥脇興介1, 木田光広1, 徳永周子1, 山内浩史1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺麻也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/12), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1110.

722038. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 当院における下部消化管悪性狭窄に対する大腸用ステント使用経験. 大岡正平1,2, 三浦有紀子, 青木いづみ, 篠木 啓, 林田浩明1,2, 根本一彦 (1東芝林間病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/12), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1119.

722039. [学会 (全国)] (プレナリーセッション) 表在型Barrett食道癌におけるCV (caliber variation) 所見の深達度診断への有用性について. 吉澤奈津子1,2, 藤崎順子, 大前雅実, 清水智樹, 岡本恒平, 富田英臣, 堀内裕介, 石川寛高, 松尾康正, 檀 清寿, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/12), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1130.

722040. [学会 (全国)] (ワークショップ)【良性肝細胞性結節の諸問題】肝細胞腺腫, 限局性結節性過形成を含む過形成結節の基礎と臨床−肝過形成性結節のEOB MRI所見の検討と臨床経過からみた問題点−. 中澤貴秀1, 大部 誠2, 渋谷明隆3 (1消化器内, 2医療衛生学部, 3医療安全・管理): 第49回日本肝臓学会総会 (2013/6/6), 東京, 肝臓 2013.04; 54 (Suppl 1): A79.

722041. [学会 (全国)] (ワークショップ)【食道癌に対する化学放射線療法の新しい展開】臨床病期II/III食道癌に対する50.4 Gy, 5-FU + CDDP併用化学放射線療法の臨床第II相試験. 伊藤芳紀, 中島貴子, 徳永伸也, 田中正博, 堅田親利1, 石山博條2, 広中秀一, 橋本孝之, 加藤 健 (1消化器内, 2放射線 (腫瘍)): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2013/6; p.131.

722042. [学会 (全国)] (シンポジウム)【食道癌に対する化学放射線療法の新しい展開】T4/M1LYM食道癌に対するDocetaxel/CDDP/5-FU/放射線併用療法 (DCF-R) の臨床第II相試験. 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 小森承子2, 田邉 聡1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 東 瑞智1, 石戸謙次1, 片田夏也3, 早川和重2 (1消化器内, 2放射線 (腫瘍), 3外科): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 大阪, 第67回日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2013/6; p.133.

722043. [学会 (全国)] (ワークショップ)【GERD, バレット食道をめぐる診断と治療】新しい試み: バレット食道腺癌の早期発見−SSBEとLSBEの違いを中心に−. 大前雅実1, 藤崎順子, 清水智樹, 吉澤奈津子1,2, 石山晃世志, 土田知宏, 五十嵐正広1,2, 峯 真司, 山田和彦, 山本智理子 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 大阪, 第67回日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2013.06; p.145.

722044. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 切除不能・進行再発胃癌の治療戦略. 小泉和三郎 (消化器内): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

722045. [学会 (全国)] (特別企画2-1)【急性膵炎・慢性膵炎に対する内視鏡・腹腔鏡治療の最前線】Walled-off pancreatic necrosisに対する内視鏡的ネクロセクトミー. 安田一朗1, 中島賢憲1, 岩井知久1,2, 伊佐山浩通1, 糸井隆夫1, 久居弘幸1, 井上宏之1, 加藤博也1, 菅野 敦1, 窪田賢輔1, 入澤篤志1, 五十嵐久人1, 岡部義信1, 北野雅之1, 河上 洋1, 林  毅1, 向井 強1, 佐田尚宏1, 木田光弘2, 下瀬川徹1 (1JENIPaN studyグループ, 2消化器内): 第44回日本膵臓学会大会 (2013/7/26), 仙台, 膵臓 2013/6; 28 (3): 327.

722046. [学会 (全国)] (ワークショップ2-1)【門脈圧亢進症の血行動態】ドプラ超音波による肝内血行動態の把握は, ソラフェニブの早期の抗腫瘍効果を予測し得る. 日高 央1, 金子 亨1, 南野 勉1, 田中賢明1, 高田樹一1, 奥脇裕介1, 渡邊真彰1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第20回日本門脈圧亢進症学会総会 (2013/9/19), 名古屋, 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2013/8; 19 (3): 76.

722047. [学会 (全国)] (要望演題) 非硬変性門脈圧亢進症肝に発生した結節性病変の検討. 大部 誠1, 中澤貴秀2, 日高 央2, 片桐寛之3 (1医療衛生学部, 2消化器内, 3外科): 第20回日本門脈圧亢進症学会総会 (2013/9/19), 名古屋, 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2013/8; 19 (3): 94.

722048. [学会 (全国)] (パネルディスカッション1)【PSE, 脾摘のいずれを選択すべきか】Partial Splenic Embolization (PSE) の長期予後の検討. 日高 央1, 宮田英治1, 南野 勉1, 田中賢明1, 高田樹一1, 奥脇裕介1, 渡邊真彰1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第20回日本門脈圧亢進症学会総会 (2013/9/20), 名古屋, 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2013/8; 19 (3): 64.

722049. [学会 (全国)] (シンポジウム)【内視鏡治療時代の食道扁平上皮癌の診断学】ヨード不染帯とfield cancerization現象の関連に関する多施設共同前向きコホート研究−JEC試験最終解析結果−. 金子和弘1, 堅田親利2, 武藤 学 (1国立がん研究センター東病院, 2消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/10), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2626.

722050. [学会 (全国)] (サテライトシンポジウム) 潰瘍性大腸炎におけるInfliximab療法−北里大学東病院の現状−. 横山 薫 (消化器内): JDDW 2013 (2013/10/11), 東京.

722051. [学会 (全国)] (ワークショップ)【インターベンションEUSにおける最近の進歩】被覆感染性膵壊死に対する内視鏡的壊死組織切除術 (Recent advances in Interventional EUS Endoscopic necrosecomy for infected walled-off pancreatic necrosis). 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/12), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2608.

722052. [学会 (全国)] (ワークショップ)【早期直腸癌治療における新展開】早期直腸癌に対する内視鏡治療手技の検討. 金子 亨1, 佐田美和1, 小林清典1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/12), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2738.

722053. [学会 (全国)] (シンポジウム)【難治性潰瘍性大腸炎の治療選択 (寛解導入と寛解維持)】難治性潰瘍性大腸炎に対するTacrolimusとInfliximabの使用経験. 横山 薫1, 小林清典1 (1消化器内): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/15), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌 2013/9; 66 (9): 679.

722054. [学会 (全国)] (パネルディスカッション)【大腸カルチノイドとGISTの治療戦略】当院における直腸カルチノイドの臨床病理学的特徴と内視鏡治療についての検討. 大岡正平1, 佐田美和1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小林清典1 (1消化器内): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/16), 東京, 日本大腸肛門病学会雑誌 2013/9; 66 (9): 696.

722055. [学会 (全国)] (招待講演) 腹部救急診療における消化器内視鏡の実際−下部消化管−. 小林清典1,2, 佐田美和2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 第50回日本腹部救急医学会総会 (2014/3/6), 東京, 日本腹部救急医学会雑誌 2014/2; 34 (2): 363.

722056. [学会 (全国)] (会長講演)【胃癌診療】叡智と実践Wisdom and Practice−胃癌予防時代の幕開け−. 小泉和三郎 (消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

722057. [学会 (全国)] (シンポジウム) S-1を含む初回治療に抵抗性の進行・再発胃癌に対するbiweekly irinotecan + cisplatin療法 (TCOG GI-0801試験). 樋口勝彦1, 嶋田, 顕, 保坂尚志, 佐々木栄作, 中山昇典1, 武田雄一, 森脇俊和, 天貝賢二, 関川高志, 柵山年和, 神田達夫, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

722058. [学会 (全国)] (ワークショップ) 消化器内科における胃DLBCLに対する治療の現状と治療成績. 佐々木徹1, 井上智仁1, 成毛 哲1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

722059. [学会 (全国)] (ワークショップ)【早期胃癌に対するESD適応外病変】非治癒切除の非手術症例に関する検討. 和田拓也1, 田邉 聡1, 石戸謙次1, 成毛 哲1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

722060. [学会 (全国)] (ワークショップ) 胃癌における遺伝子発現を用いた個別化医療に向けての課題. 東 瑞智1, 成毛 哲1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 和田拓也1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

722061. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 術後補助化療の臨床試験JACCRO GC-07の現況. 小寺泰弘1, 吉田和弘, 掛地吉弘, 東風 貢, 市川 度, 佐野 武, 小泉和三郎2, 中島聰總, 藤井雅志 (1名古屋大学, 2消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

722062. [学会 (全国)] (ワークショップ)【胃癌に対する化学放射線療法の適応と治療成績】術後再発胃癌に対する化学放射線療法の有用性. 石戸謙次1, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 東 瑞智1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 成毛 哲1, 小泉和三郎1, 小森承子2, 早川和重2 (1消化器内, 2放射線 (腫瘍)): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

722063. [学会 (全国)] (ワークショップ) 早期胃癌治療困難例に対する, Double scope ESD (single trans method) の有用性. 山根早紀子1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 東 瑞智1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

722064. [学会 (全国)] (市民公開講座) ここまで進んだ胃がんの内視鏡治療. 田邉 聡 (消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

723148. [学会 (全国)] (ポスター) 一般病院における大腸ESDの治療成績と不完全切除症例の検討, 特に途中中止症例・分割切除症例について. 篠木 啓1, 青木いづみ, 山口裕一郎, 大岡正平1,2, 林田浩明1,2, 籏原照昌 (1東芝林間病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1153.

723149. [学会 (全国)] (ポスター) EUS-FNAで診断し得た膵原発PEComaの1切除例. 升谷寛以1, 奥脇興介1, 木田光広1, 山内浩史1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 片桐寛之2, 隈元雄介2, 渡邊昌彦2, 蒋 世旭3, 三上哲夫3, 三枝 信3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2外科, 3病理): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1157.

723150. [学会 (全国)] (ポスター) LSBEの経過観察中にNBI観察にて発見し得た表在型Barrett食道腺癌の1例. 清水智樹1, 藤崎順子, 堀内裕介, 石川寛高, 松尾康正, 吉澤奈津子1,2, 菅沼孝紀, 檀 清寿, 大前雅実, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2, 峯 真司, 山田和彦, 山口俊晴 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1161.

723151. [学会 (全国)] (ポスター) 救命救急センターにおける出血性ショック症例に対する緊急内視鏡治療の実際. 金 明哲1, 田邉 聡1, 成毛 哲1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 中谷研斗2, 小泉和三郎1, 相馬一亥2 (1消化器内, 2救命): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1168.

723152. [学会 (全国)] (ポスター) 血行性転移性大腸癌−自験例を含めた検討−. 井口靖弘1 高木精一1, 本橋 修1, 中山昇典1,2, 西村 賢1,2, 浅見昌樹1 (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/10), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1172.

723153. [学会 (全国)] (一般口演) 頭頸部・食道癌診断における新型内視鏡システムへの期待. 堅田親利 (消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都.

723154. [学会 (全国)] (ポスター) 十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡治療の検討. 川口佑輔1, 田邉 聡1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 中谷研斗1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 石戸謙次1, 金 明哲1, 和田拓也1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1197.

723155. [学会 (全国)] (ポスター) 大腸ステントを留置した結腸・直腸癌狭窄例の検討. 美原静香1,2, 三枝陽一1,2, 竹下知親1,2, 加藤 彩1,2, 押田小百合, 羽廣健仁, 旗手和彦, 大井田正人1,2, 西元寺克禮1,2 (1相模野病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1203.

723156. [学会 (全国)] (ポスター) 過去の大腸内視鏡所見からみた大腸癌の発見頻度. 河村卓二1, 尾田 恭, 小林清典2, 松田浩二, 田中聖人, 木田光広2 (1京都第二赤十字病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/11), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1226.

723157. [学会 (全国)] (ポスター) 早期胃癌の内視鏡切除症例における同時多発病変の検討. 岡本恒平1, 山本頼正, 清水智樹, 富田英臣, 吉澤奈津子1,2, 堀内裕介, 石山晃世志, 平澤俊明, 土田智宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第85回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/5/12), 京都, Gastroenterological Endoscopy 2013/4; 55 (Suppl 1): 1238.

723158. [学会 (全国)] (一般口演) 好酸球性肉芽腫性多発血管炎と好酸球性肺炎を併発する喘息の好酸球性大腸炎の病理組織像の差異. 釣木澤尚実1, 押方智也子, 齋藤博士, 渡井健太郎, 南 崇史, 林 浩昭, 谷本英則, 伊藤 潤, 関谷潔史, 粒来崇博, 大友 守, 前田裕二, 菅野 聡1,2, 中村陽子, 玉眞俊平1,2, 下田拓也1,2, 入江 文1,2, 松本雄太1,2, 安達 献1,2, 渡部幸夫, 堀田綾子, 齋藤生朗, 秋山一男 (1国立病院機構相模原病院, 2消化器内): 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 (2013/5/11), 横浜 アレルギー 2013/4; 62 (3-4): 408.

723159. [学会 (全国)] (一般口演) 3次元超音波を用いた部分的脾動脈塞栓術後の脾容積測定. 日高 央1, 藤井 滋, 柳原美智子, 木田光広1 (1消化器内): 日本超音波医学会第86回学術集会 (2013/5/25), 大阪, 超音波医学 2013/4; 40 (Suppl): S542.

723160. [学会 (全国)] (一般口演) modified RECISTは標的療法の標準的判定方法となりえるか−ソラフェニブ多施設共同研究−. 高田樹一1, 日高 央1, 渋谷明隆2 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第49回日本肝臓学会総会 (2013/6/6), 東京, 肝臓 2013.04; 54 (Suppl 1): A115.

723161. [学会 (全国)] (一般口演) 門脈腫瘍浸潤 (Vp3/4) 合併進行肝細胞癌 (HCC) に対する治療の適応と限界−ソラフェニブと放射線治療の比較から−. 中澤貴秀1, 田中賢明1, 日高 央1 (1消化器内): 第49回日本肝臓学会総会 (2013/6/6), 東京, 肝臓 2013.04; 54 (Suppl 1): A121.

723162. [学会 (全国)] (一般口演) Genotype 1型高ウイルス量C型慢性肝炎に対するPEG-IFNa2a/Ribavirin/Calcitriol 3剤併用療法の検討−オープンラベル試験−. 田中賢明1, 中澤貴秀1, 高田樹一1, 日高 央1, 奥脇裕介1, 南野 勉1, 渋谷明隆2, 渡邊真彰1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第49回日本肝臓学会総会 (2013/6/6), 東京, 肝臓 2013.04; 54 (Suppl 1): A157.

723163. [学会 (全国)] (ポスター) 素案から10年が経過したDDW-J2004薬物性肝障害ワークショップのスコアリング (2004基準) の評価. 渡邊真彰1, 南野 勉1, 渋谷明隆2 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第49回日本肝臓学会総会 (2013/6/6), 東京, 肝臓 2013.04; 54 (Suppl 1): A313.

723164. [学会 (全国)] (一般口演) 3剤併用療法におけるIL28B遺伝子多型と早期ウイルス動態との検討−TG/GG例に対する延長投与の安全性・有効性の検討 (ESPRiT study中間報告)−. 池田裕喜1, 松永光太郎, 松本伸行, 奥瀬千晃, 福田安伸, 石井俊哉, 佐藤 明, 安田清美, 野崎昭人, 田中克明, 日高 央2, 大川伸一, 鈴木通博 (1聖マリアンナ医大, 2消化器内): 第49回日本肝臓学会総会 (2013/6/7), 東京, 肝臓 2013.04; 54 (Suppl 1): A191.

723165. [学会 (全国)] (一般口演) 肝線維症におけるTGF-β, CTGF, TIMP-1, Collagen IV発現の意義について. 大部 誠1, 中澤貴秀2, 日高 央2, 片桐寛之3 (1医療衛生学部, 2消化器内, 3外科): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/8), 札幌, 日本病理学会会誌 2013/4;102 (1): 338.

723166. [学会 (全国)] (ポスター) CV (caliber variation) の所見は表在型Barrett食道癌の深達度診断に有用か. 吉澤奈津子1,2, 藤崎順子, 大前雅実, 清水智樹, 石山晃世志, 平澤俊明, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 大阪, 第67回日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2013.06; p.303.

723167. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) T4/M1LYM食道癌に対するDocetaxel/CDDP/5-FU/放射線併用療法 (DCF-R) の臨床第II相試験. 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 小森承子2, 田邉 聡1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 東 瑞智1, 石戸謙次1, 片田夏也3, 早川和重2 (1消化器内, 2放射線 (腫瘍), 3外科): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 大阪.

723168. [学会 (全国)] (一般口演) 膵内分泌腫瘍におけるEUS所見と組織学的悪性度との対比. 山内浩史1, 奥脇興介1, 木田光広1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第44回日本膵臓学会大会 (2013/7/25), 仙台, 膵臓 2013/6; 28 (3): 376.

723169. [学会 (全国)] (一般口演) 充実性腫瘍に対する逆刃付側孔を有するEUS-FNA針の診断能. 岩井知久1, 木田光広1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第44回日本膵臓学会大会 (2013/7/26), 仙台, 膵臓 2013/6; 28 (3): 403.

723170. [学会 (全国)] (一般口演) 炭酸ガス (CO2) 使用における上部内視鏡検査の有用性の検討−内視鏡検査後の苦痛緩和と内視鏡検査直後の超音波検査への影響−. 三枝陽一1,2, 大井田正人1,2, 美原静香1,2, 加藤 彩1,2, 山辺さをり, 吉田宗紀, 五十嵐敬子, 宮島江里子, 竹下知親1,2, 西元寺克禮1,2, 今崎貴生, 橋本ヒロコ, 石井隆司 (1相模野病院, 2消化器内): 第54回日本人間ドック学会学術大会 (2013/8/30), 浜松, 人間ドック 2013/7; 28 (2): 335.

723171. [学会 (全国)] (一般演題) B-RTO (バルーン下逆行性経静脈的塞栓術) 後大量出血をきたした1例. 古江康明1, 日高 央1, 金子 亨1, 南野 勉1, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 渡辺真影1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第20回日本門脈圧亢進症学会総会 (2013/9/19), 名古屋, 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2013/8; 19 (3): 131.

723172. [学会 (全国)] (一般口演) 術後再建腸管に対するShort type Single Balloon Enteroscope (SBE) を用いたERCPの使用経験と従来型との比較. 山内浩史1, 木田光広1, 三島孝仁1, 徳永周子1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第49回日本胆道学会学術集会 (2013/9/19): 千葉, 胆道 2013/8; 27 (3): 470.

723173. [学会 (全国)] (ポスター) 放射線療法は非切除胆道癌による肝門部悪性胆管狭窄の局所制御に有効か−放射線療法後化学療法施行群と化学療法単独群との比較−. 宮澤志朗1, 木田光広1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第49回日本胆道学会学術集会 (2013/9/19): 千葉, 胆道 2013/8; 27 (3): 580.

723174. [学会 (全国)] (ポスター) Partial Splenic Embolization (PSE) の長期予後の検討. 宮田英治1, 日高 央1, 川岸加奈1, 高田樹一1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1, 松永敬二3, 國分茂博1 (1消化器内, 2医療安全・管理, 3放射線 (画像)): 第17回日本肝臓学会大会 (2013/10/9), 東京, 肝臓 2013/9; 54 (Suppl 2): A585.

723175. [学会 (全国)] (ポスター) COX-2阻害剤による肝細胞癌再発予防の試み. 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 日高 央1, 高田樹一1, 田中賢明1, 南野 勉1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第17回日本肝臓学会大会 (2013/10/9), 東京, 肝臓 2013/9; 54 (Suppl 2): A605.

723176. [学会 (全国)] (ポスター) 炎症性腸疾患に対する抗TNF-α抗体療法の副作用. 川岸加奈1, 横山 薫1, 大岡正平1, 加藤 彩1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第55回日本消化器病学会大会 (2013/10/10), 東京, 日本消化器病学会雑誌 2013/9; 110 (臨増大会): A922.

723177. [学会 (全国)] (ポスター) VDZの日本人UC患者を対象とした第I相多施設共同非盲検用量漸増反復投与試験. 小林清典1, 鈴木康夫2, 渡辺憲治3, 迎 美幸1, 山田哲弘2, 山上博一3 (1消化器内, 2東邦大学医療センター佐倉病院, 3大阪市立大学): 第55回日本消化器病学会大会 (2013/10/10), 東京, 日本消化器病学会雑誌 2013/9; 110 (臨増大会): A927.

723178. [学会 (全国)] (ポスター) 潰瘍合併早期胃癌の臨床病理学的特徴の検討. 石川寛高1, 藤崎順子, 清水智樹, 岡本恒平, 森重健二郎, 富田英臣, 堀内裕介, 吉澤奈津子1,2, 松尾康正, 大前雅実, 平澤俊明, 石山晃世志, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/10), 東京. Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2786.

723179. [学会 (全国)] (ポスター) ESD初学者を対象としたハンズオントレーニングセミナーの試み. 後藤 修1, 樋口勝彦2, 佐々木基, 石居公之, 堀井城一朗, 浦岡俊夫, 石戸謙次2, 佐々木徹2, 東 瑞智2, 前畑忠輝, 田邉 聡2, 矢作直久 (1慶応義塾大学, 2消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/10), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2776.

723180. [学会 (全国)] (ポスター) 早期胃癌に対する内視鏡治療後の後出血に関する危険因子の検討. 鈴木瑞人1, 田邉 聡,1 石戸謙次1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 成毛 哲1, 金 明哲1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/10), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2769.

723181. [学会 (全国)] (ポスター) Barrett食道癌のNBI拡大内視鏡像で得られたCV (caliber variation) に相当する血管の病理学的検討−CVは腫瘍血管か?−. 吉澤奈津子1,2, 藤崎順子, 大前雅実 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/11), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2888.

723182. [学会 (全国)] (ポスター) Barrett食道癌の背景粘膜による臨床病理学的な差異の検討. 清水智樹1, 藤崎順子, 吉澤奈津子1,2, 大前雅実 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/11), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2887.

723183. [学会 (全国)] (ポスター) 十二指腸腫瘍性病変に対する内視鏡治療についての検討. 富田英臣1, 山本頼正, 清水智樹, 吉澤奈津子1,2, 堀内裕介, 石川寛高, 大前雅実, 石山晃世志, 平澤俊明, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/11), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2824.

723184. [学会 (全国)] (ポスター) 当院におけるバレット食道癌に対する内視鏡治療症例の検討. 和田拓也1, 田邉 聡1, 金 明哲1, 成毛 哲1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/11), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2888.

723185. [学会 (全国)] (ポスター) 胆管結石に対する経口胆道鏡POCSの使用経験. 渡辺晃識1, 木田光広1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/12), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2936.

723186. [学会 (全国)] (ポスター) 肝門部悪性胆道狭窄に対する新しいSide by side stenting法. 川口佑輔1, 木田光広1, 岩井知久1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/12), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2925.

723187. [学会 (全国)] (ポスター) 非切除胆道癌による肝門部悪性胆管狭窄に対するMulti-metallic stentingの適切な挿入時期についての検討. 宮澤志朗1, 木田光広1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/12), 東京. Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2924.

723188. [学会 (全国)] (ポスター) Roux-en-Y再建腸管に対する受動彎曲・高伝達挿入部付きShort type Single Balloon Enteroscopeの有用性. 山内浩史1, 木田光広1, 徳永周子1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/12), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2915.

723189. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡的乳頭切除術後の遺残病変に対する追加内視鏡治療の検討. 香渡 優1, 木田光広1, 三島孝仁1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 池田弘子1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本消化器内視鏡学会総会 (2013/10/12), 東京, Gastroenterological Endoscopy 2013/9; 55 (Suppl 2): 2907.

723190. [学会 (全国)] (一般口演) 異時性・異所性に4回発生した早期胃癌に対し, ESD (内視鏡的粘膜下層切開剥離術) を施行した1例. 鈴木瑞人1,2, 山崎好喜1,2, 國松奈津子1,2, 松本育宏1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第62回全国共済医学会 (2013/10/23), 熊本, 共済医報 2013/10; 62 (Suppl): 109.

723191. [学会 (全国)] (一般口演) 当院におけるがん化学療法統一化の取り組み (消化器内科の立場から)−安全で確実ながん化学療法の実施を目指して−. 河西顯太郎1, 山崎好喜1,2, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 松本育宏1,2, 北川博之1,2, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 野登 誠1,2, 谷 和行, 白石龍二 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第62回全国共済医学会 (2013/10/24), 熊本, 共済医報 2013/10; 62 (Suppl): 136.

723192. [学会 (全国)] (一般口演) T4/M1LYM食道癌に対するDCF併用化学放射線療法 (DCF-R) の臨床第II相試験 (KDOG0501-P2). 樋口勝彦1, 小森承子2, 田邉 聡1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 石山博條2, 佐々木徹1, 石戸謙次1, 片田夏也3, 早川和重2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2放射線(腫瘍), 3外科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都, 日本癌治療学会誌 2013/9; 48 (3): 1445.

723193. [学会 (全国)] (一般口演) 進行再発大腸癌におけるオキサリプラチン再導入の可能性. 赤塚壮太郎1, 佐々木徹2, 東 瑞智2, 白畑 敦, 曽田 均, 小林功治, 滝西安隆, 高木精一, 西村 賢, 中山昇典2, 建持岳史, 江川智久, 嶋田 顕 (1横浜労災病院, 2消化器内): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都, 日本癌治療学会誌 2013/9; 48 (3): 1465.

723194. [学会 (全国)] (ポスター) 切除不能大腸癌に対するBevacizumab+mOPTIMOX-1第II相試験−TCOG0802
最終報告−. 佐藤 温1, 中山昇典2,3, 田中荘一, 嶋田 顕, 小西一男, 佐々木栄作, 日比健志, 市川欧子, 菊池由宣, 柵山年和, 関川高志, 林 和彦, 仁科晴弘, 佐々木常雄, 栗原 稔 (1弘前大学, 2神奈川がんセンター, 3消化器内): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都, 日本癌治療学会誌 2013/9; 48 (3): 2786.

723195. [学会 (全国)] (一般口演) 感染防止対策地域連携の活動報告−参加型合同カンファレンス有用性の検証−. 樋口ひとみ1, 保刈岳雄1, 塩見理紗1, 小池卓也1, 大谷清孝1, 羽切慎太郎1, 村田 東1,2, 五十嵐奈緒子1, 荒井 真1, 高野靖悟1 (1相模原協同病院院内感染対策委員会, 2消化器内): 第29回日本環境感染学会総会・学術集会 (2014/2/15), 東京, 日本環境感染学会誌 2014/1; 29 (Suppl): 355.

723196. [学会 (全国)] (一般口演) 早期胃癌の同時性・異時性多発病変に関する検討. 松本育宏1, 田邉 聡1, 石戸謙次1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 東 瑞智1, 成毛 哲1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

723197. [学会 (全国)] (一般口演) 胃癌による消化管通過障害例における緩和医療としての内視鏡補助下経皮経食道胃管挿入術 (PTEG) による減圧. 村上匡人1, 西野圭一郎1, 東 瑞智2, 田邉 聡2, 木田光広2, 小泉和三郎2 (1村上記念病院, 2消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

723198. [学会 (全国)] (一般口演) 進行胃癌における深度による遺伝子発現の差異. 成毛 哲1, 東 瑞智1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

731006. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大腸内視鏡挿入法−挿入困難例への工夫を含めて−. 小林清典 (消化器内): 相模湘南大腸内視鏡セミナー (2013/4/23), 相模原.

731007. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望〜新規タキサン製剤nab-paclitaxelを含めて〜. 小泉和三郎 (消化器内): 第5回鹿児島がん診療セミナー (2013/4/24), 鹿児島.

731008. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望〜新規タキサン製剤nab-paclitaxelを含めて. 小泉和三郎 (消化器内): TAIHO Gastric Cancer Expert Meeting (2013/4/25), 熊本.

731009. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 高齢者潰瘍性大腸炎の臨床像. 横山 薫 (消化器内): 第8回九州消化器GCAP療法研究会 (2013/6/8), 福岡.

731010. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の病態と内科治療. 小林清典 (消化器内): 6月薬学合同研究会 (2013/6/20), 横浜.

731011. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 診断・治療EUS-FNA. 木田光広 (消化器内): 埼玉EUS研究会 (2013/6/20), さいたま.

731012. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) クローン病の病態と内科治療法−栄養療法を中心に−. 小林清典 (消化器内): 第30回茨城県炎症性腸疾患研究会 (2013/6/26), つくば.

731013. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 胃癌化学療法の現況と展望〜新規タキサン製剤nab-paclitaxelを含めて〜. 小泉和三郎 (消化器内): 第6回弘前臨床腫瘍セミナー (2013/9/6), 弘前.

731014. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の内科治療−外来治療を主体に−. 横山 薫 (消化器内): 第132回相模原胃と腸研究会 (2013/10/23), 神奈川.

731015. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の内科治療−5-ASA製剤を主体に−. 横山 薫 (消化器内): 協和発酵社内研修会 (2013/10/24), 神奈川.

731016. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 進行胃癌に対する化学療法の進歩−セカンドライン治療も含めて−. 小泉和三郎 (消化器内): GI cancers symposium in Kyoto 2013 (2013/11/8), 京都.

731017. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 膵疾患における最近の話題と内科医に必要な膵臓疾患診療のポイント. 木田光広 (消化器内): 大和市医師会講演会 (2013/11/12), 大和.

731018. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の最近の内科治療. 横山 薫 (消化器内): ゼリア新薬社内研修会 (2014/1/17), 横浜.

731019. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) EUS-FNA解剖. 木田光広 (消化器内): 千葉県内視鏡推進連絡会 (2014/2/1), 千葉.

731020. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 胆膵内視鏡診断・治療の進歩. 木田光広 (消化器内): 第7回富山ERCPセミナー (2014/2/7), 富山.

731021. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の診断と治療法の進歩. 小林清典1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 第2回湘南IBDネットワーク (2014/2/26), 藤沢.

731022. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 消化器から診たBeh稿t病. 横山 薫 (消化器内): 第2回川崎北部IBDフォーラム (2014/2/26), 川崎.

731023. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) IBD治療薬の基礎知識4−血球成分吸着除去療法 (CAP) の標準治療−. 横山 薫 (消化器内): 第10回IBD Schola (2014/3/9), 東京.

731024. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 胆膵内視鏡診断・治療の進歩. 木田光広 (消化器内): 大分胆膵スキルアップセミナー (2014/3/14), 大分.

731025. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 増え続ける潰瘍性大腸炎患者に対する薬物療法とその実際. 横山 薫 (消化器内): 第139回Pharmaceutical Care研修会 (2014/3/16), 神奈川.

732011. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ)【患者にやさしい消化管検査と治療】患者にやさしい通常径内視鏡用新型マウスピース (エンドリーダーマルチタイプ) を用いた上部内視鏡検査. 田邉 聡1, 樋 勝彦, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 石戸謙次1, 成毛 哲1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 88.

732012. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ)【食道・胃静脈瘤の現状と展望】胃底部静脈瘤に対するB-RTOの長期成績からみた有効性と安全性. 日高 央1, 井上智仁1, 高田樹一1, 田中賢明1, 南野 勉1, 奥脇裕介1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1, 國分茂博1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 86.

732013. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【カプセル&バルーン内視鏡の各施設の工夫】小腸腫瘍の内視鏡診断における超音波内視鏡の有用性. 迎 美幸1, 小林清典1 (1消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/16), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 77.

732014. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) EVIS LUCERA ELITE の機能−特にAFIの機能向上について−. 佐田美和 (消化器内): 第19回神奈川県消化器内視鏡懇談会 (2013/8/29), 横浜.

732015. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【大腸がん検診の中で行うTCSにおいて解決すべき問題点】大腸がん検診における大腸内視鏡検査. 小川大志1,2 (1小川医院, 2消化器内): 第73回日本消化器がん検診学会関東甲信越支部地方会 (2013/8/31), 横浜, 日本消化器がん検診学会雑誌 2013/11; 51 (6): 725.

732016. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 腸管ベーチェット病の診断と治療 (単純性潰瘍も含めて). 小林清典 8消化器内): HUMIRA IBD symposium (2013/10/5), 東京.

732017. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) 3剤併用治療におけるIL28B遺伝子多型と治療効果との関連〜TG/GG例に対する延長投与の安全性・有効性の検討〜. 池田裕喜1, 松永光太郎, 松本伸行, 奥瀬千晃, 福田安伸, 石井俊哉, 佐藤 明, 安田清美, 野崎昭人, 田中克明, 日高 央2, 大川伸一, 鈴木通博 (1聖マリアンナ医大, 2消化器内): 第46回神奈川県消化器病医学会総会 (2013/10/26), 神奈川.

732018. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 切除不能悪性胆道狭窄に対するStenting−より良い化学療法のために−. 木田光広 (消化器内): 首都圏胆膵疾患講演会 (2013/12/7), 東京.

732019. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ)【膵胆道内視鏡におけるトラブルシューティング】当院における胆管結石治療時のEPLBDでの合併症に対する対応. 金子 亨1, 木田光広1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩 知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/14), 東京. Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 77.

732020. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【炎症性腸疾患診療における内視鏡検査の意義】潰瘍性大腸炎に対するInfliximab療法における内視鏡所見の検討. 川岸加奈1, 横山 薫1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/14), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 69.

732021. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【上部消化管ESDの教え方・学び方】当院における胃ESDトレーニングの検討. 森重健二郎1, 山本頼正, 大隅寛木, 冨田明彦, 堀内裕介, 石川寛高, 吉澤奈津子1,2, 大前雅実, 石山晃世志, 由雄敏之, 平澤俊明, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/14), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 72.

732022. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 家族性大腸腺腫症 (FAP) 術後経過中に胃腺腫から早期胃癌に進展した1症例. 大隅寛木1, 石山晃世志, 冨田明彦, 奥野真理, 森重健二郎, 石川寛高, 堀内裕介, 吉澤奈津子1,2, 大前雅実, 平澤俊明, 由雄敏之, 山 頼正, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2, 秋吉高志, 上野雅資, 新井正美 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 106.

732023. [学会 (地方会・研究会)] (研修医セッション) EUS-FNAで診断に至った退形成性膵癌の一例. 石田奈々1, 矢野貴史1,2, 三島孝仁1,2, 長谷川力也1,2, 村田 東1,2, 中目哲平1,2, 石黒康浩1,2, 荒木正雄1,2, 高橋知秀, 風間暁男, 奥脇興介2, 岩井知久2, 宮澤志郎2, 渡辺麻耶2, 木田光弘2, 三枝 信3 (1相模原協同病院, 2消化器内, 3病理): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 100.

732024. [学会 (地方会・研究会)] (研修医セッション) 胃癌と下部胆管癌を合併した一例. 宮下春菜1, 矢野貴史1,2, 光星翔太, 長谷川力也1,2, 三島孝仁1,2, 山根敬子1,2, 中目哲平1,2, 村田 東1,2, 石黒康浩1,2, 荒木正雄1,2, 高橋知秀, 風間暁男 (1相模原協同病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 98.

733027. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 発癌メカニズムからみた頭頸部・食道表在癌の内視鏡診断. 堅田親利 (消化器内): 第130回相模原胃と腸研究会 (2013/4/24), 神奈川.

733028. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 便通異常をきたした高齢者の一例. 川岸加奈1, 横山 薫1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1, 吉田 功2 (1消化器内, 2病理): TK会 (2013/5/13), 神奈川.

733029. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 門脈腫瘍浸潤合併肝細胞癌に対するソラフェニブvs放射線治療: 傾向スコア推定法による予後解析. 中澤貴秀 (消化器内): 第85回相模リバーカンファランス (2013/5/20), 相模原.

733030. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院におけるがん化学療法統一化の取り組み. 山崎好喜1,2, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第1回KDOG (Kitasato Digestive Disease and Oncology Group) meeting (2013/5/25), 東京.

733031. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) How to EPLBD〜当院におけるEPLBD関連手技の実際〜. 岩井知久1, 木田光広1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第14回関東胆膵治療懇話会 (2013/6/1), 東京.

733032. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 異時性, 異所性に4回発生した早期胃癌に対しESD (内視鏡的粘膜下層切開剥離術) を施行した1例. 國松奈津子1,2, 山崎好喜1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第42回平塚共済病院・平塚市医師会合同臨床懇話会 (2013/6/3), 神奈川.

733033. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 自己免疫性溶血性貧血合併が診断契機となったIgG4関連硬化性胆管炎の1例. 升谷寛以1, 奥脇興介1, 徳永周子1, 山内浩史1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第597回日本内科学会関東地方会例会 (2013/6/8), 東京, 第597回日本内科学会関東地方会例会プログラム・抄録集 2013/6; p.24.

733034. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 上部消化管病変を伴った腸管ベーチェット病と単純性潰瘍−自験例の解析−. 小林清典 (消化器内): 第27回IBD&ベーチェット病研究会 (2013/6/14), 東京.

733035. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 頭頸部表在癌発生に関与する多発ヨード不染帯の検討. 堅田親利1, 田邉 聡1, 正來 隆2, 中山明仁2, 小泉和三郎1, 岡本牧人2 (1消化器内, 2耳鼻): 第13回頭頸部表在癌研究会 (2013/6/15), 東京, 耳鼻咽喉科展望 2013/8; 56 (4): 219-220.

733036. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 異時性, 異所性に4回発生した早期胃癌に対しESDを施行した1例. 國松奈津子1,2, 山崎好喜1,2, 鈴木瑞人1,2, 松本育宏1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 武川賢一郎1, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 100.

733037. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 異時性, 異所性に4回発生した早期胃癌に対しESDを施行した1例. 國松奈津子1,2, 山崎好喜1,2, 鈴木瑞人1,2, 松本育宏1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 武川賢一郎1, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 100.

733038. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 5年間の経過で腺腫から腺癌に進行し, 内視鏡切除を行った早期十二指腸癌の一例. 森重健二郎1, 山本頼正, 堀内裕介, 石川寛高, 吉澤奈津子1,2, 大前雅美, 石山晃世志, 平澤俊明, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 101.

733039. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Helicobacter pylori除菌療法後に顕在化した特発性肉芽腫性胃炎の一例. 石川寛高1, 藤崎順子, 岡本恒平, 清水智樹, 富田英臣, 堀内裕介, 吉澤奈津子1,2, 松尾康正, 平澤俊明, 石山晃世志, 山本頼正, 土田知宏, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 98.

733040. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肝門部悪性胆道狭窄に対する新しいSide by side stenting法. 川口佑輔1, 木田光広1, 岩井知久1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/16), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 124.

733041. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) IIc型早期胃癌の形態を呈した胃NETの一例. 和田拓也1, 田邉 聡1, 石戸謙次1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 金 明哲1, 成毛 哲1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 梶田咲美乃2 (1消化器内, 2病理): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/16), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 121.

733042. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 食道癌の転移と考えられた小腸腫瘍の2例. 香渡 優1, 迎 美幸1, 小川大志1, 樋口勝彦1, 横山 薫1, 佐田美和1, 田邉 聡1, 小林清典1, 小泉和三郎1, 三枝 信2 (1消化器内, 2病理): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/16), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 118.

733043. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 術後再建腸管総胆管結石症に対する小腸鏡下EPLBDの有効性と安全性の検討. 宮澤志朗1, 木田光広1, 徳永周子1, 山内浩二1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第96回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/6/16), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.06; 83 (Suppl): 107.

733044. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎に対する免疫調節薬の使い方. 横山 薫 (消化器内): 第52回神奈川大腸疾患研究会 (2013/6/20), 横浜.

733045. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 門脈腫瘍浸潤 (Vp3/4) 合併進行肝細胞癌 (HCC) に対するソラフェニブ治療の検討−放射線治療との比較から−. 中澤貴秀1, 日高 央1, 田中賢明1, 高田樹一1, 奥脇祐介1, 渡邊真彰1, 南野 勉1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第8回日本肝がん分子標的治療研究会 (2013/6/22), 金沢.

733046. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 化学放射線療法, 化学療法後に切除し得た膵頭体移行部癌の一例. 上原一帆1, 宮澤志朗1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 田島 弘2, 久保任史2, 海津貴史2, 片桐寛之2, 隈元雄介2, 三上哲夫, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2外科): 第40回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2013/7/3), 東京.

733047. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 早期胃癌に対するESD後の後出血に関する検討. 鈴木瑞人1,2, 山崎好喜1,2, 國松奈津子1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第56回平塚市消化器研究会 (2013/7/10), 神奈川.

733048. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 診断に苦慮した肝膿瘍再発の1例. 北川博之1,2, 山崎好喜1,2, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第20回湘南西部肝疾患研究会 (2013/7/18), 神奈川.

733049. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 当院リウマチ性疾患患者におけるHBV再活性化. 中村陽子, 入江員行, 斎藤友哉, 松本雄太, 入江 文, 下田拓也, 玉眞俊平, 菅野 聡, 安達 献1, 橋本 篤, 松井利浩, 當間重人2 (1国立病院機構相模原病院消化器内科, 2同リウマチ科): 第87回さがみリバーカンファレンス (2013/7/19), 相模原.

733050. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 回盲部の大腸ステント留置が有用であった進行大腸癌の2例とその後の経過. 國松奈津子1,2, 山崎好喜1,2, 松本育宏1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第58回神奈川県消化器病研究会 (2013/7/20), 神奈川.

733051. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肝生検にて肝サルコイドーシスと原発性胆汁性肝硬変症 (PBC) の肝病変を認めた1例. 井上智仁1, 南野 勉1, 日高 央1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第598回日本内科学会関東地方会例会 (2013/7/21), 東京, 第598回日本内科学会関東地方会例会プログラム・抄録集 2013/7; p.36.

733052. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Short-type single balloon enteroscope (SBE) for patients with altered gastrointestinal anatomy. 岩井知久 (消化器内): Endoscopy Forum Japan 2013 (2013/8/3), 小樽.

733053. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肝サルコイドーシスを合併した原発性胆汁性肝硬変症 (PBC) の1例. 南野 勉1, 井上智仁1, 日高 央1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第88回相模リバーカンファランス (2013/9/9), 相模原.

733054. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 造影CTが診断に有用であった孤立性上腸間膜動脈解離の1例. 大久保優1, 山崎好喜1,2, 村田秋穂1, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第326回日本消化器病学会関東支部例会 (2013/9/14), 東京.

733055. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 急激な経過を辿った小腸間膜裂孔ヘルニアによる絞扼性イレウスの1例. 村田秋穂1, 山崎好喜1,2, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顕太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第599回日本内科学会関東地方会例会 (2013/9/14), 東京, 第599回日本内科学会関東地方会例会プログラム・抄録集 2013/9; p.60.

733056. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急激な経過を辿った小腸間膜裂孔ヘルニアによる絞扼性イレウスの1例. 村田秋穂1, 山崎好喜1,2, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顕太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第599回日本内科学会関東地方会例会 (2013/9/14), 東京, 第599回日本内科学会関東地方会例会プログラム・抄録集 2013/9; p.60.

733057. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 内視鏡的に整復し得た胃軸捻転症の1例. 入江員行1, 松本雄太1,2, 齋藤友哉1,2, 入江 文1,2, 下田拓也1,2, 玉眞俊平1,2, 中村陽子, 菅野 聡1,2, 安達 献1,2, 長谷川一子 (1国立病院機構相模原病院, 2消化器内): 第599回日本内科学会関東地方会例会 (2013/9/14), 東京, 第599回日本内科学会関東地方会例会プログラム・抄録集 2013/9; p.61.

733058. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 発癌メカニズムからみた頭頸部・食道表在癌の内視鏡診断. 堅田親利 (消化器内): 東京がん化学療法研究会月例研究会 (2013/9/17), 東京.

733059. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 造影CTが診断に有用であった孤立性上腸間膜動脈解離の1症例. 大久保優1, 山崎好喜1,2, 村田秋穂1, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第46回神奈川県消化器病医学会総会 (2013/10/26), 神奈川.

733060. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 経乳頭的胆道鏡下電気水圧式砕石術EHLにて治療し得た巨大胆管胆石の2例. 上原一帆1, 木田光広1, 金子 亨1, 渡邉晃識1, 徳永周子1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第46回神奈川県消化器病医学会総会 (2013/10/26), 神奈川.

733061. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 造影CTが診断に有用であった孤立性上腸間膜動脈解離の1症例. 大久保優1, 山崎好喜1,2, 村田秋穂1, 國松奈津子1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第46回神奈川県消化器病医学会総会 (2013/10/26), 神奈川.

733062. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 発癌メカニズムからみた頭頸部・食道表在癌の内視鏡診断. 堅田親利 (消化器内): 三豊・観音寺医師会学術講演会 (2013/11/5), 香川.

733063. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 頭頸部領域のNBI拡大内視鏡観察. 堅田親利 (消化器内): 第22回北里耳鼻咽喉科研究会 (2013/11/9), 神奈川.

733064. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肝過形成性結節のEOB MRI所見と臨床病理学的検討. 中澤貴秀1, 大部 誠2, 高田樹一1, 日高 央1, 田中賢明1, 奥脇祐介1, 渡邊真彰1, 南野 勉1, 渋谷明隆3, 小泉和三郎1, 吉田 寛 (1消化器内, 2医療衛生学部, 3医療安全・管理): 第48回 肝癌症例検討会 (2013/11/9), 東京.

733065. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 便通異常を機に診断されたリンパ腫の1例. 川岸加奈1, 横山 薫1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1, 木村裕和2, 吉田 功3 (1消化器内, 2血液内, 3病理): 第601回日本内科学会関東地方会例会 (2013/11/9), 東京, 第601回日本内科学会関東地方会例会プログラム・抄録集 2013/11; p.46.

733066. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 発癌メカニズムからみた頭頸部・食道表在癌の内視鏡診断. 堅田親利 (消化器内): 三豊・観音寺医師会学術講演会 (2013/11/15), 香川.

733067. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院における膵胆管ドレナージ術. 宮澤志朗1, 今泉 弘1, 木田光広1 (1消化器内): 第2回神奈川胆膵内視鏡カンファレンス (2013/11/16), 神奈川.

733068. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Retrospectiveにみた当院におけるH.ピロリ一次除菌の現状. 山崎好喜1,2, 鈴木瑞人1,2, 松本育宏1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): NEXIUM Symposium (2013/11/28), 神奈川.

733069. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 抗HIV治療薬の自己中断から発症した免疫再構築症候群による血球貪食症候群合併急性肝不全の1例. 山根早紀子1, 南野 勉1, 中谷研斗1, 田中賢明1, 高田樹一1, 奥脇裕介1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第40回日本肝臓学会西部会 (2013/12/6), 岐阜, 肝臓 2013/11; 54 (Suppl 3): A841.

733070. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 維持透析中の関節リウマチ患者に発症した生物学的製剤によるde novo B型肝炎の一例. 三島孝仁1, 南野 勉1, 山内浩史1, 田中賢明1, 高田樹一1, 奥脇裕介1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 第40回日本肝臓学会西部会 (2013/12/7), 岐阜, 肝臓 2013/11; 54 (Suppl 3): A901.

733071. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 濾胞性リンパ腫の形質転換時に胃癌, 肺癌を合併した1例. 原田大司1, 渡辺玲奈, 西村 賢1,2, 禹 哲漢, 服部友歌子, 高橋寛行, 高崎啓孝, 石ヶ坪良明, 本村茂樹, 酒井リカ (1神奈川県立がんセンター, 2消化器内): 第602回日本内科学会関東地方会例会 (2013/12/14), 東京, 第602回日本内科学会関東地方会例会プログラム・抄録集 2013/12; p.36.

733072. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 粘膜下腫瘍様の形態を呈した十二指腸粘膜内癌の1例. 冨田明彦1, 山本頼正, 大隅寛木, 奥野真理, 森重健次郎, 石川寛高, 吉澤奈津子1,2, 堀内裕介, 大前雅実, 由雄敏之, 平澤俊明, 石山晃世志, 土田知宏, 藤崎順子, 五十嵐正広1,2 (1がん研有明病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/14), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 98.

733073. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院で経験したSerous cyst neoplasm of the pancreasの検討. 升谷寛以1, 木田光広1, 奥脇興介1, 徳永周子1, 山内浩史1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 122.

733074. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院で経験したSolid-Pseudopapillary Neoplasm (SPN) の検討. 古江康明1, 木田光広1, 山内浩史1, 徳永周子1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 菊池秀彦1, 渡辺麻也1, 今泉 弘1, 小 和三郎1 (1消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 122.

733075. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 経口胆道鏡(POCS)が術前診断に有用であったIPNBの1例. 川野壽宙1, 木田光広1, 山内浩史1, 徳永周子1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 120.

733076. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 外傷による胆N破裂・胆汁性腹膜炎に対して胆道ステント留置により待機的手術が可能となった一例. 入江員行1, 下田拓也1,2, 松本高明1,2, 松本雄太1,2, 入江 文1,2, 玉眞俊平1, 菅野 聡1,2, 安達 献1,2, 海津貴史1, 滝川政和1, 齋藤生朗1 (1国立病院機構相模原病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 119.

733077. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院で経験した膵粘液性N胞性腫瘍 (Mucinous Cystic Neoplasm: MCN) の検討. 麻生健一朗1, 木田光広1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 116.

733078. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 癌に類似した内視鏡像を呈した直腸粘膜脱症候群の1例. 上原一帆1, 横山 薫1, 川岸加奈1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小林清典1, 小泉和三郎1, 柳澤信之2 (1消化器内, 2病理): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 112.

733079. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) EUS-FNAで診断に至った退形成性膵癌の一例. 石田奈々1, 矢野貴史1,2, 三島孝仁1,2, 長谷川力也1,2, 村田 東1,2, 中目哲平1,2, 石黒康浩1,2, 荒木正雄1,2, 高橋知秀, 風間暁男, 奥脇興介2, 岩井知久2, 宮澤志郎2, 渡辺麻耶2, 木田光弘2, 三枝 信3 (1相模原協同病院, 2消化器内, 3病理): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 100.

733080. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胃癌と下部胆管癌を合併した一例. 宮下春菜1, 矢野貴史1,2, 光星翔太, 長谷川力也1,2, 三島孝仁1,2, 山根敬子1,2, 中目哲平1,2, 村田 東1,2, 石黒康浩1,2, 荒木正雄1,2, 高橋知秀, 風間暁男 (1相模原協同病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 98.

733081. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 外傷による胆N破裂・胆汁性腹膜炎に対して胆道ステント留置により待機的手術が可能となった一例. 入江員行1, 下田拓也1,2, 松本高明1,2, 松本雄太1,2, 入江 文1,2, 玉眞俊平1,2, 菅野 聡1,2, 安達 献1,2, 海津貴史, 滝川政和, 齋藤生朗 (1国立病院機構相模原病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 119.

733082. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) IgG4関連硬化性胆管炎の一例. 三枝陽一1,2, 美原静香1,2, 加藤 彩1,2, 竹下知親1,2, 大井田正人1,2, 西元寺克禮1,2 (1相模野病院, 2消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2013.12; 84 (Suppl): 119.

733083. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 潰瘍性大腸炎の1例. 横山 薫 (消化器内): 第97回消化器内視鏡学会関東地方会 (2013/12/15), 東京.

733084. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 相模野病院におけるNST活動について. 三枝陽一1,2 (1相模野病院, 2消化器内): 大塚製薬工場株式会社社内研修会 (2014/1/24), 神奈川.

733085. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 早期結腸癌と早期直腸癌の臨床病理学的差異についての検討. 久保田美和1, 小林清典1, 川岸加奈1, 大岡正平1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小泉和三郎1, 佐藤武郎2, 三枝 信3 (1消化器内, 2外科, 3病理): 第80回大腸癌研究会 (2014/1/24), 東京.

733086. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 十二指腸乳頭部腫瘍の臨床的病理学的検討. 池田弘子1,2, 永井一毅 (1洋光台ひろ内科クリニック, 2消化器内): 神奈川県内科医学会第76回集談会 (2014/2/9), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2013/7; 40 (2): 225.

733087. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) EUS-FNA後膿瘍を形成した腹部腫瘤の1例. 岩井知久1, 木田光広1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 竹澤三代子1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 神奈川EUSエキスパートセミナー (2014/2/15), 横浜.

733088. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 十二指腸に伸展した 幽門輪近傍の病変に対するESD. 石戸謙次1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 成毛 哲1, 和田拓也1, 山根早紀子1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第12回神奈川ESD研究会 (2014/2/20), 神奈川.

733089. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 上部消化管内視鏡を契機に発見された脾動脈瘤破裂の一例. 遠藤祐輝1, 山崎好喜1,2, 松本育宏1,2, 鈴木瑞人1,2, 北川博之1,2, 河西顯太郎1, 菊地正臣1,2, 菊地秀彦1,2, 里道哲彦1,2, 濱名俊也1, 野登 誠1,2 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第24回平塚市医師会臨床医学会 (2014/2/22), 神奈川.

733090. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 粘膜下腫瘍様の形態を呈した 特発性肉芽腫性胃炎の1例. 佐々木哲三1, 石戸謙次1, 田邉 聡1, 樋口勝彦1, 佐々木徹1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 成毛 哲1, 小泉和三郎1, 三枝 信2 (1消化器内, 2病理): 日本消化器病学会関東支部第328回例会 (2014/2/22), 東京.

733091. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) R-CHOP後のHBV再活性化の1例. 中村陽子, 入江員行, 齋藤友哉, 松本雄太, 入江 文, 下田拓也, 玉眞俊平, 菅野 聡, 安達 献1,2 (1国立病院機構相模原病院, 2消化器内): 第90回さがみリバーカンファレンス (2014/3/24), 相模原.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110006. [原著] Aspirin delays the healing of acetic acid-Induced gastric ulcer with attenuated recruitment of hematopoietic progenitor cells to ulcer granulation tissue in mice. Sato T1, Amano H2, Ito Y3, Eshima K4, Minamino T1, Ae T1, Katada C1, Ohno T1, Hosono K5, Suzuki T5, Shibuya M, Koizumi W1, Majima M5: Kitasato Med J 2013/3; 43 (1): 57-66. (佐東丈仁1, 天野英樹2, 伊藤義也3, 江島耕二4, 南野 勉1, 阿江太佳子1, 堅田親利1, 大野 隆1, 細野加奈子5, 鈴木立紀5, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆5: 1消化器内科, 2臨床研究・プロジェクト, 3外科, 4免疫, 5薬理)

[著 書]

H24-620002. [学術書 (分担執筆)]【肝臓専門医テキスト】[疾患編] 第ァ章 肝疾患 8. 門脈圧亢進症, p.220-3. 村上匡人1,2 (1村上記念病院, 2消化器内), 日本肝臓学会 南光堂, 東京, 2013/3発行.

[学会・研究会等]

H24-712001. [学会 (国際)] (招待講演) Progress in Chemotherapy for Gastric Cancer (included Japan-Korea Inter-Group Study). Koizumi W1: 1st Annual Seoul-Kitasato Joint Symposium on Asian Clinical Research (2013/1/17), Kanagawa. (小泉和三郎1: 1消化器内)

H24-712002. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Tips & Tricks for EUS & EUS-FNA. Kida M1: Gastroitestinal Endoscopy Summit (2013/2/4-5), Thailand. (木田光広1: 1消化器内)

H24-712003. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) EUS-FNA on SMT. Kida M1: Gastroitestinal Endoscopy Summit (2013/2/4-5), Thailand. (木田光広1: 1消化器内)

H24-723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除不能・再発胃癌に対するdocetaxel/cisplatin/S-1(DCS療法)とCS療法の比較 retrospective study. 中山昇典1, 西村 賢1, 高木精一, 井口靖弘, 須江聡一郎, 浅見昌樹, 亀田 亮, 原田大司, 本橋 修 (1消化器内): 第85回日本胃癌学会総会 (2013/3/1), 大阪.

H24-723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) S-1に治療抵抗性を示した進行・再発胃癌に対するCPT-11 + CDDP vs CPT-11の第III相試験. 保坂尚志, 樋口勝彦1, 嶋田 顕, 佐々木栄作, 中山昇典1, 天貝賢二, 武田雄一, 森脇年和, 関川高志, 柵山年和, 矢島和人, 前田義治, 西村 賢1, 兵頭一之介, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第85回日本胃癌学会総会 (2013/3/1), 大阪.

H24-732001. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) Life saving Endoscopyの現状 当院救命救急センターにおける出血性ショック症例に対する緊急内視鏡治療の実際. 金 明哲1, 中谷研斗2, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 相馬一亥2 (1消化器内, 2救命): 神奈川医学会第45回総会 (2012/10/27), 横浜.

H24-733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) PEG-INF α-2aとRibavirin併用療法中に著明な血小板減少を来したC型慢性肝炎の1例. 北川博之1, 日高 央1, 渋谷明隆2, 中澤貴秀1, 奥脇裕介1, 高田樹一1, 田中賢明1, 南野 勉1 (1消化器内, 2医療安全・管理): 神奈川県消化器病医学会第57回研究会 (2012/6/23), 神奈川.

H24-733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹痛・吐血を契機に発症し多臓器不全を呈した一例. 和田拓也1, 北川博之1, 田邉 聡1, 小泉和三郎1, 金 明哲1, 中谷研斗2 (1消化器内, 2救命): 神奈川県消化器病医学会第57回研究会 (2012/6/23), 神奈川.

H24-733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 高度貧血を契機に発見されたKIT陰性胃GISTの一例. 和田拓也1, 田邉 聡1, 金 明哲1, 成毛 哲1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1, 三上哲夫2 (1消化器内, 2病理): GIST研究会 (2012/11/2), 横浜.

H24-733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 集学的治療により長期生存中である 腹膜播種を伴った進行胃癌・食道表在癌の一例. 和田拓也1, 田邉 聡1, 金 明哲1, 成毛 哲1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 佐々木徹1, 樋口勝彦1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 神奈川県胃癌治療研究会 (2012/12/15), 横浜.

H24-733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 発癌メカニズムからみた頭頸部・食道表在癌の内視鏡診断. 堅田親利 (消化器内): 第154回横浜消化器内視鏡医会集談会 (2013/3/13), 神奈川.


循環器内科学

[学術論文]

110105. [原著] Home telemonitoring study for Japanese patients with heart failure (HOMES-HF): protocol for a multicentre randomised controlled trial. Kotooka N, Asaka M, Sato Y, Kinugasa Y, Nochioka K, Mizuno A, Nagatomo D, Mine D, Yamada Y, Eguchi K, Hanaoka H, Inomata T1, Fukumoto Y, Yamamoto K, Tsutsui H, Masuyama T, Kitakaze M, Inoue T, Shimokawa H, Momomura S, Seino Y, Node K: BMJ Open 2013/6; 3 (6). pii: e002972. (猪又孝元1: 1循環器内)

110106. [原著] Prosthetic mitral valve endocarditis with left atrial dissection. Fujiishi T1, Koitabashi T2, Inomata T2, Ohori K, Shibata K3, Okamoto H4, Miyaji K3, Izumi T2: Circ J 2013/6; 77 (6): 1585-6. (藤石珠美1, 小板橋俊美2, 猪又孝元2, 柴田 講3, 岡本浩嗣4, 宮地 鑑3, 和泉 徹2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3心臓血管外, 4麻酔)

110107. [原著] Usefulness of a simple prognostication score in prediction of the prognoses of patients with out-of-hospital cardiac arrests. Ishikawa S1, Niwano S1, Imaki R2, Takeuchi I2, Irie W3, Toyooka T, Soma K2, Kurihara K3, Izumi T1: Int Heart J 2013/11; 54 (6): 362-70. (石川尚子1, 庭野慎一1, 今木隆太2, 竹内一郎2, 入江 渉3, 相馬一亥2, 栗原克由3, 和泉 徹1: 1循環器内, 2救命, 3法医)

110108. [原著] Prophylactic statin administration may prevent shortening of the fibrillation cycle length in patients with new-onset atrial fibrillation. Oikawa J1, Niwano S2, Niwano H, Ishizue N1, Yoshizawa T1, Satoh A2, Kurokawa S2, Hatakeyama Y2, Fukaya H2: Int Heart J 2013/11; 54 (6): 371-6. (及川 淳1, 庭野慎一2, 石末成哉1, 吉澤智治1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山祐子2, 深谷英平2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

110109. [原著] Prophylactic catheter ablation for ventricular tachycardia reduces morbidity and mortality in patients with implantable cardioverter-defibrillator devices. Niwano S1, Oikawa J2, Fukaya H1: Journal of Arrhythmia 2013/12; 29 (6): 338-41. (庭野慎一1, 及川 淳2, 深谷英平1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

110110. [原著] Two-week interval optical coherence tomography: imaging evidence on neointimal coverage completion after implantation of the Endeavor zotarolimus-eluting stent. Nishinari M1, Shimohama T1, Tojo T1, Shiono T1, Shinagawa H1, Kameda R1, Aoyama N1, Izumi T1: Catheter Cardiovasc Interv 2013/12; 82 (7): E871-8. (西成真琴1, 下浜孝郎1, 東條大樹1, 塩野方明1, 品川弥人1, 亀田 良1, 青山直善1, 和泉 徹1: 1循環器内)

110111. [原著] Clinical significance of heart rate during acute decompensated heart failure to predict left ventricular reverse remodeling and prognosis in response to therapies in nonischemic dilated cardiomyopathy (謝辞). Ishii S1,2, Inomata T2, Ikeda Y1,2, Nabeta T1,2, Iwamoto M, Watanabe I, Naruke, T2, Shinagawa H2, Koitabashi T2, Nishii M2, Takeuchi I3, Izumi T2: Heart Vessels 2014/1; 29 (1): 88-96. (石井俊輔1,2, 猪又孝元2, 池田祐威1,2, 鍋田 健1,2, 成毛 崇2, 品川弥人2, 小板橋俊美2, 西井基継2, 竹内一郎3, 和泉 徹2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3救命)

110112. [原著] Therapeutic strategy using extracorporeal life support, including appropriate indication, management, limitation and timing of switch to ventricular assist device in patients with acute myocardial infarction. Aoyama N1, Imai H2, Kurosawa T, Fukuda N, Moriguchi M, Nishinari M1, Nishii M1, Kono K, Soma K2, Izumi T1: J Artif Organs 2014/3; 17 (1): 33-41. (青山直善1, 今井 寛2, 黒澤利郎, 福田直人, 森口昌彦, 西成真琴1, 西井基継1, 河野 健, 相馬一亥2, 和泉 徹1: 1循環器内, 2救命)

120010. [原著] 細動波周期長を用いた発作性心房細動と持続性心房細動の判別. 及川 淳1, 庭野慎一2, 庭野裕恵, 石末成哉1, 吉澤智治1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 桐生典郎2, 畠山裕子2, 深谷英平2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 心臓 2013/12; 45 (第25回臨床不整脈研究会特別号3): 47-52.

120011. [原著] 研修医・病棟医に対する心臓リハビリテーション体験がもたらす教育の効果. 野田千春1, 増田 卓2, 河野真理3, 蛯名由加里3, 五十嵐亜希子3, 神谷健太郎4, 濱崎伸明4, 見井田和正4, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2医療衛生学部, 3看護部, 4リハビリ部): 心臓リハビリテーション 2014/2; 19 (1): 133-7.

310009. [症例報告] Neoatherosclerosis 16 years following bare-metal stent implantation: different tissue components in different underlying lesions observed with optical coherence tomography. Hashikata T1, Tojo T2, Ishii S1, Kitasato L1, Kameda R2, Shimohama T2, Yamaoka-Tojo M3, Ako J2: Int J Cardiol 2013/12; 170 (1): e8-10. (箸方健宏1, 東條大樹2, 石井俊輔1, 北里梨紗1, 亀田 良2, 下浜孝郎2, 東條美奈子3, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

511001. [解説 (ガイドライン)] Guidelines for treatment of acute heart failure (JCS 2011). Izumi T1,2, Hirayama A1, Isobe M1, Ito H1, Kitakaze M1, Momomura S1, Sawa Y1, Seino Y1, Tsutsui H1, Yamazaki K1, Yoshikawa T1, Adachi H1, Anzai T1, Aoyama N1,2, Goto Y1, Hashimura K1, Inomata T1,2, Kato M1, Kinugawa S1, Nakamura K1, Nishigaki K1, Niwano S1,2, Onishi K1, Ozawa T1, Sato N1, Sato Y1, Sugiyama T1, Makaya M1, Yamamoto K1, Yasuura Y1, Yokoyama H1 (1JCS Joint Working Group): Circ J 2013/8; 77 (8): 2157-201. (和泉 徹2, 青山直善2, 猪又孝元2, 庭野慎一2: 2循環器内)

520005. [総説] 急性心不全治療−ガイドラインをめぐって. 青山直善 (循環器内): 呼吸と循環 2013/5; 61 (5): 455-63.

520006. [総説]【循環器薬の使いかた 最新のエビデンスに基づく最適の実地薬物療法】総説: ここまで進んだ主要循環器疾患の実地薬物療法とその活用法 急性心不全の薬物治療最前線−Forreste, Nohria-Stevenson, Clinical Scenarioの分類をどう使い分けるか−. 猪又孝元 (循環器内), 山下尋史 Medical Practice 2013/8; 30 (8): p.1304-9.

520007. [総説] 薬剤溶出性ステント留置後の抗血小板療法の現状と展望. 下浜孝郎1, 亀田 良1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 北里医学 2013/12; 43 (2): 105-10.

521006. [解説]【臨床報告: 心房細動研究会】心房細動と抗不整脈薬−リズムコントロール療法−. 池田隆徳, 熊谷浩一郎, 高月誠司, 庭野慎一1, 山根禎一, 渡邊英一, 山下武志 (1循環器内): Pharma Medica 2013/5; 31 (5): 66-9.

522082. [講座]【特集: 心不全の診断と治療の現状−最近のガイドラインの把握と臨床診断−】急性心不全のとらえ方と治療方針. 猪又孝元 (循環器内): CURRENT THERAPY 2013/4; 31 (.4): 357-61.

522083. [講座]【特集: ER・ICUで必要な循環器薬の知識と使い方−日米のエビデンスの狭間で−】VI. その他の身近な疑問 25. 弁膜症急性期−僧帽弁逆流症でバランスをとるための薬剤は?−. 猪又孝元 (循環器内): 救急・集中治療 2013/4; 25 (3/4): 428-32.

522084. [講座]【REPORT: 第77回日本循環器学会学術集会 (JCS 2013)】新規経口抗凝固薬使用時の周術期・大出血の対策. 庭野慎一 (循環器内): Therapeutic Research 2013/6; 34 (6): 709-10.

522085. [講座]【座談会】GARFIELDレジストリーにみるリアルワールドにおける心房細動患者の抗凝固療法. 後藤伸哉, Kakkar AK, 庭野慎一1, 佐藤直樹 (1循環器内): Medical Tribune 2013/8; p.1-4.

522086. [講座]【特集: 正しい知識を身に付け「チーム医療」のカギになろう! 心不全治療・看護の必修キーワード21&63のオキテ】<2>慢性心不全のキーワード8 ・キーワード5 収縮不全の予後改善薬: ACE阻害薬・ARB. 猪又孝元 (循環器内), HEART nursing 2013/8; 26 (8): 16-7.

522087. [講座]【特集】正しい知識を身に付け「チーム医療」のカギになろう! 心不全治療・看護の必修キーワード21&63のオキテ】<2>慢性心不全のキーワード8 キーワード6 収縮不全の予後改善薬: β遮断薬. 猪又孝元 (循環器内): HEART nursing 2013/8; 26 (8): 18-9.

522088. [講座]【特集: 循環器薬 使い方プラクティス】≪疾患別循環器薬の使い方≫・心不全 RAS抑制薬. 猪又孝元 (循環器内): 内科 2013/9; 112 (.3): 493-6.

522089. [講座]【くすりの特徴をキャッチフレーズでゲット! 循環器薬 図解で超速習ノート】<3>利尿薬. 猪又孝元 (循環器内): HEART nursing 2013/10; 26 (10): 19-25.

522090. [講座]【第1回不整脈薬物治療サミット 薬物治療の可能性を再考する】心不全治療の立場から心房細動の薬物治療を考える. 和泉 徹1, 村上雅美1, 庭野慎一1 (1循環器内): 心電図 2013; 33 (2): 129-34.

522091. [講座]【HEART's Selection】急性心不全における呼吸管理. 猪又孝元 (循環器内): 心臓 2014/1; 46 (1): 142-5.

522092. [講座] 今なぜ高血圧なのか−心不全診療から考える. 猪又孝元 (循環器内): 鹿児島市医報 vol. 2014. 2014/2; 53 (2): 16-9.

522093. [講座]【特集2: 心臓性浮腫とトルバプタン〜長期の体液管理における役割〜】2. 血行動態の観点から: 特に長期継続が必要な患者の特性. 猪又孝元 (循環器内): 医薬ジャーナル 2014/2; 50 (2): 148-54..

522094. [講座]【特集: 心電図攻略法 診断能力向上のための虎の巻】1. P波の成り立ちと波形の特徴が示すもの. 庭野慎一 (循環器内): レジデント 2014/2; 3月号: 6-11.

522095. [講座] NOAC適正使用を以下に実践すべきか?: 発売からのアピキサバンの使用経験から考える. 山下武志, 清水 渉, 池田隆徳, 高橋尚彦, 庭野慎一1, 奥山祐司, 草野研吾 (1循環器内): 日経メディカル 2014/2; p.79-82.

522096. [講座]【座談会】超高齢社会に必要な抗凝固療法を考える. 庭野慎一1, 原田智雄, 並木淳郎, 黒崎健司, 石川利之, 道下一郎 (1循環器内): Medical Tribune 2014/3; 2014年3月6日号: p.42-5.

522097. [講座]【特集: 2025年を見すえた心不全診療ロードマップ−突破口はどこにあるのか】Editorial: 心不全診療−あと10年で何ができるのか. 猪又孝元 (循環器内): 内科 2014/3; 113 (3): 408-10.

[著 書]

620035. [学術書] (分担執筆)【検査値を読む2013 (内科 111 (6増大号)】21章 自己免疫検査 抗心筋抗体p.1367. 猪又孝元 (循環器内), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620036. [学術書] (共著)【心電図と不整脈の手びき (改訂4版)】黒澤利郎1,青山直善1 (1循環器内), 監修: 村松 準, 南山堂, 東京, 2013/8発行.

620037. [学術書] (分担執筆)【IVRデバイス BOOK 2013 (Rad Fan 11 (11-9月臨時増刊号))】MY BookMark〜私のお気に入り製品〜 BMW ELITE II, p.51-2. 下浜孝郎 (循環器内), メディカルアイ, 東京, 2013/9発行.

620038. [学術書] (分担執筆)【徹底ガイド 心不全Q&A−プレホスピタルから慢性期まで− (第2版)】III. 救急外来から入院  1. 病態・血行動態をどのように把握するか? 11. Forrester分類, p.66-70. 猪又孝元 (循環器内), 編: 佐藤直樹, 総合医学社, 東京, 2013/10発行.

620039. [学術書] (分担執筆)【内科診療にガイドラインを生かす (medicina 50 (11増刊号))】・循環器疾患 心不全, p.50-4. 猪又孝元 (循環器内),「medicine」編集委員会, 医学書院, 東京, 2013/11発行.

620040. [学術書] (分担執筆)【β遮断薬を臨床で活かす! エキスパートからのキーメッセージ50】III. 心不全とβ遮断薬 18. 何を目標にβ遮断薬を増量する? p.58-60. 20. なぜ心拍数の低下が心不全の改善に寄与するのか? p.64-6. 猪又孝元 (循環器内), 編: 伊藤 浩, 南江堂, 東京, 2013/12発行.

620041. [学術書] (分担執筆)【あなたも名医! ゼッタイ答えがみつかる心不全 (jmed 30)】第3章 慢性心不全の治療は? 予後改善薬−ACE阻害薬, β遮断薬の使い方, p.59-63. 猪又孝元 (循環器内), 編: 佐藤幸人, 日本医事新報社, 東京, 2014/2発行.

620042. [学術書] (分担執筆)【循環器疾患最新の治療2014-2015】巻頭トピックス 3. バゾプレシンV2受容体拮抗薬による右心不全治療, p.12-4. 猪又孝元 (循環器内), 編: 堀 正二, 永井良三, 南江堂, 東京, 2014/1発行.

620043. [学術書] (分担執筆)【循環器疾患最新の治療2014-2015】X. 不整脈 6. 発作性上室頻拍, p.287-90. 庭野慎一 (循環器内), 編: 堀 正二, 永井良三, 南江堂, 東京, 2014/1発行.

620044. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない. 戦略的循環器疾患の診かた】各論I 胸部症状 症状2 息切れ, p.31-7. 青山直善1 (1循環器内), 監修: 和泉 徹1, 東條美奈子2 (2医療衛生学部), 南山堂, 東京, 2014/2発行.

620045. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない. 戦略的循環器疾患の診かた】各論I 胸部症状 症状3 動悸, p.38-45. 庭野慎一1, 和泉 徹1, 東條美奈子2 (1循環器内, 2医療衛生学部), 監修: 和泉 徹1, 東條美奈子2, 南山堂, 東京, 2014/2発行.

620046. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない. 戦略的循環器疾患の診かた】各論I 胸部症状 症状7 胸部重苦感, p.71-7. 猪又孝元 (循環器内), 監修: 和泉 徹1, 東條美奈子2 (2医療衛生学部), 南山堂, 東京, 2014/2発行.

620047. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない. 戦略的循環器疾患の診かた】各論II 神経学的症状 症状10 運動時に生じるめまい, p.98-103. 庭野慎一1, 和泉 徹1, 東條美奈子2 (1循環器内, 2医療衛生学部), 監修: 和泉 徹1, 東條美奈子2, 南山堂, 東京, 2014/2発行.

620048. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない. 戦略的循環器疾患の診かた】各論III 下肢症 症状17 歩行障害, p.157-65. 青山直善1 (1循環器内), 監修: 和泉 徹1, 東條美奈子2 (2医療衛生学部), 南山堂, 東京, 2014/2発行.

620049. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない. 戦略的循環器疾患の診かた】各論IV 不定愁訴 症状23 歯痛, p.212-9. 下浜孝郎1 (1循環器内), 監修: 和泉 徹1, 東條美奈子2 (2医療衛生学部), 南山堂, 東京, 2014/2発行.

620050. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない. 戦略的循環器疾患の診かた】すっきりしない, p.227-33. 猪又孝元1 (1循環器内), 監修: 和泉 徹1, 東條美奈子2 (2医療衛生学部), 南山堂, 東京, 2014/2発行.

[学会・研究会等]

712022. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Rhythm Control Therapy of Paroxysmal Atrial Fibrillation with Antiarrhythmic Agents. Niwano S1: The 28th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society, APHRS (2013/7/6), Tokyo. (庭野慎一1: 1循環器内)

712023. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Evaluation of Electrical Remodeling Induced by Primary Oxidative Stress in Primary Hyperoxidative Mice Model. Niwano S1: 6th APHRS Cardiorhythm 2013 (2013/10/5), Hong Kong, Chiana. (庭野慎一1: 1循環器内)

713052. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of Waon therapy on hemodynamics, autonomic nervous activity, vascular endothelial function and oxidative stress in patients with chronic heart failure. Noda C1, Masuda T2, Kawano M, Ebina Y, Igarashi A, Kamiya K3, Hamazaki N3, Niwano S1: Heart Failure Congress 2013 (2013/5/26), Lisbon, UK. (野田千春1, 増田 卓2, 神谷健太郎3, 濱崎伸明3, 庭野慎一1: 1循環器内, 2医療衛生学部, 3リハビリ部)

713053. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of group education for secondary prevention to patients with acute myocardial infarction by medical team in cardiac rehabilitation. Noda C1, Masuda T2, Kawano M, Ebina Y, Igarashi A, Kamiya K3, Hamazaki N3, Aoyama N1, Niwano S1: 81st EAS congress (2013/6/2), Lyon, France. (野田千春1, 増田 卓2, 神谷健太郎3, 濱崎伸明3, 青山直善1, 庭野慎一1: 1循環器内, 2医療衛生学部, 3リハビリ部)

713054. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) CLINICAL FEATURES OF PATIENTS WITH CRITICAL LIMB ISCHEMIA WHO RESPONDED TO AUTOLOGOUS MONONUCLEAR CELL TRANSPLANTATION FOR THERAPEUTIC ANGIOGENESIS. Aoyama N1, Nishinari M1, Ohtani S2, Kanai A3, Noda C1, Hirata M3, Izumi T1: 81st EAS congress (2013/6/3), Lyon, France. (青山直善1, 西成真琴1, 大谷慎一2, 金井昭文3, 野田千春1, 平田光博3, 和泉 徹1: 1循環器内, 2輸血・細胞移植, 3新世紀医療・横断的医療)

713055. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) An important role of RAS in plaque rupture : Angiotensin- augments cell apoptosis in mouse cardiac-derived fibroblast by oxidative stress-related signaling. Hashikata T1, Tojo T2, Kitasato L1, Kameda R2, Shimohama T2, Izumi T2, Tojo M3: XXI ISHR World Congress (2013/6/29), San Diego, USA. (箸方健宏1, 東條大輝2, 北里梨紗1, 亀田 良2, 下浜孝郎2, 和泉 徹2, 東條美奈子3: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

713056. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Factor Xa signalings in fibroblast may induce cardiac fibrosis more compared to thrombin. Kitasato L1, Tojo T2, Hashikata T1, Kameda R2, Makino A1, Shimohama T2, Izumi T2, Tojo M3: XXI ISHR World Congress (2013/6/29), San Diego, USA. (北里梨紗1, 東條大輝2, 箸方健宏1, 亀田 良2, 牧野彰宏1, 下浜孝郎2, 和泉 徹2, 東條美奈子3: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

713057. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical significance of histopathological evaluation using endomyocardial biopsy to predict prognosis on response to modern therapies in patients with non-ischemic dilated cardiomyopathy. Ishii S1, Inomata T2, Iida Y1, Ikeda Y1, Nabeta T1, Iwamoto M, Sato T, Naruke T2, Koitabashi T2, Niwano S2: ESC Congress 2013 (2013/9/1), Amsterdam, Netherlands. (石井俊輔1, 猪又孝元2, 飯田祐一郎1, 池田祐毅1, 鍋田 健1, 成毛 崇2, 小板橋俊美2, 庭野慎一2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713058. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Comparative study of the timing of left ventricular reverse remodeling on prognosis in patients with nonischemic dilated cardiomyopathy. Ikeda Y1, Inomata T2, Iida Y1, Nabeta T1, Iwamoto M, Ishii S1, Naruke T2, Koitabashi T2, Niwano S2: ESC Congress 2013 (2013/9/1), Amsterdam, Netherlands. (池田祐毅1, 猪又孝元2, 飯田祐一郎1, 鍋田 健1, 成毛 崇2, 石井俊輔1, 小板橋俊美2, 庭野慎一2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713059. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The Incidence of morphological left ventricular noncompaction in Churg-Strauss syndrome. Koitabashi T1, Inomata T1, Iwamoto M, Nabeta T2, Ikeda Y2, Iida Y2, Ishii S2, Naruke T1, Niwano S1: ESC Congress 2013 (2013/9/2), Amsterdam, Netherlands. (小板橋俊美1, 猪又孝元1, 鍋田 健2, 池田祐毅2, 飯田祐一郎2, 石井俊輔2, 成毛 崇1, 庭野慎一1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713060. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The vasopressin V2-receptor antagonist, tolvaptan, can not only induce aquaresis but also enhance natriuresis in heart failure patients refractory to loop diuretics. Ikeda Y1, Inomata T2, Iida Y1, Nabeta T1, Iwamoto M, Ishii S1, Naruke T2, Koitabashi T2, Niwano S2: ESC Congress 2013 (2013/9/2), Amsterdam, Netherlands. (池田祐毅1, 猪又孝元2, 飯田祐一郎1, 鍋田 健1, 成毛 崇2, 石井俊輔1, 小板橋俊美2, 庭野慎一2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713061. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Vascular fibrosis enhanced by embryonic signal switching: a novel mechanism of PlGF-induced coronary artery sclerosis. Kitasato L1, Tojo T2, Hashikata T1, Kameda R2, Makino A1, Shimohama T2, Naraba J1, Nakamura M, Kitasato H3, Tojo M3, Ako J2: ESC Congress 2013 (2013/9/2), Amsterdam, Netherlands. (北里梨紗1, 東條大輝2, 箸方健宏1, 亀田 良2, 牧野彰宏1, 下浜孝郎2, 鍋田 健1, 北里英郎3, 東條美奈子3, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

713062. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Pleiotropic effect of Factor Xa inhibitor: fondaparinux inhibites ROS-induced cell proliferation and augments cardioprotective cytokine production in mouse cardiac-derived fibroblast. Hashikata T1, Tojo T2, Kitasato L1, Kameda R2, Shimohama T2, Tojo M3, Ako J2: ESC Congress 2013 (2013/9/3), Amsterdam, Netherlands. (箸方健宏1, 東條大輝2, 北里梨紗1, 亀田 良2, 下浜孝郎2, 東條美奈子3, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

713063. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The Incidence of 'Morphological' Left Ventricular Noncompaction in Churg-Strauss Syndrome. Inomata T1: ESC Congress 2013 (2013/9/3), Amsterdam, Netherlands. (猪又孝元1: 1循環器内)

713064. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Use of statins suppress the shorting of the fibrillation cycle length in patients with new-onset atrial fibrillation -Possible anti-remodeling effect of statin for atrial structural remodeling. Oikawa J1, Niwano S2, Ishizue N1, Yoshizawa T1, Satoh A2, Kurokawa S2, Hatakeyama Y2, Fukaya H2, Niwano H: ESC Congress 2013 (2013/9/3), Amsterdam, Netherlands. (及川 淳1, 庭野慎一2, 石末成哉1, 吉澤智治1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山祐子2, 深谷英平2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713065. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Therapeutic strategy for extracorporeal life support in patients with acute myocardial infarction complicating cardiopulmonary arrest. Aoyama N1, Kurosawa T, Fukuda N, Moriguchi M, Kono K, Nishii M1, Nishinari M1, Soma K2: ESC Congress 2013 (2013/9/4), Amsterdam, Netherlands. (青山直善1, 黒澤利郎, 福田直人, 森口昌彦, 河野 健, 西井基継1, 西成真琴1, 相馬一亥2: 1循環器内, 2救命)

713066. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Interval Between QRS Onset to End of the R-Wave in Left Chest Leads Reflects the Left Ventricular Activation Delay -Evaluations of 12-Lead Electrocardiogram and Coronary Sinus Bipolar Electrogram-. Hara H, Ito Y, Yanagisawa T, Murakami M1, Niwano S1: Annual Scientific Meeting of American Heart Association 2013 (2013/11/18), Dalas, USA. (村上雅美1, 庭野慎一1: 1循環器内)

713067. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The clinical significance of the late gadolinium enhancement patterns of cardiovascular magnetic resonance to predict long-term prognosis in idiopathic dilated cardiomyopathy. Inomata T1, Nabeta K2: Annual Scientific Meeting of American Heart Association 2013 (2013/11/18), Dalas, USA. (猪又孝元1, 鍋田 健2: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713068. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) "PAF predicting score" for distinction of paroxysmal and non-parox ysmal atrial fibrillation by using clinical parameters and fibrillation cycle length in the surface ECG. Oikawa J1, Niwano S2, Niwano H, Ishizue N1, Yoshizawa T1, Satoh A2, Kurokawa S2, Hatakeyama Y2, Fukaya H2, Ako J2: Annual Scientific Meeting of American Heart Association 2013 (2013/11/19), Dalas, USA. (及川 淳1, 庭野慎一2, 石末成哉1, 吉澤智治1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山祐子2, 深谷英平2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713069. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Comparative study of cardiac magnetic resonance and endomyocardial biopsy to predict left ventricular reverse remodeling and prognosis in idiopathic dilated cardiomyopathy. Inomata T1, Nabeta K2: Annual Scientific Meeting of American Heart Association 2013 (2013/11/19), Dalas, USA. (猪又孝元1, 鍋田 健2: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713070. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Prevalence and clinical impact of normalization of left ventricular ejection fraction after optimal pharmacotherapy in patients with nonischemic dilated cardiomyopathy. Inomata T1, Ikeda Y2: Annual Scientific Meeting of American Heart Association 2013 (2013/11/19), Dalas, USA. (猪又孝元1, 池田祐毅2: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713071. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Febuxostat Prevents Atrial Remodeling via Decreasing Production of Reactive Oxygen Species in Canine Model of Atrial Fibrillation. Yoshizawa T1, Niwano S2, Niwano H, Ishizue N1, Oikawa J1, Satoh A2, Kurokawa S2, Hatakeyama Y2, Fukaya H2, Ako J2: Annual Scientific Meeting of American Heart Association 2013 (2013/11/20), Dalas, USA. (吉澤智治1, 庭野慎一2, 石末成哉1, 及川 淳1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山祐子2, 深谷英平2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

721003. [学会 (全国)] (特別講演) Diagnosis of Arrhythmia Through the Body-Surface ECG Recording. 庭野慎一 (循環器内): 第29回日本不整脈学会学術大会/第31回日本心電学会学術集会 合同学術大会 (2013/7/22-25), 東京.

721004. [学会 (全国)] (特別講演) 臨床心臓病up to date:急性心不全の治療戦略の考え方. 猪又孝元 (循環器内): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20), 熊本.

721005. [学会 (全国)] (特別講演) 右心不全をどう診るか? 猪又孝元 (循環器内): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/22), 東京.

722065. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 心房細動における心原性脳塞栓症予防の重要性−新規経口抗凝固薬による新たな展開−. 庭野慎一 (循環器内): 第24回日本心エコー図学会学術集会 (2013/4/26), 東京.

722066. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 心臓リハビリテーションの医療職卒前・卒後教育の現状と課題 研修医・病棟医に対する心臓リハビリテーション体験を実施して. 野田千春1, 増田 卓2, 河野真理3, 蛯名由加里3, 五十嵐亜希子3, 神谷健太郎4, 濱崎伸明4, 見井田和正4, 庭野慎一1 (1循環器内, 2医療衛生学部, 3看護部, 4リハビリ部): 第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2013/7/13), 仙台.

722067. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) Management of Candidates for Cardiac Transplanatation -From the Standpoints of Internal Medicine Physicians-. 猪又孝元 (循環器内): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/21), 東京.

723199. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 左室補助人工心臓からの離脱が可能であった特発性拡張型心筋症の一例. 池田祐毅1, 小板橋俊美2, 藤石珠美1, 鍋田 健1, 岩元三和, 石井俊輔1, 佐藤孝典2, 成毛 崇2, 渡辺一郎, 竹内一郎3, 猪又孝元2, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3救命): 第24回日本心エコー図学会学術集会 (2013/4/25), 東京.

723200. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心エコー図上左室心内膜側全周性に高輝度部位を認めた心アミロイドーシスの一例−心臓MRIおよび病理組織所見との対比−. 石末成哉1, 小板橋俊美2, 黒川早矢香2, 猪又孝元2, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第24回日本心エコー図学会学術集会 (2013/4/26), 東京.

723201. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心室中隔に腫瘤を認めた心サルコイドーシスの一例. 小板橋俊美1, 猪又孝元1, 池田祐毅2, 藤石珠美2, 石末成哉2, 庭野慎一1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第24回日本心エコー図学会学術集会 (2013/4/26), 東京.

723202. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多発する乳頭状線維弾性腫により脳塞栓を繰り返した若年性脳梗塞の一例. 藤石珠美1, 小板橋俊美2, 岩元三和, 華山直仁, 猪又孝元2, 宮地 鑑3, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3心臓血管外):: 第24回日本心エコー図学会学術集会 (2013/4/26), 東京.

723203. [学会 (全国)] (一般講演) 透析施設における末梢動脈疾患患者支援システムの構築. 米山淳子1, 青山直善2, 岩崎美津子3, 福田直人4, 竹内美恵子1, 高橋範子1, 桑田比砂江1, 吉田 煦1, 堀口順子1, 上村 薫1, 松沢良太1, 石井 玲1, 鎌田貢壽5, 竹内康雄5, 小岩文彦6 (1さがみ循環器クリニック, 2循環器内, 3東芝林間病院腎臓内科, 4東芝林間病院循環器内科, 5腎臓内, 6昭和大学藤が丘病院腎臓内科): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/21), 福岡, 日本透析医学会雑誌 2013/6; 46 (suppl 1): 675.

723204. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Two Cases in whom P Wave Morphological Changes could be Evaluated Preceding the Appearance of New Onset Atrial Fibrillation. 吉澤智治1, 庭野慎一2, 石末成哉1, 及川 淳1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山祐子2, 深谷英平2, 庭野裕恵 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第28回日本不整脈学会学術大会 (2013/7/5), 東京.

723205. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Clinical outcomes in CKD patients treated with Everolimus-eluting stents (EES) and Paclitaxel-eluting stents (PES) : Comparison between Hemodialysis and Non-hemodialysis patients. 北里梨紗1, 下浜孝郎2, 箸方健宏1, 亀田 良2, 佐藤伸洋2, 竹内一郎3, 東條美奈子4, 東條大輝2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3救命, 4医療衛生学部): 第22回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2013/7/11), 神戸.

723206. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) OCT findings of different tissue components in BMS restenosis at 16 years in the same patient with multiple coronary lesions. 箸方健宏1, 下浜孝郎2, 北里梨紗1, 亀田 良2, 東條大輝2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第22回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2013/7/11), 神戸.

723207. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Distinction of Paroxysmal and Persistent Atrial Fibrillation at the Time of First Documented Atrial Fibrillation Using Clinical Parameters Including Fibrillation Cycle Length in Surface ECG. 及川 淳1, 庭野慎一2, 石末成哉1, 吉澤智治1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山祐子2, 深谷英平2, 庭野裕恵 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第29回日本不整脈学会学術大会/第31回日本心電学会学術集会 合同学術大会 (2013/7/22-25), 東京.

723208. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) STEMI患者におけるE-ZESとBMS留置後の内膜被覆過程の比較: OCTを用いた経時的な検討. 亀田 良1, 下浜孝郎1, 東條大輝1, 石井早弥香2, 箸方健宏2, 北里梨紗2, 佐藤伸洋1, 竹内一郎3, 庭野慎一1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3救命): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20), 熊本.

723209. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 左室逆リモデリングと予後は組織像でいかに予測できるか−特発性拡張型心筋症における心内膜生検と心臓MRIの比較. 石井俊輔1, 猪又孝元2, 池田祐毅1, 鍋田 健1, 岩元三和, 小板橋俊美2, 西井基継2, 竹内一郎3, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 循環器内2, 3救命): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20), 熊本.

723210. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 包括的心不全治療で自立歩行を取り戻したBecker型筋ジストロフィー心筋症の一例. 成毛 崇1, 猪又孝元1, 池田祐毅2, 岩元三和, 鍋田 健2, 石井俊輔2, 小板橋俊美1, 野田千春1, 庭野慎一1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20), 熊本.

723211. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性腎臓病患者におけるBiolimus溶出性ステントとPaclitaxel溶出性ステントの長期臨床成績の比較検討. 箸方健宏1, 下浜孝郎2, 石井早弥香1, 北里梨紗1, 亀田 良2, 深谷英平2, 竹内一郎3, 東條大輝2, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3救命): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20), 熊本.

723212. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 拡張型心筋症における左室逆リモデリングの出現時期の意義と予測因子の検討. 池田祐毅1, 猪又孝元2, 飯田祐一郎1, 鍋田 健1, 岩元三和, 石井俊輔1, 佐藤孝典2, 成毛 崇2, 小板橋俊美2, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/21), 熊本.

723213. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 緩和医療の対象とされながら重症心不全への積極的介入にて自立生活にまで回復したMELAS症例. 佐藤孝典1, 庭野慎一1, 猪又孝元1, 小板橋俊美1, 水谷知泰1, 成毛 崇1 (1循環器内): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/21), 熊本.

723214. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心臓MRIの経時的変化が有する拡張型心筋症の予後予測能. 鍋田 健1, 猪又孝元2, 飯田祐一郎1, 池田祐毅1, 岩元三和, 石井俊輔1, 佐藤孝典2, 水谷知泰2, 成毛 崇2, 小板橋俊美2, 竹内一郎3, 西井基継2, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3救命): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/21), 熊本.

723215. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頻脈の誘因なく心機能の再増悪を来した頻脈誘発性心筋症の一例. 飯田祐一郎1, 猪又孝元2, 池田祐毅1, 岩元三和, 鍋田 健1, 石井俊輔1, 佐藤孝典2, 水谷知泰2, 成毛 崇2, 小板橋俊美2, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/21), 熊本.

723216. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心不全早期における抗酸化療法は電気的リモデリングを抑制する−イソプロテレノール負荷心不全ラットにおける検討−. 及川 淳1, 庭野慎一2, 庭野裕恵, 真崎義彦, 石末成哉1, 吉澤智治1, 佐藤 陽2 黒川早矢香2, 畠山裕子2, 深谷英平2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第30回日本心電学会学術集会 (2013/10/11), 青森.

723217. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心房頻拍に対するが多形性心室頻拍の抑制に有効であった1例. 佐藤 陽1, 深谷英平1, 石末成哉2, 吉澤智治2, 及川 淳2, 黒川早矢香1, 畠山裕子1, 庭野裕恵, 庭野慎一1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第30回日本心電学会学術集会 (2013/10/11), 青森.

723218. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新規発症心房細動における発症前のP波形態の経時的変化の検討. 吉澤智治1, 庭野慎一2, 石末成哉1, 及川 淳1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山裕子2, 深谷英平2, 庭野裕恵 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第30回日本心電学会学術集会 (2013/10/11), 青森.

723219. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低体温療法は細胞内Ca動態を修飾しDADを抑制する. 深谷英平1, 庭野慎一1, Piktel JS, Plummer BN, Laurita KR, Rosenbaum DS, Wilson LD (1循環器内): 第30回日本心電学会学術集会 (2013/10/12), 青森.

723220. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Prognostic impact of the time course of left ventricular reverse remodeling in patients with non-ischemic dilated cardiomyopathy. 猪又孝元1, 鍋田 健2 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第18回日本心不全学会学術集会 (2013/11/29), さいたま.

723221. [学会 (全国)] (一般講演) Comprehensive Strategy Using Mechanical Cardiac Support for a Dilated Cardiomyopathy Patient with Intolerable Heart Failure Condition. 池田祐毅1, 猪又孝之2, 成毛 崇2, 小板橋俊美2, 竹内一郎3, 北村 律4, 和泉 徹2, 宮地 鑑4, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3救命, 4心臓血管外): 第18回日本心不全学会学術集会 (2013/11/29), さいたま, J Card Fail 2013/10; 19 (10 Suppl): S130.

723222. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) リード抵抗値の変化のみではICDリード位置移動が指摘できなかった3症例. 黒川早矢香1, 庭野慎一1, 近藤亜由美2, 武田章数2, 石末成哉3, 吉澤智治3, 及川 淳3, 佐藤 陽1, 畠山祐子1, 深谷英平1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2MEセ, 3大学院医療系研究科): 第6回植込みデバイス関連冬季大会 (2014/2/21), 広島.

723223. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Comparison of vascular response after E-ZES versus BMS implantation in STEMI patients: Time course of OCT findings. 亀田 良1, 下浜孝郎1, 東條大輝1, 西成真琴1, 石井俊輔2, 箸方健宏2, 北里梨紗2, 佐藤伸洋1, 竹内一郎3, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3救命): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/21), 東京.

723224. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Febuxostat, a Xanthine-Oxidase-Inhibitor, Suppresses Atrial Remodeling through Anti-Oxidative Effect in Canine Model of Atrial Fibrillation. 吉澤智治1, 庭野慎一2, 庭野裕恵, 石末成哉1, 及川 淳1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 畠山祐子2, 深谷英平2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/21), 東京.

723225. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Clinical impact of myocardial tissue characterization on response to therapies in nonischemic dilated cardiomyopathy. 猪又孝元1, 石井俊輔2 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/21), 東京.

723226. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Comparative Study of Detecting Myocardial Inflammation in Cardiac Sarcoidosis Treated With Prednisolone. 猪又孝元 (循環器内): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/21), 東京.

723227. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Prognostic significance of the change of late gadolinium enhancement on cardiovascular magnetic resonance in non-ischemic dilated cardiomyopathy late gadolinium enhancement on cardiovascular magnetic resonance in non-ischemic dilated cardiomyopathy. 猪又孝元1, 鍋田 健2 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/21), 東京.

723228. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Proportion of Heart Failure Patients Eligible for the Inclusion Criteria of SHIFT Trial on Real World Practice in Japan. 猪又孝元1, 藤田鉄平1 (1循環器内): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/21), 東京.

723229. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Electrical Storm of Ventricular Fibrillation in Brugada Syndrome is Associated with Inferolateral J Wave. Kaneko Y, Horie M, Hasegawa K, Niwano S1, Kusano K, Noda T, Kamakura S, Aizawa Y, Takatsuki S, Kurita T, Mitsuhashi T, Nakajima T, Irie T, Fukuda K, Kurabayashi M, Aizawa Y: 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/22), 東京. (庭野慎一1: 1循環器内)

723230. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Prognostic Utility of Cardiac Magnetic Resonance Imaging Related to the Timing of Morphometric Improvement in Patients with Idiopathic Dilated Cardiomyopathy. 池田祐毅1, 猪又孝元2, 飯田祐一郎1, 鍋田 健1, 石井俊輔1, 佐藤孝典2, 水谷知泰2, 成毛 崇2, 小板橋俊美2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/22), 東京.

723231. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Comparison of Neointimal Coverage of Resolute Zotarolimus-Eluting St ent and Everolimus-Eluting Stent at Early Phase Follow-up: Evaluated by Opti cal Coherence Tomography. 箸方健宏1, 東條大輝2, 石井俊輔1, 北里梨紗1, 亀田 良2, 下浜孝郎2, 東條美奈子3, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/23), 東京.

723232. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Ranolazine Suppresses Cardiac Alternans in Heart Failure. Fukaya H1, Plummer B, Piktel J, Wan X, Laurita K, Niwano S1, Ako J1, Wilson L: 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/23), 東京. (深谷秀平1, 庭野慎一1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

723233. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The Early Introduction of Carvedilol Prior to Relieved Decompensated Status Improves the Prognosis in Heart Failure Patients. 猪又孝元 (循環器内): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/23), 東京.

731026. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メルクマール論〜その根底にあるものは何か. 猪又孝元 (循環器内): 第2回若手心不全研究会 (2013/4/13), 神戸.

731027. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理の新たな視点〜水利尿をどう生かすか〜. 猪又孝元 (循環器内): 小田原心不全治療研究会 (2013/5/9), 小田原.

731028. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メルクマール論〜その根底にあるものは何か. 猪又孝元 (循環器内): 第6回埼玉県心不全症例検討会 (2013/5/16), さいたま.

731029. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 系統的な心不全管理を考える. 猪又孝元 (循環器内): 第2回西湘心臓血管病セミナー (2013/5/21), 藤沢.

731030. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 形態学から心不全の予後はどこまでわかるのか? 猪又孝元 (循環器内): 心筋生検勉強会 (2013/5/24), 岡山.

731031. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全をアートする〜包括的心不全管理を目指して. 猪又孝元 (循環器内): 渋川地区医師会・北関東循環器病院合同講演会 (2013/6/20), 渋川.

731032. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理を系統立てて考える, 伝える, そして治す. 猪又孝元 (循環器内): Sempos循環器セミナー (2013/7/1), 東京.

731033. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メルクマール論〜その根底にあるものは何か〜. 猪又孝元 (循環器内): 第13回水戸・日立CCUネットワーク研究会 (2013/7/5), 水戸.

731034. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メルクマール論 〜その根底にあるものは何か. 猪又孝元 (循環器内): 第6回新鎌北湖カンファレンス (2013/7/17), 川越.

731035. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理に水利尿をどう生かすのか. 猪又孝元 (循環器内): 横浜サムスカ学術講演会 (2013/7/25), 横浜.

731036. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今の視点から問い直す, 拡張型心筋症とは何か. 猪又孝元 (循環器内): 第25回静岡県心不全研究会 (2013/7/27), 浜松.

731037. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 臨床シナリオで生かし切るtolvaptan実践法. 猪又孝元 (循環器内): 関西 水の会 (2013/9/6), 大阪.

731038. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全をアートする〜包括的心不全管理を目指して. 猪又孝元 (循環器内): 第13回不整脈・心不全研究会 (2013/10/4), 札幌.

731039. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全をアートする〜系統立てた心不全管理とは. 猪又孝元 (循環器内): 岩手医大心不全研修会 (2013/10/7), 盛岡

731040. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 慢性心不全の病態理解の進歩と内科治療の変遷. 猪又孝元 (循環器内): 第5回日本小児循環器学会教育セミナー (2013/11/2), 大阪.

731041. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Decongestionを語ろう. 猪又孝元 (循環器内): Osaka cardiac Medical Care Conference (2013/11/12), 大阪.

731042. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Decongestionを考える. 猪又孝元 (循環器内): 佐久小諸循環器研究会 (2013/11/15), 佐久.

731043. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Decongestionを考える. 猪又孝元 (循環器内): 第2回播磨心不全学術講演会 (2013/11/22), 姫路.

731044. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今なぜ高血圧なのか〜心不全診療から考える. 猪又孝元 (循環器内): 鹿児島市内科医会学術講演会 (2013/11/25), 鹿児島.

731045. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全をアートする〜包括的管理を目指して. 猪又孝元 (循環器内): 第2回むつ心不全講演会 (2013/11/26), むつ.

731046. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全診療をアートする〜病院として, 地域として. 猪又孝元 (循環器内): 虹が丘病院学術講演会 (2013/12/3), 長崎.

731047. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全をアートする〜包括的心不全管理を目指して. 猪又孝元 (循環器内): 第16回丹沢・足柄上病診連携学術講演会 (2013/12/5), 秦野.

731048. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全をアートする〜包括的管理を目指して. 猪又孝元 (循環器内): 第2回広島循環器ケア・リハビリテーション研究会 (2013/12/14), 広島.

731049. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今どきの心不全管理〜どこにポイントを置くのか. 猪又孝元 (循環器内): 佐賀県心不全治療戦略講演会 (2013/12/20), 佐賀.

731050. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全治療はどこに向かうのか〜β遮断薬治療を絡めて. 猪又孝元 (循環器内): 周南地区βブロッカー学術講演会 (2014/2/7), 徳山.

731051. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全診療におけるメルクマールを考える. 猪又孝元 (循環器内): 第1回患者さんにとってより良い循環器医療を考える会 (2014/2/8), 伊丹.

731052. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心筋のことは心筋に聞け〜実地医から見た心筋病理の可能性. 猪又孝元 (循環器内): 第14回心筋会 (2014/2/15), 東京.

731053. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全をアートする〜包括的心不全管理を目指して. 猪又孝元 (循環器内): 多治見心不全フォーラム2014 (2014/3/5), 多治見.

732025. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): エリキュース発売記念講演会 in 福島2013 (2013/4/19), 福島.

732026. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 第23回三重不整脈研究会 (2013/4/26), 津.

732027. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 第2回Tokyo Heart & Brain Joint Forum (2013/5/8), 新宿.

732028. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): エリキュース発売記念講演会 in 秋田2013 (2013/5/16), 秋田.

732029. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 第2回Kumagaya Care AF講演会 (2013/5/24), 熊谷.

732030. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): エリキュースExpert Seminar in横浜 (2013/5/28), 横浜.

732031. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動の抗血栓治療−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 第3回北足立循環器セミナー (2013/6/19), 北本.

732032. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 浜名医師会学術講演会2013 (2013/6/22), 浜松.

732033. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): エリキュース発売記念講演会in浦和 (2013/7/8), さいたま.

732034. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): エリキュース適正使用セミナーin前橋 (2013/9/27), 前橋.

732035. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 急性心不全診療における心エコーの役割. 猪又孝元 (循環器内): 日本超音波医学会講習会 (2013/10/12), 大阪.

732036. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 不整脈の薬物治療−最近の考え方−. 庭野慎一 (循環器内): 青葉台循環器研修会 (2013/10/25), 横浜.

732037. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): プラザキサ沼津地区Net Work Meeting (2013/10/29), 沼津.

732038. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動の抗血栓治療−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 第4回北足立循環器セミナー (2013/11/6), 鴻巣.

732039. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動の抗血栓治療−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 日本医師会生涯教育協力講座「心房細動と脳梗塞」(2013/12/7), 新潟.

732040. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動の脳塞栓予防−NOAC時代の抗凝固薬の使い分け−. 庭野慎一 (循環器内): 心房細動における抗凝固療法を考える会 in 盛岡 (2014/1/16), 盛岡.

732041. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) Heart Failure Management in Japan-From the Experience of a Single Institute. 猪又孝元 (循環器内): CRT Breakthrough Japan Summit 2014 (2014/1/18), 神戸.

732042. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 入院早期のうっ血解除のポイント. 猪又孝元 (循環器内): サムスカ発売3周年記念全国講演会 (2014/1/25), 東京.

732043. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の抗凝固療法アップデート−新ガイドラインにおけるNOACの使い分けを踏まえて−. 庭野慎一 (循環器内): Stroke Seminar in 東大和 (2014/1/28), 東大和.

732044. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の抗凝固療法アップデート−新ガイドラインにおけるNOACの使い分けを踏まえて−. 庭野慎一 (循環器内): 抗凝固療法研究会in鈴鹿 (2014/2/13), 鈴鹿.

732045. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の抗凝固療法アップデート−新ガイドラインにおけるNOACの使い分けを踏まえて−. 庭野慎一 (循環器内): 下越病院循環器病診連携ネットワークフォーラム (2014/2/18), 新津.

732046. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の抗凝固療法アップデート−新ガイドラインにおけるNOACの使い分けを踏まえて−. 庭野慎一 (循環器内): 城東NOAC Forum –Focus on Apixaban- (2014/2/28), 東京.

732047. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の抗凝固療法アップデート−新ガイドラインにおけるNOACの使い分けを踏まえて−. 庭野慎一 (循環器内): 湘南抗凝固療法研究会 (2014/3/4), 平塚.

732048. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の抗凝固療法アップデート−新ガイドラインにおけるNOACの使い分けを踏まえて−. 庭野慎一 (循環器内): 抗凝固療法フォーラムin佐渡 (2014/3/11), 佐渡.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-522001. [講座]【座談会】抗凝固療法における新しい展開−心房細動患者の医療連携における第Xa因子阻害薬の役割. 竹内茂和, 庭野慎一1, 渡邊正人, 小田弘隆, 田辺恭彦, 岡部正明 (1循環器内): Medical Tribune 2012/7; p.1-4.

H24-522002. [講座]【座談会】抗凝固療法における新しい展開−心房細動患者の医療連携における第Xa因子阻害薬の役割. 松本万夫, 庭野慎一1, 遠藤康弘, 船崎俊一, 荒木信夫, 新田順一 (1循環器内): Medical Tribune 2012/8; p.1-4.

H24-522003. [講座]【座談会】抗凝固療法における新しい展開−心房細動患者の医療連携における第Xa因子阻害薬の役割. 石川利之, 庭野慎一1, 野上昭彦, 吉岡公一郎, 川口竹男, 原田智雄 (1循環器内): Medical Tribune 2012/8; p.1-4.

H24-522004. [講座]【特集: 慢性心不全の薬物治療−それぞれのステージでの長期予後を見据えた早期介入−】II. 急性心不全と薬物療法 (ERでの上手な対応法) 1. 起座呼吸や呼吸困難への急性期対応〜長期予後を展望した早期対応〜. 青山直善 (循環器内): 月刊循環器Cirulation 2013/2; 3: 38-46.

[著 書]
H24-620003. [学術書] (分担執筆)【不整脈概論 専門医になるためのエッセンシャルブック】IV-治療編 その他の循環器薬とアップストリーム治療, p.164-71. 庭野慎一1, 池田隆徳, 山下武志 (1循環器内), 編: 池田隆徳, 山下武志, メジカルビュー社, 東京, 2013/1発行.

H24-620004. [学術書] (分担執筆)【改訂版 循環器治療薬の選び方・使い方 症例でわかる薬物療法のポイントと根拠】II. 疾患編 、4 不整脈疾患 4. 心房粗動, p.267-71. 庭野慎一1, 池田隆徳 (1循環器内), 編: 池田隆徳, 羊土社, 東京, 2013/2発行.

H24-620005. [学術書] (分担執筆)【改訂版 循環器治療薬の選び方・使い方 症例でわかる薬物療法のポイントと根拠】II. 疾患編 、4 不整脈疾患 5. 発作性上室頻拍, p.272-8. 庭野慎一1, 池田隆徳 (1循環器内), 編: 池田隆徳, 羊土社, 東京, 2013/2発行.

[学会・研究会等]

H18-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性心不全に対する小型サウナ装置を用いた温熱療法の効果. 福留 剛, 野田千春1, 青山直善1, 猪又孝元1, 和泉 徹1, 宮田昌明, 鄭 忠和 (1循環器内): 第12回心臓リハビリテーション学会学術集会 (2006/7/8-9), 大阪.

H18-723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 温熱療法の退院後の指導における, 看護介入の課題. 富樫 恵, 増田正和, 佐々木登久美, 野田千春1 (1循環器内): 第10回日本心不全学会学術集会 (2006/10/13-15), 東京.

H19-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 健常成人の自律神経活動と末梢循環動態に対する温熱療法の効果−遠赤外線乾式サウナと下肢部分浴との比較−. 佐藤友則, 野田千春1, 山本壱弥, 倉形裕史, 増田 卓2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療衛生学部): 第13回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2007/7/13-14), 東京.

H19-723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心筋梗塞患者に対する運動療法が自律神経活動の日内変動に及ぼす影響について. 山本壱弥, 前田智美, 野田千春1, 増田 卓2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療衛生学部): 第13回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2007/7/13-14), 東京.

H19-723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 薬物療法を受けている2型糖尿病患者の運動負荷時の血糖低下と糖尿病管理状況について. 藤山祐司, 山本壱弥, 野田千春1, 増田 卓2, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療衛生学部): 第13回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2007/7/13-14), 東京.

H19-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 慢性閉塞性動脈硬化症患者における温熱療法が末梢循環動態と運動機能に及ぼす影響 遠赤外線乾式サウナ浴での検討. 佐藤友則, 倉形裕史, 野田千春1, 松永篤彦2, 増田 卓2 (1循環器内, 2医療衛生学部): 第25回神奈川県理学療法士学会 (2008/3/18), 横浜.

H20-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高血圧患者の動脈伸展性と自律神経機能に対する長時間作用型Ca拮抗薬の評価. 福田倫也1, 守屋達美2, 田中啓司, 野田千春3, 増田 卓1, 和泉 徹3 (1医療衛生学部, 2健康管理セ, 3循環器内): 第31回日本高血圧学会総会 (2008/10/9-11), 札幌.

H21-722001. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 心臓・血管リハビリテーションにおける和温療法の意義 心不全に対する和温療法の効果. 野田千春 (循環器内): 第15回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2009/7/18-19), 東京.

H21-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重症閉塞性動脈硬化症の末梢循環動態と交感神経活動に及ぼす和温療法の改善効果. 野田千春1, 増田 卓2, 倉形裕史, 高橋由美3, 河野真理3, 五十嵐亜希子3, 山城留美子3, 見井田和正4, 並木優子4, 神谷健太郎4, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療衛生学部, 3看護部, 4リハビリ部): 第45回日本循環器病予防学会・日本循環器管理研究協議会総会 (2009/6/5-6), 横浜.

H21-723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病を合併した高血圧患者の糖・脂質代謝および腎機能に対するL型およびN型のカルシウムチャネルブロッカーの効果 L型カルシウムチャネルブロッカーとの比較. 増田 卓1, 小倉 彩1, 山本壱弥, 鈴木秀俊, 清水良祐, 亀川大輔, 饗庭尚子, 田畑 稔, 小松麻美, 横山美佐子, 野田千春2, 東條美奈子1, 和泉 徹2 (1医療衛生学部, 2循環器内): 第32回日本高血圧学会総会 (2009/10/1-3), 滋賀.

H21-723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Effects of Waon Therapy on Peripheral Hemodynamics and Sympathetic Activity in Patients with Severe Arteriosclerosis Obliterans (ASO). 野田千春1, 増田 卓2, 見井田和正3, 神谷健太郎3, 青山直善1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療衛生学部, 3リハビリ部): 第74回日本循環器学会総会・学術集会 (2010/3/5-7), 京都.

H22-713001. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of Won therapy on peripheral hemodynamics and sympathetic activity in patients with severe arteriosclerosis obliterans. Noda C1, Masuda T2, Kawano M3, Takahashi Y, Kurashima M, Miida K3, Kamiya K3, Aoyama N1, Izumi T1: World Congress of Cardiology, Scientific Sessions, 2010 (2010/6/16-19), Beijing, China. (野田千春1, 増田 卓2, 河野真理3, 見井田和正3, 神谷健太郎3, 青山直善1, 和泉 徹1: 1循環器内, 2医療衛生学部, 3リハビリ部)

H22-722001. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 和温療法の最前線 閉塞動脈硬化症における和温療法. 野田千春 (循環器内): 第16回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2010/7/17-18), 鹿児島.

H22-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小型サウナ装置を用いた和温療法の心不全患者における効果. 野田千春1, 増田 卓2, 高橋由美3, 河野真理3, 倉島真紀3, 見井田和正4, 神谷健太郎4, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療衛生学部, 3看護部, 4リハビリ部): 第46回日本循環器病予防学会・日本循環器管理研究協議会総会 (2010/5/28-29), 東京.

H22-723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病患者における運動負荷後の動脈進展性は頸動脈中膜内膜複合体肥厚の長期変化を反映する. 小倉 彩1, 山本壱弥, 鈴木秀俊, 亀川大輔, 小倉太一, 原美弥子, 野田千春2, 東條美奈子1, 増田 卓1, 和泉 徹2 (1医療衛生学部, 2循環器内): 第16回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2010/7/17-18), 鹿児島.

H22-723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重症下肢虚血肢に対する自家末梢血単核球細胞移植が奏功した症例の治療前の血管所見とは. 西成真琴1, 青山直善1, 大谷慎一2, 金井昭文3, 加藤伸太郎1, 野田千春1, 東條美奈子4, 渡辺昌文, 平田光博3, 増澤幹男, 小原邦義, 和泉 徹1 (1循環器内, 2輸血・細胞移植, 3新世紀医療・横断的医療, 4医療衛生学部): 第58回日本心臓病学会学術集会 (2010/9/17-19), 東京.

H23-713001. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effects of Waon therapy on peripheral hemodynamics, sympathetic nervous activity and oxidative stress in patients with severe arteriosclerosis obliterans. Noda C1, Masuda T2, Kawano M, Takahashi Y, Kurashima M, Miida K3, Kamiya K3, Aoyama N1, Izumi T1: ESC Congress, 2011 (2011/8/27-31), Paris, France. (野田千春1, 増田 卓2, 見井田和正3, 神谷健太郎3, 青山直善1, 和泉 徹1: 1循環器内, 2医療衛生学部, 3リハビリ部)

H23-722001. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 心臓リハビリ参加率と継続率の向上にむけて 多職種介入による心臓病教室は急性心筋梗塞患者の外来心リハ継続率を向上する. 野田千春1, 増田 卓2, 河野真理3, 倉島真紀3, 高橋由美3, 神谷健太郎4, 見井田和正4, 和泉 徹1 (1循環器内, 2医療衛生学部, 3看護部, 4リハビリ部): 第17回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2011/7/16-17), 大阪.

H23-722002. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 心不全における和温療法 心不全患者における血管内皮機能と和温療法. 野田千春 (循環器内): 第15回日本心不全学会学術集会 (2011/10/13-15), 鹿児島.

H23-723001. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 不顕性自律神経障害を有する糖尿病患者は運動時に自律神経活動の不均衡を生じ過剰な血圧上昇を惹起する. 亀川大輔, 増田 卓1, 秋山綾子, 堀田一樹, 田畑 稔, 横山美佐子1, 小倉 彩1, 清水良祐, 饗庭尚子, 野田千春2, 和泉 徹2 (1医療衛生学部, 2循環器内): 第17回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2011/7/16-17), 大阪.

H23-723002. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 安定期虚血性心疾患患者の血管内皮機能は中強度の身体活動時間の増加量に応じて改善する. 根本慎司, 東條美奈子1, 若梅一樹, 饗庭尚子, 亀田 良2, 山本周平, 木村雅彦, 小倉 彩1, 町田陽二, 吉田友紀, 野田千春2, 松永篤彦1, 増田 卓1, 和泉 徹2 (1医療衛生学部, 2循環器内): 第17回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2011/7/16-17), 大阪.

H23-723003. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 生活習慣病患者において身体活動量を増加させる運動指導は4週間でも血中Pentraxin3を低下させる. 若梅一樹, 東條美奈子1, 根本慎司, 亀田 良2, 饗庭尚子, 東條大輝2, 吉田友紀2, 町田陽二, 野田千春2, 増田 卓1, 和泉 徹2 (1医療衛生学部, 2循環器内): 第17回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2011/7/16-17), 大阪.

H23-723004. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重症下肢虚血に対する自家末梢血単核球細胞移植治療直後の炎症性サイトカインの変動と予後. 西成真琴1, 青山直善1, 大谷慎一2, 金井昭文3, 平田光博3, 中里和美, 八木和世4, 加藤伸太郎1, 野田千春1, 渡辺昌文, 和泉 徹1 (1循環器内, 2輸血・細胞移植, 3新世紀医療・横断的医療, 4臨検部): 第59回日本心臓病学会学術集会 (2011/9/23-25), 神戸.

H23-732001. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 抗凝固療法の新たな展開−心原性脳塞栓症を安全確実に予防する−. 庭野慎一 (循環器内): 神奈川県病院薬剤師研究会 (2012/3/22), 横浜.

H24-712004. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Fight against the congestion-from updated evidence and experience. Inomata T1: The 6th ICOH International Conference on Work Environment and Cardiovascular Diseases (2013/3/29), Tokyo. (猪又孝元1: 1循環器内)

H24-723004. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Statin Prophylactically Suppresses the Shortening of Fibrillation Cycle Length (FCL) in Cases with First Diagnosed Atrial Fibrillation. 及川 淳1, 庭野慎一2, 庭野裕恵, 吉澤智治1, 佐藤 陽2, 黒川早矢香2, 桐生典郎2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第77回日本循環器学会学術集会 (2013/3/15), 横浜.

H24-723005. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Prediction of the appearance of the left ventruclar reverse remodeling. 池田祐毅1, 猪又孝元2, 鍋田 健1, 岩元三和, 佐藤孝典2, 石井俊輔1, 成毛 崇2, 品川弥人2, 小板橋俊美2, 庭野慎一2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第77回日本循環器学会学術集会 (2013/3/16), 横浜.

H24-723006. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Significance of Ventricular Wall Thickening for Assessing Inflammatory Activity in Cardiac Sarcoidosis. 猪又孝元 (循環器内): 第77回日本循環器学会学術集会 (2013/3/17), 横浜.

H24-723007. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Evaluation of the Effect of Standard Heart Failure Therapy on the Fatal Arrhythmogenic Substrates in Patient with Acute Heart Failure. 佐藤 陽1, 庭野慎一1, 庭野裕恵, 吉澤智治2, 及川 淳2, 村上雅美1, 黒川早矢香1, 桐生典郎1, 和泉 徹1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第77回日本循環器学会学術集会 (2013/3/17), 横浜.

H24-723008. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Clinical Significance of T Wave Alterations in Predicting Early Left Ventricular Reverse Remodeling in Patients with Idiopathic Dilated Cardiomyopathy. 猪又孝元1, 石井俊輔2 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第77回日本循環器学会学術集会 (2013/3/17), 横浜.

H24-731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理の新たな視点〜水利尿をどう生かすか〜. 猪又孝元 (循環器内): 多摩心不全学術講演会 (2013/1/28), 多摩.

H24-731002. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 虚血性心不全を考える. 猪又孝元 (循環器内): 第3回SPHERE (2013/2/7), 横浜.

H24-731003. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理の新たな視点〜水利尿をどう生かすか〜. 猪又孝元 (循環器内): 北大阪心不全とサムスカを考える会 (2013/2/8), 大阪.

H24-731004. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理の新たな視点〜水利尿をどう生かすか〜. 猪又孝元 (循環器内): 南予循環器懇話会 (2013/2/22), 宇和島.

H24-731005. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 重症心不全〜内科的にどこまで戦えるのか〜. 猪又孝元 (循環器内): 第9回北関東フォーラム (2013/3/8), 前橋.

H24-731006. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理の新たな視点〜水利尿をどう生かすか〜. 猪又孝元 (循環器内): 海老名水利尿研究会 (2013/3/12), 海老名.

H24-731007. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全管理の新たな視点〜水利尿をどう生かすか〜. 猪又孝元 (循環器内): 第2回東葛南部心不全治療カンファレンス (2013/3/26), 浦安.

H24-732002. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動における心原性脳塞栓症予防−新しい抗凝固療法の有用性−. 庭野慎一 (循環器内): イグザレルト新発売記念講演会 (2012/5/10), 相模原.

H24-732003. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 磐周医師会・磐田医師会学術講演会 (2012/5/15), 磐田.

H24-732004. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の新展開−新しい抗凝固薬の役割−. 庭野慎一 (循環器内): 小田原循環器研究会 (2012/6/5), 小田原.

H24-732005. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 水戸心房細動セミナー (2012/6/15), 水戸.

H24-732006. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の病診連携における新しい抗凝固薬の役割. 庭野慎一 (循環器内): 第7回北里心臓二次予防連携の会 (2012/6/20), 相模原.

H24-732007. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 第1回浦和エリアEmbolism Conference (2012/6/29), 浦和.

H24-732008. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心房細動における心原性脳塞栓症予防の重要性. 庭野慎一 (循環器内): 心房細動治療戦略レクチャーミーティング (2012/7/9), 東京.

H24-732009. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 茂原市長生郡医師会学術講演会 (2012/7/17), 茂原.

H24-732010. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): イグザレルト新発売記念講演会 (2012/7/17), 松本.

H24-732011. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−-抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 清水医師会学術講演会 (2012/9/20), 静岡.

H24-732012. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 滋賀県Care AF講演会2012 (2012/9/29), 大津.

H24-732013. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 京都府Care AF 講演会 2012 (2012/10/6), 京都.

H24-732014. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 藤沢薬剤師会研修会2012 (2012/10/18), 藤沢.

H24-732015. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防の重要性−抗凝固療法の新しい展開−. 庭野慎一 (循環器内): 第1回Cardiac Network Meetin (2012/10/25), 立川.

H24-732016. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等)【より使い易くするためにデータから言えること】血行動態の観点から. 猪又孝元 (循環器内): サムスカ2周年記念全国講演会 (2013/2/16), 東京.

H24-732017. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 心原性脳塞栓症予防における抗凝固療法のあり方−新規経口抗凝固薬ラッシュ時代を迎えて−. 庭野慎一 (循環器内): 榊原記念病院内定例講演会2013 (2013/3/25), 東京.


神経内科学

[学術論文]

110113. [原著] Late-onset anti-NMDA receptor encephalitis. Titulaer MJ, McCracken L, Gabilondo I, Iizuka T1, Kawachi I, Bataller L, Torrents A, Rosenfeld MR, Balice-Gordon R, Graus F, Dalmau J: Neurology 2013/9; 81 (12): 1058-63. (飯塚高浩1: 1神経内)

110114. [原著] Loss of DARPP-32 and calbindin in multiple system atrophy. Hayakawa H, Nagai M1, Kawanami A2, Nakata Y, Nihira T, Ogino M1, Takada M, Saido T, Takano J, Saegusa M3, Mikami T3, Hamada J1, Nishiyama K1, Mochizuki H, Mizuno Y: J Neural Transm 2013/12; 120 (12): 1689-98. (永井真貴子1, 川浪 文2, 荻野美恵子1, 三枝 信3, 三上哲夫3, 濱田潤一1, 西山和利1: 1神経内, 2大学院医療系研究科, 3病理)

110115. [原著] Psychology of patients with amyotrophic lateral sclerosis (ALS). Ryoh M, Hasegawa K1, Fukuyama Y, Nishiyama K1, Kowa H: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 1-5. (長谷川一子1, 西山和利1: 1神経内)

110116. [原著] Psychology of patients with amyotrophic laterral sclerosis (ALS) compared with that of cancer patients. Ryoh M, Hasegawa K1, Furusawa E1, Fukuyama Y, Nishiyama K1, Kowa H: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 6-11. (長谷川一子1, 古澤英明1, 西山和利1: 1神経内)

110117. [原著] Psychology of patients with amyotrophic lateral sclerosis (ALS) compared with spinocerebellar degeneration,Parkinsons disease, and cerebrovascular disease. Ryoh M, Hasegawa K1, Fukuyama Y, Sakai F, Furuhashi N, Nishiyama K1, Kowa H: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 12-6. (長谷川一子1, 西山和利1: 1神経内)

110118. [原著] Overlapping demyelinating syndromes and anti-N-methyl-D-aspartate receptor encephalitis. Titulaer MJ, H喃tberger R, Iizuka T1, Leypoldt F, McCracken L, Cellucci T, Benson LA, Shu H, Irioka T, Hirano M, Singh G, Cobo Calvo A, Kaida K, Morales PS, Wirtz PW, Yamamoto T, Reindl M, Rosenfeld MR, Graus F, Saiz A, Dalmau J: Ann Neurol 2014/3; 75 (3): 411-28. (飯塚高浩1: 1神経内)

120012. [原著] 介護保険導入前後における在宅脳卒中患者の介護状況と介護負担感. 渡邊愛記1, 長山洋史1, 川口敬之1, 福田倫也1, 阿久津二夫2, 神田 直 (1医療衛生学部, 2神経内): 理学療法科学 2013/8; 28 (4): 511-6.

310010. [会議録/症例報告] AP-VAS2012 case report: a case of systemic MPO-ANCA-associated vasculitis that demonstrated brain infarction and immunohistochemically MPO-positive capillaries. Kurata A, Kawashima S, Terado Y, Komagata Y, Kaname S, Okano H, Nishiyama K1, Hirano K, Kamma H, Arimura Y, Yamada A: CEN Case Reports 2013/11; 2 (2): 148-53. (西山和利1: 1神経内)

520008. [総説]【REVIEW & PREVIEW】抗NMDA受容体脳炎. 飯塚高浩 (神経内): Medicina 2013/4; 50 (4): 734-8.

520009. [総説] 抗血栓療法up date. 井島大輔1, 西山和利1 (1神経内): 杏林医学会雑誌 2013/12; 44 (4): 201-7.

521007. [解説]【Featured Literature−注目の論文−】女性と男性の片頭痛について: 脳の機能・構造における性別による多様性. 北村英二 (神経内): Headache Clinical & Science 2013/5; 4 (1): 16-7.

521008. [解説]【臨床家のための頭痛診療ガイドライン2013〜新しいクリニカルクエスチョンと改訂ポイント】《片頭痛の病態・トピックス》1. 片頭痛の前兆と疼痛のメカニズムはどのように考えられているか. 濱田潤一 (神経内): Modern Physician 2013/10; 33 (10): 1201-4.

521009. [解説]【心房細動と認知機能障害の関連をメタ解析で確認】脳卒中の既往に関する評価に議論の余地. 西山和利 (神経内): The Mainichi Medical Journal (MMJ) 2013/12; 9 (4): 197.

522098. [講座]【特集: くも膜下出血−診断と治療のNew Standard】くも膜下出血をおこすその他の疾患−くも膜下出血をおこす内科疾患−. 井島大輔1, 西山和利1 (1神経内): Clinical Neuroscience 2013/4; 31 (4): 437-9.

522099. [講座]【特集: ベールを脱ぐ脳のRAS−その基礎から病態まで−】臨床病態におけるRASの関与−脳血管障−. 富永奈保美1, 西山和利1 (1神経内): Angiotensin Research 2013/4; 10 (2): 105-10.

522100. [講座]【Trends in Headache−頭痛をめぐる諸問題−】Asian Regional Congress of Headache. 飯塚高浩 (神経内): Headache Clinical & Science 2013/5; 4 (1): 35-9.

522101. [講座]【特集: 神経疾患−その多彩な症状と診断手順】特異的症状: 複視. 飯塚高浩 (神経内): Clinical Neuroscience 2013/5; 31 (5): 563-6.

522102. [講座]【ワークショップ: 「頭痛診療を深める〜症例から学び, さらに診療の幅を広げるNext Stageへ〜】どのトリプタンを, どんな患者に, どう使えば最大の効果をもたらすことができるか. 濱田潤一 (神経内): Headache Clinical & Science 2013/5; 4 (1): 57-8.

522103. [講座]【特集: 到来 二人に一人 脳卒中時代】Editorial: 国の明暗を分ける? 脳卒中. 荻野美恵子 (神経内): 内科 2013/5; 111 (5): 806-8.

522104. [講座]【特集: 到来 二人に一人 脳卒中時代】脳卒中各論・治療 脳梗塞の抗血小板療法. 笠倉至言, 西山和利1 (1神経内): 内科 2013/5; 111 (5): 889-6.

522105. [講座]【シンポジウム1: 神経難病在宅人工呼吸器患者の管理と地域連携】3. 神経難病在宅人工呼吸療法におけるチーム医療. 荻野美恵子 (神経内): 神経治療学 2013/6; 30 (3): 277-83.

522106. [講座]【特集: 精神疾患と神経疾患の境界領域】自己免疫性辺縁系脳炎. 飯塚高浩 (神経内): 分子精神医学 2013/7; 13 (3): 168-77.

522107. [講座]【特集: 足の特異な症候】下肢型ALS. 荻野美恵子 (神経内): 脊椎脊髄ジャーナル 2013/7; 26 (7): 753-7.

522108. [講座]【特集: 神経疾患の新しい治療−現場で必須の知識と今後の展望−】トピックス3. 脳血管障害 1) 急性期への対応. 西山和利1, 富永奈保美1 (1神経内): 日本内科学会雑誌 2013/8; 102 (8): 1923-29.

522109. [講座]【連載】検査からみる神経疾患: 抗グリシン受容体抗体. 飯塚高浩 (神経内): Clinical Neuroscience 2013/9; 31 (9): 1101-3.

522110. [講座]【特集: 妊婦の実地内科日常診療−内科外来での診かた・薬の使いかた・留意すること】セミナー: 妊婦の内科疾患の実地診療のすすめかた−ポイントと留意点− 頭痛. 増田 励 (神経内): Medical Practice 2013/9; 30 (9): 1529-31.

522111. [講座]【特集: 学びなおしで疑問とサヨナラ! 輸液管理の基礎から実践まで】STEP 2 疾患と病態に基づく輸液療法の考え 脳卒中−輸液療法の意味はどこにあるか. 増田 励 (神経内): Heart 2013/9; 3 (10): 65-72.

522112. [講座]【特集: 内科医のためのクリニカル・パール2】・神経 神経疾患のクリニカル・パール. 濱田潤一 (神経内): Medicina 2013/9; 50 (9): 1594-6.

522113. [講座]【特集: サルコイドーシス診断と治療の進歩】神経病変の特徴と診断法. 西山和利 (神経内): 呼吸器内科 2013/9; 24 (3): 242-9.

522114. [講座]【特集: サルコイドーシスのすべて】臨床: サルコイドーシスの神経病変とその治療. 西山和利 (神経内): 成人病と生活習慣病 2013/10; 43 (10): 1255-60.

522115. [講座]【シンポジウム (2) 3-2 免疫性神経疾患の新しい展開: 脳から自律神経障害まで】抗グリシン受容体抗体関連疾患の臨床スペクトラム. 飯塚高浩1, 富永奈保美1, 金子淳太郎1 (1神経内): 臨床神経学 2013/11; 53 (11): 1063-6.

522116. [講座]【特集: 中枢神経疾患の早期治療:その意義と課題 】(2) 早期治療の政策および医療経済学的側面. 荻野美恵子 (神経内): 神経治療学 2013/11; 30 (6): 722-9.

522117. [講座]【特集: 人工呼吸療法の新しき展望】非侵襲的人工呼吸器の最新の機種比較. 荻野美恵子1, 白井敦史2 (1神経内, 2MEセ): 難病と在宅ケア 2014/1; 19 (10): 23-7.

540014. [その他 (座談会)] 【Expert Discussion−座談会−】片頭痛の慢性化とは? 難治性片頭痛患者をどのように診断・治療するか. 濱田潤一1, 五十嵐久佳, 石崎公郁子, 柴田 護 (1神経内): Headache Clinical & Science 2013/5; 4 (1): 5-13.

540015. [その他 (座談会)]【特集: 到来 二人に一人 脳卒中時代】国全体で脳卒中に立ち向かうにはどうしたらよいのか? 荻野美恵子1, 豊田一則, 塩川芳昭, 田口博基 (1神経内): 内科 2013/5; 111 (5): 937-50.

540016. [その他 (座談会)]【特集: 脳血管障害−予防・診断・治療法の進歩−】脳卒中診療の課題と展望. 冨本秀和, 西山和利1, 松本昌泰 [司会] (1神経内): 最新医学 2013/5; 68 (5): 905.

540017. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「稀少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究」】告知について: 告知 (ALSを例として). 荻野美恵子 (神経内): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「稀少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究」班 平成25年度難病緩和ケア研修研究会記録集 2013/10; p.29-42.

540018. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「稀少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究」】モルヒネの使い方. 荻野美恵子 (神経内): 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業「稀少性難治性疾患患者に関する医療の向上及び患者支援のあり方に関する研究」班 平成25年度難病緩和ケア研修研究会記録集 2013/10; p.122-9.

540019. [その他 (会議録)]【シンポジウム (4)-8-1: 今後の難病医療】後の難病医療 概観. 荻野美恵子 (神経内): 臨床神経学 2013/11; 53 (11): 1281.

540020. [その他 (インタビュー)]【Listen to the Great−インタビュー−】福内靖男 (福内ペインクリニック院長/慶應義塾大学医学部神経内科前教授). 福内靖男, 濱田潤一1 (聞き手) (1神経内): Headache Clinical & Science 2013; 4 (2): 28-33.

[著 書]

620051. [学術書 (分担執筆)]【特集: 実地医家のための最新・在宅医療実践ガイド 入門から最前線まで (Medical Practice0 (臨時増刊号))】III. 急性疾患と急性病態の在宅診療のすすめ方 (各論2) 主な疾病と病態の在宅医療のポイント 8. 筋萎縮性側索硬化症 (ALS), p.268-73. 長嶋和明1, 荻野美恵子1 (1神経内), 編: Medical Practice編集委員会, 光堂, 東京, 2013/4発行.

620052. [学術書 (分担執筆)]【検査値を読む2013 (内科 111 (6増大号))】33章 穿刺液検査 髄液 (脳脊髄液), p.1624-5. 永井真貴子 (神経内), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620053. [学術書 (分担執筆)]【検査値を読む2013 (内科 111 (6増大号))】33章 穿刺液検査 髄液細胞診, p.1626. 増田 励 (神経内), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620054. [学術書 (分担執筆)]【検査値を読む2013 (内科 111 (6増大号))】33章 穿刺液検査 関節液検査 (II型プロコラーゲン-C-ペプチド). 増田 励 (神経内), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620055. [学術書] (分担執筆) 【ギラン・バレー症候群, フィッシャー症候群診療ガイドライン2013】I. ギラン・バレー症候群 02. 臨床的事項, p.14-33. 荻野美恵子 (神経内), 監修: 日本神経学会, 編:「ギラン・バレー症候群, フィッシャー症候群診療ガイドライン」作成委員会, 日本神経学会, 東京, 2013/6発行.

620056. [学術書 (分担執筆)]【頭痛改訂第2版 (最新医学別冊: 新しい診断と治療のABC 21/神経2)】第3章 片頭痛断 片頭痛の発症機序・病態生理・遺伝子変異, p.93-105. 飯塚高浩 (神経内), 編: 坂井文彦, 最新医学社, 大阪, 2013/7発行.

620057. [学術書 (分担執筆)]【Acute on Chronicで切った呼吸器診療マニュアル−事件は慢性期に起きている−】第2章 Acute on Chronicの実戦対策ガイド 06. 嚥下性肺炎と急性呼吸不全 , p.112-28. 和田裕雄, 下田真史, 平岡祥幸, 西山和利1 (1神経内), 編: 滝澤 始, 文光堂, 東京, 2013/7発行.

620058. [学術書] (分担執筆)【日本医師会生涯教育シリーズ: 神経・精神疾患診療マニュアル (日本医師会雑誌 142 (特別2))】IV. 神経・精神症候からのアプローチ−主要神経・精神症候と鑑別診断 − 頭痛 (頭が痛い), p.88-90. 濱田潤一 (神経内), 監修: 北川泰久, 寺本 明, 三村 將, 編: 飯森眞喜雄, 内山真一郎, 片山容一, 岸本年史, 水澤英洋, 南山堂, 東京, 2013/10発行.

620059. [学術書] (分担執筆)【日本医師会生涯教育シリーズ: 神経・精神疾患診療マニュアル (日本医師会雑誌 142 (特別2))】」. よくみられる神経疾 K. 内科疾患に伴う神経疾患 肺性脳症, p.247-52. 浦野義章, 荻野美恵子1 (1神経内), 監修: 北川泰久, 寺本 明, 三村 將, 編: 飯森眞喜雄, 内山真一郎, 片山容一, 岸本年史, 水澤英洋, 南山堂, 東京, 2013/10発行.

620060. [学術書] (分担執筆)【後までよい人生を支えるには−多死時代の終末期医療−(内科2013年12月増大号)】《Editorial》最現代における終末期医療とは, p.1071-4. 荻野美恵子 (神経内), 南江堂, 東京, 2013/12発行.

620061. [学術書 (分担執筆)]【筋萎縮性側索硬化症ガイドライン2013】3. 告知, 診療チーム, 事前指示, 終末期ケア, p.46-74, p.199-200. 荻野美恵子 (神経内), 監修: 日本神経学会, 編:「筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン」作成委員会, 南江堂, 東京, 2013/12発行.

620062. [学術書 (分担執筆)]【ナーシングケアQ&A No.47 All in One! 脳卒中看護とリハビリテーション〜急性期から在宅医療までのケアのすべて〜】1章 脳卒中の基礎知識 Q1. 脳卒中とは何ですか? どのような種類があるのですか?, p.2-3. 笠倉至言, 西山和利1 (1神経内), 監修: 塩川芳昭, 総合医学社, 東京, 2013/12発行.

620063. [学術書 (分担執筆)]【ナーシングケアQ&A No.47 All in One! 脳卒中看護とリハビリテーション〜急性期から在宅医療までのケアのすべて〜】1章 脳卒中の基礎知識 Q2. 脳卒中のリスクファクターを教えてください, p.4-5. 富永奈保美1, 西山和利1 (1神経内), 監修: 塩川芳昭, 総合医学社, 東京, 2013/12発行.

620064. [学術書 (分担執筆)]【ナーシングケアQ&A No.47 All in One! 脳卒中看護とリハビリテーション〜急性期から在宅医療までのケアのすべて〜】3章 脳卒中の主な症候とその評価 Q19. 脳卒中発症が疑われる症状について教えてください p.40-1. 井島大輔, 西山和利1 (1神経内), 監修: 塩川芳昭, 総合医学社, 東京, 2013/12発行.

620065. [学術書 (分担執筆)]【レジデントのための脳卒中診療のコツ】II . 脳卒中の診断でこれだけは知っておこう 3. 脳卒中に有用な血液検査オーダー , p.32-7. 富永奈保美1, 西山和利1 (1神経内), 編: 阿部康二, 文光堂, 東京, 2014/1発行.

620066. [学術書 (分担執筆)]【脳梗塞診療読本】第1章 脳梗塞救急診療 2. ERでの診察と症候学的診断, p.10-26. 中村幹昭1, 西山和利1 (1神経内), 編: 豊田一則, 中外医学社, 東京, 2014/3発行.

620067. [学術書 (分担執筆)]【新領域別症候群シリーズ: 神経症候群(第2版)−その他の神経疾患を含めて−】IV. 自己免疫性疾患 2 その他の炎症性疾患 5) 抗NMDA受容体脳炎, p.732-6. 飯塚高浩 (神経内), 日本臨牀社, 大阪, 2014/3発行.

621001. [その他 (編集)]【ナーシングケアQ&A 第47号 All in One! 脳卒中看護とリハビリテーション―急性期から在宅医療までのケアのすべて―】岡島康友, 西山和利1, 脊山英徳, 松本由美 (1神経内), 監修: 塩川芳昭, 総合医学社, 東京, 2013/12発行.

[学会・研究会等]

712024. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Autoimmune encephalitis in Japan. Iizuka T1: The XXI World Congress of Neurology (2013/9/23), Vienna, Austria. (飯塚高浩1: 1神経内)

712025. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Prolonged aura in hemiplegic migraine and stroke-like episodes in MELAS: What's different? Iizuka T1, Tominaga N1, Ijima D1, Nishiyama K1: International Symposium on Mitochondria 2013 (2013/11/7), Tokyo. (飯塚高浩1, 富永奈保美1, 井島大輔1, 西山和利1: 1神経内)

713072. [学会 (国際)] (ポスター) The Effect of Trigeminal Neurectomy on Cortical Spreading Depression in Migraine Model Rat. Masuda R1, Hamada J1, Kitamura E1, Nishiyama K1: The 16th Congress of the International Headache Society (2013/7/29), Boston, USA. (増田 励1, 濱田潤一1, 北村英二1, 西山和利1: 1神経内)

713073. [学会 (国際)] (ポスター) C-terminal fragment of TDP-43 induce chronic motor neuron degeneration in mouse spinal cord. Nagai M1, Kawanami A2, Nihira T, Nishiyama K1, Mizuno Y: 43rd Annual Meeting of the Society for Neuroscience (2013/11/11), San Diego. (永井真貴子1, 川浪 文2, 西山和利1: 1神経内, 2大学院医療系研究科)

713074. [学会 (国際)] (ポスター) The Trace to the Fight for the Improvement in Palliative Care of the patients with ALS in Japan. Ogino M1, Minami S, Kanazawa N, Takahashi-Narita K, Ogino Y1: 24thInternational Symposium on ALS/MND (2013/12/4-8), Mirano, Italy. (荻野美恵子1, 荻野 裕1: 1神経内)

713075. [学会 (国際)] (ポスター) How Much is the Optimal Initial Dose of Morphine for ALS Patients? Ogino Y1, Ohnuma S1, Urano Y, Kitamura E1, Uchino A2, Kaneko J1, Tominaga N1, Takahashi-Narita K, Nagashima K1, Nagai M1, Ogino M1: 24th International Symposium on ALS/MND (2013/12/4-8), Mirano, Italy. (荻野 裕1, 大沼沙織1, 北村英二1, 内野彰子2, 金子淳太郎1, 富永奈保美1, 長嶋和明1, 永井真貴子1, 荻野美恵子1: 1神経内, 2大学院医療系研究科)

713076. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Atrial fibrillation unidentified prior to stroke/TIA: background fedtures, stroke severity and outcome-the SAMURAI-NVAF study. Homma K, Toyoda K, Takizawa S, Todo K, Kimura K, Shiokawa Y, Kamiyama K, Terasaki T, Okada Y, Nagakane Y, Mochizuki H, Hasegawa Y, Okuda S, Furui E, Ito Y, Nakashima T, Kario K, Kameda T, Takamatsu K, Nishiyama K1, Arihiro S, Yamagami H, Kobayashi J, Sato S, Koga M: International Stroke Conference 2014 (2014/2/12-14), San Diego, USA. (西山和利1: 1神経内)

713077. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Choice of warfarin and novel oral anticoagulants for secondary prevention of stroke/TIA in Japanese NVAF patients: the SAMURAI-NVAF study (主解析). Toyoda K, Arihiro S, Todo K, Yamagami H, Kimura K, Shiokawa Y, Kamiyama K, Terasaki T, Okada Y, Nagakane Y, Mochizuki H, Takizawa S, Hasegawa Y, Okuda S, Furui E, Ito Y, Nakashima T, Kario K, Kameda T, Takamatsu K, Nishiyama K1: International Stroke Conference 2014 (2014/2/12-14), San Diego, USA. (西山和利1: 1神経内)

713078. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Length of stay And hospital charges in Japanese NVAF inpatients with acute stroke/TIA: the SAMURAI-NVAF study (医療経済). Toyoda K, Arihiro S, Todo K, Yamagami H, Kimura K, Shiokawa Y, Kamiyama K, Terasaki T, Okada Y, Nagakane Y, Mochizuki H, Takizawa S, Hasegawa Y, Okuda S, Furui E, Ito Y, Nakashima T, Kario K, Kameda T, Takamatsu K, Nishiyama K1, Sato S, Koga M: International Stroke Conference 2014 (2014/2/12-14), San Diego, USA. (西山和利1: 1神経内)

722068. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】免疫性神経疾患の新しい展開: 脳から自律神経障害まで. 松尾秀徳, 飯塚高浩1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/29), 東京.

722069. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 抗グリシン受容体抗体関連疾患の臨床スペクトラム. 飯塚高浩 (神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京.

722070. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) <パーキンソン病の非薬物療法とエビデンス>パーキンソン病に対するDBS療法−当施設での取り組み−. 滝山容子1, 佐藤澄人2, 荻野 裕1, 渡辺克成, 寺尾 亨, 木島千尋2, 知見聡美, 南部 篤, 西山和利1, 藤井清孝2 (1神経内, 2脳外): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京.

722071. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】神経筋疾患の超音波診断. 幸原伸夫, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/31), 東京.

722072. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】今後の難病医療. 西澤正豊, 荻野美恵子1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/6/1), 東京.

722073. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 女性における片頭痛の治療−より良い理解を求めて−. 濱田潤一 (神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/6/1), 東京.

722074. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】An introduction to a new concept in tracheostomy (気管切開の新しいコンセプトの紹介). 荻野美恵子 (神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/6/1), 東京.

722075. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】今後の医療を支えるために−女性医師のキャリアを持続させるためには?−. 永井博子, 荻野美恵子1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/6/1), 東京.

722076. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】脳卒中と神経救急. 西山和利 (神経内): 第27回日本神経救急学会学術集会 (2013/6/15), 東京.

722077. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】非がん患者に対する緩和ケア. 江口研二, 荻野美恵子1 (1神経内): 第18回日本緩和医療学会学術大会 (2013/6/22), 横浜.

722078. [学会 (全国)] (シンポジウム基調講演) 非がん患者に対する緩和ケア. 荻野美恵子 (神経内): 第18回日本緩和医療学会学術大会 (2013/6/22), 横浜.

722079. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 脳梗塞慢性期治療における抗血小板療法の動向. 西山和利 (神経内): 第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会 (2013/7/18), 東京.

722080. [学会 (全国)] (シンポジウム)【難病における痛みsufferingへの対処と支援のあり方】ALSにおける苦痛の緩和. 荻野美恵子 (神経内): 第18回日本難病看護学会学術集会 (2013/8/25), 東京, 日本難病看護学会誌 2013/12; 18 (2): 128-30.

722081. [学会 (全国)] (シンポジウム) ALS緩和ケアにおける薬物療法. 荻野美恵子 (神経内): 第7回日本緩和医療薬学会年会 (2013/9/15), 千葉.

722082. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】若手医師が語る, 難病支援への情熱と関わることの難しさ. 荻野美恵子 (神経内): 第1回日本難病医療ネットワーク学会学術集会 (2013/11/9)大阪.

722083. [学会 (全国)] (生涯教育セミナー)【座長】偏頭痛を分類する. 濱田潤一 (神経内): 第41回日本頭痛学会総会 (2013/11/16), 岩手.

722084. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】Headache a la carte 2〜頭痛の缶詰 2〜. 濱田潤一 (神経内): 第41回日本頭痛学会総会 (2013/11/16), 岩手.

722085. [学会 (全国)] (教育講演) 診療・治療のupdate 6−神経難病の在宅医療ABC−. 荻野美恵子 (神経内): 第31回日本神経治療学会 (2013/11/23), 東京, 神経治療学 2013/9; 30 (5): 593.

722086. [学会 (全国)] (教育セミナー)【座長】若手医師のための神経免疫疾患: 神経免疫学入門レクチャー. 荻野美恵子 (神経内): 第25回日本神経免疫学会学術集会 (2013/11/28), 山口.

723234. [学会 (全国)] (一般口演)【司会】認知症と精神疾患. 荻野美恵子 (神経内): 第24回日本在宅医療学会学術集会 (2013/5/18), 大阪.

723235. [学会 (全国)] (一般口演) 神経難病の退院支援の現状と課題. 荻野美恵子1, 金子淳太郎1, 長嶋和明1, 浦野義章, 北村英二1, 大沼沙織1, 永井真貴子1, 西山和利1 (1神経内): 第24回日本在宅医療学会学術集会 (2013/5/18), 大阪.

723236. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 長期気管切開人工呼吸器管理下のALS患者の脳波について. 金子淳太郎1, 荻野美恵子1, 浦野義章, 大沼沙織1, 長嶋和明1, 永井真貴子1, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/29), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1438.

723237. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ALS終末期に関するアンケート調査2012の報告. 荻野美恵子1, 大沼沙織1, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/29), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1442.

723238. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 事前指示書の使用状況. 長嶋和明1, 荻野美恵子1, 福田倫也2, 永井真貴子1, 大沼沙織1, 北村英二1, 浦野義章, 金子淳太郎1, 西山和利1 (1神経内, 2医療衛生学部): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/29), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1443.

723239. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Fisher Bickerstaff syndromeに対する免疫グロブリン- steroid併用療法に関して. 増田 励1, 笠倉至言, 富永奈保美1, 碓井 遼1, 金子淳太郎1, 井島大輔1, 金澤直美, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京.

723240. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TDP-43のC末端断片発現ALSモデルマウスの作製. 永井真貴子1, 川浪 文2, 仁平友子, 早川英規, 水野美邦, 西山和利1 (1神経内, 2大学院医療系研究科): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1499.

723241. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) AAV1を用いた変異Optineurin発現ALSモデルの作製. 川浪 文1, 永井真貴子2, 早川英規, 仁平友子, 水野美邦, 丸山博文, 川上秀史, 西山和利2 (1大学院医療系研究科, 2神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1500.

723242. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Fisher Bickerstaff Syndromeに対する免疫グロブリン−steroid併用療法に関して−. 増田 励1, 笠倉至言, 富永奈保美1, 碓井 遼1, 金子淳太郎1, 井島大輔1, 金澤直美, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1507.

723243. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心臓血管外科手術後の神経合併症−術後痙攣に関して (続報)−. 田中雅貴1, 内堀 歩1, 小川有紀1, 山田智美1, 長田純理1, 岡野晴子1, 大石知瑞子1, 宮崎 泰1, 千葉厚郎1, 西山和利2, 窪田 博1 (1杏林大, 2神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1512.

723244. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Chronic migraineのリスクとしての高レプチン血症とバルプロ酸ナトリウムの効果. 北村英二1, 濱田潤一1, 金澤直美, 増田 励1, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1514.

723245. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター)【座長】片頭痛 治療. 濱田潤一 (神経内):第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京.

723246. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 遷延性前兆を伴う片麻痺性片頭痛重積発作における脳循環代謝の二相性変化 (第2報). 富永奈保美1, 飯塚高浩1, 笠倉至言, 金子淳太郎1, 濱田潤一1, 西山和利1, 坂井文彦 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/31), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1532.

723247. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) パーキンソン病におけるGPi-DBSの運動機能改善効果に関する諸問題. 滝山容子1, 佐藤澄人2, 礒本明彦, 井島大輔1, 古澤英明1, 飯塚高浩1, 梁 正淵, 荻野美恵子1, 荻野 裕1, 西山和利1 (1神経内, 2脳外): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/31), 東京 臨床神経学 2013/12; 53 (12):1557.

723248. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 両側同時前大脳動脈領域の虚血の病態について. 阿久津二夫1, 梁 正淵, 廣瀬隆一1, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/6/1), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1603.

723249. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 気管切開下人工呼吸器 (TIV) の選択における日米比較研究−患者, 介護者調査より−. 浦野義章, 荻野美恵子1, Judith Rabkin, 熱田直樹, 村松 剛, 祖父江元, 三本 博, 西山和利1 (1神経内): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/6/1), 東京, 臨床神経学 2013/12; 53 (12): 1622.

723250. [学会 (全国)] (一般口演) 診断に難渋した意識障害症例: New-onset refractory status epilepticus (NORSE) 6例の臨床的検討−シクロホスファミド大量療法早期投与の有効性の可能性−. 金子淳太郎1, 飯塚高浩1, 浅利博基, 井島大輔1, 畑 隆志, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内): 第27回日本神経救急学会学術集会 (2013/6/15), 東京, 日本神経救急学会雑誌 2013/6; 26 (1): 25.

723251. [学会 (全国)] (一般口演) 繰り返す有痛性強直性痙攣で発症し, 髄液中に抗NMDA受容体抗体が検出されたautoimmune epilepsyの1例. 北村英二1, 飯塚高浩1, 笠倉至言, 井島大輔1, 富永奈保美1, 滝山容子1, 西山和利1 (1神経内): 第27回日本神経救急学会学術集会 (2013/6/15), 東京, 日本神経救急学会雑誌 2013/6; 26 (1): 43.

723252. [学会 (全国)] (一般口演) New-onset refractory status epilepticus (NORSE) 6例の臨床的検討. 金子淳太郎1, 飯塚高浩1, 浅利博基, 井島大輔1, 畑 隆志, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内): 第27回日本神経救急学会学術集会 (2013/6/15), 東京, 日本神経救急学会雑誌 2013/6; 26 (1): 25.

723253. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院における脊髄小脳変性症の遺伝カウンセリング. 増田 励1, 高田史男2, 荒木尚美, 安本龍馬, 福田 令, 白井教子, 大谷真美, 金澤直美, 西山和利1 (1神経内, 2大学院医療系研究科): 第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 (2013/6/21), 川崎, 日本遺伝カウンセリング学会誌 2013/5; 34 (2): 58.

723254. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】その他の炎症性神経障害. 荻野美恵子 (神経内): 第24回日本末梢神経学会学術集会 (2013/8/23), 新潟.

723255. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】パーキンソン病: トータルケアをめざして. 西山和利 (神経内): 第33回日本サルコイドーシス/肉芽種性疾患学会総会 (2013/10/25), 東京.

723256. [学会 (全国)] (一般口演) Chronic migraineのリスクとしての高レプチン血症とトピラマートの効果. 北村英二1, 濱田潤一1, 金澤直美, 増田 励1, 西山和利1 (1神経内): 第25回日本脳循環代謝学会総会 (2013/11/2), 東京, 脳循環代謝 2013/11; 25 (1): 183.

723257. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性三叉神経切断術によるラット皮質拡延性抑制減少作用. 増田 励1, 北村英二1, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内): 第41回日本頭痛学会総会 (2013/11/15), 盛岡.

723258. [学会 (全国)] (一般口演) Chronic migraineのリスクとしての高レプチン血症とプロプラノロールの効果. 北村英二1, 濱田潤一1, 金澤直美, 増田 励1, 西山和利1 (1神経内): 第41回日本頭痛学会総会 (2013/11/15), 盛岡.

723259. [学会 (全国)] (一般口演) ラモトリギンが奏功したSUNCT症候群の88歳女性例. 飯ヶ谷美峰1, 濱田潤一1 (1神経内): 第41回日本頭痛学会総会 (2013/11/15), 盛岡.

723260. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】脳血管障害. 西山和利 (神経内): 第31回日本神経治療学会 (2013/11/22), 東京.

723261. [学会 (全国)] (一般講演) 運動ニューロン病患者の易疲労性に対するアセチルコリンエステラーゼ阻害薬の有用性について. 大沼広樹1, 金子淳太郎1, 富永奈保美1, 長嶋和明1, 西山和利1, 荻野美恵子1 (1神経内): 第31回日本神経治療学会 (2013/11/23), 東京, 神経治療学 2013/9; 30 (5): 673.

723262. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 発症15年目に急性増悪をきたした一次進行型多発性硬化症が疑われる1例. 長嶋和明1, 荻野美恵子1, 富永奈保美1, 西山和利1 (1神経内): 第25回日本神経免疫学会学術集会 (2013/11/27), 山口, 神経免疫学 2013/11; 18 (1): 151.

723263. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 強力な免疫治療で短期に改善を認めた舌萎縮を伴う抗Musk抗体陽性重症筋無力症の一例. 中村幹昭1, 北村英二1, 井島大輔1, 滝山容子1, 飯塚高浩1, 荻野美恵子1, 西山和利1 (1神経内): 第25回日本神経免疫学会学術集会 (2013/11/29), 山口, 神経免疫学 2013/11; 18 (1): 103.

723264. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原因特定に至らなかった急性多発性脳梗塞の治療と経過に関する検討. 阿久津二夫1, 井島大輔1, 金子淳太郎1, 北村英二1, 増田 励1, 滝山容子1, 飯塚高浩1, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内): 第40回日本脳卒中学会総会, (2014/3/14), 大阪.

723265. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Germinomaに対する放射線治療により遅発性閉塞性頭蓋内血管障害を生じた2例. 井島大輔1, 飯塚高浩1, 廣瀬隆一1, 阿久津二夫1, 西山和利1 (1神経内): 第39回日本脳卒中学会総会 (2014/3/14), 大阪.

723266. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ラット中大脳動脈閉塞モデルにおけるNeuropeptide Wの脳保護効果の検討. 北村英二1, 濱田潤一1, 金澤直美, 西山和利1 (1神経内): 第39回日本脳卒中学会総会 (2014/3/13-15), 大阪.

731054. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞内科治療の動向. 西山和利 (神経内): 第23回北里メディカルカンファレンス (2013/4/3), 相模原.

731055. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 抗神経細胞表面抗原抗体を有する自己免疫性脳症 (最近の話題). 飯塚高浩 (神経内): 第6回Visual Neurology Fukushima (2013/4/23), 福島.

731056. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】神経筋電気診断: その専門性を巡って. 西山和利 (神経内): 北里神経フォーラム (2013/5/10), 相模原.

731057. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳卒中治療 最新の動向. 西山和利 (神経内): 第4回神経内科セミナー (2013/5/24), 高崎.

731058. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】神経心理学の新しい展開−from correctness to appropriateness−. 西山和利 (神経内): 第3回相模原・北里神経科学フォーラム (2013/6/10), 相模原.

731059. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞 内科治療の動向. 西山和利 (神経内): 第22回城南循環器カンファレンス (2013/6/19), 東京.

731060. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞治療の最新動向. 西山和利 (神経内): 第3回ASH神経研究会 (2013/6/28), 東京.

731061. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞治療の最前線. 西山和利 (神経内): Stroke Seminar 〜Meet the Expert〜 (2013/8/9)東京.

731062. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞内科治療の最新動向. 西山和利 (神経内): 第10回横浜 Brain Attack 研究会 (2013/9/20), 横浜.

731063. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)脳梗塞治療の最新動向. 西山和利 (神経内): 第4回Kumamoto ATIS (Athero ThrombosIS) Summit (熊本アテローム血栓症研究会) (2013/9/25), 熊本.

731064. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】突発波の見分け方. 西山和利 (神経内): 第2回相模原てんかん勉強会 (2013/9/27), 相模原.

731065. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞治療の最新動向. 西山和利 (神経内): Japan-DATA SUMMIT 2013 (2013/10/8), 新潟.

731066. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞治療の最新動向. 西山和利 (神経内): 第5回STROKE EXPERT MEETING IN HYOGO (2013/10/11), 神戸.

731067. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】脳梗塞治療の最新のトピックス〜新規抗凝固療法を中心に〜. 西山和利 (神経内): Prazaxa Stroke Network Meeting (2013/10/30), 相模原.

731068. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】パーキンソン病: トータルケアをめざして. 西山和利 (神経内): 学術講演−パーキンソン病− (2013/11/19), 相模原.

731069. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞治療の最新動向. 西山和利 (神経内): 第13回城南脳卒中予防研究会 (2013/11/27), 東京.

731070. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心原性脳塞栓症の最新治療. 西山和利 (神経内): Stroke Meeting (2013/12/4), 東京.

731071. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞内科治療の最新動向. 西山和利 (神経内): 2nd CANDLE in KOBE (2nd Caring and Ameliorating Neurological Disorders Learning from the Experts in KOBE) (2014/2/14), 神戸.

731072. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】脳梗塞二次予防に関するエビデンス. 西山和利 (神経内): 第4回knock-Out Stroke Conference in Kanagawa (2014/2/15), 横浜.

731073. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】Stroke Care Unitとリハビリテーション. 西山和利 (神経内): ATIS学術講演会 (2014/2/21), 相模原.

731074. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞治療の最新動向−日本人における抗血小板療法を考える−. 西山和利 (神経内): 城西地区脳卒中医療連携セミナー (2014/3/4), 東京.

732049. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演)【座長】エビデンスに基づいた脳梗塞治療と抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡ガイドライン. 西山和利 (神経内): 第11回首都圏脳卒中フォーラム (2013/4/19), 東京.

732050. [学会 (地方会・研究会)] (市民セミナー) パーキンソン病DBS治療〜神経内科から〜. 滝山容子 (神経内): パーキンソン病患者説明会 (2013/4/20), 相模原.

732051. [学会 (地方会・研究会)] (ディスカッション) 歩いて受診する脳卒中/TIA疑い例をどう診るか〜その診療指針と医療連携の提案〜. 西山和利1, 石崎律子, 子安英樹, 丹羽和義 (1神経内): 第9回神奈川脳神経科医会学術集会 (2013/4/25), 横浜.

732052. [学会 (地方会・研究会)] (Web講演) 抗血小板療法の最前線. 西山和利 (神経内): プラビックスATIS Web Conference (2013/6/4).

732053. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) MRIではとらえにくい自己免疫性シナプス脳症: 病態と治療. 飯塚高浩 (神経内): 第35回Neuroradiology Club (2013/6/8), 東京.

732054. [学会 (地方会・研究会)] (市民セミナー) パーキンソン病DBS治療〜神経内科から〜. 滝山容子 (神経内): パーキンソン病患者説明会 (2013/6/29), 相模原.

732055. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション・パネリスト) 脳卒中再発のリスク因子に迫る. 内山真一郎 (司会), 星野晴彦 (司会), 伊藤義彰, 赫 寛雄, 西山和利1, 野川 茂 (1神経内): Fighting Vascular Events in Tokyo 2013 (2013/7/6), 東京.

732056. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション・パネリスト) 地域における適切な抗凝固療法の普及に向けて. 田中章景, 西山和利1, 高橋竜哉, 馬場泰尚 (1神経内): 神奈川Core Member Meeting (2013/7/25), 横浜.

732057. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 認知症患者に対するPEGの適応: 神経内科の立場から. 荻野美恵子 (神経内): 第18回PEG・在宅医療研究会学術集会 (2013/9/7), 東京.

732058. [学会 (地方会・研究会)] (解説) 急変時の医療処置. 荻野美恵子 (神経内): 最期まで良い人生をめざす会相模原 (2013/9/8), 相模原.

732059. [学会 (地方会・研究会)] (電話解説)【TV番組企画】ギランバレーとは, どんな病気なのか? 西山和利 (神経内): ノンストップ! (2013/9/19), 東京.

732060. [学会 (地方会・研究会)] (市民セミナー) パーキンソン病DBS治療〜神経内科から〜. 滝山容子 (神経内): パーキンソン病患者説明会 (2013/9/21), 相模原.

732061. [学会 (地方会・研究会)] (ミニレクチャー)【座長】CIDPの電気生理学的所見. 西山和利 (神経内): 神奈川県CIDP学術講演会 (2013/10/2), 相模原.

732062. [学会 (地方会・研究会)] (Opening Lecture) パーキンソン病治療薬の歴史と動向. 西山和利 (神経内): 第4回神奈川パーキンソン病フォーラム (2013/10/18), 横浜.

732063. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【司会】適正な抗凝固療法の普及の為に. 西山和利 (神経内): Prazaxa Stroke Network Meeting (2013/10/30), 相模原.

732064. [学会 (地方会・研究会)] (市民セミナー) パーキンソン病DBS治療〜神経内科から〜. 滝山容子 (神経内): パーキンソン病患者説明会 (2014/1/18), 相模原.

733092. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 散在性脳微小出血と多発性脳血管拡張から脳血管炎と初期に診断した心臓粘液腫の一例: 診断上のPitfall. 富永奈保美1, 飯塚高浩1, 笠倉至言, 阿久津二夫1, 北村 律2, 原 敦子3, 管 信一, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内, 2心臓血管外, 3病理): 第11回東京Strokeフロンテイア (2013/4/5), 東京.

733093. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) MRIと脳生検組織所見から脳血管炎と診断していた心臓粘液腫の一例: 診断上のPitfall. 富永奈保美1, 笠倉至言, 原 敦子2, 岡 秀宏3, 阿久津二夫1, 北村 律4, 西山和利1 (1神経内, 2病理, 3脳外, 4心臓血管外): 第11回首都圏脳卒中フォーラム (2013/4/19), 新宿.

733094. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗凝固療法の重要性. 西山和利 (神経内): 日医生涯教育協力講座セミナー心房細動と脳梗塞 (2013/4/20), 横浜.

733095. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 難病全般 ALS患者の治療とケア−告知から終末期まで−. 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度訪問看護研修会 (2013/4/22), 横浜.

733096. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】Continuous Dopaminergic Stimulation; CDSの考え方. 西山和利 (神経内): ニュープロ発売記念講演会in KANAGAWA (2013/5/15), 横浜.

733097. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) MRIと脳生検組織所見から脳血管炎と診断していた心臓粘液腫の一例: 診断上のPitfall. 富永奈保美1, 飯塚高浩1, 笠倉至言, 阿久津二夫1, 北村 律2, 原 敦子3, 管 信一, 濱田潤一1, 西山和利1 (1神経内, 2心臓血管外, 3病理): 第6回北里血管フォーラム (2013/6/3), 相模原.

733098. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 筋MRIで造影効果を認めた縁取り空胞型遠位型ミオパチーの30歳男性例. 井島大輔1, 滝山容子1, 笠倉至言, 北村英二1, 林由起子, 西野一三, 西山和利1 (1神経内): 第205回日本神経学会関東甲信越地方会 (2013/6/8), 東京, 臨床神経学 2013/10; 53 (10): 876.

733099. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】西山和利 (神経内): 第205回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2013/6/8), 東京.

733100. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神経難病の緩和ケア−ALSを中心に−. 荻野美恵子 (神経内): 静岡在宅ケア医療協議会・ケアマネットふじのくに合同研修会, (2013/6/9), 静岡.

733101. [学会 (地方会・研究会)]【当番世話人】西山和利 (神経内): 第3回相模原・北里神経科学フォーラム (2013/6/10), 相模原.

733102. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 家族性片麻痺性片頭痛重積発作時の脳循環代謝 脳では一体何が起きているのか? 飯塚高浩 (神経内): 第3回相模原・北里神経科学フォーラム (2013/6/10), 相模原.

733103. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 「最後まで良い人生を目指す会・相模原」の活動について〜全ての方の終末期を支えるために何をすべきか〜. 荻野美恵子 (神経内): 最期まで家で生きるプロジェクトin藤沢 講演会 (2013/6/29), 藤沢.

733104. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) パーキンソン病: wearing-offに対する薬剤の使い分け (motor & non-motor)〜総合討論: リアルタイムアンケート〜. 滝山容子 (神経内): 第7回若手神経内科医のためのPD診療実践ワークショップ (2013/7/9), 横浜.

733105. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】滝山容子 (神経内): 第7回若手神経内科医のためのPD診療実践ワークショップ (2013/7/9), 横浜.

733106. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】西山和利 (神経内): FIGHTING VASCULAR EVENTS in SAGAMIHARA〜東西IVR対決〜 (2013/7/19), 相模原.

733107. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 説明と同意. 荻野美恵子 (ディスカッサー), 西山和利 (神経内): 第3回内保連合宿討議 (2013/7/20-21), 東京.

733108. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術後1年9ヵ月後のエンドキサンパルス療法が有効であった遷延性抗NMDAR抗体脳炎の1例. 有水琢朗1, 中川広人1, 武井 潤1, 園田 健1, 飯塚高浩2 (1鹿児島市医師会病院神経内科, 2神経内): 第203回日本神経学会九州地方会 (2013/9/7), 鹿児島, 臨床神経学 2014/2; 54 (2): 182.

733109. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 2年の経過で急速に進行しtotally locked-in stateに至ったALSの64歳男性. 金子淳太郎1, 永井真貴子1, 富永奈保美1, 梁 正淵, 荻野美恵子1, 西山和利1 (1神経内): 第206回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2013/9/7), 東京, 臨床神経学 2014/3; 54 (3): 249.

733110. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神経難病の緩和ケア〜ALSを中心に〜. 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度第1回新潟県難病医療ネットワーク医療従事者研修会, (2013/9/21), 新潟.

733111. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】西山和利 (神経内): 第10回神奈川脳神経科医会学術集会 (2013/9/26), 横浜.

733112. [学会 (地方会・研究会)] (開会の辞) 西山和利 (神経内): 第2回相模原てんかん勉強会 (2013/9/27), 相模原.

733113. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脳卒中とは? 脳卒中にならないためにはどうするべきか? 西山和利 (神経内): 北里大学市民大学講座−暮らしに役立つ医療の知識− (2013/10/2), 相模原.

733114. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 告知 (ALSを例として). 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度難病緩和ケア研修研究会 (2013/10/5), 東京.

733115. [学会 (地方会・研究会)] (研修研究会主宰) 荻野美恵子1, 板井孝壱郎, 稲葉一人, 植竹日奈, 成田有吾, 難波玲子, 三浦靖彦 (1神経内): 平成25年度難病緩和ケア研修研究会 (2013/10/5-6), 東京.

733116. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) モルヒネの使い方. 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度難病緩和ケア研修研究会 (2013/10/6), 東京.

733117. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ALSにおける苦痛の緩和. 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 患者支援のための研修・情報交換会−患者の痛みに寄り添うケアを考える− (2013/10/7), 大和.

733118. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 核上性左注視麻痺で発症し, 1年かけて眼球運動障害が緩徐に進行し, 手指振戦も出現した75歳男性例. 飯塚高浩1, 金子淳太郎1, 井島大輔1, 西山和利1 (1神経内): 第6回Metropolitan Neuroimmune (MENUET) 学術講演会 (2013/10/12), 東京.

733119. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 吃逆で発症し, 急速に症状が進行し, 数日で四肢麻痺・人工呼吸器管理が必要となった抗AQP4抗体陰性脊髄炎の一例. 滝山容子1, 北村英二1, 富永奈保美1, 井島大輔1, 荻野美恵子1, 西山和利1 (1神経内): 第2回神奈川神経免疫疾患に対する若手勉強会〜Neuroimmunology Conference For New Hope in Kanagawa〜 (2013/10/15), 横浜.

733120. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 病気の理解とその付き合い方. 荻野美恵子 (神経内): 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 医療講演会 (2013/10/17), 横浜.

733121. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】難病とは? 荻野美恵子 (神経内): 北里難病研修会 (2013/10/24), 相模原.

733122. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 一側性内頸動脈病変より脳梗塞を発症した26歳男性. 中村幹昭1, 井島大輔1, 西山和利1, 佐藤公俊2 (1神経内, 2脳外): 第12回首都圏脳卒中フォーラム (2013/10/25), 東京.

733123. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】タクロリムス単独療法における長期経過のその後. 荻野美恵子 (神経内): 第12回関東甲信越重症筋無力症研究会 (2013/10/26), 東京.

733124. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神経難病患者の緩和ケア. 荻野美恵子 (神経内): 長崎県難病医療従事者研修会 (2013/10/27), 長崎.

733125. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神経難病における臨床倫理. 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度神経・筋難病看護エキスパートナース研修 (2013/10/28), 長崎.

733126. [学会 (地方会・研究会)] (開会の辞) 西山和利 (神経内): Prazaxa Stroke Network Meeting (2013/10/30), 相模原.

733127. [学会 (地方会・研究会)] (閉会の辞) 西山和利 (神経内): 第15回ニューロトピックス21 (2013/11/5), 東京.

733128. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳梗塞治療の最新動向. 西山和利 (神経内): 北里大学医学部教授と神奈川県医師会役員・神奈川医学会幹事との懇談会 (2013/11/6), 横浜.

733129. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Biphasic neurovascular changes in prolonged migraine aura in FHM2. 飯塚高浩 (神経内): Migraine Scientific Seminar 2013 (2013/11/14), 盛岡.

733130. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 終末期ALSに対する薬物療法の実際. 荻野美恵子 (神経内): 第1回神経難病緩和医療研究会 (2013/11/24), 札幌.

733131. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) シクロフォスファミド大量療法が奏効した抗グリシン受容体抗体陽性のPERMの61歳男性. 富永奈保美1, 飯塚高浩1, 中村幹昭1, 井島大輔1, 金子淳太郎1, 阿久津二夫1, 西山和利1 (1神経内): 第207回日本神経関東・甲信越神経地方会 (2013/11/30), 東京.

733132. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) パーキンソン病治療について−最新の話題−. 永井真貴子 (神経内): 社員対象レクチャーミーティング (2013/12/3), 相模原.

733133. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 約30年意思伝達可能であった呼吸器装着した孤発性筋萎縮性側索硬化症 (sALS)−変性が運動ニューロンにほぼ限定され, 運動ニューロンに封入体がない3剖検例−. 清水俊夫, 望月葉子, 林健太郎, 中山優季, 上出正之, 荻野美恵子1, 小森隆司, 磯崎栄治, 中野今治 (1神経内): 神経変性疾患に関する調査研究班平成25年度班会議 (2013/12/21), 東京.

733134. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神経難病の臨床現場における死生観. 荻野美恵子 (神経内):「臨床死生学概論」講義 (2014/1/7), 所沢.

733135. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脳梗塞にならないために. 西山和利 (神経内): デイホスピタル連絡会 平成25年度療養教室 (2014/1/18), 相模原.

733136. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脳梗塞における抗血小板療法の適応について. 阿久津二夫 (神経内): エリキュース Stroke Management Seminar (2014/1/24), 相模原.

733137. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】心原性脳塞栓症二次予防における経口抗凝固薬の使い分け. 西山和利 (神経内): エリキュース Stroke Management Seminar (2014/1/24), 相模原.

733138. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 難病患者への告知と支援者の関わりについてついて. 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度神経難病医療ネットワーク難病医療従事者等研修会 (2014/1/25), 奈良.

733139. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ALS患者の治療とケア〜告知から終末期まで〜. 荻野美恵子 (神経内): 第19回難病医療従事者研修会 (2014/1/31), 広島.

733140. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) CIDP (慢性炎症性脱髄性多発神経炎)−病気の理解と治療, 日常生活の過ごし方−. 荻野美恵子 (神経内): 平成25年度難病相談事業講演会 (2014/2/10), 横浜.

733141. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】多発性硬化症の診療のノウハウとフィンゴリモドの使い方. 西山和利 (神経内): 北里MSカンファレンス (2014/2/13), 相模原.

733142. [学会 (地方会・研究会)] (開会の辞) 西山和利 (神経内): 第4回knock-Out Stroke Conference in Kanagawa (2014/2/15), 横浜.

733143. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 製品情報概要プレゼンテーションの指導. 金子淳太郎 (神経内): MR実践研修 (2014/2/19).

733144. [学会 (地方会・研究会)] (開会の辞) 西山和利 (神経内): ATIS学術講演会 (2014/2/21), 相模原.

733145. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) パーキンソン病に対する情報提供. 長嶋和明 (神経内): 第112回地域薬剤師会セミナー (2014/2/25), 大和.

733146. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) バセドウ病の治療により神経症状および脳幹画像病変に改善を認めた55歳女性例. 大沼広樹1, 長嶋和明1, 富永奈保美1, 荻野美恵子1, 西山和利1 (1神経内): 第208回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2014/3/1), 東京, 臨床神経学 2014/8; 54 (8): 687.

733147. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター)【座長】呼吸困難のメカニズムと呼吸リハビリによる改善効果. 荻野美恵子 (神経内): 第2回神経筋・難病に関する呼吸療法研究会 (2014/3/15), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-522005. [講座]【特集: 大きく変貌した脳梗塞の診断と治療】急性期治療: rt-PAの功罪−適応と禁忌, また限界について. 金子淳太郎1, 西山和利1 (1神経内): Medicia 2013/2; 50 (2): 276-80.

H24-522006. [講座]【特集: 意識障害のプライマリーケア】意識障害の検査のすすめ方. 長嶋和明1, 西山和利1 (1神経内): 臨床と研究 2013/3; 90 (3): 272-6.

[著 書]

H24-620006. [学術書] (分担執筆)【最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 21/神経2 頭痛 (改訂第2版)】第1章 概念・定義と疫学 概念と分類, p.13-21. 濱田潤一 (神経内), 編: 坂井文彦, 最新医学社, 大阪, 2013/1発行.

H24-620007. [学術書] (分担執筆)【最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 21/神経2 頭痛 (改訂第2版)】第3章 片頭痛断 片頭痛の発症機序・病態生理・遺伝子変異, p.93-105. 飯塚高浩 (神経内), 編: 坂井文彦, 最新医学社, 大阪, 2013/1発行.

H24-620008. [学術書 (分担執筆)]【今日の神経疾患治療指針】6 自己免疫性疾患・傍腫瘍性症候群 非ヘルペス性辺縁系脳炎, p.472-9. 飯塚高浩 (神経内), 医学書院, 東京, 2013/3発行.

H24-620009. [学術書 (分担執筆)]【今日の神経疾患治療指針】20 内科疾患に伴う神経障害 過炭酸ガス血性昏睡 (CO2ナルコーシス), p.1032-5. 荻野美恵子 (神経内), 医学書院, 東京, 2013/3発行.


血液内科学

[学術論文]

110119. [原著] Acquired hemophilia associated with autoimmune bullous diseases: a report of two cases and a review of the literature. Makita S1, Aoki T1, Watarai A2, Aida A, Katayama T1, Danbara M1, Higashihara M1, Miyazaki K1: Intern Med 2013/4; 52 (7): 807-10. (蒔田真一1, 青木卓巳1, 渡會 晃2, 片山卓爾1, 檀原幹生1, 東原正明1, 宮崎浩二1: 1血液内, 2皮膚)

110120. Epidemiology of visceral mycoses in autopsy cases in Japan: the data from 1989 to 2009 in the Annual of Pathological Autopsy Cases in Japan. Suzuki Y1, Kume H, Togano T2, Kanoh Y3, Ohto H: Med Mycol 2013/7; 51 (5): 522-6. (鈴木裕子1, 栂野富輝2, 狩野有作3: 1福島県立医大, 2血液内, 3臨検学)

110121. [原著] Fcγreceptor IIB gene polymorphism in adault Japanese patients with primary immune thrombocytopenia. Satoh T1, Miyazaki K1, Shimohira A, Okazaki N, Nishimoto T, Akahoshi T2, Munekata S3, Kanoh Y4, Ikeda Y, Higashihara M1, Takahashi S5, Kuwana M: Blood 2013/9; 122 (11): 1991-2. (佐藤隆司1, 宮崎浩二1, 赤星 透2, 棟方伸一3, 狩野有作4, 東原正明1, 高橋伸一郎5: 1血液内, 2総合診療, 3臨検部, 4臨検学, 5医療衛生学部)

110122. [原著] Incidence and clinical significance of aberrant T-cell marker expression on diffuse large B-cell lymphoma cells. Suzuki Y1, Yoshida T2, Wang G, Aoki T3, Katayama T3, Miyamoto S4, Miyazaki K3, Iwabuchi K5, Danbara M3, Nakayama M4, Horie R3, Nakamine H, Sato Y, Nakamura N, Niitsu N: Acta Haematol 2013; 130 (4): 230-7. (鈴木裕子1, 吉田 功2, 青木卓巳3, 片山卓爾3, 宮本俊輔4, 宮崎浩二3, 岩渕和也5, 檀原幹生3, 中山明仁4, 堀江良一3: 1福島県立医大, 2病理, 3血液内, 4耳鼻)

510001. [総説] Current Molecular Targets of Lymphomas. Horie R1: Forum Immun Dis Ther 2013; 4 (1): 11-23. (堀江良一1: 1血液内)

510002. [総説] Molecularly-targeted strategy and NF-κB in lymphoid malignancies. Horie R1: J Clin ExpHematop 2013; 53 (3): 185-95. (堀江良一1: 1血液内)

522118. [講座]【特集: 免疫・炎症と血液疾患】ホジキンリンパ腫の発症・維持における炎症の役割. 堀江良一 (血液内): 血液内科 2013/10; 67 (4): 460-6.

[学会・研究会等]

723267. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Hodgkinリンパ腫と未分化大細胞型リンパ腫におけるCD30過剰発現機構の解析. 堀江良一1, 渡邉真理子, 伊藤金次, 栂野富輝1, KADIN Marshall E, 渡邉俊樹, 東原正明1 (1血液内): 第53回日本リンパ網内系学会総会 (2013/5/17), 京都.

723268. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The regulation of ''inflammatory niche'' with tumor derived small RNAs. 山川奈津子, 横山和明, Jun Lu, 今留謙一, 渡辺俊樹, 堀江良一1, 穂積勝人, 八幡 崇, 安藤 潔, 中村直哉, 幸谷 愛 (1血液内): 第75回日本血液学会学術集会 (2013/10/11), 札幌.

723269. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CD30 repression triggers global gene responses and anti-proliferative effects in Hodgkin lymphoma. 堀江良一1, 渡邉真理子, 中野和民, 栂野富輝1, Marshall E Kadin, 渡邉俊樹, 東原正明1 (1血液内): 第75回日本血液学会学術集会 (2013/10/12), 札幌.

723270. [学会 (全国)] (一般講演) ムーコル症とアスペルギルス症の比較検討−日本病理剖検輯報と院内剖検例の解析から−. 栂野富輝1, 二本柳伸2, 鈴木裕子3, 久米 光 (1血液内, 2臨検部, 3福島県立医科大学輸血移植免疫学): 真菌フォーラム第15回学術集会 (2014/2/8), 東京, 真菌フォーラム 2014/1; 15: 2.


呼吸器内科学

[学術論文]

110123. [原著] The clinicopathological significance of Lgr5 expression in lung adenocarcinoma. Ryuge S1, Sato Y, Jiang SX2, Wang G, Kobayashi M, Nagashio R, Katono K1, Iyoda A3, Satoh Y3, Masuda N1: Lung Cancer 2013/10; 82 (1): 143-8. (龍華慎一郎1, 蒋 世旭2, 上遠野健1, 伊豫田明3, 佐藤之俊3, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2病理, 3呼吸器外)

110124. [原著] Evaluation of amrubicin as a third or later line of chemotherapy for advanced non-small cell lung cancer. Igawa S1, Sasaki J2, Ishihara M1, Otani S1, Maki S1, Hiyoshi Y1, Kasajima M1, Katono K1, Takakura A1, Masuda N1: Chemotherapy 2013/10; 59 (2): 99-105. (井川 聡1, 佐々木治一郎2, 石原未希子1, 大谷咲子1, 真木幸代1, 日吉康弘1, 笠島真志1, 上遠野健1, 高倉 晃1, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療)

110125. [原著] Circulating tumor cells as a prognostic factor in patients with small cell lung cancer. Igawa S1, Gohda K, Fukui T1, Ryuge S1, Otani S1, Masago A, Sato J, Murakami K, Maki S1, Katono K1, Takakura A1, Sasaki J2, Satoh Y3, Masuda N1: ONCOLOGY LETTERS 2014/3; 7: 1469-73. (井川 聡1, 福井朋也1, 龍華慎一郎1, 大谷咲子1, 真木幸代1, 上遠野健1, 高倉 晃1, 佐々木治一郎2, 佐藤之俊3, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3呼吸器外)

310011. [症例報告] Successful Chemotherapy with Carboplatin and S-1 for Thymic Carcinoma: A Case Report. Igawa S1, Yanagisawa N2, Ishihara M1, Kimura M1, Maki S1, Otani S1, Sasaki J3, Masuda N1: Case Reports in Oncology 2013/10; 6 (3): 526-30. (井川 聡1, 柳澤信之2, 石原未希子1, 木村美智子1, 真木幸代1, 大谷咲子1, 佐々木治一郎3, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2病理, 3新世紀医療・横断的医療)

521010. [解説] 非小細胞肺癌の維持治療. 井川 聡1, 大谷咲子1, 佐々木治一郎2 (1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療): 呼吸 2013/4; 32 (4): 332-8.

522119. [講座] 肺癌におけるoncological emergency. 大谷咲子1, 佐々木治一郎2, 井川 聡1 (1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療): 呼吸 2013/11; 32 (11): 1042-6.

540021. [その他 (研究報告書)]【平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働科学特別研究事業)】呼吸器機能障害の身体障害認定に関する研究. 木村 弘, 金澤 實, 小林弘祐1, 久保田勝2, 仲村秀俊, 今村知明, 吉川雅則 (1医療衛生学部, 2呼吸器内): 平成25年度厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働科学特別研究事業) 平成25年度総合研究報告書 2014/3.

540022. [その他 (抄読会)]【呼吸器抄読会】北里大学医学部呼吸器内科学. 三藤 久 (呼吸器内): 呼吸 2014/3; 33 (3): 318.

[著 書]

620068. [学術書] (共著)【よくわかるパルスオキシメータ】金澤 實, 桑平一郎, 一ノ瀬正和, 一和多俊男, 井上博雅, 植木 純, 大森久光, 笠原靖紀, 桂 秀樹, 木村 弘, 久保田勝1, 黒澤 一, 小林弘祐2, 田口 修, 巽浩一郎, 栂 博久, 長瀬隆英, 仲村秀俊, 濱田泰伸, 平井豊博, 藤本圭作, 宮本顕二 (1呼吸器内, 2医療衛生学部), 日本呼吸器学会, 東京, 2014/3発行.

620069. [学術書] (共著)【Q&Aパルスオキシメータハンドブック】金澤 實, 桑平一郎, 一ノ瀬正和, 一和多俊男, 井上博雅, 植木 純, 大森久光, 笠原靖紀, 桂 秀樹, 木村 弘, 久保田勝1, 黒澤 一, 小林弘祐2, 田口 修, 巽浩一郎, 栂 博久, 長瀬隆英, 仲村秀俊, 濱田泰伸, 平井豊博, 藤本圭作, 宮本顕二 (1呼吸器内, 2医療衛生学部), 日本呼吸器学会, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

713079. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Circulating tumor cell as a prognostic factor of small cell lung cancer. Igawa S1, Sasaki J2, Masuda N1: The Annual Meeting Of The American Society Of Clinical Oncology (2013/6/1), Chicago, USA. (井川 聡1, 佐々木治一郎2, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療)

713080. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Phase II study of bevacizumab, cisplatin and docetaxel plus maintenance bevacizumab as first line treatment for patients with advanced non-squamous non-small cell lung cancer (n-Sq NSCLC) combined with exploratory analysis of circulating endothelial cells (CEC): Thoracic Oncology Research Group (TORG) 1016. Katono K1, Masuda N1: IASLC 15th World conference on Lung Cancer (2013/10/28), Sydney, Australia. (上遠野健1, 益田典幸1: 1呼吸器内)

713081. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Evaluation of Amrubicin as a Third or Later Line of Chemotherapy for Advanced Non-Small Cell Lung Cancer. Igawa S1, Ishihara M1, Kasajima M1, Otani S1, Maki S1, Kimura M1, Sasaki J2, Masuda N1: IASLC 15th World conference on Lung Cancer (2013/10/29), Sydney, Australia. (井川 聡1, 石原未希子1, 笠島真志1, 大谷咲子1, 真木幸代1, 木村美智子1, 佐々木治一郎2, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療)

713082. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Phase I and Pharmacokinetic Study of Erlotinib Administered in Combination With Amrubicin in Patients With Previously Treated, Advanced Non-Small Cell Lung Cancer. Otani S1, Sasaki J2, Yamamoto M1, Ryuge S1, Takakura A1, Fukui T1, Yokoba M3, Mitsufuji H1, Toyooka I, Maki S1, Kubota M1, Katagiri M3, Masuda N1: IASLC 15th World conference on Lung Cancer (2013/10/30), Sydney, Australia. (大谷咲子1, 佐々木治一郎2, 山本倫子1, 龍華慎一郎1, 高倉 晃1, 福井朋也1, 横場正則3, 三藤 久1, 真木幸代1, 久保田勝1, 片桐真人3, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療衛生学部)

713083. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Lung volume assessment on 3D-CT and predicted postoperative pulmonary function for lung cancer patients. Yokoba M1, Ichikawa T1, Takakura A2, Kubota M2, Ryuge S2, Maki S2, Hiyoshi Y2, Kasajima M2, Shiomi K3, Mikubo M, Naito M3, Satoh Y3, Yanase N4, Masuda N2, Katagiri M1: 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology (2013/11/13), Yokohama. (横場正典1, 市川尊文1, 高倉 晃2, 久保田勝2, 龍華慎一郎2, 真木幸代2, 日吉康弘2, 笠島真志2, 塩見 和3, 内藤雅仁3, 佐藤之俊3, 矢那瀬信雄4, 益田典幸2, 片桐真人1: 1医療衛生学部, 2呼吸器内, 3呼吸器外, 4看護学部)

722087. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) COPD患者におけるサルメテロール・フルチカゾン配合剤の有用性に関する多施設共同研究. 峯下昌道, 鹿間裕介, 中島宏昭, 西平隆一, 小松 茂, 久保田勝1, 小林弘祐2, 國分二三男, 新海正晴, 金子 猛, 宮澤輝臣 (1呼吸器内, 2医療衛生学部): 第53回日本呼吸器学会学術講演会 (2013/4/20), 東京.

722088. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 肺拡散能力の基礎と臨床評価. 小林弘祐1, 久保田勝2 (1医療衛生学部, 2呼吸器内): 第53回日本呼吸器学会学術講演会 (2013/4/21), 東京.

723271. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 既治療進行非小細胞肺癌に対するペメトレキセド単剤の効果とThymidylate Synthase発現との関連性について. 井川 聡1, 笠島真志1, 上遠野健1, 大谷咲子1, 真木幸代1, 永島雄次郎, 和田真由子, 福井朋也1, 小林弘祐2, 益田典幸1 (1呼吸器内, 2医療衛生学部): 第53回日本呼吸器学会学術講演会 (2013/4/20), 東京.

723272. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺腺癌におけるTTF-1発現とMUC5B発現の関係性とその診断的有用性について. 長塩 亮1, 鉢村和男1, 龍華慎一郎2, 蒋 世旭3, 中島裕康, 土屋紅緒, 村雲芳樹3, 三枝 信3, 佐藤雄一1 (1医療衛生学部, 2呼吸器内, 3病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/7), 札幌.

723273. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺腺癌患者血清中の自己抗体を利用したGalectin-3のプラチナ製剤感受性予測マーカーとしての有用性. 柳田憲吾, 長塩 亮1, 及川将太, 杉本 愛, 龍華慎一郎2, 中島裕康, 土屋紅緒, 蒋 世旭3, 三枝 信3, 佐藤雄一1 (1医療衛生学部, 2呼吸器内, 3病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/7), 札幌.

723274. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺腺癌組織と同一患者血清を用いて獲得した自己抗体の有用性評価. 小林 信, 長塩 亮1, 龍華慎一郎2, 中島裕康, 土屋紅緒, 松本俊英3, 蒋 世旭3, 三枝 信3, 佐藤雄一1 (1医療衛生学部, 2呼吸器内, 3病理): 第102回日本病理学会総会 (2013/6/7), 札幌.

723275. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行非小細胞肺癌における3次化学療法以降のアムルビシン単剤の 効果と安全性の検討. 井川 聡1, 木村美智子1, 大谷咲子1, 笠島真志1, 益田典幸1, 石原未希子1 (1呼吸器内): 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2013/8/31), 仙台.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-320002. [症例報告] 肺大細胞癌術後再発に対してペメトレキセド長期治療中に肺扁平上皮癌の出現を認めた1例. 上遠野健1, 木村美智子1, 龍華慎一郎1, 井川 聡1, 矢那瀬信雄2, 益田典幸1 (1呼吸器内, 2看護学部): 肺癌 2013/2; 53 (1): 29-34.


内分泌代謝内科学

[学術論文]

110126. [原著] Serum monomeric α2-macroglobulin as a clinical biomarker in diabetes. Takada T1, Kodera Y2, Matsubara M3, Kawashima Y2, Maeda T2, Fujita Y4, Shichiri M1: Atherosclerosis 2013/5; 228 (1): 270-6. (高田哲秀1, 小寺義男2, 松原まどか3, 藤田芳邦4, 七里眞義1: 1内分泌代謝内, 2理学部, 3臨検学, 4あけぼの病院)

110127. [原著] Anti-salusin-β antibody enhances angiogenesis after myocardial ischemia reperfusion injury. Masamura M, Watanabe R, Nagashima A, Ogawa M, Suzuki J, Shichiri M1, Komuro I, Isobe M: Expert Opin Ther Targets 2013/9; 17 (9): 1003-9. (七里眞義1: 1内分泌代謝内)

110128. [原著] Emerging roles for vasoactive peptides in diagnostic and therapeutic strategies against atherosclerotic cardiovascular diseases. Watanabe T, Sato K, Itoh F, Noguchi Y, Fujimoto K, Koyama T, Shichiri M1: Curr Protein Pept Sci 2013/9; 14 (6): 472-80. (七里眞義1: 1内分泌代謝内)

110129. [原著] Circulating levels of human salusin-β, a potent hemodynamic and atherogenesis regulator. Fujimoto K, Hayashi A1, Kamata Y1, Ogawa A1, Watanabe T, Ichikawa R1, Iso Y, Koba S, Kobayashi Y, Koyama T, Shichiri M1: PLoS One 2013/10; 8 (10): e76714,1-8. (林 哲範1, 鎌田裕二1, 小川顕史1, 市川雷師1, 七里眞義1: 1内分泌代謝内)

110130. [原著] Salusins: potential use as a biomarker for atherosclerotic cardiovascular diseases. Sato K, Watanabe R, Itoh F, Shichiri M1, Watanabe T: Int J Hypertens 2013; 2013: 965140. doi: 10.1155/2013/965140. Epub 2013 Oct 22. (七里眞義1: 1内分泌代謝内)

120013. [原著] 日本人耐糖能異常妊婦の妊娠経過に伴うエネルギー消費量の変化−安静時代謝量 (REE) を指標とした検討−. 市川雷師1, 守屋達美2, 川上悠子3, 深沢佐恵子3, 人見麻美子3, 近藤閲子3, 中嶋としみ3, 天野 完4, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ, 3栄養部, 4産科): 糖尿病と妊娠 2013/8; 13 (1): 99-105.

120014. [原著] Continuous Glucose Monitoring (CGM) による糖尿病合併妊娠の食後血糖peak時間の検討.吉野苑美1, 林 哲範1, 岸原絵梨子1, 小川顕史1, 市川雷師1, 守屋達美2, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ):糖尿病 2013/9: 56 (9): 646-52.

522120. [講座]【特集: 膵内分泌腫瘍】神経内分泌腫瘍の診断. 高野幸路 (内分泌代謝内): ホルモンと臨床 2013/10; 60 (4): 25-32.

[著 書]

620070. [学術書] (分担執筆)【診断に直結する検査値の読み方事典】II. 内分泌学的検査 副腎皮質, 副腎髄質・交感神経, p.261-80. 高野幸路 (内分泌代謝内), 監修: 中原一彦, 編著: 池田 均, 総合医学社, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

722089. [学会 (国内)] (シンポジウム) 重症成人成長ホルモン分泌不全症の臨床. 高野幸路 (内分泌代謝内): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/16-18), 横浜.

722090. [学会 (国内)] (シンポジウム) 先端巨大症の内科治療. 高野幸路 (内分泌代謝内): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/16-18), 横浜.

722091. [学会 (国内)] (シンポジウム) Year in Neuroendocrinology. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第40回日本神経内分泌学会学術集会 (2013/10/25), 宮崎.

722092. [学会 (国内)] (ワークショップ) サリューシン研究の進展とあらたな心血管ホルモン探索法. 七里眞義 (内分泌代謝内): 第17回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (2013/11/23), 大阪.

723276. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 持続血糖測定を施行した維持血液透析糖尿病患者3例. 森口いぶき, 伊藤陽子, 福西智子, 小林直之, 大久保充人, 林 哲範1, 竹内康雄2, 守屋利佳3, 守屋達美4, 七里眞義1, 鎌田貢壽2 (1内分泌代謝内, 2腎臓内, 3医学教育, 4健康管理セ): 日本医工学治療学会第29回学術大会 (2013/4/19-21), 横浜, 日本医工学治療学会誌 2013; 25 (Suppl): 229.

723277. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血糖変動幅を簡便に予測するための内分泌代謝関連指標−持続血糖測定器を用いた検討−. 小川顕史1, 林 哲範1, 吉野苑美1, 鈴木陽彦1, 大村和規1, 高井久仁庸1, 正木嗣人1, 千田将馬2, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高田哲秀1, 守屋達美3, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学, 3健康管理セ): 第86回日本内分泌学会学術総会 (2013/4/25-27), 仙台, 日本内分泌学会雑誌 2013; 89 (1): 249.

723278. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心疾患発症予測バイオマーカーとしてのα2macroglobulin単量体の意義−糖尿病におけるプロテオーム解析−. 高田哲秀1, 松原まどか2, 小寺義男, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学): 第86回日本内分泌学会学術総会 (2013/4/25-27), 仙台, 日本内分泌学会雑誌 2013; 89 (1): 304.

723279. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病血液透析患者の血糖変動および透析後高血糖の指標. 林 哲範1, 守屋達美2, 大村和規1, 千田将馬3, 小川惇郎1, 吉野苑美1, 小川顕史1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ, 3臨検学): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-181.

723280. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性腎症の発症・進展における尿中肝臓型脂肪酸輸送蛋白 (L-FABP) の意義. 小川惇郎1, 守屋達美2, 林 哲範1, 千田将馬3, 鈴木陽彦1, 七里眞義1, 菅谷 健 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ, 3臨検学): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-183.

723281. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早朝空腹時の単回採血で血糖変動の多寡を予測する指標の構築. 小川顕史1, 林 哲範1, 吉野苑美1, 鈴木陽彦1, 大村和規1, 土岐卓也1, 高井久仁庸1, 正木嗣人1, 千田将馬2, 小川惇郎1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高田哲秀1, 守屋達美3, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学, 3健康管理セ): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-218.

723282. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における過去10年間の糖尿病性ケトアシドーシス症例の臨床的特徴. 鎌田裕二1, 小川惇郎1, 渡辺道子1, 小川顕史1, 市川雷師1, 高田哲秀1, 守屋達美2, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-222.

723283. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院内科で血糖管理を行った新旧両基準GDM妊婦のGDM新基準における実態と妊娠予後についての検討. 市川雷師1, 守屋達美2, 高井久仁庸1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-352.

723284. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院におけるCSII使用者の長期予後. 大村和規1, 守屋達美2, 鈴木陽彦1, 高井久仁庸1, 小川惇郎1, 林 哲範1, 市川雷師1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-366.

723285. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病性腎症教室受講の有無による透析導入の実態と受講後の透析導入・非導入症例の検討. 鈴木陽彦1, 守屋達美2, 千田将馬3, 小川惇郎1, 林 哲範1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2健康管理セ, 3臨検学): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-384.

723286. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病におけるVEGFR-1 TK signalingを介した血管新生促進の障害に重要な因子の同定. 大庭和人1, 天野英樹2, 佐東丈仁3, 小川史洋4, 江島耕二5, 沖崎進一郎4, 七里眞義1, 馬嶋正隆6 (1内分泌代謝内, 2臨床研究・プロジェクト, 3消化器内, 4大学院医療系研究科, 5免疫, 6薬理): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-389.

723287. [学会 (全国)] 降圧性ペプチドsalusin-βのヒト血中濃度測定系の確立と生理的変動. 藤本和実, 小山高敏, 林 哲範1, 小川顕史, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第2回臨床高血圧フォーラム (2013/5/25-26), 東京, 第2回臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 2013; p.136.

723288. [学会 (全国)] 糖尿病における心疾患発症予測因子としてのα2macroglobulin単量体の意義. 高田哲秀1, 藤本和実1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第2回臨床高血圧フォーラム (2013/5/25-26), 東京, 第2回臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集 2013; p.179.

723289. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ビルダグリプチン使用前後で血糖動態を評価しえた糖尿病性維持血液透析患者 (DMHD) 2例. 伊藤陽子, 森口いぶき, 福西智子, 小林直之, 大久保充人, 林 哲範1, 竹内康雄2, 守屋利佳3, 守屋達美4, 七里眞義1, 鎌田貢壽2 (1内分泌代謝内, 2腎臓内, 3医学教育, 4健康管理セ): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/20-23), 札幌.

723290. [学会 (全国)] ヒト血漿総salusin-β濃度の病態生理学的意義. 藤本和実, 林 哲範1, 鎌田裕二1, 小川顕史, 渡部琢也, 磯良 崇, 木庭新治, 小林洋一, 小山高敏, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第17回日本心血管内分泌代謝学会 (2013/11/22-23), 大阪, 日本内分泌学会雑誌 2013; 89 (2): 738.

723291. [学会 (全国)] 糖尿病腎症3期Bに対してどのような糖尿病透析予防指導を行うか?〜当院糖尿病腎症教室のデータから〜. 林 哲範1, 千田将馬2, 川上悠子3, 人見麻美子3, 佐藤照子3, 小川顕史, 守屋達美4, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学, 3栄養部, 4健康管理セ): 第17回日本病態栄養学会年次学術集会 (2014/1/11-12), 大阪. (学会会長賞受賞)

723292. [学会 (全国)] (ポスター) プロテオーム解析により同定されたα2macroglobulin単量体の心疾患・糖尿病におけるバイオマーカーとしての臨床的意義.高田哲秀1, 小川惇郎1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第17回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 (2013/11/23), 大阪, 日本内分泌学会雑誌 2013; 89 (2): 750.

732065. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー2) 先端巨大症の病態と治療. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第14回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2013/9/27-28), 横浜, 第14回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会プログラム・抄録集 2013; p.22.

732066. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 先端巨大症の病態生理と病因. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第9回アクロメガリーフォーラム (2013/11/2), 東京.

732067. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 重点研究 機能性下垂体腺腫の増殖と発生に関与する因子について, 一般研究 機能性下垂体腺腫のホルモン過剰分泌の可視化解析. 高野幸路 (内分泌代謝内): 厚生労働省 間脳下垂体疾患についての調査研究班発表 (2014/1/11), 東京.

732068. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 機能性下垂体腺腫の原因遺伝子について. 高野幸路 (内分泌代謝内): 鹿児島大学医学部大学院講義 (2014/3/20), 鹿児島.

733148. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 院内連携による原発性アルドステロン症の診断・治療の体制. 正木嗣人 (内分泌代謝内): 第6回北里血管フォーラム (2013/6/3), 相模原.

733149. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 両下肢の痺れと有痛性筋痙攣を契機にMELASと診断された1A型糖尿病の1例. 正木嗣人1, 市川雷師1, 鈴木陽彦1, 高井久仁庸1, 千田将馬2, 吉野苑美1, 山岸貴洋1, 小川惇郎1, 林 哲範1, 鎌田裕二1, 守屋達美3, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学, 3健康管理セ): 第30回神奈川糖尿病研究会 (2013/7/6), 横浜.

733150. [学会 (地方会・研究会)] 脳脊髄液減少症を発症した21水酸化酵素欠損症の1例. 海瀬綾子, 市川雷師1, 桃園 明1, 河合沙友希1, 鈴木陽彦1, 正木嗣人1, 高井久仁庸1, 千田将馬2, 小川惇郎1, 山岸貴洋1, 林 哲範1, 鎌田裕二1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学): 第14回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2013/9/27-28), 横浜, 第14回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会プログラム・抄録集 2013; p.70.

733151. [学会 (地方会・研究会)] 膵炎に伴うSIADHにメシル酸ナファモスタットが関与したと考えられた低Na血症の一例. 鈴木陽彦1, 市川雷師1, 海瀬綾子, 河合沙友希1, 桃園 明1, 正木嗣人1, 高井久仁庸1, 千田将馬2, 小川惇郎1, 山岸貴洋1, 林 哲範1, 鎌田裕二1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学): 第14回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2013/9/27-28), 横浜, 第14回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会プログラム・抄録集 2013; p.76.

733152. [学会 (地方会・研究会)] 下肢の痺れと有痛性筋痙攣を機にミトコンドリア遺伝子異常が証明された1A型糖尿病の1例. 正木嗣人1, 市川雷師1, 鈴木陽彦1, 千田将馬2, 林 哲範1, 小川顕史, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 守屋達美3, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学, 3健康管理セ): 第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2014/1/18), 横浜, 第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会プログラム・抄録集 2014; p.74.

733153. [学会 (地方会・研究会)] Verrucous skin lesion in diabetic neuropathy (VSLDN) が疑われた2型糖尿病の1例. 桃園 明1, 林 哲範1, 山岸貴洋1, 小川惇郎1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 高須 博2, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2皮膚): 第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2014/1/18), 横浜, 第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会プログラム・抄録集 2014; p.74.

733154. [学会 (地方会・研究会)] 高用量グリメピリドからレパグリニドへの変更で血糖変動が平坦化した2型糖尿病の1例. 河合沙友希1, 林 哲範1, 海瀬綾子, 高井久仁庸1, 吉野苑美1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2014/1/18), 横浜, 第51回日本糖尿病学会関東甲信越地方会プログラム・抄録集 2014; p.87.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-522007. [講座]【特集: 内分泌腫瘍発症機構に迫る】GH産生下垂体腺腫とgsp変異. 高野幸路 (内分泌代謝内): ホルモンと臨床 2012/8; 60 (8): 3-7.

H24-522008. [講座]【特集: 神経内分泌腫瘍を知り尽くす】神経内分泌腫瘍の特徴・症状. 高野幸路 (内分泌代謝内): Mebio 2013/3; 30 (4): 20-5.

[学会・研究会等]

H24-733008. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 低Na血症を契機に発見された中枢神経系原発悪性リンパ腫の1例. 正木嗣人1, 高田哲秀1, 鈴木陽彦1, 大村和規1, 土岐卓也1, 高井久仁庸1, 千田将馬2, 小川惇郎1, 小川顕史1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 守屋達美3, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学, 3健康管理セ): 第19回かながわ間脳下垂体疾患カンファレンス (2013/2/22), 横浜.


腎臓内科学

[学術論文]

110131. [原著] Amelioration of circulating lipoprotein profile and proteinuria in a patient with LCAT deficiency due to a novel mutation (Cys74Tyr) in the lid region of LCAT under a fat-restricted diet and ARB treatment. Naito S1, Kamata M2, Furuya M1, Hayashi M2, Kuroda M, Bujo H, Kamata K1: Atherosclerosis 2013/5; 228 (1): 193-7. (内藤正吉1, 鎌田真理子2, 古谷昌子1, 林みゆき2, 鎌田貢壽1: 1腎臓内, 2大学院医療系研究科)

110132. [原著] Podocyte repopulation by renal progenitor cells following glucocorticoids treatment in experimental FSGS. Zhang J, Pippin JW, Krofft RD, Naito S1, Liu ZH, Shankland SJ: Am J Physiol Renal Physiol 2013/6; 304 (11): F1375-89. (内藤正吉1: 1腎臓内)

110133. [原著] Glomerular enlargement correlated with body mass index is a distinct characteristic of obesity-related glomerulopathy. Kobayashi K1, Kamata M1, Okina C1, Murano J1, Aoyama T2, Sano T2, Nagaba Y2, Kamata K2: Kitasato Med J 2013/9; 43 (2): 111-8. (小林 圭1, 鎌田真理子1, 翁千香子1, 村野順也1, 青山東五2, 佐野 隆2, 長場 泰2, 鎌田貢壽2: 1大学院医療系研究科, 2腎臓内)

110134. [原著] A multicenter cross-sectional study of circulating soluble urokinase receptor in Japanese patients with glomerular disease. Wada T, Nangaku M, Maruyama S, Imai E, Shoji K, Kato S, Endo T, Muso E, Kamata K1, Yokoyama H, Fujimoto K, Obata Y, Nishino T, Kato H, Uchida S, Sasatomi Y, Saito T, Matsuo S: Kidney Int 2014/3; 85 (3): 641-8. (鎌田貢壽1: 1腎臓内)

120015. [原著] 慢性腎臓病 (CKD) 患者における血清尿酸値と治療に関する検討. 長場 泰1, 牧野武志1, 島田芳隆1, 翁千香子2, 鎌田芙美1, 野々口博史, 島田 肇, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): THERAPEUTIC RESEARCH 2013/12; 34 (12): 1513-7.

310012. [症例報告] Tuberculous Iliopsoas Abscess: Importance of Percutaneous Intervention Under Imaging Guidance for Diagnosis and Drainage. Makino T1, Nagaba Y1, Iguchi H, Murata K, Hirose Y, Yokota N, Kajigaya N, Ikenaga M, Takahashi T: Journal of Experimental and Clinical Medicine, 2014/2; 6 (1): 31-2. (牧野武志1, 長場 泰1: 1腎臓内)

320010. [症例報告] 著名な高尿酸血症を伴う腎不全で発症し,呼吸不全により死亡した1例. 岡本智子1, 酒井健史1, 吉田 功2, 柳澤信之2, 三枝 信2, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1, 仲田典弘2, 三上哲夫 (1腎臓内, 2病理): 内科 2013/9; 112 (3): 616-26.

320011. [症例報告] 銅欠乏による汎血球減少症とESA療法低反応性を呈した維持血液透析患者の1例. 中野素子1, 鎌田真理子2, 古谷昌子1, 酒井健史1, 渡會梨紗子1, 翁千香子2, 村野順也2, 佐野 隆1, 齋藤 毅3, 櫻井健治3, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科, 3橋本クリニック): 日本透析医学会雑誌 2014/1; 47 (1): 85-90.

522121. [講座]【特集: 慢性腎臓病 (CKD) と麻酔管理】CKDの定義, 診断, 重症度分類とその治療: update. 鎌田貢壽 (腎臓内): 麻酔 2013/11; 62 (11): 1284-92.

540023. [その他] 研究室紹介192. 鎌田貢壽 (腎臓内): 血圧 2013/4; 20 (4): 430-1, 2013/4/1.

[著 書]

620071. [学術書] (分担執筆)【臨床腎臓内科学】VI. 糸球体疾患 12 血管炎に伴う糸球体障害, p.432-8. 佐野 隆1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内), 編: 安田 隆, 平和伸仁, 小山雄太, 南山堂, 東京, 2013/5発行.

620072. [学術書] (分担執筆) 【臨床腎臓内科学】VIII. 血管性疾患 5 血管炎, p551-5. 佐野 隆1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内), 編: 安田 隆, 平和伸仁, 小山雄太, 南山堂, 東京, 2013/5発行.

620073. [学術書] (分担執筆)【特集: 検査値を読む2013 (臨床雑誌内科6月増大号)】≪21章 自己免疫検査≫抗糸球体基底膜抗体, p.1395. 佐野 隆1, 坂本尚登2 (1腎臓内, 2医療技術教育), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620074. [学術書] (分担執筆)【認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡】各論 臨床の現場における病態のとらえ方とトラブルシューティング 12. 維持透析患者にみられた非ケトン性高浸透圧性昏睡による低ナトリウム血症, p.138-9. 村野順也1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内), 編: 下澤達雄, 有馬秀二, 中山書店, 東京, 2013/6発行.

620075. [学術書] (分担執筆)【腎臓病薬物療法実践ガイド】II章 疾患別処方例の実際 18. 急性・慢性尿細管間質性腎炎, p.370-80. 青山東五 (腎臓内), 編: 丹羽利充, 中山書店, 東京, 2013/10発行.

[学会・研究会等]

713084. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Development of gene therapy model for disappearance of gene-corrected granulocytes by immunological deletion associated with antigenicity of newly expressed GP91phox protein in X-CGD. Takeuchi Y1, Takeuchi E2, Otsu M: Controversies in Rheumatorogy and Autoimmunity (2013/4/4-6), Budapest, Hungary. (竹内康雄1, 竹内恵美子2: 1腎臓内, 2免疫)

713085. [学会 (国際)] (一般講演) Rabbit polyclonal antibody induced by genetic immunization with mouse nephrin cDNA caused focal segmental glomerulosclerosis (FSGS) with nephrotic syndrome in mice. Okina C1, Okamoto T2, Kamata M1, Murano J1, Kobayashi K1, Takeuchi K2, Kamata F2, Sakai T2, Naito S2, Aoyama T2, Sano T2, Takeuchi Y2, Kamata K2: 第50回ERA-EDTA Congress, (2013/5/19), Istanbul, Trukey. (翁千香子1, 岡本智子2, 鎌田真理子1, 村野順也1, 小林 圭1, 竹内和博2, 鎌田芙美2, 酒井健史2, 内藤正吉2, 青山東五2, 佐野 隆2, 竹内康雄2, 鎌田貢壽2: 1大学院医療系研究科, 2腎臓内)

713086. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Development of experimental animal model to assess of cause for disappearance of gene-corrected granulocytes as a clinical problem of human gene therapy of X-CGD (390). Takeuchi Y1, Takeuchi E2, Otsu M: European Academy of Allergy and Clinical Immunology (2013/6/22-26), Milan, Italy. (竹内康雄1, 竹内恵美子2: 1腎臓内, 2免疫)

721006. [学会 (全国)] (特別講演) よくわかるシリーズ9「膜性腎症の臨床像と発症機序」. 鎌田貢壽 (腎臓内): 第56回日本腎臓学会学術総会 (2013/5/12), 東京, 日本腎臓学会誌 2013; 55 (3): 271.

723293. [学会 (全国)] (一般講演) 高血圧合併CKD患者に対するシルニジピンとアゼルニジピンの家庭血圧降圧効果の比較. 青山東五1, 田中 圭, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第56回日本腎臓学会学術総会 (2013/5/11), 東京, 日本腎臓学会誌 2013; 55 (3): 397.

723294. [学会 (全国)] (一般講演) ネフリン蛋白細胞外ドメイン3型フィブロネクチンへの抗体の結合は後天性ネフローゼ症候群を引き起こす. 岡本智子1, 鎌田貢壽1, 翁千香子2, 鎌田真理子2, 村野順也2, 小林 圭2, 内藤正吉1, 青山東五1, 山中 望3 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科, 3防衛医科大学校外科学): 第56回日本腎臓学会学術総会 (2013/5/11), 東京, 日本腎臓学会誌 2013; 55 (3): 382.

723295. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性腎臓病 (CKD) 患者における血清尿酸値と治療に関する検討. 長場 泰1, 牧野武志1, 野々口博史1, 島田 肇1, 鎌田貢壽2 (1北里大学メディカルセンター内科, 2腎臓内): 第56回日本腎臓学会学術総会 (2013/5/11), 東京, 日本腎臓学会誌 2013; 55 (3): 407.

723296. [学会 (全国)] (一般講演) 肥満腎症の主な特徴はBMIの増加に依存する腎糸球体腫大である. 小林 圭1, 佐野 隆2, 鎌田真理子1, 翁千香子1, 村野順也1, 岡本智子2, 青山東五2, 竹内康雄2, 鎌田貢壽2 (1大学院医療系研究科, 2腎臓内): 第56回日本腎臓学会学術総会 (2013/5/12), 東京, 日本腎臓学会誌 2013; 55 (3): 429.

723297. [学会 (全国)] (一般講演) 保存期から透析導入期におけるエポエチンベータペゴルの有効性の検討. 長場 泰1, 牧野武志1, 島田芳隆1, 野々口博史1, 島田 肇1, 鎌田貢壽2 (1北里大学メディカルセンター腎臓内科, 2腎臓内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/21), 福岡, 日本透析医学会雑誌 2013/6; 46 (suppl 1): 728.

723298. [学会 (全国)] (一般講演) 一時的に透析治療を必要とした心タンポナーデ合併CKD患者. 牧野武志1, 長場 泰1, 島田芳隆1, 野々口博史2, 島田 肇1, 鎌田貢壽3 (1北里大学メディカルセンター腎臓内科, 2北里大学メディカルセンター内科, 3腎臓内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/21), 福岡, 日本透析医学会雑誌2013/6; 46 (suppl 1): 739.

723299. [学会 (全国)] (一般講演) 1日2回交換の低容量腹膜透析を約2年継続することが可能であった就労男性例. 島田芳隆1, 長場 泰1, 牧野武志1, 野々口博史1, 島田 肇1, 鎌田貢壽2 (1北里大学メディカルセンター腎臓内科, 2腎臓内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/21), 福岡, 日本透析医学会雑誌 2013/6; 46 (suppl 1): 769.

723300. [学会 (全国)] (一般講演) 透析患者に発症した肝性脳症に対しB-RTOとL-カルニチン投与が有用であった1例. 青山東五1, 林みゆき2, 鎌田真理子3, 酒井健史1, 翁千香子3, 田中 圭1, 佐野 隆1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2社会保険相模野病院内科, 3大学院医療系研究科): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 日本透析医学会雑誌 2013/6; 46 (suppl 1): 546.

723301. [学会 (全国)] (一般講演) ビルダグリプチン使用前後で血糖動態を評価しえた糖尿病性維持血液透析患者 (DMHD) 2例. 伊藤陽子1, 森口いぶき1, 福西智子1, 小林直之1, 大久保充人1, 林 哲範2,3, 竹内康雄2,4, 守屋利佳2,5, 守屋達美2,6, 七里眞義2,3, 鎌田貢壽2,4 (1相武台ニーレンクリニック, 2血液浄化センター, 3内分泌代謝内, 4腎臓内, 5医学教育, 6健康管理セ): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 日本透析医学会雑誌 2013/6; 46 (suppl 1): 954.

723302. [学会 (全国)] (一般講演) 多発性肝N胞圧排による閉塞性黄疸を合併した多発性N胞腎 (ADPKD) 維持血液透析 (HD) の1症例. 内田満美子1, 阪  聡1, 沖崎絵衣1, 竹内和博2, 若新芙美2, 酒井健史2, 翁千香子3, 竹内康雄2, 今泉 弘4, 鎌田貢壽2 (1阪クリニック, 2腎臓内, 3大学院医療系研究科, 4消化器内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 日本透析医学会雑誌 2013/6; 46 (suppl 1): 1006.

731075. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 慢性腎臓病 (chronic kidney disease: CKD) の診断と管理. 鎌田貢壽 (腎臓内): 昭島市医師会学術講演会 (2013/6/26), 昭島.

731076. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 抗リン脂質抗体症候群の病態と治療 慢性腎臓病患者の高血圧と貧血. 鎌田貢壽 (腎臓内): 第57回梶ヶ谷 腎・膠原病研究会 (2013/8/8), 梶ヶ谷.

731077. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 家庭でできる腎臓病の予防と治療のお話−高血圧, 蛋白尿, 腎機能低下を持つ人に. 鎌田貢壽 (腎臓内): さがみはら健康フェスタ2013 (2013/10/19), 相模原.

731078. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 慢性腎臓病 (CKD) の診断と管理. 鎌田貢壽: 第2回Hypertension Forum (2013/11/20), 立川.

733155. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 血清抗GBM抗体が偽陰性を示し, 腎生検組織で抗GBM抗体腎炎と診断した1例. 竹内和博1, 酒井健史1, 鎌田芙美1, 鎌田真理子2, 翁千香子2, 村野順也2, 小林 圭2, 田中 圭1, 岡本智子1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第85回神奈川腎研究会 (2013/6/8), 横浜.

733156. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 多彩な免疫異常と急速進行性腎炎症候群を呈したクローン病の一例. 正木貴教1, 佐野 隆1, 島田芳隆1, 竹内和博1, 鎌田芙美1, 酒井健史1, 古谷昌子1, 林みゆき2, 鎌田真理子2, 翁千香子2, 村野順也2, 岡本智子1, 青山東五1, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第60回神奈川腎炎研究会 (2013/9/21), 横浜.

733157. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 副腎機能不全に伴う水・Na代謝異常に及ぼす腎機能障害の影響について. 酒井健史1, 島田芳隆1, 正木貴教1, 竹内和博1, 古谷昌子1, 林みゆき2, 鎌田真理子2, 翁千香子2, 村野順也2, 岡本智子1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1, 坂本尚登3 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科, 3医療技術教育): 第45回臨床体液研究会 (2013/9/21), 東京.

733158. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) カルバマゼピンによる薬剤性肉芽腫性尿細管間質性腎炎の1例. 竹内和博1, 岡本智子1, 島田芳隆1, 正木貴教1, 酒井健史1, 古谷昌子1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第43回日本腎臓学会東部学術大会 (2013/10/4), 東京, 日本腎臓学会誌 2013/8; 55 (6): 1094.

733159. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脊椎カリエス、結核性腸腰筋膿瘍を呈した透析患者の一例. 牧野武志1, 長場 泰1, 野々口博史1, 島田 肇1, 鎌田貢壽2 (1北里大学メディカルセンター腎臓内科, 2腎臓内): 第43回日本腎臓学会東部学術大会 (2013/10/4), 東京, 日本腎臓学会誌 2013/8; 55 (6): 1104.

733160. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 持続血糖測定を施行した糖尿病性透析患者2例. 森口いぶき1, 伊藤陽子1, 小林直之1, 大久保充人1, 林 哲範2, 竹内康雄3, 守屋利佳4, 守屋達美5, 七里眞義2, 鎌田貢壽3 (1相武台ニーレンクリニック, 2内分泌代謝内, 3腎臓内, 4医学教育, 5健康管理セ): 第43回日本腎臓学会東部学術大会 (2013/10/4), 東京, 日本腎臓学会誌 2013/8; 55 (6): 1097.

733161. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 混合性結合組織病 (MCTD) に膜性増殖性糸球体腎炎 (MPGN) を合併した一例. 島田芳隆1, 古谷昌子1, 竹内和博1, 正木貴教1, 酒井健史1, 岡本智子1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内): 第43回日本腎臓学会東部学術大会 (2013/10/5), 東京, 日本腎臓学会誌 2013/8; 55 (6): 1064.

733162. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) キャッスルマン病にネフローゼ症候群を伴う膜性増殖性糸球体腎炎 (MPGN) を合併した1例. 正木貴教1, 青山東五1, 永井俊行, 島田芳隆1, 竹内和博1, 酒井健史1, 古谷昌子1, 岡本智子1, 佐野 隆1, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1 (腎臓内): 第43回日本腎臓学会東部学術大会 (2013/10/5), 東京, 日本腎臓学会誌 2013/8; 55 (6): 1071.

733163. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 低抗体価で末期腎不全に至った抗基底膜抗体型腎炎の一例. 長場 泰1, 牧野武志1, 島田芳隆1, 野々口博史1, 島田 肇1, 鎌田貢壽2 (1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内): 第43回日本腎臓学会東部学術大会 (2013/10/5), 東京, 日本腎臓学会誌 2013/8; 55 (6): 1083.

733164. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 化学療法により腎機能が保持された軽鎖沈着症の2例. 島田芳隆1, 佐野 隆1, 正木貴教1, 竹内和博1, 酒井健史1, 古谷昌子1, 林みゆき2, 鎌田真理子2, 翁千香子2, 村野順也2, 岡本智子1, 青山東五1, 竹内康雄1, 鎌田貢壽1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第86回神奈川腎研究会 (2013/11/17), 横浜.


膠原病・感染内科学

[学術論文]

110135. [原著] Association of a single nucleotide polymorphism in the SH2D1A intronic region with systemic lup. Furukawa H, Kawasaki A, Oka S, Shimada K, Matsui T, Ikenaka T, Hashimoto A1, Okazaki Y, Takaoka H, Futami H, Komiya A, Kondo Y, Ito S, Hayashi T, Matsumoto I, Kusaoi M, Takasaki Y, Nagai T1, Hirohata S1, Setoguchi K, Suda A, Nagaoka S, Kono H, Okamoto A, Chiba N, Suematsu E, Fukui N, Hashimoto H, Sumida T, Ono M, Tsuchiya N, Tohma S: Lupus 2013/4; 22 (5): 497-503. (橋本 篤1, 永井立夫1, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

110136. [原著] Differential in vitro effects of biological agents on cytokine production of peripheral blood mononuclear cells. Tejima S1, Tono T1, Nagai T1, Hirohata S1: Kitasato Med J 2013/9; 43 (2): 126-32. (手嶋智子1, 東野俊洋1, 永井立夫1, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

110137. [原著] TNF inhibitors induce discoid fibrosis in the sublining layers of the synovium with degeneration of synoviocytes in rheumatoid arthritis. Hirohata S1, Tomita T, Yoshikawa H, Kyogoku M: Rheumatol Int 2013/10; 33 (10): 2473-81. (廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

110138. [原著] Role of FK506 binding protein 5 (FKBP5) in osteoclast differentiation. Kimura M1, Nagai T1, Matsushita R1, Hashimoto A1, Miyashita T2, Hirohata S1: Mod Rheumatol 2013/11; 23 (6): 1133-9. (木村美保1, 永井立夫1, 松下礼子1, 橋本 篤1, 宮下俊之2, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内, 2分子遺伝)

110139. [原著] Human leukocyte antigens and systemic lupus erythematosus: a protective role for the HLA-DR6 alleles DRB1*13:02 and *14:03. Furukawa H, Kawasaki A, Oka S, Ito I, Shimada K, Sugii S, Hashimoto A1, Komiya A, Fukui N, Kondo Y, Ito S, Hayashi T, Matsumoto I, Kusaoi M, Amano H, Nagai T1, Hirohata S1, Setoguchi K, Kono H, Okamoto A, Chiba N, Suematsu E, Katayama M, Migita K, Suda A, Ohno S, Hashimoto H, Takasaki Y, Sumida T, Nagaoka S, Tsuchiya N, Tohma S: PLoS One 2014/2; 9 (2): e87792. (橋本 篤1, 永井立夫1, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

110140. [原著] Serum adhesion molecule levels as prognostic markers in patients with early systemic sclerosis: a multicentre, prospective, observational study. Hasegawa M, Asano Y, Endo H, Fujimoto M, Goto D, Ihn H, Inoue K, Ishikawa O, Kawaguchi Y, Kuwana M, Ogawa F, Takahashi H, Tanaka S1, Sato S, Takehara K: PLoS One 2014/2; 9 (2): e88150. (田中住明1: 1膠原病・感染内)

110141. [原著] Hypertrophic pachymeningitis: significance of myeloperoxidase anti-neutrophil cytoplasmic antibody. Yokoseki A, Saji E, Arakawa M, Kosaka T, Hokari M, Toyoshima Y, Okamoto K, Takeda S, Sanpei K, Kikuchi H, Hirohata S1, Akazawa K, Kakita A, Takahashi H, Nishizawa M, Kawachi I: Brain 2014; 137 (Pt 2): 520-36. (廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

320012. [症例報告] 心外膜炎と糸球体腎炎を合併したと考えられるパルボウイルスB19感染症成人発症の1例. 東野俊洋1, 高山陽子2, 小川英佑1, 星山隆行1, 東野紀子1, 相原智子1, 和田達彦1, 永井立夫1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2新世紀医療・横断的医療): 感染症学雑誌 2013/11; 87 (6): 752-5.

520010. [総説]【特集: 関節リウマチ−新しい考えかたに基づく実地診療の実践】これからの日常診療のストラテジーと実際: 関節リウマチの実地医家の診療ストラテジー−治療ガイドラインの現状と応用−. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): Medical Practice 2013/4; 30 (4): 579-86.

520011. [総説]【第110回日本内科学会講演会】招請講演 5. 膠原病および膠原病類縁疾患に伴う神経障害. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 日内会誌 2013/9; 102 (9): 2214-23.

522122. [講座]【自己免疫疾患・アレルギー疾患 (後篇) それぞれの疾患の理解】[膠原病] ベーチェット病. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 最新医学 2013/6; 68 (6月増大号): 1284-95.

522123. [講座]【シンポジウム: 我が国における肺高血圧症の最新治療の現状−標準的最適治療について−】3. 膠原病性肺高血圧症の標準的治療の現状. 田中住明 (膠原病・感染内): Therapeutic Research 2013/9; 34 (9): 1213-5.

522124. [講座]【特集: 肺高血圧症の最新治療戦略】2. 各論 2. 膠原病に伴う肺高血圧症〜治療の開始時期とゴール〜. 田中住明1, 荘 信博1 (1膠原病・感染内): 月刊循環器CIRCULATION 2013/10; 3 (10): 44-52.

522125. [講座]【リウマチ・膠原病における重要臓器障害と難治性病態-病態と治療の進歩】トピックス 難治性の病態 肺高血圧症. 田中住明 (膠原病・感染内): 日内会誌 2013/10; 102 (10): 2613-20.

522126. [講座]【特集: 膠原病診療の最新情報−診断と治療のトピックス−】Behcet病. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): Mebio 2013/10; 30 (10): 82-9.

522127. [講座]【増大特集: Close Encounters−臨床神経学と臨床免疫学の遭遇と未来】神経ベーチェット病の現況. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): BRAIN and NERVE 2013/11; 65 (11): 1245-53.

[著 書]

610002. [学術書] (分担執筆)【Beh稿t's syndrome, Rare diseases of the immune system】Neurological and neuropsychological manifestations in Beh稿t's syndrome, p.83-96. Hirohata S1, Eds.: Emmi L, Springer Verlag, Italia. Milan, 2014発行. (廣畑俊成1: 1膠原病・感染内),

620076. [学術書] (分担執筆)【免疫性神経疾患ハンドブック】第IV章 免疫性筋疾患およびその他の免疫性神経疾患 D その他の免疫性神経疾患 膠原病に伴う神経障害, p.252-60. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 編: 楠  進, 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620077. [学術書] (分担執筆)【内科学 (第10版)】10. リウマチ性疾患およびアレルギー性疾患 I. リウマチ性疾患 10-11. Beh稿t病, 1306-9. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 総編集: 矢崎義雄, 朝倉書店, 東京, 2013/6発行.

620078. [学術書] (分担執筆)【免疫・アレルギー疾患イラストレイテッド】臨床編I 全身性自己免疫疾患 (膠原病) (14) .ベーチェット病, p.193-8. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 編: 田中良哉, 羊土社, 東京, 2013/9発行.

620079. [学術書] (分担執筆)【内科学書 (改訂第8版)】膠原病・リウマチ性疾患 Behcet病, p.230-3. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 総編集: 小川 聡, 中山書店, 東京, 2013/10発行.

620080. [学術書] (分担執筆)【今日の処方 (改訂第5版)】13章 膠原病, その他の全身疾患 14. Behcet病, p.689-94. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 編: 浦部晶夫, 大田 健, 川合真一, 島田和幸, 菅野健太郎, 南江堂, 東京, 2013/11発行.

[学会・研究会等]

713087. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Left Ventricular Dysfunction Reflected By Higher Serum Brain Natriuretic Peptide Accounts For Poorer Prognosis of Pulmonary Arterial Hypertension Associated with Systemic Sclerosis. Tanaka S1, Arinuma Y1, Wada T1, Nagai T1, Okada J2, Hirohata S1: 2013 ACR/ARHP Annual Meeting Scientific (2013/10/25-30), San Diego, USA. (田中住明1, 有沼良幸1, 和田達彦1, 永井立夫1, 岡田 純2, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内, 2新潟保健衛生専門学院)

713088. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Blood-brain barrier damages and intrathecal synthesis of anti-NMDA receptor NR2 antibodies in diffuse psychiatric/neuropsychological syndromes in systemic lupus erythematosus. Hirohata S1, Arinuma Y1, Yoshio T: American College of Rheumatology 77th Annual Scientific Meeting (2013/10/27-29), San Diego, USA. (廣畑俊成1, 有沼良幸1: 1膠原病・感染内)

721007. [学会 (全国)] (特別講演) 長期治療成績から考察する膠原病性肺動脈性肺高血圧症の治療戦略. 田中住明 (膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会・第22回国際リウマチシンポジウム (2013/4/24-26), 京都.

721008. [学会 (全国)] (特別講演) 膠原病性肺高血圧症治療における免疫抑制薬・肺動脈性肺高血圧症治療薬の使用のポイント. 田中住明 (膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会・第22回国際リウマチシンポジウム (2013/4/24-26), 京都.

721009. [学会 (全国)] (特別講演) ミニレクチャー2ベーチェット病. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 第41回日本臨床免疫学会総会 (2013/11/29), 下関.

722093. [学会 (全国)] (招待講演) 膠原病および膠原病類縁疾患に伴う神経障害. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 第110回日本内科学会講演会 (2013/4/14), 東京.

722094. [学会 (全国)] (シンポジウム)【ステロイド精神病】リウマチ専門医. 廣畑俊成1, 有沼良幸1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会・第22回国際リウマチシンポジウム (2013/4/18), 京都.

722095. [学会 (全国)] (教育研修)【教育研修講演25】Behcet病の診断と治療. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会・第22回国際リウマチシンポジウム (2013/4/20), 京都.

722096. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【膠原病関連PAHの治療戦略】 「膠原病関連PAHの治療戦略」についての現状. 田中住明1, 小川英佑1, 和田達彦1, 永井立夫1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第2回日本肺循環学会学術集会 (2013/6/22-23), 東京.

722097. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【膠原病に伴う肺高血圧症の特殊性と最新知見】肺高血圧症臨床分類における膠原病合併肺高血圧症の特殊性. 田中住明1, 松枝 祐1, 荘 信博1, 原 亮祐1, 和田達彦1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第1回日本肺高血圧学会学術集会 (2013/10/13-14), 横浜.

722098. [学会 (全国)] (シンポジウム) CNS lupus and BBB. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 第41回日本臨床免疫学会総会 (2013/11/28), 下関.

723303. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 強皮症に合併した急性腎不全18症例の検討. 天野雄一郎1, 小川英佑1, 荘 信博1, 佐久間裕子1, 安部学朗1, 和田達彦1, 有沼良幸1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/18), 京都.

723304. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 抗リン脂質抗体症候群/MCTD初診時混合性結合組織病 (MCTD) 患者の転帰に関する検討. 和田達彦1, 田中住明1, 荘 信博1, 天野雄一郎1, 安部学朗1, 佐久間裕子1, 小川英佑1, 有沼良幸1, 永井立夫1, 岡田 純2, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2新潟保健衛生専門学院): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/18), 京都.

723305. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 回結腸動脈の動脈瘤破裂により大量下血をきたしたベーチェット病の一例. 佐久間裕子1, 有沼良幸1, 荘 信博1, 天野雄一郎1, 安部学朗1, 小川英佑1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/18), 京都.

723306. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ブシラミンによる破骨細胞形成の抑制. 永井立夫1, 木村美保1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/19), 京都.

723307. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アバタセプトのヒトB細胞抗体産生に対する効果の検討. 東野俊洋1, 星山隆行1, 東野紀子2, 相原智子2, 永井立夫2, 廣畑俊成2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/19), 京都.

723308. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で発症したニューモシスチス肺炎 (PCP) 患者の検討. 荘 信博1, 和田達彦1, 天野雄一郎1, 佐久間裕子1, 安部学朗1, 小川英佑1, 有沼良幸1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/19), 京都.

723309. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ループス精神病患者における頭部MRI所見についての検討. 有沼良幸1, 小川英佑1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/20), 京都.

723310. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膠原病性疾患患者における敗血症の発症に関連する因子の検討. 安部学朗1, 有沼良幸1, 荘 信博1, 天野雄一郎1, 佐久間裕子1, 小川英佑1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/20), 京都.

723311. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 抗リボソームP抗体はヒト末梢血単核球のin vitroのIL-8産生を促進する. 星山隆行1, 東野俊洋1, 相原智子2, 永井立夫2, 廣畑俊成2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/20), 京都.

723312. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 全身性エリテマトーデスにおける抗NR1抗体の特異的エピトープ領域の同定. 小川英佑1, 永井立夫1, 有沼良幸1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/20), 京都.

723313. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチと全身性エリテマトーデスにおける抗Ro/SS-A, 抗La/SS-B抗体とHLA-DPB1*05:01. 古川 宏, 島田浩太, 杉井章二, 橋本 篤1, 小宮明子, 永井立夫1, 廣畑俊成1, 瀬戸口京吾, 岡本 享, 千葉実行, 末松栄一, 宮下賜一郎, 右田清志, 須田昭子, 長岡章平, 土屋尚之, 當間重人 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/20), 京都.

723314. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ステロイドがRAW264.7の破骨細胞分化およびFKBP5 (FK506 binding protein 5) 遺伝子発現におよぼす影響の検討. 永井立夫1, 木村美保1, 松下礼子1, 橋本 篤1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2013/4/20), 京都.

723315. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチ患者骨髄CD34陽性細胞におけるPADI4 mRNAの発現の検討. 永井立夫1, 冨田哲也, 吉川秀樹, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第34回日本炎症・再生医学会 (2013/7/2), 京都.

723316. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性HIV/HBV重複感染の一例. 荘 信博1, 和田達彦1, 加藤 名, 原 亮祐1, 松枝 佑1, 安部学朗1, 有沼良幸1, 永井立夫1, 高山陽子2, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2新世紀医療・横断的医療): 第27回日本エイズ学会学術集会・総会 (2013/11/20), 熊本.

723317. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ループス精神病における頭部MRI所見の検討. 有沼良幸1, 菊地弘敏, 小川英佑1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第41回日本臨床免疫学会総会 (2013/11/27), 下関.

723318. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 全身性エリテマトーデスによる急性混迷状態の治療経過中にステロイド精神病を発症した1例. 原 亮祐1, 佐久間裕子1, 有沼良幸1, 荘 信博1, 谷  名, 松枝 佑1, 安部学朗1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第41回日本臨床免疫学会総会 (2013/11/27), 下関.

723319. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 脳白質の石灰化病変を呈した全身性エリテマトーデスの一例. 遠藤裕子, 有沼良幸1, 荘 信博1, 谷  名, 松枝 佑1, 原 亮祐1, 安部学朗1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第41回日本臨床免疫学会総会 (2013/11/27), 下関.

723320. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血球貪食症候群 (HPS) の治療経過中に発症したノカルジア肺炎の1例. 永井立夫1, 村松裕介, 安部学朗1, 小宮明日香, 谷  名, 松枝 佑1, 原 亮祐1, 荘 信博1, 和田達彦1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第28回日本臨床リウマチ学会 (2013/12/1), 幕張.

723321. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 治療抵抗性のマクロファージ活性化症候群による血球貪食症候群を合併した成人発症Still病に対するトシリズマブの使用経験. 谷  名, 安部学朗1, 荘 信博1, 松枝 佑1, 原 亮祐1, 天野雄一郎1, 小川英佑1, 有沼良幸1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第28回日本臨床リウマチ学会 (2013/12/1), 幕張.

723322. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Differential Effects Of TNF Inhibitors, Anti-IL-6 Receptor Antibody and CTLA4-Ig On Human Monocytes. 東野俊洋1, 星山隆行1, 相原智子2, 有沼良幸2, 永井立夫2, 廣畑俊成2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): Annual Meetings of The Japanese Society for Immunology, 2013 (2013/12/11), 幕張.

733165. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 髄膜炎菌性関節炎を発症した未治療糖尿病の1例. 星山隆行1, 高山陽子2, 中村正樹3, 佐藤千恵4, 内山勝文5, 大川原裕喜6, 二本柳伸7, 平田泰良7, 藤木くに子6, 狩野有作3, 廣畑俊成8, 砂川慶介6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3臨検学, 4救命, 5整外, 6感染管理室, 7臨検部, 8膠原病・感染内): 第62回日本感染症学会東日本地方会学術集会 (2013/10/30-11/1), 東京, 日本感染症学会誌 2013/10; 62: 143.

733166. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脳白質の石灰化病変を呈した全身性エリテマトーデスの1例. 遠藤裕子, 有沼良幸1, 荘 信博1, 安部学朗1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第601回日本内科学会関東地方会 (2013/11/9), 東京.

733167. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 全身性エリテマトーデスの治療経過中に精神症状が出現した2例. 原 亮祐1, 佐久間裕子1, 有沼良幸1, 荘 信博1, 谷  名, 松枝 佑1, 安部学朗1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第24回日本リウマチ学会関東支部学術集会 (2013/12/7), 東京.

733168. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 多発関節炎, 筋痛および下腿血腫にて発症した結節性多発動脈炎の一例. 谷  名, 和田達彦1, 荘 信博1, 松枝 佑1, 原 亮祐1, 安部学朗1, 有沼良幸1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第24回日本リウマチ学会関東支部学術集会 (2013/12/7), 東京.

733169. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 進行性の視力低下, 難聴にて発症した多発血管炎性肉芽種症の1例. 村松裕介, 松枝 佑1, 加藤 名, 原 亮祐1, 荘 信博1, 有沼良幸1, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第603回日本内科学会関東地方会 (2014/2/8), 東京.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110007. [原著] IgG anti-NR2 glutamate receptor autoantibodies from patients with systemic lupus erythematosus activate endothelial cells. Yoshio T, Okamoto H, Hirohata S1, Minota S: Arthritis Rheum 2013/2; 65 (2): 457-63. (廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

H24-522009. [講座]【特集: 全身性エリテマトーデス―免疫異常と腎症の最近の知見】[他臓器障害とその病変] 神経合併症 (CNSループス). 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 腎と透析 2013/1; 74 (1): 57-61.

H24-522010. [講座]【特集: 血管炎症候群−新しい分類と名称−】Variable vessel vasculitis: Behct's Disease. 廣畑俊成 (膠原病・感染内): 最新医学 2013/2; 68 (2): 210-5.

[著 書]

H24-620010. [学術書 (分担執筆)]【血管炎−基礎と臨床のクロストーク− (日本臨牀増刊号No.1035)】VI. その他の血管炎の診断と治療 6. ベーチェット病 (1) ベーチェット病の診断と治療, p.437-41. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 日本臨牀社, 大阪, 2013/2発行.

H24-620011. [学術書] (分担執筆)【EXPERT膠原病・リウマチ (改定第3版)】第4部 疾患としてみた膠原病・リウマチ 《膠原病》 I. Beh稿t病, p.278-84. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 編: 住田孝之, 診断と治療社, 東京, 2013/3発行.

H24-620012. [学術書] (分担執筆)【疾患・症状別 今日の治療と看護 (改訂第3版)】主要症状の治療と看護 ・全身症状・皮膚症状 発熱, p.60-3. 廣畑俊成 (膠原病・感染内), 総編集: 永井良三, 大田 健, 南江堂, 東京, 2013/3発行.

[学会・研究会等]

H24-712005. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) CNS lupus pathogenesis and treatment. Hirohata S1: Shanghai-Tokyo Workshop on Rheumatology 2013 (2013/3/31), Shanghai, China. (廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)


外科学
[学術論文]

110142. [原著] Laparoscopy versus open distal gastrectomy by expert surgeons for early gastric cancer in Japanese patients: short-term clinical outcomes of a randomized clinical trial. Sakuramoto S1, Yamashita K1, Kikuchi S1, Futawatari N1, Katada N1, Watanabe M1, Okutomi T2, Wang G, Bax L3: Surg Endosc 2013/5; 27 (5): 1695-705. (桜本信一1, 山下継史1, 菊池史郎1, 二渡信江1, 片田夏也1, 渡邊昌彦1, 奥富俊之2, バックス・レーンデルト・ヨースト3: 1外科, 2麻酔, 3臨床研究・企画)

110143. [原著] Surgical technique to prevent spillage of cyst fluid during operation for cystic ovarian tumors. Watanabe E1, Tanaka K2, Takeda N1, Takayasu H, Yokota K1, Watanabe M1: Pediatr Surg Int 2013/6; 29 (6): 645-9. (渡辺栄一郎1, 田中 潔2, 武田憲子1, 横田和子1, 渡邊昌彦1: 1外科, 2新世紀医療・先端医療)

110144. [原著] Laparoscopic surgery for colon cancer in obese patients: a case-matched control study. Nakamura T1, Miura H1, Ikeda A1, Sato T1, Naito M1, Ogura N1, Tsutsui A1, Mitomi H, Watanabe M1: Surg Today 2013/7; 43 (7): 763-8. (中村隆俊1, 三浦啓壽1, 池田 篤1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 小倉直人1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1: 1外科)

110145. [原著] Tissue concentrations of antibiotics given prophylactically during colorectal cancer surgery. Nakamura T1, Tomizawa A2, Inano H2, Sato T1, Yago K2, Watanabe M1: Hepatogastroenterology 2013/9; 60 (126): 1371-5. (中村隆俊1, 冨澤 淳2, 稲野 寛2, 佐藤武郎1, 矢後和夫2, 渡邊昌彦1: 1外科, 2薬剤部)

110146. [原著] Survival outcome of laparoscopic gastrectomy for clinical early (cT1) gastric cancer. Yamashita K1, Sakuramoto S1, Shibata T1, Nemoto M1, Mieno H1, Katada N1, Kikuchi S1, Watanabe M1: Surg Today September 2013/9; 43 (9): 1013-8. (山下継史1, 桜本信一1, 柴田智隆1, 根本昌之1, 三重野浩朗1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1: 1外科)

110147. [原著] Lateral lymph node dissection for lower rectal cancer. Nakamura T1, Watanabe M1: World J Surg 2013/8; 37 (8): 1808-13. (中村隆俊1, 渡邊昌彦1: 1外科)

110148. [原著] The homeobox only protein homeobox (HOPX) and colorectal cancer. Yamashita K1, Katoh H2, Watanabe M1: Int J Mol Sci 2013/11; 14 (12): 23231-43. (山下継史1, 加藤 弘2, 渡邊昌彦1: 1外科, 2臨床研究・プロジェクト)

110149. [原著] DNA damage-inducible gene, reprimo functions as a tumor suppressor and is suppressed by promoter methylation in gastric cancer. Ooki A1, Yamashita K1, Yamaguchi K, Mondal A, Nishimiya H, Watanabe M1: Mol Cancer Res 2013/11; 11 (11) :1362-74. (大木 暁1, 山下継史1, 渡邊昌彦1: 1外科)

110150. [原著] Lymph node ratio is a critical prognostic predictor in gastric cancer treated with S-1 chemotherapy. Ema A1, Yamashita K1, Sakuramoto S1, Wang G, Mieno H1, Nemoto M1, Shibata T1, Katada N1, Kikuchi S1, Watanabe M1: Gastric Cancer 2014/1; 17 (1): 67-75. (江間 玲1, 山下継史1, 桜本信一1, 三重野浩朗1, 根本昌之1, 柴田智隆1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1: 1外科)

110151. [原著] Feasibility and outcomes of surgical therapy in very elderly patients with colorectal cancer. Nakamura T1, Sato T1, Miura H1, Ikeda A1, Tsutsui A1, Naito M1, Ogura N1, Watanabe M1: Surg Laparosc Endosc Percutan Tech 2014/2; 24 (1): 85-8. (中村隆俊1, 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 池田 篤1, 筒井敦子1, 内藤正規1, 小倉直人1, 渡邊昌彦1: 1外科)

220009. [準原著] 精神疾患の治療歴を有する食道アカラシア症例の検討. 柴田智隆1, 片田夏也1, 根本昌之1, 桜本信一1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本臨床外科学会雑誌 2013/9; 74 (9): 2355-8.

320013. [症例報告] 膵splid-pseudopapillary tumorの一例. 泉田浩之, 片桐寛之1, 小嶌慶太1, 石井 智1, 石井健一郎, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1 (1外科): 神奈川医学会雑誌 2013/7; 70 (2): 239.

320014. [症例報告] 腹腔鏡下大腸切除術における脾彎曲部の授動. 旗手和彦, 羽廣健仁, 江間 玲1, 吉田宗紀, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 神奈川医学会雑誌 2013/7; 70 (2): 240.

320015. [症例報告] 腹腔鏡下に切除が可能であった十二指腸GISTの1例. 森谷宏光1, 天野真理子, 三浦啓壽1, 坂本友見子1, 海津貴史1, 井上準人, 金澤秀紀, 金田悟郎 (1外科): 神奈川医学会雑誌 2013/7; 70 (2): 241.

320016. [症例報告] 当院での単孔式腹腔鏡手術の導入と初期成績. 坂本友見子1, 金田悟郎, 天野真理子, 三浦啓壽1, 森谷宏光1, 海津貴史1, 金澤秀紀, 井上準人 (1外科): 神奈川医学会雑誌 2013/7; 70 (2): 243.

320017. [症例報告] 横行結腸狭窄により腸閉塞を呈した分類困難な大腸炎の1例. 信太昭子1, 中村隆俊1, 三富弘之, 小嶌慶太1, 石井 智1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本臨床外科学会雑誌 2013/8; 74 (8): 2216-19.

320018. [症例報告] 腹腔鏡下S状結腸切除術と直視下D3リンパ節郭清を施行した馬蹄腎合併S状結腸癌の1例. 田中俊道, 池田 篤1, 迫 裕之, 池田 謙, 奥澤星二郎, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本内視鏡外科学会雑誌 2013/9; 18 (5): 601-8.

320019. [症例報告] 細径鉗子を用いた腹腔鏡下腸管癒着症手術の1例. 池田 篤1, 小倉直人1, 横田和子1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 日本外科系連合学会誌 2013/10; 38 (5): 1029-35.

320020. [症例報告] 術後早期に多発リンパ節転移・肺転移を認めたNASH合併肝細胞癌の1例. 海津貴史1, 田島 弘, 鎌田弘樹1, 片桐寛之1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1, 日高 央2, 大部 誠3 (1外科, 2消化器内, 3医療衛生学部): Liver Cancer 2013/11; 19: 65-70.

320021. [症例報告] Nab-Paclitaxel投与中に顔面神経麻痺を認めた1例. 南谷菜穂子1, 小坂愉賢2, 菊池真理子1, 西宮洋史1, 藁谷美奈2, 榎本拓茂2, 谷野裕一, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 癌と化学療法 2013/12; 40 (12): 2375-7.

320022. [症例報告] 水腎症をきたした両側性巨大abdominoscrotal hydroceleの1例. 渡辺栄一郎1, 田中 潔2, 高安 肇3, 武田憲子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療, 3筑波大): 日本小児外科学会雑誌 2013/12; 49 (7): 1258-63.

320023. [症例報告] 原発巣切除・全身化学療法後に肝転移巣切除を施行した上行結腸内分泌細胞癌の1例. 山梨高広1, 西 知彦, 山本立真, 鳥海史樹, 越田佳朋, 向井 清, 下山 豊 (1外科): 癌と化学療法 2014/1; 41 (1): 107-12.

522128. [講座]【特集: 食道疾患手術のすべて】I. 良性疾患の手術 2. 胃食道逆流症の手術. 片田夏也1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 手術 2013/9; 67 (10): 1383-9.

522129. [講座]【特集: 遺伝性大腸癌の診断と治療の進歩】5-5 [症例] (5) 臨床情報からリンチ症候群をきわめて強く疑う一家系. 佐藤武郎1, 内藤正規1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): INTESTINE 2013/10; 17 (5): 517-9.

522130. [講座]【特集: 手術のピットフォールとリカバリーショット】3. 大腸の手術におけるピットフォールトリカバリーショット. 池田 篤1, 奥澤星二郎, 渡邊昌彦1 (1外科): 消化器外科 2013/11; 36 (12): 1715-25.

522131. [講座] 進行・再発大腸癌に対する標準的化学療法と新薬. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 内藤正規1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1外科): コンセンサス癌治療 2014/2; 13 (1): 32-6.

[著 書]

620081. [学術書] (分担執筆)【エキスパートが教える内視鏡外科手術−ポイントとなる解剖の理解 (消化器外科 2013年4月臨時増刊号 (第36巻5号))】第1章 食道の鏡視下手術 2. 食道アカラシアに対する腹腔鏡下手術, p.553-9. 片田夏也1, 桜本信一1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科), へるす出版, 東京, 2013/4発行.

620082. [学術書] (分担執筆)【エキスパートが教える内視鏡外科手術−ポイントとなる解剖の理解 (消化器外科 2013年4月臨時増刊号 (第36巻5号))】第2章 胃・十二指腸の鏡視下手術 1. 胃癌に対する鏡視下手術 (6) 腹腔鏡補助下胃全摘術, p.615-24. 桜本信一1, 細田 桂1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 竹下宏樹, 岡 伸一, 佐藤 弘 (1外科), へるす出版, 東京, 2013/4発行.

620083. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.145. p.154-6. p.161-2. 三浦啓壽1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620084. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.146-7. p.150-1. p.153・157. 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620085. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.147. p.160-2. p.164-6. p.169. 小倉直人1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620086. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.148. p.151-2. p.158-9. p.163. 小川恭史1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620087. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.148. p.154-5. p.158. p.159-60. p.168. 和田 治1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620088. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.166. p.172. 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620089. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.170-2. p.173-5. p.178-9. 小野里航1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620090. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.177. p.184-5. 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620091. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.179-80. 三浦啓壽1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620092. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.180-1. p.185-7. 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620093. [学術書] (分担執筆)【消化器病学 基礎と臨床】p.189-91. 池田 篤1, 渡邊昌彦1 (1外科), 監修: 小川道雄, 編:「コンセンサス癌治療」編集委員会 (渡邊昌彦1), へるす出版, 東京, 2013/7発行.

620094. [学術書] (分担執筆)【消化器病学−基礎と臨床−】消化器疾患各論外科治療, p.1087-92. 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科), 編: 浅香正博, 菅野健太郎, 千葉 勉, 西村書店, 東京, 2013/10発行.

[学会・研究会等]

712026. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Neoadjuvant Chemotherapy Using Docetaxel/CDDP/5-FU (DCF) Followed by Surgery may Improve Progression Free Survival in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Katada N1, Yamashita K1, Katada C2, Moriya H1, Mieno H1, Hosoda K1, Higuchi K2, Tanabe S2, Koizumi W2, Kikuchi S1, Watanabe M1: FIFTH JAPANESE-MONGOLIAN SYMPOSIUM-2013 (2013/9/21), Ulan Bator, Mongol. (片田夏也1, 山下継史1, 堅田親利2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 樋口勝彦2, 田邉 聡2, 小泉和三郎2, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1: 1外科, 2消化器内)

713089. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Epigenetic conversion on p53 pathway in human cancer: The clinical potential of p53 mutation status as a predictive biomarker for drug sensitivity by epigenetic treatment. Yamashita K1, Waraya M1, Katoh H1, Ooki A1, Kawamata H1, Nakamura K2, Nishimiya H2, Ema A2, Sidransky D, Watanabe M1: AACR2013:American Association for Cancer Research Annual Meeting 2013 (2013/4/10), Washington,DC, USA. (山下継史1, 藁谷美奈1, 加藤 弘1, 大木 暁1, 河又 寛1, 中村和徳2, 西宮洋史2, 江間 玲2, 渡邊昌彦1: 1外科, 2大学院医療系研究科)

713090. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) LAPAROSCOPIC SPLEEN-PRESERVING PANCREATIC TAIL RESECTION OF AN EPIDERMOID CYS T OCCURRING WITHIN AN INTRAPANCREATIC ACCESSORY SPLEEN. Kumamoto Y1, Katagiri H1, Kaizu T1, Kamata H1, Tajima H1, Watanabe M1: SAGES2013 (2013/4/17), Baltimore, USA. (隈元雄介1, 片桐寛之1, 海津貴史1, 鎌田弘樹1, 田島 弘1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713091. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical usefulness of laparoscopic surgery for very elderly patients with colorectal cancer. Miura H1, Tsutsui A1, Ogura N1, Naito M1, Sato T1, Nakamura T1, Watanabe M1: Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons (2013/4/18), Baltimore, USA. (三浦啓壽1, 筒井敦子1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713092. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Short-term outcomes of the laparoscopic surgery for transverse colon cancer: the examination of oncologoic validity and technically safety. Naito M1, Watanabe M1, Sato T1, Nakamura T1, Miura H1, Ogura N1, Tsutsui A1, Kojo K2, Minatani N2, Ushiku H2: Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons (2013/4/18), Baltimore, USA. (内藤正規1, 渡邊昌彦1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 小倉直人1, 筒井敦子1, 古城 憲2, 南谷菜穂子2, 牛久秀樹2: 1外科, 2大学院医療系研究科)

713093. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) CXCR2 plays critical roles in colitis and colitis-associated cancer through trafficking of myeloid-derived suppressor cells. Katoh H1, Wang D, Kim SH, DuBois RN: AACR Annual Meeting 2013 (2013/4/6-10), Washington,DC, USA. (加藤 弘1: 1外科)

713094. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A randomized phase II trial comparing docetaxel plus cyclophosphamide with epirubicin plus cyclophosphamide followed by docetaxel as neoadjuvant chemotherapy for hormone receptor-negative breast cancer: Kanagawa Breast Oncology Croup (KBOG) 1101 study. Ishikawa T, Shimizu D, Tanabe M, Oba MS, Sasaki T, Morita S, Kida K, Nawata S, Mogaki M, Doi T, Tsugawa K, Ogata H, Kosaka Y1, Sengoku N1, Suzuki Y, Suto A, Chishima T, Ichikawa Y, Endo I, Tokuda Y: American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2013 (2013/5/31), Chicago, IL, USA. (小坂愉賢1, 仙石紀彦1: 1外科)

713095. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Laparoscopic antireflux surgery improves esophageal body motility in patients with severe reflux esophagitis. Katada N1, Moriya H1, Yamashita K1, Mieno H1, Hosoda K1, Watanabe M1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/27), Helsinki, Finland. (片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713096. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical outcomes and critical concerns of esophagojejunostomy using transoral pretilted anvil head in laparoscopy-assisted total gastrectomy for gastric cancer. Hosoda K1, Sakuramoto S, Yamashita K1, Moriya H1, Katada N1, Kikuchi S1, Watanabe M1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/27), Helsinki, Finland. (細田 桂1, 桜本信一, 山下継史1, 森谷宏光1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713097. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Laparoscopic liver resections:a single center experience. Kaizu T1, Tajima H1, Kamata H1, Katagiri H1, Kumamoto Y1, Watanabe M1, Ishii K, Furuta K: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/27), Helsinki, Finland. (海津貴史1, 田島 弘1, 鎌田弘樹1, 片桐寛之1, 隈本雄介1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713098. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The performace of laparoscopic distal pancreatectomy. Katagiri H1, Tajima H1, Kamata H1, Kaizu T1, Kumamoto Y1, Watanabe M1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/27), Helsinki, Finland. (片桐寛之1, 田島 弘1, 鎌田弘樹1, 海津貴史1, 隈本雄介1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713099. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Molecular identification of EphA2 target on downstream of HOP homeobox(HOPX) tumor suppressor gene in poorly differentiated colorectal cancer. Kawamata H1, Yamashita K1, Katoh H1, Waraya M1, Nakamura K2, Nishimiya H2, Ema A2, Watanabe M1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/27), Helsinki, Finland. (河又 寛1, 山下継史1, 加藤 弘1, 藁谷美奈1, 中村和徳2, 西宮洋史2, 江間 玲2, 渡邊昌彦1: 1外科, 2大学院医療系研究科)

713100. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The safety and usefullness of laparoscopic spleen-preserving distal pancreatectomy. Kumamoto Y1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/27), Helsinki, Finland. (隈元雄介1: 1外科)

713101. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A first report of gastric teratoma with distant metastasis. Tanaka K1, Takeda N1, Watanabe E1, Watanabe M1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/27), Helsinki, Finland. (田中 潔1, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713102. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Laparoscopic versus open distal gastrectomy for early gastric cancer in Japanese patients:clinical outcomes of a randomized clinical trial and prognostic analysis. Yamashita K1, Sakuramoto S, Katada N1, Hosoda K1, Moriya H1, Kikuchi S1, Watanabe M1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/28), Helsinki, Finland. (山下継史1, 桜本信一, 片田夏也1, 細田 桂1, 森谷宏光1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713103. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Comprehensive expression analysis of tyrosine kinase family in gastric cancer treated with curative resection and adjuvant S-1 chemotherapy. Ema A1, Yamashita K2, Moriya H2, Hosoda K2, Sakuramoto S, Katada N2, Kikuchi S2, Watanabe M2: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/28), Helsinki, Finland. (江間 玲1, 山下継史2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 片田夏也2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2: 1大学院医療系研究科, 2外科)

713104. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Ingenious procedure using effective traction sutures in intraumbilical pyloromyotomy. Watanabe E1, Tanaka K1, Takeda N1, Watanabe M1: International Surgical Week ISW 2013 (2013/8/28), Helsinki, Finland. (渡辺栄一郎1, 田中 潔1, 武田憲子1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713105. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Optimal surgical extent and prognostic factors for esophagogastric junction cancer. Hosoda K1, Katada N1, Yamashita K1, Moriya H1, Mieno H1, Kikuchi S1, Watanabe M1: FACO:1st International Conference of Federation of Asian Clinical Oncology (2013/9/26), Xiamen, China. (細田 桂1, 片田夏也1, 山下継史1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713106. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A case of pancreatic cancer with celiac trunk invasion and para-aortic lymph node metastasis successfully resected after gemcitabine with S-1 combination chemotherapy. Tajima H1, Kumamoto Y1, Kubo H1, Kaizu T1, Katagiri H1, Watanabe M1: FACO:1st International Conference of Federation of Asian Clinical Oncology (2013/9/26), Xiamen, China. (田島 弘1, 隈元雄介1, 久保任史1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713107. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neoadjuvant preoperative chemoradiotherapy with concurrent S-1 and irinotecan in patients with locally advanced rectal cancer: long-term clinical outcomes and prognostic factors. Yamanashi T1, Sato T1, Nakamura T1, Yamashita K1, Naito M1, Ogura N1, Miura H1, Tsutsui A1, Watanabe M1: the 1st International Conference of Federation of Asian Clinical Oncology (2013/9/26), Xiamen, China. (山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山下継史1, 内藤正規1, 小倉直人1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1: 1外科)

713108. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Final result of randomised controlled phase II study of the efficiency of palonosetron, aprepitant, and dexamethasone for day1 with or without dexamethasone on days 2 and 3. Kosaka Y1, Sengoku N1, Minatani N2, Kikuchi M2, Nishimiya H2, Waraya M1, Enomoto T1, Kuranami M, Tanino H1, Watanabe M1: The 2013 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium (2013/12/12), SanAntonio, TX, USA. (小坂愉賢1, 仙石紀彦1, 南谷菜穂子2, 菊池真理子2, 西宮洋史2, 藁谷美奈1, 榎本拓茂1, 谷野裕一1, 渡邊昌彦1: 1外科, 2大学院医療系研究科)

713109. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A randomized phase II trial comparing docetaxel plus cyclophosphamide with epirubicin plus cyclophosphamide followed by docetaxel as neoadjuvant chemotherapy for hormone receptor-negative breast cancer. Kanagawa breast oncology group (KBOG) 1101 study. Ishikawa T, Shimizu D, Tanabe M, Oba MS, Sasaki T, Morita S, Kida K, Nawata S, Mogami M, Doi T, Tsugawa K, Ogata H, Kosaka Y1, Sengoku N1, Saito Y, Suzuki Y, Suto A, Chishima T, Ichikawa Y, Endo I, Tokuda Y: The 2013 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium (2013/12/12), SanAntonio, TX, USA. (小坂愉賢1, 仙石紀彦1: 1外科)

713110. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Predictive factors for pathologic complete response and disease-free survival after neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab: a multicenter retrospective observational study in patients with HER2-positive primary breast cancer (JBCRG-C03 study). Takada M, Ishiguro H, Nagai S, Ohtani S, Kawabata H, Yanagita Y, Hozumi Y, Shimizu C, Takao S, Sato N, Kosaka Y1, Sagara Y, Iwata H, Ohno S, Kuroi K, Masuda N, Yamashiro H, Sugimoto M, Kondo M, Naito Y, Sasano H, Inamoto T, Morita S, Toi M: The 2013 CTRC-AACR San Antonio Breast Cancer Symposium (2013/12/14), SanAntonio, TX, USA. (小坂愉賢1: 1外科)

713111. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Survival outcomes of schirrhus gastric cancer treated by multidisciplinary treatments:Putative impact on prognosis by DCS NAC. Yamashita K1: Gastrointestinal Cancers Symposium 2014 (2014/1/16-18), San Francisco, California, USA. (山下継史1: 1外科)

722099. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 腹腔鏡補助下胃全摘術における再建の工夫−経口アンビル法−. 片田夏也1, 細田 桂1, 山下継史1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 根本昌之1, 二渡信江1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/11), 福岡.

722100. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 腹腔鏡下直腸癌手術の定型化と偶発症の対策. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 小倉直人1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/11), 福岡.

722101. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 腹腔鏡下胃切除における電気メスを用いた幽門下リンパ節郭清手技. 細田 桂1, 桜本信一, 三重野浩朗1, 根本昌之1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

722102. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) cStage II/III食道癌に対する術前DCF療法は安全に施行可能か? 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 細田 桂1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第38回日本外科系連合学会学術集会 (2013/6/7), 東京.

722103. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) cStage II/III食道癌に対する術前DCF療法の短期治療成績: FP療法と比較して. 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 細田 桂1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 堅田親利2, 樋口勝彦2, 田邉 聡2, 小泉和三郎2 (1外科, 2消化器内): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/13), 大阪.

722104. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 大腸癌に対する手術〜最適な術式・再建方法を目指して〜. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本消化器関連学会週間 (2013/10/11), 新宿

722105. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 10年後の食道癌手術治療の展望. 山下継史1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 三重野浩朗1, 堅田親利2, 樋口勝彦2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2消化器内): 第66回日本胸部外科学会定期学術集会 (2013/10/17), 仙台.

722106. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の検討. 小澤平太1, 中村隆俊1, 内藤正規1, 池田 篤1, 旗手和彦, 小倉直人1, 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 和田 治1, 小野里航1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/28), 福岡.

722107. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【胃癌に対する内視鏡外科のエビデンスを問う】早期胃癌に対する腹腔鏡補助下胃切除術のエビデンス−エキスパートによるLADG vs ODGの術後短期成績−. 桜本信一, 菊池史郎1, 山下継史1, 片田夏也1, 二渡信江1, 岡 伸一, 竹下宏樹, 藤森喜毅, 鷲尾真理愛1, 高瀬健一郎, 春田泰宏, 佐藤 弘, 山口茂樹, 小山 勇, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

722108. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 早期胃癌に対する腹腔鏡補助下胃切除術のエビデンス−エキスパートによるLADG vs ODGの術後短期成績−. 桜本信一, 菊池史郎1, 山下継史1, 片田夏也1, 二渡信江1, 岡 伸一, 竹下宏樹, 藤森喜毅, 鷲尾真理愛1, 高瀬健一郎, 春田泰宏, 佐藤 弘, 山口茂樹, 小山 勇, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

722109. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 内視鏡技術認定医 (腹腔鏡下大腸切除術) の育成・教育. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 内藤正規1, 小倉直人1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

722110. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 食道胃接合部癌に対する下縦郭郭清の意義. 細田 桂1, 片田夏也1, 山下継史1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

723323. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道切除小腸再建術の有用性と課題. 根本昌之1, 片田夏也1, 山下継史1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 桜本信一, 菊池史郎1, 金田悟郎, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/11), 福岡.

723324. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌標準治療におけるthyrosine kinase familyの包括的検討. 江間 玲1, 山下継史2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 片田夏也2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/11), 福岡.

723325. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 消化器癌浸潤転移に関連するepigenetic異常同定と癌診断・治療への応用. 山下継史1, 加藤 弘1, 藁谷美奈1, 大木 暁1, 河又 寛1, 江間 玲2, 細田 桂1, 森谷宏光1, 桜本信一, 片田夏也1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/11), 福岡.

723326. [学会 (全国)] (ポスター) マンモトーム生検を行った石灰化病変に対するMRI画像の有用性. 菊池真理子1, 仙石紀彦2, 小坂愉賢2, 西宮洋史1, 加藤 弘2, 榎本拓茂2, 蔵並 勝, ウッドハムス玲子3, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科, 3放射線 (画像)): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/11-13), 福岡, 日本外科学会雑誌 2013/3; 114 (臨時増刊 2): 520.

723327. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 側臥位による胸腔鏡下食道切除術 (VATS-E) の術野展開の工夫. 森谷宏光1, 片田夏也1, 細田 桂1, 根本昌之1, 山下継史1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

723328. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡補助下噴門側胃切除術の際の再建法の工夫. 牛久秀樹1, 片田夏也2, 甲斐田武志2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 山下継史2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

723329. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における腹腔鏡下肝切除の現状とHybrid肝右葉切除への適応拡大. 海津貴史1, 田島 弘1, 鎌田弘樹1, 片桐寛之1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1, 石井健一郎, 古田一徳 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

723330. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳癌病型分類別によるKi-67の予後予測に対する検討. 西宮洋史1, 山下継史2, 加藤 弘2, 榎本拓茂2, 仙石紀彦2, 蔵並 勝, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

723331. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) cStage II/III食道癌に対する術前補助化学療法: DCFはFPと比べcStage IIIのPFSを延長させる可能性がある. 片田夏也1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 山下継史1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 堅田親利2, 小泉和三郎2, 小森承子3, 菅原充広4 (1外科, 2消化器内, 3放射線 (腫瘍), 4薬剤部): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

723332. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肝外胆管癌と十二指腸乳頭部癌の臨床病理学的検討. 河又 寛1, 山下継史1, 中村和徳2, 田島 弘1, 鎌田弘樹1, 片桐寛之1, 石井健一郎, 高橋禎人1, 古田一徳, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

723333. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院での80歳以上の超高齢者胃癌手術症例の検討. 二渡信江1,2, 小野崎智之, 和田 治2, 久保任史2, 小野里航1,2, 近藤康史2, 高橋禎人1,2, 池永 誠, 西 八嗣2, 八十川要平 (1外科, 2北里大学メディカルセンター): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/13), 福岡.

723334. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 超高齢者大腸癌に対する腹腔鏡手術の有用性の検討. 筒井敦子1, 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/13), 福岡.

723335. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における腹腔鏡下膵切除術の手技と成績. 田島 弘1, 隈元雄介1, 鎌田弘樹1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 古田一徳, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/13), 福岡.

723336. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多臓器転移を伴った大腸癌症例における至適な治療指針の検討. 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/13), 福岡.

723337. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 骨・軟骨化生を伴う乳癌が異時性に発症した両側乳癌の1例. 乃木田礼佳, 仙石紀彦1, 南谷菜穂子2, 西宮洋史2, 藁谷美奈1, 小坂愉賢1, 榎本拓茂1, 谷野裕一, 蔵並 勝, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第25回日本内分泌外科学会総会 (2013/5/23), 山形.

723338. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Clinical aspects of pancreatico-biliary maljunction; Children vs adults. 武田憲子1, 田中 潔2, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第50回日本小児外科学会学術集会 (2013/5/30), 東京.

723339. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Four cases of life-threatening peptic ulcer bleeding associated with virus infection. 渡辺栄一郎1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第50回日本小児外科学会学術集会 (2013/5/30), 東京.

723340. [学会 (全国)] (ポスター) カバードステントが有用であった3症例. 田村幸穂1, 平田光博1, 美島利昭1, 大久保博世1, 樫見文枝2, ウッドハムス玲子3, 渡邊昌彦1 (1外科, 2救命, 3放射線 (画像)): 第41回日本血管外科学会学術総会 (2013/5/29-31), 大阪, 日本血管外科学会雑誌 2013/4; 22 (2): 431.

723341. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除不能進行胃癌に対するDCS (Docetaxel + CDDP + S1) 療法後のサルベージ手術. 細田 桂1, 片田夏也1, 山下継史1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 桜本信一 (1外科): 第38回日本外科系連合学会学術集会 (2013/6/7), 東京.

723342. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) LECSにて切除しえた噴門部GISTの1例. 千野慎一郎1, 細田 桂1, 桜本信一, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第38回日本外科系連合学会学術集会 (2013/6/7), 東京.

723343. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性胃拡張をきたした上腸間膜動脈瘤症候群の1例. 中馬基博1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 横井圭悟1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第38回日本外科系連合学会学術集会 (2013/6/7), 東京.

723344. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道アカラシア内視鏡分類による臨床像の検討. 森谷宏光1, 片田夏也1, 三重野浩朗1, 根本昌之1, 細田 桂1, 二渡信江1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/13), 大阪.

723345. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道癌外科治療に及ぼす術後再発に対する化学放射線療法の役割. 江間 玲1, 山下継史2, 片田夏也2, 堅田親利3, 樋口勝彦3, 森谷宏光2, 細田 桂2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科, 3消化器内): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/13), 大阪, 第67回日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2013.06; p.259.

723346. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道表在癌に対する外科治療成績. 山下継史1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/13), 大阪.

723347. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道胃接合部癌に対する至適切除範囲と予後因子. 細田 桂1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 大阪.

723348. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 術前化学療法によって病理組織学的効果grade 3となった4症例. 荒木一兵太1, 細田 桂1, 片田夏也1, 江間 玲2, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 大阪.

723349. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道切除後胃管再建術−HALSから非用手的腹腔鏡下手術へ−. 根本昌之1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 石井健一郎1, 坂本友見子1, 細谷 智1, 金澤秀紀, 金田悟郎 (1外科): 第67回日本食道学会学術集会 (2013/6/14), 大阪.

723350. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膵頭十二指腸切除術における柿田式膵空腸貫通密着吻合の実際とコツ. 隈元雄介1, 片桐寛之1, 海津貴史1, 鎌田弘樹1, 田島 弘1, 古田一徳, 渡邊昌彦1 (1外科): 第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (2013/6/13), 宇都宮.

723351. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下肝切除術中の出血に対するトラブルシューティング. 海津貴史1, 田島 弘1, 鎌田弘樹1, 片桐寛之1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1, 石井健一郎, 古田一徳 (1外科): 第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (2013/6/14), 宇都宮.

723352. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における腹腔鏡下尾側膵切除術の自動縫合器を用いての膵切離の工夫. 田島 弘1, 隈元雄介1, 牛久秀樹2, 中村和徳2, 河又 寛1, 鎌田弘樹1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (2013/6/14), 宇都宮.

723353. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 精巣原発胎児性癌の後腹膜転移と診断された後腹膜腫瘍の一切除例. 櫻谷美貴子1, 鎌田弘樹1, 田島 弘1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第25回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (2013/6/14), 宇都宮.

723354. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 3Vボタン型リチウム電池が食道に長期停滞し合併症なく経過した一例. 渡辺栄一郎1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡邊昌彦1, 金子忠弘3 (1外科, 2新世紀医療・先端医療, 3小児): 第27回日本小児救急医学会学術集会 (2013/6/14), 宜野湾.

723355. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) だれでもできる穿刺困難症例に対する針生検の工夫. 林 京子1, 押田小百合1, 羽廣健仁, 仙石紀彦1, 蔵並 勝, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723356. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 巨大乳腺間質肉腫の一例. 中熊尊士, 上野総一郎, 近藤康史, 仙石紀彦1, 蔵並 勝 (1外科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723357. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳腺神経内分泌癌の1例. 押田小百合1, 林 京子1, 羽廣健仁, 仙石紀彦1, 渡邉昌彦1 (1外科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723358. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SPECT/CTによる乳癌術前センチネルリンパ節マッピングの有用性. 河野蓉子1, 坂田道生, 濱田賢一, 大泉陽介1, 三重野浩朗1, 熊本浩志, 森瀬昌樹, 鈴木 博, 竹下利夫 (1外科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723359. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度催吐性化学療法に対するパロノセトロン/アプレピタント/デキサメタゾン併用療法の有効性について. 小坂愉賢1, 南谷菜穂子2, 本田 朋1, 菊池真理子2, 西宮洋史2, 谷野裕一, 榎本拓茂1, 仙石紀彦1, 蔵並 勝, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723360. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における乳腺Spindle Cell Carcinoma 3例の検討. 藤林紹美, 菊池真理子1, 小坂愉賢2, 西宮洋史1, 榎本拓茂2, 梶田咲美乃3, 仙石紀彦2, 蔵並 勝, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科, 3病理): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723361. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ベバシズマブ+パクリタキセル療法が奏功した皮膚浸潤を伴う Staeg IV乳癌の1例. 本田 朋1, 小坂愉賢1, 菊池真理子2, 藁谷美奈1, 西宮洋史2, 榎本拓茂1, 仙石紀彦1, 谷野裕一, 蔵並 勝, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723362. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川乳癌研究グループによる県内における乳癌化学療法選択に関する調査. 寺尾まやこ, 新倉直樹, 鈴木育宏, 仙石紀彦1, 有岡 仁, 石川 孝, 津川浩一郎, 徳田 裕 (1外科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/28), 浜松.

723363. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) HER2陽性乳癌に対するトラスツズマブ投与における希釈液量の 安全性の検討. 仙石紀彦1, 小坂愉賢1, 菊池真理子2, 南谷菜穂子2, 藁谷美奈1, 榎本拓茂1, 蔵並 勝, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/28), 浜松.

723364. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 安全な外来化学療法の実施の試み−インシデント軽減のためのソフトとハードの改善−. 蔵並 勝, 小坂愉賢1, 菊池真理子2, 西宮洋史2, 南谷菜穂子2, 仙石紀彦1, 榎本拓茂1, 佐々木治一郎3, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科, 3呼吸器内): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/28), 浜松.

723365. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院におけるエリブリンの使用経験. 飯塚美香1, 小坂愉賢1, 原  英, 井上隼人, 坂本友見子1, 仙石紀彦1, 蔵並 勝, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/28), 浜松.

723366. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) HER2陰性進行・再発乳がん患者に対するエリブリンの有効性と 安全性. 南谷菜穂子1, 小坂愉賢2, 本田 朋2, 菊池真理子1, 西宮洋史1, 榎本拓茂2, 仙石紀彦2, 谷野裕一2, 蔵並 勝, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/28), 浜松.

723367. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳癌進行病期別のKi-67発現と予後に対する検討. 西宮洋史1, 小坂愉賢2, 梶田咲美乃3, 菊池真理子1, 南谷菜穂子1, 谷野裕一, 榎本拓茂2, 仙石紀彦2, 蔵並 勝, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科, 3病理): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/28), 浜松.

723368. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖鎖遺伝子の定量PCRアレイを用いて同定された癌関連糖鎖遺伝子GCNT2の発現とその制御. 中村和徳1, 山下継史2, 渡邊昌彦2, 澤木弘道, 成松 久 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第22回日本がん転移学会学術集会・総会 (2013/7/11), 松本.

723369. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Affymetrixマイクロアレイを用いたリンパ節転移進展機序の解明-Nkx2.1-EGFR axisの同定. 江間 玲1, 山下継史2, 藁谷美奈2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第22回日本がん転移学会学術集会・総会 (2013/7/11), 松本

723370. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 広範な腸管壊死を伴い失った腹壁破裂の1例. 横井圭悟1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2013/7/16), 横浜.

723371. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道アカラシアに対する腹腔鏡手術−安全確実な筋層切開を目指して−. 櫻谷美貴子1, 片田夏也1, 鷲尾真理愛1, 細田 桂1, 森谷宏光1, 山下継史1, 桜本信一, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

723372. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小腸転移をきたした胃癌の1切除例. 横井圭悟1, 森谷宏光1, 牛久秀樹2, 細田 桂1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

723373. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における腹腔鏡下肝切除術の適応拡大・標準化への試み. 海津貴史1, 田島 弘1, 鎌田弘樹1, 片桐寛之1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1, 石井健一郎, 古田一徳 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

723374. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MEN-1型に発生したガストリノーマ・インスリノーマ・非機能性PNETが混在する多発神経内分泌腫瘍の一手術例. 隈元雄介1, 片桐寛之1, 鎌田弘樹1, 田島 弘1, 河又 寛1, 中村和徳2, 海津貴史1, 古田一徳, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

723375. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下大腸切除における創感染の対策と危険因子の検討. 三浦啓壽1, 中村隆俊1, 筒井敦子1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

723376. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 右後枝 (B6+7) が右門脈尾側を走行し総肝管に合流する症例に対する腹腔鏡下胆N摘出術. 中西 亮1, 陳 孟鳳, 峯田 章, 山本健太郎, 水谷知央, 栗田 淳1, 中熊尊士, 宮内邦浩, 上野総一郎, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

723377. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸SM癌のリンパ節転移陽性症例における臨床病理学的検討. 古城 憲1, 内藤正規2, 佐藤武郎2, 小倉直人2, 三浦啓壽2, 筒井敦子2, 山梨高広2, 中村隆俊2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/17), 宮崎.

723378. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌S-1標準治療におけるtyrosine kinase familyの包括的予後解析-HER3発現の予後的意義. 江間 玲1, 山下継史2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 片田夏也2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/18), 宮崎.

723379. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡補助下胃全摘術後のイレウス発症の予防には腸間膜の閉鎖が必要である. 牛久秀樹1, 細田 桂2, 片田夏也2, 横井圭悟2, 森谷宏光2, 山下継史2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/18), 宮崎.

723380. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道癌術後胃管壊死による胃管閉鎖に対し胸骨縦切開食道胃管再吻合術を施行した1例. 二渡信江1,2, 西 八嗣2, 小野崎智之1, 和田 治1, 久保任史1, 近藤康史2, 高橋禎人1,2, 池永 誠, 八十川要平 (1外科, 2北里大学メディカルセンター): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/18), 宮崎.

723381. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院での自動縫合器を用いた尾側膵切除術における検討と工夫. 田島 弘1, 隈元雄介1, 牛久秀樹2, 中村和徳2, 河又 寛1, 鎌田弘樹1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/18), 宮崎.

723382. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 超高齢者大腸癌に対する腹腔鏡手術の有用性の検討. 筒井敦子1, 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 古城 憲2, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/18), 宮崎.

723383. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 取り扱いに困難をきたすStage IV大腸癌 (多臓器転移・腹膜転移) に対する私的な治療戦略の検討. 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/18), 宮崎.

723384. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道胃接合部癌に対する根治的切除術には十分な下縦隔郭清が必要である. 細田 桂1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723385. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) cStage II/III食道癌に対する術前補助化学療法: DCF vs. FPの短期治療成績. 片田夏也1, 森谷宏光1, 山下継史1, 細田 桂1, 三重野浩朗1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723386. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌 Stage IB症例のハイリスク患者選別. 荒木一兵太1, 山下継史1, 細田 桂1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 片田夏也1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723387. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 局所進行切除不能膵体尾部癌に対し, 化学療法施行後, R0手術が可能であった1例. 鷲尾真理愛1, 鎌田弘樹1, 櫻谷美貴子1, 田島 弘1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1, 木田光広2 (1外科, 2消化器内): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723388. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における鼠径ヘルニアに対するTAPPの現状. 押田小百合1, 旗手和彦, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723389. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 癌Epigenetic研究の成果: 消化器癌治療標的EphA2同定と癌治療マーカーとしての用途. 山下継史1, 藁谷美奈1, 河又 寛1, 江間 玲2, 加藤 弘1, 大木 暁1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723390. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) cStage2 食道癌に対する手術成績の検討. 森谷宏光1, 根本昌之1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723391. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原発巣より20 cm以上離れた肛門側に壁内転移きたしたS状結腸癌の一例. 甲斐田武志1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 古城 憲2, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723392. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 原発巣切除・全身化学療法後に肝転移巣切除を施行した上行結腸内分泌細胞癌の1例. 山梨高広1, 相澤栄俊, 江頭有美, 五十嵐一晴1, 西 知彦, 山本立真, 鳥海史樹, 向井 清, 下山 豊 (1外科): 第68回日本消化器外科学会総会 (2013/7/19), 宮崎.

723393. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Identification of molecules associated with aggressive phenotypes by expression microarray in advanced gastric cancer. 山下継史1, 藁谷美奈1, 江間 玲2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723394. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Comprehensive expression analysis of tyrosine kinase family in gastric cancer curatively resected with S-1 chemotherapy. 江間 玲1, 山下継史2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 片田夏也2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723395. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The clinical potential of p53 mutation status as a predictive biomarker for drug sensitivity by epigenetic treatment. 藁谷美奈1, 江間 玲2, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723396. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Epigenetic silensing of GCNT2 expression is identified by comprehensive real time PCR screening in colorectal cancer. 中村和徳1, 山下継史2, 渡邊昌彦2, 弘道澤木, 成松 久 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜.

723397. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 蛋白漏出性胃腸症を呈したセリアック症の1例. 碓井 遼, 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本消化器関連学会週間 (2013/10/10), 東京.

723398. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肥満大腸癌に対する腹腔鏡下手術の有用性. 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第21回日本消化器関連学会週間 (2013/10/11), 東京.

723399. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行胃癌に対する集学的治療の標準化に向けての予後解析. 山下継史1, 細田 桂1, 江間 玲2, 荒木一兵太1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 桜本信一, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第21回日本消化器関連学会週間 (2013/10/12), 東京.

723400. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Affymetrixマイクロアレイを用いたリンパ節転移進展に関わる包括的遺伝子発現探索−Nkx2.1-EGFR axisの同定と治療標的の可能性−. 江間 玲1, 山下継史2, 藁谷美奈2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第21回日本消化器関連学会週間 (2013/10/12), 東京.

723401. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 安全なオピオイドローテーションのための投与量換算ソフト作成と運用の試み. 内藤正規1, 佐藤武郎1, 本間雅士2, 中村隆俊1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 平山武司2, 川野千尋2, 長谷川香奈子3, 黒山政一2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2東病院薬剤部, 3東病院看護部): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/24), 京都.

723402. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 癌性リンパ管症に対しパクリタキセル, ベバシズマブ療法が奏功した乳癌の1例. 半田 梓, 小坂愉賢1, 菊池真理子2, 南谷菜穂子2, 西宮洋史2, 藁谷美奈1, 榎本拓茂1, 仙石紀彦1, 谷野裕一, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/24), 京都.

723403. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ベバシズマブ + パクリタキセル (アルブミン懸濁型) 療法にて長期SDを得られた一症例. 岡本光祈子, 藁谷美奈1, 菊池真理子2, 南谷菜穂子2, 西宮洋史2, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1, 谷野裕一, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/24), 京都.

723404. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 進行下部直腸癌に対する術前化学放射線療法の治療評価と再発危険因子. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 内藤正規1, 山梨高広1, 小倉直人1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都.

723405. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Affymetrixマイクロアレイを用いたリンパ節転移進展に関わる包括的遺伝子発現探索. 山下継史1, 藁谷美奈1, 江間 玲2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都.

723406. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) cStage II/III食道癌に対する術前補助化学療法: FP, DCFのcStage別の再発に注目して. 片田夏也1, 山下継史1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 三重野浩朗1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 堅田親利2, 樋口勝彦2, 田邉 聡2, 小泉和三郎2, 小森承子3, 菅原充広4 (1外科, 2消化器内, 3放射線 (腫瘍), 4薬剤部): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都, 日本癌治療学会誌 2013/9; 48 (3): 1434.

723407. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) トリプルネガティブ乳癌におけるKi67発現と予後についての検討. 南谷菜穂子1, 西宮洋史1, 小坂愉賢2, 菊池真理子1, 藁谷美奈2, 榎本拓茂2, 仙石紀彦2, 谷野裕一, 蔵並 勝, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都.

723408. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除不能胃癌に対するDocetaxel + CDDP + S-1 (DCS) 療法後の短期手術成績. 三重野浩朗1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 根本昌之1, 細田 桂1, 樋口勝彦2, 山下継史1, 菊池史郎1, 小泉和三郎2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2消化器内): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都, 日本癌治療学会誌 2013/9; 48 (3): 1717.

723409. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 切除不能大腸癌の治療・生存期間の延長に伴う新たなオンコロジーエマージェンシー. 佐藤武郎1, 内藤正規1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都.

723410. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳腺原発神経内分泌癌 (neuroendocrine carcinoma) の1例. 西成田亮, 仙石紀彦1, 南谷菜穂子2, 菊池真理子2, 西宮洋史2, 藁谷美奈1, 小坂愉賢1, 榎本拓茂1, 谷野裕一, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都.

723411. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳癌脳転移症例についての検討. 西宮洋史1, 小坂愉賢2, 南谷菜穂子1, 菊池真理子1, 藁谷美奈2, 榎本拓茂2, 仙石紀彦2, 谷野裕一, 蔵並 勝, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都.

723412. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肝切除と肝動脈塞栓療法により長期生存している十二指腸平滑筋肉腫の1例. 隈元雄介1, 片桐寛之1, 久保任史1, 田島 弘1, 海津貴史1, 古田一徳, 渡邊昌彦1 (1外科): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都.

723413. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早期直腸癌の治療選択としての腹腔鏡下手術の定型化と偶発症対策. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 筒井敦子1, 内藤正規1, 小倉直人1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/15), 東京.

723414. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) クローン病に対する腹腔鏡下手術の妥当性の検討−特に瘻孔や膿瘍を伴った症例に対しての有効性と安全性について−. 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/15), 東京.

723415. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 結腸癌Stage IIIbに対する補助化学療法後の治療成績. 三浦啓壽1, 中村隆俊1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/15), 東京.

723416. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Bridge to surgery (BTS) における大腸ステントの有用性. 細谷 智1, 金澤秀樹, 金田悟郎, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/15), 東京.

723417. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院の脾湾曲部大腸癌に対する腹腔鏡下左半結腸切除術. 金澤秀樹, 細谷 智1, 金田悟郎, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/15), 東京.

723418. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における直腸GISTに対する診断, 治療の妥当性の検討. 筒井敦子1, 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/16), 東京.

723419. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院の脾彎曲部結腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除術. 小倉直人1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 内藤正規1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/16), 東京.

723420. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝切除術の有用性. 山梨高広1, 佐藤武郎1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 小倉直人1, 内藤正規1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第68回日本大腸肛門病学会学術集会 (2013/11/16), 東京.

723421. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡補助下胃全摘出術 (LATG)・Roux-en-Y再建術後のY脚に生じた腸重積症の一例. 石井 智1, 細田 桂1, 片田夏也1, 小野崎智之, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第75回日本臨床外科学会総会 (2013/11/21), 福岡.

723422. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下手術を施行した虫垂粘液N腫の2例. 千野慎一郎, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第75回日本臨床外科学会総会 (2013/11/21), 名古屋.

723423. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 可及的な腫瘍減量術を施行した虫垂原発と思われる腹膜偽粘液種の一例. 中本修司1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第75回日本臨床外科学会総会 (2013/11/21), 名古屋.

723424. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡補助下噴門側胃切除術における食道残胃吻合の治療成績: 食道機能検査の観点から. 片田夏也1, 細田 桂1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 櫻本信一 (1外科): 第75回日本臨床外科学会総会 (2013/11/22), 名古屋.

723425. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌腹膜転移における最良な治療方法とは〜化学療法を中心とした集学的治療〜. 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第75回日本臨床外科学会総会 (2013/11/22), 名古屋.

723426. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 検診で指摘された無症状成人リンパ管腫の一切除例. 秋山史織, 中村隆俊1, 西澤伸恭1, 後藤卓也1, 藤林紹美, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 田島 弘1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第75回日本臨床外科学会総会 (2013/11/22), 名古屋.

723427. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道胃接合部癌に対する至適切除範囲と手術手技. 細田 桂1, 片田夏也1, 山下継史1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第75回日本臨床外科学会総会 (2013/11/23), 名古屋.

723428. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道アカラシア−内視鏡外科手術 vs 経口内視鏡手術: 腹腔鏡下アカラシア手術の術後の逆流評価と長期治療成績. 森谷宏光1, 片田夏也1, 三重野宏光1, 細田 桂1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/28), 福岡.

723429. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸腔鏡下食道癌手術−側臥位気胸 + ワンポイント半腹臥位法による合理的縦隔郭清−. 片田夏也1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/28), 福岡.

723430. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早期胃癌ESD治療後, 追加治療としての腹腔鏡下胃切除術. 三重野浩朗1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 山下継史1, 菊池史郎1, 田邉 聡2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2消化器内): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

723431. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 成人腸回転異常症に対して腹腔鏡下手術をしえた1例. 渡辺栄一郎1, 中村隆俊1, 田中 潔2, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

723432. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 酸化再生セルロース合成吸収性癒着防止剤インターシードの前向き無作為化比較研究試験における使用経験. 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

723433. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 細径鉗子を用いた腹腔鏡下大腸手術のとりくみ. 小倉直人1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 内藤正規1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

723434. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 術後腸閉塞に対する腹腔鏡下手術の有用性. 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

723435. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腸重積にて発症し腹腔鏡下手術を施行した回盲部原発悪性リンパ腫の一例. 小野里航1,2, 横田光央1,2, 本田 朋1,2, 信太昭子1,2, 二渡信江1,2, 近藤康史2, 高橋禎人1,2, 西 八嗣2, 渡邊昌彦1 (1外科, 2北里大学メディカルセンター): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

723436. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 成人Bochdalek孔ヘルニアに対し胸腔鏡下横隔膜修復術を施行した1例. 中馬基博1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡.

723437. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下胃切除における膵上縁リンパ節郭清の工夫. 細田 桂1, 片田夏也1, 山下継史1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723438. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下アカラシア手術の術後の逆流評価と長期治療成績. 森谷宏光1, 片田夏也1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723439. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃切除後胃食道逆流症 (GER) に対して腹腔鏡下再建変更術が有効であった1例. 小野崎智之, 森谷宏光1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723440. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における腹腔鏡下脾臓摘出術の手技と成績. 田島 弘1, 隈元雄介1, 牛久秀樹2, 中村和徳2, 久保任史1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 古田一徳, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723441. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における腹腔鏡下肝切除術の現状−HALSの積極的利用−. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 久保任史1, 片桐寛之1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723442. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下十二指腸角の粘膜下腫瘍に対して腹腔鏡・内視鏡合同手術 (LECS) を施行した一例. 田中俊道1, 片桐寛之1, 中本修司1, 田島 弘1, 久保任史1, 海津貴史1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1, 東 瑞智2, 田邉 聡2 (1外科, 2消化器内): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡, 日本内視鏡外科学会雑誌 2013/11; 18 (7): 784.

723443. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下行結腸癌に対する腹腔鏡下手術手技−安全な費彎曲部授動法−. 山梨高広1, 佐藤武郎1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 小倉直人1, 内藤正規1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723444. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下直腸切除における肥満, 狭骨盤症対策. 三浦啓壽1, 中村隆俊1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723445. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 維持透析中の大腸癌患者における腹腔鏡下手術の検討. 筒井敦子1, 中村隆俊1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 小倉直人1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723446. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 横行結腸・下降結腸癌に対する剥離・授動・吻合の工夫. 旗手和彦, 斎藤公一郎, 山本公一1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723447. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 安全な中結腸動脈根部を覚醒するための工夫. 細谷 智1, 金澤秀樹, 桑野孝治, 大越悠史, 根本昌之2, 飯塚美香2, 坂本友見子2, 石井健一郎, 井上準人, 金田悟郎, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡.

723448. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹膜播種を伴った小児盲腸癌の一例. 中本修司1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児血液・がん学会学術集会 (2013/11/30), 福岡.

723449. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胆N動脈瘤破裂による胆道内出血を呈した黄色肉芽腫性胆N炎の一例. 隈元雄介1, 細田篤志1, 片桐寛之1, 海津貴史1, 久保任史1, 田島 弘1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第50回日本腹部救急医学会総会 (2014/3/6), 東京.

723450. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 食道癌術後に小腸穿孔をきたした1例. 石井 智1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 山下継史1, 細田 桂1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第50回日本腹部救急医学会総会 (2014/3/7), 東京.

723451. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上部早期胃癌に対する腹腔鏡補助下噴門側胃切除術: 経口アンビルを用いた簡便な食道残胃吻合. 片田夏也1, 細田 桂1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1, 菊池史郎1, 櫻本信一, 渡邊昌彦1 (1外科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

723452. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌に対する腹腔鏡下手術の長期予後に対する考察. 山下継史1, 細田 桂1, 片田夏也1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 桜本信一, 二渡信江1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

723453. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) A phase II study of neoadjuvant chemotherapy with docetaxel,cisplatin,and S-1 for locally advanced gastric cancer:interim analysis of KDOG1001. 三重野浩朗1, 樋口 格1, 細田 桂1, 山下継史1, 森谷宏光1, 佐々木徹2, 石戸謙次2, 東 瑞智2, 堅田親利2, 田邉 聡2, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1, 小泉和三郎2 (1外科, 2消化器内): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

723454. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 早期胃癌リンパ節転移陽性例の予後因子の検討. 牛久秀樹1, 山下継史2, 江間 玲1, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 細田 桂2, 片田夏也2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

723455. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌手術における術前アルブミン値の関連性の検討. 牛久秀樹1, 山下継史2, 江間 玲1, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 細田 桂2, 片田夏也2, 桜本信一, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/21), 横浜.

723456. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CY1胃癌長期生存例からみた治療のPit-Point. 森谷宏光1, 片田夏也1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

723457. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 集学的治療によるスキラス胃癌治療成績の改善. 山下継史1, 細田 桂1, 片田夏也1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 江間 玲2, 牛久秀樹2, 荒木一兵太1, 櫻谷美貴子1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

723458. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 癌特異的CpGプロモーター領域DNAメチル化の同定と臨床応用−胃癌におけるCDO1遺伝子異常の臨床的意義−. 江間 玲1, 山下継史2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 片田夏也2, 菊池史郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

723459. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胃癌Stage IB症例のハイリスク群患者選別. 荒木一兵太1, 細田 桂1, 山下継史1, 江間 玲2, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 片田夏也1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2大学院医療系研究科): 第86回日本胃癌学会総会 (2014/3/22), 横浜.

731079. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 外科医が行う大腸癌の治療実践講座. 佐藤武郎 (外科): 第122回栃木県臨床外科集談会 (2013/7/6), 宇都宮.

733170. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 保存的治療にて軽快した門脈ガス血症の1例. 小野里航1, 渡邊昌彦1, 久保任史1, 和田 治1, 高橋禎人1, 二渡信江1 (1外科): 第324回日本消化器病学会関東支部会例会 (2013/4/20), 東京.

733171. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 術後早期に多発リンパ節転移・肺転移を認めたNASH合併肝細胞癌の1例. 海津貴史1, 田島 弘1, 鎌田弘樹1, 片桐寛之1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦1, 日高 央2, 大部 誠3 (1外科, 2消化器内, 3医療衛生学部): 第47回肝癌症例検討会 (2013/4/20), 東京.

733172. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 膵管胆道合流異常症における小児と成人の臨床像の検討. 武田憲子1, 田中 潔2, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第111回東京小児外科研究会 (2013/5/14), 東京.

733173. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 幽門側胃切除RY再建における, 逆蠕動による胃空腸吻合の試み. 細田 桂1, 片田夏也1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第42回神奈川県消化器外科研究会 (2013/6/1), 横浜.

733174. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 切除不能膵癌に対し化学療法が奏効し, R0手術を施行し得た一例. 田島 弘1, 隈元雄介1, 鷲尾真理愛1, 久保任史1, 鎌田弘樹1, 海津貴史1, 片桐寛之1, 古田一徳1, 木田光弘2, 吉田 功3, 三枝 信3, 渡邊昌彦1 (1外科, 2消化器内, 3病理): 第40回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2013/7/3), 東京.

733175. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 広範門脈浸潤膵癌に対し術前化学放射線療法が奏効し, R0手術が施行し得た一例. 久保任史1, 高橋禎人1, 横田光央1, 信太昭子1, 本田 朋1, 田島 弘1, 小野里航1, 二渡信江1, 近藤康史1, 西 八嗣1, 八十川要平 (1外科): 第40回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2013/7/3), 東京.

733176. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 直腸癌による腸閉塞が原因となった非閉塞性腸管虚血の1例. 下田浩文, 池田 謙, 甲斐田武志1, 迫 祐之, 和田真弘, 池田 篤1, 奥澤星二郎 (1外科): 第122回栃木県臨床外科集談会 (2013/7/6), 宇都宮.

733177. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) HER2陽性食道浸胃癌に対してcapecitabine + cisplatin + trastuzumab併用療法が奏功した一例. 石井 智1, 細田 桂1, 小野崎智久, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 桜本信一, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第44回神奈川胃癌治療研究会 (2013/7/6), 横浜.

733178. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下結腸右半切除術におけるリンパ節郭清の工夫. 小澤平太1, 森谷弘乃介, 和田 治1, 笹倉勇一, 水口智香, 海藤彰郎, 白川博文, 松下尚之, 富川盛啓, 藤田 伸, 固武健二郎 (1外科): 第122回栃木県臨床外科集談会 (2013/7/6), 宇都宮.

733179. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) カルチノイド症候群を来した小腸腫瘍に対し術前CT enteroclysisを行い, 単孔式腹腔鏡補助下小腸部分切除術を行った症例. 中西 亮1, 遠藤和洋, 八神俊明, 豊田尚潔, 二宮大和, 鯨井 大, 高田智司, 熊谷裕子, 星野好則, 寺内寿彰, 木全 大, 古川潤二, 篠崎浩治, 小林健二, 尾形佳郎 (1外科): 第122回栃木県臨床外科集談会 (2013/7/6), 宇都宮.

733180. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 光ファイバーによる経口胆道鏡 (SpyGlass) を用いて診断しえた合流部結石の一例. 鯨井 大, 寺内寿彰, 豊田尚潔, 二宮大和, 中西 亮1, 高田智司, 熊谷裕子, 星野好則, 遠藤和洋, 木全 大, 古川潤二, 尾形佳郎, 篠崎浩治 (1外科): 第122回栃木県臨床外科集談会 (2013/7/6), 宇都宮.

733181. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 診断に難渋した転移性膵腫瘍の1例. 長原 望, 松田圭央, 瀧川 譲, 横田和子1, 藤崎真人, 清水和彦 (1外科): 第122回栃木県臨床外科集談会 (2013/7/6), 宇都宮.

733182. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下N胞摘出を施行したTailgut cystの一例. 中馬基博1, 青木真彦, 浅田祐介, 高橋有未子, 小嶌慶太1, 谷 紀幸, 五十嵐高広, 河島俊文, 城戸 啓, 田村 光, 小島正夫, 雨宮 哲 (1外科): 第122回栃木県臨床外科集談会 (2013/7/6), 宇都宮.

733183. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 胆管癌の術前診断で膵頭十二指腸切除術を施行した良性胆道狭窄の2例. 海津貴史 (外科): 第11回神奈川胆膵癌研究会 (2013/7/10), 東京.

733184. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 越婢加朮湯が効果的であった全身性リンパ管腫症の経験. 武田憲子1, 田中 潔2, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第59回神奈川小児腫瘍研究会 (2013/9/21), 横浜.

733185. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 消化器癌におけるepigenetic異常遺伝子HOPXの発現低下とその意義. 中村和徳1, 山下継史2, 藁谷美奈2, 大木 暁2, 加藤 弘2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第33回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2013/10/2), 横浜.

733186. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 消化器癌におけるCDO1遺伝子のメチル化を用いた血中癌診断の試み. 江間 玲1, 山下継史2, 河又 寛2, 藁谷美奈2, 加藤 弘2, 大木 暁2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第33回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2013/10/2), 横浜.

733187. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 胃癌におけるReprimo遺伝子の癌抑制機能と癌治療感受性予測. 古城 憲1, 大木 暁2, 山下継史2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2外科): 第33回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2013/10/2), 横浜.

733188. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 急性胃拡張をきたした上腸間膜動脈症候群の1例. 中馬基博1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 横井圭悟1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第48回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2013/10/12), 水戸.

733189. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 肝十二指腸靭帯内に発生した胎児内胎児の1例. 後藤卓也1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 中込圭子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第48回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2013/10/12), 水戸.

733190. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院での高齢者胃癌の治療成績. 二渡信江1,2, 本田 朋1,2, 信太昭子1,2, 小野里航1,2, 近藤康史2, 高橋禎人1,2, 西 八嗣2 (1外科, 2北里大学メディカルセンター): 第25回北足立郡医師会医学会 (2013/10/19), 北本.

733191. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 全身性リンパ管腫症に効果的であった越婢加朮湯の投与計画について. 武田憲子1, 田中 潔2, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第18回日本小児外科漢方研究会 (2013/10/24), 東京.

733192. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ストーマ創を用いたHirschsprung病に対する根治術. 渡辺栄一郎1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第33回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会 (2013/10/25), 東京.

733193. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Barrett食道・食道腺癌のマネジメント−中長期的経過観察の必要な患者とは?−. 片田夏也 (外科): Scientific Exchange Meeting 2013: Barrett食道・食道腺癌のマネジメント (2013/10/31), 相模原.

733194. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 可及的な腫瘍摘出を施行した腹膜偽粘液腫の1例. 中本修司1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 小倉直人1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 櫻谷美貴子1, 甲斐田武志1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第37回神奈川大腸肛門疾患懇話会 (2013/11/5), 横浜.

733195. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 下横隔静脈損傷を回避できた症例とできなかった症例. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 久保任史1, 片桐寛之1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第7回肝臓内視鏡外科研究会 (2013/11/20), 名古屋.

733196. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 食道胃接合部癌に対し術前化学療法 (NAC-DCS) を行い切除し得た1例. 西澤伸恭1, 細田 桂1, 桂 有智, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1, 片田夏也1, 菊池史郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第45回神奈川胃癌治療研究会 (2013/12/7), 横浜.

733197. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 鼠径ヘルニア手術時に発見されたアンドロゲン不応症の1例. 渡辺栄一郎1, 田中 潔2, 武田憲子1, 後藤卓也1, 伊藤実香, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第5回神奈川ヘルニア研究会 (2013/12/7), 藤沢.

733198. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 潰瘍性大腸炎を発生母地として急速に進行したColitic cancerの1例. 中本修司1, 山梨高広1, 内藤正規1, 小倉直人1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 中村隆俊1, 菊池史郎1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第138回神奈川臨床外科医学会集談会 (2013/12/21), 横浜.

733199. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 集学的治療により長期生存を得た直腸神経内分泌細胞癌の一例. 大泉陽介1, 熊本浩志, 河野蓉子1, 鎌田弘樹1, 森瀬昌樹, 蔵並 勝, 鈴木 博, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第831回外科集談会 (2013/12/21), 東京.

733200. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 出血性ショックに陥った新生児リンパ管腫の1例. 島津 将1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第831回外科集談会 (2013/12/21), 東京.

733201. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線療法−長期成績と予後の検討−. 山梨高広1, 佐藤武郎1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 小倉直人1, 内藤正規1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1外科): 第80回大腸癌研究会 (2014/1/24), 東京.

733202. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 食道がんの最新治療について. 森谷宏光 (外科): 相模原医師会外科医会カンファレンス (2014/2/19), 相模原市

733203. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) LADGにおける逆蠕動R-Y再建. 三重野浩朗 (外科): 第23回神奈川外科手術手技研究会 (2014/2/21), 横浜市

733204. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) フェニルブチレートの癌抑制効果と癌治療における可能性. 山下継史 (外科): エピジェネティック療法研究会第6回講演会 (2014/2/22), 東京.

733205. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 術前化学放射線療法症例の腹腔鏡下手術における注意点. 山梨高広 (外科): 第53回神奈川大腸疾患研究会 (2014/2/27), 横浜.

733206. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 出血性ショックに陥った新生児リンパ管腫の1例. 島津 将1, 田中 潔2, 武田憲子1, 渡辺栄一郎1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第60回神奈川小児腫瘍研究会 (2014/3/1), 横浜.

733207. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 技術認定のための腹腔鏡下S状結腸切除術−手技向上を目指して−. 山梨高広 (外科): 神奈川大腸疾患腹腔鏡下手術セミナー第15回学術集会 (2014/3/14), 横浜.

733208. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 誤飲した歯ブラシが出てこない! 何故? 渡辺栄一郎1, 武田憲子1, 田中 潔2, 後藤卓也1, 渡邊昌彦1 (1外科, 2新世紀医療・先端医療): 第28回神奈川県小児肝・消化器疾患研究会 (2014/3/26), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110008. [原著] Tumor budding, myofibroblast proliferation, and fibrosis in obstructing colon carcinoma: the roles of Hsp47 and basic fibroblast growth factor. Xu CJ, Mikami T1, Nakamura T2, Tsuruta T, Nakada N1, Yanagisawa N1, Jiang SX1, Okayasu I1: Pathol Res Pract 2013/2; 209 (2): 69-74. (三上哲夫1, 中村隆俊2, 仲田典広1, 柳澤信之1, 蒋 世旭1, 岡安 勲1: 1病理, 2外科)※再掲載

H24-320003. [症例報告] 腹腔鏡下手術を施行した柿胃石による小腸閉塞の1例. 二渡信江1, 久保任史, 高橋禎人1, 西 八嗣, 八十川要平 (1外科): 日本外科系連合学会誌 2012/10; 37 (5): 974-8.


心臓血管外科学

[学術論文]

110152. [原著] Neutrophil elastase inhibitor sivelestat attenuates perioperative inflammatory response in pediatric heart surgery with cardiopulmonary bypass. Inoue N1, Oka N1, Kitamura T1, Shibata K1, Itatani K2, Tomoyasu T1, Miyaji K1: Int Heart J 2013/5; 54 (3): 149-53. (井上信幸1, 岡 徳彦1, 北村 律1, 柴田 講1, 板谷慶一2, 友保貴博1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2血流解析)

110153. [原著] Surgical strategy for severe aortic hypoplasia and aortic stenosis with ventricular septal defect and normal left ventricle. Tomoyasu T1, Oka N1, Miyamoto T1, Kitamura T1, Itatani K2, Inoue N1, Ishii M3, Miyaji K1: Pediatr Cardiol 2013/6; 34 (5): 1107-11. (友保貴博1, 岡 徳彦1, 宮本隆司1, 北村 律1, 板谷慶一2, 井上信幸1, 石井正浩3, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2血流解析, 3小児)

110154. [原著] Univentricular heart with bridging bronchus and sling left pulmonary artery. Inoue N1, Oka N1, Miyaji K1: Pediatr Cardiol 2013/6; 34 (5): 1280-2. (井上信幸1, 岡 徳彦1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

110155. [原著] Increased systemic cardiac output improves arterial oxygen saturation in bidirectional cavopulmonary shunt. Oka N1, Miyaji K1, Kitamura T1, Itatani K2, Yoshii T1, Inoue N1, Fukunishi T1, Shibata K1, Torii S3: Heart Vessels 2013/11; 34 (5): 1107-11. (岡 徳彦1, 宮地 鑑1, 北村 律1, 板谷慶一2, 吉井 剛1, 井上信幸1, 福西琢真1, 柴田 講1, 鳥井晋三3: 1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育)

110156. [原著] A selection of cases of direct cannulation in surgery for type A dissection. Yamamoto N, Nie M, Hari Y1, Tanaka Y1, Ohara K, Miyaji K1: Asian Cardiovasc Thorac Ann 2014/3; 22 (3): 284-7. (波里陽介1, 田中佑貴1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

110157. [原著] Improvement of gas exchange during high frequency intermittent oscillation in rabbits. Kasahara S, Miyaji K1: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 56-68. (宮地 鑑1: 1心臓血管外)

310013. [症例報告] A case report of persistent fifth aortic arch presenting with severe left ventricular dysfunction. Nakashima K1, Oka N1, Hayashi H1, Shibata M1, Kitamura T1, Itatani K2, Miyaji K1: Int Heart J 2014/2; 55 (1): 87-8. (中島光貴1, 岡 徳彦1, 林 秀憲1, 柴田 講1, 北村 律1, 板谷慶一2, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2血流解析)

310014. [症例報告] Five-week use of a monopivot centrifugal blood pump as a right ventricular assist device in severe dilated cardiomyopathy. Inoue T1, Kitamura T1, Torii S2, Hanayama N1, Oka N1, Itatani K3, Tomoyasu T1, Irisawa Y1, Shibata M1, Hayashi H1, Ono M, Miyaji K1: J Artif Organs 2014/3; 17 (1): 95-8. (井上崇道1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 華山直二1, 岡 徳彦1, 板谷慶一3, 友保貴博1, 入澤友輔1, 柴田 講1, 林 秀憲1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療技術教育, 3血流解析)

[学会・研究会等]

713112. [学会 (国際)] (一般講演) Optimal aortic arch reconstruction in the norwood procedure:A computational flow dynamic study. Miyaji K1, Itatani K2: The 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2013/4/4), Kobe. (宮地 鑑1, 板谷慶一2: 1心臓血管外, 2血流解析)

713113. [学会 (国際)] (一般講演) Early and late results with thoracic endovascular aortic repair (TEVAR) for non-acute type B aortic dissection. Kitamura T1, Torii S2, Hanayama N1, Oka N1, Itatani K3, Tomoyasu T1, Irisawa Y1, Shibata M1, Sakaki K1, Inoue T1, Hayashi H1, Miyaji K1: The 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2013/4/6), Kobe. (北村 律1, 鳥井晋三2, 華山直二1, 岡 徳彦1, 板谷慶一3, 友保貴博1, 入澤友輔1, 柴田深雪1, 榊健司朗1, 井上崇道1, 林 秀憲1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療技術教育, 3血流解析)

713114. [学会 (国際)] (一般講演) Aggressive administration of HOT, pulmonary vasodilator and anti-heart failure drugs for Fontan candidates. Oka N1, Hayashi H1, Shibata M1, Inoue T1, Sakaki K1, Irisawa Y1, Tomoyasu T1, Kitamura T1, Hanayama N1, Torii S2, Miyaji K1: The 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2013/4/6), Kobe. (岡 徳彦1, 林 秀憲1, 柴田深雪1, 井上崇道1, 榊健司朗1, 入澤友輔1, 友保貴博1, 北村 律1, 華山直二1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療技術教育)

713115. [学会 (国際)] (一般講演) The optimal graft size of Blalock-Taussig shunt in neonates and small infants. Shibata M1, Oka N1, Yoshii T1, Fukunishi T1, Inoue T1, Torii S2, Shibata K1, Kitamura T1, Hanayama N1, Inoue N1, Tomoyasu T1, Irisawa Y1, Sakaki K1, Hayashi H1, Miyaji K1: the 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2013/4/4-7), Kobe. (柴田深雪1, 岡 徳彦1, 吉井 剛1, 福西琢真1, 井上崇道1, 鳥井晋三2, 柴田 講1, 北村 律1, 華山直二1, 井上信幸1, 友保貴博1, 入澤友輔1, 榊健司朗1, 林 秀憲1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療技術教育)

713116. [学会 (国際)] (一般講演) Temporary right ventricular support with a monopivot centrifugal blood pump as a bridge to decision for patients who require biventricular assist. Irisawa Y1, Kitamura T1, Inoue T1, Hayashi H1, Sakaki K1, Shibata M1, Itatani K2, Tomoyasu T1, Oka N1, Hanayama N1, Torii S3, Miyaji K1: the 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2013/4/4-7), Kobe. (入澤友輔1, 北村 律1, 井上崇道1, 林 秀憲1, 榊健司朗1, 柴田深雪1, 板谷慶一2, 友保貴博1, 岡 徳彦1, 華山直二1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育)

713117. [学会 (国際)] (一般講演) Key success factors for thoracic endovascular aortic repair for non-acute Stanford type B aortic dissection. Kitamura T1, Oka N1, Nakashima K1, Itatani K2, Koyama S1, Hari Y1, Araki H1, Miyaji K1: The 27th Annual Meeting of European Association for Cardio-Thoracic Surgery (EACTS) (2013/10/8), Vienna Austria. (北村 律1, 岡 徳彦1, 中島光貴1, 板谷慶一2, 小山紗千1, 波里陽介1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2血流解析)

722111. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) MERA Monopivot Centrifugal Pumpの臨床使用経験. 北村 律 (心臓血管外): 第51回日本人工臓器学会大会 (JSAO2013)/第5回国際人工臓器学術大会 (IFAO2013) (2013/9/29), 横浜.

723460. [学会 (全国)] (一般講演) ファロー四徴症術後肺動脈弁逆流に対する肺動脈弁置換術施行の有効性の検討. 岡 徳彦1, 林 秀憲1, 柴田深雪1, 友保貴博1, 井上崇道1, 入澤友輔1, 北村 律1, 華山直二1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療技術教育): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/12), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): 216.

723461. [学会 (全国)] (一般講演) 胸骨正中切開アプローチによる人工心肺下でのModified Blalock-Taussig shunt術の検討. 柴田深雪1, 岡 徳彦1, 板谷慶一2, 井上崇道1, 林 秀憲1, 鳥井晋三3, 北村 律1, 華山直二1, 友保貴博1, 入澤友輔1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/12), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): 318.

723462. [学会 (全国)] (一般講演) 21-trisomy乳児症例における開心術後全身性炎症反応の検討. 岡 徳彦1, 林 秀憲1, 柴田深雪1, 友保貴博1, 井上崇道1, 入澤友輔1, 北村 律1, 華山直二1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療技術教育): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/13), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): 326.

723463. [学会 (全国)] (一般講演) 機能的僧房弁逆流に対する経大動脈弁アプローチによる2次腱索切離の早期成績. 中島光貴1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 岡 徳彦1, 板谷慶一3, 小山紗千1, 波里陽介1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療技術教育, 3血流解析): 第66回日本胸部外科学会定期学術集会 (2013/10/18), 仙台, 日本胸部外科学会雑誌 2013; 61 (suppl): PA92.

723464. [学会 (全国)] (一般講演) 左室内血流と心仕事負荷・心筋機能からみた僧帽弁置換術と形成術の特性. 中島光貴1, 板谷慶一2, 北村 律1, 宝来哲也1, 岡 徳彦1, 波里陽介1, 小山紗千1, 荒記春奈1, 宮崎翔平2, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育): 第44回日本心臓血管外科学会学術総会 (2014/2/19), 熊本, 日本心臓血管外科学会雑誌 2014; 43 (suppl): 269.

723465. [学会 (全国)] (一般講演) 冠動脈多枝病変重症度に応じたflow competitionを加味したグラフトデザイン選択. 小山紗千1, 板谷慶一2, 山本 匡3, 宮崎翔平2, 佐々木崇史4, 鳥井晋三5, 北村 律1, 宝来哲也1, 岡 徳彦1, 中島光貴1, 波里陽介1, 荒記春奈1, 小野 稔6, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3北海道循環器病院, 4早稲田大学, 5医療技術教育, 6東京大学): 第44回日本心臓血管外科学会学術総会 (2014/2/20), 熊本, 日本心臓血管外科学会雑誌 2014; 43 (suppl): 294.

723466. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈弁狭窄症における生体弁の選択: リーフレット外付け弁の術後血行動態の検討. 波里陽介1, 北村 律1, 板谷慶一2, 荒記春奈1, 小山紗千1, 中島光貴1, 岡 徳彦1, 宝来哲也1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育): 第44回日本心臓血管外科学会学術総会 (2014/2/20), 熊本, 日本心臓血管外科学会雑誌 2014; 43 (suppl): 368.

723467. [学会 (全国)] (一般講演) ファロー四徴症根治術後遠隔成績の検討. 岡 徳彦1, 荒記春奈1, 小山紗千1, 波里陽介1, 板谷慶一2, 中島光貴1, 宝来哲也1, 北村 律1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育): 第44回日本心臓血管外科学会学術総会 (2014/2/21), 熊本, 日本心臓血管外科学会雑誌 2014; 43 (suppl): 443.

723468. [学会 (全国)] (一般講演) 心筋梗塞に合併した心室中隔穿孔 (VSP) に対するDouble Patch Techniqueを用いた手術. 北村 律1, 鳥井晋三2, 岡 徳彦1, 宝来哲也1, 中島光貴1, 板谷慶一3, 小山紗千1, 波里陽介1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療技術教育, 3血流解析): 第44回日本心臓血管外科学会学術総会 (2014/2/20), 熊本, 日本心臓血管外科学会雑誌 2014; 43 (suppl): 538.

733209. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 二尖弁に対する大動脈弁術後遠隔期に発症した無症候性A 型解離の2例. 波里陽介1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 岡 徳彦1, 中島光貴1, 板谷慶一3, 小山紗千1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療技術教育, 3血流解析): 第162回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2013/6/1), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2013/5; 162: 6.

733210. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) CTにて新生児期に偶然診断された肺動脈スリングの一例. 土田勇太, 岡 徳彦1, 林 秀憲1, 柴田深雪1, 友保貴博1, 井上崇道1, 入澤友輔1, 板谷慶一2, 北村 律1, 華山直二1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育): 第162回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2013/6/1), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2013/5; 162: 19.

733211. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 僧帽弁手術後の左心室渦流. 中島光貴1, 板谷慶一2, 北村 律1, 宝来哲也1, 宮崎翔平2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析): 第一回血流会 (2013/11/2), 東京.

733212. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 熱中症に合併した広範前壁梗塞の1例. 松永慶廉, 北村 律1, 鳥井晋三2, 岡 徳彦1, 宝来哲也1, 中島光貴1, 板谷慶一3, 小山紗千1, 波里陽介1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療技術教育, 3血流解析): 第163回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2013/11/2), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2013/10; 163: 8.

733213. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) DORV, PA, MAPCAに対するRastelli術後に診断された残存VSDにより術後管理に難渋した一例. 荒記春奈1, 岡 徳彦1, 小山紗千1, 波里陽介1, 板谷慶一2, 中島光貴1, 宝来哲也1, 北村 律1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育): 第163回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2013/11/2), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2013/10; 163: 25.

733214. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 真腔に挿入したElephant trunkにより溶血を来した慢性大動脈解離の1例. 波里陽介1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 岡 徳彦1, 宝来哲也1, 板谷慶一3, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療技術教育, 3血流解析): 第164回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2014/3/1), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2014/2; 164: 13.

733215. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 段階的フォンタン手術の術式決定に際し血流解析が有用であったDORV, TGA, Hypoplastic aortic arch, Large VSDの一例. 荒記春奈1, 岡 徳彦1, 波里陽介1, 板谷慶一2, 中島光貴1, 宝来哲也1, 北村 律1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2血流解析, 3医療技術教育): 第164回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2014/3/1), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2014/2; 164: 17.

733216. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳梗塞を契機に発見された僧帽弁から発生した左房粘液腫の1手術例. 笹原聡豊1, 贄 正基2, 山本信行2, 小原邦義2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2海老名総合病院): 第164回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2014/3/1), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2014/2; 164: 21.

H24年度以前分

[著 書]

H24-620013. [学術書] (分担執筆)【今日の循環器疾患治療指針 (第3版)】純型肺動脈閉鎖症, p.542. 肺動静脈瘻, p.545. 動脈管開存症, p.546. 岡 徳彦 (心臓血管外), 編: 井上 博, 許 俊鋭, 檜垣實男, 代田浩之, 筒井裕之, 医学書院, 東京, 2013/1発行.


呼吸器外科学

[学術論文]

110158. [原著] Clinicopathological features and the impact of the new TNM classification of malignant tumors in patients with pulmonary large cell neuroendocrine carcinoma. Iyoda A1, Jiang SX2, Travis WD, Kurouzu N1, Ogawa F1, Amano H3, Sato Y4, Rusch VW, Saegusa M2, Satoh Y1: Mol Clin Oncol 2013/5; 1 (3): 437-43. (伊豫田明1, 蒋 世旭2, 久朗津尚美1, 小川史洋1, 天野英樹3, 佐藤雄一4, 三枝 信2, 佐藤之俊1: 1呼吸器外, 2病理, 3臨床研究・プロジェクト, 4医療衛生学部)

110159. [原著] Risk analysis of pulmonary resection for elderly patients with lung cancer. Endoh H1, Yamamoto R2, Satoh Y3, Kuwano H1, Nishizawa N11: Surg Today 2013/5; 43 (5): 514-20. (佐藤之俊3: 1佐久総合病院, 2群馬大学医学部, 3呼吸器外)

110160. [原著] Risk factors for postoperative complications in the elderly with lung cancer. Ogawa F1, Wang G, Matsui Y2, Hara H, Iyoda A2, Satoh Y2: Asian Cardiovasc Thorac Ann 2013/6; 21 (3): 306-12. (小川史洋1, 松井啓夫2, 伊豫田明2, 佐藤之俊2: 1大学院医療系研究科, 2呼吸器外)

220010. [準原著]【臨床経験】電動ステープリンングシステムを用いた肺切除の経験. 佐藤之俊1, 林 祥子1, 山崎宏継1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 塩見 和1 (1呼吸器外): 胸部外科 2014/3; 67 (3): 225-8.

310015. [症例報告] Report of a rare case: occult hemothorax due to blunt trauma without obvious injury to other organs. Ogawa F1, Naito M2, Iyoda A2, Satoh Y2: J Cardiothorac Surg 2013/11; 8: 205. (小川史洋1, 内藤雅仁2, 伊豫田明2, 佐藤之俊2: 1大学院医療系研究科, 2呼吸器外)

522132. [講座] 肺癌の細胞診: 治療選択の手段として. 佐藤之俊 (呼吸器外): 日本臨床細胞学会茨城県支部会誌 2013/11; 28: 12-9.

540024. [短報] TTF-1陽性胃癌肺転移の1切除例. 小川史洋1, 中島裕康1, 柿沼廣邦2, 三枝 信3, 佐藤之俊4 (1大学院医療系研究科, 2病理部, 3病理, 4呼吸器外): 日本臨床細胞学会雑誌 2014/3; 53 (2): 148-9.

[学会・研究会等]

713118. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A clinicopathological analysis of pulmonary adenocarcinoma with micropapillary component. Nakashima H1, Jiang SX2, Naito M3, Ogawa F1, Matsui T, Shiomi K3, Iyoda A3, Saegusa M2, Satoh Y3: The 21st annual meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (2013/4/6), Kobe. (中島裕康1, 蒋 世旭2, 内藤雅仁3, 小川史洋1, 塩見 和3, 伊豫田明3, 三枝 信2, 佐藤之俊3: 1大学院医療系研究科, 2病理, 3呼吸器外)

713119. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical Applicability of Lung Age for Postoperative Complications in Non-Small Cell Lung Cancer Patients more than 70-years Underwent Curative Resection. Ogawa F1, Miyata S, Ishii D2, Yamazaki H2, Naitoh M2, Nakashima H, Matsui Y2, Shiomi K2, Hara H2, Iyoda A2, Satoh Y2: The 21st Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS2013) 2013/4/7), Kobe. (小川史洋1, 石井 大2, 山崎宏嗣2, 内藤雅仁2, 松井啓夫2, 塩見 和2, 原 英則2, 伊豫田明2, 佐藤之俊2: 1大学院医療系研究科, 2呼吸器外)

713120. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) IMPACT OF VIABLE CIRCULATING TUMOR CELLS IN PERIPHERAL VENOUS BLOOD OF PRIMARY NON-SMALL CELL LUNG CANCER PATIENTS: AN ASSAY USING ADENOVIRUS OBP-401. Satoh Y1, Ishii D1, Yamazaki H1, Matsui Y1, Ogawa F2, Nakashima H, Naito M1, Shiomi K1, Hara H1, Iyoda A1, Sato J, Goda K, Murakami K: 18th International Congress of Cytology (2013/5/30), Paris, France. (佐藤之俊1, 石井 大1, 山崎宏嗣1, 松井啓夫1, 小川史洋2, 内藤雅仁1, 塩見 和1, 原 英則1, 伊豫田明1: 1呼吸器外, 2大学院医療系研究科)

713121. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) COX-2-derived PGE2 forms SDF-1-expressing premetastatic niche via EP3 signaling in mediastinal lymph node with accumulation of immature dendritic cells. Ogawa F1, Amano H2, Iyoda A3, Satoh Y3, Kumagai Y2, Majima M4: American Thoracic Society International Conference 2013 (2013/5/17-22), Pennsylvania, USA. (小川史洋1, 天野英樹2, 伊豫田明3, 佐藤之俊3, 熊谷雄二2, 馬嶋正隆4: 1大学院医療系研究科, 2臨床研究・プロジェクト, 3呼吸器外, 4薬理)

713122. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) PGE2-EP3 signaling induces pre-metastatic niche formation in mediastinal lymph node by CXCR4/SDF-1 axis. Ogawa F1, Amano H2, Hosono K3, Satoh Y4, Kumagai Y2, Majima M3: 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology (2013/11/13), Yokohama. (小川史洋1, 天野英樹2, 細野加奈子3, 佐藤之俊4, 熊谷雄治2, 馬嶋正隆3: 1大学院医療系研究科, 2臨床研究・プロジェクト, 3薬理, 4呼吸器外)

722112. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) 遺伝子変異を有する肺腺癌の細胞像−ALK肺癌の細胞像を中心に−. 星 利良, 宝来 威, 柳谷典子, 古田則行, 小松京子, 佐藤之俊1, 竹内賢吾, 元井紀子, 石川雄一 (1呼吸器外): 第54回日本臨床細胞学会総会春期大会 (2013/6/1), 東京.

722113. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 第2次喀痰合同委員会報告−喀痰細胞診陽性・疑陽性例における精査の手引き・経過観察法のガイドライン案について−. 佐藤雅美, 斎藤泰紀, 佐藤之俊1, 柴 光年, 渋谷 潔, 土 敬明, 宝来 威, 遠藤千顕, 中 富雄, 池田徳彦, 三浦弘之, 田中良太, 河原 栄 (1呼吸器外): 第52回日本臨床細胞学会秋期大会 (2013/11/2), 大阪.

722114. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 末梢性小型肺癌と細胞診. 佐藤之俊 (呼吸器外): 第52回日本臨床細胞学会秋期大会 (2013/11/3), 大阪.

722115. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 細胞学的判別モデルを用いた肺原発大細胞神経内分泌癌と小細胞癌の鑑別. 星 利良, 宝来 威, 柳谷典子, 古田則行, 小松京子, 杉山裕子, 佐藤之俊1, 元井紀子, 石川雄一 (1呼吸器外): 第52回日本臨床細胞学会秋期大会 (2013/11/2-3), 大阪.

722116. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【肺癌エックス線と喀痰検診をめぐる現状と未来】末梢性小型肺癌と細胞診. 佐藤之俊 (呼吸器外): 第52回日本臨床細胞学会秋期大会 (2013/11/2-3), 大阪.

723469. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 縦隔リンパ節内premetastatic niche形成における樹状細胞-PGE2-EP3シグナリングの役割. 小川史洋1, 天野英樹2, 松井啓夫3, 中島裕康3, 伊豫田明3, 佐藤之俊3, 熊谷雄治2, 馬嶋正隆4 (1大学院医療系研究科, 2臨床研究・プロジェクト, 3呼吸器外, 4薬理): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/12), 福岡.

723470. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺癌病理病期2期, 3A期に対する術後補助化学療法の有効性の検証. 塩見 和1, 石井 大1, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 中島裕康1, 小川史洋1, 久朗津尚美, 原 英則1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第30回日本呼吸器外科学会総会 (2013/5/9-10), 名古屋.

723471. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 非小細胞肺癌手術における肺年齢と術後90日以内再入院症例の検討. 小川史洋1, 内藤雅仁1, 中島裕康1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 石井 大1, 山崎宏継1, 原 英則1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第30回日本呼吸器外科学会総会 (2013/5/9-10), 名古屋.

723472. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 右肺癌術後難治性肺瘻に対しPGAシートを用いた気管支塞栓術が有効であった1例. 松井啓夫1, 内藤雅仁1, 中島裕康1, 小川史洋1, 原 英則1, 塩見 和1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1, 上遠野健2, 三藤 久2, 益田典幸2 (1呼吸器外, 2呼吸器内): 第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2013/6/20), 大宮.

723473. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Premetastatic niche形成における樹状細胞-PGE2-EP3 signaling, SDF-1/CXCR4の役割. 小川史洋1, 天野英樹2, 佐藤之俊3, 熊谷雄治2, 馬嶋正隆4 (1大学院医療系研究科, 2臨床研究・プロジェクト, 3呼吸器外, 4薬理): 第34回日本炎症・再生医学会 (2013/7/2-3), 東京.

723474. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Identification of CpG island methylator phenotype predicts the prognosis of small cell lung cancer. Saito Y, Miyauchi E, Ninomiya H, Motoi N, Nakao M, Uehara H, Mun M, Okumura S, Nakagawa K, Nagae G, Aburatani H, 佐藤之俊1, Ishikawa Y (1呼吸器外): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/4), 横浜.

723475. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) The roles of PGE2-EP3 signaling, SDF-1/CXCR4 axis for premetastatic niche formation in lymph node with dendritic cells. 小川史洋1, 天野英樹2, 佐藤之俊3, 成宮 周, 熊谷雄治2, 馬嶋正隆4 (1大学院医療系研究科, 2臨床研究・プロジェクト, 3呼吸器外, 4薬理): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/4), 横浜.

723476. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Role of Dendritic Cells via COX-2 Derived PGE2-EP3 Signaling for Pre-metastatic Niche Formation in Lymph Node Metastasis on Lung Cancer. 小川史洋1, 天野英樹2, 江島耕二3, 細野加奈子4, 佐藤之俊5, 成宮 周, 熊谷雄二2, 馬嶋正隆4 (1大学院医療系研究科, 2臨床研究・プロジェクト, 3免疫, 4薬理, 5呼吸器外): 第87回日本薬理学会年会 (2014/3/19-21), 仙台.

731080. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 肺癌の転移について:当科の研究から. 佐藤之俊 (呼吸器外): 福岡大学医学部肺癌講演会 (2013/11/11), 福岡.

733217. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Pryce 1型肺分画症を合併した肺癌の1切除例. 内藤雅仁1, 林 祥子1, 山崎宏継1, 三窪将史1, 中島裕康1, 小川史洋2, 松井啓夫1, 伊豫田明1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2大学院医療系研究科): 第162回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2013/6/1), 東京.

733218. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 小細胞肺癌の網羅的メチル化解析. 齋藤雄一, 永江玄太, 油谷浩幸, 石川雄一, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第26回北里大学バイオサイエンスフォーラム (2013/8/8), 相模原.

733219. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 頭蓋内髄膜腫の両側肺転移の一例. 林 祥子1, 柿沼廣邦2, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 中島裕康1, 小川史洋3, 塩見 和1, 吉田 功4, 三枝 信4, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2東病院病理部, 3大学院医療系研究科, 4病理): 第27回日本臨床細胞学会関東連合会学術集会 (2013/9/7), 千葉.

733220. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 悪性線維性組織球腫の胸壁転移の1切除例. 山崎宏継1, 塩見 和1, 林 祥子1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 中島裕康1, 小川史洋2, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2大学院医療系研究科): 第163回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2013/11/2), 東京.

733221. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 肺動脈走行異常を伴った左肺癌の1切除例. 石井 大, 山崎宏継1, 林 祥子1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 中島裕康1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第164回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2014/3/1), 東京.

733222. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 孤立性肺転移で診断された前立腺癌の1例. 内藤雅仁1, 石井 大1, 三窪将史1, 中島裕康1, 塩見 和1, 佐藤之俊1, 仲田典広2, 蒋 世旭2 (1呼吸器外, 2病理): 第169回日本肺癌学会関東支部会 (2014/3/8), 東京.

733223. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 気管支内進展を示した腎細胞癌肺転移の1切除例. 近藤惇一, 石井 大1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 中島裕康1, 塩見 和1, 仲田典広2, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第148回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会 (2014/3/29), 東京.

H24年度以前分

[学術論文]

H17-110001. [原著] Nystose improves lung preservation in both intracellular and extracellular fluid-type electrolyte solutions. Kuroudu N1, Amano H2, Masaki Y, Matsui Y1, Goto T, Hara H1, Inoue H1, Yamashina S, Yoshimura H1: Low Temp Med 2006/1; 32 (1): 3-7. (久朗津尚美1, 天野英樹2, 松井啓夫1, 原 英則1, 井上準人1, 吉村博邦1: 1呼吸器外, 2臨床研究・プロジェクト)


脳神経外科学

[学術論文]

110161. [原著] Role of surgery, radiotherapy and chemotherapy in papillary tumors of the pineal region: a multicenter study. Fauchon F, Hasselblatt M, Jouvet A, Champier J, Popovic M, Kirollos R, Santarius T, Amemiya S, Kumabe T1, Frappaz D, Lonjon M, F`evre Montange M, Vasiljevic A: J Neurooncol 2013/4; 112 (2): 223-31. (隈部俊宏1: 1脳外)

110162. [原著] Dynamic changes in magnetic resonance imaging appearance of dysembryoplastic neuroepithelial tumor with or without malignant transformation. Mano Y, Kumabe T1, Shibahara I, Saito R, Sonoda Y, Watanabe M, Tominaga T: J Neurosurg Pediatr 2013/5; 11 (5): 518-25. (隈部俊宏1: 1脳外)

110163. [原著] Ruptured aneurysms with acute subdural hematoma: indication for treatment. Sato K1, Oka H1, Yamada M1, Kitahara T2, Endo M, Kawashima M, Suzuki S, Kurata A, Fujii K1: Neurosurg Emerg 2013/6; 18 (1): 42-7. (佐藤公俊1, 岡 秀宏1, 山田 勝1, 北原孝雄2, 遠藤昌孝, 河島雅到, 鈴木祥生, 倉田 彰, 藤井清孝1: 1脳外, 2救命)

110164. [原著] Risk assessment for venous thromboembolism in patients with neuroepithelial tumors: pretreatment score to identify high risk patients. Kawaguchi T1, Kumabe T2, Kanamori M1, Saito R1, Yamashita Y1, Sonoda Y1, Tominaga T1: Neurol Med Chir (Tokyo) 2013/7; 53 (7): 467-73. (川口奉洋1, 隈部俊宏2, 金森政之1, 齊藤竜太1, 山下洋二1, 園田順彦1, 冨永悌二1: 1東北大学医学部脳神経外科, 2脳外)

110165. [原著] Summary of 15 years experience of awake surgeries for neuroepithelial tumors in Tohoku University. Kumabe T1, Sato K2, Iwasaki M3, Shibahara I3, Kawaguchi T3, Saito R3, Kanamori M3, Yamashita Y3, Sonoda Y3, Iizuka O4, Suzuki K5, Nagamatsu K3, Seki S3, Nakasato N6, Tominaga T3: Neurol Med Chir (Tokyo) 2013/7; 53 (7): 455-66. (隈部俊宏1, 佐藤清貴2, 岩崎真樹3, 柴原一陽3, 川口奉洋3, 齊藤竜太3, 金森政之3, 山下洋二3, 園田順彦3, 飯塚 統4, 鈴木匡子5, 永松謙一3, 関慎太郎3, 中里信和6, 冨永悌二3: 1脳外, 2広南病院神経麻酔科, 3東北大学医学部脳神経外科, 4東北大学医学系研究科高次機能障害学, 5山形大学高次脳機能障害学, 6東北大学てんかん学分野)

110166. [原著] Clinical and histological characteristics of recurrent oligodendroglial tumors: comparison between primary and recurrent tumors in 18 cases. Kanamori M, Kumabe T1, Shibahara I, Saito R, Yamashita Y, Sonoda Y, Suzuki H, Watanabe M, Tominaga T: Brain Tumor Pathol 2013/7; 30 (3): 151-9. (隈部俊宏1: 1脳外)

110167. [原著] Infarction of the lateral posterior choroidal artery territory after manipulation of the choroid plexus at the atrium: causal association with subependymal artery injury. Saito R, Kumabe T1, Sonoda Y, Kanamori M, Mugikura S, Takahashi S, Tominaga T: J Neurosurg 2013/7; 119 (1): 158-63. (隈部俊宏1: 1脳外)

110168. [原著] Patients with spinal ependymomas attached to the anterior median septum are at risks for postoperative functional impairment: a correlating analysis. Shimizu S1, Mii K, MishimaI D, Fujii K1: Sekizuigeka 2013/8; 27 (2): 153-60. (清水 曉1, 三井公彦, 三島大徳, 藤井清孝1: 1脳外)

110169. [原著] Medial posterior choroidal artery territory infarction associated with tumor removal in the pineal/tectum/thalamus region through the occipital transtentorial approach. Saito R, Kumabe T1, Kanamori M, Sonoda Y, Mugikura S, Takahashi S, Tominaga T: Clin Neurol Neurosurg 2013/8; 115 (8): 1257-63. (隈部俊宏1: 1脳外)

110170. [原著] Subgroup-specific prognostic implications of TP53 mutation in medulloblastoma. Zhukova N, Ramaswamy V, Remke M, Pfaff E, Shih DJ, Martin DC, Castelo-Branco P, Baskin B, Ray PN, Bouffet E, von Bueren AO, Jones DT, Northcott PA, Kool M, Sturm D, Pugh TJ, Pomeroy SL, Cho YJ, Pietsch T, Gessi M, Rutkowski S, Bognar L, Klekner A, Cho BK, Kim SK, Wang KC, Eberhart CG, F`evre Montange M, Fouladi M, French PJ, Kros M, Grajkowska WA, Gupta N, Weiss WA, Hauser P, Jabado N, Jouvet A, Jung S, Kumabe T1, Lach B, Leonard JR, Rubin JB, Liau LM, Massimi L, Pollack IF, Shin Ra Y, Van Meir EG, Zitterbart K, Sch殕ler U, Hill RM, Lindsey JC, Schwalbe EC, Bailey S, Ellison DW, Hawkins C, Malkin D, Clifford SC, Korshunov A, Pfister S, Taylor MD, Tabori U: J Clin Oncol 2013/8; 31 (23): 2927-35. (隈部俊宏1: 1脳外)

110171. [原著] The expression status of CD133 is associated with the pattern and timing of primary glioblastoma recurrence. Shibahara I, Sonoda Y, Saito R, Kanamori M, Yamashita Y, Kumabe T1, Watanabe M, Suzuki H, Watanabe T, Ishioka C, Tominaga T: Neuro Oncol 2013/9; 15 (9): 1151-9. (隈部俊宏1: 1脳外)

110172. [原著] Clinical significance and limitations of repeat resection for pediatric malignant neuroepithelia tumors. Kawaguchi T1, Kumabe T2, Saito R1, Kanamori M1, Yamashita Y1, Sonoda Y1, Tominaga T1: J Neurosurg Pediatrics 2013/10; 12: 309-16. (川口奉洋1, 隈部俊宏2, 齊藤竜太1, 金森政之1, 山下洋二1, 園田順彦1, 冨永悌二1: 1東北大学脳神経外科, 2脳外)

110173. [原著] Computational simulation of convection enhanced drug delivery in the non-human primate brainstem: a simple model predicting the drug distribution. Sugiyama S, Saito R, Funamoto K, Nakayama T, Sonoda Y, Yamashita Y, Inoue T, Kumabe T1, Hayase T, Tominaga T: Neurol Res 2013/10; 35 (8): 773-81. (隈部俊宏1: 1脳外)

110174. [原著] Treatment results of glioblastoma during the last 30 years in a single institute. Kumabe T1, Saito R2, Kanamori M2, Chonan M2, Mano Y2, Shibahara I2, Kawaguchi T2, Kato H2, Yamashita Y2, Sonoda Y2, Kawagishi J2, Jokura H2, Watanabe M3, Katakura R4, Kayama T5, Tominaga T2: Neurol Med Chir (Tokyo) 2013/11; 53 (11): 786-96. (隈部俊宏1, 齊藤竜太2, 金森政之2, 長南雅志2, 眞野 唯2, 柴原一陽2, 川口奉洋2, 加藤秀明2, 山下洋二2, 園田順彦2, 川岸 潤2, 城倉英史2, 渡辺みか3, 片倉隆一4, 嘉山孝正5, 冨永悌二2: 1脳外, 2東北大学脳神経外科, 3東北大学病理, 4宮城がんセンター脳神経外科, 5山形大学脳神経外科)

110175. [原著] Signal intensity changes for the middle cerebral artery on 3-dimensional time-of-flight magnetic resonance angiography indicate acute hemodynamic changes after carotid endarterectomy. Sato K1, Kurata A, Oka H1, Kan S, Inoue Y2, Asano Y2, Fujii K1: J Stroke Cerebrovasc Dis 2013/11; 28 (8): e511-5. (佐藤公俊1, 倉田 彰, 岡 秀宏1, 菅 信一, 井上優介2, 浅野雄二2, 藤井清孝1: 1脳外, 2放射線 (画像))

110176. [原著] TERT promoter mutations are highly recurrent in SHH subgroup medulloblastoma. Remke M, Ramaswamy V, Peacock J, Shih DJ, Koelsche C, Northcott PA, Hill N, Cavalli FM, Kool M, Wang X, Mack SC, Barszczyk M, Morrissy AS, Wu X, Agnihotri S, Luu B, Jones DT, Garzia L, Dubuc AM, Zhukova N, Vanner R, Kros JM, French PJ, Van Meir EG, Vibhakar R, Zitterbart K, Chan JA, Bognr L, Klekner A, Lach B, Jung S, Saad AG, Liau LM, Albrecht S, Zollo M, Cooper MK, Thompson RC, Delattre OO, Bourdeaut F, Doz FF, Garami M, Hauser P, Carlotti CG, Van Meter TE, Massimi L, Fults D, Pomeroy SL, Kumabe T1, Ra YS, Leonard JR, Elbabaa SK, Mora J, Rubin JB, Cho YJ, McLendon RE, Bigner DD, Eberhart CG, Fouladi M, Wechsler-Reya RJ, Faria CC, Croul SE, Huang A, Bouffet E, Hawkins CE, Dirks PB, Weiss WA, Sch殕ler U, Pollack IF, Rutkowski S, Meyronet D, Jouvet A, F`evre Montange M, Jabado N, Perek-Polnik M, Grajkowska WA, Kim SK, Rutka JT, Malkin D, Tabori U, Pfister SM, Korshunov A, von Deimling A, Taylor MD: Acta Neuropathol 2013/12; 126 (6): 917-29. (隈部俊宏1: 1脳外)

110177. [原著] Angiographic circulation time and cerebral blood flow during balloon test occlusion of the internal carotid artery. Sato K, Shimizu H, Inoue T, Fujimura M, Matsumoto Y, Kondo R1, Endo H, Sonoda Y, Tominaga T: J Cereb Blood Flow Metab 2014/1; 34 (1): 136-43. (近藤竜史1: 1脳外)

110178. [原著] Endovascular embolization of cerebral arteriovenous malformations: results of the Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) 1 and 2. Kondo R1, Matsumoto Y, Endo H, Miyachi S, Ezura M, Sakai N: Neurol Med Chir (Tokyo) 2014/1; 54 (1): 54-62. (近藤竜史1: 1脳外)

110179. [原著] Cytogenetic prognostication within medulloblastoma subgroups. Shih DJ, Northcott PA, Remke M, Korshunov A, Ramaswamy V, Kool M, Luu B, Yao Y, Wang X, Dubuc AM, Garzia L, Peacock J, Mack SC, Wu X, Rolider A, Morrissy AS, Cavalli FM, Jones DT, Zitterbart K, Faria CC, Sch殕ler U, Kren L, Kumabe T1, Tominaga T, Shin Ra Y, Garami M, Hauser P, Chan JA, Robinson S, Bognr L, Klekner A, Saad AG, Liau LM, Albrecht S, Fontebasso A, Cinalli G, De Antonellis P, Zollo M, Cooper MK, Thompson RC, Bailey S, Lindsey JC, Di Rocco C, Massimi L, Michiels EM, Scherer SW, Phillips JJ, Gupta N, Fan X, Muraszko KM, Vibhakar R, Eberhart CG, Fouladi M, Lach B, Jung S, Wechsler-Reya RJ, F`evre-Montange M, Jouvet A, Jabado N, Pollack IF, Weiss WA, Lee JY, Cho BK, Kim SK, Wang KC, Leonard JR, Rubin JB, de Torres C, Lavarino C, Mora J, Cho YJ, Tabori U, Olson JM, Gajjar A, Packer RJ, Rutkowski S, Pomeroy SL, French PJ, Kloosterhof NK, Kros JM, Van Meir EG, Clifford SC, Bourdeaut F, Delattre O, Doz FF, Hawkins CE, Malkin D, Grajkowska WA, Perek-Polnik M, Bouffet E, Rutka JT, Pfister SM, Taylor MD: J Clin Oncol 2014/3; 32 (9): 886-96. (隈部俊宏1: 1脳外)

120016. [原著] 脊髄髄膜腫は脊椎椎間と脊椎変性近傍に好発する. 清水 曉1, 岡 秀宏1 (1脳外): J Spine Res 2014/1; 5 (1): 34-8.

310016. [症例報告] Malignant pediatric brain tumor of primitive small round cell proliferation with bland-looking mesenchymal spindle cell elements. Ito A, Kumabe T1, Saito R, Sonoda Y, Watanabe M, Nakazato Y, Tominaga T: Brain Tumor Pathol 2013/4; 30 (2): 109-16. (隈部俊宏1: 1脳外)

310017. [症例報告] Metachronous, multicentric glioma of pilocytic astrocytoma with oligodendroglioma-like component and oligodendroglioma through distinct genetic aberrations. Kanoke A, Kanamori M, Kumabe T1, Saito R, Watanabe M, Tominaga T: J Neurosurg 2013/4; 118 (4): 854-8. (隈部俊宏1: 1脳外)

310018. [症例報告] Bevacizumab treatment of symptomatic pseudoprogression after boron neutron capture therapy for recurrent malignant gliomas. Report of 2 cases. Miyatake S, Furuse M, Kawabata S, Maruyama T, Kumabe T1, Kuroiwa T, Ono K: Neuro Oncol 2013/6; 15 (6): 650-5. (隈部俊宏1: 1脳外)

310019. [症例報告] Cerebral Infarction after Acetazolamide-challenged Single-photon Emission Computed Tomography in a Patient with Adult-onset Moyamoya Disease Accompanied by Several Risk Factors. Sato K1, Yamada M1, Oka H1, Fujii K1: Cerebral Blood Flow and Metabolism 2013/7; 24 (2): 21-4. (佐藤公俊1, 山田 勝1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1: 1脳外)

310020. [症例報告] Pilomyxoid astrocytoma of the cerebellum with Williams syndrome: a case report. Chonan M, Kanamori M, Kumabe T1, Saito R, Watanabe M, Tominaga T: Childs Nerv Syst 2013/7; 29 (7): 1211-4. (隈部俊宏1: 1脳外)

320024. [症例報告] 後拡張手技を行わない頚動脈ステント留置術後の過灌流状態においてくも膜下出血とステント閉塞を来たした1例. 佐藤公俊1, 鈴木祥生, 倉田 彰, 阿部克智1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 脳神経血管内治療 2013/9; 7 (4): 259-65.

320025. [症例報告] 体部位局在が不明確な視床Vimニューロンにおける振戦様律動性発射について−症例報告−. 佐藤澄人1, 渡辺克成, 松本千尋1, 阿部克智1, 小泉寛之1, 隈部俊宏1, 藤井清孝1 (1脳外): 機能的脳神経外科 2013; 52: 119-24.

320026. [症例報告] 補助人工心臓 (ventricular assist device) 装着中に脳出血を合併した1例. 小泉寛之1, 北原孝雄2, 北村 律3, 中原邦晶2, 今野慎吾2, 相馬一亥2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命, 3心臓血管外): 日救急医学会誌 2014/2; 25 (2): 63-8.

520012. [総説] もやもや病の症状と治療について. 佐藤公俊1, 藤井清孝1 (1脳外): もやの会会報 2013/9; 116: 5-23.

520013. [総説] パーキンソン病に対する外科治療. 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 北里医学 2013/12; 43 (2): 95-104.

520014. [総説]【グリオーマ】神経膠腫手術の歴史. 隈部俊宏 (脳外): CLINICIAN 2014/3; 61 (3): 36-9.

522133. [講座 (ビデオ)]【日本脳神経外科学会第71回学術総会ビデオシンポジウム: 頭蓋咽頭腫の治療アプローチの比較】頭蓋咽頭腫の臨機応変手術アプローチと神経内視鏡ハイブリッド手術−全摘出を目指す立場から−. 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外): VIDEO JOURNAL of Japan Neurosurgery 2013/4; 20 (2).

522134. [講座]【Techniques & Arts: 脳外科手術リカバリーの極意 私の工夫】閉塞性水頭症を併発する脳室内腫瘍摘出後に急性硬膜外・硬膜下血腫をきたした原因とその対処法. 松本千尋1, 岡 秀宏1 (1脳外): 脳神経外科速報 2013/5; 23 (5): 510-3.

522135. [講座]【シンポジウム (2)-2-3: パーキンソン病の非薬物療法とエビデンス】パーキンソン病に対するDBS療法−当施設での取り組み−. 佐藤澄人1, 滝山容子2, 荻野 裕2, 渡辺克成, 寺尾 亨, 松本千尋1, 知見聡美, 南部 篤, 西山和利2, 隈部俊宏1, 藤井清孝1 (1脳外, 2神経内): 臨床神経医学 2013/11; 53 (11): 1053-5.

530003. [その他 (Brief Clincal Communication)] Intraoperative fluoroscopy with contrast for correct lumbar placement in lumboperitoneal shunts. Sato K1, Shimizu S1, Oka H1, Fujii K1: Kitasato Med J 2013/9; 43 (2): 155-8. (佐藤公俊1, 清水 曉1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1: 1脳外)

540025. [その他] (短報・速報) 北里大学脳神経外科学教授に就任して. 隈部俊宏 (脳外): 日本脳神経外科女医会会報 2013/7; 47: 6.

540026. [その他] (短報・速報) 悪性神経膠腫における腫瘍切除率向上をめざして〜アラベルメ内服剤1.5 gによる光線力学診断と適正使用〜. 黒岩敏彦1, 成田善孝2, 西川 亮3, 金子貞男4, 隈部俊宏5, 梶本宣永6 (1大阪医科大学脳神経外科, 2国立がん研究センター中央病院, 3埼玉医科大学国際医療センター脳脊髄腫瘍科, 4柏葉脳神経外科, 5脳外, 6大阪医科大学脳神経外科): アラベルメ発売記念座談会 2013/9; 2-10.

540027. [その他] (LETTER) 新任教授挨拶: 北里の緑とともに. 隈部俊宏 (脳外): 北里大学医学部同窓会 同窓会会報 2013/9; 64: 4-5.

540028. [その他] (短報・速報) BCNUウエハーを併用した悪性神経膠腫摘出術. 隈部俊宏 (脳外): BCNUウエハーの適正使用を探る (第18回日本脳腫瘍の外科学会より) 2013; p.5.

540029. [その他] (短報・速報)【Lecture & General Information: コラム】如何にして生きるのか. 隈部俊宏 (脳外): 脳神経外科速報 2014/1; 24 (1): 110-1.

[著 書]

610003. [学術書] (分担執筆)【Manual of Skull Base Dissection, 3rd Edition】Lateral ventricle. Fukushima T, Nonaka Y, Kusumi M1, AF-NEUROVIDEO, INC., 2010発行. (久須美真理1: 1脳外)

620095. [学術書] (分担執筆)【脳神経外科診療プラクティス1: 脳血管障害の急性期マネジメント】II. 臨床医に必要な脳血管障害の基礎知識 5. 脳血管障害の疫学と高齢化社会における課題 中大脳動脈穿通枝の解剖と急性閉塞の臨床, p.36-7. 隈部俊宏1 (1脳外), 監修: 橋本信夫2, 編: 清水宏明3 (2国立循環器病研究センター理事長・総長, 3東北大学), 文光堂, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

711002. [学会 (国際)] (特別講演) Intraoperative Monitoring in the Department of Neurosurgery at Kitasato University. Sato S1, Koizumi H1, Nakahara K2, Mishima D, Abe K1, Shimizu S1, Oka H1, Fujii K1: The 9th Hwasun CNS Surgery Symposium (2013/5/4), Gwangju-Gwangyeoksi, Korea. (佐藤澄人1, 小泉寛之1, 中原邦晶2, 三島大徳, 阿部克1, 清水 曉1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1: 1脳外, 2救命)

713123. [学会 (国際)] (一般講演) Neurophysiological Characteristics of Subthalamic Neurons Receiving Inputs from the Limbic Cortex. Sato S1, Chiken S2, Maki F3, Fujii K1, Nanbu A2: Stereotactic and Functional Neurosurgery (2013/5/29), Tokyo. (佐藤澄人1, 知見聡美2, 眞木二葉3, 藤井清孝1, 南部 篤2: 1脳外, 2生理学研究生体システム研究部門, 3聖マリアンナ医科大学神経内科)

713124. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Middle fossa approach petrous apex cholesterol granulomas: use of vascularized flap preventing recurrence. Kusumi M1, Fukushima T, Oka H1, Fujii K1: WFNS2013 (2013/9/8), Seoul, Korea. (久須美真理1, 福島孝徳, 岡 秀宏1, 藤井清孝1: 1脳外)

713125. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical significance and limitation of repeat resection for pediatric malignant neuroepithelial tumors. Kumabe T1, Kawaguchi T2, Saito R2, Kanamori M2, Yamashita Y2, Sonoda Y2, Tominaga T2: 4th Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology (2013/11/22), San Francisco, USA. (隈部俊宏1, 川口奉洋2, 齊藤竜太2, 金森政之2, 山下洋二2, 園田順彦2, 冨永悌二2: 1脳外, 2東北大学医学部脳神経外科)

721010. [学会 (全国)] (特別講演) 本邦における小児脳腫瘍治療の歴史と現況. 隈部俊宏 (脳外): 第41回日本小児神経外科学会 (2013/6/7), 大阪.

721011. [学会 (全国)] (特別講演) 神経膠腫摘出の基本手技 (右中心前回星細胞腫を題材として). 隈部俊宏 (脳外): 第1回グリオーマ手術手技インターネットライブセミナー (2014/6/11), 東京.

721012. [学会 (全国)] (特別講演) 神経膠腫の外科治療. 隈部俊宏 (脳外): 第16回日本病院脳神経外科学会 (2013/7/21), 広島.

721013. [学会 (全国)] (特別講演) 神経膠腫摘出における穿通枝. 隈部俊宏 (脳外): 第18回日本脳腫瘍の外科学会 (2013/9/20), 大津.

721014. [学会 (全国)] (特別講演) 失敗に基づいた私の未知・未踏への挑戦. 隈部俊宏 (脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

721015. [学会 (全国)] (特別講演) BCNU脳内留置用剤の使用経験. 隈部俊宏 (脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

722117. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 頭蓋咽頭腫治療成績向上のための臨機応変ハイブリッド手術. 岡 秀宏1, 久須美真理1, 佐藤公俊1, 中原邦晶2, 大澤成之1, 小泉寛之1, 宮島良輝1, 近藤宏治1 (1脳外, 2救命): 第22回脳神経外科手術と機器学会 (2013/4/12), 松本.

722118. [学会 (全国)] (教育講演) 当施設での pilomyxoid astrocytoma に対する考察. 萩原宏之1, 安井美江2, 宮島良輝1, 谷崎義徳, 岡 秀宏1 (1脳外, 2形態系): 第31回日本脳腫瘍病理学会 (2013/5/25), 東京.

722119. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 当院における脳腫瘍の術中迅速病理診断の現状. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 柿沼廣邦2, 萩原宏之, 松本千尋1, 安井美江3, 原 敦子4, 川野信之5 (1脳外, 2病理部, 3形態系, 4病理, 5磯辺クリニック): 第31回日本脳腫瘍病理学会 (2013/5/25), 東京.

722120. [学会 (全国)] (シンポジウム等) MGMTmRNA 量はGlioblastomaの予後因子・治療効果予測因子か?−東京脳腫瘍治療懇話会多施設共同研究より−. 田中 聡1, 田代 隆1, 栗田英治2, 松本英司2, 橋本雅章2, 岡 秀宏3, 秋元治朗4, 成田善孝5 (1国際医療福祉大学塩谷病院脳神経外科, 2国際医療福祉大学病院脳神経外科, 3脳外, 4東京医科大学脳神経外科, 5国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科): 第31回日本脳腫瘍病理学会 (2013/5/25), 東京.

722121. [学会 (全国)] (シンポジウム等) パーキンソン病に対するDBS 療法−当施設での取り組み−. 佐藤澄人1, 滝山容子2, 荻野 裕3, 渡辺克成4, 寺尾 亨, 松本千尋1, 知見聡美5, 南部 篤5, 西山和利2, 藤井清孝1, 水野美邦 (1脳外, 2神経内科, 3国立病院機構箱根病院神経内科, 4都立松沢病院脳神経外科, 5生理学研究生体システム研究部門): 第54回日本神経学会学術大会 (2013/5/30), 東京.

722122. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 軽症頭部外傷の単一画像検査でみられる偽陰性骨折パターンの検討. 中原邦晶1, 清水 曉2, 北原孝雄1, 岡 秀宏2 (1救命, 2脳外): 第41回日本小児神経外科学会 (2013/6/8), 大阪.

722123. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 後頭蓋窩脳腫瘍における術中モニタリングの工夫. 佐藤澄人1, 小野澤裕也2, 久須美真理1, 大澤成之1, 宮島良輝1, 小泉寛之1, 中原邦晶3, 岡 秀宏1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2臨検部, 3救命): 第18回日本脳腫瘍の外科学会 (2013/9/19), 大津.

722124. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 脳腫瘍における神経内視鏡手術の有用性と限界. 岡 秀宏1, 佐藤公俊1, 久須美真理1, 大澤成之1, 宮島良輝1, 近藤宏治1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第18回日本脳腫瘍の外科学会 (2013/9/19), 大津.

722125. [学会 (全国)] (シンポジウム等) Carmustine wafers を併用した悪性神経膠芽腫摘出術. 隈部俊宏 (脳外): 第18回日本脳腫瘍の外科学会 (2013/9/19), 大津.

722126. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 神経膠芽腫における外科の役割と適応: どこまでできるか? どこまですべきか? 隈部俊宏1, 冨永悌二2 (1脳外, 2東北大学大学院神経外科学分野): 第18回日本脳腫瘍の外科学会 (2013/9/19), 大津.

722127. [学会 (全国)] (シンポジウム等) HLA-A24 陽性標準治療抵抗性神経膠芽腫に対するペプチドワクチン多施設共同無作為第III相比較試験 (医師主導治験). 寺崎瑞彦1, 森岡基浩1, 西川 亮2, 藤巻高光3, 成田善孝4, 杉山一彦5, 栗栖 薫6, 青木友和7, 永根基雄8, 廣瀬 雄9, 井上 亨10, 竹島秀雄11, 冨永悌二12, 伊達 勲13, 隈部俊宏14, 伊藤恭吾15 (1久留米大学医学部脳神経外科, 2埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科, 3埼玉医科大学病院脳神経外科, 4国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科, 5広島大学病院がん化学療法化, 6広島大学大学院医歯薬保健学研究院脳神経外科学, 7京都医療センター脳神経外科, 8杏林大学医学部脳神経外科, 9藤田保健衛生大学医学部脳神経外科, 10福岡大学医学部脳神経外科, 11宮崎大学医学部臨床神経科学講座脳神経外科学分野, 12東北大学大学院医学系研究科神経科学分野, 13岡山大学大学院脳神経外科, 14脳外, 15久留米大学医学部免疫学講座): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

722128. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 薬事承認を目指した多施設共同研究, 第3項先進医療「症候性脳放射線壊死の核医学的診断とベバシズマブの静脈内投与による治療」. 宮武伸一1, 荒川芳輝2, 三輪和弘3, 隈部俊宏4, 坪井康次5, 井内俊彦6, 寺坂俊介7, 田部井勇助8, 中村英夫9, 永根基雄10, 杉山一彦11, 寺崎瑞彦12, 阿部竜也13, 成田善孝14, 武笠晃丈15, 別府高明16 (1大阪医科大学脳神経外科, 2京都大学医学部脳神経外科, 3木沢記念病院脳神経外科, 4脳外, 5筑波大学医学医療系生命医科学域, 6千葉県がんセンター脳神経外科, 7北海道大学脳神経外科, 8日本赤十字社医療センター脳神経外科, 9熊本大学大学院生命科学研究部脳神経外科学分野, 10杏林大学医学部脳神経外科, 11広島大学病院がん化学療法科, 12久留米大学医学部脳神経外科, 13大分大学脳神経外科, 14国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科, 15東京大学医学部脳神経外科, 16岩手医科大学脳神経外科): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

722129. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 脳腫瘍における神経内視鏡手術の有用性と限界. 岡 秀宏1, 久須美真理1, 佐藤公俊1, 大澤成之1, 宮島良輝1, 小泉寛之1, 中原邦晶2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

722130. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 脳室内腫瘍、頭蓋内腫瘍における神経内視鏡・顕微鏡ハイブリッド手術の有用性と限界. 岡 秀宏1, 近藤宏治1, 馬渕一樹1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第20回日本神経内視鏡学会 (2013/11/8), 甲府

723477. [学会 (全国)] (一般講演) CEAにより一過性の顔面神経下顎縁枝損傷を生じた一例: 予防のための解剖学的検討. 佐藤公俊1, 清水 曉1, 岡 秀宏1, 大澤成之1, 藤井清孝1 (1脳外): 第22回脳神経外科手術と機器学会 (2013/4/12), 松本.

723478. [学会 (全国)] (一般講演) 錐体骨先端部コレステロール肉芽腫に対するmiddle fossa approach: 有茎弁を用いた再発予防の工夫. 久須美真理1, 福島孝徳2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外, 2Duke大学メディカルセンター脳神経外科): 第22回脳神経外科手術と機器学会 (2013/4/12), 松本.

723479. [学会 (全国)] (一般講演) 腰椎心房 (LA) シャント術を行った1例. 宮崎朋子1, 清水 曉1, 望月崇弘2, 中山賢司2, 山本勇夫2 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター脳神経外科): 第22回脳神経外科手術と機器学会 (2013/4/13), 松本.

723480. [学会 (全国)] (一般講演) 髄芽腫に対する免疫染色と分子生物学的解析によるTaylor分類に関して. 隈部俊宏1, 柴原一陽2, 斉藤竜太2, 金森正之2, 山下洋二2, 園田順彦2, 渡辺みか3, マーク・レンケ, マイケ・テイラー, 冨永悌二2 (1脳外, 2東北大学脳神経外科, 3東北大学病院病理部): 第31回日本脳腫瘍病理学会 (2013/5/25), 東京.

723481. [学会 (全国)] (ポスター) 若年女性に発生し急性に増大した小脳橋角部腫瘤の一例. 松本千尋1, 原 敦子2, 佐藤公俊1, 宮島良輝1, 萩原宏之, 岡 秀宏1 (1脳外, 2病理): 第31回日本脳腫瘍病理学会 (2013/5/24), 東京.

723482. [学会 (全国)] (ポスター) 皮膚病変から胃,肺,小脳に同時期に診断を得たmalignant mesenchymal tumorの一例. 萩原宏之, 田中 洋1, 宮島良輝2, 松本千尋2, 岡 秀宏2 (1茅ヶ崎市立病院脳神経外科, 2脳外): 第31回日本脳腫瘍病理学会 (2013/5/25), 東京.

723483. [学会 (全国)] (ポスター) 頸椎黄色靱帯骨化症の7例. 大澤成之1, 鷺内隆雄2, 近藤宏治3, 宮島良輝1, 小泉寛之1, 岡 秀宏1 (1脳外, 2イムス富士見総合病院脳神経外科, 3北里大学メディカルセンター脳神経外科): 第28回日本脊髄外科学会 (2013/6/6), 名古屋.

723484. [学会 (全国)] (ポスター) 前頭側開頭術における皮膚切開変法. 中原邦晶1, 清水 曉2, 小泉寛之2, 宮崎朋子2, 北原孝雄1, 岡 秀宏2 (1救命, 2脳外): 第41回日本小児神経外科学会 (2013/6/8), 大阪.

723485. [学会 (全国)] (一般講演) 側頭葉浮腫を伴ったGNP Schwannomaの一手術例. 久須美真理1, 宮島良輝1, 佐藤澄人1, 松本千尋1, 岡 秀宏1 (1脳外): 第25回日本頭蓋底外科学会 (2013/6/27), 名古屋.

723486. [学会 (全国)] (一般講演) Combined petrosal approachにおけるチタンプレートを用いた硬膜閉鎖法の工夫. 久須美真理1, 福島孝徳2, 岡 秀宏1, 藤井清孝1 (1脳外, 2Duke Univ. Medical Center, Division of Neurosurgery): 第25回日本頭蓋底外科学会 (2013/6/27), 名古屋.

723487. [学会 (全国)] (ポスター) 側頭葉浮腫を伴った大錐体神経鞘腫の一手術例. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 宮島良輝1, 佐藤澄人1, 松本千尋1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第18回日本脳腫瘍の外科学会 (2013/9/19), 大津.

723488. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性神経膠腫に対するテモゾロミド・放射線治療後早期の治療反応性と予後に関する検討. 金森政之1, 柴原一陽2, 斎藤竜太2, 山下洋二3, 園田順彦2, 隈部俊宏4, 冨永悌二2 (1仙台医療センター脳神経外科, 2東北大学大学院医療系研究科神経外科学分野, 3宮城県立がんセンター脳神経外科, 4脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/16), 横浜.

723489. [学会 (全国)] (一般講演) Grade III グリオーマにおける幹細胞マーカーCD133の発現とIDH遺伝子異変, 予後との関係. 園田順彦1, 柴原一陽1, 斎藤竜太1, 金森政之2, 隈部俊宏3, 冨永悌二1 (1東北大学大学院医療系研究科神経外科学分野, 2仙台医療センター脳神経外科, 3脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/17), 横浜.

723490. [学会 (全国)] (ポスター) 高度狭窄病変に対するCASにおけるSpider Fxの初期使用経験. 鈴木祥生1, 岩本和久1, 仁木 淳1, 小櫃久仁彦1, 大木敬章1, 隈部俊宏2, 中原邦晶3, 佐藤公俊2, 犬飼 円2, 倉田 彰4 (1横浜旭中央総合病院脳神経外科, 2脳外, 3救命救急, 4青葉台脳神経外科内科): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/17), 横浜.

723491. [学会 (全国)] (ポスター) CAS firstからCEA or CASへ: 至適治療選択と周術期治療成績の向上. 佐藤公俊1, 湯澤 泉1, 岡 秀宏1, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/17), 横浜.

723492. [学会 (全国)] (ポスター) 前頭側頭減圧開頭術における皮膚切開変法: 耳介後方切開. 小泉寛之1, 清水 曉1,2, 中原邦晶3, 宮崎朋子1,2, 望月崇弘2, 中山賢司2, 今野慎吾3, 山本勇夫2, 北原孝雄3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2横浜市立脳血管医療センター脳神経外科, 3救命): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/17), 横浜.

723493. [学会 (全国)] (ポスター) 頸動脈内膜剥離術後再狭窄と術前プラークイメージング. 小林紀方1, 佐藤公俊2, 山内圭太1, 丸山大輔1, 石井大造1, 森田健一1, 佐藤 徹1, 片岡大治1, 中川原譲二1, 飯原弘二1 (1国立循環器病研究センター脳神経外科, 2脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/17), 横浜.

723494. [学会 (全国)] (ポスター) 頸椎手術におけるデンプン由来吸収性局所使用材の使用経験. 大澤成之1, 鷺内隆雄2, 清水 曉1,3, 岡 秀宏1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2イムス富士見総合病院脳神経外科, 3横浜市立脳血管医療センター脳神経外科): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/17), 横浜.

723495. [学会 (全国)] (ポスター) Glioblastoma の予後因子・Temolomide治療効果予測因子としてのMGMTmRNA絶対値測定. 田中 聡1, 秋元治朗2, 成田善孝3, 岡 秀宏4, 田代 隆1 (1国際医療福祉大学塩谷病院脳神経外科, 2東京医科大学脳神経外科, 3国立がん研究センター中央病院脳脊髄腫瘍科, 4脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

723496. [学会 (全国)] (ポスター) 術中皮質SEPの解釈と運動閾値に基づく皮質刺激MEPモニタリング. 佐藤澄人1, 小野澤裕也2, 久須美真理1, 大澤成之1, 宮島良輝1, 石井卓也3, 寺尾 亨3, 小泉寛之1, 中原邦晶4, 岡 秀宏1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2臨検部, 3厚木市立病院脳神経外科, 4救命): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

723497. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における脳腫瘍の術中迅速病理診断の現状. 宮島良輝1, 岡 秀宏1, 柿沼廣邦2, 萩原宏之3, 松本千尋1, 安井美江4, 原 敦子5, 川野信之6, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理部, 3茅ヶ崎市立病院脳神経外科, 4形態系, 5病理, 6磯辺クリニック): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

723498. [学会 (全国)] (ポスター) 腰椎変性側彎症に対し2種類のデバイスを用いて低侵襲的にdouble fixationを行った1例. 鷺内隆雄1, 大澤成之2 (1イムス富士見総合病院, 2脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

723499. [学会 (全国)] (ポスター) 動眼神経麻痺で発症した脳腫瘍手術経験. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 佐藤澄人1, 宮島良輝1, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

723500. [学会 (全国)] (ポスター) 宮城県立がんセンターにおける脳悪性リンパ腫の治療成績−ACNU動注療法とMTX大量療法を比較して−. 山下洋二1, 園田順彦2, 松本 恒3, 鈴木 考3, 金森政之4, 斎藤竜太2, 隈部俊宏5, 冨永悌二2, 片倉隆一1 (1宮城県立がんセンター脳神経外科, 2東北大学大学院医学系研究科神経外科学分野, 3宮城県がんセンター放射線診断科, 4仙台医療センター脳神経外科, 5脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

723501. [学会 (全国)] (ポスター) 適切な未破裂嚢状脳動脈瘤の経過観察方法とは−経過観察中に破裂した未破裂脳動脈瘤症例を振り返って−. 湯澤 泉1, 佐藤公俊1, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/18), 横浜.

723502. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋内胚腫に対する不完全な治療によって生ずる問題を再確認しよう. 隈部俊宏1, 冨永悌二2 (1脳外, 2東北大学医学部脳神経外科): 第31回日本脳腫瘍学会学術集会 (2013/12/8), 宮崎.

723503. [学会 (全国)] (一般講演) 動眼神経麻痺で発症した脳腫瘍手術経験. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第16回日本脳神経減圧術学会 (2014/2/6), 大阪.

723504. [学会 (全国)] (一般講演) 振戦を伴う上肢動作特異性ジストニアに対し, Vim-Vo thalamotomyを施行した1例. 佐藤澄人1, 渡辺克成2, 星 英司3, 関口朋子1, 宮島良輝1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2東京都立松沢病院脳神経外科, 3東京都医科学総合研究所前頭葉機能プロジェクト): 第53回日本定位・機能神経外科学会 (2014/2/7), 大阪.

723505. [学会 (全国)] (ポスター) 補助人工心臓 (ventricular assist device) 装着中に脳出血を合併した一例. 小泉寛之1, 北原孝雄2, 中原邦晶2, 今野慎吾2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 第39回日本脳卒中学会総会 (2014/3/14), 大阪.

723506. [学会 (全国)] (ポスター) 前頭葉皮質下出血で発症した, Pial Arteriovenous fistulaの一例. 谷崎義徳1, 飯田秀夫1, 隈部俊宏2 (1国際親善脳神経外科, 2脳外): 第39回日本脳卒中学会総会 (2014/3/14), 大阪.

723507. [学会 (全国)] (ポスター) 経過観察中に破裂した未破裂N状動脈瘤症例の検討. 湯澤 泉1, 佐藤公俊1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第39回日本脳卒中学会総会 (2014/3/14), 大阪.

723508. [学会 (全国)] (ポスター) 無痛分娩を原則とする当院におけるもやもや病患者の妊娠・分娩・産褥期の検討. 佐藤公俊1, 湯澤 泉1, 天野 完2, 海野信也2, 奥富俊之3, 山田 勝1, 鈴木祥生, 藤井清孝1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2産科, 3麻酔): 第43回日本脳卒中の外科学会学術集会 (2014/3/15), 大阪.

723509. [学会 (全国)] (ポスター) 運動皮質の単極刺激MEPモニタリングにおけるリファレンス電極の位置の重要性. 佐藤澄人1, 小野澤裕也2, 関口朋子1, 宮島良輝1, 久須美真理1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2臨検部): 第16回日本ヒト脳機能マッピング学会 (2014/3/6), 仙台.

731081. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 島弁蓋部神経膠腫摘出術. 隈部俊宏 (脳外): 茨城ニューロオンコロジー研究会 (2013/6/13), つくば.

731082. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 悪性脳腫瘍に対する手術療法の意義. 隈部俊宏 (脳外): 第45回ニューロ・オンコロジィの会 (2013/7/28), 東京.

731083. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 私の考える神経膠腫摘出術. 隈部俊宏 (脳外): 第71回日本脳神経外科学会北海道支部会 (2013/9/21), 札幌.

731084. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経膠腫の局所コントロール. 隈部俊宏 (脳外): ギリアデル講演会 (2013/10/25), 岡山.

731085. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経膠腫手術. 隈部俊宏 (脳外): 第62回千葉神経外科研究会 (2013/11/29), 千葉.

731086. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脈絡叢動脈の解剖と血管支配領域に関して. 隈部俊宏 (脳外): 第397回神奈川神経談話会 (2013/12/19), 横浜.

731087. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 反省症例から学ぶ急性期再開通療法. 近藤竜史 (脳外): FAST meeting (2014/1/24), 福岡.

731088. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 穿通枝と脳腫瘍手術. 隈部俊宏 (脳外): 第20回文京脳腫瘍研究会 (2014/2/3), 東京.

731089. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) アテローム硬化性頭頸部動脈狭窄症に対する血管内治療. 近藤竜史1, 湯澤 泉1, 中原邦晶2, 佐藤公俊1, 小泉寛之1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): バイエル社内講演会 (2014/2/20), 相模原.

731090. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) アテローム硬化性頭頸部動脈狭窄症に対する血管内治療. 近藤竜史1, 湯澤 泉1, 中原邦晶2, 佐藤公俊1, 小泉寛之1, 今野慎吾2, 佐藤澄人1, 久須美真理1, 宮島良輝1, 関口朋子1, 犬飼 円1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): ATIS学術講演会 (2014/2/21), 相模原.

731091. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) How to optimze the Conebeam CT. 近藤竜史 (脳外): GE meeting (2014/3/15), 東京.

731092. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経膠腫の治療と経過に関して. 隈部俊宏 (脳外): 相模原神経膠腫画像セミナー (2014/3/19), 相模原.

731093. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経膠腫に対する再手術の有用性. 隈部俊宏 (脳外): 第27回神奈川脳腫瘍フォーラム (2014/3/28), 横浜.

732069. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座) もやもや病の症状と治療について. 佐藤公俊1, 藤井清孝1 (1脳外): もやもや病の初心者の為の勉強会 (関東ブロック) (2013/6/2), 東京.

732070. [学会 (地方会・研究会)] (公開講座) 悪性脳腫瘍に対する手術療法. 隈部俊宏 (脳外): 第39回北里医学会総会 (2013/11/16), 相模原.

732071. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 小児悪性脳腫瘍に対する摘出術. 隈部俊宏 (脳外): 脳神経外科教育講演会 (2014/2/7), 東京.

733224. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Holmes' tremorに対するVim thalamotomyの効果について: 単一症例からの病理生理学的考察. 眞木二葉1, 佐藤澄人2, 渡辺克成3, 長谷川泰弘1 (1聖マリアンナ医科大学神経内科, 2脳外, 3都立松沢病院脳神経外科): 第35回関東機能的脳外科カンファレンス (2013/4/6), 東京.

733225. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 視床−末梢筋電図間における振戦引きこみ現象の定量的解析の試み−Holmes' tremorの1例−. 渡辺克成1, 佐藤澄人2, 松本千尋2, 眞木二葉3, 磯尾綾子4, 長谷川泰弘1, 藤井清孝2 (1都立松沢病院脳神経外科, 2脳外, 3聖マリアンナ医科大学神経内科, 4都立神経病院脳神経外科): 第35回関東機能的脳外科カンファレンス (2013/4/6), 東京.

733226. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術中皮質SEP記録の解釈と運と閾値に基づく皮質刺激MEPモニタリング. 佐藤澄人1, 小野澤裕也2, 寺尾 亨3, 石井卓也, 小泉寛之1, 中原邦晶4, 岡 秀宏1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2臨検部, 3厚木市立病院脳神経外科, 4救命): 第19回日本脳神経モニタリング研究会 (2013/7/13), 東京.

733227. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) BCNU wafers を併用した頭頂葉膠芽腫摘出後ガス留置貯留により片麻痺を含めた重篤な合併症を生じた2症例. 大澤成之 (脳外): 第45回ニューロ・オンコロジィの会 (2013/7/28), 東京.

733228. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 視神経・視床下部毛様星細胞腫の治療成績及び動的な臨床経過に関して. 隈部俊宏 (脳外): 第5回関東小児脳腫瘍カンファレンス (2013/8/3), 東京.

733229. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 視神経膠腫と鑑別を要した視神経海綿状血管腫の一例. 眞野 唯 (脳外): 第5回関東小児脳腫瘍カンファレンス (2013/8/3), 東京.

733230. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 第4脳室底に浸潤する腫瘍摘出の引き際・攻めどころ. 隈部俊宏1, 岡 秀宏1, 佐藤澄人1, 宮島良輝1 (1脳外): 第19回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2013/9/7), 横浜.

733231. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 視神経膠腫と鑑別を要した視神経海綿状血管腫の1例. 眞野 唯, 隈部俊宏1, 斎藤竜太2, 金森政之2, 萩田庄吾2, 渡辺みか3, 冨永悌二2 (1脳外, 2東北大学大学院医学系研究科神経外科学分野, 3東北大学医学部付属病院病理部): 第121回社団法人日本脳神経外科学会関東支部学術集会 (2013/9/28), 東京.

733232. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ギリアデルの課題〜初発例と再発例〜. 隈部俊宏 (脳外): パネルディスカッション「悪性神経膠腫の診断と治療 UP to date」 (2013/11/14), 東京.

733233. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 側脳室三角部に発生した海綿状血管腫の1例. 大澤成之 (脳外): 第122回社団法人日本脳神経外科学会関東支部学術集会 (2013/12/7), 東京.

733234. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 両側側脳室脈絡叢海綿状血管腫の一例. 谷崎義徳 (脳外): 第122回社団法人日本脳神経外科学会関東支部学術集会 (2013/12/7), 東京.

733235. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 前頭側頭減圧開頭術における皮膚切開変法. 小泉寛之1, 清水 曉1, 中原邦晶2, 宮崎朋子1, 望月崇弘, 中山賢司, 今野慎吾2, 山本勇夫, 北原孝雄2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 第20回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2014/1/11), 横浜.

733236. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 外側後頭蓋下開頭術の工夫. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 関口朋子1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス (2014/1/18), 東京.

733237. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Deformation of Neuroform Deposited in Highly Curved Vessel. 近藤竜史1, 隈部俊宏1 (1脳外): 6th Niigata Neuroendvascular Tharagp Seminar (2014/2/8), 苗場.

733238. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Extreme Lateral Infrajugular Trancondylar Exposure (ELITE). 久須美真理1, 福島孝徳 (1脳外): 第18回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2014/2/22), 相模原.

733239. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 経鼻経蝶形骨洞手術. 大澤成之1, 清水 曉1, 岡 秀宏1, 藤井清孝1, Albert L Rhoton2 (1脳外, 2Dept. of Neurosurgery Univ. of Florida): 第18回北里脳神経外科微小解剖セミナー (2014/2/23), 相模原.

733240. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 小児悪性神経上皮性脳腫瘍に対する複数回手術の意義と限界. 隈部俊宏1, 川口泰洋2, 斉藤竜太2, 金森政之2, 山下洋二2, 園田順彦2, 冨永悌二2 (1脳外, 2東北大学大学院神経外科学分野): 第6回関東小児脳腫瘍カンファレンス (2014/3/8), 東京.

733241. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膠芽腫再発と紛らわしいMRI画像を呈したてんかん後患者の1例. 馬渕一樹1, 岡 秀宏1, 近藤宏治1, 隈部俊宏1, 鷺内隆雄2 (1脳外, 2イムス富士見総合病院): 第27回神奈川脳腫瘍フォーラム (2014/3/28), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110009. [原著] Clinicopathological analysis of nine consecutive central nervous system primitive neuroectodermal tumors in a single institute. Aizawa-Kohama M, Kumabe T1, Saito R, Kanamori M, Yamashita Y, Sonoda Y, Watanabe M, Tominaga T: Brain Tumor Pathol 2013/1; 30 (1): 15-27. (隈部俊宏1: 1脳外)

H24-110010. [原著] Factors influencing self- and parent-reporting health-related quality of life in children with brain tumors. Sato I, Higuchi A, Yanagisawa T, Mukasa A, Ida K, Sawamura Y, Sugiyama K, Saito N, Kumabe T1, Terasaki M, Nishikawa R, Ishida Y, Kamibeppu K: Qual Life Res 2013/2; 22 (1): 185-201. (隈部俊宏1: 1脳外)

H24-110011. [原著] Randomized trial of chemoradiotherapy and adjuvant chemotherapy with nimustine (ACNU) versus nimustine plus procarbazine for newly diagnosed anaplastic astrocytoma and glioblastoma (JCOG0305). Shibui S, Narita Y, Mizusawa J, Beppu T, Ogasawara K, Sawamura Y, Kobayashi H, Nishikawa R, Mishima K, Muragaki Y, Maruyama T, Kuratsu J, Nakamura H, Kochi M, Minamida Y, Yamaki T, Kumabe T1, Tominaga T, Kayama T, Sakurada K, Nagane M, Kobayashi K, Nakamura H, Ito T, Yazaki T, Sasaki H, Tanaka K, Takahashi H, Asai A, Todo T, Wakabayashi T, Takahashi J, Takano S, Fujimaki T, Sumi M, Miyakita Y, Nakazato Y, Sato A, Fukuda H, Nomura K: Cancer Chemother Pharmacol 2013/2; 71 (2): 511-21. (隈部俊宏1: 1脳外)

H24-110012. [原著] Establishment of novel monoclonal antibodies KMab-1 and MMab-1 specific for IDH2 mutations. Kaneko MK, Morita S, Tsujimoto Y, Yanagiya R, Nasu K, Sasaki H, Hozumi Y, Goto K, Natsume A, Watanabe M, Kumabe T1, Takano S, Kato Y: Biochem Biophys Res Commun 2013/3; 432 (1): 40-5. (隈部俊宏1: 1脳外)


小児科学

[学術論文]

110180. [原著] The efficacy of gabapentin in children of partial seizures and the blood levels. Nonoda Y1, Iwasaki T1, Ishii M1: Brain & development 2013/4; 36: 194-202. (野々田豊1, 岩崎俊之1, 石井正浩1: 1小児)

110181. [原著] Coronary artery outcomes among children with Kawasaki disease in the United States and Japan. Ogata S1, Tremoulet A, Sato Y, Ueda K, Shimizu C, Sun X, Jain S, Silverstein L, Baker A, Tanaka N, Ogihara Y1, Ikehara S, Takatsuki S, Sakamoto N, Kobayashi T, Fuse S, Matsubara T, Ishii M1, Saji T, Newburger JW, Burns JC: Int J Cardiol 2013/10; 168 (4): 3825-8. (緒方昌平1, 扇原義人1, 石井正浩1: 1小児)

110182. [原著] Peritoneal dialysis for extremely low birth weight infants. Nakamura S1, Kon S1, Iwanami N, Kemmochi M2, Ishii M1: Kitasato Medl J 2013/9; 43 (2): 141-4. (中村信也1, 昆 伸也1, 釼持 学2, 石井正浩1: 1小児, 2地域周産期・救急医療)

110183. [原著] Treatment response in kawasaki disease is associated with sialylation levels of endogenous but not therapeutic intravenous immunoglobulin G. Ogata S1, Shimizu, C, Franco A, Touma R, Kanegaye JT, Choudhury BP, Naidu NN, Kanda Y, Hoang LT, Hibberd ML, Tremoulet AH, Varki A, Burns JC: PLoS One 2013/12; 8 (12): e81448. doi: 10.1371/journal.pone.0081448. (緒方昌平1: 1小児)

110184. [原著] Quantitative evaluation of hemodynamics in the Fontan circulation: a cross-sectional study measuring energy loss in vivo. Honda T1, Itatani K2, Takanashi M1, Mineo E1, Kitagawa A1, Ando H1, Kimura S1, Nakahata Y1, Oka N3, Miyaji K3, Ishii M1: Pediatr Cardiol 2014/2; 35 (2): 361-7. (本田 崇1, 板谷慶一2, 高梨 学1, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 中畑弥生1, 岡 徳彦3, 宮地 鑑3, 石井正浩1: 1小児, 2血流解析, 3心臓血管外)

110185. [原著] Assessment of the vortex flow in the post-stenotic dilatation above the pulmonary valve stenosis in an infant using echocardiography vector flow mapping. Honda T1, Itatani K2, Miyaji K3, Ishii M1: Eur Heart J 2014/2; 35 (5): 306. doi: 10.1093/eurheartj/eht441. (本田 崇1, 板谷慶一2, 宮地 鑑3, 石井正浩1: 1小児, 2血流解析, 3心臓血管外)

320027. [症例報告] 側頭部打撲後に顔面神経麻痺を呈した一乳児例: 障害部位の考察. 横関祐一郎1, 伊藤尚志, 佐野 肇2, 石井正浩1 (1小児, 2耳鼻): 日本小児救急医学会雑誌 2013/5; 12 (3): 426-30.

320028. [症例報告] 冠動脈病変のない左心室瘤を認めた川崎病の1例. 江波戸孝輔1, 扇原義人1, 緒方昌平1, 高梨 学1, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 本田 崇1, 安藤 寿1, 木村純人1, 藤武義人2, 石井正浩1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 小児科診療 2013/5; 76 (5): 867-9.

521011. [解説]【循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2012年度合同研究班報告) ダイジェスト版】先天性心疾患術後遠隔期の管理・侵襲的治療に関するガイドライン (2012年改訂版). 越後茂之, 市川 肇, 上野高義, 角 秀秋, 富田 英, 丹羽公一郎, 村上 新, 山村英司, 井手春樹, 安藤政彦, 大内秀雄, 黒嵜健一, 島田衣里子, 立野 滋, 中村 真, 山田 修, 石井正浩1, 賀藤 均, 中澤 誠, 八木原俊克 (1小児): 日本心臓血管外科学会雑誌 2013/9; 42 (5): 1-20.

522136. [講座]【特集: 理解して出そう小児の検査−オーダー・手技・解釈】VII. 薬物・中毒 抗てんかん薬の治療モニタリング. 岩崎俊之 (小児): 小児科診療 2013/4; 76 (増刊): 247-52.

522137. [講座]【特集: 先天性心疾患に対する苦手意識を克服し強くなろう】心内膜床欠損症を正しく診断する. 北川篤史1, 石井正浩1 (1小児): 心エコー 2013/5; 14 (5): 442-8.

522138. [講座]【特集: 先天性心疾患および小児心疾患医療の最前線】川崎病治療の最前線. 緒方昌平1, 石井正浩1 (1小児): 循環器内科 2014/1; 75 (1): 81-6.

[著 書]

620096. [学術書] (分担執筆)【標準小児科学 (第8版)】第17章 循環器疾患・検査, p.427-38. 石井正浩 (小児), 監修: 内山 聖, 編: 原 寿郎, 高橋孝雄, 細井 創, 医学書院, 東京, 2013/12発行.

620097. [学術書] (分担執筆)【標準小児科学 (第8版)】第17章 循環器疾患・先天性疾患, p.439-68. 石井正浩 (小児), 監修: 内山 聖, 編: 原 寿郎, 高橋孝雄, 細井 創, 医学書院, 東京, 2013/12発行.

620098. [学術書] (分担執筆)【今日の治療指針 2014年版−私はこう治療している】23. 小児科疾患 川崎病, p.1266-7. 石井正浩 (小児), 監修: 山口 徹, 北原光夫, 編: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2014/1発行.

620099. [学術書] (分担執筆)【循環器疾患 最新の治療2014-2015】VIII. 先天性心疾患 4. 動脈管開存症, p.217-8. 北川篤史1, 石井正浩1 (1小児), 編: 堀 正二, 永井良三, 南江堂, 東京, 2014/1発行.

[学会・研究会等]

711003. [学会 (国際)] (特別講演) Pulmonary valve regurgitation and brain natriuretic peptide level in patients after repair for Tetralogy of Fallot. Kitagawa A1, Oka N2, Honda T1, Ando H1, Nakahata Y1, Miyaji K2, Ishii M1: 47th Annual meeting of the association for European paediatric and congenital cardiology (2013/5/23), UK. (北川篤史1, 岡 徳彦2, 本田 崇1, 安藤 寿1, 中畑弥生1, 宮地 鑑2, 石井正浩1: 1小児, 2心臓血管外)

711004. [学会 (国際)] (特別講演) New therapeutic strategy and pathophysiology in acute stage of Kawasaki disease. Ishii M1: Festival of the 100th anniversary of the Yonsei University (2013/7/4), Korea. (石井正浩1: 1小児)

711005. [学会 (国際)] (特別講演) Cardiac sequela of long-term after Kawasaki disease. Ishii M1: Festival of the 100th anniversary of the Yonsei University (2013/7/5), Korea. (石井正浩1: 1小児)

713126. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) 16288-Analysis of Immunological Function of Infants With Congenital Heart Disease After Cadiopulmonary Bypass Surgery: Evaluation of the Optimum Timing for Vaccination. Takanashi M1, Honda T1, Mineo E1, Kitagawa A1, Ando H1, Kimura S1, Miyaji K2, Ishii M1: American Heart Association Sientific Sessions 2013 (2013/11/17), Dallas, Texas, USA. (高梨 学1, 本田 崇1, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 宮地 鑑2, 石井正浩1: 1小児, 2心臓血管外)

713127. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Vasodilatory potential in obese children: an investigation of F-RHI using Endo-PAT. Takubo N1, Yokoyama M , Ito M, Mibu K, Kamekawa D, Kitsuda K1, Suyama N, Takubo Y2, Outsu S1, Kazahari M1, Yokota Y1, Kato C, Ishii M1: 9th Joint Meeting of Paediatric Endocrinology (2013/9/19-23), Milan, Italy. (田久保憲行1, 橘田一輝1, 田久保由美子2, 大津成之1, 風張眞由美1, 横田行史1, 石井正浩1: 1小児, 2大学院医療系研究科)

713128. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Three cases of congenital central hypothyroidism in two families with TSH and prolactin deficiency caused by IGSF1 mutation. Kitsuda K1,2, Matsuura N3, Abe K4, Ohtsu S1, Takubo N1, Kazahari M1, Shibayama K1, Yokota Y2, Narumi S4, Hasegawa T4, Ishii M1: 9th Joint Meeting of Paediatric Endocrinology (2013/9/19-23), Milan, Italy. (橘田一輝1,2, 松浦信夫3, 阿部清美4, 大津成之1, 田久保憲行1, 風張眞由美1, 柴山啓子1, 横田行史2, 鳴海覚志4, 長谷川奉延4, 石井正浩1: 1小児, 2相模原協同病院, 3聖徳大学, 4慶応義塾大学)

713129. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical Utility of the Level of Plasma Brain Natriuretic Peptide in Tetralogy of Fallot Patients Long-Term after Initial Intracardiac Repair: Consideration for Pulmonary Valve Replacement. Kitagawa A1, Honda T1, Kimura S1, Miyaji K2, Ishii M1: American College of Cardiology2014・63rd Annual Scientific Session (2014/3/30), WashingtonD.C, USA. (北川篤史1, 本田 崇1, 宮地 鑑2, 石井正浩1: 1小児, 2心臓血管外)

713130. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Quantitative Evaluation of Ventricular Volume Overload on Ventriular Septal Defect: Blood Flow Energy Loss Estimation with Echocardiography Vector Flow Mapping. Honda T1, Itatani K2, Takanashi M1, Kitagawa A1, Ando H1, Kimura S1, Miyaji K3, Ishii M1: American College of Cardiology2014・63rd Annual Scientific Session (2014/3/31), WashingtonD.C, USA. (本田 崇1, 板谷慶一2, 高梨 学1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 宮地 鑑3, 石井正浩1: 1小児, 2血流解析, 3心臓血管外)

721016. [学会 (全国)] (特別講演) 川崎病後冠動脈後遺症に対する小児期PCI. 石井正浩 (小児): 第22回 日本心血管インターベンション 治療学会学術集会 (2013/7/12), 神戸.

723510. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膠原病未発症母体より出生した新生児完全房室ブロック3症例−膠原病合併妊娠例との比較−. 山口綾乃1, 扇原義人1, 横関祐一郎1,2, 伊藤尚志1, 釼持 学1, 野渡正彦3, 坂東由紀1, 石井正浩1 (1小児, 2相模野病院, 3地域周産期・救急医療): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/19), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 296.

723511. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 長期観察をし得た小児期発症の慢性好酸球性肺炎の1例. 南野初香1,2, 梅原 実2, 金子忠弘2, 福島崇義2, 上田康久2, 原 真人2, 石井正浩2 (1静岡県立こども病院, 2小児): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/19), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 435.

723512. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度な気管狭窄を伴う右肺無形成の1男児例. 金子忠弘1, 南野初香1,2, 福島崇義1, 上田康久1, 原 真人1, 梅原 実1, 石井正浩1 (1小児, 2静岡県立こども病院): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/19), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 436.

723513. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Egamiスコア5点以上を示す難治性川崎病の臨床的検討. 扇原義人1, 江波戸孝輔1, 藤本まゆ1, 稲垣 瞳1, 高梨 学1, 土岐 平1, 西川暁子1, 峰尾恵梨1, 山口綾乃1, 石井正浩1 (1小児): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/19), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 442.

723514. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血管塞栓術により救命できた急性消化管出血の2症例. 峰尾恵梨1, 山口綾乃1, 高梨 学1, 金子忠弘1, 安藤 寿1, 野々田豊1, 藤武義人2, 石井正浩1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/20), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 475.

723515. [学会 (全国)] (ポスター) 川崎病に対するγグロブリン2 g/kgという投与量は安全か. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/20), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 467-(261).

723516. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Catch upのないIUGRモデルラットにおける糖代謝とアディポサイトカインの検討. 橘田一輝1,2, 中西俊樹2, 永田絵子2, 山口理恵2, 中川祐一3, 大関武彦4, 石井正浩1, 緒方 勤2 (1小児, 2浜松医科大学, 3白梅豊岡病院, 4共立女子短大): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/21), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 376.

723517. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における出生体重500 g未満の超低出生体重児の生命予後の検討. 大岡麻理1, 釼持 学2, 山口綾乃1, 横関祐一郎1, 伊藤尚志1, 野渡正彦2, 石井正浩1 (1小児, 2地域周産期・救急医療): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/21), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 519.

723518. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ESBL産生大腸菌による細菌性髄膜炎の新生児例. 高梨 学1, 野々田豊1, 岩崎俊之1, 野々山勝人1, 釼持 学2, 野渡正彦2, 石井正浩1 (1小児, 2地域周産期・救急医療): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/21), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 521.

723519. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ファロー四徴症 (TOF) 術後遠隔期における臨床的特徴−再手術の適応と時期に関する検討−. 北川篤史1, 岡 徳彦2, 本田 崇1, 安藤 寿1, 中畑弥生1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/21), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 552.

723520. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 幼若ラットにおける肝臓アクアポリン9および脂肪組織アクアポリン7の個体発生の検討. 橘田一輝1, 柴山啓子1, 大津成之1, 横田行史1,2, 田久保憲行1, 野渡正彦3, 松浦信夫4, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院, 3地域周産期・救急医療, 4聖徳大学): 第86回日本内分泌学会学術総会 (2013/4/26), 仙台, 日本内分泌学会雑誌 2013/4; 89 (1): 315.

723521. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 三次元カラードプラ法を用いた左室流入量及び流出量の検討: ブタ心臓によるファントムモデルを用いた研究. 木村純人1, Cole Streiff2, Meihua Zhu2, Eriko Shimada2, Ashraf Muhammad2, David Sahn2 (1小児, 2Oregon Health&Science University Pediatric Cardiology): 第24回日本心エコー図学会学術集会 (2013/4/25), 東京.

723522. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 若年糖尿病入院患者における心理テストの有用性に関する検討. 大津成之1, 橘田一輝1, 田久保憲行1, 横田行史2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16), 熊本, 糖尿病 2013/4; 56 (Suppl 1): S167.

723523. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急性脳炎・脳症に対する軽度低体温療法30症例の検討. 野々田豊1, 岩崎俊之1, 細田のぞみ2, 白井宏幸1, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園): 第55回日本小児神経学会学術集会 (2013/5/29-6/1), 大分.

723524. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院PICUにおけるNPPVの使用経験. 峰尾恵梨1, 金子忠弘2, 山口綾乃1, 安藤 寿1, 野々田豊1, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院): 第27回日本小児救急医学会学術集会 (2013/6/14), 沖縄.

723525. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心症状以外の症状で救急搬送された心臓病の検討. 本田 崇1, 安藤 寿1, 峰尾恵梨1, 高梨 学1, 北川篤史1, 木村純人1, 石井正浩1 (1小児): 第27回日本小児救急医学会学術集会 (2013/6/15), 沖縄.

723526. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 若年糖尿病における心理テストバッテリーの有用性に関する検討. 大津成之 (小児): 第54回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 (2013/6/26), 横浜, 心身医学 2013/6; 53 (6): 562.

723527. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 好酸球性腹膜炎を反復した一男児例. 昆 伸也1, 中村信也1, 添田由希子1, 岩波直美2, 越野浩江3, 守屋俊介4, 河西紀昭1, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院, 3越野小児科, 4湘南キッズクリニック): 第48回日本小児腎臓病学会学術集会 (2013/6/28), 徳島, 日本小児腎臓病学会雑誌 2013/5; 26 (Suppl 1): 188.

723528. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心拍がFontan循環駆動力に与える影響についての検討. 本田 崇1, 板谷慶一2, 高梨 学1, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 岡 徳彦3, 宮地 鑑3, 石井正浩1 (1小児, 2血流解析, 3心臓血管外): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/11), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): s173.

723529. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 第5大動脈弓遺残の臨床像の検討. 高梨 学1, 本田 崇1, 岡 徳彦2, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/11), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): s268.

723530. [学会 (全国)] (ポスター) 心房中隔欠損Amplatzer閉鎖術前後の冠血流の変化−左室拡張期容積から見た検討−. 堀口泰典1,2, 矢崎 諭3, 上田秀明4 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3国立循環器病センター小児科, 4神奈川県立こども医療センター): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/11), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013; 29 (suppl): s277.

723531. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ファロー四徴症術後遠隔期における肺動脈弁閉鎖不全と脳性ナトリウム利尿ペプチド (BNP) に関する検討. 北川篤史1, 岡 徳彦2, 本田 崇1, 安藤 寿1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/13), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): s231.

723532. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) レーザー凝固術後より右室壁のエコー輝度上昇を伴う右心不全を認めた双胎間輸血症候群の供血児の1例. 峰尾恵梨1, 本田 崇1, 高梨 学1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 石井正浩1 (1小児): 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2013/7/13), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2013/6; 29 (Suppl): s340.

723533. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ファロー四徴症術後遠隔期における, 肺動脈弁閉鎖不全と肺動脈弁置換術に関する検討. 北川篤史1, 高梨 学1, 本田 崇1, 安藤 寿1, 木村純人1, 岡 徳彦2, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/21), 熊本, 日本心臓病学会誌 2013/9; 8 (Suppl 1): 543.

723534. [学会 (全国)] (ポスター) 冠動脈瘤に狭窄を併発しA-Cバイパス術, PTCRAを経験した1例のMRIによる評価. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科): 第33回日本川崎病学会・学術集会 (2013/9/27), 富山, 第33回日本川崎病学会・学術集会抄録集 2013/9; p.127.

723535. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県内における, ベッドサイドで測定可能な検査値を用いた客観的な診断および冠動脈病変発症に関する多施設共同研究. 森 雅亮1, 増澤祐子1, 石井正浩2 (1横浜市立大学付属市民総合医療センター, 2小児): 第33回日本川崎病学会学術集会 (2013/9/28), 富山, 第33回日本川崎病学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.17.

723536. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) インフリキシマブの作用メカニズムの解明: mRNA発現からの検討. 扇原義人1, 江波戸孝輔1, 永盛裕佳子1, 野元けい子1, 緒方昌平1, 石井正浩1 (1小児): 第33回日本川崎病学会学術集会 (2013/9/28), 富山, 第33回日本川崎病学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.21.

723537. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 川崎病それともMacrophage Activation Syndrome: 診断に苦慮した1例. 扇原義人1, 江波戸孝輔1, 永盛裕佳子1, 緒方昌平1, 坂東由紀2, 石井正浩1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第33回日本川崎病学会学術集会 (2013/9/28), 富山, 第33回日本川崎病学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.28.

723538. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 学童期に発症した川崎病患児の臨床像. 永盛裕佳子1, 扇原義人1, 江波戸孝輔1, 昆 伸也1, 川村哲夫2, 岩波直美2, 緒方昌平1, 箕浦克則2, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院): 第33回日本川崎病学会学術集会 (2013/9/28), 富山, 第33回日本川崎病学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.31.

723539. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) けいれんを契機に発見された川崎病による脳血管後遺症. 江波戸孝輔1, 扇原義人1, 永盛裕佳子1, 山口綾乃1, 野々田豊1, 安藤 寿1, 緒方昌平1, 石井正浩1 (1小児): 第33回日本川崎病学会学術集会 (2013/9/28), 富山, 第33回日本川崎病学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.33.

723540. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮内発育遅延ラットモデルにおける肝臓アクアポリン9の発現について. 橘田一輝1, 柴山啓子1, 大津成之1, 田久保憲行1, 横田行史2, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院): 第47回日本小児内分泌学会学術集会 (2013/10/10), 東京, 第47回日本小児内分泌学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.105.

723541. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TSHとPRLの欠損を伴ったIGSF1遺伝子異常による先天性中枢性甲状腺機能低下症の3症例. 橘田一輝1,2, 松浦信夫3, 阿部清美4, 大津成之1, 田久保憲行1, 柴山啓子1, 横田行史2, 鳴海覚志4, 長谷川奉延4, 石井正浩1 (1小児, 2相模原協同病院, 3聖徳大学, 4慶応義塾大学): 第47回日本小児内分泌学会学術集会 (2013/10/11), 東京, 第47回日本小児内分泌学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.98.

723542. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 中高度肥満および肥満症の子どもとその家族への他職種協働による介入プログラムの開発. 田久保憲行1, 横山美佐子2, 加藤チイ3, 田久保由美子4, 陶山紀子5, 橘田一輝1, 大津成之1, 横田行史6, 石井正浩1 (1小児, 2医療衛生学部, 3実践女子短大, 4大学院看護学研究科, 5栄養部, 6相模原協同病院): 第47回日本小児内分泌学会学術集会 (2013/10/12), 東京, 第47回日本小児内分泌学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.105.

723543. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Berlin Definition (BD) がARDS診断に及ぼす影響について. 金子忠弘1, 上田康久1, 南野初香1, 福島崇義1, 原 真人1, 梅原 実1, 石井正浩1 (1小児): 第46回日本小児呼吸器学会 (2013/11/22), 佐賀, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2013; 24 (suppl): 94.

723544. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 海老名総合病院における肺入院症例の検討. 石田倫也1,2, 金子忠弘1,2, 青木康之1, 枝末秀尚1, 川村哲夫1, 箕浦克則1,2, 野山克人3, 石井正浩2 (1海老名総合病院, 2小児, 3のんのキッズクリニック): 第46回日本小児呼吸器学会 (2013/11/23), 佐賀, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2013; 24 (suppl): 123.

723545. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺炎症性肺偽瘍を合併した重症てんかん性脳症1男児例. 永森裕佳子1, 金子忠弘1, 江波戸孝輔1, 岩崎俊之1, 坂東由紀2, 石井正浩1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第46回日本小児呼吸器学会 (2013/11/23), 佐賀, 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 2013; 24 (suppl): 124.

723546. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) デュロキセチンの胎児移行で出生後呼吸不全をきたした新生児例. 石田倫也1, 釼持 学2, 大岡麻里1, 山口綾乃1, 横関祐一郎1, 野渡正彦3, 石井正浩1 (1小児, 2地域周産期・救急医療, 3相模野病院): 第58回日本未熟児新生児学会学術集会 (2013/11/30), 金沢, 日本未熟児新生児学会雑誌 2013/11; 25 (3): 561.

723547. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した先天性風疹症候群の1例. 紺野 寿1, 横関祐一郎1, 山口綾乃1, 釼持 学2, 石井正浩1 (1小児, 2地域周産期・救急医療): 第58回日本未熟児新生児学会学術集会 (2013/12/1), 金沢, 日本未熟児新生児学会雑誌 2013/11; 25 (3): 509.

723548. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 著名な肺高血圧症に対してアンブリセンタンが有効であった完全大血管転位症術後の1例. 北川篤史1, 高梨 学1, 本田 崇1, 安藤 寿1, 木村純人1, 岡 徳彦2, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第16回日本成人先天性心疾患学会総会学術集会 (2014/1/11), 岡山, 第16回日本成人先天性心疾患学会総会学術集会雑誌プログラム・抄録集 2014; p.32.

723549. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心臓MRIによるファロー四徴症術後遠隔期の心機能評価. 北川篤史1, 岡 徳彦2, 高梨 学1, 本田 崇1, 安藤 寿1, 木村純人1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第16回日本成人先天性心疾患学会総会学術集会 (2014/1/12), 岡山, 第16回日本成人先天性心疾患学会総会学術集会雑誌プログラム・抄録集 2014; p.34.

723550. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) MAPCAに対するコイル塞栓術が有効であったファロー四徴症, 肺動脈閉鎖の1例. 高梨 学1, 木村純人1, 富田 英2, 本田 崇1, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 岡 徳彦3, 宮地 鑑3, 石井正浩1 (1小児, 2昭和大学横浜市北部病院, 3心臓血管外): 第25回日本Pediatric Interventional Cardiology学会 (2014/1/23), 長野.

723551. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胎児期に1 : 1伝導を起こし心室レートが300回/分となった心房性頻脈の1例. 高梨 学1, 本田 崇1, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 本田雅子2, 望月純子2, 金井雄二2, 石井正浩1 (1小児, 2産科): 第20回日本胎児心臓病学会学術集会 (2014/2/15), 静岡.

723552. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 小児における低体温中の循環動態の変化. 峰尾恵梨1, 安藤 寿1, 山口綾乃1, 野々田豊1, 石井正浩1 (1小児): 第41回日本集中治療医学会学術集会 (2014/2/27), 京都.

723553. [学会 (全国)] (ポスター) ASD Amplatz 閉鎖術後のMRIによるフォローアップ. 堀口泰典1,2,3, 矢崎 諭4 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト, 4国立循環器病研究センター): 第25回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会 (2014/1/23), 松本, 第25回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会抄録集 2014/1; p.102.

723554. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Quantitative Evaluation of Ventricular Volume Overload on Ventriular Septal Defect: Blood Flow Energy Loss Estimation with Echocardiography Vector Flow Mapping. 本田 崇1, 板谷慶一2, 高梨 学1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 岡 徳彦3, 宮地 鑑3, 石井正浩1 (1小児, 2血流解析, 3心臓血管外): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/22), 東京

723555. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Pulmonary Valve Regurgitation and the Brain Natriuretic Peptide Level in Patients Long after Repair for Tetralogy of Fallot. 北川篤史1, 岡 徳彦2, 高梨 学1, 本田 崇1, 安藤 寿1, 木村純人1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/22), 東京.

731094. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 川崎病の効果的急性期治療とそのメカニズム. 石井正浩 (小児): 第17回中国地区小児免疫薬物療法研究会 (2014/3/1), 広島.

732072. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) オール北里: 北里大学におけるチーム医療教育. 石井正浩 (小児): 平成25年度鹿児島大学医学部FD委員会保健学科部会講演会 (2013/10/31), 鹿児島.

733242. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 左下肢麻酔から発症した脊髄内出血を伴う多発性海綿状血管腫の1例. 土岐 平1, 石田倫也2, 山口綾乃1, 野々田豊1, 岩崎俊之1, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院): 第322回日本小児科学会神奈川県地方会 (2013/4/13), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2013/7; 40 (2): 271.

733243. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 溶血性尿毒症性症候群 (HUS) に対する新たなアプローチ−トロンボモデュリンα−. 本田 崇1, 緒方昌平1, 永盛裕佳子1,2, 峰尾恵梨1, 扇原義人1, 昆 伸也1, 中村信也1, 坂東由紀3, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院, 3北里大学メディカルセンター): 第322回日本小児科学会神奈川県地方会 (2013/4/13), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2013/7; 40 (2): 279.

733244. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 学童期に発症した川崎病の3例. 永盛裕佳子1,2, 昆 伸也1, 川村哲夫1, 岩波直美1, 箕浦克則1, 扇原義人2, 石井正浩2 (1海老名総合病院, 2小児): 第322回日本小児科学会神奈川県地方会 (2013/4/13), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2013/7; 40 (2): 280.

733245. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Late Preterm児における単胎・多胎での呼吸器疾患の比較検討. 山口綾乃1, 横関祐一郎1, 大岡麻里1, 釼持 学1, 野渡正彦1,2, 石井正浩1 (1小児, 2地域周産期・救急医療): 第32回神奈川県新生児研究会 (2013/5/25), 横浜.

733246. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 市中型MRSA感染症による呼吸器感染症の2例. 江波戸孝輔1, 金子忠弘1, 扇原義人1, 峰尾恵梨1, 藤武義人2, 紺野 寿1, 石井正浩1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第323回日本小児科学会神奈川県地方会 (2013/6/15), 横浜.

733247. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 1型糖尿病を取り巻く環境と治療の取り組み: 小児1型糖尿病の管理の問題点−学校生活, 心理・社会的な問題も含めて−. 大津成之 (小児): Type 1 DA Summit 第1回 (2013/6/29), 東京.

733248. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 市中MRSA感染に伴う呼吸器感染症の2例. 江波戸孝輔 (小児): 第7回相模原DRIAOMS講演会 (2013/7/4), 町田.

733249. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 発作性眼球上転の一例. 野々田豊1, 岩崎俊之1, 土岐 平1, 細田のぞみ1,2, 白井宏幸1,3, 石井正浩1 (1小児, 2相模原療育園, 3相模台病院): 第52回神奈川小児神経懇話会 (2013/7/27), 横浜.

733250. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 血漿交換を行った全身型重症筋無力症の1例. 白井宏直1, 石田倫也1, 峰尾恵梨1, 野々田豊1, 安藤 寿1, 岩崎俊之1, 石井正浩1 (1小児): 第324回日本小児科学会神奈川県地方会 (2013/9/21), 横浜.

733251. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 心室中隔欠損における左右短絡による容量負荷と心室内血流のエネルギー効率との関連. 本田 崇1, 板谷慶一2, 宮崎翔平2, 小山紗千3, 高梨 学1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 岡 徳彦3, 宮地 鑑3, 石井正浩1 (1小児, 2血流解析, 3心臓血管外): 第33回日本小児循環動態研究会学術集会 (2013/10/26), 愛知, 第33回日本小児循環動態研究会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.22.

733252. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 肺生検が治療方針決定に有用であった, 筋性部心室中隔欠損症, 動脈管開存症による肺高血圧症の1例. 北川篤史1, 岡 徳彦2, 高梨 学1, 本田 崇1, 安藤 寿1, 木村純人1, 宮地 鑑2, 石井正浩1, 八巻重雄3 (1小児, 2心臓血管外, 3日本肺血管研究所): 第9回神奈川小児循環器研究会 (2013/10/26), 横浜.

733253. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 左右短絡疾患における心室内Energy Lossの特性. 本田 崇1, 板谷慶一2, 宮崎翔平2, 小山紗千3, 高梨 学1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 岡 徳彦3, 宮地 鑑3, 石井正浩1 (1小児, 2血流解析, 3心臓血管外): 第33回日本小児循環動態研究会学術集会 (2013/10/26-27), 名古屋.

733254. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 川崎病急性期にγグロブリン2 g/kg投与により過粘度症候群をきたした1例における血行動態の検討. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科): 第33回日本小児循環動態研究会学術集会 (2013/10/27), 名古屋, 第33回日本小児循環動態研究会学術集会抄録集 2013/10; p.34.

733255. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院で経験した先天性風疹症候群の一例. 紺野 寿 (小児): 相模原市小児科医会月齢懇話会 (2013/10/30), 相模原.

733256. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) P67-phox変異型慢性肉芽腫症 (CGD) の姉妹例. 江波戸孝輔 (小児): 相模原市小児科医会月齢懇話会 (2013/10/30), 相模原.

733257. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 心症状以外の症状で救急搬送された心臓病の検討. 本田 崇 (小児): 相模原市小児科医会月齢懇話会 (2013/10/30), 相模原.

733258. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 血管塞栓術により救命できた急性消化管出血の2症例. 峰尾恵梨1, 高梨 学1, 金子忠弘1, 野々田豊1, 藤武義人2, 石井正浩1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第319回日本小児科学会神奈川県地方会 (2013/11/17), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2013/7; 40 (2): 269.

733259. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 先天性風疹症候群の1例. 紺野 寿1, 横関祐一郎1, 山口綾乃1, 釼持 学2, 石井正浩1 (1小児, 2地域周産期・救急医療): 第326回日本小児科学会神奈川県地方会 (2014/2/15), 横浜.

733260. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 水痘罹患中に川崎病を併発した1例. 松本典子1, 稲垣 瞳1,2, 橘田一輝1,2, 大谷清孝1,2, 狐崎雅子1,2, 中村信也1 (1小児, 2相模原協同病院): 第326回日本小児科学会神奈川県地方会 (2014/2/15), 横浜

733261. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) けいれんを契機に発見された川崎病による脳血管後遺症. 江波戸孝輔1, 扇原義人1, 山口綾乃1, 野々田豊1, 安藤 寿1, 緒方昌平1, 石井正浩1 (1小児): 第9回神奈川県川崎病研究会 (2014/2/22), 横浜.

733262. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 血球貧食症候群病初期における川崎病類似症状の検討. 扇原義人1, 緒方昌平1, 江波戸孝輔1, 紺野 寿1, 石井正浩1 (1小児): 第9回神奈川県川崎病研究会 (2014/2/22), 横浜.

733263. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 神奈川県内における, ベットサイドで測定可能な検査値を用いた客観的な診断および冠動脈病変発症に関する多施設共同研究. 森 雅亮1, 増澤祐子1, 石井正浩2 (1横浜市立大学付属市民総合医療センター, 2小児): 第9回神奈川県川崎病研究会 (2014/2/22), 横浜.

733264. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 心症状以外の症状で救急搬送された心臓病の検討. 本田 崇1, 高梨 学1, 峰尾恵梨1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 石井正浩1 (11小児): 第327回日本小児科学会神奈川県地方会第31回神奈川小児科医会総会 (2014/3/15), 横浜.

H24年度以前分

[学会・研究会等]

H16-723001. [学会 (全国)] (ポスター) 当院NICUにおける先天性心疾患に伴う合併奇形についての検討. 林 初香1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 堀口泰典1, 平石 聡1, 麻生俊英2 (1小児, 2神奈川県立こども医療センター心臓血管外科): 第40回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2004/6/30), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2004/5; 20 (3): 336.

H16-723002. [学会 (全国)] (ポスター) Chactic atrial rhythmを呈したCostello症候群の1例. 木村純人1, 広田浜夫1, 中畑弥生1, 堀口泰典1, 平石 聡1 (1小児): 第40回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2004/6/30), 東京, 日本小児循環器学会雑誌 2004/5; 20 (3): 341.

H18-723003. [学会 (全国)] (一般口演) 未治療心疾患の発育に及ぼす影響−モンゴル国セレンゲ県の心臓検診データより−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 高田秀実4, 黒江兼司4, 富田 英4, 野木俊二4, 鶴見文俊4, 檜垣高史4, 田村真通4, 上田秀明4, 安田謙二4 (1小児, 2武蔵村山病院小児科, 3島根難病研究所, 4ハートセービングプロジェクト): 第42回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2006/7/15), 名古屋市, 日本小児循環器学会雑誌 2006/5; 22 (3): 342.

H18-733001. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) PDAコイル閉鎖術前後の冠血流の変化. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 高田秀実3, 片岡功一3, 野木俊二3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 岸田憲二3 (1小児, 2武蔵村山病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第18回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会学術集会 (2007/1/19), 福岡, 第18回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会学術集会抄録集 2007/1; p.62.

H18-733002. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) モンゴルにおける遺残PDAに対するカテーテルインターベンション−モンゴル渡航小児循環器診療−. 檜垣高史1, 羽根田紀幸1, 堀口泰典1,2,3, 黒江兼司1, 野木俊二1, 田村真通1, 富田 英1, 上田秀明1, 岸田憲二1 (1ハートセービングプロジェクト, 2小児, 3武蔵村山病院小児科): 第18回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会 (2007/1/19), 福岡, 第18回日本Pediatric Interventional Cardiology研究会学術集会抄録集 2007/1; p.62.

H19-713001. [学会 (国際)] (ポスター) Effect of PDA to coronary flow. Horiguchi Y1,2, Tomita H3, Haneda N3, Kishida K3, Higaki T3, Tamura M3, Nogi S3, Kataoka K3, Takada H3, Ueda H3, Tsurumi F3 (2Department of pediatrics, KKR Tachikawa hospital, 3Department of pediatric cardiology, Shimane institute of health science): 3rd Congress of Asian Society for Pediatric Research (2007/10/7), Tokyo, Abstract 2007; p.98. (堀口泰典1: 1小児)

H19-723004. [学会 (全国)] (ポスター) ブルガン市エルデネート市での心臓検診−モンゴル渡航小児循環器診療の一環として−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 野木俊二3, 田村真通3, 岸田憲二3 (1小児, 2武蔵村山病院小児科, 3島根難病研究所ハートセービングプロジェクト): 第110回日本小児科学会学術集会 (2007/4/22), 京都, 日本小児科学会雑誌 2007/2; 111 (2): 433-(299).

H19-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) PDAコイル閉鎖術前後の心血行動態の変化. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 高田秀実3, 片岡功一3, 野木俊二3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 山本英一3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第19回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会学術集会 (2008/1/18), 横浜, 第19回日本Pediatric Interventional Cardiology 研究会学術集会抄録集 2008/1; p.39.

H20-713001. [学会 (国際)] (ポスター) Heart saving project : Catheter intervention and screening of heart disease in Mongolian children. Orgil B-O1, Kuroe K2, Tomita H2, Nogi S2, Ueda H2, Higaki T2, Horiguchi Y1,3, Yano H2, Sanjaasuren B2, Damdinsuren D2, Purevjav E2, Nachin B2, Haneda N2 (1Department of Pediatrics, KKR Tachikawa Hospital, 2Heart Saving Project): Pediatric Academic Societies and Asian Society for Pediatric Research 2008 Joint Meeting (2008/5/4), Honolulu, Hawai, Publication 2008; 4489 3. (堀口泰典1,3: 3小児)

H20-723002. [学会 (全国)] (一般口演) モンゴル国の乳児栄養事情−フブスグル県ムルン市でのアンケート調査より−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 野木俊二3, 片岡功一3, 山本英一3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 岸田憲二3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3島根難病研究所小児班): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/25), 東京, 日本小児科学会雑誌 2008/2; 112 (2): 203-(73).

H20-723003. [学会 (全国)] (ポスター) フブスグル県ムルン市での心臓検診−モンゴル渡航小児循環器診療の一環として−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 野木俊二3, 片岡功一3, 山本英一3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 岸田憲二3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3島根難病研究所小児班): 第111回日本小児科学会学術集会 (2008/4/26), 東京, 日本小児科学会雑誌 2008/2; 112 (2): 346-(216).

H20-723004. [学会 (全国)] (ポスター) 未治療心疾患の発育に及ぼす影響 (第2報)−モンゴル国4県の心臓検診データより−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 高田秀実3, 片岡功一3, 富田 英3, 野木俊二3, 矢野 宏3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 山本英一3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第44回日本小児循環器学会総会・学術 集会 (2008/7/3), 郡山, 日本小児循環器学会雑誌 2008/5; 24 (3): 469.

H20-723005. [学会 (全国)] (ポスター) 動脈管開存が左室心筋に与える影響 第2報. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 高田秀実3, 片岡功一3, 富田 英3, 野木俊二3, 矢野 宏3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 山本英一3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第44回日本小児循環器学会総会・学術 集会 (2008/7/3), 郡山, 日本小児循環器学会雑誌 2008/5; 24 (3): 475.

H20-723006. [学会 (全国)] (一般口演) Silent myocardium ischemic damage after successful arterial switch operation for transposition of great arteries. Horiguchi Y1,2, Kimura S1, Nakahata Y1, Ando H1, Ishii M1 (1Department of pediatrics, Kitasato university school of medicine, 2KKR Tachikawa hospital): 第44回日本小児循環器学会総会・学術 集会/The 4th Japan-China-Korea Pediatric heart forum (2008/7/4), 郡山, 日本小児循環器学会雑誌 2008/5; 24 (3): 503. (堀口泰典1,2, 木村純人1, 中畑弥生1, 安藤 寿1, 石井正浩1: 1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科)

H21-723004. [学会 (全国)] (ポスター) ウブルハンガイ県アルバイヘ−ル市の心臓検診−モンゴル渡航小児循環器診療の一環として−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 小西央郎3, 片岡功一3, 曽根田明子3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 岸田憲二3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第112回日本小児科学会学術集会 (2009/4/18), 奈良, 日本小児科学会雑誌 2009/2; 113 (2): 375-(197).

H21-723005. [学会 (全国)] (ポスター) モンゴル国の乳児栄養事情 第2報−アルバイヘ−ルでのアンケート調査−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 小西央郎3, 片岡功一3, 曽根田明子3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 野木俊二3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第112回日本小児科学会学術集会 (2009/4/19), 奈良, 日本小児科学会雑誌 2009/2; 113 (2): 450-(272).

H21-723006. [学会 (全国)] (ポスター) 動脈管開存が左室心筋に与える影響 第3報−治療による効果−. 堀口泰典1,2, 羽根田紀幸3, 富田 英3, 野木俊二3, 片岡功一3, 小西央夫3, 松岡 孝3, 檜垣高史3, 田村真通3, 上田秀明3, 岸田憲二3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第45回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2009/7/16), 神戸, 日本小児循環器学会雑誌 2009/5; 25 (3): 520.

H21-723007. [学会 (全国)] (ポスター) 心房中隔欠損壁Amplatz閉鎖術前後の冠動脈血流の変化. 堀口泰典1,2,3, 矢崎 諭4, 上田秀明5 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト, 4国立循環器病センター小児科, 5神奈川県立こども医療センター): 第21回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会 (2010/1/22), 静岡, 第21回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会抄録集 2010/1; p.76.

H22-723004. [学会 (全国)] (ポスター) 経口抗生物質で治癒した細菌性心内膜炎の1例: 解熱後再診の重要性. 堀口泰典1,2, 土屋裕行2, 米山浩志2, 吉田菜穂子2, 平野静香2, 小西順子2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科):第113回日本小児科学会学術集会 (2010/4/24), 盛岡, 日本小児科学会雑誌 2010/2; 114 (2): 351-(235).

H22-723005. [学会 (全国)] (ポスター) 大動脈縮窄のバルーン血管形成術は何処まで形成が必要か−術後24年間経過良好な症例を通して−. 堀口泰典1,2,3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第22回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会 (2011/1/21), 岡山, 第22回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会抄録集 2011/1; p.84.

H22-723006. [学会 (全国)] (ポスター) 大動脈縮窄治療前後の冠血流の変化. 堀口泰典1,2,3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第22回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会 (2011/1/21), 岡山, 第22回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会抄録集 2011/1; p.85.

H22-733001. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 拡張期のP波に続き僧房弁逆流を認めた房室解離の1例. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科): 第15回日本小児心電学研究会 (2010/11/27), 福岡, 第15回日本小児心電学研究会抄録集 2010/10; p.74.

H23-713002. [学会 (国際)] (ポスター) No coronary artery calcification is found in the patients without coronary artery lesion of Kawasaki Disease. Horiguchi Y1,2 (1Department of pediatrics, KKR Tachikawa hospital): The 7th Japan-China-Korea Pediatric Heart Forum (2011/7/8), Fukuoka, Abstract 2011; p.39. (堀口泰典2: 2小児)

H23-713003. [学会 (国際)] (ポスター) The relation of coronary artery flow and cardiac size. Horiguchi Y1,2 (1Department of pediatrics, KKR Tachikawa hospital): The 7th Japan-China-Korea Pediatric Heart Forum (2011/7/8), Fukuoka, Abstract 2011; p.40. (堀口泰典2: 2小児)

H23-723005. [学会 (全国)] (ポスター) 収縮期房室弁流入血流と拡張期房室逆流の発生機序. 堀口泰典1,2, 新垣義夫3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3倉敷中央病院小児科): 第47回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2011/7/16), 福岡, 日本小児循環器学会雑誌 2011; 27 (suppl): s239.

H23-723006. [学会 (全国)] (ポスター) チアノーゼのまま30歳を超えた単心室, 肺動脈閉鎖の1例. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科): 第14回日本成人先天性心疾患学会 (2012/1/15), 東京, 日本成人先天性心疾患学会雑誌 2012/1; 1 (1): 92.

H23-723007. [学会 (全国)] (ポスター) 経大腿動脈バルーン大動脈弁形成術−長期予後から見たその妥当性−. 堀口泰典1,2,3 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト): 第23回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会 (2012/1/19), 秋田, 第23回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会抄録集2012/1; p.105.

H23-723008. [学会 (全国)] (ポスター) 繰り返す上室性頻泊にアブレーションが有効であった単心室, 肺動脈閉鎖の1例. 堀口泰典1,2,3, 庭野慎一4 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科, 3ハートセービングプロジェクト, 4循環器内): 第23回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会 (2012/1/19), 秋田, 第23回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会抄録集2012/1; p.106.

H24-713001. [学会 (国際)] (一般口演) The change of myocardial irrigation in relation to cardiac mass and volume: A hint for the mechanism which cause myocardial damage. Horiguchi Y1,2 (1Department of pediatrics, KKR Tachikawa hospital): 3rd Congress of Asian Society for Pediatric Research (2013/3/23), Gyeongju, Korea, Abstract 2013; p.59. (堀口泰典2: 2小児)

H24-723009. [学会 (全国)] (ポスター) Middle aortic syndromeのステント治療後に大動脈全体に石灰化をきたした1例. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院科): 第115回日本小児科学会学術集会 (2012/4/20), 福岡, 日本小児科学会雑誌 2012/2 ;116 (2): 377-(235).

H24-723010. [学会 (全国)] (ポスター) 若年発症したCoral Reef Aortaの1例. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科): 第48回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2012/7/5), 京都, 日本小児循環器学会雑誌 2012; 28 (suppl): s234.

H24-723011. [学会 (全国)] (ポスター) 新生児期にバルーン大動脈弁形成術を実施したcritical ASの長期予後. 堀口泰典1,2 (1小児, 2国家公務員共済組合連合会立川病院小児科): 第48回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2012/7/5), 京都, 日本小児循環器学会雑誌 2012; 28 (suppl): s252.


産科学/婦人科学

[学術論文]

110186. [原著] Outcomes of infants exposed to oseltamivir or zanamivir in utero during pandemic (H1N1) 2009. Saito S, Minakami H, Nakai A, Unno N1, Kubo T, Yoshimura Y: Am J Obstet Gynecol 2013/8; 209 (2): 130.e1-9. (海野信也1: 1産科)

110187. [原著] Transversus abdominis plane block provides postoperative analgesic effects after cesarean section: additional analgesia to epidural morphine alone. Onishi Y1, Kato R2, Okutomi T3, Tabata K4, Amano K1, Unno N1: J Obstet Gynaecol Res 2013/9; 39 (9): 1397-405. (大西庸子1, 加藤里絵2, 奥富俊之3, 田畑健一4, 天野 完1, 海野信也1: 1産科, 2新世紀医療・先端医療, 3麻酔, 4泌尿器)

110188. [原著] Radioactive cesium (134Cs and 137Cs) content in human placenta after the Fukushima nuclear power plant accident. Suzuki M, Terada H, Unno N1, Yamaguchi I, Kunugita N, Minakami H: J Obstet Gynaecol Res 2013/9; 39 (9): 1406-10. (海野信也1: 1産科)

110189. [原著] Causes of a nationwide rubella outbreak in Japan, 2012-2013. Minakami H, Kubo T, Unno N1: J Infect 2014/1; 68 (1): 99-101. (海野信也1: 1産科)

120017. [原著] 直近2011年の日本の産科医療資源 (人的). 石川 薫, 池田智明, 宮崎亮一郎, 海野信也1 (1産科): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2013/5; 49 (1): 378-82.

120018. [原著] わが国の高次周産期医療機関におけるクリステレル胎児圧出法−子宮底圧迫法の実施状況. 石川 薫, 前田 眞, 海野信也1 (1産科): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2013/9; 49 (3): 1121-5.

120019. [原著] 上皮性卵巣癌pT1症例における系統的リンパ節郭清の治療的意義の後方視的検討. 野村秀高, 岩瀬春子1, 阿部彰子, 谷口智子, 坂本公彦, 加藤一喜, 竹島信宏 (1婦人): 関東連合産科婦人科学会誌 2013/11; 50 (4): 583-9.

320029. [症例報告] 円錐切除後の子宮留膿症に認めた子宮頸部上皮内癌再発の1例. 山本阿紀子, 岩瀬春子1, 谷川輝美, 潮田至央, 阿部彰子, 宇佐美知香, 野村秀高, 的田真紀, 尾松公平, 加藤一喜, 馬屋原健司, 竹島信宏 (1婦人): 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 2013/4; 62 (2): 242-7.

320030. [症例報告] 経腟超音波検査と血清CA125で推定した卵管癌の1例. 上坊敏子, 島岡享生1, 西井文乃, 安藤宏美, 大野 勉, 内野直樹, 小野重満2 (1産科, 2婦人): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌 2014/1; 50 (2): 142-5.

320031. [症例報告] 機能性子宮を有する子宮頸管閉鎖・上部腟欠損の治療に腹腔鏡・子宮鏡下手術の併用が有用であった一例. 岩端俊輔1, 川内博人1, 荻野弓希子1, 板倉彰子1, 高木綾子2, 石川雅一1, 海野信也2, 恩田貴志1 (1婦人, 2産科): 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 2014/3; 29 (2): 502-7.

520015. [総説] 子宮頸がん−ワクチンの今後−. 恩田貴志 (婦人): 日本病院薬剤師会雑誌 2014/2; 50 (2): 147-51.

520016. [総説] III, IV期進行卵巣がんに対する治療戦略: III〜IV期進行卵巣がんに対する治療戦略. 恩田貴志 (婦人): 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2013/4; 31 (2): 120-8.

521012. [解説] 絨毛性疾患取扱い規約第3版改訂のポイントと新しい症例登録様式について. 佐々木康, 近藤春裕, 雨宮 清, 新井 努1, 木挽貢慈, 小山秀樹, 茂田博行, 杉浦 賢, 土居大祐, 仲沢経夫, 林 玲子, 林 康子, 平澤 猛, 宮城悦子, 横山和彦, 田島敏久, 加藤久盛, 高橋恒男, 平原史樹, 東條龍太郎 (1婦人): 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌 2014/1; 50 (2): 163-6.

522139. [講座]【今月の臨床: 進行婦人科がんの集学的治療】卵巣がん 再発卵巣がんの治療戦略: secondary debulking surgeryか2nd line chemotherapyか. 恩田貴志 (婦人): 臨床婦人科産科 2013/11; 67 (11): 1154-8.

522140. [講座]【第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会「市民公開フォーラム」ともに考えよう〜遺伝医療とメディアがスクラムを組んで国民のためにできる事〜】参加者アンケート集計結果. 荒木尚美1, 粟野若枝2, 川田千恵2, 望月純子3, 増田 励4, 鳴海洋子1,2, 板倉彰子5, 狐崎雅子6, 小坂愉賢7, 藁谷美奈7, 安本龍馬1, 福田 令2, 根津あや2, 白井教子8, 遊佐浩子8, 大畑尚子9, 高田史男1,2 (1北里大学病院遺伝診療部, 2大学院医療系研究科, 3産科, 4神経内, 5婦人, 6小児, 7外科, 8看護部, 9沖縄県立中部病院産婦人科): 日本遺伝カウンセリング学会誌 2013/11; 34 (3): 117-21.

[著 書]

620100. [学術書 (分担執筆)]【EBM婦人科疾患の治療2013-2014】2. 腫瘍 C. 卵巣癌 3. 再発癌に対して推奨されるSDSの対象は? p.391-6. 恩田貴志 (婦人), 中外医学社, 東京, 2013/5発行.

[学会・研究会等]

722131. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 妊孕性温存希望の子宮体癌患者に対する黄体ホルモン療法の後方視的検討. 竹井裕二, 藤原寛行, 上坊敏子, 嵯峨 泰, 今井 愛1, 新井 努1, 種市明代, 町田静生, 高橋詳史, 鈴木光明 (1婦人): 第54回日本臨床細胞学会総会春期大会 (2013/6/1), 東京.

722132. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 経腟超音波と細胞診による体癌の診断. 新井 努1, 小野重満1, 新井正秀1, 上坊敏子, 恩田貴志1 (1婦人): 第54回日本臨床細胞学会総会春期大会 (2013/6/2), 東京.

722133. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) JCOG婦人科グループについて. 恩田貴志 (婦人): 第10回婦人科がん会議 (2013/6/21), 宝塚.

722134. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 卵巣がんの手術療法(IDS)と臨床試験. 恩田貴志 (婦人): 第54回日本婦人科腫瘍学会 (2013/7/19), 東京.

723556. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 硫酸マグネシウム投与が早産児の動脈管開存に与える影響. 関口和企1, 松澤晃代2, 石川隆三2, 河野照子2, 大西庸子2, 金井雄二2, 望月純子2, 天野 完2, 海野信也2 (1大学院医療系研究科, 2産科): 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 (2013/5/11), 札幌.

723557. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) CSEAによる無痛分娩と分娩予後. 大西庸子1, 天野 完1, 河野照子1, 望月純子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 (2013/5/11), 札幌.

723558. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 機能性子宮を有する腟上部欠損症の治療に腹腔鏡・子宮鏡下手術の併用が有用であった一例. 岩端俊輔1, 荻野弓希子1, 川内博人1, 板倉彰子1, 石川雅一1, 恩田貴志1, 海野信也2, 高木綾子2 (1婦人, 2産科): 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 (2013/5/11), 札幌.

723559. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 常位胎盤早期剥離症例における搬送システムの課題. 望月純子1, 河野照子1, 大西庸子1, 石川隆三1, 島岡享生1, 松澤晃代1, 加藤里絵2, 金井雄二1, 天野 完1, 海野信也1 (1産科, 2麻酔): 第65回日本産科婦人科学会学術講演会 (2013/5/12), 札幌.

723560. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 総排泄腔遺残症の周産期管理と長期予後. 本田雅子1, 釼持 学2, 野渡正彦2, 田中 潔3, 天野 完1, 海野信也1,2 (1産科, 2地域周産期・救急医療, 3新世紀医療・先端医療): 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2013/7/15), 横浜.

723561. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 肺転移をきたし卵巣性索腫瘍類似子宮腫瘍と判明した一例. 吉村嘉広1, 新井正秀1, 新井 努1, 小野重満1, 田雑有紀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第54回日本婦人科腫瘍学会 (2013/7/20), 東京.

723562. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川3大学における高齢婦人科がんに対する治療法の検討. 近藤亜未, 大原 樹, 吉岡範人, 戸澤晃子, 鈴木 直, 小野重満1, 新井 努1, 新井正秀1, 恩田貴志1, 池田仁恵, 信田政子, 平澤 猛, 三上幹男 (1婦人): 第54回日本婦人科腫瘍学会 (2013/7/20), 東京.

723563. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 一側腟閉鎖または欠損を伴う重複子宮に腹腔鏡下片側子宮摘出術を選択した症例の検討. 西山香織1, 板倉彰子1, 荻野弓希子1, 川内博人1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第53回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (2013/9/5), 名古屋.

723564. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 子宮腟部円錐切除後の頸管閉鎖, 先天性上部腟欠損例に対する腹腔鏡下逆行性頸管消息術. 板倉彰子1, 荻野弓希子1, 川内博人1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第53回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (2013/9/7), 名古屋.

723565. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ジェノゲストの長期投与は血液濃縮を来す可能性がある. 吉村嘉広1, 川内博人1, 板倉彰子1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第35回日本エンドメトリオーシス学会 (2014/1/25), 鹿児島.

731095. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 卵巣がんの予防・早期発見は可能か?−本邦における遺伝性乳がん卵巣がんの最近の話題−. 岩瀬春子 (婦人): 第14回県央婦人科癌懇話会 (2014/2/26), 相模原.

732073. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 麻酔分娩法−“エピデュラルバース”. 天野 完 (産科): 産婦人科臨牀セミナー (2013/4/7), 横浜.

732074. [学会 (地方会・研究会)] (教育セミナー) 海外へ手術を見に行こう!〜留学は難しい医師のために〜. 岩瀬春子 (婦人): 第402回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2013/7/6), 横浜.

732075. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 次の周産期医療システムを考える. 海野信也 (産科): 山口県産婦人科医会勤務医部会研修会/山口県周産期医療システム研修会 (2012/10/25), 山口.

733265. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 急速な増大を認めた下腹部腫瘤の一例. 古江明子1, 新井 努1, 遠藤真一1, 小野重満1, 岩瀬春子1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第15回神奈川婦人科腫瘍研究会 (2013/6/8), 横浜.

733266. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ジエノゲストの長期投与により血液濃縮を来した症例の検討. 吉村嘉広1, 板倉彰子1, 荻野弓希子1, 石川雅一1, 川内博人1, 海野信也2, 恩田貴志1 (1婦人, 2産科): 第125回関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会 (2013/6/16), 東京.

733267. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) CSEAによる無痛分娩時の胎児心拍数モニタリング. 田嶋綾子, 大西庸子1, 金井雄二1, 天野 完1, 海野信也1 (1産科): 第41回日本分娩監視研究会 (2013/6/22), 東京.

733268. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 婦人科悪性腫瘍登録集計報告. 杉浦 賢, 雨宮 清, 木挽貢慈, 小山秀樹, 近藤春裕, 佐々木康, 茂田博行, 新井 努1, 土居大祐, 仲沢経夫, 村上 優, 林 康子, 平澤 猛, 宮城悦子, 横山和彦, 林 玲子, 渡邉豊治, 市原三義, 田島敏久, 鈴木 直, 加藤久盛, 東條龍太郎 (1婦人): 第402回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2013/7/6), 横浜.

733269. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院における子宮体部漿液性腺癌の治療成績. 古川正義1, 岩瀬春子1, 下田隆仁1, 増山 彩1, 小野重満1, 新井 努1, 新井正秀1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第404回神奈川県産婦人科学会 (2013/11/16), 横浜.

733270. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 子宮破裂をきたし緊急手術を要した侵入奇胎の一例. 下田隆仁1, 島岡享生2, 新井正秀1, 古川正義1, 増山 彩1, 小野重満1, 新井 努1, 岩瀬春子1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第370回四水会 (2013/12/4), 東京.

733271. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腟悪性黒色腫の4例. 中村基寛, 新井正秀1, 小野重満1, 下田隆仁1, 善平沙弥香1, 増山 彩1, 新井 努1, 岩瀬春子1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第405回神奈川産科婦人科学会 (2014/3/8), 横浜.


整形外科学

[学術論文]

110190. [原著] Athletic ability of school-age children after satisfactory treatment of congenital clubfoot. Kenmoku T1, Kamegaya M, Saisu T, Ochiai N, Iwakura N, Iwase D1, Takahashi K, Takaso M1: J Pediatr Orthop 2013/4-5; 33 (3): 321-5. (見目智紀1, 岩瀬 大1, 高相晶士1: 1整外)

110191. [原著] Comparison of teriparatide and bisphosphonate treatment to reduce pedicle screw loosening after lumbar spinal fusion surgery in postmenopausal women with osteoporosis from a bone quality perspective. Ohtori S, Inoue G1, Orita S, Yamauchi K, Eguchi Y, Ochiai N, Kishida S, Kuniyoshi K, Aoki Y, Nakamura J, Ishikawa T, Miyagi M, Kamoda H, Suzuki M, Kubota G, Sakuma Y, Oikawa Y, Inage K, Sainoh T, Takaso M1, Toyone T, Takahashi K: Spine (Phila Pa 1976) 2013/4; 38 (8): E487-92. (井上 玄1, 高相晶士1: 1整外)

110192. [原著] L5 spinal nerve injury caused by misplacement of outwardly-inserted S1 pedicle screws. Inoue M, Inoue G1, Ozawa T, Miyagi M, Kamoda H, Ishikawa T, Suzuki M, Sakuma Y, Oikawa Y, Yamauchi K, Orita S, Takaso M1, Toyone T, Takahashi K, Ohtori S: Eur Spine J 2013/5; 22 (Suppl 3): S461-5. (井上 玄1, 高相晶士1: 1整外)

110193. [原著] Revision total hip arthroplasty using an interlocking stem with an allograft-prosthesis composite. Uchiyama K1, Moriya M1, Yamamoto T1, Fukushima K1, Takahira N2, Itoman M1: Acta Orthop Belg 2013/8; 79 (4): 398-405. (内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 福島健介1, 高平尚伸2, 糸満盛憲1 (1整外, 2医療衛生学部)

110194. [原著] Triclosan-coated sutures reduce wound infections after spinal surgery: a retrospective, nonrandomized, clinical study. Ueno M1, Saito W1, Yamagata M, Imura T1, Inoue G1, Nakazawa T, Takahira N2, Uchida K1, Fukahori N, Shimomura K, Takaso M1: Spine J 2013/8. pii: S1529-9430(13)00721-3. doi: 10.1016/j.spinee.2013.06.046. [Epub ahead of print] (上野正喜1, 齋藤 亘1, 井村貴之1, 井上 玄1, 中澤俊之, 高平尚伸2, 内田健太郎1, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

110195. [原著] Additional decompression at adjacent segments leads to adjacent segment degeneration after PLIF. Miyagi M, Ikeda O, Ohtori S, Tsuneizumi Y, Someya Y, Shibayama M, Ogawa Y, Inoue G1, Orita S, Eguchi Y, Kamoda H, Arai G, Ishikawa T, Aoki Y, Toyone T, Ooi T, Takahashi K: Eur Spine J 2013/8; 22 (8): 1877-83. (井上 玄1: 1整外)

110196. [原著] Two-stage revision total hip arthroplasty for periprosthetic infections using antibiotic-impregnated cement spacers of various types and materials. Uchiyama K1, Takahira N2, Fukushima K1, Moriya M1, Yamamoto T1, Minegishi Y1, Sakai R2, Itoman M1, Takaso M1: ScientificWorldJournal 2013/12; 2013: 147248. (内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 峯岸洋次郎1, 酒井利奈2, 糸満盛憲1, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

110197. [原著] Increase of circulating CD11b(+)Gr1(+) cells and recruitment into the synovium in osteoarthritic mice with hyperlipidemia. Uchida K1, Naruse K1, Satoh M, Onuma K1, Ueno M1, Takano S1, Urabe K1, Takaso M1: Exp Anim 2013; 62 (3): 255-65. (内田健太郎1, 成瀬康治1, 小沼賢治1, 上野正喜1, 高野昇太郎1, 占部 憲1, 高相晶士1: 1整外)

110198. [原著] In vivo 3D analysis of clavicular kinematics during scapular plane abduction: comparison of dominant and non-dominant shoulders. Matsuki K, Matsuki KO, Mu S, Kenmoku T1, Yamaguchi S, Ochiai N, Sasho T, Sugaya H, Toyone T, Wada Y, Takahashi K, Banks SA: Gait Posture 2014/1; 39 (1): 625-7. (見目智紀1: 1整外)

110199. [原著] Assessment of pain-related behavior and pro-inflammatory cytokine levels in the rat rotator cuff tear model. Yamazaki H, Ochiai N, Kenmoku T1, Ohtori S, Sasho T, Miyagi M, Ishikawa T, Kamoda H, Orita S, Sasaki Y, Yamaguchi T, Kijima T, Takahashi K: J Orthop Res 2014/2; 32 (2): 286-90. (見目智紀1: 1整外)

110200. [原著] Bilateral carpal tunnel syndrome due to gouty tophi: conservative and surgical treatment in different hands of the same patient. Onuma K1, Fujimaki H, Kenmoku T1, Sukegawa K1, Takano S1, Uchida K1, Takahira N2, Takaso M1: Mod Rheumatol 2014/2. [Epub ahead of print] (小沼賢治1, 見目智紀1, 助川浩士1, 高野昇太郎1, 内田健太郎1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

110201. [原著] Pre-incubation with hyaluronan reduces cellular damage after cryopreservation in densely cultured cell monolayers. Iwama A, Yamada C, Uchida K1, Ujihira M: Biomed Mater Eng 2014/3; 24 (2): 1497-506. (内田健太郎1: 1整外)

120020. [原著] 小学生男子サッカー選手におけるSever病発生状況に関する調査. 渡邊裕之1, 東山礼治2, 高平尚伸1 (1医療衛生学部, 2整外): 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 2013/5; 33 (2): 196-201.

120021. [原著] 65歳以上のアキレス腱断裂に対する強固な縫合術(6-strand modified Kessler法+Hemicircumferential cross stitch法)による治療成績. 平川紀子1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 辺土名隆2, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 東山礼治1, 高相晶士1 (1整外, 2リハビリ部): JOSKAS (日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌) 2013/6; 38 (3): 757-61.

120022. [原著] 術式の異なる寛骨臼回転骨切り術を施行した両側臼蓋形成不全股の検討. 森谷光俊1, 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明1, 塗山正宏1, 峯岸洋次郎1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): Hip Joint 2013/8; 39: 306-10.

120023. [原著] 足関節外果骨折に対する内固定法の固定性. 馬渕清資1, 内野正隆2, 松浦晃正2, 峰原宏昌3 (1医療衛生学部, 2整外, 3救命): 骨折 2013/9; 35 (3): 724-7.

120024. [原著] 投球障害肩患者と健常者の Cine-MRI による下垂位内外旋動作の比較. 見目智紀1, 宮島玄陽1, 落合信靖, 山崎博範, 佐々木裕, 山口 毅, 木島丈博, 西須 孝 (1整外): 肩関節 2013/12; 37 (3): 1199-202.

120025. [原著] 成長期男子サッカー選手におけるOsgood-Schlatter病の発症要因の縦断的検討. 藤井 周, 渡邊裕之1, 東山礼治2, 富田駿介, 蟹沢 泉, 土屋明弘, 高平尚伸1 (1医療衛生学部, 2整外): 日本臨床スポーツ医学会誌 2014/1; 22 (1): 22-9.

220011. [準原著] 大腿骨外反骨切り術後の人工股関節全置換術における大腿骨側の中期成績. 森谷光俊1, 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明1, 峯岸洋次郎1, 高相晶士1, 高平尚伸2, 糸満盛憲3 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 日本人工関節学会誌 2013/12; 43: 445-6.

220012. [準原著] 大腿骨髄腔形態と人工股関節ステム周囲部における圧力分布の関係. 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高相晶士1, 酒井利奈2, 馬渕清資2, 高平尚伸2, 玄 峰俊3, 中尾将輝3 (1整外, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科): 日本人工関節学会誌 2013/12; 43: 457-8.

320032. [症例報告] 外側動揺を主訴とする陳旧性ACL損傷と変形性膝関節症の合併例に対して高位脛骨骨切り術とACL再建術を同時に施行した1例. 東山礼治1, 高森尉之, 平山博久, 杉原隆之, 渡邉英一郎, 木島丈博, 宮本周一, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 高相晶士1 (1整外): JOSKAS (日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌) 2013/6; 38 (3): 611-5.

320033. [症例報告] RAO後生じた前方インピンジメントに対し, 鏡視下手技とmini-openでの観血的手技の併用にて手術的加療を行った1例. 峯岸洋次郎1, 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): Hip Joint 2013/8; 39: 124-7.

522141. [講座]【特集: 脊柱変形AtoZ】III. 思春期の脊柱変形 7. 手術的治療−後方法. 高相晶士 (整外): 整形外科 2013/7; 64 (8): 812-9.

522142. [講座]【特集: 人工関節周囲骨折の診断と治療】THA後のステム周囲骨折に対する再置換術. 内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 山本豪明1, 森谷光俊1, 高相晶士1, 糸満盛憲3 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 関節外科 2013/8; 32 (8): 944-50.

522143. [講座]【誌上シンポジウム: 低出力超音波パルス (LIPUS) による骨折治療−基礎と臨床における最近の話題】各種創傷被覆材における超音波透過への影響. 成瀬康治1, 占部 憲1, 内田健太郎1, 内野正隆1, 鎌田奈緒子, 朝比奈厚, 高垣裕子, 高相晶士1, 糸満盛憲 (1整外): 臨床整形外科 2013/10; 48 (10): 973-9.

522144. [講座]【特集: 股関節鏡の功罪と未来】股関節鏡視下手術の手術手技−術前準備, セットアップ, ポータル作製−. 福島健介1, 内山勝文11, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 関節外科 2014/2; 33 (2): 144-8.

522145. [講座]【特集: 人工股関節周辺骨折への対応と工夫】人工股関節周囲骨折に対するallograftを用いた再置換術による治療. 内山勝文1, 高相晶士1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): Monthly book Orthopaedic 2014/3; 27 (3): 9-16.

[著 書]

620101. [学術書] (分担執筆)【先端医療シリーズ44 臨床医のための最新整形外科】第3章 運動器組織の修復 4. 人工股関節再置換術における同種骨移植, p.73-6. 内山勝文1, 高相晶士1, 糸満盛憲 (1整外), 編集主幹: 平澤泰介, 三浪明男, 戸山芳昭, 編集顧問: 糸満盛憲, 望月一男, 先端医療技術研究所, 東京, 2013/8発行.

620102. [学術書] (分担執筆)【股関節骨切り術のすべて】5. 小児期の股関節骨切り術 大腿骨頭すべり症に対する骨頭下頚部骨切り術, p.239-49. 内山勝文1, 糸満盛憲 (1整外), 編: 糸満盛憲, メディカルビュー社, 東京, 2013/11発行.

620103. [学術書] (分担執筆)【股関節骨切り術のすべて】6. 骨切り術既往歴のある症例・高位脱臼股に対するTHA Overlapping法によるTHA, p.328-35. 福島健介1, 糸満盛憲 (1整外), 編: 糸満盛憲, メディカルビュー社, 東京, 2013/11発行.

620104. [学術書] (分担執筆)【我が国で20年以上前より使用されてきた人工関節手術の成績とその分析】2.2.23 15年以上経過したCLSステムのX線学的評価, p.334-40. 内山勝文1, 山本豪明1, 森谷光俊1, 福島健介1, 高平尚伸2, 糸満盛憲, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部), 編集責任: 大西啓靖, セルテスコメディカルエンジニアリング, 滋賀, 2014/1発行.

620105. [学術書] (分担執筆)【我が国で20年以上前より使用されてきた人工関節手術の成績とその分析】2.3.14 人工股関節再置換術における同種骨移植の有用性, p.424-30. 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 福島健介1, 高平尚伸2, 高相晶士1, 糸満盛憲 (1整外, 2医療衛生学部), 編集責任: 大西啓靖, セルテスコメディカルエンジニアリング, 滋賀, 2014/1発行.

[学会・研究会等]

713131. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) The dynamic analysis of rotator cuff coordination in internal and external rotation of the shoulder using Cine-MRI. Kenmoku T1, Miyajima G1, Fujimaki H2, Onuma K1, Takahira N3, Takaso M1: 12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery/4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists (2013/4/10), Nagoya. (見目智紀1, 宮島玄陽1, 藤巻寿子2, 小沼賢治1, 高平尚伸3, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

713132. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) What's going on in the shoulder when patients feel anterior apprehension? Assessment of the damaged capsulolabral structure movement using Cine-MRI. Fujimaki H1, Kenmoku T2, Miyajima G2, Onuma K2, Takahira N3, Takaso M2: 12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery/4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists (2013/4/10), Nagoya. (藤巻寿子1, 見目智紀2, 宮島玄陽2, 小沼賢治2, 高平尚伸3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部)

713133. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Ananlysis of cuff exercise using Cine-Magnetic Resonance Imaging (Fast Imaging Employing Steady State Acquisition Technique). Tanaka Y, Katougi T, Ishida T, Takaishi M, Sonoda Y, Saitou Y, Kotani T, Kenmoku T1, Minami S: 12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery/4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists (2013/4/10), Nagoya. (見目智紀1: 1整外)

713134. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Analyzing using the multi-slice computed tomography scans in chronic calcified tendinitis of the shoulder. Sasaki Y, Ochiai N, Yamazaki H, Yamaguchi T, Kijima T, Takahashi K, Kenmoku T1: 12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery/4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists (2013/4/10), Nagoya. (見目智紀1: 1整外)

713135. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Sensory innervation of rat contracture shoulder model. Ochiai N, Yamazaki H, Yamaguchi T, Sasaki Y, Kijima T, Kenmoku T1, Takahashi K: 12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery/4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists (2013/4/10), Nagoya. (見目智紀1: 1整外)

713136. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Relationship between reparability of large and massive rotator cuff tears and preoperative fatty degeneration of rotator cuff muscles evaluated with quantitative MRI technique. Matsuki K, Watanabe A, Ochiai S, Kenmoku T1, Ochiai N, Toyone T, Wada Y: 12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery/4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists (2013/4/10), Nagoya. (見目智紀1: 1整外)

713137. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) The relationship between the tightness of the hip joint and the elbow injury in juvenile baseball players. Saito M, Kameyama K, Iwanaga T, Yusa T, Kenmoku T1, Murata R, Ishige N: 12th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery/4th International Congress of Shoulder and Elbow Therapists (2013/4/12), Nagoya. (見目智紀1: 1整外)

713138. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) THE TREATMENT OF NOCTURNAL LEG CRAMPS BY MEDIAL BRANCH BLOCKADE OF THE DEEP PERONEAL NERVE FOLLOWING LUMBAR SURGERY. Imura T1, Inoue G1, Nakazawa T1, Ueno M1, Saito W1, Uchida K1, Takahira N2, Takaso M1: 40Th Annual Meeting of the International Society for the Study of the Lumbar Spine (2013/5/15), Scottsdale, USA. (井村貴之1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 上野正喜1, 齋藤 亘1, 内田健太郎1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713139. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Alendronate dose not prevent deterioration of cortical bone mineral properties in underuse model rats. Naruse K1, Suto M, Uchida K1, Takaso M1, Urabe K1, Mikuni-Takagaki Y: 2nd joint meeting of the international bone and mineral society and the Japanese Society for bone and mineral research (2013/5/28-6/1), Kobe. (成瀬康治1, 内田健太郎1, 高相晶士1, 占部 憲1: 1整外)

713140. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Acceleration of lumbar posterolateral fusion using a collagen-binding domain fused with BFGF and allografting in a rat model. Inoue G1, Uchida K1, Ueno M1, Saito W1, Nakazawa T1, Imura T1, Yogoro M, Fujimaki H2, Takahira N3, Matsushita O, Takaso M1: International Society for the study of the Lumbar Spine 2013 (2013/5/13-17), Arizona, USA. (井上 玄1, 内田健太郎1, 上野正喜1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 藤巻寿子2 高平尚伸3, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

713141. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Lateral instability of the ankle and posterior ankle impingement syndrome: A report of 9 patients. Higashiyama R1, Aikawa J1, Iwase D1, Minatani A1, Naruse K1, Urabe K1, Uchida K1, Kenmoku T1, Inoue G1, Takaso M1: 14th EFORT Congress 2013 (2013/6/5), Istanbul, Turkey. (東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 内田健太郎1, 見目智紀1, 井上 玄1, 高相晶士1: 1整外)

713142. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Preoperative simulation for periacetabular osteotomy with using three-demensional patient's own salt model. Fukushima K1, Uchiyama K1, Moriya M1, Yamamoto T1, Takahira N2, Takaso M1: 14th EFORT Congress 2013 (2013/6/7), Istanbul, Turkey. (福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713143. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) The dynamic analysis of rotator cuff coordination in internal and external rotation of shoulder by Cine-MRI. Kenmoku T1, Ochiai N, Fujimaki H2, Miyajima G1, Onuma K1, Takaso M1: 14th EFORT Congress 2013 (2013/6/7), Istanbul, Turkey. (見目智紀1, 落合信靖, 藤巻寿子2, 宮島玄陽1, 小沼賢治1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

713144. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Increase of circulating CD11b+Gr1+ cells and recruitment into synovium in osteoarthritis mice with hyperlipidemia. Uchida K1, Naruse K1, Inoue G1, Fujimaki H2, Takaso M1: 2nd World Congress on Controversies, Debates and Consensus in Bone, Muscle and Joint Diseases (BMJD) (2013/11/21-24), Brussels, Belgium. (内田健太郎1, 成瀬康治1, 井上 玄1, 藤巻寿子2, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

713145. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Acceleration of periosteal bone formation by human basic fibroblast growth factor containing a collagen-binding domain from Clostridium histolyticum collagenase. Uchida K1, Matsushita O, Naruse K1, Inoue G1, Takaso M1: 2nd World Congress on Controversies, Debates and Consensus in Bone, Muscle and Joint Diseases (BMJD) (2013/11/21-24), Brussels, Belgium. (内田健太郎1, 成瀬康治1, 井上 玄1, 高相晶士1: 1整外)

713146. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Response Of A Femoral Bone To Stationary And Continuous Load FromWithin Outward. Mabuchi K1, Ito T2, Uchida K3, Sakai R1, Naruse K3: 15th International Conference on Biomedical Engineering (2013/12/4-7), Singapore. (馬渕清資1, 伊藤大器2, 内田健太郎3, 酒井利奈1, 成瀬康治3: 1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3整外)

713147. [学会(国際)] (一般講演・ポスター) Ankle fracture following hip arthroscopy: A case report. Fukushima K1, Uchiyama K1, Moriya M1, Yamamoto T1, Takahira N2, Takaso M1: Asia Pacific Hip Arthroscopy Meeting 2014 (2014/1/10), Fukuoka. (福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

721017. [学会(全国)] (特別講演) 外反屈曲骨切り術による若年者末期股関節症の関節温存. 糸満盛憲1, 高平尚伸2, 内山勝文3, 福島健介3, 神宮司誠也1, 河野 勤1, 高崎純孝4 (1九州労災病院, 2医療衛生学部, 3整外, 4渕野辺総合病院): 第86回日本整形外科学会学術総会 (2013/5/26), 広島.

722135. [学会(全国)] (シンポジウム・招待講演等) 進行期から末期の変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術. 高平尚伸1, 内山勝文2, 福島健介2, 山本豪明2, 森谷光俊2, 高相晶士2, 糸満盛憲3 (1医療衛生学部, 2整外, 3九州労災病院): 第86回日本整形外科学会学術総会 (2013/5/23), 広島.

722136. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) FAIに対する各種手術法の適応. 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第86回日本整形外科学会学術集会 (2013/5/24), 広島.

722137. [学会(全国)] (シンポジウム・招待講演等) Cine MRIを用いた肩関節自動, 他動運動時の腱板動態の比較. 見目智紀1, 落合信靖, 宮島玄陽1, 佐々木裕, 山口 毅, 木島丈博, 小沼賢治1, 藤巻寿子2, 西須 孝, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第40回日本肩関節学会 (2013/9/28), 京都.

722138. [学会(全国)] (シンポジウム・招待講演等) 慢性疼痛における塩基性線維芽細胞増殖因子の役割−痛みへの関与と治療への可能性−. 井上 玄1, 内田健太郎1, 上野正喜1, 齋藤 亘1, 藤巻寿子2, 中澤俊之1, 井村貴之1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第28回日本整形外科学会基礎学術集会 (2013/10/17-18), 幕張.

722139. [学会(全国)] (シンポジウム・招待講演等) Femoroacetabular impingementの定義と診断基準〜最近の論文傾向から〜. 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 峯岸洋次郎1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第40回日本股関節学会学術集会 (2013/11/29), 広島.

722140. [学会(全国)] (シンポジウム・招待講演等) 人工関節置換術後における静脈血栓塞栓症予防法の工夫−抗凝固薬のSwitch法−. 高平尚伸1, 河村 直2, 内山勝文2, 福島健介2, 山本豪明2, 森谷光俊2, 峯岸洋次郎2, 相川 淳2, 岩瀬 大2, 東山礼治2, 関口裕之2, 高相晶士2 (1医療衛生学部, 2整外): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/22), 沖縄, 第44回日本人工関節学会 プログラム・抄録集 2013; p.308.

722141. [学会(全国)] (シンポジウム・招待講演等) 同種骨移植の今後の発展に向けて. 占部 憲1, 蜂谷裕道2, 成瀬康治1, 内田健太郎1, 内山勝文1, 井上 玄1, 福島健介1, 伊澤浩之2, 笠原みどり3, 高相晶士1, 糸満盛憲4 (1整外, 2蜂友会はちや整形外科病院, 3大学病院骨バンク, 4九州労災病院): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/22), 沖縄, 第44回日本人工関節学会 プログラム・抄録集 2013; p.311.

723566. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 進行期・末期変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術と Chiari骨盤骨切り合併手術の長期成績に関与する因子の検討. 内山勝文1, 福島健介1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高平尚伸2, 高崎純孝1, 糸満盛憲3, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第86回日本整形外科学会学術総会 (2013/5/24), 広島.

723567. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) セメントレス人工股関節全置換術後のステム周囲骨密度の推移−機種による比較検討−. 山本豪明1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 福島健介1, 高相晶士1, 高平尚伸2, 糸満盛憲3 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第86回日本整形外科学会学術総会 (2013/5/24), 広島.

723568. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) Cortical bone trajectory は cortical screwでなければいけないか? 上野正喜1, 酒井利奈2, 井村貴之1, 内田健太郎1, 井上 玄1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 高平尚伸2, 馬渕清資2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第86回日本整形外科学会総会 (2013/5/23-26), 広島.

723569. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 先進医療「非生体ドナーから採取された凍結保存同種骨・靭帯組織」の保険収載に関する問題点. 占部 憲1, 蜂谷裕道, 成瀬康治1, 内田健太郎1, 井村貴之1, 福島健介1, 井澤浩之1, 笠原みどり, 小林千恵, 高相晶士1, 糸満盛憲2 (1整外, 2九州労災病院): 第86回日本整形外科学会総会 (2013/5/23-26), 広島.

723570. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓還納式脊柱管拡大術の予後予測スコアリングシステム−5年以上経過例の成績からの検討−. 井村貴之1, 上野正喜1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 井上 玄1, 高平尚伸2, 内田健太郎1, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第86回日本整形外科学会総会 (2013/5/23-26), 広島.

723571. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 全国規模での骨採取を可能とするボーンバンクネットワーク構築に向けたアンケート調査. 内田健太郎1, 占部 憲1, 成瀬康治1, 小林千恵, 笠原みどり, 神宮司誠也, 高相晶士1, 糸満盛憲2 (1整外, 2九州労災病院): 第86回日本整形外科学会総会 (2013/5/23-26), 広島.

723572. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 同種骨付き膝蓋腱を用いて長方形骨孔ACL再建術を施行した一例. 東山礼治1, 相川 淳1, 成瀬康治1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 平川紀子1, 高野昇太郎1, 難波孝徳1, 渡邊裕之, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (5th JOSKAS) (2013/6/20), 札幌.

723573. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) せん断波エラストグラフィーを用いた腹部引き込み動作における側腹筋の筋硬度と筋厚変化について. 内田繕博1, 高平尚伸2, 星 佳芳3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3衛生): 第5回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (5th JOSKAS) (2013/6/20), 札幌.

723574. [学会 (全国)] (一般講演) 抗菌縫合糸使用下におけるSSI発生症例の検討. 上野正喜1, 二本柳伸2, 斉藤 亘1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 井上 玄1, 棟方伸一2, 狩野有作3, 高相晶士1 (1整外, 2臨検部, 3臨検学): 第36回日本骨・関節感染症学会 (2013/7/5), 横浜, 日本骨・関節感染症学会 2013/6; 36: 46.

723575. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 超音波せん断波エラストグラフィーを用いた腓腹筋筋硬度について. 内田繕博1, 香田伸一郎, 九藤博弥, 尾崎 純, 高平尚伸2, 星 佳芳3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3衛生): 第25回日本整形外科超音波学会学術集会 (2013/7/6) 名古屋

723576. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 富士市むかで競争における外傷調査. 東山礼治1, 吉野謙輔, 高森尉之, 平山博久, 杉原隆之, 渡邉英一郎 (1整外): 第26回日本臨床整形外科学会学術集会 (2013/7/14), 静岡.

723577. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) K-nailを用いた橈骨遠位端骨折の治療における手術成績. 黒田賢二1, 小林明雄1, 瀧本 純1, 内山勝文2, 森谷光俊2 (1黒河内病院整形外科, 2整外): 第26回日本臨床整形外科学会学術集会 (2013/7/15), 静岡, 第26回日本臨床整形外科学会学術集会プログラム・抄録集 2013; p.61.

723578. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膝複合靭帯損傷に対する同種腱による靭帯再建術の経験. 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 中脇充章1, 関口裕之1, 高野昇太郎1, 渡邊裕之, 笠原みどり, 内田健太郎1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第12回日本組織移植学会総会・学術集会 (2013/8/3), さいたま市.

723579. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 腱板断裂に凍結保存同種腱を用いて上方関節包再建術を行った1例. 宮島玄陽1, 見目智紀1, 藤巻寿子2, 小沼賢治1, 塗山正宏1, 高相晶士1, 占部 憲1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第40回日本肩関節学会 (2013/9/28), 京都.

723580. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 神経筋接合部に対する体外衝撃波照射の影響 電子顕微鏡を用いた評価. 見目智紀1, 落合信靖, 根本典子, 藤巻寿子2, 井上 玄1, 内田健太郎1, 西須 孝, 大鳥精司, 高平尚伸3, 高橋和久, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第28回日本整形外科学会基礎学術集会 (2013/10/17), 千葉.

723581. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 脊椎手術におけるコラーゲン結合ドメインを融合した塩基性線維芽細胞増殖因子の骨形成に与える影響. 井上 玄1, 内田健太郎1, 上野正喜1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 松下 治2, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2微生物, 3医療衛生学部): 第28回日本整形外科学会基礎学術集会 (2013/10/17-18), 幕張.

723582. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) コラーゲン結合性線維芽細胞増殖因子 (bFGF-CBD) とコラーゲンシートの併用による同種骨移植後の骨癒合促進. 上野正喜1, 内田健太郎1, 齋藤 亘1, 余頃瑞希, 井上 玄1, 松下 治2, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2微生物, 3医療衛生学部): 第28回日本整形外科学会基礎学術集会 (2013/10/17-18), 幕張.

723583. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) Injectable コラーゲンパウダーとコラーゲン結合型線維芽細胞増殖因子による骨折後の骨形成促進効果の検討. 齋藤 亘1, 内田健太郎1, 上野正喜1, 井上 玄1, 大貫裕子, 松下 治2, 高相晶士1 (1整外, 2微生物): 第28回日本整形外科学会基礎学術集会 (2013/10/17-18), 幕張.

723584. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 2012年度富士市中学校における「むかで競走」の外傷調査. 東山礼治1, 吉野謙輔, 渡邉英一郎, 星 佳芳2, 成瀬康治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 見目智紀1, 井上 玄1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2衛生, 3医療衛生学部): 第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会 (2013/10/25), 熊本, 日本臨床スポーツ医学会誌 2013/10; 21 (4): S162.

723585. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 膝複合靭帯損傷に対する手術治療の小経験. 北原聡太, 中川晃一, 東山礼治1, 守屋拓朗 (1整外): 第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会 (2013/10/26), 熊本.

723586. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 陳旧性足関節外側靭帯損傷に対し, 同種骨付き膝蓋腱を用いて靭帯再建術を施行した2例. 関口裕之1, 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 高野昇太郎1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第38回日本足の外科学会・学術集会 (2013/10/31), 仙台.

723587. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 薄筋腱を用いて関節鏡下ATFL再建術を施行した一例. 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 関口裕之1, 高野昇太郎1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第38回日本足の外科学会・学術集会 (2013/11/1), 仙台.

723588. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 大腿骨頭すべり症に対する骨頭下頚部楔状骨切り術はfemoroacetabular impingementを回避できるか? 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明1, 森谷光俊1, 峯岸洋次郎1, 高平尚伸2, 糸満盛憲3, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第40回日本股関節学会学術集会 (2013/11/30), 広島.

723589. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 股関節機能温存のために小児期から繰り返し骨切り術を行った症例の長期経過の検討. 山本豪明1, 内山勝文1, 福島健介1, 森谷光俊1, 峯岸洋次郎1, 高相晶士1, 高平尚伸2, 糸満盛憲3 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第40回日本股関節学会学術集会 (2013/11/30), 広島, 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 2013; 40: 282.

723590. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 日本人臼蓋形成不全股の形態と骨性インピンジメント角度の評価−三次元テンプレート動態解析ソフトウェアZed Hipを用いて−. 峯岸洋次郎1, 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明1, 森谷光俊1, 高相晶士1, 塗山正宏1, 高平尚伸2, 糸満盛憲3 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第40回日本股関節学会学術集会 (2013/11/30), 広島, 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 2013; 40: 295.

723591. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 大腿骨頭壊死症に対する大腿骨頭前方回転骨切り術の長期成績. 森谷光俊1, 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明1, 峯岸洋次郎1, 高相晶士1, 高平尚伸2, 糸満盛憲3 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第40回日本股関節学会学術集会 (2013/11/30), 広島, 日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 2013; 40: 327.

723592. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) CBTと従来軌道を併用した後方固定術 (double trajectory法) の力学的強度の検証. 澤井祥子, 上野正喜1, 酒井利奈2, 田中健誠, 井村貴之1, 井上 玄1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 内田健太郎1, 高平尚伸2, 馬渕清資2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第40回日本臨床バイオメカニクス学会 (2013/11/22-23), 神戸.

723593. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) CBTと従来軌道による後方椎体固定術のCompressionによる椎体間圧迫力の比較. 田中健誠, 上野正喜1, 酒井利奈2, 澤井祥子, 井村貴之1, 井上 玄1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 内田健太郎1, 高平尚伸2, 馬渕清資2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第40回日本臨床バイオメカニクス学会 (2013/11/22-23), 神戸.

723594. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 定常荷重の下で骨吸収を発生する応力の推定: ラット大腿骨を対象とした動物実験. 伊藤大器, 酒井利奈1, 内田健太郎2, 成瀬康治2, 中尾将輝, 田中健誠, 馬渕清資1 (1医療衛生学部, 2整外): 第40回日本臨床バイオメカニクス学会 (2013/11/22-23), 神戸.

723595. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 臼蓋側の巨大骨欠損を同種大腿骨顆部で再建した人工股関節再置換術. 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 福島健介1, 峯岸洋次郎1, 高平尚伸2, 占部 憲1, 笠原みどり, 糸満盛憲3, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/21), 沖縄, 第44回日本人工関節学会 プログラム・抄録集 2014; p.426.

723596. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) SL PLUSステムとSL PLUS MIAステムを用いた人工股関節全置換術の短期臨床成績およびX線学的評価に関する多施設共同研究. 池 裕之1, 稲葉 裕1, 小林直実1, 近藤宰司2, 角南浩史2, 高平尚伸3, 内山勝文4, 名越 智5, 佐々木幹人5, 前田昭彦6, 藁科秀紀7 (1横浜市大整形, 2海老名総合病院人工関節・リウマチセンター, 3医療衛生学部, 4整外, 5札幌医大整形, 6昭和大横浜市北部病院整形, 7名古屋整形外科・人工関節クリニック): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/21), 沖縄, 第44回日本人工関節学会 プログラム・抄録集 2014; p.483.

723597. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 40歳以下の進行期・末期変形性股関節症に対する股関節手術の長期成績−人工股関節置換術と骨切り術の比較−. 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 山本豪明1, 峯岸洋次郎1, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/21), 沖縄.

723598. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 人工膝関節術後感染の治療. 高野昇太郎1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 東山礼治1, 成瀬康治1, 南谷 淳1, 藤田 護, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/21), 沖縄.

723599. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 人工膝関節置換術後感染に対する閉鎖式持続洗浄の有効性. 岩瀬 大1, 相川 淳1, 東山礼治1, 成瀬康治1, 高野昇太郎1, 南谷 淳1, 占部 憲1, 藤田 護, 高相晶士1 (1整外): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/21), 沖縄.

723600. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) Anterolateral approach in the supine positionを用いたTHAの初期成績−仰臥位Bauerアプローチとの比較−. 福島健介1, 高平尚伸2, 鈴木良和3, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3東病院リハビリ部): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/22), 沖縄, 第44回日本人工関節学会 プログラム・抄録集 2014; p.354.

723601. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 治療に難渋した透析患者に生じた大腿骨頚部骨折の1例. 峯岸洋次郎1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 福島健介1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/22), 沖縄, 第44回日本人工関節学会 プログラム・抄録集 2014; p.553.

723602. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 当科におけるSL PLUS MIAステム使用 による人工股関節全置換術の短期成績. 山本豪明1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 福島健介1, 高平尚伸2, 糸満盛憲3, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第44回日本人工関節学会 (2014/2/22), 沖縄, 第44回日本人工関節学会 プログラム・抄録集 2014; p.572.

731096. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱変形の診断と治療. 高相晶士 (整外): 山梨整形外科医会 (2013/5/11), 甲府.

731097. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱変形の診断と治療−特発性から症候性まで−. 高相晶士 (整外): 東北整形災害外科学会 (2013/6/8), 山形.

731098. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱側彎症の診断と治療−検診から手術まで−. 高相晶士 (整外): 町田市整形外科医会 (2013/6/20), 町田.

731099. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱変形の診断と治療. 高相晶士 (整外): 東信整形外科医会 (2013/6/29), 小諸.

731100. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 腰椎疾患の診断と治療. 高相晶士 (整外): 東信整形外科懇話会 (2013/6/29), 小諸.

731101. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) Femoroacetabular impingement (FAI) の診断と治療. 福島健介 (整外): 相模大野股関節研究会 (2013/7/4), 相模大野.

731102. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱変形の診断から治療まで−手術的治療の選択−. 高相晶士 (整外): 東大スパインセミナー (2013/7/6), 東京.

731103. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術とChiari骨盤骨切り合併手術の効果. 内山勝文 (整外): 相模大野研究会 (2013/8/8), 横浜.

731104. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 当科における股関節鏡視下手術の現状と課題. 福島健介 (整外): 相模大野研究会 (2013/8/8), 横浜.

731105. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱変形の話題. 高相晶士 (整外): 第3回東北ブロック脊椎の痛みを学ぶ会 (2013/8/10), 宮城.

731106. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 思春期の脊柱の変形. 高相晶士 (整外): Otsuka Orthopedic Update Symposium 2013 (2013/8/31), 東京.

731107. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊椎インストゥルメンテーションの脊椎外傷応用への実際. 高相晶士 (整外): 神奈川5大学外傷セミナー (2013/9/11), 相模原.

731108. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱変形の診断と治療−検診から手術まで−. 高相晶士 (整外): 日本臨床整形外科学会関東ブロック部会 (2014/1/25), 東京.

731109. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 脊柱変形の話題. 高相晶士 (整外): 第17回くにびき整形外科セミナー (2014/3/8), 松江.

731110. [学会(地方会・研究会)] (特別講演) 股関節手術について. 福島健介 (整外): 作業療法士会@相模原 (2014/3/13), 相模大野.

732076. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム招待講演) FAIの診断と当科における手術法選択. 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第21回横浜スポーツフォーラム (2013/6/2), 横浜.

732077. [学会(地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 富士市小中学校における「むかで競争」の外傷調査. 東山礼治 (整外): 第19回富士市スポーツ医学講演会 (2013/9/26), 富士.

732078. [学会(地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) Anterolateral approach in the supine positionを用いたTHA−Bauerアプローチとの比較−. 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高相晶士1, 高平尚伸2, 鈴木良和3 (1整外, 2医療衛生学部, 3東病院リハビリ部): 第149回神奈川整形災害外科研究会 (2013/10/12), 横浜, 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2013; 26 (2): 36.

732079. [学会(地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 筋ジストロフィーに伴う脊柱変形の治療. 高相晶士 (整外): 厚生労働省筋ジストロフィー臨床研究班会議 (2013/11/26), 東京.

732080. [学会(地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 足関節の捻挫とインピンジメント. 東山礼治 (整外): 第38回千葉県整形外科医会総会 (2014/3/29), 千葉.

733272. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 大腿骨転子部骨折に対する観血的骨接合術後に骨頭内bradeが骨盤内穿破した1例. 関口裕之1, 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高相晶士1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 第148回神奈川整形災害外科研究会 (2013/6/1), 横浜, 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2013; 26 (1): 13.

733273. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 陳旧性足関節外側靭帯損傷に対し, 同種骨骨付き膝蓋腱を用いて再建術を行った一例. 関口裕之1, 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 高野昇太郎1, 渡邊裕之, 内田健太郎1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第21回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (2013/6/2), 横浜.

733274. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 同種骨付き膝蓋腱を用いて長方形骨孔ACL再建術を施行した一例. 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 平川紀子1, 関口裕之1, 高野昇太郎1, 難波孝徳1, 渡邊裕之, 善平哲夫1, 内田健太郎1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第21回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (2013/6/2), 横浜.

733275. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチの前足部変形に対する手術治療について. 東山礼治1, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 小沼賢治1, 南谷 淳1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 北里大学病院整形外科・膠原病合同カンファレンス (2013/7/31), 北里.

733276. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 40歳以下の進行期・末期股関節症に対する股関節手術の長期成績−人工股関節と骨切り術の比較−. 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 山本豪明1, 峯岸洋次郎1, 糸満盛憲3, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第21回 Hip Forum (2013/7/27), 軽井沢.

733277. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ヒアルロン酸添加 University of Wisconsin 液の同種骨軟骨保存液としての有用性. 山田拓哉1, 内田健太郎2, 小沼賢治2, 氏平政伸3, 成瀬康治2, 東山礼治2, 馬渕清資3, 占部 憲2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第32回日本運動器移植・再生医学研究会 (2013/9/28), 神戸.

733278. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 変形性関節症マウスSTR/Ortの滑膜組織への骨髄球系細胞の動員. 内田健太郎1, 成瀬康治1, 小沼賢治1, 上野正喜1, 藤巻寿子2, 東山礼治1, 井上 玄1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第32回日本運動器移植・再生医学研究会 (2013/9/28), 神戸.

733279. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 同種骨軟骨組織の低温保存における保存液と液交換液量の影響. 小沼賢治1, 山田拓哉2, 内田健太郎1, 成瀬康治1, 藤巻寿子2, 東山礼治1, 井上 玄1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第32回日本運動器移植・再生医学研究会 (2013/9/28), 神戸.

733280. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 合同症例検討会 (股関節). 峯岸洋次郎1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 福島健介1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第13回北里・藤が丘運動器疾患フォーラム (2013/10/4), 町田.

733281. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 脊椎骨端骨幹端異形成症に伴う股関節変形に対してChiari骨盤骨切り術と大転子骨端閉鎖術を施行した1例. 難波孝徳1, 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明1, 森谷光俊1, 高相晶士1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 第149回神奈川整形災害外科研究会 (2013/10/12), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2013; 26 (2): 32.

733282. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 手根管症候群に対する術前からのノイロトロピン内服による治療効果の検討. 見目智紀1, 岩倉菜穂子, 小沼賢治1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 神奈川県上肢外科研究会 (2013/10/19), 横浜.

733283. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 15 mm幅の同種骨付き膝蓋腱による長方形骨孔ACL再建術を施行した一例. 高田 研, 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 関口裕之1, 高野昇太郎1, 渡邊裕之, 成瀬康治1, 内田健太郎1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第43回北相整形外科医会 (2013/11/14), 相模大野.

733284. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 膝複合靭帯損傷に対し同種腱と遺残靭帯を用いて靭帯再建術を施行した1例. 東山礼治1, 井上 玄1, 見目智紀1, 高相晶士1, 貞升彩子, 高森尉之, 平山博久, 渡邉英一郎 (1整外): 第1273回千葉医学会整形外科例会 (2013/12/1), 千葉.

733285. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 水素分子含有保存液を用いた同種骨軟骨組織低温保存法の開発. 山田拓哉1, 内田健太郎2, 葛野 純, 小沼賢治2, 氏平政伸3, 馬渕清資3, 井上 玄1, 占部 憲1, 小林弘祐3, 成瀬康治2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第4回分子状水素医学シンポジウム (2014/2/1), 東京.

733286. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 異なる骨粗鬆症治療薬による骨密度変化の比較−MD法を用いて−. 黒田賢二1, 小林明雄1, 瀧本 純1, 内山勝文2, 森谷光俊2, 岩瀬 大2 (1黒河内病院整形外科, 2整外): 第150回神奈川整形災害外科研究会 (2014/3/1), 横浜. 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2014; 26 (3): 52.

733287. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 大腿骨骨幹部骨折後に生じた異所性国家に起因する恒久性膝蓋骨脱臼の1例. 庄司真太郎1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 成瀬康治1, 東山礼治1, 高野昇太郎1, 名倉直重1, 高相晶士1 (1整外): 第150回神奈川整形災害外科研究会 (2014/3/1), 横浜.

733288. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ノーブルの提唱に基づく3種の大腿骨髄腔形態と人工ステム周囲部における応力分布の関係. 立木隆広1, 福島健介2, 酒井利奈3, 内山勝文2, 山本豪明2, 森谷光俊2, 中尾将輝1, 高相晶士2, 馬渕清資3, 高平尚伸3 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第34回バイオトライボロジシンポジウム (2014/3/8), 京都.

733289. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 変形性関節症に適応される大腿骨外反骨切り術へのキアリ骨盤骨切り術併用効果による圧力分布の改善. 中尾将輝1, 内山勝文2, 酒井利奈3, 馬渕清資3 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第34回バイオトライボロジシンポジウム (2014/3/8), 京都.

733290. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 富士市スポーツ医学講座で実施した中学運動会種目「むかで競走」に関するアンケート調査. 東山礼治1, 高森尉之, 杉原隆之, 平山博久, 貞升彩子, 渡邉英一郎 (1整外): 第175回静岡県整形外科医会集談会 (2014/3/15), 三島.

733291. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 2013年度富士市中学校運動会における「むかで競走」の外傷調査. 東山礼治1, 高森尉之, 杉原隆之, 平山博久, 貞升彩子, 渡邉英一郎 (1整外): 第175回静岡県整形外科医会集談会 (2014/3/15), 三島.

733292. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 半腱様筋腱を用いて関節鏡視下前距腓靭帯・踵腓靭帯再建術を施行した1例. 東山礼治1, 高森尉之, 杉原隆之, 平山博久, 貞升彩子, 渡邉英一郎 (1整外): 第175回静岡県整形外科医会集談会 (2014/3/15), 三島.

733293. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 足関節外側靭帯の再建術後に再鏡視 (セカンドルック) と抜釘を施行した1例. 東山礼治1, 高森尉之, 杉原隆之, 平山博久, 貞升彩子, 渡邉英一郎 (1整外): 第175回静岡県整形外科医会集談会 (2014/3/15), 三島.

733294. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 大腿骨頚部骨軟骨形成術 (Osteochondroplasty) を施行した股関節鏡視下手術の短期成績. 福島健介1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 山本豪明1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第54回関東整形災害外科学会総会 (2014/3/28), 横浜.

733295. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 人工股関節ステム周囲骨折に対する同種骨移植を用いた再置換術の成績. 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明1, 森谷光俊1, 峯岸洋次郎1, 高平尚伸2, 高相晶士1, 糸満盛憲3 (1整外, 2医療衛生学部, 3九州労災病院): 第54回関東整形災害外科学会総会 (2014/3/29), 横浜, 第54回関東整形災害外科学会総会抄録集 2014; p.152.

733296. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 15 mmの同種骨付き膝蓋腱を用いて長方形骨孔ACL再建術を施行した一例. 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 高野昇太郎1, 成瀬康治1, 井上 玄1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第54回関東整災外外科学会 (2014/3/29), 横浜.

733297. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 薄筋腱を用いて関節鏡視下ATFL再建術を施行した3例. 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 関口裕之1, 高野昇太郎1, 成瀬康治1, 占部 憲1, 高相晶士1 (1整外): 第54回関東整災外外科学会 (2014/3/29), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-120002. [原著] 女子新体操選手に対する超音波診断装置を用いた側腹筋筋厚の左右差の検討. 内田繕博1, 高平尚伸2, 星 佳芳3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3衛生): 日本整形外科超音波研究会会誌 2013/3; 24 (1): 103-7.

H24-320004. [症例報告] 腎移植後のJeune症候群に対し側彎症手術を施行した1例. 齋藤 亘1, 上野正喜1, 高野昇太郎1, 井村貴之1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部): 関東整形災害外科学会雑誌 2013/2; 44 (1): 1-4.

H24-320005. [症例報告] 陳旧性足関節靭帯損傷に対し, 手術施行後interference screwの脱転を来した1例. 関口裕之1, 東山礼治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 鈴木良和2, 高相晶士1: 1整外, 2リハビリ部): 神奈川県整形災害外科医会雑誌 2013/3; 25 (5): 189-92.

H24-540001. [その他 (会議録)] 2011年度富士市中学校における「むかで競争」の外傷調査. 東山礼治1, 木島丈博, 吉野謙輔, 渡邉英一郎, 王 国琴, 星 佳芳2, 成瀬康治1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 見目智紀1, 井上 玄1, 渡邊裕之3, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2衛生, 3医療衛生学部): 日本臨床スポーツ医学会誌 2012/10; 20 (4): S219.

[学会・研究会等]

H24-733009. [学会(地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の応力解析. 中尾将輝1, 酒井利奈2, 馬渕清資2, 内山勝文3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3整外): 第25回バイオエンジニアリング講演会 (2013/1/8), つくば, バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2013; Vol.25th: p. 411-2.


形成外科・美容外科学

[学術論文]

110202. [原著] The Significance of Performing Osteogenic Differentiation in Human Bone Tissue-Derived Mesenchymal Stromal Cells. Sugimoto T1, Yamazaki Y1, Kumazawa K2, Sone U, Takeda A1, Uchinuma E1: Journal of oral tissue engineering 2013/12; 11 (2): 103-12. (杉本孝之1, 山崎安晴1, 熊澤憲一2, 曽根由美子3, 武田 啓1, 内沼栄樹1: 1形成・美容外, 2救命)

110203. [原著] Assessment of the osteogenic potential of maxilla-derived mesenchymal stromal cells and the utilization of serum-free medium for culture thereof. Ishiguro M1, Yamazaki Y1, Baba K1, Sugimoto T1, Takeda A1, Uchinuma E1: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 84-94. (石黒匡史1, 山崎安晴1, 馬場香子1, 杉本孝之1, 武田 啓1, 内沼栄樹1: 1形成・美容外)

310021. [症例報告] Free tensor fascia lata flap and synthetic mesh reconstruction for full-thickness chest wall defect. Ono J1, Takeda A1, Akimoto M1, Iyoda A2, Matsui Y2, Satoh Y2, Uchinuma E1: Case Rep Med 2013; 2013: Article ID 914716, 3 pages. doi: 10.1155/2013/914716. Epub 2013 Sep 28. (小野准平1, 武田 啓1, 秋本峰克1, 伊豫田明2, 松井啓夫2, 佐藤之俊2, 内沼栄樹1: 1形成・美容外, 2呼吸器外)

320034. [症例報告] 下顎前歯を移植することで咬合の改善を図った上顎片側側切歯先天欠如を伴う唇顎口蓋裂の2症例. 鈴木一史, 松林幸枝, 橋本孝治, 石渡靖夫, 山崎安晴1, 武田 啓1, 鳥飼勝行 (1形成・美容外): 日本口蓋裂学会雑誌 2013/12; 38 (3): 291-9.

[著 書]

610004. [学術書] (分担執筆)【Osteogenic Potential of Human Umbilical Cord-Derived Mesenchymal Stromal Cells】Cord Blood: Banks and Banking, Ethical Issues and Risks/Benefits, P.95-112. Baba K, Yamazaki Y1, Takeda A1, Uchinuma E1, Edit. Lisandra Vanostrand, Nova Science Publishers, 2013発行. (山崎安晴1, 武田 啓1, 内沼栄樹1: 1形成・美外)

620106. [学術書] (分担執筆)【熱傷治療マニュアル】13. 特殊部位の熱傷 [1] 顔面・頸部熱傷, p.348-52. 根本 充1, 内沼栄樹1 (1形成・美外), 編: 田中 裕, 中外医学社, 東京, 2013/6発行.

[学会・研究会等]

722142. [学会(全国)] (シンポジウム・招待講演等) 広範囲熱傷における手指熱傷に対する早期鋼線刺入と他動訓練の導入. 根本 充1, 熊澤憲一2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2救命): 第56回日本形成外科学会総会・学術集会 (2013/4/4), 東京.

723603. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) ヒアルロン酸とコラーゲンを組み合わせた癒着防止膜の開発 第2報−機能的評価−. 根本 充1, 熊澤憲一2, 内沼栄樹1 (1形成・美外, 2救命): 第56回日本手外科学会学術集会 (2013/4/19), 兵庫.

723604. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 過去3年間にLe Fort沍^骨切り術を行った両側唇顎口蓋裂患者 (6症例) の術後評価. 山崎安晴1, 池本繁弘, 石渡靖夫, 瀬崎晃一郎1, 武田 啓1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第37回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2013/5/30), 佐賀.

723605. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 整容面を考慮した顎変形骨切り術. 島倉康人1, 青柳和也1, 石川心介1, 山崎安晴1, 武田 啓1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第36回日本美容外科学会総会 (2013/10/17), 東京.

723606. [学会(全国)] (一般講演・ポスター) 当院における加齢性眼瞼下垂二次修正手術症例の検討. 島倉康人1, 青柳和也1, 武田 啓1, 内沼栄樹1 (1形成・美外): 第36回日本美容外科学会総会 (2013/10/18), 東京.


皮膚科学

[学術論文]

110204. [原著] Idiopathic myelofibrosis and pyoderma gangrenosum involving a mutation of Janus kinase 2 (JAK2V617F), showing poor prognosis. Maejima H1, Nakano T, Funatsu S1, Katuoka K1, Oobe M2, Kamata T: Eur J Dermatol 2013/4; 23 (2): 256-7. (前島英樹1, 船津 栄1, 勝岡憲生1, 大部 誠2: 1皮膚, 2医療衛生学部)

110205. [原著] Nestin-Expressing Stem Cells Promote Nerve Growth in Long-Term 3-Dimensional Gelfoam_-Supported Histoculture. Mii S1, Uehara F, Yano S, Tran B, Miwa S, Hiroshima Y, Amoh Y1, Katsuoka K1, Hoffman RM: PLoS One 2013/6; 8 (6): e67153. (三井純雪1, 天羽康之1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

110206. [原著] Hes1 is required for the development of pharyngeal organs and survival of neural crest-derived mesenchymal cells in pharyngeal arches. Kameda Y, Saitoh T, Nemoto N, Katoh T, Iseki S, Fujimura T1: Cell Tissue Res 2013/7; 353 (1): 9-25. (藤村響男1: 1皮膚)

110207. [原著] The role of hair follicle nestin-expressing stem cells during whisker sensory-nerve growth in long-term 3D culture. Mii S1, Duong J, Tome Y, Uchugonova A, Liu F, Amoh Y1, Saito N1, Katsuoka K1, Hoffman RM: J Cell Biochem 2013/7; 114 (7): 1674-84. (三井純雪1, 天羽康之1, 齊藤典充1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

110208. [原著] Development of a clinically-precise mouse model of rectal cancer. Kishimoto H, Momiyama M, Aki R1, Kimura H, Suetsugu A, Bouvet M, Fujiwara T, Hoffman RM: PLoS One 2013/11; 8 (11): e79453. (安藝良一1: 1皮膚)

110209. [原著] Association of D2-40 and MMP-1 expression with cyst formation in lung metastatic lesions of cutaneous angiosarcoma on the scalp: immunohistochemical analysis of 23 autopsy cases. Masuzawa M1, Mikami T2, Numata Y3, Tokuyama W2, Masuzawa M, Murakumo Y2, Okayasu I2, Katsuoka K1: Hum Pathol 2013/12; 44 (12): 2751-9. (増澤真美子1, 三上哲夫2, 沼田賀子3, 徳山 宣2, 増澤幹生, 村雲芳樹2, 岡安 勲, 勝岡憲生1: 1皮膚, 2病理, 3形態系)

110210. [原著] Onset of Psoriatic Arthritis at the Hip Joint Without Spondylitis. Maejima H1, Watarai A1, Taniguchi T1, Katsuoka K1: Acta Derm Venereol 2014/1; 94 (1): 110-1. (前島英樹1, 渡會 晃1, 谷口友則1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

110211. [原著] Color-coded fluorescence imaging of lymph-node metastasis, angiogenesis, and its drug-induced inhibition. Aki R1, Amoh Y1, Bouvet M, Katsuoka K1, Hoffman RM: J Cell Biochem 2014/3; 115 (3): 457-63. (安藝良一1, 天羽康之1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

110212. [原著] A case of nonepisodic angioedema with eosinophilia associated with livedo reticularis and erythema before onset of edema of the legs. Maejima H1, Katsuoka K1: Cutis 2014/1; 93 (1): 33-7. (前島英樹1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

210005. [準原著] Psoriasis vulgaris complicated by eosinophilic pneumonia during ustekinumab treatment. Yashiro M1, Maejima H1, Taniguchi T1, Katsuoka K1, Kimura M, Wada M: Eur J Dermatol 2013/6; 23 (3): 396-7. (屋代正晃1, 前島英樹1, 谷口友則1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

210006. [準原著] Pityriasis rubra pilaris followed by severe herpes simplex 2 infection. Funatsu S1, Maejima H1, Amoh Y1, Tanuguchi T1, Nakano T, Katsuoka K1: Eur J Dermatol 2013/10; 23 (5): 720-1. (船津 栄1, 前島英樹1, 天羽康之1, 谷口友則1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

310022. [症例報告] Systemic sclerosis associated with ANCA-associated vasculitis accompanied by Henoch-Sch嗜lein purpura. Niiyama S, Eto H1, Katsuoka K1: Eur J Dermatol 2013/4; 23 (2): 283-4. (江藤宏光1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

310023. [症例報告] Onset of psoriatic arthritis at the hip joint without spondylitis. Maejima H1, Watarai A1, Taniguchi T1, Katsuoka K1: Acta Derm Venereol 2014/1; 94 (1): 110-1. (前島英樹1, 渡會 晃1, 谷口友則1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

320035. [症例報告] 免疫組織学的にポリオーマウィルスが陽性であったMerkel細胞癌の2例. 東儀那津子1, 高須 博1, 勝岡憲生1, 鴻池奈津子2, 根本 充2, 武田 啓2 (1皮膚, 2形成・美外): Skin Cancer 2013/6; 28 (1): 29-33.

320036. [症例報告] 手関節屈筋腱拘縮を合併した多発性痛風結節の1例. 宮澤理恵子1, 中野敏明, 谷口友則1, 高野哲郎1, 船津 栄1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2013/6; 55 (6): 771.

320037. [症例報告] 当科で経験した小児皮膚筋炎21例の臨床的検討. 新井 達1, 江藤宏光2, 安藝良一2, 勝岡憲生1 (1聖路加国際病院, 2皮膚): 日本小児皮膚科学会雑誌 2013/10; 32 (3): 231-8.

522146. [講座]【特集: 水疱症】尋常性乾癬に合併した水疱性類天疱瘡の1例. 桑原慎治, 片山智恵子1, 渡會 晃1, 前島英樹1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2013/7; 55 (7): 833-6.

522147. [講座]【忘れるな! 皮膚結核−真正結核・結核疹・BCG副反応を中心に−】Part 2. 結核菌が証明されない皮膚結核 (結核疹) case 08 陰茎結核疹. 渡會 晃 (皮膚): Visual Dermatology 2013/8; 12 (9): 942-3.

522148. [講座]【特集: 全身症状を伴う皮膚疾患 (2)】<臨床例>ヘルペス髄膜炎を合併した帯状疱疹. 東儀那津子1, 高須 博1 (1皮膚): 皮膚病診療 2013/9; 35 (9): 845-8.

522149. [講座]【特集: 強皮症およびその関連疾患】<臨床例>ステロイド内服とメトトレキサート (MTX) の併用が有効であった小児のgeneralized morphea. 江藤宏光1, 新井 達2, 高須 博1, 浅谷雅文3 (1皮膚, 2聖路加国際病院, 3あさや皮膚科医院): 皮膚病診療 2013/10; 35 (10): 937-40.

522150. [講座 (編集)]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】ウイルス感染症@ 麻疹の成人発症例. 編集: 佐藤直哉: 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 70-89.

522151. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】細菌感染症@ ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群. 東儀那津子 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 72-3.

522152. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】細菌感染症A 蜂窩織炎. 梶浦智嗣 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 74-5.

522153. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】ウイルス感染症@ 麻疹の成人発症例. 佐藤直哉 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 76-7.

522154. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】ウイルス感染症A 風疹の成人発症例. 屋代正晃 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 78-9.

522155. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】ウイルス感染症B 水痘の成人発症例. 小原宏哉 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 80-1.

522156. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】ウイルス感染症C 顔面の帯状疱疹. 安藝良一 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 82-3.

522157. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】ウイルス感染症D 伝染性単核症. 屋代未佳 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 84-5.

522158. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】標準予防策と感染経路別予防策の概要. 佐藤直哉 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 88.

522159. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part1】ヒトヘルペスウイルスの分類と名称, ヒトヘルペスウイルス感染症の主な臨床病型. 佐藤直哉 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/1; 34 (2): 89.

522160. [講座 (編集)]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part2】編集: 佐藤直哉. 月刊ナーシング 2014/2; 34 (3): 58-87.

522161. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part2】薬物・感染症によるアレルギーC 薬剤性過敏症症候群. 血管性浮腫・蕁麻疹@ 血管性浮腫. 血管性浮腫・蕁麻疹A 蕁麻疹. 末梢静脈性障害 深部静脈血栓症. 末梢動脈性障害 末梢動脈疾患. 小原宏哉 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/2; 34 (3): 70-3.

522162. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part2】末梢動脈性障害 末梢動脈疾患. 佐藤直哉 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/2; 34 (3): 84-5.

522163. [講座]【特集2: 見逃してはいけない皮膚疾患 Part2】糖尿病性壊疽・潰瘍糖尿病性足潰瘍. 江藤宏光 (皮膚): 月刊ナーシング 2014/2; 34 (3): 86-7.

522164. [講座]【特集: 生物学的製剤による乾癬治療の工夫と注意点】Part 2. 生物学的製剤による乾癬治療の注意点 case 16 ウステキヌマブを投与中に好酸球性肺炎を合併した尋常性乾癬. 屋代未佳1, 前島英樹1, 高須 博1 (1皮膚): Visual Dermatology 2014/2; 13 (3): 282.

[著 書]

620107. [学術書] (分担執筆)【皮膚科臨床アセット 14 肉芽腫性皮膚疾患−サルコイドーシス・他の肉芽腫】VI 肉芽腫性口唇炎 39. 肉芽腫性口唇炎の概念と病因, p.226-31. 江藤宏光1, 勝岡憲生1 (1皮膚), 専門編集: 岡本祐之2 (2関西医科大学), 総編集: 古江増隆3 (3九州大学), 中山書店, 東京, 2013/4発行.

620108. [学術書] (分担執筆)【皮膚症状からみた血管炎診療の手引き Chapel-Hillコンセンサス会議2012に沿って (第1版)】皮膚血管炎と血管障害 Mondor病・第2部症例編 (CD-ROM収載). 佐藤直哉 (皮膚), 監修: 槇野博史, 岡田保典, 編: 岩月啓氏, 勝岡憲生, 古川福実, 川上民裕, 佐田憲映, 白藤宜紀, 片山治子, 金原出版, 2014/2発行.

620109. [学術書] (分担執筆)【感染対策まるわかりガイド 感染症対応・ケア別手技が身につく】ヒトの感染防御機構を知ろう, p.2-5. 皮膚の感染防御のしくみを知ろう, p.6-9. 藤村響男1 (1皮膚), 監修: 藤村響男1, 服部綾子, 藤野智子, 田中富士美, 学研メディカル秀潤社, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

713148. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Upper part of hair follicle with can produce large numbers of cultured nestin- expressing stem cells for nerve repair demonstrating clinical potential. Amoh Y1, Mii S1, Hamada Y2, Kawahara K3, Hoffman RM, Katsuoka K1: The seventh World Cingress for Hair Research (2013/5/6), Scotland, UK. (天羽康之1, 三井純雪1, 浜田祐子2, 河原克雅3, 勝岡憲生1: 1皮膚, 2病態・形態系, 3生理)

722143. [学会 (全国)] (教育講演)“再生医療”皮膚における毛包幹細胞の役割と再生医療の臨床応用. 天羽康之 (皮膚): 第112回日本皮膚科学会総会 (2013/6/14), 横浜.

723607. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 皮膚原発性骨外性形質細胞腫の1例. 前島英樹1, 勝岡憲生1, 拇野富輝2 (1皮膚, 2血液内): 第112回日本皮膚科学会総会 (2013/6/14), 横浜.

723608. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 自己抗体を利用した尋常性乾癬に有用な血清診断マーカーの検索. 谷口友則1, 前島英樹1, 柳田憲吾, 長塩 亮, 佐藤雄一, 片山智恵子1, 安藝良一1, 西山浩美, 高須 博1 (1皮膚): 第28回日本乾癬学会学術大会 (2013/9/6), 東京.

732081. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 皮膚における毛包幹細胞の分布と役割, 再生医療への臨床応用に向けて. 天羽康之 (皮膚): 第28回角化症研究会 (2013/7/27), 東京.

732082. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 毛包幹細胞. 天羽康之 (皮膚): 第64回日本皮膚科学会中部支部学術大会 (2013/11/2), 名古屋.

733298. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Churg-Strauss症候群の1例. 宮澤理恵子1,2, 谷田有里佳2, 白井京美2 (1皮膚, 2北里大学メディカルセンター): 第848回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/5/18), 川崎, 日本皮膚科学会雑誌 2013/7; 123 (8): 1569.

733299. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 臍上部に生じた異所性子宮内膜症. 増澤真実子1, 高須 博1, 秋本峰克2, 前田亜希子 (1皮膚, 2形成・美外): 第848回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/5/18), 神奈川, 日本皮膚科学会雑誌 2013/7; 123 (8): 1572.

733300. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 難治性の慢性光線性皮膚炎の1例. 堀 智行1, 梶浦智嗣1, 東儀那津子1, 前島英樹1, 天羽康之1, 中村美夏, 河野千夏, 高須 博1, 林 良恵 (1皮膚): 第848回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/5/18), 川崎, 日本皮膚科学会誌 2013/7; 123 (8): 1573-4.

733301. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 網状皮斑を呈したサルコイドーシスの1例. 小原宏哉1, 片山智恵子1, 三井純雪1, 前島英樹1, 高須 博1 (1皮膚): 第848回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/5/18), 川崎, 日本皮膚科学会雑誌 2013/7; 123 (8): 1574.

733302. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 臍部Bowen癌の1例. 天羽康之1, 高須 博1, 森山和の2, 武田 啓2, 西山浩美 (1皮膚, 2形成・美外): 第848回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/5/18), 川崎.

733303. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 尿管癌を合併した皮膚筋炎の1例. 東儀那津子1, 堀 智行1, 屋代未佳1, 江藤宏光1, 新井 達, 高須 博1, 松本和将2 (1皮膚, 2泌尿器): 第849回日本皮膚科学会東京地方会 合同臨床地方会 (2013/7/20), 東京, 茨城県臨床医学雑誌 2014/2; 49: 86.

733304. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Endothelial cell invasion of a Mycobacterium leprae Mce1A protein expressed by the Escherichia coli AIDA autotransporter. Haslindah Dahlan, 佐藤直哉1, Fauzan Azhari Marzuki, Ahmad Haykal Abdurahman, 藤村響男1 (1皮膚): 第16回北里微生物アカデミー研究会 (2013/8/8), 相模原.

733305. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 皮膚の自然免疫におけるdermcidin (DCD) の役割り. 藤村響男1, 吉野 崇, 中野敏明, 新井 達, 江藤宏光1, 佐藤直哉1 (1皮膚): 第16回北里微生物アカデミー研究会 (2013/8/8), 相模原.

733306. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腸管N腫様気腫症を合併した水疱性類天疱瘡の1例. 梶浦智嗣1, 東儀那津子1, 江藤宏光1, 前島英樹1, 高須 博1, 米元康蔵2 (1皮膚, 2米元皮膚科): 第850回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/9/28), 横浜, 日本皮膚科学会雑誌 2013/9; 123 (10): 1970.

733307. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 産褥期に発症した妊娠性疱疹の1例. 堀 智行1, 三井純雪1, 徳永千春2, 勝岡憲生1, 石井文人2, 橋本 隆2 (1皮膚, 2大和市立病院): 第850回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/9/28), 横浜, 日本皮膚科学会雑誌 2013/11; 124 (3): 390.

733308. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) セレコキシブとラフチジンによる多剤感作と考えた中毒性表皮壊死症の1例. 屋代正晃1, 前島英樹1, 船津 栄1, 谷口友則1, 高須 博1 (1皮膚): 第850回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/9/28), 横浜.

733309. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 皮疹が先行した若年性特発性関節炎の1例. 前島英樹1, 高須 博1, 扇原義人2 (1皮膚, 2小児): 第850回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/9/28), 横浜.

733310. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) レボフロキサシンによる口唇−口腔粘膜に生じた固定薬疹の1例−. 屋代美佳1, 片山智恵子1, 前島英樹1, 高須 博1, 齋藤恭子1 (1皮膚): 第851回日本皮膚科学会東京地方会 (2013/11/16), 神奈川.

733311. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ゴリムマブで治療した関節症性乾癬の1例. 屋代正晃1, 前島英樹1, 片山智恵子1, 高須 博1, 荘 信博2, 鈴木悠花3 (1皮膚, 2膠原病・感染内, 3昭和大藤が丘病院): 第852回日本皮膚科学会東京地方会 (2013/11/16), 神奈川.

733312. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Hallopeau型増殖性天疱瘡の1例. 江藤宏光1, 梶浦智嗣1, 片山智恵子1, 安藝良一1, 高須 博1, 勝岡憲生2 (1皮膚, 2東芝林間病院): 第852回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/12/14), 横浜, 日本皮膚科学会雑誌 2013/11; 123 (12): 2284-5.

733313. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腸管N腫様気腫症を合併した水疱性類天疱瘡の1例. 梶浦智嗣1, 東儀那津子1, 江藤宏光1, 前島英樹1, 高須 博1, 米元康蔵 (1皮膚): 第852回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/12/14), 横浜, 日本皮膚科学会誌 2013/11; 123 (12): 2284-5.

733314. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 成人に生じた手足口病の1例. 安藝良一1, 江藤宏光1, 増澤真実子1, 高須 博1 (1皮膚): 第852回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2013/12/14), 横浜.

733315. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Symmetrical Drug-Related Interriginous and Flexural Exanthema (SDRIFE) の1例. 小原宏哉1, 片山智恵子1, 前島英樹1, 三井純雪1, 高須 博1 (1皮膚): 第853回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2014/1/18), 川崎, 日本皮膚科学会雑誌 2014/3; 124 (3): 390.

733316. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 関節リウマチ加療中に発症したEBV陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例. 天羽康之1, 高須 博1, 赤川直之2, 拇野富輝2, 秋本峰克3, 武田 啓3 (1皮膚, 2血液内, 3形成・美外): 第853回日本皮膚科学会東京支部地方会 (2014/1/18), 川崎.

733317. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 手指の拘縮を伴った好酸球性筋膜炎の1例. 東儀那津子1, 増澤真実子1, 江藤宏光1, 新井 達, 高須 博1 (1皮膚): 第37回皮膚脈管・膠原病研究会 (2014/1/25), 東京.

733318. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 線状強皮症との鑑別が問題となった 上口唇の硬化性萎縮性苔癬. 江藤宏光1, 谷口友則1,2, 増澤真実子1, 安藝良一1, 高須 博1, 新井 達3, 衛藤 光3, 山上美江4 (1皮膚, 2東芝林間病院, 3聖路加国際病院, 4相模台病院): 第37回皮膚脈管・膠原病研究会 (2014/1/25), 東京, 日本皮膚科学会雑誌 2014/3; 124 (3): 375.

733319. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 手指の拘縮を伴った好酸球性筋膜炎の1例. 東儀那津子1, 増澤真実子1, 江藤宏光1, 新井 達, 高須 博1 (1皮膚): 第37回皮膚脈管・膠原病研究会 (2014/1/25), 東京.

733320. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 乾癬. 前島英樹 (皮膚): 第2回神奈川県県央皮膚科医会 (2014/1/29), 町田.

733321. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) SOS1遺伝子変異を同定したNoonan症候群の1例. 渡會 晃1, 安藝良一1, 天羽康之1, 高須 博1, 高田史男2 (1皮膚, 2大学院医療系研究科): 第77回日本皮膚科学会東京支部総会 (2014/2/14), 東京.

733322. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) アトピー性皮膚炎・湿疹の外用法. 前島英樹 (皮膚): 神奈川県足柄上医師会学術講演会 (2014/2/19), 足柄.

H24年度以前分

[学術論文]

H18-310001. [症例報告] Cyclosporine A as treatment of esophageal involvement in dermatomyositis. Mii S1, Niiyama S1, Kusunoki M, Arai S, Katsuoka K1: Rheumatol Int 2006/12; 27 (2): 183-5. (三井純雪1, 新山史朗1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

H22-110001. [原著] Erythema nodosum associated with Yersinia enterocolitica infection. Yotsu R, Mii S1, Hayashi R, Harada H, Furukawa K, Eto H: J Dermatol 2010/9; 37 (9): 819-22. (三井純雪1: 1皮膚)

H22-310001. [症例報告] Treatment of verruca vulgaris using the ultrasonic surgical aspirator. Mii S1, Niiyama S1, Nakahara C, Ito Y, Sumiya N, Katsuoka K1: Eur J Dermato. 2011/1-2; 21 (1): 130-1. (三井純雪1, 新山史朗1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

H23-120001. [原著] 化学療法抵抗性頭部血管肉腫に実施した新規治療−サリドマイド・セレコキシブ併用内服療法, 胸郭X線照射治療, 胸腔内化学療法−. 桑原慎治, 増澤幹男, 増澤真実子1, 佐藤勘治, 船津 栄1, 中原千保子, 勝岡憲生1, 早川和重2, 羽田正人, 米元康蔵 (1皮膚, 2放射線 (腫瘍)): 日本皮膚科学会雑誌 2011/11; 121 (12): 2483-8.

H24-110013. [原著] Real-time confocal imaging of trafficking of nestin-expressing multipotent stem cells in mouse whiskers in long-term 3-D histoculture. Duong J, Mii S1, Uchugonova A, Liu F, Moossa AR, Hoffman RM: In Vitro Cell Dev Biol Anim 2012/5; 48 (5): 301-5. (三井純雪1: 1皮膚)

H24-110014. [原著] Detection of human papillomavirus type 16 in Bowen's carcinoma of the toe. Mii S1, Niiyama S1, Takasu H1, Kosaka S, Hara K, Kitasato H, Sato Y, Katsuoka K1: Int J Dermatol 2012/7; 51 (7): 804-8. (三井純雪1, 新山史朗1, 高須 博1, 勝岡憲生1: 1皮膚)

H24-110015. [原著] Nestin expression is increased in the suprabasal epidermal layer in psoriasis vulgaris. Watarai A1, Amoh Y1, Maejima H1, Hamada Y2, Katsuoka K1: Acta Derm Venereol 2013/1; 93 (1): 39-43. (渡會 晃1, 天羽康之1, 前島英樹1, 浜田祐子2, 勝岡憲生1: 1皮膚, 2病態・診療系)

H24-522011. [講座]【特集: 血管炎・血行障害】Widespread Cutaneous Necrosisを生じた抗リン脂質抗体症候群の1例. 船津 栄1, 江藤宏光1, 片山智恵子1, 勝岡憲生1 (1皮膚): 皮膚科の臨床 2013/1; 55 (1): 39-42.

H24-540002. [その他 (会議録)] 線維肉腫様結節を伴った頭部血管肉腫の1例. 齋藤恭子1, 増澤真実子1, 佐久間宏之, 谷口友則1, 天羽康之1, 勝岡憲生1, 早川和重2, 原 尚道 (1皮膚, 2放射線 (腫瘍)): 日本皮膚科学会雑誌 2013/2; 123 (2): 194.

[著 書]

H18-620001. [学術書] (分担執筆)【フィツパトリック皮膚科学カラーアトラス】乾癬 光線過敏症, 光線誘発性疾患, p.54;68. 電離放射線による疾患, p.226-66. 前島英樹 (皮膚), 監修: 衛藤 光, 伊藤雅明, 岩月啓氏, 勝岡憲生, 丸善出版, 東京, 2008/10発行.

[学会・研究会等]

H24-733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 広範に皮疹を認めた好酸球性膿疱性毛包炎の1例. 江藤宏光1, 勝岡憲生1, 柴山律子 (1皮膚): 第847回日本皮膚科学会東京地方会 (2013/1/19), 横浜.

H24-733011. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 亜急性皮膚エリテマトーデス (subacute cutaneous lupus erythematosus) の1例. 江藤宏光1, 片山智恵子1, 谷口友則1, 安藝良一1, 新井 達2, 勝岡憲生1 (1皮膚, 2聖路加国際病院): 第36回皮膚脈管膠原病研究会 (2013/1/25), 大阪, 日本皮膚科学会雑誌 2014/3; 124 (3): 376.

H24-733012. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 水疱性エリテマトーデスの1例. 片山智恵子1, 江藤宏光1, 安藝良一1, 新井 達2, 勝岡憲生1, 白井京美3 (1皮膚, 2聖路加国際病院, 3北里大学メディカルセンター): 第36回皮膚脈管膠原病研究会 (2013/1/25), 大阪,


泌尿器科学

[学術論文]

110213. [原著] A Japanese Multicenter Study of High-Dose Mizoribine Combined With Cyclosporine, Basiliximab, and Corticosteroid in Renal Transplantation (The Fourth Report). Oshiro Y, Nakagawa K, Hoshinaga K, Aikawa A, Shishido S, Yoshida K1, Asano T, Murai M, Hasegawa A: TRANSPLANTATION PROCEEDINGS 2013/5; 45 (4): 1476-80. (吉田一成1: 1泌尿器)

110214. [原著] Abnormal expression of multiple proteins predicts cancer-specific mortality in patients with high-grade non-muscle-invasive bladder cancer treated with transurethral resection. Tsumura H1, Matsumoto K1, Sato Y, Ikeda M1, Fujita T1, Satoh T1, Iwamura M1: Mol Clin Oncol 2013/5; 1 (3): 473-9. (津村秀康1, 松本和将1, 池田勝臣1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

110215. [原著] Anaplastic Lymphoma Kinase (ALK) and p53 Are Potentially Useful Markers to Distinguish Inflammatory Myofibroblastic Tumor. Kurosaka S1, Matsumoto K1, Irie A1, Hirayama T1, Nishi M1, Fujita T1, Satoh T1, Sato Y, Iwamura M1, Yoshida K1: Open Journal of Urology 2013/5; 3 (2): 71-4. (黒坂眞二1, 松本和将1, 入江 啓1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 吉田一成1: 1泌尿器)

110216. [原著] Efficacy and late complications of laparoscopic pyeloplasty: experience involving 125 consecutive ureters. Iwamura M1, Nishi M1, Soh S, Ikeda M1, Matsumoto K1, Fujita T1, Baba S1: Asian J Endosc Surg 2013/5; 6 (2): 116-21. (岩村正嗣1, 西 盛宏1, 池田勝臣1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 馬場志郎1: 1泌尿器)

110217. [原著] Effect of Thermosensitization with Parthenolide in Thermotherapy of Early Prostate Cancer Combined with Androgen Deprivation; with an Emphasis on Histopathologic Findings. Kohiba K, Hayashi S, Aihara M, Sato T1, Jujo Y, Suzuki R, Mizoguchi H, Hatashita M, Nakajo H, Shimura S: Thermal Medicine 2013/6; 29 (2): 47-58. (佐藤威文1: 1泌尿器)

110218. [原著] Impact of smoking on oncologic outcomes of upper tract urothelial carcinoma after radical nephroureterectomy. Rink M, Xylinas E, Margulis V, Cha EK, Ehdaie B, Raman JD, Chun FK, Matsumoto K1, Lotan Y, Furberg H, Babjuk M, Pycha A, Wood CG, Karakiewicz PI, Fisch M, Scherr DS, Shariat SF: Eur Urol 2013/6; 63 (6): 1082-90. (松本和将1: 1泌尿器)

110219. [原著] Predictive factors for overall quality of life in patients with advanced cancer. Cramarossa G, Chow E, Zhang L, Bedard G, Zeng L, Sahgal A, Vassiliou V, Satoh T1, Foro P, Ma BB, Chie WC, Chen E, Lam H, Bottomley A: Support Care Cancer 2013/6; 21 (6): 1709-16. (佐藤威文1: 1泌尿器)

110220. [原著] Glioma pathogenesis-related protein 1 induces prostate cancer cell death through Hsc70-mediated suppression of AURKA and TPX2. Li L, Yang G, Ren C, Tanimoto R, Hirayama T1, Wang J, Hawke D, Kim SM, Lee JS, Goltsov AA, Park S, Ittmann MM, Troncoso P, Thompson TC: Mol Oncol 2013/6; 7 (3): 484-96. (平山貴博1: 1泌尿器)

110221. [原著] Development of Self-Management Scale for Kidney Transplant Recipients,Including Management of Post-Transplantation Chronic Kidney Disease. Kosaka S, Tanaka M, Sakai T, Tomikawa S, Yoshida K1, Chikaraishi T, Kazuma K: ISRN Transplantation 2013/7; 2013: 1-7. (吉田一成1: 1泌尿器)

110222. [原著] Laparoscopic Anderson-Hynes pyeloplasty without symphysiotomy for hydronephrosis with horseshoe kidney. Nishi M1, Iwamura M1, Kurosaka S1, Fujita T1, Matsumoto K1, Yoshida K1: Asian J Endosc Surg 2013/8; 6 (3): 192-6. (西 盛宏1, 岩村正嗣1, 黒坂眞二1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 吉田一成1: 1泌尿器)

110223. [原著] The impact of real-time 3d imaging by ultra-high speed optical coherence tomography in urothelial carcinoma. Ikeda M1, Matsumoto K1, Choi D, Nishi M1, Fujita T1, Ohbayashi K, Shimizu K2, Iwamura M1: BMC Urol 2013/12; 13 (1): 65. (池田勝臣1, 松本和将1, 西 盛宏1, 藤田哲夫1, 大林康二2, 清水公也2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2眼科)

110224. [原著] Symptom clusters analysis in bone metastases patients using the European Organization for Research and Treatment of Cancer Quality of Life Questionnaire Bone Metastases Module (EORTC QLQ-BM22). Chiu L, Chow E, Chiu N, Zhang L, Bedard G, Fairchild A, Vassiliou V, Alm El-Din MA, Jesus-Garcia R, Forges F, Tseng LM, Hou MF, Chie WC, Satoh T1, Ma BBY, Lam H, Bottomley A: J Pain Manage 2013; 6 (4): 299-316. (佐藤威文1: 1泌尿器)

110225. [原著] Diabetes mellitus without metformin intake is associated with worse oncologic outcomes after radical nephroureterectomy for upper tract urothelial carcinoma. Rieken M, Xylinas E, Kluth L, Trinh QD, Lee RK, Fajkovic H, Novara G, Margulis V, Lotan Y, Martinez-Salamanca JI, Matsumoto K1, Seitz C, Remzi M, Karakiewicz PI, Scherr DS, Briganti A, Kautzky-Willer A, Bachmann A, Shariat SF: Eur J Surg Oncol 2014/1; 40 (1): 113-20. (松本和将1: 1泌尿器)

110226. [原著] Impact of distal ureter management on oncologic outcomes following radical nephroureterectomy for upper tract urothelial carcinoma. Xylinas E, Rink M, Cha EK, Clozel T, Lee RK, Fajkovic H, Comploj E, Novara G, Margulis V, Raman JD, Lotan Y, Kassouf W, Fritsche HM, Weizer A, Martinez-Salamanca JI, Matsumoto K1, Zigeuner R, Pycha A, Scherr DS, Seitz C, Walton T, Trinh QD, Karakiewicz PI, Matin S, Montorsi F, Zerbib M, Shariat SF: Eur Urol 2014/1; 65 (1): 210-7. (松本和将1: 1泌尿器)

110227. [原著] Predictors of benign histology in clinical T1a renal cell carcinoma tumors undergoing partial nephrectomy. Fujita T1, Iwamura M1, Wakatabe Y, Nishi M1, Ishii D1, Matsumoto K1, Yoshida K1, Baba S1: Int J Urol 2014/1; 21 (1): 100-2. (藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 松本和将1, 吉田一成1, 馬場志郎1: 1泌尿器)

110228. [原著] Combined therapeutic effects of adenoviral vector-mediated GLIPR1 gene therapy and radiotherapy in prostate and bladder cancer models. Fujita T1, Satoh T1, Timme TL, Hirayama T1, Zhu JX, Kusaka N, Naruishi K, Yang G, Goltsov A, Wang J, Vlachaki MT, Teh BS, Brian Butler E, Thompson TC: Urol Oncol 2014/2; 32 (2): 92-100. (藤田哲夫1, 佐藤威文1, 平山貴博1: 1泌尿器)

110229. [原著] Detection of tumor-associated antigens in culture supernatants using autoantibodies in sera from patients with bladder cancer. Minami S, Nagashio R, Ueda J, Matsumoto K1, Goshima N, Hattori M, Hachimura K, Iwamura M1, Sato Y: Biomed Res 2014/2; 35 (1): 25-35. (松本和将1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

110230. [原著] Roles of microsomal prostaglandin E synthase-1 in lung metastasis formation in prostate cancer RM9 cells. Takahashi R1, Amano H2, Satoh T1, Tabata K1, Ikeda M1, Kitasato H, Akira S, Iwamura M1, Majima M3: Biomed Pharmacother 2014/2; 68 (1): 71-7. (高橋 亮1, 天野英樹2, 佐藤威文1, 田畑健一1, 池田勝臣1, 岩村正嗣1, 馬嶋正隆3: 1泌尿器, 2臨床研究・プロジェクト, 3薬理)

110231. [原著] Sinodielide A exerts thermosensitizing effects and induces apoptosis and G2/M cell cycle arrest in DU145 human prostate cancer cells via the Ras/Raf/MAPK and PI3K/Akt signaling pathways. Hatashita M, Taniguchi M, Baba K, Koshiba K, Sato T1, Jujo Y, Suzuki R, Hayashi S: Int J Mol Med 2014/2; 33 (2): 406-14. (佐藤威文1: 1泌尿器)

110232. [原著] Prediction of intravesical recurrence after radical nephroureterectomy: development of a clinical decision-making tool. Xylinas E, Kluth L, Passoni N, Trinh QD, Rieken M, Lee RK, Fajkovic H, Novara G, Margulis V, Raman JD, Lotan Y, Roupr_t M, Aziz A, Fritsche HM, Weizer A, Martinez-Salamanca JI, Matsumoto K1, Seitz C, Remzi M, Walton T, Karakiewicz PI, Montorsi F, Zerbib M, Scherr DS, Shariat SF: Eur Urol 2014/3; 65 (3): 650-8. (松本和将1: 1泌尿器)

110233. [原著] Prostate tumor cell growth induced by proliferin secreted from castrated mice adipose stromal cells. Hirayama T1, Matsumoto K1, Minami S, Nishi M1, Kurosaka S1, Tabata K1, Fujita T1, Yoshida K1, Iwamura M1: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 74-83. (平山貴博1, 松本和将1, 西 盛宏1, 黒坂眞二1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

120026. [原著] 腹腔鏡下前立腺全摘除術: 10年間の治療成績. 望月康平1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 黒坂眞二1, 石井大輔1, 西 盛宏1, 前山良太1, 小林健太郎1, 頴川 晋, 馬場志郎1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): Japanese Journal of Endourology 2013/4; 26 (1): 104-9.

120027. [原著] 神奈川県移植施設の共通EVR + TAC-ER de novo免疫抑制療法レジメン−臨床研究成績 第1報−. 吉田一成1, 中村道郎, 寺西淳一, 山本裕康, 冨川伸二, 柴垣有吾, 丸井祐二, 石井大輔1, 鈴木 大, 佐々木秀郎, 服部裕介, 力石辰也 (1泌尿器): 日本臨床腎移植学会雑誌 2013/12; 1 (2): 201-5.

120028. [原著] 前立腺肥大症/下部尿路症状に対するシンドシンの有用性の検討. 村上泰清1, 入江 啓, 若田部陽司, 高嶋力弥, 石井淳一郎, 嶺井定嗣 (1泌尿器): 泌尿器外科 2014/2; 27 (2): 209-14.

220013. [準原著]【第43回腎癌研究会記録集】スニチニブ治療における有害事象の予後予測因子としての検討. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 若田部陽司1, 池田勝臣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 泌尿器外科 2013/7; 26 (別冊): 12-3.

220014. [準原著] 骨転移前立腺癌に対するデノスマブの投与: 低カルシウム血症の検討. 高口 大: 第101回日本泌尿器科学会総会記録集 2013/7; p.2-3.

220015. [準原著] 経直腸的前立腺生検における予防的抗菌薬: ニューキノロン耐性大腸菌による感染症の検討. 南田 諭1, 佐藤威文1, 金子志保, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 馬場志郎1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器外科 2013/8; 26 (8): 1255-7.

220016. [準原著] 腎盂尿管移行部通過障害に対する腹腔鏡下腎盂形成術−経腹膜的Anderson-Hynes法の治療成績を向上させるためのコツ. 岩村正嗣 (泌尿器): 臨床泌尿器科 2014/1; 68 (1): 31-7.

310024. [症例報告] Bone dissemination of prostate cancer after holmium laser enucleation of the prostate: A case report and a review of the literature. Kohguchi D1, Nishi M1, Satoh T1, Shitara T, Matsumoto K1, Fujita T1, Yoshida K1, Iwamura M1: Int J Urol 2014/2; 21 (2): 215-7. (高口 大1, 西 盛宏1, 佐藤威文1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

310025. [症例報告] Multidisciplinary treatment including systemic chemotherapy for a malignant phyllodes tumour of the prostate. Murakami Y1, Tabata K1, Sugita A1, Mochizuki K1, Maeyama R1, Okazaki M, Nishi M1, Matsumoto K1, Fujita T1, Satoh T1, Jiang SX2, Saegusa M2, Iwamura M1: Canadian Urological Association Journal 2014/3; 8 (3-4): E263-5. (村上泰清1, 田畑健一1, 杉田 敦1, 望月康平1, 前山良太1, 西 盛宏1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 蒋 世旭2, 三枝 信2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2病理)

310026. [症例報告] Neurofibroma of the penis due to neurofibromatosis type 1: von Recklinghausen's disease. Hirayama T1, Matsumoto K1, Minami S, Nagi S1, Iwamura M1: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 104-6. (平山貴博1, 松本和将1, 名木渉人1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

320038. [症例報告] 内反型膀胱癌の1例. 杉田佳子, 石川 弥1, 平井祥司, 丸 典夫, 杉田 敦1, 西 盛宏1, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 泌尿器科紀要 2013/4; 59 (4): 243-6.

320039. [症例報告] 造設16年目のIndiana pouch内に偶発的に大腸腺癌が認められた1例. 杉田佳子, 石川 弥1, 平井祥司, 丸 典夫, 杉田 敦1, 西 盛宏1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器科紀要 2013/8; 59 (8): 531-4.

320040. [症例報告] 生体腎移植の術後管理に苦慮した1例. 川村瑞穂1, 石井大輔1, 前山良太1, 立花貴史1, 若田部陽司1, 杉田 敦1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 医薬の門 2013/11; 53 (5): 79. (第9回臓器不全患者に対する外科・管理研究会 (COSMOF))

320041. [症例報告] 巨大前立腺肥大症に対しHoLEP (Holmium Laser Enucleation of the Prostate) を施行した1例. 杉田佳子, 設楽敏也, 久保星一, 杉田 敦1, 志村 哲, 若田部陽司1, 土橋正人1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器外科 2013/12; 26 (12): 1841-5.

320042. [症例報告] 超音波検査により早期診断・治療が可能であった気腫性膀胱炎の1例. 平野修平1, 入江 啓, 嶺井定嗣1, 石井淳一郎1, 高嶋力弥, 高橋裕一郎, 門脇和臣 (1泌尿器): 泌尿器外科 2013/12; 26 (12): 1829-32.

520017. [総説] 高齢mCRPC患者に対する治療ストラテジー. 佐藤威文 (泌尿器): 第39回尿路悪性腫瘍研究会記録 2013/4; 39: 49-54.

520018. [総説] 腎細胞癌の分子機構と分子標的薬治療. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 北里医学 2013/6; 43 (1): 23-30.

520019. [総説] 前立腺癌に対する新たな骨転移治療戦略: PalliativeからBone-Targeted Therapyへ. 佐藤威文 (泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会記録集 2013/7; p.6-7.

520020. [総説] 低侵襲性治療の伝統と腹腔鏡手術への取り組み. 岩村正嗣 (泌尿器): Corre Pon Urology 2013/11; 2: 9-11.

520021. [総説] Office Urologyにおける去勢抵抗性前立腺癌 (CRPC) 治療: その発展と課題. 佐藤威文 (泌尿器): 日本臨床泌尿器科医会神奈川支部会報 2014/1; 19: 5.

522165. [講座]【ワークショップ: 腎移植長期生着のための戦略】腎移植周術期の要因. 吉田一成1, 石井大輔1, 竹内康雄2, 野口文乃3, 池田成江1, 若井陽希1 (1泌尿器, 2腎臓内, 3看護部): 泌尿器外科 2013/5; 26 (臨時増刊): 671-4.

522166. [講座]【特集2: アップデートシリーズ 前立腺がんの治療】<2> 手術療法. 佐藤威文 (泌尿器): 泌尿器ケア 2013/6; 18 (6): 77-80.

522167. [講座]【特集2: 連載“長期成績”−IX. Brachytherapy−】治療後のPSAの変動. 津村秀康1, 佐藤威文1, 石山博條2, 田畑健一1, 川上正悟2, 小谷承子2, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): Japanese Journal of Endourology 2013/9; 26 (2): 171-5.

522168. [講座]【特集3: 腎盂形成術】腹腔鏡下腎盂形成術: 経腹膜アプローチ. 岩村正嗣1, 西 盛宏1 (1泌尿器): Japanese Journal of Endourology 2013/9; 26 (2): 222-7.

522169. [講座]【特集: 若年者で話題の射精障害】前立腺肥大症に対するレーザー手術と術後射精障害. 設楽敏也, 石川隆太, 平山貴博1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器外科 2013/9; 26 (9): 1379-84.

522170. [講座]【特集: 腎移植治療の最前線】腎移植ドナー手術 (献腎ドナー)−献腎採取 (摘出) 術−. 吉田一成1, 石井大輔1 (1泌尿器): 泌尿器外科 2013/11; 26 (11): 1621-8.

522171. [講座]【特集: 泌尿器系癌治療の最前線】前立腺放射線治療の最前線. 佐藤威文1, 石山博條2, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 細胞 2013/12; 45 (14): 662-6.

522172. [講座]【特集: 前立腺癌の診断および手術におけるupdate】腹腔鏡下前立腺全摘除術のコツ. 田畑健一1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器外科 2014/3; 27 (3): 311-5.

522173. [講座]【連載: 腎不全医療における栄養管理の基礎知識】体重「標準体重/ドライウェイト/通常時体重/健常時体重/至適体重」. 兵藤 透, 川上純子, 三上憲子, 吉田一成1 (1泌尿器): 臨牀透析 2014/3; 30 (3): 345-9.

540030. [その他 (会議録)] 前立腺癌に対する新規PET画像診断: synthetic amino acid analogue anti-F18FACBCの検討. 佐藤威文1, 浅野雄二2, 井上優介2, 田畑健一1, 原 敏将2, 松本和将1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 工藤しとみ, 熊谷雄二3, 早川和重4, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線 (画像), 3臨床研究・企画, 4放射線 (腫瘍)): 泌尿器外科 2013/5; 26(臨時増刊): 708.

540031. [その他 (会議録)] 前立腺癌放射線治療後の再発診断におけるMRI拡散強調画像の有用性: テンプレートガイド下3次元マッピング生検との比較. 山田泰史1, 佐藤威文1, 原 敏将2, 田畑健一1, 坂本聡子2, ウッドハムス玲子2, 藤田哲夫1, 松本和将1, 石山博條3, 早川和重3, 井上優介2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線 (画像), 3放射線 (腫瘍)): 泌尿器外科 2013/5; 26(臨時増刊): 708.

540032. [その他 (会議録)] 超ハイリスク前立腺癌に対する内分泌療法・外照射併用によるHDR brachytherapyの治療成績. 溝口秀之1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 池田勝臣1, 大草 洋1, 山下英之1, 藤田哲夫1, 石山博條2, 北野雅史, 早田 格2, 早川和重2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 泌尿器外科 2013/5; 26(臨時増刊): 730.

540033. [その他] 傍腎盂のう胞. 岩村正嗣 (泌尿器): ドクターサロン 2013/6; 57 (7): 33-6.

540034. [その他] 北里腎移植講演会 (LOOKING BACK&FUTURE)−北里大学病院腎移植500例達成を記念して−. 吉田一成 (泌尿器): 北里大学病院ニュース 2013/7; 486: 3.

540035. [その他] ついにda Vinci君がやってきます! 岩村正嗣 (泌尿器): 北里大学病院ニュース 2013/8; 487: 4-5.

540036. [その他] 巻頭言 ノンテクニカルスキルとリスク回避. 岩村正嗣 (泌尿器): 日本臨床泌尿器科医会神奈川支部会報 2013/8; 18: 1.

540037. [その他] 前立腺がん骨転移. 佐藤威文 (泌尿器): 日刊ゲンダイ 2013/9; p.15.

540038. [その他] 泌尿器科と腎移植. 岩村正嗣 (泌尿器): 腎移植懇談会15周年記念誌 2013/12; p.4.

540039. [その他] 第15回腎移植懇談会に寄せて. 石井大輔 (泌尿器): 腎移植懇談会15周年記念誌 2013/12; p.6.

540040. [その他] 第15回北里腎移植懇談会 (北里移植セミナー) 開催によせて. 吉田一成 (泌尿器): 腎移植懇談会15周年記念誌 2013/12; p.5.

540041. [その他] デノスマブの適正使用について. 佐藤威文 (泌尿器): 前立腺癌におけるBONE Health−デノスマブ療法の意義− 2014/3; p.6.

540042. [その他] 骨密度・骨代謝マーカー測定の有用性. 佐藤威文 (泌尿器): 前立腺癌におけるBONE Health−デノスマブ療法の意義− 2014/3; p.3.

[著 書]

620110. [学術書] (分担執筆)【泌尿器科診療 ベストNAVI (臨床泌尿器科 74 (増刊号))】II 疾患・病態の診療 5 腎疾患 ・その他の腎疾患 移植腎拒絶反応, p.217-9. 石井大輔1, 吉田一成1 (1泌尿器), 医学書院, 東京, 2013/4発行.

620111. [学術書] (分担執筆)【泌尿器科診療 ベストNAVI (臨床泌尿器科 74 (増刊号))】II 疾患・病態の診療 5 腎疾患 ・その他の腎疾患 慢性移植腎症 (CAN:chronic allograft nephropathy) p.220-1. 石井大輔1, 吉田一成1 (1泌尿器), 医学書院, 東京, 2013/4発行.

620112. [学術書] (分担執筆)【腎疾患治療薬マニュアル2013-14 (腎と透析 74 (増刊号))】[腎移植] 1) 腎移植に使用される薬剤 アザチオプリン, p.731-4. 吉田一成1, 石井大輔1 (1泌尿器), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620113. [学術書] (分担執筆)【実践的泌尿器腫瘍病理診断−カンファレンス形式で学ぶ】I 症例と病理カンファレンス編 C 前立腺癌CPC 症例3 放射線治療後の前立腺生検の意義について, p.122-8. 佐藤威文1, 柳澤信之2 (1泌尿器, 2病理), 編: 筧 善行, 賀本敏行, 中山書店, 東京, 2013/4発行.

620114. [学術書] (分担執筆)【ベッドサイド泌尿器科学 (改訂第4版)】VIII章 前立腺肥大症 前立腺肥大症の治療 (2): 外科的治療, p.437-48. 岩村正嗣 (泌尿器), 監修: 吉田 修, 編: 小川 修, 岡田裕作, 荒井陽一, 寺地敏郎, 松田公志, 筧 善行, 羽渕友則, 南江堂, 東京, 2013/5発行.

620115. [学術書] (分担執筆)【新版 前立腺癌放射線治療のすべて−リスク別アプローチから合併症対策まで− (臨床放射線58巻別冊)】各論 VI. 緩和治療および再燃後の治療 5. 放射線治療後の再発 救済ホルモン療法 (介入の時期など), p.333-41. 佐藤威文 (泌尿器), 編: 青木 学, 秋元哲夫, 溝脇尚志, 中村和正, 金原出版, 東京, 2013/10発行.

620116. [学術書] (分担執筆)【新版 泌尿器科周術期管理のすべて】III 腹腔鏡手術・内視鏡補助下手術 腹腔鏡下腎盂形成術, p.172-80. 岩村正嗣1, 西 盛宏1 (1泌尿器), 編: 荒井陽一, 松田公志, 高橋 悟, メジカルビュー社, 東京, 2013/12発行.

[学会・研究会等]

711006. [学会 (国際)] (特別講演) Laparoscopic radical nephrectomy: points of technique. Iwamura M1: ADVANCED COURSE IN LAPAROSCOPIC UROLOGICAL SURGERY (2013/8/26), Taiwan. (岩村正嗣1: 1泌尿器)

711007. [学会 (国際)] (特別講演) Approach of the upper urinary system. Piechaud T, Abbou CC, Mandron E, Van Velthoven R, Egawa S, Iwamura M1, Ou YC, Tsai YC: ADVANCED COURSE IN LAPAROSCOPIC UROLOGICAL SURGERY (2013/8/26), Taiwan. (岩村正嗣1: 1泌尿器)

711008. [学会 (国際)] (特別講演) Approach of the lower urinary system. Piechaud T, Abbou CC, Mandron E, Van Velthoven R, Egawa S, Iwamura M1, Ou YC, Tsai YC: ADVANCED COURSE IN LAPAROSCOPIC UROLOGICAL SURGERY (2013/8/27), Taiwan. (岩村正嗣1: 1泌尿器)

711009. [学会 (国際)] (特別講演) Practice of previously performed procedures. Abbou CC, Mandron E, Van Velthoven R, Egawa S, Iwamura M1, Ou YC, Tsai YC: ADVANCED COURSE IN LAPAROSCOPIC UROLOGICAL SURGERY (2013/8/28), Taiwan. (岩村正嗣1: 1泌尿器)

712027. [学会 (国際)] (招待講演等) Current Status in the Event of Unexpected Early Death within Months after I-125 Implantation in Japan. Satoh T1: International Symposium on 10th Anniversary of Permanent Prostate Brachytherapy in Japan (2014/1/17), Tokyo. (佐藤威文1: 1泌尿器)

713149. [学会 (国際)] (ポスター) Prognostic impact of C-reactive protein kinetics for advanced renal cell carcinoma treated with sunitinib. Fujita T1, Iwamura M1, Hirayama T1, Ishii D1, Tabata K1, Matsumoto K1, Yoshida K1: 108th Annual Meeting American Urological Association (2013/5/7), San Diego, USA. (藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 平山貴博1, 石井大輔1, 田畑健一1, 松本和将1, 吉田一成1: 1泌尿器)

713150. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Anti-CD20 Antibody Therapy for Antibody-Mediated Rejection of Renal Allografts in a Mouse Model. Abe T, Ishii D1, Fan R, Su C, Iida S, Baldwim。 W, Nonomura N, Takahara S, Fairchild R: 2013American Transplant Congress (2013/5/21), Seattle, USA. (石井大輔1: 1泌尿器)

713151. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical analysis of pediatric kidney transplantation for 30 years-single center experience-. Ishii D1, Yoshida K1, Maeyama R1, Ikeda M1, Iwamura M1: 7th Congress of the International Pediatric Transplantation Association (2013/7/13), Warsaw, Poland. (石井大輔1, 吉田一成1, 前山良太1, 池田成江1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

713152. [学会 (国際)] (ポスター) A Case of Legionella Pneumonia after Renal Transplant. Ishii D1, Yoshida K1, Koguchi D1, Wakatabe Y1, Maeyama R1, Sugita A1, Wakai H1, Takeuchi Y2, Noguchi F3, Ikeda M1, Iwamura M1: The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation (2013/9/5), Kyoto. (石井大輔1, 吉田一成1, 高口 大1, 若田部陽司1, 前山良太1, 杉田 敦1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 野口文乃3, 池田成江1, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2腎臓内, 3看護部)

713153. [学会 (国際)] (ポスター) Checks and Supports for the Patients who are at High-Risk Due to Long-term Waiting for Renal Transplantation. Ikeda M1, Ishii D1, Maeyama R1, Sugita A1, Wakatabe Y1, Takeuchi Y2, Yamamoto K, Arakawa N, Noguchi F3, Ashikari J, Yoshida K1, Iwamura M1: The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation (2013/9/5), Kyoto. (池田成江1, 石井大輔1, 前山良太1, 杉田 敦1, 若田部陽司1, 竹内康雄2, 野口文乃3, 吉田一成1, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2腎臓内, 3看護部)

713154. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) MULTI-CENTRAL DE NOVO REGIMEN OF EVR AND TAC-ER FOR RENAL TRANSPLANTATION IN JAPAN. Chikaraishi T, Ishii D1, Marui Y, Nakamura M, Shibagaki Y, Suzuki H, Teranishi J, Wakatabe Y1, Yamamoto H, Yoshida K1: 16TH CONGRESS OF THE EUROPEAN SOCIETY FOR ORGAN TRANSPLANTATION (2013/9/8), Vienna, Austria. (石井大輔1, 若田部陽司1, 吉田一成1: 1泌尿器)

713155. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) THE MULTI-CENTRAL COMMON IMMUNOSUPPRESSIVE REGIMEN WITH EVEROLIMUS AND TAC FOR RENAL GRAFT. Arakawa N, Ashikari J, Wakai H1, Ikeda M1, iIshii D1, Iwamura M1, Maeyama R1, Noguchi F2, Sugita A1, Takeuchi Y3, Wakatabe Y1, Yamamoto K, Yoshida K1: 16TH CONGRESS OF THE EUROPEAN SOCIETY FOR ORGAN TRANSPLANTATION (2013/9/8), Vienna, Austria. (若井陽希1, 池田成江1, 石井大輔1, 岩村正嗣1, 前山良太1, 野口文乃2, 杉田 敦1, 竹内康雄3, 若田部陽司1, 吉田一成1: 1泌尿器, 2看護部, 3腎臓内)

713156. [学会 (国際)] (ポスター) Laparoscopic nephroureterectomy is safe and flexible modality in patients with upper tract urothelial carcinoma irrespective of body mass index. Hirayama T1, Matsumoto K1, Nishi M1, Tabata K1, Ishii D1, Fujita T1, Yoshida K1, Iwamura M1: 31st World Congress of Endourology & SWL (2013/10/24), New Orleans, USA. (平山貴博1, 松本和将1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

713157. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Laparoscopic ureterovesicostomy is a safe and effective procedure using intravesical or extravesical approach in patients with megaureter due to ureterovesical junction obstruction. Koguchi D1, Nishi M1, Matsumoto K1, Hirayama T1, Oyama T1, Fujita T1, Yoshida K1, Iwamura M1: 31st World Congress of Endourology & SWL (2013/10/25), New Orleans, USA. (高口 大1, 西 盛宏1, 松本和将1, 平山貴博1, 大山哲平1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

713158. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) PSA surge in patients with castration-resistant prostate cancer receiving docetaxel. Tabata K1, Satoh T1, Tsumura H1, Ishii D1, Nishi M1, Hirayama T1, Matsumoto K1, Fujita T1, Yoshida K1, Iwamura M1: 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (2014/3/21), Okinawa. (田畑健一1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 石井大輔1, 西 盛宏1, 平山貴博1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

722144. [学会 (全国)] (卒後教育プログラム) 進行性前立腺がんの治療. 鈴木和浩, 西村和郎, 佐藤威文1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌.

722145. [学会 (全国)] (教育セミナー) 前立腺癌密封小線源療法の歩みと今後の方向性. 佐藤威文 (泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 166.

722146. [学会 (全国)] (サテライトセミナー) 前立腺癌に対する新たな骨転移治療戦略: PalliativeからBone-Targeted Therapyへ. 佐藤威文 (泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 170.

722147. [学会 (全国)] (卒後教育プログラム) 泌尿器腹腔鏡手術の基本手技. 寺地敏郎, 羽渕友則, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌.

722148. [学会 (全国)] (教育セミナー) 腎手術における腹腔鏡手術のイ・ロ・ハ. 岩村正嗣 (泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 167.

722149. [学会 (全国)] (招待講演等) 献腎移植の術式とその注意点. 吉田一成1, 石井大輔1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/28), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2) :84.

722150. [学会 (全国)] (招待講演等) 小児の腹腔鏡手術: 留意すべきこと, 不測の事態での対処. 西 盛宏1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/7), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 147.

722151. [学会 (全国)] (教育プログラム) 腹腔鏡下腎摘除・副腎摘除術における技術認定制度からみた推奨できる・できない手技. 羽渕友則, 岩村正嗣1, 川端 岳 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/7), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 205.

722152. [学会 (全国)] (ディベート) ハイリスク前立腺癌の治療 放射線治療. 佐藤威文 (泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/9), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 141.

722153. [学会 (全国)] (ワークショップ) 腹腔鏡下腎盂形成術: 経腹膜的到達法の手術手技. 岩村正嗣1, 西 盛宏1 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/9), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 210.

722154. [学会 (全国)] (招待講演等) 泌尿器腹腔鏡手術におけるノンテクニカルスキルとリスク回避. 岩村正嗣 (泌尿器): 第8回医療の質・安全学会学術集会 (2013/11/24), 東京.

722155. [学会 (全国)] (招待講演等) マイクロ波組織凝固装置を用いた無阻血腹腔鏡下腎部分切除術術後の腎機能. 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/29), 福岡, 日鏡外会誌 2013; 18 (6): 290.

722156. [学会 (全国)] (招待講演等) 腹腔鏡下前立腺全摘除術のエビデンスを問う: 制癌効果. 田畑健一1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/30), 福岡, 日鏡外会誌 2013; 18 (6): 293.

722157. [学会 (全国)] (教育セミナー) 献腎移植におけるマージナルドナー・ハイリスクレピシエントの問題点. 吉田一成 (泌尿器): 第47回日本臨床腎移植学会 (2014/3/14), 奈良.

723609. [学会 (全国)] (ポスター) Herpes Simplex Virus-thymidine Kinase遺伝子治療におけるサロゲートマーカーの探索. 前山良太1, 佐藤威文1, 久保 誠, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 清水ユリ子, 伊藤一郎, 小幡文弥, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 178.

723610. [学会 (全国)] (ポスター) 骨転移前立腺癌に対するデノスマブ投与: 低カルシウム血症の検討. 高口 大1, 佐藤威文1, 丸 典夫, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 大山哲平1, 津村秀康1, 若田部陽司1, 石川 弥1, 平井祥司, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 203.

723611. [学会 (全国)] (ポスター) 間質性肺炎後もエベロリムスの投与継続によってSDを維持している転移性腎細胞癌の1症例. 土田繭美1, 須山一穂, 庄司清志, 坪井俊樹 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 277.

723612. [学会 (全国)] (ポスター) HoLEPにおける性機能と射精の変化に関する検討. 石川隆太, 設楽敏也, 若田部陽司1, 久保星一, 平山貴博1, 杉田佳子, 藤田哲夫1, 土橋正人1, 岩村正嗣1, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 287.

723613. [学会 (全国)] (ポスター) 巨大前立腺肥大症に対しHoLEP (Holmium Laser Enucleation of the Prostate) を施行した一例. 杉田佳子, 設楽敏也, 久保星一, 杉田 敦1, 志村 哲, 若田部陽司1, 土橋正人1, 平山貴博1, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 287.

723614. [学会 (全国)] (ポスター) 筋層浸潤性膀胱癌の予後に影響を及ぼす因子の検討. 西 盛宏1, 松本和将1, 前山良太1, 若田部陽司1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 289.

723615. [学会 (全国)] (ポスター) 腎尿管全摘除術・膀胱部分切除術での術式による臨床所見の比較検討. 平山貴博1, 松本和将1, 池田勝臣1, 黒坂眞二1, 石井大輔1, 勝田真行, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 297.

723616. [学会 (全国)] (ポスター) Intraoperatively built custom linked seedsを用いたヨウ素125永久挿入密封小線源療法: 初期治療経験. 津村秀康1, 佐藤威文1, 石山博條2, 川上正悟2, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 小谷承子2, 上前峰子3, 平山貴博1, 若田部陽司1, 吉田一成1, 早川和重2 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍), 3放射線部): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 306.

723617. [学会 (全国)] (ポスター) 超ハイリスク前立腺癌に対する内分泌療法・外照射併用によるHDR brachytherapyの治療成績. 黒坂眞二1, 佐藤威文1, 石山博條2, 田畑健一1, 池田勝臣1, 大草 洋1, 山下英之1, 北野雅史, 小谷承子2, 早川和重2, 吉田一成1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/25), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 308.

723618. [学会 (全国)] (一般演題・ビデオ) 水尿管症を伴う尿管膀胱移行部狭窄に対する経膀胱的膀胱内および経腹膜的膀胱外到達法による腹腔鏡下尿管膀胱新吻合術. 岩村正嗣1, 西 盛宏1, 大山哲平1, 高口 大1, 前山良太1, 高田治子1, 南田 諭1, 黒坂眞二1, 松田大介1, 田畑健一1, 溝口秀行, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 273.

723619. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下根治的腎摘除術における手術時間に影響を及ぼす因子の検討. 川村瑞穂1, 藤田哲夫1, 大山哲平1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 321.

723620. [学会 (全国)] (ポスター) 虎の門病院での腹腔鏡下手術の現状と成績. 岡根谷利一1, 細田千尋, 上垣内崇行, 黒澤和宏, 池田勝臣1, 宮川仁平, 藤井陽一 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 323.

723621. [学会 (全国)] (ポスター) 低たんぱく食事療法施行中および透析施行中の糖尿病性腎症患者に対する応用カーボカウントの試み. 兵藤 透, 川上純子, 三上憲子, 石井大輔1, 若井陽希1, 倉田康久, 飛田美穂, 吉田一成1, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 326.

723622. [学会 (全国)] (ポスター) 維持透析患者の前立腺癌に対する密封小線源療法の検討. 石井大輔1, 佐藤威文1, 石山博條2, 大山哲平1, 高口 大1, 前山良太1, 若田部陽司1, 田畑健一1, 吉田一成1, 早川和重2 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 326.

723623. [学会 (全国)] (ポスター) 透析施行中の糖尿病性腎症患者へのシンプル基礎カーボカウントの試み. 兵藤 透, 川上純子, 三上憲子, 若井陽希1, 倉田康久, 飛田美穂, 石井大輔1, 吉田一成1, 遠藤忠雄, 馬場志郎1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 326.

723624. [学会 (全国)] (ポスター) 腎移植における骨密度および骨代謝マーカーの検討. 高橋 亮1, 石井大輔1, 前山良太1, 若田部陽司1, 竹内康雄2, 若井陽希1, 野口文乃3, 真下節夫, 遠藤忠雄, 吉田一成1 (1泌尿器, 2腎臓内, 3看護部): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 331.

723625. [学会 (全国)] (ポスター) 進行性腎細胞癌に対するスチニチブ治療におけるCRP値推移の検討. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 若田部陽司1, 石井大輔1, 松本和将1, 須山一穂, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 336.

723626. [学会 (全国)] (ポスター) TUR-Btにおける筋弛緩モニターを用いた内転筋収縮の確認の試み. 大草 洋1, 小林健太郎1, 伊藤秀基, 村上泰清1, 藤城貴教, 水原敬洋, 橋本光三, 宇都宮拓治 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 343.

723627. [学会 (全国)] (ポスター) 膀胱原発炎症性筋線維芽細胞性腫瘍における免疫組織化学的染色の有用性について. 望月康平1, 松本和将1, 黒坂眞二1, 入江 啓1, 西 盛宏1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 高橋裕一郎, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 347.

723628. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における前立腺生検に関する問題点やDPCと出来高とのコスト面の分析. 奥野紀彦, 津村秀康1, 本田直康 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 356.

723629. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における経直腸的前立腺針生検の臨床的検討. 石井淳一郎1, 平野修平1, 嶺井定嗣1, 望月康平1, 大山哲平1, 若田部陽司1, 村上泰清1, 土橋正人1, 門脇和臣, 高橋裕一郎, 高嶋力弥, 松田大介1, 入江 啓1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/26), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 361.

723630. [学会 (全国)] (ポスター) 経直腸的前立腺生検前における予防的硫酸アミカシン投与の臨床的検討. 金子志保, 佐藤威文1, 南田 諭1, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 高橋 亮1, 前山良太1, 若田部陽司1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 岡崎美代子, 矢後和夫2, 馬場志郎1 (1泌尿器, 2薬剤部): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/27), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 236.

723631. [学会 (全国)] (ポスター) 筋層非浸潤性膀胱癌に対する2週間維持療法を用いたBCG膀胱内注入療法の再発予防効果. 松本和将1, 平山貴博1, 池田勝臣1, 石井大輔1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 入江 啓1, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/27), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 393.

723632. [学会 (全国)] (ポスター) 局所浸潤性膀胱癌に対する治療成績−根治的膀胱全摘除術 vs MVAC併用化学放射線療法−. 池田勝臣1, 松本和将1, 平山貴博1, 入江 啓1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 石山博條2, 岡根谷利一, 早川和重2, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/27), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 397.

723633. [学会 (全国)] (ポスター) 膿腎症, 腎膿瘍を契機に手術を施行し, 術後病理にて悪性腫瘍を認めた3症例. 萩原正博1, 南田 諭1, 田岡佳憲, 青 輝昭 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/27), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 401.

723634. [学会 (全国)] (ポスター) ドセタキセル抵抗性前立腺癌に対するエストラムスチンの治療成績. 田畑健一1, 佐藤威文1, 黒坂眞二1, 大山哲平1, 高口 大1, 川村瑞穂1, 望月康平1, 岩村正嗣1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/27), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 404.

723635. [学会 (全国)] (ポスター) 腎移植術後21年目の移植尿管狭窄症の経験. 村上理子1, 石井大輔1, 立花貴史1, 高口 大1, 若田部陽司1, 前山良太1, 若井陽希1, 高橋 亮1, 遠藤忠雄, 吉田一成1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/28), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 246.

723636. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下腎部分切除術における術後腎機能評価. 若田部陽司1, 藤田哲夫1, 前山良太1, 西 盛宏1, 黒坂眞二1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/28), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 437.

723637. [学会 (全国)] (ポスター) 下大静脈内腫瘍塞栓を伴う腎細胞癌における腎静脈先行切断術式. 立花貴史1, 藤田哲夫1, 村上理子1, 金子志保, 前山良太1, 南田 諭1, 葛西 勲, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/28), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 438.

723638. [学会 (全国)] (ポスター) 腎癌術後肺転移症例に対するVATSの治療成績. 黒澤和宏, 藤井陽一, 宮川仁平, 池田勝臣1, 上垣内崇行, 細田千尋, 村田浩克, 藤森 賢, 河野 匡, 岡根谷利一 (1泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/28), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 438.

723639. [学会 (全国)] (ポスター) 転移性副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘除術の検討. 平山貴博1, 藤田哲夫1, 高口 大1, 西 盛宏1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 田畑健一1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第25回日本内分泌外科学会総会 (2013/5/24), 山形.

723640. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 透析液流量 (QD) を変化させたときの溶質除去の影響. 浦辺俊一郎, 細野高志, 平山智彦, 橋本亘生, 檜山英巳, 石井大輔1, 兵藤 透, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/21), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 487.

723641. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 在宅血液透析における災害対策についての取り組み. 竹田千秋, 若井陽希1, 川畑 勝, 阿部奈津美, 山中里佳, 兵藤 透, 吉田一成1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/21), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 493.

723642. [学会 (全国)] (ポスター) 当院のフットチェックの現状. 花田秀子, 小原留美, 高橋浩雄, 鈴木 大, 角田隆俊, 高橋 亮1, 石井大輔1, 吉田一成1, 高橋裕一郎 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/21), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 748.

723643. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 炭酸カルシウム中止, 炭酸ランタン導入でのビタミンD3製剤増量効果. 兵藤 透, 若井陽希1, 志村 哲, 前山良太1, 若田部陽司1, 竹川勝治, 石井大輔1, 飛田美穂, 倉田康久, 吉田一成1, 内田豊昭, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 519.

723644. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 在宅血液透析患者・施設間の緊急通報体制確立に向けた取り組み. 若井陽希1, 川畑 勝, 阿部奈津美, 山中里佳, 兵藤 透, 吉田一成1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 526.

723645. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) インスリン療法中の低たんぱく食事療法および透析施行中の糖尿病性腎症患者に応用カーボカウントを導入した2症例. 三上憲子, 川上純子, 岡美智代, 兵藤 透, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 555.

723646. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 透析施行中の2型糖尿病患者への基礎カーボカウントの導入. 三上憲子, 川上純子, 岡美智代, 兵藤 透, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 555.

723647. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) OnlineHDFの条件を変更したことで頭痛改善した3症例. 平山智彦, 細野高志, 浦辺俊一郎, 橋本亘生, 檜山英巳, 石井大輔1, 兵藤 透, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 574.

723648. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) OnlineHDFは腎性貧血の改善に寄与するか. 平山智彦, 細野高志, 浦辺俊一郎, 橋本亘生, 檜山英巳, 石井大輔1, 兵藤 透, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 574.

723649. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) EQ-5Dを用いたOn-line HDF対象患者の選択の検討. 浦辺俊一郎, 細野高志, 平山智彦, 橋本亘生, 檜山英巳, 石井大輔1, 兵藤 透, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 575.

723650. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 低Alb血症の長期透析患者にはHDF治療は避けるべきか? 山内芙美, 細谷広海, 鎌田けい子, 安田美香, 佐々木千秋, 猿渡洋美, 谷木博子, 長谷部亜希子, 斎藤 毅, 櫻井健治, 石井大輔1, 佐藤威文1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 576.

723651. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外国人旅行透析患者の受け入れ体制整備についての取り組み. 山中里佳, 若井陽希1, 多賀谷美佐子, 渡邉友子, 竹田千秋, 兵藤 透, 吉田一成1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 595.

723652. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における腎移植後内シャント閉鎖についての検討. 若田部陽司1, 石井大輔1, 前山良太1, 杉田 敦1, 若井陽希1, 藤田哲夫1, 竹内康雄2, 吉田一成1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/22), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 837.

723653. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 血液透析患者における栄養管理のためのリンの出納の検討. 兵藤 透, 三上憲子, 川上純子, 飛田美穂, 倉田康久, 杉田 敦1, 石井大輔1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 679.

723654. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢透析患者の食事療法〜患者を支える家族とのかかわり〜. 北島幸枝, 兵藤 透, 吉田一成1, 若井陽希1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 934.

723655. [学会 (全国)] (ポスター) 長期透析患者に対する献腎移植の臨床的検討. 石井大輔1, 吉田一成1, 大山哲平1, 高口 大1, 前山良太1, 若田部陽司1, 杉田 敦1, 山田泰史1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 950.

723656. [学会 (全国)] (ポスター) 腎移植における骨密度および骨代謝マーカーの検討. 高橋 亮1, 石井大輔1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 吉田一成1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 952.

723657. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺肥大症に対しホルミウム・レーザー前立腺核出術 (HoLEP) を施行した血液透析患者の一例. 杉田佳子, 設楽敏也, 久保星一, 佐藤直之, 大谷寛之, 伊原玄英, 六角 周, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 吉田一成1 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 1021.

723658. [学会 (全国)] (ポスター) 治療に難渋した透析患者に発症した前立腺膿瘍の一例. 前山良太1, 石井大輔1, 若田部陽司1, 杉田 敦1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 1022.

723659. [学会 (全国)] (ポスター) 長期療養型入院施設における透析患者と通院透析患者への複数評価法を用いた栄養評価とADLの検討. 川上純子, 兵藤 透, 三上憲子, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久 (1泌尿器): 第58回日本透析医学会学術集会・総会 (2013/6/23), 福岡, 透析会誌 2013; 46 (Suppl 1): 1029.

723660. [学会 (全国)] (ポスター) 機能的単腎症幼児に発生した腎結石に対するf-TULの経験. 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第22回日本小児泌尿器科学会総会 (2013/7/11), 東京, 日本小児泌尿器科学会雑誌 2013; 22 (2): 115.

723661. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 現在の標準技術における血液透析患者でのリンの出納の検討: 適切な食事指導をおこなうために. 兵藤 透, 三上憲子, 石井大輔1, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久, 川上純子 (1泌尿器): 第1回日本腎不全栄養研究会学術集会・総会 (2013/7/21), 横浜.

723662. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 糖尿病血液透析患者に対する基礎カーボカウントの効果. 三上憲子, 兵藤 透, 石井大輔1, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 飛田美穂, 倉田康久, 川上純子 (1泌尿器): 第1回日本腎不全栄養研究会学術集会・総会 (2013/7/21), 横浜.

723663. [学会 (全国)] (ポスター) 神奈川県移植施設共通EVRレジメン: de novo症例の検討. 白井博之, 柴垣有吾, 力石辰也, 寺西淳一, 徳本直彦, 冨川伸二, 中村道郎, 丸井祐二, 山本裕康, 吉田一成1 (1泌尿器): 第49回日本移植学会総会 (2013/9/6), 京都, 移植 2013; 48 (総会臨時): 345.

723664. [学会 (全国)] (ポスター) 腎移植後の重症呼吸器合併症例の検討. 高口 大1, 石井大輔1, 吉田一成1, 大山哲平1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 野口文乃3, 池田成江1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内, 3看護部): 第49回日本移植学会総会 (2013/9/6), 京都, 移植 2013; 48 (総会臨時): 346.

723665. [学会 (全国)] (ポスター) 生体腎移植後レジオネラ肺炎の1症例. 石井大輔1, 吉田一成1, 高口 大1, 大山哲平1, 若田部陽司1, 平山貴博1, 野口文乃2, 池田成江1, 遠藤忠雄, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2看護部): 第49回日本移植学会総会 (2013/9/6), 京都, 移植 2013; 48 (総会臨時): 431.

723666. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎移植後の再導入に腹膜透析を選択した症例の臨床的検討. 高橋 亮1, 石井大輔1, 若井陽希1, 野口文乃2, 竹内康雄3, 遠藤忠雄, 吉田一成1 (1泌尿器, 2看護部, 3腎臓内): 第19回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 (2013/9/28), 大阪.

723667. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌に対するドセタキセル療法のPSA surge現象に関する検討. 田畑健一1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 平山貴博1, 高口 大1, 大山哲平1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都, 日癌治 2013; 48 (3): 1090.

723668. [学会 (全国)] (ポスター) 局所浸潤性膀胱癌に対する根治的膀胱全摘除術とMVAC併用化学放射線療法の比較検討. 池田勝臣1, 松本和将1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 石山博條2, 岡根谷利一, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都, 日癌治 2013/9; 48 (3): 2473.

723669. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 密封小線源療法におけるIBCL seedsとloose seedsの比較検討. 津村秀康1, 佐藤威文1, 石山博條2, 川上正悟2, 田畑健一1, 高口 大1, 小谷承子2, 上前峰子3, 平山貴博1, 吉田一成1, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍), 3放射線部): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都, 日癌治 2013/9; 48 (3): 2935.

723670. [学会 (全国)] (ポスター) 進行性腎細胞癌に対するスニチニブ治療におけるC反応性蛋白の有用性. 藤田哲夫1, 津村秀康1, 田畑健一1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都, 日癌治 2013; 48 (3): 2895.

723671. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) TUR-BTクリニカルパスのバリアンス分析とその過程でわかったこと. 森谷奈津子, 大草 洋1, 細谷菜穂美, 庄司美保, 村上泰清1, 藤城貴教, 細谷佳世, 宇都宮拓治, 古木玲子, 高野靖悟 (1泌尿器): 第14回日本クリニカルパス学会学術集会 (2013/11/1), 盛岡.

723672. [学会 (全国)] (ポスター) 褐色細胞腫に対する腹腔鏡下副腎摘除術の検討. 平山貴博1, 藤田哲夫1, 津村秀康1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/7), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 254.

723673. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術と降圧効果の検討. 細田千尋, 藤井陽一, 田畑真梨子, 池田勝臣1, 黒澤和宏, 上垣内崇行, 竹下 章, 竹内靖博, 岡根谷利一, 本間之夫 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/7), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 258.

723674. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下および開放性腎部分切除術の治療成績に関する多施設共同研究. 伊藤明宏, 岩村正嗣1, 繁田正信, 田邊一成, 松田公志, 内藤誠二, 寺地敏郎, 河内明宏, 中川 健, 荒井陽一 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/7), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 260.

723675. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下腎部分切除術におけるRENAL nephrometryスコアの検討. 藤田哲夫1, 若田部陽司1, 西 盛宏1, 松本和将1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/8), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 272.

723676. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下腎部分切除術の腎実質縫合におけるV-Locの有用性. 高口 大1, 藤田哲夫1, 大山哲平1, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/8), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 272.

723677. [学会 (全国)] (ポスター) 分腎比20%以下の水腎症に対する腹腔鏡下腎盂形成術の検討. 西 盛宏1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 平山貴博1, 津村秀康1, 佐藤威文1, 石井大輔1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/8), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 277.

723678. [学会 (全国)] (ポスター) 完全内臓逆位症例に対する後腹膜鏡補助下左腎尿管全摘除術. 岡根谷利一, 藤井陽一, 池田勝臣1, 黒澤和宏, 上垣内崇行, 田畑真梨子, 細田千尋 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/8), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 277.

723679. [学会 (全国)] (ポスター) UCSF-CAPRA, D'Amicoリスク分類による腹腔鏡下前立腺全摘除術の成績. 田畑健一1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 平山貴博1, 大山哲平1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/9), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 296.

723680. [学会 (全国)] (ポスター) 虎の門病院におけるESWLでの麻酔法の違いによる治療効果および合併症の比較. 上垣内崇行, 藤井陽一, 田畑真梨子, 池田勝臣1, 黒澤和宏, 細田千尋, 岡根谷利一 (1泌尿器): 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2013/11/9), 名古屋, Japanese Journal of Endourology 2013; 26 (3): 305.

723681. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院におけるエベロリムス追加症例の検討. 石井大輔1, 高口 大1, 大山哲平1, 若田部陽司1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 吉田一成1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第47回日本臨床腎移植学会 (2014/3/13), 奈良.

723682. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 周術期における血中TACER濃度の推移. 高口 大1, 石井大輔1, 大山哲平1, 前山良太1, 若田部陽司1, 竹内康雄2, 若井陽希1, 吉田一成1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第47回日本臨床腎移植学会 (2014/3/14), 奈良.

723683. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 地域に向けた腎移植医療情報提供の出張講演活動. 池田成江1, 石井大輔1, 吉田一成1, 黄 英茂, 高田治子1, 野口文乃2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2看護部): 第47回日本臨床腎移植学会 (2014/3/14), 奈良.

731111. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腎移植の現状. 石井大輔 (泌尿器): 腎移植講演会 (2013/5/11), 横浜.

731112. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 泌尿器科外来診療におけるデノスマブ: その導入からメインテナンスについて. 佐藤威文 (泌尿器): アストラゼネカ全国テレビ講演会 (2013/5/14), 東京.

731113. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 1000例を振り返って. 佐藤威文 (泌尿器): 北里前立腺小線源治療研究会 (2013/5/23), 相模原.

731114. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 去勢抵抗性前立腺癌 (CRPC) に対する治療戦略と課題. 佐藤威文 (泌尿器): 第3回河田町前立腺癌シンポジウム (2013/5/30), 東京.

731115. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 触知不能前立腺癌 (T1c) の再考. 佐藤威文 (泌尿器): 第124回静岡県泌尿器科医会講演会 (2013/6/15), 静岡.

731116. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 上部尿路閉塞性疾患に対する外科的治療法の位置づけ. 岩村正嗣 (泌尿器): 第117回呉泌尿器科会 (2013/6/21), 呉.

731117. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) mCRPCに対する新規アプローチ:その現状と今後の展望. 佐藤威文 (泌尿器): IPCC-Saitama 2013 (2013/6/21), さいたま.

731118. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 上部尿路通過障害に対する腹腔鏡手術の適応と有用性. 岩村正嗣 (泌尿器): 第9回徳島内視鏡泌尿器手術フォーラム (2013/6/27), 徳島.

731119. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌に対する新たな骨転移治療: 緩和から標的治療へ. 佐藤威文 (泌尿器): 福井県泌尿器科医会 (2013/6/27), 福井.

731120. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡技術認定取得に必要な凝固止血装置の知識: メカニズムと使用法. 岩村正嗣 (泌尿器): 第29回千葉泌尿器科同門会学術集会 (2013/7/6), 千葉.

731121. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡技術認定取得に必要な凝固止血装置の知識: メカニズムと使用法. 岩村正嗣 (泌尿器): 第5回山口ESWL-Endourology研究会 夏季講習会 (2013/7/7), 山口.

731122. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌に対する新たな骨転移治療: 緩和から標的治療へ. 佐藤威文 (泌尿器): 第2回東総骨転移治療を考える会 (2013/7/11), 千葉.

731123. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 上部尿路閉塞性疾患に対する, 腹腔鏡手術の位置づけ. 岩村正嗣 (泌尿器): さがみ泌尿器学術記念講演会 (2013/7/12), 相模原.

731124. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Office Urologyにおける去勢抵抗性前立腺癌 (CRPC) 治療: その発展と課題. 佐藤威文 (泌尿器): 第11回日本臨床泌尿器科医会 学術講演会 (2013/7/17), 横浜.

731125. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡手術のリスク回避:私が実践しているノンテクニカルスキル. 岩村正嗣 (泌尿器): 学術講演会〜泌尿器疾患と排尿障害を考える〜 (2013/7/19), 厚木.

731126. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腎細胞癌に対する分子標的薬治療の現状. 藤田哲夫 (泌尿器): 第4回宇都宮ウロロジーセミナー (2013/7/26), 宇都宮.

731127. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 献腎移植のためのシステム構築. 吉田一成 (泌尿器): 第7回SK腎セミナー (2013/7/30), 鎌倉.

731128. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学病院における腎移植の実際. 石井大輔 (泌尿器): 第7回SK腎セミナー (2013/7/30), 鎌倉.

731129. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腎移植における薬剤管理の重要性−免疫抑制剤・長期生着えをめざして−. 吉田一成 (泌尿器): 相模原薬学研究会 (2013/8/6), 相模原.

731130. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学病院における腎移植の実際. 石井大輔 (泌尿器): 相模原薬学研究会 (2013/8/6), 相模原.

731131. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 上部尿路通過障害に対する腹腔鏡手術. 岩村正嗣 (泌尿器): 第11回置賜泌尿器科セミナー (2013/8/9), 山形.

731132. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 上部尿路通過障害に対する腹腔鏡手術の実際. 岩村正嗣 (泌尿器): 鳥取県腹腔鏡手術手技セミナー (2013/9/6), 米子.

731133. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺疾患とその治療法. 津村秀康 (泌尿器): 第34回相模原医療薬学フォーラム (2013/9/25), 相模原.

731134. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 長期透析が腎移植に及ぼす影響. 吉田一成 (泌尿器): 第21回相模原とその周辺地区透析談話会 (2013/9/29), 相模大野.

731135. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 泌尿器科領域における腹腔鏡手術の現状と将来展望. 岩村正嗣 (泌尿器): 消化器内科学拡大教室会議 (2013/11/11), 相模原.

731136. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌に対する新たな骨転移治療−緩和から標的治療へ−. 佐藤威文 (泌尿器): 富山県泌尿器科木曜会 (2013/11/21), 富山.

731137. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 尿路悪性腫瘍におけるBone Management. 佐藤威文 (泌尿器): Denosumab symposium for Urology (2013/12/5), 東京.

731138. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 泌尿器腹腔鏡手術の現状と将来展望. 岩村正嗣 (泌尿器): Marunouchi Urology Conference (2013/12/12), 東京.

731139. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡下根治的腎摘除術の標準化を目指して. 岩村正嗣 (泌尿器): Laparoscope urology Cancer Meeting (2013/12/18), 東京.

731140. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 泌尿器科領域における腹腔鏡手術の現状と将来展望. 岩村正嗣 (泌尿器): 北里大学医学部同窓会神奈川県湘南・西湘支部 第13回学術講演会 (2014/1/25), 藤沢.

731141. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡下前立腺全摘除術のアウトカムを検討する. 岩村正嗣 (泌尿器): 第16回泌尿器癌勉強会 (2014/2/28), 東京.

731142. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 看護師が知っておきたい前立腺癌の知識. 田畑健一 (泌尿器): Sagamihara Seminar for Nurse (2014/2/28), 相模大野.

731143. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腹腔鏡下根治的腎摘除術の標準化を目指して. 岩村正嗣 (泌尿器): 第7回大分泌尿器疾患セミナー (2014/3/1), 大分.

731144. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 低リスク前立腺がんに対する放射線治療について. 佐藤威文 (泌尿器): 第5回長崎前立腺がんフォーラム (2014/3/8), 長崎.

732083. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 腫瘍核医学をいかにして活用するか〜前立腺がん〜. 佐藤威文 (泌尿器): 第32回神奈川県PET・SPECT研究会 (2013/5/18), 横浜.

732084. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 腹腔鏡下手術の安全な導入・標準化. 岩村正嗣1, 羽渕友則, 繁田正信 (1泌尿器): Professional Education Seminor 泌尿器科ビデオクリニックセミナー (2013/6/30), 東京.

732085. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 去勢抵抗性前立腺癌における集学的骨転移治療. 佐藤威文1, 田畑健一1, 津村秀康1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

732086. [学会 (地方会・研究会)] (ディスカッション) 各施設でのCAN・IF/TA検討. 吉田一成1, 相川 厚, 原田 浩, 深澤雄一郎 (1泌尿器): Kidney Transplantation Expert Meeting with Prof. Rostaing (2013/11/9), 東京.

732087. [学会 (地方会・研究会)] (市民公開講座) 前立腺がんの手術療法について. 佐藤威文 (泌尿器): 前立腺がんに立ち向かうために (2013/11/17), 東京, 朝日新聞 2013/12/14 (土); p36.

732088. [学会 (地方会・研究会)] (市民公開講座) 再燃後の治療選択肢について. 佐藤威文 (泌尿器): 前立腺がんに立ち向かうために (2013/11/17), 東京, 朝日新聞 2013/12/14 (土); p36.

732089. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 前立腺がんに立ち向かうために. 筧 善行, 鈴木和浩, 佐藤威文1 (1泌尿器): 前立腺がんに立ち向かうために (2013/11/17), 東京, 朝日新聞 2013/12/14 (土); p36.

732090. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 組織内照射. 佐藤威文1, 石山博條2, 津村秀康1, 田畑健一1, 関口茜衣2, 高橋 亮1, 小谷承子2, 北野雅史, 馬場志郎1, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第29回前立腺シンポジウム (2013/12/15), 東京.

732091. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【前立腺がん治療】Case Study. 沖原宏治, 佐藤威文1, 井川 掌 (1泌尿器): 第5回長崎前立腺がんフォーラム (2014/3/8), 長崎.

733323. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 若年性腎癌. 山田泰史1, 大川あさ子, 松田大介1, 入江 啓1, 川上達央 (1泌尿器): 第5回北里泌尿器科懇話会 (2013/4/13), 東京.

733324. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当院における腎癌の分子標的薬投与症例の検討. 村上泰清1, 大草 洋1, 藤城貴教, 宇都宮拓治 (1泌尿器): 第5回北里泌尿器科懇話会 (2013/4/13), 東京.

733325. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 進行性腎癌に対してスーテント低用量間歇的投与にて効果をきたした症例. 萩原正博1, 南田 諭1, 田岡佳憲, 青 輝昭1 (1泌尿器): 第5回北里泌尿器科懇話会 (2013/4/13), 東京.

733326. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) pT1a腎細胞癌多発性骨転移の1例. 平野修平 (泌尿器): 第5回北里泌尿器科懇話会 (2013/4/13), 東京.

733327. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 泌尿器腹腔鏡手術を安全に行うためのノンテクニカルスキル. 岩村正嗣 (泌尿器): 平成25年度国公私立大学附属病院医療安全セミナー (2013/5/9), 大阪.

733328. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 神奈川レシピエント移植コーディネーター (RTC) の会の意義と将来展望. 池田成江1, 中目真理子, 野口文乃2, 櫻井裕子, 斎藤由美子, 小坂志保, 吉田一成1, 石井大輔1, 力石辰也, 佐々木秀郎, 丸井祐二, 中村道郎, 服部祐介, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2看護部): 第24回神奈川移植医学会 (2013/5/25), 横浜.

733329. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 直腸癌尿道転移疑いに対して陰茎全摘術を施行, 原発性尿道腺癌の診断となった1例. 萩原正博1, 青 輝昭, 田岡佳憲, 南田 諭1, 山崎 等2 (1泌尿器, 2病理): 第64回日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2013/6/1), 大宮, 泌尿器外科 2014; 27 (7): 1194.

733330. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院におけるde novo でのエベロリムス投与腎移植. 高口 大1, 石井大輔1, 吉田一成1, 大山哲平1, 杉田 敦1, 前山良太1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 野口文乃3, 池田成江1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内, 3看護部): 第19回日本移植薬物療法研究会 (2013/6/8), 東京, 今日の移植 2013; 26 (6): 566-71/

733331. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 最近の腎移植の現状. 石井大輔 (泌尿器): Renal Transplantation Seminar in Sagamihara (2013/6/11), 相模原.

733332. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 陰茎腫瘤を認めたvon Recklinghausen病の一例. 名木渉人1, 村上理子1, 大山哲平1, 平山貴博1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回神奈川県泌尿器科医会 (2013/6/15), 横浜.

733333. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 多発性N胞腎に対する一期的両側腎摘除術の検討. 石井大輔1, 吉田一成1, 川村瑞穂1, 高口 大1, 若田部陽司1, 前山良太1, 藤田哲夫1, 若井陽希1, 遠藤忠雄, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第29回腎移植・血管外科研究会 (2013/6/28), 青森.

733334. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎動脈瘤に対してコイル塞栓術を施行した1症例. 高口 大 (泌尿器): 第29回腎移植・血管外科研究会 (2013/6/28), 青森.

733335. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 移植医療の普及啓発活動〜神奈川県の取り組み〜神奈川県レシピエント移植コーディネーター (RTC) 連絡会. 池田成江1, 野口文乃2, 中目真理子, 櫻井裕子, 石井大輔1, 吉田一成1, 佐々木秀郎, 力石辰也, 丸井裕二, 中村道郎, 服部裕介, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2看護部): 第29回腎移植・血管外科研究会 (2013/6/29), 青森.

733336. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ヨウ素125永久挿入密封小線源療法におけるintraoperatively built custom linked seedsとloose seedsの比較検討. 津村秀康1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 高口 大1, 平山貴博1, 吉田一成1, 岩村正嗣1, 石山博條2, 川上正悟2, 小谷承子2, 早川和重2, 上前峰子3 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍), 3放射線部): 第30回神奈川県前立腺腫瘍研究会 (2013/7/6), 新横浜.

733337. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 移植腎機能廃絶より腹膜透析へ再導入した症例の検討. 石井大輔1, 吉田一成1, 高口 大1, 前山良太1, 杉田 敦1, 大山哲平1, 竹内康雄2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第22回日本腎不全外科研究会 (2013/7/6), 新潟.

733338. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎移植後, 尿管ステントを長期間留置した症例の検討. 高口 大1, 石井大輔1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 若田部陽司1, 前山良太1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第22回日本腎不全外科研究会 (2013/7/6), 新潟.

733339. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 高齢進行性腎細胞癌に対するスニチニブ治療の有効性と安全性. 藤田哲夫1, 松本和将1, 石井大輔1, 田畑健一1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第44回腎癌研究会 (2013/7/21), 東京.

733340. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 膀胱皮膚瘻造設後35年経って膀胱腺癌を発症した1例. 本田智嗣1, 西 盛宏1, 溝口秀之, 立花貴史1, 村上理子1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第48回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2013/9/12), 新横浜, 泌尿器外科 2014; 27 (6): 1032.

733341. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 転移性腎癌に対し低用量TKI投与により長期奏功した症例. 村上泰清1, 大草 洋1, 藤城貴教, 宇都宮拓治 (1泌尿器): 神奈川西部腎癌研究会 (2013/9/20), 神奈川.

733342. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 陰茎折症の1例 手術手技について. 村上泰清1, 大草 洋1, 藤城貴教, 宇都宮拓治, 高野靖吾 (1泌尿器): 第4回横浜小田急ラインカンファレンス (2013/10/1), 東京.

733343. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下副腎摘除術の臨床的検討. 高口 大 (泌尿器): 第6回北里泌尿器懇話会 (2013/10/5), 東京.

733344. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 下腹部ポートを用いた腹腔鏡下多重腎摘除術の経験. 西 盛宏1, 田中 潔2, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 石井大輔1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2外科): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733345. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 前立腺癌に対する永久挿入密封小線源療法後に献腎移植術を施行した1例. 高口 大1, 石井大輔1, 若井陽希1, 竹内康雄2, 前山良太1, 若田部陽司1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733346. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 化学放射線療法を施行した尿道癌の2例. 立花貴史1, 松本和将1, 村上理子1, 大山哲平1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 入江 啓1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733347. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 右単腎不完全重複腎盂尿管に生じた水腎症に対する腹腔鏡下腎盂形成術の経験. 川村瑞穂1, 西 盛宏1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 田畑健一1, 石井大輔1, 津村秀康1, 平山貴博1, 佐藤威文1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733348. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 経直腸的前立腺生検におけるキノロン耐性大腸菌: 選択的硫酸アミカシン投与の検討. 金子志保, 佐藤威文1, 南田 諭1, 田畑健一1, 津村秀康1, 高橋 亮1, 松本和将1, 岡崎美代子, 馬場志郎1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733349. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腎尿管全摘除術後の膀胱再発についての検討. 小林健太郎1, 松本和将1, 平山貴博1, 高口 大1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733350. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 腎部分切除術におけるR.E.N.A.L.scoreを用いた術後腎機能評価. 若田部陽司1, 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 松本和将1, 奥野紀彦, 本田直康, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733351. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 膀胱癌経過観察中の上部尿路再発についての検討. 平山貴博1, 松本和将1, 小林健太郎1, 大山哲平1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733352. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 進行性腎細胞癌に対するアキシチニブ治療の検討. 萩原正博1, 藤田哲夫1, 川村瑞穂1, 平野修平1, 望月康平1, 田畑健一1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733353. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 進行性腎細胞癌に対するスニチニブ治療におけるrelative dose intensityの検討. 藤田哲夫1, 石井大輔1, 田畑健一1, 松本和将1, 吉田一成1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733354. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 進行性腎細胞癌に対する分子標的薬投与症例の臨床的検討. 村上泰清1, 大草 洋1, 藤城貴教, 宇都宮拓治 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733355. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 虎の門病院における尿路小細胞癌の臨床的検討. 上垣内崇行, 宮川仁平, 三浦祐司, 藤井陽一, 田端眞梨子, 池田勝臣1, 黒澤和宏, 細田千尋, 岡根谷利一 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/18), 新潟.

733356. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ヨウ素125永久挿入密封小線源療法におけるintraoperatively built custom linked seedsとloose seedsの比較検討. 津村秀康1, 佐藤威文1, 石山博條2, 川上正悟2, 田畑健一1, 高口 大1, 小谷承子2, 上前峰子3, 平山貴博1, 吉田一成1, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器), 2放射線 (腫瘍), 3放射線部): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733357. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 下大静脈腫瘍塞栓を伴った副腎原発悪性リンパ腫の1例. 大山哲平1, 藤田哲夫1, 名木渉人1, 本田智嗣1, 高口 大1, 金子志保, 田畑健一1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733358. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 前立腺癌に対するドセタキセル療法のPSA surge現象に関する検討. 田畑健一1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 平山貴博1, 大山哲平1, 高口 大1, 本田智嗣1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733359. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 術前診断が困難であった腎悪性リンパ腫の2例. 村上理子1, 藤田哲夫1, 野村 恵1, 立花貴史1, 小林健太郎1, 平山貴博1, 松本和将1, 丸 典夫, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733360. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 骨転移前立腺癌に対するデノスマブ投与: 低カルシウム血症の検討. 本田智嗣1, 佐藤威文1, 高口 大1, 丸 典夫, 津村秀康1, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 大山哲平1, 石川 弥1, 平井祥司, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733361. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Herpes Simplex Virus-thymidine Kinase遺伝子治療におけるサロゲートマーカーの探索. 名木渉人1, 佐藤威文1, 久保 誠2, 田畑健一1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 平山貴博1, 松本和将1, 清水ユリ子, 伊東一郎, 小幡文弥2, 馬場志郎1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2医療衛生学部): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733362. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 回腸新膀胱造設術と回腸導管造設術の比較検討. 岡根谷利一, 藤井陽一, 池田勝臣1, 黒澤和宏, 上垣内崇行, 細田千尋, 後藤正博, 山岸 梓, 小口智彦, 飯島和芳, 西澤秀治 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733363. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ドセタキセル中止後長期の病勢安定が得られている去勢抵抗性前立腺癌の2例. 野村 恵1, 田畑健一1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 名木渉人1, 本田智嗣1, 大山哲平1, 小林健太郎1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第78回日本泌尿器科学会東部総会 (2013/10/19), 新潟.

733364. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 献腎移植後HUS再発の1症例. 大山哲平1, 石井大輔1, 吉田一成1, 高口 大1, 野村 恵1, 立花貴史1, 小林健太郎1, 杉田 敦1, 竹内康雄2, 若井陽希1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2腎臓内): 第10回臓器不全患者に対する外科・管理研究会 (2013/11/16), 東京.

733365. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡手術で摘出した外方発育型膀胱平滑筋腫の一例. 平野修平1, 南田 諭1, 田岡佳憲, 青 輝昭 (1泌尿器): 第65回日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2013/11/16), 大宮, 泌尿器外科 2014; 27 (7): 1196.

733366. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) f-TULによりstone-freeが得られた小児腎結石症の一例. 野村 恵1, 西 盛宏1, 高口 大1, 平山貴博1, 望月康平1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第85回神奈川県泌尿器科医会 (2013/11/30), 新横浜.

733367. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 小細胞癌成分の混在を認めた尿膜管癌の一例. 名木渉人1, 平山貴博1, 萩原正博1, 小林健太郎1, 望月康平1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第49回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2014/2/13), 新横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-522012. [講座]【特集4: 栄養状態の評価に必要な検査値をおさえよう】4-8 リン. 兵藤 透, 三上憲子, 石井大輔1, 吉田一成1, 川上純子 (1泌尿器): 透析ケア 2013/1; 19 (1): 43-4.

H24-522013. [講座]【特集4: 栄養状態の評価に必要な検査値をおさえよう】4-9 総コレステロール. 兵藤 透, 三上憲子, 石井大輔1, 吉田一成1, 川上純子 (1泌尿器): 透析ケア 2013/1; 19 (1): 45-6.

[著 書]

H23-620001. [学術書] (分担執筆)【前立腺癌 (第2版)−基礎・臨床研究のアップデート− (日本臨牀増刊号・通巻No.1001)】I. 基礎 7. 進行前立腺癌に対する新戦略 4) 分子標的治療, p.165-9. 田畑健一 (泌尿器), 日本臨牀社, 大阪, 2011/6発行.

[学会・研究会等]

H23-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 前立腺癌密封小線源療法の経験. 高井公雄1, 松田健二1, 毛利 淳1, 狩野裕一1, 佐藤威文2, 石山博條3 (1下関総合病院, 2泌尿器, 3放射線 (腫瘍)): 第91回日本泌尿器科学会山口地方会 (2011/12/17), 山口, 西日本泌尿器科 2012/7; 74 (7): 406.

H24-733013. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 超音波検査により早期診断・治療が可能であった気腫性膀胱炎の一例. 平野修平1, 入江 啓1, 嶺井定嗣1, 石井淳一郎1, 高嶋力弥, 高橋裕一郎, 門脇和臣 (1泌尿器): 第611回日本泌尿器科学会東京地方会 (2013/2/28), 東京.


眼科学

[学術論文]

110234. [原著] Effect of fermented bilberry extracts on visual outcomes in eyes with myopia: a prospective, randomized, placebo-controlled study. Kamiya K1, Kobashi H1, Fujiwara K1, Ando W1, Shimizu K1: J Ocul Pharmacol Ther 2013/4; 29 (3): 356-9. (神谷和孝1, 小橋英長1, 藤原和子1, 安藤和歌子1, 清水公也1: 1眼科)

110235. [原著] Prevalence of pterygium in a population in Northern Japan: the Locomotive Syndrome and Health Outcome in Aizu Cohort Study. Tano T1, Ono K, Hiratsuka Y, Otani K, Sekiguchi M, Konno S, Kikuchi S, Onishi Y, Takegami M, Yamada M, Fukuhara S, Murakami A: Acta Ophthalmol 2013/5; 91 (3): e232-6. (田野貴俊1: 1眼科)

110236. [原著] Clinical evaluation of accuracy of horizontal meridian limbal marking. Igarashi A1, Kamiya K1, Shimizu K1: Optom Vis Sci 2013/6; 90 (6): 540-5. (五十嵐章史1, 神谷和孝1, 清水公也1: 1眼科)

110237. [原著] Comparison of optical quality and intraocular scattering after posterior chamber phakic intraocular lens with and without a central hole (Hole ICL and Conventional ICL) implantation using the double-pass instrument. Kamiya K1, Shimizu K1, Saito A1, Igarashi A1, Kobashi H1: PLoS One 2013/6; 8 (6): e66846. (神谷和孝1, 清水公也1, 齋藤 彩1, 五十嵐章史1, 小橋英長1: 1眼科)

110238. [原著] Five-year follow-up of ocular deviation in bilaterally pseudophakic patients. Hoshikawa R1, Ito M2, Shimizu K1, Ishikawa H2, Amano R1: Strabismus 2013/6; 21 (2): 110-5. (干川里絵1, 伊藤美沙絵2, 清水公也1, 石川 均2, 天野理恵1: 1眼科, 2医療衛生学部)

110239. [原著] Comparison of visual acuity, higher-order aberrations and corneal asphericity after refractive lenticule extraction and wavefront-guided laser-assisted in situ keratomileusis for myopia. Kamiya K1, Shimizu K1, Igarashi A1, Kobashi H1, Komatsu M1,2: Br J Ophthalmol 2013/8; 97 (8): 968-75. (神谷和孝1, 清水公也1, 五十嵐章史1, 小橋英長1, 小松真理1,2: 1眼科, 2山王病院)

110240. [原著] Association between ganglion cell complex and axial length. Hirasawa K1, Shoji N2: Jpn J Ophthalmol 2013/9; 57 (5): 429-34. (平澤一法1, 庄司信行2: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部)

110241. [原著] Accommodative and pupillary responses for a central target and peripheral stimuli. Shibata Y1, Uozato H1,2: Kitasato Med J 2013/9; 43 (2): 133-40. (柴田優子1, 魚里 博1,2: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部)

110242. [原著] Association between ocular dominance and refractive asymmetry. Ito M1, Shimizu K2, Kawamorita T1, Ishikawa H1, Sunaga K3, Komatsu M2,3: J Refract Surg 2013/10; 29 (10): 716-20. (伊藤美沙絵1, 清水公也2, 川守田拓志1, 石川 均1, 小松真理2,3: 1医療衛生学部, 2眼科, 3山王病院)

110243. [原著] Time course of optical quality and intraocular scattering after refractive lenticule extraction. Kamiya K1, Shimizu K1, Igarashi A1, Kobashi H1: PLoS One 2013/10; 8 (10): e76738. (神谷和孝1, 清水公也1, 五十嵐章史1, 小橋英長1: 1眼科)

110244. [原著] Clinical features of bleb-related infection: a 5-year survey in Japan. Yamamoto T1, Kuwayama Y1, Kano K1, Sawada A1, Shoji N1,2: Acta Ophthalmol 2013/11; 91 (7): 619-24. (庄司信行1,2: 1Study Group for the Japan Glaucoma Society Survey of Bleb-related Infection, 2医療衛生学部)

110245. [原著] Evaluation of optic nerve head using a newly developed stereo retinal imaging technique by glaucoma specialist and non-expert-certified orthoptist. Asakawa K1, Kato S2, Shoji N1, Morita T2, Shimizu K2: J Glaucoma 2013/12; 22 (9): 698-706. (浅川 賢1, 加藤紗矢香2, 庄司信行1, 森田哲也2, 清水公也2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110246. [原著] A modified glaucoma staging system based on visual field index. Hirasawa K1, Shoji N2, Morita T3, Shimizu K3: Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 2013/12; 251 (12): 2747-52. (平澤一法1, 庄司信行2, 森田哲也3, 清水公也3: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科)

110247. [原著] Longitudinal assessment of optical quality and intraocular scattering using the double-pass instrument in normal eyes and eyes with short tear breakup time. Kobashi H1, Kamiya K1, Yanome K1, Igarashi A1, Shimizu K1: PLoS One 2013/12; 8 (12): e82427. (小橋英長1, 神谷和孝1, 矢ノ目京平1, 五十嵐章史1, 清水公也1: 1眼科)

110248. [原著] Visual and refractive outcomes of femtosecond lenticule extraction and small-incision lenticule extraction for myopia. Kamiya K1, Shimizu K1, Igarashi A1, Kobashi H1: Am J Ophthalmol 2014/1; 157 (1): 128-34.e2. (神谷和孝1, 清水公也1, 五十嵐章史1, 小橋英長1: 1眼科)

110249. [原著] Scleral buckling and pars plana vitrectomy for rhegmatogenous retinal detachment: an analysis of 542 eyes. Kobashi H1, Takano M1, Yanagita T1, Shiratani T1, Wang G, Hoshi K2, Shimizu K1: Curr Eye Res 2014/2; 39 (2): 204-11. (小橋英長1, 高野雅彦1, 柳田智彦1, 白谷 徹1, 王 国琴2, 星 佳芳3, 清水公也1: 1眼科, 2臨床研究・企画, 3衛生)

110250. [原著] Abnormal pupillary light reflex with chromatic pupillometry in Gaucher disease. Narita A, Shirai K, Kubota N, Takayama R, Takahashi Y, Onuki T, Numakura C, Kato M, Hamada Y, Sakai N, Ohno A, Asami M, Matsushita S, Hayashi A, Kumada T, Fujii T, Horino A, Inoue T, Kuki I, Asakawa K1, Ishikawa H1, Ohno K, Nishimura Y, Tamasaki A, Maegaki Y, Ohno K: ANNALS of Clinical and Translational Neurology 2014/2; 1 (2): 135-40. (浅川 賢1, 石川 均1: 1医療衛生学部)

110251. [原著] Eight-year follow-up of posterior chamber phakic intraocular lens implantation for moderate to high myopia. Igarashi A1, Shimizu K1, Kamiya K1: Am J Ophthalmol 2014/3; 157 (3): 532-9.e1. (五十嵐章史1, 清水公也1, 神谷和孝1: 1眼科)

110252. [原著] Repeatability and reproducibility of measurements using a NT-530P noncontact tono/pachymeter and correlation of central corneal thickness with intraocular pressure. Fujimura F1, Kamiya K2, Fujiwara K2, Shoji N1, Shimizu K2: Biomed Res Int 2013; 2013: 370592. (藤村芙佐子1, 神谷和孝2, 藤原和子2, 庄司信行1, 清水公也2: 1医療衛生学部, 2眼科)

120029. [原著] 新しい光干渉式眼軸長測定装置AL-Scanの臨床評価 第1報: IOLマスター (モデル500) の測定値との比較. 比嘉利沙子1, 魚里 博2, 大内雅之3, 井上賢治1, 若倉雅登1,4 (1井上眼科病院, 2医療衛生学部, 3大内眼科, 4眼科): 眼科手術 2013/4; 26 (2): 243-7.

120030. [原著] 新しい光干渉式眼軸長測定装置AL-Scanの臨床評価 第2報: 術後予測屈折誤差と最適化定数の検討. 比嘉利沙子1, 魚里 博2, 大内雅之3, 井上賢治1, 若倉雅登1,4 (1井上眼科病院, 2医療衛生学部, 3大内眼科, 4眼科): 眼科手術 2013/4; 26 (2): 248-52.

120031. [原著] 眼内レンズ度数計算式による白内障術後予測屈折誤差の比較. 比嘉利沙子1, 魚里 博2, 大内雅之3, 井上賢治1, 若倉雅登1,4 (1井上眼科病院, 2医療衛生学部, 3大内眼科, 4眼科): 臨床眼科 2013/5; 67 (5): 687-92.

120032. [原著] 上斜筋麻痺と間欠性外斜視に対するPrism adaptation testの比較検討. 戸塚 悟1, 石川 均2, 後関利明1,3, 池田哲也1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3北里大学メディカルセンター): 日本弱視斜視学会雑誌 2013/5; 40: 37-40.

120033. [原著] 自己免疫性視神経炎における抗アクアポリン (抗AQP) 4抗体陰性例と陽性例の臨床像の比較検討. 山上明子1,2, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2013/6; 30 (2): 184-91.

120034. [原著] 臨床視力表に関する多施設アンケート調査. 川守田拓志1, 松本富美子2, 魚里 博1, 王 国琴3, 三橋俊文4, 大沼一彦5, 古野間邦彦6, 不二門尚7 (1医療衛生学部, 2近畿大学医学部堺病院, 3臨床研究・企画, 4東京工業大学イノベーション研究推進体, 5千葉大学工学部メディカルシステム工学科応用情報工学, 6株式会社ニデック技術顧問, 7大阪大学大学院医学系研究科感覚機能形成学): 視覚の科学 2013/6; 34 (2): 42-53.

120035. [原著] 上下偏位が水平眼位と調節力に与える影響. 金澤正継1, 魚里 博2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 視覚の科学 2013/6; 34 (2): 54-9.

120036. [原著] 薄暮視における遮光レンズの分光透過率とコントラスト感度との関係. 金澤正継1, 魚里 博2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 眼科臨床紀要 2013/7; 6 (7): 542-7.

120037. [原著] 眼内レンズによるモノビジョン法における近見時の両眼加算の検討. 江黒友春1, 天野理恵1, 常廣俊太郎1, 飯田嘉彦1, 伊藤美沙絵2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 臨床眼科 2013/8; 67 (8): 1311-4.

120038. [原著] 広角測定可能な超音波生体顕微鏡VU-MAX-を用いた調節時の前眼部および水晶体変化の測定. 片岡嵩博1, 村田あずさ1, 井藤麻由香1, 磯谷尚輝1, 洞井里絵1, 横山 翔2, 小島隆司1, 吉田陽子1, 中村友昭1, 市川一夫2,3 (1名古屋アイクリニック, 2社会保険中京病院, 3眼科): 視覚の科学 2013/9; 34 (3): 80-5.

120039. [原著] 周辺視野のグレア光がコントラスト感度に与える影響. 金澤正継1, 魚里 博2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 視覚の科学 2013/9; 34 (3): 86-90.

120040. [原著] 遠近両用ソフトコンタクトレンズ装用による高次収差・球面収差の変化. 柴田優子1, 魚里 博2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 日本コンタクトレンズ学会誌 2013/9; 55 (3): 184-8.

120041. [原著] 超音波水晶体乳化吸引術における角膜切開と強角膜切開の術後眼内炎の発生頻度の比較. 油井一敬1, 大槻智宏1,2, 塙本 宰1, 小沢忠彦1, 谷口重雄3 (1小沢眼科内科病院眼科, 2眼科, 3昭和大学藤が丘リハビリテーション病院眼科): IOL&RS 2013/9; 27 (3): 355-60.

120042. [原著] 心因性視力障害からAsperger症候群が発見された8歳女児の1例. 矢野 隆1,2, 石川 均3, 後関利明4, 相澤大輔2,4, 渡  潤5 (1海老名メディカルプラザ眼科, 2海老名総合病院眼科, 3医療衛生学部, 4眼科, 5海老名総合病院放射線科): あたらしい眼科 2013/9; 30 (9): 1335-8.

120043. [原著] 特別支援学校 (盲学校) への進学を選択肢として示した8例の検討. 本多聖子1, 齊藤若菜1, 佐藤瑞恵1, 石井祐子1, 若倉雅登1,2, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2眼科): 眼科臨床紀要 2013/10; 6 (10): 785-90.

120044. [原著] 香港理工大学製オプトメーターの遠視用目盛作成. 田邉正明1, George C Woo2, 魚里 博3 (1日本ライトハウス養成部, 2香港理工大学, 3医療衛生学部): 日本ロービジョン学会誌 2013/10; 13: 61-7.

120045. [原著] 白内障術後不適応症候群としての眼瞼痙攣. 田中あゆみ1, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2013/12; 30 (4): 393-8.

120046. [原著] 白内障手術における角膜切開が角膜後面に及ぼす影響. 杉岡勇希1, 玉置明野1, 小島隆司2, 長谷川亜里1, 加藤幸仁1, 市川一夫1,3 (1社会保険中京病院, 2岐阜赤十字病院, 3眼科): 日本視能訓練士協会誌 2013/12; 42: 83-8.

120047. [原著] 両眼開放で日常視を行う事が困難な患者に対する単眼視眼鏡の選定. 山崎幸加1, 麓智比呂1, 松森礼子1, 石井祐子1, 若倉雅登1,2, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2眼科): 日本視能訓練士協会誌 2013/12; 42: 89-96.

120048. [原著] カラーフィルターがコントラスト視力に及ぼす影響. 中谷勝己1,2, 中山奈々美1,3, 吉原浩二2, 魚里博1,4 (1大学院医療系研究科, 2松江総合医療専門学校視能訓練士科, 3東北文化学園大学医療福祉学部, 4医療衛生学部): 日本視能訓練士協会誌 2013/12; 42: 173-8.

120049. [原著] 両眼開放型電子瞳孔計の機器間比較. 戸塚 悟1, 半田知也2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): IOL&RS 2013/12; 27 (4): 479-82.

120050. [原著] 重心動揺検査における視覚系とRomberg率との関係−プリズムを用いた擬似的な上下斜視の場合. 金澤正継1, 魚里 博1,2, 浅川 賢1,2, 川守田拓志1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): あたらしい眼科 2014/1; 31 (1): 137-40.

120051. [原著] 成人における大角度外斜視の手術成績と満足度. 斎藤 彩1, 後関利明1, 石川 均2, 安藤和歌子1, 池田哲也1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 眼科臨床紀要 2014/2; 7 (2): 110-4.

120052. [原著] 北里大学病院におけるDuane Syndromeの臨床所見. 戸塚和子1, 石川 均2, 後関利明1,3, 池田哲也1, 榊原七重2, 橋本篤文1, 戸塚 悟1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3北里大学メディカルセンター): 眼科臨床紀要 2014/3; 7 (3): 195-8.

210007. [準原著 (Original Investigations)] Relationship of horizontal lower eyelid laxity, involutional entropion occurrence, and age of Asian patients. Nishimoto H1,2, Takahashi Y, Kakizaki H: Ophthal Plast Reconstr Surg 2013/11-12; 29 (6): 492-6. (西本浩之1,2: 1横須賀市立うわまち病院, 2眼科)

320043. [症例報告] 外傷性高次脳機能障害が示唆される視覚異常症例. 南雲はるか1, 若倉雅登1,2, 石井賢二3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東京都健康長寿医療センター): 神経眼科 2013/9; 30 (3): 284-8.

320044. [症例報告] 新しい視能訓練装置を併用した間欠性外斜視に対する視能訓練効果. 戸塚和子1, 半田知也2, 後関利明1, 池田哲也1, 石川 均2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 臨床眼科 2014/2; 68 (2): 213-7.

410001. [臨床試験] Effect of Pupil Size on Optical Quality Parameters in Astigmatic Eyes Using a Double-Pass Instrument. Kobashi H1, Kamiya K1, Yanome K1, Igarashi A1, Shimizu K1: BioMed Res Int 2013; Volume 2013: Article ID 124327. (小橋英長1, 神谷和孝1, 矢野目京平1, 五十嵐章史1, 清水公也1: 1眼科)

520022. [総説] 眼科学校医のあり方. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 日本の眼科 2013/5; 84 (5): 557-62.

520023. [総説] 学校での色覚検査のあり方−受診者に関する実態調査より−. 宮浦 徹1, 宇津見義一1,2, 柏井真理子1, 山岸直矢1, 高野 繁1 (1日本眼科医会, 2眼科): 日本の眼科 2013/8; 84 (8): 1098-102.

520024. [総説] 屈折の経年変化. 榊原七重 (医療衛生学部): 日本視能訓練士協会誌 2013/12; 42: 41-9.

521013. [解説]【最新機器レポート: コーナン・メディカル】RAPDxメ. 後関利明1,2, Charles Wm Stewart3, 瀧澤 剛4, 三木淳司4, 芝 大介5 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3Konan Medical USA, Inc, 4川崎医科大学附属病院眼科, 5慶應義塾大学病院眼科): 神経眼科 2013/6; 30 (2): 201-9.

521014. [解説]【コンサルテーションコーナー】エキスパートに聞く 回答2. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2013/6; 27 (2): 248-9.

521015. [解説]【コンサルテーションコーナー】エキスパートに聞く. 飯田嘉彦 (眼科): IOL&RS 2013/12; 27 (4): 507-8.

521016. [解説] 日本神経眼科学会認定 神経眼科相談医制度 2013年神経眼科知識評価プログラム (NOKAP) テスト−解答と解説−. 柏井 聡1,2, 三村 治2, 奥英 弘2, 中馬秀樹2, 野倉一也2, 山野井貴彦2, 若倉雅登2,3 (1愛知淑徳大学, 22013年NOKAPテスト出題委員, 3眼科): 神経眼科 2014/3; 31 (1): 57-66.

521017. [解説]【最新機器レポート: 皮膚電極ERG】Introduction. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 神経眼科 2014/3; 31 (1): 76.

521018. [解説]【新しい検査機器の読み方】エンハンスドエクタジアディスプレイ. 石井梨絵 (眼科): IOL&RS 2013/9; 27 (3): 377-9.

522174. [講座]【つけよう! 神経眼科力38】神経眼科疾患のプリズム治療. 浅川 賢1, 石川 均1 (1医療衛生学部): 臨床眼科 2013/5; 67 (5): 648-52.

522175. [講座]【特集: 眼内レンズ度数決定の極意】眼内レンズ度数計算式の考え方. 飯田嘉彦 (眼科): あたらしい眼科 2013/5; 30 (5): 581-6.

522176. [講座]【連載: できる視能訓練士は撮っている! これが決め手のワンショット】後房型有水晶体眼内レンズ. 永野幸一 (眼科): 眼科ケア 2013/5; 15 (5): 428-30.

522177. [講座]【つけよう! 神経眼科力39】心療眼科: 神経眼科の一大領域へ. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 臨床眼科 2013/6; 67 (6): 858-63.

522178. [講座]【特集: 神経眼科 Minimum Requirements】悪性腫瘍と神経眼科. 柏木広哉 (眼科): あたらしい眼科 2013/6; 30 (6): 783-90.

522179. [講座]【特集: 開業医・コメディカルと神経眼科】序論. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2013/6; 30 (2): 137-8.

522180. [講座]【特集: 開業医・コメディカルと神経眼科】心療眼科と神経眼科の関わり. 山上明子1,2, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2013/6; 30 (2): 152-7.

522181. [講座]【連載: CL診療に必要な基礎知識 (第28回)】新規開業でのコンタクトレンズの取り扱いについて. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 日本コンタクトレンズ学会誌 2013/6; 55 (2): 125-7.

522182. [講座]【特集: 注意すべき視神経疾患の診断と治療】5. エタンブトール視神経症. 比嘉利沙子1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 眼科 2013/6; 55 (6): 693-703.

522183. [講座]【特集: 涙道領域−最近の話題】抗がん剤S-1による涙道閉塞・狭窄. 柏木広哉 (眼科): あたらしい眼科 2013/7; 30 (7): 915-21.

522184. [講座]【特集: ブルーライト問題: 眼はカメラであり時計だった!】3. 内因性光感受性網膜神経節細胞の特徴. 石川 均 (医療衛生学部): 眼科 2013/7; 55 (7): 773-7.

522185. [講座]【認知症と高次脳機能】序論. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科): 神経眼科 2013/9; 30 (3): 241.

522186. [講座]【神経眼科入門シリーズ100】視神経症に似た様々な疾患 (Various Diseases Resembling Optic Neuropathy). 市邉義章 (眼科): 神経眼科 2013/9; 30 (3): 299-309.

522187. [講座]【特集: Phakic IOLの長期予後】ICLについて. 小橋英長 (眼科): IOL&RS 2013/9; 27 (3): 298-301.

522188. [講座]【つけよう! 神経眼科力 (最終回)】神経眼科の魅力を語る. 中馬秀樹1, 三村 治2, 橋本雅人3, 石川 均4, 若倉雅登5,6 (1宮崎大学医学部, 2兵庫医科大学, 3札幌医科大学, 4医療衛生学部, 5井上眼科病院, 6眼科): 臨床眼科 2013/10; 67 (10): 1638-47.

522189. [講座] レーベル遺伝性視神経症と常染色体優性視神経萎縮. 設楽恭子1, 塩川美菜子1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 日本の眼科 2013/11; 84 (11): 1539-43.

522190. [講座]【スキルアップ講座: 163】屈折矯正手術: フラップレス屈折手術SMILE. 五十嵐章史 (眼科): あたらしい眼科 2013/12; 30 (12): 1703-4.

522191. [講座]【特集: 近見反応からみた外斜視病因論】外斜視は近見反応の異常で発症する? 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科): 神経眼科 2013/12; 30 (4): 350-63.

522192. [講座]【神経眼科入門シリーズ101】視野の基礎入門 A視野検査の結果を解読する. 平澤一法 (大学院医療系研究科): 神経眼科 2013/12; 30 (4): 406-9.

522193. [講座]【特集: フェムトセカンドレーザーの臨床応用】Refractive Lenticule Extraction. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2013/12; 27 (4): 425-30.

522194. [講座]【特集: 網膜レーザー光凝固治療の進化】Navilasメ. 佐藤裕之1, 加賀達志2,3 (1飯田市立病院, 2社会保険中京病院, 3眼科): あたらしい眼科 2014/1; 31 (1): 19-27.

522195. [講座]【新しい治療と検査シリーズ 213】承認されたImplantable Collamer Lens. 小島隆司1,2, 市川一夫3,4, 清水公也4 (1岐阜赤十字病院, 2名古屋アイクリニック, 3社会保険中京病院, 4眼科): あたらしい眼科 2014/1; 31 (1): 71-3.

522196. [講座] LASIK患者の高齢化を考える. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2014/3; 28 (1): 1.

522197. [講座]【特集: 白内障手術基礎の基礎】創口作成, 前N切開, ハイドロダイセクション. 飯田嘉彦 (眼科): IOL&RS 2014/3; 28 (1): 14-20.

522198. [講座] 特集にあたって. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2014/3; 28 (1): 21.

522199. [講座]【特集: 強度近視眼の白内障手術】眼内レンズ度数計算の工夫. 常廣俊太郎 (眼科): IOL&RS 2014/3; 28 (1): 33-8.

522200. [講座]【特集: 強度近視眼の白内障手術】屈折矯正術者からの注意点. 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2014/3; 28 (1): 42-8.

530004. [その他 (LETTER)] Boy or girl? - a new visual acuity test screening tool. Handa T1, Nakadate R, Hatayama T, Yokota T, Shoji N1: Acta Ophthalmol 2013/9; 91 (6): e495-6. (半田知也1, 庄司信行1: 1医療衛生学部)

530005. [その他 (記事)] SMILE: Exceeds LASIK, two years of clinical data. Shimizu K1: EyeWorld Asia-Pacific 2013/12; 9 (4): Supplement (清水公也1: 1眼科)

540043. [その他 (特別座談会)] 学校健康診断の今昔. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 学校保健 2013/5; 300: 2-10.

540044. [その他 (監訳)] LenSxメレーザーとうまく付き合う秘訣 (How to Succeed with The LenSx Laser). 神谷和孝 (眼科): ViSION TIMES 2013/5; 20 (2): 24-7.

540045. [その他 (図説)]【今月の表紙】第30回眼科写真展から・3: 円錐角膜. 永野幸一 (眼科): 臨床眼科 2013/6; 67 (6): 865.

540046. [その他 (特別寄稿)] 第66回日本臨床眼科学会インストラクションコース RMB神経眼科勉強会. 畑 匡侑1,2, 山上明子1,3,4, 前久保知行1,5 (1RMB会世話人, 2京都大学, 3井上眼科病院, 4眼科, 5宮崎大学): 神経眼科 2013/6; 30 (2): 173-8.

540047. [その他 (海外文献紹介)] Journal of Neurophysiology 108 (1)〜(6), 2012. 吉田 寛1,2 (1都立神経病院, 2眼科): 神経眼科 2013/6; 30 (2): 212-4.

540048. [その他 (印象記)] 第13回日本ロービジョン学会学術総会. 魚里 博1, 金澤正継2 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科): 視覚の科学 2013/6; 34 (2): 67-8.

540049. [その他 (印象記)] 16th The IRSJ + 第13回眼科臨床機器研究会. 魚里 博1, 新井慎司2 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科): 視覚の科学 2013/6; 34 (2): 69.

540050. [その他 (印象記)] 第54回日本産業・労働・交通眼科学会. 魚里 博1, 張 允娥2 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科): 視覚の科学 2013/6; 34 (2): 70-1.

540051. [その他 (原著和文要旨)] 3ピースシリコーン眼内レンズのN内安定性の検討. 引田史佳1, 清水公也1, 神谷和孝1, 天野理恵1, 三宅俊之1,2 (1眼科, 2大和市立病院): 北里医学 2013/6; 43 (1): 76.

540052. [その他 (監訳)] 白内障手術を変えるCatalysTM (A Catalys for Change In Cataract Surgery). 神谷和孝 (眼科): VISION TIMES 2013/8; 20 (3): 16-7.

540053. [その他] 目の健康 カラーコンタクトレンズについて. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 学校保健 2013/9; 302: 6.

540054. [その他 (海外文献紹介)] Journal of Neurophysiology 108 (7)〜(12), 2012. 吉田 寛1,2 (1都立神経病院, 2眼科): 神経眼科 2013/9; 30 (3): 310-2.

540055. [その他 (研究会報告)] Diplomet chartの使用経験: Clinical Experience with the Diplomet Chart for the Assessment of Eye Movement Disorders. 戸塚和子1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 神経眼科 2013/9; 30 (3): S24-7.

540056. [その他 (トピックス)] 貫通孔付き有水晶体眼内レンズ (Hole ICL). 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2013/9; 27 (3): 335-9.

540057. [その他 (解説)] からだの不思議:“ドライアイ”からこどもの目を守る. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 健康ふしぎ発見ニュース 2013/10; 10月号: 付録.

540058. [その他 (監訳)] IOL整復のコツ (How to Put an IOL in Its Place). 神谷和孝 (眼科): VISION TIMES 2013/11; 20 (4): 4-9.

540059. [その他 (医会だより)] 平成24年度全国保育所における「目の保健に関わるアンケート調査」報告. 柏井真理子1, 宇津見義一1,2, 宮浦 徹1, 山岸直矢1, 高野 繁1, 福田敏雅1 (1日本眼科医会, 2眼科): 日本の眼科 2013/11; 84 (11): 1588-95.

540060. [その他 (海外文献紹介)] Journal of Neurophysiology 109 (1)〜(6), 2013. 吉田 寛1,2 (1都立神経病院, 2眼科): 神経眼科 2013/12; 30 (4): 419-21.

540061. [その他 (学会印象記)] 第28回JSCRS学術総会 (屈折矯正関係). 神谷和孝 (眼科): IOL&RS 2013/12; 27 (4): 525-6.

540062. [その他 (トピックス)] Hole Implantable Collamer Lens KS-AquaPORTTM. 川守田拓志 (医療衛生学部): 視野の科学 2013/12; 34 (4): 148-51.

540063. [その他 (印象記)] 学振によるJohns Hopkins大学Wilmer眼科への留学記. 魚里 博 (医療衛生学部): 視野の科学 2013/12; 34 (4): 152-5.

540064. [その他 (学会トピックス)]【第33回日本眼薬理学会】甲状腺眼症による上眼瞼腫脹へのビマトプロスト点眼液使用の試み. 後関利明1,2, 石川 均3, 池田哲也2, 清水公也2, 吉富健志4 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部, 4秋田大学医学部眼科学講座): 日本眼科学会雑誌 2014/2; 118 (2): 116.

540065. [その他 (学会トピックス)]【第67回日本臨床眼科学会】難治緑内障への手術治療. 庄司信行1, 稲谷 大2 (1医療衛生学部, 2福井大学医学部): 日本眼科学会雑誌 2014/2; 118 (2): 119.

540066. [その他] 平成24年度学校現場でのコンタクトレンズ使用状況調査. 宇津見義一1,2, 宮浦 徹1, 柏井真理子1, 山岸直矢1, 高野 繁1 (1公益財団法人日本眼科医会, 2眼科): 日本の眼科 2014/3; 85 (3): 346-66.

540067. [その他 (海外文献紹介)] Journal of Neurophysiology 109 (7)〜(12), 2013. 吉田 寛1,2 (1都立神経病院, 2眼科): 神経眼科 2014/3; 31 (1): 84-6.

540068. [その他 (調査報告)] 2012年度JSCRS会員アンケート〜JSCRSアンケート調査ワーキンググループ〜. 佐藤正樹1, 林  研2, 根岸一乃2, 神谷和孝2,3, ビッセン宮島弘子2 (1サトウ眼科, 2日本白内障屈折手術学会, 3眼科): IOL&RS 2014/3; 28 (1): 55-74.

540069. [その他 (調査報告)] カラーコンタクトレンズ装用にかかわる眼障害調査報告. 渡邉 潔1, 植田喜一2, 佐渡一成3, 稲葉昌丸4, 糸井素純5 宇津見義一6,7, 木下 茂8 (1ワタナベ眼科, 2ウエダ眼科, 3さど眼科, 4稲葉眼科, 5道玄坂糸井眼科医院, 6宇津見眼科医院, 7眼科, 8京都府立医科大学): 日本コンタクトレンズ学会誌 2014/3; 56 (1): 2-10.

[著 書]

620117. [学術書] (分担執筆)【眼科臨床エキスパート All About 開放隅角緑内障】第4章 開放隅角緑内障に対する治療 II 薬物療法 C 多剤併用と合剤の考え方, p.269-80. 庄司信行1 (1医療衛生学部), 編: 山本哲也2, 谷原秀信3 (2岐阜大学, 3熊本大学), 医学書院, 東京, 2013/4発行.

620118. [学術書] (分担執筆)【国試107−第107回医師国家試験問題解説書】市邉義章 (眼科), 編: 医師国家試験問題解説書編集委員会, 医学評論社, 東京, 2013/4発行.

620119. [学術書] (分担執筆)【国試107−第107回医師国家試験問題解説書】後関利明 (眼科), 編: 医師国家試験問題解説書編集委員会, 医学評論社, 東京, 2013/4発行.

620120. [学術書] (分担執筆)【眼科疾患 最新の治療 2013-2015】巻頭トピックス 8 フェムトセカンドレーザーを用いた近視矯正手術, p.34-6. 五十嵐章史1, 清水公也1 (1眼科), 編: 大橋裕一2, 白神史雄3 (2愛媛大学, 3岡山大学), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620121. [学術書] (分担執筆)【眼科疾患 最新の治療 2013-2015】よくみる眼症候と鑑別診断 7 眼痛 (目が痛い), p.58-9. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 編: 大橋裕一3, 白神史雄4 (3愛媛大学, 4岡山大学), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620122. [学術書] (分担執筆)【眼科疾患 最新の治療 2013-2015】IV その他の疾患 (4) 神経眼科疾患 2 Horner症候群, p.276. 石川 均1 (1医療衛生学部), 編: 大橋裕一2, 白神史雄3 (2愛媛大学, 3岡山大学), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620123. [学術書] (分担執筆)【眼科疾患 最新の治療 2013-2015】IV その他の疾患 (4) 神経眼科疾患 7 同名半盲 (脳血管障害), p.283. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科), 編: 大橋裕一3, 白神史雄4 (3愛媛大学, 4岡山大学), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620124. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】1 序論 1. 斜視手術の基本的考え方と麻酔, p.1-6. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620125. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】1 序論 2. 小児の手術適応, 術式と考え方, p.7-11. 石川 均1 (1医療衛生学部), 監修: 若倉雅登2,3 (2井上眼科病院, 3眼科), 編: 石川 均1 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620126. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】2 斜視手術の手技/基本編 1. 外斜視 (両外直筋後転, 前後転), p.19-25. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620127. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】2 斜視手術の手技/基本編 3. 斜筋手術 (各種), p.34-9. 石川 均1 (1医療衛生学部), 監修: 若倉雅登2,3 (2井上眼科病院, 3眼科), 編: 石川 均1, 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620128. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】2 斜視手術の手技/基本編 5. 筋移動術, p.45-9. 江本有子1, 若倉雅登2,3 (1江本眼科, 2井上眼科病院, 3眼科), 監修: 若倉雅登2,3, 編: 石川 均4 (4医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620129. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】3 斜視手術の手技/応用編 1. 大角度外斜視, p.51-2. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620130. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】3 斜視手術の手技/応用編 3. 動眼神経麻痺, p.57-61. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620131. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】3 斜視手術の手技/応用編 4. 外転神経麻痺, p.62-4. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620132. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】3 斜視手術の手技/応用編 7. 先天眼振, p.80-3. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620133. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】3 斜視手術の手技/応用編 8. Faden手術, p.84-7. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620134. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】3 斜視手術の手技/応用編 9. 強度近視の進行 (眼軸延長) に伴う後天性斜視, p.88-90. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620135. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】3 斜視手術の手技/応用編 10. 特殊斜視手術 (adjustable suture), p.91-3. 石川 均1 (1医療衛生学部), 監修: 若倉雅登2,3 (2井上眼科病院, 3眼科), 編: 石川 均1, 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620136. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】4 トラブルシューティング 1. 筋を取り落したら (lost muscle), p.95-7. 後関利明1,2, 石川 均3 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部), 監修: 若倉雅登2,4 (4井上眼科病院), 編: 石川 均3, 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620137. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】4 トラブルシューティング 2. 強膜穿孔が生じたら, p.98-9. 後関利明1,2, 石川 均3 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部), 監修: 若倉雅登2,4 (4井上眼科病院), 編: 石川 均3, 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620138. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】4 トラブルシューティング 3. 手術翌日の眼位が予測外, p.100-1. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620139. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】4 トラブルシューティング 5. 術後複視が治らない (回旋斜視を含む), p.105-6. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620140. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】4 トラブルシューティング 6. 再手術が必要な場合の対応, p.107. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 若倉雅登1,2, 編: 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620141. [学術書] (分担執筆)【イラスト眼科手術シリーズ4 斜視手術 (第1版)】4 トラブルシューティング 7. 結膜手術創が離開, 盛り上がり, 汚い, p.108-9. 後関利明1,2, 石川 均3 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部), 監修: 若倉雅登2,4 (4井上眼科病院), 編: 石川 均3, 金原出版, 東京, 2013/7発行.

620142. [学術書] (分担執筆)【眼科診療指針のパラダイムシフト 角結膜/緑内障/屈折矯正・白内障手術 (編) (眼科 55 (11) 臨時増刊号)】III 屈折矯正・白内障手術 3. フェムトセカンドレーザーの臨床応用, p.1364-70. 神谷和孝 (眼科), 金原出版, 東京, 2013/10発行.

620143. [学術書] (分担執筆)【眼科診療指針のパラダイムシフト 角結膜/緑内障/屈折矯正・白内障手術 (編) (眼科 55 (11) 臨時増刊号)】III 屈折矯正・白内障手術 6. モノビジョン, p.1394-402. 清水公也1, 伊藤美沙絵2 (1眼科, 2医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2013/10発行.

620144. [学術書] (分担執筆)【眼手術学 4. 角膜・結膜・屈折矯正】[屈折矯正] II. 屈折矯正手術に必要な評価 1. 視力検査, p.356-9. 魚里 博1, 中山奈々美2 (1医療衛生学部, 2東北文化学園大学医療福祉学部視覚機能学), 編: 西田幸二3, 横井則彦4, 前田直之3, 大鹿哲郎5 (3大阪大学, 4京都府立医科大学, 5筑波大学), 文光堂, 東京, 2013/10発行.

620145. [学術書] (分担執筆)【眼手術学 4. 角膜・結膜・屈折矯正】[屈折矯正] VI. phakic IOL (有水晶体眼内レンズ) 3. 後房型, p.484-7. 神谷和孝1 (1眼科), 編: 西田幸二2, 横井則彦3, 前田直之2, 大鹿哲郎4 (2大阪大学, 3京都府立医科大学, 4筑波大学), 文光堂, 東京, 2013/10発行.

620146. [学術書] (分担執筆)【眼手術学 4. 角膜・結膜・屈折矯正】[屈折矯正] VII. refractive lens exchange, p.496-8. 神谷和孝1 (1眼科), 編: 西田幸二2, 横井則彦3, 前田直之2, 大鹿哲郎4 (2大阪大学, 3京都府立医科大学, 4筑波大学), 文光堂, 東京, 2013/10発行.

620147. [学術書] (分担執筆)【専門医のための眼科診療クオリファイ Rドライアイ スペシャリストへの道】5. 一般外来検査 クリニカル・クエスチョン OCTで, どのような涙液の指標が得られますか?, p.141-6. 中西 基1 (1眼科), 責任編集: 横井則彦2 (2京都府立医科大学), 中山書店, 東京, 2013/11発行.

620148. [学術書 (分担執筆)]【イラストと写真でじっくり解説→パッとおさらい 目の解剖と病気−眼科スタッフ必読 42の部位と52の疾患−(眼科ケア2013年冬季増刊)】5章 水晶体・チン小帯 <水晶体・チン小帯に関する疾患> (1) 先天白内障, p.161-4. 飯田嘉彦 (眼科), 編: 眼科ケア編集委員会, メディカ出版, 大阪, 2013/12発行.

620149. [学術書 (分担執筆)]【イラストと写真でじっくり解説→パッとおさらい 目の解剖と病気−眼科スタッフ必読 42の部位と52の疾患−(眼科ケア2013年冬季増刊)】5章 水晶体・チン小帯 <水晶体・チン小帯に関する疾患> (2) 加齢性白内障, p.166-70. 飯田嘉彦 (眼科), 編: 眼科ケア編集委員会, メディカ出版, 大阪, 2013/12発行.

620150. [学術書] (分担執筆)【眼手術学 1. 総論・眼窩】第1部 総論 III.器具 手術器具のディスポパッケージ化, p.60-3. 神谷和孝1 (1眼科), 編: 大鹿哲郎2, 後藤 浩3 (2筑波大学, 3東京医科大学), 文光堂, 東京, 2014/1発行.

620151. [学術書] (分担執筆)【専門医のための眼科診療クオリファイ S眼内レンズの使いかた】1. 眼内レンズの基礎 眼内レンズの光学特性, p.21-8. 川守田拓志1, 魚里 博1 (1医療衛生学部), 責任編集: 大鹿哲郎2 (2筑波大学), 中山書店, 東京, 2014/1発行.

620152. [学術書] (分担執筆)【専門医のための眼科診療クオリファイ S眼内レンズの使いかた】3. 各社眼内レンズと挿入法 KS-Ni (AQ-Ni), KS-SP (NS-60YG)/(スター・ジャパン), p.108-12. 清水公也1 (1眼科), 責任編集: 大鹿哲郎2 (2筑波大学), 中山書店, 東京, 2014/1発行.

620153. [学術書] (分担執筆)【専門医のための眼科診療クオリファイ S眼内レンズの使いかた】4. 眼内レンズの付加機能 紫外線吸収機能, p.114-6. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科), 責任編集: 大鹿哲郎3 (3筑波大学), 中山書店, 東京, 2014/1発行.

620154. [学術書] (分担執筆)【専門医のための眼科診療クオリファイ S眼内レンズの使いかた】4. 眼内レンズの付加機能 着色眼内レンズ, p.117-23. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科), 責任編集: 大鹿哲郎3 (3筑波大学), 中山書店, 東京, 2014/1発行.

620155. [学術書] (分担執筆)【専門医のための眼科診療クオリファイ S眼内レンズの使いかた】6 .眼内レンズの特殊な使用法 モノビジョン法, p.246-51. 天野理恵1 (1眼科), 責任編集: 大鹿哲郎2 (2筑波大学), 中山書店, 東京, 2014/1発行.

[学会・研究会等]

712028. [学会 (国際)] (Booth Speaker Program) Visian ICL vs Visian ICL KS AquaPORT. Shimizu K1: ASCRS/ASOA 2013 (2013/4/21), San Francisco, CA, USA. (清水公也1: 1眼科)

712029. [学会 (国際)] (Video Symposium) International Video Symposium of Challenging Cases and Complication Management. Osher RH, Shimizu K1, Little BC, Packard RB, Assia EI, Trindade FC, Ahmed IK, Nuijts RM, Agarwal A, Vasavada AR, Malyugin, BE Barret GD, Kohnen T, Centurion V, Alio JL: ASCRS/ASOA 2013 (2013/4/22), San Francisco, CA, USA, ASCRS・ASOA PREVIEW PROGRAM 2013; p.66. (清水公也1: 1眼科)

712030. [学会 (国際)] (Symposium&Scientific Papers) Four-Year Follow-up of Posterior Chamber Phakic IOL With Central Hole Implantation for Myopia. Shimizu K1, Kamiya K1, Igarashi A1: ASCRS/ASOA 2013 (2013/4/22), San Francisco, CA, USA, 2013 ASCRS・ASOA PREVIEW PROGRAM 2013; p.53. (清水公也1, 神谷和孝1, 五十嵐章史1: 1眼科)

712031. [学会 (国際)] (Symposium&Scientific Papers) Clinical Outcome of Modified Double-K Method by Corneal Anterior / Posterior Ratio for IOL Calculation After Refractive Surgery. Iida Y1, Shimizu K1, Kobashi H1, Komatsu M1,2: ASCRS/ASOA 2013 (2013/4/22), San Francisco, CA, USA, 2013 ASCRS・ASOA PREVIEW PROGRAM 2013; p.53. (飯田嘉彦1, 清水公也1, 小橋英長1, 小松真理1,2: 1眼科, 2山王病院)

712032. [学会 (国際)] (Symposium) The New Iridotomy/Iridectomy free era in refractive surgery. Shimizu K1: Staar Symposium (2013/5/16), Milan, Italy. (清水公也1: 1眼科)

712033. [学会 (国際)] (Symposium) SMILE. Shimizu K1: 11th SOI International Congress (2013/5/17), Milan, Italy. (清水公也1: 1眼科)

712034. [学会 (国際)] (Symposium) Clinical Result of Hole ICL-5 Years Results. Shimizu K1: 11th SOI International Congress (2013/5/17), Milan, Italy. (清水公也1: 1眼科)

712035. [学会 (国際)] (Film Festival Judge) 2013 APACRS FILM FESTIVAL. Shimizu K1: 26th APACRS ANNUAL MEETING (2013/7/11), Singapore. (清水公也1: 1眼科)

712036. [学会 (国際)] (Instructional Course) Clinical results and outcomes. Shimizu K1: 26th APACRS ANNUAL MEETING (2013/7/11), Singapore. (清水公也1: 1眼科)

712037. [学会 (国際)] (Evening Symposium) ReLEx_smile-Exceeds LASIK, 2 Years Clinical Data. Shimizu K1: 26th APACRS Zeiss Innovation Symposium - Seeing Beyond (2013/7/11), Singapore. (清水公也1: 1眼科)

712038. [学会 (国際)] (Keynote Lecture) Long-term Endothelial Cell Count After Visian ICL. Shimizu K1: STAAR Surgical 10th International Visian ICL Experts Symposium (2013/10/3), Amsterdam, Nederland. (清水公也1: 1眼科)

712039. [学会 (国際)] (Session) Visian ICL CentraFLOW & KS-Aquaport in my Practice. Shimizu K1: STAAR Surgical 10th International Visian ICL Experts Symposium (2013/10/4), Amsterdam, Nederland. (清水公也1: 1眼科)

712040. [学会 (国際)] (Educational Forum) Visian ICL CentraFLOW with KS-Aquaport : Clinical Outcomes. Shimizu K1: STAAR Surgical Educational Forum ESCRS 2013 (2013/10/5), Amsterdam, Nederland. (清水公也1: 1眼科)

712041. [学会 (国際)] (招待講演) Smile. Shimizu K1: Shengzhen Aier Ophthalmology Hospital Opening Ceremony (2013/12/7), Shengzhen, China. (清水公也1: 1眼科)

712042. [学会 (国際)] (Workshop) Refractive Surgery Workshops: ICL Certification Course and Wet Lab. Shimizu K1: VasKon'14 (2014/3/22), Chennai, India. (清水公也1: 1眼科)

712043. [学会 (国際)] (Live Surgery) Live Surgery: Iridectomy-free Visian ICL With Centralflow (Bilateral). Shimizu K1: VasKon'14 (2014/3/23), Chennai, India. (清水公也1: 1眼科)

712044. [学会 (国際)] (招待講演等) Toric ICL in Keratoconus. Shimizu K1: VasKon'14 (2014/3/23), Chennai, India. (清水公也1: 1眼科)

713159. [学会 (国際)] (Oral) The effect of Zinc (Zn) on Ethambutol-induced Toxic Optic Neuropathy (ETON): Functional and Morphologic assessment in rabbit model. Erwin Palisoc, Ishikawa H1, Uga S2, Asakawa K1, Mashimo K2, Shimizu K2, Takano M2,3, Shinkai A: 第7回アジア神経眼科学会 (2013/9/27), Bali, Indonesia. (石川 均1, 宇賀茂三2, 浅川 賢1, 眞下紀美代2, 清水公也2, 高野雅彦2,3: 1医療衛生学部, 2眼科, 3国際医療福祉大学熱海病院)

713160. [学会 (国際)] (ポスター) Functional and histological characterization of retinal photoreceptor cells in transgenic rabbit with rhodopsin-induced P347L mutation. Asakawa K1, Ishikawa H1, Palisoc E, Mashimo K2, Uga S2, Shimizu K2, Kondo M, Terasaki H: 第7回アジア神経眼科学会 (2013/9/27), Bali, Indonesia. (浅川 賢1, 石川 均1, 眞下紀美代2, 宇賀茂三2, 清水公也2: 1医療衛生学部, 2眼科)

713161. [学会 (国際)] (Free Paper) New Method of Using Endoscope in Severe Retinal Detachments. Kaga T1,2, Yoshida N, Sato H, Yokoyama S, Mori T, Ichikawa K1,2: The 8th APVRS Congress & The 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society (2013/12/7), Nagoya, The 8th APVRS Congress & The 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society抄録集 2013; p.65. (加賀達志1,2, 市川一夫1,2: 1社会保険中京病院, 2眼科)

713162. [学会 (国際)] (ポスター) A Visual Function After Vitrectomy Evaluated by Color Visual Acuity Test and Color Amsler Chart. Yokoyama S, Tanaka Y, Kato Y, Kaga T1,2, Tanaka K, Ichikawa K1,2: The 8th APVRS Congress & The 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society (2013/12/7), Nagoya, The 8th APVRS Congress & The 52nd Annual Meeting of Japanese Retina and Vitreous Society抄録集 2013; p.95. (加賀達志1,2, 市川一夫1,2: 1社会保険中京病院, 2眼科)

722158. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】神経眼科における免疫学的進歩. 若倉雅登1,2, 敷島敬悟3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東京慈恵医大): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 135.

722159. [学会 (全国)] (シンポジウム) Refractive Lenticule Extraction. 神谷和孝 (眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/5), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 150.

722160. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 加齢にともなう視機能異常. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 112.

722161. [学会 (全国)] (シンポジウム) 水晶体の加齢と眼高次収差. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/7), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 168.

722162. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 診察室で瞳孔異常をどうみる? 石川 均 (医療衛生学部): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/7), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 210.

722163. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 視野による進行判定. 庄司信行 (医療衛生学部): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/7), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 213.

722164. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) フェムトセカンドレーザー. 神谷和孝 (眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/7), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 220.

722165. [学会 (全国)] (Best of AAO選考) 白内障および屈折 (Refractive Surgery). 神谷和孝 (眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/7), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 11.

722166. [学会 (全国)] (モーニングクルズス) 中心視野が教えてくれること. 庄司信行 (医療衛生学部): 第2回日本視野学会学術集会 (2013/5/19), 東京.

722167. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼内レンズによるモノビジョン. 天野理恵 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/27), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.3.

722168. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【オーガナイザー】白内障・屈折矯正手術に必須の基礎眼光学. 魚里 博 (医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/27), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.8.

722169. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 白内障・屈折矯正手術に必須の基礎眼光学. 魚里 博1, 川守田拓志1, 中山奈々美2, 飯田嘉彦3, 神谷和孝3 (1医療衛生学部, 2東北文化学園大, 3眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/27), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.8.

722170. [学会 (全国)] (シンポジウム)【モデレーター】トーリック眼内レンズの落とし穴. 清水公也1, 宮田和典2 (1眼科, 2宮田眼科病院): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.24.

722171. [学会 (全国)] (シンポジウム)【モデレーター】各社着色眼内レンズの特徴. 三戸岡克哉1, 市川一夫2,3 (1東京慈恵医大第三病院, 2社会保険中京病院, 3眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.26.

722172. [学会 (全国)] (シンポジウム) スター社製着色眼内レンズ. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.27.

722173. [学会 (全国)] (シンポジウム) 屈折矯正と白内障手術における瞳孔の基礎. 魚里 博 (医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.32.

722174. [学会 (全国)] (シンポジウム) LASIK・有水晶体眼内レンズ. 神谷和孝 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.33.

722175. [学会 (全国)] (教育セミナー) 波面収差. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.41.

722176. [学会 (全国)] (教育セミナー) 創口作成, 前嚢切開, ハイドロダイセクション. 飯田嘉彦 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.45.

722177. [学会 (全国)] (インストラクションコース) みんなで考える白内障手術: 術中合併症. 石井 清1, 大内雅之2, 飯田嘉彦3, 小川智一郎4, 後藤憲仁5, 森山 涼6 (1さいたま赤十字病院, 2大内眼科, 3眼科, 4東京慈恵医大, 5獨協医大, 6井上眼科病院): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.48.

722178. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) LASIKと眼圧. 庄司信行 (医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.84.

722179. [学会 (全国)] (シンポジウム) 核白内障. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.162.

722180. [学会 (全国)] (シンポジウム) 光毒性防止かよい見え方を選ぶか. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.165.

722181. [学会 (全国)] (シンポジウム) 一般演題総評 (屈折矯正手術・学術展示・ケースレポート). 島崎 潤1, 稗田 牧2, 柴 琢也3, 神谷和孝4, 大木孝太郎5, 根岸一乃6 (1東京歯大・市川, 2京都府医大, 3東京慈恵医大, 4眼科, 5大木眼科, 6慶應大): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.106.

722182. [学会 (全国)] (シンポジウム) JSCRS特別報告〜JSCRSアンケート調査ワーキンググループ〜多焦点眼内レンズ摘出例のアンケート調査〜. 神谷和孝 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.107.

722183. [学会 (全国)] (教育セミナー)【モデレーター】屈折矯正手術のトラブルシューティング. 宮田和典1, 神谷和孝2 (1宮田眼科病院, 2眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.112.

722184. [学会 (全国)] (教育セミナー) Phakic IOL (後房型). 五十嵐章史 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.113.

722185. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【オーガナイザー】ORTが知っておくべき眼内レンズ度数計算の基礎知識. 川守田拓志1, 佐伯めぐみ2 (1医療衛生学部, 2慶應大): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.122.

722186. [学会 (全国)] (インストラクションコース) ORTが知っておくべき眼内レンズ度数計算の基礎知識. 川守田拓志1, 磯谷尚輝2, 佐伯めぐみ3 (1医療衛生学部, 2名古屋アイクリニック, 3慶應大): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.122.

722187. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【オーガナイザー】強度近視眼の白内障手術〜目標屈折度数と眼内レンズ度数計算の工夫〜. 清水公也 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.123.

722188. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 強度近視眼の白内障手術〜目標屈折度数と眼内レンズ度数計算の工夫〜. 江口秀一郎1, 林  研2, 常廣俊太郎3, 三戸岡克哉4, 神谷和孝3 (1江口眼科病院, 2林眼科病院, 3眼科, 4東京慈恵医大・第三): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.123.

722189. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) オキュラーサーフェスに優しい屈折矯正手術. 神谷和孝 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.140.

722190. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 進化する屈折矯正手術と新しい角膜手術〜フェムトセカンドレーザーVisuMax〜. 清水公也 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.144.

722191. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 進化する屈折矯正手術−ReLExの可能性−. 神谷和孝 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.144.

722192. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) トーリックIOLから入る“高付加価値IOLへのトビラ”. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.146.

722193. [学会 (全国)] (シンポジウム) 水晶体の光学特性と人工水晶体. 魚里 博 (医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013/5; p.174.

722194. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】斜視と時間との考察〜Bielschowsky レクチャーを聞こう〜. 魚里 博 (医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.14.

722195. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 正しいコンタクトレンズのケア. 宇津見義一1,2,3 (1日本眼科医会, 2宇津見眼科医院, 3眼科): 第56回日本コンタクトレンズ学会総会 (2013/7/14), 大阪, 第56回日本コンタクトレンズ学会総会抄録集 2013; p.178.

722196. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】眼光学から考える眼科手術のQOV (quality of vision). 根岸一乃1, 神谷和孝2 (1慶応大, 2眼科): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/7), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.68.

722197. [学会 (全国)] (シンポジウム) 屈折矯正手術. 神谷和孝 (眼科): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/7), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.72.

722198. [学会 (全国)] (イブニングセミナー) 視機能検査訓練の新たなパラダイム: 3D Visual Function Trainer - ORTe. 半田知也 (医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/7), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.134.

722199. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】メラノプシンとロービジョン. 仲泊 聡1, 石川 均2 (1国立障害者リハビリテーションセンター, 2医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.74.

722200. [学会 (全国)] (シンポジウム) 瞳孔とメラノプシン. 浅川 賢 (医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.78.

722201. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 徹底検証!モノフォーカルIOLの光学機能. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.124.

722202. [学会 (全国)] (教育講演)【オーガナイザー】視野: ORTプログラム 視野の基礎, 取り方の実際. 庄司信行1, 川瀬和秀2 (1医療衛生学部, 2岐阜大): 第24回日本緑内障学会 (2013/9/23), 東京, 第24回日本緑内障学会抄録集 2013; p.142.

722203. [学会 (全国)] (教育講演) 特殊視野計の検査のコツ. 平澤一法1,2 (1東京大, 2医療衛生学部): 第24回日本緑内障学会 (2013/9/23), 東京, 第24回日本緑内障学会抄録集 2013; p.142.

722204. [学会 (全国)] (シンポジウム) サブスペシャリティ―からのロービジョンケアの展望 「神経眼科」. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第14回日本ロービジョン学会学術総会 (2013/10/12), 岡山.

722205. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】難治緑内障への手術治療. 庄司信行1, 稲谷 大2 (1医療衛生学部, 2福井大): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.8.

722206. [学会 (全国)] (シンポジウム) 北里式光干渉断層計による調節動態の可視化. 五十嵐章史 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.13.

722207. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 色覚メカニズムの解説と色覚異常の臨床診断および指導. 市川一夫1,2, 中村英樹1, 村木早苗3, 中村かおる4, 岡島 修5, 山出新一3, 田邊詔子6 (1社会保険中京病院, 2眼科, 3滋賀医大, 4女子医大, 5三楽病院, 6中京眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.40.

722208. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】Advanced refractive surgery and Keratoplasty with VisuMax〜ReLEx smile-exceeds LASIK〜. 清水公也 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.2.

722209. [学会 (全国)] (イブニングセミナー)【座長】Bay Ophthalmic Surgical Seminar〜特別編〜「Bay Surgeon」からのメッセージ. 清水公也1, 谷口重雄2 (1眼科, 2昭和大学藤が丘リハビリテーション病院眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.17.

722210. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】アジアをTSUNAGU−ライブサージェリー−. 清水公也1, Hungwon Tchah2,3 (1眼科, 2University of Ulsan, 3ASAN Medical Center): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.46.

722211. [学会 (全国)] (シンポジウム) 視覚障害と非器質性疾患−総論−. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.60.

722212. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 合併症眼の白内障手術攻略. 石井 清1, 江口秀一郎2, 原  岳3, 飯田嘉彦4, 大島佑介5 (1さいたま赤十字病院, 2江口眼科病院, 3原眼科病院, 4眼科, 5西葛西・井上眼科病院): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.91.

722213. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 白内障サージャンも必見! トーリック有水晶体眼内レンズをマスターしよう. 中村友昭1, 市川一夫2,3, 神谷和孝3, 北澤世志博4, 清水公也3 (1名古屋アイクリニック, 2社会保険中京病院, 3眼科, 4神戸神奈川アイクリニック): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.92.

722214. [学会 (全国)] (モーニングクルズス)【座長】角膜移植 DSAEK vs DMEK. 清水公也 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.23.

722215. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】ICLはLASIKを超えたか? 清水公也 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.32.

722216. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) ICLの光学特性はLASIKを超えたか? 川守田拓志 (医療衛生学部): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.32.

722217. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) ICLの長期安定性はLASIKを超えたか? 五十嵐章史 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.32.

722218. [学会 (全国)] (イブニングセミナー)【座長】A型ボツリヌス毒素製剤講習・実技セミナー−もっと知ろう 眼瞼痙攣・片側顔面痙攣−. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/1), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.48.

722219. [学会 (全国)] (招待講演)【座長】眼と脳の関係について. 清水公也 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.97.

722220. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼科遠隔診療〜小笠原諸島とTSUNAGU〜. 常廣俊太郎 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.101.

722221. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】屈折矯正術後患者へのアドオン手術. 岡本茂樹1, 神谷和孝2 (1岡本眼科クリニック, 2眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.104.

722222. [学会 (全国)] (シンポジウム) 角膜拡張症対策. 神谷和孝 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会抄録集 2013; p.105.

722223. [学会 (全国)] (モーニングクルズス) Phakic IOL. 神谷和孝 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.54.

722224. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】現在のIOLのトレンドは本当に正しいのか!? 三宅謙作1, 清水公也2 (1眼科三宅病院, 2眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.71.

722225. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 現在のIOLのトレンドは本当に正しいのか!? 川守田拓志 (医療衛生学部): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.71.

722226. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【モデレーター】The 17th IRSJ (2013) 屈折矯正と白内障手術の連携. 魚里 博1, 鈴木雅信2,3 (1医療衛生学部, 2国際医療福祉大学・三田, 3眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.73.

722227. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 屈折矯正手術後のIOL度数予測: IOL度数予測法の基本. 飯田嘉彦 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.73.

722228. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 3D Visual Function Trainer-ORTeの機能解説. 半田知也 (医療衛生学部): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.75.

722229. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 屈折矯正手術. 清水公也 (眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.80.

722230. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 明日からすぐ実践! 高機能眼内レンズの上手な使い方. 宮田和典1, ビッセン宮島弘子2, 神谷和孝3, 三戸岡克哉4, 根岸一乃5 (1宮田眼科病院, 2東京歯大・水道橋, 3,眼科, 4東京慈恵医大・第三, 5慶應大): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.144.

722231. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 快適な眼鏡処方−基礎と応用−Vol.2. 長谷部聡1, 鈴木武敏2, 魚里 博3,, 稗田 牧4 (1川崎医大, 2鈴木眼科吉小路, 3医療衛生学部, 4京都府医大): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/3), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.161.

722232. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 糖尿病患者の治療方針8−こんな時どうする−. 高野雅彦1,2, 加藤 聡3, 植木麻理4, 安藤伸朗5, 松村美代6 (1国際医療福祉大・熱海, 2眼科, 3東京大, 4大阪医大, 5済生会新潟第二病院, 6永田眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/3), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.161.

722233. [学会 (全国)] (モーニングセミナー)【座長】つなぐ−糖尿病眼合併症における眼科・内科連携−. 種田芳郎1,2,3 (1神奈川県眼科医会, 2種田眼科医院, 3眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/3), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.83.

722234. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) つなぐ−糖尿病眼合併症における眼科・内科連携−. 鈴木高遠1,2 (1ちぐさ眼科医院, 2眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/3), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.83.

722235. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 学校現場におけるコンタクトレンズ実態調査. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 第67回日本臨床眼科学会 (2013/11/3), 神奈川, 第67回日本臨床眼科学会共催セミナー・併設器械展示ガイド 2013; p.85.

722236. [学会 (全国)] (教育セミナー・招待講演等)【座長】学術論文の書き方. 半田知也 (医療衛生学部): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.26.

722237. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 眼瞼痙攣の診断と治療. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 JANOS 2013 (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.41.

722238. [学会 (全国)] (会長企画)【オーガナイザー】新しい緑内障手術装置を用いた流出路再建術. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/17), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.28.

722239. [学会 (全国)] (会長企画) 新しい緑内障手術装置を用いた流出路再建術. 庄司信行 (医療衛生学部): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/17), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.28.

722240. [学会 (全国)] (会長企画) 新しい緑内障手術装置を用いた流出路再建術. 渡邉三訓1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/17), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.28.

722241. [学会 (全国)] (イブニングセミナー)【座長】顕微鏡 その過去と未来. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/17), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.64.

722242. [学会 (全国)] (シンポジウム) Refractive Lens Exchange. 神谷和孝 (眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/18), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.73.

722243. [学会 (全国)] (教育セミナー) 皮質吸引. 飯田嘉彦 (眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/18), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.81.

722244. [学会 (全国)] (教育セミナー) その他の流出路再建術. 庄司信行 (医療衛生学部): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/18), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.83.

722245. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 内視鏡を必要とする硝子体手術. 加賀達志1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/18), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.154.

722246. [学会 (全国)] (教育セミナー) 術後検査のポイント. 五十嵐章史 (眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/19), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.175.

722247. [学会 (全国)] (教育セミナー) 一般診療における注意点. 神谷和孝 (眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/19), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2013; p.177.

722248. [学会 (全国)] (シンポジウム) 角膜移植でフェムトセカンドレーザーは主流になるか? 肯定的な立場から. 神谷和孝 (眼科): 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会 (2014/1/30), 沖縄, 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会抄録集 2014; p.48.

723684. [学会 (全国)] (一般講演) FLExおよびSMILE術後の視力および屈折経過の前向き無作為化個体内比較研究. 神谷和孝1, 清水公也1, 石井梨絵1, 小橋英長1, 佐藤信之1, 五十嵐章史1 (1眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 265.

723685. [学会 (全国)] (一般講演) 水晶体の加齢変化を考慮した精密水晶体眼球モデルの開発. 川守田拓志1, 魚里 博1, 佐々木洋2, 清水公也3 (1医療衛生学部, 2金沢医大, 3眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 265.

723686. [学会 (全国)] (一般講演) Assessment of Porcine Corneal Lenticules after Femtosecond Lenticule Extraction. Erwin D Palisoc, 清水公也1, 五十嵐章史1, 石井梨絵1, 神谷和孝1 (1眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 266.

723687. [学会 (全国)] (一般講演) 広視野両眼開放型電子瞳孔計を用いた片眼遮閉下の眼位測定法. 半田知也1, 庄司信行1, 藤村芙佐子1, 川守田拓志1, 戸塚 悟2, 齋藤 彩2, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 266.

723688. [学会 (全国)] (一般講演) ドライアイの前方散乱の経時変化とジクアホソルナトリウム点眼効果の検討. 小橋英長1, 神谷和孝1, 矢ノ目京平1, 五十嵐章史1, 石井梨絵1, 清水公也1 (1眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/5), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 301.

723689. [学会 (全国)] (一般講演) 円錐角膜眼における高さ情報, 角膜厚, 角膜屈折力のカットオフ値の算出. 石井梨絵1, 神谷和孝1, 五十嵐章史1, 宇津見義一1, 熊埜御堂隆, 清水公也1 (1眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/5), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 302.

723690. [学会 (全国)] (一般講演) 角膜の前面・後面および全乱視の分布と加齢変化. 三宅俊之1, 神谷和孝1, 天野理恵1, 飯田嘉彦1, 五十嵐章史1, 石井梨絵1, 清水公也1 (1眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/5), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 302.

723691. [学会 (全国)] (ポスター) Time course of changes in corneal biomechanics after phakic ICL implantation. Mohamed Attia Ali Ahmed1, 清水公也2, 石井梨絵2, 五十嵐章史2, 神谷和孝2 (1大学院医療系研究科, 2眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 379.

723692. [学会 (全国)] (ポスター) マルチフォーカルコンタクトレンズ装用下の調節量と調節微動の変化. 柴田優子1, 新井慎司1, 張 允娥1, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 379.

723693. [学会 (全国)] (ポスター) 健常眼における屈折差についての検討. 伊藤美沙絵1, 清水公也2, 石川 均1, 須長 桂3, 小松真理2,3, 小手川泰枝4, 原 直人2,4 (1医療衛生学部, 2眼科, 3山王病院, 4神奈川歯大・横浜クリニック): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 380.

723694. [学会 (全国)] (ポスター) Sub-surface Nano Glisteningにおける光学シミュレーション. 高橋依子1, 川守田拓志2, 三田哲大1, 初坂奈津子1, 渋谷恵理1, 久保江理1, 佐々木洋1 (1金沢医大, 2医療衛生学部): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 381.

723695. [学会 (全国)] (ポスター) モノビジョンにおける読みの視線解析の検討. 新井田孝裕1,2, 古川珠紀1, 潮井川修一3, 内山仁志1, 山田徹人1, 鈴木賢治1 (1国際医療福祉大・保健医療, 2眼科, 3福岡国際医療福祉学院): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 382.

723696. [学会 (全国)] (ポスター) 正常眼における色視力の視標と背景を同色相で彩度変化させた特性について. 横山 翔1, 中村英樹1, 田邉詔子2, 洞井里絵2, 加藤幸仁1, 田中芳樹3, 田中 清3, 市川一夫1,4 (1社会保険中京病院, 2中京眼科, 3信州大・工学部, 4眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 382.

723697. [学会 (全国)] (ポスター) ヒト水晶体上皮細胞の密度に関する調査. 近藤奈津1, 馬嶋清如2, 浅野 亮3, 山本直樹4, 内藤尚久5, 市川一夫3,6 (1岐阜赤十字病院, 2眼科明眼院, 3中京病院, 4藤田保険衛生大・共利研, 5中京眼科, 6眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 383.

723698. [学会 (全国)] (ポスター) 共焦点顕微鏡を使用したヒト水晶体上皮細胞核の観察. 馬嶋清如1, 市川 慶2, 内藤尚久3, 酒井幸弘3, 山本直樹4, 市川一夫2,5 (1眼科明眼院, 2社会保険中京病院, 3中京眼科, 4藤田保険衛生大・共利研, 5眼科): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 384.

723699. [学会 (全国)] (ポスター) 当院の眼軸性内斜視に対する上外直筋縫着術の治療効果の検討. 槇 千里1, 山上明子1,2, 河本ひろ美1, 新井歌奈江3, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東京女子医大): 第117回日本眼科学会総会 (2013/4/4-6), 東京, 日本眼科学会雑誌 2013/3; 117 (臨時増刊): 393.

723700. [学会 (全国)] (一般講演) 抗がん剤眼副作用 (眼障害) のマネージメント. 柏木広哉1,2 (1静岡県立静岡がんセンター, 2眼科): 第22回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会 (2013/5/25), 静岡.

723701. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズ挿入眼におけるOQASを用いた眼球光学特性の検討. 佐藤 司1, 安藤和歌子1, 天野理恵1, 飯田嘉彦1, 清水公也1 (1眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/27), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.10.

723702. [学会 (全国)] (一般講演) 角膜前面直乱視および倒乱視における後面乱視量と軸の検討. 三宅俊之1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/27), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.12.

723703. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体眼内レンズの再近視化に影響を及ぼす因子の多変量解析. 五十嵐章史1, 三宅俊之1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.57.

723704. [学会 (全国)] (一般講演) 瞳孔径を考慮に入れた有水晶体眼内レンズ術後の高次収差の検討. 安藤和歌子1, 神谷和孝1, 五十嵐章史1, 川守田拓志2, 魚里 博2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.57.

723705. [学会 (全国)] (一般講演) Hole implantable collamer lensにおける偏心・傾斜の光学シミュレーション解析. 川守田拓志1, 魚里 博1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.57.

723706. [学会 (全国)] (一般講演) 穴あきImplantable collamer lens (Hole ICL) の術後vaulting評価. 小島隆司1,2, 長谷川亜里2,3, 森川桃子2, 原 修哉3, 吉田陽子2, 中村友昭2, 市川一夫3,4 (1岐阜赤十字病院, 2名古屋アイクリニック, 3社会保険中京病院, 4眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.58.

723707. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズによるモノビジョン法施行後に追加矯正を要した症例の検討. 加藤紗矢香1, 伊藤美沙絵2, 神谷和孝1, 戸塚和子1, 五十嵐章史1, 石井梨絵1, 天野理恵1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.69.

723708. [学会 (全国)] (ポスター) ハイドロビューTM眼内レンズ摘出交換手術前後の色視力による視機能評価. 中村英樹1, 横山 翔1, 市川一夫1,2, 田邊詔子3, 加藤幸仁1, 田中芳樹4, 田中 清4 (1社保中京病院, 2眼科, 3中京眼科, 4信州大・工学): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.73.

723709. [学会 (全国)] (ポスター)【座長】学術展示 ポスター (屈折). 神谷和孝 (眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.76.

723710. [学会 (全国)] (ポスター) Small incision lenticule Extraction (SMILE) とLASIK術後のドライアイの比較検討. 吉田陽子1, 片岡嵩博1, 井藤麻由香1, 磯谷尚輝1, 中村友昭1, 吉田則彦2, 市川一夫2,3 (1名古屋アイクリニック, 2社会保険中京病院, 3眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.76.

723711. [学会 (全国)] (ポスター) Hole ICLおよび従来のICLの視機能の比較. 長谷川亜里1,2, 小島隆司2,3, 森川桃子2, 中村友昭2, 市川一夫1,4 (1中京病院, 2名古屋アイクリニック, 3岐阜赤十字病院, 4眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/28), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.77.

723712. [学会 (全国)] (一般講演) 前眼部OCTにて後部円錐角膜が疑われた症例の白内障術後屈折誤差の検討. 玉置明野1, 小島隆司2, 伊藤志代美1, 長谷川亜里1, 中村英樹1, 市川一夫1,3 (1中京病院, 2岐阜赤十字病院, 3眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.126.

723713. [学会 (全国)] (一般講演) SRK/T式における角膜曲率と屈折誤差. 飯田嘉彦1, 清水公也1, 天野理恵1 (1眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.127.

723714. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大式前眼部OCTを用いた白内障術後屈折予測. 常廣俊太郎1, 清水公也1, 天野理恵1, 飯田嘉彦1 (1眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.127.

723715. [学会 (全国)] (一般講演) 短眼軸長眼および長眼軸長眼の眼内レンズ度数計算式の選択. 比嘉利沙子1, 魚里 博2, 井上賢治1, 若倉雅登1,3 (1井上眼科病院, 2医療衛生学部, 3眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.127.

723716. [学会 (全国)] (一般講演) Femtosecond lenticule extractionとwavefront-guided laser in situ keratomileusisの乱視矯正効果の検討. 小橋英長1, 神谷和孝1, 五十嵐章史1, 石井梨絵1, 小松真理1,2, 清水公也1 (1眼科, 2山王病院): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.130.

723717. [学会 (全国)] (一般講演) SMILE施行症例の短期成績. 原 修哉1, 小島隆司2, 吉田陽子3, 長谷川亜里1, 片岡嵩博3, 中村友昭3, 市川一夫1,4 (1社保中京病院, 2岐阜赤十字病院, 3名古屋アイクリニック, 4眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.131.

723718. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト水晶体上皮細胞の密度, 細胞核質比の検索. 浅野 亮1, 馬嶋清如2, 近藤奈津3, 山本直樹4, 酒井幸弘5, 内藤尚久5, 市川一夫1,6 (1中京病院, 2眼科明眼院, 3岐阜赤十字病院, 4藤田保健衛生大, 5中京眼科, 6眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.154.

723719. [学会 (全国)] (一般講演) 生体眼におけるヒト水晶体の赤道径, 前後径, 体積の測定. 馬嶋清如1, 市川 慶2, 片岡崇博3, 中村友昭3, 酒井幸弘4, 内藤尚久4, 市川一夫2,5 (1眼科明眼院, 2社会保険中京病院, 3名古屋アイクリニック, 4中京眼科, 5眼科): 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会 (2013/6/29), 千葉, 第28回JSCRS学術総会・第52回日本白内障学会総会抄録集 2013; p.176.

723720. [学会 (全国)] (一般口演) 進行性核上性麻痺にみられる輻湊障害・外斜視の成因機序・責任病巣を考える. 原 直人1,2, 鈴木裕美1,2, 小手川泰枝1, 君島真純1, 大野晃司1,2, 向野和雄1,2, 桔梗英幸3 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック眼科, 2眼科, 3横浜市立脳血管医療センター神経内科): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5), 広島, 日本弱視斜視学会報 2013/9; 49 (1): 24.

723721. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学病院における未熟児網膜症の治療成績. 橋本篤文1, 石川 均2, 後関利明1, 戸塚和子1, 榊原七重2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.50.

723722. [学会 (全国)] (一般口演) 近視矯正によって内斜視が改善した双生児の1組. 橋本篤文1, 石川 均2, 後関利明1, 戸塚和子1, 榊原七重2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.50.

723723. [学会 (全国)] (一般口演) 成人における大角度外斜視の手術成績と満足度調査. 斎藤 彩1, 後関利明1, 石川 均2, 安藤和歌子1, 池田哲也1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.52.

723724. [学会 (全国)] (ポスター) 斜視スクリーニングのための自記式質問表の開発と有効性の検討. 後関利明1,2, 石川 均3, 戸塚和子1, 池田哲也1, 清水公也1 (1眼科, 2北里大学メディカルセンター眼科, 3医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.79.

723725. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院におけるDuane Syndromeの臨床所見. 戸塚和子1, 石川 均2, 後関利明1, 池田哲也1, 榊原七重2, 橋本篤文1, 戸塚 悟1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5-6), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.81.

723726. [学会 (全国)] (ポスター) 遠視矯正により外斜視角の減少が見られた1例. 松井孝子1, 安田節子1, 渡部広史1, 石川 均2, 吉冨健志1 (1秋田大・眼科, 2医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/5-6), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.83.

723727. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院における未熟児網膜症の治療成績. 池田哲也1, 石川 均2, 後関利明1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会 (2013/7/6), 広島, 第69回日本弱視斜視学会総会・第38回日本小児眼科学会総会抄録集 2013; p.95.

723728. [学会 (全国)] (一般講演) 再発を繰り返した慢性結膜炎の1例. 川添賢志1, 宮永嘉隆1, 若倉雅登2,3, 堀 貞夫1, 井上賢治2 (1西葛西・井上眼科病院, 2井上眼科病院, 3眼科): 第50回日本眼感染症学会 (2013/7/13), 大阪, 第50回日本眼感染症学会抄録集 2013; p.64.

723729. [学会 (全国)] (一般講演) 平成24年度学校現場でのコンタクトレンズ使用状況調査. 宇津見義一1,2, 宮浦 徹1, 柏井真理子1, 山岸直矢1, 高野 繁1 (1日本眼科医会, 2眼科): 第56回日本コンタクトレンズ学会総会 (2013/7/14), 大阪, 第56回日本コンタクトレンズ学会総会抄録集 2013; p.118.

723730. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】視覚, 眼生理. 小林克彦1, 川守田拓志2 (1帝京大, 2医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/7), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.83.

723731. [学会 (全国)] (一般口演) 軸外入射光がHole implantable collamer lensの光学特性に与える影響. 川守田拓志1, 魚里 博1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/7), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.83.

723732. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】臨床. 魚里 博1, 前田直之2 (1医療衛生学部, 2大阪大): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/7), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.86.

723733. [学会 (全国)] (一般口演) 黄斑前膜患者における, 色を用いたアムスラーチャートの見え方について. 横山 翔1, 加賀達志1,2, 杉岡勇希1, 橋本和樹3, 田中芳樹4, 田中 清3, 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院眼科, 2眼科, 3信州大学工学部, 4中京メディカル): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/7), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.94.

723734. [学会 (全国)] (一般口演) 3種のオートレフケラトメーターと自覚的屈折値の比較. 有賀義之1, 花木美和子2, 山崎 愛1, 中村有貴1, 魚里 博3, 梶田雅義1 (1梶田眼科, 2株式会社ニデック医療眼鏡事業統括本部開発本部医療機器開発第二部前眼部診断機器開発科, 3医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.101.

723735. [学会 (全国)] (一般口演) 両眼開放・外部視標における調節, 瞳孔反応測定時の視標移動方法および速度の影響. 新井慎司1, 浅川 賢1,2, 魚里 博1,2 (1大学院医療研究科, 2医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.103.

723736. [学会 (全国)] (一般口演) ディスプレイの汚れが調節反応量に与える影響. 広田雅和1, 新井慎司1, 柴田優子1, 魚里 博1 (1大学院医療系研究科): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.104.

723737. [学会 (全国)] (一般口演) CGT-2000を用いたコントラスト感度測定の再現性. 金澤正継1, 中山奈々美2, 浅川 賢1,3, 川守田拓志1,3, 魚里 博1,3 (1大学院医療系研究科, 2東北文化学園大学医療福祉学部視覚機能学専攻, 3医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.107.

723738. [学会 (全国)] (一般口演) 角膜前後面における非球面性と球面収差の関係. 張 允娥1, 柴田優子1, 川守田拓志1,2, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第49回日本眼光学学会総会 (2013/9/8), 京都, 第49回日本眼光学学会総会抄録集 2013; p.108.

723739. [学会 (全国)] (一般講演) 一見, 良性と思われた基底細胞癌の2症例. 市川 慶1, 安里崇徳2, 星野彰宏3, 佐藤朋子4, 市川一夫2,5, 田邊吉彦2 (1岐阜日赤, 2中京病院, 3飯田市民病院, 4中京病院臨床病理科, 5眼科): 第31回日本眼腫瘍学会 (2013/9/14), 高知, 第31回日本眼腫瘍学会抄録集 2013; p.35.

723740. [学会 (全国)] (一般講演) Trabectome手術の術後2年の成績. 庄司信行1, 笠原正行2,3, 松村一弘2, 皆川友憲2, 森田哲也2, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科, 3大学院医療系研究科): 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会 (2013/9/21), 東京, 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会抄録集 2013; p.55.

723741. [学会 (全国)] (一般講演) SD-OCTによる原発開放隅角緑内障眼・正常眼圧緑内障眼の比較. 藤村芙佐子1,2, 吉井由佳子2, 平澤一法1, 笠原正行2, 松村一弘3, 森田哲也3, 庄司信行1,2, 清水公也3 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3眼科): 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会 (2013/9/21), 東京, 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会抄録集 2013; p.65.

723742. [学会 (全国)] (一般講演) 視野異常の部位による測定点プログラム30-2と24-2のMDとVFIの変化. 山岸真弓1, 平澤一法2,3, 庄司信行2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3東京大): 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会 (2013/9/22), 東京, 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会抄録集 2013; p.111.

723743. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺眼症による上眼瞼腫脹へのビマトプロスト点眼液使用の試み. 後関利明1,2, 石川 均3, 池田哲也2, 清水公也2, 吉冨健志4 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部, 4秋田大): 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会 (2013/9/22), 東京, 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会抄録集 2013; p.122.

723744. [学会 (全国)] (ポスター) 開瞼度の違いによるNCTとGATの眼圧測定誤差. 皆川友憲1, 森田哲也1, 庄司信行2, 松村一弘1, 笠原正行1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会 (2013/9/21-22), 東京, 第24回日本緑内障学会/第33回日本眼薬理学会抄録集 2013; p.154.

723745. [学会 (全国)] (一般講演) 眼瞼手術におけるラジオ波メスVS炭酸ガスレーザー. 西本浩之1,2 (1横須賀市立うわまち病院, 2眼科): 第11回JSCR学術集会 (2013/10/20), 京都.

723746. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】神経眼科1. 若倉雅登1,2 (1眼科, 2井上眼科病院): 第67回日本臨床学科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.21.

723747. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】神経眼科2. 石川 均 (医療衛生学部): 第67回日本臨床学科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.22.

723748. [学会 (全国)] (一般講演) Leber遺伝性視神経症の長期経過の解析. 塩川美菜子1, 山上明子1,2, 山本智恵子1, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.22.

723749. [学会 (全国)] (一般講演) 真菌性浸潤性副鼻腔炎による視神経症の一例. 山本智恵子1, 山上明子1,2, 若倉雅登1,2, 井上賢治1, 池田勝久3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3順天大・耳鼻咽喉・頭頸): 第67回日本臨床学科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.22.

723750. [学会 (全国)] (一般講演) トラベクトーム手術不成功例におけるトラベクレクトミーの成績. 庄司信行1, 森田哲也2, 笠原正行2, 松村一弘2, 皆川友憲2, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/10/31), 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.30.

723751. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】調節. 魚里 博 (医療衛生学部): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/1): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.73.

723752. [学会 (全国)] (一般講演) 波長が異なる光による薄暮視力に対する影響. 桝田浩三1, 湯川英一2, 新田進人3, 魚里 博4 (1大阪人間科学大, 2ゆかわ眼科クリニック, 3にった眼科クリニック, 4医療衛生学部): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/1): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.73.

723753. [学会 (全国)] (一般講演) マルチフォーカルコンタクトレンズ装用下の球面収差と調節反応の関係. 柴田優子1, 新井慎司1, 張 允娥1, 金澤正継1, 魚里 博2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/1): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.73.

723754. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト水晶体上皮細胞の密度測定の臨床的意義. 馬嶋清如1, 市川 慶2, 酒井幸弘3, 内藤尚久3, 山本直樹4, 市川一夫2,5 (1眼科明眼院, 2社会保険中京病院, 3中京眼科, 4藤田保健衛生大・共利研, 5眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/1): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.80.

723755. [学会 (全国)] (一般講演) 結膜アミロイドーシスの2例 (広範囲病変症例と小病変症例). 柏木広哉1,2, 伊藤以知郎3, 渡邊麗子3, 岡崎嘉樹4, 剣持育正5 (1静岡県立静岡がんセンター, 2眼科, 3静岡県立静岡がんセンター・病理診断, 4静岡済生会, 5矢田眼科医院): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/1): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.87.

723756. [学会 (全国)] (一般講演) Wavefront-guided PRKとconventional PRKの比較: メタアナリシス. 小橋英長1, 神谷和孝1, 星 佳芳2, 五十嵐章史1, 清水公也1 (1眼科, 2衛生): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.123.

723757. [学会 (全国)] (一般講演) PTK術後のセントラルアイランドが視力に及ぼす影響. 橋本篤文1, 神谷和孝1, 小橋英長1, 五十嵐章史1, 清水公也1 (1眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.123.

723758. [学会 (全国)] (一般講演) Hole ICLにおけるHole径の最適化〜光学と流体力学シミュレーションの連携〜. 川守田拓志1, 魚里 博1, 清水公也2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.123.

723759. [学会 (全国)] (一般講演) 直・倒乱視における後面乱視とトーリック眼内レンズの乱視矯正効果の検討. 三宅俊之1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.124.

723760. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズによるモノビジョン法における長期臨床成績. 郷右近博康1, 天野理恵1, 飯田嘉彦1, 伊藤美沙絵2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.124.

723761. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障・翼状片同時手術における眼内レンズ度数計算の予測性の検討. Mohamed Attia1, 神谷和孝2, 小橋英長2, 飯田嘉彦2, 清水公也2 (1大学院医療系研究科, 2眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.125.

723762. [学会 (全国)] (一般講演) 単焦点と多焦点眼内レンズを組み合わせたHybrid monovisionの臨床成績 (3年). 飯田嘉彦1, 清水公也1, 伊藤美沙絵2, 天野理恵1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.125.

723763. [学会 (全国)] (一般講演) 黄斑上膜の散乱の他覚的定量と術前後における散乱変化の検討. 高 郁嘉1, 神谷和孝1, 柳田智彦1, 木村典敬1, 白谷 徹1, 輿水 学1, 田野貴俊1, 佐藤 司1, 清水公也1 (1眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.131.

723764. [学会 (全国)] (一般講演) 視野暗点に追加測定点を配置した‘Semi-custom’視野グリッドの有用性の検討. 青山裕加1, 村田博史1, 田原真由美1, 柳澤美衣子1,2, 平澤一法1,2, 間山千尋1, 朝岡 亮1 (1東京大, 2大学院医療系研究科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.133.

723765. [学会 (全国)] (一般講演) 進行速度による検査点のクラスタリングを用いた緑内障性視野障害の進行予測. 平澤一法1,2, 朝岡 亮1, 村田博史1, 平澤裕代1, 間山千尋1 (1東京大, 2大学院医療系研究科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.133.

723766. [学会 (全国)] (ポスター)【座長】屈折要素・その他. 神谷和孝 (眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.173.

723767. [学会 (全国)] (ポスター) Aflibercept硝子体投与後に多発性塞栓様所見が見られた1例. 比嘉利沙子1, 菅原道孝1, 斎木 裕2, 井上賢治1, 若倉雅登1,3 (1井上眼科病院, 2西葛西・井上眼科病院, 3眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.192.

723768. [学会 (全国)] (ポスター) 両眼弱視を伴う先天性外眼筋線維症の1例. 松井孝子1, 安田節子1, 田中敦子1,2, 神 大介1, 石川 誠1, 石川 均3, 吉冨健志1 (1秋田大, 2秋田県立盲学校, 3医療衛生学部): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/2): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.210.

723769. [学会 (全国)] (一般講演) 新しい涙液安定性の診断指標によるレバミピド点眼液の治療効果についての検討. 中西 基1,2, 末廣 淳3, 五十嵐章史1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科, 2東芝林間病院, 3トプコン): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/3): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.152.

723770. [学会 (全国)] (一般講演) 遠隔医療支援システムSalus Visionの使用経験. 佐藤裕之1, 北山秋雄2, 市川一夫3,4, 山元泰浩5, 栗原大仁郎5, 西沢健一6, 北山 摂6 (1飯田市立病院, 2長野県看護大, 3社会保険中京病院, 4眼科, 5ENWA, 6ウェブシェア): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/3): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.155.

723771. [学会 (全国)] (一般講演) rtx1TMによる黄斑円孔底の微小構造の観察. 森 俊男1, 加賀達志1,3, 吉田則彦1, 佐藤裕之2, 嶋 千尋1, 横山 翔1, 村岡勇希1, 市川一夫1,3 (1社会保険中京病院, 2飯田市立病院, 3眼科): 第67回日本臨床学科学会 (2013/11/3): 神奈川, 第67回日本臨床学科学会抄録集 2013; p.159.

723772. [学会 (全国)] (一般口演) 動的特性における調節視標と光視標による調節・瞳孔反応の比較. 新井慎司1, 浅川 賢1,2, 魚里 博1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.19.

723773. [学会 (全国)] (ポスター) 視能訓練士における熟達像について. 原 涼子1, 安藤智子2, 新井田孝裕1,3 (1国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 2筑波大学大学院人間総合科学研究科, 3眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.21.

723774. [学会 (全国)] (ポスター) 重度脳性麻痺患者に対する視機能評価方法の検討. 小町祐子1, 新井田孝裕1,2, 鈴木賢治1, 山田徹人1, 梅原幸子3, 下泉秀夫3 (1国際医療福祉大学, 2眼科, 3国際医療福祉リハビリテーションセンター): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.22.

723775. [学会 (全国)] (ポスター) 視能訓練と眼鏡の低矯正が奏功した, 外斜視に移行した屈折性調節性内斜視の1例. 大平 亮1, 長谷川英稔1, 高野雅彦1,2, 石川 均3 (1国際医療福祉大学熱海病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.22.

723776. [学会 (全国)] (ポスター) 弱視, 斜視におけるMicro Perimeter (MP-1メ) を用いた固視の検討. 大平 亮1, 塩谷直子1, 野村美香1, 渡辺千草1, 三浦一真1, 高野雅彦1,2 (1国際医療福祉大学熱海病院, 2眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.22.

723777. [学会 (全国)] (ポスター) 右頭頂葉出血ににより左下1/4半盲および輻湊不全型外斜視を発症した1例. 蒲生真里1, 原 直人1,2, 君島真純1, 細谷由紀子1, 鈴木裕美1,2, 大野晃司1,2, 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック眼科, 2眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.22.

723778. [学会 (全国)] (ポスター) フレネル膜プリズム装用で経過をみた内斜視の2症例. 丸山明穂1, 小町祐子1,2, 塚原麻由佳1, 新井田孝裕1,2,3 (1国際医療福祉大学病院, 2国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 3眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.23.

723779. [学会 (全国)] (ポスター) 視力検査において徹照像が有用であった2症例. 伊藤志代美1, 玉置明野1, 川出美幸1, 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院眼科, 2眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.23.

723780. [学会 (全国)] (ポスター) 東京都A小学校における屈折分布調査. 榊原七重1, 石川 均1, 赤崎麻衣2, 三井義久2 (1医療衛生学部, 2駒込みつい眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.24.

723781. [学会 (全国)] (ポスター) 有水晶体眼内レンズ術後の自覚症状と満足度の検討. 青木希美1, 須永 桂1, 小橋英長2, 五十嵐章史2, 松村一弘2, 小松真理1,2 (1山王病院, 2眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.25.

723782. [学会 (全国)] (ポスター) 補償光学眼底カメラrtx1TMを用いた黄斑前膜症例の撮影. 杉岡勇希1, 森 俊男2, 加賀達志1,3, 吉田則彦1, 嶋 千尋1, 佐藤裕之2, 横山 翔1, 市川一夫1,3 (1社会保険中京病院, 2飯田市立病院, 3眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.25.

723783. [学会 (全国)] (ポスター) 向精神薬の中止および変更により症状が改善した薬剤性眼瞼痙攣の症例. 後藤禎久1, 若倉雅登2,3, 大塚慎一1 (1大塚眼科医院, 2井上眼科病院, 3眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.26.

723784. [学会 (全国)] (一般口演) 測定原理の異なる2つの角膜形状解析装置の測定値の比較. 橋爪良太1, 玉置明野1, 小島隆司2, 長谷川亜里3, 市川一夫1,4 (1社会保険中京病院, 2岐阜赤十字病院, 3総合大雄会病院, 4眼科): 第54回日本視能矯正学会 (2013/11/16), 福岡, 第54回日本視能矯正学会抄録集 2013; p.27.

723785. [学会 (全国)] (一般口演) 視神経障害をきたした妊婦の鞍結節髄膜腫. 柏木広哉1,5, 中州庸子2, 三矢幸一2, 林 央周2, 伊藤以知郎3, 渡辺麗子3, 菅沼牧知子4 (1県立静岡がんセンター眼科, 2県立静岡がんセンター脳神経外科, 3県立静岡がんセンター病理診断科, 4順天堂大学附属静岡病院産婦人科, 5眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.52.

723786. [学会 (全国)] (ポスター)【座長】ポスターセッション. 後関利明1,2, 岩川雅哉3 (1眼科, 2北里大学メディカルセンター, 3秋田大学): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.72.

723787. [学会 (全国)] (ポスター) 無治療にて視機能回復を得たヘルペス性視神経症の一症例. 林 恵子1, 石井 清1, 若倉雅登2,3 (1さいたま赤十字病院眼科, 2井上眼科病院, 3眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.72.

723788. [学会 (全国)] (ポスター) 硬膜外自家血注入療法後にうっ血乳頭をきたした1例. 飯島 綾1,2, 石川 均3, 後関利明1,2, 清水公也2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.72.

723789. [学会 (全国)] (ポスター) 井上眼科病院における眼瞼痙攣に対する治療の現状. 荒川久弥1,2, 山上明子1,3, 引田俊一1, 若倉雅登1,3, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2東京女子医大病院, 3眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.79.

723790. [学会 (全国)] (ポスター) 正常者・不同視弱視患者における異なった条件下での光刺激による対光反射の検討. 戸塚 悟1, 石川 均2, 後関利明1,3, 浅川 賢2, 池田哲也1, 斎藤 彩1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3北里大学メディカルセンター): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.81.

723791. [学会 (全国)] (ポスター) 呼吸リズムが瞳孔径に与える影響. 望月浩志1, 門馬愛美1, 靭負正雄1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.82.

723792. [学会 (全国)] (ポスター) 大学生群と中高年群での読み特性の比較. 内山仁志1, 古川珠紀1, 高橋由嗣1, 鈴木賢治1, 山田徹人1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/22), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.82.

723793. [学会 (全国)] (一般口演) 抗TNF-αモノクローナル抗体治療経過中に脳幹病変による上斜筋麻痺を認めた1例. 高 郁嘉1, 市邉義章1, 清水公也1 (1眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/23), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.59.

723794. [学会 (全国)] (一般口演) 生後4か月に突然異常眼球運動を認めた1例. 池田哲也1, 後関利明1,2, 半田知也3, 石川 均3, 野々田豊4, 清水公也1 (1眼科, 2北里大学メディカルセンター, 3医療衛生学部, 4小児): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/23), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.60.

723795. [学会 (全国)] (一般口演) 屈折矯正とプリズム治療が有効であったocular flutterの一例. 高橋由嗣1,2, 鈴木賢治1,2, 四之宮佑馬1,2, 山田徹人1,2, 新井田孝裕1,2,3 (1国際医療福祉大学病院眼科, 2国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 3眼科): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/23), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.61.

723796. [学会 (全国)] (一般口演) 眼虚血症候群 (Ocular ischemic syndrome: OIS) の多彩な病像−3症例を通して. 鈴木裕美1,2, 原 直人1,2, 大野晃司1,2, 君島真純1, 細谷由紀子1, 蒲生真里1, 向野和雄1,2, 平井香織3 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック眼科, 2眼科, 3国際親善総合病院): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/23), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.65.

723797. [学会 (全国)] (一般口演) 変異型ロドプシン遺伝子トランスジェニック家兎における網膜光受容器の機能的評価と組織学的観察. 浅川 賢1, 石川 均1, 宇賀茂三2, Palisoc Erwin2, 真下紀美代2, 清水公也2, 近藤峰生3, 寺崎浩子4 (1医療衛生学部, 2眼科, 3三重大学大学院, 4名古屋大学大学院): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/23), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.67.

723798. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】一般口演7 眼窩・瞳孔. 石川 均 (医療衛生学部): 第51回日本神経眼科学会総会 (JANOS 2013) (2013/11/23), 秋田, 第51回日本神経眼科学会総会抄録集 2013; p.67.

723799. [学会 (全国)] (一般講演) 単焦点眼内レンズ挿入眼にピギーバック挿入したRayner社製レンズの報告. 横山郁文1, 長谷川亜里2, 原 修哉1, 小島隆司3, 中村友昭4, 洞井里絵4, 村田あずさ3, 市川一夫1,5 (1社会保険中京病院, 2大雄会病院, 3岐阜日赤病院, 4名古屋アイクリニック, 5眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/18), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2014; p.94.

723800. [学会 (全国)] (一般講演) IOLマスターによるHaigis式の最適化IOL定数の検討. 比嘉利沙子1, 長浜小映子1, 魚里 博2, 井上賢治1, 若倉雅登1,3 (1井上眼科病院, 2医療衛生学部, 3眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/18), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2014; p.108.

723801. [学会 (全国)] (ポスター) 眼軸性内斜視に対する上外直筋逢着術前後のMRIの検討. 河本ひろ美1, 岩佐真弓1, 槇千里1, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/18), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2014; p.138.

723802. [学会 (全国)] (一般講演) フェムトセカンドレーザー白内障手術の初期報告. 中村英樹1, 小島隆司2, 市川一夫1,5, 内藤尚久3, 酒井幸弘3, 洞井里絵4 (1社会保険中京病院, 2岐阜赤十字病院, 3中京眼科, 4中京メディカル, 5眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/19), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2014; p.189.

723803. [学会 (全国)] (一般講演) 硝子体鉗子を使わないダブルニードルを用いたIOL強膜内固定術. 塙本 宰1, 木原真一1, 大槻智宏1,2, 小沢忠彦1 (1小沢眼科内科病院, 2眼科): 第37回日本眼科手術学会学術総会 (2014/1/19), 京都, 第37回日本眼科手術学会学術総会抄録集 2014; p.191.

723804. [学会 (全国)] (一般口演) 角膜屈折矯正術後のレバミピド点眼による動的前方散乱の検討. 五十嵐章史1, 神谷和孝1, 小橋英長1, 清水公也1 (1眼科): 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会 (2014/1/30), 沖縄, 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会抄録集 2014; p.72.

723805. [学会 (全国)] (ポスター) DSAEK術後の前方散乱が視力に及ぼす影響. 安里 瞳1, 清水公也1, 五十嵐章史1, 小橋英長1, 神谷和孝1 (1眼科): 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会 (2014/1/30), 沖縄, 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会抄録集 2014; p.94.

723806. [学会 (全国)] (ポスター) 白内障術前の角膜前面後面曲率半径比が術後屈折誤差に及ぼす影響の検討. 長谷川亜里1,3, 小島隆司2, 玉置明野3,4, 山本真菜3, 加藤幸仁3, 市川一夫3,5, 田中 清4 (1大雄会病院, 2岐阜赤十字病院, 3社会保険中京病院, 4信州大・総合工学系研究科, 5眼科): 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会 (2014/1/30), 沖縄, 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会抄録集 2014; p.100.

723807. [学会 (全国)] (ポスター) Reis-Bucklers角膜ジストロフィに対し数回角膜電気分解を施行し長期経過観察した症例. 渡部 環1, 佐藤裕也1, 小島隆司2, 市川一夫3,4 (1佐藤裕也眼科医院, 2岐阜赤十字病院, 3社会保険中京病院, 4眼科): 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会 (2014/1/30), 沖縄, 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会抄録集 2014; p.117.

723808. [学会 (全国)] (一般口演) フェムトセカンドレーザーを用いた全層角膜移植と従来の全層角膜移植の比較. 小橋英長1, 神谷和孝1, 五十嵐章史1, 清水公也1 (1眼科): 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会 (2014/2/1), 沖縄, 角膜カンファランス2014 第38回日本角膜学会総会/第30回日本角膜移植学会抄録集 2014; p.84.

731145. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 最近の緑内障手術. 庄司信行 (医療衛生学部): 第4回虎門会 (2013/5/22), 東京.

731146. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 眼圧値の評価. 森田哲也 (眼科): 第126回神奈川県眼科集談会 (2013/5/25), 神奈川.

731147. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】眼圧値の評価. 市邉義章 (眼科): 第126回神奈川県眼科集談会 (2013/5/25), 神奈川.

731148. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】緑内障の診断と治療に取り組んで. 清水公也 (眼科): 第126回神奈川県眼科集談会 (2013/5/25), 神奈川.

731149. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ドライアイに対応した白内障及び屈折矯正手術. 清水公也 (眼科): 第7回箱根ドライアイクラブ (2013/6/1), 神奈川.

731150. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 知ってて良かった! 抗がん剤による眼症状の副作用マネジメント. 柏木広哉 (眼科): 第15回石川がん化学療法看護懇話会 (2013/6/2), 石川.

731151. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) トラベクトームの国内臨床成績について. 庄司信行 (医療衛生学部): トラベクトームサマーキャンプ2013in佐世保 (2013/6/8), 長崎.

731152. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) トラベクトームと白内障同時手術について. 市川一夫1,2 (1社会保険中京病院, 2眼科): トラベクトームサマーキャンプ2013in佐世保 (2013/6/8), 長崎.

731153. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 配合剤とアドヒアランス. 庄司信行 (医療衛生学部): 第16回相模原Glaucoma Meeting (2013/6/13), 神奈川.

731154. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】フェムトセカンドレーザーの臨床応用. 阿部充志1,2 (1阿部眼科クリニック, 2眼科): 大和市眼科医会学術講演会 (2013/6/18), 神奈川.

731155. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) フェムトセカンドレーザーの臨床応用. 神谷和孝 (眼科): 大和市眼科医会学術講演会 (2013/6/18), 神奈川.

731156. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) モノビジョン. 清水公也 (眼科): 第39回熊本眼疾患研究会 第338回熊本県眼科医会研修会 (2013/6/21), 熊本.

731157. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障の薬物治療と新しい手術. 庄司信行 (医療衛生学部): コソプト発売3周年記念講演会in秋田 (2013/6/22), 秋田.

731158. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障診療の新しい手段. 庄司信行 (医療衛生学部): 第50回愛媛県眼科フォーラム (2013/6/23), 愛媛.

731159. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】がんと総合病院精神科−身体科と精神科の連携 (リエゾン) について. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第7回心療眼科研究会 (2013/6/29), 東京.

731160. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Preperimetric Glaucoma. 庄司信行 (医療衛生学部): 第7回さがみ眼科研究会 (2013/7/12), 東京.

731161. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】超広角走査レーザー検眼鏡OPTOSによって分かった新たな眼底疾患の病態. 庄司信行 (医療衛生学部): 第7回さがみ眼科研究会 (2013/7/12), 東京.

731162. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 中心視野測定のポイント. 庄司信行 (医療衛生学部): アイファガン点眼液0.1%発売1周年記念講演会in神奈川 (2013/8/22), 神奈川.

731163. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】薬物療法から手術療法へ〜病期・病態に対応した治療〜. 清水公也 (眼科): アイファガン点眼液0.1%発売1周年記念講演会in神奈川 (2013/8/22), 神奈川.

731164. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 平成24年度全国学校でのコンタクトレンズ使用調査. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 第396回大阪眼科集談会 (2013/9/28), 大阪, 眼科臨床紀要 2013; 7 (2): 147.

731165. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】緑内障性視神経症治療: 眼圧下降と軸索保護. 鈴木高遠1,2 (1横浜市眼科医会, 2眼科): 第15回横浜眼科臨床フォーラム (2013/10/5), 神奈川.

731166. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ドライアイに潜む眼瞼痙攣. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 日本女医会 埼玉支部 学術講演会 (2013/11/10), 埼玉.

731167. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 清水公也 (眼科): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川.

731168. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 横須賀市立うわまち病院における眼形成手術. 西本浩之1,2 (1横須賀市立うわまち病院, 2眼科): 第4回横須賀地区病院連携めだまの会 (2013/11/26), 神奈川.

731169. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経眼科救急疾患〜生死に繋がる眼科診療〜. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 第1回TL眼科病診連携の会 (2013/12/4), 埼玉.

731170. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】2014年スギ花粉症のメディカルケア. 鈴木高遠1,2 (1神奈川県眼科医会, 2眼科): 第8回神奈川Ocular Surface Symposium (2014/1/11), 神奈川.

731171. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】症例に学ぶ−視野とOCTを活かした緑内障診療. 庄司信行 (医療衛生学部): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

731172. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】当院に紹介受診した緑内障症例の経過. 鈴木高遠1,2 (1神奈川県眼科医会, 2眼科): 第42回神奈川県眼科医会病院見学会および講習会 (2014/2/8), 神奈川.

731173. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】種々の網膜疾患に対する硝子体手術長期予後. 種田芳郎1,2 (1神奈川県眼科医会, 2眼科): 第42回神奈川県眼科医会病院見学会および講習会 (2014/2/8), 神奈川.

731174. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) トラベクトームの適応と手術成績. 庄司信行 (医療衛生学部): トラベクトーム手術研究会 北陸セミナー2014in 金沢 (2014/2/11), 石川.

731175. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 眼瞼痙攣 診断と治療. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 第21回長野眼科フォーラム (2014/2/22), 長野.

731176. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】<耳鼻咽喉科>眼疾患についての症例報告 (4題). 清水公也 (眼科): 第6回神奈川クロスオーバーシンポジウム (2014/3/8), 神奈川.

731177. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) アイシーエルKS-AquaPORTメ中長期臨床成績. 五十嵐章史 (眼科): アイシーエルKS-AquaPORT新商品発表会 (2014/3/29), 東京.

732092. [学会 (地方会・研究会)] (イブニングセミナー)【座長】OCT時代の緑内障診断と薬物治療. 清水公也 (眼科): 第5回神奈川眼科学会 (2013/5/25), 神奈川.

732093. [学会 (地方会・研究会)] (セッション) 白内障手術の基本手技検討会−角膜耳側切開一手法−. 飯田嘉彦 (眼科): 第1回神奈川コルニアフェイコセミナー (2013/5/31), 神奈川.

732094. [学会 (地方会・研究会)] (勉強会)【平成25年度九州ブロック眼科講習会】「屈折矯正療法の進歩」3つの屈折矯正療法. 清水公也 (眼科): 第83回九州眼科学会 (2013/6/2), 熊本, 第83回九州眼科学会抄録集 2013; p.101.

732095. [学会 (地方会・研究会)] (勉強会)【座長】角膜に優しい屈折矯正手術について. 種田芳郎1,2 (1神奈川県眼科医会, 2眼科): 第4回神奈川眼科医療従事者勉強会 (2013/6/2), 神奈川.

732096. [学会 (地方会・研究会)] (勉強会) 角膜に優しい屈折矯正手術について. 五十嵐章史 (眼科): 第4回神奈川眼科医療従事者勉強会 (2013/6/2), 神奈川.

732097. [学会 (地方会・研究会)] (勉強会)【座長】現代のいじめとは, その対策の提案. 鈴木高遠1,2 (1神奈川県眼科医会, 2眼科): 第4回神奈川眼科医療従事者勉強会 (2013/6/2), 神奈川.

732098. [学会 (地方会・研究会)] (講演会) 大和市立病院の現況について. 山川弥生1,2 (1大和市立病院, 2眼科): 大和市眼科医会学術講演会 (2013/6/18), 神奈川.

732099. [学会 (地方会・研究会)] (モデレーター) 涙液臨床検査研究会: 中間報告. 鈴木雅信1,2 (1北里大メディカルセンター病院, 2眼科): 第18回Tokyo Ocular Surface Forum (2013/6/21), 東京.

732100. [学会 (地方会・研究会)] (フォーラム)【座長】糖尿病患者の眼科的管理. 市邉義章 (眼科): 第42回湘西眼科フォーラム (2013/7/11), 神奈川.

732101. [学会 (地方会・研究会)] (講習会・招待講演等) 斜視神経眼科〜眼科からみつかる全身疾患〜. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 第67回神奈川ロービジョンネットワーク勉強会 (2013/7/11), 神奈川.

732102. [学会 (地方会・研究会)] (教育セミナー) 光学系の評価法. 神谷和孝 (眼科): Refractive Surgery Update Seminar 2013 in Kyoto (2013/7/20), 京都.

732103. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) SMILE. 神谷和孝 (眼科): Refractive Surgery Update Seminar 2013 in Kyoto (2013/7/20), 京都.

732104. [学会 (地方会・研究会)] (講習会・招待講演等) 3D映像からみた近見反応の役割を考える. 原 直人1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科): 第12回札幌医大眼科研究会 (2013/7/20), 北海道.

732105. [学会 (地方会・研究会)] (市民講座) 白内障と眼瞼下垂. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 北里大学メディカルセンター 市民講座 (2013/7/20), 埼玉.

732106. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) フェムトセカンドレーザーの現状と今後. 神谷和孝 (眼科): 第9回Eye Care Strategy Seminar (2013/7/27), 東京.

732107. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演) 内科と眼科の連携−「糖尿病診療情報提供書」を使用した実態調査の解析結果−. 鈴木高遠1,2,3, 町村英郎4 (1神奈川県眼科医会, 2ちぐさ眼科医院, 3眼科, 4まちむら内科クリニック): 第10回神奈川県眼科DMカンファレンス (2013/7/27), 神奈川.

732108. [学会 (地方会・研究会)] (討論会)【司会】オープン討論会. 市邉義章 (眼科): 第10回神奈川県眼科DMカンファレンス (2013/7/27), 神奈川.

732109. [学会 (地方会・研究会)] (討論会)【パネリスト】オープン討論会. 鈴木高遠1,2,3 (1神奈川県眼科医会, 2ちぐさ眼科医院, 3眼科): 第10回神奈川県眼科DMカンファレンス (2013/7/27), 神奈川.

732110. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 角膜屈折矯正手術後のIOL度数計算−角膜曲率前後面比補正とDouble-K method. 清水公也 (眼科): 第42回京都眼科フォーラム (2013/7/27), 京都.

732111. [学会 (地方会・研究会)] (症例検討会/特別講演) 総合司会. 市邉義章 (眼科): 第8回神奈川県黄斑研究会 (2013/8/31), 神奈川.

732112. [学会 (地方会・研究会)] (研修) 医療機器の情報提供「平成24年度全国学校のコンタクトレンズ使用調査とカラーコンタクトレンズの対応について」. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科), 平成25年度医療機器販売業者等の管理者に対する継続的研修 (2013/9/5), 神奈川.

732113. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【講師】後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): A型ボツリヌス毒素製剤「ボトックスメ」講習・実技セミナー (2013/9/7), 福岡.

732114. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) 学校保健とコンタクトレンズ. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 第4回目黒眼科セミナー (2013/9/12), 東京.

732115. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 平成24年度全国学校でのコンタクトレンズ実体調査報告. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 公益法人日本眼科医会第37回全国眼科学校医連絡協議会 (2013/9/29), 東京.

732116. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) 次世代の屈折矯正手術 ReLEx・Hole ICL. 神谷和孝 (眼科): 第17回Cornea Update Seminar・Tokyo (2013/10/12), 東京.

732117. [学会 (地方会・研究会)] (講演) 緑内障の視野進行予測とその対応. 庄司信行 (医療衛生学部): 瀬戸内眼科コロシアム2013 (2013/10/19), 広島.

732118. [学会 (地方会・研究会)] (講演)【座長】視路疾患のOCT. 石川 均 (医療衛生学部): 第4回湘西眼科アカデミー (2013/11/13), 神奈川.

732119. [学会 (地方会・研究会)] (講演)【座長】網膜硝子体分野のトピックス. 清水公也 (眼科): 第4回湘西眼科アカデミー (2013/11/13), 神奈川.

732120. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演)【座長】教育講演. 神谷和孝 (眼科): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川.

732121. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 屈折矯正手術2013. 鈴木雅信1,2 (1国際医療福祉大学三田病院, 2眼科): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川, 眼科臨床紀要 2013; 7 (5): 400.

732122. [学会 (地方会・研究会)] (講演会)【座長】講演会. 市邉義章 (眼科): 第29回神奈川ロービジョンネットワーク研修会 (2013/11/30), 神奈川.

732123. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 子どもの目の健康〜子どもを取り巻く環境と実態, そして, これからの眼科学校保健〜. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 茨城県養護教諭会研修会 (2013/12/4), 茨城.

732124. [学会 (地方会・研究会)] (講演)【座長】広義・原発開放隅角緑内障 (POAG) に対する手術治療の考え方. 庄司信行 (医療衛生学部): 第43回湘西眼科臨床フォーラム (2013/12/12), 神奈川.

732125. [学会 (地方会・研究会)] (研修会)【座長】講演会. 市邉義章 (眼科): 第30回神奈川ロービジョンネットワーク (KLVN) 研修会 (2014/1/11), 神奈川.

732126. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演)【座長】緑内障を角膜の視点から診る. 市邉義章 (眼科): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

732127. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 緑内障を角膜の視点から診る. 森田哲也 (眼科): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

732128. [学会 (地方会・研究会)] (連携会)【総合司会】 天野理恵 (眼科): 第11回北里眼科病診連携会 (2014/2/6), 神奈川.

732129. [学会 (地方会・研究会)] (話題提供) 第67回日本臨床眼科学会を振り返って. 神谷和孝 (眼科): 第11回北里眼科病診連携会 (2014/2/6), 神奈川.

732130. [学会 (地方会・研究会)] (講習会) コンタクトレンズ, ドライアイ. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科), 平成25年度神奈川県眼科医会 眼科医療従事者講習会 (2014/2/9), 神奈川.

732131. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演)【座長】小児の斜視手術と両眼視. 半田知也 (医療衛生学部): 第3回神奈川県視能訓練士の会 (2014/2/22), 神奈川.

732132. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 視野検査のポイントおよび術後管理について. 庄司信行 (医療衛生学部): 岐阜県眼科医会生涯教育講習会 (2014/2/23), 岐阜.

732133. [学会 (地方会・研究会)] (懇話会) 保険請求上の注意点, 国保・社保審査員から解説 社会保険支払基金. 平戸孝明, 西本浩之1,2, 金子敏男 (1横須賀市立うわまち病院, 2眼科): 平成25年度神奈川県眼科医会健保懇話会 (2013/3/1), 神奈川.

732134. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】色覚検査と事後処置. 宇津見義一1,2 (1神奈川県眼科医会, 2眼科): コンタクトレンズセミナー・イン神奈川 (2014/3/1), 神奈川.

732135. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】コンタクトレンズのケアと感染症. 鈴木高遠1,2 (1神奈川県眼科医会, 2眼科): コンタクトレンズセミナー・イン神奈川 (2014/3/1), 神奈川.

732136. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】黄斑浮腫の病態と治療. 市邉義章 (眼科): 第44回湘西眼科臨床フォーラム (2014/3/6), 神奈川.

732137. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】アレルギー性結膜疾患の治療戦略. 清水公也 (眼科): 第44回湘西眼科臨床フォーラム (2014/3/6), 神奈川.

732138. [学会 (地方会・研究会)] (講演) ドライアイへの挑戦. 中西 基1,2 (1東芝林間病院, 2眼科): 第9回ドライケアフォーラム (2014/3/6), 神奈川.

732139. [学会 (地方会・研究会)] (講演) フェムトセカンドレーザーの現状と近未来. 神谷和孝 (眼科): 札幌眼科集談会 (2014/3/8), 札幌.

732140. [学会 (地方会・研究会)] (講演) 緑内障の治療方針. 庄司信行 (医療衛生学部): 東京都眼科医会学術講演会 第9回多摩眼科フォーラム (2014/3/15), 東京.

732141. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) トラベクトーム手術の適応と成績. 庄司信行 (医療衛生学部): 緑内障フロンティア in 九州 (2014/3/16), 福岡.

732142. [学会 (地方会・研究会)] (講演)【座長】斜視治療の課題とその解決策. 石川 均 (医療衛生学部): 第1回神奈川小児眼科・神経眼科カンファレンス (2014/3/20), 神奈川.

733368. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) EX-PRESSメ後のBleb Revision. 森田哲也1, 松村一弘1, 笠原正行2, 皆川友憲1, 庄司信行3 (1眼科, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第20回ネオバス会 (2013/5/18), 新潟.

733369. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 黄斑上膜術前後におけるOQASTMIIを用いた散乱の検討. 木村典敬1, 柳田智彦1, 白谷 徹1, 輿水 学1, 田野貴俊1, 佐藤 司1, 清水公也1 (1眼科): 第5回神奈川眼科学会 (2013/5/25), 神奈川.

733370. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院における未熟児網膜症診療の現状. 池田哲也 (眼科): 第5回神奈川眼科学会 (2013/5/25), 神奈川.

733371. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) IOL Master Ver.7 (モデル500) とVer.5の比較. 高橋正英1, 飯田嘉彦1, 天野理恵1, 清水公也1 (1眼科): 第5回神奈川眼科学会 (2013/5/25), 神奈川.

733372. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 有水晶体眼内レンズとlaser in situ keratomileusis術後の自覚症状と満足度の検討. 小橋英長1,2, 神谷和孝1, 五十嵐章史1, 松村一弘1, 小松真理1,2, 清水公也1 (1眼科, 2山王病院): 第5回神奈川眼科学会 (2013/5/25), 神奈川.

733373. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前屈位で改善する内斜視の一例. 山本智恵子1, 南雲はるか1, 山上明子1,2, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第87回神経眼科勉強会 (2013/6/19), 東京.

733374. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 円錐角膜のバイオメカニクスと高さ情報. 神谷和孝 (眼科): 第4回円錐角膜研究会学術ミーティング (2013/6/28), 千葉.

733375. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) うっ血乳頭をきたした, 脳脊髄液減少症の一例. 飯島 綾1,2, 石川 均3, 後関利明1,2, 清水公也2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/27), 岩手.

733376. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 真菌性浸潤性副鼻腔炎による視神経症の一例. 山本智恵子1, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/27), 岩手.

733377. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 甲状腺眼症に対する, ビマトプロスト点眼液の可能性. 後関利明1,2, 石川 均3, 池田哲也2, 清水公也2, 吉冨健志4 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科, 3医療衛生学部, 4秋田大学眼科): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/27), 岩手.

733378. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 眼瞼けいれん患者における眼表面・眼瞼病変の調査. 山本裕樹1, 山上明子1,3, 井上賢治1, 若倉雅登1,3, 天野史郎2 (1井上眼科病院, 2東大病院眼科, 3眼科): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/27), 岩手.

733379. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 井上眼科病院における眼瞼けいれん治療の現状. 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/27), 岩手.

733380. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 変異型ロドプシン遺伝子トランスジェニック家兎における網膜光受容器の機能的・組織学的評価. 浅川 賢1, 石川 均1, Erwin Palisoc2, 真下紀美代2, 宇賀茂三2, 清水公也2, 近藤峰生3, 寺崎浩子4 (1医療衛生学部, 2眼科, 3三重大学大学院医学系研究科臨床医学系講座眼科学, 4名古屋大学大学院医学系研究科頭頸部・感覚器外科学講座眼科学): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/27), 岩手.

733381. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 一般口演. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/28), 岩手.

733382. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 生後4か月で突然searching eye movementを認めた一例. 池田哲也1, 後関利明1,2, 石川 均3 (1眼科, 2北里大学メディカルセンター, 3医療衛生学部): 第29回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2013/7/28), 岩手.

733383. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 生後4か月で突然searching eye movementを認めた一例. 池田哲也1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第22回九州神経眼科セミナー (2013/8/3), 熊本.

733384. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当科における加齢黄斑変性治療 (抗VEGF薬を中心に) アフリベルセプトの使用経験と今後の展望. 田野貴俊 (眼科): アイリーアメシンポジウムin Kanagawa アイリーアメ硝子体内注射液 発売1周年記念講演会 (2013/11/8), 神奈川.

733385. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】当科における加齢黄斑変性治療 (抗VEGF薬を中心に) アフリベルセプトの使用経験と今後の展望. 市邉義章 (眼科): アイリーアメシンポジウムin Kanagawa アイリーアメ硝子体内注射液 発売1周年記念講演会 (2013/11/8), 神奈川.

733386. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】一般演題. 飯田嘉彦 (眼科): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川.

733387. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) DCC & endophaco法施行症例 術後3年の経過. 嘉山実希子1, 飯田嘉彦1, 佐藤信之1, 天野理恵1, 清水公也1 (1眼科): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川, 眼科臨床紀要 2013; 7 (5): 399.

733388. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) DSAEK術後の前方散乱の影響. 安里 瞳1, 五十嵐章史1, 小橋英長1, 神谷和孝1, 清水公也1 (1眼科): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川, 眼科臨床紀要 2013; 7 (5): 399.

733389. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗TNF-αモノクローナル抗体治療経過中に脳幹病変による上斜筋麻痺を認めた1例. 高 郁嘉1, 市邉義章1, 清水公也1 (1眼科): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川, 眼科臨床紀要 2013; 7 (5): 399-400.

733390. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳膿瘍加療中, クロラムフェニコール長期投与後に薬剤性視神経炎を生じた小児一例. 皆川友憲1, 石川 均2, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第49回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2013/11/26), 神奈川.

733391. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 次こそチューブシャント? 松村一弘1, 嘉山実希子1, 笠原正行2, 森田哲也1, 庄司信行3 (1眼科, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第21回ネオバス会 (2013/11/30), 福島.

733392. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】一般講演. 森田哲也 (眼科): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

733393. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 緑内障手術前後における篩状板の変化〜後期緑内障患者での検討〜. 伊藤志織1, 笠原正行2, 庄司信行3, 嘉山実希子1, 松村一弘1, 森田哲也1, 清水公也1 (1眼科, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

733394. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 光干渉断層計の乳頭周囲網膜神経線維層計測における簡易的拡大率補正法の精度. 平澤一法1,2, 庄司信行3 (1大学院医療系研究科, 2東京大, 3医療衛生学部): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

733395. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) トラベクトーム手術が角膜内皮細胞密度へ及ぼす影響. 笠原正行1, 庄司信行2, 嘉山実希子3, 松村一弘3, 森田哲也3, 清水公也3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

733396. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 線維柱帯切除術における乱視変化の検討. 松村一弘1, 庄司信行2, 嘉山実希子1, 笠原正行3, 森田哲也1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

733397. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ラタノプロスト, β遮断薬およびドルゾラミドの3剤併用中の緑内障患者における配合点眼液の併用効果についてのクロスオーバー法による比較検討. 嘉山実希子1, 松村一弘1, 庄司信行2, 笠原正行3, 森田哲也1, 清水公也1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科): 第30回神奈川県緑内障談話会 (2014/2/1), 神奈川.

733398. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 10年間に3回くり返した両側脳神経麻痺の1例. 砂川広海1, 山上明子1,2, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第89回神経眼科勉強会 (2014/2/5), 東京.

733399. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 動揺視を訴えた先天眼振症例の検討. 後関利明1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 第6回神奈川クロスオーバーシンポジウム (2014/3/8), 神奈川.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-120003. [原著] 正面視および頭部傾斜下での水平融像幅 (遠見) の比較検討. 佐藤友香1, 矢野 隆1, 相澤大輔2,3, 樋口聡美1 (1海老名メディカルプラザ眼科, 2海老名総合病院眼科, 3眼科): あたらしい眼科 2013/3; 30 (3): 415-8.

H24-540003. [その他] 平成22・23年度における先天色覚異常の受診者に関する実態調査. 宮浦 徹1, 宇津見義一1,2, 柏井真理子1, 山岸直矢1, 高野 繁1 (1日本眼科医会, 2眼科): 日本の眼科 2012/10; 83 (10): 1421-38.

H24-540004. [その他 (記事)] がん治療最前線 連載14 抗がん剤が招く目の副作用. 柏木広哉1,2 (1県立静岡がんセンター眼科, 2眼科): 日刊ゲンダイ2月14日号 2013/2.

H24-540005. [その他] (海外文献紹介)Journal of Neurophysiology 107 (7)〜(12), 2012. 吉田 寛1,2 (1都立神経病院, 2眼科): 神経眼科 2013/3; 30 (1): 101-2.

H24-540006. [その他] 医療クローズアップ カラコンは危ない!? 宇津見義一1,2 (1横浜市眼科医会, 2眼科): みんなの健康 2013/3; 234 (3・4月号): 4

[著 書]

H23-621001. [その他]【平成24年度版 学校保健の動向】第I章 健康管理の動向 3-2 眼科, p.41-7. 宇津見義一1,2 (1日本眼科医会, 2眼科): 公益財団法人日本学校保健会出版部, 東京, 2012/11発行.


耳鼻咽喉科学

[学術論文]

110253. [原著] Clinical outcome of supracrricoid laryngectomy with cricohyoidoepiglottopexy: Radiation failure versus previously untreated patients. Nakayama M1, Okamoto M1, Hayakawa K2, Ishiyama H2, Kotani S2, Miyamoto S1, Seino Y1, Okamoto T1, Soda I2, Sekiguchi A3: Auris Nasus Larynx 2013/4; 40 (2) 207-10. (中山明仁1, 岡本牧人1, 早川和重2, 石山博條2, 小谷承子2, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 早田 格2, 関口茜衣3: 1耳鼻, 2放射線 (腫瘍), 3放射線 (画像))

110254. [原著] A randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial to evaluate the efficacy of hangekobokuto in adult patients with chronic tinnitus. Ino T1, Odaguchi H, Wakasugi A, Oikawa T, Sano H1, Okamoto M1, Hoshi K2, Wang G, Hanawa T3: J Trad Med 2013/5; 30 (2): 72-81. (猪 健志1, 佐野 肇1, 岡本牧人1, 星 佳芳2, 王 国琴, 花輪俊彦3: 1耳鼻, 2衛生, 3東洋医学教育)

110255. [原著] Hearing handicap in adults with unilateral deafness and bilateral hearing loss. Iwasaki S, Sano H1, Nishio S, Takumi Y, Okamoto M1, Usami S, Ogawa K: Otol Neurotol 2013/6; 34 (4): 644-9. (佐野 肇1, 岡本牧人1: 1耳鼻)

110256. [原著] Fascia implantation with fibroblast growth factor on vocal fold paralysis. Nagai H1, Nishiyama K, Seino Y1, Kimura Y, Tabata Y, Okamoto M1: Am J Otolaryngol 2013/7-8; 34 (4): 331-6. (永井浩巳1, 清野由輩1, 岡本牧人1: 1耳鼻)

110257. [原著] A clinical study of transoral pharyngectomies to treat superficial hypopharyngeal cancers. Nakayama M1, Katada C2, Mikami T, Okamoto M1, Koizumi W2, Tanabe S2, Miyamoto S1, Okamoto T1, Seino Y1, Kano K1: Jpn J Clin Oncol 2013/8; 43 (8) :782-7. (中山明仁1, 堅田親利2, 岡本牧人1, 小泉和三郎2, 田邉 聡2, 宮本俊輔1, 岡本旅人1, 清野由輩1, 加納孝一1: 1耳鼻, 2消化器内)

110258. [原著] Self-reported symptoms in patients with idiopathic sudden sensorineural hearing loss. Sano H1, Okamoto M1, Ohhashi K1, Ino T1, Iwasaki S, Ogawa K: Otol Neurotol 2013/10; 34 (8) :1405-10. (佐野 肇1, 岡本牧人1, 大橋健太郎1, 猪 健志1: 1耳鼻)

110259. [原著] Clinical outcomes of 849 laryngeal cancers treated in the past 40 years: are we succeeding? Nakayama M1, Okamoto M1, Hayakawa K2, Miyamoto S1, Ishiyama H2, Komori S2, Okamoto T1, Seino Y1, Kano K1, Soda I2, Sekiguchi A3, Kawakami S3: Jpn J Clin Oncol 2014/1; 44 (1) :57-64. (中山明仁1, 岡本牧人1, 早川和重2, 宮本俊輔1, 石山博條2, 小谷承子2, 岡本旅人1, 清野由輩1, 加納孝一1, 早田 格2, 関口茜衣3, 川上正悟3: 1耳鼻, 2放射線 (腫瘍), 3放射線 (画像))

120053. [原著] 難聴者におけるコミニュケーションストラテジー−『きこえについての質問紙2002』の回答に表れた傾向−. 鈴木恵子, 岡本牧人1, 鈴木牧彦, 佐野 肇1, 原 由紀, 井上理絵, 大沼幸恵 (1耳鼻): Audiology Japan 2013/5; 56 (3): 226-33.

120054. [原著] 大学病院における医療秘書の有用性に関する研究−電子カルテ化における対応−. 岡本牧人1, 佐野 肇1, 天川久子, 大谷真美, 野崎祐子, 山城留美子, 坂井かおる, 笹岡政子, 中山明仁1 (1耳鼻): 北里医学 2013/6; 43 (1): 51-9.

120055. [原著] 気道異物症例の臨床的検討 (2005年〜2012年). 正來 隆1, 松葉宏起1, 大原卓哉1, 加納孝一1, 細野浩史1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本気管食道科学会会報 2013/8; 64 (4): 271-5.

220017. [準原著]【第25回日本喉頭科学会総会シンポジウム2: 喉頭の基礎研究最前線」発声・嚥下筋に関する研究. 永井浩巳, 西山耕一郎, 清野由輩1, 田畑泰彦, 岡本牧人1 (1耳鼻): 喉頭 2013/12; 25 (2): 36-42.

521019. [解説]【研修ノート】喉頭癌: 歴史を変えた症例と最近の世界の話題. 中山明仁 (耳鼻): 耳鼻臨床 2013; 106 (12): 1132-3.

522201. [講座]【特集: 検査結果をどう読むか?】耳鼻咽喉科学的検査 聴覚領域の検査 グリセロール検査. 落合 敦1, 長沼英明1 (1耳鼻): JOHNS 2013/4; 29 (9): 1511-4.

522202. [講座]【特集: プロに学ぶ手術所見の記載法】喉頭癌に対する手術. 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): JOHNS 2013/4; 29 (4): 752-6.

522203. [講座]【検査結果をどう読むか?】耳鼻咽喉科学的検査 聴覚領域の検査 グリセロール検査. 落合 敦1, 長沼英明2 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): JOHNS 2013/9; 29 (9).

522204. [講座]【TOPICS: 耳鼻咽喉科学】突発性難聴の治療−新しい試み−. 佐野 肇 (耳鼻): 医学のあゆみ 2013/10; 247 (4): 360.

522205. [講座]【特別座談会】めまい−その鑑別法と診断−法治療がうまく整理され, ひとつの流れが出来上がれば患者に大きなメリット. 五島史行, 北原 糺, 長沼英明1, 将積日出夫, 肥塚 泉 (1耳鼻): BML Vita 2013/10; 30 (4): 1-19.

522206. [講座]【特集: めまいベーシック 日常診療における疑問に答える】平衡リハビリテーションをうまく行かせるには? 長沼英明 (耳鼻): JOHNS 2013/11; 29 (11): 1929-34.

522207. [講座]【特集: 第25回シンポジウム2: 喉頭の基礎研究最前線】発声・嚥下筋に関する研究. 永井浩巳1, 西山耕一郎1, 清野由輩1, 田畑泰彦, 岡本牧人1 (1耳鼻): 喉頭 2013/12; 25 (2): 36-42.

540070. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究急性高度難聴に関する調査研究】突発性難聴の症状とQOLに関する多施設共同研究. 岡本牧人1, 佐野 肇1, 大橋健太郎1, 猪 健志1, 牧 敦子1 (1耳鼻): 厚生労働科学研究急性高度難聴に関する調査研究 平成24年度総括・分担研究報告書 2013; p.33-4.

540071. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究急性高度難聴に関する調査研究】突発性難聴grade4に対するエダラボン鼓室内投与の検討. 岡本牧人1, 渡辺裕之1, 佐野 肇1, 大橋健太郎1, 猪 健志1 (1耳鼻): 厚生労働科学研究急性高度難聴に関する調査研究 平成24年度総括・分担研究報告書 2013; p.97-8.

540072. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】メニエール病の両側の聴力変動幅についての検討. 中座資実1, 長沼英明2, 落合 敦1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.121-5.

540073. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】メニエール病症例におけるSDS (self-rating depression scale) スコアおよび項目別検討. 中川貴之1, 長沼英明2, 落合 敦1, 中座資実1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.132-5.

540074. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】メニエール病としてフォローされていた内リンパ嚢腫瘍例. 落合 敦1, 長沼英明2, 中川貴之1, 中座資実1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.212-6.

[著 書]

620156. [学術書] (分担執筆)【耳鼻咽喉科・頭頸部外科Q&A 日常診療の疑問を解決】、2 耳領域 Q7 遺伝性難聴を疑う方への対応について必要な検査や, 遺伝カウンセリングについて教えてください, p.102-5. 佐野 肇 (耳鼻), 編著: 岡本美孝, 中外医学社, 東京, 2013/6発行.

620157. [学術書] (分担執筆)【一目でわかる咽頭表在がんアトラス】II. 各論 B 表在癌例〜内視鏡病型と亜部位から〜 6. 喉頭癌 1) 軟口蓋の表在癌舌面 (1), p.142-3. 正來 隆1, 岡本牧人1 (1耳鼻), 編著: 武藤 学, 中外医学社, 東京, 2013/8発行.

620158. [学術書]【耳鼻咽喉科てこずった症例のブレークスルー】5. 頸部・甲状腺ほか 照射後再発進行喉頭がんの機能温存手術, p.224-5. 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻), 編: 本庄 巖, 中山書店, 東京, 2013/10発行.

621002. [その他]【新「名医」の最新治療2014 お悩みの病気, ここまで治せます (週間朝日MOOK)】目・鼻・耳・口の病気 ・めまい 原因となる病気によって治療法はさまざま, p.286-9. 鈴木 衛, 長沼英明1, 室伏利久 (1耳鼻), 朝日新聞出版, 2013/12発行.

[学会・研究会等]

712045. [学会 (国際)] (シンポジウム) The effectiveness of molecular imaging assisted surgery in murine head and neck cancer model. Miyamoto S1, Sperry S, Yamashita T, Reddy NP, O'Malley BW, Nakayama M1, Okamoto M1, Li D: 20th IFOS World Congress (2013/6/1), Seoul, Korea. (宮本俊輔1, 中山明仁1, 岡本牧人1: 1耳鼻)

712046. [学会 (国際)] (シンポジウム) Supracricoid laryngectomy in the era of chemoradiotherapy. Nakayama M1, Okamoto M1, Miyamoto S1, Seino Y1, Okamoto T1: 20th IFOS World Congress (2013/6/3), Seoul, Korea. (中山明仁1, 岡本牧人1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1: 1耳鼻)

712047. [学会 (国際)] (シンポジウム) Functional outcomes of supracricoid laryngectomy with cricohyoidoepiglottopexy. Nakayama M1, Okamoto M1, Miyamoto S1, Seino Y1, Okamoto T1: 20th IFOS World Congress (2013/6/4), Seoul, Korea. (中山明仁1, 岡本牧人1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1: 1耳鼻)

712048. [学会 (国際)] (シンポジウム) Role of salvage supracricoid laryngectomy in the era of chemoradiotherapy. Nakayama M1, Okamoto M1, Miyamoto S1, Seino Y1, Okamoto T1: 20th IFOS World Congress (2013/6/5), Seoul, Korea. (中山明仁1, 岡本牧人1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1: 1耳鼻)

712049. [学会 (国際)] (シンポジウム) SCL-CHEP for advanced laryngeal cancer. Nakayama M: 20th IFOS World Congress (2013/6/1-5), Seoul, Korea. (中山明仁: 耳鼻)

712050. [学会 (国際)] (パネルディスカッション) Salvage SCL-CHEP in the era of chemoradiotherapy. Nakayama M1: 20th IFOS World Congress (2013/6/1-5), Seoul, Korea. (中山明仁1: 1耳鼻)

712051. [学会 (国際)] (シンポジウム) Urinary-LTE4 for Diagnosis of Eosinophilic Sinusitis; 2nd report. Yamaguchi T1, Ishii T1, Yamamoto K, Okamoto M1: the 16th Asian Research Symposium in Rhinology (2013/8/29-31), Tokyo. (山口知子1, 石井豊太1, 岡本牧人1: 1耳鼻)

712052. [学会 (国際)] (シンポジウム) Supracricoid laryngectomy in the era of chemoradiotherapy. Nakayama M1, Okamoto M1, Miyamoto S1, Seino Y1, Okamoto T1, Kano K1: 12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology Head and Neck Surgery (2013/12/7), Taipei, Taiwan. (中山明仁1, 岡本牧人1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 加納孝一1: 1耳鼻)

712053. [学会 (国際)] (ラウンドテーブル) Functional outcomes of SCL-CHEP. Nakayama M1: 20th IFOS World Congress (2013/6/1-5), Seoul, Korea. (中山明仁1: 1耳鼻)

713163. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Uninary-LTE4 for Diagnosis of Eosinophilic Sinusitis; 2nd report. Yamaguchi T1, Ishii T1, Yamamoto K, Okamoto M1: 2nd Meeting of European Academy of ORL-HNS and CE ORL-HNS (2013/4/27), France. (山口知子1, 石井豊太1, 岡本牧人1: 1耳鼻)

713164. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Urinary-LTE4 for Diagnosis of Eosinophilic Sinusitis; 2nd report. Yamaguchi T1, Ishii T1, Yamamoto K, Okamoto M1: the 16th Asian Research Symposium in Rhinology (2013/8/29-31), Tokyo. (山口知子1, 石井豊太1, 岡本牧人1: 1耳鼻)

713165. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Tumor differentiation would contribute to a treatment choice in hypopharyngeal and supraglottic cancer. Miyamoto S1, Nakayama M1, Okamoto T1, Kano K1, Hayakawa K2, Okamoto M1: 12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology Head and Neck Surgery (2013/12/6), Taipei, Taiwan. (宮本俊輔1, 中山明仁1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 早川和重2, 岡本牧人1: 1耳鼻, 2放射線 (腫瘍))

713166. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A Case report of cancer of nasal cavity resected and reconstructed using a forehead flap. Kano K1, Miyamoto S1, Nakayama M1, Okamoto M1: 12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology Head and Neck Surgery (2013/12/7), Taipei, Taiwan. (加納孝一1, 宮本俊輔1, 中山明仁1, 岡本牧人1: 1耳鼻)

722249. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 気道異物症例の臨床的検討 (2003年-2012年). 正來 隆1, 細野浩史1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第65回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 (2013/10/31), 東京.

723809. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 気管カニューレ長期留置により生じた気管食道瘻の1例. 大原卓哉1, 宮本俊輔1, 中山明仁1, 岡本旅人1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2013/5/16), 札幌.

723810. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院難聴外来通院患者における耳鳴の臨床的検討. 猪 健志1, 佐野 肇1, 牧 敦子1, 大橋健太郎1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2013/5/16), 札幌.

723811. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院耳鼻咽喉科における小児鼓膜チューブ留置術症例の検討. 牧 敦子1, 佐野 肇1, 大原卓哉1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2013/5/17), 札幌.

723812. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 上咽頭癌と鑑別困難であったHIV感染症の1症例. 細野浩史1, 宮本俊輔1, 岡本旅人1, 渡辺裕之1, 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2013/5/17), 札幌.

723813. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頭頸部領域の瘻孔に対するV.A.C.システムの使用経験. 松木 崇1, 鎌田信悦, 三浦弘規, 多田雄一郎, 増淵達夫, 丸屋信一郎, 岡本伊作 (1耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2013/5/18), 札幌.

723814. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アルコール性唾液腺症と考えられた2症例. 宮本俊輔1, 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第114回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2013/5/18), 札幌.

723815. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 下咽頭・声門上癌において分化度は治療因子になりうるか? 宮本俊輔1, 中山明仁1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 早川和重2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2放射線 (腫瘍)): 第37回日本頭頸部癌学会 (2013/6/14), 東京, 頭頸部癌 2013/5; 39 (2): 183.

723816. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前頭正中皮弁による外鼻再建術を行った鼻腔癌の一例. 加納孝一1, 宮本俊輔1, 長谷部正之1, 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第37回日本頭頸部癌学会 (2013/6/14), 東京.

723817. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当科における小児異物症例の検討. 大原卓哉1, 牧 敦子1, 正來 隆1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第8回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術集会 (2013/6/21), 前橋.

723818. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 鼻副鼻腔内反性乳頭腫の検討. 鈴木立俊1, 中川 都, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第52回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会 (2013/9/27), 福井.

723819. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新生児聴覚スクリーニング検査パス例の報告. 井上理絵, 大沼幸恵, 牧 敦子1, 原 由紀2, 鈴木恵子2, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2医療衛生学部): 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2013/10/24), 松本.

723820. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院補聴器外来の患者動向−最近10年の変化−. 鈴木恵子1, 大沼幸恵, 井上理絵, 佐野 肇2, 原 由紀1, 松平登志正1, 牧 敦子2, 渡辺裕之2, 木村朱里2, 岡本牧人2 (1医療衛生学部, 2耳鼻): 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2013/10/24), 松本.

723821. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター)「試聴の記録」による補聴器視聴時の主観的評価の検討. 大沼幸恵, 鈴木恵子1, 井上理絵, 原 由紀1, 松平登志正1, 木村朱里2, 渡辺裕之2, 牧 敦子2, 佐野 肇2, 岡本牧人2 (1医療衛生学部, 2耳鼻): 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2013/10/24), 松本.

723822. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 補聴器のファンクショナルゲイン測定時にマスキングを必要とした症例. 松平登志正1, 矢崎 牧, 原 由紀1, 鈴木恵子1, 大沼幸恵, 井上理絵, 渡辺裕之2, 木村朱里2, 牧 敦子2, 佐野 肇2, 岡本牧人2 (1医療衛生学部, 2耳鼻): 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2013/10/24), 松本.

723823. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 一側難聴によるハンディキャップ−多重ロジステック回帰分析による評価−. 岩崎 聡, 佐野 肇1, 西尾信哉, 工  譲, 岡本牧人1, 宇佐美真一, 小川 郁 (1耳鼻): 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2013/10/25), 松本.

723824. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 片側高度難聴症例のQOL, ハンディキャップ, 症状の調査−多施設共同研究より−. 佐野 肇1, 岩崎 聡, 大橋健太郎1, 牧 敦子1, 渡辺裕之1, 岡本牧人1, 小川 郁 (1耳鼻): 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2013/10/25), 松本.

723825. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴症例状況の調査. 渡辺裕之1, 佐野 肇1, 牧 敦子1, 猪 健志1, 小野雄一, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第58回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2013/10/25), 松本.

723826. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病の健側聴力の検討. 中座資実1, 長沼英明1, 落合 敦1, 中川貴仁1, 徳増厚二, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第72回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2013/11/14), 大阪.

723827. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学東病院神経耳科のまとめ (診断名と患者の年齢). 落合 敦1, 長沼英明1, 徳増厚二, 中川貴之1, 中座資実1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第72回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2013/11/15), 大阪.

723828. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病に対する水分摂取法 (Hydration Therapy) の治療成績. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二, 落合 敦1, 中川貴之1, 中座資実1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生理): 第72回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2013/11/15), 大阪.

723829. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) メニエール病症例におけるSDS (self-rating depression scale) スコアの検討. 中川貴之1, 長沼英明1, 落合 敦1, 徳増厚二, 中座資実1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第72回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2013/11/15), 大阪.

723830. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Arg-Vasopressin投与動物モデルにおける血管条血流動態の形態学的検討. 長沼英明1, 河原克雅2, 佐藤亮平2, 落合 敦1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2生理): 第23回日本耳科学会総会・学術講演会 (2013/11/25), 宮崎.

723831. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 弱視をともなうauditory neuropathyの1例. 木村朱里1, 佐野 肇1, 渡辺裕之1, 牧 敦子1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第23回日本耳科学会総会・学術講演会 (2013/11/25), 宮崎.

723832. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 急激に進行する難聴, 顔面神経麻痺を認めたAtypical teratoid/rtabdoid tumorの1例. 山口知子1, 佐野 肇1, 木島千尋2, 岡 秀宏2, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2脳外): 第23回日本耳科学会総会・学術講演会 (2013/11/25), 宮崎.

723833. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 長期経過で遅発性に急性感音難聴を来たしたアブミ骨手術後の症例. 渡辺裕之1, 佐野 肇1, 牧 敦子1, 木村朱里1, 猪 健志1, 小野雄一, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第23回日本耳科学会総会・学術講演会 (2013/11/26), 宮崎.

723834. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴症例に影響する要因の検討−多施設共同研究より−. 佐野 肇1, 岩崎 聡, 大橋健太郎1, 牧 敦子1, 渡辺裕之1, 岡本牧人1, 小川 郁 (1耳鼻): 第23回日本耳科学会総会・学術講演会 (2013/11/26), 宮崎.

723835. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 根治照射と垂直部分切除後に再発した喉頭癌症例のサルベージ亜全摘出術. 中山明仁1, 宮本俊輔1, 加納孝一1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第26回日本喉頭科学会総会・学術講演会 (2014/3/6), 沖縄.

723836. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頸静脈孔症候群を呈し診断に苦慮した結核による肥厚性硬膜炎の1例. 宮本俊輔1, 中山明仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第26回日本喉頭科学会総会・学術講演会 (2014/3/6), 沖縄.

731178. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) めまいに対する薬物療法とメニエール病の治療. 長沼英明 (耳鼻): 佐賀めまい講演会 (2013/4/25), 佐賀.

731179. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 重心動揺検査の基礎的問題. 徳増厚二, 落合 敦1 (1耳鼻): 平成25年度日本めまい平衡医学会夏期セミナー (2013/7/27), 東京.

731180. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 重心動揺記録のパラメータ. 落合 敦1, 徳増厚二 (1耳鼻):平成25年度日本めまい平衡医学会夏期セミナー(2013/7/27), 東京.

731181. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 喉頭癌治療の今までとこれから. 中山明仁 (耳鼻): 第93回鹿児島県耳鼻咽喉科学術集会(2013/8/22), 鹿児島.

731182. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 喉頭癌機能温存治療の最近の話題. 中山明仁 (耳鼻): 第263回筑後耳鼻咽喉科カンファレンス (2013/9/17), 福岡.

731183. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メニエール病に対するHydration Therapy (水分摂取療法)−基礎と輪唱−. 長沼英明 (耳鼻): 中信耳鼻科医会学術講演会 (2013/12/4), 松本.

732143. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) 難聴への対応−補聴と歩調−. 岡本牧人 (耳鼻): JAPAN補聴器フォーラム2013 (2013/6/16), 秋葉原.

732144. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 当科における小児滲出性中耳炎・反復性中耳炎の診療. 牧 敦子 (耳鼻): 第7回相模原DRIAOMS講演会 (2013/7/4), 町田.

732145. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) 重心動揺の基礎と臨床「検査の基礎, 装置, パラメータの解釈. 徳増厚二, 落合 敦1 (1耳鼻): 平成25年度日本めまい平衡医学会夏期セミナー (2013/7/27), 東京.

733400. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学における喉頭癌の機能温存治療. 中山明仁 (耳鼻): 第78回相武耳鼻科研究会 (2013/4/13), 相模原.

733401. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院顔面神経麻痺外来開設1年のまとめ. 山口知子 (耳鼻): 第78回相武耳鼻科研究会 (2013/4/13), 相模原.

733402. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学東病院神経耳科開設1年のまとめ. 落合 敦 (耳鼻): 第78回相武耳鼻科研究会 (2013/4/13), 相模原.

733403. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 北里大学における喉頭癌の機能温存治療. 中山明仁 (耳鼻): 第78回相武耳鼻科研究会 (2013/4/13), 相模原.

733404. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 良性発作性頭位めまい症の自発性眼振の検討. 加納孝一1, 長沼英明1, 落合 敦1, 細野浩史1, 中川貴仁1, 徳増厚二, 岡本牧人1 (1耳鼻): 第14回神奈川めまいフォーラム (2013/4/18), 横浜.

733405. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 難性定常反応における対側音の抑制効果についての検討. 牧 敦子 (耳鼻): 平成25年度相耳会総会・記念講演会 (2013/4/21), 東京.

733406. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 頭頸部原発不明癌に対する拡大機能付きNBI内視鏡による原発巣検索における有用性と落とし穴. 正來 隆 (耳鼻): 平成25年度相耳会総会・記念講演会 (2013/4/21), 東京.

733407. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) マウスモデルを用いた頭頸部癌手術における蛍光イメージングの有効性に関する研究. 宮本俊輔 (耳鼻): 第7回頭頸部癌基礎研究会 (2013/6/12), 東京.

733408. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 上咽頭悪性腫瘍と鑑別困難であったHIV感染症の1症例. 細野浩史 (耳鼻): 相模原市耳鼻科医会学術講演会 (2013/6/27), 相模原.

733409. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 内反性乳頭に対する鼻副鼻腔手術. 鈴木立俊 (耳鼻): 第26回神奈川県耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術手技研究会 (2013/7/25), 横浜.

733410. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 喉頭癌治療の今までとこれから. 中山明仁 (耳鼻): 第93回鹿児島県耳鼻咽喉科学術集会 (2013/8/22), 鹿児島市.

733411. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 完全頸瘻の一例. 鈴木綾子1, 牧 敦子1, 大原卓哉1, 細野浩史1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第164回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2013/9/7), 横浜.

733412. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 長期ICU管理を要した重症深頸部感染症の1症例−急性期と回復期における問題点−. 宮下圭一, 宮本俊輔1, 木村朱里1, 細野浩史1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第164回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2013/9/7), 横浜.

733413. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 喉頭癌機能温存治療の最近の話題. 中山明仁 (耳鼻): 第263回筑後耳鼻咽喉科カンファレンス (2013/9/17), 久留米市.

733414. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当科における突発性難聴の現状. 渡辺裕之 (耳鼻): 相模原市耳鼻科医会学術講演会 (2013/11/28), 相模原.

733415. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 外リンパ瘻疑い例におけるCTP検査. 細野浩史1, 渡辺裕之1, 牧 敦子1, 中川貴仁1, 佐野 肇1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第165回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2013/12/7), 横浜.

733416. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) メニエール病の聴力変動幅の左右差について検討. 中座資実1, 長沼英明1, 落合 敦1, 中川貴仁1, 徳増厚二, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第165回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2013/12/7), 横浜.

733417. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) メニエール病としてフォローされていた内リンパ嚢腫瘍例. 落合 敦1, 長沼英明2, 中川貴之1, 中座資実1, 徳増厚二, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): 厚生労働省難治性疾患等克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班 平成25年度報告会 (2014/1/18), 東京.

733418. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) メニエール病の両側の聴力変動幅についての検討. 中座資実1, 長沼英明2, 落合 敦1, 徳増厚二, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): 厚生労働省難治性疾患等克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班 平成25年度報告会 (2014/1/18), 東京.

733419. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) メニエール病症例におけるSDS (self-rating depression scale) スコアおよび項目別検討. 中川貴之1, 長沼英明2, 落合 敦1, 中座資実1, 徳増厚二, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): 厚生労働省難治性疾患等克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班 平成25年度報告会 (2014/1/18), 東京.

733420. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 頭頸部原発不明癌に対する拡大機能付きNBI内視鏡による原発巣検索における有用性. 正來 隆1, 堅田親利2, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 岡本旅人1, 堀口利之, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内): 第12回頭頸部表在癌研究会 (2014/1/19), 東京, 耳鼻咽喉科展望 2013/6; 56 (3): 149.

733421. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 頭頸部原発不明癌に対する拡大機能付きNBI内視鏡による原発巣検索における有用性の落とし穴. 正來 隆1, 堅田親利2, 中山明仁1, 宮本俊輔1, 加納孝一1, 細野浩史1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2消化器内): 第26回北里腫瘍フォーラム (2014/1/24), 相模原.

733422. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 突発性難聴発症前のストレス状況の調査. 渡辺裕之1, 佐野 肇1, 牧 敦子1, 小野雄一, 岡本牧人1 (1耳鼻): 平成25年度厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「急性高度難聴に関する調査研究」研究報告会議 (2014/2/8), 東京.

733423. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 顔面神経麻痺に対するステロイド大量療法中に発症した菌血症の2症例. 塚本裕司, 山口知子1, 中川貴仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第166回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2014/3/22), 横浜.

733424. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 当科での耳下腺結核症例. 木村朱里, 宮本俊輔1, 中川貴仁1, 岡本牧人1 (1耳鼻): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第166回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2014/3/22), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-540007. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】予後不良の急性低音障害型感音難聴の症例. 細野浩史1, 長沼英明2, 落合 敦1, 加納孝一1, 中川貴仁1, 徳増厚二1, 岡本牧人1 (1耳鼻, 2新世紀医療・先端医療): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成24年度 総括・分担研究報告書 2013/3; p.179-82.


精神科学

[学術論文]

110260. [原著] Preoperative and trait anxiety in kidney recipients prior to transplantation surgery. Tatematsu S1, Iwamitsu Y1, Yamamoto K2,4, Yoshida K3, Miyaoka H2: Kitasato Med J 2013/9; 43 (2): 104-10. (立松聖一1, 岩満優美1, 山本賢司2,4, 吉田一成3, 宮岡 等2: 1大学院医療系研究科, 2精神, 3泌尿器, 4中毒・心身総合救急)

110261. [原著] The feature of high reading ability in high-functioning pervasive developmental disorders of childhood: Analysis of the K-ABC and WISC-3rd assessment. Inoue K1, Wada M, Natsuyama T1, Kamitani S1, Miyaoka H1: Research in Autism Spectrum Disorders 2014/1; 8 (1): 25-30. (井上勝夫1, 夏山 卓1, 神谷俊介1, 宮岡 等1: 1精神)

120056. [原著] 認知症家族のストレスとその支援. 高井美智子, 高橋 恵1 (1精神): ストレス科学 2013; 27 (4): 391-400.

120057. [原著] 介護職員のストレスに関する要因と教育研修の介入効果. 高橋 恵 (精神): ストレス科学 2013; 27 (4): 401-9.

120058. [原著] ロールシャッハ・包括システムにおける反応数の多寡と特殊指標との関連について. 滝澤毅矢, 油谷元規, 松本充彦, 加納信吾, 石井雄吉, 高橋 恵1, 宮岡 等1 (1精神): 神奈川県精神医学会誌 2014/3; 63: 17-22.

320045. [症例報告] 世界没落体験を呈した反復性うつ病. 本田洋輔, 廣岡孝陽, 齋藤正範1, 宮岡 等1 (1精神): 東京精神医学会誌 2013/11; 28: 1-6.

522208. [講座]【特集: 精神疾患地域連携クリティカルパス】うつ状態の地域連携クリティカルパス. 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 日本社会精神医学会雑誌 2013/5; 22 (2): 116-22.

522209. [講座]【シンポジウム: 抗認知症薬の使い方を考える】認知症医療の現状で考えること. 宮岡 等 (精神): こころの科学 2013/5; 169: 2-4.

522210. [講座]【シンポジウム: 抗認知症薬の使い方を考える】抗認知症薬の限界と処方の原則. 大石 智 (精神): こころの科学 2013/5; 169: 5-10.

522211. [講座]【連載: うつと希望】[第3回] 抗うつ薬によるうつ病治療が必要な時. 宮岡 等 (精神): 心と社会 2013/6; 152: 114-8.

522212. [講座]【特集: せん妄の診断と治療の現在 II】アルコール離脱せん妄の現在の考え方と治療. 澤山 透 (精神): 精神科治療学 2013/9; 28 (9): 1163-72.

522213. [講座]【成人の発達障害を取り巻く問題】支援に活かす自閉症スペクトラム障害の多次元的な特性評価・診断. 井上勝夫 (精神): 精神科診断学 2013/9; 6 (1): 44-9.

522214. [講座]【REVIEW & PREVIEW】抗うつ薬の使い方に警鐘を鳴らす. 宮岡 等 (精神): medicina 2013/10; 50 (10): 1898-900.

522215. [講座]【特集: 高齢者の精神症状−その鑑別診断と治療−】I. 総論 4. 高齢者によくみられる精神症状. 土屋貴裕1, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 日本臨牀 2013/10; 71 (10): 1733-7.

522216. [講座]【特集: 早期診断・早期治療の功罪】大人の自閉症スペクトラム障害啓発の功罪. 井上勝夫 (精神): 精神科治療学 2013/11; 28 (11): 1461-6.

522217. [講座]【平成24年度地域自殺対策 うつ病医療体制強化研修会講演要旨】うつ病, 自殺予防と薬剤師への期待. 宮岡 等 (精神): 薬壺 (神奈川県薬剤師会会誌) 2013/11; 35 (6): 19-22.

522218. [講座]【特集:「子どもの精神医学」を学ぶ】子どものメンタルヘルスの問題 落ち着きがない, 不注意な行動が多い−ADHD (注意欠如/多動性障害). 井上勝夫 (精神): 児童心理 2014/2; 68 (3): 110-4.

540075. [その他 (書評)]【Medical Library 書評・新刊案内 (精神療法の基本 支持から認知行動療法まで: 医学書院, 2012/12発行)】自身の臨床を振り返り若手教育を考える好機に. 宮岡 等 (精神): 週刊医学界新聞 2013/5/20; 3027: 672

540076. [その他 (研究報告書)] 認知症地域連携クリティカルパスが認知症医療従事者に与える影響に関する自記式質問表調査. 廣岡孝陽, 大石 智1, 高橋 恵1, 宮岡 等1 (1精神): 井之頭病院研究財団助成論文研究紀要 2013/12; p.48-60.

540077. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究 (研究代表者: 宮岡 等1)」】宮岡 等1, 大石 智1 (1精神): 厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.7-12.

540078. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究 (研究代表者: 宮岡 等1)」】分担研究課題: 病的ギャンブラーの家族らの実態調査と回復支援のための研究. 宮岡 等1, 田辺 等, 石川 達, 森田展彰, 新井清美, 松本俊彦, 後藤 恵, 伊波真理雄, 樋口 進, 河本泰信, 神村栄一, 岡崎直人, 稲村 厚, 田中克俊2, 蒲生裕司, 村井俊哉, 吉田精次, 森山成彬, 赤木健利, 内田恒久, 西村直之 (1精神, 2大学院医療系研究科): 厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.36-59.

540079. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究 (研究代表者: 宮岡 等1)」】分担研究課題: 病的ギャンブリングの実態調査と回復支援のための研究. 宮岡 等1, 田辺 等, 石川 達, 森田展彰, 新井清美, 松本俊彦, 後藤 恵, 伊波真理雄, 樋口 進, 河本泰信, 神村栄一, 岡崎直人, 稲村 厚, 田中克俊2, 蒲生裕司, 佐藤 拓, 村井俊哉, 吉田精次, 森山成彬, 赤木健利, 内田恒久, 西村直之 (1精神, 2大学院医療系研究科): 厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究」平成25年度 分担研究報告書 2014/3; p.7-65.

540080. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「精神障害者保健福祉手帳の判定マニュアルの作成及び実態把握に関する研究 (研究代表者: 宮岡 等1)」】宮岡 等1, 宮地伸吾1 (1精神): 厚生労働科学研究費補助金 (障害者対策総合研究事業 (精神障害分野))「精神障害者保健福祉手帳の判定マニュアルの作成及び実態把握に関する研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.7-13.

[著 書]

620159. [学術書] (共著)【大人の発達障害ってそういうことだったのか】宮岡 等1, 内山登紀夫 (1精神), 医学書院, 東京, 2013/6発行.

620160. [学術書] (分担執筆)【犯人は誰だ! 急性中毒を推理・解決する−症状から見極め診断・治療する, 実践的ケーススタディ (レジデントノート別冊 救急・ERノート9)】第2章 実践! 中毒診療〜謎を解き診断に至る推理の道筋 26 著しい精神運動興奮, 痙攣 25歳, 男性, p.179-84. 井出文子1 (1精神), 編: 上條吉人2 (2救命), 羊土社, 東京, 2013/7発行.

620161. [学術書 (分担執筆)]【内科診療にガイドラインを生かす (medicina 50 (11・増刊号))】神経・精神疾患 うつ病, p.296-8. 宮岡 等 (精神), 編:「medicina」編集委員会, 医学書院, 東京, 2013/11発行.

620162. [学術書] (分担執筆)【エビデンスレビュー2013 難治性気分障害の治療】5. アルツハイマー病または脳血管障害を伴ううつ病の治療ガイドライン, p.61-72. 高橋 恵1, 肝付 洋, 宮岡 等1 (1精神), 監・編集: 神庭重信, アークメディア, 東京, 2013発行.

620163. [学術書] (分担執筆)【今日の治療指針 2014年版 私はこう治療している】総論16 精神疾患 精神医学的面接, p.915-6. 高橋 恵 (精神), 監修: 山口 徹, 北原光夫, 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2014/1発行.

[学会・研究会等]

713167. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Suicide and suicidal behavior among young people in Japan: Association with clinical characteristics and antidepressants. Inui M1, Yamamoto K2, Tatematsu S3, Miyaji S1, Ide A2, Iwamitsu Y3, Miyaoka H1,2: World Psychiatric Association International Congress 2013 (2013/10/28), Vienna, Austria. (乾 真美1, 山本賢司2, 立松聖一3, 宮地伸吾1, 井出文子2, 岩満優美3, 宮岡 等1,2: 1精神, 2中毒・心身総合救急, 3大学院医療系研究科)

721018. [学会 (全国)] (特別講演)「うつ」か「なまけ」か−うつ病, 適応障害, 神経症, 虚偽性障害, 詐病−. 宮岡 等 (精神): 第13回日本外来精神医療学会 (2013/7/27), 札幌.

721019. [学会 (全国)] (特別講演) 線維筋痛症の科学性と社会性. 宮岡 等 (精神): 日本線維筋痛症学会第5回学術集会 (2013/10/5), 横浜.

722250. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【メンタルヘルスとデンタルヘルス】「精神的問題の身体面への関与. 宮地英雄 (精神): 第23回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会 (2013/9/27), 名古屋.

722251. [学会 (全国)] (市民公開講座) 線維筋痛症患者さんのこころ. 宮岡 等 (精神): 日本線維筋痛症学会第5回学術集会 (2013/10/6), 横浜.

722252. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) SSTを利用した退院促進と医師の役割. 高橋 恵 (精神): 第18回SST普及協会学術集会inえひめ (2013/12/8), 松山.

723837. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) アルコール依存症者の退院1年後の治療転帰とその予測因子についての検討. 澤山 透1, 樋口 進, 米田順一, 白川教人, 澤山恵波1, 田中克俊2, 宮岡 等1 (1精神, 2大学院医療系研究科): 第109回日本精神神経学会学術総会 (2013/5/23), 福岡.

723838. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) かかりつけ医が認識している認知症地域医療の実際と課題. 下村裕見子, 大石 智1, 廣岡孝陽2, 高橋 恵1, 宮岡 等1,2 (1精神, 2中毒・心身総合救急): 第14回日本クリニカルパス学会学術集会 (2013/11/1), 盛岡.

723839. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 軽度認知障害における脳血管障害と動脈硬化・生活習慣の関連. 新井久稔, 高橋 恵1, 中島啓介, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 第32回日本認知症学会学術集会 (2013/11/8), 松本.

723840. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院の集中治療室 (ICU)におけるせん妄ラウンドの活動と効果について. 白井教子, 谷 幸一, 井出文子1, 古市則光, 山木 綾, 北元 健, 山本賢司2, 宮岡 等1,2 (1精神, 2中毒・心身総合救急): 第26回日本総合病院精神医学会総会 (2013/11/30), 京都.

723841. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) SSTの広がり−SSTリーダー研修における参加者の背景の解析から−. 高橋 恵1, 滝澤毅矢, 宮岡 等1 (1精神): 第18回SST普及協会学術集会inえひめ (2013/12/6), 松山.

731184. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) うつ病治療再考. 宮岡 等 (精神): 第61回山陰精神神経学会 (2013/7/6), 米子.

731185. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メンタル面からみた線維筋痛症. 宮岡 等 (精神): 日本線維筋痛症学会 診療ネットワーク教育研修会 (2013/8/17), 東京.

732146. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等)【座長】神経性食欲不振症の治療をめぐる現状と課題−特に身体的ハイリスクの患者について−. 宮地英雄 (精神): 第37回神奈川県心身医学会学術集会 (2013/9/14), 横浜.

732147. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 突発波の見分け方. 齋藤正範 (精神): 第2回相模原てんかん勉強会 (2013/9/27), 相模原.

732148. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 認知症とてんかん. 齋藤正範 (精神): Epilepsy forum (2013/11/26), 大磯.

732149. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 自閉症について. 齋藤正範 (精神): 第13回北里精神医学懇話会 (2013/12/7), 相模原.

733425. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 側頭葉てんかんにおける主観的時間感覚の異常について. 齋藤正範 (精神): 第3回相模原・北里神経科学フォーラム (2013/6/10), 相模原.

733426. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 膿疱性乾癬に伴う症状精神病の1例. 植村知華子1, 朝倉崇文1, 大林拓樹1, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 東京精神医学会第98回学術集会 (2013/7/13), 東京.

733427. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 線維筋痛症をモデルとした慢性疼痛患者の精神医学的検討. 宮地英雄1, 吉田勝也1, 宮岡 等1 (1精神): 第37回神奈川県心身医学会学術集会 (2013/9/14), 横浜.

733728. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 入院による行動制限治療への反応が不良だった重症神経性無食欲症の一例. 二井矢綾子1, 三浦純江1, 本田洋輔1, 高橋恵理1, 齋藤正範1, 宮岡 等1 (1精神): 第37回神奈川県心身医学会学術集会 (2013/9/14), 横浜.

733429. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 統合失調症を発症した重症神経性無食欲症の1例. 山崎聞平1, 飯田諭宜1, 島野朋也1, 櫻井秀樹1, 高橋恵理1, 齋藤正範1, 姜 善貴1, 朝倉崇文1, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 神奈川県精神医学会第165回例会 (2014/2/22), 横浜.

733430. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 心臓に針を刺す行為を繰り返し行った1例の長期経過. 高橋元美1, 姜 善貴1, 二井矢綾子1, 井島元子1, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 東京精神医学会第100回学術集会 (2014/3/15), 東京.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-110016. [原著] Protein phosphatase 2A dephosphorylates SNAP-25 through two distinct mechanisms in mouse brain synaptosomes. Iida Y1, Yamamori S2, Itakura M2, Miyaoka H1, Takahashi M2: Neurosci Res 2013/3; 75 (3): 184-9. (飯田諭宜1, 山森早織2, 板倉 誠2, 宮岡 等1, 高橋正身2: 1精神, 2生化)

H24-120004. [原著] 口腔外科における精神科リエゾン診療外来を10年間に受診した患者の臨床統計的検討. 中久木康一, 和気裕之, 宮地英雄1, 六島聡一, 天笠光雄, 宮岡 等1 (1精神): 日本歯科心身医学会雑誌 2012/12; 27: 10-8.


放射線科学 (画像診断学)

[学術論文]

110262. [原著] Usefulness of the navigator-echo triggering technique for free-breathing three-dimensional magnetic resonance cholangiopancreatography. Matsunaga K1, Ogasawara G1, Tsukano M, Iwadate Y, Inoue Y1: Magn Reson Imaging 2013/4; 31 (3): 396-400. (松永敬二1, 小笠原豪1, 井上優介1: 1放射線 (画像))

110263. [原著] Acquisition protocols and correction methods for estimation of the heart-to-mediastinum ratio in 123I-metaiodobenzylguanidine cardiac sympathetic imaging. Inoue Y1, Abe Y2, Itoh Y, Asano Y1, Kikuchi K2, Sakamoto Y, Matsunaga K1, Ogino Y3, Iizuka T3, Mochizuki H: J Nucl Med 2013/5; 54 (5): 707-13. (井上優介1, 阿部 豊2, 浅野雄二1, 菊池 敬2, 松永敬二1, 荻野 裕3, 飯塚高浩3: 1放射線 (画像), 2放射線部, 3神経内)

110264. [原著] Nanogel-based PspA intranasal vaccine prevents invasive disease and nasal colonization by Streptococcus pneumoniae. Kong IG, Sato A, Yuki Y, Nochi T, Takahashi H, Sawada S, Mejima M, Kurokawa S, Okada K, Sato S, Briles DE, Kunisawa J, Inoue Y1, Yamamoto M, Akiyoshi K, Kiyono H: Infect Immun 2013/5; 81 (5): 1625-34. (井上優介1: 1放射線 (画像))

110265. [原著] Improved reproducibility of simple quantitative indices from 99mTc-GSA liver functional imaging. Ogasawara G1, Inoue Y1, Itoh Y, Tagami S, Matsunaga K1, Miki K: Ann Nucl Med 2013/6; 27 (5): 487-91. (小笠原豪1, 井上優介1, 松永敬二1: 1放射線 (画像))

110266. [原著] Effect of Breath Holding on Spleen Volume Measured by Magnetic Resonance Imaging. Inoue Y1, Nakajima A, Mizukami S, Hata H: PLoS One 2013/6; 8 (6): e68670. (井上優介1: 1放射線 (画像))

110267. [原著] Lymphoscintigraphy Using Dynamic Imaging and SPECT/CT in Chylothorax. Ohtsuka A1, Inoue Y1, Asano Y1, Woodhams R1, Shiomi K2: OJMI 2013/9; 3 (3): 86-9. (大塚亜沙未1, 井上優介1, 浅野雄二1, ウッドハムス玲子1, 塩味 和2: 1放射線 (画像), 2呼吸器外)

110268. [原著] Diffusion-weighted Imaging of the Breast: Comparison of B-values 1000 s/mm2 and 1500 s/mm2. Woodhams R1, Inoue Y1, Ramadan S, Hata H2, Ozaki M2: Magn Reson Med Sci 2013/9; 12 (3): 229-34. (ウッドハムス玲子1, 井上優介1, 秦 博文2, 尾崎正則2: 1放射線 (画像), 2放射線部)

110269. [原著] Quality Control for Quantitative Evaluation of Cardiac Sympathetic Nerve Function with 123i-Metaiodobenzylguanidine. Inoue Y1: J Radiol Radiat Ther 2013/9; 1 (2): 1010. (井上優介1: 1放射線 (画像))

110270. [原著] Higher cortisol levels at diurnal trough predict greater attentional bias towards threat in healthy young adults. Hakamata Y, Izawa S, Sato E, Komi S, Murayama N, Moriguchi Y, Hanakawa T, Inoue Y1, Tagaya H: J Affect Disord 2013/11; 151 (2): 775-9. (井上優介1: 1放射線 (画像))

110271. [原著] Imipenem/cilastatin sodium (IPM/CS) as an embolic agent for transcatheter arterial embolisation: a preliminary clinical study of gastrointestinal bleeding from neoplasms. Springerplus. Woodhams R1, Nishimaki H2, Ogasawara G1, Fujii K1, Yamane T1, Ishida K1, Kashimi F3, Matsunaga K1, Takigawa M4: SpringerPlus 2013; 2: 344. (ウッドハムス玲子1, 西巻 博2, 小笠原豪1, 藤井 馨1, 山根拓郎1, 石田健一郎1, 樫見文枝3, 松永敬二1, 瀧川政和4 (1放射線 (画像), 2聖マリアンナ医大, 3救命, 4相模原病院)

110272. [原著] Septal penetration in iodine-123 metaiodobenzylguanidine cardiac sympathetic imaging using a medium-energy collimator. Inoue Y1, Abe Y2, Asano Y1, Kikuchi K2, Iizuka T3, Nishiyama K3: J Nucl Cardiol 2014/2; 21 (1): 71-7. (井上優介1, 阿部 豊2, 浅野雄二1, 菊池 敬2, 飯塚高浩3, 西山和利3: 1放射線 (画像), 2放射線部, 3神経内)

522219. [講座]【特集: 拡散MRI−基本から最近の進歩まで−】乳房の拡散MRI. ウッドハムス玲子1, 秦 博文2, 水上慎也2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2放射線部): 画像診断 2013/5; 33 (7): 763-75.

522220. [講座]【Current Focus】産科出血に対するインターベンショナルラジオロジー (IVR). ウッドハムス玲子1, 西巻 博2, 島岡亨生3, 天野 完3 (1放射線 (画像), 2聖マリアンナ医科大学心臓血管外科, 3産科): 助産雑誌 2013/7; 67 (7): 550-7.

522221. [講座]【特集: 明日への提言2013〜放射線医学教育のかたち】北里大学医学部における画像診断学教育の現状と展望. 井上優介 (放射線 (画像)): 映像情報メディカル 2013/9;45 (10): 770-1.

522222. [講座]【特集: 救急診療におけるCT・MRIとIVR】III 各論: IVR 14. 産科出血. ウッドハムス玲子1, 西巻 博2 (1放射線 (画像), 2聖マリアンナ医科大学心臓血管外科): 救急医学 2013/9; 37 (10): 1403-10.

522223. [講座]【特集4: 分子イメージングの進歩と展望】2) マルチモーダルイメージング. 井上優介 (放射線 (画像)): PET Journal 2013/12; 24: 30-2.

522224. [講座]【特集: 放射線科医が診断すべき日常診療で迷う症例】第3章 核医学−核医学検査の考え方Q&A−. 井上優介 (放射線 (画像)): 画像診断 2014/3; 34 (No.4臨時増刊号): S66-S86.

522225. [講座]【特集: 救急疾患に対するIVR】4. 産婦人科救急疾患に対する血管内治療. ウッドハムス玲子1, 西巻 博2, 山根拓郎1, 小笠原豪1, 藤井 馨1, 石田健一郎3, 原 敏将1, 松永敬二1, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2聖マリアンナ心臓血管外科, 3独立行政法人国立病院機構大阪医療センター救命救急センター): 日本IVR学会雑誌 2014/2; 29 (1): 25-33.

[学会・研究会等]

713168. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Effect of unilateral stimulus presentation on neural systems of anterior insular cortex. Kotani Y, Ohgami Y, Arai J, Kiryu S, Inoue Y1: 2013 Annual Meeting of the Organization of Human Brain Mapping (2013/6/16-20), Seattle, USA, Abstract Book 2013; p.85. (井上優介1: 1放射線 (画像))

713169. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Brain Activations in Anticipatory Attention Prior to Face, Word, and Symbol Stimuli. Ohgami Y, Kotani Y, Arai J, Kiryu S, Inoue Y1: 2013 Annual Meeting of the Organization of Human Brain Mapping (2013/6/16-20), Seattle, USA, Abstract Book 2013; p.85. (井上優介1: 1放射線 (画像))

713170. [学会 (国際)] (ポスター) "Toy balloon" technique: a new embolisation technique using ballooned n-butyl 2-cyanoacrylate for large hypogastric artery aneurysms in two cases. Nishimaki H, Woodhams R1, Ogawa Y, Chiba K, Kashimi F, Tamura Y, Makuuchi H: CIRSE2013 (欧州IVR学会) (2013/9/14-18), Barcelona, Spain. (ウッドハムス玲子1: 1放射線 (画像))

713171. [学会 (国際)] (ポスター) Three-Dimensional Contrast-enhanced Magnetic Resonance Imaging of mice vasculatures: comparison of two different contrast agent injection timing protocols using 1-Tesla compact MR imaging system. Kiryu S, Wang F, Inoue Y1, Ohtomo K: World Molecular Imaging Congress 2013 (2013/9/18-21), Savannah, USA. (井上優介1: 1放射線 (画像))

713172. [学会 (国際)] (ポスター) Network involving the right anterior insular cortex depends on the contents of anticipated visual stimuli. Ohgami Y, Kotani Y, Arai Y, Kiryu S, Inoue Y1: 53rd Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (2013/10/2-6), Florence, Italy, Psychophysiology 2013; ; 50 (Suppl 1): S28. (井上優介1: 1放射線 (画像))

713173. [学会 (国際)] (ポスター) Activity in the insular cortex involved in anticipation of positive and negative feedback stimuli. Kotani Y, Ohgami Y, Arai J, Kiryu S, Inoue Y1: 53rd Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (2013/10/2-6), Fflorence, Italy, Psychophysiology 2013; ; 50 (Suppl 1): S29. (井上優介1: 1放射線 (画像))

722253. [学会 (全国)] (教育講演)【教育講演14】医療安全・放射線防護: 医療安全 2. Radionuclide Imaging 核医学検査. 井上優介 (放射線 (画像)): 第72回日本医学放射線学会総会 (2013/4/11-14), 横浜, 第72回日本医学放射線学会総会抄録集 2013/2; S111.

722254. [学会 (全国)] (ワークショップ) 産科出血に対するIVRに関する臨床的検討. ウッドハムス玲子1, 西巻 博2, 石田健一郎1, 藤井 馨1, 小笠原豪1, 山根拓郎1, 松永敬二1, 島岡享生3, 樫見文枝4, 井上優介1, 天野 完3 (1放射線 (画像), 2聖マリアンナ心臓血管外科, 3産科, 4救命): 第42回日本IVR学会総会 (2013/5/16-18), 軽井沢, IVR会誌 2013/4; 28 (suppl): 104.

722255. [学会 (全国)] (シンポジウム) マルチモーダルイメージング:ベッドサイドからベンチへ. 井上優介 (放射線 (画像)): 第8回日本分子イメージング学会 (2013/5/30-31), 横浜, JSMI Peport 2013/5; 6 (2): 49.

722256. [学会 (全国)] (シンポジウム) 胃静脈瘤に対するNBCA併用B-RTO (CA B-RTO). 瀧川政和1, 平川耕大1, 田口智香子1, 大森智子1, 藤井 馨2, 小笠原豪2, 佐々木真弓3, 磯部義憲4 (1国立病院機構相模原病院, 2放射線 (画像), 3至誠会第二病院, 4国立病院機構東京医療センター): 第19回日本血管内治療学会総会 (2013/7/19-20), 青森.

722257. [学会 (全国)] (ビデオワークショップ) NBCAを併用したB-RTO (CA B‐RTO): 安全な静脈瘤治療を目指して. 瀧川政和1, 平川耕大1, 田口智香子1, 大森智子1, 藤井 馨2, 小笠原豪2, 松永敬二2, 佐々木真弓3, 磯部義憲4 (1相模原病院放射線科, 2放射線 (画像), 3至誠会第二病院放射線科, 4東京医療セ放射線科): 第20回日本門脈圧亢進症学会総会 (2013/9/19-20), 名古屋, 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2013/8; 19 (3): 83.

722258. [学会 (全国)] (ビデオワークショップ) double balloon technique を用いて施行した逆行性静脈瘤塞栓術. 藤井 馨1, 松永敬二1, 山根拓郎1, 小笠原豪1, ウッドハムス玲子1, 井上優介1, 瀧川政和2, 大森智子2 (1放射線 (画像), 2相模原病院放射線科): 第20回日本門脈圧亢進症学会総会 (2013/9/19-20), 名古屋, 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2013/8; 19 (3): 84.

722259. [学会 (全国)] (教育講演) 産科出血に対するIVR. ウッドハムス玲子, 西巻 博2 (放射線 (画像), 2聖マリアンナ心臓血管外科): 第117回日本産科麻酔学会学術集会 (2013/11/30), 東京.

723842. [学会 (全国)] (一般口演) 心筋血流シンチグラフィにおける減弱補正用CTの異常所見に関する検討. 浅野雄二1, 井上優介1, ウッドハムス玲子1, 入江つぐみ1, 藤井 馨1, 小笠原豪1, 原 敏将1, 山根拓郎1, 大高理恵1, 大塚亜沙未1 (1放射線 (画像)): 第72回日本医学放射線学会総会 (2013/4/11-14), 横浜, 第72回日本医学放射線学会総会抄録集 2013/2; S222-3.

723843. [学会 (全国)] (一般口演) Gd-EOB-DTPA造影MRIにおける肝実質増強効果不良例の予測法の検討. 小笠原豪1, 井上優介1, 松永敬二1, 藤井 馨1, 入江つぐみ1, 山根拓郎1, 大塚亜沙未1, 大高理恵1 (1放射線 (画像)): 第72回日本医学放射線学会総会 (2013/4/11-14), 横浜, 第72回日本医学放射線学会総会抄録集 2013/2; S239.

723844. [学会 (全国)] (一般口演) B-RTOの技術的問題点と将来−CA BRTOを中心に−. 瀧川政和1, 平川耕大1, 田口智香子1, 大森智子1, 藤井 馨2, 小笠原豪2, 佐々木真弓3, 磯部義憲 (1国立相模原病院, 2放射線 (画像), 3至誠会第二病院): 第42回日本IVR学会総会 (2013/5/16-18), 軽井沢, IVR会誌 2013/4; 28 (suppl):75.

723845. [学会 (全国)] (一般口演) double balloon technique を用いて逆行性静脈瘤塞栓術を施行した十二指腸静脈瘤の2例. 藤井 馨1, 瀧川政和2, 小笠原豪1, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 大森智子2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2国立相模原病院): 第42回日本IVR学会総会 (2013/5/16-18), 軽井沢, IVR会誌 2013/4; 28 (suppl):131.

723846. [学会 (全国)] (ポスター) 主観的情動と相関する右前部島皮質の活動. 小谷泰則1, 大上淑美1, 新井潤一郎2, 桐生 茂3, 井上優介4 (1東京工業大学社会理工学研究科, 2ダイキン工業 (株), 3東京大学医科学研究所, 4放射線 (画像)): 第31回日本生理心理学会大会 (2013/5/18-19), 福井, 第31回日本生理心理学会大会予稿集 2013; 37.

723847. [学会 (全国)] (ポスター) 刺激先行陰性電位 (SPN) の右半球優位性に対する顔・言語・記号刺激の影響. 大上淑美1, 小谷泰則1, 新井潤一郎2, 桐生 茂3, 井上優介4 (1東京工業大学社会理工学研究科, 2ダイキン工業 (株), 3東京大学医科学研究所, 4放射線 (画像)): 第31回日本生理心理学会大会 (2013/5/18-19), 福井, 第31回日本生理心理学会大会予稿集 2013; 56.

723848. [学会 (全国)] (ポスター) Three-Dimensional Contrast-enhanced Magnetic Resonance Imaging of mice vasculatures: comparison of two different contrast agent injection timing protocols using 1-Tesla compact MR imaging system. 王  芳1, 桐生 茂1, 井上優介2, 大友 邦3 (1東京大学医科学研究所放射線科, 2放射線 (画像), 3東京大学医学部放射線科): 第8回日本分子イメージング学会 (2013/5/30-31), 横浜, JSMI Peport 2013/5; 6 (2): 127.

723849. [学会 (全国)] (ポスター) Evaluation of PEG-poly (L-lysine)-based polymeric micelle MR contrast agent for mice MR imaging:comparison with gadofluorine M. 王  芳1, 桐生 茂1, 白石貢一2, 横山昌幸2, 井上優介3, 大友 邦4 (1東京大学医科学研究所放射線科, 2東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター, 3放射線 (画像), 4東京大学医学部放射線科): 第8回日本分子イメージング学会 (2013/5/30-31), 横浜, JSMI Peport 2013/5; 6 (2): 128.

723850. [学会 (全国)] (ポスター) 蛍光イメージングとMRI を用いたマウスリンパ流路の系統差の検討.
Strain difference in lymph drainage pattern in mice assessed by fluorescence imaging and magnetic resonance imaging. 桐生 茂1, 井上優介2, 大友 邦3 (1東京大学医科学研究所・放射線科, 2放射線 (画像), 3東京大学大学院医学系研究科・放射線科): 第8回日本分子イメージング学会 (2013/5/30-31), 横浜, JSMI Peport 2013/5; 6 (2): 158.

723851. [学会 (全国)] (一般口演) 3D ASL法によるアセタゾラミドに対する脳血管反応性の評価. 鈴木文夫1, 井上優介1, 原 敏将1, 田中禎人2, 秦 博文2 (1放射線 (画像), 2放射線部): 第41回日本磁気共鳴医学会大会 (2013/9/19-21), 徳島, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2013/9; 33 (suppl): 173.

723852. [学会 (全国)] (ポスター) 腸骨動脈領域の慢性閉塞を伴った腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術の初期成績. 小池祐哉1, 長谷聡一郎1, 西村潤一1, 山崎元成1, 西巻 博2, ウッドハムス玲子3 (1川崎幸病院, 2聖マリアンナ医科大学心臓血管外科, 3放射線 (画像)): 第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2013/10/12-14), 名古屋, 第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2013/9; S559.

723853. [学会 (全国)] (ポスター) 胎児内胎児の出生前MRIと出生後CT所見. 大高理恵1, ウッドハムス玲子1, 山根拓郎1, 大塚亜沙未1, 原 敏将1, 小笠原豪1, 藤井 馨1, 入江つぐみ1, 浅野雄二1, 鈴木文夫1, 下野圭一郎1, 田中 潔2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2外科): 第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2013/10/12-14), 名古屋, 第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2013/9; S567.

723854. [学会 (全国)] (一般口演) 褐色脂肪へのFDG集積の頻度と関連する要因に関する検討. 浅野雄二1, 井上優介1, 大高理恵1, 大塚亜沙未1, 鈴木文夫1, 山根拓郎1, 原 敏将1, 入江つぐみ1, ウッドハムス玲子1 (1放射線 (画像)): 第53回日本核医学会学術総会 (2013/11/8-10), 福岡, 核医学 2013/9; 50 (3): 204.

723855. [学会 (全国)] (ポスター) 増殖因子受容体による癌幹細胞とニッチ制御の分子機構. 町田雪乃1, 家島大輔1, 木村奈津子1, 水谷アンナ1, 坂本怜子2, 井上優介3, 小林宣隆4, 板野直樹4, 東條有伸1, 吉田進昭2, 後藤典子1,5 (1東大・医科研・分子療法, 2東大・医科研・発生工学, 3放射線 (画像), 4信州大医学部, 5金沢大がん進展制御研究所): 第36回日本分子生物学会年会 (2013/12/3-5), 神戸, 日本分子生物学会プログラム・要旨集 2013; WEB ONLY 2P-0864.

731186. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腫瘍分子イメージング. 井上優介 (放射線 (画像)): 第42回埼玉核医学研究会 (2013/10/5), 大宮.

732150. [学会 (地方会・研究会)] (セッション) 当院でのFDG-PETにおける褐色脂肪への集積の頻度と傾向に関する検討. 浅野雄二1, 井上優介1, 大高理恵1, 大塚亜沙未1, 鈴木文夫1, 山根拓郎1, 原 敏将1, 入江つぐみ1, ウッドハムス玲子1 (1放射線 (画像)): 第79回日本核医学会関東甲信越地方会 (2013/7/6), 東京.

732151. [学会 (地方会・研究会)] (セッション) 膵癌術後早期に門脈閉塞を発症し、門脈ステント留置術を施行したが救命し得なかった2例の検討. 小笠原豪1, 瀧川政和2, 松永敬二1, ウッドハムス玲子1, 藤井 馨1, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2独立行政法人国立病院機構相模原病院): 第8回日本IVR学会関東地方会 (2013/7/13), 東京.

732152. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 小動物光イメージングと核医学. 井上優介 (放射線 (画像)): 第27回インフォーマルミーティング・第363回神奈川県核医学研究会合同開催 (2013/7/13), 横浜.

732153. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 日常核医学検査の向上を目指して. 井上優介 (放射線 (画像)): 第27回インフォーマルミーティング・第363回神奈川県核医学研究会合同開催 (2013/7/13), 横浜.

732154. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 定量測定の信頼性向上に向けて. 井上優介 (放射線 (画像)): 関東・東京部会合同研究発表大会2013 (2013/12/14-15), 東京.

733431. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胃静脈瘤に対し左下横隔静脈−下大静脈排血路からB-RTOを施行した5例. 山根拓郎1, 松永敬二1, 瀧川政和2, 小笠原豪1, 藤井 馨1, 大高理恵1, 大塚亜沙未1, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2独立行政法人国立病院機構相模原病院): 第443回日本医学放射線学会関東地方会定期大会 (2013/6/1), 東京, プログラム・抄録集 2013; p.18.

733432. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 内頸静脈穿刺による中心静脈カテーテルが頸部脊柱管内に迷入した症例. 大塚亜沙未1, 松永敬二1, 小笠原豪1, 藤井 馨1, 山根拓郎1, ウッドハムス玲子1, 入江つぐみ1, 原 敏将1, 浅野雄二1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 第443回日本医学放射線学会関東地方会定期大会 (2013/6/1), 東京, プログラム・抄録集 2013; p.42.

733433. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 3D ASL法を用いた脳血流測定. 井上優介 (放射線 (画像)): 第6回北里血管フォーラム (2013/6/3), 相模原.

733434. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 検査による放射線被ばくの実際〜放射線を正しく使うために〜. 井上優介 (放射線 (画像)): 平成25年度医療安全研修会 (2013/6/17), 相模原.

733435. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) MRIにおける呼吸同期法. 松永敬二 (放射線 (画像)): 第1回相模原消化器画像セミナー (2013/7/5), 相模原.

733436. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 産科出血に対するIVR. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): 2013年ミッドサマーセミナー (2013/7/20-21), 神戸.

733437. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 原発性アルドステロン症に対する静脈サンプリングの実際. 小笠原豪 (放射線 (画像)): 第1回北里副腎腫瘍勉強会 (2013/8/7), 相模原.

733438. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 呼吸のコントロールと画像診断. 井上優介 (放射線 (画像)): 第42回こまばイメージング研究会 (2013/9/6), 渋谷.

733439. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) IMP脳血流SPECTの基礎とさらなる活用. 井上優介 (放射線 (画像)): 第4回北里機能画像セミナー (2013/10/2), 相模原.

733440. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 施設紹介およびRI室立ち上げから今日まで. 尾川光弘1, 瀧野真之1, 早川和宏1, 二見長一1, 林 敏彦1, 井上優介2 (1埼玉県厚生連久喜総合病院, 2放射線 (画像)): 第42回埼玉核医学研究会 (2013/10/5), 大宮.

733441. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 心臓画像診断の進展開−北里大学新病院に向けて−. 井上優介 (放射線 (画像)): 第1回相模原医用画像セミナー (2013/11/18), 相模原.

733442. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 腫瘍FDG-PET/CTにおけるCTの被ばく線量低減の試み. 浅野雄二1, 井上優介1, 下野圭一郎1, 大塚亜沙未1, 鈴木文夫1, 山根拓郎1, 原 敏将1, 小笠原豪1, ウッドハムス玲子1, 菊池 敬2, 宮武比呂樹2 (1放射線 (画像), 2放射線部): 第80回日本核医学学会関東甲信越地方会 (2014/2/1), 東京.

733443. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学におけるドーパミントランスポーターシンチの実際. 井上優介 (放射線 (画像)): ドーパミントランスポーターシンチ説明会 (2014/2/24), 相模原.


放射線科学 (放射線腫瘍学)

[学術論文]

110273. [原著] Schedule-dependent interactions between perifosine and radiotherapy in prostate cancer. Ishiyama H1, Wang H, Butler EB, Teh BS: Journal Radiat Oncol 2013; 2 (2): 209-16. (石山博條1: 1放射線 (腫瘍))

110274. [原著] High-dose-rate intra-cavitary brachytherapy combined with external beam radiation therapy for under 40-year-old patients with invasive uterine cervical carcinoma: clinical outcomes in 118 Patients in a Japanese multi-institutional study, JASTRO. Yamashita H, Niibe Y1, Toita T, Kazumoto T, Nishimura T, Kodaira T, Eto H, Kinoshita R, Tsujino K, Onishi H, Takemoto M, Hayakawa K1: Jpn J Clin Oncol 2013/5; 43 (5): 547-52. (新部 譲1, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

110275. [原著] Salvage intensity modulated radiotherapy using endorectal balloon after radical prostatectomy: Clinical outcomes. Ishiyama H1, Teh BS, Blanco AI, Paulino AC, Mai WY, Caillouet J, Xu B, Butler EB: Int J Urol 2013/12; 20 (12): 1178-83. (石山博條1: 1放射線 (腫瘍))

110276. [原著] 125Iodine monotherapy for Japanese men with low- and intermediate-risk prostate cancer: outcomes after 5 years of follow-up. Sekiguchi A1, Ishiyama H1, Satoh T2, Tabata K2, Komori 1S, Tsumura H2, Kawakami S1, Soda I1, Iwamura M2, Hayakawa K1: J Radiat Res 2014/3; 55 (2): 328-33. (関口茜衣1, 石山博條1, 佐藤威文2, 田畑健一2, 小森承子1, 津村秀康2, 川上正悟1, 早田 格1, 岩村正嗣2, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍), 2泌尿器)

521020. [解説] 肺癌取扱い規約・肺癌診療ガイドライン 診療ガイドラインのコンセプトと意義 . 早川和重1, 山本信之 (1放射線 (腫瘍)): 日本臨牀 2013/11; 71 (増刊号6): 294-8.

522226. [講座]【特集: Oligometastases, oligo-recurrenceの現況と将来−少数転移・再発癌に対する先進的局所治療の可能性−】Oligometastases, oligo-recurrenceの実際−実際の症例を提示して−. 山下英臣, 新部 譲1 (1放射線 (腫瘍)): 臨床放射線 2013/8; 58 (8): 1040-8.

522227. [講座]【特集: Oligometastases, oligo-recurrenceの現況と将来−少数転移・再発癌に対する先進的局所治療の可能性−】Oligometastases, oligo-recurrenceのメカニズム. 白石憲史郎, 新部 譲1 (1放射線 (腫瘍)): 臨床放射線 2013/8; 58 (8): 1049-52.

[著 書]

620164. [学術書 (分担執筆)]【臨床研修医のための肺癌症例の実際】第IV章 非小細胞肺癌 2. stage I 3. 切除不能I, II期非小細胞肺癌放射線治療の位置付け, p.108-9. 池田徳彦, 石倉 聡, 楠本昌彦, 久保田馨, 倉田宝保, 坪井正博, 早川和重1, 野口雅之, 山本信之 (1放射線 (腫瘍)), 監修: 一瀬幸人, 加藤治文, 呉屋朝幸, 西條長宏, 中西洋一, メディカルレビュー社, 大阪, 2013/5発行.

620165. [学術書 (分担執筆)]【臨床研修医のための肺癌症例の実際】第VI章 実地医療で判断に苦慮した場合の対応 2. 放射線療法 2. 下葉原発で照射野が微妙に広く治療方針に難渋する症例, p.228-9. 池田徳彦, 石倉 聡, 楠本昌彦, 久保田馨, 倉田宝保, 坪井正博, 早田 格1, 早川和重1, 野口雅之, 山本信之 (1放射線 (腫瘍)), 監修: 一瀬幸人, 加藤治文, 呉屋朝幸, 西條長宏, 中西洋一, メディカルレビュー社, 大阪, 2013/5発行.

620166. [学術書 (分担執筆)]【臨床研修医のための肺癌症例の実際】第VI章 実地医療で判断に苦慮した場合の対応 2. 放射線療法 4. 手術適応のない間質性肺炎合併IB期肺癌の放射線治療症例, p.232-3. 池田徳彦, 石倉 聡, 楠本昌彦, 久保田馨, 倉田宝保, 坪井正博, 早川和重1, 野口雅之, 山本信之 (1放射線 (腫瘍)), 監修: 一瀬幸人, 加藤治文, 呉屋朝幸, 西條長宏, 中西洋一, メディカルレビュー社, 大阪, 2013/5発行.

620167. [学術書 (分担執筆)]【最新肺癌学−基礎と臨床の最新研究動向−(日本臨牀Vol.71 (増刊号6))】VIII. 肺癌取扱い規約・肺癌診療ガイドライン 3. 診療ガイドラインのコンセプトと意義, p.294-8. 早川和重1,山本信之 (1放射線 (腫瘍)), 日本臨牀社, 東京, 2013/11発行.

[学会・研究会等]

712054. [学会 (国際)] (招待講演等)【座長】Clinical Research Progress in Radiation Oncoloty. Hayakawa K1, Ang K: 37th Annual MD Anderson Radiation Oncology/Gilbert H. Fletcher Society Meeting (2013/4/18), Kyoto. (早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

712055. [学会 (国際)] (招待講演等) Lung Cancer Advances in Japan:Clinical trials of radiation therapy for lung cancer in Japan. Hayakawa K1: 37th Annual MD Anderson Radiation Oncology/Gilbert H. Fletcher Society Meeting (2013/4/18), Kyoto. (早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

712056. [学会 (国際)] (シンポジウム)【座長】Phase II study of nimotuzumab in combination with concurrent chemoradiotherapy (CRT) in patients with locally advanced non-small cell lung cancer (NSCLC). Hayakawa K1, Nishimura Y, Harada H, Soejima T, Tsujino K, Kozuka T, Tanaka M, Sasaki T, Yamamoto N, Nakagawa K: 15th World Conference on Lung Cancer (2013/10/27-30), Sydney, Australia. (早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

712057. [学会 (国際)] (パネルディスカッション) Case Study with Audiences Response System. Hayakawa K1: International Symposium on 10th Anniversary of Permanent Prostate Brachytherapy in Japan (2014/1/17), Tokyo. (早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

712058. [学会 (国際)] (シンポジウム) Japanese ten years oncological outcomes of LDR brachytherapy risk stratification, technique and dose escalation for LDR. Ishiyama H1: International Symposium on 10th Anniversary of Permanent Prostate Brachytherapy in Japan (2014/1/17), Tokyo. (石山博條1: 1放射線 (腫瘍))

713174. [学会 (国際)] (ポスター) Establishment of an Easy-to-Handle Quality Assurance (QA) Tool Using Plastic Scintillator for Dynamic Parameters of VMAT. Akita S, Takei H, Matsubayashi F, Asai H, Kamikubo Y, Nakamura S, Sakata K, Nakayama Y, Maruyama K, Hayakawa K1: ASTRO 55th Annual Meeting (2013/9/22-25), Atlanta, USA, Int J Radiat Oncol Biol Phys 2013/10; 87 (2): 152. (早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

713175. [学会 (国際)] (ポスター) A Prospective Quasi-Randomized Comparison of Intraoperatively Built Custom Linked Seeds Versus Loose Seeds for Prostate Brachytherapy. Ishiyama H1, Sato T2, Kawakami S1, Komori S1, Tabata K2, Tsumura H2, Sekiguchi A1, Soda I1, Iwamura M2, Hayakawa K1: ASTRO 55th Annual Meeting (2013/9/22-25), Atlanta, USA, Int J Radiat Oncol Biol Phys 2013/10; 87 (2): 347. (石山博條1, 佐藤威文2, 川上正悟1, 小森承子1, 田畑健一2, 津村秀康2, 関口茜衣1, 早田 格1, 岩村正嗣2, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍), 2泌尿器)

713176. [学会 (国際)] (ポスター) Eight-Year Experience of Iodine-125 Monotherapy for Japanese Men With Localized Prostate Cancer. Sekiguchi A1, Ishiyama H1, Sato T2, Kawakami S1, Komori S1, Soda I1, Tabata K2, Takahashi R2, Iwamura M2, Hayakawa K1: ASTRO 55th Annual Meeting (2013/9/22-25), Atlanta, USA, Int J Radiat Oncol Biol Phys 2013/10; 87 (2): 352. (関口茜衣1, 石山博條1, 佐藤威文2, 川上正悟1, 小森承子1, 早田 格1, 田畑健一2, 高橋 亮2, 岩村正嗣2, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍), 2泌尿器)

713177. [学会 (国際)] (ポスター) A Retrospective Multicenter Study of Stereotactic Body Radiation Therapy Using a Real-Time Tumor-Tracking Radiation Therapy System for Stage I Non-Small Cell Lung Cancer. Katoh N, Soda I1, Tamamura H, Takahashi S, Inoue T, Onimaru R, Shibuya K, Hayakawa K1, Shirato H: ASTRO 55th Annual Meeting (2013/9/22-25), Atlanta, USA, Int J Radiat Oncol Biol Phys 2013/10; 87 (2): 507. (早田 格1, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

713178. [学会 (国際)] (ポスター) Verification of a Commercial Monte Carlo Electron Dose-Calculation Algorithm Under Clinical Use for Treatment of Breast and Total Scalp Irradiation. Yogo K1, Hayakawa K2, Kunieda E: ASTRO 55th Annual Meeting (2013/9/22-25), Atlanta, USA, Int J Radiat Oncol Biol Phys 2013/10; 87 (2): 578. (余語克己1, 早川和重2: 1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍))

713179. [学会 (国際)] (ポスター) Outcomes and prognostic factors of stage I non-small cell lung cancer patients treated with stereotactic body radiotherapy or 3-dimentional conformal radiotherapy. Soda I1, Hayakawa K1, Ishiyama H1, Katagiri M2, Komori S1, Sekiguchi A1, Niibe Y1, Kawakami S1, Takenaka K1, Masuda N2: 15th World Conference on Lung Cancer (2013/10/27-30), Sydney, Australia. (早田 格1, 早川和重1, 石山博條1, 片桐真人2, 小森承子1, 関口茜衣1, 新部 譲1, 川上正悟1, 竹中浩二1, 益田典幸2: 1放射線 (腫瘍), 2呼吸器内)

721020. [学会 (全国)] (特別講演)【座長】SL. 福島第一原発事故による直接的・間接的健康影響. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第54回日本肺癌学会総会 (2013/11/22), 東京, 第54回日本肺癌学会総会抄録集 2013/11; p.343.

722260. [学会 (全国)] (ワークショップ)【子宮頸癌放射線治療の新展開】子宮頸癌治療後のQOLに関する全国調査−放射線療法群と手術療法群の比較−. 兼安祐子, 藤原久也, 西村哲夫, 大野達也, 櫻井英幸, 生島仁史, 楮本智子, 宇野 隆, 播磨洋子, 戸板孝文, 徳丸直郎, 五味弘道, 喜多みどり, 中野隆史, 高橋健夫, 加藤眞吾, 新部 譲1, 野田真永, 清原浩樹, 永田 靖 (1放射線 (腫瘍)): 第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2013/7/19), 東京, 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2013/6; 31 (3): 413.

722261. [学会 (全国)] (会長講演)【座長】若い研究者へのメッセージ: 日本がリードしてきた画像誘導高精度放射線治療. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.84.

722262. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】前立腺癌密封小線源療法の治療戦略と今後の方向性. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p303.

722263. [学会 (全国)] (ワークショップ)【少数個転移に対する局所治療の意義 (脳転移, 骨転移, 副腎転移などに対する手術, 放射線治療)】NSCLC脳oligometastasesに対する定位放射線照射−oligo-recurrenceは予後因子になるか?−. 新部 譲 (放射線 (腫瘍)): 第54回日本肺癌学会総会 (2013/11/21), 東京, 第54回日本肺癌学会総会抄録集 2013/11: p.384.

722264. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長: 早期肺癌に対する治療戦略】外科治療VS非外科治療, 重粒子線,陽子線, SRT, ラジオ波, 凍結療法. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第54回日本肺癌学会総会 (2013/11/21): 東京, 第54回日本肺癌学会総会抄録集 2013/11; p370.

722265. [学会 (全国)] (ワークショップ)【Concurrent chemoradiotherapy for locally advanced uterine cervical cancer using Nedaplatin (KGROG0501)】Final results. 新部 譲 (放射線 (腫瘍)): 第55回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2013/12/15), 京都, 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2013; 31 (4): 676.

723856. [学会 (全国)] (一般口演) 局所進行非小細胞肺癌に対するIF-RTによる根治照射単独第I相試験 (JROSG07-1) の総括. 木村智樹, 永田 靖, 早川和重1, 唐澤克之, 北本佳住, 玉木義雄, 戸上太郎, 小川和彦, 林 真也, 大西 洋 (1放射線 (腫瘍)): 第72回日本医学放射線学会総会 (2013/4/13), 横浜, 第72回日本医学放射線学会総会抄録集 2013/2; S270.

723857. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 局所進行子宮頸癌に対しnedaplatinを用いた化学放射線療法同時併用療法の第II相試験 (KGROGO5O1). 新部 譲1, 早川和重1, 恩田貴志2, 海野信也3, 松尾恵太郎4, 井上優介5 (1放射線 (腫瘍), 2婦人, 3産科, 4愛知がんセ疫学予防, 5放射線 (画像)): 第72回日本医学放射線学会総会 (2013/4/13), 横浜, 第72回日本医学放射線学会総会抄録集 2013/2; S296.

723858. [学会 (全国)] (ポスター) マイクロフォーカスX線装置による組織内照射用密封小線源の内部構造評価. 長谷川智之1 花田 剛, 萬 篤憲, 伊東 秀, 増田信次, 川原真樹1, 余語克紀2, 早川和重3 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3放射線 (腫瘍)): 第105回日本医学物理学会学術大会 (2013/4/14), 横浜, 医学物理 Supplement 2013/4; 33 (1): 192.

723859. [学会 (全国)] (ポスター) プラスチックシンチレータによる線量分布測定の試み. 余語克紀1, 青山結樹1, 横澤淳司1, 中村哲志1, 武居秀行, 花田剛士, 上窪純史, 西尾禎治, 丸山浩一1, 早川和重2 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍)): 第105回日本医学物理学会学術大会 (2013/4/14), 横浜, 医学物理 Supplement 2013/4; 33 (1): 209.

723860. [学会 (全国)] (一般口演) 前立腺癌永久挿入密封小線源治療における分離型線源と術中連結型線源の前向き比較試験−中間報告−. 石山博條1, 佐藤威文2, 小森承子1, 川上正悟1, 田畑健一2, 津村秀康2, 岩村正嗣2, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器): 小線源治療部会第15回学術大会 (2013/5/18), 福岡, 小線源治療部会第15回学術大会抄録集 2013/5; p.15.

723861. [学会 (全国)] (一般口演) 術中連結型 (リンクシード) を使用したI-125密封小線源永久挿入治療の初期経験. 川上正悟1, 石山博條1, 佐藤威文2, 小森承子1, 田畑健一2, 津村秀康2, 岩村正嗣2, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器): 小線源治療部会第15回学術大会 (2013/5/18), 福岡, 小線源治療部会第15回学術大会抄録集 2013/5; p.15.

723862. [学会 (全国)] (ポスター) 原発不明頭頸部癌の放射線治療: JROSG後方視的調査研究 (示). 立花弘之1, 太田陽介2, 山崎拓也3, 全田貞幹4, 和田 仁5, 神谷伸彦6, 石川一樹7, 早川和重8, 中村和正9, 中原理絵10 (1愛知県がんセ中央病院, 2兵庫県がんセ, 3長崎大, 4国立がん研究セ東病院, 5宮城県がんセ, 6川崎医大, 7近畿大, 8放射線 (腫瘍), 9九大, 10名古屋大): 第37回日本頭頸部癌学会 (2013/6/13), 新宿, 頭頸部癌 2013/5; 39 (2): 235.

723863. [学会 (全国)] (ポスターセッション)【座長】画像1. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第37回日本頭頸部癌学会 (2013/6/13-14), 東京.

723864. [学会 (全国)] (ポスターセッション)【座長】診断, 放射線治療. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2013/8/31), 仙台, 日本臨床腫瘍学会学術集会CD-ROM 2013; Vol.11th.

723865. [学会 (全国)] (一般口演) oligo-recurrence として出現した転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療: 42例での解析. 新部 譲1, 山下英臣, 高橋 渉, 白石憲史郎, 早川和重1, 中川恵一 (1放射線 (腫瘍)): 第72回日本癌学会学術総会 (2013/10/3), 横浜, 第72回日本癌学会学術総会プログラム・抄録集 2013; p.88.

723866. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】肺・縦隔1. 新部 譲 (放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.35.

723867. [学会 (全国)] (要望演題口演) 中・高リスク前立腺癌に対する高線量率組織内照射と通常分割外部照射の比較. 石山博條1, 佐藤威文2, 北野雅史3, 早田 格1, 小森承子1, 川上正悟1, 関口茜衣1, 田畑健一2, 竹中浩二1, 岩村正嗣2, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器, 3相模原病院放射線科): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会 第26回学術大会抄録集 2013/10; p.138.

723868. [学会 (全国)] (一般口演) 局所進行子宮頸癌に対するnedaplatinを用いた化学放射線同時併用療法の第II相試験. 新部 譲1, 恩田貴志2, 松尾恵太郎3, 井上優介4, 海野信也5, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2婦人, 3九州大院予防医学, 4放射線 (画像), 5産科): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.179.

723869. [学会 (全国)] (ポスター) 非小細胞肺癌I期症例に対する三次元原体照射の治療成績. 早田 格1, 早川和重1, 石山博條1, 新部 譲1, 小森承子1, 関口茜衣1, 川上正悟1, 竹中浩二1, 片桐真人2, 益田典幸2 (1放射線 (腫瘍), 2呼吸器内): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.246.

723870. [学会 (全国)] (ポスター) 携帯型3次元超音波断層測定装置を用いた照射時の膀胱容量測定に関する研究. 関口茜衣1, 石山博條1, 早田 格1, 川上正悟1, 佐藤威文2, 小森承子1, 竹中浩二1, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.252.

723871. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺癌密封小線源永久挿入療法での分離型/術中連結型線源の前向き比較試験: 中間報告. 川上正悟1, 石山博條1, 佐藤威文2, 小森承子1, 田畑健一2, 津村秀康2, 早田 格1, 関口茜衣1, 竹中浩二1, 岩村正嗣2, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.254.

723872. [学会 (全国)] (ポスター) 胸部食道扁平上皮癌に対するDCF併用療法後の根治的化学放射線療法の検討. 小森承子1, 堅田親利2, 片田夏也3, 菅原充広4, 石山博條1, 早田 格1, 高橋かおる5, 樋口勝彦2, 田邉 聡2, 小泉和三郎2, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2消化器内, 3外科, 4薬剤部, 5看護部): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/18), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.277.

723873. [学会 (全国)] (一般口演) 自己回帰 (Auto-regressive: AR) モデルを利用した呼吸予測システムの実装. 下 貴裕1, 永野尚登, 加藤雅宏, 橋本晴光, 窪田 淳, 友利 敦, 早川和重2 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/19), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.218.

723874. [学会 (全国)] (一般口演) 力学的に絡めたDNAの一分子解析. 余語克紀1, 早川和重2 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会 (2013/10/20), 青森, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会抄録集 2013/10; p.240.

723875. [学会 (全国)] (ポスター) 力学的に絡めたDNAの一分子解析. 余語克紀1, 早川和重2 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍)): 第36回日本分子生物学会年会 (2013/12/3), 神戸, 第36回日本分子生物学会年会プログラム・要旨集 (Web) 2013; WEB ONLY 1P-0944.

731187. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌密封小線源治療におけるLQモデルの考え方. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 癌プロフェッショナル基盤養成プラン−分子標的薬と放射線生物学の最前線 (2013/11/23), 東京.

732155. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 放射性同位元素及び放射線発生装置の取り扱いIV. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 平成25年度放射線 (診療) 業務従事者の教育訓練 (講習会) (2013/4/21), 横浜.

732156. [学会 (地方会・研究会)] (解説) 第15回ヨウ素125シード線源永久挿入による前立腺癌密封小線源療法技術講習会. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2013/6/15), 東京.

732157. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 喉頭癌の放射縁治療の課題. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第6回喉頭機能温存治療研究会 (2013/11/2), 東京.

732158. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 座長. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 癌プロフェッショナル基盤養成プラン−分子標的薬と放射線生物学の最前線 (2013/11/23), 東京.

732159. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー) 放射線治療の個別最適化に向けて. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 関東・東京部会合同発表大会2013 (2013/12/14), 東京.

732160. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 2013年度 放射線治療分野横断的パネルディスカッション. 石山博條1, 関口茜衣1 (1放射線 (腫瘍)): 文科省・がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン「高度がん医療開発を先導する専門家の養成プログラム」(2014/2/8), 東京.

732161. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー) 第23回日本乳癌画像研究会: ランチョンセミナー2. 新部 譲 (放射線 (腫瘍)): 第23回日本乳癌画像研究会 (2014/3/15), 香川.

733444. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里前立腺小線源治療研究会 講演I. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 北里前立腺小線源治療研究会 (2013/5/23), 神奈川.

733445. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 総量計画解析結果報告 その2 バリシードの場合C. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第1回ラピッドストランド検討会 (2013/8/31), 東京.

733446. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 喉頭癌の放射線治療の課題. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第6回喉頭機能温存治療研究会 (2013/11/2), 東京.

733447. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) がん診療に対する国の取り組み. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第15回神奈川放射線学術大会 (2014/1/26), 横浜.

733448. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 子宮頸癌卵巣温存術後の移動後卵巣のマージンについての検証. 早田 格1, 石山博條1, 竹中浩二1, 小野重満2, 関口茜衣1, 川上正悟1, 小森承子1, 新井 努2, 新井正秀2, 岩瀬春子2, 恩田貴志2, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2婦人): 第52回横浜放射線治療懇話会 (2014/3/3), 横浜.

733449. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 甲状腺癌による食堂閉鎖に対する放射線治療が著効した一例. 竹中浩二 (放射線 (腫瘍)): 第52回横浜放射線治療懇話会 (2014/3/3), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H22-522001. [講座]【特集: JROSG (Japanese Radiation Oncology Study Group) の現状】婦人科腫瘍委員会. 中野隆史1, 戸板孝文1, 徳丸直郎1, 大野達也1, 坂田耕一1, 加藤真吾1, 宇野 隆1, 清原浩樹1, 新部 譲1,2, 田中英一1, 楮本智子1, 兼安祐子1, 西村哲夫1, 五味弘道1, 高橋健夫1, 播磨洋子1 (1婦人科腫瘍委員会, 2放射線 (腫瘍)): 癌の臨床 2010/7; 56 (7): 517-24.

H23-110001. [原著] A survey of patients with inflammatory skin recurrence corresponding to the area of previous irradiation after postoperative radiotherapy for breast cancer. Tsujino K1, Kashihara K, Kotani S1, Hayakawa K1, Imanaka K, Takada Y, Uno T, Hirata H, Kaneyasu Y, Sekiguchi K, Ogo E, Hiratsuka J, Yoden E, Soejima T: J Radiat Res 2011/11; 52 (6): 797-803. (小谷承子1, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

H23-522001. [講座]【座談会】肺癌治療の多様性とガイドライン. 中西洋一, 武田晃司, 早川和重1, 山本信之 (1放射線 (腫瘍)): 呼吸 2011/11; 30 (11): 943-54.

H24-110017. [原著] Insufficiency fractures after pelvic radiation therapy for uterine cervical cancer: an analysis of subjects in a prospective multi-institutional trial, and cooperative study of the Japan Radiation Oncology Group (JAROG) and Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG). Tokumaru S, Toita T, Oguchi M, Ohno T, Kato S, Niibe Y1, Kazumoto T, Kodaira T, Kataoka M, Shikama N, Kenjo M, Yamauchi C, Suzuki O, Sakurai H, Teshima T, Kagami Y, Nakano T, Hiraoka M, Mitsuhashi N, Kudo S: Int J Radiat Oncol Biol Phys 2012/10; 84 (2): e195-200. (新部 譲1: 1放射線 (腫瘍))

H24-110018. [原著] Is There an Increase in Genitourinary Toxicity in Patients Treated With Transurethral Resection of the Prostate and Radiotherapy?: A Systematic Review. Ishiyama H1, Hirayama T, Jhaveri P, Satoh T, Paulino AC, Xu B, Butler EB, Teh BS: Am J Clin Oncol 2012.6; [Epub ahead of print] (石山博條1: 1放射線 (腫瘍))

[学会・研究会等]

H24-733014. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) アプリケーター位置ずれ解消のこころみ. 石山博條1, 野田泰孝, 上田麻里, 村上直也, 神谷伸彦, 熊野智康 (1放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第14回研究会 (2012/5/26), 軽井沢,

H24-733015. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前立腺小細胞癌に対する放射線治療の検討. 関口茜衣1, 早川和重1, 新部 譲1, 早田 格1, 小谷承子1, 川上正悟1, 石山博條1, 佐藤威文2, 馬場史郎2 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器): 第441回日本医学放射線学会関東地方定期大会 (2012/6/23), 横浜.

H24-733016. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 視神経鞘腫に対して定位放射線治療を施行し改善を認めた一例. 川上正悟1, 早川和重1, 新部 譲1, 石山博條1, 小谷承子1, 早田 格1, 関口茜衣1, 江黒友春2 (1放射線 (腫瘍), 2眼科): 第441回日本医学放射線学会関東地方定期大会 (2012/6/23), 横浜.


麻酔科学

[学術論文]

120059. [原著] 大動脈弁逸脱を合併した小児心室中隔欠損症における経食道心エコーの有用性の後方視的検討. 安藤寿恵1, 新井正康2, 戸田雅也3, 岡本浩嗣3 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3麻酔): 日本臨床麻酔学会誌 2013/11; 33 (7): 947-50.

120060. [原著] 亜急性期の罹患部皮膚温から帯状疱疹後神経痛を予測する. 堀江太朗1, 金井昭文2, 鈴木麻葉1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本ペインクリニック学会誌 2014/1; 21 (1): 10-5.

320046. [症例報告] 弾性ストッキングの関与が疑われた, 術後腓骨神経麻痺の1例. 浦澤方聡, 日向俊輔1, 山田由香里1, 加藤里絵2, 奥富俊之1 (1麻酔, 2新世紀医療・先端医療): 分娩と麻酔 2013/11; 95: 36-9.

320047. [症例報告] 発症直後に蘇生を開始し後遺症なく救命しえた羊水塞栓症の1症例. 日向俊輔1, 加藤里絵2, 奥富俊之1 (1麻酔, 2新世紀医療・先端医療): 麻酔 2013/12; 62 (12): 1435-9.

320048. [症例報告] 慢性間質性肺炎の急性憎悪が疑われた患者に腰椎後方固定術を施行した麻酔経験. 阪井茉有子1, 竹浪民江1, 大塚智久1, 林 経人1, 吉野和久1, 松本慈寛1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 麻酔 2014/2; 63 (2): 168-71.

522228. [講座]【連載: 産科麻酔の最新知識】産科麻酔科医からのメッセージ [13]−帝王切開術の術後鎮痛 (2): 局所投与の鎮痛薬. 奥富俊之1, 加藤里絵2 (1麻酔, 2新世紀医療・先端医療): 周産期医学 2013/4; 43 (4): 531-3.

522229. [講座]【連載: 産科麻酔の最新知識】産科麻酔科医からのメッセージ [15]−妊産婦の心停止時の心肺蘇生法. 奥富俊之1, 加藤里絵2 (1麻酔, 2新世紀医療・先端医療): 周産期医学 2013/6; 43 (6): 805-8.

522230. [講座]【紹介】わが国の薬物を用いた無痛分娩は明治末期には行われていた (第2報)−明治時代中期には無痛分娩としての催眠術も流行?−. 奥富俊之 (麻酔): 麻酔 2013/11; 62 (11): 1380-4.

[著 書]

620168. [学術書] (分担執筆)【痛みのScience & Practice 1 手術後鎮痛のすべて】IV. 手術・部位別による手術後鎮痛法 5. 産科手術後 (帝王切開術) 鎮痛法, p.150-4. 奥富俊之 (麻酔), 編: 川真田樹人, 文光堂, 東京, 2013/5発行.

[学会・研究会等]

711010. [学会 (国際)] (特別講演) Assessment After Repair of Tetralogy of Fallot. Okamoto H1: 10th Meeting of Asian Society of Cardiothoracic Anesthesiologists (2013/10/3), Singapore. (岡本浩嗣1: 1麻酔)

713180. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The rule of LTB4/BLT1 sibnaling in ischemia reperfusion injury of liver. Kosaka Y1, Majima M2, Nara Y, Ando H3, Yokomizo T, Okamoto H1: Euroanaesthesia 2013 (2013/6/2), Barcelona, Spain. (小坂康晴1, 馬嶋正隆2, 安藤寿恵3, 岡本浩嗣1: 1麻酔, 2薬理, 3大学院医療系研究科)

713181. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) The accuracy of transesophageal echocardiography for detecting the coronary cusp herniation and aortic valve regurgitation in children with ventricular septal defect. Ando H1, Arai M2, Toda M3, Kosaka Y3, Okamoto H3: Euroanaesthesia 2013 (2013/6/3), Barcelona, Spain. (安藤寿恵1, 新井正康2, 戸田雅也3, 小坂康晴3, 岡本浩嗣3: 1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3麻酔)

713182. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Clinical significance of the perfusion index in healthy normal volunteers. Matsuda H1, Arai M2, Kosaka Y3, Toda M3, Kuroiwa M4, Okamoto H3: Euroanaesthesia 2013 (2013/6/3), Barcelona, Spain. (松田弘美1, 新井正康2, 小坂康晴3, 戸田雅也3, 黒岩政之4, 岡本浩嗣3: 1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3麻酔, 4救命)

713183. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) LABOUR ANALGESIA FOR PARTURIENTS WITH MOYAMOYA DISEASE. Kiyosawa K, Hosokawa Y1, Kato R1, Okutomi T1: The Scandinavian Society of Anesthesiology and Intensive Care Medicine (2013/8/28), Turku, Finland. (細川幸希1, 加藤里絵1, 奥富俊之1: 1麻酔)

713184. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Neurotropin protects against posterior root damage caused by intrathecal lidocaine neurotoxicity in rats. Takenami T1, Nara Y, Isonaka R2, Okamoto H1: Neuroscience 2013 (2013/11/11), San Diego, USA. (竹浪民江1, 磯中理沙2, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2生理)

723876. [学会 (全国)] (一般講演) マウス心肺停止蘇生モデルにおける肝虚血再灌流障害のロイコトリエンB4の役割. 小坂康晴1, 馬嶋正隆2 (1麻酔, 2薬理): 第28回日本Shock学会総会 (2013/5/18), 東京.

723877. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 健康成人ボランティアを用いた灌流指標 (Perfusion Index) の臨床的意義検討. 松田弘美1, 新井正康2, 小坂康晴3, 戸田雅也3, 黒岩政之4, 岡本浩嗣3 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3麻酔, 4救命): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/23), 札幌.

723878. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 新しいインピーダンス法を用いた非侵襲的心拍出量測定法の比較−NICaSとFloTrac−. 山田由香里1, 新井正康1, 津留世里1, 波里純子1, 田中一生1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/23), 札幌.

723879. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 顎顔面手術の侵襲性を頭頸部手術と比較する. 箸方紘子1, 山田由香里1, 新井正康1, 小坂康晴1, 戸田雅也1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723880. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) マウス心肺停止蘇生モデルを用いた肝虚血再灌流障害におけるロイコトリエンB4の働き. 藏重千絵1, 小坂康晴2, 馬嶋正隆3, 奈良佳洋, 横溝岳彦, 岡本浩嗣2 (1大学院医療系研究科, 2麻酔, 3薬理): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723881. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ハリーコール調査に基づいた医療安全的視点からの研修医教育方法の検討. 長原由貴1, 新井正康2, 近藤祐介1, 安藤寿恵3, 松尾瑞佳1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3大学院医療系研究科): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723882. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) リドカインテープ貼付3時間後の麻酔作用と鎮痛作用の検討. 堀江太朗1, 金井昭文2, 上野哲生1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723883. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 側彎症手術に対する術後硬膜外鎮痛の有効性の検討. 大塚智久1, 竹浪民江1, 齋藤 亘2, 林 経人1, 阪井茉有子1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2整外): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723884. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 不快音が痛みの強さの評価に与える影響. 吉岡俊輔1, 金井昭文2, 鈴木麻葉1, 津留世里1, 松本慈寛1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723885. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 亜硝酸からのNOによる局所脳虚血再灌流後の脳保護効果はNOS非依存性でGC依存性である. 安藤寿恵1, 岡本浩嗣2, 小坂康晴2, 新井正康3 (1大学院医療系研究科, 2麻酔, 3新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723886. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ロクロニウムの薬効に及ぼすMDR1遺伝子多型の影響. 大澤 了1, 平岡治彦, 中村智徳, 池田宣江1, 小山由晃, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723887. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 副作用により塩酸リトドリンが使用できなかった切迫早産に芍薬甘草湯が有効であった一例. 奥富俊之1, 五野由佳理2, 及川哲郎 (1麻酔, 2総合診療): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723888. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における大動脈弁狭窄症合併非心臓手術の検討. 松尾瑞佳1, 松本慈寛1, 新井正康2, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本心臓血管麻酔学会第18回学術大会 (2013/9/27), 北九州.

723889. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性間質性肺炎の急性憎悪が疑われた患者に腰椎後方固定術を施行した1症例. 阪井茉有子1, 竹浪民江1, 藤田那恵1, 山下 敦1, 吉岡俊輔1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/1), 金沢.

723890. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腎不全患者の覚醒遅延が人工透析により改善した症例. 安藤寿恵1, 伊藤壮平2, 大塚智久2, 戸田雅也2, 新井正康3, 岡本浩嗣2 (1大学院医療系研究科, 2麻酔, 3新世紀医療・横断的医療): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/1), 金沢.

723891. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院Rapid Response TeamがSepsis Response Teamとしても機能した1症例. 関田昭彦1, 新井正康2, 小池朋孝, 森安恵実, 稲垣泰斗3, 服部 潤3, 伊藤壮平1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/1), 金沢.

723892. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) APRV に腹臥位体位管理が著効した多発外傷ARDSの1例. 小宮明日香1, 新井正康2, 稲垣泰斗3, 服部 潤3, 小池朋孝, 森安恵実, 伊藤壮平1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723893. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多発肋骨骨折,フレイルチェストに対し外固定を施行した1症例. 吉岡俊輔1, 新井正康2, 稲垣泰斗3, 服部 潤3, 箸方紘子1, 山田由香里1, 黒岩政之3, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723894. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Prader-Willi-Syndrome 7例の周術期管理の検討. 伊藤諭子1, 小坂康晴1, 吉野和久1, 上野哲生1, 戸田雅也1, 新井正康2, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723895. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 胸壁切除患者の術後呼吸管理の検討. 鈴木優太郎1, 新井正康2, 金子晴香1, 山田由香里1, 伊藤壮平1, 松尾瑞佳1, 黒岩政之3, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723896. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) BSC (Balanced Scorecard) を用いた中央手術部効率運営の試み. 小坂康晴1, 新井正康2, 戸田雅也1, 大塚智久1, 松尾瑞佳1, 伊藤壮平1, 渋谷明隆3, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療安全・管理): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723897. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腰下肢痛患者における仙腸関節枝神経ブロックの鎮痛効果と日常生活改善度の検討. 鈴木麻葉1, 阪井茉有子1, 金井昭文2, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723898. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高度気管狭窄をきたしていた巨大甲状腺腫瘍症例の気道管理. 山下 敦1, 新井正康2, 田中一生1, 嶋尾淳子1, 戸田雅也1, 伊藤壮平1, 黒岩政之3, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723899. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 術後所見から悪性高熱が疑われた1症例. 波里純子1, 竹浪民江1, 鈴木優太郎1, 佐藤克彦1, 田中一生1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723900. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 頸部腫瘍患者の起動確保戦略. 吉野和久1, 新井正康2, 鈴木優太郎1, 山下 敦1, 大塚智久1, 伊藤壮平1, 黒岩政之3, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療, 3救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/3), 金沢.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-522014. [講座]【連載: 産科麻酔の最新知識】産科麻酔科医からのメッセージ [12]−帝王切開術の術後鎮痛 (1): 全身投与の鎮痛薬. 奥富俊之1, 加藤里絵2 (1麻酔, 2新世紀医療・先端医療): 周産期医学 2013/3; 43 (3): 395-7.

[学会・研究会等]

H24-723012. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県における予期せぬ院内死亡対策の現状−アンケート調査結果 (会議録)−. 新井正康1, 小池朋孝, 森安恵美, 川谷弘子, 荒井有美, 青柳明子, 相馬一亥, 早川和重2, 海野信也3 (1麻酔, 2放射線 (腫瘍), 3産科): 第7回医療の質・安全学会学術集会 (2012/11/23-24), 埼玉, 医療の質・安全学会誌 2012/10; 7 (Suppl): 296.


臨床検査診断学

[学術論文]

220018. [準原著] 当院におけるメロペネム大量投与の有効性と安全性に関する症例集積. 中村正樹1, 高山陽子2, 近藤留美子3, 中崎信彦4, 二本柳伸4, 佐藤千恵5, 角田裕子6, 藤木くに子7, 高城由美子7, 平田泰良7, 花木秀明, 砂川慶介7 (1臨検学, 2新世紀医療・横断的医療, 3薬剤部, 4臨検部, 5救命, 6福島県立医大, 7感染管理室): 日本化学療法学会雑誌 2013/9; 61 (5): 435-8.

[著 書]

620169. [学術書] (分担執筆)【検査値を読む2013 (内科 2013年6月増大号 (Vol.111 No.6))】21章 自己免疫検査 抗レチクリン抗体, p.1390. 狩野有作 (臨検学), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620170. [学術書] (分担執筆)【検査値を読む2013 (内科 2013年6月増大号 (Vol.111 No.6))】22章 細胞性免疫検査 リンパ球幼弱化検査, p.1401. 狩野有作 (臨検学), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

620171. [学術書] (分担執筆)【検査値を読む2013 (内科 2013年6月増大号 (Vol.111 No.6))】33章 穿刺液検査 関節液検査 (II型コラーゲン-C-ペプチド), p.1630. 狩野有作 (臨検学), 南江堂, 東京, 2013/6発行.

[学会・研究会等]

723901. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本人2型糖尿病における顕性蛋白尿発症及び腎機能低下に影響を与える因子について−糖尿病網膜症及び微量アルブミン尿の意義−. 千田将馬1, 守屋達美2, 鈴木陽彦3, 小川惇郎3, 林 哲範3, 七里眞義3 (1臨検学, 2健康管理セ, 3内分泌代謝内): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-306.


輸血・細胞移植学

[学術論文]

540081. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)「ヘモビジランス (血液安全監視) 体制のあり方に関する研究」】浜口 功, 加藤栄史, 田中朝志, 米村雄士, 藤井康彦, 岡崎 仁, 五十嵐滋, 百瀬俊也, 北澤淳一, 奥山美樹, 大隈 和, 大谷慎一1, 中山 之, 小高千加子 (1輸血・細胞移植): 厚生労働省科学研究費補助金 (医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)「ヘモビジランス (血液安全監視) 体制のあり方に関する研究」平成25年度総括・分担研究報告書 2014/3; p.3-14.

540082. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)「ヘモビジランス (血液安全監視) 体制のあり方に関する研究」】新たな血液製剤管理情報収集のためのオンラインシステムの開発. 浜口 功, 紀野修一, 日野 学, 石井博之, 藤井康彦, 大阪顕通, 五十嵐滋, 百瀬俊也, 北澤淳一, 大隈 和, 大谷慎一1, 小高千加子 (1輸血・細胞移植): 厚生労働省科学研究費補助金 (医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)「ヘモビジランス (血液安全監視) 体制のあり方に関する研究」報告書 2014/3; p.17-27.

[学会・研究会等]

722266. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 麻酔科と輸血部との連携. 大谷慎一 (輸血・細胞移植): 第61回日本輸血・細胞治療学会総会 (2013/5/17), 横浜.

722267. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) カリウム吸着フィルターの適正使用の取組みにについて. 大谷慎一 (輸血・細胞移植): 第61回日本輸血・細胞治療学会総会 (2013/5/18), 横浜.

723902. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 神奈川県における肝疾患の高張アルブミン製剤の使用状況〜神奈川合同輸血療法委員会アンケートより〜. 野崎昭人, 吉場史朗, 上條亜紀, 金森平和, 稲葉頌一, 大谷慎一1 (1輸血・細胞移植): 第61回日本輸血・細胞治療学会総会 (2013/5/16), 横浜.


救命救急医学

[学術論文]

110277. [原著] Osteogenic potential, multipotency, and cytogenetic safety of human bone tissue-derived mesenchymal stromal cells (hBT-MSCs) after long-term cryopreservation. Kumazawa K1, Sugimoto T2, Yamazaki Y2, Takeda A2, Uchinuma E2: Kitasato Med J 2014/3; 44 (1): 95-103. (熊澤憲一1, 杉本孝之2, 山崎安晴2, 武田 啓2, 内沼栄樹2: 1救命, 2形成・美容外)

120061. [原著] 当院における整形外科的救急疾患に対するvacuum assisted closujre (VAC) 使用例の検討. 鈴木 卓1, 峰原宏昌1, 松浦晃正2, 河村 直2, 高相晶士2 (1救命, 2整外): 骨折 2013/9; 35 (3): 752-5.

120062. [原著] 当院におけるコンパートメント症候群に対する治療の変遷. 峰原宏昌1, 鈴木 卓1, 松浦晃正2, 内野正隆2, 糸満盛憲2, 高相晶士2 (1救命, 2整外): 骨折 2013/9; 35 (3): 760-2.

210008. [準原著] Current prevention practice for venous thromboembolism in Japanese intensive care units. Yamamoto T, Nakamura M, Kuroiwa M1, Tanaka K: J Anesth 2013/12; 27 (6): 931-4. (黒岩政之1: 1救命)

310027. [症例報告] Pulse-spray treatment of total occlusive jugular venous suppurative thrombophlebitis. Kan-o T1, Nishimaki H2, Kataoka Y1, Soma K1: Internal Medicine 2013/4; 52 (7): 819-22. (神應知道1, 西巻 博2, 片岡祐一1, 相馬一亥1: 1救命, 2聖マリアンナ医大)

320049. [症例報告] 周産期に発症した急性散在性脳脊髄炎の1例. 井出俊光1, 平元 侑, 山谷立大1, 銘苅美世, 井出文子2, 服部 潤1, 神應知道1, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2精神): 日本救急医学会関東地方会雑誌 2013/12; 34 (2): 306-8

521021. [解説]【質疑応答】アルコール多飲で低血糖とケトアシドーシスが起こる機序. 中谷研斗1, 上條吉人1 (1救命), 週刊日本医事新報, 2014/3; 4688: 64-5.

522231. [講座]【徹底分析シリーズ】静脈血栓塞栓症〜戦う前に敵を知ろう: 頻度とリスクについて〜. 黒岩政之 (救命): LiSA 2013/6; 20 (6): 528-34.

522232. [講座]【特集: ロッキングプレートの合併症対策】下腿骨骨折に対するロッキングプレートの合併症とその対策. 峰原宏昌 (救命), Monthly Book Orthopaedics (オルソペディクス)2013/8; 26年9月号: 59-66.

522233. [講座] 救急・集中治療領域における感染症の治療と対策. 片岡祐一 (救命): 感染防止 2013; 23: 6-11.

522234. [講座]【特集: 知っておきたい急性中毒の知識】内科医がたびたび遭遇する急性中毒への対応のポイント: その他 一酸化炭素中毒への対応. 井出俊光 (救命): Modern Physician 2014/2; 34 (2): 197-200.

540083. [その他 (委員会報告)] 2009-2011年周術期肺血栓塞栓症調査結果から見た本邦における周術期肺血栓塞栓症の特徴−(公社) 日本麻酔科学会安全委員会周術期肺塞栓症調査報告−. 黒岩政之1, 入田和男, 讃岐美智義, 津崎晃一, 中塚秀輝, 中村真潮 (1救命): 麻酔 2013/5; 62 (5): 629-38.

[著 書]

620172. [学術書] (監修・編集)【静脈血栓塞栓症 LiSA徹底分析シリーズ)】黒岩政之 (救命), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2013/6発行.

620173. [学術書] (分担執筆)【犯人は誰だ! 急性中毒を推理・解決する−症状から見極め診断・治療する, 実践的ケーススタディ (レジデントノート別冊 救急・ERノート9)】第1章 総論 中毒診療の基本の方法をマスターしよう, p.14-31. 上條吉人1 (1救命), 編: 上條吉人1, 羊土社, 東京, 2013/7発行.

620174. [学術書] (分担執筆)【犯人は誰だ! 急性中毒を推理・解決する−症状から見極め診断・治療する, 実践的ケーススタディ (レジデントノート別冊 救急・ERノート9)】第2章 実践! 中毒診療〜謎を解き診断に至る推理の道筋 1 昏睡状態, 心室頻拍 42歳, 女性, p.32-7. 上條吉人1 (1救命), 編: 上條吉人1, 羊土社, 東京, 2013/7発行.

620175. [学術書] (分担執筆)【犯人は誰だ! 急性中毒を推理・解決する−症状から見極め診断・治療する, 実践的ケーススタディ (レジデントノート別冊 救急・ERノート9)】第3章 Pros & Cons 〜あなたならどうする? 2 一酸化炭素中毒に高気圧酸素療法を施行すべきか? p.208-13. 井出俊光1 (1救命), 編: 上條吉人1, 羊土社, 東京, 2013/7発行.

620176. [学術書] (分担執筆)【救急用語辞典】「一酸化炭素中毒」など救急用語を約40項目を担当. 井出俊光 (救命), 編: 坂本哲也, 畑中哲生, ぱーそん書房, 東京, 2013/7発行.

620177. [学術書] (分担執筆)【周術期深部静脈血栓/肺血栓塞栓症】I. 総論 1. 疫学, p.3-9. 黒岩政之 (救命), 編: 瀬尾憲正, 古家 仁, 克誠堂出版, 東京, 2013/10発行.

620178. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】1 気道管理に必要な解剖・生理学 1-2 気道管理に必要な気道生理, p.19-22. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620179. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】1 気道管理に必要な解剖・生理学 1-3 気道管理に必要な呼吸生理, p.23-5. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620180. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】5 気管挿管による高度な気道管理1<喉頭鏡を用いた一般的な方法> advanced airway management 1 5-1 気管挿管の適応, 必要な器具, p.86-91. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620181. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】5 気管挿管による高度な気道管理1<喉頭鏡を用いた一般的な方法> advanced airway management 1 5-5 抜管の適応と方法, 気道狭窄への対応, p.121-9. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620182. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】5 気管挿管による高度な気道管理1<喉頭鏡を用いた一般的な方法> advanced airway management 1 5-9 役立つ専門知識, p.153-67. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620183. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】6 気管挿管による高度な気道管理2<喉頭鏡の代替器具を用いた気管挿管法> advanced airway management 2 6-5 その他のデバイス (C-Track, Airtraq, McGRATH MAC), p.192-6. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620184. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】6 気管挿管による高度な気道管理2<喉頭鏡の代替器具を用いた気管挿管法> advanced airway management 2 6-6 用手的気管挿管, p.197-9. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620185. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】7 気管挿管による高度な気道管理3<特殊な場合に用いる方法> advanced airway management 3, p.200-17. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620186. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】8 侵襲的な気道管理 invasive airway management 8-5 気管挿管下顎ルート, p.249-50. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620187. [学術書] (分担執筆)【気道管理ガイドブック (改訂第2版)】9 気道確保困難に対するアプローチ approach for difficult airway 9-3 予期せぬ挿管困難に対するアプローチ−DAS ガイドライン−, p.261-70. 黒岩政之1 (1救命), 監修: 岡本浩嗣2 (2麻酔), 編: 村島浩二, 黒岩政之1, 真興交易医事出版部, 東京, 2013/11発行.

620188. [学術書] (分担執筆)【今日の治療指針 2014年版 私はこう治療している】総論2 中毒性疾患 一酸化炭素中毒. 井出俊光 (救命), 監修: 山口 徹, 北原光夫, 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2014/1発行.

620189. [学術書] (分担執筆)【この症状を見逃さない 戦略的循環器疾患の診かた】各論I 激烈な胸背部痛, 各論II 意識消失発作, p.78-125. 竹内一郎 (救命), 監修: 和泉 徹, 編: 東條美奈子, 南山堂, 東京, 2014/2発行.

620190. [学術書] (分担執筆)【エキスパートによる消化器外科静脈血栓塞栓症 (VTE) 診療指針】I. 疫学 CQ3. 消化器外科周術期にVTEが発症した場合の予後 (生存率) は? p.10-3. 黒岩政之 (救命), 監修: 森 正樹, 土岐祐一郎, 編: 左近賢人, 池田正孝, 南江堂, 東京, 2014/3発行.

620191. [学術書] (分担執筆)【エキスパートによる消化器外科静脈血栓塞栓症 (VTE) 診療指針】III. 予防 A. 総論 CQ13. 硬膜外麻酔は薬物療法と併用可能か? p.47-50. 黒岩政之 (救命), 監修: 森 正樹, 土岐祐一郎, 編: 左近賢人, 池田正孝, 南江堂, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

711011. [学会 (国際)] (特別講演) How to simplify the treatment of difficult tibial fractures. Minehara H1: AO Master course in Davos (2013/12/12), Switzerland. (峰原宏昌1: 1救命)

712059. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Clinical Issues with Suprapatellar Nailing. Minehara H1: The 7th AO Experts' Symposium in Asia Pacific (2013/4/20), Bangkok, Thailand. (峰原宏昌1: 1救命)

712060. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Intraoperative interventional radiology in combination with emergency surgery for severely injured patients. Kataoka Y1, Kashimi F1, Hanajima T1, Kan'o T2, Hattori J1, Yamaya T1, Nakahara K1, Minehara H1, Suzuki T1, Shimada K1, Kamijyo Y2, Kitahara T1: The 7th Asian Conference on Emergency Medicine (2013/10/24), Tokyo. (片岡祐一1, 樫見文枝1, 花島 資1, 神應知道2, 服部 潤1, 山谷立大1, 中原邦晶1, 峰原宏昌1, 鈴木 卓1, 島田 謙1, 上條吉人2, 北原孝雄1: 1救命, 2中毒・心身総合救急)

713185. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Smorking history: an important risk factor for difficult intubation. Kuroiwa M1: Annual meeting of american society of anesthesiologists 2013 (2013/10/12), San Francisco, USA. (黒岩政之1: 1救命)

713186. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) ACUTE CARBON MONOXIDE POISONING ASSOCIATED WITH MOYAMOYA DISEASE: A CASE REPORT. Ide T1, Ide A2, Kamijo Y2, Kitahara T1: Asia Pacific Association of Medical Toxicology 12Th International Scientific Congress(APAMT 2013) (2013/11/22), Dubai, UAE. (井出俊光1, 井出文子2, 上條吉人2, 北原孝雄1: 1救命, 2中毒・心身総合救急)

722268. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 術後深部静脈血栓・塞栓症の予防・診断・治療−北里大学病院における周術期静脈血栓塞栓症予防対策の現状−. 黒岩政之 (救命): 第113回日本外科学会定期学術集会 (2013/4/13), 福岡.

722269. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 注意すべき術中術後合併症の発見と対応〜肺血栓塞栓症〜. 黒岩政之 (救命): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/23), 札幌.

722270. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 軽症頭部外傷の単一画像検査でみられる偽陰性骨折パターンの検討. 中原邦晶1, 清水 曉2, 北原孝雄1, 岡 秀宏2 (1救命, 2脳外): 第41回日本小児神経外科学会 (2013/6/8), 大阪.

722271. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 重症外傷患者に対する緊急手術とIVRのコンビネーション治療による治療戦略: 特に術中IVRの有用性について. 片岡祐一1, 花島 資1, 樫見文枝1, 中原邦晶1, 今野慎吾1, 神應知道2, 服部 潤1, 山谷立大1, 島田 謙1, 北原孝雄1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 (2013/7/12), 東京.

722272. [学会 (全国)] (シンポジウム) Stanford B型急性大動脈解離に対するTEVARの有用性と問題点: Handmade SGの中間期成績. 西巻 博1, 樫見文枝2, 千葉 清1, 小川普久3, ウッドハムス玲子4, 林 宗博5, 町井正人6, 阿部裕之1, 宮入 剛1, 幕内晴朗1 (1聖マリアンナ心臓血管外科, 2救命, 3聖マリアンナ放射線科, 4放射線 (画像), 5日本赤十字病院救急, 6大和市立病院): 第19回日本血管内治療学会総会 (2013/7/19-20), 青森.

722273. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【周術期肺血栓塞栓症−チーム医療による安全対策と医療紛争に対する心構え−】我が国における周術期肺血栓塞栓症の疫学的特徴−JSA-PTE調査結果から−. 黒岩政之 (救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/1), 金沢.

722274. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【日本版DAMアルゴリズム】英国DASガイドライン. 黒岩政之 (救命): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

722275. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等)【蘇生領域のトピックス2】気道確保困難に対するディシジョン・メイキング. 黒岩政之 (救命): 日本蘇生学会第32回大会 (2013/11/9), 東京.

722276. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 産科領域における静脈血栓塞栓症. 黒岩政之 (救命): 第117回日本産科麻酔学会学術集会 (2013/11/30), 東京.

722277. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 特発性食道破裂の治療に関する臨床的検討. 片岡祐一1, 花島 資1, 島田 謙1, 中谷研斗1, 山谷立大1, 樫見文枝1, 北原孝雄1 (1救命): 第50回日本腹部救急医学会総会 (2014/3/7), 東京.

723903. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における重症骨盤骨折と腹部外傷の合併症例に対する治療戦略の検討. 片岡祐一1, 鈴木 卓1, 峰原宏昌1, 花島 資1, 神應知道2, 服部 潤1, 樫見文枝1, 島田 謙1, 北原孝雄1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第27回日本外傷学会総会・学術集会 (2013/5/23), 久留米.

723904. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 重症骨盤骨折後の骨盤周囲軟部組織感染によるsevere sepsis症例の検討. 片岡祐一1, 峰原宏昌1, 鈴木 卓1, 花島 資1, 神應知道2, 服部 潤1, 樫見文枝1, 北原孝雄1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第27回日本外傷学会総会・学術集会 (2013/5/23), 久留米.

723905. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 緊急手術と術中IVRによる治療戦略が有効であった重症腹部外傷の1例. 花島 資1, 片岡祐一1, 山谷立大1, 樫見文枝1, 島田 謙1, 北原孝雄1 (1救命): 第27回日本外傷学会総会・学術集会 (2013/5/23), 久留米.

723906. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 薬物治療なしに自然軽快した鈍的心損傷による心房細動の一例. 柿崎良太1, 神應知道2, 山谷立大1, 稲垣泰斗1, 樫見文枝1, 服部 潤1, 片岡祐一1, 北原孝雄1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第27回日本外傷学会総会・学術集会 (2013/5/24), 久留米.

723907. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外傷性脾損傷に対するIVRの有用性. 山谷立大1, 樫見文枝1, 西巻 博, 片岡祐一1, 島田 謙1, 神應知道2, 北原孝雄1, 相馬一亥1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第27回日本外傷学会総会・学術集会 (2013/5/24), 久留米.

723908. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 本邦における周術期肺血栓塞栓症の死亡に寄与する因子の解析−JSA-PTE調査2007-2011結果より−. 黒岩政之1, 入田和男, 讃岐美智義, 津崎晃一, 中塚秀輝, 中村真潮 (1救命): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723909. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前頭側開頭術における皮膚切開変法. 中原邦晶1, 清水 曉2, 小泉寛之2, 宮崎朋子2, 北原孝雄1, 岡 秀宏2 (1救命, 2脳外): 第41回日本小児神経外科学会 (2013/6/8), 大阪.

723910. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 初診時の血清CRPが基準範囲内であったStreptococcus oralisによる細菌性髄膜炎の1例. 井出俊光1, 北原孝雄1, 西山和利2 (1救命, 2神経内): 第27回日本神経救急学会学術集会 (2013/6/15), 東京, 日本神経救急医学会雑 2013/6; 26 (1): 44.

723911. [学会 (全国)] (ポスター) 性行為に起因する脳出血の検討. 中原邦晶1, 北原孝雄1, 小泉寛之2, 今野慎吾1, 隈部俊宏2 (1救命, 2脳外): 日本脳神経外科学会第72回学術総会 (2013/10/16), 横浜.

723912. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 多発顔面外傷の観血的骨整復固定術における輪状甲状膜を介した気管挿入の有用性. 橋本芽久美1, 黒岩政之1, 熊澤憲一1, 山下 敦2, 佐藤克彦2, 鈴木優太郎2, 岡本浩嗣2 (1救命, 2麻酔): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/2), 金沢.

723913. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院救命救急センターにおけるacute care surgery研修. 花島 資1, 片岡祐一1, 島田 謙1 (1救命): 第5回 Acute Care Surgery 学会学術集会 (2013/11/10), 東京.

723914. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ICUにおける重症救急患者の感染性合併症と救急ICTによる感染管理. 片岡祐一1, 神應知道2, 花島 資1, 北原孝雄1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第26回日本外科感染症学会総会学術集会 (2013/11/25), 神戸.

723915. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で経験した劇症型肺炎球菌感染症の2症例. 山谷立大1, 佐藤千恵1, 井出俊光1, 稲垣泰斗1, 朝隈禎隆1, 猪狩雄蔵1, 服部 潤1, 神應知道2, 上條吉人2, 北原孝雄1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第41回日本集中治療医学会学術集会 (2014/2/28), 京都.

723916. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における重症腹部救急疾患に対するCRRT導入患者についての検討. 花島 資1, 神應知道2, 中谷研斗1, 片岡祐一1, 島田 謙1, 北原孝雄1 (1救命, 2中毒・心身総合救急): 第50回日本腹部救急医学会総会 (2014/3/7), 東京.

731188. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Treatment of distal femur fracture. 峰原宏昌 (救命): AO course (2014/2/13), 横浜.

731189. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大腿骨近位部骨折の治療. 峰原宏昌 (救命): AO course (2014/2/13), 横浜.

731190. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Treatment of polytrauma. 峰原宏昌 (救命): AO course (2014/2/15), 横浜.

733450. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 原因診断が困難であった急性肝不全の一例. 中谷研斗 (救命): 第3回東京神奈川劇症肝炎研究会 (2013/4/6), 東京.

733451. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 髄膜脳炎が先行しステロイドパルス療法が奏効したムンプス髄膜脳炎の成人例. 井出俊光1, 猪狩雄蔵1, 北原孝雄1, 中山哲夫 (1救命): 第64回日本救急医学会関東地方会・第51回救急隊員学術研究会 (2014/2/1), 横浜.

733452. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 上部消化管出血症例における緊急内視鏡検査時のバイタルサイン管理. 中谷研斗1, 田邉 聡2, 小泉和三郎2, 北原孝雄1 (1救命, 2消化器内): 第14回東京UGI研究会 (2014/3/15), 東京.

H24年度以前分

[著 書]

H24-620014. [学術書] (分担執筆)【麻酔前の評価・準備と予後予測−病態に応じた周術期管理のために−】III 心血管疾患 8 肺血栓塞栓症ハイリスク患者, p.101-6. 黒岩政之 (救命), 編: 澄川耕二, 克誠堂出版, 東京, 2012/10発行.


総合診療医学

[学術論文]

522235. [講座]【特集: 日常診療能力を高めるための漢方活用術】各主症状の漢方的診断を併用した分類と治療: めまい. 五野由佳理 (総合診療): 治療 2013/10; 95 (10): 1752-5.

522236. [講座]【特集: 漢方薬の安全性確保 副作用の予防と治療】薬物性肝障害. 五野由佳理 (総合診療), 漢方と最新治療 2013/11; 22 (4): 273-9.

[学会・研究会等]

723917. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 反復性発熱に抑肝散が奏効した一例. 五野由佳理1, 花輪壽彦2 (1総合診療, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/2), 鹿児島.


医学部附属医学教育研究開発センター

医学教育研究部門


学習支援研究部門


医学原論研究部門


医療安全・管理学研究部門

H24年度以前分

[著 書]

H24-620015. [学術書] (分担執筆)【1からの病院経営】第5部 病院経営とイノベーション 第13章 組織改革, p.239-58. 渋谷明隆 (医療安全・管理), 編: 木村憲洋, 的場匡亮, 川上智子, 碩学舎, 三重, 2013/3発行.


医療技術教育研究部門

[学術論文]

110278. [原著] Functional coupling of chloride-proton exchanger ClC-5 to gastric H+,K+-ATPase. Takahashi Y, Fujii T, Fujita K, Shimizu T, Higuchi T, Tabuchi Y, Sakamoto H1, Naito I, Manabe K, Uchida S, Sasaki S, Ikari A, Tsukada K, Sakai H: Biology Open 2014/2; 3 (1): 12-21. (坂本尚登1: 1医療技術教育)

522237. [講座]【基礎講座: バソプレシンと心不全】バソプレシンの腎作用を変える薬剤. 坂本尚登1, 林みゆき (1医療技術教育): Fluid Management Renaissance 2013/11; 3 (4): 61-6.

[著 書]

620192. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[水電解質異常の症例からの疑問解決] 多尿の症例, p.803-6. 坂本尚登 (医療技術教育), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620193. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[水電解質異常の症例からの疑問解決] 乏尿の症例, p.807-9. 坂本尚登 (医療技術教育), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620194. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[水電解質異常の症例からの疑問解決] 脱水の症例, p.810-2. 坂本尚登 (医療技術教育), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.

620195. [学術書] (分担執筆)【最新の知識で答える水電解質106の疑問 (腎と透析 74 (4・4月増大号))】[水電解質異常の症例からの疑問解決] 溢水の症例, p.813-5. 坂本尚登 (医療技術教育), 東京医学社, 東京, 2013/4発行.


医療情報教育研究部門


[学会・研究会等]

713187. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Smartphone applications for indoor real-time location systems (RTKLs) with Bluetooth Low Energy. Arisaka N, Mamorita N, Takeuchi A1: BIODEVICE 2014 (2014/3/5), Angers, France. (竹内昭博1: 1医療情報教育)

H24年度以前分

[著 書]

H22-620001. [学術書] (単著)【Qシリーズ 新生理学 (第5版)】竹内昭博 (医療情報教育), 日本医事新報社, 東京, 2010/5発行.


東洋医学教育研究部門

[学術論文]

110279. [原著] Characterization of Phenolic Constituents from Ephedra Herb Extract. Amakura Y, Yoshimura M, Yamakami S, Yoshida T, Wakana D, Hyuga M, Hyuga S1, Hanawa T1,2, Goda Y: Molecules 2013/5; 18: 5326-34. (日向須美子1, 花輪壽彦1,2: 1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育)

110280. [原著] The (13)C-butyrate breath test: a new non-invasive method for assessing colitis in a murine model. Endo M1, Oikawa T1, Hoshino T1, Hatori T, Matsumoto T, Hanawa T1,2: J Pharmacol Sci 2013/10; 123 (2): 176-84. (遠藤真理1, 及川哲郎1, 星野卓之1, 花輪壽彦1,2: 1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育)

110281. [原著] Herbacetin, a constituent of ephedrae herba, suppresses the HGF-induced motility of human breast cancer MDA-MB-231 cells by inhibiting c-Met and Akt phosphorylation. Hyuga S1, Hyuga M, Yoshimura M, Amakura Y, Goda Y, Hanawa T1,2: Planta Med 2013/11; 79 (16): 1525-30. (日向須美子1, 花輪壽彦1,2: 1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育)

110282. [原著] Rikkunshito, a Kampo medicine, ameliorates post-operative ileus by anti-inflammatory action. Endo M1, Hori M, Ozaki H, Oikawa T1, Hanawa T1,2: J Pharmacol Sci 2014/2; 124 (3): 374-85. (遠藤真理1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2: 1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育)

120063. [原著] 華岡青洲の春林軒膏薬と李靖十二辰陣. 鈴木達彦, 足立理絵子, 並木隆雄, 平崎能郎, 花輪壽彦1 (1東洋医学教育): 日本医史学雑誌 2013/12; 59 (4): 517-32.

320050. [症例報告] 中建中湯の2症例〜当施設における使用目標の検討を含めて〜. 及川哲郎1, 鈴木邦彦1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/4; 60 (4): 679-82.

320051. [症例報告] 線維筋痛症に伴う難治性の慢性疼痛に温経湯加延胡索が有効であった一例. 川鍋伊晃1, 石毛達也1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/5; 60 (5): 864-9.

320052. [症例報告] 手術創の閉鎖に甘草附子湯が奏功した1例. 鈴木邦彦1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/6; 60 (6): 1028-32.

320053. [症例報告] 清熱補気湯にて感冒罹患後嗅覚障害が改善した1症例. 石毛達也1, 金子貴子1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/7; 60 (7): 1164-8.

320054. [症例報告] 白虎湯類が奏効した尋常性乾癬の1例. 星野卓之1, 堀田広満1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/8; 60 (8): 1349-53.

320055. [症例報告] 随証治療により高LDL血症が改善した一例. 小田口浩1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/9; 60 (9): 1499-503.

320056. [症例報告] 乳癌患者のQOL向上に漢方薬が有効だった症例. 金子貴子1, 穂積 桜1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/10; 60 (10): 1659-65.

320057. [症例報告] 多汗に四逆湯類が有効であった1例. 堀田広満1, 森裕紀子1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/11; 60 (11): 1845-9.

320058. [症例報告] 鍼灸治療と分心気飲, 通脈四逆湯による漢方治療薬との併用が有効であった, 難治性摂食障害の1症例. 伊藤 剛1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2013/12; 60 (12): 2009-14.

320059. [症例報告] 薬物乱用頭痛に選奇湯が有効であった症例. 穂積 桜1, 川鍋伊晃1, 五野由佳里1,2, 鈴木邦彦1, 花輪壽彦1,3 (1東洋医学総合研究所, 2総合診療, 3東洋医学教育): 漢方の臨床 2014/1; 61 (1): 151-4.

320060. [症例報告] 四逆散にて月経前症候群による頭痛が改善した1例. 森裕紀子1, 川鍋伊晃1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2014/2; 61 (2): 285-9.

320061. [症例報告] 体幹部の違和感と痛みに柴胡疎肝湯 (医学統旨) が有効であった3例. 及川哲郎1, 鈴木邦彦1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2014/3; 61 (3): 475-8.

521022. [解説]【論説】一漢方専門施設における漢方医学的所見の平準化の試み. 花輪壽彦1,2, 小田口浩1, 若杉安希乃1, 伊藤 剛1, 及川哲郎1, 鈴木邦彦1, 早崎知幸1, 齋藤絵美1, 五野由佳理1,3 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育, 3総合診療): 日本東洋医学雑誌 2013/11; 64 (6): 344-51.

[学会・研究会等]

712061. [学会 (国際)] (シンポジウム) The Matching Theory of Ho and Sho,a Characteristic of Traditional Japanese Kampo Medicine. Hanawa T1: The 2nd International Symposium for Japanese Kampo Medicine (2013/4/10), London, UK. (花輪壽彦1: 1東洋医学教育)

712062. [学会 (国際)] (シンポジウム) The Matching Theory of Ho and Sho,a Characteristic of Traditional Japanese Kampo Medicine. Hanawa T1: The 2nd Joint Symposium between WHO Collaborating Centres for Traditional Medicine in Japan and Korea (2013/6/21), Seoul, Korea. (花輪壽彦1: 1東洋医学教育)

712063. [学会 (国際)] (シンポジウム) Efficacy of Hangekobokuto on patients with functional dyspepsia with special reference to gastrointestinal function. Oikawa T1, Ito G1, Hanawa T1,2: 2nd Joint Symposium between WHO Collaborating Centres for Traditional Medicine in Japan and Korea (2013/6/21), Seoul, Korea. (及川哲郎1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2: 1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育)

721021. [学会 (全国)] (特別講演) 漢方医学の特質. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第114回日本医史学会総会・学術大会/第41回日本歯科医史学会総会・学術大会 (2013/5/12), 東京.

722278. [学会 (全国)] (誌上発表)『医心方』における当帰の応用. 星野卓之1, 小曽戸洋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第114回日本医史学会総会・学術大会/第41回日本歯科医史学会総会・学術大会 (2013/5/11), 東京, 日本医史学雑誌 2013/6; 59 (2): 296.

722279. [学会 (全国)] (シンポジウム) がん転移抑制効果を有する漢方薬の基礎研究から導き出された活性成分のユニークな薬理作用と臨床応用への可能性. 日向須美子1, 日向昌司, 天倉吉章, 合田幸広, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬剤学会第28年会 (2013/5/25), 愛知.

722280. [学会 (全国)] (シンポジウム) Herbacetin, a biologically active constituent in Ephedrae herba, suppresses the HGF-induced motility of human breast cancer cells through inhibition of c-Met phosphorylation. 日向須美子1, Hyuga M, Amakura Y, Goda Y, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): The 3rd Academic Meeting of Global Research Network for Traditional Medicine (GRNTM) (2013/5/31), 鹿児島.

722281. [学会 (全国)] (シンポジウム)【日韓学術交流5周年記念シンポジウム】認知症の漢方治療. 花輪壽彦 (東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

722282. [学会 (全国)] (シンポジウム)【シンポジウム8: 気剤の権輿】半夏厚朴湯を使いこなす. 花輪壽彦 (東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/2), 鹿児島.

722283. [学会 (全国)] (学術賞受賞講演) 臨床からみた「気」と「気剤」の和漢薬研究. 花輪壽彦 (東洋医学教育): 第30回和漢医薬学会学術大会 (2013/8/31), 石川.

722284. [学会 (全国)] (シンポジウム) 六君子湯の抗炎症作用による術後腸管麻痺改善効果. 遠藤真理1, 堀 正敏, 尾崎 博, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第15回日本神経消化器病学会 (2013/11/8), 島根.

722285. [学会 (全国)] (シンポジウム) 大建中湯のα7ニコチン性アセチルコリン受容体を介した抗炎症作用による術後腸管麻痺改善効果. 及川哲郎1, 遠藤真理1, 堀 正敏, 尾崎 博, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第10回日本消化管学会総会学術集会 (2014/2/14), 福島.

723918. [学会 (全国)] (一般口演) 漢方医学と医工学〜医工学に期待すること〜. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本医工学治療学会第29回学術大会 (2013/4/21), 神奈川.

723919. [学会 (全国)] (一般講演) 金沢文庫旧蔵の医薬書. 小曽戸洋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第114回日本医史学会総会・学術大会/第41回日本歯科医史学会総会・学術大会 (2013/5/11), 東京.

723920. [学会 (全国)] (一般講演) 足利学校遺蹟図書館所蔵の医薬書. 野澤隆幸, 小曽戸洋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第114回日本医史学会総会・学術大会/第41回日本歯科医史学会総会・学術大会 (2013/5/11), 東京.

723921. [学会 (全国)] (一般講演) 歴代漢方処方集の比較検討 (第1報). 大津幸恵1, 小曽戸洋1, 渡辺浩二1, 野澤隆幸, 星野卓之1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第114回日本医史学会/第41回日本歯科医史学会合同総会・学術大会 (2013/5/11), 東京.

723922. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 本草学の知識を活用した服薬指導. 高際麻奈未1, 緒方千秋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723923. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 西洋医学的治療と漢方随証治療の併用が奏効した線維筋痛症の1例. 川鍋伊晃1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723924. [学会 (全国)] (一般口演) 体幹部の違和感と痛みに柴胡疎肝湯 (医学統旨) が有効であった2例. 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723925. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター)【北里漢方医学的所見プロジェクト: 第6報】所見採取における信頼性の向上を目指して. 若杉安希乃1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723926. [学会 (全国)] (一般口演) 漢方医学的所見と疾病状態の関係を検討する横断研究. 小田口浩1, 若杉安希乃1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723927. [学会 (全国)] (一般口演) 冷え症の熱容量と熱放散量−そのタイプ別特徴について−. 伊藤 剛1, 黒岩奈々子1, 井上愛子1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723928. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 人工股関節全置換術後の身体活動低下に鍼灸治療が有効であった1症例. 小濱志帆1, 伊藤雄一1, 黒岩奈々子1, 井田剛人1, 石原 武1, 小山 基1, 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723929. [学会 (全国)] (一般口演) 人参湯類が有効であった胸痺の3例. 鈴木邦彦1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723930. [学会 (全国)] (一般口演)『観聚方要補』の研究 (第1報) 安政版の書誌. 小曽戸洋1, 町泉寿郎1, 友部和弘1, 渡辺浩二1, 天野陽介1, 緒方千秋1, 坂田幸治1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723931. [学会 (全国)] (一般口演)『観聚方要補』の研究 (第2報) 引用処方の成立時代. 大津幸恵1, 堀田広満1, 渡辺浩二1, 天野陽介1, 野澤隆幸, 小曽戸洋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723932. [学会 (全国)] (一般口演)『観聚方要補』の研究 (第3報) 引用書の検証. 天野陽介1, 渡辺浩二1, 堀田広満1, 大津幸恵1, 小曽戸洋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723933. [学会 (全国)] (一般口演)『観聚方要補』の研究 (第4報) 小児薬証直訣. 堀田広満1, 渡辺浩二1, 天野陽介1, 大津幸恵1, 小曽戸洋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723934. [学会 (全国)] (一般口演)『観聚方要補』の研究 (第5報) 勿誤薬室方函. 渡辺浩二1, 天野陽介1, 堀田広満1, 大津幸恵1, 小曽戸洋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/1), 鹿児島.

723935. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 半夏厚朴湯にて改善しない咽のつかえが奔豚湯 (金匱要略) にて改善した1例. 森裕紀子1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/2), 鹿児島.

723936. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 乳癌患者に対する漢方治療の役割. 鈴木貴子1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/2), 鹿児島.

723937. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 半夏厚朴湯の有効性に関わる自覚症状と診察所見の検討. 石毛達也1, 鈴木邦彦1, 小田口浩1, 若杉安希乃1, 花輪壽彦1,2, Mi Xiaoyu, 福島真太郎, 片岡枝里花, 植田 順 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/2), 鹿児島.

723938. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 四神聡 (神聡四穴) についての一考察. 石原 武1, 伊藤雄一1, 小濱志帆1, 黒岩奈々子1, 井田剛人1, 小山 基1, 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/2), 鹿児島.

723939. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 慢性反復性頭痛に選奇湯が有効であった症例. 穂積 桜1, 花輪壽彦1,2, 伊藤 剛1, 川鍋伊晃1, 五野由佳里1,3 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育, 3総合診療): 第64回日本東洋医学会学術総会 (2013/6/2), 鹿児島.

723940. [学会 (全国)] (一般口演) 施灸によりペースメーカー術後の胸苦しさが緩和した一例. 伊藤雄一1, 小濱志帆1, 黒岩奈々子1, 井田剛人1, 石原 武1, 小山 基1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第62回 (社) 全日本鍼灸学会学術大会 (2013/6/8), 福岡.

723941. [学会 (全国)] (一般口演) 下部胸椎圧迫骨折に伴う腰背部痛に対し, 帯脈穴が奏功した一症例. 黒岩奈々子1, 伊藤雄一1, 小濱志帆1, 井田剛人1, 石原 武1, 小山 基1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第62回 (社) 全日本鍼灸学会学術大会 (2013/6/8), 福岡.

723942. [学会 (全国)] (一般口演) 難治性の舌咽神経痛に鍼治療が奏効した1症例. 伊藤 剛1, 伊藤雄一1, 小濱志帆1, 黒岩奈々子1, 井田剛人1, 石原 武1, 小山 基1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第62回 (社) 全日本鍼灸学会学術大会 (2013/6/8), 福岡.

723943. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 鍼灸受診症状の季節変動−特に頭痛と日照時間の関係について−. 井田剛人1, 伊藤雄一1, 小濱志帆1, 黒岩奈々子1, 石原 武1, 小山 基1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第62回 (社) 全日本鍼灸学会学術大会 (2013/6/9), 福岡.

723944. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 六君子湯の抗炎症作用による術後腸管麻痺改善効果. 遠藤真理1, 堀 正敏1, 及川哲郎1, 尾崎 博1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第30回和漢医薬学会学術大会 (2013/8/31), 石川.

723945. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 麻黄の活性成分・Herbacetinによるがん細胞の運動能, 増殖, 及び腫瘍増殖の抑制. 日向須美子1, 日向昌司, 天倉吉章, 合田幸広, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第30回和漢医薬学会学術大会 (2013/8/31), 石川.

723946. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 麻黄の活性成分・Herbacetinのマルチキナーゼ阻害作用. 日向昌司, 日向須美子1, 天倉吉章, 川崎ナナ, 合田幸広, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第30回和漢医薬学会学術大会 (2013/8/31), 石川.

723947. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 香蘇散の抗うつ様作用に関連する視床下部及び血清タンパク質の探索. 永井隆之1, 小寺義男1, 伊藤直樹1, 及川哲郎1, 小田口浩1, 若杉安希乃1, 花輪壽彦1,2, 山田陽城1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第30回和漢医薬学会学術大会 (2013/8/31), 石川.

723948. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 随証治療におけるQOL評価の検討. 若杉安希乃1, 小田口浩1, 関根麻理子1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第30回和漢医薬学会学術大会 (2013/8/31), 石川.

723949. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者における喫煙歴・飲酒歴と腹診所見の関係. 小田口浩1, 若杉安希乃1, 関根麻理子1, 川鍋伊晃1, 伊藤雄一1, 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第30回和漢医薬学会学術大会 (2013/8/31), 石川.

723950. [学会 (全国)] (一般講演) 漢方メタボトライアル参加による被験者の健康意識の変化. 若杉安希乃1, 小田口浩1, 土谷真佐枝1, 富内照子1, 猪 健志1,2, 加藤耕平, 川鍋伊晃1, 石毛達也1, 関根麻理子1, 花輪壽彦1,3 (1東洋医学総合研究所, 2耳鼻, 3東洋医学教育): 第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 (2013/9/15), 千葉.

723951. [学会 (全国)] (一般講演) Proteomic analysis of antidepressant-like effect of a Kampo (Japanese herbal) medicine "kososan (xiang-su-san)" on brain from stress-induced depression-like model mouse. 永井隆之1, Kodera Y, Oh-Ishi M, Maeda T, 伊藤直樹1, 花輪壽彦1,2, 山田陽城1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): HUPO 12th Annual World Congress (2013/9/16), 神奈川.

723952. [学会 (全国)] (一般講演) アトピー性皮膚炎及びその随伴症状を主訴とした患者における服薬指導. 室生真千子1, 坂田幸治1, 緒方千秋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第23回日本医療薬学会年会 (2013/9/22), 宮城.

723953. [学会 (全国)] (一般講演) Recovery effect of Kampo Medicines on MDR-1-Mediated Multidrug Resistance in Hepatocellular Carcinoma HuH-7/PTX Cells. Hyuga M, 日向須美子1, Kawasaki N, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): The 72nd Annual Meeting of Japanese Cancer Association (2013/10/3), 神奈川.

723954. [学会 (全国)] (一般講演) Herbacetin in Ephedra Herb suppresses motility and growth of cancer cells through inhibition of Met and Aurora kinase B. 日向須美子1, Hyuga M, Amakura Y, Goda Y, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): The 72nd Annual Meeting of Japanese Cancer Association (2013/10/4), 神奈川.

723955. [学会 (全国)] (一般講演) 西洋医学的治療と漢方随証治療の併用が奏効した線維筋痛症の2例. 川鍋伊晃1, 西岡健弥, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本線維筋痛症学会第5回学術集会 (2013/10/5), 神奈川.

723956. [学会 (全国)] (一般講演) OTC漢方薬の適正使用について. 高際麻奈未1, 緒方千秋1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第11回日本セルフメディケーション学会 (2013/10/5), 東京.

723957. [学会 (全国)] (一般講演) 本邦初「漢方医学的所見の診断, 予後判定機能を検証するコホート研究」における照会作業の効率化. 関根麻理子1, 若杉安希乃1, 上口美希, 石川まり子1, 川鍋伊晃1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第34回日本臨床薬理学会学術総会 (2013/12/4), 東京.

723958. [学会 (全国)] (一般講演) HerbacetinによるMet及びAurora kinase Bのキナーゼ活性阻害を介した抗腫瘍効果. 日向須美子1, 日向昌司, 好村守生, 天倉吉章, 合田幸広, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬学会第134年会 (2014/3/29), 熊本.

723959. [学会 (全国)] (一般講演) 縮合型タンニンの簡易部分構造解析法の検討. 好村守生, 天倉吉章, 山上沙織, 吉田隆志, 日向昌司, 日向須美子1, 花輪壽彦1,2, 合田幸広 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬学会第134年会 (2014/3/29), 熊本.

731191. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 日本漢方の特質と実際. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 福岡県東洋医会総会・講演会 (2013/6/8), 福岡.

731192. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 漢方薬の上手な使い方. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 沼津内科医会学術講演会 (2013/10/18), 静岡.

732162. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 東洋医学の特質. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第35回医学生・臨床医のための東洋医学セミナー (2013/7/29), 東京.

732163. [学会 (地方会・研究会)] (院内研究発表会) 漢方医学的所見の信頼性に関する検討. 若杉安希乃1, 関根麻理子1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第9回北里研究所病院研究発表会前期 (2013/11/11), 東京.

732164. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)「漢方」ってなぁに?〜漢方医学の特徴と診療の実際〜. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 経済同友会健康ライフを考える会 (2013/11/28), 東京.

732165. [学会 (地方会・研究会)] (院内研究発表会) 漢方医学的所見を検証するコホート研究の高追跡率を目指して. 関根麻理子1, 若杉安希乃1, 小田口浩1, 川鍋伊晃1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第9回北里研究所病院研究発表会後期 (2013/12/2), 東京.

732166. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 漢方各論−漢方診療の諸注意−. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 平成25年度漢方薬・生薬研修会 (2013/12/15), 東京.

732167. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 漢方診療講義・実習. 花輪壽彦1,2, 伊藤 剛1, 及川哲郎1, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第2回漢方医学FDセミナー (2014/1/12), 東京.

732168. [学会 (地方会・研究会)] (厚生労働省科学研究費補助金研究報告会) 舌形態判断におけるTIAS画像と臨床判断との比較. 川鍋伊晃1, 小田口浩1, 並木隆雄, 中口俊哉, 若杉安希乃1, 関根麻理子1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 厚生労働省科学研究費補助金 (地域医療基盤開発推進研究事業) 研究報告会 (第2回舌診研究会) (2014/1/13), 千葉.

732169. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 日本漢方の特質. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 救心製薬100周年記念総会 (2014/2/9), 東京.

733453. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 煎液の冷凍保存に関する研究. 矢部景子1, 坂田幸治1, 緒方千秋1, 小林義典2, 花輪壽彦1,3 (1東洋医学総合研究所, 2薬学部, 3東洋医学教育): 日本東洋医学会 第70回関東甲信越支部学術総会 (2013/10/27), 群馬.


医学部附属臨床研究センター

企画開発部門

[学術論文]

120064. [原著] First In Human (FIH) 試験の実施状況に関するアンケート調査−臨試協ワーキンググループの調査より−. 関根 實, 門間 毅, 飯島 肇, 大村和伸, 小林知子, 熊谷雄治1 (1臨床研究・企画): 臨床医薬 2013/5; 29 (5): 439-50.

120065. [原著] アセトアミノフェン静注製剤TRM-1106の日本人健康成人男性を対象とした臨床薬理試験. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 臨床医薬 2013/10; 29 (10): 875-87.

120066. [原著] アセトアミノフェン静注製剤TRM-1106および経口製剤の薬物動態および安全性の比較. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 臨床医薬 2013/10; 29 (10): 889-97.

120067. [原著] 日本人および外国人でのアセトアミノフェン静注製剤の薬物動態の比較. 熊谷雄治1, 遠藤康浩2 (1臨床研究・企画, 2フロンティアクリニック): 臨床医薬 2013/10; 29 (10): 899-907.

510003. [総説] The Role of the Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics in the Transition of Clinical Studies in Japan. Nakano M, Iijima H, Takada K, Uchida N, Kawai S, Kagiya T, Kumagai Y1: JMAJ 2013/4-5; 56 (2): 115-7. (熊谷雄治1: 1臨床研究・企画)

[著 書]

620196. [学術書 (分担執筆)]【谷本学校 毒性質問箱 第15号】アセトアミノフェン誘発性肝機能障害: 国内外の最新動向, p.74-82. 熊谷雄治 (臨床研究・企画), 編: 安全性評価研究会 (谷本学校) 編集企画委員会, サイエンティスト社, 東京, 2013/9発行.

620197. [学術書] (分担執筆)【CRCテキストブック (第3版)】B 医薬品の開発と臨床試験 2. 非臨床試験から臨床試験への移行, 3. 治験薬概要書の読みかた, 4. 臨床試験実施計画書の読みかた, p.52-65. 熊谷雄治 (臨床研究・企画), 責任編集: 中野重行, 小林真一, 景山 茂, 楠岡英雄, 編: 日本臨床薬理学会, 医学書院, 東京, 2013/9発行.

620198. [学術書] (分担執筆)【医師・薬剤師のための医薬品副作用ハンドブック】VI. 副作用各論 重大な副作用 8. 循環器 催不整脈作用, p.470-3. 朝倉正紀, 高橋尚彦, 犀川哲典, 竹本恭彦, 葭山 稔, 熊谷雄治1 (1臨床研究・企画), 監修: 寺本民生, 日本臨牀社, 大阪, 2013/10発行.

620199. [学術書] (編集)【ポケット版 臨床医薬品集2014】責任編集: 星 恵子, 編: 熊谷雄治1, 齋藤英胤, 増子佳世, 吉田正樹 (1臨床研究・企画), 薬事日報社, 東京, 2013/12発行.

620200. [学術書] (分担執筆)【臨床研究のススメ】13. 国際共同治験, 我が国の課題, p.147-53. 熊谷雄治 (臨床研究・企画), 監修: 井村裕夫, 最新医学社, 大阪, 2014/2発行.

620201. [学術書] (分担執筆)【GCPハンドブック 医薬品の臨床試験の実施の基準 (第5版)】I. GCP・治験の概要と最近の動き 3. ヒト初回投与試験ガイダンス, p.17-27. 熊谷雄治 (臨床研究・企画), 編: 渡邉裕司, じほう, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

712064. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) How to Assess Ethnic Difference Taking Advantage of Similarity. Kumagai Y1: 1st Asia Pacific Clinical Pharmacology Workshop (2013/6/17), Taipei, Taiwan. (熊谷雄治1: 1臨床研究・企画)

712065. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Potential of Asia in Drug Development. Kumagai Y1: The 12th Meeting of the Asia Pacific Federation of Pharmacologists (2013/7/9), Shanghai, Chaina. (熊谷雄治1: 1臨床研究・企画)

712066. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) The Current and Future Status of the Global Clinical Trial Industry. Kumagai Y1: KoNSERT Clinical Trial Industry Symposium 2013 (2013/9/7), Busan, Korea. (熊谷雄治1: 1臨床研究・企画)

712067. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) How can we leverage microdosing concepts in translational/clinical studies? Kumagai Y1: KoNECT-SNUH International Symposium (2014/1/23), Seoul, Korea. (熊谷雄治1: 1臨床研究・企画)

712068. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Promoting Governance of Clinical Trial Centers. Kumagai Y1: 2nd Annual Kitasato-Seoul Joint Symposium (2014/2/14), Seoul, Korea. (熊谷雄治1: 1臨床研究・企画)

721022. [学会 (全国)] (特別講演) For Better Cardiac Safety Assessment. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 4th DIA Cardiac Safety Workshop in Japan (2013/7/11), 東京.

721023. [学会 (全国)] (特別講演) 早期臨床試験−試験薬の人格形成−. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第34回日本臨床薬理学会学術総会 (2013/12/4), 東京.

722286. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 臨床試験におけるデータ信頼性確保のために−現状と展望−. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第18回医薬品開発基礎研究会学術集会 (2013/11/22), 東京.

722287. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 東アジアにおける創薬基盤の確立−医療機関の連携−. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第34回日本臨床薬理学会学術総会 (2013/12/6), 東京.

722288. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) Activities of clinical trial sites to adapt risk-based monitoring. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 2nd DIA Clinical Operation and Monitoring Workshop in Japan (2014/2/28), 東京.

723960. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床研究・治験用語集作成に向けた基礎調査研究. 新開淑子1, 星 佳芳2, 坂本泰理, 熊谷雄治1 (1臨床研究・企画, 2衛生): 第72回日本公衆衛生学会総会 (2013/10/24), 三重, 日本公衆衛生雑誌 2013; 60 (10): 274.

723961. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 健康成人男性における総ビリルビン値の変動に関する検討. 麻生雅子, 中谷比呂志, 湯地和歌子, 飯島 肇, 福嶋邦明, 西脇真実子, 多賀政晴, 玉野智子, 中田靖子, 岩丸朋子, 熊谷雄治1, 山田好則 (1臨床研究・企画): 第34回日本臨床薬理学会学術総会 (2013/12/6), 東京.

732170. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) The Thorough QT/QTc Studies -Current Status in Janan-. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 1st Think Tank Meeting on Cardiac Safety 2014 in Kirishima (2014/1/11), 霧島.

H24年度以前分

[学術論文]

H22-110002. [原著] Deregulation of miR-92a expression is implicated in hepatocellular carcinoma development. Shigoka M, Tsuchida A, Matsudo T, Nagakawa Y, Saito H, Suzuki Y, Aoki T, Murakami Y, Toyoda H, Kumada T, Bartenschlager R, Kato N, Ikeda M, Takashina T, Tanaka M, Suzuki R1, Oikawa K, Takanashi M, Kuroda M: Pathol Int 2010/5; 60 (5): 351-7. (田中理英子1: 1臨床研究・企画)

H22-110003. [原著] Anthocyanidins-enriched bilberry extracts inhibit 3T3-L1 adipocyte differentiation via the insulin pathway. Suzuki R1, Tanaka M, Takanashi M, Hussain A, Yuan B, Toyoda H, Kuroda M: Nutr Metab (Lond) 2011/3; 8: 14. (田中理英子1: 1臨床研究・企画)

H24-110019. [原著] Decitabine, a DNA methyltransferase inhibitor, reduces P-glycoprotein mRNA and protein expressions and increases drug sensitivity in drug-resistant MOLT4 and Jurkat cell lines. Onda K, Suzuki R1, Tanaka S, Oga H, Oka K, Hirano T: Anticancer Res 2012/10; 32 (10): 4439-44. (田中理英子1: 1臨床研究・企画)

H24-110020. [原著] TLS-CHOP represses miR-486 expression, inducing upregulation of a metastasis regulator PAI-1 in human myxoid liposarcoma. Borjigin N, Ohno S, Wu W, Tanaka M, Suzuki R1, Fujita K, Takanashi M, Oikawa K, Goto T, Motoi T, Kosaka T, Yamamoto K, Kuroda M: Biochem Biophys Res Commun 2012/10; 427 (2): 355-60. (田中理英子1: 1臨床研究・企画)

H24-120005. [原著] 脂肪細胞3T3-L1分化のPPARγを中心とした転写ネットワークの解析. 水谷隆之, 田中正視, 田中理英子1, 高梨正勝, 大野慎一郎, 黒田雅彦 (1臨床研究・企画): 東京医科大学雑誌 2013/1; 71 (1): 19-25.


プロジェクト実施部門

[学術論文]

110283. [原著] CXCR2-expressing myeloid-derived suppressor cells are essential to promote colitis-associated tumorigenesis. Katoh H1, Wang D, Daikoku T, Sun H, Dey SK, Dubois RN: Cancer Cell 2013/11; 24 (5): 631-44. (加藤 弘1: 1臨床研究・プロジェクト)

110284. [原著] HIG2 promotes colorectal cancer progression via hypoxia-dependent and independent pathways. Kim SH, Wang D, Park YY, Katoh H1, Margalit O, Sheffer M, Wu H, Holla VR, Lee JS, DuBois RN: Cancer Lett 2013/12; 341 (2): 159-65. (加藤 弘1: 1臨床研究・プロジェクト)

110285. [原著] Angiotensin Type 1a Signaling Facilitates Tumor Metastasis Formation Through P-Selectin-Mediated Interaction Of Tumor Cells With Platelets And Endothelial Cells. Amano H1, Ito Y2, Ogawa F3, Kumagai Y1, Majima M4: Am J Respir Crit Care Med 2013; 187: A1038. (天野英樹1, 伊藤義也2, 小川史洋3, 熊谷雄治1, 馬嶋正隆4: 1臨床研究・プロジェクト, 2外科, 3大学院医療系研究科, 4薬理)

H24年度以前分

[学術論文]

H17-110002. [原著] Thrombopoietin gene transfer-mediated enhancement of angiogenic responses to acute ischemia. Amano H1, Hackett NR, Rafii S, Crystal RG: Circ Res 2005/8; 97 (4): 337-45. (天野英樹1: 1臨床研究・プロジェクト)

H17-110003. [原著] Alteration of splicing signals in a genomic/cDNA hybrid VEGF gene to modify the ratio of expressed VEGF isoforms enhances safety of angiogenic gene therapy. Amano H1, Hackett NR, Kaner RJ, Whitlock P, Rosengart TK, Crystal RG: Mol Ther 2005/10; 12 (4): 716-24. (天野英樹1: 1臨床研究・プロジェクト)

H18-110001. [原著] Cytokine-mediated deployment of SDF-1 induces revascularization through recruitment of CXCR4+ hemangiocytes. Jin DK, Shido K, Kopp HG, Petit I, Shmelkov SV, Young LM, Hooper AT, Amano H1, Avecilla ST, Heissig B, Hattori K, Zhang F, Hicklin DJ, Wu Y, Zhu Z, Dunn A, Salari H, Werb Z, Hackett NR, Crystal RG, Lyden D, Rafii S: Nat Med 2006/5; 12 (5): 557-67. (天野英樹1: 1臨床研究・プロジェクト)

H24-110021. [原著] Angiotensin II type 1A receptor signaling facilitates tumor metastasis formation through P-selectin-mediated interaction of tumor cells with platelets and endothelial cells. Amano H1, Ito Y2, Ogawa F3, Eshima K4, Suzuki T5, Oba K, Matsui Y6, Kato S7, Fukui T, Nakamura M, Kitasato H8, Fukamizu A, Majima M5: Am J Pathol 2013/2; 182 (2): 553-64. (天野英樹1, 伊藤義也2, 小川史洋3, 江島耕二4, 鈴木立紀5, 松井啓夫6, 加藤伸太郎7, 北里英郎8, 馬嶋正隆5: 1臨床研究・プロジェクト, 2外科, 3大学院医療系研究科, 4免疫, 5薬理, 6呼吸器外, 7循環器内, 8医療衛生学部)


バイオエシックス部門


創薬シーズ研究開発部門


医学部附属新世紀医療開発センター

先端医療領域開発部門

[学術論文]

320062. [症例報告] 対光反射の減弱および回腸固有筋層におけるαSMA染色異常を認めたmegacystis microcolon intestinal hypoperistalsis syndrome (MMIHS) の1例. 高安 肇1, 田中 潔2, 渡辺栄一郎3, 渡邊昌彦3 (1筑波大, 2新世紀医療・先端医療, 3外科): 日本小児外科学会雑誌 2013/10; 49 (6): 1112-6.

320063. [症例報告] 子宮及び付属器を内容とする女児鼠径ヘルニアの3例. 高安 肇1, 田中 潔2, 武田憲子3, 渡辺栄一郎3, 渡邊昌彦3 (1筑波大, 2新世紀医療・先端医療, 3外科): 日本小児外科学会雑誌 2014/2; 50 (1): 66-70.

522238. [講座]【特集: 常位胎盤早期剥離の病態と管理】早剥の管理  麻酔. 加藤里絵 (新世紀医療・先端医療): 周産期医学 2013/4; 43 (4): 83-6.

522239. [講座]【連載: 産科麻酔の最新知識】産科麻酔科医からのメッセージ [14]−「産科危機的出血への対応ガイドライン」周辺の話題. 加藤里絵1, 奥富俊之2 (1新世紀医療・先端医療, 2麻酔): 周産期医学 2013/5; 43 (5): 661-4.

522240. [講座]【誌上抄読会】トロンボエラストメトリー. 加藤里絵1, 松本慈寛2, 梶浦直子2, 近藤祐介2, 松田弘美3, 安藤寿恵3, 松尾瑞佳2, 戸田雅也2, 竹浪民江2, 金井昭文4, 新井正康4, 岡本浩嗣2 (1新世紀医療・先端医療, 2麻酔, 3大学院医療系研究科, 4新世紀医療・横断的医療): 臨床麻酔 2013/6; 37 (6): 939-47.

522241. [講座]【連載: 産科麻酔の最新知識】産科麻酔科医からのメッセージ [16]−産科麻酔科医の増加を目指して. 加藤里絵1, 奥富俊之2 (1新世紀医療・先端医療, 2麻酔): 周産期医学 2013/7; 43 (7): 929-31.

522242. [講座]【めまいベーシック−日常診療における疑問に答える】平衡リハビリテーションをうまく行うには? 長沼英明 (新世紀医療・先端医療): JOHNS 2013/11; 29 (11): 1929-34.

540084. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】メニエール病難治例の治療指針. 鈴木 衛, 池園哲郎, 伊藤寿一, 柿木章伸, 北原 糺, 肥塚 泉, 将積日出夫, 高橋克昌, 工田昌也, 土井勝美, 山下裕司, 青木光広, 宇佐美真一, 高橋正紘, 長沼英明1, 渡辺行雄 (1新世紀医療・先端医療): 厚生労働省難治性疾患克服研究事業「前庭機能異常に関する調査研究班 (2011-2013年度)」, 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.85-98.

540085. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】1. メニエール病の病態と診断に関する研究 (青木, 宇佐美, 高橋, 長沼5), 2. メニエール病の治療に関する研究 (鈴木, 青木, 宇佐美, 高橋, 長沼5, 渡辺), 3. メニエール病の重症度判定に関する研究 (渡辺), 4. 難治性前庭疾患の病態と診断に関する研究 (鈴木, 青木, 高橋, 長沼5), 5. BPPVの診断と治療に関する研究 (鈴木, 長沼5), 6. 難治性前庭疾患の遺伝子バンクプロジェクト (宇佐美). 鈴木 衛1, 青木光広2, 宇佐美真一3, 高橋正紘4, 長沼英明5, 渡辺行雄6 (1東京医科大, 2岐阜大, 3信州大, 4横浜中央クリニックめまいメニエール病センター, 5新世紀医療・先端医療, 6大沢野老人保健施設かがやき): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成23〜25年度 総合研究報告書 2014/3; p.69-87.

540086. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】1. メニエール病の診断に関する研究 (青木, 宇佐美, 高橋, 長沼5), 2. メニエール病の治療に関する研究 (鈴木, 青木, 宇佐美, 高橋, 長沼5, 渡辺), 3. メニエール病の重症度判定に関する研究 (渡辺), 4. 難治性前庭疾患の病態と診断に関する研究 (青木, 高橋), 5. 良性発作性頭位めまい症 (BPPV) の診断と治療に関する研究 (鈴木, 長沼5), 6. 難治性前庭疾患の遺伝子バンクプロジェクト (宇佐美). 鈴木 衛1, 青木光広2, 宇佐美真一3, 高橋正紘4, 長沼英明5, 渡辺行雄6 (1東京医科大, 2岐阜大, 3信州大, 4横浜中央クリニックめまいメニエール病センター, 5新世紀医療・先端医療, 6大沢野老人保健施設かがやき): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.23-31.

540087. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】2013年内リンパ水腫疾患疫学調査結果. 将積日出夫1, 渡辺行雄1, 青木光広2, 池園哲郎3, 伊藤寿一4, 宇佐美真一5, 柿木章伸6, 北原 糺7, 肥塚 泉8, 鈴木 衛9, 高橋 正10, 高橋克昌11, 工田昌也12, 武田憲昭13, 土井勝美14, 長沼英明15, 山下裕司16, 高橋 姿17, 奥村 仁18, 安村佐都紀19 (1富山大, 2岐阜大, 3日本医大, 4京都大, 5信州大, 6東京大, 7大阪大, 8聖マリアンナ医大, 9東京医大, 10めまいメニエール病センター, 11群馬大, 12広島大, 13徳島大, 14近畿大, 15新世紀医療・先端医療, 16山口大, 17新潟大, 18厚生連佐渡総合病院耳鼻咽喉科, 19厚生連糸魚川総合病院): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.96-8.

540088. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】Arg-Vasopressin投与動物モデルにける血管条血流動態の形態学的検討. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二3, 佐藤亮平2, 落合 敦3, 中川貴之3, 中座資実3, 岡本牧人3 (1新世紀医療・先端医療, 2生理, 3耳鼻): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.106-9.

540089. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】メニエール病に対する水分摂取療法 (Hydration Therapy) の長期治療成績. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二3, 落合 敦3, 中川貴之3, 中座資実3, 岡本牧人3 (1新世紀医療・先端医療, 2生理, 3耳鼻): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 2014/3; p.145-50.

[著 書]

620202. [学術書] (分担執筆)【低出生体重児の外科】第4章 頻度の高い外科疾患に対する治療戦略 4. 極低出生体重児における鼠径ヘルニア, p.40-4. 高安 肇, 田中 潔1, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2 (1新世紀医療・先端医療, 2外科), 編: 窪田昭男, 永井書店, 大阪, 2013/5発行.

620203. [学術書] (分担執筆)【OGS NOW 15 妊娠中の手術・胎児手術 こんなときどうする?−妊娠の生理・病態理解と術式マスター】妊婦の心肺蘇生ガイドライン, p.26-35. 加藤里絵1, 奥富俊之2 (1新世紀医療・先端医療, 2麻酔), 担当編集委員: 竹田 省, メディカルビュー社, 東京, 2013/8発行.

[学会・研究会等]

713188. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) A first report of gastric teratoma with distant metastasis. Tanaka K1, Takeda N2, Watanabe E2, Watanabe M2: International Surgical Week 2013 (2013/8/25-29), Helsinki, Finland. (田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2: 1新世紀医療・先端医療, 2外科)

722289. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 新生児蘇生法. 加藤里絵 (新世紀医療・先端医療): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/23), 札幌.

722290. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 妊産婦と新生児の蘇生法. 加藤里絵 (新世紀医療・先端医療): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/25), 札幌.

723962. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 外科が関与した消化管アレルギー症例の検討. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2 (1新世紀医療・先端医療, 2外科): 第50回日本小児外科学会学術集会 (2013/5/31), 東京.

723963. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 膿瘍形成性虫垂炎に対してinterval appendectomyは必要か−緊急腹腔鏡下虫垂切除術の経験から−. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2 (1新世紀医療・先端医療, 2外科): 第50回日本小児外科学会学術集会 (2013/6/1), 東京.

723964. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 繰り返す嘔吐で発症した前底部胃重複症の1例. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 藤武義人3, 渡邊昌彦2 (1新世紀医療・先端医療, 2外科, 3小児): 第27回日本小児救急医学会学術集会 (2013/6/15), 宜野湾.

723965. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 出生直後に緊急気管切開を施行した3症例. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2, 海野信也3, 天野 完3, 野渡正彦4 (1新世紀医療・先端医療, 2外科, 3産科, 4小児): 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2013/7/16), 横浜.

723966. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下に切除した尿膜管由来と思われる小児巨大膀胱憩室の1例. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2 (1新世紀医療・先端医療, 2外科): 第26回日本内視鏡外科学会総会 (2013/11/28), 福岡.

732171. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 重症母体管理において麻酔科医ができること. 加藤里絵 (新世紀医療・先端医療): 第2回産科麻酔プロフェッショナルセミナー (2014/3/8), 東京.

732172. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 帝王切開術の麻酔を究めよう. 加藤里絵 (新世紀医療・先端医療): 東京麻酔専門医会 (2013/6/19), 東京.

733454. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 回盲弁が先端部と考えられる腸重積によりストーマ脱を繰り返した1例. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2, 松原康美3, 佐藤良子3, 川村美紀子3 (1新世紀医療・先端医療, 2外科, 3看護部): 第27回日本小児ストーマ・排泄管理研究会 (2013/5/18), 兵庫, 第27回日本小児ストーマ・排泄管理研究会プログラム・抄録集 2013/5; 39.

733455. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 新生児complex ovarian cystに対する手術アプローチ. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2 (1新世紀医療・先端医療, 2外科): 第33回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会 (2013/10/24), 東京.

733456. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) メニエール病に対する水分摂取療法 (Hydration Therapy) の長期治療成績. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二, 落合 敦3, 中川貴之3, 中座資実3, 岡本牧人3 (1新世紀医療・先端医療, 2生理, 3耳鼻): 厚生労働省難治性疾患等克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班 平成25年度報告会 (2014/1/18), 東京.

733457. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) Arg-Vasopressin投与動物モデルにける血管条血流動態の形態学的検討. 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二, 佐藤亮平2, 落合 敦3, 中川貴之3, 中座資実3, 岡本牧人3 (1新世紀医療・先端医療, 2生理, 3耳鼻): 厚生労働省難治性疾患等克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班 平成25年度報告会 (2014/1/18), 東京.

733458. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 小児脾損傷の検討. 田中 潔1, 武田憲子2, 渡辺栄一郎2, 渡邊昌彦2 (1新世紀医療・先端医療, 2外科): 第27回日本小児脾臓研究会 (2014/3/1), 熊本, 日小外会誌 2014; 50 (6): 1067.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-540008. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究 (研究代表者: 鈴木 衛)」】メニエール病に対する水分摂取療法 (Hydration Therapy). 長沼英明1, 河原克雅2, 徳増厚二3, 落合 敦3, 加納孝一3, 中川貴仁3, 細野浩史3, 岡本牧人3 (1新世紀医療・先端医療, 2生理, 3耳鼻): 厚生労働省科学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業)「前庭機能異常に関する調査研究」平成24年度 総括・分担研究報告書 2013/3; p.130-4.

[著 書]

H24-620016. [学術書] (分担執筆)【麻酔科学レビュー2013 最新主要文献集】26. 産科麻酔, p.143-8. 加藤里絵 (新世紀医療・先端医療), 監修: 天羽敬祐, 総合医学社, 東京, 2013/3発行.


横断的医療領域開発部門

[学術論文]

110286. [原著] Influence of prior pandemic A (H1N1) 2009 virus infetion on invasion of MDCK cells by community-associated methicillin-resitant Staphylococcus aureus. Takayam Y1, Yano H, Nojima Y, Nakano R, Okamoto R2, Hirakata Y, Sunakawa K3, Akahoshi T4, Kaku M: J Infect Chemother 2014/1; 20 (1): 71-3. (高山陽子1, 岡本了一2, 砂川慶介3, 赤星 透4: 1新世紀医療・横断的医療, 2微生物, 3感染管理室, 4総合診療)

120068. [原著] 大動脈弁逸脱を合併した小児心室中隔欠損症における経食道心エコーの有用性の後方視的検討. 安藤寿恵1, 新井正康2, 戸田雅也3, 岡本浩嗣3 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3麻酔): 日本臨床麻酔学会誌 2013/12; 33 (7): 947-50.

522243. [講座]【特集: 慢性腎臓病 (CKD) と麻酔管理】CKD患者の周術期呼吸・循環管理. 新井正康 (新世紀医療・横断的医療): 麻酔 2013/11; 62 (11): 1313-9.

[学会・研究会等]

712069. [学会 (国際)] (シンポジウム・招待講演等) Efficacy of respiratory support team based rapid response team in triggering the rapid response system. Arai M1, Koike T, Moriyasu M, Hattori J2, Inagaki T2, Ito S3, Yamada Y3, Kuroiwa M2, Kitahara T2, Okamoto H3: The 7th Asian Conference on Emergenct Medicine (2013/10/24), Tokyo. (新井正康1, 服部 潤2, 稲垣泰斗2, 伊藤壮平3, 山田由香里3, 黒岩政之2, 北原孝雄2, 岡本浩嗣3: 1新世紀医療・横断的医療, 2救命, 3麻酔)

713189. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Efficacy of an Early Warning Emergency Call in Operation Room to Avoid Intraoperative. Arai M1, Nagahara Y2, Kosaka Y2, Toda M2, Kuroiwa M3, Okamoto H2: Euroanaesthesia 2013 (2013/6/4), Barcelona, Spain. (新井正康1, 長原由貴2, 小坂康晴2, 戸田雅也2, 黒岩政之3, 岡本浩嗣2: 1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔, 3救命)

713190. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Comparison of Numerical Rating Scale Between Red and Green Questionnaires in Patients With Chronic Pain. Kanai A1, Matsumoto S2, Okamoto H2: Annual meeting of american society of anesthesiologists 2013 (2013/10/14), San Francisco, USA. (金井昭文1, 松本慈寛2, 岡本浩嗣2: 1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔)

722291. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 当院におけるRapid Response System (RRS) の患者予後に与える影響の検討と問題点. 新井正康1, 小池朋孝, 森安恵実 (1新世紀医療・横断的医療): 第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 (2013/7/13), 東京.

723967. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院Rapid Response System (RRS) 導入後のcode blue (119 call)と院内心肺停止の推移. 新井正康1, 小池朋孝, 森安恵実, 山田由香里2, 黒岩政之3, 岡本浩嗣2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔, 3救命): 日本麻酔科学会第60回学術集会 (2013/5/24), 札幌.

723968. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Daptomycinによる好酸球性肺炎を呈した一例. 高山陽子1, 平田泰良2, 藤木くに子2, 二本柳伸3, 中崎信彦3, 中村正樹4, 佐藤千恵5, 内山勝文6, 花木秀明7, 砂川慶介2 (1新世紀医療・横断的医療, 2感染管理室, 3臨検部, 4臨検学, 5救命, 6整外, 7北里研究所抗感染症薬研究センター): 第87回日本感染症学会学術講演会・第61回日本化学療法学会総会 (2013/6/5), 横浜, 感染症学会誌 2013/5; 87 (臨時増刊号): 288.

723969. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院で起動されたRapid Response System (RRS) 218件の検討. 新井正康1, 小池朋孝, 森安恵実, 稲垣泰斗2, 服部 潤2, 伊藤壮平3, 黒岩政之2, 岡本浩嗣3 (1新世紀医療・横断的医療, 2救命, 3麻酔): 日本臨床麻酔学会第33回大会 (2013/11/3), 金沢.

732173. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム・招待講演等) 当院におけるRapid Response System (RRS)の現状と今後の課題. 新井正康1, 小池朋孝, 森安恵実 (1新世紀医療・横断的医療): 第22回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 (2013/8/24), 筑波.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-520001. [総説] 移植手術の麻酔管理と危機管理. 新井正康 (新世紀医療・横断的医療): 腎移植・血管外科 2013/2; 25 (2): 2-7.

H24-522015. [講座]【特集: チーム医療の実践】I. チーム医療総論 5. チーム医療とRST・RRT. 新井正康 (新世紀医療・横断的医療): 救急医学 2012/6; 36 (6): 650-6.


健康管理センター

[学術論文]

110287. [原著] Diabetic retinopathy and microalbuminuria can predict macroalbuminuria and renal function decline in Japanese type 2 diabetic patients: Japan Diabetes Complications Study. Moriya T1, Tanaka S, Kawasaki R, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H, Yamashita H, Katayama S: Diabetes Care 2013/9; 36 (9): 2803-9. (守屋達美1: 1健康管理セ)

110288. [原著] Association between remission of macroalbuminuria and preservation of renal function in patients with type 2 diabetes with overt proteinuria. Yokoyama H, Araki S, Honjo J, Okizaki S, Yamada D, Shudo R, Shimizu H, Sone H, Moriya T1, Haneda M: Diabetes Care 2013/10; 36 (10): 3227-33. (守屋達美1: 1健康管理セ)

120069. [原著] 対人恐怖心性を抱える大学生女性のアイデンティティ形成過程: 事例を通しての一考察. 山田裕子1, 宮下一博2 (1健康管理セ, 2千葉大学教育学部): 千葉大学教育学部研究紀要 2014/3; 62: 99-106.

522244. [講座]【特集: 糖尿病治療のパラダイムシフト】糖尿病合併症に関する新たな展開 糖尿病性腎症に対する包括的取り組み. 守屋達美1, 松原まどか2, 千田将馬2, 他 (1健康管理セ, 2臨検学): 内科 2014/1; 113 (1): 55-60.

522245. [講座]【特集: 妊娠糖尿病の最先端】8. 食事・運動療法. 守屋達美1, 市川雷師2 (1健康管理セ, 2内分泌代謝内): 糖尿病 2013/6; 5 (6): 47-54.

540090. [その他] (リプライ論文)「大学生の心理的自立の要因ならびに適応との関連」へのコメントに対するリプライ. 山田裕子 (健康管理セ): 青年心理学研究 2013/6; 24 (1): 54-9.

[学会・研究会等]

712070. [学会 (国際)] (シンポジウム) Depression & Memory: For the CBT Based on Psychology. Takashi S, Yamada, Y1, Suguro S, Mikami K, Yamamoto T, Matsumoto N: The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference (2013/8/24), Tokyo. (山田裕子1: 1健康管理セ)

713191. [学会 (国際)] (一般講演) Renal histological heterogeneity and functional progress in normo- and microalbuminuric Japanese type 2 diabetic patients. Moriya T1, Suzuki Y, Inomata S, Iwano M, Haned M: 73rd Scientific Sessions, American Diabetes Association (2013/6/21-25), Chicago, USA. (守屋達美1: 1健康管理セ)

722292. [学会 (全国)] (シンポジウム)【「多文化社会型居場所感尺度」の開発と実用化】地域日本語教室における「多文化共生」に向けて. 杉澤経子1, 河北祐子1, 山辺真理子1, 阿部 裕1, 山西優二1, 石塚昌保1,2 (1NPO法人CINGA 居場所研究チーム, 2健康管理セ): 異文化間教育学会第34回大会 (2013/6/9), 東京.

722293. [学会 (全国)] (シンポジウム) 外国につながる子どもの支援〜医療の現場から. 石塚昌保1,2 (1四谷ゆいクリニック, 2健康管理セ): 第20回多文化間精神医学会学術総会 (2013/6/15), 栃木.

722294. [学会 (全国)] (シンポジウム) CBTにおける影響力のある社会的要因への配慮と対応の実際問題. 杉山 崇1, 東斉 彰2, 巣黒慎太郎3, 山田裕子4 (1神奈川大学人間科学部人間科学科, 2広島国際大学大学院心理科学研究科, 3住友病院臨床心理科, 4健康管理セ): 第13回日本認知療法学会 (2013/8/24), 東京.

722295. [学会 (全国)] (招待講演等)「耐糖能異常合併妊娠の血糖管理におけるインスリン注射手技の実態調査」の報告−医療者編−. 清水一紀1, 守屋達美1,2, 阿部恵美子1, 鮫島 浩1, 杉山 隆1, 延本悦子1, 安日一郎1, 荒田尚子1, 加治屋昌子1, 川崎英二1, 柳澤慶香1, 和栗雅子1 (1妊婦のインスリン注射手技に関する検討WG, 2健康管理セ): 第29回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2013/11/1), 岐阜.

723970. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 日本人2型糖尿病の正常-微量アルブミン尿期の腎組織・機能連関−組織学的多様性と腎機能低下の関連の検討−. 守屋達美1, 鈴木芳樹, 猪股茂樹, 岩野正之, 羽田勝計 (1健康管理セ): 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013/5/16-18), 熊本, 糖尿病 2013; 56 (Suppl 1): S-366.

723971. [学会 (全国)] (一般演題)「多文化社会型居場所感尺度」の開発と実用化−地域日本語教室における「多文化共生」に向けて−. 石塚昌保1,2, 杉澤経子1, 阿部 裕1, 山西優二1, 河北祐子1, 山辺真理子1 (1NPO法人CINGA居場所研究チーム, 2健康管理セ): 第20回多文化間精神医学会学術総会 (2013/6/14), 栃木.

723972. [学会 (全国)] (ポスター) 大学入学時の心理的スクリーニング結果とカウンセラーの介入に関する一考察. 岡本 悠1, 柘植道子1, 山田裕子1, 田中あゆみ1, 河原久美子1, 石塚昌保1, 守屋達美1 (1健康管理セ): 第51回全国大学保健管理研究集会 (2013/11/14), 岐阜, Campus Health 2014/3; 51 (1): 564-6.

723973. [学会 (全国)] (一般口演) 当センター人間ドックにおける便潜血陽性者の追跡調査報告. 入江順子1,2, 清水 芳1,2, 角野照代1,2, 川上美智代1,2, 河合亜矢子1,2, 塚原咲樹1,2, 竹澤三代子2,3, 小林清典2,3, 守屋達美1 (1健康管理セ, 2看護部, 3消化器内): 日本総合健診医学会第42回大会 (2014/1/31), 東京, 総合健診 2014/1; 41 (1): 216.

723974. [学会 (全国)] (一般演題) 初回ドックにおいて 要精密検査となった検査項目と受診者の追跡調査. 草薙千晶1, 小林瑞枝, 坂本和代, 東野紀子2, 竹澤三代子3, 松原まどか4, 黒川早矢香5, 小林清典1, 岡田 純1, 守屋達美1 (1健康管理セ, 2膠原病・感染内, 3消化器内, 4臨検学, 5循環器内): 日本総合健診医学会第42回大会 (2014/2/1), 東京, 総合健診 2014/1; 41 (1): 234.


北里大学病院

看護部

[学術論文]

120070. [原著] チーム医療による外来でのストーマ造設術前教育の導入前後の比較検討. 松原康美1, 稲吉光子2 (1看護部, 2看護学部): 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌 2013/6; 29 (2): 14-23.

522246. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】疾患別申し送りのコツ (2) くも膜下出血. 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/5; 29 (5): 68-70.

522247. [講座]【特集: 日本人のPEGを問う】各論: 造設と管理 長期管理−ケアを中心に. 松原康美 (看護部): 消化器内視鏡 2013/6; 25 (6): 824-9.

522248. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】疾患別申し送りのコツ (3) 脳腫瘍. 数馬宏紀1, 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/6; 29 (6): 46-8.

522249. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】疾患別申し送りのコツ (4) 慢性硬膜下血腫. 宮崎功介1, 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/7; 29 (7): 55-7.

522250. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】疾患別申し送りのコツ (5) 脳出血 (被殻出血). 栗城絵美1, 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/8; 29 (8): 45-7.

522251. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】脳血管造影室への申し送り. 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/9; 29 (9): 46-8.

522252. [講座]【連載: 第9回 マーガレット・ニューマンによるニューマン・プラクシス方法論】がん患者・家族の生活習慣立て直しを支援する看護師の学習会に参加することでの学び. 渡邉千春1, 児玉美由紀1 (1看護部): 看護実践の科学 2013/9; 38 (10): 44-9.

522253. [講座]【連載: 循環器ナースのための! ガイドライン読解塾〜ガイドラインを理解し, 患者支援に活かす〜】最終回 禁煙ガイドライン. 河野真理1, 蛯名由加里 (1看護部): Heart 2013/10; 3 (10): 79-87.

522254. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】緊急手術を受ける患者の手術室への申し送り. 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/10; 29 (10): 76-8.

522255. [講座]【特集1: 看護師の業務整理・再編に向けた取り組み】外来看護業務の拡大に向けて〜診療アシスタント導入による効果〜. 古庄清美1, 中嶋弘美1, 鈴木美枝子1 (1看護部): 看護管理 2013/11; 23 (13): 1084-9.

522256. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】ICUとの申し送り. 森内康世1, 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/11;29 (11): 46-8.

522257. [講座]【連載: 脳神経外科病棟 申し送りのコツ】医師への報告のコツ (他職種への申し送り). 池谷紗恵子1, 横溝育美1, 瀬戸春恵1 (1看護部): ブレインナーシング 2013/12; 29 (12): 48-50.

522258. [講座]【第3回日本看護評価学会学術集会シンポジウム: 大学卒業時の学士力を活かす新人看護師研修を考える】新人看護師を多数受け入れる臨床の立場から. 別府千恵 (看護部): 日本看護評価学会誌 2013/12; 3 (1): 40-3.

522259. [講座]【NICU最前線: 先輩ナースに聞いてみよう! 赤ちゃんにやさしいNICUケア技術の「もうひとわざ」】吸引. 菅野さやか (看護部): ネオネイタルケア 2013/12; 26: 57-61.

522260. [講座]【特集: スタッフ教育 他部署からの看護師を救急ナースとして育成するには】救急外来の指導内容編 ICUや救急病棟でのスタッフ指導時に注意すべき点. 桐本千恵美 (看護部): 救急看護 トリアージのスキル強化 2013/12; 2013/12・1月号: 34-40.

522261. [講座]【特集: Up to Date分子標的治療薬】分子標的治療薬を受ける大腸がん患者の看護ケア〜副作用と外来通院治療におけるセルフケア支援〜. 松原康美 (看護部): がん看護 2014/1; 19 (1): 21-5.

522262. [講座]【臨床看護研究の活性化 モチベーションアップにつながるしくみづくり】北里大学病院における看護研究の活性化を促す院内支援. 猪又克子 (看護部): 看護展望 2014/1; 39 (3): 278-83.

522263. [講座]【特集: 院内研修のポイントA 中堅ナースの実践力を高める】中堅ナースの実践力を, リーダーシップ研修を通して高める−当施設における中堅看護師の研修プログラムの実際と評価−. 五藤陽子 (看護部): 看護実践の科学 2014/2; 39 (2): 6-13.

522264. [講座]【特集: 新任看護師長必読! 育て上手のリーダーシップ−スタッフの学びを促すリフレクティブな病棟づくり】主任とは異なる,「看護師長による」人材育成とは. 別府千恵 (看護部): 看護管理 2014/3; 24 (4): 341.

522265. [講座]【特別企画: 腎移植におけるチームワーク RTCの役割】腎移植前にかかわるRTCの役割. 野口文乃 (看護部): 腎移植・血管外科 2014/3; 25 (2): 235.

540091. [その他 (研究報告)] 医療ニーズに対する高度看護実践家としての専門看護師 (CNS) の活動と評価に関する研究−包括的アセスメントと診断, 介入評価−. 宇佐美しおり1, 吉田智美1, 市原真穂1, 片岡優実1, 榑松久美子2, 笹木 忍1, 柴田明日香1, 白井紀子1, 杉野由起子1, 高梨早苗1, 田中結美1, 竹田礼子1, 谷口美穂1, 中村幸子1, 福嶋好重1, 細見和加1, 増井耐子1, 宮田乃有1, 和田奈美子1 (1平成23-24年度日本専門看護師協議会成果研究委員会, 2看護部): 看護 2013/11; 65 (14): 23-7.

540092. [その他 (会議録)] 大学卒業時の学士力を活かす新人看護師研修を考える: 新人看護師を多数受け入れる臨床の立場から. 別府千恵 (看護部): 日本看護評価学会学術集会講演抄録集 2013/12; 3: 26.

540093. [その他 (研究報告書等)]【特集: 腎代替療法の多様化と看護の新しい役割−標準化と個別化の視点から】2-4 腎移植を受けた患者における個別性のある関わりと実践. 野口文乃 (看護部): 臨牀透析 2014/3; 30 (3): 55-62.

[著 書]

620204. [学術書] (分担執筆)【ケアに活かす 消化器系検査・処置マニュアル】Part 1内視鏡と看護 上部消化管内視鏡検査, 内視鏡的粘膜切除術 (EMR), 内視鏡的粘膜剥離術 (ESD), 内視鏡的静脈瘤結紮術 (EVL), 内視鏡的硬化剤注入療法 (EIS), 内視鏡的食道拡張術 (食道ブジー), 超音波内視鏡検査 (EUS), 下部消化管内視鏡検査, 大腸ポリープ摘除術, 消化器内視鏡診療における抗血栓治療薬の休薬基準, 内視鏡的逆行性膵胆管造影検査 (ERCP), 内視鏡的逆行性胆道ドレナージ (ERBD), 内視鏡的経鼻胆道ドレナージ (ENBD), 経内視鏡的胃瘻造設術 (PEG), 内視鏡システムの起動および点検. Part 2画像診断と看護 腹部X線検査, 上部消化管造影検査 (UGI), 小腸造影検査, 注腸造影検査, 小児の造影検査, 核医学検査, 腹部CT検査, 腹部MRI検査, 腹部超音波検査. Part 3ドレナージと看護 経皮経肝胆道ドレナージ (PTCD), 経皮経肝胆嚢ドレナージ (PTGBD), イレウス管挿入 (経鼻), 腹腔ドレナージ (腹水穿刺), SBチューブ挿入 (バルンタンポナーゼ法), Part4生検と看護 肝生検. Part 5検体検査と看護 検体検査の基礎知識とデータの見方. Part 6フィジカルアセスメント 消化器系のフィジカルアセスメント. 梅川智華子1, 前澤美奈子1, 和知さとみ1, 原 優花1, 倉石まゆみ1, 小島博子1, 猪又克子1, 千保綾美1, 布川妙子1, 村山友美1, 大野裕美子2, 高橋かおる1, 箕輪和子1, 野川敬子1, 鈴木智子1, 林 志乃1, 福島洋子1, 石間あゆ美1, 大塚 恵1, 紺野由香里2, 高橋亜紀子1, 清水 芳1, 森本英美1, 岸根麻里子1, 中島節子1, 齊藤耕平1 (1看護部, 2元看護部), 監修: 猪又克子1, 前澤美奈子1, 学研メディカル秀潤社, 学研メディカル秀潤社, 東京, 2013/4発行.

620205. [学術書] (分担執筆)【ケアリングプラクシス マーガレット ニューマン拡張する意識としての健康の理論と看護実践・研究・教育の革新】第5章 術前外来におけるスタッフと患者のための治療環境の創造, p.75-88. 第13章アクションリサーチチームの創造 ケアノプラクシスモデル, p.191-202. 松原康美 (看護部), 監訳: 遠藤恵美子 (武蔵野大学看護学部), すぴか書房, 埼玉, 2013/4発行.

620206. [学術書] (編集)【ストーマケア実践ガイド 術前からはじめる継続看護】編: 松原康美 (看護部), 学研メディカル秀潤社, 東京, 2013/6発行.

620207. [学術書] (分担執筆)【ストーマケア実践ガイド 術前からはじめる継続看護】術前から始まるストーマリハビリテーション, p.8-10. ストーマリハビリテーションにおけるチーム医療, p.11-13. 術前ケアの目標, p.16-7. 外来における術前教育, p.18-21. 術前教育の実際B日常生活, p.38-41. 術前教育の実際Cストーマのトラブルと相談窓口, p.42-3. 術前の記録, p.53-5. ストーマ造設術を受けた患者のケア, p.82-9. ストーマ外来における継続的ケア, p.152-7. ストーマ保有者の健康関連QOL, p.158-62. ストーマ閉鎖術を受ける患者のケア, p.188-90. ストーマ合併症と発生時のアセスメン, p.198-200. ストーマ造設術の周術期の体験談, p.14, p.31, p.80, p.150, p.163, p.183, p.196, p.201. 松原康美 (看護部) 編: 松原康美, 学研メディカル秀潤社, 東京, 2013/6発行.

620208. [学術書] (分担執筆)【病態・予防・対応がすべてわかる! スキントラブルパーフェクトガイド】胃瘻周囲のスキントラブル, p.174-8. がん放射線療法中のスキントラブル, p.200-4. 松原康美1 (1看護部), 編: 内藤亜由美2, 安部正敏3 (2藤沢市民病院医療支援部地域医療連携WOC相談室, 3医療法人社団廣仁会札幌皮膚科クリニック), 学研メディカル秀潤社, 東京, 2013/6発行.

620209. [学術書] (分担執筆)【がん放射線療法ケアガイド 新訂版】1章 がん放射線療法の看護 病棟・外来・治療室で行うアセスメントと患者サポート (がん放射線療法を受ける患者の看護とは何か), p.2-10. 3章 チームで行うがん放射線療法, p.74-9. 新井 香1, 遠藤貴子2, 太田洋二郎2, 喜多みどり3, 北川善子4, 北田陽子5, 久保 知6, 久米恵江7, 後藤志保8, 小西恵美子9, 佐藤清香10, 茂松直之11, 芹澤慈子3, 祖父江由希子12, 田村恵子13, 土器屋卓志14, 中村由起子2, 野崎美和子15, 橋口周子16, 日浅友裕17, 深田淳一11, 福島健人18, 藤本美生19, 萬 篤憲20, 渡邊輝子21 (1群馬県立がんセンター, 2静岡県立静岡がんセンター, 3東京都立多摩総合医療センター, 4岡山大学病院, 5群馬大学医学部付属病院, 6愛知県がんセンター中央病院, 7看護部, 8がん研究会癌研有明病院, 9鹿児島大学医学部, 10京都大学大学院医学研究科放射線腫瘍学, 11慶応義塾大学医学部放射線科学教室, 12東邦大学医療センター大森病院, 13淀川キリスト教病院, 14元埼玉医科大学国際医療センター診療放射線科, 15獨協医科大学越谷病院放射線科, 16兵庫県立がんセンター, 17木沢記念病院, 18エレクタ株式会社, 19兵庫県立粒子線医療センター, 20国立病院機構東京医療センター放射線科, 21済生会横浜市東部病院), 編: 久米恵江7, 祖父江由紀子12, 土器屋卓志14, 濱口恵子8), 中山書店, 東京, 2013/9発行.

620210. [学術書] (分担執筆)【クリティカルケア看護 完全ガイド】第2章 さまざまなクリティカル場面における看護 2 集中治療の場における看護 生体侵襲と生体反応, p.102-17. 榑松久美子1 (1看護部), 編: 黒田裕子2, 林みよ子3 (2大学院医療系研究科, 3天理医療大学), 医歯薬出版, 東京, 2013/9発行.

620211. [学術書] (分担執筆)【救急外来だからこそ実践したい患者と家族のメンタルケアQ&A集 (臨牀看護2013年10月臨時増刊号)】4. 治療方針の意思決定を迫られる患者家族へのメンタルケア ケースQ&A @くも膜下出血 (gradeIII) で意識レベルJCS200の40代,男性. 緊急手術の意思決定をする家族へのケア, A心筋梗塞で緊急PCIが必要な50代, 男性. 処置の意思決定をする患者と家族へのケア, B蘇生処置にて自己心拍が回復するが, すぐに心停止になってしまう40代, 男性. 今後の治療方針の意思決定を迫られる家族へのケア, p.1741-9. 榑松久美子1 (1看護部), 企画・構成: 藤野智子2 (2聖マリアンナ医科大学病院, へるす出版, 東京, 2013/10発行.

620212. [学術書] (分担執筆)【看護のためのクリティカルケア場面の問題解決ガイド 基礎からわかる臨床に活かす倫理調整】Part 3.倫理調整の実際 第1章 患者・家族を対象とした倫理調整 10 治療を拒否する患者, p.211-9. 榑松久美子1 (1看護部), 編: 江川幸二2, 山勢博彰3 (2神戸市立看護大学, 3山口大学大学院), 三輪書店, 東京, 2013/10発行.

620213. [学術書] (分担執筆)【アセスメントのポイントとスキントラブルへの対応がわかる! 新生児の皮膚ケアハンドブック】トラブルを防ぐケアとアセスメントのポイント, p.22-34. 52-56. 83-4. 八田恵利1, 岡 園代2, 山田恭聖3, 小谷志穂4, 鎌田直子5, 山崎紀江6, 杉山美峰7, 保刈伸代8 (1名古屋第二赤十字病院, 2看護部, 3愛知医科大学病院, 4大阪府立母子保健医療センター, 5兵庫県立こども病院, 6長野県立こども病院, 7埼玉県立小児医療センター, 8東邦大学医療センター大森病院, 編著: 八田恵利1, メディカ出版, 大阪, 2013/12発行.

620214. [学術書] (分担執筆)【臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた】事例1 ルーチン化した清潔ケア, p.20-5. 事例14 先輩看護師より先には帰りづらい, p.94-8. 事例16 新人看護士へ長時間の指導を行う先輩看護師, p.103-7. 事例19 男性という理由で,通常2人で行うケアを1人で実施することがあたり前になっている, p.119-25. 鶴若麻里1, 三枝克磨2, 浅田美和1, 富野かおり3, 中村綾子4, 倉岡有美子1, 大桃美穗5, 渡邉奈穂6, 青柳秀明2, 光石春平7, 津田泰伸8 (1聖路加国際大学, 2看護部, 3福岡市立こども病院・感染症センター, 4昭和大学江東豊洲病院, 5町田市民病院, 6東京慈恵会医科大学医学部看護学科, 7第二東京弁護士会, 8聖マリアンナ医科大学病院), 編: 鶴若麻里1, 倉岡有美子1), 学研メディカル秀潤社, 東京, 2014/3発行.

[学会・研究会等]

713192. [学会 (国際)] (ポスター) Introduction of nutritional counseling for renal transplant recipients and living donors in transplant clinic. Yoshida T, Noguti F1, Noguti M, Ikeda M2, Ishii D2, Yoshida K2: The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation (2013/9/5), Kyoto. (野口文乃1, 池田成江2, 石井大輔2, 吉田一成2: 1看護部, 2泌尿器)

722296. [学会 (全国)] (シンポジウム) 小児医療における他職種のかかわり「在宅医療に活かすNICUからのディベロップメンタルケア」. 岡 園代 (看護部): 第116回日本小児科学会学術集会 (2013/4/21), 広島, 日本小児科学会雑誌 2013/2; 117 (2): 280-(74).

722297. [学会 (全国)] (ワークショップ) ワークショップ「医師・看護師の業務軽減への取り組み」外来看護業務の拡大に向けて〜診療アシスタント導入による効果〜. 古庄清美1, 中嶋弘美1, 鈴木美枝子1 (1看護部): 第63回日本病院学会 (2013/6/27), 新潟.

722298. [学会 (全国)] (シンポジウム) 魅力的な新生児医療につながるNICU看護師卒後教育 新生児集中ケア認定看護師育成を通して. 岡 園代 (看護部): 第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2013/7/14), 横浜, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2014/4; 50 (1): 69-71.

722299. [学会 (全国)] (インフォメーションエクスチェンジ) 手術室における看護の質・コストの両面から見た人的資源管理への提言−手術室業務実態調査結果報告−. 分倉千鶴子1, 横溝宗子2, 高橋ひとみ1, 菅原実夏1, 土藏愛子1, 菊地京子1 (1日本手術看護学会, 2看護部): 第17回日本看護管理学会 (2013/8/25), 東京, 第17回日本看護管理学会学術集会抄録集 2013/8; 142.

722300. [学会 (全国)] (シンポジウム) 感染看護実践に専門的に携わる看護師に求められるもの,がん看護専門分野の立場から. 松原康美 (看護部): 第13回日本感染看護学会学術集会 (2013/8/31), 東京, 第13回日本感染看護学会学術集会講演集 2013/8; 19.

722301. [学会 (全国)] (ワークショップ) 腎移植レシピエントと生体ドナーへの管理栄養士介入の効果〜RTCの立場から〜. 野口文乃1, 池田成江2, 吉田朋子3, 荒川法子1, 石井大輔2, 吉田一成2 (1看護部, 2泌尿器, 3栄養部): 第49回日本移植学会総会 (2013/9/6), 京都, 日本移植学会誌 2013/9; 48 (総会臨時号): 227.

722302. [学会 (全国)] (シンポジウム) コーディネーターからみた移植医療の問題点と展望「包括的腎不全治療の中の腎移植〜チーム医療とRTCの役割〜」. 野口文乃1, 池田成江2, 石井大輔2, 吉田一成2 (1看護部, 2泌尿器): 第40回日本臓器保存生物医学会学術集会 (2013/11/10), 東京, Organ Biology 2013; 20 (3): 66.

722303. [学会 (全国)] (交流集会) 高度看護実践家としての“専門看護師ケアモデル”の構築〜これまでの実践成績をもとに〜. 市原真穂1, 宇佐美しおり1, 片岡優実1, 榑松久美子2, 笹木 忍1, 柴田明日香1, 杉野由起子1, 高梨早苗1, 竹田礼子1, 谷口美穂1, 中村幸子1, 福島好重1, 細見和加1, 増井耐子1, 宮田乃有1, 吉田智美1, 和田奈美子1 (1日本専門看護師協議会成果研究委員会12, 2看護部): 第33回日本看護科学学会学術集会 (2013/12/7), 大阪, 第33回日本看護科学学会学術集会講演集 2013/12; 227.

722304. [学会 (全国)] (教育セミナー) がん患者における脆弱皮膚へのアプローチ〜スキンテアの概念とその臨床応用〜. 松原康美 (看護部): 第28回日本がん看護学会 (2014/2/8), 新潟, 第28回日本がん看護学会学術集会講演集 2014/2; 28: 22.

722305. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) QOLの向上を技術革新でーWOC領域ケア製品のイノベーションがQOL向上に貢献した事例−創傷をもつがん患者への看護アプローチ. 松原康美 (看護部): 第31回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (2014/2/22), 宮城, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌, 第31回学会総会プログラム抄録集 2014/2; 30 (1): 222-3.

722306. [学会 (全国)] (シンポジウム) がん相談における意思決定支援−看護師の立場から−. 近藤まゆみ (看護部): 第3回がん相談研究会 (2014/3/15), 東京.

722307. [学会 (全国)] (シンポジウム) 心不全チーム医療における集団指導教室は、効果的かつ効率的な患者教育をもたらす. 林亜希子1, 猪又孝元2, 神谷健太郎3, 松田美紗子1, 河野真理1, 生駒真理子4, 小松敏彰5, 野田千春2, 松野時子1, 阿古潤哉2 (1看護部, 2循環器内, 3リハビリ部, 4栄養部, 5薬剤部): 第78回日本循環器学会学術集会 (2014/3/22), 東京.

723975. [学会 (全国)] (eポスター) 前立腺がん患者・家族への病気・治療に関する情報提供と意思決定支援−がん看護専門看護師による看護外来の取り組みから−. 近藤まゆみ1, 佐藤威文2 (1看護部, 2泌尿器): 第101回日本泌尿器科学会総会 (2013/4/28), 札幌, 日泌尿会誌 2013; 104 (2): 432.

723976. [学会 (全国)] (一般講演・口演) Burn Care Unitにおけるせん妄予防の考察. 飯塚真貴1, 植原美恵1, 岩村貴美1 (1看護部): 第39回日本熱傷学会総会・学術集会 (2013/6/6), 沖縄, 第39回日本熱傷学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2013/6; p.107.

723977. [学会 (全国)] (一般口演) ICU終末期患者への急性・重症患者看護専門看護師の倫理調整の実際: 第2報 生命維持装置中止に関する3事例. 榑松久美子1, 伊藤真理2, 栗原早苗3, 多田昌代4, 戸田美和子5 (1看護部, 2岡山大学病院看護部, 3金沢大学附属病院キャリア開発センター, 4小田原市立病院救命救急センター, 5倉敷中央病院心臓病センター): 第9回日本クリティカルケア看護学会学術集会 (2013/6/8), 兵庫, 第9回日本クリティカルケア看護学会学術集会プログラム・抄録集 2013/5; 9 (2): 124.

723978. [学会 (全国)] (一般口演) ICU終末期患者への急性・重症患者看護専門看護師の倫理調整の実際: 第3報 積極的治療選択を調整した2事例. 栗原早苗1, 伊藤真理2, 榑松久美子3, 多田昌代4, 戸田美和子5 (1金沢大学附属病院キャリア開発センター, 2岡山大学病院看護部, 3看護部, 4小田原市立病院救命救急センター, 5倉敷中央病院心臓病センター): 第9回日本クリティカルケア看護学会学術集会 (2013/6/8), 兵庫, 第9回日本クリティカルケア看護学会学術集会プログラム・抄録集 2013/5; 9 (2): 125.

723979. [学会 (全国)] (一般口演) ICU終末期患者への急性・重症患者看護専門看護師の倫理調整の実際:第4報 看取りの場面を調整した3事例. 戸田美和子1, 伊藤真理2, 榑松久美子3, 栗原早苗4, 多田昌代5 (1倉敷中央病院心臓病センター, 2岡山大学病院看護部, 3看護部, 4金沢大学附属病院キャリア開発センター, 5小田原市立病院救命救急センター): 第9回日本クリティカルケア看護学会学術集会 (2013/6/8), 兵庫, 第9回日本クリティカルケア看護学会学術集会プログラム・抄録集 2013/5; 9 (2): 126.

723980. [学会 (全国)] (一般口演) 当院における深部静脈血栓防止のためのマニュアル作成について. 川谷弘子1, 荒井有美1, 栗田かおる2, 横田ゆき2, 立野 聡3, 黒岩政之4, 早川和重1,5 (1医療の質・安全推進室, 2看護部, 3MEセ, 4救命, 5放射線 (腫瘍)): 第15回日本医療マンジメント学会学術総会 (2013/6/15), 盛岡, 日本医療マネジメント学会雑誌 2013/6; 14: 283.

723981. [学会 (全国)] (一般口演) 患者が望む生き方を尊重した支援により、疾患を受け入れ治療への意志決定につなげられた肺高血圧症の一例. 松田美紗子1, 林亜希子1, 佐藤孝典2, 猪又孝元2, 松野時子1, 庭野慎一2 (1看護部, 2循環器内): 第2回日本肺循環学会学術集会 (2013/6/22), 東京.

723982. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) NNN導入に向けての取り組み−推進者自身が病棟に与えた影響−. 石下育生1, 水上いづみ1 (1看護部): 第19回日本看護診断学会学術大会 (2013/6/23), 旭川.

723983. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における乳がんリンパ浮腫患者へのケア (第1報)−乳がんリンパ浮腫患者へのケア介入−. 加藤牧子1, 児玉美由紀1, 東海林ちえみ1, 蔵並 勝, 仙石紀彦2, 小坂愉賢2, 菊池真理子3, 神保武則4 (1看護部, 2外科, 3大学院医療系研究科, 4リハビリ部): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723984. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における乳がんリンパ浮腫患者へのケア (第2報)−術後リンパ 浮腫予防指導のケアマップ作成−. 東海林ちえみ1, 児玉美由紀1, 加藤牧子1, 吉川優子1, 福島綾子, 蔵並 勝, 仙石紀彦2, 小坂愉賢2, 菊池真理子3, 神保武則4 (1看護部, 2外科, 3大学院医療系研究科, 4リハビリ部): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723985. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 当院における乳がんリンパ浮腫患者へのケア (第3報)−乳がんリンパ 浮腫患者へのケアシステムの構築−. 児玉美由紀1, 東海林ちえみ1, 加藤牧子1, 高橋麻里子1, 蔵並 勝, 仙石紀彦2, 小坂愉賢2, 菊池真理子3, 神保武則4 (1看護部, 2外科, 3大学院医療系研究科, 4リハビリ部): 第21回日本乳癌学会学術総会 (2013/6/27), 浜松.

723986. [学会 (全国)] (一般口演) 大学院進学に至った中堅看護師の職業経験の解明. 中山綾子 (看護部): 日本看護教育学学会第23回学術集会 (2013/8/19), 前橋, 看護教育学研究 2013/8; 22 (2): 10.

723987. [学会 (全国)] (一般口演) 卓越した看護師長が持つコンピテンシー. 別府千恵1, 鈴木美枝子1, 大西ひとみ1, 谷口陽子1 (1看護部): 第17回日本看護管理学会学術集会 (2013/8/25), 東京, 第17回日本看護管理学会学術集会抄録集 2013/7; 17th: 206.

723988. [学会 (全国)] (一般口演) 環境整備についての動機づけによる意識と行動の変化−教育担当者の取り組み−. 永井香織1, 望月美穂1, 高橋かおり1, 中島宣昭1 (1看護部): 第44回日本看護学会学術集会「看護総合」(2013/9/13), 大分.

723989. [学会 (全国)] (一般口演) 経験年数3-5年目の病棟看護師の職務エンパワメントと職務満足との関連. 谷口陽子1, 別府千恵1, 鈴木美枝子1, 大西ひとみ1, 猪又克子1, 菊一好子1, 小越明美1, 上野美穂1, 近藤まゆみ1, 吉田秀美1, 臼井ゆかり1, 清水將統1, 花井恵子2, 油谷和子2, 小島ひで子3 (1看護部, 2東病院看護部, 3看護学部): 第44回日本看護学会-看護管理-学術集会 (2013/9/19), 和歌山, 第44回日本看護学会-看護管理-学術集会抄録集 2013; p.51.

723990. [学会 (全国)] (一般口演) 体外式補助人工心臓導入にあたっての病棟受け入れ準備と導入後の実際. 林亜希子1, 神谷健太郎2, 蛯名由加里1, 中島節子1, 野田千春3, 北村 律4, 猪又孝元3, 庭野慎一3, 松野時子1, 宮地 鑑4, 阿古潤哉3 (1看護部, 2リハビリ部, 3循環器内, 4心臓血管外): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20), 熊本, 日本心臓病学会誌 2013/9; 8 (Suppl): 208.

723991. [学会 (全国)] (一般口演) 2007年〜2012年における看護師の臨床判断に関する文献検討. 千木良奈央1, 古都昌子2 (1看護部, 2元東京医療保健大学東ヶ丘看護学部): 第44回日本看護学会−看護管理−学術集会 (2013/9/20), 大阪, 第44回日本看護学会−看護管理−学術集会抄録集 2013; p.181.

723992. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 北里大学病院転倒転落アセスメントスコアは急性増悪をきたした慢性心不全患者の予後予測に有用である. 丸山小百合1, 神谷健太郎2, 黒川沙紀, 宍戸かおり, 林亜希子1, 河野真里1, 松野時子1, 猪又孝元3, 庭野慎一3 (1看護部, 2リハビリ部, 3循環器内): 第61回日本心臓病学会学術集会 (2013/9/20), 熊本.

723993. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 体外式両心補助人工心臓装着患者に対する精神的支援の困難さ. 内山律子1, 林亜希子1, 廣渡智佳1, 中島節子1, 松野時子1, 北村 律2, 宮地 鑑2 (1看護部, 2心臓血管外): 第19回日本臨床補助人工心臓研究会学術集会 (2013/9/29), 東京.

723994. [学会 (全国)] (一般口演)『病みの軌跡』モデルを適用した卵巣癌患者の闘病プロセスにおける軌跡の予想と看護支援の探究. 森田陽枝1, 簑島万実1, 末木真奈美1, 川端房絵1, 中嶋弘美1, 榑松久美子1 (1看護部): 第44回日本看護学会−成人看護II−学術集会 (2013/10/4), 秋田, 第44回日本看護学会−成人看護II−学術集会抄録集 2013/9; p.227.

723995. [学会 (全国)] (ポスター) 教育指導者がもつコンピテンシー. 猪又克子1, 上野美穂1, 谷口陽子1, 清水將統1 (1看護部): 第44回日本看護学会−看護教育−学術集会 (2013/10/9), 埼玉, 第44回日本看護学会−看護教育−学術集会抄録集 2013/10; p.66.

723996. [学会 (全国)] (一般口演) 倫理カンファレンスでの看護師の感情体験がその後に及ぼす影響. 上村由似1, 高橋 恵1, 山野辺みち子1 (1看護部): 第15回日本救急看護学会学術集会 (2013/10/20), 福岡, 第15回日本救急看護学会学術集会プログラム・抄録集 2013/10; 15 (3): 236.

723997. [学会 (全国)] (ポスター) 3〜5年目看護師を対象とした行動変容をもたらすフィジカルアセスメント研修. 谷口陽子1, 堀江千恵子1, 森安恵実2, 大谷尚也1, 内藤亜樹1, 別府千恵1, 齋藤耕平1, 中山栄純3 (1看護部, 2RST・RRT, 3看護学部): 第44回日本看護学会-成人I-学術集会 (2013/10/24), 大阪, 第44回日本看護学会-成人-学術集会抄録集 2013; p.108.

723998. [学会 (全国)] (ポスター) 3〜5年目看護師を対象としたフィジカルアセスメント研修の効果. 堀江千恵子1, 森安恵実2, 大谷尚也1, 齋藤耕平1, 片山亜樹1, 谷口陽子1, 中山栄純3, 別府千恵1 (1看護部, 2RST・RRT, 3看護学部): 第44回日本看護学会−成人I−学術集会 (2013/10/24), 大阪, 第44回日本看護学会-成人I-学術集会抄録集 2013; p.109.

723999. [学会 (全国)] (ポスター) がんサロンの取り組みのおける相談支援センターの役割について. 近藤まゆみ (看護部): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/25), 京都, 日本癌治療学会誌 2013/9; 48 (1): 2551.

7231000. [学会 (全国)] (ポスター) 外来化学療法センターにおける環境曝露の現状. 佐藤久子1, 番匠章子1, 高尾真紀1, 菅原充広2, 佐々木治一郎3, 蔵並 勝4 (1看護部, 2薬剤部, 3新世紀医療・横断的医療, 4大和市立病院): 第51回日本癌治療学会学術集会 (2013/10/26), 京都, Web閲覧.

7231001. [学会 (全国)] (一般講演) 一施設・レシピエント移植コーディネーター会の活動評価と課題. 中島節子1, 松内佳子1, 野口文乃1 (1看護部): 第9回日本移植・再生医療看護学会学術集会 (2013/10/26), 東京, 日本移植再生医療看護学会誌 2013/9; 9 (1):30.

7231002. [学会 (全国)] (一般口演) 中年期・老年期のHIV/AIDS患者へのセクシュアルヘルスケアの検討. 齊藤聡子1, 松山晃代1, 前田景子2, 田中博之3, 友田吉則3, 松本圭祐3, 和田達彦4, 高山陽子5 (1看護部, 2患者支援センター, 3薬剤部, 4膠原病感染内, 5新世紀医療・横断的医療): 第27回日本エイズ学会学術集会・総会 (2013/11/21), 熊本, 日本エイズ学会誌 2013/11; 15 (4): 560.

7231003. [学会 (全国)] (一般口演) 初回心不全発症で体外式補助人工心臓装着および離脱に至った拡張型心筋症の1症例. 林亜希子1, 河野真理1, 神谷健太郎2, 成毛 崇3, 北村 律4, 猪又孝元3, 庭野慎一3, 松野時子1, 宮地 鑑4, 阿古潤哉3 (1看護部, 2リハビリ部, 3循環器内, 4心臓血管外): 第17回日本心不全学会学術集会 (2013/11/30), 大宮.

7231004. [学会 (全国)] (一般口演) 看護部長としての望ましい行動に関する研究. 田嶋紀子1, 舟島なをみ2, 中山登志子2, 中山綾子3 (1長野県看護大学, 2千葉大学, 3看護部): 第33回日本看護科学学会学術集会 (2013/12/6), 大阪, 第33回日本看護科学学会学術集会講演集 2013/12; 247.

7231005. [学会 (全国)] (ポスター) 専門看護師・認定看護師が持つコンピテンシー. 近藤まゆみ1, 坂下智珠子1, 吉田秀美1, 清宮美詠1, 油谷和子2 (1看護部, 2東病院看護部): 第33回日本看護科学学会 (2013/12/7), 大阪, 第33回日本看護科学学会学術集会講演集 2013/12; 651.

7231006. [学会 (全国)] (一般口演)「がん患者・家族の生活習慣立て直しを支援する看護師の学習−訓練モデル」に参画した看護師の学び. 渡邉千春1, 児玉美由紀1, 高木真理2, 諸田直美2, 今泉郷子2, 遠藤恵美子2 (1看護部, 2武蔵野大学看護学部): 第28回日本がん看護学会学術集会 (2014/2/8), 新潟, 第28回日本がん看護学会学術集会講演集 2014/1; 28: 120.

7231007. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 段階的看取り教育プログラムに参加することによる新人看護師の変化. 柴田やよい1, 末永佳栄1, 近藤まゆみ1 (1看護部): 第28回日本がん看護学会学術集会 (2014/2/8), 新潟, 第28回日本がん看護学会学術集会講演集 2014/1; 28: 239.

7231008. [学会 (全国)] (一般口演) 救急病棟入院患者における改訂水飲みテストの実施条件の検討. 豊崎仁美1, 石倉 愛1, 神應知道2, 片岡祐一3 (1看護部, 2中毒・心身総合救急, 3救命): 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2014/2/28), 神奈川, 静脈経腸栄養 2014/1; 29 (1): 378.

7231009. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) ICUにおける栄養プロトコール導入・改訂による下痢症状および対応の変化. 佐々木顕子1, 片岡祐一2, 神應知道3 (1看護部, 2救命, 3中毒・心身総合救急): 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2014/2/28), 横浜.

7231010. [学会 (全国)] (一般口演) 口内炎と服薬アドヒアランスへのチーム医療支援. 野口文乃1, 池田成江2, 田中美樹1, 宮坂優人3, 吉田朋子4, 窪田千晶5, 石井大輔2, 吉田一成2 (1看護部, 2泌尿器, 3薬剤部, 4栄養部, 5病院歯科): 第47回日本臨床腎移植学会 (2014/3/13), 奈良.

7231011. [学会 (全国)] (一般口演) 移植後外来におけるレシピエント移植コーディネーターの実際 移植外来におけるRTCの役割〜チームが行う患者指導と移植後患者管理指導料〜. 野口文乃1, 池田成江2, 田中美樹1, 石井大輔2, 吉田一成2 (1看護部, 2泌尿器): 第47回日本臨床腎移植学会 (第3回認定RTC教育セミナー) (2014/3/14), 奈良.

731193. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺がん看護外来の取り組みから−がんサバイバーシップを考える−. 近藤まゆみ (看護部): Saitama Prostate Cancer Forum (2013/8/10), 埼玉.

731194. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) がん終末期におけるストーマケア. 松原康美 (看護部): 第16回山梨ストーマ研究会 (2014/3/15), 山梨.

732174. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) PEGチーム医療委員会企画,PEG患者から学ぶ薬物・栄養・ケアのあり方. 松原康美 (看護部): 第18回PEG・在宅医療研究会学術集会 (2013/9/7), 東京, 第18回PEG・在宅医療研究会学術集会プログラム・抄録集 2013/9; 57.

732175. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) がん相談における意思決定支援. 近藤まゆみ (看護部): 新世紀医療開発センターシンポジウム (2014/3/7), 相模原.

733459. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 開口障害のある顔面骨多発骨折患者へのNST介入の一例. 高山 花1, 石倉 愛1, 神應知道2, 片岡祐一3 (1看護部, 2中毒・心身総合救急, 3救命): 第16回神奈川NSTフォーラム (2013/11/16), 神奈川.

733460. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) A外来における看護介入についての考察〜事例を振り返って〜. 益山奈穂子1, 田辺理恵1, 児玉美由紀1, 中嶋弘美1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.24.

733461. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演)「がん患者・家族の生活習慣立て直しを支援する看護師の学習−訓練モデル」に参画した看護師の学び. 渡邉千春1, 児玉美由紀1, 高木真理2, 諸田直実2, 今泉郷子2, 遠藤惠美子2 (1看護部, 2武蔵野大学看護学部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.25.

733462. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) CNS-FACE家族アセスメントツールを用いたスタッフの認識の変化〜活用後1ヵ月・6ヵ月時点の評価〜. 松本明久1, 谷 幸一1, 古市則光1, 山田仁志1, 増田正和1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.26.

733463. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 整形外科病棟における新規褥瘡発生率低下に向けた取り組み−過去3年間における活動の振り返り−. 坂田幸枝1, 渡部順子1, 高橋かおり1, 野々上みき1, 佐藤麻衣1, 佐々木麻衣1, 松原康美1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.27.

733464. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急速に四肢麻痺、呼吸抑制が出現した患者への看護介入−アギュララ&メズィックの看護理論を用いて−. 山本 憲1, 梶山和美1, 宇田川美紀1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.28.

733465. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 安静度評価カンファレンスの導入による安静度の変化. 安重七夏1, 堀江千恵子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.29.

733466. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 突然の発症により成長発達の妨げを生じた思春期の看児の看護〜エリクソンの自我発達理論を用いて〜. 笹山希美1, 宮崎友恵1, 横溝育美1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.31.

733467. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ニードを共有した関わりによる患者の意識変化について〜アイダ・ジーン・オーランドの理論を用いた振り返り〜. 内田有加1, 滝澤香織1, 毛塚由美子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.32.

733468. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) インシデントの防止行動と発生件数との関連〜ブリーフィングとデブリーフィング導入後の看護師のリスク意識の変化に焦点をあてて〜. 徳江由季1, 千灯登子1, 小泉雅也2 (1看護部, 2看護学部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.34.

733469. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 環境整備についての動機づけによる意識と行動の変化〜新人教育担当者のとりくみ〜. 高橋かおり1, 永井香織1, 望月美穂1, 中島宣昭1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.35.

733470. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) プリセプター未経験スタッフを新人教育に巻き込むための関わり−新人の情報提供とプリセプター会を振り返って−. 栗城絵美1, 横溝育美1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.36.

733471. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 専門看護師が取り組む「看護の質改善へのアプローチ方法」の標準化に向けて〜単位責任者・看護師と共同した病棟での活動分析〜. 田久保美千代1, 望月美穂1, 岩村貴美1, 三津橋梨絵1, 千灯登子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.38.

733472. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) A大学病院NICU病棟における乳幼児揺さぶられ症候群 (SBS) 予防に対する取り組み〜統一した指導に向けての勉強会の評価〜. 入江彩子1, 村上千草1, 深沢佐知子1, 篠原未来1, 平林早苗1, 早野久美子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.40.

733473. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 救急病棟における褥瘡予防対策チームスタッフ育成の取り組み〜第一報〜. 米山夏実1, 上村由以1, 佐藤良子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.41.

733474. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 患者の内服管理能力に対する病棟看護師のアセスメントの現状分析〜内服フローシートを用いたアセスメント状況から内服管理の支援方法を検討する〜. 佐伯志都香1, 田久保美千代1, 島田潤子1, 綿貫惠美子2 (1看護部, 2看護学部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.42.

733475. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 人間ドック受診を契機に発見された悪性腫瘍と早期受診における看護職の役割. 入江順子1, 清水 芳1, 角野照代1, 川上美智代1, 河合亜矢子1, 塚原咲樹1, 竹澤三代子2, 小林清典3, 守屋達美3 (1看護部, 2消化器内, 3健康管理セ): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.47.

733176. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 放射線治療を受ける頭頸部がん患者との関わりを振り返る−トラベルビーの看護理論を用いて−. 畑 沙織1, 望月美穂 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.49.

733477. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 人間関係論を用いた後輩看護師への教育的関わり〜ペプロウの人間関係論を活用して〜. 我妻法子1, 末永佳栄1, 小野路代1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.50.

733478. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 泌尿器科病棟で働く看護師の終末期がん患者におけるセデーション (鎮静療法) に対する意識調査. 田畑宏子1, 岩本純子1, 河田多加1, 田中みどり1, 加藤美和1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.52.

733479. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 家族と思いを語り合えない苦悩を抱える終末期肺がん患者への援助. 鈴木 壮1, 水野佳都美1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.54.

733480. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 気管切開カニューレの計画外抜去事例の分析. 長島享史1, 上原若紗1, 栗原祥子1, 磯部博樹1, 松浦壮祐1, 鎌田麻衣子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.56.

733481. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 入院前オリエンテーションの現状効果〜白内障手術を受ける患者のオリエンテーション方法の検討〜. 中野ゆかり1, 青木有加里1, 阿部辰子1, 生谷美穂1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.58.

733482. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 重症心身障害児 (者) に対する骨折予防の取り組み. 仲佐友佳梨1, 長島享史1, 松内佳子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.59.

733483. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 気管カニューレの計画外抜去に対する取り組み−シミュレーション教育を実施して−. 磯部博樹1, 長島享史1, 松内佳子1, 上原若紗1, 栗原祥子1, 松浦壮祐1, 鎌田麻衣子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.60.

733484. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 3〜5年目看護師を対象としたフィジカルアセスメント研修の効果. 堀江千恵子1, 内藤亜樹1, 森安恵実2, 谷口陽子1, 別府千恵1, 齋藤耕平1, 大谷尚也3, 中山栄純4 (1看護部, 2RST・RRT, 3日本赤十字看護大学大学院看護学研究科, 4看護学部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.62.

733485. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 前立腺癌化学療法による爪障害の予防〜ドセタキセル投与患者に対する爪冷却の効果〜. 栂野香織1, 磯谷早苗1, 佐藤久子1, 番匠章子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.63.

733486. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 成人移行に向けた自立支援−ネフローゼ患者と看護師の関わりを通して−. 松原いずみ1, 橋田与理子1, 石井匠子1, 大塚 香1, 佐々木美和子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.64.

733487. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 治療選択における意思決定への援助〜ペプロウの看護理論を用いて〜. 川崎愛子1, 川端房絵1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.65.

733488. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 他者の力を借りて自分らしく生きることを見いだしたA氏との関わり〜ペプロウの看護理論を用いて〜. 村山友美 (看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.66.

733489. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 在宅療養生活に不安を抱く家族との関わり−渡辺式アセスメントモデルを用いて−. 井上真由美1, 松内佳子1, 大塚 香1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.69.

733490. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 心臓移植を控えた患者の看護〜ペプロウの看護理論を用いた精神疾患を抱えた患者への関わりと看護師との関係構築〜. 村井沙弥香1, 林亜希子1, 平島優子1, 松野時子1 (1看護部): 第13回北里看護研究会 (2013/12/7), 相模原, 第13回北里看護研究会プログラム・抄録 2013/11; p.70.

733491. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 回復室での安全な患者管理を目指して. 藤田麻美子1, 寺嶋友恵2, 鈴木麻紀子2, 平本明美2, 遠藤加代2, 小澤知美2, 奥永秀子2, 坂本妙子2, 千葉真由美2, 野村清子2, 毛塚由美子2, 木田光広3, 岩井知久3 (1看護部, 2東病院看護部, 3消化器内): 第31回関東消化器内視鏡技師研究会 (2013/12/15), 東京, 第31回関東消化器内視鏡技師研究会プログラム・抄録集 2013/12; p.13.

733492. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術前加算開始後の神奈川ストーマリハビリテーション講習会の現状〜受講者アンケートの結果より〜. 田中 純1, 貞廣荘太郎2, 吉村 稔1, 松原康美3 (1東海大学医学部付属病院看護部, 2東海大学医学部外科, 3看護部): 第36回神奈川ストーマ研究会 (2013/12/21), 神奈川, 第36回神奈川ストーマ研究会プログラム・抄録集 2013/12; p.22.

733493. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 外来における褥瘡看護介入を考える−多発褥瘡を持つ患者の一事例を通して−. 神谷芳絵1, 野挽恵美子1, 清宮美詠1 (1看護部): 平成25年度相模原支部看護研究会 (2014/1/23), 神奈川, 神奈川県看護協会相模原支部看護研究集録集 2014/1; 9: 24-6.

733494. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 救命救急センタースタッフを対象とした急変対応シミュレーション前後における自信の変化. 長野友紀子1, 重信 亮1, 桐本千恵美1, 山野辺みち子1 (1看護部): 第64回日本救急医学会関東地方会 (2014/2/1), 神奈川, 日本救急医学会関東地方会雑誌 2014/2; 35 (1): 158.

733495. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) CAPD導入時のスケジュール表の作成〜事例の少ない病棟で安全、確実にCAPDの導入を支援するために〜. 稗田有希子1, 横山利香1 (1看護部): 第28回神奈川県CAPD研究会 (2014/3/1), 横浜.

H24年度以前分

[学術論文]

H24-522016. [講座]【特集1: これからの新人看護職員研修 努力義務化から3年, 今求められること】 4章 関連論考 4-2 これからの新人看護職員研修を語る. 中原 淳1, 熊谷雅美2, 猪又克子3 (1東京大学, 2済生会横浜市東部病院, 3看護部): 看護 2013/3; 65 (4): 130-5.

[学会・研究会等]

H23-723009. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 回復期心臓リハビリテーションの継続は慢性心不全患者の再入院率を低下させる. 高橋由美1, 神谷健太郎2, 河野真理1, 見井田和正2, 倉島真紀1, 松永篤彦3, 野田千春4, 東條美奈子3, 増田 卓3, 和泉 徹4 (1看護部, 2リハビリ部, 3医療衛生学部, 4循環器内): 第17回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2011/7/16-17), 大阪.

H24-722001. [学会 (全国)] (シンポジウム)【大学卒業時の学士力を活かす新人看護師研修を考える】新人看護師を多数受け入れる臨床の立場から. 別府千恵 (看護部): 第3回日本看護評価学会学術集会 (2013/2/28), 東京

H24-723013. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 心不全のチーム医療: 入院から外来まで 心不全パスの運用−特定機能病院の現場から−. 林亜希子1, 丸山小百合1, 河野真理1, 神谷健太郎2, 渡辺一郎, 近藤閲子3, 小松敏彰4, 益山奈穂子1, 吉田由美子, 石井俊輔5, 品川弥人5, 野田千春5, 猪又孝元5, 和泉 徹5 (1看護部, 2リハビリ部, 3栄養部, 4薬剤部, 5循環器内): 第60回日本心臓病学会学術集会 (2012/9/14-16), 石川.


臨床検査部

[学術論文]

110289. [原著] Semiquantitative analysis of apolipoprotein A-I modified by advanced glycation end products in diabetes mellitus. Kurosaki Y1, Tsukushi T2, Munekata S2, Akahoshi T3, Moriya T4, Ogawa Z1: J Clin Lab Anal 2013/5; 27 (3): 231-6. (黒崎祥史1, 土筆智晶2, 棟方伸一2, 赤星 透3, 守屋達美4, 小川善資1: 1医療衛生学部, 2臨検部, 3総合診療, 4健康管理セ)

110290. [原著] Is there a relation between triglyceride concentrations in very low density lipoprotein and the index of insulin resistance in nondiabetic subjects? Kurosaki Y1, Tsukushi T2, Munekata S2, Kanoh Y3, Moriya T4, Nishinari M5, Aoyama N5, Ogawa Z1: J Clin Lab Anal 2014/7; 28 (4): 269-74. (黒崎祥史1, 土筆智晶2, 棟方伸一2, 狩野有作3, 守屋達美4, 西成真琴5, 青山直善5, 小川善資1: 1医療衛生学部, 2臨検部, 3臨検学, 4健康管理セ, 5循環器内)

120071. [原著] 北里大学病院における輸血用血液製剤廃棄削減に対する取り組みとその効果. 正木杏奈1, 小本美奈1, 高野波留美1, 風間あきみ1, 八木和世1, 内田一弘1, 大谷慎一2 (1臨検部, 2輸血・細胞移植): 神奈川県臨床衛生検査技師会 2014/3; 165: 45-8.

120072. [原著] KBMイムノクロマト検出キットMRSAの評価と応用検討について. 安達 譲1